検索:
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 感覚·皮膚·運動機能科 > 皮膚科 >
徳島大学 > 医科学教育部 > 医学専攻 > 感覚運動系病態医学講座 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 感覚運動系病態医学講座 > 皮膚科学分野 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

著書:

1.久保 宜明, 松立 吉弘 :
血管腫・血管奇形 臨床アトラス その他血管奇形をきたしうる疾患(Cowden病,Ehles-Danlos症候群IV),
南江堂, 東京, 2018年5月.
2.松立 吉弘 :
好酸球性膿疱性毛包炎,
2016年6月.
3.松立 吉弘 :
梅毒,
株式会社 羊土社, 2016年6月.
4.松立 吉弘 :
伝染性軟属腫,
株式会社 羊土社, 2016年6月.
5.松立 吉弘 :
スポロトリコーシス,
株式会社 羊土社, 2016年6月.
6.松立 吉弘, 久保 宜明 :
顔面の不整形潰瘍から疑うtrigeminal trophic syndrome,
株式会社 中山書店, 2013年10月.

学術論文(審査論文):

1.松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明, 高橋 収 :
除草剤アラクロールによる化学熱傷後に生じた多形紅斑の1例,
皮膚科の臨床, Vol.61, No.2, 225-228, 2019年.
(CiNii: 40021816904)
2.阿河 弘和, 松立 吉弘, 廣瀬 憲志, 村尾 和俊, 坂尾 佳久, 久保 宜明 :
症例 ベタメタゾン吉草酸エステルによる接触皮膚炎症候群の1例,
皮膚科の臨床, Vol.61, No.1, 63-66, 2019年.
(CiNii: 40021783020)
3.Naoto Okada, Hitoshi Kawazoe, Kenshi Takechi, Yoshihiro Matsudate, Ryo Utsunomiya, Yoshito Zamami, Mitsuhiro Goda, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Noriaki Hidaka, Koji Sayama, Yoshiaki Kubo, Akihiro Tanaka and Keisuke Ishizawa :
Association Between Immune-Related Adverse Events and Clinical Efficacy in Patients with Melanoma Treated With Nivolumab: A Multicenter Retrospective Study.,
Clinical Therapeutics, Vol.41, No.1, 59-67, 2018.
(DOI: 10.1016/j.clinthera.2018.11.004,   PubMed: 30528047)
4.松立 吉弘, 木下 華子, 水谷 友哉, 村尾 和俊, 久保 宜明 :
偽癌性増殖を伴った皮膚未分化大細胞リンパ腫の1例,
臨床皮膚科 = Japanese journal of clinical dermatology, Vol.72, No.12, 999-1004, 2018年.
(CiNii: 40021742995)
5.木下 華子, 松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明 :
オウゴンクジャクヒバによる接触皮膚炎症候群の1例,
皮膚科の臨床, Vol.60, No.3, 430-431, 2018年.
6.廣瀬 憲志, 宮本 千暁, 松立 吉弘, 久保 宜明, 谷口 達哉, 坂東 良美 :
関節症性乾癬に続発した反応性アミロイドーシス,
皮膚病診療, Vol.39, No.12, 1291-1294, 2017年.
7.松立 吉弘, 久保 宜明 :
母斑性基底細胞癌症候群の遺伝子診断,
皮膚病診療, Vol.39, No.11, 1122-1127, 2017年.
8.Yoshihiro Matsudate, Yoshio Urano and Takashi Hashimoto :
Grover's disease in a patient with pemphigus vulgaris,
International Journal of Dermatology, Vol.56, No.10, 1052-1054, 2017.
(DOI: 10.1111/ijd.13718,   PubMed: 28766705,   Elsevier: Scopus)
9.松立 吉弘, 村尾 和俊, 浦野 芳夫, 久保 宜明 :
留置針外套による接触皮膚炎,
皮膚病診療, Vol.39, No.7, 735-738, 2017年.
10.Yoshihiro Matsudate, Takuya Naruto, Yumiko Hayashi, Mitsuyoshi Minami, Mikiko Tohyama, Kenji Yokota, Daisuke Yamada, Issei Imoto and Yoshiaki Kubo :
Target exome sequencing and chromosomal microarray for the molecular diagnosis of nevoid basal cell carcinoma syndrome,
Journal of Dermatological Science, Vol.86, No.3, 206-211, 2017.
(DOI: 10.1016/j.jdermsci.2017.02.282,   PubMed: 28342698,   Elsevier: Scopus)
11.木下 華子, 松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明, 長江 哲夫, 荒瀬 誠治 :
ゴム加硫促進剤による接触皮膚炎症候群の1例,
皮膚科の臨床, Vol.58, No.13, 1921-1925, 2016年.
12.祖川 麻衣子, 松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明 :
ソラフェニブ投与中に生じたケラトアカントーマの1例,
皮膚科の臨床, Vol.58, No.9, 1353-1356, 2016年.
13.松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明 :
ヒアレインミニ点眼液とミドリンP点眼液による接触皮膚炎,
皮膚病診療, Vol.37, No.5, 475-478, 2015年.
14.松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明 :
刺青部の肉芽腫病変を契機に診断に至ったサルコイドーシスの1例,
臨床皮膚科, Vol.69, No.2, 121-125, 2015年.
(CiNii: 40020334227)
15.谷口 千尋, 松立 吉弘, 櫻山 ゆう子, 山下 理子, 浦野 芳夫 :
妊娠前期に発症したStevens-Johnson症候群の1例,
皮膚科の臨床, Vol.56, No.9, 1319-1323, 2014年.
16.Mika Oshima, 祖川 麻衣子, Sugita Takashi, Matsunaka Hiroshi, Murakami Yumi, Saya Yumiko, Yoshihiro Matsudate, Nozomi Fukui, Kazutoshi Murao and Yoshiaki Kubo :
Improvement of Scalp Condition and Quality of Life through Proper Skin Care of Dry Scalp,
Journal of Cosmetics Dermatological Sciences and Applications, Vol.4, No.4, 284-292, 2014.
(DOI: 10.4236/jcdsa.2014.44038)
17.仁木 真理子, 松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明, 橋本 一郎, 柏木 圭介, 仙崎 雄一, 中西 秀樹 :
リンパ節転移を伴った mucinous carcinoma of the skin の1例,
臨床皮膚科, Vol.68, No.9, 720-724, 2014年.
18.松立 吉弘, 仙崎 聖子, 村尾 和俊, 久保 宜明, 飛田 泰斗史 :
魚鱗癬様菌状息肉症の1例,
臨床皮膚科, Vol.68, No.6, 453-457, 2014年.
(CiNii: 40020099530)
19.松立 吉弘, 仁木 真理子, 村尾 和俊, 久保 宜明 :
ダビガトランが奏効したリベド血管症の1例,
臨床皮膚科, Vol.67, No.10, 759-763, 2013年.
(CiNii: 40019801269)
20.緋田 哲也, 松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明, 飛田 泰斗史 :
脂漏性角化症病巣内に発生したBowen病の1例,
Skin Cancer, Vol.28, No.2, 181-184, 2013年.
(DOI: 10.5227/skincancer.28.181,   CiNii: 130003396871)
21.Takeshi Ishigami, Yasutoshi Hida, Yoshihiro Matsudate, Kazutoshi Murao and Yoshiaki Kubo :
The involvement of fibroblast growth factor receptor signaling pathways in dermatofibroma and dermatofibrosarcoma protuberans.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.1-2, 106-113, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106044,   DOI: 10.2152/jmi.60.106,   PubMed: 23614918,   Elsevier: Scopus)
22.松立 吉弘, 浦野 芳夫 :
横紋筋融解症を伴った丹毒―自施設症例の解析を含めて―,
皮膚科の臨床, Vol.54, No.7, 939-942, 2012年.
23.松立 吉弘, 浦野 芳夫, 佐川 禎昭, 浅野 隆司, 橋本 隆 :
膿疱を主病変とした抗BP180型粘膜類天疱瘡の1例,
皮膚科の臨床, Vol.53, No.7, 1011-1014, 2011年.
(CiNii: 40018909233)
24.松立 吉弘, 浦野 芳夫 :
CKが高値であった丹毒の1例,
徳島赤十字病院医学雑誌, Vol.16, No.1, 116-119, 2011年.
(CiNii: 120004902616)
25.Takeshi Ishigami, Yoshiaki Kubo, Yoshihiro Matsudate, Shin-ichi Ansai, Seiji Arase, Bungo Ohyama and Takashi Hashimoto :
Paraneoplastic pemphigus associated with non-Hodgkin's lymphoma.,
European Journal of Dermatology : EJD, Vol.21, No.1, 122-124, 2011.
(DOI: 10.1684/ejd.2010.1182,   PubMed: 21190909)
26.松立 吉弘, 浦野 芳夫 :
当科で経験したマムシ咬傷の臨床的検討,
徳島赤十字病院医学雑誌, Vol.15, No.1, 13-17, 2010年.
(CiNii: 120004929355)
27.福本 大輔, 安齋 眞一, 久保 宜明, 廣瀬 憲志, 松立 吉弘, 浦野 芳夫, 荒瀬 誠治 :
薬剤性過敏症症候群(Drug-induced hypersensitivity syndrome)の臨床病理学的検討,
日本皮膚科学会雑誌, Vol.120, No.1, 23-29, 2010年.
(CiNii: 10028278843)
28.松立 吉弘, 齋藤 聖子, 浦野 芳夫, 井上 利之 :
ケトプロフェンによる光アレルギー性接触皮膚炎症候群,
皮膚病診療, Vol.31, No.11, 1305-1306, 2009年.
29.松立 吉弘, 飛田 泰斗史, 安齋 眞一, 久保 宜明, 荒瀬 誠治 :
脳梗塞後に左側鼻翼欠損をきたしたTrigeminal Trophic Syndromeの1例,
皮膚科の臨床, Vol.51, No.3, 351-354, 2009年.
(CiNii: 40016535886)
30.Yoshihiro Matsudate, Shin-ichi Ansai, Kenji Hirose, Yoshiaki Kubo and Seiji Arase :
Pemphigoid nodularis : the importance of ELISA for diagnosis,
European Journal of Dermatology : EJD, Vol.19, No.1, 83-84, 2009.
(DOI: 10.1684/ejd.2008.0557,   PubMed: 19171543)

学術論文(紀要・その他):

1.松立 吉弘, 井本 逸勢, 久保 宜明 :
後天性リンパ管腫を契機に診断に至ったCowden病の1家系,
皮膚病診療, Vol.38, No.8, 777-780, 2016年.

学術レター:

1.Yoshihiro Matsudate, Mariko Niki, Yasutoshi Hida and Yoshiaki Kubo :
Coexistence of X-linked ichthyosis and Nagashima-type palmoplantar keratosis: A case report.,
The Journal of Dermatology, Vol.46, No.2, e54-e55, 2018.
(DOI: 10.1111/1346-8138.14537,   PubMed: 30004585)
2.Yoshihiro Matsudate, Kazutoshi Murao and Yoshiaki Kubo :
Chemotherapy-induced inflammation of seborrheic keratoses due to pemetrexed treatment,
The Journal of Dermatology, Vol.44, No.5, 602-603, 2017.
(DOI: 10.1111/1346-8138.13499,   PubMed: 27345694)
3.Yoshihiro Matsudate, Yuki Miyaoka and Urano Yoshio :
Two cases of eosinophilic pustular folliculitis associated with pregnancy,
The Journal of Dermatology, Vol.43, No.2, 218-219, 2016.
(DOI: 10.1111/1346-8138.13179,   PubMed: 26499866,   Elsevier: Scopus)
4.Yoshihiro Matsudate, Mayu Tetsutani, Nozomi Fukui, Kenji Hirose, Kazutoshi Murao and Yoshiaki Kubo :
Case of nevoid basal cell carcinoma syndrome with multiple cutaneous keratocysts.,
The Journal of Dermatology, Vol.42, No.10, 1015-1016, 2015.
(DOI: 10.1111/1346-8138.13022,   PubMed: 26126618)
5.Yoshihiro Matsudate, Kazutoshi Murao and Yoshiaki Kubo :
Primary cutaneous mucormycosis caused by Mucor irregularis in an immunocompetent patient,
The Journal of Dermatology, Vol.42, No.3, 267-268, 2015.
(DOI: 10.1111/1346-8138.12788,   PubMed: 25736319,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1.久保 宜明, 松立 吉弘 :
Cowden disease (PTEN hamartoma tumor syndrome, Bannayan-Riley-Ruvalcaba syndrome, Multiple hamartoma syndrome)(カウデン病),
日本臨牀, Vol.73, No.6, 85-88, 2015年8月.
2.Yoshiaki Kubo, Yoshihiro Matsudate, Nozomi Fukui, Ayaka Nakasuka, Maiko Sogawa, Mika Oshima, Tomoya Mizutani, Masanobu Otsu, Kazutoshi Murao and Ichiro Hashimoto :
Molecular tumorigenesis of the skin.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.1-2, 7-14, Feb. 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109490,   DOI: 10.2152/jmi.61.7,   PubMed: 24705742,   Elsevier: Scopus)

国際会議:

1.Yoshihiro Matsudate, Yoshiaki Kubo and Issei Imoto :
Chromosomal microarray analysis for the molecular diagnosis of nevoid basal cell carcinoma syndrome and X-linked ichthyosis,
International Investigative Dermatology 2018, Orlando, May 2018.

国内講演発表:

1.宮高 絋輔, 吉田 守美子, 遠藤 ふうり, 枡田 志保, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 船木 真理, 松立 吉弘, 軒原 浩, 西岡 安彦, 安倍 正博, 松久 宗英 :
免疫チェックポイント阻害薬投与後に1型糖尿病を発症した2例,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
2.久保 宜明, 松立 吉弘, 村尾 和俊 :
Cowden症候群の皮膚粘膜病変,
第5回消化管ポリポーシス研究会, 2019年1月.
3.緋田 哲也, 中島 美世, 松立 吉弘, 倉橋 清衛, 敷地 孝法, 市原 新一郎 :
下腹部に生じたelephantiasis nostras verrucosaの1例,
150回日本皮膚科学会徳島地方会, 2018年11月.
4.水谷 友哉, 松立 吉弘 :
Infantile digital fibromatosisの1例,
150回日本皮膚科学会徳島地方会, 2018年11月.
5.松立 吉弘, 久保 宜明 :
伴性遺伝性魚鱗癬と長島型掌蹠角化症の併存例,
336回日本皮膚科学会長崎地方会, 2018年9月.
6.宮本 千暁, 祖川 麻衣子, 鉄谷 真由, 松立 吉弘 :
溶連菌感染後の浮腫性硬化症の1例,
149回日本皮膚科学会徳島地方会, 2018年5月.
7.山上 紘規, 吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山口 佑樹, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠二, 安倍 正博, 松立 吉弘, 松久 宗英 :
免疫チェックポイント阻害薬投与後に甲状腺機能異常と劇症1型糖尿病を発症した1例,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
8.Yoshihiro Matsudate, Yoshiaki Kubo and Issei Imoto :
Chromosomal microarray analysis in a case of X-linked ichthyosis with mental retardation,
The 42th Annual meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology, Dec. 2017.
9.松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明, 高橋 収 :
除草剤ラッソーによる化学熱傷後に生じた多形紅斑の1例,
第47回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 2017年12月.
10.岩坂 麻衣子, 田蒔 舞子, 矢田 未央, 松立 吉弘 :
緑膿菌性毛包炎の1例,
第148回日本皮膚科学会徳島地方会, 2017年12月.
11.山﨑 佳那子, 宮本 千暁, 矢田 未央, 松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明, 村上 太一 :
急速に腎障害が進行したクリオグロブリン血症性血管炎の1例,
第69回日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2017年10月.
12.大西 一, 森住 俊, 緋田 哲也, 松立 吉弘, 荻野 広和, 大塚 憲司, 飛梅 亮, 後東 久嗣, 上原 久典, 久保 宜明, 西岡 安彦 :
BRAF陽性肺原発悪性黒色腫の1例,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
13.山本 美友貴, 猪狩 翔平, 松村 奈津子, 菊池 信之, 三浦 貴子, 山本 俊幸, 松立 吉弘 :
母斑性基底細胞癌症候群の1例,
第33回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2017年6月.
14.松立 吉弘, 山﨑 佳那子, 村尾 和俊, 久保 宜明 :
ラミニンγ1に対する自己抗体も有した線状IgA/IgG水疱性皮膚症の1例,
第116回日本皮膚科学会総会, 2017年6月.
15.阿河 弘和, 大津 雅信, 松立 吉弘, 廣瀬 憲志, 坂尾 佳久 :
ベタメタゾン吉草酸エステルによる接触皮膚炎症候群の1例,
第147回日本皮膚科学会徳島地方会, 2017年5月.
16.緋田 哲也, 水谷 育宏, 祖川 麻衣子, 松立 吉弘 :
Seborrheic inclusion cystの1例,
第147回日本皮膚科学会徳島地方会, 2017年5月.
17.岩坂 麻衣子, 矢田 未央, 宮本 千暁, 松立 吉弘, 久保 宜明, 佐川 禎昭 :
疣贅状表皮発育異常症の1例,
2016年12月.
18.松立 吉弘, 村尾 和俊, 浦野 芳夫, 久保 宜明 :
点滴留置針外套による接触皮膚炎の3例,
第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 2016年11月.
19.岡田 直人, 御牧 夕紀子, 桑原 絵美, 松立 吉弘, 阿部 真治, 佐藤 智恵美, 久保 宜明, 石澤 啓介, 川添 和義 :
ニボルマブ投与による末梢血リンパ球比率の変化が副作用発現及び治療効果に与える影響,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
20.宮本 千暁, 矢田 未央, 松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明 :
アザチオプリンによる急性汎発性発疹性膿疱症の1例,
2016年6月.
21.松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明 :
偽癌性増殖を伴った原発性皮膚CD30陽性リンパ増殖症の1例,
第115回日本皮膚科学会総会, 2016年6月.
22.Yoshihiro Matsudate, Kazutoshi Murao, Yoshiaki Kubo and Issei Imoto :
Genetic diagnosis of the nevoid basal cell carcinoma syndrome using next-generation sequencer,
第40回日本研究皮膚科学会, Dec. 2015.
23.松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明 :
後天性リンパ管腫を契機に診断に至ったCowden病の1家系,
第114回日本皮膚科学会総会, 2015年5月.
24.松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明 :
ミドリンPとヒアレインミニ点眼液による接触皮膚炎の1例,
第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会学術大会, 2014年11月.
25.松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明 :
ペメトレキセド投与により脂漏性角化症,アクロコルドンに限局して紅斑を生じた2例,
第66回日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2014年11月.
26.祖川 麻衣子, 松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明, 榊 美佳 :
Primary cutaneous follicle center lymphomaの1例,
第113回日本皮膚科学会総会, 2014年5月.
27.松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明 :
多数のcutaneous keratocystsを伴った母斑性基底細胞癌症候群の1例,
第113回日本皮膚科学会総会, 2014年5月.
28.松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明 :
Rhizomucor variabilisによる皮膚ムーコル症の1例,
第65回日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2013年11月.
29.松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明 :
Folliculotropic mycosis fungoidesの1例,
第29回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2013年8月.
30.松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明, 岸 潤 :
刺青部の肉芽腫病変を契機に診断に至ったサルコイドーシスの1例,
第112回日本皮膚科学会総会, 2013年6月.
31.松立 吉弘, 仙崎 聖子, 村尾 和俊 :
Folliculotropic mycosis fungoidesの1例,
第138回日本皮膚科学会徳島地方会, 2012年12月.
32.松立 吉弘, 仙崎 聖子, 村尾 和俊, 久保 宜明 :
Ichthyosiform mycosis fungoidesの1例,
第64回日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2012年10月.
33.高橋 彩加, 岡﨑 弘泰, 岸 潤, 豊田 優子, 手塚 敏史, 松立 吉弘, 柿内 聡司, 後東 久嗣, 埴淵 昌毅, 久保 宜明, 西岡 安彦 :
刺青部分に肉芽腫性変化を起こしたサルコイドーシスの1例,
第245回徳島医学会学術集会, 2012年7月.
34.松立 吉弘, 仙崎 聖子, 久保 宜明 :
ダビガトラン(プラザキサ®)が奏効したリベド血管症の1例,
第137回日本皮膚科学会徳島地方会, 2012年5月.
35.松立 吉弘, 石上 剛史, 飛田 泰斗史, 久保 宜明, 荒瀬 誠治, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 高橋 収 :
急速に増大した上眼瞼メルケル細胞癌の1例,
第50回日本皮膚科学会高知地方会 -佐野栄紀教授就任記念-, 2007年9月.

その他・研究会:

1.大津 雅信, 宮本 千暁, 松立 吉弘 :
新生児エリテマトーデスの1例,
第145回日本皮膚科学会徳島地方会, 2016年5月.
2.祖川 麻衣子, 松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明 :
尋常性乾癬の患者に掃除た疱疹状天疱瘡の1例,
第21回四国四大学皮膚科研究会, 2014年6月.
3.緋田 哲也, 松立 吉弘, 村尾 和俊, 久保 宜明, 飛田 泰斗史 :
脂漏性角化症病巣内に発症したBowen病の1例,
第28回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2012年6月.
4.Takeshi Ishigami, Yasutoshi Hida, Kazutoshi Murao, Yoshihiro Matsudate and Yoshiaki Kubo :
The involvement of fibroblast growth factor receptor signaling pathways in dermatofibroma and dermatofibrosarcoma protuberans.,
The 36th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology, Dec. 2011.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)