検索:
徳島大学 > 大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部 > 創生科学研究部門 > 地域創生科学分野 >
徳島大学 > 総合科学部 > 社会創生学科 > 地域創生コース >

研究活動

専門分野

社会学 (Sociology)

研究テーマ

エスニシティ論,移民研究,社会運動論 (政治社会学 (political sociology), 経済社会学 (economic sociology), 戦略 (strategy))

著書・論文

著書:

1.樋口 直人 :
日本型排外主義, --- 在特会・外国人参政権・東アジア地政学 ---,
名古屋大学出版会, 名古屋, 2014年2月.
2.樋口 直人 :
日本のエスニック·ビジネス,
世界思想社, 京都, 2012年4月.
3.移住連貧困プロジェクト, 樋口 直人 :
日本で暮らす移住者と貧困――いま,明らかになるその実態, --- 「『移住者と貧困』をめぐる基本視角」「アメリカの大学入試におけるアファーマティブ・アクション」「貧困層へと転落する在日南米人」「新たなボーダーライン層――オズワルド・ヒラモトさんの経験から」「『移住者と貧困』を指標でみる」 ---,
現代人文社, 東京, 2011年5月.
4.好井 裕明, 宮内 洋, 樋口 直人 :
<当事者>をめぐる社会学:調査での出会いを通して, --- あなたも当事者である:再帰的当事者論の方へ ---,
北大路書房, 京都, 2010年10月.
5.久保田 滋, 樋口 直人, 矢部 拓也, 高木 竜輔 :
再帰的近代の政治社会学, --- 吉野川可動堰問題と民主主義の実験 ---,
ミネルヴァ書房, 京都, 2008年2月.
6.Koichi Hasegawa, Naoki Yoshihara, Nanako Inaba and Naoto Higuchi :
Globalization, Minorities and Civil Society: Perspectives from Asian and Western Cities, --- Global Civil Society and Local Protest: Is an Alternative to Alter-globalization Possible? ---,
Trans Pacific Press, Melbourne, Feb. 2008.
7.樋口 直人, 稲葉 奈々子, 丹野 清人, 福田 友子, 岡井 宏文 :
国境を越える, --- 滞日ムスリム移民の社会学 ---,
青弓社, 東京, 2007年10月.
8.Sidney Tarrow, 大畑 裕嗣, 樋口 直人 :
社会運動の力, --- 集合行為の比較社会学 ---,
彩流社, 東京, 2006年4月.
9.梶田 孝道, 樋口 直人 :
新·国際社会学, --- エスニシティの社会学 ---,
名古屋大学出版会, 名古屋, 2005年8月.
10.梶田 孝道, 丹野 清人, 樋口 直人 :
顔の見えない定住化, --- 日系ブラジル人と国家·市場·移民ネットワーク ---,
名古屋大学出版会, 名古屋, 2005年2月.
11.曾良中 清司, 長谷川 公一, 町村 敬志, 樋口 直人 :
社会運動という公共空間, --- 理論と方法のフロンティア ---,
成文堂, 東京, 2004年5月.
12.大畑 裕嗣, 成 元哲, 道場 親信, 樋口 直人 :
社会運動の社会学,
株式会社 有斐閣, 東京, 2004年5月.
13.梶田 孝道, 樋口 直人 :
国際化する日本社会, --- 外国人の政治参加─外国人参政権,外国人会議,社会運動をめぐる行為戦略─ ---,
東京大学出版会, 東京, 2002年3月.
14.NIRAシティズンシップ研究会, 樋口 直人 :
多文化社会の選択─「シティズンシップ」の視点から─, --- 外国人参政権論の日本的構図─市民権論からのアプローチ─ ---,
日本経済評論社, 東京, 2001年10月.
15.宮島 喬, 樋口 直人 :
外国人市民と政治参加, --- 対抗と協力─市政決定メカニズムのなかで─ ---,
有信堂, 東京, 2000年3月.
16.宮島 喬, 樋口 直人 :
外国人労働者から市民へ─地域社会の視点と課題から─, --- 医療·社会保障─生存権の観点から─ ---,
株式会社 有斐閣, 東京, 1996年9月.

学術論文(審査論文):

1.樋口 直人 :
日本型排外主義の背景, --- なぜ今になってヘイトスピーチが跋扈するのか ---,
日本の科学者, Vol.49, No.12, 2014年.
2.樋口 直人, 松谷 満 :
右翼から極右へ?, --- 日本版極右としての石原慎太郎の支持基盤をめぐって ---,
理論と動態, No.5, 2013年.
3.樋口 直人 :
極右政党の社会的基盤, --- 支持者像と支持の論理をめぐる先行研究の検討 ---,
アジア太平洋レビュー, No.10, 2013年.
4.Naoto Higuchi and Nanako Inaba :
Les vingt ans perdus des travailleurs latino-américains «Nikkei» au Japon, --- Analyse sur l'augmentation radicale du taux de chômage de la population latino-américaine après la crise économique de 2008 ---,
Hommes et Migrations, No.1302, 2013.
5.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
フロレンシオ・バレラの野郎ども, --- 藤沢市湘南台におけるアルゼンチン系コミュニティ,1988-2012 ---,
都市社会研究, No.5, 2013年.
6.大曲 由起子, 高谷 幸, 樋口 直人, 鍛治 致, 稲葉 奈々子 :
『移住者と貧困』をめぐるアドボカシー, --- 移住連貧困プロジェクトの取り組みから ---,
多言語・多文化――実践と研究, No.4, 2012年.
7.樋口 直人 :
排外主義運動のミクロ動員過程, --- なぜ在特会は動員に成功したのか ---,
アジア太平洋レビュー, No.9, 2012年.
8.原田 峻, 高木 竜輔, 松谷 満, 申 琪榮, 樋口 直人, 稲葉 奈々子, 成 元哲 :
政権交代と社会運動をめぐるイシュー·アテンション, --- 民主党政権前後を事例として ---,
茨城大学人文コミュニケーション学科論集, No.13, 2012年.
9.Naoto Higuchi and Nanako Inaba :
Migrant Workers Enchanted with Consumer Society, --- Transnationalism and Global Consumer Culture in Bangladesh ---,
Inter-Asia Cultural Studies, Vol.13, No.1, pp.22--35, 2012.
(DOI: 10.1080/14649373.2012.636869,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
10.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
前史でないデカセギ前史, --- 南米から沖縄への帰還移民をめぐって ---,
アジア太平洋レビュー, Vol.0, No.8, 23〜36頁, 2011年.
(CiNii: 40019167373)
11.樋口 直人 :
在日外国人のエスニック・ビジネス, --- 国籍間比較の試み ---,
アジア太平洋レビュー, No.7, 2〜16頁, 2010年.
(CiNii: 40017293758)
12.樋口 直人 :
都市エスニシティ研究の再構築に向けて, --- 都市社会学者は何を見ないできたのか ---,
年報社会学論集, No.23, 2010年.
13.樋口 直人 :
経済危機と在日日系南米人, --- 何が大量失業・帰国をもたらしたのか ---,
大原社会問題研究所雑誌, No.622, 50〜66頁, 2010年.
14.Naoto Higuchi :
Migrant Networks across Borders?, --- Testing the Case of Brazilian Entrepreneurs in Japan ---,
Journal of Identity and Migration Studies, Vol.4, No.1, 2010.
15.樋口 直人, 伊藤 美登里, 田辺 俊介, 松谷 満 :
アクティビズムの遺産はなぜ相続されないのか, --- 日本における新しい社会運動の担い手をめぐって ---,
アジア太平洋レビュー, No.5, 2008年.
16.Naoto Higuchi :
Do Transnational Migrants Transplant Social Networks?, --- Analyzing the Social Capital of Brazilian Entrepreneurs in Japan ---,
Changing Identities and Networks in the Globalizing World: Negotiation, Conflict Prevention and Conflict Resolution in Everyday Life, pp.105--121, 2008.
17.樋口 直人 :
再帰的近代における民主化運動の憂鬱, --- 徳島における住民運動を事例として ---,
翰林日本学, No.12, 67〜107頁, 2007年.
18.Naoto Higuchi :
La migración brasileña a Japón, --- Tendencias, modalidades e impacto ---,
Migración Internacional y Desarrollo en América Latina y el Caribe, pp.125--155, 2007.
19.Naoto Higuchi :
Remittances, Investments and Social Mobility among Bangladeshi and Iranian Returnees from Japan,
Proceedings for the 8th Asia and Pacific Migration Research Network Conference on Migration, Development and Poverty Reduction, pp.145--158, 2007.
20.樋口 直人 :
多民族社会の境界設定とエスニック・ビジネス,
庄司博史・金美善編『多民族のあらわしかた──特展「多みんぞくニホン」をめぐって』, 33〜43頁, 2006年.
21.樋口 直人 :
分野別研究動向(移民・エスニシティ・ナショナリズム), --- 国際社会学の第2ラウンドに向けて ---,
社会学評論, Vol.57, No.3, 634〜649頁, 2006年.
22.松谷 満, 高木 竜輔, 丸山 真央, 樋口 直人 :
日本版極右はいかにして受容されるのか, --- 石原慎太郎・東京都知事の支持基盤をめぐって ---,
アジア太平洋レビュー, No.3, 39〜52頁, 2006年.
23.松谷 満, 高木 竜輔, 丸山 真央, 村瀬 博志, 樋口 直人 :
「受け入れ」と「統合」をめぐる社会意識, --- 何が外国人問題への態度を規定するのか ---,
アジア太平洋レビュー, No.2, 2〜15頁, 2005年.
24.Naoto Higuchi and Kiyoto Tanno :
What's Driving Brazil-Japan Migration?, --- The Making and the Remaking of Brazilian Niche in Japan ---,
International Journal of Japanese Sociology, Vol.12, pp.33--47, 2003.
(CiNii: 110000071980)
25.Mutsuo Yamada and Naoto Higuchi :
Immigration Latinoamericana, --- Migration Process of Nikkei Brazilians ---,
pp.379--406, 2003.
26.樋口 直人 :
国際移民の組織的基盤, --- 移住システム論の意義と課題 ---,
ソシオロジ, Vol.47, No.2, 55〜71頁, 2002年.
(CiNii: 110000250396)
27.樋口 直人 :
国際移民におけるメゾレベルの役割, --- マクロ-ミクロモデルをこえて ---,
社会学評論, Vol.52, No.4, 74〜88頁, 2002年.
28.樋口 直人 :
外国人の行政参加システム, --- 外国人諮問機関の検討を通じて ---,
都市問題, Vol.92, No.4, 69〜79頁, 2001年.
29.小ヶ谷 千穂, 稲葉 奈々子, 小笠原 公子, 丹野 清人, 樋口 直人 :
移住労働者のエンパワーメントに向けて, --- 支援組織による取り組みを中心に ---,
茨城大学地域総合研究所年報, No.34, 33〜57頁, 2001年.
(CiNii: 40004087169)
30.樋口 直人 :
社会運動のミクロ分析,
ソシオロジ, Vol.44, No.1, 71〜86頁, 1999年.
31.樋口 直人, 中澤 秀雄, 水澤 弘光 :
住民運動の組織戦略, --- 政治的機会構造と誘因構造に注目して ---,
社会学評論, Vol.49, No.4, 12〜26頁, 1999年.
32.樋口 直人 :
個人戦略とエスニシティ,
一橋論叢, Vol.121, No.2, 198〜212頁, 1999年.
33.中澤 秀雄, 成 元哲, 樋口 直人, 角 一典, 水澤 弘光 :
環境運動における抗議サイクル形成の論理, --- 構造的ストレーンと政治的機会構造の比較分析(1968-82) ---,
環境社会学研究, No.4, 142〜157頁, 1998年.
34.樋口 直人, 丹野 清人, 樋口 里華 :
越境する食文化と移民ネットワーク, --- 在日ムスリム移民の増加とハラール食品産業の展開 ---,
食生活研究, Vol.19, No.3, 3〜12頁, 1998年.
35.樋口 直人, 高橋 幸恵 :
在日ブラジル出身者のエスニック·ビジネス, --- 企業家供給システムの発展と市場の広がりを中心に ---,
イベロアメリカ研究, Vol.20, No.1, 1〜15頁, 1998年.
36.樋口 直人, 高橋 幸恵 :
エスニック·サブカルチャーから市民参加へ?, --- ニューカマー外国人による政治参加の条件 ---,
年報社会学論集, No.11, 83〜94頁, 1998年.
37.稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
脱産業社会の社会運動?, --- フランスにおける住宅への権利運動を中心に ---,
ソシオロゴス, No.19, 28〜43頁, 1997年.
38.樋口 直人 :
宗教市場と移民,
現代社会理論研究, No.5, 45〜55頁, 1995年.

学術論文(紀要・その他):

1.Naoto Higuchi :
Japan's Far Right in East Asian Geopolitics, --- The Anatomy of New Xenophobic Movements ---,
Social Science Research University of Tokushima, No.28, 2014.
2.Naoto Higuchi :
Global Economic Crisis and the Fate of Brazilian Workers in Japan,
Social Science Research University of Tokushima, No.28, 2014.
3.髙谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致, 稲葉 奈々子 :
1980年国勢調査にみる在日外国人の仕事,
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要, No.37, 2014年.
4.髙谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致, 稲葉 奈々子 :
家族・ジェンダーからみる在日外国人, --- 1980,85年国勢調査分析 ---,
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要, No.37, 2014年.
5.稲葉 奈々子, 大曲 由起子, 髙谷 幸, 樋口 直人, 鍛治 致 :
1985年国勢調査にみる在日外国人の仕事,
茨城大学人文コミュニケーション学科論集, No.17, 2014年.
6.樋口 直人 :
日本型多文化共生を越えて, --- 南米系移民の経験が示す移民政策への含意 ---,
別冊環, No.31, 2014年.
7.高谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致, 稲葉 奈々子 :
1990年国勢調査からみる在日外国人の結婚と仕事・住居,
文化共生学研究, No.13, 2014年.
8.高谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致, 稲葉 奈々子 :
1990年国勢調査にみる在日外国人の仕事,
文化共生学研究, No.13, 2014年.
9.樋口 直人 :
在特会の論理(23), --- インターネットで世界が変わったW氏の場合 ---,
徳島大学地域科学研究, No.3, 2013年.
10.高谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致, 稲葉 奈々子 :
1990年国勢調査にみる外国人の教育, --- 外国人青少年の家庭背景・進学・結婚 ---,
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要, No.36, 2013年.
11.高谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致, 稲葉 奈々子 :
1995年国勢調査にみる在日外国人女性の結婚と仕事・住居,
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要, No.36, 2013年.
12.高谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致, 稲葉 奈々子 :
1995年国勢調査にみる在日外国人の仕事,
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要, No.36, 2013年.
13.樋口 直人 :
排外主義運動の核心をつかむ, --- 在特会調査からみえてきたもの ---,
Journalism, No.282, 2013年.
14.稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
外国人労働市場・再考, --- アルゼンチン系労働者とイラン人労働者の比較を通じて ---,
茨城大学人文コミュニケーション学科論集, No.15, 2013年.
15.髙谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致 :
在日外国人女性の結婚・仕事・住居, --- 2005年国勢調査データ分析 ---,
文化共生学, No.12, 2013年.
16.髙谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致 :
2005年国勢調査にみる在日外国人の仕事,
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要, No.35, 2013年.
17.髙谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致 :
2005年国勢調査に見る外国人の教育, --- 外国人青少年の家庭背景・進学・結婚 ---,
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要, No.35, 2013年.
18.稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
滞日アルゼンチン系移民とジェンダー,
アジア太平洋研究センター年報, No.9, 2013年.
19.鍛治 致, 髙谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人 :
1995年と2000年の国勢調査に見る外国人の教育, --- 外国人青少年の家庭背景・進学・結婚 ---,
大阪成蹊大学マネジメント学部紀要, Vol.10, No.1, 2013年.
20.稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
失われた20年, --- 在日南米人はなぜ急減したのか ---,
茨城大学人文コミュニケーション学科論集, No.14, 2013年.
21.原田 峻, 高木 竜輔, 松谷 満, 申 琪榮, 樋口 直人, 稲葉 奈々子, 成 元哲 :
政権交代と社会運動, --- 論点整理の試み ---,
中京大学現代社会学部紀要, Vol.5, No.2, 2012年.
22.樋口 直人 :
東アジア地政学と外国人参政権, --- 日本版デニズンシップをめぐるアポリア ---,
社会志林, Vol.57, No.4, 2011年.
23.大曲 由起子, 高谷 幸, 鍛治 致, 稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
在学率と通学率から見る在日外国人青少年の教育, --- 2000年国勢調査データの分析から ---,
アジア太平洋研究センター年報, No.8, 31〜38頁, 2011年.
(CiNii: 40018766735)
24.大曲 由起子, 高谷 幸, 鍛治 致, 稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
家族・ジェンダーからみる在日外国人, --- 2000年国勢調査データの分析から ---,
茨城大学地域総合研究所年報, No.44, 11〜25頁, 2011年.
(CiNii: 40019039401)
25.大曲 由起子, 高谷 幸, 鍛治 致, 稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
在日外国人の仕事, --- 2000年国勢調査データの分析から ---,
茨城大学地域総合研究所年報, No.44, 27〜42頁, 2011年.
(CiNii: 40019039402)
26.樋口 直人 :
経済危機後の在日南米人人口の推移, --- 入管データの検討を通して ---,
徳島大学社会科学研究, No.24, 2011年.
27.樋口 直人 :
「多文化共生」再考,
アジア太平洋研究センター年報, No.7, 3〜10頁, 2010年.
(CiNii: 40017012419)
28.樋口 直人, 矢部 拓也, 松谷 満, 高木 竜輔 :
改革派知事の16年, --- 高知・橋本県政は何を変えたのか ---,
徳島大学社会科学研究, No.23, 2010年.
29.Naoto Higuchi, Midori Ito, Shunsuke Tanabe and Mitsutu Matsutani :
Explaining Japan's Lack of Green Parties, --- A Social-Milieu Approach ---,
Social Science Research University of Tokushima, Vol.23, No.23, pp.73--105, 2010.
(CiNii: 110007590343)
30.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
アルゼンチンからのデカセギ研究・序説, --- デカセギの概要と仮説提示の試み ---,
茨城大学地域総合研究所年報, No.42, 2009年.
31.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
滞日イラン人の求職と転職, --- 出稼ぎイラン人の軌跡・滞日編 ---,
徳島大学社会科学研究, No.22, 2009年.
32.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
滞日イラン人・帰国の経緯とその後, --- 出稼ぎイラン人の軌跡・離日編 ---,
茨城大学地域総合研究所年報, No.41, 67〜79頁, 2008年.
33.稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
「もう1つのグローバル化」へのオルタナティブ, --- 世界社会フォーラムと「声なき者」の声 ---,
アジア太平洋研究センター年報, Vol.0, No.5, 3〜10頁, 2008年.
(CiNii: 40015944369)
34.高木 竜輔, 松谷 満, 丸山 真央, 矢部 拓也, 樋口 直人 :
嘉田県政誕生をめぐる有権者意識と投票行動, --- 「漁船」はなぜ「軍艦」に勝てたのか ---,
徳島大学社会科学研究, No.21, 1〜43頁, 2008年.
35.村瀬 博志, 樋口 直人 :
制度政治とサブ政治の相克, --- 日本版「緑赤連合」の軌跡 ---,
徳島大学社会科学研究, No.21, 107〜130頁, 2008年.
36.丸山 真央, 高木 竜輔, 久保田 滋, 樋口 直人, 松谷 満, 矢部 拓也 :
ポピュリズムと底辺民主主義の隘路, --- 2006年長野県知事選での田中康夫の敗北をめぐる投票行動 ---,
茨城大学地域総合研究所年報, No.40, 2007年.
37.Takuya YABE, Mitsutu Matsutani, Ryosuke Takaki, Masao Maruyama, Hiroshi Murase, Shigeru Kubota and Naoto Higuchi :
Social Consciousness and Local Politics under the Post-1955 Regime, --- analyzing Voting Behaviors in Tokushima, Japan ---,
Social Science Research University of Tokushima, No.20, 2007.
38.松谷 満, 伊藤 美登里, 久保田 滋, 樋口 直人, 矢部 拓也, 高木 竜輔, 丸山 真央 :
東京の社会的ミリューと政治, --- 2005年東京調査の予備的分析 ---,
徳島大学社会科学研究, No.20, 2007年.
39.松谷 満, 高木 竜輔, 丸山 真央, 久保田 滋, 樋口 直人, 矢部 拓也, 町村 敬志, 村瀬 博志 :
劇場型選挙のプロレゴメナ, --- 2005年総選挙における東京都民の投票行動と社会意識 ---,
茨城大学地域総合研究所年報, No.39, 103〜140頁, 2006年.
(CiNii: 40015160761)
40.高木 竜輔, 丸山 真央, 村瀬 博志, 久保田 滋, 矢部 拓也, 松谷 満, 樋口 直人, 松谷 満 :
住民投票と政治変動, --- 吉野川第十堰問題と民主主義の実験,1993-2004 ---,
徳島大学社会科学研究, Vol.19, No.19, 87〜186頁, 2006年.
(CiNii: 110006555951)
41.丸山 真央, 高木 竜輔, 村瀬 博志, 久保田 滋, 樋口 直人, 矢部 拓也, 松谷 満 :
誰が改革派知事を支持するのか, --- 橋本大二郎·高知県知事への投票行動を中心に ---,
徳島大学社会科学研究, Vol.19, No.19, 187〜229頁, 2006年.
(CiNii: 110006555952)
42.稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
イラン人来日の背景と経緯, --- 出稼ぎイラン人の軌跡·渡日編 ---,
コミュニケーション学科論集, No.19, 157〜192頁, 2006年.
(CiNii: 120000991215)
43.高木 竜輔, 丸山 真央, 村瀬 博志, 久保田 滋, 矢部 拓也, 樋口 直人 :
ポスト55年体制下の社会意識と地方政治, --- 徳島市における投票行動の分析を通じて ---,
茨城大学地域総合研究所年報, No.38, 37〜61頁, 2005年.
44.樋口 直人 :
国際移民と社会的ネットワークの再編成, --- 滞日ブラジル人企業家を事例として ---,
徳島大学社会科学研究, No.18, 1〜22頁, 2004年.
45.樋口 直人 :
政治地図の変容とプロト·コミュニティ, --- 社会運動の新たな可能性 ---,
季刊ピープルズ·プラン, No.28, 111〜118頁, 2004年.
46.樋口 里華, 稲葉 奈々子, 丹野 清人, 樋口 直人 :
ネットワークは国境を越えて, --- 帰国したイラン人労働者が不動産開発を始めるまで ---,
九州国際大学国際商学部論集, Vol.15, No.1-2, 91〜105頁, 2004年.
47.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
マージナル化か,ニッチ形成か, --- 滞日バングラデシュ人の労働市場,1985-2001 ---,
茨城大学地域総合研究所年報, No.37, 2004年.
(CiNii: 120003142996)
48.稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
滞日バングラデシュ人の職業経歴,
コミュニケーション学科論集, Vol.14, No.14, 89〜106頁, 2003年.
(CiNii: 110000965836)
49.稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
地域統合と非正規滞在者の創出, --- 欧米における移民規制のジレンマ ---,
月刊自治研, No.7, 65〜72頁, 2003年.
50.樋口 直人, 成 元哲, 角 一典, 中澤 秀雄, 水澤 弘光 :
現代日本における環境リスクの動態,1975-1995, --- 「有害化学物質」をめぐるリスク認知とコミュニケーションの変遷 ---,
中京大学社会学部紀要, Vol.17, No.1, 113〜150頁, 2003年.
(CiNii: 40005772284)
51.成 元哲, 中澤 秀雄, 角 一典, 水澤 弘光, 樋口 直人 :
政治的機会構造と文化的フレーミングの統合モデルをめざして, --- 戦後日本の住民運動の盛衰と抗議レパートリーを事例として ---,
徳島大学社会科学研究, Vol.16, No.16, 1〜30頁, 2003年.
(CiNii: 110006555933)
52.久保田 滋, 樋口 直人, 高木 竜輔 :
住民投票と地域住民, --- 吉野川可動堰建設をめぐる徳島市民の反応をめぐって ---,
徳島大学社会科学研究, Vol.15, No.15, 161〜255頁, 2002年.
(CiNii: 110006555926)
53.Naoto Higuchi :
Political Participation of Noncitizens in Japan, --- Continuity and Change in the 1990s ---,
Social Science Research University of Tokushima, Vol.15, No.15, pp.257--271, 2002.
(CiNii: 110006555927)
54.Nanako Inaba, Chiho Ogaya, Kimiko Ogasawara, Kiyoto Tanno and Naoto Higuchi :
Empowerment of Migrants in Japan, --- Examining Education Programs of Migrant-concerned NGOs ---,
Communication Studies Ibaraki University, No.10, pp.87--129, 2001.
55.樋口 直人 :
ブラジル·パラナ州における日系人労働者斡旋組織,
徳島大学社会科学研究, No.14, 69〜90頁, 2001年.
56.井上 治子, 成 元哲, 中澤 秀雄, 角 一典, 樋口 直人 :
環境政策形成における環境運動の機能, --- 1968∼82年の住民運動と公害対策の関連を中心に ---,
地球環境研究, No.46, 7〜23頁, 2000年.
57.樋口 直人 :
食文化の越境とハラール食品産業の形成, --- 在日ムスリムを事例として ---,
徳島大学社会科学研究, No.13, 99〜131頁, 2000年.
58.樋口 直人 :
エスニック·サブカルチャーと資源動員, --- ニューカマー外国人の経験的研究のために ---,
一橋研究, Vol.21, No.3, 137〜153頁, 1996年.

学術レター:

1.樋口 直人 :
『行動する保守』の論理(9), --- 国家革新の一部として排外主義運動に参加するθ氏の場合 ---,
徳島大学地域科学研究, No.3, 2013年.
2.樋口 直人 :
在特会の論理(25), --- 勉強サークルとしての在特会に参加したY氏の場合 ---,
徳島大学地域科学研究, No.3, 2013年.
3.樋口 直人 :
在特会の論理(24), --- 労組専従から右旋回したX氏の場合 ---,
徳島大学地域科学研究, No.3, 2013年.
4.樋口 直人 :
在特会の論理(22), --- 『日の丸をじいちゃんが掲げた』V氏の場合 ---,
徳島大学地域科学研究, No.3, 2013年.
5.樋口 直人 :
在特会の論理(21), --- インターナショナルスクールで学んだU氏の場合 ---,
徳島大学社会科学研究, No.27, 2013年.
6.樋口 直人 :
在特会の論理(20), --- 戸塚ヨットスクールに共鳴したT氏の場合 ---,
徳島大学社会科学研究, No.27, 2013年.
7.樋口 直人 :
在特会の論理(19), --- カナダで変わったS氏の場合 ---,
徳島大学社会科学研究, No.27, 2013年.
8.樋口 直人 :
『行動する保守』の論理(8), --- 『ネット右翼のカリスマ』Ζ氏の場合 ---,
茨城大学地域総合研究所年報, No.46, 2013年.
9.樋口 直人 :
『行動する保守』の論理(7), --- 右翼に弟子入りしたη氏の場合 ---,
アジア太平洋研究センター年報, No.9, 2013年.
10.樋口 直人 :
『行動する保守』の論理(6), --- 中国が重要だというα氏・再 ---,
徳島大学地域科学研究, Vol.2, 2012年.
11.樋口 直人 :
『行動する保守』の論理(5), --- トンデモ本から歴史問題をめぐる嫌悪感へ・ε氏の場合 ---,
徳島大学地域科学研究, Vol.2, 123〜133頁, 2012年.
(CiNii: 120005352778)
12.樋口 直人 :
在特会の論理(18), --- 職場にあった産経新聞を気に入ったR氏の場合 ---,
徳島大学社会科学研究, Vol.26, 2012年.
13.樋口 直人 :
在特会の論理(17), --- 1人で街宣していた動画に引き込まれたQ氏の場合 ---,
徳島大学社会科学研究, Vol.26, 2012年.
14.樋口 直人 :
在特会の論理(16), --- 歴史問題が気にかかっていたP氏の場合 ---,
徳島大学社会科学研究, Vol.26, 2012年.
15.樋口 直人 :
在特会の論理(15), --- 『元々右だった』O氏の場合 ---,
徳島大学社会科学研究, Vol.2, 2012年.
16.樋口 直人 :
在特会の論理(14), --- 交際相手に勧誘されたN氏の場合 ---,
徳島大学地域科学研究, Vol.2, 160〜164頁, 2012年.
(CiNii: 110009573878)
17.樋口 直人 :
在特会の論理(13), --- 大学時代から『正論』を読んでいたM氏の場合 ---,
徳島大学地域科学研究, Vol.2, 155〜159頁, 2012年.
(CiNii: 110009573873)
18.樋口 直人 :
在特会の論理(12), --- 在特会が多くの人に勇気を与えたというL氏の場合 ---,
徳島大学地域科学研究, Vol.2, 150〜154頁, 2012年.
(CiNii: 110009573864)
19.樋口 直人 :
在特会の論理(11), --- ノンポリ転じて活動家になったK氏の場合 ---,
徳島大学地域科学研究, Vol.2, 144〜149頁, 2012年.
(CiNii: 110009573829)
20.樋口 直人 :
東アジアという桎梏, --- 民主党政権下での外国人参政権をめぐる政治 ---,
日本政治学会, 2012年.
21.稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
デカセギと家族(15), --- 経済危機の影響・O一家の場合 ---,
茨城大学人文コミュニケーション学科論集, No.13, 2012年.
22.樋口 直人 :
在特会の論理(10), --- 愛国心と排外主義の間・J氏の場合 ---,
アジア太平洋研究センター年報, No.8, 2012年.
23.樋口 直人 :
『行動する保守』の論理(4), --- 「さらなる右」としての排外主義を実践するδ氏の場合 ---,
茨城大学地域総合研究所年報, No.45, 2012年.
24.稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
デカセギと家族(14), --- 派遣業の代替わり・N一家の場合 ---,
茨城大学地域総合研究所年報, No.45, 2012年.
25.樋口 直人 :
在特会の論理(9), --- 『創価学会をつぶす』動画に引き込まれたI氏の場合 ---,
徳島大学地域科学研究, No.1, 113〜123頁, 2012年.
(CiNii: 110008917805)
26.樋口 直人 :
在特会の論理(8), --- 『嫌韓流』を地で行くH氏の場合 ---,
徳島大学地域科学研究, No.25, 105〜111頁, 2012年.
(CiNii: 110008917790)
27.樋口 直人 :
在特会の論理(7), --- 『自分のなかで問題提起された』G氏の場合 ---,
徳島大学社会科学研究, No.25, 105〜107頁, 2012年.
(CiNii: 110008915730)
28.樋口 直人 :
在特会の論理(6), --- ワールドカップがきっかけとなったF氏の場合 ---,
徳島大学社会科学研究, No.25, 97〜104頁, 2012年.
(CiNii: 110008915728)
29.樋口 直人 :
在特会の論理(5), --- 『普通に生活できる時代』を取りもどしたいE氏の場合 ---,
徳島大学社会科学研究, No.25, 91〜95頁, 2012年.
(CiNii: 110008915725)
30.樋口 直人 :
在特会の論理(4), --- 教育勅語を暗記しているD氏の場合 ---,
徳島大学社会科学研究, No.25, 83〜89頁, 2012年.
(CiNii: 110008915718)
31.樋口 直人 :
在特会の論理(2), --- 『心震える歴史』を経験したB氏の場合 ---,
徳島大学社会科学研究, No.25, 65〜74頁, 2012年.
(CiNii: 110008915709)
32.樋口 直人 :
在特会の論理(1), --- 拉致問題で『舵が切り換った』A氏の場合 ---,
徳島大学社会科学研究, No.25, 53〜63頁, 2012年.
(CiNii: 110008915706)
33.樋口 直人 :
『行動する保守』の論理(3), --- 在特会から学んだγ氏の場合 ---,
徳島大学地域科学研究, Vol.1, 93〜104頁, 2012年.
(CiNii: 110008917788)
34.樋口 直人 :
『行動する保守』の論理(2), --- 外国人参政権に反対するβ氏の場合 ---,
徳島大学地域科学研究, Vol.1, 83〜91頁, 2012年.
(CiNii: 110008917755)
35.樋口 直人 :
『行動する保守』の論理(1), --- 中国が重要というα氏の場合 ---,
徳島大学地域科学研究, Vol.1, 71〜82頁, 2012年.
(CiNii: 110008917745)
36.稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
デカセギと家族(13), --- 沖縄に戻って成功したローストチキン・M一家の場合 ---,
茨城大学人文コミュニケーション学科論集, No.12, 2012年.
37.樋口 直人 :
在特会の論理(3), --- 『鬱憤ばらしじゃ続かない』C氏の場合 ---,
徳島大学社会科学研究, No.25, 75〜81頁, 2012年.
(CiNii: 110008915714)
38.稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
デカセギと家族(12), --- 沖縄に戻った家族・L一家の場合 ---,
茨城大学人文コミュニケーション学科論集, No.11, 105〜111頁, 2011年.
(CiNii: 40019043219)
39.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
デカセギと家族(11), --- 日本で育った子どもの日本への帰還・K一家の場合 ---,
徳島大学社会科学研究, No.24, 189〜202頁, 2011年.
(CiNii: 110008092489)
40.稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
デカセギと家族(10), --- ポスト花卉栽培の生業をめぐる苦悩・J一家の場合 ---,
茨城大学人文コミュニケーション学科論集, No.9, 2010年.
41.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
デカセギと家族(9), --- ライフコース上のそれぞれの帰結・I一家の場合 ---,
茨城大学地域総合研究所年報, No.43, 2010年.
42.樋口 直人 :
滞日経験を生かす外国人労働者,
東アジアへの視点, Vol.21, No.1, 2010年.
43.稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
デカセギと家族(7), --- 独立への2つの道・G一家の場合 ---,
茨城大学人文コミュニケーション学科論集, No.5, 2010年.
44.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
デカセギと家族(8), --- 兄弟の成功物語・H一家の場合 ---,
徳島大学社会科学研究, No.23, 2010年.
45.稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
デカセギと家族(6), --- ミドルクラスのハビトゥスと周辺的労働力という現実の間・F一家の場合 ---,
茨城大学社会科学科論集, No.4, 2009年.
46.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
デカセギと家族(5), --- 一家離散と再結合の過程・E一家の場合 ---,
茨城大学地域総合研究所年報, No.42, 2009年.
47.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
デカセギと家族(4), --- 日本で育った子どもが帰ってから・D一家の場合 ---,
徳島大学社会科学研究, No.22, 2009年.
48.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
デカセギと家族(3), --- 完全な定住と事実上の定住の間・C家の場合 ---,
茨城大学地域総合研究所年報, No.41, 117〜123頁, 2008年.
(CiNii: 120000991360)
49.稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
デカセギと家族(2), --- 農園維持の世帯戦略・B家の場合 ---,
茨城大学社会科学科論集, No.44, 129〜135頁, 2008年.
(CiNii: 40015958093)
50.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
デカセギと家族(1), --- デカセギの意図せざる結果・A家の場合 ---,
徳島大学社会科学研究, No.21, 131〜139頁, 2008年.
51.Naoto Higuchi :
Advocacy for Migrant's Access to Health in Japan,
Proceedings for 8th Regional Conference on Migration, ``Migration and Migrant Workers' Health & Well-being: Trends, Issues Needs and Strategic Responses,'', pp.65--66, 2004.
52.樋口 直人 :
テクノクラシーと底辺民主主義のはざまで, --- 徳島県知事選の政治社会学的考察 ---,
徳島大学社会科学研究, No.17, 199〜206頁, 2004年.
53.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
滞日バングラデシュ人労働者·出稼ぎの帰結, --- 帰還移民50人への聞き取りを通じて ---,
茨城大学地域総合研究所年報, No.36, 43〜66頁, 2003年.
(CiNii: 80015952911)
54.樋口 直人 :
エスニシティと経済的連帯, --- 金融講の形成を事例として ---,
一橋研究, Vol.23, No.3, 93〜103頁, 1998年.
55.樋口 直人 :
在日ブラジル人と日系新宗教, --- ニューカマー外国人と宗教I ---,
一橋研究, Vol.23, No.1, 161〜173頁, 1998年.

総説・解説:

1.樋口 直人 :
書評:鈴木洋仁著『「平成」論』,
公明新聞, 2014年9月.
2.樋口 直人 :
ニューカマー外国人の進学問題, --- 現状分析から行動へ ---,
Migrant Network, No.168, 3〜5頁, 2014年3月.
3.吉原 和夫, 樋口 直人 :
人の移動事典――日本からアジアへ・アジアから日本へ, --- 移民コミュニティの拡大とエスニック・ビジネス ---,
342〜343頁, 2013年11月.
4.樋口 直人 :
近隣諸国と排外主義運動,
外国人人権法連絡会編『外国人・民族的マイノリティ人権白書2013』, 2013年3月.
5.Naoto Higuchi :
Japan's Failure to Enfranchise its Permanent Resident Foreigners,
Asia Pacific Memo, No.145, Apr. 2012.
6.移住労働者と連帯する全国ネットワーク, 樋口 直人 :
移住者が暮らしやすい社会に変えていく30の方法, --- 「『派遣切り』の矢面に立たされる移住労働者」「エスニック・ショップへ行こう!」 ---,
2012年3月.
7.樋口 直人 :
排外主義運動の現段階,
外国人・民族的マイノリティ人権白書2012, 63〜65頁, 2012年3月.
8.樋口 直人 :
高校進学をめぐる国籍間格差, --- 2000年国勢調査にみる実態 ---,
解放教育, No.527, 2011年9月.
9.樋口 直人 :
岐路に立つ運動と政策, --- ラテンアメリカ人労働者の現状に寄せて ---,
Migrant's-ネット, No.141, 2011年6月.
10.樋口 直人 :
在日ブラジル人の大量失業と帰国,
外国人・民族的マイノリティ人権白書2011, 2011年3月.
11.樋口 直人 :
経済危機と在日南米系コミュニティ, --- 何をなすべきか ---,
ビジネス・レーバー・トレンド, Vol.2011, No.2, 11〜15頁, 2011年2月.
12.日本社会学会, 樋口 直人 :
社会学事典, --- 社会変動論 ---,
2010年6月.
13.樋口 直人 :
日系人の大量失業, --- 「もうひとつの派遣切り」の教訓 ---,
DEAR News, No.138, 2〜4頁, 2009年4月.
14.樋口 直人 :
賽は投げられた?, --- 自民党議連の提言は何を告げるのか ---,
Migrant's-ネット, No.113, 10〜12頁, 2008年10月.
15.樋口 直人 :
書評:二階堂裕子著『民族関係と地域福祉の都市社会学』,
ソシオロジ, Vol.53, No.1, 158〜162頁, 2008年5月.
16.樋口 直人 :
ブラジル移民・これまでの100年とこれからの100年, --- 狭間の悲劇から越境の可能性へ ---,
Migrant's-ネット, No.107, 3〜5頁, 2008年2月.
17.Naoto Higuchi :
Japan,
Asian Migrant Yearbook 2005, pp.167--174, Feb. 2008.
18.樋口 直人 :
まずはマイノリティ政策の拡充を,
白井美友紀編『日本国籍をとりますか?』, 193〜206頁, 2007年5月.
19.樋口 直人 :
社会をつくる, --- 現代社会と社会運動 ---,
宇都宮京子編『よくわかる社会学』, 144〜147頁, 2006年10月.
20.樋口 直人, 丸山 真央 :
外国人参政権と世論,
日·韓「共生社会」の展望─韓国で実現した外国人参政権, 65〜71頁, 2006年2月.
21.樋口 直人 :
地方市民権, --- 国民国家をどう超えるか ---,
日·韓「共生社会」の展望─韓国で実現した外国人参政権, 57〜64頁, 2006年2月.
22.Naoto Higuchi :
Japan,
Asian Migrant Yearbook 2003-4, pp.184--190, 2006.
23.樋口 直人 :
書評:町村敬志·吉見俊哉編『市民参加型社会とは──愛知万博計画過程と公共圏の再創造』,
書斎の窓, No.550, 2005年11月.
24.樋口 直人 :
エスニック·ビジネス,
事典 日本の多言語社会, 172〜174頁, 2005年10月.
25.樋口 直人 :
共生と排斥の社会心理, --- 「治安悪化」のスケープゴート ---,
外国人包囲網, 32〜37頁, 2004年9月.
26.Naoto Higuchi :
Japan,
Asian Migrant Yearbook 2002-3, pp.171--180, Jun. 2004.
27.庄司 博史, 樋口 直人 :
「エスニック·ビジネス」「日本のムスリム」,
多みんぞくニホン──在日外国人のくらし展, 60〜63頁, 2004年3月.
28.駒井 洋, 樋口 直人 :
新来·定住外国人がわかる事典, --- 「医療問題」「宗教」 ---,
116〜119頁, 1997年11月.

国際会議:

1.樋口 直人 :
日本型排外主義と在日コリアン,
国際シンポジウム「未来への責任:東アジアの和解と平和」, 2014年10月.
2.Naoto Higuchi and Nanako Inaba :
The Role of Human and Social Capital to Gain the Upper Hand in Migrant's Labor Market, --- The Case of Japanese-Argentina Workers in Japan ---,
Second ISA Forum on Sociology, Buenos Aires, Aug. 2012.
3.Naoto Higuchi :
Japan's Far Right in East Asian Geopolitics, --- The Anatomy of New Xenophobic Movements ---,
22nd World Congress of Political Science, Madrid, Jul. 2012.
4.Naoto Higuchi :
Citizenship Interrupted, --- The Debate on Foreigner's Suffrage in Japan ---,
Annual Conference of Association for Asian Studies, Honolulu, Apr. 2011.
5.Naoto Higuchi and Mitsutu Matsutani :
The Radical Right in Japan, --- The Radical Right in Japan: Converging to European Radical Rights? ---,
5th Annual Conference of Portuguese Political Science Association, Aveiro, Mar. 2010.
6.Naoto Higuchi and Mitsutu Matsutani :
Support for a Radical Right Politician in Japan, --- Converging to European Politics? ---,
Seminar of European Research Center on Migration and Ethnic Relations, Utrecht, Feb. 2010.
7.Naoto Higuchi, Mitsutu Matsutani, Takuya YABE and Ryosuke Takaki :
Local Parties under the Presidency System, --- The Rise of Nonpartisan Governors and Local Parties in Japan ---,
International Symposium on Independent Local Lists and Local Parties Challengers from Bottom Up? A comparative Perspective on the Emergence and Success of Minor Political Organisations and Their Impact on Party Systems, Halle, Nov. 2009.
8.Naoto Higuchi :
Toward a Comparative Analysis of Migration Networks and Migration Systems,,
International Summer School on Migrants' Network, Bochum, Oct. 2009.
9.Naoto Higuchi :
Mass Unemployment of Japanese Latin Americans as a Man-made Disaster, --- The Consequence of Labour Market Flexibilisation under the Economic Crisis in Japan ---,
COMPAS Annual Conference 2009: New Times? Economic Crisis, Geo-political Transformation and the Emergent Migration Order, Oxford, Sep. 2009.
10.Naoto Higuchi, Midori Ito, Shunsuke Tanabe and Mitsutu Matsutani :
Explaining Japan's Lack of Green Parties, --- A Social-Milieu Approach ---,
15th World Congress of Political Science, Jul. 2009.
11.Naoto Higuchi and Nanako Inaba :
Migrant Workers Enchanted with Consumer Society, --- Transnationalism, Global Consumer Culture and Migrant Families in Bangladesh ---,
Graduate Conference on Migration and Social Theory, Trento, Jun. 2009.
12.Naoto Higuchi :
Predicament of Brazilian Children in Japan, --- Economic Crisis as the Coup de Grace ---,
Side Event to the 11th United Nations Human Rights Council, Geneva, Jun. 2009.
13.Naoto Higuchi :
The Consequence of Labor Market Flexibilization, --- Economic Crisis and Mass Unemployment of Latin Americans in Japan ---,
Side Event to the 11th United Nations Human Rights Council, Geneva, Jun. 2009.
14.Naoto Higuchi and Nanako Inaba :
Learning to Labor, Trapped to Consumers, --- Adaptation and Alienation among Muslim Migrant Workers in Japan ---,
First ISA Forum on Sociology, Barcelona, Sep. 2008.
15.Naoto Higuchi and Nanako Inaba :
Learning to Labor, Trapped to Consumers, --- Adaptation and Alienation among Muslim Migrant Workers in Japan ---,
RC31-Inter-Congres Meeting "The Mediterranean: Between Passage, Movement, Settlement and Detention", Aix-en Provence, Jun. 2008.
16.Naoto Higuchi :
Savings, Businesses and Social Mobility of Bangladeshi and Iranian Returnees from Japan,
8th APMRN Conference on Migration, Development and Poverty Reduction, Fujian, May 2007.
17.Naoto Higuchi :
Do Transnational Migrants Transplant Social Networks?, --- Analyzing the Social Capital of Brazilian Entrepreneurs in Japan ---,
2nd International Symposium of the Afrasian Center for Peace and Development Studies, ``Changing Identities and Networks in the Globalizing World: Negotiation, Conflict Prevention and Conflict Resolution in Everyday Life, Melbourne, Feb. 2007.
18.Takuya YABE, Naoto Higuchi, Ryosuke Takaki and Hiroshi Murase :
Environmental Movements and the Rise of New Coalition Politics in Japan, --- The Dynamics of Voting Behavior in Tokushima, 1999-2004 ---,
20th World Congress of International Political Science Association, Fukuoka, Jul. 2006.
19.Naoto Higuchi :
Brazilian Migration to Japan, --- Trends, Modalities and Impact ---,
Expert Group Meeting on International Migration and Development in Latin America and the Caribbean, Mexico City, Nov. 2005.
20.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
バングラデシュ·移民·消費社会の夢,
国立民族学博物館シンポジウム「トランスボーダーの人類学」, 大阪, 2004年3月.
21.Naoto Higuchi :
Advocacy for Migrants' Access to Health in Japan,
7th Regional Conference on Migration, Dhaka, Oct. 2002.
22.Naoto Higuchi :
Toward a Comparative Analysis of MIgration Systems, --- The Case of Brazilian Return Migration to Japan ---,
14th World Congress of Sociology, Brisbane, Jul. 2002.
23.Naoto Higuchi :
Migration Process of Nikkei Brazilians,
International Symposium on Latin American Emigration, Osaka, Dec. 2001.
24.Naoto Higuchi :
National & Regional Advocacy Actions, Agenda & Organisational Needs in Japan,
6th Regional Conference on Migration, Jakarta, Jun. 2001.
25.Naoto Higuchi :
Political Participation of Foreign Residents,
International Symposium on "Differences and Convergences of Immigration Politics of Japan and Europe, Tokyo, Sep. 2000.
26.Naoto Higuchi :
Workers and Trade Union Perspective on Migrant Empowerment in Japan,
5th Regional Conference on Migration, Chiang Mai, Mar. 2000.
27.Hideo Nakazawa, Cheol Won Sung, Naoto Higuchi, Kazunori Kado and Hiromitsu Mizusawa :
Quantitative Analysis of Postwar Japanese Environmental Movement, --- Protest Waves from 1968 to 1982 ---,
13th World Congress of Sociology, Montreal, Jul. 1998.
28.Naoto Higuchi, Cheol Won Sung, Hideo Nakazawa, Kazunori Kado and Hiromitsu Mizusawa :
The Dynamics of Local Politics and Repertoires of Collective Action, --- The Case of Postwar Japan ---,
13th World Congress of Sociology, Montreal, Jul. 1998.

国内講演発表:

1.樋口 直人 :
何が排外主義を生み出すのか,
中京大学社会科学研究所学術講演会, 2014年9月.
2.樋口 直人 :
日本政治と排外主義運動, --- 剥奪による説明を越えて ---,
国際高麗学会, 2014年6月.
3.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
在日アルゼンチン系移民の二つの世界, --- 世代・年代と社会関係の構築をめぐって ---,
関東社会学会, 2014年6月.
4.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
大学進学と社会環境, --- 本土,沖縄,南米のラティーノの比較を通じて ---,
シンポジウム・ニューカマーの大学進学――進学格差の是正に向けて, 2014年3月.
5.樋口 直人 :
排外主義運動と既成保守, --- 保守の変容と排外主義運動との連続性をめぐって ---,
日本社会学会, 2013年10月.
6.樋口 直人 :
外国籍の子どもの教育, --- 高校進学・卒業という壁 ---,
ヒューライツ大阪, 2013年4月.
7.樋口 直人 :
外国人労働市場・再考, --- アルゼンチン系労働者とイラン人労働者の比較を通じて ---,
日本社会学会, 2012年11月.
8.樋口 直人 :
東アジアという桎梏, --- 民主党政権下における外国人参政権をめぐる政治 ---,
日本政治学会, 2012年10月.
9.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
フロレンシオ・バレラの野郎ども, --- 藤沢市湘南台のアルゼンチン系コミュニティ,1988-2012 ---,
関東社会学会, 2012年6月.
10.樋口 直人 :
移住者と貧困をめぐるロビーイングとアドボカシー, --- 社会運動論的分析 ---,
多言語・多文化社会研究全国フォーラム, 2011年11月.
11.成 元哲, 樋口 直人 :
政権交代と社会的イシューのポリティクス, --- (1)全体の問題関心と水俣病問題 ---,
日本社会学会, 2011年9月.
12.樋口 直人 :
批判的移民理論のために, --- (1)前国家的共生論の試み ---,
日本社会学会, 2011年9月.
13.樋口 直人 :
今こそ外国人参政権論を立て直す, --- 東アジアで考える ---,
シンポジウム「韓国で実現して5年 いま,外国人地方参政権を考える」, 2011年6月.
14.樋口 直人 :
経済危機と在日南米系コミュニティ, --- 何をなすべきか ---,
労働政策フォーラム, 2010年12月.
15.樋口 直人 :
現代地方政治変動論, --- (4)脱クライエンテリズム期における日本社会党の末路 ---,
日本社会学会, 2010年11月.
16.鍛治 致, 樋口 直人 :
進学格差をめぐる国籍間比較, --- 実態把握と分析 ---,
多言語・多文化社会研究全国フォーラム, 2010年11月.
17.樋口 直人 :
『移住者と貧困』をめぐる基本視角, --- 潜在能力の平等のために ---,
多言語・多文化社会研究全国フォーラム, 2010年11月.
18.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
アルゼンチンから日本へのデカセギを考える, --- (1)求職をめぐる人的資本と社会関係資本の分析 ---,
関東社会学会, 2010年6月.
19.松谷 満, 樋口 直人 :
欧州と日本の極右の収斂?, --- 日本版極右としての石原慎太郎の支持基盤をめぐって ---,
関東社会学会, 2010年6月.
20.稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
アルゼンチンから日本へのデカセギを考える, --- (2)日系アルゼンチン人の移住と世帯戦略 ---,
関東社会学会, 2010年6月.
21.樋口 直人 :
南米からのデカセギ・これまでの20年とこれからの20年, --- 脆弱性の解消という視点から ---,
地域の国際化セミナー2009「検証・多文化共生」, 2009年3月.
22.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
移動する家族の定錨, --- アルゼンチンからのデカセギと世帯再生産 ---,
関東社会学会, 2008年6月.
23.樋口 直人, 伊藤 美登里, 田辺 俊介, 松谷 満 :
アクティビズムの遺産はなぜ相続されないのか, --- 日本における社会運動の担い手をめぐって ---,
日仏会館シンポジウム「集合行為と闘争への関与・日仏比較」, 1〜16頁, 2008年5月.
24.樋口 直人 :
「共生」で排除と格差はなくなるか, --- 移住者の現状から ---,
<NGOと社会>の会公開シンポジウム「『官製』多文化共生を問う」, 2008年5月.
25.高木 竜輔, 松谷 満, 丸山 真央, 矢部 拓也, 久保田 滋, 樋口 直人 :
社会学者知事の誕生, --- 滋賀・嘉田県政はいかにして生まれたのか ---,
日本社会学会大会, 2007年11月.
26.樋口 直人 :
ミリューの政治社会学, --- (2)なぜ日本には緑の党がないのか ---,
日本社会学会大会, 2007年11月.
27.樋口 直人 :
エスニシティ研究と都市エスニシティ研究の間, --- 構造論的アプローチからの問い直し ---,
日本都市社会学会, 2007年9月.
28.樋口 直人 :
東京の社会的ミリューと政治, --- (6)石原慎太郎はなぜ好かれるのか,あるいは日本的極右の支持基盤をめぐって ---,
日本社会学会, 2006年10月.
29.樋口 直人 :
フランス都市暴動の社会学, --- (3)セキュリティと移民 ---,
関東社会学会, 2006年6月.
30.樋口 直人 :
住民投票と政治変動, --- (1)理論的背景と分析枠組み ---,
日本社会学会第78回大会, 2005年10月.
31.稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
滞日イラン人と親族ネットワークのダイナミズム, --- トルコ系シャーサバンにみる新しい遊牧のかたち ---,
関東社会学会, 2005年6月.
32.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
消費社会の夢とトランスナショナリズムの逆説, --- バングラデシュの移民家族と開発される欲望 ---,
関東社会学会, 2005年6月.
33.樋口 直人 :
ブラジルからのデカセギをめぐる問題の構図,
CAPP国際シンポジウム「移住者の人権と移住者コミュニティの安全-国際社会から見た日本の現状」, 2005年2月.
34.樋口 直人 :
モダニティの変容とエスニシティ,
日本社会学会, 2004年11月.
35.樋口 直人 :
地方市民権, --- 国民国家をどう超えるか ---,
日·韓·東アジアの「平和」と「共生」──定住外国人の地方参政権, 2004年11月.
36.樋口 直人 :
国際移民と社会的ネットワークの再編成, --- 社会的資本は越境するのか作り直されるのか ---,
関東社会学会, 2004年6月.
37.樋口 直人 :
マージナル化か,ニッチ形成か, --- 在日バングラデシュ人の労働市場,1985-2001 ---,
関東社会学会, 2003年6月.
38.樋口 直人 :
国際移民の制度分析(3), --- 移住過程と移住制度の多様性をめぐって ---,
関東社会学会, 2003年6月.
39.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
グローバル化と社会運動,
日本社会学会75回大会, 2002年11月.
40.樋口 直人 :
国際移民の組織的基盤, --- 移住システム論の意義と課題 ---,
関東社会学会49回大会, 2001年6月.
41.樋口 直人 :
エスニックな経済的連帯の再検討, --- 新経済社会学の位置づけをめぐって ---,
日本社会学会73回大会, 2000年11月.
42.樋口 直人 :
政治参加をめぐる機会·資源·戦略, --- 在日外国人はどのような戦略をとりうるのか ---,
関東社会学会48回大会, 2000年6月.
43.樋口 直人, 成 元哲, 中澤 秀雄, 角 一典, 水澤 弘光 :
高度成長期以降における環境リスク, --- 有害化学物質をめぐるリスクコミュニケーションの変遷 ---,
日本社会学会72回大会, 1999年11月.
44.樋口 直人 :
商業型移住システムの形成と展開, --- 在日ブラジル人の移住過程をめぐって ---,
都市社会学会17回大会, 1999年7月.
45.樋口 直人 :
外国人市民の社会参加と市政参加(2)市政参加の制度化とその帰結, --- 川崎市の事例を中心に ---,
関東社会学会47回大会, 1999年6月.
46.樋口 直人 :
エスニック·サブカルチャーから市民参加へ?, --- ニューカマー外国人による政治参加の条件 ---,
東北社会学会第2回研究例会, 1998年6月.
47.樋口 直人, 成 元哲, 中澤 秀雄, 角 一典, 水澤 弘光 :
政治的機会と誘因構造,
関東社会学会46回大会, 1998年6月.
48.成 元哲, 中澤 秀雄, 樋口 直人 :
社会運動のマクロ動態分析に向けて, --- イベント·ヒストリーの意義と可能性 ---,
日本社会学会70回大会, 1997年11月.
49.樋口 直人, 高橋 幸恵 :
在日ブラジル人のエスニック·ビジネス, --- エスニック·インフラストラクチャーの発展と今後の見通しを中心に ---,
日本社会学会70回大会, 1997年11月.
50.樋口 直人, 中澤 秀雄, 井上 治子, 成 元哲 :
政治文化と抗議サイクル,
関東社会学会45回大会, 1997年6月.
51.成 元哲, 井上 治子, 中澤 秀雄, 樋口 直人 :
機会構造と社会運動, --- 運動の社会的コンテキストはどこまで操作化できるか ---,
関東社会学会45回大会, 1997年6月.
52.千葉 隆之, 樋口 直人 :
社会運動のミクロ分析,
日本社会学会70回大会, 1996年11月.

その他・研究会:

1.樋口 直人 :
極右を保守から切り離せ,
朝日新聞, 2014年10月.
2.樋口 直人 :
移民社会でSGIが果たした役割,
, 2014年9月.
3.樋口 直人 :
ヘイトスピーチと排外主義, --- 根本的な対策のために ---,
聖教新聞, 2014年8月.
4.樋口 直人 :
大学改革と外国人特別枠入試,
移住連全国ワークショップ, 2014年6月.
5.樋口 直人 :
排外主義, --- 問われる政治の姿勢 ---,
ウォロ, No.495, 2014年6月.
6.樋口 直人 :
世界に問われる日本的人種差別,
RINK, 2014年5月.
7.樋口 直人 :
日本政治と極右,
北海道新聞, 2014年4月.
8.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
デカセギとラーメン, --- ラーメン屋,リマで増殖中 ---,
Migrant's-ネット, No.169, 24〜25頁, 2014年4月.
9.樋口 直人 :
日本型排外主義と在日コリアン,
移住労働者と連帯する全国ネットワーク, 2014年4月.
10.樋口 直人 :
排外主義について,
社会理論・動態研究所, 2013年9月.
11.樋口 直人, 松谷 満 :
「国境」の活用, --- 沖縄・八重山地区における教科書採択と自衛隊誘致をめぐる紛争 ---,
社会運動論研究会, 2013年5月.
12.樋口 直人 :
日本型排外主義運動の論理, --- 在特会を中心として ---,
茨城大学地域総合研究所研究例会, 2013年2月.
13.樋口 直人 :
親の就労と老後, --- 国勢調査にみる在日外国人の教育と社会環境(3) ---,
OkoTac通信, No.9, 2013年2月.
14.樋口 直人 :
高校進学という壁――, --- 国勢調査にみる在日外国人の教育と社会環境(2) ---,
OkoTac通信, No.8, 5頁, 2012年12月.
15.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
ペルーに渡ったティーンエイジャー, --- 経済危機と震災後の南米日系学校 ---,
Migrant's-ネット, No.156, 19〜20頁, 2012年12月.
16.樋口 直人 :
与那国島が乗っ取られる!?, --- 国境の島からみえる排外主義 ---,
Migrant's-ネット, No.156, 15〜16頁, 2012年12月.
17.樋口 直人 :
日本を去った南米人生徒, --- ペルーのラ・ビクトリア校の事例から ---,
ともに, No.93, 10頁, 2012年11月.
18.樋口 直人 :
国勢調査にみる在日コリアンの職業の変遷,
RAIK通信, No.133, 17〜19頁, 2012年10月.
19.樋口 直人 :
在日コリアンと就職差別, --- 国勢調査にみる在日外国人の教育と社会環境(1) ---,
OkoTac通信, No.7, 4頁, 2012年10月.
20.樋口 直人 :
「移住者と貧困」をめぐるアドボカシー, --- 移住連貧困プロジェクトの取り組みから ---,
移住労働者と連帯する全国ワークショップ・新潟, 2012年6月.
21.樋口 直人 :
日本型排外主義, --- 東アジア地政学で読む在特会のミクロ動員過程 ---,
社会運動論研究会, 2012年4月.
22.樋口 直人 :
日本型排外主義運動の社会運動論的分析,
ヘイト・クライム研究会, 2012年3月.
23.樋口 直人 :
在日外国人のエスニック・ビジネスをめぐる今昔,
イオ, No.186, 2011年12月.
24.樋口 直人 :
今こそ外国人参政権論を立て直す, --- 東アジアで考える ---,
在日韓国青年会, 2011年11月.
25.樋口 直人 :
ラティーノと創価学会,
Migrant's-ネット, No.143, 2011年9月.
26.樋口 直人 :
大量失業時代の在日ブラジル人, --- 背景分析と脱却の方策 ---,
CIATE, 2011年8月.
27.樋口 直人 :
ラティーノの不安定就労にいかに対応するのか,
移住労働者と連帯する全国フォーラム・東海2011, 2011年6月.
28.移住連貧困プロジェクト, 樋口 直人 :
移住者の子どもの貧困,
カラカサン公開フォーラム, 2011年4月.
29.樋口 直人 :
移住者と貧困,
反貧困集会INあいち, 2011年3月.
30.樋口 直人 :
外国人参政権をめぐる虚構と現実,
世界思想, No.38, 2011年3月.
31.樋口 直人, 移住連貧困プロジェクト :
隠蔽された貧困問題, --- 「貧困」というレンズでみた在日外国人 ---,
貧困研究会, 2011年2月.
32.樋口 直人 :
地方都市に息づくイスラーム, --- ムスリム・ネットワークが作った徳島モスク ---,
Migrant's-ネット, No.136, 2011年1月.
33.樋口 直人 :
日系人労働者は非正規就労からいかにして脱出できるのか, --- その条件と帰結に関する研究 ---,
全労済協会公募委託研究報告会, 2010年7月.
34.樋口 直人, 矢部 拓也, 松谷 満, 高木 竜輔 :
二元代表制下の住民運動とローカルパーティー, --- 長野,滋賀,徳島,高知の比較を通じて ---,
社会運動論研究会, 2010年7月.
35.樋口 直人 :
ヨーロッパの極右·排外主義を日本から考える,
連続講座移住者のリアリティ「レイシズムを考える」, 2010年5月.
36.樋口 直人, 鍛治 致 :
移住者と貧困をデータでみる, --- (1)南米出身者の大量失業 ---,
Migrant's-ネット, No.129, 2010年5月.
37.樋口 直人 :
排外主義・人種主義を欧州と東アジアで考える,
Migrant's-ネット, No.127, 3〜4頁, 2010年3月.
38.樋口 直人 :
日本・スペイン・チェコにおける「帰国支援」制度, --- 米国・移民政策研究所の資料から ---,
Migrant's-ネット, No.127, 2010年1月.
39.樋口 直人 :
経済危機は移住者に何をもたらしたのか, --- 経済危機と移民に関する会議報告 ---,
Migrant's-ネット, No.125, 2009年12月.
40.樋口 直人 :
南米日系人のデカセギと子どもの教育, --- 地球の両側から考える ---,
Migrant's-ネット, No.124, 23〜24頁, 2009年11月.
41.樋口 直人 :
いまは移住者の人権を語るのに最悪の時期である, --- 第11回国連人権理事会報告 ---,
Migrant's-ネット, No.121, 2009年7月.
42.樋口 直人 :
「移住者と貧困」をめぐる基本視角, --- 相対的貧困・潜在能力・脆弱性 ---,
Migrant's-ネット, No.120, 18〜19頁, 2009年6月.
43.Naoto Higuchi :
Language is key for Japanese-South Americans,
Herald Asahi, Jun. 2009.
44.樋口 直人 :
日系人派遣切り, --- 失業をスキルアップの機会に ---,
朝日新聞, 2009年5月.
45.樋口 直人 :
共感共苦と人間理性の間, --- ダーバンレビュー会議報告 ---,
Migrant's-ネット, No.120, 2009年5月.
46.樋口 直人 :
日本の社会運動研究, --- どのような現実に対応してきたのか ---,
日仏会館研究ゼミーナル "集団行動,集団アイデンティティー,活動家論", 1〜9頁, 2009年3月.
47.樋口 直人 :
「多文化共生」再考,
大阪府立大学, 2009年2月.
48.稲葉 剛, 浜崎 眞実, 稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
「移住者と貧困」座談会,
Migrant's-ネット, No.115, 4〜7頁, 2008年12月.
49.樋口 直人 :
ミクシィでつながる南米日系の若者たち, --- 狭間におかれた若者たちの可能性 ---,
Migrant's-ネット, No.115, 22〜23頁, 2008年12月.
50.樋口 直人 :
ポスト55年体制の地方政治をどう捉えるか,
町研究会, 2008年7月.
51.樋口 直人 :
住民運動の可能性をふりかえる, --- 環境運動でもなく,政治運動でもなく ---,
『再帰的近代の政治社会学』のおはなしの会, 2008年7月.
52.樋口 直人 :
「中抜き」政治における政治的行為者, --- 55年体制以降の地方政治をめぐる可能性と不安 ---,
国民投票/住民投票情報室, 2008年6月.
53.樋口 直人 :
可動堰問題が民主主義をめぐる問いになるまで, --- 再帰的近代における民主化運動の可能性と不安 ---,
社会運動論研究会, 2008年5月.
54.樋口 直人 :
「共生」が隠蔽する格差問題と一国主義思考, --- 移住者の現状から ---,
NGOと社会, No.3, 1頁, 2008年4月.
55.Naoto Higuchi :
Explaining the Lack of Green Parties in Japan, --- A Social Milieu Approach ---,
Workshop on Social Milieus in Japan, pp.1--13, Mar. 2008.
56.樋口 直人 :
「国境を越えた恋愛」のその後, --- 帰国後のイラン人を訪ねて ---,
国際人権ひろば, No.78, 18〜19頁, 2008年3月.
57.稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
新刊紹介『国境を越える:滞日ムスリム移民の社会学』青弓社,2007年,
Migrant'sネット, No.105, 20頁, 2007年12月.
58.樋口 直人 :
新宿駅西口の移住労働者,
Migrant'sネット, No.105, 18〜19頁, 2007年12月.
59.樋口 直人 :
ポスト55年体制の地方政治をどう読み解くか,
徳島大学地域交流シンポジウム「転換期の地方政治:徳島の経験から」, 2007年9月.
60.樋口 直人 :
住民投票の遺産から新市民派へ,
徳島の15年研究会, 2007年6月.
61.樋口 直人 :
院内民意と院外民意の相克,
徳島の15年研究会, 2007年5月.
62.樋口 直人 :
ポスト55年体制下の地方政治と住民運動,
徳島の15年研究会, 2007年5月.
63.樋口 直人 :
来日ムスリム,
異文化理解講座:グローバル化するイスラーム(2), 2006年12月.
64.樋口 直人 :
リトンさんの出稼ぎ経験とセータービジネス,
Migrant'sネット, No.89, 2006年5月.
65.樋口 直人 :
再帰的近代化·政治変動·社会運動,
社会運動論研究会, 2005年11月.
66.樋口 直人 :
アルゼンチンの日系クリーニング店とデカセギ,
Migrant's-ネット, No.83, 15〜16頁, 2005年10月.
67.樋口 直人 :
共生から統合へ, --- 多文化共生論再考と移民政策 ---,
マイノリティ·ライツ研究会, 2005年3月.
68.樋口 直人 :
ブラジル人の移住過程と多文化共生論再考, --- 顔の見えない定住化から統合へ ---,
名古屋大学研究会, 2005年2月.
69.樋口 直人 :
地方市民権, --- 国民国家をどう超えるか ---,
RAIK通信, No.89, 14〜17頁, 2005年2月.
70.樋口 直人 :
アジアの移住労働者支援運動,
Migrant's-ネット, No.74, 2〜3頁, 2004年11月.
71.樋口 直人 :
ポスト55年体制の地方政治と住民投票, --- 吉野川可動堰建設をめぐる投票行動を中心に ---,
茨城大学地域総合研究所研究例会, 2004年10月.
72.道場 親信, 大畑 裕嗣, 樋口 直人 :
社会運動の社会学をめぐって,
社会運動, No.295, 2〜11頁, 2004年10月.
73.樋口 直人 :
最近起きている「外国人問題」について,
地域国際化を考える研修会, 2004年8月.
74.樋口 直人 :
現代日本における社会運動の可能性,
社会運動研究会, 2004年8月.
75.樋口 直人 :
在日外国人に対する量的調査,
国立社会保障·人口問題研究所, 2004年5月.
76.樋口 直人 :
消費社会の夢とトランスナショナリズムの逆説,
イスラム人口懇談会, 2004年4月.
77.樋口 直人 :
ネットワークは国境を越えて, --- 帰国したイラン人労働者が不動産開発を始めるまで ---,
イスラム人口懇談会, 2004年4月.
78.樋口 直人 :
在日外国人施策の展望と政策形成プロセス,
多文化共生センター, 2003年10月.
79.樋口 直人 :
外国人参政権問題の日本的展開, --- 市民権をめぐるポリティクスに関する研究 ---,
2001年度(後期)研究助成報告書, 13〜14頁, 2003年9月.
80.樋口 直人 :
エスニック·ビジネスの展開,
上智大学イベロアメリカ研究所, 2003年5月.
81.樋口 直人 :
日本で働いたバングラデシュ人労働者·その後,
Migrant's-ネット, No.56, 12頁, 2002年12月.
82.樋口 直人 :
国際移民と社会関係の再編成, --- 在日ブラジル人のエスニック·ビジネスの事例を中心に ---,
トランス·ボーダー·コンフリクトの人類学的研究第2回研究会, 2002年12月.
83.樋口 直人 :
20番目の批准国はどこか?, --- バングラデシュでのロビーイング同行記 ---,
Migrant's-ネット, No.55, 6頁, 2002年11月.
84.樋口 直人 :
日本で/日本から始める国際人権,
Migrant's-ネット, No.52, 9頁, 2002年8月.
85.藤村 正之, 久保田 滋, 樋口 直人, 梶浦 豊子, 前野 洋子, 佐伯 明彦, 樫田 美雄 :
地域とボランティアの未来,
徳島大学社会科学研究, No.15, 273〜327頁, 2002年2月.
86.久保田 滋, 樋口 直人, 高木 竜輔 :
住民投票と地域住民,
社会運動論研究会, 2002年1月.
87.樋口 直人 :
国民国家をどう超えるか, --- 外国人と市民権をめぐる6つの論理 ---,
兵庫在日外国人人権協会, 2002年1月.
88.樋口 直人 :
入管政策, --- 『第二次基本計画』とこれからの入管政策を考える ---,
Migrant's-ネット, No.43, 3頁, 2001年9月.
89.樋口 直人 :
越境するイスラム食文化,
Vesta, No.43, 4頁, 2001年8月.
90.樋口 直人 :
ハラール食品とイスラム·コミュニティの形成,
味の素食の文化センター, 2001年7月.
91.樋口 直人 :
第7回アジア移住労働者会議報告,
Migrant's-ネット, No.41, 6頁, 2001年7月.
92.樋口 直人 :
移住労働者お国事情, --- マレーシア/タイ ---,
Migrant's-ネット, No.34, 8頁, 2000年11月.
93.樋口 直人 :
移住労働者お国事情, --- バングラデシュ ---,
Migrant's-ネット, No.32, 13頁, 2000年9月.
94.樋口 直人 :
滞日外国人のエンパワーメント,
シティズンシップ研究会, 2000年8月.
95.樋口 直人 :
移住労働者お国事情(3)ネパール,スリランカ,
Migrant's-ネット, No.31, 9頁, 2000年8月.
96.樋口 直人 :
外国人の政治参加,
シティズンシップ研究会, 2000年7月.
97.樋口 直人 :
移住労働者お国事情(2)インドネシア,
Migrant's-ネット, No.28, 12頁, 2000年6月.
98.樋口 直人 :
外国人の政治参加をめぐる諸問題, --- 近年の動向と分析上の論点を中心に ---,
グローバル化と多文化主義プロジェクト, 2000年4月.
99.樋口 直人 :
移住労働者お国事情(1)台湾,
Migrant's-ネット, No.27, 18頁, 2000年4月.
100.樋口 直人 :
「取り残された超過滞在者」を生み出さないために, --- 居住資格の拡充を ---,
超過滞在外国人と在留特別許可, 66〜68頁, 2000年1月.
101.樋口 直人 :
現代日本におけるエスニック·サブカルチャーの展開,
1996年度(前期)研究助成報告書, 74〜75頁, 1998年2月.
102.成 元哲, 樋口 直人, 中澤 秀雄, 角 一典, 水澤 弘光 :
政治的機会構造と抗議レパートリーの影響力, --- なぜ住民投票が注目されるのか ---,
社会運動研究会第11回例会, 1997年12月.

報告書:

1.稲葉 奈々子, 樋口 直人 :
日系人労働者は非正規就労からいかにして脱出できるのか, --- その条件と帰結に関する研究 ---,
全労済協会公募委託研究報告書, 東京, 2010年.
2.樋口 直人, 稲葉 奈々子 :
移民自営業者によるニッチ形成と産業構造, --- 横浜市鶴見区における南米系電設業者の進出を事例として ---,
村田学術振興財団2010年報告書, 京都, 2010年.
3.樋口 直人 :
南米からのデカセギ・これまでの20年とこれからの20年,
検証・多文化共生:地域は変わったか, 名古屋, 2009年11月.
4.知事研究会, 樋口 直人 :
「知事の時代」の比較政治社会学・序説,
2007年度科学研究費報告書, 東京, 2008年3月.
5.樋口 直人 :
石原慎太郎はなぜ好かれるのか, --- 日本版極右の支持基盤をめぐって ---,
『脱政党時代の地方政治における民主主義の再編──知事のリーダーシップと投票行動を中心に』科学研究費報告書, 東京, 2008年3月.
6.村瀬 博志, 樋口 直人 :
勝手連の選挙ネットワークと組織戦略,
『脱政党時代の地方政治における民主主義の再編──知事のリーダーシップと投票行動を中心に』科学研究費報告書, 東京, 2008年3月.
7.樋口 直人 :
理論的背景と分析枠組み,
『脱政党時代の地方政治における民主主義の再編──知事のリーダーシップと投票行動を中心に』科学研究費報告書, 東京, 2008年3月.
8.樋口 直人 :
吉野川可動堰建設と政治変動,
第11回環境助成研究成果報告書, 65〜66頁, 東京, 2007年9月.
9.樋口 直人 :
ブラジルからのデカセギをめぐる問題の構図,
移住者の人権と移住者コミュニティの安全, 22〜23頁, 東京, 2005年7月.
10.樋口 直人 :
在日外国人に関する量的調査, --- 方法論的問題について ---,
人口減少に対応した国際人口移動政策と社会保障政策の連携に関する国際比較研究, 349〜356頁, 東京, 2005年3月.
11.樋口 直人 :
ゼロ·ウェイストをめぐる町民の意識と行動,
平成16年度「環境と経済の好循環のまちモデル事業」報告書, 1〜33頁, 徳島, 2005年3月.
12.樋口 直人 :
吉野川可動堰建設をめぐる住民投票と価値亀裂, --- 投票行動とイデオロギーの関連を中心に ---,
GIS(地理情報システム)を援用した吉野川流域の地域構造分析, 145〜160頁, 徳島, 2005年3月.
13.樋口 直人 :
平等な教育機会とは何か, --- 外国人の子どもの教育に求められるもの ---,
21世紀兵庫の学校デザイン, 神戸, 2002年8月.
14.樋口 直人 :
外国人組織·政治参加·政治的機会構造, --- 自治体間比較を通じた試論 ---,
変貌する神戸とエスニシティ, 117〜137頁, 徳島, 2002年2月.
15.樋口 直人 :
アンケート調査の結果概要,
豊田市内産業及び地域社会における国際化進展の影響調査報告書, 3〜18頁, 豊田, 2001年3月.
16.樋口 直人 :
政策意図と結果の乖離はなぜ起こるのか, --- 日系ブラジル人と移住システム論 ---,
国際移民の新動向と外国人政策の課題(法務省委託研究報告書), 181〜214頁, 東京, 2001年3月.
17.樋口 直人 :
外国人の政治参加,
日欧移民政策における差異と収斂(立教大学国際シンポジウムプロシーディングス), 44〜51頁, 東京, 2000年12月.
18.樋口 直人 :
自治体の国際化政策と諮問機関,
外国籍住民と社会的·文化的施策(科学研究費報告書), 45〜56頁, 東京, 2000年3月.
19.角 一典, 成 元哲, 中澤 秀雄, 樋口 直人, 水澤 弘光 :
環境リスクの歴史的変化に関する社会学的分析,
持続可能な社会と地球環境のための研究助成報告論文集, 25〜53頁, 東京, 1999年11月.
20.樋口 直人, 丹野 清人 :
ハラール食品産業の研究, --- 日本におけるイスラム食文化の定着 ---,
食文化助成の報告, No.9, 53〜59頁, 東京, 1999年11月.
21.樋口 直人 :
ブラジルにおける労働者送出システムの実態, --- デカセギ旅行社の形成と展開 ---,
トランスナショナルな環境下における新しい移住プロセス(科学技術振興調整費報告書), 143〜168頁, 東京, 1999年7月.
22.樋口 直人, 高橋 幸恵 :
ブラジル人コミュニティの制度的基盤, --- エスニック·ビジネスの担い手たち ---,
トランスナショナルな環境下における新しい移住プロセス(科学技術振興調整費報告書), 79〜109頁, 東京, 1999年7月.
23.丹野 清人, 樋口 直人 :
日系人の包摂様式と社会問題, --- 複雑系としての移民研究に向けた試論 ---,
トランスナショナルな環境下における新しい移住プロセス(科学技術振興調整費報告書), 19〜40頁, 東京, 1999年7月.
24.樋口 直人, 高橋 幸恵 :
在日ブラジル人のエスニック·ビジネス, --- 企業家供給システムの発展と市場の広がりを中心に ---,
トランスナショナルな環境下に於ける文化的共創に関する研究(科学技術振興調整費総合研究報告書), 26〜43頁, 東京, 1998年3月.
25.樋口 直人 :
外国人市民と日本社会, --- 彼らのかかえる問題 ---,
川崎市外国人市民の地域生活と市政参加, 29〜32頁, 東京, 1998年3月.
26.樋口 直人 :
外国人医療のなかの自治体,
地域社会における外国人労働者(科学研究費報告書), 17〜25頁, 東京, 1995年3月.