検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 医科学部門 > 内科系 > 小児科学 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 小児·周産·女性科 > 小児科 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 発生発達医学講座 > 小児医学分野 >
徳島大学 > 医科学教育部 > 医学専攻 > 発生発達医学講座 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. 森 輝実, 宮本 龍郎, 江川 麻理子, 三田村 佳典, 市原 裕子, 岡村 和美, 渡邊 浩良 :
両眼性の漿液性網膜剥離をきたした急性リンパ性白血病の1例,
臨床眼科, Vol.71, No.6, 905-912, 2017年.
(DOI: 10.11477/mf.1410212302)
2. Naoto Okada, Shuji Fushitani, Momoyo Azuma, Shingen Nakamura, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Hiroyoshi Watanabe, Masahiro Abe, Kazuyoshi Kawazoe and Keisuke Ishizawa :
Clinical evaluation of pharmacist interventions in patients treated with anti-methicillin-resistant Staphylococcus aureus agents in a hematological ward,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.39, No.2, 295-300, 2015.
(DOI: 10.1248/bpb.b15-00774,   PubMed: 26830489)
3. Naoto Okada, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Keisuke Ishizawa :
Ifosfamide and etoposide chemotherapy may interact with warfarin, enhancing the warfarin-induced anticoagulant response,
International Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics, Vol.54, No.1, 58-61, 2015.
(DOI: 10.5414/CP202426,   PubMed: 26587904)
4. Nami Inoue, Hiroyoshi Watanabe, Kazumi Okamura, Shuji Kondo and Shoji Kagami :
Are the equations for the creatinine-based estimated glomerular filtration rate applicable to the evaluation of renal function in Japanese children and adult patients receiving chemotherapy?,
Clinical and Experimental Nephrology, Vol.19, No.2, 298-308, 2015.
(DOI: 10.1007/s10157-014-0976-z,   PubMed: 24792810,   Elsevier: Scopus)
5. 影治 照喜, 渡邊 浩良, 溝渕 佳史, 中島 公平, 永廣 信治 :
悪性胚細胞腫瘍に対する外科的治療の意義と化学治療の選択,
日本内分泌学会雑誌:第24回日本間脳下垂体腫瘍学会Proceeding, Vol.90, 62-64, 2014年.
6. Salah Mohamed El-Sayed, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Kazuko YORITA, Seongpil Chung, Diem Hong Tran, Takashi Sakai, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Kiyoshi Fukui :
D-Amino acid oxidase-induced oxidative stress, 3-bromopyruvate and citrate inhibit angiogenesis, exhibiting potent anticancer effects,
Journal of Bioenergetics and Biomembranes, Vol.44, No.5, 513-523, 2012.
(DOI: 10.1007/s10863-012-9455-y,   PubMed: 22802136)
7. Salah Mohamed El-Sayed, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Diem Hong Tran, Takashi Sakai, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Kiyoshi Fukui :
3-Bromopyruvate antagonizes effects of lactate and pyruvate, synergizes with citrate and exerts novel anti-glioma effects,
Journal of Bioenergetics and Biomembranes, Vol.44, No.1, 61-79, 2012.
(DOI: 10.1007/s10863-012-9409-4,   PubMed: 22318356,   Elsevier: Scopus)
8. Salah Mohamed El-Sayed, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Takashi Sakai, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Kiyoshi Fukui :
D-amino acid oxidase gene therapy sensitizes glioma cells to the antiglycolytic effect of 3-bromopyruvate,
Cancer Gene Therapy, Vol.19, No.1, 1-18, 2012.
(DOI: 10.1038/cgt.2011.59,   PubMed: 21921941)
9. M Fukumoto, Kazutoshi Murao, Hiroyoshi Watanabe, Yoshiaki Kubo and Seiji Arase :
Generalized hypopigmented macules after bone-marrow transplantation.,
Clinical and Experimental Dermatology, Vol.36, No.7, 803-804, 2011.
(DOI: 10.1111/j.1365-2230.2011.04044.x,   PubMed: 21575040)
10. Kazuhito Matsuzaki, Teruyoshi Kageji, Hiroyoshi Watanabe, Takanori Hirose and Shinji Nagahiro :
Pilomyxoid astrocytoma of the cervical spinal cord successfully treated with chemotherapy - case report -,
Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.50, No.10, 939-942, 2010.
(DOI: 10.2176/nmc.50.939,   PubMed: 21030812)
11. Toshiyuki Okazaki, Teruyoshi Kageji, Kazuhito Matsuzaki, Hidehisa Horiguchi, Takanori Hirose, Hiroyoshi Watanabe, Toshihiro Ohnishi and Shinji Nagahiro :
Primary anaplastic pleomorphic xanthoastrocytoma with widespread neuroaxis dissemination at diagnosis--a pediatric case report and review of the literature.,
Journal of Neuro-Oncology, Vol.94, No.3, 431-437, 2009.
(DOI: 10.1007/s11060-009-9876-6,   PubMed: 19326050)
12. T Ogose, Tsutomu Watanabe, H Suzuya, M Kaneko, Toshihiro Onishi, Hiroyoshi Watanabe, R Nakagawa, Yasuhiro Okamoto, Nobuya Sano, Y Kozan and Yasuhiro Kuroda :
Autoimmune hepatitis following allogeneic PBSCT from an HLA-matched sibling,
Bone Marrow Transplantation, Vol.31, No.9, 829-832, 2003.
(DOI: 10.1038/sj.bmt.1703923,   PubMed: 12732893)

学術論文(紀要・その他):

1. N Nakamura, Hiroyoshi Watanabe, Kazumi Okamura and Shoji Kagami :
Assessment of renal function in Japanese children with malignancies using serum cystatin C.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3,4, 231-235, 2018.
(DOI: 10.2152/jmi.65.231,   PubMed: 30282866)
2. Nami Inoue, Hiroyoshi Watanabe, Hiroo Takehara, M Hamazaki and Shoji Kagami :
Refractory pediatric nonrhabdomyosarcoma soft tissue sarcoma associated with ectopic production of beta hCG and hypercalcemia induced by PTHrP.,
Pediatric Blood & Cancer, Vol.57, No.7, 1244-1246, 2011.
(DOI: 10.1002/pbc.23271,   PubMed: 21898783)

国際会議:

1. Hiroko Hashimoto, Hiroe Tani and Hiroyoshi Watanabe :
Internet-Based Information-Seeking Practices Among the Parents of Children with Hematologic and Oncologic Diseases,
50th CONGRESS OF THE INTERNATIONAL SOCIETY OF PAEDIATRIC ONCOLOGY, Nov. 2018.
2. Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, Kohhei Nakajima, Hiroyoshi Watanabe, Kazumi Okamura, Shoji Kagami and Shinji Nagahiro :
Intensive chemotherapy followed by reduced radiation dose for intracranial non-germinomatous germ cell tumors,
20th Annual Socientific Meeting and Education Day of the Society for Neuro-Oncology, Nov. 2015.

国内講演発表:

1. 渡邊 浩良, 岡村 和美, 戸梶 成美, 村松 秀城, 香美 祥二 :
PTPN11遺伝子変異を認めた3症例,
第70回中国四国小児科学会, 2018年11月.
2. 岡村 和美, 渡邊 浩良, 古本 哲朗, 岡田 朝美, 香美 祥二 :
二次がんとして横紋筋肉腫を発症した2例,
第60回日本小児血液・がん学会, 2018年11月.
3. 渡邊 浩良, 岡村 和美, 大隅 敬太, 市原 裕子, 森本 友樹, 常山 幸一, 香美 祥二 :
治療抵抗性の悪性骨軟部腫瘍に対するPazopanibの使用経験~免疫組織化学染色による検討~,
第60回日本小児血液・がん学会, 2018年11月.
4. 武井 美貴子, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 髙橋 美香, 香美 祥二 :
顔面神経麻痺で発症し化学療法が奏効した側頭骨原発Infantile Myofibromaの乳児例,
第69回中国四国小児科学会, 2017年11月.
5. 渡邊 浩良, 岡村 和美, 大隅 敬太, 市原 裕子, 香美 祥二 :
治療抵抗性悪性軟部腫瘍3例に対するPazopanibの使用経験,
第59回日本小児血液・がん学会, 2017年11月.
6. 岡村 和美, 渡邊 浩良, 大隅 敬太, 香美 祥二 :
同種造血幹細胞移植後にEBV再活性化による髄膜脳炎を呈したALLの1例,
第59回日本小児血液・がん学会, 2017年11月.
7. 武井 美貴子, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 香美 祥二, 小林 正夫 :
高用量免疫グロブリンを併用した免疫寛容導入療法がインヒビターの早期根絶に有効であった先天性血友病Aの一例,
第147回日本小児科学会徳島地方会, 2016年12月.
8. 渡邊 浩良, 岡村 和美, 藤岡 啓介, 香美 祥二 :
水痘帯状疱疹ウイルス再活性化によるHLHを合併したT-ALL ~サイトカイン測定による病態の検討~,
第58回日本小児血液・がん学会, 2016年12月.
9. 岡村 和美, 渡邊 浩良, 阿部 容子, 香美 祥二, 西條 敦郎, 坂口 暁, 西岡 安彦 :
アレクチニブが奏効したALK陽性肺腺癌の12歳男児例,
第58回日本小児血液・がん学会, 2016年12月.
10. 森 輝実, 宮本 龍郎, 江川 麻理子, 三田村 佳典, 市原 裕子, 岡村 和美, 渡邊 浩良 :
原田病に類似した両眼性漿液性網膜剥離を呈した急性リンパ性白血病の1例,
第70回日本臨床眼科学会, 2016年11月.
11. 岡村 和美, 渡邊 浩良, 市原 裕子, 香美 祥二, 井上 奈巳 :
腸腰筋膿瘍,深部静脈血栓症を合併した急性骨髄性白血病(AML M2)の女児例,
第119回日本小児科学会学術総会, 2016年5月.
12. 阿部 容子, 岡村 和美, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 佐々木 亜由美, 坂口 暁, 西岡 安彦 :
アレクチニブが奏効したALK陽性肺腺癌の1男児例,
第145回日本小児科学会徳島地方会, 2015年12月.
13. 栗原 健士, 岡村 和美, 市原 裕子, 渡邊 浩良, 香美 祥二 :
急性リンパ性白血病の再発時MRD検索は治療方針決定に有用か?,
第145回日本小児科学会徳島地方会, 2015年12月.
14. 渡邊 浩良, 岡村 和美, 井上 奈巳, 香美 祥二 :
小児患者における同種造血幹細胞移植後の生着症候群と生着前症候群について,
第57回日本小児血液・がん学会, 2015年11月.
15. 井上 奈巳, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 香美 祥二 :
小児がん患者の腎機能評価における血清シスタチン C の有用性,
第57回日本小児血液・がん学会, 2015年11月.
16. 渡邊 浩良, 岡村 和美, 井上 奈巳, 影治 照喜, 香美 祥二 :
頭蓋内悪性胚細胞腫瘍に対する化学療法の強化による放射線療法の減量の試み,
第67回中国四国小児科学会(, 2015年11月.
17. 中島 公平, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 岡村 和美, 渡邊 浩良, 永廣 信治 :
悪性胚細胞性腫瘍に対する化学療法を強化した集学的治療,
一般社団法人 日本脳神経外科学会第74回学術総会, 2015年10月.
18. 岡村 和美, 渡邊 浩良, 本間 友佳子, 井上 奈巳, 香美 祥二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹 :
多剤併用化学療法後も全摘出困難であった神経芽細胞腫(中間リスク限局例),
第144回日本小児科学会徳島地方会, 2015年6月.
19. 岡田 直人, 伏谷 秀治, 東 桃代, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 渡邊 浩良, 安倍 正博, 石澤 啓介 :
病棟薬剤によるプロトコルに基づく薬物治療管理の実践∼抗MRSA薬の適正使用に対する効果∼,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
20. 岡田 直人, 伏谷 秀治, 東 桃代, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 渡邊 浩良, 安倍 正博, 石澤 啓介 :
病棟薬剤によるプロトコルに基づく薬物治療管理の実践∼抗MRSA薬の適正使用に対する効果,
日本薬学会第135年会(神戸), 2015年3月.
21. 阪田 美穂, 早渕 康信, 近藤 朝美, 永井 隆, 岡村 和美, 杉本 真弓, 伊藤 弘道, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 木下 肇, 北市 隆, 北川 哲也 :
急激な循環不全を呈し,慢性期に拡張型心筋症へ移行した急性壊死性好酸球性心筋炎の一例,
第29回日本小児循環器学会近畿中四国地方会, 2015年3月.
22. 阪田 美穂, 早渕 康信, 近藤 朝美, 永井 隆, 岡村 和美, 杉本 真弓, 伊藤 弘道, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 木下 肇, 北市 隆, 北川 哲也 :
急激な循環不全を呈し,慢性期に拡張型心筋症へ移行した急性壊死性好酸球性心筋炎の一例,
第29回日本小児循環器学会近畿中四国地方会, 2015年3月.
23. 古本 哲朗, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 井上 奈巳, 須賀 健一, 香美 祥二 :
HHV-6の関与が疑われる後天性赤芽球癆の一例,
第143回日本小児科学会徳島地方会, 2014年12月.
24. 松崎 苑美, 岡村 和美, 井上 奈巳, 渡邊 浩良, 小野 朱美, 坂東 良美, 香美 祥二 :
呼吸不全で発症し免疫不全が疑われた多臓器型ランゲルハンス細胞組織球症の乳児例,
第143回日本小児科学会徳島地方会, 2014年12月.
25. 渡邊 浩良, 井上 奈巳, 岡村 和美, 影治 照喜, 香美 祥二 :
頭蓋内悪性胚細胞性腫瘍に対する化学療法の強化による放射線療法の減量の試み,
第56回日本小児血液・がん学会, 2014年11月.
26. 岡村 和美, 渡邊 浩良, 松崎 苑美, 藤岡 啓介, 井上 奈巳, 香美 祥二 :
VZV(水痘帯状疱疹ウイルス)再活性化によりPRES(Posterior Reversible Encephalopathy Syndrome),ARDS(Acute Respiratory Distress Syndrome),HLH(Hemophagocytic Lymphohistiocytosis)を合併したT-ALLの一例,
第56回日本小児血液・がん学会, 2014年11月.
27. 古本 哲朗, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 井上 奈巳, 須賀 健一, 香美 祥二 :
HHV-6の関与が疑われる後天性赤芽球癆の一例,
第66回 中国四国小児科学会, 2014年11月.
28. 阪田 美穂, 早渕 康信, 近藤 朝美, 永井 隆, 岡村 和美, 杉本 真弓, 伊藤 弘道, 近藤 秀治, 渡邊 浩良, 香美 祥二 :
拡張型心筋症へ移行した急性壊死性好酸球性心筋炎の一例,
第23回日本小児心筋疾患学会, 2014年10月.
29. 近藤 朝美, 永井 隆, 岡村 和美, 阪田 美穂, 杉本 真弓, 伊藤 弘道, 漆原 真樹, 渡邊 浩良, 早渕 康信, 香美 祥二 :
激症型心筋炎を来した特発性好酸球増多症の一例,
第142回日本小児科学会徳島地方会, 2014年6月.
30. 阪田 美穂, 早渕 康信, 近藤 朝美, 永井 隆, 岡村 和美, 杉本 真弓, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 渡邊 浩良, 香美 祥二 :
経皮的心肺補助が必要であった急性壊死性好酸球性心筋炎の一例,
第63回徳島心エコー図研究会, 2014年5月.
31. 岡村 和美, 渡邊 浩良, 近藤 朝美, 井上 奈巳, 西庄 俊彦, 香美 祥二 :
再生不良性貧血に対する同種造血幹細胞移植後に横紋筋肉腫を発症した1例,
第55回日本小児血液・がん学会, 2013年11月.
32. 井上 奈巳, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 香美 祥二 :
小児がん患者における腎機能評価として,血清クレアチニンによる糸球体濾過率推算式は有用か,
第55回日本小児血液・がん学会, 2013年11月.
33. 万野 朱美, 渡邊 浩良, 庄野 実希, 岡村 和美, 井上 奈巳, 須賀 健一, 香美 祥二 :
脳梗塞後に多発脳転移と髄膜播種をきたした進行性横紋筋肉腫の1例,
第65回中国四国小児科学会, 2013年11月.
34. 井上 奈巳, 渡邊 浩良, 市原 裕子, 富本 亜由美, 岡村 和美, 香美 祥二 :
3回目の同種造血幹細胞移植を施行した再発急性リンパ性白血病の1例,
第139回日本小児科学会徳島地方会, 2012年12月.
35. 藤岡 啓介, 富田 理絵, 福留 啓祐, 阿部 容子, 木下 ゆき子, 市原 朋子, 藤井 笑子, 坂口 善市, 幸山 洋子, 関口 隆憲, 大原 克明, 岡村 和美, 渡邊 浩良, 香美 祥二 :
後天性サイトメガロウイルス感染症を契機に発症した治療抵抗性特発性血小板減少性紫斑病の1例,
第139回日本小児科学会徳島地方会, 2012年12月.
36. 渡邊 浩良, 井上 奈巳, 岡村 和美, 香美 祥二 :
小児悪性腫瘍患者における発熱性好中球減少症(FN:febrile neutropenia)の病因や予後に関する検討,
第54回日本小児血液・がん学会, 2012年12月.
37. 井上 奈巳, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 大西 達也, 香美 祥二, 影治 照喜 :
尿崩症を合併した鞍上部未熟奇形腫の化学療法中に中枢性塩分喪失症候群を呈した症例,
第54回日本小児血液・がん学会, 2012年12月.
38. 岡村 和美, 渡邊 浩良, 井上 奈巳, 影治 照喜, 香美 祥二 :
放射線治療を回避しえた退形成性上衣腫の乳児例,
第64回日本小児科学会中国四国地方会, 2012年11月.
39. 富本 亜由美, 井上 奈巳, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 中川 竜二, 香美 祥二 :
サイトメガロウイルスに関連したITPの一例,
第138回日本小児科学会徳島地方会, 2012年6月.
40. 庄野 実希, 井上 奈巳, 岡村 和美, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 田山 正伸 :
ループスアンチコアグラント陽性,APTT 延長を一過性に認めた ITP の1例,
第137回日本小児科学会徳島地方会, 2011年12月.
41. 岡村 和美, 渡邊 浩良, 永井 隆, 鈴江 真史, 井上 奈巳, 関根 和教, 田村 公一, 香美 祥二 :
化学療法が奏功したMPNSTの一例,
第53回日本小児血液・がん学会, 2011年11月.
42. 井上 奈巳, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 大西 敏弘, 香美 祥二, 影治 照喜 :
鞍上部悪性胚細胞性腫瘍の治療中に,副腎皮質機能低下症に伴う高Ca血症を呈した2症例,
第53回日本小児血液・がん学会, 2011年11月.
43. 苛原 誠, 井上 奈巳, 岡村 和美, 渡邊 浩良, 香美 祥二 :
右動眼神経麻痺で発症した atypical teratoid/rhabdoid tumorの一例,
第63回中国四国小児科学会, 2011年11月.
44. Salah Mohamed El-Sayed, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Kazuko YORITA, Takashi Sakai, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Kiyoshi Fukui :
Combination of oxidative stress and energy depletion induced significant glioma cell death,
The 84th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Sep. 2011.
45. 渡邊 浩良, 岡村 和美, 井上 奈巳, 香美 祥二, 山田 正 :
乳児期より頭蓋内出血を繰り返した血友病Aの男児例,
第3回 四国血友病研究会, 2011年9月.
46. エルサイード モハメド サラ, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 宍戸 裕二, 鄭 丞弼, 坂井 隆志, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 福井 清 :
D-アミノ酸酸化酵素の遺伝子導入により,グリオーマ細胞では,3-ブロモピル ビン酸の解糖系への阻害作用が増強される,
第7回 D-アミノ酸研究会学術講演会, 2011年9月.
47. 井上 奈巳, 渡邊 浩良, 阿部 容子, 寺田 知正, 岡村 和美, 香美 祥二 :
発症時に関節痛,骨量減少,骨形成低下を認めた急性リンパ性白血病の1例,
第136回日本小児科学会徳島地方会, 2011年6月.
48. 岡村 和美, 渡邊 浩良, 井上 奈巳, 香美 祥二, 横田 一郎, 金兼 弘和 :
遺伝子解析にて診断が確定した Shwachman-Diamond 症候群の男児例,
第136回日本小児科学会徳島地方会, 2011年6月.
49. Salah Mohamed El-Sayed, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Kazuko YORITA, Takashi Sakai, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Kiyoshi Fukui :
D-amino acid oxidase gene therapy sensitizes glioma cells to the anti-glycolytic effect of 3-bromopyruvate,
第52回 日本生化学会中国・四国支部例会・シンポジウム, May 2011.
50. 渡邊 浩良, 苛原 誠, 岡村 和美, 井上 奈巳, 久山 寿子, 嵩原 裕夫, 香美 祥二, 岡田 要 :
劇症型肝障害とSOSを合併したWilms腫瘍の男児例,
平成22年度日本ウイルムス腫瘍スタディ研究会, 2011年1月.
51. 岡村 和美, 渡邊 浩良, 鈴江 真史, 井上 奈巳, 阪田 美穂, 木下 ゆき子, 近藤 秀治, 早渕 康信, 清水 真樹, 玉木 克佳, 香美 祥二 :
Fontan術後の肝過形成の2例,
第52回日本小児血液学会・第26回日本小児がん学会, 2010年12月.
52. 井上 奈巳, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 香美 祥二, 影治 照喜 :
頭蓋内悪性胚細胞性腫瘍の治療中に発症し,ボリコナゾールが有効であった中枢神経系アスペルギルス症の1例,
第52回日本小児血液学会・第26回日本小児がん学会, 2010年12月.
53. モハメド エルサイード サラ, モハメド アブ エルマグド ラバブ, 宍戸 裕二, 鄭 丞弼, 頼田 和子, 坂井 隆志, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 福井 清 :
D-アミノ酸酸化酵素の遺伝子導入により,グリオーマ細胞では,3-ブロモピルビン酸の解糖系への阻害作用が増強される,
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
54. 岡村 和美, 渡邊 浩良, 鈴江 真史, 井上 奈巳, 香美 祥二, 清水 真樹, 玉木 克佳 :
Fontan 術後の肝過形成の1例,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
55. 井上 奈巳, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 小谷 裕美子, 香美 祥二 :
脳腫瘍経験者の長期フォローアップに関する検討,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
56. 苛原 誠, 岡村 和美, 井上 奈巳, 渡邊 浩良, 久山 寿子, 嵩原 裕夫, 香美 祥二, 岡田 要 :
劇症型肝障害とSOS を合併したWilms腫瘍の男児例,
第62 回 中国四国小児科学会, 2010年10月.
57. 渡邊 浩良, 岡村 和美, 井上 奈巳, 花岡 尚賢, 遠藤 健次, 先山 正二, 生島 仁史, 安井 夏生, 香美 祥二 :
再発骨軟部腫瘍の3例,
第62 回 中国四国小児科学会, 2010年10月.
58. 渡邊 浩良, 渡邉 力, 大西 敏弘, 岡村 和美, 井上 奈巳, 香美 祥二, 山田 正, 河野 嘉文 :
FAIBAの継続投与により抗体価が低下した血友病Bインヒビター症例,
ベネフィックス学術講演会 血友病セミナー, 2010年8月.
59. 森 達夫, 井上 奈巳, 久山 寿子, 新居 章, 渡邊 浩良, 嵩原 裕夫, 香美 祥二 :
遷延する運動失調と異常眼球運動を呈した1幼児例,
第46回日本小児循環器学会学術集会, 2010年8月.
60. 井上 奈巳, 藤野 修司, 郷司 彩, 岡村 和美, 大西 敏弘, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 富本 尚子 :
B前駆細胞型急性リンパ性白血病を発症した一卵性双生児例,
第134回日本小児科学会徳島地方会, 2010年6月.

その他・研究会:

1. 森 文香, 岡村 和美, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 畠田 昇一, 中島 公平, 溝渕 佳史, 高木 康志 :
頭蓋内原発Ewing肉腫/pPNETの一例,
第151会日本小児科学会徳島地方会, 2018年12月.
2. 渡邊 浩良, 岡村 和美, 大隅 敬太, 市原 裕子, 香美 祥二 :
AYA 世代発症の治療抵抗性骨軟部腫瘍に対するPazopanib の使用経験,
第149回日本小児科学会徳島地方会, 2017年12月.
3. 大隅 敬太, 岡村 和美, 渡邊 浩良, 香美 祥二 :
同種造血幹細胞移植後にEBV再活性化による髄膜脳炎を呈した急性リンパ性白血病の一例,
第148回日本小児科学会徳島地方会, 2017年6月.
4. 森 輝実, 大豆本 恵里名奈, 宮本 龍郎, 江川 麻理子, 三田村 佳典, 市原 裕子, 岡村 和美, 渡邊 浩良 :
再々発時に両眼性の漿液性網膜剥離を合併した急性リンパ性白血病の1例,
第77回徳島眼科集談会/2015.12.13/徳島, 2015年12月.
5. 松田 拓, 溝渕 佳史, 中島 公平, 影治 照喜, 永廣 信治, 渡邊 浩良 :
成人に発症した頭蓋内横紋筋肉腫の1例,
第29回中国四国脳腫瘍研究会, 2015年9月.
6. 藤岡 啓介, 渡邊 浩良, 市原 裕子, 岡村 和美, 井上 奈巳, 香美 祥二, 郷司 彩 :
腫瘍崩壊症候群の高リスクと考えられたT-ALLの2例,
第140回日本小児科学会徳島地方会, 2014年6月.
7. 井上 奈巳, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
小児がん患者における血清クレアチニンによる糸球体濾過率推算式の有用性に関する検討,
第141回日本小児科学会徳島地方会, 2013年12月.
8. 近藤 朝美, 早渕 康信, 阪田 美穂, 渡邊 浩良, 井上 奈巳, 岡村 和美, 香美 祥二 :
左室心筋緻密化障害を呈した乳児白血病後アントラサイクリン誘発性心筋症の1例,
第140回日本小児科学会徳島地方会, 2013年6月.
9. 万野 朱美, 岡村 和美, 庄野 実希, 井上 奈巳, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 須賀 健一 :
脳梗塞を合併した進行性横紋筋肉腫の1例,
第140回日本小児科学会徳島地方会, 2013年6月.
10. 香美 祥二, 井上 奈巳, 渡邊 浩良 :
ワークショップ 小児血液・腫瘍疾患治療と腎障害,
第56回日本腎臓学会学術集会, 2013年5月.
11. 井上 奈津子, 村尾 和俊, 久保 宜明, 渡邊 浩良 :
Kaposiform hemangioendothelioma1,
第64回日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2012年10月.
12. 村尾 和俊, 福本 実扶子, 久保 宜明, 渡邊 浩良, 荒瀬 誠治 :
骨髄移植後に汎発性脱色素斑を生じた1例,
第34回日本小児皮膚科学会学術大会, 2010年7月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 小児がん経験者が発達危機を克服するためのレジリエンス育成モデルの構築 (研究課題/領域番号: 19K11104 )
  • 家族性急性リンパ性白血病の原因遺伝子の探索 (研究課題/領域番号: 25461600 )
  • 新たな末梢血幹細胞動員法の開発に関する研究 (研究課題/領域番号: 19591252 )
  • 研究者番号(50423413)による検索