検索:
徳島大学 > 病院 > 中央診療施設等 > 卒後臨床研修センター >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 内科 > 循環器内科 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 飛梅 威 :
動悸(頻脈・徐脈・脈の乱れなど) (Chapter 1 症候),
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2014年5月.

学術論文(審査論文):

1. Shusuke Yagi, R Ueno, Kumiko Sutou, Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, Y Saijo, T Hara, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Mika Bando, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, Hirotsugu Yamada, Daiju Fukuda, Takeshi Soeki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Lambda-like J wave due to acute myocardial infarction of the diagonal branch,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.1,2, 185-187, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113420,   DOI: 10.2152/jmi.66.185,   PubMed: 31064936,   Elsevier: Scopus)
2. Shusuke Yagi, D Kondo, Takayuki Ise, Daiju Fukuda, Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, Yutaka Kawabata, Hiroyuki Ito, Yoshihito Saijo, Hiromitsu Seno, Kumiko Sutou, Rie Ueno, Takafumi Todoroki, Kenya Kusunose, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Michio Shimabukuro, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Association of Decreased Docosahexaenoic Acid Level After Statin Therapy and Low Eicosapentaenoic Acid Level with In-Stent Restenosis in Patients with Acute Coronary Syndrome,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.26, No.3, 272-281, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113220,   DOI: 10.5551/jat.44735,   PubMed: 30135329,   Elsevier: Scopus)
3. Yoshihito Saijo, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, Mika Bando, Susumu Nishio, Yuta Torii, Yukina Hirata, Hiromitsu Seno, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
A clinical application of preload stress echocardiography for predicting future hemodynamic worsening in patients with early-stage heart failure.,
Echocardiography, Vol.35, No.10, 1587-1595, 2018.
(DOI: 10.1111/echo.14098,   PubMed: 30005132,   Elsevier: Scopus)
4. Takeshi Soeki, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, Sachiko Bando, Matsumoto Kazuhisa, Hiromi Nagano, Etsuko Uematsu, Kenya Kusunose, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Clinical, Electrocardiographic, and Echocardiographic Parameter Combination Predicts the Onset of Atrial Fibrillation.,
Circulation Journal, Vol.82, No.9, 2253-2258, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113221,   DOI: 10.1253/circj.CJ-17-0758,   PubMed: 29848884,   Elsevier: Scopus)
5. Gulinu Maimaituxun, Michio Shimabukuro, Daiju Fukuda, Shusuke Yagi, Yukina Hirata, Takashi Iwase, Shoichiro Takao, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masafumi Harada and Masataka Sata :
Local Thickness of Epicardial Adipose Tissue Surrounding the Left Anterior Descending Artery Is a Simple Predictor of Coronary Artery Disease - New Prediction Model in Combination With Framingham Risk Score.,
Circulation Journal, Vol.82, No.5, 1369-1378, 2018.
(DOI: 10.1253/circj.CJ-17-1289,   PubMed: 29563352,   Elsevier: Scopus)
6. Hiromu Yamazaki, Shusuke Yagi, Yuta Torii, Rie Amano, Yasuyuki Oomichi, Teruaki Sangawa, Daiju Fukuda, Muneyuki Kadota, Takayuki Ise, Rie Ueno, Tomoya Hara, Kenya Kusunose, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Edoxaban improves acute venous thromboembolism while preserving protein C and protein S levels,
Journal of Cardiology, Vol.71, No.3, 305-309, 2017.
(DOI: 10.1016/j.jjcc.2017.09.009,   PubMed: 29100817,   Elsevier: Scopus)
7. Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Takeshi Kondo, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Daiju Fukuda, Yutaka Nakaya, Kin-Ichiro Suwaki, Takashi Takeji, Toshihiro Wada, Masdan Hotimah Salim, Saori Hama, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Munehide Matsuhisa, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Predictors for the Treatment Effect of Sodium Glucose Co-transporter 2 Inhibitors in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus.,
Advances in Therapy, Vol.35, No.1, 124-134, 2017.
(DOI: 10.1007/s12325-017-0639-z,   PubMed: 29185199,   Elsevier: Scopus)
8. Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Ken-Ichi Aihara, Daiju Fukuda, Takayuki Ise, Muneyuki Kadota, Sachiko Bando, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Low Serum Levels of Eicosapentaenoic Acid and Docosahexaenoic Acid are Risk Factors for Cardiogenic Syncope in Patients with Brugada Syndrome,
International Heart Journal, Vol.58, No.5, 720-723, 2017.
(DOI: 10.1536/ihj.16-278,   PubMed: 28966307,   CiNii: 130006179141,   Elsevier: Scopus)
9. Yuriko Takagawa, Shusuke Yagi, Takayuki Ise, Ayumi Ishii, Koji Nishikawa, Daiju Fukuda, Kenya Kusunose, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Shinsuke Katoh, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Improved Exercise Capacity After Cardiac Rehabilitation Is Associated with Reduced Visceral Fat in Patients with Chronic Heart Failure.,
International Heart Journal, Vol.58, No.5, 746-751, 2017.
(DOI: 10.1536/ihj.16-454,   PubMed: 28966316,   Elsevier: Scopus)
10. Shusuke Yagi, Yukina Hirata, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, Daiju Fukuda, Salim Masdan Hotimah, G Maimaituxun, Susumu Nishio, Yuriko Takagawa, Saori Hama, Tomomi Matsuura, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Canagliflozin reduces epicardial fat in patients with type 2 diabetes mellitus.,
Diabetology & Metabolic Syndrome, Vol.9, 78, 2017.
(DOI: 10.1186/s13098-017-0275-4,   PubMed: 29034006,   Elsevier: Scopus)
11. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, Susumu Nishio, Yukina Hirata, Hiromitsu Seno, Y Saijo, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Echocardiographic Predictors for Worsening of Six-Minute Walk Distances in Patients With Systemic Sclerosis (Scleroderma),
The American Journal of Cardiology, Vol.120, No.2, 315-321, 2017.
(DOI: 10.1016/j.amjcard.2017.04.024,   PubMed: 28532772)
12. S Bando, Takeshi Soeki, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Naoki Muguruma, Tetsuji Takayama, I Kishimoto, Kenji Kangawa and Masataka Sata :
Plasma brain natriuretic peptide levels are elevated in patients with cancer,
PLoS ONE, Vol.12, No.6, e0178607, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112318,   DOI: 10.1371/journal.pone.0178607,   PubMed: 28570595)
13. Kenya Kusunose, Yuta Torii, Hirotsugu Yamada, Susumu Nishio, Yukina Hirata, Hiromitsu Seno, Yoshihito Saijo, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Clinical Utility of Longitudinal Strain to Predict Functional Recovery in Patients With Tachyarrhythmia and Reduced LVEF.,
JACC. Cardiovascular Imaging, Vol.10, No.2, 118-126, 2017.
(DOI: 10.1016/j.jcmg.2016.03.019,   PubMed: 27665160,   Elsevier: Scopus)
14. A Takashima, Shusuke Yagi, Koji Yamaguchi, S Watanabe, N Yamamoto, H Ito, M Kadota, T Hara, H Yamazaki, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Purulent pericarditis accompanying pericardial abscess induced by nocardia in an immunocompromised patient.,
Circulation Journal, Vol.80, No.11, 2409-2411, 2016.
(DOI: 10.1253/circj.CJ-16-0531,   PubMed: 27628220,   Elsevier: Scopus)
15. Takeshi Soeki, Tomomi Matsuura, Sachiko Bando, Takeshi Tobiume, Etsuko Uematsu, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Relationship between local production of microRNA-328 and atrial substrate remodeling in atrial fibrillation.,
Journal of Cardiology, Vol.68, No.6, 472-477, 2016.
(DOI: 10.1016/j.jjcc.2015.12.007,   PubMed: 26987792,   Elsevier: Scopus)
16. Akira Takashima, Shusuke Yagi, Koji Yamaguchi, Eri Takagi, Tamotsu Kanbara, Hirohisa Ogawa, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata :
Vegetation in the coronary sinus that concealed the presence of a coronary arteriovenous fistula in a patient with infectious endocarditis.,
International Journal of Cardiology, Vol.207, 266-268, 2016.
(DOI: 10.1016/j.ijcard.2016.01.057,   PubMed: 26808990,   Elsevier: Scopus)
17. Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Daiju Fukuda, Akira Takashima, Mika Bando, Tomoya Hara, Sachiko Nishimoto, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Reduced ratio of eicosapentaenoic acid and docosahexaenoic acid to arachidonic acid is associated with early onset of acute coronary syndrome.,
Nutrition Journal, Vol.14, No.1, 111, 2015.
(DOI: 10.1186/s12937-015-0102-4,   PubMed: 26514181,   Elsevier: Scopus)
18. S Bando, Daiju Fukuda, Takeshi Soeki, S Nishimoto, E Uematsu, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Expression of NLRP3 in subcutaneous adipose tissue is associated with coronary atherosclerosis.,
Atherosclerosis, Vol.242, No.2, 407-414, 2015.
(DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2015.07.043,   PubMed: 26282945)
19. Hiromu Yamazaki, Koji Yamaguchi, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Toshiyuki Niki, Yoshio Taketani, Atsunori Kitaoka, Kenya Kusunose, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada and Masataka Sata :
Impact of indoxyl sulfate, a uremic toxin, on non-culprit coronary plaque composition assessed by integrated backscatter intravascular ultrasound.,
Circulation Journal, Vol.79, No.8, 1773-1779, 2015.
(DOI: 10.1253/circj.CJ-15-0019,   PubMed: 25971408,   Elsevier: Scopus)
20. Kenya Kusunose, Junko Hotsuchi, Y Takagawa, S Nishio, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Serial imaging changes during treatment of immunoglobulin G4-related disease with multiple pseudotumors.,
Circulation, Vol.131, No.21, 1882-1883, 2015.
(DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.115.015638,   PubMed: 26015466,   Elsevier: Scopus)
21. Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Daiju Fukuda, Akira Takashima, Tomoya Hara, Junko Hotsuchi, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Effects of docosahexaenoic acid on the endothelial function in patients with coronary artery disease.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.22, No.5, 447-454, 2015.
(DOI: 10.5551/jat.26914,   PubMed: 25342567,   CiNii: 130004700298,   Elsevier: Scopus)
22. Takeshi Soeki, Koji Yamaguchi, Toshiyuki Niki, E Uematsu, S Bando, T Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Junko Hotsuchi, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Plasma microRNA-100 is associated with coronary plaque vulnerability.,
Circulation Journal, Vol.79, No.2, 413-418, 2015.
(DOI: 10.1253/circj.CJ-14-0958,   PubMed: 25519160,   CiNii: 130004927043,   Elsevier: Scopus)
23. Shusuke Yagi, A Takashima, M Mitsugi, T Wada, Junko Hotsuchi, Ken-ichi Aihara, T Hara, Masayoshi Ishida, Daiju Fukuda, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Effect of combination tablets containing amlodipine 10 mg and irbesartan 100 mg on blood pressure and cardiovascular risk factors in patients with hypertension.,
Therapeutics and Clinical Risk Management, Vol.11, 83-88, 2015.
(DOI: 10.2147/TCRM.S72299,   PubMed: 25624765,   Elsevier: Scopus)
24. Shusuke Yagi, T Hara, R Ueno, Ken-ichi Aihara, Daiju Fukuda, A Takashima, Junko Hotsuchi, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Serum concentration of eicosapentaenoic acid is associated with cognitive function in patients with coronary artery disease.,
Nutrition Journal, Vol.13, No.1, 112, 2014.
(DOI: 10.1186/1475-2891-13-112,   PubMed: 25471307,   Elsevier: Scopus)

学術論文(紀要・その他):

1. Yoshiaki Kaneko, Shigeto Naito, Kaoru Okishige, Itsuro Morishima, Takeshi Tobiume, Tadashi Nakajima, Tadanobu Irie, Masaki Ota, Takafumi Iijima, Takashi Iizuka, Mio Tamura, Shuntaro Tamura, Akihiro Saito, Osamu Igawa, Ritsushi Kato, Kazuo Matsumoto, Fumio Suzuki and Masahiko Kurabayashi :
Atypical Fast-Slow Atrioventricular Nodal Reentrant Tachycardia Incorporating a "Superior" Slow Pathway: A Distinct Supraventricular Tachyarrhythmia.,
Circulation, Vol.133, No.2, 114-123, 2016.
(DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.115.018443,   PubMed: 26541829,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1. 今田 久美子, 八木 秀介, 山口 浩司, 若槻 哲三, 伊勢 孝之, 太田 理絵, 門田 宗之, 高島 啓, 松浦 朋美, 飛梅 威, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心不全を合併した腎血管性高血圧に対する経皮的腎動脈形成術の有効性(第11回若手奨励賞受賞論文),
四国医学雑誌, Vol.70, No.3, 4, 87-92, 2014年8月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109759,   CiNii: 40020209425)

国際会議:

1. Takeshi Soeki, Kazuhisa Matsumoto, Daiju Fukuda, 植松 悦子, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, Kenya Kusunose, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Vildagliptin reduces inducitiligy of arterial fibrillation in hypertensive rats complicated with diabetes mellitus,
ESC Congress 2019, Paris, Sep. 2019.
2. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, Rie Ueno, Yutaka Kawabata, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki and Masataka Sata :
The improvement of chronic local coagulative response according to the progress of drug eluting stent,
ESC Congress 2019, Paris, Sep. 2019.
3. Takeshi Soeki, E Uematsu, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, Kenya Kusunose, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
C-type natriuretic peptide improves left ventricular diastolic dysfunction and ischemia/reperfusion injury-associated ventricular arrhythmias.,
ESC2018, Munich, Aug. 2018.
4. Hiroyuki Ito, Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, Daiju Fukuda, Yutaka Kawabata, Takafumi Todoroki, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki and Masataka Sata :
Growth of vasa vasorum is associated with local inflammation around coronary plaque in fresh cadavers,
ESC2018, Munich, Aug. 2018.
5. Maimaituxun Gulinu, Michio Shimabukuro, Daiju Fukuda, Shusuke Yagi, Hirata Yukina, Takashi Iwase, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Gender disparities of distribution of epicardial adipose tissue and its impact on coronary artery disease,
ESC2018, Munich, Aug. 2018.
6. Takeshi Soeki, Tomomi Matsuura, E Uematsu, Takeshi Tobiume, Kenya Kusunose, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Epicardial Adipose Tissue Produces Proinflammatory Cytokines and Influences the Pathogenesis of Atrial Fibrillation,
AHA Scientific Sessions2017, California, America, Nov. 2017.
7. Maimaituxun. Gulinu, Michio Shimabukuro, Y Hirata, Takashi Iwase, S Takao, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, M Harada and Masataka Sata :
Local Epicardial Adipose Tissue Thickness in Left Anterior Descending Artery Provides a New Prediction Model for Coronary Artery Disease,
AHA Scientific Sessions2017, California, America, Nov. 2017.
8. Takeshi Soeki, Tomomi Matsuura, Daiju Fukuda, Etsuko Uematsu, Takeshi Tobiume, T Hara, Kenya Kusunose, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Activated Factor X Signaling Pathway via Protease-Activated Receptor-2 is a Novel Therapeutic Target to Prevent Atrial Fibrillation,
AHA Scientific Sessions2017, California, America, Nov. 2017.
9. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, Yutaka Kawabata, H Ito, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki and Masataka Sata :
Preserved Endothelial Function and Suppressed Local Coagulative and Inflammatory Response After Biodegradable Polymer SES Implantation Compared to Durable Polymer SES,
AHA Scientific Sessions2017, California, America, Nov. 2017.
10. Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, Takeshi Soeki, R Kato, M Hara, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Direct Slow Pathway Capture: A New Electrophysiological Method of Catheter Ablation for Atrioventricular Nodal Reentrant Tachycardia,
AHA Scientific Sessions2017, California, America, Nov. 2017.
11. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, H Seno, Y Saijo, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Longitudinal Strain Distribution is a Powerful Predictor for Functional Recovery in Patients with Tachycardia-induced Cardiomyopathy,
KSC2016(The 60th Annual Scientific Meeting of The Korean Society of Cardiology), Seoul, Sep. 2016.
12. Takeshi Soeki, Tomomi Matsuura, E Uematsu, S Bando, Takeshi Tobiume, Kenya Kusunose, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Increased local production of C-type natriuretic peptide in patients with vasospastic angina,
ESC Congress 2016, Rome, Aug. 2016.
13. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, R Ueno, H Ito, Takayuki Ise, Tomomi Matsuura, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki and Masataka Sata :
Paclitaxel eluting balloon angioplasty equals everolimus eluting stent implantation in local coagulative and inflammatory responses in stable angina patients,
ESC Congress 2016, Rome, Aug. 2016.
14. T Matsuura, Takeshi Soeki, E Uematsu, S Bando, Takeshi Tobiume, T Hara, Kenya Kusunose, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Oral Direct Factor Xa Inhibitor Prevents Atrial Fibrillation by Inhibiting Inflammation in Rapidly Paced Spontaneously Hypertensive Rats,
ESC Congress 2016, Rome, Aug. 2016.
15. S Bando, Takeshi Soeki, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Atrial Late Potentials and Atrial Substrate Remodeling in Patients With Atrial Fibrillation.,
AHA Scientific Sessions 2015, Orlando, Nov. 2015.
16. Takeshi Soeki, S Bando, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, E Uematsu, Kenya Kusunose, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Combination Of Clinical, Electrocardiographic and Echocardiographic Parameters Predict the Onset of Atrial Fibrillation.,
AHA Scientific Sessions 2015, Orlando, Nov. 2015.
17. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, A Takashima, Mika Bando, S Bando, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Junko Hotsuchi, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki and Masataka Sata :
Differential response of local coagulation after implantation of new generation drug-eluting stents compared with sirolimus-eluting stent.,
AHA Scientific Sessions 2014, Chicago, Nov. 2014.
18. H Yamazaki, Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, K Imada, K Matsumoto, Y Takagawa, E Takagi, Y Saijo, T Hara, Y Saito, Mika Bando, A Takashima, S Bando, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Junko Hotsuchi, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki and Masataka Sata :
Differential responses of local coagulation after implantation of second-generation drug-eluting stent compared with first-generation drug-eluting stents.,
AHA Scientific Sessions 2014, Chicago, Nov. 2014.
19. Tomomi Matsuura, Takeshi Soeki, E Uematsu, S Bando, Takeshi Tobiume, Daiju Fukuda, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
A renin inhibitor prevents atrial endocardial dysfunction in rapidly paced rats with streptozotocin-induced diabetes.,
ESC 2014, Barcelona, Aug. 2014.
20. Takeshi Soeki, E Uematsu, S Bando, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, Daiju Fukuda, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Relationship between local production of microRNA-328 and atrial substrate remodeling in atrial fibrillation.,
ESC 2014, Barcelona, Aug. 2014.
21. S Bando, Takeshi Soeki, Takeshi Tobiume, Tomomi Matsuura, E Uematsu, Daiju Fukuda, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Atrial late potentials and atrial substrate remodeling in patients with atrial fibrillation.,
ESC 2014, Barcelona, Aug. 2014.
22. Junko Hotsuchi, Hirotsugu Yamada, Y Saijo, Mika Bando, S Hayashi, S Nishio, M Yamano, Y Torii, Y Hirata, R Amano, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Serial Changes of Exercise Stress Echocardiographic Parameters in Patients with Connective Tissue Disease without Overt Pulmonary Hypertension.,
ASE 2014, Portland, Jun. 2014.
23. T Hara, Daiju Fukuda, K Tanaka, Y Higashikuni, Y Hirata, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Rivaroxaban, A Novel Oral Anticoagulant, Attenuates Plaque Progression in ApoE-Deficient Mice Through the Inhibition of Pro-Inflammatory Activation of Macrophages.,
American Heart Association AHA 2013, Dallas, Nov. 2013.
24. Koji Yamaguchi, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada and Masataka Sata :
Impact Of Indoxy1 Sulfate, A Uremic Toxin, On Non-culprit Coronary Plaque Composition Assessed By Integrated Backscatter Intravascular Ultrasound In Patients With Coronary Artery Disease.,
American Heart Association AHA 2013, Dallas, Nov. 2013.
25. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki and Masataka Sata :
Decreased Local Hypercoagulation after Implantation of Everolimus-Eluting and Zotarolimus-Eluting Stents Compared with Early-Generation Drug-Eluting Stents in patients with stable angina.,
American Heart Association AHA 2013, Dallas, Nov. 2013.
26. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki and Masataka Sata :
Time-dependent Changes Of Local Vascular Response And Angiographic Peri-stent Contrast Staining Up To Five Years After Zotarolimus-eluting, Sirolimus-eluting, And Bare Metal Stent Implantation.,
American Heart Association AHA 2013, Dallas, Nov. 2013.

国内講演発表:

1. 飛梅 威 :
PCI患者の糖尿病治療はSGLT2阻害剤から始める,
ARIA2019,Pro,本音で徹底討論,何でもARIA,PCI患者の心血管イベント抑制のためのOMTを追求するARIA-OMT Debate 2019, 2019年11月.
2. 飛梅 威 :
冠動脈疾患における脂質低下療法,心房細動を合併した際の抗凝固療法,
LA Summit in Tokushima, 2019年11月.
3. 飛梅 威, 松浦 朋美, 松本 和久, 坂東 左知子, 大河 啓介, 添木 武, 佐田 政隆 :
房室ブロックの予防に順行性速伝導路と順行性遅伝導路のマッピングが有用であった順行性速伝導路の下方偏位を伴う遅速型房室結節リエントリー性頻拍の1 例,
カテーテルアブレーション関連秋季大会2019, 2019年11月.
4. 林 昌晃, 添木 武, 玉上 大暉, 野田 康裕, 森西 啓介, 松本 和久, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 飛梅 威, 大西 芳明, 佐田 政隆 :
心房細動アブレーション時の鎮静不安定化に影響を及ぼす背景因子の検討,
カテーテルアブレーション関連秋季大会2019, 2019年11月.
5. 髙橋 智子, 松浦 朋美, 松本 和久, 坂東 左知子, 飛梅 威, 山口 浩司, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
クライオバルーンアブレーション後にきたした高度肺静脈狭窄に対してDrugcoated balloon を用いて治療を行った1 例,
カテーテルアブレーション関連秋季大会2019, 2019年11月.
6. 松本 和久, 飛梅 威, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 添木 武, 佐田 政隆 :
Crista terminalis を横断する伝導によりpseudo conduction を呈し,同部位への通電でcomplete isthmus block を確認し得た心房粗動の1 例,
カテーテルアブレーション関連秋季大会2019, 2019年11月.
7. 山口 浩司, 若槻 哲三, 髙橋 智紀, 上野 理絵, 川端 豊, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 佐田 政隆 :
腎不全合併虚血肢患者に対するminimum-contrast下肢血管形成術の取り組みについて,
第26回日本心血管インターベンション治療学会中国・四国地方会, 2019年9月.
8. 川端 豊, 若槻 哲三, 山口 浩司, 伊勢 孝之, 髙橋 智紀, 上野 理絵, 飛梅 威, 佐田 政隆 :
単冠動脈症合併重症大動脈弁狭窄症に対してTAVIを施行した1例,
第26回日本心血管インターベンション治療学会中国・四国地方会, 2019年9月.
9. 木田 貴弘, 飛梅 威, 松本 和久, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 添木 武, 志村 拓哉, 髙橋 智子, 谷 彰浩, 藤本 裕太, 大櫛 祐一郎, 數藤 久美子, 髙橋 智紀, 上野 理絵, 門田 宗之, 川端 豊, 坂東 美佳, 山田 なお, 伊藤 浩敬, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 八木 秀介, 福田 大受, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
房室ブロックの進行に伴い明らかになり,恒久的ペースメーカー植込み術後のファーフィールドR波センシングへの関与が疑われた束枝心室間副伝導路の1例,
第259回徳島医学会学術集会, 2019年8月.
10. 井口 裕貴, 飛梅 威, 松本 和久, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 添木 武, 志村 拓哉, 髙橋 智子, 谷 彰浩, 藤本 裕太, 大櫛 祐一郎, 數藤 久美子, 髙橋 智紀, 上野 理絵, 門田 宗之, 川端 豊, 坂東 美佳, 山田 なお, 伊藤 浩敬, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 八木 秀介, 福田 大受, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
房室ブロックの予防に順行性速伝導路と順行性遅伝導路のマッピングが有用であった順行性速伝導路の下方偏位を伴う遅速型房室結節リエントリー性頻拍の1例,
第259回徳島医学会学術集会, 2019年8月.
11. Kazuhisa Matsumoto, Takeshi Soeki, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume and Masataka Sata :
Vidagliptin reduces inducibility of atrial fibrillation in hypertensive rats complicated with diabetes mellitus,
第66回日本不整脈心電学会学術大会, Jul. 2019.
12. 數藤 久美子, 楠瀬 賢也, 松浦 朋美, 山田 なお, 松本 和久, 上野 理絵, 川端 豊, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
進行性心不全を呈す抗ミトコンドリア抗体陽性筋炎の症例,
第114回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2019年6月.
13. 谷 彰浩, 楠瀬 賢也, 松本 和久, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 福田 大受, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
拡張期僧帽弁逆流の治療適応判断に心房心室同時ペーシングが有効であった1例,
第114回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2019年6月.
14. 大池 由夏, 飛梅 威, 松本 和久, 山田 なお, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 若槻 哲三, 添木 武, 山田 博胤, 佐田 政隆 :
His束より上方レベルの心房刺激でのみ誘発可能であった房室結節リエントリー性頻拍の1例,
第114回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2019年6月.
15. 松本 和久, 松浦 朋美, 飛梅 威, 添木 武, 佐田 政隆 :
心臓電気生理検査中に4種類の頻拍が出現し治療に難渋した一例,
第114回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2019年6月.
16. 中村 昌史, 川端 豊, 伊勢 孝之, 藤本 裕太, 原田 貴文, 松本 和久, 西條 良仁, 上野 理絵, 山田 なお, 伊藤 浩敬, 轟 貴史, 楠瀬 賢也, 飛梅 威, 山口 浩司, 福田 大受, 八木 秀介, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
経食道心エコーガイド下の経皮的腫瘍生検により早期に診断し得た心臓原発血管肉腫の一例,
第114回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2019年6月.
17. Gulinu Maimaituxun, Daiju Fukuda, Shusuke Yagi, Yukina Hirata, T Iwase, S Takao, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masafumi Harada, Masataka Sata and Michio Shimabukuro :
Kidney fat and its impact on coronary artery disease,
第4回日本血管不全学会学術集会・総会, Apr. 2019.
18. Gulinu Maimaituxun, Daiju Fukuda, Shusuke Yagi, Yukina Hirata, T Iwase, S Takao, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masafumi Harada, Masataka Sata and Michio Shimabukuro :
Peri-renal fat volume is negatively associated with the adiponectin expression in human,
第4回日本血管不全学会学術集会・総会, Apr. 2019.
19. 伊藤 浩敬, 若槻 哲三, 山口 浩司, 福田 大受, 川端 豊, 轟 貴史, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 飛梅 威, 八木 秀介, 山田 博胤, 添木 武, 佐田 政隆 :
Microluminal structures of coronary plaque and vasa vasorums affect coronary inflammation: A fresh cadaveric studys,
第83回日本循環器学会学術集会, 2019年3月.
20. 添木 武, 松浦 朋美, 福田 大受, 松本 和久, 飛梅 威, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
The Factor Xa Inhibitor, Edoxaban, Prevents Cardiac Remodeling in Rats with Myocardial Infarction,
第83回日本循環器学会学術集会, 2019年3月.
21. 川端 豊, 若槻 哲三, 山口 浩司, 伊藤 浩敬, 福田 大受, 轟 貴史, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 飛梅 威, 八木 秀介, 山田 博胤, 添木 武, 佐田 政隆 :
Coronary intraplaque microluminal structure are associated with the quality and quantity of epicardial adipose tissue -A fresh cadaveric stury-,
第83回日本循環器学会学術集会, 2019年3月.
22. 藤本 裕太, 楠瀬 賢也, 西條 良仁, Robert Zheng, 原田 貴文, 松本 和久, 上野 理絵, 川端 豊, 山田 なお, 伊藤 浩敬, 轟 貴史, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 添木 武, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 黒部 裕嗣, 佐田 政隆 :
Staphylococcus による感染性内膜炎の一例,
第113回日本循環器学会四国合同地方会, 2018年12月.
23. Robert Zheng, 伊勢 孝之, 川端 豊, 八木 秀介, 西條 良仁, 上野 理絵, 坂東 美佳, 伊藤 浩敬, 轟 貴史, 松浦 朋美, 楠瀬 賢也, 飛梅 威, 山口 浩司, 福田 大受, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 黒部 裕嗣, 藤本 鋭貴, 北川 哲也, 佐田 政隆 :
Single coronary 合併重症ASに対してTAVIを施行し救命し得た1例,
第113回日本循環器学会四国合同地方会, 2018年12月.
24. 川端 豊, 若槻 哲三, 山口 浩司, 伊藤 浩敬, 楠瀬 賢也, 松浦 朋美, 轟 貴史, 飛梅 威, 八木 秀介, 山田 博胤, 添木 武, 佐田 政隆 :
未固定遺体において光干渉断層法で観察される冠動脈壁微小管腔構造と局所周囲脂肪炎症との関連,
第66回日本心臓病学会学術集会, 2018年9月.
25. 伊藤 浩敬, 若槻 哲三, 山口 浩司, 福田 大受, 川端 豊, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 松浦 朋美, 轟 貴史, 飛梅 威, 八木 秀介, 山田 博胤, 添木 武, 佐田 政隆 :
未固定遺体における冠動脈壁小管腔構造と局所心臓周囲脂肪内炎症との関連,
第66回日本心臓病学会学術集会, 2018年9月.
26. 山口 浩司, 若槻 哲三, 西條 良仁, 上野 理絵, 川端 豊, 坂東 美佳, 伊藤 浩敬, 轟 貴史, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 飛梅 威, 八木 秀介, 山田 博胤, 添木 武, 佐田 政隆 :
第三世代薬剤溶出性ステント留置後における局所凝固反応塗装ステント長の関連性,
第66回日本心臓病学会学術集会, 2018年9月.
27. 轟 貴史, 若槻 哲三, 山口 浩司, 數藤 久美子, 原田 貴文, 上野 理絵, 西條 良仁, 川端 豊, 伊藤 浩敬, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 佐田 政隆 :
ステント遠位部狭窄病変の関与が疑われた2枝同時発症の超遅発性ステント血栓症の1例,
第25回日本心血管インターベーション治療学会(CVIT)中国・四国地方会, 2018年9月.
28. 川端 豊, 若槻 哲三, 山口 浩司, 伊藤 浩敬, 上野 理絵, 伊勢 孝之, 轟 貴史, 飛梅 威, 佐田 政隆 :
光干渉断層法で観察される冠動脈壁微小管腔構造と局所周囲脂肪炎症との関連-未固定遺体における検討-,
第25回日本心血管インターベーション治療学会(CVIT)中国・四国地方会, 2018年9月.
29. 伊藤 浩敬, 添木 武, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
AVNRTアブレーション治療後に発生したJunctional Tachycardiaの1例,
第112回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2018年6月.
30. 轟 貴史, 若槻 哲三, 山口 浩司, 瀬野 弘光, 數藤 久美子, 西條 良仁, 川端 豊, 上野 理絵, 伊藤 浩敬, 松浦 朋美, 楠瀬 賢也, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 八木 秀介, 福田 大受, 山田 博胤, 添木 武, 佐田 政隆 :
EES留置3年後,術前に抗血小板剤中止しペパリン置換したにもかかわらず2枝同時ステント閉塞を起こした1例,
第112回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2018年6月.
31. Robert Zheng, 數藤 久美子, 楠瀬 賢也, 松浦 朋美, 瀬野 弘光, 西條 良仁, 上野 理絵, 川端 豊, 坂東 美佳, 伊藤 浩敬, 轟 貴史, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 福田 大受, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
薬物治療が著効したSLE関連心筋炎の一例,
第112回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2018年6月.
32. 西條 良仁, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 瀬野 弘光, 數藤 久美子, 川端 豊, 上野 理絵, 伊藤 浩敬, 轟 貴史, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
アトラサイクリン系抗癌剤による心筋障害の局在性および化学療法関連心筋障害との関連の検討,
第112回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2018年6月.
33. Yoshihito Saijoh, Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, Susumu Nishio, Yukina Hirata, Yuta Torii, Kumiko Sutou, 上野 理絵, Yutaka Kawabata, Hiroyuki Itou, Takafumi Todoroki, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Anthracyclines induce early changes in localized left ventricular dysfunction.,
第82回日本循環器学会, Mar. 2018.
34. Takeshi Soeki, Tomomi Matsuura, Daiju Fukuda, Takeshi Tobiume, Kenya Kusunose, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
C-type natriuretic peptide improves left ventricular diastolic dysfunction in HFpEF model rats.,
第82回日本循環器学会, Mar. 2018.
35. Yutaka Kawabata, Takeshi Soeki, Takayuki Ise, Tomomi Matsuura, Yoshihito Saijoh, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Effects of L-/N-type Calcium Channel Blocker on Proteinuria and Angiotensin -renin Feedback in Hypertensive Patients,
第82回日本循環器学会, Mar. 2018.
36. Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Yutaka Kawabata, Seno Hiromitsu, Kumiko Sutou, Yoshihito Saijoh, Rie Ueno, Hiroyuki Ito, Takafumi Todoroki, Tomomi Matsuura, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Acute Hemodynamic Effect of Handgrip Stress in Patients with Chronic Heart Failure.,
第82回日本循環器学会, Mar. 2018.
37. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, Yutaka Kawabata, Hiroyuki Itou, Takafumi Todoroki, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki and Masataka Sata :
Differential Response of Local Coagulation after Coronary Angioplasty with Paclitaxel.,
第82回日本循環器学会, Mar. 2018.
38. Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, Daiju Fukuda, Yutaka Kawabata, 轟 貴史, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki and Masataka Sata :
Growth of vasa vasorum is associated with local inflammation around coronary plaque in fresh cadavers.,
第82回日本循環器学会, Mar. 2018.
39. Hiroyuki Ito, Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, Daiju Fukuda, Yutaka Kawabata, 轟 貴史, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki and Masataka Sata :
Growth of Vasa Vasorum is Associated with Local Inflammation around Coronary Plaque in Fresh Cadavers(和訳中),
日本循環器学会学術集会抄録集, PJ007-3, Mar. 2018.
40. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, Yutaka Kawabata, Hiroyuki Ito, 轟 貴史, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki and Masataka Sata :
Differential Response of Local Coagulation after Coronary Angioplasty with Paclitaxel(和訳中),
日本循環器学会学術集会抄録集, PJ022-1, Mar. 2018.
41. Yutaka Kawabata, Takeshi Soeki, Takayuki Ise, Tomomi Matsuura, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Effects of L-/N-type Calcium Channel Blocker on Proteinuria and Angiotensin II-renin Feedback in Hypertensive Patients(和訳中),
日本循環器学会学術集会抄録集, PJ067-4, Mar. 2018.
42. 志村 拓哉, 西條 良仁, 山口 浩司, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 瀬野 弘光, 數藤 久美子, 上野 理絵, 川端 豊, 伊藤 浩敬, 轟 貴史, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 八木 秀介, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
下肢静脈血栓症の誘因となる下肢血流障害の検討-下肢静脈造影での検討-,
第111回日本循環器学会四国地方会, 2017年12月.
43. 豊田 直人, 轟 貴史, 添木 武, 瀬野 弘光, 數藤 久美子, 西條 良仁, 上野 理絵, 川端 豊, 伊藤 浩敬, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 飛梅 威, 山口 浩司, 福田 大受, 八木 秀介, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
診断から40年後に治療しえた著明なBroad Kent束を有するWPW症候群の一例,
第111回日本循環器学会四国地方会, 2017年12月.
44. 中野 睦基, 川端 豊, 添木 武, 松浦 朋美, 飛梅 威, 瀬野 弘光, 數藤 久美子, 西條 良仁, 上野 理絵, 伊藤 浩敬, 轟 貴史, 楠瀬 賢也, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 八木 秀介, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
嚥下性失神に対して高級性ペースメーカー植え込み術が有効であった1例,
第111回日本循環器学会四国地方会, 2017年12月.
45. 矢野 哲弘, 松浦 朋美, 數藤 久美子, 瀬野 弘光, 西條 良仁, 上野 理絵, 川端 豊, 伊藤 浩敬, 轟 貴史, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 福田 大受, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
心房細動アブレーション後の医原性心房中隔欠損残存により右心不全症状をきたした一例,
第111回日本循環器学会四国地方会, 2017年12月.
46. 川端 豊, 若槻 哲三, 山口 浩司, 伊藤 浩敬, 福田 大受, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 松浦 朋美, 轟 貴史, 廣野 明, 飛梅 威, 八木 秀介, 山田 博胤, 添木 武, 佐田 政隆 :
未固定遺体における管脈プラーク性状と局所周囲脂肪内炎症物質との関連,
第65回日本心臓病学会学術集会, 2017年9月.
47. 山口 浩司, 若槻 哲三, 川端 豊, 伊藤 浩敬, 轟 貴史, 松浦 朋美, 楠瀬 賢也, 飛梅 威, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 山田 博胤, 添木 武, 佐田 政隆 :
Biodegradable polymer SESの慢性期局所血管反応の検討-Durable polymer SESとの比較-,
第65回日本心臓病学会学術集会, 2017年9月.
48. 西條 良仁, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 瀬野 弘光, 西尾 進, 伊藤 浩敬, 轟 貴史, 伊勢 孝之, 松浦 朋美, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
経食道心エコー図検査の再検によりvegetationを同定しえた感染性心内膜炎の一例,
第65回日本心臓病学会学術集会, 2017年9月.
49. 山口 浩司, 若槻 哲三, 川端 豊, 伊藤 浩敬, 轟 貴史, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 佐田 政隆 :
OPTIMOカテーテル使用後に生じた巨大血管解離の1例,
第24回日本心血管インターベーション治療学会 中国・四国地方会, 2017年9月.
50. 轟 貴史, 若槻 哲三, 山口 浩司, 川端 豊, 伊藤 浩敬, 伊勢 孝之, 廣野 明, 飛梅 威, 佐田 政隆 :
局所的な右腎動脈狭窄を認め血管内超音波を併用し経皮的腎動脈形成術を施行した繊維筋性異形成症の1症例,
第24回日本心血管インターベーション治療学会 中国・四国地方会, 2017年9月.
51. 川端 豊, 若槻 哲三, 山口 浩司, 伊藤 浩敬, 伊勢 孝之, 轟 貴史, 飛梅 威, 佐田 政隆 :
SES留置遠隔期に再狭窄とPSSを同時に認めた病変に対するDCB治療の効果の検討-局所凝固反応の観点から-,
第24回日本心血管インターベーション治療学会 中国・四国地方会, 2017年9月.
52. 西 京子, 安倍 正博, 田中 久美子, 西野 豪志, 飛梅 威 :
徳島大学病院の多職種連携による若手教育ー院内ネットワーク研修を地域包括ケアシステムにおける医療従事者の確保・養成につなぐー,
第1回徳島県地域包括ケアシステム学会, 2017年8月.
53. 荒瀬 美晴, 飛梅 威, 伊藤 浩敬, 松浦 朋美, 添木 武, 瀬野 弘光, 西條 良仁, 川端 豊, 轟 貴史, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 八木 秀介, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
薬物療法の継続が困難で頻脈誘発性心筋症を生じたが,カテーテルアブレーションにて合併症なく根治に成功した洞房リエントリー性頻拍の1例,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
54. Hiroyuki Ito, Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, Yutaka Kawabata, Akira Hirono, Takafumi Todoroki, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume and Masataka Sata :
The relationship between coronary plaque characteristics and local inflammation in adjacent epicardial adipose tissue in fresh cadaveric models,
第26回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会:京都, Jul. 2017.
55. Yutaka Kawabata, Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, 伊藤 浩敬, Takayuki Ise, Akira Hirono, Takafumi Todoroki, Takeshi Tobiume and Masataka Sata :
A first assessment of coronary plaque characteristics, adjacent epivascular adipose tissue, and histopathological findings in fresh cadaveric model-a case report-,
第26回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会:京都, Jul. 2017.
56. 伊藤 浩敬, 飛梅 威, 添木 武, 大櫛 祐一郎, 瀬野 弘光, 西條 良仁, 川端 豊, 轟 貴史, 廣野 明, 松浦 朋美, 楠瀬 賢也, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 八木 秀介, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
左鎖骨下への植え込み型除細動器植え替え後に生じたTwiddler症候群の1例,
第110回日本循環器学会 中国・四国合同地方会, 2017年6月.
57. 川端 豊, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 若槻 哲三, 楠瀬 賢也, 松浦 朋美, 八木 秀介, 飛梅 威, 山田 博胤, 添木 武, 川谷 洋平, 荒瀬 裕己, 黒部 裕嗣, 藤本 鋭貴, 北川 哲也, 佐田 政隆 :
肺癌術前にバルーン大動脈弁形成術を施行し良好な開大が得られた重症大動脈弁狭窄症の一例,
第110回日本循環器学会中国・四国地方会, 2017年6月.
58. 西條 良仁, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 西尾 進, 大櫛 祐一郎, 瀬野 弘光, 原 知也, 川端 豊, 伊藤 浩敬, 轟 貴史, 廣野 明, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 添木 武, 若槻 哲三, 黒部 裕嗣, 渡邉 俊介, 佐田 政隆 :
著名な心内膜肥厚を認めた acromegalic cardiomyopathy の一例,
第110回日本循環器学会中国・四国地方会, 2017年6月.
59. 西條 良仁, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, 西尾 進, 瀬野 弘光, 大櫛 祐一郎, 高木 恵理, 上野 理絵, 原 知也, 川端 豊, 斎藤 友子, 伊藤 浩敬, 轟 貴史, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Impact of Left Atrial Ischemia on Left Atrial Reservoir Function in Patients with Old Myocardial Infarction,
第81回日本循環器学会学術集会, Mar. 2017.
60. 轟 貴史, Shusuke Yagi, Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, Takayuki Ise, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Serum Level of Lipoprotein (a) is a Risk Factor for Aortic Valve Sclerosis in Women,
第81回日本循環器学会学術集会, Mar. 2017.
61. 伊勢 孝之, 八木 秀介, 瀬野 弘光, 西條 良仁, 高木 恵理, 上野 理絵, 原 知也, 伊藤 浩敬, 松浦 朋美, 楠瀬 賢也, 飛梅 威, 山口 浩司, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
Nocturnal Hypoxemia Predicts Cardiac Events in Patients with Cardiac Risk Factors,
第81回日本循環器学会学術集会, 2017年3月.
62. Maimaituxun Gulinu, Michio Shimabukuro, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Daiju Fukuda, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Local Epicardial Adipose Tissue Thickness and Its Impact on Coronary Atherosclerosis,
第81回日本循環器学会学術集会, Mar. 2017.
63. 伊藤 浩敬, 若槻 哲三, 山口 浩司, 福田 大受, 川端 豊, 轟 貴史, 松浦 朋美, 楠瀬 賢也, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 八木 秀介, 山田 博胤, 添木 武, 佐田 政隆 :
Lipid-rich Coronary Plaque is Associated with Local Inflammation in Adjacent Epicardial Adipose Tissue in Fresh Cadaveric Models,
第81回日本循環器学会学術集会, 2017年3月.
64. Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, 伊藤 浩敬, Daiju Fukuda, 川端 豊, 轟 貴史, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki and Masataka Sata :
The Tissue Characteristics of Coronary Plaque with Microluminal Structures Identified by OCT Associated with Local Inflammatory Response in Fresh Cadavers,
第81回日本循環器学会学術集会, Mar. 2017.
65. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, 伊藤 浩敬, 川端 豊, 轟 貴史, Tomomi Matsuura, Kenya Kusunose, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki and Masataka Sata :
Comparison of Local Coagulative Response after Coronary Angioplasty - First Generation DES vs Second Generation-DES vs Drug Coated Balloon -,
第81回日本循環器学会学術集会, Mar. 2017.
66. 谷口 実佑, Takeshi Soeki, Tomomi Matsuura, 佐藤 裕紀, Takeshi Tobiume, 原 知也, Kenya Kusunose, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Activated Factor X Signaling Pathway via Protease-Activated Receptor-2 is a Novel Therapeutic Target to Prevent Atrial Fibrillation,
第81回日本循環器学会学術集会, Mar. 2017.
67. 西山 美月, 飛梅 威, 松浦 朋美, 添木 武, 佐田 政隆 :
左鎖骨下への植込み型除細動器植え替え後に生じたTwiddler症候群の1例,
第254回徳島医学会学術集会, 2017年2月.
68. 山本 清成, 轟 貴史, 大櫛 祐一郎, 上野 理恵, 伊勢 孝之, 瀬野 弘光, 西條 良仁, 高木 恵理, 原 知也, 川端 豊, 斎藤 友子, 伊藤 浩敬, 松浦 朋美, 飛梅 威, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 八木 秀介, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 門田 友里, 西村 正人, 苛原 稔 :
PET/CTにて診断できた心サルコイドーシスの1例,
第254回徳島医学会学術集会, 2017年2月.
69. Gulinu Maimaituxun, 島袋 充生, 平田 有紀奈, 岩瀬 俊, 高尾 正一郎, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 福田 大受, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 原田 雅史, 佐田 政隆 :
局所心臓周囲脂肪厚の臨床的意義:冠動脈疾患での検討,
脳心血管抗加齢研究会2016, 2016年12月.
70. ロバート ゼング, 西條 良仁, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 轟 貴史, 西尾 進, 瀬野 弘光, 高木 恵理, 上野 理絵, 原 知也, 川端 豊, 齋藤 友子, 伊藤 浩敬, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
左上肢脱力を主訴に来院されたが心エコー図法を契機に急性冠症候群と診断しえた一例,
第109回日本循環器学会四国地方会, 2016年12月.
71. 本間 友佳子, 早渕 康信, 小野 朱美, 香美 祥二, 井上 美紀, 森 一博, 佐田 政隆, 添木 武, 飛梅 威, 松浦 朋美 :
Left venous valve由来部位の異常自動能が示唆された右房後中隔起源の心房頻拍・頻拍誘発性心筋症の1女児例,
第21回日本小児心電学会 学術集会, 2016年11月.
72. 松浦 朋美, 添木 武, 飛梅 威, 佐田 政隆 :
右房低位中隔部に電気的不連続性を認めた通常型心房粗動の1例,
カテーテルアブレーション関連秋季大会2016, 2016年10月.
73. 八木 秀介, 伊勢 孝之, 西川 幸治, 石井 亜由美, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 松浦 朋美, 飛梅 威, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心不全患者に対するAdaptive servo-ventilation装着下6分間歩行における運動耐容能改善効果,
第64回日本心臓病学会学術集会, 2016年9月.
74. 鈴川 理乃, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 西條 良仁, 瀬野 弘光, 衣川 尚知, 平田 有紀奈, 天野 里江, 鳥居 裕太, 山尾 雅美, 西尾 進, 松浦 朋美, 飛梅 威, 添木 武, 佐田 政隆 :
持続性心房細動の肺静脈隔離術後における左房機能の回復と再発との関連,
第64回日本心臓病学会学術集会, 2016年9月.
75. 添木 武, 高橋 甲介, 松浦 朋美, 楠瀬 賢也, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 福田 大受, 山田 博胤, 若槻 哲三, 島袋 充生, 佐田 政隆 :
心筋虚血再灌流障害に対する新たな治療薬としてのC型ナトリウム利尿ペプチドの可能性,
第64回日本心臓病学会学術集会, 2016年9月.
76. 伊勢 孝之, 若槻 哲三, 山口 浩司, 上野 理絵, 川端 豊, 齋藤 友子, 伊藤 浩敬, 飛梅 威, 佐田 政隆 :
PTSMA施行2日後に遅発性完全房室ブロックを認めた1例,
第23回日本心血管インターベンション治療学会中国・四国地方会, 2016年9月.
77. H Ito, Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, R Ueno, Y Saito, T Todoroki, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume and Masataka Sata :
A case of trapped floppy rotawire at the distal portion of wrapped left anterior descending coronary artery,
第25回日本心血管インターベンション治療学会, Jul. 2016.
78. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, R Ueno, H Ito, Y Saito, T Todoroki, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume and Masataka Sata :
Suppressive Local Vascular Response after Paclitaxel Eluting Balloon Compared to Paclitaxel Eluting Stent,
第25回日本心血管インターベンション治療学会, Jul. 2016.
79. 原 知也, 山田 博胤, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
重症心不全を呈したBecker型筋ジストロフィーの1剖検例,
第108回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2016年6月.
80. 原 知也, 飛梅 威, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 八木 秀介, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
心房細動アブレーション後に麻痺性胃拡張を来した一例,
第108回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2016年6月.
81. 山上 圭, 西條 良仁, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 瀬野 弘光, 原 知也, 上野 理絵, 門田 宗之, 齋藤 友子, 山﨑 宙, 坂東 左知子, 伊藤 浩敬, 轟 貴史, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
生体腎移植後における腎静脈-外腸骨静脈間の血流動態変化が一因と考えられた深部静脈血栓症の一例,
第108回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2016年6月.
82. 伊勢 孝之, 八木 秀介, 門田 宗之, 瀬野 弘光, 西條 良仁, 上野 理絵, 原 知也, 齋藤 友子, 山﨑 宙, 坂東 左知子, 伊藤 浩敬, 轟 貴史, 松浦 朋美, 楠瀬 賢也, 飛梅 威, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
循環器病棟入院患者における睡眠時無呼吸,夜間低酸素血症の合併 ∼連続パルスオキシメータを用いた解析∼,
第108回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2016年6月.
83. 本間 友佳子, 森 一博, 藤岡 啓介, 佐々木 亜由美, 寺田 知正, 永井 隆, 井上 美紀, 早渕 康信, 小野 朱美, 香美 祥二, 佐田 政隆, 添木 武, 飛梅 威, 松浦 朋美 :
持続する全身倦怠感を主訴とした異所性心房頻拍に伴う頻拍誘発性心筋症の1女児例,
第146回日本小児科学会徳島地方会, 2016年6月.
84. 松浦 朋美, 添木 武, 飛梅 威, 上野 理絵, 坂東 左知子, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆, 早渕 康信, 小野 朱美 :
心房中隔起源の持続性心房頻拍により頻脈誘発性心筋症をきたした小児の1例,
日本内科学会第114回四国地方会, 2016年5月.
85. Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Daiju Fukuda, A Takashima, Mika Bando, T Hara, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Reduced Ratio of Eicosapentaenoic Acid and Docosahexaenoic Acid to Arachidonic Acid is Associated with Early Onset of Acute Coronary Syndrome.,
第80回日本循環器学会学術集会, Mar. 2016.
86. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, T Hara, M Kadota, R Ueno, Mika Bando, H Yamazaki, Y Saito, S Bando, Tomomi Matsuura, Kenya Kusunose, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki and Masataka Sata :
Local Vascular Response after Paclitaxel Eluting Balloon Angioplasty Compared to Drug Eluting Stent Implantation in Stable Angina Patients.,
第80回日本循環器学会学術集会, Mar. 2016.
87. S Bando, Takeshi Soeki, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Plasma Myeloperoxidase Activity is Associated with Atrial Substrate Remodeling in Patients with Atrial Fibrillation.,
第80回日本循環器学会学術集会, Mar. 2016.
88. Tomomi Matsuura, Takeshi Soeki, Y Morimoto, S Bando, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Epicardial Adipose Tissue Produce Proinflammatory Cytokines and Influence the Pathogenesis of Atrial Fibrillation.,
第80回日本循環器学会学術集会, Mar. 2016.
89. Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, S Nishio, Y Hirata, H Seno, Y Saijo, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, B Griffin and Masataka Sata :
Echocardiographic Characteristics of Right Ventricular Size and Function are Associated with Cardiac Events in Sleep Apnea Syndrome.,
第80回日本循環器学会学術集会, Mar. 2016.
90. 加藤 悠人, 飛梅 威, 小島 義裕, 川端 豊, 仁木 敏之, 岡村 暢大, 竹谷 善雄, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 添木 武, 佐田 政隆 :
His束近傍に起源を認めるATP感受性心房頻拍7例に関する検討,
第252回徳島医学会学術集会(平成27年度冬期), 2016年2月.
91. 近藤 大祐, 八木 秀介, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 若槻 哲三, 楠瀬 賢也, 松浦 朋美, 飛梅 威, 山田 博胤, 添木 武, 福田 大受, 赤池 雅史, 島袋 充生, 佐田 政隆 :
急性冠症候群発症時のイコサペント酸とドコサヘキサエン酸の血中濃度低下は慢性期冠動脈 ステント内再狭窄の予測因子である,
第45回日本心脈管作動物質学会, 2016年2月.
92. 上田 雄大, 島袋 充生, Maimaituxun Gulinu, Salim Masdan Hotimah, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 飛梅 威, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 八木 秀介, 福田 大受, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 原田 雅史, 佐田 政隆 :
冠症候群発症例における心臓周囲脂肪および腹部脂肪分布の検討,
第45回日本心脈管作動物質学会, 2016年2月.
93. 上野 理絵, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 島袋 充生, 佐田 政隆 :
当院で出産まで管理しえた心室頻拍合併妊娠の2症例,
日本内科学会第113回四国地方会, 2015年12月.
94. 伊勢 孝之, 西條 良仁, 三木 浩和, 賀川 久美子, 瀬野 弘光, 上野 理絵, 原 知也, 齋藤 友子, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 伊藤 浩敬, 松浦 朋美, 山口 浩司, 飛梅 威, 八木 秀介, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 安倍 正博, 佐田 政隆 :
auto-PBSCT とBortezomibの併用が著効した高度心機能障害を伴う原発性心アミロイドーシスの1例,
第107回日本循環器学会四国地方会, 2015年11月.
95. 坂東 左知子, 飛梅 威, 添木 武, 松浦 朋美, 佐田 政隆 :
僧房弁輪後壁での通電にて治療に成功したLeft variant型房室結節リエントリー性頻拍の1例,
カテーテルアブレーション関連秋季大会2015, 2015年10月.
96. 飛梅 威, 竹谷 善雄, 小島 義裕, 川端 豊, 仁木 敏之, 岡村 暢大, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 添木 武, 佐田 政隆 :
下壁誘導でtall R・V1でqrS patternを認めた右室流出路中隔起源心室性期外収縮の1例,
カテーテルアブレーション関連秋季大会2015, 2015年10月.
97. 長野 広実, 添木 武, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 飛梅 威, 楠瀬 賢也, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 八木 秀介, 福田 大受, 山田 博胤, 若槻 哲三, 島袋 充生, 佐田 政隆 :
心房細動発症の予測因子-心電学的側面と心エコー学的側面からの検討-,
第63回日本心臓病学会学術集会, 2015年9月.
98. 齋藤 友子, 若槻 哲三, 山口 浩司, 上野 理絵, 山﨑 宙, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 佐田 政隆 :
心臓カテーテル検査後に生じた橈骨仮性動脈瘤2例の検討,
第22回日本心血管インターベンション治療学会 中国・四国地方会, 2015年9月.
99. 山口 浩司, 若槻 哲三, 上野 理絵, 齋藤 友子, 山﨑 宙, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 佐田 政隆 :
総腸骨動脈閉塞病変に対して留置したstentが大動脈中枢側へ伸展した1例,
第22回日本心血管インターベンション治療学会 中国・四国地方会, 2015年9月.
100. 伊勢 孝之, 若槻 哲三, 山口 浩司, 上野 理絵, 斎藤 友子, 髙島 啓, 山崎 宙, 飛梅 威, 佐田 政隆 :
PTSMA後に左室流出路狭窄の一過性急性増悪を認めた閉塞性肥大型心筋症の1例,
第22回日本心血管インターベンション治療学会 中国・四国地方会, 2015年9月.
101. 山﨑 宙, 若槻 哲三, 山口 浩司, 上野 理絵, 齋藤 友子, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 佐田 政隆 :
広範前壁心筋梗塞発症早期に左室内血栓を生じた2例の検討,
第22回日本心血管インターベンション治療学会 中国・四国地方会, 2015年9月.
102. H Yamazaki, Tetsuzo Wakatsuki, K Yamaguchi, Y Saito, A Takashima, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume and Masataka Sata :
A Case of Preoperative VLST due to Multiple Inter-strut Hollow despite Heparin Replacement therapy, and OCT-guided PCI,
第24回日本心血管インターベンション治療学会, Jul. 2015.
103. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, A Takashima, H Yamazaki, Y Saito, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume and Masataka Sata :
Suppressive Local Coagulative and Inflammatory Response after Implantation of Biolimus-Eluting Stents,
第24回日本心血管インターベンション治療学会, Jul. 2015.
104. Takeshi Tobiume, S Bando, Tomomi Matsuura, Takeshi Soeki and Masataka Sata :
Efficacy of CATHPAX AF for the reduction of radiation exposure during ablation of atrial fibrillation.,
第30回日本不整脈学会・第32回日本心電学会, Jul. 2015.
105. S Bando, Takeshi Soeki, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume and Masataka Sata :
Successful catheter ablation of VT/VF triggered by PVC in acute phase of myocardial infarction.,
第30回日本不整脈学会・第32回日本心電学会, Jul. 2015.
106. 坂東 左知子, 松浦 朋美, 添木 武, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
感染性心内膜炎から多発性脳塞栓発症により死亡に至った一例,
第2回日本心血管脳卒中学会学術集会, 2015年6月.
107. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, T Hara, Y Takagawa, Mika Bando, A Takashima, H Yamazaki, S Bando, Tomomi Matsuura, Kenya Kusunose, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki and Masataka Sata :
Differential Local Vascular Responses after Implantation of Biolimus-Eluting and Everolimus-Eluting Stents Compared with Sirolimus-Eluting and Bare Metal Stents.,
第79回日本循環器学会学術集会, Apr. 2015.
108. Takeshi Soeki, Tomomi Matsuura, S Bando, Takeshi Tobiume, T Hara, A Takashima, Mika Bando, H Yamazaki, Y Saito, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Antiarrhythmic and Antiapoptotic Effects of C-type Natriuretic Peptide in Rats with Myocardial Ischemia/Reperfusion.,
第79回日本循環器学会学術集会, Apr. 2015.
109. 武井 美貴子, 飛梅 威, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 添木 武, 佐田 政隆 :
生理的ペーシングへのモード変更が心不全の改善に有効であった房室ブロックの1例,
第7回植込みデバイス関連冬季大会, 2015年2月.
110. 松本 康平, 楠瀬 賢也, 松本 和久, 高川 由利子, 坂東 美佳, 發知 淳子, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
動脈周囲炎をきたしたIgG4関連疾患の1例,
第250回徳島医学会学術集会(平成26年度冬期), 2015年2月.
111. 鈴木 智子, 山崎 宙, 近藤 彰, 高川 由利子, 坂東 美佳, 發知 淳子, 松浦 朋美, 楠瀬 賢也, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
活動性を評価するにあたりPET-CTが特に有効であった心サルコイドーシスの1例,
第250回徳島医学会学術集会(平成26年度冬期), 2015年2月.
112. 武井 美貴子, 飛梅 威, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 添木 武, 今田 久美子, 松本 和久, 高川 由利子, 原 知也, 高島 啓, 齋藤 友子, 山崎 宙, 坂東 美佳, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
生理的ペーシングへのモード変更が心不全の改善に有効であった房室ブロックの1例,
第250回徳島医学会学術集会(平成26年度冬期), 2015年2月.
113. 今田 久美子, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 高木 恵理, 松本 和久, 高川 由利子, 原 知也, 高島 啓, 齋藤 友子, 坂東 美佳, 山﨑 宙, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 飛梅 威, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
慢性血栓塞栓性肺高血圧症にリオシグアトを使用した1症例,
第105回日本循環器学会四国地方会, 2014年12月.
114. 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, 高木 恵理, 今田 久美子, 松本 和久, 高川 由利子, 原 知也, 齋藤 友子, 高島 啓, 山﨑 宙, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
心臓MRIガドリニウム遅延造影で検出できなかった心臓サルコイドーシス再燃の一例,
第105回日本循環器学会四国地方会, 2014年12月.
115. 高島 啓, 若槻 哲三, 山口 浩司, 松本 和久, 今田 久美子, 高木 恵理, 高川 由利子, 原 知也, 齋藤 友子, 山﨑 宙, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 佐田 政隆 :
冠動脈完全閉塞性病変の治療後慢性期に形成された二重血行路をOCTで観察し得た一例,
第105回日本循環器学会四国地方会, 2014年12月.
116. 八木 秀介, 鳥居 祐太, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 飛梅 威, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 島袋 充生, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
突然の片側性下肢腫脹を呈した変形性関節症の2例,
第105回日本循環器学会四国地方会, 2014年12月.
117. 坂東 左知子, 添木 武, 今田 久美子, 松本 和久, 原 知也, 高島 啓, 山﨑 宙, 坂東 美佳, 齋藤 友子, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
右室流出路心外膜起源が疑われた突発性心室期外収縮の一例,
第105回日本循環器学会四国地方会, 2014年12月.
118. 稲垣 太造, 八木 秀介, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 飛梅 威, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 島袋 充生, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
治療抵抗性本態性高血圧に対する利尿剤の効果-インダパミドが効果的であった2例の検討-,
第105回日本循環器学会四国地方会, 2014年12月.
119. 富永 真由, 伊勢 孝之, 坂東 美佳, 今田 久美子, 松本 和久, 高川 由利子, 原 知也, 齋藤 友子, 高島 啓, 山﨑 宙, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 坂東 正章, 佐田 政隆 :
超選択的コントラストエコーを併用し経皮的中隔心筋焼灼術を有効に施行し得た閉塞性肥大型心筋症の1例,
第105回日本循環器学会四国地方会, 2014年12月.
120. 松浦 朋美, 添木 武, 西條 良仁, 齋藤 友子, 高島 啓, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 發知 淳子, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
筋強直性ジストロフィーに伴い二次性心筋症と心房頻拍を呈し,カテーテルアブレーションを施行した一例,
第62回日本心臓病学会学術集会, 2014年9月.
121. 坂東 左知子, 添木 武, 飛梅 威, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
ATP 感受性リエントリー性心房頻拍の2症例,
第62回日本心臓病学会学術集会, 2014年9月.
122. 原 知也, 若槻 哲三, 山口 浩司, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 佐田 政隆 :
十分な術前ヘパリン置換にもかかわらず超遅発性ステント血栓症を発症した症例の検討-OCT による観察から-,
第62回日本心臓病学会学術集会, 2014年9月.
123. 添木 武, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 飛梅 威, 高島 啓, 坂東 美佳, 發知 淳子, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 八木 秀介, 福田 大受, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 島袋 充生, 佐田 政隆 :
心房細動におけるmicroRNAと心房リモデリングおよび予後との関係,
第62回日本心臓病学会学術集会, 2014年9月.
124. 山口 浩司, 若槻 哲三, 伊勢 孝之, 高島 啓, 齋藤 友子, 飛梅 威, 岩瀬 俊, 佐田 政隆 :
第一世代薬剤溶出性ステントの超遅発性血栓症の2例-病歴・病変観察の観点から-,
第21回日本心血管インターベンション治療学会 中国・四国地方会, 2014年9月.
125. 高島 啓, 若槻 哲三, 山口 浩司, 齋藤 友子, 山﨑 宙, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 岩瀬 俊, 佐田 政隆 :
CTO治療後慢性期に形成された二重血行路をOCTで観察した一例,
第21回日本心血管インターベンション治療学会 中国・四国地方会, 2014年9月.
126. 富永 真由, 伊勢 孝之, 坂東 美佳, 今田 久美子, 松本 和久, 高川 由利子, 高木 恵理, 西條 良仁, 原 知也, 齋藤 友子, 高島 啓, 山﨑 宙, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 發知 淳子, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 坂東 正章, 佐田 政隆 :
超選択的コントラストエコーを併用し経皮的中隔心筋焼灼術を有効に施行し得た閉塞性肥大型心筋症の一例,
第249回徳島医学会学術集会(平成26年度夏期), 2014年7月.
127. 亀田 香奈子, 伊勢 孝之, 西條 良仁, 今田 久美子, 松本 和久, 高川 由利子, 高木 恵理, 原 知也, 齋藤 友子, 高島 啓, 山﨑 宙, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 發知 淳子, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 近藤 剛, 佐田 政隆 :
原発性アルドステロン症患者に高度冠攣縮を合併し心筋梗塞を発症した1症例,
第249回徳島医学会学術集会(平成26年度夏期), 2014年7月.
128. A Takashima, Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, K Ogasawara, Takeshi Tobiume, Takashi Iwase and Masataka Sata :
Local coagulation response and angiographic peri-stent contrast staining up to five years after sirolimus-eluting stent implantation.,
第23回日本心血管インターベンション治療学会, Jul. 2014.
129. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, A Takashima, K Ogasawara, Takeshi Tobiume, Takashi Iwase and Masataka Sata :
Differential Responses of Local Coagulation after Implantation of Second-Generation Drug-Eluting Stent Compared with First-Generation Drug-Eluting Stents.,
第23回日本心血管インターベンション治療学会, Jul. 2014.
130. S Bando, Takeshi Soeki, Takeshi Tobiume, Tomomi Matsuura and Masataka Sata :
Radiofrequency ablation of idiopathic premature ventricular contraction originating from the anterior papillary muscle in the left ventricle.,
第29回日本不整脈学会・第31回日本心電学会合同学術大会, Jul. 2014.
131. Tomomi Matsuura, Takeshi Soeki, Takeshi Tobiume, S Bando and Masataka Sata :
A case of myotonic dystrophy presenting with atrial tachycardia and heart failure.,
第29回日本不整脈学会・第31回日本心電学会合同学術大会, Jul. 2014.
132. Takeshi Soeki, S Bando, Tomomi Matsuura, Takeshi Tobiume and Masataka Sata :
Electrophysiological correlation and prognostic impact of pentraxin 3 as a local inflammatory marker in atrial fibrillation.,
第29回日本不整脈学会・第31回日本心電学会合同学術集会, Jul. 2014.
133. 西條 良仁, 伊勢 孝之, 三木 浩和, 賀川 久美子, 原 知也, 齋藤 友子, 高島 啓, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 發知 淳子, 山口 浩司, 飛梅 威, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 奥村 宇信, 藤永 裕之, 佐田 政隆 :
高度心機能障害を伴う原発性心アミロイドーシスに対しauto-PBSCTを施行し得た一例,
第104回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2014年7月.
134. 澤田 直子, 高川 由利子, 發知 淳子, 西條 良仁, 高島 啓, 坂東 美佳, 山崎 宙, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
心エコー検査による大動脈弁逆流の重症度判定が困難であった大動脈弁位生体弁機能不全の一例,
第104回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2014年7月.
135. 原 知也, 八木 秀介, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
大動脈解離の急性期降圧療法における経皮吸収型β1遮断薬の使用経験,
第104回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2014年7月.
136. 坂東 左知子, 添木 武, 飛梅 威, 松浦 朋美, 今田 久美子, 松本 和久, 高木 恵理, 西條 良仁, 原 知也, 齋藤 友子, 高島 啓, 坂東 美佳, 山崎 宙, 伊勢 孝之, 發知 淳子, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
ATP感受性リエントリー性心房頻拍の一例,
第104回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2014年7月.
137. 松浦 朋美, 添木 武, 松本 和久, 今田 久美子, 西條 良仁, 高木 恵理, 原 知也, 齋藤 友子, 高島 啓, 坂東 美佳, 山崎 宙, 坂東 左知子, 發知 淳子, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
心房頻拍と心不全を契機に発覚した筋強直性ジストロフィーの一例,
第104回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2014年7月.
138. 坂東 左知子, 添木 武, 飛梅 威, 松浦 朋美, 齋藤 友子, 高島 啓, 坂東 美佳, 山崎 宙, 伊勢 孝之, 發知 淳子, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 阪田 美穂, 早渕 康信, 井上 美紀, 森 一博, 木下 学, 佐田 政隆 :
薬剤抵抗性特発性心室頻拍に対し,PCPS下にアブレーション治療を施行し,社会復帰に成功した若年例の一例,
第104回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2014年7月.
139. 松本 和久, 若槻 哲三, 高島 啓, 山口 浩司, 西條 良仁, 高木 恵理, 原 知也, 齋藤 友子, 高川 由利子, 山崎 宙, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 發知 淳子, 飛梅 威, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 佐田 政隆 :
シロリムス溶出ステント留置7年後に初めて造影剤ステント周囲滲み出し像と局所凝固反応亢進を認めた一例,
第104回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2014年7月.
140. 原 知也, 若槻 哲三, 山口 浩司, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 佐田 政隆 :
十分な術前ヘパリン置換にもかかわらず超遅発性ステント血栓症を発症した症例-OCTによる観察からの検討-,
第104回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2014年7月.
141. 今田 久美子, 伊勢 孝之, 原 知也, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 西條 良仁, 小笠原 梢, 高島 啓, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 發知 淳子, 飛梅 威, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心不全を合併した頻脈性心房細動にランジオロールを有効に使用することができた2症例,
第104回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2014年7月.
142. 高川 由利子, 八木 秀介, 山田 博胤, 林 修司, 發知 淳子, 坂東 美佳, 山口 浩司, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
母児ともに救命できた母児間輸血症候群と妊娠高血圧腎症に合併した急性心不全の一例,
第104回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2014年7月.
143. 原 知也, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
Vascular endothelial growth factor (VEGF)阻害薬の眼内投与中に急性冠症候群を発症した4症例の検討,
第104回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2014年7月.
144. 坂東 左知子, 添木 武, 飛梅 威, 松浦 朋美, 山口 浩司, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆, 井野口 卓, 折野 俊介 :
左室前乳頭筋起源の特発性心室性不整脈の1例,
第110回日本内科学会四国地方会, 2014年6月.
145. S Bando, Takeshi Soeki, T Matsuura, Takeshi Tobiume, T Hara, A Takashima, Mika Bando, K Ogasawara, Y Saito, Junko Hotsuchi, E Kimura, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Daiju Fukuda, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Atrial late potentials and atrial substrate remodeling in patients with atrial fibrillation.,
第78回日本循環器学会学術集会, Mar. 2014.
146. S Bando, Takeshi Soeki, T Hara, A Takashima, Mika Bando, K Ogasawara, Y Saito, T Matsuura, Junko Hotsuchi, E Kimura, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Daiju Fukuda, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Kenji Kangawa and Masataka Sata :
Ghrelin ameliorates the progression of experimental autoimmune myocarditis.,
第78回日本循環器学会学術集会, Mar. 2014.
147. Koji Yamaguchi, Tetsuzo Wakatsuki, T Hara, K Ogasawara, Mika Bando, A Takashima, S Bando, T Matsuura, Takayuki Ise, Junko Hotsuchi, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki and Masataka Sata :
Differential responses of local coagulation after implantation of biolimus-eluting and everolimus-eluting stents compared with sirolimus-eluting and bare metal stents.,
第78回日本循環器学会学術集会, Mar. 2014.
148. Mika Bando, Hirotsugu Yamada, S Nishio, Junko Hotsuchi, S Hayashi, E Kimura, Takayuki Ise, T Matsuura, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Parallel changes in sonographic characteristics of carotid and coronary plaques.,
第78回日本循環器学会学術集会, Mar. 2014.
149. Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike, A Takashima, Mika Bando, S Bando, T Matsuura, Junko Hotsuchi, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Impact of cardiac rehabilitation on oxidized stress in patients with heart failure.,
第78回日本循環器学会学術集会, Mar. 2014.
150. T Matsuura, Takeshi Soeki, R Ota, T Hara, Y Saito, K Ogasawara, A Takashima, Mika Bando, S Bando, Junko Hotsuchi, E Kimura, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata :
Increased local production of c-type natriuretic peptide in patients with vasospastic angina.,
第78回日本循環器学会学術集会, Mar. 2014.
151. Takeshi Soeki, S Bando, T Matsuura, Takeshi Tobiume, T Hara, R Ota, A Takashima, Mika Bando, K Ogasawara, Y Saito, Takayuki Ise, Junko Hotsuchi, E Kimura, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro and Masataka Sata :
Relationship between local production of microRNA-328 and atrial substrate remodeling in atrial fibrillation.,
第78回日本循環器学会学術集会, Mar. 2014.
152. 阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二, 北市 隆, 藤本 鋭貴, 神原 保, 黒部 裕嗣, 北川 哲也, 添木 武, 飛梅 威, 松浦 朋美, 板東 左知子, 佐田 政隆 :
経皮的心肺補助装置(PCPS)装着下にカテーテルアブレーションを施行し,救命し得た心室頻拍1男児例,
第28回日本小児循環器学会 近畿・中四国地方会, 2014年3月.
153. 今田 久美子, 八木 秀介, 山口 浩司, 若槻 哲三, 伊勢 孝之, 太田 理絵, 門田 宗之, 高島 啓, 松浦 朋美, 飛梅 威, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
心不全を合併した腎血管性高血圧に対する経皮的腎動脈形成術の有効性,
第248回徳島医学会学術集会, 2014年2月.
154. 松本 和久, 高島 啓, 山口 浩司, 若槻 哲三, 西條 良仁, 高木 恵理, 原 知也, 齋藤 友子, 小笠原 梢, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 發知 淳子, 木村 恵理子, 飛梅 威, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 佐田 政隆 :
シロリムス溶出ステント留置7年後に初めて造影剤ステント周囲滲み出し像を認めた一例,
第248回徳島医学会学術集会, 2014年2月.
155. 坂東 左知子, 添木 武, 飛梅 威, 松浦 朋美, 佐田 政隆, 阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二, 井上 美紀, 森 一博, 木下 学 :
薬剤抵抗性の特発性心室頻拍に対しPCPS下にカテーテルアブレーション治療を施行し,社会復帰に成功した一例,
第248回徳島医学会学術集会, 2014年2月.
156. 坂東 左知子, 添木 武, 飛梅 威, 松浦 朋美, 西條 良仁, 高木 恵理, 原 知也, 小笠原 梢, 坂東 美佳, 齋藤 友子, 高島 啓, 發知 淳子, 木村 恵理子, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 坂東 正章, 佐田 政隆 :
Aorta-mitral continuityが起源の心房頻拍の一例,
第103回日本循環器学会四国地方会, 2013年12月.
157. 發知 淳子, 山田 博胤, 原 知也, 太田 理絵, 高島 啓, 坂東 美佳, 小笠原 梢, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 木村 恵理子, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
下肢陽圧負荷の効果があった薬剤抵抗性起立性低血圧の2症例,
第103回日本循環器学会四国地方会, 2013年12月.
158. 高島 啓, 八木 秀介, 高木 恵理, 木下 肇, 神原 保, 原 知也, 太田 理絵, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 伊勢 孝之, 松浦 朋美, 發知 淳子, 飛梅 威, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 木村 建彦, 北川 哲也, 佐田 政隆 :
冠静脈洞に疣贅が認められた冠動静脈瘻を合併した感染性心内膜炎の一例,
第103回日本循環器学会四国地方会, 2013年12月.
159. 生田 奈央, 高島 啓, 原 知也, 伊勢 孝之, 島袋 充生, 西條 良仁, 高木 恵理, 太田 理絵, 齋藤 友子, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 發知 淳子, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
心身症として見過ごされてきた体位性起立頻脈症候群を的確に診断・治療し得た1例,
第103回日本循環器学会四国地方会, 2013年12月.
160. 西條 良仁, 松浦 朋美, 飛梅 威, 添木 武, 坂東 左知子, 高木 恵理, 太田 理絵, 原 知也, 小笠原 梢, 齋藤 友子, 高島 啓, 坂東 美佳, 發知 淳子, 木村 恵理子, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
上位共通路の存在が示唆され室房ブロックを伴っても持続する2種類の房室結節リエントリー性頻拍を認めた1例,
第103回日本循環器学会四国地方会, 2013年12月.
161. 坂東 左知子, 飛梅 威, 添木 武, 松浦 朋美, 西條 良仁, 高木 恵理, 原 知也, 小笠原 梢, 坂東 美佳, 齋藤 友子, 高島 啓, 發知 淳子, 木村 恵理子, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
AMI急性期のVT/VF stormに対しtriggered PVC ablation を施行した一例,
第103回日本循環器学会四国地方会, 2013年12月.
162. 松浦 朋美, 飛梅 威, 添木 武, 坂東 左知子, 高木 恵理, 西條 良仁, 太田 理絵, 原 知也, 齋藤 友子, 小笠原 梢, 高島 啓, 坂東 美佳, 伊勢 孝之, 發知 淳子, 木村 恵理子, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
ペースメーカー植込みの是非に検討を要した洞心不全症候群の一例,
第103回日本循環器学会四国地方会, 2013年12月.
163. 石井 亜由美, 西川 幸治, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 門田 宗之, 西條 良仁, 高島 啓, 松浦 朋美, 發知 淳子, 飛梅 威, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 中山 泰介, 赤池 雅史, 加藤 真介, 北川 哲也, 佐田 政隆 :
人工呼吸管理中の心不全症例に心臓リハビリテーションが有効に施行しえた症例,
第103回日本循環器学会四国地方会, 2013年12月.
164. 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 西條 良仁, 高木 恵理, 太田 理絵, 門田 宗之, 原 知也, 小笠原 梢, 高島 啓, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 發知 淳子, 飛梅 威, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
当院でのAdaptive-Servo Ventilationが有効であった拡張障害心不全の症例検討,
第103回日本循環器学会四国地方会, 2013年12月.
165. Takayuki Ise, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Shusuke Yagi, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Progression of a Case of Myocardial Damage Caused by Beckers Muscular Dystrophy.,
第17回日本心不全学会学術集会, Nov. 2013.
166. 太田 理絵, 今田 久美子, 八木 秀介, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 發知 淳子, 上田 由佳, 飛梅 威, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
冠灌流域に合致しない心電図誘導にJ波を認めた急性冠症候群の一例,
第61回日本心臓病学会学術集会, 2013年9月.
167. 太田 理絵, 今田 久美子, 八木 秀介, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 發知 淳子, 上田 由佳, 飛梅 威, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
経皮的腎動脈形成術により難治性心不全が改善した両側腎動脈狭窄症の1例,
第61回日本心臓病学会学術集会, 2013年9月.
168. 添木 武, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 高島 啓, 坂東 美佳, 發知 淳子, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 福田 大受, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 島袋 充生, 佐田 政隆 :
心房細動におけるPentraxin3と心房リモデリングおよび予後との関係,
第61回日本心臓病学会学術集会, 2013年9月.
169. 坂東 左知子, 添木 武, 植松 悦子, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 發知 淳子, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 福田 大受, 山田 博胤, 若槻 哲三, 島袋 充生, 寒川 賢治, 佐田 政隆 :
自己免疫性心筋炎に対するグレリンの効果,
第61回日本心臓病学会学術集会, 2013年9月.
170. 高島 啓, 若槻 哲三, 山口 浩司, 植田 初江, 田端 実, 小笠原 梢, 飛梅 威, 岩瀬 俊, 高梨 秀一郎, 佐田 政隆 :
各種冠動脈ステント再狭窄病変の病理学的所見の比較 -冠動脈バイパス術症例での検討-,
第20回日本心血管インターベンション治療学会 中国・四国地方会, 2013年9月.
171. 山口 浩司, 若槻 哲三, 高島 啓, 小笠原 梢, 飛梅 威, 岩瀬 俊, 佐田 政隆 :
各種冠動脈ステント留置後の慢性期局所凝固反応の比較,
第20回日本心血管インターベンション治療学会 中国・四国地方会, 2013年9月.
172. 今田 久美子, 太田 理絵, 八木 秀介, 山口 浩司, 若槻 哲三, 岩瀬 俊, 西條 良仁, 高木 恵理, 門田 宗之, 原 知也, 齋藤 友子, 高島 啓, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 發知 淳子, 飛梅 威, 山田 博胤, 添木 武, 佐田 政隆, 春藤 譲冶 :
経皮的腎動脈形成術により難治性心不全が改善したCardiac disturbance syndromeの1例,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
173. 生田 奈央, 高島 啓, 原 知也, 伊勢 孝之, 西條 良仁, 高木 恵理, 門田 宗之, 太田 理絵, 齋藤 友子, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 發知 淳子, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆, 島袋 充生, 福田 大受, 友竹 正人 :
心身症として見過ごされていた体位性起立頻脈症候群を的確に診断・治療し得た一例,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
174. 門田 宗之, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 太田 理絵, 原 知也, 高島 啓, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 發知 淳子, 飛梅 威, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆, 赤池 雅史 :
慢性心不全における新規利尿薬tolvaptanの効果予測因子,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
175. 石井 亜由美, 西川 幸治, 加藤 真介, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 上田 由佳, 門田 宗之, 高島 啓, 飛梅 威, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆, 中川 泰介, 北川 哲也, 赤池 雅史 :
人工呼吸管理中に心臓リハビリを有効に施行しえた開心術後の心不全症例,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
176. 西條 良仁, 松浦 朋美, 飛梅 威, 添木 武, 坂東 左知子, 高木 恵理, 太田 理絵, 門田 宗之, 原 知也, 齋藤 友子, 高島 啓, 坂東 美佳, 伊勢 孝之, 發知 淳子, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆, 三木 延茂 :
室房ブロックを伴っても持続する2種類の房室結節リエントリー性頻拍を認め,上位共通路の存在が示唆された1例,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
177. 太田 理絵, 八木 秀介, 若槻 哲三, 岩瀬 俊, 西條 良仁, 高木 恵理, 門田 宗之, 原 知也, 齋藤 友子, 高島 啓, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 發知 淳子, 飛梅 威, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 佐田 政隆, 今田 久美子, 髙尾 正一郎 :
急性期の心電図でJ波を認めた急性心筋梗塞の一例,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.

その他・研究会:

1. 村上 貴寛, 八木 秀介, 原 知也, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 松浦 朋美, 飛梅 威, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 島袋 充生, 赤池 雅史, 春藤 譲治, 佐田 政隆 :
原発性アルドステロン症の診断に有用な臨床所見の検討,
第253回徳島医学会学術集会(平成28年度夏期), 2016年7月.
2. 山上 圭, 西條 良仁, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 瀬野 弘光, 原 知也, 上野 理絵, 門田 宗之, 齋藤 友子, 山﨑 宙, 坂東 左知子, 伊藤 浩敬, 轟 貴史, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
生体腎移植後における腎静脈-外腸骨静脈間の血流動態変化が一因と考えられた深部静脈血栓症の一例,
第253回徳島医学会学術集会(平成28年度夏期), 2016年7月.
3. 阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二, 森 一博, 井上 美紀, 添木 武, 飛梅 威, 松浦 朋美, 坂東 佐知子, 佐田 政隆, 北市 隆, 藤本 鋭貴, 神原 保, 黒部 裕嗣, 北川 哲也, 小野寺 睦雄, 今中 秀光, 西村 匡司 :
経皮的心肺補助(PCPS)装着下にカテーテルアブレーションを施行し,救命し得た異所性接合部頻拍の1男児例,
第141回日本小児科学会徳島地方会, 2013年12月.
4. 坂東 左知子, 添木 武, 松浦 朋美, 飛梅 威, 佐田 政隆 :
Aorta-mitral continuityが起源の心房頻拍の1例,
第25回カテーテルアブレーション委員会公開研究会, 2013年11月.
5. 松浦 朋美, 飛梅 威, 添木 武, 坂東 左知子, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
室房ブロックを伴っても持続する2種類の房室結節リエントリー性頻拍を認め,上位共通路の存在が示唆された1例,
第25回カテーテルアブレーション委員会公開研究会, 2013年11月.
6. Takeshi Soeki, T Matsuura, S Bando, E Uematsu, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, I Kishimoto, Kenji Kangawa and Masataka Sata :
Ghrelin protects the heart against ischemia-induced arrhythmia by preserving connexin 43 protein.,
第36回心筋代謝研究会, Jul. 2013.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)