検索:
徳島大学 > 病院 > 中央診療施設等 > 臨床試験管理センター >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1703017 健幸社会を支えるIoTを活用した医療機器・健診ヘルスケアシステムの開発 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804006 薬理学的見地に基づく徳島大学発革新的治療薬の創出-医療ビッグデータを活用したドラッグリポジショニング研究- >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 座間味 義人, 岡田 直人, 武智 研志, 今西 正樹, 石澤 啓介 :
あ,検査値が変わった」そのとき,薬のリスクは?(分担執筆),
株式会社じほう, 2017年6月.

学術論文(審査論文):

1. Hirofumi Hamano, Takahiro Niimua, Yuya Horinouchi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Mitsuhiro Goda, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Keijo Fukushima, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Yasumasa Ikeda :
Proton pump inhibitors block iron absorption through direct regulation of hepcidin via the aryl hydrocarbon receptor-mediated pathway,
Toxicology Letters, Vol.318, 86-91, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113812,   DOI: 10.1016/j.toxlet.2019.10.016,   PubMed: 31669099)
2. Yasumasa Ikeda, Akiho Satoh, Yuya Horinouchi, Hirofumi Hamano, Hiroaki Watanabe, Mizuki Imao, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Hirayama Tasuku, Hideko Nagasawa, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron accumulation causes impaired myogenesis correlated with MAPK signaling pathway inhibition by oxidative stress,
The FASEB journal, Vol.33, No.8, 9551-9564, 2019.
(DOI: 10.1096/fj.201802724RR,   PubMed: 31145863)
3. Hirofumi Hamano, Marin Mitsui, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Takahiro Nimura, Naoto Okada, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Hiroaki Yanagawa, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Irinotecan-induced neutropenia is reduced by oral alkalization drugs: analysis using retrospective chart reviews and the spontaneous reporting database.,
Supportive Care in Cancer, Vol.27, No.3, 849-856, 2019.
(DOI: 10.1007/s00520-018-4367-y,   PubMed: 30062585)
4. Masateru Kondo, Masaki Imanishi, Keijo Fukushima, Raiki Ikuto, Yoichi Murai, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa :
Xanthine Oxidase Inhibition by Febuxostat in Macrophages Suppresses Angiotensin II-induced Aortic Fibrosis.,
American Journal of Hypertension, Vol.32, No.3, 249-256, 2019.
(DOI: 10.1093/ajh/hpy157,   PubMed: 30351343)
5. Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Toya Hiroki, Nagao Tomoko, Marin Morishita, Koichi Tsuneyama, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Kenshi Takechi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Development of a novel aortic dissection mouse model and evaluation of drug efficacy using in-vivo assays and database analyses.,
Journal of Hypertension, Vol.37, No.1, 73-83, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113264,   DOI: 10.1097/HJH.0000000000001898,   PubMed: 30303488)
6. Naoto Okada, Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Hirofumi Hamano, Shunsuke Ishida, Mitsuhiro Goda, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Masaki Imanishi and Keisuke Ishizawa :
Pharmacovigilance evaluation of the relationship between impaired glucose metabolism and BCR-ABL inhibitor use by using an adverse drug event reporting database.,
Cancer Medicine, 2018.
(DOI: 10.1002/cam4.1920,   PubMed: 30561126)
7. Naoto Okada, Hitoshi Kawazoe, Kenshi Takechi, Yoshihiro Matsudate, Ryo Utsunomiya, Yoshito Zamami, Mitsuhiro Goda, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Noriaki Hidaka, Koji Sayama, Yoshiaki Kubo, Akihiro Tanaka and Keisuke Ishizawa :
Association Between Immune-Related Adverse Events and Clinical Efficacy in Patients with Melanoma Treated With Nivolumab: A Multicenter Retrospective Study.,
Clinical Therapeutics, 2018.
(DOI: 10.1016/j.clinthera.2018.11.004,   PubMed: 30528047)
8. Yoshito Zamami, Y Kouno, T Niimura, Masayuki Chuma, T Imai, M Mitsui, T Koyama, M Kayano, Naoto Okada, H Hamano, Mitsuhiro Goda, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Y Kondo, Hiroaki Yanagawa, Y Kitamura, T Sendo, Y Ujike and Keisuke Ishizawa :
Relationship between the administration of nicardipine hydrochloride and the development of delirium in patients on mechanical ventilation.,
Die Pharmazie, Vol.73, No.12, 740-743, 2018.
(DOI: 10.1691/ph.2018.8711,   PubMed: 30522561)
9. Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, T Sakurada, Y Kohara, Yuya Horinouchi, E Sairyo, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Keijo Fukushima, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, M Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Nitrosonifedipine, a Photodegradation Product of Nifedipine, Suppresses Pharmacologically Induced Aortic Aneurysm Formation.,
Pharmacology, Vol.102, No.5-6, 281-286, 2018.
(DOI: 10.1159/000492577,   PubMed: 30253416,   Elsevier: Scopus)
10. Shunsuke Ishida, Kenshi Takechi, Hiroshi Bando, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Masayuki Chuma, Hiroaki Yanagawa, Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka and Keisuke Ishizawa :
Development and pharmacist-mediated use of tools for monitoring atypical antipsychotic-induced side effects related to blood glucose levels.,
Pharmacoepidemiology and Drug Safety, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112203,   DOI: 10.1002/pds.4656,   PubMed: 30221424)
11. Shaista Afroz, Mio Naritani, Hidehiko Hosoki, Kenshi Takechi, Yoshihiro Okayama and Yoshizo Matsuka :
Prevalence of posterior disc displacement of the temporomandibular joint in patients with temporomandibular disorders: a systematic review with meta-analysis,
Journal of Oral & Facial Pain and Headache, Vol.32, No.3, 277-286, 2018.
(DOI: 10.11607/ofph.1924,   PubMed: 29697716)
12. Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Hirofumi Hamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Renoprotective effects of a factor Xa inhibitor: fusion of basic research and a database analysis.,
Scientific Reports, Vol.8, No.1, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112445,   DOI: 10.1038/s41598-018-29008-2,   PubMed: 30022146)
13. Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The uremic toxin indoxyl sulfate interferes with iron metabolism by regulating hepcidin in chronic kidney disease,
Nephrology, Dialysis, Transplantation, Vol.33, No.4, 586-597, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 110922,   DOI: 10.1093/ndt/gfx252,   PubMed: 28992067)
14. Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Toru Imai, Tsuyoshi Ito, Hidenori Sagara, Hichiya Hiroyuki, Satoru Esumi, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Toshihiro Koyama, Manabu Amano, Naomi Kurata, Yoshihisa Kitamura, Hironori Nakura, Toshiaki Sendo and Keisuke Ishizawa :
Administration of Kampo medicine through a tube at an advanced critical care center.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.1.2, 32-36, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111388,   DOI: 10.2152/jmi.65.32,   PubMed: 29593190)
15. Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Toru Imai, Kanako Nagao, Masafumi Kayano, Hidenori Sagara, Mitsuhiro Goda, Naoto Okada, Masayuki Chuma, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Toshihiro Koyama, Tadashi Koga, Hironori Nakura, Toshiaki Sendo and Keisuke Ishizawa :
Evaluation of the Benefits of De-Escalation for Patients with Sepsis in the Emergency Intensive Care Unit.,
Journal of Pharmacy & Pharmaceutical Sciences, Vol.21, No.1, 54-59, 2018.
(DOI: 10.18433/jpps29737,   PubMed: 29455711,   Elsevier: Scopus)
16. Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Toshihiro Koyama, Yuki Izawa-Ishizawa, Masashi Miyake, Tadashi Koga, Keisaku Harada, Ayako Ohshima, Toru Imai, Yutaka Kondo, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi, Keijo Fukushima, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Shiro Hinotsu, R Mitsunobu Kano and Keisuke Ishizawa :
Hydrocortisone administration was associated with improved survival in Japanese patients with cardiac arrest.,
Scientific Reports, Vol.7, No.1, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112397,   DOI: 10.1038/s41598-017-17686-3,   PubMed: 29263333)
17. Shiho Sato, Yoshito Zamami, Toru Imai, Satoshi Tanaka, Toshihiro Koyama, Takahiro Niimura, Masayuki Chuma, Tadashi Koga, Kenshi Takechi, Yasuko Kurata, Yutaka Kondo, Yuki Izawa-Ishizawa, Toshiaki Sendo, Hironori Nakura and Keisuke Ishizawa :
Meta-analysis of the efficacies of amiodarone and nifekalant in shock-resistant ventricular fibrillation and pulseless ventricular tachycardia.,
Scientific Reports, Vol.7, No.1, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112393,   DOI: 10.1038/s41598-017-13073-0,   PubMed: 28978927,   Elsevier: Scopus)
18. Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Hamano Hirofumi, Hirayama Tasuku, Seiji Kishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Hideko Nagasawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Dietary iron restriction alleviates renal tubulointerstitial injury induced by protein overload in mice,
Scientific Reports, Vol.7, No.1, 10621, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112368,   DOI: 10.1038/s41598-017-11089-0,   PubMed: 28878231)
19. Kenshi Takechi, Hiroaki Yanagawa, Yoshito Zamami, Keisuke Ishizawa, Akihiro Tanaka and Hiroaki Araki :
Evaluation of factors associated with the achievement of an optimal teicoplanin trough concentration .,
International Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics, 2017.
(DOI: 10.5414/CP203009,   PubMed: 28655381)
20. Kenshi Takechi, Yurika Yoshioka, Hitoshi Kawazoe, Mamoru Tanaka, Shingo Takatori, Miwako Kobayashi, Ichiro Matsuoka, Hiroaki Yanagawa, Yoshito Zamami, Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Akihiro Tanaka and Hiroaki Araki :
Psychiatric patients with antipsychotic drug-induced hyperprolactinemia and menstruation disorders,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.40, No.10, 1775-1778, 2017.
(DOI: 10.1248/bpb.b17-00053,   PubMed: 28966250,   Elsevier: Scopus)
21. Yoshito Zamami, Toru Imai, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi, Naoko Shiraishi, Toshihiro Koyama, Hidenori Sagara, Yasukazu Shiino, Toshiaki Sendo and Keisuke Ishizawa :
Evaluation of pharmaceutical lifesaving skills training oriented pharmaceutical intervention.,
Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, Vol.2, No.1, 21, 2016.
(DOI: 10.1186/s40780-016-0054-7,   PubMed: 27606071)
22. Kenshi Takechi, Katsuya Suemaru, Takeshi Kiyoi, Akihiro Tanaka and Hiroaki Araki :
The alpha4beta2 nicotinic acetylcholine receptor modulates autism-like behavioral and motor abnormalities in pentylenetetrazol-kindled mice.,
European Journal of Pharmacology, Vol.775, 57-66, 2016.
(DOI: 10.1016/j.ejphar.2016.02.021,   PubMed: 26868186)
23. Akihiro Tanaka, Kenshi Takechi, Shinichi Watanabe, Mamoru Tanaka, Katsuya Suemaru and Hiroaki Araki :
Convulsive liability of cefepime and meropenem in normal and corneal kindled mice.,
Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.58, No.8, 4380-4383, 2014.
(DOI: 10.1128/AAC.02862-14,   PubMed: 24841261)
24. Akihiro Tanaka, Kenshi Takechi, Shinichi Watanabe, Mamoru Tanaka, Katsuya Suemaru and Hiroaki Araki :
Comparison of the prevalence of convulsions associated with the use of cefepime and meropenem.,
International Journal of Clinical Pharmacy, Vol.35, No.5, 683-687, 2013.
(DOI: 10.1007/s11096-013-9799-3,   PubMed: 23733559,   Elsevier: Scopus)
25. Shinichi Watanabe, Katsuya Suemaru, Kenshi Takechi, Hiroaki Kaji, Kimie Imai and Hiroaki Araki :
Oral mucosal adhesive films containing royal jelly accelerate recovery from 5-fluorouracil-induced oral mucositis.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.121, No.2, 110-118, 2013.
(DOI: 10.1254/jphs.12181FP,   PubMed: 23357874)
26. Kenshi Takechi, Katsuya Suemaru, Hiromu Kawasaki and Hiroaki Araki :
Regulatory role of the dopamine and norepinephrine transporters in pentylenetetrazol-kindled mice: association with effect of antidepressants.,
European Journal of Pharmacology, Vol.673, No.1-3, 33-39, 2011.
(DOI: 10.1016/j.ejphar.2011.10.017,   PubMed: 22044920)

総説・解説:

1. Yoshito Zamami, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi and Keisuke Ishizawa :
Pharmacological approach for drug repositioning against cardiorenal diseases.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.3.4, 197-201, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111115,   DOI: 10.2152/jmi.64.197,   PubMed: 28954981)
2. 座間味 義人, T Niimura, 武智 研志, 今西 正樹, T Koyama, 石澤 啓介 :
Drug repositioning research to improve the survival rate after cardiopulmonary arrest - utilizing large scale Medical Claims Database -,
薬学雑誌, Vol.137, No.12, 1439-1442, 2017年.
(DOI: 10.1248/yakushi.17-00139-3,   PubMed: 29199254,   Elsevier: Scopus)
3. Kenshi Takechi, Katsuya Suemaru, Hiromu Kawasaki and Hiroaki Araki :
[Impaired memory following repeated pentylenetetrazol treatments in kindled mice].,
Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, Vol.132, No.2, 179-182, 2012.
(DOI: 10.1248/yakushi.132.179,   PubMed: 22293696)

国際会議:

1. Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Takahiro Niimura, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa :
Drug repositioning for post cardiopulmonary resuscitation syndrome using large-scale medical claims,
FIP2018, グラスゴー, Sep. 2018.
2. Hiroaki Yanagawa, Rumi Katashima, Sato Chiho, Kenshi Takechi, Hiroshi Nokihara, Chikako Kane, Aoe Yuki, Okayama Yoshihiro and Masayuki Chuma :
Research ethics consultation: an attempt and five-year experience in a Japanese University Hospital,
the 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018)., Japan, Jul. 2018.
3. Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, kotoko suzuki, Yuya Horinouchi, Kenshi Takechi, Yoshito Zamami, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Keisuke Ishizawa and Yasumasa Ikeda :
The effect of quercetin on aortic aneurysms in mice,
WCP2018, Jul. 2018.
4. Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Keijo Fukushima, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Search for drugs that attenuate the anti tumor effect of bevacizumab using adverse event database,
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, Jul. 2018.
5. S Afroz, Miho Naritani, Hidehiko Hosoki, Kenshi Takechi, Yoshihiro Okayama, C Junhel Dalanon, Masamitsu Oshima and Yoshizo Matsuka :
Prevalence of posterior disc displacement of the temporomandibular joint: a systematic review with meta-analysis,
Asean plus and Tokushima Joint International Conference, Bali, Dec. 2017.
6. Ishida Shunsuke, Bando Hiroshi, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Krino Yashishi, Nakamura Toshimi, Teraoka Kazuhiko and Keisuke Ishizawa :
Development and clinical application of management tool to monitor side effects for atypical antipsychotics,
ASHPMidyear2017Clinical Meeting&Exhibition, フロリダ, Dec. 2017.
7. Kenshi Takechi, Yoshito Zamami, Masaki Imanishi, Hiroaki Yanagawa and Keisuke Ishizawa :
Psychiatric patients with antipsychotic drug-induced hyperprolactinemia and menstruation disorders,
ASHPMidyear2017Clinical Meeting&Exhibition, フロリダ, Dec. 2017.
8. Yoshito Zamami, Takahiro Niimura, Yuki Izawa-Ishizawa, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Krino Yashishi, Nakamura Toshimi, Teraoka Kazuhiko and Keisuke Ishizawa :
Drug repositioning research aimed at improving the survival rate of patients with cardiopulmonary arrest using large-scale medical claims database,
ASHPMidyear2017Clinical Meeting&Exhibition, Dec. 2017.
9. Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hirofumi Hamano, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The effect of iron on skeletal muscle atrophy in chronic kidney disease.,
Free Radical Biology and Medicine, Vol.112, No.1, 204-205, Dec. 2017.
(DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2017.10.323)
10. hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Indoxyl Sulfate Disturbs Normal Iron Metabolism via Hepcidin Upregulation in Chronic Kidney Disease,
ASN Kidney Week 2017 Annual Meeting, Nov. 2017.
11. Masaki Imanishi, Kyohei Tanaka, Raiki Ikutoh, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
THE EFFECTS OF FEBUXOSTAT ON ANGIOTENSIN II-INDUCED VASCULAR REMODELING,
27th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection, Jun. 2017.
12. Yoshito Zamami, Mitsui Marin, Moriguchi Hiroshi, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Kawasaki Hiromu, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Search for a preventative therapy for Bevacizumab-induced hypertension using the drug repositioning approach,
7th Scientific Meeting of Asian Society for Vascular Biology, Oct. 2016.
13. Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Kenshi Takechi, Yoshito Zamami, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
The effects of pitavastatin, a lipid-lowering agent, against aortic dissection model mice induced by L-NAME, a nitric oxide synthase inhibitor.,
The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide/16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan., May 2016.

国内講演発表:

1. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 濱野 裕章, 今西 正樹, 福島 圭穣, 合田 光寛, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全関連骨格筋萎縮における鉄代謝異常,
第92回日本薬理学会年会, 2019年3月.
2. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 渡邉 大晃, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
マクロファージフェリチン欠損は肥満・糖尿病における脂肪炎症を抑制する,
第48回日本心脈管作動物質学会, 2019年2月.
3. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 濱野 裕章, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 武智 研志, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
リアルワールドビッグデータを活用した新規腎保護薬の探索,
第28回日本医療薬学会年会, 2018年11月.
4. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 濱野 裕章, 今西 正樹, 福島 圭穣, 合田 光寛, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全関連サルコペニアにおける鉄の関与,
第134回日本薬理学会近畿部会, 2018年11月.
5. 斉家 和仁, 合田 光寛, 伊勢 諒, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 岡田 直人, 武智 研志, 今西 正樹, 池田 康将, 演野 裕章, 堀ノ内 裕也, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発腎障害に対する脂質異常症治療薬の影響,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
6. 生藤 来希, 今西 正樹, 山川 祐介, 福島 圭穣, 前川 晃子, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 合田 光寛, 座間味 義人, 武智 研志, 中馬 真幸, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎 :
大腸がん増大におけるがん関連線維芽細胞由来ERKSの役割,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
7. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 渡邉 大晃, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 座間味 義人, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
マクロファージ鉄の肥満・糖尿病における役割 第42回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 2018/9/2 石川県 金沢医科大学病院北辰講堂,
第42回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2018年9月.
8. 座間味 義人, 三井 茉綸, 石澤 有紀, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 福島 圭穣, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを活用したベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
9. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いた心肺蘇生後脳症治療薬の探索,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
10. 座間味 義人, 三井 茉綸, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを活用したベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2018, 2018年3月.
11. 高橋 志門, 城ヶ瀧 里奈, 高橋 撤多, 武智 研志, 座間味 義人, 相良 英憲, 石澤 啓介 :
PTSDモデルラットにおける文脈的恐怖記憶の消去に対する治療薬の探索,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
12. 石澤 有紀, 鍵本 優有, 今西 正樹, 岩田 悠佑, 堀ノ内 裕也, 武智 研志, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
マウス大動脈瘤形成に対するケルセチンの効果,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
13. 今西 正樹, 近藤 正輝, 田中 恭平, 生藤 来希, 村井 陽一, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
Febuxostatの尿酸合成抑制作用とは独立した血管線維化抑制機構の解明,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
14. 武智 研志, 座間味 義人, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介, 楊河 宏章 :
てんかん誘発性精神症状の行動学的解析および治療薬の探索と作用機序の解明,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
15. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用した心肺停止患者に対するニコランジルの有効性に関する検討,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
16. 座間味 義人, 近藤 正輝, 阿部 奈都美, 中馬 真幸, 今井 徹, 武智 研志, 今西 正樹, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
集中治療における薬剤師教育,
第45回日本集中治療医学会学術集会 委員会企画4(CP4)「集中治療における薬剤師のポジションを考える」, 2018年2月.
17. 石田 俊介, 坂東 寛, 武智 研志, 座間味 義人, 今西 正樹, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
副作用モニタリング管理ツールの開発と業務効率化,
平成29年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議, 2018年2月.
18. 日野 咲季子, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用した薬剤性腎障害に対する予防薬の探索,
西日本医学生学術フォーラム2017, 2017年12月.
19. 石澤 有紀, 鍵本 優有, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 鈴木 琴子, 岩田 悠佑, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ケルセチンによる動脈硬化性疾患発症に対する予防効果の検討,
第27回日本循環薬理学会, 2017年12月.
20. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を用いて新規心肺蘇生後症候群治療薬の開発を志向したドラッグリポジショニング研究,
第38回日本臨床薬理学会学術総会, 2017年12月.
21. 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
臨床薬理学集中講座修了後の研究活動∼大規模医療情報を活用したドラッグリポジショニング研究を中心に∼,
第38回日本臨床薬理学会学術総会 臨床薬理学集中講座フォローアップ・セミナー, 2017年12月.
22. 渡邉 大晃, 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
肥満・糖尿病におけるマクロファージ鉄制御機構の検討,
第132回日本薬理学会近畿部会, 2017年11月.
23. 石田 俊介, 坂東 寛, 武智 研志, 座間味 義人, 今西 正樹, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
抗精神病薬を対象とする副作用モニタリング管理ツールの開発と臨床評価,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
24. 濱野 裕章, 三井 茉綸, 座間味 義人, 新村 貴博, 武智 研志, 岡田 直人, 今西 正樹, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
アルカリ化剤はイリノテカン誘発性好中球減少症を予防する,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
25. 新村 貴博, 座間味 義人, 小山 敏広, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニングを切り口とした心肺蘇生後症候群治療薬の探索研究,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
26. 座間味 義人, 小山 敏広, 石澤 有紀, 新村 貴博, 今西 正樹, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用して心肺停止患者の生存率向上を志向したドラッグリポジショニング研究,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
27. 石田 俊介, 坂東 寛, 武智 研志, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
管理ツール導入による臨床検査値を指標とした副作用モニタリングへの効果,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
28. 濱野 裕章, 三井 茉綸, 座間味 義人, 新村 貴博, 武智 研志, 岡田 直人, 今西 正樹, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
アルカリ化剤はイリノテカン誘発性好中球減少症を予防する,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
29. 合田 光寛, 高橋 沙矢佳, 長田 武, 今西 正樹, 武智 研志, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 大塚 正人, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発腎障害に対するSGLT2阻害薬の影響,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
30. 三井 茉綸, 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを基にしたベバシズマブと相互作用を起こす薬剤の探索研究,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
31. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
心肺停止患者の予後に与えるニコランジルの影響-大規模レセプト情報を用いた検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
32. 漆崎 汐里, 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用して新規心肺蘇生後症候群治療薬の開発を志向したドラッグリポジショニング研究,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
33. 鍵本 優有, 石澤 有紀, 細岡 真由子, 斎藤 尚子, 鈴木 琴子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
急性大動脈解離易発症マウスにおけるquercetinの効果,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
34. 田中 恭平, 今西 正樹, 近藤 正輝, 生藤 来希, 村井 陽一, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
フェブキソスタットの尿酸合成抑制剤作用とは独立した血管線維化抑制作用の検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
35. 渡邊 大晃, 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
肥満・糖尿病におけるマクロファージ鉄の役割の検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
36. 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎臓病における尿毒素蓄積によるヘプシジン制御と鉄代謝破綻のメカニズムの解明,
第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2017年9月.
37. 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 平山 祐, 岸 誠司, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 啓介, 粟飯原 賢一, 永澤 秀子, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄摂取制限による尿細管間質障害の抑制効果の検討,
第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2017年9月.
38. 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邊 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全における尿毒素蓄積はヘプシジンを介した鉄代謝恒常性破綻に関与する,
大阪市大フォーラム, 2017年8月.
39. 座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年8月.
40. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
心肺蘇生後症候群治療薬の開発を目的としたドラッグリポジショニング研究-大規模医療情報を活用した検討-,
第255回 徳島医学会学術集会, 2017年8月.
41. 座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年7月.
42. 坂東 寛, 石田 俊介, 武智 研志, 今西 正樹, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
薬剤師がマネジメントする非定型抗精神病薬における副作用モニタリングの効果,
医療薬学フォーラム 2017/第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年7月.
43. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
第Xa因子阻害剤は腎間質線維化を抑制する,
第131回 日本薬理学会近畿部会, 2017年6月.
44. 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邊 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
インドキシル硫酸蓄積はヘプシジン制御を介して鉄代謝恒常性破綻に関与する,
第131回 日本薬理学会近畿部会, 2017年6月.
45. 三井 茉綸, 座間味 義人, 石澤 有紀, 漆崎 汐里, 桐野 靖, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを基にしたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
日本薬学会 第137年会, 2017年3月.
46. 生藤 来希, 今西 正樹, 田中 恭平, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
アンジオテンシンII 誘発性血管リモデリングに対するキサンチンオキシダーゼ阻害剤の影響,
日本薬学会 第137年会, 2017年3月.
47. 今西 正樹, 田中 恭平, 生藤 来希, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
フェブキソスタットはアンジオテンシンII誘発性大動脈線維化を抑制する,
第90回日本薬理学会年会, 2017年3月.
48. Masaki Imanishi, 田中 恭平, 生藤 来希, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
フェブキソスタットはアンジオテンシンII誘発性大動脈繊維化を抑制する,
第90回日本薬理学会年会(長崎), Mar. 2017.
49. 石澤 有紀, 細岡 真由子, 齊藤 尚子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
ケルセチンの内皮保護作用を介したマウス大動脈解離発症に対する効果,
第90回日本薬理学会年会, 2017年3月.
50. 座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブと相互作用を起こす薬剤の探索研究,
第46回日本心脈管作動物質学会年会, 2017年2月.
51. 今西 正樹, 田中 恭平, 生藤 来希, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
Angiotensin II誘発性血管リモデリングに対するfebuxostatの効果,
第46回日本心脈管作動物質学会, 2017年2月.
52. 座間味 義人, 近藤 正輝, 阿部 奈都美, 今西 正樹, 武智 研志, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
薬剤師と考える感染症治療 抗MRSA薬による抗菌薬治療,
日本集中治療医学会雑誌, Vol.24, No.Suppl., SS4-1, 2017年2月.
53. 石澤 有紀, 福永 豊, 西良 恵理子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 橋本 一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは虚血性皮弁モデルにおいて皮弁壊死を抑制する,
第26回日本循環薬理学会, 2016年12月.
54. 伊勢 夏子, 武智 研志, 前田 和輝, 宮本 登志子, 片島 るみ, 阿部 真治, 今西 正樹, 座間味 義人, 石澤 啓介, 楊河 宏章 :
薬学病院実務実習の受講者における臨床研究・治験に関する意識と実習による変化,
臨床薬理, Vol.47, No.Suppl., S315, 2016年10月.
55. 三井 茉綸, 座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 石澤 啓介 :
オーストラリアのがん病棟における薬剤師業務に対する患者満足度調査,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
56. 座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 小山 敏広, 大島 礼子, 樋之津 史郎, 狩野 光伸, 石澤 啓介 :
新規心肺蘇生薬の開発を目指したドラッグリポジショニング研究,
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集, 437, 2016年9月.
57. 三井 茉綸, 座間味 義人, 漆崎 汐里, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニングを切り口としたベバシズマブ誘発高血圧に対する予防薬の探索研究,
第27回霧島神経薬理フォーラム(福岡), 2016年8月.
58. 座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 小山 敏広, 大島 礼子, 樋之津 史郎, 狩野 光伸, 石澤 啓介 :
症例データベースを活用して新規心肺蘇生薬の開発を目指したドラッグリポジショニング研究,
第2回日本医薬品安全性学会学術大会( 岐阜), 2016年7月.
59. 座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 小山 敏広, 大島 礼子, 今井 徹, 樋之津 史郎, 狩野 光伸, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニングを切り口とした新規心肺蘇生薬の探索研究-大規模医療情報を活用した検討-,
医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム (大津 ), 2016年6月.
60. 武智 研志, 河野 泰宏, 浅川 華子, 小林 三和子, 田中 亮裕, 松岡 一郎, 荒木 博陽 :
Involvement of BRINP family genes in epileptic behavior induced by pentylenetetrazol-kindled mice,
The Japanese Journal of Pharmacology, 2016年3月.
61. 小林 三和子, 河野 泰宏, 浅川 華子, 武智 研志, 田中 亮裕, 荒木 博陽, 松岡 一郎 :
キンドリング誘導てんかんモデルマウスの行動変化におけるBRINPの役割,
日本薬学会年会, 2016年3月.

その他・研究会:

1. 座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 石澤 有紀, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いた新規循環器治療薬の探索研究,
第23回大阪市大フォーラム, 2016年8月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • がん転移制御に向けた内皮間葉転換機構とERK5の役割解明 (研究課題/領域番号: 19K07321 )
  • 医療ビッグデータと既存承認薬を活用した心肺蘇生後脳症治療薬の開発 (研究課題/領域番号: 18K06785 )
  • 医療ビッグデータと新規モデル動物を応用した大動脈解離発症の病態解明と予防法開発 (研究課題/領域番号: 18K06686 )
  • 臨床ビッグデータを活用した新規抗てんかん作用の解明 (研究課題/領域番号: 17K17922 )
  • 研究者番号(90793240)による検索