検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部医学域医科学部門生理系顕微解剖学
徳島大学医学部医学科情報統合医学講座顕微解剖学分野
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

解剖学 (Anatomy), 発生生物学 (Developmental Biology)

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Teruaki Kawachi, Eisuke Shimokita, Ryo Kudo, Ryosuke Tadokoro and Yoshiko Takahashi :
Neural-fated self-renewing cells regulated by Sox2 during secondary neurulation in chicken tail bud,
Developmental Biology, Vol.461, No.2, 160-171, 2020.
(DOI: 10.1016/j.ydbio.2020.02.007,   PubMed: 32059837,   Elsevier: Scopus)
2. Sigeo Sugano, Hiroko Suzuki, Eisuke Shimokita, Hirofumi Chiba, Sumihare Noji, Yuriko Osakabe and Keishi Osakabe :
Genome editing in the mushroom-forming basidiomycetes, Coprinopsis cinerea, optimized by high-throughput transformation system.,
Scientific Reports, Vol.7, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112356,   DOI: 10.1038/s41598-017-00883-5,   PubMed: 28455526,   Elsevier: Scopus)
3. Eisuke Shimokita and Yoshiko Takahashi :
Secondary neurulation: Fate-mapping and gene manipulation of the neural tube in tail bud,
Development Growth & Differentiation, Vol.53, No.3, 401-410, 2011.
(DOI: 10.1111/j.1440-169X.2011.01260.x,   PubMed: 21492152,   Elsevier: Scopus)
4. Miho Mizumoto, Eisuke Shimokita, Toshihiro Ona, Teruyuki Seino, Yasuyuki Ishida and Hajime Ohtani :
Rapid and direct characterization of total fatty acids in wood by thermochemolysisgas chromatographyflame ionization detector/mass spectrometry with tetrabutylammonium hydroxide,
Journal of Analytical and Applied Pyrolysis, Vol.87, No.1, 163-167, 2010.
(DOI: 10.1016/j.jaap.2009.11.004)

総説・解説:

1. 川地 輝明, 下北 英輔, 高橋 淑子 :
二分脊椎症の理解に向けたSecondary neurulationの研究,
小児の脳神経, Vol.42, No.4, 325-336, 2017年4月.
2. 高橋 淑子, 熱田 勇士, 下北 英輔 :
動物の形作りと細胞達のつぶやき~管上皮構築をモデルとして~,
日本腎臓学会誌, Vol.53, No.3, 298, 2011年5月.
3. 吉野 剛史, 下北 英輔, 高橋 淑子 :
器官形成を支えるEMT,
細胞工学, Vol.27, No.4, 337-342, 2008年3月.

国際会議:

1. Akio Kuroda, Misuzu Yamada, Yukari Tominaga, Reiko Suzuki, Motoyuki Tamaki, Yuko Akehi, Yuichi Takashi, Daisuke Otsuka, Eisuke Shimokita, Fuminori Tanihara, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Masahiro Abe, Kevin Ferreri and Munehide Matsuhisa :
Detection of pancreatic beta cell DNA in the circulation using the amplification refractory mustation system PCR,
American Diabetes Association 78th Scientific Sessions, Orlando, Jun. 2018.

国内講演発表:

1. 玉村 禎宏, 木戸 玲子, 下北 英輔, 鶴尾 吉宏 :
GABA受容体rho2の破骨細胞分化に対する機能の検討,
日本解剖学会総会・全国学術集会, 2020年3月.
2. 下北 英輔, 鈴木 仁美, 鶴尾 吉宏, 竹本 龍也 :
ニワトリ胚におけるneuro-mesodermal progenitors (NMP) の検証,
第125回 日本解剖学会総会・全国学術集会, 2020年3月.
3. 下北 英輔, 鈴木 仁美, 鶴尾 吉宏, 竹本 龍也 :
ニワトリ胚におけるneuro-mesodermal progenitors (NMP) の検証,
日本解剖学会 第74回中国・四国支部学術集会, 2019年10月.
4. Eisuke Shimokita, Hitomi Suzuki, Yoshihiro Tsuruo and Tatsuya Takemoto :
Mesodermal cell migration does NOT depend on mesoderm-inducible transcriptional factor cTbx6L,
第52回日本発生生物学会, May 2019.
5. 木戸 玲子, 玉村 禎宏, 下北 英輔, 鶴尾 吉宏 :
水浸ストレス負荷ラットじおける膵島内微小循環系による血糖調節機序に関する免疫組織学的解析:交感神経系の役割について,
2019年3月.
6. Eisuke Shimokita and Takahashi Yoshiko :
The neural tube formed by secondary neurulation provides innervations to the organs that were acquired after the aquaticto-terrestrial changes during vertebrate evolution,
第51回日本発生生物学会, May 2018.
7. 下北 英輔, 高橋 淑子 :
仙髄-後腸間における独自の副交感神経ネットワークの起源について;陸上進 出に伴う尾側ボディープランの大規模変化の可能性,
日本動物学会 近畿支部 研究発表会, 2018年5月.
8. 川地 輝明, 下北 英輔, 田所 竜介, 高橋 淑子 :
Secondary neurulation: 神経前駆細胞のSox2 による幹細胞性の制御,
日本動物学会 近畿支部 研究発表会, 2018年5月.
9. 木戸 玲子, 下北 英輔, 鶴尾 吉宏 :
ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットの消化管粘膜における炎症性変化の免疫組織化学的解析,
第123回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2018年3月.
10. 木戸 玲子, 下北 英輔, 鶴尾 吉宏 :
ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットにおける免疫細胞およびこれら細胞における性ステロイド代謝酵素の免疫組織化学的解析,
日本解剖学会第72回中国・四国支部学術集会, 2017年10月.
11. 千葉 洋史, 鈴木 博子, 菅野 茂夫, 下北 英輔, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
担子菌類の子実体発生機構解明を目指したゲノム編集技術の確立,
第58回日本植物生理学会年会, 2017年3月.
12. 千葉 洋史, 鈴木 博子, 菅野 茂夫, 下北 英輔, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
担子菌類の子実体発生機構解明を目指したゲノム編集技術の確立,
第3回日本生物工学会西日本支部会, 2016年12月.
13. 千葉 洋史, 鈴木 博子, 菅野 茂夫, 下北 英輔, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
担子菌類の子実体発生機構解明を目指したゲノム編集技術の確立,
第16回糸状菌分子生物学コンファレンス, 2016年11月.
14. 千葉 洋史, 鈴木 博子, 菅野 茂夫, 下北 英輔, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
担子菌類における育種への利用を目指したゲノム編集系の確立,
日本植物学会第80回大会, 2016年9月.
15. 千葉 洋史, 鈴木 博子, 菅野 茂夫, 下北 英輔, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
担子菌類の子実体発生機構解明を目指したゲノム編集技術の確立,
日本ゲノム編集学会第1回大会, 2016年9月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)