検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 薬学域 > 先端薬学教育研究プロジェクト >
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 薬学域 > 薬科学部門 > 創薬科学系 > 衛生薬学 >
徳島大学 > 薬学部 > 創製薬科学科 > 創薬学講座 > 衛生薬学 >
徳島大学 > 薬科学教育部 > 創薬科学専攻 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

薬物送達学

研究テーマ

リポソーム薬物送達システムを用いた疾患治療法の開発

著書・論文

学術論文(審査論文):

1.Misuzu Ishikawa, Shota Hirai, Tatsusada Yoshida, Natsumi Shibuya, Susumu Hama, Yu Takahashi, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka, Shinzo Hosoi and Kentaro Kogure :
Carotenoid Stereochemistry Affects Antioxidative Activity of Liposomes Co-encapsulating Astaxanthin and Tocotrienol,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.66, No.7, 714-720, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113562,   DOI: 10.1248/cpb.c18-00035,   PubMed: 29962454,   Elsevier: Scopus)
2.Tatsuharu Shimokawa, M Yoshida, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka, T Inagi and Kentaro Kogure :
Efficacy of high-affinity liposomal astaxanthin on up-regulation of age-related markers induced by oxidative stress in human corneal epithelial cells,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.64, No.1, 27-35, 2018.
(DOI: 10.3164/jcbn.18-27,   PubMed: 30705509,   Elsevier: Scopus)
3.Sheuli Afroz, Ayano Yagi, Kouki Fujikawa, M. Motiur Rahman, Katsuya Morito, Tatsuya Fukuta, Shiro Watanabe, Kazunori Toida, Emi Kiyokage, Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida, Kentaro Kogure, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka :
Lysophosphatidic acid in medicinal herbs enhances prostaglandin E2 and protects against indomethacin-induced gastric cell damage in vivo and in vitro,
Prostaglandins & Other Lipid Mediators, Vol.135, 36-44, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112025,   DOI: 10.1016/j.prostaglandins.2018.01.003,   PubMed: 29462674,   Elsevier: Scopus)
4.Tatsuya Fukuta, Yosuke Yanagida, Tomohiro Asai and Naoto Oku :
Co-administration of liposomal fasudil and tissue plasminogen activator ameliorated ischemic brain damage in occlusion model rats by photochemically induced thrombosis,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.495, 873-877, 2018.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.11.107,   PubMed: 29162447,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1.福田 達也, 浅井 知浩, 奥 直人 :
リポソームDDSを用いた脳梗塞部位への薬物送達,
製剤機械技術学会誌, Vol.27, No.2, 66-72, 2018年.
2.福田 達也, 浅井 知浩, 奥 直人 :
脳梗塞治療におけるリポソームDDS製剤の有用性,
オレオサイエンス, Vol.17, No.8, 359-366, 2017年.

国際会議:

1.Seigi Yamamoto, Noriko Tarashima, Naoshi Yamazaki, Tatsuya Fukuta, Kentaro Kogure and Noriaki Minakawa :
Development and Evaluation of Photoresponsive DNA Prism with Nucleic Acid Medicine.,
The 45th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry (ISNAC 2018), Nov. 2018.
2.Kentaro Kogure, misuzu Ishikawa, shota Hirai, Tatsusada Yoshida, natsumi Shibuya, susumu Hama, yu Takahashi, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka, shinzo hosoi and Kentaro Kogure :
Mechanism of Synergistic Antioxidative Effect of Astaxanthin and Tocotrienol by Co-encapsulated in Liposomal membranes,
The Third International Symposium on Rice Science in Global Health (ISRGH2018), Nov. 2018.
3.Rumana Hasi Yesmin, Makoto Miyagi, Takashi Kida, Tatsuya Fukuta, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka :
Amounts of glycosylinositol phosphoceramide and phytoceramide 1-phosphate in vegetables,
The Third International Symposium on Rice Science in Global Health (ISRGH2018), Nov. 2018.
4.Dai Majima, Ryosuke Mitsuhashi, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure :
Tocopheryl succinate liposomes regulate lipid accumulation in 3T3-L1 adipocytes,
The Third International Symposium on Rice Science in Global Health (ISRGH2018), Nov. 2018.
5.Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure :
Development of liposomes with leukocyte-like function by intermembrane transfer of leukocyte membrane proteins,
18th Symposium for GeneDesign and Delivery, Jul. 2018.
6.yasufumi Oshima, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure :
Delivery of antibody into organ and cytoplasm via faint electricity,
18th Symposium for GeneDesign and Delivery, Jul. 2018.
7.Hinako Mori, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure :
Delivery of nucleic acid medicines into pancreas by faint electricity for treatment of pancreatic diseases,
18th Symposium for GeneDesign and Delivery, Jul. 2018.
8.Tatsuya Fukuta, Tomohiro Asai and Naoto Oku :
Amelioration of ischemic stroke by combination treatment with a liposomal neuroprotectant and tissue plasminogen activator,
ILS/LRD Liposome Advances Combined Conference, Sep. 2017.

国内講演発表:

1.Rumana Hasi Yesmin, Makoto Miyagi, Takashi Kida, Tatsuya Fukuta, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka :
Development of methods for purification of plant sphingolipids, glycosylinositol phosphoceramide and phytoceramide 1-phosphate,
2019, Mar. 2019.
2.森戸 克弥, 島田 明奈, 宮﨑 徹, 清水 良多, 高橋 尚子, 東 桃代, 小山 壱也, 西岡 安彦, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
ヒト血漿中セラミド及びセラミド1-リン酸の分子種組成と動物細胞へ作用,
日本農芸化学会2019年度大会, 2019年3月.
3.小暮 健太朗, 福田 達也 :
循環血流を介さない体内臓器への薬物送達,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
4.福田 達也, 小暮 健太朗 :
脳梗塞部位の血液脳関門の能動的突破を目指したDDS開発,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
5.平田 悠真, 福田 達也, 田中 保, 真島 英司, 小暮 健太朗 :
Protein Aを用いた新規抗体修飾リポソーム調製法,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
6.吉見 真太朗, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
がん親和性付与を目的とした単球膜タンパク質搭載リポソームの構築,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
7.森戸 克弥, 清水 良多, 北村 苗穂子, 朴 時範, 岸野 重信, 小川 順, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
乳酸菌が産生するリノール酸代謝物の動物細胞における代謝と宿主脂質代謝への影響,
第9回学際的脂質創生研究部会, 2019年2月.
8.真島 大, 三橋 亮介, 梶本 和昭, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
トコフェロールコハク酸リポソームは3T3-L1脂肪細胞の脂肪蓄積を制御する,
第30回ビタミンE研究会, 2019年1月.
9.小暮 健太朗, 石川 みすず, 平井 将太, 濵 進, 細井 信造, 吉田 達貞, 髙橋 侑, 福田 達也, 田中 保 :
トコトリエノールとアスタキサンチンの相乗的抗酸化効果メカニズム,
第30回ビタミンE研究会, 2019年1月.
10.小暮 健太朗, 三橋 亮介, 真島 大, 福田 達也, 田中 保 :
ビタミンEコハク酸による脂肪蓄積抑制作用,
第360回脂溶性ビタミン総合委員会, 2018年12月.
11.宮﨑 徹, 島田 明奈, 高橋 尚子, Md. Motiur Rahman, 清水 良多, 辻 和樹, 森戸 克弥, 山下 量平, 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
外因的に加えた極長鎖脂肪酸およびこれを含有するセラミドのアポトーシスへの影響,
第11回セラミド研究会, 2018年10月.
12.田中 保, 宮城 諒, 藤原 美奈, 辻 和樹, 森戸 克弥, Rumana Hasi Yesmin, 福田 達也, 小暮 健太朗, 今井 博行, 石川 寿樹, 川合 真紀 :
植物に見出されたグリコシルイノシトールホスホセラミド特異的ホスホリパーゼD活性の分布と性質,
第11回セラミド研究会 学術集会, 2018年10月.
13.田中 保, 宮城 諒, 辻 和樹, 藤原 美奈, 森戸 克弥, 石川 寿樹, 今井 博之, 川合 真紀, 福田 達也, 小暮 健太朗 :
植物に見出されたグリコシルイノシトールホスホセラミド特異的ホスホリパーゼDの性質,
日本農芸化学会2018年度中四国支部大会, 2018年9月.
14.森戸 克弥, 清水 良多, 高橋 尚子, 下澤 伸行, 東 桃代, 河野 弘, 西岡 安彦, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
ヒト血漿中セラミド及びセラミド1-リン酸の分子種組成と細胞への取り込み,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
15.宮城 諒, 辻 和樹, 藤原 美奈, 森戸 克弥, 石川 寿樹, 今井 博之, 川合 真紀, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
植物に見出されたグリコシルイノシトールホスホセラミド特異的ホスホリパーゼDの性質,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
16.田中 保, 森戸 克弥, 清水 良多, 北村 苗穂子, 朴 時範, 岸野 重信, 小川 順, 福田 達也, 小暮 健太朗 :
腸内細菌が産生するヒドロキシ脂肪酸の動物細胞における代謝,
日本脂質栄養学会第27回大会, 2018年8月.
17.森 日向子, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
膵臓疾患治療を目指した微弱電流による核酸医薬の膵臓内送達,
第18回遺伝子・デリバリー研究会第18回夏期セミナー, 2018年7月.
18.大島 康史, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理による抗体の細胞内・皮内デリバリー,
第18回遺伝子・デリバリー研究会第18回夏期セミナー, 2018年7月.
19.福田 達也, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 大島 康史, 中谷 奈津, 田中 保, 小暮 健太朗 :
弱電流による特殊なエンドサイトーシスを利用した高分子送達の機構解析,
第18回遺伝子・デリバリー研究会第18回夏期セミナー, 2018年7月.
20.小暮 健太朗, 田中 太智, 森 日向子, 賀川 真夕子, Hasan Mahadi, 福田 達也, 田中 保 :
微弱電流処理による体内臓器細胞へのsiRNAの送達,
日本核酸医薬学会第4回年会, 2018年7月.
21.小暮 健太朗, 三橋 亮介, 福田 達也, 田中 保 :
脂肪細胞における脂肪蓄積へのトコフェロールコハク酸リポソームの影響,
日本ビタミン学会第70回大会, 2018年6月.
22.中谷 奈津, 田中 太智, 平田 悠真, 森 日向子, 吉見 真太朗, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理と活性種(NO)とを組み合わせることによる細胞内取り込みの変化,
第34回日本DDS学会学術集会, 2018年6月.
23.森戸 克弥, 清水 良多, 北村 苗穂子, 朴 時範, 岸野 重信, 小川 順, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
乳酸菌が産生するリノール酸代謝物の動物細胞への取り込みと代謝,
第59回 日本生化学会 中国・四国支部例会, 2018年5月.
24.小暮 健太朗, 平井 将太, 髙橋 侑, 田中 保, 福田 達也, 吉田 達貞 :
アスタキサンチンと抗酸化物質の共封入リポソームによる相乗的な抗酸化効果,
71回日本酸化ストレス学会 第18回日本NO学会 合同学術集会, 2018年5月.
25.宮﨑 徹, 島田 明奈, 高橋 尚子, Md. Motiur Rahman, 清水 良多, 辻 和樹, 森戸 克弥, 山下 量平, 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
外因的に加えた極長鎖脂肪酸および極長鎖脂肪酸含有セラミドのアポトーシスへの影響,
第60回 日本脂質生化学会, 2018年5月.
26.田中 太智, Hasan Mahadi, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
腎臓疾患治療を目指したイオントフォレシスによる核酸医薬の腎臓内送達,
日本薬剤学会第33年会, 2018年5月.
27.福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
脂質膜間移行現象を利用したリポソームへの白血球様機能の付与,
日本膜学会40年会, 2018年5月.
28.虎尾 祐, 三村 美夕紀, 大島 康史, 賀川 真夕子, 藤川 昂樹, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流による特殊なエンドサイトーシスを介した体内臓器細胞への高分子送達,
日本膜学会40年会, 2018年5月.
29.Tatsuya Fukuta, T Asai, Kentaro Kogure and N Oku :
Treatment of ischemic stroke by combination therapy with liposomal neuroprotectants and tissue plasminogen activator,
日本薬学会138年会, Mar. 2018.
30.賀川 真夕子, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
イオントフォレシスによる肝臓への核酸医薬送達,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
31.平井 将太, 髙橋 侑, 田中 保, 福田 達也, 吉田 達貞, 小暮 健太朗 :
アスタキサンチンと抗酸化物質の組合せによる相乗的な活性酸素消去活性の向上.,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
32.三村 美夕紀, 大島 康史, 虎尾 祐, 藤川 昂樹, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理により誘導される細胞取り込み過程の定量的評価,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
33.大島 康史, Hasan Mahadi, 田良島 典子, 濱 進, 福田 達也, 田中 保, 南川 典昭, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理を利用した機能性核酸の細胞内取り込みの検討,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
34.三橋 亮介, 梶本 和昭, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
トコフェロールコハク酸含有リポソームによる脂肪蓄積の抑制作用,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
35.虎尾 祐, 大島 康史, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理によるユニークなエンドサイトーシス誘導に関連する因子の検討,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
36.森戸 克弥, 清水 良多, 北村 苗穂子, 朴 時範, 岸野 重信, 小川 順, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
乳酸菌が産生する希少脂肪酸のペルオキシソームにおける代謝,
日本農芸化学会 2018年度大会, 2018年3月.
37.三橋 亮介, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
トコフェロールコハク酸含有リポソームによる脂肪細胞の脂肪蓄積抑制効果,
第29回ビタミンE研究会, 2018年1月.
38.小暮 健太朗, 石川 みすず, 平井 将太, 濵 進, 吉田 達貞, 髙橋 侑, 細井 信造, 福田 達也, 田中 保 :
α-トコトリエノールとアスタキサンチンの相乗的抗酸化効果,
第357回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2017年12月.
39.小暮 健太朗, 大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 福田 達也, 田良島 典子, 田中 保, 南川 典昭 :
微弱電流処理による高分子医薬の細胞質送達と機能発現,
第39回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2017年10月.
40.三橋 亮介, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
トコフェロールコハク酸含有リポソームによる脂肪蓄積減少効果の検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
41.虎尾 祐, 大島 康史, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理によるユニークなエンドサイトーシス誘導機構の検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
42.賀川 真夕子, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理によるsiRNAの細胞内送達と肝細胞遺伝子発現制御,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会, 2017年10月.
43.大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, Hasan Mahadi, 田良島 典子, 濱 進, 福田 達也, 田中 保, 南川 典昭, 小暮 健太朗 :
ユニークなエンドサイトーシスを誘起する微弱電流を利用した機能性核酸の細胞質送達,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
44.島田 明奈, 宮﨑 徹, 高橋 尚子, Rahman Motiur Md., 清水 良多, 辻 和樹, 山下 量平, 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
極長鎖脂肪酸およびこれを含有するセラミドのアポトーシス抑制活性,
セラミド研究会, 2017年10月.
45.大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流が誘起するユニークなエンドサイトーシスによる核酸の細胞質送達,
遺伝子・デリバリー研究会第17回夏期セミナー, 2017年9月.
46.福田 達也, 浅井 知浩, 奥 直人 :
リポソームDDS製剤と血栓溶解剤併用による新規脳梗塞治療法の開発,
第26回DDSカンファランス, 2017年9月.
47.小暮 健太朗, 賀川 真夕子, 大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 福田 達也, Mahadi Hasan, 濱 進, 田中 保 :
微弱電流による核酸医薬の細胞内送達,
第26回DDSカンファランス, 2017年9月.
48.小暮 健太朗, 賀川 真夕子, 大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, 福田 達也 :
微弱電流誘導性エンドサイトーシスによるsiRNAの細胞内送達と肝細胞遺伝子発現制御,
日本核酸医薬学会第3回年会, 2017年7月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 脳梗塞部位BBB標的性と能動的突破能を有する脳梗塞治療用白血球模倣ナノ粒子の開発 (研究課題/領域番号: 19K16336 )
  • ヒトウイルス受容体を介した血液脳関門突破機構に基づくエクソソームの脳細胞標的化 (研究課題/領域番号: 19H03390 )
  • 微弱電流による脳微小環境制御と白血球機能を利用した脳梗塞部位浸潤性DDSの開発 (研究課題/領域番号: 17H06906 )
  • 微弱電流処理による植物の形質制御システムの開発 (研究課題/領域番号: 17K19241 )
  • 研究者番号(90805160)による検索