検索:
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 脳·神経·精神科 > 脳神経外科 >
徳島大学 > 医科学教育部 > 医学専攻 > 情報統合医学講座 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 情報統合医学講座 > 脳神経外科学分野 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1.永廣 信治, 溝渕 佳史 :
Ⅶ:顔面神経 顔面痙攣に対する脳神経減圧術,
株式会社 メジカルビュー社, 2016年.
2.鹿草 宏, 溝渕 佳史, 中島 公平, 藤田 浩司, 阿部 考志, 影治 照喜, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 山本 伸昭 :
眼科内腫瘍性病変,
2015年7月.

学術論文(審査論文):

1.溝渕 佳史, 髙木 康志, 永廣 信治 :
脳震盪の病態と最近の話題,
Clinical Neuroscience, Vol.36, No.10, 1128-1131, 2018年.
2.高麗 雅章, 溝渕 佳史, 髙木 康志, 永廣 信治 :
スポーツ頭部外傷の基礎知識,
作業療法ジャーナル, Vol.52, No.7, 646-650, 2018年.
(DOI: 10.11477/mf.5001201344)
3.Toshitaka Fujihara, Yoshifumi Mizobuchi, Kohhei Nakajima, Teruyoshi Kageji, Kazuhito Matsuzaki, KT Kitazato, Ryotaro Otsuka, Keijiro Hara, Hideo Mure, Toshiyuki Okazaki, Kazuyuki Kuwayama, Shinji Nagahiro and Yasushi Takagi :
Down-regulation of MDR1 by Ad-DKK3 via Akt/NFB pathways augments the anti-tumor effect of temozolomide in glioblastoma cells and a murine xenograft model,
Journal of Neuro-Oncology, Vol.139, No.2, 323-332, 2018.
(DOI: 10.1007/s11060-018-2894-5,   PubMed: 29779087,   Elsevier: Scopus)
4.Kiyoe Kurahashi, Itsuro Endo, Takeshi Kondo, Kana Morimoto, Sumiko Yoshida, Akio Kuroda, Ken-ichi Aihara, Munehide Matsuhisa, Kohhei Nakajima, Yoshifumi Mizobuchi, Shinji Nagahiro, Masahiro Abe and Seiji Fukumoto :
Remarkable Shrinkage of a Growth Hormone (GH)-secreting Macroadenoma Induced by Somatostatin Analogue Administration: A Case Report and Literature Review.,
Internal Medicine, Vol.56, No.18, 2455-2461, 2017.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.8223-16,   PubMed: 28824054,   Elsevier: Scopus)
5.Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, Kohhei Nakajima and Shinji Nagahiro :
Postoperative Hematoma Requiring Recraniotomy in 1149 Consecutive Patients with Intracranial Tumors,
Operative Neurosurgery, Vol.13, No.3, 392-397, 2017.
(DOI: 10.1093/ons/opw045,   PubMed: 28521349)
6.Shu Sogabe, Junichiro Satomi, Yoshiteru Tada, Yasuhisa Kanematsu, Kazuyuki Kuwayama, Kenji Yagi, Shotaroh Yoshioka, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, Izumi Yamaguchi, Takashi Abe, Nobuaki Yamamoto, Keiko Kitazato, Ryuji Kaji, Masafumi Harada and Shinji Nagahiro :
Intra-arterial high signals on arterial spin labeling perfusion images predict the occluded internal carotid artery segment,
Neuroradiology, Vol.59, No.6, 587-595, 2017.
(DOI: 10.1007/s00234-017-1828-9,   PubMed: 28397019)
7.Aya Sato, Yoshifumi Mizobuchi, Kohhei Nakajima, Kenji Shono, Toshitaka Fujihara, Teruyoshi Kageji, Keiko Kitazato, Kazuhito Matsuzaki, Hideo Mure, Kazuyuki Kuwayama, Akiko Sumi, Hideyuki Saya, Oltea Sampetrean and Shinji Nagahiro :
Blocking COX-2 induces apoptosis and inhibits cell proliferation via the Akt/survivin- and Akt/ID3 pathway in low-grade-glioma.,
Journal of Neuro-Oncology, Vol.132, No.2, 231-238, 2017.
(DOI: 10.1007/s11060-017-2380-5,   PubMed: 28283800)
8.Yoshifumi Mizobuchi, Kenji Muramatsu, Makoto Ohtani, Junichiro Satomi, Kiyohide Fushimi, Shinya Matsuda and Shinji Nagahiro :
The Current Status of Microvascular Decompression for the Treatment of Hemifacial Spasm in Japan: An Analysis of 2907 Patients Using the Japanese Diagnosis Procedure Combination Database,
Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.57, No.4, 184-190, 2017.
(DOI: 10.2176/nmc.oa.2016-0237,   PubMed: 28179598,   Elsevier: Scopus)
9.Teruyoshi Kageji, Takeshi Miyamoto, Yumiko Kotani, Tuyoshi Kaji, Yoshimi Bando, Yoshifumi Mizobuchi, Kohhei Nakajima and Shinji Nagahiro :
Congenital craniopharyngioma treated by radical surgery: case report and review of the literature,
Child's Nervous System, Vol.33, No.2, 357-362, 2016.
(DOI: 10.1007/s00381-016-3249-1,   PubMed: 27669698,   Elsevier: Scopus)
10.Yoshifumi Mizobuchi, Kenji Shono, Kohhei Nakajima and Shinji Nagahiro :
Trigeminal neuralgia caused by fibrous bands: case illustration,
Journal of Neurosurgery, Vol.124, No.1, 186-187, 2016.
(DOI: 10.3171/2014.12.JNS1463,   PubMed: 26115469,   Elsevier: Scopus)
11.Yoshifumi Mizobuchi and Shinji Nagahiro :
A Review of Sport-Related Head Injuries,
Korean Journal of Neurotrauma, Vol.12, 1-5, 2016.
(DOI: 10.13004/kjnt.2016.12.1.1,   PubMed: 27182494)
12.平井 聡, 影治 照喜, 庄野 健児, 中島 公平, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 宇野 昌明 :
腰椎ドレナージを併用した開頭術後に続発性脳脊髄液漏出症を合併した1例,,
脳神経外科速報, Vol.26, No.2, 183-190, 2016年.
13.永廣 信治, 溝渕 佳史, 八木 (名), 永廣 (名) :
【高次脳機能障害】 外傷と高次脳機能障害,
日本医師会雑誌, Vol.145, No.6, 1197-1200, 2016年.
14.溝渕 佳史, 永廣 信治, 荻野 雅宏, McCrory Paul, スポーツ頭部外傷検討委員会 :
スポーツにおける脳振盪に関する共同声明 ー第4回国際スポーツ脳振盪会議ー【開設と翻訳】,
神経外傷, Vol.39, 1-26, 2016年.
15.Ryoma Morigaki, Ryosuke Miyamoto, Shinya Ohkita, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, Shinji Nagahiro, Ryuji Kaji and Satoshi Goto :
Nuclear factor kappa b is under the control of dopamine signaling in the mouse striatum,
Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.55, 305, 2016.
16.Yoshifumi Mizobuchi, Teruyoshi Kageji, T Yamaguchi and Shinji Nagahiro :
Craniotomy for cerebellar hemangioblastoma excision in a patient with von Hipel-Lindau disease complicated by uncontrolled hypertension due to pheochromocytoma,
International Journal of Surgery Case Reports, Vol.17, 96-99, 2015.
(DOI: 10.1016/j.ijscr.2015.10.037,   PubMed: 26595895)
17.Teruyoshi Kageji, Kenji Shono, Yoshifumi Mizobuchi, Kohhei Nakajima, Shinji Nagahiro and Y Nakagawa :
Radiation-induced meningiomas after BNCT in patients with malignant glioma,,
Applied Radiation and Isotopes, Vol.106, 256-259, 2015.
(DOI: 10.1016/j.apradiso.2015.06.004,   PubMed: 26122975)
18.影治 照喜, 岡 博文, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 溝渕 佳史, 谷 憲治, 坂東 弘康, 小幡 史明, 三橋 乃梨子 :
スマートデバイスとインターネットを用いた医療過疎地域での脳卒中支援システムの導入,
脳卒中, Vol.37, No.2, 89-95, 2015年.
(DOI: 10.3995/jstroke.37.89)
19.Takashi Abe, Yoshifumi Mizobuchi, Kohhei Nakajima, Youichi Otomi, Saho Irahara, Yuki Obama, Mungunkhuyag Majigsuren, Delgerdalai Khashbat, Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro and Masafumi Harada :
Diagnosis of brain tumors using dynamic contrast-enhanced perfusion imaging with a short acquisition time,
SpringerPlus, Vol.24, No.4, 88, 2015.
(DOI: 10.1186/s40064-015-0861-6,   PubMed: 25793147,   Elsevier: Scopus)
20.Keijiro Hara, Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, Keiko T. Kitazato, Toshiyuki Okazaki, Toshitaka Fujihara, Kohhei Nakajima, Hideo Mure, Kazuyuki Kuwayama, Tomoyo Hara and Shinji Nagahiro :
Blocking of the interaction between Wnt proteins and their co-receptors contributes to the anti-tumor effects of adenovirus-mediated DKK3 in glioblastoma,
Cancer Letters, Vol.356, 496-505, 2015.
(DOI: 10.1016/j.canlet.2014.09.045,   PubMed: 25301448,   Elsevier: Scopus)
21.永廣 信治, 溝渕 佳史 :
スポーツ頭部外傷を可視化する,
脳神経外科ジャーナル, Vol.23, No.12, 957-964, 2014年.
(DOI: 10.7887/jcns.23.957,   CiNii: 130004842117,   Elsevier: Scopus)
22.Shinji Nagahiro and Yoshifumi Mizobuchi :
Current topics in sports-related head injuries: A review,
Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.54, No.11, 878-886, 2014.
(DOI: 10.2176/nmc.ra.2014-0224,   PubMed: 25367588)
23.Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, Shinji Nagahiro, Y Nagasawa and H Kumada :
Correlation between rediatio dose and histopathological findings in patients with glioblastoma treated with boron neutron capture therapy (BNCT),
Applied Radiation and Isotopes, Vol.88, 20-22, 2014.
(DOI: 10.1016/j.apradiso.2013.12.014,   PubMed: 24480727,   Elsevier: Scopus)
24.Toshiyuki Okazaki, Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, Takeshi Miyamoto and Shinji Nagahiro :
Nine-year interval recurrence after treatment of boron neutron capture therapy in a patient with glioblastoma: A case report,,
Applied Radiation and Isotopes, Vol.88, 28-31, 2014.
(DOI: 10.1016/j.apradiso.2013.12.029,   PubMed: 24440540,   Elsevier: Scopus)
25.森垣 龍馬, 瓦井 俊孝, 大北 真哉, 牟礼 英生, 小泉 英貴, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
X-linked dystonia-parkinsonismのニューロペプチドYシステム,
機能的脳神経外科, Vol.53, 47-55, 2014年.
26.影治 照喜, 渡邊 浩良, 溝渕 佳史, 中島 公平, 永廣 信治 :
悪性胚細胞腫瘍に対する外科的治療の意義と化学治療の選択,
日本内分泌学会雑誌:第24回日本間脳下垂体腫瘍学会Proceeding, Vol.90, 62-64, 2014年.
27.Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, Yoshifumi Mizobuchi, Kazuhito Matsuzaki, Y Nagasawa and H Kumada :
Boron neutron capture therapy (BNCT) for newly-diagnosed glioblastoma: Comparison of clinical results obtained with BNCT and conventional treatment,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.3-4, 254-263, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109564,   DOI: 10.2152/jmi.61.254,   PubMed: 25264042,   Elsevier: Scopus)
28.影治 照喜, 岡 博文, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 溝渕 佳史, 谷 憲治, 河野 光宏, 湯浅 志乃, 田畑 良, 坂東 弘康, 森 敬子, 小幡 史明, 三橋 乃梨子, 浦岡 秀行, 濱口 隼人 :
スマートフォンとインターネットを用いた徳島県立海部病院遠隔医療支援 システム(k-support)の導入,
四国医学雑誌, Vol.69, No.5-6, 243-250, 2013年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109732,   CiNii: 40019974161)
29.溝渕 佳史, 永廣 信治, 中村 和己, 長塚 友香, 福島 直美 :
高次脳機能障害スクリーニングテスト Hibrid-STT作成の試みと有用性について,
神経外傷, Vol.36, No.2, 172-179, 2013年.
30.倉敷 佳孝, 影治 照喜, 溝渕 佳史, 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 広瀬 隆則, 永廣 信治 :
Anaplastic astroblastomaの鑑別診断と治療 -症例報告と文献的考察-,
脳神経外科, Vol.41, No.10, 891-899, 2013年.
(PubMed: 24091461,   Elsevier: Scopus)
31.庄野 健児, 影治 照喜, 溝渕 佳史, 平澤 元浩, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
整容的前頭側頭開頭の画像評価-側頭筋膜間脂肪層の変化に着目して-,
第6回日本脳神経外科研究会講演集, 109-111, 2013年.
32.影治 照喜, 岡 博文, 里見 淳一郎, 岡﨑 敏之, 兼松 康久, 溝渕 佳史, 永廣 信治 :
徳島県の救急医療と地域医療:現状と展望 徳島県南部の救急医療の現状と新たな取り組み -脳神経外科の立場から-,
四国医学雑誌, Vol.68, No.5,6, 177-182, 2012年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110018,   CiNii: 40019553307)
33.影治 照喜, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 平澤 元浩, 兼松 康久, 溝渕 佳史, 山田 和代, 長谷 奈生己 :
脳神経外科手術における綿片カウントのリスクマネジメント -脳神経外科医の立場から-,
脳神経外科速報, Vol.22, No.12, 1431-1437, 2012年.
34.Ryosuke Miyamoto, Satoshi Goto, Wataru Sako, Ai Miyashiro, Isabelle Kim, Fabienne Escande, Masafumi Harada, Ryoma Morigaki, Koutaro Asanuma, Yoshifumi Mizobuchi, Shinji Nagahiro, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
Generalized dystonia in a patient with a novel mutation in the GLUD1 gene,
Movement Disorders, Vol.27, No.9, 1198-1199, 2012.
(DOI: 10.1002/mds.25081,   PubMed: 22730017,   Elsevier: Scopus)
35.溝渕 佳史, 里見 淳一郎, 影治 照喜, 永廣 信治, 西村 匡司 :
脳卒中専門医不在地域における脳卒中治療と予後の検討,
四国医学雑誌, Vol.68, No.1,2, 35-40, 2012年.
(徳島大学機関リポジトリ: 97915,   CiNii: 40019338795)
36.Toshiyuki Okazaki, Teruyoshi Kageji, Kazuyuki Kuwamura, Keiko T. Kitazato, Hideo Mure, Keijiro Hara, Ryoma Morigaki, Yoshifumi Mizobuchi, Kazuhito Matsuzaki and Shinji Nagahiro :
Up-regulation of endogenous PML induced by a combination of interferon-beta and temozolomide enhances p73/YAP-mediated apoptosis in glioblastoma,
Cancer Letters, Vol.323, No.2, 199-207, 2012.
(DOI: 10.1016/j.canlet.2012.04.013,   PubMed: 22542810)
37.森垣 龍馬, 瓦井 俊孝, 中瀧 理仁, 伊賀 淳一, 佐光 亘, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 後藤 惠, 梶 龍兒 :
X-linked dystonia-parkinsonism患者の臨床症状の検討,
機能的脳神経外科, Vol.50, 150-153, 2011年.
(CiNii: 10031136836)
38.永廣 信治, 溝渕 佳史, 本藤 秀樹, 糟谷 英俊, 紙谷 武, 新原 勇三, 二村 雄次, 戸松 泰介 :
柔道における重症頭部外傷,
脳神経外科, Vol.39, No.12, 1139-1147, 2011年.
(PubMed: 22128268,   Elsevier: Scopus)
39.Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, Shinji Nagahiro, Y Nakagawa and H Kumada :
Clinical results of boron neutron capture therapy (BNCT) for glioblastoma,
Applied Radiation and Isotopes, Vol.69, No.12, 1823-1825, 2011.
(DOI: 10.1016/j.apradiso.2011.05.029,   PubMed: 21684170)
40.Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, Shinji Nagahiro, Y Nakagawa and H Kumada :
Boron neutron capture therapy combined with fractionated photon irradiation for glioblastoma: A recursive partitioning analysis of BNCT patients,
Applied Radiation and Isotopes, Vol.69, No.12, 1790-1792, 2011.
(DOI: 10.1016/j.apradiso.2011.03.049,   PubMed: 21565517)
41.安積 麻衣, 山口 真司, 溝渕 佳史, 平澤 元浩, 影治 照善, 永廣 信治, 山口 邦久, 金山 博臣 :
小脳血管芽腫と褐色細胞腫を合併したvon Hippel-Lindau病に対する手術の1例,
四国医学雑誌, Vol.67, No.1-2, 99, 2011年.
42.Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, Shinji Nagahiro, Y Nakagawa and H Kumada :
Long-survivors of glioblastoma treated with boron neutron capture therapy (BNCT),
Applied Radiation and Isotopes, Vol.69, No.12, 1800-1802, 2011.
(DOI: 10.1016/j.apradiso.2011.03.021,   PubMed: 21463946)
43.Wataru Sako, Ryoma Morigaki, Yoshifumi Mizobuchi, Takashi Tsuzuki, Hiroyuki Ima, Y Ushio, Shinji Nagahiro, Ryuji Kaji and Satoshi Goto :
Bilateral pallidal deep brain stimulation in primary Meige syndrome,
Parkinsonism & Related Disorders, Vol.17, No.2, 123-125, 2011.
(DOI: 10.1016/j.parkreldis.2010.11.013,   PubMed: 21147544)
44.佐光 亘, 村瀬 永子, 溝渕 佳史, 森垣 龍馬, 松﨑 和仁, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
Meige 症候群に対する両側淡蒼球刺激術,
機能的脳神経外科, Vol.49, No.1, 94-95, 2010年.
(CiNii: 10029745372)
45.Hideo Mure, Kazuhito Matsuzaki, KT Kitazato, Yoshifumi Mizobuchi, Kazuyuki Kuwayama, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
Akt2 and Akt3 play a pivotal role in malignant gliomas,
Neuro-Oncology, Vol.12, No.3, 221-232, 2010.
(DOI: 10.1093/neuonc/nop026,   PubMed: 20167810)
46.Kazuyuki Kuwayama, Kazuhito Matsuzaki, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, Keiko T. Kitazato, Teruyoshi Kageji, Michiyasu Nakao and Shinji Nagahiro :
Promyelocytic leukemia protein induces apoptosis due to caspase-8 activation via the repression of NFkB activation in glioblastoma,
Neuro-Oncology, Vol.11, No.2, 132-141, 2009.
(DOI: 10.1215/15228517-2008-083,   PubMed: 18812519)
47.Yoshifumi Mizobuchi, Kazuhito Matsuzaki, Kazuyuki Kuwayama, K Kitazato, Hideo Mure, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
REIC/Dkk-3 induces cell death in human malignant glioma,
Neuro-Oncology, Vol.10, No.3, 244-253, 2008.
(DOI: 10.1215/15228517-2008-016,   PubMed: 18443132)
48.Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, Kazuhito Matsuzaki, Yoshifumi Mizobuchi, H Toi, Y Nakagawa and H Kumada :
Boron neutron capture therapy using mixed epithermal and thermal neutron beams in patients with malignant glioma-correlation between radiation dose and radiation injury and clinical outcome,
International Journal of Radiation Oncology*Biology*Physics, Vol.65, No.5, 1446-1455, 2006.
(DOI: 10.1016/j.ijrobp.2006.03.016,   PubMed: 16750328)
49.溝渕 佳史, 宇野 昌明 :
日常看護援助で予測するバイタルサインの変化,
ブレインナーシング, Vol.22, 1031-1035, 2006年.
50.影治 照喜, 永廣 信治, 戸井 宏行, 溝渕 佳史, 中川 義信 :
脳腫瘍の診断と治療 -最新の研究動向- VI. 脳腫瘍の治療 放射線療法 中性子捕捉療法 -現状と問題点-,
日本臨牀, Vol.63, 442-446, 2005年.
51.Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, Yoshifumi Mizobuchi, H Toi, Y Nakagawa and H Kumada :
Radiation injury of boron neutron capture therapy using mixed epithermal- and themal neutron beams in patients with malignant glioma,
Applied Radiation and Isotopes, Vol.61, No.5, 1063-1067, 2004.
(DOI: 10.1016/j.apradiso.2004.05.058,   PubMed: 15308193)
52.Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, S Uyama, Yoshifumi Mizobuchi, H Toi, M Nakamura and Y Nakagawa :
Histopathological findings in autopsied glioblastoma patients treated by mixed neutron beam BNCT,
Journal of Neuro-Oncology, Vol.68, No.1, 25-32, 2004.
(DOI: 10.1023/B:NEON.0000024725.31515.22,   PubMed: 15174518)
53.溝渕 佳史, 宇野 昌明, 河野 威, 泉谷 智彦, 田村 哲也, 永廣 信治 :
腎透析患者の脳出血の治療と予後の検討,
脳卒中の外科, Vol.33, 290-294, 2003年.
54.影治 照喜, 永廣 信治, 宇山 慎一, 溝渕 佳史, 北村 克司, 中川 義信 :
悪性神経膠腫に対する混合ビームを用いた中性子捕捉療法,
放射線療法, Vol.12, No.3, 421-425, 2002年.
55.Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, S Uyama, Yoshifumi Mizobuchi and T Nakagawa :
Clinical review of BNCT using mixed neutron beam in patients with malignant glioma, Research and Development in Neutron Capture Therapy,
Medimond Inc., 1085-1091, 2002.

学術論文(紀要・その他):

1.Akemi Hioka, Yoshifumi Mizobuchi, Yoshiteru Tada, Kyoko Nishi, Yasuhiko Shirayama, Shinsuke Katoh, N Akazawa, Ryuji Kaji, Y Ojima and Shinji Nagahiro :
Usefulness of a novel higher brain dysfunction screening test for evaluating higher brain function in healthy persons.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.3.4, 280-285, 2017.
(DOI: 10.2152/jmi.64.280,   PubMed: 28954996)
2.中島 公平, 松下 展久, 溝渕 佳史, 阿部 考志, 影治 照喜, 永廣 信治 :
高齢者における頭蓋内多発性病変,
脳神経外科速報, Vol.25, No.3, 268-272, 2015年.
3.佐光 亘, 梶 龍兒, 宮本 亮介, 森垣 龍馬, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 後藤 惠 :
薬物療法を中心としたジストニア治療戦略,
機能的脳神経外科, Vol.50, No.1, 36-37, 2011年.
(CiNii: 10029745767)
4.佐光 亘, 森垣 龍馬, 都築 貴, 井間 博之, 生塩 之敬, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
原発性 Meige 症候群に対する両側淡蒼球刺激術 : 罹患部位による反応の相違,
機能的脳神経外科, Vol.50, No.1, 46-47, 2011年.
(CiNii: 10029745788)
5.森垣 龍馬, 佐光 亘, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 後藤 惠, 梶 龍兒 :
X-linked dystonia-parkinsonism 患者の臨床症状の検討,
機能的脳神経外科, Vol.50, No.1, 48-49, 2011年.
(CiNii: 10029745794)
6.佐光 亘, 宮本 亮介, 梶 龍兒, 森垣 龍馬, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 後藤 惠 :
パーキンソン病における dropped head syndrome に対する両側視床下核刺激術の治療効果,
機能的脳神経外科, Vol.50, No.1, 108-109, 2011年.
(CiNii: 10029745949)
7.佐光 亘, 森垣 龍馬, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
Meige症候群に対する両側淡蒼球刺激術,
機能的脳神経外科, Vol.49, No.2, 148-151, 2010年.
(CiNii: 10029745519)
8.佐光 亘, 村瀬 永子, 溝渕 佳史, 森垣 龍馬, 松﨑 和仁, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
Focal hand dystonia に対する視床 Vo-complex 破壊術と淡蒼球刺激術,
機能的脳神経外科, Vol.49, No.1, 98-99, 2010年.
(CiNii: 10029745384)
9.森垣 龍馬, 宇野 昌明, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 鈴江 淳彦, 溝渕 佳史, 佐光 亘, 梶 龍兒, 永廣 信治, 後藤 惠 :
その他の不随意運動 脳血管障害による不随意運動の3症例,
機能的脳神経外科, Vol.49, No.1, 60-61, 2010年.
(CiNii: 10029745289)

総説・解説:

1.溝渕 佳史 :
【脳腫瘍学-基礎研究と臨床研究の進歩-】 小児脳腫瘍 視神経膠腫,
日本臨床, Vol.4, No.7, 734-736, 2016年9月.
2.影治 照喜, 永廣 信治, 宇山 慎一, 溝渕 佳史, 北村 克司, 中川 義信 :
Boron neutron capture therapy using mixed neutron beam in patients with malignanat gliomas,
ポストシークエンス時代における脳腫瘍の研究と治療, 421-425, 2002年.

国際会議:

1.Kenji Shono, Izumi Yamaguchi, Toshitaka Fujihara, Keiko Kitazato, Kohhei Nakajima, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, Kohhei Nakajima, Junichiro Satomi, Shinji Nagahiro and Yasushi Takagi :
Celecoxib inhibits proliferation and induces apoptosis in glioma stem cells and an animal model of glioblastoma.,
22ND ANNUAL SCIENTIFIC MEETING AND EDUCATION DAY OF THE SOCIETY FOR NEURO-ONCOLOGY, San Francisco, Nov. 2017.
2.Junichiro Satomi, Yasuhisa Kanematsu, Masaaki Korai, Yuki Yamamoto, Nobuaki Yamamoto, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, Yoshiteru Tada, Kohhei Nakajima, Toshiyuki Okazaki and Toshitaka Fujihara :
Acute stroke management using image sharing on smart phones and tablet devices,
14TH CONGRESS OF THE WORLD FEDERATION OF INTERVENTIONAL AND THERAPEUTIC NEURORADIOLOGY, Budapest, Oct. 2017.
3.Yoshifumi Mizobuchi and Shinji Nagahiro :
The Current Status of Microvascular Decompression for treatment of Hemifacial Spasm in Japan: an Analysis of 2907 Patients Using the Japanese Diagnosis Procedure combination database,
1st Asian Conference of MVD Surgery, Vol.57, No.4, 184-190, Shanghai, Nov. 2016.
(DOI: 10.2176/nmc.oa.2016-0237,   Elsevier: Scopus)
4.Kenji Shouno, Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, Toshitaka Fujihara, Keiko T Kitazato, Kohhei Nakajima, Hideo Mure, Kazuyuki Kuwayama and Shinji Nagahiro :
Sonodynamic 5-ALA plus ultrasound therapy augments anti-tumor effects in the oncogene knock-in glioma stemcells,
20th Annual Socientific Meeting and Education Day of the Society for Neuro-Oncology, Nov. 2015.
5.Toshitaka Fujihara, Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, Keijiro Hara, Kenji Shouno, Kohhei Nakajima, Hideo Mure, Kazuyuki Kuwayama and Shinji Nagahiro :
Down-regulation of MDR1 by DKK3 attenuates chemoresistance to temozolomide, and potentiates its anti-tumor effects,
20th Annual Socientific Meeting and Education Day of the Society for Neuro-Oncology, Nov. 2015.
6.Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, Kohhei Nakajima, Hiroyoshi Watanabe, Kazumi Okamura, Shoji Kagami and Shinji Nagahiro :
Intensive chemotherapy followed by reduced radiation dose for intracranial non-germinomatous germ cell tumors,
20th Annual Socientific Meeting and Education Day of the Society for Neuro-Oncology, Nov. 2015.
7.F Watanabe, N Inoue, K Okamura, Shinji Nagahiro, Yoshifumi Mizobuchi, Kohhei Nakajima, Teruyoshi Kageji and Shoji Kagami :
Intensive Chemotherapy Followed by Reduced Dose Radiation for Intracranial Non-germinomatous Germ Cell,
The 4th International CNS Germ Cell Tumor Symposium, Apr. 2015.
8.Teruyoshi Kageji, Shoji Kagami, Kohhei Nakajima, Yoshifumi Mizobuchi and Shinji Nagahiro :
Strategy and Clinical Results for Intracranial Non-germinomatous Germ Cell Tumors Induced Intensive,
The 4th International CNS Germ Cell Tumor Symposium, Apr. 2015.
9.Yoshifumi Mizobuchi, T Okazaki, Teruyoshi Kageji, Kazuyuki Kuwayama, KT Kitazato, Hideo Mure, Keijiro Hara, Ryoma Morigaki, Kazuhito Matsuzaki, Kohhei Nakajima, T Fujihara and Shinji Nagahiro :
A combination of interferon-beta and temozolomide augments anti-tumor effects through p73/YAP-mediated apoptosis by PML in glioblastoma,
The 4th Quadrennial Meeting of the World Federation of Neuro-Oncology held in conjunction with the 2013 SNO Scientific Meeting and Education Day, San Francisco, Nov. 2013.
10.Keijiro Hara, Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, T Okazaki, T Fujihara, Kohhei Nakajima, Hideo Mure, Kazuyuki Kuwayama, T Hara and Shinji Nagahiro :
REIC/Dkk-3, one of Dickkopf(Dkk)family members, contributes to the anti-tumor effects in glioblastoma through regulation of both Wnt signal pathways,
The 4th Quadrennial Meeting of the World Federation of Neuro-Oncology held in conjunction with the 2013 SNO Scientific Meeting and Education Day, San Francisco, Nov. 2013.
11.Kohhei Nakajima, Keijiro Hara, Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, KT KItazato, T Fujihara, Kazuyuki Kuwayama, R Otsuka, DK Kung and Shinji Nagahiro :
Down-regulation of MDR by Ad-REIC contributes to augment the chemotherapy by temozolomide,
The 4th Quadrennial Meeting of the World Federation of Neuro-Oncology held in conjunction with the 2013 SNO Scientific Meeting and Education Day, San Francisco, Nov. 2013.
12.T Fujihara, Junichiro Satomi, Yasuhisa Kanematsu, Yoshiteru Tada, Kenji Yagi, Yoshifumi Mizobuchi, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
Delayed intra-arterial urokinase thrombolysis based on MRI criteria has similar outcome compared to intravenous t-PA within 3 hours,
Congress Of Neurological Surgeons 2013 Annual Meeting, San Francisco, Oct. 2013.
13.Yoshifumi Mizobuchi, Kazuhito Matsuzaki, Teruyoshi Kageji, Keiko T. Kitazato, Hideo Mure, Kazuyuki Kuwayama, Toshiyuki Okazaki, A. Manno, T. Matsuda and Shinji Nagahiro :
REIC/Dkk-3 Gene and protein Regulate Medulloblastoma Cell Growth,
2012American Association of Neurological Surgeons Annual Scientific Meeting, Miami, Apr. 2012.
14.Yasuhisa Kanematsu, Junichiro Satomi, Yoshifumi Mizobuchi, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
Comparative Analysis of the Peri-procedural Outcomes of Carotid Stenting and Carotid Endarterectomy in Elderly Patients,
American Association of Neurologial Surgeons Annual Scientific Meeting, Miami, Apr. 2012.
15.Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, Shinji Nagahiro, Kazuhito Matsuzaki and Y Nakagawa :
Clinical experiences of BNCT for glioblastomaIn comparison with conventional standard treatment,
2011 International Clinical Boron Neutron Capture Therapy Workshop, Taipei, Dec. 2011.
16.Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, Shinji Nagahiro, Kazuhito Matsuzaki and 中川 義信 :
Clinical results of BNCT for glioblastoma comparison with conventional treatment,
14th International Congress on Neutron Capture Therapy, Buenos Aires, Argentina, Oct. 2010.
17.Yoshifumi Mizobuchi, Kazuhito Matsuzaki, KT Kitazato, Hideo Mure, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
Silencing LRP6 induces cell death in human malignant glioma,
XIV World Congress of Neurological Surgery, Boston, Aug. 2009.
18.Yoshifumi Mizobuchi, Kazuhito Matsuzaki, Kazuyuki Kuwayama, KT Kitazato, Hideo Mure, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
REIC/Dkk-3 induces cell death in human malignant glioma,
Society for Neuro-Oncology 13th Annual Scientific Meeting & Education Day, Las Vegas, Nov. 2008.
19.Kazuhito Matsuzaki, Kazuyuki Kuwayama, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, KT Kitazato, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
Promyelocytic leukemia protein induces apoptosis by the repression of NFkB activation in glioblastoma cells,
Society for Neuro-Oncology 13th Annual Scientific Meeting & Education Day, Las Vegas, Nov. 2008.
20.Hideo Mure, Kazuhito Matsuzaki, KT Kitazato, Yoshifumi Mizobuchi, Kazuyuki Kuwayama, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
Functional role of akt isoforms in human malignant gliomas,
Society for Neuro-Oncology 13th Annual Scientific Meeting & Education Day, Las Vegas, Nov. 2008.
21.Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, Y Nakagawa, Kazuhito Matsuzaki, Yoshifumi Mizobuchi and Kazuyuki Kuwayama :
BSH-based intra-operative boron neutron capture therapy (BNCT) in patients with malignant glioma,
2007 Congress of Neurological Surgeons Annual Meeting, San Diego, Sep. 2007.
22.Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, Y Nakagawa, H Toi, Kazuhito Matsuzaki, Yoshifumi Mizobuchi and H Kumada :
BSH-based intra-operative boron neutron capture therapy (BNCT) in patients with malignant glioma,
2007 Congress of Neurological Surgeons Annual Meeting,, San Diego, Sep. 2007.
23.Kazuyuki Kuwayama, Kazuhito Matsuzaki, Yoshifumi Mizobuchi, KT Kitazato, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
Role of promyelocytic leukemia protein in astrocytic tumors,
2007 Congress of Neurological Surgeons Annual Meeting, San Diego, Sep. 2007.
24.Kazuhito Matsuzaki, S Uyama, KT Kitazato, Kazuyuki Kuwayama, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
Down-regulation of Akt1 and Akt2 by RNA interference enhances the anti-tumor effects of radiation on malignant glioma cells,
2007 Congress of Neurological Surgeons Annual Meeting, San Diego, Sep. 2007.
25.Yoshifumi Mizobuchi, Kazuhito Matsuzaki, Kazuyuki Kuwayama, KT Kitazato, Hideo Mure, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
REIC/Dkk-3 induces cell death in human malignant glioma,
2007 Congress of Neurological Surgeons Annual Meeting, San Diego, Sep. 2007.
26.Kazuhito Matsuzaki, S Uyama, Kazuyuki Kuwayama, Yoshifumi Mizobuchi and KT Kitazato :
Down-regulation of Akt by RNA interference enhances radiation-induced apoptosis in malignant glioma cells,
4th Meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology, Taipei, Nov. 2005.
27.Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, Kazuhito Matsuzaki, Kazuyuki Kuwayama, S Uyama, Yoshifumi Mizobuchi, Y Nakagawa and H Kumada :
Intra-operative boron neutron capture therapy (BNCT) using epithermal neutron, beams in patients with malignant glioma -Correlation between BNCT radiation dose and radiation injury, clinical outcome-,
4th Meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology, Taipei, Nov. 2005.

国内講演発表:

1.中島 公平, 藤原 敏孝, 溝渕 佳史, 髙木 康志 :
中枢神経原発性悪性リンパ腫に対する大量メトトレキサート維持療法の治療成績,
第36回日本脳腫瘍学会学術集会, 2018年12月.
2.中島 公平, 藤原 敏孝, 溝渕 佳史, 髙木 康志 :
穿刺様頭痛で発見された中枢神経アスペルギルス症の1例,
第46回日本頭痛学会総会, 2018年11月.
3.藤原 敏孝, 溝渕 佳史, 中島 公平, 岡﨑 敏之, 牟礼 英生, 髙木 康志 :
膠芽腫におけるDKK3遺伝子導入による薬剤排泄ポンプの発現抑制の意義,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
4.鹿草 宏, 溝渕 佳史, 藤原 敏孝, 中島 公平, 髙木 康志 :
慢性硬膜下血腫の手術方法の検討,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
5.中島 公平, 藤原 敏孝, 溝渕 佳史, 髙木 康志 :
当院における中枢神経原発悪性リンパ腫に対する大量メトトレキサート維持療法の治療成績,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
6.溝渕 佳史, 中島 公平, 藤原 敏孝, 永廣 信治, 髙木 康志 :
顔面痙攣に対する手術手技 "shelter method" の有効性と長期予後,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
7.畠田 昇一, 小山 広士, 藤原 敏孝, 中島 公平, 溝渕 佳史, 髙木 康志 :
短期間で出血を繰り返した多発脳病変の1例,
第32回中国四国脳腫瘍研究会, 2018年9月.
8.中島 公平, 榎本 紀哉, 安積 麻衣, 大北 真哉, 溝渕 佳史, 永廣 信治 :
脳脊髄液中に好酸球増多を認めたシャント機能不全の1例,
第45回日本小児神経外科学会, 2017年6月.
9.溝渕 佳史 :
顔面けいれんに対するshelter methodの有効性の検討,
第26回脳神経外科手術と器械学会, 2017年4月.
10.仁紙 裕人, 溝渕 佳史, 庄野 健児, 北里 慶子, 岡久 哲也, 加藤 真介, 永廣 信治 :
柔道による頭部外傷予防にむけた動作解析研究,
第40回日本脳神経外傷学会, 2017年3月.
11.溝渕 佳史, 永廣 信治 :
DPCデータベースを用いた日本における神経血管減圧術の現状調査,
第19回日本脳神経減圧術学会, 2017年1月.
12.中島 公平, 溝渕 佳史, 永廣 信治 :
放射線治療を温存した中枢神経原発悪性リンパ腫の治療とその意義,
日本脳神経外科学会第75回学術総会, 2016年9月.
13.里見 淳一郎, 溝渕 佳史, 永廣 信治 :
情報通信システムを用いた脳神経外科診療の取り組み,
日本脳神経外科学会第75回学術総会, 2016年9月.
14.日岡 明美, 溝渕 佳史, 中村 和己, 多田 恵曜, 牟礼 英生, 西 京子, 北里 慶子, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
年代別健常者の高次脳機能障害スクリーニングテストの特性,
第17回日本早期認知症学会学術集会, 2016年9月.
15.溝渕 佳史, 中島 公平, 大北 真哉, 藤原 敏孝, 永廣 信治 :
悪性リンパ腫に対するリツキサンを併用し大量MTXメインテナンス療法,
第21回日本脳腫瘍の外科学会, 2016年9月.
16.西山 徹, 溝渕 佳史, 永廣 信治 :
柔道指導で発症した脳脊髄液減少例の1例,
第39回日本脳神経外傷学会, 2016年2月.
17.萩野 寛隆, 溝渕 佳史, 松田 拓, 山本 陽子, 住吉 学, 田村 哲也, 永廣 信治 :
高齢者急性硬膜下血腫の検討,
第39回日本脳神経外傷学会, 2016年2月.
18.溝渕 佳史, 岡久 哲也, 永廣 信治 :
3次元座標計測機器(VICON-MX system)を用いた柔道受け身時の頭部回転速度の解析,
第39回日本脳神経外傷学会, 2016年2月.
19.永廣 信治, 溝渕 佳史, 西山 徹 :
柔道による頭部外傷事故例の解析と予防活動,
第39回日本脳神経外傷学会, 2016年2月.
20.溝渕 佳史, 中島 公平, 影治 照喜, 永廣 信治 :
頭蓋咽頭腫に対する外科的治療を中心とした治療戦略,
第26回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2016年2月.
21.森垣 龍馬, 宮本 亮介, 大北 真哉, 溝渕 佳史, 牟礼 英生, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
NFκBのマウス脳線条体における発現パターンとその役割,
第55回日本定位・機能神経外科学会, 2016年1月.
22.溝渕 佳史 :
顔面けいれんにおける顔面神経root exit zone(REZ)の圧迫に椎骨動脈が関与するタイプ(B型)の手術と成績,
第18回日本脳神経減圧術学会, 2016年1月.
23.里見 淳一郎, 溝渕 佳史, 永廣 信治 :
脳卒中急性期における前方連携:徳島大学病院における取り組み,
第31回NPO法人 日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2015年11月.
24.森垣 龍馬, 大北 真哉, 牟礼 英生, 溝渕 佳史, 後藤 惠, 梶 龍兒, 永廣 信治 :
Nuclear factor kappa bはマウス脳線条体においてドパミンシグナル支配下に機能する,
一般社団法人 日本脳神経外科学会第74回学術総会, 2015年10月.
25.中島 公平, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 岡村 和美, 渡邊 浩良, 永廣 信治 :
悪性胚細胞性腫瘍に対する化学療法を強化した集学的治療,
一般社団法人 日本脳神経外科学会第74回学術総会, 2015年10月.
26.溝渕 佳史, 中島 公平, 影治 照喜, 永廣 信治 :
高齢者における髄膜腫手術の適応と問題点,
第20回 日本脳腫瘍の外科学会, 2015年9月.
27.森垣 龍馬, 大北 真哉, 溝渕 佳史, 牟礼 英生, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
マウス脳線条体におけるNuclear factor kappa bの機能的分子としての可能性,
第16回日本分子脳神経外科学会, 2015年8月.
28.溝渕 佳史, 山口 真司, 中島 公平, 影治 照喜, 坂東 良美 :
術後長年経過して再発を繰り返した嚢胞性infiltrating astrocytomaの1例,
第33回日本脳腫瘍病理学会, 2015年5月.
29.鹿草 宏, 中島 公平, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 :
眼窩内腫瘍の2例,
第79回日本脳神経外科学会中国四国支部学術集会, 2015年4月.
30.影治 照喜, 岡 博文, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 溝渕 佳史 :
医療過疎地域に対する急性期脳卒中診療支援 -徳島県と徳島大学の取り組み-,
第40回日本脳卒中学会総会, 2015年3月.
31.里見 淳一郎, 溝渕 佳史, 永廣 信治 :
Telemedicine(Telestroke)の現状と展望,
第40回日本脳卒中学会総会, 2015年3月.
32.影治 照喜, 平澤 元浩, 溝渕 佳史, 中島 公平, 永廣 信治 :
小児後頭蓋窩腫瘍に対する後頭下開頭の整容的工夫,
第7回日本整容脳神経外科研究会, 2014年4月.
33.中島 公平, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 :
レクセルシステムを用いた安全な定位的脳生検術,
第23回脳神経外科手術と機器学会, 2014年4月.
34.影治 照喜, 永廣 信治, 溝渕 佳史, 中島 公平 :
脳神経外科手術における術後出血の検討 -術後出血を防ぐための基本-,
第23回脳神経外科手術と機器学会, 2014年4月.
35.山口 真司, 中島 公平, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治, 伊藤 弘道, 森 健治 :
進行性頭囲拡大を呈した乳児外傷性脳内出血の1例,
第77回(一社)日本脳神経外科学会中国四国支部学術集会, 2014年4月.
36.影治 照喜, 岡 博文, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 溝渕 佳史 :
スマートフォンとインターネットを用いた医療過疎地域での脳卒中遠隔医療支援システムの導入,
第39回日本脳卒中学会総会, 2014年3月.
37.曽我部 周, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治, 木内 智也 :
トルコ鞍近傍部に発生した海綿状血管腫の2症例,
第24回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2014年2月.
38.影治 照喜, 溝渕 佳史, 中島 公平, 永廣 信治 :
悪性胚細胞腫瘍に対する外科的治療の意義,
第24回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2014年2月.
39.大北 真哉, 牟礼 英生, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 森垣 龍馬, 後藤 惠, 宮本 亮介, 山本 伸昭, 梶 龍兒 :
高インスリン血性高アンモニア血性症候群に合併した全身性ジストニアに対し,脳深部刺激術を施行した1例,
第53回日本定位・機能神経外科学会, 2014年2月.
40.森垣 龍馬, 小泉 英貴, 牟礼 英生, 大北 真哉, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠, 瓦井 俊孝 :
X-linked dystonia-parkinsonismのニューロペプタイドYシステム,
第53回日本定位・機能神経外科学会, 2014年2月.
41.溝渕 佳史, 永廣 信治 :
Epidermoid術後に生じたfibrous bandによる三叉神経痛の一例,
第16回日本脳神経減圧術学会, 2014年2月.
42.永廣 信治, 溝渕 佳史 :
顔面痙攣に対する手術手技"shelter method"と長期予後,
第16回日本脳神経減圧術学会, 2014年2月.
43.中島 公平, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 :
当院における中枢神経系原発悪性リンパ腫の現状と問題点,
第39回徳島脳神経外科談話会, 2013年12月.
44.里見 淳一郎, 桑山 一行, 溝渕 佳史, 永廣 信治 :
脳梗塞急性期血行再建におけるスマートフォンを用いた情報交換の有用性,
第22回中国四国脳神経血管内手術研究会, 2013年9月.
45.亘 雄也, 中島 公平, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治, 榊 美佳, 加藤 真介, 広瀬 隆則 :
脊髄上衣腫摘出手術から13年後に頭蓋内播種を示した1例,
第27回中国四国脳腫瘍研究会, 2013年9月.
46.影治 照喜, 岡 博文, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 溝渕 佳史, 谷 憲治, 河野 光宏, 湯浅 志乃, 田畑 良, 坂東 弘康, 高橋 幸志, 森 敬子, 小幡 史明, 三橋 乃梨子, 浦岡 秀行, 濱口 隼人 :
スマートフォンとインターネットを用いた海部病院遠隔医療支援システム(k-support)の導入,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
47.石原 学, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治, 髙須 千絵, 泉 啓介 :
成人脳室内glioependymal cyst の1例,
第75回㈳日本脳神経外科学会中四国支部学術集会, 2013年4月.
48.里見 淳一郎, 溝渕 佳史, 永廣 信治 :
脳卒中急性期診断におけるスマートフォンを用いた情報交換の有用性- i-Strokeの初期使用経験-,
第38回日本脳卒中学会総会, 2013年3月.
49.森垣 龍馬, 中瀧 理仁, 伊賀 淳一, 瓦井 俊孝, 牟礼 英生, 溝渕 佳史, 大北 真哉, 大森 哲郎, 永廣 信治, 後藤 惠, 梶 龍兒 :
X-linked dystonia-parkinsonismのうつ症状,
第52回日本定位・機能神経外科学会, 2013年1月.
50.溝渕 佳史 :
当院におけるMVDデータベースを用いた脳神経減圧術手術の長期成績,
第15回日本脳神経減圧術学会, 2013年1月.
51.石原 学, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 :
長期経過で水頭症の進行を認めた脳室内嚢胞の1例,
第38回徳島脳神経外科談話会, 2012年12月.
52.宮本 健志, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治, 小谷 裕美子, 香美 祥二, 加地 剛, 苛原 稔 :
胎児期に発見された頭蓋咽頭腫の一例,
第74回㈳日本脳神経外科学会中国四国支部学術集会, 2012年12月.
53.牟礼 英生, 北里 慶子, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治, 松﨑 和仁, 桑山 一行 :
悪性神経膠腫におけるAkt2およびAkt3の機能解析,
第30回日本脳腫瘍学会学術集会, 2012年11月.
54.影治 照喜, 溝渕 佳史, 岡﨑 敏之, 永廣 信治, 松﨑 和仁 :
小児悪性胚細胞腫瘍に対する集学的治療成績と今後の展望,
社団法人日本脳神経外科学会第71回学術総会, 2012年10月.
55.原 慶次郎, 溝渕 佳史, 北里 慶子, 岡﨑 敏之, 影治 照喜, 永廣 信治, 公文 裕巳 :
悪性神経膠腫におけるREIC/Dkk-3遺伝子導入によるWnt蛋白制御の意義,
第13回日本分子脳神経外科学会, 2012年9月.
56.岡﨑 敏之, 影治 照喜, 溝渕 佳史, 永廣 信治 :
小脳pilocytic astrocytomaの手術アプローチと手術成績,
第17回日本脳腫瘍の外科学会, 2012年9月.
57.安積 麻衣, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 :
ゲフィチニブ内服中に特異な画像所見を呈した肺腺癌からの脳転移の一例,
第26回中国四国脳腫瘍研究会, 2012年8月.
58.曽我部 周, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 :
脳室内出血で発症した第三脳室内海綿状血管腫の手術例,
第17回四国脳神経外科カンファレンス, 2012年8月.
59.兼松 康久, 里見 淳一郎, 高麗 雅章, 山本 伸昭, 溝渕 佳史, 西 京子, 永廣 信治 :
反対側病変を伴う内頚動脈狭窄症に対する血行再建術,
第11回日本頸部脳血管治療学会, 2012年6月.
60.兼松 康久, 高麗 雅章, 山本 伸昭, 溝渕 佳史, 里見 淳一郎, 西 京子, 永廣 信治 :
対側閉塞または高度狭窄を伴う内頚動脈狭窄症に対する血行再建術,
第11回日本頸部脳血管治療学会, 2012年6月.
61.高麗 雅章, 里見 淳一郎, 山本 伸昭, 溝渕 佳史, 兼松 康久, 永廣 信治 :
傍前床突起部内頸動脈瘤に対する血管内治療,
第37回日本脳卒中学会総会, 2012年4月.
62.兼松 康久, 高麗 雅章, 溝渕 佳史, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 佐藤 浩一, 松原 俊二 :
再治療を要した脳動脈瘤コイル塞栓術症例の検討,
第37回日本脳卒中学会総会, 2012年4月.
63.里見 淳一郎, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 岡﨑 敏之, 兼松 康久, 永廣 信治 :
脳卒中専門医不在地域における脳卒中治療—徳島県南部Ⅱ保険医療圏と徳島大学SCUとの比較検討—,
第37回日本脳卒中学会総会, 2012年4月.
64.溝渕 佳史, 永廣 信治, 中村 和己 :
高次脳機能障害スクリーニングテスト作成の試みと有用性,
第35回日本脳神経外傷学会, 2012年3月.
65.永廣 信治, 溝渕 佳史, 本藤 秀樹 :
柔道による重症頭部外傷の現状と対策,
第35回日本脳神経外傷学会, 2012年3月.
66.三宅 一央, 溝渕 佳史, 永廣 信治 :
左片麻痺症状にて発症した片頭痛発作の1例,
第37回徳島脳神経外科談話会, 2012年3月.
67.溝渕 佳史, 永廣 信治, 近藤 明悳 :
脳神経減圧術手術成績評価の標準化とデータベースの構築,
第14回日本脳神経減圧術学会, 2012年1月.
68.高麗 雅章, 影治 照喜, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 古谷 俊介, 喜多 尚美, 西本 利恵 :
重篤な意識障害を呈した膠芽腫の治療と看護,
徳島大学病院 Cancer Board, 2011年12月.
69.曽我部 周, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 :
脳室内出血で発症した第三脳室内腫瘍の一例,
第36回徳島脳神経外科談話会, 2011年12月.
70.曽我部 周, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 :
くも膜下出血で発症した多発性脳動脈瘤の一例,
第27回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2011年11月.
71.高麗 雅章, 山本 伸昭, 兼松 康久, 里見 淳一郎, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 佐藤 浩一, 松原 俊二 :
脳動脈瘤コイル塞栓術後,再治療を要した症例の検討,
第27回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2011年11月.
72.溝渕 佳史, 里見 淳一郎, 兼松 康久, 永廣 信治 :
くも膜下出血で発症した多発性脳動脈瘤の一例,
第27回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2011年11月.
73.里見 淳一郎, 兼松 康久, 溝渕 佳史, 山本 伸昭, 永廣 信治, 佐藤 浩一, 花岡 真実, 松原 俊二 :
脳底動脈瘤に対する瘤内塞栓術,
第27回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2011年11月.
74.溝渕 佳史 :
受傷後50年が経過した外傷性CCFの一例,
第26回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2011年11月.
75.溝渕 佳史 :
超高齢者髄膜腫手術の適応と問題点,
第70回日本脳神経外科学会総会, 2011年10月.
76.倉敷 佳孝, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 :
当院におけるメチオニンPETを用いた脳腫瘍診断,
第25回中国四国脳腫瘍研究会, 2011年9月.
77.三宅 一央, 影治 照喜, 溝渕 佳史, 倉敷 佳孝, 永廣 信治 :
転移性下垂体腫瘍の1例,
第35回徳島脳神経外科談話会, 2011年3月.
78.溝渕 佳史 :
顔面けいれん手術におけるABR モニタリング,
第13回日本脳神経減圧術学会, 2011年1月.
79.倉敷 佳孝, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治, 佐藤 浩一, 広瀬 隆則 :
著明な腫瘍血管増生を認めたanaplastic astroblastomaの一例,
第70回日本脳神経外科学会中国四国支部学術集会, 2010年12月.
80.溝渕 佳史 :
REIC/Dkk-3はmedulloblastomaの細胞死を誘導する,
社団法人日本脳神経外科学会第69回学術総会, 2010年10月.
81.倉敷 佳孝, 八木 謙次, 兼松 康久, 溝渕 佳史, 影治 照喜 :
二期的手術により全摘出し得た巨大central neurocytomaの一例,
第15回日本脳腫瘍の外科学会, 2010年10月.
82.岡崎 敏之, 影治 照喜, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 森田 奈緒美, 原田 雅史 :
脳腫瘍診断のためのadvanced MR imagingの有用性,
第15回日本脳腫瘍の外科学会, 2010年10月.
83.溝渕 佳史, 影治 照喜, 山口 真司, 平澤 元浩, 永廣 信治 :
褐色細胞腫を合併したvon Hippel-Lindau病の手術と周術期管理,
第15回日本脳腫瘍の外科学会, 2010年10月.
84.影治 照喜, 溝渕 佳史, 永廣 信治 :
頭蓋咽頭腫に対する手術アプローチと治療成績,
第15回日本脳腫瘍の外科学会, 2010年10月.
85.溝渕 佳史, 影治 照喜, 北里 慶子, 永廣 信治 :
グリオーマ細胞におけるLRP 6阻害作用,
第24回中国四国脳腫瘍研究会, 2010年9月.
86.倉敷 佳孝, 里見 淳一郎, 兼松 康久, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 :
頭蓋内出血で発症した新生児pial AVMの1例,
第12回徳島脳血管障害カンファレンス, 2010年5月.
87.影治 照喜, 溝渕 佳史, 永廣 信治 :
当院おけるテモゾロミド導入以後の治療成績,
徳島脳腫瘍セミナー2010, 2010年2月.
88.岡﨑 敏之, 松﨑 和仁, 溝渕 佳史, 北里 慶子, 影治 照喜, 原 慶次郎, 永廣 信治 :
膠芽腫に対するテモゾロミドとインターフェロンβ併用療法におけるPMLの役割,
徳島脳腫瘍セミナー2010, 2010年2月.
89.森垣 龍馬, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 佐光 亘, 梶 龍兒, 後藤 惠, 宇野 昌明, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 鈴江 淳彦 :
脳血管障害による不随意運動の3症例,
第49回日本定位・機能神経外科学会, 2010年1月.
90.溝渕 佳史 :
REIC/Dkk-3は悪性脳腫瘍の細胞死を誘導する,
第27回日本脳腫瘍学会, 2009年11月.
91.影治 照喜, 溝渕 佳史, 中川 義信 :
膠芽腫に対するBNCT-現在までの治療実績と今後の方向性に関して-,
第6回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2009年9月.
92.影治 照喜, 中島 公平, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 松原 俊二, 松﨑 和仁 :
輸血拒否患者の巨大髄膜腫手術,
第23回中国四国脳腫瘍研究会, 2009年9月.
93.Kazuhito Matsuzaki, Kazuyuki Kuwayama, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, 北里 慶子, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro :
PMLは神経膠芽腫細胞においてNFkBの転写活性を抑制しアポトーシスを誘導する,
第26回日本脳腫瘍学会, Nov. 2008.
94.影治 照喜, 溝渕 佳史, 中川 義信, 熊田 博明 :
小児悪性脳腫瘍に対するBNCT,
第5回日本中性子捕捉療法学学術大会, 2008年7月.
95.溝渕 佳史 :
グリオーマ細胞におけるREIC/Dkk-3蛋白質発現の意義,
第66回(社)日本脳神経外科学会総会, 2007年10月.
96.溝渕 佳史, 松﨑 和仁, 桑山 一行, 北里 慶子, 牟礼 英生, 影治 照喜, 永廣 信治 :
グリオーマ細胞におけるREIC/Dkk-3タンパク質の作用,
第8回日本分子脳神経外科学会, 2007年8月.
97.影治 照喜, 松﨑 和仁, 溝渕 佳史, 桑山 一行, 永廣 信治, 中川 義信, 熊田 博明 :
悪性神経膠腫に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT) -BNCT専用線量評価システムの臨床応用-,
第16回日本脳神経外科コンピュータ研究会, 2007年1月.
98.松﨑 和仁, 桑山 一行, 北里 慶子, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 :
悪性神経膠腫においてPML (promyelocytic leukemia)はSurvivinの発現を調節する,
第65回(社)日本脳神経外科学会総会, 2006年10月.
99.影治 照喜, 松﨑 和仁, 溝渕 佳史, 中川 義信, 松村 明, 山本 哲哉, 熊田 博明 :
悪性神経膠腫に対する中性子捕捉療法(boron neutron capture therapy: BNCT)-開頭BNCTから非開頭BNCTへ-,
第65回(社)日本脳神経外科学会総会, 2006年10月.
100.影治 照喜, 松﨑 和仁, 溝渕 佳史, 永廣 信治 :
悪性神経膠腫に対する中性子捕捉療法 (BNCT) -照射線量と病理学的所見との対比-,
第24回日本脳腫瘍病理学会, 2006年6月.
101.溝渕 佳史 :
腎透析患者における脳出血の予後の検討,
06' ウィンターセミナー, 2006年2月.

その他・研究会:

1.安積 麻衣, 藤原 敏孝, 大北 真哉, 中島 公平, 溝渕 佳史, 永廣 信治 :
治療に難渋した小児シャント感染の1例,
第42回徳島脳神経外科談話会, 2016年12月.
2.里見 淳一郎, 溝渕 佳史, 永廣 信治 :
硬膜動静脈瘻の病態と治療,
第2回千葉Neuro-Imaging & Technique 研究会, 2016年10月.
3.鹿草 宏, 溝渕 佳史, 中島 公平, 永廣 信治 :
進行性の聴力低下をきたした松果体嚢胞の1例,
第30回中国四国脳腫瘍研究会, 2016年9月.
4.大北 真哉, 藤原 敏孝, 中島 公平, 多田 恵曜, 溝渕 佳史, 永廣 信治 :
Awake suegery ― 当院でのfirst case,
第3回徳島脳神経疾患談話会, 2016年3月.
5.中島 公平, 溝渕 佳史, 大北 真哉, 鹿草 宏, 萩野 寛隆, 永廣 信治 :
錐体斜台部髄膜腫に対するCombined Pre-and Retrosiqmoid Approachの有用性,
第41回徳島脳神経外科談話会, 2015年12月.
6.松田 拓, 溝渕 佳史, 中島 公平, 影治 照喜, 永廣 信治, 渡邊 浩良 :
成人に発症した頭蓋内横紋筋肉腫の1例,
第29回中国四国脳腫瘍研究会, 2015年9月.
7.中島 公平, 松田 拓, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 :
多房性病変を呈したRosette-forming glioneuronal tumorの1例,
第20回四国脳神経外科カンファレンス, 2015年8月.
8.影治 照喜, 岡 博文, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 溝渕 佳史, 谷 憲治, 田畑 良, 坂東 弘康, 三橋 乃梨子, 小幡 史明 :
海部地域に対する急性期脳卒中診療支援 -寄付講座の検証-,
第17回徳島脳卒中研究会, 2015年2月.
9.庄野 健児, 溝渕 佳史, 永廣 信治 :
徳島県下における慢性硬膜下血腫治療の調査,
第40回徳島脳神経外科談話会, 2014年12月.
10.溝渕 佳史, 永廣 信治 :
Epidermoid術後に生じたfibrous bandによる三叉神経痛の一例,
第19回四国脳神経外科カンファレンス, 2014年8月.
11.中島 公平, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 :
再発中枢神経原発悪性リンパ腫に対しリツキサンが有効であった2症例,
第19回四国脳神経外科カンファレンス, 2014年8月.
12.溝渕 佳史 :
大学病院を核としたウェブカンファレンスシステムの構築,
第39回徳島大学脳神経外科同門会, 2014年6月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 悪性神経膠腫に対するAd-REICの抗腫瘍効果とWntシグナル制御の分子機構 (研究課題/領域番号: 25462264 )
  • iPS細胞を応用した脳腫瘍モデルに対するREIC遺伝子導入による新規治療法開発 (研究課題/領域番号: 23592128 )
  • Wntシグナル制御による癌幹細胞および脳腫瘍増殖抑制作用の分子機構 (研究課題/領域番号: 22791348 )
  • 研究者番号(80547993)による検索