RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel.
期間: 2004.4〜2018.3

2004年度(平成16年度)

article.{@.date="20040400 20050399" @.organization=\E{10999}}

2004年度(平成16年度) / 著書

(なし)

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kunio Ishikawa, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama : Effects of neutral sodium hydrogen phosphate on the setting property and hemostatic ability of hydroxyapatite putty as a local hemostatic agent for bone, Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.69B, No.1, 99-103, 2004.
2)Masaaki Takechi, Youji Miyamoto, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Masaru Nagayama and Kunio Ishikawa : Effects of various sterilization methods on the setting and mechanical properties of apatite cement, Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.69B, No.1, 58-63, 2004.
3)武知 正晃, 鎌田 伸之, 久米 景子, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 長山 勝 : 再生不良性貧血患者にみられた異時性口腔多発癌の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.50, No.7, 438-441, 2004年.
4)湯淺 哲也, 武知 正晃, 瀧 雅行, 前田 恵利子, 鎌田 伸之, 長山 勝 : Bernard-Soulier症候群患者の抜歯経験, 四国歯学会雑誌, Vol.17, No.2, 253-256, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2004年度(平成16年度) / 学術レター

(なし)

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

(なし)

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1)Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kunio Ishikawa, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama : Effects of neutral sodium hydrogen phosphate on the setting property and hemostatic ability of hydroxyapatite putty as a local hemostatic agent for bone, Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.69B, No.1, 99-103, Apr. 2004.
2)湯淺 哲也, 大下 修弘, 鎌田 伸之, 江口 覚, 舘原 誠晃, 里村 一人, 長山 勝 : 顎裂閉鎖術を行った精神発達遅滞患者の 1例, 6th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery,第49回日本口腔外科学会総会, 千葉, 2004年10月.
3)Reiko Tokuyama, Kazuhito Satomura, E Maeda, E Kitaoka, Keiko Kume and Masaru Nagayama : Maspin,a Serine Protease Inhibitor,Regulates the Bone Matrix Maturation by Enhancing the Accumulation of Latent TGF-beta, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.19, No.suppl 1, S358, Seattle, Oct. 2004.
4)Seiko Tatehara, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Minamiguchi Siho and Masaru Nagayama : Fabrication and characterization of Porous Alginate/Chitosan/Hydroxyapatite(HAP) composite scaffold, The 5th Asian Bio Ceramics Simposium, Hokkaido, 2005.
5)Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Ishikawa Kunio, Masaaki Takechi, Takano Hideyuki and Masaru Nagayama : Enhancing effects aggregation of platelets by hydroxyapatite putty as a topieal hemontatie agent for bone., First International Conference on Mechanics of Biomaterials&Tissues, 2005.
6)Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kazuhito Satomura, Kenji Fujisawa and Masaru Nagayama : Effect of FGF-2 and Melatonin on the promotion of Osseogenesis around Titanium implants., First International Conference on Mechanics of Biomaterials &Tissues, 2005.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1)中西 宏彰, 湯淺 哲也, 里村 一人, 長山 勝 : 5-アミノレブリン酸を用いて光線力学療法と蛍光診断を行った口腔白板症の1例, 第14回日本口腔粘膜学会総会, 2004年7月.
2)桃田 幸弘, 中西 宏彰, 舘原 誠晃, 湯淺 哲也, 高野 栄之, 南口 知穂, 里村 一人, 林 良夫, 長山 勝 : TS-1を投与した舌癌の2例, 第3回中四国口腔癌研究会, 2004年10月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

(なし)

2004年度(平成16年度) / 報告書

(なし)

2005年度(平成17年度)

article.{@.date="20050400 20060399" @.organization=\E{10999}}

2005年度(平成17年度) / 著書

(なし)

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Tetsuya Yuasa, Youji Miyamoto, Masayuki Kon, Kunio Ishikawa, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Seiko Tatehara, Hideyuki Takano, Shiro Minamiguchi and Masaru Nagayama : Proliferation and Differentiation of Cultured MC3T3-E1 Osteoblasts on Surface-layer Modified Hydroxyapatite Ceramic with Acid and Heat Treatments, Dental Materials Journal, Vol.24, No.2, 207-212, 2005.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2005年度(平成17年度) / 学術レター

(なし)

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

(なし)

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1)Kazuhito Satomura, Masayuki Kon, M Tomonori, Masaaki Takechi, Reiko Tokuyama and Masaru Nagayama : CHARACTERIZATION OF OSTEOPETROTIC MANDIBULAR CORTICAL BONE, Oral &Maxillofacial Surgery, Vol.34, No.1, 138, Austria, Aug. 2005.
2)Kenji Fujisawa, Youji Miyamoto, Eiji Yamauchi, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama : Immediate functional loading of Branemark system implants: One year clinical follow-up study, International Journal of Oral & Maxillofacial Surgery, Vol.34, No.supplement 1, 129, Aug. 2005.
3)Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, K Ishikawa, Masaaki Takechi, H Takano and Masaru Nagayama : Enhancing Effects on Aggregation of Platelets by Hydroxyapatite Putty as a Topical Hemostatic Agent for Bone, The First International Conference on Mechanics of Biomaterials and Tissues, hawaii, Dec. 2005.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1)高野 栄之, 武知 正晃, 里村 一人, 長山 勝 : 舌に発生した対称性脂肪腫症の1例, 第34回(社)日本口腔外科学会中・四国地方会, 2005年5月.
2)太田 真弓, 武知 正晃, 里村 一人, 長山 勝 : 下顎骨に多発した単純性骨嚢胞の1例, 第34回(社)日本口腔外科学会中・四国地方会, 2005年6月.
3)桃田 幸弘, 宮本 洋二, 石川 邦夫, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 南口 知穂, 長山 勝 : 骨止血剤(HAP putty)による血小板凝集能の亢進, 口腔顎顔面外傷, Vol.4, No.1, 24-25, 2005年6月.
4)南口 知穂, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 宮本 洋二, 里村 一人, 長山 勝 : 骨組織再生におけるHAP-PLGA複合体の有用性に関する基礎研究, 第59回日本口腔科学会総会, 2005年9月.
5)高野 栄之, 武知 正晃, 舘原 誠晃, 南口 知穂, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 長山 勝 : オッセオインテグレーションにおけるリセドロネートとヒト塩基性線維芽細胞成長因子の促進効果, 第35回日本口腔インプラント学会総会・学術大会, 2005年9月.
6)舘原 誠晃, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 高野 栄之, 宮本 洋二, 長山 勝 : bFGF合浸Hap-PLGA複合体における骨組織反応について, 第50回(社)日本口腔外科学会総会, 2005年9月.

2005年度(平成17年度) / 作品等

(なし)

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

(なし)

2005年度(平成17年度) / 報告書

(なし)

2006年度(平成18年度)

article.{@.date="20060400 20070399" @.organization=\E{10999}}

2006年度(平成18年度) / 著書

(なし)

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1)徳山 麗子, 里村 一人, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 友成 真弓, 高野 栄之, 長山 勝 : 下顎骨骨折非観血的整復固定症例における顎間固定用スクリューの応用, --- 5症例の検討 ---, 日本口腔顎顔面外傷学会誌, Vol.4, No.1, 10-15, 2006年.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2006年度(平成18年度) / 学術レター

(なし)

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

(なし)

2006年度(平成18年度) / 国際会議

(なし)

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

(なし)

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

(なし)

2006年度(平成18年度) / 報告書

(なし)

2007年度(平成19年度)

article.{@.date="20070400 20080399" @.organization=\E{10999}}

2007年度(平成19年度) / 著書

1)尾崎 和美 : 第Ⅱ部 臨床編 第5章 壮・中年期(25∼64歳), 永末書店, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Lihong Qiu, Kaya Yoshida, Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura and Tatsuji Haneji : Calyculin A stimulates the expression of TNF-a mRNA via phosphorylation of Akt in mouse osteoblastic MC3T3-E1 cells, Molecular and Cellular Endocrinology, Vol.271, No.1-2, 38-44, 2007.
2)原田 耕志, Yuichiro Kawashima, 内田 大亮, 吉田 秀夫 : S-1と放射線同時併用療法が奏効した進行口腔扁平上皮癌の1例, 癌と化学療法, Vol.34, No.5, 745-747, 2007年.
3)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : CXC chemokine ligand 16 in periodontal diseases: expression in diseased tissues and production by cytokine-stimulated human gingival fibroblasts., Clinical and Experimental Immunology, Vol.149, No.1, 146-154, 2007.
4)Hiroyuki Morimoto, Akiko Ozaki, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Bruna Rabelo Amorim, Hiroaki Tanaka, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Differntial expression of protein phosphatase type 1 isotypes and nucleolin during cell cycle arrest, Cell Biochemistry and Function, Vol.25, No.4, 369-375, 2007.
5)Daisuke Uchida, Tomitaro Onoue, Yoshifumi Tomizuka, Nasima Mila Begum, Yoshihiro Miwa, Hideo Yoshida and Mitsunobu Sato : Involvement of an autocrine stromal cell derived factor-1/CXCR4 system on the distant metastasis of human oral squamous cell carcinoma., Molecular Cancer Research : MCR, Vol.5, No.7, 685-694, 2007.
6)Hiroaki Tanaka, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Hiroyuki Morimoto, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji : Calyculin A induces apoptosis and stimulates phosphorylation of p65NF-κB in human osteoblastic osteosarcoma MG63 cells, International Journal of Oncology, Vol.31, No.2, 389-396, 2007.
7)原田 耕志, 玉谷 哲也, 板東 髙志, 吉田 秀夫 : S-1投与が奏効した口腔扁平上皮癌の1例, 癌と化学療法, Vol.34, No.9, 1455-1458, 2007年.
8)Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Eiko Sasaki, Lihong Qiu, Bruna Rabelo Amorim, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji : Expression of PTEN and Akt phosphorylation in Lippopolysacccharide-treated NIH3T3 cells, Cell Biology International, Vol.31, No.2, 119-125, 2007.
9)Kazumi Akita, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Hiroyuki Morimoto, Hiroaki Ogawa-Iyehara and Tatsuji Haneji : Cobalt chloride induces apoptosis and zinc chloride suppresses cobalt-induced apoptosis by bcl-2 expression in human submandibular gland HSG cells, International Journal of Oncology, Vol.31, No.4, 923-929, 2007.
10)Masaaki Yokoyama, Daisuke Hinode, Masami Yoshioka, Makoto Fukui, Shin-ichi Tanabe, Daniel Grenier and Hiro-O Ito : Relationship between Campylobacter rectus and periodontal status during pregnancy., Oral Microbiology and Immunology, Vol.23, No.1, 55-59, 2008.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2007年度(平成19年度) / 学術レター

1)坂東 永一, 中野 雅德, 佐藤 裕 : アンテリアルガイダンスの診断と治療, 四国歯学会雑誌, Vol.20, No.2, 257-258, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1)Kaya Yoshida : The role of double-stranded RNA-dependent protein kinase in osteoblasts, Journal of Oral Biosciences, Vol.49, No.3, 155-162, Aug. 2007.
2)吉田 賀弥 : 骨芽細胞の分化におけるPKRの役割について, 四国歯学会雑誌, Vol.20, No.2, 223-227, 2008年1月.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1)Naoto Noguchi, Shuji Shigemoto, Yutaka Sato, Eiichi Bando, Teruaki Ishikawa, Masanori Nakano, Takeshi Yamamoto and Toyoko Satsuma : A study on implementation of jaw movement analysis using six-degree-of-freedom jaw movement parameters, The Journal of the Japan Prosthodontic Society, Vol.51, No.116, 328, Kobe, May 2007.
2)中野 雅德, 佐藤 裕, 細木 眞紀 : 咀嚼運動機能診断システムの開発, 国際バイオEXPO 2007, 東京, 2007年6月.
3)Heni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : Intermedilysin induces cell death in HepG2 cells, 21st International Association for Dental Research - South East Asia Division, Bali, Indonesia, Sep. 2007.
4)Hiroaki Tanaka, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji : Phosphorylation of NF-kB in calyculin A-induced apoptotic cells, 21st International Association for Dental Research - South East Asia Division, Bali, Indonesia, Sep. 2007.
5)Yutaka Sato, Teruaki Ishikawa, Eiichi Bando, Masanori Nakano, Tetsuo Ichikawa, Maki Hosoki and Shuji Shigemoto : Development of Real-time Monitor for Examination of Occlusal Harmony, 12th Meetings of the International College of Prosthodontists, 190, Fukuoka, Sep. 2007.
6)Keisuke Nishigawa, Yamamoto Takeshi, Noguchi Naoto, Eiichi Bando, Toyoko Satsuma, Shuji Shigemoto, Maki Hosoki, Hisahiro Takeuchi, YOSHIHIRO KUBO and Masanori Nakano : Effect of different head postures on the jaw closing position during tapping movement, The 2nd Joint Meeting of the Japan Prosthodontic Society and the Greater New York Academy of Prosthodontics, Tokyo, Oct. 2007.
7)Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida and Tatsuji Haneji : Osterix directly interacts with RNA helicase A, The 2nd international symposium on and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'' -Oral Sciences for Our Healthy Life-, Tokushima, Japan, Dec. 2007.
8)Hiroaki Tanaka, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji : Phosphorylation of p65NF-kB and degradation of IkB in Calyculin-A-induced apoptotic cells, The 2nd international symposium on and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'' -Oral Sciences for Our Healthy Life-, Tokushima, Japan, Dec. 2007.
9)Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : NFAT1 activation in intermedilysin-induced human cholangiocellular carcinoma cell HuCCT1, The 2nd International Symposium on "The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Tokushima, Dec. 2007.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1)細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : ヒト歯肉線維芽細胞におけるCCL17産生の解析, 第50回 春季日本歯周病学会学術大会, 2007年5月.
2)田中 宏明, 吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 羽地 達次 : カリクリンAによるMG63細胞のアポトーシスとNF-kBのリン酸化, 第26回分子病理研究会 -湘南シンホ シ ウムー, 2007年6月.
3)木村 智子, 尾崎 和美, 藤坂 菊美, 松尾 敬志 : Streptococcus mutans の病原性におけるスクロース輸送系遺伝子の役割について, 第126回日本歯科保存学会春季学術大会, 2007年6月.
4)石川 輝明, 中野 雅德, 坂東 永一, 薩摩 登誉子, 細木 眞紀, 竹内 久裕, 西川 啓介 : 強い噛みしめによりクリッキングを生じる1例, 第20回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集, 136, 2007年7月.
5)岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次 : 骨芽細胞におけるプロテインフォスファターゼの発現と機能, 第49回歯科基礎医学会総会 -サテライトシンポジウムー, 2007年8月.
6)岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次 : GeneFishing法による転写因子TWISTの標的遺伝子探索, 第49回歯科基礎医学会総会, 2007年8月.
7)吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 羽地 達次 : PKR がSTAT1の発現や機能に及ぼす影響について, 第49回歯科基礎医学会総会, 2007年8月.
8)Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida and Tatsuji Haneji : The transcriptional factor Osterix directly interacts with RNA helicase A in HEK 293 cells, The 49th Annual Meeting of Japanese Association for Oral Biology, Aug. 2007.
9)田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 永田 俊彦, 羽地 達次 : カリクリンA 誘導アポトーシス細胞によおけるIkB の分解とNF-kB のリン酸化, 第49 回歯科基礎医学会総会, 2007年8月.
10)弘田 克彦, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 三宅 洋一郎 : Intermedilysin が誘導する非アポトーシス型細胞死の分子機構の解明, 第49 回歯科基礎医学会総会, 2007年8月.
11)横山 正明, 日野出 大輔, 福井 誠, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 : 歯周病原細菌Campylobacter rectusと妊娠期の歯周状態との関連性, 日本歯周病学会会誌, Vol.49, 176, 2007年8月.
12)髙松 夏子, 増田 かなめ, 福井 誠, 横山 正明, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 : 歯根面う蝕のリスクファクター調査, 口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.4, 423, 2007年8月.
13)福井 誠, 日野出 大輔, 横山 正明, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 : 口臭患者における唾液ストレスマーカーの評価, 口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.4, 482, 2007年8月.
14)吉岡 昌美, 藤井 裕美, 十川 悠香, 坂本 治美, 廣瀬 薫, 福井 誠, 横山 正明, 日野出 大輔 : 急性期病院の脳神経外科/神経内科病棟および脳卒中センターにおける専門的口腔ケアのニーズ, 口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.4, 569, 2007年8月.
15)田中 宏明, 吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 吉澤 尚樹, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤カリクリンAによるアポトーシス誘導とNF-kBのリン酸化, 日本解剖学会第62回中国,四国地方会, 2007年10月.
16)岡村 裕彦, 吉田 賀弥, アモリン ハベロ ブルーナ, 羽地 達次 : ブレオマイシン誘導アポトーシスとヒストンH1.2の細胞内局在変化, 日本解剖学会第62回中国,四国地方会, 2007年10月.
17)十川 悠香, 坂本 治美, 横山 正明, 福井 誠, 横山 希実, 玉谷 香奈子, 佐野 寿代, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 : 徳島大学病院における妊婦の口腔保健向上のための取り組み, 口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.5, 689, 2007年10月.
18)Ikuko Hosokawa, Yoshitaka Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hiromichi Yumoto, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Proinflammatory Roles of NOD2 in Human Gingival Fibroblasts, 第55回 国際歯科研究学会日本部会(JADR)総会・学術大会, Nov. 2007.
19)星野 由美, 尾崎 和美, 松本 尚子, 吉田 賀弥, 吉岡 昌美, 竹内 祐子, 吉田 秀夫, 日野出 大輔, 中野 雅德, 伊賀 弘起, 羽田 勝 : 歯科衛生士教育の4年生教育に関するニーズ, 第2回 日本衛生士教育学術大会, 2007年11月.
20)日野出 大輔, 横山 正明, 福井 誠, 吉岡 昌美 : 口臭外来受診患者の喫煙状況と口臭に対する喫煙経験の影響, 第2回日本禁煙科学会学術総会, 2007年12月.
21)桑村 由美, 矢田 眞美子, 石川 雄一, 吉岡 昌美, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子 : 口腔衛生を目的とした歯科外来に受診中の2型糖尿病患者の食事と口腔に対する認識, 第27回日本看護科学学会学術集会講演集, 450, 2007年12月.
22)木村 智子, 尾崎 和美, 鹿山 鎭男, 藤坂 菊美, 三宅 洋一郎 : Streptococcus mutansの病原性におけるスクロース輸送系遺伝子の役割について, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
23)木村 智子, 尾崎 和美, 鹿山 鎭男, 藤坂 菊美, 湯本 浩通, 三宅 洋一郎 : Streptococcus mutansの病原性におけるスクロース輸送系遺伝子の役割について, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

(なし)

2007年度(平成19年度) / 報告書

(なし)