検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 医科学部門 > 内科系 > 臨床薬理学 >
徳島大学 > 医科学教育部 > 医学専攻 > 病態情報医学講座 >
徳島大学 > 薬科学教育部 > 薬学専攻 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804006 薬理学的見地に基づく徳島大学発革新的治療薬の創出-医療ビッグデータを活用したドラッグリポジショニング研究- >
徳島大学 > 薬学部 > 薬学科 > 協力講座 > 病院:臨床薬剤学 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 病態情報医学講座 > 臨床薬理学 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

循環薬理学, 救急集中治療
臨床薬理学

研究テーマ

ドラッグリポジショニングを切り口とした循環器治療薬の開発
大規模医療情報を活用した抗がん剤副作用の予防薬の開発

著書・論文

著書:

1.岡田 直人, 中馬 真幸, 座間味 義人, 石澤 啓介 :
考え方がわかれば解き方がみえてくる クリニカルクエスチョンの解決 への道筋,
月刊薬事, 2018年.
2.座間味 義人, 岡田 直人, 武智 研志, 今西 正樹, 石澤 啓介 :
あ,検査値が変わった」そのとき,薬のリスクは?(分担執筆),
株式会社じほう, 2017年6月.
3.座間味 義人 :
簡易懸濁法マニュアル(分担執筆),
株式会社じほう, 東京, 2017年1月.
4.座間味 義人 :
救急薬学 (薬のプロとしての資質とその在り方),
京都廣川書店, 2015年3月.
5.座間味 義人 :
簡易懸濁法Q&APart2-実践編‐薬剤ごとの留意点・投与工夫・服薬支援(分担執筆),
株式会社じほう, 2009年.
6.座間味 義人 :
簡易懸濁法Q&A-経管投与の新しい手技(分担執筆),
株式会社じほう, 2007年.

学術論文(審査論文):

1.Yasumasa Ikeda, Akiho Satoh, Yuya Horinouchi, Hirofumi Hamano, Hiroaki Watanabe, Mizuki Imao, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Hirayama Tasuku, Hideko Nagasawa, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron accumulation causes impaired myogenesis correlated with MAPK signaling pathway inhibition by oxidative stress,
The FASEB journal, Vol.33, No.8, 2019.
(DOI: 10.1096/fj.201802724RR,   PubMed: 31145863)
2.Hiromu Kawasaki, Mitsuhiro Goda, Satoko Fukuhara, Narumi Hashikawa-Hobara, Yoshito Zamami and Shingo Takatori :
Nerve growth factor (NGF) has an anti-tumor effects through perivascular innervation of neovessels in HT1080 fibrosarcoma and HepG2 hepatitis tumor in nude mice.,
Journal of Pharmacological Sciences, 2019.
(DOI: 10.1016/j.jphs.2019.02.011,   PubMed: 31178329,   Elsevier: Scopus)
3.Atsuyoshi Iida, Hiromichi Naito, Takashi Yorifuji, Yoshito Zamami, Akane Yamada, Tadashi Koga, Toru Imai, Toshiaki Sendo, Atsunori Nakao and Shingo Ichiba :
Factors Affecting the Absorption of Midazolam to the Extracorporeal Membrane Oxygenation Circuit.,
Acta Medica Okayama, Vol.73, No.2, 101-107, 2019.
(DOI: 10.18926/AMO/56645,   PubMed: 31015744)
4.Hirofumi Hamano, Marin Mitsui, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Takahiro Nimura, Naoto Okada, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Hiroaki Yanagawa, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Irinotecan-induced neutropenia is reduced by oral alkalization drugs: analysis using retrospective chart reviews and the spontaneous reporting database.,
Supportive Care in Cancer, Vol.27, No.3, 849-856, 2019.
(DOI: 10.1007/s00520-018-4367-y,   PubMed: 30062585)
5.Masateru Kondo, Masaki Imanishi, Keijo Fukushima, Raiki Ikuto, Yoichi Murai, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa :
Xanthine Oxidase Inhibition by Febuxostat in Macrophages Suppresses Angiotensin II-induced Aortic Fibrosis.,
American Journal of Hypertension, Vol.32, No.3, 249-256, 2019.
(DOI: 10.1093/ajh/hpy157,   PubMed: 30351343)
6.Yusuke Teratani, Hideharu Hagiya, Toshihiro Koyama, Ayako Ohshima, Yoshito Zamami, Yasuhisa Tatebe, Ken Tasaka, Kazuaki Shinomiya, Yoshihisa Kitamura, Toshiaki Sendo, Shiro Hinotsu and R Mitsunobu Kano :
Association between rapid antigen detection tests and antibiotics for acute pharyngitis in Japan: A retrospective observational study.,
Journal of Infection and Chemotherapy, 2019.
(DOI: 10.1016/j.jiac.2018.12.005,   PubMed: 30642770)
7.Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Toya Hiroki, Nagao Tomoko, Marin Morishita, Koichi Tsuneyama, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Kenshi Takechi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Development of a novel aortic dissection mouse model and evaluation of drug efficacy using in-vivo assays and database analyses.,
Journal of Hypertension, Vol.37, No.1, 73-83, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113264,   DOI: 10.1097/HJH.0000000000001898,   PubMed: 30303488)
8.Naoto Okada, Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Hirofumi Hamano, Shunsuke Ishida, Mitsuhiro Goda, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Masaki Imanishi and Keisuke Ishizawa :
Pharmacovigilance evaluation of the relationship between impaired glucose metabolism and BCR-ABL inhibitor use by using an adverse drug event reporting database.,
Cancer Medicine, 2018.
(DOI: 10.1002/cam4.1920,   PubMed: 30561126)
9.Naoto Okada, Hitoshi Kawazoe, Kenshi Takechi, Yoshihiro Matsudate, Ryo Utsunomiya, Yoshito Zamami, Mitsuhiro Goda, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Noriaki Hidaka, Koji Sayama, Yoshiaki Kubo, Akihiro Tanaka and Keisuke Ishizawa :
Association Between Immune-Related Adverse Events and Clinical Efficacy in Patients with Melanoma Treated With Nivolumab: A Multicenter Retrospective Study.,
Clinical Therapeutics, 2018.
(DOI: 10.1016/j.clinthera.2018.11.004,   PubMed: 30528047)
10.Yoshito Zamami, Y Kouno, T Niimura, Masayuki Chuma, T Imai, M Mitsui, T Koyama, M Kayano, Naoto Okada, H Hamano, Mitsuhiro Goda, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Y Kondo, Hiroaki Yanagawa, Y Kitamura, T Sendo, Y Ujike and Keisuke Ishizawa :
Relationship between the administration of nicardipine hydrochloride and the development of delirium in patients on mechanical ventilation.,
Die Pharmazie, Vol.73, No.12, 740-743, 2018.
(DOI: 10.1691/ph.2018.8711,   PubMed: 30522561)
11.H Hagiya, T Koyama, Yoshito Zamami, Y Minato, Y Tatebe, N Mikami, Y Teratani, A Ohshima, K Shinomiya, Y Kitamura, T Sendo, S Hinotsu, K Tomono and R M Kano :
Trends in incidence and mortality of tuberculosis in Japan: a population-based study, 1997-2016.,
Epidemiology and Infection, 2018.
(DOI: 10.1017/S095026881800290X,   PubMed: 30409242,   Elsevier: Scopus)
12.Hiroshi Onoue, Toshihiro Koyama, Yoshito Zamami, Hideharu Hagiya, Yasuhisa Tatebe, Naoko Mikami, Kazuaki Shinomiya, Yoshihisa Kitamura, Shiro Hinotsu, Toshiaki Sendo, Yasuyoshi Ouchi and R Mitsunobu Kano :
Trends in Polypharmacy in Japan: A Nationwide Retrospective Study.,
Journal of the American Geriatrics Society, 2018.
(DOI: 10.1111/jgs.15569,   PubMed: 30291747,   Elsevier: Scopus)
13.Yusuke Teratani, Hideharu Hagiya, Toshihiro Koyama, Mayu Adachi, Ayako Ohshima, Yoshito Zamami, Y Hiroyoshi Tanaka, Yasuhisa Tatebe, Ken Tasaka, Naoko Mikami, Kazuaki Shinomiya, Yoshihisa Kitamura, R Mitsunobu Kano, Shiro Hinotsu and Toshiaki Sendo :
Pattern of antibiotic prescriptions for outpatients with acute respiratory tract infections in Japan, 2013-15: a retrospective observational study.,
Family Practice, 2018.
(DOI: 10.1093/fampra/cmy094,   PubMed: 30272148)
14.Shunsuke Ishida, Kenshi Takechi, Hiroshi Bando, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Masayuki Chuma, Hiroaki Yanagawa, Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka and Keisuke Ishizawa :
Development and pharmacist-mediated use of tools for monitoring atypical antipsychotic-induced side effects related to blood glucose levels.,
Pharmacoepidemiology and Drug Safety, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112203,   DOI: 10.1002/pds.4656,   PubMed: 30221424)
15.Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Hirofumi Hamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Renoprotective effects of a factor Xa inhibitor: fusion of basic research and a database analysis.,
Scientific Reports, Vol.8, No.1, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112445,   DOI: 10.1038/s41598-018-29008-2,   PubMed: 30022146)
16.Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The uremic toxin indoxyl sulfate interferes with iron metabolism by regulating hepcidin in chronic kidney disease,
Nephrology, Dialysis, Transplantation, Vol.33, No.4, 586-597, 2018.
(DOI: 10.1093/ndt/gfx252,   PubMed: 28992067)
17.Naoto Okada, Momoyo Azuma, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Masahiro Abe and Keisuke Ishizawa :
Potential Usefulness of Early Potassium Supplementation for Preventing Severe Hypokalemia Induced by Liposomal Amphotericin B in Hematologic Patients: A Retrospective Study.,
Clinical Therapeutics, Vol.40, No.2, 252-260, 2018.
(DOI: 10.1016/j.clinthera.2017.12.006,   PubMed: 29305017)
18.Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Toru Imai, Tsuyoshi Ito, Hidenori Sagara, Hichiya Hiroyuki, Satoru Esumi, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Toshihiro Koyama, Manabu Amano, Naomi Kurata, Yoshihisa Kitamura, Hironori Nakura, Toshiaki Sendo and Keisuke Ishizawa :
Administration of Kampo medicine through a tube at an advanced critical care center.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.1.2, 32-36, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111388,   DOI: 10.2152/jmi.65.32,   PubMed: 29593190)
19.Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Toru Imai, Kanako Nagao, Masafumi Kayano, Hidenori Sagara, Mitsuhiro Goda, Naoto Okada, Masayuki Chuma, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Toshihiro Koyama, Tadashi Koga, Hironori Nakura, Toshiaki Sendo and Keisuke Ishizawa :
Evaluation of the Benefits of De-Escalation for Patients with Sepsis in the Emergency Intensive Care Unit.,
Journal of Pharmacy & Pharmaceutical Sciences, Vol.21, No.1, 54-59, 2018.
(DOI: 10.18433/jpps29737,   PubMed: 29455711,   Elsevier: Scopus)
20.Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Toshihiro Koyama, Yuki Izawa-Ishizawa, Masashi Miyake, Tadashi Koga, Keisaku Harada, Ayako Ohshima, Toru Imai, Yutaka Kondo, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi, Keijo Fukushima, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Shiro Hinotsu, R Mitsunobu Kano and Keisuke Ishizawa :
Hydrocortisone administration was associated with improved survival in Japanese patients with cardiac arrest.,
Scientific Reports, Vol.7, No.1, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112397,   DOI: 10.1038/s41598-017-17686-3,   PubMed: 29263333)
21.Toshihiro Koyama, Hiroshi Onoue, Ayako Ohshima, Yuri Tanaka, Yasuhisa Tatebe, Yoshito Zamami, Kazuaki Shinomiya and Yoshihisa Kitamura :
Trends in the medication reviews of community pharmacies in Japan: a nationwide retrospective study.,
International Journal of Clinical Pharmacy, 2017.
(DOI: 10.1007/s11096-017-0559-7,   PubMed: 29189975)
22.Toshihiro Koyama, Yoshito Zamami, Ayako Ohshima, Yusuke Teratani, Kazuaki Shinomiya and Yoshihisa Kitamura :
Patterns of CT use in Japan, 2014: A nationwide cross-sectional study.,
European Journal of Radiology, Vol.97, 96-100, 2017.
(DOI: 10.1016/j.ejrad.2017.10.023,   PubMed: 29153375)
23.Shiho Sato, Yoshito Zamami, Toru Imai, Satoshi Tanaka, Toshihiro Koyama, Takahiro Niimura, Masayuki Chuma, Tadashi Koga, Kenshi Takechi, Yasuko Kurata, Yutaka Kondo, Yuki Izawa-Ishizawa, Toshiaki Sendo, Hironori Nakura and Keisuke Ishizawa :
Meta-analysis of the efficacies of amiodarone and nifekalant in shock-resistant ventricular fibrillation and pulseless ventricular tachycardia.,
Scientific Reports, Vol.7, No.1, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112393,   DOI: 10.1038/s41598-017-13073-0,   PubMed: 28978927,   Elsevier: Scopus)
24.Yoko Sone, Shingo Takatori, Eiko Ochi, Yoshito Zamami, Akiko Matsuyama, Satoko Fukuhara, Mitsuhiro Goda, Yoshihisa Kitamura and Hiromu Kawasaki :
Nerve Growth Factor Facilitates the Innervation of Perivascular Nerves in Tumor-Derived Neovasculature in the Mouse Cornea.,
Pharmacology, Vol.99, No.1-2, 57-66, 2017.
(DOI: 10.1159/000450582,   PubMed: 27694752)
25.Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Hamano Hirofumi, Hirayama Tasuku, Seiji Kishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Hideko Nagasawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Dietary iron restriction alleviates renal tubulointerstitial injury induced by protein overload in mice,
Scientific Reports, Vol.7, No.1, 10621, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112368,   DOI: 10.1038/s41598-017-11089-0,   PubMed: 28878231)
26.Ken Konaka, Kota Moriyama, Takumi Sakurada, Naoto Okada, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kazuyoshi Kawazoe, Shuji Fushitani and Keisuke Ishizawa :
Kamishoyosan and Shakuyakukanzoto promote recovery from paclitaxel-induced neurite retraction in PC12 cells,
Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, Vol.3, 20, 2017.
(DOI: 10.1186/s40780-017-0090-y,   PubMed: 28748102)
27.Kenshi Takechi, Hiroaki Yanagawa, Yoshito Zamami, Keisuke Ishizawa, Akihiro Tanaka and Hiroaki Araki :
Evaluation of factors associated with the achievement of an optimal teicoplanin trough concentration .,
International Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics, 2017.
(DOI: 10.5414/CP203009,   PubMed: 28655381)
28.Naoya Hashikawa, Yuta Utaka, Takumi Ogawa, Ryo Tanoue, Yuna Morita, Sayumi Yamamoto, Satoru Yamaguchi, Masafumi Kayano, Yoshito Zamami and Narumi Hashikawa-Hobara :
HSP105 prevents depression-like behavior by increasing hippocampal brain-derived neurotrophic factor levels in mice.,
Science Advances, Vol.3, No.5, e1603014, 2017.
(DOI: 10.1126/sciadv.1603014,   PubMed: 28580422)
29.Akiko Matsuyama, Shingo Takatori, Yoko Sone, Eiko Ochi, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Narumi Hashikawa-Hobara, Yoshihisa Kitamura and Hiromu Kawasaki :
Effect of Nerve Growth Factor on Innervation of Perivascular Nerves in Neovasculatures of Mouse Cornea.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.40, No.4, 396-401, 2017.
(DOI: 10.1248/bpb.b16-00583,   PubMed: 28381794)
30.Kousuke Yamawaki, Yoshito Zamami, Hiromu Kawasaki and Shingo Takatori :
Effects of endogenous nitric oxide on adrenergic nerve-mediated vasoconstriction and calcitonin gene-related peptide-containing nerve-mediated vasodilation in pithed rats.,
European Journal of Pharmacology, 2017.
(DOI: 10.1016/j.ejphar.2017.02.041,   PubMed: 28246028,   Elsevier: Scopus)
31.Kenshi Takechi, Yurika Yoshioka, Hitoshi Kawazoe, Mamoru Tanaka, Shingo Takatori, Miwako Kobayashi, Ichiro Matsuoka, Hiroaki Yanagawa, Yoshito Zamami, Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Akihiro Tanaka and Hiroaki Araki :
Psychiatric patients with antipsychotic drug-induced hyperprolactinemia and menstruation disorders,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.40, No.10, 1775-1778, 2017.
(DOI: 10.1248/bpb.b17-00053,   PubMed: 28966250,   Elsevier: Scopus)
32.Yoshito Zamami, Toru Imai, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi, Naoko Shiraishi, Toshihiro Koyama, Hidenori Sagara, Yasukazu Shiino, Toshiaki Sendo and Keisuke Ishizawa :
Evaluation of pharmaceutical lifesaving skills training oriented pharmaceutical intervention.,
Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, Vol.2, No.1, 21, 2016.
(DOI: 10.1186/s40780-016-0054-7,   PubMed: 27606071)
33.Honghua Jin, Zhen Li, Shingo Takatori, Toshihiro Koyama, Xin Jin, Yoshito Zamami, Hiromu Kawasaki and Pengyuan Sun :
Vascular responses to compound 48/80 in rat mesenteric vascular beds.,
Canadian Journal of Physiology and Pharmacology, Vol.94, No.6, 620-626, 2016.
(DOI: 10.1139/cjpp-2015-0442,   PubMed: 26991394)
34.Panot Tangsucharit, Shingo Takatori, Yoshito Zamami, Mitsuhiro Goda, Poungrat Pakdeechote, Hiromu Kawasaki and Fusako Takayama :
Muscarinic acetylcholine receptor M1 and M3 subtypes mediate acetylcholine-induced endothelium-independent vasodilatation in rat mesenteric arteries.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.130, No.1, 24-32, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113025,   DOI: 10.1016/j.jphs.2015.12.005,   PubMed: 26825997)
35.座間味 義人, 江角 悟, 相良 英憲, 槙田 崇志, 天野 学, 安藤 哲信, 名和 秀起, 北村 佳久, 千堂 年昭, 名倉 弘哲 :
光に対して不安定な薬剤を経管投与する際の有用な投与法の開発,
医学と薬学, Vol.73, 433-438, 2016年.
36.M Murakami, S Katsuragi, M Ohno, M Shigematsu, A Kishi, Yoshito Zamami, F Komada, N Kurata and M Amano :
Drug-administering persons' exposure to oral anticancer drugs administered through a tube,
Asian Journal of Pharmaceutical and Clinical Research, Vol.9, No.3, 1-4, 2016.
(DOI: 10.22159/ajpcr.2016.v9s3.13040)
37.座間味 義人, 相良 英憲, 萱野 由佳, 小山 敏広, 白石 奈緒子, 江角 悟, 鵣川 豊世武, 千堂 年昭, 氏家 良人, 名倉 弘哲 :
Risk factor of acute renal failure induced by edaravone in patients with cerebrovascular disorder,
日本臨床救急医学会雑誌, Vol.19, No.3, 461-465, 2016年.
(DOI: 10.11240/jsem.19.461,   CiNii: 130005162137)
38.村上 雅裕, 池本 憲彦, 戸屋 成未, 朴 美姫, 奥山 美結樹, 畠山 和子, 桂木 聡子, 大野 雅子, 比知屋 寛之, 座間味 義人, 室 親明, 木村 健, 倉田 なおみ, 天野 学 :
経口抗がん薬における簡易懸濁法の適応可否に関する検討,
社会薬学, Vol.35, No.1, 34-37, 2016年.
(DOI: 10.14925/jjsp.35.1_34,   CiNii: 130005163131)
39.Narumi Hashikawa-Hobara, Takumi Ogawa, Yusuke Sakamoto, Yumi Matsuo, Mami Ogawa, Yoshito Zamami and Naoya Hashikawa :
Calcitonin gene-related peptide pre-administration acts as a novel antidepressant in stressed mice.,
Scientific Reports, Vol.5, 12559, 2015.
(DOI: 10.1038/srep12559,   PubMed: 26251188)
40.Naoya Hashikawa, Takumi Ogawa, Yusuke Sakamoto, Mami Ogawa, Yumi Matsuo, Yoshito Zamami and Narumi Hashikawa-Hobara :
Time Course of Behavioral Alteration and mRNA Levels of Neurotrophic Factor Following Stress Exposure in Mouse.,
Cellular and Molecular Neurobiology, Vol.35, No.6, 807-817, 2015.
(DOI: 10.1007/s10571-015-0174-x,   PubMed: 25820756)
41.永尾 香菜子, 小林 明日香, 座間味 義人, 名和 秀起, 相良 英憲, 野間 和広, 五十嵐 中, 松永 尚, 千堂 年昭, 名倉 弘哲 :
切除不能な進行・再発の結腸および直腸がんにおけるセツキシマブとパニツムマブの費用対効果分析,
Progress in Medicine, Vol.35, No.2, 299-303, 2015年.
42.座間味 義人, 相良 英憲, 今井 徹, 氏家 良人, 千堂 年昭 :
薬物療法の実践に重点を置いた薬学生向け救命実務実習の評価,
日本注射薬臨床情報学会雑誌, Vol.4, 11-21, 2015年.
43.武本 あかね, 座間味 義人, 江角 悟, 西宮 祐輔, 田坂 健, 小沼 利光, 江川 孝, 北村 佳久, 氏家 良人, 千堂 年昭 :
Evaluation of pharmacist services at advanced medical emergency center in university hospital using customer satisfaction analysis,
日本臨床救急医学会雑誌, Vol.18, No.1, 30-37, 2015年.
(DOI: 10.11240/jsem.18.30,   CiNii: 130005003287)
44.萱野 由佳, 三好 智子, 水島 孝明, 花山 宜久, 黒田 真生, 尾上 洋, 相良 英憲, 座間味 義人, 大塚 文男, 名倉 弘哲 :
本態性高血圧の初期治療における第一選択薬決定のアルゴリズム作成と有用性の検討,
Progress in Medicine, Vol.34, No.3, 527-536, 2014年.
45.Kurasawa Yoshihisa, Yoshida Kiminari, Yamazaki Naoki, Sasaki Kenji and Yoshito Zamami :
Quinolone analogs 16: A facile D-H exchange for 3-h proton of 2-substituted 4-quinolones in acidic media,
Journal of Heterocyclic Chemistry, Vol.51, No.6, 1821-1829, 2014.
(DOI: 10.1002/jhet.1933)
46.Kurasawa Yoshihisa, Yoshida Kiminari, Yamazaki Naoki, Sasaki Kenji and Yoshito Zamami :
Quinolone analogues 15: Synthesis and antimalarial activity of 4-phenyl-1-(1-triazolylmethyl-4-quinolon-3-ylcarbonyl)semicarbazide and related compounds,
Journal of Heterocyclic Chemistry, Vol.51, No.S1, E249-E254, 2014.
(DOI: 10.1002/jhet.1822)
47.Yoshihisa Kurasawa, Kiminari Yoshida, Naoki Yamazaki, Kenji Sasaki and Yoshito Zamami :
Quinolone analogs 14: Synthesis of antimalarial 1-aryl-3-(4-quinolon-2-yl) ureas and related compounds,
Journal of Heterocyclic Chemistry, Vol.51, No.S1, E241-E248, 2014.
(DOI: 10.1002/jhet.1813)
48.Yoshihisa Kurasawa, Kiminari Yoshida, Naoki Yamazaki, Eisuke Kaji and Yoshito Zamami :
Quinolone analogs 13: Synthesis of novel 1,1-(2-methylenepropane-1,3-diyl)di(4-quinolone-3-carboxylate) and related compounds,
Journal of Heterocyclic Chemistry, Vol.51, 1720-1726, 2014.
(DOI: 10.1002/jhet.1861)
49.座間味 義人, 小山 敏広, 合葉 哲也, 天野 学, 安藤 哲信, 倉田 なおみ, 名和 秀起, 名倉 弘哲, 北村 佳久, 千堂 年昭 :
粉砕法による経管投与における薬剤量損失に対する簡易懸濁法の有用性についての検討,
静脈経腸栄養, Vol.29, No.4, 1027-1033, 2014年.
(DOI: 10.11244/jjspen.29.1027,   CiNii: 130004678749)
50.Shingo Takatori, Hiroki Fujiwara, Yoshito Zamami, Narumi Hashikawa-Hobara and Hiromu Kawasaki :
Decreased perivascular CGRP-containing nerves in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats with insulin resistance and hypertension.,
Hypertension Research, Vol.37, No.5, 398-404, 2013.
(DOI: 10.1038/hr.2013.151,   PubMed: 24225770)
51.塩見 明日香, 三好 智子, 村上 和敏, 水島 孝明, 黒田 真生, 尾上 洋, 相良 英憲, 座間味 義人, 大塚 文男, 名倉 弘哲 :
2型糖尿病初期治療における経口血糖降下薬の処方選択基準に関するアルゴリズムの作成と有用性の検討,
Progress in Medicine, Vol.33, No.10, 2261-2268, 2013年.
52.須野 学, 吉田 登志子, 小山 敏広, 座間味 義人, 三好 智子, 水島 孝明, 谷本 光音 :
新教育技法「チーム基盤型学習(TBL)」の臨床薬学教育における有用性,
薬学雑誌, Vol.133, No.10, 1127-1134, 2013年.
(DOI: 10.1248/yakushi.12-00254,   PubMed: 24088356,   CiNii: 130004427979)
53.天野 学, 比知屋 寛之, 安 智美, 清原 義史, 座間味 義人, 瀬戸 衛, 井上 徹雄, 田中 一穂, 倉田 なおみ, 駒田 富佐夫 :
内用抗がん薬適正使用のための簡易懸濁法可否情報一覧表の作成,
社会薬学, Vol.32, No.2, 43-47, 2013年.
(DOI: 10.14925/32.43,   CiNii: 130005083593)
54.Kurasawa Yoshihisa, Yoshida Kiminari, Yamazaki Naoki, Iwamoto Kotoji, Hamamoto Yoshihiko, Kaji Eisuke, Sasaki Kenji and Yoshito Zamami :
Quinolone analogues 12: Synthesis and tautomers of 2-substituted 4-quinolones and related compounds,
Journal of Heterocyclic Chemistry, Vol.49, 1323-1331, 2012.
(DOI: 10.1002/jhet.922)
55.Panot Tangsucharit, Shingo Takatori, Pengyuan Sun, Yoshito Zamami, Mitsuhiro Goda, Poungrat Pakdeechote, Fusako Takayama and Hiromu Kawasaki :
Do cholinergic nerves innervating rat mesenteric arteries regulate vascular tone?,
American Journal of Physiology. Regulatory, Integrative and Comparative Physiology, Vol.303, No.11, R1147-56, 2012.
(DOI: 10.1152/ajpregu.00317.2012,   PubMed: 23054174)
56.Hirohito Fujii, Shingo Takatori, Yoshito Zamami, Narumi Hashikawa-Hobara, Natsuki Miyake, Panot Tangsucharit, Mitsunobu Mio and Hiromu Kawasaki :
Adrenergic stimulation-released 5-HT stored in adrenergic nerves inhibits CGRPergic nerve-mediated vasodilatation in rat mesenteric resistance arteries.,
British Journal of Pharmacology, Vol.166, No.7, 2084-2094, 2012.
(DOI: 10.1111/j.1476-5381.2012.01935.x,   PubMed: 22394392)
57.Hiroki Fujiwara, Narumi Hashikawa-Hobara, Yoshihiro Wake, Shingo Takatori, Mitsuhiro Goda, Hiroshi Higuchi, Yoshito Zamami, Panot Tangsucharit and Hiromu Kawasaki :
Neurogenic vascular responses in male mouse mesenteric vascular beds.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.119, No.3, 260-270, 2012.
(DOI: 10.1254/jphs.12014FP,   PubMed: 22785022)
58.Kohji Matsumoto, Tominari Choshi, Mai Hourai, Yoshito Zamami, Kenji Sasaki, Takumi Abe, Minoru Ishikura, Noriyuki Hatae, Tatsunori Iwamura, Shigeo Tohyama, Junko Nobuhiro and Satoshi Hibino :
Synthesis and antimalarial activity of calothrixins A and B, and their N-alkyl derivatives.,
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.22, No.14, 4762-4764, 2012.
(DOI: 10.1016/j.bmcl.2012.05.064,   PubMed: 22727670)
59.Narumi Hashikawa-Hobara, Naoya Hashikawa, Yusuke Inoue, Hitomi Sanda, Yoshito Zamami, Shingo Takatori and Hiromu Kawasaki :
Candesartan cilexetil improves angiotensin II type 2 receptor-mediated neurite outgrowth via the PI3K-Akt pathway in fructose-induced insulin-resistant rats.,
Diabetes, Vol.61, No.4, 925-932, 2012.
(DOI: 10.2337/db11-1468,   PubMed: 22357959)
60.Honghua Jin, Pengyuan Sun, Shingo Takatori, Toshihiro Koyama, Yoshito Zamami, Panot Tangsucharit, Yoshihisa Kitamura and Hiromu Kawasaki :
Involvement of perivascular nerves and transient receptor potential vanilloid 1 (TRPV1) in vascular responses to histamine in rat mesenteric resistance arteries.,
European Journal of Pharmacology, Vol.680, No.1-3, 73-80, 2012.
(DOI: 10.1016/j.ejphar.2012.01.018,   PubMed: 22314222)
61.Hiroki Fujiwara, Yoshihiro Wake, Narumi Hashikawa-Hobara, Kento Makino, Shingo Takatori, Yoshito Zamami, Yoshihisa Kitamura and Hiromu Kawasaki :
Endothelium-derived relaxing factor-mediated vasodilation in mouse mesenteric vascular beds.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.118, No.3, 373-381, 2012.
(DOI: 10.1254/jphs.11197FP,   PubMed: 22450195)
62.Chihiro Tamaki, Hideki Nawa, Shingo Takatori, Sakiko Oda, Toshiaki Sendo, Yoshito Zamami and Hiromu Kawasaki :
Anandamide induces endothelium-dependent vasoconstriction and CGRPergic nerve-mediated vasodilatation in the rat mesenteric vascular bed.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.118, No.4, 496-505, 2012.
(DOI: 10.1254/jphs.11236FP,   PubMed: 22510966)
63.Yuto Haruki, Shingo Takatori, Sayo Hattori, Yoshito Zamami, Toshihiro Koyama, Panot Tangsucharit and Hiromu Kawasaki :
Adrenergic stimulation-released histamine taken-up in adrenergic nerves induces endothelium-dependent vasodilation in rat mesenteric resistance arteries.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.118, No.4, 537-542, 2012.
(DOI: 10.1254/jphs.12012SC,   PubMed: 22510969)
64.N Hashikawa-Hobara, N Hashikawa, C Yutani, Yoshito Zamami and X Jin :
The Akt-nitric oxide-cGMP pathway contributes to nerve growth factor-mediated neurite outgrowth in apolipoprotein E knockout mice.,
The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, Vol.338, No.2, 694-700, 2011.
(DOI: 10.1124/jpet.111.181487,   PubMed: 21593103)
65.Yoshito Zamami, Shingo Takatori, Narumi Hobara, Nana Yabumae, Panot Tangsucharit, Xin Jin, Naoya Hashikawa, Yoshihisa Kitamura, Kenji Sasaki and Hiromu Kawasaki :
Hyperinsulinemia induces hypertension associated with neurogenic vascular dysfunction resulting from abnormal perivascular innervations in rat mesenteric resistance arteries.,
Hypertension Research, Vol.34, No.11, 1190-1196, 2011.
(DOI: 10.1038/hr.2011.97,   PubMed: 21796124)
66.AM Hossion, Yoshito Zamami, RK Kandahary, T Tsuchiya and W Ogawa :
Quercetin diacylglycoside analogues showing dual inhibition of DNA gyrase and topoisomerase IV as novel antibacterial agents.,
Journal of Medicinal Chemistry, Vol.54, No.11, 3686-3703, 2011.
(DOI: 10.1021/jm200010x,   PubMed: 21534606)
67.Pengyuan Sun, Shingo Takatori, Xin Jin, Toshihiro Koyama, Panot Tangsucharit, Simin Li, Yoshito Zamami, Yoshihisa Kitamura and Hiromu Kawasaki :
Histamine H(3) receptor-mediated modulation of perivascular nerve transmission in rat mesenteric arteries.,
European Journal of Pharmacology, Vol.655, No.1-3, 67-73, 2011.
(DOI: 10.1016/j.ejphar.2011.01.020,   PubMed: 21272571)
68.H Kawasaki, S Takatori, Yoshito Zamami, T Koyama, M Goda, K Hirai, P Tangsucharit, X Jin, N Hobara and Y Kitamura :
Paracrine control of mesenteric perivascular axo-axonal interaction.,
Acta Physiologica, Vol.203, No.1, 3-11, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1748-1716.2010.02197.x,   PubMed: 20887357)
69.座間味 義人, 藤原 弘喜, 細田 美穂, 日野 隼人, 平井 和浩, 岡本 和明, 金 鑫, 高取 真吾, 高木(土井) 志真, 川 博己 :
Propolis 長期投与による Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty (OLETF) ラットの インスリン抵抗性改善作用,
薬学雑誌, Vol.130, No.6, 833-840, 2010年.
(DOI: 10.1248/yakushi.130.833,   PubMed: 20519861,   CiNii: 130000259475,   Elsevier: Scopus)
70.Toshihiro Koyama, Yukako Hatanaka, Xin Jin, Ayako Yokomizo, Hidetoshi Fujiwara, Mitsuhiro Goda, Narumi Hobara, Yoshito Zamami, Yoshihisa Kitamura and Hiromu Kawasaki :
Altered function of nitrergic nerves inhibiting sympathetic neurotransmission in mesenteric vascular beds of renovascular hypertensive rats.,
Hypertension Research, Vol.33, No.5, 485-491, 2010.
(DOI: 10.1038/hr.2010.48,   PubMed: 20379183)
71.小山 敏広, 楢原 由生未, 金 しん, 座間味 義人, 川崎 博已 :
ラット腸間膜動脈におけるヒスタミン誘発血管弛緩反応に及ぼす塩酸レボカバスチンおよび塩酸オロパタジンの影響,
アレルギ-・免疫, Vol.17, No.4, 662-670, 2010年.
(CiNii: 40017030636)
72.Xin Jin, Keisuke Amitani, Yoshito Zamami, Shingo Takatori, Narumi Hobara, Naomi Kawamura, Tetsuya Hirata, Atsunori Wada, Yoshihisa Kitamura and Hiromu Kawasaki :
Ameliorative effect of Eucommia ulmoides Oliv. leaves extract (ELE) on insulin resistance and abnormal perivascular innervation in fructose-drinking rats.,
Journal of Ethnopharmacology, Vol.128, No.3, 672-678, 2010.
(DOI: 10.1016/j.jep.2010.02.019,   PubMed: 20219664)
73.L Abugafar M Hossion, Nao Otsuka, K Rafiya Kandahary, Tomofusa Tsuchiya, Wakano Ogawa, Akimasa Iwado, Yoshito Zamami and Kenji Sasaki :
Design, synthesis, and biological evaluation of a novel series of quercetin diacylglucosides as potent anti-MRSA and anti-VRE agents.,
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.20, No.17, 5349-5352, 2010.
(DOI: 10.1016/j.bmcl.2010.02.060,   PubMed: 20655215)
74.Xin Jin, Yukiko Satoh-Otonashi, Yoshito Zamami, Narumi Hobara, Toshihiro Koyama, Pengyuan Sun, Simin Li, Yoshihisa Kitamura and Hiromu Kawasaki :
Age-related disappearance of the inhibitory effect of vascular endothelium on agonist-induced vasoconstriction in rat mesenteric vascular beds.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.111, No.4, 372-380, 2009.
(DOI: 10.1254/jphs.09183FP,   PubMed: 19942801)
75.Hiromu Kawasaki, Shinji Eguchi, Satoko Miyashita, Shu Chan, Kazuhiro Hirai, Narumi Hobara, Ayako Yokomizo, Hidetoshi Fujiwara, Yoshito Zamami, Toshihiro Koyama, Xin Jin and Yoshihisa Kitamura :
Proton acts as a neurotransmitter for nicotine-induced adrenergic and calcitonin gene-related peptide-containing nerve-mediated vasodilation in the rat mesenteric artery.,
The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, Vol.330, No.3, 745-755, 2009.
(DOI: 10.1124/jpet.108.149435,   PubMed: 19483072)
76.Yoshito Zamami, Shingo Takatori, Mitsuhiro Goda, Toshihiro Koyama, Yukiko Iwatani, Xin Jin, Shima Takai-Doi and Hiromu Kawasaki :
Royal jelly ameliorates insulin resistance in fructose-drinking rats.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.31, No.11, 2103-2107, 2008.
(DOI: 10.1248/bpb.31.2103,   PubMed: 18981581)
77.Xin Jin, Yukiko Satoh-Otonashi, Yoshito Zamami, Toshihiro Koyama, Pengyuan Sun, Yoshihisa Kitamura and Hiromu Kawasaki :
Characterization of the inhibitory effect of vascular endothelium on agonist-induced vasoconstriction in rat mesenteric resistance arteries.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.108, No.1, 95-103, 2008.
(DOI: 10.1254/jphs.08115FP,   PubMed: 18787304)
78.Y Hatanaka, Yoshito Zamami, T Koyama, N Hobara, X Jin, Y Kitamura and H Kawasaki :
A ketolide antibiotic, telithromycin, inhibits vascular adrenergic neurotransmission in the rat mesenteric vascular bed.,
British Journal of Pharmacology, Vol.155, No.6, 826-836, 2008.
(DOI: 10.1038/bjp.2008.313,   PubMed: 18695647)
79.Yoshito Zamami, Shingo Takatori, Kousuke Yamawaki, Satoko Miyashita, Mitsunobu Mio, Yoshihisa Kitamura and Hiromu Kawasaki :
Acute hyperglycemia and hyperinsulinemia enhance adrenergic vasoconstriction and decrease calcitonin gene-related peptide-containing nerve-mediated vasodilation in pithed rats.,
Hypertension Research, Vol.31, No.5, 1033-1044, 2008.
(DOI: 10.1291/hypres.31.1033,   PubMed: 18712059)
80.S Takatori, Yoshito Zamami, N Yabumae, N Hanafusa, M Mio, T Egawa and H Kawasaki :
Pioglitazone opposes neurogenic vascular dysfunction associated with chronic hyperinsulinaemia.,
British Journal of Pharmacology, Vol.153, No.7, 1388-1398, 2008.
(DOI: 10.1038/bjp.2008.8,   PubMed: 18246090)
81.座間味 義人, 高取 真吾, 小山 敏広, 合田 光寛, 岩谷 有希子, 土井 志真, 川崎 博己 :
フルクトース負荷インスリン抵抗性モデル(ラット)におけるPropolisによるインスリン抵抗性改善作用,
薬学雑誌, Vol.127, No.12, 2065-2073, 2007年.
(DOI: 10.1248/yakushi.127.2065,   PubMed: 18057795,   CiNii: 110006546582)
82.野村 政孝, 圓尾 奈緒美, 座間味 義人, 高取 真吾, 土井 志真, 川崎 博己 :
Royal Jelly長期投与によるOtsuka Long-Evans Tokushima Fatty (OLETF)ラットのインスリン抵抗性改善作用,
薬学雑誌, Vol.127, No.11, 1877-1882, 2007年.
(DOI: 10.1248/yakushi.127.1877,   PubMed: 17978564,   CiNii: 110006439691)
83.Shingo Takatori, Yoshito Zamami, Mitsunobu Mio, Yuji Kurosaki and Hiromu Kawasaki :
Chronic hyperinsulinemia enhances adrenergic vasoconstriction and decreases calcitonin gene-related peptide-containing nerve-mediated vasodilation in pithed rats.,
Hypertension Research, Vol.29, No.5, 361-368, 2006.
(DOI: 10.1291/hypres.29.361,   PubMed: 16832157)
84.Shingo Takatori, Masako Mizote, Yoshito Zamami, Yuji Kurosaki and Hiromu Kawasaki :
Effects of insulin on vascular responses to spinal cord stimulation and vasoactive agents in pithed rats.,
British Journal of Pharmacology, Vol.140, No.6, 1137-1145, 2003.
(DOI: 10.1038/sj.bjp.0705539,   PubMed: 14581176)

総説・解説:

1.Yoshito Zamami, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi and Keisuke Ishizawa :
Pharmacological approach for drug repositioning against cardiorenal diseases.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.3.4, 197-201, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111115,   DOI: 10.2152/jmi.64.197,   PubMed: 28954981)
2.座間味 義人, T Niimura, 武智 研志, 今西 正樹, T Koyama, 石澤 啓介 :
Drug repositioning research to improve the survival rate after cardiopulmonary arrest - utilizing large scale Medical Claims Database -,
薬学雑誌, Vol.137, No.12, 1439-1442, 2017年.
(DOI: 10.1248/yakushi.17-00139-3,   PubMed: 29199254,   Elsevier: Scopus)
3.座間味 義人, 小山 敏広, 名倉 弘哲, 榎本 秀一 :
救急医療における薬剤師の可能性を考える.臨床現場の薬剤師活動と大学教育を融合し救急医療に精通した薬剤師を育成するには,
薬学雑誌, Vol.136, No.7, 965, 2016年.
(DOI: 10.1248/yakushi.15-00286-F,   PubMed: 27374958,   CiNii: 130005159455)
4.座間味 義人, 小山 敏広, 今井 徹, 武本 あかね, 相良 英憲, 千堂 年昭, 名倉 弘哲 :
救急医療における薬物治療に主眼を置いた薬学教育,
薬学雑誌, Vol.136, No.7, 987-991, 2016年.
(DOI: 10.1248/yakushi.15-00286-4,   PubMed: 27374962,   CiNii: 130005159456,   Elsevier: Scopus)
5.Shingo Takatori, Yoshito Zamami, Narumi Hashikawa-Hobara and Hiromu Kawasaki :
Insulin resistance-induced hypertension and a role of perivascular CGRPergic nerves.,
Current Protein & Peptide Science, Vol.14, No.4, 275-281, Jun. 2013.
(DOI: 10.2174/13892037113149990047,   PubMed: 23745744)
6.N Hashikawa-Hobara, N Hashikawa, Yoshito Zamami, S Takatori and H Kawasaki :
The mechanism of calcitonin gene-related peptide-containing nerve innervation.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.119, No.2, 117-121, May 2012.
(DOI: 10.1254/jphs.12R02CP,   PubMed: 22673132)
7.高取 真吾, 座間味 義人, 橋川 芳原 成美, 川崎 博己 :
インスリン抵抗性高血圧と血管周囲神経機能変化 : 機序解明への新たなアプローチ,
日本薬理学雑誌, Vol.139, No.2, 70-74, 2012年2月.
(DOI: 10.1254/fpj.139.70,   PubMed: 22322931,   CiNii: 10030456184)
8.Xin Jin, Yukiko Satoh-Otonashi, Yoshito Zamami, Shingo Takatori, Narumi Hashikawa-Hobara, Yoshihisa Kitamura and Hiromu Kawasaki :
New molecular mechanisms for cardiovascular disease: contribution of endothelium-derived hyperpolarizing factor in the regulation of vasoconstriction in peripheral resistance arteries.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.116, No.4, 332-336, Jul. 2011.
(DOI: 10.1254/jphs.10R30FM,   PubMed: 21757845)
9.金 鑫, 佐藤(音無) 由紀子, 座間味 義人, 小山 敏広, 孫 鵬遠, 北村 佳久, 川 博己 :
Endothelial Modulation of Agonist-induced Vasoconstriction in Mesenteric Microcirculation,
薬学雑誌, Vol.130, No.5, 723-728, 2010年5月.
(DOI: 10.1248/yakushi.130.723,   PubMed: 20460871,   CiNii: 130000259462)
10.芳原 成美, 合田 光寛, 橋川 直也, 金 鑫, 座間味 義人, 高取 真吾, 川 博己 :
血管周囲神経リモデリングにおけるアンジオテンシン受容体の役割,
薬学雑誌, Vol.130, No.11, 1421-1425, 2010年.
(DOI: 10.1248/yakushi.130.1421,   PubMed: 21048398,   CiNii: 130000451690)
11.小山 敏広, 畑中 由香子, 合田 光寛, 座間味 義人, 芳原 成美, 川崎 博己 :
腎血管性高血圧における血管周囲神経の機能変化(誌上シンポジウム),
薬学雑誌, Vol.129, No.2, 185-189, 2009年2月.
(DOI: 10.1248/yakushi.129.185,   PubMed: 19182445,   CiNii: 110007046094)
12.座間味 義人, 高取 真吾, 川崎 博己 :
脊髄穿刺モデルを用いた心血管反応と薬効評価,
日本薬理学雑誌, Vol.133, No.1, 22-26, 2009年1月.
(DOI: 10.1254/fpj.133.22,   PubMed: 19145047,   CiNii: 10024021245)
13.塩田 倫史, 座間味 義人 :
新しい薬効評価法を用いた治療薬の開発(誌上シンポジウム),
薬学雑誌, Vol.128, No.3, 393, 2008年3月.
(DOI: 10.1248/yakushi.128.393,   PubMed: 18311058,   CiNii: 110006646592)
14.座間味 義人, 高取 真吾, 岩谷 有希子, 山脇 康佑, 宮下 智子, 藪前 奈々, 高山 房子, 見尾 光庸, 川崎 博己 :
食後高血糖が血管反応性に及ぼす影響(誌上シンポジウム),
薬学雑誌, Vol.128, No.3, 419-424, 2008年3月.
(DOI: 10.1248/yakushi.128.419,   PubMed: 18311062,   CiNii: 110006646596)
15.座間味 義人, 高取 真吾, 山脇 康佑, 宮下 智子, 藪前 奈々, 高山 房子, 見尾 光庸, 川崎 博己 :
食後高血糖を想定した急性高血糖状態における血管反応性の変化,
血管, Vol.30, No.3, 81-86, 2007年10月.
(CiNii: 10019807310)

国際会議:

1.Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Utilizing Real-World Big Data in the Search for New Renoprotective Drugs,
Joint Hypertension 2018 Scientific Sessions, Sep. 2018.
2.Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Renoprotective effects of edoxaban, a factor Xa inhibitor,
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, Jul. 2018.
3.Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Keijo Fukushima, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Search for drugs that attenuate the anti tumor effect of bevacizumab using adverse event database,
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, Jul. 2018.
4.Ishida Shunsuke, Bando Hiroshi, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Krino Yashishi, Nakamura Toshimi, Teraoka Kazuhiko and Keisuke Ishizawa :
Development and clinical application of management tool to monitor side effects for atypical antipsychotics,
ASHPMidyear2017Clinical Meeting&Exhibition, フロリダ, Dec. 2017.
5.Kenshi Takechi, Yoshito Zamami, Masaki Imanishi, Hiroaki Yanagawa and Keisuke Ishizawa :
Psychiatric patients with antipsychotic drug-induced hyperprolactinemia and menstruation disorders,
ASHPMidyear2017Clinical Meeting&Exhibition, フロリダ, Dec. 2017.
6.Yoshito Zamami, Takahiro Niimura, Yuki Izawa-Ishizawa, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Krino Yashishi, Nakamura Toshimi, Teraoka Kazuhiko and Keisuke Ishizawa :
Drug repositioning research aimed at improving the survival rate of patients with cardiopulmonary arrest using large-scale medical claims database,
ASHPMidyear2017Clinical Meeting&Exhibition, Dec. 2017.
7.Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hirofumi Hamano, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The effect of iron on skeletal muscle atrophy in chronic kidney disease.,
Free Radical Biology and Medicine, Vol.112, 204-205, Dec. 2017.
8.hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Indoxyl Sulfate Disturbs Normal Iron Metabolism via Hepcidin Upregulation in Chronic Kidney Disease,
ASN Kidney Week 2017 Annual Meeting, Nov. 2017.
9.Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Direct activated factor X inhibitor attenuates renal fibrosis on unilateral ureteral obstruction-induced nephrotoxicity.,
53rd Congress of the European Societies of Toxicology (eurotox2017), Sep. 2017.
10.Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
FACTOR XA INHIBITOR ATTENUATES RENAL INTERSTITIAL FIBROSIS IN MICE WITH UNILATERAL URETERAL OBSTRUCTION,
THE 13TH CONGRESS OF THE EUROPEAN ASSOCIATION FOR CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS(EACPT2017), Jun. 2017.
11.Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, 田淵 正樹, Masaki Imanishi, Mai Takata, Eriko Sairyo, Yoshito Zamami, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
NITROSONIFEDIPINE, A NOVEL ANTIOXIDANT, AMELIORATES NEUROLOGICALSYMPTOMS AND PROLONGS THE SURVIVAL IN A MALIGNANT STROKE-PRONE SPONTANEOUSLY HYPERTENSIVE RATS,
27th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection, Jun. 2017.
12.Masaki Imanishi, Kyohei Tanaka, Raiki Ikutoh, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
THE EFFECTS OF FEBUXOSTAT ON ANGIOTENSIN II-INDUCED VASCULAR REMODELING,
27th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection, Jun. 2017.
13.Yoshito Zamami, Mitsui Marin, Moriguchi Hiroshi, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Kawasaki Hiromu, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Search for a preventative therapy for Bevacizumab-induced hypertension using the drug repositioning approach,
7th Scientific Meeting of Asian Society for Vascular Biology, Oct. 2016.
14.Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Kenshi Takechi, Yoshito Zamami, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
The effects of pitavastatin, a lipid-lowering agent, against aortic dissection model mice induced by L-NAME, a nitric oxide synthase inhibitor.,
The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide/16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan., May 2016.

国内講演発表:

1.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 濱野 裕章, 今西 正樹, 福島 圭穣, 合田 光寛, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全関連骨格筋萎縮における鉄代謝異常,
第92回日本薬理学会年会, 2019年3月.
2.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 渡邉 大晃, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
マクロファージフェリチン欠損は肥満・糖尿病における脂肪炎症を抑制する,
第48回日本心脈管作動物質学会, 2019年2月.
3.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 濱野 裕章, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 武智 研志, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
リアルワールドビッグデータを活用した新規腎保護薬の探索,
第28回日本医療薬学会年会, 2018年11月.
4.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 濱野 裕章, 今西 正樹, 福島 圭穣, 合田 光寛, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全関連サルコペニアにおける鉄の関与,
第134回日本薬理学会近畿部会, 2018年11月.
5.座間味 義人, 三井 茉綸, 石澤 有紀, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 福島 圭穣, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを活用したベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
6.新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いた心肺蘇生後脳症治療薬の探索,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
7.櫻田 巧, 今西 正樹, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
腎機能がペメトレキセド治療における安全性に影響を与えるか,
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2018, 2018年3月.
8.座間味 義人, 三井 茉綸, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを活用したベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2018, 2018年3月.
9.高橋 志門, 城ヶ瀧 里奈, 高橋 撤多, 武智 研志, 座間味 義人, 相良 英憲, 石澤 啓介 :
PTSDモデルラットにおける文脈的恐怖記憶の消去に対する治療薬の探索,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
10.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 濱野 裕章, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
大規模医療情報データベース解析と基礎研究の融合による新規腎保護薬の探索,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
11.石澤 有紀, 鍵本 優有, 今西 正樹, 岩田 悠佑, 堀ノ内 裕也, 武智 研志, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
マウス大動脈瘤形成に対するケルセチンの効果,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
12.今西 正樹, 近藤 正輝, 田中 恭平, 生藤 来希, 村井 陽一, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
Febuxostatの尿酸合成抑制作用とは独立した血管線維化抑制機構の解明,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
13.武智 研志, 座間味 義人, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介, 楊河 宏章 :
てんかん誘発性精神症状の行動学的解析および治療薬の探索と作用機序の解明,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
14.新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用した心肺停止患者に対するニコランジルの有効性に関する検討,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
15.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
第Xa因子阻害剤の腎保護効果,
第47回日本心脈管作動物質学会, 2018年2月.
16.座間味 義人, 近藤 正輝, 阿部 奈都美, 中馬 真幸, 今井 徹, 武智 研志, 今西 正樹, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
集中治療における薬剤師教育,
第45回日本集中治療医学会学術集会 委員会企画4(CP4)「集中治療における薬剤師のポジションを考える」, 2018年2月.
17.石田 俊介, 坂東 寛, 武智 研志, 座間味 義人, 今西 正樹, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
副作用モニタリング管理ツールの開発と業務効率化,
平成29年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議, 2018年2月.
18.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
第Xa因子阻害薬の腎保護効果,
第10回 心・血管クラスター・ミニリトリート, 2017年.
19.日野 咲季子, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用した薬剤性腎障害に対する予防薬の探索,
西日本医学生学術フォーラム2017, 2017年12月.
20.石澤 有紀, 鍵本 優有, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 鈴木 琴子, 岩田 悠佑, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ケルセチンによる動脈硬化性疾患発症に対する予防効果の検討,
第27回日本循環薬理学会, 2017年12月.
21.新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を用いて新規心肺蘇生後症候群治療薬の開発を志向したドラッグリポジショニング研究,
第38回日本臨床薬理学会学術総会, 2017年12月.
22.座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
臨床薬理学集中講座修了後の研究活動∼大規模医療情報を活用したドラッグリポジショニング研究を中心に∼,
第38回日本臨床薬理学会学術総会 臨床薬理学集中講座フォローアップ・セミナー, 2017年12月.
23.渡邉 大晃, 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
肥満・糖尿病におけるマクロファージ鉄制御機構の検討,
第132回日本薬理学会近畿部会, 2017年11月.
24.石田 俊介, 坂東 寛, 武智 研志, 座間味 義人, 今西 正樹, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
抗精神病薬を対象とする副作用モニタリング管理ツールの開発と臨床評価,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
25.濱野 裕章, 三井 茉綸, 座間味 義人, 新村 貴博, 武智 研志, 岡田 直人, 今西 正樹, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
アルカリ化剤はイリノテカン誘発性好中球減少症を予防する,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
26.岡田 直人, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
リポソーム化アムホテリシン B 製剤による低カリウム血症発現に関与する因子の同定:予防的カリウム製剤 投与の有用性,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
27.新村 貴博, 座間味 義人, 小山 敏広, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニングを切り口とした心肺蘇生後症候群治療薬の探索研究,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
28.座間味 義人, 小山 敏広, 石澤 有紀, 新村 貴博, 今西 正樹, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用して心肺停止患者の生存率向上を志向したドラッグリポジショニング研究,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
29.石田 俊介, 坂東 寛, 武智 研志, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
管理ツール導入による臨床検査値を指標とした副作用モニタリングへの効果,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
30.濱野 裕章, 三井 茉綸, 座間味 義人, 新村 貴博, 武智 研志, 岡田 直人, 今西 正樹, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
アルカリ化剤はイリノテカン誘発性好中球減少症を予防する,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
31.岡田 直人, 東 桃代, 今西 正樹, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 安倍 正博, 石澤 啓介 :
リポソーム化アムホテリシンB製剤による低カリウム血症の発現関連因子の同定,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
32.柴田 高洋, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
PCR法によるSCCmec タイピングを利用した動向調査から探る来院者とMRSAの院内 伝播の関連性,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
33.合田 光寛, 高橋 沙矢佳, 長田 武, 今西 正樹, 武智 研志, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 大塚 正人, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発腎障害に対するSGLT2阻害薬の影響,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
34.三井 茉綸, 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを基にしたベバシズマブと相互作用を起こす薬剤の探索研究,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
35.新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
心肺停止患者の予後に与えるニコランジルの影響-大規模レセプト情報を用いた検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
36.漆崎 汐里, 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用して新規心肺蘇生後症候群治療薬の開発を志向したドラッグリポジショニング研究,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
37.鍵本 優有, 石澤 有紀, 細岡 真由子, 斎藤 尚子, 鈴木 琴子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
急性大動脈解離易発症マウスにおけるquercetinの効果,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
38.田中 恭平, 今西 正樹, 近藤 正輝, 生藤 来希, 村井 陽一, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
フェブキソスタットの尿酸合成抑制剤作用とは独立した血管線維化抑制作用の検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
39.渡邊 大晃, 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
肥満・糖尿病におけるマクロファージ鉄の役割の検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
40.濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎臓病における尿毒素蓄積によるヘプシジン制御と鉄代謝破綻のメカニズムの解明,
第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2017年9月.
41.池田 康将, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 平山 祐, 岸 誠司, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 啓介, 粟飯原 賢一, 永澤 秀子, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄摂取制限による尿細管間質障害の抑制効果の検討,
第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2017年9月.
42.濱野 裕章, 池田 康将, 渡邊 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全における尿毒素蓄積はヘプシジンを介した鉄代謝恒常性破綻に関与する,
大阪市大フォーラム, 2017年8月.
43.座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年8月.
44.新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
心肺蘇生後症候群治療薬の開発を目的としたドラッグリポジショニング研究-大規模医療情報を活用した検討-,
第255回 徳島医学会学術集会, 2017年8月.
45.座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年7月.
46.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 今西 正樹, 座間味 義人, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
経口FXa阻害剤の腎線維化抑制効果,
医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年7月.
47.坂東 寛, 石田 俊介, 武智 研志, 今西 正樹, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
薬剤師がマネジメントする非定型抗精神病薬における副作用モニタリングの効果,
医療薬学フォーラム 2017/第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年7月.
48.石田 俊介, 今西 正樹, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
医薬品管理モニタリングツールを活用した周術期における医薬品管理業務の効率化,
第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2017年7月.
49.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
第Xa因子阻害剤は腎間質線維化を抑制する,
第131回 日本薬理学会近畿部会, 2017年6月.
50.濱野 裕章, 池田 康将, 渡邊 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
インドキシル硫酸蓄積はヘプシジン制御を介して鉄代謝恒常性破綻に関与する,
第131回 日本薬理学会近畿部会, 2017年6月.
51.中本 亜樹, 岡田 直人, 濱野 裕章, 安井 苑子, 西 麻希, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 濵田 康弘, 石澤 啓介 :
頭頸部癌に対する化学放射線療法における CDDP 単独療法及び 52FU+CDDP 療法による副作用発現の比較,
第11回日本緩和医療薬学会年会, 2017年6月.
52.坂東 左奈子, 櫻田 巧, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 石澤 啓介 :
エピルビシン,シクロフォスファミド投与による持続型G-CSF製剤の有効性の検討,
第42回日本外科系連合学会学術集会, 2017年6月.
53.井上 貴久, 櫻田 巧, 柴田 高洋, 岡田 直人, 座間味 義人, 今西 正樹, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
抗EGFR抗体薬の投与による低Mg血症発現率の比較検討,
第42回日本外科系連合学会学術集会, 2017年6月.
54.三井 茉綸, 座間味 義人, 石澤 有紀, 漆崎 汐里, 桐野 靖, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを基にしたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
日本薬学会 第137年会, 2017年3月.
55.生藤 来希, 今西 正樹, 田中 恭平, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
アンジオテンシンII 誘発性血管リモデリングに対するキサンチンオキシダーゼ阻害剤の影響,
日本薬学会 第137年会, 2017年3月.
56.今西 正樹, 田中 恭平, 生藤 来希, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
フェブキソスタットはアンジオテンシンII誘発性大動脈線維化を抑制する,
第90回日本薬理学会年会, 2017年3月.
57.Masaki Imanishi, 田中 恭平, 生藤 来希, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
フェブキソスタットはアンジオテンシンII誘発性大動脈繊維化を抑制する,
第90回日本薬理学会年会(長崎), Mar. 2017.
58.石澤 有紀, 細岡 真由子, 齊藤 尚子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
ケルセチンの内皮保護作用を介したマウス大動脈解離発症に対する効果,
第90回日本薬理学会年会, 2017年3月.
59.佐藤 志帆, 今井 徹, 田中 敏, 座間味 義人, 名倉 弘哲 :
電気的除細動抵抗性心室細動/無脈性心室頻拍に対するニフェカラントの有効性評価メタ解析 アミオダロンとの効果比較,
日本薬学会年会要旨集, No.4, 75, 2017年3月.
60.井上 貴久, 櫻田 巧, 柴田 高洋, 岡田 直人, 座間味 義人, 今西 正樹, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
抗EGFR抗体薬における副作用としての低Mg血症発現率の比較検討,
日本薬学会年会要旨集, No.4, 172, 2017年3月.
61.座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブと相互作用を起こす薬剤の探索研究,
第46回日本心脈管作動物質学会年会, 2017年2月.
62.今西 正樹, 田中 恭平, 生藤 来希, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
Angiotensin II誘発性血管リモデリングに対するfebuxostatの効果,
第46回日本心脈管作動物質学会, 2017年2月.
63.石澤 有紀, 細岡 真由子, 斎藤 尚子, 鍵本 優有, 今西 正樹, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ケルセチンによるマウス大動脈解離発症予防効果の検討,
第46回日本心脈管作動物質学会年会, 2017年2月.
64.座間味 義人, 近藤 正輝, 阿部 奈都美, 今西 正樹, 武智 研志, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
薬剤師と考える感染症治療 抗MRSA薬による抗菌薬治療,
日本集中治療医学会雑誌, Vol.24, No.Suppl., SS4-1, 2017年2月.
65.石澤 有紀, 福永 豊, 西良 恵理子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 橋本 一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは虚血性皮弁モデルにおいて皮弁壊死を抑制する,
第26回日本循環薬理学会, 2016年12月.
66.細岡 真由子, 石澤 有紀, 斎藤 尚子, 今西 正樹, 座間味 義人, 宮本 理人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
Quercetin による血管内皮細胞保護効果の検討,
第130回日本薬理学会近畿部会, 2016年11月.
67.中本 亜樹, 野裕 章, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
DPP-4阻害薬ーDPP-4阻害薬間の切り替えによるLDL-Cの変動,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
68.井上 貴久, 柴田 高洋, 櫻田 巧, 岡田 直人, 座間味 義人, 今西 正樹, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
抗EGFR抗体薬の使用における低Mg血症の発現率の比較検討,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
69.坂東 左奈子, 岡田 直人, 櫻田 巧, 今西 正樹, 座間味 義人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 石澤 啓介 :
乳がん患者におけるエピルビシン,シクロフォスファミド投薬による持続型G-CSF製剤の有効性の検討,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
70.桑原 絵美, 岡田 直人, 高瀬 友佳子, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
徳島大学病院におけるニボルマブの適正使用に向けた取り組み,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
71.石田 俊介, 坂東 寛, 坂本 久美子, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
抗精神病薬を対象にした臨床検査値を指標とする副作用モニタリング管理ツール導入による効果,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
72.櫻田 巧, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
ペメトレキセドによる骨髄抑制のリスク因子解析,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
73.伊勢 夏子, 武智 研志, 前田 和輝, 宮本 登志子, 片島 るみ, 阿部 真治, 今西 正樹, 座間味 義人, 石澤 啓介, 楊河 宏章 :
薬学病院実務実習の受講者における臨床研究・治験に関する意識と実習による変化,
臨床薬理, Vol.47, No.Suppl., S315, 2016年10月.
74.三井 茉綸, 座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 石澤 啓介 :
オーストラリアのがん病棟における薬剤師業務に対する患者満足度調査,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
75.小中 健, 櫻田 巧, 今西 正樹, 座間味 義人, 石澤 啓介, 伏谷 秀治 :
肺がん患者におけるUGT1A1 遺伝子多型とイリノテカンの投与量に関する検討,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
76.濱野 裕章, 中本 亜樹, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
GEM + nabPTX 療法における高ビリルビン血症が副作用発現に与える影響,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
77.中本 亜樹, 濱野 裕章, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
DPP-4 阻害薬服用患者における他のDPP-4 阻害薬への切り替えによるLDL-C 低下作用の検討,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
78.桑原 絵美, 岡田 直人, 高瀬 友佳子, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
徳島大学病院におけるニボルマブの使用状況と今後の有害事象対策,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
79.櫻田 巧, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
ペメトレキセド投与後の皮疹出現は好中球減少症のリスク因子となる,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
80.座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 小山 敏広, 大島 礼子, 樋之津 史郎, 狩野 光伸, 石澤 啓介 :
新規心肺蘇生薬の開発を目指したドラッグリポジショニング研究,
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集, 437, 2016年9月.
81.三井 茉綸, 座間味 義人, 漆崎 汐里, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニングを切り口としたベバシズマブ誘発高血圧に対する予防薬の探索研究,
第27回霧島神経薬理フォーラム(福岡), 2016年8月.
82.座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 小山 敏広, 大島 礼子, 樋之津 史郎, 狩野 光伸, 石澤 啓介 :
症例データベースを活用して新規心肺蘇生薬の開発を目指したドラッグリポジショニング研究,
第2回日本医薬品安全性学会学術大会( 岐阜), 2016年7月.
83.今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 田淵 正樹, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
脳卒中後の神経症状増悪に対するニトロソニフェジピンの効果,
第46回日本神経精神薬理学会年会( ソウル), 2016年7月.
84.柴田 高洋, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
外来診療棟を主としたMRSAの実態調査,
医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム (大津), 2016年6月.
85.座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 小山 敏広, 大島 礼子, 今井 徹, 樋之津 史郎, 狩野 光伸, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニングを切り口とした新規心肺蘇生薬の探索研究-大規模医療情報を活用した検討-,
医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム (大津 ), 2016年6月.
86.石澤 有紀, 細岡 真由子, 斎藤 尚子, 堀ノ内 裕也, 今西 正樹, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ケルセチン代謝産物Q3GAの血管内皮膚細胞に対する短期及び長期効果の検討,
第129回日薬理学会学会近畿部会( 広島), 2016年6月.
87.石田 俊介, 坂本 久美子, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
持参薬管理業務における周術期中止医薬品の管理ツール導入による効果,
第19回日本医薬品情報学会総会・学術大会 (町田市), 2016年6月.
88.安尾 哲郎, 座間味 義人, 名倉 弘哲 :
脳梗塞患者における発症前後の薬物療法と副作用発現状況の調査,
日本臨床救急医学会雑誌, Vol.19, No.2, 425, 2016年4月.
89.座間味 義人, 今西 正樹, 小山 敏広, 大島 礼子, 樋之津 史郎, 狩野 光伸, 石澤 啓介 :
心肺停止患者における社会復帰率の向上を志向したドラッグリポジショニング研究,
日本薬学会第136年会 シンポジスト( 横浜 ), 2016年3月.
90.細岡 真由子, 石澤 有紀, 斎藤 尚子, 宮本 理人, 今西 正樹, 座間味 義人, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
ケルセチン生体内代謝産物 quercetin -3-O-β-Dglucuronideによる血管内皮細胞保護効果,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
91.鍵本 優有, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
無機リン刺激による血管平滑筋細胞石灰化におけるrho-kinase 及び cyclophilinA の関与,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
92.小中 健, 花房 剛志, 田中 恭平, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 川添 和義, 石澤 啓介 :
パクリタキセル誘発性神経障害に対する漢方製剤抽出物の影響,
日本薬学会第136 年会( 横浜), 2016年3月.
93.斎藤 尚子, 石澤 有紀, 細岡 真由子, 木平 孝高, 今西 正樹, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ケルセチン代謝物Q3GAによる血管内皮細胞保護効果の検討,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
94.青木 友里, 石澤 有紀, 高田 真衣, 田渕 正樹, 今西 正樹, 座間味 義人, 福永 豊, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
神経突起伸長および脳卒中後神経症状に対するニトロソニフェジピンの効果,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
95.Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Yoshito Zamami, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Development of endothelial dysfunction-induced aortic dissection model and search for a preventive strategy,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), Mar. 2016.
96.原 直己, 座間味 義人, 内田 佳菜子, 松田 俊之 :
23-6-O57-03 薬学教育実務実習における救急集中治療領域学習の教育効果(薬学教育(実務実習),口頭発表,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-),
日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.25, 255, 2015年10月.
(CiNii: 110010024568)
97.白石 奈緒子, 小山 敏広, 座間味 義人, 建部 泰尚, 大島 礼子, 千堂 年昭 :
23-7-O62-17 経口医薬品の規格適正化がもたらす医療費削減効果の検証(薬剤疫学・医療経済,口頭発表,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-),
日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.25, 260, 2015年10月.
(CiNii: 110010024592)
98.小山 敏広, 樋之津 史郎, 大島 礼子, 座間味 義人, 白石 奈緒子, 建部 泰尚, 四宮 一昭, 狩野 光伸 :
次世代研究者セミナー 薬物の安全性評価における新たな挑戦 診療情報明細書情報に基づく安全性対策効果検証の取り組み 炭酸リチウムの適正使用に関する事例を中心に,
The Journal of Toxicological Sciences, Vol.40, No.Suppl., S27, 2015年6月.
99.名倉 弘哲, 向井 和也, 座間味 義人, 平山 敬浩, 氏家 良人 :
院内感染と薬剤管理 トロンボモジュリン投与における出血発現の危険因子解析,
日本臨床医学リスクマネジメント学会・学術集会プログラム・抄録集, 54, 2015年5月.
100.萱野 純史, 永尾 香菜子, 平山 敬浩, 座間味 義人, 鵜川 豊世武, 氏家 良人, 名倉 弘哲 :
敗血症における重症度別de-escalationの有効性評価,
日本臨床救急医学会雑誌, Vol.18, No.2, 389, 2015年4月.
101.座間味 義人, 伊藤 剛志, 名倉 弘哲 :
救急病棟における薬剤経管投与の実態調査と漢方製剤の経管投与方法の検討,
日本臨床救急医学会雑誌, Vol.18, No.2, 447, 2015年4月.
102.座間味 義人, 小山 敏広, 今井 徹, 武本 あかね, 相良 英憲, 千堂 年昭, 名倉 弘哲 :
救急医療における薬剤師の可能性を考える 臨床現場の薬剤師活動と大学教育を融合し救急医療に精通した薬剤師を育成するには 救急医療における薬物治療に主眼を置いた薬学教育,
日本薬学会年会要旨集, No.1, 261, 2015年3月.
103.座間味 義人, 今井 徹, 小山 敏広, 武本 あかね, 北村 佳久, 千堂 年昭 :
救急医療における薬剤師業務に関する日本と諸外国との比較 よりよい救急薬剤師の確立を目指して,
日本薬学会年会要旨集, No.4, 156, 2015年3月.
104.萱野 純史, 永尾 香菜子, 平山 敬浩, 座間味 義人, 鵜川 豊世武, 氏家 良人, 名倉 弘哲 :
岡山大学病院高度救命救急センターにおける敗血症患者へのde-escalationの有益性評価,
日本薬学会年会要旨集, No.4, 192, 2015年3月.
105.三宅 真史, 向井 一也, 平山 敬浩, 座間味 義人, 鵜川 豊世武, 氏家 良人, 名倉 弘哲 :
トロンボモジュリン投与における出血発現の危険因子解析 敗血症性DIC患者に対する統計解析,
日本薬学会年会要旨集, No.4, 193, 2015年3月.
106.塩瀬 麻衣, 江角 純, 平山 敬浩, 座間味 義人, 鵜川 豊世武, 氏家 良人, 名倉 弘哲 :
救急・集中治療における敗血症性ショック患者に対する鎮静薬使用の検証,
日本薬学会年会要旨集, No.4, 193, 2015年3月.
107.小山 敏広, 樋之津 史郎, 大島 礼子, 座間味 義人, 白石 奈緒子, 建部 泰尚, 四宮 一昭, 狩野 光伸 :
診療情報明細書情報に基づく安全性対策効果検証の取り組み: 炭酸リチウムの適正使用に関する事例を中心に,
日本毒性学会学術年会, Vol.42, No.0, S2-5, 2015年.
(DOI: 10.14869/toxpt.42.1.0_S2-5,   CiNii: 130005483734)
108.座間味 義人, 相良 英憲, 今井 徹, 原 直己, 小山 敏広, 武本 あかね, 北村 佳久, 千堂 年昭, 名倉 弘哲 :
27-O3PM-04 救急外来における初療への薬学的介入を志向した薬学生向け救命実技演習の開発(薬剤師外来,優秀演題候補セッション5,新時代を拓く医療薬学フロンティア),
日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.24, 187, 2014年8月.
(CiNii: 110009879548)
109.原 直己, 高梨 愛, 加瀬 和也, 座間味 義人, 金 明俊, 大月 沢雄, 石田 明子, 永嶋 一貴, 内田 佳菜子, 松田 俊之 :
28-P4PM-225 薬学教育実務実習での救急集中治療・災害医療分野の取り組みと評価(薬学教育(実務実習),一般演題(ポスター),新時代を拓く医療薬学フロンティア),
日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.24, 465, 2014年8月.
(CiNii: 110009881070)
110.名倉 弘哲, 塩見 明日香, 座間味 義人, 平山 敬浩, 氏家 良人 :
薬剤のリスクマネジメント デクスメデトミジンによる低血圧発現の危険因子および予防因子解析に関する研究,
日本臨床医学リスクマネジメント学会・学術集会プログラム・抄録集, 62, 2014年5月.
111.座間味 義人, 今井 徹, 武本 あかね, 名倉 弘哲, 氏家 良人 :
薬物療法の実践に重点を置いた薬学生向けの救命実技実習の開発,
日本臨床救急医学会雑誌, Vol.17, No.2, 279, 2014年4月.
112.座間味 義人, 小山 敏広, 白石 奈緒子, 武本 あかね, 四宮 一昭, 万代 康弘, 狩野 光伸, 千堂 年昭, 須野 学 :
薬物療法の実践に重点を置いたシミュレーション教育の有用性について,
日本薬学会年会要旨集, No.4, 219, 2014年3月.
113.座間味 義人, 小山 敏広, 白石 奈緒子, 武本 あかね, 四宮 一昭, 万代 康弘, 狩野 光伸, 千堂 年昭, 須野 学 :
薬物療法の実践に重点を置いたシミュレーション教育の有用性について,
日本薬学会年会要旨集, No.4, 219, 2014年3月.
114.座間味 義人, 藤原 歩, 武本 あかね, 飯田 淳義, 鵜川 豊世武, 市場 晋吾, 名倉 弘哲, 氏家 良人 :
高度救命救急センターにおけるデクスメデトミジンによるせん妄発症の危険因子解析,
日本集中治療医学会雑誌, Vol.21, No.Suppl., [DP-102-6], 2014年1月.
115.座間味 義人, 比知屋 寛之, 大竹 祐貴子, 東 薫, 伴 英里香, 筧 幸子, 安 智美, 清原 義史, 座間味 義人, 井上 徹雄, 田中 一穂, 木原 零, 倉田 なおみ, 森山 雅弘, 駒田 富佐夫 :
土-P3-501 経管投与患者に対する安全な抗がん薬治療の推進に向けた簡易懸濁法の適応性評価(がん薬物療法(その他),ポスター発表,一般演題,再興,再考,創ろう最高の医療の未来),
日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.23, 335, 2013年8月.
(CiNii: 110009796757)
116.武本 あかね, 座間味 義人, 小沼 利光, 田坂 健, 西宮 祐輔, 江角 悟, 河崎 陽一, 飯田 淳義, 市場 晋吾, 林 久美子, 定金 典明, 北村 佳久, 氏家 良人, 松木 範明, 千堂 年昭 :
日-P2-125 ECMO回路におけるミダゾラムの吸着に関する研究(ハイケアユニット業務(ICU・CCU・SCU・救急等),ポスター発表,一般演題,再興,再考,創ろう最高の医療の未来),
日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.23, 373, 2013年8月.
(CiNii: 110009796983)
117.飯田 淳義, 市場 晋吾, 林 久美子, 武本 あかね, 北村 佳久, 千堂 年昭, 座間味 義人, 名倉 弘哲, 松木 範明, 氏家 良人 :
ECMO(膜型人工肺)回路の薬物吸着に影響する因子は何か?,
日本救急医学会雑誌, Vol.24, No.8, 570, 2013年8月.
118.座間味 義人, 名倉 弘哲, 武本 あかね, 森定 淳, 木浪 陽, 山内 英雄, 寺戸 通久, 鵜川 豊世武, 市場 晋吾, 氏家 良人 :
岡山大学病院高度救急救命センターにおける抗MRSA薬TDMへの継続的関与の有用性,
日本臨床救急医学会雑誌, Vol.16, No.3, 407, 2013年6月.
119.名倉 弘哲, 藤原 歩, 座間味 義人, 鵜川 豊世武, 氏家 良人 :
塩酸デクスメデトミジン投与患者におけるせん妄発症の危険因子解析,
日本臨床医学リスクマネジメント学会・学術集会プログラム・抄録集, 81, 2013年3月.
120.須野 学, 座間味 義人, 小山 敏広, 三好 智子, 吉田 登志子, 水島 孝明, 谷本 光音 :
チーム基盤型学習(TBL)の臨床薬学教育における有用性について,
日本薬学会年会要旨集, No.4, 226, 2013年3月.
121.永尾 香菜子, 小林 明日香, 座間味 義人, 名和 秀起, 野間 和広, 五十嵐 中, 千堂 年昭, 名倉 弘哲 :
切除不能な進行・再発の直腸・結腸がん3次治療におけるセツキシマブとパニツムマブの費用対効果分析,
日本薬学会年会要旨集, No.3, 245, 2013年3月.
122.倉沢 嘉久, 吉田 君成, 山崎 直毅, 佐々木 健二, 座間味 義人, 趙 敏, 土岐 敦美, 梶 英輔, 深谷 晴彦 :
キノリン環を有するセミカルバジド及びチオセミカルバジド類の合成と抗マラリア活性,
日本薬学会年会要旨集, No.2, 136, 2013年3月.
123.永尾 香菜子, 小林 明日香, 座間味 義人, 名和 秀起, 野間 和広, 五十嵐 中, 千堂 年昭, 名倉 弘哲 :
切除不能な進行・再発の直腸・結腸がん3次治療におけるセツキシマブとパニツムマブの費用対効果分析,
日本薬学会年会要旨集, No.3, 245, 2013年3月.
124.座間味 義人, 名倉 弘哲, 飯田 淳義, 塚原 紘平, 寺戸 通久, 鵜川 豊世武, 芝 直基, 山内 英雄, 市場 晋吾, 氏家 良人 :
岡山大学病院高度救命救急センターにおける薬剤経管投与方法への薬剤師の介入症例,
日本集中治療医学会雑誌, Vol.20, No.Suppl., 413, 2013年1月.
125.名倉 弘哲, 座間味 義人, 寺戸 通久, 芝 直基, 平山 敬浩, 森定 淳, 山内 英雄, 鵜川 豊世武, 市場 晋吾, 氏家 良人 :
岡山大学病院高度救命救急センターへの全国初となる救急薬学講座参入,
日本集中治療医学会雑誌, Vol.20, No.Suppl., 442, 2013年1月.
126.比知屋 寛之, 大竹 祐貴子, 東 薫, 伴 英里香, 筧 幸子, 西楽 丈嗣, 中原 瑠美, 安 智美, 清原 義史, 井上 徹雄, 座間味 義人, 田中 一穂, 天野 学, 倉田 なおみ, 駒田 富佐夫 :
患者背景を考慮した簡易懸濁法による内服抗がん剤の安全性評価に関する基礎的検討,
日本毒性学会学術年会, Vol.40, 1001011, 2013年.
(DOI: 10.14869/toxpt.40.1.0.1001011.0,   CiNii: 130004676491)
127.畑中 由香子, 藤田 和也, 足立 恵子, 北村 直之, 座間味 義人 :
P2-109 地域連携に伴う薬剤感受性の変化 : 特定抗菌薬使用への介入の効果(感染制御(その他),ポスター,一般演題,岐路に立つ医療~千年紀の目覚め~よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!),
日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.22, 396, 2012年10月.
(CiNii: 110009618851)
128.名倉 弘哲, 武本 あかね, 座間味 義人, 寺戸 通久, 芝 直基, 飯田 淳義, 木浪 陽, 山内 英雄, 鵜川 豊世武, 市場 晋吾, 氏家 良人 :
岡山大学薬学部救急薬学分野の発足 全国初の救急薬学,
日本救急医学会雑誌, Vol.23, No.10, 679, 2012年10月.
129.立野 朋志, 名倉 弘哲, 座間味 義人, 尾上 洋, 堀淵 浩二, 松永 るみ :
Pharmacist-Physical Assessment Lab(P-PAL)活動報告 岡山大学大学院救急薬学分野との共催による卒後薬剤師教育について,
日本薬剤師会学術大会講演要旨集, 204, 2012年10月.
130.蒲生 佳奈恵, 渡部 多美, 佐々木 健二, 座間味 義人, 松浦 信康 :
ブラジル産プロポリス由来PPARγ活性化物質の探索,
日本薬学会年会要旨集, No.2, 181, 2012年3月.
131.趙 敏, 土岐 敦美, 座間味 義人, 金 惠淑, 綿矢 有佑, 岩藤 章正, 佐々木 健二 :
ピリミジンダイマーの合成とその抗マラリア活性,
日本薬学会年会要旨集, No.2, 262, 2012年3月.
132.土岐 敦美, 趙 敏, 座間味 義人, 金 惠淑, 綿矢 有佑, 岩藤 章正, 佐々木 健二 :
環状又は分岐したアルキルアミノ基を有するピリミジン誘導体の合成及びその抗マラリア活性,
日本薬学会年会要旨集, No.2, 262, 2012年3月.
133.鎌田 智慎, 伊藤 剛志, 坂本 健太, 座間味 義人, 橋川 成美, 佐々木 健二 :
高血圧改善を目指した血管拡張性神経の伸長作用を有する低分子化合物の創製,
日本薬学会年会要旨集, No.2, 265, 2012年3月.
134.倉沢 嘉久, 吉田 君成, 山崎 直毅, 佐々木 健二, 座間味 義人, 趙 敏, 土岐 敦美, 梶 英輔, 深谷 晴彦 :
2-ウレイド-4-キノロン類の抗マラリア活性及びC3-HのD-H交換,
日本薬学会年会要旨集, No.2, 267, 2012年3月.
135.座間味 義人, 松永 康臣, 合葉 哲也, 天野 学, 小山 敏広, 四宮 一昭, 北村 佳久, 黒崎 勇二, 佐々木 健二, 野田 真吾, 千堂 年昭, 川崎 博己, 五味田 裕 :
P-0589 経腸栄養剤を用いた疎水性薬剤の簡易懸濁法適用の検討(一般演題 ポスター発表,医薬品情報・データベース,Enjoy Pharmacists' Lifestyles),
日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.21, 280, 2011年9月.
(CiNii: 110008910055)
136.松永 康臣, 座間味 義人, 大西 順子, 小山 敏広, 四宮 一昭, 高取 真吾, 北村 佳久, 佐々木 健二, 川崎 博己, 野田 真吾 :
疎水性薬剤に対する経腸栄養剤を用いた簡易懸濁法適用の検討,
日本薬学会年会要旨集, No.4, 258, 2011年3月.
137.藤井 裕士, 森 英樹, 座間味 義人, 古林 呂之, 東 豊, 安藤 哲信, 倉田 なおみ, 千堂 年昭, 川崎 博己, 出石 文男 :
20-P1-040 光に不安定な薬剤の簡易懸濁法における安定性の検討(医薬品適正使用,来るべき時代への道を拓く),
日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.18, 289, 2008年9月.
(CiNii: 110006964003)
138.座間味 義人, 高取 真吾, 山脇 康佑 :
食後高血糖が神経性血圧調節機能に及ぼす影響 (生体機能と創薬シンポジウム2006 疾病の標的分子と治療薬開発の最前線 講演要旨集),
薬学雑誌, Vol.126, No.0, 144-146, 2006年9月.
(CiNii: 40015396124)
139.座間味 義人, 槙田 崇志, 安藤 哲信, 倉田 なおみ, 合葉 哲也, 黒崎 勇二, 天野 学, 名和 秀起, 北村 佳久, 千堂 年昭, 五味田 裕, 高山 房子, 川崎 博己 :
30-G-06 光に不安定な薬剤の簡易懸濁法を用いた投与方法について(医薬品適正使用,医療薬学の扉は開かれた),
日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.16, 323, 2006年9月.
(CiNii: 110006961295)
140.倉田 なおみ, 西園 憲郎, 座間味 義人 :
01P3-163 簡易懸濁法の普及に関する調査(リスクマネジメント,医療薬学の扉は開かれた),
日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.16, 595, 2006年9月.
(CiNii: 110006962369)
141.天野 学, 座間味 義人, 池本 和美, 清水 博康, 町田 仁, 三本松 つる子, 小笠原 喜代江, 緑川 和重, 宮岡 弘明, 岡田 武志, 川崎 博己, 石井 雅人, 五味田 裕 :
SP12-3 粉砕法と簡易懸濁法の比較検討とNSTを介した簡易懸濁法の導入(SP12「医療・介護現場に変革をもたらす新しい経管投薬法-簡易懸濁法の導入と課題」,医療薬学の未来へ翔(はばた)く-薬剤師の薬剤業務・教育・研究への能動的関わり-),
日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.15, 205, 2005年9月.
(CiNii: 110006960224)
142.座間味 義人, 天野 学, 岡崎 宏美, 田川 真大, 石井 雅人, 黒崎 勇二, 高山 房子, 川崎 博巳, 柴田 和彦, 五味田 裕 :
P-262 簡易懸濁法を用いたワルファリンの投与量設定について(12.調剤・処方管理,オーダリング(注射剤含む)2,医療薬学の未来へ翔(はばた)く-薬剤師の薬剤業務・教育・研究への能動的関わり-),
日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.15, 294, 2005年9月.
(CiNii: 110006960501)
143.座間味 義人, 石井 雅人, 高山 房子, 柴田 和彦, 川崎 博己, 五味田 裕 :
P-39 経管栄養チューブによる薬剤投与方法の改善について : 簡易懸濁法(2.医薬品適正使用,"薬剤師がつくる薬物治療"-薬・薬・学の連携-),
日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.14, 226, 2004年9月.
(CiNii: 110006959505)

その他・研究会:

1.座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 石澤 有紀, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いた新規循環器治療薬の探索研究,
第23回大阪市大フォーラム, 2016年8月.
2.座間味 義人 :
血糖降下薬グリベンクラミドは心肺停止に合併する蘇生後脳症を改善する!,
ファルマシア, Vol.52, No.3, 259, 2016年.
(DOI: 10.14894/faruawpsj.52.3_259,   CiNii: 130005132113)

特許:

1.佐々木 健二, 土屋 友房, アブガファー エムディー ロックマン ホッション, 座間味 義人, 大塚 菜緒 : 新規フラバノン誘導体, 特願2011-524824 (2010年7月), 特開WO2011-013735 (2011年2月), 特許第5680535号 (2015年1月).
2.田中 直樹, 江見 和哉, 尾江 悟, 福森 正紘, 座間味 義人 : マトリックスメタロプロテイナーゼ阻害剤及びこれに用いるピリジルアゾベンゼン誘導体, 特願2009-179931 (2009年7月), 特開2011-032210 (2011年2月), 特許第5419582号 (2013年11月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 医療ビッグデータと既存承認薬を活用した心肺蘇生後脳症治療薬の開発 (研究課題/領域番号: 18K06785 )
  • 医療ビッグデータと新規モデル動物を応用した大動脈解離発症の病態解明と予防法開発 (研究課題/領域番号: 18K06686 )
  • 心肺停止病態に対する低酸素選択的ナノDDS製剤を用いた脳神経障害根治薬の開発 (研究課題/領域番号: 15K21178 )
  • 高血圧モデルにおける血管拡張性神経の伸長を介した降圧効果に関する研究 (研究課題/領域番号: 23700833 )
  • 研究者番号(70550250)による検索