検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 保健科学域 > 保健科学部門 > 看護学系 > 療養回復ケア看護学 >
徳島大学 > 保健科学教育部 > 保健学専攻 > 看護学領域 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704065 高度実践看護者養成における社会人学生のためのeラーニングシステムの構築 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704034 高齢化社会に対応する「虚弱」の評価・治療モダリティーの創出 >
徳島大学 > 医学部 > 保健学科 > 看護学専攻 > 成人·高齢者看護学講座 >

研究活動

専門分野

リハビリテーション看護 (Rehabilitation Nursing), 成人看護学 (Adult Nursing)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1.南川 貴子, 田村 綾子, 日坂 ゆかり :
入院から退院まで 疾患別脳神経看護フローチャート, --- 転移性脳腫瘍 ---,
株式会社 メディカ出版, 大阪, 2017年2月.
2.日坂 ゆかり :
疾患別脳神経看護早わかりフローチャート,
株式会社 メディカ出版, 大阪, 2017年2月.
3.日坂 ゆかり :
脳卒中看護実践マニュアル 第1章3-5栄養・水分出納管理,
株式会社 メディカ出版, 大阪, 2015年9月.
4.日坂 ゆかり :
脳卒中看護実践マニュアル 第1章2-1急激な頭蓋内圧亢進と脳浮腫,
株式会社 メディカ出版, 大阪, 2015年9月.
5.日坂 ゆかり :
脳卒中看護実践マニュアル 第1章2-3脳卒中周術期,
株式会社 メディカ出版, 大阪, 2015年9月.
6.日坂 ゆかり :
マンガでわかる!脳神経疾患病棟の急変対応 第2章疾患別!急変対応とアセスメント01脳血管疾患Case23くも膜下出血術後患者が脱水を起こしている!,
株式会社 メディカ出版, 大阪, 2014年8月.
7.日坂 ゆかり :
マンガでわかる!脳神経疾患病棟の急変対応 第2章疾患別!急変対応とアセスメント01脳血管疾患Case22くも膜下出血患者の心電図に異常が見られた!,
株式会社 メディカ出版, 大阪, 2014年8月.
8.日坂 ゆかり :
マンガでわかる!脳神経疾患病棟の急変対応第2章疾患別!急変対応とアセスメント01脳血管疾患Case21くも膜下出血後患者のドレーン排液が赤い!,
株式会社 メディカ出版, 大阪, 2014年8月.
9.田村 綾子, 南川 貴子, 市原 多香子, 日坂 ゆかり :
意識レベルが下がった! 片麻痺の出現でバナナの皮がむけなくなる,意識レベルがさがった!!,
株式会社 メディカ出版, 大阪, 2014年8月.
10.田村 綾子, 南川 貴子, 市原 多香子, 日坂 ゆかり :
意識レベルが下がった! くも膜下出血の術前,急に意識レベルが下がった,
株式会社 メディカ出版, 大阪, 2014年8月.
11.田村 綾子, 南川 貴子, 市原 多香子, 日坂 ゆかり :
意識レベルが下がった! 意識の基本,
株式会社 メディカ出版, 大阪, 2014年8月.
12.日坂 ゆかり :
Level up!新人からエキスパートまでレベル別にわかる!救急看護必須知識&アセスメントクイズ chapter3エキスパートのための実践!事例体験アセスメントクイズ 脳神経系疾患,
株式会社 メディカ出版, 大阪, 2013年7月.
13.日坂 ゆかり :
Level up!新人からエキスパートまでレベル別にわかる!救急看護必須知識&アセスメントクイズchapter2選んで確認!必須知識徹底チェック 脳神経系疾患,
株式会社 メディカ出版, 大阪, 2013年7月.
14.日坂 ゆかり :
術前術後の看護・治療の流れがひと目でわかる脳神経外科疾患別看護マニュアル 第1章 脳血管障害 脳梗塞(rt-PA治療),
株式会社 メディカ出版, 大阪, 2012年2月.

学術論文(審査論文):

1.Takako Minagawa, Ayako Tamura and Yukari Hisaka :
Thoughts of patients who could not undergo fast-acting treatment because of delays in post-cerebral infarction medical examination.,
Journal of Japanese Academy of Neuroscience Nursing, Vol.4, No.1, 19-23, 2017.
2.奥谷 恵子, 南川 貴子, 田村 綾子, 日坂 ゆかり, 市原 多香子 :
急性期脳卒中患者の手浴による手指掌握運動改善の有効性の検討,
日本ニューロサイエンス看護学会誌, Vol.4, No.1, 3-10, 2017年.
3.伊藤 幸代, 渡部 尚美, 南川 貴子, 日坂 ゆかり, 田村 綾子, 市原 多香子, 松田 佳子 :
施設に長期入所している重症心身障害者をもつ高齢の母親の語り,
日本ニューロサイエンス看護学会誌, Vol.3, No.2, 75-84, 2016年.
4.日坂 ゆかり, 南川 貴子, 田村 綾子 :
急性期脳卒中患者の心理・経験・体験に関する研究の現状と今後の課題,
日本ニューロサイエンス看護学会誌, Vol.3, No.2, 85-92, 2016年.
5.Takako Minagawa, Ayako Tamura, Takako Ichihara, Yukari Hisaka and Shinji Nagahiro :
Increasing upper-limb joint range of motion in post-stroke hemiplegic patients by daily hair-brushing.,
British Journal of Neuroscience Nursing, Vol.11, No.3, 112-117, 2015.
(DOI: 10.12968/bjnn.2015.11.3.112)
6.冨澤 ゆかり, 冨澤 栄子, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 日坂 ゆかり :
脊椎後彎のみられる高齢女性の脊椎後彎の自覚の程度とIndex of Kyphosisによる評価との相違,
日本ニューロサイエンス看護学会誌, Vol.2, No.2, 61-68, 2015年.
7.日坂 ゆかり :
急性期の頚髄損傷患者の体験と生きようとする力に影響を及ぼす看護ケア,
日本クリティカル看護学会誌, Vol.6, No.3, 46-54, 2010年.

学術論文(紀要・その他):

1.豊島 佳苗, 日坂 ゆかり :
生きることを支えるコミュニケーション,
リハビリナース, Vol.10, No.5, 100-107, 2017年.
2.田村 綾子, 南川 貴子, 日坂 ゆかり :
患者のおかれる状況,本人の意向に沿った支援の難しさ,
脳の看護実践, Vol.1, No.5, 67-71, 2016年.

総説・解説:

1.日坂 ゆかり, 南川 貴子, 田村 綾子 :
より良い看護への「気づき」につながる看護場面対応集 転倒した患者への転倒予防に向けての看護,
メディカ出版, Vol.33, No.9, 57-59, 2017年9月.
2.日坂 ゆかり, 南川 貴子, 田村 綾子 :
発症まもない頚髄損傷患者さんの体験と「生きようとする力」を支える看護,
照林社, Vol.33, No.8, 79-84, 2017年6月.
3.南川 貴子, 日坂 ゆかり, 田村 綾子 :
脳神経看護における排泄ケアの向上と支援, --- 排泄のメカニズムとケアの基本 ---,
日総研出版, Vol.2, No.5, 2-8, 2017年2月.
4.日坂 ゆかり, 南川 貴子, 田村 綾子 :
脳神経疾患領域でよく見る尿路感染症と管理,
脳の看護実践, Vol.2, No.5, 24-28, 2017年2月.
5.日坂 ゆかり, 南川 貴子, 田村 綾子 :
脳出血患者の内科的治療と看護,
日総研, Vol.2, No.3, 16-23, 2016年10月.
6.日坂 ゆかり :
巻頭エッセイ 患者さんの回復を支える看護がしたい.そのために学び続ける.,
Brain Nursing, Vol.32, No.1, 1, 2016年1月.
7.日坂 ゆかり :
脳卒中患者の命(健康)と生活を守る看護実践,
脳の看護実践, Vol.1, No.2, 2-8, 2015年8月.
8.日坂 ゆかり, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子 :
病棟看護師が知っておきたい瞳孔の観察方法,
BRAIN NURSING, Vol.31, No.6, 540-543, 2015年6月.
9.田村 綾子, 南川 貴子, 市原 多香子, 日坂 ゆかり :
なぜ``眼''の観察が必要か,
BRAIN NURSING, Vol.31, No.6, 536-537, 2015年6月.
10.日坂 ゆかり :
特集ちゃんと見抜ける?脳神経外科の看護場面間違い探しクイズ,
Brain Nursing, Vol.31, No.1, 7-43, 2015年1月.
11.田村 綾子, 南川 貴子, 日坂 ゆかり :
脳卒中・血管性認知症のケア, --- 高齢者の脳卒中の病態生理・治療と看護 ---,
臨床老年看護, Vol.21, No.3, 2-8, 2014年5月.
12.齊藤 泉, 石橋 圭子, 橋本 宣子, 日坂 ゆかり :
『脳卒中リハビリテーション看護』教育の今そしてこれから,
Brain Nursing, Vol.27, No.4, 2-9, 2011年4月.
13.日坂 ゆかり :
コツとポイントがわかるナースが行う運動療法と作業療法 これができなきゃNG!4コマでわかる作業療法,
Brain Nursing, Vol.26, No.11, 1164-1170, 2010年11月.
14.都築朝子 , 日坂 ゆかり :
スタッフの臨床能力を育てるために婦長・主任に求められる役割,
医療CS, Vol.1, No.4, 20-28, 1997年.

国際会議:

1.Yukari Hisaka, Takako Minagawa and Ayako Tamura :
Patient experiences and nursing implications during the 2 weeks after onset of subarachnoid hemorrhage,
TNMC & WANS International Nursing Research Conference 2017, Oct. 2017.
2.Yukari Hisaka, Takako Minagawa and Ayako Tamura :
The relationship between the degree of recovery to consciousness and awareness of disabilities in acute stroke patients with hemiplegia,
The 20th East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS), Hong Kong, Mar. 2017.
3.Takako Minagawa, Ayako Tamura, Takako Ichihara, Yukari Hisaka and Hiroko Kondo :
What Happens to Upper Extremity Joint Range of Motion During Restraint of the Nonparetic Side of a Stroke Patient?,
American Association of Neuroscience Nurses 48th Annual Educational Meeting, 31, New Oreans, LA , USA, Apr. 2016.

国内講演発表:

1.日坂 ゆかり, 南川 貴子, 田村 綾子, 原田 路可, 野崎 夏江 :
意識障害を認めた急性脳卒中患者の障害の気付きと心理変化の様態,
日本脳神経看護研究会誌, 2016年9月.
2.Takako Ichihara, Akiko Hata, Toshimi Onishi, Mariko Nakamoto, Emi Shuto, Tohru Sakai, Ayako Tamura, Takako Minagawa, Yukari Hisaka and Makoto Funaki :
Association between daily life activities and blood pressure increaseThree-year longitudinal study in Japanese male employees living in suburban cities,
The 6th Joint Symposium between Kagawa University and Chiang Mai University, Aug. 2016.
3.篠原 尚子, 中本 真理子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 楊 暁琳, 秦 明子, 安藝 菜奈子, 四釜 洋介, 板東 由記子, 日坂 ゆかり, 南川 貴子, 田村 綾子, 桑村 由美, 市原 多香子, 船木 真理 :
徳島県男性勤労者におけるリスク保有状況別の嗜好飲料摂取と高尿酸血症の関連の検討,
第253回徳島医学会, 2016年7月.
4.小倉 由布子, 伊丹 三貴, 国光 真弓, 南川 貴子, 田村 綾子, 日坂 ゆかり :
初発の急性期脳卒中患者の起立運動による下肢筋肉量と心拍数の変化とその思い,
第25回日本意識障害学会/第25回日本脳神経看護研究学会四国部会, 83, 2016年7月.
5.横井 靖子, 南川 貴子, 日坂 ゆかり, 田村 綾子, 市原 多香子 :
脳卒中急性期にもちいる降圧剤(ニカルジピン注射液)使用による静脈炎発生要因の検討,
第25回日本意識障害学会/第25回日本脳神経看護研究学会四国部会, 82, 2016年7月.
6.南川 貴子, 田村 綾子, 日坂 ゆかり :
ICFに基づいた参加・活動を促進させるケアの提案, --- 脳卒中急性期患者への上・下肢ケアによる効果 ---,
第25回日本意識障害学会/第25回日本脳神経看護研究学会四国部会プログラム・抄録集, 69, 2016年7月.
7.山村 菜摘, 日坂 ゆかり, 南川 貴子, 田村 綾子 :
抑制を受けている理解の異なる2事例の脳神経疾患患者の家族の思いの比較,
第25回日本意識障害学会第25回日本脳神経看護研究学会四国部会, 104, 2016年7月.
8.日坂 ゆかり, 南川 貴子, 田村 綾子 :
重篤な障害のある脳出血患者の意識障害からの回復過程における心理・情動の変化,
第25回日本意識障害学会第25回日本脳神経看護研究学会四国部会, 82, 2016年7月.
9.横井 靖子, 南川 貴子, 日坂 ゆかり, 田村 綾子, 市原 多香子 :
脳卒中急性期にもちいる降圧剤(ニカルジピン注射液)使用による静脈炎発生要因の検討,
第25回日本意識障害学会/第25回日本脳神経看護研究学会四国部会, 82, 2016年7月.
10.奥谷 恵子, 市原 多香子, 田村 綾子, 南川 貴子, 日坂 ゆかり :
急性期脳血管障害患者の手浴による手指の運動機能改善効果,
第25回意識障害学会/第25回日本脳神経看護研究学会学プログラム・抄録集, 69, 2016年7月.
11.南川 貴子, 市原 多香子, 日坂 ゆかり, 原田 路可, 田村 綾子 :
脳卒中急性期患者の肩関節外旋制限の発生要因の検討,
日本集中治療医学会雑誌, Vol.23, 503, 2016年2月.
12.折坂 明里, 南川 貴子, 市原 多香子, 日坂 ゆかり, 原田 路可, 田村 綾子 :
脳卒中急性期患者にシリアスリハビリテーションゲームソフトを用いた起立運動による廃用症候群の予防の効果,
日本集中治療医学会雑誌, Vol.23, 543, 2016年2月.
13.南川 貴子, 田村 綾子, 市原 多香子, 日坂 ゆかり :
ICFモデルに基づいた脳卒中急性期患者の片麻痺上肢の関節可動域拡大のために介入,
第3回日本ニューロサイエンス看護学会学術会誌, 2015年7月.
14.日坂 ゆかり, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子 :
重篤な障害を持つ急性期脳卒中患者の体験に関する文献検討,
第3回日本ニューロサイエンス看護学会学術集会, 2015年7月.
15.田村 綾子, 南川 貴子, 日坂 ゆかり :
日本における脳神経看護の明日に向けて,
第18回日本臨床脳神経外科学会, 92, 2015年7月.
16.田村 綾子, 南川 貴子, 日坂 ゆかり :
脳神経看護領域の高度実践者養成について,
STROK E2015 プログラム集, 274, 2015年2月.
17.日坂 ゆかり :
第22回日本循環看護学会教育セミナー「脳卒中患者の12神経系・高次脳機能フィジカルアセスメント」,
日本循環器看護学会, 2014年11月.
18.南川 貴子, 田村 綾子, 市原 多香子, 日坂 ゆかり :
発症間もない脳卒中片麻痺患者の筋肉量の変化,
日本脳神経看護研究会誌, Vol.37, No.1, 65, 2014年10月.
19.山本 直美, 山添 幸, 登喜 和江, 渋谷 幸, 日坂 ゆかり :
無症候性未破裂脳動脈瘤で自然経過観察の選択をした患者の病気体験,
日本脳神経看護研究会誌, Vol.37, No.1, 45, 2014年10月.
20.杉浦 圭子, 山本 直美, 登喜 和江, 日坂 ゆかり, 山添 幸 :
無症候未破裂脳動脈瘤患者への看護経験の実態,
日本脳神経看護研究会誌, Vol.37, No.1, 49, 2014年10月.
21.市原 多香子, 西村 美穂, 安藝 菜奈子, 田村 綾子, 南川 貴子, 桑村 由美, 日坂 ゆかり, 船木 真理 :
2型糖尿者に対する医療チームの職場訪問により,訪問中に積極介入を行わないにもかかわらず血糖値と体重が改善した2事例,
第19回日本糖尿病教育・看護学会学術集会, 209, 2014年9月.
22.南川 貴子, 田村 綾子, 市原 多香子, 日坂 ゆかり :
発症間もない脳卒中患者の方麻痺上肢関節可動域拡大のための前向き介入研究,
日本ニューロサイエンス看護研究学会学術集会誌, 6, 2014年7月.
23.市原 多香子, 西村 美穂, 安藝 菜奈子, 田村 綾子, 桑村 由美, 南川 貴子, 庄野 真代, 日坂 ゆかり, 秦 明子, 四釜 洋介, 船木 真理 :
医療職の職場訪問による男性2型糖尿病者に対する生活指導の効果 血糖値・体重が改善した3事例の分析を中心に,
糖尿病, Vol.57, No.Suppl.1, 2014年5月.
24.市原 多香子, 西村 美穂, 安藝 菜奈子, 田村 綾子, 南川 貴子, 日坂 ゆかり, 船木 真理 :
2型糖尿病に対する医療チームの職場訪問により,訪問中に積極介入を行わなかぅたにもかかわらず血糖値と体重が改善した2事例,
日本糖尿病教育・看護学会誌, Vol.18, 209, 2013年9月.
25.日坂 ゆかり :
第32回脳神経看護セミナー「脳神経看護領域における看護倫理」,
日本脳神経看護研究学会, 2013年3月.
26.山添 幸, 山本 直美, 登喜 和江, 澁谷 幸, 日坂 ゆかり :
脳幹出血と無症候性未破裂脳動脈瘤を抱えた病者の語り,
日本脳神経看護研究学会会誌, Vol.31, No.1, 58, 2012年10月.
27.日坂 ゆかり :
脳卒中看護ー認定看護師への期待,より良い脳卒中看護を目指してー,
第15回日本病院脳神経外科学会抄録集, 2012年7月.
28.日坂 ゆかり :
第9回脳神経看護セミナー「脳卒中急性期から行う生活再構築支援」,
日本脳神経看護研究学会, 2011年12月.
29.日坂 ゆかり :
NPO法人日本リハビリテーション看護学会研修会「ICF活用の基本姿勢について」,
NPO法人日本リハビリテーション看護学会, 2011年7月.
30.古川 奈緒, 前田 真里江, 日坂 ゆかり :
家族が患者の障害に適応することに影響した要因∼脳卒中を発症した急性期の患者の家族に焦点を当てて∼,
日本脳神経看護研究学会会誌, Vol.32, No.1, 66, 2009年9月.
31.川上 由香, 益 加代子, 高田 早苗, 森下 雅代, 玉田 雅美, 林 千冬, 小林 由香, 梅田 節子, 山本 和代, 日坂 ゆかり, 西浦 郁江, 堀尾 玲子, 川戸 美智子, 山本 喜代子 :
医療機関における暴言・暴力の実態-安全対策についての職員の要望―,
日本看護倫理学会 第2回年次大会予稿集, 83, 2009年5月.
32.玉田 雅美, 森下 雅代, 川上 由香, 益 加代子, 高田 早苗, 林 千冬, 小林 由香, 梅田 節子, 山本 和代, 日坂 ゆかり, 西浦 郁江, 堀尾 玲子, 川戸 美智子, 山本 喜代子 :
医療機関における職員間の暴言・暴力の実態,
日本看護倫理学会 第2回年次大会予稿集, 57, 2009年5月.
33.小林 由香, 日坂 ゆかり, 山本 和代, 西浦 郁江, 梅田 節子, 堀尾 玲子, 川戸 美智子, 山本 喜代子, 玉田 雅美, 森下 雅代, 川上 由香, 益 加代子, 林 千冬, 高田 早苗 :
医療機関における患者・家族からの暴言・暴力の実態,
日本看護倫理学会 第2回年次大会予稿集, 56, 2009年5月.
34.日坂 ゆかり, 高田 早苗 :
急性期の頸髄損傷患者の体験と生きようとする力に影響を及ぼす看護ケア,
日本看護科学学会学術集会講演集, Vol.27, 238, 2007年12月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 脳卒中患者の発症直後から在宅へのシームレスな活動・参加拡大を目指した支援法の開発 (研究課題/領域番号: 16K12065 )
  • 発症間もない重篤な障害を持つ脳卒中患者の体験を活かした自立を支える看護方法の構築 (研究課題/領域番号: 16K12026 )
  • 予防・治療・在宅療養を視野に入れた脳卒中包括的看護実践活動モデル構築に関する研究 (研究課題/領域番号: 15K11609 )
  • 急性期病院から即自宅生活を目指した脳卒中発作後患者の廃用症候群予防プログラム検証 (研究課題/領域番号: 15H05079 )
  • 発症まもない重篤な障害を持つ脳卒中患者の体験の前向き研究と効果的な看護支援の開発 (研究課題/領域番号: 26893180 )
  • 糖尿病患者の口腔保健行動への看護支援に向けた簡便なアセスメントシートの作成 (研究課題/領域番号: 26463305 )
  • 2型糖尿病早期患者に対する職場と医療機関をリンケージする患者支援モデルの構築 (研究課題/領域番号: 26463304 )
  • 脳卒中急性期から慢性期を視座に入れた上肢廃用症候群予防プログラムの開発 (研究課題/領域番号: 24593299 )
  • 脳卒中患者の慢性期生活を視座に入れた実行可能な廃用症候群予防プログラムの検証 (研究課題/領域番号: 23390503 )
  • 研究者番号(30730593)による検索