検索:
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 脳·神経·精神科 > 精神科神経科 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 脳·神経·精神科 > 心身症科 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Tomoya Takeda, Masahito Nakataki, Masashi Ohta, S Hamatani, K Matsuura, R Yoshida, Naomi Kameoka, Takeo Tominaga, Hidehiro Umehara, Makoto Kinoshita, Shinya Watanabe, Shusuke Numata, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori :
Negative and positive self-thoughts predict subjective quality of life in people with schizophrenia.,
Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.15, 293-301, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113356,   DOI: 10.2147/NDT.S190381,   PubMed: 30718955,   Elsevier: Scopus)
2. Masashi Ohta, Masahito Nakataki, Tomoya Takeda, Shusuke Numata, Takeo Tominaga, Naomi Kameoka, Hiroko Kubo, Makoto Kinoshita, K Matsuura, M Otomo, N Takeichi, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori :
Structural equation modeling approach between salience network dysfunction, depressed mood, and subjective quality of life in schizophrenia: an ICA resting-state fMRI study.,
Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.14, 1585-1597, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113339,   DOI: 10.2147/NDT.S163132,   PubMed: 29942132,   Elsevier: Scopus)
3. Tomoya Takeda, Masahito Nakataki, Masashi Ohta, Sayo Hamatani, Kanae Matsuura and Tetsuro Ohmori :
Effect of cognitive function on jumping to conclusion in patients with schizophrenia.,
Schizophrenia Research. Cognition, Vol.12, 50-55, 2018.
(DOI: 10.1016/j.scog.2018.04.002,   PubMed: 29928597,   Elsevier: Scopus)
4. Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Masashi Ohta, Yukio Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe, Masatoshi Inoshita, Makoto Kinoshita and Tetsuro Ohmori :
Impaired central coherence in patients with anorexia nervosa,
Psychiatry Research, Vol.259, 77-80, 2017.
(DOI: 10.1016/j.psychres.2017.09.086,   PubMed: 29031167,   Elsevier: Scopus)
5. Sayo Hamatani, Masahito Tomotake, Tomoya Takeda, Naomi Kameoka, Masashi Kawabata, Hiroko Kubo, Y Tada, Yukiko Tomioka, Shinya Watanabe, Masatoshi Inoshita, Makoto Kinoshita, Masashi Ohta and Tetsuro Ohmori :
Influence of cognitive function on quality of life in anorexia nervosa patients,
Psychiatry and Clinical Neurosciences, Vol.71, No.5, 328-335, 2017.
(DOI: 10.1111/pcn.12491,   PubMed: 27973723)
6. Hiroko Kubo, Masahito Nakataki, Satsuki Sumitani, Junichi Iga, Shusuke Numata, Naomi Kameoka, Shinya Watanabe, Hidehiro Umehara, Makoto Kinoshita, Masatoshi Inoshita, Mai Tamaru, Masashi Ohta, Chiaki Nakayama-Yamauchi, Yasuhiro Funakoshi, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori :
1H-magnetic resonance spectroscopy study of glutamate-related abnormality in bipolar disorder.,
Journal of Affective Disorders, Vol.208, 139-144, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 109987,   DOI: 10.1016/j.jad.2016.08.046,   PubMed: 27770643,   Elsevier: Scopus)
7. 大森 隆史, 長江 雄浩, 大田 将史, 松本 直樹, 橋本 直子, 多田 幸雄, 中平 仁 :
アリピプラゾールが奏功したコタール症候群の1例,
徳島県立中央病院医学雑誌, Vol.35, 57-59, 2014年.

国際会議:

1. Masashi Ohta, Masahito Nakataki, Tomoya Takeda, Shusuke Numata, Takeo Tominaga, Naomi Kameoka, Hiroko Kubo, Makoto Kinoshita, Matsuura Kanae, Maki Ohtomo, Takeichi Naoya, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori :
Causal relationship between salience network dysfunction, depressed mood, and subjective quality of life in schizophrenia.,
6th Congress of AsCNP Asian College of Neuropsychopharmacology, Fukuoka, Oct. 2019.
2. Tomoya Takeda, Masahito Nakataki, Masashi Ohta, Hamatani Sayo, Matsuura Kanae, Yoshida Reona and Tetsuro Ohmori :
Relationship clinical variables and positive self-thought in patients with schizophrenia.,
The 46th BABCP Annual Workshops and Conference, Glasgow, Scotland., Jul. 2018.
3. Tomoya Takeda, Masahito Nakataki, Masashi Ohta, Hamatani Sayo, Matsuura Kanae and Tetsuro Ohmori :
The effect of negative thoughts on QOL in patients with schizophrenia.,
The 45th BABCP Annual Workshops and Conference, Manchester, Jul. 2017.
4. Masashi Ohta, Y Funakoshi, Masafumi Harada, Junichi Iga, Hiroko Kubo, Masahito Nakataki, C Nakayama, T Nishikawa, Shusuke Numata, Tetsuro Ohmori, Satsuki Sumitani, M Tamaru and A. Uezato :
Structural and functional brain alterations in schizophrenia patients treated with D-cycloserine:a combination of VBM and resting-state functional connectivity study.,
30th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology, Seoul, Jul. 2016.

国内講演発表:

1. 多田 紗彩, 大田 将史, 渡部 真也, 大森 哲郎 :
多発性脳転移治療中にステロイド精神病を発症した1例,
第60回中国・四国精神神経学会, 2019年11月.
2. 一宮 由貴, 谷口 早紀, 三木 幸代, 與儀 耕大, 宮崎 厚子, 大田 将史, 大森 哲郎 :
治療に希望を持ち続ける患者・家族の支援を通して見えたアドバンス・ケア・プランニング(ACP)の課題,
第32回日本サイコオンコロジー学会総会, 2019年10月.
3. 與儀 耕大, 谷口 早紀, 宮崎 厚子, 大田 将史, 大森 哲郎 :
積極的がん治療中止を告知された患者の意思決定に心理面談が寄与した一例,
第32回日本サイコオンコロジー学会総会, 2019年10月.
4. 谷口 早紀, 三木 幸代, 一宮 由貴, 宮崎 厚子, 與儀 耕大, 大田 将史, 大森 哲郎 :
多職種介入事例において心理士が担う役割―造血幹細胞移植患者への介入を通して―,
第32回日本サイコオンコロジー学会総会, 2019年10月.
5. 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 松浦 可苗, 吉田 玲於奈, 大森 哲郎 :
因子分析を用いた統合失調症の神経認知機能と社会認知の検討,
日本心理学会第83回大会, 2019年9月.
6. 吉田 朋広, 大田 将史, 大森 哲郎 :
適応障害からうつ病への診断変更を要した1例.,
第59回中国・四国精神神経学会, 2018年11月.
7. 大田 将史, 吉田 朋広, 大森 哲郎 :
入院中に適応障害からうつ病への診断変更を要した1例.,
第38回日本精神科診断学会, 2018年10月.
8. 宮﨑 厚子, 新井 恭子, 谷口 早紀, 與儀 耕大, 三木 幸代, 松岡 由江, 一宮 由貴, 大田 将史, 大森 哲郎 :
急速に進行する原発不明がん患者への意思決定支援:抗がん剤治療中止の喪失感と先進医療への期待の狭間で.,
第31回日本サイコオンコロジー学会総会, 2018年9月.
9. 谷口 早紀, 一宮 由貴, 宮崎 厚子, 與儀 耕大, 三木 幸代, 大田 将史, 大森 哲郎 :
看取りに向けた病棟・緩和ケアチーム連携が家族関係の変容に寄与した一例.,
第31回日本サイコオンコロジー学会総会, 2018年9月.
10. 中瀧 理仁, 久保 弘子, 住谷 さつき, 沼田 周助, 亀岡 尚美, 渡部 真也, 梅原 英裕, 大田 将史, 原田 雅史, 大森 哲郎 :
双極性障害患者におけるアミノ酸系神経伝達物質の異常,
第15回日本うつ病学会総会, 2018年7月.
11. 大田 将史, 中瀧 理仁, 武田 知也, 沼田 周助, 富永 武男, 亀岡 尚美, 久保 弘子, 木下 誠, 松浦 可苗, 大友 真姫, 武市 直也, 原田 雅史, 大森 哲郎 :
統合失調症におけるSalience Network機能障害,抑うつ気分,および主観的QOLの因果関係.,
第114回日本精神神経学会学術総会, 2018年6月.
12. 大田 将史, 中瀧 理仁, 住谷 さつき, 沼田 周助, 伊賀 淳一, 久保 弘子, 田丸 麻衣, 中山 千明, 船越 康宏, 上里 彰仁, 原田 雅史, 西川 徹, 大森 哲郎 :
D-サイクロセリンにより治療された統合失調症患者における脳構造的および機能的結合性変化 VBMと安静時fMRIによるコンビネーション研究.,
第13回日本統合失調症学会, 2018年3月.
13. 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 松浦 可苗, 吉田 玲於奈, 亀岡 尚美, 富永 武男, 坂本 新介, 梅原 英裕, 木下 誠, 久保 弘子, 渡部 真也, 沼田 周助, 住谷 さつき, 大森 哲郎 :
統合失調症患者の否定的・肯定的自動思考と臨床要因との関連,
第13回統合失調症学会, 2018年3月.
14. 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 松浦 可苗, 大森 哲郎 :
統合失調症患者における神経認知機能を媒介した脳灰白質体積とQOLの関連.,
第39回日本生物学的精神医学会, 2017年9月.
15. 大田 将史, 中瀧 理仁, 田丸 麻衣, 久保 弘子, 中山 千明, 船越 康宏, 上里 彰仁, 沼田 周助, 伊賀 淳一, 住谷 さつき, 原田 雅史, 西川 徹, 大森 哲郎 :
D-サイクロセリンにより治療された統合失調症患者における内側前頭前皮質の機能的統合安静時fMRI研究,
第46回日本神経精神薬理学会, 2016年7月.

その他・研究会:

1. 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 大森 哲郎 :
統合失調症患者における結論への飛躍バイアスと神経認知,社会認知との関連,
第10回脳科学クラスター・ミニリトリート, 2019年2月.
2. 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 大森 哲郎 :
統合失調症患者における自己に関する認知と主観的・客観的QOLとの関連.,
第18回精神疾患と認知機能研究会, 2018年11月.
3. 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 松浦 可苗, 吉田 玲於奈, 亀岡 尚美, 富永 武男, 坂本 新介, 梅原 英裕, 木下 誠, 久保 弘子, 渡部 真也, 沼田 周助, 住谷 さつき, 大森 哲郎 :
統合失調症患者における神経認知機能と否定的・肯定的認知の関連.,
第4回CEPD会, 2018年3月.
4. 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 松浦 可苗, 大森 哲郎 :
Jumping to conclusionバイアスと認知機能との関連,
第17回精神疾患と認知機能研究会, 2017年11月.
5. 武田 知也, 中瀧 理仁, 大田 将史, 濱谷 沙世, 大森 哲郎 :
結論への飛躍バイアスや決断への自信と認知機能との関連,
第3回CEPD研究会, 2017年3月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)