検索:
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

生物物理化学 (Biophysical Chemistry)
生化学 (Biochemistry)
プロテオミクス

研究テーマ

ミトコンドリアカルシウムイオンチャネル,ミトコンドリア膜の物質透過,生体膜と薬物の相互作用,エネルギー代謝の制御機構

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Takenori Yamamoto, Mizune Ozono, Akira Watanabe, Kosuke Maeda, Atsushi Nara, Mei Hashida, Yusuke Ido, Yuka Hiroshima, Akiko Yamada, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Functional analysis of coiled-coil domains of MCU in mitochondrial calcium uptake,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, 148061, 2019.
(DOI: 10.1016/j.bbabio.2019.148061,   PubMed: 31394096)
2. Yufu Unten, Masatoshi Murai, Takenori Yamamoto, Akira Watanabe, Naoya Ichimaru, Shunsuke Aburaya, Wataru Aoki, Yasuo Shinohara and Hideto Miyoshi :
Pentenediol-type compounds specifically bind to voltage-dependent anion channel 1 in <i>Saccharomyces cerevisiae</i> mitochondria,
Biochemistry, 2019.
(DOI: 10.1021/acs.biochem.8b01209,   PubMed: 30657320)
3. Takenori Yamamoto, Moe Tsunoda, Mizune Ozono, Akira Watanabe, Kazumasa Kotake, Yuka Hiroshima, Akiko Yamada, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Polyethyleneimine renders mitochondrial membranes permeable by interacting with negatively charged phospholipids in them,
Archives of Biochemistry and Biophysics, 2018.
(DOI: 10.1016/j.abb.2018.06.003,   PubMed: 29886045)
4. Satoshi Fujita, Masaki Suyama, Kenji Matsumoto, Atsushi Yamamoto, Takenori Yamamoto, Yuka Hiroshima, Takayuki Iwata, Arihiro Kano, Yasuo Shinohara and Mitsuru Shindo :
Synthesis and evaluation of simplified functionalized bongkrekic acid analogs.,
Tetrahedron, Vol.74, No.9, 962-969, 2018.
(DOI: 10.1016/j.tet.2018.01.018,   Elsevier: Scopus)
5. Yuka Hiroshima, Takenori Yamamoto, Masahiro Watanabe, Yoshinobu Baba and Yasuo Shinohara :
Effects of cold exposure on metabolites in brown adipose tissue of rats.,
Molecular Genetics and Metabolism Reports, Vol.15, 36-42, 2018.
(DOI: 10.1016/j.ymgmr.2018.01.005,   PubMed: 30023288)
6. Yuka Hiroshima, Eijiro Sakamoto, Kaya Yoshida, Kaori Abe, Koji Naruishi, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara, Jun-ichi Kido and Carolyn L Geczy :
Advanced glycation end-products and Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide increase calprotectin expression in human gingival epithelial cells.,
Journal of Cellular Biochemistry, Vol.119, No.2, 1591-1603, 2018.
(DOI: 10.1002/jcb.26319,   PubMed: 28771806)
7. Takenori Yamamoto, Akiko Yamada, Ozono Mizune and Watanabe Akira :
The Functions of EMRE in Mitochondrial Calcium Uptake System,
Seikagaku, Vol.89, No.3, 453-457, 2017.
(DOI: 10.14952/SEIKAGAKU.2017.890453)
8. R Sugahara, A Jouraku, T Nakakura, M Minaba, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara, H Miyoshi and T Shiotsuki :
Tissue-specific expression and silencing phenotypes of mitochondrial phosphate carrier paralogues in several insect species.,
Insect Molecular Biology, 2017.
(DOI: 10.1111/imb.12297,   PubMed: 28224717)
9. Yuya Yoshimura, Kosuke Fujisaki, Takenori Yamamoto and Yasuo Shinohara :
Pharmacokinetic Studies of Orally Administered Magnesium Oxide in Rats.,
Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 2017.
(DOI: 10.1248/yakushi.16-00020,   PubMed: 28123145)
10. Masatoshi Murai, Ayaka Okuda, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara and Hideto Miyoshi :
Synthetic Ubiquinones Specifically Bind to Mitochondrial Voltage-Dependent Anion Channel 1 (VDAC1) in Saccharomyces cerevisiae Mitochondria.,
Biochemistry, Vol.56, No.4, 570-581, 2017.
(DOI: 10.1021/acs.biochem.6b01011,   PubMed: 28051849,   Elsevier: Scopus)
11. Ryohei Yamagoshi, Takenori Yamamoto, Mitsuru Hashimoto, Ryohei Sugahara, Takahiro Shiotsuki, Hideto Miyoshi, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Identification of amino acid residues of mammalian mitochondrial phosphate carrier important for its functional expression in yeast cells, as achieved by PCR-mediated random mutation and gap-repair cloning.,
Mitochondrion, Vol.32, 1-9, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113788,   DOI: 10.1016/j.mito.2016.11.003,   PubMed: 27836624)
12. Sugahara Ryohei, Minaba Masaomi, Jouraku Akiya, Kotaki Toyomi, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara, Miyoshi Hideto and Shiotsuki Takahiro :
Characterization of two adenine nucleotide translocase paralogues in the stink bug, Plautia stali,
Journal of Pesticide Science, Vol.41, No.2, 44-48, 2016.
(DOI: 10.1584/jpestics.D15-080,   Elsevier: Scopus)
13. Takenori Yamamoto, Ryohei Yamagoshi, Kazuki Harada, Mayu Kawano, Naoki Minami, Yusuke Ido, Kana Kuwahara, Atsushi Fujita, Mizune Ozono, Akira Watanabe, Akiko Yamada, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Analysis of the structure and function of EMRE in a yeast expression system.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1857, No.6, 831-839, 2016.
(DOI: 10.1016/j.bbabio.2016.03.019,   PubMed: 27001609)
14. Keita Takagi, Takashi Ohgita, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara and Kentaro Kogure :
Transmission of external environmental pH information to the inside of liposomes via pore-forming proteins embedded within the liposomal membrane,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.5, 432-438, 2016.
(DOI: 10.1248/cpb.c15-00985,   PubMed: 27150475,   Elsevier: Scopus)
15. Atsushi Yamamoto, Keisuke Hasui, Hiroshi Matsuo, Katsuhiro Okuda, Masato Abe, Kenji Matsumoto, Kazuki Harada, Yuya Yoshimura, Takenori Yamamoto, Kazuto Ohkura, Mitsuru Shindo and Yasuo Shinohara :
Bongkrekic acid analogue, lacking one of the carboxylic groups of its parent compound, shows moderate but pH-insensitive inhibitory effects on the mitochondrial ADP/ATP carrier.,
Chemical Biology & Drug Design, Vol.86, No.5, 1304-1322, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 113787,   DOI: 10.1111/cbdd.12594,   PubMed: 26032198,   Elsevier: Scopus)
16. Takuya Suga, Yukihiro Asami, Shohei Hashimoto, Kenichi Nonaka, Masato Iwatsuki, Takuji Nakashima, Ryohei Sugahara, Takahiro Shiotsuki, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara, Naoya Ichimaru, Masatoshi Murai, Hideto Miyoshi, Satoshi Ōmura and Kazuro Shiomi :
Ascosteroside C, a new mitochondrial respiration inhibitor discovered by pesticidal screening using recombinant Saccharomyces cerevisiae.,
The Journal of Antibiotics, Vol.68, No.10, 649-652, 2015.
(DOI: 10.1038/ja.2015.43,   PubMed: 25944534,   Elsevier: Scopus)
17. Ryohei Sugahara, Akiya Jouraku, Takayo Nakakura, Takahiro Kusakabe, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara, Hideto Miyoshi and Takahiro Shiotsuki :
Two Adenine Nucleotide Translocase Paralogues Involved in Cell Proliferation and Spermatogenesis in the Silkworm Bombyx mori.,
PLoS ONE, Vol.10, No.3, e0119429, 2015.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0119429,   PubMed: 25742135,   Elsevier: Scopus)
18. Kana Kuwahara, Kazuki Harada, Ryohei Yamagoshi, Takenori Yamamoto and Yasuo Shinohara :
Effects of employment of distinct strategies to capture antibody on antibody delivery into cultured cells.,
Molecular and Cellular Biochemistry, Vol.404, No.1, 25-30, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 113966,   DOI: 10.1007/s11010-015-2362-x,   PubMed: 25697272,   Elsevier: Scopus)
19. Takenori Yamamoto, Taisuke Matsuo, Atsushi Yamamoto, Ryohei Yamagoshi, Kazuto Ohkura, Masatoshi Kataoka and Yasuo Shinohara :
Immunoblotting with Peptide Antibodies: Differential Immunoreactivities Caused by Certain Amino Acid Substitutions in a Short Peptide and Possible Effects of Differential Refolding of the Peptide on a Nitrocellulose or PVDF Membrane.,
Methods in Molecular Biology, Vol.1348, 303-310, 2015.
(DOI: 10.1007/978-1-4939-2999-3_26,   PubMed: 26424282,   Elsevier: Scopus)
20. Takuya Suga, Yukihiro Asami, Shohei Hashimoto, Kenichi Nonaka, Masato Iwatsuki, Takuji Nakashima, Yoshihiro Watanabe, Ryohei Sugahara, Takahiro Shiotsuki, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara, Naoya Ichimaru, Masatoshi Murai, Hideto Miyoshi, Satoshi Ōmura and Kazuro Shiomi :
Trichopolyn VI: a new peptaibol insecticidal compound discovered using a recombinant Saccharomyces cerevisiae screening system.,
The Journal of General and Applied Microbiology, Vol.61, No.3, 82-87, 2015.
(DOI: 10.2323/jgam.61.82,   PubMed: 26227911,   Elsevier: Scopus)
21. Takenori Yamamoto, Mika Ito, Keita Kageyama, Kana Kuwahara, Kikuji Yamashita, Yoshiharu Takiguchi, Seiichiro Kitamura, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Mastoparan peptide causes mitochondrial permeability transition not by interacting with specific membrane proteins but by interacting with the phospholipid phase.,
The FEBS Journal, Vol.281, No.17, 3933-3944, 2014.
(DOI: 10.1111/febs.12930,   PubMed: 25039402)
22. Yusuke Ido, Tatsuki Yoshitomi, Kazuto Ohkura, Takenori Yamamoto and Yasuo Shinohara :
Utility of syntenic relationships of VDAC1 pseudogenes for not only an understanding of the phylogenetic divergence history of rodents, but also ascertaining possible pseudogene candidates as genuine pseudogenes.,
Genomics, Vol.104, No.2, 128-133, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 113967,   DOI: 10.1016/j.ygeno.2014.05.003,   PubMed: 24858958)
23. Takuya Hada, Takenori Yamamoto, Atsushi Yamamoto, Kazuto Ohkura, Naoshi Yamazaki, Yoshiharu Takiguchi and Yasuo Shinohara :
Comparison of the catalytic activities of three isozymes of carnitine palmitoyltransferase 1 expressed in COS7 cells,
Applied Biochemistry and Biotechnology, Vol.172, No.3, 1486-1496, 2014.
(DOI: 10.1007/s12010-013-0619-y,   PubMed: 24222496,   Elsevier: Scopus)
24. Takenori Yamamoto, Haruna Tamaki, Chie Katsuda, Kiwami Nakatani, Satsuki Terauchi, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Molecular basis of interactions between mitochondrial proteins and hydroxyapatite in the presence of Triton X-100, as revealed by proteomic and recombinant techniques.,
Journal of Chromatography. A, Vol.1301, 169-178, 2013.
(DOI: 10.1016/j.chroma.2013.05.079,   PubMed: 23806356)
25. Takuya Hada, Yumiko Kato, Eriko Obana, Atsushi Yamamoto, Naoshi Yamazaki, Mitsuru Hashimoto, Takenori Yamamoto and Yasuo Shinohara :
Comparison of two expression systems using COS7 cells and yeast cells for expression of heart/muscle-type carnitine palmitoyltransferase 1,
Protein Expression and Purification, Vol.82, No.1, 192-196, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 114016,   DOI: 10.1016/j.pep.2012.01.006,   PubMed: 22266133)
26. Jun-ichi Kido, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Hiroyuki Iwasaka, Keisuke Yamada, Naoto Ohgami, Toshiyuki Namubu, Masatoshi Kataoka, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara, Ikuko Sagawa and Toshihiko Nagata :
Analysis of proteins in human gingival crevicular fluid by mass spectrometry,
Journal of Periodontal Research, Vol.47, No.4, 488-499, 2012.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.2011.01458.x,   PubMed: 22220998)
27. Yusuke Ido, Takenori Yamamoto, Tatsuki Yoshitomi, Atsushi Yamamoto, Eriko Obana, Kazuto Ohkura and Yasuo Shinohara :
Pseudogenes of rat VDAC1: 16 gene segments in the rat genome show structural similarities with the cDNA encoding rat VDAC1, with 8 slightly expressed in certain tissues.,
Mammalian Genome, Vol.23, No.3-4, 286-293, 2011.
(DOI: 10.1007/s00335-011-9375-x,   PubMed: 22101864)
28. Eriko Obana, Takuya Hada, Takenori Yamamoto, Rei Kakuhata, Takuya Saze, Hirokazu Miyoshi, Tomoshige Hori and Yasuo Shinohara :
Properties of signal intensities observed with individual probes of GeneChip Rat Gene 1.0 ST Array, an affymetric microarray system.,
Biotechnology Letters, Vol.34, No.2, 213-219, 2011.
(DOI: 10.1007/s10529-011-0776-4,   PubMed: 22009574)
29. Satoshi Kawashima, Takenori Yamamoto, Yuka Horiuchi, Kengo Fujiwara, Shunichi Gouda, Yuya Yoshimura, Atsushi Yamamoto, Yuki Inotani, Kikuji Yamashita, Seiichiro Kitamura, Hiroshi Terada, Makoto Kanematsu, Kozo Shishido and Yasuo Shinohara :
S-15176 and its methylated derivative suppress the CsA-insensitive mitochondrial permeability transition and subsequent cytochrome c release induced by silver ion, and show weak protonophoric activity.,
Molecular and Cellular Biochemistry, Vol.358, No.1-2, 45-51, 2011.
(DOI: 10.1007/s11010-011-0919-x,   PubMed: 21688046)
30. Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Atsushi Yamamoto, Eriko Obana, Kanami Niiyama, Takuya Hada, Toshihiko Ooie, Masatoshi Kataoka, Tomoshige Hori, Hitoshi Houchi and Yasuo Shinohara :
Differential effects of cold exposure on gene expression profiles in white versus brown adipose tissue.,
Applied Biochemistry and Biotechnology, Vol.165, No.2, 538-547, 2011.
(DOI: 10.1007/s12010-011-9273-4,   PubMed: 21556901)
31. Naoto Okada, Takenori Yamamoto, Masahiro Watanabe, Yuuya Yoshimura, Eriko Obana, Naoshi Yamazaki, Kazuyoshi Kawazoe, Yasuo Shinohara and Kazuo Minakuchi :
Identification of TMEM45B as a protein clearly showing thermal aggregation in SDS-PAGE gels and dissection of its amino acid sequence responsible for this aggregation.,
Protein Expression and Purification, Vol.77, No.1, 118-123, 2011.
(DOI: 10.1016/j.pep.2011.01.011,   PubMed: 21277373)
32. Takenori Yamamoto, Atsushi Yamamoto, Masahiro Watanabe, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Quantitative evaluation of the effects of cold exposure of rats on the expression levels of ten FABP isoforms in brown adipose tissue.,
Biotechnology Letters, Vol.33, No.2, 237-242, 2010.
(DOI: 10.1007/s10529-010-0444-0,   PubMed: 20972819)
33. Chie Katsuda, Kanami Niiyama, Eriko Obana, Takenori Yamamoto, Yumiko Katou, Masatoshi Kataoka, Kazuto Ohkura and Yasuo Shinohara :
Specific formation of trypsin-resistant micelles on a hydrophobic peptide observed with Triton X-100 but not with octylglucoside.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1798, No.11, 2090-2093, 2010.
(DOI: 10.1016/j.bbamem.2010.07.013,   PubMed: 20646996)
34. Takenori Yamamoto, Mizuki Ohashi, Sho Mizutani, Yuuya Yoshimura, Eriko Obana, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Use of Highly Purified and Mixed Antibodies for Simultaneous Detection of Multiple Protein Species Released from Mitochondria upon Induction of the Permeability Transition.,
Applied Biochemistry and Biotechnology, 2010.
(DOI: 10.1007/s12010-010-9016-y,   PubMed: 20582638)
35. Yoshihiro Umemoto, Masatoshi Kataoka, Shouki Yatsushiro, Shouhei Yamamura, Toshihiko Ooie, Jun-ichi Kido, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara and Yoshinobu Baba :
Analysis of DNA ligation by microchip electrophoresis.,
Journal of Pharmaceutical and Biomedical Analysis, Vol.52, No.2, 323-328, 2010.
(DOI: 10.1016/j.jpba.2009.12.023,   PubMed: 20196235)
36. Taisuke Matsuo, Atsushi Yamamoto, Takenori Yamamoto, Kaoru Otsuki, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Replacement of C305 in heart/muscle-type isozyme of human carnitine palmitoyltransferase I with aspartic acid and other amino acids.,
Biochemical Genetics, Vol.48, No.3-4, 193-201, 2010.
(DOI: 10.1007/s10528-009-9301-z,   PubMed: 19937377,   Elsevier: Scopus)
37. Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Masatoshi Kataoka, MC Herzberg, KF Ross, Yasuo Shinohara, Takenori Yamamoto, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Modulation of calprotectin in human keratinocytes by keratinocyte growth factor and interleukin-1alpha.,
Immunology and Cell Biology, Vol.88, No.3, 328-333, 2010.
(DOI: 10.1038/icb.2009.104,   PubMed: 20065999)
38. Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Yuya Yoshimura, Shunichi Gouda, Satoshi Kawashima, Naoshi Yamazaki, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Ca2+-induced permeability transition can be observed even in yeast mitochondria under optimized experimental conditions.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1787, No.12, 1486-1491, 2009.
(DOI: 10.1016/j.bbabio.2009.07.001,   PubMed: 19616504)
39. Takenori Yamamoto, Atsushi Yamamoto, Masahiro Watanabe, Taisuke Matsuo, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Classification of FABP isoforms and tissues based on quantitative evaluation of transcript levels of these isoforms in various rat tissues.,
Biotechnology Letters, Vol.31, No.11, 1695-1701, 2009.
(DOI: 10.1007/s10529-009-0065-7,   PubMed: 19565192)
40. Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Naoshi Yamazaki, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Differential permeabilization effects of Ca2+ and valinomycin on the inner and outer mitochondrial membranes as revealed by proteomics analysis of proteins released from mitochondria.,
Molecular & Cellular Proteomics, Vol.8, No.6, 1265-1277, 2009.
(DOI: 10.1074/mcp.M800377-MCP200,   PubMed: 19218587)
41. Yoshihiro Umemoto, Masatoshi Kataoka, Shouki Yatsushiro, Masahiro Watanabe, Jun-ichi Kido, Rei Kakuhata, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara and Yoshinobu Baba :
Sequential analysis of RNA synthesis by microchip electrophoresis.,
Analytical Biochemistry: Methods in the Biological Sciences, Vol.388, No.1, 161-163, 2009.
(DOI: 10.1016/j.ab.2009.01.040,   PubMed: 19454233)
42. Taisuke Matsuo, Eriko Obana, Takenori Yamamoto, Rei Kakuhata, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Yoshinobu Baba, Tomoshige Hori and Yasuo Shinohara :
Construction of plasmids suitable for in vitro synthesis of full-length mRNAs having a 3'-poly(A)+tail.,
Biotechnology Letters, Vol.31, No.2, 203-207, 2009.
(DOI: 10.1007/s10529-008-9847-6,   PubMed: 18810330,   Elsevier: Scopus)
43. Taisuke Matsuo, Takenori Yamamoto, Chie Katsuda, Kanami Niiyama, Atsushi Yamamoto, Naoshi Yamazaki, Kazuto Ohkura, Masatoshi Kataoka and Yasuo Shinohara :
Substitution of certain amino acids in a short peptide causes a significant difference in their immunoreactivities with antibodies against different epitopes: evidence for possible folding of the peptide on a nitrocellulose or PVDF membrane.,
Biologicals, Vol.37, No.1, 44-47, 2009.
(DOI: 10.1016/j.biologicals.2008.10.001,   PubMed: 19022683)
44. Rei Kakuhata, Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Eriko Obana, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Ooie, Yoshinobu Baba, Tomoshige Hori and Yasuo Shinohara :
Importance of probe location for quantitative comparison of signal intensities among genes in microarray analysis.,
Journal of Biochemical and Biophysical Methods, Vol.70, No.6, 926-931, 2008.
(DOI: 10.1016/j.jprot.2007.12.005,   PubMed: 18241926)
45. Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Rei Kakuhata, Naoto Okada, Kazuaki Kajimoto, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Yoshinobu Baba, Toshiaki Tamaki and Yasuo Shinohara :
Synchronized changes in transcript levels of genes activating cold exposure-induced thermogenesis in brown adipose tissue of experimental animals.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1777, No.1, 104-112, 2008.
(DOI: 10.1016/j.bbabio.2007.10.014,   PubMed: 18036333)
46. Yuma Yamada, Hidetaka Akita, Hiroyuki Kamiya, Kentaro Kogure, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara, Kikuji Yamashita, Hideo Kobayashi, Hiroshi Kikuchi and Hideyoshi Harashima :
MITO-Porter: A liposome-based carrier system for delivery of macromolecules into mitochondria via membrane fusion.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1778, No.2, 423-432, 2007.
(DOI: 10.1016/j.bbamem.2007.11.002,   PubMed: 18054323)
47. Mami Hino, Masatoshi Kataoka, Kazuaki Kajimoto, Takenori Yamamoto, Jun-ichi Kido, Yasuo Shinohara and Yoshinobu Baba :
Efficiency of cell-free protein synthesis based on a crude cell extract from Escherichia coli, wheat germ, and rabbit reticulocytes.,
Journal of Biotechnology, Vol.133, No.2, 183-189, 2007.
(DOI: 10.1016/j.jbiotec.2007.08.008,   PubMed: 17826860)
48. Rei Kakuhata, Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Rie Akamine, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Satoshi Fukuoka, Mitsuru Ishikawa, Toshihiko Ooie, Yoshinobu Baba, Tomoshige Hori and Yasuo Shinohara :
Possible utilization of in vitro synthesized mRNAs specifically expressed in certain tissues as standards for quantitative evaluation of the results of microarray analysis.,
Journal of Biochemical and Biophysical Methods, Vol.70, No.5, 755-760, 2007.
(DOI: 10.1016/j.jbbm.2007.04.004,   PubMed: 17512601)
49. Rie Akamine, Takenori Yamamoto, Masahiro Watanabe, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Mitsuru Ishikawa, Toshihiko Ooie, Yoshinobu Baba and Yasuo Shinohara :
Usefulness of the 5' region of the cDNA encoding acidic ribosomal phosphoprotein P0 conserved among rats, mice, and humans as a standard probe for gene expression analysis in different tissues and animal species.,
Journal of Biochemical and Biophysical Methods, Vol.70, No.3, 481-486, 2007.
(DOI: 10.1016/j.jbbm.2006.11.008,   PubMed: 17196660)
50. Takenori Yamamoto, Akiko Yamada, Masahiro Watanabe, Yuya Yoshimura, Naoshi Yamazaki, Yoshiyuki Yoshimura, Takashi Yamauchi, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
VDAC1, having a shorter N-terminus than VDAC2 but showing the same migration in an SDS-polyacrylamide gel, is the predominant form expressed in mitochondria of various tissues.,
Journal of Proteome Research, Vol.5, No.12, 3336-3344, 2006.
(DOI: 10.1021/pr060291w,   PubMed: 17137335)
51. Takenori Yamamoto, Satsuki Terauchi, Aiko Tachikawa, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Two critical factors affecting the release of mitochondrial cytochrome c as revealed by studies using N, N'-dicyclohexylcarbodiimide as an atypical inducer of permeability transition,
Journal of Bioenergetics and Biomembranes, Vol.37, No.5, 299-306, 2005.
(DOI: 10.1007/s10863-005-8641-6,   PubMed: 16341774)
52. Satsuki Terauchi, Takenori Yamamoto, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Molecular basis of morphological changes in mitochondrial membrane accompanying induction of permeability transition, as revealed by immuno-electron microscopy.,
Mitochondrion, Vol.5, No.4, 248-254, 2005.
(DOI: 10.1016/j.mito.2005.04.002,   PubMed: 16050987)
53. Takenori Yamamoto, Aiko Tachikawa, Satsuki Terauchi, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Multiple Effects of DiS-C3(5) on Mitochondrial Structure and Function,
European Journal of Biochemistry, Vol.271, No.17, 3573-3579, 2004.
(DOI: 10.1111/j.1432-1033.2004.04294.x,   PubMed: 15317593)
54. Kikuji Yamashita, Tomokazu Ichikawa, Takenori Yamamoto, Yoshinori Nakagawa, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Three-way effect of cyanine dye on the structure and function of mitochondria,
Journal of Health Science, Vol.49, No.6, 448-453, 2003.
(DOI: 10.1248/jhs.49.448,   CiNii: 110003609103)
55. Yasuo Shinohara, Radwan Mohamad Almofti, Takenori Yamamoto, Taro Ishida, Fumiyo Kita, Hideki Kanzaki, Masakatsu Ohnishi, Kikuji Yamashita, Shigeomi Shimizu and Hiroshi Terada :
Permeability transition-independent release of mitochondrial cytochrome c induced by valinomycin,
European Journal of Biochemistry, Vol.269, No.21, 5224-5230, 2002.
(DOI: 10.1046/j.1432-1033.2002.03229.x,   PubMed: 12392554,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1. 尾華 絵里子, 安倍 正博, 山本 武範, 篠原 康雄 :
ヘキソキナーゼとがんの代謝,
実験医学, Vol.30, No.15, 36-41, 2012年9月.
2. Takenori Yamamoto, Akiko Yamada, Yuya Yoshimura, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
The mechanisms of the release of cytochrome C from mitochondria revealed by proteomics analysis.,
Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, Vol.132, No.10, 1099-1104, 2012.
(DOI: 10.1248/yakushi.12-00220-2,   PubMed: 23037694)
3. 山本 武範, 山田 安希子, 篠原 康雄 :
プロテオミクスで探るミトコンドリアからのシトクロムc漏出機構,
生物物理, Vol.50, No.3, 124-125, 2010年5月.
4. Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Chihiro Mori, Naoto Okada, Naoshi Yamazaki, Kazuaki Kajimoto, Masatoshi Kataoka and Yasuo Shinohara :
Cold-induced changes in gene expression in brown adipose tissue: implications for the activation of thermogenesis.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.31, No.5, 775-784, May 2008.
(DOI: 10.1248/bpb.31.775,   PubMed: 18451493,   CiNii: 110006663927)
5. 篠原 康雄, 山本 武範, 寺田 弘 :
脱共役剤研究の最近の進歩,
膜, Vol.28, No.6, 271-277, 2003年11月.

国際会議:

1. Takenori Yamamoto, Mizune Ozono, Akira Watanabe, Kousuke Maeda, Akiko Yamada, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
The structure-function analysis of mitochondrial calcium uniporter (MCU) using a yeast expression system,
The 20th European Bioenergetics Conference, Budapest, Aug. 2018.
2. Yamagoshi Ryohei, Takenori Yamamoto, Mitsuru Hashimoto, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Functional expression of mammalian mitochondrial phosphate carrier in yeast cells,
The American Society for Cell Biology 2016, 62, San Francisco, Dec. 2016.
3. Takenori Yamamoto, Yamagoshi Ryohei, Harada Kazuki, Kawano Mayu, Minami Naoki, Ido Yusuke, Ozono Mizune, Watanabe Akira, Akiko Yamada, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Analysis of the Structure and Function of EMRE in Mitochondrial Calcium Channel using a Yeast Expression System,
European Bioenergetics Conference 2016, Riva del Garda, Jul. 2016.
4. Shima Sawako, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara and Yoshiharu Takiguchi :
Induction of mitochondrial permeability transition by dequalinium,
40th FEBS Congress, Berlin, Jul. 2015.
5. Kuwahara Kana, Harada Kazuki, Yamagoshi Ryohei, Yoshiharu Takiguchi, Takenori Yamamoto and Yasuo Shinohara :
Effects of employment of distinct strategies to capture antibody on antibody delivery into cultured cells,
40th FEBS Congress, Berlin, Jul. 2015.
6. Ido Yusuke, Takenori Yamamoto, Yoshitomi Tatsuki and Yasuo Shinohara :
Utility of syntenic relationships of VDAC1 pseudogenes for not only an understanding of the phylogenetic divergence history, but also ascertaining possible pseudogene candidates as genuine pseudogenes,
The American Society for Cell Biology 2014, Philadelphia, Dec. 2014.
7. Takenori Yamamoto, Ito Mika, Kageyama Keita, Kuwahara Kana, Kikuji Yamashita, Yoshiharu Takiguchi, Seiichiro Kitamura, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Mastoparan causes mitochondrial permeability transition not by interacting with specific proteins, but by interacting with the phospholipid phase,
The American Society for Cell Biology 2014, Philadelphia, Dec. 2014.
8. Ryohei Yamagoshi, Takenori Yamamoto and Yasuo Shinohara :
Functional expression of the human mitochondrial phosphate carrier in yeast cells,
The EMBO meeting 2013, A100, Amsterdam, Sep. 2013.
9. Takuya Hada, Yumiko Kato, Eriko Obana, Naoshi Yamazaki, Takenori Yamamoto and Yasuo Shinohara :
Comparison of two expression systems using COS7 Cells and yeast cells for expression of heart/muscle-type carnitine palmitoyltransferase 1,
American Society for Cell Biology 2012 Annual Meeting, San Francisco, Dec. 2012.
10. Yamamoto Atsushi, Takenori Yamamoto, Watanabe Masahiro, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Quantitative evaluation of the effects of cold exposure of rats on the expression levels of 10 FABP isoforms in brown adipose tissue,
The Second Decennial Meeting between the University of Tokushima and Seoul National University on Pharmaceutical Sciences, Awaji, Dec. 2010.
11. Taisuke Matsuo, Takenori Yamamoto, Katsuda Chie, Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka :
Substitution of Certain Amino Acids in a Short Peptide Causes a Significant Difference in Their Immunoreactivities with Antibodies Against Different Epitopes: Evidence for Possible Folding of the Peptide on Nitrocellulose or PVDF Membrane,
International symposium on system cell engineering by multi-scale manipulation, Nagoya, Nov. 2008.
12. Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Rei Kakuhata, Kazuaki Kajimoto, Fumiyo Kita, Naoshi Yamazaki, Yoshinobu Baba and Yasuo Shinohara :
Synchronized changes in the transcript levels of the genes towards activated thermogenesis in brown adipose tissue induced by cold exposure of experimental animals,
Pre-Satellite Meeting of the 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC 2007) for and by Ph.D. students and postdoctoral fellows, Amsterdam, Apr. 2007.
13. Rei Kakuhata, Takenori Yamamoto, Masahiro Watanabe, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Yoshinobu Baba and Yasuo Shinohara :
Possible utilization of synthetic mRNAs as standards for microarray analysis,
Pre-Satellite Meeting of the 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC 2007) for and by Ph.D. students and postdoctoral fellows, Amsterdam, Apr. 2007.
14. Naoshi Yamazaki, Saki Imamura, Hirokazu Sato, Arisa Hironaga, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada :
cDNA from Rat Brown Adipose Tissue Codes a Novel Protein Containing DH, BAR, and SH3 Domains,
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
15. Takenori Yamamoto, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Two critical factors affecting the release of mitochondrial cytochrome c as revealed by studies using N,N'-dicyclohexylcarbodiimide as an inducer of permeability transition,
The 11th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, Cheju, May 2006.
16. Takenori Yamamoto, Satsuki Terauchi, Aiko Tachikawa, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Two Critical Factors Affecting the Release of Mitochondrial Cytochrome c as Revealed by Studies Using N,N'-Dicyclohexylcarbodiimide as an Inducer of Permeability Transition,
45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, San Francisco, Dec. 2005.
17. Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Induction of Permeability Transition in Yeast Mitochondria Causes Release of Mitochondrial Cytochrome c,
45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, San Francisco, Dec. 2005.
18. Takenori Yamamoto, Satsuki Terauchi, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
DCCD induces mitochondrial permeability transition without causing cytochrome c release,
Pharmaceutical sciences world congress(PSWC2004), Kyoto, Jun. 2004.

国内講演発表:

1. 船曵 早希, 佐々木 彩花, 向山 はるか, 辻 大輔, 村田 佳子, 山本 武範, カランジット サンギータ, 中山 淳, 伊藤 孝司, 難波 康祐 :
イネ科植物の鉄イオン取り込みトランスポーター標識プローブの合成と評価,
日本薬学会第140年回, 2020年3月.
2. 船曵 早希, 佐々木 彩花, 辻 大輔, 村田 佳子, カランジット サンギータ, 中山 淳, 伊藤 孝司, 難波 康祐, 山本 武範, 難波 康祐 :
イネ科植物の鉄イオン取り込み機構解明に向けた標識プローブの合成と評価,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
3. 浜田 麻衣, 森崎 巧也, 中山 淳, 寺町 順平, 辻 大輔, 重永 章, 山本 武範, 篠原 康雄, 大髙 章, 伊藤 孝司, 安部 正博, 難波 康祐 :
天然マクロライドの全合成が拓く新規多発性骨髄腫治療薬,
創薬懇話会2019 in 秋保(仙台), 2019年6月.
4. 山本 武範 :
酵母再構成技術を用いた ミトコンドリアのCa2+輸送メカニズムの解明,
第4回 産業技術総合研究所 オープンイノベーションワークショップ(バイオナノ研究会), 2018年12月.
5. 大園 瑞音, 問山 温未, 井戸 佑介, 山本 武範, 篠原 康雄 :
ミトコンドリアのADP/ATP輸送体のボンクレキン酸との相互作用に関与するアミノ酸の同定,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
6. 山本 武範, 角田 萌, 渡辺 朗, 大園 瑞音, 井戸 佑介, 廣島 佑香, 山田 安希子, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
ポリエチレンイミンがミトコンドリアからの シトクロムc漏出を誘起するメカニズム,
第40回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2018年10月.
7. 廣島 佑香, 山本 武範, 篠原 康雄 :
最終糖化産物とPorphyromonas gingivalis由来LPSが誘導するヒト歯肉上皮細胞の遺伝子発現の解析,
第61回春季日本歯周病学会学術大会, 2018年6月.
8. 大園 瑞音, 山本 武範, 渡辺 朗, 山田 安希子, 廣島 佑香, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
ミトコンドリアカルシウムユニポーター(MCU)の構造と機能の相関解析,
第9回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2017年5月.
9. 谷口 あい, 山本 武範, 井戸 佑介, 廣島 佑香, 山田 安希子, 篠原 康雄 :
クロナゼパムがマウスの遺伝子発現に及ぼす影響のマイクロアレイ解析,
日本薬学会年会, 2017年3月.
10. 山本 武範, 大園 瑞音, 山越 亮平, 山田 安希子, 廣島 佑香, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
酵母発現系によるミトコンドリアカルシウムユニポーター(MCU)の構造機能解析,
日本薬学会年会, 2017年3月.
11. 村井 正俊, 奥田 絢香, 山本 武範, 篠原 康雄, 三芳 秀人 :
合成ユビキノンは出芽酵母ミトコンドリア電位依存性アニオンチャンネル (VDAC)に特異的に結合する,
日本農薬学会第42回大会, 2017年3月.
12. 皆葉 正臣, 管原 亮平, 上樂 明也, 山本 武範, 篠原 康雄, 小瀧 豊美, 三芳 秀人, 塩月 孝博 :
新規殺虫剤標的分子としての昆虫のミトコンドリア膜 CoA 輸送体の遺伝子と その機能,
日本農薬学会第42回大会, 2017年3月.
13. 山本 武範, 大園 瑞音, 山越 亮平, 山田 安希子, 廣島 佑香, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
酵母再構成系を用いたミトコンドリアカルシウムユニポーターの 構造機能解析,
第38回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2016年11月.
14. 大和 永奈, 山越 亮平, 山本 武範, 廣島 佑香, 三芳 秀人, 新藤 充, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
ミトコンドリアのADP/ATP輸送体はボンクレキン酸とどのように相互作用しているのか,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
15. 大園 瑞音, 山本 武範, 山越 亮平, 山田 安希子, 廣島 佑香, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
酵母再構成系を用いたミトコンドリアカルシウムユニポーター(MCU)の構造機能解析,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
16. 安井 春香, 山本 武範, 山越 亮平, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
ミトコンドリアカルシウムチャネルの ルテニウムレッド感受性に関与するアミノ酸残基の同定,
第8回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2016年5月.
17. 角田 萌, 山本 武範, 小武 和正, 伊藤 美香, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
ポリエチレンイミンはミトコンドリア膜の酸性リン脂質に作用して シトクロムc漏出を誘起する,
第8回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2016年5月.
18. 角田 萌, 山本 武範, 小武 和正, 伊藤 美香, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
ポリエチレンイミンによるミトコンドリアからのシトクロム c 漏出機構に関する研究,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
19. 山本 武範, 山越 亮平, 原田 一樹, 河野 麻由, 桑原 かな, 南 尚希, 山田 安希子, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
ミトコンドリアのカルシウムイオンチャネル複合体におけるEMREの機能解析,
日本薬学会年会, 2016年3月.
20. 山越 亮平, 山本 武範, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
哺乳類ミトコンドリアのリン酸輸送担体の酵母での機能的発現,
第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2015年11月.
21. 山本 武範, 山越 亮平, 原田 一樹, 河野 麻由, 桑原 かな, 南 尚希, 山田 安希子, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
酵母を使ったミトコンドリアのカルシウム取込みにおけるEMRE の機能解析,
第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2015年11月.
22. 南 尚希, 山越 亮平, 山本 武範, 篠原 康雄 :
ミトコンドリアのADP/ATP輸送体とCoenzyme A輸送体の機能発現に重要なアミノ酸残基の保存と相違,
第54回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
23. 山本 篤司, 奥田 勝博, 安部 真人, 松本 健司, Takenori Yamamoto, Kazuto Ohkura, Hiroshi Terada, Mitsuru Shindo and Yasuo Shinohara :
Inhibitory effects of the bongkrekic acid analogues on the mitochondrial ADP/ATP carrier,
第43回構造活性相関シンポジウム, Sep. 2015.
24. 秦 拓也, 尾華 絵里子, 角幡 玲, 堀 友繁, 山本 武範, 篠原 康雄 :
マイクロアレイで遺伝子発現の定量的評価は可能か,
第28回バイオメディカル分析科学シンポジウム, 2015年8月.
25. 山本 武範, 玉置 春菜, 勝田 千恵, 中谷 極, 寺内 さつき, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
ヒドロキシアパタイトによるミトコンドリアタンパク質分離の分子論,
第28回バイオメディカル分析科学シンポジウム, 2015年8月.
26. 原田 一樹, 猪谷 祐貴, 菅原 亮平, 塩月 孝博, 三芳 秀人, 橋本 満, 真島 英司, 寺田 弘, 山本 武範, 篠原 康雄 :
昆虫ミトコンドリアのADP/ATP carrier の酵母における機能的発現,
日本薬学会年会, 2015年3月.
27. 島 佐和子, 山本 武範, 榎本 麻里子, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄, 滝口 祥令 :
デカリニウムはミトコンドリアに透過性遷移を誘起する,
日本薬学会年会, 2015年3月.
28. 桑原 かな, 原田 一樹, 山越 亮平, 山本 武範, 篠原 康雄 :
抗体導入試薬の性質の違いが細胞内への抗体の導入に及ぼす影響,
日本薬学会年会, 2015年3月.
29. 山本 武範 :
プロテオミクスによる分離分析技術と生化学的解析を応用したミトコンドリア研究,
日本薬学会年会, 2015年3月.
30. 山越 亮平, 山本 武範, 篠原 康雄 :
プレ配列の削除及び特定のアミノ酸残基の変異による哺乳類のリン酸輸送担体の酵母ミトコンドリアにおける機能的発現,
日本薬学会年会, 2015年3月.
31. 河野 麻由, 山本 武範, 篠原 康雄 :
抗原抗体反応を用いたミトコンドリア外膜におけるヒトVDAC1のトポロジー解析,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
32. 伊藤 美香, 山本 武範, 懸山 啓太, 桑原 かな, 山下 菊治, 滝口 祥令, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
Mastoparanはミトコンドリアのリン脂質膜に作用して透過性遷移を誘導する,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
33. 桑原 かな, 原田 一樹, 山本 武範, 篠原 康雄 :
二つの抗体送達システムにおける送達作用の比較,
第52回日本生物物理学会年会, s106, 2014年9月.
34. 小武 和正, 猪谷 祐貴, 吉村 勇哉, 原田 一樹, 山本 武範, 篠原 康雄 :
オリゴマイシンとロテノンはミトコンドリアの透過性遷移に相乗的な阻害作用を示す,
第52回日本生物物理学会年会, s107, 2014年9月.
35. 山越 亮平, 山本 武範, 篠原 康雄 :
哺乳類のリン酸輸送担体を酵母のミトコンドリアに機能的に発現させるために必要な因子の理解に向けて,
第6回日本生物物理学会第6回中国四国支部大会, 32, 2014年5月.
36. 吉冨 立樹, 山越 亮平, 山本 武範, 篠原 康雄 :
ヒトのミトコンドリアのS-アデノシルメチオニン輸送体の出芽酵母における機能的発現,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
37. 井戸 佑介, 吉冨 立樹, 大倉 一人, 山本 武範, 篠原 康雄 :
3つのVDAC1の偽遺伝子はラットとマウスの分岐前に形成されていた,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
38. 懸山 啓太, 篠原 康雄, 山本 武範, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
ミトコンドリア透過性遷移におけるシクロフィリンDの挙動解析,
第87回日本薬理学会年会, 2014年3月.
39. 山本 武範, 吉村 勇哉, 山本 篤司, 山田 安希子, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
透過性遷移を誘起したミトコンドリアからのApoptosis-inducing factor(AIF)の漏出機構,
第35回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集, 60, 2013年11月.
40. 一色 咲貴子, 宮田 優子, 岡崎 夕佳, 篠原 康雄, 山本 武範, 橋本 満 :
神経細胞特異的に発現する4型脱共役タンパク質のミトコンドリア膜透過性遷移現象に対する抑制効果,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 24, 2013年10月.
41. 玉置 春菜, 山本 武範, 勝田 千恵, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
ミトコンドリアタンパク質とハイドロキシアパタイトの相互作用の分子論,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 24, 2013年10月.
42. 秦 拓也, 加藤 弓子, 尾華 絵里子, 山本 篤司, 山﨑 尚志, 山本 武範, 篠原 康雄 :
異なる発現系において観察された筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼ1(CPT1b)の酵素活性の違い,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 23, 2013年10月.
43. 原田 一樹, 猪谷 祐貴, 菅原 亮平, 塩月 孝博, 三芳 秀人, 橋本 満, 寺田 弘, 山本 武範, 篠原 康雄 :
酵母ミトコンドリアにおける昆虫のADP/ATP carrierの機能的発現,
第86回生化学会大会, 2P-158, 2013年9月.
44. 山越 亮平, 山本 武範, 篠原 康雄 :
哺乳類ミトコンドリアのリン酸輸送担体の酵母における機能的発現,
第5回日本生物物理学会 中国四国支部大会, 43, 2013年5月.
45. 伊藤 美香, 山本 武範, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
Mastoparanとその誘導体がミトコンドリアに及ぼす作用の解析,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
46. 加藤 弓子, 秦 拓也, 山本 武範, 篠原 康雄 :
ミトコンドリア外膜を用いたCPT1の高感度な活性測定法の構築,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
47. 榎本 麻里子, 尾華 絵里子, 山本 武範, 篠原 康雄 :
アルテミアのミトコンドリアのヌクレオチド輸送担体の発現系構築と機能解析,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
48. 山本 武範, 吉村 勇哉, 山本 篤司, 懸山 啓太, 山田 安希子, 寺田 弘, 原島 秀吉, 篠原 康雄 :
ミトコンドリアからのapoptosis-inducing factor (AIF)の漏出を促進する因子の同定と漏出したAIFの分子構造解析,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
49. 岡田 直人, 山本 武範, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 尾華 絵里子, 山﨑 尚志, 川添 和義, 篠原 康雄, 水口 和生 :
機能未知タンパク質TMEM45Bの熱凝集に関与するアミノ酸配列の同定,
第85回生化学会, 2012年12月.
50. 玉置 春菜, 山本 武範, 勝田 千恵, 篠原 康雄 :
Triton X-100存在下におけるハイドロキシアパタイトとミトコンドリアタンパク質の相互作用に関する分子論,
第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
51. 山越 亮平, 山本 武範, 篠原 康雄 :
ミトコンドリアのオーファン溶質輸送担体の酵母における発現条件およびCa2+輸送の検討,
第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
52. 猪谷 祐貴, 原田 一樹, 吉村 勇哉, 小武 和正, 尾華 絵里子, 山本 武範, 篠原 康雄 :
ロテノンは透過性遷移を阻害する,
第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
53. 井戸 佑介, 山本 武範, 吉冨 立樹, 尾華 絵里子, 篠原 康雄 :
ラットのゲノムに存在するVDAC1のpsudogene,
第34回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2012年11月.
54. 秦 拓也, 加藤 弓子, 尾華 絵里子, 山﨑 尚志, 山本 武範, 篠原 康雄 :
COS7細胞と酵母細胞を用いた筋型CPT1 の発現系の比較,
第50回日本生物物理学会, 2012年9月.
55. 山本 武範, Yusuke Ido, Yumiko Nakano, Mayu Kawano, 寺田 弘, Hideyoshi Harashima, 篠原 康雄 :
抗原抗体反応とプロテオミクスを用いたミトコンドリア外膜に存在するVDACアイソフォームの発現プロファイル解析,
日本DDS学会, 2012年7月.
56. 懸山 啓太, 篠原 康雄, 山本 武範, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
透過性遷移を誘起したミトコンドリアにおけるシクロフィリンDの挙動の解析,
第121回日本薬理学会近畿部会, 2012年6月.
57. Yusuke Ido, 山本 武範, Tatsuki Yoshitomi, 篠原 康雄 :
VDACのpseudogeneの遺伝子構造とその多様な発現特性,
日本生物物理学会中国四国支部大会, 2012年6月.
58. Eri Kurima, 尾華 絵里子, 橋本 満, 山本 武範, 篠原 康雄 :
哺乳類の2型ヘキソキナーゼの大腸菌での発現と発現させた酵素の構造特性,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
59. Takuya Hada, Yumiko Kato, 尾華 絵里子, Atsushi Yamamoto, 山﨑 尚志, 橋本 満, 山本 武範, 篠原 康雄 :
COS細胞および酵母で発現させた筋型カルニチンパルミトイル基転移酵素(Cpt1b)の性質の比較,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
60. 尾華 絵里子, Takuya Hada, 山本 武範, Tomosige Hori, 篠原 康雄 :
Affymetrix社のGeneChip Rat Gene 1.0 ST Arrayにおいて観察される各プローブのシグナル強度の解析,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
61. 山本 武範, 山田 安希子, Yuya Yoshimura, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
プロテオミクスで解き明かすミトコンドリアからのシトクロムc放出機構,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
62. 山本 武範 :
質量分析法と抗原抗体反応を組み合わせたミトコンドリアタンパク質の分離分析,
第16回 徳島地区分析技術セミナー「分離分析の最新動向」, 2012年1月.
63. 岡田 直人, 山本 武範, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 尾華 絵里子, 山﨑 尚志, 川添 和義, 水口 和生, 篠原 康雄 :
機能未同定のタンパク質TMEM45Bに見られた熱凝集と熱凝集を引き起こすアミノ酸領域の同定,
第33回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2011年11月.
64. Yuki Inotani, Yuya Yoshimura, Kazuki Harada, 尾華 絵里子, 山本 武範, 篠原 康雄 :
電子伝達阻害剤Rotenoneに新たに見出された透過性遷移の阻害作用,
第50回日本薬学会中四国, 2011年11月.
65. Yusuke Ido, 山本 武範, Tatsuki Yoshitomi, Atsushi Yamamoto, 尾華 絵里子, 大倉 一人, 篠原 康雄 :
VDAC1のpseudogeneの構造と発現プロファイル解析,
第50回日本薬学会中四国, 2011年11月.
66. Sho Mizutani, 山本 武範, 尾華 絵里子, 橋本 満, 篠原 康雄 :
ミトコンドリア外膜の物質透過性を評価する新規実験系の構築に向けて,
第50回日本薬学会中四国, 2011年11月.
67. 尾華 絵里子, Eri Kurima, 橋本 満, 山本 武範, 篠原 康雄 :
哺乳類100 kDaヘキソキナーゼの酵母ミトコンドリアへの結合の可能性,
日本生物物理学会中国四国支部大会, 2011年5月.
68. 山本 篤司, 山本 武範, 渡邊 政博, 篠原 康雄 :
寒冷曝露したラットの褐色脂肪組織に発現するFABPアイソフォームの定量的解析,
第2回 日本生物物理学会 中国四国支部大会, 2011年5月.
69. 岡田 直人, 山本 武範, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 水口 和生 :
TMEM45Bのthermal aggregationに関与するアミノ酸配列の同定,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
70. 渡邊 政博, 山本 武範, 山本 篤司, 尾華 絵里子, 新山 加菜美, 秦 拓也, 大家 利彦, 片岡 正俊, 堀 友繁, 芳地 一, 篠原 康雄 :
寒冷刺激が褐色および白色脂肪組織の遺伝子発現に及ぼす影響の比較,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
71. 秦 拓也, 尾華 絵里子, 山本 武範, 角幡 玲, 堀 友繁, 篠原 康雄 :
マイクロアレイ解析におけるシグナル強度に影響を及ぼす因子の解明に向けて,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
72. 山本 武範 :
ミトコンドリアからのシトクロムc放出機構解明に向けた多面的アプローチ,
若手研究者公開特別シンポジウム, 2011年1月.
73. 山本 武範, 山本 篤司, 渡邊 政博, 篠原 康雄 :
褐色脂肪組織におけるFABPアイソフォームの発現レベルに対して寒冷暴露がもたらす作用の定量的評価,
第32回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2010年11月.
74. 川島 聡, 山本 武範, 堀内 優加, 藤原 健悟, 山下 菊治, 寺田 弘, 兼松 誠, 宍戸 宏造, 篠原 康雄 :
S-15176 およびその誘導体がミトコンドリアの膜構造と機能に及ぼす作用,
第38 回構造活性相関シンポジウム, 2010年10月.
75. 山本 武範, 山田 安希子, 吉村 勇哉, 合田 俊一, 川島 聡, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
Ca2+によって酵母ミトコンドリアに誘起される透過性遷移の解析,
第2回 日本生物物理学会 中国四国支部大会, 2010年5月.
76. 川島 聡, 堀内 優加, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
ミトコンドリアの透過性遷移に対するS-15176の阻害作用,
第130回 日本薬学会, 2010年3月.
77. 秦 拓也, 山本 武範, 森 千尋, 森田 結貴, 新山 加菜美, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 :
初代培養した脂肪細胞と3T3-L1細胞の遺伝子発現プロファイルの違い,
第130回 日本薬学会, 2010年3月.
78. 勝田 千恵, 新山 加菜美, 尾華 絵里子, 山本 武範, 松尾 泰佑, 大倉 一人, 片岡 正俊, 篠原 康雄 :
疎水性タンパク質と界面活性剤の相互作用の生物化学的な解析,
第130回 日本薬学会, 2010年3月.
79. 山本 篤司, 山本 武範, 渡邊 政博, 松尾 泰佑, 片岡 正俊, 篠原 康雄 :
寒冷暴露したラットの褐色脂肪組織におけるFABPアイソフォームの発現レベルの定量的比較,
第130回 日本薬学会, 2010年3月.
80. 山本 武範, 吉村 勇哉, 山田 安希子, 合田 俊一, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 片岡 正俊, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
呼吸基質非存在下において透過性遷移を誘起したミトコンドリアに観察される特徴的なタンパク質の放出様式,
第31回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2009年12月.
81. 勝田 千恵, 新山 加菜美, 尾華 絵里子, 山本 武範, 松尾 泰佑, 大倉 一人, 片岡 正俊, 寺田 弘 :
Specific formation of trypsin resistant micelle structure on a hydrophobic peptide observed with Triton X-100 but not with ocytlglucoside,
MHS 2009, 2009年11月.
82. 山本 篤司, 山本 武範, 渡邊 政博, 松尾 泰佑, 片岡 正俊, 篠原 康雄 :
種々の組織におけるFABPアイソフォームの定量的な発現プロファイル解析∼定量的評価に基づいたアイソフォームと組織の分類∼,
ファーマバイオフォーラム2009, 2009年11月.
83. 新山 加菜美, 山本 武範, 渡邊 政博, 森 千尋, 岡田 直人, 荻野 真理, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 :
脂肪組織に選択的に発現した遺伝子の同定とその発現プロフィールの解析,
第129回 日本薬学会, 2009年3月.
84. 尾華 絵里子, 山本 武範, 渡邊 政博, 角幡 玲, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 大家 利彦, 馬場 嘉信, 堀 友繁, 篠原 康雄 :
マイクロアレイを用いた遺伝子発現の定量的評価におけるプローブ設計領域の重要性,
第129回 日本薬学会, 2009年3月.
85. 山本 武範, 吉村 勇哉, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 片岡 正俊, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
呼吸基質非存在下でミトコンドリアに誘起される透過性遷移の解析,
日本生物物理学会 第1回中国四国支部大会, 2008年5月.
86. 松尾 泰佑, 山﨑 尚志, 新山 加菜美, 山本 武範, 石田 竜弘, 際田 弘志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 :
タグを付加したPf3 coat protein変異体の調製およびリポソームとの相互作用の解析,
2008年3月.
87. 中谷 極, 山本 武範, 松尾 泰佑, 山﨑 尚志, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
プロテオミクス解析による新規ミトコンドリア溶質輸送担体の探索,
第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
88. 吉村 勇哉, 山本 武範, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
呼吸基質非存在下においてミトコンドリアに誘導される透過性遷移の解析,
第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
89. 渡邊 政博, 山本 武範, 角幡 玲, 岡田 直人, 梶本 和昭, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 馬場 嘉信, 玉置 俊晃, 篠原 康雄 :
褐色脂肪組織の機能亢進に関与する新規因子の探索,
第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
90. 森 千尋, 渡邊 政博, 岡田 直人, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 :
脂肪組織に特異的に発現している機能未知遺伝子の同定とそのキャラクタリゼーション,
第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
91. 角幡 玲, 渡邊 政博, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 大家 利彦, 馬場 嘉信, 堀 友繁, 篠原 康雄 :
マイクロアレイのデータの規格化,標準化に向けた試み(2),
第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
92. 石井 葵, 山本 武範, 松尾 泰佑, 山﨑 尚志, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
寒冷暴露した褐色脂肪組織におけるHFABPの免疫学的解析,
第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
93. 山本 武範, 山田 安希子, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
シトクロムcと伴にミトコンドリアから放出されるタンパク質のプロテオーム解析,
第29回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2007年11月.
94. 山田 安希子, 山本 武範, 山﨑 尚志, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
Differential protein release from mitochondria induced by Ca2+ and valinomycin as revealed by immunological and proteomics techniques,
第6回ミトコンドリア学会, 2006年12月.
95. 山本 武範, 山田 安希子, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 山﨑 尚志, 吉村 好之, 山内 卓, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
Expression levels of voltage-dependent anion channel (VDAC) isoforms in mitochondrial outer membrane revealed by immunological and proteomics techniques,
第28回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2006年11月.
96. 梅本 佳弘, 前田 瑛起, 角幡 玲, 山本 武範, 渡邊 政博, 片岡 正俊, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 :
マイクロチップ電気泳動による合成RNAの解析,
第45回 日本薬学会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2006年10月.
97. 角幡 玲, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 :
マイクロアレイのデータの規格化,標準化に向けた試み,
第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
98. 梅本 佳弘, 前田 瑛起, 角幡 玲, 山本 武範, 渡邊 政博, 片岡 正俊, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 :
マイクロチップ電気泳動による合成RNAの解析,
第7回 長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
99. 赤峰 理恵, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 石川 満, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 :
組織間や動物種間での遺伝子発現の比較に適した標準遺伝子,
第44回 日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
100. 山本 武範, 山田 安希子, 吉村 勇哉, 山下 菊治, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
Caイオンによって誘導される酵母ミトコンドリアの透過性遷移とシトクロムc放出,
第27回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2005年11月.
101. 山本 武範, 吉村 好之, 山内 卓, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
Expression profiling of VDAC isoforms in rat liver mitochondria,
第78回 日本生化学会大会, 2005年10月.
102. 山田 安希子, 山本 武範, 片岡 正俊, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
Permeability transition induced in yeast mitochondria also causes release of cytochrome c from mitochondria,
第78回 日本生化学会大会, 2005年10月.
103. 渡邊 政博, 山本 武範, 喜多 史代, 梶本 和昭, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 寺田 弘, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 :
褐色脂肪組織の機能亢進に伴う遺伝子発現変動のマイクロアレイ解析,
第26回日本肥満学会, 2005年10月.
104. 山﨑 尚志, 今村 早喜, 佐藤 裕一, 山本 武範, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
Characterization of Novel cDNA from Rat Brown Adipose Tissue: It Codes a Protein Containing Dbl Homology, Bin/Amphiphysin/Rvs and Src Homology 3 Domains,
第78回日本生化学会大会, 2005年10月.
105. 寺内 さつき, 立川 愛子, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
透過性遷移に伴うミトコンドリア内膜における構造変化の免疫電子顕微鏡を用いた解析,
第6回 長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
106. 今村 早喜, 佐藤 裕一, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 :
褐色脂肪組織から単離された新規タンパク質2-88の解析,
第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
107. 立川 愛子, 山本 武範, 片岡 正俊, 山﨑 尚志, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 :
porin欠損酵母における遺伝子発現のマイクロアレイ解析,
第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
108. 渡邊 政博, 山本 武範, 喜多 史代, 梶本 和昭, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 寺田 弘, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 :
褐色脂肪組織の機能亢進に伴う遺伝子発現変動のマイクロアレイ解析,
第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
109. 寺内 さつき, 立川 愛子, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
透過性遷移に伴うミトコンドリア内膜における構造変化の免疫電子顕微鏡を用いた解析,
ファーマバイオフォーラム2004, 2004年11月.
110. 寺内 さつき, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
DCCD induces mitochondrial permeability transition without causing cytochrome c release,
第76回 日本生化学会大会, 2003年10月.
111. 山本 武範, 山下 菊治, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
DCCDによって誘導されるミトコンドリアの透過性遷移,
第25回 日本分子生物学会年会, 2002年12月.
112. 篠原 康雄, MR Almofti, 市川 智一, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘 :
銀イオンによって誘導されるミトコンドリアの透過性遷移とシトクロムCの放出,
第24回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2002年11月.
113. 山﨑 尚志, 山本 武範, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
ラット筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠ遺伝子の上流領域を含んだmRNAの解析,
日本薬学会 第122年会, 2002年3月.
114. 山﨑 尚志, 日野 真美, 山本 武範, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
上流に位置する遺伝子領域を介した筋型carnitine palmitoyltransferase I遺伝子の転写調節,
第74回日本生化学会大会, 2001年10月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • オートファジーを介したシェーグレン症候群発症機序の解明と革新的治療薬開発への展開 (研究課題/領域番号: 18H02971 )
  • エポキシシクロヘキセンジオン類によるADP/ATP輸送体の凝集メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 18K05458 )
  • オルガネラ標的創薬を指向したミトコンドリアカルシウム取込みの制御機構の解明 (研究課題/領域番号: 17K08275 )
  • 合成ユビキノンプローブを駆使したミトコンドリアVDACの分子機構解明 (研究課題/領域番号: 15K07411 )
  • 多層的オミックス解析によるミトコンドリア透過性遷移の制御因子の探索 (研究課題/領域番号: 26460069 )
  • 定量的プロテオミクスで解き明かすミトコンドリア膜の透過性遷移の分子機構 (研究課題/領域番号: 24790076 )
  • 酵母で解き明かすミトコンドリア膜の透過性遷移の分子メカニズム (研究課題/領域番号: 22790070 )
  • 研究者番号(80457324)による検索