検索:
徳島大学病院中央診療施設等検査部
徳島大学病院診療科内科腎臓内科
徳島大学医学部医学科病態情報医学講座腎臓内科学分野
徳島大学医科学教育部医学専攻病態情報医学講座
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 長井 幸二郎 :
IgA腎症,
2015年8月.
2. 長井 幸二郎 :
Chapter5 腎疾患 腎疾患とは,
医歯薬出版株式会社, 東京都, 2014年5月.
3. 長井 幸二郎 :
9章 感染症関連糸球体腎炎(IRGN) 10章 IgA腎症(IgAN),
東京医学社, 2013年10月.
4. Tatsuya Tominaga, Hideharu Abe, Akira Mima, Kojiro Nagai, Matsubara Takeshi and Toshio Doi :
Role of Smad 1 Signaling in Pathogenesis of Diabetic Nephropathy,
Nova Science Publishers, Sep. 2012.
5. 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
腎疾患 b)原発性糸球体障害,
西村書店, 2012年7月.
6. 土井 俊夫, 長井 幸二郎 :
腎疾患 a)慢性腎臓病(CKD),
西村書店, 2012年7月.

学術論文(審査論文):

1. Masami Yoshioka, Yoshifumi Okamoto, Masahiro Murata, Makoto Fukui, Shizuko Yanagisawa, Yasuhiko Shirayama, Kojiro Nagai and Daisuke Hinode :
Association between Oral Health Status and Diabetic Nephropathy-Related Indices in Japanese Middle-Aged Men,
Journal of Diabetes Research, Vol.2020, 4042129, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115663,   DOI: 10.1155/2020/4042129)
2. 小笠 佐知子, 中尾 隆之, 長井 幸二郎 :
HCV抗体検出試薬「ルミパルスプレストHCV」の基礎性能評価,
日本臨床検査自動化学会会誌, Vol.44, No.5, 658-663, 2019年.
3. Kenji Nishimura, Taichi Murakami, Toshihiro Sakurai, Masashi Miyoshi, Kiyoe Kurahashi, Seiji Kishi, Masanori Tamaki, Tatsuya Tominaga, Sumiko Yoshida, Kojiro Nagai, Hideharu Abe, Shu-Ping Hui, Kazuhiko Kotani and Toshio Doi :
Circulating Apolipoprotein L1 is associated with insulin resistance-induced abnormal lipid metabolism.,
Scientific Reports, Vol.9, No.1, 14869, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114663,   DOI: 10.1038/s41598-019-51367-7,   PubMed: 31619724)
4. Masashi Miyoshi, Yusuke Inoue, Mai Nishioka, Akishige Ikegame, Takayuki Nakao, Seiji Kishi, Toshio Doi and Kojiro Nagai :
Clinical evaluation of presepsin considering renal function.,
PLoS ONE, Vol.14, No.9, e0215791, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 115243,   DOI: 10.1371/journal.pone.0215791,   PubMed: 31490935)
5. 井上 雄介, 池亀 彰茂, 徳永 尚樹, 井上 千尋, 中尾 隆之, 長井 幸二郎, 高橋 真美子, 藤井 志朗, 中村 信元, 安倍 正博 :
芽球様の形態を示した肝脾型T細胞リンパ腫の一症例,
日本検査血液学会雑誌, Vol.20, No.2, 231-237, 2019年.
6. Akiko Sakurai, Hiroyuki Ono, Arisa Ochi, Motokazu Matsuura, Sakiya Yoshimoto, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Tatsuya Tominaga, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Involvement of Elf3 on Smad3 activation-dependent injuries in podocytes and excretion of urinary exosome in diabetic nephropathy.,
PLoS ONE, Vol.14, No.5, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114344,   DOI: 10.1371/journal.pone.0216788,   PubMed: 31150422)
7. 西岡 麻衣, 三好 雅士, 中尾 隆之, 長井 幸二郎 :
アンバウンドビリルビン測定における環境光暴露の影響,
医学検査, Vol.68, No.4, 712-716, 2019年.
8. Taichi Murakami, Masanori Tamaki, Seiji Kishi, Kojiro Nagai, Hideharu Abe, Yoshimi Bando, Yuko Toyoda, Hirokazu Ogino, Yasuhiko Nishioka, Sayo Ueda, Toshio Doi and Motokazu Matsuura :
Systemic Sarcoidosis Presenting with Renal Involvement Caused by Various Sarcoidosis-associated Pathophysiological Conditions,
Internal Medicine, Vol.58, No.5, 679-684, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114405,   DOI: 10.2169/internalmedicine.1558-18,   PubMed: 30449791,   Elsevier: Scopus)
9. Sayo Ueda, Kojiro Nagai, Narushi Yokota, Daisuke Hirose, Hiroaki Mori, Yoshihiko Noma, Toshio Doi and Jun Minakuchi :
Influence of albumin leakage on glycated albumin in patients with type 2 diabetes undergoing hemodialysis.,
Journal of Artificial Organs, Vol.22, No.3, 264-267, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114708,   DOI: 10.1007/s10047-019-01097-4,   PubMed: 30805746,   Elsevier: Scopus)
10. Fumiaki Obata, Hideharu Abe, Taichi Murakami, Sayo Ueda, Taizo Inagaki, Masanori Minato, Hiroyuki Ono, Kenji Nishimura, Eriko Shibata, Masanori Tamaki, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Kojiro Nagai and Toshio Doi :
Direct oral anticoagulant successfully used to treat an adult nephrotic patient complicated with portal vein thrombosis.,
CEN Case Reports, Vol.8, No.2, 134-138, 2019.
(DOI: 10.1007/s13730-019-00381-9,   PubMed: 30721455)
11. Masanori Tamaki, Tatsuya Tominaga, Yui Fujita, Yasuhiko Koezuka, Go Ichien, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Keiichi Yamamoto, Hideharu Abe, Kojiro Nagai and Toshio Doi :
All-trans retinoic acid suppresses bone morphogenetic protein 4 in mouse diabetic nephropathy through a unique retinoic acid response element.,
American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.316, No.3, E418-E431, 2019.
(DOI: 10.1152/ajpendo.00218.2018,   PubMed: 30601699)
12. Eriko Shibata, Kojiro Nagai, Sayo Ueda, Hiroyuki Ono, Kenji Nishimura, Taizo Inagaki, Masanori Minato, Fumi Kishi, Masanori Tamaki, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Hideharu Abe, Narushi Yokota, Jun Minakuchi and Toshio Doi :
The utility and limitation of inferior vena cava diameter as a dry weight marker.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.1.2, 172-177, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113414,   DOI: 10.2152/jmi.66.172,   PubMed: 31064933)
13. Yui Fujita, Tatsuya Tominaga, Hideharu Abe, Yumi Kangawa, Naoshi Fukushima, Otoya Ueda, Kou-Ichi Jishage, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Yumiko Saga, S Yashpal Kanwar, Kojiro Nagai and Toshio Doi :
An adjustment in BMP4 function represents a treatment for diabetic nephropathy and podocyte injury.,
Scientific Reports, Vol.8, No.1, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112896,   DOI: 10.1038/s41598-018-31464-9,   PubMed: 30158674)
14. Hideharu Abe, Akiko Sakurai, Hiroyuki Ono, Sanae Hayashi, Sakiya Yoshimoto, Arisa Ochi, Sayo Ueda, Kenji Nishimura, Eriko Shibata, Masanori Tamaki, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Kojiro Nagai and Toshio Doi :
Urinary Exosomal mRNA of WT1 as Diagnostic and Prognostic Biomarker for Diabetic Nephropathy,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3.4, 208-215, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112239,   DOI: 10.2152/jmi.65.208,   PubMed: 30282862,   Elsevier: Scopus)
15. Hiroyuki Ono, Hideharu Abe, Akiko Sakurai, Arisa Ochi, Tatsuya Tominaga, Masanori Tamaki, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Kojiro Nagai, Masayuki Kohashi and Toshio Doi :
Novel Interplay Between Smad1 and Smad3 Phosphorylation via AGE Regulates the Progression of Diabetic Nephropathy.,
Scientific Reports, Vol.8, No.1, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112878,   DOI: 10.1038/s41598-018-28439-1,   PubMed: 30002389)
16. Seiji Kishi, 小幡 史明, Hirokazu Miki, Motokazu Matsuura, Masanori Tamaki, Fumi Kishi, 西村 賢二, Taichi Murakami, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Masahiro Abe and Toshio Doi :
A case of Lambda Light Chain Noncrystalline Proximal Tubulopathy with IgD lambda myeloma,
Internal Medicine, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 114401,   DOI: 10.2169/internalmedicine.1323-18,   PubMed: 30101939)
17. Seiji Kishi, Masanori Minato, Atsuro Saijo, Naoka Murakami, Masanori Tamaki, Motokazu Matsuura, Taichi Murakami, Kojiro Nagai, Hideharu Abe, Yasuhiko Nishioka and Toshio Doi :
IgA Nephropathy after Nivolumab Therapy for Postoperative Recurrence of Lung Squamous Cell Carcinoma.,
Internal Medicine, Vol.57, No.9, 1259-1263, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 114399,   DOI: 10.2169/internalmedicine.9814-17,   PubMed: 29279511,   Elsevier: Scopus)
18. Kojiro Nagai, Hiroyuki Ono, Motokazu Matsuura, Michael Hann, Sayo Ueda, Sakiya Yoshimoto, Masanori Tamaki, Taichi Murakami, Hideharu Abe, Hisashi Ishikura and Toshio Doi :
Progressive renal insufficiency related to ALK inhibitor, alectinib.,
Oxford Medical Case Reports, Vol.2018, No.4, 2018.
(DOI: 10.1093/omcr/omy009,   PubMed: 29713488)
19. Ryohei Yamamoto, Enyu Imai, Shoichi Maruyama, Hitoshi Yokoyama, Hitoshi Sugiyama, Kosaku Nitta, Tatsuo Tsukamoto, Shunya Uchida, Asami Takeda, Toshinobu Sato, Takashi Wada, Hiroki Hayashi, Yasuhiro Akai, Megumu Fukunaga, Kazuhiko Tsuruya, Kosuke Masutani, Tsuneo Konta, Tatsuya Shoji, Takeyuki Hiramatsu, Shunsuke Goto, Hirofumi Tamai, Saori Nishio, Arimasa Shirasaki, Kojiro Nagai, Kunihiro Yamagata, Hajime Hasegawa, Hidemo Yasuda, Shizunori Ichida, Tomohiko Naruse, Kei Fukami, Tomoya Nishino, Hiroshi Sobajima, Satoshi Tanaka, Toshiyuki Akahori, Takafumi Ito, Terada Yoshio, Ritsuko Katafuchi, Shouichi Fujimoto, Hirokazu Okada, Eiji Ishimura, James Junichiro Kazama, Keiju Hiromura, Tetsushi Mimura, Satashi Suzuki, Yosuke Saka, Tadashi Sofue, Yusuke Suzuki, Yugo Shibagaki, Kiyoki Kitagawa, Kunio Morozumi, Yoshiro Fujita, Makoto Mizutani, Takashi Shigematsu, Naoki Kashihara, Hiroshi Sato, Seiichi Matsuo, Ichiei Narita and Yoshitaka Isaka :
Regional variations in immunosuppressive therapy in patients with primary nephrotic syndrome: the Japan nephrotic syndrome cohort study.,
Clinical and Experimental Nephrology, 2018.
(DOI: 10.1007/s10157-018-1579-x,   PubMed: 29679356)
20. Fumi Kishi, Kojiro Nagai, Norimichi Takamatsu, Tatsuya Tominaga, Masanori Tamaki, E. Shibata, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Hideharu Abe, Y Koezuka, N Minagawa, G Ichien and Toshio Doi :
Urinary type IV collagen excretion is involved in the decline in estimated glomerular filtration rate in the Japanese general population without diabetes: A 5-year observational study.,
PLoS ONE, Vol.13, No.4, e0195523, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112361,   DOI: 10.1371/journal.pone.0195523,   PubMed: 29624611)
21. Toshio Doi, Hideharu Abe, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Kojiro Nagai and Tatsuya Tominaga :
Urinary IgG4 and Smad1 are Specific Biomarkers for Renal Structural and Functional Changes in Early Stages of Diabetic Nephropathy.,
Diabetes, Vol.67, No.5, 986-993, 2018.
(DOI: 10.2337/db17-1043,   PubMed: 29490904)
22. Kenji Tsuchida, Hirofumi Hashimoto, Kazuhiko Kawahara, Ikuro Hayashi, Yoshio Fukata, Munenori Kashiwagi, Akihiro C Yamashita, Michio Mineshima, Tadashi Tomo, Ikuto Masakane, Yoshiaki Takemoto, Hideki Kawanishi, Kojiro Nagai and Jun Minakuchi :
Effects of hydrophilic polymer-coated polysulfone membrane dialyzers on intradialytic hypotension in diabetic hemodialysis patients (ATHRITE BP Study): a pilot study.,
Renal Replacement Therapy, Vol.3, 58, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 114531,   DOI: 10.1186/s41100-017-0139-2)
23. Kojiro Nagai, Sayo Ueda, Kenji Tsuchida, Toshio Doi and Jun MInakuchi :
Low serum sodium concentration is a prognostic factor related to current blood glucose level in stable hemodialysis patients: an observational study.,
Renal Replacement Therapy, Vol.3, 55, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 114530,   DOI: 10.1186/s41100-017-0138-3)
24. Kojiro Nagai, Motokazu Matsuura, Kenji Tsuchida, Hiro-omi Kanayama, Toshio Doi and Jun Minakuchi :
Prognostic factors for mortality in middle-aged and older hemodialysis patients: a 5-year observational study.,
Journal of Artificial Organs, Vol.21, No.1, 94-101, 2017.
(DOI: 10.1007/s10047-017-0993-2,   PubMed: 28918555)
25. Hiroyuki Ono, Kojiro Nagai, Eriko Shibata, Motokazu Matsuura, Seiji Kishi, Taizo Inagaki, Masanori Minato, Sakiya Yoshimoto, Sayo Ueda, Fumiaki Obata, Kenji Nishimura, Masanori Tamaki, Fumi Kishi, Taichi Murakami, Hideharu Abe, Yukiko Kinoshita, Maki Urushihara, Shoji Kagami and Toshio Doi :
Re-recognition of Age-dependent Reference Range for the Serum Creatinine Level in Teenagers - A Case of Slowly Progressive Tubulointerstitial Nephritis which Occurred in an Adolescent.,
Internal Medicine, Vol.56, No.16, 2187-2193, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 114406,   DOI: 10.2169/internalmedicine.8599-16,   PubMed: 28781321)
26. Hiroyuki Ono, Taichi Murakami, Akira Mima, Eriko Shibata, Masanori Tamaki, Sakiya Yoshimoto, Sayo Ueda, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Takashi Kawanaka, Motokazu Matsuura, Kojiro Nagai, Hideharu Abe, Masashi Harada and Toshio Doi :
Successful treatment of highly advanced immunoglobulin G4-related kidney disease presenting renal mass-like regions with end-stage kidney failure: a case study.,
BMC Nephrology, Vol.18, No.1, 261, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 114372,   DOI: 10.1186/s12882-017-0676-5,   PubMed: 28774276)
27. Kojiro Nagai, Tatsuya Tominaga, Sayo Ueda, Eriko Shibata, Masanori Tamaki, Motokazu Matsuura, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Tatsumi Moriya, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Mesangial Cell Mammalian Target of Rapamycin Complex 1 Activation Results in Mesangial Expansion.,
Journal of the American Society of Nephrology, Vol.28, No.10, 2879-2885, 2017.
(DOI: 10.1681/ASN.2016111196,   PubMed: 28701517,   Elsevier: Scopus)
28. Hiroyuki Ono, Seiji Kishi, Taizo Inagaki, Masako Mizusawa, Taichi Murakami, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Shunt nephritis and pyogenic spondylitis with a positive PR3-ANCA associated with chronically infected ventriculo-atrial shunt,
Kidney International Reports, Vol.2, No.4, 774-778, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 114987,   DOI: 10.1016/j.ekir.2017.02.013,   Elsevier: Scopus)
29. Kojiro Nagai, Kenji Tsuchida, Noriyuki Ishihara, Naoto Minagawa, Go Ichien, Satoshi Yamada, Daisuke Hirose, Hiroyuki Michiwaki, Hiro-omi Kanayama, Toshio Doi and Jun Minakuchi :
Implications of Albumin Leakage for Survival in Maintenance Hemodialysis Patients: A 7-year Observational Study.,
Therapeutic Apheresis and Dialysis, 2017.
(DOI: 10.1111/1744-9987.12526,   PubMed: 28452109)
30. Motokazu Matsuura, Hideharu Abe, Tatsuya Tominaga, Akiko Sakurai, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Yoshimi Bando, Jun Minakuchi, Kojiro Nagai and Toshio Doi :
A Novel Method of DAPI Staining for Differential Diagnosis of Renal Amyloidosis.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.3.4, 217-221, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111119,   DOI: 10.2152/jmi.64.217,   PubMed: 28954985)
31. Sakiya Yoshimoto, Kojiro Nagai, Eriko Shibata, Sayo Ueda, Hiroyuki Ono, Masanori Tamaki, Kenji Nishimura, Fumiaki Obata, Taizo Inagaki, Masanori Minato, Fumi Kishi, Motokazu Matsuura, Naoko Matsui, Itsuro Endo, Michael Hann, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Influential factors on serum albumin concentration in hospitalized chronic kidney disease patients.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.1.2, 146-152, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111103,   DOI: 10.2152/jmi.64.146,   PubMed: 28373613)
32. Fumiaki Obata, Taichi Murakami, Junko Miyagi, Sayo Ueda, Taizo Inagaki, Masanori Minato, Hiroyuki Ono, Kenji Nishimura, Eriko Shibata, Masanori Tamaki, Sakiya Yoshimoto, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Motokazu Matsuura, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
A case of rapid amelioration of hepatitis C virus-associated cryoglobulinemic membranoproliferative glomerulonephritis treated by interferon-free directly acting antivirals for HCV in the absence of immunosuppressant.,
CEN Case Reports, Vol.6, No.1, 55-60, 2016.
(DOI: 10.1007/s13730-016-0244-z,   PubMed: 28509128)
33. Yuko Toyoda, Ryohiko Ozaki, Jun Kishi, Masaki Hanibuchi, Katsuhiro Kinoshita, Toshifumi Tezuka, Hisatsugu Goto, Hiroyuki Ono, Kojiro Nagai, Yoshimi Bando, Toshio Doi and Yasuhiko Nishioka :
An Autopsy Case of Aortic Intimal Sarcoma Initially Diagnosed as Polyarteritis Nodosa.,
Internal Medicine, Vol.55, No.21, 3191-3195, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 114395,   DOI: 10.2169/internalmedicine.55.7152,   PubMed: 27803418)
34. Kojiro Nagai, Megumi Harada, Narushi Yokota, Daigo Okada, Hiroyuki Michiwaki, Daisuke Hirose, Toshio Doi, Jun Minakuchi and Kenji Tsuchida :
Evaluation of vascular quality of life questionnaire in dialysis patients with peripheral arterial disease treated by low-density lipoprotein apheresis,
Renal Replacement Therapy, Vol.2, 37, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 114528,   DOI: 10.1186/s41100-016-0048-9)
35. Kojiro Nagai, Kenji Tsuchida, Daisuke Hirose, Hiroyuki Michiwaki, Michael Hann, Hiro-omi Kanayama, Toshio Doi and Jun Minakuchi :
The effect of albumin leakage in hemodialysis patients on redox status of serum albumin.,
Journal of Artificial Organs, 2016.
(DOI: 10.1007/s10047-016-0900-2,   PubMed: 27086124)
36. Kenji Tsuchida, Kojiro Nagai, Narushi Yokota, Jun Minakuchi and Shu Kawashima :
Impact of Lanthanum Carbonate on Prognosis of Chronic Hemodialysis Patients: A Retrospective Cohort Study (Kawashima Study).,
Therapeutic Apheresis and Dialysis, Vol.20, No.2, 142-148, 2016.
(DOI: 10.1111/1744-9987.12399,   PubMed: 26929257)
37. Narushi Yokota, Kojiro Nagai, Daigo Okada, Yasuto Muromiya, Takehiro Suenaga, Yuka Ueda, Kana Kawahara, Hiro-omi Kanayama, Jun Minakuchi and Kenji Tsuchida :
Vascular access for long-term hemodialysis/hemodiafiltration patients.,
The Journal of Vascular Access, Vol.16 Suppl 10, S18-21, 2015.
(DOI: 10.5301/jva.5000427,   PubMed: 26429128)
38. Yuka Ueda, Kenji Tsuchida, Daigo Okada, Yasuto Muromiya, Takehiro Suenaga, Narushi Yokota, Kana Kawahara, Kojiro Nagai, Hiro-omi Kanayama and Jun Minakuchi :
Evaluation of sterilization using the MEH200® (cotton pack) in vascular access puncture.,
The Journal of Vascular Access, Vol.16 Suppl 10, S70-3, 2015.
(DOI: 10.5301/jva.5000414,   PubMed: 26349880)
39. Kojiro Nagai, Kenji Tsuchida, Maki Sasada, Narushi Yokota, Masaaki Nishitani, Hiro-omi Kanayama and Jun Minakuchi :
Reduction or discontinuation of antibiotic prophylaxis in vascular access surgery, tendon sheath incision and PD catheter placement.,
The Journal of Vascular Access, Vol.16 Suppl 10, S66-9, 2015.
(DOI: 10.5301/jva.5000423,   PubMed: 26349895)
40. Yasuto Muromiya, Kojiro Nagai, Narushi Yokota, Daigo Okada, Takehiro Suenaga, Yuka Ueda, Kana Kawahara, Hiro-omi Kanayama, Jun Minakuchi and Kenji Tsuchida :
Factors associated with pain during vascular access intervention therapy.,
The Journal of Vascular Access, Vol.16 Suppl 10, S43-5, 2015.
(DOI: 10.5301/jva.5000425,   PubMed: 26429126)
41. Kenji Tsuchida, Kojiro Nagai, Narushi Yokota, Daigo Okada, Yasuhito Muromiya, Takehiro Suenaga, Yuka Ueda, Kana Kawahara, Hiro-omi Kanayama and Jun Minakuchi :
Simple surgical method for a native arteriovenous fistula of chronic hemodialysis patients and the patency rate.,
The Journal of Vascular Access, Vol.16 Suppl 10, S13-7, 2015.
(DOI: 10.5301/jva.5000408,   PubMed: 26349888)
42. Takahiro Hirano, Taichi Murakami, Hiroyuki Ono, Akiko Sakurai, Tatsuya Tominaga, Toshikazu Takahashi, Kojiro Nagai, Toshio Doi and Hideharu Abe :
A Novel Interaction between FLICE-Associated Huge Protein (FLASH) and E2A Regulates Cell Proliferation and Cellular Senescence via Tumor Necrosis Factor (TNF)-Alpha-p21WAF1/CIP1 Axis.,
PLoS ONE, Vol.10, No.7, e0133205, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 114923,   DOI: 10.1371/journal.pone.0133205,   PubMed: 26208142,   Elsevier: Scopus)
43. Kojiro Nagai, Jun Kishi, Shun Morizumi, Jun Minakuchi, Yoshimi Bando, Yasuhiko Nishioka and Toshio Doi :
Henoch-Schönlein purpura nephritis occurring postpartum in a patient with anti-PL-7 anti-synthetase syndrome.,
Modern Rheumatology, Vol.28, 1-4, 2015.
(DOI: 10.3109/14397595.2015.1038879,   PubMed: 25867231)
44. Takeshi Matsubara, Makoto Araki, Hideharu Abe, Otoya Ueda, Kou-Ichi Jishage, Akira Mima, Chisato Goto, Tatsuya Tominaga, Masahiko Kinosaki, Seiji Kishi, Kojiro Nagai, Noriyuki Iehara, Naoshi Fukushima, Toru Kita, Hidenori Arai and Toshio Doi :
Bone Morphogenetic Protein 4 and Smad1 Mediate Extracellular Matrix Production in the Development of Diabetic Nephropathy.,
Diabetes, Vol.64, No.8, 2978-2990, 2015.
(DOI: 10.2337/db14-0893,   PubMed: 25995358,   Elsevier: Scopus)
45. Kenji Tsuchida, Kojiro Nagai, Jun Minakuchi and Shu Kawashima :
Vascular access for long-term hemodialysis/hemodiafiltration patients in Japan.,
Contributions to Nephrology, Vol.185, 132-137, 2015.
(DOI: 10.1159/000380977,   PubMed: 26023022,   Elsevier: Scopus)
46. Jian-Kang Chen, Kojiro Nagai, Jianchun Chen, David Plieth, Masayo Hino, Jinxian Xu, Feng Sha, Alp T Ikizler, Chad C Quarles, W David Threadgill, G Eric Neilson and C Raymond Harris :
Phosphatidylinositol 3-kinase signaling determines kidney size.,
The Journal of Clinical Investigation, Vol.125, No.6, 2429-2444, 2015.
(DOI: 10.1172/JCI78945,   PubMed: 25985273,   Elsevier: Scopus)
47. Eriko Shibata, Kojiro Nagai, Risa Takeuchi, Yasuhiro Noda, Tomomi Makino, Yusuke Chikata, Michael Hann, Sakiya Yoshimoto, Hiroyuki Ono, Sayo Ueda, Masanori Tamaki, Taichi Murakami, Motokazu Matsuura, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Re-evaluation of Pre-pump Arterial Pressure to Avoid Inadequate Dialysis and Hemolysis: Importance of Prepump Arterial Pressure Monitoring in Hemodialysis Patients.,
Artificial Organs, Vol.39, No.7, 627-634, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 110961,   DOI: 10.1111/aor.12448,   PubMed: 25940509,   Elsevier: Scopus)
48. 山村 佳子, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 松本 文博, 長井 幸二郎, 東 雅之 :
徳島大学病院における慢性腎臓病患者の口腔管理について,
日本口腔ケア学会雑誌, Vol.9, No.1, 23-27, 2015年.
(CiNii: 40020472852)
49. Kazuhiro Yoshikawa, Hideharu Abe, Tatsuya Tominaga, Masayuki Nakamura, Seiji Kishi, Motokazu Matsuura, Kojiro Nagai, Kenji Tsuchida, Jun Minakuchi and Toshio Doi :
Polymorphism in the human matrix Gla protein gene is associated with the progression of vascular calcification in maintenance hemodialysis patients,
Clinical and Experimental Nephrology, Vol.17, No.6, 882-889, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 105885,   DOI: 10.1007/s10157-013-0785-9,   PubMed: 23504408,   Elsevier: Scopus)
50. Kojiro Nagai, Masashi Miyoshi, Takei Kake, Naoshi Fukushima, Motokazu Matsuura, Eriko Shibata, Satoshi Yamada, Kazuhiro Yoshikawa, Hiro-omi Kanayama, Tomoya Fukawa, Kunihisa Yamaguchi, Hirofumi Izaki, Akira Mima, Naoko Abe, Toshikazu Araoka, Taichi Murakami, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Tatsuya Tominaga, Tatsumi Moriya, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Dual Involvement of Growth Arrest-specific Gene 6 in the Early Phase of Human IgA Nephropathy,
PLoS ONE, Vol.8, No.6, e66759, 2013.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0066759,   PubMed: 23826128,   Elsevier: Scopus)
51. Seiji Kishi, Satoshi Yamada, Fumi Kishi, Eriko Shibata, Motokazu Matsuura, Kojiro Nagai, Akira Mima, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Acute Glomerulonephritis in an Immunocompetent Elderly Woman after Contact with a Child who Had Been Diagnosed as Erythema Infectiosum.,
Internal Medicine, Vol.51, No.16, 2197-2201, 2012.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.51.7919,   PubMed: 22892503)
52. Masanori Shibata, Kojiro Nagai, Toshio Doi, Hideo Tawada and Shinkichi Taniguchi :
Blood Color Is Influenced by Inflammation and Independently Predicts Survival in Hemodialysis Patients: Quantitative Evaluation of Blood Color.,
Artificial Organs, Vol.36, No.11, 992-998, 2012.
(DOI: 10.1111/j.1525-1594.2012.01490.x,   PubMed: 22845854)
53. 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 山田 諭, 渡瀬 謙仁, 岸 史, 美馬 晶, 岸 誠司, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
中等度以上腎機能低下患者に対するフェブキソスタットの有効性と認容性の検討,
Therapeutic research, Vol.33, No.7, 1073-1080, 2012年.
54. Hideharu Abe, Tatsuya Tominaga, Takeshi Matsubara, Naoko Abe, Seiji Kishi, Kojiro Nagai, Taichi Murakami, Toshikazu Araoka and Toshio Doi :
Scleraxis modulates bone morphogenetic protein 4 (BMP4)-Smad1 protein-smooth muscle -actin (SMA) signal transduction in diabetic nephropathy.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.287, No.24, 20430-20442, 2012.
(DOI: 10.1074/jbc.M111.275610,   PubMed: 22474292)
55. Jianchun Chen, Jian-Kang Chen, Kojiro Nagai, David Plieth, Mingqi Tan, Tang-Cheng Lee, David W. Threadgill, Eric G. Neilson and Raymond C. Harris :
EGFR signaling promotes TGF-dependent renal fibrosis.,
Journal of the American Society of Nephrology, Vol.23, No.2, 215-224, 2011.
(DOI: 10.1681/ASN.2011070645,   PubMed: 22095949)
56. Hiroshi Kanamori, Kojiro Nagai, Takeshi Matsubara, Akira Mima, Motoko Yanagita, Noriyuki Iehara, Hajime Takechi, Keiichi Fujimaki, Kazumasa Usami, Atsushi Fukatsu, Toru Kita, Kozo Matsubayashi and Hidenori Arai :
Comparison of the psychosocial quality of life in hemodialysis patients between the elderly and non-elderly using a visual analogue scale: The importance of appetite and depressive mood.,
Geriatrics & Gerontology International, Vol.12, No.1, 65-71, 2011.
(DOI: 10.1111/j.1447-0594.2011.00731.x,   PubMed: 21843200)
57. Seiji Kishi, Hideharu Abe, Haruhiko Akiyama, Tatsuya Tominaga, Taichi Murakami, Akira Mima, Kojiro Nagai, Fumi Kishi, Motokazu Matsuura, Takeshi Matsubara, Noriyuki Iehara, Otoya Ueda, Naoshi Fukushima, Kou-Ichi Jishage and Toshio Doi :
SOX9 protein induces a chondrogenic phenotype of mesangial cells and contributes to advanced diabetic nephropathy.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.286, No.37, 32162-32169, 2011.
(DOI: 10.1074/jbc.M111.244541,   PubMed: 21795715)
58. Akira Mima, Fumihiko Shiota, Takeshi Matsubara, Noriyuki Iehara, Taro Akagi, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Motokazu Matsuura, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Toshikazu Araoka, Fumi Kishi, Naoki Kondo, Reiko Shigeta, Kazuhiro Yoshikawa, Toru Kita, Toshio Doi and Atsushi Fukatsu :
An autopsy case of mitochondrial myopathy, encephalopathy, lactic acidosis, and stroke-like episodes (MELAS) with intestinal bleeding in chronic renal failure.,
Renal Failure, Vol.33, No.6, 622-625, 2011.
(DOI: 10.3109/0886022X.2011.585730,   PubMed: 21631236)
59. Tatsuya Tominaga, Hideharu Abe, Otoya Ueda, Chisato Goto, Kunihiko Nakahara, Taichi Murakami, Takeshi Matsubara, Akira Mima, Kojiro Nagai, Toshikazu Araoka, Seiji Kishi, Naoshi Fukushima, Kou-ichi Jishage and Toshio Doi :
Activation of bone morphogenetic protein 4 signaling leads to glomerulosclerosis that mimics diabetic nephropathy.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.286, No.22, 20109-20116, 2011.
(DOI: 10.1074/jbc.M110.179382,   PubMed: 21471216)
60. Akira Mima, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Hidenori Arai, Takeshi Matsubara, Makoto Araki, Kazuo Torikoshi, Tatsuya Tominaga, Noriyuki Iehara, Atsushi Fukatsu, Toru Kita and Toshio Doi :
Activation of Src mediates PDGF-induced Smad1 phosphorylation and contributes to the progression of glomerulosclerosis in glomerulonephritis.,
PLoS ONE, Vol.6, No.3, e17929, 2011.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0017929,   PubMed: 21445358)
61. 長井 幸二郎, 楠瀬 賢也, 西尾 進, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 佐田 政隆, 近藤 直樹, 岸 史, 岸 誠司, 荒岡 利和, 松浦 元一, 美馬 晶, 安部 秀斉, 村上 太一, 中村 雅将, 土井 俊夫 :
片腎の高齢者腎機能障害患者において超音波検査で腎動脈狭窄症を指摘され,経皮的腎血管拡張術で高血圧,腎機能の著明な改善がみられた1例,
日本腎臓学会誌, Vol.53, No.1, 68-74, 2011年.
(PubMed: 21370580,   CiNii: 10029736012)
62. 門田 宗之, 竹谷 善雄, 若槻 哲三, 山口 浩司, 楠瀬 賢也, 仁木 敏之, 坂東 左知子, 久岡 白陽花, 上田 由佳, 冨田 紀子, 竹内 秀和, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
繰り返す心不全と維持透析導入から離脱しえた腎動脈狭窄症の一例,
四国医学雑誌, Vol.66, No.5, 6, 175-180, 2010年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110339)
63. Taichi Murakami, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Tatsuya Tominaga, Norimichi Takamatsu, Toshikazu Araoka, Seiji Kishi, Toshikazu Takahashi, Akira Mima, Yoshimi Takai, Jeffrey B. Kopp and Toshio Doi :
Trophoblast glycoprotein: possible candidate mediating podocyte injuries in glomerulonephritis.,
American Journal of Nephrology, Vol.32, No.6, 505-521, 2010.
(DOI: 10.1159/000321366,   PubMed: 20980737,   Elsevier: Scopus)
64. Toshikazu Araoka, Hiroya Takeoka, Keisuke Nishioka, Masaki Ikeda, Makiko Kondo, Azusa Hoshina, Seiji Kishi, Makoto Araki, Rokuro Mimura, Taichi Murakami, Akira Mima, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Successful management of refractory pleural effusion due to systemic immunoglobulin light chain amyloidosis by vincristine adriamycin dexamethasone chemotherapy: a case report.,
Journal of Medical Case Reports, Vol.4, 322, 2010.
(DOI: 10.1186/1752-1947-4-322,   PubMed: 20955545)
65. Toshikazu Araoka, Hideharu Abe, Tatsuya Tominaga, Akira Mima, Takeshi Matsubara, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Kojiro Nagai and Toshio Doi :
Transcription factor 7-like 2 (TCF7L2) regulates activin receptor-like kinase 1 (ALK1)/Smad1 pathway for development of diabetic nephropathy.,
Molecules and Cells, Vol.30, No.3, 209-218, 2010.
(DOI: 10.1007/s10059-010-0109-9,   PubMed: 20803090,   Elsevier: Scopus)
66. Toshikazu Araoka, Hiroya Takeoka, Hideharu Abe, Seiji Kishi, Makoto Araki, Keisuke Nishioka, Masaki Ikeda, Tetsuro Mazaki, Shiori Ikemura, Makiko Kondo, Azusa Hoshina, Kojiro Nagai, Akira Mima, Taichi Murakami, Rokuro Mimura, Kazumasa Oka, Takao Saito and Toshio Doi :
Early diagnosis and treatment may prevent the development of complications in an adult patient with glycogen storage disease type Ia.,
Internal Medicine, Vol.49, No.16, 1787-1792, 2010.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.49.3425,   PubMed: 20720360,   Elsevier: Scopus)
67. A Mima, N Iehara, T Matsubara, S Yamamoto, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, M Matsuura, T Murakami, S Kishi, T Araoka, F Kishi, N Kondo, R Shigeta, K Yoshikawa, T Takahashi, T Kita, Toshio Doi and A Fukatsu :
Successful treatment of membranoproliferative glomerulonephritis associated with hepatitis B and C virus simultaneous infection patient.,
Clinical Nephrology, Vol.73, No.2, 167-169, 2010.
(DOI: 10.5414/CNP73167,   PubMed: 20129026)
68. Hiroshi Watanabe, Toru Watanabe, Shigeru Sasaki, Kojiro Nagai, Dan M. Roden and Yoshifusa Aizawa :
Close bidirectional relationship between chronic kidney disease and atrial fibrillation: the Niigata preventive medicine study.,
American Heart Journal, Vol.158, No.4, 629-636, 2009.
(DOI: 10.1016/j.ahj.2009.06.031,   PubMed: 19781424)
69. Akira Mima, Masanao Toma, Takeshi Matsubara, Fumihiko Shiota, Noriyuki Iehara, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Toshikazu Takahashi, Motokazu Matsuura, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Toshikazu Araoka, Fumi Kishi, Naoki Kondo, Reiko Shigeta, Kazuhiro Yoshikawa, Takeshi Kimura, Toru Kita, Toshio Doi and Atsushi Fukatsu :
Angio-embolization of renal artery pseudoaneurysm after renal biopsy: a case report.,
Renal Failure, Vol.31, No.8, 753-755, 2009.
(DOI: 10.3109/08860220903125298,   PubMed: 19814646,   Elsevier: Scopus)

学術論文(紀要・その他):

1. Kenji Tsuchida, Kojiro Nagai, Narushi Yokota, Satoru Yamada, Hiroyuki Michiwaki and Jun Minakuchi :
Evidence for Targeting Low-Molecular-Weight Proteins in Hemodialysis and Hemodiafiltration.,
Contributions to Nephrology, Vol.189, 189-196, 2016.
(DOI: 10.1159/000450781,   PubMed: 27951567)
2. Kojiro Nagai and Toshio Doi :
CIN85: Implications for the Development of Proteinuria in Diabetic Nephropathy.,
Diabetes, Vol.65, No.12, 3532-3534, 2016.
(DOI: 10.2337/dbi16-0051,   PubMed: 27879403)
3. 廣瀬 大輔, 道脇 宏行, 志内 敏郎, 田尾 知浩, 長井 幸二郎, 北村 悠樹, 中村 雅将, 土田 健司, 水口 潤, 川島 周 :
透析におけるアルブミン漏出量による還元型アルブミンと参加型アルブミンの変化について,
腎と透析 別冊2011 ハイパフォーマンスメンブレン'11, Vol.71, 99-102, 2011年.

総説・解説:

1. 三好 雅士, 西岡 麻衣, 秦 真公人, 中尾 隆之, 長井 幸二郎 :
血中薬物濃度測定における測定前段階での注意事項,
MEDICAL TECHNOLOGY, Vol.46, No.7, 700-704, 2018年7月.
2. 三好 雅士, 西岡 麻衣, 秦 真公人, 中尾 隆之, 長井 幸二郎 :
血中薬物濃度測定における測定前段階での注意事項,
MEDICAL TECHNOLOGY, Vol.46, No.7, 700-704, 2018年7月.
3. 長井 幸二郎 :
Expert Voice: 末梢動脈疾患(PAD)合併透析患者に 対するVascuQOL評価の意義,
RRT review, Vol.2, 2017年5月.
4. 長井 幸二郎 :
第2章 病理・病態生理 病態生理 8.加齢と腎機能,
最新医学 別冊 診断と治療のABC CKD, Vol.111, 103-109, 2016年2月.
5. 長井 幸二郎 :
慢性腎臓病へのアプローチ,
徳島県臨床内科医会会報, Vol.20, 26, 2015年9月.
6. 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
高齢者における腎疾患の特徴,
臨床雑誌 内科, Vol.114, No.1, 63-67, 2014年7月.
7. 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
CKDとAKIの臨床検査,
日本内科学会雑誌, Vol.102, No.12, 3125-3132, 2013年12月.
(DOI: 10.2169/naika.102.3125,   PubMed: 24605560,   CiNii: 130004706508)
8. 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
CKDと年齢(加齢による腎機能の変化)(1)年齢による腎機能の低下と評価法,
臨床透析, Vol.28, No.1, 35-40, 2012年1月.
9. 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
慢性腎臓病,
臨床雑誌 内科, Vol.108, No.6, 1093-1097, 2011年12月.
10. 長井 幸二郎 :
早期糖尿病腎症の診療,
糖尿病合併症 鑑別ポイントとベスト管理法, 82-86, 2011年6月.
11. 荒岡 利和, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 美馬 晶, 冨永 辰也, 松浦 元一, 村上 太一, 岸 誠司, 繁田 令子, 岸 史, 吉川 和寛, 土井 俊夫 :
2型糖尿病原因遺伝子TCF7L2を介した糖尿病性腎症感受性遺伝子ALK1の分子調節機構の解析,
Diabetes Frontier, Vol.21, No.5, 614, 2010年10月.
12. 長井 幸二郎 :
加齢による腎障害と腎機能の評価,
Geriatric Medicine 老年医学, Vol.48, No.8, 1017-1020, 2010年8月.
13. 長井 幸二郎 :
【高齢者の慢性腎臓病(CKD)】 加齢による腎障害と腎機能の評価,
Geriatric Medicine, Vol.48, No.8, 1017-1020, 2010年8月.
14. 長井 幸二郎, 土井 俊夫, 松原 雄 :
基礎 糖尿病性腎症のモデル動物 (特集 腎疾患の基礎と臨床の新しい展開),
現代医療, Vol.36, No.2, 357-362, 2004年2月.
(CiNii: 80016413959)

国際会議:

1. Masanori Tamaki, Tatsuya Tominaga, Yui Fujita, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Hideharu Abe, Kojiro Nagai and Toshio Doi :
A Novel All-Trans Retinoic Acid Therapy Directly Suppresses Bone Morphogenetic Protein 4 in Mouse Diabetic Nephropathy,
KIDNEY WEEK 2019 American Society of Nephrology, Nov. 2019.
2. Kenji Nishimura, Seiji Kishi, Arisa Ochi, Hiroyuki Ono, Masanori Tamaki, Taichi Murakami, Hideharu Abe, Kenichi Aihara and Kojiro Nagai :
Dual disruption of eNOS and ApoE gene accelerates kidney fibrosis and aging after injury,
KIDNEY WEEK 2019 American Society of Nephrology, Nov. 2019.
3. Masanori Tamaki, Taizo Inagaki, Masanori Minato, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
A case of Helicobacter cinaedi-induced PD-related peritonitis detected by blood culture,
APCM-ISPD2019, Sep. 2019.
4. Naoki Tokunaga, Motoki Sugasaki, Yusuke Inoue, Hiroko Yoshida, Akishige Ikegame, Sachiko Ogasa, Takayuki Nakao, Kojiro Nagai, Mika Yamamoto and Ikuro Maruyama :
Impact of a tumor-derived exosome on general coagulation tests and clot waveform analysis,
ISTH2019 International Society on Thrombosis and Haemostasis (ISTH), Jul. 2019.
5. Masami Yoshioka, Yoshifumi Okamoto, Daisuke Hinode, Shizuko Yanagisawa, Yasuhiko Shirayama and Kojiro Nagai :
Association between Periodontal Status and Renal Function in Middle-aged Men,
IADR/AADR/CADR General Session & Exhibition, Jun. 2019.
6. 岸 誠司, 西村 賢二, 小野 広幸, 田蒔 昌憲, 岸 史, 村上 太一, 安部 秀斉, 長井 幸二郎 :
ENHANCED KIDNEY FIBROSIS AND AGING AFTER UUO IN ENOS/APOE DOUBLE KNOCKOUT MOUSE,
56th ERA-EDTA Congress, 2019年6月.
7. Maho Iwaki, Seiji Kishi, Masanori Minato, Masanori Tamaki, Fumi Kishi, Taichi Murakami, Hideharu Abe and Kojiro Nagai :
Glomerular Injury Related to Immune Related Adverse Events: IgA Nephropathy After Nivolumab Therapy for Postoperative Recurrence of Lung Cancer,
ASN Kidney week 2018, San Diego, Oct. 2018.
8. Masanori Tamaki, Tatsuya Tominaga, Yui Fujita, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Mesangial Matrix Expansion Attenuated by All-Trans Retinoic Acid Through Direct Suppression of Bone Morphogenetic Protein 4 in Mouse Diabetic Nephropathy,
KIDNEY WEEK 2018 American Society of Nephrology, Oct. 2018.
9. Yui Fujita, Tatsuya Tominaga, Masanori Tamaki, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Palovarotene, Selective Retinoic Receptor- Agonist, Inhibited Both BMP4 and TGF- Signaling Pathways in Diabetic Nephropathy,
KIDNEY WEEK 2017 American Society of Nephrology, Nov. 2017.
10. Masanori Tamaki, Tatsuya Tominaga, Yui Fujita, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Glomerulosclerosis Attenuated by Retinoic Acid through Bone Morphogenetic Protein 4 Suppression in Mice with Streptozotocin-Induced Diabetes,
KIDNEY WEEK 2017 American Society of Nephrology, Nov. 2017.
11. 村上 太一, 岸 誠司, 土井 俊夫, 安部 秀斉, 長井 幸二郎 :
過粘稠症候群に血漿交換が奏功した原発性マクログロブリン血症の一例,
第62回日本透析医学会学術集会・総会, 2017年6月.
12. Hiroyuki Ono, Seiji Kishi, Kojiro Nagai, Taichi Murakami, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Shunt Nephritis And Pyogenic Spondylitis With A Positive PR3-ANCA Associated With Chronically Infected Ventriculo-Arterial Shunt,
the ASN Kidney Week 2016 Annual Meeting, November 15-20 in Chicago, IL., Nov. 2016.
13. Kojiro Nagai, Tatsuya Tominaga, Taichi Murakami, Eriko Shibata, Seiji Kishi, Motokazu Matsuura, Hideharu Abe and Toshio Doi :
In vivo evidence of mTORC1-S6 kinase pathway involvement in the development of glomerulosclerosis in human IgA nephropathy,
KIDNEY WEEK 2016 American Society of Nephrology, Nov. 2016.
14. HIroyuki Ono, Seiji Kishi, Kojiro Nagai, Taichi Murakami, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Shunt Nephritis And Pyogenic Spondylitis With A Positive PR3-ANCA Associated With Chronically Infected Ventriculo-Arterial Shunt,
the ASN Kidney Week 2016 Annual Meeting, November 15-20 in Chicago, IL., Nov. 2016.
15. Yui Fujita, Tatsuya Tominaga, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
The Role of BMP4 Signal Pathway on the Podocyte Injury in Diabetic Early Stage,
ASN Kidney week 2016, Nov. 2016.
16. Naoki Tokunaga, Kojiro Nagai, Chihiro Inoue, Yusuke Inoue, Saki Akaiwa, Hiroko Yoshida, Takayuki Nakao and Toshio Doi :
Utility of clot waveform data in prothrombin time assay as a marker of anticoagulant effects by direct thrombin or Factor Xa inhibitors.,
International Society for Laboratory Hematology, May 2016.
17. K Yoshikawa, Hideharu Abe, Motokazu Matsuura, Kojiro Nagai, Akira Mima, E Shibara, J Minakuchi and Toshio Doi :
High-Density Lipoprotein Cholesterol and Matrix Gla Protein Are Implicated in the Progression of Aortic Calcification through Bone Morphogenetic Protein 4- or Activin-Like Kinase 1-Induced Smad1 Activation in Patients Undergoing Maintenance Hemodialysis.,
46th American Society of Nephrology (ASN) Annual Meeting, Nov. 2013.
18. Tatsuya Tominaga, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Akira Mima, Seiji Kishi, K Jishage, N Fukushima and Toshio Doi :
Role of BMP4 for regulating podocyte injury in the diabetic nephropathy.,
American Society for Cell biology, San Francisco, Dec. 2012.
19. Masashi Miyoshi, Kojiro Nagai, Takei Kake, Naoshi Fukushima, Motokazu Matsuura, Eriko Shibata, Satoshi Yamada, Kazuhiro Yoshikawa, Akira Mima, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Tatsuya Tominaga, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Expression of Gas6 and Axl in Human IgA Nephropathy. ~A Possible Involvement of Gas6 in Podocyte Injury~,
American Society of Nephrology Kidney Week 2012, San Diego, Nov. 2012.
20. Tatsuya Tominaga, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Seiji Kishi, Akira Mima and Toshio Doi :
BMP4 regulates podocyte injury in the diabetic nephropathy,
Diabetes, Philadelphia, May 2012.
21. Seiji Kishi, Hideharu Abe, Kojiro Nagai and Toshio Doi :
SOX9 induces irreversible chondrogenic phenotypic change in diabetic nephropathy,
the 2011 Annual Meeting of the American Society for Cell Biology, Denver, Dec. 2011.
22. Tatsuya Tominaga, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Seiji Kishi and Toshio Doi :
BMP4 regulates podocyte injury in the diabetic nephropathy,
The 1st Asia-Pacific Vascular Biology Meeting, Dec. 2011.
23. Tatsuya Tominaga, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Seiji Kishi, Taichi Murakami and Toshio Doi :
BMP4 regulates podocyte injury in the diabetic nephropathy,
Journal of the American Society of Nephrology, Nov. 2011.

国内講演発表:

1. 柴田 恵理子, 三好 雅士, 中尾 隆之, 上田 紗代, 西村 賢二, 小野 広幸, 岸 史, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 安部 秀斉, 岸 誠司, 土井 俊夫, 長井 幸二郎 :
プレセプシン濃度は検体処理や腎機能障害により影響をうける,
第63回日本腎臓学会学術総会, 2020年8月.
2. 武村 真季, 冨永 辰也, 三橋 英, 長井 幸二郎, 安部 秀斉 :
糖尿病における高タンパク食が腎臓に与える影響について②,
徳島県臨床検査技師会誌 第43回徳島県医学検査学会抄録集, 2019年12月.
3. 三橋 英, 冨永 辰也, 武村 真季, 長井 幸二郎, 安部 秀斉 :
糖尿病における高タンパク食が腎臓に与える影響について①,
徳島県臨床検査技師会誌 第43回徳島県医学検査学会抄録集, 2019年12月.
4. 長井 幸二郎, 三好 雅士, 柴田 恵理子, 中尾 隆之 :
プレセプシンの検体処理や腎機能による影響,
第66回日本臨床検査医学会学術集会, 2019年11月.
5. 山口 純代, 岩城 真帆, 清水 郁子, 稲垣 太造, 湊 将典, 小野 広幸, 上田 紗代, 西村 賢二, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 長井 幸二郎, 安部 秀斉 :
全身倦怠感,呼吸困難感を生じ,その後急性高Ca血症と判明した透析患者の一例,
第47回徳島透析療法研究会, 2019年11月.
6. 湊 将典, 村上 太一, 上田 紗代, 小野 広幸, 西村 賢二, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 長井 幸二郎, 安部 秀斉 :
Fanconi症候群を合併したTubulointerstitial nephritis with IgM-positive plasma cellsの一例,
第49回日本腎臓学会西部学術大会, 2019年10月.
7. 清水 郁子, 長井 幸二郎, 稲垣 太造, 湊 将典, 岩城 真帆, 山口 純代, 上田 紗代, 西村 賢二, 小野 広幸, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 史, 村上 太一, 岸 誠司, 安部 秀斉 :
慢性B型肝炎治療中に緩徐に進行する腎機能障害をみとめた一例,
第49回日本腎臓学会西部学術大会, 2019年10月.
8. 近藤 広宗, 田蒔 昌憲, 湊 将典, 稲垣 太造, 柴田 恵理子, 西村 賢二, 小野 広幸, 村上 太一, 安部 秀斉, 長井 幸二郎 :
早期診断に基づく分子標的薬治療で救命しえたTAFRO症候群の1例,
第49回日本腎臓学会西部学術大会, 2019年10月.
9. 岸 誠司, 小野 広幸, 稲垣 太造, 湊 将典, 西村 賢二, 岸 史, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 安部 秀斉, 長井 幸二郎 :
PR-3 ANCA陽性化膿性脊椎炎合併シャント腎炎の1例,
第49回日本腎臓学会西部学術大会, 2019年10月.
10. 山口 純代, 岩城 真帆, 清水 郁子, 稲垣 太造, 湊 将典, 小野 広幸, 上田 紗代, 西村 賢二, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 長井 幸二郎, 桝田 志保, 遠藤 逸朗, 安部 秀斉 :
透析導入期に急性高Ca血症を生じた一例,
第49回日本腎臓学会西部学術大会, 2019年10月.
11. 上田 紗代, 長井 幸二郎, 横田 成司, 廣瀬 大輔, 森 浩章, 野間 喜彦, 土井 俊夫, 水口 潤 :
2型糖尿病外来維持血液透析患者のグリコアルブミンに対する透析液へのアルブミン漏出の影響,
第53回四国透析療法研究会, 2019年10月.
12. 近藤 郁, 菊川 幸子, 長田 真寿美, 竹内 教貴, 廣瀬 大輔, 横田 成司, 長井 幸二郎 :
透析受容と自己管理の関連性,
第53回四国透析療法研究会, 2019年10月.
13. 岸田 盛吾, 田蒔 昌憲, 稲垣 太造, 湊 将典, 岸 史, 岸 誠司, 村上 太一, 安部 秀斉, 長井 幸二郎 :
血液培養でHelicobacter cinaediを同定した排液培養陰性腹膜透析関連腹膜炎の一例,
第259回徳島医学会学術集会, 2019年8月.
14. 黒澤 すみれ, 清水 郁子, 稲垣 太造, 湊 将典, 岩城 真帆, 山口 純代, 上田 紗代, 西村 賢二, 小野 広幸, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 安部 秀斉, 早渕 修, 長井 幸二郎 :
B型肝炎治療薬によって緩徐に腎機能悪化をみとめた一例,
第259回徳島医学会学術集会, 2019年8月.
15. 上田 紗代, 長井 幸二郎, 土田 健司, 土井 俊夫, 水口 潤 :
安定維持透析患者において透析前ナトリウム濃度は随時血糖とも関連する予後因子である,
第64回日本透析医学会学術集会, 2019年6月.
16. 角 安香里, 緒方 良輔, 妹尾 知怜, 佐藤 翔平, 小林 誠司, 岡崎 明日香, 白石 美恵, 柴田 恵理子, 岸 史, 長井 幸二郎 :
災害時におけるマニュアルおよびアクションカードの改定,
第64回日本透析医学会学術集会, 2019年6月.
17. 西村 賢二, 岸 誠司, 小野 広幸, 岸 史, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 安部 秀斉, 長井 幸二郎 :
生活習慣病リスク増加は腎臓の線維化と老化を加速する,
第62回日本腎臓学会学術総会, 2019年6月.
18. Kojiro Nagai :
In vivo evidence of mTORC1-S6 kinase pathway involvement in mesangial expansion in IgA nephropathy,
第62回日本腎臓学会学術総会, Jun. 2019.
19. 小野 広幸, 安部 秀斉, 田蒔 昌憲, 冨永 辰也, 岸 史, 岸 誠司, 村上 太一, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
Smad1とSmad3の新規相互リン酸化制御機構による糖尿病性腎症の病態解析,
第62回日本腎臓学会学術総会, 2019年6月.
20. 西村 賢二, 村上 太一, 小野 広幸, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
血中HDLアポ蛋白ApoL1はインスリンシグナルに制御され2型糖尿病における糸球体濾過量と相関する,
第62回日本腎臓学会学術総会, 2019年6月.
21. 村上 太一, 小野 広幸, 島 久登, 田代 学, 井上 朋子, 田蒔 昌憲, 川原 和彦, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 水口 潤, 土井 俊夫 :
ADPKDにおけるトルバプタン治療反応性と臨床的特徴についての検討,
第62回日本腎臓学会学術総会, 2019年6月.
22. 長井 幸二郎 :
成体腎疾患におけるメサンギウム細胞のin vivoでの機能解析,
第52回日本臨床腎移植学会, 2019年2月.
23. 荒瀬 美晴, 長井 幸二郎, 稲垣 太造, 柴田 恵理子, 岸 史, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 岸 誠司, 安部 秀斉, 松浦 元一 :
尿蛋白減少にシクロスポリンが有効であったアルポート症候群の1例,
日本内科学会第119回四国地方会, 2018年12月.
24. 村上 太一, 岸 史, 田蒔 昌憲, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 岸 誠司, 湊 将典, 上田 紗代 :
Fanconi症候群を合併したTubulointerstitial nephritis with IgM-positive plasma cellsの一例,
第119回四国地方会, 2018年12月.
25. 緒方 良輔, 小林 誠司, 角 安香里, 松岡 瑞季, 村上 太一, 稲垣 太造, 湊 将典, 上田 紗代, 小野 広幸, 西村 賢二, 岸 誠司, 安部 秀斉, 柴田 恵理子, 岸 史, 長井 幸二郎 :
クリオグロブリン血症性血管炎症例に対して クライオフィルとレーションにて皮膚潰瘍が改善した一例,
第47回徳島透析療法研究会, 2018年11月.
26. 井上 雄介, 池亀 彰茂, 多田 智紀, 川西 智子, 徳永 尚樹, 吉田 裕子, 中尾 隆之, 長井 幸二郎 :
当院で経験した原発性マクログロブリン血症3症例における表面抗原の解析,
第51回中四国支部医学検査学会, 2018年11月.
27. 松本 力三, 鳥居 裕太, 西尾 進, 湯浅 麻美, 平田 有紀奈, 山尾 雅美, 中尾 隆之, 長井 幸二郎 :
膵尾部に限局性腫大を呈した自己免疫性膵炎の1例,
第51回中四国支部医学検査学会, 2018年11月.
28. 長井 幸二郎, 中尾 隆之 :
非糖尿病の一般住民における尿中IV型コラーゲン測定の意義,
第65回日本臨床検査医学会学術集会, 2018年11月.
29. 緒方 良輔, 小林 誠司, 角 安香里, 松岡 瑞季, 佐藤 翔平, 妹尾 知怜, 柴田 恵理子, 岸 史, 長井 幸二郎 :
クリオグロブリン血症性血管炎に対しクライオフィルトレーションを施行した一例,
第39回日本アフェレーシス学会, 2018年10月.
30. 三好 雅士, 井上 雄介, 西岡 麻衣, 秦 真公人, 池亀 彰茂, 中尾 隆之, 長井 幸二郎 :
腎機能を考慮したプレセプシン基準範囲の設定,
日本臨床検査自動化学会第50回大会, 2018年10月.
31. 井上 雄介, 池亀 彰茂, 多田 智紀, 川西 智子, 徳永 尚樹, 吉田 裕子, 中尾 隆之, 長井 幸二郎 :
フローサイトメトリーを用いた敗血症患者における表面抗原の解析,
日本臨床検査自動化学会第50回大会, 2018年10月.
32. 小笠 佐知子, 森 さゆり, 重本 幸子, 松本 真弓, 中尾 隆之, 長井 幸二郎 :
HCV抗体検出試薬「ルミパルスプレストHCV」の基礎性能評価,
日本臨床検査自動化学会第50回大会, 2018年10月.
33. 岡田 衣世, 田蒔 昌憲, 稲垣 太造, 湊 将典, 岸 史, 岸 誠司, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
血液培養でHelicobacter cinaediを同定した廃液培養陰性PD関連腹膜炎の一例,
第24回日本腹膜透析医学会学術集会・総会, 2018年10月.
34. 西村 賢二, 田蒔 昌憲, 岸 史, 村上 太一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
適切な腹膜透析廃液培養が早期診断・治療により有用であった真菌性腹膜炎の1例,
第24回日本腹膜透析医学会学術集会・総会, 2018年10月.
35. 長井 幸二郎 :
徳島県の取り組み,
第24回日本腹膜透析医学会学術集会・総会, 2018年10月.
36. 長井 幸二郎 :
慢性腎臓病の血圧管理,
第48回日本腎臓学会西部学術大会, 2018年9月.
37. 長井 幸二郎 :
メサンギウム細胞の機能解析によるCKD病態解明,
第48回日本腎臓学会西部学術大会, 2018年9月.
38. 田蒔 昌憲, 湊 将典, 稲垣 太造, 村上 太一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
腎盂腎炎と鑑別困難であった化膿性脊椎炎に感染後腎炎の合併が疑われた1例,
第48回日本腎臓学会西部学術大会, 2018年9月.
39. 小野 広幸, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 稲垣 太造, 湊 将典, 上田 紗代, 西村 賢二, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 史, 村上 太一, 岸 誠司, 水口 潤, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
ALK阻害薬関連の進行性腎障害を呈した1例,
第48回日本腎臓学会西部学術大会, 2018年9月.
40. 村上 太一, 岸 史, 田蒔 昌憲, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉 :
多彩な腎病変を合併し細胞表面マーカー染色により肉芽腫性間質性腎炎を診断しえた腎サルコイドーシスの一例,
第48回日本腎臓学会西部学術集会, 2018年9月.
41. 村上 太一, 岸 史, 田蒔 昌憲, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉 :
血栓性微小血管症による急性腎障害で末期腎不全に至ったクリオグロブリン血管炎の一例,
第48回日本腎臓学会西部学術集会, 2018年9月.
42. 廣瀬 大輔, 田尾 知浩, 長井 幸二郎, 横田 成司, 野間 喜彦, 水口 潤, 川島 周 :
糖化アルブミンに対する アルブミン漏出の影響,
第24回HDF研究会学術集会・総会, 2018年9月.
43. 宮上 慎司, 小野 広幸, 岸 誠司, 近藤 英司, 内藤 伸仁, 稲垣 太造, 湊 将典, 上田 紗代, 西村 賢二, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 史, 村上 太一, 安部 秀斉, 西岡 安彦, 長井 幸二郎 :
ANCA関連血管炎との鑑別を要したIgG4関連疾患の1例,
第257回徳島医学会学術集会, 2018年8月.
44. 上田 紗代, 長井 幸二郎, 土田 健司, 土井 俊夫, 水口 潤 :
透析前ナトリウム濃度は広い年齢層で安定維持透析患者の予後に関連する,
第63回日本透析医学会学術集会, 2018年6月.
45. 徳永 尚樹, 赤岩 沙紀, 井上 雄介, 吉田 裕子, 池亀 彰茂, 中尾 隆之, 山本 美佳, 丸山 征郎, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
腫瘍細胞由来のエクソソームによる凝固線溶系活性化の解析:凝固波形解析からのアプローチ,
第40回日本血栓止血学会学術集会, 2018年6月.
46. 岸 史, 長井 幸二郎, 冨永 辰也, 田蒔 昌憲, 柴田 恵理子, 村上 太一, 岸 誠司, 肥塚 靖彦, 皆川 直人, 一圓 剛, 高松 典通, 土井 俊夫 :
尿中IV型コラーゲンは非糖尿病一般住民における糸球体濾過率低下に関与する,
第61回日本腎臓学会学術総会, 2018年6月.
47. 田蒔 昌憲, 冨永 辰也, 藤田 結衣, 岸 史, 岸 誠司, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
レチノイン酸はBmp4遺伝子発現を直接制御して糖尿病マウスの糸球体硬化を改善する,
第61回日本腎臓学会学術総会, 2018年6月.
48. 三好 雅士, 井上 雄介, 西岡 麻衣, 秦真 公人, 池亀 彰茂, 中尾 隆之, 長井 幸二郎 :
慢性腎臓病患者におけるプレセプシン値の評価,
第67回日本医学検査学会, 2018年5月.
49. 西村 賢二, 岸 誠司, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
血液透析導入期に発症した左心系感染性心内膜炎の1例,
第48回徳島透析療法研究会, 2017年11月.
50. 長井 幸二郎, 中尾 隆之, 土井 俊夫 :
ヒトIgA腎症における増殖因子Gas6とその受容体の役割,
第64回日本臨床検査医学会学術集会, 2017年11月.
51. 湊 将典, 岸 誠司, 村上 太一, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
nivolumabによる治療中にIgA腎症を発症した肺扁平上皮癌の症例,
第47回日本腎臓学会西部学術大会, 2017年10月.
52. 岸 誠司, 小幡 史明, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
全身倦怠感と食欲不振をきっかけに診断に至ったNoncrystalline Light Chain Proximal Tubulopathy (LCPT) の一例,
第47回日本腎臓学会西部学術大会, 2017年10月.
53. 村上 太一, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 岸 誠司, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 三好 雅士, 中尾 隆之 :
HDLアポ蛋白ApolipoproteinL1の血中濃度の意義についての検討,
第57回日本臨床化学会年次学術集会, 2017年10月.
54. 村上 太一, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 三好 雅士, 中尾 隆之, 小谷 和彦 :
HDLアポ蛋白ApolipoproteinL1の血中濃度の意義についての検討,
第57回日本臨床化学会年次学術集会, 2017年10月.
55. 小野 広幸, 安部 秀斉, 上田 紗代, 西村 賢二, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症の糸球体硬化抑制過程におけるSmad1の新規リン酸化部位の同定と解析,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
56. 岩城 真帆, 湊 将典, 岸 誠司, 村上 太一, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 西條 敦郎, 西岡 安彦 :
ニボルマブの投与を契機としてIgA腎症を発症した扁平上皮癌の1例,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
57. 久保 友紀子, 田蒔 昌憲, 湊 将典, 村上 太一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 手束 文威, 林 二三男 :
尿路感染症との鑑別が困難であった化膿性脊椎炎の1例,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
58. 上田 紗代, 村上 太一, 宮城 順子, 稲垣 太造, 湊 将典, 小野 広幸, 小幡 史明, 西村 賢二, 吉本 咲耶, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 史, 岸 誠司, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
ダクラタスビル・アスナプレビル併用療法およびアジルサルタンで寛解したHCV関連クリオグロブリン腎症の一例,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
59. 西村 賢二, 岸 誠司, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
血液導入期に発症した左心系感染性心内膜炎の1例,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
60. 小野 広幸, 安部 秀斉, 上田 紗代, 西村 賢二, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症の糸球体硬化抑制過程におけるSmad1の新規リン酸化部位の同定と解析,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
61. 藤田 結衣, 冨永 辰也, 櫻井 明子, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
BMP4シグナルが作用するポドサイト障害発生機序の解析,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
62. 稲垣 太造, 小野 広幸, 岸 誠司, 湊 将典, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 岸 史, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 松浦 元一, 西村 賢二, 吉本 咲耶 :
脳室ー心房シャント感染に続発したPR3-ANCA陽性シャント感染後腎炎の一例,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
63. 小幡 史明, 村上 太一, 田蒔 昌憲, 岸 誠司, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
抗糸球体基底膜抗体値の著明高値を認めた抗糸球体基底膜抗体型腎炎の1例,
第62回日本透析医学会学術集会, 2017年6月.
64. 村上 太一, 稲垣 太造, 湊 将典, 柴田 恵理子, 西村 賢二, 小野 広幸, 上田 紗代, 田蒔 昌憲, 岸 史, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
過粘稠症候群に血漿交換が奏功した原発性マクログロブリン血症の一例,
第62回日本透析医学会学術集会, 2017年6月.
65. 小野 広幸, 村上 太一, 稲垣 太造, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 史, 松浦 元一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
クリオグロブリン血栓性血管炎に続発した二次性血栓性微少血管症(TMA)に対して血漿交換,血液透析,ステロイド治療で救命しえた一例,
第62回日本透析医学会学術集会, 2017年6月.
66. 村上 太一, 稲垣 太造, 湊 将典, 柴田 恵理子, 西村 賢二, 小野 広幸, 上田 紗代, 田蒔 昌憲, 岸 史, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
過粘稠症候群に血漿交換が奏功した原発性マクログロブリン血症の一例,
第62回日本透析医学会学術集会, 2017年6月.
67. 小野 広幸, 村上 太一, 稲垣 太造, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 史, 松浦 元一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
クリオグロブリン血栓性血管炎に続発した二次性血栓性微少血管症(TMA)に対して血漿交換,血液透析,ステロイド治療で救命しえた一例,
第62回日本透析医学会学術集会, 2017年6月.
68. 上田 紗代, 柴田 恵理子, 小野 広幸, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
LDL吸着療法とCyAの併用が奏功したネフローゼ症候群の2例,
第62回日本透析医学会学術集会, 2017年6月.
69. 岸 誠司, 飛梅 亮, 岸 潤, 田蒔 昌憲, 岸 史, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
くも膜下出血(SAH)とAKIの合併を良好に管理し得たループス腎炎の一例,
日本透析医学会雑誌, 2017年6月.
70. 吉本 咲耶, 長井 幸二郎, 柴田 恵理子, 上田 紗代, 小野 広幸, 田蒔 昌憲, 西村 賢二, 岸 史, 松浦 元一, 岸 誠司, 村上 太一, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
慢性腎臓病患者の入院前中後の血清アルブミン濃度と蛋白尿の推移,
第60回日本腎臓学会学術総会, 2017年5月.
71. 田蒔 昌憲, 冨永 辰也, 藤田 結衣, 松浦 元一, 岸 誠司, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
レチノイン酸による糖尿病性糸球体硬化分子BMP4制御機構の検討,
第60回日本腎臓学会学術総会, 2017年5月.
72. 村上 太一, 岸 誠司, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
TGFβトランスジェニックマウスにおけるビタミンD受容体アナログパリカルシトールの腎保護効果,
第60回日本腎臓学会学術総会, 2017年5月.
73. 村上 太一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 中尾 隆之, 三好 雅士 :
HDLアポ蛋白ApolipoproteinL1の血中濃度の意義についての検討,
第13回合同地方会, 2017年2月.
74. 中川 裕美, 冨永 辰也, 櫻井 明子, 藤田 結衣, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
ポドサイトへのBMP4過剰発現による腎組織への影響,
徳島県臨床検査技師会誌 第40回徳島県医学検査学会抄録集, 28, 2016年12月.
75. 田蒔 昌憲, 安部 秀斉, 小野 広幸, 上田 紗代, 吉本 咲耶, 岸 史, 松浦 元一, 岸 誠司, 村上 太一, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
糞線虫症の関与が疑われた膜性腎症の一例,
第46回日本腎臓学会西部学術大会, 2016年10月.
76. 村上 太一, 岸 誠司, 土井 俊夫, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 松浦 元一 :
ダクラタスビル・アスナプレビル併用療法およびアジルサルタンで寛解したHCV関連クリオグロブリン腎症の一例,
第46回日本腎臓学会西部学術集会, 2016年10月.
77. 岸 誠司, 山田 諭, 柴田 恵理子, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 岸 史, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
初診時に心不全と診断された高齢発症のヒトパルボウイルスB19による急性糸球体腎炎の1例,
日本腎臓学会誌, 2016年10月.
78. 岸 誠司, 小野 広幸, 長井 幸二郎, 村上 太一, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 香美 祥二, 土井 俊夫 :
検尿異常を来さずに進行した可能性が考えられた間質性腎炎の小児例,
第46回日本腎臓学会西部学術大会, 2016年10月.
79. 岸 誠司, 小野 広幸, 長井 幸二郎, 村上 太一, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 香美 祥二, 土井 俊夫 :
検尿異常を来さずに進行した可能性が考えられた間質性腎炎の小児例,
第46回日本腎臓学会西部学術大会, 2016年10月.
80. 松浦 元一, 吉本 咲耶, 櫻井 明子, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
DAPIはAL型アミロイド腎症の診断に有用かもしれない,
2016年9月.
81. 松浦 元一, 上田 紗代, 小野 広幸, 吉本 咲耶, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 史, 岸 誠司, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土田 健司, 水口 潤, 土井 俊夫 :
DAPIはAL型アミロイド腎症の診断に有用かもしれない,
第59回日本腎臓学会学術総会, 2016年6月.
82. 長井 幸二郎, 冨永 辰也, 村上 太一, 柴田 恵理子, 岸 誠司, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
メサンギウム細胞のin vivoでの機能解析~mTOR経路の活性化は糸球体硬化を誘導する~,
第59回日本腎臓学会学術総会, 2016年6月.
83. 村上 太一, 長井 幸二郎, 柴田 恵理子, 小野 広幸, 上田 紗代, 吉本 咲耶, 田蒔 昌憲, 岸 史, 岸 誠司, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
急性腎不全を呈した原因不明の血栓性微少血管症に血漿交換および副腎皮質ステロイドが奏功した1例,
第61回日本透析医学会学術集会, 2016年6月.
84. 長井 幸二郎, 土田 健司, 土井 俊夫, 水口 潤 :
透析患者の予後決定因子の年齢層別解析,
第61回日本透析医学会学術集会, 2016年6月.
85. 廣瀬 大輔, 土田 健司, 稲井 徹, 喜多 良孝, 阪田 章聖, 長井 幸二郎, 濱尾 巧, 須藤 泰史, 山本 修三, 水口 潤, 橋本 寛文 :
2015年徳島透析医会の活動報告,
第61回日本透析医学会学術集会, 2016年6月.
86. 湊 将典, 村上 太一, 上田 紗代, 岸 誠司, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 近藤 真代, 西岡 安彦 :
横隔膜交通症の診断および交通部位同定に腹腔シンチグラフィが有用であった1例,
第114回内科四国地方会, 2016年5月.
87. 村上 太一, 土井 俊夫, 安部 秀斉, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 吉本 咲耶, 岸 誠司, 上田 紗代, 小野 広幸, 田蒔 昌憲 :
徳島大学腎臓内科における多発性嚢胞腎患者の診療現況,
第114回内科学会四国地方会, 2016年5月.
88. 坂東 直紀, 竹内 理沙, 小林 誠司, 緒方 良輔, 北岡 豊永, 近田 優介, 小野 広幸, 上田 紗代, 田蒔 昌憲, 岸 史, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
内シャントを使用したビリルビン吸着と血液透析の同時施行の経験,
第43回日本血液浄化技術学会, 2016年4月.
89. 湊 将典, 上田 紗代, 村上 太一, 小野 広幸, 吉本 咲耶, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 史, 岸 誠司, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 近藤 真代, 坂口 暁, 西岡 安彦, 新井 悠太, 新家 崇義, 音見 暢一, 河北 直也, 滝沢 宏光, 梶浦 耕一郎, 先山 正二 :
横隔膜交通症の診断および交通部位同定に腹腔シンチグラフィが有用であった1例,
第252回徳島医学会学術集会, 2016年2月.
90. 細井 美希, 松浦 元一, 田蒔 昌憲, 上田 紗代, 小野 広幸, 吉本 咲耶, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
微少変化型ネフローゼ症候群を呈し,自然寛解後再発した足細胞陥入糸球体症の1例,
第113回日本内科学会四国地方会, 2015年12月.
91. 田蒔 昌憲, 小野 広幸, 上田 紗代, 吉本 咲耶, 柴田 恵理子, 松浦 元一, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
腹膜透析によって効率的な自立支援を行えた若年男性の1例,
第21回腹膜透析医学会学術集会・総会, 2015年11月.
92. 松浦 元一, 河原 加奈, 上田 紗代, 小野 広幸, 吉本 咲耶, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土田 健司, 水口 潤, 土井 俊夫 :
IgA腎症に膜性腎症を合併した2症例,
第45回日本腎臓学会西部学術大会, 2015年10月.
93. 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 小野 広幸, 上田 紗代, 吉本 咲耶, 田蒔 昌憲, 松浦 元一, 村上 太一, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
急性腎不全を発症しPEとステロイドで透析離脱できたTMAの一例,
第45回日本腎臓学会西部学術大会, 2015年10月.
94. 小野 広幸, 平野 隆弘, 櫻井 明子, 新井 美存, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 吉本 咲耶, 田蒔 昌憲, 松浦 元一, 村上 太一, 長井 幸二郎, 土井 俊夫, 安部 秀斉 :
E2A新規結合分子FLASHによるTNFα-p21制御と細胞増殖・老化の調整による腎炎の修復機構,
第6回分子腎臓フォーラム, 2015年9月.
95. 小野 広幸, 平野 隆弘, 櫻井 明子, 新井 美存, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 吉本 咲耶, 田蒔 昌憲, 松浦 元一, 村上 太一, 長井 幸二郎, 土井 俊夫, 安部 秀斉 :
E2A新規結合分子FLASHによるTNFα-p21制御と細胞増殖・老化の調整による腎炎の修復機構,
第6回分子腎臓フォーラム, 2015年9月.
96. 竹内 理沙, 野田 康裕, 牧野 友美, 近田 優介, 緒方 良輔, 森西 啓介, 小林 誠司, 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 村上 太一, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 大西 実季, 高松 愛子, 山田 香苗 :
Pre-pump Arterial Pressureの再評価~実血流と溶血の観点から~,
第60回日本透析医学会学術集会・総会, 2015年6月.
97. 緒方 良輔, 長井 幸二郎, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 上田 紗代, 土井 俊夫, 西岡 幹人, 竹内 理沙, 板東 直紀, 高松 愛子, 山田 香苗, 大西 実季, 宮本 悠香 :
当院での周術期管理の向上を目指して~過去5年統計結果~,
第60回日本透析医学会学術集会・総会, 2015年6月.
98. 板東 直紀, 西岡 幹人, 竹内 理沙, 緒方 良輔, 高松 愛子, 山田 香苗, 大西 実季, 宮本 悠香, 長井 幸二郎, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 上田 紗代, 土井 俊夫 :
当院での周術期管理の向上を目指して~心大血管治療群と他科治療群の検討~,
第60回日本透析医学会学術集会・総会, 2015年6月.
99. 竹内 理沙, 西岡 幹人, 緒方 良輔, 板東 直紀, 高松 愛子, 山田 香苗, 大西 実季, 宮本 悠香, 長井 幸二郎, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 上田 紗代, 土井 俊夫 :
当院での周術期管理の向上を目指して~消化器群と多臓器群の検討~,
第60回日本透析医学会学術集会・総会, 2015年6月.
100. 廣瀬 大輔, 土田 健司, 水口 潤, 橋本 寛文, 喜多 良孝, 阪田 章聖, 長井 幸二郎, 濱尾 巧, 山本 修三, 岩朝 昭, 増田 寿志 :
2014年徳島透析医会の活動報告,
第60回日本透析医学会学術集会・総会, 2015年6月.
101. 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 小野 広幸, 上田 紗代, 吉本 咲耶, 村上 太一, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 鉄谷 真由, 久保 宜明 :
光線療法に対して難治性でIFN-γを使った菌状息肉症の一例,
第60回日本透析医学会学術集会・総会, 2015年6月.
102. 村上 太一, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 田蒔 昌憲, 柴田 恵理子, 吉本 咲耶, 小野 広幸, 上田 紗代, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
Trophoblast glycoprotein:ポドサイト障害における発現・機能解析および尿中マーカーとしての検討,
第58回日本腎臓学会学術総会, 2015年6月.
103. 村上 太一, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 田蒔 昌憲, 柴田 恵理子, 吉本 咲耶, 小野 広幸, 上田 紗代, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
Trophoblast glycoprotein:ポドサイト障害における発現・機能解析および尿中マーカーとしての検討,
第58回日本腎臓学会学術総会, 2015年6月.
104. 小野 広幸, 平野 隆弘, 櫻井 明子, 新井 美存, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 吉本 咲耶, 田蒔 昌憲, 松浦 元一, 村上 太一, 長井 幸二郎, 土井 俊夫, 安部 秀斉 :
E2A新規結合因子FLASHによるTNFα-P21制御と細胞増殖・老化の調整による腎炎の修復機構,
第58回日本腎臓学会学術総会, 2015年6月.
105. 村上 太一, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 吉本 咲耶, 小野 広幸, 上田 紗代, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
Trophoblast glycoprotein:ポドサイト障害における発現・機能解析および尿中マーカーとしての検討,
2015年6月.
106. 小野 広幸, 平野 隆弘, 櫻井 明子, 新井 美存, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 吉本 咲耶, 田蒔 昌憲, 松浦 元一, 村上 太一, 長井 幸二郎, 土井 俊夫, 安部 秀斉 :
E2A新規結合因子FLASHによるTNFα-P21制御と細胞増殖・老化の調整による腎炎の修復機構,
第58回日本腎臓学会学術総会, 2015年6月.
107. 野田 和克, 村上 太一, 上田 紗代, 柴田 理恵子, 田蒔 昌憲, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
Dペニシラミン投与後に微小変化型ネフローゼ症候群を発症しミゾリビンが著効した一例,
第111回内科四国地方会, 2014年11月.
108. 竹内 理沙, 西岡 幹人, 長井 幸二郎, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 土井 俊夫 :
当院での維持透析患者の周術期における血液データの動向,
第45回徳島透析療法研究会, 2014年11月.
109. 櫻井 明子, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 村上 太一, 安部 尚子, 土井 俊夫 :
糖尿病のポドサイト障害におけるBMP-CXCR7シグナル異常の検出法,
第61回日本臨床検査医学会学術集会, 2014年11月.
110. 吉本 咲耶, 長井 幸二郎, 小野 広幸, 柴田 恵理子, 上田 紗代, 田蒔 昌憲, 安部 尚子, 村上 太一, 美馬 晶, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
サルコイドーシス,高カルシウム血症により間質障害を呈した一例,
第44回日本腎臓学会西部学術大会, 2014年10月.
111. 吉本 咲耶, 長井 幸二郎, 小野 広幸, 柴田 恵理子, 上田 紗代, 田蒔 昌憲, 安部 尚子, 村上 太一, 美馬 晶, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
サルコイドーシス,高カルシウム血症により間質障害を呈した一例,
第44回日本腎臓学会西部学術大会, 2014年10月.
112. 小野 広幸, 村上 太一, 松浦 元一, 美馬 晶, 吉本 咲耶, 上田 紗代, 田蒔 昌憲, 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
ループス腎炎との鑑別を要したIgG4関連腎症の1例,
第44回日本腎臓学会西部学術大会, 2014年10月.
113. 松浦 元一, 上田 紗代, 小野 広幸, 吉本 咲耶, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 佐藤 正大, 岸 潤, 西岡 安彦, 土井 俊夫 :
関節リウマチに対してetanercept投与中に半月体形成性糸球体腎炎を来した1例,
第44回日本腎臓学会西部学術大会, 2014年10月.
114. 小野 広幸, 村上 太一, 松浦 元一, 美馬 晶, 吉本 咲耶, 上田 紗代, 田蒔 昌憲, 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
ループス腎炎との鑑別を要したIgG4関連腎症の1例,
第44回日本腎臓学会西部学術大会, 2014年10月.
115. 松浦 元一, 上田 紗代, 小野 広幸, 吉本 咲耶, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 佐藤 正大, 岸 潤, 西岡 安彦, 土井 俊夫 :
関節リウマチに対してetanercept投与中に半月体形成性糸球体腎炎を来した1例,
第44回日本腎臓学会西部学術大会, 2014年10月.
116. 竹内 理沙, 野田 康裕, 長井 幸二郎, 小野 広幸, 吉本 咲耶, 牧野 友美, 近田 優介, 小林 誠司, 大西 実季, 高松 愛子, 山田 香苗, 美馬 晶, 柴田 恵理子, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
実血流の確保において引き込みは指標となりうるか,
第59回日本透析医学会学術集会・総会, 2014年6月.
117. 新井 悠太, 長井 幸二郎, 柴田 恵理子, 藤田 美香, 美馬 晶, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 宮本 龍郎, 土井 俊夫 :
抗GBM抗体,P-ANCA陽性急速進行性腎炎の治療経過において視力低下を来した高齢者の一例,
日本内科学会第110回四国地方会, 2014年6月.
118. 小野 広幸, 美馬 晶, 吉本 咲耶, 松浦 元一, 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
H.pylori陽性かつSLEの診断基準を満たす免疫異常に続発したIgG4関連腎症の1例,
日本内科学会第19回四国地方会, 2013年12月.
119. 小野 広幸, 美馬 晶, 吉本 咲耶, 松浦 元一, 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
H.pylori陽性かつSLEの診断基準を満たす免疫異常に続発したIgG4関連腎症の1例,
日本内科学会第19回四国地方会, 2013年12月.
120. 竹内 理沙, 野田 康裕, 長井 幸二郎, 小野 広幸, 吉本 咲耶, 牧野 友美, 近田 優介, 小林 誠司, 大西 実季, 高松 愛子, 山田 香苗, 美馬 晶, 松浦 元一, 柴田 恵理子, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
針の口径によって確保できる実血流量の評価,
第44回徳島透析療法研究会, 2013年11月.
121. 小野 広幸, 美馬 晶, 柴田 恵理子, 松浦 元一, 山田 諭, 長井 幸二郎, 吉本 咲耶, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
当院における成人紫斑病性腎炎に対するプレドニゾロン+ミゾリビン併用療法の有効性についての検討,
第43回 日本腎臓学会西部学術総会, 2013年10月.
122. 小野 広幸, 美馬 晶, 柴田 恵理子, 松浦 元一, 山田 諭, 長井 幸二郎, 吉本 咲耶, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 柴田 恵理子 :
当院における成人紫斑病性腎炎に対するプレドニゾロン+ミゾリビン併用療法の有効性についての検討,
第43回 日本腎臓学会西部学術総会, 2013年10月.
123. 長井 幸二郎 :
高尿酸血症と薬物療法 腎機能に応じた薬物の適応とその効果について,
第7回日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会2013, 2013年10月.
124. 廣瀬 大輔, 奥尾 康晴, 土田 健司, 稲井 徹, 喜多 良孝, 坂田 章聖, 長井 幸二郎, 浜尾 巧, 増田 寿志, 山口 邦久, 岩朝 昭, 山本 修三, 水口 潤, 橋本 寛文 :
2012年徳島透析医会の取り組み,
第58回日本透析医学会学術集会・総会, 2013年6月.
125. 野田 康裕, 竹内 理沙, 長井 幸二郎, 久原 幸典, 近田 優介, 小林 誠司, 山田 香苗, 高松 愛子, 美馬 晶, 松浦 元一, 三並 智子, 柴田 恵理子, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
針の口径による最大血流量と TR-3000測定血液流量モニタリングシステムの評価,
第58回日本透析医学会学術集会・総会, 2013年6月.
126. 三好 雅士, 長井 幸二郎, 掛 武威, 福島 直, 松浦 元一, 柴田 恵理子, 吉川 和寛, 山口 邦久, 井崎 博文, 美馬 晶, 冨永 辰也, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
ヒトIgA腎症におけるGas6とその受容体Dtkの関与,
第56回日本腎臓学会学術総会, 2013年5月.
127. 永井 隆, 富本 亜由美, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 宮崎 雅仁, 香美 祥二, 山口 邦久, 柴田 恵理子, 長井 幸二郎 :
Septo-optic dysplasiaの末期腎不全に対して維持血液透析を導入した一例,
第139回日本小児科学会徳島地方会, 2012年12月.
128. 古本 哲朗, 長井 幸二郎, 山田 諭, 柴田 恵理子, 岸 史, 岸 誠司, 松浦 元一, 美馬 晶, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 竹内 理沙, 野田 康裕, 小林 誠司, 近田 優介, 高松 愛子, 山田 香苗, 長江 雄浩, 中瀧 理仁 :
血液透析によってリチウム中毒による意識障害の改善をみた1症例,
第43回徳島透析療法研究会, 2012年11月.
129. 松浦 元一, 山田 諭, 柴田 恵理子, 渡瀬 謙仁, 岸 史, 岸 誠司, 美馬 晶, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 中村 信元, 安倍 正博, 土井 俊夫 :
腎生検にてγ重鎖沈着症が疑われた糸球体沈着症の一例,
第42回日本腎臓学会西部学術大会, 2012年10月.
130. 冨永 辰也, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 岸 誠司, 美馬 晶, 土井 俊夫 :
BMP4シグナル活性化はポドサイト障害およびメサンギウム基質増生を進展させる,
第3回 分子腎臓フォーラム, 2012年9月.
131. 冨永 辰也, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 岸 誠司, 美馬 晶, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症におけるポドサイト障害に作用するBMP4の分子機構,
第4回腎疾患と高血圧研究会, 2012年7月.
132. 廣瀬 大輔, 奥尾 康晴, 土田 健司, 喜多 良孝, 阪田 章聖, 長井 幸二郎, 濱尾 巧, 増田 寿志, 山口 邦久, 岩朝 昭, 山本 修三, 橋本 寛文, 水口 潤 :
南海大地震を想定した徳島県の取り組み,
第57回日本透析医学会学術集会・総会, 2012年6月.
133. 長井 幸二郎, 柴田 昌典, 土井 俊夫, 多和田 英夫, 谷口 信吉 :
透析患者の血液色は炎症を反映し,生命予後に関連する,
第57回日本透析医学会学術集会・総会, 2012年6月.
134. 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 山田 諭, 渡瀬 謙仁, 岸 史, 岸 誠司, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
中等度以上腎機能低下患者に対する フェブキソスタットの有効性の検討,
第55回日本腎臓学会学術総会, 2012年6月.
135. 三好 雅士, 長井 幸二郎, 掛 武威, 福島 直, 松浦 元一, 柴田 恵理子, 山田 諭, 渡瀬 謙仁, 吉川 和寛, 岸 史, 岸 誠司, 山口 邦久, 井崎 博文, 冨永 辰也, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
ヒトIgA腎症における増殖因子Gas6とその受容体Axlの発現,
第55回日本腎臓学会学術総会, 2012年6月.
136. 冨永 辰也, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 岸 誠司, 土井 俊夫 :
ポドサイト障害におけるアポトーシス誘導メカニズムに関する新しい知見,
第4回四国ネフロロジー研究会, 2012年3月.
137. 山田 諭, 長井 幸二郎, 中村 雅将, 柴田 恵理子, 松浦 元一, 村上 太一, 荒岡 利和, 岸 誠司, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
透析導入により痙攣,意識障害,消化器症状の改善が見られた1例,
第42会徳島透析療法研究会, 2011年11月.
138. 山田 諭, 岸 誠司, 柴田 恵理子, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 小笠原 梢, 佐田 政隆 :
ヒトパルボウィルスB19による急性糸球体腎炎の1例,
第105回日本内科学会四国地方会, 2011年11月.
139. 山田 諭, 長井 幸二郎, 上田 恵理子, 村上 太一, 松浦 元一, 岸 誠司, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 遠藤 逸郎, 松本 俊夫 :
活性型ビタミンD3外用剤による高カルシウム血症由来の腎機能障害の一例,
日本腎臓学会雑誌, Vol.53, No.6, 815, 2011年8月.
140. 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 村上 太一, 山田 諭, 岸 誠司, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 板東 良美, 津田 恵, 高橋 正幸, 金山 博臣 :
腎細胞癌に対する受容体チロシンキナーゼ阻害薬Sunitinib投与にてThrombotic microangiopathyを来した一例,
日本腎臓学会雑誌, Vol.53, No.6, 794, 2011年8月.
141. 吉川 和寛, 安部 秀斉, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
Genomic biomarkerを用いたCKD患者の心血管リスク評価の試み,
第56回 日本透析医学会学術集会・総会, 2011年6月.
142. 山下 陽子, 浜田 優介, 高木 優, 山田 香苗, 高松 愛子, 上田 雅彦, 山口 邦久, 金山 博臣, 近藤 直樹, 岸 史, 岸 誠司, 荒岡 利和, 松浦 元一, 村上 太一, 安部 秀斉, 中村 雅将, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
糖尿病合併血液透析患者の自然分娩に至った1例,
日本透析医学会学術集会, 2011年6月.
143. 石澤 有紀, 村上 太一, 岸 史, 松浦 元一, 近藤 直樹, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
LDL吸着が複数回奏功した難治性ネフローゼ症候群の1例,
日本内科学会 第104会四国地方会, 2011年5月.
144. 冨永 辰也, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 岸 誠司, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症発症とアルブミン尿排泄に関与するBMP4の分子機構,
第52回日本生化学会中国・四国支部例会, 2011年5月.
145. 松原 雄, 安部 秀斉, 上田 乙也, 寺社下 浩一, 美馬 晶, 後藤 千里, 荒木 真, 鳥越 和雄, 長井 幸二郎, 家原 典之, 福島 直, 深津 敦司, 木野崎 雅彦, 荒井 秀典, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症における糸球体硬化とアルブミン尿には異なる病態形成機構が存在する,
日本腎臓学会誌, Vol.53, No.3, 390, 2011年5月.
146. 冨永 辰也, 安部 秀斉, 村上 太一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
BMP4における糖尿病性腎症の発症とアルブミン尿排泄機序に関する新たな機序,
糖尿病, Vol.54, No.Suppl.1, S-326, 2011年4月.
147. 長井 幸二郎, 岸 史, 岸 誠司, 中村 雅将, 村上 太一, 松浦 元一, 荒岡 利和, 近藤 直樹, 美馬 晶, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
多彩な合併症のある高齢者コレステロール塞栓の2例,
第40回 日本腎臓学会西部学術大会, 2010年10月.
148. 荒岡 利和, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 村上 太一 :
ミゾリビン500mg投与が有効であった,ステロイド及びシクロスポリンA治療抵抗性成人膜性腎症の一例,
第40回 日本腎臓学会西部学術大会, 2010年10月.
149. 松原 雄, 安部 秀斉, 上田 乙也, 寺社下 浩一, 冨永 辰也, 後藤 千里, 美馬 晶, 長井 幸二郎, 荒木 真, 鳥越 和雄, 松浦 元一, 家原 典之, 木野崎 雅彦, 福島 直, 深津 敦司, 荒井 秀典, 土井 俊夫 :
IV型コラーゲンの転写制御因子Smad1は骨形成因子BMP4を介して糖尿病性腎症進展に中心的役割を果たす,
糖尿病合併症, Vol.24, No.Suppl.1, 107, 2010年10月.
150. 西尾 進, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 冨田 紀子, 玉井 利奈, 遠藤 桂輔, 三木 淳子, 長井 幸二郎, 仁木 敏之, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 竹谷 善雄, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
腎動脈造影にエコーガイドが有用であった腎動脈狭窄症の1例,
脈管学, Vol.50, No.Suppl., S287, 2010年9月.
151. 荒岡 利和, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 村上 太一, 岸 誠司, 岸 史, 近藤 直樹, 土井 俊夫 :
ミゾリビン500mg投与が有効であった,ステロイド及びシクロスポリンA治療抵抗性成人膜性腎症の一例,
日本腎臓学会, Vol.52, No.6, 828, 2010年8月.
152. 長井 幸二郎, 岸 史, 岸 誠司, 中村 雅将, 村上 太一, 松浦 元一, 荒岡 利和, 近藤 直樹, 美馬 晶, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
多彩な合併症のある高齢者コレステロール塞栓の2例,
日本腎臓学会誌, Vol.52, No.6, 803, 2010年8月.
153. 荒岡 利和, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 村上 太一, 岸 誠司, 岸 史, 近藤 直樹, 土井 俊夫 :
ミゾリビン500mg投与が有効であった,ステロイド及びシクロスポリンA治療抵抗性成人膜性腎症の一例,
日本腎臓学会誌, Vol.52, No.6, 828, 2010年8月.
154. 長井 幸二郎 :
尿蛋白陽性の中年男性の1例,
日本腎臓学会誌, Vol.52, No.6, 801, 2010年8月.
155. 荒岡 利和, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 村上 太一, 岸 誠司, 岸 史, 近藤 直樹, 土井 俊夫 :
ミゾリビン500mg投与が有効であった,ステロイド及びシクロスポリンA治療抵抗性成人膜性腎症の一例,
日本腎臓学会誌, Vol.52, No.6, 828, 2010年8月.
156. 高松 典通, 安部 秀斉, 冨永 辰也, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
地域住民健診におけるアルブミン尿検出の有用性,
第53回 日本腎臓学会学術総会, 2010年6月.
157. 岸 誠司, 安部 秀斉, 岸 史, 吉川 和寛, 荒岡 利和, 村上 太一, 冨永 辰也, 長井 幸二郎, 美馬 晶, 家原 典之, 秋山 治彦, 土井 俊夫 :
メサンギウム細胞(MCs)の軟骨細胞形質獲得と低酸素下での不可逆的な腎機能低下の関連,
日本腎臓学会誌, Vol.52, No.3, 322, 2010年5月.
158. 近藤 直樹, 安部 秀斉, 芦名 茂人, 吉川 和寛, 岸 史, 荒岡 利和, 岸 誠司, 松浦 元一, 富永 辰也, 村上 太一, 中村 雅将, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
新規バイオマーカーとしての尿中エクソゾーム中のCD2APによるCKD患者の予後解析,
日本透析医学会雑誌, Vol.43, No.Suppl.1, 801, 2010年5月.
159. 松原 雄, 安部 秀斉, 上田 乙也, 寺社下 浩一, 美馬 晶, 後藤 千里, 冨永 辰也, 荒木 真, 鳥越 和雄, 長井 幸二郎, 家原 典之, 福島 直, 木野崎 雅彦, 深津 敦司, 荒井 秀典, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症に関わる新たな治療標的分子の検討,
日本腎臓学会誌, Vol.52, No.3, 288, 2010年5月.
160. 高松 典通, 安部 秀斉, 冨永 辰也, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
地域住民健診におけるアルブミン尿検出の有用性,
日本腎臓学会誌, Vol.52, No.3, 299, 2010年5月.
161. 岸 誠司, 安部 秀斉, 岸 史, 吉川 和寛, 荒岡 利和, 村上 太一, 冨永 辰也, 長井 幸二郎, 美馬 晶, 家原 典之, 秋山 治彦, 土井 俊夫 :
メサンギウム細胞(MCs)の軟骨細胞形質獲得と低酸素下での不可逆的な腎機能低下の関連,
日本腎臓学会誌, Vol.52, No.3, 322, 2010年5月.
162. 吉川 和寛, 安部 秀斉, 冨永 辰也, 岸 誠司, 岸 史, 荒岡 利和, 村上 太一, 近藤 直樹, 松浦 元一, 長井 幸二郎, 土井 俊夫, 中村 雅将, 土田 健司, 水口 潤, 川島 周 :
CKD患者の血中MGPおよび関連分子と,病態に関する検討,
日本透析医学会雑誌, Vol.43, No.Suppl.1, 682, 2010年5月.
163. 近藤 直樹, 安部 秀斉, 芦名 茂人, 吉川 和寛, 岸 史, 荒岡 利和, 岸 誠司, 松浦 元一, 富永 辰也, 村上 太一, 中村 雅将, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
新規バイオマーカーとしての尿中エクソゾーム中のCD2APによるCKD患者の予後解析,
日本透析医学会雑誌, Vol.43, No.Suppl.1, 801, 2010年5月.
164. 冨永 辰也, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 美馬 晶, 村上 太一, 荒岡 利和, 岸 誠司, 繁田 令子, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症の発症・進展にBMP4/Smad1経路が重要な作用をおよぼす,
日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集, 66, 2010年4月.
165. 冨永 辰也, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 美馬 晶, 村上 太一, 荒岡 利和, 岸 誠司, 繁田 令子, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症の発症・進展にBMP4/Smad1経路が重要な作用をおよぼす,
日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集, 66, 2010年4月.
166. 松原 雄, 安部 秀斉, 上田 乙也, 寺社下 浩一, 美馬 晶, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 家原 典之, 深津 敦司, 荒井 秀典, 土井 俊夫 :
Smad1は糖尿病性糸球体硬化症の進展に重要な役割を果たす,
日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集, 67, 2010年4月.
167. 村上 太一, 安部 秀斉, 冨永 辰也, 荒岡 利和, 岸 誠司, 高松 典通, 美馬 晶, 長井 幸二郎, 高井 義美, 土井 俊夫 :
糸球体上皮細胞のアクチン骨格制御におけるTrophoblast glycoproteinの機能,
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2P-697, 2009年10月.
168. 荒岡 利和, 安部 秀斉, 松浦 元一, 村上 太一, 岸 誠司, 岸 史, 吉川 和寛, 繁田 令子, 長井 幸二郎, 冨永 辰也, 土井 俊夫 :
2型糖尿病原因遺伝子TCF7L2を介した糖尿病性腎症感受性遺伝子ALK1の分子調節機構の解析,
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 4T10a-18, 2009年9月.
169. 冨永 辰也, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 美馬 晶, 村上 太一, 荒岡 利和, 岸 誠司, 繁田 令子, 上田 乙也, 後藤 千里, 寺社下 浩一, 木野崎 雅彦, 福島 直, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症の発症・進展にBMP4/Smad1経路が重要な作用をおよぼす,
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 4T10a-14, 2009年9月.

その他・研究会:

1. 稲垣 太造, 長井 幸二郎, 岸 史, 柴田 恵理子, 菊池 高史, 湊 将典, 小幡 史明, 西村 賢二, 小野 広幸, 上田 紗代, 竹内 理沙, 緒方 良輔, 小林 誠司, 松岡 瑞季, 角安 香里, 高松 愛子, 山田 香苗, 向井 香奈子, 河内 綾香, 宮本 悠香, 吉本 咲耶, 松浦 元一, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 岸 誠司, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
ANCA関連腎炎に腹部大動脈瘤を合併し対応に苦慮した一例,
第47回徳島透析療法研究会, 2016年11月.
2. 長井 幸二郎 :
膠原病・リウマチ疾患の腎臓症状,
第13回徳島膠原病・リウマチ県民講座, 2016年7月.
3. 長井 幸二郎 :
腎性貧血治療の重要性 ∼2015年腎性貧血治療ガイドラインを踏まえて∼,
第246回名西郡・徳島西医師会学術講演会, 2016年7月.
4. 長井 幸二郎 :
中等度以上の腎機能低下を伴う高尿酸血症患者におけるフェブキソスタットの使用経験,
高尿酸血症2016心腎血管リスクとの尿酸の関わり, 2016年5月.
5. 長井 幸二郎 :
慢性腎臓病に対する血圧,生活習慣病の管理,
第454回徳島県中部臨床研究会, 2016年3月.
6. 長井 幸二郎, 三好 雅士, 池亀 彰茂, 西尾 進 :
腎臓,
化学・一般・生理検査研究斑合同勉強会, 2016年2月.
7. 廣瀬 大輔, 土田 健司, 稲井 徹, 喜多 良孝, 阪田 章聖, 赤澤 誠二, 長井 幸二郎, 濱尾 巧, 水口 潤, 橋本 寛文 :
2009年から行ってきた徳島県透析医会災害時情報ネットワークの活動報告,
第49回四国透析療法研究会, 2015年10月.
8. 竹内 理沙, 坂東 直紀, 緒方 良輔, 小林 誠司, 田蒔 昌憲, 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 高松 愛子, 山田 香苗, 土井 俊夫 :
当院の透析室での体重管理に関するマニュアル作成~インシデントを経験して~,
第49回四国透析療法研究会, 2015年10月.
9. 坂東 直紀, 竹内 理沙, 緒方 良輔, 小林 誠司, 田蒔 昌憲, 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 山田 香苗, 高松 愛子, 土井 俊夫 :
当院でのバスキュラーアクセス管理の取り組み,
第49回四国透析療法研究会, 2015年10月.
10. 村上 太一, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
血液透析患者の貧血治療における鉄補充方法の検討:クエン酸第一鉄経口投与の評価,
第49回四国透析療法研究会, 2015年10月.
11. 長井 幸二郎 :
CKD治療における医療連携,
徳島CKD講演会, 2015年9月.
12. 長井 幸二郎 :
CKD診療における尿酸管理の意義,
阿南那賀支部薬剤師研修会, 2015年2月.
13. 長井 幸二郎 :
CKD患者における炭酸ランタンの使用経験,
徳島県高リン血症研究会2014-ホスレノール発売5周年記念講演会-, 2014年7月.
14. 長井 幸二郎 :
糖尿病性腎症 最近の知見をふまえて,
第1回SLIMカンファレンス, 2014年7月.
15. 長井 幸二郎 :
慢性腎臓病(CKD)へのアプローチ,
第5回臨床内科医会カンファレンス, 2014年6月.
16. 長井 幸二郎 :
慢性腎臓病(CKD)とは,
市民公開講座, 2013年3月.
17. 長井 幸二郎 :
腎機能低下例におけるフェブリクの有用性,
フェブリク発売1周年記念講演会, 2012年5月.
18. 美馬 晶, 松原 雄, 長井 幸二郎, 金森 弘志, 角 栄里子, 家原 典之, 深津 敦司, 荒井 秀典, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
アンギオテンシンII受容体拮抗薬は糖尿病性腎症における糸球体硬化に関わるSrc/Smad1系を抑制する,
第11回分子腎臓研究会, 2005年10月.
19. 長井 幸二郎, 荒井 秀典, 松原 雄, 美馬 晶, 角 栄里子, 金森 弘志, 柳田 素子, 家原 典之, 深津 敦司, 北 徹, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症におけるメサンギウム細胞肥大はAkt/mTOR経路活性化により起こる,
第9回分子腎臓研究会, 2003年10月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • DKDが近年増加している原因の分子メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 20K08593 )
  • メサンギウム細胞でのオートファジーを介した慢性腎臓病の病態解明と評価治療法の樹立 (研究課題/領域番号: 19K08705 )
  • 糖尿病性腎症の重症化に関与する口腔環境要因の解明と口腔版予防プログラムの開発 (研究課題/領域番号: 17K12009 )
  • サイトカインプロセシング酵素を標的にした新規CKD治療薬の開発 (研究課題/領域番号: 17K09700 )
  • DNA損傷応答制御による慢性腎臓病の治療法開発 (研究課題/領域番号: 16K09620 )
  • 新規遺伝子改変法によるメサンギウムの糸球体形成と糖尿病性腎症への系譜的役割の解明 (研究課題/領域番号: 16K09619 )
  • 慢性腎臓病糸球体硬化におけるメサンギウム細胞での細胞伝達経路の解析 (研究課題/領域番号: 24591202 )
  • RA系非依存的な糖尿病性腎症の発症予測バイオマーカーと分子標的治療法の開発 (研究課題/領域番号: 22390169 )
  • 多発性嚢胞腎の新たな発症機序の解明~腎近位尿細管のPTENとEGF受容体の役割~ (研究課題/領域番号: 21890170 )
  • 研究者番号(40542048)による検索