検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 生物資源産業学域 > 応用生命系 > 生体分子機能学分野 >
徳島大学 > 生物資源産業学部 > 生物資源産業学科 > 応用生命講座 >
徳島大学 > 先端技術科学教育部 > 物質生命システム工学専攻 > 生命テクノサイエンスコース > 生物反応工学講座 >
徳島大学 > 工学部 > 生物工学科 > 生物反応工学講座 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

生化学 (Biochemistry), 細胞生物学 (Cell Biology)

研究テーマ

細胞間·細胞内シグナル伝達 (タンパク質 (protein), プロテアーゼ (protease), キナーゼ (kinase), 転写因子 (transcription factor))

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Xiaomei Sun, Yuxin Ye, Naofumi Sakurai, Koji Kato, Keizo Yuasa, Akihiko Tsuji and Min Yao :
Crystallographic analysis of Eisenia hydrolysis-enhancing protein using a long wavelength for native-SAD phasing.,
Acta Crystallographica. Section F, Structural Biology Communications, Vol.76, No.1, 20-24, 2020.
(DOI: 10.1107/S2053230X19016716,   PubMed: 31929182)
2. Shogo Abe and Keizo Yuasa :
Sudachitin, a polymethoxyflavone from Citrus sudachi, induces apoptosis via the regulation of MAPK pathways in human keratinocyte HaCaT cells.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.519, No.2, 344-350, 2019.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2019.09.010,   PubMed: 31514996,   Elsevier: Scopus)
3. Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa :
Identification and enzymatic characterization of clip domain serine protease in the digestive fluid of the sea hare, Aplysia kurodai.,
Comparative Biochemistry and Physiology. Part B, Biochemistry & Molecular Biology, Vol.237, 110322, 2019.
(DOI: 10.1016/j.cbpb.2019.110322,   PubMed: 31454681,   Elsevier: Scopus)
4. Akihiko Tsuji, Keizo Yuasa and Chikako Asada :
Cellulose-binding activity of a 21-kDa endo-ß-1,4-glucanase lacking cellulose-binding domain and its synergy with other cellulases in the digestive fluid of Aplysia kurodai,
PLoS ONE, Vol.13, No.11, e0205915, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112918,   DOI: 10.1371/journal.pone.0205915,   PubMed: 30412581,   Elsevier: Scopus)
5. Shogo Abe, Saki Hirose, Mami Nishitani, Ichiro Yoshida, Masao Tsukayama, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa :
Citrus peel polymethoxyflavones, sudachitin and nobiletin, induce distinct cellular responses in human keratinocyte HaCaT cells,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.82, No.12, 2064-2071, 2018.
(DOI: 10.1080/09168451.2018.1514246)
6. Yuna Oue, Sara Murakami, Kinuka Isshiki, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa :
Intracellular localization and binding partners of death associated protein kinase-related apoptosis-inducing protein kinase 1.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.496, No.4, 1222-1228, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111888,   DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.01.175,   PubMed: 29397938,   Elsevier: Scopus)
7. Shinya Matsuda, Kohei Kawamoto, Kenji Miyamoto, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa :
PCTK3/CDK18 regulates cell migration and adhesion by negatively modulating FAK activity,
Scientific Reports, Vol.7, 45545, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111881,   DOI: 10.1038/srep45545,   PubMed: 28361970)
8. Norio Kamemura, Sara Murakami, Hiroaki Komatsu, Masahiro Sawanoi, Kenji Miyamoto, Kazumi Ishidoh, Koji Kishimoto, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa :
Type II cGMP-dependent protein kinase negatively regulates fibroblast growth factor signaling by phosphorylating Raf-1 at serine 43 in rat chondrosarcoma cells.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.483, No.1, 82-87, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111887,   DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.01.001,   PubMed: 28057484,   Elsevier: Scopus)
9. Akihiko Tsuji, Shuji Kuwamura, Akihiro Shirai and Keizo Yuasa :
Identification and Characterization of a 25 kDa Protein That Is Indispensable for the Efficient Saccharification of Eisenia bicyclis in the Digestive Fluid of Aplysia kurodai,
PLoS ONE, Vol.12, No.1, e0170669, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111878,   DOI: 10.1371/journal.pone.0170669,   PubMed: 28129373,   Elsevier: Scopus)
10. Ichiro Yoshida, Chihiro Ito, Shinya Matsuda, Akihiko Tsuji, Noriyuki Yanaka and Keizo Yuasa :
Alisol B, a triterpene from Alismatis rhizoma (dried rhizome of Alisma orientale), inhibits melanin production in murine B16 melanoma cells,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.81, No.3, 534-540, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111886,   DOI: 10.1080/09168451.2016.1268042,   PubMed: 28051915,   Elsevier: Scopus)
11. Maki Takeda, Keisuke Oyama, Norio Kamemura, Kaori Kanemaru, Keizo Yuasa, Kumio Yokoigawa and Yasuo Oyama :
Change in plasma membrane potential of rat thymocytes by tert-butylhydroquinone, a food additive: Possible risk on lymphocytes,
Food and Chemical Toxicology, Vol.109, No.1, 296-301, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111984,   DOI: 10.1016/j.fct.2017.09.017,   PubMed: 28899772,   Elsevier: Scopus)
12. James C. Campbell, Jeong Joo Kim, Kevin Y. Li, Gilbert Y. Huang, Albert S. Reger, Shinya Matsuda, Banumathi Sankaran, Todd M. Link, Keizo Yuasa, John E. Ladbury, Darren E. Casteel and Choel Kim :
Structural Basis of Cyclic Nucleotide Selectivity in cGMP-dependent Protein Kinase II,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.291, No.11, 5623-5633, 2016.
(DOI: 10.1074/jbc.M115.691303,   PubMed: 26769964)
13. Kinuka Isshiki, Taishi Hirase, Shinya Matsuda, Kenji Miyamoto, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa :
Death-associated protein kinase 2 mediates nocodazole-induced apoptosis through interaction with tubulin,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.468, No.1-2, 113-118, 2015.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2015.10.151,   PubMed: 26529546)
14. Yuki Yoshikatsu, Yo-ichi Ishida, Haruka Sudo, Keizo Yuasa, Akihiko Tsuji and Masami Nagahama :
NVL2, a nucleolar AAA-ATPase, is associated with the nuclear exosome and is involved in pre-rRNA processing,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.464, No.3, 780-786, 2015.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2015.07.032,   PubMed: 26166824,   Elsevier: Scopus)
15. Keizo Yuasa, Reina Ota, Matsuda Shinya, Kinuka Isshiki, Masahiro Inoue and Akihiko Tsuji :
Suppression of death-associated protein kinase 2 by interaction with 14-3-3 proteins,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.464, No.1, 70-75, 2015.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2015.05.105,   PubMed: 26047703,   Elsevier: Scopus)
16. Kim Hyejin, Atsushi Tabata, Toshifumi Tomoyasu, Ueno Tomomi, Uchiyama Shigeto, Keizo Yuasa, Akihiko Tsuji and Hideaki Nagamune :
Estrogen stimuli promote osteoblastic differentiation via the subtilisin-like proprotein convertase PACE4 in MC3T3-E1 cells.,
Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.33, No.1, 30-39, 2015.
(DOI: 10.1007/s00774-014-0567-9,   PubMed: 24557631,   Elsevier: Scopus)
17. Albert S. Reger, Matthew P. Yang, Koide-Yoshida Shizuyo, Elaine Guo, Shrenik Mehta, Keizo Yuasa, Alan Liu, Darren E. Casteel and Choel Kim :
Crystal Structure of the cGMP-dependent Protein Kinase II Leucine Zipper and Rab11b Protein Complex Reveals Molecular Details of G-kinase-specific Interactions,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.289, No.37, 25393-25403, 2014.
(DOI: 10.1074/jbc.M114.575894,   PubMed: 25070890)
18. Shinya Matsuda, Kyohei Kominato, Shizuyo Koide-Yoshida, Kenji Miyamoto, Kinuka Isshiki, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa :
PCTAIRE Kinase 3/Cyclin-dependent Kinase 18 Is Activated through Association with Cyclin A and/or Phosphorylation by Protein Kinase A,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.289, No.26, 18387-18400, 2014.
(DOI: 10.1074/jbc.M113.542936,   PubMed: 24831015)
19. Akihiko Tsuji, Nami Nishiyama, Miki Ohshima, Saori Maniwa, Shuji Kuwamura, Masataka Shiraishi and Keizo Yuasa :
Comprehensive enzymatic analysis of the amylolytic system in the digestive fluid of the sea hare, Aplysia kurodai: Unique properties of two α-amylases and two α-glucosidases,
FEBS Open Bio, Vol.4, 560-570, 2014.
(DOI: 10.1016/j.fob.2014.06.002,   PubMed: 25161866)
20. Junki Fukumoto, Mohd Nor Ismaliza Ismail, Masaki Kubo, Keita Kinoshita, Masahiro Inoue, Keizo Yuasa, Makoto Nishimoto, Hitoshi Matsuki and Akihiko Tsuji :
Possible role of inter-domain salt bridges in oligopeptidase B from Trypanosoma brucei: critical role of Glu172 of non-catalytic -propeller domain in catalytic activity and Glu490 of catalytic domain in stability of OPB.,
The Journal of Biochemistry, Vol.154, No.5, 465-473, 2013.
(DOI: 10.1093/jb/mvt077,   PubMed: 23946505)
21. Akihiko Tsuji, Keiko Tominaga, Nami Nishiyama and Keizo Yuasa :
Comprehensive enzymatic analysis of the cellulolytic system in digestive fluid of the sea hare aplysia kurodai. efficient glucose release from sea lettuce by synergistic action of 45 kDa endoglucanase and 210 kDa ß-glucosidase.,
PLoS ONE, Vol.8, No.6, 2013.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0065418,   PubMed: 23762366,   Elsevier: Scopus)
22. Koichiro Hada, Kinuka Isshiki, Shinya Matsuda, Keizo Yuasa and Akihiko Tsuji :
Engineering of α1-antitrypsin variants with improved specificity for the proprotein convertase furin using site-directed random mutagenesis,
Protein Engineering, Design & Selection, Vol.26, No.2, 123-131, 2013.
(DOI: 10.1093/protein/gzs091,   PubMed: 23155057)
23. Akihiko Tsuji, Kana Tsukamoto, Keiko Iwamoto, Yuka Ito and Keizo Yuasa :
Enzymatic characterization of germination-specific cysteine protease-1 expressed transiently in cotyledons during the early phase of germination.,
The Journal of Biochemistry, Vol.153, No.1, 73-83, 2013.
(DOI: 10.1093/jb/mvs125,   PubMed: 23112094)
24. Akihiko Tsuji, Shiori Sato, Ayumi Kondo, Keiko Tominaga and Keizo Yuasa :
Purification and characterization of cellulase from North Pacific krill (Euphausia pacifica). Analysis of cleavage specificity of the enzyme.,
Comparative Biochemistry and Physiology. Part B, Biochemistry & Molecular Biology, Vol.163, No.3-4, 324-333, 2012.
(DOI: 10.1016/j.cbpb.2012.08.005,   PubMed: 22981467)
25. Keizo Yuasa, Go Futamatsu, Tsuyoshi Kawano, Masaki Muroshita, Yoko Kageyama, Hiromi Taichi, Hiroshi Ishikawa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji :
Subtilisin-like proprotein convertase paired basic amino acid-cleaving enzyme 4 is required for chondrogenic differentiation in ATDC5 cells,
The FEBS Journal, Vol.279, No.21, 3997-4009, 2012.
(DOI: 10.1111/j.1742-4658.2012.08758.x,   PubMed: 22925071)
26. Kimihiko Mizutani, Sae Tsuchiya, Mayuko Toyoda, Yuko Nanbu, Keiko Tominaga, Keizo Yuasa, Nobuyuki Takahashi, Akihiko Tsuji and Bunzo Mikamia :
Structure of β-1,4-mannanase from the common sea hare Aplysia kurodai at 1.05 Å resolution.,
Acta Crystallographica. Section F, Structural Biology and Crystallization Communications, Vol.68, No.10, 1164-1168, 2012.
(DOI: 10.1107/S1744309112037074,   CiNii: 120004920435)
27. Kinuka Isshiki, Shinya Matsuda, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa :
cGMP-dependent protein kinase I promotes cell apoptosis through hyperactivation of death-associated protein kinase 2.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.422, No.2, 280-284, 2012.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2012.04.148,   PubMed: 22580283)
28. Keizo Yuasa, Takeshi Nagame, Makoto Dohi, Yayoi Yanagita, Shin Yamagami, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji :
cGMP-dependent protein kinase I is involved in neurite outgrowth via a Rho effector, rhotekin, in Neuro2A neuroblastoma cells.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.421, No.2, 239-244, 2012.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2012.03.143,   PubMed: 22503686)
29. Keizo Yuasa, Kaori Tada, Genki Harita, Tomomi Fujimoto, Masao Tsukayama and Akihiko Tsuji :
Sudachitin, a polymethoxyflavone from Citrus sudachi, suppresses lipopolysaccharide-induced inflammatory responses in mouse macrophage-like RAW264 cells.,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.76, No.3, 598-600, 2012.
(DOI: 10.1271/bbb.110800,   PubMed: 22451408,   CiNii: 10030751012)
30. Akihiko Tsuji, Yoshinori Fujisawa, Takeru Mino and Keizo Yuasa :
Identification of a plant aminopeptidase with preference for aromatic amino acid residues as a novel member of the prolyl oligopeptidase family of serine proteases.,
The Journal of Biochemistry, Vol.150, No.5, 525-534, 2011.
(DOI: 10.1093/jb/mvr092,   PubMed: 21788307)
31. Keizo Yuasa, Taito Matsuda and Akihiko Tsuji :
Functional regulation of transient receptor potential canonical 7 by cGMP-dependent protein kinase Iα.,
Cellular Signalling, Vol.23, No.7, 1179-1187, 2011.
(DOI: 10.1016/j.cellsig.2011.03.005,   PubMed: 21402151)
32. Ismail Ismaliza Mohd Nor, Tsuyoshi Yuasa, Keizo Yuasa, Yuko Nambu, Makoto Nishimoto, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki, Masahiro Inoue, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji :
A critical role for highly conserved Glu610 residue of oligopeptidase B Tryoanosoma brucei in thermal stability,
The Journal of Biochemistry, Vol.147, No.2, 201-211, 2010.
(DOI: 10.1093/jb/mvp156,   PubMed: 19819899)
33. Keizo Yuasa, Shotaro Uehara, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji :
Transcriptional regulation of cGMP-dependent protein kinase II (cGK-II) in chondrocytes.,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.74, No.1, 44-49, 2010.
(DOI: 10.1271/bbb.90529,   PubMed: 20057151,   CiNii: 10027549958)
34. Keizo Yuasa, Tetsuya Masuda, Chihiro Yoshikawa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji :
Subtilisin-like Proprotein Convertase PACE4 is Required for Skeletal Muscle Differentiation,
The Journal of Biochemistry, Vol.146, No.3, 407-415, 2009.
(DOI: 10.1093/jb/mvp090,   PubMed: 19520771)
35. Masami Nagahama, Machi Ohnishi, Yumiko Kawate, Takayuki Matsui, Hitomi Miyake, Keizo Yuasa, Katsuko Tani, Mitsuo Tagaya and Akihiko Tsuji :
UBXD1 is a VCP-interacting protein that is involved in ER-associated degradation,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.382, No.2, 303-308, 2009.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2009.03.012,   PubMed: 19275885)
36. Takuya Yanagino, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji :
Transcriptional Regulation of Fibrillin-2 Gene by E2F Family Members in Chondrocyte Differentiation,
Journal of Cellular Biochemistry, Vol.106, No.4, 580-588, 2009.
(DOI: 10.1002/jcb.22029,   PubMed: 19142862)
37. Akihiko Tsuji, Yayoi Kikuchi, Kentaro Ogawa, Hiroko Saika, Keizo Yuasa and Masami Nagahama :
Purification and characterization of cathepsin B-like cysteine protease from cotyledons of daikon radish, Raphanus sativus,
The FEBS Journal, Vol.275, No.21, 5429-5443, 2008.
(DOI: 10.1111/j.1742-4658.2008.06674.x,   PubMed: 18959767)
38. Yayoi Kikuchi, Hiroko Saika, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji :
Isolation and Biochemical Characterization of Two Forms of RD21 from Cotyledons of Daikon Radish (Raphanus sativus).,
The Journal of Biochemistry, Vol.144, No.6, 789-798, 2008.
(DOI: 10.1093/jb/mvn132,   PubMed: 18838434)
39. Keizo Yuasa, Shin Yamagami, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji :
Trafficking of cGMP-dependent protein kinase II via interaction with Rab11,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.374, No.3, 522-526, 2008.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2008.07.071,   PubMed: 18656450)
40. Keizo Yuasa, Kaori Suzue, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji :
Transcriptional regulation of subtilisin-like proprotein convertase PACE4 by E2F: Possible role of E2F-mediated upregulation of PACE4 in tumor progression,
Gene, Vol.402, No.1-2, 103-110, 2007.
(DOI: 10.1016/j.gene.2007.07.028,   PubMed: 17825503)
41. Akihiko Tsuji, Hiroki Kanie, Hirotaka Makise, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Yoshiko Matsuda :
Engineering of α1-antitrypsin cariants selective for subtilisin-like proprotein convertases PACE4 and PC6: Importance of the P2' residue in stable complex formation of the serpin with proprotein convertase,
Protein Engineering, Design & Selection, Vol.20, No.4, 163-170, 2007.
(DOI: 10.1093/protein/gzm007,   PubMed: 17351018)
42. Akihiko Tsuji, Yayoi Kikuchi, Yukimi Sato, Shizuyo Koide, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Yoshiko Matsuda :
A proteomic approach reveals transient association of reticulocalbin-3, a novel member of the CREC family, with the precursor of subtilisin-like proprotein convertase, PACE4,
The Biochemical Journal, Vol.396, No.1, 51-59, 2006.
(DOI: 10.1042/BJ20051524,   PubMed: 16433634)
43. Akihiko Tsuji, Tadashi Yoshimoto, Keizo Yuasa and Yoshiko Matsuda :
Pratamine: a unique and patent inhibitor of oligopeptidase B,
Journal of Peptide Science, Vol.12, No.1, 65-71, 2006.
(DOI: 10.1002/psc.683,   PubMed: 15948139)
44. Keizo Yuasa, Fumika Mi-ichi, Tamaki Kobayashi, Masaya Yamanouchi, Jun Kotera, Kiyoshi Kita and Kenji Omori :
PfPDE1, a novel cGMP-specific phosphodiesterase from the human malaria parasite Plasmodium falciparum,
The Biochemical Journal, Vol.392, No.1, 221-229, 2005.
(DOI: 10.1042/BJ20050425,   PubMed: 16038615)
45. Akihiko Tsuji, Keizo Yuasa and Yoshiko Matsuda :
Identification of Oligopeptidase B in Higher Plants. Purification and Characterization of Oligopeptidase B from Quiescent Wheat Embryo, Triticum aestivum,
The Journal of Biochemistry, Vol.136, No.5, 673-681, 2004.
(DOI: 10.1093/jb/mvh163,   PubMed: 15632308)
46. Tamaki Kobayashi, Michiko Gamanuma, Takashi Sasaki, Yoko Yamashita, Keizo Yuasa, Jun Kotera and Kenji Omori :
Molecular comparison of rat cyclic nucleotide phosphodiesterase 8 family: unique expression of PDE8B in rat brain,
Gene, Vol.319, 21-31, 2003.
(DOI: 10.1016/S0378-1119(03)00809-6,   PubMed: 14597168)
47. Michiko Gamanuma, Keizo Yuasa, Takashi Sasaki, Naoki Sakurai, Jun Kotera and Kenji Omori :
Comparison of enzymatic characterization and gene organization of cyclic nucleotide phosphodiesterase 8 family in humans,
Cellular Signalling, Vol.15, No.6, 565-574, 2003.
(DOI: 10.1016/S0898-6568(02)00146-8,   PubMed: 12681444)
48. Hideki Mochida, Michino Takagi, Hirotaka Inoue, Tsunehisa Noto, Koji Yano, Kotomi Fujishige, Takashi Sasaki, Keizo Yuasa, Jun Kotera, Kenji Omori and Kohei Kikkawa :
Enzymological and pharmacological profile of T-0156, a potent and selective phosphodiesterase type 5 inhibitor,
European Journal of Pharmacology, Vol.456, No.1-3, 91-98, 2002.
(DOI: 10.1016/S0014-2999(02)02590-6,   PubMed: 12450574)
49. Keizo Yuasa, Takanori Ohgaru, Masatoshi Asahina and Kenji Omori :
Identification of rat cyclic nucleotide phosphodiesterase 11A (PDE11A). Comparison of rat and human PDE11A splicing variants,
European Journal of Biochemistry, Vol.268, No.16, 4440-4448, 2001.
(DOI: 10.1046/j.1432-1327.2001.02366.x,   PubMed: 11502204,   Elsevier: Scopus)
50. Keizo Yuasa, Yutaka Kanoh, Katsuzumi Okumura and Kenji Omori :
Genomic organization of the human phosphodiesterase PDE11A gene. Evolutionary relatedness with other PDEs containing GAF domains,
European Journal of Biochemistry, Vol.268, No.1, 168-178, 2001.
(DOI: 10.1046/j.1432-1327.2001.01866.x,   Elsevier: Scopus)
51. Jun Kotera, Kotomi Fujishige, Hideo Michibata, Keizo Yuasa, Akira Kubo, Yoshinori Nakamura and Kenji Omori :
Characterization and effects of methyl-2- (4-aminophenyl)-1,2-dihydro-1-oxo-7- (2-pyridinylmethoxy)-4-(3,4,5-trimethoxyphenyl)-3-isoquinoline carboxylate sulfate (T-1032), a novel potent inhibitor of cGMP-binding cGMP-specific phosphodiesterase (PDE5),
Biochemical Pharmacology, Vol.60, No.9, 1333-1341, 2000.
(DOI: 10.1016/S0006-2952(00)00457-3,   PubMed: 11008127,   Elsevier: Scopus)
52. Kotomi Fujishige, Jun Kotera, Keizo Yuasa and Kenji Omori :
The human phosphodiesterase PDE10A gene . Genomic organization and evolutionary relatedness with other PDEs containing GAF domains,
European Journal of Biochemistry, Vol.267, No.19, 5943-5951, 2000.
(DOI: 10.1016/S0955-0674(99)00073-3,   PubMed: 10998054,   Elsevier: Scopus)
53. Keizo Yuasa, Jun Kotera, Kotomi Fujishige, Hideo Michibata, Takashi Sasaki and Kenji Omori :
Isolation and Characterization of Two Novel Phosphodiesterase PDE11A Variants Showing Unique Structure and Tissue-specific Expression,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.275, No.40, 31469-31479, 2000.
(DOI: 10.1074/jbc.M003041200,   PubMed: 10906126,   Elsevier: Scopus)
54. Takashi Sasaki, Jun Kotera, Keizo Yuasa and Kenji Omori :
Identification of Human PDE7B, a cAMP-Specific Phosphodiesterase,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.271, No.3, 575-583, 2000.
(DOI: 10.1006/bbrc.2000.2661,   PubMed: 10814504,   Elsevier: Scopus)
55. Keizo Yuasa, Kenji Omori and Noriyuki Yanaka :
Binding and Phosphorylation of a Novel Male Germ Cell-specific cGMP-dependent Protein Kinase-anchoring Protein by cGMP-dependent Protein Kinase Iα,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.275, 4897-4905, 2000.
56. Keizo Yuasa, Hideo Michibata, Kenji Omori and Noriyuki Yanaka :
Identification of a conserved residue responsible for the autoinhibition of cGMP-dependent protein kinase Iα and β,
FEBS Letters, Vol.466, No.1, 175-178, 2000.
(DOI: 10.1016/S0014-5793(99)01786-X,   PubMed: 10648836,   Elsevier: Scopus)
57. Keizo Yuasa, Kenji Omori and Noriyuki Yanaka :
Specific domain of cGMP-dependent protein kinase Ib but not Ia functions as a transcriptional activator in yeast,
IUBMB Life, Vol.49, 17-22, 2000.
58. Keizo Yuasa, Hideo Michibata, Kenji Omori and Noriyuki Yanaka :
A Novel Interaction of cGMP-dependent Protein Kinase I with Troponin T,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.274, 37429-37434, 1999.
(DOI: 10.1074/jbc.274.52.37429,   Elsevier: Scopus)
59. Jun Kotera, Fujishige Kotomi, Keizo Yuasa and Kenji Omori :
Characterization and Phosphorylation of PDE10A2, a Novel Alternative Splice Variant of Human Phosphodiesterase That Hydrolyzes cAMP and cGMP,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.261, No.3, 551-557, 1999.
60. Kotomi Fujishige, Jun Kotera, Hideo Michibata, Keizo Yuasa, Katsuzumi Okumura and Kenji Omori :
Cloning and Characterization of a Novel Human Phosphodiesterase That Hydrolyzes Both cAMP and cGMP (PDE10A),
The Journal of Biological Chemistry, Vol.274, 18438-18445, 1999.

国際会議:

1. Shogo Abe, Saki Hirose, Mami Nishitani, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa :
Citrus peel polymethoxyflavones, sudachitin and nobiletin, induce distinct cellular responses in human keratinocyte HaCaT cells via the MAPK pathways,
The 7th International Conference on Food Factors (ICoFF2019)/The 12th International Conference and Exhibition on Nutraceuticals and Functional Foods (ISNFF2019), Kobe, Japan, Dec. 2019.
2. Matsuda Shinya, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa :
PCTK3/CDK18 regulates cell migration by negatively modulating the FAK1 activity,
16th International Conference of Biochemistry and Molecular Biology: Signalling Pathways in Development, Disease and Aging, Vancouver, BC, Canada, Jun. 2016.
3. James C. Campbell, Kevin Y. Li, Jeong Joo Kim, Gilbert Huang, Albert S. Reger, Shinya Matsuda, Banumathi Sankaran, Todd M. Link, Keizo Yuasa, John E. Ladbury and Choel Kim :
Structural basis of cyclic nucleotide selectivity in cGMP dependent protein kinase II,
7th International Conference on cGMP cGMP: Generators, Effectors and Therapeutic Implications, Trier, Germany, Jun. 2015.
4. Shinya Matsuda, Kyohei Kominato, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa :
PCTAIRE kinase 3/cyclin dependent kinase 18 is activated through association with cyclin A and/or phosphorylation by protein kinase A,
Experimental Biology 2015, Boston, Massachusetts, Mar. 2015.
(DOI: 10.1074/jbc.M113.542936,   PubMed: 24831015)
5. Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji :
The role of subutilisin-like proproteinn connvertase PACE4 in myogenesis,
5th General Meeting of the International Proteolysis Society, Patras, Greece, Oct. 2007.
6. Kentaro Ogawa, Tsuyoshi Yuasa, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji :
Characterization of proteases expressed in the embryo of germinating wheat seed,
International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors. Satellite meeting of the 20th IUBMB International congress and 11th FAOBMB Congress, Hyogo, Jun. 2006.
7. Keizo Yuasa, Kaori Suzue, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji :
Subtilisin-like proprotein convertase PACE4 is transcriptionally regulated by E2F/Rb,
International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors. Satellite meeting of the 20th IUBMB International congress and 11th FAOBMB Congress, Hyogo, Jun. 2006.
8. Hiroki Kanie, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji :
Development of selectivity of 1-antitrypsin variant by mutagenesis in reactive site loop against proprotein convertase,
International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors. Satellite meeting of the 20th IUBMB International congress and 11th FAOBMB Congress, Hyogo, Jun. 2006.
9. Tetsuya Masuda, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji :
Transcriptional Activation of processing protease PACE4 during myogenic differentiation.,
International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors. Satellite meeting of the 20th IUBMB International congress and 11th FAOBMB Congress, Hyogo, Jun. 2006.
10. Yayoi Kikuchi, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji :
RCN3 facilitates the secretion and activation of PACE4,
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
11. Keizo Yuasa, Shin Yamagami, Shotaro Uehara, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji :
cGMP-dependent protein kinase II is required for chondrogenic differentiation,
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
12. Takuya Yanagino, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji :
Transcriptional Regulation of Fibrillin-2 Gene during Chondrogenrsis,
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
13. Akihiko Tsuji, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Yoshiko Matsuda :
Role of PACE4 and furin in cell differentiation,
International Conference on Serine-Carboxyl Peptidases 2005, Kyoto, Nov. 2005.
14. Akihiko Tsuji, Shizuyo Koide, Keizo Yuasa and Yoshiko Matsuda :
Involvement of PACE4 in activation of TGF beta-related factors in the ECM,
International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors., 20, Hyogo, Nov. 2003.

国内講演発表:

1. 安部 庄剛, 西谷 真美, 湯浅 恵造 :
柑橘類果皮ポリメトキシフラボンであるスダチチンは,ERK経路を介して表皮角化細胞の増殖を抑制する,
日本農芸化学会2020年度大会, 2020年3月.
2. 森川 瑠美, 安部 庄剛, 西谷 真美, 下田 毬絵, 金岡 大樹, 湯浅 恵造 :
スダチ果皮エキスの真皮線維芽細胞賦活効果の検討,
日本農芸化学会中四国支部第56回講演会, 2020年1月.
3. 西田 充芳, 宮本 賢治, 清水 友紀, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
ナトリウム利尿ペプチド受容体NPR-Cの新たなシグナル伝達機構,
日本農芸化学会中四国支部第54回講演会, 2019年6月.
4. 安部 庄剛, 西谷 真美, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
柑橘類果皮ポリメトキシフラボンであるスダチチンは,MAPK経路を介してアポトーシスを誘導する,
日本農芸化学会中四国支部第54回講演会, 2019年6月.
5. 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
ユニークな基質特異性をもつアメフラシトリプシン,
第4回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2018年12月.
6. 髙木 大地, 浅田 知範, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 :
Serratia marcescens Lipシステムを利用した大腸菌による低分子抗体分泌産生系の構築,
第4回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2018年12月.
7. 辻 明彦, 湯浅 恵造, 姚 閔 :
海藻ポリフェノールと結合する蛋白質(EHEP)の機能・構造解析,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
8. 玉井 麻友紀, 片岡 晴菜, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
Death-associated protein kinase 2によるオートファジー制御機構の解明,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
9. 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
アメフラシ消化液に含まれるフロロタンニン結合タンパク質の性質,
日本農芸化学会中四国支部第52回講演会, 2018年9月.
10. 安部 庄剛, 廣瀨 早咲, 吉田 一郎, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
柑橘類果皮ポリメトキシフラボンであるスダチチンとノビレチンは,異なる細胞応答を誘導する,
日本農芸化学会中四国支部第52回講演会, 2018年9月.
11. 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
GHF45に属する21kDaセルラーゼの作用機構,
第59回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2018年5月.
12. 森川 瑠美, 小出(吉田) 静代, 山下 純平, 高木 大地, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 :
Serratia marcescensヘム捕捉タンパク質HasA分泌の分子機構の解明,
日本農芸化学会2018年度大会, 2018年3月.
13. 奥田 匡洋, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
ダイコンの発芽過程における各種システインプロテアーゼの発現解析,
日本農芸化学会中四国支部第50回講演会, 2018年1月.
14. 村上 彩良, 大上 友菜, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
細胞死関連キナーゼDRAK1とp53の細胞内局在とその役割,
日本農芸化学会中四国支部第50回講演会, 2018年1月.
15. 川本 晃平, 松田 真弥, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
細胞運動・接着におけるPCTK3によるFAKの制御,
2017年度 生命科学系学会合同年次大会 第40回日本分子生物学会年会,第90回日本生化学会大会, 2017年12月.
16. 辻 明彦, 湯浅 恵造, 浅田 元子, 中村 嘉利 :
アメフラシ21K セルラーゼのセルロース分解における機能解析,
第69回日本生物工学会, 2017年9月.
17. 高木 大地, 浜垣 秀平, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 :
Serratia marcescens type 1 secretion systemを利用した大腸菌による低分子抗体分泌産生系の構築,
第69回日本生物工学会, 2017年9月.
18. 高木 大地, 浜垣 秀平, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 :
大腸菌を用いた低分子抗体の分泌生産系の構築,
日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
19. 大上 友菜, 村上 彩良, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
細胞死関連プロテインキナーゼDRAK1の細胞内局在化機構,
日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
20. 吉田 一郎, 伊藤 千尋, 松田 真弥, 辻 明彦, 矢中 規之, 湯浅 恵造 :
メラニン産生抑制効果を有する沢瀉成分Alisol Bの作用機序の解明,
日本農芸化学会中四国支部第48回講演会, 2017年6月.
21. 亀村 典生, 村上 彩良, 小松 弘明, 澤野井 政宏, 宮本 賢治, 石堂 一巳, 岸本 幸治, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
軟骨形成におけるcGMP-dependent protein kinase Ⅱの作用機構の探索.,
第58回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2017年5月.
22. 村上 彩良, 大上 友菜, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
DNA傷害によるアポトーシス誘導におけるDRAK1の関連性,
日本農芸化学会2017年度大会, 2017年3月.
23. 河内 俊裕, 奥田 匡洋, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
ダイコン由来システインプロテアーゼResponsive to Dehydration 19の同定,
第3回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
24. 浜垣 秀平, 高木 大地, 市原 拓巳, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 :
大腸菌による1本鎖抗体分泌系の構築,
第3回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
25. 山下 純平, 小出(吉田) 静代, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 :
Serratia marcescens HasAの分泌に関わるHasD領域の同定,
第3回 日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
26. 松田 真弥, 川本 晃平, 澤本 真菜, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
PCTK3/CDK18による細胞形態・運動の制御,
第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月.
27. 辻 明彦, 桑村 修司, 湯浅 恵造 :
アメフラシ消化液より単離したフロロタンニン結合蛋白質,EHEPの特性解析,
第68回日本生物工学会, 2016年9月.
28. 浜垣 秀平, 高木 大地, 市原 拓巳, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 :
Serratia marcescens type 1 secretion systemを用いた大腸菌による1本鎖抗体分泌系の構築,
第68回日本生物工学会, 2016年9月.
29. 山下 純平, 小出(吉田) 静代, 中西 智美, 市原 拓巳, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 :
Serratia marcescens type 1 secretion systemによるHasA分泌機構の解明,
第68回日本生物工学会, 2016年9月.
30. 村上 彩良, 亀村 典生, 小松 弘明, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
PKGIIによるFGF/FGFR/ERK経路阻害機構の解明,
日本農芸化学会中四国支部第46回講演会, 2016年9月.
31. 松田 真弥, 川本 晃平, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
サイクリン依存性キナーゼPCTK3/CDK18による細胞運動調節機構の解明,
日本農芸化学会中四国支部第45回講演会, 2016年6月.
32. 桑村 修司, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
アメフラシ消化液に含まれるフロロタンニン結合タンパク質の機能解析,
第57回 日本生化学会 中国・四国支部例会, 2016年5月.
33. 小松 弘明, 亀村 典生, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
PKGIIはRaf1のSer43のリン酸化を介してMAPK経路を負に制御する,
日本農芸化学会2016年度大会, 2016年3月.
34. 湯浅 恵造, 一色 衣香, 太田 玲奈, 松田 真弥, 井上 雅広, 辻 明彦 :
14-3-3から解離したDAPK2はチューブリンとの結合を介してアポトーシスを誘導する,
日本農芸化学会2016年度大会, 2016年3月.
35. 松田 真弥, 宮本 賢治, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
PCTK3/CDK18はFAK1を抑制して細胞形態を制御する,
日本農芸化学会2016年度大会, 2016年3月.
36. 川端 友里恵, 桑村 修司, 澤田 茉菜, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
褐藻類に含まれる摂食阻害物質に対する巻貝の戦略,
日本農芸化学会中四国支部第44回講演会, 2016年1月.
37. 桑村 修司, 白石 将孝, 佐藤 仁昭, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
アメフラシ消化液由来アラメ糖化促進タンパク質の特性解析,
第67回日本生物工学会, 2015年10月.
38. 小松 弘明, 松田 真弥, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
タンパク質結晶構造解析に基づくPKGII の活性化機構の解明,
日本農芸化学会2015年度中四国・西日本支部合同大会(中四国支部第43回・西日本支部第312回講演), 2015年9月.
39. 伊藤 千尋, 吉田 一郎, 辻 明彦, 矢中 規之, 湯浅 恵造 :
メラニン産生抑制効果を有する新規生薬成分の同定及びその作用機序の解明,
日本農芸化学会2015年度中四国・西日本支部合同大会(中四国支部第43回・西日本支部第312回講演), 2015年9月.
40. 松田 真弥, 湯浅 恵造 :
CDK ファミリーメンバーPCTK3/CDK18 はcyclin A 及びPKA によって活性調節を受け,アクチン動態を制御する,
第15回日本蛋白質科学会年会, 2015年6月.
41. 宮本 賢治, 清水 友紀, 松田 真弥, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
ナトリウム利尿ペプチド受容体Cの新規結合タンパク質同定,
日本農芸化学会2015年度大会, 2015年3月.
42. 一色 衣香, 平瀬 大志, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
Death-associated protein kinase-2 (DAPK2)と tubulinの相互作用解析及びアポトーシスへの関連性,
日本農芸化学会2015年度大会, 2015年3月.
43. 佐藤 仁昭, 河野 剛士, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
Subtilisin-like protein convertase(SPC)によるbone morphogenetic protein(BMP)のプロセシング,
第87回日本生化学会大会, 2014年10月.
44. 太田 玲奈, 松田 真弥, 井上 雅広, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
14-3-3は細胞死関連プロテインキナーゼDAPK2を負に制御する,
第87回日本生化学会大会, 2014年10月.
45. 木下 慶太, 河内 俊裕, 久保 政樹, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
Oligopeptidase Bのフォールディングと活性化機構の解明,
第87回日本生化学会大会, 2014年10月.
46. 山下 純平, 小出(吉田) 静代, 田中 亮, 赤塚 浩之, 辻 明彦, 大森 謙司, 湯浅 恵造 :
S. marcescens type 1 secretion systemによるシグナルペプチド非依存的蛋白質分泌機構の解明,
第87回日本生化学会大会, 2014年10月.
47. 松田 真弥, 宮本 賢治, 小松 弘明, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
PCTK3はアクチン動態を制御する,
日本農芸化学会2014年度中四国支部大会, 2014年9月.
48. 白石 将孝, 桑村 修司, 大島 美紀, 馬庭 沙織, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
アメフラシβ-グルコシダーゼのクローニング,
第66回日本生物工学会大会, 2014年9月.
49. 桑村 修司, 白石 将孝, 大島 美紀, 馬庭 沙織, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
アメフラシ消化液由来β-グルコシダーゼのラミナランの完全分解,
第66回日本生物工学会大会, 2014年9月.
50. 白石 将孝, 桑村 修司, 馬庭 沙織, 大島 美紀, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
アメフラシβ-グルコシダーゼの構造解析,
第55回日本生化学会中国・四国支部例会, 2014年6月.
51. 桑村 修司, 白石 将孝, 大島 美紀, 馬庭 沙織, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
アメフラシのラミナリン分解システム,
第55回日本生化学会中国・四国支部例会, 2014年6月.
52. 松田 真弥, 小湊 恭平, 小出(吉田) 静代, 宮本 賢治, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
PCTK3はcyclin A及びPKAによって活性調節を受け,アクチン動態を制御する,
日本農芸化学会2014年度大会, 2014年3月.
53. 伊藤 千尋, 小出(吉田) 静代, Reger Albert, 辻 明彦, Kim Choel, 湯浅 恵造 :
cGMP-dependent protein kinase II と小胞輸送制御因子 Rab11B との相互作用の解析,
日本農芸化学会2014年度大会, 2014年3月.
54. 大島 美紀, 西山 奈見, 馬庭 沙織, 桑村 修司, 白石 将孝, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
アメフラシの海藻消化システムに関する研究,
第130回徳島生物学会, 2013年12月.
55. 金 惠珍, 田端 厚之, 友安 俊文, 上野 友美, 内山 成人, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長宗 秀明 :
エストロゲン作用物質が示す骨芽細胞分化促進作用の解析,
徳島生物学会, 2013年12月.
56. 松田 真弥, 小湊 恭平, 小出(吉田) 静代, 宮本 賢治, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
サイクリン依存性キナーゼ18/PCTAIREキナーゼ3はサイクリンA2及びPKAによって活性化される,
第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月.
57. 大島 美紀, 西山 奈見, 馬庭 沙織, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
アメフラシのα-グルカン分解機構,
第65回日本生物工学会大会, 2013年9月.
58. 馬庭 沙織, 大島 美紀, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
アメフラシのβ-グルコシダーゼの固定化と応用,
第65回日本生物工学会大会, 2013年9月.
59. 太田 玲奈, 松田 真弥, 井上 雅広, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
14-3-3による細胞死関連プロテインキナーゼDAPK2の活性制御機構,
第86回日本生化学会大会, 2013年9月.
60. 小湊 恭平, 松田 真弥, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
cyclin AおよびPKAによるCDKファミリーPCTK3の活性化機構,
第86回日本生化学会大会, 2013年9月.
61. 松田 真弥, 小湊 恭平, 宮本 賢治, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
CDKファミリーPCTK3はcyclin AおよびPKAによって活性化する,
日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部および日本ビタミン学会近畿・中国四国・九州沖縄地区合同大会2013年度合同広島大会, 2013年9月.
62. 辻 明彦, 羽田 浩一郎, 一色 衣香, 松田 真弥, 湯浅 恵造 :
プロセシングプロテアーゼ,Furinを特異的に阻害するalpha1-antitrypsin改変体の作成,
第13回日本蛋白質科学会年会, 2013年6月.
63. 小湊 恭平, 松田 真弥, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
CDKファミリーPCTK3の活性化機構の解明,
第54回日本生化学会中国・四国支部例会, 2013年5月.
64. 太田 玲奈, 松田 真弥, 井上 雅広, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
14-3-3タンパク質によるDAPK2活性制御機構の解析,
第54回日本生化学会中国・四国支部例会, 2013年5月.
65. 馬庭 沙織, 大島 美紀, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
アメフラシβ-グルコシダーゼの応用研究,
第54回日本生化学会中国・四国支部例会, 2013年5月.
66. 大島 美紀, 西山 奈見, 馬庭 沙織, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
アメフラシのデンプン分解システム,
第54回日本生化学会中国・四国支部例会, 2013年5月.
67. 松田 真弥, 篠倉 悠久, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
CDKファミリーPCTK3の活性化因子の同定,
日本農芸化学会2013年大会, 2013年3月.
68. 一色 衣香, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
cGMP依存性プロテインキナーゼ(cGK)によるDeath-associated protein kinase-2 (DAPK2)調節機構,
第85回日本生化学大会, 2012年12月.
69. 河野 剛士, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
内軟骨性骨化過程におけるPACE4によるproBMP6の活性化,
第85回日本生化学大会, 2012年12月.
70. 福元 淳生, NOR ISMALIZA BINTI MOHD ISMAIL, 井上 雅広, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
Oligopeptidase Bにおけるβ-プロペラドメインと触媒ドメインの相互作用に重要な塩橋の同定,
第85回日本生化学大会, 2012年12月.
71. 金 惠珍, 田端 厚之, 友安 俊文, 上野 友美, 内山 成人, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長宗 秀明 :
エストロゲン刺激で誘導される骨芽細胞の分化機構に関する研究,
日本生化学会, 2012年12月.
72. 西山 奈美, 富永 景子, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
アメフラシ由来α-アミラーゼの精製と特性解析,
第64回日本生物工学会大会, 2012年10月.
73. 植野 勇司, 西山 奈美, 富永 景子, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
アメフラシ由来β-グルコシダーゼの特性解析,
第64回日本生物工学会大会, 2012年10月.
74. 富永 景子, 西山 奈美, 湯浅 恵造, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利, 辻 明彦 :
アメフラシのセルロース消化システムの解析,
第64回日本生物工学会大会, 2012年10月.
75. 辻 明彦, 福元 淳生, 湯浅 恵造 :
オリゴペプチダーゼBにおけるベータープロペラドメインと触媒ドメインの相互作用解析-触媒ドメインの安定化に重要な塩橋の同定,
第17回日本病態プロテアーゼ学会, 2012年8月.
76. 辻 明彦, 佐藤 しおり, 富永 景子, 湯浅 恵造, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 :
アミエビセルラーゼの基礎と応用研究,
日本生物工学会西日本支部第2回講演会, 2012年7月.
77. 金 惠珍, 田端 厚之, 友安 俊文, 上野 友美, 内山 成人, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長宗 秀明 :
エストロゲン作用物質が示す骨芽細胞の分化促進作用,
第53回日本生化学会中国・四国支部例会, 2012年5月.
78. 西山 奈見, 造田 莉沙, 富永 景子, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
アメフラシ由来α-アミラーゼの精製と特性解析,
第53回日本生化学会中国・四国支部例会, 2012年5月.
79. 河野 剛士, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
軟骨分化におけるPACE4の基質の同定,
第53回日本生化学会中国・四国支部例会, 2012年5月.
80. 一色 衣香, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
cGMP依存性プロテインキナーゼ(cGK)の新規基質同定,
第53回日本生化学会中国・四国支部例会, 2012年5月.
81. 須藤 遥, 吉勝 雄希, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 石田 洋一, 長浜 正巳 :
核小体シャペロンNVL2によるリボソーム生合成制御機構;rRNA プロセシング複合体の分子間相互作用解析,
日本薬学会 第132年会, 2012年3月.
82. 播田 元輝, 湯浅 恵造, 多田 かおり, 藤本 智美, 津嘉山 正夫, 辻 明彦 :
スダチ果皮ポリメトキシフラボンの抗炎症作用に関する研究,
日本農芸化学会2012年度大会, 2012年3月.
83. 一色 衣香, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
cGMP依存性プロテインキナーゼ(cGK)の新規基質同定,
日本農芸化学会2012年度大会, 2012年3月.
84. 美野 健, 藤沢 慶典, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
セリンプロテアーゼS9ファミリーに属する新規アミノペプチターゼの同定,
第63回日本生物工学会大会, 2011年9月.
85. 富永 景子, 池田 千佳, 近藤 あゆみ, 佐藤 しおり, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
アメフラシのセルロース消化システム解析,
第63回日本生物工学会大会, 2011年9月.
86. 福元 淳生, Mohd Ismail Nor Ismaliza, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
トリパノソーマ症の病原因子であるoligopeptidase Bのドメイン間相互作用の安定化機構,
第84回日本生化学大会, 2011年9月.
87. 吉勝 雄希, 石田 洋一, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 :
rRNAプロセシング複合体の分子間相互作用におけるMPP6の役割,
第84回日本生化学大会, 2011年9月.
88. 土肥 真, 湯浅 恵造, 長目 健, 辻 明彦 :
神経細胞におけるcGMP依存性プロテインキナーゼとRhoエフェクターrhotekinの相互作用の解析,
第84回日本生化学大会, 2011年9月.
89. 近藤 あゆみ, 佐藤 しおり, 富永 景子, 池田 千佳, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
サザエセルラーゼの酵素学的研究,
第84回日本生化学大会, 2011年9月.
90. 佐藤 しおり, 近藤 あゆみ, 富永 景子, 池田 千佳, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
アミエビセルラーゼの酵素学的研究,
第84回日本生化学大会, 2011年9月.
91. 辻 明彦, 石川 寛, 湯浅 恵造 :
BMP活性化におけるPACE4とFurinの機能分担,
第16回日本病態プロテアーゼ学会, 2011年8月.
92. 福元 淳生, Mohd Ismail Nor Ismaliza, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
トリパノソーマ症の病原因子であるOligopeptidase Bのドメイン間相互作用の安定化機構,
第11回 日本蛋白質科学会年会, 2011年6月.
93. 播田 元輝, 湯浅 恵造, 津嘉山 正夫, 辻 明彦 :
スダチ由来ポリフェノールsudachitinによる神経保護作用,
日本農芸化学会中四国支部 第30回講演会, 2011年5月.
94. 土肥 真, 湯浅 恵造, 長目 健, 辻 明彦 :
cGMP依存性プロテインキナーゼとRhoエフェクターrhotekinの相互作用部位および細胞内局在の解析,
第52回日本生化学会中国・四国支部例会, 2011年5月.
95. 富永 景子, 池田 千佳, 近藤 あゆみ, 佐藤 しおり, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
アメフラシのセルロース消化システムの解析,
第52回日本生化学会中国・四国支部例会, 2011年5月.
96. 美野 健, 藤沢 慶典, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
カイワレダイコンフェニルアラニルアミノぺプチダーゼの酵素特性解析及びクローニング,
第52回日本生化学会中国・四国支部例会, 2011年5月.
97. 播田 元輝, 湯浅 恵造, 津嘉山 正夫, 辻 明彦 :
Effect of the polymethoxyflavone in citrus sudachi on neuroprotection,
日本農芸化学会2011年度大会, 2011年3月.
98. 湯浅 恵造, 松田 泰斗, 辻 明彦 :
Functional regulation of transient receptor potential channel TRPC7 by cGMP-dependent protein kinase,
日本農芸化学会2011年度大会, 2011年3月.
99. 湯浅 恵造, 長目 健, 土肥 真, 柳田 弥生, 長浜 正巳, 辻 明彦 :
cGMP-dependent protein kinase/rhotekinによる神経突起形成の制御,
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
100. 松田 泰斗, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
cGMP依存性プロテインキナーゼによる非選択的カチオンチャネルTRPC7の活性制御機構の解析,
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
101. 港 紗央里, 本木 陽, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 :
VCP/p97結合タンパク質UBXD1 ( UBX domain-containing 1 ) の小胞体関連分解における機能解析,
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
102. 本木 陽, 港 紗央里, 大西 満智, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 :
小胞体関連分解にかかわるVCP/p97結合タンパク質UBXD1のドメイン機能解析,
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
103. 藤澤 慶典, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
S9セリンプロテアーゼに属する新規メンバー,フェニルアラニルアミノペプチダーゼの同定,
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
104. 辻 明彦, 羽田 浩一郎, 湯浅 恵造 :
プロテインエンジニアリングによるFurin得意阻害タンパク質の作成,
第15回日本病態プロテアーゼ学会, 2010年8月.
105. 辻 明彦, Mohd Ismail Nor Ismaliza, 中井 健志, 湯浅 恵造, 井上 雅広 :
モデリングより推定されたTrypanosoma bruceiオリゴペプチダーゼBのS1, S2サブサイトに位置するグルタミン酸残基の機能解析,
第51回日本生化学会中国・四国支部例会, 2010年5月.
106. 湯浅 恵造, 長目 健, 柳田 弥生, 長浜 正巳, 辻 明彦 :
神経突起形成におけるcGMP依存性プロテインキナーゼの機能解析,
日本農芸化学会2010年度大会, 2010年3月.
107. 松田 泰斗, 湯浅 恵造, 北清水 百合花, 辻 明彦 :
cGKIαによるTRPC7の調節機構,
日本農芸化学会2010年度大会, 2010年3月.
108. 松田 泰斗, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
cGMP依存性プロテインキナーゼ(cGK)の新規基質の同定およびその機能解析,
第82回日本生化学大会, 2009年10月.
109. 湯浅 恵造, 長目 健, 山上 真, 長浜 正巳, 辻 明彦 :
cGMP依存性プロテインキナーゼとRhoエフェクターrhotekinとの相互作用の解析,
第82回日本生化学大会, 2009年10月.
110. 吉勝 雄希, 谷田 渚, 藤澤 大輔, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 :
核小体シャペロンNVL2によるエキソソーム複合体のrRNAプロセシングにおける機能制御,
第82回日本生化学大会, 2009年10月.
111. 羽田 浩一郎, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
α1-Antitrypsinを用いたFurin特異的阻害剤の開発,
第82回日本生化学大会, 2009年10月.
112. 塚本 佳那, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 :
Germination specific cysteine protease 1 (GCP1)の酵素学的研究,
第82回日本生化学大会, 2009年10月.
113. 岩本 桂子, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 :
カイワレ大根の発芽初期過程で発現するプロテアーゼの解析,
第82回日本生化学大会, 2009年10月.
114. Mohd Ismail Nor Ismaliza, 湯浅 剛, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 :
トリパノソーマオリゴペプチダーゼの熱安定性に重要なアミノ酸残基の同定,
第82回日本生化学大会, 2009年10月.
115. 室下 大樹, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 :
BMP6の活性化を介したサチライシン様プロプロテインコンベルターゼPACE4による軟骨分化誘導,
第82回日本生化学大会, 2009年10月.
116. 辻 明彦, 湯浅 恵造, Mohd Ismail Nor Ismaliza, 湯浅 剛, 長浜 正巳 :
トリパノソーマオリゴペプチダーゼの基質結合部位の機能解析,
第82回日本生化学大会シンポジウム「S9 セリンプロテアーゼの構造,機能から応用へ」, 2009年10月.
117. 辻 明彦, 湯浅 恵造, 泰地 裕美, 長浜 正巳 :
内軟骨性骨分化におけるBMP6の活性化機構,
第50回日本生化学会中国・四国支部例会, 2009年5月.
118. 湯浅 恵造, 長目 健, 山上 真, 長浜 正巳, 辻 明彦 :
cGMP依存性プロテインキナーゼ結合タンパク質の同定および機能解析,
日本農芸化学会2009年度大会, 2009年3月.
119. 辻 明彦, 菊池 弥生, 雑賀 裕子, 湯浅 恵造, 長浜 正巳 :
オクルーディングループ構造の違いによる植物カテプシンBの特性,
第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学大会合同大会, 2008年12月.
120. 菊池 弥生, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 :
植物システインプロテアーゼRD21の精製と生化学的性質の解析,
第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学大会合同大会, 2008年12月.
121. 湯浅 恵造, 山上 真, 長目 健, 長浜 正巳, 辻 明彦 :
II型cGMP依存性プロテインキナーゼと小胞輸送制御因子Rab11bとの相互作用の解析,
第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学大会合同大会, 2008年12月.
122. 長目 健, 湯浅 恵造, 山上 真, 長浜 正巳, 辻 明彦 :
cGMP依存性プロテインキナーゼとRhoエフェクターRhotekinとの相互作用の解析,
第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学大会合同大会, 2008年12月.
123. 湯浅 恵造, 泰地 裕美, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 :
軟骨分化過程におけるサチライシン様プロプロテインコンベルターゼPACE4の機能解析,
第13回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会, 2008年8月.
124. 長浜 正巳, 大西 満智, 湯浅 恵造, 辻 明彦 :
小胞体異常タンパク質分解におけるVCP/p97結合タンパク質UBXD1の役割,
第13回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会, 2008年8月.
125. 辻 明彦, 雑賀 裕子, 菊池 弥生, 湯浅 恵造, 長浜 正巳 :
植物カテプシンB様システインプロテアーゼと動物カテプシンBの比較生化学,
第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
126. 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 :
サチライシン様プロプロテインコンベルターゼPACE4は軟骨分化に必須である,
日本農芸化学会2008年度大会, 2008年3月.
127. 大西 満智, 河手 裕美子, 松井 隆幸, 三宅 仁美, 湯浅 恵造, 谷 佳津子, 多賀谷 光男, 辻 明彦, 長浜 正巳 :
UBXD1はVCP/97と結合しERADを制御する,
第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
128. 湯浅 剛, 小田 英里奈, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 井上 雅広, 辻 明彦 :
Trypanosoma brucei oligopeptidase Bの基質結合部位の解析,
第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
129. 小川 健太郎, 雑賀 裕子, 林 絢子, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 :
植物カテプシンB様システインプロテアーゼの酵素学的特性,
第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
130. 柳野 卓也, 湯浅 恵造, 木村 道江, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 :
軟骨分化におけるフィブリリン-2の機能解析,
第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
131. 山上 真, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 :
cGMP依存性プロテインキナーゼと相互作用する因子の検索,
第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
132. 湯浅 恵造, 影山 陽子, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 :
ズブチリシン様プロプロテイン変換酵素PACE4は軟骨分化に必須である,
第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
133. 辻 明彦, 菊池 弥生, 長浜 正巳, 湯浅 恵造, 井上 英史 :
サチライシン様プロプロテインコンベルターゼプロペプチドの機能,
第7回日本蛋白質科学会年会 ワークショップ4(「分子内シャペロン」としてのプロペプチド研究:分子機構から生理機能まで), 2007年5月.
134. 湯浅 恵造, 増田 哲也, 吉川 千尋, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 :
ズブチリシン様プロプロテイン変換酵素PACE4は骨格筋分化に必須である,
第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月.
135. 糟谷 拓, Mohd Ismail Nor Ismaliza, 上川 健一, 蟹江 裕樹, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 助野 晃子, 桑島 正道, 辻 明彦 :
ヒト内臓・皮下脂肪組織におけるアドレノメジュリンとその活性化に必要なプロセシング酵素群の発現,
第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月.
136. 谷田 渚, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 :
核小体分子シャペロンNVL2とrRNAプロセシング複合体の相互作用解析,
第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月.
137. 上原 正太郎, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 :
軟骨分化過程におけるcGMP-dependent protein kinase IIの遺伝子発現調節機構,
日本分子生物学会2006フォーラム, 2006年12月.
138. 柳野 卓也, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 :
Transcriptional Regulation of Fibrilin-2 Gene during Chondrogenesis,
日本分子生物学会2006フォーラム, 2006年12月.
139. Ismaliza Ismail Nor Mohd, 蟹江 裕樹, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 :
脂肪細胞の分化過程におけるSPCファミリーの機能解析,
日本分子生物学会2006フォーラム, 2006年12月.
140. 三木 俊二, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 :
リボソーム生合成およびmRNA前駆体スプライシングにおけるAAA型分子シャペロンNVL2の機能,
第118回徳島生物学会, 2006年11月.
141. 増田 哲也, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 :
Subtilisin-like Proprotein Convertase (SPC)は骨格筋分化制御の重要因子である,
第11回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会, 2006年8月.
142. 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 :
軟骨分化におけるsubtilisin-like proprotein convertase (SPC)の機能解析,
第11回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会, 2006年8月.
143. 上川 健一, Ismaliza Nor Ismail, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 :
脂肪組織におけるプロセシングプロテア-ゼ群の機能解析,
第47回日本生化学会中国・四国支部例会, 2006年5月.
144. 蟹江 裕樹, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 :
α1-Antitrypsinを用いたSPC特異的阻害剤の開発,
第6回日本蛋白質科学会年会, 2006年4月.
145. 湯浅 恵造, 松田 佳子, 辻 明彦 :
軟骨分化におけるSubtilisin-like proprotein convertase(SPC)の機能解析,
第28回日本分子生物学会年会ワークショップ, 2005年12月.
146. Takuya Yanagino, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji :
Transcriptional regulation of fibrillin-2 during chondrogenesis,
第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
147. Tetsuya Masuda, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji :
Transcriptional activation of proprotein convertase PACE4 during skeletal muscle differentiation,
第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
148. Akihiko Tsuji, Kentaro Ogawa, Tsuyoshi Yuasa, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Tadashi Yoshimoto :
Protamine: a unique and potent inhibitor of oligopeptidase B,
第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
149. Kentaro Ogawa, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji :
Expression of cysteine proteases and oligopeptidase B in early seedling growth of wheat,
第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
150. Yayoi Kikuchi, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji :
The role of Reticulocalbin-3 in regulation of PACE4 activation and secretion,
第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
151. 辻 明彦, 湯浅 恵造, 松田 佳子 :
サチライシン様プロプロテインコンベルターゼのユニークな自己活性化制御機構,
第5回日本蛋白質科学会年会ワークショップ9, 2005年6月.
152. 湯浅 恵造, 辻 明彦, 松田 佳子 :
骨格筋分化におけるプロセシングプロテアーゼPACE4の遺伝子発現調節の解析,
日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月.
153. 辻 明彦, 湯浅 恵造, 松田 佳子 :
哺乳類ズブチリシン様セリンプロテアーゼの特性,多様性と生理的意義,
日本農芸化学会2005年度大会ワークショップ, 2005年3月.
154. 鈴江 加織, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 松田 佳子 :
E2F1によるPACE4遺伝子発現調節の解析,
第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月.
155. Keizo Yuasa, Kaori Suzue, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda :
Transcriptional activation of proprotein convertase PACE4 by E2F1,
第77回日本生化学会大会, Oct. 2004.
156. Akihiko Tsuji, Keizo Yuasa and Yoshiko Matsuda :
Purification and characterization of oligopeptidase B from wheat germ. First identification of oligopeptidase B at the protein level in higer plant,
第77回日本生化学会大会, Oct. 2004.
157. 松田 佳子, 辻 明彦, 湯浅 恵造 :
Subtilisin like proprotein convertase familyの多様性と役割分担:ECM局在PACE4の細胞分化における役割,
第51回マトリックス研究会大会, 20-21, 2004年4月.

特許:

1. 湯浅 恵造, 大森 謙司, 櫻井 直樹, 北 潔 : プラスモジウム属原虫のホスホジエステラーゼ,それをコードする核酸,並びにその阻害薬を用いるマラリア治療, 特願2002-330382, .
2. 大森 謙司, 湯浅 恵造, 小寺 淳, 藤重 古都美, 道端 英雄 : 新規ホスホジエステラーゼ及びその遺伝子, 特願2000-163875, 特開2001-340084, .
3. 大森 謙司, 佐々木 隆史, 小寺 淳, 湯浅 恵造 : 新規ホスホジエステラーゼ及びその遺伝子, 特願2000-58159, 特開2001-238680, .
4. 大森 謙司, 湯浅 恵造, 小寺 淳, 藤重 古都美, 道端 英雄 : 新規ホスホジエステラーゼ及びその遺伝子, 特願11-364866, 特開2001-178467, .
5. 大森 謙司, 小寺 淳, 藤重 古都美, 道端 英雄, 湯浅 恵造 : 新規ホスホジエステラーゼ及びその遺伝子, 特願11-129343, 特開2000-224992, .

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • ナトリウム利尿ペプチド受容体を介したオステオクリンの新規機能の解明とその応用研究 (研究課題/領域番号: 20K05841 )
  • T1SSを利用した大腸菌による低分子抗体分泌生産システムの構築 (研究課題/領域番号: 17K07759 )
  • CDKファミリーPCTK3の活性調節機構および生理機能の解明 (研究課題/領域番号: 25450131 )
  • 神経系におけるcGMP依存性キナーゼの新規基質を介した細胞内情報伝達経路の解明 (研究課題/領域番号: 23780106 )
  • 神経細胞におけるcGMPシグナルの機能解析 (研究課題/領域番号: 21780098 )
  • 骨形成・代謝におけるcGMPシグナリングの解析 (研究課題/領域番号: 19780077 )
  • 軟骨分化制御に関わるサイクリックGMP依存性プロテインキナーゼの機能解析 (研究課題/領域番号: 17780082 )
  • 研究者番号(70363132)による検索