検索:
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Yuichiro Adachi, Masashi Masuda, Iori Sakakibara, Takayuki Uchida, Yuki Niida, Yuki Mori, Yuki Kamei, Yosuke Okumura, Hirokazu Ohminami, Kohta Ohnishi, Hisami Okumura, Takeshi Nikawa and Yutaka Taketani :
All-trans retinoic acid changes muscle fiber type via increasing GADD34 dependent on MAPK signal.,
Life Science Alliance, Vol.5, No.7, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117429,   DOI: 10.26508/lsa.202101345,   PubMed: 35318262)
2. Kitahata Kanako, Takayuki Uchida, Taniguchi Runa, Kato Ayano, Kosuke Sugiura, Iori Sakakibara, Oarada Motoko, Tomoya Fukawa, Junsoo Park, Inho Choi and Takeshi Nikawa :
Additional effects of simultaneous treatment with C14-Cblin and celastrol on the clinorotation-induced rat L6 myotube atrophy,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.69, No.1,2, 127-134, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 116937,   DOI: 10.2152/jmi.69.127,   PubMed: 35466134)
3. Taku Fukushima, Miho Takata, Ayano Kato, Takayuki Uchida, Takeshi Nikawa and Iori Sakakibara :
Transcriptome Analyses of In Vitro Exercise Models by Clenbuterol Supplementation or Electrical Pulse Stimulation,
Applied Sciences, Vol.11, No.21, 10436, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 117280,   DOI: 10.3390/app112110436)
4. Kosuke Sugiura, Katsuya Hirasaka, Tasuku Maeda, Takayuki Uchida, Koji Kishimoto, Motoko Oarada, Siegfried Labeit, Anayt Ulla, Iori Sakakibara, Reiko Nakao, Koichi Sairyo and Takeshi Nikawa :
MuRF1 deficiency prevents age-related fat weight gain, possibly through accumulation of PDK4 in skeletal muscle mitochondria in older mice,
Journal of Orthopaedic Research, Vol.40, No.5, 1026-1038, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116581,   DOI: 10.1002/jor.25131,   PubMed: 34185335,   Elsevier: Scopus)
5. Ulla Anayt, Takayuki Uchida, Miki Yukari, Kosuke Sugiura, Higashitani Atsushi, Kobayashi Takeshi, Ohno Ayako, Reiko Nakao, Katsuya Hirasaka, Iori Sakakibara and Takeshi Nikawa :
Morin attenuates dexamethasone-mediated oxidative stress and atrophy in mouse C2C12 skeletal myotubes,
Archives of Biochemistry and Biophysics, Vol.704, 108873, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116344,   DOI: 10.1016/j.abb.2021.108873,   PubMed: 33848514)

総説・解説:

1. 高田 実穂, 榊原 伊織, 二川 健 :
廃用性筋萎縮の機序とその予防,
実験医学増刊号「健康寿命の鍵を握る骨格筋」, Vol.40, No.2, 100-106, 2022年2月.
2. 福島 拓, 榊原 伊織, 二川 健 :
寝たきりや無重力による筋萎縮に有効な機能性食材の開発,
日本食生活学会誌, Vol.32, No.2, 59-65, 2021年9月.
(DOI: 10.2740/jisdh.32.2_59,   CiNii: 1390289920603639552)
3. Takeshi Nikawa, Ulla Anayt and Iori Sakakibara :
Polyphenols and Their Effects on Muscle Atrophy and Muscle Health,
Molecules, Vol.26, No.16, 4887, Aug. 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 117355,   DOI: 10.3390/molecules26164887,   PubMed: 34443483)

国内講演発表:

1. 中野 亘, 杉浦 宏祐, 内田 貴之, 榊原 伊織, 西良 浩一, 二川 健 :
廃用性萎縮筋におけるアコニターゼ活性とその保護,
第 54 回 日本栄養•食糧学会 中国•四国支部大会 第7 回日本栄養改善学会四国支部学術総会合同大会, 2021年10月.
2. 足立 雄一郎, 増田 真志, 榊原 伊織, 内田 貴之, 大南 博和, 奥村 仙示, 二川 健, 竹谷 豊 :
all trans レチノイン酸は小胞体ストレス応答関連因子 GADD34 の転写・転写後制御を介して筋繊維 タイプ変化を引き起こす,
第 62 回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2021年9月.
3. 鴻野 まどか, 内田 貴之, 大石 あかね, 平山 楓子, 竹村 祐馬, 髙尾 正一郎, 金澤 裕樹, 松元 友暉, 原田 雅史, 榊原 伊織, 鈴木 利雄, 二川 健 :
蒸し大豆食品の継続摂取が運動不足の健常人の筋量や筋力に及ぼす影響,
第75回日本栄養・食糧学会大会, 2021年7月.
4. 谷口 瑠菜, 川端 いずみ, 内田 貴之, ANAYTULLA (名), 榊原 伊織, 二川 健 :
パッションフルーツ種子由来成分ピセアタンノールはデキサメタゾン誘導性筋萎縮を抑制する,
第75回日本栄養・食糧学会大会, 2021年7月.
5. 足立 雄一郎, 増田 真志, 榊原 伊織, 内田 貴之, 佐々木 皓平, 野邊 悠太郎, 大南 博和, 大西 康太, 奥村 仙示, 山本 浩範, 二川 健, 竹谷 豊 :
all trans レチノイン酸は小胞体ストレス応答関連因子 GADD34 の発現制御を介して筋繊維タイプ変化を誘導する,
第 75 回日本栄養・食糧学会大会, 2021年7月.
6. Iori Sakakibara, Kosuke Sugiura, Takayuki Uchida, Higashitani Atsushi, Kobayashi Takeshi, Sokabe Masahiro and Takeshi Nikawa :
Mechano-signals regulate mitochondria-associated membrane,
第43回日本分子生物学会年会, Dec. 2020.
7. 加藤 彩乃, 内田 貴之, 榊原 伊織, 池田 泰隆, 濱田 広一郎, 二川 健 :
細胞内エネルギー代謝が筋細胞に与える影響,
第53回日本栄養食糧学会 中国・四国支部大会, 2020年10月.
8. 中野 亘, 三木 裕可里, 杉浦 宏祐, 榊原 伊織, 内田 貴之, 二川 健 :
ミトコンドリア小胞体接触領域 (MAM) を介した筋量調節メカニズムの解明,
第53回日本栄養食糧学会 中国・四国支部大会, 2020年10月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 運動による転写制御の分子機構の解明 (研究課題/領域番号: 21K11677 )
  • 骨格筋の可塑性の制御におけるJMJD1Aとエピゲノムの役割解明 (研究課題/領域番号: 18K11069 )
  • 骨による骨格筋増強作用の分子メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 15K16517 )
  • 運動器疾患に対するエピジェネティック治療標的の探索 (研究課題/領域番号: 15H04961 )
  • 骨由来の骨格筋増強作用を持つ新規タンパク質の同定 (研究課題/領域番号: 26882029 )
  • 研究者番号(50734662)による検索