検索:
徳島大学 > 高等教育研究センター > 学修支援部門 >
徳島大学 > 国際センター >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

網膜 (Retina)

研究テーマ

網膜硝子体手術 (硝子体手術 (vitrectomy), 糖尿病網膜症 (diabetic retinopathy), 加齢黄斑変性 (age-related macular degeneration), 黄斑円孔 (macular hole), 網膜剥離 (retinal detachment)) (網膜硝子体手術の改良)

著書・論文

著書:

1. 大鹿 哲郎, 田野 保雄, 樋田 哲夫, 根木 昭, 坪田 一男, 内藤 毅 :
眼科プラクティス 1術後眼内炎, --- Ⅱ内眼手術と術後眼内炎 5硝子体術後 内因性眼内炎と外因性眼内炎の鑑別102∼104頁 ---,
文光堂, 東京, 2005年1月.
2. 丸尾 敏夫, 本田 孔士, 臼井 正彦, 田野 保雄, 内藤 毅 :
眼科薬物治療ガイド, --- 1疾患別:薬の使い方(ウイルス性結膜炎·流行性角結膜炎·咽頭結膜熱·急性出血性結膜炎·単純ヘルペス結膜炎) 2作用別:薬の基礎知識(抗ウイルス薬) ---,
文光堂, 東京, 2004年9月.
3. 井上 幸次, 内尾 英一, 大野 重昭, 内藤 毅 :
眼のウイルス感染症(NEW MOOK眼科No.2), --- 14急性網膜壊死の手術治療(137∼144頁) ---,
金原出版 株式会社, 東京, 2002年5月.
4. 大橋 裕一, 望月 學, 内藤 毅 :
眼微生物事典, --- 3細菌 Parinaud眼腺症候群 ---,
株式会社 メジカルビュー社, 東京, 1996年5月.
5. 大橋 裕一, 望月 學, 内藤 毅, 塩田 洋 :
眼微生物事典, --- 4真菌 フザリウム ---,
株式会社 メジカルビュー社, 東京, 1996年5月.
6. 丸尾 敏夫, 本田 孔士, 臼井 正彦, 田野 保雄, 内藤 毅 :
眼科診療プラクティス 11眼科治療薬ガイド, --- ①疾患別くすりの使い方 眼瞼 7眼瞼ヘルペス 結膜 9ウイルス性結膜炎 ②作用別くすりの使い方 2抗ウイルス剤 ---,
文光堂, 東京, 1994年4月.

学術論文(審査論文):

1. Farouk Mohameud, Takeshi Naito, Kayo Shinomiya and Yoshinori Mitamura :
Observation of Ciliary Body Changes during Accommodation Using Anterior OCT.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.1,2, 60-63, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111411,   DOI: 10.2152/jmi.65.60,   PubMed: 29593195)
2. Khulood Mohammed Sayed, Mahmoud M. Farouk, Takashi Katome, Toshihiko Nagasawa, Takeshi Naito and Yoshinori Mitamura :
Corneal topographic changes and surgically induced astigmatism following combined phacoemulsification and 25-gauge vitrectomy.,
International Journal of Ophthalmology, Vol.10, No.1, 72-76, 2017.
(DOI: 10.18240/ijo.2017.01.12,   PubMed: 28149780,   Elsevier: Scopus)
3. 佐埜 弘樹, 香留 崇, 大串 陽子, 井上 昌幸, 内藤 毅, 三田村 佳典 :
自然閉鎖を認めた黄斑円孔の4症例の検討,
臨床眼科, Vol.70, No.10, 1625-1631, 2016年.
(CiNii: 40020973085,   Elsevier: Scopus)
4. 赤岩 慶, 香留 崇, 藤原 亜希子, 堀田 芙美香, 内藤 毅, 三田村 佳典 :
多発性後極部網膜色素上皮症に対して低照射エネルギー光線力学的療法が奏効した2例,
臨床眼科, Vol.69, No.7, 1043-1050, 2015年.
(CiNii: 40020521915,   Elsevier: Scopus)
5. Akiko Mino, Yoshinori Mitamura, Takashi Katome, Kentaro Senba, Mariko Egawa and Takeshi Naito :
Case of adult-onset Coats' disease with epiretinal membrane treated with 25-gauge pars plana vitrectomy.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.1-2, 85-88, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111256,   DOI: 10.2152/jmi.62.85,   PubMed: 25817290,   Elsevier: Scopus)
6. 江川 麻理子, 仙波 賢太郎, 宮本 龍郎, 内藤 毅, 三田村 佳典 :
Listeria monocytogenesによる内因性眼内炎の1例,
臨床眼科, Vol.68, No.13, 1737-1740, 2014年.
(CiNii: 40020279433,   Elsevier: Scopus)
7. Takashi Katome, Kazuhiko Namekata, Yoshinori Mitamura, Kentaro Senba, Mariko Egawa, Takeshi Naito, Chikako Harada and Takayuki Harada :
Expression of intraocular peroxisome proliferator-activated receptor gamma in patients with proliferative diabetic retinopathy.,
Journal of Diabetes and its Complications, Vol.29, No.2, 275-281, 2014.
(DOI: 10.1016/j.jdiacomp.2014.10.010,   PubMed: 25468312,   Elsevier: Scopus)
8. Mariko Egawa, Yoshinori Mitamura, Yuki Hayashi, Kentaro Semba and Takeshi Naito :
Changes of fundus autofluorescence and spectral-domain optical coherence tomographic findings after treatment of primary intraocular lymphoma.,
Journal of Ophthalmic Inflammation and Infection, Vol.4, No.1, 7, 2014.
(DOI: 10.1186/1869-5760-4-7,   PubMed: 24559259)
9. Mariko Egawa, Yoshinori Mitamura, Yuki Hayashi and Takeshi Naito :
Spectral-domain optical coherence tomographic and fundus autofluorescence findings in eyes with primary intraocular lymphoma.,
Clinical Ophthalmology, Vol.8, 335-341, 2014.
(DOI: 10.2147/OPTH.S58114,   PubMed: 24520190,   Elsevier: Scopus)
10. Yoshinori Mitamura, Sayaka Mitamura-Aizawa, Takashi Katome, Takeshi Naito, Akira Hagiwara, Ken Kumagai and Shuichi Yamamoto :
Photoreceptor impairment and restoration on optical coherence tomographic image.,
Journal of Ophthalmology, Vol.2013, 518170, 2013.
(DOI: 10.1155/2013/518170,   PubMed: 23691278)
11. Takashi Katome, Kazuhiko Namekata, Takeshi Naito, Kentaro Semba, Xiaoli Guo, Chikako Harada, Takayuki Harada and Yoshinori Mitamura :
Expression of promyelocytic leukemia protein and vascular endothelial growth factor in aqueous humor and vitreous fluid in patients with proliferative diabetic retinopathy.,
Diabetes Research and Clinical Practice, Vol.98, No.2, e9-e11, 2012.
(DOI: 10.1016/j.diabres.2012.09.020,   PubMed: 23092969)
12. Takashi Katome, Yoshinori Mitamura, Toshihiko Nagasawa, Hiroshi Eguchi and Takeshi Naito :
Quantitative analysis of cystoid macular edema using scanning laser ophthalmoscope in modified dark-field imaging.,
Retina, Vol.32, No.9, 1892-1899, 2012.
(DOI: 10.1097/IAE.0b013e3182497141,   PubMed: 22487576,   Elsevier: Scopus)
13. Machiko Tomida, Yoshinori Mitamura, Takashi Katome, Hiroshi Eguchi, Takeshi Naito and Takayuki Harada :
Aggressive retinal astrocytoma associated with tuberous sclerosis.,
Clinical Ophthalmology, Vol.6, 715-720, 2012.
(DOI: 10.2147/OPTH.S31759,   PubMed: 22654497)
14. Takashi Katome, Yoshinori Mitamura, Fumika Hotta, Masanori Niki and Takeshi Naito :
Two cases of focal choroidal excavation detected by spectral-domain optical coherence tomography.,
Case Reports in Ophthalmology, Vol.3, No.1, 96-103, 2012.
(DOI: 10.1159/000337880,   PubMed: 23008695)
15. Khulood Mohammed Sayed, Takeshi Naito, Mahmoud Mohamed Farouk, Toshihiko Nagasawa, Takashi Katome, Ismail Mousa Abd El-Latif, Ahmad Mostafa Abdallah, Usama Ali Mohamed and Yoshinori Mitamura :
Twenty five-gauge sutureless vitrectomy versus 20-gauge vitrectomy in epiretinal membrane surgery.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.1-2, 69-78, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 106003,   DOI: 10.2152/jmi.59.69,   PubMed: 22449995,   CiNii: 120005369309,   Elsevier: Scopus)
16. Yoshinori Mitamura, Sayaka Mitamura-Aizawa, Toshihiko Nagasawa, Takashi Katome, Hiroshi Eguchi and Takeshi Naito :
Diagnostic imaging in patients with retinitis pigmentosa.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.1-2, 1-11, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 105999,   DOI: 10.2152/jmi.59.1,   PubMed: 22449988)
17. 林 勇樹, 江川 麻理子, 内藤 毅, 三田村 佳典 :
眼内悪性リンパ腫の鑑別のため硝子体生検を施行した21例の検討,
臨床眼科, Vol.65, No.7, 1069-1073, 2011年.
(CiNii: 40018933139,   Elsevier: Scopus)
18. 香留 崇, 内藤 毅, 松下 新悟 :
裂孔原性網膜剥離に対するインプラント手術後のバックル感染症の検討 (特集 第61回日本臨床眼科学会講演集(3)),
臨床眼科, Vol.62, No.5, 769-772, 2008年.
(CiNii: 40016063952,   Elsevier: Scopus)
19. Tatsuro Miyamoto, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Eiji Kudo, Takeshi Naito, Takako Mikawa, Yoichi Mikawa, Yasushi Isashiki, Dai Osabe, Shuichi Shinohara, Hiroshi Shiota and Mitsuo Itakura :
Identification of a novel splice site mutation of the CSPG2 gene in a Japanese family with Wagner syndrome.,
Investigative Ophthalmology & Visual Science, Vol.46, No.8, 2726-2735, 2005.
(DOI: 10.1167/iovs.05-0057,   PubMed: 16043844,   Elsevier: Scopus)
20. 美馬 彩, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
徳島大学眼科における内因性ぶどう膜炎の統計的観察,
臨床眼科, Vol.59, No.7, 1067-1071, 2005年.
(CiNii: 40006859327,   Elsevier: Scopus)
21. 久保 弥栄子, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
硝子体手術を施行した黄斑円孔を伴うpit macular syndromeの1例,
眼科, Vol.46, No.12, 1785-1790, 2004年.
(CiNii: 40006508064)
22. 岡本 敬子, 賀島 誠, 美馬 彩, 内藤 毅, 塩田 洋 :
タモキシフェン網膜症の1例,
臨床眼科, Vol.58, No.6, 987-990, 2004年.
(CiNii: 40019978897,   Elsevier: Scopus)
23. 香留 崇, 内藤 毅, 賀島 誠, 塩田 洋 :
特発性黄斑円孔手術における内境界膜剥離法と非剥離法の手術成績,
臨床眼科, Vol.58, No.6, 959-962, 2004年.
(Elsevier: Scopus)
24. 秦 聡, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
硝子体手術後に発症したメチシリン耐性黄色ぶどう球菌による術後眼内炎の1例,
臨床眼科, Vol.58, No.5, 785-787, 2004年.
(CiNii: 40019978174,   Elsevier: Scopus)
25. 石丸 真弓, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
徳島大学眼科における小児の裂孔原性網膜剥離の検討,
眼科手術, Vol.17, No.2, 261-263, 2004年.
(CiNii: 10012895729)
26. 大木 武夫, 秦 聡, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
経過中に脈絡膜新生血管を認め黄斑下手術を施行したVogt-小柳-原田病の一例,
眼科, Vol.46, No.1, 73-77, 2004年.
(CiNii: 40006075456)
27. 福家 恭子, 内藤 毅, 賀島 誠, 塩田 洋 :
近視性血管新生黄斑症に対する新生血管膜除去術の手術成績,
眼科臨床医報, Vol.97, No.9, 775-777, 2003年.
(CiNii: 50000293483)
28. 土ヶ内 健史, 四宮 加容, 江口 洋, 内藤 毅, 塩田 洋, 藤江 準 :
特異な形態の後部ぶどう腫内網膜分離症の1例,
眼科, Vol.45, No.8, 1225-1227, 2003年.
(CiNii: 40005902933)
29. 高田 朋子, 石丸 真弓, 四宮 加容, 内藤 毅, 塩田 洋 :
バンジージャンプによって外傷性網膜剥離を起こした1例,
眼科, Vol.45, No.6, 947-950, 2003年.
(CiNii: 40005853565)
30. 福家 恭子, 廣川 富彦, 賀島 誠, 三河 洋一, 内藤 毅, 塩田 洋 :
カラードップラ超音波検査の角膜内皮への影響評価,
あたらしい眼科, Vol.20, No.1, 115-117, 2003年.
(CiNii: 10017015806)
31. Tomihiko Hirokawa, Tomoko Nishikage, Takehiro Moroe, Makoto Kajima, Masakazu Hayashi, Takeshi Naito, Shinta Yamane and Hiroshi Shiota :
Visualization of Uveal Perfusion by Contrast-Enhanced Harmonic Ultrasonography at a Low Mechanical Index, --- A Pilot Animal Study ---,
Journal of Ultrasound in Medicine, Vol.21, No.3, 299-307, 2002.
(Elsevier: Scopus)
32. 坂口 恭久, 江口 洋, 秦 聡, 内藤 毅, 塩田 洋 :
対照的な経過をたどった小児穿孔性眼外傷の2例,
眼科, Vol.44, No.5, 211-214, 2002年.
(CiNii: 40000532227)
33. 曽我部 真紀, 林 正和, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
黄斑部硬性白斑に対し黄斑下手術を施行した糖尿病を伴わない黄斑症の2例,
臨床眼科, Vol.55, No.11, 1785-1788, 2001年.
(CiNii: 40019976887,   Elsevier: Scopus)
34. 廣川 富彦, 内藤 毅, 塩田 洋, 布村 元, 水口 潤, 京 昌弘, 高橋 公太 :
腎移植後慢性拒絶反応患者に合併したサイトメガロウイルス網膜炎の1例,
臨床眼科, Vol.55, No.9, 1669-1672, 2001年.
(CiNii: 40019976563,   Elsevier: Scopus)
35. 廣川 富彦, 大木 武夫, 林 勇樹, 林 正和, 内藤 毅, 塩田 洋 :
ラタノプロストとウノプロストンの家兎球後血流への影響,
あたらしい眼科, Vol.18, No.5, 659-663, 2001年.
(CiNii: 10017012649)
36. 林 正和, 田近 弘子, 内藤 毅, 塩田 洋 :
ステロイド結膜下注射によると思われる高血糖を来した増殖糖尿病網膜症の1例,
日本眼科紀要, Vol.52, No.2, 147-149, 2001年.
(CiNii: 10009736450)
37. Takashi Asahara, Kayo Shinomiya, Takeshi Naito and Hiroshi Shiota :
Induction of Gene into the Rabbit Eye by Iontophoresis:Preliminary Report,
Japanese Journal of Ophthalmology, Vol.45, No.1, 31-39, 2001.
(DOI: 10.1016/S0021-5155(00)00291-4,   PubMed: 11163043,   Elsevier: Scopus)
38. 廣川 富彦, 林 正和, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋, 糸田川 誠也 :
超音波カラードプラ法により球後血流動態の変化が確認できた前部虚血性視神経症の1例,
第66回 日本中部眼科学会, 1050-1053, 2001年.
39. 佐藤 寛之, 江口 洋, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
再燃を示唆する所見として視神経浸潤を認めた緩解期AMLの1例,
眼科, Vol.43, 1207-1210, 2001年.
40. 遠藤 弘子, 内藤 毅, 浅原 貴志, 塩田 洋 :
増殖糖尿病網膜症患者における硝子体中のサイトカイン, --- 血管内皮増殖因子,血小板由来増殖因子の増加 ---,
日本眼科学会雑誌, Vol.104, No.10, 711-716, 2000年.
41. 浅原 貴志, 福本 幸司, 内藤 毅, 塩田 洋 :
加齢黄斑変性症に対する黄斑下手術の成績,
眼科臨床医報, Vol.93, No.8, 1237-1240, 1999年.
42. 浅原 貴志, 四宮 加容, 内藤 毅, 塩田 洋 :
イオントホレーゼによる家兎眼への遺伝子導入,
日本眼科学会雑誌, Vol.103, No.3, 178-185, 1999年.
(PubMed: 10214051,   CiNii: 10007896618,   Elsevier: Scopus)
43. 内藤 毅, 浅原 貴志, 賀島 誠, 塩田 洋 :
糖尿病黄斑部硬性白斑に対する黄斑下手術の成績,
臨床眼科, Vol.53, No.1, 69-72, 1999年.
44. 江口 洋, 内藤 毅, 塩田 洋, 宮崎 修一 :
視神経乳頭陥凹拡大での血清リポタンパク(a)値の検討,
日本眼科紀要, Vol.50, 410-412, 1999年.
45. 江口 洋, 鎌田 泰夫, 金川 知子, 内藤 毅, 塩田 洋 :
フザリウムによる角膜真菌症,
臨床眼科, Vol.53, 609-611, 1999年.
46. Eiji Kudo, Hiroshi Shiota, Takeshi Naito, K Satake and Mitsuo Itakura :
Polymorphisms of Thymidine Kinase Gene in Herpes Simplex Virus Type 1, --- Analysis of Clinical Isolates From Herpetic Keratitis Patients and Laboratory Strains ---,
Journal of Medical Virology, Vol.56, No.2, 151-158, 1998.
(DOI: 10.1002/(SICI)1096-9071(199810)56:2<151::AID-JMV9>3.0.CO;2-7,   PubMed: 9746072,   Elsevier: Scopus)
47. 遠藤 弘子, 内藤 毅, 浅原 貴志, 賀島 誠, 塩田 洋 :
徳島大学医学部眼科における増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術成績,
日本眼科紀要, Vol.49, No.10, 830-833, 1998年.
48. 内藤 毅, 三好 加容, 谷 英紀, 佐竹 敬子, 塩田 洋 :
黄斑円孔手術の成績,
臨床眼科, Vol.51, No.4, 694-696, 1997年.
49. 谷 英紀, 内藤 毅, 塩田 洋, 三村 康男 :
マウス三叉神経節における単純ヘルペスウイルスの急性感染の検討,
日本眼科学会雑誌, Vol.100, No.7, 496-500, 1996年.
50. 谷 英紀, 内藤 毅, 塩田 洋, 三村 康男 :
特発性黄斑部網膜上膜に対する手術成績,
臨床眼科, Vol.50, No.6, 1175-1178, 1996年.
51. Hiroshi Shiota, Keiko Nitta, Takeshi Naito, Yasuo Mimura and Tokumi Maruyama :
Clinical evaluation of carbocyclic oxetanocin G eyedrops in the treatment of herpes simplex corneal ulcers,
The British journal of Ophthalmology, Vol.80, No.5, 413-415, 1996.
(PubMed: 8695561,   Elsevier: Scopus)
52. 新田 敬子, 内藤 毅, 塩田 洋, 三村 康男 :
当科における網膜剥離手術後のmacular puckerの手術成績,
眼科臨床医報, Vol.90, No.2, 122-124, 1996年.
53. 新田 敬子, 塩田 洋, 内藤 毅, 三村 康男, 丸山 徳見 :
9-(2-Deoxy-2-fluoro-β-D-arabinofuranosyl)adenineの抗ヘルペス作用の検討,
あたらしい眼科, Vol.13, No.1, 91-92, 1996年.
54. 内藤 毅, 佐竹 敬子, 谷 英紀, 三村 康男 :
眼内レンズ挿入眼の増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術成績,
日本眼科紀要, Vol.47, 1067-1069, 1996年.
55. 佐竹 敬子, 内藤 毅, 三村 康男 :
徳島大学眼科における若年者の増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術成績,
日本眼科紀要, Vol.47, No.10, 1222-1225, 1996年.
56. 新田 敬子, 内藤 毅, 塩田 洋, 三村 康男 :
徳島大学眼科学教室における最近5年間の網膜剥離手術成績,
眼科手術, Vol.8, No.1, 135-137, 1995年.
(CiNii: 10009448983)
57. 内藤 毅, 谷 英紀, 矢野 雅彦, 新田 敬子, 三村 康男 :
増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術成績,
臨床眼科, Vol.48, No.6, 1220-1221, 1994年.
58. 新田 敬子, 塩田 洋, 内藤 毅, 三村 康男 :
単純ヘルペスウイルス1型アシクロビル耐性株の各種薬剤に対する感受性とチミジンキナーゼ活性,
日本眼科学会雑誌, Vol.98, No.6, 513-519, 1994年.
59. 内藤 毅, 矢野 雅彦, 竹林 宏, 三村 康男 :
切迫黄斑円孔に対して硝子体手術を施行した2症例,
臨床眼科, Vol.47, No.5, 1063-1065, 1993年.
60. 矢野 雅彦, 内藤 毅, 三村 康男 :
徳島大学眼科における新生血管黄斑症の視力予後の検討,
臨床眼科, Vol.47, No.4, 828-829, 1993年.
61. 内藤 毅, 新田 敬子, 塩田 洋, 三村 康男 :
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌による術後感染症の1症例,
あたらしい眼科, Vol.10, No.11, 1877-1880, 1993年.
62. 内藤 毅, 新田 敬子, 矢野 雅彦, 田内 茂仁, 三村 康男 :
黄斑円孔による網膜剥離に対する硝子体手術の検討,
日本眼科紀要, Vol.44, No.8, 1014-1016, 1993年.
63. 内藤 毅, 小木曽 正博, 田内 茂仁, 三村 康男 :
再燃をくり返した桐沢型ぶどう膜炎の1例,
眼科臨床医報, Vol.86, No.8, 1930-1932, 1992年.
64. 内藤 毅, 新田 敬子, 木内 康仁, 塩田 洋, 三村 康男 :
網膜剥離手術患者の他眼の検討,
臨床眼科, Vol.45, No.3, 347-349, 1991年.
65. 木内 康仁, 田内 茂仁, 内藤 毅, 猪本 康代, 三村 康男 :
Multifocal Choroiditisの1症例,
日本眼科紀要, Vol.42, 1767-1769, 1991年.
66. Takeshi Naito, Keiko Nitta, Yoshihito Kinouchi, Hiroshi Shiota and Yasuo Mimura :
Effects of 9-(1,3-dihydroxy-2-propoxymethyl)guanine(DHPG)eye drops and cyclosporine eye drops in the treatment of herpetic stromal keratitis in rabbits,
Current Eye Research, Vol.10, 201-203, 1991.
67. 内藤 毅, 新田 敬子, 木内 康仁, 塩田 洋, 三村 康男 :
当教室における眼部帯状ヘルペスについて,
あたらしい眼科, Vol.7, No.9, 1359-1361, 1990年.
68. Takeshi Naito, Hiroshi Shiota, Keiko Nitta and Yasuo Mimura :
Effects on herpes simplex virus type 1 of combined use of interferon-beta and anti-herpetic agents in vitro,
Japanese Journal of Ophthalmology, Vol.34, No.1, 15-21, 1990.
(PubMed: 2163462,   Elsevier: Scopus)
69. 内藤 毅, 塩田 洋, 新田 敬子, 楠島 康平, 三村 康男 :
家兎角膜ヘルペスに対するDHPG点眼液の効果,
あたらしい眼科, Vol.6, No.1, 122-125, 1989年.
70. 内藤 毅 :
インターフェロンと抗ヘルペス剤との相互作用に関する研究,
日本眼科学会雑誌, Vol.92, No.7, 1177-1184, 1988年.
71. 塩田 洋, 内藤 毅, 楠島 康平, 加藤 俊彦, 三村 康男 :
角膜ヘルペスの治療に対するインターフェロンの応用,
臨床眼科, Vol.42, No.5, 542-543, 1988年.
72. 内藤 毅, 塩田 洋, 兼松 誠二, 三村 康男, 小川 剛史 :
新しい抗ヘルペス剤9-(1,3-dihydroxy-2-propoxymethyl)guanineの家兎角膜に対する毒性研究,
日本眼科学会雑誌, Vol.92, No.4, 573-577, 1988年.
73. 新田 敬子, 内藤 毅, 塩田 洋, 三村 康男 :
角膜ヘルペスに対するアシクロビルの治療効果,
日本眼科紀要, Vol.38, No.1, 78-82, 1987年.
74. Hiroshi Shiota, Takeshi Naito and Yasuo Mimura :
Anti-herpes simplex virus(HSV)effect of 9-(1,3-dihydroxy-2-propoxymethyl)guanine,
Current Eye Research, Vol.6, No.1, 241-245, 1987.
75. Takeshi Naito, Hiroshi Shiota and Yasuo Mimura :
Side effects in the treatment of herpetic keratitis,
Current Eye Research, Vol.6, No.1, 237-239, 1987.
76. 内藤 毅, 塩田 洋, 新田 敬子, 三村 康男 :
角膜ヘルペス治療上における副作用の検討,
日本眼科紀要, Vol.37, No.6, 849-852, 1986年.
77. 内藤 毅, 高木 義博, 高木 佐世子 :
ドルーゼと老人性円盤状黄斑変性症について,
眼科臨床医報, Vol.79, No.7, 1328-1331, 1985年.
78. 内藤 毅, 猪本 康代, 兼松 誠二 :
テクニカルパン2415フィルムの赤色光眼底撮影への応用,
臨床眼科, Vol.39, No.4, 500-501, 1985年.

学術論文(紀要・その他):

1. 村尾 史子, 西野 真紀, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
虹彩隅角新生血管を合併した増殖糖尿病網膜症に対する初回硝子体手術成績,
臨床眼科, Vol.59, No.9, 1535-1538, 2005年.
(CiNii: 40006917787,   Elsevier: Scopus)
2. 長澤 利彦, 内藤 毅, 賀島 誠, 塩田 洋 :
網膜静脈分枝閉塞症に対する硝子体手術成績,
臨床眼科, Vol.59, No.8, 1325-1328, 2005年.
(CiNii: 40006883155,   Elsevier: Scopus)
3. Khadka B. Kamal, Takeshi Naito, Makoto Kajima, Hiroshi Shiota, Junsuke Akura and Takayuki Kiryuu :
Eye care project in Gaur, Nepal,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3,4, 230-233, 2004.
(徳島大学機関リポジトリ: 110746,   DOI: 10.2152/jmi.51.230,   PubMed: 15460911)
4. 松下 新悟, 内藤 毅, 賀島 誠, 塩田 洋 :
糖尿病黄斑浮腫に対する内境界膜除去の検討,
臨床眼科, Vol.58, No.6, 1029-1032, 2004年.
(CiNii: 40019978979,   Elsevier: Scopus)
5. 井上 昌幸, 四宮 加容, 内藤 毅, 塩田 洋 :
流行性角結膜炎の院内感染の検討,
臨床眼科, Vol.58, No.5, 823-826, 2004年.
(CiNii: 40019978317,   Elsevier: Scopus)
6. 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
糖尿病網膜症の治療,
四国医学雑誌, Vol.58, No.3, 134-138, 2002年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110540)

学術レター:

1. Takashi Katome, Yoshinori Mitamura, Toshihiko Nagasawa, Hiroshi Eguchi and Takeshi Naito :
Scanning laser ophthalmoscope retro-mode imaging of foveal schisis in eyes with X-linked retinoschisis.,
Clinical & Experimental Ophthalmology, Vol.40, No.1, e120-2, 2011.
(DOI: 10.1111/j.1442-9071.2011.02699.x,   PubMed: 21902790,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1. 内藤 毅 :
バックル感染, --- 術後感染 ---,
眼科インストラクションコース, Vol.6, 88-91, 2006年2月.
2. 内藤 毅 :
【総論】眼内炎, --- 感染か,非感染か ---,
臨床眼科, Vol.57, No.11, 231-235, 2003年10月.
3. 内藤 毅, 賀島 誠 :
単純ヘルペスウイルスによる上皮型角膜病変について教えてください,
あたらしい眼科, Vol.17, 139-141, 2000年.
4. 内藤 毅 :
黄斑浮腫と硝子体手術,
あたらしい眼科, Vol.17, No.5, 647-651, 2000年.
5. 内藤 毅 :
1難治性角膜疾患と新しい治療法 感染性角膜潰瘍, --- (1)真菌性角膜潰瘍 ---,
臨床眼科, Vol.51, No.11, 25-27, 1997年10月.
6. 内藤 毅 :
結膜感染症:ヘルペスウイルス,
あたらしい眼科, Vol.13, No.12, 1879-1883, 1996年.
7. 内藤 毅 :
螢光抗体法によるウイルス診断法について教えてください,
あたらしい眼科, Vol.10, 33-35, 1993年.
8. 内藤 毅 :
実質型角膜ヘルペスの治療,
眼科, Vol.33, No.11, 1301-1304, 1991年10月.
9. 内藤 毅, 塩田 洋 :
ヘルペス性角膜炎,
臨床と研究, Vol.64, No.7, 27-30, 1987年7月.
10. 内藤 毅, 塩田 洋 :
角膜ヘルペスの治療,
治療学, Vol.17, No.1, 114-117, 1986年7月.

国際会議:

1. Takeshi Naito :
Transconjunctival sutureless 25-gauge vitrectomy with newly designed instruments,
Taipei, Nov. 2010.
2. Hiroshi Shiota, Takeshi Naito, Hiroshi Eguchi, T Takada and S Hata :
5,3,1 METHOD FOR THE TREATMENT OF HERPETIC KERATITIS,
4th International Conference on Ocular Infections, 6, Sapporo, Oct. 2005.
3. Hiroshi Shiota, M Inoue, Y Kubo, Y Hayashi, Hiroshi Eguchi and Takeshi Naito :
Best Classification of Acanthamoeba Keratitis,
ARVO 2005 GLOBAL NETWORKING, 113, Florida, May 2005.
4. Hiroshi Shiota, Kayo Shinomiya, T Nishiuchi, S Inoue and Takeshi Naito :
ASSOCIATION OF HERPETIC KERATITIS AND KERATOMYCOSIS IN THREE PATIENTS,
XXXIXth International Congress of Ophthalmology, Sydney, Apr. 2002.
5. Hiroshi Shiota, T HIROKAWA, Takeshi Naito, F UENO, J MINAKUCHI, M KYO and K TAKAHASHI :
POINTS TO DEAL WITH CYTOMEGALOVIRUS RETINITIS PATIENTS AFTER KIDNEY TRANSPLANTATION,
10th International Conference on Immunobiology and Prophylaxis of Human Herpesvirus Infections, Osaka, Nov. 2001.
6. T Hirokawa, M Hayashi, H Murata, M Takebayashi, Kyoko Fuke, T Ohki, M Kajima, Takeshi Naito, S Yamane and Hiroshi Shiota :
VISUALIZATION OF PERFUSION IMAGING USING ULTRASOUND CONTRAST AGENT AND HARMONIC ULTRASOUND IN RABBIT EYES,
ARVO 2001, 92, Florida, May 2001.
7. S Hata, Takeshi Naito, M Kajima and Hiroshi Shiota :
INDUCTION OF APOPTOSIS IN THE GANGLION CELLS OF TRIGEMINAL GANGLIA BY INFECTION WITH HERPES SIMPLEX VIRUS TYPE 1,
ARVO 2001, 10, Florida, Apr. 2001.

国内講演発表:

1. 内藤 毅 :
モザンビークにおける眼科医療協力,
2. 香留 崇, 内藤 毅, 長澤 利彦, 宮本 龍郎 :
Bevacizumab硝子体内投与後に発症したMRSE眼内炎,
第47回日本眼感染症学会,
3. 長澤 利彦, 江口 洋, 香留 崇, 内藤 毅 :
強膜通糸時に27ゲージ針を用いた毛様溝逢着術,
4. 江川 麻理子, 林 勇樹, 内藤 毅, 三田村 佳典 :
眼内悪性リンパ腫の網膜機能を検討した1例,
第67回 日本臨床眼科学会, 2013年11月.
5. 江川 麻理子, 林 勇樹, 内藤 毅, 三田村 佳典 :
原発性眼内悪性リンパ腫の臨床像の検討,
第117回日本眼科学会総会, 2013年4月.
6. 林 勇樹, 江川 麻理子, 内藤 毅, 三田村 佳典 :
黄斑浮腫を伴う脈絡膜骨腫にベバシズマブ硝子体注射を施行した2例,
第66回日本臨床眼科学会, 2012年10月.
7. 江川 麻理子, 江口 洋, 仙波 賢太郎, 内藤 毅, 三田村 佳典 :
Listeriaによる内因性眼内炎の1例,
第65回日本臨床眼科学会, 2011年10月.
8. 長澤 利彦, 四宮 加容, 内藤 毅 :
加齢黄斑変性に対するラニビズマブの効果,
2010年11月.
9. 香留 崇, 内藤 毅, 長澤 利彦, 三田村 佳典 :
網膜色素変性に合併した網膜血管腫状増殖に対しranibizumab硝子体内注入が奏効した1例,
第49回日本網膜硝子体学会総会, 2010年11月.
10. 香留 崇, Farouk Mahmoud, 四宮 加容, 江口 洋, Mohammed Khulood, 長澤 利彦, 内藤 毅, 林 久美子, 三田村 佳典 :
前眼部光干渉断層計を用いた調節における毛様体の観察,
第65回日本臨床眼科学会, 2010年11月.
11. 香留 崇, 長澤 利彦, 内藤 毅, 三田村 佳典 :
滲出型加齢黄斑変性に対するbevacizumab併用PDTとranibizumab単独投与との比較,
日本眼循環学会, 2010年7月.
12. 四宮 加容, 内藤 毅 :
間欠性外斜視に対する両外直筋後転術の手術効果.第33回日本眼科手術学会総会(2010.1.22-24,東京),
第33回日本眼科手術学会総会, 2010年1月.
13. 井上 昌幸, 内藤 毅, 秦 聡, 秦 裕子 :
両眼のそれぞれの白内障手術後に発症した両眼性TASSの1例,
2010年1月.
14. 香留 崇, 江口 洋, 長澤 利彦, ファルク マハムード, マハムード クルード, 内藤 毅 :
前眼部3次元光干渉断層計を用いた25G硝子体手術における手術創の解析,
第33回 日本眼科手術学会総会, 2010年1月.
15. 林 勇樹, 高野 しの, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋, 田近 智之, 江川 麻理子 :
1-38 最近経験した内因性眼内炎の3症例,
フォーサム·イン横浜, 44, 2005年7月.
16. 林 しの, 内藤 毅, 吉田 慎一, 賀島 誠, 塩田 洋 :
徳島大学病院眼科における光線力学療法の近況,
第66回徳島眼科集談会, 2004年12月.
17. 廣川 富彦, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
334 超音波造影剤を用いた眼組織血液灌流定量化の試み,
日本眼科学会雑誌, Vol.106, 177, 2002年5月.
18. 賀島 誠, 廣川 富彦, 三河 洋一, 内藤 毅, 塩田 洋 :
333 造影超音波検査のERGと蛍光眼底造影所見への影響評価,
日本眼科学会雑誌, Vol.106, 177, 2002年5月.
19. 三河 洋一, 廣川 富彦, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
332 造影超音波検査の前眼部への影響評価,
日本眼科学会雑誌, Vol.106, 177, 2002年5月.
20. 福家 恭子, 廣川 富彦, 内藤 毅, 塩田 洋 :
331 カラードプラ超音波検査の角膜内皮への影響評価,
日本眼科学会雑誌, Vol.106, 177, 2002年5月.
21. 坂口 恭久, 林 しの, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
徳島大学眼科における過去3年間の眼外傷の検討,
第55回日本臨床眼科学会, 2001年10月.
22. 賀島 誠, 林 しの, 福家 恭子, 内藤 毅, 塩田 洋 :
当院における糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体手術成績,
第55回日本臨床眼科学会, 2001年10月.
23. 林 しの, 四宮 加容, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
出産後改善した糖尿病網膜症の1例,
第98回中国四国眼科学会・第50回四国眼科学会合同眼科学会, 2001年7月.
24. 藤本 裕子, 坂口 恭久, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
ぶどう膜炎を合併した色素性傍静脈脈絡網膜萎縮症の1例,
第97回中国四国眼科学会, 2000年8月.
25. 藤本 裕子, 田近 智之, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 :
眼内レンズ毛様溝縫着術後に生じた網膜剥離の3例,
第58回徳島眼科集談会, 1996年12月.

その他・研究会:

1. 江川 麻理子, 林 勇樹, 内藤 毅, 三田村 佳典 :
眼内悪性リンパ腫11例の臨床像,
第74回徳島眼科集談会, 2012年12月.
2. 江川 麻理子, 樋端 透史, 内藤 毅, 三田村 佳典 :
結核性ぶどう膜炎の1例,
第73回徳島眼科集談会, 2011年12月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 多職種連携によるIT技術を活用したネパール村落部のヘルスプロモーション (研究課題/領域番号: 17K12556 )
  • 国際保健分野における多職種連携をふまえた学生教育支援と国際協力モデルの開発 (研究課題/領域番号: 26463268 )
  • ヘルペス性角膜白斑に対する人工角膜挿入術の治療方針の決定 (研究課題/領域番号: 07671922 )
  • 研究者番号(60164109)による検索