検索:
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 放射線科 > 放射線診断科 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 放射線科 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 生体防御腫瘍医学講座 > 放射線科学分野 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Masashi Kano, Toshihiko Nishisho, Ryo Miyagi, Fumio Chikugo, Eiji Kudo, Shoichiro Takao, Seiji Iwamoto, Shun-ichi Toki and Koichi Sairyo :
Intimal sarcoma arising from the common iliac artery presenting with artery occlusion : a case report and literature review.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.1.2, 205-208, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113468,   DOI: 10.2152/jmi.66.205,   PubMed: 31064943)
2. Khashbat Delgerdalai, Masafumi Harada, Takashi Abe, Ganbold Mungunbagana, Seiji Iwamoto, Naoto Uyama, Saho Irahara, Youichi Otomi, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
Diagnostic Performance of Arterial Spin Labeling for Grading Nonenhancing Astrocytic Tumors,
Magnetic Resonance in Medical Sciences, Vol.17, No.4, 277-282, 2018.
(DOI: 10.2463/mrms.mp.2017-0065,   PubMed: 29238007,   Elsevier: Scopus)
3. Ichiro Tonogai, Tetsuya Matsuura, Toshiyuki Iwame, Keizo Wada, Tomoya Takasago, Tomohiro Goto, Daisuke Hamada, Yohei Kawatani, Eiki Fujimoto, Tetsuya Kitagawa, Shoichiro Takao, Seiji Iwamoto, Moriaki Yamanaka, Masafumi Harada and Koichi Sairyo :
Pseudoaneurysm of the Anterior Tibial Artery following Ankle Arthroscopy in a Soccer Player.,
Case Reports in Orthopedics, 2017.
(DOI: 10.1155/2017/2865971,   PubMed: 28607785)
4. Shoichiro Takao, B Tan Nguyen, J Hon Yu, Shigeo Hagiwara, Yasuhito Kaneko, Taiki Nozaki, Seiji Iwamoto, Maki Otomo, Ran Schwarzkopf and Hiroshi Yoshioka :
T1rho and T2 relaxation times of the normal adult knee meniscus at 3T: analysis of zonal differences.,
BMC Musculoskeletal Disorders, Vol.18, No.1, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110140,   DOI: 10.1186/s12891-017-1560-y,   PubMed: 28521823)
5. Mitsuhiro Kinoshita, Ryozo Shirono, Katsuya Takechi, Hironobu Yonekura, Seiji Iwamoto, Takayoshi Shinya, Shoichiro Takao and Masafumi Harada :
The Usefulness of Virtual Fluoroscopic Preprocedural Planning During Percutaneous Transhepatic Biliary Drainage.,
Cardiovascular and Interventional Radiology, Vol.40, No.6, 894-901, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111549,   DOI: 10.1007/s00270-017-1581-9,   PubMed: 28127630)
6. Mitsuhiro Kinoshita, Katsuya Takechi, Seiji Iwamoto, Shoichiro Takao, Ryozo Shirono and Masafumi Harada :
The usefulness of cone-beam computed tomography during chemoembolization of hepatocellular carcinomas fed exclusively by the cystic artery.,
Japanese Journal of Radiology, Vol.34, No.11, 747-753, 2016.
(DOI: 10.1007/s11604-016-0580-0,   PubMed: 27653751)
7. Delgerdalai Khashbat, Takashi Abe, Mungunbagana Ganbold, Seiji Iwamoto, Naoto Uyama, Saho Irahara, Youichi Otomi, Masafumi Harada, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
Correlation of 3D Arterial Spin Labeling and Multi-Parametric Dynamic Susceptibility Contrast Perfusion MRI in Brain Tumors.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.63, No.3-4, 175-181, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111177,   DOI: 10.2152/jmi.63.175,   PubMed: 27644554,   Elsevier: Scopus)
8. Mungunkhuyag Majigsuren, Takashi Abe, Teruyoshi Kageji, Kazuhito Matsuzaki, Mayumi Takeuchi, Seiji Iwamoto, Youichi Otomi, Naoto Uyama, Shinji Nagahiro and Masafumi Harada :
Comparison of brain tumor contrast-enhancement on T1-CUBE and 3D-SPGR images,
Magnetic Resonance in Medical Sciences, Vol.15, No.1, 34-40, 2016.
(DOI: 10.2463/mrms.2014-0129,   PubMed: 26104076,   Elsevier: Scopus)
9. Mitsuhiro Kinoshita, Shoichiro Takao, Katsuya Takechi, Yoshitsugu Takeda, Kanako Miyamoto, Moriaki Yamanaka, Yoko Akagawa, Seiji Iwamoto, Kyosuke Osaki, Hayato Tani, Norio Ohnishi and Ryozo Shirono :
Percutaneous drainage of psoas and iliopsoas muscle abscesses with a one-step technique under real-time computed tomography fluoroscopic guidance.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.63, No.3.4, 323-327, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111204,   DOI: 10.2152/jmi.63.323,   PubMed: 27644581,   Elsevier: Scopus)
10. Hirokazu Ogino, Masaki Hanibuchi, Hiromitsu Takizawa, Shoji Sakiyama, Sumitomo Hiroyuki, Seiji Iwamoto, Hitoshi Ikushima, Nakajima Kohei, Shinji Nagahiro, Yamago Taito, Yuko Toyoda, Yoshimi Bando and Yasuhiko Nishioka :
Primary Pulmonary Synovial Sarcoma Showing a Prolonged Survival with Multimodality Therapy,
Internal Medicine, Vol.55, No.4, 381-387, 2016.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.55.5169,   PubMed: 26875964)
11. Tetsuya Kimura, Toshihiko Nishisho, Toshinori Sakai, Ryo Miyagi, Shoichiro Takao, Seiji Iwamoto, Kosaku Higashino, Yoichiro Takata, Yuichiro Goda, Shunichi Toki and Koichi Sairyo :
Tenosynovial Giant Cell Tumor, Diffuse Type/Pigmented Villonodular Synovitis in a Pars Defect: A Case Report.,
Spine, Vol.40, No.12, E735-9, 2015.
(DOI: 10.1097/BRS.0000000000000923,   PubMed: 26067150,   Elsevier: Scopus)
12. Hayato Nose, Hideki Otsuka, Youichi Otomi, K Terazawa, Shoichiro Takao, Seiji Iwamoto, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Masataka Sata and Masafumi Harada :
The physiological uptake pattern of (18)F-FDG in the left ventricular myocardium of patients without heart disease.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.1, 2, 53-58, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109517,   DOI: 10.2152/jmi.61.53,   PubMed: 24705749)
13. Hayato Nose, Hideki Otsuka, Youichi Otomi, Kaori Terazawa, Shoichiro Takao, Seiji Iwamoto and Masafumi Harada :
Correlations between F-18 FDG PET/CT and pathological findings in soft tissue lesions.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.3-4, 184-190, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106355,   DOI: 10.2152/jmi.60.184,   PubMed: 24190034)
14. Seiji Iwamoto, Shoichiro Takao, Hayato Nose, Yoichi Otomi, Mitsuhiko Takahashi, Toshihiko Nishisho, Junji Ueno, Natsuo Yasui and Masafumi Harada :
Usefulness of transcatheter arterial embolization prior to excision of hypervascular musculoskeletal tumors.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.3-4, 284-288, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 106035,   DOI: 10.2152/jmi.59.284,   PubMed: 23037202)
15. Hai Lan, Hiromu Nishitani, Sadamitsu Nishihara, Junji Ueno, Shoichiro Takao, Seiji Iwamoto, Takashi Kawanaka, Mawlan MAHMUT and Si QINGGE :
Using the MDCT thick slab MinIP method for the follow-up of pulmonary emphysema,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.3, 175-179, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 83831,   DOI: 10.2152/jmi.58.175,   PubMed: 21921417,   Elsevier: Scopus)
16. 永井 宏和, 髙丸 菜都美, 大江 剛, 内田 大亮, 玉谷 哲也, 藤澤 健司, 岩本 誠司, 宮本 洋二 :
口腔扁平上皮癌に対するS-1を併用したDocetaxel超選択的動注化学療法の臨床効果に関する研究,
癌と化学療法, Vol.38, No.5, 777-781, 2011年.
(PubMed: 21566436,   Elsevier: Scopus)
17. Kaori Terazawa, Hideki Otsuka, Youichi Otomi, Naomi Morita, Shoichiro Takao, Seiji Iwamoto, Kyosuke Osaki, Masafumi Harada and Hiromu Nishitani :
How to manage RI venography in pre-orthopedic surgery patients,
Annals of Nuclear Medicine, Vol.24, No.2, 107-113, 2010.
(DOI: 10.1007/s12149-009-0334-5,   PubMed: 20069467,   Elsevier: Scopus)
18. Hideki Otsuka, Kaori Terazawa, Naomi Morita, Yoichi Otomi, Shoichiro Takao, Seiji Iwamoto, Kyosuke Osaki, Masafumi Harada and Hiromu Nishitani :
Thallium-201 chloride scintigraphy in soft tissue tumors.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.3-4, 136-141, 2009.
(徳島大学機関リポジトリ: 111320,   DOI: 10.2152/jmi.56.136,   PubMed: 19763026)
19. Hitoshi Ikushima, Seiji Iwamoto, Kyohsuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyoh Yamashita, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Yoshihiro Takegawa, Takaharu Kudoh, Hiroomi Kanayama and Hiromu Nishitani :
Effective bladder preservation strategy with low-dose radiation therapy and concurrent intraarterial chemotherapy for muscle-invasive bladder cancer.,
Radiation Medicine, Vol.26, No.3, 156-163, 2008.
(DOI: 10.1007/s11604-007-0211-x,   PubMed: 18683571)
20. Hitoshi Ikushima, Kyousuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyou Yamashita, Takashi Kawanaka, Yoshiomi Kishida, Seiji Iwamoto, Yoshihiro Takegawa, Takaharu Kudoh and Hiromu Nishitani :
Chemoradiation Therapy for Cervical Cancer:Toxicity of Concurrent Weekly Cisplatio,
Radiation Medicine, Vol.24, No.2, 115-121, 2006.
(DOI: 10.1007/BF02493277,   PubMed: 16715672)

国際会議:

1. Seiji Iwamoto :
Superselective arterial infusion chemotherapy for head and neck cancers with 3 fr sheath system,
Taipei, Mar. 2010.
2. Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki, Kyo Yamashita, Takashi Kawanaka, Seiji Iwamoto, Akiko Kubo, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani :
Intraarterial chemotherapy and concurrent radiation for locally advanced bladder cancer,
49th Annual meeting of the American society for therapeutic radiology and oncology, Los Angeles, Oct. 2007.

国内講演発表:

1. 木下 光博, 岩本 誠司, 新井 悠太, 河野 奈緒子, 山中 森晶, 宮本 加奈子, 荒瀬 真紀, 原田 雅史 :
十二指腸静脈瘤に対してマイクロバルーンカテーテルを用いてB-RTOを施行した1例 第 30回中国四国 IVR研究会,
2. 行重 佐和香, 森本 雅美, 武知 浩和, 中川 美砂子, 鳥羽 博明, 丹黒 章, 岩本 誠司, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
輸血せずに集学的治療により止血せしめた薬剤抵抗性血管浸潤進行副乳癌の1例,
第42回日本外科系連合学会学術集会, 2017年6月.
3. 矢田 未央, 山﨑 佳那子, 村尾 和俊, 久保 宜明, 新井 悠太, 岩本 誠司 :
日本紅斑熱患者に発症した特発性腸腰筋血腫の1例,
第116回日本皮膚科学会総会, 2017年6月.
4. 山中 森晶, 岩本 誠司, 木下 光博, 新井 悠太, 宮本 加奈子, 荒瀬 真紀, 河野 奈緒子, 松本 隆裕, 原田 雅史 :
AZUR® CX の初期使用経験 第 127 回 日本医学放射線学会 中国・四国地方会,
2016年12月.
5. 榎本 英明, 岩本 誠司, 河野 奈緒子, 木下 光博, 髙尾 正一郎, 原田 雅史 :
近位塞栓施行し経過観察中である下腸間膜動脈瘤の1例 第 127 回 日本医学放射線学会 中国・四国地方会,
2016年12月.
6. 西尾 進, 齋藤 裕, 鳥居 裕太, 平田 有紀奈, 山尾 雅美, 松本 力三, 岩本 誠司, 髙尾 正一郎, 山田 博胤, 佐田 政隆 :
巨大肝嚢胞の2切除例,
日本超音波医学会第26回四国地方会学術集会, 2016年10月.
7. 鳥居 裕太, 西尾 進, 松本 力三, 平田 有紀奈, 山尾 雅美, 郷司 剛志, 髙尾 正一郎, 岩本 誠司, 山田 博胤, 佐田 政隆 :
当院における腎細胞癌膵転移6症例の超音波所見,
日本超音波医学会第26回四国地方会学術集会, 2016年10月.
8. 岩本 誠司, 木下 光博 :
ハイドロコイル症例報告 第2回四国IVRセミナー,
2016年10月.
9. 岩本 誠司, 木下 光博, 新井 悠太, 宮本 加奈子, 山中 森晶, 荒瀬 真紀, 河野 奈緒子, 原田 雅史 :
特発性孤立性肺動脈瘤に対しコイル塞栓術を施行した1例 第 30回中国四国 IVR研究会 2016年9月,
2016年9月.
10. 木下 光博, 岩本 誠司, 新井 悠太, 河野 奈緒子, 山中 森晶, 宮本 加奈子, 荒瀬 真紀, 原田 雅史 :
十二指腸静脈瘤に対してマイクロバルーンカテーテルを用いてB-RTOを施行した1例 第 30回中国四国 IVR研究会,
2016年9月.
11. 木下 光博, 新井 悠太, 山中 森晶, 宮本 加奈子, 河野 奈緒子, 岩本 誠司, 原田 雅史, 武知 克弥, 城野 良三 :
鈍的外傷性脾損傷に対してトリアキシャルシステムを使用し塞栓術を施行した1例,
第126回 日本医学放射線学会中国・四国地方会&第51回 日本核医学会中国・四国地方会, 2016年6月.
12. 山尾 雅美, 西尾 進, 平田 有紀奈, 鳥居 裕太, 岩本 誠司, 六車 直樹, 山田 博胤, 佐田 政隆, 藤崎 由紀子, 渡辺 滋夫 :
膵臓原発性悪性リンパ腫の1例,
日本超音波医学会第89回学術集会, 2016年5月.
13. 木下 光博, 岩本 誠司, 原田 雅史 :
PTBD における仮想透視画像(Virtual Fluoroscopy)活用の試み,
第2回 日本穿刺ドレナージ研究会, 2016年5月.
14. 岩本 誠司, 原田 雅史, 髙尾 正一郎, 苛原 早保, 音見 暢一, 他 11名 :
当院放射線科IVRの来年度以降における展望 第43回徳島IVR研究会,
2016年1月.
15. 高橋 彩加, 古谷 俊介, 岩本 誠司, 久保 亜貴子, 川中 崇, 生島 仁史, 原田 雅史, 工藤 隆治 :
鼻副鼻腔癌に対する強度変調放射線治療の初期経験,
日本医学放射線学会中国四国地方会, 2015年12月.
16. 長瀬 襟加, 鳥居 裕太, 西尾 進, 平田 有紀奈, 山尾 雅美, 岩本 誠司, 山田 博胤, 六車 直樹, 佐田 政隆 :
好酸球性胆管炎の1例,
日本超音波検査学会第19回中国・四国第23回合同地方会学術集会, 2015年11月.
17. 西尾 進, 鳥居 裕太, 平田 有紀奈, 山尾 雅美, 山田 眞一郎, 岩本 誠司, 山田 博胤, 六車 直樹, 島田 光生, 佐田 政隆 :
正常肝に発症した巨大肝細胞癌の1例,
日本超音波医学会第25回四国地方会学術集会, 2015年10月.
18. 阿部 考志, 苛原 早保, 小濱 祐樹, 山中 森晶, 音見 暢一, 岩本 誠司 :
MRS findings of hereditary diffuse leukoencephalopathy with spheroids,
2015年3月.
19. 阿部 考志, 山中 森晶, 小濱 祐樹, 苛原 早保, 音見 暢一, 岩本 誠司 :
Hereditary diffuse leukoencephalopathy with spheroids の MRI・MRS所見,
2014年12月.
20. 岩本 誠司 :
がん治療に関するIVRについて,
高松赤十字病院がん診療セミナー, 2014年11月.
21. Takashi Abe, Mungunkhuyag Majigsren, Khashbat Delgerdalai, Otomi Yoichi, Seiji Iwamoto and Irahara Saho :
The discrepancy between pseudocontinuous ASL and CE-MRI of primary intra-axial brain tumor,
第42回日本磁気共鳴医学会, Sep. 2014.
22. 岩本 誠司 :
頭頸部悪性腫瘍に対する 動注化学療法について,
香川放射線治療談話会, 2014年6月.
23. 岩本 誠司 :
呼吸器疾患のIVR,
徳島呼吸器疾患談話会, 2014年3月.
24. 中島 和弥, 岩本 誠司, 川中 崇, 工藤 隆治, 工藤 隆治, 久保 亜貴子, 音見 暢一, 古谷 俊介, 大塚 秀樹, 生島 仁史 :
頭頸部癌の化学放射線療法における11C-Methionine PETの有用性,
日本放射線腫瘍学会第26回学術大会, 2013年7月.
25. 岩本 誠司 :
帝王切開後の巨大後腹膜血腫形成に対し,緊急動脈塞栓術を施行した1例,
第20回救急放射線研究会, 2010年9月.
26. 岩本 誠司 :
当院の産科緊急止血のIVRについて,
第34回徳島IVR研究会, 2010年7月.
27. 古谷 俊介, 生島 仁史, 岩本 誠司, 久保 亜貴子, 川中 崇, 尾﨑 享祐, 井崎 博文, 高橋 正幸, 福森 知治, 金山 博臣, 西谷 弘 :
膀胱温存を目的とした浸潤性膀胱癌に対するTUR-Bt+動注化学放射線療法の治療成績,
第47回日本癌治療学会学術集会, 2009年10月.
28. 尾崎 亨祐, 生島 仁史, 古谷 俊介, 山下 恭, 岸田 義臣, 岩本 誠司, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
徳島大学病院における子宮頸癌の治療成績,
日本放射線腫瘍学会第19回学術集会(仙台)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.18, No.Supplement 1, 231, 2006年11月.
29. 古谷 俊介, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 山下 恭, 岩本 誠司, 岩本 誠司, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
前立腺癌に対するI-125密封小線源療法の1年後の治療成績,
日本放射線腫瘍学会第19回学術集会(仙台)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.18, No.Supplement 1, 201, 2006年11月.
30. 岸田 義臣, 生島 仁史, 岩本 誠司, 山下 恭, 古谷 俊介, 尾﨑 享祐, 竹川 佳宏, 工藤 隆治, 西谷 弘 :
PET-CTによる放射線治療計画に関する基礎的検討ー寝台についてー,
日本放射線腫瘍学会第19回学術大会(仙台) 日本放射線腫瘍学会誌, Vol.18, No.Supp. 1, 151, 2006年11月.
31. 岩本 誠司, 生島 仁史, 岸田 義臣, 山下 恭, 古谷 俊介, 尾﨑 享祐, 竹川 佳宏, 工藤 隆治, 西谷 弘 :
浸潤性膀胱癌に対する動注化学療法併用放射線治療の検討,
日本放射線腫瘍学会第19回学術大会(仙台)2006.11 (日本放射線腫瘍学会誌), Vol.18, No.Supp. 1, 220, 2006年10月.
32. 岸田 義臣, 生島 仁史, 寺澤 かおり, 岩本 誠司, 古谷 俊介, 山下 恭, 尾﨑 享祐, 工藤 隆治, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
放射線治療においてPET/CTが有用であると考えられた症例,
第44回日本癌治療学会総会(東京), 2006年10月.
33. 岸田 義臣, 岩本 誠司, 古谷 俊介, 尾崎 享祐, 生島 仁史, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
PET-CTによる放射線治療計画に関する基礎的検討ー寝台についてー,
第106回日本医学放射線学会中国・四国地方会(山口), 2006年6月.
34. 古谷 俊介, 生島 仁史, 佐瀬 卓也, 尾﨑 享祐, 岩本 誠司, 岸田 義臣, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
IPを用いたヨウ素125密封小線源のQA,
日本放射線腫瘍学会第18回学術大会(埼玉)日本放射線腫瘍学会第18回学術大会報告集, Vol.17, No.Suppl. 1, 158, 2005年11月.

その他・研究会:

1. 木下 光博, 岩本 誠司, 原田 雅史 :
PTBD における仮想透視画像(Virtual Fluoroscopy)の有用性についての検討,
第52回 日本医学放射線学会 秋季臨床大会, 2016年9月.
2. 木下 光博, 岩本 誠司, 原田 雅史 :
鈍的外傷性脾損傷に対してトリアキシャルシステムを使用し塞栓術を施行した1例,
第43回 徳島IVR研究会, 2016年1月.
3. 岩本 誠司 :
静脈ポート留置時に発生したガイドワイヤートラブルの1例,
第40回リザーバー研究会, 2015年11月.
4. 岩本 誠司 :
エンボスフィアによるbland embolizationで良好な治療効果を得た転移性肝腫瘍の1例,
中国四国IVR研究会, 2014年10月.
5. 岩本 誠司 :
連日のB-RTOにて良好な治療効果を得た胃静脈瘤の1例,
徳島IVR研究会, 2014年2月.
6. 三好 弘一, 誉田 栄一, 伏見 賢一, 佐瀬 卓也, 蕪木 宏行, 森谷 洋治, 小西 憲治, 大塚 秀樹, 古谷 俊介, 森田 康彦, 岩本 誠司, 川口 和雅, 久保 均, 多田 章久, 桑原 義典, 入倉 奈美子, 合田 康代, 大東 のぞみ :
徳島大学アイソトープ総合センターニュース,
徳島大学アイソトープ総合センターニュース, No.9, 1-40, 2012年2月.
7. 三好 弘一, 篠原 康雄, 佐瀬 卓也, 森田 康彦, 鬼島 明洋, 岩本 誠司, 誉田 栄一, 大塚 秀樹, 佐藤 一雄, 入倉 奈美子, 桑原 義典, 合田 康代, 立花 さやか :
徳島大学アイソトープ総合センターニュース,
徳島大学アイソトープ総合センターニュース, No.8, 1-46, 2010年2月.
8. 三好 弘一, 前澤 博, 桑原 義典, 佐瀬 卓也, 松田 尚樹, 蕪木 宏行, 森田 康彦, 岩本 誠司, 大塚 秀樹, 佐藤 一雄, 誉田 栄一, 入倉 奈美子, 合田 康代, 立花 さやか :
徳島大学アイソトープ総合センター,
徳島大学アイソトープ総合センター, No.7, 1-44, 2008年8月.
9. 三好 弘一, 前澤 博, 足立 昭夫, 佐瀬 卓也, 入倉 奈美子, 桑原 義典, 立花 さやか, 石田 竜弘, 辻 明彦, 英 崇夫, 森賀 俊広, 鬼島 明洋, 誉田 栄一, 岩本 誠司, 佐藤 一雄, 古谷 俊介, 森田 康彦 :
徳島大学アイソトープ総合センターニュース,
徳島大学アイソトープ総合センターニュース, Vol.6, 1-42, 2007年3月.

報告書:

1. 長瀬 襟加, 鳥居 裕太, 西尾 進, 平田 有紀奈, 山尾 雅美, 岩本 誠司, 山田 博胤, 六車 直樹, 佐田 政隆 :
好酸球性胆管炎の1例,
超音波検査技術, Vol.41, No.1, 128, 2016年2月.
2. 長瀬 襟加, 鳥居 裕太, 西尾 進, 松本 力三, 平田 有紀奈, 山尾 雅美, 中野 万有里, 岩本 誠司, 髙尾 正一郎, 山田 博胤, 佐田 政隆 :
重複下大静脈に血栓を認めた1例,
超音波検査技術, Vol.41, No.5, 584, 2016年.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)