RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel.
期間: 2004.4〜2018.3

2004年度(平成16年度)

prize.{@.date="20040400 20050399" @.organization=\E{10999}}

2004年度(平成16年度) / 賞(教育)

(なし)

2004年度(平成16年度) / 賞(研究)

1)細川 義隆 : Macrophage Inflammatory Protein 3a-CC chemokine receptor 6 interactions play an important role in CD4+ T-cell accumulation in periodontal diseased tissue., 日本歯周病学会奨励賞, 日本歯周病学会, 2004年5月.
2)石丸 直澄 : 日本病理学会学術奨励賞, 社団法人 日本病理学会, 2004年6月.
3)薩摩 登誉子 : 6自由度顎運動と顎関節三次元再構築画像による顎機能評価法の開発, ポスター発表優秀賞, 日本顎関節学会, 2004年7月.
4)Kazuo Okura : Poor quality of sleep in chronic pain patients is exacerbated by autonomic cardiac over-activity: a preliminary characterization of a trait-like vulnerability, Louise Edwards Awards in Pain Research competition (Canada), September 2004-June 2005, Louise Edwards Awards, Sep. 2004.
5)吉本 勝彦, 堀尾 哲也 : Gamma-tubulin in basal land plants: characterization, localization, and implication in the evolution of acentriolar microtubule organizing centers, 平瀬賞, 日本植物形態学会, 2004年9月.
6)山下 菊治 : 硬組織再生生物学会賞, 硬組織再生生物学会, 2004年10月.
7)日野出 大輔 : Relationship between tongue coating and secretory-immunoglobulin A level in saliva obtained from patients complaining of oral malodor., 財団法人康楽会賞, 日本口腔衛生学会, 2005年1月.

2004年度(平成16年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2005年度(平成17年度)

prize.{@.date="20050400 20060399" @.organization=\E{10999}}

2005年度(平成17年度) / 賞(教育)

(なし)

2005年度(平成17年度) / 賞(研究)

1)吉本 勝彦 : エピジェネティクス制御の破綻による成長ホルモン産生細胞腫瘍化機構の解明, ノボ ノルディスク成長・発達研究賞, ノボ ノルディスクファーマ株式会社, 2005年6月.
2)二宮 雅美 : エナメル基質タンパクの自家歯牙移植への応用, デンツプライ賞, 日本歯科保存学会, 2005年6月.
3)塩屋園 敦 : 日本矯正歯科学会学術大会優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2005年10月.
4)岡村 裕彦 : 高田充 歯科基礎医学奨励賞, 歯学研究科, 2005年12月.
5)石丸 直澄 : 康楽賞, 2006年1月.

2005年度(平成17年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2006年度(平成18年度)

prize.{@.date="20060400 20070399" @.organization=\E{10999}}

2006年度(平成18年度) / 賞(教育)

(なし)

2006年度(平成18年度) / 賞(研究)

1)今 政幸, 淺岡 憲三 : Strengthening of calcium phosphate cement by compounding calcium carbonate whiskers, 論文賞, 日本歯科理工学会, 2006年4月.
2)山下 菊治 : 論文賞, 日本結合組織学会, 2006年5月.
3)吉田 賀弥 : Double-stranded RNA-dependent protein kinase is required for bone calcification in MC3T3-E1 cells in vitro, 歯科基礎医学会賞, 歯科基礎医学会, 2006年9月.
4)岩田 武男 : 癌抑制因子パラフィブロミンはSV40 large T抗原存在下では細胞増殖促進に働く, 第10回日本内分泌病理学会若手奨励賞, 日本内分泌病理学会, 2006年11月.
5)吉田 賀弥 : 第十二回高田充歯科基礎医学奨励賞, 2006年12月.
6)伊藤 博夫 : 口腔細菌による全身性感染症の病因とその予防に関する研究, 康楽賞, 三木産業株式会社.財団法人 三木康楽会, 2007年1月.
7)石丸 直澄 : 日本病理学会学術研究賞, 社団法人日本病理学会, 2007年2月.
8)細川 義隆 : 西野瑞穂歯科臨床医学奨励賞, 歯学部, 2007年2月.
9)Fumiaki Kawano, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Preparation of strontium-containing hydroxyapatite bone cements mixed with strontium, Poster Award, 1st International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Mar. 2007.
10)Daisuke Nagao, Kenichi Hamada, Kenzo Asaoka and Tetsuo Ichikawa : High formability of newly developing biomedical porous titanium, Poster Award, 1st International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Mar. 2007.

2006年度(平成18年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2007年度(平成19年度)

prize.{@.date="20070400 20080399" @.organization=\E{10999}}

2007年度(平成19年度) / 賞(教育)

(なし)

2007年度(平成19年度) / 賞(研究)

1)石丸 直澄 : 文部科学大臣表彰若手科学者賞, 文部科学省, 2007年4月.
2)本釜 聖子 : 簡易嚥下障害スクリーニングシステム法の開発 磁気センサを用いた測定方法の概要, デンツプライ賞, 日本補綴歯科学会, 2007年5月.
3)Kenichi Hamada, Daisuke Nagao, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Kenzo Asaoka : Moldless Process of Producing Porous Titanium for Dental Applications, Presentation Award, 6th International Symposium on Titanium in Dentistry, Jun. 2007.
4)Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Effects of Calcium Concentration on Hydrothermal Surface Modification of Titanium, Presentation Award, 6th International Symposium on Titanium in Dentistry, Jun. 2007.
5)石丸 直澄 : NF-kBの新たな免疫制御機構の研究, ヘルスバイオサイエンス研究部学術奨励賞, 2007年9月.
6)木内 奈央, 谷本 起穗, 大澤 裕, 砂田 芳秀, 野地 澄晴, 森山 啓司 : マイオスタチンに対するRNA干渉法による骨格筋形成の調節, 優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2007年9月.
7)Takashi Izawa : Immunoregulatory role of RANKL-stimulated dendritic cells on autoimmune arthritis in MRL/lpr mice, ASBMR Young Investigator Travel Grant, The American Society for Bone and Mineral Research, Nov. 2007.
8)張 剛太, 王 由頁, 石川 康子 : 耳下腺腺房細胞における水チャネル・AQP5と脂質ラフトの刺激による細胞内移動と唾液への遊離, 日本唾液腺学会奨励賞, 唾液腺学会, 2007年12月.
9)岩田 武男 : 新しいタイプの癌抑制蛋白質パラフィブロミンの機能解析, 高田充歯科基礎医学奨励賞, 歯学科, 2007年12月.
10)石丸 直澄 : NF-kBの新たな調節機構, 学長特別表彰, 徳島大学, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2008年度(平成20年度)

prize.{@.date="20080400 20090399" @.organization=\E{10999}}

2008年度(平成20年度) / 賞(教育)

(なし)

2008年度(平成20年度) / 賞(研究)

1)Fumiaki Kawano, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Resorbable calcium phosphate bone cement precipitated strontium and carbonate apatite, Student Travel Award, 8th World Biomaterials Congress, May 2008.
2)神野 恵, 高橋 巧, 大庭 康雄, 森山 啓司, 田中 栄二 : Smad3ノックアウトマウスを用いた口蓋粘膜における創傷治癒解析-第2報-, 第32回日本口蓋裂学会総会優秀ポスター賞, 日本口蓋裂学会, 2008年5月.
3)細川 義隆 : CXC chemokine ligand 16 in periodontal diseases: expression in diseased tissues and production by cytokine-stimulated human gingival fibroblasts., 日本歯科保存学会奨励賞, 日本歯科保存学会, 2008年6月.
4)美原(和田) 智恵 : HIgh-turnover osteoporosis is induced by cyclosporin A in rats., 日本歯科保存学会奨励賞, 日本歯科保存学会, 2008年6月.
5)山下 菊治, 篠原 千尋, 河野 文昭 : 破骨細胞および骨形態に及ぼす炭酸脱水酵素阻害剤アセタゾラミド(AZ)の効果, 硬組織再生生物学会賞, 硬組織再生生物学会, 2008年8月.
6)Kenzo Asaoka : Sir Thomas Kay Sidey Visiting Professorship Award, University of Otago, Sep. 2008.
7)井澤 俊, 林 良夫, 田中 栄二 : RANKLシグナルを介した関節リウマチにおける関節骨・軟骨破壊機構の解析, 第67回日本矯正歯科学会学術大会優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2008年9月.
8)犬伏 俊博, レゴ エマヌエル, 田中 栄二, 山野 栄三, 川添 亜希, 宮内 睦美, 高田 隆, 丹根 一夫 : 過度の力による実験的歯根吸収に対する低出力超音波の抑制効果, 第67回日本矯正歯科学会学術大会優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2008年9月.
9)尾上 富太郎 : 唾液腺癌におけるケモカインレセプターCXCR4の発現, メダルティス賞, 第53回 日本口腔外科学会総会・学術大会 学術奨励賞等選考委員会, 2008年10月.
10)羽地 達次 : 科研審査における特別表彰, 科研特別審査員賞, 日本学術振興会, 2008年10月.
11)伊賀 弘起 : 口腔領域におけるヘルペスウイルス感染症の診断と治療に関する研究, 康楽賞, 口腔保健基礎学講座, 2009年1月.

2008年度(平成20年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2009年度(平成21年度)

prize.{@.date="20090400 20100399" @.organization=\E{10999}}

2009年度(平成21年度) / 賞(教育)

(なし)

2009年度(平成21年度) / 賞(研究)

1)川上 恵実, 木内 奈央, 田中 栄二, 野地 澄晴 : 慢性筋委縮疾患制圧を目指したRNA干渉法を利用した咀嚼筋量制御法の開発研究, 先端歯学スクール2009,優秀発表賞, 先端歯学スクール2009, 2009年8月.
2)赤松 徹也 : Inhibition and transcriptional silencing of a subtilisin-like proprotein convertase, PACE4/SPC4, reduces the branching morphogenesis of and AQP5 expression in rat embryonic submandibular gland, 第21回 歯科基礎医学会賞, 歯科基礎医学会, 2009年9月.
3)Masami Ninomiya : Periodontal tissue regeneration using fibroblast growth factor-2: Randomized controlled phase II clinical trial., American Academy of Peiodontology "R. Earl Robinson Periodontal Regeneration Award", American Academy of Peiodontology, Sep. 2009.
4)中村 彩花, 川合 暢彦, 丹根 一夫, 田中 栄二 : Masticatory muscle activity in a rat model of Parkinson's disease, JADR 学術奨励賞, 2009., 国際歯科研究学会, 2009年9月.
5)有田 憲司 : fフッ素および銀を含むDLC成膜アクリルレジンの耐歯ブラシ磨耗性に関する研究, 日本歯科理工学会学術講演会発表優秀賞, 日本歯科理工学会, 2009年10月.
6)有田 憲司 : 長期入院重症心身障害児・者の口腔内状況, 塩田賞, 国立医療学会, 2009年10月.
7)日浅 雅博 : Bone marrow stromal cells inhibit dendritic cell differentiation and facilitate osteoclastogenesis in myeloma through the suppression of M-CSF receptor shedding in monocytes, 第26回内藤コンファランス優秀ポスター, 内藤記念財団, 2009年11月.
8)中村 竜也, 藤原 慎視, 泰江 章博, 桂 智子, 犬伏 俊博, 谷本 幸太郎, 田中 栄二 : 低出力超音波は炎症存在下の滑膜細胞のCOX-2発現を抑制する, 第68回日本矯正歯科学会大会優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2009年11月.
9)松本 一真, 井澤 俊, 大浦 徳永 律子 律子, 林 良夫, 田中 栄二 : 関節リウマチにおけるRANKL/Fasシグナルを介した骨・軟骨破壊機構の解析, 第68回日本矯正歯科学会大会優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2009年11月.
10)細井 和雄 : 唾液腺における水チャネルAQP5のLPSによるdown-regulationの機構, 第53回唾液腺学会奨励賞, 日本唾液腺学会, 2009年12月.
11)Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, M Kawatani, Masahiro Hiasa, A Kawano, T Jinno, T Harada, S Fujii, S Nakamura, H Miki, K Kagawa, K Takeuchi, H Ozaki, Eiji Tanaka, H Osada and Toshio Matsumoto : TA novel anti-resorptive agent, reveromycin A, ameliorates bone destruction and tumor growth in myeloma, Young Investigator Award, 2010., 2010 ASBMR, 2010.
12)田中 栄二 : 三木康楽賞, 財団法人 三木康楽会, 2010年1月.
13)内田 大亮 : metabotropic glutamate receptor 5 (mGluR5) を標的とした口腔癌に対する転移抑制療法の可能性, 第29回日本口腔腫瘍学会 優秀ポスター賞, 日本口腔腫瘍学会, 2010年1月.
14)福井 誠 : 高田充歯科基礎医学学術奨励賞, 歯学部, 2010年2月.
15)岩田 武男 : 新規抗肥満分子標的とそのスクリーニング技術, 彩都賞, バイオビジネスアワードJAPAN, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2010年度(平成22年度)

prize.{@.date="20100400 20110399" @.organization=\E{10999}}

2010年度(平成22年度) / 賞(教育)

1)福井 誠 : 徳島大学歯学部 ベストメンター賞, 歯学部, 2011年3月.
2)三好 圭子 : 徳島大学歯学部ベストメンター賞, 共通, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 賞(研究)

1)廣島 佑香 : Shosaikoto increases calprotectin expression in human oral epithelial cells, 日本歯科保存学会奨励賞, 日本歯科保存学会, 2010年6月.
2)中西 正 : 歯髄炎の病態形成における細菌侵襲と歯髄の反応性, 日本歯科保存学会学術賞, 日本歯科保存学会, 2010年6月.
3)犬伏 俊博, 川添 亜希, 谷本 幸太郎, 宮内 睦美, 田中 栄二, 高田 隆, 丹根 一夫 : Masticatory muscle activity in a rat model of Parkinson's disease, 88th IADR Travel Award, 2010., 国際歯科研究学会, 2010年7月.
4)赤松 徹也 : 唾液腺発生におけるサチライシン様前駆体蛋白質変換酵素PACE4の生理機能解明, 徳島大学歯学部若手研究奨励賞, 歯学科, 2010年7月.
5)中西 正 : 歯髄炎の病態形成における細菌侵襲と歯髄の反応性, 徳島大学歯学部若手研究奨励賞, 徳島大学歯学部, 2010年7月.
6)Akio Hiura : A paradox: Why can the mice with profound loss of capsaicin-sensitive small sensory neurons and TRPV1-deficient mice normally sense acute noxious heat, Honour, The Fourth Western China International Neuroscience Forum, Aug. 2010.
7)羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素PP1dとB23の細胞内局在およびアポトーシス細胞におけるB23の分解, 優秀講演賞, 日本組織細胞化学会, 2010年9月.
8)岡村 裕彦 : PKRは骨芽細胞の悪性化に関与するか?, 第25回基礎医学医療研究助成金, 財団法人金原一郎記念医学医療振興財団, 2010年9月.
9)Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Cui Qu, Makoto Kawatani, Masahiro Hiasa, Ayako Nakano, Tadashi Jinno, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Shuji Ozaki, Hiroyuki Osada, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : The novel anti-resorptive agent reveromycin A ameliorates bone destruction and tumor growth in myeloma, Travel Grant Award, 2010., 10th International Conference Cancer-Induced Bone Disease, Sep. 2010.
10)川上 恵実, 木内 奈央, 足立 太郎, 中村 彩花, 川合 暢彦, 田中 栄二, 野地 澄晴 : 特殊加工コラーゲンを単体としたマイオスタチンsiRNA投与による骨格筋量調節法の研究, 第69回日本矯正歯科学会大会優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2010年9月.
11)Masahiro Hiasa : Bone Marrow Stromal Cells Suppress TACE-mediated M-CSFR and RANK Shedding to Facilitate Osteoclastogenesis and Suppress DC Differentiation from Monocytes., ASBMR young investigator Travel Grant, The American Society for Bone and Mineral Research, Oct. 2010.
12)Masahiro Hiasa : Bone Marrow Stromal Cells Suppress TACE-mediated M-CSFR and RANK Shedding to Facilitate Osteoclastogenesis and Suppress DC Differentiation from Monocytes., ASBMR plenary poster, The American Society for Bone and Mineral Research, Oct. 2010.
13)日浅 雅博 : 高田充歯科基礎医学学術奨励賞, 歯学部, 2010年10月.
14)関根 一光 : 金属粉末を用いた微細ポーラス表面の作成によるオーダーメイド加工可能なBiolized血液接触表面の作成, 日本人工臓器学会 Grant-MERA, 日本人工臓器学会, 2010年11月.
15)泰江 章博 : Smad3リン酸化阻害が創傷治癒に及ぼす効果, 学術奨励賞, 国際歯科研究学会日本部会, 2010年11月.
16)泰江 章博, 米田 尚子, 渡邉 哲平, 田中 栄二 : Effects of the inhibition of Smad3 phosphorylation on wound healing, JADR 学術奨励賞, 2010., 国際歯科研究学会, 2010年11月.
17)山下 菊治 : 再構築細胞外マトリックスをチタン表層に生体活性層として塗布した機能性材料, 第6回アジア科学セミナー会長賞, 中山医学大学, 2010年11月.
18)Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Qu Cui, Makoto Kawatani, Masahiro Hiasa, Ayako Nakano, Tadashi Jinno, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Shuji Ozaki, Eiji Tanaka, Hiroyuki Osada and Toshio Matsumoto : An acidic milieu created in myeloma-osteoclast interaction enhances tumor growth, but triggers anti-myeloma activity of Reveromycin A, a novel anti-resorptive agent, 52nd ASH Travel Award, 52nd ASH, Dec. 2010.
19)Kyoko Ishimoto, Takeo Iwata, Katsuhiko Yoshimoto and Eiji Tanaka : Functional analysis of a novel adipokine, D-dopachrome tautomerase, in preadipocytes, Best Poster Presentation Award, International Joint Symposium on Oral Science, Dec. 2010.
20)平尾 功治 : 歯髄炎発症における自然免疫機構の解析と緑茶カテキンの歯髄炎抑制効果の検討, 西野瑞穂歯科臨床医学奨励賞, 歯学部, 2010年12月.
21)東 雅之 : シェーグレン症候群に対する病期対応型テーラーメード医療の構築, 康楽賞, 財団法人康楽会, 2011年1月.

2010年度(平成22年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2011年度(平成23年度)

prize.{@.date="20110400 20120399" @.organization=\E{10999}}

2011年度(平成23年度) / 賞(教育)

1)片岡 宏介 : 学部長表彰優秀教育賞, 学部長表彰優秀教育賞, 徳島大学歯学部, 2011年7月.
2)赤松 徹也 : 徳島大学歯学部ベストメンター賞, 歯学部, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 賞(研究)

1)竹内 久裕, 中野 雅德 : 側方ガイド傾斜角についての定量的検討, 平成22年度日本補綴歯科学会優秀論文賞(学会論文賞), 日本補綴歯科学会, 2011年5月.
2)松山 美和 : 舌可動部亜全摘症例に対するリハビリテレーションとその治療効果―下顎歯槽堤形成術と最大舌圧の経時的変化―, 平成22年度優秀論文賞, 日本顎顔面補綴学会, 2011年6月.
3)石川 康子 : 1型糖尿病ラットの耳下腺のマイクロアレイ解析による口腔乾燥症発症機序の網羅的解明, 優秀発表賞, 日本歯科薬物療法学会, 2011年6月.
4)細木 眞紀, 久保 宜明 : 歯科用金属アレルギーとピアスの関係について, 第41回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会・学術大会·ポスター賞·銅賞, 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会, 2011年7月.
5)Masahiro Hiasa, A Nakano, Keiichiro Watanabe, C Qu, T Harada, Shiroh Fujii, H Miki, Shingen Nakamura, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Eiji Tanaka, Kenzo Asaoka, Shuji Ozaki and Toshio Matsumoto : Dual effects of Pim inhibition on myeloma: induction of bone formation and tumor suppression, IOF-ANZBMS Travel Award., Japanese Association for Dental Research, Jul. 2011.
6)日浅 雅博 : Pimキナーゼの阻害は骨芽細胞分化を促進し,骨髄腫骨病変の形成と腫瘍進展を抑制する, 高得点演題賞, 日本骨代謝学会, 2011年7月.
7)日浅 雅博 : 歯学部優秀研究賞, 歯学部, 2011年7月.
8)浜田 賢一 : 優秀教育賞, 歯学部, 2011年7月.
9)姚 陳娟 : 歯学部・大学院口腔科学教育部の学術研究の発展に尽力したよって表彰, 歯学部優秀研究賞, 歯学部, 2011年7月.
10)日浅 雅博 : Pimキナーゼの阻害は骨芽細胞分化を促進し,骨髄腫骨病変の形成と腫瘍進展を抑制する, 優秀演題賞, 日本骨代謝学会, 2011年7月.
11)Masahiro Hiasa : Pimキナーゼの阻害は骨芽細胞分化を促進し,骨髄腫骨病変の形成と腫瘍進展を抑制する, IOF-ANZBMS Travel Award, Japanese Society for Bone and Mineral Research, Jul. 2011.
12)日浅 雅博, 安倍 正博, 中野 綾子, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 田中 栄二, 淺岡 憲三, 松本 俊夫 : Pimキナーゼの阻害は骨芽細胞分化を促進し,骨髄腫骨病変の形成と腫瘍進展を抑制する, 優秀演題賞, 第29回日本骨代謝学会, 2011年7月.
13)日浅 雅博, 安倍 正博, 中野 綾子, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 田中 栄二, 淺岡 憲三, 松本 俊夫 : Pimキナーゼの阻害は骨芽細胞分化を促進し,骨髄腫骨病変の形成と腫瘍進展を抑制する, 高得点演題賞, 日本骨代謝学会, 2011年7月.
14)長谷川 智一 : 平成23年度圭陵会学術振興会学術賞, 圭陵会学術振興会, 圭陵会, 2011年8月.
15)Masahiro Hiasa : Prevention of tumor growth and bone destruction in myeloma by Pim kinase inhibition., ASBMR young investigator Travel Grant, The American Society for Bone and Mineral Research, Sep. 2011.
16)日浅 雅博, A Nakano, 渡邉 佳一郎, C Qu, T Harada, 藤井 志朗, H Miki, 中村 信元, 賀川 久美子, 竹内 恭子, 田中 栄二, 淺岡 憲三, 尾崎 修治, 松本 俊夫 : Prevention of tumor growth and bone destruction in myeloma by Pim kinase inhibition., 4. Hiasa M, Nakano A, Watanabe K, Qu C, Harada T, Fujii S, Miki H, Nakamura S, Kagawa K, Takeuchi K, Tanaka E, Asaoka K, Ozaki S, Matsumoto T, Abe M:, 米国骨代謝学会, 2011年9月.
17)犬伏 俊博, 宮内 睦美, 川添 亜希, M Okada, A Min, Y Kudo, A Ishikado, T Makino, 丹根 一夫, 田中 栄二, 高田 隆 : Inubushi T, Miyauchi M,, 2011年度JADR学術奨励賞, 国際歯科研究学会日本部会, 2011年10月.
18)Jumpei Teramachi : Young Investigator Award, The American Society for Bone and Mineral Research, Oct. 2011.
19)中村 竜也, 藤原 慎視, 永田 久美子, 塩田 智子, 堀内 信也, 黒田 晋吾, 田中 栄二 : 低出力超音波は関節滑膜炎の増殖性炎症を抑制する, 第70日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2011年10月.
20)川上 恵実, 堀内 信也, 松田 りえ, 内田 玲子, 黒田 晋吾, 宮本 洋二, 天真 覚, 田中 栄二 : 骨格性開咬症に対する下顎骨の反時計方向を伴う外科的下顎骨移動術の長期安定性:15年経過症例, 第70日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2011年10月.
21)長谷川 智一 : 乳歯歯根膜細胞による再生医学研究の可能性の検討, Lion Award, 日本小児歯科学会, 2011年11月.
22)竹内 久裕, 石川 輝明, 松本 文博, 田中 栄二, 中野 雅德 : 徳島大学病院における顎関節症患者の特徴に関する調査-男女比,年齢構成と受診期間-, 平成24年度日本顎関節学会学術奨励賞, 日本顎関節学会, 2012年.
23)中道 敦子 : 一口量が咀嚼回数に及ぼす影響, 特定非営利活動法人日本咀嚼学会第22回学術大会優秀口演賞, 日本咀嚼学会, 2012年1月.
24)渡邉 恵 : A novel DC therapy with manipulation of MKK6 gene on nickel allergy in mice., 平成23年度日本補綴歯科学会中堅優秀論文賞, 社団法人日本補綴歯科学会, 2012年1月.
25)白山 靖彦 : 三木康楽賞, 三木産業株式会社, 2012年1月.
26)松山 美和 : 舌可動部亜全摘症例に対するリハビリテレーションとその治療効果―下顎歯槽堤形成術と最大舌圧の経時的変化―, 康楽会賞, 財団法人 三木康楽会, 2012年1月.
27)渡邉 恵 : A novel DC therapy with manipulation of MKK6 gene on nickel allergy in mice., 西野瑞穗歯科臨床医学奨励, 歯学部, 2012年1月.
28)美原(和田) 智恵 : 薬剤投与が歯周組織の代謝に及ぼす影響の解明, 西野瑞穂歯科臨床医学奨励賞, 2012年2月.
29)美原(和田) 智恵 : 薬剤投与が歯周組織の代謝に及ぼす影響の解明, 徳島大学歯学部, 歯学部, 2012年2月.
30)美原(和田) 智恵 : 薬剤投与が歯周組織の代謝に及ぼす影響の解明, 西野瑞穂歯科臨床医学奨励賞, 歯学部, 2012年2月.

2011年度(平成23年度) / 賞(社会貢献)

1)石丸 直澄 : 臓器特異的自己免疫疾患の病態解明に向けた多角的研究, ライオン学術賞, 歯科基礎医学会, 2011年10月.

2012年度(平成24年度)

prize.{@.date="20120400 20130399" @.organization=\E{10999}}

2012年度(平成24年度) / 賞(教育)

1)永尾 寛 : 平成24年度歯学部優秀教育賞, 歯学部, 2012年7月.
2)高石 和美 : 歯学部優秀教育賞, 歯学部優秀教育賞, 歯学部, 2012年7月.
3)赤松 徹也 : 歯学部優秀教育賞, 歯学部, 2012年7月.
4)三好 圭子 : 高田充歯科基礎医学奨励賞, 共通, 2013年2月.

2012年度(平成24年度) / 賞(研究)

1)Jumpei Teramachi : The Synthetic Inhibitor of ZZ Domain of Sequestosome-1/p62 Inhibits Both Stromal Cell Independent and Dependent Myeloma Cell Growth and Osteoclast Formation, Basic Science Post-docs/Medical Fellows 1st place, The IU Simon Cancer Center Annual Cancer Research Day 2012, May 2012.
2)細木 眞紀 : チタンを原因とする金属アレルギーが疑われた症例, 第121 回学術大会カボデンタル賞, 日本補綴歯科学会, 2012年5月.
3)Takeshi Yanagita, Shingo Kuroda, Teruko Takano-Yamamoto and Takashi Yamashiro : Class III malocclusion with complex problems of lateral open bite and severe crowding successfully treated with miniscrew, College of Diplomates of the American Board of Orthodontics (CDABO) 2012 Case Report of the Year, American Association of Orthodontics, May 2012.
4)米田 尚子, 泰江 章博, 渡邉 哲平, 田中 栄二 : Smad3 遺伝子抑制が瘢痕組織形成に及ぼす影響, 第36回日本口蓋裂学会総会優秀ポスター賞, 日本口蓋裂学会, 2012年5月.
5)Mitsuhiro Iwata, 黒田 晋吾, Nagato Tamamura : Orthodontic implants save many more teeth of patients with periodontitis, 第98回アメリカ歯周病学会共催日本歯周病学会2012大会 臨床演題優秀賞, 日本歯周病学会, 2012年5月.
6)竹内 久裕 : 徳島大学病院における顎関節症患者の特徴に関する調査-男女比,年齢構成と受診期間-, 学会賞 学術奨励賞, 日本顎関節学会, 2012年7月.
7)黒田 晋吾 : Ameloblastin is not implicated in bone formation and repair, 歯学部優秀研究賞, 歯学部, 2012年7月.
8)Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, H Mori, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, S Fujii, Sonoe Fujii, H Miki, H Miki, K Kagawa, I Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : The cathepsin K inhibitor KK1-300-01 prevents bone destruction and resumes bone formation in myeloma osteolytic lesions, Young Investigator Award, 2012, ANZBMS, Sep. 2012.
9)星野 由美 : 被検食の性状の違いによる咀嚼・嚥下時の咬筋酸素動態の特性, 学術論文奨励賞, 日本歯科衛生学会, 2012年9月.
10)黒田 晋吾, 黒田 康子, 冨田 優子, 田中 栄二 : 下顎頭の著しい吸収を伴うII級前歯部開咬症例における保存的矯正治療の長期安定性, 第71回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2012年9月.
11)日浅 雅博 : Pimキナーゼ阻害による腫瘍進展と骨破壊の抑制, 日本血液学会奨励賞, 日本血液学会, 2012年10月.
12)日浅 雅博 : 骨髄腫の薬剤耐性と骨破壊病変形成におけるセリンスレオニンキナーゼPim-2の役割とPim-2を標的とした新規骨髄腫治療法の開発, 一般研究賞(日本血液学会推薦), 日本白血病研究基金, 2012年11月.
13)Takaharu Goto, Higaki Nobuaki, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa : Sensation of osseointegrated implants: Systematic literature review and new neurophysiological approach, ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference 4th Winner of poster Competition, ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference, Dec. 2012.
14)武田 智香子, 泰江 章博, 米田 尚子, 渡邉 哲平, 田中 栄二 : Inhibitory effects of Smad3 phosphorylation on wound repair, JADR/Joseph Lister Award.2012, 国際歯科研究学会, 2012年12月.
15)後藤 崇晴 : 主機能部位と補綴治療, 平成24年度西野瑞穂歯科臨床医学奨励賞, 徳島大学, 2013年1月.
16)星野 由美 : 康楽会賞, 財団法人 三木康楽会, 2013年1月.
17)松香 芳三 : 三叉神経痛,尿失禁,前立腺肥大に対するボツリヌス神経毒素の効果, 康楽会賞, 財団法人 三木康楽会, 2013年1月.
18)K. Maruhama, Yoshizo Matsuka, Y. Yamamoto, R. Terayama, K. Komi, M. Ono, K. Maekawa, H. Kamioka, T. Yamashiro, T. Sugimoto, O. Matsushita and T. Kuboki : Botulinum toxin endocytosis into trigeminal neurons alleviates neuropathic pain, Wiley Blackwell IADR Neuroscience Group Young Investigator Award Finalist, International Association for Dental Research, Mar. 2013.
19)石川 康子 : ベストメンター賞, 徳島大学歯学部, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 賞(社会貢献)

1)淺岡 憲三 : 研究,教育,運営に対する貢献, 日本歯科理工学会賞, 日本歯科理工学会, 2012年4月.

2013年度(平成25年度)

prize.{@.date="20130400 20140399" @.organization=\E{10999}}

2013年度(平成25年度) / 賞(教育)

1)松香 芳三 : A problem-based learning tutorial on elder inpatients in a nursing home in Japan, 優秀論文賞, 日本歯科医学教育学会, 2013年7月.
2)大石 慶二 : 徳島大学歯学部及び大学院口腔科学教育部の教育並びに学生指導, 歯学部優秀教育賞, 歯学部, 2013年8月.
3)工藤 保誠 : 四国歯学会 第44回例会, 徳島大学歯学部ベストメンター賞, 四国歯学会, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 賞(研究)

1)Naofumi Tamaki : Stage of hepatocellular carcinoma is associated with periodontitis., LION AWARD, Japanese Society for Dental Health, May 2013.
2)鈴木 善貴, 重本 修伺, 大倉 一夫, 野口 直人, 安陪 晋, 大本 勝弘, 神原 佐知子, 高田 奈美, 中野 雅德, 坂東 永一, 松香 芳三 : 睡眠時ブラキシズムのクレンチング時における顎位と咬筋活動の検討, デンツプライ賞, 日本補綴歯科学会, 2013年5月.
3)岩本 勉 : Epithelial-mesenchymal interaction reduces inhibitory effects of fluoride on proliferation and enamel matrix expression in dental epithelial cells, Pediatric Dental Journal 優秀論文賞, 日本小児歯科学会, 2013年5月.
4)天知 良太, 堀内 信也, 川合 暢彦, 木内 奈央, 藤原 慎視, 黒田 晋吾, 田中 栄二 : 3次元デジタルモデルを用いた片側性口唇裂口蓋裂患者の咬合評価に関する検討, 日本口蓋裂学会優秀論文賞, 日本口蓋裂学会, 2013年6月.
5)後藤 崇晴 : Main occluding area in partially edentulous patients: Changes before and after implant treatment, 社団法人日本補綴歯科学会奨励論文賞, 日本補綴歯科学会, 2013年6月.
6)中島 由紀子 : 最終糖化産物(AGE)はラット歯髄における石灰化物形成と炎症反応を進展させる, 優秀ポスター賞, 日本歯科保存学会, 2013年6月.
7)澁谷 智明, 玉置 勝司, 和気 裕之, 島田 淳, 葉山 莉香, 古谷 野潔, 鱒見 進一, 窪木 拓男, 皆木 省吾, 貞森 紳丞, 矢谷 博文, 藤澤 政紀, 杉崎 正志, 成田 紀之, 原 節宏, 馬場 一美, 尾口 仁志, 金村 清孝, 山口 泰彦, 西川 洋二, 塚原 宏泰, 松香 芳三 : 咬合違和感患者の治療予後に関する要因の多施設調査, 優秀ポスター賞, 日本顎関節学会, 2013年7月.
8)Hirohiko Okamura : The role of PP2A in the differentiation of mesenchymal stem cells., Takeda Science Foundation, Takeda Science Foundation, Jul. 2013.
9)三好 圭子 : 学部長表彰, 共通, 2013年8月.
10)二宮 雅美 : 姉妹に認められた広汎型侵襲性歯周炎に対して包括的歯周治療を行った症例, 日本歯周病学会優秀臨床ポスター賞, 日本歯周病学会, 2013年9月.
11)美原(和田) 智恵 : ラット実験的歯周炎におけるオステオプロテジェリンの局所投与による歯槽骨吸収抑制効果, 日本歯周病学会会誌賞, 日本歯周病学会, 2013年9月.
12)Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, H Mori, R Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : 5. Potent induction of bone formation in myeloma bone lesions by the cathepsin K inhibitor KK1-300-01 in combinat ion with the proteasome inhibitor bortezomib., Plenary poster & Young Investigator Travel Award, The American Society for Bone and Mineral Research, Oct. 2013.
13)福井 誠 : 唾液中サイトカインと口腔健康状態の関連性, 最優秀ポスター賞, 近畿・中国・四国口腔衛生学会, 2013年10月.
14)前田 有一, 黒田 晋吾, Rima WAZEN, GANZORIG KHALIUNAA, KARIMA QURNIA MANSJUR, Antonio NANCI, 田中 栄二 : 上顎洞への歯の移動は安全か -マウス実験的歯の移動モデルを用いた検討-, 第72日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2013年10月.
15)Silvia Naomi MITSUI AKAGI, Akihiro Yasue, Shinya Horiuchi, Shingo Kuroda and Eiji Tanaka : Long-term stability of conservative orthodontic treatment in a patient with temporomandibular joint disorder, The 72nd Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society Excellent Exhibition Award, Japanes Orthodontic Society, Oct. 2013.
16)井上 雅秀, 黒田 晋吾, 渡邉 佳一郎, 七條 なつ子, 荒古江 圭嗣, 上田 寛治, 田中 栄二 : 歯科矯正用ミニスクリューの直径,埋入角度および荷重方向の違いが周囲骨組織内応力分布へ及ぼす影響, 第72日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2013年10月.
17)石原 嘉人, 黒田 晋吾, 菅原 康代, タレク バラム, 山本 照子, 山城 隆 : 歯科矯正用アンカースクリューを間接的な固定源に用いた新しい下顎前歯圧下法の提案, 第72回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2013年10月.
18)栗林 伸行 : CXCR4システムを介した口腔癌のリンパ節転移におけるmGluR5のリンパ管新生への関与, 日本口腔外科学会ポスター賞, 第58回(公社)日本口腔外科学会, 2013年10月.
19)玉木 直文 : Stage of hepatocellular carcinoma is associated with periodontitis, 岡山歯学会優秀論文賞, 岡山歯学会, 2013年10月.
20)Orihuela-Campos C. Rita, 玉木 直文 : Effects of different antioxidants on human gingival fibroblasts under oxidative stress, 優秀発表賞, 心・血管クラスター, 2014年1月.
21)岩本 勉 : ギャップ結合分子パネキシン3の軟骨形成過程における役割, 平成25年度康楽賞, 財団法人 三木康楽会, 2014年1月.
22)永尾 寛 : 摂食・嚥下を考慮した義歯設計指針の確立, 平成25年度康楽賞, 公益財団法人 康楽会, 2014年1月.
23)木内 奈央 : RNA干渉法を用いた筋萎縮性疾患に対する核酸医薬の開発研究, 西野瑞穂歯科臨床医学奨励賞, 歯学部, 2014年2月.

2013年度(平成25年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2014年度(平成26年度)

prize.{@.date="20140400 20150399" @.organization=\E{10999}}

2014年度(平成26年度) / 賞(教育)

1)岩田 武男 : 徳島大学歯学部ベストメンター賞, 歯学部, 2014年4月.
2)田島 登誉子, 竹内 久裕, 西川 啓介, 大倉 一夫, 大本 勝弘, 鈴木 善貴, 細木 眞紀, 郡 元治, 重本 修伺, 宮城 麻友, 松香 芳三 : 冠橋義歯学授業へのチーム基盤型学習法の導入とその効果, 優秀ポスター賞, 日本補綴歯科学会, 2014年5月.
3)山下 菊治 : 解剖学から見た生命科学研究ー遠赤外線エネルギー照射の正体とその効果ー, 徳島大学歯学部優秀教育賞, 歯学部, 2014年7月.
4)弘田 克彦 : 徳島大学歯学部ベストメンター賞, 歯学部, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 賞(研究)

1)大本 勝弘, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 田島 登誉子, 松香 芳三 : 携帯型筋電計を用いた終日咬筋活動測定, 学術大会優秀賞, 日本顎口腔機能学会, 2014年4月.
2)内藤 禎人 : Formability and mechanical properties of porous titanium produced by a moldless process., 平成25年度社団法人日本補綴歯科学会中堅優秀論文賞, 社団法人日本補綴歯科学会, 2014年5月.
3)Yasusei Kudo : Implications for Human Diseases, Best poster presentation Award, 7th International Conference SUMO, Ubiquitin, UBL Proteins, May 2014.
4)岩本 勉 : Application of a tooth-surface coating material to teeth with discolored crowns, Pediatric Dental Journal 優秀論文賞, 日本小児歯科学会, 2014年5月.
5)安陪 晋 : 歯学部優秀研究賞, 徳島大学, 2014年7月.
6)武川 恵美 : Magnetic susuceptibility and hardness of Au-xPt-yNb alloys for biomedical applications, 歯学部優秀研究賞, 徳島大学歯学部, 2014年7月.
7)小林 真左子 : Nobel bone regeneration system using carbonate apatite-coated carbonate calcium in vivo., 第96回米国口腔顎顔面学会ポスター賞, 米国口腔顎顔面学会, 2014年9月.
8)市川 哲雄 : 口腔インプラント学に関する優秀な論文を多数執筆,指導してきたことに対して, 平成26年度日本口腔インプラント学会特別優秀論文賞, 日本口腔インプラント学会, 2014年9月.
9)Masahiro Hiasa : Osteocytes directly communicate with sensory neuronal cells via cell-cell networks that are modulated under an acidic microenvironment, ASBMR young investigator Travel Grant, The American Society for Bone and Mineral Research, Sep. 2014.
10)Masahiro Hiasa : Osteocytes directly communicate with sensory neuronal cells via cell-cell networks that are modulated under an acidic microenvironment, ASBMR plenary poster, The American Society for Bone and Mineral Research, Sep. 2014.
11)鈴木 善貴, 大本 勝弘, 大倉 一夫, 重本 修伺, 田島 登誉子, 中野 雅德, 坂東 永一, 松香 芳三 : 切歯路と睡眠時ブラキシズムの分類との関係, 学術大会優秀賞, 日本顎口腔機能学会, 2014年10月.
12)乾 志帆子 : 生体医療用Au2元合金の磁化率の組成依存性, 研究奨励賞, 日本歯科理工学会, 2014年10月.
13)乾 志帆子, 武川 恵美, 浜田 賢一 : 生体医療用Au2元合金の磁化率の組成依存性, 研究奨励賞, 日本歯科理工学会, 2014年10月.
14)Jumpei Teramachi : Critical role of Pim-2 in NF-kB-mediated suppression of osteoblastogenesis and stimulation of osteoclastogenesis: Therapeutic impact of Pim inhibition on myeloma bone disease., ASBMR 2014 Plenary Poster, The American Society for Bone and Mineral Research, Oct. 2014.
15)細川 義隆 : 歯周炎病変局所へのリンパ球浸潤機構の解析, 日本歯周病学会学術賞, 日本歯周病学会, 2014年10月.
16)七條 なつ子, 川合 暢彦, 森 博世, BAYARSAIKHAN ODO, 田中 栄二 : 軟食飼育による咀嚼性刺激の低下は下顎骨の恒常性を負に調節する, 第73日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2014年10月.
17)森 浩喜, 井澤 俊, 田中 栄二 : 変形性顎関節症の病態形成におけるS1P/Smad3シグナルの役割, 第73日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2014年10月.
18)黒田 晋吾, 七條 なつ子, 三野 彰子, KARIMA QURNIA MANSJUR, GANZORIG KHALIUNAA, 玉村 長都, 岩田 光弘, 田中 栄二 : 部分無歯症患者の包括的歯科治療における歯科矯正用アンカースクリューの有用性, 第73日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2014年10月.
19)Kulthida Nunthayaon, Eiichi Honda, Hiroko Onmori, Sayuri Maristela Inoue-Arai, Kazuo Shimazaki, Tohru Kurabayashi and Takashi Ono : Comparisonn of fricative ound btweeen nterior open bite and normal subjects: 3T MRI movie method, Excellent Exhibition Award, The 5th Joint Meeting of JLOA and KALO, Oct. 2014.
20)中川 弘, 山本 愛美, 赤澤 友基, 北村 尚正, 長谷川 智一, 岩本 勉 : p-HPPHを分子標的としたフェニトインによる歯肉増殖症に対する新規治療薬の開発, 優秀ポスター賞, 日本障害者歯科学会, 2014年11月.
21)Higaki Nobuaki, Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa : Effects of vibratory and gustatory stimulations on cerebral blood flows, Winner of Poster Presentation Award, The 3rd ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference, Dec. 2014.
22)Minami Sato, Kumiko Nagata, Shingo Kuroda, MANSJUR KARIMA QURNIA, Shinya Horiuchi, Yoshiko Yamamura, Masayuki Azuma and Eiji Tanaka : Effects of low-intensity pulsed ultrasound on salivary gland, Best Poster Presentation Award., The 3rd ASEAN Plus and Tokushima Joint International Conference,, Dec. 2014.
23)土井 登紀子, 日野出 大輔, 中江 弘美, 玉谷 香奈子, 吉岡 昌美, 松山 美和, 中野 雅德, 伊賀 弘起 : The effect of the education program "Chewing30" through the the information and communication technology system, 2014年12月.
24)松尾 亮, 玉木 直文 : 歯肉溝浸出液バイオマーカーと血液データの比較検討, 学会会長賞・優秀演題, 日本成人病(生活習慣病)学会, 2015年1月.
25)林 邦彦, 平林 里大, 佐々木 圭太, 重田 優子, 小川 匠, 松香 芳三, 木本 克彦, 藤澤 政紀, 大久保 力廣, 玉置 勝司, 矢谷 博文 : 平成26年度日本補綴歯科学会西関東支部ワークショップ報告, 日本補綴学会西関東支部イーストレーキ賞, 日本補綴歯科学会, 2015年1月.
26)宮城 麻友 : 炎症環境による歯髄細胞の幹細胞化―歯髄細胞分化に与える腫瘍壊死因子(TNF-α)の影響―., 西野瑞穂歯科臨床医学奨励賞, 徳島大学, 2015年2月.
27)Naofumi Tamaki : Outstading Contribution in Reviewing, Archives of Oral Biology, Mar. 2015.

2014年度(平成26年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2015年度(平成27年度)

prize.{@.date="20150400 20160399" @.organization=\E{10999}}

2015年度(平成27年度) / 賞(教育)

1)菅原 千恵子 : 学部長表彰(教育部門), 歯学部, 2015年8月.

2015年度(平成27年度) / 賞(研究)

1)板東 美香 : ヒト上皮細胞におけるInterleukin-1によるS100A9遺伝子 調節, 奨励賞, 日本歯科保存学会, 2015年5月.
2)赤澤 友基, 長谷川 智一, 岩本 勉 : 象牙質修復に関わる間葉系幹細胞の乳歯歯髄細胞由来SDF-1αによる制御, 優秀発表賞, 日本小児歯科学会, 2015年5月.
3)宮城 麻友 : A short-term treatment with tumor necrosis factor-alpha enhances stem cell phenotype of human dental pulp cells., 公益社団法人日本補綴歯科学会奨励論文賞, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 2015年5月.
4)三木 春奈, 水口 一, 宮城 麻友, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 前川 賢治, 松香 芳三, 窪木 拓男 : 健常者における睡眠時の覚醒反応と随伴運動との関連, デンツプライ賞, 日本補綴歯科学会, 2015年5月.
5)柳沢 志津子 : 男性高齢者が参加する社会組織のメンバー特性と関連要因-青壮年者との比較から-, 日本老年社会科学会第57回大会優秀演題, 日本老年社会科学会, 2015年6月.
6)七條 なつ子, 黒田 晋吾, 佐藤 南, 阿部 直樹, 古谷 昌裕, 田中 栄二 : 二分割Le Fort Ⅰ型骨切り術を施行した重篤な前歯部開咬を伴う骨格性下顎前突症例, 第25回日本顎変形症学会総会 優秀ポスター賞, 日本顎変形症学会, 2015年6月.
7)村上 圭史 : 新規化合物が薬剤耐性緑膿菌に帯する殺菌効果に及ぼす影響, 第63回日本化学療法学会総会 優秀ポスター賞, 社団法人 日本化学療法学会, 2015年6月.
8)寺町 順平 : 骨髄腫腫瘍進展と骨破壊病変形成におけるTAK-1の枢軸的役割, 優秀演題賞, 日本骨代謝学会, 2015年7月.
9)玉木 直文 : 学部長表彰, 徳島大学, 2015年8月.
10)山下 菊治 : The Ceramics Radiation Far Infrared Ray Energy (Ryolite) Promote the Formation of Bone, 硬組織再生生物学会, 2015年8月.
11)石丸 直澄 : シェーグレン症候群の疾患モデルを用いた病態機序に関する多角的研究, 第七回日本シェーグレン症候群学会賞受賞, 日本シェーグレン症候群学会, 2015年9月.
12)梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 : 強固に接着し容易に除去できる歯科用スマートセメントの開発, 優秀発表賞, 日本歯科医学会, 2015年9月.
13)Jumpei Teramachi : Pivotal role of TAK-1 in tumor growth and bone destruction in myeloma: therapeutic impact of TAK-1 inhibition, ASBMR 2015 Plenary Poster, The American Society for Bone and Mineral Research, Oct. 2015.
14)尾崎 和美 : 日本学術振興会科学研究費審査員賞受賞, 独立行政法人日本学術振興会, 2015年10月.
15)佐藤 南, 永田 久美子, 堀内 信也, 黒田 晋吾, 犬伏 俊博, 山村 佳子, 東 雅之, 田中 栄二 : 低出力パルス超音波は唾液腺炎に対して抗炎症作用を有し唾液分泌を促進する, 第74日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2015年11月.
16)森 浩喜, 井澤 俊, 三野 彰子, 岩浅 亮彦, 内田 玲子, 田中 栄二 : S1P/Smad3シグナルクロストークを介した変形性顎関節症の病態メカニズムの解明, 第74日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2015年11月.
17)KARIMA QURNIA MANSJUR, 黒田 晋吾, 前田 有一, 佐藤 南, 三井 なおみ, BAYARSAIKHAN ODO, 渡邉 佳一郎, 堀内 信也, 田中 栄二 : Applications of parathyroid hormone and low intensity pulsed ultrasound enhance fracture healing in osteoporotic rats., 第74日本矯正歯科学会学術大会 English Presentation Award., 日本矯正歯科学会, 2015年11月.
18)梶本 昇, 浜田 賢一 : スマートに剥離可能な新規歯科用セメントの開発, 学術大会発表優秀賞, 日本接着歯学会, 2015年12月.
19)石田 雄一 : 西野瑞穂歯科臨床医学奨励賞, 2016年.
20)工藤 保誠 : 平成27年度康楽賞受賞, 徳島大学, 2016年1月.
21)後藤 崇晴, 藤本 けい子, 水藤 英樹, 南 憲一, 柏原 稔也, 鴨居 浩平, 市川 哲雄 : 義歯への情報書き込みに関する検討, 日本義歯ケア学会第8回学術大会 優秀口演賞, 日本義歯ケア学会, 2016年1月.
22)工藤 保誠 : 細胞分裂期におけるDNA複製準備機構の解明, 康楽賞, 公益財団法人康楽会, 2016年1月.
23)中西 正 : 歯髄炎の病態形成におけるCXCL10の役割, 平成27年度康楽賞, 財団法人 三木康楽会, 2016年1月.
24)梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 : 接着力を制御できる歯科用セメントの開発, 優秀発表賞, 日本バイオマテリアル学会中四国地方会, 2016年2月.
25)武川 恵美, 乾 志帆子, 誉田 栄一, 浜田 賢一 : 非磁性Au合金で試作した医用デバイスのMRIアーチファクト, 優秀発表賞, 日本バイオマテリアル学会中四国地方会, 2016年2月.
26)邉見 蓉子, 内藤 禎人, 神保 良, 神野 洋平, 関根 一光, 浜田 賢一 : 三次元多孔性チタン織物の機械的特性と骨伝導能, 優秀発表賞, 日本バイオマテリアル学会中四国地方会, 2016年2月.
27)伊田 百美香, 裵 志英, 関根 一光, 河野 文昭, 浜田 賢一 : ボールミリング法で改質したβ-TCPセメントの粉液比の増加による強度と注入性, 優秀発表賞, 日本バイオマテリアル学会中四国地方会, 2016年2月.
28)Jumpei Teramachi : Blocking the ZZ domain of sequestosome 1/p62 suppresses myeloma growth and osteoclast formation in vitro and induces dramatic bone formation in myeloma-bearing bones in vivo., ITIJC Outstanding Paper Award, Indy Tomorrow-Indiana Japan Chamber, Mar. 2016.
29)Hirohiko Okamura : 骨芽細胞と脂肪細胞におけるPP2Aは互いの細胞分化を調節するか?, The Nakatomi Foundation, The Nakatomi Foundation, Mar. 2016.
30)赤松 徹也 : H27年度ベストメンター賞, 歯学部, 2016年3月.

2015年度(平成27年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2016年度(平成28年度)

prize.{@.date="20160400 20170399" @.organization=\E{10999}}

2016年度(平成28年度) / 賞(教育)

1)ロディス Maningo オマー : 教育に関する貢献と業績, 歯学部学部長表彰, 2016年8月.
2)長谷川 敬展 : 徳島大学歯学部ベストメンター賞, 歯学部, 2017年3月.

2016年度(平成28年度) / 賞(研究)

1)寺町 順平 : 新規薬剤Compound #3を用いた骨病変改善作用を有する抗腫瘍薬の開発, がん関連基礎研究, 大鵬薬品工業 株式会社, 2016年4月.
2)岡村 裕彦 : 口腔内細菌P.endodontalisによる歯槽骨吸収とヒストン脱メチル化酵素Jmjd3の役割, 調査・共同研究, 日中医学協会, 2016年4月.
3)梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 : 通電剥離型歯科用セメントの開発 その2: 通電条件の影響, 研究奨励賞, 日本歯科理工学会, 2016年4月.
4)寺町 順平 : 骨髄腫特異的抗腫瘍活性と骨再生をもたらす新規分子標的薬の創出, 2016年度多発性骨髄腫研究助成, 日本骨髄腫患者の会, 2016年5月.
5)Yoshitaka Suzuki : No increase in sleep bruxism or sustained orofacial muscle activity during sleep in mild traumatic brain injury patients: A controlled study, Graduate Student Research Award, American Academy of Dental Sleep Medicine, Jun. 2016.
6)Yoshitaka Suzuki : No increase in sleep bruxism or sustained orofacial muscle activity during sleep in mild traumatic brain injury patients: A controlled study, Research Excellence Award, American Academy of Dental Sleep Medicine, Jun. 2016.
7)成谷 美緒, 細木 秀彦, 前田 直樹, 松香 芳三 : 顎関節円板後方転位 システマティックレビューと症例報告, ポスター発表優秀賞, 日本顎関節学会, 2016年7月.
8)三野 彰子, 井澤 俊, 篠原 丈裕, 森 浩喜, 田中 栄二 : HIF-1a+/-マウスを用いた変形性顎関節症におけるHIF-1aの機能解析, 第29回日本顎関節学会総会・学術大会 口演発表 大会長賞, 日本顎関節学会, 2016年7月.
9)天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, 天知 良太, 日浅 雅博, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 破骨細胞はTAK1の発現誘導を介しアポトーシスを抑制しTRAILにより成熟活性化される, 第34回日本骨代謝学会学術集会・第3回アジア太平洋骨代謝学会議,Young investigator award., 日本骨代謝学会, 2016年7月.
10)寺町 順平 : 骨破壊性腫瘍の腫瘍進展と骨病変形成機序の解明, 歯学部長表彰, 歯学部, 2016年8月.
11)井澤 俊 : 平成28年度 徳島大学歯学部優秀研究賞, 平成28年度 徳島大学歯学部 学部長表彰 優秀研究賞, 四国歯学会, 2016年8月.
12)寺町 順平 : 骨髄腫抗腫瘍活性と骨再生をもたらす新規分子標的薬の創出, 第31回基礎医学医療研究助成, 公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団, 2016年9月.
13)山田 安希子 : 第十回日本シェーグレン症候群学会 奨励賞受賞, 日本シェーグレン症候群学会, 2016年9月.
14)M Iwata, Y Kuroda, K Matsumoto, T Shinohara, 田中 栄二 : Five-year prognosis of a patient with malocclusion who underwent comprehensive treatment for severe periodontitis., 4. Iwata M, Kuroda Y, Matsumoto K, Shinohara T, Tanaka E. Five-year prognosis of a patient with malocclusion who underwent comprehensive treatment for severe periodontitis. 第102回アメリカ歯周病学会共催日本歯周病学会・日本臨床歯周病学会2016年大会(AAP-JSP/JACPサンディエゴ大会), JSP/JACP ポスターCase Report 部門(デンツプライシロナ賞)優秀賞., JSP/JACP, 2016年9月.
15)Islamy Rahma Hutami and Takashi Izawa : Fas/S1P system controls subchondral bone remodeling of the temporomandibular joint in autoimmune arthritic mice., Best Presenation Award (2016 Tokushima University Bioscience Retreat / Work Shop), Tokushima University, Sep. 2016.
16)井澤 俊 : 内分泌撹乱物質ダイオキシン受容体AhRによる骨代謝調節機構の解明, 第31回基礎医学医療研究助成金, 財団法人金原一郎記念医学医療振興財団, 2016年9月.
17)桑村 由美, 澄川 真珠子, 瀧川 稲子, 大和 光, 坂本 英次郎, 永田 俊彦 : JADEN 21st AWARD, 第21回日本糖尿病教育・看護学会学術集会 JADEN21 AWARD, 日本糖尿病教育·看護学会, 2016年9月.
18)Masahiro Hiasa : Osteocytes Mediate Bone Pain Through Cell-Cell Communication with Sensory Neurons via Connexin 43, ASBMR Young Investigator Award, The American Society for Bone and Mineral Research, Sep. 2016.
19)稲垣 裕司 : 肥満糖尿病ラット歯周炎の歯周組織におけるオステオポンチンの局在, 第14回会誌賞(2015年度), 日本歯周病学会, 2016年10月.
20)Hutami Islamy Rahma, 井澤 俊, 森 浩喜, 岩浅 亮彦, 篠原 丈裕, 三野 彰子, 田中 栄二 : The role of osteoclast in the spontaneously developed temporomandibular joint arthritis of the MRL/lpr mice, 第75回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2016年11月.
21)天眞 寛文, 渡邉 佳一郎, 白井 愛実, 七條 なつ子, 田中 栄二 : 新たな下顎臼歯の遠心移動量および移動様式の予測指標の開発―第2報ー, 第75回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2016年11月.
22)寺町 順平 : 骨髄腫腫瘍進展と骨破壊病変形成におけるTAK1-Pim-2経路の役割 ∼骨病変改善作用を有する抗腫瘍薬の開発をめざして∼, Skeletal Science Retreat 2016 優秀ディスカッション賞, 日本骨代謝学会, 2016年11月.
23)寺町 順平 : 骨破壊性腫瘍における抗腫瘍活性と骨再生をもたらす新規分子標的薬の創出, 若手研究者学長表彰, 徳島大学, 2016年11月.
24)七條 なつ子, 田中 栄二, 川合 暢彦, LJ Euijven van, GEJ Langenbach : Effects of decreased occlusal loading on the mandibular bone characteristics. PLoS One 2015; 10(6):e0129290., 第19回日本矯正歯科学会学術奨励賞, 日本矯正歯科学会, 2016年11月.
25)井澤 俊 : 内分泌撹乱物質AhR/RANKLシグナルクロストークを介した骨代謝機構の解明, 平成28年度調査研究助成金(生活習慣病における医学,薬学の萌芽的研究), 公益財団法人 鈴木謙三記念医科学応用研究財団, 2016年12月.
26)寺町 順平 : 骨髄腫抗腫瘍活性と骨再生をもたらす新規分子標的薬の創出, 平成28年度若手癌研究助成, 公益財団法人安田記念医学財団, 2016年12月.
27)寺町 順平 : 骨髄腫特異的抗腫瘍活性と骨再生をもたらす新規分子標的薬の創出, 高田充 歯科基礎医学奨励賞, 歯学部, 2017年2月.
28)馬場 麻人 : 歯根象牙質形成期に特異的なFGF18の発現, 康楽賞, 財団法人康楽会, 2017年2月.
29)Kinji Noda, Hikaru Arakawa, Aya Kimura-Ono, Seiya Yamazaki, Emilio Satoshi Hara, Wataru Sonoyama, Kenji Maekawa, 大倉 一夫, Ayumi Shintani, 松香 芳三, Takuo Kubok : A longitudinal retrospective study of the analysis of the risk factors of implant failure by the application of generalized estimating equations, JPR Best Paper Award, 日本補綴学会, 2017年3月.
30)金光 侑香里, 合田 千里, 葉山 莉香, 安陪 晋, 大倉 一夫, 西川 啓介, 岡山 佳弘, 河野 文昭, 松香 芳三 : 女性歯科医師の生活満足度調査-徳島大学歯学部を卒業した女性歯科医師へのアンケート実態調査-, ポスター優秀賞, 四国歯学会, 2017年3月.
31)林 光一, 村澤 瑛里子, 長谷川 智一, 岩本 勉 : ヒト乳歯歯髄細胞によるSDF-1αの発現はTGF-βを介してFGF-2により負に制御されている, 優秀発表賞, 四国歯学会, 2017年3月.
32)井澤 俊 : 低酸素応答遺伝子HIF1αを標的とした創傷治癒促進ならびに瘢痕形成抑制法の開発, 平成28年度(第29回)研究助成金, 中富健康科学振興財団, 2017年3月.
33)後藤 崇晴 : 徳島大学大学院医歯薬学研究部長表彰, 徳島大学大学院医歯薬学研究部長表彰, 大学院医歯薬学研究部, 2017年3月.

2016年度(平成28年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2017年度(平成29年度)

prize.{@.date="20170400 20180399" @.organization=\E{10999}}

2017年度(平成29年度) / 賞(教育)

(なし)

2017年度(平成29年度) / 賞(研究)

1)後藤 崇晴, 岸本 卓大, 松田 岳, 市川 哲雄 : 健常若年者における歯の圧感受性と前頭前野の血流量との関連, 日本顎口腔機能学会 第58回学術大会 優秀賞, 日本顎口腔機能学会, 2017年4月.
2)大川 敏永, 安陪 晋, 中野 雅德, 大倉 一夫, 岩浅 匠真, 松香 芳三, 河野 文昭 : 咬合小面と顎運動軌跡の関係性について ―CADシステムを用いた評価方法の検討―, 学術大会優秀賞, 日本顎口腔機能学会, 2017年4月.
3)Masahiro Hiasa : Bone pain-modifying actions of osteocytes via Connexin43-mediated communications with sensory nerves, East Meets West award, European Calcified Tissue Society, May 2017.
4)杉本 明日菜, 赤澤 友基, 長谷川 智一, 宮嵜 彩, 河原林 啓太, 岩本 勉 : PIEZO1は歯髄細胞の分化運命決定に関与し,象牙芽細胞への分化を促進させる, 最優秀発表賞, 日本小児歯科学会, 2017年5月.
5)吉岡 昌美 : Current status of collaborative relationships between dialysis facilities and dental facilities in Japan: Results of a nationwide survey., 日本口腔衛生学会学術賞 LION AWARD, 2017年6月.
6)Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, A Oda, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, A Baterdene, Keiichiro Watanabe, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Osteoclasts utilize TRAIL for their NF-B activation, but TAK1 inhibition resumes TRAIL-induced apoptosis in osteoclasts., ANZBMS Plenary Poster Award., Australian and New Zealand Bone and Mineral Society, Jun. 2017.
7)吉田 幸司, 梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 : 通電剥離型歯科用セメント(EDDC)の開発 ∼アミノ酸由来イオン液体を用いた検証∼, 優秀発表賞, 四国歯学会, 2017年6月.
8)鈴木 善貴, ラヴィーン ジル, 大倉 一夫, 安陪 晋, 松香 芳三 : 睡眠中の律動性咀嚼筋活動に関連した酸素および二酸化炭素濃度の変動, 優秀ポスター賞, 日本補綴歯科学会, 2017年7月.
9)山本 朗仁 : 細胞移植を伴わないCell-free 再生医療, 徳島テックプタンター オーディエンス賞, 株式会社リバネス, 2017年7月.
10)山本 朗仁 : 細胞移植を伴わないCell-free 再生医療, 徳島テックプランター リバネス賞, 株式会社リバネス, 2017年7月.
11)井澤 俊 : 喫煙によるダイオキシン受容体の活性化を介した骨粗鬆症発症メカニズムの解明, 平成29年度 若手研究 研究助成金(喫煙と内分泌・代謝), 公益財団法人 喫煙科学研究財団, 2017年7月.
12)関根 一光 : メカノケミカル手法による早期硬化性CPCセメントの生体内環境での硬化性の評価, 日本人工臓器学会大会 大会賞優秀賞, 日本人工臓器学会, 2017年9月.
13)Jumpei Teramachi : TAK1 inhibition impairs myeloma cell-bone marrow interaction to reduce myeloma tumor growth and bone destruction, ASBMR 2017 Plenary Poster, The American Society for Bone and Mineral Research, Sep. 2017.
14)寺町 順平 : 腫瘍進展と骨病変形成におけるTAK1-Pim-2経路の役割, 日本血液学会奨励賞, 日本血液学会, 2017年10月.
15)Hutami Islamy Rahma, 井澤 俊, 岩浅 亮彦, 三野 彰子, Tsendsuren Khurelochir, 森 浩喜, 田中 栄二 : Role of hypoxia inducible factor-1 alpha in the palatal wound healing, 第76回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞 (academic exhibits competition 部門), 日本矯正歯科学会, 2017年10月.
16)荒井 大志, 泰江 章博, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 親泊 政一, 田中 栄二 : CRISPR/Casシステムを用いたMsx1遺伝子各ドメインの形態形成における機能検証, 第76回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞 (academic exhibits competition 部門), 日本矯正歯科学会, 2017年10月.
17)市川 哲雄 : A comparison of the occlusal force-sustaining ability of natural and dental implant patients during a sensory integration task, 日中間補綴歯科学会学術大会, Biennial Joint Congress of JPS-CPS-KAP, 2017年10月.
18)井澤 俊 : 破骨細胞における代謝エピジェネティック制御遺伝子の分子機能解明と骨粗鬆症治療戦略, 2017年度学術・研究助成金採択, 公益財団法人 住友電工グループ社会貢献基金, 2017年11月.
19)根東 愛, 安陪 晋, 篠原 千尋, 岡 謙次, 木村 智子, 河野 文昭 : 複製義歯を用いて上顎総義歯新製を行った症例, 第10回日本総合歯科学会学術大会, 日本総合歯科学会, 2017年11月.
20)寺町 順平 : 骨再生誘導活性をもつ抗骨髄腫薬の開発と骨再生による腫瘍排他的ニッチの誘導, 日本血液学会研究助成, 一般社団法人 日本血液学会, 2017年11月.
21)井澤 俊 : 破骨細胞分化における代謝エピジェネティック制御遺伝子ASXLの分子機能の解明と骨粗鬆症治療戦略, 平成29年度研究助成金採択, 公益財団法人 持田記念医学薬学振興財団, 2017年11月.
22)井澤 俊 : 破骨細胞分化における代謝エピジェネティック制御遺伝子ASXLの分子機能の解明と骨粗鬆症治療戦略, 2017年度医学系研究奨励(基礎), 公益財団法人 武田科学振興財団, 2017年11月.
23)井澤 俊 : 要介護リスクを高める骨粗鬆症に対するエピジェネティック代謝遺伝子ASXLを標的とした診断・治療・予防法の開発, 2017年度研究助成 高齢者福祉部門採択, 公益財団法人 三井住友海上福祉財団, 2017年11月.
24)関根 一光 : 血管内皮新生を目的としたチタン粒子焼結による多孔性チタン表面の軟組織癒合性評価, 第39回日本バイオマテリアル学会大会 ハイライト発表, 日本バイオマテリアル学会, 2017年11月.
25)大川 敏永, 安陪 晋, 中野 雅德, 堀川 恵理子, 河野 文昭 : 咬合面の運動からみた側方滑走運動と咀嚼運動の関係 -CADシステムを用いた評価方法の検討-, 学術大会優秀賞, 日本顎口腔機能学会, 2017年11月.
26)阿部 みずき, 妹尾 成美, 村上 圭史, 天羽 崇, 藤猪 英樹, 佐藤 雅美, 笹田 倫子, 菅崎 幹樹, 森本 悠里, 平尾 早紀, 櫻井 明子, 片岡 佳子 : オートインデューサーアナログ(AIA)の緑膿菌に及ぼす影響, 徳島県医学検査学会学生優秀発表賞, 徳島県臨床検査技師会, 2017年12月.
27)二宮 雅美 : 歯列不正を伴う重度薬物性歯肉増殖症患者に対して包括的歯周治療を行った一症例, 日本歯周病学会最優秀臨床ポスター賞, 日本歯周病学会, 2017年12月.
28)細木 秀彦 : 顎関節症の画像診断学的研究, 財団法人 三木康楽会, 2018年2月.
29)山本 朗仁 : 幹細胞由来の再生因子を用いたCell-free再生医療の開発, 康楽賞, 公益財団法人康楽会, 2018年2月.
30)佐野 可奈子, 露口 恵理, 武川 恵美, 浜田 賢一 : Au-Nb合金にZrを添加したときの硬さへの影響, 優秀発表賞, 四国歯学会, 2018年3月.
31)細木 眞紀 : 徳島大学.病院.中央診療施設等.臨床試験管理センター, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 賞(社会貢献)

(なし)