Excel(xlsx) for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel, RTF for Microsoft Word
期間: 2004.42021.3

2004年度(平成16年度)

2004年度(平成16年度) / 著書

1) 2,004 著書 葉養 正明, 猿田 真嗣 : 学校と地域との新しい関係づくり, --- 「教師の『連携力』をどう高めるか」(78-81),「地域に根ざした総合的な学習の時間の計画·展開」(140-143) ---, 株式会社 教育開発研究所, 東京, 2004年4月.
2) 2,004 著書 北神 正行, 猿田 真嗣 : 「リーダーシップ」研修(学校の研修ガイドブックNo.1), --- 「学校の説明責任と情報公開·情報開示」(106-109) ---, 株式会社 教育開発研究所, 東京, 2004年5月.
3) 2,004 著書 葉養 正明, 猿田 真嗣 : 学習指導要領の一部改正とこれからの学校教育, --- 「学校の取り組みに対する教育委員会による支援」(172-175) ---, 株式会社 教育開発研究所, 東京, 2004年5月.
4) 2,004 著書 Kenji Kita, Yasuhiko Kato, Takashi Omoto and Yoneo Yano : Corpus Linguistics: Readings in a Widening Discipline, --- Automatically Extracting Collocations from Corpora for Language Learning ---, Continuum International Publishing, London, Aug. 2004.
5) 2,004 著書 高階 玲治, 猿田 真嗣 : 誰もが活用したい「学校の自己評価·外部評価」100の実践ポイント, --- 「学校評議員の行う学校評価の具体例」(232-233) ---, 株式会社 教育開発研究所, 東京, 2004年10月.
6) 2,004 著書 葉養 正明, 猿田 真嗣 : 2学期制の工夫と効果的な運用, --- 「2学期制について保護者に,どう趣旨説明をするか」(90-93),「2学期制を生かす地域との連携のポイント」(94-97) ---, 株式会社 ぎょうせい, 東京, 2004年10月.
7) 2,004 著書 田中 俊夫, 小原 繁 : くらしの中の健康運動(改訂), 株式会社 大学教育出版, 岡山, 2004年11月.
8) 2,004 著書 曾田 紘二, 樫田 美雄, 杉山 茂, 野村 昌弘, 北 研二, 山本 真由美, 前田 朋彦 : レポート作成指導ハンドブック, --- 徳島大学FD推進ハンドブック.第3号,第9巻 ---, 大学開放実践センター, 徳島, 2005年1月.
9) 2,004 著書 森田 秀芳, 若泉 誠一, 宮田 政徳, 桂 修治, 森 健治, 中條 信義, 樋口 富彦, 原口 雅宣, 大橋 眞, 松浦 健二 : 授業改善のための実例集ハンドブック, 大学開放実践センター, 徳島, 2005年1月.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,004 学術論文 (審査論文) Yoko Uwate, Yoshifumi Nishio, Tetsushi Ueta, Tohru Kawabe and Tohru Ikeguchi : Performance of Chaos and Burst Noises Injected to the Hopfield NN for Quadratic Assignment Problems, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E87-A, No.4, 937-943, 2004.
2) 2,004 学術論文 (審査論文) Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : A design method of bursting using 2-parameter bifurcation diagrams in FitzHugh-Nagumo model, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.14, No.7, 2241-2252, 2004.
3) 2,004 学術論文 (審査論文) Kuniyoshi Abe, Shao-Liang Zhang, Taketomo Mitsui and Cheng-Hai Jin : A Variant of the ORTHOMIN(2) Method for Singular Linear Systems, Numerical Algorithms, Vol.36, No.3, 189-202, 2004.
4) 2,004 学術論文 (審査論文) 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 黒岩 眞吾, 北 研二 : Non-negative Matrix Factorizationを用いたベクトル空間情報検索モデルの次元削減手法, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.124, No.7, 1500-1506, 2004年.
5) 2,004 学術論文 (審査論文) 佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史, 大恵 俊一郎 : セキュリティポリシ構築におけるデータベース支援に関する考察, 学術情報処理研究, Vol.8, No.8, 25-32, 2004年.
6) 2,004 学術論文 (審査論文) 猿田 真嗣 : 生涯学習機関としての大学, --- 大学教育の拡張と体系化に関する一考察 ---, 教育制度学研究, No.11, 6-19, 2004年.
7) 2,004 学術論文 (審査論文) Fei Yuan, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : A Web-based Collaborative Authoring System for Web Educational Material based on Evolutionary Information Sharing Approach, Japanese Society for Information and Systems in Education Magazine, Vol.4, No.1, 24-36, 2005.
8) 2,004 学術論文 (審査論文) 柘植 覚, 黒岩 眞吾, 獅々堀 正幹, 北 研二 : ETSI標準分散音声認識フロントエンドにおける入力系の周波数特性正規化手法, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.125, No.1, 120-127, 2005年.
9) 2,004 学術論文 (審査論文) 森川 富昭, 松浦 健二, 金西 計英, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 矢野 米雄 : シラバスに基づくe-Learningシステムを用いた医学·歯学系教育におけるFTF·CMCハイブリッド型授業実践, 日本教育工学会論文誌, Vol.28, No.3, 263-274, 2005年.
10) 2,004 学術論文 (審査論文) 前田 健一 : 自動健診システムの開発とICカードの利用, CAMPUS HEALTH, Vol.42, No.2, 21-25, 2005年.
11) 2,004 学術論文 (審査論文) 武久 美奈子, 友竹 正人, 石川 静江, 早渕 純子, 佐藤 八重子, 石元 康仁, 前田 健一, 湊 義博, 大森 哲郎 : 女子大学生の月経前緊張症, --- アンケート調査より ---, CAMPUS HEALTH, Vol.42, No.2, 99-104, 2005年.
12) 2,004 学術論文 (審査論文) 大橋 眞, 中恵 真理子, 桐山 聰 : 情報教育を創成学習の場にするためには?, --- 初年度情報教育における徳島大学生物系学科の課題 ---, 大学教育研究ジャーナル, Vol.2, No.1, 36-44, 2005年.
13) 2,004 学術論文 (審査論文) 西本 真琴, 松木 均, 金品 昌志, 佐竹 弘, 長山 和史, 秦 隆志 : 不飽和アシル鎖を持つリン脂質二分子膜への局所麻酔薬の分配, 麻酔と蘇生, Vol.41, No.1, 43-46, 2005年.
14) 2,004 学術論文 (審査論文) 松岡 和彦, 谷岡 康弘, 秦 隆志, 佐竹 弘, 松木 均, 金品 昌志 : 脂質二分子膜への局所麻酔薬の分配に及ぼすコレステロールの影響, 麻酔と蘇生, Vol.41, No.1, 17-20, 2005年.
15) 2,004 学術論文 (審査論文) 曾田 紘二, 廣渡 修一 : 教養教育再興に向けての一考察, --- アメリカ的系譜と日本での政策的背景 ---, 大学教育研究ジャーナル, Vol.2, 1-12, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,004 学術論文 (紀要その他) 大石 寧子 : 留学生センターの在り方と日本語教育, 留学交流, Vol.16, No.5, 10-13, 2004年.
2) 2,004 学術論文 (紀要その他) 坂田 浩, 前田 有香 : 異文化発達質問紙(IDI)を用いた多様性トレーニング効果の検証, 徳島大学留学生センター紀要, Vol.1, No.1, 1-18, 2005年.
3) 2,004 学術論文 (紀要その他) 定森 秀夫 : 考古学からみた加耶, 古代を考える 日本と朝鮮, 172-201, 2005年.
4) 2,004 学術論文 (紀要その他) 猿田 真嗣 : 大学公開講座による学習成果の評価·認定システムの展望, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.15, 11-27, 2005年.
5) 2,004 学術論文 (紀要その他) 中原 計 : 出土状況からみた弥生時代木製品の製作, 待兼山考古学論集, 175-198, 2005年.
6) 2,004 学術論文 (紀要その他) 定森 秀夫 : 陶質土器からみた渡来文化, シンポジウム渡来文化をさぐる―講演・報告要旨―, 9-26, 2005年.
7) 2,004 学術論文 (紀要その他) 大石 寧子 : 終日一教員担当制の引き出す学習環境の安定と言語運用能力の係わり, 日本語教育方法研究会会誌, Vol.12, No.1, 4-5, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術レター

1) 2,004 学術レター Takuji Kousaka, Yoshihito Yasuhara, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Experimental Realization of Controlling Chaos in the Periodically Switched Nonlinear Circuit, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.14, No.10, 3655-3660, 2004.

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

1) 2,004 総説・解説 池上 泰弘 : 徳島大学地域共同研究センターニュース, STEPテクノ情報, Vol.10, No.1, 24, 2004年7月.
2) 2,004 総説・解説 松木 均, 佐竹 弘, 金品 昌志 : 局所麻酔作用のモデル研究, --- 界面化学的手法による作用機構の解明 ---, 表面, Vol.42, No.12, 353-371, 2004年12月.
3) 2,004 総説・解説 池上 泰弘 : 徳島大学地域共同研究センターニュース, STEPテクノ情報, Vol.10, No.2, 22, 2005年1月.
4) 2,004 総説・解説 中原 計 : 幕末期の庭園遺構の発見, --- 新蔵地域国際交流プラザ地点の発掘調査 ---, 徳大広報とくとーく, Vol.118, 12, 2005年1月.

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1) 2,004 国際会議 Lu Xin, Liu Qiong and Shunichiro Oe : Recognizing Non-rigid Human Actions Using Joints Tracking in Space-time, Proceedings of International Conference on Information Technology, 620-625, Las Vegas, Apr. 2004.
2) 2,004 国際会議 Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : An aspect of oscillatory conditions in linear systems and Hopf bifurcations in nonlinear systems, Proc. NDES2004, 352-355, Evora, Portugal, May 2004.
3) 2,004 国際会議 Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in current coupled BVP oscillators, Proc. NDES2004, 348-351, Evora, Portugal, May 2004.
4) 2,004 国際会議 Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Tomiaki Morikawa and Yoneo Yano : Flexible participation for collaborative learning in an asynchronous and semi-synchronous context, Proceedings of ED-MEDIA2004, 1518-1523, Lugano, Jun. 2004.
5) 2,004 国際会議 Raymond David, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : IP Videoconferencing in Distance Education: Ideas for a Successful Integration, Proceedings of ED-MEDIA2004, 4179-4185, Lugano, Jun. 2004.
6) 2,004 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Learning Process Sharing for Educational Modification of the Web, Proceedings of ED-MEDIA2004, 1187-1192, Lugano, Jun. 2004.
7) 2,004 国際会議 Yasuo Miyoshi, Youji Ochi, Kazuhide Kanenishi, Ryo Okamoto and Yoneo Yano : An Illustrative-Sentences Search Tool Using Phrase Structure ``SOUP'', Proceedings of ED-MEDIA2004, 1193-1199, Lugano, Jun. 2004.
8) 2,004 国際会議 Tetsushi Ueta, Yu Toyosaki, Shigeki Tsuji and Takuji Kousaka : Partial delayed feedback control and its DSP implementation, Prod. MWSCAS'04, 629-632, Hiroshima, Jul. 2004.
9) 2,004 国際会議 Sang-Ho Hyon, X Jiang, Takashi Emura and Tetsushi Ueta : Passive running of planar 1/2/4-legged robots, Proc. IEEE/RS IROS, 3532-3539, Sendai, Sep. 2004.
10) 2,004 国際会議 Sang-Ho Hyon, Takashi Emura and Tetsushi Ueta : Detection and stabilization of hybrid periodic orbits of passive running robots, Proc. Mechatronics and Robotics, 1309-1314, Archen, Germany, Sep. 2004.
11) 2,004 国際会議 Lu Xin and Shunichiro Oe : Dynamic Scenes Synthesis using Integration of Robust Tracking and View Morphing, Proceedings of 10th International Conference on Virtual Systems and Multimedia, 738-745, Oogaki Japan, Nov. 2004.
12) 2,004 国際会議 Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Tomiaki Morikawa, Masahiko Katayama, Yasuo Miyoshi and Yoneo Yano : Adaptive Synchronization of Learning Media among Semi-synchronous Learners, Proceedings of E-Learn2004, Vol.1, 2829-2834, Washington, D.C., Nov. 2004.
13) 2,004 国際会議 Satoru Tsuge, Shingo Kuroiwa, Masami Shishibori, Kenji Kita and Fuji Ren : Evaluation of frequency characteristic normalization method with multiple reference cepstrum on the Japanese newspaper article sentences speech corpus, Proceedings of the third International Conference on Information, 199-202, Tokyo, Nov. 2004.
14) 2,004 国際会議 Hiroaki Ogata, Ryo Akamatsu, Hiroyuki Mitsuhara, Yoneo Yano, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi and Tomiaki Morikawa : TANGO: Supporting Vocabulary Learning with RFID tags, Electronic proceedings of International Workshop Series on RFID, Tokyo, Nov. 2004.
15) 2,004 国際会議 Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka, Tohru Kawabe and Sang-Ho Hyon : Partial External Force Control for Piecewise Smooth Dynamical Systems, Proc. of 2004 IASTED CSS, Clearwater, Florida, Nov. 2004.
16) 2,004 国際会議 YUE MA, Takuji Kousaka, Chi K. Tse and Hiroshi Kawakami : General Consideration for Modeling and Analyzing Switched Dynamical Systems, Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2004, 59-62, Fukuoka, Nov. 2004.
17) 2,004 国際会議 Lu Xin and Shunichiro Oe : Recognizing and Modeling Non-rigid Human Body Actions in Space-time, Proceedings of Third International Conference on Image and Graphics, 501-506, Hong Kong, Dec. 2004.
18) 2,004 国際会議 YUE MA and Hiroshi Kawakami : Control of Bifurcation in DC/DC PWM Switching Converters, Proceedings of 8th International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision 2004, 1421-1426, Kunming, Dec. 2004.
19) 2,004 国際会議 David Colin Raymond, Veronique Baudin, Kazuhide Kanenishi, Thierry Gayraud, Kenji Matsuura, Michel Diaz and Yoneo Yano : Distant e-Learning Using Synchronous Collaborative Environment "Platine", Proceedings of IEEE MSE, 88-95, USA, Dec. 2004.
20) 2,004 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : ADAPTIVE LINK GENERATION FOR MULTIPERSPECTIVE THINKING IN WEB-BASED EXPLORATORY LEARNING, Proceedings of the IADIS International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age (CELDA 2004), 216-223, Lisbon, Portugal, Dec. 2004.
21) 2,004 国際会議 Takao Hanabusa, Satoshi Kiriyama and Dohoon Shin : Activitiy of the center for innovation and creativity development, Proceedings of SICE 2005, 2005.
22) 2,004 国際会議 Lu Xin and Shunichiro Oe : View interpolation and synthesis by KLT feature tracker, Proceedings of 17th Annual Symposium Electronic Imaging Science and Technology, 182-190, San Jose, USA, Jan. 2005.
23) 2,004 国際会議 Lu Xin, Shunichiro Oe and Liu Qiong : Multiple Data Associations in Robust Visual Tracking, Proceedings of 11th Japan-Korea Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 109-114, Gwangju, Korea, Jan. 2005.
24) 2,004 国際会議 Atsushi Tanaka, Lu Xin and Shunichiro Oe : Teacher Tracking System for Digital Contents using PZT Camera, Proceedings of 11th Japan-Korea Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 290-295, Gwangju, Korea, Jan. 2005.
25) 2,004 国際会議 Ken'ichi Fujimoto, Yoshio Tanaka and Hiroshi Kawakami : Stabilization of Unstable Periodic Motion Existed in an Inverted Pendulum using Discrete Controllers, Proc. of 2005 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 491-494, Honolulu, Mar. 2005.
26) 2,004 国際会議 Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Spatio-Temporal Complex Behavior in Inhibitory Modified BVP Neurons Connected by Gap-Junction, Proc. NCSP2005, 29-32, Honolulu, Mar. 2005.
27) 2,004 国際会議 Hiroki Yoshii, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : A New Scheme for Construction of 3D Bifurcation Diagrams, Proc. of NCSP2005, 65-68, Honolulu, Mar. 2005.
28) 2,004 国際会議 Yusuke Nishiuchi, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : On Synchronization in Cross Coupled BVP Oscillators, Proc. NCSP2005, 109-112, Honolulu, Mar. 2005.
29) 2,004 国際会議 Yu Toyosaki, Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta and Sang-Ho Hyon : Partial Delayed Feedback Control for Autonomous System, Proc. of NCSP2005, 483-486, Honolulu, Mar. 2005.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1) 2,004 国内講演発表 矢野 米雄, 松浦 健二, 柳田 益造 : 感性共有による音楽学習を対象とした協調的学習環境の設計, AFIIS Symposium 2003 論文集, 116-120, 2004年4月.
2) 2,004 国内講演発表 丸山 真史, 中原 計, 寺前 直人, 山崎 健 : 近世における大坂,京都の水産物利用, --- -久留米藩蔵屋敷跡出土の資料を中心に- ---, 有限責任中間法人 日本考古学協会第70回総会研究発表要旨, 190-193, 2004年5月.
3) 2,004 国内講演発表 ポンスー プラシット, 寺田 賢治, 大恵 俊一郎, 柏木 利幸 : カラーヒストグラムを用いたステレオ画像の対応点探索法, 第10回画像センシングシンポジウム, No.F-1, 285-290, 2004年6月.
4) 2,004 国内講演発表 佐竹 弘, 生駒 良雄, 池上 泰弘, 三輪 惠 : 研究成果の育成マネージメントシステムの構築, 産学連携学会第2回大会講演予稿集, 72-73, 2004年6月.
5) 2,004 国内講演発表 佐竹 弘, 大塩 誠二, 齋藤 史郎, 三輪 惠, 山下 菊治 : 事業化支援体制の構築-徳島大学ベンチャープラットフォーム, 産学連携学会第2回大会講演予稿集, 34-35, 2004年6月.
6) 2,004 国内講演発表 新田 雄一, 市川 竜也, 松山 和渡, 河上 希, 石村 和敬, 生駒 良雄, 福井 裕行 : 胎盤におけるヒスタミンH1受容体の発現(第105回日本薬理学会近畿部会), 日本薬理学雑誌, Vol.124, No.2, 29P, 2004年6月.
7) 2,004 国内講演発表 片山 雅彦, 松浦 健二, 金西 計英, 仁木 啓司, 矢野 米雄 : 非同期仮想教室内の半同期学習者個々の学習文脈に基づく同期化支援, 教育システム情報学会第29回全国大会, 299-300, 2004年8月.
8) 2,004 国内講演発表 松岡 秀朗, 金西 計英, 光原 弘幸, 松浦 健二, 緒方 広明, 矢野 米雄 : 演習問題自動生成システムのための領域知識の構成について, 教育システム情報学会第29回全国大会, 479-480, 2004年8月.
9) 2,004 国内講演発表 山根 直之, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : スケジュール管理を中心にした学会·イベント等の支援について, 教育システム情報学会第29回全国大会, 481-482, 2004年8月.
10) 2,004 国内講演発表 Sanghoo Hyon, Suguru Emura and Tetsushi Ueta : elayed feedback control of one-legged passive running robot, Proc. of SICE Annual Conference, 949-954, Aug. 2004.
11) 2,004 国内講演発表 中村 嘉宏, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : Web上での学習活動を再現·共有するWBLシステム, 教育システム情報学会第29回全国大会講演論文集, 477-478, 2004年8月.
12) 2,004 国内講演発表 熊田 充, 中村 嘉宏, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : Webの教材化を指向したWBLシステムにおけるリフレクション支援, 教育システム情報学会第29回全国大会講演論文集, 303-304, 2004年8月.
13) 2,004 国内講演発表 三好 康夫, 金西 計英, 岡本 竜, 越智 洋司, 矢野 米雄 : 語句用法の知識定着のための復習契機を気付かせるフレームワークの提案, 教育システム情報学会第29回全国大会講演論文集, 347-348, 2004年8月.
14) 2,004 国内講演発表 上田 哲史, 高坂 拓司, 河辺 徹, 玄 相昊 : 部分的外力印加法によるカオス制御, 年度電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, Vol.A, No.2-14, 2004年9月.
15) 2,004 国内講演発表 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : ネットワークルータの輻輳制御における非線形性の導入, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, Vol.A, 2004年9月.
16) 2,004 国内講演発表 豊崎 優, 辻 繁樹, 上田 哲史, 高坂 拓司 : 部分的遅延制御と部分的外力印加制御の組合せによるカオス制御, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, Vol.A, 2004年9月.
17) 2,004 国内講演発表 金西 計英, 松浦 健二, 緒方 広明, 光原 弘幸, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるe-Learningの運用管理について, 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集, 145-148, 2004年9月.
18) 2,004 国内講演発表 小東 伸行, 松浦 健二, 三好 康夫, 矢野 米雄, 柳田 益造 : 感性共有に基づく協調的音楽鑑賞支援に関する研究, 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集, 901-902, 2004年9月.
19) 2,004 国内講演発表 三木 雅史, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : WeBookLink: リンク情報を有効活用した知識共有支援, 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集, 939-940, 2004年9月.
20) 2,004 国内講演発表 生駒 良雄, 佐竹 弘, 池上 泰弘, 三輪 惠 : 研究成果の育成マネージメントシステム構築に関する研究, 生体医工学, Vol.42, No.Suppl. 2, 227, 2004年11月.
21) 2,004 国内講演発表 吉永 哲哉, 津元 国親, 飯田 仁, 川上 博 : サーカディアンリズムの結合振動子モデルと時計遺伝子モデルの分岐解析, 生体医工学, Vol.42, No.2, 178, 2004年11月.
22) 2,004 国内講演発表 森川 富昭, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 松浦 健二, 能瀬 高明, 矢野 米雄 : Development of Medical e-Learning system based on syllabus, 医療情報学24回連合大会論文集, 1068-1069, 2004年11月.
23) 2,004 国内講演発表 中原 計 : 木質遺物からみた高地性集落, 第18回古代学協会四国支部大会徳島大会 発表要旨集 弥生社会の群像‐高地性集落の実態‐, 55-65, 2004年12月.
24) 2,004 国内講演発表 大石 寧子 : 「終日一教員担当制の引き出す学習環境の安定と言語運用の係わり」, 日本語教育方法研究会誌, Vol.12, No.1, 4-5, 2005年2月.
25) 2,004 国内講演発表 藤本 憲市, 田中 芳夫, 川上 博 : 倒立振子における不安定周期運動の安定化可能領域についての考察, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.3, 37, 2005年3月.
26) 2,004 国内講演発表 小泉 大地, 大西 正裕, 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 北 研二 : 言語メタデータに基づく画像コンテンツの検索, 言語処理学会第11回年次大会, 2005年3月.
27) 2,004 国内講演発表 中原 計 : 植生から見た瓜生堂遺跡周辺の自然環境, 瓜生堂遺跡の最新研究ミニシンポジウム, 3-4, 2005年3月.
28) 2,004 国内講演発表 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 北 研二, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 長·短期間における音声の話者内変動に関する検討, 日本音響学会 春季研究発表会, 129-130, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1) 2,004 その他・研究会 松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 大恵 俊一郎 : 大学におけるISMS準拠のセキュリティポシリ策定に関する一考察, 情報処理学会研究報告, Vol.2004-DSM-33, 59-64, 2004年5月.
2) 2,004 その他・研究会 玄 相昊, 江村 超, 上田 哲史 : 脚式走行ロボットにおける非線形振動, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.50, 47-52, 2004年5月.
3) 2,004 その他・研究会 豊崎 優, 上田 哲史, 辻 繁樹, 高坂 拓司 : 部分的遅れ制御とそのDSP実装, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.14, 23-28, 2004年6月.
4) 2,004 その他・研究会 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博, 合原 一幸 : 電気シナプスと抑制性シナプスによって結合される 変形BVPニューロンモデルにみられる同期現象について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.84, 49-54, 2004年11月.
5) 2,004 その他・研究会 好井 浩喜, 上田 哲史, 川上 博 : ニュートンホモトピー法を応用した3次元分岐局面の構成法について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.91, 15-20, 2005年1月.
6) 2,004 その他・研究会 袁 飛, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : 競合的情報共有アプローチによるWeb教材オーサリングシステム, 教育システム情報学会研究報告, Vol.19, No.4, 51-56, 2005年1月.
7) 2,004 その他・研究会 飯田 仁, 吉永 哲哉, 川上 博 : サーカディアン振動子モデルにみられる同期化リズムの等位相差集合の解析, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004-89, 5-8, 2005年1月.
8) 2,004 その他・研究会 西内 悠祐, 上田 哲史, 太田 能 : 非線形曲線を導入したネットワークルータにおける輻輳制御, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.107, 43-48, 2005年1月.
9) 2,004 その他・研究会 中原 計 : 樹種同定の方法とその利用, 考古ファーラム蔵本発表資料, 2005年2月.

2004年度(平成16年度) / 報告書

1) 2,004 報告書 松浦 健二 : ED-MEDIA2005報告, 教育システム情報学会誌, Vol.22, No.4, 300-301, 2005年.
2) 2,004 報告書 桐山 聰, 日下 一也, 英 崇夫 : 動きはじめた創成学習―徳島大学創成学習開発センターの活動, 大学教育研究ジャーナル(徳島大学), No.2, 95-106, 徳島, 2005年3月.
3) 2,004 報告書 全国生涯学習市町村協議会·第1分科会, 猿田 真嗣 : 継続的な地域づくりの「仕組み」に関する調査研究報告書(文部科学省生涯学習政策局「生涯学習施策に関する調査研究」委託事業), --- 「事例調査:愛媛県新居浜市」(60-63),「高知県地域支援企画員制度」(72-74),「新居浜芸術文化市民の会」(92-93) ---, 静岡, 2005年3月.
4) 2,004 報告書 定森 秀夫, 根津 寿夫, 金原 正明, 金原 正子 : 常三島遺跡1, --- 工学部電気電子棟地点 ---, 徳島大学埋蔵文化財調査報告書, Vol.2, 徳島, 2005年3月.

2005年度(平成17年度)

2005年度(平成17年度) / 著書

1) 2,005 著書 Hiroaki Ogata, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : Computer Support for Synchronous Asynchronous and Blended Awareness in Collaborative Learning, Ohmsha/IOS Press, Tokyo, Jul. 2005.
2) 2,005 著書 北神 正行, 猿田 真嗣 : 学校の情報提供·外部評価アイデア事例集(学校が変わる!厳選·管理職のためのアイデア事例集No.3), --- 「学校の情報提供にはどのような内容があるか」(24-27) ---, 株式会社 教育開発研究所, 東京, 2005年9月.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,005 学術論文 (審査論文) Munehisa Sekikawa, Naohiko Inaba, Tetsuya Yoshinaga and Hiroshi Kawakami : Collapse of duck solution in a circuit driven by an extremely small periodic force, Electronics and Communications in Japan, Part 3 : Fundamental Electronic Science, Vol.88, No.4, 51-59, 2005.
2) 2,005 学術論文 (審査論文) 持橋 大地, 菊井 玄一郎, 北 研二 : 言語表現のベクトル空間モデルにおける最適な計量距離, 電子情報通信学会論文誌(D-II), Vol.J88-D-II, No.4, 747-756, 2005年.
3) 2,005 学術論文 (審査論文) 戸川 聡, 金西 計英, 矢野 米雄 : WAVISABI:Web閲覧特性に基づく管理者支援のための利用動向可視化システム, 情報処理学会論文誌, Vol.46, No.4, 985-994, 2005年.
4) 2,005 学術論文 (審査論文) Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga and Hiroshi Kawakami : Bifurcation of synchronization phenomena observed in a coupled neuron model for circadian clock rhythms, Systems and Computers in Japan, Vol.36, No.8, 1-14, 2005.
5) 2,005 学術論文 (審査論文) Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta, YUE MA and Hiroshi Kawakami : Bifurcation analysis of a piecewise smooth system with non-linear characteristics, International Journal of Circuit Theory and Applications, Vol.33, No.4, 263-279, 2005.
6) 2,005 学術論文 (審査論文) David Colin Raymond, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Veronique Baudin, Thierry Gayraud, Yoneo Yano and Michel Diaz : A Model for Content and Communication Management in Synchronous Learning, Journal of Educational Technology & Society, Vol.8, No.3, 187-205, 2005.
7) 2,005 学術論文 (審査論文) 羅 辛, 邰 暁英, 獅々堀 正幹, 北 研二 : Image Database Retrieval Based on Relevance Feedback by Feature Space Warping, 計算机科学, Vol.32, No.7, 235-238, 2005年.
8) 2,005 学術論文 (審査論文) Toshihiko Hattori, Tsutom Hasuike and Seiichi Wakaizumi : Flavor Changing Neutrino Interactions and CP Violation in Neutrino Oscillations, Progress of Theoretical Physics, Vol.114, No.2, 439-449, 2005.
9) 2,005 学術論文 (審査論文) YUE MA, Chi K. Tse, Takuji Kousaka and Hiroshi Kawakami : Connecting border collision with saddle-node bifurcation in switched dynamical systems, IEEE Transactions on Circuits and Systems II: Express Briefs, Vol.52, No.9, 581-585, 2005.
10) 2,005 学術論文 (審査論文) 山崎 奈穂, 松岡 和彦, 長山 和史, 秦 隆志, 松木 均, 佐竹 弘, 金品 昌志 : イオン選択電極法による脂質二分子膜の相転移観測, 分析化学, Vol.54, No.10, 975-978, 2005年.
11) 2,005 学術論文 (審査論文) 黒岩 眞吾, 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 任 福継, 北 研二 : Simple PCAを用いたベクトル空間情報検索モデルの次元削減, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.125, No.11, 1773-1779, 2005年.
12) 2,005 学術論文 (審査論文) Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Bookmark Sharing for Learning Path Navigation Provided as Web Search Support, The Journal of Information and Systems in Education, Vol.5, No.1, 55-65, 2006.
13) 2,005 学術論文 (審査論文) Kunichika Tsumoto, Hiroyuki Kitajima, Tetsuya Yoshinaga, Kazuyuki Aihara and Hiroshi Kawakami : Bifurcations in Morris-Lecar neuron model, Neurocomputing, Vol.69, No.4-6, 293-316, 2006.
14) 2,005 学術論文 (審査論文) David Colin Raymond, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : Feasibility of videoconference-based lectures over the internet, International Journal of Learning Technology, Vol.2, No.1, 5-27, 2006.
15) 2,005 学術論文 (審査論文) Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta, YUE MA and Hiroshi Kawakami : Control of chaos in a piecewise smooth nonlinear system, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.27, No.4, 1019-1025, 2006.
16) 2,005 学術論文 (審査論文) Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Stable torus and its bifurcation phenomena in a Three-Dimensional Autonomous Circuit, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.27, No.4, 941-951, 2006.
17) 2,005 学術論文 (審査論文) Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Fuji Ren, Kenji Kita and Shingo Kuroiwa : Specific Speaker's Japanese Speech Corpus over Long and Short Time Periods, Advances in Natural Language Processing Research in Computing Science, Vol.18, 115-124, 2006.
18) 2,005 学術論文 (審査論文) 光原 弘幸, 能瀬 高明, 三好 康夫, 緒方 広明, 矢野 米雄, 松浦 健二, 金西 計英, 森川 富昭 : 徳島大学におけるe-Learningのシステム開発・運用・実践, 日本教育工学会論文誌, Vol.29, No.3, 425-434, 2006年.
19) 2,005 学術論文 (審査論文) 松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 矢野 米雄 : 授業アーカイブ型e-Learningシステムにおける簡易試験を用いた受講前・中・後の学習支援環境の試作, 日本教育工学会論文誌, Vol.29, No.3, 251-259, 2006年.
20) 2,005 学術論文 (審査論文) YUE MA, Chi K. Tse, Takuji Kousaka and Hiroshi Kawakami : General Consideration for Modeling and Bifurcation Analysis of Switched Dynamical Systems, International Journal of Circuit Theory and Applications, Vol.28, No.3, 2006.
21) 2,005 学術論文 (審査論文) 味岡 四郎, 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 北 研二 : 順位キューを用いた多次元データの高速近傍検索アルゴリズム, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.126, No.3, 353-360, 2006年.
22) 2,005 学術論文 (審査論文) Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga, Hitoshi Iida, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in a mathematical model for circadian oscillations of clock genes, Journal of Theoretical Biology, Vol.239, No.1, 101-122, 2006.
23) 2,005 学術論文 (審査論文) 桐山 聰, 小西 正暉, 英 崇夫 : プランニングに必要な能力の測定, 工学教育, Vol.54, No.2, 110-115, 2006年.
24) 2,005 学術論文 (審査論文) 大石 寧子 : 「国際協力という視点から見た留学生の日本語教育とその実践例」, 多摩留学生教育研究論集, No.5, 59-64, 2006年.
25) 2,005 学術論文 (審査論文) 三好 康夫, 大家 隆弘, 上田 哲史, 廣友 雅徳, 矢野 米雄, 川上 博 : EDBを利用した学習経路探索を支援するeシラバスシステムの構築, 大学教育研究ジャーナル, No.3, 1-9, 2006年.
26) 2,005 学術論文 (審査論文) 廣渡 修一, 曾田 紘二, 若泉 誠一, 森田 秀芳, 宮田 政徳, 川野 卓二, 神藤 貴昭 : 2005年度徳島大学全学FD推進プログラム実施報告, 大学教育研究ジャーナル, Vol.3, 75-87, 2006年.
27) 2,005 学術論文 (審査論文) 神藤 貴昭 : 徳島大学全学FDプログラムに関するアンケート報告―FD基礎プログラム・FDリーダーワークショップについて―, 大学教育研究ジャーナル, Vol.3, No.3, 66-74, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,005 学術論文 (紀要その他) 中原 計 : 古墳時代後期における葬送儀礼の系譜, --- -須恵器内検出有機物の検討- ---, 井ノ内稲荷塚古墳の研究, 473-498, 2005年.
2) 2,005 学術論文 (紀要その他) 猿田 真嗣 : 分権化政策と社会教育改革の論理, 教育と文化, No.39, 59-66, 2005年.
3) 2,005 学術論文 (紀要その他) 定森 秀夫 : 岩橋前山A46号墳出土の新羅系陶質土器, 紀伊考古学研究, No.8, 22-32, 2005年.
4) 2,005 学術論文 (紀要その他) 定森 秀夫 : 大陸文化の波及と阿波の古墳時代, アワコウコ楽講座『古墳時代の阿波』, 1-21, 2005年.
5) 2,005 学術論文 (紀要その他) 坂田 浩 : 「聞き手」からの英語スピーキング指導の可能性, 徳島大学留学生センター紀要, Vol.2, No.2, 1-11, 2006年.
6) 2,005 学術論文 (紀要その他) 廣渡 修一 : 大学開放の方向論をめぐる覚書:公開講座の位相を焦点として, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.16, 1-15, 2006年.
7) 2,005 学術論文 (紀要その他) 齊藤 隆仁, 佐藤 高則, 大橋 眞, 桐山 聰 : 創成学習「つたえること」と「ものづくり」, 大学教育研究ジャーナル, No.3, 58-65, 2006年.
8) 2,005 学術論文 (紀要その他) 東 潮, 中原 計, 石村 友規, 大谷 育恵, 松浦 稔 : 徳島市八人塚古墳測量調査報告, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, No.13, 61-83, 2006年.
9) 2,005 学術論文 (紀要その他) 大石 寧子 : 「日本語教育と地域・学生サポーターとの係わり」, 「徳島大学留学生センター紀要」, Vol.1, No.1, 30-36, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術レター

1) 2,005 学術レター Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Chaos in cross-coupled BVP oscillators, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.15, No.10, 3359-3366, 2005.

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

1) 2,005 総説・解説 猿田 真嗣 : 年度初めに,学校の教育目標,経営目標,重点目標を保護者に分かりやすく伝えるために,どのように工夫すればよいのか?, 総合教育技術, Vol.60, No.1, 86-87, 2005年4月.
2) 2,005 総説・解説 池上 泰弘 : 徳島大学産学官連携プラザ, STEPテクノ情報, Vol.11, No.1, 22-23, 2005年8月.
3) 2,005 総説・解説 定森 秀夫 : 日本古代史大辞典, --- 加耶土器 新羅土器 玉田古墳群 大成洞古墳群 池山洞古墳群 福泉洞古墳群 礼安里古墳群 ---, 日本古代史大辞典, 2006年1月.
4) 2,005 総説・解説 池上 泰弘 : 徳島大学産学官連携プラザ, STEPテクノ情報, Vol.11, No.2, 16-17, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1) 2,005 国際会議 Xin Lu and Shunichiro Oe : Human Action Mouse: A Vision Understanding Application in Human Computer Interaction, Proc. 7th International Conference on Quality Control by Artificial Vision, 203-208, Nagoya, May 2005.
2) 2,005 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Adaptive Tools for Multiperspective Thinking in Web-based Exploratory Learning, Proceedings of The 2005 International Conference on Active Media Technology(ATM2005), 163-168, Takamatsu, May 2005.
3) 2,005 国際会議 Yuan Fei, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : A Web-based Collaborative Authoring System for Web Educational Material with High Reusability, Proceedings of The 2005 International Conference on Active Media Technology(ATM2005), 193-198, Takamatsu, May 2005.
4) 2,005 国際会議 Satoshi Togawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Administrator Assistance System Based on Users Behavior Using Web-Browsing-Activity Visualization, Proceedings of The 2005 International Conference on Active Media Technology(ATM2005), 339-342, Takamatsu, May 2005.
5) 2,005 国際会議 YUE MA, Chi K. Tse, Takuji Kousaka and Hiroshi Kawakami : A Subtle Link in Switched Dynamical Systems: Saddle-Node Bifurcation Meets Border Collision, Proceedings of The 2005 IEEE International Symposium on Circuits and Systems, 6050-6053, Kobe, May 2005.
6) 2,005 国際会議 Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in Modified BVP Neurons Connected by Inhibitory and Electrical Coupling, Proc. ISCAS2005, 6058-6061, Kobe, May 2005.
7) 2,005 国際会議 David Colin Raymond, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Veronique Baudin, Thierry Gayraud, Yoneo Yano and Michel Diaz : Contents and Communication Modelisation in Synchronous Learning, Proceedings of ED-MEDIA2005, 1606-1611, Montreal, Jun. 2005.
8) 2,005 国際会議 Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi and Yoneo Yano : Reflection and Influence of Learning Activities in Preparation/Review Process on e-Learning, Proceedings of ED-MEDIA2005, 3727-3733, Montreal, Jun. 2005.
9) 2,005 国際会議 Tomiaki Morikawa, Hiroki Moriguchi, Takaaki Nose, Mizuho Nishino, Kenji Arita, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : Educational Support with Tele-dental-medicine System, Proceedings of ED-MEDIA2005, 1483-1486, Montreal, Jun. 2005.
10) 2,005 国際会議 David Colin Raymond, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Yoneo Yano, Veronique Baudin, Thierry Gayraud and Michel Diaz : Synchronous CSCL with Platine Environment, Proceedings of Intl. conf. on CSCL2005, 45-47, Taipei, Jun. 2005.
11) 2,005 国際会議 Yasuo Miyoshi, Kazuhide Kanenishi, Youji Ochi, Ryo Okamoto and Yoneo Yano : ``Awareness for Review Chance'' Framework for Knowledge Stability of Usage of Words and Phrases, Proceedings of ED-MEDIA 2005, 3998-4003, Montreal, Jun. 2005.
12) 2,005 国際会議 Satoshi Togawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Traffic Visualization System or Peer-to-Peer Communication Detection, Proceedings of 11th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII2005) , CD-ROM publishing, Las Vegas, Jul. 2005.
13) 2,005 国際会議 Prasit Phonsue, Shunichiro Oe and Toshiyuki Kashiwagi : Stereo Matching Method using Color Frequency Information, Proc. of 2005 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation, 177-182, Niagara Falls, Jul. 2005.
14) 2,005 国際会議 Satoshi Kiriyama, Ikeda Yuuichi and Takao Hanabusa : The Importance of Concept-Teaching in Spontaneous Project Based Learning, Final Program and Abstracts of SICE Annual Conference 2005, 41, Okayama, Aug. 2005.
15) 2,005 国際会議 Takao Hanabusa and Satoshi Kiriyama : Activity of The Center for Innovation and Creativity Development, Final Program and Abstracts of SICE Annual Conference 2005, 41, Okayama, Aug. 2005.
16) 2,005 国際会議 Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga, Hitoshi Iida, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcation Analyses in a Circadian Oscillator Model of Clock Genes, Abstract book of International Workshop on Gene-Protein Dynamics of Circadian Clocks, 89-130, Tokyo, Sep. 2005.
17) 2,005 国際会議 Xin Luo, Shiro Ajioka, Masami Shishibori and Kenji Kita : Image Feedback Retrieval Based on Vector Space Model Transformation, Information Retrieval Technology, 616-625, Oct. 2005.
18) 2,005 国際会議 Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Fuji Ren, Kenji Kita and Shingo Kuroiwa : Frequency Characteristic Normalization Method using Blind Equalization Technique with Multiple References for DSR, Proceedings of 10th International Conference SPEECH and COMPUTER (SPECOM2005), Vol.1, 103-106, Patras, Greece, Oct. 2005.
19) 2,005 国際会議 Yoshihiro Imakura, Tetsushi Ueta and Tetsuya Yoshinaga : Bifurcations of a Dynamical System Defined by PMART, Proc. of NOLTA'05, Vol.1, 38-51, Bruges, Oct. 2005.
20) 2,005 国際会議 Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in Class 1 neuron models interconnected by inhibitory and electrical synapses, Proc. of NOLTA'05, Vol.1, 317-320, Bruges, Oct. 2005.
21) 2,005 国際会議 Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Keiji Niki, Yasuo Miyoshi, Hiroyuki Mitsuhara, Hiroaki Ogata, Yoneo Yano and Tomiaki Morikawa : Ubiquitous Learning Management with e-Portfolio on PC/PDA, Proceedings of E-Learn2005, Vol.1, 3029-3034, Vancouver, Oct. 2005.
22) 2,005 国際会議 Satoshi Kiriyama, Ikeda Yuuichi, Kazuya Kusaka, Masanobu Haraguchi and Takao Hanabusa : The Good Result of Independent Project Activities by Students and the New prospect of Creativity Education, Proceedings of The 1st International Conference Design Engineering and Science (Proc. of ICDES2005), 369-373, Wien, Oct. 2005.
23) 2,005 国際会議 Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Fuji Ren, Kenji Kita and Shingo Kuroiwa : Data Collection for Investigating Speech Variability in a Specific Speaker Over Long and Short Time Periods, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 152-157, Wuhan, Oct. 2005.
24) 2,005 国際会議 Masami Shishibori, Daichi Koizumi, Kazuaki Ando, Satoru Tsuge and Kenji Kita : Development of a WWW Image Retrieval System Using the Image Knowledge Database, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 506-510, Wuhan, Oct. 2005.
25) 2,005 国際会議 Daichi Koizumi, Masahiro Oonishi, Satoru Tsuge, Masami Shishibori and Kenji Kita : Automatic Meta-Data Annotation of Image Region, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 835-838, Wuhan, Oct. 2005.
26) 2,005 国際会議 David Colin Raymond, Carlos Mauad, Veronique Baudin, Thierry Gayraud, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Diaz Michel and Yoneo Yano : Bringing Mobility to Synchronous Collaborative Activities: Recent Enhancements of the "Platine" Platform, Proceedings of the third IEEE International Workshop on Wireless and Mobile Technologies in Education 2005, 59-61, Tokushima, Nov. 2005.
27) 2,005 国際会議 Kenji Matsuura, Niki Keiji, Katayama Masahiko and Yoneo Yano : Development of the Digital Portfolio Environment for both PC and PDA clients, Proceedings of the third IEEE International Workshop on Wireless and Mobile Technologies in Education 2005, 79-81, Tokushima, Nov. 2005.
28) 2,005 国際会議 Rosa G Paredes J, Hiroaki Ogata, Nobuji A Saito, Chengjiu Yin, Yoneo Yano, Yasuko OISHI and Takahito UEDA : LOCH: Supporting Informal Language Learning Outside the Classroom with Handhelds, Proceedings of the third IEEE International Workshop on Wireless and Mobile Technologies in Education 2005, 182-186, Tokushima, Nov. 2005.
29) 2,005 国際会議 Naho Yamazaki, Kazuhiko Matsuoka, Makoto Nishimoto, Takashi Hata, Hiromu Satake, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Distribution of charged and uncharged local anesthetics into phospholipid bilayer membrane: correlation between partition coefficients and anesthetic potency, International Congress Series, Vol.1283, 330-331, Nara, Dec. 2005.
30) 2,005 国際会議 Kazuhiko Matsuoka, Kazuhito Nagayama, Takashi Hata, Hiromu Satake, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Partition coefficients of local anesthetic into phospholipid-cholesterol mixed bilayer membranes, International Congress Series, Vol.1283, 328-329, Nara, Dec. 2005.
31) 2,005 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Educational Serialization of Web Pages for Web-Based Exploratory Learning, Proceedings of the IADIS International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age (CELDA 2005), 261-268, Porto, Portugal, Dec. 2005.
32) 2,005 国際会議 Yuan Fei, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : A Web-based Collaborative Authoring System Focusing on Reusability of Web Educational Materials, Proceedings of The 2006 International Conference on SCORM 2004, 87-92, Tamsui, Taiwan, Jan. 2006.
33) 2,005 国際会議 Masami Shishibori, Daichi Koizumi, Kazuaki Ando, Satoru Tsuge and Kenji Kita : Feedback Retrieval using the Image Knowledge Database on WWW Image Retrieval Systems, Proceedings of 12th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2006), 205-210, Tokushima, Feb. 2006.
34) 2,005 国際会議 Masami Shishibori, Takayuki Minamimoto, Kazumori Matsumoto, Masaki Naito, Satoru Tsuge and Kenji Kita : Estimation of the Camera Motion based on Movement of Interest Points between Images, Proceedings of 12th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2006), 145-150, Tokushima, Feb. 2006.
35) 2,005 国際会議 Nobuki Nishikawa, Masami Shishibori, Satoru Tsuge and Kenji Kita : A Method to Retrieve Video Scenes based on the Distance of Character Image Features between Query and Telop, Proceedings of 12th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2006), 211-216, Tokushima, Feb. 2006.
36) 2,005 国際会議 Kazumori Matsumoto, Keiichiro Hoashi, Masaki Naito, Masami Shishibori and Kenji Kita : Report on TRECVID 2005, Proceedings of 12th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2006), 65-70, Tokushima, Feb. 2006.
37) 2,005 国際会議 SHIRAI Keiichi, LU Xin and Shunichiro Oe : 3D Acquisition for moving object using two PZT camara, Proc. of Twelfth Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 250-255, Tokushima, Feb. 2006.
38) 2,005 国際会議 Lu Xin and Shunichiro Oe : View Interpolation with Suitable Feature Tracking Constraints, Proc. of Twelfth Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 326-331, Tokushima, Feb. 2006.
39) 2,005 国際会議 Nitta Tetsuya, Shunichiro Oe and Kashiwagi Yoshiyuki : Color Texture Image Segmentation Method with High Accuracy using Color Frequency Infomation, Proc. of Twelfth Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 267-272, Tokushima, Feb. 2006.
40) 2,005 国際会議 Ken'ichi Fujimoto, Yoshio Tanaka and Hiroshi Kawakami : Design of Controllers Based on Symmetry of Inverted Pendulum, Proc. of 2006 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 207-210, Honolulu, Mar. 2006.
41) 2,005 国際会議 Kazumori Matsumoto, Masaru Sugano, Masaki Naito, Keiichiro Hoashi, Haruhisa Kato, Masami Shishibori, Kenji Kita, Fumiaki Sugaya and Yasuyuki Nakajima : Shot Boundary Detection and Low-Level Feature Extraction Experiments for TRECVID 2005, Proceedings of TREC Retrieval Evaluation 2005 (TRECVID2005), 155-167, Washington, D.C., Mar. 2006.
42) 2,005 国際会議 Toshiyuki Kumano, Masaaki Mizumoto, Yusuke Nishiuchi, Kunichika Tsumoto, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Tetsuya Yoshinaga, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Development of an ODE solver orienting a bifurcation analysis package, Proc. of NCSP'06, 297-300, Honolulu, Mar. 2006.
43) 2,005 国際会議 Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation phenomena of capacitive coupled BVP oscillators, Proc. of NCSP2006, 243-246, Honolulu, Mar. 2006.
44) 2,005 国際会議 Yu Toyosaki, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Switch synchronizing occasional delayed feedback control for piecewise linear systems, Proc. of NCSP2006, 203-206, Honolulu, Mar. 2006.
45) 2,005 国際会議 Hiroki Yoshii, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Visualization and stereolithography system of bifurcation sets, Proc. of NCSP2006, 361-364, Honolulu, Mar. 2006.
46) 2,005 国際会議 Hirokazu Komatsu, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcational classification for type-I and II activities in a forced planar H-R model, Proc. of NCSP2006, 325-328, Honolulu, Mar. 2006.
47) 2,005 国際会議 Kimiyasu Shiotsu, Tetsuya Kobayashi, Tetsushi Ueta, Shigeki Tsuji, Kazuyuki Aihara and Hiroshi Kawakami : Bifurcations of periodic solutions in the forced genetic toggle switch system, Proc. of NCSP2006, 251-254, Honolulu, Mar. 2006.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1) 2,005 国内講演発表 小原 繁, 佐竹 昌之, 田中 俊夫 : マラソン完走目標の7ヶ月間の練習における形態と下肢筋力の変化, ランニング学研究, 2005年4月.
2) 2,005 国内講演発表 矢野 米雄, 松浦 健二, 柳田 益造 : 感性共有による協調的音楽鑑賞支援研究, AFIIS Symposium 2004 論文集, 99-102, 2005年4月.
3) 2,005 国内講演発表 佐竹 弘, 生駒 良雄, 池上 泰弘 : 徳島大学におけるMOT教育, 産学連携学会第3回大会講演予稿集, 115-116, 2005年5月.
4) 2,005 国内講演発表 柏木 利幸, 高木 圭, 大恵 俊一郎 : カラーヒストグラムを用いた24ビットカラー画像の露出補正, 第11回画像センシングシンポジウム講演論文集, 113-116, 2005年6月.
5) 2,005 国内講演発表 三木 雅史, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : 個人ブックマークからのリンク集の生成と,知識共有による学習支援, 教育システム情報学会第30周年記念全国大会講演論文集, 489-490, 2005年8月.
6) 2,005 国内講演発表 酒巻 栄治, 松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 緒方 広明, 森川 富昭, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : RSSを活用した適応的情報提供·収集システムの試作, 教育システム情報学会第30周年記念全国大会講演論文集, 327-328, 2005年8月.
7) 2,005 国内講演発表 寺尾 覚史, 松浦 健二, 三好 康夫, 矢野 米雄 : 簡易的な入力方法を用いた音楽鑑賞支援に関する研究, 教育システム情報学会第30周年記念全国大会講演論文集, 451-452, 2005年8月.
8) 2,005 国内講演発表 三好 康夫, 大家 隆弘, 上田 哲史, 矢野 米雄 : 徳島大学 教育·研究者情報データベースを活用した講義概要 (シラバス) の作成と利用, 教育システム情報学会30周年記念全国大会講演論文集, 553-554, 2005年8月.
9) 2,005 国内講演発表 森川 富昭, 松浦 健二, 金西 計英, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 矢野 米雄 : シラバスに基づくe-Learningシステムを用いた医学·歯学系教育におけるFTF·CMCハイブリッド型授業実践, 第231回徳島医学会学術集会(平成17年度夏期), 2005年8月.
10) 2,005 国内講演発表 中川 翔太, 高坂 拓司, 馬 躍, 上田 哲史 : 時刻依存型断続動作特性を有する力学系にみられるカオスの制御と回路実装, 平成17年度電気関係学会中国支部連合大会講演論文集, 2005年9月.
11) 2,005 国内講演発表 吉永 哲哉, 飯田 仁, 津元 国親, 川上 博 : 時計遺伝子リズムに基づくサーカディアンモデルの解析, 電気学会電子·情報·システム部門大会論文集, 114-118, 2005年9月.
12) 2,005 国内講演発表 桐山 聰, 日下 一也, 英 崇夫 : 創成学習開発センターにおける創造性教育の取り組み, 第66回応用物理学会学術講演会講演予稿集, 332, 2005年9月.
13) 2,005 国内講演発表 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : WWW画像検索システムにおける検索質問拡張に基づくフィードバック検索, FIT2005, 43-44, 2005年9月.
14) 2,005 国内講演発表 小泉 大地, 獅々堀 正幹, 中川 嘉之, 柘植 覚, 北 研二 : WWW画像検索システムにおける有害画像フィルタリング手法, FIT2005, 45-46, 2005年9月.
15) 2,005 国内講演発表 大西 泰代, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : 距離尺度にEarth Mover's Distanceを用いたハミングによる類似音楽検索手法, FIT2005, 271-272, 2005年9月.
16) 2,005 国内講演発表 桐山 聰, 日下 一也, 黒岩 眞吾, 原口 雅宣, 英 崇夫 : 学生自主プロジェクト活動実態に関する考察, 平成17年度 工学·工業教育研究講演会講演論文集, 200-201, 2005年9月.
17) 2,005 国内講演発表 英 崇夫, 桐山 聰, 中島 やよい : 動き始めた創成学習開発センター, 平成17年度 工学·工業教育研究講演会講演論文集, 202-203, 2005年9月.
18) 2,005 国内講演発表 原口 雅宣, 桐山 聰, 英 崇夫 : 自発的学習を促進する条件, 平成17年度 工学·工業教育研究講演会講演論文集, 192-193, 2005年9月.
19) 2,005 国内講演発表 竹内 公紀, 武藤 雅幸, 英 崇夫, 原口 雅宣, 桐山 聰 : 総合的デザイン教育の必要性, 平成17年度 工学·工業教育研究講演会講演論文集, 194-195, 2005年9月.
20) 2,005 国内講演発表 宝田 浩延, 吉田 篤司, 池田 祐一, 原口 雅宣, 桐山 聰, 英 崇夫 : 自主的創成活動における学生間の相互教育効果, 平成17年度 工学·工業教育研究講演会講演論文集, 198-199, 2005年9月.
21) 2,005 国内講演発表 神藤 貴昭, 伊藤 崇達, 小石 寛文, 余部 千津子, 門田 幸太郎, 徐 甫潤, 王 松 : 両親のしつけ態度や教師の指導態度に関する日中韓比較(2)-子どもへの影響についての分析-, 日本教育心理学会第47回発表論文集, 76, 2005年9月.
22) 2,005 国内講演発表 伊藤 崇達, 神藤 貴昭, 小石 寛文, 余部 千津子, 門田 幸太郎, 徐 甫潤, 王 松 : 両親のしつけ態度や教師の指導態度に関する日中韓比較(1)-子どもの認知を通した分析-, 日本教育心理学会第47回発表論文集, 75, 2005年9月.
23) 2,005 国内講演発表 大石 寧子 : 「地域と大学が生んだ日本語教育の一面とその実践」, --- -吉野川市におけるドイツ高校生の日本語·日本文化体験- ---, 日本語教育方法研究会誌, Vol.12, No.2, 16-17, 2005年9月.
24) 2,005 国内講演発表 緒方 広明, 矢野 米雄, 光原 弘幸, 三好 康夫, 金西 計英, 松浦 健二, 森川 富昭, 能瀬 高明 : ユビキタス·モバイル学習環境:語学学習への研究と大学での実践, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 17-18, 2005年9月.
25) 2,005 国内講演発表 森 正樹, 金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : Wikiを利用した共同レポート作成システムに関する研究, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 289-290, 2005年9月.
26) 2,005 国内講演発表 光原 弘幸, 平川 靖素, 緒方 広明, 松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : ユビキタス機器を利用した実世界インタラクション型ゲーム:2進数の学習を対象として, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 491-492, 2005年9月.
27) 2,005 国内講演発表 森 貴幸, 光原 弘幸, 緒方 広明, 松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : ユビキタス機器を利用した授業支援, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 493-494, 2005年9月.
28) 2,005 国内講演発表 片山 雅彦, 松浦 健二, 金西 計英, 仁木 啓司, 矢野 米雄 : 非同期型e-Learningシステムにおける個々の学習目的に応じた同期化支援, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 571-572, 2005年9月.
29) 2,005 国内講演発表 今倉 禄浩, 上田 哲史, 川上 博 : Brusselator にみられるカオス現象, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2005年9月.
30) 2,005 国内講演発表 好井 浩喜, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博 : Homotopy法をもちいた分岐局面の自動追跡, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2005年9月.
31) 2,005 国内講演発表 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 任 福継, 北 研二, 黒岩 眞吾 : 長・短期間の話者内音声変動による音声認識率の変化抑制法に関する検討, 日本音響学会 春季研究発表会, 221-222, 2005年9月.
32) 2,005 国内講演発表 藤本 憲市, 田中 芳夫, 川上 博 : 倒立振子における力学系の対称性を利用した不安定周期運動の安定化制御器設計法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 103, 2005年9月.
33) 2,005 国内講演発表 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 変形BVP発振器でみられる引力圏境消失について, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 10, 2005年10月.
34) 2,005 国内講演発表 今倉 禄浩, 上田 哲史, 吉永 哲哉 : PMART力学系の分岐, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2005年10月.
35) 2,005 国内講演発表 豊崎 優, 上田 哲史, 高坂 拓司 : 区分的に滑らかな系に対するスイッチ同期型遅延制御法, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 15, 2005年10月.
36) 2,005 国内講演発表 熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : カオスアトラクタ内の軌道履歴の視覚化, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 12, 2005年10月.
37) 2,005 国内講演発表 小松 広和, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博 : 2次元ニューロンモデルの発火特性とその分類, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 5, 2005年10月.
38) 2,005 国内講演発表 塩津 公康, 上田 哲史, 辻 繁樹, 合原 一幸, 川上 博 : 遺伝子スイッチモデルの強制系に見られる周期解とその分岐現象, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 4, 2005年10月.
39) 2,005 国内講演発表 的場 みぎわ : コラージュ療法を利用した学生相談の一事例, 日本箱庭療法学会第19回大会, 2005年10月.
40) 2,005 国内講演発表 三好 康夫, 大家 隆弘, 上田 哲史, 廣友 雅徳, 矢野 米雄, 川上 博 : シラバス科目間の関連性を用いた学習経路検索支援, 教育システム情報学会研究報告, Vol.20, No.4, 7-12, 2005年11月.
41) 2,005 国内講演発表 Yasuko OISHI : Supporting Informal Language Learning Outside the classroom mith Handhelds, Third IEEE International Workshop on Wireless Technologies in Educatio, 10-15, Nov. 2005.
42) 2,005 国内講演発表 長澤 信太郎, 大恵 俊一郎, 柏木 利幸 : マルチスペクトル分光器を用いた欠陥検出, ビジョン技術の実利用ワークショップ講演論文集, 99-104, 2005年12月.
43) 2,005 国内講演発表 竹安 真紀夫, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : WWW画像検索システムにおける再検索型検索質問拡張に基づくフィードバック検索, 言語処理学会第12回年次大会, 785-788, 2006年3月.
44) 2,005 国内講演発表 宮城 暖, 小泉 大地, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : WWW検索システムにおける分野別URLデータベースを用いたナイーブ・ベイズ選定手法, 言語処理学会第12回年次大会, 652-655, 2006年3月.
45) 2,005 国内講演発表 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 任 福継, 北 研二, 黒岩 眞吾 : 特定話者音声認識における精度変動要因の分析, 日本音響学会 春季研究発表会, 157-158, 2006年3月.
46) 2,005 国内講演発表 齊藤 隆仁, 佐藤 高則, 大橋 眞, 桐山 聰 : 共通教育・創成学習「つたえること」と「ものづくり」, 平成17年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 作品等

(なし)

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

1) 2,005 その他・研究会 坂本 浩二, 高坂 拓司, 馬 躍, 上田 哲史 : H-Bridgeインバータにみられる分岐とカオス, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.2, 7-12, 2005年5月.
2) 2,005 その他・研究会 桐山 聰 : 教養教育と創成学習, 第53回 中国·四国地区大学教育研究会プログラム·資料集, 5, 2005年5月.
3) 2,005 その他・研究会 西川 伸紀, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : 検索質問と字幕との文字画像特徴量間の距離に基づく映像シーン検索手法, 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005), 707-714, 2005年7月.
4) 2,005 その他・研究会 小泉 大地, 大西 正裕, 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 北 研二 : 画像領域に対する言語メタデータ自動付与手法, 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005), 1436-1441, 2005年7月.
5) 2,005 その他・研究会 三好 康夫, 大家 隆弘, 松浦 健二, 金西 計英, 佐野 雅彦, 大恵 俊一郎, 矢野 米雄 : 徳島大学における無線ネットワーク認証基盤とその運用, 情報処理学会研究報告 (2005-DSM-39), Vol.2005, No.101, 61-66, 2005年10月.
6) 2,005 その他・研究会 金西 計英, 松浦 健二, 大家 隆弘, 三好 康夫, 佐野 雅彦, 大恵 俊一郎, 矢野 米雄 : 徳島大学における大学ポータルの構築とその運用について, 情報処理学会研究報告 (2005-DSM-39), Vol.2005, No.101, 1-6, 2005年10月.
7) 2,005 その他・研究会 山根 直之, 金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : ITを活用した学会·大会支援システムの構築, 情報処理学会研究報告 (2005-DSM-39), Vol.2005, No.101, 67-72, 2005年10月.
8) 2,005 その他・研究会 戸川 聡, 金西 計英, 矢野 米雄 : トラフィック特徴強化と可視化によるP2Pファイル共有通信検出支援システムの構築, 情報処理学会研究報告 (2005-DSM-39), Vol.2005, No.101, 7-12, 2005年10月.
9) 2,005 その他・研究会 松浦 健二, 金西 計英, 光原 弘幸, 緒方 広明, 三好 康夫, 矢野 米雄, 森川 富昭 : 「ユビキタス技術による新しい学習環境の創生」の現状と今後, 平成17年度情報処理研究集会講演論文集, 25-28, 2005年11月.
10) 2,005 その他・研究会 金西 計英, 松浦 健二, 大家 隆弘, 三好 康夫, 佐野 雅彦, 大恵 俊一郎, 矢野 米雄 : 大学ポータルの徳島大学における構築とその運用について, 平成17年度情報処理研究集会講演論文集, 113-116, 2005年11月.
11) 2,005 その他・研究会 竹安 真紀夫, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : WWW画像検索システムを用いた関連語の自動収集手法, 情報処理学会研究報告, No.2005-NL-170, 45-51, 2005年11月.
12) 2,005 その他・研究会 山本 一晴, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : 出現URLの類似性に着目したWWW空間からの関連語自動収集手法, 情報処理学会研究報告, No.2005-NL-170, 127-134, 2005年11月.
13) 2,005 その他・研究会 Hirokazu Komatsu, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcational classification for type-I and II activities in a forced planar H-R model, Int. Symp. Complexity Modelling and its Applications, Nov. 2005.
14) 2,005 その他・研究会 豊崎 優, 上田 哲史, 高坂 拓司 : H-Bridgeインバータに対するスイッチ同期型カオス部分的遅延制御, 電気学会技術報告, 2005年11月.
15) 2,005 その他・研究会 豊崎 優, 上田 哲史, 高坂 拓司 : DSPによるスイッチ同期型部分的カオス遅延制御の実装, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.115, 99-104, 2006年1月.
16) 2,005 その他・研究会 熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : カオスアトラクタの写像履歴の視覚化を用いた情報抽出, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.107, 55-60, 2006年1月.
17) 2,005 その他・研究会 好井 浩喜, 上田 哲史, 川上 博 : 非線形力学系における3次元分岐構造の自動追跡, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.103, 55-60, 2006年1月.
18) 2,005 その他・研究会 今倉 禄浩, 上田 哲史, 吉永 哲哉 : 特性乗数によるPMART力学系の最適なパラメータの検討, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.106, 49-54, 2006年1月.
19) 2,005 その他・研究会 小松 広和, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博, 合原 一幸 : 2次元H-R神経細胞モデルにおけるType-IおよびType-II特性とその外力応答, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.113, 87-92, 2006年1月.
20) 2,005 その他・研究会 塩津 公康, 上田 哲史, 辻 繁樹, 川上 博, 合原 一幸 : 遺伝子スイッチモデルに見られる分岐現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.114, 93-98, 2006年1月.
21) 2,005 その他・研究会 金西 計英, 岡本 竜, 三好 康夫, 妻鳥 貴彦, 松浦 健二, 矢野 米雄 : 科学的思考の外化をおこなうための内省支援ツールの授業実践に向けて, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.632 (ET2005-103), 87-90, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 報告書

1) 2,005 報告書 中原 計 : 徳島市新蔵遺跡 2004年度埋蔵文化財調査概要報告書, 2005年4月.
2) 2,005 報告書 英 崇夫, 荒木 秀夫, 中村 浩一, 黒岩 眞吾, 原口 雅宣, 桐山 聰 : 特色ある大学教育支援プログラム 「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成15,16年度 報告書, 平成15,16年度 報告書, 徳島, 2005年4月.
3) 2,005 報告書 黒岩 眞吾, 北 研二, 任 福継, 柘植 覚 : 分散型話者照合方式に関する研究, 平成14年度∼平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書, Vol.14350204, 1-227, 2005年5月.
4) 2,005 報告書 松浦 健二, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるe-Learning等ITを活用した教育の概要, eラーニング等のITを活用した教育に関する調査報告書, 53-55, 2006年.
5) 2,005 報告書 中原 計, 松井 章, 宮路 淳子 : 門田貝塚出土の骨角器, 邑久町史考古編, 196-203, 2006年3月.
6) 2,005 報告書 桐山 聰, 英 崇夫, 荒木 秀夫, 中村 浩一, 黒岩 眞吾, 藤澤 正一郎, 原口 雅宣, 玉置 俊晃, 羽地 達次, 高石 喜久, 來山 征士, 大橋 眞, 上田 哲史 : 特色ある大学教育支援プログラム「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成17年度 報告書, --- 若者のセルフ·マネジメント能力を育てる徳島大学創成学習開発センターの活動 ---, 特色ある大学教育支援プログラム「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成17年度 報告書, 徳島, 2006年3月.
7) 2,005 報告書 北條 芳隆, 安山 かおり, 定森 秀夫 : 常三島遺跡2, --- 工学部実習棟地点・地域共同研究センター棟地点 ---, 徳島大学埋蔵文化財調査報告書, Vol.3, 徳島, 2006年3月.

2006年度(平成18年度)

2006年度(平成18年度) / 著書

1) 2,006 著書 邰 暁英, 北 研二 : 信息检索技术导论(情報検索技術入門), 科学出版社, 北京, 2006年9月.
2) 2,006 著書 川上 博, 島本 隆, 西尾 芳文 : 例題と課題で学ぶ電気回路, --- 線形回路の定常解析 ---, 株式会社 コロナ社, 東京, 2006年10月.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,006 学術論文 (審査論文) 田口 真奈, 西森 年寿, 神藤 貴昭, 中村 晃, 中原 淳 : 高等教育機関における初任者を対象としたFDの現状と課題, 日本教育工学会論文誌, Vol.30, No.1, 19-28, 2006年.
2) 2,006 学術論文 (審査論文) 酒井 博之, 山田 剛史, 神藤 貴昭, 田中 一義, 荒木 光彦 : 工学教育における卒業研究の役立ちに関する構造, 工学教育, Vol.54, No.3, 51-56, 2006年.
3) 2,006 学術論文 (審査論文) LU Xin and Shunichiro Oe : View Interpolation Improvement Using Suitable Constraints of Feature Tracking Parameters, The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan, Vol.35, No.3, 166-175, 2006.
4) 2,006 学術論文 (審査論文) Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Adaptive link generation for multiperspective thinking on the Web: an approach to motivate learners to think, Innovations in Education and Teaching International, Vol.43, No.2, 137-149, 2006.
5) 2,006 学術論文 (審査論文) 小泉 大地, 獅々堀 正幹, 中川 嘉之, 柘植 覚, 北 研二 : WWW画像検索システムにおける有害画像フィルタリング手法, 情報処理学会論文誌, Vol.47, No.SIG8, 147-156, 2006年.
6) 2,006 学術論文 (審査論文) Kazuto Matsuyama, Tatsuya Ichikawa, Yuichi Nitta, Yoshio Ikoma, Kazutaka Ishimura, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui : Localized expression of histamine H1 receptors in syncytiotrophoblast cells of human placenta., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.102, No.3, 331-337, 2006.
7) 2,006 学術論文 (審査論文) 中原 計 : 弥生時代中期∼後期の木製品の出土動向と高地性集落, 古代文化, Vol.58, No.2, 44-52, 2006年.
8) 2,006 学術論文 (審査論文) 桐山 聰, 小西 正暉, 英 崇夫 : 計画能力の一側面としてのコミュニケーション能力, 工学教育, Vol.55, No.1, 54-58, 2007年.
9) 2,006 学術論文 (審査論文) 獅々堀 正幹, 大西 泰代, 柘植 覚, 北 研二 : Earth Mover's Distanceを用いたハミングによる類似音楽検索手法, 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.1, 300-311, 2007年.
10) 2,006 学術論文 (審査論文) 柘植 覚, 黒岩 眞吾, 獅々堀 正幹, 任 福継, 北 研二 : 分散音声認識における実時間周波数特性正規化手法, 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.2, 900-908, 2007年.
11) 2,006 学術論文 (審査論文) Hiroyuki Mitsuhara, Kitamura Akihiro, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Knowledge Trading Environment using Virtual Money: Approach to Motivating to Share Knowledge, International Journal of WSEAS Transactions on Information Science and Applications, Vol.2, No.4, 309-316, 2007.
12) 2,006 学術論文 (審査論文) Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcation analysis of current coupled BVP oscillators, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.17, No.3, 837-850, 2007.
13) 2,006 学術論文 (審査論文) 曾田 紘二, 廣渡 修一, 若泉 誠一, 森田 秀芳, 宮田 政徳, 川野 卓二, 神藤 貴昭 : 2006年度徳島大学全学FD推進プログラム実施報告, 大学教育研究ジャーナル, Vol.4, 76-90, 2007年.
14) 2,006 学術論文 (審査論文) Atsushi Inouchi, Shuichi Shinohara, Hiroshi Inoue, Kenji Kita and Mitsuo Itakura : Identification of specific sequence motifs in the upstream region of 242 human miRNA genes., Computational Biology and Chemistry, Vol.31, No.3, 207-214, 2007.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2006年度(平成18年度) / 学術レター

1) 2,006 学術レター Yu Toyosaki, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Switch Synchronizing Occasional Delayed Feedback Control for Piecewise Linear Systems, Journal of Signal Processing, Vol.10, No.412, 235-238, 2006.
2) 2,006 学術レター 神藤 貴昭, 酒井 博之, 山田 剛史, 村上 正行, 杉原 真晃 : 京鳴バーチャル教育大学実践における受講生の「フレーム」変容, 日本教育工学会論文誌, Vol.30, No.suppl., 113-116, 2006年.
3) 2,006 学術レター Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Hiroshi Fujii and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in two-dimensional Hindmarsh-Rose type model, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.17, No.3, 985-998, 2007.

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1) 2,006 総説・解説 金西 計英 : 内省支援ツールを用いた科学的思考方法の学習, 化学と教育, Vol.54, No.5, 268-271, 2006年5月.
2) 2,006 総説・解説 金西 計英, 矢野 米雄 : 特集に寄せて 情報通信技術の活用はどこまで進んだのか?, 徳島教育, Vol.1110, 6-8, 2006年7月.
3) 2,006 総説・解説 矢野 照久 : 徳島大学産学官連携プラザ, STEPテクノ情報, Vol.12, No.1, 16-17, 2006年9月.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1) 2,006 国際会議 Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Kenji Kita, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Study of Intra-Speaker's Speech Variability over Long and Short Time Periods for Speech Recognition, Proc. of 2006 IEEE International Conference on Acoustic, Speech, and Signal Processing (ICASSP2006), Vol.1, 397-400, Toulouse, France, May 2006.
2) 2,006 国際会議 Toshiyuki Kumano, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Pattern Emergence in Strange Attractor by Directions of Mappings, Proc. of ISCAS2006, 2737-2740, Island of Kos, Greece, May 2006.
3) 2,006 国際会議 Yu Toyosaki, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Switch Synchronizing Delayed Feedback Control for Piecewise Linear Systems, Proc. of ISCAS2006, 3702-3705, Island of Kos, Greece, May 2006.
4) 2,006 国際会議 Yoshiyasu Terashima, Kazuo Mori, Takuji Kawano and Toshiaki Tamaki : Four-hour student workshop for introduction to PBL tutorial learning program, 6th Asia Pacific Conference on Problem-Based Learning, Tokyo, May 2006.
5) 2,006 国際会議 Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa, Satoshi Kiriyama, Tetsushi Ueta, Akio Tsuneda and Takuo Nagamachi : Mutual evaluation of presentation skills between two distant universities by giga-bit network, Abstract of 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 79, Tokyo, May 2006.
6) 2,006 国際会議 Masanobu Haraguchi, Satoshi Kiriyama, Shoichiro Fujisawa and Takao Hanabusa : Education of the ability to find solution through making WEB pages for first-grade students, Abstract of 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 78, Tokyo, May 2006.
7) 2,006 国際会議 Satoshi Kiriyama, Takao Hanabusa and Masanobu Haraguchi : The self analysis of setbacks in the WEB designer project, Abstract of 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 80, Tokyo, May 2006.
8) 2,006 国際会議 Baudin Veronique, David Colin Raymond, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Deployment and Evaluation of a Collaborative Work Environment for a Language Learning Scenario, Proceedings of NOTERE'2006, 105-118, France, Jun. 2006.
9) 2,006 国際会議 Satoshi Kiriyama and Takao Hanabusa : Teaching elementary school student in a handicraft lesson by science and technological students, Proceeding of the 34th SEFI Annual Conference, 109, Uppsala, Sweden, Jun. 2006.
10) 2,006 国際会議 Hiroaki Ogata, Chengjiu Yin, Rosa G Paredes Juarez, Nobuji A Saito V, Yoneo Yano, Yasuko OISHI and Takahito UEDA : Supporting Mobile Language Learning outside Classrooms, Proc. of Sixth International Conference on Advanced Learning Technologies ICALT2006, 928-932, Kerkrade, Netherlands, Jul. 2006.
11) 2,006 国際会議 Takao Hanabusa, Kim Yun-Hae, Kim Yoon-Sik, Cho Jong-Rae and Satoshi Kiriyama : Encouragement of Engineering Education by International Coalition, --- Relation between the Center for Innovation and Creativity Development, The University of Tokushima and the Center for Innovation of Education, Korea Maritime University ---, 2006 JSEE Annual Conference, International Session Proceedings, 32-34, Kokura, Kitakyushu, Jul. 2006.
12) 2,006 国際会議 YUE MA, Soumitro Banerjee, Takuji Kousaka and Tetsushi Ueta : Classification and Analytical Method of Switched Dynamical Systems, Proc. of NOLTA2006, Bologna, Italy, Sep. 2006.
13) 2,006 国際会議 Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Dependence of Synchronous Activities in Coupled Inhibitory Neurons upon Excitability Classes, Proc. of NOLTA2006, Bologna, Italy, Sep. 2006.
14) 2,006 国際会議 Satoshi Togawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Peer-to-Peer File Sharing Communication Detection System Using the Traffic Feature Extraction, Proceedings of 2006 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics (SMC 2006), 2993-2997, Taipei, Oct. 2006.
15) 2,006 国際会議 Yasuo Miyoshi, Takahiro Oie, Hiroshi Kawakami, Tetsushi Ueta and Yoneo Yano : e-Syllabus System Supporting the Discovery of Learning Paths, Proceedings of E-Learn 2006, 784-789, Honolulu, Oct. 2006.
16) 2,006 国際会議 Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Takahiro Oie, Yasuo Miyoshi, Masahiko Sano and Yoneo Yano : Construction and Operation of a Portal System at Tokushima University, Proceedings of E-Learn 2006, 642-647, Honolulu, Oct. 2006.
17) 2,006 国際会議 Rong Wang, Jing Yuan, Fei Yuan, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Know-who Knowledge Management to Support Collaborative Learning in Research Laboratory Based on Information Sharing, Proceedings of E-Learning2006, Vol.1, 3113-3118, Honolulu, Oct. 2006.
18) 2,006 国際会議 Fei Yuan, Jing Yuan, Rong Wang, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : A Self-directed Reading Environment for Learning Pronunciation of Japanese Kanji based on Collaborative-building Database, Proceedings of E-Learning2006, Vol.1, 3139-3144, Honolulu, Oct. 2006.
19) 2,006 国際会議 Phonsue Prasit, Suzuki Satoshi, Shunichiro Oe and Kashiwagi Toshiyuki : Construction of Panoramic Image with Distance Information, Proc. of SICE-ICAS International Conference 2006(CD), 4750-4754, Busan, Oct. 2006.
20) 2,006 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Akihiro Kitamura, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Real World Interaction Oriented Edutainment using Ubiquitous Devices, Proc. of The 4th International Workshop on Wireless, Mobile and Ubiquitous Technologies in Education Wmute2006, 150-152, Athens, Nov. 2006.
21) 2,006 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Akihiro Kitamura, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Knowledge Trading Environment using Virtual Money for Lively e-Community, Proc. of the 5th WSEAS International Conference on E-ACTIVITIES, 258-265, Venice, Nov. 2006.
22) 2,006 国際会議 Eiji Tasaka, Masaki Hashizume, Seiichi Nishimoto, Hiroyuki Yotsuyanagi, Takahiro Oie, Ikuro Morita and Toshihiro Kayahara : At Speed Testing of Bus Interconnects in Microcomputers, 7th Workshop on RTL and High Level Testing (WRTLT06), 123-127, Fukuoka, Nov. 2006.
23) 2,006 国際会議 Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Junko Minato, Hiroyuki Mitsuhara and Yoneo Yano : The Problem Generation Module for Word Problem in the WBT System, ICCE2006 Workshop Proceedings of Problem-Authoring, -Generation and -Posing in a Computer-Based Learning Environment, Vol.1, 17-24, Beijing, Nov. 2006.
24) 2,006 国際会議 Gotoda Naka, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Niki Keiji and Yoneo Yano : Multi-step Annotation to Promote Reflective Learning with a Mobile Phone, Proceedings of ICCE2006, Vol.1, 477-480, Beijing, Nov. 2006.
25) 2,006 国際会議 Fei Yuan, Jing Yuan, Rong Wang, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Collaborative Building of Japanese Kanji Pronunciation Database for Learning Japanese by Chinese, Proceedings of ICCE2006, Vol.1, 413-416, Beijing, Nov. 2006.
26) 2,006 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Hiroaki Ogata, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Yasuo Miyoshi, David Colin Raymond, Tomiaki Morikawa, Takaaki Nose and Yoneo Yano : Ubiquitous Learning Support as Bridge between Classroom Lecture and e-Learning, Proc. of International Workshop on Mobile and Ubiquitous Learning Environments (MULE) in conjunction with ICCE2006, Vol.1, 45-48, Beijing, Nov. 2006.
27) 2,006 国際会議 Fei Yuan, Hiroyuki Mitsuhara, Jing Yuan, Rong Wang, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : A Collaborative Learning Practice based on Evolutionary Information Sharing Approach, Proceeding of Poster Paper Notes of the 14th International Conference on Computers in Education, Vol.1, 33-36, Beijing, Nov. 2006.
28) 2,006 国際会議 Satoru Tsuge, Minoru Fukumi, Masami Shishibori, Fuji Ren, Kenji Kita and Shingo Kuroiwa : Study of Relationships Between Intra-Speaker's Speech Variability and Speech Recognition Performance, 2006 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2006), 41-44, Tottori, Japan, Dec. 2006.
29) 2,006 国際会議 Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi, Satoshi Terao, Naka Gotoda and Yoneo Yano : DEVELOPMENT OF THE VLOG-BASED SCENARIO WITH CYBERCOMMUNITIES OF INTEREST FOR EXPERIENCED LEARNING, Proceedings of IADIS International Conference on Web Based Communities 2007, 272-275, Salamanca, Spain, Feb. 2007.
30) 2,006 国際会議 Yasuo Miyoshi, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Ryuzo Ide and Yoneo Yano : A PROPOSAL TO EXTEND FOLKSONOMY BASED ON TAGS AND LINKS, Proceedings of IADIS International Conference on Web Based Communities 2007, 385-383, Salamanca, Spain, Feb. 2007.
31) 2,006 国際会議 Zheng Guang and Shunichiro Oe : Distance and Velocity Measurement Using 3D Optical Flow, Proc. of the 13th Japan-Korea Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 147-152, Busan, Feb. 2007.
32) 2,006 国際会議 Akinori Tsuji and Shunichiro Oe : Content-based Similar Image Retrieval using Wavelet Packet Decomposition, Proc. of the 13th Japan-Koria Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 281-286, Busan, Feb. 2007.
33) 2,006 国際会議 Masaki Naito, Kazumori Matsumoto, Masami Shishibori, Kenji Kita, Marco Cuturi, Tomoko Matsui, Shin'ichi Sato, Keiichiro Hoashi, Fumiaki Sugaya and Yasuyuki Nakajima : Shot Boundary Detection and High-Level Feature Extraction Experiments for TRECVID 2006, Proceedings of TREC Retrieval Evaluation 2006 (TRECVID2006), Washington, D.C., Mar. 2007.
34) 2,006 国際会議 Kenji Maegawa, Takahiro Oie and Tadamitsu Iritani : Improvement of Rapid Acquisition Method using PSD Matching for UWB-IR (TH-FH/SS) Multiple Access, Proc. of NCSP'07, 265-268, Shanghai, Mar. 2007.
35) 2,006 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Learning Process Sharing on the Web: Approach to Course Material Generation, Proc. of The Sixth IASTED International Conference on Web-based Education, 369-374, Chamonix, France, Mar. 2007.
36) 2,006 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Hiroaki Ogata, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Do Children Understand Binary Numbers by Electric Card Game?, Proc. of The First IEEE International Workshop on DIGITAL GAME AND INTELLIGENT TOY ENHANCED LEARNING, 191-193, Jhongli,Taiwan, Mar. 2007.
37) 2,006 国際会議 Kazuhide Kanenishi, Ryo Okamoto, Yasuo Miyoshi, Takahiko Mendori, Kenji Matsuura, Junko Minato and Yoneo Yano : Learning of Scientific Thinking Using Reflection Support Tool, Proc. of the 17th annual conference of the Society for Information Technology and Teacher Education(SITE 2007), 2014-2020, San Antonio, Mar. 2007.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1) 2,006 国内講演発表 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 緒方 広明, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるu-Learningの実践, 北海道大学現代GPフォーラム予稿集, 37-40, 2006年6月.
2) 2,006 国内講演発表 桐山 聰, 英 崇夫 : プレゼンテーション資料から評価する学生の企画·計画能力, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 138-139, 2006年7月.
3) 2,006 国内講演発表 桐山 聰, 英 崇夫 : コミュニティサイトを活用した学生自主プロジェクト活動の管理, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 450-451, 2006年7月.
4) 2,006 国内講演発表 桐山 聰, 英 崇夫 : 学部学生に対するプロジェクト·マネジメント教育, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 584-585, 2006年7月.
5) 2,006 国内講演発表 桐山 聰, 英 崇夫 : ミニFMプロジェクト『Ignition』をモデルとする戦略的人材育成, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 586-587, 2006年7月.
6) 2,006 国内講演発表 池田 祐一, 宝田 浩延, 原口 雅宣, 桐山 聰, 英 崇夫 : 学生の視点からのLEDプロジェクト, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 690-691, 2006年7月.
7) 2,006 国内講演発表 森岡 真吾, 野村 正人, 小西 正暉, 桐山 聰, 英 崇夫 : 学生の視点からのソーラーボートプロジェクト, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 758-759, 2006年7月.
8) 2,006 国内講演発表 寺尾 覚史, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : 映像ブログ技術による協調学習支援システムのデザイン, 教育システム情報学会第31周年記念全国大会講演論文集, 141-142, 2006年8月.
9) 2,006 国内講演発表 酒巻 栄治, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : 閲覧者情報を基にしたコンテンツ提供者支援システム, 教育システム情報学会第31周年記念全国大会講演論文集, 243-244, 2006年8月.
10) 2,006 国内講演発表 中川 雄仁, 三好 康夫, 金西 計英, 矢野 米雄 : ソーシャルブックマークを用いた年表作成支援, 教育システム情報学会第31回全国大会講演論文集, 145-146, 2006年8月.
11) 2,006 国内講演発表 村上 正行, 山田 剛史, 酒井 博之, 神藤 貴昭 : 主体的な学びを目指した遠隔ゼミにおけるメディアの影響, 教育システム情報学会第31回全国大会講演論文集, 461-462, 2006年8月.
12) 2,006 国内講演発表 柘植 覚, 小澤 光広, 獅々堀 正幹, 福見 稔, 任 福継, 北 研二, 黒岩 眞吾 : 特定話者長期間音声データベースの構築, 日本音響学会2006年秋季研究発表会, 277-278, 2006年9月.
13) 2,006 国内講演発表 長澤 信太郎, 大恵 俊一郎, 柏木 利幸 : マルチスペクトル分光器を用いた欠陥検出波長帯域選択手法, 第11回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集, 14-19, 2006年9月.
14) 2,006 国内講演発表 中原 計 : 大阪湾沿岸地域における弥生時代の木製品生産, 京都弥生文化談話会第100回記念大会発表講演予稿集, 7-16, 2006年9月.
15) 2,006 国内講演発表 神藤 貴昭, 酒井 博之, 山田 剛史 : 研究大学の工学部における「卒業研究」の意義について, 日本教育心理学会第48回発表論文集, 696, 2006年9月.
16) 2,006 国内講演発表 大石 寧子 : 留学生センターにおける地域主導型プログラムの試み, 日本語教育方法研究会誌, Vol.13, No.2, 38-39, 2006年9月.
17) 2,006 国内講演発表 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : Bifurcation and Chaos in Simplification Circuit of v-i Coupled BVP Oscillators, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-4, 300, 2006年9月.
18) 2,006 国内講演発表 塩津 公康, 上田 哲史, Tetsuya Kobayashi, 辻 繁樹, 合原 一幸, 川上 博 : On bistability of forced gene toggle switch, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-5, 301, 2006年9月.
19) 2,006 国内講演発表 熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : A detection of repelles by applied computation for basin of attractions, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-2, 298, 2006年9月.
20) 2,006 国内講演発表 水本 匡昭, 上田 哲史, 川上 博 : Bifurcation analysis of modified Duffing-van der Pol equation, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-3, 299, 2006年9月.
21) 2,006 国内講演発表 上田 哲史, 高坂 拓司, 辻 繁樹 : 区分非線形系と部分遅延カオス制御について, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-11, 11, 2006年9月.
22) 2,006 国内講演発表 田村 彰寿, 上田 哲史 : Bifurcation of the simple third-order automomous system, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-1, 297, 2006年9月.
23) 2,006 国内講演発表 神藤 貴昭 : 新任教員対象のFDプログラムについて, --- 時代が求める介護福祉士像と新たな養成教育への模索 ---, 平成18年度・日本介護福祉士養成施設協会・全国教職員研修会, 78-79, 2006年11月.
24) 2,006 国内講演発表 金西 計英, 松浦 健二, 緒方 広明, 光原 弘幸, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるu-Learningの実践とその評価, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 111-114, 2006年11月.
25) 2,006 国内講演発表 金西 計英, 岡本 竜, 三好 康夫, 妻鳥 貴彦, 松浦 健二, 矢野 米雄 : 外化支援ツールによる科学思考の育成に向けて, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 377-378, 2006年11月.
26) 2,006 国内講演発表 後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : SNS的手法を用いたランニング支援システム, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 463-464, 2006年11月.
27) 2,006 国内講演発表 山田 勝啓, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : システム管理者を養成するためのノウハウ獲得支援環境の構築, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 695-696, 2006年11月.
28) 2,006 国内講演発表 酒井 博之, 山田 剛史, 神藤 貴昭, 村上 正行, 杉原 真晃 : 遠隔協調学習における学びの構造の構造化—オンライン非同期ツールの利用に着目して—, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 369-370, 2006年11月.
29) 2,006 国内講演発表 田口 真奈, 神藤 貴昭 : 大学教員初任者の初年次の不安と期待に関するケーススタディ, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, 1023-1024, 2006年11月.
30) 2,006 国内講演発表 新田 哲也, 大恵 俊一郎, 柏木 利幸 : カラーテクスチャ画像における高精度領域分割法, ViEW ビジョン技術の実利用ワークショップ講演論文集, 139-144, 2006年11月.
31) 2,006 国内講演発表 桐山 聰 : 新聞記事を活用した大学生の計画能力育成, 日本NIE学会 第3回大会 発表要旨集録, 14, 2006年11月.
32) 2,006 国内講演発表 柘植 覚, 清田 啓二, 獅々堀 正幹, 北 研二, 任 福継, 福見 稔, 黒岩 眞吾 : 音声認識精度を変動させる話者内音声変動の要因分析, 日本音響学会 春季研究発表会, 165-166, 2007年3月.
33) 2,006 国内講演発表 柘植 覚, 清田 啓二, 獅々堀 正幹, 北 研二, 任 福継, 福見 稔, 黒岩 眞吾 : 音声認識精度を変動させる話者内音声変動の要因分析, 日本音響学会 春季研究発表会, 165-166, 2007年3月.
34) 2,006 国内講演発表 後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 仁木 啓司, 矢野 米雄 : 実世界ログを用いたSNSコミュニティ構築手法の提案, 電子情報通信学会2007年総合大会講演論文集, 160, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

1) 2,006 作品等 佐竹 弘, 金城 功 : 徳島大学パラダイムシフト創出ネットワークTPAS-net, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1) 2,006 その他・研究会 豊栖 広雅, 野村 昌弘, 佐竹 弘, 川邊 二郎, 豊栖 康弘, 木内 陽介 : 体表面心電図のバンドエリミネイトフィルタによる影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.162, 17-20, 2006年7月.
2) 2,006 その他・研究会 森 正樹, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : 学生同士のピアレビューに着目した共同レポート作成システムの構築, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.364, 83-88, 2006年11月.
3) 2,006 その他・研究会 定森 秀夫 : 百済土器と加耶土器の併行関係, 第18回東アジア古代史・考古学研究交流会, 2006年12月.
4) 2,006 その他・研究会 熊野 聡促, 上田 哲史 : 写像の方向と回数を利用した周期点抽出機構, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2006, No.451, 81-86, 2007年1月.
5) 2,006 その他・研究会 田村 彰寿, 上田 哲史 : 簡素な3次元カオス発生器の分岐構造とその結合系に関するカオス同期, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2006, No.452, 11-16, 2007年1月.
6) 2,006 その他・研究会 仁木 啓司, 松浦 健二, 後藤田 中, 金西 計英, 矢野 米雄 : スライド教材のカスタマイズ環境を用いた教員・学習者支援研究, --- パワーポイントのレポートを用いた支援例 ---, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.583, 139-144, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

1) 2,006 報告書 松浦 健二 : 感性共有による非同期協調的学習環境に関する研究, 第一回人工知能研究成果発表会, 1-8, 2007年3月.

2007年度(平成19年度)

2007年度(平成19年度) / 著書

1) 2,007 著書 Hiroaki Ogata, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : Supporting Awareness in Distributed Collaborative Learning Environments, Springer-Verlag, New York, USA, Jun. 2007.
2) 2,007 著書 上田 崇仁 : 『放送教本初等国語講座』に見る「国語」教育, 第一書房, 2007年6月.
3) 2,007 著書 Yoshimitsu Nagao and Shigeki Sano : Electronic Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis, --- (S)-4-Isopropyl-1,3-thiazolidine-2-thione ---, John Wiley & Sons, Inc., Chichester, 2008.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,007 学術論文 (審査論文) Kehle J. Thomas, Bray A. Melissa, Chafouleas M. Sandra and Takuji Kawano : Lack of Statistical Significance, Psychology in the Schools, Vol.44, No.5, 417-422, 2007.
2) 2,007 学術論文 (審査論文) 的場 みぎわ : アパシー学生に対するコラージュ技法の適用事例, 箱庭療法学研究, Vol.20, No.1, 47-59, 2007年.
3) 2,007 学術論文 (審査論文) Xin Luo, Masami Shishibori, Fuji Ren and Kenji Kita : Incorporate feature space transformation to content-based image retrieval with relevance feedback, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.3, No.5, 1237-1250, 2007.
4) 2,007 学術論文 (審査論文) 原 一眞, 黒岩 眞吾, 田中 康司, 柘植 覚, 任 福継, 獅々堀 正幹, 北 研二 : 符号化音声認識のための合成音声を用いた不特定話者音響モデルの適応法, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J90-D, No.9, 2541-2549, 2007年.
5) 2,007 学術論文 (審査論文) 光原 弘幸, 森 貴幸, 伊勢 直史, 金西 計英, 矢野 米雄 : ユビキタス機器を用いて授業開始前の復習を促進するBlended Learning支援システム, 教育システム情報学会誌, Vol.24, No.4, 384-394, 2007年.
6) 2,007 学術論文 (審査論文) 山口 直木, 大恵 俊一郎 : 線分ラベルを適用した弛緩法による自由曲線の折れ線近似法に関する研究, 画像電子学会誌, Vol.36, No.6, 863-868, 2007年.
7) 2,007 学術論文 (審査論文) Kazuhiko Hayashi, Eiko Kujime, Hajime Katayama, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Effects of Magnesium Salts and Amines on the Stereoselectivity in the Imine Aldol Reaction, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.55, No.12, 1773-1775, 2007.
8) 2,007 学術論文 (審査論文) 西川 伸紀, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : 検索質問と字幕の文字画像特徴量間の距離に基づく字幕検索手法, 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.SIG20, 28-38, 2007年.
9) 2,007 学術論文 (審査論文) Hiroyuki Mitsuhara, Ise Naofumi, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Student Authentication Function for Preventing Unfair Attendance by Identity Transfer in the Ubiquitous Classroom, The Journal of Information and Systems in Education, Vol.7, No.1, 103-111, 2008.
10) 2,007 学術論文 (審査論文) 松浦 健二, 仁木 啓司, 後藤田 中, 金西 計英, 矢野 米雄 : スライド教材の編集課題による教育・学習支援環境の試作, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J91-D, No.2, 259-268, 2008年.
11) 2,007 学術論文 (審査論文) 緒方 広明, 和田 誠, 上田 崇仁, 大石 寧子, 矢野 米雄 : LOCH:留学生のためのモバイル日本語学習支援システムの開発, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J91-D, No.2, 220-228, 2008年.
12) 2,007 学術論文 (審査論文) Yoshifumi Ikee, Kana Hashimoto, Mai Kamino, Masaaki Nakashima, Kazuhiko Hayazhi, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of New Quinolone Antibiotics Utilizing Azetidine Derivatives Obtained from 1-Azabicyclo[1.1.0]butane, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.3, 346-356, 2008.
13) 2,007 学術論文 (審査論文) Shiro Ajioka, Satoru Tsuge, Masami Shishibori and Kenji Kita : Fast Multidimensional Nearest Neighbor Search Algorithm Using Priority Queue, Electrical Engineering in Japan, Vol.164, No.3, 69-77, 2008.
14) 2,007 学術論文 (審査論文) 鈴木 尚子 : 欧州高等教育政策における生涯学習の位置づけと課題―EUレベルでの生涯学習政策の変遷と国際非営利組織European University Continuing Education Network(EUCEN)の取り組みをもとに―, 大学教育研究ジャーナル, Vol.5, 35-45, 2008年.
15) 2,007 学術論文 (審査論文) 獅々堀 正幹, 宮本 裕也, 柘植 覚, 北 研二 : 距離索引VP-treeにおける解絞込みの一改良手法, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J91-D-I, No.3, 677-686, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,007 学術論文 (紀要その他) Xin Luo, 獅々堀 正幹, 北 研二 : 画像検索のための距離尺度の学習, 広西師範大学学報, Vol.25, No.2, 186-189, 2007年.
2) 2,007 学術論文 (紀要その他) 田中 俊夫, 長谷川 典子, 小原 繁, 佐竹 昌之 : ホノルルマラソン参加者の準備状況とレースの実態に関する調査研究, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.17, 55-88, 2007年.
3) 2,007 学術論文 (紀要その他) 佐竹 昌之, 荒木 秀夫, 小原 繁, 的場 秀樹, 佐藤 充宏, 長積 仁, 三浦 哉, 田中 俊夫, 長谷川 典子 : 生活のQOLを高めることを目指したウオーキング・ランニングの在り方に関する総合的研究, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.15, 1-13, 2007年.
4) 2,007 学術論文 (紀要その他) 坂田 浩, 福田 利久 スティーブ : 効果的短期語学研修プログラムの開発を目指して, --- 異文化感受性質問紙(IDI)による短期語学研修の効果測定 ---, 徳島大学留学生センター紀要, 2008年.
5) 2,007 学術論文 (紀要その他) Steve Toshihisa Fukuda and Hiroshi Sakata : English: Do students need it? Do they want it?, 徳島大学留学生センター紀要, Vol.4, No.4, 31-37, 2008.
6) 2,007 学術論文 (紀要その他) 香川 順子, 鈴木 尚子, 宮田 政徳, 川野 卓二 : スコットランドの高等教育における質向上に向けた取り組み : ストラスクライド大学教育学部初等教育課程の実践事例より, 大学教育研究ジャーナル, Vol.5, 83-92, 2008年.
7) 2,007 学術論文 (紀要その他) 勅使河原 三保子, 上田 哲史 : 英語による大学院レベル工学系授業の質向上をめざして, --- 授業受講支援の実施状況とアンケート調査結果 ---, 大学教育研究ジャーナル, No.5, 123-127, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術レター

1) 2,007 学術レター 獅々堀 正幹, 山本 一晴, 小泉 大地, 北 研二 : URLの類似性に着目したWWW空間からの関連語自動収集手法, 日本データベース学会Letters, Vol.6, No.1, 57-60, 2007年.
2) 2,007 学術レター Norihide Oda, Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta and YUE MA : Controlling Chaos in a Simple Circuit with Switching Delay, Journal of Signal Processing, Vol.11, No.4, 329-332, 2007.
3) 2,007 学術レター 定森 秀夫, 中村 豊 : 2006年出土の木簡 徳島・庄・蔵本遺跡, 木簡研究, No.29, 135-136, 2007年.

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1) 2,007 総説・解説 上田 崇仁 : 書評 「多仁安代著『日本語教育と近代日本』」, 植民地教育史研究年報, No.9, 194-198, 2007年4月.
2) 2,007 総説・解説 矢野 照久 : 徳島大学知的財産本部, STEPテクノ情報, Vol.13, No.1, 20-21, 2007年5月.
3) 2,007 総説・解説 定森 秀夫 : 東アジア考古学辞典, 2007年5月.
4) 2,007 総説・解説 定森 秀夫 : 掘り出された「おたから」, 徳大広報, No.128, 3, 2007年7月.
5) 2,007 総説・解説 矢野 照久 : 徳島大学知的財産本部, STEPテクノ情報, Vol.13, No.2, 18-19, 2007年10月.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1) 2,007 国際会議 Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Shigeki Tsuji : Occasional Delayed Feedback Control for Switched Autonomous Systems, Proc. of ISCAS2007, 2474-2477, New Orleans, May 2007.
2) 2,007 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Yasumoto Hirakawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Real World Edutainment Focusing on Human-Human Interaction, Proc. of The 2nd International Conference of E-Learning and Games, 527-538, Hong Kong, Jun. 2007.
3) 2,007 国際会議 Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Hiroaki Ogata, Hiroyuki Mitsuhara, Yasuo Miyoshi, Kazumi Sagayama, Junko Minato and Yoneo Yano : Design of e-Learning System Using Ubiquitous Technology at The University of Tokushima, Proceedings of 8th International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training(ITHET2007), 578-583, Kumamoto, Jul. 2007.
4) 2,007 国際会議 Satoshi Togawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Peer-to-Peer File Sharing Communication Detection System Using Network Traffic Mining, Proc. of 12th International Conference, HCI International 2007 with 8 Further Associated Conferences, 769-778, Beijing, Jul. 2007.
5) 2,007 国際会議 Quentin Brandon, Toshiyuki Kumano and Tetsushi Ueta : Method of repellers detection by applied computation over basin of attraction, Proc. NDES2007, 241-244, Tokushima, Jul. 2007.
6) 2,007 国際会議 Hassane Bouzahir, El Fatima Guezar and Tetsushi Ueta : On Scicos simulation of a hybrid dynamical system, Proc. NDES2007, 62-65, Tokushima, Jul. 2007.
7) 2,007 国際会議 Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Structure of Capacitive Coupled BVP, Proc. NDES2007, 90-93, Tokushima, Jul. 2007.
8) 2,007 国際会議 Masaaki Mizumoto, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation, Proc. NDES2007, 90-93, Tokushima, Jul. 2007.
9) 2,007 国際会議 Satoru Tsuge, Keiji SEIDA, Masami Shishibori, Kenji Kita, Fuji Ren, Minoru Fukumi and Shingo Kuroiwa : Analysis of Variation on Intra-Speakers Speech Recognition Performances, IEEE NLP-KE2007, 387-392, Beijing, Aug. 2007.
10) 2,007 国際会議 Mitsuhiro Ozawa, Satoru Tsuge, Masami Shishibori, Kenji Kita, Minoru Fukumi, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Automatic Utterance Segmentation Tool for Speech Corpus, IEEE NLP-KE2007, 401-406, Beijing, Aug. 2007.
11) 2,007 国際会議 Naoko Suzuki : Changing Role of the University in Japan: the Meanings of Cultural Mission on its Reform, Proceedings for 19th International Conference on Higher Education, Cluj-Napoca, Romania, Sep. 2007.
12) 2,007 国際会議 Gotoda Naka, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Organizing Online Learning-Community Based on the Real World Log, Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, Vol.LNAI 4694, 608-615, Salerno, Italy, Sep. 2007.
13) 2,007 国際会議 Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Daniele Fournier-Prunaret : Local Bifurcations of Nonlinear Hybrid Systems, Proc. NOLTA'07, 160-163, Vancouver, Sep. 2007.
14) 2,007 国際会議 Fatima Guezar El, Hassane Bouzahir, Tetsushi Ueta and Pascal Acco : Chaos in a Switched Dynamical System: Scicos as a Modeler and Simulator, Proc. NOLTA'07, 164-167, Vancouver, Sep. 2007.
15) 2,007 国際会議 Akihisa Tamura and Tetsushi Ueta : Bifurcation analysis for a simple chaotic circuit and its coupled systems, Proc. NOLTA'07, 529-532, Vancouver, Sep. 2007.
16) 2,007 国際会議 Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi and Yoneo Yano : Practical Data Management among Learning-Support Systems, Tsukasa Hirashima, Ulrich Hoppe, Shelley Shwu-Ching Young (Eds.) Supporting Learning Flow through Integrative Technologies, Vol.1, 271-274, Hiroshima, Nov. 2007.
17) 2,007 国際会議 Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Kazumi Sagayama, Yasuo Miyoshi, Junko Minato, Tomohiro Takagi and Yoneo Yano : Progress of the Federation for Campus SNS Using the Shibboleth, ICCE2007 Supplementary Proceedings, Vol.2, 309-311, Hiroshima, Nov. 2007.
18) 2,007 国際会議 Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Hiroyuki Mitsuhara, Yasuo Miyoshi, Junko Minato and Yoneo Yano : Using the Peer Review between Students in the Collaborative Report Writing System, ICCE2007 Supplementary Proceedings, 23-24, Hiroshima, Nov. 2007.
19) 2,007 国際会議 Yasuo Miyoshi, Katsuhito Nakagawa, Kazuhide Kanenishi, Kazumi Sagayama and Yoneo Yano : A Design and Prototyping of a Social Chronology System for History Learning, ICCE2007 Supplementary Proceedings, Vol.2, 303-308, Hiroshima, Nov. 2007.
20) 2,007 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Akihiro Kitamura, Masato Akatsuka, Naofumi Ise, Yasumoto Hirakawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Knowledge Trading Environment and its Application to Student-Created e-Learning Material, ICCE2007 Supplementary Proceedings, 63-64, Hiroshima, Nov. 2007.
21) 2,007 国際会議 Makoto Wada, Hiroaki Ogata, Li Hui Gan, Yasuko OISHI, Takahito UEDA and Yoneo Yano : Implementation of Language Learning Outside the Classroom with Handhelds, The Supplementary Proceedings of ICCE 2007 WS/DSC, Vol.1, 48-52, Hiroshima, Nov. 2007.
22) 2,007 国際会議 Hiroaki Ogata, Kazuya Terai, Takaaki Shinto, Wataru Bando and Yoneo Yano : Supporting Awareness in Real-time Distance Learning with a Real-world Avatar, Tsukasa Hirashima, Ulrich Hoppe, Shelley Shwu-Ching Young (Eds.) Supporting Learning Flow through Integrative Technologies, Vol.1, 425-429, Hiroshima, Nov. 2007.
23) 2,007 国際会議 Li Hui Gan, Hiroaki Ogata, Makoto Wada, Yasuko OISHI, Takahito UEDA and Yoneo Yano : Language Learning Outside the Classroom with Handhelds with Knowledge Management, Tsukasa Hirashima, Ulrich Hoppe, Shelley Shwu-Ching Young (Eds.) Supporting Learning Flow through Integrative Technologies, Vol.1, 361-368, Hiroshima, Nov. 2007.
24) 2,007 国際会議 Chan Chao-Ning, Shunichiro Oe and Lin Cheng-Sheng : Active Eye-tracking System by Using Quad PTZ Camerastracking, Proceedings of The 33rd Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society, 2398-2394, Taipei, Nov. 2007.
25) 2,007 国際会議 Quentin Brandon, Tetsushi Ueta and Daniele Fournier-Prunaret : Method of Bifurcation Analysis of Hybrid Nonlinear Systems, Proc. NOMA'07, 59-62, Toulouse, Dec. 2007.
26) 2,007 国際会議 Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Visualization of unstable periodic points embedded in chaotic attractors by the directional coloring, Proc. NOMA'07, 25-28, Toulouse, Dec. 2007.
27) 2,007 国際会議 上田 崇仁 : 植民地朝鮮の教育-日本語初習時期に注目して, 2007年12月.
28) 2,007 国際会議 上田 崇仁 : 朝鮮総督府「国語読本」と国定「国語読本」を比較して見えるもの, 東京, 2007年12月.
29) 2,007 国際会議 Masami Shishibori, Masayuki Muto and Kenji Kita : A Fast Retrieval Method for the Earth Mover's Distance in Multimedia Databases, Proceedings of 14th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2008), 35-40, Oita, Jan. 2008.
30) 2,007 国際会議 Nobuki Nishikawa, Masami Shishibori, Satoru Tsuge and Kenji Kita : A Method to Retrieve Telops Based on the Distance of Character Image Features between Query and Telop, Proceedings of 14th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2008), 25-30, Oita, Jan. 2008.
31) 2,007 国際会議 Chung Keun Jin, Toshiaki Yamada, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of Dialkynyldiarylsilanes and Their Application Reactions, The Winter School of Sokendai/Asian CORE Program Frontiers of Materials, Photo-, and Theoretical Molecular Sciences, Okazaki, Jan. 2008.
32) 2,007 国際会議 Wataoka Koh and Shunichiro Oe : Research of Distance Measurement Method by Using RGB Pattern, Proceedings of The 14th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 106-111, Beppu, Jan. 2008.
33) 2,007 国際会議 Takayuki Kimura, Takahiro Oie and Keishiro Nakahigashi : Prototype of Fractional-N PLL Frequency Synthesizer with High Speed Convergence, Proc. of NCSP'08, 363-366, Gold Coast, Mar. 2008.
34) 2,007 国際会議 Takayuki Ishikawa and Takahiro Oie : Design of Pulse Shape for UWB-IR by Combining Modulated Gaussian Pulses, Proc. of NCSP'08, 399-402, Gold Coast, Mar. 2008.
35) 2,007 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Shunsuke Nakaya, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : E-Notebook Tool for Effective Knowledge Construction from Web: Encouragement of Multi-Perspective Thinking and Prevention of Copy-and Paste, Proc. of the Seventh IASTED International Conference on Web-Based Education, 406-411, Innsbruck, Mar. 2008.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1) 2,007 国内講演発表 佐竹 弘, 生駒 良雄, 矢野 照久, 濱田 泰法, 西岡 久子, 金城 功, 西山 裕五郎 : 特許情報配信を核とした技術マッチングシステムの構築とその活用, 産学連携学会第5回大会講演予稿集, 71-72, 2007年6月.
2) 2,007 国内講演発表 中出 訓規, 獅々堀 正幹, 柘植 覚, 北 研二 : 関連語を用いたWWW検索結果のフィルタリング手法, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会, 247, 2007年9月.
3) 2,007 国内講演発表 北條 奈緒美, 獅々堀 正幹, 北 研二 : WWW検索エンジンを用いた質問文内の用語特定手法, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会, 246, 2007年9月.
4) 2,007 国内講演発表 鈴木 尚子 : 欧州高等教育政策における生涯学習の位置づけと課題―European University Continuing Education Network(EUCEN)の取り組みを中心に―, 日本社会教育学会第54回大会発表要旨集, 152, 2007年9月.
5) 2,007 国内講演発表 影本 孝介, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 三好 康夫, 矢野 米雄 : 効果的学習を行うためのマーキング機能, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集CD-ROM版, 2007年9月.
6) 2,007 国内講演発表 中川 雄仁, 三好 康夫, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : ソーシャル年表作成システムの開発, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集CD-ROM版, 2007年9月.
7) 2,007 国内講演発表 中川 真宏, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 三好 康夫, 矢野 米雄 : Web システム間でのShibboleth を用いた認証連携の実現, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集CD-ROM版, 2007年9月.
8) 2,007 国内講演発表 山田 勝啓, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : スライド教材を利用した講義要約による学習支援, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集CD-ROM版, 2007年9月.
9) 2,007 国内講演発表 伊勢 直史, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : 学習履歴を用いた不正出席防止機能の提案-PDAとRFIDタグを用いたBlended Learning支援システムを対象として-, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集, 142-143, 2007年9月.
10) 2,007 国内講演発表 平川 靖素, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : Human-Human Interactionに着目した実世界Edutainment, 教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集, 144-145, 2007年9月.
11) 2,007 国内講演発表 金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 嵯峨山 和美, 高木 知弘, 矢野 米雄 : Shibbolethを用いたキャンパスSNS連携の実現, 日本教育工学会第23回全国大会講演論文集, 537-538, 2007年9月.
12) 2,007 国内講演発表 三好 康夫, 大家 隆弘, 村上 昭継, 矢野 米雄 : WebDAVを用いたeコンテンツサーバ(EDB/CMS)の開発, 日本教育工学会第23回全国大会講演論文集, 721-722, 2007年9月.
13) 2,007 国内講演発表 Akitoshi Tamura and Tetsushi Ueta : Chaos synchronization of coupled simple oscillators, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-52, 297, Sep. 2007.
14) 2,007 国内講演発表 Satoshi Nishioka and Tetsushi Ueta : Homoclinic structure about the origin of a simple discrete system, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-57, 387, Sep. 2007.
15) 2,007 国内講演発表 Masaaki Mizumoto, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-58, 388, Sep. 2007.
16) 2,007 国内講演発表 Quentin Brandon, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Local Bifurcations of 3-state Alpazur Oscillator, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-59, 389, Sep. 2007.
17) 2,007 国内講演発表 木村 孝之, 大家 隆弘, 入谷 忠光 : 周波数高速収束が可能な非整数PLL周波数シンセサイザの設計, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-15, 165, 2007年9月.
18) 2,007 国内講演発表 湯浅 寛規, 大家 隆弘 : UWB-IR通信変復調に適した変調ガウシアンパルス列の設計, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-19, 169, 2007年9月.
19) 2,007 国内講演発表 石川 貴之, 大家 隆弘 : 変調ガウシアンパルス列によるUWB-IR変復調に適したパルス整形, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-20, 170, 2007年9月.
20) 2,007 国内講演発表 嶋本 竜也, 田坂 英司, 茅原 敏広, 四柳 浩之, 大家 隆弘, 橋爪 正樹 : Z80のバス縮退故障の実時間テストプログラム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 100, 2007年9月.
21) 2,007 国内講演発表 中尾 允泰, 竹安 正範, 中野 沙織, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 光学活性ジケトピペラジンの合成とα-アミノ酸誘導体の新規絶対配置決定法の開発, 第33回反応と合成の進歩シンポジウム, 2007年11月.
22) 2,007 国内講演発表 山下 大輔, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 2-アシル-2-ホスホノ酢酸エステルの合成とタンデム型還元-オレフィン化反応, 第46回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2007年11月.
23) 2,007 国内講演発表 中尾 允泰, 竹安 正範, 中野 沙織, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 1H NMRを活用するα-アミノ酸誘導体の新規絶対配置決定法の開発, 第46回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2007年11月.
24) 2,007 国内講演発表 齊藤 隆仁, 桑折 範彦, 金西 計英, 吉永 哲哉, 藤本 憲市 : 全学共通教育におけるCMS/Moodleの活用報告, 平成19年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス発表抄録集, 22-23, 2008年1月.
25) 2,007 国内講演発表 桑折 範彦, 齊藤 隆仁, 金西 計英, 吉永 哲哉, 藤本 憲市, 後藤 壽夫, 若泉 誠一 : eコンテンツ開発の現状とコース管理システムMoodle, 平成19年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス発表抄録集, 44-45, 2008年1月.
26) 2,007 国内講演発表 的場 みぎわ, 多田 敏子, 岡田 愛, 北村 清一郎, 小山 晋之 : 大学生のメンタルヘルスの実態(1報)-ソーシャルサポートより, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, 39-40, 2008年2月.
27) 2,007 国内講演発表 岡田 愛, 的場 みぎわ, 多田 敏子, 北村 清一郎, 小山 晋之 : 大学生のメンタルヘルスの実態(2報) 心理的反応の実態より, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 41-42, 2008年2月.
28) 2,007 国内講演発表 的場 みぎわ, 多田 敏子, 岡田 愛 : 大学生のメンタルヘルスの実態(1報) ソーシャルサポートより, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 39-40, 2008年2月.
29) 2,007 国内講演発表 中尾 允泰, 竹安 正範, 中野 沙織, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ジケトピペラジン構造を基盤とするα-アミノ酸の新規絶対配置決定法の開発研究(2), 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
30) 2,007 国内講演発表 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : カルボジイミド型脱水縮合剤を用いる脱共役エステル化反応, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
31) 2,007 国内講演発表 上野 麻衣, 池江 克文, 橋本 佳奈, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : アンギバクチンの全合成研究, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
32) 2,007 国内講演発表 鍋島 豊晶, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : eラーニング教材の短縮制御による学習時間の有効活用支援, 電子情報通信学会2008年総合大会講演論文集, 210, 2008年3月.
33) 2,007 国内講演発表 中田 一平, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : ソーシャルネットワークを活用したインフォーマルな論文レビュー環境の構築, 電子情報通信学会2008年総合大会講演論文集, 217, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

1) 2,007 作品等 Naoko Suzuki and Angus Alexander McDonald : Awaodori Exercise (English Version), Awaodori Exercise (English Version), Mar. 2008.

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1) 2,007 その他・研究会 Quentin Brandon, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Bifurcations is a 3-state Piecewise Smooth Dynamical Systems, IEICE Technical Report, Vol.NLP2007, No.25, 13-17, Jun. 2007.
2) 2,007 その他・研究会 中原 計 : 徳島県出土中·近世の漆椀について, 考古フォーラム蔵本発表資料, 2007年6月.
3) 2,007 その他・研究会 金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 高木 知弘, 嵯峨山 和美, 矢野 米雄 : Shibbolethを用いたWebSSOと連携について, 平成19年度情報教育研究集会講演論文集, 326-329, 2007年11月.
4) 2,007 その他・研究会 中谷 俊介, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : Webからのレポート作成支援システムとe-Learningの融合, 教育システム情報学会研究報告, Vol.22, No.4, 39-42, 2007年11月.
5) 2,007 その他・研究会 赤塚 将人, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : 仮想通過を用いた知識売買環境における変動相場制の導入, 教育システム情報学会研究報告, Vol.22, No.4, 81-86, 2007年11月.
6) 2,007 その他・研究会 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : 学生間の相互評価を活用するグループレポートシステムの構築, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ET 2008-23, 33-38, 2008年.
7) 2,007 その他・研究会 平川 靖素, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : Human-Human Interactionに着目した実世界Edutainmentとその実践, JSiSE(教育システム情報学会)第2回学生・院生研究発表会, 2008年3月.
8) 2,007 その他・研究会 後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : 活動履歴に基づくランニング動機付けの支援, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ET 2007-95, No.107, 65-68, 2008年3月.
9) 2,007 その他・研究会 Kohji Nakashima, Masanori Miyata, Kazuhiro W. Makabe, Donald Sturge, Meredith Anne Stephens and Kayoko Ueno : Preparation and Use of ``Authentic English'' Web Materials at The University of Tokushima (Tokushima, Japan), Journal of University Education Research, Vol.1, No.5, 116-122, Mar. 2008.

2007年度(平成19年度) / 報告書

1) 2,007 報告書 長尾 善光, 佐野 茂樹 : 平成16年度∼平成18年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書, --- シラアレンカチオン活性種及び類縁体の合成開発と応用研究 ---, 2007年5月.
2) 2,007 報告書 中村 豊, 中原 計 : 庄(庄・蔵本)遺跡, --- 徳島大学蔵本団地動物実験施設建設に伴う発掘調査報告書 ---, 徳島, 2008年3月.

2008年度(平成20年度)

2008年度(平成20年度) / 著書

1) 2,008 著書 鈴木 尚子 : 「欧州におけるグローバル化とローカル化の緊張関係と成人学習への影響―EUレベルでの生涯学習政策の実施過程における諸問題を中心に―」日本社会教育学会編『日本の社会教育第52集 <ローカルな知>の可能性―もうひとつの生涯学習を求めて―』, 東洋館出版社, 東京, 2008年9月.
2) 2,008 著書 川上 博, 島本 隆 : 電気回路の基礎数学, --- 連立方程式・複素数・微分方程式 ---, 株式会社 コロナ社, 東京, 2008年10月.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,008 学術論文 (審査論文) Tetsuya Yoshinaga, Yoshihiro Imakura, Ken'ichi Fujimoto and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of Iterative Image Reconstruction Method for Computed Tomography, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.18, No.4, 1219-1225, 2008.
2) 2,008 学術論文 (審査論文) 後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : 運動ログを用いたジョギングコミュニティ組織化支援, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.10, No.2, 19-29, 2008年.
3) 2,008 学術論文 (審査論文) Kazuhiko Hayazhi, Shiho Ogawa, Shigeki Sano, Motoo Shiro, Kentaro Yamaguchi, Yoshihisa Sei and Yoshimitsu Nagao : Intramolecular Nonbonded S---N Interaction in Rabeprazole, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.6, 802-806, 2008.
4) 2,008 学術論文 (審査論文) Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Keiji Niki, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Supporting multi-step annotation to promote reflective learning: triggered by a cell-phone, International Journal of Mobile Learning and Organisation, Vol.2, No.2, 119-132, 2008.
5) 2,008 学術論文 (審査論文) 鈴木 尚子 : 欧州におけるLearning Region概念の出現と今日的意義―生涯学習ネットワークの構築を通した地域活性化の追求から見えてくるもの―, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.18, 51-64, 2008年.
6) 2,008 学術論文 (審査論文) Naoko Suzuki : The Changing Role of the University and the Emergence of Quality Assurance in Japan: the Meanings of Cultural Mission in its Reform, Journal of University Development and Academic Management, Vol.5, No.9-10, 95-108, 2008.
7) 2,008 学術論文 (審査論文) 香川 順子, 川野 卓二, 宮田 政徳, 神藤 貴昭, 曾田 紘二, 奈良 理恵 : 徳島大学におけるFD実施組織としての役割と機能 : 大学開放実践センターFD活動の事例分析より, 京都大学高等教育研究, Vol.14, 71-81, 2008年.
8) 2,008 学術論文 (審査論文) 金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 高木 知弘, 嵯峨山 和美, 矢野 米雄 : 大学間WEBサービス連携のためのShibbolethを用いた許可管理機能の実現, 日本教育工学会論文誌, Vol.32(Suppl), 93-96, 2008年.
9) 2,008 学術論文 (審査論文) 光原 弘幸, 平川 靖素, 金西 計英, 矢野 米雄 : RFIDカードを用いた神経衰弱ゲームによる2進数の学習, 日本教育工学会論文誌, Vol.32(Suppl), 137-140, 2008年.
10) 2,008 学術論文 (審査論文) 嵯峨山 和美, 久米 健司, 金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 松本 純子, 矢野 米雄 : 学生支援キャンパスSNSと学生の動向, 日本教育工学会論文誌, Vol.32(Suppl), 53-56, 2008年.
11) 2,008 学術論文 (審査論文) Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Daniele Fournier-Prunaret and Takuji Kousaka : Numerical Bifurcation Analysis Framework for Autonomous Piecewise-Smooth Dynamical Systems, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.42, No.1, 187-201, 2009.
12) 2,008 学術論文 (審査論文) Shigeki Sano, Michiyasu Nakao, Masanori Takeyasu, Chiyo Yamamoto, Syuji Kitaike, Yasuko Yoshioka and Yoshimitsu Nagao : Chemoenzymatic Synthesis of α-Substituted Serines via Enantiodivergent Transformation, The Open Organic Chemistry Journal, Vol.3, 22-34, 2009.
13) 2,008 学術論文 (審査論文) Masami Shishibori and Kenji Kita : Construction of an Image Knowledge Database on WWW Image Retrieval Systems, International Journal of Computer Applications in Technology, Vol.34, No.2, 108-114, 2009.
14) 2,008 学術論文 (審査論文) Masami Shishibori, Nobuki Nishikawa and Kenji Kita : A Method to Retrieve Telops based on the Distance of Character Image Features between Queries and Telops, International Journal of Computer Applications in Technology, Vol.35, No.2/3/4, 234-240, 2009.
15) 2,008 学術論文 (審査論文) 島 健二, 田中 俊夫 : ボーナス歩数加算歩数記録表の作成とその評価, 糖尿病, Vol.52, No.2, 111-116, 2009年.
16) 2,008 学術論文 (審査論文) 金西 計英, 松浦 健二, 大家 隆弘, 佐野 雅彦, 北 研二, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるポータルシステムの構成とその運用について, 大学情報システム環境研究, Vol.12, 34-42, 2009年.
17) 2,008 学術論文 (審査論文) 上田 哲史 : 低コスト会議録出版を志向する電子投稿・編集システム, 大学情報システム環境研究, Vol.12, 27-33, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,008 学術論文 (紀要その他) 橋本 智, 大石 寧子 : ペン入力PCを活用したクラス活動の試み-日本語クラスでのタブレットPCの使用, 日本語教育方法論研究会誌, Vol.15, No.2, 26-27, 2008年.
2) 2,008 学術論文 (紀要その他) Steve Toshihisa Fukuda and Hiroshi Sakata : Initial Investigation of a Meaningful Language Learning Center in the Making, Journal of University Education Research, No.6, 2009.
3) 2,008 学術論文 (紀要その他) Steve Toshihisa Fukuda and Hiroshi Sakata : Fostering Teacher-Learner Interaction in the Classroom, Journal of University Education Research, No.6, 2009.
4) 2,008 学術論文 (紀要その他) 坂田 浩, 福田 利久 スティーブ : 大学英語教育におけるTask-Basedlnstruction(TBI)の可能性と限界, 徳島大学国際センター紀要, No.5, 15-23, 2009年.
5) 2,008 学術論文 (紀要その他) 嵯峨山 和美, 金西 計英, 松浦 健二, 久米 健司, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : キャンパスSNS(Social Networking Service)「さとあい」における学生行動の分析と学生支援の可能性, 大学教育研究ジャーナル, Vol.6, 1-12, 2009年.
6) 2,008 学術論文 (紀要その他) 曾田 紘二, 宮田 政徳, 川野 卓二, 齊藤 隆仁, 香川 順子, 奈良 理恵 : 2008年度徳島大学全学FD推進プログラムの実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.6, 171-189, 2009年.
7) 2,008 学術論文 (紀要その他) 鈴木 尚子 : 英国高等教育機関の生涯学習機関化に向けた萌芽的議論―『1990年代に向けた高等教育』における将来像予測をもとに―, 大学教育研究ジャーナル, Vol.6, 44-57, 2009年.
8) 2,008 学術論文 (紀要その他) 中村 豊, 中原 計, 定森 秀夫, 株式会社古環境研究所, 藁科 哲男, 中村 大介 : 徳島大学埋蔵文化財調査室年報, No.1, 2009年.
9) 2,008 学術論文 (紀要その他) 竹内 利夫, 三隅 友子, 橋本 智 : 美術館の鑑賞支援プログラムとの連携-美術作品を通した学習の可能性, 徳島大学国際センター紀要, No.4, 17-24, 2009年.
10) 2,008 学術論文 (紀要その他) 橋本 智, 石田 愛 : 言語運用能力とは?-日本語クラスで求められる能力, 徳島大学国際センター紀要, No.4, 38-42, 2009年.
11) 2,008 学術論文 (紀要その他) 大橋 眞, 中恵 真理子, 光永 雅子, 福田 利久 スティーブ, 齊藤 隆仁, 菊池 淳, 香川 順子, 廣渡 修一 : 大学教育改革と教養教育, --- 地域社会人活用による知の循環型社会構築に向けて ---, 大学教育研究ジャーナル, Vol.6, 58-69, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術レター

1) 2,008 学術レター 定森 秀夫, 杉山 真二, 中村 豊, 中原 計, 上中 央子 : 西日本における初期農耕集落の様相, --- 徳島市庄・蔵本遺跡2006年度調査成果から ---, 有限責任中間法人日本考古学協会第74回総会研究発表要旨, 54-55, 2008年.

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

1) 2,008 総説・解説 矢野 照久 : 徳島大学知的財産本部, STEPテクノ情報, Vol.14, No.1, 14-15, 2008年5月.
2) 2,008 総説・解説 北 研二, 山川 義介 : 類似画像検索技術を用いた商品推薦システム 『SUDACHI』の開発とその応用, 画像ラボ, Vol.19, No.8, 11-15, 2008年8月.

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1) 2,008 国際会議 Michiyasu Nakao, Masanori Takeyasu, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of Optical Active Diketopiperazines for Absolute Configuration Determination of α-Amino Acids, The 12th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, Sendai, May 2008.
2) 2,008 国際会議 Naoko Suzuki : Recent trends in local knowledge in Japan: An interpretation of locality and knowledge in a global age, Proceedings for the Second European Seminar, Between Global and Local: Adult Learning and Development, 32-39, Wrocław, Poland, May 2008.
3) 2,008 国際会議 Chung Keun Jin, Toshiaki Yamada, Takashi Masuda, Yoshimitsu Nagao and Shigeki Sano : Synthesis of rac-Alkynylfluorosilanes and Their Application Reactions, Post ISOS XV Symposium, Takasaki, Jun. 2008.
4) 2,008 国際会議 Kazumi Sagayama, Kenji Kume, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Yasuo Miyoshi, Junko Minato and Yoneo Yano : Characteristics and Method for Initial Activity on Campus SNS, Proceedings of ED-MEDIA2008, 936-945, Wien, Jun. 2008.
5) 2,008 国際会議 Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi, Kazumi Sagayama and Yoneo Yano : Promoting Physical Skill Development in a Video-Based WEBlog Community Environment, Proceedings of ED-MEDIA2008, 1089-1096, Wien, Jun. 2008.
6) 2,008 国際会議 Masami Shishibori, Satoru Tsuge, Le Zhang, Sasaki Minoru, Uemura Yoshiki and Kenji Kita : A Fast Retrieval Algorithm for the Earch Mover's Distance Using Lower Bounds, IEEE International Conference on Information Reuse and Integration, 445-450, Jul. 2008.
7) 2,008 国際会議 Junko Minato, Hiroyuki Mitsuhara, Kenji Kume, Noriko Uosaki, Mihoko Teshigawara, Hiroshi Sakata and Yoneo Yano : Student Centered Method to Create Learning Materials for Niche-Learning, IADIS Multimedia Conference on Computer Science and Information Systems Proceedings of e-Learning 2008, Vol.Vol.1, 177-184, Amsterdam, Jul. 2008.
8) 2,008 国際会議 Tetsushi Ueta, Quentin Brandon, Akihisa Tamura and Takuji Kousaka : Bifurcation and chaos in switched autonomous systems, Proc. NDES'08, 25-28, Nizhny Novgorod, Jul. 2008.
9) 2,008 国際会議 Naoko Suzuki : Internationalization of Higher Education: What role should Japanese universities take in Asia?, Proceedings for 20th International Conference on Higher Education, Bangi,Malaysia, Aug. 2008.
10) 2,008 国際会議 Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Daniele Fournier-Prunaret : Numerical Bifurcation Analysis of Systems with Variable Switching Conditions, Proc. NOLTA'08, 160-163, Budapest, Sep. 2008.
11) 2,008 国際会議 Akihisa Tamura and Tetsushi Ueta : Bifurcation analysis of Izhikevich model, Proc. NOLTA'08, 529-532, Budapest, Sep. 2008.
12) 2,008 国際会議 Satoshi Nishioka and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of Chaos Synchronization in Coupled BVP Oscillators, Proc. NOLTA'08, 529-532, Budapest, Sep. 2008.
13) 2,008 国際会議 Q. Zhang, X-Y. Tai, Y. Dong, S. Pan, X. Luo and Kenji Kita : Two-Level Content-based Endoscope Image Retrieval, Fourth International Conference on Natural Computation, 208-212, Oct. 2008.
14) 2,008 国際会議 Kazumi Sagayama, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Kenji Kume, Yasuo Miyoshi, Junko Minato and Yoneo Yano : Application of Campus SNS for Supporting Students and Their Behavior, Proceedings of ICCE2008, 581-586, Taipei, Oct. 2008.
15) 2,008 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Handheld Review: Ubiquitous Technology-Based Method to Bridge Class and e-Learning, Proceedings of ICCE2008, 635-642, Taipei, Oct. 2008.
16) 2,008 国際会議 Toyoaki Nabeshima, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Adaptive High-Speed Delivery of e-Learning Contents, Proceedings of E-Learn 2008, 3864-3872, Las Vegas, Nov. 2008.
17) 2,008 国際会議 Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Yasuo Miyoshi, Kazumi Sagayama, Tomohiro Takagi and Yoneo Yano : Design of Authentication Infrastructure for the WEB Service Federation between Universities, Proceedings of Association of Pacific Rim Universities 9th Distance Learning and the Internet Conference 2008(DLI 2008), 255-262, Tokyo, Nov. 2008.
18) 2,008 国際会議 Naoko Suzuki : How to motivate Japanese NEET: New Challenges for Society and Some Possible Implications for the Role of Learning, Procrrdings for European Research Conference, Educational Journeys and Learning Identity organised by ESREA, Seville, Spain, Dec. 2008.
19) 2,008 国際会議 Inui Sigeru, Yasushi Toyosu, Masatake Akutagawa, Toyosu H., Masahiro Nomura, Hiromu Satake, Kawabe T., Kawabe J., Toyosu Y. and Yohsuke Kinouchi : Development and Measurement of High-precision Surface Body Electrocardiograph, The 13th International Conference on Biomedical Engineering, 2159-2163, Singapore, Dec. 2008.
20) 2,008 国際会議 Yasushi Toyosu, Inui Sigeru, Masatake Akutagawa, Toyosu H., Masahiro Nomura, Hiromu Satake, Kawabe T., Kawabe J., Toyosu Y. and Yohsuke Kinouchi : Measurement of Heart Functionality and Aging with Body Surface Electrocardiograph, The 13th International Conference on Biomedical Engineering, 2167-2170, Singapore, Dec. 2008.
21) 2,008 国際会議 Fujii Shiho, Satoshi Togawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Raising Hand Action Detection using Wireless Game Controller for Teaching Assistance System, Proc. of 2009 International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'09), 325-328, Waikiki, Mar. 2009.
22) 2,008 国際会議 Takayuki Kimura and Takahiro Oie : Convergence Speed of Fractional-N PLL Frequency Synthesizer Improving with Frequency High Speed Convergence and High Resolution, Proc. of NCSP'09, 645-648, Honolulu, Mar. 2009.
23) 2,008 国際会議 Yoshiro Yamaguchi and Takahiro Oie : Designing UWB-IR Pulse by Convolving in Window Function and Sinc Function, Proc. of NCSP'09, 691-694, Honolulu, Mar. 2009.
24) 2,008 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Akihiro Kitamura, Masato Akatsuka, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Web-based Trading of Digital Learning Materials using Virtual Money: Do University Students Accept It?, Proc. of the Eighth IASTED International Conference on Web-Based Education, 252-258, Phuket, Thailand, Mar. 2009.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1) 2,008 国内講演発表 定森 秀夫, 杉山 真二, 中村 豊, 中原 計, 上中 央子 : 西日本における初期農耕集落の様相, --- 徳島市庄・蔵本遺跡2006年度調査成果から ---, 2008年5月.
2) 2,008 国内講演発表 鈴木 尚子 : 英国におけるドラマ教育の伝統と授業改善への適用の可能性, 大学教育学会第30回大会発表要旨集, 98-99, 2008年6月.
3) 2,008 国内講演発表 生駒 良雄, 佐竹 弘, 矢野 照久 : 利益相反事例解析における検討項目の抽出, 産学連携学会第6回大会, 2008年6月.
4) 2,008 国内講演発表 佐竹 弘, 西岡 久子, 矢野 照久, 生駒 良雄, 金城 功 : 徳島大学産学官連携情報配信システム-徳島大学パラダイムシフト創出ネットワーク(TPAS-Net)-, 産学連携学会第6回大会, 2008年6月.
5) 2,008 国内講演発表 生駒 良雄, 佐竹 弘, 矢野 照久 : 利益相反事例解析における検討項目の抽出, 産学連携学会第6回大会, 2008年6月.
6) 2,008 国内講演発表 鈴木 尚子 : 英国高等教育政策における障害者の受け入れに向けた取り組みと課題, 日本比較教育学会第44回大会発表要旨集, 246-247, 2008年6月.
7) 2,008 国内講演発表 山川 義介, 北 研二 : ECサイトにおける画像の類似性判定∼『SUDACHI』の開発と商品推薦エンジンへの応用∼, 日本行動計量学会第36回大会, 5-6, 2008年8月.
8) 2,008 国内講演発表 津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : キラルスルホンアミド-亜鉛錯体を用いるσ対称1,3-ジオールの不斉モノアシル化反応, 第24回若手化学者のための化学道場, 2008年9月.
9) 2,008 国内講演発表 山川 義介, 北 研二 : 類似画像検索システム『SUDACHI』を用いた商品レコメンデーション, 第10回日本感性工学会大会, 2008年9月.
10) 2,008 国内講演発表 中田 一平, 松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 矢野 米雄 : 論文レビュー支援SNSのネットワーク構造を利用した推薦手法の考察, 教育システム情報学会第33回全国大会講演論文集, 126-127, 2008年9月.
11) 2,008 国内講演発表 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : SNS援用環境の研究を通じたコミュニティ型学習の一考察, 教育システム情報学会第33回全国大会講演論文集, 8-9, 2008年9月.
12) 2,008 国内講演発表 鈴木 尚子 : 欧州における新たな生涯学習ネットワーク構築に向けた試み―Learning Regionの具現化を中心に―, 日本社会教育学会第55回大会発表要旨集, 133, 2008年9月.
13) 2,008 国内講演発表 Quentin Brandon, Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka and Fournier-Prunaret Daniele : Bifurcations of the Alpazur Oscillator with variable switching thresholds, 平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-17, 386, Sep. 2008.
14) 2,008 国内講演発表 Kei Nagao and Tetsushi Ueta : Detection of the unstable periodic point in the chaos using direction coloring, 平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-16, 385, Sep. 2008.
15) 2,008 国内講演発表 Satoshi Nishioka and Tetsushi Ueta : Bifurcation analysis of Synchronization Phenomena in Coupled BVP Oscillators, 平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-12, 381, Sep. 2008.
16) 2,008 国内講演発表 影本 孝介, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 三好 康夫, 矢野 米雄 : 効果的学習を行うためのマーキング機能の実装, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 308, 2008年9月.
17) 2,008 国内講演発表 田村 聡, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : 学生間の相互評価を活用するグループレポートシステムの構築, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 334, 2008年9月.
18) 2,008 国内講演発表 丸澤 聡, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : Webベースにおける演習問題の共有に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 351, 2008年9月.
19) 2,008 国内講演発表 平野 卓次, 井上 将彰, 後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : リアルタイムジョギング支援システムにおける音声・画像によるアウェアネス機構, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 353, 2008年9月.
20) 2,008 国内講演発表 井上 将彰, 平野 卓次, 後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : リアルタイムジョギング支援システムにおける環境・動作情報モニタリング機構, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 354, 2008年9月.
21) 2,008 国内講演発表 坂本 典大, 大家 隆弘 : ネットワークトラフィック監視のためのOS組み込み型パケット解析ドライバの製作, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 349, 2008年9月.
22) 2,008 国内講演発表 木村 孝之, 大家 隆弘, 中東 敬志郎 : 周波数高速収束と高分解能を両立させた非整数PLL周波数シンセサイザの収束速度, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 166, 2008年9月.
23) 2,008 国内講演発表 中東 敬志郎, 木村 孝之, 大家 隆弘 : 高速収束非整数分周PLL周波数シンセサイザの位相比較器制御法の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 167, 2008年9月.
24) 2,008 国内講演発表 山口 善郎, 大家 隆弘 : 窓関数とsinc 関数の畳み込みによるUWB-IR基本パルスの比較検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 169, 2008年9月.
25) 2,008 国内講演発表 石川 貴之, 大家 隆弘 : 変調ガウシアンパルスによるUWB-IR基本パルス波形合成の改善, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 170, 2008年9月.
26) 2,008 国内講演発表 松田 和也, 大家 隆弘 : UWB-IR(FH-TH/SS型) におけるPSDマッチング同期捕捉法の高速化, --- 高次フィルタを用いた同期候補点の絞り込み ---, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 171, 2008年9月.
27) 2,008 国内講演発表 乾 繁, 豊栖 康司, 芥川 正武, 豊栖 広雅, 野村 昌弘, 佐竹 弘, 川邊 富大, 川邊 二郎, 豊栖 康弘, 木内 陽介 : 高精度体表面心電計の開発と計測, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 241, 2008年9月.
28) 2,008 国内講演発表 豊栖 康司, 乾 繁, 芥川 正武, 豊栖 広雅, 野村 昌弘, 佐竹 弘, 川邊 富大, 川邊 二郎, 豊栖 康弘, 木内 陽介 : 体表面心電計を用いた心臓年齢の測定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 242, 2008年9月.
29) 2,008 国内講演発表 高橋 将記, 的場 秀樹, 小原 繁, 佐竹 昌之, 田中 俊夫 : 中高年者のマラソントレーニングが血中酸化ストレス指標に及ぼす影響, --- 第63回日本体力医学会(大分) ---, 体力科学, Vol.57, No.6, 731, 2008年9月.
30) 2,008 国内講演発表 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : グループレポートの相互評価導入による作文能力の向上, 日本教育工学会第24回全国大会講演論文集, 307-308, 2008年10月.
31) 2,008 国内講演発表 後藤田 中, 鍋島 豊晶, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : 映像日記を用いた身体知の獲得及び継承支援システム, 日本教育工学会第24回全国大会講演論文集, 423-424, 2008年10月.
32) 2,008 国内講演発表 嵯峨山 和美, 金西 計英, 松浦 健二, 久米 健司, 矢野 米雄 : キャンパスSNSにおける学生行動の分析と支援活動, 日本教育工学会第24回全国大会講演論文集, 801-802, 2008年10月.
33) 2,008 国内講演発表 Hiroyuki Mitsuhara, Hirakawa Yasumoto, Akatsuka Masato, Ise Naofumi, Matsui Toshinori, Nagano Yoshitaka, Yamada Yoshiki, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Real World Edutainment for Learning Phenomena of Light, 日本教育工学会第24回全国大会論文集, 907-908, Oct. 2008.
34) 2,008 国内講演発表 津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : σ対称1,3-ジオールを基質とする触媒的エナンチオ選択的アセチル化反応, 第34回反応と合成の進歩シンポジウム, 2008年11月.
35) 2,008 国内講演発表 中尾 允泰, 竹安 正範, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 1H NMRを用いるα-アミノ酸の簡便絶対配置決定法の開発, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
36) 2,008 国内講演発表 津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : キラルスルホンアミド-亜鉛錯体を用いたσ対称1,3-ジオールの触媒的エナンチオ選択的アセチル化反応, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
37) 2,008 国内講演発表 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : カルボジイミド型脱水縮合剤を用いるケテン経由の脱共役エステル化反応, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
38) 2,008 国内講演発表 大勢 祐希子, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ケトンの不斉還元によるフルオロオレフィン型光学活性ジペプチドミメティクスの合成, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
39) 2,008 国内講演発表 上野 麻衣, 中山 ゆかり, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : アンギバクチンならびにアンヒドロアンギバクチンの合成研究, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
40) 2,008 国内講演発表 七瀧 浩志, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : フルオロオレフィン型プロリン含有ジペプチドミメティクスの合成, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
41) 2,008 国内講演発表 森本 晃允, 佐野 茂樹, 長尾 善光, 伊藤 博夫 : 揮発性チオール捕捉反応剤の合成開発研究, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
42) 2,008 国内講演発表 中尾 允泰, 竹安 正範, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : α-アミノ酸の絶対配置決定を目的とした光学活性ジケトピペラジンの合成, 第38回複素環化学討論会, 2008年11月.
43) 2,008 国内講演発表 中尾 允泰, 竹安 正範, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 複素環化合物の特性を活用したα-アミノ酸の簡便絶対配置決定法, 創薬懇話会2008, 2008年12月.
44) 2,008 国内講演発表 津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : シンコナアルカロイド誘導体を用いたσ対称1,3-ジオールの非対称化反応, 創薬懇話会2008, 2008年12月.
45) 2,008 国内講演発表 香川 順子 : 自己実現の教育と大学における学びの支援―「自己発見の学習」を支援する事例より―, 平成20年度 全学FD 徳島大学教育カンファレンス発表抄録集, 34-35, 2009年1月.
46) 2,008 国内講演発表 中尾 允泰, 竹安 正範, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ジケトピペラジン構造を基盤とするα-アミノ酸の新規絶対配置決定法の開発研究(3), 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
47) 2,008 国内講演発表 津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : σ対称1,3-ジオールの触媒的不斉非対称化反応, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
48) 2,008 国内講演発表 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ケテン経由の脱共役エステル化を基盤とする不斉転位反応, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
49) 2,008 国内講演発表 七瀧 浩志, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : HWE反応を用いるフルオロオレフィン型プロリン含有ジペプチドミメティクスの合成, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
50) 2,008 国内講演発表 森本 晃允, 佐野 茂樹, 長尾 善光, 伊藤 博夫 : メタンチオール捕捉標識反応剤の合成開発, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
51) 2,008 国内講演発表 平野 卓次, 井上 将彰, 後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : リアルタイムジョギング支援システムにおける光・音声・画像によりアウェアネス, 電子情報通信学会2009年総合大会講演論文集, 192, 2009年3月.
52) 2,008 国内講演発表 松浦 健二, 金西 計英, 大家 隆弘, 上田 哲史, 中川 昌宏, 矢野 米雄 : 徳島大学における大学内外システム連携のための認証認可検討, 電子情報通信学会2009年総合大会講演論文集, S-141-S-142, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1) 2,008 その他・研究会 中川 雄仁, 三好 康夫, 松浦 健二, 矢野 米雄 : SBMとの連携による年表推薦機能を持つ歴史年表作成システム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.WI2-2008-41, 75-76, 2008年7月.
2) 2,008 その他・研究会 永尾 景, 上田 哲史 : 解の写像方向の視覚化を用いた非線形系方程式の周期点検出, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.27, 41-46, 2008年7月.
3) 2,008 その他・研究会 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 特異な応答における Basin Boundary 構造の消失と数値演算誤差について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.29, 53-56, 2008年7月.
4) 2,008 その他・研究会 西岡 聡, 上田 哲史 : 結合された BVP 発振器にみられる多様な同期現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.40, 39-44, 2008年8月.
5) 2,008 その他・研究会 Quentin Brandon, Tetsushi Ueta and Takuji Kousaka : Numerical Bifurcation Analysis of Systems with Affine Switching Conditions, IEICE Technical Report, Vol.NLP2008, No.44, 57-62, Aug. 2008.
6) 2,008 その他・研究会 田村 彰寿, 上田 哲史 : Izhikevich モデルにおける状態の跳躍の取り扱いと分岐, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.45, 63-66, 2008年8月.
7) 2,008 その他・研究会 光原 弘幸, 松本 純子, 魚崎 典子, 勅使河原 三保子, 福田 利久 スティーブ, 坂田 浩, 久米 健司, 矢野 米雄 : Niche-Learning: 学生の休憩時間に着目した教材配信, 日本教育工学会第24回全国大会講演論文集, 2008年10月.
8) 2,008 その他・研究会 石川 祐輝, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : e-Portfolioへのスクラップ機能の実現, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ET2008-54, 23-26, 2008年11月.
9) 2,008 その他・研究会 中川 真宏, 金西 計英, 松浦 健二, 三好 康夫, 嵯峨山 和美, 高木 知弘, 矢野 米雄 : 認証基盤を用いたWebシステム間の連携の検討, 平成20年度情報教育研究集会講演論文集, 503-506, 2008年12月.
10) 2,008 その他・研究会 鍋島 豊晶, 後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : 縄跳びを例とした身体スキル開発用SNS支援環境の設計と開発, 教育システム情報学会研究報告, Vol.23, No.5, 100-105, 2009年1月.
11) 2,008 その他・研究会 松浦 健二, 後藤田 中, 鍋島 豊晶, 金西 計英, 矢野 米雄 : ランニング集団をリアルタイムに支援するシステムの開発, 教育システム情報学会研究報告, Vol.23, No.5, 70-77, 2009年1月.
12) 2,008 その他・研究会 中川 雄仁, 三好 康夫, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : ソーシャルブックマークとの連携による年表推薦機能を持つ歴史年表作成システムと評価, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ET2008-98, 29-34, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 報告書

1) 2,008 報告書 鈴木 尚子, 香川 順子 : 英国における大学初任者研修視察報告書―ストラスクライド大学教育支援・学習向上センターによる3日間研修をもとに―, 2008年12月.

2009年度(平成21年度)

2009年度(平成21年度) / 著書

1) 2,009 著書 Masahiro Yoshida and Yoshimitsu Nagao : Transition metal-catalyzed ring expansion cyclization reactions, Wiley-VCH, Weinheim, Nov. 2009.
2) 2,009 著書 Naoko Suzuki : 'How to motivate Japanese NEET: Some possible implications for the role of learning' in Merrill, B. & González-Monteagudo, J. (Eds.), Educational Journeys and Changing Lives: Adult Student Experiences, Vol.2, Digital@Tres: Sevilla, España, Sevilla, España, 2010.
3) 2,009 著書 大西 徳生, 魚崎 泰弘, 前田 健一, 獅々堀 正幹, 中野 晋, 多田 吉宏, 玉谷 純二, 下村 直行, 三神 厚, 倉科 昌, 中村 真紀, 杉山 茂, 小澤 将人, 山本 裕紹, 黒田 トクエ, 田端 厚之, 佐々木 由香, 島木 美香 : 安全マニュアル, 工学部, 徳島, 2010年2月.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,009 学術論文 (審査論文) Xiaoying Tai, Lidong Wang, Qin Chen, Fuji Ren and Kenji Kita : A New Method of Medical Image Retrieval based on Color-Texture Correlogram and GTI Model, International Journal of Information Technology & Decision Making, Vol.8, No.2, 239-248, 2009.
2) 2,009 学術論文 (審査論文) Shigeki Sano, Michiyasu Nakao, Masanori Takeyasu, Syuji Kitaike, Yasuko Yoshioka and Yoshimitsu Nagao : Use of Diketopiperazines for Determining Absolute Configurations of α-Substituted Serines by 1H-NMR Spectroscopy, Heterocycles, Vol.79, No.1, 781-789, 2009.
3) 2,009 学術論文 (審査論文) Takayuki Kimura and Takahiro Oie : Fractional-N Type PLL Frequency Synthesizer with Improved Frequency Convergence Speed and Resolution, Journal of Signal Processing, Vol.13, No.4, 319-322, 2009.
4) 2,009 学術論文 (審査論文) Kazuhiko Hayashi, Eiko Kujime, Hajime Katayama, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Reaction of 1-Azabicyclo[1.1.0]butane with Activated Amides, Heterocycles, Vol.78, No.1, 1777-1786, 2009.
5) 2,009 学術論文 (審査論文) Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta and YUE MA : Chaos Control Implementation by Interrupted Electric Circuit with Switching Delay, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.19, No.7, 2359-2362, 2009.
6) 2,009 学術論文 (審査論文) 金西 計英, 戸川 聡, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : ネットワークの利用動向からの異常検知手法について, 学術情報処理研究, Vol.13, 74-83, 2009年.
7) 2,009 学術論文 (審査論文) Kazuhiko Hayashi, Eiko Kujime, Hajime Katayama, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Synthesis and Reaction of 1-Azabicyclo[3.1.0]hexane, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.57, No.10, 1142-1146, 2009.
8) 2,009 学術論文 (審査論文) 田中 俊夫, 川島 歩 : 阿波踊り体操と阿波踊りのエネルギー消費に関する研究, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.19, No.1, 45-56, 2009年.
9) 2,009 学術論文 (審査論文) Atsuo Maki, Naoya Umeda and Tetsushi Ueta : Melnikov integral formula for beam sea roll motion utilizing a non-Hamiltonian exact heteroclinic orbit, Journal of Marine Science and Technology, Vol.15, No.1, 102-106, 2009.
10) 2,009 学術論文 (審査論文) 鈴木 尚子 : 看護学生にとって望ましい教育学のあり方に関する一考察―看護学校における双方向性のある授業づくりの過程からみえてきたもの―, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.19, 17-44, 2009年.
11) 2,009 学術論文 (審査論文) Takuji Kousaka, Ken'ichi Fujimoto, YUE MA, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcations observed in BVP oscillator with periodically switched RC circuit, Dynamics of Continuous, Discrete and Impulsive Systems. Series A: Mathematical Analysis, Vol.16, No.6, 811-824, 2009.
12) 2,009 学術論文 (審査論文) Tadashi Uemiya, Yoshihide Matsumoto, Koizumi Daichi, Masami Shishibori and Kenji Kita : Fast Multidimensional Nearest Neighbor Search Algorithm Based on Ellipsoid Distance, International Journal of Advanced Intelligence (IJAI), Vol.1, No.1, 89-107, 2009.
13) 2,009 学術論文 (審査論文) Akihisa Tamura, Tetsushi Ueta and Shigeki Tsuji : Bifurcation Analysis of Izhikevich Neuron Model, Dynamics of Continuous, Discrete and Impulsive Systems. Series A: Mathematical Analysis, Vol.16, No.6, 849-862, 2009.
14) 2,009 学術論文 (審査論文) Takashi Honjo, Takeshi Tsumura, Shigeki Sano, Yoshimitsu Nagao, Kentaro Yamaguchi and Yoshihisa Sei : A Chiral Bifunctional Sulfonamide as an Organocatalyst: Alcoholysis of -Symmetric Cyclic Dicarboxylic Anhydrides, Synlett, No.20, 3279-3282, 2009.
15) 2,009 学術論文 (審査論文) Shigeki Sano, Takeshi Tsumura, Noriaki Tanimoto, Takashi Honjo, Michiyasu Nakao and Yoshimitsu Nagao : Modified Cinchona Alkaloid-Zinc Complex Catalysts: Enantioselective Monoacetylation of Glycerol Derivatives with Acetic Anhydride, Synlett, No.2, 256-260, 2010.
16) 2,009 学術論文 (審査論文) Naoko Suzuki : A General Perspective on Religions among the Japanese Public: Some Implications for Understanding the Features and Actualities of Religious Syncretism in Japan, DIONYSIANA, Vol.4, 277-288, 2010.
17) 2,009 学術論文 (審査論文) Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Real World Edutainment Focusing on Game Story and Human-Human Interaction in the Real World, The Journal of Information and Systems in Education, Vol.9, No.1, 45-56, 2010.
18) 2,009 学術論文 (審査論文) 早渕 純子, 西尾 よしみ, 横山 小百合, 石原 容子, 岡久 玲子, 安部 陽子, 佐藤 八重子, 井﨑 ゆみ子, 前田 健一 : 徳島大学における特定保健指導の導入について, CAMPUS HEALTH, Vol.47, No.2, 79-84, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,009 学術論文 (紀要その他) 香川 順子, 中恵 真理子 : 社会人参加型授業「名著講読」における学習支援の課題 : 「プロフェッショナル」をテーマとした世代間交流を通して, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.19, 1-15, 2009年.
2) 2,009 学術論文 (紀要その他) 佐野 雅彦, 北 研二 : 徳島大学キャンパスネットワークシステムの更新について, 大学情報システム環境研究, 94-102, 2010年.
3) 2,009 学術論文 (紀要その他) 田中 さやか, 香川 順子, 神藤 貴昭, 川野 卓二, 宮田 政徳, 曾田 紘二 : FDファシリテーター養成研修の効果に関する一考察 : 徳島大学におけるFDファシリテーターの役割と意義, 大学教育研究ジャーナル, Vol.7, 1-10, 2010年.
4) 2,009 学術論文 (紀要その他) 鈴木 尚子 : 欧州における生涯学習推進の概況と課題, 大学教育研究ジャーナル, No.7, 52-59, 2010年.
5) 2,009 学術論文 (紀要その他) 曾田 紘二, 宮田 政徳, 川野 卓二, 香川 順子, 田中 さやか, 吉田 博, 奈良 理恵 : 2009年度徳島大学全学FD推進プログラムの実施報告, 大学教育研究ジャーナル, Vol.7, 211-226, 2010年.
6) 2,009 学術論文 (紀要その他) 中村 豊, 中原 計, 株式会社古環境研究所, 藤尾 慎一郎, 坂本 稔, 住田 雅和, 上中 央子, 株式会社加速器分析研究所 : 徳島大学埋蔵文化財調査室年報, No.2, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術レター

(なし)

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

(なし)

2009年度(平成21年度) / 国際会議

1) 2,009 国際会議 Tetsushi Ueta : Synchronization of Coupled BVP Oscillators, No proceedings, Hong Kong, May 2009.
2) 2,009 国際会議 Masaki Takahashi, Hideki Matoba, Masayuki Satake, Toshio Tanaka, Mayumi Kaneyasu and Shigeru Obara : Effect of jogging training on oxidative stress responses and antioxidant capacity in middle-aged persons, --- 2009 American College of Sports Medicine Annual Meeting ---, Medicine and Science in Sports and Exercise, Vol.41, No.5 Suupl, S568, Seattle, May 2009.
3) 2,009 国際会議 Naoko Suzuki : The Development of Adult Education and Training in Japan: Its Original Features and its Western Influence, Conference Proceedings for the European Research Conference, History of European Adult Education and Training Network organised by ESREA, Turku, Finland, Jun. 2009.
4) 2,009 国際会議 Hideki Matoba, Masayuki Satake, Shigeru Obara and Toshio Tanaka : Running training markedly reduces serum TNF-alpha level in middle-aged and elderly runners, --- The 36th International Congress of Physiological Sciences (IUPS2009) ---, The Journal of Physiological Sciences, Vol.59, No.Suppl., 357, Kyoto, Jul. 2009.
5) 2,009 国際会議 Masami Shishibori, Koizumi Daichi and Kenji Kita : A Fast Retrieval Algorithm for the Earch Mover's Distance Using EMD Lower Bounds and the Priority Queue, IEEE NLP-KE 2009, Dalian, China, Sep. 2009.
6) 2,009 国際会議 Kazutoshi Kinoshita and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of the Lozi Map, --- as a Hybrid System ---, Proc. NOMA'09, 111-113, Urbino, Italy, Sep. 2009.
7) 2,009 国際会議 Kei Nagao and Tetsushi Ueta : A Structural Detection of Unstable Periodic Points in Chaotic Attractors by the Directional Coloring, Proc. NOLTA'09, 419-422, Sapporo, Oct. 2009.
8) 2,009 国際会議 Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Toyoaki Nabeshima and Yoneo Yano : PHYSICAL SKILL DEVELOPMENT IN A TECHNOLOGY-ENHANCED COMMUNITY SITE, Proceedings of International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age, 511-512, Rome, Italy, Nov. 2009.
9) 2,009 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Yoshiki Yamada, Toshiyuki Moriyama, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : PAPER-TOP INTERFACE IN CLASSROOM, Proceedings of International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age, 299-301, Rome, Italy, Nov. 2009.
10) 2,009 国際会議 Yasuo Miyoshi, Ryo Okamoto, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : A DESIGN OF SOCIAL NETWORKING SERVICE FOR SUPPORTING LEARNING HABITS DEVELOPMENT, Proceedings of International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age, 396-399, Rome, Italy, Nov. 2009.
11) 2,009 国際会議 Yuki Ishikawa, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Hiroyuki Mitsuhara and Yoneo Yano : Design and Implementation of scrapbook function for e-Portfolio, Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 483-485, Hong Kong, Nov. 2009.
12) 2,009 国際会議 Masahiro Nakagawa, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Yasuo Miyoshi, Hiroyuki Mitsuhara and Yoneo Yano : Authentication and Authorization exchange for University Federation, Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 477-479, Hong Kong, Nov. 2009.
13) 2,009 国際会議 Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Takuji Hirano, Toyoaki Nabeshima, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Supporting Skill Awareness for Runners through Wireless Sensor Network, Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 618-622, Hong Kong, Nov. 2009.
14) 2,009 国際会議 Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Shinji Ootsuka, Toyoaki Nabeshima and Yoneo Yano : Supporting Joggers in a Web-Community with Simulation and Annotation Functions, Workshop Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, 119-123, Hong Kong, Nov. 2009.
15) 2,009 国際会議 Le Zhang, Zhao Zuyun, Luo Xin, Zeng Peifeng and Kenji Kita : A Research of Distance Transform based Peeling Algorithm for Overlapped Fibers Separation, International Conference on Computational Intelligence and Software Engineering, Dec. 2009.
16) 2,009 国際会議 Naoko Suzuki : How to live with difference in a homogeneous society: findings from a training initiative to combat xenophobic attitudes in Japanese student nurses in the wake of an influx of Indonesian nurses to Japan., Conference Proceedings for Migration, Racism and Xenophobia Research Network Conference organised by ESREA, Sheffield, UK, Dec. 2009.
17) 2,009 国際会議 Tetsushi Ueta and Yoshifumi Nishio : A Pilot Project toward Implementation of a Short-Term Exchange Program between an Affiliated University and The University of Tokushima, Proceedings of the Fourth International Symposium on the Development of the Global Double Degree Program (GDDP), 33-35, Tokushima, Dec. 2009.
18) 2,009 国際会議 Zhang Le, He Qing, Luo Xin and Kenji Kita : A Skeleton Extraction and Pruning Algorithm Based on Bisector Angle, 16th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 327-335, Feb. 2010.
19) 2,009 国際会議 Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Design of the Poincare Mapping of Piecewise Linear Systems, Proc. NCSP 2010, 125-128, Honolulu, Mar. 2010.

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1) 2,009 国内講演発表 濱名 篤, 川嶋 太津夫, 吉田 文, 濱名 陽子, 吉原 惠子, 杉谷 祐美子, 香川 順子, 白川 優治, 佐藤 広志, 吉田 武大, 末冨 芳, 杉本 和弘, 小島 佐恵子 : ジェネリックスキルの習得とその評価手法の探索的研究―自己評価・他者評価の可能性―, 日本高等教育学会第12回要旨集録, Vol.12, 198-201, 2009年5月.
2) 2,009 国内講演発表 大橋 眞, 中恵 真理子, 光永 雅子, 齊藤 隆仁, 香川 順子, 廣渡 修一 : 地域社会人を活用した教養教育―地域に広がる知の循環型社会実現を目指して―, 日本高等教育学会第12回要旨集禄, Vol.12, 218-221, 2009年5月.
3) 2,009 国内講演発表 後藤田 中, 平野 卓次, 松浦 健二, 鍋島 豊晶, 金西 計英, 矢野 米雄 : 集団的ランニングにおける能力開発を支援するアウェアネス, 人工知能学会第23回全国大会講演論文集, 2009年6月.
4) 2,009 国内講演発表 鈴木 尚子 : 英国高等教育機関の生涯学習機関化に向けた議論と背景に関する一考察―政策文書『1990年代に向けた高等教育』にみる将来像予測とその後の軌跡―, 日本比較教育学会第45回大会発表要旨集, 2009年6月.
5) 2,009 国内講演発表 後藤田 中, 大塚 真二, 松浦 健二, 鍋島 豊晶, 金西 計英, 矢野 米雄 : 協調的ランニング訓練コミュニティを支援するアウェアネス環境の構築, 教育システム情報学会第34回全国大会講演論文集, 294-295, 2009年8月.
6) 2,009 国内講演発表 松浦 健二 : 運動技能開発を目的としたコミュニティ環境の設計, 教育システム情報学会第34回全国大会講演論文集, 30-31, 2009年8月.
7) 2,009 国内講演発表 金西 計英, 松浦 健二, 嵯峨山 和美, 久米 健司, 三好 康夫, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : 学習コミュニティへのSNSによる支援環境の構築について, 教育システム情報学会第34回全国大会講演論文集, 2-3, 2009年8月.
8) 2,009 国内講演発表 光原 弘幸, 赤塚 将人, 北村 聡洋, 金西 計英, 矢野 米雄 : 仮想通貨を用いる知識売買環境への変動相場制の導入, 第8回情報科学技術フォーラム講演論文集(FIT2009)第4分冊, 75-80, 2009年8月.
9) 2,009 国内講演発表 西岡 聡, 上田 哲史 : FFTを用いた結合非線形発振器にみられる同期現象の判別, 平成21年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, No.TC4-4, 82-86, 2009年9月.
10) 2,009 国内講演発表 永尾 景, 上田 哲史 : 方向彩色法による2次元非線形写像における不変パターンの視覚化と解析, 平成21年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, No.MC13-5, 947-950, 2009年9月.
11) 2,009 国内講演発表 濱名 篤, 川嶋 太津夫, 吉田 文, 吉原 恵子, 杉谷 祐美子, 末冨 芳, 白川 優治, 香川 順子 : ジェネリックスキル評価調査から見る学士課程教育の位相 : 学生はどこで何を身につけているか(III-3部会 大学教育の成果,研究発表III,一般研究報告), 日本教育社会学会大会発表要旨集録, Vol.61, 207-210, 2009年9月.
12) 2,009 国内講演発表 鈴木 尚子 : 欧州における教育・訓練政策の概況と課題―「移行期」の若者に対する支援方法に焦点化して―, 日本社会教育学会第56回研究大会発表要旨集, 104, 2009年9月.
13) 2,009 国内講演発表 香川 順子, 田中 さやか, 吉田 博, 神藤 貴昭, 川野 卓二, 宮田 政徳, 曾田 紘二 : 大学教員初任者を対象とした授業コンサルテーションの実施と評価, Vol.25, 2009年9月.
14) 2,009 国内講演発表 香川 順子, 田中 さやか, 吉田 博, 神藤 貴昭, 川野 卓二, 宮田 政徳, 曾田 紘二 : 大学教員初任者を対象とした授業コンサルテーションの実施と評価, 日本教育工学会 第25回大会 講演論文集, Vol.25, 585-586, 2009年9月.
15) 2,009 国内講演発表 的場 みぎわ, 岡田 愛 : 学生相談におけるグループワーク, 日本心理臨床学会第28回大会, 2009年9月.
16) 2,009 国内講演発表 久和 広実, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : Pukiwikiを基にした演習問題共有システムの構築について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 301, 2009年9月.
17) 2,009 国内講演発表 村上 博希, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : 学習者間の相互評価による学習効果について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 302, 2009年9月.
18) 2,009 国内講演発表 高浪 祐輔, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : SNSを用いたモチベーション維持支援システムの開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 303, 2009年9月.
19) 2,009 国内講演発表 Kiyotaka Kunihira, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Development of Presentation-Support System based on Gesture Detection, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 349, Sep. 2009.
20) 2,009 国内講演発表 Shinji Otsuka, Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Web-based Jogging Simulation for Sustainable Training, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 350, Sep. 2009.
21) 2,009 国内講演発表 木村 孝之, 大家 隆弘 : 位相比較器を改善した高速収束非整数PLL周波数シンセサイザ, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 185, 2009年9月.
22) 2,009 国内講演発表 山口 善郎, 大家 隆弘 : sinc関数補間を利用した正弦波の荷重和によるUWB-IR基本パルスの設計, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 186, 2009年9月.
23) 2,009 国内講演発表 松田 和也, 大家 隆弘 : UWB-IR(FH-TH/SS型)におけるPSDマッチング同期捕捉法の高速化, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 187, 2009年9月.
24) 2,009 国内講演発表 坂本 典大, 大家 隆弘 : ブリッジPCを用いたXSSの検知および遮断システムの提案, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 319, 2009年9月.
25) 2,009 国内講演発表 Satoshi Nishioka and Tetsushi Ueta : Controlling Chaos Synchronization in Coupled Nonlinear Oscillators, 平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.18-22, 346, Sep. 2009.
26) 2,009 国内講演発表 Kei Nagao and Tetsushi Ueta : Analysis of Invariant Pattern in a Non-Invertible Chaotic Map with Directional Coloring, 平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.18-23, 347, Sep. 2009.
27) 2,009 国内講演発表 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : カルボジイミド型脱水縮合剤を用いるα,β-不飽和カルボン酸の脱共役エステル化反応, 第35回反応と合成の進歩シンポジウム, 2009年11月.
28) 2,009 国内講演発表 中尾 允泰, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 芳香環含有ジケトピペラジン類のコンホメーション解析, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
29) 2,009 国内講演発表 津村 武史, 堀部 将史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : σ対称環状炭酸エステルの触媒的エナンチオ選択的開環反応, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
30) 2,009 国内講演発表 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : DCCを用いるα,β-不飽和カルボン酸の脱共役エステル化反応, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
31) 2,009 国内講演発表 嘉村 真法, 津村 武史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 環状酸無水物の不斉アルコリシスを基盤とする光学活性フタラジノンの合成, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
32) 2,009 国内講演発表 岡久 玲子, 早渕 純子, 西尾 よしみ, 横山 小百合, 石原 容子, 安部 陽子, 佐藤 八重子, 井﨑 ゆみ子, 前田 健一 : 特定保健指導を受けた医療系職員における生活習慣の変化, 第53回中国四国合同産業衛生学会抄録集, 22, 2009年11月.
33) 2,009 国内講演発表 国平 清貴, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : ジェスチャに着目したプレゼンテーション支援システムの開発, ゲーム学会第8回全国大会講演論文集, 43-46, 2009年12月.
34) 2,009 国内講演発表 香川 順子, 田中 さやか, 神藤 貴昭 : 徳島大学におけるFD実施組織の発達過程に関する一考察--プログラムの実質化とセンターの役割に注目して (FDの組織化・大学の組織改革/一般), 日本教育工学会研究報告集, Vol.9, No.5, 33-38, 2009年12月.
35) 2,009 国内講演発表 松浦 健二 : Shibbolethによる学内外認証認可の実現, JGN2plus四国連絡協議会セミナー, 2010年2月.
36) 2,009 国内講演発表 小原 繁, 高橋 将記, 佐竹 昌之, 前田 健一, 的場 秀樹 : 中高年男女の10kmジョギングでの疲労感と酸化ストレス, ランニング学研究, 2010年3月.
37) 2,009 国内講演発表 吉田 博, 香川 順子, 金西 計英, 福田 利久 スティーブ, 戸川 聡 : 大学の授業における学生の学びの動機づけを促す要因, 平成21年度徳島大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 60-61, 2010年3月.
38) 2,009 国内講演発表 松浦 健二 : eK4における認証認可連携基盤構築の報告, e-Knowledgeコンソーシアム四国シンポジウム, 2010年3月.
39) 2,009 国内講演発表 森山 利幸, 山田 佳幹, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : ARを用いた学習用Paper-top Interfaceの試作と予備実験, 情報処理学会全国大会講演論文集, Vol.72, No.4, 449-450, 2010年3月.
40) 2,009 国内講演発表 野田 祐介, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : 柔軟なシナリオに対応する実世界Edutainmentシステム, 情報処理学会全国大会講演論文集, Vol.72, No.4, 917-918, 2010年3月.
41) 2,009 国内講演発表 森本 真理, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : 実世界Edutainmentのシナリオ作成を支援するWebシステム, 情報処理学会全国大会講演論文集, Vol.72, No.4, 919-920, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 作品等

(なし)

2009年度(平成21年度) / その他・研究会

1) 2,009 その他・研究会 光原 弘幸, 伊勢 直史, 松井 俊憲, 金西 計英, 矢野 米雄 : ユビキタス技術を用いて教室での授業を演出する試み, 日本教育工学会研究報告集, Vol.09, No.2, 31-36, 2009年5月.
2) 2,009 その他・研究会 中田 一平, 後藤田 中, 松浦 健二, 金西 計英, 矢野 米雄 : SNS上のオンライン論文レビュー支援環境の設計・開発, 教育システム情報学会研究報告, Vol.24, No.1, 34-37, 2009年5月.
3) 2,009 その他・研究会 西岡 聡, 上田 哲史 : 非線形発振器結合系におけるカオス同期化制御法, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2009, No.167, 1-5, 2009年8月.
4) 2,009 その他・研究会 永尾 景, 上田 哲史 : 2次元離散系の不安定周期点近傍における自己相似性, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2009, No.167, 83-87, 2009年8月.
5) 2,009 その他・研究会 井﨑 ゆみ子, 西尾 よしみ, 早渕 純子, 横山 小百合, 佐藤 八重子, 武久 美奈子, 前田 健一 : 新入生のメンタルヘルス健診におけるGHQ高得点者の傾向について, CAMPUS HEALTH, Vol.47, No.1, 343-344, 2010年2月.
6) 2,009 その他・研究会 早渕 純子, 西尾 よしみ, 横山 小百合, 石原 容子, 岡久 玲子, 安部 陽子, 佐藤 八重子, 井﨑 ゆみ子, 前田 健一 : 徳島大学における特定保健指導の導入について, CAMPUS HEALTH, Vol.47, No.1, 139, 2010年2月.
7) 2,009 その他・研究会 早渕 純子, 西尾 よしみ, 横山 小百合, 石原 容子, 岡久 玲子, 安部 陽子, 佐藤 八重子, 井﨑 ゆみ子, 前田 健一 : 徳島大学における特定保健指導の導入について, CAMPUS HEALTH, Vol.47, No.1, 139, 2010年2月.
8) 2,009 その他・研究会 野田 祐介, 光原 弘幸, 森本 真理, 井若 和久, 梅岡 秀博, 上月 康則, 金西 計英, 矢野 米雄 : 機能拡張した実世界Edutainmentとその防災教育への活用, 電子情報通信学会 信学技報(教育工学), Vol.109, No.453, 101-106, 2010年2月.
9) 2,009 その他・研究会 早渕 純子, 西尾 よしみ, 横山 小百合, 石原 容子, 岡久 玲子, 安部 陽子, 佐藤 八重子, 井﨑 ゆみ子, 前田 健一 : 徳島大学における特定保健指導の導入について, CAMPUS HEALTH, Vol.46, No.3, 55, 2010年3月.
10) 2,009 その他・研究会 香川 順子, 田中 さやか, 吉田 博 : 徳島大学全学FD推進プログラムの活動報告, 平成21年度徳島大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 42-43, 2010年3月.
11) 2,009 その他・研究会 中田 一平, 松浦 健二, 後藤田 中, 上田 哲史, 矢野 米雄 : オンライン論文レビューを支援するコミュニティ環境の構築, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.109, No.453, 65-70, 2010年3月.
12) 2,009 その他・研究会 鍋島 豊晶, 松浦 健二, 後藤田 中, 上田 哲史, 矢野 米雄 : 多様な運動者コミュニティを対象としたスキルバンクのデザイン, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.109, No.453, 59-64, 2010年3月.
13) 2,009 その他・研究会 後藤田 中, 松浦 健二, 大塚 真二, 鍋島 豊晶, 金西 計英, 田中 俊夫, 矢野 米雄 : ジョギングにおける自己調整を支援するオンラインコミュニティ環境, 教育システム情報学会研究報告, Vol.24, No.7, 72-77, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 報告書

1) 2,009 報告書 北 研二 : 意味空間への情報マッピングに基づくクロスメディア検索に関する研究, 2005∼2008年度科学研究費補助金研究成果報告書(基盤研究(B)), 2009年5月.

2010年度(平成22年度)

2010年度(平成22年度) / 著書

1) 2,010 著書 上田 哲史 : 1-1 力学系,相空間,1-2 保存系,可積分系,散逸系,2-1-3 ローレンツシステム,レスラーシステム, --- 知識ベース「知識の森」1群11編 非線形問題 ---, 電子情報通信学会, 東京, 2010年9月.
2) 2,010 著書 鈴木 尚子 : 「欧州における近年の条約改正と生涯学習―リスボン条約による市民権の拡大と教育への示唆―」,日本社会教育学会編『日本の社会教育第54集 教育法体系の改編と社会教育・生涯学習』, 東洋館出版社, 東京, 2010年9月.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,010 学術論文 (審査論文) 島 健二, 田中 俊夫 : 糖尿病死亡率ワーストワンからの脱却を目指して, Diabetes Frontier, Vol.21, No.3, 367-376, 2010年.
2) 2,010 学術論文 (審査論文) Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Takuji Hirano, Toshio Tanaka and Yoneo Yano : Supporting real-time awareness for the community of runners, International Journal of Knowledge and Web Intelligence, Vol.1, No.3/4, 289-303, 2010.
3) 2,010 学術論文 (審査論文) 後藤田 中, 松浦 健二, 大塚 真二, 鍋島 豊晶, 金西 計英, 矢野 米雄 : 仮想的に訓練集団を構成することによるジョギング支援サイト, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J93-D, No.7, 1144-1153, 2010年.
4) 2,010 学術論文 (審査論文) Hiroyuki Okamoto, Kenzo Yamaguchi, Kanichiro Nakamatsu, Hidenori Sokabe, Shinji Matsui, Masanobu Haraguchi, Toshihiro Okamoto and Masuo Fukui : Fabrication of Organic Spin-on-Glass Microring Resonator with a Narrow Gap between a Microring Resonator and a Waveguide Using Nanoimprint Lithography, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.49, No.7, 072502-1-072502-3, 2010.
5) 2,010 学術論文 (審査論文) Atsuo Maki, Naoya Umeda, Martin Renilson and Tetsushi Ueta : Analytical formulae for predicting the surf-riding threshold for a ship in following seas, Journal of Marine Science and Technology, Vol.15, No.3, 218-229, 2010.
6) 2,010 学術論文 (審査論文) 後藤田 中, 松浦 健二, 鍋島 豊晶, 金西 計英, 矢野 米雄 : SNS上でのナワトビスキルの学習者を対象とする個別記事閲覧とその全体像俯瞰の支援, 日本教育工学会論文誌, Vol.34, No.3, 269-277, 2010年.
7) 2,010 学術論文 (審査論文) 光原 弘幸, 森山 利幸, 山田 佳幹, 金西 計英, 矢野 米雄 : ノートとデジタル教材の融合により"学習内容を書き留めること"を促進するPaper-Top Interfaceの設計・開発, 日本教育工学会論文誌, Vol.34, No.3, 191-200, 2010年.
8) 2,010 学術論文 (審査論文) 田中 さやか, 香川 順子, 神藤 貴昭, 川野 卓二, 吉田 博, 宮田 政徳, 曾田 紘二 : 大学における授業コンサルタントのスキルに関する考察―徳島大学の事例をもとに―, 日本教育工学会論文誌, Vol.34(Suppl), 169-172, 2010年.
9) 2,010 学術論文 (審査論文) 吉田 博, 金西 計英, 福田 利久 スティーブ, 戸川 聡 : 学生の学習動機をもとにしたFDの構築に関する考察, 大学教育研究ジャーナル, No.8, 32-42, 2011年.
10) 2,010 学術論文 (審査論文) 鴨澤 小織, 鈴木 尚子 : 若年ホームレス生活者の現状とその支援-イングランドのドロップイン・センターでの経験から-, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.20, 1-19, 2011年.
11) 2,010 学術論文 (審査論文) 鈴木 尚子 : 欧州における若年者の教育・就労・社会への参加に向けた支援をめぐる諸相-ルーマニアの生涯学習の現状に関する考察を中心に-, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.20, 21-41, 2011年.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,010 学術論文 (紀要その他) 吉田 博, 金西 計英 : 双方向型授業の取り組みにおける成果と課題―「橋本メソッド」の実践を通して―, 大学教育研究ジャーナル, No.8, 128-137, 2011年.
2) 2,010 学術論文 (紀要その他) 日置 善郎, 宮田 政徳, 川野 卓二, 香川 順子, 田中 さやか, 吉田 博, 奈良 理恵 : 2010年度徳島大学全学FD推進プログラムの実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.8, 172-191, 2011年.
3) 2,010 学術論文 (紀要その他) Pierre Heijmans, Rosemary Dore and Naoko Suzuki : Glimpses of Art in Basic Education: Some Lessons through Experiences in Brazil and in Europe, Journal of University Extension, Vol.20, 57-69, 2011.

2010年度(平成22年度) / 学術レター

(なし)

2010年度(平成22年度) / 総説・解説

1) 2,010 総説・解説 遠部 慎 : 書評『追悼山本慶一の軌跡』, 旧石器考古学, No.74, 76, 2010年11月.
2) 2,010 総説・解説 松浦 健二, 中村 勝一 : SNSを用いた学習・教育支援システムの設計・開発, 教育システム情報学会誌, Vol.28, No.1, 21-35, 2011年1月.

2010年度(平成22年度) / 国際会議

1) 2,010 国際会議 Naoko Suzuki : A general perspective on religions among the Japanese public: Some implications for understanding the features and actualities of religious syncretism in Japan, Conference Proceedings for the international symposium The Monotheistic Religions and the Human Liberties, Constanza, Romania, Jun. 2010.
2) 2,010 国際会議 Kenzo Yamaguchi, Masamitsu Fujii, Masanobu Haraguchi, Toshihiro Okamoto and Masuo Fukui : Micro Resonators Combined Linear And Nonlinear For Compact Ultrafast Switching, Nonlinear Photonics 2010, Vol.NMB, 7, Karlsruhe, Germany, Jun. 2010.
3) 2,010 国際会議 Zhang Le, He Qing, Shin-ichi Ito and Kenji Kita : Euclidean Distance-Ordered Thinning for Skeleton Extraction, Proc. of the 2nd International Conference on Education Technology and Computer, ICETC'10, Vol.1, 311-315, Shanghai, Jun. 2010.
4) 2,010 国際会議 Kenji Matsuura, Naka Gotoda and Yoneo Yano : Learning and competing rope-skipping skills on a community site, Proceedings of ED-MEDIA2010, 3204-3209, Tronto, CA, Jun. 2010.
5) 2,010 国際会議 Yonekawa Takahiro, Kanehira Shigekazu, Noda Hiroshi, Teruaki Ito, Fumika Oi and Hiromu Satake : Industry-Academia-Government Collaboration Activities and Human Resources Development Program at the University of Tokushima, Asian conference on Design & Digital Engineering, 198-205, Jeju, South Korea, Aug. 2010.
6) 2,010 国際会議 Momoyo Azuma, Takada Shinsuke, Sato Seidai, Hisatsugu Goto, Hiroaki Yanagawa, Yasuhiko Nishioka, Kenichi Maeda, Shin-ichi Akiyama and Saburo Sone : Investigation of complementary and alternative medicine in lung cancer patients in Tokushima Univerity Hospital., 第9回アジア臨床腫瘍学会学術集会, Gifu, Aug. 2010.
7) 2,010 国際会議 Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of Two Coupled Izhikevich Oscillators, Proc. NOLTA2010, 627-630, Cracow, Sep. 2010.
8) 2,010 国際会議 Kazutoshi Kinoshita and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of Coupled Nagumo-Sato Models, Proc. NOLTA2010, 488-491, Cracow, Sep. 2010.
9) 2,010 国際会議 Tetsushi Ueta and Kei Nagao : Accurate Formulas Locating Unstable Periodic Points in Chaos, Proc. NOLTA2010, 111-114, Cracow, Sep. 2010.
10) 2,010 国際会議 Gotoda Naka, Kenji Matsuura, Shinji Otsuka, Toshio Tanaka and Yoneo Yano : A Web-Community Supporting Self-management for Runners with Annotation, Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, Vol.LNAI 6277, 620-629, Cardiff, UK, Sep. 2010.
11) 2,010 国際会議 Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Tetsushi Ueta and Yoneo Yano : Bridging Multiple Motor-Skills in a Community Site, Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, Vol.LNAI 6279, 145-152, Cardiff, UK, Sep. 2010.
12) 2,010 国際会議 Naoko Suzuki : Directions and demands of university continuing education in Japan: The Case of Tokushima University, Proceedings of International Conference on Lifelong Learning 2010, Kuala Lumpur, Malaysia, Nov. 2010.
13) 2,010 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : What if Children Learn Phenomena of Light through Real World Edutainment?, Proceedings of The 7th International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology, Taipei, Nov. 2010.
14) 2,010 国際会議 Yuki Ishikawa, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura, Hiroyuki Mitsuhara and Yoneo Yano : Design and Implementation of Synchronized data with e-Learning Systems, Proceedings of the 18th International Conference on Computers in Education, 304-306, Putrajaya, Malaysia, Nov. 2010.
15) 2,010 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Toshinori Matsui, Junko Kagawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Changing Classroom into Exciting Learning Space by Entertainment Computing, Proceedings of the 18th International Conference on Computers in Education, 498-500, Putrajaya, Malaysia, Nov. 2010.
16) 2,010 国際会議 Kiyotaka Kunihira, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : Cultivating the Performance of Presentation through Monitoring Presenter's Action, Proceedings of the 18th International Conference on Computers in Education, 495-497, Putrajaya, Malaysia, Nov. 2010.
17) 2,010 国際会議 Yusuke Noda, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Real World Edutainment Based on Flexible Game Story, Proceedings of the 18th International Conference on Computers in Education, 509-516, Putrajaya, Malaysia, Nov. 2010.
18) 2,010 国際会議 Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Shinji Otsuka, Toshio Tanaka and Yoneo Yano : Remote Training-Support of Running Form for Runners with Wireless Sensor, Proceedings of the 18th International Conference on Computers in Education, 417-421, Putrajaya, Malaysia, Nov. 2010.
19) 2,010 国際会議 Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Analysis and controlling of interrupt chaotic systems by a switching threshold, Proc. ISIMM2011, 107, Tokyo, Mar. 2011.
20) 2,010 国際会議 Takaya Nakanishi, Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Shigeki Tsuji, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Delayed feedback control for dynamical systems with jumping characteristics, Proc. ISIMM2011, 108, Tokyo, Mar. 2011.
21) 2,010 国際会議 Kazutoshi Kinoshita, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Jun'ichi Imura, Kazuyuki Aihara and Kazuyuki Aihara : Bifurcation phenomena of piecewise affine systems with hysteresis properties, Proc. ISIMM2011, 109, Tokyo, Mar. 2011.

2010年度(平成22年度) / 国内講演発表

1) 2,010 国内講演発表 原口 雅宣, 井須 俊郎, 福井 萬壽夫 : ナノLEDの開発, LED総合フォーラム論文集, 67-68, 2010年4月.
2) 2,010 国内講演発表 玉有 朋子, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 勝瑞遺跡デジタル博物館の開発, 日本建築学会四国支部研究報告集, No.10, 51-52, 2010年4月.
3) 2,010 国内講演発表 鎌倉 法子, 東山 紫布, 秦 隆志, 長山 和史, 岡林 南洋, 佐竹 弘, 西本 真琴, 松木 均, 金品 昌志 : タンパク質と麻酔薬の相互作用に関する研究, 第2回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2010年5月.
4) 2,010 国内講演発表 齋藤 隆雄, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : 量子ドットプラズモン太陽電池, 第8回プラズモニクスシンポジウム, 2010年5月.
5) 2,010 国内講演発表 吉原 惠子, 白川 優治, 杉谷 祐美子, 香川 順子, 小島 佐恵子 : 大学生の学習成果に関する評価手法の探索的検討―質問紙を用いた評価の可能性―, 日本高等教育学会第13回要旨集録, Vol.13, 114-117, 2010年5月.
6) 2,010 国内講演発表 鈴木 尚子 : EUレベルでの生涯学習政策推進の成果と課題―新たな労働需要に見合ったスキルのあり方に焦点化して―, 日本比較教育学会第46回大会発表要旨集録, 89, 2010年6月.
7) 2,010 国内講演発表 松浦 健二, 林 敏浩, 久米 健司, 上田 哲史, 金西 計英, 矢野 米雄 : LMSにおける組織を跨ぐ認証認可連携, 教育システム情報学会第35回全国大会講演論文集, 339-340, 2010年8月.
8) 2,010 国内講演発表 後藤田 中, 松浦 健二, 平野 卓次, 田中 俊夫, 矢野 米雄 : 遠隔ランナーの腕振り観察とそのコーチングを支援するシステム, 教育システム情報学会第35回全国大会講演論文集, 355-356, 2010年8月.
9) 2,010 国内講演発表 伊藤 大輔, 上田 哲史, 井村 順一, 合原 一幸 : Izhikevich ニューロンの Gap Junction結合系における分岐解析, 電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集, 2010年9月.
10) 2,010 国内講演発表 玉有 朋子, 渡辺 公次郎 : ウェブサイトを活用した勝瑞遺跡デジタル博物館の開発, --- その1 携帯サイトとPCサイトの開発 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 1061-1062, 2010年9月.
11) 2,010 国内講演発表 渡辺 公次郎, 玉有 朋子 : ウェブサイトを活用した勝瑞遺跡デジタル博物館の開発, --- その2 個人用サイトの開発と評価実験について ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 1063-1064, 2010年9月.
12) 2,010 国内講演発表 大塚 真二, 後藤田 中, 松浦 健二, 田中 俊夫, 矢野 米雄 : ランナーの心拍安定化を支援するアウェアネス, 日本教育工学会第26回全国大会講演論文集, 191-192, 2010年9月.
13) 2,010 国内講演発表 田中 さやか, 香川 順子, 神藤 貴昭, 川野 卓二 : 大学教員初任者研修における参加者の意識変容に関する一考察―シラバス作成・模擬授業を取り入れた研修を通して―, 日本教育工学会大会講演論文集, Vol.26, 435-436, 2010年9月.
14) 2,010 国内講演発表 鈴木 尚子 : EUレベルの生涯学習政策としての社会参加・就労支援と新規加盟国の課題―ルーマニア・ブルガリアにおける現状と諸問題を中心に―, 日本社会教育学会第57回大会発表要旨集, 110, 2010年9月.
15) 2,010 国内講演発表 重田 勝介, 大川内 隆朗, 舘野 泰一, 福山 佑樹, 香川 順子, 田中 さやか, 加藤 雅則, 上田 純子 : 高等教育初任者教員の不安を緩和する対話システムを用いた実践と評価, 日本教育工学会大会講演論文集, Vol.26, 149-152, 2010年9月.
16) 2,010 国内講演発表 木坂 友哉, 松浦 健二 : SNSを利用した論文レビュー支援, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 265, 2010年9月.
17) 2,010 国内講演発表 丸山 哲矢, 国平 清貴, 松浦 健二 : センサとTwitterを用いたプレゼンテーション技術の向上支援, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 264, 2010年9月.
18) 2,010 国内講演発表 Naoya Kamura, Kenji Matsuura, Naka Gotoda and Yoneo Yano : Form-Improvement Supporting System of Rope Jumping with enhanced video, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 318, Sep. 2010.
19) 2,010 国内講演発表 森本 隆大, 大家 隆弘 : 高速EthernetブリッジにおけるTCPコネクション解析のマルチスレッド化, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 139, 2010年9月.
20) 2,010 国内講演発表 守屋 龍一, 大家 隆弘 : 事後調査のためのトラフィック記録・解析システムの開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 294, 2010年9月.
21) 2,010 国内講演発表 杉野 太紀, 佐野 雅彦 : 可搬性を考慮したメール管理システムに関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 299, 2010年9月.
22) 2,010 国内講演発表 木下 和俊, 上田 哲史, 井村 順一 : カオスを利用したランダムIFSによるフラクタル生成, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-3, 10, 2010年9月.
23) 2,010 国内講演発表 中西 崇弥, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 合原 一幸 : インパルス系への delayed feedback control の適用と問題, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-5, 2010年9月.
24) 2,010 国内講演発表 Daisuke Ito, Tetsushi Ueta and Kazuyuki Aihara : Neimark-Sacker bifurcation in a 3D BVP Oscillator with a switch, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.18-21, Sep. 2010.
25) 2,010 国内講演発表 Miyuki Sawamura and Tetsushi Ueta : Effects of a nonlinear conductance in a Josephson Junction Circuit, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.18-22, Sep. 2010.
26) 2,010 国内講演発表 中西 崇弥, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 井村 順一, 合原 一幸 : 断続系のためのdelayed feedback control の応用, 自動制御連合講演会講演論文集, 783-788, 2010年10月.
27) 2,010 国内講演発表 光原 弘幸, 守屋 克彦, 松井 俊憲, 香川 順子, 金西 計英, 矢野 米雄 : Lectutainment: 教室を劇場に見立てた授業のエンタテイメント化による学習意欲の向上, エンタテインメントコンピューティング2010講演論文集, 2010年10月.
28) 2,010 国内講演発表 野田 祐介, 光原 弘幸, 森本 真理, 三木 啓司, 井若 和久, 梅岡 秀博, 上月 康則, 金西 計英, 矢野 米雄 : 実世界Edutainmentによる防災教育のエンタテインメント化, エンタテインメントコンピューティング2010講演論文集, 2010年10月.
29) 2,010 国内講演発表 佐竹 弘 : 徳島大学の産学連携の歴史, 産学連携学会 関西・中四国支部 第2回研究・事例発表会, 2010年12月.
30) 2,010 国内講演発表 松浦 健二 : 徳島大学におけるSSOの実現と課題, 第四回統合認証シンポジウム, 49-66, 2010年12月.
31) 2,010 国内講演発表 豊田 哲也, 石田 基広, 小野 公輔, 掛井 秀一, 佐藤 高則, 佐藤 充宏, 内藤 徹, 西山 賢一, 村上 公一, 真岸 孝一, 矢部 拓也, 行實 鉄平, 川野 卓二, 吉田 博, 田中 さやか : 学部共通科目「情報処理の基礎」の授業開発と実施に関する研究, 平成22年度徳島大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 16-17, 2011年1月.
32) 2,010 国内講演発表 田中 さやか, 香川 順子, 神藤 貴昭, 川野 卓二 : 授業コンサルテーションにおけるコンサルティにもたらされる有効性の検討, 第17回大学教育研究フォーラム発表論文集, 77-78, 2011年3月.
33) 2,010 国内講演発表 香川 順子 : <ラウンドテーブル>理論と実践を行き来する大学教育における実践的研究 [話題提供 事例3]正統的周辺参加における大学教員の学び, 第17回大学教育研究フォーラム発表論文集, 185-186, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 作品等

(なし)

2010年度(平成22年度) / その他・研究会

1) 2,010 その他・研究会 福田 哲也, 大塚 智也, 佐藤 修示, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : 微小球リソグラフィ法で作製した銀スプリットリング単体の光散乱特性, 第8回 プラズモニクスシンポジウム, 2010年5月.
2) 2,010 その他・研究会 西内 悠祐, 上田 哲史 : LC回路によって結合されたBVP発振器で起こる非線形現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2010-110, No.165, 166, 105-110, 2010年8月.
3) 2,010 その他・研究会 中西 崇弥, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 井村 順一, 合原 一幸 : 断続特性をもつ系におけるdelayed feedback controlの検討, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2010-110, No.165, 166, 111-116, 2010年8月.
4) 2,010 その他・研究会 伊藤 大輔, 上田 哲史, 合原 一幸 : 結合Izhikevichニューロンにおける分岐現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2010-110, No.165, 166, 159-164, 2010年8月.
5) 2,010 その他・研究会 木下 和俊, 上田 哲史, 井村 順一, 合原 一幸 : 南雲・佐藤モデルの二個結合系における分岐と特性, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2010-110, No.165, 166, 117-122, 2010年8月.
6) 2,010 その他・研究会 辻 正史, 辻 繁樹, 上田 哲史, 高坂 拓司 : スイッチング遅れを伴う断続力学系に対する遅延フィードバック制御の有効性, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2010-110, No.299, 21-24, 2010年11月.
7) 2,010 その他・研究会 前田 健一, 井﨑 ゆみ子 : 徳島大学における新型インフルエンザの流行状況について, 第40回中国・四国大学保健管理研究集会報告書, 110-112, 2010年12月.
8) 2,010 その他・研究会 後藤田 中, 松浦 健二, 平野 卓次, 田中 俊夫, 矢野 米雄 : 身体動作に基づく仮想競走のリアルタイム訓練支援システム, 第八回身体知研究会予稿集, 1-6, 2010年12月.
9) 2,010 その他・研究会 平野 卓次, 後藤田 中, 松浦 健二, 大塚 真二, 田中 俊夫, 矢野 米雄 : ランナーのフォームに基づく仮想競争デバイスの開発, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.ET2010-91, 311-316, 2011年3月.
10) 2,010 その他・研究会 國平 清貴, 丸山 哲矢, 松浦 健二, 矢野 米雄 : 顔方向検出によるプレゼンテーションスキル支援システムの開発と評価, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.ET2010-91, 269-274, 2011年3月.
11) 2,010 その他・研究会 Naoko Suzuki : The development of lifelong learning in Japan: vulnerable groups of people in society and some measurements for them, Presentation invited by the Slovenian Institute for Adult Education, Ljubljana, Slovenia on 7th of March, 2011, Mar. 2011.

2010年度(平成22年度) / 報告書

1) 2,010 報告書 遠部 慎 : 「犬島貝塚2010」, 犬島貝塚調査保護プロジェクトチーム第4回講演会・研究会, 岡山, 2010年9月.
2) 2,010 報告書 松浦 健二 : ED-MEDIA2010報告, 教育システム情報学会誌, Vol.27, No.4, 339-340, 2010年12月.

2011年度(平成23年度)

2011年度(平成23年度) / 著書

1) 2,011 著書 Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Tetsushi Ueta and Yoneo Yano : Design of the Community Site for Supporting Multiple Motor-Skill Development, Springer-Verlag, Heidelberg, Germany, Oct. 2011.
2) 2,011 著書 土持 ゲーリー 法一, 鹿嶋 彰, 川野 卓二, 小高 さほみ, 杉山 倫也, 諏訪 淳一郎, 田宮 憲, 深野 政之, L. Dee Fink : 学習経験をつくる大学授業法 (翻訳), 玉川大学出版部, 東京都町田市, 2011年10月.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,011 学術論文 (審査論文) 杉谷 祐美子, 吉原 惠子, 白川 優治, 香川 順子 : 汎用的能力の評価手法に関する探索的研究―自己評価・他者評価の可能性―, 高等教育研究第14集 高大接続の現在, Vol.14, 207-227, 2011年.
2) 2,011 学術論文 (審査論文) Shigetaka Nakao, Shinjiro Takata, Kouji Komatsu, Toshio Tanaka, Eiji Tamura, Michiharu Kashihara, Toshifumi Osawa, Yuki Masuda, Koji Nishikawa, Megumi Yamada, Yoshimi Ogata, Yuka Nakamura and Natsuo Yasui : Three dimensional motion analyses for rehabilitation version of Awa Odori exercise and the expectancy of physical effects., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.3-4, 259-263, 2011.
3) 2,011 学術論文 (審査論文) 伊藤 大輔, 上田 哲史, 合原 一幸 : 断続自律系方程式における分岐のしきい値解析, 電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J94-A, No.8, 596-603, 2011年.
4) 2,011 学術論文 (審査論文) 高橋 将記, 的場 秀樹, 佐竹 昌之, 前田 健一, 小原 繁 : 中高年者における10㎞走での疲労感と酸化ストレス及び抗酸化能力の関係, ランニング学研究, Vol.23, No.1, 29-36, 2011年.
5) 2,011 学術論文 (審査論文) 山中 亮一, 上月 康則, 桶川 博教, 森 紗綾香, 一色 圭佑, 前田 真里, 川井 浩史, 石垣 衛, 中西 敬, 上嶋 英機, 平井 住夫 : 尼崎運河における構造物底面への生物付着防止方法の提案とその効果, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.67, No.2, 1036-1040, 2011年.
6) 2,011 学術論文 (審査論文) Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Shinji Otsuka, Toshio Tanaka and Yoneo Yano : Remote coaching system for runner's form with wearable wireless sensor, International Journal of Mobile Learning and Organisation, Vol.5, No.3/4, 282-298, 2011.
7) 2,011 学術論文 (審査論文) 吉田 博, 戸川 聡, 金西 計英 : 大学の授業における学生が授業外学習を行う要因, 日本教育工学会論文誌, Vol.35(Suppl), 153-156, 2011年.
8) 2,011 学術論文 (審査論文) 吉田 博, 金西 計英 : 学生の授業外学習を促進する授業, 大学教育研究ジャーナル, No.9, 1-10, 2012年.
9) 2,011 学術論文 (審査論文) 田中 徳一, 成行 義文, 平井 松午 : 「自らの就業力向上を促す巣立ちプログラム」とそれに基づく初年次キャリア教育の実践, 大学教育研究ジャーナル, No.9, 141-151, 2012年.
10) 2,011 学術論文 (審査論文) 重田 勝介, 大川内 隆朗, 舘野 泰一, 福山 佑樹, 香川 順子, 田中 さやか, 加藤 雅則, 上田 純子 : 大学初任者教員が悩みについて対話するオンライン環境を用いた実践と評価, 日本教育工学会論文誌, Vol.35, No.4, 399-409, 2012年.
11) 2,011 学術論文 (審査論文) 鈴木 尚子 : スロヴェニアにおける教育的観点からの若年者支援の特徴と課題―ラドヴリツァ市のPUMにみる生涯学習関係機関としての潜在的可能性―, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.21, 1-21, 2012年.
12) 2,011 学術論文 (審査論文) 鈴木 尚子 : アイルランドにおける若年者支援の特徴と成人のかかわり方に関する一考察―生涯学習の観点からみた活動事例を通して―, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.21, 23-44, 2012年.
13) 2,011 学術論文 (審査論文) 鈴木 尚子 : ラトヴィア・ツェーシス市立成人教育センターにおける若年者支援の現状と課題―EUのYouth in Actionプログラムを活用した動機づけに注目して―, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.21, 45-63, 2012年.
14) 2,011 学術論文 (審査論文) 遠部 慎, 宮田 佳樹, 小林 謙一 : 東海地方における縄文時代草創期から早期の土器の炭素14年代測定, 国立歴史民俗博物館研究報告, Vol.172, No.172, 197-207, 2012年.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,011 学術論文 (紀要その他) 日置 善郎, 宮田 政徳, 川野 卓二, 香川 順子, 吉田 博, 奈良 理恵 : 2011年度徳島大学全学FD推進プログラムの実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.9, 152-171, 2012年.

2011年度(平成23年度) / 学術レター

1) 2,011 学術レター 吉田 博, 英 崇夫 : 学生による自主コミュニケーション活動, 工学教育, No.60,2, 63-68, 2012年.

2011年度(平成23年度) / 総説・解説

(なし)

2011年度(平成23年度) / 国際会議

1) 2,011 国際会議 Satoshi Togawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Peer-to-Peer File Sharing Communication Detection Using Spherical SOM Visualization for Network Management, Proc. of 14th International Conference, HCI International 2011 with 11 Further Associated Conferences, 259-267, Orlando, Jul. 2011.
2) 2,011 国際会議 Ryoichi Yamanaka, Yasunori Kozuki, Keisuke Isshiki, Sayaka Mori, Mari Maeda, Hironori Okegaawa, Hroshi Kawai, Mamoru Ishigaki, Takashi Nakanishi, Hideki Ueshima and Sumio Hirai : Development of Water Quality Improvement Channel with Citizen in Amagasaki Canal, Japan, The Ninth International Meeting on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas (EMECS9), Baltimore, USA, Aug. 2011.
3) 2,011 国際会議 Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Analysis and controlling of interrupt chaotic systems by a switching threshold, Proc. NOLTA 2011, 577-580, Kobe, Sep. 2011.
4) 2,011 国際会議 Takaya Nakanishi, Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Shigeki Tsuji, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Delayed feedback control for dynamic systems with jumping characteristics, Proc. NOLTA 2011, 615-618, Kobe, Sep. 2011.
5) 2,011 国際会議 Kazutoshi Kinoshita, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Bifurcation phenomena of coupled piecewise affine system with hysteresis properties, Proc. NOLTA 2011, 407-410, Kobe, Sep. 2011.
6) 2,011 国際会議 Gotoda Naka, Kenji Matsuura, Shinji Otsuka, Toshio Tanaka, Shinichi Yamagiwa and Yoneo Yano : A Wearable System with Virtual Competitor Based on Runner's Body Motion, Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, Vol.LNAI 6883, 21-30, Kaiserslautern, Germany, Sep. 2011.
7) 2,011 国際会議 Shinji Otsuka, Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Toshio Tanaka, Kazuhide Kanenishi, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Designing the Web-Community for Self-managed Training of Runners, Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, Vol.LNAI 6883, 520-528, Kaiserslautern, Germany, Sep. 2011.
8) 2,011 国際会議 Atsuya Yoshida, Hiroshi Miyai, Sayaka Mori, Hideo Yamanaka and Tomoko Tamaari : The Roles of University Satellites and Educational Programs for Human Resourses development in Rural Areas, 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), Oct. 2011.
9) 2,011 国際会議 Tomoko Tamaari, Atsuya Yoshida, Hideo Yamanaka, Toshiaki Sawada, Sayaka Mori and Hiroshi Miyai : A Study on Elderly Person's Learning Support with Slate Devices for the Community Revitalization, 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), Tokushima, Japan, Oct. 2011.
10) 2,011 国際会議 Masafumi Kosaka, Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Hiroaki Ogata, Toshio Tanaka, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : System Design to Improve Running-form with Motion-capture, Proceedings of ICISS2011, 260-264, Guilin, China, Oct. 2011.
11) 2,011 国際会議 Naoko Suzuki : The Possible Creation of a New Inter-generational Learning Space between Vulnerable Young Japanese and Older Adults: Some Findings from Personal Experience through a Face-to-Face Instructional Course at the Open University of Japan, The 6th International Conference on Open and Distance Learning, Loutraki, Greece, Nov. 2011.
12) 2,011 国際会議 Naoko Suzuki : (Opinion Paper) Changing Demands of Society and the Propriety of the Training Programme for Adult Educators in Japan: Limitations on Its Present Curriculum and Future Possibilities, JOINT NETWORK MEETING 2nd ESREA|ReNAdET meeting & 4th TQF Seminar of the VET & CULTURE NETWORK, The Futures of Adult Educator(s): Agency, Identity and Ethos, Tallinn, Estonia, Nov. 2011.
13) 2,011 国際会議 Soichiro Takaiwa, Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Kazuhide Kanenishi, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Integrating Electroencephalogram Analysis for Improving Mental Condition in Physical Skill Learning, Mohd Ayub A.F. et al.(Eds.)(2011). Workshop Proceedings of the 19th International Conference on Computers in Education, 516-522, ChiangMai, Thailand, Nov. 2011.
14) 2,011 国際会議 Yasuo Miyoshi, Tadokoro Ryo, Yoshizawa Masahiro, Okamoto Ryo and Kazuhide Kanenishi : Learning Objectives in Web-Based Continuous Inquiry Learning Using Social Bookmark, Proceedings of the 19th International Conference on Computers in Education, 327-329, Chiang Mai, Nov. 2011.
15) 2,011 国際会議 Daisuke Ito, Nakanishi Takaya, Akinori Tsuji, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Phenomena of a Light Coupled Oscillator with a Clock Pulse Input, Proc. of 2012 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, NCSP'12, 675-679, Honolulu, Mar. 2012.
16) 2,011 国際会議 Yoshinori Kitano, Tetsushi Ueta, Yoshifumi Nishio, Guoan Yang and Yang Yang : On Investigation of the Intensity Scaling Factor in Fractal Image Coding, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'12), 273-276, Honolulu, Mar. 2012.
17) 2,011 国際会議 Tetsuya Hikida and Takahiro Oie : Consideration of channel capacity guaranteed on MIMO communication with array antenna placed on spherical surface, Proc. of NCSP'12, 579-582, Honolulu, Mar. 2012.
18) 2,011 国際会議 Yu Yamasumi and Takahiro Oie : Fractional N Frequency Synthesizer Using Accumulator-type Frequency Detector, Proc. of NCSP'12, 651-654, Honolulu, Mar. 2012.
19) 2,011 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Toshihiko Sadakuni, Katsuhiko Moriya, Junko Kagawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : PRELIMINARY EXPERIMENT OF THEATRICAL LEARNING SUPPORT USING DIRECTIONAL SPEAKERS IN LECTUTAINMENT, Proceedings of International Technology, Education and Development Conference (INTED2012), 2666-2675, Valencia, Spain, Mar. 2012.
20) 2,011 国際会議 Sakurai Takanori, Satoshi Togawa and Kazuhide Kanenishi : System Construction of Data Collection Assistance for Shelter Information of Tsunami Evacuation Activity, Proceedings of the 2012 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'12), 663, Honolulu, Mar. 2012.
21) 2,011 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Katsuhiko Moriya, Junko Kagawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : LECTUTAINMENT: AN ENTERTAINMENT COMPUTING APPROACH TO MOTIVATING STUDENTS IN CLASSROOM LECTURE, Proceedings of IADIS International Conference e-Society 2012, 35-43, Berlin, Germany, Mar. 2012.

2011年度(平成23年度) / 国内講演発表

1) 2,011 国内講演発表 一色 圭佑, 山中 亮一, 森 紗綾香, 前田 真里, 桶川 博教, 石田 達憲, 上月 康則 : 尼崎運河での水質改善実験水路からの藻類バイオマス回収について, 平成23年度土木学会四国支部第17回技術研究発表会講演概要集, VII-14, 2011年5月.
2) 2,011 国内講演発表 松浦 健二 : eK4を支える認証基盤, 情報知識学会誌2011, Vol.21, No.2, 309-312, 2011年5月.
3) 2,011 国内講演発表 吉田 博, 野中 亮, 池内 将 : 学生による正課外活動-真剣徳大しゃべり場-, 第59回中国・四国地区大学教育研究会 プログラム集, 8-9, 2011年5月.
4) 2,011 国内講演発表 吉田 博, 光宗 榮, 野勢 祐樹 : 行列のできる履修相談所 及び 抽選漏れのための履修相談会, 第59回中国・四国地区大学教育研究会 プログラム集, 9, 2011年5月.
5) 2,011 国内講演発表 吉田 博, 金西 計英 : コースの中間期に実施する自身の授業における授業改善, 大学教育学会第33回大会 発表要旨集禄, 128-129, 2011年6月.
6) 2,011 国内講演発表 香川 順子 : <ラウンドテーブル>授業コンサルテーションの現状と可能性 [話題提供 事例2]徳島大学における授業コンサルテーション, 大学教育学会第33回大会発表要旨集録, 44-45, 2011年6月.
7) 2,011 国内講演発表 大井 文香, 兼平 重和, 佐竹 弘 : 大 学発研究者紹介講演会「徳島大学研究者との集い」による情報発信の在り方研究, 産学連携学会第9回佐賀大会, 2011年6月.
8) 2,011 国内講演発表 鈴木 尚子 : スロヴェニアの生涯学習機関における若年者支援への取組と課題―ゴレンスカ地方ラドヴリツァ市のPUMを事例として―, 日本比較教育学会第47回大会プログラム, 82, 2011年6月.
9) 2,011 国内講演発表 松浦 健二 : 四国の地域コンソーシアム(eK4)におけるLMS連携の実装&実践, 2011年7月.
10) 2,011 国内講演発表 小坂 真史, 松浦 健二, 後藤田 中, 緒方 広明, 矢野 米雄 : モーションキャプチャを用いたランニングフォーム改善支援, 教育システム情報学会第36回全国大会講演論文集, 70-71, 2011年8月.
11) 2,011 国内講演発表 光原 弘幸, 香川 順子, 金西 計英, 矢野 米雄 : Lectutainment:学習意欲向上を目的としたICTによる授業のエンタテインメント化, 教育システム情報学会第36回全国大会講演論文集, 194-195, 2011年9月.
12) 2,011 国内講演発表 英 崇夫, 吉田 博 : 徳島大学の学生自主コミュニケーション活動, 平成23年度工学教育研究講演会 講演論文集, 390-391, 2011年9月.
13) 2,011 国内講演発表 大井 文香, 阿部 正廣, 足立 一男, 辰巳 政弘, Stevens Ashley : セッションB1 国際産学連携をアクティブにやっている日本の大学の実務者に 海外企業との共同研究を聞きたい, UNITT2011 第8回 産学連携実務者ネットワーキング, 2011年9月.
14) 2,011 国内講演発表 森 紗綾香, 山中 亮一, 上月 康則, 中西 敬, 平井 研, 一色 圭佑, 前田 真里, 上嶋 英機, 田尻 和行, 平井 住夫 : 尼崎運河における水質汚濁と水質改善技術を題材とした環境教育の波及効果と水質改善活動の実施, 平成23年度日本沿岸域学会全国大会(広島), 2011年9月.
15) 2,011 国内講演発表 鈴木 尚子 : アイルランドの生涯学習機関における若年者支援への取組と課題―動機づけへの成人のかかわり方に注目して―, 日本社会教育学会第58回研究大会プログラム発表要旨集録, 146, 2011年9月.
16) 2,011 国内講演発表 金西 計英, 吉田 博 : 学生参加FDとしての学生による授業改善の試み, 日本教育工学会 第27回大会 講演論文集, Vol.27, 145-148, 2011年9月.
17) 2,011 国内講演発表 守屋 龍一, 大家 隆弘 : 事後調査のためのトラフィック記録・解析システムの改良, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 316, 2011年9月.
18) 2,011 国内講演発表 山住 悠, 大家 隆弘 : アキュムレータ型周波数比較器を用いた非整数周波数シンセサイザ, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 164, 2011年9月.
19) 2,011 国内講演発表 疋田 哲也, 大家 隆弘 : 正多面体配置アンテナによるMIMO通信路容量に関する考察, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 195, 2011年9月.
20) 2,011 国内講演発表 Naoya Ishizaka, Kenji Matsuura and Shinji Otsuka : An SNS environment supporting interaction with different skilled members to solve plateau, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 337, Sep. 2011.
21) 2,011 国内講演発表 Shinsuke Uno, Kenji Matsuura, Tetsushi Ueta and Masahiko Sano : The Design of a Dynamic Virtual Organization, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 269, Sep. 2011.
22) 2,011 国内講演発表 Keisuke Hamagami and Kenji Matsuura : Learning support of multiple physical skills with a motion capture system, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 336, Sep. 2011.
23) 2,011 国内講演発表 木村 友亮, 佐野 雅彦 : ICT端末におけるユビキタス環境に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 319, 2011年9月.
24) 2,011 国内講演発表 宮地 佑典, 上田 哲史 : 線形予測を用いた遅れ時間カオス制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-7, 7, 2011年9月.
25) 2,011 国内講演発表 Jamsran Altanzul and Tetsushi Ueta : On 7th Power in Duffing Equation, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-8, 8, Sep. 2011.
26) 2,011 国内講演発表 Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Controlling chaos by parallel parameter variations, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-9, 9, Sep. 2011.
27) 2,011 国内講演発表 Kazutoshi Kinoshita, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Bifurcation Phenomena of a Piecewise Affine Map with Hysteresis Properties, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-10, 10, Sep. 2011.
28) 2,011 国内講演発表 Takaya Nakanishi and Tetsushi Ueta : Computation of periodic points embedded in horseshoe map, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-11, 11, Sep. 2011.
29) 2,011 国内講演発表 Miyuki Sawamura and Tetsushi Ueta : Computation of periodic points embedded in horseshoe map, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.1-12, 12, Sep. 2011.
30) 2,011 国内講演発表 谷口 佳佑, 長山 和史, 岡林 南洋, 秦 隆志, 多田 佳織, 佐竹 弘, 西本 真琴, 松木 均, 金品 昌志 : 麻酔薬のタンパク質への結合様式に影響するタンパク質の硬さに関する研究, 2011年日本化学会西日本大会, 2011年11月.
31) 2,011 国内講演発表 関 陽介, 松浦 健二, 松村 健, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 矢野 米雄 : ネットワーク監視システムのShibboleth化, 大学ICT推進協議会2011年度年次大会論文集, 255-256, 2011年12月.
32) 2,011 国内講演発表 金西 計英, 戸川 聡, 松浦 健二, 林 敏浩 : 大学連携における仮想化による継続的な学習環境の提供, 大学ICT推進協議会2011年度年次大会論文集, 347-350, 2011年12月.
33) 2,011 国内講演発表 吉田 博 : キャンパスライフにおける問題点から見える学生支援, 平成23年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 36-37, 2012年1月.
34) 2,011 国内講演発表 浦邊 研太郎, 福田 喬也, 牧迫 雄也, 小烏 正也, 吉田 博 : 大学生による交流型ワークショップの成果と課題, 平成23年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 38-39, 2012年1月.
35) 2,011 国内講演発表 牧迫 雄也, 浦邊 研太郎, 野中 亮, 小烏 正也, 吉田 博 : 大学生が考える在学中になすべき活動, 平成23年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 40-41, 2012年1月.
36) 2,011 国内講演発表 野勢 祐樹, 井上 由香理, 阿部 美咲, 光宗 榮, 髙木 美和, 吉田 博 : 学生による履修相談の取り組みの成果と課題, 平成23年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 42-43, 2012年1月.
37) 2,011 国内講演発表 光宗 榮, 髙木 美和, 野勢 祐樹, 井上 由香理, 阿部 美咲, 吉田 博 : 学生による学び支援, 平成23年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 44-45, 2012年1月.
38) 2,011 国内講演発表 野中 亮, 光宗 榮, 浦邊 研太郎, 吉田 博 : 徳島大学生の学外研修における学び, 平成23年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 46-47, 2012年1月.
39) 2,011 国内講演発表 田中 徳一, 成行 義文, 平井 松午 : 4年一貫就業力育成プログラムとそれに基づく初年時キャリア教育, --- 大学生の就業力育成支援事業採択[自らの就業力向上を促す巣立ちプログラム] ---, 平成23年度全学FD大学教育カンファレンスin徳島(徳島大学大学開放実践センター), 2012年1月.
40) 2,011 国内講演発表 川野 卓二 : Facultyセンター,Teaching&Learningセンターの役割 ―ブリガム・ヤング大学(プロボ)の場合―, 平成23年度 全学FD 大学教育カンファレンスin徳島 発表抄録, 84-85, 2012年1月.
41) 2,011 国内講演発表 玉有 朋子, 平井 松午, 髙橋 晋一, 吉田 敦也 : 電子書籍を用いた徳島県上勝町における棚田案内ガイドブックの開発, 第5回四国GISシンポジウム, 2012年1月.
42) 2,011 国内講演発表 吉田 博 : 教員,職員,学生が共に進める学生支援の取り組み, 第18回大学教育研究フォーラム発表論文集, 113-114, 2012年3月.
43) 2,011 国内講演発表 吉田 博 : <ラウンドテーブル>学生とともに進めるFD [話題提供 事例3]徳島大学の学生による学生支援活動, 第18回大学教育研究フォーラム発表論文集, 195-196, 2012年3月.
44) 2,011 国内講演発表 寺本 生, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : 分散e-Learning 環境におけるBCP への適用, 2012年電子情報通信学会総合大会 学生ポスターセッション論文集, 2012年3月.
45) 2,011 国内講演発表 森 智裕, 金西 計英, 緒方 広明, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : HTML5 を用いた教材作成支援システムの構築, 2012年電子情報通信学会総合大会 学生ポスターセッション論文集, 2012年3月.
46) 2,011 国内講演発表 小菊 寛和, 金西 計英, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : 大型美術館における個人嗜好に着目した個別ガイドシステムの開発について, 2012年電子情報通信学会総合大会 学生ポスターセッション論文集, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 作品等

(なし)

2011年度(平成23年度) / その他・研究会

1) 2,011 その他・研究会 木下 和俊, 上田 哲史, 川上 博, 井村 順一, 合原 一幸 : ヒステリシス特性を持つ区分的アファインシステムについての分岐現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2011-13, No.62, 62-64, 2011年5月.
2) 2,011 その他・研究会 伊藤 大輔, 上田 哲史, 井村 順一, 合原 一幸 : しきい値の変分を利用したカオス制御, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2011-59, No.106, 193-198, 2011年7月.
3) 2,011 その他・研究会 上田 哲史, 佐野 雅彦 : 徳島大学情報化推進センターにおけるISMS構築について, 情報処理学会研究報告, Vol.2011-IOT-14, No.5, 1-2, 2011年7月.
4) 2,011 その他・研究会 松浦 健二, 森口 博基, 金西 計英 : 身体スキル開発のためのWEBコミュニティ環境の設計, 人工知能学会研究会資料, Vol.SIG-ALST-B101, 27-32, 2011年7月.
5) 2,011 その他・研究会 齊藤 隆仁, 吉田 博 : 教養教育の授業デザイン講座, SPODフォーラム2011プログラム集, 20, 2011年8月.
6) 2,011 その他・研究会 吉田 博, 宮田 政徳 : ニーズに合わせた初任者研修作成講座, SPODフォーラム2011プログラム集, 15, 2011年8月.
7) 2,011 その他・研究会 若松 清江, 境 泉洋, 佐藤 健二, 川野 卓二, 坂田 浩, 福田 利久 スティーブ : 日本語版Mindful Attention Awareness Scale(MAAS)の開発:注意機能とマインドフルネスおよび抑うつとの関連についての検討, 日本行動療法学会第37回大会発表論文集, 462-463, 2011年11月.
8) 2,011 その他・研究会 中西 崇弥, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 川上 博, 井村 順一, 合原 一幸 : 馬蹄形写像を利用した周期点の特定と制御, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2011-120, No.111, 19-24, 2011年12月.
9) 2,011 その他・研究会 Naoko Suzuki : "An Outline of Current Situation of Japan and Its Future Possibilities: Massive Waves for Societal Changes and New Roles of Adult Education Centres", Presentation invited by Adult Education Centre in Cesis, Latvia, Dec. 2011.
10) 2,011 その他・研究会 金西 計英, 吉田 博 : 橋本メソッドを用いた大人数授業での授業デザインについて, 平成23年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 86-87, 2012年1月.
11) 2,011 その他・研究会 伊藤 大輔, 辻 明典, 上田 哲史, 川上 博 : 周期外力を加えた電子ホタルにおける分岐と同期現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2011-138, No.111, 81-86, 2012年1月.
12) 2,011 その他・研究会 Naoko Suzuki : "An Overview of the Influences caused by the Great Eastern Japan Earthquake and Some Issues surrounding Japanese Young People", Presentation invited by the Guidance Centre in Piteå, Sweden, Mar. 2012.
13) 2,011 その他・研究会 上田 哲史, 佐野 雅彦 : 組織評価とISMS, 情報処理学会研究報告, Vol.2012-IOT-16, No.41, 1-6, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 報告書

1) 2,011 報告書 井﨑 ゆみ子, 前田 健一 : 保健管理センターを受診した学生の単年度統計, --- メンタル不調との関連の分析 ---, 第41回中国・四国大学保健管理研究集会報告書, 102-103, 2011年11月.
2) 2,011 報告書 前田 健一, 井﨑 ゆみ子 : ICカードを持たない職員に対して自動健診システムを導入する試み, 第41回中国・四国大学保健管理研究集会報告書, 44-46, 2011年11月.
3) 2,011 報告書 前田 健一, 早渕 純子, 佐藤 八重子, 西尾 よしみ, 横山 小百合, 井﨑 ゆみ子 : 職員健診の効率化のための自動健診システムとWeb入力, CAMPUS HEALTH, Vol.49, No.1, 128-129, 2012年2月.
4) 2,011 報告書 吉田 敦也, 宮井 浩志, 森 紗綾香, 玉有 朋子 : 平成23年度上勝学講座記録集, 平成23年度上勝学講座記録集, 1-128, 2012年3月.
5) 2,011 報告書 平井 松午, 成行 義文, 田中 徳一, 松尾 誠治 : 文部科学省大学生の就業力育成支援事業「自らの就業力向上を促す巣立ちプログラム-社会における確かな「居場所と出番」を見つける力を培うキャリア教育-」平成22・23年度成果報告書, 1-62, 2012年3月.
6) 2,011 報告書 田中 俊夫, 川島 歩, 小原 繁 : 公開講座「ホノルルマラソンを走ろう」の10年, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.21, No.1, 65-72, 徳島, 2012年3月.

2012年度(平成24年度)

2012年度(平成24年度) / 著書

1) 2,012 著書 井上 春樹, 長谷川 孝博, 水野 信也, 石井 洋之, 永田 正樹, 鈴木 恵子, 坂田 智之, 杉浦 直代, 淺野 みさき, 関 睦実, 市川 哲彦, 上田 哲史, 三原 義樹 : BCPを支えるクラウド情報基盤, --- 静岡大学情報基盤センター2011年度の活動記録 ---, 静岡学術出版, 静岡, 2012年6月.
2) 2,012 著書 松浦 健二 : WEB2.0技術を用いたシステム開発, ミネルヴァ書房, 2012年10月.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,012 学術論文 (審査論文) 玉有 朋子, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 歴史観光まちづくり支援のためのデジタル博物館の開発, --- 勝瑞遺跡におけるケーススタディ ---, 日本建築学会技術報告集, Vol.18, No.39, 721-726, 2012年.
2) 2,012 学術論文 (審査論文) 中村 豊, 中沢 道彦, 遠部 慎 : 徳島県三谷遺跡における縄文時代晩期末の雑穀, 雑穀研究, No.27, 10-15, 2012年.
3) 2,012 学術論文 (審査論文) Katsuyuki Miyawaki, Sachi Fukuoka, Yasuko Kadomura, Hirokazu Hamaoka, Taro Mito, Hideyo Ohuchi, Wilfried Schwab and Sumihare Noji : Establishment of a novel system to elucidate the mechanisms underlying light-induced ripening of strawberry fruit with an Agrobacterium-mediated RNAi technique, Plant Biotechnology, Vol.29, 271-278, 2012.
4) 2,012 学術論文 (審査論文) 後藤田 中, 松浦 健二, 大塚 真二, 田中 俊夫, 矢野 米雄 : ランニングの自己ペース調整を支援するWeb訓練システム, 教育システム情報学会誌, Vol.29, No.3, 152-164, 2012年.
5) 2,012 学術論文 (審査論文) Takahito Watanabe, Hiroshi Ochiai, Tetsushi Sakuma, W Hadley Horch, Naoya Hamaguchi, Taro Nakamura, Tetsuya Bando, Hideyo Ohuchi, Takashi Yamamoto, Sumihare Noji and Taro Mito : Non-transgenic genome modifications in a hemimetabolous insect using zinc-finger and TAL effector nucleases., Nature Communications, Vol.3, 1017-1025, 2012.
6) 2,012 学術論文 (審査論文) Naoko Suzuki : Changing demands of society and the validity of the training programme for adult educators in Japan: limitations on its present curriculum after the 2011 great eastern Japan earthquake and future possibilities, Joint Conference Proceedings of ReNAdET & VET & Culture Network, University of Tallinn, Estonia, 43-50, 2012.
7) 2,012 学術論文 (審査論文) 松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦 : 複数認証基盤に対応する複合SSO環境でのユーザエクスペリエンス, 学術情報処理研究, Vol.16, No.16, 138-145, 2012年.
8) 2,012 学術論文 (審査論文) Tetsushi Ueta : Invariant patterns in a non-invertible chaotic map by the directional coloring, Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, Vol.3, No.4, 497-507, 2012.
9) 2,012 学術論文 (審査論文) Kunichika Tsumoto, Tetsushi Ueta, Tetsuya Yoshinaga and Hiroshi Kawakami : Bifurcation analyses of nonlinear dynamical systems: From theory to numerical computations, Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, Vol.3, No.4, 458-476, 2012.
10) 2,012 学術論文 (審査論文) Tetsushi Ueta and Akihisa Tamura : Bifurcation Analysis of a Simple 3D Oscillator and Chaos Synchronization of its Coupled Systems, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.45, No.12, 1460-1468, 2012.
11) 2,012 学術論文 (審査論文) Steve Toshihisa Fukuda and Hiroshi Yoshida : Time is of the essence: factors encouraging out-of-class study time, English Language Teaching Journal, Vol.67, No.1, 31-40, 2013.
12) 2,012 学術論文 (審査論文) Inoue Junji, Y Ueda Yuuki, Bando Tetsuya, Taro Mito, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : The expression of LIM-homeobox genes, Lhx1 and Lhx5, in the forebrain is essential for neural retina differentiation., Development Growth & Differentiation, Vol.55, No.7, 668-675, 2013.
13) 2,012 学術論文 (審査論文) Tetsuya Bando, Yoshiyasu Ishimaru, Takuro Kida, Yoshimasa Hamada, Yuji Matsuoka, Taro Nakamura, Hideyo Ohuchi, Sumihare Noji and Taro Mito : Analysis of RNA-Seq data reveals involvement of JAK/STAT signalling during leg regeneration in the cricket Gryllus bimaculatus, Development, Vol.140, No.5, 959-964, 2013.
14) 2,012 学術論文 (審査論文) 吉田 博 : 学生が参画する教育改善・学生支援活動の効果検証に関する一考察, 大学教育研究ジャーナル, No.10, 9-20, 2013年.
15) 2,012 学術論文 (審査論文) 鈴木 尚子 : スウェーデン北部における労働市場をめぐる問題と若年者支援に関する一考察―プロジェクト``Kompare''を事例として―, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.22, 1-18, 2013年.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,012 学術論文 (紀要その他) 中村 豊, 遠部 慎, 中沢 道彦 : レプリカ法による徳島県三谷遺跡出土土器の種実圧痕の研究, 青藍, No.9, 25-37, 2012年.
2) 2,012 学術論文 (紀要その他) 吉田 博 : アンケートの意義・必要性, 外国語教育ジャーナル2012, 2-3, 2012年.
3) 2,012 学術論文 (紀要その他) 田中 徳一, 成行 義文, 平井 松午, 山野 明美 : 巣立ちプログラムに基づく1年次学生を対象としたキャリア教育の実践と2年次授業 におけるPBLの試み, 徳島大学大学教育研究ジャーナル, No.10, 133-142, 2013年.
4) 2,012 学術論文 (紀要その他) 山野 明美, 平井 松午, 田中 徳一, 成行 義文 : 産業界等との連携による中国・四国地域人材育成事業の展開-平成24年度「産業界の ニーズに対応した教育改善・充実事業」-, 徳島大学大学教育研究ジャーナル, No.10, 80-88, 2013年.
5) 2,012 学術論文 (紀要その他) 原田 健太郎 : 大学教育に影響を与えるものー大学教科書の検討を通してー, 大学教育研究ジャーナル, Vol.10, 39-48, 2013年.
6) 2,012 学術論文 (紀要その他) 日置 善郎, 宮田 政徳, 川野 卓二, 香川 順子, 吉田 博, 奈良 理恵 : 2012年度徳島大学全学FD推進プログラムの実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.10, 152-175, 2013年.
7) 2,012 学術論文 (紀要その他) 城間 祥子, 大竹 奈津子, 佐藤 浩章, 山田 剛史, 吉田 博, 俣野 秀典 : 大学・短大・高専教員の研修ニーズとFDの課題, 大学教育研究ジャーナル, No.10, 76-79, 2013年.
8) 2,012 学術論文 (紀要その他) 金西 計英 : 相互評価を用いたレポート課題支援システムの構築, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.22, 35-47, 2013年.
9) 2,012 学術論文 (紀要その他) 田中 俊夫 : なぜランニングが魅力的なスポーツになってきたか, 日本臨床スポーツ医学会誌, Vol.21, No.2, 299-303, 2013年.

2012年度(平成24年度) / 学術レター

(なし)

2012年度(平成24年度) / 総説・解説

1) 2,012 総説・解説 板東 哲哉, 三戸 太郎, 野地 澄晴, 大内 淑代 : 脚再生の分子メカニズム, --- 再生芽誘導とサイズの決定について ---, 実験医学, Vol.32, No.1, 15-21, 2013年1月.

2012年度(平成24年度) / 国際会議

1) 2,012 国際会議 Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Energy saving controlling chaos, Proc. ISCAS 2012, 405-408, Seoul, May 2012.
2) 2,012 国際会議 Hiroyuki Mitsuhara, Katsuhiko Moriya, Kazumoto Tanaka, Junko Kagawa, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Teacher Support for Theatrical Learning Support in Lectutainment--Seeing through Students Using Augmented Reality, Proceedings of 14th International Conference on Information Processing and Management of Uncertainty in Knowledge-based Systems (IPMU2012), Vol.2, 405-414, Catania, Italy, Jul. 2012.
3) 2,012 国際会議 Taro Nakamura, Taro Mito, Tetsuya Bando and Sumihare Noji : Role of Wnt and BMP signaling pathways in the regional specification of early blastoderm in the cricket Gryllus bimaculatus,, 24th International Congress of Entomology, Daegu, Korea, Aug. 2012.
4) 2,012 国際会議 Tetsuya Bando, Yoshimasa Hamada, Taro Nakamura, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Dachsous/Fat signaling via Hippo/Salvador/Warts pathway regulates cell proliferation and pattern formation during leg regeneration in the cricket, 24th International Congress of Entomology, Daegu, Korea, Aug. 2012.
5) 2,012 国際会議 Taro Mito, Nakamura Taro, Bando Tetsuya, Watanabe Takahito and Sumihare Noji : Exploring mechanisms of embryonic patterning in Gryllus bimaculatus, a hemimetablous insect model system, [Symposium: From embryo to metamorphosis: Genes for insect development (Organizers: Sumihare Noji and Martin Klingler)], 24th International Congress of Entomology, Daegu, Korea, Aug. 2012.
6) 2,012 国際会議 Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Hiroki Moriguchi : Supporting Self-Regulated Training on a Web-based Community Environment for Runners, M. Graña et al. (Eds.) Advances in Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems, 1081-1090, San Sebastian, Spain, Sep. 2012.
7) 2,012 国際会議 Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Hiroki Moriguchi : Supporting Development of Motor-Skills in a Comfortable Environment, Tokuro Matsuo, Kiyota Hashimoto, Sachio Hirokawa. (Eds.) 2012 IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics, 89-92, Hakata, Japan, Sep. 2012.
8) 2,012 国際会議 Takahito Watanabe, Hiroshi Ochiai, Tetsushi Sakuma, Taro Nakamura, Taro Mito, Takashi Yamamoto and Sumihare Noji : Efficient production of knockout crickets using custom designed nucleases, ZFNs and TALENs, FASEB Science Research Conferences: Genome Engineering; Research & Applications, Lucca, Italy, Sep. 2012.
9) 2,012 国際会議 Munehisa Sekikawa, Akinori Tsuji, Keiko Kimoto, Ikku Aihara, Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Kazuyuki Aihara and Hiroshi Kawakami : Optically coupled oscillators (OCOs) -- LED fireflies, Proceedings of the 2012 ACM Multimedia Conference, MM'12, 1485-1486, Nara, Oct. 2012.
10) 2,012 国際会議 Y Yamamoto, Hiroyuki Asahara, Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Kazuyuki Aihara and Takuji Kousaka : Experimental Control of Chaos via Switching Threshold in an Interrupted Electric Circuit, Proc. ITC-CSCC 2012, No.B-T2-05, Sapporo, Oct. 2012.
11) 2,012 国際会議 Yusuke Tone, Hiroyuki Asahara, Tetsushi Ueta, Kazuyuki Aihara and Takuji Kousaka : A Method for the Computation of Border Collision Bifurcation Point in a Piecewise Linear System with Interrupted Characteristics, Proc. NOLTA 2012, Vol.1, 828-831, Palma, Spain, Oct. 2012.
12) 2,012 国際会議 Takahito Watanabe, Hiroshi Ochiai, Tetsushi Sakuma, Hadley W. Horch, Naoya Hamaguchi, Taro Nakamura, Tetsuya Bando, Hideyo Ohuchi, Takashi Yamamoto, Sumihare Noji and Taro Mito : Gene knockout in a hemimetabolous insect Gryllus bimaculatus by nontransgenic genome modification with zinc-finger and TALE nucleases, Asia-Pacific Developmental Biology Conference, Taipei, Taiwan, Oct. 2012.
13) 2,012 国際会議 Keisuke Hamagami, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Naka Gotoda : Support on Repeating Skill Development - Modulating from monitored data to a target, Workshop Proceedings of the 20th International Conference on Computers in Education, 491-498, Singapore, Nov. 2012.
14) 2,012 国際会議 Naka Gotoda, Yoshihisa Sakurai, Kenji Matsuura, Koji Nakagawa and Chikara Miyaji : A Coaching CMS with Wireless Sensors using ANT+ Connectivity Solution, Workshop Proceedings of the 20th International Conference on Computers in Education, 508-517, Singapore, Nov. 2012.
15) 2,012 国際会議 Tomohiro Otsu, Ken'ichi Fujimoto, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Evaluation and Comparison of Controlling Energy, Proceedings of The 2012 IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks, 14-17, Tokushima, Dec. 2012.
16) 2,012 国際会議 Tomohiro Otsu, Ken'ichi Fujimoto, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Evaluation and Comparison of Controlling Energy, Proc. of 2013 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 673-676, Kona, Mar. 2013.
17) 2,012 国際会議 Daisuke Ito, Tetsushi Ueta and Kazuyuki Aihara : Bifurcation analysis of a chaotic map with a controller, Proc. of 2013 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 57-60, Kona, Mar. 2013.
18) 2,012 国際会議 Jumpei Inaba, Yusuke Nishiuchi and Tetsushi Ueta : Numerical validation for blurred basin of symmetric equilibria in a 3D autonomous system, Proc. of 2013 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 361-364, Kona, Mar. 2013.

2012年度(平成24年度) / 国内講演発表

1) 2,012 国内講演発表 辻 明典, 伊藤 大輔, 木本 圭子, 関川 宗久, 喜多 順三, 上田 哲史, 合原 一幸, 川上 博 : LEDホタルの同期現象:自律的に動く光パタンの生成, LED総合フォーラム2012 in徳島論文集, 99-100, 2012年4月.
2) 2,012 国内講演発表 吉田 博, 金西 計英 : 学生の主体的な授業外学習を増加させる授業設計, 大学教育学会第34回大会 発表要旨集禄, 70-71, 2012年5月.
3) 2,012 国内講演発表 Taro Nakamura, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : Regulation of orthodenticle and Wnt/Cad signaling pathway in anterior-posterior axis patterning during cricket early embryogenesis, 第45回日本発生生物学会年会, 2012年5月.
4) 2,012 国内講演発表 Tetsuya Bando, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : Angiomotin regulates cell proliferation cooperatively with Expanded and Merlin during leg regeneration in Gryllus bimaculatus, 第45回日本発生生物学会年会, 2012年5月.
5) 2,012 国内講演発表 Takahito Watanabe, Hiroshi Ochiai, Tetsushi Sakuma, Taro Nakamura, 三戸 太郎, 大内 淑代, Takashi Yamamoto, 野地 澄晴 : Efficient production of knockout crickets using zinc-finger nucleases, 第45回日本発生生物学会年会, 2012年5月.
6) 2,012 国内講演発表 鈴木 尚子 : スウェーデン・ノールボッテン県における就労に向けた支援の特徴と課題―ピーテオ・コミューンと周辺自治体の取組にみる学習のあり方に注目して―, 日本比較教育学会第48回大会要旨集, 53, 2012年6月.
7) 2,012 国内講演発表 上田 哲史 : ポストカオス制御に向けた取り組み, 回路とシステム(淡路島)ワークショップ論文集, 9-14, 2012年7月.
8) 2,012 国内講演発表 濱上 佳祐, 松浦 健二, 金西 計英 : 反復運動における運動特性の改善支援機構の構築, 教育システム情報学会第37回全国大会講演論文集, 188-189, 2012年8月.
9) 2,012 国内講演発表 宇野 槙祐, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 上田 哲史, Bolortsetseg Ganbat : Shibbolethを応用した認可管理機構の一検討, FIT2012講演論文集, No.4, 183-184, 2012年9月.
10) 2,012 国内講演発表 Bolortsetseg Ganbat, Tetsushi Ueta, Kenji Matsuura, Masahiko Sano and Shinsuke Uno : The Design of a Dynamic Virtual Organization, 2012年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会, 142, Sep. 2012.
11) 2,012 国内講演発表 佐野 雅彦, 上田 哲史 : ISMS認証取得後の活動について, 学術情報処理研究, Vol.16, 205-206, 2012年9月.
12) 2,012 国内講演発表 金西 計英, 吉田 博 : 学生による授業研究を通した学生参加型FD の開発, 日本教育工学会 第28回大会 講演論文集, Vol.28, 249-250, 2012年9月.
13) 2,012 国内講演発表 金西 計英, 高浪 祐輔, 光原 弘幸, 松浦 健二, 矢野 米雄 : Twitterボット:自学自習における学習意欲の維持を目指して, 日本教育工学会 第28回大会 講演論文集, 31-34, 2012年9月.
14) 2,012 国内講演発表 山田 慶太, 松浦 健二, 濱上 佳祐, 乾 博文 : 身体動作間の類似度を用いた身体スキル獲得支援, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 344, 2012年9月.
15) 2,012 国内講演発表 山住 悠, 大家 隆弘 : 自動ゲイン変更が可能な非整数周波数シンセサイザ, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 174, 2012年9月.
16) 2,012 国内講演発表 宮地 祐典, 伊藤 大輔, 上田 哲史 : モデル方程式を用いないカオス制御, 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 12, 2012年9月.
17) 2,012 国内講演発表 大津 智弘, 上田 哲史 : カオス力学系に対する最適制御, 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 13, 2012年9月.
18) 2,012 国内講演発表 稲葉 純平, 西内 悠祐, 上田 哲史 : 3次元自律系の対称平衡点に関するベイスン崩壊の数値検証, 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 36, 2012年9月.
19) 2,012 国内講演発表 北野 圭則, 上田 哲史, 西尾 芳文, 楊 国安, 楊 暘 : 二値画像に対するフラクタル符号化における輝度値変換パラメータの性質, 平成24年度電気関係学会四国地区連合大会講演論文集, 39, 2012年9月.
20) 2,012 国内講演発表 水口 和也, 佐野 雅彦 : ユビキタスなユーザ環境に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 363, 2012年9月.
21) 2,012 国内講演発表 岡田 俊哉, 佐野 雅彦 : ネットワークインターフェイス統合システムに関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 364, 2012年9月.
22) 2,012 国内講演発表 渡辺 崇人, 中井 綾, 三戸 太郎, 野地 澄晴 : ZFN/TALENを用いたフタホシコオロギにおける遺伝子改変について, 第2回ゲノム編集研究会, 2012年9月.
23) 2,012 国内講演発表 鈴木 尚子 : 欧州における移行期の青年に対する支援活動の今日的特徴と課題―成人教育関係機関の関わり方に焦点化した現地調査をもとに―, 日本社会教育学会第59回研究大会プログラム発表要旨集録, 72, 2012年10月.
24) 2,012 国内講演発表 寺元 生, 戸川 聡, 松浦 健二, 光原 弘幸, 金西 計英 : 大学間アカデミッククラウドでの学習環境のBCPの実現と検証, 大学ICT推進協議が会2012年度年次大会論文集, 170-171, 2012年12月.
25) 2,012 国内講演発表 松浦 健二 : ADユーザのWEBSSO,その実現と課題, 第六回統合認証シンポジウム, 2012年12月.
26) 2,012 国内講演発表 吉田 博 : 教育改善・学生支援活動に参画する学生の教育的効果, 平成24年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 16-17, 2012年12月.
27) 2,012 国内講演発表 安達 道彦, 小川 貴之, 平岩 大地, 浦邊 研太郎, 吉田 博 : 徳島大学の教育改善・学生支援に参画する繋ぎcreateのインパクト, 平成24年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 18-19, 2012年12月.
28) 2,012 国内講演発表 今井 早苗, 吉田 博 : 学生による学生の合宿型能力開発の検証, 平成24年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 20-21, 2012年12月.
29) 2,012 国内講演発表 吉田 博 : <ラウンドテーブル>徳島県内の高等教育機関における学生支援の取り組み, 平成24年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 50-51, 2012年12月.
30) 2,012 国内講演発表 Takahito Watanabe, Hiroshi Ochiai, Tetsushi Sakuma, Taro Nakamura, Taro Mito, Takashi Yamamoto and Sumihare Noji : Generation of knockout crickets using ZFNs and TALENs, 第35回日本分子生物学会年会, Dec. 2012.
31) 2,012 国内講演発表 T Bando, Y Ishimaru, T Kida, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Molecular mechanisim of regulation of blastemal cell proliferation during leg regeneration in Gryllus bimaculatus, 第35回日本分子生物学会年会, Dec. 2012.
32) 2,012 国内講演発表 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 上田 哲史, 北島 博之, 合原 一幸 : 最大リアプノフ指数に基づいた周期点の分岐回避制御, 電子情報通信学会2013年総合大会講演論文集, SS50-SS51, 2013年3月.
33) 2,012 国内講演発表 関 陽介, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 上田 哲史 : Shibboleth認証におけるセキュリティレベルの多重化, 情報処理学会第75回全国大会講演論文集, 577-578, 2013年3月.
34) 2,012 国内講演発表 伊藤 大輔, 上田 哲史, 井村 順一, 合原 一幸 : 接線分岐回避・補償制御のロバスト性, 電子情報通信学会2013年総合大会講演論文集, SS52-SS53, 2013年3月.
35) 2,012 国内講演発表 岡田 俊哉, 佐野 雅彦 : ネットワークインターフェイス統合システムに関する研究, 情報処理学会全国大会講演論文集, No.3, 363-364, 2013年3月.
36) 2,012 国内講演発表 吉田 博 : 教員,職員,学生が求める学生支援を実現するための取り組み, 第19回大学教育研究フォーラム発表論文集, 130-131, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 作品等

(なし)

2012年度(平成24年度) / その他・研究会

1) 2,012 その他・研究会 北野 圭則, 上田 哲史, 西尾 芳文, 楊 国安, 楊 暘 : コントラストの高い白黒二値画像に対するフラクタル符号の重みについて, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2012-4, No.112, 19-24, 2012年4月.
2) 2,012 その他・研究会 濱田 一伸, 三好 康夫, 金西 計英 : アイテム難易度とユーザ習熟度を推測するアルゴリズムを評価するための正解データ作成手法, 日本教育工学会研究会報告集, Vol.JSET12-2, 113-118, 2012年5月.
3) 2,012 その他・研究会 宮地 佑典, 伊藤 大輔, 上田 哲史 : 線形予測とリストを用いたカオス制御, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.117, 7-12, 2012年7月.
4) 2,012 その他・研究会 山本 吉彦, 麻原 寛之, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 合原 一幸, 高坂 拓司 : しきい値の摂動を用いたカオス制御の実験的検討, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112117, No.112, 13-16, 2012年7月.
5) 2,012 その他・研究会 稲葉 純平, 西内 悠祐, 上田 哲史 : 3次元自律系の対称平衡点に関するベイスン崩壊の数値検証, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2012-74, No.112, 99-104, 2012年9月.
6) 2,012 その他・研究会 平井 松午, 成行 義文, 田中 徳一, 山野 明美 : 学生自らの就業力向上を促す巣立ちプログラム, とくTalk(徳大広報), No.149, 2012年10月.
7) 2,012 その他・研究会 藤本 憲市, 大津 智弘, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 吉永 哲哉 : カオス制御における制御コストの評価と比較, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.301, 1-6, 2012年11月.
8) 2,012 その他・研究会 伊藤 大輔, 上田 哲史, 辻 繁樹, 合原 一幸 : 接線分岐により消滅するアトラクタを補償する制御について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.301, 19-22, 2012年11月.
9) 2,012 その他・研究会 三好 康夫, 濱田 一伸, 鈴木 一弘, 塩田 研一, 三好 康夫, 岡本 竜, 金西 計英 : 学習コンテンツ推薦に向けた2部ネットワーク分析に基づく習熟度と難易度の推定手法の提案, ARG Webインテリジェンスとインタラクション研究会 第1回研究会予稿集, Vol.1, 13-14, 2012年12月.
10) 2,012 その他・研究会 平井 松午, 成行 義文, 田中 徳一, 山野 明美 : 特集 徳島大学の就職支援への取り組み 「学生自らの就業力向上を促す巣立プログラム」」, 徳大広報 とくtalk, No.149, 1-2, 2013年3月.
11) 2,012 その他・研究会 松浦 健二, 森口 博基, 金西 計英, 乾 博文, 後藤田 中 : コミュニティ内での身体スキル訓練方法に関する一考察, 教育システム情報学会研究報告, Vol.27, No.7, 21-26, 2013年3月.
12) 2,012 その他・研究会 後藤田 中, 松浦 健二, 田中 俊夫 : ランナーの動きに基づき仮想協走者を提供するウェアラブルシステム, 教育システム情報学会研究報告, Vol.27, No.7, 5-12, 2013年3月.
13) 2,012 その他・研究会 金西 計英, 光原 弘幸, 三好 康夫, 松浦 健二 : e-Learningの学習継続とソーシャルメディアの関係の考察, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.500, 95-99, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 報告書

1) 2,012 報告書 西尾 よしみ, 早渕 純子, 横山 小百合, 西田 洋子, 佐藤 八重子, 井﨑 ゆみ子, 前田 健一 : 特定保健指導における集団指導の試み∼ランチョンセミナーを実施して∼, 第42回中国四国大学保健管理研究集会報告書, 2012年12月.
2) 2,012 報告書 田中 俊夫 : 市民ランナーのマラソン・ライフに関するアンケート調査, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.22, No.1, 19-34, 徳島, 2013年3月.

2013年度(平成25年度)

2013年度(平成25年度) / 著書

1) 2,013 著書 上田 哲史 : 多様体と大域分岐,カオス制御, --- 応用数理ハンドブック ---, 朝倉書店, 東京, 2013年8月.
2) 2,013 著書 鈴木 尚子 : 「<就労と学習>双方からの支援アプローチの特徴と意義―スウェーデン北部自治体の支援事業におけるエンパワメントのあり方に注目して―」,日本社会教育学会編『日本の社会教育第57集 労働の場のエンパワメント』, 東洋館出版社, 東京, 2013年9月.
3) 2,013 著書 金西 計英, 吉田 博 : 学生と楽しむ授業創り, 株式会社 ナカニシヤ出版, 京都, 2013年12月.
4) 2,013 著書 馬場 祐次朗 : 生涯学習振興行政の変遷, 樹村房, 2014年2月.
5) 2,013 著書 馬場 祐次朗 : 生涯学習振興行政と社会教育行政, 樹村房, 2014年2月.
6) 2,013 著書 Clara Gracio, Daniele Fournier-Prunaret, Tetsushi Ueta and Yoshifumi Nishio : Nonlinear Maps and their Applications; Selected Contributions from the NOMA 2011 International Workshop, Springer, New York, Mar. 2014.
7) 2,013 著書 根本 淳子, 鈴木 克明, 竹岡 篤永, 高橋 暁子, 柴田 喜幸 : ストーリー中心型カリキュラム(SCC)の設計理論と授業実践:オンライン大学院の挑戦とその波及効果, 東信堂, 東京, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,013 学術論文 (審査論文) Emi Kawakami, Nobuhiko Kawai, Nao Kinouchi, Hiroyo Mori, Yutaka Ohsawa, Naozumi Ishimaru, Yoshihide Sunada, Sumihare Noji and Eiji Tanaka : Local applications of myostatin-siRNA with atelocollagen increase skeletal muscle mass and recovery of muscle function., PLoS ONE, Vol.8, No.5, 2013.
2) 2,013 学術論文 (審査論文) Kenji Matsuura, Hiroki Moriguchi and Kazuhide Kanenishi : Supporting self-control of individual training for motor-skill development with a social web environment, International Journal of Knowledge and Web Intelligence, Vol.4, No.2/3, 201-216, 2013.
3) 2,013 学術論文 (審査論文) Y Kadomura-Ishikawa, Katsuyuki Miyawaki, Sumihare Noji and Akira Takahashi : Phototropin 2 is involved in blue light-induced anthocyanin accumulation in Fragaria x ananassa fruits, Journal of Plant Research, Vol.126, No.6, 847-857, 2013.
4) 2,013 学術論文 (審査論文) 金西 計英, 光原 弘幸, 三好 康夫, 松浦 健二 : 自学自習における学習意欲の維持へのTwitterボットの活用, 日本教育工学会論文誌, Vol.37(Suppl), 69-72, 2013年.
5) 2,013 学術論文 (審査論文) 後藤田 中, 松浦 健二, 田中 俊夫 : 動きに基づき仮想の協走者を提供するウェアラブルシステム, 教育システム情報学会誌, Vol.31, No.1, 28-37, 2014年.
6) 2,013 学術論文 (審査論文) 根本 淳子, 竹岡 篤永, 高橋 暁子, 柴田 喜幸, 鈴木 克明 : ストーリー中心型カリキュラムによるリフレクション活動の推進と強化, 日本教育メディア研究, Vol.20, No.2, 23-33, 2014年.
7) 2,013 学術論文 (審査論文) Takahito Watanabe, Sumihare Noji and Taro Mito : Gene knockout by targeted mutagenesis in a hemimetabolous insect, the two-spotted cricket Gryllus bimaculatus, using TALENs., Methods, Vol.69, No.1, 17-21, 2014.
8) 2,013 学術論文 (審査論文) Hiroshi Yoshida, Tetsuya Bando, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : An extended steepness model for leg-size determination based on Dachsous/Fat trans-dimer system., Scientific Reports, Vol.4, 4335, 2014.
9) 2,013 学術論文 (審査論文) 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : BVP発振器の結合方式による分岐と発振の分類, Journal of Signal Processing, Vol.18, No.1, 39-48, 2014年.
10) 2,013 学術論文 (審査論文) 吉田 博, 金西 計英 : コースの中間期に実施する学生討議型授業コンサルテーションの学生に与える影響, 日本教育工学会論文誌, Vol.37, No.4, 449-457, 2014年.
11) 2,013 学術論文 (審査論文) Atsuo Maki, Naoya Umeda, Renilson Martin and Tetsushi Ueta : Analytical methods to predict the surf-riding threshold and the wave-blocking threshold in astern seas, Journal of Marine Science and Technology, Vol.19, No.4, 415-424, 2014.
12) 2,013 学術論文 (審査論文) 吉田 博, 佐々木 奈三江, 亀岡 由佳, 枝川 恵理, 斉藤 くるみ : 大学図書館で実施する学習支援の成果と課題, 大学教育研究ジャーナル, No.11, 26-37, 2014年.
13) 2,013 学術論文 (審査論文) Atsuo Maki, Naoya Umeda and Tetsushi Ueta : Melnikov integral formula for beam sea roll motion utilizing a non-Hamiltonian exact heteroclinic orbit: analytic extension and numerical validation, Journal of Marine Science and Technology, Vol.19, No.3, 257-264, 2014.
14) 2,013 学術論文 (審査論文) 原田 健太郎 : 徳島大学の若手教員における教育観とFDへの要望, 大学教育研究ジャーナル, Vol.11, 77-85, 2014年.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,013 学術論文 (紀要その他) 鈴木 尚子 : 「第7章第1節 英国大学開放の今日的展開と特徴―イングランドの事例を中心に―」, 国立大学生涯学習系センター有志グループ(代表者 出相泰裕)『大学開放論―国立大学生涯学習系センターによるセンター・オブ・コミュニティ(COC)機能の促進―』大阪教育大学教職教育研究センター, 175-193, 2013年.
2) 2,013 学術論文 (紀要その他) 山野 明美, 成行 義文, 平井 松午 : キャリア学習のためのPBL型学習事例報告 ―男女共同参画とグローバル人材―, 徳島大学大学教育研究ジャーナル, No.11, 81-100, 2014年.
3) 2,013 学術論文 (紀要その他) 山野 明美, 成行 義文, 平井 松午, 大渕 朗 : キャリア教育におけるインターンシップの実践と課題 ―大人数講義における事前学習の効果に関する考察―, 徳島大学大学教育研究ジャーナル, No.11, 51-64, 2014年.
4) 2,013 学術論文 (紀要その他) 日置 善郎, 川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 上岡 麻衣子 : 2013年度徳島大学全学FD推進プログラムの実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.11, 161-182, 2014年.
5) 2,013 学術論文 (紀要その他) 三阪 一徳 : 土器からみた弥生時代開始過程, 列島初期稲作の担い手は誰か, 125-174, 2014年.
6) 2,013 学術論文 (紀要その他) 端野 晋平 : 渡来文化の形成とその背景, 列島初期稲作の担い手は誰か, 79-124, 2014年.
7) 2,013 学術論文 (紀要その他) 鈴木 尚子 : 徳島大学大学開放実践センター公開講座受講生の特徴と今後の課題ー公聴会用アンケート調査(2008-2010)をもとにー, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.23, 21-33, 2014年.
8) 2,013 学術論文 (紀要その他) 金西 計英 : 大学間インタークラウド構築手法の検討, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.23, 1-10, 2014年.
9) 2,013 学術論文 (紀要その他) 田中 俊夫, 岸本 実, 吉田 みつる, 村上 亜弥子 : ロコモティブシンドローム予防を目的とするストックを活用したエクササイズの開発, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.23, 11-20, 2014年.

2013年度(平成25年度) / 学術レター

1) 2,013 学術レター 鈴木 尚子 : 欧州の底力と生涯学習にみる人間への姿勢とまなざし, 小林文人・伊藤長和・李正連編『日本の社会教育・生涯学習』大学教育出版, 191, 2013年.

2013年度(平成25年度) / 総説・解説

1) 2,013 総説・解説 渡辺 崇人, 三戸 太郎, 野地 澄晴 : ZFN/TALENを用いたコオロギの遺伝子ノックアウト, 細胞工学, Vol.32, No.5, 543-549, 2013年.

2013年度(平成25年度) / 国際会議

1) 2,013 国際会議 Naka Gotoda, Yoshihisa Sakurai, Kenji Matsuura, Koji Nakagawa and Chikara Miyaji : A Server-based System Supporting Motor Learning through Real-time and Reflective Learning Activities, Proceedings of HCII2013, Vol.LNCS 8005, 84-93, Las Vegas, USA, Jul. 2013.
2) 2,013 国際会議 Satoshi Togawa and Kazuhide Kanenishi : Private Cloud Cooperation Framework for Reducing the Earthquake Damage on e-Learning Environment, Proc. of 15th International Conference, HCI International 2013, 503-510, Las Vegas, Jul. 2013.
3) 2,013 国際会議 Tetsushi Ueta, Daisuke Ito and Kazuyuki Aihara : Restoration control for disappeared periodic solutions, Proc. of 5th Int. Conf. Frontiers of Nonlinear Physics, 34-35, Nyzhny Novgrod, Jul. 2013.
4) 2,013 国際会議 Ken'ichi Fujimoto, Tomohiro Otsu, Tetsuya Yoshinaga, Tetsushi Ueta, Hiroyuki Kitajima and Kazuyuki Aihara : Controlling Method to Avoid Bifurcations of Periodic Points Using Maximum Lyapunov Exponent, Proc. of 2013 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, 158-161, Santa Fe, Sep. 2013.
5) 2,013 国際会議 Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Shigeki Tsuji and Kazuyuki Aihara : Attractor-Preserving Control to Avoid Saddle-Node Bifurcation, Proc. NOLTA 2013, 150-153, Santa Fe, Sep. 2013.
6) 2,013 国際会議 Keita Yamada, Kenji Matsuura, Keisuke Hamagami and Hirofumi Inui : Motor skill development using motion recognition based on an HMM, 17th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems - KES2013, 37-45, Kitakyushu, Sep. 2013.
7) 2,013 国際会議 Takahito Watanabe, Ochiai Hiroshi, Sakuma Tetsushi, Ishihara Satoshi, Nakamura Taro, Yamamoto Takashi, Sumihare Noji and Taro Mito : Targeted genome modifications in the cricket, Gryllus bimaculatus, Conference of Transposition & Genome Engineering 2013, Budapest, Hungary, Sep. 2013.
8) 2,013 国際会議 Satoshi Togawa and Kazuhide Kanenishi : Private Cloud Cooperation Framework of e-Learning Environment for Disaster Recovery, Proc. of 2013 IEEE Int'l Conf. on Systems, Man and Cybernetics,, 4104-4109, Manchester, Oct. 2013.
9) 2,013 国際会議 Naoko Suzuki : (Keynote Speech) The role of 'culture dissemination' through intergenerational learning in the aging Japanese society, Proceedings of the International Conference: Transforming the educational relationship: internegerational and family learning for the lifelong learning society, 125-126, Bucharest, Romania, Oct. 2013.
10) 2,013 国際会議 Naoko Suzuki : How can the experience of the massive catastrophes be transformed into effective learning? Nationwide challenges for future disaster countermeasures from an educational perspective in Japan, Proceedings of the London International Conference on Education 2013, 313, London, UK, Nov. 2013.
11) 2,013 国際会議 Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Koji Nakagawa and Chikara Miyaji : Design of Tennis Training with Shot-timing Feedback based on Trajectory Prediction of Ball, Proceedings of the International Conference on Computers in Education, 196-201, Indonesia, Nov. 2013.
12) 2,013 国際会議 Kenji Matsuura, Hirofumi Inui, Kazuhide Kanenishi and Hiroki Moriguchi : Training-Course Design for General Purpose of Motor-Skill Learners on a Web, Workshop Proceedings of the International Conference on Computers in Education, 202-207, Indonesia, Nov. 2013.
13) 2,013 国際会議 Takahito Watanabe, Matsuoka Yuji, Sumihare Noji and Taro Mito : Targeted genome editing in the cricket, Gryllus bimaculatus, using CRISPR/Cas9 system, FASEB SRC on Genome Engineering-Cutting-Edge Research and Applications, Nassau, Bahamas, Jan. 2014.
14) 2,013 国際会議 Taro Mito, Takahito Watanabe and Sumihare Noji : Genome modification technology in the cricket Gryllus bimaculatus, 1st Asian Invertebrate Immunity Symposium, Busan, Feb. 2014.
15) 2,013 国際会議 Yu Miino, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Bifurcation phenomena of forced Izhikevich neuron model, Proc. NCSP 2014, 413-416, Honolulu, Mar. 2014.
16) 2,013 国際会議 Akihiro Yasue, Silvia Naomi Mitsui Akagi, H Watanabe, T Sakuma, Seiichi Oyadomari, T Yamamoto, Sumihare Noji, Taro Mito and Eiji Tanaka : A high efficient gene targeting in one-cell mouse embryos mediated by TALEN and CRISPR/Cas system., International Symposium on RNAi and Genome Editing Methods, Tokushima, Mar. 2014.
17) 2,013 国際会議 Takahito Watanabe, Sumihare Noji and Taro Mito : Targeted genome modifications in the cricket, Gryllus bimaculatus, using CRISPR/Cas9 system, International Symposium on RNAi and Genome editing methods, Tokushima, Japan, Mar. 2014.
18) 2,013 国際会議 Nakamura Taro, Sumihare Noji and Taro Mito : Molecular mechanisms underlying early embryonic patterning and germ cell specification in the cricket, International Symposium on RNAi and Genome editing methods, Tokushima, Japan, Mar. 2014.

2013年度(平成25年度) / 国内講演発表

1) 2,013 国内講演発表 伊藤 大輔, 辻 明典, 木本 圭子, 合原 一究, 関川 宗久, 上田 哲史, 合原 一幸, 川上 博 : LEDホタルの引き込み現象:ホタルはエッジで同期する, LED総合フォーラム2013 in徳島論文集, 87-88, 2013年4月.
2) 2,013 国内講演発表 Takahito Watanabe, Hiroshi Ochiai, Tetsushi Sakuma, Taro Nakamura, Taro Mito, Takashi Yamamoto and Sumihare Noji : Targeted genome modifications using ZFNs and TALENs in the cricket Gryllus bimaculatus, 第46回日本発生生物学会年会, May 2013.
3) 2,013 国内講演発表 松岡 佑児, 板東 哲哉, 中村 太郎, 渡辺 崇人, 野地 澄晴, 三戸 太郎 : Epigenetic regulation of Hox gene expression by PcG genes in a primitive mode of insect embryogenesis in the cricket Gryllus bimaculatus, 第46回日本発生生物学会年会, 2013年5月.
4) 2,013 国内講演発表 Bando Tetsuya, Taro Mito, Ohuchi Hideyo and Sumihare Noji : JAK/STAT signaling promotes blastemal cell proliferation during leg regeneration in the cricket Gryllus bimaculatus, 第46回日本発生生物学会年会, May 2013.
5) 2,013 国内講演発表 Nakamura Taro, 野地 澄晴, 三戸 太郎 : Regulation of Wnt and BMP signaling pathways in the regional specification of early blastoderm in the cricket Gryllus bimaculatus, 第46回日本発生生物学会年会, 2013年5月.
6) 2,013 国内講演発表 鈴木 尚子 : 英国の大学における生涯学習機能の変遷に関する一考察ーウォーリック大学の事例を中心にー, 日本比較教育学会第49回大会発表要旨集録, 47, 2013年7月.
7) 2,013 国内講演発表 中西 崇弥, 伊藤 大輔, 上田 哲史 : 馬蹄形写像におけるカオス制御, 回路とシステムワークショップ論文集, 1-6, 2013年8月.
8) 2,013 国内講演発表 伊藤 大輔, 上田 哲史 : 結合南雲・佐藤モデルにおける分岐解析, 回路とシステムワークショップ論文集, 285-288, 2013年8月.
9) 2,013 国内講演発表 渡辺 崇人, 松岡 佑児, 石原 聡, 山本 卓, 野地 澄晴, 三戸 太郎 : ゲノム編集技術によるノックアウトコオロギの作製, 第15回日本進化学会大会, 2013年8月.
10) 2,013 国内講演発表 金西 計英, 松浦 健二, 戸川 聡 : e-Learning システム連携のための認証基盤の構築, 教育システム情報学会第38回全国大会講演論文集, 65-66, 2013年9月.
11) 2,013 国内講演発表 濱上 佳祐, 松浦 健二, 乾 博文, 山田 慶太, 金西 計英 : 反復運動学習における安定化支援の一検討, 教育システム情報学会第38回全国大会講演論文集, 315-316, 2013年9月.
12) 2,013 国内講演発表 乾 博文, 松浦 健二, 森口 博基, 金西 計英, 後藤田 中, 濱上 佳祐, 山田 慶太 : 身体スキルの分類に基づく学習者別の段階的学習支援環境の構築, 教育システム情報学会第38回全国大会講演論文集, 317-318, 2013年9月.
13) 2,013 国内講演発表 上田 哲史, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 松村 健, 関 陽介 : 大学コミュニケーションポータルの運用と課題, 第17回学術情報処理研究集会発表論文集, 5-9, 2013年9月.
14) 2,013 国内講演発表 佐野 雅彦, 八木 香奈枝, 上田 哲史 : 徳島大学情報化推進センター ISMS 活動事例, --- ISMS取得2年目の取り組み ---, 第17回学術情報処理研究集会発表論文集, 17-20, 2013年9月.
15) 2,013 国内講演発表 稲葉 純平, 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : ある4次元発振器で見られるバースト発振について, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2, 2013年9月.
16) 2,013 国内講演発表 間野 翔大, 上田 哲史 : 方向彩色による周期点抽出支援ツールの開発, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 9, 2013年9月.
17) 2,013 国内講演発表 菱川 健治, 上田 哲史, 西尾 芳文, 牛田 享宏, 青野 修一 : モバイル端末における身体活動観測ツールの開発, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 301, 2013年9月.
18) 2,013 国内講演発表 上田 哲史, 佐野 雅彦, 八木 香奈枝 : JGN-Xを利用した緊急時情報発信機構の確保, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 340, 2013年9月.
19) 2,013 国内講演発表 松崎 浩三, 佐野 雅彦 : 学習用プロセッサに関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 115, 2013年9月.
20) 2,013 国内講演発表 大畑 翔太郎, 佐野 雅彦 : システムコール転送による分散処理に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 308, 2013年9月.
21) 2,013 国内講演発表 辻 明典, 伊藤 大輔, 木本 圭子, 合原 一究, 関川 宗久, 上田 哲史, 合原 一幸, 川上 博 : LEDホタルによるゲンジボタルの発光同期パタンの解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 3, 2013年9月.
22) 2,013 国内講演発表 金西 計英, 戸川 聡, 松浦 健二 : eラーニングシステム間のデータ連携について, 日本教育工学会第29回全国大会講演論文集, 687-688, 2013年9月.
23) 2,013 国内講演発表 鈴木 尚子 : スロヴェニアにおける生涯学習推進に向けた動向と課題―国立成人教育研究所の役割を中心に―, 日本社会教育学会第60回研究大会プログラム発表要旨集録, 110, 2013年9月.
24) 2,013 国内講演発表 三戸 太郎, 友成 さゆり, 野地 澄晴 : 発生・再生研究のモデル昆虫,フタホシコオロギのゲノム解析, NGS現場の会 第3回研究会, 2013年9月.
25) 2,013 国内講演発表 三戸 太郎, 渡辺 崇人, 松岡 佑児, 野地 澄晴 : ゲノム編集によるフタホシコオロギの機能ゲノミクス, 昆虫ポストゲノム研究会2013, 2013年10月.
26) 2,013 国内講演発表 渡辺 崇人, 松岡 佑児, 石原 聡, 三戸 太郎, 野地 澄晴 : CRISPR/Cas システムを用いたフタホシコオロギにおける遺伝子ノックアウト, 第3回ゲノム編集研究会, 2013年10月.
27) 2,013 国内講演発表 Akihiro Yasue, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Teppei Watanabe, T Sakuma, Seiichi Oyadomari, T Yamamoto, Sumihare Noji, Taro Mito and Eiji Tanaka : A high efficient gene targeting in one-cell mouse embryos mediated by TALEN and CRISPR/Cas system, 第36回日本分子生物学会, Dec. 2013.
28) 2,013 国内講演発表 Akihiro Yasue, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Teppei Watanabe, T Sakuma, Seiichi Oyadomari, T Yamamoto, Sumihare Noji, Taro Mito and Eiji Tanaka : A high efficient gene targeting in one-cell mouse embryos mediated by TALEN and CRISPR/Cas system, 第36回日本分子生物学会, Dec. 2013.
29) 2,013 国内講演発表 三阪 一徳 : 土器成形方法に関する一考察:朝鮮半島南部の新石器・青銅器時代移行期を事例として, 平成25年度九州史学会考古学部会, 2013年12月.
30) 2,013 国内講演発表 吉田 博, 金西 計英 : 学生討議型授業コンサルテーションの成果と課題, 平成25年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 8-9, 2013年12月.
31) 2,013 国内講演発表 枝川 恵理, 斉藤 くるみ, 佐々木 奈三江, 亀岡 由佳, 吉田 博 : 大学図書館を活用した学習支援の試み, 平成25年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 10-11, 2013年12月.
32) 2,013 国内講演発表 三戸 太郎, 渡辺 崇人, 松岡 佑児, 山本 卓, 野地 澄晴 : ゲノム編集技術によるノックアウトコオロギの作製, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月.
33) 2,013 国内講演発表 大津 智弘, 藤本 憲市, 上田 哲史, 合原 一幸, 吉永 哲哉 : 最大リアプノフ指数による安定固定点の分岐回避, 電子情報通信学会2014年総合大会講演論文集, SS49-SS50, 2014年3月.
34) 2,013 国内講演発表 伊藤 大輔, 大津 智弘, 藤本 憲市, 上田 哲史, 合原 一幸, 吉永 哲哉 : 最大リアプノフ指数を用いた分岐抑制制御, 第1回制御部門マルチシンポジウム資料, 742-745, 2014年3月.
35) 2,013 国内講演発表 榊原 暢久, 吉田 博 : 「理工系の講義形式授業の中で学生を輝かせるひと工夫」WSプログラム開発について, 第20回大学教育研究フォーラム発表論文集, 92-93, 2014年3月.
36) 2,013 国内講演発表 吉田 博, 佐々木 奈三江, 亀岡 由佳 : 学生と図書館職員が運営する学修支援活動の取り組み, 第20回大学教育研究フォーラム発表論文集, 108-109, 2014年3月.
37) 2,013 国内講演発表 山本 堅一, 吉田 博, 服部 憲児 : FD実質化に必要な新たな視座, 第20回大学教育研究フォーラム発表論文集, 184-185, 2014年3月.
38) 2,013 国内講演発表 吉田 博 : <ラウンドテーブル>学生とともに進めるFD [話題提供3]学生FD活動の振り返りと今後の可能性, 第20回大学教育研究フォーラム発表論文集, 216-217, 2014年3月.
39) 2,013 国内講演発表 関 陽介, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 上田 哲史 : 属性管理とセキュリティレベルの多重化について, 情報・システムソサイエティ特別企画 学生ポスターセッション予稿集, 119, 2014年3月.
40) 2,013 国内講演発表 上田 哲史, 伊藤 大輔 : 分岐を求めるということ, 電子情報通信学会2014年総合大会講演論文集, SS35-SS38, 2014年3月.
41) 2,013 国内講演発表 伊藤 大輔, 間野 翔大, 上田 哲史 : カオス中の疑似周期軌道の安定化, 電子情報通信学会2014年総合大会講演論文集, SS57-SS58, 2014年3月.
42) 2,013 国内講演発表 三戸 太郎, 渡辺 崇人, 野地 澄晴 : CRISPR/Casシステムを用いたフタホシコオロギにおけるゲノム編集, 第58回日本応用動物昆虫学会大会, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 作品等

(なし)

2013年度(平成25年度) / その他・研究会

1) 2,013 その他・研究会 端野 晋平 : 列島稲作開始期の研究の現状について, 考古フォーラム蔵本5月例会, 2013年5月.
2) 2,013 その他・研究会 八木 香奈枝, 佐野 雅彦 : WiMAX-徳島大学 キャンパス間ネットワーク接続, 第25回 情報処理センター等担当者技術発表会 報告集, 75-76, 2013年8月.
3) 2,013 その他・研究会 早渕 純子, 西尾 よしみ, 横山 小百合, 西田 洋子, 岡久 玲子, 武内 早苗, 井﨑 ゆみ子, 前田 健一 : 特定保健指導対象職員の食行動について, --- 3年間の食行動質問票の集計を基に ---, 第43回中国四国大学保健管理研究集会報告書, Vol.43, 59-63, 2013年10月.
4) 2,013 その他・研究会 泰江 章博, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 渡辺 崇人, 佐久間 哲史, 親泊 政一, 山本 卓, 野地 澄晴, 三戸 太郎, 田中 栄二 : TALEN,CRISPR/Casシステムを用いたマウス1細胞期胚における標的遺伝子破壊, 第3回ゲノム編集研究会, 2013年10月.
5) 2,013 その他・研究会 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : BVP発振器の結合方式による分岐と発振状態の特徴, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.271, 117-122, 2013年10月.
6) 2,013 その他・研究会 稲葉 純平, 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 4次元自律系のバースト発振の解析, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.271, 199-204, 2013年10月.
7) 2,013 その他・研究会 Shota Mano, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Emergent Control of Pseudo Periodic Orbits in Chaotic Dynamical Systems, IEICE Technical Report, Vol.113, No.341, 55-58, Dec. 2013.
8) 2,013 その他・研究会 根本 淳子, 和田 卓人, 竹岡 篤永, 高橋 暁子, 久保田 真一郎, 鈴木 克明 : 「学びのスケッチ」による振り返りの改善, 教育システム情報学会2013年度第5回研究会(高知工科大学)研究報告, Vol.28, No.5, 15-16, 2014年1月.
9) 2,013 その他・研究会 高橋 暁子 : 学習内容や学習方法の選択を支援するMoodleプラグインの最新動向, Moodle Moot 2014, 2014年2月.
10) 2,013 その他・研究会 三阪 一徳 : 土器製作技術からみた朝鮮半島南部における新石器時代から青銅器時代への移行, 考古フォーラム蔵本, 2014年2月.
11) 2,013 その他・研究会 高橋 暁子, 吉田 護, 喜多 敏博, 山田 文彦 : Local Knowledge を活かしたコンピテンシー開発のためのPDCAモデルの提案-減災型地域社会リーダーのコンピテンシー開発を事例に-, 日本教育工学会2013年度第5回研究会(愛知工業大学)研究報告集, Vol.14, No.1, 139-142, 2014年3月.
12) 2,013 その他・研究会 根本 淳子, 井ノ上 憲司, 市川 尚, 高橋 暁子, 鈴木 克明 : レイヤーモデルを用いた学習設計支援方法についての検討, 日本教育工学会2013年度第5回研究会(愛知工業大学)研究報告集, Vol.14, No.1, 285-288, 2014年3月.
13) 2,013 その他・研究会 竹岡 篤永, 根本 淳子, 高橋 暁子, 柴田 喜幸, 鈴木 克明 : ストーリー中心型カリ キュラム「オリジナルSCC企画書」提出課題の分析に基づく作成支援ポイントの整理, 日本教育工学会2013年度第5回研究会(愛知工業大学)研究報告集, Vol.14, No.1, 123-128, 2014年3月.
14) 2,013 その他・研究会 井内 健介 : 徳島大学の産学官連携推進活動紹介, 大学等シーズ・ニーズ創出強化支援事業(イノベーションン対話促進プログラム)ギャザリングin徳島大学, 2014年3月.
15) 2,013 その他・研究会 山田 慶太, 吉岡 真也, 松浦 健二 : 動画像解析を用いた縄跳びフォーム改善支援環境の構築, 人工知能学会研究会資料, Vol.SIG-ALST-B303, 35-38, 2014年3月.
16) 2,013 その他・研究会 高橋 暁子, 吉里 孝子, 本 尚美, 鈴木 克明 : 問題解決型学習のための多段階難易度練習問題の枠組みの提案-新人看護師研修のブレンディング型eラーニングを事例として-, 教育システム情報学会2013年度特集研究会(名古屋学院大学)研究報告, Vol.28, No.7, 81-86, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 報告書

1) 2,013 報告書 端野 晋平 : 徳島大学(南常三島)地域連携プラザ新営その他工事に伴う埋蔵文化財発掘調査, 徳島大学常三島遺跡平成25年度発掘調査概要報告書, 徳島, 2013年12月.
2) 2,013 報告書 武内 早苗, 早渕 純子, 山田 博胤, 西尾 よしみ, 横山 小百合, 西田 洋子, 井﨑 ゆみ子, 前田 健一, 大森 哲郎 : 徳島大学職員への頸動脈エコー実施の試み, 第44回中国四国大学保健管理研究集会報告書, 76-80, 2014年.
3) 2,013 報告書 端野 晋平 : 徳島大学(南常三島)フロンティア研究センター新営に伴う埋蔵文化財発掘調査, 徳島大学常三島遺跡平成25年度発掘調査概要報告書, 徳島, 2014年3月.

2014年度(平成26年度)

2014年度(平成26年度) / 著書

1) 2,014 著書 渡辺 崇人, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 : 第10章 コオロギにおけるZFN,TALEN,CRISPR/Cas9を用いた遺伝子改変, 羊土社, 2014年4月.
2) 2,014 著書 鈴木 尚子 : 「第7章第1節 英国における大学開放の展開と特徴ーイングランドの事例をもとにー」出相泰裕編著『大学開放論ーセンター・オブ・コミュニティ(COC)としての大学ー』, 株式会社 大学教育出版, 岡山, 2014年6月.
3) 2,014 著書 渡辺 崇人, 松岡 佑児, 野地 澄晴, 三戸 太郎 : 進化するゲノム編集技術(真下知士, 城石俊彦監修)第2編第2章第4節 フタホシコオロギにおけるゲノム編集, エヌ・ティー・エス, 2015年1月.
4) 2,014 著書 Katsuyuki Miyawaki, Sumihare Noji and Noriho Kamiya : Transglutaminase-mediated in situ hybridization (TransISH) for mRNA detection in mammalian tissues, Jan. 2015.
5) 2,014 著書 河村 保彦, 高木 均, 前田 健一, 中野 晋, 多田 吉宏 : 機械類の安全運転, 徳島大学工学部, 2015年3月.
6) 2,014 著書 Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Threshold control for stabilization of unstable periodic orbits in chaotic hybrid systems, --- K. Aihara, J. Imura and T. Ueta (eds), Analysis and Control of Complex Dynamical Systems ---, Springer, Tokyo, Mar. 2015.
7) 2,014 著書 Miki Kobayashi, Tetsushi Ueta and Kazuyuki Aihara : Feedback control method based on predicted future states for controlling chaos, --- K. Aihara, J. Imura and T. Ueta (eds), Analysis and Control of Complex Dynamical Systems ---, Springer, Tokyo, Mar. 2015.
8) 2,014 著書 Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga, Tetsushi Ueta and Kazuyuki Aihara : Parametric Control to Avoid Bifurcation Based on Maximum Local Lyapunov Exponent, --- K. Aihara, J. Imura and T. Ueta (eds), Analysis and Control of Complex Dynamical Systems ---, Springer, Tokyo, Mar. 2015.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,014 学術論文 (審査論文) Qing-Ri Jin, Yukiko Bandou, Katsuyuki Miyawaki, Yosuke Shikama, Chisato Kosugi, Nanako Aki, Makoto Funaki and Sumihare Noji : Correlation of fibroblast growth factor 21 serum levels with metabolic parameters in Japanese subjects, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.1.2, 28-34, 2014.
2) 2,014 学術論文 (審査論文) 刀根 佑輔, 麻原 寛之, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 合原 一幸, 高坂 拓司 : 区分非線形離散時間力学系における局所的分岐点の計算法, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.134-C, No.5, 729-736, 2014年.
3) 2,014 学術論文 (審査論文) Hisako Sasaki, Hirofumi Shibata, Kiyoshi Imabayashi, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Prenylated Flavonoids from the Stems and Leaves of Desmodium caudatum and Evaluation of Their Inhibitory Activity against the Film-Forming Growth of Zygosaccharomyces rouxii F51., Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.62, No.27, 6345-6353, 2014.
4) 2,014 学術論文 (審査論文) Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Hiroaki Yanagawa, Takashi Iwase, Sumiko Yoshida, Sato Chiho, Saijo Tomoka, Hiroaki Mikasa, Kashiwada Yoshizaki, Yoshihisa Takaishi, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto and Masataka Sata : Efficacy and safety of Citrus sudachi peel in obese adults:A randomized, double-blind, pilot study, Functional Foods in Health and Disease, Vol.4, No.6, 276-284, 2014.
5) 2,014 学術論文 (審査論文) Akihiro Yasue, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Takahito Watanabe, Tetsushi Sakuma, Seiichi Oyadomari, Takashi Yamamoto, Sumihare Noji, Taro Mito and Eiji Tanaka : Highly efficient targeted mutagenesis in one-cell mouse embryos mediated by the TALEN and CRISPR/Cas systems., Scientific Reports, Vol.4, 5705, 2014.
6) 2,014 学術論文 (審査論文) Chika Hashida, Naonobu Tanaka, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Hypelodins A and B, polyprenylated benzophenones from Hypericum elodeoides., Journal of Natural Medicines, Vol.68, No.4, 737-742, 2014.
7) 2,014 学術論文 (審査論文) Naoko Suzuki : New Trends in Learning about Disaster Prevention: Some Lessons from the 2011 Great East Japan Earthquake, Literacy Information and Computer Education Journal, Vol.5, No.2, 1458-1464, 2014.
8) 2,014 学術論文 (審査論文) 松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 関 陽介, 松村 健, 八木 香奈枝 : 徳島大学における情報システム BCP および 非常時のワイヤレスアクセスラインの整備, 学術情報処理研究, Vol.18, No.18, 99-107, 2014年.
9) 2,014 学術論文 (審査論文) 佐野 雅彦, 八木 香奈枝, 上田 哲史 : 徳島大学情報センターにおけるISMSの効果, 学術情報処理研究, Vol.18, No.18, 90-98, 2014年.
10) 2,014 学術論文 (審査論文) Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka, Jun'ichi Imura and Kazuyuki Aihara : Controlling chaos of hybrid systems by variable threshold values, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.24, No.10, 1450125-1-1450125-12, 2014.
11) 2,014 学術論文 (審査論文) Naoko Suzuki : The meaning of culture dissemination in Japanese intergenerational learning / Il senso della disseminazione culturale per l'apprendimento intergenerazionale in Giappone, FORMAZIONE & INSEGNAMENTO. European Journal of Research on Education and Teaching, No.2, 73-81, 2014.
12) 2,014 学術論文 (審査論文) 金西 計英, 戸川 聡, 松浦 健二 : エージェント方式によるWebサービス間のデータ同期の検討, 日本教育工学会論文誌, Vol.38, 121-124, 2014年.
13) 2,014 学術論文 (審査論文) Goto Tsuyoshi, Hirazawa Noritaka, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Antiparasitic effects of Sophora flavescens root extracts on the ciliate, Cryptocaryon irritans, Aquaculture, Vol.435, No.C, 173-177, 2015.
14) 2,014 学術論文 (審査論文) 高橋 暁子, 吉田 護, 喜多 敏博, 山田 文彦 : Local Knowledgeを活かした減災型地域社会リーダーのコンピテンシー設計プロセス, 日本教育工学会論文誌, Vol.38, No.Suppl, 57-60, 2015年.
15) 2,014 学術論文 (審査論文) 松浦 健二, 濱上 佳祐, 山田 慶太 : 等位置での反復運動スキル学習支援システムーフラフープスキルを対象として, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J98-D, No.1, 61-70, 2015年.
16) 2,014 学術論文 (審査論文) Tsuyoshi Goto, Noritaka Hirazawa, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Antiparasitic effect of matrine and oxymatrine (quinolizidine alkaloids) on the ciliate Cryptocaryon irritans in the red sea bream Pagrus major., Aquaculture, Vol.437, 339-343, 2015.
17) 2,014 学術論文 (審査論文) Yoshiyasu Ishimaru, Taro Nakamura, Tetsuya Bando, Yuji Matsuoka, Hideyo Ohuchi, Sumihare Noji and Taro Mito : Involvement of dachshund and Distal-less in distal pattern formation of the cricket leg during regeneration., Scientific Reports, Vol.5, 8387, 2015.
18) 2,014 学術論文 (審査論文) 磯野 巧 : 東京都大島町における自然ガイド活動の地域的展開, 地学雑誌, Vol.124, No.1, 43-63, 2015年.
19) 2,014 学術論文 (審査論文) 久保田 祐歌, 池田 史子 : 大学教育におけるクリティカルシンキング : 育成課題の検討, 名古屋高等教育研究, No.15, 139-160, 2015年.
20) 2,014 学術論文 (審査論文) 鴨澤 小織, 鈴木 尚子 : イングランドにおける社会的包摂に向けた支援ーブレア政権の社会的排除対策とボランタリー・セクターの役割ー, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.24, 19-29, 2015年.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,014 学術論文 (紀要その他) 端野 晋平 : 朝鮮半島・日本列島における過去の気候変動データの検討, 東アジア古文化論攷, Vol.1, 318-335, 2014年.
2) 2,014 学術論文 (紀要その他) 脇山 佳奈 : 四川省・重慶市における漢代俑の研究, 高梨学術奨励基金年報 平成25年度研究成果概要報告, 283-290, 2014年.
3) 2,014 学術論文 (紀要その他) 三阪 一徳 : 土器からみた北部九州弥生時代開始期の地域差, 森浩一先生に学ぶ―森浩一先生追悼論集―, 同志社大学考古学シリーズⅪ, 245-260, 2015年.
4) 2,014 学術論文 (紀要その他) 磯野 巧, 安村 健亮, 渡辺 亮佑, 梁 鎮武, 曲 宇航 : 中山道望月宿における歴史的町並みの形成過程, 地域研究年報, Vol.37, 1-31, 2015年.
5) 2,014 学術論文 (紀要その他) 三阪 一徳 : 遼東半島先史時代の土器製作技術―上馬石貝塚を中心として―, 遼東半島上馬石貝塚の研究, 179-202, 2015年.
6) 2,014 学術論文 (紀要その他) 端野 晋平 : 石崎曲り田遺跡住居群の系譜, 国立大学法人徳島大学埋蔵文化財調査室紀要, No.1, 3-31, 2015年.
7) 2,014 学術論文 (紀要その他) 脇山 佳奈 : 庄・蔵本遺跡出土銅鐸破片の意義, 国立大学法人徳島大学埋蔵文化財調査室紀要, No.1, 33-42, 2015年.
8) 2,014 学術論文 (紀要その他) 赤池 雅史, 川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 川瀬 和也, 上岡 麻衣子 : 2014年度徳島大学FD推進プログラムの実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.12, 90-111, 2015年.

2014年度(平成26年度) / 学術レター

1) 2,014 学術レター 端野 晋平 : 徳大構内遺跡を掘る!, 徳島大学埋蔵文化財調査室ニュースレター, No.1, 2014年.

2014年度(平成26年度) / 総説・解説

1) 2,014 総説・解説 端野 晋平 : 〔教員の寄贈著書コーナー〕古代学協会編『列島初期稲作の担い手は誰か』(端野晋平執筆), 国立大学法人徳島大学 附属図書館報 メールマガジン「す だ ち」, No.113, 2014年6月.
2) 2,014 総説・解説 田中 俊夫 : なぜランニングが魅力的なスポーツになってきたか, 臨床スポーツ医学, Vol.31, No.9, 812-816, 2014年9月.
3) 2,014 総説・解説 後藤田 中, 松浦 健二 : フィジカル・コンピューティングによる健康向上支援の先行的取り組み, 医療機器学, Vol.84, No.6, 645-651, 2014年12月.

2014年度(平成26年度) / 国際会議

1) 2,014 国際会議 Sumihare Noji, Taro Mito, Bando Tetsuya, Nakamura Taro, Takahito Watanabe, Ishimaru Yoshiyasu and Hideyo Ohuchi : Regeneration of insect legs from stem cells, Thirteenth International Congress on Invertebrate Reproduction and Development, Detroit, Detroit, MI, USA, Jul. 2014.
2) 2,014 国際会議 Satoshi Togawa and Kazuhide Kanenishi : Private Cloud Collaboration Framework for e-Learning Environment for Disaster Recovery using Smartphone Alert Notification, Proc. of 16th International Conference, HCI International 2014, 118-126, Crete, Jul. 2014.
3) 2,014 国際会議 Yoshihiro Suyama, Naonobu Tanaka, Shin-ichiro Kurimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Shun-Lin Li, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Studies on medicinal plants of Yunnan province: constituents of Gentiana rigescens, Planta Medica, Vol.80, 785, Oxford, Mississipi, USA, Aug. 2014.
4) 2,014 国際会議 Sang-Yong Kim, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Jun'ichi Kobayashi and Mareshige Kojoma : Studies on the constituents of Chloranthus japonicus sieb., Planta Medica, Vol.80, 784, Oxford, Mississipi, USA, Aug. 2014.
5) 2,014 国際会議 Shinya Yoshioka, Keita Yamada and Kenji Matsuura : Supporting system for the form improvement on rope skipping skill by image processing, 2014 IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics, 328-331, Kitakyusyu, Japan, Aug. 2014.
6) 2,014 国際会議 Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Border-collision bifurcations for the mathematical model of the TCP-RED, Proc. NOLTA2014, 779-782, Luzern, Sep. 2014.
7) 2,014 国際会議 Kenji Hishikawa, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of Coupled Dictyostelium Oscillators, Proc. NOLTA2014, 419-422, Luzern, Sep. 2014.
8) 2,014 国際会議 Shota Mano, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Pseudo periodic orbits and their stabilization, Proc. NOLTA2014, 775-778, Luzern, Sep. 2014.
9) 2,014 国際会議 Yuu Miino, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Bifurcation analysis of coupled Izhikevich neuron model with an external periodic force, Proc. NOLTA2014, 807-810, Luzern, Sep. 2014.
10) 2,014 国際会議 Akihiro Yasue, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Teppei Watanabe, T Sakuma, Seiichi Oyadomari, T Yamamoto, Sumihare Noji, Taro Mito and Eiji Tanaka : Highly efficient targeted mutagenesis in one-cell mouse embryos mediated by TALEN and CRISPR/Cas systems, X meeting for Spanish Society for Developmental Biology (SEBD), Madrid, Oct. 2014.
11) 2,014 国際会議 Satoshi Togawa and Kazuhide Kanenishi : Disaster Recovery Framework for e-Learning Environment based on Private Cloud Collaboration, Proc. of 13th International Conference WWW/Internet 2014 (ICWI2014), 387-390, Porto, Oct. 2014.
12) 2,014 国際会議 Keita Yamada and Kenji Matsuura : Design of an Environment for Motor-skill Development based on Real-time Feedback, Workshop Proceedings of the International Conference on Computers in Education, 799-804, Nara, Japan, Nov. 2014.
13) 2,014 国際会議 LKHAGVASUREN Erdenesaikhan, Kenji Matsuura, Kousuke Mouri and Hiroaki Ogata : Learning Log Dashboard: to see your own progress, Proceedings of the International Conference on Computers in Education, 528-532, Nara, Japan, Dec. 2014.
14) 2,014 国際会議 Kenji Matsuura, Yosuke Seki, Masahiko Sano and Tetsushi Ueta : Design and Implementation of Organizational Authorization for a Network Monitoring System, Proceedings of the Second International Symposium on Computing and Networking, 605-607, Shizuoka, Japan, Dec. 2014.
15) 2,014 国際会議 Satoshi Togawa and Kazuhide Kanenishi : Building of a Disaster Recovery Framework for e-Learning Environment using Private Cloud Collaboration, Proc. of International Conference on Sustainability, Technology and Education 2014 (STE2014), 233-237, New Taipei City, Dec. 2014.
16) 2,014 国際会議 Yu Miino, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Bifurcation analysis for the forced Alpazur oscillator, Proc. NCSP 2015, 158-161, Kuala Lumpur, Mar. 2015.
17) 2,014 国際会議 Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Stability control with a threshold value of the stepping motor, Proc. NCSP 2015, 397-400, Kuala Lumpur, Mar. 2015.
18) 2,014 国際会議 Kenji Hishikawa, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Bifurcations and Phase Differences of Nonlinear Coupled Dictyostelium System, Proc. NCSP 2015, 401-404, Kuala Lumpur, Mar. 2015.
19) 2,014 国際会議 Shota Mano, Daisuke Ito and Tetsushi Ueta : Circuit implementation of controlling chaos using pseudo periodic orbit, Proc. NCSP 2015, 405-408, Kuala Lumpur, Mar. 2015.
20) 2,014 国際会議 Satoshi Togawa and Kazuhide Kanenishi : Imprementation of Programming Error Understanding Tools for Programming Learners in the Elementary Grades, Proc. of 2015 International Workshop on Nonlinear Circuits Communications and Signal Processing (NCSP2015),, 437-440, Kuala Lumpur, Mar. 2015.

2014年度(平成26年度) / 国内講演発表

1) 2,014 国内講演発表 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物Chloranthus japonicusの成分について, 日本生薬学会北海道支部第38回例会, 68, 2014年5月.
2) 2,014 国内講演発表 渡辺 崇人, Yuji Matsuoka, 三戸 太郎, 野地 澄晴 : Targeted gene disruption in the cricket, Gryllus bimaculatus, using CRISPR/Cas9 system, 第47回日本発生生物学会, 2014年5月.
3) 2,014 国内講演発表 Yoshimasa Hamada, Tetsuya Bando, 三戸 太郎, Kenji Tomioka, 野地 澄晴, 大内 淑代 : Epigenetic regulation of gene expressions via methylation on histone H3 27th lysine residue during leg regeneration, 第47回日本発生生物学会, 2014年5月.
4) 2,014 国内講演発表 松岡 佑児, Tetsuya Bando, 渡辺 崇人, 野地 澄晴, 三戸 太郎 : Functions of Polycomb group gene in regulation of Hox gene expression in a primitive mode of insect embryogenesis in the cricket Gryllus bimaculatus, 第47回日本発生生物学会, 2014年5月.
5) 2,014 国内講演発表 Silvia Mitsui, 泰江 章博, Issei Imoto, Seiichi Oyadomari, 野地 澄晴, 三戸 太郎, Eiji Tanaka : In vivo study of Msx1 gene in mice using CRISPR/Cas system, 第47回日本発生生物学会, 2014年5月.
6) 2,014 国内講演発表 三阪 一徳 : 朝鮮半島/韓半島青銅器時代土器の日本列島における受容と変容, 平成26年度瀬戸内海考古学研究会 第4回公開大会, 1-10, 2014年5月.
7) 2,014 国内講演発表 原田 健太郎 : 「地(知)の拠点整備事業」に関する研究, 大学教育学会第36回大会発表要旨集録, 232-233, 2014年5月.
8) 2,014 国内講演発表 吉田 博, 金西 計英 : 学生討議型授業コンサルテーションの取り組みと効果に関する一考察, 大学教育学会第36回大会 発表要旨集禄, 222-223, 2014年6月.
9) 2,014 国内講演発表 鈴木 尚子 : ラトヴィアにおける若年者支援事業と成人教育事業の関係性―ツェーシス市の事例をもとに―, 日本比較教育学会第50回大会発表要旨集録, 134, 2014年7月.
10) 2,014 国内講演発表 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 前田 桂, 高上馬 希重 : センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)の成分について, 日本生薬学会第61回年会, 143, 2014年9月.
11) 2,014 国内講演発表 粟田 ひろ子, 和久田 亮, 松本 幸久, 中村 太郎, 松岡 佑児, 浜中 良隆, 野地 澄晴, 三戸 太郎, 水波 誠 : コオロギの学習の分子メカニズム, 第85回日本動物学会大会, 2014年9月.
12) 2,014 国内講演発表 吉岡 真也, 山田 慶太, 松浦 健二 : 画像処理による縄跳びフォーム改善支援, 教育システム情報学会第39回全国大会講演論文集, 387-388, 2014年9月.
13) 2,014 国内講演発表 竹岡 篤永, 根本 淳子, 高橋 暁子, 鈴木 克明 : "学習者個人に係わる要因"分析によるストーリー中心型カリキュラム(SCC)アドオンの方向性の再検討, 教育システム情報学会第39回全国大会発表論文集, 125-126, 2014年9月.
14) 2,014 国内講演発表 金西 計英, 松浦 健二, 高橋 暁子, 戸川 聡 : 高等教育機関における教育システムのためのプライベートクラウドの構築, 教育システム情報学会第39回全国大会講演論文集, 143-144, 2014年9月.
15) 2,014 国内講演発表 高橋 暁子, 喜多 敏博 : 学習内容の選択を支援するMoodleプラグイン - Moodle2での動作のためのアップデート -, 教育システム情報学会第39回全国大会発表論文集, 223-224, 2014年9月.
16) 2,014 国内講演発表 戸川 聡, 金西 計英 : プライベートクラウド連携によるLMS 減災フレームワークの構築, 教育システム情報学会第39回全国大会講演論文集, 145-146, 2014年9月.
17) 2,014 国内講演発表 松浦 健二 : 反復運動を対象とした身体(運動)スキル開発支援, 教育システム情報学会第39回全国大会公開フォーラム, 2014年9月.
18) 2,014 国内講演発表 根本 淳子, 市川 尚, 井ノ上 憲司, 高橋 暁子, 竹岡 篤永, 鈴木 克明 : ID基礎力養成に向けたID実力チェックの設計, 教育システム情報学会第39回全国大会発表論文集, 411-412, 2014年9月.
19) 2,014 国内講演発表 松田 基希, 佐野 雅彦 : ファイアーウォールルールの可視化に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 259, 2014年9月.
20) 2,014 国内講演発表 尾方 裕一, 上田 哲史, 松浦 健二, 佐野 雅彦 : 時系列分析手法を用いた端末利用予報, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 330, 2014年9月.
21) 2,014 国内講演発表 中屋敷 義浩, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 松浦 健二 : スケジューリングを鑑みたイベント情報共有システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 339, 2014年9月.
22) 2,014 国内講演発表 立井 宏明, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 松浦 健二 : PC上の作業ログを活用した学生支援システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 342, 2014年9月.
23) 2,014 国内講演発表 辻 明典, 藤岡 慧明, 伊藤 大輔, 木本 圭子, 合原 一究, 関川 宗久, 上田 哲史, 合原 一幸, 川上 博 : LEDホタルによる自然ホタルの強制同期, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 12, 2014年9月.
24) 2,014 国内講演発表 高橋 暁子, 金西 計英 : eラーニングおける受講状況の分析:学習行動の7分類を用いて, 日本教育工学会第30回全国大会発表論文集, 191-192, 2014年9月.
25) 2,014 国内講演発表 井ノ上 憲司, 市川 尚, 高橋 暁子, 竹岡 篤永, 根本 淳子, 鈴木 克明 : 教材設計マニュアルによる教材作成を支援するJob-Aidツールの拡張, 日本教育工学会第30回全国大会発表論文集, 219-220, 2014年9月.
26) 2,014 国内講演発表 鈴木 尚子 : 英国における寄宿制成人教育施設をめぐる動向と今日的役割―フィルクロフト・カレッジを事例として―, 日本社会教育学会第61回研究大会発表要旨集録, 99, 2014年9月.
27) 2,014 国内講演発表 栗本 慎一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久, 普 建新, 孫 漢董, 中村 隆典 : シソ科植物Scutellaria coleifoliaのジテルペノイド成分, 第56回天然有機化合物討論会, 291-296, 2014年10月.
28) 2,014 国内講演発表 洲山 佳寛, 田中 直伸, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省伝統薬物に関する研究(25) -Gentiana rigescensの成分研究(5)-, 第53回日本薬学会中国四国支部学術大会, 157, 2014年11月.
29) 2,014 国内講演発表 河野 仁美, 泰江 章博, 石丸 善康, 井上 順治, 渡辺 崇仁, 板東 哲哉, 親泊 政一, 野地 澄晴, 三戸 太郎, 山本 卓, 田中 栄二, 大内 淑代 : CRISPR/CasシステムによるPax6 遺伝子破壊マウスの解析, 第37回日本分子生物学会, 2014年11月.
30) 2,014 国内講演発表 川瀬 和也 : 現実性と「概念の生成」(シンポジウムIII 『大論理学』本質論刊行200周年記念「本質論から概念論へ――「現実」章の検討」, ヘーゲル哲学研究, No.20, 113-127, 2014年12月.
31) 2,014 国内講演発表 吉田 博, 川野 卓二, 上岡 麻衣子, 宮田 政徳 : 学士課程教育の体系化を可視化するためのカリキュラムマップ作成に関わるFDと現状の課題, 平成26年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 22-23, 2014年12月.
32) 2,014 国内講演発表 片山 裕之, 枝川 恵理, 上村 菜月, 佐々木 奈三江, 亀岡 由佳, 岩野 宏治, 吉田 博 : 学習スタイルの向上・改善を目指した学生と図書館職員の協働による実践の成果と課題, 平成26年度大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 24-25, 2014年12月.
33) 2,014 国内講演発表 上岡 麻衣子, 川野 卓二 : 第1回と第2回の教員の教育に関する意識調査の比較, 平成26年度FD推進プログラム 大学教育カンファレンスin徳島 抄録集, 72-73, 2014年12月.
34) 2,014 国内講演発表 磯野 巧 : オーストラリアにおけるジオパーク運動をめぐる地方自治体の対応, 日本地理学会2015年春季学術大会, 2015年3月.
35) 2,014 国内講演発表 吉田 博, 宮田 政徳, 上岡 麻衣子, 山田 剛史 : SPODにおいて標準化された新任教員研修の成果と課題, 第21回大学教育研究フォーラム発表論文集, 106-107, 2015年3月.
36) 2,014 国内講演発表 亀岡 由佳, 佐々木 奈三江, 岩野 宏治, 吉田 博 : 学生・教員・図書館職員の協働による学修支援の取り組み, 第21回大学教育研究フォーラム発表論文集, 98-99, 2015年3月.
37) 2,014 国内講演発表 関 陽介, 松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 尾方 裕一 : 時系列データ分析による端末利用予測システム, 情報処理学会第77回全国大会講演論文集, 27-28, 2015年3月.
38) 2,014 国内講演発表 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分について, 日本薬学会第135年会, Vol.2, 228, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 作品等

1) 2,014 作品等 川野 卓二, 宮田 政徳, 吉田 博, 川瀬 和也, 久保田 祐歌, 金西 計英, 井戸 慶治, 齊藤 隆仁 : 徳島大学SIH道場∼アクティブ・ラーニング入門∼(平成27年度), 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / その他・研究会

1) 2,014 その他・研究会 市川 尚, 根本 淳子, 井ノ上 憲司, 高橋 暁子, 竹岡 篤永, 鈴木 克明 : IDポータルサイトの現状と改善, 日本教育メディア学会2014年度第1回研究会研究会論集, No.37, 29-34, 2014年7月.
2) 2,014 その他・研究会 八木 香奈枝, 佐野 雅彦, 松浦 健二 : 有線ネットワーク及び仮想化基盤設備の整備, 第26回 情報処理センター等担当者技術発表会 報告集, 74-75, 2014年8月.
3) 2,014 その他・研究会 関 陽介, 松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦 : 徳島大学における学認利用申請システムの開発と運用, 第18回学術情報処理研究集会発表論文集, 51-56, 2014年9月.
4) 2,014 その他・研究会 伊藤 大輔, 上田 哲史 : ネットワークルータの輻輳制御における分岐現象の解析, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.114, No.250, 175-178, 2014年10月.
5) 2,014 その他・研究会 間野 翔大, 伊藤 大輔, 上田 哲史 : 疑似周期軌道を用いたカオス制御とその実装, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.114, No.250, 125-128, 2014年10月.
6) 2,014 その他・研究会 美井野 優, 伊藤 大輔, 上田 哲史 : 外力を印加した結合ニューロンモデルの応答, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.114, No.250, 119-123, 2014年10月.
7) 2,014 その他・研究会 菱川 健治, 伊藤 大輔, 上田 哲史 : 非線形結合における同期特性, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.114, No.250, 171-174, 2014年10月.
8) 2,014 その他・研究会 山田 慶太, 松浦 健二 : 試行間の関係性を考慮したフラフープ制御スキル開発支援環境の設計, 人工知能学会研究会資料, Vol.SIG-ALST-B402, 30-33, 2014年11月.
9) 2,014 その他・研究会 大津 智弘, 藤本 憲市, 上田 哲史, 合原 一幸 : Duffing方程式における安定周期振動の分岐回避, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.114, No.348, 69-74, 2014年11月.
10) 2,014 その他・研究会 高橋 暁子, 竹岡 篤永, 石田 百合子, 鈴木 伸子, 鈴木 克明 : 社会人オンライン大学院修了生のアンケート分析:"修了で身につくコンピテンシー"の充足度の変化を中心に, 教育システム情報学会研究報告, Vol.29, No.5, 173-180, 2015年1月.
11) 2,014 その他・研究会 井内 健介 : Rights of Co-Owners to License Patent rights, 第6回T-SPIN, 2015年1月.
12) 2,014 その他・研究会 伊藤 大輔, 高坂 拓司, 上田 哲史, 川上 博 : 周期外力を印加した電子ホタルにみられる時間応答波形, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.114, No.414, 113-116, 2015年1月.
13) 2,014 その他・研究会 朴 鎮国, 三阪 一徳 : (翻訳)春川中島青銅器時代集落遺跡, 九州考古学会・嶺南考古学会第11回合同考古学大会, 244-247, 2015年1月.
14) 2,014 その他・研究会 吉岡 真也, 松浦 健二 : 手の運動に着目した2重とびスキル学習支援の試み, 人工知能学会研究会資料, Vol.SIG-ALST-B403-11, 56-59, 2015年3月.
15) 2,014 その他・研究会 川瀬 和也 : ヘーゲルと行為論, 行為論研究会 2014年度研究成果報告会, 2015年3月.
16) 2,014 その他・研究会 高橋 暁子, 金西 計英, 松浦 健二, 和田 卓人 : 自己評価と相互評価の差異を可視化する携帯端末用ルーブリック評価ツールの開発, 教育システム情報学会研究報告, Vol.29, No.7, 43-48, 2015年3月.
17) 2,014 その他・研究会 端野 晋平, 三阪 一徳, 脇山 佳奈 : 庄・蔵本遺跡第27次調査の成果, 設楽博己教授(東京大学)科研費基盤研究(A)『植物・土器・人骨の分析を中心とした日本列島農耕文化複合の形成に関する基礎的研究』2014年度成果報告会, 2015年3月.
18) 2,014 その他・研究会 端野 晋平 : 出土資料の整理・公開・活用, 国立大学法人徳島大学埋蔵文化財調査室紀要, No.1, 155-156, 2015年3月.
19) 2,014 その他・研究会 端野 晋平 : 調査室員の研究教育実績, 国立大学法人徳島大学埋蔵文化財調査室紀要, No.1, 157-159, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 報告書

1) 2,014 報告書 原田 健太郎 : 研究における大学間連携の現状, 国立大学の多様な大学間連携に関する調査研究, 51-67, 2014年7月.
2) 2,014 報告書 早渕 純子, 西尾 よしみ, 横山 小百合, 西田 洋子, 岡久 玲子, 武内 早苗, 井﨑 ゆみ子, 前田 健一, 大森 哲郎 : 体重減少が血液検査結果に及ぼす影響について∼5年間の特定保健指導の結果を基に∼, 第44回中国四国保健管理研究集会報告書, 71-75, 2014年10月.
3) 2,014 報告書 佐藤 高則, 宮田 政徳, 堤 和博, 福田 利久 スティーブ, 齊藤 隆仁, 古屋 S. 玲, 吉本 勝彦, 三好 德和, 荒木 秀夫 : 全学共通教育センター FDの歴史, 徳島大学FDの歴史, Vol.2, 91-111, 徳島, 2014年12月.
4) 2,014 報告書 端野 晋平 : 平成26年度徳島県立農業大学校跡地内試掘調査概要報告書-国立大学法人徳島大学生物資源産業学部(仮称)豚舎新営地点-, 2015年2月.
5) 2,014 報告書 端野 晋平 : 基本層序, 新蔵遺跡-地域・国際交流プラザ地点-, 17, 2015年3月.
6) 2,014 報告書 中原 計, 端野 晋平 : 遺構, 新蔵遺跡-地域・国際交流プラザ地点-, 17-105, 2015年3月.
7) 2,014 報告書 端野 晋平 : 銭貨, 新蔵遺跡-地域・国際交流プラザ地点-, 535-537, 2015年3月.
8) 2,014 報告書 三阪 一徳 : 立会調査の概要, 国立大学法人徳島大学埋蔵文化財調査室紀要, No.1, 145-154, 徳島, 2015年3月.
9) 2,014 報告書 端野 晋平, 三阪 一徳, 脇山 佳奈, 山口 雄治 : 庄・蔵本遺跡第27次調査(立体駐車場地点)の成果, 国立大学法人徳島大学埋蔵文化財調査室紀要, No.1, 43-97, 2015年3月.
10) 2,014 報告書 端野 晋平 : 発掘調査の概要, 国立大学法人徳島大学埋蔵文化財調査室紀要, No.1, 121-143, 2015年3月.
11) 2,014 報告書 端野 晋平 : 業務・活動報告のまとめ, 国立大学法人徳島大学埋蔵文化財調査室紀要, No.1, 161, 2015年3月.

2015年度(平成27年度)

2015年度(平成27年度) / 著書

1) 2,015 著書 Takumi Isono : Structural Change of Tourist Destinations through Developing the Geopark Movement in Australia, Jul. 2015.
2) 2,015 著書 住谷 さつき : 強迫性障害, 南々社, 2015年8月.
3) 2,015 著書 鈴木 尚子 : 「SD推進に向けた欧州高等教育機関と非営利組織による連携の意義と課題―ファッション産業従事者養成の事例をもとに―」,日本社会教育学会編『日本の社会教育第59集 ESDとしての社会教育:持続可能な地域をつくる』, 東洋館出版社, 東京, 2015年9月.
4) 2,015 著書 馬場 祐次朗 : 青年とボランティア活動, 青少年問題研究所, 2015年10月.
5) 2,015 著書 Takahito Watanabe, Sumihare Noji and Taro Mito : GeneKnockout by Targeted Mutagenesis in a Hemimetabolous Insect, the Two-Spotted Cricket Gryllus bimaculatus, using TALENs. In TALENs: Methods and Protocols (Ralf Kuhn et al. eds.), Springer, New York, 2016.
6) 2,015 著書 馬場 祐次朗 : 子供・青少年にかかわるボランティア活動の広がり, 学文社, 2016年3月.

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,015 学術論文 (審査論文) 高橋 暁子, 吉里 孝子, 本 尚美, 鈴木 克明 : 新人看護師対象フィジカルアセスメント研修における多段階オンライン練習問題の開発と実践, 教育システム情報学会誌, Vol.32, No.2, 186-191, 2015年.
2) 2,015 学術論文 (審査論文) Y Kadomura-Ishikawa, Katsuyuki Miyawaki, Akira Takahashi, Toshiya Masuda and Sumihare Noji : Light and abscisic acid independently regulated FaMYB10 in Fragaria x ananassa fruit, Planta, Vol.241, No.4, 953-965, 2015.
3) 2,015 学術論文 (審査論文) J Adam Mellott, Keerthana Devarajan, E Heather Shinogle, S David Moore, Zsolt Talata, S Jennifer Laurence, Laird M Forrest, Sumihare Noji, Eiji Tanaka, Hinrich Staecker and S Michael Detamore : Nonviral Reprogramming of Human Wharton's Jelly Cells Reveals Differences Between ATOH1 Homologues., Tissue Engineering. Part A, Vol.21, No.11-12, 1795-1809, 2015.
4) 2,015 学術論文 (審査論文) Yuji Matsuoka, Tetsuya Bando, Takahito Watanabe, Yoshiyasu Ishimaru, Sumihare Noji, Aleksandar Popadic and Taro Mito : Short germ insects utilize both the ancestral and derived mode of Polycomb group-mediated epigenetic silencing of Hox genes., Biology Open, Vol.4, No.6, 702-709, 2015.