検索:
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 脳·神経·精神科 > 精神科神経科 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 脳·神経·精神科 > 心身症科 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 情報統合医学講座 > 精神医学分野 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 亀岡 尚美 :
CHAPTER 9 認知症,
株式会社 中外医学社, 2016年6月.
2. 安藝 浩史, 上野 修一, 大森 隆史, 亀岡 尚美 :
認知症,
株式会社 中外医学社, 2015年6月.
3. 亀岡 尚美 :
認知症,うつ病・双極性障害,
医歯薬出版 株式会社, 2014年.

学術論文(審査論文):

1. Chikako Kane, Masahito Tomotake, Hamatani Sayo, Shin-ichi Chiba, Naomi Kameoka, Shinya Watanabe, Masahito Nakataki, Shusuke Numata and Tetsuro Ohmori :
Clinical factors influencing resilience in patients with anorexia nervosa,
Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.15, 391-395, 2019.
(DOI: 10.2147/NDT.S190725,   PubMed: 30787613,   Elsevier: Scopus)
2. Tomoya Takeda, Masahito Nakataki, Masashi Ohta, S Hamatani, K Matsuura, R Yoshida, Naomi Kameoka, Takeo Tominaga, Hidehiro Umehara, Makoto Kinoshita, Shinya Watanabe, Shusuke Numata, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori :
Negative and positive self-thoughts predict subjective quality of life in people with schizophrenia.,
Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.15, 293-301, 2019.
(DOI: 10.2147/NDT.S190381,   PubMed: 30718955,   Elsevier: Scopus)
3. Takeo Tominaga, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Yoshinori Ueoka, Tsunehiko Tanaka, Shinya Watanabe, Naomi Kameoka, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Yumiko Izaki, Satsuki Sumitani, hiroko Kubo, Yasuhiro Kaneda and Tetsuro Ohmori :
Relationship between social and cognitive functions in people with schizophrenia,
Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.14, 2215-2224, 2018.
(DOI: 10.2147/NDT.S171207,   PubMed: 30214211,   Elsevier: Scopus)
4. Masashi Ohta, Masahito Nakataki, Tomoya Takeda, Shusuke Numata, Takeo Tominaga, Naomi Kameoka, Hiroko Kubo, Makoto Kinoshita, K Matsuura, M Otomo, N Takeichi, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori :
Structural equation modeling approach between salience network dysfunction, depressed mood, and subjective quality of life in schizophrenia: an ICA resting-state fMRI study.,
Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.14, 1585-1597, 2018.
(DOI: 10.2147/NDT.S163132,   PubMed: 29942132,   Elsevier: Scopus)
5. Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Masashi Ohta, Yukio Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe, Masatoshi Inoshita, Makoto Kinoshita and Tetsuro Ohmori :
Impaired central coherence in patients with anorexia nervosa,
Psychiatry Research, Vol.259, 77-80, 2017.
(DOI: 10.1016/j.psychres.2017.09.086,   PubMed: 29031167,   Elsevier: Scopus)
6. Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Y Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe, Masatoshi Inoshita, Makoto Kinoshita, Masashi Ohta and Tetsuro Ohmori :
Influence of cognitive function on quality of life in anorexia nervosa patients,
Psychiatry and Clinical Neurosciences, Vol.71, No.5, 328-335, 2017.
(DOI: 10.1111/pcn.12491,   PubMed: 27973723)
7. Hiroko Kubo, Masahito Nakataki, Satsuki Sumitani, Junichi Iga, Shusuke Numata, Naomi Kameoka, Shinya Watanabe, Hidehiro Umehara, Makoto Kinoshita, Masatoshi Inoshita, Mai Tamaru, Masashi Ohta, Chiaki Nakayama-Yamauchi, Yasuhiro Funakoshi, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori :
1H-magnetic resonance spectroscopy study of glutamate-related abnormality in bipolar disorder.,
Journal of Affective Disorders, Vol.208, 139-144, 2017.
(DOI: 10.1016/j.jad.2016.08.046,   PubMed: 27770643,   Elsevier: Scopus)
8. Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Yukio Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe and Tetsuro Ohmori :
Impaired social cognition in anorexia nervosa patients,
Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.12, 2527-2531, 2016.
(DOI: 10.2147/NDT.S116521,   PubMed: 27785029,   Elsevier: Scopus)
9. Naomi Kameoka, Junichi Iga, Mai Tamaru, Takeo Tominaga, Hiroko Kubo, Shinya Watanabe, Satsuki Sumitani, Masahito Tomotake and Tetsuro Ohmori :
Risk factors for refeeding hypophosphatemia in Japanese inpatients with anorexia nervosa.,
The International Journal of Eating Disorders, Vol.49, No.4, 402-406, 2016.
(DOI: 10.1002/eat.22472,   PubMed: 26446402)
10. Yoko Morigaki, Junichi Iga, Naomi Kameoka, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori :
Psychiatric symptoms in a patient with isolated adrenocorticotropin deficiency: case report and literature review.,
General Hospital Psychiatry, Vol.36, No.4, 449e3-e5, 2014.
(DOI: 10.1016/j.genhosppsych.2014.02.012,   PubMed: 24725972,   Elsevier: Scopus)
11. 亀岡 尚美, 中土井 芳弘, 大森 哲郎, 友竹 正人 :
摂食障害患者にみられるRefeeding syndromeについて,
四国医学雑誌, Vol.68, No.1-2, 87, 2012年.
12. Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Song Hongwei, Koji Ohta, Sawako Kinouchi, Sumiko Shibuya-Tayoshi, Shin'ya Tayoshi, Michitaka Aono, Naomi Kameoka, Satsuki Sumitani, Masahito Tomotake, Yasuhiro Kaneda, Takahide Taniguchi, Yasuhito Ishimoto and Tetsuro Ohmori :
Brain-derived neurotrophic factor (BDNF) Val66Met polymorphism in schizophrenia is associated with age at onset and symptoms.,
Neuroscience Letters, Vol.401, No.1-2, 1-5, 2006.
(DOI: 10.1016/j.neulet.2006.02.054,   PubMed: 16533563)

学術レター:

1. 森垣 洋子, 住谷 さつき, 亀岡 尚美, 大森 哲郎 :
ステロイド補充により精神症状が改善したACTH単独欠損症の1例,
精神神經學雜誌, Vol.115, No.6, 678, 2013年.

国際会議:

1. Hamatani Sayo, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Yukio Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe and Tetsuro Ohmori :
Characteristics of social cognition in women with anorexia nervosa.,
London Eating Disorders Confirence., London, Mar. 2017.
2. Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Yukio Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe and Tetsuro Ohmori :
Impaired social cognition in anorexia nervosa patients,
13th London International Eating Disorders Conference, Vol.12, 2527-2531, London, Mar. 2017.
(DOI: 10.2147/NDT.S116521,   PubMed: 27785029,   Elsevier: Scopus)
3. Yoshihiro Nakadoi, Naomi Kameoka, Masahito Tomotake and Tetsuro Ohmori :
The characteristics of eating disorder inpatients in a Japanese university hospital,
IACAPAP 20th World Congress, Paris, Jul. 2012.
4. Yoshihiro Nakadoi, Naomi Kameoka, Masahito Tomotake and Tetsuro Ohmori :
The characteristics of eating disorder inpatients in a Japanese university hospital,
IACAPAP 20th World Congress, Paris, Jul. 2012.

国内講演発表:

1. 中瀧 理仁, 久保 弘子, 住谷 さつき, 沼田 周助, 亀岡 尚美, 渡部 真也, 梅原 英裕, 大田 将史, 原田 雅史, 大森 哲郎 :
双極性障害患者におけるアミノ酸系神経伝達物質の異常,
第15回日本うつ病学会総会, 2018年7月.
2. 大田 将史, 中瀧 理仁, 武田 知也, 沼田 周助, 富永 武男, 亀岡 尚美, 久保 弘子, 木下 誠, 松浦 可苗, 大友 真姫, 武市 直也, 原田 雅史, 大森 哲郎 :
統合失調症におけるSalience Network機能障害,抑うつ気分,および主観的QOLの因果関係.,
第114回日本精神神経学会学術総会, 2018年6月.
3. 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 松浦 可苗, 吉田 玲於奈, 亀岡 尚美, 富永 武男, 坂本 新介, 梅原 英裕, 木下 誠, 久保 弘子, 渡部 真也, 沼田 周助, 住谷 さつき, 大森 哲郎 :
統合失調症患者の否定的・肯定的自動思考と臨床要因との関連,
第13回統合失調症学会, 2018年3月.
4. 多田 幸雄, 宮崎 厚子, 加藤 美玲, 門田 芳, 谷口 早紀, 中瀧 理仁, 亀岡 尚美, 伊賀 淳一, 大森 哲郎 :
がん患者を対象とした心理士による心理相談と,精神科によるリエゾン診療,
第58回中国・四国精神神経学会, 2017年11月.
5. 亀岡 尚美 :
大人になった摂食障害患者の治療 入院チーム医療と身体管理,
第28回総合病院精神医学会総会, 2015年11月.
6. 亀岡 尚美, 谷口 若葉, 濱谷 沙世, 田丸 麻衣, 伊賀 淳一, 大森 哲郎 :
当院摂食障害患者における低リン血症の検討.,
第34回日本精神科診断学会, 2014年11月.
7. 住谷 さつき, 亀岡 尚美, 亀沖 彩乃, 細尾 綾子, 大森 哲郎 :
施設入所中高齢者の介護負担に影響する要因の検討,
第34回日本精神科診断学会, 2014年11月.
8. 谷口 若葉, 亀岡 尚美, 伊賀 淳一, 香川 公一, 大森 哲郎 :
クロザピン内服により乳癌手術が可能となった統合失調症の1例.,
第55回中国・四国精神神経学会., 2014年10月.
9. 亀沖 彩乃, 亀岡 尚美 :
小児科と精神科の連携により改善がみられた神経性無食欲症の1例,
第37回日本心身医学会中国・四国地方会, 2013年11月.
10. 亀岡 尚美, 住谷 さつき, 亀沖 彩乃, 細尾 綾子, 大森 哲郎 :
施設入所中高齢者における時計描写テストの特徴,
第32回日本精神科診断学会, 2012年11月.
11. 住谷 さつき, 亀岡 尚美, 細尾 綾子, 亀沖 彩乃, 大森 哲郎 :
Zarit介護負担尺度を用いた高齢者の介護負担度に影響を与える要因の検討,
第32回日本精神科診断学会, 2012年11月.
12. 森垣 洋子, 住谷 さつき, 亀岡 尚美, 大森 哲郎 :
ステロイド補充により精神症状が改善したACTH単独欠損症の一例,
第53回中国・四国精神神経学会, 2012年11月.
13. 亀岡 尚美, 大森 哲郎 :
SSRI induced apathy syndromeが疑われた2症例,
第22回日本臨床精神神経薬理学会・第42回日本神経精神薬理学会合同年会, 2012年10月.
14. 中土井 芳弘, 亀岡 尚美, 友竹 正人, 大森 哲郎 :
徳島大学病院における摂食障害患者の入院治療の検討,
第53回日本児童青年精神医学会, 2012年10月.
15. 亀岡 尚美, 中土井 芳弘, 友竹 正人, 大森 哲郎 :
摂食障害患者にみられるRefeeding syndromeについて,
第244回徳島医学会, 2012年2月.
16. 亀岡 尚美, 住谷 さつき, 大森 哲郎 :
徳島大学病院精神科神経科における外来初診時診断の動向,
第31回日本精神科診断学会, 2011年11月.
17. 池渕 舞, 亀岡 尚美, 大森 哲郎 :
当初,来談意思が明確ではなかった女子中学生とその母親への心理面接課程-母子への継時面接が奏功した症例-,
第52回日本児童青年精神医学会総会, 2011年11月.
18. 亀岡 尚美, 住谷 さつき, 大森 哲郎 :
徳島大学病院精神科神経科における児童思春期初診患者の動向,
第52回日本児童青年精神医学会総会, 2011年11月.
19. 中土井 芳弘, 亀岡 尚美, 友竹 正人, 大森 哲郎 :
徳島大学病院精神科における摂食障害患者の入院治療の検討,
第52回日本児童青年精神医学会, 2011年11月.
20. 片山 恵梨香, 山田 静恵, 松村 晃子, 宇野 和美, 堤 理絵, 保坂 利男, 阪上 浩, 亀岡 尚美, 大森 哲郎, 中屋 豊 :
外来で著明な低リン血症を示した神経性無食欲症の一例,
第14回日本病態栄養学会, 2011年1月.
21. 井下 真利, 亀岡 尚美, 大森 隆史, 大森 哲郎 :
セロトニン症候群との鑑別が困難であった悪性症候群の1例,
第51回中国・四国精神神経学会, 2010年11月.
22. 亀岡 尚美, 友竹 正人, 他 :
摂食障害患者に見られる Refeeding syndrome について,
第29回日本精神科診断学会, 2009年10月.
23. 井﨑 ゆみ子, 亀岡 尚美, 友竹 正人, 他 :
徳島大学病院における児童思春期患者の外来新患調査,
第27回日本精神科診断学会, 2007年10月.
24. Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Hongwei Song, Koji Ohta, Sawako Kinouchi, Sumiko Tayoshi, Shinya Tayoshi, Michitaka Aono, Naomi Kameoka, Satsuki Sumitani, Masahito Tomotake, Yasuhiro Kaneda, Takahide Taniguchi, Yasuhito Ishimoto and Tetsuro Ohmori :
Brain-derived neurotrophic factor (BDNF) Val66Met polymorphism in schizophrenia is associated with age of onset,
The 2nd Annual Meeting of Japanse Society of Schizophrenia Research, Mar. 2007.
25. Numata Syusuke, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, So Hongwei, Ohta Koshi, Sawako Kinouchi, Shibuya-Tayoshi Sumiko, Shinya Tayoshi, Aono Michitaka, Naomi Kameoka, Satsuki Sumitani, Masahito Tomotake and al et :
Brain-derived neurotrophic factor (BDNF) Val66Met polymorphism in schizophrenia is associated with age at onset,
第2回日本統合失調症学会, Mar. 2007.
26. 亀岡 尚美, 友竹 正人, 谷口 隆英, 他 :
診断・治療に苦慮した統合失調症の一例,
第46回中国四国・精神神経学会, 2005年10月.

その他・研究会:

1. 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 松浦 可苗, 吉田 玲於奈, 亀岡 尚美, 富永 武男, 坂本 新介, 梅原 英裕, 木下 誠, 久保 弘子, 渡部 真也, 沼田 周助, 住谷 さつき, 大森 哲郎 :
統合失調症患者における神経認知機能と否定的・肯定的認知の関連.,
第4回CEPD会, 2018年3月.
2. 中土井 芳弘, 亀岡 尚美, 友竹 正人, 大森 哲郎 :
摂食障害 徳島大学病院精神科における摂食障害患者の入院治療の検討,
日本児童青年精神医学会総会抄録集, Vol.52, 334, 2011年.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)