検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 薬学域 > 薬科学部門 > 総合薬学教育学系 > 総合薬学研究推進学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704001 新規がんワクチンの開発 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

著書:

1.Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Taro Shimizu and Tatsuhiro Ishida :
PEGylation and anti-PEG antibodies.,
Pan Stanford Publishing, Jan. 2018.

学術論文(審査論文):

1.S Ichimizu, H Watanabe, H Maeda, K Hamasaki, K Ikegami, V Chuang, Ryo Kinoshita, K Nishida, Taro Shimizu, Yu Ishima, Tatsuhiro Ishida, T Seki, H Katsuki, S Futaki, M Otagiri and T Maruyama :
Cell-penetrating mechanism of intracellular targeting albumin: Contribution of macropinocytosis induction and endosomal escape,
Journal of Controlled Release, Vol.304, 156-163, 2019.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2019.05.015,   PubMed: 31082432,   Elsevier: Scopus)
2.Hidenori Andou, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, M Fukushima, Rie Matsuoka, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima, C Huang, H Wada and Tatsuhiro Ishida :
A simplified method for manufacturing RNAi therapeutics for local administration,
International Journal of Pharmaceutics, Vol.564, 256-262, 2019.
(DOI: 10.1016/j.ijpharm.2019.04.054,   PubMed: 31015002,   Elsevier: Scopus)
3.Yusuke Doi, Taro Shimizu, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Long-term storage of PEGylated liposomal oxaliplatin with improved stability and long circulation times in vivo,
International Journal of Pharmaceutics, Vol.564, 237-243, 2019.
(DOI: 10.1016/j.ijpharm.2019.04.042,   PubMed: 31002935,   Elsevier: Scopus)
4.Mayumi Ikeda, Yu Ishima, VTG Chuang, Maki Sakai, Hiroki Osafune, Hidenori Andou, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, H Watanabe, T Maruyama, M Otagiri, T Akaike and Tatsuhiro Ishida :
Distribution of Polysulfide in Human Biological Fluids and Their. Association with Amylase and Sperm Activities,
Molecules, Vol.24, No.9, 1689, 2019.
(DOI: 10.3390/molecules24091689,   PubMed: 31052207,   Elsevier: Scopus)
5.清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
PEG修飾リポソームに対する免疫応答,
人工血液, 2019年.
6.Taro Shimizu, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Mizuki Awata, Yukiyo Kubo, Yu Mima, Yosuke Hashimoto, Hidenori Andou, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
A cell assay for detecting anti-PEG immune response against PEG-modified therapeutics,
Pharmaceutical Research, Vol.35, No.11, 223, 2018.
(DOI: 10.1007/s11095-018-2505-3,   PubMed: 30280273,   Elsevier: Scopus)
7.Taro Shimizu, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Yoshino Kawaguchi, Yuna Shimazaki, Yu Mima, Yosuke Hashimoto, Keiichiro Okuhira, G Storm, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
A novel platform for cancer vaccines: Antigen-selective delivery to splenic marginal zone B cells via repeated injections of PEGylated liposomes,
The Journal of Immunology, Vol.201, No.10, 2969-2976, 2018.
(DOI: 10.4049/jimmunol.1701351,   PubMed: 30333124)
8.T Mészáros, G Kozma, Taro Shimizu, Kohga Miyahara, K Turjeman, Tatsuhiro Ishida, Y Barenholz, R Urbanics and J Szebeni :
Involvement of complement activation in the pulmonary vasoactivity of polystyrene nanoparticles in pigs: Unique surface properties underlying alternative pathway activation and instant opsonization,
International Journal of Nanomedicine, Vol.13, 6345-6357, 2018.
(DOI: 10.2147/IJN.S161369,   PubMed: 30349254)
9.Emam Emam Abdallah Sherif, Hidenori Andou, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima, M Mahdy, F Ghazy, I Sagawa and Tatsuhiro Ishida :
Liposome co-incubation with cancer cells secreted exosomes (extracellular vesicles) with different proteins expressions and different uptake pathways,
Scientific Reports, Vol.8, No.1, 14493, 2018.
(DOI: 10.1038/s41598-018-32861-w,   PubMed: 30262875,   Elsevier: Scopus)
10.Emam Emam Abdallah Sherif, Hidenori Andou, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Shinya Kobayashi, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Doxorubicin expands in vivo secretion of circulating exosome in mice,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.41, No.7, 1078-1083, 2018.
(DOI: 10.1248/bpb.b18-00202,   PubMed: 29962402,   Elsevier: Scopus)
11.Taro Shimizu, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Risako Fujita, Mizuki Awata, Munehira Kawanishi, Yosuke Hashimoto, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
A hydroxyl PEG version of PEGylated liposomes and its impact on anti-PEG IgM induction and on the accelerated clearance of PEGylated liposomes,
European Journal of Pharmaceutics and Biopharmaceutics, Vol.127, 142-149, 2018.
(DOI: 10.1016/j.ejpb.2018.02.019,   PubMed: 29462689,   Elsevier: Scopus)
12.Emam Emam Abdallah Sherif, Hidenori Andou, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Taro Shimizu, Masami Ukawa, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima, A M Mahdy, S F Ghazy and Tatsuhiro Ishida :
A novel strategy to increase the yield of exosomes (extracellular vesicles) for an expansion of basic research,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.41, No.5, 733-742, 2018.
(DOI: 10.1248/bpb.b17-00919,   PubMed: 29709910,   Elsevier: Scopus)
13.M Ikeda, Yu Ishima, R Kinoshita, V Chuang, N Tasaka, N Matsuo, H Watanabe, Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida, M Otagiri and T Maruyama :
A Novel S-Sulfhydrated Human Serum Albumin Preparation Suppresses Melanin Synthesis,
Redox Biology, Vol.14, 354-360, 2018.
(DOI: 10.1016/j.redox.2017.10.007,   PubMed: 29040960,   Elsevier: Scopus)
14.Hidenori Andou, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Masao Tanaka, Yusuke Doi, Yasuko Terada, Naoto Yagi, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Intratumoral visualization of oxaliplatin within a liposomal formulation using X-ray fluorescence spectrometry,
Molecular Pharmaceutics, Vol.15, No.2, 403-409, 2018.
(DOI: 10.1021/acs.molpharmaceut.7b00762,   PubMed: 29287147,   Elsevier: Scopus)
15.Hidenori Andou, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Munehira Kawanishi, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Reactivity of IgM antibodies elicited by PEGylated liposomes or PEGylated lipoplexes against auto and foreign antigens,
Journal of Controlled Release, Vol.270, 114-119, 2018.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2017.12.002,   PubMed: 29217175,   Elsevier: Scopus)
16.Sheuli Afroz, Ayano Yagi, Kouki Fujikawa, M. Motiur Rahman, Katsuya Morito, Tatsuya Fukuta, Shiro Watanabe, Kazunori Toida, Emi Kiyokage, Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida, Kentaro Kogure, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka :
Lysophosphatidic acid in medicinal herbs enhances prostaglandin E2 and protects against indomethacin-induced gastric cell damage in vivo and in vitro,
Prostaglandins & Other Lipid Mediators, Vol.135, 36-44, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112025,   DOI: 10.1016/j.prostaglandins.2018.01.003,   PubMed: 29462674,   Elsevier: Scopus)
17.Ryo Kinoshita, Yu Ishima, Victor T.G. Chuang, Hideaki Nakamura, Jun Fang, Hiroshi Watanabe, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Maeda, Masaki Otagiri and Toru Maruyama :
Improved anticancer effects of albumin-bound paclitaxel nanoparticle via augmentation of EPR effect and albumin-protein interactions using S-Nitrosated Human Serum Albumin Dimer,
Biomaterials, Vol.140, 162-169, 2017.
(DOI: 10.1016/j.biomaterials.2017.06.021,   PubMed: 28651144,   Elsevier: Scopus)
18.Taro Shimizu, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Miho Nishio, Yusuke Doi, Hidenori Andou, Masami Ukawa, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Modulation of antitumor immunity contributes to the enhanced therapeutic efficacy of liposomal oxaliplatin in mouse model,
Cancer Science, Vol.108, No.9, 1864-1869, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112372,   DOI: 10.1111/cas.13305,   PubMed: 28643902)
19.Mayumi Ikeda, Yu Ishima, Akitomo Shibata, Victor T.G. Chuang, Tomohiro Sawa, Hideshi Ihara, Hiroshi Watanabe, Ming Xian, Yuya Ouchi, Taro Shimizu, Hidenori Andou, Masami Ukawa, Tatsuhiro Ishida, T Akaike, M Otagiri and T Maruyama :
Quantitative determination of polysulfide in albumins, plasma proteins and biological fluid samples using a novel combined assays approach,
Analytica Chimica Acta, Vol.969, 18-25, 2017.
(DOI: 10.1016/j.aca.2017.03.027,   PubMed: 28411626,   Elsevier: Scopus)
20.Yu Mima, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Taro Shimizu, Masami Ukawa, Hidenori Andou, Yasuko Kurata and Tatsuhiro Ishida :
Ganglioside inserted into PEGylated liposome attenuates anti-PEG immunity,
Journal of Controlled Release, Vol.250, 20-26, 2017.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2017.01.040,   PubMed: 28179196,   Elsevier: Scopus)
21.Yusuke Doi, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Haruna Matsumoto, Tomoko Okada, Taro Shimizu and Tatsuhiro Ishida :
Improvement of intratumor microdistribution of PEGylated liposome via tumor priming by metronomic S-1 dosing,
International Journal of Nanomedicine, Vol.11, 5573-5582, 2016.
(DOI: 10.2147/IJN.S119069,   PubMed: 27822036)
22.Takuma Takayama, Masami Ukawa, Yuki Kanazawa, Hidenori Andou, Taro Shimizu and Tatsuhiro Ishida :
Hydrodynamic tail vein injection as a simple tool for yielding extended transgene expression in solid tumors.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.39, No.9, 1555-1558, 2016.
(DOI: 10.1248/bpb.b16-00283,   PubMed: 27582335,   Elsevier: Scopus)
23.Masami Ukawa, Yukako Fujiwara, Hidenori Andou, Taro Shimizu and Tatsuhiro Ishida :
Hepatic tumor metastases cause enhanced PEGylated liposome uptake by Kupffer cells,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.39, No.2, 215-220, 2016.
(DOI: 10.1248/bpb.b15-00611,   PubMed: 26830481,   Elsevier: Scopus)
24.Hidenori Andou, Sakiko Kobayashi, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, N Eldin Essam, Chihiro Katoh, Taro Shimizu, Masami Ukawa, Kazuyoshi Kawazoe and Tatsuhiro Ishida :
Advanced therapeutic approach for the treatment of malignant pleural mesothelioma via the intrapleural administration of liposomal pemetrexed,
Journal of Controlled Release, Vol.220, 29-36, 2015.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2015.10.019,   PubMed: 26476173,   Elsevier: Scopus)
25.Taro Shimizu, Yu Mima, Yosuke Hashimoto, Masami Ukawa, Hidenori Andou, Hiroshi Kiwada and Tatsuhiro Ishida :
Anti-PEG IgM and complement system are required for the association of second doses of PEGylated liposomes with splenic marginal zone B cells,
Immunobiology, Vol.220, No.10, 1151-1160, 2015.
(DOI: 10.1016/j.imbio.2015.06.005,   PubMed: 26095176,   Elsevier: Scopus)
26.Munehira Kawanishi, Yosuke Hashimoto, Taro Shimizu, Ikuko Sagawa, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Comprehensive analysis of PEGylated liposome-asscociated proteins relating to the accelerated blood clearance phenomenon by combination with shotgun analysis and conventional methods,
Biotechnology and Applied Biochemistry, Vol.62, No.4, 547-555, 2015.
(DOI: 10.1002/bab.1291,   PubMed: 25196743,   Elsevier: Scopus)
27.Yu Mima, Yosuke Hashimoto, Taro Shimizu, Hiroshi Kiwada and Tatsuhiro Ishida :
Anti-PEG IgM is a major contributor to the accelerated blood clearance of polyethylene glycol-conjugated protein,
Molecular Pharmaceutics, Vol.12, No.7, 2429-2435, 2015.
(DOI: 10.1021/acs.molpharmaceut.5b00144,   PubMed: 26070445,   Elsevier: Scopus)
28.Yosuke Hashimoto, Taro Shimizu, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Relationship between the concentration of anti-polyethylene glycol (PEG) in immunoglobulin M (IgM) and the intensity of the accelerated blood clearance (ABC) phenomenon against PEGylated liposomes in mice,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.38, No.3, 417-424, 2015.
(DOI: 10.1248/bpb.b14-00653,   PubMed: 25757923,   CiNii: 130004872284,   Elsevier: Scopus)
29.Yosuke Hashimoto, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
B cell-intrinsic toll-like receptor 7 is responsible for the enhanced anti-PEG IgM production following injection of siRNA-containing PEGylated lipoplex in mice,
Journal of Controlled Release, Vol.184, 1-8, 2014.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2014.04.003,   PubMed: 24727075,   Elsevier: Scopus)
30.Yosuke Hashimoto, Taro Shimizu, Yu Mima, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Generation, characterization and in vivo biological activity of two distinct monoclonal anti-PEG IgMs,
Toxicology and Applied Pharmacology, Vol.277, No.1, 30-38, 2014.
(DOI: 10.1016/j.taap.2014.03.002,   PubMed: 24632081,   Elsevier: Scopus)
31.Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Masako Ichihara, Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Ex-Vivo/In-Vitro Anti-Polyethylene Glycol (PEG) IgM Production From Murine Splenic B Cells Stimulated by PEGylated Liposome,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.36, No.11, 1842-1848, 2013.
(DOI: 10.1248/bpb.b13-00562,   PubMed: 24189428)
32.Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, K Nawata, Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Use of polyglycerol (PG), instead of polyethylene glycol (PEG), prevents induction of the accelerated blood clearance phenomenon against long-circulating liposomes upon repeated administration,
International Journal of Pharmaceutics, Vol.456, No.1, 235-242, 2013.
(DOI: 10.1016/j.ijpharm.2013.07.059,   PubMed: 23928149)
33.Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Transport of PEGylated liposomes from the splenic marginal zone to the follicle in the induction phase of the accelerated blood clearance phenomenon.,
Immunobiology, Vol.218, No.5, 725-732, 2013.
(DOI: 10.1016/j.imbio.2012.08.274,   PubMed: 22995937)
34.Taro Shimizu, Masako Ichihara, Yasuo Yoshioka, Tatsuhiro Ishida, Shinsaku Nakagawa and Hiroshi Kiwada :
Intravenous administration of polyethylene glycol-coated (PEGylated) proteins and PEGylated adenovirus elicits an anti-PEG immunoglobulin M response.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.35, No.8, 1336-1342, 2012.
(DOI: 10.1248/bpb.b12-00276,   PubMed: 22863934,   CiNii: 130001872150)
35.Masako Ichihara, Taro Shimizu, Ami Imoto, Yuki Hashiguchi, Yumi Uehara, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Anti-PEG IgM response against PEGylated liposomes in mice and rats.,
Pharmaceutics, Vol.3, No.1, 1-11, 2011.
(DOI: 10.3390/pharmaceutics3010001)
36.Tatsuaki Tagami, Kazuya Nakamura, Taro Shimizu, Naoshi Yamazaki, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
CpG motifs in pDNA-sequences increase anti-PEG IgM production induced by PEG-coated pDNA-lipoplexes.,
Journal of Controlled Release, Vol.142, No.2, 160-166, 2010.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2009.10.017,   PubMed: 19850094)
37.Tatsuaki Tagami, Kazuya Nakamura, Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Effect of siRNA in PEG-coated siRNA-lipoplex on the anti-PEG IgM production.,
Journal of Controlled Release, Vol.137, No.3, 234-240, 2009.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2009.04.006,   PubMed: 19361546)

総説・解説:

1.M Mohamed, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Taro Shimizu, E Alaaeldin, A Hussein, H Sarhan, J Szebeni and Tatsuhiro Ishida :
PEGylated liposomes: immunological responses,
Science and Technology of Advanced Materials, Vol.20, No.1, 710-724, Jun. 2019.
2.清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
Accelerated blood clearance (ABC) 現象における動物種差,
Drug Delivery System, Vol.32, No.5, 396-401, 2017年11月.
(DOI: 10.2745/dds.32.396,   CiNii: 40021388030)
3.清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
ナノ粒子に対する補体活性化の功罪,
Drug Delivery System, Vol.32, No.3, 199-207, 2017年8月.
(DOI: 10.2745/dds.32.199,   CiNii: 130006179779)
4.清水 太郎, 石田 竜弘 :
Poly(ethylene glycol)に対する抗体の特性,評価,抑制,
Drug Delivery System, Vol.31, No.4, 300-307, 2016年6月.
(DOI: 10.2745/dds.31.300,   CiNii: 40020967242)
5.Masami Ukawa, Hidenori Andou, Taro Shimizu and Tatsuhiro Ishida :
Pharmaceutics of Nanoparticles,
Nanomaterials in Pharmacology, 219-238, Nov. 2015.
(DOI: 10.1007/978-1-4939-3121-7_11)

国際会議:

1.M Mohamed, Taro Shimizu and Tatsuhiro Ishida :
Macrophages contribute to anti-PEG IgM production and the subsequent accelerated blood clearance of PEGylated liposomes,
Liposome Research Days 2019, Sapporo, Sep. 2019.
2.Taro Shimizu, Shunsuke Takese, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Combination of cancer vaccines with liposomal oxaliplatin increased anti-cancer therapeutic efficacy by stimulating antitumor immunity,
Liposome Research Days 2019, Sapporo, Sep. 2019.
3.Haruka Takata, Taro Shimizu and Tatsuhiro Ishida :
Gene therapy with lipoplexes may worsen inflammation via formation of immune complexes with pre-existing anti-DNA antibodies in SLE-prone mice,
Liposome Research Days 2019, Sapporo, Sep. 2019.
4.Yuna Shimazaki, Hidenori Andou, Taro Shimizu, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Immunization method to obtain antigen-specific antibodies by antigen delivery to splenic marginal zone B cells using PEGylated liposomes,
Liposome Research Days 2019, Sapporo, Sep. 2019.
5.Taro Shimizu :
Immunomodulation of cancer microenvironment using liposomal oxaliplatin,
7TH CHINA-JAPAN SYMPOSIUM ON NANOMEDICINE, Xi'an, May 2019.
6.Tatsuhiro Ishida and Taro Shimizu :
Immunological responses against PEGylated liposomes: the application of ABC phenomenon into cancer vaccine,
12th International Symposium on Nanomedicine, Ube, Dec. 2018.
7.Mayumi Ikeda, Taro Shimizu, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
A Novel S-Sulfhydrated Serum Albumin Preparation Suppresses Melanin Synthesis,
AAPS PharmSci 360, Washington, D.C., Nov. 2018.
8.Nanami Tasaka, Mayumi Ikeda, Taro Shimizu, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Reactive Sulfur Species in Human Hair Keratin Respond To Oxidative Stress,
5th World Congress on Hydrogen Sulfide in Biology&Medicine, Toronto, Jun. 2018.
9.Mayumi Ikeda, Nanami Tasaka, Taro Shimizu, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
A Novel S-Sulfhydrated Human Serum Albumin Preparation Suppresses Melanin Synhtesis,
5th World Congress on Hydrogen Sulfide in Biology&Medicine, Toronto, Jun. 2018.
10.Taro Shimizu :
Development of marginal zone B cell-targeted cancer vaccine,
6TH JAPAN-CHINA SYMPOSIUM ON NANOMEDICINE, Matsue, May 2018.
11.Taro Shimizu :
Cancer immunotherapy using PEGylated liposomes,
Joint meeting on Cancer and Nanotechnology, Los Angeles, Nov. 2016.
12.Taro Shimizu :
Development of a unique vaccine by using immune response against intravenously injected PEGylated liposomes,
Seminars in Nanomedicine, Budapest, Jun. 2016.
13.Takuma Takayama, Taro Shimizu, Masami Ukawa and Tatsuhiro Ishida :
Liposomal doxorubicin (DXR) exerts antitumor effect via securing antitumor immunity against DXR in tumor microenvironment,
Liposome Advances 2015, London, Dec. 2015.
14.Yuka Kitayama, Ryo Abe, Taro Shimizu and Tatsuhiro Ishida :
Anti-PEG IgM production induced by siRNA-containing PEGylated liposome,
Liposome Advances 2015, London, Dec. 2015.
15.Mizuki Awata, Risako Fujita, Yu Mima, Munehira Kawanishi, Taro Shimizu and Tatsuhiro Ishida :
Altering PEGylated liposomes modification from DSPE-PEG-OCH3 to DSPE-PEG-OH suppresses secretion of anti-PEG IgM and proliferation of PEG-specific B cell,
Liposome Advances 2015, London, Dec. 2015.
16.Taro Shimizu, Yuki Watanabe, Yu Mima, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Antigen delivery with PEGylated liposome and presentation via MZ-B cells enhanced induction of antigen-specific cytotoxic T lymphocyte,
Liposome Research Days 2014, Copenhagen, Aug. 2014.
17.Munehira Kawanishi, Yosuke Hashimoto, Taro Shimizu, I Sagawa, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Comprehensive analysis of proteins bound on PEGylated liposome relating to the accelerated blood clearance (ABC) phenomenon by shotgun analysis,
Liposome Research Days 2014, Copenhagen, Aug. 2014.
18.Yu Mima, Taro Shimizu, Hiroshi Kiwada and Tatsuhiro Ishida :
Inclusion of ganglioside into PEGylated liposome suppresses the anti-PEG immunity against PEGylated liposome,
Liposome Research Days 2014, Copenhagen, Aug. 2014.
19.Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Potentiation of specific antibody response against antigen encapsulated in PEGylated liposomes via active transport of the liposomes from marginal zone into follicle,
5th Asian Arden Conference, Nagoya, Aug. 2013.
20.Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Transport of PEGylated liposomes to follicle induced by pre-stimulation of empty liposomes: Potentiating specific antibody responses against antigen encapsulated in the liposomes,
40th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society, Hawaii, Jul. 2013.
21.Yosuke Hashimoto, Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Serum anti-PEG IgM concentration is a determinant factor on hepatic accumulation of PEGylated liposome in the accelerated blood clearance phenomenon,
40th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society, Hawaii, Jul. 2013.
22.Yu Mima, Yosuke Hashimoto, Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Accelerated blood clearance phenomenon upon PEGylated protein,
40th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society, Hawaii, Jul. 2013.
23.Risako Fujita, Yosuke Hashimoto, Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Effect of terminal group of PEG on induction of ABC phenomenon to PEGylated liposome,
40th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society, Hawaii, Jul. 2013.
24.Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Activation of splenic marginal zone B cell by PEGylated liposome with lower dose: triggering transport of antigen-containing second dose PEGylated liposome from marginal zone to follicle,
39th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society, Québec City, Jul. 2012.
25.Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Contribution of spleen marginal zone B cells on anti-PEG IgM responses against PEGylated liposomes and transport of PEGylated liposomes.,
International Liposome Society 2011 meeting, University of London,, London, Dec. 2011.
26.Yuki Hashiguchi, Taro Shimizu, Masako Ichihara, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
PEG on nanocarriers induces anti PEG IgM production as a result of activation of immune system.,
Nano in Cancer: Linking Chemistry, Biology and Clinical Applications in vivo, Miami, Jan. 2011.
27.Yuki Hashiguchi, Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Sequential treatment, pre-dose with empty PEGylated liposome (SL) and second dose antigen-encapsulating SL, promotes activation in a primary immune response.,
International Liposome Research Days & Lipids, Liposomes & Membrane Biophysics, Vancouver, Aug. 2010.
28.Tatsuaki Tagami, Kazuya Nakamura, Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Effect of siRNA on anti-PEG IgM production in the accelerated blood clearance (ABC) phenomenon when formulated with PEGylated cationic liposome.,
11th Liposome Research Days conference, Yokohama, Jul. 2008.
29.Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Interaction of PEGylated liposomes with splenic marginal zone B cells may trigger production of anti-PEG IgM in the ABC phenomenon.,
11th Liposome Research Days conference, Yokohama, Jul. 2008.
30.Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada :
Accelerated blood clearance (ABC) phenomenon on PEGylated nanocarrier: Unexpected immune-reaction against PEGylated liposome.,
International Symposium on ``Nanotoxicology Assessment and Biomedical, Environmental Application of Fine Particles and Nanotubes'' (ISNT2008), Sapporo, Jun. 2008.

国内講演発表:

1.佐々井 雅樹, 清水 太郎, 奥平 桂一郎, 異島 優, 石橋 賢樹, 三輪 泰司, 濱本 英利, 石田 竜弘 :
イオン液体を用いた新規インスリン含有経皮吸収製剤は糖尿病治療薬になりうる,
第28回DDSカンファランス, 2019年9月.
2.一水 翔太, 渡邊 博志, 前田 仁志, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘, 二木 史朗, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
細胞膜透過型アルブミンの細胞内移行機序の解明∼マクロピノサイトーシス誘導とエンドソーム脱出経路∼,
第35回日本DDS学会学術集会, 2019年7月.
3.上田 大, 高田 春風, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
マイクロパーティクルによる抗体産生誘導は全身性エリテマトーデスの症状進行に関与する,
第35回日本DDS学会学術集会, 2019年7月.
4.島崎 優奈, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
脾臓への抗原デリバリー技術を利用した新規抗体産生技術の開発,
第35回日本DDS学会学術集会, 2019年7月.
5.田坂 菜々美, 池田 真由美, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
毛髪ケラチン中に存在するポリスルフィドの酸化ストレス応答,
第72回日本酸化ストレス学会学術集会, 2019年6月.
6.井上 改, 異島 優, 池田 真由美, 清水 太郎, 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
細胞培養系における血清アルブミン結合sulfane sulfurの役割,
第19回日本NO学会学術集会, 2019年6月.
7.池田 真由美, 異島 優, 酒井 真紀, 清水 太郎, 安藤 英紀, 渡邊 博志, 丸山 徹, 小田切 優樹, 石田 竜弘 :
ヒト血清アルブミンに存在するポリスルフィドによるユニークな酸化ストレス応答,
第19回日本NO学会学術集会, 2019年6月.
8.金山 忠史, 大川内 健人, 清水 太郎, 重永 章, 大髙 章, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 :
腫瘍DDSキャリアとしての人工HDLの調製および動態の評価,
日本薬剤学会第34年会, 2019年5月.
9.池田 真由美, 異島 優, 清水 太郎, 安藤 英紀, 奥平 桂一郎, 渡邊 博志, 丸山 徹, 小田切 優樹, 石田 竜弘 :
血清アルブミンの酸化ストレス応答を模倣した新規抗酸化剤の設計,
日本薬剤学会第34年会, 2019年5月.
10.平川 尚樹, 異島 優, 木下 遼, 清水 太郎, 丸山 徹, 奥平 桂一郎, 石田 竜弘 :
難治性膵臓がんへの高い移行性を有するアルブミンナノ粒子の開発,
日本薬剤学会第34年会, 2019年5月.
11.清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
タンパクのPEG修飾による抗PEG免疫応答の誘導,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
12.清水 太郎 :
脾臓辺縁帯B細胞への抗原送達を利用したがんワクチン研究,
第2回徳島大学統合的がん創薬研究クラスター合同ミーティング, 2019年2月.
13.島崎 優奈, 清水 太郎, 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
Expansion of the delivering technique of PEGylated liposomes to marginal zone B cells for immunization with peptide antigen,
第47回日本免疫学会学術集会, 2018年12月.
14.高田 春風, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
Oligonucleotide therapeutics with pDNA/lipoplex would not cause systemic lupus erythematosus but exacerbate systemic lupus erythematosus via formation immune complexes (pDNA/lipoplex-anti DNA antibodies),
第47回日本免疫学会学術集会, 2018年12月.
15.平川 尚樹, 異島 優, 木下 遼, 清水 太郎, 丸山 徹, 奥平 桂一郎, 石田 竜弘 :
共有結合型アルブミンナノ粒子を用いたセラノスティックナノDDS抗がん剤の開発,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
16.佐々井 雅樹, 清水 太郎, 異島 優, 石橋 賢樹, 三輪 泰司, 濱本 英利, 石田 竜弘 :
イオン液体を用いた新規インスリン含有経皮吸収製剤の開発,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
17.宮原 康嘉, 清水 太郎, 異島 優, Janos Szebeni, 石田 竜弘 :
高投与量Doxebo前処置によるABC現象の抑制に関する検討,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
18.酒井 真紀, 池田 真由美, 今福 匡司, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 丸山 徹, 石田 竜弘 :
糖尿病患者における血清中サルフェン硫黄と抗酸化能の評価,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
19.川口 桂乃, 渡辺 優希, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
辺縁帯B細胞標的化抗原デリバリーシステムによる抗腫瘍免疫応答増強効果,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
20.金山 忠史, 奥平 桂一郎, 大川内 健人, 清水 太郎, 重永 章, 大髙 章, 石田 竜弘 :
人工HDLの化学的性状と体内動態への影響に関する検討,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
21.長船 裕輝, 池田 真由美, 酒井 真紀, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
生体液に含まれる活性イオウ分子種の検出,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
22.中見 祥一, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
Doxil前処置による養子免疫細胞のがん移行性向上に関する検討,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
23.木下 遼, 異島 優, 渡邊 博志, 清水 太郎, 石田 竜弘, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
新規ナノEPR増強剤であるNO搭載型アルブミンダイマーと高分子抗がん剤の併用による次世代型難治性がん治療法の構築,
第1回超分子薬剤学FGシンポジウム, 2018年9月.
24.異島 優, 木下 遼, 池田 真由美, 安藤 英紀, 清水 太郎, 小田切 優樹, 丸山 徹, 石田 竜弘 :
ガス状リガンドと相互作用するヒト血清アルブミンの臨床応用,
第1回超分子薬剤学FGシンポジウム, 2018年9月.
25.山﨑 仁王, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
ABC現象回避における末端マレイミドPEG-リン脂質の有用性に関する検討,
第27回DDSカンファランス, 2018年9月.
26.竹瀬 俊輔, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
がん化学・免疫併用療法におけるオキサリプラチン封入リポソームの有用性に関する検討,
第27回DDSカンファランス, 2018年9月.
27.平川 尚樹, 木下 遼, 異島 優, 清水 太郎, 丸山 徹, 奥平 桂一郎, 石田 竜弘 :
共有結合型アルブミンナノ粒子をキャリアとしたナノDDS抗がん剤の開発及び有用性評価,
第34回日本DDS学会学術集会, 2018年6月.
28.川口 桂乃, 島崎 優奈, 渡辺 優希, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
脾臓標的化ワクチンによる免疫誘導における辺縁帯B細胞の役割,
第34回日本DDS学会学術集会, 2018年6月.
29.清水 太郎, 吉岡 千尋, 粟田 瑞月, 川口 桂乃, 異島 優, 石田 竜弘 :
ヒドロキシ末端PEG修飾リポソームを用いた新規脾臓標的化ワクチンの開発に関する検討,
第34回日本DDS学会学術集会, 2018年6月.
30.木下 遼, 異島 優, 渡邊 博志, 清水 太郎, 石田 竜弘, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
新規腫瘍DDSキャリアである共有結合型アルブミンナノ粒子の有用性評価,
日本薬剤学会第33年会, 2018年6月.
31.Taro Shimizu :
Development of marginal zone B cell-targeted cancer vaccine,
第6回日中ナノメディシンシンポジウム, May 2018.
32.長船 裕輝, 池田 真由美, 酒井 真紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
生物由来健康食品に含まれる活性イオウ分子種の検出,
第71回日本酸化ストレス学会・第18回日本NO学会合同学術集会, 2018年5月.
33.池田 真由美, 清水 太郎, 丸山 徹, 小田切 優樹, 異島 優, 石田 竜弘 :
ポリスルフィド付加血清アルブミンによるメラニン産生の抑制,
第71回日本酸化ストレス学会・第18回日本NO学会合同学術集会, 2018年5月.
34.酒井 真紀, 池田 真由美, 今福 匡司, 清水 太郎, 丸山 徹, 小田切 優樹, 異島 優, 石田 竜弘 :
アルブミン製剤中のサルフェン硫黄含有量の差異と抗酸化能の評価,
第71回日本酸化ストレス学会・第18回日本NO学会合同学術集会, 2018年5月.
35.田坂 菜々美, 池田 真由美, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
毛髪ケラチンに存在する活性イオウの発見と酸化ストレス応答,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
36.久保 幸代, 清水 太郎, 鵜川 真実, 藤本 麻葉, 松本 陽子, 異島 優, 石田 竜弘 :
自然抗体としてのanti-PEG IgMがDoxilの血中濃度に与える影響,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
37.清水 太郎, 久保 幸代, 異島 優, 石田 竜弘 :
マクロファージによるPEG修飾体のin vitro取り込み量評価によるABC現象の発現予測に関する検討,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
38.池田 真由美, 異島 優, 清水 太郎, 居原 秀, 赤池 孝章, 丸山 徹, 石田 竜弘 :
ポリスルフィド運搬体としてのヒト血清アルブミン,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
39.竹瀬 俊輔, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
The combined effect of liposomal oxaliplatin with cancer vaccine on anticancer therapy,
第46回日本免疫学会学術集会, 2017年12月.
40.松尾 菜々, 池田 真由美, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
新規抗がん剤としての活性イオウ付加アルブミンの設計,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
41.田坂 菜々美, 池田 真由美, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
毛髪中に存在する活性イオウの発見とその生理的意義,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
42.田神 舞帆, 池田 愛, 高山 拓磨, 異島 優, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
抗PD-1抗体の併用はl-OHP liposomeによる抗腫瘍効果の個体差を減少させる,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
43.島崎 優奈, 吉岡 千尋, 粟田 瑞月, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
ペプチド抗原封入リポソーム投与による抗腫瘍免疫の誘導に関する検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
44.高田 春風, 久保 幸代, 松岡 里英, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
pDNA搭載PEG修飾カチオニックリポソーム静脈内投与時の抗二本鎖DNA抗体分泌に関する検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
45.清水 太郎, 久保 幸代, 粟田 瑞月, 北山 由佳, 美馬 優, 異島 優, 石田 竜弘 :
PEG特異的細胞測定法を用いた抗PEG免疫反応の評価,
第26回DDSカンファランス, 2017年9月.
46.清水 太郎, 北山 由佳, 異島 優, 石田 竜弘 :
siRNA搭載PEG修飾リポソームの静脈内投与後に腹腔から分泌されるanti-PEG IgM誘導機構の解明に関する検討,
第33回日本DDS学会学術集会, 2017年7月.
47.吉岡 千尋, 粟田 瑞月, 渡辺 優希, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
脾臓辺縁帯B細胞標的化能をもつポリマー修飾リポソームを用いた静注型ワクチン開発に関する検討,
第33回日本DDS学会学術集会, 2017年7月.
48.池田 真由美, 異島 優, 田坂 菜々美, 清水 太郎, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹, 石田 竜弘 :
ヒト血清アルブミンに存在する活性イオウの検出とその機能解明,
第17回日本NO学会学術集会, 2017年5月.
49.清水 太郎, 粟田 瑞月, 吉岡 千尋, 異島 優, 石田 竜弘 :
補体活性化能を持つポリマー修飾リポソームによる脾臓辺縁帯B細胞標的化に関する検討,
日本薬剤学会第32年会, 2017年5月.
50.田坂 菜々美, 池田 真由美, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
毛髪中における活性イオウの検出とその生物活性評価,
日本薬剤学会第32年会, 2017年5月.
51.異島 優, 池田 真由美, 清水 太郎, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹, 石田 竜弘 :
活性酸素スカベンジャーとしての血清アルブミンパースルフィド,
日本薬剤学会第32年会, 2017年5月.
52.池田 真由美, 異島 優, 田坂 菜々美, 清水 太郎, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹, 石田 竜弘 :
活性イオウトラフィックタンパク質としてのヒト血清アルブミンの役割,
日本薬剤学会第32年会, 2017年5月.
53.Elhewan Emam Elsadek Emam Ali Nehal, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
Anti-PEG IgM-mediated accelerated blood clearance against PEG-G-CSF,
日本薬剤学会第32年会, 2017年5月.
54.山﨑 仁王, 異島 優, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
PEGリポソームへのアルブミン修飾は,抗PEG抗体の産生を抑制する,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
55.中見 祥一, 清水 太郎, 中村 教泰, 石田 竜弘 :
PEG修飾有機シリカ粒子に対する免疫応答に関する検討,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
56.竹瀬 俊輔, 高山 拓磨, 西尾 美穂, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
抗がん剤封入リポソームとの併用によるがんワクチン効果の増強に関する検討,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
57.松本 陽子, 藤本 麻葉, 清水 太郎, 久保 幸代, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 石田 竜弘, 藤井 知行 :
ヒトにおける抗 PEG IgM 抗体の産生と PLD 投与への影響,
第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月.
58.蔵田 靖子, 清水 太郎, 久保 幸代, 石田 竜弘, 田端 雅弘, 二宮 崇, 渡邊 洋美, 中西 将元, 槇本 剛, 秦 雄介, 狩野 裕久, 西井 和也, 木浦 勝行, 北村 佳久, 千堂 年昭 :
血中抗PEG抗体がペグフィルグラスチムの有効性に与える影響に関する探索的検討,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
59.山﨑 仁王, 異島 優, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
PEGリポソーム頻回投与時の課題であるABC現象は,アルブミン修飾によって克服可能であるか?,
ナノライフサイエンス・オープンセミナー2016, 2016年9月.
60.中見 祥一, 清水 太郎, 中村 教泰, 石田 竜弘 :
PEG修飾有機シリカ粒子に対するanti-PEG IgM応答に関する検討,
ナノライフサイエンス・オープンセミナー2016, 2016年9月.
61.竹瀬 俊輔, 高山 拓磨, 西尾 美穂, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
がんワクチンと抗がん剤封入リポソームの併用における投与計画の至適化に関する検討,
ナノライフサイエンス・オープンセミナー2016, 2016年9月.
62.清水 太郎, 渡辺 優希, 美馬 優, 際田 弘志, 石田 竜弘 :
脾臓辺縁帯B細胞を標的としたリポソームワクチンの開発,
第25回DDSカンファランス, 2016年9月.
63.粟田 瑞月, 吉岡 千尋, 渡辺 優希, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
リポソーム修飾剤が脾臓辺縁帯B細胞結合能に与える影響,
第25回DDSカンファランス, 2016年9月.
64.川添 和義, 阿部 真治, 清水 太郎, 石田 竜弘, 大髙 章 :
徳島大学発「インタラクティブYAKUGAKUJIN」の育成―新しい視点に立脚した教育の開発と実践―,
第1回日本薬学教育学大会, 2016年8月.
65.清水 太郎, 久保 幸代, 藤本 麻葉, 松本 洋子, 川名 敬, 石田 竜弘 :
ヒトanti-PEG IgMがDoxilの体内動態に与える影響,
第32回日本DDS学会学術集会, 2016年7月.
66.粟田 瑞月, 吉岡 千尋, 渡辺 優希, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
脾臓辺縁帯B細胞標的化能をもつポリマー修飾リポソームの探索,
第32回日本DDS学会学術集会, 2016年6月.
67.北山 由佳, 阿部 遼, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
siRNA搭載PEG修飾カチオニックリポソーム刺激によるPEG抗体産生に寄与する細胞群の検討,
第32回日本DDS学会学術集会, 2016年6月.
68.清水 太郎, 久保 幸代, 石田 竜弘 :
ヒトにおける抗PEG抗体保有率の調査,
日本薬剤学会第31年会, 2016年5月.
69.高山 拓磨, 清水 太郎, 鵜川 真実, 石田 竜弘 :
リポソーム化抗がん剤投与が引き起こす腫瘍免疫細胞の影響,
日本薬剤学会第31年会, 2016年5月.
70.高山 拓磨, 清水 太郎, 鵜川 真美, 石田 竜弘 :
Doxil投与による腫瘍内免疫細胞の変動とこの変動による抗腫瘍効果への影響,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
71.本藤 栄里, 美馬 優, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
ポリエチレングリコール修飾タンパク製剤Pegasysに対する抗PEG IgM応答,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
72.吉岡 千尋, 粟田 瑞月, 渡辺 優希, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
PEG修飾リポソームのPEG末端構造ががんワクチン効果に与える影響,
ナノライフサイエンス・オープンセミナー2015, 2016年2月.
73.久保 幸代, 本藤 栄里, 阿部 遼, 美馬 優, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
PEG化製剤に対するanti-PEG IgMの結合性と補体活性化能に関する検討,
ナノライフサイエンス・オープンセミナー2015, 2016年2月.
74.藤川 昂樹, 生駒 照, 森戸 克弥, 清蔭 恵美, 徳田 一徳, 清水 太郎, 石田 竜弘, 德村 彰, 田中 保 :
ヒト胃由来培養細胞におけるリゾホスファチジン酸誘導性小胞分泌現象の解析,
第88回日本生化学会大会, 2015年12月.
75.清水 太郎, 渡辺 優希, 美馬 優, 際田 弘志, 石田 竜弘 :
脾臓辺縁帯B細胞を標的とした新規がんワクチンの開発,
第4回若手研究者シーズ発表会, 2015年11月.
76.本藤 栄里, 美馬 優, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
PEG修飾タンパク製剤Pegasysに対する抗PEG免疫反応,
第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2015年11月.
77.清水 太郎, 高橋 孝典, 石田 竜弘 :
FTY720併用によるドキシルの細胞内取り込み向上に関する検討,
第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2015年11月.
78.吉岡 千尋, 粟田 瑞月, 渡辺 優希, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
ヒドロキシ末端PEG修飾リポソームを用いた静注型ワクチン開発に関する基礎的検討,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
79.久保 幸代, 本藤 栄里, 阿部 遼, 美馬 優, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
PEG化製剤に対するanti-PEG IgM結合特性に関する検討,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
80.渡辺 優希, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
PEG修飾リポソーム(PL)繰り返し投与時における脾臓内各種細胞による取り込みに関する検討,
第24回DDSカンファランス, 2015年9月.
81.本藤 栄里, 美馬 優, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
ポリエチレングリコール修飾タンパク製剤Pegasys投与によるABC現象発現,
第24回DDSカンファランス, 2015年9月.
82.田中 保, 藤川 昂樹, 森戸 克弥, 清蔭 恵美, 樋田 一徳, 清水 太郎, 石田 竜弘, 德村 彰 :
リゾホスファチジン酸が誘導する小胞分泌現象の解析,
第57回日本脂質生化学会, 2015年5月.
83.渡辺 優希, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
静脈内投与PEG修飾リポソームの濾胞への輸送に関与する脾臓細胞の検討,
日本薬剤学会第30年会, 2015年5月.
84.阿部 遼, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
IV 投与PEGリポソームに対するanti-PEG IgM応答への腹腔内免疫細胞の関与,
日本薬剤学会第30年会, 2015年5月.
85.藤川 昂樹, 森戸 克弥, 生駒 照, 清蔭 恵美, 樋田 一徳, 清水 太郎, 石田 竜弘, 德村 彰, 田中 保 :
ヒト胃由来培養細胞におけるリゾホスファチジン酸誘導性小胞分泌現象の解析,
日本膜学会第37年会, 2015年5月.
86.高橋 孝典, 西尾 美穂, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
Doxil®投与によるがんのDoxil®耐性化,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
87.清水 太郎, 西尾 美穂, 橋本 洋佑, 中瀬 博, 際田 弘志, 石田 竜弘 :
オキサリプラチン封入リポソームの頻回投与が腫瘍免疫系に与える影響,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
88.清水 太郎, 渡辺 優希, 美馬 優, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG修飾リポソームに対する免疫反応を利用した静脈内投与型がんワクチンの開発に関する研究,
第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2014年11月.
89.美馬 優, 清水 太郎, 際田 弘志, 石田 竜弘 :
PEG修飾リポソーム膜へのガングリオシド添加による抗PEG免疫応答の抑制効果,
第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2014年11月.
90.北山 由佳, 美馬 優, 川西 宗平, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
siRNA搭載PEG修飾カチオニックリポソーム静脈内投与時の抗体産生に寄与する細胞群に関する検討,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
91.髙山 拓磨, 清水 太郎, 西尾 美穂, 石田 竜弘 :
Doxil®の抗腫瘍効果における免疫細胞の関与に関する検討,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
92.粟田 瑞月, 美馬 優, 川西 宗平, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
PEG修飾リポソームのPEG修飾剤末端構造の違いが免疫活性化に与える影響に関する検討,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
93.川西 宗平, 橋本 洋佑, 清水 太郎, 際田 弘志, 石田 竜弘 :
Shotgun分析を用いたPEG修飾リポソーム結合タンパク質の網羅的解析,
第23回DDSカンファランス, 2014年9月.
94.阿部 遼, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG修飾リポソームの投与経路の違いがanti-PEG IgM分泌に及ぼす影響に関する検討(第2報),
第23回DDSカンファランス, 2014年9月.
95.髙山 拓磨, 清水 太郎, 西尾 美穂, 石田 竜弘 :
Doxil®投与による免疫細胞の変化に関する検討,
ナノライフサイエンス・オープンセミナー2014, 2014年8月.
96.粟田 瑞月, 藤田 理紗子, 美馬 優, 川西 宗平, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
PEG修飾剤末端構造が免疫活性化に与える影響に関する検討,
ナノライフサイエンス・オープンセミナー2014, 2014年8月.
97.北山 由佳, 美馬 優, 川西 宗平, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
siRNA搭載PEG修飾リポプレックス静脈内投与による抗体産生への脾臓とその他の細胞群の関与に関する検討,
ナノライフサイエンス・オープンセミナー2014, 2014年8月.
98.清水 太郎, 高橋 孝典, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
マウス肺癌細胞に対するFTY720とドキシルとの併用効果に関する検討,
第30回日本DDS学会学術集会, 2014年7月.
99.清水 太郎, 渡辺 優希, 美馬 優, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
脾臓辺縁帯B細胞による抗原封入PEG修飾リポソームの濾胞への輸送現象を利用した抗腫瘍免疫誘導効果,
日本薬剤学会第29年会, 2014年5月.
100.美馬 優, 橋本 洋佑, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
Ganglioside添加がPEG修飾リポソームに対する抗PEG IgM分泌に与える影響,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
101.清水 太郎, 渡辺 優希, 美馬 優, 橋本 洋佑, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG修飾リポソームを用いた脾臓濾胞への抗原送達が抗腫瘍免疫誘導に与える影響,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
102.渡辺 優希, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG修飾リポソーム前刺激が二回目投与PEG修飾リポソームの脾臓内分布を変化させる,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
103.藤田 理紗子, 橋本 洋佑, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG修飾剤末端構造が与えるABC現象誘導への影響に関する検討,
第22回DDSカンファランス, 2013年9月.
104.美馬 優, 橋本 洋佑, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
高用量PEG修飾リポソームによる抗PEG IgMの分泌抑制に関する検討,
第22回DDSカンファランス, 2013年9月.
105.渡辺 優希, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG修飾リポソーム(SL)前刺激により変化する二回目PEG修飾リポソーム(SL)の脾臓内分布の検討,
ナノライフサイエンス・オープンセミナー2013, 2013年9月.
106.美馬 優, 橋本 洋佑, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
高用量PEG修飾リポソームを用いたABC現象の回避,
第29回日本DDS学会学術集会, 2013年7月.
107.橋本 洋佑, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
siRNA搭載PEG修飾リポプレックス投与時に惹起される抗PEG IgM分泌応答機構の解明,
日本薬剤学会第28年会, 2013年5月.
108.清水 太郎, 渡辺 優希, 美馬 優, 橋本 洋佑, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
脾臓辺縁体B細胞によるPEG修飾リポソームの濾胞への輸送現象を利用した特異的抗体誘導効果,
日本薬剤学会第28年会, 2013年5月.
109.清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG修飾リポソームを用いた濾胞への抗原送達による抗体誘導効果,
第133年会日本薬学会, 2013年3月.
110.美馬 優, 橋本 洋佑, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG修飾タンパクによるABC現象誘導に関する研究,
第133年会日本薬学会, 2013年3月.
111.井本 亜美, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
ABC現象を引き起こす抗PEG IgM分泌細胞の特定,
第133年会日本薬学会, 2013年3月.
112.藤田 理紗子, 橋本 洋佑, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
ABC現象誘導へのPEG修飾剤末端構造の影響に関する検討,
第133年会日本薬学会, 2013年3月.
113.盛山 裕太, 美馬 優, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
GangliosideのPEG修飾リポソーム膜への挿入がPEGに対する免疫応答に及ぼす影響,
第133年会日本薬学会, 2013年3月.
114.清水 太郎, 橋本 洋佑, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG修飾リポソームの濾胞への輸送現象を利用した免疫誘導に関する検討,
創剤フォーラム第18回若手研究会, 2012年11月.
115.美馬 優, 橋本 洋佑, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
血中anti-PEG IgMがPEG修飾タンパクのクリアランスに与える影響,
創剤フォーラム第18回若手研究会, 2012年11月.
116.井本 亜美, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
抗PEG-IgMを分泌する脾臓B細胞に関する検討,
創剤フォーラム第18回若手研究会, 2012年11月.
117.藤田 理紗子, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG修飾剤末端構造が与えるanti-PEG IgM分泌誘導への影響に関する検討,
創剤フォーラム第18回若手研究会, 2012年11月.
118.橋本 洋佑, 藤田 理紗子, 西尾 美穂, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
血中anti-PEG IgM濃度とABC現象発現強度の定量的関係の評価,
創剤フォーラム第18回若手研究会, 2012年11月.
119.盛山 裕太, 美馬 優, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
GangliosideのPEG修飾リポソーム膜への挿入はABC現象を抑制する,
創剤フォーラム第18回若手研究会, 2012年11月.
120.盛山 裕太, 美馬 優, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
ガングリオシドのPEG 修飾リポソーム膜への挿入はPEG に対する自然免疫活性化を抑制する,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
121.美馬 優, 橋本 洋佑, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
血中anti-PEG IgM によるPEG 修飾タンパクのクリアランスに関する検討,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
122.川西 宗平, 清水 太郎, 橋本 洋佑, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
ショットガン分析によるPEG 修飾リポソームに結合するタンパクの解析,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
123.阿部 遼, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG修飾リポソームの投与経路の違いがanti-PEG IgM分泌に及ぼす影響に関する検討,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
124.阿部 遼, 清水 太郎, 美馬 優, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG修飾リポソームの投与経路の違いが及ぼすanti-PEG IgM分泌への影響,
ナノライフサイエンス・オープンセミナー2012, 2012年8月.
125.川西 宗平, 清水 太郎, 橋本 洋佑, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
ショットガン分析を用いたPEG修飾リポソームに結合する血漿タンパクの解析,
ナノライフサイエンス・オープンセミナー2012, 2012年8月.
126.美馬 優, 橋本 洋佑, 清水 太郎, 市原 理子, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
血中anti-PEGIgMがPEG修飾タンパクのクリアランスに与える影響に関する検討,
ナノライフサイエンス・オープンセミナー2012, 2012年8月.
127.美馬 優, 橋本 洋佑, 清水 太郎, 市原 理子, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
遊離型PEG静脈内投与による抗PEGIgM応答に関する研究,
第28回日本DDS学会学術集会, 2012年7月.
128.井本 亜美, 市原 理子, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
養子細胞移入法を用いた抗PEG-IgM分泌細胞に関する検討,
第28回日本DDS学会学術集会, 2012年7月.
129.清水 太郎, 井本 亜美, 市原 理子, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
脾臓辺縁帯B細胞によるPEG修飾リポソームの輸送機構に関する検討,
第28回日本DDS学会学術集会, 2012年7月.
130.市原 理子, 清水 太郎, 井本 亜美, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG修飾リポソーム投与により誘導される抗PEG IgM分泌細胞は脾臓辺縁帯B細胞である,
第28回日本DDS学会学術集会, 2012年7月.
131.市原 理子, 清水 太郎, 井本 亜美, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
脾臓辺縁帯B細胞がABC現象における抗PEG IgM分泌細胞である,
日本薬剤学会第27年会, 2012年5月.
132.橋本 洋佑, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG修飾リポソームの体内動態変動因子anti-PEG IgMの定量評価系の構築,
日本薬剤学会第27年会, 2012年5月.
133.清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
脾臓辺縁帯B細胞によるPEG修飾リポソーム輸送現象を利用した免疫誘導の試み,
日本薬剤学会第27年会, 2012年5月.
134.清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG修飾リポソームと脾臓辺縁帯B 細胞との相互作用に関する検討,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
135.橋口 優紀, 清水 太郎, 市原 理子, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG修飾リポソームに対する抗PEG-IgM分泌における脾臓辺縁帯B細胞の関与について,
第26回日本DDS学会, 2010年6月.
136.橋口 優紀, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
ABC現象における抗PEG-IgM分泌とMZ-B細胞の活性化について,
日本薬学会第130年会, 2010年3月.
137.橋口 優紀, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
ABC現象の要因とされる抗PEG-IgMの分泌と脾臓辺縁帯B細胞の活性化の関係について,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2009年11月.
138.田上 辰秋, 中村 和也, 清水 太郎, 山﨑 尚志, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
ポリエチレングリコール(PEG)を利用した核酸送達システムにおいてプラスミドDNA配列内のCpG除去が抗PEG抗体産生に与える影響,
第25回日本DDS学会, 2009年7月.
139.橋口 優紀, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG修飾リポソームによる抗PEG-IgMの誘導と脾臓辺緑体B細胞の活性化の関係に関する検討,
第25回日本DDS学会, 2009年7月.
140.清水 太郎, 賀登 浩章, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG修飾リポソーム投与による脾臓辺縁帯B細胞の活性化,
日本薬学会第129年会, 2009年3月.
141.田上 辰秋, 中村 和也, 清水 太郎, 山﨑 尚志, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
CpG-free pDNAを使用したPEG修飾リポプレックス投与がABC現象に与える影響,
日本薬学会第129年会, 2009年3月.
142.阿部 正義, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG化リポソーム投与による抗PEG-lgMの発想と精製法の研究,
第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2008年11月.
143.清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
ナノキャリアの生体反応性とバイオ応用に関する研究,
日本薬物動態学会第23回年会, 2008年11月.
144.清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
投与量逆依存的なABC現象発現と脾臓B細胞活性化との相関に関する検討,
第17回DDSカンファランス, 2008年9月.
145.田上 辰秋, 中村 和也, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG修飾siRNA-lipoplex投与時におけるanti-PEG IgM分泌に対するsiRNAの影響,
第30回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2008年8月.
146.清水 太郎, 名和田 幸介, 吉岡 靖雄, 石田 竜弘, 中川 晋作, 際田 弘志 :
PEG修飾タンパクおよびPEG修飾アデノウイルス投与による抗PEG IgM誘導に関する検討,
第24回日本DDS学会, 2008年6月.
147.清水 太郎, 名和田 幸介, 成毛 一恵, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
ポリエチレングリコール修飾タンパク投与による抗PEG IgM誘導に関する研究,
日本薬剤学会第23年会, 2008年5月.
148.田上 辰秋, 中村 和也, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
PEG修飾siRNAリポプレックス投与時におけるanti-PEG IgM分泌に関する検討,
日本薬剤学会第23年会, 2008年5月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 全身性エリテマトーデスにおけるマイクロパーティクルの生理学的意義の解明 (研究課題/領域番号: 19K07194 )
  • イオン液体を利用した革新的経皮デリバリー技術の開発 (研究課題/領域番号: 18K19925 )
  • がん移行性免疫細胞を用いた薬物デリバリー法の開発 (研究課題/領域番号: 17K15505 )
  • TI抗原としてのPEG化ナノキャリアを用いた静注型ネオワクチンアジュバントの開発 (研究課題/領域番号: 16K15108 )
  • 補体活性化ポリマー修飾リポソームを用いた新規がんワクチン開発に関する研究 (研究課題/領域番号: 15K18921 )
  • 核酸医薬デリバリーにおける自然免疫活性化機構の解明とその制御に関する研究 (研究課題/領域番号: 15H04639 )
  • 研究者番号(30749388)による検索