検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 先端臨床医学教育研究プロジェクト >
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 医科学部門 > 外科系 > 耳鼻咽喉科学 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 感覚·皮膚·運動機能科 > 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 感覚情報医学講座 > 耳鼻咽喉科学分野 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Suzuyo Okazaki, Takao Imai, Kayoko Higashi-Shingai, Kazunori Matsuda, Noriaki Takeda, Tadashi Kitahara, Atsuhiko Uno, Arata Horii, Yumi Ohta, Tetsuo Morihana, Chisako Masumura, Suetaka Nishiike and Hidenori Inohara :
Office-based differential diagnosis of transient and persistent geotropic positional nystagmus in patients with horizontal canal type of benign paroxysmal positional vertigo.,
Acta Oto-Laryngologica, Vol.137, No.3, 265-269, 2017.
(DOI: 10.1080/00016489.2016.1227478,   PubMed: 27644766,   Elsevier: Scopus)
2. Yoshiro Wada, Suetaka Nishiike, Tadashi Kitahara, Toshiaki Yamanaka, Takao Imai, Taeko Ito, Gou Satou, Kazunori Matsuda, Yoshiaki Kitamura and Noriaki Takeda :
Effects of repeated snowboard exercise in virtual reality with time lags of visual scene behind body rotation on head stability and subjective slalom run performance in healthy young subjects,
Acta Oto-Laryngologica, Vol.136, No.11, 1121-1124, 2016.
(DOI: 10.1080/00016489.2016.1193890,   PubMed: 27319356)
3. 藤井 達也, 松田 和徳, 宮崎 かつし, 武田 憲昭 :
頭頸部癌化学放射線療法による口内炎に対するグルタミン含有成分栄養剤の使用経験,
耳鼻咽喉科臨床, Vol.108, No.10, 767-773, 2015年.
(DOI: 10.5631/jibirin.108.767,   CiNii: 130005100966,   Elsevier: Scopus)
4. 北村 嘉章, 三好 仁美, 松岡 百百世, 藤井 達也, 松田 和徳, 武田 憲昭 :
鼻涙管下鼻甲介スイング法にて内視鏡下に摘出した上顎洞血瘤腫例,
日本鼻科学会会誌, Vol.54, No.1, 25-30, 2015年.
5. Takao Imai, Kazunori Matsuda, Noriaki Takeda, Atsuhiko Uno, Tadashi Kitahara, Arata Horii, Suetaka Nishiike and Hidenori Inohara :
Light cupula: the pathophysiological basis of persistent geotropic positional nystagmus.,
BMJ Open, Vol.5, No.1, 2015.
(DOI: 10.1136/bmjopen-2014-006607,   PubMed: 25586370,   Elsevier: Scopus)
6. 太原 一彦, 関根 和教, 佐藤 豪, 松田 和徳, 神村 盛一郎, 東 貴弘, 武田 憲昭 :
少量注水法に対応するエアーカロリック検査の刺激条件の検討,
Equilibrium Research, Vol.74, No.1, 15-19, 2015年.
(DOI: 10.3757/jser.74.15,   CiNii: 130005063461,   Elsevier: Scopus)
7. Gou Satou, Kazunori Sekine, Kazunori Matsuda, Hitomi Ueeda, Arata Horii, Suetaka Nishiike, Tadashi Kitahara, Atsushi Uno, Takao Imai, Hidenori Inohara and Noriaki Takeda :
Long-term prognosis of hearing loss in patients with unilateral Ménière's disease.,
Acta Oto-Laryngologica, Vol.134, No.10, 1005-1010, 2014.
(DOI: 10.3109/00016489.2014.923114,   PubMed: 25029391)
8. Gou Satou, Kazunori Sekine, Kazunori Matsuda and Noriaki Takeda :
Risk factors for poor outcome of a single Epley maneuver and residual positional vertigo in patients with benign paroxysmal positional vertigo.,
Acta Oto-Laryngologica, Vol.133, No.11, 1124-1127, 2013.
(DOI: 10.3109/00016489.2013.817681,   PubMed: 23848235)
9. 松田 和徳, 関根 和教, 佐藤 豪, 雫 治彦, 武田 憲昭 :
急性期のめまいに対するジフェニドールとベタヒスチンの治療効果 患者による日常生活の障害の改善から評価した治療効果の比較,
耳鼻と臨床, Vol.59, No.3, 115-121, 2013年.
(DOI: 10.11334/jibi.59.115,   CiNii: 130004555610)
10. 藤井 達也, 合田 正和, 松田 和徳, 宮崎 かつし, 峯田 一秀, 中川 宏治, 武田 憲昭 :
下顎骨関節突起骨折後に発症したFrey症候群,
耳鼻咽喉科臨床, Vol.106, No.1, 13-16, 2013年.
(DOI: 10.5631/jibirin.106.13,   CiNii: 130003373991,   Elsevier: Scopus)
11. Gou Satou, Kazunori Sekine, Kazunori Matsuda and Noriaki Takeda :
Effects of sleep position on time course in remission of positional vertigo in patients with benign paroxysmal positional vertigo.,
Acta Oto-Laryngologica, Vol.132, No.6, 614-617, 2012.
(DOI: 10.3109/00016489.2012.655860,   PubMed: 22384815)
12. 川田 仁美, 千田 いづみ, 松田 和徳, 佐藤 豪, 大山 晴三, 石谷 保夫, 武田 憲昭 :
小児の中耳奇形腫例,
耳鼻咽喉科臨床, Vol.104, No.10, 689-695, 2011年.
(DOI: 10.5631/jibirin.104.689,   CiNii: 10029659117)

学術論文(紀要・その他):

1. 武田 憲昭, 松田 和徳, 佐藤 豪 :
メニエール病診療ガイドライン,
耳鼻咽喉科・頭頸部外科, Vol.89, No.1, 36-40, 2017年.

総説・解説:

1. 武田 憲昭, 松田 和徳, 佐藤 豪 :
メニエール病診療ガイドライン,
耳鼻咽喉科・頭頸部外科, Vol.89, No.1, 36-40, 2017年1月.
2. 武田 憲昭, 松田 和徳 :
【メニエール病Update】 診療ガイドライン,
耳鼻咽喉科・頭頸部外科, Vol.84, No.13, 985-988, 2012年12月.

国際会議:

1. Kazunori Matsuda, Kitahara Tadashi, Ito T., Fukushima Munehisa, Gou Satou and Noriaki Takeda :
Effects of thioperamide on vestibular compensation in rats with immunohistochemistry,
30th Barany Society Meeting 2018, Uppsala, Jun. 2018.
2. Gou Satou, Kazunori Matsuda and Noriaki Takeda :
Differences of VOR gain in the conventional head impulse test and the suppression head impulse test,
30th Barany Society Meeting 2018, Uppsala, Jun. 2018.
3. Gou Satou, Kazunori Matsuda, Noriaki Takeda and Koji Abe :
Theraqeutic effects of ethyl loflazepate and diphenidol on self-assessment of handicap in daily life due to vertigo in patients with vertigo associated with severe anxiety,
IFOS ENT World Congress, Paris, Jun. 2017.
4. Okazaki Suzuyo, Imai Takao, Higashi-Shingai Kayoko, Kazunori Matsuda, Noriaki Takeda, KItahara Tadashi, Uno Atsuhiko, Horii Arata, Ohta Yumi, Morihana Tetsuo, Sato Takashi, Masumura Chisako, Nishiike Suetaka and Inohara Hidenori :
Differential Diagnosis of Geotropic Positional Nystagmus inPatients with BPPV,
29th Barany Society Meeting 2016, Seoul, Jun. 2016.
5. Kazunori Matsuda, Kitahara Tadashi, Gou Satou and Noriaki Takeda :
Examination of the Vestibular Compensation in the Rat By the Fos-Positive Neuronal Pattern of Manifestation,
29th Barany Society Meeting 2016, Seoul, Jun. 2016.
6. Gou Satou, Kazunori Matsuda, Matsuoka Momoyo and Noriaki Takeda :
Effects of Ethyl Loflazepate on Self-Assessment of Handicap in Patients with Vertigo Associated with Severe Anxiety,
29th Barany Society Meeting 2016, Seoul, Jun. 2016.
7. Takaoka Sho, Gou Satou, Kazunori Matsuda, Kazunori Sekine and Noriaki Takeda :
Effects of Head Position in Sleep on Remission of Symptoms in Patients with Benign Paroxysmal Positional Vertigo,
29th Barany Society Meeting 2016, Seoul, Jun. 2016.
8. Gou Satou, Kazunori Sekine, Kazunori Matsuda, Noriaki Takeda and PF Smith :
Risk factors for poor outcome of a single Epley maneuver and residual positional vertigo in patients with benign paroxysmal positional vertigo,
31th International Australasian Winter Conference on Brain Research, New Zealand, Aug. 2013.
9. Gou Satou, Kazunori Sekine, Kazunori Matsuda and Noriaki Takeda :
A risk factor for persistent positional vertigo after Epley maneuver in patients with benignparoxysmal positional vertigo,
27th Barany Society meeting, Uppsala, Jun. 2012.
10. Gou Satou, Kazunori Sekine, Kazunori Matsuda and Noriaki Takeda :
Effects of sleep position on time course in remission of positional vertigo in patients with benign paroxysmal positional vertigo,
14th Japan-Korea Joint Meeting of Otorhinolaryngology-Head and Neck Surgery, Apr. 2012.

国内講演発表:

1. 松田 和徳, 佐藤 豪, 福田 潤弥, 和田 佳郎, 山中 敏彰, 北原 糺, 武田 憲昭 :
ウエアラブデバイスによる新しいめまい治療の開発に向けて─傾斜感覚適正化装置(TPAD)を用いた感覚代行による平衡訓練効果─,
第17回姿勢と歩行研究会, 2019年3月.
2. 福田 潤弥, 山本 綾香, 松田 和徳, 佐藤 豪, 武田 憲昭 :
慢性めまい患者の静的姿勢制御に対する傾斜感覚適正化装置(TPAD)の効果,
日本耳鼻咽喉科学会第44回四国四県地方部会, 2018年12月.
3. 佐藤 豪, 松田 和徳, 福田 潤弥, 和田 佳郎, 山中 敏彰, 北原 糺, 武田 憲昭 :
慢性平衡障害の歩行に対する傾斜感覚適正化装置(TPAD)を用いた感覚代行の平衡訓練効,
第77回日本めまい平衡医学会総会, 2018年11月.
4. 福田 潤弥, 佐藤 豪, 松田 和徳, 和田 佳郎, 山中 敏彰, 北原 糺, 武田 憲昭 :
慢性平衡障害患者の自覚症状と重心動揺に対する傾斜感覚適正化装置(TPAD)を用いた,
第77回日本めまい平衡医学会総会, 2018年11月.
5. 松田 和徳, 北原 糺, 伊藤 妙子, 福田 潤弥, 佐藤 豪, 関根 和教, 東 貴弘, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
動物モデルを用いた前庭代償の新しい評価法の開発とヒスタミンH3 受容体拮抗薬による,
第77回日本めまい平衡医学会総会, 2018年11月.
6. 佐藤 豪, 伊藤 八次, 大森 孝一, 北原 糺, 肥塚 泉, 將積 日出夫, 鈴木 衞, 武田 憲昭, 土井 勝美, 松田 和徳, 室伏 利久, 山下 裕司 :
末梢性めまいに対する高用量ベタヒスチンの治療効果―多施設共同臨床試験―,
第77回日本めまい平衡医学会総会, 2018年10月.
7. 武田 憲昭, 福嶋 宗久, 北原 糺, 宇野 敦彦, 堀井 新, 今井 貴夫, 大崎 康宏, 佐藤 豪, 松田 和徳 :
内リンパ水腫画像検査からみた内リンパ水腫の病態に関する考察,
第77回日本めまい平衡医学会総会, 2018年10月.
8. 松田 和徳, 北原 糺, 伊藤 妙子, 佐藤 豪, 福田 潤弥, 武田 憲昭 :
動物モデルを用いた免疫組織化学的手法による前庭代償の新しい評価法,
第36回耳鼻咽喉科ニューロサイエンス研究会, 2018年8月.
9. 阿部 晃治, 北村 嘉章, 東 貴弘, 松田 和徳, 近藤 英司, 田村 公一, 武田 憲昭 :
当科における副咽頭間隙腫瘍症例の検討,
第80回耳鼻咽喉科臨床学会, 2018年6月.
10. 山本 綾香, 蔭山 麻美, 松田 和徳, 福田 潤弥, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
慢性副鼻腔炎術後に顎下腺腫脹を呈したIgG4関連疾患症例,
日本耳鼻咽喉科学会第44回中国四国地方連合学会, 2018年6月.
11. 北村 嘉章, 中野 誠一, 近藤 英司, 松田 和徳, 東 貴弘, 佐藤 豪, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
鼻副鼻腔乳頭腫の術後再発のマーカーとしての血中SCC抗原の検討,
第119回日本耳鼻咽喉科学会総会, 2018年5月.
12. 松田 和徳, 北原 糺, 伊藤 妙子, 佐藤 豪, 中野 誠一, 近藤 英司, 東 貴弘, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
一側内耳破壊ラットにおける免疫組織化学的手法を用いたThioperamideによる前庭代償の促進効果,
第119回日本耳鼻咽喉科学会総会, 2018年5月.
13. 松田 和徳, 佐藤 豪, 蔭山 麻美, 金村 亮, 神村 盛一郎, 遠藤 亜紀, 武田 憲昭 :
一側内耳破壊術術後のラットにおける免疫組織化学的手法を用いた前庭代償の進行過程の可視化,
日本耳鼻咽喉科学会第43回四国四県地方部会連合学会, 2017年12月.
14. 松岡 百百世, 松田 和徳, 佐藤 豪, 武田 憲昭 :
当院へめまい,ふらつきを主訴に救急搬送された症例の検討,
第76回日本めまい平衡医学会, 2017年12月.
15. 松田 和徳, 北原 糺, 伊藤 妙子, 佐藤 豪, 蔭山 麻美, 東 貴弘, 関根 和教, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
一側内耳破壊ラットにおける免疫組織化学的手法による前庭代償の新しい評価法と前庭代償の進行過程の可視化,
第76回日本めまい平衡医学会, 2017年12月.
16. 䕃山 麻美, 三好 仁美, 佐藤 豪, 松田 和徳, 武田 憲昭 :
vHITを施行した脊髄小脳変性症患者の神経耳科学的所見,
第76回日本めまい平衡医学会, 2017年11月.
17. 佐藤 豪, 関根 和教, 松田 和徳, 武田 憲昭 :
video Head Impulse TestにおけるHIMPとSHIMPのVORgainおよびsaccadeの関係,
第76回日本めまい平衡医学会, 2017年11月.
18. 北村 嘉章, 神村 盛一郎, 松田 和徳, 武田 憲昭 :
視神経管に浸透した蝶型骨洞内反性乳頭腫再発例,
第56回日本鼻科学会, 2017年9月.
19. 䕃山 麻美, 三好 仁美, 松田 和徳, 佐藤 豪, 武田 憲昭 :
当科における脊髄小脳変性症の平衡機能検査所見,
日本耳鼻咽喉科学会第43回中国四国地方部会, 2017年6月.
20. 阿部 晃治, 近藤 英司, 松田 和徳, 佐藤 豪, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
徳島大学における未固定遺体を用いた手術トレーニング,
第118回日本耳鼻咽喉科学会学術講演会, 2017年5月.
21. 石谷 圭佑, 庄野 仁志, 松田 和徳, 遠藤 亜紀, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 棚本 洋文 :
Outside-inアプローチで内視鏡下拡大前頭洞手術を行った前頭洞嚢胞症例,
第74回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2017年3月.
22. 松田 和徳, 佐藤 豪, 武田 憲昭 :
両側前庭障害患者に対する傾斜感覚適正化装置(TPAD)を用いた平衡訓練の有効性,
日本医療研究開発機構(AMED)研究費 難治性疾患実用化研究事業 難治性めまい疾患の診療の質を高める研究班 平成28年度 研究成果報告会, 2017年2月.
23. 戸村 美紀, 佐藤 豪, 松田 和徳, 島田 亜紀, 髙橋 美香, 武田 憲昭 :
傾斜感覚適正化装置(TPAD)が姿勢制に及ぼす効果の検討 ─新しい平衡訓練法の開発に向けて─,
日本耳鼻咽喉科学会第42回四国四県地方部会, 2016年12月.
24. 佐藤 豪, 松田 和徳, 和田 佳郎, 阿部 晃治, 山中 敏彰, 北原 糺, 武田 憲昭 :
両側前庭機能低下症例の姿勢制御に対する傾斜感覚適正化装置(TPAD)の効果,
第75回日本めまい平衡医学会, 2016年10月.
25. 戸村 美紀, 松田 和徳, 佐藤 豪, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 和田 佳郎, 山中 敏彰, 北原 糺, 武田 憲昭 :
「健常人の姿勢制御に対する傾斜感覚適正化装置(TPAD)の効果 ─ラバー負荷重心動揺検査を用いた検討─,
第75回日本めまい平衡医学会, 2016年10月.
26. 松岡 百百世, 佐藤 豪, 松田 和徳, 関根 和教, 東 貴弘, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
当科における良性発作性頭位めまい症再発例の臨床的特徴,
第75回日本めまい平衡医学会, 2016年10月.
27. 関根 和教, 高岡 奨, 松田 和徳, 佐藤 豪, 武田 憲昭 :
微小眼振を呈した患者における眼振所見とめまいの自覚症状の変化,
第75回日本めまい平衡医学会, 2016年10月.
28. 北村 嘉章, 松田 和徳, 藤本 知佐, 武田 憲昭 :
視神経管開放術により診断したアスペルギルス症による眼窩先端症候群例,
第55回日本鼻科学会, 2016年10月.
29. 石谷 圭佑, 松田 和徳, 佐藤 豪, 三好 仁美, 武田 憲昭 :
video Head Impulse Test による新しい半規管機能検査の取り組み,
日本耳鼻咽喉科学会第42回中国四国地方部会連合学会, 2016年6月.
30. 松田 和徳, 北原 糺, 佐藤 豪, 関根 和教, 東 貴弘, 近藤 英司, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
Fos要請ニューロンの発現様式によるラットにおける静的前庭代償の完成時期の検討,
第117回日本耳鼻咽喉科学会, 2016年5月.
31. 阿部 晃治, 近藤 英司, 松田 和徳, 東 貴弘, 佐藤 豪, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
徳​島​大​学​に​お​け​る​ク​リ​ニ​カ​ル​ア​ナ​ト​ミ​ー​ラ​ボ​の​開​設,
第117回日本耳鼻咽喉科学会, 2016年5月.
32. 石谷 圭佑, 三好 仁美, 松田 和徳, 佐藤 豪, 武田 憲昭 :
video Head Impulse Testによる新しい半規管機能検査の取り組み,
第73回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2016年3月.
33. 阿部 晃治, 中林 えみ, 松田 和徳, 東 貴弘, 佐藤 豪, 武田 憲昭 :
生後2か月の乳児の舌に発生した良性線維性組織球腫症例,
第26回日本頭頸部外科学会, 2016年1月.
34. 中林 えみ, 東 貴弘, 佐藤 豪, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭, 松田 和徳 :
当科で経験したKüttner腫瘍の3症例,
第26回日本頭頸部外科学会, 2016年1月.
35. 高岡 奨, 佐藤 豪, 松田 和徳, 高橋 美香, 戸村 美紀, 武田 憲昭 :
ふらつきと低音障害型感音難聴を呈した第4脳室腫瘍例,
日本耳鼻咽喉科学会第41回四国四県地方部会, 2015年12月.
36. 高岡 奨, 佐藤 豪, 松田 和徳, 武田 憲昭 :
ふらつきと低音障害型感音難聴を呈した第4脳室腫瘍例,
第74回日本めまい平衡医学会, 2015年11月.
37. 松田 和徳, 北原 糺, 佐藤 豪, 関根 和教, 東 貴弘, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
ラットにおける静的前庭代償の完成時期の検討,
第74回日本めまい平衡医学会, 2015年11月.
38. 北村 嘉章, 藤井 達也, 松田 和徳, 武田 憲昭 :
眼窩減圧術により視力障害が改善した甲状腺視神経症例,
第54回日本鼻科学会, 2015年10月.
39. 戸村 美紀, 松田 和徳, 東 貴弘, 遠藤 亜紀, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
耳前部に巨大な腫瘤を形成し手術治療を行った木村病の1例,
第28回日本口腔・咽頭科学会, 2015年9月.
40. 戸村 美紀, 松田 和徳, 阿部 晃治, 大西 皓貴, 武田 憲昭 :
手術治療を行った木村病の1例,
日本耳鼻咽喉科学会第41回中国四国地方部会連合学会, 2015年6月.
41. 松田 和徳, 島田 亜紀, 高橋 美香, 阿部 晃治, 武田 憲昭 :
埋め込み型骨導補聴器(BAHA)の聴覚成績と満足度評価,
第72回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会学術講演会, 2015年3月.
42. 松田 和徳, 佐藤 豪, 阿河 誠治, 阿部 晃治, 武田 憲昭, 関根 和教 :
一側性メニエール病の聴力予後に関する検討,
日本耳鼻咽喉科学会第40回四国四県地方部会連合学会, 2014年12月.
43. 松岡 百百世, 佐藤 豪, 関根 和教, 松田 和徳, 武田 憲昭 :
良性発作性頭位めまい症におけるEpley法の治療効果と頭位めまい症状に対する難治性因子の検討,
第73回日めまい平衡医学会, 2014年11月.
44. 松田 和徳, 佐藤 豪, 関根 和教, 松岡 百百世, 堀井 新, 西池 季隆, 北原 糺, 宇野 敦彦, 今井 貴夫, 猪原 秀隆, 武田 憲昭 :
一側性メニエール病の長期の聴力予後,
第73回日めまい平衡医学会, 2014年11月.
45. 関根 和教, 佐藤 豪, 松田 和徳, 武田 憲昭 :
後頸部圧迫刺激にて縮瞳を認めた頸性めまい症例,
第73回日めまい平衡医学会, 2014年11月.
46. 北村 嘉章, 藤井 達也, 松田 和徳, 武田 憲昭 :
内視鏡下経鼻副鼻腔アプローチで診断した眼窩先端部悪性リンパ腫症例,
第53回日本鼻科学会, 2014年9月.
47. 阿河 誠治, 北村 嘉章, 藤井 達也, 三好 仁美, 高橋 美香, 松田 和徳, 武田 憲昭 :
外鼻切開法による鼻中隔再建術を施行した1例,
日本耳鼻咽喉科学会第40回中国四国地方部会連合学会, 2014年6月.
48. 松田 和徳, 阿部 晃治, 阿河 誠治, 内藤 圭介, 高橋 美香, 武田 憲昭 :
当科における埋め込み型骨導補聴器(BAHA)埋め込み手術実施の経験,
日本耳鼻咽喉科学会第71回徳島県地方部会, 2014年3月.
49. 武田 憲昭, 佐藤 豪, 松田 和徳 :
聴力予後が難治のメニエール病に関する研究,
厚労科研難治性疾患等克服研究事業 前庭機能異常に関する調査研究班 平成25年度報告会, 2014年1月.
50. 阿河 誠治, 阿部 晃治, 松田 和徳, 金村 亮, 武田 憲昭 :
上顎洞原発のgiant cell reparative granulomaの1症例,
日本耳鼻咽喉科学会第39回四国四県地方部会連合学会, 2013年12月.
51. 松田 和徳, 今井 貴夫, 滝本 泰光, 佐藤 豪, 関根 和教, 猪原 秀典, 武田 憲昭 :
持続性方向交代性下向性眼振の病態としてのlight cupulaの証明,
第72回日本めまい平衡医学会, 2013年11月.
52. 北村 嘉章, 藤井 達也, 松田 和徳, 武田 憲昭 :
上顎洞血瘤腫に対する鼻涙管下鼻甲介スイング法の一例,
第52回日本鼻科学会, 2013年9月.
53. 松田 和徳, 高石 静, 阿部 晃治, 武田 憲昭, 関根 和教 :
時定数を用いた方向交代性下向性眼振の病態の考察,
日本耳鼻咽喉科学会第39回中国四国地方部会連合学会, 2013年5月.
54. 武田 憲昭, 戸田 直紀, 高橋 美香, 松田 和徳, 佐藤 豪, 中村 克彦 :
ハント症候群のめまいと難聴の発症機序:内耳道造影MRIを用いた研究,
厚生労働省 難治性疾患克服研究事業 前庭機能異常に関する調査研究班 平成24年度報告会, 2013年1月.
55. 柏木 圭介, 清家 卓也, 松尾 伸二, 大川 勝正, 松田 和徳, 中西 秀樹 :
皮様嚢腫摘出術後に習慣性に皮下膿瘍を来した1例,
第27回日本頭蓋顎顔面外科学会, 2009年11月.

その他・研究会:

1. 松田 和徳 :
めまい研究の新展開 ∼免疫組織化学的手法を用いた前庭代償の新しい評価法の開発∼,
第40回Neuroscience Seminar Tokushima, 2018年9月.
2. 松田 和徳, 佐藤 豪, 関根 和教, 松岡 百百世, 堀井 新, 西池 季隆, 北原 糺, 宇野 敦彦, 今井 貴夫, 猪原 秀隆, 武田 憲昭 :
一側性メニエール病の聴力予後因子に関する研究,
厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患政策研究事業 難治性平衡機能障害に関する調査研究班 平成26年度 研究報告会, 2015年1月.
3. 佐藤 豪, 関根 和教, 松田 和徳, 太原 一彦, 神村 盛一郎, 東 貴弘, 武田 憲昭 :
前庭神経炎診断におけるエアーカロリック検査の標準化に関する研究,
厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患政策研究事業 難治性平衡機能障害に関する調査研究班 平成26年度 研究報告会, 2015年1月.
4. 武田 憲昭, 佐藤 豪, 松田 和徳 :
メニエール病,遅発性内リンパ水腫,前庭神経炎,両側前庭機能障害の診断基準の改訂に関する研究,
厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患政策研究事業 難治性平衡機能障害に関する調査研究班 平成26年度 研究報告会, 2015年1月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • Vestibularsuppressantが前庭代償に与える影響:動物モデル研究 (研究課題/領域番号: 19K09911 )
  • 深部知覚刺激による前庭代償促進効果:動物モデルを用いた平衡訓練の実験的根拠の解明 (研究課題/領域番号: 19K09871 )
  • 仮想現実と前庭感覚代行技術を用いた次世代ハイブリッド前庭リハビリテーションの開発 (研究課題/領域番号: 19K09847 )
  • 研究者番号(60721785)による検索