検索:
徳島大学病院中央診療施設等総合診療部
徳島大学大学院医歯薬学研究部医学域連携研究部門(医学域)寄附講座系(医学域)総合診療医学
徳島大学医科学教育部医学専攻社会環境医学講座
徳島大学医学部医学科社会環境医学講座総合診療医学分野
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

呼吸器病学 (Respiratory Disease)
膠原病学 (Rheumatology)

研究テーマ

びまん性肺疾患の分子病態解明に関する研究 (chemokineとその受容体発現機構およびプロテアーゼの細胞遊走作用と免疫調節作用という新しい活性についての分子生物学的手法を用いた基礎的研究から,それらの放射線肺線維症や肺サルコイドーシスにおける臨床的意義についての研究)
関節リウマチの滑膜炎の免疫病態に関する研究, 膠原病におけるケモカインとその受容体発現に関する研究 (Chemokineは炎症細胞を炎症部位に遊走させるだけでなく免疫担当細胞の臓器特異的な遊走にも関わる生体にとって重要なサイトカインである.そこで種々のケモカインおよびケモカイン受容体発現を検討することで膠原病の免疫病態を解明する. RA患者の滑膜細胞にはアミノペプチダーゼ属のプロテアーゼであるCD13/ aminopeptidase N が強く発現し,さらにそのCD13がRA患者の関節滑膜へのリンパ球浸潤に関与することを明らかにし報告した.そこでRA滑膜細胞におけるCD13発現調節機構についてサイトカインの観点から検討を加えるとともにCD13阻害剤のRA治療薬としての臨床応用の可能性を追求している.)

著書・論文

著書:

1. 山口 治隆, 谷 憲治 :
アナフィラキシー・血管浮腫,
2014年5月.
2. 谷 憲治, 山口 治隆 :
関節リウマチ,
2014年5月.
3. 谷 憲治 :
内科疾患診療マニュアル, --- 胸膜中皮腫 ---,
株式会社 中外医学社, 東京, 2005年7月.
4. 谷 憲治, 曽根 三郎, 中瀧 恵実子 :
講義録 呼吸器学,
株式会社 メジカルビュー社, 東京, 2004年4月.
5. 谷 憲治 :
呼吸器診療二頁の秘訣, --- 肺野末梢腫瘤影の部位診断 ---,
金原出版 株式会社, 東京, 2003年10月.
6. 谷 憲治, 清水 輝記, 曽根 三郎 :
ダイナミックメディシン4, --- 膠原病に伴う肺疾患 ---,
西村書店, 東京, 2003年7月.
7. 谷 憲治, 曽根 三郎 :
呼吸器病 New Approach 9 気道·肺の腫瘍, --- 血痰,胸痛,嗄声,呼吸困難,ばち指の主症状からのアプローチ ---,
株式会社 メジカルビュー社, 東京, 2003年3月.
8. 谷 憲治, 曽根 三郎 :
呼吸器病New Approach 9 気道・肺の腫瘍, --- 血痰,胸痛,嗄声,呼吸困難,ばち指の主症状からのアプローチ ---,
株式会社 メジカルビュー社, 東京, 2003年.
9. 曽根 三郎, 谷 憲治 :
呼吸器病New Approach 1 症候からみた診断へのアプローチ, --- 胸痛 ---,
株式会社 メジカルビュー社, 東京, 2001年3月.

学術論文(審査論文):

1. Kenji Tani, Minaho Kanamori, Yutaroh Nagase, Yoshihiro Ookura, Shingo Kawaminami, Keisuke Kawahito, Keisuke Inaba, Kaori Inaba, Akiko Miyatake, Keisuke Kondo, Ryo Tabata, Yoshihiro Suzuki and Harutaka Yamaguchi :
Past infections are associated with low levels of anti-citrullinated protein autoantibodies in rheumatoid arthritis,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.67, No.1,2, 182-188, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114814,   DOI: 10.2152/jmi.67.182,   PubMed: 32378604,   Elsevier: Scopus)
2. Harutaka Yamaguchi, Koji Sato, Keisuke Kawahito, Akiko Miyatake, Keisuke Kondo, Keisuke Inaba, Kaori Inaba, Shingo Kawaminami, Ryo Tabata, Shino Yuasa, Yoshihiro Ookura, Atsushi Tsuchiya, Yoshihiro Suzuki and Kenji Tani :
Japanese elderly individuals wish for enteral tube feeding more strongly for their parents than for themselves,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.3,4, 258-263, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114039,   DOI: 10.2152/jmi.66.258,   PubMed: 31656285,   Elsevier: Scopus)
3. Kenji Tani, Shingo Kawaminami, Yoshihiro Ookura, Ryo Tabata, Shino Yuasa, Yoshinori Nakanishi, Keisuke Kawahito, Keisuke Inaba, Kaori Inaba, Keisuke Kondo, Kazumasa Umetani, Yoshihiro Suzuki and Harutaka Yamaguchi :
Predictive factors associated with the therapeutic resnponse in patinents with polymyalgia rheumatica and remitting seronegative symmertrical synovitis with pitting edema syndrome,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.1,2, 112-118, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113405,   DOI: 10.2152/jmi.66.112,   PubMed: 31064921,   Elsevier: Scopus)
4. Kenji Tani, Yoshihiro Ookura, Ryo Tabata, Shino Yuasa, Shingo Kawaminami, Yoshinori Nakanishi, Keisuke Kawahito, Keisuke Inaba, Kaori Inaba, Teruyoshi Kageji, Hiroki Tanaka, Yoshihiro Suzuki and Harutaka Yamaguchi :
Characteristics of medical students who would like to be a generalist physician and contribute to remote area medicine.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.3-4, 210-216, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111118,   DOI: 10.2152/jmi.64.210,   PubMed: 28954984,   CiNii: 130006105187,   Elsevier: Scopus)
5. Fumiaki Obata, Kenji Tani, Harutaka Yamaguchi, Ryo Tabata, Hiroyashu Bando and Issei Imoto :
Comparison of the efficacy and safety of 10-mg empagliflozin every day versus every other day in Japanese patients with Type 2 Diabetes Melllitus: a pilot trial.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.1,2, 50-57, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111081,   DOI: 10.2152/jmi.64.50,   PubMed: 28373628)
6. Teruyoshi Kageji, Fumiaki Obata, Hirofumi Oka, Yasuhisa Kanematsu, Ryo Tabata, Kenji Tani, Hiroyashu Bando and Shinji Nagahiro :
Drip-and-ship thrombolytic therapy Supported by the telestroke system for acute ischemic stroke patients living in medically under-served Areas.,
Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.56, No.12, 753-758, 2016.
(DOI: 10.2176/nmc.oa.2016-0100,   PubMed: 27333939,   Elsevier: Scopus)
7. 四宮 文男, 美馬 紀章, 藤井 健司, 速井 良三, 奥谷 圭介, 浜中 光明, 浜田 大輔, 谷 憲治, 湯浅 志乃 :
関節リウマチ治療におけるIguratimodの位置づけ,Methotrexate不適応・不応例に対する有用性,
日本関節病学会誌, Vol.34, No.4, 465-472, 2016年.
(DOI: 10.11551/jsjd.35.465)
8. Harutaka Yamaguchi, Saaya Tada, Yoshinori Nakanishi, Shingo Kawaminami, Teruki Shin, Ryo Tabata, Shino Yuasa, Nobuhiko Shimizu, Mitsuhiro Kohno, Atsushi Tsuchiya and Kenji Tani :
Association between Mouth Breathing and Atopic Dermatitis in Japanese Children 2-6 years Old: A Population-Based Cross-Sectional Study.,
PLoS ONE, Vol.10, No.4, e0125916, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109504,   DOI: 10.1371/journal.pone.0125916,   PubMed: 25915864,   Elsevier: Scopus)
9. 影治 照喜, 岡 博文, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 溝渕 佳史, 谷 憲治, 坂東 弘康, 小幡 史明, 三橋 乃梨子 :
スマートデバイスとインターネットを用いた医療過疎地域での脳卒中支援システムの導入,
脳卒中, Vol.37, No.2, 89-95, 2015年.
(DOI: 10.3995/jstroke.37.89)
10. 小幡 史明, 森 敬子, 田畑 良, 谷 憲治, 坂東 弘康 :
NSAIDs(loxoprofen)が原因と考えられた薬剤性尿細管間質性肺炎の1例,
臨床雑誌 内科, Vol.115, No.3, 491-495, 2015年.
(CiNii: 40020369842)
11. 小幡 史明, 影治 照喜, 田畑 良, 長瀬 紗季, 生田 奈央, 森 敬子, 谷 憲治, 坂東 弘康 :
医療過疎地域における急性期脳梗塞患者に対するrt-PA静注療法,
日本プライマリ・ケア連合学会誌, Vol.38, No.1, 18-22, 2015年.
(DOI: 10.14442/generalist.38.18)
12. 小幡 史明, 影治 照喜, 湯浅 志乃, 田畑 良, 森 敬子, 谷 憲治, 坂東 弘康 :
遠隔画像診断治療補助システム(k-support)を用いてrt-PAを投与した急性期脳梗塞の1例∼ドクターヘリ搬送による``drip and ship''法の試み∼,
救急医学, Vol.38, No.9, 1111-1114, 2014年.
13. 小幡 史明, 影治 照喜, 湯浅 志乃, 田畑 良, 森 敬子, 谷 憲治, 坂東 弘康 :
遠隔画像診断治療補助システム(k-support)を用いてrt-PAを投与した急性期脳梗塞の1例 ドクターヘリ搬送による"drip and ship"法の試み,
救急医学, Vol.38, 1111-1114, 2014年.
(CiNii: 40020206699)
14. 小幡 史明, 田畑 良, 蔵本 俊輔, 森 敬子, 谷 憲治, 坂東 弘康 :
健康成人に多発性脾膿瘍を認め,抗生剤単独での治療が奏功した1例,
月刊地域医学, Vol.28, No.3, 231-235, 2014年.
(CiNii: 40020023476)
15. 田畑 良, 山田 博胤, 西尾 進, 井口 明子, 小幡 史明, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 佐田 政隆, 谷 憲治, 坂東 弘康, 申 輝樹 :
心エコー検査におけるリアルタイム遠隔診断支援システムの開発および運用経験,
月刊地域医学, Vol.28, No.3, 236-240, 2014年.
(CiNii: 40020023494)
16. 山口 治隆, 藤本 裕俊, 秋山 祥子, 増田 さら良, 湯浅 志乃, 田畑 良, 河南 真吾, 中西 嘉憲, 清水 伸彦, 河野 光宏, 谷 憲治 :
女子医学生の「結婚後仕事を継続する意思」と「医師という職業への興味」,
日本プライマリ・ケア連合学会誌, Vol.37, No.1, 16-21, 2014年.
17. 小幡 史郎, 田畑 良, 森 敬子, 影治 照喜, 谷 憲治, 坂東 弘康 :
k-supportが果たす総合診療医への負担軽減と病院運営への効果,
新医療, Vol.2014, No.2, 84-87, 2014年.
(CiNii: 40019947229)
18. Kenji Tani, Harutaka Yamaguchi, Saaya Tada, Saki Kondo, Ryo Tabata, Shino Yuasa, Shingo Kawaminami, Yoshinori Nakanishi, Jun Ito, Nobuhiko Shimizu, Fumiaki Obata, Teruki Shin, Hiroyashu Bando and Mitsuhiro Kohno :
Community-based clinical education increases motivation of medical students to medicine of remote area-comparison between lecture and practice-,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.1,2, 156-161, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109544,   DOI: 10.2152/jmi.61.156,   PubMed: 24705761,   CiNii: 130004822703,   Elsevier: Scopus)
19. 影治 照喜, 岡 博文, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 溝渕 佳史, 谷 憲治, 河野 光宏, 湯浅 志乃, 田畑 良, 坂東 弘康, 森 敬子, 小幡 史明, 三橋 乃梨子, 浦岡 秀行, 濱口 隼人 :
スマートフォンとインターネットを用いた徳島県立海部病院遠隔医療支援 システム(k-support)の導入,
四国医学雑誌, Vol.69, No.5-6, 243-250, 2013年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109732,   CiNii: 40019974161)
20. 河野 光宏, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 田畑 良, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 山口 治隆, 影治 照喜, 坂東 弘康, 谷 憲治 :
全疾患を対象とするリハビリテーションの概念 : 疾患に関わらない早期導入の有効性,
四国医学雑誌, Vol.69, No.3,4, 123-128, 2013年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109624,   CiNii: 40019802672)
21. 谷 憲治, 三宅 孝典, 田畑 良, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 山口 治隆, 坂東 弘康, 河野 光宏 :
へき地医療拠点病院における専門外来の患者受療動向に及ぼす影響,
四国医学雑誌, Vol.69, No.3,4, 141-144, 2013年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109627,   CiNii: 40019802753)
22. Shino Yuasa, Harutaka Yamaguchi, Yoshinori Nakanishi, Shingo Kawaminami, Ryo Tabata, Nobuhiko Shimizu, Mitsuhiro Kohno, Teruki Shimizu, Junya Miyata, Mayuko Nakayama, Jun Kishi, Yuko Toyoda, Yasuhiko Nishioka and Kenji Tani :
Treatment responses and their predictors in patients with rheumatoid arthritis treated with biological agents.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.1-2, 77-90, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 111302,   DOI: 10.2152/jmi.60.77,   PubMed: 23614915)
23. 小幡 史明, 田畑 良, 森 敬子, 谷 憲治, 坂東 弘康 :
両側感音性難聴・滲出性中耳炎で発症した顕微鏡的多発血管炎の1例,
臨床雑誌 内科, Vol.114, No.3, 527-530, 2013年.
(CiNii: 40020187838)
24. Keiko Miyake, Kenji Tani, Souji Kakiuchi, Chiyuki Suzuka, Yuko Toyoda, Jun Kishi, Toshifumi Tezuka, Shino Yuasa, Masaki Hanibuchi, Yoshinori Aono, Yasuhiko Nishioka and Saburo Sone :
Epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitor (gefitinib) augments pneumonitis, but attenuates lung fibrosis in response to radiation injury in rats,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.1-2, 174-185, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 106019,   DOI: 10.2152/jmi.59.174,   PubMed: 22450006)
25. Battur Lkhagvaa, Kenji Tani, Keiko Sato, Yuko Toyoda, Chiyuki Suzuka and Saburo Sone :
Bestatin, an inhibitor for aminopeptidases, modulates the production of cytokines and chemokines by activated monocytes and macrophages.,
Cytokine, Vol.44, No.3, 386-391, 2008.
(DOI: 10.1016/j.cyto.2008.10.011,   PubMed: 19036603)
26. Akemi Sugita, Hirohisa Ogawa, Masahiko Azuma, Susumu Muto, Akifumi Honjo, Hiroaki Yanagawa, Yasuhiko Nishioka, Kenji Tani, Akiko Itai and Saburo Sone :
Antiallergic and anti-inflammatory effects of a novel IκB kinase β inhibitor, IMD-0354, in a mouse model of allergic inflammation.,
International Archives of Allergy and Immunology, Vol.148, No.3, 186-198, 2008.
(DOI: 10.1159/000161579,   PubMed: 18849610)
27. Reiko Tomioka, Kenji Tani, Keiko Sato, Chiyuki Suzuka, Yuko Toyoda, Jun Kishi and Saburo Sone :
Observations on the occurrence of exacerbations in clinical course of systemic lupus erythematosus,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1,2, 112-119, 2008.
(徳島大学機関リポジトリ: 110847,   DOI: 10.2152/jmi.55.112,   PubMed: 18319553)
28. Yanjmaa Bira, Kenji Tani, Yasuhiko Nishioka, juuya Miyata, Keiko Sato, Akihito Hayashi, Yutaka Nakaya and Saburo Sone :
Transforming growth factor β stimulates rheumatoid synovial fibroblasts via the type receptor,
Modern Rheumatology, Vol.15, No.2, 108-113, 2005.
(DOI: 10.1007/s10165-004-0378-2,   PubMed: 17029045)
29. Kazuyoshi Manabe, Yasuhiko Nishioka, Jun Kishi, Mami Inayama, Yoshinori Aono, Yoichi Nakamura, Fumitaka Ogushi, Hiroyasu Bando, Kenji Tani and Saburo Sone :
Elevation of macrophage-derived chemokine in eosinophilic pneumonia: a role of alveolar macrophages,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1,2, 85-92, 2005.
(徳島大学機関リポジトリ: 110761,   DOI: 10.2152/jmi.52.85,   PubMed: 15751278,   CiNii: 110002261665)
30. Makoto Kimura, Kenji Tani, Junya Miyata, Keiko Sato, Akihito Hayashi, Shinsaku Otsuka, Tomoyuki Urata and Saburo Sone :
The significance of cathepsins, thrombin and aminopeptidase in diffuse interstitial lung diseases,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1,2, 93-100, 2005.
(徳島大学機関リポジトリ: 110762,   DOI: 10.2152/jmi.52.93,   PubMed: 15751279,   CiNii: 110002261672)
31. Hiroaki Yanagawa, A Sugita, M Azuma, H Ogawa, C Kitamuro, K Yoneda, K Shinkawa, Kenji Tani and Saburo Sone :
Long-term Follow-up of Pulmonary Function in Bronchial Asthma Patients Treated with Pranlukast,
Lung, Vol.182, No.1, 51-58, 2004.
(DOI: 10.1007/s00408-003-1044-8,   PubMed: 14752672)
32. Toru Asano, Fumitaka Ogushi, Kenji Tani, Hiroyuki Tamiya, Yasuhiko Nishioka and Saburo Sone :
Increased macrophage inflammatory protein-1α and -1β in BAL fluid of bronchiolitis obliterans organizing pneumonia,
Respirology, Vol.8, No.4, 461-466, 2003.
(DOI: 10.1046/j.1440-1843.2003.00496.x,   PubMed: 14629649)
33. Hirohumi Dan, Kenji Tani, Kayoko Hase, Teruki Shimizu, Hiroyuki Tamiya, Yanjmaa Biraa, Luping Huang, Hiroaki Yanagawa and Saburo Sone :
CD13/aminopeptidase N in collagen vascular diseases,
Rheumatology International, Vol.23, No.6, 271-276, 2003.
(DOI: 10.1007/s00296-003-0292-5,   PubMed: 13680152)
34. Yumi Motoki, Kenji Tani, Teruki Suimizu, Hiroyuki Tamiya, Kayoko Hase, Yasukazu Ohmoto, Kouji Matsushima and Saburo Sone :
The expression of chemokine receptor CXCR3 : relevance to disease activity of rheumatoid arthritis,
Modern Rheumatology, Vol.13, No.2, 114-120, 2003.
(CiNii: 10015487115,   Elsevier: Scopus)
35. Hiroya Tada, Fumitaka Ogushi, Kenji Tani, Yasuhiko Nishioka, Jun-ya Miyata, Keiko Sato, Toru Asano and Saburo Sone :
Increased binding and chemotactic capacities of PDGF-BB on fibroblasts in radiation pneumonitis,
Radiation Research, Vol.159, No.6, 805-811, 2003.
(DOI: 10.1667/0033-7587(2003)159[0805:IBACCO]2.0.CO;2,   PubMed: 12751964,   CiNii: 80015983552)
36. Hiroaki Yanagawa, Minoru Shiraga, Youichi Nakamura, Masahiko Azuma, Kazuo Yoneda, Hirohisa Ogawa, Chikato Kitamuro, Kenichi Maeda, Mari Miki, Yuka Matsumori, Akemi Sugita, Sakiko Hashimoto, Chie Hara, Kenji Tani and Saburo Sone :
Inhaled steroid therapy and hospitalization for bronchial asthma:trend in Tokushima University Hospital,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.50, No.1,2, 72-77, 2003.
(徳島大学機関リポジトリ: 110680,   PubMed: 12630571)
37. Teruki Shimizu, Kenji Tani, Kayoko Hase and Saburo Sone :
CD13/aminopeptidase N Induced Lymphocyte Involvement in Inflamed Joints of Rheumatoid Arthritis,
Arthritis and Rheumatism, Vol.46, No.9, 2330-2338, 2002.
(DOI: 10.1002/art.10517,   PubMed: 12355480)
38. Kenji Tani, Teruki Shimizu, Yumi Motoki and Saburo Sone :
Chemokines in synovial inflammation in rheumatoid arthritis: basic and clinical aspects,
Modern Rheumatology, Vol.12, No.2, 93-99, 2002.
(DOI: 10.3109/s101650200017,   PubMed: 24383895,   CiNii: 50000252579,   Elsevier: Scopus)
39. Luping Huang, Kenji Tani, Fumitaka Ogushi, Hirohisa Ogawa, Teruki Shimizu, Yumi Motoki, Hiroki Moriguchi and Saburo Sone :
Role of CD13/Aminopeptidase N in Rat Lymphocytic Alveolitis Caused by Thoracic Irradiation,
Radiation Research, Vol.157, No.2, 191-198, 2002.
(DOI: 10.1667/0033-7587(2002)157[0191:ROCANI]2.0.CO;2,   PubMed: 11835683)
40. Kenji Tani, Takeshi Endo and Saburo Sone :
The Significance of CD13/Aminopeptidase N in Interstitial Lung Diseases,
The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy, Vol.23, No.8, 731-734, 2001.
(CiNii: 110002815117)
41. Kayoko Hase, Kenji Tani, Kouji Matsushima and Saburo Sone :
Increased CCR4 expression in active systemic lupus erythematosus,
Journal of Leukocyte Biology, Vol.70, No.5, 749-755, 2001.
(PubMed: 11698495)
42. Kenji Tani, Fumitaka Ogushi, Teruki Shimizu and Saburo Sone :
Protease-induced leukocyte chemotaxis and activation: roles in host defense and inflammation,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.48, No.3-4, 133-141, 2001.
(徳島大学機関リポジトリ: 30600,   PubMed: 11694952)
43. Fumitaka Ogushi, Kenji Tani, Takeshi Endo, Hiroya Tada, Tetsuya Kawano, Toru Asano, Luping Huang, Yasukazu Ohmoto, Masahiro Muraguchi, Hiroki Moriguchi and Saburo Sone :
Autoantibodies to IL-1 alpha in sera from rapidly progressive idiopathic pulmonary fibrosis,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.48, No.3,4, 181-189, 2001.
(徳島大学機関リポジトリ: 83817,   PubMed: 11694958)
44. Ping Cui, Kenji Tani, Hiroko Kitamura, Yuushi Okumura, Mihiro Yano, Daisuke Inui, Toshiaki Tamaki, Saburo Sone and Hiroshi Kido :
A novel bioactive 31-amino acid endothelin-1 is a potent chemotactic peptide for human neutrophils and monocytes,
Journal of Leukocyte Biology, Vol.70, No.2, 306-312, 2001.
(PubMed: 11493624)
45. Naoki Nishimura, Yasuhiko Nishioka, Tsutomu Shinohara, Hirohisa Ogawa, Sayaka Yamamoto, Kenji Tani and Saburo Sone :
Novel centrifugal method for simple and highly efficient adenovirus-mediated green fluorescence protein gene transduction into human monocyte-derived dendritic cells,
Journal of Immunological Methods, Vol.253, No.1-2, 113-124, 2001.
(DOI: 10.1016/S0022-1759(01)00360-X,   PubMed: 11384673,   Elsevier: Scopus)
46. Huang Luping, Fumitaka Ogushi, Kenji Tani, Hirohisa Ogawa, Tetsuya Kawano, Takeshi Endo, Keisuke Izumi, Nobuya Sano, Junji Ueno, Hiromu Nishitani and Saburo Sone :
Thrombin Promotes Fibroblast Proliferation during the Early Stages of Experimental Radiation Pneumonitis,
Radiation Research, Vol.156, No.1, 45-52, 2001.
(DOI: 10.1667/0033-7587(2001)156[0045:TPFPDT]2.0.CO;2,   PubMed: 11418072,   Elsevier: Scopus)
47. Kenji Tani, William J Murphy, Oleg Chertov, Joost J Oppenheim and JiMing Wang :
The neutrophil granule protein cathepsin G activates murine T lymphocytes and up-regulates antigen-specific Ig production in mice,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.282, No.4, 971-976, 2001.
(DOI: 10.1006/bbrc.2001.4676,   PubMed: 11352647,   Elsevier: Scopus)
48. Naoki Nishimura, Yasuhiko Nishioka, Tsutomu Shinohara, Kenji Tani and Saburo Sone :
Down-regulation by a new anti-inflammatory compound, FR167653, of differentiation and maturation of human monocytes and bone marrow CD34(+) cells to dendritic cells,
International Journal of Immunopharmacology, Vol.22, No.7, 501-514, 2000.
49. Kenji Tani, William J Murphy, Oleg Chertov, Larry W Kwak and Joost J Oppenheim :
Defensins act as potent adjuvants that promote cellular and humoral immune responses in mice to a lymphoma idiotype and carrier antigens,
Int Immunol, Vol.12, No.5, 691-670, 2000.
50. Kenji Tani, Fumitaka Ogushi, Luping Huang and Saburo Sone :
CD13/aminopeptidase N: A novel chemoattractant for T lymphocytes in pulmonary sarcoidosis,
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine, Vol.161, No.5, 1636-1642, 2000.
(DOI: 10.1164/ajrccm.161.5.9902008,   PubMed: 10806168,   Elsevier: Scopus)
51. Kenji Tani, Fumitaka Ogushi, Hiroshi Kido, Tetsuya Kawano, Yuichi Kunori, Takashi Kamimura, Ping Cui and Saburo Sone :
Chymase is a potent chemoattractant for human monocytes and neutrophils,
Journal of Leukocyte Biology, Vol.67, No.4, 585-589, 2000.
(DOI: 10.1002/jlb.67.4.585,   PubMed: 10770293,   Elsevier: Scopus)
52. K Miki, Eiji Shimuzu, Seiji Yano, Kenji Tani and Saburo Sone :
Demethylation by 5-aza-2'-deoxycytidine (5-azadC) of p16INK4A gene results in downregulation of vascular endothelial growth factor expression in human lung cancer cell lines,
Oncology Research, Vol.12, No.8, 335-342, 2000.
(PubMed: 11589304)
53. Arya Biragyn, Kenji Tani, Michael C Grimm, Steven Weeks and Larry W Kwak :
Genetic fusion of chemokines to a self tumor antigen induces protective T cell dependent anti-tumor immunity,
Nature Biotechnology, Vol.17, No.3, 253-258, 1999.
(DOI: 10.1038/6995,   PubMed: 10096292)
54. Yumi Ise, Hiroaki Yanagawa, Takanori Hirose, Kenji Tani, Seiji Yano, Yoshihiro Suzuki, Eiji Takeuchi, Kouji Maniwa, Eiji Shimizu, Fumitaka Ogushi, Toshiaki Sano and Saburo Sone :
An autopsy case of cytokeratin 7-positive minute adenocarcinoma of the lung with systemic metastases,
Internal Medicine, Vol.37, No.9, 766-769, 1998.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.37.766,   PubMed: 9804085)
55. Kenji Tani, Makoto Kashio, Nobuya Sano, Yoichi Nakamura, Fumitaka Ogushi and Saburo Sone :
A case of sarcoidosis associated with chronic eosinophilic pneumonia,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.45, No.1-4, 131-136, 1998.
(徳島大学機関リポジトリ: 111634,   PubMed: 9864974,   CiNii: 110001874594)
56. Kenji Tani, ShaoBo Su, Iku Utsunomiya, Joost J Oppenheim and JiMing Wang :
Interferon-gamma maintains the binding and functional capacity of receptors for IL-8 on cultured human T cells,
Eur J Immunol, Vol.28, No.2, 502-507, 1998.
57. Oleg Chertov, Hirotsugu Ueda, Luo Ling Xu, Kenji Tani, William J. Murphy, Ji Ming Wang, O.M. Zack Howard, Thomas J. Sayers and Joost J Oppenheim :
Identification of human neutrophil-derived cathepsin G and azurocidin/CAP37 as chemoattractants for mononuclear cells and neutrophils,
The Journal of Experimental Medicine, Vol.186, No.5, 739-747, 1997.
58. Fumitaka Ogushi, Saburo Sone, Kenji Tani, Hiroko Takehara, Takeshi Endo, Takashi Haku, Yoichi Nakamura, Takeshi Ogura, Masaharu Kamada, Toshihiro Aono, Nobuya Sano and Yasukazu Ohmoto :
Identification and localization of immunoglobulin binding factor in bronchoalveolar lavage fluid from healthy smokers,
American Journal Respiratory and Critical Care Medicine, Vol.152, No.6, 2133-2137, 1995.
59. Kenji Tani, Susumu Yasuoka, Fumitaka Ogushi, Toshio Ozaki, Nobuya Sano and Takashi Ogura :
Cytotoxic Factor for Fibroblasts in Bronchoalveolar Lavage Fluid of Bleomycin-Treated Rats,
Experimental Lung Research, Vol.16, No.3, 293-307, 1990.
(PubMed: 1694124)
60. Kenji Tani, Fumitaka Ogushi, Saburo Sone, Noriko Kagawa and Takeshi Ogura :
Chylothorax and chylous ascites in a patient with uterine cancer,
Japanese Journal of Clinical Oncology, Vol.18, No.2, 175-182, 1988.
(PubMed: 3288782)

総説・解説:

1. 田畑 良, 大倉 佳宏, 川人 圭祐, 稲葉 圭佑, 稲葉 香織, 小幡 史明, 河南 真吾, 湯浅 志乃, 山口 治隆, 谷 憲治, 坂東 弘康 :
徳島県での後期研修プログラムで初の家庭医療専門医になって,
月刊地域医学, Vol.31, No.8, 632-638, 2017年8月.
2. 谷 憲治, 湯浅 志乃, 山口 治隆 :
RS3PE症候群:知っておきたい内科症候群,
臨床雑誌 内科, Vol.109, No.6, 1469-1470, 2012年.
3. 竹内 啓祐, 前田 隆浩, 井口 清太郎, 阿波谷 敏英, 大脇 哲洋, 梶井 英治, 谷 憲治, 長谷川 仁志, 前野 哲博, 山本 和利, 三瀬 順一, 神田 健史 :
全国の地域医療教育プログラムの現状-全国アンケート調査結果-,
医学教育, Vol.43, 109, 2012年.
4. 前田 隆浩, 井口 清太郎, 阿波谷 敏英, 大脇 哲洋, 梶井 英治, 竹内 啓祐, 谷 憲治, 長谷川 仁志, 前野 哲博, 山本 和利, 三瀬 順一, 神田 健史, 中里 未央, 関田 孝晴 :
本邦の臨床教授制度についての実態調査,
医学教育, Vol.43, 110, 2012年.
5. Kenji Tani, Takehiro Iwasaki, Shingo Kawaminami, Shino Yuasa and Atsuro Saijo :
Evaluation of primary care practice in the University of Tokushima,
Shikoku Acta Medica, Vol.56, No.3, 4, 81-87, Aug. 2009.
(徳島大学機関リポジトリ: 111312)
6. 谷 憲治, 西條 敦郎 :
放射線治療と肺障害,
(月刊)臨床放射線, Vol.54, No.1, 107-114, 2009年1月.
(CiNii: 40016441126,   Elsevier: Scopus)
7. 谷 憲治, 西條 敦郎 :
医学生に対する地域医療教育の実践とその評価,
四国医学雑誌, Vol.64, No.3, 4, 122-127, 2008年8月.
(徳島大学機関リポジトリ: 110238,   CiNii: 40016304860)
8. 谷 憲治 :
地域医療の充実と基礎医学研究は両立するか?,
四国医学雑誌, Vol.64, No.1, 2, 15-18, 2008年4月.
(徳島大学機関リポジトリ: 110217,   CiNii: 40016033747)
9. 豊田 優子, 佐藤 恵子, 谷 憲治 :
目で見る症例 関節リウマチ関連肺病変(非特異性間質性肺炎),
内科, Vol.101, No.4, 754-759, 2008年4月.
10. 豊田 優子, 佐藤 恵子, 谷 憲治 :
COPD,
リウマチ科, Vol.40, No.4, 371-379, 2008年.
11. Kenji Tani, Keiko Sato and Saburo Sone :
The Role of Chemokines in the Pathogenesis of Rheumatoid Arthritis,
Current Rheumatology Reviews, Vol.1, No.2, 143-150, Jun. 2005.
(DOI: 10.2174/1573397054023100)
12. 谷 憲治 :
高齢者の両側胸水の落とし穴,
臨床雑誌 内科, Vol.95, No.3, 563-564, 2005年3月.
13. 谷 憲治, 宮田 敦也, 曽根 三郎 :
スタチン系薬剤の抗炎症作用,
臨床免疫, Vol.39, No.6, 710-714, 2003年6月.
14. 谷 憲治 :
関節リウマチの初期薬物療法,
臨床と研究, Vol.80, No.3, 551-552, 2003年3月.
15. 谷 憲治, 田宮 弘之, 曽根 三郎 :
Chemoattractant としてのCD13,
臨床免疫, Vol.39, No.3, 2801-285, 2003年3月.
16. 谷 憲治, 曽根 三郎 :
新しいリウマチ治療法,
四国医学雑誌, Vol.58, No.3, 122-126, 2002年6月.
(徳島大学機関リポジトリ: 110538)
17. 谷 憲治, 清水 輝記, 曽根 三郎 :
びまん性肺胞出血とMPO-ANCA関連血管炎,
THE LUNG perspective, Vol.10, No.1, 339-36, 2002年.
18. 谷 憲治, 清水 輝記, 曽根 三郎 :
びまん性肺胞出血とMPO-ANCA関連血管炎,
THE LUNG perspectives, Vol.10, No.1, 33-36, 2002年.
19. 谷 憲治, 清水 輝記, 曽根 三郎 :
放射線肺臓炎の病態発症と分子機構,
日本内科学会雑誌, Vol.90, No.4, 149-154, 2001年4月.
20. 谷 憲治, 長谷 加容子, 団 博文, 曽根 三郎 :
エンドトキシンショックとサイトカイン,
現代医療, Vol.33, No.4, 99(991)-103(995), 2001年.

国際会議:

1. Harutaka Yamaguchi, Saaya Tada, Ryo Tabata, Shino Yuasa, Yoshinori Nakanishi, Shingo Kawaminami, Nobuhiko Shimizu and Kenji Tani :
Mouth Breathers Have Higher Prevalence of Atopic Dermatitis in Preschool Children,
RCGP Annual Primary Care Conference, Liverpool, Oct. 2014.
2. Harutaka Yamaguchi, Saaya Tada, Ryo Tabata, Shino Yuasa, Yoshinori Nakanishi, Shingo Kawaminami, Nobuhiko Shimizu and Kenji Tani :
Mouth Breathers Have Higher Prevalence of Atopic Dermatitis in Preschool Children,
RCGP Annual Primary Care Conference, Liverpool, Oct. 2014.
3. Teruyoshi Kageji, Hirofumi Oka, F Obata, Kenji Tani, H Bando, Ryo Tabata and Mitsuhiro Kohno :
A new support system using mobile device for diagnostic image display and treatment of acute stroke in Japanese depopulated area,
34th International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine, Brussels, Mar. 2014.
4. Junya Miyata, Kenji Tani, Keiko Sato, Shinsaku Otsuka, Tomoyuki Urata, Shizuka Shigekiyo, Battur Lkhagvas, Nobuya Sano and Saburo Sone :
The significance in rheumatoid arthritis as a monocyte chemoattractant,
2005 American College of Rheumatology(ACR/ARHP) Annual Scientific Meeting, San Diego, Nov. 2005.
5. Yasuhiko Nishioka, K. Manabe, J. Kishi, M. Inayama, Yoshinori Aono, M. Ugai, Kenji Tani and Saburo Sone :
Analysi of CXCR3 ligands, IP-10, MIG and I-TAC, in patients with pulmonary sarcoidosis,
99th American thoracic society (ATS), Orlando, May 2004.
6. Yasuhiko Nishioka, Jun Kishi, K. Manabe, M. Miki, Y. Makamura, F. Ogushi, T. Sano, H. Bando, Kenji Tani and Saburo Sone :
Analyses of Th1-and Th2-Type Chemokines in Bronchoalveolar Lavage Fluids from Patients with Interstitial Lung Diseases,
99th American thoracic society (ATS), Seattle, May 2003.
7. Hiroyuki Taniya, Kenji Tani and Saburo Sone :
The expression of chemokine receptor CXCR3 and CCR4 in RA and SLE,
66th American College of Rheumatologyth, New Orleans, Oct. 2002.
8. Yasuhiko Nishioka, J. Kishi, J. Miyata, M. Azuma, Kenji Tani and Saburo Sone :
Macrophage-derived chemokine and thymus and activation-regulated chemokine in bronchoalveolar lavage fluid of patients with interstitial lung diseases,
26th International congress of Internal Medicine, Kyoto, May 2002.
9. Yasuhiko Nishioka, J. Miyata, Jun Kishi, S. Kakiuchi, Masahiko Azuma, M. Miki, Y. Nakamura, F. Ogushi, T. Sano, H. Bando, Kenji Tani and Saburo Sone :
Specific elevation of Th2-type chemokines, MDC and TARC, in bronchoalveolar lavage fluid from patients with eosinophilic pneumonia,
98th American thoracic society(ATS), Atlanta, May 2002.
10. Jun Kishi, L. Huang, Yasuhiko Nishioka, J. Miyata, F. Ogushi, Kenji Tani and Saburo Sone :
Thrombin promotes fibroblast proliteration in experimental radiation pneumonitis,
98th American thoracic society (ATS), Atlanta, May 2002.

国内講演発表:

1. 金森 南帆, 谷 憲治, 近藤 啓介, 鈴記 好博, 大倉 佳宏, 山口 治隆 :
関節リウマチに関わる生活環境因子に関する研究,
第19回日本プライマリ・ケア連合学会四国地方会, 2019年11月.
2. 竹内 千智, 大倉 佳宏, 近藤 啓介, 宮武 亜希子, 稲葉 香織, 湯浅 志乃, 河南 真吾, 鈴記 好博, 山口 治隆, 谷 憲治 :
HAD尺度を用いた在宅医療における患者家族の不安の評価とその要因についての検討,
第19回日本プライマリ・ケア連合学会四国地方会, 2019年11月.
3. 近藤 啓介, 大倉 佳宏, 山口 治隆, 鈴記 好博, 谷 憲治 :
徳島大学病院総合診療部における初診患者の動向分析,
第19回日本プライマリ・ケア連合学会四国地方会, 2019年11月.
4. 多田 航生, 大倉 佳宏, 近藤 啓介, 伊田 百美杏, 成田 美緒, 細木 眞紀, 松香 芳三, 鈴記 好博, 山口 治隆, 谷 憲治 :
問診と口腔内の観察によって診断に至った歯科金属アレルギーによる皮疹の一例,
第259回徳島医学会学術集会, 2019年8月.
5. 近藤 啓介, 大倉 佳宏, 山口 治隆, 鈴記 好博, 谷 憲治 :
徳島大学病院総合診療部開設後2年間の動向分析,
第259回徳島医学会学術集会, 2019年8月.
6. 河南 真吾, 南 千代, 稲葉 香織, 近藤 啓介, 山口 治隆, 谷 憲治 :
認定臨床宗教師を招いてスピリチュアルペインに取り組む終末期ケア,
第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2019年5月.
7. 大塚 剛史, 河南 真吾, 宮武 亜希子, 稲葉 圭佑, 稲葉 香織, 湯浅 志乃, 田畑 良, 大倉 佳宏, 山口 治隆, 鈴記 好博, 坂東 弘康, 谷 憲治 :
終末期がん患者が看取りの場所として在宅を選ぶ要因,
第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2019年5月.
8. 井上 栞, 大倉 佳宏, 近藤 啓介, 河南 真吾, 湯浅 志乃, 山口 治隆, 鈴記 好博, 谷 憲治 :
女性医師の就業継続に必要な環境要因の検討,
第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2019年5月.
9. 加島 嵩之, 鈴記 好博, 稲葉 圭佑, 稲葉 香織, 河南 真吾, 大倉 佳宏, 山口 治隆, 本田 壮一, 坂東 弘康, 谷 憲治 :
喫煙などの生活習慣と嚥下障害に関する調査,
第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2019年5月.
10. 渡辺 崇友, 山口 治隆, 川人 圭祐, 河南 真吾, 田畑 良, 大倉 佳宏, 鈴記 好博, 谷 憲治 :
睡眠時の口呼吸防止テープの有効性の検討,
第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2019年5月.
11. Harutaka Yamaguchi, Shino Morikawa, Nao Urushihara, Yoshihiro Ookura, Yoshihiro Suzuki and Kenji Tani :
The association between mouth breathing and thyroid disease,
WONCA APR Conference 2019, May 2019.
12. 本田 壮一, 橋本 崇代, 小原 聡彦, 鈴記 好博, 谷 憲治 :
2018年の災害対策をふりかえって,
第258回徳島医学会学術集会, 2019年2月.
13. 川下 陽一郎, 大倉 佳宏, 早渕 修, 山口 治隆, 鈴記 好博, 谷 憲治, 市原 新一郎 :
メディカルゾーンによって育むプライマリ・ケア,
第18回日本プライマリ・ケア連合学会四国地方会, 2018年11月.
14. 本田 壮一, 鈴記 好博, 谷 憲治 :
災害対策への総合診療の意義∼ポスト高松大会のあゆみ∼,
第18回日本プライマリ・ケア連合学会四国地方会, 2018年11月.
15. 稲葉 圭佑, 稲葉 香織, 河南 真吾, 田畑 良, 大倉 佳宏, 山口 治隆, 鈴記 好博, 谷 憲治 :
複数の病院・診療科で数年間診断にいたらなかったSAPHO症候群の一例,
第18回日本プライマリ・ケア連合学会四国地方会, 2018年11月.
16. 井上 栞, 大倉 佳宏, 川人 圭祐, 宮武 亜希子, 河南 真吾, 田畑 良, 山口 治隆, 鈴記 好博, 谷 憲治 :
女性医師の就業に対する育児環境要因の検討,
第18回日本プライマリ・ケア連合学会四国地方会, 2018年11月.
17. 谷 憲治 :
走り出した総合診療専門医をどうするか?,
第58回全国国保地域医療学会, 2018年10月.
18. 金澤 豪, 河南 真吾, 谷 憲治, 川人 圭祐, 中西 嘉憲, 湯浅 志乃, 田畑 良, 大倉 佳宏, 山口 治隆, 鈴記 好博, 清水 輝記, 清水 寛 :
漢方専門病院と国内全体における漢方薬処方の傾向の差について,
第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2018年6月.
19. 大倉 佳宏, 田畑 良, 河南 真吾, 鈴記 好博, 山口 治隆, 谷 憲治 :
徳島大学病院総合診療部の初診患者動向の分析,
第256回徳島医学会学術集会, 2018年2月.
20. 金澤 豪, 谷 憲治, 川人 圭祐, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 湯浅 志乃, 田畑 良, 大倉 佳宏, 山口 治隆, 鈴記 好博, 清水 輝記, 清水 寛 :
漢方専門病院における漢方薬処方の特徴と病院総合診療外来への応用について,
第17回日本プライマリ・ケア連合学会四国地方会, 2017年11月.
21. 中西 渓介, 鈴記 好博, 稲葉 圭佑, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 湯浅 志乃, 田畑 良, 大倉 佳宏, 山口 治隆, 團 博文, 鬼頭 秀樹, 谷 憲治 :
徳島県山間部の病院における通院費用が患者に与える負担,
第17回日本プライマリ・ケア連合学会四国地方会, 2017年11月.
22. 宮岡 満里奈, 大倉 佳宏, 宗像 昌子, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 湯浅 志乃, 田畑 良, 山口 治隆, 鈴記 好博, 笠松 哲司, 折野 真哉, 佐々木 清美, 本田 壮一, 坂東 弘康, 谷 憲治 :
在宅医療における患者漢族の不安感とその要因,
第17回日本プライマリ・ケア連合学会四国地方会, 2017年11月.
23. 和田 梨沙, 田畑 良, 稲葉 香織, 中西 嘉憲, 小幡 史明, 河南 真吾, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 大倉 佳宏, 山口 治隆, 鈴記 好博, 中西 嘉巳, 坂東 弘康, 谷 憲治 :
生活習慣が糖尿病と睡眠に与える影響,
第17回日本プライマリ・ケア連合学会四国地方会, 2017年11月.
24. 中崎 真理, 小原 聡彦, 鈴記 好博, 竹田 勝則, 北市 雅代, 白川 光雄, 谷 憲治, 吉本 勝彦 :
在宅医療での栄養サポートを考える,
第17回日本プライマリ・ケア学会四国ブロック支部大会/第24回四国地域医学研究会合同学術集会, 2017年11月.
25. 湯浅 志乃, 広瀬 敏幸, 有馬 信夫, 市原 新一郎, 片岡 秀之, 田岡 真理子, 稲葉 圭佑, 稲葉 香織, 中西 嘉憲, 鈴記 好博, 田畑 良, 大倉 佳宏, 山口 治隆, 谷 憲治 :
地域医療完結型をめざして,当院での取り組みについて,
第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2017年5月.
26. 本田 壮一, 白川 光雄, 鈴記 好博, 小原 聡彦, 竹田 勝則, 谷 憲治 :
小病院におけるエンドオブライフケアの問題点,
第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2017年5月.
27. 山村 圭, 谷 憲治, 山口 治隆, 鈴記 好博, 大倉 佳宏, 田畑 良, 湯浅 志乃, 申 輝樹, 中西 嘉憲 :
医学生における総合診療志向,臓器別専門医志向の比較,
第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2017年5月.
28. 田畑 良, 谷 憲治, 稲葉 圭佑, 稲葉 香織, 川人 圭祐, 中西 嘉憲, 小幡 史明, 湯浅 志乃, 申 輝樹, 清水 伸彦, 鈴記 好博, 大倉 佳宏, 山口 治隆, 河南 真吾, 山村 圭, 三橋 七重 :
徳島県でのプログラムで初の家庭医療専門医を取得して,
第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2017年5月.
29. 鈴記 好博, 本田 壮一, 大倉 佳宏, 湯浅 志乃, 中西 嘉憲, 稲葉 圭佑, 稲葉 香織, 川人 圭祐, 谷 憲治 :
南海トラフ巨大地震に備えて∼美波病院の取り組み∼,
第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2017年5月.
30. 山口 治隆, 三橋 七重, 稲葉 圭佑, 稲葉 香織, 中西 嘉憲, 申 輝樹, 田畑 良, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 鈴記 好博, 谷 憲治 :
慢性頭痛に関連する生活習慣の検討,
第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2017年5月.
31. 鈴記 好博, 山口 治隆, 田畑 良, 河南 真吾, 稲葉 圭佑, 稲葉 香織, 谷 憲治 :
研修医・専攻医における国際医療研修プログラム∼徳島県の試み∼,
第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2017年5月.
32. 鈴記 好博, 本田 壮一, 谷 憲治 :
南海トラフ巨大地震に備えて∼美波病院の取り組み∼,
第40回徳島県国保診療施設地域医療学会, 2016年11月.
33. 本田 壮一, 鈴記 好博, 小原 聡彦, 橋本 崇代, 谷 憲治 :
南海トラフ巨大地震・津波に備えて(第2報),
第16回日本プライマリ・ケア連合学会四国支部総会, 2016年11月.
34. 三橋 七重, 山口 治隆, 中西 嘉憲, 申 輝樹, 田畑 良, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 大倉 佳宏, 鈴記 好博, 谷 憲治 :
冷え性と生活習慣の関係について,
第16回日本プライマリ・ケア連合学会四国支部総会, 2016年11月.
35. 坂東 桃子, 影治 照喜, 山口 治隆, 鈴記 好博, 大倉 佳宏, 田畑 良, 湯浅 志乃, 申 輝樹, 中西 嘉憲, 谷 憲治 :
海部病院遠隔診療支援システム``k-support''導入による急性期脳卒中予後調査,
第16回日本プライマリ・ケア連合学会四国支部総会, 2016年11月.
36. 山村 圭, 谷 憲治, 中西 嘉憲, 申 輝樹, 湯浅 志乃, 田畑 良, 大倉 佳宏, 鈴記 好博, 山口 治隆 :
総合診療専門医志向を持つ医学生の特徴について,
第16回日本プライマリ・ケア連合学会四国支部総会, 2016年11月.
37. 鈴記 好博, 本田 壮一, 谷 憲治 :
ZambiaのMwinilunga郡病院における疾患の実態,
第253回徳島医学会学術集会, 2016年7月.
38. 本田 壮一, 白川 光雄, 谷 憲治 :
海部郡の地域医療をよくするには?,
第253回徳島医学会学術集会, 2016年7月.
39. 谷 憲治 :
徳島大学における地域医療に貢献する医師の育成,
第253回徳島医学会学術集会, 2016年7月.
40. 山口 治隆, 漆原 菜桜, 田畑 良, 中西 嘉憲, 申 輝樹, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 谷 憲治 :
Mouth Breathingと慢性中耳炎,甲状腺疾患との関連,
第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2016年6月.
41. 本田 壮一, 小原 聡彦, 橋本 崇代, 谷 憲治 :
由岐病院から美波病院へ∼連携・教育・災害対策の場に∼,
第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2016年6月.
42. 山口 治隆, 佐藤 功志, 中西 嘉憲, 申 輝樹, 田畑 良, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 土屋 敦, 谷 憲治 :
経管栄養を望む気持ちは,自分の場合より両親の場合で強い,
第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2016年6月.
43. 湯浅 志乃, 岩佐 みゆき, 中西 嘉憲, 申 輝樹, 田畑 良, 清水 伸彦, 山口 治隆, 谷 憲治 :
徳島大学在学の女子医学生のワークライフバランスについて,
第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2016年6月.
44. 答島 章公, 四宮 文男, 美馬 紀章, 藤井 健司, 湯浅 志乃, 谷 憲治 :
RA未診断関節炎の臨床所見と経過,
第60回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2016年4月.
45. 四宮 文男, 美馬 紀章, 藤井 健司, 浜田 大輔, 谷 憲治, 湯浅 志乃 :
RA治療におけるIguratimodの位置づけ,
第60回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2016年4月.
46. 谷 憲治 :
チームで守る地域医療 ―総合医育成への取り組み―,
第15回日本医療マネジメント学会香川支部学術集会, 2016年3月.
47. 湯浅 志乃, 岩佐 みゆき, 山口 治隆, 中西 嘉憲, 申 輝樹, 田畑 良, 清水 伸彦, 谷 憲治 :
徳島大学在学の女子医学生・卒後の女性医師のワークライフバランスについて,
第252回徳島医学会学術集会, 2016年2月.
48. 四宮 文男, 美馬 紀章, 浜田 大輔, 谷 憲治, 湯浅 志乃 :
Methotrexate不適応・不応例に対するIgulatimod投与の有用性,
第26回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会, 2015年12月.
49. 白川 光雄, 本田 壮一, 松田 啓次, 折野 真哉, 坂東 弘康, 谷 憲治 :
徳島県海部郡医療方言用語集作成の試み,
第15回日本プライマリ・ケア連合学会四国支部学術集会, 2015年11月.
50. 佐藤 功志, 山口 治隆, 中西 嘉憲, 申 輝樹, 田畑 良, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 谷 憲治 :
高齢者の死生観とその形成要因,
第15回日本プライマリ・ケア連合学会四国支部学術集会, 2015年11月.
51. 岩川 陽介, 山口 治隆, 清水 伸彦, 田畑 良, 湯浅 志乃, 申 輝樹, 中西 嘉憲, 谷 憲治 :
徳島県における医師の偏在状況とその理由に関する調査研究,
第15回日本プライマリ・ケア連合学会四国支部学術集会, 2015年11月.
52. 漆原 菜桜, 山口 治隆, 田畑 良, 中西 嘉憲, 申 輝樹, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 谷 憲治 :
生活習慣病に影響する潜在要因の検討,
第15回日本プライマリ・ケア連合学会四国支部学術集会, 2015年11月.
53. 小幡 史明, 影治 照喜, 岡 博文, 田畑 良, 谷 憲治, 坂東 弘康 :
医療過疎地域での急性期脳梗塞患者に対する``drip and ship''法の検討,
第251回徳島医学会学術集会, 2015年8月.
54. 申 輝樹, 田畑 良, 清水 伸彦, 山口 治隆, 坂東 弘康, 谷 憲治 :
偶発的に発見された急性巣状細菌性腎炎の一例,
第251回徳島医学会学術集会, 2015年8月.
55. 森川 史野, 山口 治隆, 湯浅 志乃, 中西 嘉憲, 申 輝樹, 田畑 良, 清水 伸彦, 谷 憲治 :
口呼吸判定に有効な質問票の作成,
第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2015年6月.
56. 増田 太利志, 田畑 良, 山口 治隆, 清水 伸彦, 湯浅 志乃, 中西 嘉憲, 申 輝樹, 谷 憲治 :
徳島県のへき地医療拠点病院における診療科別医師不足に関する調査,
第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2015年6月.
57. 答島 章公, 四宮 文男, 美馬 紀章, 谷 憲治, 湯浅 志乃 :
MTX併用の有無によるTocilizumabの効果および継続率の比較,
第59回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2015年4月.
58. 湯浅 志乃, 堀内 宣昭, 長谷 加容子, 山村 篤司郎, 坂東 弘康, 谷 憲治 :
異なる臨床経過を呈したニューモシスチス肺炎の3例,
第55回日本呼吸器学会学術講演会, 2015年4月.
59. 小幡 史明, 影治 照喜, 岡 博文, 田畑 良, 谷 憲治, 坂東 弘康 :
医療過疎地域での急性期脳梗塞患者に対する``drip and ship''法の検討,
第250回徳島医学会学術集会, 2015年2月.
60. 本田 壮一, 谷 憲治, 白川 光雄, 橋本 崇代, 小原 聡彦, 赤池 雅史, 吉本 勝彦 :
医学生実習を受け入れて(第2報),
第250回徳島医学会学術集会, 2015年2月.
61. 庄野 なほみ, 山口 治隆, 河野 光宏, 清水 伸彦, 田畑 良, 湯浅 志乃, 申 輝樹, 中西 嘉憲, 谷 憲治 :
新専門医制度についての医学生への意識調査,
第14回日本プライマリ・ケア連合学会四国ブロック支部大会, 2014年11月.
62. 森川 史野, 山口 治隆, 湯浅 志乃, 中西 嘉憲, 申 輝樹, 田畑 良, 清水 伸彦, 河野 光宏, 谷 憲治 :
日中および夜間の口呼吸(mouth breathing)と幼児のアトピー性皮膚炎との関連,
第14回日本プライマリ・ケア連合学会四国ブロック支部大会, 2014年11月.
63. 夏井 純平, 山口 治隆, 湯浅 志乃, 中西 嘉憲, 申 輝樹, 田畑 良, 清水 伸彦, 河野 光宏, 谷 憲治 :
徳島県海部郡における転送患者の検討,
第14回日本プライマリ・ケア連合学会四国ブロック支部大会, 2014年11月.
64. 田中 宏樹, 清水 伸彦, 河野 光宏, 清水 伸彦, 清水 伸彦, 田畑 良, 湯浅 志乃, 申 輝樹, 中西 嘉憲, 谷 憲治 :
徳島大学医学生における地域医療実習前後の地域医療への関心の度合いが卒後の進路に及ぼす影響について,
第14回日本プライマリ・ケア連合学会四国ブロック支部大会, 2014年11月.
65. 増田 太利志, 田畑 良, 山口 治隆, 河野 光宏, 清水 伸彦, 湯浅 志乃, 中西 嘉憲, 申 輝樹, 谷 憲治 :
へき地医療拠点病院における必要医師数の調査,
第14回日本プライマリ・ケア連合学会四国ブロック支部大会, 2014年11月.
66. 谷 憲治 :
連携・協働∼総合医の育成を通して見えてきたこと∼,
第45回日本看護学会-慢性期看護-学術集会, 2014年9月.
67. 湯浅 志乃, 坂東 弘康, 長谷 加容子, 山村 篤司郎, 堀内 宣昭, 尾崎 修治, 谷 憲治 :
肺野すりガラス陰影の鑑別診断に苦慮し,のちにニューモシスチス肺炎を発症した後天性免疫不全症候群の診断に至った1例,
第51回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2014年7月.
68. 本田 壮一, 小原 聡彦, 谷 憲治, 白川 光雄, 赤池 雅史, 吉本 勝彦 :
医学生実習を受け入れて-5年間の経験よりー,
第110回 日本内科学会四国地区支部主催四国地方会 徳島, 2014年6月.
69. 湯浅 志乃, 加藤 修平, 中西 嘉憲, 田畑 良, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
地域医療を守る住民啓発活動のあり方,
第5回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2014年5月.
70. 河野 光宏, 藤本 稜, 中西 嘉憲, 田畑 良, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 山口 治隆, 谷 憲治 :
へき地における医療満足度について,
第5回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2014年5月.
71. 西田 結香, 田畑 良, 藤本 稜, 多田 紗彩, 加藤 修平, 近藤 早紀, 原田 貴文, 梅谷 一公, 伊藤 潤, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
徳島県における小児救急に対する保護者の意識とかかりつけ医の重要性,
第5回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2014年5月.
72. 湯浅 志乃, 坂東 弘康, 広瀬 敏幸, 中西 嘉憲, 田畑 良, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
肺がん術後連携クリティカルパスが術後再発の早期発見および治療に有用であった1例,
第5回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2014年5月.
73. 田畑 良, 森 敬子, 三橋 乃梨子, 小幡 史明, 浦岡 秀行, 岡 博文, 影治 照喜, 西田 結香, 中西 嘉憲, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
徳島県南の僻地医療拠点病院における救急医療ヘリコプター(以下ドクターヘリ)の利用状況,
第5回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2014年5月.
74. 小幡 史明, 田畑 良, 森 敬子, 河野 光宏, 影治 照喜, 岡 博文, 谷 憲治, 坂東 弘康 :
救急隊への海部病院遠隔診療支援システム(k-support)の導入∼救命率向上を目指して∼,
第5回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2014年5月.
75. 山口 治隆, 多田 紗彩, 伊藤 潤, 中西 嘉憲, 田畑 良, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 河野 光宏, 谷 憲治 :
幼児の生活習慣と疾病罹患率の関連性の評価,
第5回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2014年5月.
76. 林 宏樹, 三橋 乃梨子, 小幡 史明, 田畑 良, 森 敬子, 岡 博文, 谷 憲治, 坂東 弘康, 影治 照喜 :
地域中核病院における遠隔画像診断に基づく診療支援の有用性,
第5回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2014年5月.
77. 答島 章公, 四宮 文男, 美馬 紀章, 谷 憲治, 湯浅 志乃 :
Infliximab効果軽度,特に2次無効例における増量の有用性,
第58回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2014年4月.
78. 小幡 史明, 森 敬子, 坂東 弘康, 田畑 良, 河野 光宏, 谷 憲治, 影治 照喜 :
海部病院遠隔診療支援システム(k-support)を用いた急性期脳梗塞患者に対するrt-PA静注療法の"drip amd ship"法の試み,
第16回徳島脳卒中研究会, 2014年2月.
79. 答島 章公, 四宮 文男, 美馬 紀章, 難波 啓一郎, 芝 篤志, 倉田 浩充, 谷 憲治, 湯浅 志乃 :
Infllllliximab効果軽度,特に2次無効例における増量の有用性,
第24回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会, 2013年12月.
80. 四宮 文男, 難波 啓一郎, 美馬 紀章, 倉田 浩充, 芝 篤志, 谷 憲治, 湯浅 志乃, 答島 章公 :
臨床経過とHAQ-DIからみた第1選択BIO: Adalimumabの有用性,
第24回日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会, 2013年12月.
81. 藤本 稜, 河野 光宏, 山口 治隆, 清水 伸彦, 田畑 良, 湯浅 志乃, 河南 真吾, 赤西 嘉憲, 伊藤 潤, 梅谷 一公, 原田 貴文, 谷 憲治 :
へき地における疾患別にみた通院施設に関する検討,
第13回日本プライマリ・ケア連合学会四国ブロック支部大会, 2013年10月.
82. 加藤 修平, 湯浅 志乃, 伊藤 潤, 中西 嘉憲, 田畑 良, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
地域医療を守る住民啓発運動のあり方,
第13回日本プライマリ・ケア連合学会四国ブロック支部大会, 2013年10月.
83. 伊藤 潤, 湯浅 志乃, 中西 嘉憲, 田畑 良, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
生物学的製剤を投与中に呼吸器感染症を併発した関節リウマチの2症例,
第13回日本プライマリ・ケア連合学会四国ブロック支部大会, 2013年10月.
84. 湯浅 志乃, 伊藤 潤, 中西 嘉憲, 田畑 良, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
地域中核病院における睡眠時無呼吸症候群の診療状況,
第13回日本プライマリ・ケア連合学会四国ブロック支部大会, 2013年10月.
85. 近藤 早紀, 中西 嘉憲, 梅谷 一公, 伊藤 潤, 原田 貴文, 田畑 良, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
医学科生の進路選択決定因子と医師偏在に及ぼす影響について,
第13回日本プライマリ・ケア連合学会四国ブロック支部大会, 2013年10月.
86. 多田 紗彩, 山口 治隆, 伊藤 潤, 中西 嘉憲, 田畑 良, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 河野 光宏, 谷 憲治 :
地域特別枠医学生のキャリアデザインについて,
第13回日本プライマリ・ケア連合学会四国ブロック支部大会, 2013年10月.
87. 田畑 良, 山田 博胤, 西尾 進, 井口 明子, 三橋 乃梨子, 小幡 史明, 西田 結香, 川人 圭祐, 多田 紗彩, 原田 貴文, 梅谷 一公, 伊藤 潤, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 佐田 政隆, 谷 憲治, 坂東 弘康 :
徳島大学病院超音波センターと徳島県立海部病院間の心エコーによる遠隔診断支援システムを運用して,
第13回日本プライマリ・ケア連合学会四国ブロック支部大会, 2013年10月.
88. 小幡 史明, 田畑 良, 湯浅 志乃, 森 敬子, 河野 光宏, 影治 照喜, 岡 博文, 谷 憲治, 坂東 弘康 :
海部病院遠隔診療支援システム(k-support)を用いてrt-PAを投与し,ドクターヘリ搬送による"drip and ship"法を試みた急性期脳梗塞の1例,
第13回日本プライマリ・ケア連合学会四国ブロック支部大会, 2013年10月.
89. 西田 結香, 田畑 良, 伊藤 潤, 梅谷 一公, 原田 貴文, 中西 嘉憲, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
小児救急に対する保護者の意識とかかりつけ医の重要性,
第13回日本プライマリ・ケア連合学会四国ブロック支部大会, 2013年10月.
90. 谷 憲治 :
地域医療と総合診療∼地域枠をどう育てるか∼,
第7回日本病院総合診療医学会学術総会, 2013年8月.
91. 谷 憲治, 田畑 良, 湯浅 志乃, 山口 治隆, 清水 伸彦, 河南 真吾, 中西 嘉憲, 河野 光宏 :
徳島大学医学部における地域医療教育-過去5年間の地域医療実習を検証する-,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
92. 田畑 良, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治, 山田 博胤, 西尾 進, 井口 明子, 小幡 史明, 坂東 弘康, 佐田 政隆 :
徳島県立海部病院の徳島大学病院による遠隔診断支援システムについて,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
93. 影治 照喜, 岡 博文, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 溝渕 佳史, 谷 憲治, 河野 光宏, 湯浅 志乃, 田畑 良, 坂東 弘康, 高橋 幸志, 森 敬子, 小幡 史明, 三橋 乃梨子, 浦岡 秀行, 濱口 隼人 :
スマートフォンとインターネットを用いた海部病院遠隔医療支援システム(k-support)の導入,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
94. 湯浅 志乃, 坂東 弘康, 小幡 史明, 田畑 良, 森 敬子, 谷 憲治 :
みかん農家に発症した過敏性肺炎の1例,
第49回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2013年7月.
95. 増田 さら良, 河南 真吾, 中西 嘉憲, 田畑 良, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
女性医師問題に関する医学生の意識について∼二年前の追跡調査を中心に∼,
第4回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2013年5月.
96. 川人 圭祐, 清水 伸彦, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 田畑 良, 湯浅 志乃, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
学生時代の僻地医療に対する意識と卒後の進路選択,
第4回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2013年5月.
97. 多田 紗彩, 山口 治隆, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 田畑 良, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 河野 光宏, 谷 憲治 :
地域特別枠学生の卒後義務期間におけるキャリア形成,
第4回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2013年5月.
98. 田畑 良, 山田 博胤, 西尾 進, 井口 明子, 小幡 史明, 發知 淳子, 林 修司, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 佐田 政隆, 谷 憲治, 坂東 弘康 :
リアルタイム心エコーによる遠隔診断支援システムを運用して,
第4回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2013年5月.
99. 田中 航, 田畑 良, 多田 紗彩, 川人 圭祐, 増田 さら良, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
コメディカルの視点から見た地域で必要とされる医師の資質・能力・人柄,
第4回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2013年5月.
100. 湯浅 志乃, 坂東 弘康, 小幡 史明, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 田畑 良, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
慢性咳嗽として他院で治療されるも改善なく十分な問診から疑われ診断し得た夏型過敏性肺炎の1例,
第4回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2013年5月.
101. 伊藤 潤, 湯浅 志乃, 中西 嘉憲, 田畑 良, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
生物学的製剤を投与中に呼吸器感染症を併発した関節リウマチの2症例,
第13回日本プライマリ・ケア連合学会四国ブロック支部大会, 2013年.
102. 田中 航, 田畑 良, 多田 紗彩, 川人 圭祐, 増田 さら良, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
コメディカルの視点から見た地域で必要とされる医師の資質・能力・人柄,
第12回日本プライマリ・ケア連合学会四国支部学術集会, 2012年11月.
103. 川人 圭祐, 清水 伸彦, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 田畑 良, 湯浅 志乃, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
臨床研修病院の選択と学生時代の総合診療志向性,
第12回日本プライマリ・ケア連合学会四国支部学術集会, 2012年11月.
104. 多田 紗彩, 山口 治隆, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 田畑 良, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 河野 光宏, 谷 憲治 :
専門医資格と地域特別枠医学生の卒後義務期間,
第12回日本プライマリ・ケア連合学会四国支部学術集会, 2012年11月.
105. 田畑 良, 山田 博胤, 西尾 進, 井口 明子, 小幡 史明, 發知 淳子, 林 修司, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 佐田 政隆, 谷 憲治, 坂東 弘康 :
徳島大学病院と徳島県立海部病院との心エコー遠隔診断支援システムについて,
第12回日本プライマリ・ケア連合学会四国支部学術集会, 2012年11月.
106. 秋山 祥子, 田畑 良, 板東 悠太郎, 三宅 孝典, 吉松 由布子, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
女子医学生の働く意欲と望む働き方∼アンケート調査より∼,
第3回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2012年9月.
107. 吉松 由布子, 河南 真吾, 清水 伸彦, 板東 悠太郎, 三宅 孝典, 秋山 祥子, 中西 嘉憲, 田畑 良, 湯浅 志乃, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
学生の立場から考える地域枠∼徳島大学の場合∼,
第3回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2012年9月.
108. 板東 悠太郎, 河南 真吾, 三宅 孝典, 秋山 祥子, 吉松 由布子, 中西 嘉憲, 田畑 良, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
徳島県の医師確保における地域文化の有用性について,
第3回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2012年9月.
109. 河南 真吾, 北添 健一, 田畑 良, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 青木 秀俊, 矢野 充保, 谷 憲治 :
総合病院にて経験した偽膜性腸炎の検討,
第3回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2012年9月.
110. 田畑 良, 山田 博胤, 西尾 進, 井口 明子, 小幡 史明, 發知 淳子, 林 修司, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 佐田 政隆, 谷 憲治, 坂東 弘康 :
リアルタイム心エコーによる遠隔診断支援システムについて,
第3回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2012年9月.
111. 湯浅 志乃, 米田 和夫, 稲山 真美, 葉久 貴司, 谷 憲治 :
救急外来での気管支喘息診療における問診の必要性について,
日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2012年9月.
112. 谷 憲治, 三宅 孝典, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 清水 伸彦, 田畑 良, 山口 治隆, 坂東 弘康, 河野 光宏 :
地域医療現場における専門医の役割と総合医との連携について,
第3回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2012年9月.
113. 湯浅 志乃, 四宮 文男, 難波 啓一郎, 美馬 紀章, 谷 憲治 :
関節リウマチ予後因子としての抗CCP抗体の臨床的有用性,
第56回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2012年4月.
114. 増田 さら良, 河南 真吾, 中西 嘉憲, 湯浅 志乃, 田畑 良, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
徳島大学医学部生の女性医師問題における意識調査,
第12回日本プライマリ・ケア連合学会四国支部学術集会, 2012年.
115. 河野 光宏, 河南 真吾, 阿部 あかね, 湯浅 志乃, 田畑 良, 清水 伸彦, 板東 浩, 山口 治隆, 谷 憲治 :
ドネペジル(アリセプト)投与により認知症状が著明に改善した一例,
第2回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2011年7月.
116. 田畑 良, 竹本 成美, 中西 嘉憲, 河南 真吾, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 本淨 晃史, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
地方の中核病院に勤務する医師が望むこと,
第2回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2011年7月.
117. 山口 治隆, 田畑 良, 河野 光宏, 坂東 弘康, 谷 憲治 :
僻地医療機関における転送患者の検討,
第2回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2011年7月.
118. 田畑 良, 河南 真吾, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 本淨 晃史, 山口 治隆, 谷 憲治 :
地域医療における心臓MDCTの可能性の検討,
第2回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2011年7月.
119. 河野 光宏, 河南 真吾, 湯浅 志乃, 清水 伸彦, 本淨 晃史, 山口 治隆, 谷 憲治 :
脳血管疾患および頭部外傷における高次脳機能障害の出現割合,
第2回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2011年7月.
120. 湯浅 志乃, 藤本 裕俊, 河南 真吾, 田畑 良, 清水 伸彦, 山口 治隆, 河野 光宏, 谷 憲治 :
徳島における医学生,意識調査∼女性医師問題を中心に∼,
第2回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2011年7月.
121. 湯浅 志乃, 谷 憲治, 河南 真吾, 田畑 良, 山口 治隆, 河野 光宏 :
関節リウマチ患者における抗サイトカイン薬の選択と臨床効果に関する検討,
第55回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2011年.
122. 本淨 晃史, 小川 博久, 吾妻 雅彦, 手塚 敏史, 西岡 安彦, 谷 憲治, 曽根 三郎 :
P3-7 アレルギー性気道炎症モデルマウスにおけるTARC-PE38の投与効果の検討(P3 動物モデル,ポスター,第60回日本アレルギー学会秋季学術大会),
アレルギー, Vol.59, No.9, 1430, 2010年10月.
(CiNii: 110008084171)
123. 宮田 淳也, 西岡 安彦, 岸 潤, 柿内 聡司, 吾妻 雅彦, 谷 憲治, 曽根 三郎, 三木 真理, 中村 陽一, 大串 文隆 :
びまん性肺疾患における気管支肺胞洗浄液中MDC,TARCの検討,
日本呼吸器学会総会, Vol.42, 2002年4月.
124. 西岡 安彦, 遠藤 健, 谷 憲治, 大串 文隆, 曽根 三郎 :
モデルマウスを用いた間質性肺炎の病態解析,
第41回日本呼吸器学会総会ワークショップ - 小動物モデルから臨床へ, 2001年4月.

その他・研究会:

1. 谷 憲治 :
地域で守る地域医療∼大学・自治体・医療機関・住民の連携で意思を育てる∼,
2018年度中国四国地区床ずれセミナー, 2018年11月.
2. 谷 憲治 :
総合診療医の育成に向けた取り組み∼卒前教育から新専門医制度への展開∼,
第18回愛媛プライマリ・ケア研究会, 2018年6月.
3. 影治 照喜, 岡 博文, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 溝渕 佳史, 谷 憲治, 田畑 良, 坂東 弘康, 三橋 乃梨子, 小幡 史明 :
海部地域に対する急性期脳卒中診療支援 -寄付講座の検証-,
第17回徳島脳卒中研究会, 2015年2月.
4. 稲山 真美, 西岡 安彦, 東 桃代, 青野 純典, 谷 憲治, 上原 久典, 泉 啓介, 曽根 三郎 :
ブレオマイシン誘発肺線維症モデルにおけるIKK-β阻害剤IMD-0354の抗線維化効果の検討,
RMSB研究会, Vol.25, 2005年7月.
5. 稲山 真美, 西岡 安彦, 鵜飼 桃代, 青野 純典, 上原 久典, 泉 啓介, 谷 憲治, 曽根 三郎 :
ブレオマイシン誘発肺線維症モデルにおけるNF-κB阻害剤IMD-0354の抗線維化効果,
間質性肺炎細胞分子病態研究会 シンポジウム「間質性肺炎に対する新たな治療法」, Vol.7, 2004年8月.
6. 西岡 安彦, 岸 潤, 宮田 淳也, 柿内 聡司, 吾妻 雅彦, 谷 憲治, 三木 真理, 中村 陽一, 大串 文隆, 曽根 三郎 :
びまん性肺疾患における気管支肺胞洗浄液中MDC,TARCの検討,
RMCB研究会, Vol.22, 2002年7月.
7. 岸 潤, 西岡 安彦, 宮田 淳也, 谷 憲治, 曽根 三郎 :
びまん性肺疾患における気管支肺胞洗浄液中MDC,TARCの検討,
ALI研究会, Vol.6, 2002年2月.

報告書:

1. 曽根 三郎, 谷 憲治, 西岡 安彦, 黄 陸平 :
放射線肺臓炎におけるCD13/aminopeptidase Nの役割,
2001年度 びまん性肺疾患調査研究, 191-196, 2003年.
2. 曽根 三郎, 谷 憲治, 西岡 安彦, 黄色 陸平 :
放射線肺臓炎におけるCD13/aminopeptidase Nの役割,
厚生科学研究 特定疾患対策研究事業 びまん性肺疾患研究班 平成13年度報告書, 191-196, 2002年3月.
3. 曽根 三郎, 谷 憲治, 西岡 安彦, 黄 陸平 :
放射線肺臓炎における肺線維芽細胞増殖因子としてのトロンビンの関与,
2000年度 びまん性肺疾患調査研究, 201-205, 2001年.
4. 曽根 三郎, 大串 文隆, 多田 浩也, 谷 憲治, 西岡 安彦 :
放射線肺臓炎 - 肺線維芽細胞のPDGF-βレセプター発現,
厚生科学研究 特定疾患対策研究事業 びまん性肺疾患研究班 平成11年度報告書, 60-63, 2000年3月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • マウスモデルを用いたリウマチ肺に対する分子標的治療法の開発 (研究課題/領域番号: 18590854 )
  • 放射線肺臓炎の分子病態に基づく新規治療法の開発 (研究課題/領域番号: 15390256 )
  • 肉芽腫性肺疾患におけるCD13の発現機構の解明と治療への応用 (研究課題/領域番号: 13670602 )
  • 抗P糖蛋白single chain Fv抗体とケモカインの融合蛋白作製と応用研究 (研究課題/領域番号: 13557053 )
  • 放射性肺線維症における線維芽細胞のサイトカインレセプター発現とその制御 (研究課題/領域番号: 10670546 )
  • 研究者番号(70207166)による検索