検索:
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 内科 > 消化器内科 > (researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Rie Harada, Masako Kimura, Yasushi Sato, Tatsuya Taniguchi, Tetsu Tomonari, Takahiro Tanaka, Hironori Tanaka, Naoki Muguruma, Hirohiko Shinomiya, Hirohito Honda, Issei Imoto, Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
APOB codon 4311 polymorphism is associated with hepatitis C virus infection through altered lipid metabolism.,
BMC Gastroenterology, Vol.18, No.1, 24, 2018.
(DOI: 10.1186/s12876-018-0747-5,   PubMed: 29382324,   Elsevier: Scopus)
2. 廣瀬 憲志, 宮本 千暁, 松立 吉弘, 久保 宜明, 谷口 達哉, 坂東 良美 :
関節症性乾癬に続発した反応性アミロイドーシス,
皮膚病診療, Vol.39, No.12, 1291-1294, 2017年.
3. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Masahiko Nakasono, Hiroshi Fukuno, Yoshihiko Miyamoto, Yasuyuki Okada, Jun Okazaki, Jinsei Miyoshi, Tetsu Tomonari, Tatsuya Taniguchi, Takahiro Goji, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
The differing influence of several factors on the development of fatty liver with elevation of liver enzymes between genders with metabolic syndrome: A cross-sectional study.,
PLoS ONE, Vol.12, No.6, e0177925, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112319,   DOI: 10.1371/journal.pone.0177925,   PubMed: 28574988,   Elsevier: Scopus)
4. Tatsuya Taniguchi, Kazuhiro Kishi, Tadahiko Nakagawa, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Tetsu Tomonari, Koichi Okamoto, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Naoki Muguruma, Mayumi Kajimoto, Ikuko Sagawa and Tetsuji Takayama :
Poly-(ADP-Ribose) Polymerase-1 Promotes Prothrombin Gene Transcription and Produces Des-Gamma-Carboxy Prothrombin in Hepatocellular Carcinoma.,
Digestion, Vol.95, No.3, 242-251, 2017.
(DOI: 10.1159/000470837,   PubMed: 28384634)
5. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Tadahiko Nakagawa, Hiroshi Fukuno, Masahiko Nakasono, Tetsu Tomonari, Takahiro Tanaka, Hironori Tanaka, Tatsuya Taniguchi, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Influence of light alcohol consumption on lifestyle-related diseases: a predictor of fatty liver with liver enzyme elevation in Japanese females with metabolic syndrome.,
BMC Gastroenterology, Vol.16, No.1, 17, 2016.
(DOI: 10.1186/s12876-016-0431-6,   PubMed: 26892109)
6. Tetsu Tomonari, Shunsaku Takeishi, Tatsuya Taniguchi, Takahiro Tanaka, Hironori Tanaka, Shota Fujimoto, Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
MRP3 as a novel resistance factor for sorafenib in hepatocellular carcinoma,
Oncotarget, Vol.7, No.6, 7207-7215, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113043,   DOI: 10.18632/oncotarget.6889,   PubMed: 26769852,   Elsevier: Scopus)
7. Jinsei Miyoshi, Hiroshi Miyamoto, Takahiro Goji, Tatsuya Taniguchi, Tetsu Tomonari, Masahiro Sogabe, Tetsuo Kimura, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Yasuteru Fujino, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Serum diamine oxidase activity as a predictor of gastrointestinal toxicity and malnutrition due to anticancer drugs.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.30, No.11, 1582-1590, 2015.
(DOI: 10.1111/jgh.13004,   PubMed: 25968084,   Elsevier: Scopus)
8. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Tatsuya Taniguchi, Tetsu Tomonari, Takahiro Tanaka, Hironori Tanaka, Masahiko Nakasono and Tetsuji Takayama :
Light alcohol consumption plays a protective role against non-alcoholic fatty liver disease in Japanese men with metabolic syndrome.,
Liver International, Vol.35, No.6, 1707-1714, 2015.
(DOI: 10.1111/liv.12754,   PubMed: 25438866)
9. Hirao Akihiro, Tetsu Tomonari, Tanaka Hironori, Kumiko Tanaka, Kagawa Miwako, Tanaka Takahiro, Tatsuya Taniguchi, Harada Rie, Momoko Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Development of a renal subcapsular hematoma during angiography for diagnosis and subsequent treatment of hepatocellular carcinoma,
Clinical Journal of Gastroenterology, Vol.7, No.2, 185-188, 2014.
(DOI: 10.1007/s12328-014-0468-4,   PubMed: 26183639,   Elsevier: Scopus)
10. Takahiro Tanaka, Tatsuya Taniguchi, Katsutaka Sannomiya, Hidetaka Takenaka, Tetsu Tomonari, Koichi Okamoto, Shinji Kitamura, Toshiya Okahisa, Katsuyoshi Tamaki, Hiroaki Mikasa, Sadao Suzuki and Tetsuji Takayama :
Novel des-γ-carboxy prothrombin in serum for the diagnosis of hepatocellular carcinoma.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.28, No.8, 1348-1355, 2013.
(DOI: 10.1111/jgh.12166,   PubMed: 23432345)

総説・解説:

1. Tetsuji Takayama, Takahiro Goji, Tatsuya Taniguchi and A Inoue :
Chemoprevention of colorectal cancer-experimental and clinical aspects-.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.1-2, 1-5, Feb. 2009.
(徳島大学機関リポジトリ: 110876,   DOI: 10.2152/jmi.56.1,   PubMed: 19262006)

国際会議:

1. Toshiya Okahisa, Masahiro Sogabe, Mayu Uyama, Tadahiko Nakagawa, Tetsu Tomonari, Tatsuya Taniguchi, Koichi Okamoto, Tetsuji Takayama, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, M Yamada and M Fukuhara :
Development Of A Multi-Ring Type Roller Pump Unit Equipped To A Compact And Convenient Ascites Purification Machine For Cell-Free And Concentrated Ascites Reinfusion Therapy (CART).,
ASAIO 64th Annual Conference, Washington, D.C., Jun. 2018.
2. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Tadahiko Nakagawa, Noriaki Murayama, Masanori Takehara, Kaizo Kagemoto, Yoshifumi Takaoka, Tetsu Tomonari, Tatsuya Taniguchi, Tetsuo Kimura, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Influence of Lifestyle and Lifestyle-Related Disease on Nonalcoholic Fatty Liver Disease in Japanese With Metabolic Syndrome,
Digestive Disease Week2016, San Diego, May 2016.
3. Tatsuya Taniguchi, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Tetsu Tomonari, Kazuhiro Kishi, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Masahiro Sogabe, Tadahiko Nakagawa and Tetsuji Takayama :
Des-g-carboxy Prothrombin (DCP) Is Produced by Overexpression of Prothrombin Gene in Hepatocellular Carcinoma,
Digestive Disease Week2016, San Diego, May 2016.
4. Tetsu Tomonari, Shunsaku Takeishi, Tatsuya Taniguchi, Takahiro Tanaka, Hironori Tanaka, Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
MRP3 As a Novel Resistance Factor for Sorafenib in Hepatocellular Carcinoma,
Digestive Disease Week2016, San Diego, May 2016.
5. Tatsuya Taniguchi, Tetsu Tomonari and Tetsuji Takayama :
Des-γ-carboxy prothrombin (DCP) producing mechanism based on PARP-1 in hepatocellular carcinoma,
第23回消化器関連学会週間, Tokyo, Oct. 2015.
6. Tatsuya Taniguchi, Tetsu Tomonari, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Kazuhiro Kishi, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Tadahiko Nakagawa and Tetsuji Takayama :
Des-G-Carboxy Prothrombin (DCP) Is Induced by PARP-1 in Hepatocellular Carcinoma,
Digestive Disease Week 2015, Washington, D.C., May 2015.
7. Hidetaka Takenaka, Katsuyoshi Tamaki, Tatsuya Taniguchi, Tetsu Tomonari, Rie Harada, Katsutaka Sannomiya, Momoko Sato, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura and Tetsuji Takayama :
Radiofrequency ablation using a balloon catheter for hepatocellular carcinoma adjacent to the gastrointestinal tract:Experimental and Clinical Study,
Digestive Disease Week 2011, Chicago, Chicago, May 2011.

国内講演発表:

1. 友成 哲, 田中 宏典, 田中 貴大, 谷口 達哉, 齋藤 裕, 居村 暁, 島田 光生, 高山 哲治 :
進行肝癌におけるLenvatinibを用いたConversion Therapyの可能性―肝切除, Microwave ablation, 肝動脈塞栓術による追加治療の検討―.,
第21回日本肝がん分子標的治療研究会, 2020年1月.
2. Tadahiko Nakagawa, Toshihito Tanahashi, yoshihiko miyamoto, Jun Okazaki, masanori takehara, noriaki murayama, Jinsei Miyoshi, Tatsuya Taniguchi, Yoshimi Bando, Koichi Okamoto, Yasushi Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
JMJD2A (KDM4A) sensitizes metastatic gastric cancer to chemotherapy by cooperating CCDC8.,
第78回日本癌学会学術総会, Sep. 2019.
3. Jun Okazaki, Toshihito Tanahashi, Hironori Tanaka, Yasuyuki Okada, Yoshihiko Miyamoto, Jinsei Miyoshi, Tatsuya Taniguchi, Yasushi Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
miR-296-5p inhibits apoptosis and enhances invasion through the down-regulated BOK in unresectable pancreatic cancer.,
第77回日本癌学会学術集会, Sep. 2018.
4. Yoshihiko Miyamoto, Hironori Tanaka, Jun Okazaki, Yasuyuki Okada, Tatsuya Taniguchi, Yasushi Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Molecular imaging of colorectal tumor targeting epidermal growth factor receptor (EGFR).,
第77回日本癌学会学術集会, Sep. 2018.
5. 中川 忠彦, 棚橋 俊仁, 宮本 佳彦, 武原 正典, 村山 典聡, 田中 宏典, 三好 人正, 谷口 達哉, 坂東 良美, 岡本 耕一, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
ヒストン脱メチル化酵素JMJD2Aは切除不能進行胃癌においてCCDC8の発現調節を介して抗癌剤感受性を制御する.,
第77回日本癌学会学術総会, 2018年9月.
6. 中川 忠彦, 棚橋 俊仁, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 谷口 達哉, 村山 典聡, 田中 宏典, 坂東 良美, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
ヒストン脱メチル化酵素JMJD2Aは切除不能進行胃癌において CCDC8の発現を調節することで薬剤感受性を制御している.,
第76回日本癌学会学術総会, 2017年9月.
7. 村山 典聡, 岡本 耕一, 中川 忠彦, 木村 哲夫, 谷口 達哉, 田中 宏典, 佐藤 康史, 六車 直樹, 常山 幸一, 藤盛 孝博, 高山 哲治 :
miR-144-3p/miR-451a はPTEN/p19 を抑制することにより直腸カルチノイド(NET-G1)の浸潤・転移に関与する.,
第76回日本癌学会学術総会, 2017年9月.
8. 田中 貴大, 友成 哲, 高山 哲治, 栗原 健士, 岡田 怜子, 福家 慧, 平尾 章博, 田中 宏典, 谷口 達哉 :
Direct-acting antivirals(DAAs)による慢性C型肝炎治療後の発癌予測因子の検討,
第103回日本消化器病学会総会, 2017年4月.
9. 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也, 平田 光里, 中川 忠彦, 村山 典聡, 武原 正典, 松本 友里, 岡崎 潤, 高岡 慶史, 藤野 泰輝, 香川 美和子, 田中 貴大, 友成 哲, 谷口 達哉, 郷司 敬洋, 木村 哲夫, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
胸腹水濾過濃縮再静注法の施行状況と今後の課題,
第37会日本アフェレシス学会学術大会, 2016年11月.
10. 玉井 瑠人, 笠井 嘉人, 田中 大基, 谷 直也, 平田 光里, 中川 忠彦, 友成 哲, 谷口 達哉, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 高山 哲治, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
胸腹水濾過濃縮再静注法のクロスフロー方式の腹水濾過時の物理的刺激が腹水に及ぼす影響に関する実験的検討.,
第54回日本人工臓器学会大会, 2016年11月.
11. 武原 正典, 木村 哲夫, 中川 忠彦, 谷口 達哉, 六車 直樹, 高山 哲治 :
膵癌と脂肪組織の相互作用によるSAA1発現亢進は癌の転移・浸潤を促進する.,
第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月.
12. 田中 宏典, 友成 哲, 谷口 達哉, 高山 哲治 :
MPR3発現に基づく切除不能進行肝細胞癌の個別化治療,
第52回日本肝臓学会総会, 2016年5月.
13. 宇山 真由, 曽我部 正弘, 平田 光里, 中川 忠彦, 高岡 慶史, 谷口 達哉, 高山 哲治, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 岡久 稔也 :
胸腹水濾過濃縮再静注法の手技習得のための輸液製剤を用いた模擬腹水の作成,
第43回日本血液浄化技術学会学術大会, 2016年5月.
14. 田中 大基, 谷 直也, 武原 正典, 田中 宏典, 田中 貴大, 友成 哲, 谷口 達哉, 中川 忠彦, 高山 哲治, 河野 正樹, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
模擬腹水を用いた胸腹水濾過濃縮装置の評価・教育システムの構築,
第53回日本人工臓器学会大会, 2015年11月.
15. 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也, 中川 忠彦, 武原 正典, 高岡 慶史, 香川 美和子, 田中 貴大, 友成 哲, 谷口 達哉, 木村 哲夫, 高山 哲治 :
徳島県における胸腹水濾過濃縮療法(CART)の現状と課題,
第36回日本アフェレシス学会学術大会, 2015年10月.
16. 岡田 泰行, 谷口 達哉, 田中 貴大, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 高山 哲治 :
大腸癌の抗 EGFR 抗体薬療法における EGFR 内在化の効果予測因子としての検討.,
第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月.
17. 中川 忠彦, 北村 晋志, 岡田 泰行, 谷口 達哉, 田中 貴大, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
ヒストン脱メチル化酵素 JMJD2A は切除不能胃癌に対する化学療法の新しい治療効果予測因子である,
第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月.
18. 友成 哲, 谷口 達哉, 高山 哲治 :
MRP3発現に基づく切除不能進行肝細胞癌の個別化治療.,
第23回消化器関連学会週間(第57回日本消化器病学会大会), 2015年10月.
19. 田中 久美子, 六車 直樹, 岡崎 潤, 岡田 泰行, 高岡 慶史, 田中 宏典, 宮本 佳彦, 松本 早代, 田中 貴大, 藤野 泰輝, 香川 美和子, 友成 哲, 谷口 達哉, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 石川 秀樹, 高山 哲治 :
家族性大腸腺腫症における小腸病変の検討 -形態学的,病理組織学的解析を含めて-,
第23回消化器関連学会週間(第57回日本消化器病学会大会), 2015年10月.
20. 田中 貴大, 影本 開三, 田中 宏典, 谷口 達哉, 友成 哲, 中川 忠彦, 岸 和弘, 高山 哲治 :
PIVKA-II 産生肝細胞癌におけるPARP-1 発現の意義とPARP-1 を標的とした新しい個別化治療薬の検討,
第51回日本肝臓学会総会, 2015年5月.
21. 岩橋 衆一, 島田 光生, 谷口 達哉, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 楠本 彩子 :
当県肝疾患診療における円滑な地域連携推進のための活動について,
第51回日本肝臓学会総会, 2015年5月.
22. 友成 哲, 谷口 達哉, 曽我部 正弘, 影本 開三, 岡田 泰行, 田中 宏典, 田中 貴大, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
肝細胞癌に対する球状塞栓物質を用いた肝動脈化学塞栓療法の有用性.,
第51回日本肝臓学会総会, 2015年5月.
23. 谷口 達哉, 田中 貴大, 友成 哲, 高山 哲治 :
肝細胞癌におけるPIVKA-Ⅱ産生機序の解析 ―PARP-1による発現の誘導―,
第18回日本肝臓学会大会, 2014年10月.
24. 中川 忠彦, 片山 雅仁, 曽我部 正弘, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 田中 久美子, 髙岡 遠, 谷口 達哉, 高山 哲治, 荒巻 広至, 山路 諭, 田中 善二, 岡久 稔也 :
腹水濾過濃縮再静注法のローラーポンプとフィルターによる物理的刺激が腹水中サイトカインと補体に及ぼす影響,
第52回日本人工臓器学会大会, 2014年10月.
25. 中川 忠彦, 田中 宏典, 岡崎 潤, 田中 久美子, 田中 貴大, 髙岡 遠, 友成 哲, 谷口 達哉, 宮本 弘志, 高山 哲治, 曽我部 正弘, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 柴田 啓志, 矢野 充保, 岸 史子, 大喜田 義雄, 山路 諭, 田中 善二, 岡久 稔也 :
腹水濾過濃縮再静注法の濾過工程の物理刺激が腹水中サイトカイン濃度に及ぼす影響,
第35回日本アフェレシス学会学術大会, 2014年9月.
26. 岡田 泰行, 田中 宏典, 谷口 達哉, 高山 哲治 :
大腸癌におけるEGFR発現義と抗EGFR抗体薬に対する感受性の検討,
第73回日本癌学会学術総会, 2014年9月.
27. 谷口 達哉, 影本 開三, 田中 宏典, 田中 貴大, 友成 哲, 三宮 勝隆, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
肝細胞癌におけるPIVKA-Ⅱの発現機序の解明―PARP1の役割―,
第73回日本癌学会学術総会, 2014年9月.
28. 田中 貴大, 谷口 達哉, 高岡 慶史, 岡崎 潤, 田中 宏典, 大塚 加奈子, 友成 哲, 原田 利枝, 佐藤 桃子, 高山 哲治 :
肝性腹水におけるトルバプタン不応症例の検討,
第50回日本肝臓学会総会, 2014年5月.
29. 田中 宏典, 谷口 達哉, 高山 哲治, 田中 貴大, 友成 哲, 原田 利枝, 佐藤 桃子, 三宮 勝隆, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也 :
高度進行肝細胞癌に対するミリプラチンを用いた放射線併用動注化学療法の有用性,
第100回日本消化器病学会総会, 2014年4月.
30. 高岡 遠, 藤野 泰輝, 平尾 章博, 宮本 佳彦, 岡田 泰行, 三井 康裕, 田中 貴大, 高場 梓, 香川 美和子, 友成 哲, 津田 美穂, 谷口 達哉, 郷司 敬洋, 矢野 弘美, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
SSA/PのLASSEREO Blue LASER Imaging併用拡大内視鏡診断,
第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013,第86回日本消化器内視鏡学会総会, 2013年10月.
31. 田中 宏典, 谷口 達哉, 田中 貴大, 友成 哲, 高岡 遠, 原田 利枝, 佐藤 桃子, 玉木 克佳, 三宮 勝隆, 高山 哲治 :
高度進行肝細胞癌に対する放射線併用動注化学療法の有用性,
第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013,第17回日本肝臓学会大会, 2013年10月.
32. 田中 宏典, 谷口 達哉, 高山 哲治 :
血清des-γ-carboxy prothrombinによる肝細胞癌の診断,
第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)