検索:
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

腎臓学 (Nephrology)

研究テーマ

腎不全の修復・再生に関する研究, 糖尿病性腎症の分子病態に関する研究

著書・論文

著書:

1. 安部 秀斉 :
AI時代の糖尿病性腎臓病の特異的バイオマーカー -限界と挑戦-,
北隆館, 東京, 2019年9月.
2. 安部 秀斉 :
糖尿病性腎症の分子病態解明と修復治療法の開発,
2019年3月.
3. 安部 秀斉 :
糖尿病性腎症の分子病態解明と修復治療法の開発,
北隆館, 2019年.
4. 安部 秀斉 :
AI時代のhybrid型医工アプローチによるアンチエイジング,
北隆館, 2019年.
5. 安部 秀斉 :
AI時代の病態特異的バイオマーカー -限界と挑戦,
北隆館, 2019年.
6. 安部 秀斉 :
Pandemicな慢性腎臓病に対する移植医療の現状と未来像,
北隆館, 2019年.
7. 安部 秀斉 :
新たな国民病,慢性腎臓病CKD,
2013年10月.
(徳島大学機関リポジトリ: 112651)
8. Tatsuya Tominaga, Hideharu Abe, Akira Mima, Kojiro Nagai, Matsubara Takeshi and Toshio Doi :
Role of Smad 1 Signaling in Pathogenesis of Diabetic Nephropathy,
Nova Science Publishers, Sep. 2012.
9. 安部 秀斉 :
糖尿病性腎症の病態と診断,
日本臨床, 東京都, 2012年7月.
10. 安部 秀斉 :
急性・慢性腎不全,
西村書店, 東京都, 2012年7月.
11. 安部 秀斉 :
CKD,
2012年7月.
12. 安部 秀斉 :
腎疾患の病態形成におけるBMP4・Smad1の役割,
株式会社 中外医学社, 東京, 2011年.
13. 安部 秀斉 :
CKD(慢性腎臓病)の実際∼治療の考え方∼,
阿南医師会中央病院, 徳島, 2010年5月.
14. 安部 秀斉 :
ネフローゼ症候群の現状と今後の治療戦略,
株式会社 東京医学社, 東京, 2010年3月.

学術論文(審査論文):

1. Masanori Minato, Taichi Murakami, Naoki Takahashi, Hiroyuki Ono, Kenji Nishimura, Masanori Tamaki, Kojiro Nagai, Hideharu Abe, Masayuki Iwano, Kensuke Joh and Toshio Doi :
Glucocorticoid-dependent Tubulointerstitial Nephritis with IgM-positive Plasma Cells Presenting with Intracellular Crystalline Inclusions within the Rough Endoplasmic Reticulum.,
Internal Medicine, 2021.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.7118-21,   PubMed: 33840699)
2. Taichi Murakami, Kenji Nishimura, Hiroyuki Ono, Sayo Ueta, Eriko Shibata, Seiji Kishi, Masanori Tamaki, Keiko Miya, Hisato Shima, Manabu Tashiro, Tomoko Inoue, Kazuhiko Kawahara, Kojiro Nagai, Hideharu Abe, Jun Minakuchi and Toshio Doi :
Clinical characteristics associated with 1-year tolvaptan efficacy in autosomal dominant polycystic kidney disease with a wide range of kidney functions.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.67, No.3.4, 315-320, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115436,   DOI: 10.2152/jmi.67.315,   PubMed: 33148908,   Elsevier: Scopus)
3. Kenji Nishimura, Taichi Murakami, Toshihiro Sakurai, Masashi Miyoshi, Kiyoe Kurahashi, Seiji Kishi, Masanori Tamaki, Tatsuya Tominaga, Sumiko Yoshida, Kojiro Nagai, Hideharu Abe, Shu-Ping Hui, Kazuhiko Kotani and Toshio Doi :
Circulating Apolipoprotein L1 is associated with insulin resistance-induced abnormal lipid metabolism.,
Scientific Reports, Vol.9, No.1, 14869, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114663,   DOI: 10.1038/s41598-019-51367-7,   PubMed: 31619724)
4. Akiko Sakurai, Hiroyuki Ono, Arisa Ochi, Motokazu Matsuura, Sakiya Yoshimoto, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Tatsuya Tominaga, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Involvement of Elf3 on Smad3 activation-dependent injuries in podocytes and excretion of urinary exosome in diabetic nephropathy.,
PLoS ONE, Vol.14, No.5, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114344,   DOI: 10.1371/journal.pone.0216788,   PubMed: 31150422)
5. Taichi Murakami, Masanori Tamaki, Seiji Kishi, Kojiro Nagai, Hideharu Abe, Yoshimi Bando, Yuko Toyoda, Hirokazu Ogino, Yasuhiko Nishioka, Sayo Ueda, Toshio Doi and Motokazu Matsuura :
Systemic Sarcoidosis Presenting with Renal Involvement Caused by Various Sarcoidosis-associated Pathophysiological Conditions,
Internal Medicine, Vol.58, No.5, 679-684, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114405,   DOI: 10.2169/internalmedicine.1558-18,   PubMed: 30449791,   Elsevier: Scopus)
6. Fumiaki Obata, Hideharu Abe, Taichi Murakami, Sayo Ueda, Taizo Inagaki, Masanori Minato, Hiroyuki Ono, Kenji Nishimura, Eriko Shibata, Masanori Tamaki, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Kojiro Nagai and Toshio Doi :
Direct oral anticoagulant successfully used to treat an adult nephrotic patient complicated with portal vein thrombosis.,
CEN Case Reports, Vol.8, No.2, 134-138, 2019.
(DOI: 10.1007/s13730-019-00381-9,   PubMed: 30721455)
7. Hideharu Abe and Toshio Doi :
A New Insight into Molecular Function of Smads Signalings in Diabetic Nephropathy.,
Advanced Techniques in Biology & Medicine, Vol.7, No.1, 2019.
(DOI: 10.4172/2379-1764.1000265)
8. Masanori Tamaki, Tatsuya Tominaga, Yui Fujita, Yasuhiko Koezuka, Go Ichien, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Keiichi Yamamoto, Hideharu Abe, Kojiro Nagai and Toshio Doi :
All-trans retinoic acid suppresses bone morphogenetic protein 4 in mouse diabetic nephropathy through a unique retinoic acid response element.,
American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.316, No.3, E418-E431, 2019.
(DOI: 10.1152/ajpendo.00218.2018,   PubMed: 30601699)
9. Eriko Shibata, Kojiro Nagai, Sayo Ueda, Hiroyuki Ono, Kenji Nishimura, Taizo Inagaki, Masanori Minato, Fumi Kishi, Masanori Tamaki, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Hideharu Abe, Narushi Yokota, Jun Minakuchi and Toshio Doi :
The utility and limitation of inferior vena cava diameter as a dry weight marker.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.1.2, 172-177, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113414,   DOI: 10.2152/jmi.66.172,   PubMed: 31064933)
10. Hideharu Abe, Akiko Sakurai and Arisa Ochi :
Induction of steady-state glomeruloid sphere by self-assembly from human embryonic kidney cells.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.508, No.2, 654-659, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 115014,   DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.11.160,   PubMed: 30522864)
11. Yui Fujita, Tatsuya Tominaga, Hideharu Abe, Yumi Kangawa, Naoshi Fukushima, Otoya Ueda, Kou-Ichi Jishage, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Yumiko Saga, S Yashpal Kanwar, Kojiro Nagai and Toshio Doi :
An adjustment in BMP4 function represents a treatment for diabetic nephropathy and podocyte injury.,
Scientific Reports, Vol.8, No.1, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112896,   DOI: 10.1038/s41598-018-31464-9,   PubMed: 30158674)
12. Hideharu Abe, Akiko Sakurai, Hiroyuki Ono, Sanae Hayashi, Sakiya Yoshimoto, Arisa Ochi, Sayo Ueda, Kenji Nishimura, Eriko Shibata, Masanori Tamaki, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Kojiro Nagai and Toshio Doi :
Urinary Exosomal mRNA of WT1 as Diagnostic and Prognostic Biomarker for Diabetic Nephropathy,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3.4, 208-215, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112239,   DOI: 10.2152/jmi.65.208,   PubMed: 30282862,   Elsevier: Scopus)
13. Hiroyuki Ono, Hideharu Abe, Akiko Sakurai, Arisa Ochi, Tatsuya Tominaga, Masanori Tamaki, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Kojiro Nagai, Masayuki Kohashi and Toshio Doi :
Novel Interplay Between Smad1 and Smad3 Phosphorylation via AGE Regulates the Progression of Diabetic Nephropathy.,
Scientific Reports, Vol.8, No.1, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112878,   DOI: 10.1038/s41598-018-28439-1,   PubMed: 30002389)
14. Seiji Kishi, 小幡 史明, Hirokazu Miki, Motokazu Matsuura, Masanori Tamaki, Fumi Kishi, 西村 賢二, Taichi Murakami, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Masahiro Abe and Toshio Doi :
A case of Lambda Light Chain Noncrystalline Proximal Tubulopathy with IgD lambda myeloma,
Internal Medicine, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 114401,   DOI: 10.2169/internalmedicine.1323-18,   PubMed: 30101939)
15. Seiji Kishi, Masanori Minato, Atsuro Saijo, Naoka Murakami, Masanori Tamaki, Motokazu Matsuura, Taichi Murakami, Kojiro Nagai, Hideharu Abe, Yasuhiko Nishioka and Toshio Doi :
IgA Nephropathy after Nivolumab Therapy for Postoperative Recurrence of Lung Squamous Cell Carcinoma.,
Internal Medicine, Vol.57, No.9, 1259-1263, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 114399,   DOI: 10.2169/internalmedicine.9814-17,   PubMed: 29279511,   Elsevier: Scopus)
16. Kojiro Nagai, Hiroyuki Ono, Motokazu Matsuura, Michael Hann, Sayo Ueda, Sakiya Yoshimoto, Masanori Tamaki, Taichi Murakami, Hideharu Abe, Hisashi Ishikura and Toshio Doi :
Progressive renal insufficiency related to ALK inhibitor, alectinib.,
Oxford Medical Case Reports, Vol.2018, No.4, 2018.
(DOI: 10.1093/omcr/omy009,   PubMed: 29713488)
17. Fumi Kishi, Kojiro Nagai, Norimichi Takamatsu, Tatsuya Tominaga, Masanori Tamaki, E. Shibata, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Hideharu Abe, Y Koezuka, N Minagawa, G Ichien and Toshio Doi :
Urinary type IV collagen excretion is involved in the decline in estimated glomerular filtration rate in the Japanese general population without diabetes: A 5-year observational study.,
PLoS ONE, Vol.13, No.4, e0195523, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112361,   DOI: 10.1371/journal.pone.0195523,   PubMed: 29624611)
18. Toshio Doi, Hideharu Abe, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Kojiro Nagai and Tatsuya Tominaga :
Urinary IgG4 and Smad1 are Specific Biomarkers for Renal Structural and Functional Changes in Early Stages of Diabetic Nephropathy.,
Diabetes, Vol.67, No.5, 986-993, 2018.
(DOI: 10.2337/db17-1043,   PubMed: 29490904)
19. Hideharu Abe and Tatsuya Tominaga :
New insights into the molecular pathology and the development of predictive biomarkers in diabetic mephropathy.,
Trends in Cell & Molecular Biology, Vol.13, No.4, 19-26, 2018.
20. Hiroyuki Ono, Kojiro Nagai, Eriko Shibata, Motokazu Matsuura, Seiji Kishi, Taizo Inagaki, Masanori Minato, Sakiya Yoshimoto, Sayo Ueda, Fumiaki Obata, Kenji Nishimura, Masanori Tamaki, Fumi Kishi, Taichi Murakami, Hideharu Abe, Yukiko Kinoshita, Maki Urushihara, Shoji Kagami and Toshio Doi :
Re-recognition of Age-dependent Reference Range for the Serum Creatinine Level in Teenagers - A Case of Slowly Progressive Tubulointerstitial Nephritis which Occurred in an Adolescent.,
Internal Medicine, Vol.56, No.16, 2187-2193, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 114406,   DOI: 10.2169/internalmedicine.8599-16,   PubMed: 28781321)
21. Hiroyuki Ono, Taichi Murakami, Akira Mima, Eriko Shibata, Masanori Tamaki, Sakiya Yoshimoto, Sayo Ueda, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Takashi Kawanaka, Motokazu Matsuura, Kojiro Nagai, Hideharu Abe, Masashi Harada and Toshio Doi :
Successful treatment of highly advanced immunoglobulin G4-related kidney disease presenting renal mass-like regions with end-stage kidney failure: a case study.,
BMC Nephrology, Vol.18, No.1, 261, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 114372,   DOI: 10.1186/s12882-017-0676-5,   PubMed: 28774276)
22. Kojiro Nagai, Tatsuya Tominaga, Sayo Ueda, Eriko Shibata, Masanori Tamaki, Motokazu Matsuura, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Tatsumi Moriya, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Mesangial Cell Mammalian Target of Rapamycin Complex 1 Activation Results in Mesangial Expansion.,
Journal of the American Society of Nephrology, Vol.28, No.10, 2879-2885, 2017.
(DOI: 10.1681/ASN.2016111196,   PubMed: 28701517,   Elsevier: Scopus)
23. Hiroyuki Ono, Seiji Kishi, Taizo Inagaki, Masako Mizusawa, Taichi Murakami, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Shunt nephritis and pyogenic spondylitis with a positive PR3-ANCA associated with chronically infected ventriculo-atrial shunt,
Kidney International Reports, Vol.2, No.4, 774-778, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 114987,   DOI: 10.1016/j.ekir.2017.02.013)
24. Hideharu Abe, Akiko Sakurai and Toshio Doi :
Probucol modulates Nrf2 function and ameliorates diabetic nephropathy in db/db mice.,
Medical Research Archives, Vol.10, No.4, 1-16, 2017.
(DOI: 10.18103/mra.v4i8.935)
25. Motokazu Matsuura, Hideharu Abe, Tatsuya Tominaga, Akiko Sakurai, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Yoshimi Bando, Jun Minakuchi, Kojiro Nagai and Toshio Doi :
A Novel Method of DAPI Staining for Differential Diagnosis of Renal Amyloidosis.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.3.4, 217-221, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111119,   DOI: 10.2152/jmi.64.217,   PubMed: 28954985)
26. Sakiya Yoshimoto, Kojiro Nagai, Eriko Shibata, Sayo Ueda, Hiroyuki Ono, Masanori Tamaki, Kenji Nishimura, Fumiaki Obata, Taizo Inagaki, Masanori Minato, Fumi Kishi, Motokazu Matsuura, Naoko Matsui, Itsuro Endo, Michael Hann, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Influential factors on serum albumin concentration in hospitalized chronic kidney disease patients.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.1.2, 146-152, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111103,   DOI: 10.2152/jmi.64.146,   PubMed: 28373613)
27. Fumiaki Obata, Taichi Murakami, Junko Miyagi, Sayo Ueda, Taizo Inagaki, Masanori Minato, Hiroyuki Ono, Kenji Nishimura, Eriko Shibata, Masanori Tamaki, Sakiya Yoshimoto, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Motokazu Matsuura, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
A case of rapid amelioration of hepatitis C virus-associated cryoglobulinemic membranoproliferative glomerulonephritis treated by interferon-free directly acting antivirals for HCV in the absence of immunosuppressant.,
CEN Case Reports, Vol.6, No.1, 55-60, 2016.
(DOI: 10.1007/s13730-016-0244-z,   PubMed: 28509128)
28. Takahiro Hirano, Taichi Murakami, Hiroyuki Ono, Akiko Sakurai, Tatsuya Tominaga, Toshikazu Takahashi, Kojiro Nagai, Toshio Doi and Hideharu Abe :
A Novel Interaction between FLICE-Associated Huge Protein (FLASH) and E2A Regulates Cell Proliferation and Cellular Senescence via Tumor Necrosis Factor (TNF)-Alpha-p21WAF1/CIP1 Axis.,
PLoS ONE, Vol.10, No.7, e0133205, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 114923,   DOI: 10.1371/journal.pone.0133205,   PubMed: 26208142,   Elsevier: Scopus)
29. Takeshi Matsubara, Makoto Araki, Hideharu Abe, Otoya Ueda, Kou-Ichi Jishage, Akira Mima, Chisato Goto, Tatsuya Tominaga, Masahiko Kinosaki, Seiji Kishi, Kojiro Nagai, Noriyuki Iehara, Naoshi Fukushima, Toru Kita, Hidenori Arai and Toshio Doi :
Bone Morphogenetic Protein 4 and Smad1 Mediate Extracellular Matrix Production in the Development of Diabetic Nephropathy.,
Diabetes, Vol.64, No.8, 2978-2990, 2015.
(DOI: 10.2337/db14-0893,   PubMed: 25995358,   Elsevier: Scopus)
30. Eriko Shibata, Kojiro Nagai, Risa Takeuchi, Yasuhiro Noda, Tomomi Makino, Yusuke Chikata, Michael Hann, Sakiya Yoshimoto, Hiroyuki Ono, Sayo Ueda, Masanori Tamaki, Taichi Murakami, Motokazu Matsuura, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Re-evaluation of Pre-pump Arterial Pressure to Avoid Inadequate Dialysis and Hemolysis: Importance of Prepump Arterial Pressure Monitoring in Hemodialysis Patients.,
Artificial Organs, Vol.39, No.7, 627-634, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 110961,   DOI: 10.1111/aor.12448,   PubMed: 25940509,   Elsevier: Scopus)
31. Kengo Furuichi, Miho Shimizu, Tadashi Toyama, Daisuke Koya, Yoshitaka Koshino, Hideharu Abe, Kiyoshi Mori, Hiroaki Satoh, Masahito Imanishi, Masayuki Iwano, Hiroyuki Yamauchi, Eiji Kusano, Shouichi Fujimoto, Yoshiki Suzuki, Seiya Okuda, Kiyoki Kitagawa, Yasunori Iwata, Shuichi Kaneko, Shinichi Nishi, Hitoshi Yokoyama, Yoshihiko Ueda, Masakazu Haneda, Hirofumi Makino and Takashi Wada :
Japan Diabetic Nephropathy Cohort Study: study design, methods, and implementation.,
Clinical and Experimental Nephrology, Vol.17, No.6, 819-826, 2013.
(DOI: 10.1007/s10157-013-0778-8,   PubMed: 23446518,   Elsevier: Scopus)
32. Kazuhiro Yoshikawa, Hideharu Abe, Tatsuya Tominaga, Masayuki Nakamura, Seiji Kishi, Motokazu Matsuura, Kojiro Nagai, Kenji Tsuchida, Jun Minakuchi and Toshio Doi :
Polymorphism in the human matrix Gla protein gene is associated with the progression of vascular calcification in maintenance hemodialysis patients,
Clinical and Experimental Nephrology, Vol.17, No.6, 882-889, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 105885,   DOI: 10.1007/s10157-013-0785-9,   PubMed: 23504408,   Elsevier: Scopus)
33. Kojiro Nagai, Masashi Miyoshi, Takei Kake, Naoshi Fukushima, Motokazu Matsuura, Eriko Shibata, Satoshi Yamada, Kazuhiro Yoshikawa, Hiro-omi Kanayama, Tomoya Fukawa, Kunihisa Yamaguchi, Hirofumi Izaki, Akira Mima, Naoko Abe, Toshikazu Araoka, Taichi Murakami, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Tatsuya Tominaga, Tatsumi Moriya, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Dual Involvement of Growth Arrest-specific Gene 6 in the Early Phase of Human IgA Nephropathy,
PLoS ONE, Vol.8, No.6, e66759, 2013.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0066759,   PubMed: 23826128,   Elsevier: Scopus)
34. Seiji Kishi, Satoshi Yamada, Fumi Kishi, Eriko Shibata, Motokazu Matsuura, Kojiro Nagai, Akira Mima, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Acute Glomerulonephritis in an Immunocompetent Elderly Woman after Contact with a Child who Had Been Diagnosed as Erythema Infectiosum.,
Internal Medicine, Vol.51, No.16, 2197-2201, 2012.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.51.7919,   PubMed: 22892503)
35. Kazuo Torikoshi, Hideharu Abe, Takeshi Matsubara, Takahiro Hirano, Takayuki Ohshima, Taichi Murakami, Makoto Araki, Akira Mima, Noriyuki Iehara, Atsushi Fukatsu, Toru Kita, Hidenori Arai and Toshio Doi :
Protein Inhibitor of Activated STAT, PIASy Regulates α-Smooth Muscle Actin Expression by Interacting with E12 in Mesangial Cells.,
PLoS ONE, Vol.7, No.7, e41186, 2012.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0041186,   PubMed: 22829926,   CiNii: 120004770223)
36. 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 山田 諭, 渡瀬 謙仁, 岸 史, 美馬 晶, 岸 誠司, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
中等度以上腎機能低下患者に対するフェブキソスタットの有効性と認容性の検討,
Therapeutic research, Vol.33, No.7, 1073-1080, 2012年.
37. Hideharu Abe, Tatsuya Tominaga, Takeshi Matsubara, Naoko Abe, Seiji Kishi, Kojiro Nagai, Taichi Murakami, Toshikazu Araoka and Toshio Doi :
Scleraxis modulates bone morphogenetic protein 4 (BMP4)-Smad1 protein-smooth muscle -actin (SMA) signal transduction in diabetic nephropathy.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.287, No.24, 20430-20442, 2012.
(DOI: 10.1074/jbc.M111.275610,   PubMed: 22474292)
38. Seiji Kishi, Hideharu Abe, Haruhiko Akiyama, Tatsuya Tominaga, Taichi Murakami, Akira Mima, Kojiro Nagai, Fumi Kishi, Motokazu Matsuura, Takeshi Matsubara, Noriyuki Iehara, Otoya Ueda, Naoshi Fukushima, Kou-Ichi Jishage and Toshio Doi :
SOX9 protein induces a chondrogenic phenotype of mesangial cells and contributes to advanced diabetic nephropathy.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.286, No.37, 32162-32169, 2011.
(DOI: 10.1074/jbc.M111.244541,   PubMed: 21795715)
39. 安部 秀斉 :
糖尿病性腎症のターゲットと治療戦略,
臨床薬理, Vol.42, No.3, 179-186, 2011年.
(DOI: 10.3999/jscpt.42.189,   CiNii: 10029432913)
40. Akira Mima, Fumihiko Shiota, Takeshi Matsubara, Noriyuki Iehara, Taro Akagi, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Motokazu Matsuura, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Toshikazu Araoka, Fumi Kishi, Naoki Kondo, Reiko Shigeta, Kazuhiro Yoshikawa, Toru Kita, Toshio Doi and Atsushi Fukatsu :
An autopsy case of mitochondrial myopathy, encephalopathy, lactic acidosis, and stroke-like episodes (MELAS) with intestinal bleeding in chronic renal failure.,
Renal Failure, Vol.33, No.6, 622-625, 2011.
(DOI: 10.3109/0886022X.2011.585730,   PubMed: 21631236)
41. 安部 秀斉 :
糖尿病性腎症の病因解析の進歩,
臨床病理, Vol.59, No.2, 179-186, 2011年.
(PubMed: 21476304,   CiNii: 10029427023)
42. Tatsuya Tominaga, Hideharu Abe, Otoya Ueda, Chisato Goto, Kunihiko Nakahara, Taichi Murakami, Takeshi Matsubara, Akira Mima, Kojiro Nagai, Toshikazu Araoka, Seiji Kishi, Naoshi Fukushima, Kou-ichi Jishage and Toshio Doi :
Activation of bone morphogenetic protein 4 signaling leads to glomerulosclerosis that mimics diabetic nephropathy.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.286, No.22, 20109-20116, 2011.
(DOI: 10.1074/jbc.M110.179382,   PubMed: 21471216)
43. Hideharu Abe, Takeshi Matsubara, Hidenori Arai and Toshio Doi :
Role of Smad1 in diabetic nephropathy: Molecular mechanisms and implications as a diagnostic marker.,
Histology and Histopathology, Vol.26, No.4, 531-541, 2011.
(PubMed: 21360446)
44. Akira Mima, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Hidenori Arai, Takeshi Matsubara, Makoto Araki, Kazuo Torikoshi, Tatsuya Tominaga, Noriyuki Iehara, Atsushi Fukatsu, Toru Kita and Toshio Doi :
Activation of Src mediates PDGF-induced Smad1 phosphorylation and contributes to the progression of glomerulosclerosis in glomerulonephritis.,
PLoS ONE, Vol.6, No.3, e17929, 2011.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0017929,   PubMed: 21445358)
45. 長井 幸二郎, 楠瀬 賢也, 西尾 進, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 佐田 政隆, 近藤 直樹, 岸 史, 岸 誠司, 荒岡 利和, 松浦 元一, 美馬 晶, 安部 秀斉, 村上 太一, 中村 雅将, 土井 俊夫 :
片腎の高齢者腎機能障害患者において超音波検査で腎動脈狭窄症を指摘され,経皮的腎血管拡張術で高血圧,腎機能の著明な改善がみられた1例,
日本腎臓学会誌, Vol.53, No.1, 68-74, 2011年.
(PubMed: 21370580,   CiNii: 10029736012)
46. Taichi Murakami, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Tatsuya Tominaga, Norimichi Takamatsu, Toshikazu Araoka, Seiji Kishi, Toshikazu Takahashi, Akira Mima, Yoshimi Takai, Jeffrey B. Kopp and Toshio Doi :
Trophoblast glycoprotein: possible candidate mediating podocyte injuries in glomerulonephritis.,
American Journal of Nephrology, Vol.32, No.6, 505-521, 2010.
(DOI: 10.1159/000321366,   PubMed: 20980737,   Elsevier: Scopus)
47. Toshikazu Araoka, Hiroya Takeoka, Keisuke Nishioka, Masaki Ikeda, Makiko Kondo, Azusa Hoshina, Seiji Kishi, Makoto Araki, Rokuro Mimura, Taichi Murakami, Akira Mima, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Successful management of refractory pleural effusion due to systemic immunoglobulin light chain amyloidosis by vincristine adriamycin dexamethasone chemotherapy: a case report.,
Journal of Medical Case Reports, Vol.4, 322, 2010.
(DOI: 10.1186/1752-1947-4-322,   PubMed: 20955545)
48. Toshikazu Araoka, Hideharu Abe, Tatsuya Tominaga, Akira Mima, Takeshi Matsubara, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Kojiro Nagai and Toshio Doi :
Transcription factor 7-like 2 (TCF7L2) regulates activin receptor-like kinase 1 (ALK1)/Smad1 pathway for development of diabetic nephropathy.,
Molecules and Cells, Vol.30, No.3, 209-218, 2010.
(DOI: 10.1007/s10059-010-0109-9,   PubMed: 20803090,   Elsevier: Scopus)
49. Toshikazu Araoka, Hiroya Takeoka, Hideharu Abe, Seiji Kishi, Makoto Araki, Keisuke Nishioka, Masaki Ikeda, Tetsuro Mazaki, Shiori Ikemura, Makiko Kondo, Azusa Hoshina, Kojiro Nagai, Akira Mima, Taichi Murakami, Rokuro Mimura, Kazumasa Oka, Takao Saito and Toshio Doi :
Early diagnosis and treatment may prevent the development of complications in an adult patient with glycogen storage disease type Ia.,
Internal Medicine, Vol.49, No.16, 1787-1792, 2010.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.49.3425,   PubMed: 20720360,   Elsevier: Scopus)
50. A Mima, N Iehara, T Matsubara, S Yamamoto, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, M Matsuura, T Murakami, S Kishi, T Araoka, F Kishi, N Kondo, R Shigeta, K Yoshikawa, T Takahashi, T Kita, Toshio Doi and A Fukatsu :
Successful treatment of membranoproliferative glomerulonephritis associated with hepatitis B and C virus simultaneous infection patient.,
Clinical Nephrology, Vol.73, No.2, 167-169, 2010.
(DOI: 10.5414/CNP73167,   PubMed: 20129026)
51. Norimichi Takamatsu, Hideharu Abe, Tatsuya Tominaga, Kunihiko Nakahara, Yumi Ito, Yoko Okumoto, Jiyoong Kim, Masafumi Kitakaze and Toshio Doi :
Risk factors for chronic kidney disease in Japan: a community-based study.,
BMC Nephrology, Vol.10, 34, 2009.
(DOI: 10.1186/1471-2369-10-34,   PubMed: 19860890)
52. 荒岡 利和, 竹岡 浩也, 西岡 敬祐, 岸 誠司, 荒木 真, 岸 史, 繁田 令子, 村上 太一, 近藤 直樹, 松浦 元一, 吉川 和寛, 美馬 晶, 長井 幸二郎, 高橋 利和, 安部 秀斉, 池田 昌樹, 近藤 麻紀子, 杉山 あずさ, 菅野 雅彦, 土井 俊夫 :
C型慢性肝炎合併維持血液透析患者に対する安全かつ効果的なインターフェロン-β治療法の検討,
日本透析医学会雑誌, Vol.42, No.5, 393-402, 2009年.
(DOI: 10.4009/jsdt.42.393,   CiNii: 10024930936)
53. Akira Mima, Masanao Toma, Takeshi Matsubara, Fumihiko Shiota, Noriyuki Iehara, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Toshikazu Takahashi, Motokazu Matsuura, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Toshikazu Araoka, Fumi Kishi, Naoki Kondo, Reiko Shigeta, Kazuhiro Yoshikawa, Takeshi Kimura, Toru Kita, Toshio Doi and Atsushi Fukatsu :
Angio-embolization of renal artery pseudoaneurysm after renal biopsy: a case report.,
Renal Failure, Vol.31, No.8, 753-755, 2009.
(DOI: 10.3109/08860220903125298,   PubMed: 19814646,   Elsevier: Scopus)
54. Toshio Doi, Akira Mima, Takeshi Matsubara, Tatsuya Tominaga, Hidenori Arai and Hideharu Abe :
The current clinical problems for early phase of diabetic nephropathy and approach for pathogenesis of diabetic nephropathy.,
Diabetes Research and Clinical Practice, Vol.82, No.Suppl 1, S21-4, 2008.
(DOI: 10.1016/j.diabres.2008.09.013,   PubMed: 18842318)
55. Akira Mima, Hidenori Arai, Takeshi Matsubara, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Yukinori Tamura, Kazuo Torikoshi, Makoto Araki, Hiroshi Kanamori, Toshikazu Takahashi, Tatsuya Tominaga, Motokazu Matsuura, Noriyuki Iehara, Atsushi Fukatsu, Toru Kita and Toshio Doi :
Urinary Smad1 is a novel marker to predict later onset of mesangial matrix expansion in diabetic nephropathy.,
Diabetes, Vol.57, No.6, 1712-1722, 2008.
(DOI: 10.2337/db07-1726,   PubMed: 18285555)
56. Akira Mima, Takeshi Matsubara, Hidenori Arai, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Hiroshi Kanamori, Eriko Sumi, Toshikazu Takahashi, Noriyuki Iehara, Atsushi Fukatsu, Toru Kita and Toshio Doi :
Angiotensin II-dependent Src and Smad1 signaling pathway is crucial for the development of diabetic nephropathy.,
Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.86, No.9, 927-939, 2006.
(DOI: 10.1038/labinvest.3700445,   PubMed: 16767106)
57. Takeshi Matsubara, Hideharu Abe, Hidenori Arai, Kojiro Nagai, Akira Mima, Hiroshi Kanamori, Eriko Sumi, Toshikazu Takahashi, Motokazu Matsuura, Noriyuki Iehara, Atsushi Fukatsu, Toru Kita and Toshio Doi :
Expression of Smad1 is directly associated with mesangial matrix expansion in rat diabetic nephropathy.,
Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.86, No.4, 357-368, 2006.
(DOI: 10.1038/labinvest.3700400,   PubMed: 16482100)
58. Toshikazu Takahashi, Hideharu Abe, Hidenori Arai, Takeshi Matsubara, Kojiro Nagai, Motokazu Matsuura, Noriyuki Iehara, Masayuki Yokode, Shinichi Nishikawa, Toru Kita and Toshio Doi :
Activation of STAT3/Smad1 is a key signaling pathway for progression to glomerulosclerosis in experimental glomerulonephritis.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.280, No.8, 7100-7106, 2004.
(DOI: 10.1074/jbc.M411064200,   PubMed: 15591053)
59. Seiji Ohashi, Hideharu Abe, Toshikazu Takahashi, Yasuhiko Yamamoto, Masayoshi Takeuchi, Hidenori Arai, Kazuhiro Nagata, Toru Kita, Hiroshi Okamoto, Hiroshi Yamamoto and Toshio Doi :
Advanced glycation end products increase collagen-specific chaperone protein in mouse diabetic nephropathy,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.19, 19816-19823, 2004.
(DOI: 10.1074/jbc.M310428200,   PubMed: 15004023,   CiNii: 80016665364)
60. Hideharu Abe, Takeshi Matsubara, Noriyuki Iehara, Kojiro Nagai, Toshikazu Takahashi, Hidenori Arai, Toru Kita and Toshio Doi :
Type IV collagen is transcriptionally regulated by Smad1 under advanced glycation end-products (AGEs) stimulation,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.14, 14201-14206, 2004.
(DOI: 10.1074/jbc.M310427200,   PubMed: 14732718)

学術論文(紀要・その他):

1. 安部 秀斉 :
interview 研究の窓辺,
血圧, Vol.17, No.4, 12-15, 2010年.

総説・解説:

1. 安部 秀斉 :
糖尿病性腎症の分子病態解明と修復治療法の開発,
細胞, Vol.49, No.10, 26,27, 2017年5月.
2. 安部 秀斉 :
CKD(慢性腎臓病),
歯界展望, 81-82, 2014年5月.
3. 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
尿沈渣検査の将来--現在の限界とその克服への試み--,
臨床検査, Vol.58, No.10, 1177, 2014年.
4. 安部 秀斉 :
心腎貧血連関における心血管イベント予測新規バイオマーカー血中Smad1の解析,
腎臓, Vol.34, No.2, 112-116, 2011年7月.
5. 安部 秀斉 :
腎疾患の病態形成におけるBMP4・Smad1の役割,
Annual Review腎臓2011, 59-66, 2011年4月.
6. 安部 秀斉 :
腎疾患の病態形成におけるBMP4・Smad1の役割,
Annual Review腎臓2011, 59-66, 2011年4月.
7. 荒岡 利和, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 美馬 晶, 冨永 辰也, 松浦 元一, 村上 太一, 岸 誠司, 繁田 令子, 岸 史, 吉川 和寛, 土井 俊夫 :
2型糖尿病原因遺伝子TCF7L2を介した糖尿病性腎症感受性遺伝子ALK1の分子調節機構の解析,
Diabetes Frontier, Vol.21, No.5, 614, 2010年10月.

国際会議:

1. Masanori Tamaki, Tatsuya Tominaga, Yui Fujita, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Hideharu Abe, Kojiro Nagai and Toshio Doi :
A Novel All-Trans Retinoic Acid Therapy Directly Suppresses Bone Morphogenetic Protein 4 in Mouse Diabetic Nephropathy,
KIDNEY WEEK 2019 American Society of Nephrology, Nov. 2019.
2. Kenji Nishimura, Seiji Kishi, Arisa Ochi, Hiroyuki Ono, Masanori Tamaki, Taichi Murakami, Hideharu Abe, Kenichi Aihara and Kojiro Nagai :
Dual disruption of eNOS and ApoE gene accelerates kidney fibrosis and aging after injury,
KIDNEY WEEK 2019 American Society of Nephrology, Nov. 2019.
3. Masanori Tamaki, Taizo Inagaki, Masanori Minato, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
A case of Helicobacter cinaedi-induced PD-related peritonitis detected by blood culture,
APCM-ISPD2019, Sep. 2019.
4. 岸 誠司, 西村 賢二, 小野 広幸, 田蒔 昌憲, 岸 史, 村上 太一, 安部 秀斉, 長井 幸二郎 :
ENHANCED KIDNEY FIBROSIS AND AGING AFTER UUO IN ENOS/APOE DOUBLE KNOCKOUT MOUSE,
56th ERA-EDTA Congress, 2019年6月.
5. Maho Iwaki, Seiji Kishi, Masanori Minato, Masanori Tamaki, Fumi Kishi, Taichi Murakami, Hideharu Abe and Kojiro Nagai :
Glomerular Injury Related to Immune Related Adverse Events: IgA Nephropathy After Nivolumab Therapy for Postoperative Recurrence of Lung Cancer,
ASN Kidney week 2018, San Diego, Oct. 2018.
6. Masanori Tamaki, Tatsuya Tominaga, Yui Fujita, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Mesangial Matrix Expansion Attenuated by All-Trans Retinoic Acid Through Direct Suppression of Bone Morphogenetic Protein 4 in Mouse Diabetic Nephropathy,
KIDNEY WEEK 2018 American Society of Nephrology, Oct. 2018.
7. Yui Fujita, Tatsuya Tominaga, Masanori Tamaki, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Palovarotene, Selective Retinoic Receptor- Agonist, Inhibited Both BMP4 and TGF- Signaling Pathways in Diabetic Nephropathy,
KIDNEY WEEK 2017 American Society of Nephrology, Nov. 2017.
8. Masanori Tamaki, Tatsuya Tominaga, Yui Fujita, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Glomerulosclerosis Attenuated by Retinoic Acid through Bone Morphogenetic Protein 4 Suppression in Mice with Streptozotocin-Induced Diabetes,
KIDNEY WEEK 2017 American Society of Nephrology, Nov. 2017.
9. 村上 太一, 岸 誠司, 土井 俊夫, 安部 秀斉, 長井 幸二郎 :
過粘稠症候群に血漿交換が奏功した原発性マクログロブリン血症の一例,
第62回日本透析医学会学術集会・総会, 2017年6月.
10. Hiroyuki Ono, Seiji Kishi, Kojiro Nagai, Taichi Murakami, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Shunt Nephritis And Pyogenic Spondylitis With A Positive PR3-ANCA Associated With Chronically Infected Ventriculo-Arterial Shunt,
the ASN Kidney Week 2016 Annual Meeting, November 15-20 in Chicago, IL., Nov. 2016.
11. Kojiro Nagai, Tatsuya Tominaga, Taichi Murakami, Eriko Shibata, Seiji Kishi, Motokazu Matsuura, Hideharu Abe and Toshio Doi :
In vivo evidence of mTORC1-S6 kinase pathway involvement in the development of glomerulosclerosis in human IgA nephropathy,
KIDNEY WEEK 2016 American Society of Nephrology, Nov. 2016.
12. HIroyuki Ono, Seiji Kishi, Kojiro Nagai, Taichi Murakami, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Shunt Nephritis And Pyogenic Spondylitis With A Positive PR3-ANCA Associated With Chronically Infected Ventriculo-Arterial Shunt,
the ASN Kidney Week 2016 Annual Meeting, November 15-20 in Chicago, IL., Nov. 2016.
13. Yui Fujita, Tatsuya Tominaga, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
The Role of BMP4 Signal Pathway on the Podocyte Injury in Diabetic Early Stage,
ASN Kidney week 2016, Nov. 2016.
14. K Yoshikawa, Hideharu Abe, Motokazu Matsuura, Kojiro Nagai, Akira Mima, E Shibara, J Minakuchi and Toshio Doi :
High-Density Lipoprotein Cholesterol and Matrix Gla Protein Are Implicated in the Progression of Aortic Calcification through Bone Morphogenetic Protein 4- or Activin-Like Kinase 1-Induced Smad1 Activation in Patients Undergoing Maintenance Hemodialysis.,
46th American Society of Nephrology (ASN) Annual Meeting, Nov. 2013.
15. Tatsuya Tominaga, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Akira Mima, Seiji Kishi, K Jishage, N Fukushima and Toshio Doi :
Role of BMP4 for regulating podocyte injury in the diabetic nephropathy.,
American Society for Cell biology, San Francisco, Dec. 2012.
16. Hideharu Abe :
Molecular Pathogenesis of Diabetic Nephropathy,
The 10th Korea-Japan Joint Symposium on Vascular Biology, Dec. 2012.
17. Masashi Miyoshi, Kojiro Nagai, Takei Kake, Naoshi Fukushima, Motokazu Matsuura, Eriko Shibata, Satoshi Yamada, Kazuhiro Yoshikawa, Akira Mima, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Tatsuya Tominaga, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Expression of Gas6 and Axl in Human IgA Nephropathy. ~A Possible Involvement of Gas6 in Podocyte Injury~,
American Society of Nephrology Kidney Week 2012, San Diego, Nov. 2012.
18. Tatsuya Tominaga, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Seiji Kishi, Akira Mima and Toshio Doi :
BMP4 regulates podocyte injury in the diabetic nephropathy,
Diabetes, Philadelphia, May 2012.
19. Seiji Kishi, Hideharu Abe, Kojiro Nagai and Toshio Doi :
SOX9 induces irreversible chondrogenic phenotypic change in diabetic nephropathy,
the 2011 Annual Meeting of the American Society for Cell Biology, Denver, Dec. 2011.
20. Tatsuya Tominaga, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Seiji Kishi and Toshio Doi :
BMP4 regulates podocyte injury in the diabetic nephropathy,
The 1st Asia-Pacific Vascular Biology Meeting, Dec. 2011.
21. Tatsuya Tominaga, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Seiji Kishi, Taichi Murakami and Toshio Doi :
BMP4 regulates podocyte injury in the diabetic nephropathy,
Journal of the American Society of Nephrology, Nov. 2011.
22. 村上 太一 and Hideharu Abe :
TROPHOBLAST GLYCOPROTEIN REGULATES THE PODOCYTE INJURIES IN EXPERIMENTAL GLOMERULONEPHRITIS,
World Congress of Nephrology, Vancouver, Aug. 2011.
23. 松原 雄 and Hideharu Abe :
Overexpression of Smad1 Causes Remarkable Glomerulosclerosis in Diabetic Mice.,
American Diabetes Association 69th Scientific Session, New Orleans, Jun. 2011.
24. Seiji Kishi and Hideharu Abe :
Chondrogenic phenotypic change contributes to the irreversible progression of the diabetic nephropathy.,
50th The American Society for Cell Biology Annual Meeting, Philadelphia, Dec. 2010.
25. 岸 誠司 and Hideharu Abe :
Chondrogenic phenotypic change contributes to the irreversible progression of the diabetic nephropathy.,
50th The American Society for Cell Biology Annual Meeting, Philadelphia, Dec. 2010.
26. 鳥越 和雄 and Hideharu Abe :
PIASy Regulates SM-Actin Expression by Interacting with E12 in Mesangial Proliferative Glomerulonephritis.,
43rd American Society of Nephrology (ASN) Annual Meeting, Denver, Nov. 2010.
27. 松原 雄 and Hideharu Abe :
BMP4/Smad1 Signaling Is a Critical Therapeutic Target for Diabetic Nephropathy.,
43rd American Society of Nephrology (ASN) Annual Meeting, Denver, Nov. 2010.
28. 荒木 真 and Hideharu Abe :
Conditional Knockout of Smad1 Ameliorates Glomerulosclerosis in Progressive Glomerulonephritis.,
43rd American Society of Nephrology (ASN) Annual Meeting, Denver, Nov. 2010.
29. Akira Mima, T Matsubara, H Arai, Hideharu Abe, N Iehara, T Kita, T Doi and A Fukatsu :
Blockade of Src/Smad1 pathway attenuates the progression of peritoneal sclerosis in a mouse experimental model,
The 12th congress of the ISPD, Istanbul, Jun. 2008.
30. Akira Mima, H Arai, T Matsubara, Hideharu Abe, H Kanamori, E Sumi, Tatsuya Tominaga, T Takahashi, Motokazu Matsuura, N Iehara, A Fukatsu, T Kita and Toshio Doi :
Angiotensin II type I receptor blocker decreases urinary Smad1, a marker for mesangial matrix expansion in diabetic nephropathy,
2007 World Congress of Nephrology, リオデジャネイロ, Apr. 2007.

国内講演発表:

1. 吉川 珠希, 長谷 栄治, 鈴木 昭浩, 越智 ありさ, 安部 秀斉, 安井 武史 :
AGE(終末糖化産物)による真皮コラーゲン繊維構造変化のSHG(第二高調波発生光)イメージング,
日本生体医工学会 専門別研究会 生体画像と医用人工知能研究会 第3回研究会若手発表会, 2021年3月.
2. 小笠 真琴, 櫻井 明子, 片岡 佳子, 越智 ありさ, 安部 秀斉 :
ヒト尿沈渣中のCXC Chemokine Receptor遺伝子発現について,
第44回徳島県医学検査学会, 2020年12月.
3. 吉川 珠希, 長谷 栄治, 鈴木 昭浩, 越智 ありさ, 安部 秀斉, 安井 武史 :
AGE(終末糖化産物)による真皮コラーゲン線維構造変化のSHG(第2高調波発生光)イメージング,
Optics & Photonics Japan 2020, 14pA3, 2020年11月.
4. 田蒔 昌憲, 湊 将典, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 西村 賢二, 小野 広幸, 小幡 史明, 山本 修三, 滝下 佳寛, 田蒔 正治, 安部 秀斉, 長井 幸二郎 :
急性期と慢性期ともにトシリズマブが有効であったTAFRO症候群の1例,
日本透析医学会雑誌, Vol.53, No.Suppl.1, 391, 2020年10月.
5. 柴田 恵理子, 三好 雅士, 中尾 隆之, 上田 紗代, 西村 賢二, 小野 広幸, 岸 史, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 安部 秀斉, 岸 誠司, 土井 俊夫, 長井 幸二郎 :
プレセプシン濃度は検体処理や腎機能障害により影響をうける,
第63回日本腎臓学会学術総会, 2020年8月.
6. 田蒔 昌憲, 小野 広幸, 西村 賢二, 柴田 恵理子, 上田 紗代, 越智 ありさ, 冨永 辰也, 長井 幸二郎, 安部 秀斉 :
骨形成因子4(BMP4)はメサンギウム細胞のミトコンドリア障害を惹起する,
日本腎臓学会誌, Vol.62, No.4, 282, 2020年7月.
7. 武村 真季, 冨永 辰也, 三橋 英, 長井 幸二郎, 安部 秀斉 :
糖尿病における高タンパク食が腎臓に与える影響について②,
徳島県臨床検査技師会誌 第43回徳島県医学検査学会抄録集, 2019年12月.
8. 三橋 英, 冨永 辰也, 武村 真季, 長井 幸二郎, 安部 秀斉 :
糖尿病における高タンパク食が腎臓に与える影響について①,
徳島県臨床検査技師会誌 第43回徳島県医学検査学会抄録集, 2019年12月.
9. 越智 ありさ, 安部 秀斉, 櫻井 明子 :
iPS細胞を用いない,腎臓病治療薬HTPのための腎糸球体スフェロイド開発,
第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月.
10. 櫻井 明子, 越智 ありさ, 安部 秀斉 :
ポドサイト障害における尿中バイオマーカーWT1・CXCR4による各種腎疾患の評価,
第66回日本臨床検査医学会学術集会, 2019年11月.
11. 山口 純代, 岩城 真帆, 清水 郁子, 稲垣 太造, 湊 将典, 小野 広幸, 上田 紗代, 西村 賢二, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 長井 幸二郎, 安部 秀斉 :
全身倦怠感,呼吸困難感を生じ,その後急性高Ca血症と判明した透析患者の一例,
第47回徳島透析療法研究会, 2019年11月.
12. 湊 将典, 村上 太一, 上田 紗代, 小野 広幸, 西村 賢二, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 長井 幸二郎, 安部 秀斉 :
Fanconi症候群を合併したTubulointerstitial nephritis with IgM-positive plasma cellsの一例,
第49回日本腎臓学会西部学術大会, 2019年10月.
13. 清水 郁子, 長井 幸二郎, 稲垣 太造, 湊 将典, 岩城 真帆, 山口 純代, 上田 紗代, 西村 賢二, 小野 広幸, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 史, 村上 太一, 岸 誠司, 安部 秀斉 :
慢性B型肝炎治療中に緩徐に進行する腎機能障害をみとめた一例,
第49回日本腎臓学会西部学術大会, 2019年10月.
14. 近藤 広宗, 田蒔 昌憲, 湊 将典, 稲垣 太造, 柴田 恵理子, 西村 賢二, 小野 広幸, 村上 太一, 安部 秀斉, 長井 幸二郎 :
早期診断に基づく分子標的薬治療で救命しえたTAFRO症候群の1例,
第49回日本腎臓学会西部学術大会, 2019年10月.
15. 岸 誠司, 小野 広幸, 稲垣 太造, 湊 将典, 西村 賢二, 岸 史, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 安部 秀斉, 長井 幸二郎 :
PR-3 ANCA陽性化膿性脊椎炎合併シャント腎炎の1例,
第49回日本腎臓学会西部学術大会, 2019年10月.
16. 山口 純代, 岩城 真帆, 清水 郁子, 稲垣 太造, 湊 将典, 小野 広幸, 上田 紗代, 西村 賢二, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 長井 幸二郎, 桝田 志保, 遠藤 逸朗, 安部 秀斉 :
透析導入期に急性高Ca血症を生じた一例,
第49回日本腎臓学会西部学術大会, 2019年10月.
17. 岸田 盛吾, 田蒔 昌憲, 稲垣 太造, 湊 将典, 岸 史, 岸 誠司, 村上 太一, 安部 秀斉, 長井 幸二郎 :
血液培養でHelicobacter cinaediを同定した排液培養陰性腹膜透析関連腹膜炎の一例,
第259回徳島医学会学術集会, 2019年8月.
18. 黒澤 すみれ, 清水 郁子, 稲垣 太造, 湊 将典, 岩城 真帆, 山口 純代, 上田 紗代, 西村 賢二, 小野 広幸, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 安部 秀斉, 早渕 修, 長井 幸二郎 :
B型肝炎治療薬によって緩徐に腎機能悪化をみとめた一例,
第259回徳島医学会学術集会, 2019年8月.
19. 西村 賢二, 岸 誠司, 小野 広幸, 岸 史, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 安部 秀斉, 長井 幸二郎 :
生活習慣病リスク増加は腎臓の線維化と老化を加速する,
第62回日本腎臓学会学術総会, 2019年6月.
20. 小野 広幸, 安部 秀斉, 田蒔 昌憲, 冨永 辰也, 岸 史, 岸 誠司, 村上 太一, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
Smad1とSmad3の新規相互リン酸化制御機構による糖尿病性腎症の病態解析,
第62回日本腎臓学会学術総会, 2019年6月.
21. 西村 賢二, 村上 太一, 小野 広幸, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
血中HDLアポ蛋白ApoL1はインスリンシグナルに制御され2型糖尿病における糸球体濾過量と相関する,
第62回日本腎臓学会学術総会, 2019年6月.
22. 村上 太一, 小野 広幸, 島 久登, 田代 学, 井上 朋子, 田蒔 昌憲, 川原 和彦, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 水口 潤, 土井 俊夫 :
ADPKDにおけるトルバプタン治療反応性と臨床的特徴についての検討,
第62回日本腎臓学会学術総会, 2019年6月.
23. 安部 秀斉 :
ミニ腎臓を利用する慢性腎臓病治療のHTPスクリーニングシステム,
メディカル ジャパン2019大阪, 2019年2月.
24. 越智 ありさ, 櫻井 明子, 安部 秀斉 :
iPS/ES細胞を用いない,糸球体スフェロイド作成,
第258回 徳島医学会学術集会, 2019年2月.
25. 安部 秀斉 :
全く新たな,慢性腎臓病・急性腎障害の創薬・診断法樹立のためのミニ腎臓プラットフォーム,
第4回四国オープンイノベーションワークショップin徳島, 2018年12月.
26. 荒瀬 美晴, 長井 幸二郎, 稲垣 太造, 柴田 恵理子, 岸 史, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 岸 誠司, 安部 秀斉, 松浦 元一 :
尿蛋白減少にシクロスポリンが有効であったアルポート症候群の1例,
日本内科学会第119回四国地方会, 2018年12月.
27. 村上 太一, 岸 史, 田蒔 昌憲, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 岸 誠司, 湊 将典, 上田 紗代 :
Fanconi症候群を合併したTubulointerstitial nephritis with IgM-positive plasma cellsの一例,
第119回四国地方会, 2018年12月.
28. 緒方 良輔, 小林 誠司, 角 安香里, 松岡 瑞季, 村上 太一, 稲垣 太造, 湊 将典, 上田 紗代, 小野 広幸, 西村 賢二, 岸 誠司, 安部 秀斉, 柴田 恵理子, 岸 史, 長井 幸二郎 :
クリオグロブリン血症性血管炎症例に対して クライオフィルとレーションにて皮膚潰瘍が改善した一例,
第47回徳島透析療法研究会, 2018年11月.
29. 岡田 衣世, 田蒔 昌憲, 稲垣 太造, 湊 将典, 岸 史, 岸 誠司, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
血液培養でHelicobacter cinaediを同定した廃液培養陰性PD関連腹膜炎の一例,
第24回日本腹膜透析医学会学術集会・総会, 2018年10月.
30. 西村 賢二, 田蒔 昌憲, 岸 史, 村上 太一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
適切な腹膜透析廃液培養が早期診断・治療により有用であった真菌性腹膜炎の1例,
第24回日本腹膜透析医学会学術集会・総会, 2018年10月.
31. 田蒔 昌憲, 湊 将典, 稲垣 太造, 村上 太一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
腎盂腎炎と鑑別困難であった化膿性脊椎炎に感染後腎炎の合併が疑われた1例,
第48回日本腎臓学会西部学術大会, 2018年9月.
32. 小野 広幸, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 稲垣 太造, 湊 将典, 上田 紗代, 西村 賢二, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 史, 村上 太一, 岸 誠司, 水口 潤, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
ALK阻害薬関連の進行性腎障害を呈した1例,
第48回日本腎臓学会西部学術大会, 2018年9月.
33. 村上 太一, 岸 史, 田蒔 昌憲, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉 :
多彩な腎病変を合併し細胞表面マーカー染色により肉芽腫性間質性腎炎を診断しえた腎サルコイドーシスの一例,
第48回日本腎臓学会西部学術集会, 2018年9月.
34. 村上 太一, 岸 史, 田蒔 昌憲, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉 :
血栓性微小血管症による急性腎障害で末期腎不全に至ったクリオグロブリン血管炎の一例,
第48回日本腎臓学会西部学術集会, 2018年9月.
35. 宮上 慎司, 小野 広幸, 岸 誠司, 近藤 英司, 内藤 伸仁, 稲垣 太造, 湊 将典, 上田 紗代, 西村 賢二, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 史, 村上 太一, 安部 秀斉, 西岡 安彦, 長井 幸二郎 :
ANCA関連血管炎との鑑別を要したIgG4関連疾患の1例,
第257回徳島医学会学術集会, 2018年8月.
36. 田蒔 昌憲, 冨永 辰也, 藤田 結衣, 岸 史, 岸 誠司, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
レチノイン酸はBmp4遺伝子発現を直接制御して糖尿病マウスの糸球体硬化を改善する,
第61回日本腎臓学会学術総会, 2018年6月.
37. 安部 秀斉 :
糖尿病性腎症の進展予防にむけた病期分類- 病理-バイオマーカーを統合した診断法の開発,
AMED 4事業合同成果報告会, 2018年2月.
38. 西村 賢二, 岸 誠司, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
血液透析導入期に発症した左心系感染性心内膜炎の1例,
第48回徳島透析療法研究会, 2017年11月.
39. 湊 将典, 岸 誠司, 村上 太一, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
nivolumabによる治療中にIgA腎症を発症した肺扁平上皮癌の症例,
第47回日本腎臓学会西部学術大会, 2017年10月.
40. 岸 誠司, 小幡 史明, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
全身倦怠感と食欲不振をきっかけに診断に至ったNoncrystalline Light Chain Proximal Tubulopathy (LCPT) の一例,
第47回日本腎臓学会西部学術大会, 2017年10月.
41. 村上 太一, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 岸 誠司, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 三好 雅士, 中尾 隆之 :
HDLアポ蛋白ApolipoproteinL1の血中濃度の意義についての検討,
第57回日本臨床化学会年次学術集会, 2017年10月.
42. 村上 太一, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 三好 雅士, 中尾 隆之, 小谷 和彦 :
HDLアポ蛋白ApolipoproteinL1の血中濃度の意義についての検討,
第57回日本臨床化学会年次学術集会, 2017年10月.
43. 小野 広幸, 安部 秀斉, 上田 紗代, 西村 賢二, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症の糸球体硬化抑制過程におけるSmad1の新規リン酸化部位の同定と解析,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
44. 岩城 真帆, 湊 将典, 岸 誠司, 村上 太一, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 西條 敦郎, 西岡 安彦 :
ニボルマブの投与を契機としてIgA腎症を発症した扁平上皮癌の1例,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
45. 久保 友紀子, 田蒔 昌憲, 湊 将典, 村上 太一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 手束 文威, 林 二三男 :
尿路感染症との鑑別が困難であった化膿性脊椎炎の1例,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
46. 上田 紗代, 村上 太一, 宮城 順子, 稲垣 太造, 湊 将典, 小野 広幸, 小幡 史明, 西村 賢二, 吉本 咲耶, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 史, 岸 誠司, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
ダクラタスビル・アスナプレビル併用療法およびアジルサルタンで寛解したHCV関連クリオグロブリン腎症の一例,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
47. 西村 賢二, 岸 誠司, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
血液導入期に発症した左心系感染性心内膜炎の1例,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
48. 小野 広幸, 安部 秀斉, 上田 紗代, 西村 賢二, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症の糸球体硬化抑制過程におけるSmad1の新規リン酸化部位の同定と解析,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
49. 藤田 結衣, 冨永 辰也, 櫻井 明子, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
BMP4シグナルが作用するポドサイト障害発生機序の解析,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
50. 稲垣 太造, 小野 広幸, 岸 誠司, 湊 将典, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 岸 史, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 松浦 元一, 西村 賢二, 吉本 咲耶 :
脳室ー心房シャント感染に続発したPR3-ANCA陽性シャント感染後腎炎の一例,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
51. 小幡 史明, 村上 太一, 田蒔 昌憲, 岸 誠司, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
抗糸球体基底膜抗体値の著明高値を認めた抗糸球体基底膜抗体型腎炎の1例,
第62回日本透析医学会学術集会, 2017年6月.
52. 村上 太一, 稲垣 太造, 湊 将典, 柴田 恵理子, 西村 賢二, 小野 広幸, 上田 紗代, 田蒔 昌憲, 岸 史, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
過粘稠症候群に血漿交換が奏功した原発性マクログロブリン血症の一例,
第62回日本透析医学会学術集会, 2017年6月.
53. 小野 広幸, 村上 太一, 稲垣 太造, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 史, 松浦 元一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
クリオグロブリン血栓性血管炎に続発した二次性血栓性微少血管症(TMA)に対して血漿交換,血液透析,ステロイド治療で救命しえた一例,
第62回日本透析医学会学術集会, 2017年6月.
54. 村上 太一, 稲垣 太造, 湊 将典, 柴田 恵理子, 西村 賢二, 小野 広幸, 上田 紗代, 田蒔 昌憲, 岸 史, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
過粘稠症候群に血漿交換が奏功した原発性マクログロブリン血症の一例,
第62回日本透析医学会学術集会, 2017年6月.
55. 小野 広幸, 村上 太一, 稲垣 太造, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 史, 松浦 元一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
クリオグロブリン血栓性血管炎に続発した二次性血栓性微少血管症(TMA)に対して血漿交換,血液透析,ステロイド治療で救命しえた一例,
第62回日本透析医学会学術集会, 2017年6月.
56. 上田 紗代, 柴田 恵理子, 小野 広幸, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
LDL吸着療法とCyAの併用が奏功したネフローゼ症候群の2例,
第62回日本透析医学会学術集会, 2017年6月.
57. 岸 誠司, 飛梅 亮, 岸 潤, 田蒔 昌憲, 岸 史, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
くも膜下出血(SAH)とAKIの合併を良好に管理し得たループス腎炎の一例,
日本透析医学会雑誌, 2017年6月.
58. 吉本 咲耶, 長井 幸二郎, 柴田 恵理子, 上田 紗代, 小野 広幸, 田蒔 昌憲, 西村 賢二, 岸 史, 松浦 元一, 岸 誠司, 村上 太一, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
慢性腎臓病患者の入院前中後の血清アルブミン濃度と蛋白尿の推移,
第60回日本腎臓学会学術総会, 2017年5月.
59. 田蒔 昌憲, 冨永 辰也, 藤田 結衣, 松浦 元一, 岸 誠司, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
レチノイン酸による糖尿病性糸球体硬化分子BMP4制御機構の検討,
第60回日本腎臓学会学術総会, 2017年5月.
60. 村上 太一, 岸 誠司, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
TGFβトランスジェニックマウスにおけるビタミンD受容体アナログパリカルシトールの腎保護効果,
第60回日本腎臓学会学術総会, 2017年5月.
61. 村上 太一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 中尾 隆之, 三好 雅士 :
HDLアポ蛋白ApolipoproteinL1の血中濃度の意義についての検討,
第13回合同地方会, 2017年2月.
62. 中川 裕美, 冨永 辰也, 櫻井 明子, 藤田 結衣, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
ポドサイトへのBMP4過剰発現による腎組織への影響,
徳島県臨床検査技師会誌 第40回徳島県医学検査学会抄録集, 28, 2016年12月.
63. 安部 秀斉 :
ミニ腎臓を用いた腎不全・透析への移行を阻止する画期的治療法開発,
第38回 バイオ技術シーズ公開会, 2016年12月.
64. 安部 秀斉 :
尿が教えてくれた研究の道筋,
第46回 日本腎臓学会西部学術大会, 2016年10月.
65. 田蒔 昌憲, 安部 秀斉, 小野 広幸, 上田 紗代, 吉本 咲耶, 岸 史, 松浦 元一, 岸 誠司, 村上 太一, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
糞線虫症の関与が疑われた膜性腎症の一例,
第46回日本腎臓学会西部学術大会, 2016年10月.
66. 村上 太一, 岸 誠司, 土井 俊夫, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 松浦 元一 :
ダクラタスビル・アスナプレビル併用療法およびアジルサルタンで寛解したHCV関連クリオグロブリン腎症の一例,
第46回日本腎臓学会西部学術集会, 2016年10月.
67. 岸 誠司, 山田 諭, 柴田 恵理子, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 岸 史, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
初診時に心不全と診断された高齢発症のヒトパルボウイルスB19による急性糸球体腎炎の1例,
日本腎臓学会誌, 2016年10月.
68. 松浦 元一, 吉本 咲耶, 櫻井 明子, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
DAPIはAL型アミロイド腎症の診断に有用かもしれない,
2016年9月.
69. 松浦 元一, 上田 紗代, 小野 広幸, 吉本 咲耶, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 史, 岸 誠司, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土田 健司, 水口 潤, 土井 俊夫 :
DAPIはAL型アミロイド腎症の診断に有用かもしれない,
第59回日本腎臓学会学術総会, 2016年6月.
70. 長井 幸二郎, 冨永 辰也, 村上 太一, 柴田 恵理子, 岸 誠司, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
メサンギウム細胞のin vivoでの機能解析~mTOR経路の活性化は糸球体硬化を誘導する~,
第59回日本腎臓学会学術総会, 2016年6月.
71. 安部 秀斉 :
バイオマーカーとしてのexosome,
第59回日本腎臓学会学術総会, 2016年6月.
72. 村上 太一, 長井 幸二郎, 柴田 恵理子, 小野 広幸, 上田 紗代, 吉本 咲耶, 田蒔 昌憲, 岸 史, 岸 誠司, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
急性腎不全を呈した原因不明の血栓性微少血管症に血漿交換および副腎皮質ステロイドが奏功した1例,
第61回日本透析医学会学術集会, 2016年6月.
73. 湊 将典, 村上 太一, 上田 紗代, 岸 誠司, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 近藤 真代, 西岡 安彦 :
横隔膜交通症の診断および交通部位同定に腹腔シンチグラフィが有用であった1例,
第114回内科四国地方会, 2016年5月.
74. 村上 太一, 土井 俊夫, 安部 秀斉, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 吉本 咲耶, 岸 誠司, 上田 紗代, 小野 広幸, 田蒔 昌憲 :
徳島大学腎臓内科における多発性嚢胞腎患者の診療現況,
第114回内科学会四国地方会, 2016年5月.
75. 湊 将典, 上田 紗代, 村上 太一, 小野 広幸, 吉本 咲耶, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 史, 岸 誠司, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 近藤 真代, 坂口 暁, 西岡 安彦, 新井 悠太, 新家 崇義, 音見 暢一, 河北 直也, 滝沢 宏光, 梶浦 耕一郎, 先山 正二 :
横隔膜交通症の診断および交通部位同定に腹腔シンチグラフィが有用であった1例,
第252回徳島医学会学術集会, 2016年2月.
76. 細井 美希, 松浦 元一, 田蒔 昌憲, 上田 紗代, 小野 広幸, 吉本 咲耶, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
微少変化型ネフローゼ症候群を呈し,自然寛解後再発した足細胞陥入糸球体症の1例,
第113回日本内科学会四国地方会, 2015年12月.
77. 田蒔 昌憲, 小野 広幸, 上田 紗代, 吉本 咲耶, 柴田 恵理子, 松浦 元一, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
腹膜透析によって効率的な自立支援を行えた若年男性の1例,
第21回腹膜透析医学会学術集会・総会, 2015年11月.
78. 櫻井 明子, 安部 秀斉, 冨永 辰也, 三好 雅士, 土井 俊夫 :
糖尿病のポドサイト障害におけるCXCR7シグナル異常,
中四国支部医学検査学会(第48回), 2015年11月.
79. 松浦 元一, 河原 加奈, 上田 紗代, 小野 広幸, 吉本 咲耶, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土田 健司, 水口 潤, 土井 俊夫 :
IgA腎症に膜性腎症を合併した2症例,
第45回日本腎臓学会西部学術大会, 2015年10月.
80. 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 小野 広幸, 上田 紗代, 吉本 咲耶, 田蒔 昌憲, 松浦 元一, 村上 太一, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
急性腎不全を発症しPEとステロイドで透析離脱できたTMAの一例,
第45回日本腎臓学会西部学術大会, 2015年10月.
81. 小野 広幸, 平野 隆弘, 櫻井 明子, 新井 美存, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 吉本 咲耶, 田蒔 昌憲, 松浦 元一, 村上 太一, 長井 幸二郎, 土井 俊夫, 安部 秀斉 :
E2A新規結合分子FLASHによるTNFα-p21制御と細胞増殖・老化の調整による腎炎の修復機構,
第6回分子腎臓フォーラム, 2015年9月.
82. 小野 広幸, 平野 隆弘, 櫻井 明子, 新井 美存, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 吉本 咲耶, 田蒔 昌憲, 松浦 元一, 村上 太一, 長井 幸二郎, 土井 俊夫, 安部 秀斉 :
E2A新規結合分子FLASHによるTNFα-p21制御と細胞増殖・老化の調整による腎炎の修復機構,
第6回分子腎臓フォーラム, 2015年9月.
83. 竹内 理沙, 野田 康裕, 牧野 友美, 近田 優介, 緒方 良輔, 森西 啓介, 小林 誠司, 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 村上 太一, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 大西 実季, 高松 愛子, 山田 香苗 :
Pre-pump Arterial Pressureの再評価~実血流と溶血の観点から~,
第60回日本透析医学会学術集会・総会, 2015年6月.
84. 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 小野 広幸, 上田 紗代, 吉本 咲耶, 村上 太一, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 湯浅 真由, 久保 宜明 :
光線療法に対して難治性でIFN-γを使った菌状息肉症の一例,
第60回日本透析医学会学術集会・総会, 2015年6月.
85. 村上 太一, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 田蒔 昌憲, 柴田 恵理子, 吉本 咲耶, 小野 広幸, 上田 紗代, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
Trophoblast glycoprotein:ポドサイト障害における発現・機能解析および尿中マーカーとしての検討,
第58回日本腎臓学会学術総会, 2015年6月.
86. 村上 太一, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 田蒔 昌憲, 柴田 恵理子, 吉本 咲耶, 小野 広幸, 上田 紗代, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
Trophoblast glycoprotein:ポドサイト障害における発現・機能解析および尿中マーカーとしての検討,
第58回日本腎臓学会学術総会, 2015年6月.
87. 小野 広幸, 平野 隆弘, 櫻井 明子, 新井 美存, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 吉本 咲耶, 田蒔 昌憲, 松浦 元一, 村上 太一, 長井 幸二郎, 土井 俊夫, 安部 秀斉 :
E2A新規結合因子FLASHによるTNFα-P21制御と細胞増殖・老化の調整による腎炎の修復機構,
第58回日本腎臓学会学術総会, 2015年6月.
88. 村上 太一, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 吉本 咲耶, 小野 広幸, 上田 紗代, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
Trophoblast glycoprotein:ポドサイト障害における発現・機能解析および尿中マーカーとしての検討,
2015年6月.
89. 小野 広幸, 平野 隆弘, 櫻井 明子, 新井 美存, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 吉本 咲耶, 田蒔 昌憲, 松浦 元一, 村上 太一, 長井 幸二郎, 土井 俊夫, 安部 秀斉 :
E2A新規結合因子FLASHによるTNFα-P21制御と細胞増殖・老化の調整による腎炎の修復機構,
第58回日本腎臓学会学術総会, 2015年6月.
90. 安部 秀斉 :
尿中エクソソーム・マイクロベジクル,
第58回日本腎臓学会学術総会, 2015年6月.
91. 安部 秀斉 :
尿中エクソソーム解析による不可逆的な腎機能低下を予測するバイオマーカーの探索,
腎疾患対策研究事業・難治性疾患等政策研究事業・難治性疾患等実用化研究事業 合同研究成果発表会, 2015年2月.
92. 安部 秀斉 :
糖尿病患者の血管合併症を判定する尿中バイオマーカー樹立,
2015年2月.
93. 安部 秀斉 :
糖尿病患者の血管合併症を判定する尿中バイオマーカー樹立,
Diabetes Masters Conference, 2014年12月.
94. 野田 和克, 村上 太一, 上田 紗代, 柴田 理恵子, 田蒔 昌憲, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
Dペニシラミン投与後に微小変化型ネフローゼ症候群を発症しミゾリビンが著効した一例,
第111回内科四国地方会, 2014年11月.
95. 櫻井 明子, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 村上 太一, 安部 尚子, 土井 俊夫 :
糖尿病のポドサイト障害におけるBMP-CXCR7シグナル異常の検出法,
第61回日本臨床検査医学会学術集会, 2014年11月.
96. 安部 秀斉, 小野 広幸, 平野 隆弘, 櫻井 明子, 土井 俊夫 :
FlashとE2Aの新規相互作用はTNF-α-p21によって細胞増殖と細胞老化を制御する,
第37回 日本分子生物学会年会, 2014年11月.
97. 吉本 咲耶, 長井 幸二郎, 小野 広幸, 柴田 恵理子, 上田 紗代, 田蒔 昌憲, 安部 尚子, 村上 太一, 美馬 晶, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
サルコイドーシス,高カルシウム血症により間質障害を呈した一例,
第44回日本腎臓学会西部学術大会, 2014年10月.
98. 吉本 咲耶, 長井 幸二郎, 小野 広幸, 柴田 恵理子, 上田 紗代, 田蒔 昌憲, 安部 尚子, 村上 太一, 美馬 晶, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
サルコイドーシス,高カルシウム血症により間質障害を呈した一例,
第44回日本腎臓学会西部学術大会, 2014年10月.
99. 小野 広幸, 村上 太一, 松浦 元一, 美馬 晶, 吉本 咲耶, 上田 紗代, 田蒔 昌憲, 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
ループス腎炎との鑑別を要したIgG4関連腎症の1例,
第44回日本腎臓学会西部学術大会, 2014年10月.
100. 松浦 元一, 上田 紗代, 小野 広幸, 吉本 咲耶, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 佐藤 正大, 岸 潤, 西岡 安彦, 土井 俊夫 :
関節リウマチに対してetanercept投与中に半月体形成性糸球体腎炎を来した1例,
第44回日本腎臓学会西部学術大会, 2014年10月.
101. 小野 広幸, 村上 太一, 松浦 元一, 美馬 晶, 吉本 咲耶, 上田 紗代, 田蒔 昌憲, 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
ループス腎炎との鑑別を要したIgG4関連腎症の1例,
第44回日本腎臓学会西部学術大会, 2014年10月.
102. 松浦 元一, 上田 紗代, 小野 広幸, 吉本 咲耶, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 佐藤 正大, 岸 潤, 西岡 安彦, 土井 俊夫 :
関節リウマチに対してetanercept投与中に半月体形成性糸球体腎炎を来した1例,
第44回日本腎臓学会西部学術大会, 2014年10月.
103. 竹内 理沙, 野田 康裕, 長井 幸二郎, 小野 広幸, 吉本 咲耶, 牧野 友美, 近田 優介, 小林 誠司, 大西 実季, 高松 愛子, 山田 香苗, 美馬 晶, 柴田 恵理子, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
実血流の確保において引き込みは指標となりうるか,
第59回日本透析医学会学術集会・総会, 2014年6月.
104. 新井 悠太, 長井 幸二郎, 柴田 恵理子, 藤田 美香, 美馬 晶, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 宮本 龍郎, 土井 俊夫 :
抗GBM抗体,P-ANCA陽性急速進行性腎炎の治療経過において視力低下を来した高齢者の一例,
日本内科学会第110回四国地方会, 2014年6月.
105. 安部 秀斉 :
生活習慣病とCKD∼治療の選択肢の選び方∼,
第427回 徳島県中部臨床研究会, 2013年12月.
106. 櫻井 明子, 林 早苗, 冨永 辰也, 藤田 結衣, 安部 尚子, 土井 俊夫, 安部 秀斉 :
糖尿病性腎症におけるmiR-21のポドサイトに対するPDCD4制御を介した抗アポトーシス効果,
第36回 日本分子生物学会年会, 2013年12月.
107. 小野 広幸, 美馬 晶, 吉本 咲耶, 松浦 元一, 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
H.pylori陽性かつSLEの診断基準を満たす免疫異常に続発したIgG4関連腎症の1例,
日本内科学会第19回四国地方会, 2013年12月.
108. 小野 広幸, 美馬 晶, 吉本 咲耶, 松浦 元一, 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
H.pylori陽性かつSLEの診断基準を満たす免疫異常に続発したIgG4関連腎症の1例,
日本内科学会第19回四国地方会, 2013年12月.
109. 竹内 理沙, 野田 康裕, 長井 幸二郎, 小野 広幸, 吉本 咲耶, 牧野 友美, 近田 優介, 小林 誠司, 大西 実季, 高松 愛子, 山田 香苗, 美馬 晶, 松浦 元一, 柴田 恵理子, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
針の口径によって確保できる実血流量の評価,
第44回徳島透析療法研究会, 2013年11月.
110. 安部 秀斉 :
高齢者CKDの降圧治療戦略∼腎機能低下ハイリスク群への対応∼,
高齢者CKDを考える会in徳島, 2013年11月.
111. 小野 広幸, 美馬 晶, 柴田 恵理子, 松浦 元一, 山田 諭, 長井 幸二郎, 吉本 咲耶, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
当院における成人紫斑病性腎炎に対するプレドニゾロン+ミゾリビン併用療法の有効性についての検討,
第43回 日本腎臓学会西部学術総会, 2013年10月.
112. 小野 広幸, 美馬 晶, 柴田 恵理子, 松浦 元一, 山田 諭, 長井 幸二郎, 吉本 咲耶, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 柴田 恵理子 :
当院における成人紫斑病性腎炎に対するプレドニゾロン+ミゾリビン併用療法の有効性についての検討,
第43回 日本腎臓学会西部学術総会, 2013年10月.
113. 安部 秀斉 :
慢性腎臓病CKDの最近の診断と治療,
南あわじ市医師会臨床談話会, 2013年9月.
114. Fujita Yui, Akiko Sakurai, Tatsuya Tominaga, Hayashi Sanae, Naoko Abe, Toshio Doi and Hideharu Abe :
Multiple regulatory pathways of BMP-Smad axis through a sclerosis-specific basic HLH transcription factor in diabetic nephropathy.,
第86回日本生化学会大会, Sep. 2013.
115. 安部 尚子, 安部 秀斉, 土井 俊夫, Hayashi Sanae :
腎機能低下予測バイオマーカーとしてのポドサイト由来エクソソーム内転写因子,
第53回 日本臨床化学会年次学術集会, 2013年9月.
116. 安部 秀斉 :
腎臓をよく診ると血糖管理法が見えてくる,
心・腎からみた血管合併症治療戦略in徳島, 2013年7月.
117. 野田 康裕, 竹内 理沙, 長井 幸二郎, 久原 幸典, 近田 優介, 小林 誠司, 山田 香苗, 高松 愛子, 美馬 晶, 松浦 元一, 三並 智子, 柴田 恵理子, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
針の口径による最大血流量と TR-3000測定血液流量モニタリングシステムの評価,
第58回日本透析医学会学術集会・総会, 2013年6月.
118. 安部 秀斉 :
糖尿病とCKDの実情,
第41回 徳島循環器フォーラム, 2013年6月.
119. 三好 雅士, 長井 幸二郎, 掛 武威, 福島 直, 松浦 元一, 柴田 恵理子, 吉川 和寛, 山口 邦久, 井崎 博文, 美馬 晶, 冨永 辰也, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
ヒトIgA腎症におけるGas6とその受容体Dtkの関与,
第56回日本腎臓学会学術総会, 2013年5月.
120. 安部 秀斉 :
糖尿病性腎症における硬化促進転写因子の解析,
第5回四国ネフロロジー研究会, 2013年3月.
121. 安部 秀斉 :
糖尿病性腎症:臨床上の問題点への分子病態からのアプローチ,
第15回 徳島総合診療研究会, 2013年2月.
122. 安部 秀斉 :
生活習慣病とCKD,
徳島高血圧治療学術講演会, 2013年2月.
123. 安部 秀斉 :
高齢者CKDの降圧療法,
ARB Forum 2012, 2013年1月.
124. 安部 秀斉 :
糸球体腎炎におけるCD44作用機序の解析,
第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
125. 安部 秀斉 :
BMP4シグナル活性化はポドサイト障害およびメサンギウム基質増生を進展させる,
第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
126. Naoko Abe and Hideharu Abe :
Predictive biomarkers for kidney function declines: podocyte-derived exosomal transcriptional factors,
第35回 日本分子生物学会年会, Dec. 2012.
127. 古本 哲朗, 安部 秀斉 :
17歳で巣状糸球体硬化症を呈した低出生体重児の1例,
第107回 日本内科学会四国地方会, 2012年12月.
128. 古本 哲朗, 長井 幸二郎, 山田 諭, 柴田 恵理子, 岸 史, 岸 誠司, 松浦 元一, 美馬 晶, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 竹内 理沙, 野田 康裕, 小林 誠司, 近田 優介, 高松 愛子, 山田 香苗, 長江 雄浩, 中瀧 理仁 :
血液透析によってリチウム中毒による意識障害の改善をみた1症例,
第43回徳島透析療法研究会, 2012年11月.
129. 安部 秀斉 :
糖尿病とCKDの本当の関係,
鳥取県西部トラゼンタ錠発売1周年記念講演会, 2012年11月.
130. 安部 秀斉 :
CKD∼診療の実際と問題点∼,
那賀町CKDカンファレンス, 2012年11月.
131. 松浦 元一, 山田 諭, 柴田 恵理子, 渡瀬 謙仁, 岸 史, 岸 誠司, 美馬 晶, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 中村 信元, 安倍 正博, 土井 俊夫 :
腎生検にてγ重鎖沈着症が疑われた糸球体沈着症の一例,
第42回日本腎臓学会西部学術大会, 2012年10月.
132. 冨永 辰也, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 岸 誠司, 美馬 晶, 土井 俊夫 :
BMP4シグナル活性化はポドサイト障害およびメサンギウム基質増生を進展させる,
第3回 分子腎臓フォーラム, 2012年9月.
133. 安部 秀斉 :
CKD患者の貧血と治療,
小松島市医師会学術講演会, 2012年7月.
134. 安部 秀斉 :
CKDの診方・考え方,
第3回 徳島メディカルサークル, 2012年7月.
135. 安部 秀斉 :
CKD診療の実際∼一般内科から専門医に患者を紹介するタイミング∼,
ステップアップセミナー, 2012年7月.
136. 安部 秀斉 :
糖尿病患者のCKD治療とCKD患者の糖尿病治療,
第2回慢性腎臓病を考える会in愛媛, 2012年7月.
137. 冨永 辰也, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 岸 誠司, 美馬 晶, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症におけるポドサイト障害に作用するBMP4の分子機構,
第4回腎疾患と高血圧研究会, 2012年7月.
138. 安部 尚子, 安部 秀斉 :
糖尿病合併透析患者でのアログリプチンの長期的有効性,
第57回 日本透析医学会学術集会・総会, 2012年6月.
139. 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 山田 諭, 渡瀬 謙仁, 岸 史, 岸 誠司, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
中等度以上腎機能低下患者に対する フェブキソスタットの有効性の検討,
第55回日本腎臓学会学術総会, 2012年6月.
140. 三好 雅士, 長井 幸二郎, 掛 武威, 福島 直, 松浦 元一, 柴田 恵理子, 山田 諭, 渡瀬 謙仁, 吉川 和寛, 岸 史, 岸 誠司, 山口 邦久, 井崎 博文, 冨永 辰也, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
ヒトIgA腎症における増殖因子Gas6とその受容体Axlの発現,
第55回日本腎臓学会学術総会, 2012年6月.
141. 冨永 辰也, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 岸 誠司, 土井 俊夫 :
ポドサイト障害におけるアポトーシス誘導メカニズムに関する新しい知見,
第4回四国ネフロロジー研究会, 2012年3月.
142. 安部 秀斉 :
CKDの真の姿をどうとらえるか∼腎臓内科外来診療の実際∼,
脂質異常症とCKDを考える会, 2012年2月.
143. 安部 秀斉 :
糖尿病性腎症の分子病態と新規診断・治療,
第59回香川腎疾患談話会, 2012年2月.
144. 安部 秀斉 :
CKDの診かた,
第170回名西郡医師会学術講演会, 2012年2月.
145. 安部 秀斉 :
慢性腎臓病患者の診断と治療のための新規尿中バイオマーカー,
第12回大学発・選り抜きバイオセミナー, 2011年12月.
146. 山田 諭, 長井 幸二郎, 中村 雅将, 柴田 恵理子, 松浦 元一, 村上 太一, 荒岡 利和, 岸 誠司, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
透析導入により痙攣,意識障害,消化器症状の改善が見られた1例,
第42会徳島透析療法研究会, 2011年11月.
147. 安部 秀斉, 林 早苗 :
尿中エクソゾームを用いた慢性腎臓病の非侵襲的診断法と予後予測,
日本分子生物学会年会, 2011年11月.
148. 林 早苗, 安部 秀斉 :
尿中エクソゾームを用いた慢性腎臓病の非侵襲的診断法と予後予測,
第34回 日本分子生物学会年会, 2011年11月.
149. 山田 諭, 岸 誠司, 柴田 恵理子, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 小笠原 梢, 佐田 政隆 :
ヒトパルボウィルスB19による急性糸球体腎炎の1例,
第105回日本内科学会四国地方会, 2011年11月.
150. 安部 秀斉 :
糖尿病と腎障害,
徳島HEART RENAL JOINT FORUM, 2011年10月.
151. 安部 秀斉 :
糖尿病性腎症の分子病態と分子標的治療,
第5回 代謝異常とCKDを考える会 学術講演会, 2011年10月.
152. 安部 秀斉 :
糖尿病性腎症の分子病態―BMP4-Smad1シグナル,
第41回 日本腎臓学会西部学術総会, 2011年9月.
153. 山田 諭, 長井 幸二郎, 上田 恵理子, 村上 太一, 松浦 元一, 岸 誠司, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 遠藤 逸郎, 松本 俊夫 :
活性型ビタミンD3外用剤による高カルシウム血症由来の腎機能障害の一例,
日本腎臓学会雑誌, Vol.53, No.6, 815, 2011年8月.
154. 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 村上 太一, 山田 諭, 岸 誠司, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 板東 良美, 津田 恵, 高橋 正幸, 金山 博臣 :
腎細胞癌に対する受容体チロシンキナーゼ阻害薬Sunitinib投与にてThrombotic microangiopathyを来した一例,
日本腎臓学会雑誌, Vol.53, No.6, 794, 2011年8月.
155. 安部 秀斉 :
CKD:ホントのところ -診療の実際-,
第15回診療のツボ勉強会, 2011年6月.
156. 吉川 和寛, 安部 秀斉, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
Genomic biomarkerを用いたCKD患者の心血管リスク評価の試み,
第56回 日本透析医学会学術集会・総会, 2011年6月.
157. 山下 陽子, 浜田 優介, 高木 優, 山田 香苗, 高松 愛子, 上田 雅彦, 山口 邦久, 金山 博臣, 近藤 直樹, 岸 史, 岸 誠司, 荒岡 利和, 松浦 元一, 村上 太一, 安部 秀斉, 中村 雅将, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
糖尿病合併血液透析患者の自然分娩に至った1例,
日本透析医学会学術集会, 2011年6月.
158. 松原 雄, 安部 秀斉 :
糖尿病性腎症における糸球体硬化とアルブミン尿には異なる病態形成機構が存在する,
第54回 日本腎臓学会学術総会, 2011年6月.
159. 冨永 辰也, 安部 秀斉 :
BMP4における糖尿病性腎症の発症とアルブミン尿排泄に関する新たな機序,
第54回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2011年5月.
160. 石澤 有紀, 村上 太一, 岸 史, 松浦 元一, 近藤 直樹, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
LDL吸着が複数回奏功した難治性ネフローゼ症候群の1例,
日本内科学会 第104会四国地方会, 2011年5月.
161. 冨永 辰也, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 岸 誠司, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症発症とアルブミン尿排泄に関与するBMP4の分子機構,
第52回日本生化学会中国・四国支部例会, 2011年5月.
162. 松原 雄, 安部 秀斉, 上田 乙也, 寺社下 浩一, 美馬 晶, 後藤 千里, 荒木 真, 鳥越 和雄, 長井 幸二郎, 家原 典之, 福島 直, 深津 敦司, 木野崎 雅彦, 荒井 秀典, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症における糸球体硬化とアルブミン尿には異なる病態形成機構が存在する,
日本腎臓学会誌, Vol.53, No.3, 390, 2011年5月.
163. 冨永 辰也, 安部 秀斉, 村上 太一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
BMP4における糖尿病性腎症の発症とアルブミン尿排泄機序に関する新たな機序,
糖尿病, Vol.54, No.Suppl.1, S-326, 2011年4月.
164. 安部 秀斉 :
慢性腎臓病患者の診断・治療のための新規バイオマーカー,
第10回次世代医療システム産業化フォーラム2010, 2011年3月.
165. 冨永 辰也, 安部 秀斉 :
腎発生に必須なBMP4が関与する糖尿病性腎症発症の分子機構,
第83回日本生化学会大会, 2010年12月.
166. 冨永 辰也, 安部 秀斉 :
腎発生に必須なBMP4が関与する糖尿病性腎症発症の分子機構,
第33回 日本分子生物学会年会, 2010年12月.
167. 安部 尚子, 安部 秀斉, 近藤 直樹, 吉川 和寛, 土井 俊夫 :
新規バイオマーカーとしてのpodocyte由来尿中エクソゾームによる慢性腎臓病患者の病態解析,
第83回日本生化学会大会, 2010年12月.
168. 安部 尚子, 安部 秀斉, 近藤 直樹, 吉川 和寛, 土井 俊夫 :
新規バイオマーカーとしてのpodocyte由来尿中エクソゾームによる慢性腎臓病患者の病態解析,
第33回 日本分子生物学会年会, 2010年12月.
169. 安部 秀斉 :
糖尿病性腎症の新たなターゲットと治療戦略,
第31回日本臨床薬理学会年会, 2010年12月.
170. 崎山 勉, 村上 太一, 安部 秀斉 :
早期治療が奏功したGoodpasture症候群の1例,
第103回 日本内科学会四国地方会, 2010年11月.
171. 長井 幸二郎, 岸 史, 岸 誠司, 中村 雅将, 村上 太一, 松浦 元一, 荒岡 利和, 近藤 直樹, 美馬 晶, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
多彩な合併症のある高齢者コレステロール塞栓の2例,
第40回 日本腎臓学会西部学術大会, 2010年10月.
172. 荒岡 利和, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 村上 太一 :
ミゾリビン500mg投与が有効であった,ステロイド及びシクロスポリンA治療抵抗性成人膜性腎症の一例,
第40回 日本腎臓学会西部学術大会, 2010年10月.
173. 安部 秀斉 :
糖尿病性腎症の病因解析の進歩,
第21回 日本臨床化学会東海・北陸支部総会 シンポジウム, 2010年8月.
174. 荒岡 利和, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 村上 太一, 岸 誠司, 岸 史, 近藤 直樹, 土井 俊夫 :
ミゾリビン500mg投与が有効であった,ステロイド及びシクロスポリンA治療抵抗性成人膜性腎症の一例,
日本腎臓学会, Vol.52, No.6, 828, 2010年8月.
175. 長井 幸二郎, 岸 史, 岸 誠司, 中村 雅将, 村上 太一, 松浦 元一, 荒岡 利和, 近藤 直樹, 美馬 晶, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
多彩な合併症のある高齢者コレステロール塞栓の2例,
日本腎臓学会誌, Vol.52, No.6, 803, 2010年8月.
176. 荒岡 利和, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 村上 太一, 岸 誠司, 岸 史, 近藤 直樹, 土井 俊夫 :
ミゾリビン500mg投与が有効であった,ステロイド及びシクロスポリンA治療抵抗性成人膜性腎症の一例,
日本腎臓学会誌, Vol.52, No.6, 828, 2010年8月.
177. 舩瀬 公博, 安部 尚子, 安部 秀斉 :
東レ・メディカル社製透析管理システムと電子カルテ連携による効率化,
第55回 日本透析医学会学術集会・総会, 2010年6月.
178. 吉川 和寛, 安部 秀斉, 冨永 辰也 :
CKD患者の血中MGPおよび関連分子と,病態に関する検討,
第55回 日本透析医学会学術集会・総会, 2010年6月.
179. 近藤 直樹, 安部 秀斉 :
新規バイオマーカーとしての尿中エクソゾーム中のCD2APによるCKD患者の予後解析,
第55回 日本透析医学会学術集会・総会, 2010年6月.
180. 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症の分子病態―BMP4-Smad1の役割,
第53回 日本腎臓学会学術総会 シンポジウム, 2010年6月.
181. 松原 雄, 安部 秀斉, 上田 乙也 :
糖尿病性腎症に関わる新たな治療標的分子の検討,
第53回 日本腎臓学会学術総会, 2010年6月.
182. 岸 誠司, 安部 秀斉, 岸 史, 吉川 和寛 :
メサンギウム細胞(MCs)の軟骨細胞形質獲得と低酸素下での不可逆的な腎機能低下の関連,
第53回 日本腎臓学会学術総会, 2010年6月.
183. 高松 典通, 安部 秀斉, 冨永 辰也, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
地域住民健診におけるアルブミン尿検出の有用性,
第53回 日本腎臓学会学術総会, 2010年6月.
184. 岸 誠司, 安部 秀斉, 岸 史, 吉川 和寛, 荒岡 利和, 村上 太一, 冨永 辰也, 長井 幸二郎, 美馬 晶, 家原 典之, 秋山 治彦, 土井 俊夫 :
メサンギウム細胞(MCs)の軟骨細胞形質獲得と低酸素下での不可逆的な腎機能低下の関連,
日本腎臓学会誌, Vol.52, No.3, 322, 2010年5月.
185. 近藤 直樹, 安部 秀斉, 芦名 茂人, 吉川 和寛, 岸 史, 荒岡 利和, 岸 誠司, 松浦 元一, 富永 辰也, 村上 太一, 中村 雅将, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
新規バイオマーカーとしての尿中エクソゾーム中のCD2APによるCKD患者の予後解析,
日本透析医学会雑誌, Vol.43, No.Suppl.1, 801, 2010年5月.
186. 松原 雄, 安部 秀斉, 上田 乙也, 寺社下 浩一, 美馬 晶, 後藤 千里, 冨永 辰也, 荒木 真, 鳥越 和雄, 長井 幸二郎, 家原 典之, 福島 直, 木野崎 雅彦, 深津 敦司, 荒井 秀典, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症に関わる新たな治療標的分子の検討,
日本腎臓学会誌, Vol.52, No.3, 288, 2010年5月.
187. 高松 典通, 安部 秀斉, 冨永 辰也, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
地域住民健診におけるアルブミン尿検出の有用性,
日本腎臓学会誌, Vol.52, No.3, 299, 2010年5月.
188. 岸 誠司, 安部 秀斉, 岸 史, 吉川 和寛, 荒岡 利和, 村上 太一, 冨永 辰也, 長井 幸二郎, 美馬 晶, 家原 典之, 秋山 治彦, 土井 俊夫 :
メサンギウム細胞(MCs)の軟骨細胞形質獲得と低酸素下での不可逆的な腎機能低下の関連,
日本腎臓学会誌, Vol.52, No.3, 322, 2010年5月.
189. 吉川 和寛, 安部 秀斉, 冨永 辰也, 岸 誠司, 岸 史, 荒岡 利和, 村上 太一, 近藤 直樹, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 土井 俊夫, 中村 雅将, 土田 健司, 水口 潤, 川島 周 :
CKD患者の血中MGPおよび関連分子と,病態に関する検討,
日本透析医学会雑誌, Vol.43, No.Suppl.1, 682, 2010年5月.
190. 冨永 辰也, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 美馬 晶, 村上 太一, 荒岡 利和, 岸 誠司, 繁田 令子, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症の発症・進展にBMP4/Smad1経路が重要な作用をおよぼす,
日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集, 66, 2010年4月.
191. 冨永 辰也, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 美馬 晶, 村上 太一, 荒岡 利和, 岸 誠司, 繁田 令子, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症の発症・進展にBMP4/Smad1経路が重要な作用をおよぼす,
日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集, 66, 2010年4月.
192. 松原 雄, 安部 秀斉, 上田 乙也, 寺社下 浩一, 美馬 晶, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 家原 典之, 深津 敦司, 荒井 秀典, 土井 俊夫 :
Smad1は糖尿病性糸球体硬化症の進展に重要な役割を果たす,
日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集, 67, 2010年4月.
193. 岸 誠司, 安部 秀斉, 岸 史, 荒岡 利和, 村上 太一 :
Chondrogenic potential of mesangial cells in diabetic nephropathy,
第2回 四国ネフロロジー研究会, 2010年3月.
194. 芦名 茂人, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
加齢による影響を受けない腎症新規バイオマーカーの探索,
第21回 日本老年医学会四国地方会総会, 2010年2月.
195. 平野 隆弘, 安部 秀斉, 奥本 陽子 :
Flashはメサンギウム細胞においてE2AおよびP21WAF1/CIP1を介し細胞増殖および細胞老化を制御する,
第21回 日本老年医学会四国地方会総会, 2010年2月.
196. 高松 典通, 安部 秀斉, 冨永 辰也, 奥本 陽子 :
65歳以上の腎機能低下関連因子--横断的研究による検討,
第21回 日本老年医学会四国地方会総会, 2010年2月.
197. 安部 秀斉 :
CKDの実際∼治療の考え方∼,
阿南市医師会学術会講演会, 2010年2月.
198. 村上 太一, 安部 秀斉, 冨永 辰也, 荒岡 利和, 岸 誠司, 高松 典通, 美馬 晶, 長井 幸二郎, 高井 義美, 土井 俊夫 :
糸球体上皮細胞のアクチン骨格制御におけるTrophoblast glycoproteinの機能,
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2P-697, 2009年10月.
199. 荒岡 利和, 安部 秀斉, 松浦 元一, 村上 太一, 岸 誠司, 岸 史, 吉川 和寛, 繁田 令子, 長井 幸二郎, 冨永 辰也, 土井 俊夫 :
2型糖尿病原因遺伝子TCF7L2を介した糖尿病性腎症感受性遺伝子ALK1の分子調節機構の解析,
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 4T10a-18, 2009年9月.
200. 冨永 辰也, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 美馬 晶, 村上 太一, 荒岡 利和, 岸 誠司, 繁田 令子, 上田 乙也, 後藤 千里, 寺社下 浩一, 木野崎 雅彦, 福島 直, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症の発症・進展にBMP4/Smad1経路が重要な作用をおよぼす,
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 4T10a-14, 2009年9月.

その他・研究会:

1. 稲垣 太造, 長井 幸二郎, 岸 史, 柴田 恵理子, 菊池 高史, 湊 将典, 小幡 史明, 西村 賢二, 小野 広幸, 上田 紗代, 竹内 理沙, 緒方 良輔, 小林 誠司, 松岡 瑞季, 角安 香里, 高松 愛子, 山田 香苗, 向井 香奈子, 河内 綾香, 宮本 悠香, 吉本 咲耶, 松浦 元一, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 岸 誠司, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
ANCA関連腎炎に腹部大動脈瘤を合併し対応に苦慮した一例,
第47回徳島透析療法研究会, 2016年11月.
2. 村上 太一, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
血液透析患者の貧血治療における鉄補充方法の検討:クエン酸第一鉄経口投与の評価,
第49回四国透析療法研究会, 2015年10月.
3. 冨永 辰也, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 美馬 晶, 村上 太一 :
腎発生に必須なBMP4が関与する糖尿病性腎症発症の分子機構,
第3回 四国ネフロロジー研究会, 2011年3月.
4. 安部 秀斉 :
微量アルブミン尿,
糖尿病とCKD講演会, 2011年1月.
5. 安部 秀斉 :
CKD∼ESRDの診断と治療,
阿波・吉野川市地域医療勉強会, 2010年12月.
6. 安部 秀斉 :
腎機能低下糖尿病患者の治療,
徳島県ジャヌビアSpeakersForum, 2010年12月.
7. 近藤 直樹, 岸 史, 岸 誠司, 松浦 元一, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉 :
自然分娩に至ったⅠ型糖尿病合併透析患者の1 例,
第41 回徳島透析療法研究会, 2010年11月.
8. 近藤 直樹, 岸 史, 岸 誠司, 松浦 元一, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉 :
自然分娩に至ったⅠ型糖尿病合併透析患者の1 例,
第41 回徳島透析療法研究会, 2010年11月.
9. 安部 秀斉 :
糖尿病性腎症における糸球体硬化を反映するバイオマーカーの樹立,
The 4th Diabetes Masters Conference 学術講演会, 2010年11月.
10. 安部 秀斉 :
糖尿病性腎症のUp to date,
第41回 静岡腎セミナー, 2010年9月.
11. 安部 秀斉 :
実地医家における高血圧治療の現状と最適な薬剤選択について,
徳島総合診療研究会, 2010年9月.
12. 安部 秀斉 :
CKDの降圧療法,
『腎臓』に関する勉強会, 2010年8月.
13. 安部 秀斉, 冨永 辰也, 土井 俊夫 :
BMP4活性化によるアルブミン尿出現の新規メカニズムの解明,
第2回 腎疾患と高血圧研究会, 2010年7月.
14. 安部 秀斉 :
CKDの実際∼糖尿病性腎症を中心に∼,
第383回徳島県中部臨床研究会, 2010年4月.
15. 安部 秀斉 :
ESRDの見方について,
吉野川市Small Meeting, 2010年4月.
16. 安部 秀斉 :
CKDの実際∼治療の考え方∼,
阿波病院臨床研究会, 2010年2月.
17. 美馬 晶, 荒井 秀典, 松原 雄, 金森 弘志, 角 栄里子, 家原 典之, 深津 敦司, 安部 秀斉, 高橋 利和, 冨永 辰也, 北 徹, 土井 俊夫 :
アンギオテンシンII受容体拮抗薬は糖尿病性腎症においてSrc/Smad1系を抑制することにより糸球体硬化を抑制する,
シンポジウム糖尿病, 2005年10月.
18. 美馬 晶, 松原 雄, 長井 幸二郎, 金森 弘志, 角 栄里子, 家原 典之, 深津 敦司, 荒井 秀典, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
アンギオテンシンII受容体拮抗薬は糖尿病性腎症における糸球体硬化に関わるSrc/Smad1系を抑制する,
第11回分子腎臓研究会, 2005年10月.

特許:

1. 安部 秀斉, 右手 浩一, エクソソーム (名), マイクロベジクル (名) : 粒子を分級するための高吸水性ポリマー,及びそれを用いた分級方法, 特願2020-102227 (2020年6月), 特許第03262020JP号 (2020年6月).
2. 安部 秀斉 : 腎臓疾患に関するマーカー及びその利用, (2015年3月), 特許第PCT/JP2015/056232号 (2015年3月).
3. 安部 秀斉 : 慢性腎臓病の腎機能低下予測,及びその治療効果判定方法, (2014年3月), 特許第2014-041531号 (2014年3月).
4. 安部 秀斉 : 糖尿病性腎症の検出方法及びキット,糖尿病性腎症の予防及び/又は治療剤,ならびに糖尿病性腎症の予防及び/又は治療に有効な物質を同定する方法及びキット, (2003年9月), 特許第PCT/JP2004/13124号 (2003年9月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • DKDが近年増加している原因の分子メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 20K08593 )
  • 糖尿病における進行性腎障害の病態特異的バイオマーカー樹立と修復機構解明 (研究課題/領域番号: 18K08245 )
  • 糖尿病性腎症における特異的ポドサイト障害分子の同定と尿中バイオマーカーの樹立 (研究課題/領域番号: 18K07415 )
  • サイトカインプロセシング酵素を標的にした新規CKD治療薬の開発 (研究課題/領域番号: 17K09700 )
  • 糖尿病性腎症および腎硬化症の血管合併症分子病態解明とその修復法の開発 (研究課題/領域番号: 15K09265 )
  • 加齢に伴うネフロン減少の分子病態の解明 (研究課題/領域番号: 24591201 )
  • 尿中エクソゾーム解析による非侵襲的腎臓病診断法の確立 (研究課題/領域番号: 23659445 )
  • RA系非依存的な糖尿病性腎症の発症予測バイオマーカーと分子標的治療法の開発 (研究課題/領域番号: 22390169 )
  • 加齢と腎障害を架橋する新規シグナル伝達経路の解明 (研究課題/領域番号: 21790808 )
  • 慢性腎臓病から腎不全に至る不可逆的形質変化の分子機構解明 (研究課題/領域番号: 21591033 )
  • 加齢性腎障害における新たな分子機構の解明 (研究課題/領域番号: 19790580 )
  • BMP/ALK/Smad1の解析による糸球体硬化症機構解明とバイオマーカーの同定 (研究課題/領域番号: 19590973 )
  • 腎特異的な形質変換規定因子のクローニングと機能解析 (研究課題/領域番号: 17659257 )
  • 糖尿病性腎症進展制御分子Smadlの関連分子群の解析による腎症発症機構の解明 (研究課題/領域番号: 17590853 )
  • 研究者番号(60399342)による検索