検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 医科学部門 > 内科系 > 消化器内科学 >
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 先端臨床医学教育研究プロジェクト >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 内科 > 消化器内科 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 病態予防医学講座 > 消化器内科学分野 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Jun Okazaki, Toshihito Tanahashi, Yasushi Sato, Jinsei Miyoshi, Tadahiko Nakagawa, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Yasuteru Fujino, fumika nakamura, Masanori Takehara, beibei ma, masahiro bando, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Masahiro Sogabe and Tetsuji Takayama :
MicroRNA-296-5p Promotes Cell Invasion and Drug Resistance by Targeting Bcl2-Related Ovarian Killer, Leading to a Poor Prognosis in Pancreatic Cancer.,
Digestion, Vol.in press, 2019.
(DOI: 10.1159/000503225,   PubMed: 31563901,   Elsevier: Scopus)
2. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Masahiko Nakasono, Hiroshi Fukuno, Yoshihiko Miyamoto, Yasuyuki Okada, Jun Okazaki, Jinsei Miyoshi, Tetsu Tomonari, Tatsuya Taniguchi, Takahiro Goji, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
The differing influence of several factors on the development of fatty liver with elevation of liver enzymes between genders with metabolic syndrome: A cross-sectional study.,
PLoS ONE, Vol.12, No.6, e0177925, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112319,   DOI: 10.1371/journal.pone.0177925,   PubMed: 28574988,   Elsevier: Scopus)
3. Jinsei Miyoshi, Hiroshi Miyamoto, Takahiro Goji, Tatsuya Taniguchi, Tetsu Tomonari, Masahiro Sogabe, Tetsuo Kimura, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Yasuteru Fujino, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Serum diamine oxidase activity as a predictor of gastrointestinal toxicity and malnutrition due to anticancer drugs.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.30, No.11, 1582-1590, 2015.
(DOI: 10.1111/jgh.13004,   PubMed: 25968084,   Elsevier: Scopus)
4. Yasuhiro Mitsui, Yasushi Sato, Hiroshi Miyamoto, Yasuteru Fujino, Toshi Takaoka, Jinsei Miyoshi, Miwako Kagawa, Hiroyuki Ohnuma, Masahiro Hirakawa, Tomohiro Kubo, Takahiro Osuga, Tamotsu Sagawa, Yasuhiro Sato, Yasuo Takahashi, shinichi Katsuki, Toshinori Okuda, Rishu Takimoto, Masayoshi Kobune, Takayuki Nobuoka, Koichi Hirata, Junji Kato and Tetsuji Takayama :
Trastuzumab in combination with docetaxel/cisplatin/S-1 (DCS) for patients with HER2-positive metastatic gastric cancer: feasibility and preliminary efficacy.,
Cancer Chemotherapy and Pharmacology, Vol.76, No.2, 375-382, 2015.
(DOI: 10.1007/s00280-015-2807-7,   PubMed: 26099968,   Elsevier: Scopus)

国際会議:

1. Jinsei Miyoshi, Noriaki Murayama, Kumiko Tanaka, Takahiro Tanaka, Fumika Nakamura, Yasuteru Fujino, Keiichiro Matsumura, Miwako Kagawa, Tetsu Tomonari, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Yasushi Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Development of a Novel Mirna-Based Signature to Predict Invasion and Metastasis in Rectal Neuroendocrine Tumors.,
digestive disease week2019, Vol.156, No.6, 133, San Diego, May 2019.
(DOI: 10.1016/S0016-5085(19)37123-9)
2. Jun Okazaki, Toshihito Tanahasi, Yasushi Sato, Jinsei Miyoshi, Tadahiko Nakagawa, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Yasuteru Fujino, Fumik Nakamura, Masanori Takehara, Masahiro Bando, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Masahiro Sogabe and Tetsuji Takayama :
Interaction Between Pancreatic Cancer Cells and Adipocytes Promote Pancreatic Cancer Progression Through Overexpression of Saa1.,
digestive disease week2019, San Diego, May 2019.
3. Jinsei Miyoshi, Noriaki Murayama, Tadahiko Nakagawa, Tetsu Tomonari, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Yasushi Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Mir-144-3P/451A as a Novel Biomarker for Predicting Recurrence and Metastasis in Rectal Neuroendocrine Tumors Through Targeting Pten/P19.,
Digestive Disease Week 2018, Washington, D.C., Jun. 2018.
4. Fumika Nakamura, Koichi Okamoto, Kumiko Tanaka, Yasuteru Fujino, Jinsei Miyoshi, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Yasushi Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Clinicopathological Analyses of Colorectal Polyps and Cancers in Serrated Polyposis Syndrome.,
DIgestive Disease Week2018, Washington, D.C., Jun. 2018.
5. Kaizo Kagemoto, Atsushi Inoue, Koichi Okamoto, Yasuyuki Okada, Jun Okazaki, Yoshifumi Takaoka, Yoshihiko Miyamoto, Yasuhiro Mitsui, Jinsei Miyoshi, Kumiko Tanaka, Yasuteru Fujino, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Proximal Aberrant Crypt Foci As Precursor Lesions of SSA/P-Cancer Sequence.,
Digestive Disease Week 2015, Washington, D.C., May 2015.
6. Kagawa Miwako, Toshiya Okahisa, Takaoka yoshifumi, Yasuteru Fujino, Jinsei Miyoshi, Takaoka Toshi, Tetsu Tomonari, Shinji Kitamura, Okada Yasuyuki, Kagemoto Kaizo, Takehara Masanori, Kumiko Tanaka, Matsumoto Sayo, Teramae Tomofumi, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Tetsuji Takayama and Takaoka Toshi :
Angiogenesis-Related Factors At the Residual Inflammation in Patients With Ulcerative Colitis in Clinical Remission Stage,
Digestive Disease Week2014, Chicago, May 2014.
7. Yasuteru Fujino, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Jun Okazaki, Yasuyuki Okada, Hironori Tanaka, Jinsei Miyoshi, Toshi Takaoka, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Usefulness of a new sphincterotome for the endoscopic submucosal dissection of colorectal neoplasms,
DDW2013, Orlando, May 2013.
8. Atsushi Inoue, Koichi Okamoto, Yasuteru Fujino, Jinsei Miyoshi, Takahiro Tanaka, Tetsuo Kimura, Masako Kaji, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura and Tetsuji Takayama :
Aberrant Crypt Foci in Patients With Sessile Serrated Adenomas,
Digestive Disease Week2011, Chicago, May 2011.

国内講演発表:

1. 三好 人正, 北 研二, 高山 哲治 :
人工知能(AI)による機械学習解析を用いた食道扁平上皮癌の血中microRNA新規AI診断モデルの構築.,
JDDW2019(第27回日本消化器関連学会週間), 2019年11月.
2. 三好 人正, 岡本 耕一, 高山 哲治 :
直腸NETのmicroRNA網羅的発現解析を用いた転移機序の解明と新規転移予測バイオマーカーの探索.,
JDDW2019(第27回日本消化器関連学会週間), 2019年11月.
3. Tadahiko Nakagawa, Toshihito Tanahashi, yoshihiko miyamoto, Jun Okazaki, masanori takehara, noriaki murayama, Jinsei Miyoshi, Tatsuya Taniguchi, Yoshimi Bando, Koichi Okamoto, Yasushi Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
JMJD2A (KDM4A) sensitizes metastatic gastric cancer to chemotherapy by cooperating CCDC8.,
第78回日本癌学会学術総会, Sep. 2019.
4. Hironori Tanaka, Koichi Okamoto, 岡田 泰行, 宮本 佳彦, Yasuhiro Mitsui, Fumika Nakamura, Jinsei Miyoshi, Yasuteru Fujino, Takahiro Tanaka, Tetsu Tomonari, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Yasushi Sato and Tetsuji Takayama :
Therapeutic efficacy of miriplatin in combination with radiotherapy for advanced hepatocellular carcinoma.,
第17回日本臨床腫瘍学会学術集会, Jul. 2019.
5. 三好 人正, 村山 典聡, 寺前 智史, 宮本 佳彦, 田中 宏典, 岡田 泰行, 三井 康裕, 藤野 泰輝, 田中 貴大, 田中 久美子, 松村 圭一郎, 香川 美和子, 友成 哲, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
直腸NETのmicroRNA網羅的発現解析を用いた転移機序の解明と新規転移予測バイオマーカーの探索.,
第17回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2019年7月.
6. 三好 人正, Goel Ajay, 高山 哲治 :
血清miRNAパネルを用いた食道腺癌の早期診断モデルの構築.,
第105回日本消化器病学会総会, 2019年5月.
7. 三好 人正, 村山 典聡, 中川 忠彦, 岡本 耕一, 佐藤 康史, 六車 直樹, 西田 憲生, 常山 幸一, 藤盛 孝博, 高山 哲治 :
直腸NETのmiRNA-Gene-Pathwayを介した転移機序の解明とmiR-144-3p/451aの転移予測マーカーとしての意義.,
第15回日本消化管学会総会学術集会, 2019年2月.
8. 水谷 太郎, 西岡 潤司, 井形 直紀, 岩佐 一秀, 本多 哲也, 川口 智之, 三井 康裕, 三好 人正, 末内 辰尚, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
携帯型小型腸音図システムの試作による腸蠕動音測定時間の最適化.,
第56回日本人工臓器学会大会, 2018年11月.
9. 和田 浩典, 北村 晋志, 中村 文香, 福家 慧, 武原 正典, 岡田 泰行, 三井 康裕, 三好 人正, 藤野 泰輝, 田中 久美子, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
CRT後咽頭狭窄を伴う表在型食道癌に対して細径内視鏡を用いたPDTが有効であった一例.,
第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月.
10. Jun Okazaki, Toshihito Tanahashi, Hironori Tanaka, Yasuyuki Okada, Yoshihiko Miyamoto, Jinsei Miyoshi, Tatsuya Taniguchi, Yasushi Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
miR-296-5p inhibits apoptosis and enhances invasion through the down-regulated BOK in unresectable pancreatic cancer.,
第77回日本癌学会学術集会, Sep. 2018.
11. 中川 忠彦, 棚橋 俊仁, 宮本 佳彦, 武原 正典, 村山 典聡, 田中 宏典, 三好 人正, 谷口 達哉, 坂東 良美, 岡本 耕一, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
ヒストン脱メチル化酵素JMJD2Aは切除不能進行胃癌においてCCDC8の発現調節を介して抗癌剤感受性を制御する.,
第77回日本癌学会学術総会, 2018年9月.
12. 寺前 智史, 田中 久美子, 三橋 威志, 三井 康裕, 中村 文香, 藤野 泰輝, 三好 人正, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
新規APC遺伝子変異(C.1626+1G>A)を認めた家族性大腸腺腫症の一例.,
第6回日本家族性大腸腺腫症研究会学術集会, 2018年9月.
13. 津保 友香, 三井 康裕, 福家 慧, 武原 正典, 岡田 泰行, 三好 人正, 藤野 泰輝, 中村 文香, 田中 久美子, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
切除不能進行神経内分泌癌に対するIrinotecan+Cisplatin併用療法の後方視的検討.,
第16回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2018年7月.
14. 三好 人正, Ajay Goel, 高山 哲治, 東田 周祐, 泉 大輔, 馬場 秀夫, 神田 光郎, 小寺 泰弘 :
血清 miRNA パネルを用いた食道扁平上皮癌の早期診断モデルの構築.,
第104回日本消化器病学会総会, 2018年4月.
15. 岡田 泰行, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 中村 文香, 藤野 泰輝, 田中 久美子, 三好 人正, 三井 康裕, 北村 晋志, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
抗EGFR抗体薬治療におけるEarly tumor shrinkage(ETS)とEGFR内在化の関連について,
第88回大腸癌研究会, 2018年1月.
16. 香川 美和子, 三好 人正, 高山 哲治 :
癌化学療法における血清Diamine oxidase活性と栄養障害に関する検討.,
第23回消化器関連学会週間, 2015年10月.
17. Tetsuo Kimura, Takahiro Goji, Jinsei Miyoshi, Yasuteru Fujino, Shinji Kitamura, Momoko Sato, Masako Kimura, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
The prospective study of S-1+gemcitabine and concurrent radiotherapy for unresectable locally advanced pancreatic cancer,
第12回日本臨床腫瘍学会学術集会, Jul. 2014.
18. 北村 晋志, 六車 直樹, 松本 友里, 松本 早代, 岡崎 潤, 髙岡 遠, 村山 典聡, 香川 美和子, 藤野 泰輝, 三好 人正, 中村 文香, 大塚 加奈子, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
内視鏡切除された直腸カルチノイド(NET-G1)の臨床経過に関する検討,
第87回日本消化器内視鏡学会総会, 2014年5月.
19. 宮本 佳彦, 六車 直樹, 北村 晋志, 松本 友里, 松本 早代, 中村 文香, 髙岡 遠, 藤野 泰輝, 三好 人正, 田中 久美子, 郷司 敬洋, 矢野 弘美, 香川 美和子, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
大腸癌に対する内視鏡分子イメージング技術の開発,
第87回日本消化器内視鏡学会総会, 2014年5月.
20. 北村 晋志, 六車 直樹, 松本 友里, 松本 早代, 岡崎 潤, 髙岡 遠, 香川 美和子, 藤野 泰輝, 三好 人正, 中村 文香, 田中 久美子, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
バレット食道癌における欧米と日本のマネジメントの相違に関する検討,
第87回日本消化器内視鏡学会総会, 2014年5月.
21. 三好 人正, 宮本 弘志, 松本 早代, 藤野 泰輝, 郷司 敬洋, 矢野 弘美, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 山口 想太郎, 中屋 豊, 高山 哲治 :
消化管癌化学療法における血清Diamine Oxidase(DAO)活性と栄養障害に関する検討,
第8回日本消化管学会総会学術集会, 2012年2月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 癌関連脂肪細胞の分泌型exosome解析による新たな膵癌進展機序の解明と臨床応用 (研究課題/領域番号: 19K08445 )
  • 血清エクソソーム中のmiRNAパネルを用いた食道扁平上皮癌の早期診断モデルの構築 (研究課題/領域番号: 18K15817 )
  • 研究者番号(00814625)による検索