検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部医学域先端臨床医学教育研究プロジェクト
徳島大学大学院医歯薬学研究部医学域医科学部門内科系消化器内科学
徳島大学大学院医歯薬学研究部医学域医科学部門内科系腫瘍内科学
徳島大学病院診療科内科消化器内科
徳島大学医学部医学科病態予防医学講座消化器内科学分野
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Fumika Nakamura, Yasushi Sato, Koichi Okamoto, Yasuteru Fujino, Yasuhiro Mitsui, kaizo kagemoto, Tomoyuki Kawaguchi, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Tomoko Sonoda, Koichi Tsuneyama and Tetsuji Takayama :
Colorectal carcinoma occurring via the adenoma-carcinoma pathway in patients with serrated polyposis syndrome.,
Journal of Gastroenterology, Vol.57, No.4, 286-299, 2022.
(DOI: 10.1007/s00535-022-01858-8,   PubMed: 35194694)
2. Masanori Takehara, Hiroshi Miyamoto, Yasuteru Fujino, Tetsu Tomonari, Tatsuya Taniguchi, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Masahiro Sogabe, Yasushi Sato, Naoki Muguruma, Yoshimi Bando and Tetsuji Takayama :
Long-Term Survival due to Chemotherapy including Paclitaxel in a Patient with Metastatic Primary Splenic Angiosarcoma.,
Case Reports in Gastroenterology, Vol.15, No.3, 910-918, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116721,   DOI: 10.1159/000519211,   PubMed: 34720843,   Elsevier: Scopus)
3. Sayo Takahashi, Koichi Okamoto, Toshihito Tanahashi, Shota Fujimoto, Tadahiko Nakagawa, Masahiro Bando, beibei ma, Tomoyuki Kawaguchi, Yasuteru Fujino, Yasuhiro Mitsui, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Yasushi Sato, Naoki Muguruma, Yoshimi Bando, Toshiro Sato, Takahiro Fujimori and Tetsuji Takayama :
S100P expression via DNA hypomethylation promotes cell growth in the sessile serrated adenoma/polyp-cancer sequence.,
Digestion, Vol.102, No.5, 789-802, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 115966,   DOI: 10.1159/000512575,   PubMed: 33395688,   Elsevier: Scopus)
4. Jun Okazaki, Toshihito Tanahashi, Yasushi Sato, Jinsei Miyoshi, Tadahiko Nakagawa, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Yasuteru Fujino, Fumika Nakamura, Masanori Takehara, beibei ma, Masahiro Bando, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Masahiro Sogabe and Tetsuji Takayama :
MicroRNA-296-5p Promotes Cell Invasion and Drug Resistance by Targeting Bcl2-Related Ovarian Killer, Leading to a Poor Prognosis in Pancreatic Cancer.,
Digestion, Vol.101, No.6, 794-806, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114153,   DOI: 10.1159/000503225,   PubMed: 31563901,   Elsevier: Scopus)
5. 藤井 祥平, 中村 文香, 佐藤 康史, 岸 和弘, 吉田 守美子, 三井 康裕, 藤野 泰輝, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
胃癌における免疫チェックポイント阻害薬の効果と免疫関連副作用(irAE) との関連性についての検討,
四国医学雑誌, Vol.76, No.3-4, 173-178, 2020年.
(CiNii: 1050004953486029824)
6. Masanori Takehara, Yasushi Sato, Tetsuo Kimura, Kazuyoshi Noda, Hiroshi Miyamoto, Yasuteru Fujino, Jinsei Miyoshi, Fumika Nakamura, Hironori Wada, Yoshimi Bando, Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Cancer-associated Adipocytes Promote Pancreatic Cancer Progression Through SAA1 Expression,
Cancer Science, Vol.111, No.8, 2883-2894, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115328,   DOI: 10.1111/cas.14527,   PubMed: 32535957,   Elsevier: Scopus)
7. Hironori Tanaka, Koichi Okamoto, Yasushi Sato, Takahiro Tanaka, Tetsu Tomonari, Fumika Nakamura, Yasuteru Fujino, Yasuhiro Mitsui, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Akinori Morita, Hitoshi Ikushima and Tetsuji Takayama :
Synergistic anti-tumor activity of miriplatin and radiation through PUMA-mediated apoptosis in hepatocellular carcinoma.,
Journal of Gastroenterology, Vol.55, No.11, 1072-1086, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115325,   DOI: 10.1007/s00535-020-01705-8,   PubMed: 32666201,   Elsevier: Scopus)
8. Tetsu Tomonari, Yasushi Sato, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Yasuteru Fujino, Yasuhiro Mitsui, Akihiro Hirao, Tatsuya Taniguchi, Koichi Okamoto, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Harumi Kagiwada, Masashi Kitazawa, Kazuhiro Fukui, Ktsuhisa Horimoto and Tetsuji Takayama :
Potential use of lenvatinib for patients with unresectable hepatocellular carcinoma including after treatment with sorafenib: Real-world evidence and in vitro assessment via protein phosphorylation array.,
Oncotarget, Vol.11, No.26, 2531-2542, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 116246,   DOI: 10.18632/oncotarget.27640,   PubMed: 32655838)
9. Tadahiko Nakagawa, Yasushi Sato, Toshihito Tanahashi, Yasuhiro Mitsui, Yoshifumi Kida, Yasuteru Fujino, Misato Hirata, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Yoshimi Bando and Tetsuji Takayama :
JMJD2A sensitizes gastric cancer to chemotherapy by cooperating with CCDC8.,
Gastric Cancer, Vol.23, No.3, 426-436, 2020.
(DOI: 10.1007/s10120-019-01024-9,   PubMed: 31677131,   Elsevier: Scopus)
10. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Yumi Adachi, Masanori Takehara, Shinichi Hamada, Jun Okazaki, Yasuteru Fujino, akira fukuya, Akihiro Hirao, Kaizoh Kagemoto, Akihiro Hirao, Koichi Okamoto, Masahiko Nakasono and Tetsuji Takayama :
The influence of various distractions prior to upper gastrointestinal endoscopy: a prospective randomized controlled study.,
BMC Gastroenterology, Vol.18, No.1, 132, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 114349,   DOI: 10.1186/s12876-018-0859-y,   PubMed: 30157771,   Elsevier: Scopus)
11. Daisaku Fujimoto, Naoki Muguruma, Koichi Okamoto, Yasuteru Fujino, Kaizoh Kagemoto, Yasuyuki Okada, Yoshifumi Takaoka, Yasuhiro Mitsui, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Yoshimi Bando, Tomoko Sonoda and Tetsuji Takayama :
Linked color imaging enhances endoscopic detection of sessile serrated adenoma/polyps.,
Endoscopy International Open, Vol.6, No.3, E322-E334, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111442,   DOI: 10.1055/s-0043-124469,   PubMed: 29527554)
12. Yasuteru Fujino, Shunsaku Takeishi, Kensei Nishida, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Tetsuo Kimura, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Akiko Fujimoto, Jun Higashijima, Mitsuo Shimada, Kazuhito Rokutan and Tetsuji Takayama :
Downregulation of miR-100/miR-125b is associated with lymph node metastasis in early colorectal cancer with submucosal invasion.,
Cancer Science, Vol.108, No.3, 390-397, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112375,   DOI: 10.1111/cas.13152,   PubMed: 28032929)
13. Miwako Kagawa, Yasuteru Fujino, Naoki Muguruma, Noriaki Murayama, Koichi Okamoto, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Kazuhiro Kishi, Hiroshi Miyamoto, Hisanori Uehara and Tetsuji Takayama :
Localized amyloidosis of the stomach mimicking a superficial gastric cancer.,
Clinical Journal of Gastroenterology, Vol.9, No.3, 109-113, 2016.
(DOI: 10.1007/s12328-016-0651-x,   PubMed: 27170299,   Elsevier: Scopus)
14. Jinsei Miyoshi, Hiroshi Miyamoto, Takahiro Goji, Tatsuya Taniguchi, Tetsu Tomonari, Masahiro Sogabe, Tetsuo Kimura, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Yasuteru Fujino, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Serum diamine oxidase activity as a predictor of gastrointestinal toxicity and malnutrition due to anticancer drugs.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.30, No.11, 1582-1590, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109519,   DOI: 10.1111/jgh.13004,   PubMed: 25968084,   Elsevier: Scopus)
15. Takahiro Goji, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Masanori Takehara, kaizo Kagamoto, Yasuyuki Okada, Jun Okazaki, Yoshifumi Takaoka, Yoshihiko Miyamoto, Yasuhiro Mitsui, Tatsunao Sueuchi, Kumiko Tanaka, Yasuteru Fujino, Sayo Matsumoto, Toshi Takaoka, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Masako Kimura, Masahiro Sogabe, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Yasuhiro Sato, Tamotsu Sagawa, Koji Fujikawa, Yasushi Sato, Hitoshi Ikushima and Tetsuji Takayama :
A Phase I/II Study of Fixed-dose-rate Gemcitabine and S-1 with Concurrent Radiotherapy for Locally Advanced Pancreatic Cancer,
Cancer Chemotherapy and Pharmacology, Vol.76, No.3, 615-620, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 110046,   DOI: 10.1007/s00280-015-2835-3,   PubMed: 26220846,   Elsevier: Scopus)
16. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Masahiko Nakasono, Yasuteru Fujino, Yasuhiro Mitsui, Yoshihumi Takaoka, Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Investigation of Gastroduodenal Mucosal Injury in Japanese Asymptomatic Antiplatelet Drug Users,
Medicine, Vol.94, No.26, e1047, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 115594,   DOI: 10.1097/MD.0000000000001047,   PubMed: 26131815,   Elsevier: Scopus)
17. Yasuhiro Mitsui, Yasushi Sato, Hiroshi Miyamoto, Yasuteru Fujino, Toshi Takaoka, Jinsei Miyoshi, Miwako Kagawa, Hiroyuki Ohnuma, Masahiro Hirakawa, Tomohiro Kubo, Takahiro Osuga, Tamotsu Sagawa, Yasuhiro Sato, Yasuo Takahashi, shinichi Katsuki, Toshinori Okuda, Rishu Takimoto, Masayoshi Kobune, Takayuki Nobuoka, Koichi Hirata, Junji Kato and Tetsuji Takayama :
Trastuzumab in combination with docetaxel/cisplatin/S-1 (DCS) for patients with HER2-positive metastatic gastric cancer: feasibility and preliminary efficacy.,
Cancer Chemotherapy and Pharmacology, Vol.76, No.2, 375-382, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109679,   DOI: 10.1007/s00280-015-2807-7,   PubMed: 26099968,   Elsevier: Scopus)
18. Atsushi Inoue, Koichi Okamoto, Yasuteru Fujino, Tadahiko Nakagawa, Naoki Muguruma, Katsutaka Sannomiya, Yasuhiro Mitsui, Toshi Takaoka, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Takahiro Fujimori, Issei Imoto and Tetsuji Takayama :
B-RAF mutation and accumulated gene methylation in aberrant crypt foci (ACF),sessile serrated adenoma/polyp (SSA/P) and cancer in SSA/P.,
British Journal of Cancer, Vol.112, No.2, 403-412, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 106441,   DOI: 10.1038/bjc.2014.545,   PubMed: 25314065,   Elsevier: Scopus)
19. Yasuteru Fujino, Naoki Muguruma, Shinji Kitamura, Yasuhiro Mitsui, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Hisanori Uehara, Koichi Kataoka and Tetsuji Takayama :
Perineurioma in the sigmoid colon diagnosed and treated by endoscopic resection,
Clinical Journal of Gastroenterology, Vol.7, No.5, 392-396, 2014.
(DOI: 10.1007/s12328-014-0519-x,   PubMed: 26184017,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1. 六車 直樹, 藤本 将太, 藤野 泰輝, 岡本 耕一, 高山 哲治 :
内視鏡分子イメージングの現況と展望,
Gastroenterological Endoscopy, Vol.59, No.7, 1473-1481, 2017年7月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114218,   DOI: 10.11280/gee.59.1473,   CiNii: 1390282679197803904,   Elsevier: Scopus)

国際会議:

1. Naoki Muguruma, Daisaku Fujimot, Tomoyuki Kawaguchi, Kaizoh Kagemoto, Satoshi Teramae, Yoshifumi Kida, Hironori Wada, Fumika Nakamura, Yasuteru Fujino, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Toshihito Tanahashi, Hiroshi Miyamoto, Yasushi Sato and Tetsuji Takayama :
Linked Color Imaging Improves Detection Rate of Sessile Serrated Adenoma/Polyp in the Colon: A Prospective Randomized Controlled Trial.,
UEG Week 2019, Barcelona, Oct. 2019.
2. Naoki Muguruma, Fujimoto Daisaku, Yasuteru Fujino, Kashihara Takanori, Kazuyoshi Noda, Fukuya Akira, Takehara Masanori, Hirao Akihiro, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Tetsu Tomonari and Tetsuji Takayama :
Linked Color Imaging System in the Endoscopic Detection of Sessile Serrated Adenoma/Polyp,
Korea International Digestive Endoscopy Congress 2019, Aug. 2019.
3. Jinsei Miyoshi, Noriaki Murayama, Kumiko Tanaka, Takahiro Tanaka, Fumika Nakamura, Yasuteru Fujino, Keiichiro Matsumura, Miwako Kagawa, Tetsu Tomonari, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Yasushi Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Development of a Novel Mirna-Based Signature to Predict Invasion and Metastasis in Rectal Neuroendocrine Tumors.,
digestive disease week2019, Vol.156, No.6, 133, San Diego, May 2019.
(DOI: 10.1016/S0016-5085(19)37123-9)
4. Jun Okazaki, Toshihito Tanahasi, Yasushi Sato, Jinsei Miyoshi, Tadahiko Nakagawa, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Yasuteru Fujino, Fumika Nakamura, Masanori Takehara, Masahiro Bando, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Masahiro Sogabe and Tetsuji Takayama :
Interaction Between Pancreatic Cancer Cells and Adipocytes Promote Pancreatic Cancer Progression Through Overexpression of Saa1.,
digestive disease week2019, San Diego, May 2019.
5. Tetsuji Takayama, Toshihito Tanahashi, Koichi Okamoto, Shota Fujimoto, Tadahiko Nakagawa, Kaizoh Kagemoto, Yasuyuki Okada, Fumika Nakamura, Yasuteru Fujino, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Yasushi Sato and Naoki Muguruma :
S100P as a novel hypomethylation target in Sessile Serrated Adenoma(SSA/P)-cancer sequence: A genome-wide DNA methylation array analysis.,
UEG Week2018, Wien, Oct. 2018.
6. Fumika Nakamura, Koichi Okamoto, Kumiko Tanaka, Yasuteru Fujino, Jinsei Miyoshi, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Yasushi Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Clinicopathological Analyses of Colorectal Polyps and Cancers in Serrated Polyposis Syndrome.,
DIgestive Disease Week2018, Washington, D.C., Jun. 2018.
7. Kaizo Kagemoto, Atsushi Inoue, Koichi Okamoto, Yasuyuki Okada, Jun Okazaki, Yoshifumi Takaoka, Yoshihiko Miyamoto, Yasuhiro Mitsui, Jinsei Miyoshi, Kumiko Tanaka, Yasuteru Fujino, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Proximal Aberrant Crypt Foci As Precursor Lesions of SSA/P-Cancer Sequence.,
Digestive Disease Week 2015, Washington, D.C., May 2015.
8. Kagawa Miwako, Toshiya Okahisa, Takaoka yoshifumi, Yasuteru Fujino, Jinsei Miyoshi, Takaoka Toshi, Tetsu Tomonari, Shinji Kitamura, Okada Yasuyuki, Kagemoto Kaizo, Takehara Masanori, Kumiko Tanaka, Matsumoto Sayo, Teramae Tomofumi, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Tetsuji Takayama and Takaoka Toshi :
Angiogenesis-Related Factors At the Residual Inflammation in Patients With Ulcerative Colitis in Clinical Remission Stage,
Digestive Disease Week2014, Chicago, May 2014.
9. Yasuteru Fujino, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Jun Okazaki, Yasuyuki Okada, Hironori Tanaka, Jinsei Miyoshi, Toshi Takaoka, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Usefulness of a new sphincterotome for the endoscopic submucosal dissection of colorectal neoplasms,
DDW2013, Orlando, May 2013.
10. Atsushi Inoue, Koichi Okamoto, Yasuteru Fujino, Jinsei Miyoshi, Takahiro Tanaka, Tetsuo Kimura, Masako Kaji, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura and Tetsuji Takayama :
Aberrant Crypt Foci in Patients With Sessile Serrated Adenomas,
Digestive Disease Week2011, Chicago, May 2011.

国内講演発表:

1. 矢野 庄悟, 中村 文香, 佐藤 康史, 福家 慧, 藤野 泰輝, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
消化管悪性腫瘍における免疫チェックポイント阻害薬の効果と免疫関連副作用の関連性について.,
第17回日本消化管学会総会学術集会, 2021年2月.
2. 矢野 庄悟, 寺前 智史, 田中 久美子, 藤野 泰輝, 岡本 耕一, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治, 佐々木 悠, 八島 一夫, 大瀬戸 久美子, 石川 秀樹 :
本邦におけるCowden症候群の実態調査.,
第7回消化管ポリポーシス研究会学術集会, 2021年1月.
3. 藤野 泰輝 :
消化器癌に対するがんゲノム医療について,
日本消化器病学会四国支部第38回教育講演会, 2020年11月.
4. 藤井 祥平, 中村 文香, 佐藤 康史, 岸 和弘, 吉田 守美子, 三井 康裕, 藤野 泰輝, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
<第23回若手奨励賞>胃癌における免疫チェックポイント阻害薬の効果と免疫関連副作用(irAE)との関連性についての検討.,
四国医学雑誌, Vol.76, No.3-4, 173-178, 2020年8月.
(CiNii: 1050004953486029824)
5. 中村 文香, 岡本 耕一, 影本 開三, 田中 久美子, 藤野 泰輝, 北村 晋志, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
Serrated polyposis syndrome の臨床病理学的特徴ならびに発癌機序の検討.,
第16回日本消化管学会総会学術集会, 2020年2月.
6. Hironori Tanaka, Koichi Okamoto, 岡田 泰行, 宮本 佳彦, Yasuhiro Mitsui, Fumika Nakamura, Jinsei Miyoshi, Yasuteru Fujino, Takahiro Tanaka, Tetsu Tomonari, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Yasushi Sato and Tetsuji Takayama :
Therapeutic efficacy of miriplatin in combination with radiotherapy for advanced hepatocellular carcinoma.,
第17回日本臨床腫瘍学会学術集会, Jul. 2019.
7. 三好 人正, 村山 典聡, 寺前 智史, 宮本 佳彦, 田中 宏典, 岡田 泰行, 三井 康裕, 藤野 泰輝, 田中 貴大, 田中 久美子, 松村 圭一郎, 香川 美和子, 友成 哲, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
直腸NETのmicroRNA網羅的発現解析を用いた転移機序の解明と新規転移予測バイオマーカーの探索.,
第17回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2019年7月.
8. 藤野 泰輝, 高山 哲治 :
次世代シーケンサー及びデジタル PCR により同定し得た APC モザイク変異陽性減衰型家族性大腸腺腫症(Familial Adenomatous Polyposis;FAP)の 1 例.,
第25回日本家族性腫瘍学会学術集会, 2019年6月.
9. 坂東 紀子, 近藤 真代, 河野 弘, 藤野 泰輝, 岡久 稔也, 豊田 優子, 軒原 浩, 吾妻 雅彦, 後東 久嗣, 高山 哲治, 西岡 安彦 :
潰瘍性大腸炎加療中に発症し,治療に難渋したニューモシスチス肺炎の一例,
第60回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2018年12月.
10. 本多 哲也, 岩佐 一秀, 井形 直紀, 水谷 太郎, 西岡 潤司, 野田 和克, 宮城 愛, 山本 加奈子, 新居 徹, 津保 友香, 福家 慧, 武原 正典, 寺前 智史, 藤野 泰輝, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
潰瘍性大腸炎における内視鏡画像解析による腫瘍の診断.,
第56回日本人工臓器学会大会, 2018年11月.
11. 和田 浩典, 北村 晋志, 中村 文香, 福家 慧, 武原 正典, 岡田 泰行, 三井 康裕, 三好 人正, 藤野 泰輝, 田中 久美子, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
CRT後咽頭狭窄を伴う表在型食道癌に対して細径内視鏡を用いたPDTが有効であった一例.,
第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月.
12. 福家 慧, 佐藤 康史, 佐川 保, 高橋 康雄, 大沼 啓之, 濱口 京子, 平川 昌宏, 藤川 幸司, 藤野 泰輝, 岡本 耕一, 六車 直樹, 高山 哲治 :
切除不能進行胃癌に対するドセタキセル/オキサリプラチン/S-1 3剤併用療法の第1相試験.,
第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月.
13. 寺前 智史, 田中 久美子, 三橋 威志, 三井 康裕, 中村 文香, 藤野 泰輝, 三好 人正, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
新規APC遺伝子変異(C.1626+1G>A)を認めた家族性大腸腺腫症の一例.,
第6回日本家族性大腸腺腫症研究会学術集会, 2018年9月.
14. 武原 正典, 佐藤 康史, 津保 友香, 福家 慧, 岡田 泰行, 宮本 佳彦, 三井 康裕, 藤野 泰輝, 中村 文香, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
膵癌と脂肪細胞の相互作用はSAA1の発現を誘導することにより膵癌の浸潤を促進させる.,
第16回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2018年7月.
15. 津保 友香, 三井 康裕, 福家 慧, 武原 正典, 岡田 泰行, 三好 人正, 藤野 泰輝, 中村 文香, 田中 久美子, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
切除不能進行神経内分泌癌に対するIrinotecan+Cisplatin併用療法の後方視的検討.,
第16回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2018年7月.
16. 福家 慧, 佐藤 康史, 佐川 保, 高橋 康雄, 大沼 啓之, 濱口 京子, 平川 昌宏, 藤川 幸司, 藤野 泰輝, 三井 康裕, 岡田 泰行, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
切除不能進行胃癌に対するdocetaxel/ oxaliplatin/S-1(DOS)療法の第I相試験.,
第16回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2018年7月.
17. 中村 文香, 岡本 耕一, 影本 開三, 村山 典聡, 田中 久美子, 藤野 泰輝, 北村 晋志, 三宮 勝隆, 佐藤 康史, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
Serrated polyposis syndromeにおける遺伝性及び発癌機序の検討.,
第14回日本消化管学会総会学術集会, 2018年2月.
18. 藤野 泰輝, 岡本 耕一, 六車 直樹, 三井 康裕, 北村 晋志, 藤本 大策, 曽我部 正弘, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 高山 哲治 :
microRNA arrayを用いた大腸粘膜下層浸潤癌リンパ節転移に関わるバイオマーカーの同定及び機能解析,
第14回日本消化管学会総会学術集会, 2018年2月.
19. 岡田 泰行, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 中村 文香, 藤野 泰輝, 田中 久美子, 三好 人正, 三井 康裕, 北村 晋志, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
抗EGFR抗体薬治療におけるEarly tumor shrinkage(ETS)とEGFR内在化の関連について,
第88回大腸癌研究会, 2018年1月.
20. 藤野 泰輝, 野田 和克, 村山 典聡, 田中 久美子, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治, 久保 宜明, 坂東 良美, 岡村 誠介 :
胃巨大ポリープから出血をきたしたCowden病の一例.,
第4回消化管ポリポーシス研究会(日本消化器病学会関連研究会), 2018年1月.
21. 藤野 泰輝, 池田 敬洋, 友成 哲, 三井 康裕, 香川 美和子, 佐藤 桃子, 仁木 美也子, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
Ipilimumab にて完全奏功が得られた転移性直腸悪性黒色腫の1例.,
第 55 回日本癌治療学会学術集会,, 2017年10月.
22. 高岡 慶史, 影本 開三, 三井 康裕, 田中 久美子, 中村 文香, 藤野 泰輝, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 木村 雅子, 仁木 美也子, 宮本 弘志, 六車 直樹, 石川 正志, 高山 哲治 :
免疫チェックポイント阻害薬で加療した直腸肛門部悪性黒色腫の4例.,
第55回日本癌治療学会学術集会, 2017年10月.
23. 藤野 泰輝, 西田 憲生, 高山 哲治 :
microRNA arrayを用いた大腸SM癌リンパ節転移の網羅的解析.,
第25回日本消化器関連学会週間(JDDW2017), 2017年10月.
24. 田中 久美子, 寺前 智史, 藤野 泰輝, 岡本 耕一, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治, 小倉 俊郎, 石畝 亨, 石田 秀行 :
胆管癌及び多発十二指腸癌を合併した家族性大腸腺腫症の一例.,
第5回日本家族性大腸腺腫症研究会学術集会, 2017年9月.
25. 田中 久美子, 寺前 智史, 藤野 泰輝, 岡本 耕一, 佐藤 康史, 六車 直樹, 佐々木 悠, 八島 一夫, 大瀬戸 久美子, 石川 秀樹, 高山 哲治 :
本邦におけるCowden病の実態調査.,
第23回日本家族性腫瘍学会学術集会, 2017年8月.
26. 藤野 泰輝, 田中 久美子, 中村 文香, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 :
大腸粘膜下層浸潤癌リンパ節転移に関わるmicroRNAの網羅的解析.,
第87回大腸癌研究会, 2017年7月.
27. 村山 典聡, 寺前 智史, 三井 康裕, 藤野 泰輝, 田中 久美子, 木村 哲夫, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
Serrated polyposis syndromeにおけるポリープ,大腸癌の性状と発癌機序の検討.,
第13回日本消化管学会総会学術集会, 2017年2月.
28. 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也, 平田 光里, 中川 忠彦, 村山 典聡, 武原 正典, 松本 友里, 岡崎 潤, 高岡 慶史, 藤野 泰輝, 香川 美和子, 田中 貴大, 友成 哲, 谷口 達哉, 郷司 敬洋, 木村 哲夫, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
胸腹水濾過濃縮再静注法の施行状況と今後の課題,
第37会日本アフェレシス学会学術大会, 2016年11月.
29. 藤野 泰輝, 岡本 耕一, 高山 哲治 :
大腸SMリンパ節転移に関与するmicroRNAの網羅的解析,
第24回日本消化器関連学会週間, 2016年11月.
30. 六車 直樹, 岡本 耕一, 藤本 将太, 藤野 泰輝, 中川 忠彦, 北村 晋志, 木村 哲夫, 島田 光生, 宮本 弘志, 高山 哲治 :
分子解析に基づいたAberrant crypt fociの新規イメージング技術開発,
がん予防学術大会2016, 2016年7月.
31. 寺前 智史, 岡本 耕一, 六車 直樹, 田中 久美子, 藤野 泰輝, 香川 美和子, 北村 晋志, 木村 哲夫, 宮本 弘志, 島田 光生, 高山 哲治 :
若年で原発性十二指腸癌を合併したSTK11全欠失型Peutz–Jeghers症候群の1例,
第22回日本家族性腫瘍学会学術集会, 2016年6月.
32. 松本 早代, 岡本 耕一, 六車 直樹, 野口 拓樹, 中川 忠彦, 武原 正典, 影本 開三, 宮本 佳彦, 高岡 慶史, 岡崎 潤, 岡田 泰行, 藤野 泰輝, 田中 久美子, 香川 美和子, 木村 哲夫, 北村 晋志, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
10mm以下の直腸カルチノイド(NET-G1)に対する内視鏡的治療の有用性の検討,
第12回日本消化管学会総会学術集会, 2016年2月.
33. 六車 直樹, 岡本 耕一, 藤本 将太, 藤野 泰輝, 中川 忠彦, 北村 晋志, 木村 哲夫, 宮本 弘志, 島田 光生, 高山 哲治 :
GST 活性型新規蛍光プローブによる大腸前癌病変 ACF の in vivo 分子イメージング,
第1回G-PLUS, 2015年12月.
34. 武原 正典, 宮本 弘志, 岡田 泰行, 三井 康裕, 藤野 泰輝, 田中 久美子, 木村 哲夫, 北村 晋志, 岡本 耕一, 仁木 美也子, 木村 雅子, 六車 直樹, 岡久 稔也, 坂東 良美, 高山 哲治 :
化学療法により長期生存が得られた脾臓原発血管肉腫の一例,
第53回日本癌治療学会学術集会, 2015年10月.
35. 藤野 泰輝, 木村 雅子, 高山 哲治 :
SSA/Pの発生と癌化に関与するメチル化遺伝子の解析-メチレーションアレイを用いて-,
第23回消化器関連学会週間, 2015年10月.
36. 藤本 大策, 藤野 泰輝, 高山 哲治 :
SSA/P診断におけるLinked Color Imaging(LCI)の有用性の検討,
第23回消化器関連学会週間, 2015年10月.
37. 田中 久美子, 六車 直樹, 岡崎 潤, 岡田 泰行, 高岡 慶史, 田中 宏典, 宮本 佳彦, 松本 早代, 田中 貴大, 藤野 泰輝, 香川 美和子, 友成 哲, 谷口 達哉, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 石川 秀樹, 高山 哲治 :
家族性大腸腺腫症における小腸病変の検討 -形態学的,病理組織学的解析を含めて-,
第23回消化器関連学会週間(第57回日本消化器病学会大会), 2015年10月.
38. 岡田 泰行, 藤野 泰輝, 北村 晋志, 木村 哲夫, 木村 雅子, 宮本 弘志, 岸 和弘, 六車 直樹, 辻 靖, 高山 哲治 :
大腸癌に対する抗EGFR抗体薬の効果予測因子の解析.,
第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015年7月.
39. Jun Okazaki, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Yasuhiro Mitsui, Yasuteru Fujino, Shinji Kitamura, Masako Kimura, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
S-1/oxaliplatin/irinotecan (SOXIRI) for advanced unresectable pancreatic cancer : A dose-finding study,
第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, Jul. 2015.
40. 藤野 泰輝, 岡本 耕一, 六車 直樹, 高山 哲治 :
ACF-SSA/P-cancer sequenceにおけるメチル化遺伝子の網羅的解析,
第83回大腸癌研究会, 2015年7月.
41. 岡本 耕一, 藤野 泰輝, 中川 忠彦, 井上 篤, 松本 早代, 田中 久美子, 三宮 勝隆, 北村 晋志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
SSA/P-cancer sequenceにおけるACFの前癌病変としての意義―右側大腸癌のバイオマーカーとしてのACF―,
がん予防学術大会2015さいたま, 2015年6月.
42. 三井 康裕, 六車 直樹, 田中 久美子, 高岡 慶史, 藤野 泰輝, 岡本 耕一, 北村 晋志, 木村 哲夫, 宮本 弘志, 高山 哲治 :
異なる胃病変を呈する家族性大腸腺腫症(FAP)の1家系,
第21回日本家族性腫瘍学会学術集会, 2015年6月.
43. 高岡 遠, 藤野 泰輝, 高山 哲治 :
Linked Color Imaging(LCI)を用いた大腸鋸歯状病変の観察-検出感度の向上を目指して-,
第89回日本消化器内視鏡学会総会, 2015年5月.
44. 岡崎 潤, 福家 慧, 影本 開三, 高岡 慶史, 宮本 佳彦, 岡田 泰行, 松本 早代, 三井 康裕, 末内 辰尚, 田中 久美子, 藤野 泰輝, 高岡 遠, 北村 晋志, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
EUS-FNAで確定診断し得た小型退形成性膵管癌の1例.,
第89回日本消化器内視鏡学会総会, 2015年5月.
45. 藤野 泰輝, 木村 哲夫, 高山 哲治 :
大腸SM癌におけるmiRNAアレイを用いたリンパ節転移予測因子の網羅的解析,
第89回日本消化器内視鏡学会総会, 2015年5月.
46. 木村 哲夫, 武原 正典, 岡崎 潤, 高岡 慶史, 岡田 泰行, 宮本 佳彦, 松本 早代, 三井 康裕, 末内 辰尚, 田中 久美子, 藤野 泰輝, 髙岡 遠, 北村 晋志, 木村 雅子, 宮本 弘志, 六車 直樹, 池本 哲也, 島田 光生, 高山 哲治 :
非典型的な画像所見を呈する膵神経内分泌腫瘍(膵NET)の治療方針,
第101回日本消化器病学会総会, 2015年4月.
47. 高岡 慶史, 岡久 稔也, 岡崎 潤, 岡田 泰行, 松本 早代, 末内 辰尚, 三井 康裕, 藤野 泰輝, 田中 久美子, 藤本 大策, 木村 哲夫, 北村 晋志, 宮本 弘志, 六車 直樹, 河野 正樹, 難波 和樹, 赤田 茂甫規, 榎本 崇宏, 高山 哲治 :
過敏性腸症候群の客観的診断と病態評価のための腸音図システムの開発,
第101回日本消化器病学会総会, 2015年4月.
48. 藤野 泰輝, 松本 早代, 佐藤 勝哉, 藤本 大策, 田中 久美子, 末内 辰尚, 三井 康裕, 木村 哲夫, 北村 晋志, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
Serrated polyposis syndromeの前癌病変としての意義―病理所見,発癌,遺伝子異常の解析―,
第101回日本消化器病学会総会, 2015年4月.
49. 藤本 大策, 佐藤 勝哉, 松本 早代, 藤野 泰輝, 末内 辰尚, 三井 康裕, 岡田 泰行, 岡崎 潤, 宮本 佳彦, 高岡 慶史, 田中 宏典, 北村 晋志, 木村 哲夫, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 武石 俊作, 六車 直樹, 高山 哲治 :
Serrated polyposisの前癌病変としての意義,
第11回日本消化管学会総会学術集会, 2015年2月.
50. 北村 晋志, 岡田 泰行, 福家 慧, 岡崎 潤, 高岡 慶史, 宮本 佳彦, 末内 辰尚, 松本 早代, 三井 康裕, 田中 久美子, 藤野 泰輝, 藤本 大策, 木村 哲夫, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
ヨード染色後に病変の大部分が消失した表在型食道癌の一例,
第11回日本消化管学会総会学術集会, 2015年2月.
51. 宮本 佳彦, 六車 直樹, 北村 晋志, 影本 開三, 岡田 泰行, 岡崎 潤, 松本 早代, 末内 辰尚, 三井 康裕, 田中 久美子, 藤野 泰輝, 木村 哲夫, 宮本 弘志, 高山 哲治 :
大腸癌におけるEpidermal Growth Factor Receptor(EFGR)をターゲットとした分子イメージングと薬効評価,
第88回日本消化器内視鏡学会総会, 2014年10月.
52. Tetsuo Kimura, Takahiro Goji, Jinsei Miyoshi, Yasuteru Fujino, Shinji Kitamura, Momoko Sato, Masako Kimura, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
The prospective study of S-1+gemcitabine and concurrent radiotherapy for unresectable locally advanced pancreatic cancer,
第12回日本臨床腫瘍学会学術集会, Jul. 2014.
53. 北村 晋志, 六車 直樹, 松本 友里, 松本 早代, 岡崎 潤, 髙岡 遠, 村山 典聡, 香川 美和子, 藤野 泰輝, 三好 人正, 中村 文香, 大塚 加奈子, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
内視鏡切除された直腸カルチノイド(NET-G1)の臨床経過に関する検討,
第87回日本消化器内視鏡学会総会, 2014年5月.
54. 宮本 佳彦, 六車 直樹, 北村 晋志, 松本 友里, 松本 早代, 中村 文香, 髙岡 遠, 藤野 泰輝, 三好 人正, 田中 久美子, 郷司 敬洋, 矢野 弘美, 香川 美和子, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
大腸癌に対する内視鏡分子イメージング技術の開発,
第87回日本消化器内視鏡学会総会, 2014年5月.
55. 北村 晋志, 六車 直樹, 松本 友里, 松本 早代, 岡崎 潤, 髙岡 遠, 香川 美和子, 藤野 泰輝, 三好 人正, 中村 文香, 田中 久美子, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
バレット食道癌における欧米と日本のマネジメントの相違に関する検討,
第87回日本消化器内視鏡学会総会, 2014年5月.
56. 三好 人正, 宮本 弘志, 松本 早代, 藤野 泰輝, 郷司 敬洋, 矢野 弘美, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 山口 想太郎, 中屋 豊, 高山 哲治 :
消化管癌化学療法における血清Diamine Oxidase(DAO)活性と栄養障害に関する検討,
第8回日本消化管学会総会学術集会, 2012年2月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • Connectivity Map解析に基づいた新しい膵癌予防薬の開発 (研究課題/領域番号: 19K17400 )
  • 鋸歯状病変を介した大腸発癌経路における新規脱メチル化遺伝子の同定と機能解析 (研究課題/領域番号: 15K19333 )
  • 大腸がんリンパ節転移の分子機構の解明及びリンパ節転移術前予測マーカーの開発 (研究課題/領域番号: 15K09059 )
  • 研究者番号(60747442)による検索