RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel.
期間: 2004.4〜2018.3

2004年度(平成16年度)

article.{@.date="20040400 20050399" @.organization=\E{10999}}

2004年度(平成16年度) / 著書

1)細井 和雄, 樋口 富彦, 柏俣 正典, 新垣 理恵子, 新垣 尚捷, 多田 淳, 津村 恵子, 赤松 徹也, 武田 京子, 上野 明道, 末永 みどり, 馬場 嘉信, : 分子細胞生物学基礎実験法 改訂第2版(分担), 南江堂, 東京, 2004年4月.
2)尾崎 朋文, 北村 清一郎, 吉田 篤 : 鍼治療における刺鍼点についての解剖学的考察, 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2004年4月.
3)Kazuo Hosoi and others : Handbook of proteolytic enzymes, 2nd Edition, Elsevier Scientific Publishing Company, Amsterdam, May 2004.
4)堀口 大吾, 上野 明道, 三好 圭子, 野間 隆文 : 生化学実習書 (第3版6刷), 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部分子医化学分野, 徳島, 2004年5月.
5)日野出 大輔 : 予防歯科実践ハンドブック, --- 歯周病の診断,インプラントの清掃 ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2004年9月.
6)吉本 勝彦 : 貧血に対する栄養管理, メディカルレビュー社, 大阪, 2004年9月.
7)今里 聡, 尾崎 和美 : やさしい説明,上手な治療[4], --- 根面う蝕 ---, 永末書店, 京都, 2004年9月.
8)森山 啓司 : 最新版 家庭医学大全科, --- 歯と歯肉の病気 ---, 株式会社 法研, 東京, 2004年10月.
9)北瀬 由紀子 : 最新版 家庭医学大全科, --- 歯と歯肉の病気 ---, 株式会社 法研, 東京, 2004年10月.
10)高橋 巧 : 最新版 家庭医学大全科, --- 歯と歯肉の病気 ---, 株式会社 法研, 東京, 2004年10月.
11)吉岡 昌美 : 予防歯科実践ハンドブック, --- 歯周病のメンテナンス ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2004年10月.
12)Tetsuo Ichikawa and Naeko Kawamoto : New Magnetic Applications in Clinical Dentistry, --- Biological Effects of Magnetic Attachment on the Human Body and Tissue ---, Quintessence Publishing CO.,Ltd., Tokyo, Dec. 2004.
13)市川 哲雄, 北村 清一郎 : 総義歯を用いた無歯顎治療, --- 口腔解剖学の視点から ---, クインテッセンス出版 株式会社, 東京, 2004年12月.
14)森田 秀芳, 若泉 誠一, 宮田 政徳, 桂 修治, 森 健治, 中條 信義, 樋口 富彦, 原口 雅宣, 大橋 眞, 松浦 健二 : 授業改善のための実例集ハンドブック, 大学開放実践センター, 徳島, 2005年1月.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1)大庭 知子, 三木 善樹, 岡崎 雅子, 高橋 巧, 茶野 秀太郎, 堀内 信也, 森山 啓司 : 顎裂部二次骨移植術を行った片側性口唇口蓋裂患者における上顎歯列弓の安定性に関する検討, 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.29, No.1, 16-29, 2004年.
2)Masami Yoshioka, Grenier Daniel, Daisuke Hinode, Makoto Fukui and Mayrand Denis : Antigenic cross-reactivity and sequence homology between Actinobacillus actinomycetemcomitans GroEL protein and human fibronectin, Oral Microbiology and Immunology, Vol.19, No.2, 124-128, 2004.
3)大下 修弘, 江口 覚, 中條 信義, 湯淺 哲也, 鎌田 伸之 : フェンタニルとプロポフォールの持続静脈内投与で術後管理を行った精神発達遅滞を伴う小児患者の1例, 臨床麻酔, Vol.28, No.4, 725-728, 2004年.
4)大下 修弘, 江口 覚, 工藤 景子, 湯淺 哲也, 中條 信義 : 2ヶ月で2度,全身麻酔を受けた超高齢者の1例, 日本歯科麻酔学会雑誌, Vol.32, No.2, 250-251, 2004年.
5)Ken'ichi Yokoyama, Kazuyuki Kaneko, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka, Jun'ichi Sakai and Michihiko Nagumo : Delayed fracture of Ni-Ti superelastic alloys in acidic and neutral fluoride solutions., Journal of Biomedical Materials Research. Part A, Vol.69A, No.1, 105-113, 2004.
6)金子 美幸, 富岡 重正, 中條 信義 : リドカインのグルコーストランスポータータイプ3に対する作用, 日本歯科麻酔学会雑誌, Vol.32, No.2, 198-202, 2004年.
7)Kikuji Yamashita, Satoru Eguchi, Hiroyuki Morimoto, Takeo Hanawa, Tetsuo Ichikawa, Nobuyoshi Nakajo and Seiichiro Kitamura : Extracellular matrix formed by MC3T3-E1 osteoblast-like cells cultured on titanium 1. Anchor structure, Connective Tissue, Vol.36, No.1, 1-8, 2004.
8)Satoru Eguchi, Kikuji Yamashita, Hiroyuki Morimoto, Tetsuo Ichikawa, Nobuyoshi Nakajo and Seiichiro Kitamura : Extracellular matrix formed by MC3T3-E1 osteoblast-like cells cultured on titanium 2. Collagen fiber formation, Connective Tissue, Vol.36, No.1, 9-15, 2004.
9)Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kunio Ishikawa, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama : Effects of neutral sodium hydrogen phosphate on the setting property and hemostatic ability of hydroxyapatite putty as a local hemostatic agent for bone, Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.69B, No.1, 99-103, 2004.
10)Masaaki Takechi, Youji Miyamoto, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Masaru Nagayama and Kunio Ishikawa : Effects of various sterilization methods on the setting and mechanical properties of apatite cement, Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.69B, No.1, 58-63, 2004.
11)山之内 浩司, 鎌田 伸之, 宮本 洋二, 桃田 幸弘, 北岡 栄一郎 : 舌体部へのピアス迷入の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.50, No.4, 255-258, 2004年.
12)Noriko Mizusawa, Tomoko Hasegawa, Izumi Ohigashi, Chisato Kosugi, Nagakatsu Harada, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto : Differentiation Penotypes of Pancreatic Islet β- and α-cells are Closely Related with Homeotic Genes and a Group of Differentially Expressed Genes., Gene, Vol.331, No.28, 53-63, 2004.
13)Satoshi Tsutsumi, Nobuyuki Kamata, J Tamara Vokes, Yutaka Maruoka, Koichi Nakakuki, Shoji Enomoto, Ken Omura, Teruo Amagasa, Masaru Nagayama, Fumiko Saito-Ohara, Johji Inazawa, Maki Moritani, Takashi Yamaoka, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : The novel gene encoding a putative transmembrane protein is mutated in gnathodiaphyseal dysplasia (GDD)., American Journal of Human Genetics, Vol.74, No.6, 1255-1261, 2004.
14)Tomoko Yoneda, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Masaru Kobayashi, Takashi Izawa, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Estrogen deficiency accelerates murine autoimmune arthritis associated with receptor activator of nuclear factor-kappaB ligand-mediated osteoclastogenesis, Endocrinology, Vol.145, No.5, 2384-2391, 2004.
15)Shingo Kawakami, Masahiko Yokozeki, Shinya Horiuchi and Keiji Moriyama : Oral rehabilitation of an orthodontic patient with cleft lip and palate and hypodontia using secondary bone grafting, osseo-integrated implants, and prosthetic treatment., Cleft Palate-Craniofacial Journal, Vol.41, No.3, 279-284, 2004.
16)Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Yoshio Koizumi, Masahiro Yamano, Ichiro Hashimoto, Hidetaka Satake and Keiji Moriyama : Occlusal difficulties after simultaneous mandibular and maxillary distraction in an adult case of hemifacial microsomia., The Journal of Craniofacial Surgery, Vol.15, No.3, 464-468, 2004.
17)Shigehiko Fujii, Takahiro Fujimori, Hitoshi Kawamata, Jun Takeda, Kazuaki Kitajima, Fumie Omotehara, Tsukasa Kaihara, T Kusaka, Kazuhito Ichikawa, Yasuo Ohkura, Yuko Ono, Joji Imura, S Yamaoka, C Sakamoto, Yoshihiko Ueda and T Chiba : Development of colonic neoplasia in p53 deficient mice with experimental colitis induced by dextran sulphate sodium, Gut, Vol.53, No.5, 710-716, 2004.
18)井澤 俊 : 樹状細胞を用いたMRL/lprマウス自己免疫性関節炎の病態修飾, 四国歯学会雑誌, Vol.17, No.1, 13-29, 2004年.
19)Dancan Lisa, Masami Yoshioka, Chandad Fatiha and Grenier Daniel : Loss of lipopolysaccharide receptor CD14 from the surface of human macrophage-like cells mediated by Porphyromonas gingivalis outer membrane vesicles, Microbial Pathogenesis, Vol.36, No.6, 319-325, 2004.
20)S. H. Oh, Masanori Nakano, Eiichi Bando, Shuji Shigemoto and Motoharu Kori : Evaluation of proximal tooth contact tightness at rest and during clenching, Journal of Oral Rehabilitation, Vol.31, No.6, 538-545, 2004.
21)Jun-ichi Kido, R. Kido, Suryono, Masatoshi Kataoka, M. K. Fagerhol and Toshihiko Nagata : Induction of calprotectin release by Porphyromonasgingivalis lipopolysaccharide in human neutrophils, Oral Microbiology and Immunology, Vol.19, No.3, 182-187, 2004.
22)湯淺 哲也, 宮本 洋二, 中西 宏彰, 藤澤 健司, 舘原 誠晃, 瀧 雅行, 長山 勝 : 顔面多発骨折の変形治療に対し顎矯正手術および骨移植術により形態·機能を改善した1例, 日本口腔顎顔面外傷学会誌, Vol.3, No.1, 26-31, 2004年.
23)Frank Gibson C. III, Charlie Hong, Hsin-Hua Chou, Hiromichi Yumoto, Jiqiu Chen, Egil Lien, Jodie Wong and Caroline Attardo Genco : Innate Immune Recognition of Invasive Bacteria Accelerates Atherosclerosis in Apolipoprotein E-Deficient Mice, Circulation, Vol.109, No.22, 2801-2806, 2004.
24)西川 啓介, 薩摩 登誉子, 重本 修伺, 坂東 永一, 中野 雅德, 三好 礼子, 山崎 由紀子, 安陪 晋, 松浦 広興 : 6自由度咬合器を用いた機能的咬合面製作法の開発, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, No.3, 433-440, 2004年.
25)Sandro E. Fogaça, Robson L. Melo, Daniel C. Pimenta, Kazuo Hosoi, Luiz Juliano and Maria A. Juliano : Difference in substrate and inhibitor sequence specificity of human, mouse and rat tissue kallikreins, The Biochemical Journal, Vol.380, No.Pt3, 775-781, 2004.
26)Naohiro Ohshita, Nobuyoshi Nakajo and Motohide Takemura : Characteristics of the trigeminal depressor response in cats, Journal of Neuroscience Research, Vol.76, No.6, 891-901, 2004.
27)Ken'ichi Yokoyama, Tatsuya Eguchi, Kenzo Asaoka and Michihiko Nagumo : Effects of constituting phases in Ni-Ti shape memory alloy on susceptibility to hydrogen embrittlement, Materials Science and Engineering A, Vol.374, No.1-2, 177-183, 2004.
28)有田 憲司, 尼寺 理恵, 福留 麗実, 友竹 雅子, 上田(山口) 公子, 木村 奈津子, 栗林 伸行, 森川 富昭, 西野 瑞穗 : 地域乳幼児歯科保健管理に関する研究, --- 第3報 乳幼児期の健診回数および母親の年齢と齲蝕罹患状態の関連性について ---, 小児歯科学雑誌, Vol.42, No.3, 404-411, 2004年.
29)北岡 裕子, 郡 由紀子, 上田(山口) 公子, 西野 瑞穗 : 小児の発育に伴う咬合の変化が顎運動に及ぼす影響, 小児歯科学雑誌, Vol.42, No.3, 418-429, 2004年.
30)宮本 洋二, 藤澤 健司, 住友 孝史, 湯淺 哲也, 長山 勝, 山内 英嗣, 河野 文昭, 日野出 大輔 : インプラントの表面性状がオッセオインテグレーション獲得に及ぼす影響, --- 滑面と粗面(陽極酸化面)フィクスチャーの比較 ---, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.17, No.2, 216-226, 2004年.
31)松尾 英男, 山田 正三, 野村 明, 黄 舜範, 高畠 一郎, 陳 祐仁, 土屋 克巳, 阪井 哲男, 吉江 利香, 村田 厚夫, 吉本 勝彦, 脇坂 晟 : 組織形態学的に異なる二種の下垂体腫瘍における遺伝子発現レベルの差異, 杏林医学会雑誌, Vol.35, No.2, 167-175, 2004年.
32)Yoshiko Nakae, Peter J. Stoward, Tatsuo Kashiyama, Masayuki Shono, Akiko Akagi, Tetsuya Matsuzaki and Ikuya Nonaka : Early onset of lipofuscin accumulation in dystrophin-deficient skeletal muscles of DMD patients and mdx mice, Journal of Molecular Histology, Vol.35, No.5, 489-499, 2004.
33)Toshiaki Maruyama, Ichiro Saito, Yoshio Hayashi, Elizabeth Kompfner, Robert I. Fox, Dennis R. Burton and Henrik J. Ditzel : Molecular Analysis of the Human Autoantibody Response to α-Fodrin in Sjogren Syndrome Reveals Novel Apoptosis-Induced Specificity, The American Journal of Pathology, Vol.165, No.1, 53-61, 2004.
34)Ammar Almofti, Daisuke Uchida, Nasima Mila Begum, Yoshifumi Tomizuka, Hiroki Iga, Hideo Yoshida and Mitsunobu Sato : The clinicopathological significance of the expression of CXCR4 protein in oral squamous cell carcinoma, International Journal of Oncology, Vol.25, No.1, 65-71, 2004.
35)Hideki Azuma, Jun-ichi Kido, Dai Ikedo, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata : Substance P Enhances the Inhibition of Osteoblastic Cell Differentiation Induced by Lipopolysaccharide From Porphyromonas gingivalis, Journal of Periodontology, Vol.75, No.7, 974-981, 2004.
36)大下 修弘, 江口 覚, 久米 景子, 湯淺 哲也, 北村 清一郎, 中條 信義 : 全内臓逆位を伴った右胸心患者の全身麻酔経験, 日本歯科麻酔学会雑誌, Vol.32, No.3, 381-382, 2004年.
37)武知 正晃, 鎌田 伸之, 久米 景子, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 長山 勝 : 再生不良性貧血患者にみられた異時性口腔多発癌の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.50, No.7, 438-441, 2004年.
38)内田 大亮, 玉谷 哲也, 富塚 佳史, 大江 剛, 吉田 秀夫, 佐藤 光信 : 難治性下顎骨骨髄炎を呈したpycnodysostosisの治療経過とカテプシンK遺伝子の変異解析, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.50, No.7, 415-421, 2004年.
39)Nobuyuki Kamata, Ryouichi Fujimoto, Mayumi Tomonari, Masayuki Taki, Masaru Nagayama and Shigeru Yasumoto : Immortalization of human dental papilla, dental pulp, periodontal ligament cells and gingival fibroblasts by telomerase reverse transcriptase, Journal of Oral Pathology & Medicine, Vol.33, No.7, 417-423, 2004.
40)Kazuyuki Kaneko, Ken'ichi Yokoyama, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Degradation in performance of orthodontic wires caused by hydrogen absorption during short-term immersion in 2.0% acidulated phosphate fluoride solution., The Angle Orthodontist, Vol.74, No.4, 487-495, 2004.
41)Akio Hiura and Hiroshi Nakagawa : Capsaicin-resistant, nonspecific acetylcholinesterase (NsAchE) reactive nerve fibers in the rat cornea: a quantitative and developmental study (Cited in "Investigative Ophtalmology & Visual Science, 52(5), 2010"), Okajimas Folia Anatomica Japonica, Vol.81, No.4, 75-84, 2004.
42)Nobuhiko Katumuma, Etsuko Murata, T Quang Le, Yoshio Hayashi and Atsushi Ohashi : Newapoptosis cascade mediated by lysosomal enzyme and its protection by epigallo-catechin gallate, Advances in Enzyme Regulation, Vol.44, No.1, 1-10, 2004.
43)大庭 康雄, 永島 優子, 佐竹 秀太, 森山 啓司 : 外科的矯正治療後に下顎頭のリモデリングを認めた骨格性III級の一症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.16, No.1, 28-40, 2004年.
44)茶野 秀太郎, 川上 慎吾, 堀内 信也, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 上顎中切歯の動揺度と歯根/歯冠長比との関連性に関する研究, 中・四国矯正歯科学会雑誌, Vol.16, No.1, 29-33, 2004年.
45)Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Double-stranded RNA mediates selective gene silencing of protein phosphatase type 1 delta isoform in HEK-293 cells, Journal of Enzyme Inhibition and Medicinal Chemistry, Vol.19, No.4, 327-331, 2004.
46)Masato Okamoto, Sachiko Furuichi, Yasuhiko Nishioka, Tetsuya Oshikawa, Tomoyuki Tano, Sharif Uddin Ahmed, Kiyoshi Takeda, Shizuo Akira, Yoshiki Ryoma, Yoichiro Moriya, Motoo Saito, Saburo Sone and Mitsunobu Sato : Expression of Toll-Like Receptor 4 on Dendritic Cells Is Significant for Anticancer Effect of Dendritic Cell-Based Immunotherapy in Combination with an Active Component of OK-432, a Streptococcal Preparation, Cancer Research, Vol.64, No.15, 5461-5470, 2004.
47)Daisuke Uchida, Nasima Mila Begum, Ammar Almofti, Hitoshi Kawamata, Hideo Yoshida and Mitsunobu Sato : Frequent Down-regulation of 14-3-3 sigma protein and Hypermethylation of 14-3-3 sigma gene in Salivary Gland Adenoid Cystic Carcinoma, British Journal of Cancer, Vol.91, No.6, 1131-1138, 2004.
48)Hiroko Akiyoshi, Shigetsugu Hatakeyama, Jukka Pitkanen, Yasuhiro Mouri, Vassilis Doucas, Jun Kudoh, Kyoko Tsurugaya, Daisuke Uchida, Akemi Matsushima, Kiyotaka Oshikawa, Keiichi I. Nakayama, Nobuyoshi Shimizu, Part Peterson and Mitsuru Matsumoto : Subcellular expression of autoimmune regulator is organized in a spatiotemporal manner, The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.32, 33984-33991, 2004.
49)Takenori Yamamoto, Aiko Tachikawa, Satsuki Terauchi, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Multiple Effects of DiS-C3(5) on Mitochondrial Structure and Function, European Journal of Biochemistry, Vol.271, No.17, 3573-3579, 2004.
50)永島 優子, 大庭 康雄, 佐竹 秀太, 堀内 信也, 森山 啓司 : 下顎枝矢状分割術を施行した顎変形症患者における術前·術後の下顎頭の位置と下顎骨の安定性, --- PLLA製スクリュー,チタン製スクリュー,ワイヤーを用いた各種骨片固定法の比較 ---, 日本顎変形症学会雑誌, Vol.14, No.2, 111-121, 2004年.
51)Hiroyuki Morimoto : Type 1 protein phosphatase controls biological processes in cultured, Journal of Oral Biosciences, Vol.46, No.4, 270-277, 2004.
52)Hideaki Nagamune, Kazuto Ohkura, Akiko Sukeno, Graeme Cowan, Timothy J. Mitchell, Wataru Ito, Ooki Ohnishi, Kanako Hattori, Miki Yamato, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : The human-specific action of intermedilysin, a homolog of streptolysin O, is dictated by domain 4 of the protein., Microbiology and Immunology, Vol.48, No.9, 677-692, 2004.
53)Yuki Hayashi, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Shin-ichi Tsukumo, Hitomi Fukui, Kenji Kishihara, Hiroshi Shiota, Koji Yasutomo and Yoshio Hayashi : Effective Treatment of a Mouse Model of Sjogren's Syndrome With Eyedrop Administrasiton of Anti-CD4 Monoclonal Antibody, Arthritis and Rheumatism, Vol.50, No.9, 2903-2910, 2004.
54)Masato Abe, Gen Murakami, Makoto Noguchi, Seiichiro Kitamura, Kazuyuki Shimada and Gen-iku Kohama : Variations in the Tensor Veli Palatini Muscle With Special Reference to Its Origin and Insertion, Cleft Palate-Craniofacial Journal, Vol.41, No.5, 474-484, 2004.
55)Masumi Horibe, Takamasa Sawa, Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata : Regulation of tenascin expression in cultured rat dental pulp cells, Odontology, Vol.92, No.1, 22-26, 2004.
56)Takeo Iwata, Michael J Conlon, Tomoaki Nakada, Fumiyo Toyoda, Kazutoshi Yamamoto and Sakae Kikuyama : Processing of multiple forms of preprosodefrin in the abdominal gland of the red-bellied newt Cynops pyrrhogaster: Regional and individual differences in preprosodefrin gene expression., Peptides, Vol.25, No.9, 1537-1543, 2004.
57)Yongzhi Cui, Greg Riedlinger, Keiko Miyoshi, Wei Tang, Cuiling Li, Chu-Xia Deng, W Gertraud Robinson and Lothar Hennighausen : Inactivation of Stat5 in mouse mammary epithelium during pregnancy reveals distinct functions in cell proliferation, survival, and differentiation., Molecular and Cellular Biology, Vol.24, No.18, 8037-8047, 2004.
58)Shingo Kurabuchi and Kazuo Hosoi : Immunocytochemical localization of mK1, a true tissue kallikrein, in the mouse parotid gland: sexual dimorphism and effects of castration and hypophysectomy, Odontology, Vol.92, No.1, 73-76, 2004.
59)原田 桂子, 西川 聡美, 相川 文子, 福留 麗実, 北岡 裕子, 友竹 雅子, 阿部 洋子, 木村 奈津子, 上田(山口) 公子, 尼寺 理恵, 清水 謙, 郡 由紀子, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 歯学部付属病院小児歯科における21年間の初診患児の実態調査, 小児歯科学雑誌, Vol.42, No.4, 505-511, 2004年.
60)冨田 優子, 大庭 知子, 藤原 慎視, 大庭 康雄, 森山 啓司 : ヘッドギアによる上顎第一大臼歯の遠心移動が上顎第二大臼歯の萌出方向に与える影響について, 日本矯正歯科学会雑誌, Vol.63, No.3, 151-161, 2004年.
61)辻 けい子, 三木 善樹, 堀内 信也, 森山 啓司 : 歯軸方向エックス線撮影法を用いた上顎犬歯埋伏位置に関する臨床統計学的調査, 日本矯正歯科学会雑誌, Vol.63, No.3, 162-169, 2004年.
62)S. Kamolmatyakul, W. Chen, S. Yang, Yoko Abe, R. Moroi, A.M. Ashique and Y.-P. Li : IL-1α Stimulates Cathepsin K Expression in Osteoclasts via the Tyrosine Kinase-NF-KB Pathway, Journal of Dental Research, Vol.83, No.10, 791-796, 2004.
63)Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Eiko Sasaki, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji : Transcription factor NF-Y regulates mdr1 expression through binding to inverted CCAAT sequence in drug-resistant human squamous carcinoma cells, International Journal of Oncology, Vol.25, No.4, 1031-1037, 2004.
64)Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Okadaic acid induces apoptosis through double-stranded RNA-dependent protein kinase/eukaryotic initiation factor-2a pathway in human osteoblastic MG63 cells, The Journal of Biochemistry, Vol.136, No.4, 433-438, 2004.
65)Hua Wei, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao, Takafumi Ohguri, Daisuke Nagao and Tetsuo Ichikawa : In vitro Study of Stress Distribution on Additional Posterior Mandibular Implants, Prosthodontic Research & Practice, Vol.3, No.1, 84-91, 2004.
66)Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Atsushi Shioyasono, Keiji Moriyama, Toshihiro Hashimoto, Shinsuke Kido, Takashi Oshima, Hironobu Shibata, Shuji Ozaki, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Osteoclasts enhance myeloma cell growth and survival via cell-cell contact: a vicious cycle between bone destruction and myeloma expansion., Blood, Vol.104, No.8, 2484-2491, 2004.
67)Ken'ichi Yokoyama, Toshio Ogawa and Kenzo Asaoka : Hydrogen absorption of titanium in acidic fluoride solutions, Materials Science and Engineering A, Vol.384, No.1-2, 19-25, 2004.
68)Yukiho Tanimoto, Masahiko Yokozeki, Hiura Kenji, Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Toshio Matsumoto, PJ Marie and Keiji Moriyama : A soluble form of fibroblast growth factor receptor 2 (FGFR2) with S252W mutation acts as an efficient inhibitor for the enhanced osteoblastic differentiation caused by FGFR2 activation In Apert syndrome., The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.44, 45926-45934, 2004.
69)Shingo Kurabuchi, Edward W Gresik and Kazuo Hosoi : Additive and/or synergistic action (downregulation) of androgens and thyroid hormones on the cellular distribution and Localization of a true tissue kallikrein, mK1, in the mouse submandibular gland, The Journal of Histochemistry and Cytochemistry, Vol.52, No.11, 1437-1446, 2004.
70)Hiroyuki Nakagawa, Yoshihisa Takaishi, Yoshinori Fujimoto, Carmenza Duque, Cristina Garzon, Mitsunobu Sato, Masato Okamoto, Tetsuya Oshikawa and Sharif Uddin Ahmed : Chemical Constituents from the Colombian Medicinal Plant Maytenus laevis, Journal of Natural Products, Vol.67, No.11, 1919-1924, 2004.
71)市川 哲雄, 佐藤 博信, 安田 登, 服部 正巳, 尾関 雅彦, 友竹 偉則, 秀島 雅之, 佐藤 裕二, 窪木 拓男, 和気 裕之, 大山 喬史 : 日本補綴歯科学会でいまどうして症型分類なのか, 補綴臨床, Vol.37, No.6, 639-645, 2004年.
72)Yasuko Ishikawa, Noriko Inoue, Zhenfang Yuan and Yoshiko Nakae : The Translocation of Aquaporin-5 From Lipid Rafts to the Apical Plasma Membranes of Parotid Glands of Normal Rats and the Impairment of It in Diabetic or Aged Rats, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.96, No.3, 271-275, 2004.
73)Satoshi Yokoo, Chizu Tateishi, Shungo Furudoi, Yasuyuki Shibuya, Takahide Komori, Hirofumi Hanagaki and Keiji Moriyama : Occlusal reconstruction:Orthodontic techniques for treatment of jaw fracture., World Journal of Orthodontics, Vol.5, No.4, 339-343, 2004.
74)Masaru Kobayashi, Natsuo Yasui, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Development of Autoimmune Arthritis With Aging Via Bystander T Cell Activation in the Mouse Model of Sjogren's Syndrome, Arthritis and Rheumatism, Vol.50, No.12, 3974-3984, 2004.
75)Setsuko Hatakeyama, Syuichiro Hayashi, Y Yoshida, Akiko Otsubo, Katsuhiko Yoshimoto, Yuko Oikawa and Masanobu Sato : Retinoic acid disintegrated desmosomes and hemidesmosomes in stratified oral keratinocytes, Journal of Oral Pathology & Medicine, Vol.33, No.10, 622-628, 2004.
76)Chen Jain-rong, 岡 謙次, Hua Wei, 市川 哲雄 : Effect of surface treatment with commercial primers on tensile bone strength of auto-polymerizing resin to magnetic stainless steel, International Chinese Journal of Dentistry, Vol.5, No.1, 7-11, 2005年.
77)大下 修弘, 江口 覚, 高石 和美, 張 剛太, 金子 美幸, 富岡 重正, 中條 信義 : 過去10年間の外科的矯正手術における体液管理と輸血準備の効率化についての検討, 四国歯学会雑誌, Vol.17, No.2, 243-251, 2005年.
78)高石 和美, 富岡 重正, 金子 美幸, 中條 信義 : 家族性にCICR速度亢進を認めた症例, 臨床麻酔, Vol.29, No.1, 107-109, 2005年.
79)Naohiro Ohshita, Nobuyoshi Nakajo and Motohide Takemura : Characteristics of the trigeminal depressor response in cats, Journal of Japanese Dental Society of Anesthesiology, Vol.33, No.1, 111, 2005.
80)岡村 寿美恵, 日野出 大輔, 永田 英樹, 近藤 和雄 : 喫煙者の血中抗酸化能に対するビタミンCおよびビタミンE含有製剤摂取の影響, 日本健康科学学会誌, Vol.21, No.1, 105-114, 2005年.
81)湯淺 哲也, 武知 正晃, 瀧 雅行, 前田 恵利子, 鎌田 伸之, 長山 勝 : Bernard-Soulier症候群患者の抜歯経験, 四国歯学会雑誌, Vol.17, No.2, 253-256, 2005年.
82)H. Hosokawa, Kikuji Yamashita, J. Ishibashi, N. Ishikawa, Hiroyuki Morimoto, T. Ishikawa, Seiichiro Kitamura and M. Nagayama : A new animal raiser : Effect of low temperature narrow wavelength far infrared radiation on tumor growth of A431 cells., ITE Letters on Batteries, New Technologists & Medicine, Vol.6, No.6, 597-602, 2005.
83)Yamashita Kikuji, Hosokawa Hiroyoshi, Ishibashi Jun, Ishikawa nanami, Morimoto Hiroyuki, Ishikawa Tomoyasu, Nagayama Masaru and Seiichiro Kitamura : Development of CO2 Incubator with Limited Far-Infrared Radiation for Activation of Mitochondrial Metabolism, ITE Letters on Batteries, New Technologies and Medicine, Vol.6, No.5, 468-472, 2005.
84)Fumiyo Toyoda, Kazutoshi Yamamoto, Takeo Iwata, Itaru Hasunuma, M Cardinali, G Mosconi, AM Polzonetti-Magni and Sakae Kikuyama : Peptide pheromones in newts., Peptides, Vol.25, No.9, 1531-1536, 2005.
85)Ken'ichi Yokoyama, Kazuyuki Kaneko, Toshio Ogawa, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Hydrogen embrittlement of work-hardened Ni-Ti alloy in fluoride solutions., Biomaterials, Vol.26, No.1, 101-108, 2005.
86)Katsumi Motegi, Masayuki Azuma, Tetsuya Tamatani, Yuki Ashida and Mitsunobu Sato : Expression of aquaporin-5 in and fluid secretion from immortalized human salivary gland ductal cells by treatment with 5-aza-2'-deoxycytidine: a possibility for improvement of xerostomia in patients with Sjögren's syndrome., Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.85, No.3, 342-353, 2005.
87)Tatsuji Haneji : Association of protein phosphatase 1 delta with nucleolin in osteoblastic cells and cleavage of nucleolin in apoptosis-induced osteoblastic cells, Acta Histochemica et Cytochemica, Vol.38, No.1, 1-8, 2005.
88)Shinji Kito, Yasuhiro Morimoto, Tatsuro Tanaka, Tatsuji Haneji and Takeshi Ohba : Cleavage of nucleolin and AgNOR proteins during apoptosis induced by anticancer drugs in human salivary gland cells, Journal of Oral Pathology & Medicine, Vol.34, No.8, 478-485, 2005.
89)Keiji Murakami, Tsuneko Ono, Darija Viducic, Shizuo Kayama, Makiko Mori, Katsuhiko Hirota, Ken Nemoto and Yoichiro Miyake : Role for rpoS gene of Pseudomonas aeruginosa in antibiotic tolerance, FEMS Microbiology Letters, Vol.242, No.1, 161-167, 2005.
90)Ken'ichi Yokoyama, Toshio Ogawa, Kenzo Asaoka and Sakai Jun'ichi : Evaluation of hydrogen absorption properties of Ti-0.2 mass% Pd alloy in fluoride solutions, Journal of Alloys and Compounds, Vol.400, No.1-2, 227-233, 2005.
91)Toshio Ogawa, Ken'ichi Yokoyama, Kenzo Asaoka and Sakai Jun'ichi : Distribution and thermal desorption behavior of hydrogen in titanium alloys immersed in acidic fluoride solutions, Journal of Alloys and Compounds, Vol.396, No.1, 269-274, 2005.
92)Ken'ichi Yokoyama, Toshio Ogawa, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Susceptibility to delayed fracture of alpha-beta titanium alloy in fluoride solutions, Corrosion Science, Vol.47, No.7, 1778-1793, 2005.
93)Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji : PTEN expression by Egr-1 transcription factor in calyculin A-induced apoptotic cells, Journal of Cellular Biochemistry, Vol.94, No.1, 117-125, 2005.
94)大竹 登志子, 高橋 龍太郎, 大藪 靖彦, 南園 宗子, 葛山 司, 大石 慶二, 永田 俊彦 : 2型糖尿病患者の歯周治療必要度指数(CPITN), 日本歯周病学会会誌, Vol.47, No.1, 28-35, 2005年.
95)大下 修弘, 江口 覚, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 張 剛太, 高石 和美, 富岡 重正, 中條 信義 : 低カリウム血症により心電図異常を認めた糖尿病患者の1例, 日本歯科麻酔学会雑誌, Vol.33, No.1, 81-85, 2005年.
96)高石 和美, 横井 敬子, 宮城 敦, 上地 智博, 新城 啓和, 中條 信義 : 毛細血管拡張性運動失調症患者の全身麻酔経験, 日本歯科麻酔学会雑誌, Vol.33, No.1, 100-101, 2005年.
97)森川 富昭, 松浦 健二, 金西 計英, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 矢野 米雄 : シラバスに基づくe-Learningシステムを用いた医学·歯学系教育におけるFTF·CMCハイブリッド型授業実践, 日本教育工学会論文誌, Vol.28, No.3, 263-274, 2005年.
98)藤原 綾子, 日浦 賢治, ウイルデ ハビエル, 山下 菊治, 北村 清一郎, 森山 啓司 : ヒト破骨細胞様細胞の波状縁と明帯の形態に及ぼすカルシトニンおよびCLIK148の効果について, 四国歯学会雑誌, Vol.16, No.2, 411-418, 2005年.
99)Tadashi Nakanishi, Kanako Takahashi, Yoshitaka Hosokawa, Tomohiko Adachi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Expression of macrophage inflammatory protein 3alpha in human inflamed dental pulp tissue, Journal of Endodontics, Vol.31, No.2, 84-87, 2005.
100)Miriam Entesarian, Hans Matsson, Joakim Klar, Birgitta Bergendal, Lena Olson, Rieko Arakaki, Yoshio Hayashi, Hideyo Ohuchi, Babak Falahat, Isinev Anne Bolstad, Roland Jonsson, Marie Wahren-Herlenius and Niklas Dahl : Mutations in the gene encoding fibroblast growth factor 10 are associated with aplasia of lacrimal and salivary glands, Nature Genetics, Vol.37, No.2, 125-127, 2005.
101)Noriyuki Kuroda, Tasuku Mitani, Naoki Takeda, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Yoshio Hayashi, Yoshimi Bando, Keisuke Izumi, Takeshi Takahashi, Takashi Nomura, Shimon Sakaguchi, Tomoo Ueno, Yousuke Takahama, Daisuke Uchida, Shijie Sun, Fumiko Kajiura, Yasuhiro Mouri, Hongwei Han, Akemi Matsushima, Gen Yamada and Mitsuru Matsumoto : Development of autoimmunity against transcriptionally unrepressed target antigen in the thymus of Aire-deficient mice, The Journal of Immunology, Vol.174, No.4, 1862-1870, 2005.
102)Toshio Ogawa, Ken'ichi Yokoyama, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Hydrogen embrittlement of Ni-Ti superelastic alloy in ethanol solution containing hydrochloric acid, Materials Science and Engineering A, Vol.393, No.1-2, 239-246, 2005.
103)Kimiko Ueda Yamaguchi, Yukiko Kori, Yuko Kitaoka and Mizuho Nishino : Characteristics of condylar Movement During Lateral Excursion in Children with Early Mixed Dentition, The Journal of Japanese Society of Stomatognathic Function, Vol.11, No.2, 125-129, 2005.
104)Takumi Takahashi, Toyoaki Takagi and Keiji Moriyama : Orthodontic treatment of the traumatically intruded tooth with ankylosis by traction following surgical luxation, American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.127, No.2, 233-241, 2005.
105)Yoshitaka Hosokawa, Tadashi Nakanishi, Daisuke Yamaguchi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Expression of fractalkine (CX3CL1) and its receptor, CX3CR1, in periodontal diseased tissue, Clinical and Experimental Immunology, Vol.139, No.3, 506-512, 2005.
106)Jun-ichi Kido, Noriko Hayashi, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata : Calprotectin expression in human monocytes: induction by porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide, tumor necrosis factor-alpha, and interleukin-1beta, Journal of Periodontology, Vol.76, No.3, 437-442, 2005.
107)Keiko Harada and Mizuho Nishino : Survey on Management of Oral Health for Autistic People, --- Dental Examination and Tooth Brushing ---, Dentistry in Japan, Vol.41, 161-163, 2005.
108)Masayuki Kon, Mayumi Luciana Hirakata, Youji Miyamoto, H Kasahara and Kenzo Asaoka : Strengthening of calcium phosphate cement by compounding calcium carbonate whiskers, Dental Materials Journal, Vol.24, No.1, 104-110, 2005.
109)Yasuo Oba, Lee Won Jun, Ehrlich A. Lori, Chung Yeon Ho, Jelinek T. Diane, Callender S. Natalie, Horuk Richard, Choi Jin Sun and Roodman David G. : MiP-1alpha utilizes both CCR1 and CCR5 to induce osteoclast formation and increase adhesion of myeloma cells to marrow stromal cells, Experimental Hematology, Vol.33, No.3, 272-278, 2005.
110)友竹 偉則 : 上顎両側臼歯部欠損に上顎洞底挙上術を併用してインプラント治療を行った1症例, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.49, No.2, 314-317, 2005年.
111)玉谷 哲也, 東 雅之, 茂木 勝美, 芦田 有紀, 髙丸 菜都美, 板東 髙志, 吉田 秀夫, 佐藤 光信 : 口腔扁平上皮癌細胞に対するセファランチンによる放射線感受性増強作用 : 分子標的NF-κBの抑制, 日本口腔科学会雑誌, Vol.54, No.2, 230-236, 2005年.
112)Hiroyuki Azakami, Hiromi Akimichi, Masakatsu Usui, Hiromichi Yumoto, Shigeyuki Ebisu and Akio Kato : Isolation and characterization of a plasmid DNA from periodontopathogenic bacterium, Eikenella corrodens 1073, which affects pilus formation and colony morphology, Gene, Vol.351, 143-148, 2005.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)淺岡 憲三 : 数値計算力学によるバイオマテリアルの傾斜機能の評価, 傾斜機能材料論文集, 75-80, 2004年.
2)井上 典子, 細木 眞紀, 坂東 永一, 徳永 有美, 中野 雅德, 竹内 久裕, 薩摩 登誉子, 松浦 広興, 北村 万里子, 新居 裕子, 森 牧子, 池田 隆志 : 歯科用金属アレルギーと口腔内金属の起電力の関係, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, No.5, 883, 2004年.

2004年度(平成16年度) / 学術レター

(なし)

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

1)石川 康子, 井上 紀子 : ``くすりが効くターゲット'' セビメリン, --- アクアポリン(水チャネル)の細胞内移動により唾液分泌を促進するくすり ---, Molecular Medicine, Vol.41, No.5, 590-596, 2004年4月.
2)林 良夫, 福井 仁美, 石丸 直澄 : 老化と自己免疫疾患, 日本アフェレシス学会雑誌, Vol.23, No.2, 176-181, 2004年5月.
3)西野 瑞穗 : 「食」は生きる力の原点, 健康教室, Vol.619, 2004年6月.
4)河井 敬久, 牧平 清超, 細川 義隆, 関 誠, Taubman A Martin : 歯周病における活性化T細胞およびB細胞の組織破壊への関与, 炎症と免疫, Vol.12, No.4, 425-433, 2004年7月.
5)市川 哲雄, 渡邉 恵 : 歯科補綴の未来·補綴技術の継承と他分野への発信, 補綴臨床, Vol.37, No.4, 400-407, 2004年7月.
6)市川 哲雄, 渡邉 恵 : 補綴処置における診査診断の観点から, DE, Vol.150, 11-12, 2004年7月.
7)淺岡 憲三 : バイオマテリアル産業の問題点, --- 医療用具の市場動向から ---, バイオマテリアル, Vol.22, No.4, 252-257, 2004年7月.
8)Yoshio Hayashi, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Apoptosis and Estrogen Deficiency in Primary Sjögren Syndrome, Current Opinion in Rheumatology, Vol.16, No.5, 522-526, Sep. 2004.
9)西野 瑞穗 : 忘れ得ぬ日々,忘れ得ぬ人々, 徳島大学留学センターニュース, Vol.4, 2004年10月.
10)Kenichi Ishibashi and Yasuko Ishikawa : Molecular mechanisms and drug development in aquaporin water channel diseases, --- Preface ---, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.96, No.3, 247-248, Nov. 2004.
11)Yoshio Hayashi, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Crucial Role of Tissue-Specific Apoptosis on the Development of Primary Sjogren's Syndrome, Oral Science International, Vol.1, No.2, 55-64, Nov. 2004.
12)Takashi Fujibayashi, Susumu Sugai, Nobuyuki Miyasaka, Yoshio Hayashi and Kazuo Tsubota : Revised Japanese criteria for Sjögrens syndrome (1999): availability and validity, Modern Rheumatology, Vol.14, No.6, 425-434, Dec. 2004.
13)永尾 寛, 河野 文昭, 市川 哲雄 : 義歯床下粘膜への負担圧分布からみた選択, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, No.5, 673-680, 2004年12月.
14)西野 瑞穗 : 「食育」次世代に「生きる力」を伝えられる子供を育む, 日本学校歯科医会会誌, Vol.92, 20-23, 2004年12月.
15)三宅 洋一郎 : 1.口腔ケアと細菌付着, 老年医学, Vol.43, No.11, 1745-1749, 2005年.
16)林 良夫, 石丸 直澄, 表原 文江 : 唾液腺の自己免疫病変, 病理と臨床, Vol.23, 116-121, 2005年.
17)林 良夫, 石丸 直澄, 表原 文江 : 唾液腺の自己免疫病変, 病理と臨床, No.25, 116-121, 2005年.
18)坂東 永一, 石川 輝明, 北村 万里子 : チェアサイドでの咀嚼·顎運動検査, 日本歯科医師会雑誌, Vol.57, No.11, 23(1159)-33(1169), 2005年2月.
19)永尾 寛, 河野 文昭, 市川 哲雄 : 全部床義歯における咬合様式の選択基準, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.49, No.1, 4-6, 2005年2月.
20)北村 清一郎 : 口腔周辺の解剖構造と義歯床の形態, デンタルダイヤモンド, Vol.30, No.421, 28-38, 2005年3月.
21)河野 文昭, 大栗 孝文 : 咬合様式から総義歯を語る, --- 全部床義歯による無歯顎補綴治療 ---, 補綴臨床, Vol.38, No.2, 194-201, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1)Hsin-Hua Chou, Hiromichi Yumoto, Michael Davey, Yusuke Takahashi, Frank Gibson C. III and Caroline A. Genco : Identification of human genes differentially regulated by invasive and non-invasive P. gingivalis infection of human aortic endothelial cells, 第19回生物医学総合学術年会, 台北(台湾), Apr. 2004.
2)Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kunio Ishikawa, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama : Effects of neutral sodium hydrogen phosphate on the setting property and hemostatic ability of hydroxyapatite putty as a local hemostatic agent for bone, Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.69B, No.1, 99-103, Apr. 2004.
3)Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Fiber property effects on shape recovery of Ni-Ti alloy fiber embedded denture-base resin after smart repair, 7th World Biomaterials Congress, Sydney, May 2004.
4)Toshiyuki Suge, Akiko Kawasaki, Kunio Ishikawa and Takashi Matsuo : Occlusion of dentinal tubules with ammonium hexafluorosilicate for treatment of dentin hypersensitivity, 7th World Biomaterials Congress, Sydney, May 2004.
5)Akiko Kawasaki, Toshiyuki Suge, Kunio ISHIKAWA and Takashi Matsuo : Effect of ammonium hexafluorosilicate on acid resistance of enamel and dentin, Sydney, May 2004.
6)Kazuo Okura, S Rompre, C Manzini, PH Rompre, N Huynh, JY Montplaisir and GJ Lavigne : Sleep duration and quality in chronic pain patients in comparison to the sleep of fibromyalgia, insomnia, RLS and control subjects, Sleep, Vol.27, A329, Philadelphia, Jun. 2004.
7)Shinya Uchino, Hiroyuki Yamashita, Shiro Noguchi, Tsunenori Mizukoshi and Katsuhiko Yoshimoto : Germline mutation of the HRPT2 gene in Japanese FIHP families, MEN2004, Bethesda, Jun. 2004.
8)Keiko Miyoshi, Taigo Horiguchi, Kaori Abe, Akemichi Ueno, Hideya Nagata, Yoshinobu Baba, Hidemitsu Harada and Takafumi Noma : Effects of BMP2 on Gene Expression in Dental Epithelial Cell Line, Eight International Conference on Tooth Morphogenesis and Differentiation, York, UK, Jul. 2004.
9)Intan Ruspita, Taigo Horiguchi, Keiko Miyoshi, Akemichi Ueno, Hidemitsu Harada and Takafumi Noma : Regulation of Gene Expression in Dental Epithelial Cells, Eighth International Conference on Tooth Morphogenesis and Differentiation, York, UK, Jul. 2004.
10)Yoshio Hayashi and N Ishimaru : Development of autoimmune arthritis in Sjogren`s syndrome mouse model with aging via bystander T cell activation, 12th International Congress of Immunology, Montreal, Jul. 2004.
11)Yasuko Ishikawa, Zhenfang Yuan, Noriko Inoue, Masayuki Shono and Yoshiko Nakae : Translocation of aquaporin 5 from rafts to apical membrane in rat parotid glands stimulated by muscarinic agonists, The Journal of Histochemistry and Cytochemistry, Vol.52, No.Suppl 1, S56, San Diego, Jul. 2004.
12)Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Kikuji Yamashita, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Protein phosphatase reglates apoptosis through PKR/eIF-2 a family in human osteoblastic cells, The 16th International Congress of the IFAA, Kyoto, Aug. 2004.
13)Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji : Potent requirement of functional double-stranded RNA-dependent protein kinase (PKR) for the activation of NF-kB by lipopolysaccaride in MC3T3-E1 cells, The 16th International Congress of the IFAA, Kyoto, Aug. 2004.
14)Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Hiroyuki Morimoto, Fumio Nasu and Tatsuji Haneji : PTEN expression by EGR-1 tanscriptional factor in calyculin A-induced apoptotic cells, The 16th International Congress of the IFAA, Kyoto, Aug. 2004.
15)Asaf Wilensky, Yael Houri-Haddad, A. Halabi, Hiromichi Yumoto, Caroline A. Genco and Lior Shapira : P.gingivalis-Induced Bone Loss by Different Strains Correlates with Antibody Levels, 2004: Joint Meeting CED, Israeli Division, NOF; Joint Meeting of the Continental European (CED), Israeli and Scandinavian (NOF) Divisions of IADR, Istanbul(Turkey), Aug. 2004.
16)Akio Hiura and Hiroshi Nakagawa : Innervation of VR1-IR nerve fibers in the rat cornea, 16th International Congress of the IFAA, 334, Kyoto, Aug. 2004.
17)Keiko Harada, Mizuho Nishino, Yukiko Kori and Kenji Arita : Opinions of guardians on the use of restraints for various types of persons with disabilities, 17th IADH(International Association for Disability and Oral Health), Vol.24, No.3, 142, Calgary, Aug. 2004.
18)Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Protein phosphatase regulates apoptosisi through PKR/EIF-2 pathway in human osteoblastic cells., Kyoto,Japan, Aug. 2004.
19)J. Ishibashi, Kikuji Yamashita, R. Yamauchi, H. Hosokawa, Hiroyuki Morimoto and Seiichiro Kitamura : Effects of far-infrared ray on cell proliferation and differentiation of ATDC5, C3H10T1/2 and MC3T3-E1, 16 th International Congress of the IFAA., Kyoto,Japan., Aug. 2004.
20)Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Kikuji Yamashita, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Protein phosphatase regulates apoptosis through PKR/EIF-2Éø pathway in human osteoblastic cells., 16 th Internatinal Congress of the IFAA., Kyoto, Japan., Aug. 2004.
21)Caroline A. Genco, Takanari Miyamoto, Hiromichi Yumoto, Sophia Ostrer-Potapov, Michael Davey, Yusuke Takahashi and Frank Gibson C. III : Acute and Early Recognition of Invasive Bacteria Accelerates Atherosclerosis in Apolipoprotein E-deficient Mice, 42nd Annual Meeting of Infectious Diseases Society of America, Boston(USA), Sep. 2004.
22)Tatsuji Haneji : Association of protein phosphatase 1 delta with nucleolin in osteoblastic cells and cleavage of nucleolin in apoptosis-induced cells, The 4th International Conference of China on Anatomical Sciences, Wuhan, China, Oct. 2004.
23)湯淺 哲也, 大下 修弘, 鎌田 伸之, 江口 覚, 舘原 誠晃, 里村 一人, 長山 勝 : 顎裂閉鎖術を行った精神発達遅滞患者の 1例, 6th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery,第49回日本口腔外科学会総会, 千葉, 2004年10月.
24)Reiko Tokuyama, Kazuhito Satomura, E Maeda, E Kitaoka, Keiko Kume and Masaru Nagayama : Maspin,a Serine Protease Inhibitor,Regulates the Bone Matrix Maturation by Enhancing the Accumulation of Latent TGF-beta, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.19, No.suppl 1, S358, Seattle, Oct. 2004.
25)Seiko Tatehara, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Minamiguchi Siho and Masaru Nagayama : Fabrication and characterization of Porous Alginate/Chitosan/Hydroxyapatite(HAP) composite scaffold, The 5th Asian Bio Ceramics Simposium, Hokkaido, 2005.
26)Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Ishikawa Kunio, Masaaki Takechi, Takano Hideyuki and Masaru Nagayama : Enhancing effects aggregation of platelets by hydroxyapatite putty as a topieal hemontatie agent for bone., First International Conference on Mechanics of Biomaterials&Tissues, 2005.
27)Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kazuhito Satomura, Kenji Fujisawa and Masaru Nagayama : Effect of FGF-2 and Melatonin on the promotion of Osseogenesis around Titanium implants., First International Conference on Mechanics of Biomaterials &Tissues, 2005.
28)Yoshio Hayashi, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Possible Mechanism of Autoimmune Exocrinopathy Resembling Sjogren's Syndrome through RbAp48 Overexpression., Gordon Research Conference., Ventura, Feb. 2005.
29)Yoshio Hayashi, R Arakaki and N Ishimaru : Possible mechanism of autoimmune exocrinopathy resembling Sjogren`s syndrome through RbAp48 overexpression., --- Gordon Research Conference on Salivary Glands & Exocrine Secretion. ---, Ventura,USA., Feb. 2005.
30)Kanako Tamatani, Masami Yoshioka, Tetsuya Tamatani, Daisuke Hinode and R Nakamura : Purification and characterization of the trypsin-like enzymes from Tannerella forsythensis, 83rd General session of the International Association for Dental Research, Baltimore, U.S.A, Mar. 2005.
31)Tadashi Nakanishi, Jean Eastcott, Martin A Taubman and Toshihisa Kawai : Induction of regulatory dendritic cells by gingival epithelial cells, 83rd General session of IADR (International Association for Dental Research), Baltimore, Mar. 2005.
32)Kazuo Okura, GJ Lavigne, C Manzini, PH Rompre, N Huynh and JY Montplaisir : Controlled study on sleep and cardiac variability of pain patients, Journal of Dental Research, Vol.84, #2425, Philadelphia, Mar. 2005.
33)Keiji Moriyama : Non-surgical and surgical orthodontic approaches to Class III malocclusion, 5 th Asian-Pacific Orthodontic Conference, Beijing, Mar. 2005.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1)村上 圭史, 鹿山 鎭男, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性変異株の分離, 第77回 日本細菌学会総会, 2004年4月.
2)末延 慎司, 藤坂 菊美, 尾崎 和美, 大嶋 隆 : Streptococcus mutansの象牙質への付着とグルカン合成量の関係, 第77回 日本細菌学会, 2004年4月.
3)浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金繊維強化レジン基スマート複合材料の研究(第9報)-昇温時の形状回復挙動-, 第43回日本歯科理工学会学術講演会, 2004年4月.
4)榊原 恵美子, 長宗 秀明, 村上 圭史, 前田 拓也, 三宅 洋一郎, 高麗 寛紀 : 緑膿菌外膜タンパク質OprRの抗生物質感受性への関与, 日本細菌学会 第77回総会, 2004年4月.
5)助野 晃子, 長宗 秀明, 弘田 克彦, 大倉 一人, 前田 拓也, 三宅 洋一郎, 高麗 寛紀 : インターメディリシンはS. intermediusがHepG2細胞に侵入する際に必要不可欠な因子である, 日本細菌学会 第77回総会, 2004年4月.
6)浅野 将宏, 大石 慶二, 永田 俊彦 : 大理石骨病を有する慢性歯周炎患者の1症例, 日本歯周病学会会誌, Vol.46, 180, 2004年5月.
7)鎌田 伸之, 堤 聡, 丸岡 豊, 中久木 康一, 二宮 雅美, 樺沢 勇司, 山田 俊平, 黒原 一人, 小村 健, 天笠 光雄, 永田 俊彦, 長山 勝, 板倉 光夫 : 顎骨の骨およびセメント質形成病変における遺伝子変異検索, 第58回日本口腔科学会総会, 132, 2004年5月.
8)水澤 典子, 小杉 知里, 原田 永勝, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : 膵β細胞とα細胞のHox遺伝子およびホメオティック遺伝子発現の差異, 第47回日本糖尿病学会年次学術総会, 2004年5月.
9)三好 圭子, 堀口 大吾, 上野 明道, 長田 英也, 馬場 嘉信, 野間 隆文 : 歯原性上皮細胞株でのBM2シグナルによる遺伝子発現の変化, 第45回日本生化学会・四国支部例会, 2004年5月.
10)吉本 勝彦 : ワ-クショップ「多発性内分泌腫瘍症1・2型の基礎と臨床」遺伝性内分泌腫瘍について, 第16回日本内分泌外科学会総会, 2004年5月.
11)森川 富昭, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 医療従事者に対する論文検索支援システムの構築, 第42回 日本小児歯科学会大会及び総会, 2004年5月.
12)北村 尚正, 森川 富昭, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 医学・歯学分野におけるe-Learningシステムの構築, 第42回 日本小児歯科学会大会及び総会, 2004年5月.
13)尼寺 理恵, 有田 憲司, 清水 謙, 西野 瑞穗 : 乳歯外傷により障害を受けた後続永久歯の画像診断, 第42回 日本小児歯科学会大会及び総会, 2004年5月.
14)北岡 裕子, 郡 由紀子, 上田(山口) 公子, 西野 瑞穗 : 小児の発育に伴う咬合の変化が顎運動に及ぼす影響, 第42回 日本小児歯科学会大会及び総会, 2004年5月.
15)木村 奈津子, 有田 憲司, 清水 謙, 尼寺 理恵, 西野 瑞穗 : 急速アパタイト転換型リン酸カルシウムセメントの生活歯髄切断への応用に関する研究, --- その2 ラット歯髄での病理組織学的検討 ---, 第42回 日本小児歯科学会大会及び総会, 2004年5月.
16)濵 秀樹, 東 秀樹, 瀬戸 浩行, 二宮 雅美, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : エナメルマトリックス蛋白による骨芽細胞分化抑制作用および活性型TGF-βの関与, 日本歯周病学会会誌, Vol.46, 114, 2004年5月.
17)竹内 久裕, 坂東 永一, 中野 雅德, 安陪 晋, 西川 啓介, 郡 元治, 山内 英嗣, 三好 礼子 : 測定システムに依存しない顎運動解析パラメータの検討, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, No.111, 113, 2004年5月.
18)菅 悦子, 三木 千津, 石川 清美, 大森 幸子, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 歯周治療中に発見した口腔粘膜疾患の一例, 第47回 春季日本歯周病学会学術大会, 2004年5月.
19)本釜 聖子, 永尾 寛, 羽田 勝, 市川 哲雄 : 歯間空隙の存在が構音運動に及ぼす影響:上顎全部床義歯装着者による観察, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, 54, 2004年5月.
20)瀧 雅行, 鎌田 伸之, 友成 真弓, 長山 勝 : 扁平上皮癌細胞における上皮・間葉移行による悪性度上昇機構の解明, 第77回日本組織培養学会, 2004年5月.
21)藤原 めぐみ, 岡本 好史, 佐々木 英子, 羽地 達次 : アビジン結合蛋白の細胞内小器官における局在, 第23回四国歯学会総会, 2004年6月.
22)村上 圭史, 鹿山 鎭男, ヴィドゥチッチ ダリヤ, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌PAO1株におけるbiapenem抵抗性変異株の分離, 第52回日本化学療法学会総会, 2004年6月.
23)佐竹 弘, 大塩 誠二, 齋藤 史郎, 三輪 惠, 山下 菊治 : 事業化支援体制の構築-徳島大学ベンチャープラットフォーム, 産学連携学会第2回大会講演予稿集, 34-35, 2004年6月.
24)尾崎 朋文, 湯谷 達, 米山 榮, 北村 清一郎 : 肝兪・魂門・三焦兪・膏門穴刺鍼のCT画像における安全性の検討, 第53回全日本鍼灸学会学術大会, 2004年6月.
25)Yoshio Hayashi : Autoimmunity and aging,Aging and Immunity, 第27回日本基礎老化学会国際シンポジウム, Jun. 2004.
26)上野 明道, 山下 菊治, 野間 隆文 : 骨芽細胞の培養上製清による歯髄細胞の分化増殖誘導, 第28回四国歯学会例会, 2004年6月.
27)手島 理絵, 河波繁 滋之, 田内 渚乃, 森本 景之, 北村 清一郎 : 歯科治療時の偶発症としての縦隔気腫ー空気の波及経路についての解剖学的考察, 四国歯学会第28回例会, 2004年6月.
28)井上 紀子, 石川 康子, 庄野 正行, 吉本 勝彦 : 糖尿病における唾液分泌低下機序, 第28回例会・第23回総会四国歯学会, 2004年6月.
29)内野 眞也, 首藤 茂, 野口 志郎, 水越 常徳, 吉本 勝彦 : 家族性副甲状腺機能亢進症におけるHRPT2遺伝子変異, 第10回家族性腫瘍研究会学術集会, 2004年6月.
30)古谷 俊介, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 西谷 弘, 竹脇 弘嗣, 竹川 佳宏, 工藤 隆治 : 木村氏病の治療経験, 第102回日本医学放射線学会中国·四国地方会(香川)日本放射線腫瘍学会雑誌, Vol.65, No.2, 75, 2004年6月.
31)弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Anginosus group streptococci感染症とその続発生, 第2回 感染病態研究会 シンポジウム「Symbiosis」, 2004年6月.
32)松村 晃子, 橋本 理恵, 宇野 和美, 岡田 和子, 中屋 豊, 吉本 勝彦 : 頭頸部悪性腫瘍患者の栄養管理, 徳島NST研究会, 2004年6月.
33)中西 宏彰, 湯淺 哲也, 里村 一人, 長山 勝 : 5-アミノレブリン酸を用いて光線力学療法と蛍光診断を行った口腔白板症の1例, 第14回日本口腔粘膜学会総会, 2004年7月.
34)江口 覚, 山下 菊治, 石川 友康, 富山 芳信, 大下 修弘, 細川 浩良, 北村 清一郎, 中條 信義 : 遠赤外線照射は麻酔効果を抑制する, 第22回麻酔メカニズム研究会, 2004年7月.
35)郡 由紀子, 上田(山口) 公子, 西野 瑞穗 : 小児期顎関節症患者の顎運動解析, 第17回 日本顎関節学会総会・学術大会, 2004年7月.
36)井澤 俊, 大嶋 淳, 森山 啓司 : 関節リウマチ自然発症モデルマウスを用いた関節骨破壊機構の解析, 第17回日本顎関節学会総会・学術大会 一般演題 口演発表, 2004年7月.
37)細木 眞紀, 薩摩 登誉子, 高橋 章, 坂東 永一, 中野 雅德, 細木 秀彦, 西川 啓介, 竹内 久裕 : スパイラルCTを用いたヒト顎関節の三次元再構築精度(口演発表), 第17回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集, Vol.2B8, 110, 2004年7月.
38)薩摩 登誉子, 細木 眞紀, 坂東 永一, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕 : 6自由度顎運動と顎関節三次元再構築画像による顎機能評価法の開発(ポスター発表), 第17回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集, Vol.D13, 144, 2004年7月.
39)大下 修弘, 富岡 重正, 江口 覚, 高石 和美, 張 剛太, 中條 信義 : 低カリウム血症により心電図異常を認めた糖尿病患者の1症例, 第1回 日本歯科麻酔学会中国・四国地方会, 2004年7月.
40)高石 和美, 富岡 重正, 江口 覚, 大下 修弘, 張 剛太, 中條 信義 : 沖縄県重度心身障害者全身麻酔下歯科治療事業に参加して, 第2回 日本歯科麻酔学会中国・四国地方会, 2004年7月.
41)横山 正明, 増田 かなめ, 横山 希実, 玉谷 香奈子, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 : 女性ホルモンが歯周病原細菌Campylobacter rectus及びヒト歯肉線維芽細胞に及ぼす影響, 口腔衛生学会雑誌, Vol.54, No.4, 452, 2004年8月.
42)日野出 大輔, 福井 誠, 田部 慎一, 本那 智昭, 増田 かなめ, 吉岡 昌美 : 歯周病原性細菌 Actinobacillus actinomycetemcomitans 由来 GroELとヒトファイブロネクチンの分子相同性, 口腔衛生学会雑誌, Vol.54, No.4, 451, 2004年9月.
43)森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害によるIkB/NF-kBの調節, 第46回歯科基礎医学総会, 2004年9月.
44)岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 森本 景之, 田中 宏明, 羽地 達次 : LPS処理線維芽細胞におけるPTENの発現とAktのリン酸化, 第46回歯科基礎医学会総会, 2004年9月.
45)吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 尾崎 明子, 森本 景之, 羽地 達次 : 骨芽細胞の分化におけるPKRの役割について, 第46回歯科基礎医学会総会, 2004年9月.
46)瀧 雅行, 鎌田 伸之, 友成 真弓, 長山 勝 : 扁平上皮癌細胞における上皮・間葉移行に伴うWnt-5aの発現誘導の意義, 第63回日本癌学会総会, 2004年9月.
47)大石 慶二, 大石 美佳, 永田 俊彦 : 培養ヘルトビッヒ上皮鞘細胞の形成する細胞外基質の検索, 日本歯周病学会会誌, Vol.46, 81, 2004年9月.
48)井上 典子, 細木 眞紀, 坂東 永一, 徳永 有美, 中野 雅德, 竹内 久裕, 薩摩 登誉子, 松浦 広興, 北村 万里子, 新居 裕子, 森 牧子, 池田 隆志 : 歯科用金属アレルギーと口腔内金属の起電力の関係(演題番号P-10), 日本補綴歯科学会 中国·四国支部 平成16年度総会および第30回学術大会 プログラム·抄録集, 22, 2004年9月.
49)工藤 隆治, 誉田 栄一, 西谷 弘 : 頭頸部外部放射線照射における固定用シェルの固定精度の検討, 第45回日本歯科放射線学会総会・学術大会, Vol.44, 49, 2004年9月.
50)大下 修弘, 江口 覚, 中條 信義, 竹村 元秀 : 三叉神経降圧反応を誘導する神経基盤, 第27回 日本神経科学大会, 2004年9月.
51)井上 紀子, 石川 康子, 中江 良子, 河野 文昭, 吉本 勝彦 : 耳下腺小葉間導管におけるAQP5の細胞内移動に及ぼす糖尿病の影響, 第46回基礎歯科学会学術大会・総会, 2004年9月.
52)浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金繊維強化レジン基スマート複合材料の研究(第10報)-界面特性の影響-, 第44回日本歯科理工学会学術講演会, 2004年9月.
53)舘 良介, 稲邑 朋也, 細田 秀樹, 若島 健司, 浜田 賢一, 宮崎 修一 : TiAuCo合金のマルテンサイト変態挙動に及ぼす第4元素の影響, 日本金属学会2004年秋季大会, 2004年9月.
54)河村 俊志, 舘 良介, 稲邑 朋也, 細田 秀樹, 若島 健司, 浜田 賢一, 宮崎 修一 : TiAuのマルテンサイト変態温度に及ぼす第3元素の影響, 日本金属学会2004年秋季大会, 2004年9月.
55)浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 繊維-レジン界面特性が損傷修復型義歯床の形状回復に与える影響, 日本金属学会2004年秋季大会, 2004年9月.
56)森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白脱リン酸化酵素剤によるIkB/NF-kBの調節, 第46回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会, 2004年9月.
57)桃田 幸弘, 中西 宏彰, 舘原 誠晃, 湯淺 哲也, 高野 栄之, 南口 知穂, 里村 一人, 林 良夫, 長山 勝 : TS-1を投与した舌癌の2例, 第3回中四国口腔癌研究会, 2004年10月.
58)大下 修弘, 高石 和美, 江口 覚, 張 剛太, 野村 美幸, 富岡 重正, 中條 信義 : スポーツマン高校生の全身麻酔経験, 第32回 日本歯科麻酔学会, 2004年10月.
59)高石 和美, 中條 信義 : 毛細血管拡張性運動失調症患者の全身麻酔経験, 第32回 日本歯科麻酔学会, 2004年10月.
60)富岡 重正, 金子 美幸, 張 剛太, 中條 信義 : アフリカツメガエルの卵母細胞に発現したセロトニントランスポーターに対するケタミンの作用, 第32回 日本歯科麻酔学会, 2004年10月.
61)張 剛太, 富岡 重正, 江口 覚, 高石 和美, 大下 修弘, 金子 美幸, 中條 信義 : 学生の臨床実習中におけるストレス反応, 第32回 日本歯科麻酔学会, 2004年10月.
62)Akemichi Ueno, Kikuji Yamashita, Keiko Miyoshi, Taigo Horiguchi, Ruspita Intan, Kaori Abe and Takafumi Noma : Overexpression of thrombospondin1(TSP1) inhibits mineralization by MC3T3 cells in vivo, 77th mass Meeting of the Japanese Biochemical Society, Oct. 2004.
63)弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 助野 晃子, 長宗 秀明, 菊池 賢, 戸塚 恭一, 三宅 洋一郎 : 抗Streptococcus intermedius HU型ヒストン様タンパク質抗体のHepG2細胞内ミトコンドリアとの反応性, 第57回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2004年10月.
64)鹿山 鎭男, 村上 圭史, ヴィドゥチッチ ダリヤ, 劉 大力, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌 Quorum Sensing 機構と抗菌薬抵抗性について, 第57回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2004年10月.
65)二宮 雅美, 瀬戸 浩行, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : KCB-1D(FGF-2)による第Ⅱ相歯周組織再生試験, --- KCB-1Dにより著明な改善が認められたー症例 ---, 第47回秋季日本歯周病学会学術大会, 2004年10月.
66)東 智子, 二宮 雅美, 東 秀樹, 永田 俊彦 : エムドゲイン ゲルを用いた歯牙再植術の一症例, 第47回秋季日本歯周病学会学術大会, 164, 2004年10月.
67)細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : ヒト歯肉線維芽細胞におけるCXCL12産生ならびに機能的解析, 第47回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2004年10月.
68)三木 千津, 石川 清美, 菅 悦子, 大森 幸子, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 口腔癌患者における歯周治療および長期的管理の重要性, 第47回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2004年10月.
69)内野 眞也, 野口 志郎, 山下 弘幸, 渡辺 紳, 小川 尚洋, 鈴木 やすよ, 水越 常徳, 吉本 勝彦 : MEN1遺伝子変異陰性の家族性副甲状腺機能亢進症におけるHRPT2遺伝子変異, 第37回甲状腺外科研究会, 2004年10月.
70)石川 康子 : セッションテーマ;乾く病気とその対策, --- 口腔乾燥症と唾液分泌促進剤 ---, 第19回「大学と科学」公開シンポジウム,みずみずしい体のしくみ--水の通り道アクアポリンの働きと病気--, 2004年10月.
71)瀬戸 浩行, 二宮 雅美, 和田 智恵, 福本 善和, 片岡 正俊, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : Ca拮抗薬による歯肉増殖症の病態と治療, 第20回日本歯科医学会総会, Vol.57, No.4, 99, 2004年10月.
72)西野 瑞穗, Nurhaerani, 清水 謙, 有田 憲司 : 口腔内装置表面へのプラズマイオン注入による歯垢付着抑制, 第20回 日本歯科医学会総会, 2004年10月.
73)坂本 治美, 真杉 幸江, 横山 希実, 吉岡 昌美 : 徳島大学病院・歯科における「歯周病レポート」の活用, --- 入力マニュアルの作成 ---, 口腔衛生学会雑誌, Vol.54, No.5, 587, 2004年10月.
74)吉岡 昌美, 本那 智昭, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 日野出 大輔 : 徳島県K村における児童生徒のう蝕罹患状況─10年間のフッ化物洗口の効果と今後の課題─, 口腔衛生学会雑誌, Vol.54, No.5, 589, 2004年10月.
75)尾崎 明子, 森本 景之, 田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次 : オカダ酸処理細胞におけるNF-kBのリン酸化, 第59回日本解剖学会中国,四国地方会, 2004年11月.
76)寺内 さつき, 立川 愛子, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 透過性遷移に伴うミトコンドリア内膜における構造変化の免疫電子顕微鏡を用いた解析, ファーマバイオフォーラム2004, 2004年11月.
77)銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 堀口 英久, 廣川 満良, Asa L Sylvia : Methylation and expression of the cell cycle control genes in human pituitary tumors, 第8回日本内分泌病理学会総会, 2004年11月.
78)水越 常徳, 佐藤 裕信, 高橋 裕樹, 今井 浩三, 鈴木 やすよ, 内野 眞也, 首藤 茂, 野口 志郎, 吉本 勝彦 : HRPT2遺伝子変異を認めた家族性副甲状腺機能亢進症の一例, 第4回日本内分泌学会北海道地方会, 2004年11月.
79)辻 けい子, 堀内 信也, 二宮 雅美, 永田 俊彦, 森山 啓司 : 骨粗鬆症を有する両側性口唇口蓋裂患者に対し歯周·矯正治療を平行して行った1症例, 第63回日本矯正歯科学会大会, 302, 2004年11月.
80)井澤 俊, 辻 けい子, 山内 里津, 堀内 信也, 森山 啓司 : 上顎前突症患者におけるbite jumping applianceとelastic open activatorの治療効果に関する検討, 第63回日本矯正歯科学会大会 学術展示, 247, 2004年11月.
81)菅 俊行, 川﨑 有希子, 松尾 敬志, 石川 邦夫, 恵比須 繁之 : フッ化ジアミンシリケートの象牙細管封鎖効果の持続性およびアパタイト誘導能の評価, 日本歯科保存学雑誌, Vol.47, 100, 2004年11月.
82)二宮 雅美, 永田 俊彦 : エナメル基質タンパクの自家歯牙移植への応用, 日本歯科保存学会2004年度秋季学会(第121回), Vol.47, 228, 2004年11月.
83)末延 慎司, 藤坂 菊美, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 培養条件変化によるStreptococcus mutansの動態に関する解析, --- Glucosyltransferase関連遺伝子とグルカン合成量の関係 ---, 第121回 日本歯科保存学会秋季学会, 2004年11月.
84)藤坂 菊美, 末延 慎司, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 培養条件変化によるStreptococcus mutansの動態に関する解析, --- 変異株を用いて培養した象牙質板の形態学的観察 ---, 第121回 日本歯科保存学会秋季学会, 2004年11月.
85)森川 富昭, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 松浦 健二, 能瀬 高明, 矢野 米雄 : Development of Medical e-Learning system based on syllabus, 医療情報学24回連合大会論文集, 1068-1069, 2004年11月.
86)阿部 洋子, 原田 桂子, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 上顎正中部に複数の過剰歯と低石灰様胚を有する兄弟例, 第23回 日本小児歯科学会中国四国地方会大会および総会, 2004年11月.
87)清水 謙, 有田 憲司, 西川 聡美, 木村 奈津子, 西野 瑞穗 : 上顎小臼歯部に認められた含歯性囊胞の一例, 第23回 日本小児歯科学会中国四国地方会大会および総会, 2004年11月.
88)尼寺 理恵, 阿部 洋子, 福留 麗実, 西川 聡美, 上田(山口) 公子, 木村 奈津子, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 地域乳幼児歯科保健管理に関する研究, --- 第4報 健診回数からみたう蝕罹状況について ---, 第23回 日本小児歯科学会中国四国地方会大会および総会, 2004年11月.
89)福井 誠, 増田 かなめ, 玉谷 香奈子, 本那 智昭, 日野出 大輔 : Relationship between periodontal conditions and sIgA directed to microbial GroEL., Journal of Dental Research, 2004年11月.
90)Shin-ichi Tanabe, Masaaki Yokoyama, Nozomi Yokoyama, Masami Yoshioka and Daisuke Hinode : Smoking and osseointegrated implant failure: a meta-analysis, 52nd Annual Meeting of the Japanese Association for Dental Research, Nov. 2004.
91)弘田 克彦, 菊池 賢, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 三宅 洋一郎, 小野 恒子 : 脳腫瘍以来のS.intermedius ILY高産生株に対するカルバベネム系抗菌薬感受性に関する検討, 第52回 日本化学治療法学会西日本支部総会, 2004年12月.
92)鹿山 鎭男, 村上 圭史, ヴィドゥチッチ ダリヤ, 劉 大力, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌 lasl, rhll 遺伝子と抗菌薬抵抗性について, 第52回 日本化学治療法学会西日本支部総会, 2004年12月.
93)吉岡 昌美 : NSTと口腔ケア, 日本病態栄養学会誌, Vol.8, No.4, 310, 2005年.
94)細川 浩良, 山下 菊治, 石橋 淳, 長山 勝, 北村 清一郎 : 癌細胞の特性赤外線に対する感受性とストレス蛋白との関係, 第50回(社)日本口腔外科学会総会大阪国際会議場,2005., 2005年.
95)尾﨑 享祐, 生島 仁史, 川中 崇, 村瀬 知也, 王 億, 西谷 弘, 工藤 隆治, 竹内 徹, 誉田 栄一, 竹川 佳宏 : 頬粘膜癌の治療成績, 第101回日本医学放射線学会中国·四国地方会(鳥取)日本医学放射線学会雑誌, Vol.65, No.1, 80, 2005年1月.
96)川中 崇, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 安田 浩章, 池山 鎮夫, 西谷 弘, 工藤 隆治, 竹内 徹, 誉田 栄一, 竹川 佳宏 : 上顎炎症性偽腫瘍の放射線治療経験と治療成績, 第101回日本医学放射線学会中国·四国地方会(鳥取)日本医学放射線学会雑誌, Vol.65, No.1, 80, 2005年1月.
97)大村 直幹, 本釜 聖子, 柏原 稔也, 市川 哲雄 : 機能水の歯科補綴領域への応用, 日本口腔機能水学会誌, Vol.6, No.1, 24-25, 2005年2月.
98)銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 堀口 英久, 廣川 満良 : Analysis of DNA methyltransferase 1 (DNMT1) expression in human pituitary tumors, 第15回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2005年2月.
99)田中 宏明, 岡村 裕彦, 尾崎 明子, 吉田 賀弥, 森本 景之, 羽地 達次 : カリクリンA誘導アポトーシス細胞におけるPTENとAktの発現, 第110回日本解剖学会総会, 2005年3月.
100)尾崎 明子, 森本 景之, 田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 羽地 達次 : オカダ酸処理細胞における NF-kB のリン酸化, 第110回日本解剖学会総会, 2005年3月.
101)吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 森本 景之, 羽地 達次 : 骨芽細胞分化におけるPKRの役割について, 第110回日本解剖学会総会, 2005年3月.
102)森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素1型アイソフォーム特異的RNAiとヒトDicer遺伝子変異体の同定, 第110回日本解剖学会総会, 2005年3月.
103)岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 森本 景之, 尾崎 明子, 田中 宏明, 羽地 達次 : LPS刺激によるPTENの発現とAktのリン酸化, 第110回日本解剖学会総会, 2005年3月.
104)西田 宗秀, Bruna Rabelo Amorim, 羽地 達次 : アビジン結合蛋白の簡易検出法と細胞内小器官における局在, 第110回日本解剖学会総会, 2005年3月.
105)瀬崎 英孝, 吉田 憲一, 淺岡 憲三 : 酸性フッ化ナトリウム水溶液が熱処理したチタンの機械的性質に及ぼす影響, 日本機械学会講演論文集, No.055-1, 71-72, 2005年3月.
106)坂本 裕紀, 吉田 憲一, 淺岡 憲三, 松原 敏夫 : チタン多孔体の焼結法と強度,アパタイト修飾特性, 日本機械学会講演論文集, No.055-1, 73-74, 2005年3月.
107)横山 賢一, 小川 登志男, 淺岡 憲三, 酒井 潤一 : 過酸化水素水を含有した生理食塩水中におけるNi-Ti超弾性合金の破壊, 日本金属学会第136回大会, 2005年3月.
108)手島 理絵, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 歯科偶発症としての縦隔気腫ー空気の波及経路についての解剖学的考察, 第110回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2005年3月.
109)森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素1型アイソフォーム特異的RNAiとヒトDicer遺伝子変異体の同定., 第110回日本解剖学会総会・全国学術集会., 2005年3月.
110)是永 圭太, 小川 登志男, 横山 賢一, 淺岡 憲三, 酒井 潤一 : フッ化ナトリウム水溶液中におけるNi-Ti超弾性合金の水素吸収抑制, 日本金属学会第136回大会, 2005年3月.
111)中江 良子, Stoward J. Peter, Bespalov A. Ivan, Melamede J. Robert, Wallace S. Susan : A new technique for the quantitative assessment of 8-oxoguanine content in situ in nuclear DNA., 解剖学雑誌, Vol.80, No.Suppl, 216, 2005年3月.
112)角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : ヒト咽頭挙筋起始・停止・走行に関する肉眼解剖学的研究.第1報 口蓋およびその付近における咽頭挙筋の起始と走行, 第110回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1)野間 隆文 : 新入生歓迎ム大学生活をエンジョイしよう!!!, 徳大広報「とくとーく」, No.115, 5, 2004年4月.
2)尼寺 理恵 : 健康メモ「歯の健康」⑥, 広報いしい 第126号, 2004年4月.
3)林 良夫, 新垣 理恵子, 福井 仁美 : シェーグレン症候群への実験的アプローチ, 細胞, Vol.36, No.6, 30-33, 2004年6月.
4)浜田 賢一 : スマート材料の歯科応用, 東京工業大学精密工学研究所談話会,神奈川, 2004年6月.
5)西野 瑞穗 : 社会は専門性の高い小児歯科保健医療を強く求めている, 明治大学大学院総合セミナー講演, 2004年6月.
6)尼寺 理恵 : 健康メモ「歯の健康」⑦, 広報いしい 第127号, 2004年7月.
7)西野 瑞穗 : 子どもの歯と口の健康と育ってゆく力, 第13回 中国四国小児保健学会 特別講演, 2004年7月.
8)尼寺 理恵 : 「歯科検診,カリオスタット検査,予防教育」, 石井町平成16年度パパママ講座, 2004年7月.
9)有田 憲司 : 子供の歯のケガについて, 八尾市歯科医師会 「子供の歯のケガについて」学術講演, 2004年7月.
10)西野 瑞穗 : 変わりましたか?学校給食, 海部郡学校給食合同研修会, 2004年8月.
11)西野 瑞穗 : 成長発達期の歯と口の健康が高齢期の健康を支えるー学校歯科保健ー, 兵庫県津名郡歯科医師会学術講演会 講演, 2004年8月.
12)西野 瑞穗 : 咀嚼と健康について, 徳島県教員団体連合会学校栄養職員部夏期研修会 講演, 2004年8月.
13)樋浦 明夫 : 書評「量子進化」(ジョンジョー・マクファデン著,共立出版,2003年), 生物科学ニュース, No.393, 10-11, 2004年9月.
14)有田 憲司 : 食べること・しゃべること∼口腔機能の発達・基礎編∼, 平成16年度 市町村歯科保健従事者研修会, 2004年9月.
15)尼寺 理恵 : 健康メモ「歯の健康」⑧, 広報いしい 第128号, 2004年10月.
16)西野 瑞穗 : 『口と歯』の課題に対するPDCAスパイラルサイクル, 第68回 全国学校歯科保健研究大会, 2004年11月.
17)二宮 雅美 : 自家歯牙移植の理論と術式, --- 歯周組織再生誘導材料の自家歯牙移植への応用 ---, 第14回薫風会臨床セミナー, 2004年11月.
18)有田 憲司 : 食べること・しゃべること∼口腔機能の発達・応用編∼, 平成16年度 市町村歯科保健従事者研修会, 2004年11月.
19)樋浦 明夫 : F.エンゲルスの生家を訪ねてー若きエンゲルスの追想ー, 徳島科学史雑誌, Vol.23, 47-58, 2004年12月.
20)野間 隆文 : 学生生活実態調査から見えてくるもの, 徳大広報, Vol.121, 1, 2005年.
21)尼寺 理恵 : 健康メモ「歯の健康」⑨, 広報いしい 第129号, 2005年1月.
22)有田 憲司 : 小児における新しい外傷歯の処置法, 愛媛県西予地区歯科医師会学術講演, 2005年1月.
23)Mizuho Nishino : Guidance of the Developing Occlusion, The First Indonesian National Scientific Meetiong in Pediatric Dentistry, Feb. 2005.
24)西野 瑞穗 : 小児歯科医療におけるヘルスプロモーション, --- 社会は専門性の高い小児歯科保健医療を強く求めている ---, 徳島大学歯学部同窓会兵庫県支部 平成16年度学術講演会 講演, 2005年2月.

2004年度(平成16年度) / 報告書

1)吉本 勝彦, 佐野 壽昭, 山田 正三, 脇坂 晟 : 形態および機能の異なる2種の成長ホルモン産生腺腫の遺伝子発現プロフィルの解析, 研究年報, No.27, 331-336, 東京, 2004年7月.
2)佐々木 成, 石川 康子, : アクアポリン水チャネルの生命維持機構とその破綻病態の解明, 平成13年度∼平成16年度科学研究費補助金·特定領域研究2·研究成果報告書, 2005年3月.
3)細木 眞紀, 坂東 永一, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕, 薩摩 登誉子, 井上 典子, 徳永 有美, 石川 輝明, 北村 万里子 : 歯科用金属アレルギー患者における口腔内金属の起電力とアレルギー症状の検討, 平成15∼16年度 科学研究費補助金(研究基盤(C)(2))研究成果報告書, Vol.15592052, 2005年3月.
4)尾崎 和美 : 齲蝕象牙質の細管侵入細菌におけるスクロース代謝の動的解析, 平成15年度∼平成16年度 科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書, 2005年3月.
5)尾崎 和美, 松尾 敬志 : 電顕用樹脂埋試料から抽出した細菌の16SrDNAを利用した象牙齲蝕病巣深部の細菌の同定, カリオロジーに基づく齲蝕の診断法および治療法の開発, 15-27, 2005年3月.
6)野間 隆文, : 「第22回学生生活実態調査報告書」, キャンパスライフ, 徳島, 2005年3月.
7)尾崎 和美, 松尾 敬志 : PCR Amplificcation of Target DNA Extracted From Bacterial Cells Embedded in Plastic Material for Electron Microscopy, カリオロージに基づく齲蝕の診断法および治療法の開発, 29-49, 2005年3月.
8)尾崎 和美, 松尾 敬志 : Bacterial Viability Assay at an Electron Microscopic Leved, カリオロージに基づく齲蝕の診断法および治療法の開発, 51-58, 2005年3月.
9)羽地 達次, 森本 景之 : 骨芽細胞のアポトーシスにおける核タンパクニュークレオリンの分解とタンパク質脱リン酸化酵素, 平成15-16年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究 (C) (2) 報告書, 徳島, 2005年3月.

2005年度(平成17年度)

article.{@.date="20050400 20060399" @.organization=\E{10999}}

2005年度(平成17年度) / 著書

1)林 良夫 : 組織病理アトラス, --- 口腔・唾液腺(共著) ---, 文光堂, 東京, 2005年4月.
2)石田 甫, 大浦 清, 上﨑 善規, 土肥 敏博, 石川 康子, 井上 紀子, : 歯科薬理学 第5版, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年4月.
3)坂東 永一, 竹内 久裕 : 食感創造ハンドブック, --- 咀嚼運動の計測 ---, サイエンスフォーラム, 東京, 2005年4月.
4)有田 憲司, 西野 瑞穗, 木村 光孝, 高木 裕三, 香西 克之, 朝田 芳信 : 乳歯列期における外傷歯の診断と治療, クインテッセンス出版 株式会社, 東京, 2005年5月.
5)堀口 大吾, 三好 圭子, 武藤 太郎, 野間 隆文 : 生化学実習書 (第3版7刷), 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部分子医化学分野, 徳島, 2005年5月.
6)西野 瑞穗 : 親と子の健やかな育ちに寄り添う乳幼児の口と歯の健診ガイド, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年5月.
7)中野 雅德 : よくわかる顎口腔機能, --- アンテリアガイダンス ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年7月.
8)中野 雅德 : よくわかる顎口腔機能, --- 咬合に関する治療方針(1) ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年7月.
9)重本 修伺 : 顎運動の測りかた, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年7月.
10)坂東 永一 : よくわかる顎口腔機能ー咀嚼·嚥下·発音を診査·診断する, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年7月.
11)竹内 久裕 : 顎運動の標準データ, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年7月.
12)石川 康子, : みずみずしい体のしくみ 水の通り道「アクアポリン」の働きと病気, --- 口腔乾燥症と唾液分泌促進薬 ---, クバプロ, 東京, 2005年8月.
13)淺岡 憲三 : 歯科理工学教育用語集, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年9月.
14)友竹 偉則, 渋谷 恵子, 長尾 大輔, 市川 哲雄 : 臨床への応用 粘膜支持,インプラント維持の症例, 2005年10月.
15)友竹 偉則, Hau Wei, Jianrong Chen, 市川 哲雄 : インプラント支持,インプラント維持の症例, 2005年10月.
16)Yoritoki Tomotake, 渋谷 恵子, Daisuke Nagao and Tetsuo Ichikawa : Clinical applications. Tissue supporting and implant retaining cases., Oct. 2005.
17)Yoritoki Tomotake, Wei Hau, Chen Jianrong and Tetsuo Ichikawa : Implant supporting retaining cases., Oct. 2005.
18)永田 俊彦, 二宮 雅美 : 歯科衛生士教本·歯周病の治療, --- 臨床編 第1章 歯周疾患の病因 in press ---, 永末書店, 京都, 2005年12月.
19)誉田 栄一, 前田 直樹, 吉田 みどり : 即時インプラント治療時のCT画像診断, 医歯薬出版, 2005年12月.
20)尾崎 朋文, 松下 美穂, 松岡 憲二, 吉田 篤, 北村 清一郎 : 顔面の主要経穴の安全性とリスク対策, 2006年.
21)Katsuhiko Yoshimoto, Xu Bing, Noriko Mizusawa, Takeo Iwata, Daisuke Nagao, Golam Md. Hossain, Akira Miyauchi, Seiji Kuma, Mitsuyoshi Hirokawa and Toshiaki Sano : Somatic mutations of the CTNNB1 gene in cribriform-morular variant of papillary thyroid carcinoma., Transworld Research Network, Kerala, India, 2006.
22)N Huynh, G Lavigne, Kazuo Okura, D Yao and K Adachi : Sleep Bruxism, Elsevier, 2006.
23)羽地 達次 : Ten Cate 口腔組織学第6版 (分担訳), 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2006年1月.
24)羽地 達次 : Ten Cate 口腔組織学第6版 付録問題集 (訳), 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2006年1月.
25)河野 文昭, 岡 謙次, 大栗 孝文 : 人工歯選択と排列時の問題点と対策, 医歯薬出版 株式会社, 2006年1月.
26)市川 哲雄, 友竹 偉則, 蟹谷 英生 : 特殊義歯の問題点と対策, 2006年1月.
27)尾崎 和美, : 取り残し細菌のアクティビティは?, 永末書店, 京都, 2006年1月.
28)尾崎 和美 : 辺縁漏洩による細菌の侵入はどの程度問題か?, 永末書店, 京都, 2006年1月.
29)細井 和雄, 赤松 徹也, : 口腔生物学各論-唾液腺, 学建書院, 東京, 2006年2月.
30)中屋 豊, 桑波田 雅士, 丹黒 章, 土井 俊夫, 竹谷 豊, 野間 喜彦, 武田 英二, 東 博之, 島田 光生, 栗田 信浩, 大森 哲郎, 西 正晴, 青野 純典, 西岡 安彦, 吉本 勝彦, ほか 65名 : NST用語ハンドブック, メディカルレビュー社, 東京, 2006年2月.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Toshiyuki Suge, Ishikawa Kunio, Akiko Kawasaki, Takashi Matsuo and EBISU Shigeyuki : Effects of pre- or post- application with calcium chloride on occluding ability of potassium oxalate for the treatment of dentin hypersensitivity, American Journal of Dentistry, Vol.18, No.2, 121-125, 2005.
2)Masami Yoshioka, Daniel Grenier and Denis Mayrand : Binding lipopolysaccharides to Peptostreptococcus micros stimulates tumor necrosis factor alpha production by macrophage-like cells, Oral Microbiology and Immunology, Vol.20, No.2, 118-121, 2005.
3)Takaaki Sagawa, Yoshihisa Takaishi, Yoshinori Fujimoto, Carmenza Duque, Coralia Osorio, Freddy Ramos, Garzon Cristina, Mitsunobu Sato, Masato Okamoto, Tetsuya Oshikawa and Sharif Uddin Ahmed : Cyclobutane Dimers from the Colombian Medicinal Plant Achyrocline bogotensis, Journal of Natural Products, Vol.68, No.4, 502-505, 2005.
4)江口 覚, 河野 崇, 大下 修造, 中條 信義 : ニコランジルによる培養ラット血管平滑筋細胞のATP感受性Kチャネル活性に及ぼすプロポフォールとチアミラールの影響, 麻酔, Vol.54, No.4, 364-369, 2005年.
5)Takeo Iwata, Ishizuka Yoko, Nakada Tomoaki, Toyoda Fumiyo, Conlon J Michael and Kikuyama Sakae : Regionally specific occurrence of an active sodefrin variant in the red bellied newt., Annals of the New York Academy of Sciences, Vol.1040, 351-353, 2005.
6)Kikuyama Sakae, Nakada Tomoaki, Toyoda Fumiyo, Takeo Iwata, Yamamoto Kazutoshi and Conlon J Michael : Amplibian pheromones and endocrine control of their secretion., Annals of the New York Academy of Sciences, Vol.1040, 123-130, 2005.
7)Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada, Akira Ishizuka, Noriko Mizusawa, Hidehisa Horiguchi, Mitsuyoshi Hirokawa and L Sylvia Asa : Inactivation of RASSF1A tumor suppressor gene by aberrant promoter hypermethylation in human pituitary adenomas., Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.85, No.4, 464-473, 2005.
8)Ai Suga, Yoshihisa Takaishi, Hiroyuki Nakagawa, Tadashi Iwasa, Mitsunobu Sato and Masato Okamoto : Chemical Constituents from Fruits and Seeds of Myrica rubra (Myricaceae), Natural Medicines, Vol.59, No.2, 70-75, 2005.
9)Akiko Sukeno, Hideaki Nagamune, Robert A. Whiley, Syed I. Jafar, Joseph Aduse-Opoku, Kazuto Ohkura, Takuya Maeda, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake and Hiroki Kourai : Intermedilysin Is Essential for the Invasion of Hepatoma HepG2 Cells by Streptococcus intermedius, Microbiology and Immunology, Vol.49, No.7, 681-694, 2005.
10)吉岡 昌美, 横山 希実, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 日野出 大輔 : 官能試験の結果および質問票による口臭患者の分析, 口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.2, 83-88, 2005年.
11)大庭 康雄, 永島 優子, 森山 啓司 : 下顎枝垂直骨切り術と下顎枝矢状分割術を併用して治療を行った下顎非対称を伴う顎変形症の3症例の術後評価, 日本顎変形症学会雑誌, Vol.15, No.1, 28-40, 2005年.
12)Hideyo Ohuchi, Akihiro Yasue, Katsuhiko Ono, Shunsuke Sasaoka, Sayuri Tomonari, Akira Takagi, Mitsuo Itakura, Keiji Moriyama, Sumihare Noji and Tsutomu Nohno : Identification of Cis-Element Regulating Expression of the Mouse Fgf10 Gene during Inner Ear Development, Developmental Dynamics, Vol.233, No.1, 177-187, 2005.
13)Akiko Kawasaki, Toshiyuki Suge, Kunio Ishikawa, Kazumi Ozaki, Takashi Matsuo and Shigeyuki Ebisu : Ammonium hexafluorosilicate increase acid resistance of bovine enamel and dentine, Journal of Materials Science. Materials in Medicine, Vol.16, No.5, 461-466, 2005.
14)Shingo Kawakami, Masahiko Yokozeki, Takumi Takahashi, Shinya Horiuchi and Keiji Moriyama : Siblings with spaced arches treated with and without partial glossectomy, --- Comparison of occlusal stabilities after orthodontic treatment in a pair of brother and sister ---, American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.127, No.3, 364-373, 2005.
15)Most Nahid Parvin, Shingo Kurabuchi, Kwartarini Murdiastuti, Chenjuan Yao, Chisato Kosugi, Tetsuya Akamatsu, Norio Kanamori and Kazuo Hosoi : Subcellular redistribution of AQP5 by vasoactive intestinal polypeptide (VIP) in the Brunner's gland of the rat duodenum, American Journal of Physiology, Gastrointestinal and Liver Physiology, Vol.288, No.6, G1283-G1291, 2005.
16)Tetsuya Oshikawa, Masato Okamoto, Sharif U. Ahmed, Sachiko Furuichi, Tomoyuki Tano, Akiko Sasai, Shin Kan, Soko Kasai, Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa, Hitoshi Hori and Mitsunobu Sato : TX-1877, a bifunctional hypoxic cell radiosensitizer, enhances anticancer host response: immune cell migration and nitric oxide production., International Journal of Cancer, Vol.116, No.4, 571-578, 2005.
17)大下 修弘, 高石 和美, 江口 覚, 張 剛太, 富岡 重正, 中條 信義 : 全身麻酔時に不整脈を呈した高校生スポーツ選手の麻酔経験, 麻酔, Vol.54, No.6, 676-679, 2005年.
18)Tetsuya Yuasa, Youji Miyamoto, Masayuki Kon, Kunio Ishikawa, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Seiko Tatehara, Hideyuki Takano, Shiro Minamiguchi and Masaru Nagayama : Proliferation and Differentiation of Cultured MC3T3-E1 Osteoblasts on Surface-layer Modified Hydroxyapatite Ceramic with Acid and Heat Treatments, Dental Materials Journal, Vol.24, No.2, 207-212, 2005.
19)Naonobu Tanaka, Mamoru Okasaka, Youko Ishimaru, Yoshihisa Takaishi, Mitsunobu Sato, Masato Okamoto, Tetsuya Oshikawa, Sharif Uddin Ahmed, L. Mark Consentino and Kuo-Hsiung Lee : Biyouyanagin A, an Anti-HIV Agent from Hypericum chinense L. var. salicifolium, Organic Letters, Vol.7, No.14, 2997-2999, 2005.
20)成田 王彦, 宮本 洋二, 今 政幸, 田中 清志, 神谷 修 : 硫酸カリウム水溶液による急速加熱型クリストバライト埋没材の鋳型放置時間短縮の試み, 日本歯科技工学会雑誌, Vol.26, No.1, 16-20, 2005年.
21)木村 奈津子, 有田 憲司, 尼寺 理恵, 西野 瑞穗 : 急速アパタイト転換型リン酸カルシウムセメントによるラット皮下組織のpH変化, 小児歯科学雑誌, Vol.43, No.3, 425-432, 2005年.
22)宮本 洋二, 藤澤 健司, 福田 雅幸, 湯浅 哲也, 長山 勝, 山内 英嗣, 河野 文昭, 日野出 大輔 : 即時荷重インプラントに関する臨床的検討, --- 臨床術式と1年経過時の臨床成績 ---, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.18, No.2, 78-292-87-301, 2005年.
23)宮本 洋二, 藤澤 健司, 福田 雅幸, 湯淺 哲也, 長山 勝, 山内 英嗣, 河野 文昭, 日野出 大輔 : 即時荷重インプラントに関する臨床的検討: 臨床術式と1年経過時の臨床成績, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.18, No.2, 292-301, 2005年.
24)Chenjuan Yao, Wei Wei, Xuefei Li and Kazuo Hosoi : Acute phase protein induction by experimental inflammation in the salivary gland, Journal of Oral Pathology & Medicine, Vol.34, No.6, 364-367, 2005.
25)Tomoichiro Yamaai, Tohru Nakanishi, Masahiro Asano, Kumiko Nawachi, Gen Yoshimichi, Kazumi Ohyama, Toshifumi Komori, Tomosada Sugimoto and Masaharu Takigawa : Gene expression of connective tissue growth factor (CTGF/CCN2) in calcifying tissues of normal and cbfa1-null mutant mice in late stage of embryonic development, Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.23, No.4, 280-288, 2005.
26)Katsuhiko Hirota, Keiji Murakami, Ken Nemoto and Yoichiro Miyake : Coating of a surface with 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine (MPC) co-polymer significantly reduces retention of human pathogenic microorganisms, FEMS Microbiology Letters, Vol.248, No.1, 37-45, 2005.
27)Masaaki Yokoyama, Daisuke Hinode, Kaname Masuda, Masami Yoshioka and Daniel Grenier : Effect of female sex hormones on Campylobacter rectus and human gingival fibroblasts, Oral Microbiology and Immunology, Vol.20, No.4, 239-243, 2005.
28)井澤 俊, 辻 けい子, 山内 里津, 堀内 信也, 森山 啓司 : 上顎前突症患者におけるBite jumping applianceとElastic open activatorの作用機序に関する検討, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.17, No.1, 15-23, 2005年.
29)佐竹 秀太, 高橋 巧, 辻 けい子, 堀内 信也, 森山 啓司 : 上顎犬歯の移転を伴う不成咬合の3症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.17, No.1, 37-48, 2005年.
30)Asaf Wilensky, Yankel Gabet, Hiromichi Yumoto, Yael Houri-Haddad and Lior Shapira : Three-dimensional quantification of alveolar bone loss in Porphyromonas gingivalis-infected mice using micro-computed tomography, Journal of Periodontology, Vol.76, No.8, 1282-1286, 2005.
31)Hiroyuki Morimoto, Akiko Ozaki, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Okadaic acid induces tyrosine phosphorylation of IkBa that mediated by PKR pathway in human osteoblastic MG63 cells, Molecular and Cellular Biochemistry, Vol.276, No.1-2, 211-217, 2005.
32)Satsuki Terauchi, Takenori Yamamoto, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Molecular basis of morphological changes in mitochondrial membrane accompanying induction of permeability transition, as revealed by immuno-electron microscopy., Mitochondrion, Vol.5, No.4, 248-254, 2005.
33)水内 潔, 井上 漢龍, 杉岡 正美, 伊丹 正郎, 浜田 賢一, 川原 正和 : TiNi形状記憶合金ワイヤ強化Mg合金基複合材料の組織と機械的性質, 日本金属学会誌, Vol.69, No.8, 608-613, 2005年.
34)手島 理絵, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 歯科偶発症としての縦隔気腫, --- 空気の波及経路についての解剖学的考察 ---, 解剖学雑誌, Vol.80, No.2, 73-74, 2005年.
35)清水 謙, 尼寺 理恵, 阿部 洋子, 上田 公子, 木村 奈津子, 篠永 ゆかり, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 長期入院重度心身障害児·者の口腔内状況, 小児保健とくしま, Vol.13, 15-20, 2005年.
36)Hsin-Hua Chou, Hiromichi Yumoto, Michael Davey, Yusuke Takahashi, Takanari Miyamoto, Frank Gibson C. III and Caroline A. Genco : Porphyromonas gingivalis Fimbria-Dependent Activation of Inflammatory Genes in Human Aortic Endothelial Cells, Infection and Immunity, Vol.73, No.9, 5367-5378, 2005.
37)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae, Keiji Murakami, Yoichiro Miyake and Takashi Matsuo : CXCL12 and CXCR4 expression by human gingival fibroblasts in periodontal disease, Clinical and Experimental Immunology, Vol.141, No.3, 467-474, 2005.
38)Yoshiko Nakae, Peter J. Stoward, Ivan A. Bespalov, Robert J. Melamede and Susan S. Wallace : A new technique for the quantitative assessment of 8-oxoguanine in nuclear DNA as a marker of oxidative stress. Application to dystrophin-deficient DMD skeletal muscles., Histochemistry and Cell Biology, Vol.124, No.3-4, 335-345, 2005.
39)Hironobu Shibata, Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Keiji Moriyama, Toshiaki Sano, Ken-ichi Kitazoe, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Shingo Wakatsuki, Shinsuke Kido, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Malignant B-lymphoid cells with bone lesions express receptor activator of nuclear factor-kappaB ligand and vascular endothelial growth factor to enhance osteoclastogenesis., Clinical Cancer Research, Vol.11, No.17, 6109-6115, 2005.
40)Kikuji Yamashita, Hiroyoshi Hosokawa, Ishibashi Jun, Ishikawa Nanami, Hiroyuki Morimoto, Ishikawa Tomoyasu, Masaru Nagayama and Seiichiro Kitamura : Development of CO2 Iincubator with Limited Far-Infrared Radiation for Activation of Mitochondrial Metabolism, ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine, Vol.6, No.5, 468-472, 2005.
41)瀬戸 浩行, 和田 智恵, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 : ラット実験的歯周炎におけるアレンドロネートの歯槽骨吸収抑制作用, 日本歯周病学会誌, Vol.47, No.3, 153-160, 2005年.
42)藤澤 健司, 宮本 洋二, 桃田 幸弘, 日比 弓紀子, 長山 勝 : インプラントの安定性評価における共鳴振動周波数分析装置と歯牙動揺度測定装置の比較, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.18, No.3, 406-414, 2005年.
43)Chenjuan Yao, Xuefei Li, Murdiastuti Kwartarini, Chisato Kosugi, Tetsuya Akamatsu, Norio Kanamori and Kazuo Hosoi : Lipopolysaccharide-induced elevation and secretion of Interleukin-1b in the submandibular gland of male mice, Immunology, Vol.116, No.2, 213-222, 2005.
44)Katsushi Miyazaki, Noriaki Takeda, Naozumi Ishimaru, Fumie Omotehara, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Analysis of in vivo role of alpha-fodrin autoantigen in primary Sjogren's syndrome, The American Journal of Pathology, Vol.167, No.4, 1051-1059, 2005.
45)Takenori Yamamoto, Satsuki Terauchi, Aiko Tachikawa, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Two critical factors affecting the release of mitochondrial cytochrome c as revealed by studies using N, N'-dicyclohexylcarbodiimide as an atypical inducer of permeability transition, Journal of Bioenergetics and Biomembranes, Vol.37, No.5, 299-306, 2005.
46)Kikuji Yamashita, Jun Ishibashi, Hiroyoshi Hosokawa, Nanami Ishikawa, Hiroyuki Morimoto, Tomoyasu Ishikawa, Masaru Nagayama and Seiichiro Kitamura : Microarray Analysis of Gene Expression in MC3T3-E1 after Specific Far-infrared Radiation, Journal of Hard Tissue Biology, Vol.14, No.2, 206-207, 2005.
47)Akio Hiura and Hiroshi Nakagawa : Induction of corneal lesion and nerve fiber sprouting by neonatal capsaicin application depends on the dose of the drug and survival time after treatment, Okajimas Folia Anatomica Japonica, Vol.82, No.2, 57-66, 2005.
48)Masahiro Asano, Satoshi Kubota, Tohru Nakanishi, Takashi Nishida, Tomoichiro Tamaai, Gen Yoshimichi, Kazumi Ohyama, Tomosada Sugimoto, Yoji Murayama and Masaharu Takigawa : Effect of connective tissue growth factor (CCN2/CTGF) on proliferation and differentiation of mouse periodontal ligament-derived cells, Cell Communication & Signaling, Vol.3, 11, 2005.
49)Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Bruna Rabelo Amorim, Akiko Ozaki, Hiroaki Tanaka, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji : Double-stranded RNA-dependent protein kinase is required for bone calcification in MC3T3-E1 cells in vitro, Experimental Cell Research, Vol.311, No.1, 117-125, 2005.
50)淺岡 憲三, 前島 邦光 : 昇温脱離分析によるチタンの侵食に対する酸化膜の働きの評価, 歯科材料·器械, Vol.24, No.6, 439-445, 2005年.
51)吉岡 昌美, 本那 智昭, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 横山 希実, 増田 かなめ, 日野出 大輔, 中村 亮 : フッ化物洗口実施校におけるう蝕予防効果, --- 歯群別分析および乳歯う蝕と永久歯う蝕の関連性についての分析 ---, 口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.5, 552-558, 2005年.
52)Yasuko Ishikawa, Zhenfang Yuan, Noriko Inoue, Mariusz T. Skowronski, Yoshiko Nakae, Masayuki Shono, Gota Cho, Masato Yasui, Peter Agre and Soren Nielsen : Identification of aquaporin-5 in lipid rafts and its translocation to apical membranes by the activation of M3-muscarinic acetylcholine receptors in the interlobular ducts of rat parotid glands, American Journal of Physiology, Cell Physiology, Vol.289, No.5, C1303-C1311, 2005.
53)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Increase of CCL20 expression by human gingival fibroblasts upon stimulation with cytokines and bacterial endotoxin, Clinical and Experimental Immunology, Vol.142, No.2, 285-291, 2005.
54)Fabienne Provost Le, Keiko Miyoshi, Jean-Luc Vilotte, Brian Bierie, W Gertraud Robinson and Lothar Hennighausen : SOCS3 promotes apoptosis of mammary differentiated cells., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.338, No.4, 1696-1701, 2005.
55)Hiroyoshi Hosokawa, Kikuji Yamashita, Jun Ishibashi, Nanami Ishikawa, Hiroyuki Morimoto, Tomoyasu Ishikawa, Seiichiro Kitamura and Masaru Nagayama : A New Animal Raiser: Effect of Low Temperature Narrow Wavelength Far Infrared Radiation on Tumor Growth of A431 Cells, ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine, Vol.6, No.6, 597-602, 2005.
56)Toshiyuki Suge, Akiko Kawasaki, Kunio Ishikawa, Takashi Matsuo and SHigeyuki Ebisu : Comparison of the occluding ability of dentinal tubules with different morphology between calcium phosphate precipitation method and potassium oxalate treatment, Dental Materials Journal, Vol.24, No.4, 522-529, 2005.
57)Elaine Afanador, Takumi Takahashi and Keiji Moriyama : Orthodontic tooth movement of an ankylosed tooth to the bone grafting site after surgical luxation in an alveolar cleft case, Orthodontic Waves, Vol.64, No.4, 114-118, 2005.
58)Mari Ogino, Jun-ichi Kido, Mika Bando, Noriko Hayashi, Chie Mihara-Wada, Toshihiko Nagata, Fusanori Nishimura, Y. Soga, Shogo Takashiba, T. Kubota, M. Itagaki, Yasuko Shimada, H. Tai, Hiromasa Yoshie, Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka : Alpha 2 integrin +807 polymorphism in drug-induced gingival overgrowth, Journal of Dental Research, Vol.84, No.12, 1183-1186, 2005.
59)E Nagata, H Okayama, Hiro-O Ito, I Semba, M Inoue and T Oho : Experimental infective endocarditis induced by human supragingival dental plaque in rats., European Journal of Oral Sciences, Vol.113, No.6, 499-504, 2005.
60)Hiromichi Yumoto, Hsin-Hua Chou, Yusuke Takahashi, Michael Davey, Frank Gibson C. III and Caroline A Genco : Sensitization of human aortic endothelial cells to lipopolysaccharide via regulation of toll-like receptor 4 by bacterial fimbria-dependent invasion, Infection and Immunity, Vol.73, No.12, 8050-8059, 2005.
61)Kazuo Okura, Takafumi Kato, Jacques Y. Montplaisir, Barry J. Sessle and Gilles J. Lavigne : Quantitative analysis of surface EMG activity of cranial and leg muscles across sleep stages in human., Clinical Neurophysiology, Vol.117, No.2, 269-278, 2005.
62)今上 隆子, 今上 茂樹, 西野 瑞穗, 木元 富士枝, 須藤 真奈美, 原田 桂子, 有田 憲司 : 小学校におけるフッ化物洗口の齲蝕予防効果, 小児歯科学雑誌, Vol.43, No.5, 619-623, 2005年.
63)Xingmei Feng, Tomoko Oba, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : An interdisciplinary approach for improved functional and aesthetic results in a periodontally compromised adult patient, The Angle Orthodontist, Vol.75, No.6, 1061-1070, 2005.
64)Elaine Afamador, Masahiko Yokozeki, Yasuo Oba, Yukiko Kitase, Takumi Takahashi, Akira Kudo and Keiji Moriyama : Messenger RNA expression of periostin and Twist transiently decrease by occlusal hypofunction in mouse periodontal ligament., Archives of Oral Biology, Vol.50, No.12, 1023-1031, 2005.
65)尾崎 朋文, 森 俊豪, 吉田 篤, 米山 榮, 北村 清一郎 : 経穴の刺鍼安全深度の研究を顧みて, --- 日本と中国での安全深度との比較 ---, 全日本鍼灸学会雑誌, Vol.56, No.1, 46-50, 2006年.
66)尼寺 理恵, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 低年齢児の齲蝕発生のリスク因子に関する研究, 小児歯科学雑誌, Vol.44, No.3, 347-354, 2006年.
67)Kumi Obara, Fumio Ide, Kenji Mishima, Hiroko Inoue, Hiroyuki Yamada, Yoshio Hayashi and Ichiro Saito : Biological and oncogenic properties of p53-deficient salivary gland epithelial cells with particular emphasis on stromal-epithelial interactions in tumorigenesis., Pathobiology, Vol.73, No.5, 261-270, 2006.
68)北村 清一郎, 森本 景之, 角田 佳折, 石本 恭子 : 歯科治療時の偶発症としての開口障害と嚥下痛の発生機序を理解するに必要な局所解剖学的知識, 形態科学, Vol.9, No.2, 73-77, 2006年.
69)Ken'ichi Yokoyama, Toshio Ogawa, Kenzo Asaoka and Junichi Sakai : Hydrogen absorption of titanium and nickel-titanium alloys during long-term immersion in neutral fluoride solution, Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.78B, No.1, 204-210, 2006.
70)Noriko Mizusawa, Shinya Uchino, Takeo Iwata, Masaru Tsuyuguchi, Yasuyo Suzuki, Tsunenori Mizukoshi, Yoshio Yamashita, Akihiro Sakurai, Shinichi Suzuki, Mutsuo Beniko, Hideki Tahara, Masato Fujisawa, Nobuyuki Kamata, Kenji Fujisawa, Tohru Yashiro, Daisuke Nagao, Golam Md. Hossain, Toshiaki Sano, Shiro Noguchi and Katsuhiko Yoshimoto : Genetic analyses in patients with familial isolated hyperparathyroidism and hyperparathyroidism-jaw tumour syndrome., Clinical Endocrinology, Vol.65, No.1, 9-16, 2006.
71)Kuswandari Sri, Mizuho Nishino, Kenji Arita and Yoko Abe : Mixed dentition space analysis for Indonesian Javanese children, Pediatric Dental Journal, Vol.16, No.1, 74-83, 2006.
72)Keiko Tsumura, Xuefei Li, Kwartarini Murdiastuti, Most Nahid Parvin, Tetsuya Akamatsu, Chenjuan Yao, Norio Kanamori, Kiyotoshi Inenaga, Hiroshi Yamashita and Kazuo Hosoi : Downregulation of AQP2 expression in the kidney of polydipsic STR/N mice, American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.290, No.2, F478-F485, 2006.
73)Hirotsugu Kurobe, Cunian Liu, Tomoo Ueno, Fumi Saito, Izumni Ohigashi, Natalle Seach, Rieko Arakaki, Yoshio Hayashi, Tetsuya Kitagawa, Martin Lipp, Richard L. Boyd and Yousuke Takahama : CCR7-Dependent Cortex-to-Medulla Migration of Positively Selected Thymocytes Is Essential for Establishing Central Tolerance, Immunity, Vol.24, No.2, 165-177, 2006.
74)Hitoshi Ikushima, Kyousuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyou Yamashita, Takashi Kawanaka, Yoshiomi Kishida, Seiji Iwamoto, Yoshihiro Takegawa, Takaharu Kudoh and Hiromu Nishitani : Chemoradiation Therapy for Cervical Cancer:Toxicity of Concurrent Weekly Cisplatio, Radiation Medicine, Vol.24, No.2, 115-121, 2006.
75)Mohammad Alizadeh, Fusao Ota, Kazuo Hosoi, Makoto Kato, Tohru Sakai and Mohammed A. Satter : Altered allergic cytokine and antibody response in mice treated with Bisphenol A, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1, 2, 70-80, 2006.
76)松岡 憲二, 谷口 和久, 吉田 篤, 北村 清一郎 : 経絡と類似走行を示す解剖構造について, 全日本鍼灸学会雑誌, Vol.56, No.1, 28-38, 2006年.
77)Takanari Miyamoto, Hiromichi Yumoto, Yusuke Takahashi, Michael Davey and Frank Gibson C. III : Pathogen-accelerated atherosclerosis occurs early after exposure and can be prevented via immunization, Infection and Immunity, Vol.74, No.2, 1376-1380, 2006.
78)Frank Gibson C. III, Hiromichi Yumoto, Yusuke Takahashi, Hsin-Hua Chou and Caroline Attardo Genco : Innate immune signaling and Porphyromonas gingivalis-accelerated atherosclerosis, Journal of Dental Research, Vol.85, No.2, 106-121, 2006.
79)松岡 憲二, 谷口 和久, 吉田 篤, 北村 清一郎 : 経路と類似走行を示す解剖学構造について, 全日本鍼灸学会雑誌, Vol.56, No.1, 28-38, 2006年.
80)尾崎 明文, 森 俊豪, 吉田 篤, 米山 栄, 北村 清一郎 : 経穴の刺鍼安全深度の研究を顧みて, --- 日本と中国の安全深度との比較 ---, 日本鍼灸学会雑誌, Vol.56, No.1, 46-50, 2006年.
81)Nobuhiko Katumuma, Atsushi Ohashi, Etsuko Sano, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi and Etsuko Murata : Catechin derivatives:specific inhibitor for caspases-3,7and 2,and the prevention of apoptosis at the cell and animal levels., FEBS Letters, Vol.580, No.3, 741-746, 2006.
82)Naozumi Ishimaru and Yoshio Hayashi : Crucial Roles of NF-kB for T Cell Activation, Journal of Oral Biosciences, Vol.48, No.1, 12-17, 2006.
83)Yuki Sakamoto, Kenzo Asaoka, Masayuki Kon, Toshio Matsubara and Kenichi Yoshida : Chemical surface modification of high-strength porous Ti compacts by spark plasma sintering, Bio-Medical Materials and Engineering, Vol.16, No.2, 83-91, 2006.
84)Toshiyuki Suge, Akiko Kawasaki, Kunio Ishikawa, Takashi Matsuo and Shigeyuki Ebisu : Effects of plaque control on the patency of dentinal tubules-an in vivo study in beagle dogs, Journal of Periodontology, Vol.77, No.3, 454-459, 2006.
85)Chenjuan Yao, Mileva Ratko Karabasil, Nunuk Purwanti, Xuefei Li, Tetsuya Akamatsu, Norio Kanamori and Kazuo Hosoi : Tissue kallikrein mK13 is a candidate processing enzyme for the precursor of interleukin-1b in the submandibular gland of mice, The Journal of Biological Chemistry, Vol.281, No.12, 7968-7976, 2006.
86)Fumiko Michishige, Kyoko Kanno, Sumiko Yoshinaga, Daisuke Hinode, Takehisa Yozo and Yasuoka Susumu : Effect of saliva collection method on the concentration of protein components in saliva, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 140-146, 2006.
87)Masataka Murakami, Kwartarini Murdiastuti, Kazuo Hosoi and Adrian E Hill : AQP and the control of fluid transport in a salivary gland, The Journal of Membrane Biology, Vol.210, No.2, 91-103, 2006.
88)松本 和也, 中西 秀樹, 高瀬 真記, 古泉 佳男, 谷本 起穗, 森山 啓司 : トリーチャーコリンズ症候群に対する下顎骨延長の中期成績, 形成外科, Vol.49, No.3, 311-317, 2006年.
89)Ken'ichi Yokoyama, Toshio Ogawa, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Fracture of sustained tensile-loaded Ti-0.2% Pd alloy in acid and neutral fluoride solutions, Materials Science and Engineering A, Vol.419, No.1-2, 122-130, 2006.
90)Shinjiro Takata, Gen Nishimura, Shiro Ikegawa, Yasuhiro Kuroda, Mizuho Nishino, Yoshito Matsui and Natsuo Yasui : Metaphyseal Dysplasia of Braun-Tinschert Type: Report of a Japanese Girl., American Journal of Medical Genetics. Part A., Vol.140, No.11, 1234-1237, 2006.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)細木 眞紀, 薩摩 登誉子, 高橋 章, 坂東 永一, 中野 雅德, 細木 秀彦, 西川 啓介, 竹内 久裕 : スパイラルCTを用いた顎関節の三次元構築精度(B2-8), 日本顎関節学会雑誌, Vol.17, No.1, 67, 2005年.
2)薩摩 登誉子, 細木 眞紀, 坂東 永一, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕 : 6自由度顎運動と顎関節三次元再構築画像による顎機能評価法の開発(D13), 日本顎関節学会雑誌, Vol.17, No.1, 93, 2005年.
3)Kenzo Asaoka : Porous titanium compacts as advanced medical device, Cellular Metals for Structural and Functional Applications, 69-77, 2005.
4)石川 康子 : 老化・生活習慣病と口腔乾燥症-水チャネル・アクアポリンを中心にして-, 岩垂育英会創立40周年記念誌, 5-12, 2005年.
5)Kenji Arita : Functional Treatment of Condylar Process Fractures in Children, Journal of Hard Tissue Biology, Vol.14, No.2, 51-52, 2005.
6)宮本 洋二, 藤澤 健司, 山内 英嗣 : 口腔外科の視点からみた即時荷重インプラント, 補綴臨床 別冊 即時インプラント, 36-42, 2005年.
7)鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 中江 英明, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.20, 110-115, 2006年.
8)北村 清一郎, 篠原 千尋, 宮本 洋二 : 歯科局所麻酔時に必要な解剖学の知識, --- より効果的な麻酔を目指して ---, 「見える! わかる! 臨床に役立つ解剖写真集 5」,歯界展望, Vol.101, No.5, 964-968, 2006年.
9)茂木 勝美 : 転写因子NF-kB活性の抑制による口腔扁平上皮癌の放射線感受性の増強, 四国歯学会雑誌, Vol.18, No.2, 179-185, 2006年.
10)Yuki Sakamoto, Kenzo Asaoka, Masayuki Kon, Toshio Matsubara and Kenichi Yoshida : Porous titanium compacts as biomaterials for hard tissue replacement, Porous Metals and Metal Foaming Technology (JIMIC=4), 55-58, 2006.
11)有田 憲司 : Pediatric Dentistry in Asia and South America, 小児歯科臨床, Vol.11, No.3, 44-57, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術レター

1)細木 眞紀 : 臨床教育研修 補綴治療のスキルアップ, Letter for Members, No.17, 12-13, 2005年.
2)細木 眞紀 : 関連学会報告 第24回日本歯科医学教育学会総会·学術大会, Letter for Members, No.19, 4, 2005年.
3)細木 眞紀 : 関連学会報告 第18回日本顎関節学会総会·学術大会, Letter for Members, No.19, 5, 2005年.
4)Hideaki Nagamune, Akiko Sukeno, Robert A. Whiley, Syed I. Jafar, Joseph Aduse-Opoku, Kazuto Ohkura, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : Intermedilysin plays a key role in the invasion of human cells by Streptococcus intermedius, Streptococci New Insights into an Old Enemy: International Congress Series, Vol.1289, 262-266, 2006.
5)Atsushi Shioyasono, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Expression of Macrophage inflammatory protein-1α(MIP-1α) in the periodontal tissue during experimental tooth movement., Dentistry in Japan, Vol.42, 78-81, 2006.

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

1)三宅 洋一郎, 細川 育子 : β-defensin と口腔内感染, 臨床と微生物, Vol.32, No.3, 269-273, 2005年5月.
2)西野 瑞穗 : 小児の顎関節, 国際歯科学士会日本部会雑誌, Vol.36, No.1, 8-13, 2005年7月.
3)西川 啓介, 重本 修伺, 坂東 永一 : コンピュータ支援診断システム MM-JIからチェアーサイド咬合診査機器, The Journal of Dental Engineering, No.154, 11-14, 2005年7月.
4)Takafumi Noma : Dynamics of nucleotide metabolism as a supporter of life phenomena, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3,4, 127-136, Aug. 2005.
5)Masami Takei, Hidetaka Shiraiwa, Takashi Azuma, Yoshio Hayashi, Naoyuki Seki and Shigemasa Sawada : The possible etiopathogenic genes of Sjögren's syndrome, Autoimmunity Reviews, Vol.4, No.7, 479-484, Sep. 2005.
6)Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata : Drug-Induced Gingival Overgrowth a Review, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.28, No.10, 1817-1821, Oct. 2005.
7)野村 慎太郎, 東端 裕司, 藤原 慎視, 岡田 淳志, 森山 啓司 : オステオポンチン遺伝子発現調節, 日本臨牀, Vol.63, No.10, 622-626, 2005年10月.
8)森山 啓司, 谷本 起穗 : 繊維芽細胞増殖因子受容体2(FGFR2), 生体の科学, Vol.56, No.5, 416-417, 2005年10月.
9)中野 雅德 : 望ましい咬合接触と咬合評価のための各種検査法-咬合診断法確立に向けた戦略-, 日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.12, No.1, 1-5, 2005年10月.
10)瀬戸 浩行, 永田 俊彦 : Ca拮抗薬による歯肉増殖症の治療, Dental Diamond, Vol.30, No.12, 118-119, 2005年12月.
11)淺岡 憲三 : 歯科産業の活性化と材料研究の新たな展開, 日本歯科産業学会誌, Vol.19, No.2, 1, 2005年12月.
12)北村 清一郎, 石橋 淳, 宮本 洋二 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集—6, --- 臼後三角の局所解剖学—下顎智歯抜歯時の偶発症を防ぐには ---, 歯界展望, Vol.107, No.6, 1194-1199, 2006年.
13)北村 清一郎, 篠原 千尋, 髙橋 章 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集—7, --- 顎関節の局所解剖学—顎関節症を理解するために— ---, 歯界展望, Vol.108, No.1, 72-78, 2006年.
14)北村 清一郎, 石橋 淳, 宮本 洋二 : 臼後三角の局所解剖学, --- 下顎智歯抜歯時の偶発症を防ぐには ---, 「見える! わかる! 臨床に役立つ解剖写真集 6」,歯界展望, Vol.101, No.6, 1194-1199, 2006年.
15)林 良夫, 石丸 直澄, 新垣 理恵子 : RbAp48遺伝子マウスにおけるシェーグレン様病態の出現, 臨床免疫, No.45, 533-537, 2006年.
16)北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- 1 総義歯の形態にかかわる解剖構造-義歯の形を理解する①上顎義歯 ---, 歯界展望, Vol.107, No.1, 79-84, 2006年1月.
17)林 良夫, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : エストロゲンと自己免疫疾患, Annual Review糖尿病・代謝・内分泌2006, 241-246, 2006年1月.
18)瀬戸 浩行, 二宮 雅美, 永田 俊彦 : 実験的歯周炎動物モデルにおける歯槽骨吸収の動態, クリニカルカルシウム, Vol.16, No.2, 24(248)-30(254), 2006年1月.
19)北村 清一郎, 石橋 淳, 市川 哲雄 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- 2 総義歯の形態にかかわる解剖構造-義歯の形を理解する②下顎義歯 ---, 歯界展望, Vol.107, No.2, 308-313, 2006年2月.
20)三宅 洋一郎 : 基礎研究から臨床応用へ, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.19, 84-85, 2006年2月.
21)大倉 一夫, 加藤 隆史 : 痛みと睡眠の関連, 日本歯科評論, Vol.66, No.2, 182-184, 2006年2月.
22)Naozumi Ishimaru and Yoshio Hayashi : Crucial Roles of NF-κB for T Cell Activation, Journal of Oral Biosciences, Vol.48, No.1, 12-17, Feb. 2006.
23)北村 清一郎, 角田 佳折, 安田 清次郎 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- 3 インプラント植立手技のエビデンスを考える ①上顎インプラント ---, 歯界展望, Vol.107, No.3, 518-523, 2006年3月.
24)羽地 達次 : 口の機能と口に関するさまざまな病気, 食生活, Vol.100, No.3, 14-19, 2006年3月.
25)渡辺 正人, 川口 充, 石川 康子 : 唾液腺と糖尿病ストレス, 日本薬理学雑誌, Vol.127, No.4, 273-277, 2006年3月.
26)張 剛太, 中江 良子, 石川 康子 : 口腔乾燥症の発症機序とアクアポリンの動態, 日本薬理学雑誌, Vol.127, No.4, 267-272, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1)Putranto Rama, Yasuo Oba, Kazuyuki Kaneko, Atsushi Shioyasono and Keiji Moriyama : Effect of bisphosphonate on odontoclasts during experimental tooth movement, 5 th Asian-Pacific Orthodontic Conference, 195, Beijing, Apr. 2005.
2)Mauricio de Araujo Rui Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Role of regulator of G-protein signaling(RGS)2 and RhoE in human periodontal ligament cells under mechanical stress, 5 th Asian-Pacific Orthodontic Conference, 196, Beijing, Apr. 2005.
3)Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano, Katsuhiko Yoshimoto, Asa L. Sylvia, Mitsuyoshi Hirokawa and Hisanori Uehara : DNA methyltransferase 1 (DNMT1) protein overexpression correlates with tumor invasion and DNA hypermethylation of multiple tumor suppressor genes in human pituitary adenomas., 96th Annual Meeting of American Association of Cancer Research, Anaheim, Apr. 2005.
4)Yasuko Ishikawa, Gota Cho, Zhenfang Yuan, Noriko Inoue and Yoshiko Nakae : Session Theme; Structure and function of salivary glands., --- Cevimeline-induced translocation of AQP5 to apical membranes with lipid rafts ---, 7th European Symposium on Saliva, 18, Egmond aan Zee, May 2005.
5)Kenzo Asaoka : Porous titanium compacts as advanced medical device, International Conference on Cellular Metals for Structural and Functional Applications, 18, Dresden, May 2005.
6)Shuji Shigemoto, Eiichi Bando and Masanori Nakano : Utilities of Jaw Tracking Device in Six Degrees of Freedom Using Magnetic Field, International College of Prosthodontists, Greece, May 2005.
7)Daisuke Nagao, Katsuhiko Yoshimoto, Yoritoki Tomotake, Megumi Watanabe, Y Yoshijima and Tetsuo Ichikawa : Gene expression in a mouse osteoblast like cell line in response to compressing force., 11th International College of Prosthodontists, Crete, Greece, May 2005.
8)Tomiaki Morikawa, Hiroki Moriguchi, Takaaki Nose, Mizuho Nishino, Kenji Arita, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : Educational Support with Tele-dental-medicine System, Proceedings of ED-MEDIA2005, 1483-1486, Montreal, Jun. 2005.
9)Kazuo Okura, GJ Lavigne, JY Montplaisir, PH Rompre, N Huynh and P Lanfranchi : Slow wave activity and heart rate variation are less dominant in fibromyalgia and chronic pain patients than in controls, Sleep, Vol.27, A302, Denver, Jun. 2005.
10)Darija Viducic, Tsuneko Ono, Keiji Murakami and Yoichiro Miyake : A role of ppGpp in tolerance to quinolone in Pseudomonas aeruginosa, Pseudomonas 10th International congress Abstract Book, 101, Marseille, Aug. 2005.
11)Keiji Murakami, Kayama Sizuo, Viducic Darija, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : The involvement of pslL gene in biapenem tolerance of Pseudomonas aeruginosa, Pseudomonas 2005 10th International Congress Abstract Book, 139, Marseille, Aug. 2005.
12)Kazuhito Satomura, Masayuki Kon, M Tomonori, Masaaki Takechi, Reiko Tokuyama and Masaru Nagayama : CHARACTERIZATION OF OSTEOPETROTIC MANDIBULAR CORTICAL BONE, Oral &Maxillofacial Surgery, Vol.34, No.1, 138, Austria, Aug. 2005.
13)Kenji Fujisawa, Youji Miyamoto, Eiji Yamauchi, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama : Immediate functional loading of Branemark system implants: One year clinical follow-up study, International Journal of Oral & Maxillofacial Surgery, Vol.34, No.supplement 1, 129, Aug. 2005.
14)Hideaki Nagamune, Akiko Sukeno, Robert A. Whiley, Syed I. Jafar, Joseph Aduse-Opoke, Kazuto Ohkura, Takuya Maeda, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake and Hiroki Kourai : Intermedilysin plays a key role in the invasion of human cells by Streptococcus intermedius, XVIth Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases: In "Streptococci-New insights into an old enemy", International Congress Series, Vol.1289, 262-266, Palm cove, Australia, Sep. 2005.
15)Tatsuji Haneji : Association of protein phosphatase 1 delta with nucleolin in osteoblastic cells and cleavage of nucleolin in apoptosis-induced cells, The 8th Chinese Congress of Oral Medicine, Harbin, China, Sep. 2005.
16)Kenji Arita : Traumatic Injuries to the Teeth and Jaws in Children, 南通市, Sep. 2005.
17)Gota Cho, Noriko Inoue, Hajime Ishida and Yasuko Ishikawa : Muscarinic agonists-induced increase in AQP5 levels in the APM in rat parotid glands is coupled with activation of NO/cGMP signal transduction., The 4th International Conference on Aquaporins, 42, Brussels, Sep. 2005.
18)Yasuko Ishikawa, Zhenfang Yuan, Noriko Inoue, Mariusz T. Skowronski, Masayuki Shono, Masato Yasui, Peter Agre and Soren Nielsen : Session Theme; Physiology and pathophysiology of aquaporins, --- Muscarinic agonists-induced translocation of AQP5 with lipid rafts to apical plasma membrane and its dissociation to non-rafts in interlobular ducts of rat parotid glands. ---, THE 4th INTERNATIONAL CONFERENCE ON AQUAPORINS, 27, Brussels, Sep. 2005.
19)Gota Cho, Zhenfang Yuan, Noriko Inoue, Yoshiko Nakae, Masayuki Shono, Nobuyoshi Nakajo, Masato Yasui and Yasuko Ishikawa : Impairment of translocation of AQP5 in parotid interlobular duct cells of streptozotocin-induced diabetic rats., The 4th International Conference on Aquaporins, 41, Brussels, Sep. 2005.
20)Gota Cho, Noriko Inoue, Ko Okamura, Zhenfang Yuan, Yoshiko Nakae, Masayuki Shono, Nobuyoshi Nakajo and Yasuko Ishikawa : Visualization of age-related impairement of the responsiveness of auaporin-5 to muscarinic agonists in rat parotid glands, The 4th International Conference on Aquaporins, 85, Brussels, Sep. 2005.
21)Keiji Moriyama : New experimental model for tooth movement using genetically engineered animals, 6 th International Orthodontic Congress, Paris, Sep. 2005.
22)Kenji Arita : Functional Treatment of Condylar Process Fractures in Children, Journal of Hard Tissue Bioligy, Vol.14, No.2, 51-52, Okayama, Sep. 2005.
23)Kikuji Yamashita, Jun Ishibashi, Hiroyoshi Hosokawa, Nanami Ishikawa, Hiroyuki Morimoto, Tomoyasu Ishikawa, Masaru Nagayama and Seiichiro Kitamura : Microarray Analysis of Gene Expression in MC3T3-E1 after Specific Far-infrared Radiation, International Symposium of Maxillofacial and Oral Regenerative Biology in OKAYAMA 2005, Okayama, Sep. 2005.
24)Yuki Sakamoto, Kenzo Asaoka, Masayuki Kon, Toshio Matsubara and Kenichi Yoshida : Porous titanium compacts as biomaterials for hard tissue replacement, 4th International Conference on Porous Metals and Metal Foaming Technology, Kyoto, Sep. 2005.
25)RM de Araujo Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Involvement of RhoE and regulator of G-protein signaling protein(PGS)2 in the response of human periodontal ligament cells to mechanical stress, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.20, No.Suppl 1, S208, Nashville, Sep. 2005.
26)Masami Yoshioka, Kaname Masuda, Nozomi Yokoyama, Masaaki Yokoyama, Shin-ichi Tanabe, Daisuke Hinode and Daniel Grenier : Contribution of Peptostreptococcus Micros proteases in cytokine response by human gingival fibroblasts, 4th General Annual Meeting of the International Conference on Protease Inhibitors, Quebec City, Oct. 2005.
27)Yoshinobu Tomiyama, Yamaguchi Mikiyo, Satoru Eguchi, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : Effects of propofol on the changes in membrane potential induced by simulated ischemia/reperfusion by means of mitochondrial uncoupler in cultured human coronary artery endothelial cells., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Atlanta, Oct. 2005.
28)LIU Dali, Katsuhiko Hirota, Keiji Murakami and Yoichiro Miyake : pathogenicity of streptococcus intermedius,an Oral Commensal Bacterium, 2005-SINO-JAPANESE CONFERENCE ON STOMATOLOGY, Shanghai, Nov. 2005.
29)Masami Ninomiya, T Azuma, H Seto, J Kido and T Nagata : Successful Periodontal Regeneration Using FGF-2 in Two Periodontitis Patients, 2005-Sino-Japanese Conference on Stomatology, Shanghai, Nov. 2005.
30)RM de Araujo Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Role of RhoE and PGS2 in mechanical-stressed periodontal ligament cells, 52st Annual Meeting of The Japanese Association for Dental Research, Okayama, Nov. 2005.
31)Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Induction of Permeability Transition in Yeast Mitochondria Causes Release of Mitochondrial Cytochrome c, 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, San Francisco, Dec. 2005.
32)Takenori Yamamoto, Satsuki Terauchi, Aiko Tachikawa, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Two Critical Factors Affecting the Release of Mitochondrial Cytochrome c as Revealed by Studies Using N,N'-Dicyclohexylcarbodiimide as an Inducer of Permeability Transition, 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, San Francisco, Dec. 2005.
33)Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Fiber-matrix interface property effects on mechanical properties and shape recovery of NiTi shape memory alloy fiber / denture-base-resin matrix composites, 1st International Conference on Mechanics of Biomaterials & Tissues, Waikoloa, Hawaii, USA, Dec. 2005.
34)Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, K Ishikawa, Masaaki Takechi, H Takano and Masaru Nagayama : Enhancing Effects on Aggregation of Platelets by Hydroxyapatite Putty as a Topical Hemostatic Agent for Bone, The First International Conference on Mechanics of Biomaterials and Tissues, hawaii, Dec. 2005.
35)Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Involvement of Interstitial Pneumonia in Sjogren's Syndrome Mouse Model with Aging., International Symposium on T Cells in Aging., Stuttgart, Dec. 2005.
36)Yoshio Hayashi and N Ishimaru : Involvement of interstitial oneumoina in Sjogren`s syndrome mouse model with aging., --- T Cell Immunity & Aging. ---, Freudenstadt-Lauterbad,Germany, Dec. 2005.
37)Reiko Tokuyama, Kazuhito Satomura, Masaaki Taechi, Tetsuya Yuasa, Keiko Kudoh, Seiko Tatehara, Hideyuki Takano, Hiroaki Nakanishi, Eriko Maeda and Masaru Nagayama : Usefulness of self-drilling type alveolar bone screws form mandibular fractures., 84th IADR, Brisbane, 2006.
38)Kenji Fujisawa, Mayumi Ohta, Yukihiro Momota, Hiroaki Nakanishi and Masaru Nagayma : Clinical Study of the efficacy of the drug, The 1st International and the 19st Anual Meeting of the Japanese Society for the Tempo- romandibular joint., Nagoya, 2006.
39)Sprenr Jonathan, Boyman Onur, Cho Hoe Jea, Naozumi Ishimaru and Kovar M : T-Cell Specificity and the Thymus, Scientific Report 2005, Vol.31, 105-107, La Jolla, Jan. 2006.
40)Akiko Ozaki, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji : Okadaic acid induces phosphorylation of IkBa and p65NF-kB and activates NF-kB transcriptional activity in human osteoblastic MG63 cells, The 7th International Congress of Protein Phosphatases, Kobe, Feb. 2006.
41)Xinyan Liu, Takashi Ukai, Hiromichi Yumoto, Michael Davey, Frank Gibson C. III and Caroline A. Genco : TLR2 plays a critical role in the atherosclerotic inflammatory response in ApoE-deficient mice independent of dietary lipids, Toll2006 meeting. Recent Advances in Pattern Recognition, Salvador(Brazil), Mar. 2006.
42)Tadashi Nakanishi, Jean Eastcott, Martin A Taubman and Toshihisa Kawai : Characteristics of regulatory dendritic cells induced by gingival epithelial cells, 35th Annual Meeting & Exhibition of the AADR, Orlando, Mar. 2006.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1)Yasuko Ishikawa : Muscarinic agonists-induced translocation of aquaporin-5 with lipid rafts to apical plasma membrane ans its dissociation to non-rafts in interlobular ducts of rat parotid glands, The 6th Young Researchers Meeting for Diagnosis and Recovery of Function in Salivary Gland, 6, Apr. 2005.
2)村上 圭史, 鹿山 鎭男, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : P1-192 緑膿菌 bta 遺伝子の抗菌薬抵抗性への影響について, 第78回 日本細菌学会総会, 2005年4月.
3)鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : P1-202 緑膿菌 lasl, rhll 遺伝子と抗菌薬抵抗性について, 第78回 日本細菌学会総会, 2005年4月.
4)末延 慎司, 藤坂 菊美, 尾崎 和美, 大嶋 隆 : 培養条件変化によるStreptococcus mutansの動態に関する解析, 第78回 日本細菌学会総会, 2005年4月.
5)林 良夫 : シェーグレン症候群発症の分子基盤, 第94回日本病理学会総会 ワークショップ, Vol.94, No.1, 159, 2005年4月.
6)大嶋 淳, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 表原 文江, 林 良夫 : RANKL刺激樹状細胞移入によるMRL/lprマウス関節リウマチ病変の解析, 第94回日本病理学会総会 一般口演, Vol.94, No.1, 197, 2005年4月.
7)表原 文江, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 大嶋 淳, 林 良夫 : シェーグレン症候群における自己抗原120kDa α-フォドリンの意義, 第94回日本病理学会総会 一般口演, Vol.94, No.1, 206, 2005年4月.
8)新垣 理恵子, 石丸 直澄, 表原 文江, 林 良夫 : RbAp48遺伝子導入マウスにみられるシェーグレン症候群類似病変の解析, 第94回日本病理学会総会 一般口演, Vol.94, No.1, 206, 2005年4月.
9)浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金繊維強化レジン基スマート複合材料の研究(第11報)-プライマーの種類による界面特性の差異-, 第45回日本歯科理工学会学術講演会, 2005年4月.
10)淺岡 憲三, 前島 邦光, 瀬崎 英孝 : チタンの侵食と酸化膜の働き, 歯科材料·器械, Vol.24, No.2, 79, 2005年4月.
11)瀬崎 英孝, 淺岡 憲三, 吉田 憲一 : 酸性フッ化ナトリウム溶液浸漬によるチタンの腐食と熱処理による防食, 歯科材料·器械, Vol.24, No.2, 88, 2005年4月.
12)坂本 裕紀, 淺岡 憲三, 吉田 憲一 : チタン多孔体の強度とアパタイト修飾特性, 歯科材料·器械, Vol.24, No.2, 91, 2005年4月.
13)石丸 直澄, 新垣 理恵子, 表原 文江, 林 良夫 : 自己免疫疾患におけるNF-kBを介したT細胞活性化機構の解析, 第94回日本病理学会総会 一般口演, Vol.94, No.1, 224, 2005年4月.
14)今 政幸, 堀内 信也, 森山 啓司, 淺岡 憲三 : リン酸亜鉛セメントのアパタイト置換, 歯科材料·器械, Vol.24, No.2, 67, 2005年4月.
15)横山 賢一, 淺岡 憲三 : フッ化ナトリウム水溶液中におけるTi-6Al-4V合金の水素脆化感受性, 歯科材料·器械, Vol.24, No.2, 180, 2005年4月.
16)北村 清一郎 : インプラント手術に必要な局所解剖学の知識., 沖縄歯科インプラント研究会定期講演会, 2005年4月.
17)藤原 慎視, 森山 啓司 : メカニカルストレスに応答したオステオポンチンの発現と機能の解析, 第59回日本口腔科学会総会, 2005年4月.
18)井澤 俊, 林 良夫, 森山 啓司 : 関節リウマチ自然発症モデルマウスを用いた関節骨破壊機構の解析, 第59回日本口腔科学会総会 ミニシンポジウム 口演発表, 2005年4月.
19)菅 悦子, 三木 千津, 石川 清美, 大森 幸子, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 糖尿病を有する患者の歯周治療における管理の重要性, 第48回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年4月.
20)篠永 ゆかり, 有田 憲司, 清水 謙, 原田 桂子, 前田 直樹, 西野 瑞穂 : 小児の下顎骨関節突起骨折の観血的処置例におけるCT経過像, 小児歯科学雑誌, Vol.43, No.2, 320, 2005年4月.
21)高野 栄之, 武知 正晃, 里村 一人, 長山 勝 : 舌に発生した対称性脂肪腫症の1例, 第34回(社)日本口腔外科学会中・四国地方会, 2005年5月.
22)北村 清一郎 : 総義歯の形態を口腔解剖学の視点から考える, 総義歯セミナー「超高齢化時代の総義歯製作法はどうあるべきか」, 2005年5月.
23)細木 秀彦, 菅原 千恵子, 前田 直樹, 岩崎 裕一, 誉田 栄一 : パノラマX線写真による8020運動の検証, --- 1 予備的検討 ---, 第46回日本歯科放射線学会総会·学術大会 プラグラム·抄録集, 7, 2005年5月.
24)水澤 典子, 岩田 武男, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : ヒトインスリン遺伝子発現調節におけるGC2-GC1配列の役割, 第48回日本糖尿病年次学術集会, 2005年5月.
25)北村 万里子, 薩摩 登誉子, 坂東 永一, 石川 輝明, 重本 修伺, 重本 貴穂, 竹内 久裕, 郡 元治, 中野 雅德, 山内 英嗣, 安陪 晋 : 口腔内センサによる6自由度顎運動測定, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.49, No.113, 2005年5月.
26)細木 眞紀, 坂東 永一, 中野 雅德, 徳永 有美, 井上 典子, 西川 啓介, 森木 裕貴, 松浦 広興 : cerconシステムによるロングスパンブリッジを装着した金属アレルギー症例, 日本補綴歯科学会 第113回学術大会抄録集, Vol.2-2-24, 2005年5月.
27)Yasuko Ishikawa : Session Theme of Symposium "New insight into water and ion transport system", --- Regulatory mechanisms of AQP5 translocation in rat parotid glands ---, The 82nd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, May 2005.
28)西 真寿美, 谷本 起穗, 冨田 優子, 金子 和之, 佐竹 秀太, 辻 けい子, 高橋 巧, 森山 啓司 : 徳島大学病院矯正歯科における過去10年間の口唇裂・口蓋裂患者に関する実態調査, 第29回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 2005年5月.
29)冨田 優子, 高橋 巧, 西 真寿美, 谷本 起穗, 森山 啓司 : レーザー・ドップラー式血流画像化装置を用いた口唇形成術後の上唇における血流分布解析, 第29回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 2005年5月.
30) Nurhaerani, 清水 謙, 篠永 ゆかり, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 口腔内装置表面へのプラズマイオン注入による歯垢付着抑制, 第43回日本小児歯科学会大会および総会, 2005年5月.
31)木村 奈津子, 有田 憲司, 福留 麗実, 西川 聡美, 西野 瑞穗 : 乳歯外傷による後続永久歯胚腐骨分離の長期観察例, 第43回日本小児歯科学会大会および総会, 2005年5月.
32)北岡 裕子, 郡 由紀子, 尼寺 理恵, 上田(山口) 公子, 西野 瑞穗 : 顎関節症発症前後の顎運動および咬合解析, 第43回日本小児歯科学会大会および総会, 2005年5月.
33)篠永 ゆかり, 有田 憲司, 清水 謙, 原田 桂子, 前田 直樹, 西野 瑞穗 : 小児の下顎骨関節突起骨折の非観血的処置例におけるCT経過像, 第43回日本小児歯科学会大会および総会, 2005年5月.
34)阿部 洋子, 有田 憲司, 郡 由紀子, 西野 瑞穗 : キューシックを用いた上顎前突症例, 第43回日本小児歯科学会大会および総会, 2005年5月.
35)村上 圭史, 鹿山 鎭男, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌tcp遺伝子と抗菌薬抵抗性について, 第53回化学療法学会総会, 2005年5月.
36)高橋 章, 前田 直樹, 菅原 千恵子, 工藤 隆治, 久保 典子, 細木 秀彦, 岩崎 裕一, 誉田 栄一 : 躯幹部CTによる口腔顎顔面悪性腫瘍遠隔転移の評価, 四国歯学会, 2005年6月.
37)向井 佳代, 中西 正, 細川 義隆, 高橋 加奈子, 足立 智彦, 松尾 敬志 : Toll-like receptor リガンドによる歯髄線維芽細胞のIL-8,VEGF,接着分子の発現誘導, 第122回日本歯科保存学会春季学術大会, 2005年6月.
38)太田 真弓, 武知 正晃, 里村 一人, 長山 勝 : 下顎骨に多発した単純性骨嚢胞の1例, 第34回(社)日本口腔外科学会中・四国地方会, 2005年6月.
39)桃田 幸弘, 宮本 洋二, 石川 邦夫, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 南口 知穂, 長山 勝 : 骨止血剤(HAP putty)による血小板凝集能の亢進, 口腔顎顔面外傷, Vol.4, No.1, 24-25, 2005年6月.
40)二宮 雅美, 永田 俊彦 : 慢性根尖性歯周炎に伴って形成された著明なセメント質形成の2症例, 日本歯科保存学会2005年度春季学会(第122回), Vol.48, 197, 2005年6月.
41)大庭 康雄, 泰江 章博, 金子 和之, 内田 玲子, 藤澤 健司, 長山 勝, 森山 啓司 : PLLA製スクリューを用いた下顎枝矢状分割術後の近位・遠位骨片の術後変化-手術後の骨片の回転変化に関する検討-, 第15回日本顎変形症学会総会, 2005年6月.
42)金子 和之, 内田 玲子, 泰江 章博, 大庭 康雄, 藤澤 健司, 長山 勝, 森山 啓司 : PLLA製スクリューを用いて下顎枝矢状分割術を行った下顎非対称を伴う下顎前突症患者における術後安定性-正面頭部X線規格写真を用いた検討-, 第15回日本顎変形症学会総会, 2005年6月.
43)足立 智彦, 中西 正, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 : 歯髄線維芽細胞における細菌由来因子によるIP-10発現, 第122回春季日本歯科保存学会, 2005年6月.
44)向井 佳代, 中西 正, 細川 義隆, 高橋 加奈子, 足立 智彦, 松尾 敬志 : Toll-like receptor リガンドによる歯髄由来繊維芽細胞のIL-8, VEGF, 接着分子発現誘導, 第122回春季日本歯科保存学会, 2005年6月.
45)米田 美穂, 中江 英明, 篠原 千尋, 松尾 敬志 : 歯肉上皮細胞におけるClaudinの発現について, 第122回 日本歯科保存学会春季学会, 2005年6月.
46)北村 清一郎 : 総義歯の印象採得と局所解剖学の知識, 第23回顎咬合学会学術大会総会, 2005年6月.
47)佐藤 真大, 小池 一幸, 菅原 千恵子, 前田 直樹, 細木 秀彦, 岩崎 裕一, 誉田 栄一 : パノラマX線写真による8020運動の検証, 四国歯学会 第29回例会·第24回総会, 2005年6月.
48)角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト軟口蓋の筋構成に関する肉眼解剖学的研究, 四国歯学会第29回例会, 2005年6月.
49)三好 正希, 藤崎 翔, 芝辻 豪士, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : サイナス・リフトに必要な局所解剖学の知識, 四国歯学会第29回例会, 2005年6月.
50)工藤 隆治, 工藤 景子, 湯淺 哲也, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 長山 勝, 誉田 栄一 : 上歯肉扁平上皮癌に対する高線量率モールド照射の治療経験, 四国歯学会雑誌, Vol.18, No.2, 253, 2005年6月.
51)石丸 直澄 : 自己免疫疾患におけるNF-kBを介したT細胞活性化機構の解析, 四国歯学会第29回例会・第24回総会 帰朝講演, Vol.18, No.2, 2005年6月.
52)張 剛太, 中江 良子, 中條 信義, 石川 康子 : 耳下腺小葉間導管のAQP5の細胞内移動に及ぼす糖尿病の影響, 第107回日本薬理学会・近畿部会・日本薬理学雑誌, Vol.126, No.4, 11p, 2005年6月.
53)石丸 直澄, 林 良夫 : T細胞活性化機構におけるRelBの役割, 第4回四国免疫フォーラム, 2005年6月.
54)Chie Wada, Hiroyuki Seto and Toshihiko Nagata : Effects of Cyclosporine A on the Remodeling of alveoalr Bone in Rats, 2nd Joint Meeting of ECTS and IBMS, Jun. 2005.
55)Hiroyuki Seto, Hiroshi Oba, Hideki Hama, Masumi Horibe and Toshihiko Nagata : Statin Induces Mineralized Tissue Formation in Cultured Rat Dental Pulp Cells, 2nd Joint Meeting of ECTS and IBMS, Jun. 2005.
56)Hideki Hama, Hideki Azuma, Hiroyuki Seto and Toshihiko Nagata : Effect of Enamel Matrix Derivative on Osteoblastic Differentiation of Rat Calvaria Cells in Culture, 2nd Joint Meeting of ECTS and IBMS, Jun. 2005.
57)寺内 さつき, 立川 愛子, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 透過性遷移に伴うミトコンドリア内膜における構造変化の免疫電子顕微鏡を用いた解析, 第6回 長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
58)三宅 洋一郎 : 教育セミナー Biofilm:基礎研究から臨床応用へ, Bacterial Adherence & Biofilm 第19回学術集会, 2005年7月.
59)吉本 勝彦, 水澤 典子, 岩田 武男, 露口 勝, 佐野 壽昭, 内野 眞也 : 家族性副甲状腺機能亢進症2家系におけるHRPT2遺伝子変異の解析, 第78回日本内分泌学会学術総会, 2005年7月.
60)佐藤 絢香, 中山 耕之介, 渡邉 昌樹, 犬飼 浩一, 武市 潔, 澤 貴広, 泉田 太郎, 和田 誠基, 吉本 勝彦, 内野 眞也, 板橋 明, 片山 茂裕 : 原発性副甲状腺機能亢進症姉妹例, 第78回日本内分泌学会学術総会, 2005年7月.
61)銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 廣川 満良 : Methylation analysis of the cell cycle control genes in human pituitary tumors., 第78回日本内分泌学会学術総会, 2005年7月.
62)岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : Under40 Panel Discussion 副甲状腺癌抑制遺伝子産物パラフィブロミンと相互作用する蛋白の同定, 第78回日本内分泌学会学術総会, 2005年7月.
63)塩屋園 敦, 高橋 巧, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 上顎中切歯を抜歯して治療した上顎前突の2症例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, 2005年7月.
64)佐竹 秀太, 高橋 巧, 冨田 優子, 森山 啓司 : 過蓋咬合を伴う上顎前突の3治験例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, 2005年7月.
65)日浅 雅博, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 歯周疾患を伴う上顎前突の成人2症例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, 2005年7月.
66)冨田 優子, 高橋 巧, 佐竹 秀太, 森山 啓司 : 第三大臼歯を含めて咬合を確立した叢生を伴う2症例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, 2005年7月.
67)内田 玲子, 谷本 起穗, 堀内 信也, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 上下顎同時移動術を行った骨格性下顎前突の2症例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, 2005年7月.
68)日浅 雅博, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 歯周疾患を伴う上顎前突の成人2症例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, 2005年7月.
69)田部 慎一, 横山 正明, 福井 誠, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 : 要介護高齢者口腔ケア実習に対する歯学部学生の意識調査, 第24回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 2005年7月.
70)堀内 信也, 谷本 起穗, 高橋 巧, 森山 啓司 : 矯正歯科治療により良好な咬合を確立したAchondroplasiaの1症例, 第45回日本先天異常学会学術集会, 2005年7月.
71)田中 洋一, 安倍 正博, 日浅 雅博, 橋本 年弘, 木戸 慎介, 井上 大輔, 尾崎 修治, 森山 啓司, 松本 俊夫 : 骨髄腫細胞,破骨細胞と血管内皮細胞の細胞間相互作用:腫瘍進展,骨破壊と血管新生の促進, 第23回日本骨代謝学会学術集会, 2005年7月.
72)谷本 起穗, 勝瑞 理恵子, 森山 啓司 : 骨髄腫細胞,破骨細胞と血管内皮細胞の細胞間相互作用:Apert症候群発症に関わるFGF2/FGFR2情報伝達経路を介した骨芽細胞および破骨細胞の分化調節機構の解析, 第23回日本骨代謝学会学術集会, 2005年7月.
73)ラマ プトラント, 大庭 康雄, 塩屋園 敦, 森山 啓司 : 実験的歯の移動時における破歯細胞に対するビスホスホネートの効果, 第23回日本骨代謝学会学術集会, 2005年7月.
74)アラウジョ フイ, 大庭 康雄, 森山 啓司 : メカニカルストレス負荷時のヒト歯根膜細胞におけるRhoEとRGS2の役割について, 第23回日本骨代謝学会学術集会, 2005年7月.
75)田中 洋一, 安倍 正博, 日浅 雅博, 橋本 年弘, 木戸 慎介, 井上 大輔, 尾崎 修治, 森山 啓司, 松本 俊夫 : 骨髄腫細胞,破骨細胞と血管内皮細胞の細胞間相互作用:腫瘍進展,骨破壊と血管新生の促進, 第23回日本骨代謝学会学術集会, 2005年7月.
76)富岡 重正, 金子 美幸, 高石 和美, 張 剛太, 江口 覚, 富塚 佳史, 中條 信義 : β遮断薬が有効であった過換気症候群患者の一例, 第2回 日本歯科麻酔学会中国・四国地方会, 2005年7月.
77)蓮井 義則, 張 剛太, 高石 和美, 中條 信義 : ヒ素ミルク被害者の歯科治療経験, 第2回 日本歯科麻酔学会中国・四国地方会, 2005年7月.
78)高石 和美, 張 剛太, 金子 美幸, 富塚 佳史, 江口 覚, 富岡 重正, 中條 信義 : 学生と卒業生に対する救急蘇生実習後の知識およびアンケート調査, 第2回 日本歯科麻酔学会中国・四国地方会, 2005年7月.
79)富塚 佳史, 富岡 重正, 金子 美幸, 張 剛太, 高石 和美, 江口 覚, 中條 信義 : アスピリン喘息患者の鎮痛薬選択にin Vitroリンパ球幼若化検査を用いた2症例, 第2回 日本歯科麻酔学会中国・四国地方会, 2005年7月.
80)石丸 直澄, 林 良夫 : 自己免疫疾患におけるNF-kBを介したT細胞活性化機構の解析, 第二回日本病理学会カンファレンス ポスター発表, 38, 2005年7月.
81)表原 文江, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : RbAp48トランスジェニックマウスを用いたシェーグレン症候群新規モデルの作成, 第2回日本病理学会カンファレンス ポスター発表, 48, 2005年7月.
82)大嶋 淳, 井澤 俊, 石丸 直澄, 表原 文江, 新垣 理恵子, 森山 啓司, 林 良夫 : 樹状細胞移入によるMRL/lprマウス関節リウマチ病態の修飾, 第2回日本病理学会カンファレンス ポスター発表, 46, 2005年7月.
83)林 良夫 : シェーグレン症候群発症の分子機序, 第二回日本病理学会カンファレンス 招待講演, 22, 2005年7月.
84)辻 けい子, 井澤 俊, 細木 秀彦, 前田 直樹, 佐竹 秀太, 堀内 信也, 森山 啓司 : 関節円板前方転位を有する顎関節症患者の顎顔面形態の特徴について, 第18回日本顎関節学会総会・学術大会 一般演題 ポスター発表, 2005年7月.
85)中野 雅德, 佐藤 裕, 竹内 久裕, 細木 眞紀, 西川 啓介, 坂東 永一, 細木 秀彦, 堀内 信也 : 咬合および舌習癖の管理によって下顎頭の骨変化の進行を防いだと思われる1症例(口演発表), 第18回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集, Vol.B-2-6, 114, 2005年7月.
86)淺岡 憲三 : チタン多孔体とアパタイト修飾, 日本歯科産業学会誌, Vol.19, No.1, 74, 2005年8月.
87)森川 富昭, 松浦 健二, 金西 計英, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 矢野 米雄 : シラバスに基づくe-Learningシステムを用いた医学·歯学系教育におけるFTF·CMCハイブリッド型授業実践, 第231回徳島医学会学術集会(平成17年度夏期), 2005年8月.
88)本田 壮一, 新谷 保実, 中川 洋一, 吉本 勝彦 : 地域での糖尿病予防の経験, 第231回徳島医学会学術集会, 2005年8月.
89)吉岡 昌美, 増田 かなめ, 横山 希実, 横山 正明, 田部 慎一, 日野出 大輔 : Peptostreptococcus microsのサイトカイン産生誘導能に対する酵素の関与, 口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.4, 371, 2005年8月.
90)福井 誠, 吉岡 昌美, 本那 智昭, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 横山 希実, 増田 かなめ, 日野出 大輔, 中村 亮 : フッ化物洗口実施校におけるう蝕予防効果─歯群別分析および乳歯う蝕と永久歯う蝕の関連性についての分析─, 口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.4, 423, 2005年8月.
91)田中 宏明, 岡村 裕彦, 弘田 克彦, 尾崎 明子, Bruna Rabelo Amorim, 吉田 賀弥, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎, 永田 俊彦, 羽地 達次 : Streptococcus Intermedius由来毒素intermedilysin処理細胞におけるPTEN, Akt, 及びPDK-1の発現, 第47回歯科基礎医学会総会, 2005年9月.
92)岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 森本 景之, 尾崎 明子, 田中 宏明, Bruna Rabelo Amorim, 那須 史男, 羽地 達次 : ブレオマイシン誘導アポトーシスとH1.2, 第47回歯科基礎医学会総会, 2005年9月.
93)尾崎 明子, 森本 景之, 田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 羽地 達次 : オカダ酸によるNF-kBのリン酸化とリン酸化部位の同定, 第47回歯科基礎医学会総会, 2005年9月.
94)森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤によるXIAPの発現とアポトーシス, 第47回歯科基礎医学会総会, 2005年9月.
95)吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 田中 宏明, 森本 景之, 羽地 達次 : PKRが骨の石灰化に及ぼす影響, 第47回歯科基礎医学会総会, 2005年9月.
96)南口 知穂, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 宮本 洋二, 里村 一人, 長山 勝 : 骨組織再生におけるHAP-PLGA複合体の有用性に関する基礎研究, 第59回日本口腔科学会総会, 2005年9月.
97)高野 栄之, 武知 正晃, 舘原 誠晃, 南口 知穂, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 長山 勝 : オッセオインテグレーションにおけるリセドロネートとヒト塩基性線維芽細胞成長因子の促進効果, 第35回日本口腔インプラント学会総会・学術大会, 2005年9月.
98)舘原 誠晃, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 高野 栄之, 宮本 洋二, 長山 勝 : bFGF合浸Hap-PLGA複合体における骨組織反応について, 第50回(社)日本口腔外科学会総会, 2005年9月.
99)石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 藤川 七生, 森本 景之, 北村 清一郎 : 骨芽細胞対する特性遠赤外線の効果ーマイクロアレイを用いた遺伝子発現解析, 第47回歯科基礎医学会学術大会, 2005年9月.
100)山下 菊治, 石橋 淳, 細川 浩良, 石川 七生, 森本 景之, 石川 友康, 長山 勝, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線照射MC3T3-E1, 第14回硬組織再生生物学会, 2005年9月.
101)大石 慶二, 永田 俊彦 : 喫煙している慢性歯周炎患者に外科的歯周治療を行なった一症例, 日本歯周病学会会誌, Vol.47, 241, 2005年9月.
102)新居 裕子, 細木 眞紀, 坂東 永一, 細川 有美, 森 牧子, 森木 裕貴, 中野 雅德, 西川 啓介, 重本 貴穂, 矢野 俊夫, 大守 貴志 : 日光皮膚炎の治療をされていた歯科用金属アレルギーの一症例(演題番号22), 平成17年度 日本補綴歯科学会 中国·四国支部 九州支部合同学術大会 プログラム·抄録集, 34, 2005年9月.
103)岩田 武男, 吉本 勝彦 : 副甲状腺癌抑制遺伝子産物パラフィブロミンとSV40 large T抗原の相互作用, 第64回日本癌学会学術総会, 2005年9月.
104)高橋 章, 菅原 千恵子, 工藤 隆治, 久保 典子, 前田 直樹, 誉田 栄一 : 術後性蝶形骨洞嚢胞と真菌性炎の合併が疑われた一例, 日本歯科放射線学会大10回臨床画像大会, 2005年9月.
105)菅原 千恵子, 高橋 章, 細木 秀彦, 誉田 栄一 : 多発性骨髄腫による全身性アミロイドーシスにより生じた巨舌症の一例, 日本歯科放射線学会大10回臨床画像大会, 2005年9月.
106)清水 謙, 尼寺 理恵, 阿部 洋子, 上田 公子, 木村 奈津子, 篠永 ゆかり, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 長期入院重度心身障害児·者の口腔内状況, 総会ならびに第47回講演会, 15-20, 2005年9月.
107)中内 由佳子, 小野島 みず紀, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 乳歯の多数歯完全脱臼の長期観察症例, International Symposium of Maxillofacial & Oral Regenerative Biology in OKAYAMA 2005, 131, 2005年9月.
108)細川 育子, 細川 義隆, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : Langerhans細胞における抗菌ペプチドの発現について, 第48回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
109)細川 義隆, 細川 育子, 中江 英明, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 炎症性サイトカインおよびLPSはヒト歯肉線維芽細胞のCCL20産生を誘導する, 第48回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
110)大森 幸子, 三木 千津, 石川 清美, 菅 悦子, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 咬合に問題を有する歯周病患者の治療経過について, 第48回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
111)和田 智恵, 堀部 ますみ, 瀬戸 浩行, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : サイクロスポリンAがラット歯槽骨骨代謝に及ぼす影響, 第48回秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
112)大場 博史, 瀬戸 浩行, 和田 智恵, 濱 秀樹, 堀部 ますみ, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : ラット実験的歯周炎における乳塩基性タンパク質の歯槽骨吸収改善効果, 第48回秋季日本歯周病学会学術大会, 2005年9月.
113)水内 潔, 杉岡 正美, 伊丹 正郎, 井上 漢龍, Lee J.H., 浜田 賢一, 江南 和幸, 山内 清, 川原 正和 : 形状記憶合金ファイバー強化金属基複合材料の研究開発, 日本金属学会2005年秋季大会, 2005年9月.
114)河村 俊志, 稲邑 朋也, 細田 秀樹, 若島 健司, 浜田 賢一, 宮崎 修一 : TiAu合金の形状記憶特性に及ぼす第三元素添加の影響, 日本金属学会2005年秋季大会, 2005年9月.
115)津金 靖仁, 稲邑 朋也, 細田 秀樹, 若島 健司, 浜田 賢一, 宮崎 修一 : TiAuCo合金の形状記憶特性に及ぼす時効の影響, 日本金属学会2005年秋季大会, 2005年9月.
116)浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金繊維強化レジン基スマート複合材料の研究(第12報)-繊維表面金メッキの影響-, 第46回日本歯科理工学会学術講演会, 2005年9月.
117)石丸 直澄 : 自己免疫疾患におけるNF-kBを介したT 細胞の活性化機構, 第47回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会 シンポジウム, Vol.47, 69, 2005年9月.
118)石川 康子, 井上 紀子, 張 剛太, 中江 良子 : 耳下腺小葉間導管におけるAQP5の細胞内移動の半定量的解析, 第47回歯科基礎医学会・Journal of Oral Biosciences, Vol.47, No.Supple., 181, 2005年9月.
119)張 剛太, 井上 紀子, 中江 良子, 石川 康子 : 耳下腺小葉間導管におけるAQP5の細胞内移動に及ぼす加齢の影響, 第47回歯科基礎医学会・Journal of Oral Biosciences, Vol.47, No.Supple., 131, 2005年9月.
120)石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 藤川 七生, 森本 景之, 北村 清一郎 : 骨芽細胞に対する特性遠赤外線の効果, --- マイクロアレイを用いた遺伝子発現解析 ---, 第47回歯科基礎医学会学術大会, 2005年9月.
121)森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, Bruna Amorin, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤によるXIAP発現とアポトーシス, 第47回歯科基礎医学会学術大会, 2005年9月.
122)角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 喉頭蓋谷ならびに梨状陥凹周辺でのヒト咽頭挙筋群の停止状況に関する肉眼解剖学的研究, 第47回歯科基礎医学会学術大会, 2005年9月.
123)横山 賢一, 佐藤 良介, 高島 克利, 淺岡 憲三, 酒井 潤一 : 純Tiのフレッティング疲労に及ぼすハイドロキシアパタイトの影響, 日本金属学会第137回大会, 2005年9月.
124)藤田 篤, 横山 賢一, 淺岡 憲三, 酒井 潤一 : 過酸化水素を含有した生理食塩水中におけるNi-Ti超弾性合金の腐食挙動, 日本金属学会第137回大会, 2005年9月.
125)石丸 直澄 : 自己免疫疾患におけるNF-kBを介したT細胞の活性化機構, Journal of Oral Biosciences, Vol.47, 69, 2005年9月.
126)吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 田中 宏明, 森本 景之, 羽地 達次 : 骨芽細胞の分化と石灰化におけるPKRの役割について, 日本解剖学会第60回中国,四国地方会, 2005年10月.
127)山田 安希子, 山本 武範, 片岡 正俊, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Permeability transition induced in yeast mitochondria also causes release of cytochrome c from mitochondria, 第78回 日本生化学会大会, 2005年10月.
128)細川 浩良, 山下 菊治, 石橋 淳, 北村 清一郎, 長山 勝 : 癌細胞の特性遠赤外線に対する感受性とストレス蛋白との関係, 第50回日本口腔外科学会総会, 2005年10月.
129)石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 藤川 七生, 森本 景之, 北村 清一郎 : マイクロアレイを用いた骨芽細胞に対する特性遠赤外線の遺伝子発現解析, 日本解剖学会第60回中国・四国支部学術大会, 2005年10月.
130)細木 眞紀, 坂東 永一, 中野 雅德, 細川 有美, 西川 啓介, 森木 裕貴, 野口 直人, 山本 修史 : 徳島大学病院における歯科用金属アレルギー患者の動向, 日本補綴歯科学会 第114回学術大会抄録集, 2005年10月.
131)Oheni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Dali Liu, Sizuo Kayama, Keiji Murakami, Ken Kikuchi, Kyoichi Totsuka, Hideaki Nagamune and Yoichiro Miyake : The Mechanism of Bile Epithelium Cell Death Under the Stimulation of Streptococcus Intermedius Cytolysin, 第58回 日本細菌学会中国・四国支部総会, Oct. 2005.
132)村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌 tcp 遺伝子が抗菌薬抵抗性に及ぼす影響について, 第58回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2005年10月.
133)高橋 章, 菅原 千恵子, 誉田 栄一 : 舌病変の超音波画像所見, 日本乳腺甲状腺超音波診断会議, 2005年10月.
134)塩屋園 敦, 大庭 康雄, 日浅 雅博, 安倍 正博, 松本 俊夫, 森山 啓司 : 歯の移動時の歯周組織におけるケモカインの発現, 第64回 日本矯正歯科学会大会, 2005年10月.
135)堀内 信也, 今 政幸, 淺岡 憲三, 森山 啓司 : リン酸亜鉛セメント硬化体のアパタイト置換を応用した新しいバイオマテリアルの開発, 第64回 日本矯正歯科学会大会, 2005年10月.
136)谷本 起穗, 内田 玲子, 高橋 巧, 森山 啓司 : 徳島大学病院矯正歯科における前歯部排列に関する臨床統計的調査, 第64回 日本矯正歯科学会大会, 2005年10月.
137)井澤 俊, 辻 けい子, 山内 里津, 堀内 信也, 森山 啓司 : 上顎前突症患者におけるElastic open activatorの治療効果に関する検討, 第64回日本矯正歯科学会大会 学術展示, 2005年10月.
138)佐竹 秀太, 高橋 巧, 松本 和也, 中西 秀樹, 森山 啓司 : 外科的矯正治療を行ったhemifacial microsomiaの一症例, 第64回 日本矯正歯科学会大会, 2005年10月.
139)ラマ プトラント, 大庭 康雄, 金子 和之, 塩屋園 敦, 森山 啓司 : 実験的歯の移動時におけるサイトカインを介した歯根吸収に対するビスホスホネートの効果, 第64回 日本矯正歯科学会大会, 2005年10月.
140)アラウジョ フイ, 大庭 康雄, 森山 啓司 : メカニカルストレスに対する歯根膜細胞の応答におけるRhoEとRGS2の関与, 第64回 日本矯正歯科学会大会, 2005年10月.
141)大嶋 淳, 井澤 俊, 林 良夫, 森山 啓司 : 樹状細胞移入によるMRL/lprマウス関節リウマチ病態の修飾, 第64回 日本矯正歯科学会大会 学術展示, 2005年10月.
142)内田 玲子, 谷本 起穗, 高橋 巧, 森山 啓司 : 前歯部において非定型的排列により矯正治療を行った3症例, 第64回 日本矯正歯科学会大会, 2005年10月.
143)立石 千鶴, 山本 真由, 横尾 聡, 子森 孝英, 森山 啓司 : 下顎正中骨延長術を施行した鋏状咬合を呈する上顎前突症例, 第64回 日本矯正歯科学会大会, 2005年10月.
144)Takumi Takahashi and Keiji Moriyama : Three cases of an ankylosed tooth treated by orthodontic repositioning after surgical luxation, 第64回 日本矯正歯科学会大会, Oct. 2005.
145)Osaka Nao, Matsuzawa Atsushi, Takumi Takahashi, Keiji Moriyama, Aburatani Hiroyuki, Takeda Kohsuke and Ichijo Hidenori : Roles of stress-responsive MAP3K ASK1 in Macrophage-dependent hair regeneration, 第78回日本生化学会大会, Oct. 2005.
146)北村 清一郎 : 歯学分野での解剖学教育の現状と問題点., 日本解剖学会第60回中国・四国地方会 シンポジウム「医学・歯学の解剖学教育の現状と将来を考える」, 2005年10月.
147)細川 浩良, 山下 菊治, 石橋 淳, 北村 清一郎, 長山 勝 : 癌細胞の特性遠赤外線に対する感受性とストレス蛋白との関係, 第50回日本口腔外科学会総会, 2005年10月.
148)前田 恵利子, 里村 一人, 徳山 麗子, 瀧 雅行, 工藤 景子, 山崎 泰文, 鎌田 伸之, 長山 勝 : マウス骨髄間質細胞の歯原性細胞への分化誘導, 日本口腔外科学会雑誌, No.51, 190, 2005年10月.
149)山之内 浩司, 工藤 景子, 高野 栄之, 前田 恵利子, 長山 勝 : 外傷性上唇静脈瘤の1例, 2005年10月.
150)前田 恵利子, 里村 一人, 徳山 麗子, 瀧 雅行, 工藤 景子, 山崎 泰文, 鎌田 伸之, 長山 勝 : マウス骨髄間質細胞の歯原性細胞への分化誘導, 2005年10月.
151)菅原 千恵子, 岩崎 裕一, 工藤 景子, 長山 勝, 林 良夫 : 舌悪性腫瘍により内頸静脈腫瘍塞栓をきたした症例の画像所見, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.51, 94, 2005年10月.
152)山之内 浩司, 工藤 景子, 高野 栄之, 前田 恵利子, 長山 勝 : 外傷性上唇動脈瘤の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.51, 111, 2005年10月.
153)銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治, 廣川 満良 : Promoter methylation and differential expression of pi-class glutathione S-transferase (GSTP1) in pituitary adenomas., 第9回日本内分泌病理学会学術総会, 2005年10月.
154)富岡 重正, 高石 和美, 中條 信義 : チュートリアル授業を用いた歯科麻酔臨床教育のアンケート調査による検討, 第33回 日本歯科麻酔学会, 2005年10月.
155)田部 慎一, 横山 正明, 福井 誠, 本那 智昭, 玉谷 香奈子, 横山 希実, 吉岡 昌美, 森 達哉, 日野出 大輔 : 口腔ケア活動による介護老人福祉施設職員の意識・行動の変化, 口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.5, 630, 2005年10月.
156)山本 武範, 山田 安希子, 吉村 勇哉, 山下 菊治, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Caイオンによって誘導される酵母ミトコンドリアの透過性遷移とシトクロムc放出, 第27回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2005年11月.
157)中野 雅德 : 形成外科医にも知って欲しい顎関節症の知識, 第23回日本頭蓋顎顔面外科学会総会·学術集会, 2005年11月.
158)北村 清一郎 : 総義歯治療に必要な局所解剖学の知識, 第14回千里有床義歯臨床研究会「全部床義歯を用いた無歯顎治療—形態と機能の視点から—」, 2005年11月.
159)足立 智彦, 平尾 功治, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 向井 佳代, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 : 歯髄組織および細菌刺激THP-1細胞におけるCXCR3 ligands(特にIP-10)の発現解析, 第123回秋季日本歯科保存会, 2005年11月.
160)淺岡 憲三 : 金属系バイオマテリアルの機能設計の企画にあたって, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, Vol.27, 85, 2005年11月.
161)淺岡 憲三, 前島 邦光 : チタン酸化膜と水素の昇温脱離挙動, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, Vol.27, 123, 2005年11月.
162)浜田 賢一 : 金属系スマートマテリアルの生体応用, 第27回日本バイオマテリアル学会, 2005年11月.
163)村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensingとOfloxacin抵抗性について, 第53回 日本化学治療学会西日本支部総会, 2005年12月.
164)山下 菊治, 石橋 淳, 細川 浩良, 森本 景之, 北村 清一郎 : 遠赤外線総合医療を目指して, 第116回徳島生物学会, 2005年12月.
165)小橋 真之, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : シェーグレン症候群モデルマウスにおけるレバミピドの治療効果の検討, 第35回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.35, 33, 2005年12月.
166)表原 文江, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : シェーグレン症候群加齢モデルマウスにおける間質性肺病変の解析, 第35回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.35, 36, 2005年12月.
167)小橋 真之, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : シェーグレン症候群モデルマウスにおけるレバミピドの治療効果の検討, 日本免役学会総会·学術集会記録, Vol.35, 33, 2005年12月.
168)表原 文江, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : シェーグレン症候群加齢モデルマウスにおける間質性肺病変の解析, 日本免役学会総会·学術集会記録, Vol.35, 36, 2005年12月.
169)渡邉 恵, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 表原 文江, 林 良夫 : Niアレルギーにおける樹状細胞及びT細胞の活性化機構, 第35回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.35, 140, 2005年12月.
170)渡邉 恵, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 表原 文江, 林 良夫 : Niアレルギーにおける樹状細胞及びT細胞の活性化機構, 日本免役学会総会·学術集会記録, Vol.35, 140, 2005年12月.
171)井澤 俊, 石丸 直澄, 表原 文江, 新垣 理恵子, 大嶋 淳, 森山 啓司, 林 良夫 : RANKL刺激活性化DCを介したMRL/lprマウス関節炎の病態修飾, 第35回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.35, 249, 2005年12月.
172)Naozumi Ishimaru, Hidehiro Kishimoto, Jonathan Sprent and Yoshio Hayashi : Immunoregulation by NF-kB for T cell activation in autoimmune disease, 第35回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.35, 275, Dec. 2005.
173)Naozumi Ishimaru, Hidehiro Kishimoto, Jonathan Sprent and Yoshio Hayashi : Immunoregulation by NF-kB for T cell activation in autoimmune disease, 日本免役学会総会·学術集会記録, Vol.35, 275, Dec. 2005.
174)淺岡 憲三 : チタンと水素, チタンと歯科臨床, Vol.4, No.1, 39, 2006年1月.
175)MS Ahamed, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki and Hirokazu Iwasaki : Bone, blood vessel and muscle detection based on multi slice CT images of head and neck, IEICE Technical Report Medical Imaging, Vol.105, No.580, 89-92, Jan. 2006.
176)銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治, 廣川 満良 : Promoter methylation and differential expression of estrogen receptor-beta in pituitary adenomas., 第16回 日本間脳下垂体腫瘍学会, 2006年2月.
177)尾崎 明子, 森本 景之, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤によるIkBa/NF-kBのリン酸化, 第111回日本解剖学会総会, 2006年3月.
178)石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 森本 景之, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線のヒト癌細胞株に及ぼす効果, 日本解剖学会第111回全国学術集会, 2006年3月.
179)瀬戸 浩行, 大場 博史, 濱 秀樹, 稲垣 裕司, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 : スタチンによるラット骨欠損部の石灰化促進作用について, 第4回日本歯科骨粗鬆症研究会学術大会, 2006年3月.
180)北村 清一郎 : インプラント植立手技のエビデンスを解剖学の立場から考える, 日本顎咬合学会九州・沖縄(沖縄)支部 認定教育研修会, 2006年3月.
181)石川 康子, 張 剛太, 井上 紀子, 潘 燕, 中江 良子 : シンポジウム·セッションテーマ;唾液腺のディバイス機能による診断と治療, --- 糖尿病による唾液腺機能の低下とアクアポリン ---, 第79回日本薬理学会年会・Journal of Pharmacological Sviences., Vol.100, No.Supple., 56p, 2006年3月.
182)張 剛太, 井上 紀子, 潘 燕, 中江 良子, 石川 康子 : 加齢による唾液腺機能の低下とアクアポリン, 第79回日本薬理学会年会・Journal of Pharmacological Sciences, Vol.100, No.Supple., 287p, 2006年3月.
183)河村 俊志, 細田 秀樹, 稲邑 朋也, 若島 健司, 浜田 賢一, 宮崎 修一 : 種々の第三元素を添加したTiAu合金の形状回復, 日本金属学会, 2006年3月.
184)津金 靖仁, 稲邑 朋也, 若島 健司, 細田 秀樹, 浜田 賢一, 宮崎 修一 : AuCoTi合金の形状記憶特性と組織に及ぼす時効処理の影響, 日本金属学会, 2006年3月.
185)横山 賢一, 高島 克利, 淺岡 憲三 : Ni-Ti超弾性合金の水素脆化ー大気中放置による水素濃度分布の変化, 日本金属学会第138回大会, 2006年3月.
186)高島 克利, 横山 賢一, 淺岡 憲三, 酒井 潤一 : 中性NaF水溶液中におけるcp-Tiの水素吸収に及ぼす電位碑化の影響, 日本金属学会第138回大会, 2006年3月.
187)水越 常徳, 佐藤 裕信, 高橋 裕樹, 今井 浩三, 鈴木 やすよ, 内野 眞也, 首藤 茂, 野口 志郎, 吉本 勝彦 : HRPT2遺伝子変異を認めた家族性孤発性副甲状腺機能亢進症(FIHP)の一例, 第16回臨床内分泌代謝UPDATE, 2006年3月.
188)村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 抗菌薬による緑膿菌rpoS遺伝子プロモーター活性への影響, 第79回日本細菌学会総会, 2006年3月.
189)角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 軟口蓋から咽頭壁にわたるヒト咽頭挙筋群の起始・走行および停止に関する肉眼解剖学的研究, 第111回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2006年3月.
190)石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 森本 景之, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線のヒト癌細胞株に及ぼす効果, 第111回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2006年3月.
191)鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensingとofloxacin抵抗性について, 第79回日本細菌学会総会, 2006年3月.
192)中江 良子, 庄野 正行, Stoward J. Peter : Assessment of oxidative stress in dystrophin-deficient dystrophic muscles of mice., 解剖学雑誌, Vol.81, No.Suppl, 214, 2006年3月.
193)中江 良子, P.J. Stoward : Assessment of oxidative stress in dystrophin-deficient dystrophic Muscles of mice, 第111回日本解剖学会, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 作品等

(なし)

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

1)細井 和雄 : 徳島大学附属図書館の現状と課題, メールマガジン,「すだち」, No.4, 2005年5月.
2)弘田 克彦 : 専門研修1 要介護者歯科保険コース3単位「誤嚥性肺炎について」, 徳歯会報, Vol.4, No.722, 2005年5月.
3)尼寺 理恵 : 「歯科検診,カリオスタット検査,予防教育」, 石井町平成17年度パパママ講座, 2005年7月.
4)細木 秀彦 : 顎関節症の画像診断, 第23回徳島MRI研究会, 2005年8月.
5)浜田 賢一 : スマート材料·構造の医療応用, 日本歯科理工学会近畿中四国支部夏季セミナー, 2005年8月.
6)石川 康子 : 老化・生活習慣病と口腔乾燥症, --- 水チャネル・アクアポリンを中心にして ---, 岩垂育英会創立40周年記念行事, 2005年10月.
7)有田 憲司 : 学校歯科保健, --- 生涯維持できる健康価値観の育成がポイント ---, 神戸市学校歯科保健研修会, 2005年10月.
8)尼寺 理恵 : 「歯科検診,カリオスタット検査,予防教育」, 石井町平成17年度パパママ講座, 2005年11月.
9)有田 憲司 : ヒトにとって''食べること''とは, --- 心と体との関係 ---, 徳島市国府小学校研修会, 2005年11月.
10)樋浦 明夫 : 書評「ゴリラ」(山極寿一著,東京大学出版会,2005年), 生物科学ニュース, No.408, 7, 2005年12月.
11)淺岡 憲三, 前島 邦光 : チタンと水素, ナノトキシコロジーアセスと微粒子・ナノチューブのバイオ応用研究会, 30, 2005年12月.
12)淺岡 憲三 : 金属系バイオマテリアルの機能設計, 歯科における産学連携, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 報告書

1)石川 康子, 袁 振芳, : 糖尿病による唾液腺腺房細胞のコンパートメンタリゼーションの破綻とその治療薬の開発, 平成15-16年度 科学研究費 基盤研究(C )(一般), 2005年4月.
2)吉本 勝彦, Qian Rong Zhi, 佐野 壽昭, 山田 正三 : DNAメチル化による成長ホルモン(GH)産生細胞腫瘍化機構の解析, 成長科学協会研究年報, No.28, 289-295, 2005年7月.
3)Jonathan Sprent, Onur Boyman, Jea Hoe Cho, Naozumi Ishimaru, Hidehiro Kishimoto, M Kovar, DC Lenz, MP Rubinstein and X Shen : The Thymus and T-Cell Specificity, The Scripps Research Institute Scientific Report, Vol.30, 141-142, Sep. 2005.
4)野間 隆文, : 「第1回大学院生生活実態調査報告書」, キャンパスライフ, 徳島, 2006年3月.
5)大庭 健, 森本 泰宏, 上山 吉哉, 羽地 達次, 森本 景之 : 口腔癌細胞における薬剤耐性とアポトーシス誘導機構の解明, 平成17-18年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究 (C) (1) 報告書, 北九州, 2006年3月.
6)細井 和雄, 金森 憲雄, 赤松 徹也, 小杉 知里 : 唾液腺における炎症性サイトカインの誘導と口腔の防御システム:再生医療への試み, 平成16年度-平成17年度文部省科学研究費補助金(萌芽研究)研究成果報告書, 徳島, 2006年3月.
7)桐山 聰, 英 崇夫, 荒木 秀夫, 中村 浩一, 黒岩 眞吾, 藤澤 正一郎, 原口 雅宣, 玉置 俊晃, 羽地 達次, 高石 喜久, 來山 征士, 大橋 眞, 上田 哲史 : 特色ある大学教育支援プログラム「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成17年度 報告書, --- 若者のセルフ·マネジメント能力を育てる徳島大学創成学習開発センターの活動 ---, 特色ある大学教育支援プログラム「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成17年度 報告書, 徳島, 2006年3月.

2006年度(平成18年度)

article.{@.date="20060400 20070399" @.organization=\E{10999}}

2006年度(平成18年度) / 著書

1)武田 英二, 岡久 稔也, 高橋 保子, 国清 紀子, 松村 晃子, 中屋 豊, 西 正晴, 竹谷 豊, 吉本 勝彦, 寺尾 純二, 美馬 福恵, 吉岡 昌美, 山田 静恵, 石澤 啓介, 鈴木 麗子, 藤田 知代, 新井 英一, 桑波田 雅士, 岡田 和子 : 栄養管理のチーム医療, 文光堂, 東京, 2006年4月.
2)尾崎 明文, 北村 清一郎, 吉田 篤 : トリガーポイントと経穴の関係, 医書出版部, 東京, 2006年4月.
3)堀口 大吾, 三好 圭子, 武藤 太郎, 野間 隆文 : 生化学実習書 (第3版8刷), 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部分子医化学分野, 徳島, 2006年5月.
4)浜田 賢一, 宮本 洋二, 淺岡 憲三 : 骨修復材, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2006年5月.
5)羽地 達次 : 口腔組織 発生学 (分担), 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2006年8月.
6)吉本 勝彦, 水澤 典子, 岩田 武男, 長尾 大輔, Hossain Md.Golam, 露口 勝, 佐野 壽昭, 内野 眞也 : 【内分泌クリニカル・カンファランス】 副甲状腺 家族性副甲状腺機能亢進症2家系におけるHRPT2遺伝子変異の解析, 2006年9月.
7)GJ Lavigne, Kazuo Okura and MT Smith : Pain Perception - Nociception during Sleep, Elsevier, Amsterdam, 2007.
8)石丸 直澄, 岸本 英博, 林 良夫 : T細胞レセプターシグナルとNF-κB, 2007年.
9)尾崎 朋文, 松下 美穂, 松岡 憲二, 吉田 篤, 北村 清一郎 : 顔面の主要経穴の安全性とリスク対策,, 医道の日本社, 神奈川, 2007年1月.
10)里村 一人 : 歯の再生, --- 歯の発生生物学から歯の再生研究まで ---, 真興交易株式会社 医書出版部, 東京, 2007年1月.
11)日野出 大輔 : 口臭診療マニュアル, --- 口臭症の国際分類 ---, 第一歯科出版, 東京, 2007年1月.
12)尾崎 明文, 森 俊豪, 米山 榮, 北村 清一郎, 吉田 篤 : 鍼灸医療安全ガイドライン(尾崎昭弘,坂本 歩/鍼灸安全性委員会 編), --- 重要臓器の傷害事故の防止 ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年1月.
13)細井 和雄, : なるほど現代歯塾, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年2月.
14)高橋 巧, 森山 啓司 : なるほど現代歯塾, --- 11.歯並びとかみ合わせの異常はなぜ起こる? ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年2月.
15)羽地 達次 : なるほど現代歯塾(分担), 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年2月.
16)北村 清一郎 : なるほど 現代歯塾∼健康で快適な生活のために∼, --- 歯がなくてもかめるの?年齢とお口の関係は? ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年2月.
17)有田 憲司 : なるほど現代歯塾, --- ∼健康で快適な生活のために∼ ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年2月.
18)日野出 大輔 : なるほど現代歯塾, --- 口臭の原因とその直し方とは? ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年2月.
19)有田 憲司 : なるほど現代歯塾, --- 健康で快適な生活のために ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年2月.
20)北村 清一郎, 角田 佳折 : 咬合・咀嚼が創る健康長寿, --- 義歯は嚥下とどう係るのか ---, 大阪大学出版, 大阪, 2007年3月.
21)蓮井 義則, 尾崎 和美 : 歯科衛生士ポケットブック OSARAI, 株式会社 デンタルダイヤモンド社, 東京, 2007年3月.
22)梅本 俊夫, 奥田 克爾, 中山 浩次, 三宅 洋一郎 : 新歯科衛生士教本 微生物学 第2版, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Chisato Kosugi, Xuefei Li, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Norio Kanamori and Kazuo Hosoi : Protein kinase A-regulated membrane trafficking of a green fluorescent protein-aquaporin 5 chimera in MDCK cells, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Cell Research, Vol.1763, No.4, 337-344, 2006.
2)Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Fumie Omotehara, Kouichi Yamada, Kenji Mishima, Ichiro Saito and Yoshio Hayashi : Novel role for RbAp48 in tissue-specific,estrogen deficiency-dependent apoptosis in the exocrine glands., Molecular and Cellular Biology, Vol.26, No.8, 2924-2935, 2006.
3)Darija Viducic, Tsuneko Ono, Keiji Murakami, Susilowati Heni, Shizuo Kayama, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake : Functional Analysis of spoT, relA and dksA Genes on Quinolone Tolerance in Pseudomonas aeruginosa under Nongrowing Condition, Microbiology and Immunology, Vol.50, No.4, 349-357, 2006.
4)Toshiyuki Suge, Akiko Kawasaki, Kunio Ishikawa, Takashi Matsuo and Shigeyuki Ebisu : Effect of ammonium hexafluorosilicate on dentin tubule occlusion for the treatment of dentin hypersensitivity, American Journal of Dentistry, Vol.19, No.4, 248-252, 2006.
5)Yasuko Ishikawa, Gota Cho, Zhenfang Yuan, Noriko Inoue and Yoshiko Nakae : Aquaporin-5 water channel in lipid rafts of rat parotid glands, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1758, No.8, 1053-1060, 2006.
6)Toshio Ogawa, Ken'ichi Yokoyama, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Effects of moisture and dissolved oxygen in methanol and ethanol solutions containing hydrochloric acid on hydrogen absorption and desorption behaviors of Ni-Ti superelastic alloy, Materials Science and Engineering A, Vol.422, No.1-2, 218-226, 2006.
7)Naoto Suzue, Takeshi Nikawa, Yuko Onishi, Chiharu Yamada, Katsuya Hirasaka, Takayuki Ogawa, Harumi Furochi, Hirofumi Kosaka, Kazumi Ishidoh, Gu Hua, Shin'ichi Takeda, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi, Hironori Yamamoto, Kyoichi Kishi and Natsuo Yasui : Ubiqitin Ligase Cbl-b Downregulates Bone Formation Through Suppression of IGF-I Signaling in Osteoblasts During Denervation, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.21, No.5, 722-734, 2006.
8)Masayuki Azuma, Yuki Ashida, Tetsuya Tamatani, Katsumi Motegi, Natsumi Takamaru, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi and Mitsunobu Sato : Cepharanthin,a biscoclaurine alkaloid,prevents destruction of acinar tissues in murine Sjogren's syndrome., The Journal of Rheumatology, Vol.33, No.5, 912-920, 2006.
9)Yusuke Takahashi, Michael Davey, Hiromichi Yumoto, Frank Gibson C. III and Caroline Attardo Genco : Fimbria-dependent activation of pro-inflammatory molecules in Porphyromonas gingivalis infected human aortic endothelial cells, Cellular Microbiology, Vol.8, No.5, 738-757, 2006.
10)Chie Mihara-Wada, Masatoshi Kataoka, Hiroyuki Seto, Noriko Hayashi, Jun-ichi Kido, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata : High-turnover osteoporosis is induced by cyclosporin A in rats., Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.24, No.3, 199-205, 2006.
11) Suryono, Jun-ichi Kido, Noriko Hayashi, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata : Norepinephrine Stimulates Calprotectin Expression in Human Monocytic Cells, Journal of Periodontal Research, Vol.41, No.3, 159-164, 2006.
12)徳山 麗子, 里村 一人, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 友成 真弓, 高野 栄之, 長山 勝 : 下顎骨骨折非観血的整復固定症例における顎間固定用スクリューの応用, --- 5症例の検討 ---, 日本口腔顎顔面外傷学会誌, Vol.4, No.1, 10-15, 2006年.
13)Yasuko Ishikawa, Gota Cho, Zhenfang Yuan, Mariusz T. Skowronski, Yan Pan and Hajime Ishida : Water Channels and Zymogen Granules in Salivary Glands, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.100, No.5, 495-512, 2006.
14)Shinji Fujihara, Masahiko Yokozeki, Yasuo Oba, Yuji Higashibata, Shintaro Nomura and Keiji Moriyama : Function and regulation of osteopontin in response to mechanical stress, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.21, No.6, 956-964, 2006.
15)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Cytokines differentially regulate ICAM-1 and VCAM-1 expression on human gingival fibroblasts., Clinical and Experimental Immunology, Vol.144, No.3, 494-502, 2006.
16)Nobuhiko Katunuma, Quang Trong Le, Etsuko Murata, Atsushi Matsui, Eiji Majima, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi and Atsushi Ohashi : A novel apoptosis cascade mediated by lysosomal lactoferrin and its participation in hepatocyte apoptosis induced by D-galactosamine., FEBS Letters, Vol.580, No.15, 3699-3705, 2006.
17)Naozumi Ishimaru, Hidehiro Kishimoto, Yoshio Hayashi and Jonathan Sprent : Regulation of naive T cell function by the NF-κB2 pathway, Nature Immunology, Vol.7, No.7, 763-772, 2006.
18)Piotr Mydel, Yusuke Takahashi, Hiromichi Yumoto, Maryta Sztukowska, Malgorzata Kubica, Frank Gibson C. III, Donald Kurtz, James Travis, Vincent Collins, Ky-Anh Nguyen, Caroline A. Genco and Jan Potempa : Roles of the host oxidative immune response and bacterial antioxidant Rubrerythrin during Porphyromonas gingivalis infection, PLoS Pathogens, Vol.2, No.7, e76, 2006.
19)Chen Jianrong, Kan Nagao, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa : Influence of a Vent Hole on the Retentive Force of a Cement-retained Superstructure before/after Thermocycling, Prosthodontic Research & Practice, Vol.5, No.3, 157-160, 2006.
20)Akemichi Ueno, Kikuji Yamashita, Keiko Miyoshi, Taigo Horiguchi, Intan Ruspita, Kaori Abe and Takafumi Noma : Soluble matrix from osteoblastic cells induces mineralization by dental pulp cells, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.3-4, 297-302, 2006.
21)西 真寿美, 高橋 巧, 森山 啓司 : 片側性口唇口蓋裂を伴う前歯部反対咬合の1治験例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.18, No.1, 53-62, 2006年.
22)日浅 雅博, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 広汎型侵襲性歯周炎を伴う上顎前突の成人症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.18, No.1, 63-70, 2006年.
23)日浅 雅博, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 広汎型侵襲性歯周炎を伴う上顎前突の成人症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.18, No.1, 63-70, 2006年.
24)Hitoshi Ikushima, Kyousuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyou Yamashita, Takaharu Kudoh and Hiromu Nishitani : Pelvic bone complications following radiation therapy of gynecologic malignancies: clinical evaluation of radiation-induced pelvic insufficiency fractures, Gynecologic Oncology, Vol.103, No.3, 1100-1104, 2006.
25)Hiro-O Ito, K. Nokihara, S. Soutome and T. Ohyama : Screening of peptides that inhibit bacterial binding to fibronectin using combinatorial peptide libraries., International Journal of Peptide Research and Therapeutics, Vol.12, No.3, 275-281, 2006.
26)NT Huynh, T Kato, PH Rompre, Kazuo Okura, PA Lanfranchi, JY Montplaisir and GJ Lavigne : Sleep bruxism is associated to micro-arousals and an increase in cadiac sympathetic activity, Journal of Sleep Research, Vol.15, No.3, 339-346, 2006.
27)Toshihisa Kawai, Takashi Matsuyama, Yoshitaka Hosokawa, Seichou Makihira, Makoto Seki, Karimbux Nadeem, Goncalves B. Reginaldo, Valverde Paloma, Dibart Serge, Li Yi-Ping, Miranda A. Leticia, Ernst W.O. Cory, Izumi Yuichi and Martin A Taubman : B and T Lymphocytes Are the Primary Sources of RANKL in the Bone Resorptive Lesion of Periodontal Disease, The American Journal of Pathology, Vol.169, No.3, 987-998, 2006.
28)Razia Sultana, Masayuki Kon, Mayumi Luciana Hirakata, Emi Fujiwara and Kenzo Asaoka : Surface modification of titanium with hydrothermal treatment at high pressure, Dental Materials Journal, Vol.25, No.3, 470-479, 2006.
29)Kiyoshi Kunika, Toshihito Tanahashi, Eiji Kudo, Noriko Mizusawa, Eiichiro Ichiishi, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Takashi Yamaoka, Hiroaki Yasumo, Kazue Tsugaw, Maki Moritani, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Effect of +36T > C in intron 1 on the glutamine: fructose-6-phosphate amidotransferase 1 gene and its contribution to type 2 diabetes in different populations., Journal of Human Genetics, Vol.51, No.12, 1100-1109, 2006.
30)Makoto Fukui, Daisuke Hinode, Masaaki Yokoyama, Shin-ichi Tanabe and Masami Yoshioka : Salivary immunoglobulin A directed to oral microbial GroEL in patients with periodontitis and their potential protective role., Oral Microbiology and Immunology, Vol.21, No.5, 289-295, 2006.
31)Oh -H. S., Masanori Nakano, Eiichi Bando, Keisuke Nishigawa, Shuji Shigemoto and J. -H. Jeong : Relationship between occlusal tooth contactpatterns and tightness of proximal tooth contact, Journal of Oral Rehabilitation, Vol.33, No.10, 749-753, 2006.
32)Nelly T. Huynh, Pierre H. Rompré, Jacques Y. Montplaisir, Christiane Manzini, Kazuo Okura and Gilles J. Lavigne : Comparison of various treatments for sleep bruxism using determinants of number needed to treat and effect size., The International Journal of Prosthodontics, Vol.19, No.5, 435-441, 2006.
33)吉田 有里, 友竹 偉則, 渡邉 恵, 長尾 大輔, 市川 哲雄 : 非接触型共鳴振動周波数分析装置の値に影響を与える因子についての検討, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.19, No.4, 446-452, 2006年.
34)篠永 ゆかり, 有田 憲司, 西川 聡美, 原田 桂子 : 機能的顎骨折治療法による小児下顎骨関節突起骨折の時系列的CT治療経過像, 小児歯科学雑誌, Vol.44, No.5, 731-739, 2006年.
35)Akemichi Ueno, Yoshihiro Miwa, Keiko Miyoshi, Taigo Horiguchi, Hideo Inoue, Intan Ruspita, Kaori Abe, Kikuji Yamashita, Eiji Hayashi and Takafumi Noma : Constitutive expression of thrombospondin 1 in MC3T3-E1 osteoblastic cells inhibits mineralization, Journal of Cellular Physiology, Vol.209, No.2, 322-332, 2006.
36)T. Kawamura, R. Tachi, T. Inamura, H. Hosoda, K. Wakashima, Kenichi Hamada and S. Miyazaki : Effects of ternary additions on martensitic transformation of TiAu, Materials Science and Engineering A, Vol.438-440, 383-386, 2006.
37)Ikuko Hosokawa, Yoshitaka Hosokawa, H Komatsuzawa, RB Goncalves, N Karimbux, MH Napimoga, Makoto Seki, K Ouhara, M Sugai, Martin A Taubman and Toshihisa Kawai : Innate immune peptide LL-37 displays distinct expression pattern from beta-defensins in inflamed gingival tissue., Clinical and Experimental Immunology, Vol.146, No.2, 218-225, 2006.
38)Kwartarini Murdiastuti, Nunuk Purwanti, Mileva Ratko Karabasil, Xuefei Li, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Norio Kanamori and Kazuo Hosoi : A naturally occurring point mutation in the rat aquaporin 5 gene, influencing its protein production by and secretion of water from salivary glands, American Journal of Physiology, Gastrointestinal and Liver Physiology, Vol.291, No.6, GI1081-GI1088, 2006.
39) NURHAERANI, Kenji Arita, Shinonaga Yukari and Mizuho Nishino : Plasma-based fluorine ion implantation into dental materials for inhibition of bacterial adhesion, Dental Materials Journal, Vol.25, No.4, 684-692, 2006.
40)E Nagata, H Okayama, Hiro-O Ito, Y Yamashita, M Inoue and T Oho : Serotype-specific polysaccharide of Streptococcus mutans contributes to infectivity in endocarditis., Oral Microbiology and Immunology, Vol.21, No.6, 420-423, 2006.
41)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Proinflammatory effects of tumour necrosis factor-like weak inducer of apoptosis (TWEAK) on human gingival fibroblasts., Clinical and Experimental Immunology, Vol.146, No.3, 540-549, 2006.
42)Takenori Yamamoto, Akiko Yamada, Masahiro Watanabe, Yuya Yoshimura, Naoshi Yamazaki, Yoshiyuki Yoshimura, Takashi Yamauchi, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : VDAC1, having a shorter N-terminus than VDAC2 but showing the same migration in an SDS-polyacrylamide gel, is the predominant form expressed in mitochondria of various tissues., Journal of Proteome Research, Vol.5, No.12, 3336-3344, 2006.
43)徳山 麗子, 里村 一人, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 工藤 景子, 高野 栄之, 長山 勝 : 矯正牽引装置により治療を行った小児外傷性歯牙陥入の1例, 口腔顎顔面外傷, Vol.5, No.2, 89-92, 2006年.
44)Akiko Ozaki, Hiroyuki Morimoto, Hiroaki Tanaka, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Bruna Rabelo Amorim and Tatsuji Haneji : Okadaic acid induces phosphorylation of p65NF-κB on serine 536 adn activates NF-κB transcriptional activity in human osteoblastic MG63 cells, Journal of Cellular Biochemistry, Vol.99, No.5, 1275-1284, 2006.
45)坂本 裕紀, 瀬崎 英孝, 吉田 憲一, 淺岡 憲三 : チタンの耐食性と機械的性質に及ぼす熱処理の影響, 日本歯科産業学会誌, Vol.20, No.2, 3-13, 2006年.
46)細木 秀彦, 工藤 隆治, 岩崎 裕一, 橋田 達雄 : 歯科放射線科における早期体験実習, --- -学生自身による自己評価の分析- ---, 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.22, No.3, 264-270, 2006年.
47)木村 愛美, 枡富 由佳子, 有田 憲司 : 多数乳歯脱臼症例の再植と咬合育成, 日本外傷歯学会雑誌, Vol.2, No.1, 45-52, 2006年.
48)Nagakatsu Harada, S Hara, M Yoshida, T Zenitani, Kazuaki Mawatari, M Nakano, Akira Takahashi, Toshio Hosaka, Katsuhiko Yoshimoto and Yutaka Nakaya : Molecular cloning of a murine glycerol-3-phosphate acyltransferase-like protein 1 (xGPAT1)., Molecular and Cellular Biochemistry, Vol.297, No.1-2, 41-51, 2007.
49)Keisuke Nishigawa, Toyoko Satsuma, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Masanori Nakano and Osamu Ishida : Development of a novel articulator that reproduced jaw movement with six-degree-of-freedom, Medical Engineering & Physics, Vol.29, No.5, 615-619, 2007.
50)富岡 重正, 高石 和美 : 抜管直後に喘鳴を呈した1症例, 臨床麻酔, Vol.31, No.11, 1785-1786, 2007年.
51)舘原 誠晃, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯浅 哲也, 高野 栄之, 徳山 麗子, 宮本 洋二, 長山 勝 : HAP-PLGA複合体による顎骨再生への応用に関する実験的研究, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.53, No.10, 588-593, 2007年.
52)上野 明道, 山下 菊治 : 石灰化抑制作用とトロンボスポンジン, 医薬品相互作用研究, Vol.31, No.2, 43-52, 2007年.
53)金子 和之, 大庭 康雄, 内田 玲子, 泰江 章博, 塩屋園 敦, 森山 啓司 : PLLA製スクリューを用いて下顎枝矢状分割術を行った下顎非対称を伴う骨格性下顎前突症患者における術後安定性 ー正面頭部X線規格写真を用いた検討ー, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.19, 15-20, 2007年.
54)Tetsuya Akamatsu, Nunuk Purwanti, Mileva Ratko Karabasil, Xuefei Li, Chenjuan Yao, Norio Kanamori and Kazuo Hosoi : Temporospatially regulated expression of subtilisin-like proprotein convertase PACE4 (SPC4) during development of the rat submandibular gland, Developmental Dynamics, Vol.236, No.1, 314-320, 2007.
55)細木 眞紀, 薩摩 登誉子, 高橋 章, 西川 啓介, 細木 秀彦, 中野 雅德, 坂東 永一, 竹内 久裕, 菅原 千恵子, 岩崎 裕一 : スパイラルCTを用いた顎関節の三次元評価法, 四国歯学会雑誌, Vol.19, No.2, 231-238, 2007年.
56)菅原 千恵子, 高橋 章, 前田 直樹, 久保 典子, 工藤 隆治, 細木 秀彦, 岩崎 裕一 : 徳島大学病院歯科診療部門における誤飲・誤嚥の実態調査, 四国歯学会雑誌, Vol.19, No.2, 255-262, 2007年.
57)Kaya Yoshida, Hiroyuki Shinohara, Suryono, Tatsuji Haneji and Toshihiko Nagata : Arachidonic acid inhibits osteoblast differentiation through cytosolic phospholipase A2-dependent pathway., Oral Diseases, Vol.13, No.1, 32-39, 2007.
58)Kazuhito Satomura, Masayuki Kon, Reiko Tokuyama, Tomonari Mayumi, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama : Osteopetrosis complicated by osteomyelitis of the mandible: a case report including characterization of the osteopetrotic bone, International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.36, No.1, 86-93, 2007.
59)Maki Hosoki, Yumi Hosokawa, Eiichi Bando, Hisahiro Takeuchi, Keisuke Nishigawa and Masanori Nakano : An allergy survey among dental professionals, Prosthodontic Research & Practice, Vol.6, No.1, 34-38, 2007.
60)Hiromichi Yumoto, Masayoshi Yamada, Chihiro Shinohara, Hideaki Nakae, Kanako Takahashi, Hiroyuki Azakami, Ebisu Shigeyuki and Takashi Matsuo : Soluble products from Eikenella corrodens induce cell proliferation and expression of interleukin-8 and adhesion molecules in endothelial cells via mitogen-activated protein kinase pathways, Oral Microbiology and Immunology, Vol.22, No.1, 36-45, 2007.
61)高橋 章, 前田 直樹, 菅原 千恵子, 工藤 隆治, 久保 典子, 細木 秀彦, 岩崎 裕一 : 口腔顎顔面悪性腫瘍の遠隔転移評価における躯幹部CT検査の位置づけ, 四国歯学会雑誌, Vol.19, No.2, 239-246, 2007年.
62)高橋 章, 菅原 千恵子, 前田 直樹, 細木 秀彦 : 口腔癌頸部転移リンパ節の検出に対する超音波三次元イメージングの有用性, 四国歯学会雑誌, Vol.19, No.2, 247-253, 2007年.
63)Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Lihong Qiu, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji : The transcriptional factor Osterix directly interacts with RNA helicase A, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.355, No.2, 347-351, 2007.
64)Noriko Hayashi, Jun-ichi Kido, Suryono, Reiko Kido, Chie Mihara-Wada, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata : Regulation of Calprotectin Expression by IL-1α and TGF-β in Human Gingival Keratinocytes, Journal of Periodontal Research, Vol.42, No.1, 1-7, 2007.
65)RM de Araujo Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Identification of genes related to mechanical stress in human periodontal ligament cells using microarray analysis, Journal of Periodontal Research, Vol.42, No.1, 15-22, 2007.
66)N Tanaka, S Fukuyama, T Fukuiwa, M Kawabata, Y Sagara, Hiro-O Ito, Y Miwa, T Nagatake, H Kiyono and Y Kurono : Intranasal immunization with phosphorylcholine induces antigen specific mucosal and systemic immune responses in mice., Vaccine, Vol.25, No.14, 2680-2687, 2007.
67)Masaaki Takechi, Youji Miyamoto, Kunio Ishikawa, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Hideyuki Takano, Shiho Minamiguchi and Masaru Nagayama : Histological evaluation of apatite cement containing atelocollagen, Dental Materials Journal, Vol.26, No.2, 194-200, 2007.
68)Hirohiko Okamura and Tatsuji Haneji : Role of transcription factors in multidrug resistance and apoptosis, Dentistry in Japan, Vol.43, No.1, 1-6, 2007.
69)Nao Osaka, Takumi Takahashi, Shiori Murakami, Atsushi Matsuzawa, Takuya Noguchi, Takeshi Fujiwara, Hiroyuki Aburatani, Keiji Moriyama, Kosuke Takeda and Hidenori Ichijo : ASK1-dependent recruitment and activation of macrophages induce hair growth inskin wounds, The Journal of Cell Biology, Vol.176, No.7, 903-909, 2007.
70)Kenzo Asaoka : Effects of surface oxide films on hydrogen absorption and mechanical properties of titanium, Dentistry in Japan, Vol.43, No.0, 99-103, 2007.
71)下田 信治, 森田 康彦, 樋口 慎一, 小林 馨, 川崎 堅三 : 石灰化組織のマイクロCT画像におけるアーチファクト低減法, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.20, No.1, 41-48, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)林 良夫, 石丸 直澄, 新垣 理恵子 : RbAp48遺伝子導入マウスにおけるシェーグレン症候群様病態の出現, 臨床免疫, Vol.45, No.5, 533-537, 2006年.
2)有田 憲司, 阿部 洋子, 上田(山口) 公子, 郡 由紀子 : キューシック・インクラインRの上顎前突の被蓋改善に対するクリニカル・アウトカムおよび有効性, 小児歯科臨床雑誌, Vol.11, No.6, 63-77, 2006年.
3)Reza Shiari, Ichiro Kobayashi, Nariaki Toita, Norikazu Hatano, Nobuaki Kawamura, Motohiko Okano, Yoshio Hayashi, Kunihiko Kobayashi and Tadashi Ariga : Epitope mapping of anti-alpha-fodrin autoantibody in juvenile Sjögren's syndrome: difference in major epitopes between primary and secondary cases., The Journal of Rheumatology, Vol.33, No.7, 1395-1400, 2006.
4)石丸 直澄, 岸本 英博, 林 良夫, Sprent Jonathan : NF-kB2によるT細胞の新たな調節機構, 実験医学 月刊, Vol.24, No.16, 2513-2516, 2006年.
5)北村 清一郎, 二宮 雅美, 宮本 洋二 : カラーアトラス:皮膚・粘膜の下,透けて見えますか, --- 歯科医師・口腔外科医に必要な解剖学の知識 ---, 歯界展望, Vol.10, No.6, 2007年.
6)藤澤 健司 : インプラント治療の診察,検査,診断,治療計画の要点 ─口腔外科の立場から─, 歯科医療, Vol.21, No.4, 16-21, 2007年.
7)Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Effects of fiber-resin interface property on shape recovery and mechanical properties of denture-base-resin matrix smart composite, Materials Science Forum, Vol.539-543, 3279-3284, 2007.
8)藤澤 健司 : 手術でかみ合わせを治す, 「なるほど現代歯塾 ∼健康で快適な生活のために∼」 徳島大学歯学部編集, 56-59, 2007年.
9)Kenzo Asaoka and Kunimitsu Maejima : Effect of surface oxide films on degradation of titanium, Materials Science Forum, Vol.539-543, 3649-3654, 2007.
10)石川 康子 : 唾液腺アクアポリン・水チャネル蛋白質の遺伝子発現,蛋白質合成,機能発現に及ぼす大豆成分の効果と口腔乾燥症治療薬の創薬, 財団法人医薬資源研究振興会 財団報, No.23, 26-27, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術レター

1)樋浦 明夫 : 田原が留学したマールブルク大学Philipps-University Marburg, 田原通信, No.2, 24-25, 2006年.
2)徳永 格, 瀬戸 浩行, 大場 博史, 和田 智恵, 濱 秀樹, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 : ラット実験的歯周炎における副甲状腺ホルモンの局所投与による歯槽骨形成作用, 第6回カルシトニン/副甲状腺ホルモン研究会記録集, 36, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1)北村 清一郎, 高橋 章, 安田 清次郎 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- 4 インプラント植立手技のエビデンスを考える ①下顎インプラント ---, 歯界展望, Vol.107, No.4, 738-743, 2006年4月.
2)北村 清一郎, 篠原 千尋, 宮本 洋二 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- -5 歯科局所麻酔時に必要な解剖学の知識-より効果的な麻酔を目指して ---, 歯界展望, Vol.107, No.5, 964-968, 2006年5月.
3)宮本 貴成, 湯本 浩通, Frank Gibson C. III : 心臓血管疾患と歯周病 –動脈硬化症への歯周病原性細菌感染のかかわり-, ザ·クインテッセンス, Vol.25, No.5, 174-183, 2006年5月.
4)北村 清一郎, 森本 景之, 角田 佳折, 石本 恭子 : 歯科治療時の偶発症としての開障害と嚥下痛の発生機序を理解するに必要な局所解剖学的知識, 形態科学, Vol.9, No.2, 73-77, 2006年5月.
5)北村 清一郎, 篠原 千尋, 宮本 洋二 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集5, --- 歯科局所麻酔時に必要な解剖学の知識 -より効果的な麻酔を目指して- ---, 歯界展望, Vol.107, No.5, 964-968, 2006年5月.
6)北村 清一郎, 石橋 淳, 宮本 洋二 : 見える!分かる!臨床に役立つ解剖写真集6-臼後三角の局所解剖学, --- 下顎智歯抜歯時の偶発症を防ぐには ---, 歯界展望, Vol.107, No.6, 1194-1199, 2006年6月.
7)北村 清一郎, 篠原 千尋, 高橋 章 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集-7顎関節の局所解剖, --- 顎関節症を理解するために ---, 歯界展望, Vol.108, No.1, 72-78, 2006年7月.
8)市川 哲雄, 本釜 聖子, 永尾 寛 : 全部床義歯による無歯顎補綴治療 発音と嚥下機能から全部床義歯を語る, 補綴臨床, Vol.38, No.5, 532-539, 2006年7月.
9)北村 清一郎, 篠原 千尋, 高橋 章 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集7, --- 顎関節の局所解剖学 -顎関節症を理解するために- ---, 歯界展望, Vol.108, No.1, 72-78, 2006年7月.
10)吉岡 昌美, 藤井 裕美, 廣瀬 薫, 坂本 治美, 十川 悠香, 佐藤 晶子, 福井 誠, 横山 正明, 日野出 大輔 : 徳島大学病院栄養サポートチームにおける専門的口腔ケアの取り組み, 口腔衛生学会雑誌, Vol.56, No.3, 309-317, 2006年7月.
11)Daisuke Hinode, Shin-ichi Tanabe, Masaaki Yokoyama, Kenji Fujisawa, Eiji Yamauchi and Youji Miyamoto : Influence of smoking on osseointegrated implant failure: a meta-analysis, Clinical Oral Implants Research, Vol.17, No.4, 473-478, Aug. 2006.
12)熊谷 正浩, 北村 清一郎 : 先生に聞きたい!「上顎結節」とは正確にはどの部位を指すのでしょうか, 歯界展望, Vol.108, No.2, 427-429, 2006年8月.
13)Hiro-O Ito : Infective endocarditis and dental procedures: evidence, pathogenesis, and prevention, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.3-4, 189-198, Aug. 2006.
14)北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 見える!わかる! 臨床に役立つ解剖写真集 8, --- 義歯は嚥下にどうかかわるのか ---, 歯界展望, Vol.108, No.2, 304-309, 2006年8月.
15)尾崎 朋文, 松下 美穂, 松岡 憲二, 吉田 篤, 北村 清一郎 : 顔面の主要経穴の安全性とリスク対策, 医道の日本,臨時増刊, No.11, 80-84, 2006年8月.
16)熊谷 正浩, 北村 清一郎 : 先生に聞きたい!「上顎結節」とは正確にはどの部位を指すのでしょうか, 歯界展望, Vol.108, No.2, 427-429, 2006年8月.
17)Hiroshi Nakagawa and Akio Hiura : Capsaicin, transient receptor potential (TRP) protein subfamilies and the particular relationship between capsaicin receptors and small primary sensory neurons (Cited in " Physiology & Behavior, 90(5), 2007; American Journal of Physiology, 295(5), 2008; Journal of Neurochemistry, 112(2), 2009; Pharmacology & Therapeutics, 112(2), 2010; Acta Physiologica (Oxford), 2011; Human Physiology, 2012; FEBS Letter, 586(8), 2012; PLoS ONE, 8 (3), 2013; Frontiers in Neuroendocrinology, 04/2014; Molecular Pain, 10(1), 2014"), Anatomical Science International, Vol.81, No.3, 135-155, Sep. 2006.
18)淺岡 憲三 : 器官,組織,細胞,蛋白をターゲットとしたバイオマテリアル, バイオマテリアル, Vol.24, No.5, 295-296, 2006年10月.
19)吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 長尾 大輔, Md.Golam Hossain, 露口 勝, 佐野 壽昭, 内野 眞也 : 家族性副甲状腺機能亢進症2家系におけるHRPT2遺伝子変異の解析,, ホルモンと臨床, Vol.54, 138-142, 2006年.
20)水越 常徳, 佐藤 裕信, 高橋 裕樹, 今井 浩三, 鈴木 やすよ, 内野 眞也, 首藤 茂, 野口 志郎, 吉本 勝彦 : HRPT2遺伝子変異を認めた家族性孤発性副甲状腺機能亢進症(FIHP)の一例, 日本内分泌学会雑誌, Vol.82, 42-45, 2006年.
21)羽地 達次 : 手動式タイプライターからコンピューターへ, 徳島大学高度情報化基盤センター「広報」, Vol.13, 25-27, 2007年.
22)吉本 勝彦 : メタボリックシンドロームって何?, DENTAL DIAMOND, Vol.32, No.138, 76-79, 2007年1月.
23)石丸 直澄, 岸本 英博, 林 良夫, Sprent Jonathan : NF-kB2によるT細胞の新たな調節機構, 実験医学, Vol.24, No.16, 2513-2516, 2007年1月.
24)岡村 裕彦 : 口腔扁平上皮癌細胞の薬剤耐性とアポトーシス ~ 転写調節因子の役割 ~, 四国歯学会雑誌, Vol.19, No.2, 171-176, 2007年1月.
25)中川 弘, 樋浦 明夫 : カプサイシンとTRP チャネル・サブファミリーおよびカプサイシン受容体 (TRPV1) と小型一次知覚ニューロンの特性とその相関関係, 四国歯学会雑誌, Vol.19, No.2, 197-218, 2007年1月.
26)張 剛太, 岡村 航, 石川 康子 : 水チャネル・アクアポリン, 日本薬理学雑誌, Vol.129, 146-147, 2007年2月.
27)三宅 洋一郎, 鹿山 鎭男 : 口腔内における感染防御機構, 日本臨牀, Vol.65, No.2, 2007年2月.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1)Yoshio Hayashi : NFS/sld mouse model for primary Sjogren's syndrome., 8th International Symposium on Sjogren's Syndrome, Washington, D.C., Apr. 2006.
2)Hidehiro Kishimoto, Naozumi Ishimaru and Jonathan Sprent : Regulation of NF-κB1/RelA activation by NF-κB2 in CD4+T cells., The American Association of Immunologist Annual Meeting, Boston, May 2006.
3)Miho Yoneda, Hideaki Nakae, Hiromichi Yumoto, Chihiro Shinohara and Takashi Matsuo : Expression pattern of claudin family in human gingival tissues, 84th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Jun. 2006.
4)Kayo Mukai, Tadashi Nakanishi, Yoshitaka Hosokawa, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo : Inhibitory effects of catechins on inflammatory reactions in pulp fibroblasts, 84th General Session & Exhibition of the IADR, Brisbane, Jun. 2006.
5)Hiro-O Ito : Prevention of infective endocarditis in dental procedures and combinatorial libraries, The 2nd HiPep Okinawa International Workshop (Uruma, 沖縄バイオテクノロジー研究開発センター), Uruma, Okinawa, Jun. 2006.
6)Taro Muto, Keiko Miyoshi, Hiroshi Nakata, Seiichi Munesue, Minoru Okayama, Takashi Matsuo and Takafumi Noma : Comparative analysis of syndecan expression during mouse incisor development, Extracellular Glycomatrix in health and Disease symposium, Awaji, Jun. 2006.
7)Koichi Fujisawa, Ryutaro Murakami and Takafumi Noma : Adenine nucleotide metabolism in the mitochondrial intermembrane space is essential for growth and development in Drosopila melanogaster, 20th IUBMB international Congress of Biochemistry and Molecular biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
8)Yoshio Hayashi, N Ishimaru and N Katunuma : Cathepsin L-inhibitor prevents proinsulin peptide processing and autimmune diabetes in nonobase diabetuc(NOD)mice., International Sympojium on Medical and biological Perspectives in proteases and Their Inhibitors., Awaji ,Japan, Jun. 2006.
9)Eriko Maeda, Kazuhito Satomura, Reiko Tokuyama, Keiko Kudoh, Yasuhum Yamasaki and Masaru Nagayama : Induced odontogenic differentiation of mouse bone marrow stromal cells., 84th IADR, Jun. 2006.
10)Mohammmed Shabbir Ahamed, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki and Hirokazu Iwasaki : Lower jaw detection algorithm for jaw joint analysis using dynamic and non-dynamic CT image, CARS, Vol.1, No.1, 533-534, Jun. 2006.
11)RM de Araujo Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : RGS2 regulates cAMP production in mechanically stressed human PDL cells, 84th General Session & Exhibition of The International Association for Dental Research, Brisbane, Australia, Jun. 2006.
12)Daisuke Hinode, Makoto Fukui, Masaaki Yokoyama, Shin-ichi Tanabe and Masami Yoshioka : Role of Salivary IgA directed to GroEL in Periodontitis Patients., 84th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research, Brisbane, Jun. 2006.
13)Makoto Fukui, Masami Yoshioka, Kazuhito Satomura, Hiroaki Nakanishi and Masaru Nagayama : Specific Visible Light Irradiation Inhibits the Growth of Porphyromonas gingivalis., 84th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research, Brisbane, Jun. 2006.
14)Emi Fujiwara, Masayuki Kon and Kenzo Asaoka : Development of calcium phosphate cement crystallized with strontium-containg apatite, International Association for Dental Research, Brisbane, Jun. 2006.
15)Ken'ichi Yokoyama, Toshio Ogawa, Kenzo Asaoka and J Sakai : Susceptability to hydrogen embrittlement of Ti-0.2Pd alloy in fluoride solutions, International Association for Dental Research, Brisbane, Jun. 2006.
16)Masayuki Kon, Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano, Ken'ichi Yokoyama, Emi Fujiwara and Kenzo Asaoka : Improvement of thermal conductivity for glass-ionomer cement, International Association for Dental Research, Brisbane, Jun. 2006.
17)Daisuke Nagao, Katsuhiko Yoshimoto and Tetsuo Ichikawa : Compressing force induces Hsp25 in a mouse osteoblast-like cell line., IADR General Session & Exhibition, Brisbane, Jun. 2006.
18)Yuji Inagaki, Hirofumi Ohba, Hiroyuki Seto, Masumi Horibe, Kaya Yoshida, Tatsuji Haneji and Toshihiko Nagata : Dental Pulp Calcification and Osteopontin Expression in Diabetic Rats, International Association for Dental Research, Brisbane, Australia, Jun. 2006.
19)Yasuo Oba, RM de Araujo Santos and Keiji Moriyama : RhoE regulates actin cytoskeleton organization in human periodontal ligament cells, 84th General Session & Exhibition of The International Association for Dental Research, Brisbane, Australia, Jun. 2006.
20)Takumi Takahashi, Yuko Tomita, Yukiho Tanimoto and Keiji Moriyama : Blood flow distribution at post-labioplasty region in cleft patient, IADR 84th General Session & Exhibition, Brisbane, Jun. 2006.
21)Yasuko Ishikawa, Zhenfang Yuan, Noriko Inoue, Mariusz Skowronski, Gota Cho, Masato Yasui and Yoshiko Nakae : Idetification of AQP5 in lipid rafts and its translocation in rat parotid interlobular ducts, The 15th World Congress of Pharmacology, Beijing, Jul. 2006.
22)Hosoda Hideki, Tachi Ryosuke, Inamura Tomonari, Wakashima Kenji, Kenichi Hamada and Miyazaki Shuichi : Martensitic Transformation of TiAuCo Biomedical Shape Memory Alloys, Thermec (International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials) 2006, Vancouver, Jul. 2006.
23)Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Effects of fiber-resin interface property on shape recovery and mechanical properties of denture-base-resin matrix smart composite, Thermec (International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials) 2006, Vancouver, Jul. 2006.
24)Zhenfang Yuan, Noriko Inoue, Gota Cho, Yoshiko Nakae, Che-Kuo Kuo and Yasuko Ishikawa : Imparied AQP5 trafficking in parotid interlobular duct of rats with type 1 diabetes mellitus, The 15th World Congree of Pharmacology, Beijing, Jul. 2006.
25)Kenzo Asaoka and Kunimitsu Maejima : Effect of surface oxide films on degradation of titanium, International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials (THERMEC 2006), Vancouver, Jul. 2006.
26)Gota Cho, Noriko Inoue, Zhenfang Yuan, Yan Pan, Yoshiko Nakae and Yasuko Ishikawa : Age-dependent decrease in the stimulatory effect of cevimeline on AQP5 levels in the apical plasma membrane of rat parotid glands, The 15 th World Congress of Pharmacology, Beijing, Jul. 2006.
27)Yoshiko Nakae, K. Hirasaki, J. Goto, Takeshi Nikawa, Masayuki Shono, M. Yoshida and P.J. Stoward : SUBCUTANEOUS INJECTION OF EPIGALLOCATECHIN GALLATE INTO DYSTROPHIN-DEFICIENT MDX MICE AMELIORATES MUSCULAR DYSTROPHY, USA, Hawaii, Aug. 2006.
28)Kaori Abe, Keiko Miyoshi, Taro Muto, Intan Ruspita, Taigo Horiguchi, Toshihiko Nagata and Takafumi Noma : Establishment and charactarization of rat ameloblast-lineage clones, The 19th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology, Kyoto, Sep. 2006.
29)Tatsuji Haneji, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura and Lihong Qiu : Cleavage of nucleolin and argyrophilic nuclear organizer region associated proteins in apoptosis-induced cells, The 7th Chinese Congress on Oral Pathology, Shenyang, China, Oct. 2006.
30)Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Lihong Qiu, Bruna Rabelo Amorim and Tatsuji Haneji : Translocation of histone H1.2 from nucleus to mitochondoria in bleomycin-induced apoptotic cells, The 7th Chinese Congress on Oral Pathology, Shenyang, China, Oct. 2006.
31)Lihong Qiu, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura and Tatsuji Haneji : Calyculin A stimulates TNF-a expression and transcriptional activity via phosphorylation of Akt in MC3T3-E1 cells, The 7th Chinese Congress on Oral Pathology, Shenyang, China, Oct. 2006.
32)Kaya Yoshida, Lihong Qiu, Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura and Tatsuji Haneji : Double-stranded RNA-dependent protein kinase is required for bone calcification in MC3T3-E1 cells in vitro, The 7th Chinese Congress on Oral Pathology, Shenyang, China, Oct. 2006.
33)Naozumi Ishimaru : A novel role of RbAp48 for tissue-specific apoptosis in the salivary glands depending on estrogen deficiency, 第3回ニールスステンセン記念国際唾液腺シンポジウム, Oct. 2006.
34)Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi, Kayo Mukai and Takashi Matsuo : Expression and Functional Analyses of Pattern recognition Receptor (PRR) in Cultured Human Dental Pulp Cells, The 8th Joint-Scientific Meeting between KACD & JSCD, Busan(Korea), Nov. 2006.
35)Keiji Fujita, Akihiro Takita, Tetsuo Ichikawa and Yoshio Hayasaki : Data recording on a dental device by use of a femtosecond laser for personal identification, The 9th International Conference on Optics Within Life Sciences (OWLS9), P1-2, Taipei, Nov. 2006.
36)Hiro-O Ito, M Fukui and al et : Salivary stress markers in patients with complaint of halitosis., 7th Congress of Asian Academy of Preventive Dentistry, Okayama, Nov. 2006.
37)Makoto Fukui, Daisuke Hinode, Masaaki Yokoyama, Masami Yoshioka and Hiro-O Ito : Salivary Stress Makers in Patients with Complaint of Halitosis., 7th Congress of Asian Academy of Preventive Dentistry, Okayama, Nov. 2006.
38)Kenji Fujita, Akihiro Takita, Yoshio Hayasaki and Tetsuo Ichikawa : Data recording on a dental device using femtosecond laser processing with a surface detection system, 5th Internatinal Conference on Optics-photonics Design & Fabrication (ODF'06), 197-198, Nara, Dec. 2006.
39)Siho Minamiguchi, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kazuhito Satomura and Masaru Nagayama : A research on the rat subcutaneous tissue of hydroxyapatite-polyD, L-Iactic-co-glycolic acid (PLGA)composite scaffolds for allopatry bone generation., 第1回国際シンポジウム・FDワークショップ「21 世紀の口腔科学が目指すべき方向性」, Awaji, 2007.
40)Mohammed Shabir Ahamed, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki and Hirokazu Iwasaki : Bone, blood vessels and muscle detection algorithm and creating database based on dynamic and non-dynamic multi slice CT image of head and neck, Proceedings of SPIE, Vol.6514, 651434-1-9, Feb. 2007.
41)Kei Jinno, Takumi Takahashi and Keiji Moriyama : Acceleration of Palatal Wound Healing in Smad-3-deficient Mice, IADR 85th General Session & Exhibition, New Orleans, Louisiana, USA, Mar. 2007.
42)Akiko Ozaki, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji : Okadaic acid induces phosphorylation of IkBa and p65NF-kB and activates NF-kB transcriptional activity in human osteoblastic MG63 cells, The 1st international symposium and workshop"The future direction of oral sciences in the 21st century", Awajishima, Mar. 2007.
43)Heni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : The mechanisms of Intermedilysin to induce cell death on HepG2 and HuCCT1 cell lines, The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'', Awajishima, Mar. 2007.
44)Hiroaki Tanaka, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji : Calyculin A induces apoptosis and phosphorylation of p65NF-kB, The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'', Awajishima, Mar. 2007.
45)Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida and Tatsuji Haneji : About the protein interacting with transcriptional factor Osterix, The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'', Awajishima, Mar. 2007.
46)Liu Dali, Keiji Murakami, Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake : Investigation of the toxicity of Streptococcus intermedius histone-like protein in Escherichia coli, The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'', Awajishima, Mar. 2007.
47)Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi, Kayo Mukai and Takashi Matsuo : Expression and Functional Analyses of Pattern recognition Receptor (PRR) in Cultured Human Dental Pulp Cells, The 1st international symposium and workshop "The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century", Mar. 2007.
48)Emi Fujiwara, Fumiaki Kawano, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Preparation of strontium-containing hydroxyapatite bone cements mixed with strontium, 1st International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Awaji, Mar. 2007.
49)Yoshihito Naitou, Daisuke Nagao, Kenichi Hamada, Kenzo Asaoka and Tetsuo Ichikawa : High formability of newly developing biomedical porous titanium, 1st International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Awaji, Mar. 2007.
50)Jun Ooshima, Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi and Keiji Moriyama : Immunoregulatory Effects of Dendritic Cells Stimulated with RANKL on the Development of Autoimmune Disease in Arthritis Model Mice, The 1st International Symposium and Workshop "The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", 55, Awaji, Mar. 2007.
51)Kaori Sumida, Seiichiro Kitamura, Kikuji Yamashita and Jun Ishibashi : Gross Anatomical Study of the Arrangement of the Human Stylopharyngeus and Palatopharyngeus Muscles around the Epiglottic Vallecula and the Piriform Fossa, The 1st international Symposium and Workshop ``The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century'', Japan, Mar. 2007.
52)Jun Ishibashi, Kikuji Yamashita, Kaori Sumida and Seiichiro Kitamura : The action Mechanism of far-infrared ray on human cancer cell lines, The 1st international Symposium and Workshop ``The Future Direction of Oral Science in the 21st Century'', Japan, Mar. 2007.
53)Takeshi Yamamoto, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Teruaki Ishikawa, Mariko Kitamura, Masanori Nakano and Naoto Noguchi : Influencee of placing articulating paper intraorally on mandibular tapping movements, The 1st International Symposium and Workshop "The Future Direction of Oral Science in the 21th Century", 41, 淡路島, Mar. 2007.
54)Tomoko Kimura, Kazumi Ozaki, Keiji Murakami, Kikumi Fujisaka and Takashi Matsuo : The Analysis of role of Phosphoenolpyruvate-Dependent Sucrose Phosphotransferase System in pathogenicity of Streptococcus mutans., 第1回国際シンポジウム・FDワークショップ, Awaji, Mar. 2007.
55)Golam Md. Hossain, Takeo Iwata, Shozo Yamada, Noriko Mizusawa, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto : Mutation analysis of AIP in isolated familial somatotropinomas and sporadic growth hormone-secreting adenomas., The 1st International Symposium and Workshop The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century, Awaji, Mar. 2007.
56)Yoshihito Naitou, Daisuke Nagao, Tetsuo Ichikawa, Kenzo Asaoka and Kenichi Hamada : High formable porous titanium for biomedical applications, International Association for Dental Research, New Orleans, Mar. 2007.
57)Takeshi Yamamoto, Teruaki Ishikawa, Shuji Shigemoto, Yutaka Sato, Toyoko Satsuma, Naoto Noguchi, Masanori Nakano and Keisuke Nishigawa : Kinematic characteristics of jaw movements in oatients with temporomandibular joint clicking, IADR 85th General Session, 124, New Orleans, Mar. 2007.
58)Toyoko Satsuma, S. ERNI, L.M. GALLO and S. PALLA : Precision of condylar tracking with a new optoelectronic system, IADR 85th General Session, 153, New Orleans, Mar. 2007.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1)藤原 江美, 今 政幸, 淺岡 憲三 : ストロンチウム含有型アパタイトセメントの創製, 歯科材料·器械, Vol.25, No.2, 99, 2006年4月.
2)今 政幸, 浜田 賢一, 河野 文昭, 横山 賢一, 藤原 江美, 淺岡 憲三 : 酸化亜鉛含有型グラスアイオノマーセメントの諸性質, 第47回日本歯科理工学会学術講演会, 2006年4月.
3)今 政幸, 浜田 賢一, 河野 文昭, 横山 賢一, 藤原 江美, 淺岡 憲三 : 酸化亜鉛含有型グラスアイオノマーセメントの諸性質, 歯科材料·器械, Vol.25, No.2, 156, 2006年4月.
4)横山 賢一, 淺岡 憲三 : 中性フッ化ナトリウム水溶液に長期間浸漬したTi合金の水素吸収, 歯科材料·器械, Vol.25, No.2, 174, 2006年4月.
5)大場 博史, 瀬戸 浩行, 徳永 格, 濱 秀樹, 稲垣 裕司, 堀部 ますみ, 永田 俊彦 : ラット頭蓋骨骨欠損におけるシンバスタチンの石灰化促進作用, 第49回春季日本歯周病学会学術大会, 2006年4月.
6)菅 悦子, 三木 千津, 石川 清美, 大森 幸子, 蓮井 義則, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 患者のコンプライアンスに配慮した歯周治療について, 第49回 春季日本歯周病学会学術大会, 2006年4月.
7)細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : TWEAKがヒト歯肉線維芽細胞における炎症性サイトカイン産生ならびに接着分子発現に与える影響の解析, 第49回 春季日本歯周病学会学術大会, 2006年4月.
8)宮崎 かつし, 武田 憲昭, 石丸 直澄, 林 良夫 : 原発性シェーグレン症候群における自己抗原α-フォドリンの生体内での役割の解析, 第107回日本耳鼻咽喉科学会総会, 2006年5月.
9)平尾 功治, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 足立 智彦, 向井 佳代, 松尾 敬志 : 培養歯髄細胞におけるPattern Recognition Receptor (PRR)の発現と機能解析, 第124回日本歯科保存学会春季学術大会, 2006年5月.
10)向井 佳代, 中西 正, 細川 義隆, 高橋 加奈子, 足立 智彦, 松尾 敬志 : カテキンが歯髄由来線維芽細胞の炎症性サイトカインおよび接着分子の発現誘導に与える影響, 第124回日本歯科保存学会春季学術大会, 2006年5月.
11)石丸 直澄, 新垣 理恵子, 表原 文江, 林 良夫 : NF-kBシグナルを介した自己免疫疾患の発症機序, 第95回日本病理学会総会 一般口演, Vol.95, No.1, 211, 2006年5月.
12)表原 文江, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : シェーグレン症候群加齢モデルマウスにおける間質性肺病変の解析, 第95回日本病理学会総会 一般口演, Vol.95, No.1, 211, 2006年5月.
13)石丸 直澄, 泉 啓介, 林 良夫 : LECラットに発生する炎症性腸疾患の解析, 第16回LECラット研究会大会, 2006年5月.
14)細木 秀彦, 菅原 千恵子, 前田 直樹, 岩崎 裕一, 誉田 栄一 : パノラマX線写真による8020運動の検証, --- Ⅱ.65歳以上80歳未満の高齢者の検討 ---, 歯科放射線, 83, 2006年5月.
15)高橋 章, 菅原 千恵子, 久保 典子, 前田 直樹, 誉田 栄一 : 口唇病変の超音波画像所見, 歯科放射線, 2006年5月.
16)村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 抗菌薬抵抗性による緑膿菌rpoS遺伝子発現の変化, 第54回日本化学療法学会総会, 2006年5月.
17)岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : 副甲状腺癌抑制遺伝子産物パラフィブロミンとSV40 large T抗原の相互作用による癌化機構, 第79回日本内分泌学会学術総会, 2006年5月.
18)銭 志栄, 佐野 壽昭, Asa L Sylvia, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治, 廣川 満良 : Tumor suppressor genes methylation analysis and DNA methyltransferase inhibitors treatment in HP75 cell., 第79回日本内分泌学会学術総会, 2006年5月.
19)吉本 勝彦, 水澤 典子, 岩田 武男, 佐野 壽昭, 露口 勝, 内野 眞也, 野口 志郎, 鈴木 やすよ, 水越 常徳, 田原 英樹, 櫻井 晃洋, 紅粉 睦男, 八代 享, 鈴木 眞一, 藤澤 正人 : 家族性副甲状腺機能亢進症家系および孤発性副甲状腺腺腫症例におけるHRPT2遺伝子変異,, 第79回日本内分泌学会学術総会, 2006年5月.
20)冨田 優子, 高橋 巧, 谷本 起穗, 森山 啓司 : 口唇形成術後領域における血流分布と顎顔面形態に関する解析, 第30回日本口蓋裂学会総会・学術集会, Vol.31, No.2, 203, 2006年5月.
21)米田 美穂, 中江 英明, 湯本 浩通, 篠原 千尋, 松尾 敬志 : 歯周病変局所における上皮細胞間接着機構の動態, 第124回 日本歯科保存学会春季学会, 2006年5月.
22)水澤 典子, 原田 永勝, 岩田 武男, 国香 清, 森谷 眞紀, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : 膵β細胞に高発現する新規蛋白Isletasinの機能解析, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会, 2006年5月.
23)稲垣 裕司, 大場 博史, 瀬戸 浩行, 堀部 ますみ, 吉田 賀弥, 永田 俊彦 : 2型糖尿病モデルラットにおける歯髄内石灰化物形成とオステオポンチンの関与, 第124回春季日本歯科保存学会学術大会, 2006年5月.
24)藤坂 菊美, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : S. mutans com遺伝子の象牙質への侵入に及ぼす影響について, 第124回日本歯科保存学会春季学会, 2006年5月.
25)石丸 直澄, 岸本 英博, 林 良夫, Sprent Jonathan : T細胞活性化機構におけるNF-kB2経路の役割, 第16回Kyoto T Cell Conference(KTCC) ワークショップ, 2006年6月.
26)石川 輝明, 坂東 永一, 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 山本 修史, 中野 雅德, 竹内 久裕, 郡 元治, 重本 貴穂, 安陪 晋, 大塩 恭仁 : チェアサイドにおける6自由度顎運動データによる顎口腔機能評価, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.50, No.115, 134, 2006年6月.
27)尾崎 朋文, 小島 賢久, 小林 章子, 橋本 美紀, 米山 榮, 北村 清一郎, 吉田 篤 : 生体の触診による胸骨裂孔の出現頻度とCT画像所見での検討, 第55回(社)全日本鍼灸学会学術大会, 2006年6月.
28)細木 秀彦, 工藤 隆治, 岩崎 裕一, 橋田 達雄 : 歯科放射線科における早期体験実習, --- 学生自身による自己評価の分析 ---, 日本歯科医学教育学会雑誌, 111, 2006年6月.
29)吉岡 昌美, 伊藤 博夫, : 吉岡昌美ら,学校歯科健診における歯肉炎の評価についての考察, 第17回日本口腔衛生学会近畿·中国·四国地方会 (和歌山県歯科医師会館), 2006年6月.
30)塩屋園 敦, 大庭 康雄, 金子 和之, 内田 玲子, 森山 啓司 : 非接触型三次元顔面形状計測における頭位の影響に関する検討, 第16回日本顎変形症学会総会, Vol.16, No.2, 129, 2006年6月.
31)大庭 康雄, 森山 啓司 : 多数歯先天欠如と下顎非対称を伴う骨格性下顎前突症に対して外科的矯正治療を行った一症例, 第16回日本顎変形症学会総会, Vol.16, No.2, 120, 2006年6月.
32)新垣 理恵子, 石丸 直澄, 林 良夫 : 臓器特異的アポトーシスと自己免疫, 第5回四国免疫フォーラム 一般演題, 2006年6月.
33)Naozumi Ishimaru and Yoshio Hayashi : In Vivo Role of NF-κB-inducing Kinase for T Cell Activation, Satellite Meeting of the 20th IUBMB International Congress and 11th FAOBMB Congress, Jun. 2006.
34)Yoshio Hayashi, Naozumi Ishimaru and Nobuhiko Katunuma : Cathepsin L-inhibitor Prevents Proinsulin Peptide Processing and Autoimmune Diabetes in Nonobetic(NOD)Mice, Satellite Meeting of the 20th IUBMB International Congress and 11th FAOBMB Congress, Jun. 2006.
35)工藤 景子, 里村 一人, 工藤 隆治, 生島 仁史, 長山 勝 : 放射線性口内炎に対する蛍光診断の可能性, 2006年6月.
36)高橋 巧, 森山 啓司 : 徳島大学病院矯正歯科における精神科病歴を持つ患者に関する調査, 中・四国矯正歯科学術大会, 2006年7月.
37)高石 和美, 尾上 富太郎, 太田 真弓, 徳山 麗子, 金子 美幸, 富岡 重正, 中條 信義 : 全身麻酔中に遭遇した停電の経験, 第3回歯科麻酔学会中国・四国地方会, 2006年7月.
38)向井 佳代, 中西 正, 細川 義隆, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 : カテキンが歯髄由来線維芽細胞の炎症性サイトカインおよび接着分子の発現誘導に与える影響, 第27回日本歯内療法学会学術大会, 2006年7月.
39)Mohammed Shabbir Ahamed, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki and Hirokazu Iwasaki : Bone, blood vessels and muscles separation from head and neck based on dynamic and non-dynamic CT image, IEICE Technical Report Medical Imaging, Vol.106, No.145, 45-48, Jul. 2006.
40)鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 中江 英明, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, Bacterial Adherence & Biofilm 第20回記念学術集会, 2006年7月.
41)北村 清一郎 : 総義歯の印象採得に必要な局所解剖学の知識, 徳友会学術講演, 2006年7月.
42)塩屋園 敦, 大庭 康雄, 金子 和之, 内田 玲子, 森山 啓司 : 非接触型三次元計測装置を用いた顔面形状計測に頭位が及ぼす影響, 第49回 中·四国矯正歯科学会大会, 2006年7月.
43)塩屋園 敦, 堀内 信也, 大庭 康雄, 金子 和之, 内田 玲子, 森山 啓司 : 非接触型三次元計測装置を用いた外科的矯正治療による顔貌変化の評価について, 第49回 中·四国矯正歯科学会大会, 2006年7月.
44)辻 けい子, 佐竹 秀太, 藤原 慎視, 井澤 俊, 堀内 信也, 森山 啓司 : 徳島大学病院矯正歯科における顎関節症を伴う不正咬合患者の臨床統計学的調査, 第49回 中・四国矯正歯科学会大会 学術展示, 2006年7月.
45)藤原 慎視, 堀内 信也, 森山 啓司 : 動的治療終了時にdual biteがみられた開咬症例の中期的観察, 中·四国矯正歯科学会雑誌, 2006年7月.
46)Fumihiro Matsumoto, Teruaki Ishikawa, Hisahiro Takeuchi, Kenji Fujisawa, Hidehiko Hosoki, Masaru Hada, Masanori Nakano and Masaru Nagayama : Research on the actual application of the TMD reporting system of Tokushima University Hospital, Journal of the Japanese Society for the Temporomandibular Joint, Vol.19, No.1, 81, Jul. 2006.
47)MS Ahamed, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki and Hirokazu Iwasaki : Lower jaw and lower jaw joint detection and analysis using dynamic and non-dynamic CT image, 日本医用画像工学大会, OP8-5, Jul. 2006.
48)浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金繊維を埋め込んだ床用レジンの諸特性, 第21回日本歯科産業学会・学術講演会, 2006年7月.
49)坂本 裕紀, 瀬崎 英孝, 吉田 憲一, 淺岡 憲三 : チタンの熱処理,腐食と機械的性質に関する研究, 日本歯科産業学会誌, Vol.20, No.1, 56, 2006年7月.
50)林 裕史, 吉田 憲一, 淺岡 憲三 : チタン粉末の比表面積とアパタイト修飾特性に関する研究, 日本歯科産業学会誌, Vol.20, No.1, 57, 2006年7月.
51)藤井 克昌, 高瀬 雅大, 前田 彩, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 頬隙と犬歯窩隙の局所構造, 四国歯学会第30回例会, 2006年7月.
52)伊藤 博夫 : 歯学・歯科医療におけるサイエンスとエビデンスの融合を求めて, 第30回 四国歯学会総会(徳島大学歯学部), 2006年7月.
53)藤井 克昌, 高瀬 雅大, 前田 彩, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 頬隙と犬歯窩隙の局所構造, 四国歯学会第30回例会, 2006年7月.
54)太田 真弓, 富岡 重正, 高石 和美, 尾上 富太郎, 徳山 麗子, 金子 美幸, 中條 信義 : 抜管後に喘鳴を呈した1症例, 第3回歯科麻酔学会・中国四囲地方会., 2006年7月.
55)吉本 勝彦 : 特別講演 メタボリックシンドローム, 第27回日本歯内療法学会学術大会徳島大会, 2006年7月.
56)石丸 直澄, 泉 啓介, 林 良夫 : LECラットに発生する炎症性腸疾患の解析, 第3回日本病理学会カンファレンス ポスター発表, 2006年8月.
57)角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト喉頭蓋谷ならびに梨状陥凹周辺での筋構成に関する肉眼解剖学的研究, 第12回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2006年8月.
58)角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト喉頭蓋谷ならびに梨状陥凹周辺での筋構成に関する肉眼解剖学的研究, 第12回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 学術大会, 2006年8月.
59)石川 康子 : セミナー テーマ,最新の非侵襲的検査法と薬理評価, --- 唾液分泌のメカニズム ---, 薬理学サマーセミナー 2006修善寺, 2006年8月.
60)淺岡 憲三 : 10年後の歯科医療への提言, --- 歯科理工学と関連領域とのコラボレーション:歯科理工学の立場から:金属材料は ---, 日本歯科理工学会近畿・中四国支部夏期セミナー, 2006年8月.
61)藤田 圭二, 田北 啓洋, 早崎 芳夫, 市川 哲雄 : フェムト秒レーザーを用いた歯科装置への情報記録, 第67回応用物理学会学術講演会講演予稿集N0.3, 926, 2006年8月.
62)横山 正明, 日野出 大輔, 福井 誠, 田部 慎一, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 : 妊婦における歯周疾患と唾液中の女性ホルモンおよび血管内皮増殖因子(VEGF)の関連性, 口腔衛生学会雑誌, Vol.56, No.4, 593, 2006年8月.
63)高橋 巧, 谷本 起穗, 森山 啓司 : 歯槽骨破壊を伴う成人患者に対し前歯部の限局的矯正治療を行った2症例, 第65回日本矯正歯科学会大会, 2006年9月.
64)神野 恵, 高橋 巧, 土田 邦博, 森山 啓司 : Smad3ノックアウトマウスを用いた口蓋粘膜における創傷治癒解析, 第65回日本矯正歯科学会大会, 2006年9月.
65)佐竹 秀太, 高橋 巧, 森山 啓司 : 非外科的矯正治療を行った右側下顎関節突起骨折を伴う下顎非対称症例, 第65回日本矯正歯科学会大会, 2006年9月.
66)プルワンティ ヌヌク, Daisuke Tsuji, カラバシル ミレーバ, Xuefei Li, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Norio Kanamori, Kouji Itou and Kazuo Hosoi : Effect of duct ligation on the expression of cellular markers of duct/acini and side population dynamics of the mouse submandibular gland, 第48回歯科基礎医学会学術大会, Sep. 2006.
67)森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 西野 朋子, 土肥 良秋 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤カリクリンAとオカダ酸によるNF-kBのリン酸化, 第38回日本臨床分子形態学会総会, 2006年9月.
68)森本 景之, 西野 朋子, 土肥 良秋, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次 : 軟骨細胞分化ににおけるPKRの役割, 第48回歯科基礎医学会総会, 2006年9月.
69)吉田 賀弥, 岡村 裕彦, アモリン ハベロ ブルーナ, 森本 景之, 羽地 達次 : PKR変異型骨芽細胞株におけるRunx2の発現について, 第48回歯科基礎医学会総会, 2006年9月.
70)岡村 裕彦, 吉田 賀弥, アモリン ハベロ ブルーナ, 森本 景之, 羽地 達次 : ブレオマイシン誘導アポトーシス細胞におけるヒストンH1.2とBak, 第48回歯科基礎医学会総会, 2006年9月.
71)弘田 克彦, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 三宅 洋一郎 : Intermedilysin によるHuCCT1 細胞核抗原の異所性表出, 第48回歯科基礎医学会総会, 2006年9月.
72)石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 石川 七生, 森本 景之, 北村 清一郎 : マイクロアレイを用いた骨芽細胞に対する特性遠赤外線の遺伝子発現解析, 解剖学雑誌, Vol.81, No.3, 98, 2006年9月.
73)山下 菊治, 上野 明道, 石橋 淳, 大下 修弘, 北村 清一郎 : 歯根模様コラーゲン繊維を含む細胞外マトリックスの形成機構とその骨誘導能の解析, 第15回硬組織再生生物学会, 2006年9月.
74)石橋 淳, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : HepG2細胞における遠赤外線の作用, 第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
75)瀬尾 恭平, 石川 輝明, 山本 修史, 竹内 久裕, 郡 元治, 重本 修伺, 大倉 一夫, 安陪 晋, 佐藤 裕, 坂東 永一, 鈴木 温, 清水 俊也, 清水 さとみ : 下顎運動範囲の計測法に関する検討, 日本補綴歯科学会中国四国支部学術大会プログラム, 19, 2006年9月.
76)吉本 勝彦, 水澤 典子, 岩田 武男, 佐野 壽昭, 露口 勝 : 副甲状腺機能亢進症-顎腫瘍症候群におけるHRPT2変異, 第6回日本内分泌学会四国地方会, 2006年9月.
77)金子 和之, 堀内 信也, 森山 啓司 : ダイレクトボンディングが歯質に与える影響について-ボンディング法による比較-, 日本矯正歯科学会雑誌, 2006年9月.
78)大嶋 淳, 井澤 俊, 石丸 直澄, 林 良夫, 森山 啓司 : 関節炎モデルマウスを用いた樹状細胞移入による関節リウマチ病態の修飾, 第65回日本矯正歯科学会大会 学術展示, 217, 2006年9月.
79)RM de Araujo Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Role of RhoE in regulating cytoskeleton dynamics in mechanically stressed periodontal ligament cells, 第65回日本矯正歯科学会大会・第一回日韓ジョイントミーティング, 349, Sep. 2006.
80)Yasuo Oba, Kazuyuki Kaneko, Ryoko Uchida, Atsushi Shioyasono and Keiji Moriyama : Stability of mandibular segments following sagittal split ramus osteotomy with poly-L-lactic acid (PLLA) screws, 第65回日本矯正歯科学会大会・第一回日韓ジョイントミーティング, 367, Sep. 2006.
81)津金 靖仁, 稲邑 朋也, 細田 秀樹, 若島 健司, 浜田 賢一, 宮崎 修一 : TiAuCo 合金の形状記憶特性に及ぼす組成の影響, 日本金属学会誌, 2006年9月.
82)角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト咽頭挙筋群—口蓋咽頭筋,耳管咽頭筋,および茎突咽頭筋—の起始・走行・停止に関する肉眼解剖学的研究, 第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
83)石橋 淳, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : HepG2細胞における遠赤外線の作用, 第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
84)角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト咽頭挙筋群—口蓋咽頭筋,耳管咽頭筋,および茎突咽頭筋—の起始・走行・停止に関する肉眼解剖学的研究, 第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
85)弘田 克彦, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 三宅 洋一郎 : IntermedilysinによるHucCT1細胞核抗原の異所性表出, 第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
86)板野 守秀, 矢納 義高, 吉田 修, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 細菌共凝集塊の物理的分離におよぼす糖アルコール類の影響, 第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
87)潘 燕, 張 剛太, 中江 良子, 石川 康子 : ヒト分泌唾液成分の日内リズムとセビメリン, 第48回歯科基礎医学会, 2006年9月.
88)張 剛太, 潘 燕, 中江 良子, 石川 康子 : セビメリンによる小葉間導管と腺房細胞におけるAQP5の局在変化, 第48回歯科基礎医学会, 2006年9月.
89)岸田 義臣, 生島 仁史, 寺澤 かおり, 岩本 誠司, 古谷 俊介, 山下 恭, 尾﨑 享祐, 工藤 隆治, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 放射線治療においてPET/CTが有用であると考えられた症例, 第44回日本癌治療学会総会(東京), 2006年10月.
90)森本 景之, 西野 朋子, 土肥 良秋, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次 : 軟骨細胞の分化過程におけるPKRとSTATの発現, 日本解剖学会第62回九州地方会, 2006年10月.
91)平尾 功治, 高橋 加奈子, 湯本 浩通 : 培養歯髄細胞におけるPRR分子の解析, 第59回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2006年10月.
92)浅野 将宏, 大石 慶二, 永田 俊彦 : 原因不明の歯髄炎様疼痛および抜歯後疼痛が長期間持続した1症例, 日本歯科保存学雑誌, Vol.49, 203, 2006年10月.
93)北村 清一郎 : 顔と年齢—大人の顔・子どもの顔・老人の顔, 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部市民講座, 2006年10月.
94)伊藤 博夫 : シンポジウム5「口腔保健の免疫学的展開」口腔常在菌のホスホリルコリン抗原決定基に対する免疫応答の誘導と,抗肺炎球菌応答の修飾について, 第55回日本口腔衛生学会総会, 2006年10月.
95)吉岡 昌美, 伊藤 博夫, : 学校歯科健診における歯肉炎の評価についての考察, 第55回日本口腔衛生学会総会, 2006年10月.
96)横山 正明, 伊藤 博夫, : 妊婦における歯周疾患と唾液中の女性ホルモンおよび血管内皮増殖因子(VEGF)の関連性, 第55回日本口腔衛生学会総会, 2006年10月.
97)弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinによるlamin B1の異所性表出, 第59回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2006年10月.
98)LIU Dali, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake : Proinflammatory cytokines are induced in human monocytes in response to exposure to the histone like protein of Streptococcus intermedius, 第59回日本細菌学会中国・四国支部総会, Oct. 2006.
99)吉嶋 佑佳, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 親水性コーティング法による細菌付着抑制効果の検討, 第59回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2006年10月.
100)木村 智子, 尾崎 和美, 藤坂 菊美, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : Streptococcus mutansの病原性におけるスクロース輸送系遺伝子の役割について, 第59回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2006年10月.
101)細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : サイトカインがヒト歯肉線維芽細胞上のICAM-1およびVCAM-1発現に与える影響, 第49回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2006年10月.
102)岩本 誠司, 生島 仁史, 岸田 義臣, 山下 恭, 古谷 俊介, 尾﨑 享祐, 竹川 佳宏, 工藤 隆治, 西谷 弘 : 浸潤性膀胱癌に対する動注化学療法併用放射線治療の検討, 日本放射線腫瘍学会第19回学術大会(仙台)2006.11 (日本放射線腫瘍学会誌), Vol.18, No.Supp. 1, 220, 2006年10月.
103)Mohammed Shabbir Ahamed, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki and Hirokazu Iwasaki : Head and neck anatomical space separation and database creation, Japan Society of Computer Aided Diagnosis of Medicacl Images(CADM) Meeting, 311-312, Oct. 2006.
104)浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金繊維強化レジン基スマート複合材料の研究(第13報)-界面特性の解析-, 第48回日本歯科理工学会学術講演会, 2006年10月.
105)佐藤 康弘, 池田 祐一, 谷田 弓磨, 芥川 正武, 木内 陽介, 市川 哲雄, 山本 哲彦, 石田 雄一 : 高感度磁気センサ(MIセンサ)を用いた嚥下計測装置の開発, 日本磁気歯科学会第16回学術大会抄録集, 13, 2006年10月.
106)西川 聡美, 篠永 ゆかり, 尼寺 理恵, 原田 桂子, 有田 憲司 : 自然消失した先天性エプ-リスの一例, 第25回日本小児歯科学会中四国地方会大会および総会, 2006年10月.
107)吉岡 昌美, 本那 智昭, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 増田 かなめ, 日野出 大輔, 伊藤 博夫 : 学校歯科健診における歯肉炎の評価についての考察, 口腔衛生学会雑誌, Vol.56, No.5, 723, 2006年10月.
108)藤井 裕美, 廣瀬 薫, 坂本 治美, 十川 悠香, 佐藤 晶子, 福井 誠, 横山 正明, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 : 徳島大学病院栄養サポートチームにおける専門的口腔ケアの取り組み 第2報, 口腔衛生学会雑誌, Vol.56, No.5, 723-724, 2006年10月.
109)岸田 義臣, 生島 仁史, 岩本 誠司, 山下 恭, 古谷 俊介, 尾﨑 享祐, 竹川 佳宏, 工藤 隆治, 西谷 弘 : PET-CTによる放射線治療計画に関する基礎的検討ー寝台についてー, 日本放射線腫瘍学会第19回学術大会(仙台) 日本放射線腫瘍学会誌, Vol.18, No.Supp. 1, 151, 2006年11月.
110)Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida and Tatsuji Haneji : PKR mediates osterix expression in IGF-1 treated MC3T3-E1 cells, 日本解剖学会第61回中国,四国地方会, Nov. 2006.
111)田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 尾崎 明子, Bruna Rabelo Amorim, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤カリクリンAとオカダ酸によるNF-kBのリン酸化, 日本解剖学会第61回中国,四国地方会, 2006年11月.
112)山本 武範, 山田 安希子, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 山﨑 尚志, 吉村 好之, 山内 卓, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Expression levels of voltage-dependent anion channel (VDAC) isoforms in mitochondrial outer membrane revealed by immunological and proteomics techniques, 第28回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2006年11月.
113)平尾 功治, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 向井 佳代, 松尾 敬志 : う蝕関連細菌が歯髄細胞における自然免疫応答に及ぼす影響, 第125回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2006年11月.
114)山崎 泰文, 徳山 麗子, 湯淺 哲也, 中西 宏彰, 長山 勝 : 頬粘膜に発生した上皮異形成を伴う疣贅型黄色腫の1例, 第54回NPO法人日本口腔科学会 中国・四国地方部会, 2006年11月.
115)岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : 癌抑制因子パラフィブロミンはSV40 large T抗原存在下では細胞増殖促進に働く, 第10回日本内分泌病理学会学術総会, 2006年11月.
116)藤田 圭二, 田北 啓洋, 市川 哲雄, 早崎 芳夫 : 本人認証のための歯科装置への情報記録, Optics & Photonics Japan 2006 講演予稿集, 70-71, 2006年11月.
117)堀内 信也, 高橋 巧, 森山 啓司, 湯淺 哲也, 長山 勝, 松本 和也, 中西 秀樹 : 顔面多発骨折による咬口不全に対して集学的治療を行った1症例, 第24回日本頭蓋顎顔面外科学会, 2006年11月.
118)佐藤 裕, 石川 輝明, 坂東 永一, 中野 雅德, 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 北村 万里子, 山本 修史, 野口 直人 : 顎機能診断支援のためのリアルタイムモニタの開発, 日本顎口腔機能学会 第37回学術大会抄録集, 16-17, 2006年11月.
119)石丸 直澄, 林 良夫 : NF-kBシグナルを介した自己免疫疾患の発症機序, 第54回NPO法人日本口腔科学会, 2006年11月.
120)山本 修史, 石川 輝明, 坂東 永一, 重本 修伺, 北村 万里子, 中野 雅德, 野口 直人, 西川 啓介, 竹内 久裕, 郡 元治, 大倉 一夫 : 咬合紙検査条件とタッピング運動との関係, 日本顎口腔機能学会 第37回学術大会抄録集, 14-15, 2006年11月.
121)北村 清一郎 : 大学におけるセクハラ防止対策と管理体制について, セクハラ防止対策セミナー(財団法人21世紀職業財団 徳島事務所), 2006年11月.
122)藤原 江美, 今 政幸, 淺岡 憲三 : リン酸カルシウムセメント中へのストロンチュウムアパタイトの導入, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, Vol.28, 2006年11月.
123)森本 景之, 西野 朋子, 佐藤 永洋, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 土肥 良秋 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤によるアポトーシス誘導機序の解明, 日本顕微鏡学会第48回九州地方会, 2006年12月.
124)山田 安希子, 山本 武範, 山﨑 尚志, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Differential protein release from mitochondria induced by Ca2+ and valinomycin as revealed by immunological and proteomics techniques, 第6回ミトコンドリア学会, 2006年12月.
125)村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 抗菌薬添加による緑膿菌Quorum Sensing関連遺伝子発現の変化, 第54回日本化学療法学会西日本支部総会, 2006年12月.
126)北村 清一郎 : パネルディスカッション, 国家公務員セクシュアル・ハラスメント防止シンポジウムーセクシュアル・ハラスメントのない職場を目指して(人事院四国事務局, 2006年12月.
127)堀川 明日香, 野間 保喜, 滝本 真由美, 玉井 利奈, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : 抗菌薬添加によるQuorum Sensing関連遺伝子発現の変動, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
128)滝本 真由美, 玉井 利奈, 堀川 明日香, 野間 保喜, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌におけるPQS Quorum Sensingと病原性に関する研究, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
129)玉井 利奈, 滝本 真由美, 野間 保喜, 堀川 明日香, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌臨床分離株における抗菌薬感受性とバイオフィルム形成に関する研究, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
130)野間 保喜, 堀川 明日香, 滝本 真由美, 玉井 利奈, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : う蝕原因菌Streptococcus mutansの病原性に関する研究, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
131)Rieko Arakaki, Naozumi Ishimaru and Yoshio Hayashi : Development of exocrinopathy resembling Sjogren's syndrome in RbAp48 transgenic mice, 日本免疫学会総会・学術集会記録, Vol.36, Dec. 2006.
132)Masayuki Kohashi, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Effect of rebamipide administration on Sjogren's syndrome mouse model, 日本免疫学会総会・学術集会記録, Vol.36, Dec. 2006.
133)Naozumi Ishimaru, Masayuki Kohashi, Rieko Arakaki, Hidehiro Kishimoto and Yoshio Hayashi : NF-κB2 pathway in T cell activation for autoimmunity, 日本免疫学会総会・学術集会記録, Vol.36, Dec. 2006.
134)細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : サイトカイン刺激によるヒト歯肉線維芽細胞におけるCXCL16産生の解析, 第36回 日本免疫学会総会・学術集会, 2006年12月.
135)Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Immunoregulatory role of RANKL-stimulated dendritic cells on autoimmune arthritis in MRL/lpr mice, 第36回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.36, 284, Dec. 2006.
136)北村 清一郎 : インプラント植立手技のエビデンスを解剖学の立場から考える, 実践インプラント勉強会&症例相談会, 2006年12月.
137)阿部 佳織, 三好 圭子, 武藤 太郎, 堀口 大吾, INTAN RUSPITA, 野間 隆文, 永田 俊彦 : MAPK activation via ROS induces amelognin expression in the ameloblast-lineage cells, 「魅力ある大学院教育」イニシアティブ 「21世紀の口腔科学が目指すべき方向性」, 2007年.
138)桃田 幸弘, 宮本 洋二, 石川 邦夫, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 南口 知穂, 長山 勝 : HAP Putty(骨止血剤)が血小板凝集および血小板由来増殖因子の分泌に及ぼす影響., 第60回日本口腔科学会総会, 2007年1月.
139)南口 知穂, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 石川 邦夫, 宮本 洋二, 長山 勝 : 低結晶性炭酸アパタイト含有PLGA複合体が多核巨細胞に与える影響, 第60回日本口腔科学会総会, 2007年1月.
140)藤田 圭二, 田北 啓洋, 河野 孝則, 市川 哲雄, 早崎 芳夫 : 歯科用金属へのフェムト秒レーザー加工, レーザー学会学術講演会弟27回年次大会講演予稿集, 119, 2007年1月.
141)MS Ahamed, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hirokazu Iwasaki and Hiromu Nishitani : An analysis method of head and neck anatomy based on multi-slice CT image, IEICE Technical Report Medical Imaging, Vol.106, No.509, 207-210, Jan. 2007.
142)関澤 直子, 神山 隆治, 泉山 肇, 土井 賢, 田中 啓之, 明石 巧, 吉本 勝彦, 平田 結喜緒 : 不明熱を契機に発見されたプロラクチノーマに心粘液腫を合併した一例:carney complex?, 第7回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会, 2007年2月.
143)林 良夫 : 新生児マウスへのダイオキシン投与による免疫系への影響, 第17回環境ホルモン学会(日本内分泌撹乱化学物質学会), 2007年2月.
144)田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤カリクリンAによるアポトーシス誘導とNF-kBのリン酸化, 第112回日本解剖学会総会, 2007年3月.
145)劉 大力, 村上 圭史, 湯本 浩通, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : Investigation of the Essentiality of Histone-Like Protein in Streptococcus intermedius, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.
146)石橋 淳, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : ヒト癌細胞株における遠赤外線反応遺伝子の発現解析, 第112回日本解剖学会全国学術大会, 2007年3月.
147)Masaaki Yokoyama, Daisuke Hinode, Makoto Fukui, Masami Yoshioka and Hiro-O Ito : Relationship between Campylobacter rectus and periodontal status during pregnancy, 「魅力ある大学院教育」イニシアティブ・第1回国際シンポジウム, Mar. 2007.
148)石丸 直澄, 高木 篤也, 菅野 純, 林 良夫 : 新生仔マウスへのダイオキシン投与による免疫系への影響, 第96回日本病理学会総会, Vol.96, No.1, 224, 2007年3月.
149)石丸 直澄, 高木 篤也, 菅野 純, 林 良夫 : 新生仔マウスへのダイオキシン投与による免疫系への影響, 日本病理学会会誌, Vol.96, No.1, 2007年3月.
150)小橋 真之, 新垣 理恵子, 石丸 直澄, 林 良夫 : シェーグレン症候群モデルマウスにおけるレバミピドの病態抑制効果, 日本病理学会会誌, Vol.96, No.1, 2007年3月.
151)新垣 理恵子, 石丸 直澄, 小橋 真之, 林 良夫 : シェーグレン症候群類似RbAp48遺伝子導入マウスにおける病態形成の解析, 日本病理学会会誌, Vol.96, No.1, 2007年3月.
152)坂東 永一 : 「歯科専門医教育の指導者養成プログラム」の取り組み, 2007年3月.
153)新垣 理恵子, 石丸 直澄, 小橋 真之, 林 良夫 : シェーグレン症候群類似RbAp48遺伝子導入マウスにおける病態形成の解析, 第96回日本病理学会総会, Vol.96, No.1, 295, 2007年3月.
154)小橋 真之, 新垣 理恵子, 石丸 直澄, 林 良夫 : シェーグレン症候群モデルマウスにおけるレバミピドの病態抑制効果, 第96回日本病理学会総会, Vol.96, No.1, 295, 2007年3月.
155)張 剛太, 潘 燕, 康 金森, 中江 良子, 石川 康子 : セビメリンによるアクアポリン5の細胞内移動機序, 第80回日本薬理学会年会, Journal Pharmacological Sciences,, Vol.103, No.Supple, 220p, 2007年3月.
156)北村 清一郎 : セクシュアルハラスメント防止について, 香川県立保健医療大学教職員研修会, 2007年3月.
157)北村 清一郎 : 総義歯の形態を口腔解剖学の視点から考える, 総義歯セミナー「超高齢化時代の総義歯製作法はどうあるべきか」, 2007年3月.
158)弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinによる培養ヒト胆管上皮細胞核膜抗原の異所性表出, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.
159)鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.
160)LIU Dali, Keiji Murakami, Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake : Investigation of the essentiality of histone-like protein in Streptococcus intermedius, 第80回日本細菌学会総会, Mar. 2007.
161)今大路 浩之, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 桑原 知巳 : Bacteroides fragilisのDNA逆位による外膜vesicle形成の制御, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.
162)細田 秀樹, 津金 靖仁, 舘 良介, 稲邑 朋也, 若島 健司, 浜田 賢一, 宮崎 修一 : 生体用超弾性TiAuCo合金の開発, 日本金属学会誌, 2007年3月.
163)石橋 淳, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : ヒト癌細胞株における遠赤外線反応遺伝子の発現解析, 第112回日本解剖学会総会, 2007年3月.
164)角田 佳折, 益井 孝文, 山下 菊治, 大下 修弘, 石橋 淳, 北村 清一郎 : 種々の変異を伴う馬蹄腎の一例について, 第112回日本解剖学会総会, 2007年3月.
165)田端 厚之, 三好 宗一郎, 友安 俊文, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : 細胞溶解毒素インターメディリシンのヒト細胞特異的感染因子としての役割, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1)淺岡 憲三 : チタン摩耗粉・微粒子と体内動態, ナノ微粒子の体内動態可視化法の開発, 2006年5月.
2)淺岡 憲三 : アパタイト修飾マイクロチタン粒子の開発, ナノトキシコロジーアセスと微粒子・ナノチューブのバイオ応用研究会, 2006年6月.
3)鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.20, 110-115, 2006年7月.
4)高橋 章, 菅原 千恵子, 久保 典子, 前田 直樹, 細木 秀彦, 誉田 栄一 : 口唇病変の超音波画像所見, 四国歯学会雑誌, 2006年7月.
5)石丸 直澄, 林 良夫 : 臓器特異的アポトーシスとシェーグレン症候群, 第15回日本シェーグレン症候群研究会, 2006年9月.
6)細井 和雄 : 学術情報基盤と図書館, 高度情報基盤センター広報, No.13, 2006年12月.
7)淺岡 憲三 : 生体内のチタンと水素, 材料における水素有効利用研究会, Vol.18, 27, 2006年12月.
8)細井 和雄 : 徳島大学附属図書館の課題と今後について, メールマガジン,「す だち」, 2007年.
9)三好 弘一, 前澤 博, 足立 昭夫, 佐瀬 卓也, 入倉 奈美子, 桑原 義典, 立花 さやか, 石田 竜弘, 辻 明彦, 英 崇夫, 森賀 俊広, 鬼島 明洋, 誉田 栄一, 岩本 誠司, 佐藤 一雄, 古谷 俊介, 森田 康彦 : 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, Vol.6, 1-42, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

1)羽地 達次 : 歯科医学教育白書2005, 日本歯科医学教育学会雑誌別冊教育白書2005, 東京, 2006年6月.
2)吉本 勝彦, Qian Rong Zhi, 佐野 壽昭, 山田 正三 : 成長ホルモン(GH)産生腺腫におけるDNAメチル化異常の解析, 成長科学協会研究年報, No.29, 279-286, 2006年7月.
3)石川 康子 : 唾液腺アクアポリン・水チャネル蛋白質の遺伝子発現,蛋白質合成,機能発現に及ぼす大豆成分の効果と口腔乾燥症治療薬の創薬, 医薬資源研究振興会,助成研究報告集 2005, 1-3, 2006年9月.
4)尾崎 和美 : 象牙細管侵入細菌の菌体内多糖合成に関する動的解析, 平成17年度∼平成18年度 科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書, 徳島, 2007年3月.
5)羽地 達次, 森本 景之 : 骨芽細胞におけるオカダ酸誘導アポトーシスと核小体蛋白分解機構の解明, 平成18-19年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究 (C) (2) 報告書, 徳島, 2007年3月.

2007年度(平成19年度)

article.{@.date="20070400 20080399" @.organization=\E{10999}}

2007年度(平成19年度) / 著書

1)有田 憲司 : 小児歯科学 第3版, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年4月.
2)羽地 達次 : カラーアトラス口腔組織発生学 (韓国語訳), DaehanNarae Publishing , Inc, ソウル, 2007年4月.
3)堀口 大吾, 三好 圭子, 武藤 太郎, 野間 隆文 : 生化学実習書 (第3版9刷), 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部分子医化学分野, 徳島, 2007年5月.
4)宮城 敦, 有田 憲司, 一戸 達也, 梅村 幸生, 小笠原 正, 酒井 信明, 眞木 吉信 : 日本障害者歯科学会 用語集 2007年版, 日本障害者歯科学会, 2007年10月.
5)Akio Hiura : "The controversial issue of the synaptic structure underlying pain modulation in the superficial dorsal horn of the spinal cord",[Cellular and Molecular Mechanisms for the Modulation of Nociceptive Transmission in the Peripheral and Central Nervous Systems] (ed. by E. Kumamoto), Research Signpost, Trivandrum, Kerala, India, Nov. 2007.
6)細井 和雄, : 基礎歯科生理学 第5版, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2008年2月.
7)尾崎 明文, 吉田 篤, 北村 清一郎, 米山 栄 : 圧痛点の臨床応用についてー合谷への圧痛,慢性腰痛の圧痛点,解剖構造,指頭感覚などー, 医道の日本社, 横須賀市, 2008年2月.
8)淺岡 憲三 : コア歯科理工学, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2008年3月.
9)尾崎 和美 : 第Ⅱ部 臨床編 第5章 壮・中年期(25∼64歳), 永末書店, 2008年3月.
10)淺岡 憲三 : チタン多孔体とリン酸カルシウムの修飾, サイエンス&テクノロジー株式会社, 東京, 2008年3月.
11)佐々木 成, 石橋 賢一, 石川 康子, : 水とからだの事典, --- 口腔と唾液腺 ---, 朝倉書店, 東京, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Darija Viducic, Tsuneko Ono, Keiji Murakami, Katakami Mikiko, Susilowati Heni and Yoichiro Miyake : rpoN gene of Pseudomonas aeruginosa alters Its susceptibility to quinolones and cabapenems, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.51, No.4, 1455-1462, 2007.
2)GJ Lavigne, N Huynh, T Kato, Kazuo Okura, K Adachi, D Yao and B Sessle : Genesis of sleep bruxism: motor and autonomic-cardiac interactions, Archives of Oral Biology, Vol.52, No.4, 381-384, 2007.
3)Y Yamashia, T Akiyama, Noriko Mizusawa, Katsuhiko Yoshimoto and M Goto : A case of hyperparathyroidism-jaw tumour syndrome found in the treatment of an ossifying fibroma in the maxillary bone, International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.36, No.4, 365-369, 2007.
4)Takeo Iwata, Shozo Yamada, Noriko Mizusawa, HM Golam, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto : The aryl hydrocarbon receptor-interacting protein gene is rarely mutated in sporadic GH-secreting adenomas, Clinical Endocrinology, Vol.66, No.4, 499-502, 2007.
5)Nakada Tomoaki, Toyoda Fumiyo, Takeo Iwata, Yamamoto Kazutoshi, Conlon J Michael, Kato Takashi and Kikuyama Sakae : Isolation, characterization and bioactivity of a region-specific pheromone, [Val8]sodefrin from the newt Cynops pyrrhogaster., Peptides, Vol.28, No.4, 774-780, 2007.
6)吉田 有里, 誉田 栄一, 友竹 偉則, 長尾 大輔, 市川 哲雄 : 小照射野歯科用CT装置での患者被曝線量の検討, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.20, No.2, 280-286, 2007年.
7)Miho Tomita, Ken'ichi Yokoyama, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Hydrogen thermal desorption behavior of Ni-Ti superelastic alloy subjected to tensile deformation after hydrogen charging, Materials Science and Engineering A, Vol.476, No.1, 308-315, 2007.
8)Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Yutaka Taketani, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto : Parafibromin tumor suppressor enhances cell growth in the cells expressing SV40 large T antigen., Oncogene, Vol.26, No.42, 6176-6183, 2007.
9)Katsutoshi Takashima, Ken'ichi Yokoyama, Kenzo Asaoka and Junichi Sakai : Effects of potential on hydrogen absorption and desorption behaviors of titanium in neutral fluoride solutions, Journal of Alloys and Compounds, Vol.431, No.1-2, 203-207, 2007.
10)Lihong Qiu, Kaya Yoshida, Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura and Tatsuji Haneji : Calyculin A stimulates the expression of TNF-a mRNA via phosphorylation of Akt in mouse osteoblastic MC3T3-E1 cells, Molecular and Cellular Endocrinology, Vol.271, No.1-2, 38-44, 2007.
11)Cory W. Ernst, Jang Eun Lee, Tadashi Nakanishi, Nadeem Y. Karimbux, Taia M. Rezende, Philip Stashenko, Makoto Seki, Martin A Taubman and Toshihisa Kawai : Diminished forkhead box P3/CD25 double-positive T regulatory cells are associated with the increased nuclear factor-kB ligand (RANKL(+)) T cells in bone resorption lesion of periodontal disease, Clinical and Experimental Immunology, Vol.148, No.2, 271-280, 2007.
12)西川 聡美, 原田 桂子, 篠永 ゆかり, 尼寺 理恵, 有田 憲司 : 自然消失した先天性エプーリスの1例, 小児歯科学雑誌, Vol.45, No.1, 97-102, 2007年.
13)Kaori Abe, Keiko Miyoshi, Taro Muto, Ruspita Intan, Taigo Horiguchi, Toshihiko Nagata and Takafumi Noma : Establishment and characterization of rat dental epithelial derived ameloblast-lineage clones., Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.103, No.5, 479-485, 2007.
14)Nakada Tomoaki, Ishizuka Yoko, Takeo Iwata, Toyoda Fumiyo, Kato Takashi, Conlon J Michael and Kikuyama Sakae : Evidence for processing enzymes in the abdominal gland of the newt, Cynops pyrrhogaster that generate sodefrin from its biosynthetic precursor., Zoological Science, Vol.24, No.5, 521-524, 2007.
15)Hitoshi Kawamata, Fumie Omotehara, Koh-Ichi Nakashiro, Daisuke Uchida, Yasuhiro Shinagawa, Masatsugu Tachibana, Yutaka Imai and Takahiro Fujimori : Oncogenic mutation of the p53 gene derived from head and neck cancer prevents cells from undergoing apoptosis after DNA damage., International Journal of Oncology, Vol.30, No.5, 1089-1097, 2007.
16)原田 耕志, Yuichiro Kawashima, 内田 大亮, 吉田 秀夫 : S-1と放射線同時併用療法が奏効した進行口腔扁平上皮癌の1例, 癌と化学療法, Vol.34, No.5, 745-747, 2007年.
17)永尾 寛, 矢納 義高, 市川 哲雄, 本釜 聖子, 市場 裕康, 萬好 哲也 : 塩化ベンゼトニウム配合洗口液を用いた高齢者の口内環境の改善, 日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society, Vol.51, No.116, 158, 2007年.
18)Gen Akabane, Yuji Ogushi, Takahiro Hasegawa, Masakazu Suzuki and Shigeyasu Tanaka : Gene cloning and expression of an aquaporin (AQP-h3BL) in the basolateral membrane of water-permeable epithelial cells in osmoregulatory organs of the tree frog., American Journal of Physiology. Regulatory, Integrative and Comparative Physiology, Vol.292, No.6, R2340-R2351, 2007.
19)蓮井 義則, 金子 美幸, 有田 憲司 : 特別養護老人ホームにおける8年間(1998∼2005年度)の口腔ケア活動, 障害者歯科, Vol.28, No.2, 141-145, 2007年.
20)徳山 麗子, 里村 一人, 藤澤 健司, 桃田 幸弘, 湯浅 哲也, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 長山 勝 : セルフドリリングタイプ顎間固定用スクリューの有用性に関する検討, 口腔顎顔面外傷, Vol.6, No.1, 2-7, 2007年.
21)Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara, MC Herzberg, KF Ross, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido : Interleukin-1alpha regulates antimicrobial peptide expression in human keratinocytes., Immunology and Cell Biology, Vol.85, No.7, 532-537, 2007.
22)菅 俊行, 石川 邦夫, 松尾 敬志, 恵比須 繁之 : フッ化ジアミンシリケートの象牙質知覚過敏症治療剤への応用―抜去歯を用いた象牙細管封鎖能の検討―, 日本歯科保存学雑誌, Vol.50, No.3, 313-320, 2007年.
23)角田 佳折 : ヒト咽頭挙筋群の起始・走行ならびに停止に関する肉眼解剖学的研究, 四国歯学会雑誌, Vol.20, No.1, 13-26, 2007年.
24)高橋 章, 菅原 千恵子, 久保 典子, 前田 直樹, 細木 秀彦 : 口唇部粘液嚢胞の超音波画像所見, 四国歯学会雑誌, Vol.20, No.1, 177-180, 2007年.
25)高橋 章, 菅原 千恵子 : 顎顔面領域における超音波画像表示領域に関する検討, 四国歯学会雑誌, Vol.20, No.1, 181-187, 2007年.
26)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : CXC chemokine ligand 16 in periodontal diseases: expression in diseased tissues and production by cytokine-stimulated human gingival fibroblasts., Clinical and Experimental Immunology, Vol.149, No.1, 146-154, 2007.
27)Hiroyuki Morimoto, Akiko Ozaki, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Bruna Rabelo Amorim, Hiroaki Tanaka, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Differntial expression of protein phosphatase type 1 isotypes and nucleolin during cell cycle arrest, Cell Biochemistry and Function, Vol.25, No.4, 369-375, 2007.
28)Daisuke Uchida, Tomitaro Onoue, Yoshifumi Tomizuka, Nasima Mila Begum, Yoshihiro Miwa, Hideo Yoshida and Mitsunobu Sato : Involvement of an autocrine stromal cell derived factor-1/CXCR4 system on the distant metastasis of human oral squamous cell carcinoma., Molecular Cancer Research : MCR, Vol.5, No.7, 685-694, 2007.
29)Hirokazu Iwasaki, Eiichi Honda, Hiromu Nishitani, H Takahashi, Y Yamamoto, T Ooguro and K Tanaka : Hanging protocol and viewers for a dental full picture [corrected] archiving and communication system (PACS) [corrected]., Dento Maxillo Facial Radiology, Vol.36, No.5, 285-295, 2007.
30)Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Keiji Moriyama, Masayuki Kohashi, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Crosstalk between RANKL and Fas signaling in dendritic cells controls immune tolerance, Blood, Vol.110, No.1, 242-250, 2007.
31)Toshiya Kashiwabara, Yuka Yoshijima, Seiko Hongama, Kan Nagao, Katsuhiko Hirota and Tetsuo Ichikawa : Denture plaque microflora in geriatric inpatients and maxillary defect patients, Prosthodontic Research & Practice, Vol.6, No.3, 153-158, 2007.
32)中條 信義, 富岡 重正, 高石 和美, 佐藤 健二 : ガム噛みがストレス反応に与える影響, 日本歯科麻酔学会雑誌, Vol.35, No.3, 346-353, 2007年.
33)淺岡 憲三 : チタンのキャラクタリゼーションと生体内での遅れ破壊, 歯科材料·器械, Vol.26, No.4, 334-339, 2007年.
34)Hiroaki Tanaka, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Hiroyuki Morimoto, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji : Calyculin A induces apoptosis and stimulates phosphorylation of p65NF-κB in human osteoblastic osteosarcoma MG63 cells, International Journal of Oncology, Vol.31, No.2, 389-396, 2007.
35)Yamada Hiroyuki, Kawaguchi Koji, Yagi Masatoshi and Yasuhiko Morita : Epithelial myoepithelial carcinoma of the submandibular gland with a high uptake of 18 F-FDG, Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontics, Vol.104, No.2, 243-248, 2007.
36)内田 玲子, 谷本 起穗, 堀内 信也, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 上下顎移動術を行った顎偏位を伴う下顎前突の1治験例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.19, No.1, 29-36, 2007年.
37)Taro Muto, Keiko Miyoshi, Seiichi Munesue, Hiroshi Nakada, Minoru Okayama, Takashi Matsuo and Takafumi Noma : Differential expression of syndecan isoforms during mouse incisor amelogenesis., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3-4, 331-339, 2007.
38)Asa L Sylvia, DiGiovanni Rebecca, Jiang Jing, Ward L Megan, Loesch Kimberly, Shozo Yamada, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto : A Growth Hormone Receptor Mutation Impairs Growth Hormone Autofeedback Signaling in Pituitary Tumors., Cancer Research, Vol.67, No.15, 7505-7511, 2007.
39)Mami Hino, Masatoshi Kataoka, Kazuaki Kajimoto, Takenori Yamamoto, Jun-ichi Kido, Yasuo Shinohara and Yoshinobu Baba : Efficiency of cell-free protein synthesis based on a crude cell extract from Escherichia coli, wheat germ, and rabbit reticulocytes., Journal of Biotechnology, Vol.133, No.2, 183-189, 2007.
40)Hitoshi Ikushima, Yoshihiro Takegawa, Kyohsuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyoh Yamashita, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Takaharu Kudoh and Hiromu Nishitani : Radiation therapy for cervical cancer in the elderly, Gynecologic Oncology, Vol.107, No.2, 339-343, 2007.
41)Ken'ichi Yokoyama, Miho Tomita, Jun'ichi Sakai and Kenzo Asaoka : Hydrogen absorption and thermal desorption behaviors of Ni-Ti superelastic alloy subjected to sustained tensile-straining test with hydrogen charging, Scripta Materialia, Vol.57, No.5, 393-396, 2007.
42)原田 耕志, 玉谷 哲也, 板東 髙志, 吉田 秀夫 : S-1投与が奏効した口腔扁平上皮癌の1例, 癌と化学療法, Vol.34, No.9, 1455-1458, 2007年.
43)Ken'ichi Yokoyama, Toshio Ogawa, Atsushi Fujita, Kenzo Asaoka and Junichi Sakai : Fracture of Ni-Ti superelastic alloy under sustained tensile load in physiological saline solution containing hydrogen peroxide, Journal of Biomedical Materials Research. Part A, Vol.82A, No.3, 558-567, 2007.
44)Naoko Ohtani, Yuko Imamura, Kimi Yamakoshi, Fumiko Hirota, Rika Nakayama, Yoshiaki Kubo, Naozumi Ishimaru, Akiko Takahashi, Atsushi Hirao, Takatsune Shimizu, David J. Mann, Hideyuki Saya, Yoshio Hayashi, Seiji Arase, Mitsuru Matsumoto, Nakao Kazuki and Eiji Hara : Visualizing the dynamics of p21 (Wafl/Cip1)cyclin-dependent kinase inhibitor expression in living animals., Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.104, No.38, 15034-15039, 2007.
45)Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano, Katsuhiko Yoshimoto, Asa L Sylvia, Shozo Yamada, Noriko Mizusawa and Eiji Kudo : Tumor-specific down-regulation and methylation of the CDH13 (H-cadherin) and CDH1 (E-cadherin) genes correlate with aggressiveness of human pituitary adenomas, Modern Pathology, Vol.20, No.12, 1269-1277, 2007.
46)Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Eiko Sasaki, Lihong Qiu, Bruna Rabelo Amorim, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji : Expression of PTEN and Akt phosphorylation in Lippopolysacccharide-treated NIH3T3 cells, Cell Biology International, Vol.31, No.2, 119-125, 2007.
47)Ken'ichi Yokoyama, Toshio Ogawa, Katsutoshi Takashima, Kenzo Asaoka and Junichi Sakai : Hydrogen embrittlement of Ni-Ti superelastic alloy aged at room temperature after hydrogen charging, Materials Science and Engineering A, Vol.466, No.1-2, 106-113, 2007.
48)Yuka Hiroshima, Mika Bandou, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido : Regulation of calprotectin expression in human keratinocytes in vitro, Journal of the Japanese Association of Periodontology, Vol.49, No.3, 224-232, 2007.
49)西 真寿美, 高橋 巧, 冨田 優子, 谷本 起穗, 森山 啓司 : 徳島大学病院矯正歯科における過去12年間の口唇裂口蓋裂患者に関する実態調査-第2報-, 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.32, No.3, 317-325, 2007年.
50)Kazumi Akita, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Hiroyuki Morimoto, Hiroaki Ogawa-Iyehara and Tatsuji Haneji : Cobalt chloride induces apoptosis and zinc chloride suppresses cobalt-induced apoptosis by bcl-2 expression in human submandibular gland HSG cells, International Journal of Oncology, Vol.31, No.4, 923-929, 2007.
51)有田 憲司 : 小児の歯の外傷(2)受傷歯の固定法について 2固定法の実際, 小児歯科臨床, Vol.12, No.10, 51-62, 2007年.
52)Tetsuya Tamatani, Masayuki Azuma, Katsumi Motegi, Natsumi Takamaru, Yuichiro Kawashima and Takashi Bando : Cepharanthin-enhanced radiosensitivity through the inhibition of radiation-induced nuclear factor-kappaB activity in human oral squamous cell carcinoma cells., International Journal of Oncology, Vol.31, No.4, 761-768, 2007.
53)Chihiro Shinohara, Kikuji Yamashita, Takashi Matsuo, Seiichiro Kitamura and Fumiaki Kawano : Effects of Carbonic AnhydraseInhibitor Acetazolamide(AZ)on Osteoclasts and Bone Structure, Journal of Hard Tissue Biology, Vol.16, No.3, 115-123, 2007.
54)富岡 重正, 高石 和美, 中條 信義 : アフリカツメガエル卵母細胞に発現したアクアポリン5に対する全身麻酔薬の作用, 日本歯科麻酔学会雑誌, Vol.35, No.5, 662-668, 2007年.
55)塩屋園 敦, 大庭 康雄, 金子 和之, 内田 玲子, 森山 啓司 : 非接触型三次元顔面形状計測における頭位の影響に関する検討, Orthodontic Waves-Japanese Edition, Vol.66, No.3, 134-142, 2007年.
56)RM de Araujo Santos, Yasuo Oba and Keiji Moriyama : Role of regulator of G-protein signaling 2 (RGS2) in periodontal ligament cells under mechanical stress, Cell Biochemistry and Function, Vol.25, No.6, 753-758, 2007.
57)Kazuhito Satomura, Reiko Tokuyama, Tetsuya Yuasa, Y Yamasaki, Seiko Tatehara, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi and Masaru Nagayama : Possible involvement of stem cell factor and endothelin-1 in the emergence of pigmented squamous cell carcinoma in oral mucosa., Journal of Oral Pathology & Medicine, Vol.36, No.10, 621-624, 2007.
58)Yuma Yamada, Hidetaka Akita, Hiroyuki Kamiya, Kentaro Kogure, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara, Kikuji Yamashita, Hideo Kobayashi, Hiroshi Kikuchi and Hideyoshi Harashima : MITO-Porter: A liposome-based carrier system for delivery of macromolecules into mitochondria via membrane fusion., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1778, No.2, 423-432, 2007.
59)佐藤 裕, 坂東 永一, 市川 哲雄 : コンピュータ支援による咀嚼運動診断のための解析方法, 日本歯科産業学会雑誌, Vol.21, No.2, 58-67, 2007年.
60)Satoru Eguchi, Takashi Kawano, hua Yin, Katsuya Tanaka, Sonoko Yasui, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Yutaka Nakaya, Shuzo Oshita and Nobuyoshi Nakajo : Effects of prostaglandin E1 on vascular ATP-sensitive potassium channels., Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.50, No.6, 686-691, 2007.
61)Mariko Naito, Yoshimi Suzukamo, Hiro-O Ito and Takeo Nakayama : Development of the Japanese version of the Oral Impacts on Daily Performance (OIDP) scale: a pilot study., Journal of Oral Science, Vol.49, No.4, 259-264, 2007.
62)Tomohiko Adachi, Tadashi Nakanishi, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Kayo Mukai, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Caries-related bacteria and cytokines induce CXCL10 in dental pulp., Journal of Dental Research, Vol.86, No.12, 1217-1222, 2007.
63)有田 憲司 : 筋ジストロフィーの歯列・咬合異常による咀嚼障害に対する咬合床をもちいた治療法, 医療, Vol.61, No.12, 811-818, 2007年.
64)木村 愛美, 有田 憲司, 阿部 洋子 : 小児外傷における脱落永久歯の再植に関する臨床統計, 日本外傷歯学会雑誌, Vol.3, No.1, 54-61, 2007年.
65)Xinyan Liu, Takashi Ukai, Hiromichi Yumoto, Michael Davey, Sulip Goswami, Frank Gibson C III and Caroline A Genco : Toll-like receptor 2 plays a critical role in the progression of atherosclerosis that is independent of dietary lipids, Atherosclerosis, Vol.196, No.1, 146-154, 2008.
66)Dali Liu, Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Keiji Murakami, Kanako Takahashi, Kouji Hirao, Takashi Matsuo, Kazuto Ohkura, Hideaki Nagamune and Yoichiro Miyake : Histone-like DNA binding protein of Streptococcus intermedius induces the expression of pro-inflammatory cytokines in human monocytes via action of ERK1/2 and JNK pathways, Cellular Microbiology, Vol.10, No.1, 262-276, 2008.
67)Okura Yuka, Shiari Reza, Hattori Yoshinobu, Matsuzawa Tohru, Miyazaki Yusei, Yoshio Hayashi and Kobayashi Ichiro : Epitope mapping of anti-α-fodrin antibody in a case of early-onset multiple sclerosis, Pediatrics International, Vol.50, No.1, 135-137, 2008.
68)Takashi Ukai, Hiromichi Yumoto, Frank Gibson C III and Caroline A Genco : Macrophage-elicited osteoclastogenesis in response to bacterial stimulation requires Toll-like receptor 2-dependent tumor necrosis factor-alpha production, Infection and Immunity, Vol.76, No.2, 812-819, 2008.
69)Masayuki Kohashi, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Effective Treatment With Oral Administration of Rebamipide in a Model of Sjogren's Syndrome, Arthritis and Rheumatism, Vol.58, No.2, 389-400, 2008.
70)Yoshihiro Takegawa, Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki, Shunsuke Furutani, Takashi Kawanaka, Takaharu Kudoh and Masafumi Harada : Can Kampo Therapy prolong the life of cancer patients?, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1,2, 99-105, 2008.
71)Takashi Kawano, Tomohito Kawano, Katsuya Tanaka, Satoru Eguchi, Akira Takahashi, Yutaka Nakaya and Shuzo Oshita : Effects of dopamine on ATP-sensitive potassium channels in porcine coronary artery smooth-muscle cells, Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.51, No.2, 196-201, 2008.
72)Intan Ruspita, Keiko Miyoshi, Taro Muto, Kaori Abe, Taigo Horiguchi and Takafumi Noma : Sp6 downregulation of follistatin gene expression in ameloblasts., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1-2, 87-98, 2008.
73)Masaaki Yokoyama, Daisuke Hinode, Masami Yoshioka, Makoto Fukui, Shin-ichi Tanabe, Daniel Grenier and Hiro-O Ito : Relationship between Campylobacter rectus and periodontal status during pregnancy., Oral Microbiology and Immunology, Vol.23, No.1, 55-59, 2008.
74)尾崎 明文, 吉田 篤, 北村 清一郎, 米山 栄 : 圧痛点の臨床応用についてー合谷への圧痛,慢性腰痛の圧痛点,解剖構造,指頭感覚などー, 圧痛点と鍼灸臨床, 66-71, 2008年.
75)角田 佳折, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 肉眼解剖学的にみた嚥下におけるヒト咽頭挙筋群の役割, 臨床解剖研究会記録No8, No.8, 42-43, 2008年.
76)角田 佳折, 益井 孝文, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 種々の変異を伴う馬蹄腎の1例について, 臨床解剖研究会記録No8, No.8, 48-49, 2008年.
77)Yasuo Oba, Akihiro Yasue, Kazuyuki Kaneko, Ryoko Uchida, Atsushi Shioyasono and Keiji Moriyama : Comparison of stability of mandibular segments following the sagittal ramus osteotomy with poly-L-lactic acid (PLLA) screws and titanium screws fixation, Orthodontic Waves, Vol.67, No.1, 1-8, 2008.
78)Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada, Masayuki Kohashi, Rieko Arakaki, Tetsuyuki Takahashi, Keisuke Izumi and Yoshio Hayashi : Development of Inflammatory Bowel Disease in Long-Evans Cinnamon Rats Based on CD4+CD25+Foxp3+ Regulatory T Cell Dysfunction, The Journal of Immunology, Vol.180, No.10, 6997-7008, 2008.
79)大石 美佳, 松尾 敬志, 野間 隆文 : 高年次学生合宿研修(正課外授業)によるキャリア形成支援教育の効果と可能性についての実践的研究, 大学教育研究ジャーナル, Vol.5, 46-47, 2008年.
80)Nao Kinouchi, Yutaka Ohsawa, Naozumi Ishimaru, Hideyo Ohuchi, Y Sunada, Yoshio Hayashi, Yukiho Tanimoto, Keiji Moriyama and Sumihare Noji : Atelocollagen-mediated local and systemic applications of myostatin-targeting siRNA increase skeletal muscle mass., Gene Therapy, Vol.15, No.15, 1126-1130, 2008.
81)Haruta Ikuko, Kikuchi Ken, Hashimoto Etsuko, Kato Hidehito, Katsuhiko Hirota, Kobayashi Makio, Yoichiro Miyake, Uchiyama Takehiko, Yagi Junji and Shiratori Keiko : A Possible role of histone-like DNA-binding protein of Streptococcus intermedius in the pathogenesis of bile duct damage in primary biliary cirrhosis, Clinical Immunology, Vol.127, No.2, 245-251, 2008.
82)Masaaki Takechi, Seiko Tatehara, Kazuhito Satomura, Kenji Fujisawa and Masaru Nagayama : Effect of FGF-2 and melatonin on implant bone healing: a histomorphometric study ., Journal of Materials Science. Materials in Medicine, Vol.19, No.8, 2949-2952, 2008.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.21, 49-53, 2008年.
2)福井 誠 : 口臭症と唾液生理活性物質の関連性, 四国歯学会雑誌, Vol.21, No.1, 129-141, 2008年.
3)角田 佳折 : Pharynx, 2007年度第9回人体解剖学実習セミナー・熊本報告集, 231-232, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術レター

1)樋浦 明夫 : ''第5回田原・アショフシンポジウム''とそれにまつわる迂遠な話, 徳島科学史雑誌, Vol.26, 31-38, 2007年.
2)坂東 永一, 中野 雅德, 佐藤 裕 : アンテリアルガイダンスの診断と治療, 四国歯学会雑誌, Vol.20, No.2, 257-258, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1)阿部 洋子, 有田 憲司, 原田 桂子, 郡 由紀子, 尼寺 理恵, 上田(山口) 公子, 木村 奈津子, 篠永 ゆかり, 木村 愛美 : 某長期療養型病棟重度重複心身障害児・者に対する訪問歯科診療について, 小児歯科学雑誌, Vol.45, No.2, 216, 2007年5月.
2)姚 陳娟 : 顎下腺における炎症性サイトカインIL-1betaのプロセッシング, 四国歯学会雑誌, Vol.19, No.2, 1-5, 2007年6月.
3)北村 清一郎, 角田 佳折, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識1顔の皮下組織—``顔の美しさを守るプロ''として知っておくべきこと, 歯界展望, Vol.110, No.1, 62-69, 2007年7月.
4)北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識2—口唇と頬—美しい顔は美しい口元から, 歯階展望, Vol.110, No.2, 266-273, 2007年8月.
5)Kaya Yoshida : The role of double-stranded RNA-dependent protein kinase in osteoblasts, Journal of Oral Biosciences, Vol.49, No.3, 155-162, Aug. 2007.
6)水内 潔, 井上 漢龍, 川原 正和, 浅沼 博, 浜田 賢一, 巻野 勇喜雄 : パルス通電圧接法(PCHP)による金属/金属間化合物積層材料の高機能化, 粉体および粉末冶金, Vol.54, No.8, 560-569, 2007年8月.
7)北村 清一郎, 二宮 雅美, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識3口腔前庭—外科処置に失敗しないために, 歯界展望, Vol.110, No.3, 458-465, 2007年9月.
8)Masakazu Suzuki, Takahiro Hasegawa, Yuji Ogushi and Shigeyasu Tanaka : Amphibian aquaporins and adaptation to terrestrial environments: a review., Comparative Biochemistry and Physiology. Part A: Molecular & Integrative Physiology, Vol.148, No.1, 72-81, Sep. 2007.
9)北村 清一郎, 二宮 雅美, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識3口腔前庭—外科処置に失敗しないために, 歯界展望, Vol.110, No.3, 458-465, 2007年9月.
10)宮本 洋二, 北村 清一郎, 益井 孝文 : カラーアトラス:皮膚・粘膜の下,透けて見えますか, --- 歯科医師・口腔外科医に必要な解剖学の知識 ---, 歯界展望, Vol.110, No.4, 652-659, 2007年10月.
11)北村 清一郎, 益井 孝文, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識4—舌下部—この恐い部位を克服するために, 歯界展望, Vol.110, No.4, 652-659, 2007年10月.
12)淺岡 憲三 : 昇温脱離分析による材料機能の解析, The Journal of Dental Engineering, No.163, 29-31, 2007年10月.
13)北村 清一郎, 山下 菊治, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識5—舌と下顎骨—口腔機能の立役者である舌の機能を理解する, 歯界展望, Vol.110, No.5, 868-875, 2007年11月.
14)北村 清一郎, 山下 菊治, 二宮 雅美 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識6—口蓋と上顎骨—外科的処置に失敗しないために, 歯界展望, Vol.110, No.6, 1046-1053, 2007年12月.
15)岩田 武男, 水澤 典子, Golam Md Hossain, 吉本 勝彦 : 癌抑制因子パラフィブロミンはSV40 large T抗原存在下では細胞増殖促進に働く, ホルモンと臨床 増刊号, Vol.56, 147-155, 2008年.
16)伊藤 博夫 : 歯科治療と感染性心内膜炎の予防, 四国歯学誌, Vol.20, No.2, 191-198, 2008年.
17)HM Golam, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Zhi-Rong Qian, Shozo Yamada, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto : Role of cyclin-dependent kinase inhibitors in pituitary tumorigenesis: an update, Shikoku Acta Medica, Vol.64, 225-231, 2008.
18)吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子 : アディポサイトカインと生活習慣病, 四国歯学会雑誌, Vol.20, No.2, 261-263, 2008年.
19)吉田 賀弥 : 骨芽細胞の分化におけるPKRの役割について, 四国歯学会雑誌, Vol.20, No.2, 223-227, 2008年1月.
20)細川 義隆 : 歯周炎におけるケモカイン発現および発現制御に関する研究, 四国歯学会雑誌, Vol.20, No.2, 235-240, 2008年1月.
21)北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識7—口峡とその周辺—発音・嚥下機能を理解するうえで知っておくべきこと, 歯界展望, Vol.111, No.1, 108-115, 2008年1月.
22)北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識8—咬筋・耳下腺部と側頭部,および下顎後窩—耳下腺手術および下顎骨折時の対応のために, 歯界展望, Vol.111, No.2, 280-287, 2008年2月.
23)雫石 聰, 田中 宗雄, 小島 美樹, 西田 伸子, 永田 英樹, 片岡 宏介, 久保庭 雅恵 : 第2章「歯周病と喫煙との関連性についてのEBM」, 生命歯科医学のカッティング・エッジ Cutting-Edge Biodentistry, 109-119, 2008年3月.
24)北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識9—翼突下顎隙と翼突前隙—口腔の「奥座敷(炎症波及路)」としての重要性を考, 歯界展望, Vol.111, No.3, 494-501, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1)Keiko Tsuji, Hidetaka Satake, Shinji Fujihara, Takashi Izawa, Shinya Horiuchi and Keiji Moriyama : Clinico-statistical study of orthodontic patients with temporomandibular joint disorders, The 1st International and the 19th Annual Meeting of the Japanese Society for the Temporomandibular Joint, Vol.19, No.1, 82, Nagoya, Apr. 2007.
2)Naoto Noguchi, Shuji Shigemoto, Yutaka Sato, Eiichi Bando, Teruaki Ishikawa, Masanori Nakano, Takeshi Yamamoto and Toyoko Satsuma : A study on implementation of jaw movement analysis using six-degree-of-freedom jaw movement parameters, The Journal of the Japan Prosthodontic Society, Vol.51, No.116, 328, Kobe, May 2007.
3)Kenzo Asaoka : Stress-corrosion cracking of titanium (Ti) implants by hydrogen absorption, Workshop on metallic corrosion of small implants, Norfolk, May 2007.
4)Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Naoki Maeda, Hidehiko Hosoki and Eiichi Honda : Mediastinal abscess originated from dental infection:evaluation of 2 cases with CT images, The 16th international congress of Dentomaxillofacial Radiology, Beijing, Jun. 2007.
5)Kenichi Hamada, Yoshihito Naitou, Daisuke Nagao, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Kenzo Asaoka : Moldless Process of Producing Porous Titanium for Dental Applications, 6th International Symposium on Titanium in Dentistry, Kyoto, Jun. 2007.
6)Emi Fujihara, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Effects of calcium concentration on hydrothermal surface modification of titanium, 6th International Symposium on Titanium in Dentistry, Kyoto, Jun. 2007.
7)Takafumi Noma, Keiko Miyoshi, Akazawa Yuki and Taigo Horiguchi : Tissue-ditribution and possible functional roles of AK4, Mitchondrial Medicine 2007: Riding the Wave of the Future, Jun. 2007.
8)Keiko Miyoshi, Taigo Horiguchi, Kazuki Abe, Inoue Hideo and Takafumi Noma : Effects of glycyrrhizin on the gene expression in CC14-induced hepatitis, 8th World Congress on Inflammation, Jun. 2007.
9)中野 雅德, 佐藤 裕, 細木 眞紀 : 咀嚼運動機能診断システムの開発, 国際バイオEXPO 2007, 東京, 2007年6月.
10)Yoshihito Naitou, Kenichi Hamada, Daisuke Nagao, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Kenzo Asaoka : Bioactivity of porous titanium produced using moldless process, 6th International Symposium on Titanium in Dentistry, Kyoto, Jul. 2007.
11)Yan Pan, Fusako Iwata, Masahiro Munaguchi, Keiko Oga, Yasikazu Oomoto, Masaki Takai, Gota Cho, Xue-Jun Li, Toyoki Mori and Yasuko Ishikawa : Alteration of AQP5 and lipid raft levels in basal or stimulated human saliva, The 5th International Conference of aquaporin, Nara, Jul. 2007.
12)Gota Cho, Yan Pan, Ko Okamura, Zhenfang Yuan, Jinsen Kang, Yoshiko Nakae, Nobuyoshi Nakajo and Yasuko Ishikawa : Dynamic trafficking of AQP5 together with lipid rafts in acinar cells of rat parotid glands, The 5th International Conference of aquaporin, Nara, Jul. 2007.
13)Zhenfang Yuan, Gota Cho, Noriko Inoue, Ko Okamura, Yoshiko Nakae, Xioaohui Guo, Xue-Jun Li, Toyoki Mori and Yasuko Ishikawa : Impaired trafficking of AQP5 in parotid glands of streptozotocin-induced diabetes, The 5th International Conference of aquaporin, Nara, Jul. 2007.
14)樋浦 明夫 : マールブルクの街と大学, 5th Tawara-Aschoff Symposium, July 28-29, 2007, Nakatsu, Oita, 2007年7月.
15)Shizuo Kayama, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : Role of quorum sensings system of adherent pseudomonas aeruginosa in antibiotic tolerance, ASM conferences Pseudomonas 2007, Seattle, Aug. 2007.
16)Heni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : Intermedilysin induces cell death in HepG2 cells, 21st International Association for Dental Research - South East Asia Division, Bali, Indonesia, Sep. 2007.
17)Hiroaki Tanaka, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji : Phosphorylation of NF-kB in calyculin A-induced apoptotic cells, 21st International Association for Dental Research - South East Asia Division, Bali, Indonesia, Sep. 2007.
18)Yutaka Sato, Teruaki Ishikawa, Eiichi Bando, Masanori Nakano, Tetsuo Ichikawa, Maki Hosoki and Shuji Shigemoto : Development of Real-time Monitor for Examination of Occlusal Harmony, 12th Meetings of the International College of Prosthodontists, 190, Fukuoka, Sep. 2007.
19)Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Immunoregulatory role of RANKL-stimulated dendritic cells on autoimmune arthritis in MRL/lpr mice, 29th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Vol.22, No.SUPPL 1, S270, Honolulu, Sep. 2007.
20)Keisuke Nishigawa, Yamamoto Takeshi, Noguchi Naoto, Eiichi Bando, Toyoko Satsuma, Shuji Shigemoto, Maki Hosoki, Hisahiro Takeuchi, YOSHIHIRO KUBO and Masanori Nakano : Effect of different head postures on the jaw closing position during tapping movement, The 2nd Joint Meeting of the Japan Prosthodontic Society and the Greater New York Academy of Prosthodontics, Tokyo, Oct. 2007.
21)Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Developmant of autoimmune excrinopathy resembling Sjorgen`s syndrome in RbAp48 transgenic mice., The 71st Annual meeting of the American College of Rheumatology., Bostone,USA., Nov. 2007.
22)Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Immunoregulatory Role of RANKL-stimulated Dendritic Cells on Autoimmune Arthritis in MRL/lpr Mice, ACR/ARHP 71th Annual Scientific Meeting, Vol.56, No.Suppl 9, S-105, Boston, Nov. 2007.
23)Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Development of autoimmune expcrinopathy resembling Sjogren's syndrome in RbAp48 transgenic mice., Boston, Nov. 2007.
24)Emi Fujiwara, Fumiaki Kawano, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Solubility of Strontium and Carbonate-substituted Calcium Phosphate Bone Cement Mixed with SrCl2 Solution, International Dental Materials Congress 2007, Bangkok, Nov. 2007.
25)Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka : MRI-Artifact-Free Gold Alloy for Biomedical Application, International Dental Materials Congress 2007, Bangkok, Nov. 2007.
26)Kenzo Asaoka : Mechanism of delayed fracture of titanium implant in vivo, International Dental Materials Congress 2007, 158, Bangkok, Nov. 2007.
27)SH An, WJ Kim, Kenzo Asaoka, TY Kwon and Kyo-Han Kim : Heat-treated TiO2 nanotubes: Hydroxyapatite growth, International Dental Materials Congress 2007, 315, Bangkok, Nov. 2007.
28)Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida and Tatsuji Haneji : Osterix directly interacts with RNA helicase A, The 2nd international symposium on and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'' -Oral Sciences for Our Healthy Life-, Tokushima, Japan, Dec. 2007.
29)Hiroaki Tanaka, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Toshihiko Nagata and Tatsuji Haneji : Phosphorylation of p65NF-kB and degradation of IkB in Calyculin-A-induced apoptotic cells, The 2nd international symposium on and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'' -Oral Sciences for Our Healthy Life-, Tokushima, Japan, Dec. 2007.
30)Yoshihiro Takegawa, Hitoshi Ikushima, Osaki Kyohsuke, Furutani Shunsuke, Yamashita Kyoh, Kawanaka Takashi and Takaharu Kudoh : Can Kampo Therapy (Juzentaihoto) Prolong the Life of Cancer Patients?, The 14th International Congress of Oriental Medicine, Taipei, Dec. 2007.
31)Emi Fujiwara, Fumiaki Kawano, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Incorporation of carbonate apatite into the strontium-substituted resorbable calcium phosphate bone cement, 2nd International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Tokushima, Dec. 2007.
32)Yoshihito Naitou, Daisuke Nagao, Yoritoki Tomotake, Kenichi Hamada, Kenzo Asaoka and Tetsuo Ichikawa : Bioactivity of porous titanium prodeced by a newly developing moldless process, 2nd International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Tokushima, Dec. 2007.
33)Liu Dali, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Shizuo Kayama, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : The essentiality and involvements of streptocuccus intermedius histone-like protein in bacterial viability and normal growth, The 2nd International Symposium on "The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Tokushima, Dec. 2007.
34)Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : NFAT1 activation in intermedilysin-induced human cholangiocellular carcinoma cell HuCCT1, The 2nd International Symposium on "The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Tokushima, Dec. 2007.
35)Naoto Noguchi, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Teruaki Ishikawa, Toyoko Satsuma, Mariko Kitamura, Maki Hosoki and Hisahiro Takeuchi : Mandibular condylar movements in six-degree-of-freedom during chewing, The 2nd International Symposium on The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century -Oral Sciences for our healthy life-,, Tokushima, Dec. 2007.
36)Golam Md. Hossain, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Shozo Yamada, Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto : Mutational analysis and gene expression profile of CDKN2C/p18INK4C in pituitary adenomas., TThe 2nd International Symposium on "The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century"-Oral Sciences for Our Healthy Life-, Tokushima, Dec. 2007.
37)Ahmed Shawky Maklad, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hirokazu Iwasaki and Hiromu Nishitani : Head and neck's important anatomical organ's detection and analysis based on CT image, Proc. International Symposium on Biomedical and Physiological Engineering, 53-55, Harbin, Jan. 2008.
38)Ruspita Intan, Keiko Miyoshi, Taro Muto, Kaori Abe, Taigo Horiguchi and Takafumi Noma : Identification of Sp6 target gene in dental epithelial cells, Gordon Research Conferences, Feb. 2008.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1)神野 恵, 高橋 巧, 森山 啓司 : Smad3ノックアウトマウスを用いた口蓋粘膜における創傷治癒解析, 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.32, No.2, 251, 2007年4月.
2)大石 慶二, 永田 俊彦 : 下顎前歯に限局して生じた歯肉退縮の2症例について, 日本歯周病学会会誌, Vol.49, 190, 2007年4月.
3)笠原 孝一郎, 田中 明, 吉澤 誠, 阿部 健一, 小川 大祐, 白石 泰之, 関根 一光, 山家 智之, 仁田 新一 : 補助人工心臓制御法と左心室仕事量の循環系シミュレータを用いた検討, 第46回日本生体医工学会, 2007年4月.
4)末永 健, 中村 孝夫, 白石 泰之, 山家 智之, 西條 芳文, 関根 一光, 宮崎 隆子, 山岸 正明, 岡本 吉弘, 田中 隆, 梅津 光生 : 機械式小児循環シミュレーションに基づく肺動脈弁設計開発の試み, 第46回日本生体医工学会, 2007年4月.
5)馬場 敦, 白石 泰之, 関根 一光, 西條 芳文, 山家 智之, 豊岡 照彦, 井街 宏 : 心室のrapid pacingによる心不全モデルの作成, 第46回日本生体医工学会, 2007年4月.
6)関根 一光, 山家 智之, 西條 芳文, 白石 泰之, 松木 英敏, 佐藤 文博, 角張 泰之, 前田 剛, 中澤 文雄 : 形状記憶合金を応用した消化管蠕動運動補助装置, 第46回日本生体医工学会, 2007年4月.
7)劉 紅箭, 羅 雲, 西條 芳文, 白石 泰之, 関根 一光, 山家 智之 : 人工肛門括約筋の体内移植における血液生化学による検討, 第46回日本生体医工学会, 2007年4月.
8)角張 泰之, 佐藤 文博, 松木 英敏, 関根 一光, 白石 泰之, 山家 智之, 佐藤 忠邦 : 蠕動運動機能をもつ人工食道のための胃部留置型経皮的電力伝送装置の開発, 第46回日本生体医工学会, 2007年4月.
9)白石 泰之, 山家 智之, 関根 一光, 西條 芳文, 金野 敏, 仁田 新一, 和田 由美子, 坂田 亮, 梅津 光生, 小川 大祐, 佐藤 文博, 角張 泰之, 田中 明, 吉澤 誠, 本間 大 : 人工心筋収縮構造制御による補助効率最適化に関する基礎検討, 第46回日本生体医工学会, 2007年4月.
10)永尾 寛, 矢納 義高, 市川 哲雄, 本釜 聖子, 市場 裕康, 萬好 哲也 : 塩化ベンゼトニウム配合洗口液を用いた高齢者の口内環境の改善, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.51, 158, 2007年5月.
11)北村 清一郎 : 義歯は嚥下とどう係わるのか, 学術講演会「咬合・咀嚼が創る健康長寿」, 2007年5月.
12)浜田 賢一, 淺岡 憲三 : MRIアーチファクトフリー生体用合金の研究(第1報)-候補合金と基礎的評価-, 第49回日本歯科理工学会学術講演会, 2007年5月.
13)藤原 江美, 河野 文昭, 浜田 賢一, 淺岡 憲三 : ストロンチウム含有炭酸アパタイトセメントの溶解性, 第49回日本歯科理工学会学術講演会, 2007年5月.
14)内藤 禎人, 浜田 賢一, 市川 哲雄, 淺岡 憲三 : モールドレス成形および焼成したチタン多孔体の基礎的評価, 第49回日本歯科理工学会学術講演会, 2007年5月.
15)細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : ヒト歯肉線維芽細胞におけるCCL17産生の解析, 第50回 春季日本歯周病学会学術大会, 2007年5月.
16)米田 美穂, 中江 英明, 湯本 浩通, 篠原 千尋, 松尾 敬志 : 炎症性サイトカインがヒト歯肉上皮細胞間接着機構に及ぼす影響, 第50回 日本歯周病学会春季学術大会, 2007年5月.
17)本釜 聖子, 永尾 寛, 市川 哲雄 : 簡易嚥下障害スクリーニングシステム法の開発 : 磁気センサを用いた測定方法の概要, 日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society, Vol.51, No.116, 144, 2007年5月.
18)坂井 隆志, 劉 莉, 滕 錫川, 石丸 直澄, 坂井 利佳, 佐野 暢哉, 梶 龍兒, Hoang Nam Tran, 林 良夫, 福井 清 : 新規アポトーシス制御分子ヌクリングの肝癌発症機構における役割の解明, 第48回日本生化学会中国四国支部例会, 2007年5月.
19)水澤 典子, 岩田 武男, 吉本 勝彦 : 膵β細胞に高発現するisletasin遺伝子の解析, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会, 2007年5月.
20)堀内 信也, 高橋 巧, 森山 啓司, 湯淺 哲也, 長山 勝, 松本 和也, 中西 秀樹 : 顔面多発骨折による咬合不全に対して集学的治療を行った1症例, 日本頭蓋顎顔面外科学会雑誌, Vol.23, No.2, 163-164, 2007年6月.
21)田中 宏明, 吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 羽地 達次 : カリクリンAによるMG63細胞のアポトーシスとNF-kBのリン酸化, 第26回分子病理研究会 -湘南シンホ シ ウムー, 2007年6月.
22)徳山 麗子, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 長山 勝 : 舌骨骨折を伴った顎骨骨折の1例, 口腔顎顔面外傷, Vol.6, No.1, 30, 2007年6月.
23)木村 智子, 尾崎 和美, 藤坂 菊美, 松尾 敬志 : Streptococcus mutans の病原性におけるスクロース輸送系遺伝子の役割について, 第126回日本歯科保存学会春季学術大会, 2007年6月.
24)尾崎 明文, 松下 美穂, 千 思, 森 俊豪, 湯谷 達, 米山 榮, 北村 清一郎, 吉田 篤 : 肩外兪刺鍼の安全深度の検討1., 第56回(社)全日本鍼灸学会学術大会, 2007年6月.
25)岩田 武男, 山田 正三, 水澤 典子, Golam Md. Hossain, 西岡 宏, 松野 彰, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦 : 家族性および孤発性 GH産生腺腫におけるAIP遺伝子解析, 第80回日本内分泌学会学術総会, 2007年6月.
26)角田 佳折 : 嚥下における喉頭蓋谷と梨状陥凹の動きを解剖学の立場から考える, 第3回徳島摂食嚥下研究会, 2007年6月.
27)藤原 慎視, 堀内 信也, 井澤 俊, 辻 けい子, 森山 啓司 : エナメル質形成不全を伴う空隙歯列症例の一治験例, 第50回中・四国矯正歯科学会大会 学術展示, 2007年7月.
28)細川 浩良, 里村 一人, 桃田 幸弘, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 高野 栄之, 石丸 直澄, 林 良夫, 長山 勝, 第17回日本口腔粘膜学会 : 口腔白板症の臨床病理学的検討, 第17回日本口腔粘膜学会 2007.7.5∼7.6,東京, 2007年7月.
29)細木 秀彦, 大石 美佳, 河野 文昭 : 徳島大学医学部・歯学部附属病院歯科診療部門における院内感染対策教育, 日本歯科医学教育学会雑誌, 91, 2007年7月.
30)角田 佳折, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 肉眼解剖学的にみた嚥下におけるヒト咽頭挙筋群の役割, 第11回臨床解剖研究会, 2007年7月.
31)角田 佳折, 益井 孝文, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 種々の変異を伴う馬蹄腎の一例について, 第11回臨床解剖研究会, 2007年7月.
32)鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, Bacterial Adherence & Biofilm第21回学術集会, 2007年7月.
33)三宅 洋一郎 : 教育講演IV 口腔内での細菌付着について, Bacterial Adherence & Biofilm第21回学術集会, 2007年7月.
34)高石 和美, 富岡 重正, 中條 信義 : 歯科治療中に痙攣発作を起こした解離性障害患者の1症例, 第4回日本歯科麻酔学会中国・四国地方会, 2007年7月.
35)高石 和美, 富岡 重正, 中條 信義 : ビデオ硬性挿管用喉頭鏡エアウェイスコープの使用経験, 第4回日本歯科麻酔学会中国・四国地方会, 2007年7月.
36)井澤 俊, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : 関節リウマチモデルMRL/lprマウス樹状細胞の機能解析, 第6回四国免疫フォーラム 一般演題, 2007年7月.
37)石川 輝明, 中野 雅德, 坂東 永一, 薩摩 登誉子, 細木 眞紀, 竹内 久裕, 西川 啓介 : 強い噛みしめによりクリッキングを生じる1例, 第20回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集, 136, 2007年7月.
38)高橋 巧, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 下顎前方移動術後に上顎小臼歯抜歯を行って治療した下顎後退症例, 中・四国矯正歯科学会大会, 2007年7月.
39)冨田 優子, 高橋 巧, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 下顎エナメル上皮掻爬術の既往があるアングルII級叢生症例, 中・四国矯正歯科学会大会, 2007年7月.
40)井澤 俊, 堀内 信也, 辻 けい子, 藤原 慎視, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 下顎枝垂直骨切り術と下顎枝矢状分割術を併用した外科的矯正治療後に下顎頭のリモデリング様変化を認めた一症例, 第50回中・四国矯正歯科学会大会 学術展示, 2007年7月.
41)塩屋園 敦, 大庭 康雄, 金子 和之, 森山 啓司 : 非接触型三次元顔面計測時における被験動作に関する検討, 第50回 中·四国矯正歯科学会大会, 2007年7月.
42)Mohammed Shabbir Ahamed, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hirokazu Iwasaki and Hiromu Nishitani : Head and neck anatomical organ analysis and detection based on multi-slice CT image, JAMIT, B4-3, Jul. 2007.
43)田北 啓洋, 藤田 圭二, 永尾 寛, 市川 哲雄, 早崎 芳夫 : デンタルメモリー ー 歯科補綴物への情報記録 ー, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.154, 51-54, 2007年7月.
44)山下 菊治, 石橋 淳, 石川 達夫, 角田 佳折, 北村 清一郎 : 歯周組織再生を目指した遠赤外線作用の解析, 第22回日本歯科産業学会・学術講演会, 2007年7月.
45)岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次 : 骨芽細胞におけるプロテインフォスファターゼの発現と機能, 第49回歯科基礎医学会総会 -サテライトシンポジウムー, 2007年8月.
46)岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次 : GeneFishing法による転写因子TWISTの標的遺伝子探索, 第49回歯科基礎医学会総会, 2007年8月.
47)吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 羽地 達次 : PKR がSTAT1の発現や機能に及ぼす影響について, 第49回歯科基礎医学会総会, 2007年8月.
48)Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida and Tatsuji Haneji : The transcriptional factor Osterix directly interacts with RNA helicase A in HEK 293 cells, The 49th Annual Meeting of Japanese Association for Oral Biology, Aug. 2007.
49)田中 宏明, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 永田 俊彦, 羽地 達次 : カリクリンA 誘導アポトーシス細胞によおけるIkB の分解とNF-kB のリン酸化, 第49 回歯科基礎医学会総会, 2007年8月.
50)弘田 克彦, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 三宅 洋一郎 : Intermedilysin が誘導する非アポトーシス型細胞死の分子機構の解明, 第49 回歯科基礎医学会総会, 2007年8月.
51)薩摩 登誉子 : 2年間のスイス留学を終えて, 平成19年度徳島歯科医学大会, 2007年8月.
52)Golam Md. Hossain, 岩田 武男, 水澤 典子, 吉本 勝彦, 山田 正三, 佐野 壽昭 : Mutation analysis of AIP gene in isolated familial somatotropinomas and sporadic growth hormone-secreting adenomas., 第235回徳島医学会学術集会, 2007年8月.
53)石丸 直澄 : 唾液腺アポトーシスと自己免疫, 日本口腔病理学会総会シンポジウム, 2007年8月.
54)水澤 典子, 畠山 節子, 吉本 勝彦 : isletasin遺伝子の膵β細胞特異的発現と細胞内局在, 第49回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2007年8月.
55)プルワンティ ヌヌク, Daisuke Tsuji, アズリナ アハマド, カラバシル ミレーバ, Chenjuan Yao, Takahiro Hasegawa, Tetsuya Akamatsu, Kouji Itou and Kazuo Hosoi : Transient increase in IL-6 by duct ligation leading to continuous elevation of Sca-1, a stem cells marker, in the mouse submandibular gland, 第49回歯科基礎医学会学術大会, Aug. 2007.
56)石川 達夫, 山下 菊治, 石橋 淳, 角田 佳折, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線がMC3T3—E1細胞に与える影響, 第49回歯科基礎医学会学術大会総会, 2007年8月.
57)張 剛太, 康 金森, 岡村 航, 中江 良子, 石川 康子 : 耳下腺腺房細胞における水チャネル・AQP5と脂質・ラフトの刺激による細胞内移動, 第49回歯科基礎医学会, 2007年8月.
58)康 金森, 張 郷太, 岡村 航, 中江 良子, 石川 康子 : ヒト唾液中の水チャネル・AQP5と脂質・ラフトの動態, 第49回歯科基礎医学会, 2007年8月.
59)横山 正明, 日野出 大輔, 福井 誠, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 : 歯周病原細菌Campylobacter rectusと妊娠期の歯周状態との関連性, 日本歯周病学会会誌, Vol.49, 176, 2007年8月.
60)髙松 夏子, 増田 かなめ, 福井 誠, 横山 正明, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 : 歯根面う蝕のリスクファクター調査, 口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.4, 423, 2007年8月.
61)福井 誠, 日野出 大輔, 横山 正明, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 : 口臭患者における唾液ストレスマーカーの評価, 口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.4, 482, 2007年8月.
62)吉岡 昌美, 藤井 裕美, 十川 悠香, 坂本 治美, 廣瀬 薫, 福井 誠, 横山 正明, 日野出 大輔 : 急性期病院の脳神経外科/神経内科病棟および脳卒中センターにおける専門的口腔ケアのニーズ, 口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.4, 569, 2007年8月.
63)阿部 佳織, 三好 圭子, 武藤 太郎, 堀口 大吾, INTAN RUSPITA, 永田 俊彦, 野間 隆文 : Redox regulation of amelogenin gene expression, 第49回歯科基礎医学学術大会, 2007年8月.
64)Ruspita Intan, 三好 圭子, 武藤 太郎, 堀口 大吾, 阿部 佳織, 野間 隆文 : Sp6 induced down-regulation of follistatin gene in rat dental epithelial cells, 第49回歯科基礎医学学術大会, 2007年8月.
65)北村 清一郎, 角田 佳折, 石川 達夫, 山下 菊治 : 口腔周辺の筋膜隙の臨床的意義—皮下気腫・縦隔気腫との係わり, 第49回歯科基礎医学会学術大会総会, 2007年8月.
66)石田 雄一, 佐藤 裕, 吉田 有里, 長尾 大輔, 友竹 偉則, 市川 哲雄 : 姿勢検出センサを用いたインプラント埋入システムの開発, 2007年9月.
67)篠原 千尋, 山下 菊治, 松尾 敬志, 北村 清一郎, 河野 文昭 : 炭酸脱水酵素阻害剤アセタゾラミド(Az)が破骨細胞および骨組織に与える影響(優秀ポスター賞受賞), 第16回硬組織再生生物学会学術大会, 2007年9月.
68)水内 潔, 井上 漢龍, 杉浦 正美, 伊丹 正郎, 尾崎 公洋, 浜田 賢一, 浅沼 博, Lee H. J., 川原 正和, 巻野 勇喜雄 : パルス通電圧接法(PCHP)によるボロン繊維強化Ti-15V-3Cr-3Al-3Sn合金基複合材料のプロセシング, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
69)冨田 美穂, 横山 賢一, 淺岡 憲三, 酒井 潤一 : Ni-Ti超弾性合金の水素吸収と昇温放出挙動に及ぼす繰返し変形の影響, 日本金属学会2007年秋季大会, 2007年9月.
70)井澤 俊, 林 良夫, 森山 啓司 : RANKLシグナルを介した関節炎モデルマウス樹状細胞の機能解析, 第66回日本矯正歯科学会大会 学術展示, 2007年9月.
71)長岡 彬, 横山 賢一, 淺岡 憲三, 酒井 潤一 : Ti及びNi-Ti合金の表面改質に伴う水素吸収の評価, 日本金属学会2007年秋季大会, 2007年9月.
72)金村 篤謙, 横山 賢一, 淺岡 憲三, 酒井 潤一 : 過酸化水素含有生理食塩水中におけるNi-Ti超弾性合金の耐食性の向上, --- 硝酸浸漬による表面改質 ---, 日本金属学会2007年秋季大会, 2007年9月.
73)神野 恵, 高橋 巧, 大庭 康雄, 森山 啓司 : Smad3ノックアウトマウスを用いた口蓋粘膜における創傷治癒解析-第2報-, 日本矯正歯科学会大会, 2007年9月.
74)Dali LIU, 湯本 浩通, 松尾 敬志, 三宅 洋一郎 : Histone-like DNA binding protein of Streptococcus intermedius induces the expression of pro-inflammatory cytokines in human monocytes via activation of ERK1/2 and JNK pathways., 日本歯周病学会50周年記念大会, 2007年9月.
75)石川 達夫, 山下 菊治, 石橋 淳, 角田 佳折, 益井 孝文, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線(FIR)が骨芽細胞様細胞(MC3T3—E1)と骨細胞に与える影響, 第16回硬組織再生生物学会, 2007年9月.
76)北村 清一郎 : 徳島大学における人権擁護体制について, 大阪府専修学校各種学校連合会人権教育推進協議会主催.第5回人権教育研修会, 2007年9月.
77)桝井 敦史, 木内 誠, 角田 佳折, 石川 達夫, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 頸部の筋膜隙の局所解剖構造, 第31回四国歯学会例会, 2007年9月.
78)谷田 弓磨, 池田 祐一, 佐藤 康弘, 芥川 正武, 木内 陽介, 市川 哲雄, 本釜 聖子, 山本 哲彦, 石田 雄一 : 高感度磁気センサ(MIセンサ)を用いた嚥下診断装置の開発に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 228, 2007年9月.
79)田端 厚之, 三好 宗一郎, 角田 明由葉, 助野 晃子, 弘田 克彦, 友安 俊文, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius が分泌する細胞溶解毒素インターメディリシンが関与するヒト細胞特異的な感染現象, 第54回毒素シンポジウム, 2007年9月.
80)田中 宏明, 吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 吉澤 尚樹, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤カリクリンAによるアポトーシス誘導とNF-kBのリン酸化, 日本解剖学会第62回中国,四国地方会, 2007年10月.
81)岡村 裕彦, 吉田 賀弥, アモリン ハベロ ブルーナ, 羽地 達次 : ブレオマイシン誘導アポトーシスとヒストンH1.2の細胞内局在変化, 日本解剖学会第62回中国,四国地方会, 2007年10月.
82)鹿山 鎭男, 小野 恒子, 弘田 克彦, 劉 大力, Heni Susilowati, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensing機構とbiapenem抵抗性について, 第60回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2007年10月.
83)鹿山 鎭男, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, 第55回日本化学療法学会西日本支部総会, 2007年10月.
84)富岡 重正, 高石 和美, 中條 信義 : アフリカツメガエル卵母細胞に発現したアクアポリン5に対する全身麻酔薬の作用, 第35回日本歯科麻酔学会総会, 2007年10月.
85)北村 清一郎 : 総義歯の形態を口腔解剖学の視点から考える, トクヤマデンタル倶楽部主催セミナー「90歳高齢時代の総義歯製作方法はどうあるべきか」, 2007年10月.
86)北村 清一郎 : 大学における人権問題, 平成19年度中国・四国地区国立大学法人係長研修, 2007年10月.
87)岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : 副甲状腺癌抑制因子パラフィブロミンはSV40 large T抗原存在下では細胞増殖促進に働く, 第32回日本比較内分泌学会大会, 2007年10月.
88)Dali LIU, 村上 圭史, 湯本 浩通, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : Investigation of the toxicity of Streptococcus intermedius histon-like protein in Escherichia coli, 第60回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2007年10月.
89)吉田 将紀, 原田 永勝, 原 小百合, 尹 雲潔, 吉本 勝彦, 中屋 豊 : 新規グリセロール-3-リン酸アシルトランスフェラーゼ(xGPAT1)の遺伝子クローニング, 第28回日本肥満学会, 2007年10月.
90)銭 志栄, 佐野 壽昭, 山田 正三, Yuan Feng Yun, 吉本 勝彦, 工藤 英治 : Reduced expression of the let-7 microRNAs in human pituitary adenomas in association with pituitary tumorigenesis through regulating HMGA2., 第11回日本内分泌病理学会学術総会, 2007年10月.
91)Yuan Feng Yun, 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治 : The pi-class glutathione S-transferase (GSTP1) may be a novel tumor suppressor gene in pituitary tumorigenesis., 第11回日本内分泌病理学会学術総会, 2007年10月.
92)岩田 武男, 水澤 典子, 佐野 壽昭, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : マクロファージ培養上清が脂肪前駆細胞株SGBSのMMP発現に与える影響, 第28回日本肥満学会, 2007年10月.
93)北村 清一郎 : インプラント手術に必要な局所解剖学の知識., IPOI臨床研究会中四国支部学術集会, 2007年10月.
94)十川 悠香, 坂本 治美, 横山 正明, 福井 誠, 横山 希実, 玉谷 香奈子, 佐野 寿代, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 : 徳島大学病院における妊婦の口腔保健向上のための取り組み, 口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.5, 689, 2007年10月.
95)岡田 寿朗, 三崎 昌和, 佐々木 浩司, 亀井 稔之, 武部 裕光, 山下 喜世弘, 横山 正明, 福井 誠, 伊藤 博夫, 奥 弘文 : 香川県内で実施された成人歯科健診モデル事業報告, 口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.5, 689, 2007年10月.
96)横山 正明, 福井 誠, 本那 智昭, 髙松 夏子, 増田 かなめ, 伊藤 博夫 : 口腔清潔度の指標としての唾液中総細菌数, --- リアルタイムPCR法によるハイスループット測定 ---, 口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.5, 692, 2007年10月.
97)弘田 克彦, Susilowati Heni, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるヒト培養胆管上皮細胞死の分子機構の解明, 第60回日本細菌学会中国四国支部総会, 2007年10月.
98)Mohammed Shabbir Ahamed, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hirokazu Iwasaki and Hiromu Nishitani : Segmentation and analysis of different organs of head and neck based on CT image, CADM, 233-234, Nov. 2007.
99)Ikuko Hosokawa, Yoshitaka Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hiromichi Yumoto, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Proinflammatory Roles of NOD2 in Human Gingival Fibroblasts, 第55回 国際歯科研究学会日本部会(JADR)総会・学術大会, Nov. 2007.
100)山下 菊治, 高岡 英人, 石川 達夫, 角田 佳折, 大野 照旺, 北村 清一郎 : 遠赤外線環境が皮膚及び癌に与える影響, 平成19年度日本赤外線学会研究発表会, 2007年11月.
101)星野 由美, 尾崎 和美, 松本 尚子, 吉田 賀弥, 吉岡 昌美, 竹内 祐子, 吉田 秀夫, 日野出 大輔, 中野 雅德, 伊賀 弘起, 羽田 勝 : 歯科衛生士教育の4年生教育に関するニーズ, 第2回 日本衛生士教育学術大会, 2007年11月.
102)湯本 浩通, 平尾 功治, 高橋 加奈子, 向井 佳代, 中西 正, 松尾 敬志 : 培養歯髄細胞におけるPattern Recognition Receptor (PRR)を介した接着分子の発現, 第127回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2007年11月.
103)平尾 功治, 湯本 浩通, 向井 佳代, 高橋 加奈子, 中西 正, 松尾 敬志 : カテキンは細菌やその構成成分に対する培養歯髄細胞の反応を調節する, 第127回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2007年11月.
104)谷田 弓磨, 池田 祐一, 佐藤 康弘, 芥川 正武, 木内 陽介, 本釜 聖子, 市川 哲雄 : 高感度磁気センサ(MIセンサ)を用いた嚥下時の咽頭運動計測装置に関する研究, 第17回磁気歯科学会学術大会抄録, 75, 2007年11月.
105)Masayuki Kohashi, Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Jun Kanno and Yoshio Hayashi : The effect of TCDD administration on murine model for Sjogren's syndrome, 第37回日本免疫学会総会・学術集会, Vol.37, 116, Nov. 2007.
106)Miho Okuno, Naozumi Ishimaru, Takashi Izawa, Rieko Arakaki, Akiko Yamada and Yoshio Hayashi : Analysis of NF-kB in T cell activation in murine autoimmune model, 第37回日本免疫学会総会・学術集会, Vol.37, 119, Nov. 2007.
107)Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Masayuki Kohashi, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Crosstalk between RANKL and Fas signaling in dendritic cells controls immune tolerance, 第37回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.37, Nov. 2007.
108)Akiko Yamada, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : T cell functions with aging in NF-kB1-deficient mice, 第37回日本免疫学会総会・学術集会, Vol.37, 174, Nov. 2007.
109)Rieko Arakaki, Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada and Yoshio Hayashi : Role of estrogen deficiency for aberrant MHC class 2 expression in the exocring gland cells, 第37回日本免疫学会総会・学術集会, Vol.37, 265, Nov. 2007.
110)Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : IFN-γ-producing epithelial cells links autoimmune exocrinopathy resembling SS in RbAp48 TG mice, 第37回日本免疫学会総会・学術集会, Vol.37, 263, Nov. 2007.
111)高石 和美 : 当施設における最近4年間の障害者歯科治療管理統計, 第24回日本障害者歯科学会総会, 2007年11月.
112)淺岡 憲三, 前島 邦光 : チタン表面のキャラクタリゼーション, 第29回日本バイオマテリアル学会, 223, 2007年11月.
113)山本 武範, 山田 安希子, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : シトクロムcと伴にミトコンドリアから放出されるタンパク質のプロテオーム解析, 第29回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2007年11月.
114)藤原 江美, 河野 文昭, 浜田 賢一, 淺岡 憲三 : 高溶解型ストロンチウム含有炭酸アパタイトセメントの試作, 第29回日本バイオマテリアル学会, 349, 2007年11月.
115)Liu Dali, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Shizuo Kayama, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : The essentiality and involvements of Streptococcus intermedius histone-like protein in bacterial viability and normal growth, The 2nd international symposium on "The future direction of oral sciences in the 21st century", Dec. 2007.
116)吉村 勇哉, 山本 武範, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 呼吸基質非存在下においてミトコンドリアに誘導される透過性遷移の解析, 第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
117)工藤 隆治, 誉田 栄一 : 口腔癌の頸部郭清後の術後照射の検討, 日本歯科放射線学会第50回関西・第46回九州合同地方会, 2007年12月.
118)日野出 大輔, 横山 正明, 福井 誠, 吉岡 昌美 : 口臭外来受診患者の喫煙状況と口臭に対する喫煙経験の影響, 第2回日本禁煙科学会学術総会, 2007年12月.
119)北村 清一郎 : 大学における人権問題とその防止, 森ノ宮医療大学教職員研修会, 2007年12月.
120)石丸 直澄 : 自己免疫疾患におけるNF-kBシグナルを介したT細胞の抑制機構, 日本病理学会秋期総会A演説, 2007年12月.
121)桑村 由美, 矢田 眞美子, 石川 雄一, 吉岡 昌美, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子 : 口腔衛生を目的とした歯科外来に受診中の2型糖尿病患者の食事と口腔に対する認識, 第27回日本看護科学学会学術集会講演集, 450, 2007年12月.
122)張 剛太, 康 金森, 王 頔, 中條 信義, 石川 康子 : 耳下腺腺房細胞における水チャネル・AQP5と脂質・ラフトの刺激による細胞内移動と唾液への遊離, 第52回日本唾液腺学会, 2007年12月.
123)Ruspita Ita, 三好 圭子, 武藤 太郎, 堀口 大吾, 阿部 佳織, 野間 隆文, 永田 俊彦 : A possible role of Sp6 in Amelogenesis, 「魅力ある大学院教育」イニシアティブ 「21世紀の口腔科学が目指すべき方向性」, 2007年12月.
124)竹内 まりえ, 松田 明日香, 安藤 健一, 山本 明毅, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensingのLas-system強制発現株の作成, 第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
125)松田 明日香, 安藤 健一, 竹内 まりえ, 山本 明毅, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, 第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
126)山本 明毅, 安藤 健一, 竹内 まりえ, 松田 明日香, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌におけるPQS Quorum sensingと抗菌薬抵抗性に関する研究, 第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
127)安藤 健一, 松田 明日香, 竹内 まりえ, 山本 明毅, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensingのLas-system強制発現株の評価, 第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
128)清宮 明香, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 道脇 宏行, 英 理香, 細谷 陽子, 田尾 知浩, 吉川 和寛, 土田 健司, 水口 潤, 川島 周 : 透析液中の細菌検査法に関する遺伝学的検討, 第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
129)山下 恭, 尾﨑 享祐, 古谷 俊介, 工藤 隆治, 川中 崇, 久保 亜貴子, 竹川 佳宏, 髙尾 正一郎, 西谷 弘 : 当院におけるTBI (Total Body Irradiation) 後の骨変化の発生頻度, 日本放射線腫瘍学会第20回学術大会(福岡) 日本放射線腫瘍学会誌, Vol.19, No.supp. 1, 109, 2007年12月.
130)坂井 隆志, チャン ホアン ナム, 劉 莉, 滕 錫川, 石丸 直澄, 坂井 利佳, 佐野 暢哉, 梶 龍兒, 林 良夫, 福井 清 : ヌクリング欠損は肝クッパー細胞枯渇をもたらし,その結果として肝炎・肝癌発症率を上昇させる, 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
131)田端 厚之, 三好 宗一郎, 角田 明由葉, 福島 江, 助野 晃子, 友安 俊文, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 大国 寿士, 長宗 秀明 : 細菌感染反応場としてのヒト型CD59:ヒト細胞指向性コレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体及びStreptococcus intermedius感染の宿主側トリガー因子としての役割, 第80回日本生化学会大会-第30回日本分子生物学会年会合同大会, 2007年12月.
132)森谷 眞紀, 山口 裕加, 藤田 由香, 棚橋 俊仁, 国香 清, 宮脇 克行, 岩田 武男, 井上 寛, 板倉 光夫 : 3番染色体短腕の関連解析探索により見出した日本人2型糖尿病疾患感受性ENDOGL1遺伝子の機能解析, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会, 2008年.
133)M.S. Ahamed, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hirokazu Iwasaki and Hiromu Nishitani : Lower jaw head, artery and muscle segment and analysis from CT image, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.461, 405-408, Jan. 2008.
134)高野 栄之, 中西 宏彰, 湯淺 哲也, 工藤 景子, 長山 勝 : 左側耳下腺部に発生した軟部好酸球肉芽腫症の治療経験, 日本口腔科学会雑誌, Vol.57, No.1, 150, 2008年1月.
135)大石 美佳, 松尾 敬志, 野間 隆文 : 歯学部学生委員会が取り組んだ高年次学生の合宿研修によるキャリア形成支援について, 2008年1月.
136)的場 みぎわ, 多田 敏子, 岡田 愛, 北村 清一郎, 小山 晋之 : 大学生のメンタルヘルスの実態(1報)-ソーシャルサポートより, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, 39-40, 2008年2月.
137)石丸 直澄 : 自己免疫疾患におけるT細胞の抑制機構, 第6回口腔医学フロンティア, 2008年2月.
138)岡田 愛, 的場 みぎわ, 多田 敏子, 北村 清一郎, 小山 晋之 : 大学生のメンタルヘルスの実態(2報) 心理的反応の実態より, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 41-42, 2008年2月.
139)山下 菊治, 上野 道明, 石川 達夫, 角田 佳折, 北村 清一郎 : チタン上に形成される歯根膜様コラーゲン線維を含む細胞外マトリックスの形成機構とその骨誘導能の解析, 第21回歯科チタン学会学術講演会, 2008年2月.
140)日浅 雅博, 淺岡 憲三 : TI合金の腐食と免疫応答, 歯科チタン学会, 2008年2月.
141)弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導される非アポトーシス型細胞死と細胞内Ca2+濃度の変動, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
142)鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性と遺伝子発現について, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
143)木村 智子, 尾崎 和美, 鹿山 鎭男, 藤坂 菊美, 三宅 洋一郎 : Streptococcus mutansの病原性におけるスクロース輸送系遺伝子の役割について, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
144)平尾 功治, 高橋 加奈子, 湯本 浩通 : ヒト培養歯髄細胞における自然免疫反応の解析とカテキンによる抑制効果, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
145)木村 智子, 尾崎 和美, 鹿山 鎭男, 藤坂 菊美, 湯本 浩通, 三宅 洋一郎 : Streptococcus mutansの病原性におけるスクロース輸送系遺伝子の役割について, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
146)徳山 麗子, 高石 和美, 富岡 重正 : 筋ジストロフィー患者に対する入院下歯科集学治療の有用性, 四国歯学会第32回例会プログラム, 2008年3月.
147)本釜 聖子, 市川 哲雄 : 静岡県立静岡がんセンターにおける口腔ケアの実際 チームアプローチを通して, 四国歯学会雑誌, Vol.21, No.2, 429, 2008年3月.
148)張 剛太, 王 頔, 康 金森, 岡村 航, 中條 信義, 石川 康子 : M3ムスカリン受容体刺激によるAQP5の管腔膜と核への細胞内移動, 第81回日本薬理学会年会, Journal Pharmacological Sciences,, Vol.106, No.Supple, 72p, 2008年3月.
149)石川 康子 : シンポジウム·セッションテーマ;創薬ターゲットとしての水チャネル, --- ドライマウスの病態生理と治療薬 ---, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
150)山下 菊治, 石川 達夫, 上野 道明, 角田 佳折, 北村 清一郎 : 遠赤外線空間が皮膚及び癌に与える影響, 第113回日本解剖学会・全国学術集会, 2008年3月.
151)角田 佳折, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : ヒト咽頭挙筋の構成–その形態的・機能的意義についての考察, 第113回日本解剖学会・全国学術集会, 2008年3月.
152)北村 清一郎 : シンポジウム「医学・歯学・コメディカル領域の解剖学教育:現状と展望」第113回日本解剖学会・全国学術集会., 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1)Yasuhiko Morita : Jul. 2007.
2)淺岡 憲三, 浜田 賢一, 藤原 江美 : チタンの表面処理とキャラクタリゼーションの変化, 「ナノトキシコロジーアセスと微粒子・ナノチューブのバイオ応用」研究会, Vol.4, 2007年8月.
3)樋浦 明夫 : 書評「シナプスが人格をつくる:脳細胞から自己の総体へ」(ジョセフ・ルドォー著,谷垣暁美訳,2004年), 解剖誌, Vol.82, No.3, 120-121, 2007年9月.
4)細井 和雄 : 口の中は唾液腺によって守られている, とくtalk 徳大広報, No.129, 5-6, 2007年10月.
5)三宅 洋一郎 : 口腔ケアの基礎知識, --- 細菌学から見た口腔ケア ---, 8020運動推進特別事業における研修会, 2007年10月.
6)細木 秀彦 : パノラマエックス線写真でどこまでわかるか?, 2007年10月.
7)細井 和雄 : 留学生交流の意義, 徳島大学留学生センターニュース, No.9, 2007年11月.
8)細木 秀彦 : 画像診断の基礎と最先端画像技術を学ぶ ー正確な診断をし,より良い結果を出すためにー, 2007年12月.
9)淺岡 憲三, 宇尾 基弘, 亘理 文夫 : チタン合金の水素吸蔵と溶出微粒子, ナノトキシコロジーアセスと微粒子・ナノチューブのバイオ応用研究会, Vol.5, 29, 2007年12月.
10)弘田 克彦, 米山 武義, 栗原 正紀, 宮本 寛, 坂本 まゆみ, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : 摂食嚥下障害のある脳血管障害患者と緑膿菌, はち・まる・にい・まる 8020, No.7, 108-109, 2008年1月.
11)日浅 雅博, 淺岡 憲三 : TI合金の腐食と免疫応答, 平成20年度厚生労働省科学研究費補助金化学物質リスク研究事業「ナノ微粒子の体内動態可視化法の開発」平成20年度第2回班会議, 2008年2月.
12)細井 和雄 : 地域に根ざした国際化の推進, 徳島大学留学生センターニュース, No.10, 2008年3月.
13)細井 和雄 : 巻頭言, 徳島大学留学生センター紀要第3号・年報第4号 2007年度, No.3/4, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

1)吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 佐野 壽昭, 山田 正三 : 成長ホルモン (GH) 産生腺腫におけるAIP遺伝子異常の解析, 成長科学協会研究年報, No.30, 2007年7月.
2)吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 佐野 壽昭, 山田 正三 : 成長ホルモン(GH)産生腺腫における癌抑制遺伝子異常の解析, 成長科学協会研究年報, No.31, 199-202, 2008年.
3)羽地 達次 : 2007 Tokushima Bioscience・COE Retreat 実施報告書, 徳島, 2008年2月.
4)佐藤 裕, 市川 哲雄 : (講演要約,翻訳)韓国ソウル大学歯学部における大卒者向け歯学教育課程(デンタルスクール化) Dong-Seok Nahm, 平成18-19年度 文部科学省「魅力ある大学院教育」イニシアティブ 歯科専門医教育の指導者養成プログラム報告書, 54-55, 徳島, 2008年3月.

2008年度(平成20年度)

article.{@.date="20080400 20090399" @.organization=\E{10999}}

2008年度(平成20年度) / 著書

1)Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Lihong Qiu, Jie Wang and Tatsuji Haneji : Oral Oncology 12, --- The transcriptional factor Osterix directly interacts with RNA helicase A ---, Ocean Papers & Printers, New Delhi, India, May 2008.
2)吉本 勝彦, 橋本 理恵 : 貧血に対する栄養管理, メディカルレビュー社, 大阪, 2008年5月.
3)堀口 大吾, 三好 圭子, 武藤 太郎, 野間 隆文 : 生化学実習書 (第3版10刷), 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部分子医化学分野, 徳島, 2008年5月.
4)佐藤 裕, 永尾 寛, 市川 哲雄 : 「義歯の要件」...審美歯科・インプラント ワードブック...第3章 ベーシック補綴 2.デンチャー, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2008年6月.
5)友竹 偉則, 市川 哲雄 : インプラント補綴 インプラントの成功基準, 2008年6月.
6)石田 雄一, 友竹 偉則, 市川 哲雄 : インプラント補綴 インプラントの治療計画, 2008年6月.
7)内藤 禎人, 友竹 偉則, 市川 哲雄 : インプラント補綴 生体適合性/Biocompatibility, 2008年6月.
8)長尾 大輔, 友竹 偉則, 市川 哲雄 : インプラント補綴 負荷の分類,免荷期間., 2008年6月.
9)和田 匡史, 友竹 偉則, 市川 哲雄 : インプラント補綴 インプラントの生物学的幅経, 2008年6月.
10)吉田 有里, 友竹 偉則, 市川 哲雄 : 診断と診断用機器 三次元画像検査用機器, 2008年6月.
11)吉田 有里, 友竹 偉則, 市川 哲雄 : 診断と診断用機器 画像診断-コンピュータガイドシステム, 2008年6月.
12)尾崎 和美 : Ⅳ感染症の検体検査 6. 口腔感染症, 近代出版, 東京, 2008年9月.
13)市川 哲雄, 友竹 偉則, 井上 孝 : 外科 即時荷重, 2008年11月.
14)市川 哲雄, 友竹 偉則, 井上 孝 : 外科 即時埋入, 2008年11月.
15)友竹 偉則, 市川 哲雄 : CT光造形実体モデルとレーザー溶接法を利用した埋入即時負荷インプラント治療, 2008年11月.
16)Kenzo Asaoka, John A Tesk and Osamu Okuno : High-Temperature Investment, Quintessence Publishing Co, Inc, Chicago, 2008.
17)吉山 昌宏, 伊藤 博夫, 十河 基文 : プラークコントロール法の現状と課題, MI 時代の歯科知識-プラークコントロール・サイエンス&プラクティス, 永末書店, 京都, 2009年.
18)伊藤 博夫, 末高 武彦ほか編 : 新口腔保健学 第1版, --- 第5章 6. 歯周疾患とその予防 ---, 医歯薬出版社, 東京, 2009年.
19)羽地 達次, 寺町 順平 : 培養細胞の免疫蛍光抗体法,組織細胞化学2009 (分担), 中西印刷, 京都市, 2009年.
20)Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Autoimmunity-Aging Mouse Model for Autoimmune Diseases, Jan. 2009.
21)Shinonaga Yukari, Kenji Arita and Lucas E. Milanita : Surface Modification of Dental Devices, --- Surface analysis of plasma-based fluorine and silver ion implanted & deposited acrylic resin ---, INSTICC Press, Porto, Portugal, Jan. 2009.
22)加藤 隆史, 大倉 一夫 : 睡眠学, --- 睡眠時ブラキシズム ---, 朝倉出版, 東京, 2009年1月.
23)吉本 勝彦 : アプドーマ,異所性ホルモン産生腫瘍,異所性ホルモン症候群,遺伝性内分泌腺症,APUD系細胞,家族性甲状腺髄様癌,家族性副甲状腺機能亢進症,胸腺ホルモン,シップル症候群,神経内分泌腫瘍,多発性内分泌腺腫症1型,多発性内分泌腺腫症2A型,多発性内分泌腺腫症2B型,パラニューローマ,プレホルモン,プロホルモン,プロホルモン変換酵素, 副甲状腺機能亢進症ー顎腫瘍症候群, 家族性成長ホルモン産生腺腫, 株式会社 医学書院, 東京, 2009年2月.
24)羽地 達次 : カラーアトラス 口腔組織発生学 第3版 (分担), わかば出版, 東京, 2009年3月.
25)有田 憲司 : Application of Glass Ionomer Cement as a ``Smart Material'' in Pediatric Dentistry, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1)中川 義信, 有田 憲司, 阿部 洋子, 松本 千都世, 樋口 智津 : 長期入院重症心身障害児・者の口腔内状況, 医療, Vol.62, No.4, 197-203, 2008年.
2)Hitoshi Ikushima, Seiji Iwamoto, Kyohsuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyoh Yamashita, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Yoshihiro Takegawa, Takaharu Kudoh, Hiroomi Kanayama and Hiromu Nishitani : Effective bladder preservation strategy with low-dose radiation therapy and concurrent intraarterial chemotherapy for muscle-invasive bladder cancer., Radiation Medicine, Vol.26, No.3, 156-163, 2008.
3)Makoto Fukui, Masami Yoshioka, Kazuhito Satomura, Hiroaki Nakanishi and Masaru Nagayama : Specific-wavelength Visible Light Irradiation Inhibits the Growth of Porphyromonas gingivalis., Journal of Periodontal Research, Vol.43, No.2, 174-178, 2008.
4)Eiji Tanaka, B Emanuel Rego, Yasunori Iwabuchi, Toshihiro Inubushi, Harm Jan Koolstra, J Eijden Theo M G van, Nobuhiko Kawai, Yasusei Kudo, Takashi Takata and Kazuo Tanne : Biomechanical response of condylar cartilage-on-bone to dynamic shear., Journal of Biomedical Materials Research. Part A, Vol.85, No.1, 127-132, 2008.
5)Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Bruna Rabelo Amorim and Tatsuji Haneji : Histone H1.2 is translocated to mitochondria and associates with Bak in bleomycin-induced apoptotic cells, Journal of Cellular Biochemistry, Vol.103, No.5, 1488-1496, 2008.
6)DA Dalla-Bona, Eiji Tanaka, T Inubushi, H Oka, A Ohta, H Okada, M Miyauchi, T Takata and K Tanne : Cementoblast response to low- and high-intensity ultrasound, Archives of Oral Biology, Vol.53, No.4, 318-323, 2008.
7)Eiji Tanaka, MS Detamore and LG Mercuri : Degenerative disorders of the temporomandibular joint: etiology, diagnosis, and treatment, Journal of Dental Research, Vol.87, No.4, 296-307, 2008.
8)Liu Dali, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono, Hideaki Nagamune, Shizuo Kayama, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : The essentiality and involvement of Streptococcus intermedius histone-like DNA-binding protein in bacterial viability and normal growth, Molecular Microbiology, Vol.68, No.5, 1268-1282, 2008.
9)Hideaki Suzuki, Shinichi Sekine, Kosuke Kataoka, David W. Pascual, Massimo Maddaloni, Ryoki Kobayashi, Keiko Fujihashi, Haruo Kozono, Jerry R. McGhee and Kohtaro Fujihashi : Ovalbumin-protein sigma 1 M-cell targeting facilitates oral tolerance with reduction of antigen-specific CD4+ T cells., Gastroenterology, Vol.135, No.3, 917-925, 2008.
10)Eiji Tanaka, Y Iwabuchi, EB Rego, JH Koolstra, E Yamano, T Hasegawa, A Kawazoe, N Kawai and K Tanne : Dynamic shear behavior of mandibular condylar cartilage is dependent on testing direction, Journal of Biomechanics, Vol.41, No.5, 1119-1123, 2008.
11)Y Tanne, K Tanimoto, N Tanaka, M Ueki, YY Lin, S Ohkuma, T Kamiya, Eiji Tanaka and K Tanne : Expression and activity of Runx2 mediated by hyaluronan during chondrocyte differentiation, Archives of Oral Biology, Vol.53, No.5, 478-487, 2008.
12)M Ueki, N Tanaka, K Tanimoto, C Nishio, K Honda, YY Lin, Y Tanne, S Ohkuma, T Kamiya, Eiji Tanaka and Kazuo Tanne : The effect of mechanical loading on the metabolism of growth plate chondrocytes, Annals of Biomedical Engineering, Vol.36, No.5, 793-800, 2008.
13)N Kawai, Eiji Tanaka, GE Langenbach, T Wessel van, R Sano, TM Eijden van and K Tanne : Jaw-muscle activity changes after the induction of osteoarthrosis in the temporomandibular joint by mechanical loading, Journal of Orofacial Pain, Vol.22, No.2, 153-162, 2008.
14)Eiji Tanaka, N Hirose, JH Koolstra, TMGJ Eijden van, R Fujita, M Tanaka, Y Iwabuchi and Kazuo Tanne : Modeling of the effect of friction in the temporomandibular joint on displacement of its disc during prolonged clenching, Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.66, No.3, 462-468, 2008.
15)Ikuko Hosokawa, Yoshitaka Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Adrenomedullin suppresses tumour necrosis factor alpha-induced CXC chemokine ligand 10 production by human gingival fibroblasts., Clinical and Experimental Immunology, Vol.152, No.3, 568-575, 2008.
16)A Ishikawa, T Yoneyama, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake and K Miyatake : Professional oral health care reduces the number of oropharyngeal bacteria, Journal of Dental Research, Vol.87, No.6, 594-598, 2008.
17)Shinichi Sekine, Kosuke Kataoka, Yoshiko Fukuyama, Yasuo Adachi, Julia Davydova, Masato Yamamoto, Ryoki Kobayashi, Keiko Fujihashi, Hideaki Suzuki, David Curiel, Satoshi Shizukuishi, Jerry McGhee and Kohtaro Fujihashi : A novel adenovirus expressing Flt3 ligand enhances mucosal immunity by inducing mature NALT dendritic cell migration., The Journal of Immunology, Vol.180, No.12, 8126-8134, 2008.
18)Jun Ishibashi, Kikuji Yamashita, Tatsuo Ishikawa, Hiroyoshi Hosokawa, Kaori Sumida, Masaru Nagayama and Seiichiro Kitamura : The effects inhibiting the proliferation of cancer cells by far-infrared radiation (FIR) are controlled by the basal expression level of heat shock protein(HSP) 70A, Medical Oncology, Vol.25, No.2, 229-237, 2008.
19)Xuefei Li, Ahmad Azlina, Mileva Ratko Karabasil, Nunuk Purwanti, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu and Kazuo Hosoi : Degradation of submandibular gland AQP5 by parasympathetic denervation of chorda tympani and its recovery by cevimeline, an M3 muscarinic agonist, American Journal of Physiology, Gastrointestinal and Liver Physiology, Vol.295, No.1, G112-G123, 2008.
20)吉田 有里, 森田 康彦, 誉田 栄一, 友竹 偉則, 市川 哲雄 : 小照射野歯科用CT装置での患者被曝線量の検討.被曝測定用X線フィルムを用いた解析., 日本口腔インプラント学会誌, Vol.21, No.3, 439-446, 2008年.
21)Wei Hau, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa : Implant prostheses and adjacent tooth migration: preliminary retrospective survey using 3-dimensional occlusal analysis., The International Journal of Prosthodontics, Vol.21, No.4, 302-304, 2008.
22)山下 菊治, 石川 達夫, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石橋 淳, 北村 清一郎 : 遠赤外線を用いた歯周組織再生に関する基礎研究ーMC3T3-E1細胞の動態及び骨形成に及ぼす遠赤外線の解析—, 歯産学誌, Vol.22, No.1, 15-25, 2008年.
23)竹内 久裕, 坂東 永一, 安陪 晋 : 顎運動解析パラメータの標準化に関する検討, --- ー切歯点における限界運動路解析ー ---, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.52, No.3, 311-320, 2008年.
24)竹内 久裕, 坂東 永一, 安陪 晋 : 顎運動解析パラメータの標準化に関する検討, --- 6自由度顎運動解析 ---, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.52, No.3, 321-330, 2008年.
25)Tatsuya Fukuiwa, Shinichi Sekine, Ryoki Kobayashi, Hideaki Suzuki, Kosuke Kataoka, Rebekah S. Gilbert, Yuichi Kurono, Prosper N. Boyaka, Arthur M. Krieg, Jerry R. McGhee and Kohtaro Fujihashi : A combination of Flt3 Ligand cDNA and CpG ODN as nasal adjuvants elicits NALT dendritic cells for prolonged mucosal immunity., Vaccine, Vol.26, No.37, 4849-4859, 2008.
26)Hideki Nagata, Yoshika Inagaki, Muneo Tanaka, Miki Ojima, Kosuke Kataoka, Masae Kuboniwa, Nobuko Nishida, Katsumasa Shimizu, Kenji Osawa and Satoshi Shizukuishi : Effect of eucalyptus-extract chewing gum on periodontal health: Double blind, randomized trial., Journal of Periodontology, Vol.79, No.8, 1378-1385, 2008.
27)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : CC Chemokine ligand 17 in periodontal diseases: expression in diseased tissues and production by human gingival fibroblasts, Journal of Periodontal Research, Vol.43, No.4, 471-477, 2008.
28)Keiko Miyoshi, Hideya Nagata, Taigo Horiguchi, Kaori Abe, Ivan Wahyudi Arie, Yoshinobu Baba, Hidemitsu Harada and Takafumi Noma : BMP2-induced gene profiling in dental epithelial cell line., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.3-4, 216-226, 2008.
29)Kanako Takahashi, Tadashi Nakanishi, Hiromichi Yumoto, Tomohiko Adachi and Takashi Matsuo : CCL20 production is induced in human dental pulp upon stimulation by Streptococcus mutans and pro-inflammatory cytokines, Oral Microbiology and Immunology, Vol.23, No.4, 320-327, 2008.
30)湯浅 哲也, 高野 栄之, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 桃田 幸弘, 藤澤 健司, 里村 一人, 石丸 直澄, 林 良夫, 長山 勝 : 舌背部に発生した孤立性神経線維腫の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.54, No.2, 80, 2008年.
31)中野 誠一, 山本 元久, 嶽村 貞治, 石丸 直澄, 宮崎 かつし, 田村 公一, 氷見 徹夫, 林 良夫, 武田 憲昭 : ミクリッツ病3例の検討, 耳鼻咽喉科臨床, Vol.101, No.8, 591-597, 2008年.
32)井澤 俊, 堀内 信也, 辻 けい子, 藤原 慎視, 大庭 康雄, 田中 栄二, 森山 啓司 : 下顎枝垂直骨切り術と下顎枝矢状分割術を併用した外科的矯正治療後に下顎頭のリモデリングを認めた一症例, 日本顎関節学会雑誌, Vol.20, No.2, 134-138, 2008年.
33)Shingo Kurabuchi, Edward W Gresik, Chenjuan Yao and Kazuo Hosoi : Hypophysectomy and hormonal therapy modulate mK1-immunoreactive duct cells in the mice sublingual glands, Journal of Molecular Histology, Vol.39, No.5, 499-507, 2008.
34)辻 けい子, 木内 奈央, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 過去20年間に徳島大学医学部・歯学部附属病院矯正歯科に来院した開咬患者の実態調査, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.20, No.1, 97-103, 2008年.
35)柳田 剛志, 黒田 晋吾, 山城 隆 : ミニスクリューを使用して治療を行った叢生を伴うアングルⅡ級成人症例, --- ミニスクリューを用いた上顎大臼歯の遠心移動 ---, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.20, No.1, 77-84, 2008年.
36)菅原 康代, 黒田 晋吾, 山田 和代, 山本 照子, 山城 隆 : 下顎枝垂直骨切り術を行った上顎両側側切歯矮小歯を伴う骨格性下顎前突症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.20, No.1, 71-76, 2008年.
37)藤原 慎視, 堀内 信也, 井澤 俊, 辻 けい子, 大庭 康雄, 森山 啓司, 田中 栄二 : エナメル質形成不全を伴う空隙歯列症例の一治験例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.20, No.1, 55-60, 2008年.
38)白倉 麻耶, 山野 栄三, 花岡 宏一, 田中 栄二, 丹根 一夫 : 鎖骨頭蓋異骨症を伴う一卵性双生児における口腔顎顔面形態, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.20, No.1, 61-70, 2008年.
39)Yu Hikosaka, Takeshi Nitta, Izumi Ohigashi, Kouta Yano, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi, Mitsuru Matsumoto, Koichi Matsuo, Josef M Penninger, Hiroshi Takayanagi, Yoshifumi Yokota, Hisakata Yamada, Yasunobu Yoshikai, Jun-ichiro Inoue, Taishin Akiyama and Yousuke Takahama : The cytokine RANKL produced by positively selected thymocytes fosters medullary thymic epithelial cells that express autoimmune regulator., Immunity, Vol.29, No.3, 438-450, 2008.
40)Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Satoko Yoshida, Akiko Yamada, Sumihare Noji and Yoshio Hayashi : Expression of the retinoblastoma protein RbAp48 in exocrine glands leads to Sjögren's syndrome-like autoimmune exocrinopathy., The Journal of Experimental Medicine, Vol.205, No.12, 2915-2927, 2008.
41)Takashi Hashimoto, Shingo Kuroda, Lihua E, Yuko Tanimoto, Shouichi Miyawaki and Teruko Takano-Yamamoto : Correlation between craniofacial and condylar path asymmetry., Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.66, No.10, 2020-2027, 2008.
42)吉岡 昌美, 藤井 裕美, 廣瀬 薫, 坂本 治美, 十川 悠香, 松本 尚子, 星野 由美, 福井 誠, 横山 正明, 日野出 大輔 : 急性期病院の脳神経疾患患者に対する口腔ケアニーズの分析, 口腔衛生学会雑誌, Vol.58, No.5, 490-497, 2008年.
43)廣島 佑香, 稲垣 裕司, 板東 美香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : 著明な過剰根管充填の経過を長期観察した3症例, 日本歯科保存学雑誌, Vol.51, No.5, 485-492, 2008年.
44)T Inubushi, Eiji Tanaka, EB Rego, M Kitagawa, A Kawazoe, A Ohta, H Okada, JH Koolstra, M Miyauchi, T Takata and K. Tanne : Effects of Ultrasound on the Proliferation and Differentiation of Cementoblast Lineage Cells, Journal of Periodontology, Vol.79, No.10, 1984-1990, 2008.
45)Liu Dali, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Shizuo Kayama, Taniguchi Tomonori, Yamamoto Akitake, Tsuneko Ono, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Heterologous expression of a histone-like protein from Streptococcus intermedius in Escherichia coli alters the nucleoid structure and inhibits the growth of E. coli, FEMS Microbiology Letters, Vol.288, No.1, 68-75, 2008.
46)Hideki Ohnishi, Satoshi Iwanaga, Kazuyoshi Kawazoe, Keisuke Ishizawa, Sakiko Orino, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Nagakatsu Harada, Kazuhiro Mori, Tomoko Tsuchihashi, Yasuko Ishikawa and Toshiaki Tamaki : Effect of iron-quercetin complex on reduction of nitrite in in vitro and in vivo systems, Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.56, No.21, 10092-10098, 2008.
47)Tetsuo Ichikawa, Osamu Ishida, Megumi Watanabe, Yoritoki Tomotake and Hua Wei : A new retrieval system for cement-retained implant superstructures., Journal of Prosthodontics, Vol.17, No.6, 487-489, 2008.
48)Eiji Tanaka and JH Koolstra : Biomechanics of the temporomandibular joint, Journal of Dental Research, Vol.87, No.11, 989-991, 2008.
49)Kenzo Asaoka and Kunimitsu Maejima : Hydrogen-related degradation of mechanical properties of titanium and titanium alloys, Journal of ASTM International, Vol.6, No.1, JAI101853, 2008.
50)香西 克之, 鈴木 淳司, 内川 喜盛, 木本 茂成, 田村 康夫, 中島 一郎, 小野 俊朗, 有田 憲司, 新谷 誠康, 福本 敏, 海原 康孝, 林 文子, 土屋 友幸 : 全国29歯科大学・大学歯学部における小児歯科学教育の実態, 小児歯科学雑誌, Vol.46, No.5, 517-523, 2008年.
51)阪間 稔, 佐瀬 卓也, 谷井 喬, 前澤 博, 前田 幸志, 佐藤 一雄, 誉田 栄一, 西谷 弘 : 医療用自己遮蔽型PETサイクロトロン及び電子リニアックにおける中性子束の箔放射化法による測定, 日本放射線安全管理学会誌, Vol.7, No.2, 138-147, 2008年.
52)Ken-ichi Kitazoe, Masahiro Abe, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Hiroe Amou, Takeshi Harada, Ayako Nakano, Kyoko Takeuchi, Toshihiro Hashimoto, Ken-ichiro Yata, Shuji Ozaki and Toshio Matsumoto : Valproic acid exerts anti-tumor as well as anti-angiogenic effects on myeloma., International Journal of Hematology, Vol.89, No.1, 45-57, 2008.
53)藤澤 健司, 山内 英嗣, Seiko Takehara, 高野 栄之, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 宮本 洋二 : 共鳴振動周波数分析装置を用いた即時荷重インプラント安定性の経時的評価, 日本顎顔面インプラント学会誌, Vol.7, No.3, 205-210, 2008年.
54)藤澤 健司, 舘原 誠晃, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 山内 英嗣, 宮本 洋二 : 即時荷重インプラントに関する臨床的検討:3年経過時の臨床成績 ., 日本口腔インプラント学会誌, Vol.21, No.4, 563-569, 2008年.
55)Eiji Tanaka, A Kawazoe, S Nakamura, G Ito, N Hirose, Y Tanne, N Kawai, K Tanimoto and K Tanne : An adolescent patient with multiple impacted teeth, The Angle Orthodontist, Vol.78, No.6, 1110-1118, 2008.
56)Eiji Tanaka, R Sano, Nobuhiko Kawai, J M A Korfage, S Nakamura, Takashi Izawa, G J E Langenbach and Kazuo Tanne : Regional differences in fiber characteristics in the rat temporalis muscle, Journal of Anatomy, Vol.213, No.6, 743-748, 2008.
57)Hirohiko Okamura, Bruna Rabelo Amorim, Jie Wang, Kaya Yoshida and Tatsuji Haneji : Calcineurin regulates phosphorylation satus of transcriptionfactor osterix, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.379, No.2, 440-444, 2009.
58)Maki Hosoki, Eiichi Bando, Kenzo Asaoka, Hisahiro Takeuchi and Keisuke Nishigawa : Assessment of allergic hypersensitivity to dental materials, Bio-Medical Materials and Engineering, Vol.19, No.1, 53-61, 2009.
59)桃田 幸弘, 里村 一人, 徳山 麗子, 湯浅 哲也, 工藤 景子, 高野 栄之 : 降下性壊死性縦隔炎を発症した下顎智歯周囲炎の1例, 四国歯学会雑誌, Vol.21, No.2, 413-419, 2009年.
60)日野出 大輔, 伊賀 弘起, 中野 雅德, 河野 文昭, 吉本 勝彦 : 教育GP「高齢社会を担う地域育成型歯学教育」(第1報) 高齢者交流学習による教育効果, 四国歯学会雑誌, Vol.22, No.1, 129-131, 2009年.
61)桃田 幸弘, 里村 一人, 湯淺 哲也, 工藤 景子, 高野 栄之, 林 良夫, 宮本 洋二 : 著しい骨吸収を伴う歯性上顎洞炎の1例, 四国歯学会雑誌, Vol.21, No.2, 407-411, 2009年.
62)Masaki Yoshida, Nagakatsu Harada, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Nagakatsu Harada, Yunjie Yin, Atsushi Hattori, Tomoe Zenitani, Sayuri Hara, Haruka Yonemoto, Aki Nakamura, Masayuki Nakano, Kazuaki Mawatari, Kiyoshi Teshigawara, Hidekazu Arai, Toshio Hosaka, Akira Takahashi, Katsuhiko Yoshimoto and Yutaka Nakaya : Identification of cis-acting promoter sequences required for expression of the glycerol-3-phosphate acyltransferase 1 gene in mice., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1791, No.1, 39-52, 2009.
63)Shingo Kuroda, Takako Sugahara, Souichirou Takabatake, Hiroaki Taketa, Ryoko Ando and Teruko Takano-Yamamoto : Influence of anteroposterior mandibular positions on facial attractiveness in Japanese adults., American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.135, No.1, 73-78, 2009.
64)Kazuyo Yamada, Shingo Kuroda, Toru Deguchi, Teruko Takano-Yamamoto and Takashi Yamashiro : Distal movement of maxillary molars using miniscrew anchorage in the buccal interradicular region., The Angle Orthodontist, Vol.79, No.1, 78-84, 2009.
65)Y. Pan, F. Iwata, D. Wang, M. Muraguchi, K. Ooga, Y. Ohomoto, M. Takai, G. Cho, J. Kang, Masayuki Shono, XJ. Li, K. Okamoto, T. Mori and Yasuko Ishikawa : Identification of aquaporin-5 and lipid rafts in human resting saliva and their release into cevimeline-stimulated saliva, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1790, No.1, 49-56, 2009.
66)湯淺 哲也, 細川 浩良, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 高野 栄之, 工藤 景子, 藤澤 健司, 里村 一人 : 抜歯後出血を契機に診断された高齢者における先天性血友病Aの1例, 四国歯学会雑誌, Vol.21, No.2, 403-406, 2009年.
67)吉田 有里, 森田 康彦, 誉田 栄一, 友竹 偉則, 市川 哲雄 : 小照射野歯科用CT撮影における画像測定精度の検討, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.22, No.1, 3-14, 2009年.
68)Zhi-Rong Qian, Sylvia L Asa, Haruhiko Siomi, Mikiko Siomi, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada, Elaine Lu Wang, Md Mustafizur Rahman, Hiroshi Inoue, Mitsuo Itakura, Eiji Kudo and Toshiaki Sano : Overexpression of HMGA2 relates to reduction of the let-7 and its relationship to clinicopathological features in pituitary adenomas., Modern Pathology, Vol.22, No.3, 431-441, 2009.
69)大倉 一夫 : ミリングテクニックを用い審美性に配慮した部分欠損補綴の1症例, 日本補綴歯科学会誌, Vol.1, No.1, 117-120, 2009年.
70)Tetsuya Akamatsu, Ahmad Azlina, Nunuk Purwanti, Mileva Ratko Karabasil, Takahiro Hasegawa, Chenjuan Yao and Kazuo Hosoi : Inhibition and transcriptional silencing of a subtilisin-like proprotein convertase, PACE4/SPC4, reduces the branching morphogenesis of and AQP5 expression in rat embryonic submandibular gland, Developmental Biology, Vol.325, No.2, 434-443, 2009.
71)Koichi Fujisawa, Ryutaro Murakami, Taigo Horiguchi and Takafumi Noma : Adenylate kinase isozyme 2 is essential for growth and development of Drosophila melanogaster., Comparative Biochemistry and Physiology. Part B, Biochemistry & Molecular Biology, Vol.153, No.1, 29-38, 2009.
72)Shingo Kurabuchi and Kazuo Hosoi : Immunocytochemical study of granular duct cells with a hormonally enhanced granular cell phenotype in the mouse parotid gland, Odontology, Vol.97, No.1, 57-61, 2009.
73)Nishio Clarice, Mendes de Moraes Alvaro, Almeida Antonio de Oliveira Marco, Eiji Tanaka, Tanne Kazuo and Eliasf Nelson Carlos : Evaluation of esthetic brackets' resistance to torsional forces from the archwire, American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.135, No.1, 42-48, 2009.
74)Mileva Ratko Karabasil, Takahiro Hasegawa, Ahmad Azlina, Nunuk Purwanti, Javkhlan Purevjav, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu and Kazuo Hosoi : Trafficking of GFP-AQP5 chimeric proteins conferred with unphosphorylated amino acids at their PKA-target motif (152SRRTS) in MDCK-II cells, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.1, 2, 55-63, 2009.
75)北村 清一郎, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石橋 淳, 山下 菊治 : 斜角筋椎骨三角の局所解剖構造, 臨床解剖研究会記録, No.9, 50-51, 2009年.
76)木戸 淳一, 日野 真美, 板東 美香, 廣島 佑香 : バイオマーカーを用いた歯周病診断, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.129, No.2, 233-237, 2009年.
77)Yoshihiro Umemoto, Masatoshi Kataoka, Shouki Yatsushiro, Masahiro Watanabe, Jun-ichi Kido, Rei Kakuhata, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara and Yoshinobu Baba : Sequential analysis of RNA synthesis by microchip electrophoresis., Analytical Biochemistry: Methods in the Biological Sciences, Vol.388, No.1, 161-163, 2009.
78)Mitsuyoshi Iino, Masayuki Fukuda, Hirokazu Nagai, Yoshiki Hamada, Hiroyuki Yamada, Kazutoshi Nakaoka, Yoshiyuki Mori, Daichi Chikazu, Hideto Saijo, Ichiro Seto, Kazumi Ohkubo and Tsuyoshi Takato : Evaluation of 15 mandibular reconstructions with Dumbach Titan Mesh-System and particulate cancellous bone and marrow harvested from bilateral posterior ilia., Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontics, Vol.107, No.4, e1-8, 2009.
79)Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Naoshi Yamazaki, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Differential permeabilization effects of Ca2+ and valinomycin on the inner and outer mitochondrial membranes as revealed by proteomics analysis of proteins released from mitochondria., Molecular & Cellular Proteomics, Vol.8, No.6, 1265-1277, 2009.
80)Tohru Ishikawa, Koh-ichi Nakashiro, Sebastian K. Klosek, Hiroyuki Goda, Shingo Hara, Daisuke Uchida and Hiroyuki Hamakawa : Hypoxia enhances CXCR4 expression by activating HIF-1 in oral squamous cell carcinoma., Oncology Reports, Vol.21, No.3, 707-712, 2009.
81)Shingo Kuroda, Kazuyo Yamada, Toru Deguchi, Hee-Moon Kyung and Teruko Takano-Yamamoto : Class II malocclusion treated with miniscrew anchorage: comparison with traditional orthodontic mechanics outcomes., American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.135, No.3, 302-309, 2009.
82)伊賀 弘起, 日野出 大輔, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 尾崎 和美, 羽田 勝, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 竹内 祐子, 星野 由美, 松本 尚子, 永田 俊彦 : 徳島大学パイロット事業支援プログラム「歯科医療系学生の口腔保健・福祉体験実習による健康長寿支援」, 大学教育研究ジャーナル, Vol.6, 108-114, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)中野 雅德, 細井 和雄, 伊賀 弘起 : 朝鮮大学校歯科大学訪問の報告, 四国歯学会雑誌, Vol.21, No.1, 287-288, 2008年.
2)吉岡 昌美, 松本 尚子, 星野 由美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 横山 正明, 市川 哲雄, 河野 文昭, 野間 隆文 : キャリア形成支援教育プログラムの開発と教育効果の評価-「チーム医療体験学習」の実践的研究を通して-, 大学教育研究ジャーナル, Vol.6, 24-43, 2009年.
3)角田 佳折 : A.brachialis superficialis suprema(BSR), A.brachialis superficialis系とA.subscapularis superficialis系(実習調査), 2008年度第10回人体解剖学実習セミナー・熊本報告集, 242-244, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術レター

1)清宮 明香, 松浦 千惠子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 田尾 知浩, 吉川 和寛, 土田 健司, 水口 潤, 川島 周, 小野 恒子 : 透析液中の細菌検出における遺伝学的検討, 腎と透析65巻別冊 ハイパフォーマンスメンブレン'08, 2008年.

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

1)北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識10—前頸部の皮下組織と顎下部—顎下部の腫れを理解するために, 歯界展望, Vol.111, No.4, 690-697, 2008年4月.
2)三宅 洋一郎, 板野 守秀, 矢納 義高 : 糖アルコールとデンタルプラークコントロール, 臨床検査, Vol.52, No.4, 455-458, 2008年4月.
3)北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識11, --- 頸部前面の深層—口腔の炎症が全身に拡がる経路を理解するために ---, 歯界展望, Vol.111, No.5, 904-911, 2008年5月.
4)北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識11-頸部前面の深層—口腔の炎症が全身に拡がる経路を理解するために, 歯界展望, Vol.111, No.5, 904-911, 2008年5月.
5)北村 清一郎, 角田 佳折, 山下 菊治 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識12-頸部の内蔵—嚥下を理解するために, 歯界展望, 1066-1073, 2008年6月.
6)Kuniaki Takata, Toshiyuki Matsuzaki, Yuki Tajika, Abduxukur Ablimit and Takahiro Hasegawa : Localization and trafficking of aquaporin 2 in the kidney., Histochemistry and Cell Biology, Vol.130, No.2, 197-209, Jun. 2008.
7)宮内 睦美, 山野 栄三, 田中 栄二, 今中 宏真, 水道 裕久, 牧野 武利, 丹根 一夫, 高田 隆 : 歯周病とラクトフェリン-基礎研究から臨床応用まで リポソーム化ラクトフェリン経口投与がリポポリサッカライド誘導歯周組織破壊に及ぼす抑制効果, 歯界展望, Vol.112, 728-729, 2008年10月.
8)伊賀 弘起 : 口腔保健学科における口腔保健学教育, 四国歯学会雑誌, Vol.21, No.2, 309-317, 2009年1月.
9)田中 栄二 : 顎関節の潤滑機能, 四国歯学会雑誌, Vol.21, No.2, 319-325, 2009年1月.
10)中野 雅德 : ライフステージに応じた機能的口腔ケア, --- -歯科衛生士が開く健康長寿社会への扉- ---, 四国歯学会雑誌, Vol.21, No.2, 303-307, 2009年1月.
11)鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌の抗菌薬抵抗性に影響を与える因子について, 四国歯学会雑誌, Vol.21, No.2, 421-422, 2009年3月.
12)吉本 勝彦, 山田 正三 : 【遺伝性内分泌腫瘍の基礎と臨床 遺伝カウンセリングに必要な知識】 家族性成長ホルモン産生腫瘍の基礎と臨床, ホルモンと臨床, Vol.57, No.3, 263-268, 2009年3月.
13)水澤 典子, 岩田 武男, 吉本 勝彦 : 【遺伝性内分泌腫瘍の基礎と臨床 遺伝カウンセリングに必要な知識】 家族性副甲状腺機能亢進症の基礎と臨床, ホルモンと臨床, Vol.57, No.3, 255-261, 2009年3月.
14)横山 正明, 吉岡 昌美, 阿部 洋子, 藤井 裕美, 松本 尚子, 星野 由美, 十川 悠香, 真杉 幸江, 坂本 治美, 廣瀬 薫, 横山 希実, 玉谷 香奈子, 日野出 大輔 : 徳島大学病院ICUにおける歯科専門職による口腔ケアの取り組み, 口腔衛生学会雑誌, Vol.59, No.2, 132-140, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1)Kenzo Asaoka : Hydrogen related degradation of mechanical properties of titanium and titanium alloys, 2nd Symposium on fracture and fracture of mrdical metallic materials and devices, Denver, May 2008.
2)Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Jie Wang, Lihong Qiu and Tatsuji Haneji : The transcriptional factor Osterix directly interacts with RNA helicase A, 12th International Congress on Oral Cancer, Shanghai, China, May 2008.
3)Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka : Properties of MRI-Artifact-Free Gold Alloy for Biomedical Application, 8th World Biomaterials Congress, Amsterdam, May 2008.
4)Emi Fujihara, Fumiaki Kawano, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Resorbable calcium phosphate bone cement precipitated strontium and carbonate apatite, 8th World Biomaterials Congress, Amsterdam, May 2008.
5)Kenzo Asaoka and Kunimitsu Maejima : Analysis of water on titanium surface by thermal desorption spectroscopy, 8th World Biomaterials Congress, Amsterdam, Jun. 2008.
6)Takeshi Yamamoto, Eiichi Bando, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Toyoko Satsuma, Naoto Noguchi, Masanori Nakano, Maki Hosoki, Teruaki Ishikawa and Mariko Kitamura : 磁気式歯科用6自由度デジタイザの開発, The Journal of the Japan Prosthodontic Society, Nagoya, Jun. 2008.
7)Kenzo Asaoka and Motohiro Uo : Formation of fine particles related with mechanical degradation of Ni-Ti superelastic alloys in biological fluids, Nanotoxicology Assessment and Biomedical, Environmental Application of Fine Particles and Nanotubes (ISNT2008), Sapporo, Jun. 2008.
8)Kikuji Yamashita, Akemichi Ueno, Tatsuo Ishikawa, Kaori Sumida, Kaori Abe and Seiichiro Kitamura : Possibility of Drug Delivery System(DDS)with ability of collagen fiber, International Symposium on ``Nanotoxicology Assessment and Biomedical,Environmental Application of Fine Particles and Nanotubes''(ISNT2008), Hokkaodo, Jun. 2008.
9)Maki Hosoki, Eiichi Bando, Kenzo Asaoka, M Kitamura, Hisahiro Takeuchi and Keisuke Nishigawa : Assessment of allergic hypersensitivity to dental materials, Nanotoxicology Assessment and Biomedical, Environmental Application of Fine Particles and Nanotubes (ISNT2008), Sapporo, Jun. 2008.
10)Masahiro Abe, Masahiro Hiasa, Kido S., Oda A., Amou H., takeuchi K., Ken-ichiro Yata, Shuji Ozaki and Toshio Matsumoto : TACE up-regulation in monocytes by GM-CSF and IL-4 disrupts myeloma cell-induced osteoclastogenesis while inducing dendritic cell differentiation, International Meeting on Cancer Induced Bone Disease, Scotland, Jun. 2008.
11)Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Tadashi Nakanishi, Kanako Takahashi, Kayo Mukai, Miho Yoneda and Takashi Matsuo : Functional Analysis of Pattern Recognition Receptor Expression in Pulpal Cells, 86th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Jul. 2008.
12)Kayo Mukai, Tadashi Nakanishi, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi, Kouji Hirao and Takashi Matsuo : Effects of Catechins on Cytokine Production in Human Odontoblast-like Cells, 86th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Jul. 2008.
13)Ikuko Hosokawa, Yoshitaka Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hiromichi Yumoto, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Pro-inflammatory Roles of NOD2 in Human Gingival Fibroblasts, 86th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Jul. 2008.
14)Hiromichi Yumoto, Liu Dali, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Hideaki Nagamune, Shizuo Kayama, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Gene-regulatory and Physiological Functions of Histone-like Protein from Streptococci, 86th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Toronto (Canada), Jul. 2008.
15)Daisuke Hinode, Masaaki Yokoyama, Makoto Fukui, Nozomi Yokoyama, Kanako Tamatani and Masami Yoshioka : The Effect of Tongue Cleaning on Oral Malodor, 86th General Session & Exhibition of the IADR/ 32nd Annual Meeting of the CADR, Toronto, Jul. 2008.
16)Kazuo Okura, Naoto Noguchi, Eiichi Bando, Shuji Shigemoto, Toyoko Satsuma, Teruaki Ishikawa and Masanori Nakano : Development of Analysis System for Sleep Associated Bruxism, 86th General Session & Exhibition of the IADR, Toronto, Jul. 2008.
17)Toyoko Satsuma, Tetsuya Fujimura, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Maki Hosoki and Takeshi Yamamoto : Visualization of Tooth Movements in Six-Degree-of-Freedom during Occlusal Force Loading, 86th General Session & Exhibition of the IADR, Toronto, Jul. 2008.
18)Nao Kinouchi, Yutaka Osawa, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi, Keiji Moriyama, Sumihare Noji and Eiji Tanaka : Atelocollagen-mediated lapplications of myostatin-targeting siRNA increase skeletal muscle mass, 86th IADR, Toronto, Jul. 2008.
19)EB Rego, Eiji Tanaka, T Inubushi, M Miyauchi, Takashi Takata, A Ohta, H Okada and Kazuo Tanne : PGE2 production in cementoblasts and PDL cells by ultrasound stimulation, 86th IADR, Toronto, Jul. 2008.
20)C Nishio, M Ueki, N Tanaka, Y-Y Lin, K Tanimoto, Eiji Tanaka, A Moraes Mendes de, C Quintao and Kazuo Tanne : Comparison of response to mechanical loading between two articular cartilages, 86th IADR, Toronto, Jul. 2008.
21)Shinonaga Yukari, Kenji Arita and Masato Mitome : Surface modification of the medical & dental devices, --- Surface analysis of plasma-based fluorine and silver dual ion implanted & deposited stainless steel ---, The International Symposium on Oral Sciences to Improve the Quality of Life, 32, Tokushima, Aug. 2008.
22)Bruna Rabelo Amorim, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida and Tatsuji Haneji : The bone transcriptional factor Osterix interacts with RNA helicase A, The 3rd International Symposium on ''Oral Sciences to Improve the Quality of Life'', Tokushima, Japan, Sep. 2008.
23)Ikuko Hosokawa, Yoshitaka Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hiromichi Yumoto, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Pro-inflammatory Roles of NOD2 in Human Gingival Fibroblasts, The 3rd International Symposium on "Oral Sciences to Improve the Quality of Life", Sep. 2008.
24)Emi Fujihara, Kenichi Hamada, Kikuji Yamashita, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Preparation of biodegradable calcium phosphate cement using a-TCP with low crystallinity, The International Symopsium on Oral Science to Improve the Quality of Life, Tokushima, Sep. 2008.
25)Ishikawa Tatsuo, Kikuji Yamashita, Kaori Sumida, Abe Kaori and Seiichiro Kitamura : Effects of far-infrared radiation(FIR) on osteoblast-like cells MC3T3-E1 and bone formation in mice, The International Symposium on ``OralSciences to Improve the Quality of Life'', Tokushima, Sep. 2008.
26)Naoto Noguchi, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Toyoko Satsuma, Takeshi Yamamoto, Kazuo Okura, Masanori Nakano, Maki Hosoki, Teruaki Ishikawa, Mariko Kitamura, Keisuke Nishigawa and Motoharu Kori : Development of an Intra-Oral Sensor Consisting of three Non-Concentric Orthogonal Coils for Measurement of Jaw Movements, The International Symposium on Oral Sciences to Improve the Quality of Life, Tokushima, Sep. 2008.
27)Takeshi Yamamoto, Shuji Shigemoto, Toyoko Satsuma, Naoto Noguchi, Teruaki Ishikawa, Mariko Kitamura, Masanori Nakano, Eiichi Bando and Maki Hosoki : Development of Magnetic Three-dimensional Dental Digitizer for Visualization of Jaw Structure and Function, The International Symposium on Oral Sciences to Improve the Quality of Life, Tokushima, Sep. 2008.
28)Yoshitaka Suzuki, Keisuke Nishigawa, Naoto Noguchi, Takeshi Yamamoto, YOSHIHIRO KUBO and Eiichi Bando : Evaluation of Occlusal Contact Area with Different Examination Methods for Dental Articulation, The International Symposium on Oral Sciences to Improve the Quality of Life, Tokushima, Sep. 2008.
29)Di Wang, Fusako Iwata, Masahiro Muraguchi, Keiko Ooga, Yasukazu Ohmoto, Masaaki Takai, Yoyoki Mori and Yasuko Ishikawa : Identification of aquaporin-5 and lipid rafts in human resting saliva and their release into cevimeline-stimulated saliva, The International Symposium on oral sciences to improve the quality of life, Tokushima, Sep. 2008.
30)Golam Md. Hossain, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa and Katsuhiko Yoshimoto : Compressive force-induced inhibition of adipocyte differentiation is mediated through down-regulatioin of PPAR2., The International Symposium on Oral Sciences to Improve The Quality of Life, Tokushima, Sep. 2008.
31)Shima Nazatul Wan, Noriko Mizusawa, Takeo Iwata and Katsuhiko Yoshimoto : Effect of Liver X Receptor (LXR) Agonist on GLP-1 Expression., The International Symposium on Oral Sciences to Improve The Quality of Life, Tokushima, Sep. 2008.
32)Takeuchi K., Masahiro Abe, Oda A., Amou H., Masahiro Hiasa, Tanaka O., Nakamura S., Miki H., Kumiko Kagawa, Ken-ichiro Yata, Hashimoto T., Shuji Ozaki, Kido S. and Toshio Matsumoto : TGF-β Suppresses Adipocytic Differentiation and Enhances Accumulation of Stromal Cells in Myeloma Bone Lesions, ASBMR, Montreal, Sep. 2008.
33)Masahiro Abe, Masahiro Hiasa, Oda A., Amou H., takeuchi K., Tanaka O., Nakamura S., Miki H., Kumiko Kagawa, Ken-ichiro Yata, Shuji Ozaki, Kido S. and Toshio Matsumoto : Bone marrow stromal cells up-regulate M-CSF receptor in monocytes to disrupt dendritic cell differentiation while facilitating osteoclastogenesis in myeloma, ASBMR, Montreal, Sep. 2008.
34)Kenji Arita, Aimi Kimura, Milanita E. lucas, Yukari Shinonaga and Yoko Abe : Mechanical and fluoride properties of a newly-developed hydroxyapatite glass-ionomer cement, 98th FDI Annual World Dental Congress, 141, Stockholm, Sep. 2008.
35)Shingo Kuroda : Mini-screw anchorage enhances the quality of orthodontic treatment, 1st World Implant Orthodontic Conference & 7th Asian Implant Orthodontic Conference, Seoul, Sep. 2008.
36)Takashi Sakai, Li Liu, Xichuan Teng, Naozumi Ishimaru, Rika Sakai, Nam Hoang Tran, Nobuya Sano, Yoshio Hayashi, Ryuji Kaji and Kiyoshi Fukui : Inflammatory disease and cancer with a decrease in Kupffer cell numbers in Nucling-konckout mouse, 20th FAOBMB Taipei Conference, Taipei, Oct. 2008.
37)Kenzo Asaoka : Porous titanium as bio-functional Biomaterials, international Symposium on Emerging Biomaterials in Tissue Engineering, Cheonan, Nov. 2008.
38)Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : The molecular mechanism for Streptococcus intermedius intermedilysin-induced cell death inhuman cholangiocellular carcinoma cells, International Joint Symposium Frontier in Biomedical Sciences: From Genes to Applications, Yogyakarta, Nov. 2008.
39)Ken-ichiro Yata, Masahiro Abe, Oda A., Amou H., takeuchi K., Masahiro Hiasa, Nakano A., Miki H., Nakamura S., Tanaka O., Kumiko Kagawa, Shuji Ozaki and Toshio Matsumoto : Anti-myeloma effects of γδ T cells are hampered by bone marrow stromal cells but resumed by stromal cell-derived osteoblasts, Annual Meeting of the American Society of Hematology, San Francisco, Dec. 2008.
40)Ahmed Shawky Maklad, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hirokazu Iwasaki and Hiromu Nishitani : Extraction and evaluation of different organs of head and neck using multi-slice CT images, International Forum on Medical Imaging in Asia 2009, Vol.108, No.385, 443-446, Taiwan, Jan. 2009.
41)Kikuji Yamashita : Possibility of far-infrared ray as physical therapy for cancer, The 1st International Mini Symposium on Wave Biotechnology in Seoul, Mar. 2009.
42)Takeo Iwata, Masamichi Kuwajima, Akiko Sukeno, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi, M Wabitsch, Noriko Mizusawa, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto : YKL-40 secreted from macrophages infiltrating into adipose tissue inhibits degradation of type I collagen., International symposium on diabetes, Tokyo, Mar. 2009.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1)石丸 直澄 : 自己免疫疾患におけるT細胞抑制機構, 第62回日本口腔科学会学術集会, 101, 2008年4月.
2)川添 亜希, 山野 栄三, 宮内 睦美, 田中 栄二, 石角 篤, 水道 裕久, 今中 宏真, 牧野 武利, 丹根 一夫, 高田 隆 : 骨芽細胞による破骨細胞形成に及ぼすラクトフェリンの抑制効果について, 第51回日本歯周病学会春季学術大会, 2008年4月.
3)山野 栄三, 宮内 睦美, 石角 篤, 田中 栄二, 水道 裕久, 今中 宏真, 牧野 武利, 丹根 一夫, 高田 隆 : リポポリサッカライド誘導歯周組織破壊に及ぼすリポソーム化ラクトフェリン経口投与の抑制効果 第3報:骨芽細胞による破骨細胞形成に及ぼすラクトフェリンの抑制効果について, 第51回日本歯周病学会春季学術大会, 2008年4月.
4)野口 直人, 坂東 永一, 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 山本 修史, 大倉 一夫, 中野 雅德, 細木 眞紀, 石川 輝明, 北村 万里子, 西川 啓介, 郡 元治 : 口腔内用偏心三軸コイルを用いた顎運動測定, 日本顎口腔機能学会 第40回記念学術大会, 2008年4月.
5)富永 敏彦, 湯本 浩通, 松尾 敬志 : Electro-Magnetic Apical Treatment, 第29回日本歯内療法学会, 2008年5月.
6)平尾 功治, 湯本 浩通, 向井 佳代, 松尾 敬志 : カテキンのヒト培養歯髄細胞に対する抗炎症効果, 第29回日本歯内療法学会, 2008年5月.
7)山本 武範, 吉村 勇哉, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 片岡 正俊, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 呼吸基質非存在下でミトコンドリアに誘起される透過性遷移の解析, 日本生物物理学会 第1回中国四国支部大会, 2008年5月.
8)山田 安希子, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : Ⅰ型糖尿病モデルマウスにおけるカテプシンL阻害剤を用いた治療学的解析, 第97回日本病理学会総会, Vol.97, No.1, 266, 2008年5月.
9)新垣 理恵子, 石丸 直澄, 山田 安希子, 林 良夫 : エストロゲン欠乏による外分泌腺上皮クラスⅡ発現の誘導メカニズム, 第97回日本病理学会総会, Vol.97, No.1, 322, 2008年5月.
10)石丸 直澄, 林 良夫 : 自己免疫病と性差, 第97回日本病理学会総会, Vol.97, No.1, 170, 2008年5月.
11)吉本 勝彦, Golam Hossain, 岩田 武男, 水澤 典子, 内野 眞也, 鈴木 やすよ, 水越 常徳, 田原 英樹, 櫻井 晃洋, 紅粉 睦男, 八代 享, 鈴木 眞一, 松野 彰, 西岡 宏, 田村 哲郎 : 家族性副甲状腺機能亢進症家系および家族性下垂体腺腫家系におけるp27Kip1遺伝子解析, 第81回日本内分泌学会学術総会, 2008年5月.
12)Feng Yun Yuan, 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治 : The pi-class glutathione S-transferase (GSTP1) may be a novel tumor suppressor gene in pituitary tumorigenesis., 第81回日本内分泌学会学術総会, 2008年5月.
13)Hoang Nam Tran, 坂井 隆志, Salah M. El-Sayed, 劉 莉, 坂井 利佳, 石丸 直澄, 林 良夫, 梶 龍兒, 福井 清 : 新規アポトーシス制御分子ヌクリングはNF-κB の制御に関与する, 第49回日本生化学会中国四国支部例会, 2008年5月.
14)水澤 典子, 岩田 武男, 吉本 勝彦 : LXRアゴニストによるインクレチン発現への影響,, 第81回日本内分泌学会学術総会, 2008年5月.
15)神野 恵, 高橋 巧, 大庭 康雄, 森山 啓司, 田中 栄二 : Smad3ノックアウトマウスを用いた口蓋粘膜における創傷治癒解析-第2報-, 第32回日本口蓋裂学会総会, 2008年5月.
16)西 美香, 當麻 愉衣子, 筒井 啓介, 加来 真人, 田中 栄二, 宮本 義洋, 林堂 安貴, 岡本 哲治, 丹根 一夫 : 広島大学病院矯正歯科における顎裂部への自家腸骨海綿骨移植を受けた口唇裂・口蓋裂患者の臨床統計的調査, 第32回日本口蓋裂学会総会, 2008年5月.
17)廣瀬 尚人, 田中 栄二, 長谷川 拓郎, 鎌田 伸之, 丹根 一夫 : 仮骨延長術によって上顎部の後退を改善した片側性口唇裂・口蓋裂の1症例, 第32回日本口蓋裂学会総会, 2008年5月.
18)植木 雅士, 長谷川 拓郎, 尾崎 徳継, 田中 伸明, 国松 亮, 田中 栄二, 丹根 一夫 : 広島大学病院矯正歯科における口唇裂・口蓋裂患者の統計学的調査, 第32回日本口蓋裂学会総会, 2008年5月.
19)鹿山 鎭男, 山本 明毅, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensing機構と抗菌薬抵抗性の蛍光染色法による解析, 第56回日本化学療法学会総会, 2008年6月.
20)岡島 雅代, 永尾 寛, 佐藤 裕, 吉田 有里, 市川 哲雄 : 補綴治療による顔貌の三次元的変化の予測, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.52, No.117, 97, 2008年6月.
21)太田 耕司, 小野 重弘, 瀧 雅行, 水田 邦子, 二宮 嘉昭, 東森 秀年, 宮内 美和, 武知 正晃, 柄 なつみ, 田中 栄二, 丹根 一夫, 杉山 勝, 鎌田 伸之 : 下顎枝矢状分割骨切り術のスクリュー,プレート固定におけるコントラアングルスクリュードライバーシステムの応用, 第18回日本顎変形症学会, 2008年6月.
22)清宮 明香, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 道脇 宏行, 英 理香, 細谷 陽子, 田尾 知浩, 吉川 和寛, 土田 健司, 水口 潤, 川島 周 : 透析液及び透析用水中の遺伝学的細菌検出法, 第53回日本透析医学会学術集会, 2008年6月.
23)田中 栄二 : 安全有効な矯正歯科治療を目指した臨床と研究, 四国歯学会第33回例会・第27回総会, 2008年6月.
24)細川 浩良, 里村 一人, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 高野 栄之, 石丸 直澄, 林 良夫, 長山 勝 : 頬粘膜に発生した血管筋腫の1例, 日本口腔科学会雑誌, Vol.57, No.3, 348, 2008年7月.
25)工藤 景子, 里村 一人, 細川 浩良, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 長山 勝 : 鼻腔内逆生歯の1例, 日本口腔科学会雑誌, Vol.57, No.3, 352, 2008年7月.
26)細川 浩良, 里村 一人, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 高野 栄之, 長山 勝, 石丸 直澄, 林 良夫 : 頬粘膜に発生した血管筋腫の1例, 日本口腔科学会雑誌, Vol.57, No.3, 348, 2008年7月.
27)鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性と遺伝子発現について, Bacterial Adherence & Biofilm第22回学術集会, 2008年7月.
28)高石 和美, 富岡 重正 : 徳島大学歯学部学生と研修歯科医に対する一次救命処置の教育と評価, 第5回日本歯科麻酔学会中国四国地方会, 2008年7月.
29)高石 和美, 富岡 重正 : 除細動器付ペースメーカーを装着した重症拡張型心筋症患者の抜歯管理経験, 第5回日本歯科麻酔学会中国四国地方会, 2008年7月.
30)大浦 徳永 律子 律子, 高橋 巧, 田中 栄二 : インプラントアンカーを用いて治療した下顎大臼歯の著しい近心傾斜を伴う2症例, 第51回中・四国矯正歯科学会学術大会, 2008年7月.
31)近藤 優子, 神野 恵, 塩屋園 敦, 北瀬 由紀子, 堀内 信也, 高橋 巧, 田中 栄二 : 過去10年間に徳島大学病院矯正歯科に来院した顎顔面骨骨折患者の実態調査, 第51回中・四国矯正歯科学会学術大会, 2008年7月.
32)藤原 慎視, 北瀬 由紀子, 高橋 巧, 堀内 信也, 田中 栄二 : 顎裂幅狭小化のための二次的骨移植前に歯槽骨の仮骨延長術を行った2症例, 第51回中・四国矯正歯科学会学術大会, 2008年7月.
33)北瀬 由紀子, 堀内 信也, 井澤 俊, 田中 栄二 : ハイプルチンキャップを併用した仮骨延長法による上顎骨前方移動を行った両側性唇顎口蓋裂患者の一例, 第51回中・四国矯正歯科学会学術大会, 2008年7月.
34)川添 亜希, 田中 栄二, 河野 信也, 丹根 一夫 : 上顎小臼歯先天欠損部に下顎小臼歯の移植を行った切端咬合の矯正歯科治療例, 第51回中・四国矯正歯科学会学術大会, 2008年7月.
35)高石 和美, 河野 文昭 : 歯学部学生に対する心肺蘇生教育と評価, 第27回日本歯科医学教育学会総会学術大会, 2008年7月.
36)Masami Yoshioka, Naoko Matsumoto, Yumi Hoshimo, Daisuke Hinode, Hiroki Iga, Masaaki Yokoyama, Tetsuo Ichikawa, Fumiaki Kawano and Takafumi Noma : -, 第27回日本歯学医学教育学会 総会及び学術大会, Jul. 2008.
37)北村 清一郎, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石川 達夫, 山下 菊治 : 斜角筋椎骨三角の局所解剖構造, 第12回臨床解剖研究会, 2008年7月.
38)弘田 克彦, Heni Susilowati, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 田端 厚之, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 羽地 達次, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるカルシウム振動と胆管上皮細胞死, 第17回Lancefielfレンサ球菌研究会 2008, 2008年7月.
39)淺岡 憲三 : Ni-Ti超弾性合金の劣化と腐食生成物, 第22回日本歯科産業学会・学術講演会, 2008年7月.
40)白倉 麻耶, 谷本 圭司, 田中 栄二, 田中 伸明, 谷本 幸太郎, 丹根 一夫 : 軟骨分化過程におけるhypoxia-inducible factor-1標的遺伝子発現, 第21回日本顎関節学会総会・学術大会, 2008年7月.
41)神谷 貴志, 谷本 幸太郎, 田中 伸明, 丹根 由起, 田中 栄二, 丹根 一夫 : 顎関節表層のSZPとリン脂質との相互作用, 第21回日本顎関節学会総会・学術大会, 2008年7月.
42)岩渕 泰憲, 田中 栄二, 川添 亜希, 神谷 貴志, 川合 暢彦, 谷本 幸太郎, 丹根 一夫 : 下顎頭軟骨の動的剪断特性の異方性, 第21回日本顎関節学会総会・学術大会, 2008年7月.
43)松本 文博, 石川 輝明, 竹内 久裕, 藤澤 健司, 細木 秀彦, 羽田 勝, 中野 雅德, 長山 勝 : MRI検査を行った顎関節症患者における実態調査, 日本顎関節学会雑誌, Vol.20, 113, 2008年7月.
44)石川 輝明, 中野 雅德, 坂東 永一, 薩摩 登誉子, 細木 眞紀, 竹内 久裕, 西川 啓介 : ガム咀嚼中の下顎頭運動, 第21回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集, 136, 2008年7月.
45)弘田 克彦, Susilowati Heni, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 田端 厚之, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 羽地 達次, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるカルシウム振動と胆管上皮細胞死, 第17回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2008年7月.
46)Golam Md. Hossain, 岩田 武男, 水澤 典子, 山田 正三, 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦 : Mutations, gene expression and CpG methylation status of cyclin-dependent kinase inhibitor p18INK4C in human pituitary adenomas., 第237回 徳島医学会学術集会, 2008年8月.
47)MohammedShabbir Ahamed, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hirokazu Iwasaki and Hiromu Nishitani : Segmentation of head and neck structures based on multislice CT images, Medical Imaging Technology, P15, Aug. 2008.
48)淺岡 憲三 : 医用ステント合金の腐食と寿命, 日本金属学会中国四国支部講演大会, 2008年8月.
49)横山 正秋, 中西 淳仁, 板東 伸幸, 奈良井 聡, 和田 匡史, 安達 聡, 久米 通仁, 米津 隆仁, 和田 明人, 横山 正明, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 : 低体重児と歯周病についての疫学調査, 日本歯科医師会雑誌, Vol.61, No.5, 529, 2008年8月.
50)岡田 寿朗, 三崎 昌和, 佐々木 浩司, 武部 裕光, 山下 喜世弘, 横山 正明, 福井 誠, 伊藤 博夫, 奥 弘文 : 香川県内で実施された成人歯科健診モデル事業報告, 日本歯科医師会雑誌, Vol.61, No.5, 555, 2008年8月.
51)浜田 賢一, 藤原 江美, 淺岡 憲三 : 水酸化カルシウム水溶液中での水熱処理によりチタンの表面改質, 第17回硬組織再生生物学会学術大会, 40, 2008年8月.
52)藤原 江美, 関根 一光, 浜田 賢一, 山下 菊治, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : ストロンチウム含有アパタイトセメントの特性, 第17回硬組織再生生物学会学術大会, 52, 2008年8月.
53)日浅 雅博, 安倍 正博, 淺岡 憲三, 松本 俊夫 : M-CSFRのectodomain sheddingによる破骨細胞分化の抑制, 17, 2008年8月.
54)山下 菊治, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石川 達夫, 上野 明道, 北村 清一郎 : 硬組織をターゲットにしたドラッグデリバリーシステム(DDS)の可能性, 17回硬組織再生生物学会学術大会・総会, 2008年8月.
55)石川 達夫, 山下 菊治, 角田 佳折, 阿部 佳織, 上野 明道, 北村 清一郎 : 遠赤外特性線照射環境下での骨芽細胞様細胞及びmurineの骨組織の変化, 第17回硬組織再生生物学学術大会・総会, 2008年8月.
56)野口 直人, 重本 修伺, 細木 眞紀, 薩摩 登誉子, 石川 輝明, 垣内 佑亮, 竹内 久裕, 中野 雅德, 坂東 永一 : 咬合調整の定量評価法の検討, 平成20年度 日本補綴歯科学会 九州·中国·四国支部合同学術大会 プログラム·抄録集, 36, 2008年8月.
57)鈴木 善貴, 西川 啓介, 野口 直人, 山本 修史, 北村 万里子, 郡 元治, 大倉 一夫, 久保 吉廣, 池田 隆志, 坂東 永一 : 観察方法の違いが咬合接触部位の判定に与える影響, 平成20年度 日本補綴歯科学会 九州·中国·四国支部合同学術大会 プログラム·抄録集, 27, 2008年8月.
58)横山 正明, 吉岡 昌美, 藤井 裕美, 松本 尚子, 星野 由美, 廣瀬 薫, 横山 希実, 玉谷 香奈子, 日野出 大輔 : 専門的口腔ケアを行ったICU入室患者の口腔衛生状態の変化と転帰, 口腔衛生学会雑誌, Vol.58, No.4, 364, 2008年8月.
59)岡村 裕彦, 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim : 転写因子TWISTの標的因子の探索と扁平上皮癌細胞における発現, 第50回歯科基礎医学会総会, 2008年9月.
60)吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 羽地 達次 : PKR によるSTAT1 の発現調節機構の解明, 第50回歯科基礎医学会総会, 2008年9月.
61)岡村 裕彦, 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 羽地 達次 : 転写因子TWISTの標的因子の探索と扁平上皮癌細胞における発現, 第50回歯科基礎医学会総会, 2008年9月.
62)阪間 稔, 佐瀬 卓也, 谷井 喬, 前澤 博, 誉田 栄一, 西谷 弘, 佐藤 一雄, 桝本 和義 : 徳島大学病院医療用自己遮蔽型PETサイクロトロン及び電子リニアックにおける中性子束の箔放射化法による測定, 第52回放射化学討論会, 2008年9月.
63)谷田 弓磨, 池田 祐一, 佐藤 康弘, 芥川 正武, 木内 陽介, 本釜 聖子, 市川 哲雄 : 高感度磁気センサ(MIセンサ)を用いた嚥下時の喉頭運動計測装置に関する研究, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.17, No.1, 75, 2008年9月.
64)奥津 達, 吉田 有里, 長尾 大輔, 石田 雄一, 佐藤 裕, 友竹 偉則, 市川 哲雄 : MC3T3-E1細胞における間欠的な圧縮ストレスに対する反応, 日本口腔インプラント学会・第38回学術大会抄録, Vol.21, 135, 2008年9月.
65)角田 佳折, 阿部 佳織, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 喉頭蓋谷と梨状陥凹の動きに関わる因子の解剖学的考察, 第14回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2008年9月.
66)黒田 晋吾, 藤井 昭仁, 魚井 静華, 杉江 麻衣子, 近藤 綾介, 安藤 涼子, 山城 隆 : 上顎前突に対する矯正治療の必要性の認識と専門的知識の関連性:矯正医,研修医,歯学部学生における比較, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月.
67)山田 和代, 黒田 晋吾, 出口 徹, 山本 照子, 山城 隆 : ミニスクリューを固定源に用いた非抜歯症例における上顎大臼歯の遠心移動, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月.
68)出口 徹, 及川 拓, 黒坂 寛, 橋本 隆志, 黒田 晋吾, 山城 隆, 山本 照子 : 成人開咬症例においてミニインプラントを固定源とした治療法の臨床評価, --- -従来の治療法との比較・検討- ---, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月.
69)酒井 雄一, 黒田 晋吾, 石原 嘉人, 山城 隆, 山本 照子 : ミニスクリューを用いて下顎第一,第二大臼歯の著しい近心傾斜と改善したアングルIII級症例, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月.
70)玉村 長都, 黒田 晋吾, 山本 照子, 山城 隆 : 上顎第二小臼歯を抜歯しミニスクリューと舌側マルチブラケット装置で治療した上下顎前突症例, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月.
71)石原 嘉人, 黒田 晋吾, 山城 隆 : 顎関節症の症状を有した高齢の骨格性下顎前突症患者に外科的矯正治療を行った一例, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月.
72)村上 隆, 黒田 晋吾, 山城 隆 : ミニスクリューを用いて片側性に艇出した大臼歯を圧下させて咬合平面の傾斜を改善した過蓋咬合症例, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月.
73)田中 栄二 : 顎関節症状を有する患者の矯正歯科治療, --- 臨床セミナー2 「安全有効な矯正歯科治療のために」 ---, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月.
74)黒田 晋吾 : スクリュー固定を用いた矯正治療における新たな診断基準, --- シンポジウム「グローバルスタンダードに向けて-インプラントアンカー(体内固定システム)の評価基準を求めて- ---, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月.
75)井澤 俊, 林 良夫, 田中 栄二 : RANKLシグナルを介した関節リウマチにおける関節骨・軟骨破壊機構の解析, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月.
76)犬伏 俊博, レゴ エマヌエル ブラガ, 田中 栄二, 山野 栄三, 川添 亜希, 宮内 睦美, 高田 隆, 丹根 一夫 : 過度の力による実験的歯根吸収に対する低出力超音波の抑制効果, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月.
77)佐野 良太, 川合 暢彦, 中村 彩花, 上田 宏, 田中 栄二, 丹根 一夫 : 粉末飼料飼育ラットの終日咀嚼筋活動様相, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月.
78)木内 奈央, 川上 恵実, 田中 栄二 : アテロコラーゲンを併用したマイオスタチン特異的RNA干渉法による骨格筋量の調節, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月.
79)堀内 信也, 日浅 雅博, 川上 恵実, 藤原 慎視, 淺岡 憲三, 田中 栄二 : 水硬性リン酸亜鉛セメントのアパタイト置換を応用した新しいバイオマテリアルの開発, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月.
80)藤原 江美, 関根 一光, 浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 高溶解型ストロンチウム含有アパタイトセメントの細胞毒性評価, 第52回日本歯科理工学会学術講演会, 2008年9月.
81)浜田 賢一, 藤原 江美, 淺岡 憲三 : 水酸化カルシウム溶液中で高温水熱処理したチタンのアパタイト析出能, 第52回日本歯科理工学会学術講演会, 2008年9月.
82)浜田 賢一, 誉田 栄一, 淺岡 憲三 : 生体用非磁性金-白金合金の特性, 日本金属学会2008年秋季大会, 2008年9月.
83)弘田 克彦, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 羽地 達次, 三宅 洋一郎 : Streptococcus intermediusが誘導するヒト胆管上皮細胞死の分子機構の解明, 第50回歯科基礎医学会学術大会, 2008年9月.
84)王 由頁, 石川 康子, 石川 康子 : ヒト分泌唾液の水チャネル・AQP5と脂質・ラフトの検査パラメーターとしての検討, 第50回歯科基礎医学会, 2008年9月.
85)安永 佳世, 水澤 典子, 畠山 節子, 吉本 勝彦 : isletasinの機能解析, 第50回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2008年9月.
86)小野 信二, Shima Nazatul Wan, 水澤 典子, 吉本 勝彦 : インクレチン発現におけるLXR合成アゴニストの影響, 第50回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2008年9月.
87)大貫 芳樹, 川合 暢彦, 田中 栄二, 丹根 一夫, 三枝木 泰丈 : 咬合挙上がラット顎筋の咀嚼運動時の筋活動およびサーカディアンリズムに与える影響, 第50回歯科基礎医学会学術大会, 2008年9月.
88)谷田 弓磨, 池田 祐一, 佐藤 康弘, 芥川 正武, 木内 陽介, 市川 哲雄, 本釜 聖子, 山本 哲彦, 石田 雄一 : 高感度磁気センサ(MIセンサ)を用いた姿勢変化による嚥下運動の評価, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 249, 2008年9月.
89)羽地 達次, 後藤 哲哉 : 組織細胞化学からみた硬組織研究の展開, 第49回日本組織細胞化学会総会・学術集会, 2008年10月.
90)吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 羽地 達次 : 骨芽細胞の分化における蛋白質リン酸化と脱リン酸化, 第49回日本組織細胞化学会総会・学術集会, 2008年10月.
91)吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 羽地 達次 : ブレオマイシン誘導アポトーシス細胞におけるヒストンH1.2とBakの細胞内局在, 第49回日本組織細胞化学会総会・学術集会, 2008年10月.
92)大石 慶二, 徳永 格, 米田 哲, 大石 美佳, 永田 俊彦 : CTによって診断された歯根破折の一症例, 日本歯科保存学雑誌, Vol.51, 154, 2008年10月.
93)下川 洋介, 堀部 ますみ, 大石 慶二, 永田 俊彦 : ステロイド剤長期服用患者に見られた象牙質知覚過敏症の一症例, 日本歯科保存学雑誌, Vol.51, 121, 2008年10月.
94)高石 和美, 富岡 重正 : 小児患者の精神鎮静法に関する過去10年間の検討, 第36回日本歯科麻酔学会総会学術集会, 2008年10月.
95)富岡 重正, 高石 和美, 江口 覚 : セロトニントランスポーターに対するn-alcoholsの抑制作用にみられたcut off現象, 第36回日本歯科麻酔学会総会学術集会, 2008年10月.
96)徳山 麗子, 工藤 景子, 高石 和美, 富岡 重正 : デュシェンヌ型筋ジストロフィー患者に対する入院下歯科集学治療の有用性, 第25回日本障害者歯科学会総会学術大会, 2008年10月.
97)矢田 健一郎, 安倍 正博, 日浅 雅博, 竹内 恭子, 田中 修, 中村 信元, 三木 浩和, 賀川 久美子, 尾崎 修治, 松本 俊夫 : 骨髄腫細胞と間質細胞の共存は単球M-CSFR発現増強を介し単球分化を破骨細胞側に偏らせる, 日本血液学会, 2008年10月.
98)竹内 恭子, 安倍 正博, 日浅 雅博, 田中 修, 中村 信元, 三木 浩和, 賀川 久美子, 矢田 健一郎, 尾崎 修治, 松本 俊夫 : TGF-βによる間質細胞からの脂肪細胞分化の抑制, 日本血液学会, 2008年10月.
99)岩田 武男, 水澤 典子, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : YKL-40とMMP-1は脂肪組織のリモデリングに関与する, 第29回日本肥満学会, 2008年10月.
100)弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるヒト培養胆管上皮細胞死とgp210の細胞内分布の変動, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
101)山本 明毅, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌における抗菌薬抵抗性の蛍光染色法による解析, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
102)石田 雄一, 佐藤 裕, 永尾 寛, 市川 哲雄 : MIセンサ内蔵姿勢検出センサの仮想咬合平面設定への応用, 第18回日本磁気歯科学会学術大会抄録, 2008年10月.
103)谷田 弓磨, 芥川 正武, 木内 陽介, 市川 哲雄 : 高感度磁気センサ(MIセンサ)を用いた高齢者を対象とした嚥下診断に関する研究, 第18回日本磁気歯科学会学術大会抄録集, 15, 2008年10月.
104)十川 悠香, 真杉 幸江, 坂本 治美, 横山 正明, 横山 希実, 玉谷 香奈子, 佐野 寿代, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 : 妊婦の歯周病予防におけるかかりつけ歯科医院の重要性, 口腔衛生学会雑誌, Vol.58, No.5, 558, 2008年10月.
105)吉岡 昌美, 横山 正明, 福井 誠, 阿部 洋子, 藤井 裕美, 廣瀬 薫, 星野 由美, 松本 尚子, 木田 菊恵 : 徳島大学病院ICUにおける専門的口腔ケアの取り組み, 口腔衛生学会雑誌, Vol.58, No.5, 558, 2008年10月.
106)中西 淳仁, 横山 正秋, 久米 通仁, 安達 聡, 米津 隆仁, 和田 明人, 横山 正明, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 : 徳島県における妊婦の口腔保健の現状と低体重児出産との関連性, 口腔衛生学会雑誌, Vol.58, No.5, 562, 2008年10月.
107)竹内 恭子, 安倍 正博, 日浅 雅博, 田中 修, 中村 信元, 三木 浩和, 賀川 久美子, 矢田 健一郎, 尾崎 修治, 松本 俊夫 : 骨髄腫骨病変部由来TGF-βは,脂肪細胞分化を抑制し骨髄内に間質細胞を誘導する, 日本骨代謝学会 ・学術総会, 2008年10月.
108)日浅 雅博, 安倍 正博, 竹内 恭子, 矢田 健一郎, 賀川 久美子, 三木 浩和, 尾崎 修治, 淺岡 憲三, 松本 俊夫 : 骨髄間質細胞は単球のM-CSFR発現を増強し単球由来樹状細胞分化を抑制し骨髄腫細胞による破骨細胞分化を促進する, 日本骨代謝学会 ・学術総会, 2008年10月.
109)森本 晃允, 佐野 茂樹, 長尾 善光, 伊藤 博夫 : 揮発性チオール捕捉反応剤の合成開発研究, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
110)山下 菊治 : 癌に効果が期待される物理療法, 第4回日本腫瘍学会, 2008年11月.
111)竹内 祐子, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 : 対人援助職を目指す学生への初年次教育における達成課題, --- 徳島大学歯学部口腔保健学科の取り組みから ---, 第4回大会 社会福祉士教育学会, 2008年11月.
112)野口 直人, 重本 修伺, 大倉 一夫, 薩摩 登誉子, 鈴木 善貴, 山本 修史, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕, 久保 吉廣, 坂東 永一 : 睡眠中の6自由度顎運動測定システムの開発, 日本顎口腔機能学会 第41回学術大会, 2008年11月.
113)山下 菊治, 高岡 英人, 石川 達夫, 角田 佳折, 大野 照旺, 北村 清一郎 : 遠赤外線環境が皮膚及び癌に与える影響, 平成19年度日本赤外線学会研究発表会, 2008年11月.
114)浜田 賢一, 誉田 栄一, 淺岡 憲三 : 生体用非磁性金-白金基合金の開発, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008, 2008年11月.
115)藤原 江美, 関根 一光, 浜田 賢一, 山下 菊治, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : ストロンチウム含有アパタイトセメント存在下での骨芽細胞様細胞の培養, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008, 2008年11月.
116)内藤 禎人, 浜田 賢一, 淺岡 憲三, 市川 哲雄 : モールドレス成形および焼成可能なポーラスチタンの開発, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008, 2008年11月.
117)山下 菊治, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石川 達夫, 上野 明道, 北村 清一郎 : コラーゲンを用いたドラッグデリバリーシステムの可能性, 日本バイオマテリアル学会, 2008年11月.
118)関根 一光, 山家 智之, 白石 泰之, 西條 芳文, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金ファイバーを用いた消化管蠕動運動補助アクチュエータの耐久性評価, 第46回日本人工臓器学会大会, 2008年11月.
119)白倉 麻耶, 谷本 圭司, 中村 秀明, 檜山 桂子, 宮内 睦美, 高田 隆, 田中 栄二, 丹根 一夫 : 軟骨細胞における転写因子HIF-1活性化と破骨細胞誘導機構, 第6回がんとハイポキシア研究会, 2008年11月.
120)田中 栄二, 佐野 良太, 川合 暢彦, 中村 彩花, 木内 奈央, 藤原 慎視, 井澤 俊, 堀内 信也, 黒田 晋吾 : ラット側頭筋の筋線維性状, 「口腔からQOL向上を目指す連携研究」インターネット発表会, 2008年11月.
121)T Hashimoto, Shingo Kuroda, T Kataoka, H Oikawa, S Miyawaki, T Yamashito and T Takano-Yamamoto : Influence of asymmetric mandible on masticatory performance, 第56回国際歯科研究学会日本部会(JADR) 総会・学術大会, Nov. 2008.
122)川添 亜希, 山野 栄三, 宮内 睦美, 石角 篤, 田中 栄二, 牧野 武利, 丹根 一夫, 高田 隆 : 大豆レシチンによるリポソーム化ラクトフェリン経口投与がリポポリサッカライド誘導歯周組織破壊に及ぼす抑制効果, 第3回ラクトフェリンフォーラム, 2008年11月.
123)清宮 明香, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 吉川 和寛, 田尾 知浩, 土田 健司, 水口 潤, 川島 周 : 透析液中の細菌検査法に関する遺伝学的検討, 第32回徳島県医学検査学会, 2008年12月.
124)田中 純一, 小野 恒子, 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 : Streptococcus intermediusに誘導される非アポトーシス細胞死の免疫組織化学的解析, 第32回徳島県医学検査学会, 2008年12月.
125)伊藤 真理, 小野 恒子, 松浦 千惠子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 山本 明毅, 谷口 友伯, 長宗 秀明 : 緑膿菌臨床分離株のバイオフィルム形成におけるcyclic-di-GMPの関与について, 第32回徳島県医学検査学会, 2008年12月.
126)阪間 稔, 佐瀬 卓也, 谷井 喬, 前澤 博, 誉田 栄一, 西谷 弘, 佐藤 一雄, 桝本 和義 : 自己遮蔽型PETサイクロトロン及び放射線治療用電子リニアック装置における中性子束の箔放射化法による測定, 第52回放射化学討論会, 2008年12月.
127)熊井 万里子, 阪間 稔, 佐瀬 卓也, 三好 弘一, 前澤 博, 谷井 喬, 前田 幸志, 佐藤 一雄, 誉田 栄一, 西谷 弘 : PETサイクロトロンにおける自己遮蔽体による中性子遮蔽能の検証, 日本放射線安全管理学会第7回学術大会, 2008年12月.
128)Akiko Yamada, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Therapeutic analysis for autoimmune diabetes in NOD mice using specific inhibitor for cathepsin L, 第38回日本免疫学会総会・学術集会, Vol.38, 93, Dec. 2008.
129)Naozumi Ishimaru, Kohashi Masayuki, Akiko Yamada, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Neonatal exposure to low-dose 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin(TCDD)causes autoimmunity due to the disruption of T cell tolerance, 第38回日本免疫学会総会・学術集会, Vol.38, 97, Dec. 2008.
130)Rieko Arakaki, Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada and Yoshio Hayashi : Identification and functional analysis of CD11c+B220+ dendritic cells induced by estrogen deficiency in salivary glands ., 第38回日本免疫学会総会・学術集会, Vol.38, 97, Dec. 2008.
131)井澤 俊, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 大浦 徳永 律子 律子, 田中 栄二, 林 良夫 : Analysis of RANKL and Fas signaling through NF-kB in dendritic cell activation in murine autoimmune arthritis models, 日本免疫学会総会・学術集会記録, Vol.38, 176, 2008年12月.
132)谷口 友伯, 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 山本 明毅, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌臨床分離株の付着時における抗菌薬抵抗性とcyclic-di-GMPの関与について, 第56回日本化学療法学会西日本支部総会, 2008年12月.
133)石川 康子, 王 由頁, 高嶋 まゆ子, 岡村 航 : ヒト分泌唾液中の水チャネル・アクアポリンと脂質・ラフトの検査指標としての価値, 第82回日本薬理学会年会, Journal Pharmacological Sciences,, Vol.106, No.Supple, 72p, 2008年12月.
134)白倉 麻耶, 谷本 圭司, 檜山 桂子, 宮内 睦美, 高田 隆, 田中 栄二, 丹根 一夫 : 軟骨細胞における低酸素応答遺伝子発現変動, 第31回日本分子生物学会年会, 2008年12月.
135)玉谷 哲也, 内田 大亮, 茂木 勝美, 大江 剛, 尾上 富太郎, 東 雅之, 永井 宏和, 宮本 洋二 : 最近,頭を悩ませた臨床症例(その3), 四国歯学会雑誌, Vol.22, No.2, 202-203, 2009年.
136)永井 宏和, 宮本 洋二 : 顎関節症に対する顎関節腔穿刺療法の実際, 四国歯学会雑誌, Vol.22, No.2, 202, 2009年.
137)大石 慶二, 永田 俊彦 : 根面被覆術について, 四国歯学会雑誌, Vol.21, No.2, 428, 2009年.
138)日野出 大輔, 竹内 祐子, 伊賀 弘起, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 羽田 勝, 尾崎 和美, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 星野 由美, 松本 尚子, 河野 文昭, 吉本 勝彦 : 高齢社会を担う地域育成型歯学教育 -初年次教育における達成課題-, 平成20年度 全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 2009年1月.
139)山下 菊治, 石川 達夫, 角田 佳折, 安部 佳織, 二宮 雅美, 北村 清一郎 : コラーゲン内に形成される石灰化石灰化微粒子の検出, 平成20年度厚生労働省科学研究費等「ナノ微粒子の体内動態可視他法の開発」冬季研究班研究成果発表会, 2009年2月.
140)井澤 俊 : 樹状細胞におけるRANKL/Fasシグナルクロストークを介した関節リウマチ骨破壊機構の解明, 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 第一回 若手研究発表会, 2009年2月.
141)鹿山 鎭男, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌とcyclic-di-GMPの関与について, 第43回緑膿菌感染症研究会, 2009年2月.
142)関根 一光, 山家 智之, 白石 泰之, 西條 芳文, 前田 剛, 中澤 文雄, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金を駆動力とした人工食道の開発研究 ∼"咀嚼"の先にある嚥下機能の補助デバイスとして∼, 第22回歯科チタン学会, 2009年2月.
143)Golam Md. Hossain, 岩田 武男, 水澤 典子, 山田 正三, 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦 : Mutations, gene expression and CpG methylation status of cyclin-dependent kinase inhibitor p18INK4C in human pituitary adenomas., 第238回 徳島医学会学術集会, 2009年2月.
144)王 路, 銭 志栄, Mustafizur Md. Rahman, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治, 佐野 壽昭 : Increased expression of HMGA1 correlates with tumor invasiveness and proliferation in human pituitary adenomas., 第19回 日本間脳下垂体腫瘍学会, 2009年2月.
145)銭 志栄, 王 路, Mustafizur Md. Rahman, 吉本 勝彦, Radia Sultana, 山田 正三, 工藤 英治, 佐野 壽昭 : Tumor-specific down-regulation of ER-1 and ER- 2 in human pituitary adenomas., 第19回 日本間脳下垂体腫瘍学会, 2009年2月.
146)細木 秀彦, 鈴木 麗子, 高開 登茂子, 庄野 文章 : 徳島大学医学部・歯学部附属病院における院内感染対策 -標準予防策の重要性とその費用-, 日本環境感染学会, 2009年2月.
147)森本 晃允, 佐野 茂樹, 長尾 善光, 伊藤 博夫 : メタンチオール捕捉標識反応剤の合成開発, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
148)羽地 達次, 名取 真一 : 歯の進化から人類の起源を探る, 第114回日本解剖学会総会, 2009年3月.
149)平尾 早希, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 藤澤 健司, 高野 栄之, 里村 一人 : 過去3年間におけるインプラント治療によるトラブルの臨床的検討, 日本口腔科学会雑誌, Vol.58, No.2, 87, 2009年3月.
150)鹿山 鎭男, 小野 恒子, 山本 明毅, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensing機構とrpoS遺伝子がofloxacin抵抗性に及ぼす影響について, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
151)山本 明毅, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌における抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構に関する研究 ∼蛍光染色法による解析∼, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月.
152)劉 大力, 周 彦王分, 湯本 浩通, 鹿山 鎭男, 李 超倫, 梁 景平, 三宅 洋一郎, 束 蓉 : Purification of recombinant Porphyromonas gingivalis DnaK and creation of its mutant, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
153)谷口 友伯, 鹿山 鎭男, 山本 明毅, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : 緑膿菌臨床分離株の付着表現型におけるcyclic-di-GMPの関与について, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
154)弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導される小胞体異常とgp210の細胞内分布の変動, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
155)王 由頁, 岡村 航, 石川 康子 : 唾液中のAQP5や資質・ラフト濃度と唾液量の連関性, 第82回日本薬理学会年会, Journal Pharmacological Sciences,, Vol.106, No.Supple, 72p, 2009年3月.
156)山下 菊治, 石川 達夫, 角田 佳折, 阿部 佳織, 北村 清一郎 : コラーゲンはドラッグデリバリーシステム(DDS)の単体として有効か?,, 第114 回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2009年3月.
157)谷本 幸太郎, 犬伏 俊博, 岩渕 泰憲, 田中 伸明, 丹根 一夫, 田中 栄二 : 変形性顎関節症に対する低出力超音波治療, 第6回歯科物理刺激研究会, 2009年3月.
158)犬伏 俊博, 田中 栄二, レゴ エマヌエル, 谷本 幸太郎, 宮内 睦美, 高田 隆, 丹根 一夫 : セメント芽細胞の破歯細胞誘導能に対する低出力超音波照射の影響, 第6回歯科物理刺激研究会, 2009年3月.
159)中村 竜也, 藤原 慎視, 黒田 晋吾, 堀内 信也, 井澤 俊, 谷本 幸太郎, 田中 栄二 : 低出力超音波は炎症存在下の滑膜細胞のCOX-2発現を抑制する, 第6回歯科物理刺激研究会, 2009年3月.
160)本間 智, 角田 佳折, 川井 克司, 熊谷 芳宏, 木庭 義和, 木村 涼平, 小泉 政啓, 児玉 公道 : 最上浅上腕動脈について, 第114回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1)吉田 賀弥 : PKRと骨代謝, 電気学会 光・量子デバイス研究会, 2008年5月.
2)樋浦 明夫 : カプサイシン投与マウスとTRPV1欠損マウスにおける侵害温度受容のパラドックス, セミナー口演(佐賀大学医学部神経生理学教室, 熊本教授), 2008年5月.
3)浜田 賢一 : MRIアーチファクトフリー生体用金合金の開発, 血管内手術用デバイス開発研究会, 2008年7月.
4)三好 弘一, 前澤 博, 桑原 義典, 佐瀬 卓也, 松田 尚樹, 蕪木 宏行, 森田 康彦, 岩本 誠司, 大塚 秀樹, 佐藤 一雄, 誉田 栄一, 入倉 奈美子, 合田 康代, 立花 さやか : 徳島大学アイソトープ総合センター, 徳島大学アイソトープ総合センター, No.7, 1-44, 2008年8月.
5)樋浦 明夫 : 書評「解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯」(ウェンディ・ムーア著,矢野真知子訳,2007), 解剖誌, Vol.83, No.3, 95, 2008年9月.
6)細井 和雄 : 大学教育の国際化加速プログラム-サマープログラム2008-, HBS研究部だより, Vol.9, 2008年10月.
7)岩田 武男 : 脂肪細胞でのD-dopachrome tautomerase (DDT)の機能解析~肥満治療薬・診断薬の標的としてのDDTの可能性~, 四国地区四大学研究発表会, 2008年11月.
8)矢田 健一郎, 安倍 正博, 竹内 恭子, 日浅 雅博, 中野 綾子, 三木 浩和, 田中 修, 中村 信元, 賀川 久美子, 尾崎 修治, 松本 俊夫 : 骨髄間質細胞はγδT細胞による抗骨髄腫効果を減弱させる, 日本骨髄腫研究会総会, 2008年11月.
9)細井 和雄 : 国際センターへの改組に向けて⋯, 徳島大学国際センターパンフレット, 2008年12月.
10)淺岡 憲三 : 歯科鋳造理論の歴史とハイテク技術の可能性, クローバー会, 2008年12月.
11)樋浦 明夫 : 書評「人類進化論(霊長類学からの展開)」(山極寿一著,掌華房,2008), 生物科学ニュース, No.444, 4, 2008年12月.
12)樋浦 明夫 : F. エンゲルスの「運動の基本的諸形態」(''自然の弁証法'')から見えてくること, 徳島科学史雑誌, Vol.27, 32-50, 2008年12月.
13)淺岡 憲三 : 歯冠修復,骨代替,脈管系治療のための金属材料, 材質制御研究会ー歯科材料を中心とした生体材料開発の最前線ー, 2008年12月.
14)細井 和雄 : Greeting from the director, Facilitating academic partnership with other universities around the world, The University of Tokushima International Center pamphlet, 2009年.
15)中川 弘, 樋浦 明夫 : ラット角膜に分布するTRPV1 および IB4 陽性神経について, 平成20年度生理学研究所研究会「筋・骨格系と内臓の痛み研究会」(岡崎), 2009年1月.
16)細井 和雄 : 巻頭言, 徳島大学国際センター 紀要第4号・年報第5号 2008年度, No.4/5, 2009年3月.
17)Kenzo Asaoka : Experimental and theoretical basis of rapid heating investments for dental metal casting, Otago University, Mar. 2009.
18)Kenzo Asaoka : Transient and residual stresses in the porcelain veneering systems: Processing simulation of the dental porcelain firing procedure, Otago University, Mar. 2009.
19)Kenzo Asaoka : Biocompatible materials for implants and medical devices., Otago University, Mar. 2009.

2008年度(平成20年度) / 報告書

1)竹内 久裕, 中野 雅德, 郡 元治, 重本 修伺, 安陪 晋, 森木 裕貴, 大倉 一夫, 石川 輝明 : 咬合面形態評価の定量化に関する研究, --- 平成16年度∼平成19年度科学研究費補助金 ---, 基盤研究(C) 研究成果報告書, 2008年5月.
2)細井 和雄, 金森 憲雄, 赤松 徹也, 姚 陳娟 : 外分泌腺における水チャネル,特にアクアポリン5の発現と機能調節の分子機構, 平成18年度-平成20年度文部省科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書, 徳島, 2009年3月.

2009年度(平成21年度)

article.{@.date="20090400 20100399" @.organization=\E{10999}}

2009年度(平成21年度) / 著書

1)林 良夫, 石丸 直澄 : 口唇腺生検病理診断 「シェーグレン症候群の診断と治療マニュアル」, 株式会社 診断と治療社, 東京, 2009年4月.
2)Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Handbook on Immunosenescence, Springer Japan, Apr. 2009.
3)堀口 大吾, 三好 圭子, 武藤 太郎, 野間 隆文 : 生化学実習書 (第4版10刷), 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部分子医化学分野, 徳島, 2009年5月.
4)有田 憲司 : 「歯界展望」特別号 めざせ!健・口・美歯科外傷の予防対策, --- 歯科外傷の予防対策 ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2009年6月.
5)山野 栄三, 宮内 睦美, 川添 亜希, 石角 篤, 田中 栄二, 水道 裕久, 今中 宏真, 牧野 武利, 犬伏 俊博, 丹根 一夫, 高田 隆 : リポポリサッカライド誘導歯周組織破壊に及ぼすリポソーム化ラクトフェリン経口投与の抑制効果, --- 骨芽細胞による破骨細胞形成に及ぼすラクトフェリンの抑制効果 ---, 日本医学館, 東京, 2009年7月.
6)川添 亜希, 宮内 睦美, 山野 栄三, 石角 篤, 田中 栄二, 牧野 武利, 犬伏 俊博, Emanuel Braga Rego, 丹根 一夫, 高田 隆 : 大豆レシチンによるリポソーム化ラクトフェリン経口投与がリポポリサッカライド誘導歯周組織破壊に及ぼす抑制効果, 日本医学館, 東京, 2009年7月.
7)北村 清一郎 : 臨床家のための口腔顎顔面解剖アトラス, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2009年9月.
8)角田 佳折 : 局所解剖を理解するために必要な系統解剖学の知識, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2009年9月.
9)Akira Ishikawa, Yoichiro Miyake, Takeyoshi Yoneyama and Kokichi Miyatake : Chapter15; Prevention of Aspiration Pneumonia in the Elderly by Reducing Oropharyngeal Microflora, Nova Science Publishers, Inc., Sep. 2009.
10)Ishikawa Akira, Yoichiro Miyake, Yoneyama Takeyoshi and Miyatake Kokichi : Prevention of aspiration pneumonia in the elderly by reducing oropharyngeal microflora, Nova Science Publishers, Sep. 2009.
11)田中 栄二 : Ⅶ 歯列不正,先天異常への対応, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2009年9月.
12)佐野 壽昭, 吉本 勝彦 : II. 下垂体腫瘍の基礎研究 2.下垂体腺腫の分子病理学, 株式会社 医学書院, 東京, 2009年10月.
13)吉本 勝彦 : VI. 特異な疾患概念 6. 多発性内分泌腫瘍症1型など, 株式会社 医学書院, 東京, 2009年10月.
14)吉本 勝彦, 加藤 悦子, 小林 亜由美 : 第5章 疾患別栄養療法 血液疾患 47.貧血, 株式会社 医学書院, 東京, 2009年11月.
15)黒田 晋吾 : 別冊 Quintessence 矯正家のための矯正YEAR BOOK '09, --- 顎関節症をともなう骨格性Ⅱ級前歯部開咬症例 ---, クインテッセンス出版 株式会社, 東京, 2009年12月.
16)市川 哲雄 : 義歯のケア -歯科衛生士のための副読本-, 株式会社 デンタルダイヤモンド社, 東京, 2010年2月.
17)Kenzo Asaoka and Kunimitsu Maejima : Hydrogen-related degradation of mechanical properties f titanium and titanium alloys, ASTM International, Exton, PA, Mar. 2010.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Cytokines differentially regulate CXCL10 production by interferon-gamma-stimulated or tumor necrosis factor-alpha-stimulated human gingival fibroblasts., Journal of Periodontal Research, Vol.44, No.2, 225-231, 2009.
2)Takashi Hashimoto, Shingo Kuroda, Hiroshi Kamioka, Katsuaki Mishima, Toshio Sugahara and Teruko Takano-Yamamoto : Bimaxillary protrusion with masseter muscle hypertrophy treated with titanium screw anchorage and masseter surgical reduction., American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.135, No.4, 536-548, 2009.
3)Y Sakai, T A. Balam, Shingo Kuroda, N Tamamura, T Fukunaga, M Takigawa and T Takano-Yamamoto : CTGF and apoptosis in mouse osteocytes induced by tooth movement., Journal of Dental Research, Vol.88, No.4, 345-350, 2009.
4)Keiko Miyoshi, Yuki Akazawa, Taigo Horiguchi and Takafumi Noma : Localization of adenylate kinase 4 in mouse tissues., Acta Histochemica et Cytochemica, Vol.42, No.2, 55-64, 2009.
5)Yukiko Kitase, Masahiko Yokozeki, Shinji Fujihara, Takashi Izawa, Shingo Kuroda, Kotaro Tanimoto, Keiji Moriyama and Eiji Tanaka : Analysis of gene expression profiles in human periodontal ligament cells under hypoxia: the protective effect of CC chemokine ligand 2 to oxygen shortage., Archives of Oral Biology, Vol.54, No.7, 618-624, 2009.
6)Rieko Arakaki, Ai Nagaoka, Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada, Y Satoko and Yoshio Hayashi : Role of Plasmacytoid Dendric Cells for Aberrant Class Expression in Exocrine Glands from Estrogen-Deficient Mice of healthy Background, The American Journal of Pathology, Vol.174, No.5, 1715-1724, 2009.
7)Nagato Tamamura, Shingo Kuroda, Yasuyo Sugawara, Teruko Takano-Yamamoto and Takashi Yamashiro : Use of palatal miniscrew anchorage and lingual multi-bracket appliances to enhance efficiency of molar scissors-bite correction., The Angle Orthodontist, Vol.79, No.3, 577-584, 2009.
8)Naozumi Ishimaru, Takagi Atuya, Kohashi Masayuki, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Kanno Jun and Yoshio Hayashi : Neonatal Exposure to Loe-Dose 2.3.7.8-Tetrachlorodibenzo-p-Dioxin Causes Autoimmunity Due to the Disruption of TCell Tolerance1, The Journal of Immunology, Vol.182, No.10, 6576-6586, 2009.
9)Shingo Kuroda, Kotaro Tanimoto, Takashi Izawa, Shinji Fujihara, J H. Koolstra and Eiji Tanaka : Biomechanical and biochemical characteristics of the mandibular condylar cartilage., Osteoarthritis and Cartilage, Vol.17, No.11, 1408-1415, 2009.
10)Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Human gingival fibroblasts express functional chemokine receptor CXCR6., Clinical and Experimental Immunology, Vol.156, No.3, 413-418, 2009.
11)Shingo Kuroda, Kaoru Murakami, Yasuko Morishige and Teruko Takano-Yamamoto : Severe Class II malocclusion with facial asymmetry treated with intraoral vertico-sagittal ramus osteotomy and LeFort I osteotomy., American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.135, No.6, 809-819, 2009.
12)Shizuo Kayama, Keiji Murakami, Tsuneko Ono, Makiko Ushimaru, Akitake Yamamoto, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake : The role of rpoS gene and quorum-sensing system in ofloxacin tolerance in Pseudomonas aeruginosa, FEMS Microbiology Letters, Vol.298, No.2, 184-192, 2009.
13)川上 清一, 川上 映子, 菅野 貴浩, 藤岡 真左子, 田中 栄二 : 口内法LeFort Ⅱ型骨切り術により中顔面の陥凹を改善させた骨格性下顎前突症例, 四国歯学会雑誌, Vol.22, No.1, 123-128, 2009年.
14)百田 義弘, 小谷 順一郎, 高石 和美, 重松 雅人, 鈴木 美穂 : 当歯科診療所における障害者歯科治療時の鎮静法の実態と有用性, 障害者歯科学会雑誌, Vol.30, No.2, 125-129, 2009年.
15)Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Bruna Rabelo Amorim, Daisuke Hinode, Hideo Yoshida and Tatsuji Haneji : PKR-mediated degradation of STAT1 regulates osteoblast differentiation, Experimental Cell Research, Vol.315, No.12, 2105-2114, 2009.
16)Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida and Tatsuji Haneji : Negative regulation of TIMP1 is mediated by transcription factor TWIST1, International Journal of Oncology, Vol.35, No.1, 181-186, 2009.
17)Razia Sultana, Kenichi Hamada, Tetsuo Ichikawa and Kenzo Asaoka : Effects of heat treatment on the bioactivity of surface-modified titanium in calcium solution, Bio-Medical Materials and Engineering, Vol.19, No.2-3, 193-204, 2009.
18)Eiichi Bando, Keisuke Nishigawa, Masanori Nakano, Hisahiro Takeuchi, Shuji Shigemoto, Kazuo Okura, Toyoko Satsuma and Takeshi Yamamoto : Current status of researches on jaw movement and occlusion for clinical application, Japanese Dental Science Review, Vol.45, No.2, 83-97, 2009.
19)Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Yuya Yoshimura, Shunichi Gouda, Satoshi Kawashima, Naoshi Yamazaki, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Ca2+-induced permeability transition can be observed even in yeast mitochondria under optimized experimental conditions., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1787, No.12, 1486-1491, 2009.
20)Maki Nisino, Dai Mizuno, Kimoto Takashi, Shinahara Wakako, Fukuta Akiho, Tunetomo Takei, Kaori Sumida, Seiichiro Kitamura, Hiroshi Shiota and Hiroshi Kido : Influenza vaccine with Surfacten, a modified pulmonary surfactant, induces systemic and mucosal immune responses without side effects in minipigs, Vaccine, Vol.27, No.41, 5620-5627, 2009.
21)横山 正明, 福井 誠, 増田 かなめ, 髙松 夏子, 岡田 寿朗, 武部 裕光, 片岡 宏介, 伊藤 博夫 : リアルタイム定量PCR(qPCR)法による唾液中の総細菌数の測定 口腔清潔度の指標としての試み, 口腔衛生学会雑誌, Vol.59, No.3, 183-189, 2009年.
22)横山 正明, 米津 隆仁, 横山 正秋, 安達 聡, 久米 通仁, 和田 明人, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 : 徳島県における妊婦歯科健診受診者の口腔保健の現状および低体重児出産との関連性, 口腔衛生学会雑誌, Vol.59, No.3, 190-197, 2009年.
23)Shigemasa Tomioka, Miyuki Kaneko, Kazuhito Satomura, Tomiko Mikyu and Nobuyoshi Nakajo : Effects of ketamine on glucose uptake by glucose transporter type 3 expressed in Xenopus oocytes: The role of protein kinase C, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.388, No.1, 141-145, 2009.
24)Shinya Horiuchi, Kenzo Asaoka and Eiji Tanaka : Development of a novel cement by conversion of hopeite in set zinc phosphate cement into biocompatible apatite, Bio-Medical Materials and Engineering, Vol.19, No.2, 121-131, 2009.
25)YY Lin, Nobuaki Tanaka, Satoru Ohkuma, Takashi Kamiya, Ryo Kunimatsu, Y-C Huang, Motoko Yoshioka, Tomomi Mitsuyoshi, Yuki Tanne, Kotaro Tanimoto, Eiji Tanaka and Kazuo Tanne : The mandibular cartilage metabolism is altered by damaged subchondral bone from traumatic impact loading, Annals of Biomedical Engineering, Vol.37, No.7, 1358-1367, 2009.
26)Shinya Horiuchi, Kazuyuki Kaneko, H Mori, Emi Kawakami, T Tsukahara, K Yamamoto, Kenichi Hamada, Kenzo Asaoka and Eiji Tanaka : Enamel bonding of self-etching and phosphoric acid-etching orthodontic adhesives in simulated clinical conditions: Debonding force and enamel surface, Dental Materials Journal, Vol.28, No.4, 419-425, 2009.
27)C Nishio, K Tanimoto, M Hirose, Shinya Horiuchi, Shingo Kuroda, Kazuo Tanne and Eiji Tanaka : Stress analysis in the mandibular condyle during prolonged clenching: a theoretical approach with the finite element method., Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers. Part H, Journal of engineering in medicine, Vol.223, No.6, 739-748, 2009.
28)十川 悠香, 横山 正明, 坂本 治美, 真杉 幸江, 福井 誠, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 : 徳島大学病院における妊婦の口腔保健向上に関する研究, 日本歯科衛生学会雑誌, Vol.4, No.1, 50-57, 2009年.
29)Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi, Kayo Mukai, Tadashi Nakanishi and Takashi Matsuo : Roles of TLR2, TLR4, NOD2, and NOD1 in pulp fibroblasts., Journal of Dental Research, Vol.88, No.8, 762-767, 2009.
30)Kei Jinno, Takumi Takahashi, K Tsuchida, Eiji Tanaka and Keiji Moriyama : Acceleration of palatal wound healing in Smad3-deficient mice, Journal of Dental Research, Vol.88, No.8, 757-761, 2009.
31)Yuka Yoshijima, Keiji Murakami, Shizuo Kayama, Dali Liu, Katsuhiko Hirota, Tetsuo Ichikawa and Yoichiro Miyake : Effect of substrate surface hydrophobicity on the adherence of yeast and hyphal Candida, Mycoses, Vol.53, No.3, 221-226, 2009.
32)Takeo Iwata, Masamichi Kuwajima, Akiko Sukeno, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi, Martin Wabitsch, Noriko Mizusawa, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto : YKL-40 secreted from adipose tissue inhibits degradation of type I collagen., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.388, No.3, 511-516, 2009.
33)Golam M Hossain, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Zhi-Rong Qian, Nazatul Shahidan Wan Shima, Toru Okutsu, Shozo Yamada, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto : Expression of p18(INK4C) is down-regulated in human pituitary adenomas., Endocrine Pathology, Vol.20, No.2, 114-121, 2009.
34)Kimi Yamakoshi, Akiko Takahashi, Fumiko Hirota, Rika Nakayama, Naozumi Ishimaru, Yoshiaki Kubo, J. David Mann, Masako Ohmura, Atsushi Hirao, Hideyuki Saya, Seiji Arase, Yoshio Hayashi, Kazuki Nakao, Mitsuru Matsumoto, Naoko Ohtani and Eiji Hara : Real-time in vivo imaging of p16Ink4a reveals cross-talk with p53, The Journal of Cell Biology, Vol.186, No.3, 393-407, 2009.
35)Daisuke Uchida, Tomitaro Onoue, Nasima-Mila Begum, Nobuyuki Kuribayashi, Yoshifumi Tomizuka, Tetsuya Tamatani, Hirokazu Nagai and Youji Miyamoto : Vesnarinone downregulates CXCR4 expression via upregulation of Krüppel-like factor 2 in oral cancer cells., Molecular Cancer, Vol.8, 62, 2009.
36)Hiroshi Nakagawa, Akio Hiura, Masato Mitome and Kazunori Ishimura : Nerve fibers that were not stained with the non-specific acetylcholinesterase (NsAchE) method, and TRPV1- and IB4-positive nerve fibers in the rat cornea.(Cited in "Journal of Chemical Neuroanatomy, 01/2014"), The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.3,4, 157-165, 2009.
37)Y Ohnuki, Nobuhiko Kawai, Eiji Tanaka, Kazuo Tanne, GEJ Langenbach and Y Saeki : Effects of increased occlusal vertical dimension on daily activity and myosin heavy chain composition in rat jaw muscle, Archives of Oral Biology, Vol.54, No.8, 783-789, 2009.
38)Yuki Nakatani, Kotaro Tanimoto, Nobuaki Tanaka, Yuki Tanne, Takashi Kamiya, Ryo Kunimatsu, Eiji Tanaka and Kazuo Tanne : Effects of hyaluronan oligosaccharide on the expression of MMP-1 in periodontal ligament cells, Archives of Oral Biology, Vol.54, No.8, 757-763, 2009.
39)川上 恵実, 堀内 信也, 松田 りえ, 泰江 章博, 黒田 晋吾, 田中 栄二 : PLLAスクリュー固定による下顎枝矢状分割術を施行した骨格性下顎前突症の一症例-長期観察例-, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.21, No.1, 25-30, 2009年.
40)石本 恭子, 黒田 晋吾, 高橋 巧, 渡邉 佳一郎, 田中 栄二 : ミニスクリュー固定を用いて上顎歯列の遠心移動を行ったアングルⅡ級2類過蓋咬合症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.21, No.1, 31-39, 2009年.
41)冨田 優子, 堀内 信也, 高橋 巧, 神野 恵, 黒田 晋吾, 田中 栄二 : 過去10年間に徳島大学病院矯正歯科を受診した顎顔面骨骨折患者の実態調査, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.21, No.1, 71-75, 2009年.
42)Sakai Yuichi, Shingo Kuroda, Tamamura Nagato, Yamashiro Takashi and Takano-Yamamoto Teruko : A case of severe crowding with nickel allergy, treated using non-nickel-containing orthodontic appliances, Orthodontic Waves, Vol.68, No.3, 129-136, 2009.
43)Kosuke Kataoka and Kohtaro Fujihashi : Dendritic cell-targeting DNA-based mucosal adjuvants for the development of mucosal vaccines., Expert Review of Vaccines, Vol.8, No.9, 1183-1193