検索:
徳島大学 > 病院 > 先端歯科医療開発研究プロジェクト >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 小児歯科 >
徳島大学 > 歯学部 > 歯学科 > 発達育成系臨床歯学講座 > 小児歯科学 (小児歯科学講座) >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (選定) > 1803001 要介護リスクを高める骨粗鬆症・関節リウマチにおける骨代謝制御機構とその破綻のエピゲノム解析 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1.市原 亜起, 堀内 信也, 小笠原 直子, 森 浩喜, 天知 良太, 渡邉 佳一郎, 木内 奈央, 泰江 章博, 田中 栄二 :
徳島大学病院矯正歯科における口唇裂・口蓋裂患者の永久歯の歯数異常に関する調査,
中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.30, No.1, 51-58, 2018年.
2.Islamy Rahma Hutami, Takashi Izawa, Akiko Mino, Takehiro Shinohara, Hiroki Mori, Akihiko Iwasa and Eiji Tanaka :
Fas/S1P1 crosstalk via NF-B activation in osteoclasts controls subchondral bone remodeling in murine TMJ arthritis,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.490, No.4, 1274-1281, 2017.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.07.006,   PubMed: 28687489)
3.Takashi Izawa, Islamy Rahma Hutami, Hiroki Mori and Eiji Tanaka :
Role of Smad3 and S1P Signaling in Mandibular Condylar Cartilage Homeostasis,
Journal of Bone Research, Vol.5, No.2, 178, 2017.
(DOI: 10.4172/2572-4916.1000178)
4.Akiko Mino, Takashi Izawa, Takehiro Shinohara, Hiroki Mori, Akihiro Yasue, Shuhei Tomita and Eiji Tanaka :
Roles of hypoxia inducible factor-1α in the temporomandibular joint.,
Archives of Oral Biology, Vol.73, 274-281, 2017.
(DOI: 10.1016/j.archoralbio.2016.10.028,   PubMed: 27816790)
5.Takashi Izawa, Rieko Arakaki, Hiroki Mori, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, Eiji Tanaka and Naozumi Ishimaru :
The nuclear receptor AhR controls bone homeostasis by regulating osteoclast differentiation via the RANK/c-Fos signaling axis.,
The Journal of Immunology, Vol.197, No.12, 4639-4650, 2016.
(DOI: 10.4049/jimmunol.1600822,   PubMed: 27849171)
6.Takehiro Shinohara, Takashi Izawa, Akiko Mino, Hiroki Mori, Akihiko Iwasa, Toshihiro Inubushi, Yu Yamaguchi and Eiji Tanaka :
Hyaluronan metabolism in overloaded temporomandibular joint,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.43, No.12, 921-928, 2016.
(DOI: 10.1111/joor.12443,   PubMed: 27627706,   Elsevier: Scopus)
7.Takashi Izawa, Hiroki Mori, Takehiro Shinohara, Akiko Mino, Islamy Rahma Hutami, Akihiko Iwasa and Eiji Tanaka :
Correction: Rebamipide Attenuates Mandibular Condylar Degeneration in a Murine Model of TMJ-OA by Mediating a Chondroprotective Effect and by Downregulating RANKL-Mediated Osteoclastogenesis.,
PLoS ONE, Vol.11, No.8, e0162032, 2016.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0162032,   PubMed: 27560140)
8.Takashi Izawa, Hiroki Mori, Takehiro Shinohara, Akiko Mino, Islamy Rahma Hutami, Akihiko Iwasa and Eiji Tanaka :
Rebamipide attenuates mandibular condylar degeneration in a murine model of TMJ-OA by mediating a chondroprotective effect and by downregulating RANKL-mediated osteoclastogenesis,
PLoS ONE, Vol.11, No.4, e0154107, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 112307,   DOI: 10.1371/journal.pone.0154107,   PubMed: 27123995)
9.Hiroki Mori, Takashi Izawa and Eiji Tanaka :
Smad3 deficiency leads to mandibular condyle degradation via the sphingosine 1-phosphate (S1P)/S1P3 signaling axis.,
The American Journal of Pathology, Vol.185, No.10, 2742-2756, 2015.
(DOI: 10.1016/j.ajpath.2015.06.015,   PubMed: 26272361)
10.篠原 丈裕, 渡邉 佳一郎, 森 浩喜, 井澤 俊, 堀内 信也, 黒田 晋吾, 谷本 幸太郎, 田中 栄二 :
顎関節内障を有する骨格性下顎前突症に対する矯正歯科治療の一治験例,
中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.27, No.1, 39-48, 2015年.

国際会議:

1.Tsendsuren Khurel-Ochir, Takashi Izawa, Hiroki Mori, Akihiko Iwasa, Islamy Rahma Hutami and Eiji Tanaka :
The role of p21 on the development of TMJ-OA,
6th Meeting of Mongolian Association of Orthdontists,, Ulaanbaatar, Mongolia., Sep. 2018.
2.Islamy Rahma Hutami, Hiroki Mori, Tsendsuren Khurel-Ochir, Akiko Mino, Akihiko Iwasa, Eiji Tanaka and Takashi Izawa :
HIF-1alpha regulates the palatal wound healing through M1/M2 macrophage reprogramming,
96th General Session & Exhibition of the IADR, 214, London, Jul. 2018.
3.Islamy Rahma Hutami, Takashi Izawa, Hiroki Mori, Takehiro Shinohara, Akiko Mino, Akihiko Iwasa and Eiji Tanaka :
Fas/S1P1 signaling controls temporomandibular joint subchondral bone remodeling in autoimmune-arthritis.,
95th General Session & Exhibition of the IADR program book, 243, San Francisco, Mar. 2017.
4.Minami Sato, Mutsumi Fujita, Akihiko Iwasa, Hiroki Mori, Akiko Mino, Natsuko Hichijo, Shinya Horiuchi and Eiji Tanaka :
Effect of Low-intensity Pulsed Ultrasound on ATDC5 Cells Under Inflammation,
95th General Session & Exhibition of the IADR program book, San Francisco, Mar. 2017.
5.Hiroki Mori, Takashi Izawa, Takehiro Shinohara, Akiko Mino, Minami Sato, Natsuko Hichijo, Akihiko Iwasa, Islamy Rahma Hutami and Eiji Tanaka :
Effect of Rebamipide administration on TMJ-OA model mouse.,
95th General Session & Exhibition of the IADR program book, 207, San Francisco, Mar. 2017.
6.Hiroki Mori, Takashi Izawa and Eiji Tanaka :
Role of Rho-GTP/S1P/Smad3 Signaling on the Pathogenesis of TMJ-OA.,
International Association for Dental Research General Session, Seoul, Jun. 2016.
7.Hiroki Mori, Takashi Izawa and Eiji Tanaka :
Smad3 deficiency leads to mandibular condyle degeneration via the Sphingosine 1-phosphate (S1P)/ S1P3 signaling axis,
ASBMR 2015 Annual Meeting, 143, Seattle, Oct. 2015.
8.Hiroki Mori, Takashi Izawa and Eiji Tanaka :
Role of Smad3 and lysophospholipid receptor S1P3 signaling in the pathogenesis of TMJ-OA,
The 3rd ASEAN Plus and Tokushima Joint International Conference, Makassar, Indonesia., Dec. 2014.

国内講演発表:

1.Islamy Rahma Hutami, Hiroki Mori, Tsendsuren Khurel-Ochir, Akiko Mino, Akihiko Iwasa, Eiji Tanaka and Takashi Izawa :
HIF1α modulates the palatal wound healing via M1/M2 marcophage reprogramming.,
第66回国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会(JADR2018), Nov. 2018.
2.Tsendsuren Khurel-Ochir, Takashi Izawa, Hiroki Mori, Akihiko Iwasa, Islamy Rahma Hutami and Eiji Tanaka :
The role of p21 on the development of TMJ-OA,
The 77th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society, Vol.77, 79, Nov. 2018.
3.藤多 睦, 重田 南, 森 浩喜, 岩浅 亮彦, 川合 暢彦, 田中 栄二 :
変形性顎関節症モデルラット下顎頭及び炎症状態下軟骨細胞に対する低出力パルス超音波照射の影響,
第77回日本矯正歯科学会学術大会: 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 77回 Page320.(2018.10), 320, 2018年10月.
4.小笠原 直子, 森 浩喜, 山本 朗仁, 田中 栄二 :
変形性顎関節症に対するヒト脱落乳歯歯髄幹細胞由来無血清馴化培地の治療効果の検討,
第77回日本矯正歯科学会学術大会: 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 77回 Page245.(2018.10), 245, 2018年10月.
5.森 仁志, 森 浩喜, 塩屋園 玲子, 渡邉 佳一郎, 堀内 信也, 田中 栄二 :
上顎中切歯の翼状捻転を伴う叢生症例,
第61回中・四国矯正歯科学会大会, Vol.30, No.1, 77-78, 2018年7月.
6.Hutami Islamy Rahma, 井澤 俊, 森 浩喜, 岡 彰子, Khurel-Ochir Tsendsuren, 岩浅 亮彦, 田中 栄二 :
低酸素応答遺伝子 HIF-1alpha は M1/M2 マクロファージの リプログラミングを介して口蓋創傷治癒を制御する.,
第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会 抄録号, Vol.43, No.2, 182, 2018年5月.
7.谷本 幸多朗, 森 浩喜, 井澤 俊, 川合 暢彦, 泰江 章博, 田中 栄二 :
徳島大学病院における過去 10 年間の口唇裂・口蓋裂患者に関する実態調査,
第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会 抄録号, Vol.43, No.2, 178, 2018年5月.
8.Islamy Rahma Hutami, Takashi Izawa, Akihiko Iwasa, Akiko Mino, Tsendsuren Khurelochir, Hiroki Mori and Eiji Tanaka :
Role of hypoxia inducible factor-1 alpha in the palatal wound healing,
The 76th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society Academic Exhibits (AE-012), 309, Oct. 2017.
9.岩浅 亮彦, 井澤 俊, 森 浩喜, 岡 彰子, 藤多 睦, 川合 暢彦, 堀内 信也, 田中 栄二 :
歯科矯正患者における進行性下顎頭吸収の発現頻度とその危険因子の検索,
第30回日本顎関節学会総会・学術大会, 2017年7月.
10.藤多 睦, 重田 南, 岩浅 亮彦, 森 浩喜, 川合 暢彦, 井澤 俊, 堀内 信也, 田中 栄二 :
変形性顎関節症モデルラット下顎頭及び炎症状態下軟骨細胞に対する低出力パルス超音波による影響.,
日本顎関節学会雑誌, 2017年7月.
11.森 仁志, 森 浩喜, 塩屋園 玲子, 渡邉 佳一郎, 堀内 信也, 田中 栄二 :
ペンデュラムアプライアンスを使用して上顎第一大臼歯を遠心移動した3症例,
第60回中・四国矯正歯科学会大会, 2017年7月.
12.Islamy Rahma Hutami, Takashi Izawa, Hiroki Mori, Akihiko Iwasa, Takehiro Shinohara, Akiko Mino and Eiji Tanaka :
The role of osteoclast in the spontaneously developed temporomandibular joint arthritis of the MRL/lpr mice,
The 75th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society, 321, Nov. 2016.
13.三野 彰子, 井澤 俊, Hutami Islamy Rahma, 篠原 丈裕, 森 浩喜, 田中 栄二 :
変形性顎関節症における低酸素誘導因子HIF-1αの機能解析,
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 第75回大会, 2016年11月.
14.森 仁志, 森 浩喜, 篠原 丈裕, 天知 良太, 塩屋園 玲子, 渡邉 佳一郎, 堀内 信也, 菅野 貴浩, 田中 栄二 :
比較的大きな顎裂を有する口唇口蓋裂患者に対する骨トランスポート骨延長法の応用,
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集., 263., 2016年11月.
15.岩浅 亮彦, 森 浩喜, 井澤 俊, 篠原 丈裕, 三野 彰子, 佐藤 南, 堀内 信也, 田中 栄二 :
不正咬合患者における顎関節症の臨床統計学的調査,
第29回日本顎関節学会総会・学術大会 ポスター発表, Vol.28, No.Supplement, 145, 2016年7月.
16.篠原 丈裕, 井澤 俊, 岩浅 亮彦, 森 浩喜, 三野 彰子, 犬伏 俊博, 田中 栄二 :
変形性顎関節症モデルマウス下顎頭におけるヒアルロン酸代謝機構の役割,
第29回日本顎関節学会総会・学術大会 ポスター発表, Vol.28, No.Supplement, 123, 2016年7月.
17.三野 彰子, 井澤 俊, 篠原 丈裕, 森 浩喜, 田中 栄二 :
HIF-1alpha+/-マウスを用いた変形性顎関節症におけるHIF-1alphaの機能解析,
第29回日本顎関節学会総会・学術大会 一般口演, Vol.28, No.Supplement, 115, 2016年7月.
18.佐藤 博子, 井澤 俊, 森 浩喜, 岩浅 亮彦, 木内 奈央, 堀内 信也, 田中 栄二 :
Le Fort III型骨延長術後に上下顎骨移動術を施行したApert症候群の1例,
第59回中・四国矯正歯科学会大会 学術口演, 2016年7月.
19.佐藤 南, 岩浅 亮彦, 森 浩喜, 堀内 信也, 田中 栄二 :
関節滑膜細胞に対する低出力超音波照射によって生じる抗炎症シグナル伝達経路の解明,
日本顎関節学会雑誌., 124., 2016年6月.
20.三野 彰子, 井澤 俊, 篠原 丈裕, 森 浩喜, 森 博世, 岩浅 亮彦, 田中 栄二 :
マウス下顎頭軟骨の形成,維持におけるHIF-1αの機能解析,
第74回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 204, 2015年11月.
21.森 浩喜, 井澤 俊, 三野 彰子, 岩浅 亮彦, 内田 玲子, 田中 栄二 :
S1P/Smad3シグナルクロストークを介した変形性顎関節症の病態メカニズムの解明,
第74回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 194, 2015年11月.
22.井澤 俊, 森 浩喜, 篠原 丈裕, 三野 彰子, 塩田 智子, 犬伏 俊博, 岩浅 亮彦, 田中 栄二 :
変形性顎関節症モデルマウスにおけるレパミピドの治療効果の検討,
第74回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 193, 2015年11月.
23.篠原 丈裕, 井澤 俊, 三野 彰子, 森 浩喜, 七條 なつ子, 犬伏 俊博, 田中 栄二 :
実験的な変形性顎関節症モデルマウス下顎頭におけるヒアルロン酸の役割,
第74回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 190, 2015年11月.
24.田中 栄二, 井澤 俊, 森 浩喜, 川合 暢彦, 泰江 章博, 堀内 信也 :
片側性顎関節円板前方転位が健側顎関節に及ぼす影響に関する生体力学的解析,
第23回顎顔面バイオメカニクス学会プログラム, 193, 2015年11月.
25.天眞 寛文, 渡邉 佳一郎, 七條 なつ子, 三野 彰子, 森 浩喜, KARIMA QURNIA MANSJUR, 泰江 章博, 黒田 晋吾, 田中 栄二 :
歯科矯正用アンカースクリューを用いた下顎臼歯遠心移動量および移動様式の治療前予測に関する検討,
第58回中·四国矯正歯科学会大会, 14, 2015年7月.
26.森 浩喜, 井澤 俊, 田中 栄二 :
変形性顎関節症の病態形成におけるS1P/Smad3シグナルの役割,
日本顎関節学会雑誌, Vol.27, No.Supplement, 149, 2015年7月.
27.井澤 俊, 森 浩喜, 篠原 丈裕, 岩浅 亮彦, 田中 栄二 :
変形性顎関節症モデルマウスにおけるレパミピドの治療効果の検討,
日本顎関節学会雑誌, Vol.27, No.Supplement, 148, 2015年7月.
28.森 浩喜, 井澤 俊, 田中 栄二 :
変形性顎関節症の病態形成におけるS1P/Smad3シグナルの役割,
第73回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 217, 2014年10月.
29.森 浩喜, 井澤 俊, 田中 栄二 :
変形性顎関節症の病態形成におけるSmad3の役割,
日本顎関節学会雑誌, Vol.26, No.Supplement, 107, 2014年7月.
30.篠原 丈裕, 渡邉 佳一郎, 森 浩喜, 井澤 俊, 堀内 信也, 黒田 晋吾, 田中 栄二 :
顎関節内障を有する骨格性下顎前突症に対する矯正歯科治療の一治験例,
第57回中·四国矯正歯科学会大会, 21, 2014年7月.
31.渡邉 佳一郎, 黒田 晋吾, 森 浩喜, 田中 栄二 :
歯科矯正用アンカースクリューを用いて治療した成長期の骨格性II級前歯部開咬症例,
第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 2013年10月.
32.井澤 俊, 森 浩喜, 堀内 信也, 川合 暢彦, 田中 栄二 :
ブタ下顎頭軟骨および関節窩軟骨の動的粘弾性特性解析,
日本顎関節学会雑誌, Vol.25, No.Supplement, 84, 2013年7月.
33.森 浩喜, 渡邉 佳一郎, 内田 玲子, 井澤 俊, 黒田 晋吾, 森 仁志, 田中 栄二 :
圧迫骨短縮術を施術した,エナメル質形成不全を伴う骨格性開咬の一治療例,
第56回中·四国矯正歯科学会大会, 2013年7月.

その他・研究会:

1.Islamy Rahma Hutami, Takashi Izawa, Hiroki Mori, Akihiko Iwasa, Takehiro Shinohara, Akiko Mino and Eiji Tanaka :
Fas/S1P system controls subchondral bone remodeling of the temporomandibular joint in autoimmune arthritic mice.,
2016 Tokushima Bioscience Retreat, Sep. 2016.
2.Takashi Izawa, Hiroki Mori, Takehiro Shinohara, Akiko Mino-Oka, Islamy Rahma Hutami, Akihiko Iwasa and Eiji Tanaka :
Correction: Rebamipide Attenuates Mandibular Condylar Degeneration in a Murine Model of TMJ-OA by Mediating a Chondroprotective Effect and by Downregulating RANKL-Mediated Osteoclastogenesis.,
PLoS ONE, Vol.11, No.8, e0162032, Aug. 2016.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0162032,   PubMed: 27560140)
3.Takashi Izawa, Hiroki Mori, Takehiro Shinohara, Akiko Mino, Islamy Rahma Hutami, Akihiko Iwasa and Eiji Tanaka :
Rebamipide attenuates mandibular condylar degeneration in a murine model of TMJ-OA by mediating a chondroprotective effect and by downregulating RANKL-mediated osteoclastogenesis,
13th Meeting of Bone Biology Forum, Aug. 2016.
4.井澤 俊, 森 浩喜, 田中 栄二 :
S1P/Smad3シグナルを介した顎関節における変形性関節症の病態解明,
第7回 骨バイオサイエンス研究会, 2016年6月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • p21細胞周期チェックポイントを標的とした口蓋粘膜創傷治癒機構の解明 (研究課題/領域番号: 18K17260 )
  • 顎顔面領域骨代謝性疾患におけるエピゲノム制御による新規骨リモデリング機構の解明 (研究課題/領域番号: 18H03011 )
  • 低酸素応答遺伝子を介した代謝リプログラミングによる口蓋瘢痕形成抑制への挑戦 (研究課題/領域番号: 17K19758 )
  • HIF-1α遺伝子欠損マウスを用いた変形性顎関節症発症メカニズム解明 (研究課題/領域番号: 16H07019 )
  • 研究者番号(90779985)による検索