検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 医科学部門 > 外科系 > 麻酔・疼痛治療医学 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 病態情報医学講座 > 麻酔・疼痛治療医学分野 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 脳·神経·精神科 > 麻酔科 >

研究活動

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1.堤 理恵, 阪上 浩, 堤 保夫 :

2015年8月.
2.堤 保夫 :
フォンヒッペルリンダウ病・筋萎縮性側索硬化症,
文光堂, 2015年.
3.田中 克哉, 堤 保夫, 大下 修造 :
徹底ガイド 心臓麻酔Q&A [心臓版], --- Q18 心臓手術中の心筋保護 ---,
総合医学社, 2013年3月.

学術論文(審査論文):

1.Naoji Mita, Shinji Kawahito, Tomohiro Soga, Tosiko Katayama, Narutomo Wakamatsu, Tomiya Kawahara, Nami Kakuta, Eisuke Hamaguchi, Yasuo Tsutsumi, Katsuya Tanaka, Kazumi Takaishi and Hiroshi Kitahata :
Anesthetic management of a patient with unruptured sinus of valsalva aneurysm with right ventricular outflow tract obstruction.,
Circulation Control, Vol.37, No.3, 195-198, 2016.
(DOI: 10.11312/ccm.37.195)
2.Naoji Mita, Shinji Kawahito, Tomohiro Soga, Kazumi Takaishi, Hiroshi Kitahata, Munehide Matsuhisa, Mitsuo Shimada, Kinoshita Hiroyuki, Yasuo Tsutsumi and Katsuya Tanaka :
Strict blood glucose control by an artificial endocrine pancreas during hepatectomy may prevent postoperative acute kidney injury,
Journal of Artificial Organs, Vol.20, No.1, 76-83, 2016.
(DOI: 10.1007/s10047-016-0925-6,   PubMed: 27557726)
3.Eisuke Hamaguchi, Yasuo Tsutsumi, Katsuyoshi Kume, Yoko Sakai, Nami Kakuta, Yuta Uemura, Shinji Kawahito and Katsuya Tanaka :
General anesthesia of a Japanese infant with Barber-Say syndrome: a case report,
JA Clinical Reports, Vol.2, No.11, 2016.
(DOI: 10.1186/s40981-016-0033-x)
4.Kadota Takako, Nami Kakuta, Horikawa T. Yousuke, Rie Tsutsumi, Takuro Oyama, Katsuya Tanaka and Yasuo Tsutsumi :
Plasma substance P concentrations in patients undergoing general anesthesia: an objective marker associated with postoperative nausea and vomiting,
JA Clinical Reports, Vol.2, No.9, 2016.
(DOI: 10.1186/s40981-016-0034-9)
5.Sebe Mayu, Rie Tsutsumi, Yamaguchi Sotaro, Horikawa T. Yousuke, Harada Nagakatsu, Takuro Oyama, Nami Kakuta, Katsuya Tanaka, Yasuo Tsutsumi, Yutaka Nakaya and Hiroshi Sakaue :
The synergistic effects of omega-3 fatty acids against 5-fluorouracil-induced mucosal impairment in mice.,
BMC Nutrition, Vol.2, No.17, 1-10, 2016.
(DOI: 10.1186/s40795-016-0057-7)
6.Nami Kakuta, Shinji Kawahito, Naoji Mita, Tomohiro Soga, Toshiko Katayama, Kohei Fukuta, Hiroaki Kawano, Fumihiko Tada, Yasuo M. Tsutsumi, Katsuya Tanaka, Kazumi Takaishi and Hiroshi Kitahata :
Role of transesophageal echocardiography during biventricular pacemaker implantation in children,
Clinical Pediatric Anesthesia, Vol.21, 182-185, 2015.
7.Tomohiro Soga, Katsuyoshi Kume, Nami Kakuta, Eisuke Hamaguchi, Rie Tsutsumi, Ryosuke Kawanishi, Kohei Fukuta, Katsuya Tanaka and Yasuo M. Tsutsumi :
Fosaprepitant versus ondansetron for the prevention of postoperative nausea and vomiting in patients who undergo gynecologic abdominal surgery with patient-controlled epidural analgesia: a prospective, randomized, double-blind study.,
Journal of Anesthesia, Vol.29, No.5, 696-701, 2015.
(DOI: 10.1007/s00540-015-2006-z,   PubMed: 25801542,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
8.Yasuo Tsutsumi, Rie Tsutsumi, Yousuke T. Horikawa, Yoko Sakai, Eisuke Hamaguchi, Hiroshi Kitahata, Asuka Kasai, Noriko Kambe and Katsuya Tanaka :
Geranylgeranylacetone and volatile anesthetic-induced cardiac protection synergism is dependent on caveolae and caveolin-3.,
Journal of Anesthesia, Vol.28, No.5, 733-739, 2014.
(DOI: 10.1007/s00540-014-1816-8,   PubMed: 24633659)
9.Yasuo Tsutsumi, Rie Tsutsumi, Eisuke Hamaguchi, Yoko Sakai, Asuka Kasai, Yoshihiro Ishikawa, Utako Yokoyama and Katsuya Tanaka :
Exendin-4 ameliorates cardiac ischemia/reperfusion injury via caveolae and caveolins-3.,
Cardiovascular Diabetology, Vol.13, 132, 2014.
(DOI: 10.1186/s12933-014-0132-9,   PubMed: 25194961,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
10.大下 修弘, 河原 富也, 田中 克哉, 堤 保夫 :
ラリンゴブロック喉頭鏡のその後,
臨床麻酔, Vol.38, No.9, 1353-1355, 2014年.
11.堤 保夫, 堤 理恵, 久米 克佳, 角田 奈美, 山崎 理恵, 田中 克哉 :
主観的包括的評価(SGA)の結果よりみる周術期栄養状態の実態,
臨床麻酔, Vol.38, No.5, 745-750, 2014年.
12.大下 修弘, 堤 保夫, 石田 雄一, 石橋 淳, 片山 俊子, 田中 克哉 :
歯守くんの使用経験,
臨床麻酔, Vol.38, No.3, 535-538, 2014年.
13.Rie Tsutsumi and Yasuo Tsutsumi :
Peptides and proteins in whey and their benefits for human health.,
Austin Journal of Nutrition and Food Sciences, Vol.1, No.1, 1-9, 2014.
14.田根 なつ紀, 板垣 大雅, 奥田 菜緒, 小畠 久和, 堤 保夫, 中瀧 恵実子, 小野寺 睦雄, 今中 秀光, 西村 匡司 :
チアミラールによる薬剤性白血球減少症が疑われた遅発性ジストニアの一症例.,
日本集中治療医学会雑誌, Vol.21, No.2, 181-182, 2014年.
(DOI: 10.3918/jsicm.21.181,   CiNii: 130004846857)
15.堤 理恵, 平田 容子, 中瀧 恵実子, 大藤 純, 堤 保夫, 中屋 豊, 今中 秀光, 西村 匡司 :
ICU患者のエネルギー消費量と病勢との関連の検討.,
日本集中治療医学会雑誌, Vol.21, 173-174, 2014年.
(DOI: 10.3918/jsicm.21.173,   CiNii: 130004846853)
16.堤 理恵, 堤 保夫 :
ICUにおける消化態栄養剤の効果と使い方の検討,
臨床栄養, Vol.123, 600-605, 2013年.
17.堤 保夫, 武川 茉莉子, 濵口 英佑, 田中 克哉, 久米 克佳, 中屋 豊, 堤 理恵 :
重症患者の栄養療法に起因する代謝性有害反応―エネルギーの過剰投与による筋タンパク異化と栄養ストレス―,
静脈経腸栄養, Vol.28, No.6, 1251-1257, 2013年.
(DOI: 10.11244/jjspen.28.1251,   CiNii: 130004487331)
18.大下 修弘, 角田 奈美, 田中 克哉, 濵口 英佑, 堤 保夫 :
ラリンゴブロック喉頭鏡を使用した気管挿管における有用性の検討,
臨床麻酔, Vol.37, 1225-1227, 2013年.
19.堤 理恵, 武川 茉莉子, 田中 克哉, 堤 保夫 :
整形外科病棟における術前経口補水液の導入とその効果,
栄養-評価と治療, Vol.30, 71-76, 2013年.
20.乾 大資, 大下 修弘, 堤 保夫, 田中 克哉, 大下 修造 :
声帯筋電図電極付き気管チューブを長時間留置し術後抜管困難をきたした1例,
臨床麻酔, Vol.37, 227-228, 2013年.
21.Naohiro Ohshita, Katsuya Tanaka, Yoko Sakai, Toshiko Katayama, Yoshinobu Tomiyama, Shuzo Ohsita and Yasuo M. Tsutsumi :
Anesthesia for deep brain stimulation in a patient with X-linked dystonia-parkinsonism/Lubag disease.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.1-2, 146-148, 2013.
(DOI: 10.2152/jmi.60.146,   PubMed: 23614923)
22.大下 修弘, 堤 保夫, 笠井 飛鳥, 曽我 朋宏, 金村 朋美, 片山 俊子, 井関 明生, 富山 芳信, 田中 克哉 :
スガマデクス投与後にアナフィラキシー様反応を呈した2症例,
麻酔, Vol.61, No.11, 1261-1264, 2012年.
(PubMed: 23236935,   CiNii: 40019480729,   Elsevier: Scopus)
23.大下 修弘, 堤 保夫, 大下 修造, 髙田 香, 富山 芳信, 田中 克哉 :
筋萎縮性側索硬化症患者の麻酔経験,
麻酔, Vol.61, No.9, 1006-1008, 2012年.
(PubMed: 23012840,   CiNii: 40019423075,   Elsevier: Scopus)
24.河野 裕明, 河原 富也, 角田 奈美, 濵口 英佑, 堤 保夫, 田中 克哉, 多田 文彦, 大下 修造 :
気管分岐部腫瘍に対するレーザー焼灼術の麻酔管理 : レミフェンタニルを用いた自発呼吸温存,
麻酔, Vol.61, No.2, 182-185, 2012年.
(PubMed: 22413442,   CiNii: 40019193151,   Elsevier: Scopus)
25.堤 理恵, 武川 茉莉子, 山口 想太郎, 堤 保夫 :
早期集中治療におけるPEPTAMEN AFの有効性の検討,
臨床栄養, Vol.121, 113-117, 2012年.
26.堤 保夫 :
心筋保護作用における細胞膜特殊構造の新しい役割,
上原生命科学財団研究報告集, Vol.26, 1-5, 2012年.
27.Rie Tsutsumi, Yasuo M. Tsutsumi, Yousuke T. Horikawa, Yozo Takehisa, Toshio Hosaka, Nagakatsu Harada, Tohru Sakai and Yutaka Nakaya :
Decline in anthropometric evaluation predicts a poor prognosis in geriatric patients.,
Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, Vol.21, No.1, 44-51, 2012.
(PubMed: 22374559,   Thomson Reuters: Web of Science™)
28.Kayo Hirose, Yasuo M. Tsutsumi, Rie Tsutsumi, Masayuki Shono, Erika Katayama, Michiko Kinoshita, Katsuya Tanaka and Shuzo Oshita :
Role of the O-linked -N-acetylglucosamine in the cardioprotection induced by isoflurane.,
Anesthesiology, Vol.115, No.5, 955-962, 2011.
(DOI: 10.1097/ALN.0b013e31822fcede,   PubMed: 21876430,   Thomson Reuters: Web of Science™)
29.福田 浩平, 堤 保夫, 曽我 朋宏, 木下 倫子, 田中 克哉, 大下 修造 :
脳血管芽腫摘出術と褐色細胞腫摘出術を緊急で行った von Hippel-Lindau 病の麻酔経験,
日本臨床麻酔学会誌, Vol.31, No.5, 884-887, 2011年.
(DOI: 10.2199/jjsca.31.884,   CiNii: 10029770265)
30.大下 修弘, 堤 保夫, 高田 香, 野村 佳世, 大下 修造, 田中 克哉 :
喉頭微細術後に頚部皮下気腫, 縦隔気腫を発症した1症例,
日本臨床麻酔学会誌, Vol.31, No.5, 869-872, 2011年.
(DOI: 10.2199/jjsca.31.869,   CiNii: 10029770232)
31. Yasuo M. Tsutsumi, Yoshinobu Tomiyama, Yousuke T. Horikawa, Yoko Sakai, Naohiro Ohshita, Katsuya Tanaka and Shuzo Oshita :
General anesthesia for electroconvulsive therapy with Brugada electrocardiograph pattern.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.3-4, 273-276, 2011.
(DOI: 10.2152/jmi.58.273,   PubMed: 21921431)
32.Nami Kakuta, Yasuo M. Tsutsumi, Yousuke T. Horikawa, Hiroaki Kawano, Michiko Kinoshita, Katsuya Tanaka and Shuzo Oshita :
Neurokinin-1 receptor antagonism, aprepitant, effectively diminishes post-operative nausea and vomiting while increasing analgesic tolerance in laparoscopic gynecological procedures.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.3-4, 246-251, 2011.
(DOI: 10.2152/jmi.58.246,   PubMed: 21921426)
33.大下 修弘, 富山 芳信, 堤 保夫, 角田 奈美, 曽我 朋宏, 井関 明生, 大下 修造, 田中 克哉 :
ベッカー型筋ジストロフィ症患者の麻酔経験,
麻酔, Vol.60, No.8, 950-952, 2011年.
(PubMed: 21861423,   CiNii: 40018942899,   Elsevier: Scopus)
34.Hiroaki Kawano, E Hamaguchi, Shinji Kawahito, Yasuo Tsutsumi, Katsuya Tanaka, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita :
Anaesthesia for a patient with paraneoplastic limbic encephalitis with ovarian teratoma: relationship to anti-N-methyl-D-aspartate receptor antibodies.,
Anaesthesia, Vol.66, No.6, 515-518, 2011.
(DOI: 10.1111/j.1365-2044.2011.06707.x,   PubMed: 21457154)
35.Yousuke T. Horikawa, Mathivadhani Panneerselvam, Yoshitaka Kawaraguchi, Yasuo M. Tsutsumi, Sameh S. Ali, Ravi C. Balijepalli, Fiona Murray, Brian P. Head, Ingrid R. Niesman, Timo Rieg, Volker Vallon, Paul A. Insel, Hemal H. Patel and David M. Roth :
Cardiac-specific overexpression of caveolin-3 attenuates cardiac hypertrophy and increases natriuretic peptide expression and signaling.,
Journal of the American College of Cardiology, Vol.57, No.22, 2273-2283, 2011.
(DOI: 10.1016/j.jacc.2010.12.032,   PubMed: 21616289)
36. Yasuo M. Tsutsumi, Rie Tsutsumi, Kazuaki Mawatari, Yutaka Nakaya, Michiko Kinoshita, Katsuya Tanaka and Shuzo Oshita :
Compound K, a metabolite of ginsenosides, induces cardiac protection mediated nitric oxide via Akt/PI3K pathway.,
Life Sciences, Vol.88, No.15-16, 725-729, 2011.
(DOI: 10.1016/j.lfs.2011.02.011,   PubMed: 21338613)
37.Yoko Sakai, Yasuo M. Tsutsumi, Narutomo Wakamatsu, Tomohiro Soga, Katsuya Tanaka and Shuzo Oshita :
A case where rocuronium was unable to achieve neuromuscular block immediately after sugammadex administration.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1-2, 163-165, 2011.
(DOI: 10.2152/jmi.58.163,   PubMed: 21372503)
38.Katsuya Tanaka, Takashi Kawano, Yasuo M. Tsutsumi, Michiko Kinoshita, Nami Kakuta, Kayo Hirose, Masakazu Kimura and Shuzo Oshita :
Differential effects of propofol and isoflurane on glucose utilization and insulin secretion.,
Life Sciences, Vol.88, No.1-2, 96-103, 2011.
(DOI: 10.1016/j.lfs.2010.10.032,   PubMed: 21056586)
39.Mathivadhani Panneerselvam, Yasuo M. Tsutsumi, Jacqueline A. Bonds, Yousuke T. Horikawa, Michelle Saldana, Nancy D. Dalton, Brian P. Head, Piyush M. Patel, David M. Roth and Hemal H. Patel :
Dark chocolate receptors: epicatechin-induced cardiac protection is dependent on delta-opioid receptor stimulation.,
American Journal of Physiology, Heart and Circulatory Physiology, Vol.299, No.5, H1604-9, 2010.
(DOI: 10.1152/ajpheart.00073.2010,   PubMed: 20833967)
40. Yasuo M. Tsutsumi, Yoshitaka Kawaraguchi, Ingrid R. Niesman, Hemal H. Patel and David M. Roth :
Opioid-induced preconditioning is dependent on caveolin-3 expression.,
Anesthesia & Analgesia, Vol.111, No.5, 1117-1121, 2010.
(DOI: 10.1213/ANE.0b013e3181f3351a,   PubMed: 20736437,   Thomson Reuters: Web of Science™)
41.大下 修弘, 堤 保夫, 角田 奈美, 河野 裕明, 富山 芳信, 大下 修造 :
クリスタル咽頭鏡ブレードの使用経験,
麻酔, Vol.59, No.6, 802-805, 2010年.
(PubMed: 20560395,   CiNii: 40017168741,   Elsevier: Scopus)
42. Yasuo M. Tsutsumi, Yoshitaka Kawaraguchi, Yousuke T. Horikawa, Ingrid R. Niesman, Michael W. Kidd, Blake Chin-Lee, Brian P. Head, Piyush M. Patel, David M. Roth and Hemal H. Patel :
Role of caveolin-3 and glucose transporter-4 in isoflurane-induced delayed cardiac protection.,
Anesthesiology, Vol.112, No.5, 1136-1145, 2010.
(DOI: 10.1097/ALN.0b013e3181d3d624,   PubMed: 20418694,   Thomson Reuters: Web of Science™)
43.大下 修弘, 富山 芳信, 井関 明生, 河野 裕明, 角田 奈美, 堤 保夫, 大下 修造 :
Angelman症候群の麻酔経験,
麻酔, Vol.59, No.4, 484-486, 2010年.
(PubMed: 20420140,   CiNii: 40017090686,   Elsevier: Scopus)
44. Yasuo M. Tsutsumi, Yousuke T. Horikawa, Michelle M. Jennings, Michael W. Kidd, Ingrid R. Niesman, Utako Yokoyama, Brian P. Head, Yasuko Hagiwara, Yoshihiro Ishikawa, Atsushi Miyanohara, Piyush M. Patel, Paul A. Insel, Hemal H. Patel and David M. Roth :
Cardiac-specific overexpression of caveolin-3 induces endogenous cardiac protection by mimicking ischemic preconditioning.,
Circulation, Vol.118, No.19, 1979-1988, 2008.
(DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.108.788331,   PubMed: 18936328)
45.Yousuke T. Horikawa, Hemal H. Patel, Yasuo M. Tsutsumi, Michelle M. Jennings, Michael W. Kidd, Yasuko Hagiwara, Yoshihiro Ishikawa, Paul A. Insel and David M. Roth :
Caveolin-3 expression and caveolae are required for isoflurane-induced cardiac protection from hypoxia and ischemia/reperfusion injury.,
Journal of Molecular and Cellular Cardiology, Vol.44, No.1, 123-130, 2007.
(DOI: 10.1016/j.yjmcc.2007.10.003,   PubMed: 18054955,   Thomson Reuters: Web of Science™)
46.Brian P. Head, Hemal H. Patel, Yasuo M. Tsutsumi, Yue Hu, Trisha Mejia, Rosalia C. Mora, Paul A. Insel, David M. Roth, John C. Drummond and Piyush M. Patel :
Caveolin-1 expression is essential for N-methyl-D-aspartate receptor-mediated Src and extracellular signal-regulated kinase 1/2 activation and protection of primary neurons from ischemic cell death.,
The FASEB journal, Vol.22, No.3, 828-840, 2007.
(DOI: 10.1096/fj.07-9299com,   PubMed: 17905724)
47. Yasuo M. Tsutsumi, Takaakira Yokoyama, Yousuke Horikawa, David M. Roth and Hemal H. Patel :
Reactive oxygen species trigger ischemic and pharmacological postconditioning: in vivo and in vitro characterization.,
Life Sciences, Vol.81, No.15, 1223-1227, 2007.
(DOI: 10.1016/j.lfs.2007.08.031,   PubMed: 17915258)
48. Yasuo M. Tsutsumi, Hemal H. Patel, Brian P. Head, Ingrid R. Niesman, Michelle Jennings, Yousuke Horikawa, Diane Huang, Ana L. Moreno, Piyush M. Patel, Paul A. Insel and David M. Roth :
Mechanisms of cardiac protection from ischemia/reperfusion injury: a role for caveolae and caveolin-1.,
The FASEB journal, Vol.21, No.7, 1565-1574, 2007.
(DOI: 10.1096/fj.06-7719com,   PubMed: 17272740)
49. Yasuo M. Tsutsumi, Hemal H. Patel, Diane Huang and David M. Roth :
Role of 12-lipoxygenase in volatile anesthetic-induced delayed preconditioning in mice.,
American Journal of Physiology, Heart and Circulatory Physiology, Vol.291, No.2, H979-83, 2006.
(DOI: 10.1152/ajpheart.00266.2006,   PubMed: 16648187)
50. Yasuo M. Tsutsumi, Hemal H. Patel, N Chin Lai, Toshiyuki Takahashi, Brian P. Head and David M. Roth :
Isoflurane produces sustained cardiac protection after ischemia-reperfusion injury in mice.,
Anesthesiology, Vol.104, No.3, 495-502, 2006.
(DOI: 10.1097/00000542-200603000-00017,   PubMed: 16508397,   Thomson Reuters: Web of Science™)
51.Takashi Kawano, Shuzo Oshita, Akira Takahashi, Yasuo Tsutsumi, Yoshinobu Tomiyama, Hiroshi Kitahata, Yasuhiro Kuroda and Yutaka Nakaya :
Molecular mechanisms of the inhibitory effects of propofol and thiamylal on sarcolemmal adenosine triphosphate-sensitive potassium channels.,
Anesthesiology, Vol.100, No.2, 338-346, 2004.
(DOI: 10.1097/00000542-200402000-00024,   PubMed: 14739809,   CiNii: 120004901942)

学術論文(紀要・その他):

1.廣瀬 佳代, 堤 保夫, 田中 克哉, 大下 修造 :
イソフルランによる心筋保護効果におけるO-linked β-N-acetylelucosamineの役割,
麻酔, Vol.61, S152-158, 2012年.
(PubMed: 23513530,   CiNii: 40019497531,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1.川人 伸次, 曽我 朋宏, 箕田 直治, 堤 保夫, 田中 克哉, 高石 和美, 北畑 洋, 木下 浩之 :
2.カリウムチャネルと循環, --- 第37回総会シンポジウム2「神経調節による循環制御」 ---,
循環制御, Vol.37, No.3, 181-184, 2016年12月.
2.堤 保夫, 川西 良典, 田中 克哉 :
第7章 特殊病態や特殊状態下での使用 2 喘息患者・COPD,
臨床麻酔実践シリーズ8 デスフルランの上手な使い方, 152-154, 2016年10月.
3.川西 良典, 堤 保夫, 田中 克哉 :
第6章 各科手術での使用 4 胸部(呼吸器)外科手術 -HPV・重症筋無力症―,
臨床麻酔実践シリーズ8 デスフルランの上手な使い方, 106-110, 2016年10月.
4.田中 克哉, 濵口 英佑, 堤 保夫 :
大動脈弁狭窄症を考える ∼非心臓手術からTAVIまで∼ AS患者の非心臓手術の麻酔,
日本麻酔科学会 第63回学術集会 シンポジウム, 2016年5月.
5.角田 奈美, 堤 保夫, 田中 克哉 :
術後嘔気・嘔吐の最前線,
臨床麻酔, Vol.40, No.4, 573-581, 2016年4月.
6.堤 保夫, 川西 良典, 田中 克哉 :
デスフルランの上手な使い方 特殊病態や状態下での使用: 喘息患者・COPD患者,
日本臨床麻酔学会誌, Vol.36, No.4, 491-493, 2016年4月.
7.川西 良典, 堤 保夫, 田中 克哉 :
デスフルランの上手な使い方 各科手術での使用:胸部(呼吸器)外科手術 -HPV・重要筋無力症-,
臨床麻酔学会誌, Vol.36, No.4, 464-467, 2016年4月.
8.堤 理恵, Yasuo M. Tsutsumi , 阪上 浩 :

救急・集中治療 重症患者の栄養治療, Vol.27, No.7.8, 585-590, 2015年8月.
9.Creed M. Stary, Yasuo M. Tsutsumi, Piyush M. Patel, Brian P. Head, Hemal H. Patel and David M. Roth :
Caveolins: targeting pro-survival signaling in the heart and brain.,
Frontiers in Physiology, Vol.3, 393, Oct. 2012.
(DOI: 10.3389/fphys.2012.00393,   PubMed: 23060817)
10.門田 尚子, 堤 保夫, 大下 修造, 角田 奈美, 田中 克哉 :
第5回若手奨励賞受賞論文 術後の嘔気・嘔吐--選択的ニューロキニン1受容体拮抗薬が及ぼす影響,
四国医学雑誌, Vol.67, No.3, 143-146, 2011年8月.
(CiNii: 40018975219)
11.Hemal H. Patel, Yasuo M. Tsutsumi and David M. Roth :
Mito-controversies: mitochondrial permeability transition pore and myocardial reperfusion injury.,
Anesthesiology, Vol.108, No.2, 182-184, Feb. 2008.
(DOI: 10.1097/01.anes.0000299750.34472.93,   PubMed: 18212560,   Thomson Reuters: Web of Science™)
12.大下 修造, 堤 保夫, 北畑 洋 :
手術中の不整脈--原因,診断,治療,
麻酔, Vol.48, No.0, S208-217, 1999年12月.
(CiNii: 40003558229)

国際会議:

1.Muraoka Kei, Kan Myonri, Ryosuke Kawanishi, Satomi Shiho, Yasuo Tsutsumi and Katsuya Tanaka :
Risk factors Associated with Hoarseness and Glottis Edema after Tracheal Intubation.,
American Society of Anesthesiologists 2016 Annual Meeting 2016.10.23 Chicago,
2.Shiho Satomi, Shinji Kawahito, Tomohiro Soga, Naoji Mita, Eisuke Hamaguchi, Kazumi Takaishi, Hiroshi Kitahata, Yasuo Tsutsumi and Katsuya Tanaka :
Accuracy and Reliability of Continuous Blood Glucose Monitoring During Pediatric Cardiopulmonary Bypass,
The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Chicago, Oct. 2016.
3.Rie Tsutsumi, Yasuo Tsutsumi, Roth David, Patel Hemal, Tanaka Katsuya and Sakaue Hiroshi :
Leucine induces cardioprotection by promoting mitochondrial fusion and function via mTOR and Opa-1 signaling in vitro and diet induced obese mice.,
Keystone Symposia Conference, Kyoto, Oct. 2015.
4.Hiroshi Kitahata, Yasuo M. Tsutsumi, Tomohiro Aoyama, Kazumi Takaishi, Shinji Kawahito and Katsuya Tanaka :
Role of sirtuins in cardioprotection by ischemic and anesthetic preconditioning.,
Euroanaesthesia 2015, The European Anaesthesiology Congress, Berlin, Jun. 2015.
5.Kazumi Takaishi, Tomohiro Soga, Shinji Kawahito, Ryo Otsuka, Yasuo M. Tsutsumi and Hiroshi Kitahata :
Effects of beta-3 adrenergic stimulation on nitric oxide production in myocardial cells of neonatal rats.,
Euroanaesthesia 2015, The European Anaesthesiology Congress, Berlin, May 2015.
6.Noriko Kambe, Katsuya Tanaka, Rie Oi, Asuka Kasai, Yasuo M. Tsutsumi and Shuzo Oshita :
The influence of glucose load during the operation on the metabolism.,
The American society of Anesthesiologist Annual Meeting, San Francisco, Oct. 2013.
7.Noriko Kambe, Katsuya Tanaka, Nami Kakuta, Yasuo M. Tsutsumi and Shuzo Oshita :
Short-term simvastatin administration in hyperglycemia rabbits facilitate anesthetic postconditioning.,
The American Society of Anesthesiologist Annual Meeting, San Francisco, Oct. 2013.
8.Mai Morimoto, Katsuya Tanaka, Michiko Kinoshita, Noriko Kambe, Ryosuke Kawanishi, Katsuyoshi Kume, Naohiro Oshita, Yasuo M. Tsutsumi and Shuzo Oshita :
Effects of new developed mask for novel mask holding on the quality of mask ventilation and the pressure between face and mask.,
The American Society of Anesthesiologist Annual Meeting, San Francisco, Oct. 2013.
9.Eisuke Hamaguchi, Shuzo Oshita, Katsuya Tanaka, Rie Tsutsumi and Yasuo M. Tsutsumi :
Glucagon-like peptide-1 induced cardiac protection is dependent on caveolin-3 expression.,
Experimental Biology Annual Meeting, Boston, Illinois, Apr. 2013.
10.Rie Tsutsumi, Sasaga Sayaka and Yasuo Tsutsumi :
Whey protein promppts TCA cycle and increases energy expenditure via mTOR signaling.,
the 34th European Society for Clinical nutrition and Metabolism Congress, Barcelona, Spain, Sep. 2012.
11.Rie Tsutsumi, Takegawa Mariko and Yasuo Tsutsumi :
Overfeeding induces nutritional stress and protein catabolism,
the 34th European Society for Clinical nutrition and Metabolism Congress, Barcelona, Spain, Sep. 2012.
12.Yasuo Tsutsumi, Katsuya Tanaka, Kasai Asuka, Kadota Naoko and Shuzo Oshita :
Protective effects of amino acids on the ischemic myocardium via m TOR/S6 kinase pathway,
Experimental Biology Annual Meeting, San Diego, California, Apr. 2012.
13.Rie Tsutsumi, Sasaga Sayaka, Takegawa Mariko and Yasuo Tsutsumi :
Whey based formula reduces intestinal atrophy and enhances antioxidant defenses against sepsis.,
Experimental Biology Annual Meeting, San Diego, California, Apr. 2012.
14.Michiko Kinoshita, Katsuya Tanaka, Yasuo Tsutsumi and Shuzo Oshita :
Role of calcium-activated potassium channel and cAMP-dependent protein kinase on isflurane-induced postconditoning.,
American Society of Anesthesiologists 2011 Annual Meeting, Chicago, Oct. 2011.
15.Yasuo Tsutsumi, Nami Kakuta, Hiroaki Kawano, Katsuya Tanaka and Shuzo Oshita :
Neurokinin-1 receptor antagonism effectively diminishes post-operative nausea and vomiting while increasing analgesic tolerance in laparoscopic gynecological procedures.,
American Society of Anesthesiologists 2011 Annual Meeting, Chicago, Oct. 2011.
16.Hirose Kayo, Katsuya Tanaka, Yasuo Tsutsumi and Shuzo Oshita :
The relation between isoflurane-induced O-linked β-N-acetylglucosamine and mitochondrial function.,
American Society of Anesthesiologists 2011 Annual Meeting, Chicago, Oct. 2011.
17.Katsuya Tanaka, Michiko Kinoshita, Yasuo Tsutsumi, Kaori Takata and Shuzo Oshita :
Simvastatin restores anesthetic postconditioning in the presence of hyperglycemia in vivo rabbits.,
American Society of Anesthesiologists 2011 Annual Meeting, Chicago, Oct. 2011.
18.Michiko Kinoshita, Katsuya Tanaka, Yasuo Tsutsumi, Hirose Kayo and Shuzo Oshita :
The effect of the novel mask ventilation technique on airway management.,
The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, San Diego, California, Oct. 2010.
19.Kawaraguchi Yoshitaka, Chun J. Byeong, Yasuo Tsutsumi, Roth M. David and Patel H. Hemal :
Disruption of protein kinase A localization: implication for pre and postconditioning.,
The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, San Diego, California, Oct. 2010.
20.Michiko Kinoshita, Katsuya Tanaka, Jinnouchi Yuka, Yasuo Tsutsumi and Shuzo Oshita :
Dose dependent effects of remifentanil on perioperative immune-inflammtory response in patients.,
The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, San Diego, California, Oct. 2010.
21.Hirose Kayo, Shuzo Oshita, Michiko Kinoshita, Katsuya Tanaka and Yasuo Tsutsumi :
The role of O-linked -N-acetylglucosamine in the cardiac protection induced by isoflurane.,
The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, San Diego, California, Oct. 2010.
22.Kawaraguchi Yoshitaka, Panneerselvam Mathicadhani, Yasuo Tsutsumi, Kidd W. Michael, Moreno L. Ana, Patel M. Piyush, Roth M. David and Patel H. Hemal :
Inhibition of glycogen synthase kinase-3 is involved in isoflurane-induced delayed cardiac protection.,
Experimental Biology Annual Meeting, Anaheim, California, Apr. 2010.
23.Yasuo Tsutsumi, Hirose Kayo, Katayama Erika, Rie Tsutsumi, Kinoshita Michiko, Katsuya Tanaka and Shuzo Oshita :
Role of O-linked -N-acetylglucosamine in isoflurane induced cardiac protection.,
Experimental Biology Annual Meeting, Anaheim, California, Apr. 2010.
24.Rie Tsutsumi, Kazuaki Mawatari, Katayama Erika, Yutaka Nakaya and Yasuo Tsutsumi :
Compound K produces cardiac protection by activating Akt phosphorylation.,
Experimental Biology Annual Meeting, Anaheim, California, Apr. 2010.
25.E Katayama, Rie Tsutsumi, Yutaka Nakaya, K Hirose, K Tanaka, S Oshita and Yasuo Tsutsumi :
Role of mTOR/p70S6K in amino acid-induced caediac protection.,
Experimental Biology 2010(American Siciety for Nutrition), Anaheim,CA, Apr. 2010.

国内講演発表:

1.堤 理恵, 堤 保夫, 西村 匡司 :
ペプチド栄養剤の最新情報.,
第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年3月.
2.張 雄紀, 箕田 直治, 角田 奈美, 堤 保夫, 田中 克哉 :
290回の修正電気けいれん療法を行った一例,
日本麻酔科学会 中国・四国支部第53回学術集会, 2016年9月.
3.川人 伸次, 曽我 朋宏, 箕田 直治, 堤 保夫, 田中 克哉, 高石 和美, 北畑 洋, 木下 浩之 :
カリウムチャネルと循環, --- シンポジウム「神経調節による循環制御」 ---,
第37回日本循環制御医学会総会, 2016年7月.
4.曽我 朋宏, 川人 伸次, 箕田 直治, 里見 志帆, 片山 俊子, 堤 保夫, 高石 和美, 北畑 洋, 木下 浩之, 田中 克哉 :
心室頻拍合併妊婦に対する脊髄くも膜下硬膜外併用鎮痛法(CSEA)による無痛分娩の1症例,
第37回日本循環制御医学会総会, 2016年7月.
5.箕田 直治, 張 雄紀, 里見 志帆, 曽我 朋宏, 片山 俊子, 堤 保夫, 川人 伸次, 木下 浩之, 田中 克哉, 高石 和美, 北畑 洋 :
膵全摘術患者における術後1週間の皮下間質液中グルコース濃度変動,
第37回日本循環制御医学会総会, 2016年7月.
6.高石 和美, 川人 伸次, 青山 智祐, 尾上 真奈美, 大塚 良, 江口 覚, 富岡 重正, 箕田 直治, 曽我 朋宏, 堤 保夫, 木下 浩之, 北畑 洋 :
術前12誘導心電図におけるJ波出現と周術期の経過について,
第37回日本循環制御医学会総会, 2016年7月.
7.里見 志帆, 曽我 朋宏, 川人 伸次, 箕田 直治, 片山 俊子, 若松 成知, 久米 克佳, 堤 保夫, 田中 克哉, 北畑 洋 :
ボリュームビューシステムの術中適応―腎移植術における有用性―,
第43回 集中治療医学会学術集会, 2016年2月.
8.曽我 朋宏, 川人 伸次, 箕田 直治, 片山 俊子, 若松 成知, 久米 克佳, 堤 保夫, 田中 克哉, 北畑 洋 :
緊急V-V ECMOが有効であった,食道癌再発による気道狭窄に対する気管ステント留置の1例,
第43回 日本集中治療医学会学術集会, 2016年2月.
9.堤 理恵, 大藤 純, 井内 茉莉奈, 小野寺 睦雄, 堤 保夫, 今中 秀光, 原田 永勝, 西村 匡司 :
ICU入室中の筋肉量減少と予後の関連性,
第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年2月.
10.角田 奈美, 川人 伸次, 箕田 直治, 曽我 朋宏, 片山 俊子, 多田 文彦, 堤 保夫, 田中 克哉, 高石 和美, 北畑 洋 :
小児 体外循環中の血糖値連続モニタリングの精度,
日本小児麻酔学会第21回大会, 2015年8月.
11.曽我 朋宏, 川人 伸次, 箕田 直治, 若松 成知, 片山 俊子, 酒井 陽子, 堤 保夫, 田中 克哉, 高石 和美, 北畑 洋 :
当院における生体腎移植中の循環モニタリングの変遷,
第36回日本循環制御医学会総会, 2015年6月.
12.角田 奈美, 濵口 英佑, 曽我 朋弘, 河原 富也, 小居 理恵, 田中 克哉, 堤 保夫 :
周術期の血漿サブスタンスP濃度の推移と術後嘔気・嘔吐(postoperativr nausea and vomiting: PONV)の関連,
日本臨床麻酔学会第34回大会, 2014年11月.
13.濵口 英佑, 角田 奈美, 福田 浩平, 曽我 朋弘, 久米 克佳, 植村 勇太, 田中 克哉, 堤 保夫 :
下肢人工関節置換術における術後悪心・嘔吐予防のランダム化試験,
日本臨床麻酔学会第34回大会, 2014年11月.
14.堤 保夫, 濵口 英佑, 福田 浩平, 河原 富也, 中路 佳美, 植村 勇太, 角田 奈美, 田中 克哉 :
術前炭水化物負荷による手術室搬入時の飢餓抑制効果,
日本臨床麻酔学会第34回大会, 2014年11月.
15.石崎 美崎, 田中 克哉, 川西 良典, 中路 佳美, 植村 勇太, 堤 保夫 :
呼吸器外科手術後の合併症に及ぼす因子 -麻酔薬の選択の影響―,
日本麻酔科学会 中国・四国支部第51回学術集会, 2014年9月.
16.佐藤 志帆, 川西 良典, 田中 克哉, 河原 富也, 植村 勇太, 堤 保夫 :
透明な血管モデルを用いた研修医による動脈穿刺法の比較 -潅流圧の高低による比較―,
日本麻酔科学会 中国・四国支部第51回学術集会, 2014年9月.
17.川西 良典, 中路 佳美, 神邊 紀子, 角田 奈美, 堤 保夫, 田中 克哉 :
血管透見モデルを用いた研修医による動脈穿刺法の比較,
第61回日本麻酔科学会学術集会, 2014年5月.
18.堤 保夫, 角田 奈美, 久米 克佳, 曽我 朋宏, 川西 良典, 田中 克哉 :
脳神経外科開頭手術後の嘔気・嘔吐に対するニューロキニン1受容体拮抗剤とオンダンセトロンの有効性の比較検討,
第61回日本麻酔科学会, 2014年5月.
19.角田 奈美, 田中 克哉, 久米 克佳, 濵口 英佑, 河原 富也, 中路 佳美, 東島 祥代, 堤 保夫 :
救急救命士による気管挿管の成功率,
第33回臨床麻酔学会, 2013年11月.
20.久米 克佳, 曽我 朋宏, 濵口 英佑, 田中 克哉, 河原 富也, 東島 祥代, 角田 奈美, 堤 保夫 :
脳神経外科手術後の嘔気・嘔吐に対するニューロキニン1受容体拮抗剤の有効性,
第33回臨床麻酔学会, 2013年11月.
21.田中 克哉, 堤 保夫 :
吸入麻酔薬の過去,現在,未来,
第50回日本麻酔科学会中国・四国支部学術集会, 2013年9月.
22.久米 克佳, 曽我 朋宏, 中路 佳美, 東島 祥代, 田中 克哉, 堤 保夫 :
穿通胎盤で大量出血をきたした帝王切開の1症例,
第50回日本麻酔科学会中国・四国支部学術集会, 2013年9月.
23.川西 良典, 久米 克佳, 河原 富也, 堤 保夫, 田中 克哉, 大下 修造 :
経気管支鏡高頻度ジェット換気および局所麻酔のジェット噴霧を用い,苦痛の 少ない意識下経鼻ファイバー挿管を行った一例,
第50回日本麻酔科学会中国・四国支部学術集会, 2013年9月.
24.田中 克哉, 角田 奈美, 堤 保夫 :
PONVの薬物療法,
第11回周術期体液・代謝・侵襲研究会, 2013年8月.
25.堤 保夫, 大下 修造, 角田 奈美, 曽我 朋宏, 田中 克哉 :
PONVの薬物療法―NK1受容体拮抗剤を使用した臨床研究―,
第60回日本麻酔科学会, 2013年5月.
26.神邊 紀子, 田中 克哉, 角田 奈美, 堤 保夫, 曽我 朋宏, 大下 修造 :
手術中の糖負荷はレミフェンタニル麻酔中の脂肪異化を抑制する,
第60回日本麻酔科学会, 2013年5月.
27.堤 保夫, 曽我 朋宏, 角田 奈美, 神邊 紀子, 田中 克哉, 大下 修造 :
ピーリング・ラリンジアルマスクを用いた気管挿管方法の検討,
第60回日本麻酔科学会, 2013年5月.
28.田中 克哉, 神邊 紀子, 笠井 飛鳥, 小居 理恵, 堤 保夫, 大下 修造 :
マスク換気中の顔面にかかる圧の評価―試作マスクによる換気と市販マスクによるEC法の比較―,
第60回日本麻酔科学会, 2013年5月.
29.濵口 英佑, 堤 保夫, 田中 克哉, 曽我 朋宏, 神邊 紀子, 大下 修造 :
吸入麻酔薬およびGLP‐1の細胞膜マイクロドメインを介した心筋保護作用,
第60回日本麻酔科学会, 2013年5月.
30.堤 理恵, 堤 保夫, 小野寺 睦雄, 今中 秀光, 西村 匡司 :
救急・集中治療領域の栄養管理:問題点と対策の工夫 ICU患者における免疫修飾栄養投与の効果と使い方の検討,
第28回日本静脈経腸栄養学会, 2013年2月.
31.堤 理恵, 堤 保夫, 武川 茉莉子 :
ICU患者における栄養ストレスの誘導因子の検索とそのメカニズムの解析,
第28回日本静脈経腸栄養学会, 2013年2月.
32.堤 理恵, 堤 保夫 :
周術期の栄養管理-ERASの観点から-,
第16回日本病態栄養学会, 2013年1月.
33.山﨑 理絵, 田中 克哉, 若松 成知, 堤 保夫, 大下 修造 :
妊婦に生じた喉頭血管腫摘出術にジェットベンチレーターを用いて呼吸管理を行った1例,
第49回日本麻酔科学会中国・四国支部学術集会, 2012年9月.
34.上原 明子, 森本 真衣, 田中 克哉, 神邊 紀子, 堤 保夫, 大下 修造 :
レミフェンタニルによる全身麻酔中のエネルギー消費量,
第49回日本麻酔科学会中国・四国支部学術集会, 2012年9月.
35.堤 理恵, 武川 茉莉子, 小野寺 睦雄, 中瀧 恵実子, 堤 保夫, 田中 克哉, 今中 秀光, 西村 匡司 :
過剰栄養がもたらす栄養ストレスとタンパク異化亢進についての検討,
第10回周術期体液・代謝・侵襲研究会, 2012年8月.
36.堤 保夫, 田中 克哉, 神邊 紀子, 曽我 朋宏, 北畑 洋, 大下 修造 :
心筋保護作用における吸入麻酔薬とゲラニルゲラニルアセトンの相互作用―細胞膜マイクロドメインに及ぼす影響―,
日本麻酔科学会第59回学術集会, 2012年6月.
37.神邊 紀子, 堤 保夫, 大下 修造, 曽我 朋宏, 久米 克佳, 田中 克哉 :
アミノ酸のmTOR/p70s6K経路を介した心筋保護作用の影響,
第59回日本麻酔科学会, 2012年6月.
38.堤 保夫, 田中 克哉, 曽我 朋宏, 神邊 紀子, 木下 倫子, 大下 修造 :
敗血症マウスにおける分岐鎖アミノ酸投与がタンパク合成に及ぼす影響,
第59回日本麻酔科学会, 2012年6月.
39.堤 理恵, 山口 想太郎, 堤 保夫, 田中 克哉 :
高度侵襲下におけるエネルギー平衡とタンパク代謝の検討,
第27回日本静脈経腸栄養学会, 2012年2月.
40.堤 保夫, 堤 理恵 :
早期集中治療におけるPEPTAMEN AFの有効性の検討,
第27回日本静脈経腸栄養学会, 2012年2月.
41.久米 克佳, 田中 克哉, 堤 保夫, 神邊 紀子, 大下 修造 :
徳島大学病院における麻酔科管理症例に占める高齢者の割合,
第24回日本老齢麻酔学会, 2012年2月.
42.山口 想太郎, 平田 容子, 堤 理恵, 中瀧 恵実子, 堤 保夫, 田中 克哉, 今中 秀光, 西村 匡司, 中屋 豊 :
ICU患者における消費エネルギー量測定による既存推定算出量の再評価,
第15回日本病態栄養学会, 2012年1月.
43.門田 尚子, 堤 保夫, 大下 修造, 河野 裕明, 笠井 飛鳥, 木下 倫子, 角田 奈美, 田中 克哉 :
術後嘔気・嘔吐に対する選択的ニューロキニン1受容体拮抗薬の有効性,
日本臨床麻酔学会第31回大会, 2011年11月.
44.角田 奈美, 門田 尚子, 田中 克哉, 堤 保夫, 曽我 朋宏, 髙田 香, 富山 芳信, 大下 修造 :
食道癌により食道気管廔を形成した患者に右用ダブルルーメンチューブを用いて麻酔管理をした一症例,
日本臨床麻酔学会第31回大会, 2011年11月.
45.堤 保夫, 田中 克哉, 大下 修造 :
術後栄養管理において栄養投与方法が与える影響,
日本臨床麻酔学会第31回大会, 2011年11月.
46.角田 奈美, 堤 保夫, 木下 倫子, 田中 克哉, 河野 裕明, 大下 修造, 大下 修造 :
選択的ニューロキニン1受容体拮抗型制吐剤が術後嘔気嘔吐に及ぼす影響,
日本麻酔科学会第58回学術集会, 2011年5月.
47.金村 朋美, 田中 克哉, 木下 倫子, 門田 尚子, 堤 保夫, 大下 修造, 大下 修造 :
Grip and Lift法とEC法の2種類のマスク換気中にマスクと顔面の間にかかる圧分布の検討,
日本麻酔科学会第58回学術集会, 2011年5月.
48.木下 倫子, 田中 克哉, 堤 保夫, 福田 浩平, 真鍋 佐和, 大下 修弘 :
ソフルランのポストコンディショニング効果におけるCa2+依存性K+チャネルとcAMP依存性プロテインキナーゼの役割,
日本麻酔科学会第58回学術集会, 2011年5月.
49.廣瀬 佳代, 田中 克哉, 木下 倫子, 堤 保夫, 大下 修弘 :
イソフルランによる心筋保護効果におけるO-Linked β-N-Acetylglucosamineとミトコンドリア機能,
日本麻酔科学会第58回学術集会, 2011年5月.
50.堤 保夫 :
カベオラおよびその構成タンパクであるカベオリンの心保護作用と麻酔薬,
第30回日本臨床麻酔学会, 2010年11月.
51.福田 浩平, 曽我 朋宏, 堤 保夫, 田中 克哉, 大下 修造 :
脳圧亢進症状により緊急手術となったVon-Hipple-Lindau病の麻酔経験―レミフェンタニルが血中カテコラミン濃度に及ぼす影響―,
第47回日本麻酔科学会中国四国支部学術集会, 2010年9月.
52.堤 保夫, 廣瀬 佳代, 木下 倫子, 角田 奈美, 田中 克哉, 大下 修造 :
吸入麻酔薬による遅延型プレコンディショニングの細胞膜ドメインに及ぼす影響,
第57回日本麻酔科学会, 2010年6月.
53.廣瀬 佳代, 堤 保夫, 角田 奈美, 松岡 祥代, 田中 克哉, 大下 修造 :
イソフルランによる心筋保護効果におけるO-Linkedβ-N-Acetylglucosamineの役割,
第57回日本麻酔科学会, 2010年6月.
54.田中 克哉, 河野 崇, 堤 保夫, 木下 倫子, 廣瀬 佳代, 大下 修造 :
麻酔薬が膵臓β細胞のATP感受性K+チャネルに及ぼす影響,
第57回日本麻酔科学会, 2010年6月.
55.角田 奈美, 田中 克哉, 木下 倫子, 河野 崇, 堤 保夫, 大下 修造 :
プロポフォールとイソフルランがブドウ糖負荷試験に及ぼす影響,
第57回日本麻酔科学会, 2010年6月.

報告書:

1.堤 保夫 :
アメリカ・サンディエゴ留学記,
循環制御 = CIRCULATION CONTROL, Vol.27, No.1, 67-70, 2006年3月.
(CiNii: 10017334454)

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • mTORを介した心筋保護作用 ー虚血再灌流障害に対する新しい治療法の提案ー (研究課題/領域番号: 17K11909 )
  • 高血糖による吸入麻酔薬の心保護効果減弱とグルコース輸送体の関連 (研究課題/領域番号: 16K10941 )
  • 細胞膜マイクロドメインを介する心筋保護作用に高血糖が及ぼす影響 (研究課題/領域番号: 16K10940 )
  • 吸入麻酔薬の心筋保護作用における細胞膜マイクロドメインとオートファジーの役割(国際共同研究強化) (研究課題/領域番号: 15KK0344 )
  • 高血糖が吸入麻酔薬およびGLP-1受容体の心筋保護相互作用に及ぼす影響 (研究課題/領域番号: 15K10513 )
  • 長寿遺伝子Sirtuin 3の吸入麻酔薬による心筋保護作用における役割 (研究課題/領域番号: 26463071 )
  • 吸入麻酔薬の心筋保護作用における細胞膜マイクロドメインとオートファジーの役割 (研究課題/領域番号: 25462405 )
  • レミフェンタニルが吸入麻酔薬による心筋保護効果と抗炎症効果に及ぼす影響 (研究課題/領域番号: 25462404 )
  • 吸入麻酔薬の心保護作用におけるGLP-1受容体の役割 (研究課題/領域番号: 24592300 )
  • ストレス蛋白質誘導による心筋保護作用:多角的心保護戦略を目指して (研究課題/領域番号: 23592994 )
  • 高血糖で吸入麻酔薬の心筋保護効果が抑制されることに対してスタチンが及ぼす影響 (研究課題/領域番号: 22591710 )
  • 細胞膜特殊構造の新しい役割-心筋保護作用に与える影響とそのメカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 21689042 )
  • 麻酔薬の心保護作用におけるミトコンドリアのカルシウム依存性カリウムチャネルの役割 (研究課題/領域番号: 21591975 )
  • 研究者番号(90523499)による検索