検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部医学域医科学部門内科系難治性神経疾患病態研究 (researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 瓦井 俊孝, 森垣 龍馬, 沖 良祐, 後藤 惠, 梶 龍兒 :
ALSとTFG,
科学評論社, 2015年4月.
2. Ryoma Morigaki and Satoshi Goto :
Deep brain stimulation for essential tremor,
Springer, Switzerland, 2015.
(DOI: 10.1007/978-3-319-08476-3_11)
3. 梶 龍兒, 浅沼 光太郎, 瓦井 俊孝, 宮﨑 由道, 森垣 龍馬, 後藤 惠, 目崎 高広, 太田 悦朗, 小幡 文弥, 豊島 至, 藤本 健一, 野村 哲志, 中島 健二, 坂本 崇, 佐藤 健太, 平 孝臣, 横地 房子, 小林 一太, 片山 容一, 小林 武夫, 石毛 美代子, 松本 英之, 宇川 義一, 玉川 聡, 辻 貞俊, 堀内 正浩, 長谷川 一子 :
ジストニアのすべて―最新の治療指針,
株式会社 診断と治療社, 東京, 2013年5月.
4. Ryoma Morigaki, Ryuji Kaji, Shinji Nagahiro and Satoshi Goto :
Thalamic deep brain stimulation for Parkinsons disease.,
2011.
5. Ryoma Morigaki, Shinji Nagahiro, Ryuji Kaji and Satoshi Goto :
Current use of thalamic surgeries or treating movement disorders,
2011.
6. 後藤 惠, 後藤 惠 :
パーキンソン病のDBS治療,
2010年12月.
7. 後藤 惠, 後藤 惠 :
DYT3,
2010年7月.
8. Satoshi Goto and Satoshi Goto :
Dystonia: a disorder of striosomal function?,
Nova Science Publishers, Jun. 2010.
9. Satoshi Goto, SAtoshi Goto, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Striosome-matrix pathology of dystonias: a new hypothesis,
Jun. 2010.
10. Satoshi Goto, Satoshi Goto, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Striosome-matrix pathology of dystonias: a new hypothesis,
Nova Science Publishers, 2010.

学術論文(審査論文):

1. Masatoshi Ogawa, Yu Zhou, Ryosuke Tsuji, Jiro Kasahara and Satoshi Goto :
Intrastriatal Memantine Infusion Dampens Levodopa-Induced Dyskinesia and Motor Deficits in a Mouse Model of Hemiparkinsonism,
Frontiers in Neurology, No.10, 1258, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114098,   DOI: 10.3389/fneur.2019.01258,   CiNii: 120006778754,   Elsevier: Scopus)
2. Masatoshi Ogawa, Zhou Yu, Ryosuke Tsuji, Satoshi Goto and Jiro Kasahara :
Video-based assessmens of the hind limb stepping in a mouse model of hemi-parkinsonism.,
Neuroscience Research, Vol.154, 56-59, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114103,   DOI: 10.1016/j.neures.2019.05.002,   PubMed: 31103423,   Elsevier: Scopus)
3. Makoto Kinoshita, Masahito Nakataki, Ryoma Morigaki, Satsuki Sumitani, Satoshi Goto, Ryuji Kaji and Tetsuro Ohmori :
Turning on the Left Side Electrode Changed Depressive State to Manic State in a Parkinson's Disease Patient Who Received Bilateral Subthalamic Nucleus Deep Brain Stimulation: A Case Report.,
Clinical Psychopharmacology and Neuroscience, Vol.16, No.4, 494-496, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 114301,   DOI: 10.9758/cpn.2018.16.4.494,   PubMed: 30466222,   Elsevier: Scopus)
4. Yu Zhou, Yukio Yamamura, Masatoshi Ogawa, Ryosuke Tsuji, Koichiro Tsuchiya, Jiro Kasahara and Satoshi Goto :
c-Abl inhibition exerts symptomatic antiparkinsonian effects through a striatal postsynaptic mechanism.,
Frontiers in Pharmacology, Vol.9, 1311, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 114097,   DOI: 10.3389/fphar.2018.01311,   PubMed: 30505273)
5. Toshitaka Kawarai, Ryosuke Miyamoto, Eiji Nakagawa, Reiko Koichihara, Takashi Sakamoto, Hideo Mure, Ryoma Morigaki, Hidetaka Koizumi, Ryosuke Oki, Celeste Montecchiani, Carlo Caltagirone, Antonio Orlacchio, Ayako Hattori, Hideaki Mashimo, Yuishin Izumi, Takahiro Mezaki, Satoko Kumada, Makoto Taniguchi, Fusako Yokochi, Shinji Saitoh, Satoshi Goto and Ryuji Kaji :
Phenotype variability and allelic heterogeneity in KMT2B-Associated disease.,
Parkinsonism & Related Disorders, 2018.
(DOI: 10.1016/j.parkreldis.2018.03.022,   PubMed: 29653907)
6. 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 中瀧 理仁, 岡久 哲也, 加藤 真介, 梶 龍兒, 髙木 康志, 永廣 信治, 後藤 惠 :
ジストニアDBS治療における多職種連携,
機能的脳神経外科, Vol.57, 35-39, 2018年.
(CiNii: 40021806130)
7. Toshitaka Kawarai, Ryoma Morigaki, Ryuji Kaji and Satoshi Goto :
Clinicopathological Phenotype and Genetics of X-Linked Dystonia-Parkinsonism (XDP; DYT3; Lubag).,
Brain Sciences, Vol.7, No.7, 72, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 114300,   DOI: 10.3390/brainsci7070072,   PubMed: 28672841,   Elsevier: Scopus)
8. Ryoma Morigaki and Satoshi Goto :
Striatal Vulnerability in Huntington's Disease: Neuroprotection Versus Neurotoxicity.,
Brain Sciences, Vol.7, No.6, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 114299,   DOI: 10.3390/brainsci7060063,   PubMed: 28590448)
9. 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 大北 真哉, 宮本 亮介, 梶 龍兒, 永廣 信治, 後藤 惠 :
ジストニアに対する脳深部刺激療法:淡蒼球刺激と視床刺激の併用,
機能的脳神経外科, Vol.55, 80-86, 2016年.
10. Ryoma Morigaki, Hideo Mure, Ryuji Kaji, Shinji Nagahiro and Satoshi Goto :
Therapeutic Perspective on Tardive Syndrome with Special Reference to Deep Brain Stimulation,
Frontiers in Psychiatry, Vol.7, 207, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 114470,   DOI: 10.3389/fpsyt.2016.00207,   PubMed: 28082923,   Elsevier: Scopus)
11. Ryoma Morigaki and Satoshi Goto :
Putaminal Mosaic Visualized by Tyrosine Hydroxylase Immunohistochemistry in the Human Neostriatum.,
Frontiers in Neuroanatomy, Vol.10, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 114298,   DOI: 10.3389/fnana.2016.00034,   PubMed: 27092059)
12. 大北 真哉, 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 永廣 信治, 後藤 惠 :
小児の全身性ジストニアに対し脳深部刺激術を施行した1例,
小児の脳神経, Vol.41, No.1, 86, 2016年.
13. Hideo Mure, David Eidelberg and Satoshi Goto :
Brain Network Metabolic Changes in Patients with Parkinsonian Tremors,
Challenges in Parkinson's Disease, 2016.
(DOI: 10.5772/63159)
14. Ryoma Morigaki, Ryosuke Miyamoto, Shinya Ohkita, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, Shinji Nagahiro, Ryuji Kaji and Satoshi Goto :
Nuclear factor kappa b is under the control of dopamine signaling in the mouse striatum,
Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.55, 305, 2016.
15. Ryoma Morigaki and Satoshi Goto :
Postsynaptic Density Protein 95 in the Striosome and Matrix Compartments of the Human Neostriatum.,
Frontiers in Neuroanatomy, Vol.9, 154, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 114468,   DOI: 10.3389/fnana.2015.00154,   PubMed: 26648848)
16. Satoshi Goto, Ryoma Morigaki, Shinya Okita, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Development of a highly sensitive immunohistochemical method to detect neurochemical molecules in formalin-fixed and paraffin-embedded tissues from autopsied human brains.,
Frontiers in Neuroanatomy, Vol.9, No.22, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 114466,   DOI: 10.3389/fnana.2015.00022,   PubMed: 25784860,   Elsevier: Scopus)
17. Hideo Mure, Ryoma Morigaki, Hidetaka Koizumi, Shinya Okita, Toshitaka Kawarai, Ryosuke Miyamoto, Ryuji Kaji, Shinji Nagahiro and Satoshi Goto :
Deep brain stimulation of the thalamic ventral lateral anterior nucleus for DYT6 dystonia.,
Stereotactic and Functional Neurosurgery, Vol.92, No.6, 393-396, 2014.
(DOI: 10.1159/000365577,   PubMed: 25359437,   Elsevier: Scopus)
18. Hidetaka Koizumi, Satoshi Goto, Shinya Okita, Ryoma Morigaki, Norio Akaike, Yasushi Torii, Tetsuhiro Harakawa, Akihiro Ginnaga and Ryuji Kaji :
Spinal Central Effects of Peripherally Applied Botulinum Neurotoxin A in Comparison between Its Subtypes A1 and A2.,
Frontiers in Neurology, Vol.5, No.98, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 114463,   DOI: 10.3389/fneur.2014.00098,   PubMed: 25002857)
19. Akie Tanabe, Yukio Yamamura, Jiro Kasahara, Ryoma Morigaki, Ryuji Kaji and Satoshi Goto :
A novel tyrosine kinase inhibitor AMN107 (nilotinib) normalizes striatal motor behaviors in a mouse model of Parkinson's disease.,
Frontiers in Cellular Neuroscience, Vol.8, No.50, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 114464,   DOI: 10.3389/fncel.2014.00050,   PubMed: 24600352,   Elsevier: Scopus)
20. 森垣 龍馬, 瓦井 俊孝, 大北 真哉, 牟礼 英生, 小泉 英貴, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
X-linked dystonia-parkinsonismのニューロペプチドYシステム,
機能的脳神経外科, Vol.53, 47-55, 2014年.
21. Hidetaka Koizumi, Ryoma Morigaki, Shinya Ohkita, Shinji Nagahiro, Masanori Nakagawa and Satoshi Goto :
Response of striosomal opioid signaling to dopamine depletion in 6-hydroxydopamine-lesioned rat model of Parkinsons disease: a potential compensatory role,
Frontiers in Cellular Neuroscience, Vol.7, 74, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 114465,   DOI: 10.3389/fncel.2013.00074,   PubMed: 23730270,   Elsevier: Scopus)
22. Satoshi Goto, Toshitaka Kawarai, Ryoma Morigaki, Shinya Okita, Hidetaka Koizumi, Shinji Nagahiro, L Edwin Munoz, V Lillian Lee and Ryuji Kaji :
Defects in the striatal neuropeptide Y system in X-linked dystonia-parkinsonism.,
Brain, Vol.136, No.Pt 5, 1555-1567, 2013.
(DOI: 10.1093/brain/awt084,   PubMed: 23599389)
23. Toshitaka Kawarai, Pasco Matthew D. Paul, Teleg A. Rosalia, Masaki Kamada, Sakai Waka, Komei Shimozono, Makoto Mizuguchi, Tabuena Daisy, Orlacchio Antonio, Yuishin Izumi, Satoshi Goto, Lee V. Lillian and Ryuji Kaji :
Application of long-range polymerase chain reaction in the diagnosis of X-linked dystonia-parkinsonism,
Neurogenetics, Vol.14, No.2, 167-169, 2013.
(DOI: 10.1007/s10048-013-0357-x,   PubMed: 23435702)
24. Yukio Yamamura, Ryoma Morigaki, Jiro Kasahara, Hironori Yokoyama, Akie Tanabe, Shinya Ohkita, Hidetaka Koizumi, Shinji Nagahiro, Ryuji Kaji and Satoshi Goto :
Dopamine signaling negatively regulates striatal phosphorylation of Cdk5 at tyrosine 15 in mice,
Frontiers in Cellular Neuroscience, Vol.7, No.12, 1-10, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 114613,   DOI: 10.3389/fncel.2013.00012,   PubMed: 23420105)
25. Hiroyuki Ishiura, Wataru Sako, Mari Yoshida, Toshitaka Kawarai, Osamu Tanabe, Jun Goto, Yuji Takahashi, Hidetoshi Date, Jun Mitsui, Budrul Ahsan, Yaeko Ichikawa, Atsushi Iwata, Hiide Yoshino, Yuishin Izumi, Koji Fujita, Kouji Maeda, Satoshi Goto, Hidetaka Koizumi, Ryoma Morigaki, Masako Ikemura, Naoko Yamauchi, Shigeo Murayama, A Garth Nicholson, Hidefumi Ito, Gen Sobue, Masanori Nakagawa, Ryuji Kaji and Shoji Tsuji :
The TRK-fused gene is mutated in hereditary motor and sensory neuropathy with proximal dominant involvement.,
American Journal of Human Genetics, Vol.91, No.2, 320-329, 2012.
(DOI: 10.1016/j.ajhg.2012.07.014,   PubMed: 22883144)
26. Ryosuke Miyamoto, Satoshi Goto, Wataru Sako, Ai Miyashiro, Isabelle Kim, Fabienne Escande, Masafumi Harada, Ryoma Morigaki, Koutaro Asanuma, Yoshifumi Mizobuchi, Shinji Nagahiro, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
Generalized dystonia in a patient with a novel mutation in the GLUD1 gene,
Movement Disorders, Vol.27, No.9, 1198-1199, 2012.
(DOI: 10.1002/mds.25081,   PubMed: 22730017,   Elsevier: Scopus)
27. Yukiko Kuroda, Wataru Sako, Satoshi Goto, Tomoyo Sawada, Daisuke Uchida, Yuishin Izumi, Tetsuya Takahashi, Noriko Kagawa, Masayasu Matsumoto, Mitsuru Matsumoto, Ryosuke Takahashi, Ryuji Kaji and Takao Mitsui :
Parkin interacts with Klokin1 for mitochondrial import and maintenance of membrane potential,
Human Molecular Genetics, Vol.21, No.5, 991-1003, 2012.
(DOI: 10.1093/hmg/ddr530,   PubMed: 22082830,   Elsevier: Scopus)
28. S Okita, Ryoma Morigaki, H Koizumi, Ryuji Kaji, Shinji Nagahiro and Satoshi Goto :
Cell type-specific localization of optineurin in the striatal neurons of mice: Implications for neuronal vulnerability in huntington's disease,
Neuroscience, Vol.202, No.27, 363-370, 2012.
(DOI: 10.1016/j.neuroscience.2011.11.059,   PubMed: 22155493)
29. 森垣 龍馬, 瓦井 俊孝, 中瀧 理仁, 伊賀 淳一, 佐光 亘, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 後藤 惠, 梶 龍兒 :
X-linked dystonia-parkinsonism患者の臨床症状の検討,
機能的脳神経外科, Vol.50, 150-153, 2011年.
(CiNii: 10031136836)
30. Ryoma Morigaki, Wataru Sako, Shinya Okita, Jiro Kasahara, Hironori Yokoyama, Shinji Nagahiro, Ryuji Kaji and Satoshi Goto :
Cyclin-dependent kinase 5 with phosphorylation of tyrosine 15 residue is enriched in striatal matrix compartment in adult mice,
Neuroscience, Vol.189, 25-31, 2011.
(DOI: 10.1016/j.neuroscience.2011.05.055,   PubMed: 21640796,   Elsevier: Scopus)
31. Wataru Sako, Ryoma Morigaki, Ryuji Kaji, Ikuo Tooyama, Shinya Okita, Keiko Kitazato, Shinji Nagahiro, M Ann Graybiel and Satoshi Goto :
Identification and localization of a neuron-specific isoform of TAF1 in rat brain: implications for neuropathology of DYT3 dystonia,
Neuroscience, Vol.189, 100-107, 2011.
(DOI: 10.1016/j.neuroscience.2011.05.031,   PubMed: 21616129,   Elsevier: Scopus)
32. Shigetaka Nakao, Kouji Komatsu, Waka Sakai, Michiharu Kashihara, Yuki Masuda, Koji Nishikawa, Tetsuya Okahisa, Shin Kondo, Toshifumi Osawa, Ryuji Kaji, Satoshi Goto, Shinji Nagahiro, Shinjiro Takata and Natsuo Yasui :
Gait and posture assessments of a patient treated with deep brain stimulation in dystonia using three-dimensional motion analysis systems.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.3-4, 264-272, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 82888,   DOI: 10.2152/jmi.58.264,   PubMed: 21921430)
33. Wataru Sako, Ryoma Morigaki, Yoshifumi Mizobuchi, Takashi Tsuzuki, Hiroyuki Ima, Y Ushio, Shinji Nagahiro, Ryuji Kaji and Satoshi Goto :
Bilateral pallidal deep brain stimulation in primary Meige syndrome,
Parkinsonism & Related Disorders, Vol.17, No.2, 123-125, 2011.
(DOI: 10.1016/j.parkreldis.2010.11.013,   PubMed: 21147544)
34. 佐光 亘, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 梶 龍兒, 溝渕 桂史, 永廣 信治, 後藤 惠 :
-dropped head syndrome,
機能的脳神経外科, Vol.50, No.2, 115-118, 2011年.
35. Wataru Sako, Ryoma Morigaki, Shinji Nagahiro, Ryuji Kaji and Satoshi Goto :
Olfactory type G-protein alpha subunit in striosome-matrix dopamine systems in adult mice,
Neuroscience, Vol.170, No.2, 497-502, 2010.
(DOI: 10.1016/j.neuroscience.2010.06.072,   PubMed: 20603191,   Elsevier: Scopus)
36. 佐光 亘, 村瀬 永子, 溝渕 佳史, 森垣 龍馬, 松﨑 和仁, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
Meige 症候群に対する両側淡蒼球刺激術,
機能的脳神経外科, Vol.49, No.1, 94-95, 2010年.
(CiNii: 10029745372)
37. Wataru Sako, Masanori Nishioka, Tomoyuki Maruo, Hideki Shimazu, Kazuhito Matsuzaki, Tetsuya Tamura, Hideo Mure, Yukitaka Ushio, Shinji Nagahiro, Ryuji Kaji and Satoshi Goto :
Subthalamic nucleus deep brain stimulation for camptocormia associated with Parkinson's disease,
Movement Disorders, Vol.24, No.7, 1076-1079, 2009.
(DOI: 10.1002/mds.22529,   PubMed: 19353719,   Elsevier: Scopus)
38. 佐光 亘, 島津 秀紀, 松﨑 和仁, 永廣 信治, 村瀬 永子, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
遅発性ジストニアにおけるdropped head syndromeに対する両側淡蒼球深部脳刺激術,
機能的脳神経外科, Vol.47, No.2, 111-113, 2008年.
(CiNii: 10029744489)
39. Wataru Sako, Satoshi Goto, Hideki Shimazu, Nagako Murase, Kazuhito Matsuzaki, Tetsuya Tamura, Hideo Mure, Yusuke Tomogane, Noriko Arita, Hiroo Yoshikawa, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Bilateral deep brain stimulation of the globus pallidus internus in tardive dystonia,
Movement Disorders, Vol.23, No.13, 1929-1931, 2008.
(DOI: 10.1002/mds.22100,   PubMed: 18785227)
40. Kenta Sato, Chiho Sumi-Ichinose, Ryuji Kaji, Kazuhisa Ikemoto, Takahide Nomura, Ikuko Nagatsu, Hiroshi Ichinose, Masayuki Ito, Wataru Sako, Shinji Nagahiro, Ann M. Graybiel and Satoshi Goto :
Differential involvement of striosome and matrix dopamine systems in a transgenic model of dopa-responsive dystonia,
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.105, No.34, 12551-12556, 2008.
(DOI: 10.1073/pnas.0806065105,   PubMed: 18713855)
41. Satoshi Goto, Hideki Shimazu, Kazuhito Matsuzaki, Tetsuya Tamura, Nagako Murase, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Thalamic Vo-complex vs pallidal deep brain stimulation for focal hand dystonia,
Neurology, Vol.70, No.16, 1500-1501, 2008.
(DOI: 10.1212/01.wnl.0000310430.00743.11,   PubMed: 18413578)
42. Satoshi Goto, K Yamada, Hideki Shimazu, Nagako Murase, Kazuhito Matsuzaki, Tetsuya Tamura, Shinji Nagahiro, J Kuratsu and Ryuji Kaji :
Impact of bilateral pallidal stimulation on DYT1-generalized dystonia in Japanese patients,
Movement Disorders, Vol.21, No.10, 1785-1787, 2006.
(DOI: 10.1002/mds.21021,   PubMed: 16830314)
43. K Yamada, Satoshi Goto, Kazuhito Matsuzaki, Tetsuya Tamura, Nagako Murase, Hideki Shimazu, Shinji Nagahiro, J Kuratsu and Ryuji Kaji :
Alleviation of camptocormia by bilateral subthalamic nucleus stimulation in a patient with Parkinson's disease,
Parkinsonism & Related Disorders, Vol.12, No.6, 372-375, 2006.
(DOI: 10.1016/j.parkreldis.2006.02.003,   PubMed: 16731023)
44. K Yamada, Satoshi Goto, Kazuhito Matsuzaki, Shinji Nagahiro, Nagako Murase, Hideki Shimazu, Ryuji Kaji, J Kuratsu and Y Ushio :
Psychiatric symptoms and subthalamic nucleus stimulation in Parkinson's disease. A retrospective study in our Japanese patients,
Neuromodulation, Vol.9, No.2, 107-114, 2006.
(DOI: 10.1111/j.1525-1403.2006.00054.x,   PubMed: 22151634)

学術論文(紀要・その他):

1. 小山 広士, 大北 真哉, 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 梶 龍兒, 後藤 惠, 永廣 信治 :
症例報告 第17回若手奨励賞受賞論文 遅発性ジストニア(tardive dystonia)に対して脳深部刺激術を施行した5例,
四国医学雑誌, Vol.73, No.3 4, 193, 2017年.
(CiNii: 120006392640)
2. 佐光 亘, 梶 龍兒, 宮本 亮介, 森垣 龍馬, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 後藤 惠 :
薬物療法を中心としたジストニア治療戦略,
機能的脳神経外科, Vol.50, No.1, 36-37, 2011年.
(CiNii: 10029745767)
3. 佐光 亘, 森垣 龍馬, 都築 貴, 井間 博之, 生塩 之敬, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
原発性 Meige 症候群に対する両側淡蒼球刺激術 : 罹患部位による反応の相違,
機能的脳神経外科, Vol.50, No.1, 46-47, 2011年.
(CiNii: 10029745788)
4. 森垣 龍馬, 佐光 亘, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 後藤 惠, 梶 龍兒 :
X-linked dystonia-parkinsonism 患者の臨床症状の検討,
機能的脳神経外科, Vol.50, No.1, 48-49, 2011年.
(CiNii: 10029745794)
5. 佐光 亘, 宮本 亮介, 梶 龍兒, 森垣 龍馬, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 後藤 惠 :
パーキンソン病における dropped head syndrome に対する両側視床下核刺激術の治療効果,
機能的脳神経外科, Vol.50, No.1, 108-109, 2011年.
(CiNii: 10029745949)
6. 佐光 亘, 森垣 龍馬, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
Meige症候群に対する両側淡蒼球刺激術,
機能的脳神経外科, Vol.49, No.2, 148-151, 2010年.
(CiNii: 10029745519)
7. Nobuhiro Inoue, Shinji Nagahiro, Ryuji Kaji and Satoshi Goto :
Long-term suppression of Meige syndrome after pallidal stimulation: a 10-year follow-up study.,
Movement Disorders, Vol.25, No.11, 1756-1758, 2010.
(DOI: 10.1002/mds.23166,   PubMed: 20589876)
8. 佐光 亘, 村瀬 永子, 溝渕 佳史, 森垣 龍馬, 松﨑 和仁, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
Focal hand dystonia に対する視床 Vo-complex 破壊術と淡蒼球刺激術,
機能的脳神経外科, Vol.49, No.1, 98-99, 2010年.
(CiNii: 10029745384)
9. 森垣 龍馬, 宇野 昌明, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 鈴江 淳彦, 溝渕 佳史, 佐光 亘, 梶 龍兒, 永廣 信治, 後藤 惠 :
その他の不随意運動 脳血管障害による不随意運動の3症例,
機能的脳神経外科, Vol.49, No.1, 60-61, 2010年.
(CiNii: 10029745289)

学術レター:

1. Ryoma Morigaki, Masahito Nakataki, Toshitaka Kawarai, Lillian V. Lee, Rosalia A. Teleg, Ma Daisy P. Tabuena, Hideo Mure, Wataru Sako, Paul Matthew D. Pasco, Shinji Nagahiro, Junichi Iga, Tetsuro Ohmori, Satoshi Goto and Ryuji Kaji :
Depression in X-linked dystonia-parkinsonism:A case-control study,
Parkinsonism & Related Disorders, Vol.19, No.9, 844-846, 2013.
(DOI: 10.1016/j.parkreldis.2013.04.027,   PubMed: 23706616,   Elsevier: Scopus)
2. Koji Fujita, Mari Yoshida, Wataru Sako, Kouji Maeda, Yoshio Hashizume, Satoshi Goto, Gen Sobue, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
Brainstem and spinal cord motor neuron involvement with optineurin inclusions in proximal-dominant hereditary motor and sensory neuropathy,
Journal of Neurology, Neurosurgery, and Psychiatry, Vol.82, No.12, 1402-1403, 2011.
(DOI: 10.1136/jnnp-2011-300783,   PubMed: 21836032,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1. 森垣 龍馬, 後藤 惠 :
ジストニアの脳内機序ー病理所見ー,
Modern Physicaion 特集 ジストニアとジスキネジア, Vol.37, No.6, 586-588, 2017年6月.
2. Ryoma Morigaki and Satoshi Goto :
A short commentary on globus pallidus internus deep brain stimulation in primary Meige syndrome,
Journal of Neurology & Neurophysiology, Vol.7, No.6, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 114297,   DOI: 10.4172/2155-9562.1000405)
3. 後藤 惠 :
深部脳刺激術(DBS)の適応基準,
EBM神経疾患の治療, 264-272, 2009年.

国際会議:

1. Ryoma Morigaki, Shinya Ohkita, Hideo Mure, Yasushi Takagi and Satoshi Goto :
Olfactory type G-protein alfa subunit related changes in the striatum underlie the genesis of L-dopa-induced dyskinesia,
Journal of Cerebral Blood Flow and Metabolism, Yokohama, Jun. 2019.
2. Hideo Mure, Ryoma Morigaki, Shinya Ohkita, Ryosuke Miyamoto, Shinji Nagahiro and Satoshi Goto :
Deep Brain Stimulation for Dystonia - Pallidal stimulation and thalamic stimulation,
World Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, Berlin, Jun. 2017.
3. Toshitaka Kawarai, Ryosuke Miyamoto, Hideo Mure, Ryoma Morigaki, Orlacchio Antonio, Koichihara Reiko, Nakagawa Eiji, Takashi Sakamoto, Yuishin Izumi, Satoshi Goto and Ryuji Kaji :
Haploinsufficiency of KMT2B causes myoclonus-dystonia with impaired psychomotor ability,
The MDS 21th International Congress of Parkinsons Disease and Movement Disorders, Jun. 2017.
4. Jiro Kasahara, Yamamura Yukio, Tanabe Akie, Ryoma Morigaki, Ryuji Kaji and Satoshi Goto :
Inhibition of c-Abelson tyrosine kinase (c-Abl) as a possible strategy for treatment of PD: Study in MPTP-induced mice model,
The 12th International Conference on Alzheimers's and Parkinson;s Disease: AD/PD 2015, Mar. 2015.

国内講演発表:

1. 宮本 亮介, 黒田 一駿, 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 中瀧 理仁, 大崎 裕亮, 和泉 唯信, 後藤 惠, 梶 龍兒 :
18p-症候群に伴う全身性ジストニアに対し,GPi-DBSが効果的であった一例,
第61回日本神経学会学術大会, 2020年8月.
2. 笠原 二郎, 小川 允利, 周 禹, 辻 諒佑, 後藤 惠 :
パーキンソン病モデルマウスにおけるメマンチンの脳内インフュージョンと薬効評価,
第93回 日本薬理学会年会, Vol.93, No.0, 3-O-104, 2020年3月.
(DOI: 10.1254/jpssuppl.93.0_3-O-104,   CiNii: 130007811813)
3. 松田 拓, 森垣 龍馬, 牟礼 英生, 中瀧 理仁, 山本 陽子, 豊田 直人, 後藤 惠, 髙木 康志 :
ジストニアと強迫性障害の関係についての検討,
機能的脳神経外科, 130, 2020年1月.
4. 牟礼 英生, 藤田 浩司, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 松田 拓, 後藤 惠, 髙木 康志, 後藤 惠 :
FDG PETを用いたジストニア患者の脳代謝ネットワークパターンの描出,
機能的脳神経外科, 132, 2020年1月.
5. 森垣 龍馬, 牟礼 英生, 松田 拓, 宮本 亮介, 山本 陽子, 豊田 直人, 髙木 康志, 後藤 惠 :
GPi-DBSを施行したDYT-GNAL(DYT25)の一例,
機能的脳神経外科, 134, 2020年1月.
6. 宮本 亮介, 藤田 浩司, 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 中瀧 理仁, 和泉 唯信, 後藤 惠, 梶 龍兒 :
ヒステリー性麻痺の臨床診断と電気生理 心因性運動障害の診断 心因性ジストニアを中心に,
第49回日本臨床神経生理学会学術大会, 2019年11月.
7. 小川 允利, 周 禹, 辻 諒佑, 後藤 惠, 笠原 二郎 :
片側パーキンソン病モデルマウスにおける用量可変型インフュージョンポンプを用いたメマンチンの薬効評価,
第58回 日本薬学会中国四国支部学術大会, 2019年11月.
8. 森垣 龍馬, 牟礼 英生, 宮本 亮介, 松田 拓, 山本 陽子, 髙木 康志, 後藤 惠 :
機能性ジストニアは器質性ジストニアスペクトラム障害か?,
Neurologia Medico-Chirurgica, 349, 2019年10月.
9. 牟礼 英生, 藤田 浩司, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 後藤 惠, 髙木 康志 :
FDG PETを用いたジストニア患者の脳代謝ネットワークパターンの描出,
日本脳神経外科学会第78回学術集会, 2019年10月.
10. 小川 允利, 周 禹, 辻 諒佑, 後藤 惠, 笠原 二郎 :
片側パーキンソン病モデルマウスにおける Brain infusion system を用いた薬効評価,
第23回 活性アミンに関するワークショップ, 2019年8月.
11. 小川 允利, 周 禹, 辻 諒佑, 後藤 惠, 笠原 二郎 :
片側パーキンソン病モデルマウスにおける後肢の解析とL-dopaの薬効評価,
第57回 日本薬学会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
12. 牟礼 英生, 宮本 亮介, 大北 真哉, 梶 龍兒, 後藤 惠, 永廣 信治, 髙木 康志 :
小児期ジストニアに対する脳深部刺激療法の適応と予後について,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
13. 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 中瀧 理仁, 髙木 康志, 梶 龍兒, 永廣 信治, 後藤 惠 :
ジストニアDBS治療における多職種連携.,
第57回日本定位・機能神経外科学会, 2018年1月.
14. 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 中瀧 理仁, 岡久 哲也, 髙木 康志, 梶 龍兒, 永廣 信治, 後藤 惠 :
ジストニアDBS治療における多職種連携,
第57回日本定位・機能神経外科学会, 2018年1月.
15. 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 中瀧 理仁, 里見 淳一郎, 梶 龍兒, 後藤 惠, 永廣 信治 :
ジストニアDBS治療におけるチーム医療の重要性 -徳島大学での取り組み-,
日本脳神経外科学会 第76回学術総会, 2017年10月.
16. 森垣 龍馬, 大北 真哉, 牟礼 英生, 永廣 信治, 後藤 惠 :
L-ドーパ誘発性ジスキネジア発症におけるGαolf発現の変化,
日本脳神経外科学会 第76回学術総会, 2017年10月.
17. 牟礼 英生, 大北 真哉, 森垣 龍馬, 後藤 惠, 永廣 信治 :
小児ジストニアに対する脳深部刺激療法の経験,
第21回四国脳神経外科カンファレンス, 2016年8月.
18. 大北 真哉, 森垣 龍馬, 牟礼 英生, 兼松 康久, 宮本 亮介, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠, 亘 雄也, 谷口 秀和, 夫 敬憲, 中川 義信 :
脳性麻痺に合併した全身性ジストニアに対し脳深部刺激術を施行した1例,
第55回日本定位・機能神経外科学会, 2016年1月.
19. 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 大北 真哉, 小泉 英期, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
ジストニアに対するDBS-淡蒼球刺激と視床刺激の併用-,
第55回日本定位・機能神経外科学会, 2016年1月.
20. 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 大北 真哉, 溝渕 佳史, 牟礼 英生, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
NFκBのマウス脳線条体における発現パターンとその役割,
第55回日本定位・機能神経外科学会, 2016年1月.
21. Ryoma Morigaki, Satoshi Goto and Ryuji Kaji :
Neuropathology of X-linked dystonia parkinsonism,
Clinical Neurology, Vol.56, s111, 2016.
22. 森垣 龍馬, 大北 真哉, 牟礼 英生, 溝渕 佳史, 後藤 惠, 梶 龍兒, 永廣 信治 :
Nuclear factor kappa bはマウス脳線条体においてドパミンシグナル支配下に機能する,
一般社団法人 日本脳神経外科学会第74回学術総会, 2015年10月.
23. 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 大北 真哉, 梶 龍兒, 佐光 亘, 後藤 惠, 永廣 信治 :
Meige症候群に対する両側淡蒼球内節刺激術,
一般社団法人 日本脳神経外科学会第74回学術総会, 2015年10月.
24. 森垣 龍馬, 大北 真哉, 溝渕 佳史, 牟礼 英生, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
マウス脳線条体におけるNuclear factor kappa bの機能的分子としての可能性,
第16回日本分子脳神経外科学会, 2015年8月.
25. Toshitaka Kawarai, Ryosuke Miyamoto, Tamura Asako, Takashi Abe, Funakoshi Yasuhiro, Orlacchio Antonio, Oki Ryosuke, Hideo Mure, Ryoma Morigaki, Satoshi Goto, Yuishin Izumi, Naito Hiroshi, Tomimoto Hidekazu and Ryuji Kaji :
Germline mosaicism of TUBB4A mutation causes dystonia in two siblings.,
56th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, May 2015.
26. 大北 真哉, 森垣 龍馬, 牟礼 英生, 松田 拓, 永廣 信治, 後藤 惠, 梶 龍兒 :
Hypomyelination with atrophy of the basal ganglia and cerebellumに対し脳深部刺激術を施行した1例,
第54回日本定位・機能神経外科学会, 2015年1月.
27. 牟礼 英生, 大北 真哉, 永廣 信治, 森垣 龍馬, 後藤 惠, 佐光 亘, 梶 龍兒 :
Meige症候群に対するGPi-DBS,
第54回日本定位・機能神経外科学会, 2015年1月.
28. 山村 行生, 笠原 二郎, 森垣 龍馬, 後藤 惠 :
イマチニブのパーキンソン病治療薬としての可能性,
第53回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
29. 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 大北 真哉, 永廣 信治, 松﨑 和仁, 後藤 惠 :
ジストニアに対するDBS-淡蒼球刺激と視床刺激の併用-,
第73回日本脳神経外科学会学術総会, 2014年10月.
30. 田邉 彬恵, 山村 行生, 笠原 二郎, 森垣 龍馬, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
MPTPマウスモデルにおける線条体c-Ablチロシンキナーゼを標的としたパーキンソン病治療研究,
第18回活性アミンに関するワークショップ, 2014年8月.
31. 笠原 二郎, 山村 行生, 田邉 彬恵, 森垣 龍馬, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
MPTP誘発パーキンソン病モデルマウスにおけるc-Abl阻害薬の薬効評価,
第21回カテコールアミンと神経疾患研究会, 2014年4月.
32. 大北 真哉, 牟礼 英生, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 森垣 龍馬, 後藤 惠, 宮本 亮介, 山本 伸昭, 梶 龍兒 :
高インスリン血性高アンモニア血性症候群に合併した全身性ジストニアに対し,脳深部刺激術を施行した1例,
第53回日本定位・機能神経外科学会, 2014年2月.
33. 森垣 龍馬, 小泉 英貴, 牟礼 英生, 大北 真哉, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠, 瓦井 俊孝 :
X-linked dystonia-parkinsonismのニューロペプタイドYシステム,
第53回日本定位・機能神経外科学会, 2014年2月.
34. 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 大北 真哉, 永廣 信治, 後藤 惠, 小泉 英貴, 梶 龍兒 :
ジストニックストームにおける治療法の検討-4例の自験例と文献的考察-,
第53回日本定位・機能神経外科学会, 2014年2月.
35. 山村 行生, 森垣 龍馬, 笠原 二郎, 横山 宏典, 田邊 彬恵, 大北 真哉, 小泉 英貴, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
ドーパミンシグナルはマウス線条体サイクリン依存性キナーゼ5 (Cdk5) のチロシン15残基リン酸化を抑制的に制御する,
第17回活性アミンに関するワークショップ, 2013年8月.
36. 山村 行生, 森垣 龍馬, 笠原 二郎, 横山 宏典, 田邊 彬恵, 大北 真哉, 小泉 英貴, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
ドーパミンシグナルはマウス線条体サイクリン依存性キナーゼ5 (Cdk5) のチロシン15残基リン酸化を抑制的に制御する,
Neuro2013, 2013年6月.
37. 山村 行生, 森垣 龍馬, 笠原 二郎, 横山 宏典, 田邊 彬恵, 大北 真哉, 小泉 英貴, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
ドーパミンシグナルはマウス線条体サイクリン依存性キナーゼ5 (Cdk5) のチロシン15残基リン酸化を抑制的に制御する,
第20回カテコールアミンと神経疾患研究会, 2013年4月.
38. 森垣 龍馬, 中瀧 理仁, 伊賀 淳一, 瓦井 俊孝, 牟礼 英生, 溝渕 佳史, 大北 真哉, 大森 哲郎, 永廣 信治, 後藤 惠, 梶 龍兒 :
X-linked dystonia-parkinsonismのうつ症状,
第52回日本定位・機能神経外科学会, 2013年1月.
39. 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 大北 真哉, 後藤 惠, 永廣 信治, 小泉 英貴, 瓦井 俊孝, 梶 龍兒 :
両側視床Vo核刺激が奏功したDYT6の一例,
第52回日本定位・機能神経外科学会, 2013年1月.
40. Toshitaka Kawarai, Mitsuya Morita, Ryoma Morigaki, Koji Fujita, Hiroyuki Nodera, Yuishin Izumi, Satoshi Goto, Imaharu Nakano and Ryuji Kaji :
Pathomechanisms of motor neuron death by mutant TFG.,
Clinical Neurology, Vol.23, No.11, 1199, 2013.
(DOI: 10.5692/clinicalneurol.53.1199,   PubMed: 24291928,   Elsevier: Scopus)
41. 森 達夫, 森 健治, 永井 隆, 小谷 裕美子, 香美 祥二, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
2次性に難治性の全身性ジストニアを来たしたhyperinsulinism-hyperammonaemia syndrome(HHS)の1女児例,
第22回日本小児神経学会中国・四国地方会, 2011年7月.
42. 佐光 亘, 村瀬 永子, 溝渕 圭史, 森垣 龍馬, 松﨑 和仁, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
ジストニア Focal hand dystoniaに対する視床Vo-complex破壊術と淡蒼球刺激術,
機能的脳神経外科, Vol.49, No.1, 98-99, 2010年10月.
43. 森垣 龍馬, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 佐光 亘, 梶 龍兒, 後藤 惠, 宇野 昌明, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 鈴江 淳彦 :
脳血管障害による不随意運動の3症例,
第49回日本定位・機能神経外科学会, 2010年1月.
44. 佐光 亘, 村瀬 永子, 溝渕 圭史, 森垣 龍馬, 松﨑 和仁, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
ジストニア Meige症候群に対する両側淡蒼球刺激術,
機能的脳神経外科, Vol.49, No.1, 94-95, 2010年.
45. 佐光 亘, 村瀬 永子, 溝渕 圭史, 森垣 龍馬, 松﨑 和仁, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
ジストニア Meige症候群に対する両側淡蒼球刺激術,
機能的脳神経外科, Vol.49, No.1, 94-95, 2010年.

その他・研究会:

1. 森垣 龍馬, 牟礼 英生, 大北 真哉, 小山 広士, 宮本 亮介, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
心因性ジストニアは器質性ジストニアと同じスペクトラムの障害か?,
第2回中四国機能神経外科談話会, 2017年4月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • ジストニアの治療ターゲット同定 (研究課題/領域番号: 20K07904 )
  • 新規ジストニア遺伝子KMT2Bのモデルマウスを使った発症関連分子探求と治療開発 (研究課題/領域番号: 19K07962 )
  • パーキンソン病におけるL-DOPA誘発性ジスキネジアの機能病理に関する実験的研究 (研究課題/領域番号: 17K07096 )
  • NFκB を分子標的としたL-ドーパ誘発性ジスキネジアの治療法開発 (研究課題/領域番号: 26461272 )
  • ジストニアの機能病理に関する実験的研究 (研究課題/領域番号: 26430054 )
  • ジストニア・パーキンソニズムの分子病態の解明と画期的治療法開発に関する総合的研究 (研究課題/領域番号: 24390223 )
  • 抗TNF製剤を用いたALS治療薬の開発 (研究課題/領域番号: 23659458 )
  • ジストニアの病理に関する包括的研究 (研究課題/領域番号: 23500428 )
  • ジストニアの分子病態と治療に関する総合的研究 (研究課題/領域番号: 21390269 )
  • ジストニアにおける淡蒼球内節機能分画異常の解析 (研究課題/領域番号: 20591025 )
  • ジストニアの発症機序と治療に関する総合的研究 (研究課題/領域番号: 18390260 )
  • Vanadateによる神経幹細胞誘導を用いた虚血性神経細胞障害治療法の開発 (研究課題/領域番号: 15591534 )
  • 大脳基底核の発達形成におけるNetrinの機能的役割 (研究課題/領域番号: 15500240 )
  • 細胞内情報伝達系からみた神経細胞虚血耐性獲得メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 13671446 )
  • 虚血性神経細胞死におけるタウ因子過剰燐酸化の研究 (研究課題/領域番号: 13671445 )
  • ドーパミン作動性黒質線条体路の再構築:reeler遺伝子産物Reelinの役割 (研究課題/領域番号: 13671444 )
  • 特発性パーキンソン病に対する淡蒼球外節電気刺激治療の開発 (研究課題/領域番号: 10557130 )
  • 細胞内情報伝達系の変化からみた虚血性神経細胞障害の解析 (研究課題/領域番号: 09671432 )
  • 線条体障害ラットにおける大脳基底核神経回路網の再構築移植治療に関する実験的研究 (研究課題/領域番号: 08671596 )
  • 線条体内神経細胞移殖による大脳基底核神経回路網の再構築:虚血性線条体障害ラットを用いた実験的研究 (研究課題/領域番号: 07671531 )
  • 虚血性大脳基底核障害:動物モデルを用いた病態解折、移植治療に関する実験的研究 (研究課題/領域番号: 06671403 )
  • 脳血管障害性パーキンソニズムの病態解析とその外科的治療法の開発 (研究課題/領域番号: 05771027 )
  • 脳虚血による線条体-黒質病変の解明と治療法の開発 (研究課題/領域番号: 05671173 )
  • 悪性脳腫瘍髄腔内播種に対する髄腔内化学療法 (研究課題/領域番号: 05671172 )
  • 悪性グリオーマに対する新しい治療体系の確立 (研究課題/領域番号: 03454351 )
  • 研究者番号(50240916)による検索