検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 歯学域 > 口腔科学部門 > 口腔保健学系 > 口腔保健支援学 >
徳島大学 > 口腔科学教育部 > 口腔保健学専攻 >
徳島大学 > 歯学部 > 口腔保健学科 > 口腔保健支援学講座 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

関連情報

個人のホームページ

関連のある学内の研究者

尾崎 和美 (100.0%) / 教授   [詳細]
Portrait
性別: 男性 生年: 西暦1964年
電話: 088 - 633 - 9309 電子メール:  o z a k i (@) t o k u s h i m a - u . a c . j p 
学位: 博士(歯学) 専門分野: 保存修復学 (Operative Dentistry), 歯周治療学 (Periodontology)
担当授業科目: チーム歯科医療学 (学部), チーム歯科医療学基礎実習 (学部), 保存系歯科学 (学部), 医療安全管理学 (学部), 卒業研究 (学部), 口腔保健学特論 (大学院), 口腔保健学臨床系課題実習 (大学院), 口腔保健学課題研究演習 (大学院), 口腔保健支援学特別演習 (大学院), 口腔保健支援学特別研究 (大学院), 口腔保健栄養福祉学特論 (大学院), 口腔生理学 (学部), 口腔解剖・口腔生理学 (学部), 早期臨床実習 (学部), 早期臨床実習(1年) (学部), 歯科放射線学 (学部), 歯科材料学 (学部), 歯科衛生士概論 (学部), 歯科診療補助論 (学部), 生理学・生化学・病理学・薬理学 (学部), 病理学・口腔病理学 (学部), 発達系歯科学 (学部), 薬理学・歯科薬理学 (学部), 高齢者・障害者口腔機能管理学 (大学院), 高齢者・障害者口腔機能管理学演習 (大学院)
研究テーマ: 象牙質齲蝕の発症機構に関する研究 (Streptococcus mutans, 齲蝕原性, 菌体内多糖)
吉田 賀弥 (80.0%) / 准教授   [詳細]
Portrait
性別: 女性 生年: 西暦1975年
電話: 088 - 6337322 電子メール:  k a y a (@) d e n t . t o k u s h i m a - u . a c . j p 
学位: 博士(歯学) 専門分野: 口腔解剖学 (Oral Anatomy), 口腔組織学 (Oral Histology), 細胞生物学 (Cell Biology), 骨代謝学
担当授業科目: 卒業研究 (学部), 口腔予防科学 (大学院), 口腔保健学教育・研究系課題実習 (大学院), 口腔保健学課題研究演習 (大学院), 口腔保健衛生学基礎実習 (学部), 口腔衛生学基礎実習 (学部), 口腔解剖・口腔生理学 (学部), 口腔解剖学 (学部), 歯型彫刻 (学部), 生理学・生化学・病理学・薬理学 (学部), 解剖学 (学部), 解剖学・生理学・生化学 (学部), 骨学・系統解剖見学 (学部)
研究テーマ: 骨芽細胞の分化機構, 歯周病と全身疾患の関連性, 歯周病における細胞外小胞の役割,
藤原 奈津美 (60.0%) / 助教   [詳細]
Portrait
性別: 女性 生年: 西暦1983年
電話: 088 - 633 - 7898 電子メール:  n f u j i w a r a (@) t o k u s h i m a - u . a c . j p 
学位: 博士(歯学) 専門分野: 歯周治療学 (Periodontology), 口腔細菌学 (Oral Microbiology)
担当授業科目: 口腔保健学臨床系課題実習 (大学院), 口腔保健学課題研究演習 (大学院), 口腔保健支援学特別演習 (大学院), 口腔保健支援学特別研究 (大学院), 高齢者・障害者口腔機能管理学演習 (大学院)
研究テーマ: 新規化合物の口腔細菌に与える影響, 口腔細菌と緑膿菌がもたらす誤嚥性肺炎の重篤化機構の解明, 口腔保健学科生における歯科衛生士臨床実習効果
柳沢 志津子 (20.0%) / 講師   [詳細]
Portrait
性別: 女性 生年: 西暦1969年
電話: 088 - 633 - 9171 電子メール:  y a n a g i s a w a (@) t o k u s h i m a - u . a c . j p 
学位: 博士(老年学) 専門分野: 社会福祉学 (Social Welfare), 老年社会学 (Gerontological Sociology)
担当授業科目: 保健医療サービス (学部), 児童・家庭福祉 (学部), 公的扶助 (学部), 卒業研究 (学部), 口腔保健学教育・研究系課題実習 (大学院), 口腔保健学課題研究演習 (大学院), 地域福祉の理論と方法 (学部), 就労支援サービス (学部), 現代社会と福祉 (学部), 相談援助の基盤と専門職 (学部), 相談援助の理論と方法 (学部), 相談援助実習 (学部), 相談援助実習指導 (学部), 相談援助演習 (学部), 社会保障 (学部), 社会福祉概論 (学部), 社会調査の基礎 (学部), 福祉サービスの組織と経営 (学部), 福祉行財政と福祉計画 (学部), 障害者福祉 (学部), 高齢者福祉 (学部)
研究テーマ: 高齢者の地域組織への参加・継続プロセス, 老人福祉施設における口腔機能管理の多職種連携, 社会階層による口腔健康格差のメカニズムとその制御
松山 美和 (20.0%) / 教授   [詳細]
Portrait
性別: 女性 生年: 西暦1964年
電話: 088 - 633 - 9213 電子メール:  m i w a . m a t s u y a m a (@) t o k u s h i m a - u . a c . j p 
学位: 博士(歯学) 専門分野: 歯科補綴学 (Prosthodontics), 老年歯科学 (Gerodontology), 顎顔面補綴学, 口腔リハビリテーション学, 摂食嚥下リハビリテーション学, 老年歯科学 (Gerodontology), 老年歯科学
担当授業科目: チーム歯科医療学 (学部), チーム歯科医療学基礎実習 (学部), 加齢歯科学 (学部), 医療安全管理学 (学部), 卒業研究 (学部), 口腔介護学 (学部), 口腔保健増進学概論 (大学院), 口腔保健学特論 (大学院), 口腔保健学臨床系課題実習 (大学院), 口腔保健学課題研究演習 (大学院), 口腔保健栄養福祉学特論 (大学院), 口腔機能管理学特別演習 (大学院), 口腔機能管理学特別研究 (大学院), 口腔機能賦活学 (大学院), 口腔機能賦活学演習 (大学院), 口腔生理学 (学部), 口腔解剖・口腔生理学 (学部), 口腔解剖学 (学部), 摂食・嚥下リハビリテーション学 (学部), 早期臨床実習 (学部), 早期臨床実習(1年) (学部), 歯科衛生士概論 (学部), 生命科学の研究手法 (大学院), 総合歯科学五 (学部), 補綴系歯科学 (学部), 長寿口腔保健学 (大学院), 障害者口腔保健衛生学 (学部), 高齢者口腔保健衛生学 (学部)
研究テーマ: 補綴治療による質的栄養改善 (歯科医療 (dental care), 栄養 (nutrition)), 高齢者や障害者の口腔機能とQOLに関する研究 (高齢者, 口腔機能, 生活の質 (quality of life)), 顎顔面補綴治療の客観的評価 (顎顔面補綴, 治療効果, 客観的評価), 口腔機能訓練による血液透析患者の口腔乾燥改善 (口腔機能, リハビリテーション (rehabilitation), 口腔乾燥, 人工透析患者), サルコペニアによる摂食・嚥下機能低下の予防を目的とした電気的筋肉刺激装置の開発 (摂食嚥下リハビリテーション, サルコペニア, 高齢者), 口腔機能と食品嗜好の関係 (食品嗜好, 口腔機能, 高齢者), 高齢入院患者に対する口腔ケア用ジェルを使った口腔ケアの効果 (高齢者, 口腔ケア, 口腔細菌)
竹内 祐子 (20.0%) / 助教   [詳細]
Portrait
性別: 女性 生年: 西暦1961年
電話: 電子メール:  y u k o t a k e u c h i (@) t o k u s h i m a - u . a c . j p 
学位: 社会福祉学修士 専門分野: 歯学 (Dentistry),
担当授業科目: チーム歯科医療学 (学部), チーム歯科医療学基礎実習 (学部), 保健医療サービス (学部), 児童・家庭福祉 (学部), 公的扶助 (学部), 口腔介護学 (学部), 口腔保健学教育・研究系課題実習 (大学院), 口腔保健学課題研究演習 (大学院), 口腔保健教育学演習 (大学院), 地域福祉の理論と方法 (学部), 就労支援サービス (学部), 早期臨床実習 (学部), 早期臨床実習(1年) (学部), 歯科診療補助論 (学部), 現代社会と福祉 (学部), 相談援助の基盤と専門職 (学部), 相談援助の理論と方法 (学部), 相談援助実習 (学部), 相談援助実習指導 (学部), 相談援助演習 (学部), 社会保障 (学部), 社会福祉概論 (学部), 社会調査の基礎 (学部), 福祉サービスの組織と経営 (学部), 福祉行財政と福祉計画 (学部), 総合医科学 (学部), 障害者福祉 (学部), 高齢者福祉 (学部)
研究テーマ: 高齢者交流学習の効果に影響を及ぼす要因 (高齢者交流学習, 高齢者イメージ, かかわり体験)