検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 歯学域 > 口腔科学部門 > 臨床歯学系 > 歯周歯内治療学 >
徳島大学 > 歯学部 > 歯学科 > 機能維持系臨床歯学講座 > 歯周歯内治療学(歯科保存学第二講座) >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 歯科 > 歯周病科(第二保存科) >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

歯学 (Dentistry)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
1型 2型糖尿病の患者から口臭と口腔乾燥症の相談を受けたらそれぞれどう指導する?,
医歯薬出版株式会社, 東京, 2013年.
2. 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
1型 2型糖尿病の患者から口臭と口腔乾燥症の相談を受けたらそれぞれどう指導する?,
医歯薬出版株式会社, 東京, 2013年.
3. 永田 俊彦, 木戸 淳一 :
プログレッシブテクニック 臨床医のための歯周治療, --- 第1章4 根分岐部の診査 ---,
永末書店, 2001年.
4. 木戸 淳一 :
先端医療シリーズ·歯科医学2 歯周病 新しい治療を求めて, --- 第9章 3.白血球由来蛋白カルプロテクチンによる歯周病の診断 ---,
先端医療技術研究所, 2000年.

学術論文(審査論文):

1. Eijiro Sakamoto, Jun-ichi Kido, Ryosuke Takagi, Yuji Inagaki, Koji Naruishi, Toshihiko Nagata and Hiromichi Yumoto :
Advanced glycation end-product 2 and Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide increase sclerostin expression in mouse osteocyte-like cells,
Bone, Vol.122, 22-30, 2019.
(DOI: 10.1016/j.bone.2019.02.001,   PubMed: 30735798)
2. Jung-Hwan Lew, Koji Naruishi, Yukari Kajiura, Yasufumi Nishikawa, Takahisa Ikuta, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
High Glucose-Mediated Cytokine Regulation in Gingival Fibroblasts and THP-1 Macrophage: a Possible Mechanism of Severe Periodontitis with Diabetes.,
Cellular Physiology and Biochemistry, Vol.50, No.3, 973-986, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113370,   DOI: 10.1159/000494481,   PubMed: 30355945)
3. Eijiro Sakamoto, Kido Rie, Yoritoki Tomotake, Yoshihito Naitou, Yuichi Ishida and Jun-ichi Kido :
Calprotectin and cross-linked N-telopeptides of type I collagen levels in crevicular fluid from implant sites with peri-implant diseases: a pilot study,
International Journal of Implant Dentistry, Vol.4, No.1, 26, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113981,   DOI: 10.1186/s40729-018-0138-2,   PubMed: 30209708)
4. Kohei Nonaka, Yukari Kajiura, Mika Bandou, Eijiro Sakamoto, Yuji Inagaki, JH Lew, Koji Naruishi, Takahisa Ikuta, Kaya Yoshida, Tesuo Kobayashi, Hiromasa Yoshie, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Advanced glycation end-products increase IL-6 and ICAM-1 expression via RAGE, MAPK and NF-kB pathways in human gingival fibroblasts,
Journal of Periodontal Research, Vol.53, No.3, 334-344, 2018.
(DOI: 10.1111/jre.12518,   PubMed: 29193068,   Elsevier: Scopus)
5. Koji Naruishi, Hiromichi Yumoto and Jun-ichi Kido :
Clinical effects of low body mass index on geriatric status in elderly patients.,
Experimental Gerontology, Vol.110, 86-91, 2018.
(DOI: 10.1016/j.exger.2018.05.017,   PubMed: 29842897)
6. Kobayashi Tetsuo, Jun-ichi Kido, Yuichi Ishihara, K Omori, S Ito, T Matsuura, T Bando, J Wada, A Murasawa, K Nakazono, A Mitani, S Takashiba, Toshihiko Nagata and H Yoshie :
The KCNQ1 gene polymorphism as a shared genetic risk for rheumatoid arthritis and chronic periodontitis in Japanese adults: A pilot case-control study,
Journal of Periodontology, Vol.89, No.3, 315-324, 2018.
(DOI: 10.1002/JPER.17-0412,   PubMed: 29520783)
7. Koji Naruishi, Yasufumi Nishikawa, Jun-ichi Kido, Akihiro Fukunaga and Toshihiko Nagata :
Relationship of aspiration pneumonia to cognitive impairment and oral condition: a cross-sectional study.,
Clinical Oral Investigations, Vol.22, No.7, 2575-2580, 2018.
(DOI: 10.1007/s00784-018-2356-7,   PubMed: 29388021)
8. Yukari Kajiura, Yasufumi Nishikawa, Hwan Jung Lew, Jun-ichi Kido, Toshihiko Nagata and Koji Naruishi :
b-carotene suppresses Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide-mediated cytokine production in THP-1 monocytes cultured with high glucose condition.,
Cell Biology International, Vol.42, No.1, 105-111, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112503,   DOI: 10.1002/cbin.10873,   PubMed: 28906038)
9. Chie Mihara-Wada, Hiroyuki Seto, Hirofumi Ohba, Kaku Tokunaga, Jun-ichi Kido, Toshihiko Nagata and Koji Naruishi :
Local administration of calcitonin inhibits alveolar bone loss in an experimental periodontitis in rats.,
Biomedicine & Pharmacotherapy, Vol.97, No.1, 765-770, 2018.
(DOI: 10.1016/j.biopha.2017.10.165,   PubMed: 29107933)
10. Yuka Hiroshima, Eijiro Sakamoto, Kaya Yoshida, Kaori Abe, Koji Naruishi, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara, Jun-ichi Kido and Carolyn L Geczy :
Advanced glycation end-products and Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide increase calprotectin expression in human gingival epithelial cells.,
Journal of Cellular Biochemistry, Vol.119, No.2, 1591-1603, 2018.
(DOI: 10.1002/jcb.26319,   PubMed: 28771806)
11. Jun-ichi Kido, Shinya Murakami, Masahiro Kitamura, Manabu Yanagita, Koichi Tabeta, Kazuhisa Yamazaki, Hiromasa Yoshie, Hisashi Watanabe, Yuichi Izumi, Reiko Suda, Matsuo Yamamoto, Hideki Shiba, Tsuyoshi Fujita, Hidemi Kurihara, Mitsuharu Mizuno, Akihiro Mishima, Nobumasa Kawahara, Kazuhiro Hashimoto, Koji Naruishi and Toshihiko Nagata :
Useful Immunochromatographic Assay of Calprotectin in Gingival Crevicular Fluid for Diagnosis of Diseased Sites in Patients with Periodontal Diseases.,
Journal of Periodontology, 1-19, 2017.
(DOI: 10.1902/jop.2017.170206,   PubMed: 28875823)
12. Muneaki Hashimoto, Shouki Yatsushiro, Shohei Yamamura, Masato Tanaka, Hirokazu Sakamoto, Yusuke Ido, Kazuaki Kajimoto, Mika Bandou, Jun-ichi Kido and Masatoshi Kataoka :
Hydrophilic-treated plastic plates for wide-range analysis of Giemsa-stained red blood cells and automated Plasmodium infection rate counting,
Malaria Journal, Vol.16, No.1, 321, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113980,   DOI: 10.1186/s12936-017-1975-9,   PubMed: 28789644,   Elsevier: Scopus)
13. Yukari Kajiura, Hwan Jung Lew, Takahisa Ikuta, Yasufumi Nishikawa, Jun-ichi Kido, Toshihiko Nagata and Koji Naruishi :
Clinical Significance of GCF sIL-6R and Calprotectin to Evaluate the Periodontal Inflammation.,
Annals of Clinical Biochemistry, Vol.54, No.6, 664-670, 2017.
(DOI: 10.1177/0004563216680232,   PubMed: 27810997)
14. Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Yuka Hiroshima, Kaori Abe, Jun-ichi Kido, Yasuo Shinohara and Kazumi Ozaki :
PKR induces the expression of NLRP3 by regulating the NF-κB pathway in Porphyromonas gingivalis-infected osteoblasts,
Experimental Cell Research, Vol.354, No.1, 57-64, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111349,   DOI: 10.1016/j.yexcr.2017.03.028,   PubMed: 28341446)
15. 美原(和田) 智恵, 成石 浩司, 板東 美香, 西川 泰史, Jung-Hwan Lew, 坂本 英次郎, 生田 貴久, 河野 薫, 梶浦 由加里, 橋本 万里, 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
Post clinical clerkship-OSCEを見据えた歯周病科での模擬OSCEの概要,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.29, No.2, 49-53, 2017年.
(徳島大学機関リポジトリ: 111059)
16. Yasufumi Nishikawa, Yukari Kajiura, Hwan Jung Lew, Jun-ichi Kido, Toshihiko Nagata and Koji Naruishi :
Calprotectin Induces IL-6 and MCP-1 Production via Toll-Like Receptor 4 Signaling in Human Gingival Fibroblasts.,
Journal of Cellular Physiology, Vol.232, No.7, 1862-1871, 2017.
(DOI: 10.1002/jcp.25724,   PubMed: 27925202,   Elsevier: Scopus)
17. Hiroshi Ito, Yukihiro Numabe, Shuichi Hashimoto, Satoshi Sekino, Etsuko Murakashi, Hitomi Ishiguro, Daisuke Sasaki, Takashi Yaegashi, Hideki Takai, Masaru Mezawa, Yorimasa Ogata, Hisashi Watanabe, Satsuki Hagiwara, Yuichi Izumi, Yuka Hiroshima, Jun-ichi Kido, Toshihiko Nagata and Kazushi Kunimatsu :
Correlation Between Gingival Crevicular Fluid Hemoglobin Content and Periodontal Clinical Parameters.,
Journal of Periodontology, Vol.87, No.11, 1314-1319, 2016.
(DOI: 10.1902/jop.2016.160092,   PubMed: 27468797)
18. Koji Naruishi, Keiji Oishi, Yuuji Inagaki, Masumi Horibe, Mika Bandou, Masami Ninomiya, K Kawahara, J Minakuchi, S Kawashima, K Shima, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Association between Periodontal Condition and Kidney Dysfunction in Japanese Adults: A Cross-Sectional Study,
Clinical and Experimental Dental Research, Vol.2, No.2, 1-8, 2016.
(DOI: 10.1002/cre2.39)
19. Eijiro Sakamoto, Chie Mihara-Wada, Takahisa Ikuta, Yuji Inagaki, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Inhibitory effects of advanced glycation end-products and Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide on the expression of osteoblastic markers of rat bone marrow cells in culture,
Journal of Periodontal Research, Vol.51, No.3, 313-320, 2016.
(DOI: 10.1111/jre.12310,   PubMed: 26223811,   Elsevier: Scopus)
20. 成石 浩司, 梶浦 由加里, 西川 泰史, 板東 美香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
培養歯肉線維芽細胞におけるクリプトタンシノンによる炎症関連分子の産生抑制効果,
日本歯科保存学雑誌, Vol.58, No.3, 212-218, 2015年.
(DOI: 10.11471/shikahozon.58.212,   CiNii: 130005086794)
21. Jun-ichi Kido, Yukiko Bandou, Mika Bandou, Yukari Kajiura, Yuka Hiroshima, Yuji Inagaki, Hiromi Murata, Takahisa Ikuta, Reiko Kido, Koji Naruishi, Makoto Funaki and Toshihiko Nagata :
YKL-40 level in gingival crevicular fluid from patients with periodontitis and type 2 diabetes,
Oral Diseases, Vol.21, No.5, 667-673, 2015.
(DOI: 10.1111/odi.12334,   PubMed: 25740558,   Elsevier: Scopus)
22. Yuka Hiroshima, Mika Bandou, Yuji Inagaki, Reiko Kido, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Effect of Hangeshashinto on calprotectin expression in human oral epithelial cells.,
Odontology, Vol.104, 152-162, 2015.
(DOI: 10.1007/s10266-015-0196-3,   PubMed: 25649126)
23. Takahisa Ikuta, Yuji Inagaki, Kazuya Tanaka, Tsuyoshi Saito, Yukiko Nakajima, Mika Bandou, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Gene polymorphism of β-defensin-1 is associated with susceptibility to periodontitis in Japanese.,
Odontology, Vol.103, No.1, 66-74, 2015.
(DOI: 10.1007/s10266-013-0139-9,   PubMed: 24276427,   Elsevier: Scopus)
24. 稲垣 裕司, 中島 由紀子, 堀部 ますみ, 生田 貴久, 梶浦 由加里, 成石 浩司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
肥満糖尿病ラット歯周炎の歯肉組織におけるオステオポンチンの局在,
日本歯周病学会会誌, Vol.67, No.4, 149-158, 2015年.
25. Hiromi Murata, T Hattori, H Maeda, S Takashiba, M Takigawa, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Identification of transactivation-responsive DNA-binding protein 43 (TARDBP43; TDP-43) as a novel factor for TNF-a expression upon lipopolysaccharide stimulation in human monocytes.,
Journal of Periodontal Research, Vol.50, No.4, 452-460, 2015.
(DOI: 10.1111/jre.12227,   PubMed: 25202836)
26. Yukiko Nakajima, Yuji Inagaki, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Advanced glycation end-products increase expression of S100A8 and A9 via RAGE-MAPK in rat dental pulp cells,
Oral Diseases, Vol.21, No.3, 328-334, 2015.
(DOI: 10.1111/odi.12280,   PubMed: 25098709,   Elsevier: Scopus)
27. Yukari Kajiura, Mika Bandou, Yuji Inagaki, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Glycated albumin and calprotectin levels in gingival crevicular fluid from patients with periodontitis and type 2 diabetes,
Journal of Periodontology, Vol.85, No.12, 1667-1675, 2014.
(DOI: 10.1902/jop.2014.140241,   PubMed: 25126693)
28. Hiroshi Ito, Yukihiro Numabe, Satoshi Sekino, Etsuko Murakashi, Hitomi Iguchi, Shuichi Hashimoto, Daisuke Sasaki, Takashi Yaegashi, Kazushi Kunimatsu, Hideki Takai, Masaru Mezawa, Yorimasa Ogata, Hisashi Watanabe, Satsuki Hagiwara, Yuichi Izumi, Yuka Hiroshima, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Evaluation of bleeding on probing and gingival crevicular fluid enzyme activity for detection of periodontally active sites during supportive periodontal therapy,
Odontology, Vol.102, No.1, 50-56, 2014.
(DOI: 10.1007/s10266-012-0090-1,   PubMed: 23179356,   Elsevier: Scopus)
29. Masami Ninomiya, Tomoko Azuma, Jun-ichi Kido, Shinya Murakami and Toshihiko Nagata :
Successful case of periodontal tissue repair by fibroblast growth factor-2. -Long-term follow-up and comparison with enamel matrix derivative-,
Clinical Advances in Periodontics, Vol.3, No.4, 216-221, 2013.
(DOI: 10.1902/cap.2012.120014)
30. Mika Bandou, Xianqiong Zou, Yuka Hiroshima, Masatoshi Kataoka, Karen F. Ross, Yasuo Shinohara, Toshihiko Nagata, Mark C. Herzberg and Jun-ichi Kido :
Mechanism of interleukin-1α transcriptional regulation of S100A9 in a human epidermal keratinocyte cell line,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Regulatory Mechanisms, Vol.1829, No.9, 954-962, 2013.
(DOI: 10.1016/j.bbagrm.2013.03.010,   PubMed: 23563247,   Elsevier: Scopus)
31. Kaori Abe, Y Hashimoto, S Yatsushiro, S Yamamura, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Jun-ichi Kido, M Tanaka, Yasuo Shinohara, Toshihiko Ooie, Yoshinobu Baba and Masatoshi Kataoka :
Simultaneous immunoassay analysis of plasma IL-6 and TNF-α on a microchip.,
PLoS ONE, Vol.8, No.1, e53620, 2013.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0053620,   PubMed: 23326472,   Elsevier: Scopus)
32. Yukiko Nakajima, Yuji Inagaki, Yuka Hiroshima, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Advanced glycation end-products enhance calcification in cultured rat dental pulp cells,
Journal of Endodontics, Vol.39, 873-878, 2013.
(DOI: 10.1016/j.joen.2012.11.027,   PubMed: 23791254,   Elsevier: Scopus)
33. 美原(和田) 智恵, 徳永 格, 瀬戸 浩行, 坂本 英次郎, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット実験的歯周炎におけるオステオプロテジェリンの局所投与による歯槽骨吸収抑制効果,
日本歯周病学会会誌, Vol.54, No.2, 167-174, 2012年.
(DOI: 10.2329/perio.54.167,   CiNii: 10030799485)
34. Jun-ichi Kido, Kaori Abe, Shouki Yatsushiro, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Toshihiko Nagata, Toshihiko Ooie, Masato Tanaka and Masatoshi Kataoka :
Determination of calprotectin in gingival crevicular fluid by immunoassay on a microchip,
Clinical Biochemistry, Vol.45, No.15, 1239-1244, 2012.
(DOI: 10.1016/j.clinbiochem.2012.05.009,   PubMed: 22609893)
35. Yuka Hiroshima, Mika Bandou, Yuji Inagaki, Chie Mihara-Wada, Masatoshi Kataoka, Hiromi Murata, Yasuo Shinohara, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Resistin in gingival crevicular fluid and induction of resistin release by Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide in human neutrophils,
Journal of Periodontal Research, Vol.47, No.5, 554-562, 2012.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.2011.01466.x,   PubMed: 22309231,   Elsevier: Scopus)
36. Jun-ichi Kido, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Hiroyuki Iwasaka, Keisuke Yamada, Naoto Ohgami, Toshiyuki Namubu, Masatoshi Kataoka, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara, Ikuko Sagawa and Toshihiko Nagata :
Analysis of proteins in human gingival crevicular fluid by mass spectrometry,
Journal of Periodontal Research, Vol.47, No.4, 488-499, 2012.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.2011.01458.x,   PubMed: 22220998)
37. Jun-ichi Kido, Mami Hino, Mika Bandou and Yuka Hiroshima :
Diagnosis of periodontal diseases by biomarkers,
Electrical Engineering in Japan, Vol.179, No.1, 40-45, 2012.
(DOI: 10.1002/eej.21150)
38. Purevjav Javkhlan, Yuka Hiroshima, Ahmad Azlina, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Jun-ichi Kido, Toshihiko Nagata and Kazuo Hosoi :
Lipopolysaccharide-mediated induction of calprotectin in the submandibular and parotid glands of mice,
Inflammation, Vol.34, No.6, 668-680, 2011.
(DOI: 10.1007/s10753-010-9277-1,   PubMed: 21125321)
39. Shouki Yatsushiro, Rie Akamine, Shohei Yamamura, Mami Hino, Kazuaki Kajimoto, Kaori Abe, Hiroko Abe, Jun-ichi Kido, Masato Tanaka, Yasuo Shinohara, Yoshinobu Baba, Toshihiko Ooie and Masatoshi Kataoka :
Quantitative analysis of serum procollagen type I C-terminal propeptide by immunoassay on microchip.,
PLoS ONE, Vol.6, No.4, e18807, 2011.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0018807,   PubMed: 21533125)
40. Yuka Hiroshima, Mika Bandou, Masatoshi Kataoka, Yuji Inagaki, Mark C. Herzberg, Karen F. Ross, Kazuo Hosoi, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Regulation of antimicrobial peptide expression in human gingival keratinocytes by interleukin-1α,
Archives of Oral Biology, Vol.56, No.8, 761-767, 2011.
(DOI: 10.1016/j.archoralbio.2011.01.004,   PubMed: 21316034)
41. M Kitamura, M Akamatsu, M Machigashira, Y Hara, R Sakagami, T Hirofuji, T Hamachi, K Maeda, M Yokota, Jun-ichi Kido, T Nagata, H Kurihara, S Takashiba, T Sibutani, M Fukuda, T Noguchi, K Yamazaki, H Yoshie, K Ioroi, T Arai, T Nakagawa, K Ito, S Oda, Y Izumi, Y Ogata, S Yamada, H Shimauchi, K Kunimatsu, M Kawanami, T Fujii, Y Furuichi, T Furuuchi, T Sasano, E Imai, M Omae, S Yamada, M Watanuki and S Murakami :
FGF-2 stimulates periodontal regeneration: results of a multi-center randomized clinical trial.,
Journal of Dental Research, Vol.90, No.1, 35-40, 2011.
(DOI: 10.1177/0022034510384616,   PubMed: 21059869)
42. 稲垣 裕司, 板東 美香, 中島 由紀子, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
オスモティックストレスが培養歯髄細胞の硬組織形成能とオステオポンチン産生に及ぼす影響,
日本歯科保存学雑誌, Vol.53, No.4, 367-375, 2010年.
(CiNii: 110008006906)
43. Yuka Hiroshima, Mika Bandou, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara, MC Herzberg, KF Ross, Yuji Inagaki, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Shosaikoto increases calprotectin expression in human oral epithelial cells.,
Journal of Periodontal Research, Vol.45, No.1, 79-86, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.2009.01203.x,   PubMed: 19602113)
44. Yoshihiro Umemoto, Masatoshi Kataoka, Shouki Yatsushiro, Shouhei Yamamura, Toshihiko Ooie, Jun-ichi Kido, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara and Yoshinobu Baba :
Analysis of DNA ligation by microchip electrophoresis.,
Journal of Pharmaceutical and Biomedical Analysis, Vol.52, No.2, 323-328, 2010.
(DOI: 10.1016/j.jpba.2009.12.023,   PubMed: 20196235)
45. Yuji Inagaki, Kaya Yoshida, Hirofumi Ohba, Hiroyuki Seto, Jun-ichi Kido, Tatsuji Haneji and Toshihiko Nagata :
High glucose levels increase osteopontin production and pathologic calcification in rat dental pulp tissues.,
Journal of Endodontics, Vol.36, No.6, 1014-1020, 2010.
(DOI: 10.1016/j.joen.2010.03.018,   PubMed: 20478457,   Elsevier: Scopus)
46. Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Masatoshi Kataoka, MC Herzberg, KF Ross, Yasuo Shinohara, Takenori Yamamoto, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Modulation of calprotectin in human keratinocytes by keratinocyte growth factor and interleukin-1alpha.,
Immunology and Cell Biology, Vol.88, No.3, 328-333, 2010.
(DOI: 10.1038/icb.2009.104,   PubMed: 20065999)
47. Yoshihiro Umemoto, Masatoshi Kataoka, Shouki Yatsushiro, Masahiro Watanabe, Jun-ichi Kido, Rei Kakuhata, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara and Yoshinobu Baba :
Sequential analysis of RNA synthesis by microchip electrophoresis.,
Analytical Biochemistry: Methods in the Biological Sciences, Vol.388, No.1, 161-163, 2009.
(DOI: 10.1016/j.ab.2009.01.040,   PubMed: 19454233)
48. 木戸 淳一, 日野 真美, 板東 美香, 廣島 佑香 :
バイオマーカーを用いた歯周病診断,
電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.129, No.2, 233-237, 2009年.
(DOI: 10.1541/ieejeiss.129.233,   CiNii: 10023999637)
49. 廣島 佑香, 稲垣 裕司, 板東 美香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
著明な過剰根管充填の経過を長期観察した3症例,
日本歯科保存学雑誌, Vol.51, No.5, 485-492, 2008年.
(CiNii: 110007151262)
50. Yuka Hiroshima, Mika Bandou, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Regulation of calprotectin expression in human keratinocytes in vitro,
Journal of the Japanese Association of Periodontology, Vol.49, No.3, 224-232, 2007.
(DOI: 10.2329/perio.49.224,   CiNii: 10027094494)
51. Mami Hino, Masatoshi Kataoka, Kazuaki Kajimoto, Takenori Yamamoto, Jun-ichi Kido, Yasuo Shinohara and Yoshinobu Baba :
Efficiency of cell-free protein synthesis based on a crude cell extract from Escherichia coli, wheat germ, and rabbit reticulocytes.,
Journal of Biotechnology, Vol.133, No.2, 183-189, 2007.
(DOI: 10.1016/j.jbiotec.2007.08.008,   PubMed: 17826860)
52. Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara, MC Herzberg, KF Ross, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Interleukin-1alpha regulates antimicrobial peptide expression in human keratinocytes.,
Immunology and Cell Biology, Vol.85, No.7, 532-537, 2007.
(DOI: 10.1038/sj.icb.7100078,   PubMed: 17549071)
53. Noriko Hayashi, Jun-ichi Kido, (名) Suryono, Reiko Kido, Chie Mihara-Wada, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata :
Regulation of Calprotectin Expression by IL-1α and TGF-β in Human Gingival Keratinocytes,
Journal of Periodontal Research, Vol.42, No.1, 1-7, 2007.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.2005.00857.x,   PubMed: 17214633)
54. (名) Suryono, Jun-ichi Kido, Noriko Hayashi, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata :
Norepinephrine Stimulates Calprotectin Expression in Human Monocytic Cells,
Journal of Periodontal Research, Vol.41, No.3, 159-164, 2006.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.2005.00845.x,   PubMed: 16677282)
55. Mari Ogino, Jun-ichi Kido, Mika Bando, Noriko Hayashi, Chie Mihara-Wada, Toshihiko Nagata, Fusanori Nishimura, Y. Soga, Shogo Takashiba, T. Kubota, M. Itagaki, Yasuko Shimada, H. Tai, Hiromasa Yoshie, Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka :
Alpha 2 integrin +807 polymorphism in drug-induced gingival overgrowth,
Journal of Dental Research, Vol.84, No.12, 1183-1186, 2005.
(DOI: 10.1177/154405910508401217,   PubMed: 16304451)
56. Jun-ichi Kido, Noriko Hayashi, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata :
Calprotectin expression in human monocytes: induction by porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide, tumor necrosis factor-alpha, and interleukin-1beta,
Journal of Periodontology, Vol.76, No.3, 437-442, 2005.
(DOI: 10.1902/jop.2005.76.3.437,   PubMed: 15857079)
57. Masumi Horibe, Takamasa Sawa, Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Regulation of tenascin expression in cultured rat dental pulp cells,
Odontology, Vol.92, No.1, 22-26, 2004.
(DOI: 10.1007/s10266-004-0038-1,   PubMed: 15490301)
58. Hideki Azuma, Jun-ichi Kido, Dai Ikedo, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata :
Substance P Enhances the Inhibition of Osteoblastic Cell Differentiation Induced by Lipopolysaccharide From Porphyromonas gingivalis,
Journal of Periodontology, Vol.75, No.7, 974-981, 2004.
(DOI: 10.1902/jop.2004.75.7.974,   PubMed: 15341355)
59. Jun-ichi Kido, R. Kido, (名) Suryono, Masatoshi Kataoka, M. K. Fagerhol and Toshihiko Nagata :
Induction of calprotectin release by Porphyromonasgingivalis lipopolysaccharide in human neutrophils,
Oral Microbiology and Immunology, Vol.19, No.3, 182-187, 2004.
(DOI: 10.1111/j.0902-0055.2004.00139.x,   PubMed: 15107070)
60. (名) Suryono, Jun-ichi Kido, Noriko Hayashi, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata :
Effect of Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide, tumor necrosis factor-alpha, and interleukin-1beta on calprotectin release in human monocytes,
Journal of Periodontology, Vol.74, No.12, 1719-1724, 2003.
(DOI: 10.1902/jop.2003.74.12.1719,   PubMed: 14974811)
61. Jun-ichi Kido, Reiko Kido, (名) Suryono, Masatoshi Kataoka, Magne K. Fagerhol and Toshihiko Nagata :
Calprotectin release from human neutrophils is induced by Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide via the CD-14-Toll-like receptor-nuclear factor kB pathway,
Journal of Periodontal Research, Vol.38, No.6, 557-563, 2003.
(DOI: 10.1034/j.1600-0765.2003.00691.x,   PubMed: 14632917)
62. Masatoshi Kataoka, Hiroyuki Seto, Chie Wada, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Decreased expression of α2 integrin in fibroblasts isolated from cyclosporin A- induced gingival overgrowth in rats,
Journal of Periodontal Research, Vol.38, No.5, 533-537, 2003.
(DOI: 10.1034/j.1600-0765.2003.00692.x,   PubMed: 12941079)
63. 浅野 将宏, 淺原 洋士, 桐野 晃教, 大石 美佳, 明丸 倫子, 濵 秀樹, スルヨノ (名), 塩野谷 明美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
思春期後に歯槽骨吸収が自然停止した早期発症型歯周炎患者の1症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.45, No.3, 279-288, 2003年.
64. Yasuki Shimizu, Masatoshi Kataoka, Hiroyuki Seto, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Nifedipine induces gingival epithelial hyperplasia in rats through inhibition of apoptosis,
Journal of Periodontology, Vol.73, No.8, 861-867, 2002.
(DOI: 10.1902/jop.2002.73.8.861,   PubMed: 12211494)
65. Masami Ninomiya, Nobuyuki Kamata, Ryoichi Fujimoto, Tomoko Ishimoto, (名) Suryono, Jun-ichi Kido, Masaru Nagayama and Toshihiko Nagata :
Application of Enamel Matrix Derivative in Autotransplantation of an Impacted Maxillary Premolar,
Journal of Periodontology, Vol.73, No.3, 346-351, 2002.
(DOI: 10.1902/jop.2002.73.3.346,   PubMed: 11922266)
66. 中村 輝夫, スルヨノ (名), 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯周炎患者の歯肉溝滲出液中に含まれるI型プロコラーゲンペプチドおよびオステオカルシンの定量分析,
日本歯周病学会会誌, Vol.44, No.1, 73-81, 2002年.
(DOI: 10.2329/perio.44.73,   CiNii: 110004013233)
67. Jun-ichi Kido, Teruo Nakamura, Yoji Asahara, Takamasa Sawa, Kenjiro Kohri and Toshihiko Nagata :
Osteopontin in gingival crevicular fluid,
Journal of Periodontal Research, Vol.36, No.5, 328-333, 2001.
(PubMed: 11585121,   Elsevier: Scopus)
68. Masatoshi Kataoka, Yasuki Shimizu, Kenji Kunikiyo, Yoji Asahara, Hideki Azuma, Takamasa Sawa, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Nifedipine induces gingival overgrowth in rats through a reduction in collagen phagocytosis by gingival fibroblasts,
Journal of Periodontology, Vol.72, No.8, 1078-1083, 2001.
(DOI: 10.1902/jop.2001.72.8.1078,   PubMed: 11525441)
69. Masami Ninomiya, Mika Oishi, Jun-ichi Kido, Yasuyoshi Ohsaki and Toshihiko Nagata :
Immunohistochemical Localization of Osteopontin in human Pulp Stones.,
Journal of Endodontics, Vol.27, No.4, 269-272, 2001.
(DOI: 10.1097/00004770-200104000-00007,   PubMed: 11485265,   Elsevier: Scopus)
70. 木戸 淳一, 片岡 正俊, 大石 慶二, 淺原 洋士, 永田 俊彦 :
塩酸マニジピン服用患者にみられた歯肉増殖症の1例,
日本歯周病学会会誌, Vol.43, No.4, 388-395, 2001年.
71. Masatoshi Kataoka, YASUKI SHIMIZU, KENJI KUNIKIYO, YOJI ASAHARA, Kikuji Yamashita, Masami Ninomiya, Ichijiro Morisaki, Yasuyoshi Ohsaki, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Cyclosporin A Decreases the Degradation of Type I Collagen in Rat Gingival Overgrowth,
Journal of Cellular Physiology, Vol.182, No.3, 351-358, 2000.
72. Yoji Asahara, Fusanori Nishimura, Hisa Yamada, Koji Naruishi, Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido, Toshihiko Nagata and Yoji Murayama :
Mast cells are not involved in the development of cyclosporin A-induced gingival hyperplasia: a study with mast cell-deficient mice,
Journal of Periodontology, Vol.71, No.7, 1117-1120, 2000.
(DOI: 10.1902/jop.2000.71.7.1117,   PubMed: 10960018)
73. 角野 裕行, 木戸 淳一, 浅原 洋士, 澤 孝賢, 片岡 正俊, 永田 俊彦 :
Porphyromonas gingivalis 由来リポ多糖による骨芽細胞の分化抑制作用およびその機構解明に関する研究,
日本歯科保存学雑誌, Vol.43, No.3, 592-601, 2000年.
(CiNii: 10007352790)
74. Hiroyuki Nishikawa, Akemichi Ueno, Seiji Nishikawa, Jun-ichi Kido, Mika Oishi, Hideo Inoue and Toshihiko Nagata :
Sulfated glycosaminoglycan synthesis and its regulation by transforming growth factor-β in rat clonal dental pulp cells,
Journal of Endodontics, Vol.26, No.3, 169-171, 2000.
(DOI: 10.1097/00004770-200003000-00010,   PubMed: 11199713)
75. Teruo Nakamura, Jun-ichi Kido, Reiko Kido, Keiji Oishi, Noriyuki Yamauchi, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata :
The association of calprotectin level in gingival crevicular fluid with gingival index and the activities of collagenase and aspartate aminotransferase in adult periodontitis patients,
Journal of Periodontology, Vol.71, No.3, 361-367, 2000.
(DOI: 10.1902/jop.2000.71.3.361,   PubMed: 10776922)
76. 二宮 雅美, 大場 堂信, 二宮 洋介, 中野 恵子, 大石 美佳, 浅原 洋士, 片岡 正俊, 篠原 啓之, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ハムスター実験的歯周炎におけるプロスタグランディンE2の歯槽骨吸収抑制効果,
日本歯科保存学会雑誌, Vol.43, No.6, 1138-1144, 2000年.
77. 大場 堂信, 赤沢 佳代子, 二宮 洋介, 桐野 晃教, 明丸 倫子, 石本 智子, 戸野 早由利, 中村 輝夫, 片岡 正俊, 篠原 啓之, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
人工透析患者の歯周病罹患度に関する疫学的研究,
日本歯周病学会会誌, Vol.42, No.4, 307-313, 2000年.
(DOI: 10.2329/perio.42.307)
78. 池戸 大, 浅原 洋士, 澤 孝賢, 大石 慶二, 山内 規進, 清水 保樹, 大石 美佳, 二宮 雅美, 片岡 正俊, 篠原 啓之, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
培養骨芽細胞MC3T3-E1におけるフェニトインの分化促進作用,
日本歯周病学会会誌, Vol.42, No.2, 104-113, 2000年.
79. D Ikedo, Keiji Oishi, N Yamauchi, Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Stimulatory effects of phenytoin on osteoblastic differentiation of fetal rat calvaria cells in culture.,
Bone, Vol.25, No.6, 653-660, 1999.
(PubMed: 10593409)
80. Jun-ichi Kido, T Nakamura, R Kido, Keiji Oishi, N Yamauchi, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata :
Calprotectin in gingival crevicular fluid correlates with clinical and biochemical markers of periodontal disease.,
Journal of Clinical Periodontology, Vol.26, No.10, 653-657, 1999.
(PubMed: 10522776)
81. Keiji Oishi, Mika Oishi, Akira Takahashi, Jun-ichi Kido, Shuzaburo Uemura and Toshihiko Nagata :
Examination of the roots of paramolar tuberoles with computed tomography: Report of 3 cases,
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontology, Vol.88, No.4, 479-483, 1999.
82. Mika Oishi, Masumi Horibe, Dai Ikedo, M Miyazaki, Keiji Oishi, Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Effect of retinoic acid on osteopontin expression in rat clonal dental pulp cells,
Journal of Endodontics, Vol.25, No.10, 683-685, 1999.
83. Hideki Sasaki, Dai Ikedo, Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido, Seiichiro Kitamura and Toshihiko Nagata :
Pronounced palatal and mandibular tori observed in a patient with chronic Phenytoin therapy, a case report,
Journal of Periodontology, Vol.70, No.4, 445-448, 1999.
(DOI: 10.1902/jop.1999.70.4.445,   PubMed: 10328658)
84. Dai Ikedo, Keiji Ohishi, Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Stimulatory Effects of Phenytoin on Osteoblastic Differentiation of Fetal Rat Calvaria Cells in Culture,
Bone, Vol.25, No.6, 653-660, 1999.
85. Jun-ichi Kido, T Nakamura, R Kido, Keiji Oishi, N Yamauchi, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata :
Calprotectin, a leukocyte protein related to inflammation, in gingival crevicular fluid.,
Journal of Periodontal Research, Vol.33, No.7, 434-437, 1998.
(PubMed: 9842509)
86. 山内 規進, 木戸 淳一, 片岡 正俊, 大石 慶二, 西川 聖二, 上野 明道, 永田 俊彦 :
前立腺癌細胞培養上清の骨芽細胞分化抑制作用とその性状,
四国歯学会雑誌, Vol.10, No.2, 249-256, 1998年.
87. Jun-ichi Kido, N Yamauchi, Keiji Oishi, Masatoshi Kataoka, Seiji Nishikawa, T Nakamura, H Kadono, D Ikedo, Akemichi Ueno, N Nonomura, A Okuyama and Toshihiko Nagata :
Inhibition of osteoblastic cell differentiation by conditioned medium derived from the human prostatic cancer cell line PC-3 in vitro.,
Journal of Cellular Biochemistry, Vol.67, No.2, 248-256, 1997.
(DOI: 10.1002/(SICI)1097-4644(19971101)67:2<248::AID-JCB10>3.0.CO;2-B,   PubMed: 9328830)
88. Jun-ichi Kido, S. Nishikawa, H. Ishida, Kikuji Yamashita, Seiichiro Kitamura, K. Kohri and Toshihiko Nagata :
Identification of calprotein , a calcium binding leukocyte protein, In human dental calculus matrix,
Journal of Periodontal Research, Vol.32, No.4, 335-361, 1997.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.1997.tb00545.x,   PubMed: 9210089)
89. Noriyuki Yamauchi, Seiji Nishikawa, Jun-ichi Kido, Keiji Oishi, Toshihiko Nagata, Masatoshi Kataoka, Hiroyuki Shinohara and Hiroshi Ishida :
Relationship between the expression of parathyroid hormone receptors and hormonal effect during rat osteoprogenitor cell differentiation,
Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.15, No.1, 17-22, 1997.
90. 中野 恵子, 大石 慶二, 山内 規進, 大石 美佳, 篠原 啓之, 片岡 正俊, 木戸 淳一, 西川 聖二, 石田 浩, 永田 俊彦 :
ラット胎児頭蓋冠由来細胞培養系におけるプロスタグランディンE2の石灰化促進作用,
日本歯周病学会会誌, Vol.38, No.4, 484-492, 1996年.
91. Jun-ichi Kido, C Kasahara, Keiji Oishi, Seiji Nishikawa, H Ishida, Kikuji Yamashita, Seiichiro Kitamura, K Kohri and Toshihiko Nagata :
Identification of osteopontin in human dental calculus matrix.,
Archives of Oral Biology, Vol.40, No.10, 967-972, 1995.
(PubMed: 8526807)
92. Jun-ichi Kido, C. Kasahara, K. Ohishi, S. Nishikawa, H. Ishida, Kikuji Yamashita, Seiichiro Kitamura, K. Kohri and Toshihiko Nagata :
Identification of osteopontin in human dental calculus matrix,
Archives of Oral Biology, Vol.40, No.10, 967-972, 1995.
(DOI: 10.1016/0003-9969(95)00056-U)
93. Keiji Oishi, Seiji Nishikawa, Toshihiko Nagata, N Yamauchi, H Shinohara, Jun-ichi Kido and H Ishida :
Physiological concentrations of retinoic acid suppress the osteoblastic differentiation of fetal rat calvaria cells in vitro.,
European Journal of Endocrinology, Vol.133, No.3, 335-341, 1995.
(PubMed: 7581951)
94. 木戸 淳一, 山内 規進, 中野 恵子, 大石 慶二, 大石 美佳, 篠原 啓之, 片岡 正俊, 西川 聖二, 石田 浩, 永田 俊彦 :
株化ラット歯髄細胞培養上清がラット頭蓋冠由来骨原性細胞の石灰化骨様結節形成に及ぼす効果,
日本歯科保存学雑誌, Vol.38, No.5, 1143-1148, 1995年.
95. Yoshiyuki Ashida, Jun-ichi Kido, Fumiyo Kinoshita, Mizuho Nishino, Kiyoko Shinkai, Hitoshi Akedo and Hideo Inoue :
Putrescine-dependent Invasive Capacity of Rat Ascites Hepatoma Cells,
Cancer Research, Vol.52, No.19, 5313-5316, 1992.
(PubMed: 1394136)
96. 二宮 雅美, 大場 堂信, 二宮 洋介, 中野 恵子, 大石 美佳, 淺原 洋士, 片岡 正俊, 篠原 啓之, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ハムスター実験的歯周炎におけるプロスタグランディンE2の歯槽骨吸収抑制効果,
日本歯科保存学雑誌, Vol.43, No.6, 1138-1144, 1988年.

学術論文(紀要・その他):

1. 木戸 淳一, 板東 美香, 稲垣 裕司, 生田 貴久, 梶浦 由加里, 中島 由紀子, 坂本 英次郎, 美原(和田) 智恵, 二宮 雅美, 西川 泰史, Jung-Hwan Lew, 成石 浩司, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のバイオマーカーを用いた歯周病診断,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.29, No.1, 13-20, 2016年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109875,   CiNii: 120005823530)
2. Toshihiko Nagata, Masumi Horibe, Keiji Oishi and Jun-ichi Kido :
The close relationship between periodontitis and diabetes and the diagnosis of diabetes-associated periodontitis,
Proceeding of 2013-Asian-Pacific Society of Periodontology Meeting, 89-95, 2014.
3. 二宮 雅美, 赤澤 佳代子, 里村 一人, 鎌田 伸之, 長山 勝, 森山 啓司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
慢性根尖性歯周炎の進行に伴って形成されたセメント質過形成症,
四国歯学会雑誌, Vol.15, No.2, 263-269, 2003年.

総説・解説:

1. Toshihiko Nagata, Masami Ninomiya, Chie Mihara-Wada, Jun-ichi Kido and Seiji Nishikawa :
Etiology of drug-induced gingival overgrowth,
Current Issues in Periodontics, 1-8, Oct. 2016.
2. 木戸 淳一, 板東 美香, E Sakamoto, 梶浦 由加里, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎の病態に及ぼす最終糖化産物の影響,
日本歯周病学会会誌, Vol.56, No.1, 17-24, 2014年.
(DOI: 10.2329/perio.56.17,   CiNii: 130004842554)
3. Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata :
Drug-Induced Gingival Overgrowth a Review,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.28, No.10, 1817-1821, Oct. 2005.
(DOI: 10.1248/bpb.28.1817,   PubMed: 16204928)
4. 大石 慶二, 浜崎 章弘, 木戸 淳一 :
根管形成法の変遷と現状 とくに彎曲根管の形成について,
四国歯学会雑誌, Vol.10, No.2, 231-239, 1998年.

国際会議:

1. E Sakamoto, Chie Mihara-Wada, T Ikuta, Yuji Inagaki, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Age and LPS inhibit osteoblastic differentiation in rat bone marrow cells.,
international Associatuin of dental Research, Seattle,
2. Eijiro Sakamoto, Yuji Inagaki, Ryosuke Takagi, Jun-ichi Kido and Hiromichi Yumoto :
AGEs and LPS Inhibit Osteoblastic Differentiation via Sclerostin in Osteocytes,
96th General Session & Exhibition of the International Association of Dental Research, Jul. 2018.
3. Yuji Inagaki, Kohei Nonaka, Ryosuke Takagi, Yasufumi Nishikawa, Rie Kido, Eijiro Sakamoto, Koji Naruishi, Jun-ichi Kido and Hiromichi Yumoto :
Kanroin Extracts Prevent Alveolar Bone Resorption in Experimental Rat Periodontitis,
96th General Session & Exhibition of the International Association of Dental Research, Jul. 2018.
4. Yuka Hiroshima, Eijiro Sakamoto, Kaori Abe, Kaya Yoshida, Koji Naruishi, Toshihiko Nagata, Yasuo Shinohara, Geczy Carolyn and Jun-ichi Kido :
Advanced Glycation End-Products Increase Calprotectin in Human Gingival Epithelial Cells,
The 95th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR), San Francisco, Mar. 2017.
5. Eijiro Sakamoto, Yuji Inagaki, Jun-ichi Kido, Takagi Ryosuke, Koji Naruishi and Toshihiko Nagata :
AGE and Porphyromonas gingival is-LPS Increase Sclerostin Expression in Osteocytes,
International Association for Dental Research, Mar. 2017.
6. Jung-Hwan Lew, Koji Naruishi, Yukari Kajiura, Yasufumi Nishikawa, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
High glucose enhances IL-6-induced protease production in gingival fibroblasts,
94th General Session & Exhibition, International Association for Dental Research, Seoul, Jun. 2016.
7. Yasufumi Nishikawa, Koji Naruishi, Yukari Kajiura, Jung-Hwan Lew, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Calprotectin induced the expression of inflammation-related molecules in gingival fibroblasts,
94th General Session & Exhibition, International Association for Dental Research, Seoul, Jun. 2016.
8. Yukari Kajiura, Koji Naruishi, Yukiko Nakajima, Yasufumi Nishikawa, Jung-Hwan Lew, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
High glucose enhaces P. gingivalis-induced cytokine production in THP-1 monocytes,
94th General Session & Exhibition, International Association for Dental Research, Seoul, Jun. 2016.
9. T Ikuta, Yukari Kajiura, Mika Bandou, Yuji Inagaki, Koji Naruishi, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
YKL-40 in gingival crevicular fluid from patients with periodontitis and diabetes.,
Euro Perio 2015, Jun. 2015.
10. Yukari Kajiura, Mika Bandou, Jun-ichi Kido, Yuji Inagaki and Toshihiko Nagata :
Determination of glycated albumin and calprotectin in gingival crevicular fluid from patients with periodontitis and diabetes.,
Euro Perio 2015, Jun. 2015.
11. Hiromi Murata, H Maeda, S Takashiba, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Screening of novel factors for TNF-a expression in LPS-stimulated macrophages.,
93rd General Session & Exhibition of the IADR, Mar. 2015.
12. Yukari Kajiura, Mika Bandou, Yuji Inagaki, Hiromi Murata, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Advanced glycation end-product increases oxidative stress in human gingival fibroblasts,
53th General Session of the Korean Academy of Periodontology Meeting, Seoul, Korea, Nov. 2013.
13. Yukiko Nakajima, Jun-ichi Kido, Yuji Inagaki, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Hiromi Murata and Toshihiko Nagata :
Effect of hypoxia on gene expression in human oral keratinocytes,
10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting, Nara, Sep. 2013.
14. Jun-ichi Kido, Mika Bandou, Yuji Inagaki, Yuka Hiroshima, Hiromi Murata, Chie Mihara-Wada, 梶浦 由加里, 生田 貴久, 篠原 宏貴, 橋本 万里, Yukiko Nakajima, Yukiko Bandou, Makoto Funaki, Haruhiko Saito and Toshihiko Nagata :
Diagnosis of diabetes-associated periodontitis using glycoalbumin and calprotectin in gingival crevicular fluid,
10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting, Nara, Sep. 2013.
15. Hiromi Murata, Masami Ninomiya, Takashiba Shogo, Maeda Hiroshi, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
A major neurodegenerative disease protein TDP-43 enhances TNF- transcriptional regulation in human monocyte-derived macrophage-like cells,
10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting, 42, Sep. 2013.
16. E Sakamoto, Chie Mihara-Wada, T Ikuta, Yuji Inagaki, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
AGE and LPS inhibits osteoblastic differentiation in rat bone-marrow cells,
91th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research, Settle, USA, May 2013.
17. Toshihiko Nagata, Jun-ichi Kido, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Yuji Inagaki, Hiromi Murata, Chie Mihara-Wada, Mika Bandou and Makoto Funaki :
Diagnosis of diabetes-associated periodontitis using biomarkers in gingival crevicular fluid,
91th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research. Seattle, USA, May 2013.
18. Yukiko Nakajima, Yuji Inagaki, Yuka Hiroshima, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
AGE induces calcification and inflammatory factors in dental pulp tissues,
91th General Session & Exhibition of the International Accociation for Dental Research, Seattle, USA, May 2013.
19. Eijiro Sakamoto, Chie Mihara-Wada, Takahisa Ikuta, Yuji Inagaki, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Age and LPS inhibit osteoblastic differentiation in rat bone marrow cells.,
international Associatuin of dental Research, Seattle, Mar. 2013.
20. Yukiko Nakajima, Yuji Inagaki, Yuka Hiroshima, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
AGE induces calcification- and inflammation-related factors in dental pulp cells,
The 60th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research, Program and abstracts of papers, 92, Dec. 2012.
21. Mika Bandou, Yukari Kajiura, Jun-ichi Kido, Yuji Inagaki, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata :
Lipopolysaccharide induces oxidative stress and antioxidant responses in gingival fibroblasts,
The 60th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research, Program and abstracts of papers, 79, Dec. 2012.
22. Toshihiko Nagata, Jun-ichi Kido, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Yuji Inagaki, Masami Ninomiya, Chie Mihara-Wada, Hiromi Murata, Yukiko Bandou and Makoto Funaki :
Diagnosis of diabetes-associated periodontitis by measuring biomarkers in gingival crevicular fluid,
The 9th International Diabetes Federation Western Pacific Region Congress/ The 4th AASD Scientific Meeting, Nov. 2012.
23. Yuji Inagaki, Tsuyoshi Saito, Kazuya Tanaka, Takahisa Ikuta, Yukiko Nakajima, Toshikazu Yamaguchi, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Gene polymorphisms of antimicrobial peptides in Japaneses periodontitis patients,
Journal of the Japanese Association of Periodontology, Vol.54, No.3, 286, Sep. 2012.
24. Yukiko Nakajima, Yuji Inagaki, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Advanced glycation end-product increase calcification and inflammatory factors in cultured rat dental pulp cells,
European Calcified Tissue Society, 39th Annual Congress Final programme, 73, Stockholm (Sweden), May 2012.
25. Yuji Inagaki, Yukiko Nakajima, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Relationship between pathologic calcification and osteopontin expression in dental pulp tissues of diabetic rats,
European Calcified Tissue Society, 39th Annual Congress, Final Programme, 125, Stockholm (Sweden), May 2012.
26. Masami Ninomiya, Satoshi Yoneda, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Successful periodontal regeneration by FGF2. -A long-term follow-up case report-,
The 96th Annual Meeting of American Academy of Periodontology in collaboration with the Japanease Society of Periodontology, USA, Hawaii, Oct. 2010.
27. Yuka Hiroshima, Mika Bando, Takahiro Hasegawa, Yuji Inagaki, Eijiro Sakamoto, Yukiko Nakajima, Chie Mihara, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Kazuo Hosoi and Jun-ichi Kido :
Resistin release from neutrophils is induced by Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide,
88th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research, Spain, Jul. 2010.
28. Yuka Hiroshima, Mika Bando, Takahiro Hasegawa, Yuji Inagaki, Eijiro Sakamoto, Yukiko Nakajima, Chie Mihara, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Kazuo Hosoi and Jun-ichi Kido :
Resistin release from neutrophils is induced by Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide,
88th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research, Spain, Jul. 2010.
29. Mika Bando, Jun-ichi Kido, Yuka HIroshima, Hiroyuki Iwasaka, Keisuke Yamada, Toshiyuki Nanbu, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata :
Analysis of proteins in gingival crevicular fluid by mass spectrometry,
88th General Sesseion & Exhibition of the International Association for Dental Research, Spain, Jul. 2010.
30. Purevjav Javkhlan, Yuka Hiroshima, Azlina Ahmad, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Jun-ichi Kido, Toshihiko Nagata and Kazuo Hosoi :
Induction of calprotectin mRNAs by lipopolysaccharide in the salivary gland of mice,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.Suppl, 287-289, Tokushima, Dec. 2009.
(徳島大学機関リポジトリ: 111354,   DOI: 10.2152/jmi.56.287,   PubMed: 20224205)

国内講演発表:

1. 廣島 佑香, 木戸 淳一, 木戸 理恵, 吉田 賀弥, 稲垣 裕司, 成石 浩司, 湯本 浩通 :
オーラルケアへの応用を目指した抗菌ペプチド合成とリポソーム封入,
第62回秋季日本歯周病学会学術大会, 2019年10月.
2. 稲垣 裕司, 生田 貴久, 坂本 英次郎, 木戸 淳一, 湯本 浩通 :
全顎的歯周治療に伴って関節リウマチの状態が改善した一症例,
日本歯科保存学会2019年度春季学術大会(第150回), 2019年6月.
3. 木戸 理恵, 廣島 佑香, 生田 貴久, 吉田 賀弥, 稲垣 裕司, 成石 浩司, 尾崎 和美, 木戸 淳一, 湯本 浩通 :
最終糖化産物はヒト口腔上皮細胞のリポカリン2発現を増加する,
第62回春季日本歯周病学会学術大会, 2019年5月.
4. 稲垣 裕司, 高木 亮輔, 西川 泰史, 木戸 理恵, 坂本 英次郎, 成石 浩司, 木戸 淳一, 湯本 浩通 :
甘露飲エキスは破骨細胞と骨芽細胞の分化制御を介してラット実験的歯周炎の歯槽骨吸収を抑制する,
日本歯科保存学会2018年度秋季学術大会(第149回), 2018年11月.
5. 美原(和田) 智恵, 木戸 淳一, 二宮 雅美, 湯本 浩通 :
薬物性歯肉増殖を伴う高齢の慢性歯周炎患者に対して包括的歯周治療を行った1症例,
第62回秋季日本歯周病学会学術大会, 2018年10月.
6. 美原(和田) 智恵, 木戸 淳一, 二宮 雅美, 湯本 浩通 :
薬物性歯肉増殖を伴う高齢の慢性歯周炎患者に対して包括的歯周治療を行った一症例,
第61回秋季日本歯周病学会学術大会, Vol.60, 153, 2018年10月.
7. 野中 康平, 板東 美香, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 坂本 英次郎, 成石 浩司, 湯本 浩通 :
ショーガオールはヒト歯肉線維芽細胞におけるAGEs誘導性のIL-6およびICAM-1産生を抑制する,
第62回秋季日本歯周病学会学術大会, 2018年10月.
8. 西川 泰史, 成石 浩司, 木戸 淳一, 湯本 浩通 :
歯肉線維芽細胞におけるカルプロテクチン誘導性炎症関連因子の産生に及ぼす高グルコースの影響,
第148回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2018年6月.
9. 坂本 英次郎, 高木 亮輔, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 湯本 浩通 :
最終糖化産物とLPSは骨細胞由来スクレロスチンを介して骨芽細胞分化を抑制する,
第148回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2018年6月.
10. 稲垣 裕司, 野中 康平, 高木 亮輔, 西川 泰史, 木戸 理恵, 坂本 英次郎, 成石 浩司, 木戸 淳一, 湯本 浩通 :
甘露飲エキス配合製剤はラット実験的歯周炎において歯槽骨吸収を抑制する,
第61回春季日本歯周病学会学術大会, 2018年6月.
11. 木戸 理恵, 坂本 英次郎, 板東 美香, 稲垣 裕司, 二宮 雅美, 美原(和田) 智恵, 生田 貴久, 成石 浩司, 永田 俊彦, 木戸 淳一, 湯本 浩通 :
インプラント周囲溝滲出液中のカルプロテクチンとNTxを用いたインプラント疾患の診断,
第61回春季日本歯周病学会学術大会, 2018年6月.
12. 高木 亮輔, 坂本 英次郎, 稲垣 裕司, 廣島 佑香, 成石 浩司, 木戸 淳一, 湯本 浩通 :
カルプロテクチンはマウス骨細胞の炎症および骨代謝関連因子の発現を制御する,
第61回春季日本歯周病学会学術大会, 2018年6月.
13. 野中 康平, 板東 美香, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 坂本 英次郎, 成石 浩司, 湯本 浩通 :
最終糖化産物はヒト歯肉線維芽細胞におけるIL-6とICAM-1の発現増加を介して単球との接着を誘導する,
第61回春季日本歯周病学会学術大会, 2018年6月.
14. 木戸 理恵, 坂本 英次郎, 板東 美香, 稲垣 裕司, 二宮 雅美, 美原(和田) 智恵, 生田 貴久, 成石 浩司, 永田 俊彦, 木戸 淳一, 湯本 浩通 :
インプラント周囲溝滲出液中のカルプロテクチンとNTxを用いたインプラント疾患の診断,
第61回春季日本歯周病学会学術大会, 2018年6月.
15. 高木 亮輔, 坂本 英次郎, 稲垣 裕司, 廣島 佑香, 成石 浩司, 木戸 淳一, 湯本 浩通 :
カルプロテクチンはマウス骨細胞の炎症および骨代謝関連因子の発現を制御する,
第61回春季日本歯周病学会学術大会, 2018年6月.
16. 稲垣 裕司, 板東 美香, 生田 貴久, 木戸 淳一 :
歯肉退縮に対して異なる術式を用いて根面被覆を行った一症例,
日本歯周病学会60周年記念大会, 2017年12月.
17. 木戸 淳一 :
シンポジウムI:歯肉溝滲出液を用いた歯周病の検査・診断と展望,
日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017年12月.
18. 美原(和田) 智恵, 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
降圧薬由来の歯肉増殖を伴う重度歯周炎患者に対する歯周治療の効果,
日本歯周病学会中国四国3大学・日本臨床歯周病学会中国四国支部合同研修会, 2017年11月.
19. 梶浦 由加里, 二宮 雅美, 生田 貴久, HWAN JUNG LEW, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
上顎左右両側側切歯に認められた歯根嚢胞の一症例,
日本歯科保存学会2017年度秋季学術大会(第147回), 2017年10月.
20. 二宮 雅美, 稲垣 裕司, 美原(和田) 智恵, 板東 美香, 中島 由紀子, 坂本 英次郎, 生田 貴久, 西川 泰史, Jung-Hwan Lew, 木戸 理恵, 高木 亮輔, 野中 康平, 成石 浩司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
新規歯周組織再生剤「リグロス歯科用液キット」の有効性,
四国歯学会 第51回例会, 2017年6月.
21. 美原(和田) 智恵, 成石 浩司, 板東 美香, 西川 泰史, Hwan Jung Lew, 坂本 英次郎, 生田 貴久, 河野 薫, 梶浦 由加里, 橋本 万里, 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
アドバンスドOSCEを見据えた当科の模擬OSCEの概要,
四国歯学会雑誌, Vol.29, No.2, 49-53, 2017年6月.
22. 小林 哲夫, 木戸 淳一, 石原 裕一, 大森 一弘, 三谷 章雄, 高柴 正悟, 永田 俊彦, 吉江 弘正 :
歯周炎と全身疾患(糖尿病・関節リウマチ)に共通するリスク遺伝子の解析,
第60回春季日本歯周病学会学術大会, 2017年5月.
23. 木戸 淳一, 梶浦 由加里, 永田 俊彦 :
歯列不正を伴う重度薬物性歯肉増殖症患者に対して包括的歯周治療を行った一症例,
日本歯周病学会雑誌, Vol.59, 2017年5月.
24. 坂本 英次郎, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 高木 亮輔, 成石 浩司, 永田 俊彦 :
最終糖化産物とLPSはMAPKおよびNF-kBを介してマウス骨細胞のスクレロスチンの発現を調節する,
第60回春季日本歯周病学会学術大会, 2017年5月.
25. 坂本 英次郎, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 高木 亮輔, 生田 貴久, 成石 浩司, 永田 俊彦 :
マウス骨細胞株MLO-Y4-A2のスクレロスチン発現における最終糖化産物およびLPSの影響,
第145回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2016年10月.
26. 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
FGF-2歯周組織再生試験後10年以上の長期経過症例,
日本歯科医師会雑誌, Vol.69, No.5, 137, 2016年10月.
27. 梶浦 由加里, 板東 美香, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液を用いた糖尿病関連歯周炎の新規診断法の確立,
第23回日本歯科医学会総会, 2016年10月.
28. 美原(和田) 智恵, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯肉増殖によって歯の移動を伴った重度歯周炎患者に対する歯周治療の効果,
日本歯周病学会会誌, Vol.58, No.9, 145, 2016年10月.
29. 美原 智恵, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯肉増殖によって歯の移動を伴った重度歯周炎患者に対する歯周治療の効果,
第59回秋季日本歯周病学会学術大会, 2016年10月.
30. 板東 美香, 梶浦 由加里, 野中 康平, 坂本 英次郎, 成石 浩司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
最終糖化産物はヒト歯肉線維芽細胞におけるIL-6およびICAM-1の発現を増加する,
第59回秋季日本歯周病学会学術大会, 2016年10月.
31. 廣島 佑香, 木戸 淳一, 坂本 英次郎, 阿部 佳織, 吉田 賀弥, 永田 俊彦, 篠原 康雄 :
最終糖化産物はヒト歯肉上皮細胞におけるS100A8およびS100A9発現を上昇する,
第59回秋季日本歯周病学会学術大会, 2016年10月.
32. 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
FGF-2歯周組織再生試験後10年以上の長期経過症例,
日本歯科医師会雑誌, Vol.69, No.5, 137, 2016年8月.
33. 美原 智恵, 成石 浩司, 板東 美香, 西川 泰史, Jung-Hwan Lew, 坂本 英次郎, 生田 貴久, 河野 薫, 梶浦 由加里, 橋本 万里, 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
アドバンスOSCEを見据えた当科の模擬OSCEの概要,
第49回四国歯学会例会, 2016年6月.
34. 西川 泰史, 成石 浩司, 梶浦 由加里, Jung-Hwan Lew, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
カルプロテクチンはヒト歯肉線維芽細胞のTLR4を介して炎症性関連因子の発現を亢進する,
第144回日本歯科保存学会春季学術大会, 2016年6月.
35. Jung-Hwan Lew, 成石 浩司, 梶浦 由加里, 西川 泰史, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
カロテノイドは高グルコース下で培養したヒト歯肉線維芽細胞のIL-6誘導性タンパク分解酵素産生を抑制する,
第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年5月.
36. 稲垣 裕司, 坂本 英次郎, 木戸 淳一, 梶浦 由加里, 永田 俊彦 :
骨細胞培養系におけるAGEとLPS刺激によるスクレロスチンの発現上昇,
第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年5月.
37. 廣島 佑香, 木戸 淳一, 吉田 賀弥, 阿部 佳織, 篠原 康雄, 永田 俊彦 :
低酸素環境はヒト口腔上皮細胞におけるS100A8発現を抑制する,
第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年5月.
38. 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 廣島 佑香, 阿部 佳織, 木戸 淳一, 尾崎 和美 :
Porphyromonas gingivalisはSOCS3やIRS-1を制御して肝臓におけるインスリンシグナルを抑制する,
第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年5月.
39. 坂本 英次郎, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 梶浦 由加里, Jung-Hwan Lew, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎の歯槽骨破壊におけるスクレロスチンの役割,
第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月.
40. 木戸 淳一, 板東 美香, 中島 由紀子, 梶浦 由加里, 稲垣 裕司, 生田 貴久, 坂本 英次郎, 成石 浩司, 永田 俊彦 :
ヒト口腔上皮細胞と歯肉線維芽細胞において低酸素環境が誘導する遺伝子発現の比較,
第143回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2015年11月.
41. 梶浦 由加里, 木戸 淳一, 中島 由紀子, 板東 美香, 稲垣 裕司, 成石 浩司, 坂本 英次郎, 阿部 佳織, 廣島 佑香, 永田 俊彦 :
低酸素環境が誘導するヒト口腔上皮細胞における遺伝子発現の解析,
第58回秋季日本歯周病学会学術大会, 2015年9月.
42. 坂本 英次郎, 木戸 淳一, 梶浦 由加里, 板東 美香, 稲垣 裕司, 成石 浩司, 生田 貴久, 永田 俊彦 :
最終糖化産物はヒト口腔上皮細胞の遺伝子発現を調節する,
第58回秋季日本歯周病学会学術大会, 2015年9月.
43. 成石 浩司, 梶浦 由加里, 西川 泰史, 板東 美香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
培養歯肉線維芽細胞におけるクリプトタンシノンによる炎症関連分子の生産抑制効果,
第142回日本歯科保存学会春季学術大会, 2015年6月.
44. 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のバイオマーカーを用いた歯周病診断(臨床教育講演),
四国歯学会第47回例会, 2015年6月.
45. 西川 泰史, 成石 浩司, 梶浦 由加里, 板東 美香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
カルプロテクチンがヒト歯肉線維芽細胞の炎症関連因子の発現に及ぼす影響,
第58回春季日本歯周病学会学術大会, 2015年5月.
46. 木戸 淳一, 永田 俊彦, 成石 浩司, 多部田 康一, 山崎 和久, 吉江 弘正, 渡邊 久, 和泉 雄一, 須田 玲子, 山本 松男, 柴 秀樹, 栗原 英見, 柳田 学, 北村 正博, 三島 昭宏, 水野 光春, 村上 伸也 :
イムノクロマト法を用いた歯肉溝滲出液中のカルプロテクチン測定による歯周病診断ー第2報ー,
第58回春季日本歯周病学会学術大会, 2015年5月.
47. 橋村 慧, 松田 璃沙, 稲垣 裕司, 松井 寛和, 横田 美帆, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 :
歯周病におけるリゾホスファチジン酸の役割,
第53回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 220, 2014年11月.
48. 板東 美香, 梶浦 由加里, 中島 由紀子, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 村田 裕美, 永田 俊彦 :
最終糖化産物は口腔由来線維芽細胞・上皮細胞での炎症関連因子と酸化ストレス因子の発現に影響する,
第57回秋季日本歯周病学会学術大会, 2014年10月.
49. 梶浦 由加里, 坂東 由記子, 木戸 淳一, 板東 美香, 稲垣 裕司, 中島 由紀子, 生田 貴久, 村田 裕美, 廣島 佑香, 成石 浩司, 永田 俊彦 :
歯周病および糖尿病患者の歯肉溝滲出液中のYKL-40レベルの検討,
第57回秋季日本歯周病学会学術大会, 2014年10月.
50. 橋村 慧, 松田 璃沙, 稲垣 裕司, 松井 寛和, 横田 美帆, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 :
大豆由来リゾホスファチジン酸の歯周病抑制効果,
日本農芸化学会中四国支部第 40回講演会, 講演要旨集, 55, 2014年9月.
51. 板東 美香, 廣島 佑香, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ヒト上皮細胞におけるInterleukin-1aによるS100A9遺伝子の転写調節,
第140回日本歯科保存学会春季学術大会, 2014年6月.
52. 木戸 淳一, 中島 由紀子, 板東 美香, 稲垣 裕司, 永田 俊彦 :
低酸素環境とP.gingivalis由来リポ多糖はヒト口腔上皮細胞での炎症関連因子および血管関連因子の発現を調節する,
第140回日本歯科保存学会春季学術大会, 2014年6月.
53. 篠原 宏貴, 寺町 順平, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 羽地 達次 :
PKR阻害によるTNF-α誘導性骨吸収の抑制,
第140回日本歯科保存学会春季学会学術大会, 2014年6月.
54. 橋村 慧, 松田 璃沙, 稲垣 裕司, 松井 寛和, 横田 美帆, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 :
歯周病の進行に及ぼす口腔内リゾホスファチジン酸の抑制効果,
第56回 日本脂質生化学会, 講演要旨集, 146, 2014年6月.
55. 梶浦 由加里, 板東 美香, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 生田 貴久, 橋本 万里, 篠原 宏貴, 二宮 雅美, 村田 裕美, 中島 由紀子, 米田 哲, 美原 智恵, 廣島 佑香, 大石 慶二, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のグリコアルブミンおよびカルプロテクチンを指標とした糖尿病関連歯周炎の診断,
第57回春季日本歯周病学会学術大会, 2014年5月.
56. 中島 由紀子, 木戸 淳一, 板東 美香, 稲垣 裕司, 永田 俊彦 :
Effect of hypoxia and P. gingivalis-lipopolysaccharide on the expression of inflammation-related molecules in human oral keratinocytes,
第57回春季日本歯周病学会学術大会, 2014年5月.
57. 篠原 宏貴, 寺町 順平, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 羽地 達次 :
TNF-α誘導性破骨細胞形成におけるPKRの役割,
第57回春季歯周病学会学術大会, 2014年5月.
58. 板東 美香, 中島 由紀子, 梶浦 由加里, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 村田 裕美, 永田 俊彦 :
最終糖化産物は歯周組織細胞での炎症性関連因子と酸化ストレス因子の発現に影響する,
第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年5月.
59. 梶浦 由加里, 坂東 由記子, 木戸 淳一, 板東 美香, 稲垣 裕司, 中島 由紀子, 生田 貴久, 村田 裕美, 廣島 佑香, 成石 浩司, 永田 俊彦 :
歯周病および糖尿病患者の歯肉溝滲出液中のYKL-40レベルの検討,
第57回日本歯周病学会秋期学術大会抄録集, 2014年5月.
60. 小原 真純, 坂本 英次郎, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 :
骨髄幹細胞から骨芽細胞への分化におけるリゾホスファチジン酸およびその産生酵素の役割,
第52回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 2013年10月.
61. 小原 真純, 坂本 英次郎, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 :
骨髄幹細胞から骨芽細胞への分化におけるリゾホスファチジン酸およびその産生酵素の役割,
第52回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 2013年10月.
62. 生田 貴久, 稲垣 裕司, 中島 由紀子, 板東 美香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
日本人歯周病患者を対象とした抗菌ペプチド遺伝子のSNPs解析と疾患感受性の検討,
第139回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2013年10月.
63. 篠原 宏貴, 寺町 順平, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 羽地 達次 :
歯周病変における破骨細胞形成に二本鎖RNA依存性プロテインキナーゼが関与する,
第56回秋季歯周病学会学術大会, 2013年9月.
64. 村田 裕美, 前田 博史, 高柴 正悟, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
神経変性疾患関連因子TDP-43は単球におけるLPS誘導性TNF-a転写調節に関与する,
第56回秋季日本歯周病学会学術大会, 2013年9月.
65. 中島 由紀子, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 村田 裕美, 永田 俊彦 :
低酸素環境がヒト口腔上皮細胞の各種遺伝子発現に及ぼす影響,
第56回秋季日本歯周病学会学術大会, 2013年9月.
66. 木戸 淳一, 永田 俊彦, 多部田 康一, 山崎 和久, 吉江 弘正, 渡辺 久, 和泉 雄一, 須田 玲子, 山本 松男, 柴 秀樹, 栗原 英見, 柳田 学, 北村 正博, 南部 敏之, 水野 光春, 村上 伸也 :
イムノクロマト法を用いた歯肉溝滲出液中のカルプロテクチン測定による歯周病診断,
第56回秋季日本歯周病学会学術大会, 2013年9月.
67. 村田 裕美, 生田 貴久, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
神経変性疾患関連因子TDP-43はマクロファージ様細胞のTNF-a転写調節に関与する,
第138回日本歯科保存学会春季学術大会, 2013年6月.
68. 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
最終糖化産物(AGE)はRAGE-MAPK経路を介してラット培養歯髄細胞の石灰化物形成を促進する,
第138回日本歯科保存学会春季学術大会, 2013年6月.
69. 梶浦 由加里, 板東 美香, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
最終糖化産物が歯肉線維芽細胞における酸化ストレス反応に及ぼす影響,
第56回春季日本歯周病学会学術大会, 2013年6月.
70. 二宮 雅美, 板東 美香, 村田 裕美, 生田 貴久, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
姉妹に認められた広汎型侵襲性歯周炎に対して包括的歯周治療を行った症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.55, 2013年6月.
71. 木戸 淳一, 板東 美香, 坂東 由記子, 稲垣 裕司, 廣島 佑香, 梶浦 由加里, 美原(和田) 智恵, 村田 裕美, 生田 貴久, 篠原 宏貴, 船木 真理, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎の診断マーカーとしての歯肉溝滲出液中グリコアルブミンとカルプロテクチンの有用性,
第56回日本糖尿病学会, 2013年5月.
72. 坂本 英次郎, 美原 智恵, 生田 貴久, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット骨芽細胞の分化に及ぼす最終糖化産物とリポ多糖の影響,
第56回春季日本歯周病学会学術大会, 2013年5月.
73. 木戸 淳一, 板東 美香, 坂東 由記子, 稲垣 裕司, 廣島 佑香, 梶浦 由加里, 美原 智恵, 村田 裕美, 生田 貴久, 篠原 宏貴, 橋本 万里, 船木 真理, 齋藤 晴比古, 永田 俊彦 :
--,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
74. 坂本 英次郎, 美原(和田) 智恵, 生田 貴久, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット骨芽細胞の分化発現に及ぼす最終糖化産物とリポ多糖の影響,
第56回春季歯周病学会, 2013年5月.
75. 坂本 英次郎, 美原(和田) 智恵, 生田 貴久, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット骨芽細胞の分化発現に及ぼす最終糖化産物とリポ多糖の影響,
第56回春季歯周病学会, 2013年5月.
76. 伊藤 弘, 沼部 幸博, 関野 愉, 村樫 悦子, 井口 一美, 戸円 智幸, 橋本 修一, 佐々木 大輔, 八重柏 隆, 國松 和司, 高井 英樹, 目澤 優, 小方 頼昌, 渡邊 久, 萩原 さつき, 和泉 雄一, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液(GCF)を用いた歯周病罹患部位の診断と治療効果のモニタリングの有用性 -歯周病迅速診断キット開発に向けて-(第六報),
日本歯科保存学雑誌 第137回秋季学術大会講演抄録集, 65, 2012年11月.
77. 稲垣 裕司, 生田 貴久, 中島 由紀子, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 齋藤 剛, 田中 和也 :
日本人歯周病患者を対象として抗菌ペプチド遺伝子のSNPs解析と疾患感受性の検討,
日本歯科保存学雑誌 第137回秋季学術大会講演抄録集, 64, 2012年11月.
78. 堀部 ますみ, 稲垣 裕司, 中島 由紀子, 生田 貴久, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
糖尿病ラットの実験的歯周炎における歯周組織破壊とオステオポンチンの局在,
日本歯科保存学雑誌 第137回秋季学術大会講演抄録集, 157, 2012年11月.
79. 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
最終糖化産物(AGE)はラット歯髄における石灰化物形成と炎症反応を進展させる,
日本歯科保存学雑誌 第137回秋季学術大会講演抄録集, 97, 2012年11月.
80. 坂本 英次郎, 美原(和田) 智恵, 生田 貴久, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット骨芽細胞の分化に及ぼす最終糖化産物とリポ多糖の影響,
第19回 徳島骨代謝研究会, 2012年11月.
81. 生田 貴久, 稲垣 裕司, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
模擬無重力下での培養骨芽細胞の分化発現に及ぼす歯周病原因子の影響,
日本歯周病学会会誌 第55回秋季学術大会特別号, Vol.54, 86, 2012年9月.
82. 伊藤 弘, 関野 愉, 村樫 悦子, 井口 一美, 橋本 修一, 沼部 幸博, 佐々木 大輔, 八重柏 隆, 國松 和司, 高井 英樹, 目澤 優, 小方 頼昌, 渡邊 久, 萩原 さつき, 和泉 雄一, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液(GCF)を用いた歯周病罹患部位の診断と治療効果のモニタリングの有用性-歯周病迅速診断キット開発に向けて-(第五報),
日本歯周病学会会誌 第55回学術大会秋季特別号, Vol.54, 83, 2012年9月.
83. 生田 貴久, 稲垣 裕司, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
模擬無重力下での培養骨芽細胞の分化発現に及ぼす歯周病原因子の影響,
日本歯周病学会会誌 第55回秋季学術大会特別号, Vol.54, 86, 2012年9月.
84. 坂本 英次郎, 美原 智恵, 生田 貴久, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット骨芽細胞の分化発現に及ぼす最終糖化産物及びリポ多糖の影響,
日本歯科保存学雑誌 第136回春季学術大会講演抄録集, 82, 2012年6月.
85. 坂本 英次郎, 美原 智恵, 生田 貴久, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット骨芽細胞の分化発現に及ぼす最終糖化産物及びリポ多糖の影響,
日本歯科保存学雑誌 第136回春季学術大会講演抄録集, 82, 2012年6月.
86. 坂本 英次郎, 美原(和田) 智恵, 生田 貴久, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット骨芽細胞の分化発現に及ぼす最終糖化産物及びリポ多糖の影響,
第136回 春季日本歯周病学会, 2012年6月.
87. 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 坂東 由記子, 廣島 佑香, 村田 裕美, 船木 真理, 齋藤 晴比古, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のバイオマーカーを用いた糖尿病関連歯周炎の診断,
第55回日本糖尿病学会年次学術集会 抄録集, 186, 2012年5月.
88. 廣島 佑香, 板東 美香, 片岡 正俊, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ヒト口腔上皮細胞のカルプロテクチン発現に及ぼす半夏瀉心湯の影響,
日本歯周病学会会誌 第55回春季学術大会特別号, Vol.54, 131, 2012年5月.
89. 伊藤 弘, 関野 愉, 村樫 悦子, 井口 一美, 橋本 修一, 沼部 幸博, 佐々木 大輔, 八重柏 隆, 國松 和司, 高井 英樹, 目澤 優, 小方 頼昌, 渡辺 久, 萩原 さつき, 和泉 雄一, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液(GCF)を用いた歯周病罹患部位の診断と治療効果のモニタリングの有用性 -歯周病迅速診断キット開発に向けて-(第四報),
日本歯周病学会会誌 第55回春季学術大会特別号, Vol.54, 126, 2012年5月.
90. 阿部 佳織, 板東 美香, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 片岡 正俊 :
マイクロチップ基板を用いた血中サイトカインの迅速検出法の構築,
日本歯周病学会会誌 第55回春季学術大会特別号, Vol.54, 114, 2012年5月.
91. 板東 美香, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 廣島 佑香, 村田 裕美, 生田 貴久, 篠原 宏貴, 橋本 万里, 山田 由加里, 坂東 由記子, 齋藤 晴比古, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎の診断指標スクリーニングに向けた医科・歯科連携研究,
日本歯周病学会会誌 第55回春季学術大会特別号, Vol.54, 112, 2012年5月.
92. 畑中 加珠, 安田 多賀子, 福家 教子, 木戸 淳一, 大石 慶二, 田中 敬子, 須田 智也, 佐保 輝之, 市川 朋生, 鈴木 丈一郎, 八島 章博, 橘 亜希, 永田 俊彦, 和泉 雄一, 村上 伸也, 五味 一博, 高柴 正悟 :
SPT期間中の歯周組織の維持・改善に対する塗布用ブラシ一体型一般用歯周病薬(MC2)の多施設臨床試験,
日本歯周病学会会誌 第55回春季学術大会特別号, Vol.54, 130, 2012年5月.
93. 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 村田 裕美, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 二宮 雅美, 大石 慶二, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 生田 貴久, 浅原 洋士, 永田 俊彦 :
バイオマーカーを用いた糖尿病関連歯周炎の診断研究,
日本歯科医学会誌, Vol.31, 86, 2012年3月.
94. 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 村田 裕美, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 二宮 雅美, 大石 慶二, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 生田 貴久, 浅原 洋士, 永田 俊彦 :
バイオマーカーを用いた糖尿病関連歯周炎の診断研究,
日本歯科医学会誌, Vol.31, 86, 2012年3月.
95. 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 村田 裕美, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 二宮 雅美, 大石 慶二, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 生田 貴久, 浅原 洋士, 永田 俊彦 :
バイオマーカーを用いた糖尿病関連歯周炎の診断研究,
日本歯科医学会誌, Vol.31, 86, 2012年3月.
96. 村田 裕美, 木戸 淳一, 板東 美香, 廣島 佑香, 稲垣 裕司, 永田 俊彦 :
最終糖化産物はマクロファージ様細胞の炎症関連因子の発現を調節する,
日本歯科保存学会雑誌 第135回秋季学術大会プログラム, 200, 2011年10月.
97. 伊藤 弘, 沼部 幸博, 関野 愉, 村樫 悦子, 井口 一美, 戸円 智幸, 橋本 修一, 佐々木 大輔, 八重柏 隆, 國松 和司, 高井 英樹, 目澤 優, 小方 頼昌, 渡邊 久, 萩原 さつき, 和泉 雄一, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液を用いた歯周病罹患部位の診断と治療効果のモニタリングの有用性-歯周病迅速診断キット開発に向けて-第三報,
日本歯科保存学会雑誌 第135回秋季学術大会プロクラム, 124, 2011年10月.
98. 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
最終糖化産物(AGEs)がラット培養歯髄細胞の石灰化物形成と抗菌ペプチド発現に及ぼす影響,
日本歯科保存学会雑誌 第135回秋季学術大会プログラム, 46, 2011年10月.
99. 伊藤 弘, 沼部 幸博, 関野 愉, 村樫 悦子, 井口 一美, 橋本 修一, 佐々木 大輔, 八重柏 隆, 國松 和司, 高井 英樹, 目澤 優, 小方 頼昌, 渡邊 久, 萩原 さつき, 和泉 雄一, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液(GCF)を用いた歯周病罹患部位の診断と治療効果のモニタリングの有用性-歯周病迅速診断キット開発に向けて- 第二報,
日本歯周病学会会誌 秋季特別号, Vol.53, 107, 2011年9月.
100. 坂東 由記子, 木戸 淳一, 廣島 佑香, 板東 美香, 稲垣 裕司, 村田 裕美, 四釜 洋介, 船木 真理, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のNKL-40の分析,
日本歯周病学会会誌 秋季特別号, Vol.53, 106, 2011年9月.
101. 木戸 淳一, 阿部 佳織, 片岡 正俊, 板東 美香, 廣島 佑香, 稲垣 裕司, 永田 俊彦 :
マイクロチップELISA法による歯肉溝滲出液中のカルプロテクチン測定,
日本歯周病学会 秋季特別号, Vol.53, 108, 2011年9月.
102. 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット培養歯髄細胞における最終糖化産物(AGEs)の石灰化促進作用,
日本歯科保存学会雑誌 第134回春季学術大会プログラム, 12, 2011年6月.
103. 美原 智恵, 木戸 淳一, 米田 哲, 廣島 佑香, 瀬戸 浩行, 永田 俊彦 :
上顎 前歯の著しいフレアアウトを伴った薬物性歯肉増殖症の一症例,
日本歯周病学会会誌 春季特別号, Vol.53, 139, 2011年5月.
104. 板東 美香, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 村田 裕美, 坂東 由記子, 二宮 雅美, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のグリコアルブミン測定法の確立,
日本歯周病学会会誌 春季特別号, Vol.53, 119, 2011年5月.
105. 伊藤 弘, 関野 愉, 村樫 悦子, 井口 一美, 沼部 幸博, 橋本 修一, 佐々木 大輔, 八重柏 隆, 國松 和司, 高井 英樹, 目澤 優, 小方 頼昌, 渡邊 久, 萩原 さつき, 和泉 雄一, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液(GCF)を用いた歯周病罹患部位の診断と治療効果のモニタリングの有用性 -歯周病迅速診断キット開発に向けて- 第1報,
日本歯周病学会会誌 春季特別号, Vol.53, 121, 2011年5月.
106. 板東 美香, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 村田 裕美, 坂東 由記子, 二宮 雅美, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のグリコアルブミン測定法の確立,
日本歯周病学会会誌 春季特別号, Vol.53, 119, 2011年5月.
107. 廣島 佑香, 板東 美香, 木戸 淳一, 片岡 正俊, 永田 俊彦 :
ヒト口腔上皮細胞におけるカルプロテクチン発現に及ぼす半夏瀉心湯の影響,
日本歯周病学会会誌 春季特別号, Vol.53, 114, 2011年5月.
108. 堀部 ますみ, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯周病治療によってHbA1cが改善した2症例,
日本糖尿病学会 第54回年次学術集会プログラム, 150, 2011年5月.
109. 美原(和田) 智恵, 木戸 淳一, 米田 哲, 廣島 佑香, 瀬戸 浩行, 永田 俊彦 :
上顎前歯の著しいフレアアウトを伴った薬物性歯肉増殖症患者の一症例,
日本歯周病学会会誌, 2011年5月.
110. 堀部 ますみ, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
歯周病治療によってHbA1cが改善した2症例,
糖尿病, Vol.54, No.Suppl.1, S-353, 2011年4月.
111. 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
グルコースが糖尿病ラット由来歯髄細胞の石灰化物形成とオステオポンチン産生に及ぼす影響,
第133回日本歯科保存学会秋季学術大会(岐阜), 2010年10月.
112. 坂本 英次郎, 美原 智恵, 徳永 格, 瀬戸 浩行, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット実験的歯周炎におけるオステオプロテジェリンの影響,
第53回日本歯周病学会秋季学術大会(高松), 2010年9月.
113. 浅原 洋士, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
II型糖尿病コントロール不良を伴った重度慢性歯周炎患者の治療例,
日本歯周病学会会誌, Vol.52, 120, 2010年9月.
114. 坂本 英次郎, 美原 智恵, 徳永 格, 瀬戸 浩行, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット実験的歯周炎におけるオステオプロテジェリンの影響,
第53回日本歯周病学会秋季学術大会(高松), 2010年9月.
115. 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 板東 美香, 廣島 佑香, 美原(和田) 智恵 :
糖尿病関連歯周炎における歯肉溝浸出液中のバイオマーカーの分析,
第53回 日本糖尿病学会, 2010年5月.
116. 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 板東 美香, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 美原 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 二宮 雅美, 大石 慶二, 浅原 洋士, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎における歯肉溝滲出液中のバイオマーカーの分析,
第53回日本糖尿病学会年次学術集会 (岡山), 2010年5月.
117. 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 板東 美香, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 美原 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 二宮 雅美, 大石 慶二, 浅原 洋士, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎における歯肉溝滲出液中のバイオマーカーの分析,
第53回日本糖尿病学会年次学術集会 (岡山), 2010年5月.
118. 廣島 佑香, 板東 美香, 木戸 淳一, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 片岡 正俊, 永田 俊彦 :
Porphyromonas gingivalis由来LPSはヒト好中球からのレジスチンの遊離を促進する,
第53回春季日本歯周病学会学術大会, Vol.52, 105, 2010年5月.
119. 木戸 淳一 :
マイクロデバイスを用いた歯周病診断法の展望 -歯肉溝滲出液中のバイオマーカーの測定-,
第53回日本歯周病学会春季学術大会 (盛岡) シンポジウムII ''最新歯科治療の革新'', 2010年5月.
120. 廣島 佑香, 板東 美香, 木戸 淳一, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 片岡 正俊, 永田 俊彦 :
Porphyromonas gingivalis由来LPSはヒト好中球からのレジスチンの遊離を促進する,
第53回春季日本歯周病学会学術大会, Vol.52, 105, 2010年5月.
121. 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 二宮 雅美, 大石 慶二, 淺原 洋士, 永田 俊彦 :
歯肉溝浸出液中の糖尿病関連歯周炎バイオマーカーの検索,
日本歯周病学会会誌, Vol.52, 97, 2010年5月.
122. 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 板東 美香, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 二宮 雅美, 大石 慶二, 淺原 洋士, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎における歯肉溝滲出液中のバイオマーカーの分析,
糖尿病, Vol.53, No.Suppl.1, S-145, 2010年4月.
123. 廣島 佑香, 板東 美香, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 美原(和田) 智恵, 大石 慶二, 片岡 正俊, 永田 俊彦 :
ヒト口腔上皮細胞における抗菌ペプチド遺伝子発現に及ぼす小柴胡湯の影響,
第131回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2009年10月.
124. 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
オスモティックストレスが歯髄細胞の硬組織形成能とオステオポンチン産生に及ぼす影響,
第131回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2009年10月.
125. 美原(和田) 智恵, 徳永 格, 瀬戸 浩行, 大場 博史, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット実験的歯周炎におけるオステオプロテジェリンの骨吸収と炎症におよぼす効果,
第52回秋季日本歯周病学会学術大会, Vol.51, 93, 2009年10月.
126. 板東 美香, 廣島 佑香, 稲垣 裕司, 片岡 正俊, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 大石 慶二, 二宮 雅美, Javkhlan Purevjav, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎における歯肉溝浸出液中バイオマーカーの分析,
日本歯周病学会会誌, Vol.51, 101, 2009年10月.
127. 廣島 佑香, 板東 美香, 木戸 淳一, 片岡 正俊, 永田 俊彦 :
ヒト歯肉上皮細胞における抗菌ペプチド遺伝子発現のマイクロアレイ法による解析,
第52回秋季日本歯周病学会学術大会, Vol.51, 90, 2009年10月.
128. 木戸 淳一, 片岡 正俊, 日野 真美, 板東 美香, 廣島 佑香, 永田 俊彦 :
歯周病バイオマーカーのマイクロチップ基板を用いた測定と歯周病診断への応用,
第2回日本口腔検査学会, 28, 2009年10月.
129. 木戸 淳一, 片岡 正俊, 板東 美香, 廣島 佑香, 美原(和田) 智恵, 永田 俊彦 :
マイクロチップ基板を用いたカルプロテクチンの測定‐歯周病診断法への応用の可能性について‐,
第52回春季日本歯周病学会学術大会, Vol.51, 114, 2009年5月.
130. 大場 博史, 瀬戸 浩行, 和田 智恵, 濱 秀樹, 堀部 ますみ, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット実験的歯周炎における乳塩基性タンパク質の歯槽骨吸収改善効果,
第48回秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
131. 和田 智恵, 堀部 ますみ, 瀬戸 浩行, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
サイクロスポリンAがラット歯槽骨骨代謝に及ぼす影響,
第48回秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
132. 瀬戸 浩行, 二宮 雅美, 和田 智恵, 福本 善和, 片岡 正俊, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
Ca拮抗薬による歯肉増殖症の病態と治療,
第20回日本歯科医学会総会, Vol.57, No.4, 99, 2004年10月.
133. 二宮 雅美, 瀬戸 浩行, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
KCB-1D(FGF-2)による第Ⅱ相歯周組織再生試験, --- KCB-1Dにより著明な改善が認められたー症例 ---,
第47回秋季日本歯周病学会学術大会, 2004年10月.
134. 濵 秀樹, 東 秀樹, 瀬戸 浩行, 二宮 雅美, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
エナメルマトリックス蛋白による骨芽細胞分化抑制作用および活性型TGF-βの関与,
日本歯周病学会会誌, Vol.46, 114, 2004年5月.
135. 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
再生不良性貧血患者に認められたサイクロスポリンA誘発性歯肉増殖症の一例,
日本歯科保存学会2003年度秋季学会(第119回), Vol.46, 206, 2003年11月.
136. 東 智子, 張 剛太, 鈴木 敬三, 吉田 賀弥, 堀部 ますみ, 中村 輝夫, 二宮 雅美, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
糖尿病性腎症患者の歯周病罹患に関する疫学的研究,
日本歯周病学会会誌, 2003年4月.
137. 大石 慶二, 大石 美佳, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ヘルトビッヒ上皮鞘細胞と歯根膜細胞の共存培養における形質の変化,
日本歯周病学会会誌, Vol.44, 128, 2002年4月.
138. 濵 秀樹, 大石 美佳, 二宮 雅美, 片岡 正俊, 木戸 淳一 :
ラット株化歯髄細胞におけるCbfa1の発現,
日本歯科保存学会 2001年度 秋季学会(第115回), Vol.44, 37, 2001年11月.
139. 二宮 雅美, 山内 規進, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
下顎全歯に認められた著明なセメント質過形成の一症例,
第44回秋季日本歯周病学会学術大会, 176, 2001年10月.
140. A Takemura, Masami Ninomiya, T ohba, K Kunikiyo, H Azuma, H Hama, (名) Suryono, H Shinohara, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Effects of novel MMP inhibitor on experimental periodontitis in hamsters,
79th International Association for Dental Research(LADR), Jun. 2001.
141. 大石 慶二, M. Zeichner-David, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ヘルトビッヒ上皮鞘細胞の分離培養とその性質,
日本歯周病学会会誌, Vol.43, 98, 2001年4月.
142. 大石 美佳, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
上顎臼傍結節内にみられた歯髄腔の存在について,
日本歯科保存学雑誌, Vol.41, 169, 1998年10月.
143. 池戸 大, 大石 慶二, 山内 規進, 片岡 正俊, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
フェニトインが骨芽細胞の分化に及ぼす影響,
日本歯周病学会会誌, Vol.40, 113, 1998年9月.
144. 中村 輝夫, 木戸 淳一, 木戸 玲子, 大石 慶二, 山内 規進, 片岡 正俊, 永田 俊彦 :
歯周疾患の活動性指標としてのCalprotectinの有用性,
日本歯周病学会会誌, Vol.40, No.0, 87, 1998年4月.
(CiNii: 110003991609)
145. 中村 輝夫, 木戸 淳一, 木戸 玲子, 大石 慶二, 山内 規進, 片岡 正俊, 永田 俊彦 :
歯周疾患活動性指標としてのCalprotectin応用の可能性 臨床指標及び歯肉溝滲出液中の生化学的指標との相関について,
日本歯科保存学雑誌, Vol.41, 74, 1998年4月.
146. 池戸 大, 大石 慶二, 中村 輝夫, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
骨芽細胞における骨シアロ蛋白の役割 : アンチセンスDNAを用いた蛋白発現の抑制,
日本歯周病学会会誌, Vol.39, No.0, 106, 1997年9月.
(CiNii: 110003991288)
147. 中野 恵子, 山内 規進, 大石 慶二, 片岡 正俊, 木戸 淳一, 西川 聖二, 永田 俊彦 :
ラット骨原性細胞培養系におけるプロスタグランディンE_2の基質石灰化に及ぼす影響,
日本歯周病学会会誌, Vol.38, No.0, 111, 1996年9月.
(CiNii: 110003990975)
148. 木戸 淳一, 山内 規進, 大石 慶二, 西川 聖二, 石田 浩, 永田 俊彦, 上野 明道 :
ヒト前立腺癌細胞の培養上清中に存在する骨原性細胞分化調節因子について,
日本歯周病学会会誌, Vol.38, No.0, 146, 1996年3月.
(CiNii: 110003991145)
149. 木戸 淳一, 大石 慶二, 山内 規進, 篠原 啓之, 西川 聖二, 石田 浩, 永田 俊彦 :
歯石中のカルシウム結合性蛋白に関する研究 : オステオポンティン及びカルプロテクチンの同定,
日本歯周病学会会誌, Vol.37, No.0, 102, 1995年9月.
(CiNii: 110003990688)
150. 山内 規進, 大石 慶二, 木戸 淳一, 西川 聖二, 永田 俊彦, 石田 浩, 上野 明道, 野々村 祝夫, 児島 康行, 三木 恒治, 奥山 明彦 :
ヒト前立腺癌細胞の培養上清中に存在する骨原性細胞分化抑制因子について,
日本歯科保存学雑誌, Vol.38, No.0, 59, 1995年9月.
(CiNii: 10005681186)
151. 大石 慶二, 山内 規進, 大石 美佳, 木戸 淳一, 西川 聖二, 石田 浩, 永田 俊彦 :
レチノイン酸が骨芽細胞の分化に及ぼす影響 細胞の分化段階で異なる作用について,
日本歯周病学会会誌, Vol.37, 105, 1995年9月.

その他・研究会:

1. 木戸 淳一 :
バイオマーカーを用いた歯周病診断は夜明けを迎えるか?,
第35回薫風会臨床セミナー, 2016年8月.
2. 木戸 淳一 :
糖尿病関連歯周炎の病態・診断・治療,
平成28年度 徳島糖尿病専門医講演会「医科歯科連携について考える」, 2016年7月.
3. 二宮 雅美, 米田 哲, 堀部 ますみ, 美原 智恵, 稲垣 裕司, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
FGF-2による歯周組織再生療法,
第10回 徳島Bone Forum, 2010年12月.
4. 稲垣 裕司, 吉田 賀弥, 大場 博史, 中島 由紀子, 瀬戸 浩行, 木戸 淳一, 羽地 達次, 永田 俊彦 :
高血糖は歯髄組織におけるオステオポンチン産生と病的石灰化を促進する,
第1回骨バイオサイエンス研究会 (岡山), 2010年6月.
5. 稲垣 裕司, 吉田 賀弥, 大場 博史, 中島 由紀子, 瀬戸 浩行, 木戸 淳一, 羽地 達次, 永田 俊彦 :
高血糖は歯髄組織におけるオステオポンチン産生と病的石灰化を促進する,
第1回骨バイオサイエンス研究会 (岡山), 2010年6月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 糖尿病患者の歯周病重症化におけるIL-1作用と老齢性テストステロン低下の相乗効果 (研究課題/領域番号: 19K10131 )
  • 細菌感染による死細胞を認識する自然免疫受容体Mincleの歯髄における役割の解明 (研究課題/領域番号: 18K09577 )
  • 人工細胞を用いたオーラルケアシステムの基礎研究 (研究課題/領域番号: 17H04418 )
  • 糖尿病関連歯周炎のIL-6動態に着目したマクロファージ・線維芽細胞クロストーク (研究課題/領域番号: 16K11832 )
  • 細胞性バイオマーカーを用いたインプラント疾患の診断とデバイス開発 (研究課題/領域番号: 15K15767 )
  • 最終糖化産物とインフラマソームの関連から探る糖尿病関連歯周炎の病態 (研究課題/領域番号: 15K11391 )
  • 歯周炎・糖尿病・リウマチの共通リスクサイトカイン遺伝子の解明 (研究課題/領域番号: 25253104 )
  • 低酸素誘導因子の歯周病への影響とその抑制蛋白の治療薬としての可能性 (研究課題/領域番号: 24593125 )
  • インプラント周囲炎における特異的血清抗体価を用いた客観的診断法の開発 (研究課題/領域番号: 23593062 )
  • マイクロデバイスを用いたカルプロテクチン測定による歯周病診断法の開発 (研究課題/領域番号: 21592625 )
  • 歯髄細胞におけるオスモティックストレスと硬組織形成能に関する細胞生物学的解析 (研究課題/領域番号: 19659498 )
  • 歯周組織のロバストネスに視点をおいた歯周病予防法の研究 (研究課題/領域番号: 19592388 )
  • 歯周疾患活動性マーカーの迅速測定デバイスの開発 (研究課題/領域番号: 18592262 )
  • ヘルトビッヒ上皮鞘細胞の発現するセメント質形成誘導因子の検索 (研究課題/領域番号: 15592191 )
  • 口腔上皮細胞でのカルプロテクチンの発現調節機構の解明と歯周治療応用への基礎研究 (研究課題/領域番号: 15592190 )
  • サイクロスポリンAによる歯肉線維芽細胞のコラーゲン分解におけるAP-1の役割 (研究課題/領域番号: 14571983 )
  • 歯周病におけるカルプロテクチンを介した生体防御機構の解明 (研究課題/領域番号: 13672188 )
  • ヘルトウィッヒ上皮鞘細胞を用いたセメント質の形成誘導機構に関する研究 (研究課題/領域番号: 12672036 )
  • 腎透析患者におけるカルシウム代謝異常と歯周疾患罹患度との相関 (研究課題/領域番号: 11877367 )
  • ラットを用いたサイクロスポリA誘発性歯肉増殖症におけるインテグリンに関する研究 (研究課題/領域番号: 11672083 )
  • 歯周病患者における歯槽骨吸収活性診断キットの開発 (研究課題/領域番号: 11557168 )
  • ストレスと歯周疾患全身疾患に関する総合的研究 (研究課題/領域番号: 11470462 )
  • ニフエジピン歯肉増殖症におけるアポトーシス (研究課題/領域番号: 07457457 )
  • 唾液分泌促進剤でリン酸化される唾液腺蛋白の生理的役割に関する研究 (研究課題/領域番号: 02454427 )
  • 研究者番号(10195315)による検索