RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel.
期間: 2004.4〜2018.3

2004年度(平成16年度)

article.{@.date="20040400 20050399" @.organization=\E{11001}}

2004年度(平成16年度) / 著書

1)細井 和雄, 樋口 富彦, 柏俣 正典, 新垣 理恵子, 新垣 尚捷, 多田 淳, 津村 恵子, 赤松 徹也, 武田 京子, 上野 明道, 末永 みどり, 馬場 嘉信, : 分子細胞生物学基礎実験法 改訂第2版(分担), 南江堂, 東京, 2004年4月.
2)Malcolm Sainsbury, 長尾 善光, 佐野 茂樹 : チュートリアル化学シリーズ (7), --- 入門 ヘテロ環の化学 ---, 株式会社 化学同人, 京都, 2004年10月.
3)堀尾 修平, 福井 裕行 : 薬理学ー医薬品の作用ー, --- 第5章 抗アレルギー薬,第6章 抗炎症薬 ---, 株式会社 廣川書店, 東京, 2005年.
4)Atsushi Ito, Keiichi Sudo, Satoru Kumazawa, Mami Kikuchi and Hiroshi Chuman : Three-Dimensional Modeling of Cytochrome P450 14alpha-Demethylase (CYP51) and Interaction of Azole Fungicide Metconazole with CYP51 (Chapter 13), American Chemical Society, 2005.
5)德村 彰 : 環境衛生学辞典, --- コレステロール他43項目 ---, 丸善 株式会社, 2005年.
6)福井 裕行 : 薬理学 ー医薬品の作用, --- 第1章 薬物の作用機序 ---, 株式会社 廣川書店, 東京, 2005年.
7)太田 好次, 福澤 健治 : サプリメントデータブック, --- ビタミンE ---, 株式会社 オーム社, 東京, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Nozomi Kawakami, Katsuhiro Miyoshi, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui : Beta2-adrenergic receptor-mediated histamine H1 receptor down-regulation: another possible advantage of b2 agonists in asthmatic therapy., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.94, No.4, 449-458, 2004.
2)Youichi Sato, Hirofumi Shibata, Naokatu Arakaki and Tomihiko Higuti : 6,7-dihydroxyflavone dramatically intensifies the susceptibility of methicillin-resistant or -sensitive Staphylococcus aureus to beta-lactams., Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.48, No.4, 1357-1360, 2004.
3)Midori Suenaga, Masamichi Kuwajima, Toshiki Himeda, Kayoko Morokami, Teruro Matsuura, Kiyokazu Ozaki, Naokatu Arakaki, Hirofumi Shibata and Tomihiko Higuti : Identification of the up- and down-regulated genes in the heart of juvenile visceral steatosis mice, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.27, No.4, 496-503, 2004.
4)Shuhei Horio, Maki Ogawa, Nozomi Kawakami, Katsumi Fujimoto and Hiroyuki Fukui : Identification of amino acid residues responsible for agonist-induced down-regulation of histamine H1 receptors., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.94, No.4, 410-419, 2004.
5)Hisao Nemoto : MAC reagents : Three-components coupling reaction with one carbon homologation, Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan, Vol.62, No.4, 347-354, 2004.
6)田中 秀治 : 段階的流量比法/非相分離吸光光度検出による分配係数の測定, 分析化学, Vol.53, No.4, 359-362, 2004年.
7)Masahito Ochiai and Takuya Sueda : Tetrahydrofuranylation of alcohols catalyzed by alkylperoxy-λ3-iodane and carbon tetrachloride, Tetrahedron Letters, Vol.45, No.18, 3557-3559, 2004.
8)Masahito Ochiai, Yoshimi Tuchimoto and Nobuyuki Higashiura : Reaction of Unstabilized Iodonium Ylides with Organoboranes, Organic Letters, Vol.6, No.9, 1505-1508, 2004.
9)Naoyuki Matsuda, Subrina Jesmin, Yoshika Takahashi, Eiichiro Hatta, Masanobu Kobayashi, Kazuto Matsuyama, Nozomi Kawakami, Ichiro Sakuma, Satoshi Gando, Hiroyuki Fukui, Yuichi Hattori and Roberto Levi : Histamine H1 and H2 Receptor Gene and Protein Levels Are Differentially Expressed in the Hearts of Rodents and Humans, The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, Vol.309, No.2, 786-795, 2004.
10)Kentaro Kogure, Susumu Hama, Mayumi Kisaki, Hideaki Takemasa, Akira Tokumura, Ichiro Suzuki and Kenji Fukuzawa : Structural characteristic of terminal dicarboxyric moiety required for apoptogenic activity of α-Tocopheryl esters., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1672, No.2, 93-99, 2004.
11)Masatoshi Kataoka, Sonoko Inoue, Kazuaki Kajimoto, Yasuo Shinohara and Yoshinobu Baba : Usefulness of microchip electrophoresis for reliable analyses of non-satndard DNA samples and subsequent on-chip enzymatic digestion, European Journal of Biochemistry, Vol.271, No.11, 2241-2247, 2004.
12)Takahiro Kawai, Ko-hei Kodama, Takashi Ooi and Takenori Kusumi : 1,3-Dipolar addition of nitrones to symmetrically substituted allenes: for the determination of absolute configuration of chiral allenes by NMR spectroscopy, Tetrahedron Letters, Vol.45, No.21, 4097-4099, 2004.
13)Wenhao Li, Tatsuhiro Ishida, Rieko Tachibana, Mohamad Radwan Almofti, Xinyu Wang and Hiroshi Kiwada : Cell type-specific gene expression, mediated by TFL-3, a cationic liposomal vector, is controlled by a post-transcription process of delivered plasmid DNA, International Journal of Pharmaceutics, Vol.276, No.1-2, 67-74, 2004.
14)Hiroko Sugiura, Ken Iwata, Masato Matsuoka, Hiroshi Hayashi, Takako Takemiya, Shin Yasuda, Masumi Ichikawa, Takashi Yamauchi, Patrick Mehlen, Tatsuya Haga and Kanato Yamagata : Inhibitory Role of Endophilin 3 in Receptor-mediated Endocytosis, The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.22, 23343-23348, 2004.
15)Rumiko Kurosaki, Yasuko Muramatsu, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Biochemical, behavioral and immunohistochemical alterations in MPTP-treated mouse model of Parkinson's disease, Pharmacology, Biochemistry, and Behavior, Vol.78, No.1, 143-153, 2004.
16)Keisuke Ishizawa, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Kazuo Minakuchi, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Shoji Kagami, Masao Hirose and Toshiaki Tamaki : Dual effects of endothelin-1 (1-31): induction of mesangial cell migration and facilitation of monocyte recruitment through monocyte chemoattractant protein-1 production by mesangial cells, Hypertension Research, Vol.27, No.6, 433-440, 2004.
17)Sezik Ekrem, Erdem Yesilada, Hüsnitdin Shadidoyatov, Zeynullah Kulivey, Alim M. Nigmatullaev, Aripov N. Hamdulla, Yoshihisa Takaishi, Yoshio Takeda and Gisho Honda : Folk medicine in Uzbekistan: I. Toshkent, Djizzax, and Samarqand provinces, Journal of Ethnopharmacology, Vol.92, No.2-3, 197-207, 2004.
18)浜田 道昭, 馮 誠, 稲垣 祐一郎, 長嶋 雲兵, 村上 和彰, 中馬 寛 : 超高速計算環境での生体関連分子の活性·機能予測システムの構築:HIVプロテアーゼ阻害剤の解析への応用, 日本応用数理学会論文誌, Vol.14, No.4, 267-288, 2004年.
19)Mamoru Okasaka, Yoshihisa Takaishi, Kentaro Kogure, Kenji Fukuzawa, Hirofumi Shibata, Tomihiko Higuti, Gisho Honda, Michiho Ito, Olimjon K. Kodzhimatov and Ozodbek Ashurmetov : New Stilbene Derivatives from Calligonum leucocladum, Journal of Natural Products, Vol.67, No.6, 1044-1046, 2004.
20)Hideji TANAKA and Takahiro Tachibana : Determination of Acid/Base Dissociation Constants Based on a Rapid Detection of the Half Equivalence Point by Feedback-Based Flow Ratiometry, Analytical Sciences, Vol.20, No.6, 979-981, 2004.
21)Ichiro Suzuki, Shinsaku Uno, Yuko Tsuchiya, Akira Shigenaga, Hisao Nemoto and Masayuki Shibuya : Synthesis and DNA damaging ability of enediyne model compounds possessing photo-triggering devices, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.14, No.11, 2959-2962, 2004.
22)Young-Hwan Moon, Jeong-Yong Cho, Jae-Hak Moon, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshihisa Takaishi and Keun-Hyung Park : Sugar Constituents from the Roots of Lithospermum erythrorhizon, Natural Medicines, Vol.58, No.3, 117, 2004.
23)Yoshimitsu Nagao, Satoru Tanaka, Akiharu Ueki, Masunori Kumazawa, Satoru GOTO, Takashi Ooi, Shigeki Sano and Motoo Shiro : New Ring-Expansion Reactions of Hydroxy Propenoyl Cyclic Compounds under Palladium(0)/Phosphine-Catalyzed Conditions, Organic Letters, Vol.6, No.13, 2133-2136, 2004.
24)Naonobu Tanaka, Nobuyuki Ooba, Hongquan Duan, Yoshihisa Takaishi, Yuka Nakanishi, Kenneth Bastow and Kuo-Hsiung Lee : Kaurane and abietane diterpenoids from Tripterygium doianum (Celastraceae), Phytochemistry, Vol.65, No.14, 2071-2076, 2004.
25)R. Jose, asudevanpillai Biju, Yoshihisa Yamaoka, Toshimi Nagase, Yoji Makita, Yasuo Shinohara, Yoshinobu Baba and Mitsuru Ishikawa : Synthesis of CdTe Quantum Dots using a Heterogeneous Process at Low Temperature and their Optical and Structural Properties, Applied Physics. A, Materials Science & Processing, Vol.79, No.8, 1833-1838, 2004.
26)Katsuhiro Miyoshi, Nozomi Kawakami, Yousuke Wakayama, Norimasa Izumi, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui : Histamine H1 receptor down-regulation mediated by M3 muscarinic acetylcholine receptor subtype., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.95, No.4, 426-434, 2004.
27)山内 あい子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, 後藤 尋規, 坂本 久美子, 中馬 寛 : 医薬品安全性情報コミュニティの構築にむけて, 薬事, Vol.46, No.9, 1675-1681, 2004年.
28)Shoichi Higo, Hirofumi Takeuchi, Hiromitsu Yamamoto, Tomoaki Hino and Yoshiaki Kawashima : The acidic complexation of tetracycline with sucralfate for its mucoadhesive preparation, Drug Development and Industrial Pharmacy, Vol.30, No.7, 715-724, 2004.
29)Eiji Takeda, Junji Terao, Yutaka Nakaya, Ken-ichi Miyamoto, Yoshinobu Baba, Hiroshi Chuman, Ryuji Kaji, Tetsuro Ohmori and Kazuhito Rokutan : Stress control and human nutrition, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3-4, 139-145, 2004.
30)Chihiro Yoshizaki, Mariko Tsukane and Takashi Yamauchi : Overexpression of tau leads to the stimulation of neurite outgrowth, the activation of caspase 3 activity, and accumulation and phosphorylation of tau in neuroblastoma cells on cAMP treatment, Neuroscience Research, Vol.49, No.4, 363-371, 2004.
31)Moe Kyaw, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Yoshiko Fujita, Nermin Ali, Keisuke Ishizawa, Aiko Yamauchi and Toshiaki Tamaki : Antioxidant effects of stereoisomers of N-acetylcysteine (NAC), L-NAC and D-NAC, on angiotensin II-stimulated MAP kinase activation and vascular smooth muscle cell proliferation, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.95, No.4, 483-486, 2004.
32)姫田 敏樹, 神原 史織, 荒木 勉 : 高齢マウスにおける自発運動性およびドパミン作動性神経に対するニルバジピンの効果, Pharma Medica, Vol.22, No.8, 141-148, 2004年.
33)Takenori Yamamoto, Aiko Tachikawa, Satsuki Terauchi, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Multiple Effects of DiS-C3(5) on Mitochondrial Structure and Function, European Journal of Biochemistry, Vol.271, No.17, 3573-3579, 2004.
34)Youichi Sato, Hirofumi Shibata, Tsutomu Arai, Akira Yamamoto, Yousuke Okimura, Naokatu Arakaki and Tomihiko Higuti : Variation in synergistic activity by flavone and its related compounds on the increased susceptibility of various strains of methicillin-resistant Staphylococcus aureus to β-lactam antibiotics, International Journal of Antimicrobial Agents, Vol.24, No.3, 226-233, 2004.
35)Kaori Akai, Koichiro Tsuchiya, Akira Tokumura, Kentaro Kogure, Satoru Ueno, Akira Shibata, Toshiaki Tamaki and Kenji Fukuzawa : Ability of ferric nitrilotriacetate complex with three pH-dependent conformations to induce lipid peroxidation., Free Radical Research, Vol.38, No.9, 951-962, 2004.
36)Sayaka Nakano, Yoshinori Fujimoto, Yoshihisa Takaishi, Coralia Osorio and Carmenza Duque : Cucurbita-5,23-diene-3β,25-diol from Sicana odorifera, Fitoterapia, Vol.75, No.6, 609-611, 2004.
37)Rumiko Kurosaki, Yasuko Muramatsu, Yutaka Imai, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Neuroprotective effect of the angiotensin-converting enzyme inhibitor perindopril in MPTP-treated mice, Neurological Research, Vol.26, No.6, 644-657, 2004.
38)Rumiko Kurosaki, Yasuko Muramatsu, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Protective effect of pitavastatin, a 3-hydroxy-3-methylglutaryl-coenzyme A (HMG-CoA) reductase inhibitor, on ischemia-induced neuronal damage, Neurological Research, Vol.26, No.6, 684-691, 2004.
39)Yasuko Muramatsu, Rumiko Kurosaki, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Effect of pitavastatin against expression of S100β protein in the gerbil hippocampus after transient cerebral ischaemia, Acta Physiologica Scandinavica, Vol.182, No.1, 95-107, 2004.
40)R Kumagai, Chie Oki, Yasuko Muramatsu, Rumiko Kurosaki, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Pitavastatin, a 3-hydroxy-3-methylglutaryl-coenzyme A (HMG-CoA) reductase inhibitor, reduces hippocampal damage after transient cerebral ischemia in gerbils, Journal of Neural Transmission, Vol.111, No.9, 1103-1120, 2004.
41)Norihiro Tada, Kazunori Miyamoto and Masahito Ochiai : Oxidation of 3-Hydroxypiperidines with Iodosylbenzene in Water: Tandem Oxidative Grob Fragmentation-Cyclization Reaction, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.52, No.9, 1143-1144, 2004.
42)Masahito Ochiai, Norihiro Tada, Yoshio Nishi and Kentaro Murai : Tandem Michael addition carbene insertion reaction of 1-alkynyl(aryl)(tetrafluoroborato)-λ3-bromanes: 1-(phenylsulfonyl)- and 1-(trifluoromethylsulfonyl)cyclopentene annulation, Chemical Communications, No.24, 2894-2895, 2004.
43)Naokatu Arakaki, Ayano Toyofuku, Yuka Emoto, Tomoko Nagao, Yoshinori Kuramoto, Hirofumi Shibata and Tomihiko Higuti : Induction of G1 cell-cycle arrest in human umbilical vein endothelial cells by flavone s inhibition of the ERK cascade., Biochemistry and Cell Biology, Vol.82, No.5, 583-588, 2004.
44)Koji Nakagawa, Shuji Yamano, Masaharu Kamada, Masahiko Maegawa, Akira Tokumura, Minoru Irahara and Hidekazu Saito : Sperm-immobilizing antibodies suppress an increase in the plasma membrane fluidity of human spermatozoa, Fertility and Sterility, Vol.82, No.Supplement 3, 1054-1058, 2004.
45)太田 好次, 福澤 健治 : ビタミンEのサプリメント効果, ビタミン, Vol.78, No.10, 495-512, 2004年.
46)Hiroshi Chuman, Mori Atsushi, Hideji TANAKA, Yamagami Chisako and Toshio Fujita : Analyses of the Partition Coefficient, Log P, using Ab Initio MO Parameter and Accessible Surface Area of Solute Molecules, Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.93, No.11, 2681-2697, 2004.
47)Tomoyuki Yuasa, Rei Kakuhata, Kazuhiro Kishi, Toshiyuki Obata, Yasuo Shinohara, Yoshimi Bando, Keisuke Izumi, Fumiko Kajiura, Mitsuru Matsumoto and Yousuke Ebina : Platelet-derived growth factor stimulates glucose transport in skeletal muscles of transgenic mice specifically expressing PDGF receptor in the muscle, but does not affect blood glucose levels, Diabetes, Vol.53, No.11, 2776-2786, 2004.
48)渡辺 悠, 神原 史織, 水野 くみ子, 姫田 敏樹, 加藤 宏之, 荒木 勉 : 実験的パーキンソン病モデルマウスにおけるグリア細胞の役割, Progress in Medicine, Vol.24, No.11, 458-465, 2004年.
49)Naonobu Tanaka, Yoshihisa Takaishi, Yasuhiro Shikishima, Yuka Nakanishi, Kenneth Bastow, Kuo-Hsiung Lee, Gisho Honda, Michiho Ito, Yoshio Takeda, Olimjon K. Kodzhimatov and Ozodbek Ashurmetov : Prenylated Benzophenones and Xanthones from Hypericum scabrum, Journal of Natural Products, Vol.67, No.11, 1870-1875, 2004.
50)Yousuke Kawaguchi, Toshimasa Ochi, Yoshihisa Takaishi, Kazuyoshi Kawazoe and Kuo-Hsiung Lee : New Sesquiterpenes from Capsicum annuum, Journal of Natural Products, Vol.67, No.11, 1893-1896, 2004.
51)Hiroyuki Nakagawa, Yoshihisa Takaishi, Yoshinori Fujimoto, Carmenza Duque, Cristina Garzon, Mitsunobu Sato, Masato Okamoto, Tetsuya Oshikawa and Sharif Uddin Ahmed : Chemical Constituents from the Colombian Medicinal Plant Maytenus laevis, Journal of Natural Products, Vol.67, No.11, 1919-1924, 2004.
52)渡辺 悠, 神原 史織, 水野 くみ子, 姫田 敏樹, 加藤 宏之, 荒木 勉 : 実験的パーキンソン病モデルマウスにおけるグリア細胞の役割, Progress in Medicine, Vol.24, No.11, 3072-3079, 2004年.
53)Tamotsu Tanaka, Hideki Tsutsui, Kaoru Hirano, Tohru Koike, Akira Tokumura and Kiyoshi Satouchi : Quantitative analysis of lysophosphatidic acid by time-of-flight mass spectrometry using a phosphate-capture molecule, Journal of Lipid Research, Vol.45, No.11, 2145-2150, 2004.
54)Yoshitaka Kihira, Akihiro Iwahashi, Eiji Majima, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Twisting of the second transmembrane a-helix of the mitochondrial ADP/ATP carrier during the transition between two carrier conformational states, Biochemistry, Vol.43, No.48, 15204-15209, 2004.
55)Kentaro Kogure, Aiko Yamauchi, Akira Tokumura, Kyoko Kondou, Naonobu Tanaka, Yoshihisa Takaishi and Kenji Fukuzawa : Novel antioxidants isolated from plants of the genera Ferula, Inula, Prangos and Rheum collected in Uzbekistan, Phytomedicine, Vol.11, No.7-8, 645-651, 2004.
56)Katsuhiro Miyoshi, Nozomi Kawakami, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui : Homologous and Heterologous Phosphorylations of Human Histamine H1 Receptor in Intact Cells, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.96, No.4, 474-482, 2004.
57)Hideji TANAKA, Takahiro Tachibana, Risa Oda and Purnendu K. Dasgupta : Determination of acid dissociation constants based on continuous titration by feedback-based flow ratiometry, Talanta, Vol.64, No.5, 1169-1174, 2004.
58)Hiroyuki Kato, Rumiko Kurosaki, Chie Oki and Tsutomu Araki : Arundic acid, an astrocyte-modulating agent, protects dopaminergic neurons against MPTP neurotoxicity in mice, Brain Research, Vol.1030, No.1, 66-73, 2004.
59)Shigeki Sano, Hisashi Shimizu and Yoshimitsu Nagao : Facile Generation Method for Conjugated Allenyl Esters Based on retro-Dieckmann Type Ring-Opening Reactions, Tetrahedron Letters, Vol.46, No.16, 2883-2886, 2005.
60)Shigeki Sano, Hisashi Shimizu and Yoshimitsu Nagao : Trimethylaluminum-Induced Diastereoselective Methylation onto Ethyl 2-Oxocyclopentane-1-carboxylate and Isomerization between Both of the Dimethylaluminium-Alkoxide Products, Tetrahedron Letters, Vol.46, No.16, 2887-2891, 2005.
61)Hisao Nemoto, Xian Peng, Weihui Zhong, Jun Xie, Tomoyuki Kawamura and Masaru Nishida : A Method for the Synthesis of 3a-Aryl-Substituted Cyclopenta[1,2-b]furan Derivatives, Synlett, No.20, 3103-3106, 2005.
62)門口 直仁, 早川 夏美, 姫田 敏樹, 加藤 宏之, 荒木 勉 : パーキンソン病モデルマウスを用いたarundic acid の神経保護効果の検討, 脳21, Vol.8, No.3, 345, 2005年.
63)植野 哲, 池間 秀之, 末崎 幸生, 馬場 嘉信, 柴田 瑩 : 局所麻酔薬は小イオンの脂質二分子膜透過を促進する, 麻酔と蘇生, Vol.41, No.1, 9-12, 2005年.
64)Shigeki Sano, Eiko Kujime, Yuka Takemoto, Shiro Motoo and Yoshimitsu Nagao : A Facile Synthesis of Novel Chiral Phosphonoacetates Bearing a Stereogenic Phosphorus Atom, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.53, No.1, 131-134, 2005.
65)Rumiko Kurosaki, Yasuko Muramatsu, Hiroyuki Kato, Yu Watanabe, Yutaka Imai, Yasuto Itoyama and Tsutomu Araki : Effect of angiotensin-converting enzyme inhibitor perindopril on interneurons in MPTP-treated mice, European Neuropsychopharmacology, Vol.15, No.1, 57-67, 2005.
66)Takuya Sueda, Yasunori Takeuchi, Takashi Suefuji and Masahito Ochiai : Addition to Electron Deficient Olefins of α-Oxy Carbon-Centered Radicals,Generated from Cyclic Ethers and Acetals by the Reaction with Alkylperoxy-λ3-iodane, Molecules, Vol.10, No.1, 195-200, 2005.
67)Erdem Yesilada, Erdal Bedir, Çalış İhsan, Yoshihisa Takaishi and Yasukazu Ohmoto : Effects of triterpene saponins from Astragalus species on in vitro cytokine release, Journal of Ethnopharmacology, Vol.96, No.1-2, 71-77, 2005.
68)Masahito Ochiai, Yoshio Nishi, Satoru GOTO and Hermann J. Frohn : 1-Alkyl(aryl)(tetrafluoroborate)-λ3-bromanes as highly efficient Michael acceptors: Uncatalyzed conjugate addition of 1-alkynyl(trialkyl)stannanes yielding symmetrical and unsymmetrical 1,3-butadiynes, Angewandte Chemie International Edition, Vol.44, No.3, 406-409, 2005.
69)Yoshitaka Kihira, Eiji Majima, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Cysteine labeling studies detect conformational changes in region 106-132 of the mitochondrial ADP/ATP carrier of Saccharomyces cerevisiae, Biochemistry, Vol.44, No.1, 184-192, 2005.
70)Hisao Nemoto, Tmoaki Kawano, Nobuo Ueji, Nobutaka Sakamoto, Takaaki Araki, Norikazu Miyoshi, Ichiro Suzuki and Masayuki Shibuya : Synthesis of a water-soluble molecular tweezer and a recognition study in an aqueous media, Tetrahedron Letters, Vol.46, No.4, 551-553, 2005.
71)佐久間 美央, 早川 夏美, 藤内 寛子, 姫田 敏樹, 荒木 勉 : 加齢に伴う神経障害に対するニルバジピンの保護効果, Therapeutic Research, Vol.26, No.2, 255-261, 2005年.
72)Hirofumi Shibata, Kyoko Kondo, Ryo Katsuyama, Kazuyoshi Kawazoe, Youichi Sato, Kotaro Murakami, Yoshihisa Takaishi, Naokatu Arakaki and Tomihiko Higuti : Alkyl Gallates, Intensifiers of ß-Lactam Susceptibility in Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.49, No.2, 549-555, 2005.
73)Saburo Shimabayashi, Fukuoka Makiko and Tomoaki Hino : Intermolecular complex formationbetween methylorange and bovine serum albumin on the surface of hydroxyapatite in an aqueous phase, Phosphorus Research Bulletin, Vol.18, No.1, 64-73, 2005.
74)Kenji Fukuzawa, Yasuaki Saitoh, Kaori Akai, Kentaro Kogure, Satoru Ueno, Akira Tokumura, Masaki Otagiri and Akira Shibata : Antioxidant effect of bovine serum albumin on membrane lipid peroxidation induced by iron chelate and superoxide, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1668, No.1, 145-155, 2005.
75)Nozomi Komakine, Yoshihisa Takaishi, Gisho Honda, Michiho Ito, Yoshio Takeda, Olimjon K. Kodzhimatov and Ozodbek Ashurmetov : Indole alkaloids from Rheum maximowiczii, Natural Medicines, Vol.59, No.1, 45-48, 2005.
76)前田 健一 : 自動健診システムの開発とICカードの利用, CAMPUS HEALTH, Vol.42, No.2, 21-25, 2005年.
77)武久 美奈子, 友竹 正人, 石川 静江, 早渕 純子, 佐藤 八重子, 石元 康仁, 前田 健一, 湊 義博, 大森 哲郎 : 女子大学生の月経前緊張症, --- アンケート調査より ---, CAMPUS HEALTH, Vol.42, No.2, 99-104, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)德村 彰, 土江 明子, 平良 智, 福澤 健治 : 喫煙による循環血液での酸化リン脂質の産生ー血管病変への関与の可能性ー, 平成16年度喫煙科学研究財団研究年報, 334-348, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術レター

(なし)

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

1)石田 竜弘, 高梨 吉裕, 際田 弘志 : 脳脊髄腔内直接投与可能なDDSの開発とその脳保護効果, 月刊 薬事, Vol.46, No.7, 1333-1338, 2004年6月.
2)Akira Tokumura : Metabolic pathways and physiological and pathophysiological significances of lysolipid phosphate mediators, Journal of Cellular Biochemistry, Vol.92, No.5, 869-881, Jun. 2004.
3)Shinjiro Takata, Akira Shibata, Hiroshi Yonezu, Toshihide Yamada, Mitsuhiko Takahashi, Aziz Abbaspour and Natsuo Yasui : Biophysic evaluation of bone quality, --- application of Fourier transfrom infrared spectroscopy and phosphorus-31 solid-state nuclear magnetic resonance spectroscopy ---, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3,4, 133-138, Aug. 2004.
4)石田 竜弘 : 脳脊髄腔投与可能なDDSの開発とその脳保護効果の検討, 薬学雑誌, Vol.124, No.8, 541-547, 2004年8月.
5)石澤 啓介, 芳地 一, 水口 和生 : 大学病院における栄養支援チーム(NST)と薬剤師, 日本病院薬剤師会雑誌, Vol.40, No.10, 1245-1248, 2004年10月.
6)石澤 啓介, 水口 和生 : 大学病院におけるNST活動と薬剤師, 薬事新報, Vol.2332, 902-905, 2004年10月.
7)Naoshi Yamazaki : Identification of Muscle-Type Carnitine Palmitoyltransferase I and Characterization of Its Atypical Gene Structure, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.27, No.11, 1707-1716, Nov. 2004.
8)石田 竜弘, 際田 弘志 : ポリエチレングリコール表面修飾リポソームの繰り返し投与時に発現するaccelerated blood clearance(ABC)現象, Drug Delivery System, Vol.19, No.6, 495-510, 2004年11月.
9)山﨑 尚志 : 筋型カルニチンパルミトイル転移酵素の発見とその遺伝子構造の解析, 薬学雑誌, Vol.124, No.12, 893-908, 2004年12月.
10)福澤 健治 : ビタミンEのantioxidantおよびnon-antioxidant作用, --- ビタミンEの新展開 ---, ビタミン, Vol.79, 2005年.
11)石田 竜弘 : リポソームDDSの開発研究, 薬剤学, Vol.65, 28-33, 2005年.
12)福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体の発現調節機構とその意義, 日本薬理学雑誌, Vol.125, No.5, 245-250, 2005年.
13)Yu Watanabe, Toshiki Himeda and Tsutomu Araki : Mechanisms of MPTP toxicity and their implications for therapy of Parkinson's disease, Medical Science Monitor, Vol.11, No.1, RA17-23, Jan. 2005.
14)石澤 啓介, 水口 和生 : 栄養管理における薬剤師の役割, --- 大学病院における栄養サポートチーム(NST)活動 ---, 調剤と情報, Vol.11, No.1, 95-100, 2005年1月.
15)黒川 ふみ, 福澤 健治 : ビタミンEの抗動脈硬化作用 : CD36の活性化抑制を介した機構, ビタミン, Vol.79, No.3, 167-168, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1)Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of P-Chiral Phosphonates: Novel Horner-Wadsworth-Emmons Reagents, The 10th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, Tokushima, Apr. 2004.
2)Kazuhiko Hayashi, Yoshifumi Ikee, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of the Pendant Moiety of Oral 1b-Methylcarbapenem Antibiotics L-084, The 10th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, Tokushima, Apr. 2004.
3)Takashi Fujiwara, Yuki Hibino, Masaru Kihara, Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman : QSAR analysis for prediciton drug transfer into human breast milk, The 10th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, Tokushima, Apr. 2004.
4)Yasuo Shinohara : Identification of possible protein machinery involved in the thermogenic function of brown adipose tissue, The 10th Japan-Korea Joint symposium on drug design and development, Tokushima, Apr. 2004.
5)Daisuke Itokawa, Ryoma Murakami, Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman : Physicochemical analyses of binding activity between cytochrome P450 and azole fungicides, The 10th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, Tokushima, Apr. 2004.
6)Mayuko Takahashi, Ichiro Suzuki, Hisao Nemoto and Masayuki Shibuya : Synthesis and DNA Photo-damage of Fluoroquinolone-oligo-N-methylpyrrole Conjugates, The 10th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Develoment, Tokushima, Apr. 2004.
7)Dong Ning, Ichiro Suzuki, Hisao Nemoto and Masayuki Shibuya : Preparation of the peptide mimics by using MAC reagents and the optimization of their diastereoselectivity, The 10th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Develoment, Tokushima, Apr. 2004.
8)Tomoyuki Kawamura, Ichiro Suzuki, Hisao Nemoto and Masayuki Shibuya : One-pot Synthesis of alpha-amino acid derivatives from inactivated imines by using MAC reagents, The 10th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Develoment, Tokushima, Apr. 2004.
9)Hisao Nemoto, Xian Peng, Weihui Zhong, Jun Xie, Ichiro Suzuki and Masayuki Shibuya : Highly Efficient Chiral Resolving Agents for secondary Alcohols, The 10th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Develoment, Tokushima, Apr. 2004.
10)Takashi Suefuji, Kazunori Miyamoto and Masahito Ochiai : Hypervalent I(III)⋯O Interaction: Supramolecular Complexes of λ3-Iodanes with 18-Crown-6, The 10th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, Tokushima, Apr. 2004.
11)Yoshio Nishi and Masahito Ochiai : Synthesis, Structure and Reaction of 1-Alkynyl(aryl)-λ3-bromanes, The 10th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, Tokushima, Apr. 2004.
12)Tomoaki Hino, Masao Tanimoto and Saburo Shimabayashi : Silk microspheres prepared by spray-drying of an aqueous system, Proceedings of Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2004) (Kyoto), 343, Kyoto, May 2004.
13)Tatsusada Yoshida, Y Sato, Y Kadota, Y Hayashi, K Ito and Hiroshi Chuman : Computational approach to binding of chymostatin analogue inhibitors with cathepsin A and its homologous enzymes, Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2004), Kyoto, Japan, May 2004.
14)Tatsusada Yoshida, Yurie Satoh, Yoshito Kadota, Yoshio Hayashi, Kohji Itoh and Hiroshi Chuman : Computational approach to binding of chymostatin analogue inhibitors with cathepsin A and its homologous enzymes, Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2004), Kyoto, May 2004.
15)Aiko Yamauchi, Kumiko Sakamoto, Hiroshi Chuman, Eiko Nakata Doolin, Mikio Sasaki and Hiroki Goto : Construction of a drug safety information community for drug therapy in pregnancy, Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2004), Kyoto, May 2004.
16)Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Stereoselective Synthesis of (Z)-fluoroolefins: (s-Z)-Amide isosteres, Pharmaceutical Sciences World Congress, Kyoto, May 2004.
17)Satoru Tanaka, Masunori Kumazawa, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Development of Ring-Expansion Reactions Using Hydroxy Methoxyallenyl or Propenoyl Cyclic Compounds, Pharmaceutical Sciences World Congress, Kyoto, May 2004.
18)Takashi Honjo, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Syntheses and Characterization of Thiazole Derivatives Having the Potential for Intramolecular Nonbonded Interactions, Pharmaceutical Sciences World Congress, Kyoto, May 2004.
19)Motoyuki Miyamoto, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Investigation of Stereoselective Asymmetric Pummerer Reaction and Pummerer-Type Cyclization, Pharmaceutical Sciences World Congress, Kyoto, May 2004.
20)Kazuhiko Hayashi, Yoshifumi Ikee, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of the Pendant Moiety of Oral 1β-Methylcarbapenem Antibiotic L-084 Using 1-Azabicyclo[1.1.0]butane, Pharmaceutical Sciences World Congress, Kyoto, May 2004.
21)Hiroyuki Fukui, Sachiho Yoshimura, Ryoko Mishima and Katsuhiro Miyoshi : Histamine H1 receptor-mediated histamine H1 receptor gene expression., XXXIII meeting of European Histamine Research Society, Cologne, Germany, May 2004.
22)Hiroyuki Fukui : Studies of histamine H1 receptor functions at molecular and physiological levels., XXXIII meeting of European Histamine Research Society, Cologne, Germany, May 2004.
23)Tatsuhiro Ishida, M Ichihara, S Kashima, X Wang and Hiroshi Kiwada : IgM secreted in response to injection of PEGylated liposomes causes accelerated blood clearance of a subsequent dose., 9th Liposome Research Days Conference, Hsinchu, Taiwan, May 2004.
24)Masahito Ochiai : Synthesis and Reaction of Hypervalent 13-Iodane-Crown Ether Complexes, Cardiff Symposium on Hypervalent Iodine Chemistry, Cardiff, UK, May 2004.
25)Ichiro Suzuki, Akira Shigenaga, Yuki Mitami, Hisao Nemoto and Masayuki Shibuya : Synthesis and DNA damaging ability of enediyne polyamine conjugates, Pharmaceutical Sciences World Congress, Kyoto, May 2004.
26)Hisao Nemoto, Xian Peng, Weihui Zhong, Jun Xie, Kei Sakamoto and Toshiro Yamada : Highly Efficient Chiral Resolution by using Cyclopenta[b]fran, Pharmaceutical Sciences World Congress, Kyoto, May 2004.
27)Hiroshi Kiwada and Tatsuhiro Ishida : Immunological responses to nano-drug carriers., The 2nd Japan-Korea Joint Symposium on Drug Delivery and Therapy, Kyoto, May 2004.
28)Sonoko Inoue, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara and Yoshinobu Baba : Usefulness of microchip electrophoresis for reliable analyses of non-standard DNA samples and subsequent on-chip enzymatic digestion, Pharmaceutical sciences world congress(PSWC2004), Kyoto, Jun. 2004.
29)Yoko Fukura, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara and Yoshinobu Baba : Measurement of mitochondrial membrane potential on a microfabricated chip, Pharmaceutical sciences world congress(PSWC2004), Kyoto, Jun. 2004.
30)Kazuaki Kajimoto, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : The role of citrate transport from mitochondria in the regulation of fat accumulation, Pharmaceutical sciences world congress(PSWC2004), Kyoto, Jun. 2004.
31)Yoshitaka Kihira, Eiji Majima, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Twist of second transmembrane alpha-helix of mitochondrial ADP/ATP carrier, Pharmaceutical sciences world congress(PSWC2004), Kyoto, Jun. 2004.
32)Takenori Yamamoto, Satsuki Terauchi, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : DCCD induces mitochondrial permeability transition without causing cytochrome c release, Pharmaceutical sciences world congress(PSWC2004), Kyoto, Jun. 2004.
33)Yoshitaka Kihira, Eiji Majima, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Twist of second transmembrane alpha-helix of mitochondrial ADP/ATP carrier, Pharmaceutical sciences world congress(PSWC2004), Kyoto, Jun. 2004.
34)Tatsuhiro Ishida, M Ichihara, M Harada, S Kashima, X Wang and Hiroshi Kiwada : IgM secreted in response to the first injection of PEGylated liposomes involves in induction of the ABC phenomenon., 31st Annual Meeting and Exposition of the Controlled Release Society., Hawaii, Jun. 2004.
35)Michiaki Hamada, Yuichiro Inagaki and Hiroshi Chuman : Drug Discovery Using Grid Technology, The 7th International Conference on High Performance Computing and Grid in Asia Pacific Region (HPC Asia 2004), Saitama, Jul. 2004.
36)Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : New Aspects of the Horner-Wadsworth-Emmons Reaction of Phosphonoacetic Acids, 14th International Symposium on Fine Chemistry and Functional Polymers, Hohhot, Inner Mongolia, China, Aug. 2004.
37)Aiko Yamauchi, Eiko Nakata Doolin, Kumiko Sakamoto, Hiroki Goto, Mikio Sasaki and Hiroshi Chuman : Construction of a drug safety information community in Japan, 7th International ISSX Meeting, Vancouver, Aug. 2004.
38)Tomoaki Hino, Yoshiaki Kawashima and Saburo Shimabayashi : Water-in-oil-in-water emulsion for transcatheter arterial embolization therapy for hepatocellular carcinoma, World conference on dosing of antiinfectives (Ehrlich symposia), A-48, Nurnberg, Sep. 2004.
39)Aiko Yamauchi, Kumiko Sakamoto, Hiroshi Chuman, Eiko Nakata Doolin and Mikio Sasaki : Construction of a drug safety information system for pregnant women, Pharmacy and Pharmaceutical Sciences World Congress 2004, 64th International Congress of FIP, New Orleans, Sep. 2004.
40)Akira Tokumura, C. Kageyama, W. Hatuyama, S. Taira, K. Touchika and Kenji Fukuzawa : Lysophosphatidic acid production by secretory lysophosholipase D:Physiological implications, 2nd International Conference on Phospholipase A2 and 8th International congress on Platelet-Activating Factor and Related Lipid Mediators, Berlin, Oct. 2004.
41)Hitoshi Houchi, Mami Azuma, M. Torii, T. Umeda, M. Mizuta, K. Teraoka and Kazuo Minakuchi : Inhibitory action of cilostazol, A phosphodiesterase inhibitor, on catecholamine secretion from cultured bovine adrenal chromaffin cells, Society for Neuroscience 34th Annual Meeting, San Diego, Oct. 2004.
42)Tamotsu Tanaka, K. Hirano, T. Koike, Akira Tokumura and K. Satouchi : Quantitative analysis of lysophosphatidic acid by matrix-assisted laser desorption time-of-flight mass spectrometry using a phosphate capture molecule, 2nd International Conference Phospholipase A2 and 8th International Congress Platelet-activating Factor and Related Lipid Mediators, 204, Berlin, Oct. 2004.
43)Michiaki Hamada, Yuichiro Inagaki and Hiroshi Chuman : Drug Discovery Using Grid Technology, The 15th European Symposium on Quantitative Structure-Activity Relaltionship & Molecular Modelling (Euro QSAR 2004), Istanbul, Oct. 2004.
44)Yasuo Shinohara : Strategies used for functional characterization of membrane proteins, International Workshop on Surface-Biotronics, 5-6, Tokyo, Oct. 2004.
45)Saburo Shimabayashi and Tomoaki Hino : (INVITED) Formation of intermolecular complexes between polymer and low molecular weight substances on the surface of hydroxyapatite in an aqueous phase --- Physicochemical properties and biological significance ---, International conference on soft matter (ICSM2004), 35, Kolkata, Nov. 2004.
46)Lepp Zsolt, Takashi Kinoshita and Hiroshi Chuman : Virtual Screening Models for Lead Selection in Broad Therapeutic Areas, MedChem Europe, Praha, Feb. 2005.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1)浜田 道昭, 稲垣 祐一郎, 中馬 寛 : DrugMLとGrid創薬, 日本コンピュータ化学会 2004春季年会, 2004年5月.
2)中馬 寛 : From Classical to Structure Based 3D QSAR of Anti-Fungal Compounds(P450阻害剤の古典的QSARから"Structure Based 3D QSAR"解析へ), 第242回CBI学会研究講演会, 2004年5月.
3)福澤 健治 : ビタミンE研究の進歩と今後の展望, 日本ビタミン学会56回大会特別講演, 2004年5月.
4)加藤 宏之, 黒崎 瑠美子, 荒木 勉 : グリア機能調整薬ONO-2506によるパーキンソン病の神経細胞保護と神経症状改善, 第45回日本神経学会総会, 2004年6月.
5)中馬 寛 : 医薬品分子情報をコンピューターで扱うには, JST·社会技術システムシンポジウム, 2004年6月.
6)新田 雄一, 市川 竜也, 松山 和渡, 河上 希, 石村 和敬, 生駒 良雄, 福井 裕行 : 胎盤におけるヒスタミンH1受容体の発現(第105回日本薬理学会近畿部会), 日本薬理学雑誌, Vol.124, No.2, 29P, 2004年6月.
7)日比野 有紀, 藤原 崇, 小林 進一, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子, 中馬 寛 : 薬物の胎盤通過性に関する情報化学的解析, CBI学会 2004年大会, 2004年7月.
8)後藤 了, 小松 和志, 宗像 達夫, 堀 均, 寺田 弘 : 分子の動きは超空間における「ヒモ」である: コンフォメーション空間多様体のパーコレーション解析, 分子構造総合討論会2004, 2004年9月.
9)宗像 達夫, 後藤 了, 藤本 照也, 加藤 裕子 : アレルゲン活性糖鎖HPG- 2-N6アナログのコンフォメーション解析, 分子構造総合討論会2004, 2004年9月.
10)德村 彰, 蔭山 千恵子, 福澤 健治, 北山 友也, 森田 克也, 土肥 敏博 : 腔でのリゾリン脂質メデイエーター産出-リゾホスホリパーゼ D の関与-, 第46回歯科基礎医学会学術大会, 2004年9月.
11)平良 智, 德村 彰, 福澤 健治, 北山 友也, 森岡 徳光, 土肥 敏博 : 口腔リゾホスホリパーゼDによるリゾホスファチジン酸の産出, 第46回歯科基礎医学会学術大会, 2004年9月.
12)田中 直伸, 高石 喜久, 武田 美雄, 本多 義昭, 伊藤 美千穂 : Hypericum scabrumの成分研究(2), 日本生薬学会第51年会, 2004年9月.
13)F Ramos, 高石 喜久, C. Osorio, C. Que Du, R. Acuna, Y. Fujimoto : New Polihydroxyacetylenes from Hydrocotyle leucocepala C. & S., 日本生薬学会第51年会, 2004年9月.
14)菅 愛, 中川 博之, 岩佐 惟士, 川口 陽佑, 高石 喜久 : (Myrica rubra)の成分研究, 日本生薬学会第51年会, 2004年9月.
15)高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Xiajoiang Hao, 謝 立山, 李 順林 : 雲南省東南部における少数民族薬物調査, 日本生薬学会第51年会, 2004年9月.
16)児嶋 智美, 日野 知証, 嶋林 三郎 : ErythrosineBまたはRose Bengalの吸着に伴う尿酸結晶の崩壊と結晶成長の阻害, 第57回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, Vol.57, No.1, P-022, 2004年9月.
17)蕨野 訓臣, 日野 知証, 嶋林 三郎 : 疎水性表面を持つヒドロキシアパタイトの調製, 第57回コロイドおよび界面化学討論会, Vol.57, No.1, P-023, 2004年9月.
18)出口 亮, 日野 知証, 嶋林 三郎 : 芳香族化合物-水溶性高分子間の複合体形成に伴う油水分配とエマルション粒子形成への影響, 第57回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, Vol.57, No.1, P-084, 2004年9月.
19)長尾 善光, 林 一彦, 中島 正晃, 池江 克文, 佐野 茂樹, 佐藤 千里, 磯田 武寿, 玉井 聖, 阿部 隆夫, 熊谷 年夫 : 高歪み分子1-Azabicyclo[1.1.0]butaneの合成と新規抗菌剤合成への応用, 第30回反応と合成の進歩シンポジウム, 2004年10月.
20)福澤 健治, 赤井 かおり, 德村 彰, 土屋 浩一郎, 柴田 瑩 : 腎癌誘発鉄錯体Fe-ニトリロ三酢酸(Fe3+-NTA)の脂質過酸化誘導活性, 日本過酸化脂質フリーラジカル学会28回大会, 2004年10月.
21)岩橋 晶洋, 木平 孝高, 真島 英司, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Structural characterization of the cytosolic second loop of mitochondrial ADP/ATP carrier by site directed mutagenesis, 第77回 日本生化学会大会, 2004年10月.
22)仁士 良雄, 多田 教浩, 落合 正仁 : 三価の超原子価アルキニル臭素化合物の合成とその反応, 第30回反応と合成の進歩シンポジウム, 2004年10月.
23)浜田 道昭, 稲垣 祐一郎, 中馬 寛 : Grid技術とXMLデータベースを用いた創薬プラットフォームの構築とその応用, 第32回構造活性相関シンポジウム, 2004年11月.
24)糸川 大祐, 村上 良真, 山内 あい子, 中馬 寛 : CYP2Bおよび3Aとアゾール系化合物との結合相互作用の解析, 第32回構造活性相関シンポジウム, 2004年11月.
25)吉田 達貞, 小田木 郷, 中馬 寛 : HIV-1 protase とcyclic urea系化合物の相互作用解析とQSAR, 第32回構造活性相関シンポジウム, 2004年11月.
26)日比野 有紀, 藤原 崇, 小林 進一, 木原 勝, 坂本 久美子, 山内 あい子, 中馬 寛 : 薬物の胎盤通過性と母乳移行性のQSAR解析-ClinicalQSAR(2), 第32回構造活性相関シンポジウム, 2004年11月.
27)Liu Xiangli, Hideji TANAKA and Hiroshi Chuman : Quantitative structure-retention relationships on special RP-HPLC stationary phases used for lipophilicity measurement, 第32回構造活性相関シンポジウム, Nov. 2004.
28)Lepp Zsolt and Hiroshi Chuman : Investigating the links between traditional QSAR approach and molecular level simulations of Papainligand binding., 第32回構造活性相関シンポジウム, Nov. 2004.
29)後藤 了, 小松 和志 : 魚介類はしご状ポリエーテル毒素を探る脂環式構造の解析, 第58回形の科学シンポジウム, 2004年11月.
30)佐野 茂樹, 安部 忍, 長尾 善光 : α-メチルホスホノ酢酸エステルの不斉HWE反応, 第43回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
31)佐野 茂樹, 久次米 永子, 長尾 善光 : キラルなリン原子を有する新規ホスホノ酢酸エステルの合成, 第43回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
32)佐野 茂樹, 中尾 允泰, 長尾 善光 : 酵素反応を用いるα-メチルセリン誘導体のエナンチオ分岐的合成, 第43回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
33)佐野 茂樹, 原田 悦子, 長尾 善光 : α,β-不飽和カルボン酸のタンデム型二重結合転位-エステル化反応, 第43回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
34)佐野 茂樹, 黒田 陽子, 長尾 善光 : フルオロオレフィンイソステアを基盤とするペプチドミメティクス合成, 第43回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
35)谷本 典昭, 本城 崇, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : プロキラルな環状カルボン酸無水物の触媒的不斉チオリシス, 第43回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
36)長尾 善光, 熊沢 益徳, 田中 悟, 佐野 茂樹 : 新規なフラン環合成法の開発研究, 第34回複素環化学討論会, 2004年11月.
37)長尾 善光, 池江 克文, 中島 正晃, 林 一彦, 佐野 茂樹 : 1-アザビシクロ[1.1.0]ブタンから誘導したアゼチジン誘導体を活用する新規キノロン系抗菌剤の合成開発研究, 第34回複素環化学討論会, 2004年11月.
38)高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Xiajoiang Hao, 謝 立山, 李 順林 : 中国南部の少数民族薬物調査(1)雲南省東南部の薬物, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
39)駒木根 希, 高石 喜久 : ウズベキスタン産薬用植物Rheum maximowicziiの成分研究, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
40)田中 直伸, 石丸 陽子, 高石 喜久 : ビョウヤナギ(Hypericum chinense)の成分研究, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
41)石上 まみ, 池平 しのぶ, 三好 真紀, 土屋 浩一郎, 滝口 祥令, 高石 喜久 : 竹粉末のロペラミン誘発便秘改善作用, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
42)堀長 志帆, 吉村 祥穂, 村田 有希, 土屋 浩一郎, 峰松 敏彦, 川添 和義, 高石 喜久, 福井 裕行 : 苦参,小青竜湯のアレルギー疾患関連遺伝子発現機構への影響, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
43)寺内 さつき, 立川 愛子, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 透過性遷移に伴うミトコンドリア内膜における構造変化の免疫電子顕微鏡を用いた解析, ファーマバイオフォーラム2004, 2004年11月.
44)宮本 和範, 横田 幸恵, 落合 正仁 : 高活性ヨードシルベンゼン錯体の合成とその反応, 第7回ヨウ素利用研究国際シンポジウム, 2004年11月.
45)廣部 雅也, 宮本 和範, 落合 正仁 : 銀Z-ビニルチオラートの立体選択的合成とその反応, 第43回日本薬学会中四国支部大会, 2004年11月.
46)多田 教浩, 仁士 良雄, 末藤 孝志, 落合 正仁 : アルキニルブロマン(Ⅲ)への共役付加反応, 第43回日本薬学会中四国支部大会, 2004年11月.
47)田畑 麻美, 川添 和義, 高石 喜久 : イソマツの成分研究, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 30, 2004年11月.
48)高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎 : 中国南部の少数民族薬調査(1) 雲南省東南部の薬物, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 39, 2004年11月.
49)田中 秀治, Xiangli Liu, 川端 大地, 中馬 寛, 山上 知佐子 : 段階的流量比法/非相分離吸光光度検出による揮発性物質の配分係数の測定, 第45回フローインジェクション分析講演会, 2004年11月.
50)田中 秀治, 馬場 勉 : フィードバック制御および固定三角波制御を併用した流量比法によるハイスループット滴定, 第45回フローインジェクション分析講演会, 2004年11月.
51)Liu Xiangli, 田中 秀治, 中馬 寛 : 疎水性評価を目的とした逆相高速液体クロマトグラフィーの構造-保持値の定量的相関解析, 第32回構造活性相関シンポジウム, 2004年11月.
52)白井 睦子, 木下 崇司, 中馬 寛, 寺尾 純二 : 神経細胞モデルPC12培養細胞の酸化ストレスに対するケルセチン代謝物の作用, 第9回日本フードファクター学会(JSoFF), 2004年12月.
53)福澤 健治 : 酸化ストレスとビタミンE,コエンザイムQ, 「ビタミンの日」講演会, 2004年12月.
54)岩橋 晶洋, 市橋 直子, 木平 孝高, 篠原 康雄 : 部位特異的変異法を用いた酵母2型AACの第5膜貫通領域の構造解析, 第27回 日本分子生物学会年会, 2004年12月.
55)岩橋 晶洋, 市橋 直子, 木平 孝高, 篠原 康雄 : 部位特異的変異法を用いた酵母2型AACの第5膜貫通領域の構造解析, 第27回 日本分子生物学会年会, 2004年12月.
56)坂本 久美子, 神部 順子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, 後藤 尋規, 中馬 寛, 山内 あい子 : 医薬品安全性情報コミュニティの構築にむけた「妊娠と薬」に関する意識調査 -薬剤師,薬学生,研究者の場合-, 第27回 情報化学討論会, 2004年12月.
57)宮本 和範, 横田 幸恵, 落合 正仁 : ヨードシルベンゼンモノマー錯体の合成とその反応, 第31回ヘテロ原子化学討論会, 2004年12月.
58)後藤 了 : 分子の動きは超空間における''ヒモ''である ∼創薬設計への新しいアプローチ∼, 第5回バイオセミナー, 2004年12月.
59)木下 崇司, Lepp Zsolt, 河合 慶親, 寺尾 純二, 中馬 寛 : 機能性食品設計のためのフラボノイドデータベース構築, 2006年度日本農芸化学大会, 2005年2月.
60)後藤 了, 小松 和志, 永澤 秀子, 藤田 智也, 中山 真一, 堀 均, 寺田 弘 : パーコレーションクラスターを応用した環構造化合物の動的構造の解析, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
61)佐野 茂樹, 安部 忍, 長尾 善光 : イソマンニド誘導体をキラル補助基とする不斉HWE反応, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
62)佐野 茂樹, 久次米 永子, 長尾 善光 : 新規ホスホノ酢酸エステルの合成と不斉HWE反応への応用, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
63)佐野 茂樹, 中尾 允泰, 長尾 善光 : 酵素アセチル化反応を用いるα-メチルセリン誘導体のエナンチオ分岐的合成, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
64)佐野 茂樹, 原田 悦子, 長尾 善光 : 二重結合の転位を基盤とするβ,γ-不飽和エステルの合成, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
65)佐野 茂樹, 黒田 陽子, 長尾 善光 : フルオロオレフィンを基盤とする新規ジペプチドミメティクス合成法の開発研究, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
66)長尾 善光, 林 一彦, 小川 志穂, 佐野 茂樹 : 含イオウ常用医薬品に関する情報収集, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
67)長尾 善光, Tinh Van Dang, 宮本 素行, 佐野 茂樹 : キラルなcAMP-特異的ホスホジエステラーゼ阻害剤の実用的合成, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
68)長尾 善光, 本城 崇, 佐野 茂樹 : 新規含硫黄有機触媒を用いた環状酸無水物のエナンチオ選択的チオリシス, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
69)長尾 善光, 宮本 素行, 三谷 智子, 佐野 茂樹 : MgBr2触媒を活用するDarzens反応の開発, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
70)長尾 善光, 陳 青根, 佐野 茂樹 : アルキニルフルオロシランの合成法の開発と応用研究, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
71)長尾 善光, 谷本 典昭, 本城 崇, 佐野 茂樹 : プロキラルな環状カルボン酸無水物の触媒的不斉チオリシス, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
72)長尾 善光, 池江 克文, 橋本 佳奈, 中島 正晃, 林 一彦, 佐野 茂樹 : アザビシクロブタンを活用するキノロン系抗菌剤の合成開発, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
73)長尾 善光, 熊沢 益徳, 井上 尚兵, 田中 悟, 佐野 茂樹 : パラジウム触媒反応を活用するフラン環形成反応, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
74)三好 勝洋, 福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体発現レベル変化によるヒスタミンシグナル調節機構, 第78回日本薬理学会年会, 2005年3月.
75)錦織 充, 熊谷 恭子, 吉村 祥穂, 梅原 隼人, 前山 一隆, Walter Schunack, 福井 裕行 : 絶食ラットにおけるヒスタミンH1受容体およびヒスチジン脱炭酸酵素の遺伝子発現, 第78回日本薬理学会年会, 2005年3月.
76)堀長 志帆, 吉村 祥穂, 児玉 まどか, 村田 有希, 北村 嘉章, 前山 一隆, 武田 憲昭, 福井 裕行 : アレルギー治療薬のヒスタミンH1受容体mRNA上昇及びヒスチジン脱炭酸酵素mRNA上昇に対する影響, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
77)田中 直伸, 高石 喜久 : ビョウヤナギの成分研究, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
78)村井 健太郎, 多田 教浩, 末藤 孝志, 後藤 了, 落合 正仁 : Bromonium Ylideの合成, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
79)髙橋 真由子, 鈴木 一郎, 根本 尚夫, 武田 敬 : 種々の置換基を有するフルオロキノロン誘導体の光照射下でのDNA切断活性に関する研究, 日本薬学会 第125年会, Vol.31-1028, 2005年3月.
80)河村 知志, 北崎 恭子, 根本 尚夫 : Pd触媒を用いたvinylaziridineとMAC反応剤のC-C結合生成反応, 日本薬学会 第125年会, Vol.31-0564, 2005年3月.
81)宮脇 あかり, 河村 知志, 根本 尚夫 : OH置換された活性メチレン化合物の新規合成法の開発, 日本薬学会 第125年会, Vol.31-0567, 2005年3月.
82)西田 勝, 川野 正記, 根本 尚夫 : チオール末端を有するDTPA誘導体の合成, 日本薬学会 第125年会, Vol.31-0563, 2005年3月.
83)神谷 昌樹, 南 有紀, 根本 尚夫 : 分岐型ポリグリセロール構造を有する新規水溶性増強化試薬の開発, 日本薬学会 第125年会, Vol.31-0549, 2005年3月.
84)宮本 和範, 仁士 良雄, 末藤 孝志, 落合 正仁 : Wipfチアゾール合成反応の反応機構, 日本薬学会年会, Vol.125, 2005年3月.
85)金秋 鷹雄, 多田 教浩, 仁士 良雄, 落合 正仁 : 臭素とヨウ素の反応性:リガンドカップリングとアルキリデンカルベン機構, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
86)仁士 良雄, 森 剛志, 落合 正仁 : β-フルオロビニル-λ3-ブロマンの立体選択的合成反応, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
87)多田 教浩, 仁士 良雄, 末藤 孝志, 落合 正仁 : アルキニル-λ3-ブロマンのMichael-カルベン転位反応, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
88)武内 恭範, 片山 知子, 末田 拓也, 落合 正仁 : ヨードベンゼン触媒を活用するケトンのα位酸化反応, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
89)廣部 雅也, 宮本 和範, 落合 正仁 : 銀Z-ビニルチオラートの反応, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
90)蕨野 訓臣, 日野 知証, 嶋林 三郎 : 疎水性表面を持ったヒドロキシアパタイトの調製, 第125年会日本薬学会講演要旨集, Vol.125, No.2, 21, 2005年3月.
91)鵜飼 大, 鍬塚 理沙, 日野 知証, 嶋林 三郎 : 多孔性粉体に対する薬物の吸着に及ぼす高分子の影響, --- 活性炭・Methyl Orange・PVPについて ---, 第125年会日本薬学会講演要旨集, Vol.125, No.2, 21, 2005年3月.
92)山下 祥子, 岸本 耕一, 日野 知証, 嶋林 三郎 : ポリエチレングリコールを用いた溶融混合物調製による核酸塩基の溶解性の改善, 第125年会日本薬学会講演要旨集, Vol.125, No.2, 132, 2005年3月.
93)吉原 隆浩, 吉村 好之, 梅本 淳, 沖津 宏, 門田 康正, 多田納 豊, 門田 佳人, 桑原 淳, 山内 卓, 伊藤 孝司 : 日本人胃ガン患者由来組織におけるプロテオーム解析, 第125年会日本薬学会, 2005年3月.
94)川添 和義, 高石 喜久, 村上 光太郎, 岡坂 衛, Hao Xiaojiang, 謝 立山, 李 順林 : 中国南部の少数民族薬調査(2) 雲南省西部の薬物, 日本薬学会第125年会, 128, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

1)福井 裕行 : ヒスタミン,セロトニン, 麦角アルカロイド, カッツング 薬理学 原書9版, 279-306, 2005年3月.
2)福井 裕行 : 消化管薬理学, カッツング 薬理学 原書9版, 1141-1176, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1)渡辺 悠, 神原 史織, 水野 くみ子, 姫田 敏樹, 加藤 宏之, 荒木 勉 : 実験的パーキンソン病モデルマウスにおけるグリア細胞の役割, 第12回カテコールアミンと神経疾患研究会, 2004年4月.
2)川添 和義 : 生薬の利用と資源確保, 第6回徳島保全生物学研究会・シンポジウム, 2004年4月.
3)德村 彰, 土江 明子, 平良 智, 福澤 健治 : 喫煙による循環血液での酸化リン脂質の産出 - 血管病変への関与の可能性 -, 平成15年度助成研究発表会, 2004年7月.
4)根本 尚夫 : 医薬品創製支援分子, 第23回 若手化学者のための化学道場, 2004年9月.
5)水口 和生, 石澤 啓介 : 適切な栄養療法をサポートする NSTにおける薬剤師の役割, GSKファーマシストジャーナル, Vol.7, 4-6, 2004年11月.
6)黒崎 瑠美子, 荒木 勉, 木村 修一 : 内因性抗酸化物Carnosineのストレス抵抗性に関する検討, 第15回マイクロダイアリシス研究会, 2004年12月.
7)水口 和生, 石澤 啓介 : Interview 薬剤業務の周辺, カレントファーマシー, Vol.22, 5-6, 2004年12月.
8)福澤 健治, 真鍋 幸恵, 小暮 健太朗, 德村 彰 : α-トコフェロール誘導体のアポトーシス誘導作用:構造-活性相関, 第16回ビタミンE研究会, 2005年1月.

2004年度(平成16年度) / 報告書

1)長尾 善光, 佐野 茂樹 : 平成14年度∼平成15年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書, --- 新規チアゾール関連化合物の分子設計及び合成と多目的機能開発への応用 ---, 2004年5月.
2)佐野 茂樹 : 平成15年度∼平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書, --- 高立体選択的フルオロオレフィンアミドイソステア合成法の開発研究 ---, 2005年3月.
3)石澤 啓介 : 米国における臨床薬剤師教育制度および卒後教育制度の研究, 厚生労働科学研究費補助金 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究推進事業, 809-828, 2005年3月.

2005年度(平成17年度)

article.{@.date="20050400 20060399" @.organization=\E{11001}}

2005年度(平成17年度) / 著書

1)太田 好次, 福澤 健治 : がん予防食品開発の新展開-予防医学におけるバイオマーカーの評価システム-, --- 第6章 ビタミン ---, 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2005年4月.
2)石田 竜弘, 際田 弘志 : 第10章医学薬学でのリポソーム応用 3節長期血中滞留性リポソーム, 株式会社エヌ·ティー·エス, 東京, 2005年6月.
3)石田 竜弘, 際田 弘志 : 第10章医学薬学でのリポソーム応用 1節リポソームと細胞の相互作用, 株式会社エヌ·ティー·エス, 東京, 2005年6月.
4)田中 秀治, 嶋林 三郎 : 「分散技術大全集」,第10章 分散状態の評価方法,第3節 粒度分布(分担), (株)情報機構 出版部, 東京, 2005年7月.
5)根本 尚夫, 山田 俊郎 : 本物を超えるマツタケの香りを手に入れろ! ーアセタール型光学分割剤の開発ー, 株式会社 化学同人, 京都, 2005年9月.
6)福澤 健治 : ビタミンEの臨床, --- (1章)ビタミンEとは―化学機能の概論 ---, 医薬ジャーナル社, 大阪, 2005年9月.
7)落合 正仁 : ヨウ素化合物の機能と応用, --- ヨードニウムイリドの化学 ---, 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2005年10月.
8)福井 裕行 : 薬と疾病 Ⅱ 薬物治療(1), --- 第17章 皮膚疾患 ---, 株式会社 東京化学同人, 東京, 2005年10月.
9)Satoru GOTO, Mitsuhisa Sato, Umpei Nagashima, Hiroshi Chuman and et al : Chapter 12. Drug Discovery Using Grid Technology, Elsevier, 2006.
10)福澤 健治, 市川 久次 : 薬学教科書シリーズ5 「健康と栄養」, --- 5.エネルギー代謝に関わる基礎代謝量,呼吸商,エネルギー所要量の意味を説明できる 6.食事摂取基準について説明できる 7.日本における栄養摂取の現状と問題点について説明できる ---, 株式会社 東京化学同人, 東京, 2006年.
11)Masahito Ochiai : Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis, --- Decynyl(phenyl)iodonium Tetrafluoroborate ---, John Wiley & Sons, Inc., 2006.
12)田中 秀治, 嶋林 三郎 : 日本薬学会編 薬学教科書シリーズ第7巻 「製剤化のサイエンス」 第I部 製剤材料の性質,第2章 分散系,SBO-5 界面の性質,SBO-6 界面活性剤の性質と種類,SBO-7 乳剤の型と性質, 株式会社 東京化学同人, 東京, 2006年2月.
13)根本 尚夫 : 創薬支援分子, 化学工業社, 東京, 2006年3月.
14)石澤 啓介, 水口 和生, : 南山堂医学大辞典 改訂19版, 株式会社 南山堂, 東京, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1)田中 秀治, Xiangli Liu, Daichi Kawabata, 中馬 寛, Chisako Yamagami : Application of a Stepwise Flow Ratiometry without Phase Separation to the Determination of the Chloroform/Water Distribution Coefficients of Volatile Diazines, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.53, No.4, 374-377, 2005年.
2)Takaaki Sagawa, Yoshihisa Takaishi, Yoshinori Fujimoto, Carmenza Duque, Coralia Osorio, Freddy Ramos, Garzon Cristina, Mitsunobu Sato, Masato Okamoto, Tetsuya Oshikawa and Sharif Uddin Ahmed : Cyclobutane Dimers from the Colombian Medicinal Plant Achyrocline bogotensis, Journal of Natural Products, Vol.68, No.4, 502-505, 2005.
3)Wenhao Li, Tatsuhiro Ishida, Yurie Okada, Naoto Oku and Hiroshi Kiwada : Increased Gene Expression by Cationic Liposomes (TFL-3) in Lung Metastases Following Intravenous Injection, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.28, No.4, 701-706, 2005.
4)Toshitaka Ikehara, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Hitoshi Houchi, Ki Ho Park, Kazuo Minakuchi, Hideki Kashimoto, Mitsuo Kitamura, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying strong magnetic field on transient increase in Ca2+ release induced by cytosolic Ca2+ in cultured pheochromocytoma cells, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1724, No.1-2, 8-16, 2005.
5)生田 雅子, 会田 真規, 石澤 啓介, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 木原 勝, 山内 あい子 : 徳島大学病院におけるTPN処方設計支援ソフトの使用評価と改良, 医療薬学, Vol.31, No.4, 279-286, 2005年.
6)Toshimasa Ochi, Yoshihisa Takaishi, Hirofumi Shibata, Higuti Tomihiko and Mai Kataoka : Chemical Constituents of Capsicum annuum L var. angulosum, and Anti Helicobacter pylori Activity, Natural Medicines, Vol.59, No.2, 76-84, 2005.
7)Ai Suga, Yoshihisa Takaishi, Hiroyuki Nakagawa, Tadashi Iwasa, Mitsunobu Sato and Masato Okamoto : Chemical Constituents from Fruits and Seeds of Myrica rubra (Myricaceae), Natural Medicines, Vol.59, No.2, 70-75, 2005.
8)Kazuaki Kajimoto, Hiroshi Terada, Yoshinobu Baba and Yasuo Shinohara : Essential role of citrate export from mitochondria at early differentiation stage of 3T3-L1 cells for their effective differentiation into fat cells, as revealed by studies using specific inhibitors of mitochondrial di- and tricarbodylate carriers, Molecular Genetics and Metabolism, Vol.85, No.1, 46-53, 2005.
9)Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Masanori Yoshizumi, Hideki Ohnishi, Kazuyoshi Kirima, Yuki Izawa, Michiyo Shikishima, Tatsuhiro Ishida, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Yoshiharu Takiguchi and Toshiaki Tamaki : Nitrite is an alternative source of NO in vivo, American Journal of Physiology, Heart and Circulatory Physiology, Vol.288, No.5, H2163-H2170, 2005.
10)Tinh Van Dang, Motoyuki Miyamoto, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Practical Synthesis of Chiral cis-Cyclohex-4-ene-1,2-dicarboxylic Acid Derivatives by Utilizing (4S)-Isopropyl-1,3-thiazolidine-2-thione, Heterocycles, Vol.65, No.5, 1139-1157, 2005.
11)Zsolt Lepp and Hiroshi Chuman : Connecting Traditional QSAR and Molecular Simulations of Papain Hydrolysis-Importance of Charge Transfer, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.13, No.9, 3093-3105, 2005.
12)Xin Yu Wang, Tatsuhiro Ishida, Masako Ichihara and Hiroshi Kiwada : Influence of the physicochemical properties of liposomes on the accelerated blood clearance phenomenon in rat, Journal of Controlled Release, Vol.104, No.1, 91-102, 2005.
13)Akira Shibata, Ayako Sakata, Satoru Ueno, Tsuguhide Hori, Kazushi Minami, Yoshinobu Baba and Naoki Kamo : Regeneration and inhibition of proton pumping activity of bacteriorhodopsin blue membrane by cationic amine anesthetics, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1669, No.1, 17-25, 2005.
14)A. Shibata, K. Maeda, H. Ikema, Satoru Ueno, Y. Suezaki, S. Liu, Y. Baba and I. Ueda : Local anesthetics facilitate ion transport across lipid planar bilayer membranes under an electric field: Dependence on type of lipid bilayer, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.42, No.3-4, 197-203, 2005.
15)Toshiki Himeda, Shiori Kanbara, Chie Oki, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Effects of chronic administration with nilvadipine against immunohistochemical changes related to aging in the mouse hippocampus, Metabolic Brain Disease, Vol.20, No.2, 141-153, 2005.
16)藤内 寛子, 姫田 敏樹, 神山 裕子, 水野 くみ子, 荒木 勉 : ピタバスタチン(HMG-CoA還元酵素阻害剤)の虚血性脳障害に対する神経保護効果, Therapeutic Research, Vol.26, No.6, 1269-1276, 2005年.
17)沖 千絵, 姫田 敏樹, 早川 夏美, 佐久間 美央, 門口 直仁, 荒木 勉 : 一過性脳虚血スナネズミの遅発性神経細胞死に対するピタバスタチン(HMG-CoA 還元酵素阻害剤)の抗酸化作用, Therapeutic Research, Vol.26, No.6, 1277-1286, 2005年.
18)Adriana Bonilla, Carmenza Duque, Cristina Garzón, Yoshihisa Takaishi, Kazutaka Yamaguchi, Noriyuki Hara and Yoshinori Fujimoto : Champanones, yellow pigments from the seeds of champa (Campomanesia lineatifolia), Phytochemistry, Vol.66, No.14, 1736-1740, 2005.
19)Toshimasa Ochi, Hirofumi Shibata, Tomihiko Higuti, Ko-hei Kodama, Takenori Kusumi and Yoshihisa Takaishi : Anti-Helicobacter pylori Compounds from Santalum album, Journal of Natural Products, Vol.68, No.6, 819-824, 2005.
20)Xiaodong Wang, Wenyuan Gao, Zhi Yao, Shaoyu Zhang, Yanwen Zhang, Yoshihisa Takaishi and Hongquan Duan : Immunosuppressive Sesquiterpenes from Tripterygium wilfordii, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.53, No.6, 607-610, 2005.
21)Hideji TANAKA and Tsutomu Baba : High-Throughput Photometric Titrimetry Based on a Feedback-based and Subsequent Fixed Triangular Wave-controlled Flow Ratiometry, Analytical Sciences, Vol.21, No.6, 615-618, 2005.
22)Hideji TANAKA and Arata Shogenji : Determination of acid dissociation constants by feedback-based flow ratiometry constituted of ramp and hold modes, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.22, No.1, 19-24, 2005.
23)Ali Nermin, Masanori Yoshizumi, Yoshiko Fujita, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Seiji Yano, Saburo Sone and Toshiaki Tamaki : A Novel Src Kinase Inhibitor, M475271, Inhibits VEGF-Induced Human Umbilical Vein Endothelial Cell Proliferation and Migration, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.98, No.2, 130-141, 2005.
24)Naonobu Tanaka, Mamoru Okasaka, Youko Ishimaru, Yoshihisa Takaishi, Mitsunobu Sato, Masato Okamoto, Tetsuya Oshikawa, Sharif Uddin Ahmed, L. Mark Consentino and Kuo-Hsiung Lee : Biyouyanagin A, an Anti-HIV Agent from Hypericum chinense L. var. salicifolium, Organic Letters, Vol.7, No.14, 2997-2999, 2005.
25)Toshiki Himeda, Kumiko Mizuno, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Effects of age on immunohistochemical changes in the mouse hippocampus, Mechanisms of Ageing and Development, Vol.126, No.6-7, 673-677, 2005.
26)Masahito Ochiai, Takashi Suefuji, Kazunori Miyamoto and Motoo Shiro : Effects of Complexation with 18-Crown-6 on the Hypernucleofugality of Phenyl-λ3-iodanyl Groups. Synthesis of Vinyl-λ3-iodane·18-Crown-6 Complex, Organic Letters, Vol.7, No.14, 2893-2896, 2005.
27)Ko Yasumoto, Akinori Nishigami, Mina Yasumoto, Fumie Kasai, Yasuhiro Okada, Takenori Kusumi and Takashi Ooi : Aliphatic sulfates released from Daphnia induce morphological defense of phytoplankton: isolation and synthesis of kairomones, Tetrahedron Letters, Vol.46, No.28, 4765-4767, 2005.
28)Tatsuhiro Ishida, Masae Harada, Xin Yu Wang, Masako Ichihara, Kenji Irimura and Hiroshi Kiwada : Accelerated blood clearance of PEGylated liposomes following preceding liposome injection: Effects of lipid dose and PEG surface-density and chain length of the first-dose liposomes, Journal of Controlled Release, Vol.105, No.3, 305-317, 2005.
29)三木 新也, 吉永 至宏務, 安田 恒雄, 德村 彰, 福澤 健治 : 慢性絞扼障害モデルにおける新規神経因性疼痛治療薬OT-7100の効果, 薬理と治療, Vol.33, No.7, 705-711, 2005年.
30)Wataru Sakane, Noriyuki Hara, Yoshinori Fujimoto, Yoshihisa Takaishi, Ricardo Acuña, Coralia Osorio and Carmenza Duque : Cupaniol, a New Branched Polyprenol, from Cupania latifolia, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.53, No.8, 1037-1039, 2005.
31)Lap Thi Nguyen, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Gene Expression in Primary Cultured Mouse Hepatocytes with a Cationic Liposomal Vector, TFL-3: Comparison with Rat Hepatocytes, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.28, No.8, 1472-1475, 2005.
32)Satsuki Terauchi, Takenori Yamamoto, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Molecular basis of morphological changes in mitochondrial membrane accompanying induction of permeability transition, as revealed by immuno-electron microscopy., Mitochondrion, Vol.5, No.4, 248-254, 2005.
33)Masatoshi Kataoka, Yoko Fukura, Yasuo Shinohara and Yoshinobu Baba : Analysis of mitochondrial membrane potential in the cells by microchip flow cytometry, Electrophoresis, Vol.26, No.15, 3025-3031, 2005.
34)Masahito Ochiai, Yoshio Nishi, Takeshi Mori, Norihiro Tada, Suefuji Takashi and Hermann J. Frohn : Synthesis and Characterization of β-Haloalkenyl-λ3-bromanes: Stereoselective Markovnikov Addition of Difluoro(aryl)-λ3-bromane to Terminal Acetylenes, Journal of the American Chemical Society, Vol.127, No.30, 10460-10461, 2005.
35)Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa, Hiroyuki Ito, Chieko Miki, Kayoko Miyama, Yoshiko Fujita, Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Akira Nishiyama and Masanori Yoshizumi : Aldosterone stimulates vascular smooth muscle cell proliferation via big mitoten-activated protein kinase 1 activation, Hypertension, Vol.46, No.4, 1046-1052, 2005.
36)Kazuyoshi Kawazoe, Mami Tabata, Kotaro Murakami and Yoshihisa Takaishi : A Novel Drimane-Type Sesquiterpene from Limonium wrightii, Natural Medicines, Vol.59, No.4, 186-188, 2005.
37)Yuki Izawa, Masanori Yoshizumi, Keisuke Ishizawa, Yoshiko Fujita, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Kazuyoshi Kawazoe, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki : ERK1/2 activation by angiotensin II inhibits insulin-induced glucose uptake in vascular smooth muscle cells, Experimental Cell Research, Vol.308, No.2, 291-299, 2005.
38)Takashi Kinoshita, Zsolt Lepp and Hiroshi Chuman : Approach to novel functional foods for stress control 1.Toward structure-activity relationship and data mining of food compounds by chemoinformatics, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.Suppl, 240-241, 2005.
39)Koichiro Tsuchiya, Kaori Akai, Akira Tokumura, Shinji Abe, Toshiaki Tamaki, Yoshiharu Takiguchi and Kenji Fukuzawa : Oxygen radical photo-induced by ferric nitrilotriacetate complex, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1725, No.1, 111-119, 2005.
40)Naoko Oda and Saburo Shimabayashi : Binding mechanism of Triton X and Triton N to the surface of hydroxyapatite in an aqueous phase, Phosphorus Research Bulletin, Vol.19, No.1, 198-203, 2005.
41)Saburo Shimabayashi and Emiko Motoki : Complex Formation between Na Ch-6-Sulfate and Acidic Aromatic Compounds on the Surface of Hydroxyapatite in an Aqueous Phase, Phosphorus Research Bulletin, Vol.19, No.1, 184-189, 2005.
42)Kuniomi Warabino and Saburo Shimabayashi : Preparation and characterization of HAP particles having hydrophobic surface, Phosphorus Research Bulletin, Vol.19, No.1, 294-299, 2005.
43)Masahito Ochiai, Yasunori Takeuchi, Tomoko Katayama, Takuya Sueda and Kazunori Miyamoto : Iodobenzene-Catalyzed α-Acetoxylation of Ketones. In Situ Generation of Hypervalent (Diacyloxyiodo)benzenes Using m-Chloroperbenzoic Acid, Journal of the American Chemical Society, Vol.127, No.35, 12244-12245, 2005.
44)Takashi Honjo, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Highly Enantioselective Catalytic Thiolysis of Prochiral Cyclic Dicarboxylic Anhydrides Utilizing a Bifunctional Chiral Sulfonamide, Angewandte Chemie International Edition, Vol.44, No.36, 5838-5841, 2005.
45)Masahito Ochiai and Norihiro Tada : Domino Michael addition-carbene rearrangement-cyclization reaction of 1-alkynyl(aryl)-λ3-bromanes with 2-mercapto-1,3-benzazoles, Chemical Communications, No.40, 5083-5085, 2005.
46)Kazuto Sato, Hiroshi Chuman and Seiichiro Ten-no : Comparative Study on Solvation Free Energy Expressions in Reference Interaction Site Model Integral Equation Theory, The Journal of Physical Chemistry B, Vol.109, No.36, 17290-17295, 2005.
47)Xiao-Dong Wang, Wei Jia, Wen-Yuan Gao, Rong Zhang, Yan-Wen Zhang, Jun Zhang, Yoshihisa Takaishi and Hong-Quan Duan : Terpene alkaloids from Tripterygium wilfordii, Journal of Asian Natural Products Research, Vol.7, No.5, 755-759, 2005.
48)Aiko Yamauchi, Kumiko Sakamoto and Hiroshi Chuman : Clinical QSAR study on the prediction of drug excretion into human breast milk, Drug Metabolism Reviews, Vol.37, No.suppl2, 330-331, 2005.
49)Takenori Yamamoto, Satsuki Terauchi, Aiko Tachikawa, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Two critical factors affecting the release of mitochondrial cytochrome c as revealed by studies using N, N'-dicyclohexylcarbodiimide as an atypical inducer of permeability transition, Journal of Bioenergetics and Biomembranes, Vol.37, No.5, 299-306, 2005.
50)Hisao Nemoto, Tomoyuki Kawamura and Norikazu Miyoshi : A Highly Efficient Carbon-Carbon Bond Formation Reaction via Nucleophilic Addition to N-Alkylaldimines without Acids or Metallic Species, Journal of the American Chemical Society, Vol.127, No.42, 14546-14547, 2005.
51)Weihui Zhong, Jun Xie, Xian Peng, Tomoyki Kawamura and Hisao Nemoto : An efficient method for the synthesis of hydrocyclopenta[1,2-b]furan with various side chains at 3a-position, Tetrahedron Letters, Vol.46, No.43, 7451-7454, 2005.
52)Yuka Takaoka, Tomiyoshi Setsu, Kazuyo Misaki, Takashi Yamauchi and Toshio Terashima : Expression of reelin in the dorsal cochlear nucleus of the mouse, Brain Research. Developmental Brain Research, Vol.159, No.2, 127-134, 2005.
53)Xiangli Liu, Hideji TANAKA, Aiko Yamauchi, Bernard Testa and Hiroshi Chuman : Determination of lipophilicity by reversed-phase high-performance liquid chromatography: Influence of 1-octanol in the mobile phase, Journal of Chromatography. A, Vol.1091, No.1-2, 51-59, 2005.
54)Yuko Fujiwara, Vineet Sardar, Akira Tokumura, Daniel Baker, Kimiko Murakami-Murofushi, Abby Parrill and Gabor Tigyi : Identification of residues responsible for ligand recognition and regioisomeric selectivity of lysophosphatidic acid receptors expressed in mammalian cells., The Journal of Biological Chemistry, Vol.280, No.41, 35038-35050, 2005.
55)Hideji TANAKA and Tsutomu Baba : High throughput continuous titration based on a flow ratiometry controlled with feedback-based variable triangular waves and subsequent fixed triangular waves, Talanta, Vol.67, No.4, 848-853, 2005.
56)Kazunori Miyamoto, Yoshio Nishi and Masahito Ochiai : Thiazole Synthesis by Cyclocondensation of 1-Alkynyl(phenyl)-λ3-iodanes with Thioureas and Thioamides, Angewandte Chemie International Edition, Vol.44, No.42, 6896-6899, 2005.
57)Toshiki Himeda, Hayakawa Natsumi, Hiroko Tounai, Mio Sakuma, Kato Hiroyuki and Tsutomu Araki : Alterations of interneurons of the gerbil hippocampus after transient cerebral ischemia: effect of pitavastatin, Neuropsychopharmacology, Vol.30, No.11, 2014-2025, 2005.
58)Shinji Amari, Masahiro Aizawa, Junwei Zhang, Kaori Fukuzawa, Yuji Mochizuki, Yoshio Iwasawa, Kotoko Nakata, Hiroshi Chuman and Tatsuya Nakano : VISCAN: Visualized Cluster Analysis of Protein-Ligand Interaction Based on the ab initio Fragment Molecular Orbital Method for Virtual Ligand Screening, Journal of Chemical Information and Modeling, Vol.46, No.1, 221-230, 2005.
59)Takashi Kinoshita, Zsolt Lepp and Hiroshi Chuman : Construction of a novel database for flavonoids, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.0, 291-292, 2005.
60)Liu Xiangli and Hiroshi Chuman : Determination of solute lipophilicity by reversed-phase high-performance liquid chromatography (RP-HPLC), The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.SUPPL, 293-294, 2005.
61)Lepp Zsolt, Kinoshita Takashi and Hiroshi Chuman : Virtual screening models for finding novel antidepressants, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.SUPPL, 297-299, 2005.
62)Takumi Sakurada, Kazuko Mima, Akira Kurisaki, Hiromu Sugino and Takashi Yamauchi : Neuronal cell type-specific promoter of the α CaM kinase II gene is activated by Zic2, a Zic family zinc finger protein, Neuroscience Research, Vol.53, No.3, 323-330, 2005.
63)Mari Ogino, Jun-ichi Kido, Mika Bando, Noriko Hayashi, Chie Mihara-Wada, Toshihiko Nagata, Fusanori Nishimura, Y. Soga, Shogo Takashiba, T. Kubota, M. Itagaki, Yasuko Shimada, H. Tai, Hiromasa Yoshie, Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka : Alpha 2 integrin +807 polymorphism in drug-induced gingival overgrowth, Journal of Dental Research, Vol.84, No.12, 1183-1186, 2005.
64)Kentaro Kogure, Sachie Manabe, Ichiro Suzuki, Akira Tokumura and Kenji Fukuzawa : Cytotoxicity of α-tocopheryl succinate, malonate and oxalate in normal and cancer cells in vitro and their anti-cancer effects on mouse melanoma in vivo, Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.51, No.6, 392-397, 2005.
65)Masahito Ochiai, Kazunori Miyamoto, Yukie Yokota, Takashi Suefuji and Motoo Shiro : Synthesis, Characterization, and Reaction of Crown Ether Complexes of Aqua(hydroxy)(aryl)iodonium Ions, Angewandte Chemie International Edition, Vol.44, No.1, 75-78, 2005.
66)Takashi Kinoshita, Lepp Zsolt, Yoshichika Kawai, Junji Terao and Hiroshi Chuman : An Integrated Database of Flavonoids, BioFactors, Vol.26, No.3, 179-188, 2006.
67)Zsolt Lepp, Kinoshita Takashi and Hiroshi Chuman : Screening for New Antidepressant Leads of Multiple Activities by Support Vector Machines, Journal of Chemical Information and Modeling, Vol.46, No.1, 158-167, 2006.
68)Yoshimitsu Nagao, Satoshi Miyamoto, Motoyuki Miyamoto, Hiroe Takeshige, Kazuhiko Hayashi, Shigeki Sano, Motoo Shiro, Kentaro Yamaguchi and Yoshihisa Sei : Highly Stereoselective Asymmetric Pummerer Reactions That Incorporate Intermolecular and Intramolecular Nonbonded S---O Interactions, Journal of the American Chemical Society, Vol.128, No.30, 9722-9729, 2006.
69)Takashi Suefuji, Motoo Shiro, Kentaro Yamahuchi and Masahito Ochiai : Complexation of Diphenyl(tetrafluoroborato)-lambda3-iodane with Pyridine, Heterocycles, Vol.67, No.1, 391-397, 2006.
70)Liu Shaoqian, Akira Shibata, Satoru Ueno, Huang Ying, Wang Yifan and Li Yuanjian : Translocation of positively charged copoly(Lys/Tyr) across phospholipid membranes, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.339, No.3, 761-768, 2006.
71)Shigeki Sano, Hisashi Shimizu, Kweon Kim, Woo Song Lee, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Expeditious Syntheses of Conjugated Allenyl Esters and Oxazoles through a Cascade Reaction of α-Alkynyl Malonates under Alkaline Conditions, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.54, No.2, 196-203, 2006.
72)J.Y. Hu, W. Qiao, Yoshihisa Takaishi and H.Q. Duan : A New Hemiterpene Derivative From Pyinsepia utilis, Chinese Chemical Letters, Vol.17, No.2, 198-200, 2006.
73)Yoko Tadatsu, Naoki Muguruma, Susumu Ito, Masaya Tadatsu, Yoshihiro Kusaka, Koichi Okamoto, Yoshitaka Imoto, Hiromi Taue, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Optimal Labeling Condition of Antibodies Available for Immunofluorescence Endoscopy, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1/2, 52-60, 2006.
74)Tatsuhiro Ishida, Yurie Okada, Tomotaka Kobayashi and Hiroshi Kiwada : Development of pH-sensitive liposomes that efficiently retain encapsulated doxorubicin (DXR) in blood., International Journal of Pharmaceutics, Vol.309, No.1-2, 94-100, 2006.
75)Ko Yasumoto, Akinori Nishigami, Fumie Kasai, Takenori Kusumi and Takashi Ooi : Isolation and Absolute Configuration Determination of Aliphatic Sulfates as the Daphnia Kairomones Inducing Morphological Defense of a Phytoplankton, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.54, No.2, 271-274, 2006.
76)K Kondo, Yoshihisa Takaishi, Hirofumi Shibata and Tomihiko Higuti : ILSMRs (intensifier of β-lactam-susceptibility in methicillin-resistant Staphylococcus aureus) from Tara [Caesalpinia spinosa (Molina) Kuntze], Phytomedicine, Vol.13, No.3, 209-212, 2006.
77)Mariko Tsukane and Takashi Yamauchi : Increase in apoptosis with neural differentiation and shortening of the lifespan of P19 cells overexpressing tau, Neurochemistry International, Vol.48, No.4, 243-254, 2006.
78)Yoshiko Fujita, Masanori Yoshizumi, Yuki Izawa, Nermin Ali, Yasuhisa Kanematsu, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Transactivation of fetal liver kinase-1/kinase-insert domain-containing receptor by lysophosphatidylcholine induces vascular endothelial cell proliferation., Endocrinology, Vol.147, No.3, 1377-1385, 2006.
79)Toshiki Himeda, Naoto Kadoguchi, Yuko Kamiyama, Hiroyuki Kato, Hitoshi Maegawa and Tsutomu Araki : Neuroprotective effect of arundic acid, an astrocyte-modulating agent, in mouse brain against MPTP (1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine) neurotoxicity., Neuropharmacology, Vol.50, No.3, 329-344, 2006.
80)Tatsuhiro Ishida, Wenhao Liu, Zhung Li and Hiroshi Kiwada : Stimulatory effect of polyethylene glycol (PEG) on gene expression in mouse liver following hydrodynamics-based transfection., The Journal of Gene Medicine, Vol.8, No.3, 324-334, 2006.
81)Yoshitaka Kihira, Mitsuru Hashimoto, Yasuo Shinohara, Eiji Majima and Hiroshi Terada : Roles of adjoining Asp and Cys residues of first matrix-facing loop in transport activity of yeast and bovine mitochondrial ADP/ATP carriers, The Journal of Biochemistry, Vol.139, No.3, 575-582, 2006.
82)Shigeki Sano, Motoyuki Miyamoto, Tomoko Mitani and Yoshimitsu Nagao : A Novel and Efficient Darzens Reaction Catalyzed by Magnesium Bromide, Heterocycles, Vol.68, No.3, 459-463, 2006.
83)Tatsuhiro Ishida, Masako Ichihara, Xinyu Wang, Kenji Yamamoto, Jyunji Kimura, Eiji Majima and Hiroshi Kiwada : Injection of PEGylated liposomes in rats elicits PEG-specific IgM, which is responsible for rapid elimination of a second dose of PEGylated liposomes., Journal of Controlled Release, Vol.112, No.1, 15-25, 2006.
84)Micha Slegt, Roel Gronheid, Dennis Vlugt, Masahito Ochiai and Tadashi Okuyama : Photochemical Generation of Six- and Five-Membered Cyclic Vinyl Cations, The Journal of Organic Chemistry, Vol.71, No.6, 2227-2235, 2006.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)德村 彰, 土江 明子, 平良 智, 黒川 ふみ, 福澤 健治 : 喫煙による循環血液での酸化リン脂質の産生ー血管病変への関与の可能性ー, 平成17年度喫煙科学研究財団研究年報, 321-326, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術レター

(なし)

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

1)Hiroyuki Fukui : Review of some molecular and physiological studies of histamine H1 receptor function., Inflammation Research, Vol.54, No.Supplement 1, 52-53, Apr. 2005.
2)Takashi Yamauchi : Neuronal Ca2+/Calmodulin-Dependent Protein Kinase II-Discovery, Progress in a Quarter of a Century, and Perspective: Implication for Learning and Memory, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.28, No.8, 1342-1354, Aug. 2005.
3)Masatoshi Kataoka, Jun-ichi Kido, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata : Drug-Induced Gingival Overgrowth a Review, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.28, No.10, 1817-1821, Oct. 2005.
4)嶋林 三郎 : <研究室紹介>徳島大学薬学部製剤学研究室, Phosphorus Letter, Vol.54, No.54, 27, 2005年10月.
5)嶋林 三郎, 日野 知証, 川島 嘉明 : <総合論文>W/O/Wエマルジョンの安定化, 表面, Vol.43, No.10, 508-523, 2005年10月.
6)成重 純一, 德村 彰, 福澤 健治 : リゾホスファチジン酸による肥満亢進抑制作用, ビタミン, Vol.79, No.12, 593-594, 2005年12月.
7)石田 竜弘, 際田 弘志 : がん治療を目指した機能性リポソームの開発研究, 化学工業, Vol.57, 39-43, 2006年.
8)Susumu Ito, Naoki Muguruma, Tetsuo Kimura, Hiromi Yano, Yoshitaka Imoto, Koichi Okamoto, Masako Kaji, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Principle and Clinical Usefulness of the Infrared Fluorescence Endoscopy, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1/2, 1-8, Feb. 2006.
9)Tatsuhiro Ishida, Yoshihiro Takanashi and Hiroshi Kiwada : Safe and efficient drug delivery system with liposomes for intrathecal application of an antivasospastic drug, fasudil., Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.29, No.3, 397-402, Mar. 2006.

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1)Hiroyuki Fukui, Shiho Horinaga, Sachiho Yoshimura, Yuki Murata, Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Histamine H1 receptor gene as an allergic disease-related gene., Experimental Biology 2005, San Diego, CA, USA, Apr. 2005.
2)Masanori Yoshizumi, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa, Chieko Miki, Yoshiko Fujita, Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Aldosterone stimulates vascular smooth muscle cell proliferation through big mitogen-activated protein kinase1 activation, 16th scientific meeting of the interamerican society of hypertension, Cancun, Mexico, Apr. 2005.
3)M. Watsky, W. Hatsuyama, T. Tsutsumi, Kenji Fukuzawa and Akira Tokumura : Lysophospholipase D and elevates lysophosphatidylcholine as sources of elevated aqeous humor LPA following corneal injury, ARVO 2005 Annual Meeting, Fort Lauderdale, Florida,U.S.A., May 2005.
4)AHMAD AMMAR GHAIBEH, Mikio Sasaki, Eiko Doolin Nakata, Kumiko Sakamoto, Hiroshi Chuman and Aiko Yamauchi : Using computational intelligence methods in a web-based drug safety information community, The First International Conference on Complex Medical Engineering-CME2005, Takamatsu, May 2005.
5)Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman : Data mining approach on clinical/pharmaceutical information accumulated in the drug safety information community, The First International Conference on Complex Medical Engineering-CME2005, Takamatsu, May 2005.
6)Hiroyuki Fukui, Yoshiaki Kitamura, Yuki Murata, Sachiho Horinaga, Sachiho Yoshimura, Kazutaka Maeyama and Noriaki Takeda : Elevation of histamine H1 receptor mRNA and histidine decarboxylase mRNA in nasal mucosa of allergy model rats., World Allergy Congress 2005, Munich, Germany, Jun. 2005.
7)Shigeki Sano, Yoko Kuroda and Yoshimitsu Nagao : Toward Synthesis of Dipeptide-Mimetics Based on Fluoroolefin Isosteres, Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, Seoul, Jul. 2005.
8)Shigeki Sano, Michiyasu Nakao and Yoshimitsu Nagao : Novel Enantiodivergent Synthesis of α-Methylserine Derivatives Utilizing Enzymatic Acetylation, Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, Seoul, Jul. 2005.
9)Jin Keun Chung, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Development of an Improved Synthetic Method for Monosubstituted Alkynylfluorosilanes, Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, Seoul, Jul. 2005.
10)Takashi Honjo, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Highly Enantioselective Catalytic Thiolysis of Prochiral Cyclic Dicarboxylic Anhydrides, Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, Seoul, Jul. 2005.
11)Noriaki Tanimoto, Takashi Honjo, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Catalytic Enantioselective Thiolysis of Prochiral Cyclic Dicarboxylic Anhydrides Utilizing Cinchona Alkaloids, Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, Seoul, Jul. 2005.
12)Motoyuki Miyamoto, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Investigation of Stereoselective Asymmetric Pummerer Reaction and Pummerer-type Cyclization, Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, Seoul, Jul. 2005.
13)Kazuhiko Hayashi, Yoshifumi Ikee, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of the Pendant Moiety of Oral 1β-Methylcarbapenem Antibiotic L-084 Using 1-Azabicyclo[1.1.0]butane, Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, Seoul, Jul. 2005.
14)Shigeki Sano, Shinobu Abe and Yoshimitsu Nagao : Asymmetric Horner-Wadsworth-Emmons Reaction Utilizing Isomannide Derivatives as Chiral Auxiliaries, Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, Seoul, Jul. 2005.
15)Shigeki Sano, Eiko Kujime and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of Chiral Phosphonoacetates as Novel Horner-Wadsworth-Emmons Reagents, Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, Seoul, Jul. 2005.
16)Shigeki Sano, Etsuko Harada and Yoshimitsu Nagao : Novel Synthesis of β,γ-Unsaturated Esters Utilizing Tandem Double Bond Migration-Esterification, Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, Seoul, Jul. 2005.
17)Masahito Ochiai, Kazunori Miyamoto and Takashi Suefuji : Activated Iodosylbenzene Monomer: Synthesis And Reaction Of Crown Ether Complexes Of Aqua(hydroxy)(aryl)iodonium Ions, The 14th European Symposium on Organic Chemistry, Helsinki,Finland, Jul. 2005.
18)Xiangli Liu and Hiroshi Chuman : Determination of solute lipophilicity by reversed-phase high-performance liquid chromatography (RP-HPLC), 2005 COE International Conference on Biological Mechanism for Stress Control, Tokushima, Aug. 2005.
19)Takashi Kinoshita, Zsolt Lepp and Hiroshi Chuman : The construction of a novel database for flavonoids, 2005 COE International Conference on Biological Mechanism for Stress Control, Tokushima, Aug. 2005.
20)Zsolt Lepp, Takashi Kinoshita and Hiroshi Chuman : Virtual Screening Models for Finding Novel Antidepressants, 2005 COE International Conference on Biological Mechanism for Stress Control, Tokushima, Aug. 2005.
21)Keisuke Ishizawa, Rika Sugimoto, Yuki Izawa, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Adiponectin inhibits PDGF-induced migration and proliferation in rat mesangial cells, 第10回アディポサイエンス研究会シンポジウム(第10回記念国際シンポジウム), Osaka, Aug. 2005.
22)Hiroshi Chuman : Fundamental, Structure Based and Clinical QSAR, 11th Asian Chemical Congress, Seoul, Aug. 2005.
23)Hiroshi Chuman : Some Topics from Our research projects, Asia Hub for e-Drug Discovery Workshop, Seoul, Aug. 2005.
24)Saburo Shimabayashi and Naoko Oda : Binding Mechanism of TritonX-100 and TritonN to the Surface of Hydroxyapatite in an Aqueous Phase, Abstracts; 5th international symposium on inorganic phosphate materials `5, 42, Kasugai(Japan), Sep. 2005.
25)Saburo Shimabayashi and Kuniomi Warabino : Praparation and Characterization of Hydroxyapatite Particles Having Hydrophobic Surface, Abstracts;5th Internationnal Symposium on Inorganic Phosphate Meterials `05, 54, Kasugai(Japan), Sep. 2005.
26)Saburo Shimabayashi and Emiko Motoki : Complex Formation between Na Chondroitin-6-sulfate and Acidic Aromatic Compounds on the Surface of Hydroxyapatite in an Aqueous Phase, Abstracts; 5th International Symposium on Inorganic Phosphate Materials `5, 55, Kasugai(Japan), Sep. 2005.
27)Akira Tokumura, S. Taira, J. Morishige, T. Tsutsumi and Kenji Fukuzawa : Lysophospholipase C and D produce lysolipids that may intercellularly mediate signals from mammalian cell lines, 46th International Conference on the Bioscience of Lipids, Ajaccio-Corsica, Sep. 2005.
28)K. Tsuchiya, K. Akai, Akira Tokumura, S. Abe, T. Tamaki, Y. Takiguchi and Kenji Fukuzawa : Oxygen radicals photo-induced by ferric nitrilotriacetate(Fe-NTA) complex, EPR 2005. The international Conference/Workshop on Electron Paramagnetic Resonance Spectroscopy and Imaging of Biological Systems, Ohio,U.S.A., Sep. 2005.
29)Koichiro Tsuchiya, Kaori Akai, Akira Tokumura, Shinji Abe, Toshiaki Tamaki, Yoshiharu Takiguchi and Kenji Fukuzawa : Oxygen Radicals Photo-induced by Ferric Nitrilotriacetate(FE-NTA) Complex, EPR 2005, Columbus, OH, Sep. 2005.
30)Hitoshi Hori, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Masamitsu Hiraoka, Keiko Goto, Hitomi Nakashima, Satoru GOTO and Shin-ichiro Masunaga : Design, synthesis, and pharmacokinetics of hypoxic tumor-targeting boron carriers, IMEBORON12, Sendai, Sep. 2005.
31)Hiroshi Chuman : Fundamental, Structure Based and Clinical QSAR, 7, Zhejiang, Sep. 2005.
32)Kazunori Miyamoto, Yoshio Nishi, Takashi Suefuji and Masahito Ochiai : Tandem Michael Carbene Rearrangement Mechanism: An New Interpretation of Wipf Thiazole Synthesis, The 8th International Symposium on Iodine Utilization, Chiba, Oct. 2005.
33)Aiko Yamauchi, Kumiko Sakamoto and Hiroshi Chuman : Clinical QSAR study on the prediction of drug excretion into human breast milk, 13th NA ISSX Meeting/20th JSSX Meeting, Maui, Oct. 2005.
34)Kenji Fukuzawa, Kentaro Kogure, S. Manabe, Ichiro Suzuki and Akira Tokumura : Selective cytotoxicity to cancer cells of α-tocopheryl succinate analogues in vitro and their anti-cancer effects on mouse melanoma in vivo, International Interdisciplinary Conference on Vitamins, Coenzymes, and Biofactors 2005, Awaji, Hyogo, Nov. 2005.
35)Hiroyuki Fukui, Katsuhiro Miyoshi and Shuhei Horio : Regulation of histamine H1 receptor mRNA level by muscarinic and beta-adrenergic receptor stimulation in U373 astrocytoma cells., Neuroscience 2005 SfN 35th Annual Meeting, Washington DC, USA, Nov. 2005.
36)Shuhei Horio, Sachiho Yoshimura, Asish-K Das, Ryoko Mishima and Hiroyuki Fukui : Histamine-induced up-regulation of histamine H1 receptor mRNA in cultured HeLa cells. Involvement of protein kinase C activation., Neuroscience 2005 SfN 35th Annual Meeting, Washington DC, USA, Nov. 2005.
37)Keisuke Ishizawa, Rika Sugimoto, Yuki Izawa, Koichiro Tsuchiya, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : The inhibitory effect of adiponectin on migration and proliferation induced by PDGF in rat mesangial cells, 38th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2005.
38)Akihiro Iwahashi, Eiji Majima, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Structural Change of the Cytosolic Second Loop of Mitochondrial ADP/ATP Carrier Revealed by Cysteine-scanning Mutagenesis, 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, San Francisco, Dec. 2005.
39)Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Induction of Permeability Transition in Yeast Mitochondria Causes Release of Mitochondrial Cytochrome c, 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, San Francisco, Dec. 2005.
40)Takenori Yamamoto, Satsuki Terauchi, Aiko Tachikawa, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Two Critical Factors Affecting the Release of Mitochondrial Cytochrome c as Revealed by Studies Using N,N'-Dicyclohexylcarbodiimide as an Inducer of Permeability Transition, 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, San Francisco, Dec. 2005.
41)Tatsuhiro Ishida, K Atobe, Y X Wang and Hiroshi Kiwada : The influence of administration of PEGylated liposomal doxorubicin as a first dose on induction of accelerated blood clearance (ABC) phenomenon., 8th US-Japan symposium on drug delivery systems, Hawaii, Dec. 2005.
42)Zsolt Lepp, Tatsusada Yoshida, Satoshi Odagi and Hiroshi Chuman : Connecting Traditional QSAR and Molecular Simulations - Structure Based Quantitative Structure-Activity Relationship of Papain and HIV-1-Protease Inhibitors, Pacifichem 2005, Honolulu, Dec. 2005.
43)Masahito Ochiai : Synthesis and Reaction of 1-Alkynyl- and 1-Alkenyl(aryl)-lambda3-bromanes, PACIFICHEM 2005, Honolulu, Hawaii, Dec. 2005.
44)Hideji TANAKA : High throughput titration based on a flow ratiomatry controlled with variable and fixed triangular waves, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2005), Honolulu, Dec. 2005.
45)Toshihiko Ooie, Masato Tanaka, Tomonori Nakahara, Shinji Hyodo, Yasuo Shinohara and Yoshinobu Baba : Laser Controlled Pico-Fraction Unit for Nano-biodevices, Proc. of MicroTAS2006, Tokyo, 2006.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1)福澤 健治 : 活性酸素,酸化ストレスとビタミンE, 日本栄養食糧学会59回大会教育講演, 2005年5月.
2)福澤 健治, 真鍋 幸恵, 小暮 健太朗, 德村 彰 : マウスに移植した黒色腫瘍に対するα-トコフェロール誘導体の抗ガン効果, 日本ビタミン学会大会, Vol.57, 2005年5月.
3)Rumiko Kurosaki, Yu Watanabe and Tsutomu Araki : Effect of angiotensin-converting enzyme inhibitor perindopril on interneurons in MPTP-treated mice, 28th Annual Meeting of Japanese Society for Neurochemistry, Jun. 2005.
4)德村 彰, 堤 敏彦, 福田 彩, 初山 和光, 福澤 健治, M. Watsk : ウサギ房水のリゾホスホリパーゼ活性によるリゾリン脂質の分解, 第47回日本脂質生化学会, 2005年6月.
5)土屋 浩一郎, 赤井 かおり, 德村 彰, 玉置 俊晃, 福澤 健治 : 発癌性鉄錯体Fe3+-ニトリロ三酢酸(Fe3+-NTA)による光依存活性酸素生成機序の検討, 第27回日本フリーラジカル学会, 2005年6月.
6)本城 崇, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 新規なキラルスルホンアミド触媒を用いた環状ジカルボン酸無水物の触媒的高エナンチオ選択的チオリシス, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
7)熊沢 益徳, 井上 尚兵, 田中 悟, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : パラジウム触媒反応を活用するフラン環形成反応, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
8)渡邊 政博, 山本 武範, 喜多 史代, 梶本 和昭, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 寺田 弘, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 : 褐色脂肪組織の機能亢進に伴う遺伝子発現変動のマイクロアレイ解析, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
9)立川 愛子, 山本 武範, 片岡 正俊, 山﨑 尚志, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 : porin欠損酵母における遺伝子発現のマイクロアレイ解析, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
10)松尾 泰佑, 鈴木 真希子, 倉田 美保, 山﨑 尚志, 篠原 康雄 : 筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠ遺伝子の多型の解析, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
11)今村 早喜, 佐藤 裕一, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : 褐色脂肪組織から単離された新規タンパク質2-88の解析, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
12)福井 裕行 : アレルギー疾患におけるヒスタミンシグナル遺伝子発現, 第6回中四国耳鼻咽喉科アレルギー疾患研究会, 2005年7月.
13)福井 裕行, 三好 勝洋, 堀尾 修平 : M3ムスカリン受容体および β2アドレナリン受容体を介したヒスタミンH1受容体遺伝子発現調節, 第28回日本神経科学大会, 2005年7月.
14)寺内 さつき, 立川 愛子, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 透過性遷移に伴うミトコンドリア内膜における構造変化の免疫電子顕微鏡を用いた解析, 第6回 長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
15)河村 知志, 宮脇 あかり, 根本 尚夫 : 活性メチレン化合物へのOH基導入反応の開発, 第6回 長井長義記念シンポジウム, 60, 2005年7月.
16)西田 勝, 松田 晃, 根本 尚夫 : チオールを有する生理活性物質を導入可能とする新規DTPA誘導体の開発, 第6回 長井長義記念シンポジウム, 82, 2005年7月.
17)神谷 昌樹, 南 有紀, 根本 尚夫 : 新規水溶性増強化試薬の合成, 第6回 長井長義記念シンポジウム, 81, 2005年7月.
18)田中 秀治, 馬場 勉, 喜多川 歩 : 完全自動ハイスループット滴定を目的とするFLOW RATIOMETRYの研究, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
19)多田 教浩, 仁士 良雄, 森 剛志, 落合 正仁 : 超原子価アルキニル臭素(Ⅲ)化合物の共役付加反応, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
20)森 剛志, 仁士 良雄, 多田 教浩, 落合 正仁 : 末端アセチレンの立体選択的フルオロ-λ3-ブロマン化反応, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
21)金秋 鷹雄, 多田 教浩, 仁士 良雄, 落合 正仁 : 配位子結合機構とMichael付加-アルキリデンカルベン機構, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
22)廣部 雅也, 宮本 和範, 落合 正仁 : シスビニルスルフィドの高立体選択的合成反応, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
23)福井 裕行, 川添 和義, 高石 喜久 : 鼻過敏症モデルラットのヒスタミンH1受容体とヒスチジン脱炭酸酵素の遺伝子発現亢進とそれに対する和漢薬の抑制作用, 第22回和漢医薬学会大会, 2005年8月.
24)福井 裕行 : 疾患遺伝子発現機構を標的とするアレルギー疾患治療薬の開発, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年9月.
25)福井 裕行 : 自律神経受容体を介するヒスタミンH1受容体遺伝子発現, 第48回日本神経化学会大会, 2005年9月.
26)福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体遺伝子発現の自律神経受容体を介する調節, 第33回薬物活性シンポジウム, 2005年9月.
27)F. Ramos, 高石 喜久, 白鳥 水紀, 川口 陽佑 : Quercetin oxidation derivatives from Onion(Allium cepa) skin, 日本生薬学会第52年会, 2005年9月.
28)岡坂 衛, 高石 喜久, Olimjon. K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov : ウズベキスタン産薬用植物Juniperus seravschanica Komarovの成分研究, 日本生薬学会第52年会, 2005年9月.
29)嶋林 三郎, 鵜飼 大, 鍬塚 理沙 : 活性炭に対する色素の吸着に及ぼすポリビニルピロリドンの影響, 第58回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, 446, 2005年9月.
30)田中 秀治, 馬場 勉 : ハイスループット光度滴定を目的とする可変および固定三角波制御flow ratiometry, 日本分析化学会第54年会, 2005年9月.
31)Akira Tokumura, Toshihiko Tsutsumi, Satoshi Taira, Kenji Fukuzawa and Michel Watsky : Lysophospholipase D and elevates lysophosphatidylcholine as sources of elevated aqueous humor LPA following rabbit corneal injury, 第78回日本生化学会, Oct. 2005.
32)J. Morishige, T. Tanaka, K. Satouchi, Akira Tokumura and Kenji Fukuzawa : Production of lysophosphatidic acid by lysophospholipase D in hen egg white, 第78回日本生化学会, Oct. 2005.
33)小林 進一, 坂本 久美子, Zsolt Lepp, 山内 あい子, 中馬 寛 : Support Vector Machine を用いたヒトにおける薬物催奇形性予測の試み, 日本コンピュータ化学会2005秋季年会, 2005年10月.
34)河野 美代, 東 満美, 田村 祥祐, 加地 充, 井上 信裕, 元木 宏, 玉田 正夫, 水口 和生, 南 博 : 新体制薬局実務実習に向けての徳島県薬剤師会の取り組み, 第38回 日本薬剤師会学術大会, 2005年10月.
35)山﨑 尚志, 今村 早喜, 佐藤 裕一, 山本 武範, 篠原 康雄, 寺田 弘 : Characterization of Novel cDNA from Rat Brown Adipose Tissue: It Codes a Protein Containing Dbl Homology, Bin/Amphiphysin/Rvs and Src Homology 3 Domains, 第78回日本生化学会大会, 2005年10月.
36)渡邊 政博, 山本 武範, 喜多 史代, 梶本 和昭, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 寺田 弘, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 : 褐色脂肪組織の機能亢進に伴う遺伝子発現変動のマイクロアレイ解析, 第26回日本肥満学会, 2005年10月.
37)山田 安希子, 山本 武範, 片岡 正俊, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Permeability transition induced in yeast mitochondria also causes release of cytochrome c from mitochondria, 第78回 日本生化学会大会, 2005年10月.
38)山本 武範, 吉村 好之, 山内 卓, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Expression profiling of VDAC isoforms in rat liver mitochondria, 第78回 日本生化学会大会, 2005年10月.
39)Toshihiko Tsutsumi and Akira Tokumura : METABOLISM AND INTERNALIZATION OF LYSOPAF IN KIDNEY EPITHELIAL CELLS, 第78回日本生化学会, Oct. 2005.
40)Akira Tokumura, Toshihiko Tsutsumi, Satoshi Taira, Kenji Fukuzawa and Mitchel Watsky : Lysophospholipase D and elevates lysophosphatidylcholine as sources of elevated aqueous humor LPA following rabbit corneal injury, 第78回日本生化学会, Oct. 2005.
41)宮本 和範, 仁士 良雄, 末藤 孝志, 落合 正仁 : 連続Michael付加-カルベン転位-環化反応:Wipfチアゾール合成反応機構, 第8回ヨウ素利用研究国際シンポジウム, 2005年10月.
42)田中 秀治, 馬場 勉, 喜多川 歩 : Flow ratiometryによる光度滴定, 第46回フローインジェクション分析講演会, 2005年10月.
43)田中 直伸, 石丸 陽子, 岡坂 衛, 高石 喜久, 武田 美雄, 本多 義昭, 伊藤 三千穂, Kuo-Hsiung Lee : オトギリソウ科Hypericum属に含まれる生理活性物質の探索, 第47回 天然有機化合物討論会, Vol.P61, 413-418, 2005年10月.
44)Zsolt Lepp, 中馬 寛 : Linking Molecular Simulations and Classical QSAR Analysis of Protein-ligand Complexes, 日本コンピュータ化学会2005秋季年会, 2005年10月.
45)坂本 久美子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, ガイベ アハマド アンマール, 中馬 寛, 山内 あい子 : 医薬品安全性情報コミュニティの構築-薬物催奇形性情報の共有に向けて-, 日本コンピュータ化学会2005秋季年会, 2005年10月.
46)日比野 有紀, 坂本 久美子, 小林 進一, 木原 勝, 中馬 寛, 山内 あい子 : QSARによるヒトにおける薬物の胎盤通過性と母乳移行性予測:Clinical QSARの試み, 日本コンピュータ化学会2005秋季年会, 2005年10月.
47)吉田 達貞, 中馬 寛 : ACE-阻害薬複合体の分子軌道法による相互作用解析, 日本コンピュータ化学会2005秋季年会, 2005年10月.
48)本城 崇, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 新規キラルスルホンアミド触媒を用いたプロキラルなσ対称化合物の触媒的エナンチオ選択的非対称化, 第31回反応と合成の進歩シンポジウム, 2005年11月.
49)佐野 茂樹, 安部 忍, 長尾 善光 : 軸性キラリティーを有する2-メチル-2-シクロヘキシリデン酢酸エステル類の合成, 第44回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
50)佐野 茂樹, 久次米 永子, 田中 裕子, 長尾 善光 : 不斉リン原子を有する新規光学活性ホスホノ酢酸エステルの合成, 第44回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
51)佐野 茂樹, 中尾 允泰, 山本 千代, 長尾 善光 : 酵素アシル化を用いるα-置換セリン誘導体のエナンチオ分岐的合成, 第44回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
52)佐野 茂樹, 原田 悦子, 長尾 善光 : 2-シクロヘキシリデン酢酸類のタンデム型二重結合転位-エステル化反応, 第44回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
53)佐野 茂樹, 黒田 陽子, 長尾 善光 : Z選択的タンデム型還元-フルオロオレフィン化反応を用いるジペプチドミメティクスの合成, 第44回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
54)長尾 善光, 池江 克文, 橋本 佳奈, 中島 正晃, 林 一彦, 佐野 茂樹 : 高歪み分子アザビシクロブタンを活用する抗菌剤合成, 第24回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2005年11月.
55)山本 武範, 山田 安希子, 吉村 勇哉, 山下 菊治, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Caイオンによって誘導される酵母ミトコンドリアの透過性遷移とシトクロムc放出, 第27回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2005年11月.
56)松尾 泰佑, 鈴木 真希子, 倉田 美保, 山﨑 尚志, 篠原 康雄 : 変異導入したM-CPTIの安定性および酵素活性の解析, 第44回 日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
57)赤峰 理恵, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 石川 満, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 : 組織間や動物種間での遺伝子発現の比較に適した標準遺伝子, 第44回 日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
58)福井 裕行 : アレルギー関連遺伝子としてのヒスタミンH1受容体およびヒスチジン脱炭酸酵素の研究, 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2005年11月.
59)福井 裕行 : 自律神経伝達物質受容体を介するヒスタミンH1受容体遺伝子発現調節, 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2005年11月.
60)福井 裕行 : 自律神経伝達物質受容体を介するヒスタミンH1受容体遺伝子発現調節, 第58回日本自律神経学会, 2005年11月.
61)Asish-K Das, Yoshiaki Kitamura, Yuki Murata, Kazutaka Maeyama, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Glucocorticoid suppresses histamine synthesis through repression of Histidine Decarboxylase gene transcription in allergic rats., 第108回日本薬理学会近畿部会, Nov. 2005.
62)山脇 洋輔, Asish-K Das, 吉村 祥穂, 三好 勝洋, 三島 涼子, 福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体の同種及び異種遺伝子発現, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
63)福井 裕行 : アレルギー疾患治療薬の新しい標的を求めて, 第2回徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部公開シンポジウム, 2005年11月.
64)泉 憲政, 角谷 千恵子, 荻野 敏, 福井 裕行 : VASを用いた各種抗ヒスタミンH1受容体拮抗薬における効果および副作用の大規模聞き取り調査, 第26回日本臨床薬理学会年会, 2005年11月.
65)田中 直伸, 高石 喜久 : ビョウヤナギ(Hypericum chinense)の成分研究, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
66)橋田 千佳, 田中 直伸, 高石 喜久 : コゴメバオトギリ (Hypericum perforatum var. angustifolium)の成分研究, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
67)釜屋 久美子, 川添 和義, 村上 光太郎, 高石 喜久, Xiajoiang Hao, 謝 立山, 李 順林 : 中国雲南省の民間薬 通血香(Euodia lepta)の成分研究, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
68)岡坂 衛, 高石 喜久, O. K. Kodzhimatov : ウズベキスタン産薬用植物Paeonia hybrideの成分研究, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
69)鈴木 恭子, 岡坂 衛, 高石 喜久, O. K. Kodzhimatov : ウズベキスタン産薬用植物Ferula variaの成分研究, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
70)植野 哲, 柴田 あきら, 嶋林 三郎 : Polyethyleneimine can permeate the lipid bilayer of gigant liposome, 第41回日本界面医学会学術研究会 プログラムおよび抄録, 16, 2005年11月.
71)森 剛志, 仁士 良雄, 落合 正仁 : β-ハロビニル-λ3-ブロマンの立体選択的合成, 第31回反応と合成の進歩シンポジウム, 2005年11月.
72)嶋林 三郎, 鵜飼 大, 鍬塚 理沙 : 徳島県産の竹炭の吸着特性, 第44回日本薬学会日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, 65, 2005年11月.
73)嶋林 三郎, 井上 朋法 : 塩酸クロルヘキシジンの溶解度に対する添加物の影響, 第44回日本薬学会日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, 65, 2005年11月.
74)金秋 鷹雄, 多田 教浩, 落合 正仁 : アルキニルブロマン(Ⅲ)と第15・16族求核試剤との反応, 第44回日本薬学会中四国支部大会, 2005年11月.
75)宮本 和範, 廣部 雅也, 落合 正仁 : E-及びZ-ビニルヨーダン(Ⅲ)のビニル位SN2反応, 第44回日本薬学会中四国支部大会, 2005年11月.
76)江口 奈穂子, 柴田 洋文, 近藤 京子, 荒井 勉, 塔本 香奈, 友石 章夫, 川添 和義, 高石 喜久, 堀内 義史, 樋口 雅紀, 樋口 富彦 : アイルスマー(MRSAに対するβ-ラクタム剤感受性増強薬)の創製, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 84, 2005年11月.
77)杉本 理香, 石澤 啓介, 平 広範, 勝部 紗和子, 桐野 靖, 川添 和義, 水口 和生 : ラットメサンギウム細胞の遊走および増殖に対するアディポネクチンの作用とそのメカニズム, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 124, 2005年11月.
78)井上 めぐみ, 白潟 朋美, 石澤 啓介, 川添 和義, 安田 裕美, 板東 美和, 細井 英司, 芳地 一, 水口 和生 : 抗血小板薬におけるヒト血小板内Ca2+濃度の変動と凝集の抑制, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 124, 2005年11月.
79)佐々木 ひろみ, 南 有紀, 池原 敏孝, 細川 敬子, 山口 久雄, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 石澤 啓介, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 : 牛副腎髄質由来細胞内の一過性Ca2+増加機構に対する磁界の影響, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 126, 2005年11月.
80)三木 智重子, 石澤 啓介, 松村 敏彦, 木宿 昌俊, 川添 和義, 水口 和生 : アルドステロンはBig MAP kinase 1 (BMK1)活性化を介してラット平滑筋細胞を増殖させる, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 115, 2005年11月.
81)富永 樹, 黒川 ふみ, 石澤 啓介, 鳥井 真由美, 大山 真由美, 胡田 順子, 濱野 修一, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 : アスピリンと非ステロイド性消炎鎮痛薬のヒト血小板凝集能へ及ぼす併用効果, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 136, 2005年11月.
82)西迫 寛隆, 石澤 啓介, 溝口 徹也, 桐野 靖, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 : 結核病棟薬剤管理指導におけるワークシートの活用とNSTとの連携, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 190, 2005年11月.
83)小田木 郷, 吉田 達貞, 中馬 寛 : HIV-1 Proteaseと環状尿素系阻害薬の分子軌道法による相互作用解析(3), 第33回構造活性相関シンポジウム, 2005年11月.
84)糸川 大祐, 村上 良真, 西岡 大貴, 福島 淳冶, 山内 あい子, 中馬 寛 : CYP2B, 3Aおよび51とアゾール系化合物との結合相互作用の解析, 第33回構造活性相関シンポジウム, 2005年11月.
85)日比野 有紀, 坂本 久美子, 小林 進一, 木原 勝, 中馬 寛, 山内 あい子 : 薬物の胎盤通過性と母乳移行性予測-ClinicalQSAR (3), 第33回構造活性相関シンポジウム, 2005年11月.
86)小林 進一, 坂本 久美子, 山内 あい子, 中馬 寛 : Support Vector Machine 手法に基づく薬物催奇形性リスク予測の試み, 第33回構造活性相関シンポジウム, 2005年11月.
87)Xiangli Liu, 田中 秀治, 山内 あい子, Bernard Testa, 中馬 寛 : Determination of lipophilicity by reversed-phase high-performance liquid chromatography (RP-HPLC), 第33回構造活性相関シンポジウム, 2005年11月.
88)Lepp Zsolt, 木下 崇司 and Hiroshi Chuman : Screening for New Antidepressant Leads of Multiple Activities by Support Vector Machines, 第33回構造活性相関シンポジウム, Nov. 2005.
89)川和田 美里, 山岸 賢司, 寺前 裕之, 中馬 寛, 常盤 広明 : HIV-1PR阻害薬のファーマコファアに関する理論的研究, 第24回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2005年11月.
90)安田 裕美, 坂東 美和, 細井 英司, 井上 めぐみ, 白潟 朋美, 石澤 啓介, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一 : ヒト活性化血小板における抗血小板薬の効果, 第29回徳島県医学検査学会抄録集, 27, 2005年12月.
91)秦野 昌弥, Asish-K Das, 北村 嘉章, 村田 有希, 前山 一隆, 武田 憲昭, 福井 裕行 : グルココルチコイドのヒスチジン脱炭酸酵素の遺伝子転写の抑制によるヒスタミン合成の抑制, 第9回日本ヒスタミン研究会, 2005年12月.
92)山脇 洋輔, Asish-K Das, 吉村 祥穂, 三好 勝洋, 三島 涼子, 福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体の同種および異種遺伝子発現, 第9回日本ヒスタミン研究会, 2005年12月.
93)Hiroyuki Fukui : Elevation of histamine H1 receptor mRNA in nasal mucosa of allergy model rats., 第35回日本免疫学会総会, Dec. 2005.
94)佐野 茂樹, 久次米 永子, 田中 裕子, 長尾 善光 : エステラーゼを用いる新規光学活性ホスホノ酢酸エステルの合成, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
95)佐野 茂樹, 原田 悦子, 長尾 善光 : カルボジイミド系縮合試薬を用いるタンデム型二重結合転位-エステル化および-アミド化反応, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
96)佐野 茂樹, 黒田 陽子, 長尾 善光 : Z型フルオロオレフィンを基盤とするジペプチドミメティクスの合成, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
97)佐野 茂樹, 中尾 允泰, 山本 千代, 長尾 善光 : リパーゼを用いるα-置換セリン誘導体のエナンチオ分岐的合成, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
98)池江 克文, 橋本 佳奈, 中島 正晃, 林 一彦, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : アザビシクロブタンを活用したニューキノロン系抗菌剤の合成, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
99)谷本 典昭, 本城 崇, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 新規スルホンアミド触媒を用いたプロキラル環状ジカルボン酸無水物の不斉チオリシス及びアルコリシス, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
100)井上 尚兵, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 新規ICG-ATT標識化合物の合成開発, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
101)本城 崇, 津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : プロキラルな環状ジカルボン酸無水物の触媒的高エナンチオ選択的アルコリシス, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
102)宮本 素行, 増田 隆司, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 非結合性S•••O相互作用を基盤とする不斉Pummerer反応及びアセチル化反応への応用, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
103)陳 青根, 山田 敏彰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 異種ジアリールジアルキニル置換シラン及びシラシクロブテンの合成開発, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
104)吉峰 絵里, 川添 和義, 高石 喜久, Freddy Ramos, Xiaojiang Hao, 謝 立山, 李 順林, Diana Sinuco : 糯米香草(Semnostachya menglaensis)の成分研究, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
105)鎌倉 孝法, 越智 俊政, 高石 喜久, 柴田 洋文, 樋口 富彦 : メース(Myristica fragrans)の成分研究, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
106)田中 直伸, 高石 喜久 : ビョウヤナギの成分研究, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
107)福井 裕行 : アレルギーにおけるヒスタミンシグナル遺伝子発現とその調節, 第79回日本薬理学会年会, 2006年3月.
108)福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体遺伝子発現機構を標的とするアレルギー疾患治療薬の意義, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
109)德村 彰, 平良 智, 福澤 健治, 堤 敏彦, 北山 友也, 森田 克也 : ヒト口腔粘膜細胞のエクト型リゾホスホリパーゼDによるリン脂質性増殖因子(LPA)の産生, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
110)木下 崇司, Lepp Zsolt, 河合 慶親, 寺尾 純二, 中馬 寛 : 機能性食品設計のためのフラボノイドデータベース構築, 2006年度日本農芸化学大会, 2006年3月.
111)嶋林 三郎, 植野 哲, 小田 奈央子 : ヒドロキシアパタイトに対する2種界面活性剤の同時吸着, 第126年会日本薬学会講演要旨集2, 17, 2006年3月.
112)元木 恵美子, 植野 哲, 嶋林 三郎 : ヒドロキシアパタイト表面へのウシ血清アルブミン吸着に対する界面活性剤添加の影響, 第126年会日本薬学会講演要旨集2, 17, 2006年3月.
113)井上 朋法, 植野 哲, 嶋林 三郎 : 塩酸クロルヘキシジンの溶解度に及ぼす低分子および高分子量物質の添加の影響, 第126年会日本薬学会講演要旨集2, 20, 2006年3月.
114)植野 哲, 柴田 あきら, 嶋林 三郎 : 負荷電型ポリアミノ酸のリポソーム脂質2分子膜透過, 第126年会日本薬学会講演要旨集2, 21, 2006年3月.
115)嶋林 三郎, 植野 哲, 鍬塚 理沙, 鵜飼 大 : 低分子量物質の活性炭に対する吸着に及ぼすPVPとの複合体形成の影響, 第126年会日本薬学会講演要旨集2, 17, 2006年3月.
116)小林 進一, 坂本 久美子, Lepp Zsolt, 山内 あい子, 中馬 寛 : パターン認識手法による薬物の胎児毒性予測の試み, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
117)宮本 和範, 落合 正仁 : 活性型ヨードシルベンゼンを活用したオレフィンの酸化的開裂反応, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
118)多田 教浩, 村井 健太郎, 落合 正仁 : ブロモニウムイリドの化学:アミンとの反応, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
119)広部 雅也, 落合 正仁 : 分子内転位によるβーハロビニルヨーダンの合成, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
120)日野 知証, 小倉 良穂, 大地 沙織, 嶋林 三郎 : 油性薬物封入カードランゼリーの調製, 第126年会日本薬学会講演要旨集2, 145, 2006年3月.
121)Toshitaka Ikehara, Hiromi Sasaki, Yuki Minami, Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on intracellular organells of bovine adrenal chronmaffin cells in culture, The Journal of Physiological Sciences, Vol.56, S110, Mar. 2006.
122)中筋 千晴, 林 聡子, 中西 和郎, 宮本 和範, 落合 正仁 : アルキニル(フェニル)ーλ3-ヨーダンの構造:超原子価化合物の特性における軌道の役割, 日本化学会第86春季年会, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 作品等

1)福井 裕行 : ヒスタミンH2受容体, Medical Tribune, Vol.39, 34, 2006年.

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

1)門口 直仁, 早川 夏美, 姫田 敏樹, 加藤 宏之, 荒木 勉 : パーキンソン病モデルマウスを用いたarundic acid の神経保護効果の検討, 第13回カテコールアミンと神経疾患研究会, 2005年4月.
2)福澤 健治, 小暮 健太朗, 德村 彰 : α-トコフェロール・コハク酸の酸化的アポトーシスと抗ガン作用, 第5回AOB(Antioxidant Biofactor)研究会:食品機能と酸化ストレス, 2005年6月.
3)根本 尚夫 : 高性能光学分割剤,水溶性増強化剤,3成分連結用MAC反応剤について, 第4回 産学官連携推進会議, 2005年6月.
4)佐野 茂樹 : ペプチドミメティクスを指向する立体選択的フルオロオレフィン合成, 平成17年度徳島大学薬友会近畿支部総会及び大阪サテライトオフィス合同交流会, 2005年7月.
5)沖 千絵, 門口 直仁, 早川 夏美, 姫田 敏樹, 荒木 勉 : パーキンソン病モデルマウスを用いたarundic acidの神経細胞保護効果, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
6)早川 夏美, 佐久間 美央, 籐内 寛子, 姫田 敏樹, 荒木 勉 : 加齢に伴う神経細胞障害に対するニルバジピンの保護効果, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
7)姫田 敏樹, 早川 夏美, 籐内 寛子, 佐久間 美央, 荒木 勉 : 虚血性脳疾患におけるインターニューロンの関与とピタバスタチンの効果, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
8)水野 くみ子, 神山 裕子, 門口 直仁, 姫田 敏樹, 荒木 勉 : マウス海馬における老化による免疫組織学的変化の検討, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
9)渡辺 悠, 姫田 敏樹, 門口 直仁, 籐内 寛子, 早川 夏美, 荒木 勉 : MPTP誘発パーキンソン病モデルマウスの線条体におけるS100 の発現変化, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
10)德村 彰, 土江 明子, 平良 智, 福澤 健治 : 喫煙による循環血液での酸化リン脂質の産出 - 血管病変への関与の可能性 -, 第20回平成16年度助成研究発表会, 2005年7月.
11)盛重 純一, 田中 保, 里内 清, 德村 彰, 福澤 健治 : ニワトリ卵白のリゾホスホリパーゼDによるリゾホスファチジン酸の産出, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
12)德村 彰, 土江 明子, 平良 智, 黒川 ふみ, 福澤 健治 : 喫煙による循環血液での酸化リン脂質の産出 - 血管病変への関与の可能性 -, 第21回平成17年度助成研究発表会, 2005年7月.
13)福澤 健治, 小暮 健太朗, 真鍋 幸恵, 德村 彰 : α-トコフェロールジカルボン酸誘導体の抗ガン作用, 第17回ビタミンE研究会, 2006年1月.

2005年度(平成17年度) / 報告書

1)桐山 聰, 英 崇夫, 荒木 秀夫, 中村 浩一, 黒岩 眞吾, 藤澤 正一郎, 原口 雅宣, 玉置 俊晃, 羽地 達次, 高石 喜久, 來山 征士, 大橋 眞, 上田 哲史 : 特色ある大学教育支援プログラム「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成17年度 報告書, --- 若者のセルフ·マネジメント能力を育てる徳島大学創成学習開発センターの活動 ---, 特色ある大学教育支援プログラム「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成17年度 報告書, 徳島, 2006年3月.

2006年度(平成18年度)

article.{@.date="20060400 20070399" @.organization=\E{11001}}

2006年度(平成18年度) / 著書

1)武田 英二, 岡久 稔也, 高橋 保子, 国清 紀子, 松村 晃子, 中屋 豊, 西 正晴, 竹谷 豊, 吉本 勝彦, 寺尾 純二, 美馬 福恵, 吉岡 昌美, 山田 静恵, 石澤 啓介, 鈴木 麗子, 藤田 知代, 新井 英一, 桑波田 雅士, 岡田 和子 : 栄養管理のチーム医療, 文光堂, 東京, 2006年4月.
2)田中 秀治, 嶋林 三郎 : 第15改正日本薬局方解説書, --- 一般試験法: 2.47浸透圧測定法(オスモル濃度測定法)(嶋林三郎,田中秀治),2.50滴定終点検出法(田中秀治,嶋林三郎),2.51導電率測定法(田中秀治,嶋林三郎),2.52熱分析法(嶋林三郎,田中秀治),2.53粘度測定法(嶋林三郎,田中秀治) ---, 株式会社 廣川書店, 東京, 2006年6月.
3)嶋林 三郎, 田中 秀治, 植野 哲 : 製剤への物理化学, --- 嶋林:編集,第12章 医薬品としての高分子(嶋林・植野の共著).第5章 溶解現象(田中の単著),第6章 水溶液(田中の単著). ---, 株式会社 廣川書店, 東京, 2006年8月.
4)新垣 尚捷, 樋口 富彦 : "ファイバー"スーパーバイオミメティックス∼近未来創造テクノロジー∼, --- 第3章 エネルギー変換機能の追求 第1節 化学エネルギー変換機能 1.細胞内エネルギー変換–エネルギーパイプとしてのミトコンドリア ---, 株式会社エヌ·ティー·エス, 東京, 2006年10月.
5)福澤 健治, 木崎 真弓, 真鍋 幸恵, 德村 彰 : ビタミンE研究の進歩 XII, --- α-トコフェロール誘導体のアポトーシス誘導作用:構造-活性相関 ---, 共立出版株式会社, 東京, 2007年.
6)福澤 健治, 小暮 健太朗, 真鍋 幸恵, 德村 彰 : ビタミンE研究の進歩 XII, --- α-トコフェロールジカルボン酸誘導体の抗ガン作用 ---, 共立出版株式会社, 東京, 2007年.
7)阿部 真治, 塩田 直青子, 田中 裕子, 廣永 有沙, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生 : 最近の文献情報より 脳・精神疾患の最前線(1), 社団法人 日本病院薬剤師会, 東京, 2007年1月.
8)AHMAD AMMAR GHAIBEH, Mikio Sasaki, Doolin Eiko Nakata, Kumiko Sakamoto, Hiroshi Chuman and Aiko Yamauchi : Using computational intelligence methods in a web-based drug safety information community, in "Complex Medical Engineering", Springer-Verlag, Tokyo, Jan. 2007.
9)Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman : Data mining approach on clinical/pharmaceutical information accumulatedin the drug safety information community, in "Complex Medical Engineering", Springer-Verlag, Tokyo, Jan. 2007.
10)中村 敏己, 山下 祐紀雄, 西迫 寛隆, 下岡 幸恵, 西谷 典子, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 : 最近の文献情報より 新しいがん治療に向けて(1), 社団法人 日本病院薬剤師会, 東京, 2007年3月.
11)東 満美, 日野出 晴美, 菊石 美也子 : 徳島大学薬学部病院実務実習テキスト, 徳島大学薬学部, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Jeong-Yong Cho, Jae-Hak Moon, Hye-Kyung Kim, Seung-Jin Ma, Seon-Jae Kim, Mi-Young Jang, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshihisa Takaishi and Keun-Hyung Park : Isolation and structural elucidation of antimicrobial compounds from buckwheat hull, Journal of Microbiology and Biotechnology, Vol.16, No.4, 538-542, 2006.
2)Y Oheda, M Kotani, M Murata, H Sakuraba, Y Kadota, Y Tatano, Jun Kuwahara and Kouji Itou : Elimination of abnormal sialylglycoproteins in fibroblasts with sialidosis and galactosialidosis by normal gene transfer and enzyme replacement, Glycobiology, Vol.16, No.4, 271-280, 2006.
3)Mihiro Yano, Naoki Muguruma, Susumu Ito, Eriko Aoyagi, Tetsuo Kimura, Yoshitaka Imoto, Jianxin Cao, Shohei Inoue, Shigeki Sano, Yoshimitsu Nagao and Hiroshi Kido : Fab fragment labeled with ICG-derivative for detecting digestive tract cancer, Photodiagnosis and Photodynamic Therapy, Vol.3, No.3, 177-183, 2006.
4)山内 あい子, 坂本 久美子, 日比野 有紀, 中馬 寛, 苛原 稔 : 妊娠期の薬物療法∼その実態と母児への影響∼, 性差と医療, Vol.3, No.5, 27(521)-32(526), 2006年.
5)T. Koide, Y. Nishikawa, S. Asada, C. M. Yamazaki, Y. Takahara, D. L. Homma, Akira Otaka, K. Ohtani, N. Wakamiya, K. Nagata and K. Kitagawa : Specific recognition of the collagen triple helix by chaperone HSP47. II. The HSP47-binding structural motif in collagens and related proteins, The Journal of Biological Chemistry, Vol.281, No.16, 11177-11185, 2006.
6)Foi Dang, Wenhao Li, LiGo Zhang, M Japasini, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Kiwada, N. Kaji, M. Tokeshi and Yoshinobu Baba : Electrophoretic behavior of plasmid DNA in the presence of various intercalating dyes., Journal of Chromatography. A, Vol.1118, No.2, 218-225, 2006.
7)Katsuhiro Miyoshi, Kumar Asish Das, Katsumi Fujimoto, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui : Recent advances in molecular pharmacology of the histamine systems: regulation of histamine H1 receptor signaling by changing its expression level., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.101, No.1, 3-6, 2006.
8)Masuhiro Nishimura, Mari Yamaguchi, Shinsaku Naito and Aiko Yamauchi : Soybean oil fat emulsion to prevent TPN-induced liver damage:Possible molecular mechanism and clinical implications, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.29, No.5, 855-862, 2006.
9)Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya, Hideki Onishi, Yuki Motobayashi, Yuki Izawa, Manabu Ishihara, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Kazuyoshi Kawazoe and Toshiaki Tamaki : Effects of angiotensin II type 1 receptor blockade on the systemic blood nitric oxide dynamics in Nω-nitro-L-arginine methyl ester-treated rats, Hypertension Research, Vol.29, No.5, 369-374, 2006.
10)J.Y. Hu, Z. Yao, J. Teng, Yoshihisa Takaishi and H.Q. Duan : Two New Triterpenes from Astilbe chinensis, Chinese Chemical Letters, Vol.17, No.5, 628-630, 2006.
11)Chie Mihara-Wada, Masatoshi Kataoka, Hiroyuki Seto, Noriko Hayashi, Jun-ichi Kido, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata : High-turnover osteoporosis is induced by cyclosporin A in rats., Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.24, No.3, 199-205, 2006.
12)Ayumu Niida, Hiroaki Tanigaki, Eriko Inokuchi, Yoshikazu Sasaki, Shinya Oishi, Hiroaki Ohno, Hirokazu Tamamura, Zixuan Wang, C Stephene Peiper, Kazuo Kitaura, Akira Otaka and Nobutaka Fujii : Stereoselective Synthesis of 3,6-Disubstituted-3,6-dihydropyridin-2-ones as Potential Diketopiperazine Mimetics Using Organocopper-Mediated anti-SN2' Reactions and Their Use in the Preparation of Low-Molecule CXCR4 Antagonists., The Journal of Organic Chemistry, Vol.71, No.10, 3942-3951, 2006.
13)F.A. Ramos, Yoshihisa Takaishi, M. Shirotori, Y. Kawaguchi, Koichiro Tsuchiya, Hirofumi Shibata, Tomihiko Higuti, T. Tadokoro and M. Takeuchi : Antibacterial and Antioxidant Activities of Quercetin Oxidation Products from Yellow Onion (Alliu cepa) Skin, Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.54, No.10, 3551-3357, 2006.
14)Nozomi Komakine, Mamoru Okasaka, Yoshihisa Takaishi, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami and Yamada Y. : New dammarane-type saponin from roots of Panax notoginseng, Natural Medicines, Vol.60, No.2, 135-137, 2006.
15)Ayumu Niida, Makiko Mizumoto, Tetsuo Narumi, Eriko Inokuchi, Shinya Oishi, Hiroaki Ohono, Akira Otaka, Kazuo Kitaura and Fujii Nobutaka : Synthesis of (Z)-Alkene and (E)-Fluoroalkene-Containing Diketopiperazine Mimetics Utilizing Oraganocopper-Mediated Reduction-Alkylation and Diastereoselectivity Examination Using DFT Calculations., The Journal of Organic Chemistry, Vol.71, No.11, 4118-4129, 2006.
16) Suryono, Jun-ichi Kido, Noriko Hayashi, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata : Norepinephrine Stimulates Calprotectin Expression in Human Monocytic Cells, Journal of Periodontal Research, Vol.41, No.3, 159-164, 2006.
17)Naokatu Arakaki, Takeshi Nishihama, Hiroyuki Owaki, Yoshinori Kuramoto, Midori Suenaga, Eri Miyoshi, Yuka Emoto, Hirofumi Shibata, Masayuki Shono and Tomihiko Higuti : Dynamics of mitochondria during the cell cycle, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.29, No.9, 1962-1965, 2006.
18)Y.-B. Liu, W. Jia, W.-Y. Gao, A.-H. Zhao, Y.-W. Zhang, Yoshihisa Takaishi and H.-Q. Duan : Two eudesmane sesquiterpenes from Laggera pterodonta, Journal of Asian Natural Products Research, Vol.8, No.4, 303-307, 2006.
19)Freddy A. Ramos, Yoshihisa Takaishi, Kazuyoshi Kawazoe, Coralia Osorio, Carmenza Duque, Ricardo Acuna, Yoshinori Fujimoto, Mtsunobu Sato, Masato Okamoto, Tetsuya Oshikawa and S. U. Ahmed : Immunosuppressive diacetylenes, ceramides and cerebrosides from Hydrocotyle leucocephalata, Phytochemistry, Vol.67, No.11, 1143-1150, 2006.
20)Masahito Ochiai, Masaya Hirobe and Kazunori Miyamoto : Silver Technology for Stabilization of Simple (Z)-Enethiols: Stereoselective Synthesis and Reaction of Silver (Z)-Enethiolates, Journal of the American Chemical Society, Vol.128, No.28, 9046-9047, 2006.
21)O-B. Tian, T. Suzuki, Takashi Yamauchi, H. Sakagami and Yoshiyuki Yoshimura : Interaction of LDL receptor-related protein 4 (LRP4) with postsynaptic scaffold proteins via its C-terminal PDZ domain-binding motif, and its regulation by Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase II., The European Journal of Neuroscience, Vol.23, No.11, 2864-2876, 2006.
22)Yoshiaki Kitamura, K Asish Das, Takayuki Shimamura, Kazutaka Maeyama, Shrabanti Dev, Yousuke Wakayama, Bukasa Kalubi, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Dexamethasone suppresses histamine synthesis by repressing both transcription and activity of HDC in allergic rats., Allergology International, Vol.55, No.3, 279-286, 2006.
23)Yoshikazu Sasaki, Ayumu Niida, Takashi Tsuji, Akira Shigenaga, Nobutaka Fujii and Akira Otaka : Stereoselective Synthesis of (Z)-alkene-containing proline dipeptide mimetics, The Journal of Organic Chemistry, Vol.71, No.13, 4969-4979, 2006.
24)M. F. E. Hegazy, Kozo Shishido and Toshifumi Hirata : Asymmetric hydrogenation of the C-C double bond of 1- and 1,2-methylated maleimides with cultured suspension cells of Marchantia poliymorpha, Tetrahedron: Asymmetry, Vol.17, No.12, 1859-1862, 2006.
25)Masahito Ochiai, Norihiro Tada, Kentaro Murai, Satoru Goto and Motoo Shiro : Synthesis and Characterization of Bromonium Ylides and Their Unusual Ligand Transfer Reactions with N-Heterocycles, Journal of the American Chemical Society, Vol.128, No.30, 9608-9609, 2006.
26)Hisao Nemoto, Rujian Ma, Tomoyuki Kawamura, Masaki Kamiya and Masayuki Shibuya : Synthesis of alpha-Amino Acid Precursors Directly from Aldehydes using Masked Acyl Cyanide Reagents and N,O-Dialkylated Hydroxylamines, The Journal of Organic Chemistry, Vol.71, No.16, 6038-6043, 2006.
27)Y Tatano, T Takahashi, Daisuke Tsuji, N Takeuchi, K Tsuta, G Takada, M Ohsawa, H Sakuraba and Kouji Itou : Significant decrease in tropoelastin gene expression in fibroblasts from a Japanese Costello syndrome patient with impaired elastogenesis and enhanced proliferation., The Journal of Biochemistry, Vol.140, No.2, 193-200, 2006.
28)Mario Jose Barichello, M. Handa, M. Kisyuku, Taiki Shibata, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Inducing effect of liposomalization on the transdermal delivery of hydrocortisone: creation of a drug supersaturated state., Journal of Controlled Release, Vol.115, No.1, 94-102, 2006.
29)Saburo Shimabayashi, Satoru Ueno, Tomoaki Hino and Kuniomi Warabino : Preparation and adsorption properties of hydroxyapatite surface-modified by cetylphosphate, Phosphorus Research Bulletin, Vol.20, No.1, 129-134, 2006.
30)H. Sakuraba, M. Sawada, F. Matsuzawa, S. Aikawa, Y. Chiba, Y. Jigami and Kouji Itou : Molecular pathologies of and enzyme replacement therapies for lysosomal diseases., Current Drug Targets. CNS and Neurological Disorders, Vol.5, No.4, 401-413, 2006.
31)Saburo Shimabayashi, Chang-chin Kwan and Wen-Hweu Chu : Effect of polyvinylpyrrolidone and sodium lauruyl isethionate on kaolinite suspension in an aqueous phase, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.54, No.8, 1082-1087, 2006.
32)Kumiko Sakamoto, Yuki Hibino, Shuji Yamano, Kazuhisa Maeda, Minoru Irahara and Aiko Yamauchi : Prescription drug use during pregnancy in Japan, Reproductive Toxicology, Vol.22, No.2, 283, 2006.
33)Kenji Sugimoto, Masahiro Yoshida and Masataka Ihara : Ruthenium-catalyzed ring expansion reaction of 1-acetylenylcyclobutanols with methyl vnyl ketone., Synlett, No.12, 1923-1927, 2006.
34)Tomohiro Itakura, Aya Kuroki, Yasuhiro Ishibashi, Daisuke Tsuji, Eri Kawashita, Yukari Higashine, Hitoshi Sakuraba, Shoji Yamanaka and Kouji Itou : Inefficiency in GM2 ganglioside elimination by human lysosomal beta-hexosaminidase beta-subunit gene transfer to fibroblastic cell line derived from Sandhoff disease model mice., Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.29, No.8, 1564-1569, 2006.
35)Hiroyuki Nakagawa, Yoshihisa Takaishi, Naonobu Tanaka, Koichiro Tsuchiya, Hirofumi Shibata and Tomihiko Higuti : Chemical Constituents from the Peels of Citrus sudachi, Journal of Natural Products, Vol.69, No.8, 1177-1179, 2006.
36)Seiichi Aikawa, Fumiko Matsuzawa, Yurie Satoh, Yoshito Kadota, Hirofumi Doi and Kouji Itou : Prediction of the mechanism of action of omuralide (clasto-lactacystin β-lactone) on human cathepsin A based on a structural model of the yeast proteasome β5/PRE2-subunit/omuralide complex., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1764, No.8, 1372-1380, 2006.
37)Yutaka Tatano, Naohiro Takeuchi, Jun Kuwahara, Hitoshi Sakuraba, Tsutomu Takahashi, Goro Takada and Kouji Itou : Elastogenesis in cultured dermal fibroblasts from patients with lysosomal β-galactosidase, protective protein/cathepsin A and neuraminidase-1 deficiencies, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1-2, 103-112, 2006.
38)川添 仁, 久保 智美, 飯原 なおみ, 土居 智明, 奥條 真紀子, 福岡 憲泰, 藤本 さとし, 金地 伸拓, 坂東 修二, 石田 俊彦, 滝口 祥令, 芳地 一 : 患者参加型癌化学療法副作用モニタリング, --- 患者の治療参加と情報の共有化 ---, 薬学雑誌, Vol.126, No.8, 629-642, 2006年.
39)Naonobu Tanaka and Yoshihisa Takaishi : Xanthones from Hypericum chinense, Phytochemistry, Vol.67, No.19, 2146-2151, 2006.
40)Ichiro Suzuki, Mayuko Takahashi, Akira Shigenaga, Hisao Nemoto and Kei Takeda : Synthesis and photo DNA-damaging activities of fluoroquinolone analogues, Tetrahedron Letters, Vol.47, No.35, 6193-6196, 2006.
41)Tatsuhiro Ishida, Masako Ichihara, Xinyu Wang and Hiroshi Kiwada : Spleen plays an important role in the induction of accelerated blood clearance of PEGylated liposomes., Journal of Controlled Release, Vol.115, No.3, 243-250, 2006.
42)Eiko Nakata Doolin, Takao Orii, Kenichirou Sakakibara, Takehiko Yasumizu and Aiko Yamauchi : Effect of advanced pharmaceutical services for chemotherapy on length of hospital stay, Japanese Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, Vol.32, No.8, 849-856, 2006.
43)Tatsusada Yoshida, Zsolt Lepp, Kadota Yoshito, Satoh Yurie, Itoh Kohji and Hiroshi Chuman : Comparative Analysis of Binding Energy of Chymostatin with Human Cathepsin A and Its Homologous Proteins by Molecular Orbital Calculation, Journal of Chemical Information and Modeling, Vol.46, No.5, 2093-2103, 2006.
44)Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa, Mayumi Torii, Yasuhisa Kanematsu, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Masanori Yoshizumi and Toshiaki Tamaki : Calcium and reactive oxygen species mediated Zn2+-induced apoptosis in PC12 cells, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.102, No.1, 103-111, 2006.
45)Masafumi Horiuch, Chihiro Murakami, Narihiko Fukamiya, Donglei Yu, Tzu-Hsuan Chen, F. Kenneth Bastow, De-Cheng Zhang, Yoshihisa Takaishi, Yasuhiro Imakura and Kuo-Hsiung Lee : Tripfordines A-C, Sesquiterpene Pyridine Alkaloids from Tripterygium wilfordii, and Structure Anti-HIV Activity Relationships of Tripterygium Alkaloids, Journal of Natural Products, Vol.69, No.9, 1271-1274, 2006.
46)Naokatu Arakaki, Takeshi Nishihama, Akira Kohda, Hiroyuki Owaki, Reika Abe, Toshiyuki Kita, Midori Suenaga, Toshiki Himeda, Masamichi Kuwajima, Hirofumi Shibata and Tomihiko Higuti : Regulation of mitochondrial morphology and cell survival by Mitogenin I and mitochondrial single-stranded DNA binding protein, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1760, No.9, 1364-1372, 2006.
47)Tatsuhiro Ishida, Kazutaka Atobe, Xinyu Wang and Hiroshi Kiwada : Accelerated blood clearance of PEGylated liposomes upon repeated injections: Effect of doxorubicin-encapsulation and high-dose first injection., Journal of Controlled Release, Vol.115, No.3, 251-258, 2006.
48)Yu Quan-Lin, Duan Hong-Quan, Yoshihisa Takaishi and Gao Wen-Yuan : A Novel Triterpene from Centella asiatica, Molecules, Vol.11, No.9, 661-665, 2006.
49)Yu Donglei, Sakurai Yojiro, Chen Chin-Ho, Chang Fang-Rong, Huang Li, Yoshiki Kashiwada and Lee Kuo-Hsiung : Anti-AIDS Agents 69. Moronic Acid and Other Triterpene Derivatives as, Journal of Medicinal Chemistry, Vol.49, No.18, 5462-5469, 2006.
50)Mamoru Okasaka, Yoshihisa Takaishi, Yoshiki Kashiwada, K. Olimjon Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov, J. Ai Lin, Mark L. Consentino and Kuo-Hsiung Lee : Terpenoids from Juniperus polycarpus var. seravschanica, Phytochemistry, Vol.67, No.24, 2635-2640, 2006.
51)坂本 久美子, 神部 順子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, 中馬 寛, 山内 あい子 : 「妊娠と薬」に関する意識調査-薬剤師, 薬学生, 研究者の場合, 医療薬学, Vol.32, No.9, 956-963, 2006年.
52)Ali Nermin, Masanori Yoshizumi, Seiji Yano, Saburo Sone, Hideki Ohnishi, Keisuke Ishizawa, Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : The novel Src kinase inhibitor M475271 inhibits VEGF-induced vascular endothelial-cadherin and β-catenin phosphorylation but increases their association, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.102, No.1, 112-120, 2006.
53)Tesuo Narumi, Ayumu Niida, Kenji Tomita, Shinya Oishi, Akira Otaka, Hiroaki Ohono and Nobutaka Fujii : A novel one-pot reaction involving organocopper-mediated reduction/transmetalation/asymmetric alkylation, leading to the diastereoselective synthesis of functionalized (Z)-fluoroalkene dipeptide isosteres., Chemical Communications, No.45, 4720-4722, 2006.
54)Saburo Shimabayashi, Satoru Ueno, Tomoaki Hino and Emiko Motoki : Effect of Dodecyltrimethylammonium Chloride on the Adsorption of Bovine Serum Albumin to the Surface of Hydroxyapatite, Phosphorus Research Bulletin, Vol.20, No.1, 135-140, 2006.
55)Shigeki Sano, Michiyasu Nakao, Masanori Takeyasu, Takashi Honjo and Yoshimitsu Nagao : Lipase-catalyzed Enantioselective Acetylation of Prochiral N-Cbz-2-Alkyl-2-amino-1,3-propanediols and Enantiodivergent Synthesis of α-Benzylserine, Letters in Organic Chemistry, Vol.3, No.10, 764-767, 2006.
56)Mutsuko Shirai, Yoshichika Kawai, Rintaro Yamanishi, Takashi KInoshita, Hiroshi Chuman and Junji Terao : Effect of a conjugated quercetin metabolite, quercetin 3-glucuronide, on lipid hydroperoxide-dependent formation of reactive oxygen species in differentiated PC-12 cells, Free Radical Research, Vol.40, No.10, 1047-1053, 2006.
57)Sachie Morimoto, Mitsuru Shindo, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : Syntheses of heliannuols G and H; Structure revision of the natural products., Tetrahedron Letters, Vol.47, No.41, 7353-7356, 2006.
58)Kazuto Matsuyama, Tatsuya Ichikawa, Yuichi Nitta, Yoshio Ikoma, Kazutaka Ishimura, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui : Localized expression of histamine H1 receptors in syncytiotrophoblast cells of human placenta., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.102, No.3, 331-337, 2006.
59)Akihiro Iwahashi, Yoshitaka Kihira, Eiji Majima, Hiroshi Terada, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka and Yasuo Shinohara : The structure of the second cytosolic loop of the yeast mitochondrial ADP/ATP carrier AAC2 is dependent on the conformational state, Mitochondrion, Vol.6, No.5, 245-251, 2006.
60)Tinh Van Dang, Chung Keun Jin, Motoyuki Miyamoto, Yoshifumi Ikee, Takashi Masuda, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Practical Synthesis of New Chiral cis-Phthalazinones with Potential for High Phosphodiesterase (PDE-4) Inhibitory Activity, Heterocycles, Vol.68, No.10, 2133-2144, 2006.
61)Junko Komatsu, Shuji Yamano, Akira Kuwahara, Akira Tokumura and Minoru Irahara : The signalling pathways linking to lysophosphatidic acid-promoted meiotic maturation, Life Sciences, Vol.79, No.5, 506-511, 2006.
62)Kenji Fukuzawa, Aya Fujisaki, Kaori Akai, Akira Tokumura, Junji Terao and Jansuz M. Gebicki : Measurement of phosphatidylcholine hydroperoxides in solution and in intact membranes by the ferric-xylenol orange assay, Analytical Biochemistry: Methods in the Biological Sciences, Vol.359, No.1, 18-25, 2006.
63)Satoru Ueno, Saburo Shimabayashi and Akira Shibata : Polyethyleneimine can permeate through a lipid bilayer of a giant liposome, Journal of Japanese Medical Society for Biological Interface, Vol.37, No.1, 19-27, 2006.
64)Shigeki Sano, Shinobu Abe, Tomohiro Azetsu, Michiyasu Nakao, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Diastereoselective Horner-Wadsworth-Emmons Reaction for the Synthesis of Tetrasubstituted Alkenes with an Axis of Chirality, Letters in Organic Chemistry, Vol.3, No.11, 798-801, 2006.
65)Masahiro Yoshida, Ohsawa Yusuke and Masataka Ihara : Palladium-catalyzed carbon dioxide elimination fixation reaction of 6-methoxycarbonyloxy-2,4-hexadien-1-ols, Tetrahedron, Vol.62, No.48, 11218-11226, 2006.
66)Yunshuang Fan, Wei Jia, Yoshihisa Takaishi and Quan Hong Duan : Cimigenol-3-O-β-D-xylopyranoside methanol solvate, Acta Crystallographica. Section E, Structure Reports Online, Vol.E62, No.11, o4884-o4886, 2006.
67)Masaru Kihara, Aiko Yamauchi, Chiaki Kaito, Kumiko Sakamoto and Mitsushi Sakamoto : Synthesis of New 1,2-Diphenyl-4,5-dihydro-3H-benzazepines, Heterocycles, Vol.68, No.11, 2319-2326, 2006.
68)Shigeki Sano, Etsuko Harada, Tomohiro Azetsu, Takashi Ichikawa, Michiyasu Nakao and Yoshimitsu Nagao : Novel Deconjugative Esterification of 2-Cyclohexylidneacetic Acids through 4-(Pyrrolidin-1-yl)pyridine Catalyzed Carbodiimide Couplings, Chemistry Letters, Vol.35, No.11, 1286-1287, 2006.
69)Rie Akamine, Takenori Yamamoto, Masahiro Watanabe, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Mitsuru Ishikawa, Toshihiko Ooie, Yoshinobu Baba and Yasuo Shinohara : Usefulness of the 5' region of the cDNA encoding acidic ribosomal phosphoprotein P0 conserved among rats, mice, and humans as a standard probe for gene expression analysis in different tissues and animal species., Journal of Biochemical and Biophysical Methods, Vol.70, No.3, 481-486, 2006.
70)Shigeki Sano, Yoko Kuroda, Katsuyuki Saito, Yukiko Ose and Yoshimitsu Nagao : Tandem Reduction Olefination of Triethyl 2-Aceyl-2-fluoro-2-phosphonoacetates and a Synthetic Approach to Cbz-Gly-Ψ[(Z)-CF=C]-Gly Dipeptide Isostere, Tetrahedron, Vol.62, No.51, 11881-11890, 2006.
71)Yoshichika Kawai, Hitomi Kiyokawa, Yuki Kimura, Yoji Kato, Koichiro Tsuchiya and Junji Terao : Hypochlorous acid-derived modification of phospholipids: characterization of aminophospholipids as regulatory molecules for lipid peroxidation., Biochemistry, Vol.45, No.47, 14201-14211, 2006.
72)Hitoshi Kawazoe, Yoshiharu Takiguchi, Hiroaki Tanaka, Noriyasu Fukuoka, Hiroaki Ohnishi, Toshihiko Ishida and Hitoshi Houchi : Change of the blood concentration of tacrolimus after the switch from fluconazole to variconazole in patients receiving allogeneic hematopoietic stem cell transplantation, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.29, No.12, 2528-2531, 2006.
73)Toshiki Himeda, Y Watanabe, H Tounai, N Hayakawa, H Kato and Tsutomu Araki : Time dependent alterations of co-localization of S100beta and GFAP in the MPTP-treated mice., Journal of Neural Transmission, Vol.113, No.12, 1887-1894, 2006.
74)Takenori Yamamoto, Akiko Yamada, Masahiro Watanabe, Yuya Yoshimura, Naoshi Yamazaki, Yoshiyuki Yoshimura, Takashi Yamauchi, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : VDAC1, having a shorter N-terminus than VDAC2 but showing the same migration in an SDS-polyacrylamide gel, is the predominant form expressed in mitochondria of various tissues., Journal of Proteome Research, Vol.5, No.12, 3336-3344, 2006.
75)Masahito Ochiai, Takuya Sueda, Kazunori Miyamoto, Paul Kiprof and Viktor Zhdankin : trans Influences on Hypervalent Bonding of Aryl lambda3-Iodanes: Their Stabilities and Isodesmic Reactions of Benziodoxolones and Benziodazolones, Angewandte Chemie International Edition, Vol.45, No.48, 8203-8206, 2006.
76)T Yoshihara, Y Kadota, Yoshiyuki Yoshimura, Y Tatano, N Takeuchi, H Okitsu, Atsushi Umemoto, Takashi Yamauchi and Kouji Itou : Proteomic alteration in gastic adenocarcinomas from Japanese patients, Molecular Cancer, Vol.5, No.75, 75, 2006.
77)Chung Keun Jin, Tinh Van Dang, Yoshifumi Ikee, Toshiaki Yamada, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of Novel Silacyclobutene Derivatives Utilizing Zirconocene- and Titanocene-ethylene Complexes, Heterocycles, Vol.70, No.1, 71-75, 2006.
78)Yoshifumi Ikee, Kana Hashimoto, Masaaki Nakashima, Kazuhiko Hayashi, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Synthesis and Antibacterial Activities of New Quinolone Derivatives Utilizing 1-Azabicyclo[1.1.0]butane, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.17, No.4, 942-945, 2007.
79)Daisuke Itokawa, Tomoki Nishioka, Junji Fukushima, Tomoyo Yasuda, Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman : Quantitative structure - activity relationship study of binding affinity of azole compounds with CYP2B and CYP3A, QSAR & Combinatorial Science, Vol.26, No.7, 828-836, 2007.
80)Chung Keun Jin, Toshiaki Yamada, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Stereoselective Synthesis of Unsymmetrical Conjugated Dienes and Trienes Utilizing Silacyclobutenes, Tetrahedron Letters, Vol.48, No.21, 3671-3675, 2007.
81)Masahiro Yoshida, Tomohiko Murao, Kenji Sugimoto and Masataka Ihara : Palladium-catalyzed three-component coupling of propargylic oxiranes, phenols and carbon dioxide., Synlett, No.4, 575-578, 2007.
82)Masahiro Yoshida, Tatsuro Okada and Kozo Shishido : Enantiospecific Synthesis of 1,3-Disubstituted Allenes by Palladium-Catalyzed Coupling of Propargylic Compounds with Arylboronic Acids., Tetrahedron, Vol.63, No.30, 6996-7002, 2007.
83)Y.-B. Liu, W. Jia, Z. Yao, Q. Pan, Yoshihisa Takaishi and H.-Q. Duan : Two eudesmane sesquiterpenes from Laggera pterodonta, Journal of Asian Natural Products Research, Vol.9, No.3, 233-237, 2007.
84)Deliorman Didem Orhan, Fatma Ergun, Erdem Yesilada, Koichiro Tsuchiya, Yoshihisa Takaishi and Kazuyoshi Kawazoe : Antioxidant activity of two flavonol glycosides from Cirsium hypoleucum DC. through bioassay-guided fractionation, Turkish Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.4, No.1, 1-14, 2007.
85)Pu Liu, Yoshihisa Takaishi and Quan Hong Duan : Two new phenylethanoid glycosides from the roots of Phlomis umbrosa, Chinese Chemical Letters, Vol.18, No.2, 155-157, 2007.
86)Lin Quan Yu, Quan Hong Duan, Yuan Wen Gao and Yoshihisa Takaishi : A new triterpene and a saponin from Centella asiatica, Chinese Chemical Letters, Vol.18, No.1, 62-64, 2007.
87)Kouji Itou : Recent advances in enzyme replacement therapy for lysosomal diseases, Glycoscience Lab Manual, 2007.
88)Mitsuru Shindo, Kenji Matumoto and Kozo Shishido : Generation of Ynolate and Z-Selective Olefination of Acylsilanes:(Z)-2-Methyl-3-Trimethylsilyl-2butenoic acid, Organic Syntheses, Vol.84, 11-21, 2007.
89)Mitsuru Shindo, Kentaro Yaji, Taisuke Kita and Kozo Shishido : Acid-Catalyzed Nazarov Reaction Controlled by β-Alkoxy Groups, Synlett, No.7, 1096-1100, 2007.
90)Katsuhiro Miyoshi, Nozomi Kawakami, Kumar Asish Das, Katsumi Fujimoto, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui : Heterologous up-regulation of the histamine H1 receptor by M3 muscarinic receptor-mediated activation of H1-receptor gene transcription., The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.59, No.6, 843-848, 2007.
91)Y. Sasaki, Akira Shigenaga, N. Fujii and Akira Otaka : Synthesis of (Z)-alkene-containing cis-proline dipeptide mimetics using samarium(II) diiodide (SmI2)-mediated reductive alkylation reaction., Tetrahedron, Vol.63, No.9, 2000-2008, 2007.
92)神部 順子, 青山 智夫, 山内 あい子, 長嶋 雲兵 : 線形多変量解析を用いた徳島吉野川の水質の解析, Journal of Computer Chemistry, Japan, Vol.6, No.1, 1-18, 2007年.
93)Junko Kambe, Tomoo Aoyama, Aiko Yamauchi and Umpei Nagashima : Extraction of a parameter as an index to assess water quality of the Tamagawa, Tokyo, Japan, by using neural networks and multivariate analysis, Journal of Computer Chemistry, Japan, Vol.6, No.1, 19-26, 2007.
94)神部 順子, 長嶋 雲兵, 山内 あい子 : ニューラルネットワークを用いたドナウ川の水質解析-OECDレポートを用いて-, Journal of Computer Chemistry, Japan, Vol.6, No.2, 91-102, 2007年.
95)Naonobu Tanaka and Yoshihisa Takaishi : Xanthones from Stems of Hypericum chinense, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.55, No.1, 19-21, 2007.
96)Yoshio Takeda, Takaaki Hayashi, Toshiya Masuda, Gisho Honda, Yoshihisa Takaishi, Michiho Ito, Hideaki Otsuka, Katsuyoshi Matsunami, O.K. Khodzhimatov and O.A. Ashurmetov : Chemical constituents of an Uzbek medicinal plant, Perovskia scrophularifolia, Journal of Natural Medicines, Vol.61, No.1, 84-85, 2007.
97)Toshihiko Tsutsumi, Junichi Morishige, Kenji Fukuzawa and Akira Tokumura : Movememt of monoglyceride derived from hydrolysis of fluorescence-labeled lyso platelet-activating factor by lysophospholipase C through plasma membranes of porcinr kidney epithelial cell line LLC-PK1, Prostaglandins & Other Lipid Mediators, Vol.83, No.1-2, 33-41, 2007.
98)H Tounai, N Hayakawa, H Kato and Tsutomu Araki : Immunohistochemical study on distribution of NF-κB and p53 in gerbil hippocampus after transient cerebral ischemia: effect of pitavastatin., Metabolic Brain Disease, Vol.22, No.1, 89-104, 2007.
99)Junichi Morishige, Kanako Touchika, Tamotsu Tanaka, Kiyoshi Satouchi, Kenji Fukuzawa and Akira Tokumura : Production of bioactive lysophosphatidic acid by lysophospholipase D in hen egg white, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1771, No.4, 491-499, 2007.
100)Hisao Nemoto, Hideki Moriguchi, Rujian Ma, Tomoyuki Kawamura, Masaki Kamiya and Masayuki Shibuya : Highly diastereoselective nucleophilic addition reactions of masked acyl cyanide reagents to tert-butanesulfiminides, Tetrahedron: Asymmetry, Vol.18, No.3, 383-389, 2007.
101)Takashi Honjo, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano, Motoo Shiro, Kentaro Yamaguchi, Yoshihisa Sei and Yoshimitsu Nagao : Nonenzymatic Enantioselective Monoacetylation of Prochiral 2-Protectedamino-2-alkyl-1,3-propanediols Utilizing a Chiral Sulfonamide-Zn Complex Catalyst, Organic Letters, Vol.9, No.3, 509-512, 2007.
102)Tomotaka Kobayashi, Tatsuhiro Ishida, Yurie Okada, Saori Ise, Hideyoshi Harashima and Hiroshi Kiwada : Effect of Transferrin receptor-targeted liposomal doxorubicin in P-glycoprotein-mediated drug resistant tumor cells., International Journal of Pharmaceutics, Vol.329, No.1-2, 94-102, 2007.
103)Y. Isakari, Y. Harada, Dai Ishidawa, Kuniko Matsumura-Takeda, S. Sogo, Tatsuhiro Ishida, T. Taki and Hiroshi Kiwada : Efficient gene expression in Megakaryocytic cell line using Nucleofection., International Journal of Pharmaceutics, Vol.338, No.1-2, 157-164, 2007.
104)Nagahiro Ochiai, Shuji Masumoto, Hiroyuki Sakagami, Yoshiyuki Yoshimura and Takashi Yamauchi : Rat leucine-rich protein binds and activates the promoter of the isoform of Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase II gene., Neuroscience Research, Vol.58, No.1, 67-76, 2007.
105)Natsumi Hayakawa, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Age-related changes of astorocytes, oligodendrocytes and microglia in the mouse hippocampal CA1 sector., Mechanisms of Ageing and Development, Vol.128, No.4, 311-316, 2007.
106)Hiromasa Yokoe, Hiroyuki Sasaki, Tomoyuki Yoshimura, Mitsuru Shindo, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : Total synthesis of (+)-sundiversifolide., Organic Letters, Vol.9, No.6, 969-971, 2007.
107)Akira Tokumura, Tetsuya Kume, Kenji Fukuzawa, Masahiro Tahara, Keiichi Tasaka, Junken Aoki, Hiroyuki Arai, Katsuhiko Yasuda and Hideyo Kanzaki : Peritoneal fluids from patients with certain gynecologic tumor contain elevated levels of bioactive lysophospholipase D activity, Life Sciences, Vol.80, No.18, 1641-1649, 2007.
108)Noriko Hayashi, Jun-ichi Kido, Suryono, Reiko Kido, Chie Mihara-Wada, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata : Regulation of Calprotectin Expression by IL-1α and TGF-β in Human Gingival Keratinocytes, Journal of Periodontal Research, Vol.42, No.1, 1-7, 2007.
109)Xinyu Wang, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Anti-PEG IgM elicited by injection of liposomes is involved in the enhanced blood clearance of a subsequent dose of PEGylated liposomes., Journal of Controlled Release, Vol.119, No.2, 236-244, 2007.
110)Kazunori Miyamoto, Norihiro Tada and Masahito Ochiai : Activated Iodosylbenzene Monomer as an Ozone Equivalent: Oxidative Cleavage of Carbon-Carbon Double Bonds in the Presence of Water, Journal of the American Chemical Society, Vol.129, No.10, 2772-2773, 2007.
111)Saori Oka, Shunsuke Arai, Keizo Waku, Akira Tokumura and Takayuki Sugiura : Depolarization-induced rapid generation of 2-arachidonoylglycerol, an endogenous cannabinoid receptor ligand, in rat brain synaptosomes, The Journal of Biochemistry, Vol.141, No.5, 687-697, 2007.
112)Tatsuaki Tagami, Mari Jose Barichello, Hiroshi Kikuchi, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : The gene-silencing effect of siRNA in cationic lipoplexes is enhanced by incorporating pDNA in the complex., International Journal of Pharmaceutics, Vol.333, No.1-2, 62-69, 2007.
113)Toshiki Himeda, Hiroko Tounai, Natsumi Hayakawa and Tsutomu Araki : Postischemic alterations of BDNF, NGF, HSP 70 and ubiquitin immunoreactivity in the gerbil hippocampus: pharmacological approach., Cellular and Molecular Neurobiology, Vol.27, No.2, 229-250, 2007.
114)Masahiro Yoshida, Maiko Hayashi and Kozo Shishido : Palladium-Catalyzed Diastereoselective Coupling of Propargylic Oxiranes with Terminal Alkynes., Organic Letters, Vol.9, No.9, 1643-1646, 2007.
115)K Asish Das, Sachiho Yoshimura, Ryoko Mishima, Katsumi Fujimoto, Hiroyuki Mizuguchi, Shrabanti Dev, Yousuke Wakayama, Yoshiaki Kitamura, Shuhei Horio, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Stimulation of histamine H1 receptor up-regulates histamine H1 receptor itself through activation of receptor gene transcription., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.103, No.4, 374-382, 2007.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)南 有紀, 池原 敏孝, 細川 敬子, 山口 久雄, 石澤 啓介, 庄野 正行, 川添 和義, 水口 和生, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : 副賢クロマフィン細胞の細胞容積調節に及ぼす変動磁界の影響, 日本生体磁気学会誌, Vol.19, No.1, 156-157, 2006年.
2)Junichi Morishige, 永澤 秀子, 堀 均, 福澤 健治, 德村 彰 : ニワトリ卵白のリゾホスホリパーゼDによるリゾホスファチジン酸の産生, 脂質生化学研究, Vol.48, No.0, 91-94, 2006年.
3)川添 和義, 伏谷 秀治, 柏田 良樹, 田中 直伸, 岡坂 衛, 石田 俊介, 鎌倉 孝法, 佐藤 昌俊, 橋田 千佳, 西迫 寛隆, 田島 壮一郎, 森 剛志, 鈴木 恭子, 橋田 和佳, 部屋 衣美子, 高田 千絵, 遠藤 友香, 金 尚永, 田岡 寛之, 西村 和也, 高石 喜久, 水口 和生 : 三好市東祖谷地区の民間薬調査, 阿波学会紀要, No.53, 87-98, 2007年.
4)Yoshikazu Sasaki, Takashi Tsuji, Ayumu Niida, Akira Shigenaga, Nobutaka Fujii and Akira Otaka : Regio- and stereoselective synthesis of (Z)-alkene cis-Xaa-Pro dipeptide mimetics, Peptides 2006, 126-127, 2007.

2006年度(平成18年度) / 学術レター

1)山内 あい子, 日比野 有紀, 坂本 久美子, 中馬 寛 : 薬物の胎盤通過性と母乳移行性予測-Clinical QSAR, SAR NEWS, Vol.10, 11-14, 2006年.

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1)福井 裕行 : アレルギー疾患関連遺伝子としてのヒスタミンH1受容体遺伝子, アレルギー科, Vol.21, No.5, 425-432, 2006年5月.
2)Masahito Ochiai : Intermolecular Hypervalent I(III)-O Interactions: A New Driving Force for Complexation of Crown Ethers, Coordination Chemistry Reviews, Vol.250, No.21, 2771-2781, Jun. 2006.
3)田中 秀治 : SO2, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.2003, No.1, 36, 2006年6月.
4)嶋林 三郎 : 日本無機リン化学会創立20周年記念特集・特別寄稿(平成16-17年度役員からのメッセージ), --- 御搭乗のみなさま この飛行機は・・・ ---, PHOSPHORUS LETTER, Vol.56, No.56, 35-36, 2006年6月.
5)伊藤 孝司, 辻 大輔, 櫻庭 均 : Sandhoff病モデルマウスから樹立されたオリゴデンドロサイトおよびシュワン細胞株における蓄積複合糖質の解析, 生体の科学, Vol.57, No.3, 224-228, 2006年6月.
6)吉栖 正典, 石澤 啓介, 井澤 有紀, 玉置 俊晃 : インスリン抵抗性による血管障害の細胞内情報伝達機構, 日本薬理学雑誌, Vol.128, No.3, 147-151, 2006年9月.
7)大髙 章, 藤井 信孝 : 膜融合阻害性抗ウイルスペプチドの開発, 化学工業, Vol.57, No.10, 797-801, 2006年10月.
8)藤井 信孝, 大石 真也, 大髙 章 : プロテオミクスを基盤とするケミカルバイオロジー -情報から制御へ, Bionics, Vol.3, No.10, 46-51, 2006年10月.
9)亀井 智代, 森本 幸恵, 宍戸 宏造 : アレロパシー活性セスキテルペノイド,ヘリアンヌオール類の合成, 有機合成化学協会誌, Vol.64, No.10, 1021-1031, 2006年10月.
10)嶋林 三郎, 植野 哲 : アパタイトと生体関連物質とのマイクロ/ナノ結合機構, バイオマテリアル―生体材料―, Vol.24, No.5, 311-318, 2006年10月.
11)Satoru Ueno, Akira Shibata and Saburo Shimabayashi : Polyethyleneimine can permeate the lipid bilayer of giant liposome., Journal of Japanese Medical Society for Biological Interface, Vol.37, No.1, 44, Oct. 2006.
12)山内 あい子 : 催奇形性の情報をネット上で試験公開, 薬事日報, No.10305, 28, 2006年11月.
13)德村 彰 : 細胞外でリゾ脂質メディエーターを産生するホスホジエステラーゼ, 生化学, Vol.78, No.12, 1141-1154, 2006年12月.
14)伊藤 孝司 : 細胞の構造とオルガネラ「リソソーム蓄積症」, 生物薬科学実験講座, 2007年.
15)Kouji Itou : Neurochemical aspects of Sandhoff disease, Neurochemistry of Metabolic Diseases-Lysosomal storage diseases, phenylketonuria and Canavan disease, 55-82, 2007.
16)福井 裕行 : 分子細胞生物学辞典, 2007年.
17)福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体遺伝子発現機構を標的とするアレルギー疾患治療薬の意義, 薬学雑誌, Vol.127, No.1, 15-25, 2007年.
18)玉置 俊晃, 山口 邦久, 石澤 啓介 : 薬理作用から見た健康食品, 四国医学雑誌, Vol.63, No.5,6, 170-171, 2007年.
19)Masahito Ochiai : Stoichiometric and Catalytic Oxidation with Hypervalent Organo-λ3-iodanes, Chemical Record, Vol.7, No.1, 12-23, Jan. 2007.
20)石田 竜弘, 際田 弘志 : リポソームと細胞の相互作用(DDSへの応用), , Vol.32, 18-24, 2007年1月.
21)渡邊 政博, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : バイオマーカーの探索:褐色脂肪組織に関する研究事例, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.127, No.2, 198-203, 2007年2月.
22)石澤 啓介, 水口 和生, 玉置 俊晃 : 医療人としての薬剤師育成教育の実践, --- ∼米国の薬学教育ならび日本の医学教育から学ぶ∼ ---, 医薬ジャーナル, Vol.43, No.3, 871-874, 2007年3月.
23)山内 あい子 : 妊婦・授乳婦と医薬品情報(6) 医薬品安全性情報コミュニティ・サイト anzen-drug comへようこそ, 県薬だより-情報とくしま-, No.47, 34-38, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1)Akira Otaka : Development of chemal devices for synthesis of proteins including membrane proteins, The 6th International Symposium on Peptide and Protein Materials, Gwangju, Korea, Apr. 2006.
2)Akira Otaka, Yusuke Ohta, Akira Shigenaga and Nobutaka Fujii : Preparation of peptide thioester utilizing S-protected oxazolidinone derived from systeine, The 11th Korea-Japan Joint Symposium On Drug Design and Development, Cheju, May 2006.
3)Yoshikazu Sasaki, Ayumu Niida, Takashi Tsuji, Akira Shigenaga, Nobutaka Fujii and Akira Otaka : Synthesis of (Z)-alkene-containing Pro dipeptide isosteres corresponding to cis-prolyl peptides, The 11th Korea-Japan Joint Symposium On Drug Design and Development, Cheju, May 2006.
4)Takenori Yamamoto, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Two critical factors affecting the release of mitochondrial cytochrome c as revealed by studies using N,N'-dicyclohexylcarbodiimide as an inducer of permeability transition, The 11th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, Cheju, May 2006.
5)Hiromasa Yokoe, Tomoyuki Yoshimura, Mitsuru Shindo, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : Total synthesis of allelochemicals sundiversifolide, The 11th Korea-Japan joint symposium on drug design and development, Cheju, May 2006.
6)Gou Satou, H. Umehara, Arata Horii, Atsuhiko Uno, Yoshiaki Kitamura, Kaznori Sekine, Koichi Tamura, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda : Effects of hypergravity on the expression of H1-receptor mRNA in the rat hypothalamus, 24TH Barany Society Meeting, Uppsala, Sweden, Jun. 2006.
7)Daisuke Tsuji, Naohiro Kuga, Mai Murata, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou : Analysis of glycoconjugates accumulated in oligodendrocyte precursor cells and Schwann cells derived from Sandhoff disease model mice, IUBMB, Kyoto, Jun. 2006.
8)Eri Kawashita, Aya Kuroki, Fumiko Matsuzawa, Seiichi Aikawa, Daisuke Tsuji, Kazuhiko Matsuoka, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou : Functional Alteration of Human-Murine Chimeric Lysosomal beta-Hexosaminidase A through Homology Modeling, IUBMB, Kyoto, Jun. 2006.
9)Yasuhiro Ishibashi, Kazuhiko Matsuoka, Daisuke Tsuji and Kouji Itou : Development of a novel selection method for cell lines highly expressing a glycosidase composed of two subunits., IUBMB, Kyoto, Jun. 2006.
10)Abe Reika, Naokatu Arakaki, Himeda Toshiki, Shibata Hirofumi and Higuti Tomihiko : Mitogenin I, a novel mitochondrial fusion protein, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Yokohama, Jun. 2006.
11)Kita Toshiyuki, Naokatu Arakaki, Shibata Hirofumi and Higuti Tomihiko : Role of cell surface H+-ATP synthase on adipocyte differentiation, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Yokohama, Jun. 2006.
12)Hirosawa Yoko, SHibata Hirofumi, Naokatu Arakaki and Higuti Tomihiko : ILSMRs (intensifiers of b-lactam-susceptibility in MRSA) inhibit uptake of low molecular weight substances in MRSA, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Yokohama, Jun. 2006.
13)Shunsuke Izaki, Masashi Takano, Yoshito Kadota, Takashi Yamauchi, Atsushi Umemoto, Toshinori Oka and Kouji Itou : Glycoproteomic alteration in gastric and colorectal adenocarcinomas detected on lectin blotting., IUBMB, Kyoto, Jun. 2006.
14)Yutaka Tatano, Kohji Tsuta, Reiko Fujinawa, Harumi Yamamoto, Yasunori Kozutsumi, Naohiro Takeuchi, Mai Murata, Hitoshi Sakuraba, Tsutomu Takahashi, Goro Takada and Kouji Itou : Up-regulation of chemokine and cytokine expression in skin fibroblasts derived from a Costello syndrome case with impaired elastogenesis., IUBMB, Kyoto, Jun. 2006.
15)H Akeboshi, Y Chiba, Y Kasahara, Y Takaoka, M Takashiba, Kouji Itou and Y Jigami : Purification and characterization of recombinant human β-hexosaminidaseA produced in methylotrophic yeast., IUBMB, Kyoto, Jun. 2006.
16)Yoshito Kadota, Seiichi Aikawa, Fumiko Matsuzawa, Kohji Tsuta, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou : Effects of Amino Acid Substitutions on Intracellular Processing and Protective Function of Human Cathepsin A Revealed on Structural Modeling, IUBMB, Kyoto, Jun. 2006.
17)Kazunori Miyamoto, Yoshio Nishi and Masahito Ochiai : On the Thiazole Synthesis by Cyclocondensation of 1-Alkynyl(phenyl)-lambda3-iodanes with Thioureas and Thioamides, 2nd International Conference on Hypervalent Iodine, Thessaloniki,Greece, Jun. 2006.
18)Naoshi Yamazaki, Saki Imamura, Hirokazu Sato, Arisa Hironaga, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : cDNA from Rat Brown Adipose Tissue Codes a Novel Protein Containing DH, BAR, and SH3 Domains, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
19)Yoshiaki Kitamura, Masaya Hatano, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Suppression of histamine H1 receptor mRNA elevation by early treatment of antihistamines., RCAI-JSI International Symposium on Immunology 2006, Yokohama, Jun. 2006.
20)Hiroyuki Fukui, Asish-K Das, Yosuke Yamawaki, Sachiho Yoshimura and Ryoko Mishima : Histamine H1 receptor-mediated activation of histamine H1 receptor gene expression., 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
21)Akihiro Iwahashi, Yoshitaka Kihira, Eiji Majima, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Dynamic conformational change of fifth transmembrane segment of yeast type 2 ADP/ATP carrier is involved in its nucleotide exchange function, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
22)Tamotsu Tanaka, Goh Horiuti, Kaoru Hirano, Junichi Morishige, Akira Tokumura and Kiyoshi Satouchi : Pccurrence pf lysophosphatidic acids in herbs, 20thIUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
23)Akira Tokumura, Emi Kuwahara, Junichi Morishige, Kenji Fukuzawa and Shuji Yamano : Lysophosphatidic acid stimulates hyaluronic acid production in mouse oocyte-cumulus cells complex in vitro, 20thIUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
24)Norihiro Tada, Kentaro Murai, Satoru Goto and Masahito Ochiai : Synthesis, Characterization,and Reaction of Aliphatic Bromonium Ylides, 2nd International Conference on Hypervalent Iodine, Thessaloniki,Greece, Jun. 2006.
25)Masahito Ochiai : Organo-lambda3-Iodanes versus lambda3-Bromanes, 2nd International Conference on Hypervalent Iodine, Thessaloniki, Greece, Jun. 2006.
26)Toshitaka Ikehara, Hiromi Sasaki, Yuki Minami, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Kazuyoshi Kawazoe, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on intracellular organells and actin filaments of bovine adrenal chronmaffin cells, Abstract Book The Bioelectromaginetics Society 28th Annual Meeting, 81-82, Cancun, Jun. 2006.
27)Masahiro Yoshida, Maiko Hayashi and Kozo Shishido : Palladium-catalyzed coupling reaction of propargylic oxiranes with alkynes, 16th International conference on organic synthesis, Merida, Jun. 2006.
28)Yoko Hirosawa, Hirofumi Shibata, Kana Tomoto, Nahoko Eguchi and et al : ILSMRs (intensifiers of -lactam-susceptibility in MRSA) inhibit uptake of low molecular weight substances in MRSA, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
29)Akira Shigenaga, Saori Shintaku and Akira Otaka : Development of Photo-triggered Self-processing Peptides, ICOB-5 & ISCNP-25 IUPAC International Conference on Biodiversity and Natural Products, Kyoto, Jul. 2006.
30)Hiroyuki Fukui : Up-regulation of histamine H1 receptors in nasal mucosa of allergy model rats and elucidation of the mechanism., 15th World Congress of Pharmacology, Beijing, China, Jul. 2006.
31)Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Immunological responses to liposome carriers, The 1st FIP-APSTJ Joint Work Shop on Gene Delivery, Sapporo, Jul. 2006.
32)Fumika Yakushiji, Kennosuke Matsuda, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : Synthetic studies on thiomarinol B, IUPAC International Conference on Biodiversity and Natural Products, Kyoto, Jul. 2006.
33)Kenji Fukuzawa, Kentaro Kogure, Sachie Manabe and Akira Tokumura : In vitro cytotoxicity of alpha-tocopherol succinate, malonate and oxalate on cancer cells and their in vivo anti-cancer effects on mouse melanoma, XIII the Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Davos, Aug. 2006.
34)Kenji Fukuzawa, Akira Shibata, Koichiro Tsuchiya, Akira Tokumura, H. Ichikawa and Jansuz M. Gebicki : Colored complex of ferric-xylenol orange/phosphatidylcholine vesicle in the Fox assay, XIII the Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Davos, Aug. 2006.
35)Kenji Fukuzawa, A. Fujiwara, Akira Tokumura, Junji Terao and Jansuz M. Gebicki : Measurement of phosphatidylcholine hydroperoxides in membranes by the ferric-xylenol orange (FOX) assay, XIII the Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Davos, Aug. 2006.
36)Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Soichiro Tajima, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshiharu Takiguchi and Toshiaki Tamaki : Dietary nitrite is an alternative source of NO in vivo, International Society for Radical Research 13th Biennial Congress, Davos, Switzerland, Aug. 2006.
37)Kazunori Miyamoto, Yoshio Nishi and Masahito Ochiai : Wipf Thiazole Synthesis: Tandem Michael Addition-Carbene Rearrangement-Cyclization Mechanism, 22nd International Symposium on the Organic Chemistry of Sulfur, Saitama, Aug. 2006.
38)Masaya Hirobe, Kazunori Miyamoto and Masahito Ochiai : Stereoselective Synthesis and Reaction of Silver (Z)-Enethiolates, 22nd International Symposium on the Organic Chemistry of Sulfur, Saitama, Aug. 2006.
39)Masahito Ochiai : Hypervalent Alkynyl- and Alkenyl(aryl)-lambda3-bromanes, 2nd International Symposium of Core-to-Core Program on Main Group Chemistry, Tokyo, Aug. 2006.
40)Kouji Itou, Yoshito Kadota, Seiichi Aikawa, Fumiko Matsuzawa, Kohji Tsuta, Hitoshi Sakuraba, Tadashi Satoh and Souichi Wakatsuki : Predicted Molecular Interaction between Human Lysosomal Sialidase (Neuraminidase 1) and Protective Protein/Cathepsin A, Sialoglycoscience 2006(Fifth International Conference, Mishima, Japan), Shizuoka, Aug. 2006.
41)Yoshito Kadota, Seiichi Aikawa, Fumiko Matsuzawa, Kohji Tsuta, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou : Effects of R344-Residue substitutions on intracellular Processing and Protective Function of Human Lysosomal Protective Protein/Cathepsin A, Sialoglycoscience 2006(Fifth International Conference, Mishima, Japan), Shizuoka, Aug. 2006.
42)Akira Shigenaga, Saori Shintaku and Akira Otaka : Design, Synthesis and Photo-processing Reaction of Peptides Possessing the External Stimulus-responsive Amino Acid, 29th European Peptide Symposium, Gdansk, Sep. 2006.
43)Yoshikazu Sasaki, Takashi Tsuji, Ayumu Niida, Akira Shigenaga, Nobutaka Fujii and Akira Otaka : Regio- and Stereoselective Synthesis of (Z)-Alkene cis-Xaa-Pro Dipeptide Mimetics with Organocopper-mediated Anti-SN2' Reactions, 29th European Peptide Symposium, Gdansk, Sep. 2006.
44)Hiroyuki Fukui : Elevation of histamine H1 receptor mRNA level in hypothalamus of starved rats., 19th Congress of ECNP (European College of Neuropsychopharmacology), Paris, France, Sep. 2006.
45)Akira Tokumura, Satoshi Taira, Kenji Fukuzawa, Toshihiko Tsutsumi, Tomoya Kitayama, K Morita and Toshihiro Dohi : LC-MS analysis on productions of bioactive lysophosphatidic acids from lysophosphatidylcholines in human mixed saliva, 47th International Conference on theBioscience of Lipids, Pecos, Sep. 2006.
46)Kumiko Sakamoto, Yuki Hibino, Shuji Yamano, Kazuhisa Maeda, Minoru Irahara and Aiko Yamauchi : Prescription drug use during pregnancy in Japan, 34th Annual Conference of the European Teratology Society, Abano Terme, Sep. 2006.
47)Akira Otaka, Yusuke Ohta, Akira Shigenaga and Nobutaka Fujii : Development of Chemical Devices for Chemical Ligations, The 11th Akabori Conference, Kloster Banz, Germany, Oct. 2006.
48)Nunuk Purwanti, Daisuke Tsuji, Mileva Ratko Karabasil, Xuefei Li, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Noriko Kanamori, Kouji Itou and Kazuo Hosoi : The expression of cellular markers of duct/acini and side population dynamics in the duct-ligated mouse submandibular gland., 3rd International Symposium on Salivary Glands in Honor of Niels Stensen, Okazaki, Oct. 2006.
49)Hideki Ohnishi, Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Shinji Abe, Soichiro Tajima and Toshiaki Tamaki : Effects of quercetin on NO production from nitrite at physiological conditions, 20th Scientific Meeting of the International Soiciety of Hypertension, Fukuoka, Japan, Oct. 2006.
50)Kazunori Miyamoto and Masahito Ochiai : Stabilization of lambda3-iodanes by the complexation with crown ethers and their synthetic applications, The 9th International Symposium on Iodine Utilization, Chiba, Oct. 2006.
51)Akira Shigenaga, Saori Shintaku and Akira Otaka : Development of Photo-responsive Self-processing Peptides, 43rd Japanese Peptide Symposium/4th Peptide Engineering Meeting, Yokohama, Nov. 2006.
52)Takashi Tsuji, Yoshikazu Sasaki, Keiko Yamaguchi, Akira Shigenaga, Nobutaka Fujii and Akira Otaka : Synthesis of (Z)-alkene cis-Xaa-Pro type dipeptide isosteres using organocopper-mediated anti-SN2' reactions, 43rd Japanese Peptide Symposium/4th Peptide Engineering Meeting, Yokohama, Nov. 2006.
53)Kobayashi Masahiro, Naokatu Arakaki, Kuwajima Masamichi, Shibata Hirofumi and Higuti Tomihiko : Mitogenin I, a novel mitochondrial fusion protein, regulates neuronal differenciation, The 6th Annual Conference of the Japanese Society of Mitochondrial Research and Medicine (J-mit)., Yokohama, Nov. 2006.
54)Taisuke Matsuo, Naoshi Yamazaki, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Kiwada, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka : Mutant coat proteins of Pf3 bacteriophage as models of membrane proteins and their interactions with lipid bilayer membrane, International symposium on system cell engineering by multi-scale manipulation, Nagoya, Nov. 2006.
55)H Akeboshi, Y Chiba, Y Kasahara, M Takashiba, Y Takaoka, M Ohsawa, I Kawashima, Daisuke Tsuji, Kouji Itou, H Sakuraba and Y Jigami : Production of recombinant β-hexosaminidase A that is applicable to enzyme replacement therapy for GM2 gangliosidosis, in methylotrophic yeast, Society for Glycobiology 2006, Los Angels, Nov. 2006.
56)Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Yasuhisa Kanematsu, Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Soichiro Tajima, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Yoshiharu Takiguchi : Production of nitrosonifedipine radical from nifedipine and its antioxidative activity in cultured cells, 13th annual meeting of society of free radical and biology of medicine, Denver, Nov. 2006.
57)Keisuke Ishizawa, Erika Miki, Arisa Hironaga, Koichiro Tsuchiya, Maki Urushihara, Shoji Kagami and Toshiaki Tamaki : Angiotensin II receptor blocker inhibits PDGF-induced cell migration in rat mesangial cells, 39th ASN annual meeting 2006, San Diego, Nov. 2006.
58)Hirofumi Shibata, Akio Tomoishi, Nahoko Eguchi, Yoko Hirosawa and et al. : ILSMRs (intensifiers of -lactam-susceptibility in MRSA) inhibit cell wall biosynthesis in MRSA, 10th Western Pacific Congress on Chemotherapy and Infectious Diseases, Fukuoka, Dec. 2006.
59)Daisuke Tsuji, Eri Kawashita, Yukari Higashine and Kouji Itou : Characterization of glial cell lines established from Sandhoff disease model mice, Glycobiology and Sphingobiology 2007, Tokushima, Feb. 2007.
60)Kouji Itou, Daisuke Tsuji, Hiroko Yasuoka and Kazuhiko Matsuoka : Induction of neurons from mesenchymal stem cells of Sandhoff disease model mice, Glycobiology and Sphingobiology 2007, Tokushima, Feb. 2007.
61)Nunuk Purwanti, Daisuke Tsuji, Mileva Ratko Karabasil, Xuefei Li, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Noriko Kanamori, Kouji Itou and Kazuo Hosoi : Changes of cellular markers of duct/acinni and side populations in the duct-ligated mouse submandibular gland, The 1st International Symposium and Workshop, Awaji, Mar. 2007.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1)辻 大輔, 久我 尚寛, 奥野 周蔵, 伊藤 孝司 : Sandhoff病モデルマウス由来オリゴデンドロサイト前駆細胞の単離及び蓄積糖質解析, 第47回日本生化学会中国四国支部例会, 2006年5月.
2)久我 尚寛, 辻 大輔, 伊藤 孝司 : Sandhoff病モデルマウスの脳におけるプロテオーム解析, 第47回日本生化学会中国四国支部例会, 2006年5月.
3)東根 ゆかり, 辻 大輔, 松岡 和彦, 伊藤 孝司 : 抗GM2抗体を用いたCell-ELISA系の確立とGM2ガングリオシドーシス由来細胞の治療効果の評価, 第47回日本生化学会中国四国支部例会, 2006年5月.
4)山内 あい子 : 薬剤師のためのPOS·SOAP実践講座, 第6回徳島大学臨床薬剤師交流ネットワーク研修会, 2006年5月.
5)秦野 昌弥, 松下 知世, Masum Shariar, 黒田 若菜, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体拮抗薬早期投与によるH1受容体遺伝子発現抑制, 第109回日本薬理学会近畿部会, 2006年6月.
6)盛重 純一, 永澤 秀子, 堀 均, 福澤 健治, 德村 彰 : ニワトリ卵白のリゾホスホリパーゼDによるリゾホスファチジン酸の産生, 第48回日本脂質生化学会, 2006年6月.
7)黒田 若奈, 秦野 昌弥, 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 : ヒスタミンH1受容体拮抗薬の初期療法による鼻粘膜H1受容体mRNA発現の抑制 TDIモデル動物を用いた研究, 第32回四国四県地方部会連合学会, 2006年6月.
8)川添 和義, 松村 敏彦, 黒川 ふみ, 榊原 啓之, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 清水 寛, 寺尾 純二, 玉置 俊晃, 水口 和生 : ラット強制水泳試験による漢方薬の抗うつ作用評価, 第109回日本薬理学会近畿部会, 30, 2006年6月.
9)阿部 玲香, 新垣 尚捷, 桑島 正道, 樋口 富彦 : ミトコンドリアのバイオジェネシスを制御するMitogenin Ⅰの構造と機能, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2006年7月.
10)喜多 俊行, 榎本 由香, 新垣 尚捷, 樋口 富彦 : 血管新生阻害剤の新しい分子標的と新規血管新生因子, 第6回長井長義記念シンポジウム, 2006年7月.
11)伊藤 孝司 : 糖鎖機能に基くリソソーム病の診断・治療法の開発, KAGAWA機能糖鎖フォーラム 第3回シンポジウム, 2006年7月.
12)山内 あい子 : 医薬品安全性情報コミュニティの紹介, 国立大学法人徳島大学 薬友会近畿支部総会及び大阪サテライトオフィス合同交流会, 2006年7月.
13)Kumiko Sakamoto, Eiko Nakata Doolin, Mikio Sasaki, ガイベ アハマド アンマール, 中馬 寛, 山内 あい子 : A Web-Based Drug Safety Information Community, CBI学会2006年大会, 2006年7月.
14)辻 大輔, 河下 映里, 奥野 周蔵, 伊藤 孝司 : Sandhoff病モデルマウス由来中枢神経系構成細胞における酵素補充効果, 第26回日本糖質学会年会, 2006年8月.
15)福井 裕行, 川添 和義, 高石 喜久 : 鼻過敏症モデルラット鼻粘膜におけるアレルギーサイトカイン遺伝子発現亢進に対する和漢薬の抑制作用, 第23回和漢医薬学会大会, 2006年8月.
16)笠原 由子, 明星 裕美, 千葉 靖典, 川島 育夫, 桜庭 均, 伊藤 孝司, 地神 芳文 : GM2ガングリオシドーシスの酵素補充療法を目指した組換え酵素の生産と培養細胞による評価, 第26回日本糖質学会年会, 2006年8月.
17)佐藤 豪, 梅原 隼人, 水川 奈己, 堀井 新, 宇野 敦彦, 関根 和教, 北村 嘉章, 田村 公一, 福井 裕行, 武田 憲昭 : 過重力負荷ラットの視床下部におけるヒスタミンH1受容体mRNA発現の変化, 第24回頭頸部自律神経研究会, 2006年8月.
18)池原 敏孝, 細川 敬子, 川添 和義, 山口 久雄, 木内 陽介, 宮本 博司 : 最大1.5テスラ変動磁界が牛副腎クロマフィン細胞に及ぼす影響, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.15, No.1, 61, 2006年9月.
19)中尾 允泰, 竹安 正範, 山本 千代, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : α-置換セリン誘導体のエナンチオ分岐的化学-酵素合成, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
20)久次米 永子, 田中 裕子, 林 一彦, 城 始勇, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 不斉リン原子を有する新規ホスホノ酢酸エステルの化学-酵素合成, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
21)井上 尚兵, 木下 陽子, 佐野 茂樹, 六車 直樹, 伊東 進, 長尾 善光 : 新規な蛋白質標識試薬の合成開発研究, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
22)黒田 陽子, 大勢 祐希子, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ジペプチドイソステアCbz-Gly-Ψ[(Z)-CF=C]-Glyの立体選択的合成, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
23)池江 克文, 橋本 佳奈, 上野 麻衣, 中島 正晃, 林 一彦, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : アザビシクロブタンを活用するニューキノロン系抗菌剤の合成, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
24)大久保 好規, 佐野 茂樹, 長尾 善光, 掛川 寿夫 : イソリクイリチゲニンならびにZ異性体の効率的合成, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
25)津村 武史, 本城 崇, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : キラルスルホンアミドアミン触媒を用いたプロキラルな化合物の触媒的エナンチオ選択的非対称化反応の開発, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
26)増田 隆司, 宮本 素行, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 非結合性S•••O相互作用を基盤とする不斉Pummerer反応及び関連不斉識別反応への応用, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
27)陳 青根, 山田 敏彰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : モノアルキニルシランとジアルキニルシランの合成開発及びその応用研究, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
28)元木 恵美子, 植野 哲, 嶋林 三郎 : ヒドロキシアパタイト表面へのウシ血清アルブミンの吸着に対する界面活性剤添加の影響, 第7回長井シンポジウム講演要旨集, Vol.7, P109, 2006年9月.
29)小田 奈央子, 植野 哲, 嶋林 三郎 : ヒドロキシアパタイトに対する2種界面活性剤の同時吸着, 第7回長井シンポジウム講演要旨集, Vol.7, P113, 2006年9月.
30)大橋 幸太, 植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性コポリアミノ酸とタンパク質の複合体の膜透過, 第7回長井シンポジウム講演要旨集, Vol.7, P115, 2006年9月.
31)濱本 拓也, 植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性リポソームとDNAの複合体におけるDNAの構造変化, 第7回長井シンポジウム講演要旨集, Vol.7, P107, 2006年9月.
32)植野 哲, 嶋林 三郎 : 負電荷型ポリアミノ酸とリポソーム脂質2分子膜の相互作用, 第7回長井シンポジウム講演要旨集, Vol.7, P111, 2006年9月.
33)重永 章, 新宅 沙織, 大髙 章 : 光刺激応答型ペプチドの開発と速度論的検討, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
34)黒田 若奈, 秦野 昌弥, 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 : ヒスタミンH1受容体拮抗薬の初期療法による鼻粘膜H1受容体mRNA発現の抑制:TDIモデル動物を用いた研究, 第45回日本鼻科学会, 2006年9月.
35)プルワンティ ヌヌク, Daisuke Tsuji, カラバシル ミレーバ, Xuefei Li, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Norio Kanamori, Kouji Itou and Kazuo Hosoi : Effect of duct ligation on the expression of cellular markers of duct/acini and side population dynamics of the mouse submandibular gland, 第48回歯科基礎医学会学術大会, Sep. 2006.
36)廣瀬 由記子, 安岡 寛子, 辻 大輔, 伊藤 孝司 : 脳内酵素補充を目指したPTD融合HexAの産生・獲得, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
37)河下 映里, 辻 大輔, 伊藤 孝司 : Sandhoff病モデルマウス由来株化ミクログリアの樹立と性質決定, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
38)東根 ゆかり, 辻 大輔, 余田 英士, 伊藤 孝司 : ミクログリア細胞表面における糖鎖発現解析, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
39)久我 尚寛, 辻 大輔, 伊藤 孝司 : Sandhoff病モデルマウスの脳におけるプロテオーム解析, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
40)安岡 寛子, 廣瀬 由記子, 辻 大輔, 明星 裕美, 千葉 靖典, 地神 芳文, 伊藤 孝司 : メタノール資化性酵母由来糖鎖改変酵素のリソソーム病モデルマウス新生児腹腔内投与による治療効果, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
41)辻 大輔, 東根 ゆかり, 余田 英士, 伊藤 孝司 : 中枢神経系における糖鎖レセプター発現解析及び酵素補充効果, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
42)Parvez Anowar Khasru MD., Shibata Hirofumi, Hirosawa Yoko, Naokatu Arakaki and Higuti Tomihiko : Quantification of penicillin-binding protein 2a (PBP 2a) among different strains of MRSA which show the divergent resistance to beta-lactams, 第7回長井長義記念シンポジウム, Sep. 2006.
43)小林 正紘, 新垣 尚捷, 樋口 富彦 : ミトコンドリアの融合・分裂の制御と神経分化調節, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
44)Kita Toshiyuki, Naokatu Arakaki, Shibata Hirofumi and HIguti Tomihiko : Role of cell surface H+-ATP synthase on adipocyte differentiation, 第7回長井長義記念シンポジウム, Sep. 2006.
45)阿部 玲香, 姫田 敏樹, 新垣 尚捷, 桑島 正道, 樋口 富彦 : ミトコンドリアのバイオジェネシスを制御するMitogenin ⅠとmtSSBの構造と機能, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
46)柴田 洋文, 近藤 京子, 川添 和義, 高石 喜久, 長尾 善光, 樋口 富彦 : MRSAに対するオクチルガレートの抗菌・抗アイルスマー活性に及ぼす金属イオンの影響, 第51回日本ブドウ球菌研究会, 2006年9月.
47)高野 正志, 伊崎 俊介, 山内 卓, 吉村 好之, 梅本 淳, 伊藤 孝司 : 日本人胃がん患者由来組織におけるプロテオーム解析, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
48)伊崎 俊介, 高野 正志, 山内 卓, 吉村 好之, 梅本 淳, 伊藤 孝司 : 日本人大腸がん患者由来組織におけるプロテオーム解析, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
49)藤島 加織, 松澤 史子, 相川 聖一, 桜庭 均, 門田 佳人, 伊藤 孝司 : 遊離シアル酸蓄積症患者由来培養fibroblastにおける含シアル酸複合糖鎖の解析とヒトsiallin遺伝子導入効果の検討, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
50)蔦 幸児, 門田 佳人, 田口 雅浩, 伊藤 孝司 : 膜透過性ペプチド融合ノイラミニダーゼ-1による酵素補充療法を目指した基礎研究, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
51)門田 佳人, 相川 聖一, 松澤 史子, 桜庭 均, 蔦 幸児, 伊藤 孝司 : ヒト保護タンパク質/カテプシンAの分子モデリングとアミノ酸置換効果の解析, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
52)福井 裕行 : 鼻過敏症モデルラットのアレルギー炎症におけるヒスタミンシグナル増加機構, 第34回薬物活性シンポジウム, 2006年9月.
53)梅本 佳弘, 前田 瑛起, 角幡 玲, 山本 武範, 渡邊 政博, 片岡 正俊, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 : マイクロチップ電気泳動による合成RNAの解析, 第7回 長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
54)前田 瑛起, 片岡 正俊, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 : マイクロチップを用いた新規血糖値測定法の開発, 第7回 長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
55)金秋 鷹雄, 多田 教浩, 落合 正仁, 城 始勇 : トリフリルイミノーλ3-ブロマンの合成およびその酸化的アミノ化反応, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
56)山口 佳津騎, 山本 敦司, 山内 あい子, 木原 勝 : 抗乳がん剤を志向する3,4-ジフェニル-1,2-ジヒドロキノリンおよび2,3-ジフェニルインドール誘導体の合成, 第7回 長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
57)吉村 祥, 森 剛志, 仁士 良雄, 落合 正仁 : アルコールとアセチレンの連続的酸化ー[2+2]環化ー開環反応による共役エノンの立体選択的合成反応, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
58)鈴木 麻衣, 末藤 孝志, 宮本 和範, 落合 正仁 : 不安定ヨードニウムイリドの合成およびそのアルデヒドとの反応, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
59)根本 尚夫, 福井 雄樹, 山崎 慎一, 神谷 昌樹, 河村 知志 : 直方体型空孔を有する分子の新規高効率合成とその分子認識能, 第7回 長井長義記念シンポジウム, 81, 2006年9月.
60)根本 尚夫, 河村 知志, 北崎 恭子 : MAC-Acを用いたOne-pot反応, 第7回 長井長義記念シンポジウム, 81, 2006年9月.
61)植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性ポリペプチドと中性リポソームとの相互作用, 第59回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, Vol.59, P134, 2006年9月.
62)吉田 昌裕 : 二酸化炭素リサイクル反応の開発とその展開, 第22回若手化学者のための化学道場, 2006年9月.
63)横江 弘雅, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : アレロケミカル Sundiversifolide の全合成, 第22回若手化学者のための化学道場, 2006年9月.
64)山内 あい子 : 医薬品の安全性, 徳島YUクラブ ミニ9月講演会, 2006年9月.
65)武田 美雄, 友成 麻岐, 有本 志帆子, 増田 俊哉, 本多 義昭, 伊藤 美千穂, 高石 喜久, 大塚 英昭, 松浪 勝義, 木内 文之 : ウズベキスタン産伝統薬物Origanum tyttanthumの成分研究, 日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
66)佐藤 昌俊, 田中 直伸, Ferddy Ramos, 柏田 良樹, 高石 喜久 : 桃花の成分研究, 日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
67)石田 俊介, 岡坂 衛, Ferddy Ramos, 柏田 良樹, 高石 喜久, O. K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov : ウズベキスタン産薬用植物Condonopsis clematideaの成分研究, 日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
68)鈴木 恭子, 岡坂 衛, 高石 喜久, O.K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov, 本多 義昭, 伊藤 美千穂 : ウズベキスタン産薬用植物Ferula variaの成分研究, 日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
69)岡坂 衛, 柏田 良樹, 高石 喜久, O. K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov : ウズベキスタン薬用植物Paeonia hybridaの成分研究, 日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
70)橋田 千佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久 : コゴメバオトギリより得られたhyperforinの類似化合物の構造について, 日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
71)橋田 和佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 関谷 倫子, 池城 安正 : トモエソウHypericum ascyron)より得た新規phloroglucinol誘導体の構造と細胞毒性について, 日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
72)田中 直伸, 高石 喜久 : タカネオトギリ(Hypericum sikokumontanumの成分研究, 日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
73)柏田 良樹, 高石 喜久, 江口 達也, 関谷 倫子, 池城 安正 : Moringa(Moringa oleifera)葉の成分に関する研究(5)-α-glucosideを有するフエノール配糖体についてー, 日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
74)大恵 眉美, 堀田 理文, 東 満美, 徳田 あゆみ, 坂本 久美子, 山内 あい子 : 医薬品商品名の由来データベースの作成と医療薬学教育への応用, 第16回 医療薬学会年会, 2006年9月.
75)坂本 久美子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, ガイベ アハマド アンマール, 中馬 寛, 山内 あい子 : 医薬品安全性情報コミュニティにおける薬物催奇形性情報データベースの試験公開, 第16回 医療薬学会年会, 2006年9月.
76)山内 あい子, 坂本 久美子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, ガイベ アハマド アンマール, 中馬 寛 : 医薬品安全性情報コミュニティの紹介, 第16回 医療薬学会年会, 2006年9月.
77)東 満美, 木原 勝, 樋口 富彦, 高石 喜久, 山内 卓 : 徳島大学における早期体験学習導入とその評価, 第16回 日本医療薬学会年会, 2006年9月.
78)山澤 朋寛, 伊藤 美千穂, 柏田 良樹, 池田 剛, 野原 稔弘, 本多 義昭 : ベトナム産ケイヒのジテルペン成分の分析, 日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
79)早川 夏美, 姫田 敏樹, 荒木 勉 : 一過性脳虚血後の海馬におけるNF-kBおよびp53に関する免疫組織化学的検討とピタバスタチンの効果, 第16回日本医療薬学会年会要旨集, Vol.30-P2-022, 397, 2006年9月.
80)中尾 允泰, 竹安 正範, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : α-置換セリン誘導体のエナンチオ分岐的化学-酵素合成ならびに絶対配置の決定, 第45回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
81)黒田 陽子, 大勢 祐希子, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ジペプチドイソステアCbz-AA1-Ψ[(Z)-CF=C]-AA2の合成研究, 第45回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
82)大久保 好規, 佐野 茂樹, 長尾 善光, 掛川 寿夫 : HWE反応を用いるイソリクイリチゲニンならびにZ異性体の立体選択的合成, 第45回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
83)濱本 拓也, 植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性リポソームとDNAの複合体形成, 第45回日本薬学会日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, Vol.45, No.1, 28B11-30, 2006年10月.
84)大橋 幸太, 植野 哲, 嶋林 三郎 : コポリアミノ酸/タンパク質複合体のリポソーム膜との相互作用, 第45回日本薬学会日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, Vol.45, No.1, 28B11-20, 2006年10月.
85)中村 敏己, 東 満美, 梅田 貴文, 西迫 寛隆, 桐野 靖, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 : がん化学療法チームによるセーフティマネジメント, 第16回 日本医療薬学会年会, 2006年10月.
86)河野 美代, 原田 恵, 佐藤 裕子, 東 満美 : 散剤の保管条件と吸湿性, 第39回 日本薬剤師会学術大会, 2006年10月.
87)藤本 千枝子, 鈴江 慶子, 鈴江 芳友, 東 満美 : 患者と共にある地域薬局の役割∼初期糖尿病患者への鈴鈴薬局の取り組み∼, 第39回 日本薬剤師会学術大会, 2006年10月.
88)白潟 朋美, 道倉 亜実, 阿部 真治, 沼谷 ちえ, 杉 豪介, 田中 麻衣, 坂東 美和, 細井 英司, 芳地 一, 川添 和義, 水口 和生 : ヒト活性化血小板における抗血小板薬の効果, 日本薬学会・日本病院薬剤師会第45回中国四国支部学術大会, 2006年10月.
89)田中 直伸, 中川 博之, 橋田 和佳, 佐藤 昌俊, 奥瀬 由惟, 田岡 千明, 岩永 智史, 土屋 浩一郎, 高石 喜久 : スダチCitrus sudachi)の含有成分並びに血糖値上昇抑制作用について, 第一回食品薬学シンポジウム, 2006年10月.
90)角幡 玲, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 : マイクロアレイのデータの規格化,標準化に向けた試み, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
91)秦野 昌弥, 松下 知世, Masum Shariar, 黒田 若菜, 北村 嘉章, Asish-K Das, Shrabanti Dev, 水口 博之, 武田 憲昭, 福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体拮抗薬早期投与によるH1受容体とインターロイキン4遺伝子発現抑制, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
92)梅本 佳弘, 前田 瑛起, 角幡 玲, 山本 武範, 渡邊 政博, 片岡 正俊, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 : マイクロチップ電気泳動による合成RNAの解析, 第45回 日本薬学会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2006年10月.
93)前田 瑛起, 片岡 正俊, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 : マイクロチップを用いた血中グルコース濃度測定法の開発, 第45回 日本薬学会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2006年10月.
94)福澤 健治, 佐野 真純, 道倉 亜美, 柴田 瑩, 德村 彰 : 改良FOX法による過酸化脂質の簡易定量, 日本過酸化脂質フリーラジカル学会第30回大会, 2006年10月.
95)吉原 添修, 盛重 純一, 德村 彰, 福澤 健治 : リゾリン脂質メディエーター産生酵素の阻害物質の探索とその検定法の構築, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
96)佐野 真純, 道倉 亜美, 德村 彰, 柴田 瑩, 福澤 健治 : キシレノールオレンジ錯体形成によるFe2+定量法の開発と過酸化物簡易定量法への応用, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
97)薬師寺 文華, 松田 健之介, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : チオマリノール類の合成研究, 第48回天然有機化合物討論会, 2006年10月.
98)広部 雅也, 落合 正仁 : ハロゲンの分子内1,4-転位を活用するハロビニルヨーダンの合成, 第9回ヨウ素利用研究国際シンポジウム, 2006年10月.
99)宮本 和範, 落合 正仁 : 不安定λ3-ヨーダンのクラウンエーテルによる安定化とその合成的利用法の開発」, 第9回ヨウ素利用研究国際シンポジウム, 2006年10月.
100)山口 佳津騎, 山本 敦司, 山内 あい子, 木原 勝 : 腫瘍細胞増殖抑制活性を有する2,3-ジフェニルインドール誘導体の合成, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
101)横江 弘雅, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : Xanthatin のエナンチオ選択的全合成研究, 第45回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
102)兼松 誠, 新藤 充, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : Bongkrekic Acid の合成研究, 第45回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
103)吉田 昌裕, 岡田 達郎, 宍戸 宏造 : パラジウム触媒を用いたプロパルギル化合物とアリールボロン酸のカップリング反応, 第45回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
104)鈴木 麻衣, 末藤 孝志, 宮本 和範, 落合 正仁 : モノエステルヨードニウムイリドの合成と反応:エポキシエステルの立体選択的合成, 第45回日本薬学会中四国支部大会, 2006年10月.
105)吉村 祥, 森 剛志, 仁士 良雄, 落合 正仁 : 末端アセチレンとアルコールとの酸化的炭素ー炭素結合形成反応:共役エノンの合成, 第45回日本薬学会中国四国支部大会, 2006年10月.
106)金秋 鷹雄, 多田 教浩, 落合 正仁 : イミノブロマンの合成と反応, 第45回日本薬学会中国四国支部大会, 2006年10月.
107)南 有紀, 塩田 直青子, 池原 敏孝, 庄野 正行, 石澤 啓介, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 阿部 真治, 芳地 一, 川添 和義, 水口 和生 : ウシ副腎髄質細胞の容積変化に及ぼす変動磁界の影響, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 76, 2006年10月.
108)平 広範, 石澤 啓介, 廣永 有沙, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 : 血管内皮細胞障害におけるアンジオテンシンII受容体拮抗薬の保護効果, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 102, 2006年10月.
109)松村 敏彦, 宮本 由加里, 黒川 ふみ, 阿部 真治, 榊原 啓之, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 清水 寛, 寺尾 純二, 玉置 俊晃, 川添 和義, 水口 和生 : ラット強制水泳試験における漢方薬の抗うつ作用の検討, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 125, 2006年10月.
110)佐久間 美央, 早川 夏美, 荒木 勉 : 局所脳梗塞ラットモデルにおける基礎的研究, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会要旨集, Vol.28C15-40, 109, 2006年10月.
111)黒川 ふみ, 阿部 真治, 鳥井 真由美, 濱野 修一, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 : アスピリンとNSAIDs併用における相互作用 ∼ヒト血小板凝集能に及ぼす影響∼, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 138, 2006年10月.
112)白潟 朋美, 道倉 亜実, 阿部 真治, 沼田 ちえ, 杉 豪介, 田中 麻衣, 坂東 美和, 細井 英司, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 : ヒト活性化血小板における抗血小板薬の効果, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 138, 2006年10月.
113)阿部 真治, 久次米 敏秀, 寺岡 和彦, 川添 和義, 水口 和生 : 米国における薬剤師育成の現状, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 204, 2006年10月.
114)山内 あい子 : 妊娠に関連した医薬品安全性情報コミュニティの始動, JST・RISTEX 『医薬品安全性情報コミュニティの構築にむけて』最終報告講演会, 2006年10月.
115)佐藤 豪, 梅原 隼人, 水川 奈己, 堀井 新, 宇野 敦彦, 北村 嘉章, 関根 和教, 田村 公一, 福井 裕行, 武田 憲昭 : ラット視床下部のヒスタミンH1受容体mRNA発現に対する過重力の影響, 第65回日本めまい平衡医学会, 2006年11月.
116)山本 武範, 山田 安希子, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 山﨑 尚志, 吉村 好之, 山内 卓, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Expression levels of voltage-dependent anion channel (VDAC) isoforms in mitochondrial outer membrane revealed by immunological and proteomics techniques, 第28回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2006年11月.
117)福井 裕行 : 鼻過敏症モデルラット鼻粘膜におけるヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進とその機構, 第56回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2006年11月.
118)福井 裕行 : 抗ヒスタミン薬早期投与によるアレルギーモデルラット鼻粘膜のヒスタミンH1受容体mRNA上昇に対する抑制作用, 第56回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2006年11月.
119)Asish-K Das, Kazutaka Maeyama, Shrabanti Dev, Masum Shahriar, Masaya Hatano, Chiyo Matsushita, Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Suppression of HDC gene expression by histamine H1 receptor antagonists: A new therapeutic target against allergic rhinitis., 第110回日本薬理学会近畿部会, Nov. 2006.
120)嶋林 三郎, 植野 哲, 元木 恵美子 : ヒドロキシアパタイト表面へのウシ血清アルブミンの吸着に対するイオン性界面活性剤添加の影響, 第16回無機リン化学討論会講演要旨集, Vol.16, 86-87, 2006年11月.
121)嶋林 三郎, 植野 哲, 小田 奈央子 : 界面活性剤混合ミセルを介したヒドロキシアパタイトへの水溶性および難水溶性色素の吸着, 第16回無機リン化学討論会講演要旨集, Vol.16, 84-85, 2006年11月.
122)植野 哲, 嶋林 三郎 : ポリアミノ酸-リポソーム膜相互作用に対するリン酸イオンの影響, 第16回無機リン化学討論会講演要旨集, Vol.16, 78-79, 2006年11月.
123)宮脇 あかり, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : ヘリアナン型セスキテルペンの合成研究, 創立50周年記念 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会, 2006年11月.
124)坂本 久美子, 中馬 寛, 山内 あい子, 谷 真琴, ガイベ アハマド アンマール, 佐々木 幹夫 : 構造類似度算出機構(SimScore)を備えた薬物催奇形性情報システム, SAR2006 第34回構造活性相関シンポジウム, 2006年11月.
125)糸川 大祐, 西岡 大貴, 福島 淳治, 安田 知世, 山内 あい子, 中馬 寛 : アゾール系化合物のCYP2B/3Aとの結合および酵素活性阻害様式の解析, SAR2006 第34回構造活性相関シンポジウム, 2006年11月.
126)谷 真琴, ガイベ アハマド アンマール, 佐々木 幹夫, 坂本 久美子, 中馬 寛, 山内 あい子 : 分子構造類似性に基く催奇形性予測ソフトウェア(Simscore), SAR2006 第34回構造活性相関シンポジウム, 2006年11月.
127)岡坂 衛, 石田 俊介, 鈴木 恭子, 柏田 良樹, 高石 喜久, 関谷 倫子, 池城 安正, 伊藤 美千穂, 本多 義昭, 武田 美雄, O.K. Khodzhimatov, O.A. Ashurmetov : ウズベキスタン産薬用植物の成分と活性に関する研究, 第16回天然薬物の開発と応用シンポジウム, 2006年11月.
128)柏田 良樹, 関谷 倫子, 池城 安正, 山岸 喬, 高石 喜久 : シラカバ花穂含有トリテルペンの多剤耐性腫瘍細胞に対する回復作用とp-糖蛋白に及ぼす影響, 第16回天然薬物の開発と応用シンポジウム, 2006年11月.
129)横江 弘雅, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : (+)-Sundiversifolide の合成, 2006年日本化学会西日本大会, 2006年11月.
130)吉田 昌裕, 林 麻衣子, 宍戸 宏造 : パラジウム触媒を用いたアルキニル置換アレニルアルコールの高立体選択的構築法の開発, 2006年日本化学会西日本大会, 2006年11月.
131)宍戸 宏造 : 生物活性ハイブリッド天然物の全合成, 2006年日本化学会西日本大会, 2006年11月.
132)川添 和義, 柴田 洋文, 樋口 富彦, 高石 喜久 : 植物に新しい抗MRSA薬を求めて, 日本化学会西日本大会, 265, 2006年11月.
133)伊藤 孝司 : リソソーム病の多因子性と治療ターゲット, 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 21世紀COE「多因子疾患克服に向けたプロテオミクス研究」共催 第3回公開シンポジウム 多因子疾患克服へ向けた分子的戦略, 2006年11月.
134)山内 あい子, 坂本 久美子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, ガイベ アハマド アンマール, 中馬 寛 : 医薬品安全性情報コミュニティ・データベースシステム:妊娠と薬に関する安全性情報の共有に向けて, INFOPRO2006, 2006年11月.
135)山内 あい子 : 医薬品安全性情報コミュニティの構築にむけて, JST・RISTEX領域シンポジウム(平成15年度採択課題研究終了報告), 2006年11月.
136)陳 青根, 山田 敏彰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 新規なジアリールジアルキニルシラン及びシラシクロブテンの合成ならびに応用研究, 第32回反応と合成の進歩シンポジウム, 2006年12月.
137)中尾 允泰, 竹安 正範, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : α-置換セリン誘導体のエナンチオ分岐的合成と新規絶対配置決定法の開発, 第32回反応と合成の進歩シンポジウム, 2006年12月.
138)小林 憲司, 杉 豪介, 沼谷 ちえ, 坂東 美和, 細井 英司, 白潟 朋美, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一, 廣瀬 政雄 : フローサイトメトリー法による血小板表面抗原の解析1∼血小板活性化マーカーの検出法について∼, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
139)杉 豪介, 小林 憲司, 沼谷 ちえ, 坂東 美和, 細井 英司, 白潟 朋美, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一, 廣瀬 政雄 : フローサイトメトリー法による血小板表面抗原の解析2∼アスピリン・シロスタゾール・イブプロフェンの血小板活性抑制効果について∼, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
140)山下 由起, 坂東 美和, 細井 英司, 白潟 朋美, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一, 廣瀬 政雄 : ヒト血小板機能に及ぼす一般用医薬品 (イブプロフェン)の影響について, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
141)山田 安希子, 山本 武範, 山﨑 尚志, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Differential protein release from mitochondria induced by Ca2+ and valinomycin as revealed by immunological and proteomics techniques, 第6回ミトコンドリア学会, 2006年12月.
142)岩橋 晶洋, 山﨑 尚志, 篠原 康雄 : 部位特異的変異法を用いた酵母2型ADP/ATP透過担体のC末側領域の構造解析, 日本分子生物学会フォーラム, 2006年12月.
143)秦野 昌弥, 松下 知世, Masum Shahriar, 水口 博之, 福井 裕行 : Suppression of allergic disease-related gene expression by early treatment of antihistamines in nasal mucosa of allergy model rats., 第36回日本免疫学会総会・学術大会, 2006年12月.
144)山内 あい子 : 「妊娠と薬」に関連した医薬品安全性情報コミュニティの始動, 第32回情報処理技術検討交換会, 2006年12月.
145)堀田 理文, 大恵 眉美, 東 満美, 徳田 あゆみ, 坂本 久美子, 山内 あい子 : 医薬品商品名の由来データベースの作成, 第23回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2006年12月.
146)坂本 久美子, 佐々木 幹夫, 中馬 寛, 山内 あい子 : 医薬品安全性情報コミュニティサイトにようこそ!, 第23回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2006年12月.
147)佐藤 幸司, 川崎 直美, 坂本 久美子, 山内 あい子, 木原 勝 : 食品品目別,日本人1人1日あたりの平均喫食量に関する検討, 第23回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2006年12月.
148)東 満美 : 徳島大学臨床薬剤師交流ネットワークの活動, 第23回 徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2006年12月.
149)重永 章, 新宅 沙織, 大髙 章 : 外部刺激応答型ペプチドの合成と外部刺激応答能の検討, 第32回 反応と合成の進歩シンポジウム, 2006年12月.
150)吉田 昌裕, 岡田 達郎, 宍戸 宏造 : パラジウム触媒を用いたプロパルギル化合物とアリールボロン酸のエナンチオ特異的カップリング反応, 第 32 回反応と合成の進歩シンポジウム, 2006年12月.
151)広部 雅也, 宮本 和範, 落合 正仁 : シルバーテクノロジー:銀Z-エンチオラートの合成と反応, 第32回反応と合成の進歩シンポジウム, 2006年12月.
152)多田 教浩, 落合 正仁 : ブロモニウムイリドの合成とその特異な反応性, 第33回有機典型元素化学討論会, 2006年12月.
153)Masum Shahriar, Shiho Horinaga, Asish-K Das, Shrabanti Dev, Masaya Hatano, Hiroyuki Mizuguchi, Kazutaka Maeyama and Hiroyuki Fukui : Suppression of histamine signaling-related mRNA elevation by suplatast tosilate in TDI allergy model rat., 第10回日本ヒスタミン研究会, Dec. 2006.
154)秦野 昌弥, 松下 知世, Masum Shahriar, 黒田 若菜, 北村 嘉章, Asish-K Das, Shrabanti Dev, 水口 博之, 武田 憲昭, 福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体拮抗薬早期投与によるアレルギー関連遺伝子発現抑制, 第10回日本ヒスタミン研究会, 2006年12月.
155)吉岡 泰子, 盛重 純一, 稲葉 真衣子, 菊地 真樹, 德村 彰 : リゾリン脂質メディエーターのLC/MS/MSによる分子種分析, 質量分析総合討論会, No.55, 426-427, 2007年.
156)池原 敏孝, 川添 和義, 山口 久雄, 木内 陽介, 宮本 博司 : 低浸透圧溶液中のウシ副腎髄質細胞の容積変化に及ぼす磁界の影響, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.16, No.1, 50, 2007年.
157)伊藤 孝司 : Sandhoff病モデルマウスの中枢神経系へのリソソーム酵素補充効果, JST CREST 糖鎖全体会議, 2007年1月.
158)山内 あい子 : 妊娠と薬に関する医薬品安全性情報コミュニティの紹介, 第13回徳島大学臨床薬剤師交流ネットワーク研修会, 2007年2月.
159)日野 知証, 小岡 直美, 嶋林 三郎 : カードランを用いた薬物封入ゲルビーズの調製, 日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 58, 2007年3月.
160)大橋 幸太, 植野 哲, 嶋林 三郎 : コポリアミノ酸/蛋白質複合体のリポソーム膜との相互作用, 日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 49, 2007年3月.
161)濱本 拓也, 植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性リポソームとDNAの複合体形成, 日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 22, 2007年3月.
162)植野 哲, 嶋林 三郎 : 正電荷型ポリアミノ酸とリポソーム脂質2分子膜間の相互作用に対する共存イオンの影響, 日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 22, 2007年3月.
163)中尾 允泰, 竹安 正範, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ジケトピペラジン構造を基盤とするα-アミノ酸の新規絶対配置決定法の開発研究, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
164)陳 青根, 山田 敏彰, 宮本 素行, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 新規な1-シラアレン,シラシクロブテン,ならびに1,3-共役ジエンの合成, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
165)黒田 陽子, 大勢 祐希子, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : フルオロオレフィン型光学活性ジペプチドミメティクスの合成研究, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
166)井上 尚兵, 木下 陽子, 青柳 えり子, 六車 直樹, 伊東 進, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 新規ICG-ATT誘導体を用いた蛋白質標識モデル実験, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
167)辻 大輔, 河下 映里, 伊藤 孝司 : Sandhoff病モデルマウスにおけるグリア細胞の活性化, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
168)河下 映里, 辻 大輔, 伊藤 孝司 : Sandhoff病モデルマウス由来ミクログリア細胞株の性質決定, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
169)安岡 寛子, 辻 大輔, 廣瀬 由記子, 明星 裕美, 千葉 靖典, 地神 芳文, 伊藤 孝司 : メタノール資化性酵母由来糖鎖改変酵素のSandhoff病モデルマウス新生児への補充効果の検討, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
170)松岡 和彦, 相川 聖一, 松澤 史子, 櫻庭 均, 辻 大輔, 伊藤 孝司 : 酵素補充療法への応用を目的としたヒトβヘキソサミニダーゼの高機能化, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
171)德村 彰, 吉原 添修, 盛重 純一, 福澤 健治 : ヒト口腔粘膜細胞のエクト型リゾホスホリパーゼDによるリン脂質性増殖因子(LPA)の産生, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
172)桑原 絵美, 山野 修司, 盛重 純一, 德村 彰, 福澤 健治 : リゾホスファチジン酸によるマウス卵丘細胞からのヒアルロン酸遊離と卵丘膨化, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
173)渋谷 恵理, 唐沢 健, 原田 史子, 佐藤 典子, 横山 和明, 菊池 真樹, 盛重 純一, 德村 彰, 井上 圭三 : ヒト赤血球膜における血小板活性化因子(PAF)産生とPAF代謝酵素の解析, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
174)藤内 寛子, 早川 夏美, 荒木 勉 : 一過性脳虚血後の砂ネズミの海馬におけるHSP70およびユビキチンの発現変化とPitavastatinの効果, 日本薬学会第127年会, Vol.29P1-pm392, 184, 2007年3月.
175)福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体の分子薬理学と創薬, 第80回日本薬理学会年会,シンポジウム, 2007年3月.
176)秦野 昌弥, 松下 知世, Masum Shahriar, 黒田 若菜, 北村 嘉章, Kumar Asish Das, Shrabanti Dev, 水口 博之, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 抗ヒスタミン薬早期投与によるトルエン2 4-ジイソシアネート誘発H1受容体およびインターロイキン-4遺伝子発現上昇への抑制効果, 第80回日本薬理学会年会, 2007年3月.
177)福井 裕行 : アレルギーモデルラットにおけるヒスタミンシグナル関連遺伝子発現, 日本薬学会第127年会,シンポジウム, 2007年3月.
178)福井 裕行 : 抗ヒスタミン薬の早期投与によるアレルギー疾患関連遺伝子抑制, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
179)明星 裕美, 笠原 由子, 高柴 みな子, 安岡 寛子, 伊藤 孝司, 桜庭 均, 千葉 靖典, 地神 芳文 : メタノール資化性酵母のMNN4遺伝子の解析と高リン酸化型糖鎖含有HexAの生産, 日本農芸学会2007年度大会, 2007年3月.
180)中野 達朗, 柴田 洋文, 樋口 富彦 : MRSAのβ-ラクタム剤に対する耐性のオクチルガレートと金属イオンによるモジュレーション, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.
181)東根 ゆかり, 辻 大輔, 松岡 和彦, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : 抗GM2抗体を用いたCell-ELISAの確立とGM2ガングリオシドーシスの治療効果の評価, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
182)河村 知志, 北崎 恭子, 神谷 昌樹, 根本 尚夫 : H-MAC-Acを用いたα-アシロキシエステルおよびアミドのOne-pot合成, 日本薬学会 第127年会, Vol.31-0567, 2007年3月.
183)神谷 昌樹, 中本 亜樹, 河村 知志, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎, 滝口 祥令 : 高脂血症治療薬・フェノフィブラートのBGL Modificationによる中性脂肪低下効果の検討, 日本薬学会 第127年会, Vol.31-0567, 2007年3月.
184)石田 竜弘, 際田 弘志 : ポリエチレングリコール修飾リポソーム投与時に生ずるaccelerated blood clearance (ABC)現象, 日本薬学会第127年会,シンポジウムS6, 2007年3月.
185)吉田 昌裕, 岡田 達郎, 宍戸 宏造 : パラジウム触媒を用いたプロパルギル化合物とアリールボロン酸のカップリング反応:光学活性アレンの簡便合成法の開発, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
186)宮脇 あかり, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : Heliespirone A 及び C の全合成, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
187)岡田 拓也, 多田 教浩, 落合 正仁 : ヨードニウムイリドのイリド転位反応, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
188)多田 教浩, 岡田 拓也, 落合 正仁 : ブロモニウムイリドのイリド転位反応, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
189)吉村 祥, 森 剛志, 仁士 良雄, 落合 正仁 : 末端アセチレンとアルコールとの酸化的縮合反応:共役エノンの合成, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
190)金秋 鷹雄, 多田 教浩, 落合 正仁 : 室温でナイトレンを発生するイミノブロマンの合成と反応, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
191)鈴木 麻衣, 末藤 孝志, 宮本 和範, 落合 正仁 : モノエステルヨードニウムイリドの発生とその反応, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
192)吉田 昌裕, 林 麻衣子, 宍戸 宏造 : パラジウム触媒を用いたプロパルギル化合物と金属アセチリドのジアステレオ選択的カップリング反応, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
193)森本 幸恵, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : Helianuuol I および J の合成研究, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
194)兼松 誠, 新藤 充, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : Bongkrekic acid の合成研究, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
195)薬師寺 文華, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : Thiomarinol B の合成研究, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
196)村上 友梨, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : Amphidinolide X の合成研究, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
197)矢野 麻衣子, 原田 恵, 生田 雅子, 高田 裕介, 梶谷 育代, 秋本 夏奈, 山内 あい子, 木原 勝 : ピペリジンおよびエタノールアミン誘導体の合成とノルエピネフリン増強作用, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
198)山口 佳津騎, 山本 敦司, 實光 由香, 山内 あい子, 木原 勝 : 乳癌細胞増殖抑制作用を志向する3,4-diphenyl-1,2-dihydroquinolineおよび2,3-diphenylindole 誘導体の合成, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
199)山口 佳津騎, 山本 敦司, 實光 由香, 山内 あい子, 木原 勝 : 3,4-diphenyl-1,2-dihydroquinoline 2,3-diphenylindole, 日本薬学会第127年会要旨集, 2007年3月.
200)関谷 倫子, 池城 安正, 鍋倉 智裕, 柏田 良樹, 北河 修治, 田中 隆, 河野 功 : 多剤薬剤耐性克服作用を有する天然物に関する研究(4)—タンニン及び関連化合物のp糖タンパク質機能に及ぼす影響—, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
201)柏田 良樹, 高石 喜久, Kilgore R. Nicole, Wild T. Carl, Allaway P. Graham, Lee Kuo-Hsiung : 抗HIV天然物に関する研究(20)-3-O-Glutaryl-betulin及び-dihydrobetulin ester誘導体の抗HIV活性―, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
202)岡坂 衛, 柏田 良樹, 高石 喜久, O.K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov : ウズベキスタン薬用植物Mediasia macrophyllaの成分研究, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
203)橋田 和佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 関田 倫子, 池城 安正 : トモエソウHypericum ascyron)より得た細胞毒性を有するphloroglucinol誘導体及びxanthone誘導体について, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
204)田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 関田 倫子, 池城 安正 : タカネオトギリ(hypericum sikokumontanum)より得たchromone glycosideについて, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
205)鎌倉 孝法, 越智 俊政, 柏田 良樹, 高石 喜久, 柴田 洋文, 樋口 富彦 : メースMyristica fragrans)の成分研究, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
206)石田 俊介, 岡坂 衛, 柏田 良樹, 高石 喜久, O.K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov : Ziziphora pedicellataの成分研究, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
207)金 尚永, Freddy Ramos, 廣野 誠, 柏田 良樹, 高石 喜久, O.K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov : Inula helenium の成分研究, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
208)佐藤 昌俊, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久 : 桃花の成分研究, 薬学会第127年会, 2007年3月.
209)宮本 和範, 落合 正仁 : ヨウ化アリールを触媒としたアルケンの酸化的切断反応, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
210)重永 章, 津田 修吾, 大髙 章 : 外部刺激応答型ペプチドプロセシングデバイスの開発, 日本薬学会年会, 2007年3月.
211)八巻 陽子, 重永 章, 富田 健嗣, 鳴海 哲夫, 藤井 信孝, 大髙 章 : N-ヘテロサイクリックカルベンによる分子内レドックス反応を利用したフルオロアルケンイソスターの合成, 日本薬学会年会, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1)石澤 啓介 : 服薬指導ケーススタディー HPNの支援, Clinical Pharmacist, Vol.56, 6-7, 2006年6月.
2)山﨑 尚志 : 褐色脂肪組織に特徴的なタンパク質の探索, 国立大学法人徳島大学薬友会近畿支部総会及び大阪サテライトオフィス合同交流会, 2006年7月.
3)桑原 絵美, 盛重 純一, 山野 修司, 德村 彰, 福澤 健治 : リゾホスファチジン酸によるマウス卵丘細胞からのヒアルロン酸分泌と卵丘膨化 -卵成熟および排卵促進機構への関与の可能性ー, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
4)吉原 添修, 盛重 純一, 德村 彰, 福澤 健治 : リゾリン脂質メディエーター産生酵素の阻害物質の探索とその検定法の構築, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
5)横山 宏典, 渡邉 悠, 高木 翔, 田中 亜紀, 荒木 勉 : MPTP誘発パーキンソン病モデルマウスの黒質神経細胞障害に対するに対するnitric oxide synthase (nNOS)の役割, 第7回長井長義シンポジウム抄録集, 97, 2006年9月.
6)沖 千絵, 渡邉 悠, 荒木 勉 : MPTP神経毒性に対するArundic acid後投与の効果について, 第7回長井長義シンポジウム抄録集, 103, 2006年9月.
7)渡邉 悠, 加藤 宏之, 荒木 勉 : パーキンソ病モデルマウスにおけるAngiotensin変換酵素阻害剤の効果, 第7回長井長義記念シンポジウム抄録集, 116, 2006年9月.
8)藤内 寛子, 早川 夏美, 荒木 勉 : 一過性脳虚血砂ネズミにおける神経栄養因子の発現変化とStainの効果, 第7回長井長義記念シンポジウム抄録集, 136, 2006年9月.
9)田中 亜紀, 渡邉 悠, 荒木 勉 : 加齢によるICRマウス脳における免疫組織化学的検討, 第7回長井長義記念シンポジウム抄録集, 143, 2006年9月.
10)嶋林 三郎 : 第16回無機リン化学討論会, 第16回無機リン化学討論会 講演要旨集, Vol.16, 2006年11月.
11)德村 彰 : ニワトリ卵白のリゾリン脂質とその代謝酵素の機能, 日本農芸化学会中四国支部創設5周年記念特別講演会, 2007年3月.
12)盛重 純一, 德村 彰, 福澤 健治 : 生体膜脂質の生理的および病態生理的役割, 日本農芸化学会中四国支部創設5周年記念特別講演会, 2007年3月.
13)三好 弘一, 前澤 博, 足立 昭夫, 佐瀬 卓也, 入倉 奈美子, 桑原 義典, 立花 さやか, 石田 竜弘, 辻 明彦, 英 崇夫, 森賀 俊広, 鬼島 明洋, 誉田 栄一, 岩本 誠司, 佐藤 一雄, 古谷 俊介, 森田 康彦 : 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, Vol.6, 1-42, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

(なし)

2007年度(平成19年度)

article.{@.date="20070400 20080399" @.organization=\E{11001}}

2007年度(平成19年度) / 著書

1)大髙 章 : 新しい薬をどう創るか, --- 創薬研究の最前線 ---, 株式会社 講談社, 東京, 2007年4月.
2)嶋林 三郎, 植野 哲 : 辻彰 編集 ''新薬剤学(改訂第2版)'' 第Ⅲ部 物理薬剤学 第4章 界面化学 担当, 南江堂, 東京, 2007年4月.
3)根本 尚夫 : アセタール経由でのアルコール用光学分割剤の開発, 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2007年4月.
4)坂本 圭, 根本 尚夫 : 新規アルコール用光学分割剤 ALBO, 社団法人 有機合成化学協会, 東京, 2007年4月.
5)嶋林 三郎, 富田 基郎, 他多数 : 薬科学大辞典(第4版・編集代表·富田基郎), 株式会社 廣川書店, 東京, 2007年4月.
6)小笠原 聡子, 桐野 靖, 米田 良子, 元林 有紀, 伊勢 夏子, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 : 最近の文献情報より 脳・精神疾患の最前線(2), 社団法人 日本病院薬剤師会, 東京, 2007年5月.
7)宍戸 宏造, 新藤 充 : 化学フロンティア19 創薬をめざす有機合成戦略ー進化する医薬品づくり, 株式会社 化学同人, 京都, 2007年7月.
8)木宿 昌俊, 森 剛志, 田島 壮一郎, 板東 篤史, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 : 最近の文献情報より 新しいがん治療に向けて(2), 社団法人 日本病院薬剤師会, 東京, 2007年7月.
9)片岡 正俊, 篠原 康雄 : キャピラリー型DNA検知システム, 2007年8月.
10)Hisao Nemoto : Protected Dicyanomethanol (H-MAC R), Wiley-VCM, Nov. 2007.
11)Yoshimitsu Nagao and Shigeki Sano : Electronic Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis, --- (S)-4-Isopropyl-1,3-thiazolidine-2-thione ---, John Wiley & Sons, Inc., Chichester, 2008.
12)中馬 寛 : 化学構造解析 赤外・ラマンスペクトル測定法, 株式会社 廣川書店, 東京, 2008年.
13)門口 直仁, 高木 翔, 荒木 勉, 監修:鳥澤 保黄 : 創薬支援研究の展望, --- 第8章 実験的パーキンソン病モデル動物を用いた新規薬物療法の開発研究 ---, シーエムシー社, 2008年2月.
14)根本 尚夫 : 香りを分ける, 株式会社エヌ·ティー·エス, 東京, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Kumiko Sakamoto, Aiko Yamauchi, Mikio Sasaki and Hiroshi Chuman : A structural similarity evaluation by SimScore in a teratogenicity information sharing system, Journal of Computer Chemistry, Japan, Vol.6, No.2, 117-122, 2007.
2)Yoshikazu Sasaki, Keiko Yamaguchi, Takashi Tsuji, Akira Shigenaga, Nobutaka Fujii and Akira Otaka : Development of copper-mediated allylation of c-activated-a,b-unsaturated lactam toward peptide mimetic synthesis, Tetrahedron Letters, Vol.48, No.18, 3221-3224, 2007.
3)Yoshiki Kashiwada, Michiko Sekiya, Kimihisa Yamazaki, Yasumasa Ikeshiro, Toshihiro Fujioka, Takashi Yamagishi, Shuji Kitagawa and Yoshihisa Takaishi : Triterpenoids from the Floral Spikes of Betula platyphylla var. japonica and Their Reversing Activity against Multidrug-Resistant Cancer Cells, Journal of Natural Products, Vol.70, No.4, 623-627, 2007.
4)Lap Thi Nguen, Kazutaka Atobe, Mari Jose Barichello, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Complex formation with plasmid DNA increases the cytotoxicity of cationic liposomes., Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.30, No.4, 751-757, 2007.
5)A Tanaka, Y Watanabe, H Kato and Tsutomu Araki : Immunohistochemical changes related to ageing in the mouse hippocampus and subventricular zone, Mechanisms of Ageing and Development, Vol.128, No.4, 303-310, 2007.
6)Pu Liu, Jie Teng, Yanwen Zhang, 高石 喜久, Hongyuan Duan : Chemical constituents from rhizome of Phlomis umbrosa., Yao Xue Xue Bao, Vol.42, No.4, 401-404, 2007年.
7)Kazunori Miyamoto, Masaya Hirobe, Motomichi Saito, Motoo Shiro and Masahito Ochiai : One-Pot Regioselective Synthesis of Chromanyl(phenyl)-lambda3-iodanes: Tandem Oxidative Cyclization and lambda3-Iodanation of 3-Phenylpropanols, Organic Letters, Vol.9, No.10, 1995-1998, 2007.
8)Kumiko Sakamoto, Yuki Hibino, Masaru Kihara, Shuji Yamano, Kazuhisa Maeda, Minoru Irahara and Aiko Yamauchi : Prescribing patterns during pregnancy at Tokushima University Hospital, Japanese Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, Vol.33, No.4, 377-385, 2007.
9)Mitsuru Shindo, Yutaka Yoshimura, Maiko Hayasi, Hiroe Soejima, Matsumoto Kenji, Takashi Yoshikawa and Kozo Shishido : Synthesis of Multisubstituted Furans, Pyrroles and Thiophenes via Ynolates, Organic Letters, Vol.9, No.10, 1963-1966, 2007.
10)Rei Kakuhata, Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Rie Akamine, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Satoshi Fukuoka, Mitsuru Ishikawa, Toshihiko Ooie, Yoshinobu Baba, Tomoshige Hori and Yasuo Shinohara : Possible utilization of in vitro synthesized mRNAs specifically expressed in certain tissues as standards for quantitative evaluation of the results of microarray analysis., Journal of Biochemical and Biophysical Methods, Vol.70, No.5, 755-760, 2007.
11)Hisao Nemoto, Takaaki Araki, Masaki Kamiya, Tomoyuki Kawamura and Tomoaki Hino : A Quantitative Investigation of the Water-solubilizing Properties of Branched Oligoglycerols, European Journal of Organic Chemistry, Vol.2007, No.18, 3003-3011, 2007.
12)Mitsuru Shindo, Kenji Matsumoto and Kozo Shishido : Hyperconjugative Effect of C-Ge Bonds: Synthesis of Multisubstituted Alkenylgermanes via Torquoselective Olefination of Acylgermanes with Ynolates, Tetrahedron, Vol.63, No.20, 4271-4277, 2007.
13)Hisao Nemoto, Weihui Zhong, Tomoyuki Kawamura, Masaki Kamiya, Yasushi Nakano and Kei Sakamoto : Synthesis of Optically Active δ-Dodecalactone via Chiral Resolution using CPF, Synlett, No.15, 2343-2346, 2007.
14)Kazutaka Atobe, Tatsuhiro Ishida, Emi Ishida, Kouichi Hashimoto, Hideo Kobayashi, Jyunko Yasuda, T. Aoki, K. Obata, Hiroshi Kikuchi, Hidetaka Akita, Tomohiro Asai, Hideyoshi Harashima, Naoto Oku and Hiroshi Kiwada : In vitro efficacy of a sterically stabilized immunoliposomes targeted to membrane type 1 matrix metalloproteinase (MT1-MMP)., Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.30, No.5, 972-978, 2007.
15)Naokatu Arakaki, Toshiyuki Kita, Hirofumi Shibata and Tomihiko Higuti : Cell-surface H+-ATP synthase as a potential molecular target for anti-obesity drugs, FEBS Letters, Vol.581, No.18, 3405-3409, 2007.
16)H Hatakeyama, H Akita, E Ishida, K Hashimoto, H Kobayashi, T Aoki, J Yasuda, K Obata, K Kikuchi, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Kiwada and H Harashima : Tumor targeting of doxorubicin by anti MT1-MMP antibody-modified PEG liposomes., International Journal of Pharmaceutics, Vol.342, No.1-2, 194-200, 2007.
17)Tomoo Aoyama, Junko Kambe, Aiko Yamauchi and Umpei Nagashima : Construction of a model for water purification mechanisms in a river by using a neural network approach, Journal of Computer Chemistry, Japan, Vol.6, No.2, 135-144, 2007.
18)Tatsuhiro Ishida, XinYu Wang, Taro Shimizu, Kosuke Nawata and Hiroshi Kiwada : PEGylated liposomes elicit an anti-PEG IgM response in a T-cells independent manner., Journal of Controlled Release, Vol.122, No.3, 349-355, 2007.
19)Hitoshi Kawazoe, Yoshiharu Takiguchi, Hiroaki Tanaka, Chiaki Doi, Noriyasu Fukuoka, Nobuhiro Kanaji, Shuji Bandoh, Toshihiko Ishida and Hitoshi Houchi : Preventive effects of low-dose dexamethasone for delayed adverse events induced by carboplatin-based combination chemotherapy, Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, Vol.127, No.6, 1001-1006, 2007.
20)山内 あい子, 坂本 久美子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, 谷 真琴, 中馬 寛 : 医薬品安全性情報コミュニティ·データベースシステム:妊娠と薬に関する安全性情報の共有に向けて, 情報管理, Vol.50, No.3, 135-143, 2007年.
21)坂本 圭, 根本 尚夫 : 新規アルコール用光学分割剤ALBO, 有機合成化学協会誌, Vol.65, No.6, 626-629, 2007年.
22)Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara, MC Herzberg, KF Ross, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido : Interleukin-1alpha regulates antimicrobial peptide expression in human keratinocytes., Immunology and Cell Biology, Vol.85, No.7, 532-537, 2007.
23)H Akeboshi, Y Chiba, Y Kasahara, M Takashiba, Y Takaoka, M Ohsawa, Y Tajima, I Kawashima, Daisuke Tsuji, Kouji Itou, H Sakuraba and Y Jigami : Production of Recombinant {beta}-Hexosaminidase A, a Potential Enzyme for Replacement Therapy for Tay-Sachs and Sandhoff Diseases, in the Methylotrophic Yeast Ogataea minuta., Applied and Environmental Microbiology, Vol.73, No.15, 4805-4812, 2007.
24)Satoru Ueno, Yasuko Yoshioka and Saburo Shimabayashi : Effects of Phosphate Ions on the Polypeptide-Liposome Membrane Interaction, Phosphorus Research Bulletin, Vol.21, No.1, 71-77, 2007.
25)Shuji Kitagawa, Tomohiro Nabekura, Yutaka Nakamura, Tomoharu Takahashi and Yoshiki Kashiwada : Inhibition of P-glycoprotein function by tannic acid and pentagalloylglucose., The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.59, No.7, 965-969, 2007.
26)Ying-Qian Xu, Zhi Yao, Jun-Yi Hu, Jie Teng, Yoshihisa Takaishi and Hong-Quan Duan : Immunosuppressive terpenes from Prinsepia utilis., Journal of Asian Natural Products Research, Vol.9, No.6-8, 637-642, 2007.
27)Chan Ming Li, Zhi Yao, Wen Yan Zhang, Yoshihisa Takaishi and Quan Hong Duan : A novel chalcone derivative from Onychium japonicum., Chinese Chemical Letters, Vol.18, No.7, 840-842, 2007.
28)Hisao Nemoto, Masaki Kamiya, Yuki Minami, Takaaki Araki and Tomoyuki Kawamura : Synthesis of Branched Heptaglycerol Bearing Eight Hydroxyl Groups with Four Cyclic Protecting Groups, Synlett, Vol.0, No.13, 2091-2095, 2007.
29)Masahito Ochiai, Masaya Hirobe, Akira Yoshimura, Yoshio Nishi and Kazunori Miyamoto : Internal Delivery of Soft Chlorine and Bromine Atoms: Stereoselective Synthesis of (E)-beta-Halogenovinyl(aryl)-lambda3-iodanes through Domino lambda3-Iodanation-1,4-Halogen Shift-Fluorination of Alkynes, Organic Letters, Vol.9, No.17, 3335-3338, 2007.
30)Emiko Motoki, Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi : Effects of ionic surfactants on the adsorption of bovine serum albumin to the surface of hydroxyapatite, Phosphorus Research Bulletin, Vol.21, No.1, 9-15, 2007.
31)Masaki Takeuchi, Purnendu K Dasgupta, Jason V Dyke and Kannan Srinivasan : Postcolumn Concentration in Liquid Chromatography. On-Line Eluent Evaporation and Analyte Postconcentration in Ion Chromatography, Analytical Chemistry, Vol.79, No.15, 5690-5697, 2007.
32)川添 仁, 滝口 祥令, 田中 裕章, 二宮 昌樹, 福岡 憲泰, 大西 宏明, 石田 俊彦, 芳地 一 : 同種造血幹細胞移植患者におけるニューキノロン系抗菌薬による内因性感染の予防効果, --- 骨髄移植,末梢血幹細胞移植,臍帯血移植の比較 ---, 薬学雑誌, Vol.127, No.8, 1301-1307, 2007年.
33)Kunihiko Asakura, Harunobu Murayama, Toshiki Himeda and Yoshiro Ohara : Expression of L* protein of Theiler's murine encephalomyelitis virus in the chronic phase of infection., The Journal of General Virology, Vol.88, No.8, 2268-2274, 2007.
34)Masahito Ochiai, Kaneaki Takao, Norihiro Tada, Kazunori Miyamoto, Hiroshi Chuman, Shiro Motoo, Satoko Hayashi and Waro Nakanishi : A New Type of Imido Group Donor: Synthesis and Characterization of Sulfonylimino-λ3-bromane that Acts as a Nitrenoid in the Aziridination of Olefins at Room Temperature under Metal-Free Conditions, Journal of the American Chemical Society, Vol.129, No.43, 12938-12939, 2007.
35)Mami Hino, Masatoshi Kataoka, Kazuaki Kajimoto, Takenori Yamamoto, Jun-ichi Kido, Yasuo Shinohara and Yoshinobu Baba : Efficiency of cell-free protein synthesis based on a crude cell extract from Escherichia coli, wheat germ, and rabbit reticulocytes., Journal of Biotechnology, Vol.133, No.2, 183-189, 2007.
36)Waka Hashida, Naonobu Tanaka and Yoshihisa Takaishi : Prenylated xanthones from Hypericum ascyron, Journal of Natural Medicines, Vol.61, No.4, 371-374, 2007.
37)Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Naomi Nishioka, Shugo Tsuda, Kouji Itou and Akira Otaka : Synthesis of a stimulus-responsive processing device and its application to a nucleocytoplasmic shuttle peptide, ChemBioChem, Vol.8, No.16, 1929-1931, 2007.
38)Yuki Izawa, Masanori Yoshizumi, Keisuke Ishizawa, Yoshiko Fujita, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Kazuyoshi Kawazoe, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki : Big mitogen-activated protein kinase 1 (BMK1)/extracellular signal regulated kinase 5 (ERK5) is involved in platelet-derived growth factor (PDGF)-induced vascular smooth muscle cell migration, Hypertension Research, Vol.30, No.11, 1107-1117, 2007.
39)Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Rei Kakuhata, Naoto Okada, Kazuaki Kajimoto, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Yoshinobu Baba, Toshiaki Tamaki and Yasuo Shinohara : Synchronized changes in transcript levels of genes activating cold exposure-induced thermogenesis in brown adipose tissue of experimental animals., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1777, No.1, 104-112, 2007.
40)Yuma Yamada, Hidetaka Akita, Hiroyuki Kamiya, Kentaro Kogure, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara, Kikuji Yamashita, Hideo Kobayashi, Hiroshi Kikuchi and Hideyoshi Harashima : MITO-Porter: A liposome-based carrier system for delivery of macromolecules into mitochondria via membrane fusion., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1778, No.2, 423-432, 2007.
41)Kazuhiko Hayashi, Eiko Kujime, Hajime Katayama, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Effects of Magnesium Salts and Amines on the Stereoselectivity in the Imine Aldol Reaction, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.55, No.12, 1773-1775, 2007.
42)Masahiro Yoshida, Yusuke Ohsawa, Kenji Sugimoto, Hidetoshi Tokuyama and Masataka Ihara : Synthesis of vinyloxazolidinones by palladium-catalyzed CO2-recycling reaction of 4-(benzylamino)-2-butenyl carbonates, Tetrahedron Letters, Vol.48, No.49, 8678-8682, 2007.
43)S Takagi, N Hayakawa, H Kimoto, H Kato and Tsutomu Araki : Damage to oligodendrocytes in the striatum after MPTP neurotoxicity in mice., Journal of Neural Transmission, Vol.114, No.12, 1553-1557, 2007.
44)Kyoko Suzuki, Mamoru Okasaka, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Gisho Honda, Michiho Ito, Yoshio Takeda, Olimjon K. Kodshimatov, Ozodbek Ashurmetov, Michiko Sekiya and Yasumasa Ikeshiro : Sesquiterpene Lactone from the Roots of Ferula varia and Their Cytotoxic Activity,, Journal of Natural Products, Vol.70, No.12, 1915-1918, 2007.
45)Wen Zhou, Hongru Li, Shufen Li, 高石 喜久, Hongquan Duan : Study on chromatographic fingerprint of extractive from Tripterygium wilfordii with supercritical carbon dioxide., China Journal of Chinese Materia Medica, Vol.32, No.8, 706-709, 2007年.
46)Michiko Sekiya, Yoshiki Kashiwada, Tomohiro Nabekura, Shuji Kitagawa, Takashi Yamagishi, Takako Yokozawa, Takashi Ichiyanagi, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi : Effect of Triterpenoids from the Floral Spikes of Betula platyphylla var. japonica on Glycoprotein Function, Planta Medica, Vol.73, No.15, 1558-1562, 2007.
47)Hisao Nemoto, Rujiani Ma, Hideki Moriguchi, Tomoyuki Kawamura, Masaki Kamiya and Masayuki Shibuya : Direct One-pot Synthesis of alpha-Siloxy-Weinreb Amides from Aldehydes, The Journal of Organic Chemistry, Vol.72, No.25, 9850-9853, 2007.
48)Daisuke Tsuji, Yukari Higashine, Kazuhiko Matsuoka, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou : Therapeutic evaluation of GM2 gangliosidoses by ELISA using anti-GM2 ganglioside antibodies., Clinica Chimica Acta, Vol.378, No.1-2, 38-41, 2007.
49)Norimasa Izumi, Hiroyuki Mizuguchi, Hayato Umehara, Satoshi Ogino and Hiroyuki Fukui : Disease dependent incidence of sedation of H1 antihistamines found by large-scale surveillance using visual analogue scale (VAS)., Methods and Findings in Experimental and Clinical Pharmacology, Vol.30, No.3, 225-230, 2008.
50)Masahiro Yoshida, Mohammad Al-Amin and Kozo Shishido : Total syntheses of phomallenic acids B and C utilizing palladium-catalyzed coupling of propargylic tosylates with terminal alkynes, Synthesis, No.7, 1099-1105, 2008.
51)Masahiro Yoshida, Mariko Higuchi and Kozo Shishido : Highly diastereoselective synthesis of tetrahydrobenzofuranones by palladium-catalyzed reaction of propargylic carbonates with 2-substituted cyclohexane-1,3-diones, Tetrahedron Letters, Vol.49, No.10, 1678-1681, 2008.
52)Hideji TANAKA, Mima Takuto, Masaki Takeuchi and Hitoshi Iida : Amplitude Modulated multiplexed flow analysis, Talanta, Vol.77, No.2, 576-580, 2008.
53)Hiroshi Chuman : Toward basic understanding of the partition coefficient log P and its application in QSAR, SAR and QSAR in Environmental Research, Vol.19, No.1-2, 71-79, 2008.
54)Tatsusada Yoshida, Yamagishi Kenji and Hiroshi Chuman : QSAR Study of Cyclic Urea Type HIV-1 PR Inhibitors Using Ab Initio MO Calculation of Their Complex Structures with HIV-1 PR, QSAR & Combinatorial Science, Vol.27, No.6, 694-703, 2008.
55)Katsuhiro Miyoshi, Nozomi Kawakami, Hayato Umehara, Katsumi Fujimoto, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui : Down-regulation of histamine H1 receptors by beta2-adrenoceptor-mediated inhibition of H1 receptor gene transcription., The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.60, No.6, 747-752, 2008.
56)Bingcheng Yang, Masaki Takeuchi and Purnendu K Dasgupta : On-Line Gas-Free Electrodialytic Eluent Generator for Capillary Ion Chromatography., Analytical Chemistry, Vol.80, No.1, 40-47, 2008.
57)Kazuko Yoshikawa, Naoki Kokudo, Masami Tanaka, Tatsuro Nakano, Hirofumi Shibata, Naokatu Arakaki, Tomihiko Higuti and Toshihiro Hashimoto : Novel abietane diterpenoids and aromatic compounds from Cladonia rangiferina and their antimicrobial activity against antibiotics resistant bacteria, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.1, 89-92, 2008.
58)Ujike Makoto, Nishikawa Hiroki, Akira Otaka, Yamamoto Naoki, Yamamoto Norio, Matsuoka Masao, Kodama Eiichi, Fujii Nobutaka and Taguchi Fumihiro : Heptad Repeat-Derived Peptides Block Protease-Mediated Direct Entry from the Cell Surface of Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus but Not Entry via the Endosomal Pathway, Journal of Virology, Vol.82, No.1, 588-592, 2008.
59)Rei Kakuhata, Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Eriko Obana, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Ooie, Yoshinobu Baba, Tomoshige Hori and Yasuo Shinohara : Importance of probe location for quantitative comparison of signal intensities among genes in microarray analysis., Journal of Biochemical and Biophysical Methods, Vol.70, No.6, 926-931, 2008.
60)Yoshio Takeda, Maki Tomonari, Shihoko Arimoto, Toshiya Masuda, Hideaki Otsuka, Katsuyoshi Matsunami, Gisho Honda, Michiho Ito, Yoshihisa Takaishi, Fumiyuki Kiuchi, Olimjon K. Khodzhimatov and Ozodbek A. Ashurmetov : A new phenolic glucoside from an Uzbek medicinal plant, Origanum tyttanthum, Journal of Natural Medicines, Vol.62, No.1, 71-74, 2008.
61)Hiroyuki Yamaguchi, Toshiyuki Suzawa, Takaaki Araki, Masaki Kamiya, Hisao Nemoto and Motoo Yamasaki : Modification of protein with BGL06, a novel branched oligoglycerol derivative, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1780, No.4, 680-686, 2008.
62)Chie Oki, Yu Watanabe, Hironori Yokoyama, Taiji Shimoda, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Delayed Treatment with Arundic Acid Reduces the MPTP-induced Neurotoxicity in Mice., Cellular and Molecular Neurobiology, Vol.28, No.3, 417-430, 2008.
63)T Asai, Y Suzuki, S Matsushita, S Yonezawa, J Yokota, Y Katanasaka, Tatsuhiro Ishida, T Dewa, Hiroshi Kiwada, N Nango and N Oku : Disappearance of the angiogenic potential of endothelial cells caused by Argonaute2 knockdown., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.368, No.2, 243-248, 2008.
64)Naoshi Yamazaki, Taisuke Matsuo, Miho Kurata, Makiko Suzuki, Takehisa Fujiwaki, Seiji Yamaguchi, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Substitutions of Three Amino Acids in Human Heart/Muscle Type Carnitine Palmitoyltransferase I Caused by Single Nucleotide Polymorphisms, Biochemical Genetics, Vol.46, No.1-2, 54-63, 2008.
65)Noriaki Okazaki, Ryoji Asano, Takashi Kinoshita and Hiroshi Chuman : Simple computational models of type I / type II cells in Fas signaling-induced apoptosis, Journal of Theoretical Biology, Vol.250, No.4, 621-633, 2008.
66)M J Barichello, N Yamakawa, M Kisyuku, H Handa, T Shibata, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Combined effect of liposomalization and addition of glycerol on the transdermal delivery of isosorbide 5-nitrate in rat skin., International Journal of Pharmaceutics, Vol.357, No.1-2, 199-205, 2008.
67)M Yoshimizu, Y Tajima, F Matsuzawa, S Aikawa, I Iwamoto, T Kobayashi, T Edmunds, K Fujishima, Daisuke Tsuji, Kouji Itou, M Ikekita, I Kawashima, K Sugawara, N Ohyanagi, T Suzuki, T Togawa, K Ohno and H Sakuraba : Binding parameters and thermodynamics of the interection of imino sugars with a recombinant human acid -α-glucosidase (alglucosidase alfa): Insight into the complex formation mechanism., Clinica Chimica Acta, Vol.391, No.1-2, 68-73, 2008.
68)Keiko Ohtsuki, Kazumasa Matsuo, Takashi Yoshikawa, Chihiro Moriya, Kaori Tomita-Yokotani, Kozo Shishido and Mitsuru Shindo : Total synthesis of (+)- and (-)-sundiversifolide via intramolecular acylation and determination of the absolute configuration, Organic Letters, Vol.10, No.6, 1247-1250, 2008.
69)M Sakuma, N Hayakawa, H Kato and Tsutomu Araki : Time dependent changes of striatal interneurons after focal cerebral ischemia in rats, Journal of Neural Transmission, Vol.115, No.3, 413-422, 2008.
70)Yoshifumi Ikee, Kana Hashimoto, Mai Kamino, Masaaki Nakashima, Kazuhiko Hayazhi, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of New Quinolone Antibiotics Utilizing Azetidine Derivatives Obtained from 1-Azabicyclo[1.1.0]butane, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.3, 346-356, 2008.
71)Yu Watanabe, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Protective action of neuronal nitric oxide synthase inhibitor in the MPTP mouse model of Parkinson's disease, Metabolic Brain Disease, Vol.23, No.1, 51-69, 2008.
72)Akihiro Iwahashi, Aoi Ishii, Naoshi Yamazaki, Mutsuru Hashimoto, Kazuto Okura, Masatoshi Kataoka, Eiji Majima, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Functionally important conserved length of C-terminal regions of yeast and bovine ADP/ATP carriers, identified by deletion mutants studies, and water accessibility of the amino acids at the C-terminal region of the yeast carrier., Mitochondrion, Vol.8, No.2, 196-204, 2008.
73)Tatsuhiro Ishida, S Kashima and Hiroshi Kiwada : The contribution of phagocytic activity of liver macrophages to the accelerated blood clearance (ABC) phenomenon of PEGylated liposomes in rats., Journal of Controlled Release, Vol.126, No.2, 162-165, 2008.
74)Naoto Kadoguchi, Masahiro Umeda, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Proteasome inhibitor does not enhance MPTP neurotoxicity in mice, Cellular and Molecular Neurobiology, Vol.28, No.7, 971-979, 2008.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Hideki Uchimi, Kumiko Sakamoto, Makoto Tani, Mikio Sasaki, Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman : Estimating potential risks of pharmaceuticals human fetuses by SimScore in a teratogenicity information sharing system, Drug Metabolism Reviews, Vol.39, No.suppl1, 207, 2007.
2)Aiko Yamauchi, Kumiko Sakamoto, Eiko Doolin Nakata, Makoto Tani, Mikio Sasaki and Hiroshi Chuman : Constructing a web-based drug-teratogenicity information sharing system, anzen-drug com, Drug Metabolism Reviews, Vol.39, No.suppl1, 316, 2007.
3)川添 和義, 水口 和生 : NSAIDSがアスピリンの抗血小板作用に与える影響の検討, 治療学, Vol.41, No.12, 95-98, 2007年.
4)佐久間 美央, 早川 夏美, 梅田 真洋, 松田 俊輔, 荒木 勉 : 一過性脳梗塞ラットモデルの梗塞中心部におけるインターニューロンの経時的変動, Phrama Medica, Vol.26, No.6, 125, 2008年.
5)池原 敏孝, 川添 和義, 山口 久雄, 木内 陽介, 宮本 博司 : 低浸透圧溶液中のウシ副腎髄質由来細胞の容積調節に及ぼす変動磁界の影響, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.17, No.1, 73-74, 2008年.
6)Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Naomi Nishioka, Shugo Tsuda, Kouji Itou and Akira Otaka : Development of stimulus-responsive amino acid with peptide bond-cleavage ability and its application to a nucleocytoplasmic shuttle peptide, Peptide Science 2007, Vol.2007, 97-98, 2008.

2007年度(平成19年度) / 学術レター

(なし)

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1)石田 竜弘 : デリバリーによる新たな創薬, 薬事日報, Vol.10368, 8, 2007年4月.
2)辻 大輔, 伊藤 孝司 : リソソーム病の分子病理と治療ターゲット, 生化学, Vol.79, No.7, 678-682, 2007年7月.
3)重永 章, 大髙 章 : Split and Pool法を用いたOne-bead, One-peptideライブラリーの構築とハイスループットスクリーニングへの展開, 蛋白質 核酸 酵素, Vol.52, No.13 Suppl, 1792-1793, 2007年10月.
4)石田 竜弘, 際田 弘志 : ポリマー修飾ナノ微粒子投与による免疫活性化に関する研究, 表面, Vol.45, No.10, 357-371, 2007年10月.
5)中馬 寛, 吉田 達貞 : 分子科学計算・シミュレーションと定量的構造活性相関, 医療ジャーナル, Vol.43, No.10, 2007年10月.
6)高石 喜久, Freddy A. Ramos, 田所 哲男, 竹内 実 : 玉葱皮に含まれる新規な抗菌・抗酸化化合物, New Food Industry, Vol.49, No.11, 1-8, 2007年11月.
7)Ichikawa Haruyo, Nakamura Yutaka, Yoshiki Kashiwada and Aggarwal B. Bharat : Anticancer Drugs Designed by Mother Nature: Ancient Drugs but Modern Targets, Current Pharmaceutical Design, Vol.13, No.33, 3400-3416, Nov. 2007.
8)高石 喜久 : 天然医薬品と健康食品, 四国医学雑誌, Vol.63, No.5,6, 164-169, 2007年12月.
9)竹内 政樹 : コンピューター制御による大気中ガス成分のOn-site無人測定, FIA研究懇談会誌, Vol.25, No.1, 85, 2008年.
10)石田 竜弘 : 腫瘍血管の構造変化がナノ粒子抗がん剤の効果を変化させる, ファルマシア, Vol.44, No.2, 168-169, 2008年2月.
11)石田 竜弘, 際田 弘志 : ポリエチレングリコール修飾リポソーム投与時に生ずるaccelerated blood clearance (ABC)現象, 薬学雑誌, Vol.128, No.2, 233-243, 2008年2月.
12)Hiroyuki Fukui : Progress in allergy signal research on mast cells: up-regulation of histamine signal-related gene expression in allergy model rats., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.106, No.3, 325-331, Mar. 2008.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1)Toshihiko Ooie, Masato Tanaka, Tomonori Nakahara, Shinji Hyodo, Yasuo Shinohara, Hidetoshi Miyashita and Yoshinobu Baba : Laser-controlled pico-injector for nano-biodevices, Proceedings of Laser Precision Microfabrication 2007 LPM2007, Wien, Apr. 2007.
2)Rei Kakuhata, Takenori Yamamoto, Masahiro Watanabe, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Yoshinobu Baba and Yasuo Shinohara : Possible utilization of synthetic mRNAs as standards for microarray analysis, Pre-Satellite Meeting of the 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC 2007) for and by Ph.D. students and postdoctoral fellows, Amsterdam, Apr. 2007.
3)Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Rei Kakuhata, Kazuaki Kajimoto, Fumiyo Kita, Naoshi Yamazaki, Yoshinobu Baba and Yasuo Shinohara : Synchronized changes in the transcript levels of the genes towards activated thermogenesis in brown adipose tissue induced by cold exposure of experimental animals, Pre-Satellite Meeting of the 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC 2007) for and by Ph.D. students and postdoctoral fellows, Amsterdam, Apr. 2007.
4)Akihiro Iwahasi, Naoshi Yamazaki, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Structural analysis of C-terminal region of mitochondrial ADP/ATP carrier by site-directed mutagenesis and chemical modifications, Pre-Satellite Meeting of the 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC 2007) for and by Ph.D. students and postdoctoral fellows, Amsterdam, Apr. 2007.
5)Taisuke Matsuo, Naoshi Yamazaki, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Kiwada, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka : Mutant coat proteins of Pf3 bacteriophage as models of membrane proteins and their interactions with lipid bilayer membrane, Pre-Satellite Meeting of the 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC 2007) for and by Ph.D. students and postdoctoral fellows, Amsterdam, Apr. 2007.
6)Hiroshi Chuman and Noriaki Okazaki : Link between Traditional QSAR and Molecular Simulation, Asia Hub for e-Drug Discovery Symposium 2007 (AHeDD2007), Shanghai, Apr. 2007.
7)Shinji Abe, Shimooka Yukie, Kujime Toshihide, Kazuhiko Teraoka, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi : A sinple method for prevention of adverse effects in double filtration plasmapheresis (DFPP), Pharmaceutical Sciences World Congress 2007, Amsterdam, Apr. 2007.
8)Junichi Morishige, Kenji Fukuzawa, Hideko Nagasawa, Hitoshi Hori and Akira Tokumura : Lysophosphatidic acid produced by lysophospholipase D in hen egg white induces blood vessel formation on hen chorioallantoic membrane, 3rd International Conference on phospholipase A2 and lipid mediators, Sorrento, May 2007.
9)Akira Tokumura, Emi Kuwahara, Junichi Morishige, Kenji Fukuzawa and Shuji Yamano : Physiological and pathophysiological roles of lysophosphatidic acid production by by lysophospholipase D in the reproductive system, 3rd International Conference on phospholipase A2 and lipid mediators, Sorrento, May 2007.
10)Hiroyuki Fukui : Suppression of histamine H1 receptor mRNA elevation in nasal mucosa of allergy model rats by prolonged pretreatment of antihistamines., XXXVI Annual Meeting of European Histamine Research Society, Florence, Italy, May 2007.
11)Hiromasa Yokoe, Hiroyuki Sasaki, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : Synthesis of Bioactive Sesquiterpene Lactones, The 19th French-Japanese Symposium on Medicinal and Fine Chemistry, Toyama, May 2007.
12)Tatsuhiro Ishida, T Tagami, M J Barichello, K Hirose, N Yamazaki, T Asai, N Oku and Hiroshi Kiwada : Argonaute2 (Ago2) gene silencing by liposomal transfection with siRNA for Ago2 induces apoptosis on HT1080 cells and HUVECs., American Society of Gene Therapy's 10th annual Meeting, Seattle USA, May 2007.
13)M J Barichello, Tatsuhiro Ishida, L L A Soares, S Kizuki, T Tagami, K Hirose, H Kobayashi, K Hashimoto, H Kikuchi and Hiroshi Kiwada : Agitation during siRNA-cationic liposomes (CL) complex formation is a key step to improve in vitro RNA interference by lipofection., American Society of Gene Therapy's 10th annual Meeting, Seattle USA, May 2007.
14)T Asai, Y Suzuki, S Matsushita, J Yokota, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Kiwada and N Oku : Development of antineovascular RNAi cancer therapy targeting to Argonaute 2., American Society of Gene Therapy's 10th annual Meeting, Seattle USA, May 2007.
15)Notari Luigi, Naokatu Arakaki, Mueller David, Amaral Juan and becerra S.P. : Interactions between pigment epithelium-derived factor (PEDF) and F-1/F-0 ATP synthase provide insights into its antiangiogenic mechanism, Experimental Biology Annual Meeting, Washington DC, Jun. 2007.
16)Toshitaka Ikehara, Yuki Minami, Shiota Naoko, Hisao Yamaguchi, Masayuki Shono, Mitsuo Kitamura, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : EFFECTS OF A TIME-VARYING MAGNETIC FIELD ON CELL VOLUME REGULATION OF CULTURED BOVINE ADRENAL CHROMAFFIN CELLS, Abstract Book The Bioelectromaginetics Society 29th Annual Meeting, 375-376, Kanazawa, Jun. 2007.
17)Daisuke Tsuji, Eri Kawashita, Yukari Higashine, Hiroko Yasuoka, Yukiko Hirose and Kouji Itou : Establishment of glial cell lines derived from Sandhoff disease model mice, Glyco-19, Cairns, Jul. 2007.
18)Kouji Itou, K Matsuoka, Daisuke Tsuji, S Aikawa, F Matsuzawa, H Akeboshi, Y Chiba, Y Jigami and H Sakuraba : Molecular design of superfunctional human b-hexosaminidase A forenzyme replacement therapy of Tay-Sachs disease and Sandhoff disease, Glyco-19, Cairns, Jul. 2007.
19)Nunuk Puwanti, Daisuke Tsuji, Azlina Ahmad, Mileva Ratko Karabasil, Chenjuan Yao, Tetsuya Akamatsu, Noriko Kanamori, Kouji Itou and Kazuo Hosoi : Alterations of AQP5, cellular markers of duct, and Sca-1 expression in the duct-ligated mouse submandibular gland, The 5th International Conference of Aquaporin, Nara, Jul. 2007.
20)Kita Toshiyuki, Nishida Hana, Naokatu Arakaki, Niimi Shingo, Hirofumi Shibata and Higuti Tomihiko : Role of cell surface of H+-ATP synthase on adipocytes ifferentiation, The 3rd Internatinal Congress on Polyphenols and Health (ICPH), Kyoto, Jul. 2007.
21)H Miyauchi, K Ichikawa, T Urakami, S Yonezawa, K Shimizu, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Kiwada, T Asai and N Oku : Antigen-conjugated liposomes enhanced hyposensitization immune therapy with extra-low doses., 34th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society, USA, Jul. 2007.
22)Kazunori Miyamoto, Norihiro Tada and Masahito Ochiai : Activated Iodosylbenzene Monomer as an Ozone Equivalent: Oxidative Cleavage of Carbon-Carbon Double Bonds in the Presence of Water, The 15th European Symposium on Organic Chemistry, Dublin, Ireland, Jul. 2007.
23)Lucie Hardou, M. Durandetti, J. Maddaluno and Kozo Shishido : Dearomatization by Conjugated Elimination, 14th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis, Nara, Aug. 2007.
24)Masahiro Yoshida, Maiko Hayashi and Kozo Shishido : Palladium-Catalyzed Diastereoselective Coupling of Propargylic Oxiranes with Terminal Alkynes, 14th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis, Nara, Aug. 2007.
25)Akira Yoshimura, Takeshi Mori, Yoshio Nishi, Masaya Hirobe and Masahito Ochiai : lambda3-Bromane-Induced Oxidative Condensation of Alkynes with Alcohols, The 8th International Conference on Heteroatom Chemistry, Riverside, USA, Aug. 2007.
26)Kazunori Miyamoto, Norihiro Tada and Kazunori Miyamoto : Activated Iodosylbenzene as an Environmentally Friendly Ozone Equivalent: Oxidative Cleavage of C-C Double Bonds in the Presence of Water, The 8th International Conference on Heteroatom Chemistry, Riverside, USA, Aug. 2007.
27)Kazunori Miyamoto, Norihiro Tada and Masahito Ochiai : Activated Iodosylbenzene as an Environmentally Friendly Ozone Equivalent: Oxidative Cleavage of C-C-Double Bonds in the Presence of Water, The 8th International Conference on Heteroatom Chemistry, Riverside, USA, Aug. 2007.
28)Takao Kaneaki, Norihiro Tada, Masahito Ochiai, Motoo Shiro and Satoko Hayashi : Synthesis and Characterization of Sulfonyl-lambda3-bromane that Serves as Nitrenoid at Room TEmperature under Meta-free Conditions, The 8th International Conference on Heteroatom Chemistry, Riverside, USA, Aug. 2007.
29)Norihiro Tada, Kentaro Murai, Satoru Goto and Masahito Ochiai : Aliphatic Bromonium Ylides. Synthesis, Characterization, and Reaction with Nucleophiles, The 8th International Conference on Heteroatom Chemistry, Riverside, USA, Aug. 2007.
30)Masaya Hirobe, Yoshio Nishi, Akira Yoshimura and Masahito Ochiai : Internal Delivery of Soft Chlorine and Bromine Atoms:Stereoselective Synthesis of (E)-beta-Halogenovinyl(aryl)-lambda3-iodanes through Domino Iodanation-1,4-Halogen Shift-Fluoronation of Alkynes, The 8th International Conference on Heteroatom Chemistry, Riverside, USA, Aug. 2007.
31)Hiroshi Chuman : Toward Basic Understanding of The Partition Coefficient Log P and Its Applications in QSAR, Fourth International Symposium on Computational Methods in Toxicology and Pharmacology Integrating Internet Resources (CMTPI-2007), Moscow, Sep. 2007.
32)Akira Otaka : Amide bond cleavage for the preparation of functional peptides, Roche Colorado Corporation Peptide Symposium, Colorado, USA, Colorado, Sep. 2007.
33)Koichiro Tsuchiya, Satoshi Iwanaga, Hideki Ohnishi, Yayoi Fukuhara, Chiaki Taoka, Soichiro Tajima, Yuya Horinouchi and Toshiaki Tamaki : In vivo and in vitro studies on NO formation from iron-quercetin-nitrite complexes, Second International Role of Nitrite in Physiology, Pathophysiology and Therapeutics Meeting, Bethesda, Maryland, Sep. 2007.
34)Hideji TANAKA : A Proposal of Multiplex Controlled Flow Ratiometry, The 14th International Conference on Flow Injection Analysis, Berlin, Sep. 2007.
35)Hideki Uchimi, Kumiko Sakamoto, Makoto Tani, Mikio Sasaki, Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman : Estimating potential risks of pharmaceuticals human fetuses by SimScore in a teratogenicity information sharing system, 8th INTERNATIONAL ISSX MEETING, Sendai, Oct. 2007.
36)Aiko Yamauchi, Kumiko Sakamoto, Eiko Doolin Nakata, Makoto Tani, Mikio Sasaki and Hiroshi Chuman : Constructing a web-based drug-teratogenicity information sharing system, anzen-drug com, 8th INTERNATIONAL ISSX MEETING, Sendai, Oct. 2007.
37)Taisuke Matsuo, Naoshi Yamazaki, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Kiwada, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka : Design, preparation and directional insertion of peptides into lipid bilayer membrane and heir application for the preparation of liposome of which surface could be coated by externally added antibody, International symposium on system cell engineering by multi-scale manipulation, Nagoya, Nov. 2007.
38)Maki Urushihara, Masanori Takamatsu, Maki Shimizu, Shuji Kondo, Akiko Kitamura, Yukiko Kinoshita, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Shoji Kagami : The role of extracellular signal regulated kinase 5 in the accumulation of collagen matrix in rat mesangioproliferative glomerulonephritis, 40th ASN annual meeting, San Francisco, CA, Nov. 2007.
39)Keisuke Ishizawa, Narantungalag Dorjsuren, Yuki Izawa-Ishizawa, Teppei Tsuneishi, Yuki Motobayashi, Hideki Ohnishi, Kunihisa Yamaguchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Inhibitory effects of olmesartan on TNF-α-induced cytotoxicity in human glomerular endothelial cells, 40th ASN annual meeting, San Francisco, Nov. 2007.
40)Bingcheng Yang, Masaki Takeuchi and Purnendu K Dasgupta : On-Line Gas-Free Electrodialytic Microscale Generator for Ionic Compounds, International Symposium on Flow-Based Analysis Vll, Chiang Mai, Dec. 2007.
41)Hideji TANAKA, Tursunjan Aydan, Ayumi Kitagawa, Masahiro Ono and Masaki Takeuchi : Application of Feedback-Based Flow Ratimetry to Simultaneous Determination of Calcium and Magnesium Ions by Chelatometry Using Photometric and Potentiometic Detectors, International Symposium on Flow-Based Analysis Vll, Chiang Mai, Dec. 2007.
42)Hideji TANAKA, Takuto Mima, Hitoshi Iida and Masaki Takeuchi : Application of Multiplex Controlled Flow Ratiometry for the Simultaneous Determination of Ferrous and Ferric Ions, International Symposium on Flow-Based Analysis Vll, Chiang Mai, Dec. 2007.
43)Takashi Kinoshita, Zsolt Lepp, Yuko Shiba, Yoshichika Kawai, Junji Terao and Hiroshi Chuman : Chemoinformatics and QSAR Study of Flavonoids, Tokyo, Dec. 2007.
44)Noriaki Okazaki, Takashi Kinoshita and Hiroshi Chuman : Model analysis of Fas signaling-induced apoptosis network by using the reaction network compiler React, Tokyo, Dec. 2007.
45)Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Hirotaka Nishisako, Natsuko Ise, Keisuke Ishizawa, Toshihide Kujime, Kazuhiko Teraoka, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi : Dosase adjustment and monitoring the side effects of the anticancer drug in Tokushima University Dental Hospital, 42nd ASHP Midyear Clinical Meeting & Exhibition, Las Vegas, Dec. 2007.
46)Hideji TANAKA, Mima Takuto, Iida Hitoshi and Takeuchi Masaki : Application of Multiplex Controlled Flow Ratiometry for the Simultaneous Determination of Ferrous and Ferric Ions, International Symposium on Flow-Based Analysis VII, Chiang Mai, Dec. 2007.
47)Hiroyuki Fukui : Histamine H1 receptor gene as an allergic disease-sensitive gene, 59th Indian Pharmaceutical Congress, Varanasi, India, Dec. 2007.
48)Toshitaka Ikehara, Nishisako Hirotaka, Shiraishi Tairoh, Hisao Yamaguchi, Masayuki Shono, Mitsuo Kitamura, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on bovine adrenal chromaffin cells., Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 117-118, Harbin, Jan. 2008.
49)Toshitaka Ikehara, Shiraishi Tairho, Nishisako Hirotaka, Hisao Yamaguchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : EFFECTS OF TIME-VARYING MAGNETIC FIELD ON REGULATORY VOLUME DECREASE IN BOVINE ADRENAL CHROMAFFIN CELLS, The Bioelectromagnetics Society 30th Annual Meeting, 368-369, San Diego, Jan. 2008.
50)Chung Keun Jin, Toshiaki Yamada, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of Dialkynyldiarylsilanes and Their Application Reactions, The Winter School of Sokendai/Asian CORE Program Frontiers of Materials, Photo-, and Theoretical Molecular Sciences, Okazaki, Jan. 2008.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1)根本 尚夫 : 簡便なone-pot三成分連結剤,Masked Acyl Cyanide反応剤, 第6回国際医療品原料・中間体展, 2007年4月.
2)頼光 翔, 黒川 ふみ, 池江 克文, 佐野 茂樹, 德村 彰, 福澤 健治 : 脂質酸化二次産物による血管内皮細胞障害およびビタミンEによる防御作用, 日本ビタミン学会第59回大会, 2007年5月.
3)辻 大輔, 川島 永子, 仲山 賢一, 河下 映里, 東根 ゆかり, 伊藤 孝司 : Sandhoff 病モデルマウス由来グリア細胞の単離・性質決定及び酵素補充効果, 第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月.
4)廣瀬 由記子, 辻 大輔, 安岡 寛子, 伊藤 孝司 : PTD融合タンパクの細胞内導入及び局在解析, 第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月.
5)松岡 和彦, 辻 大輔, 相川 聖一, 相川 史子, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : 糖鎖追加型変異導入に基くヒトb-Hexosaminidaseの高機能化, 第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月.
6)喜多 俊行, 西田 華, 新垣 尚捷, 柴田 洋文, 樋口 富彦 : ミトコンドリアのリモデリングの制御による脂肪細胞分化機能の調節機構の解明, 第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月.
7)田中 保, 堀内 剛, 平野 薫, 德村 彰, 盛重 純一, 小池 透, Mandi Murph, Gordon Mills, 里内 清 : 消化プロセスで生じる創傷治癒ホルモンリゾホスファチジン酸による消化管組織修復, 第48回日本脂質生化学会中国四国支部大会, 2007年5月.
8)石田 竜弘 : ポリマー修飾ナノ微粒子の組織・細胞反応性とバイオ応用に関する研究, 花王芸術・科学財団第9回助成研究発表会, 2007年5月.
9)重永 章, 辻 大輔, 津田 修吾, 伊藤 孝司, 大髙 章 : 刺激応答型アミノ酸を利用した核-細胞質シャトルペプチドの開発, 日本ケミカルバイオロジー研究会 第2回年会, 2007年5月.
10)伊崎 俊介, 山内 卓, 吉村 好之, 梅本 淳, 伊藤 孝司 : 大腸がん患者由来腫組織における糖タンパク質の糖鎖構造の変動, 第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月.
11)石田 竜弘 : PEG修飾リポソーム投与時に惹起される免疫反応に関する研究, 日本薬剤学会第22年会,奨励賞受賞講演, 2007年5月.
12)宮本 和範, 落合 正仁 : 高活性ヨードシルベンゼンモノマーを活用したオレフィンの酸化的開裂反応, 第五回次世代を担う有機化学シンポジウム, 2007年5月.
13)德村 彰 : 細胞外でリゾ脂質メディエーターを産生するリゾホスホリパーゼCとD, 第49回日本脂質生化学会, 2007年6月.
14)盛重 純一, 稲葉 真衣子, 落合 美緒, 吉岡 泰子, 福澤 健治, 德村 彰 : マウス繊維芽細胞のリゾホスホリパーゼDによるリゾホスファチジン酸産生, 第49回日本脂質生化学会, 2007年6月.
15)佐野 真純, 德村 彰, 土屋 浩一郎, 柴田 瑩, 福澤 健治 : 過酸化脂質の簡易比色定量法:発色成分 [キシレノールオレンジFe3+錯体ー膜ホスファチジルコリン] 複合体の性質, 日本過酸化脂質フリーラジカル学会第31回大会, 2007年6月.
16)柴田 洋文, 樋口 富彦 : アルキルガレートによる黄色ブドウ球菌エンテロトキシンの分泌阻害, 第55回日本化学療法学会総会, 2007年6月.
17)田岡 千明, 土屋 浩一郎, 神谷 昌樹, 根本 尚夫, 石澤 啓介, 山口 邦久, 滝口 祥令, 玉置 俊晃 : 水溶性Fenofibrate製剤の作成と中性脂肪低下作用の検討, 第111回 日本薬理学会近畿部会, 81, 2007年6月.
18)落合 正仁 : 超原子価臭素化学の夜明け, 北陸大学学術フロンティア・サテライトミーティング, 2007年6月.
19)Shrabanti Dev, Asish-K Das, 前山 一隆, 大利 隆行, 西田 清隆, 水口 博之, 小島 純, 福井 裕行 : 乳酸菌による鼻過敏症モデルラットのアレルギー疾患関連遺伝子発現抑制と花粉症患者の症状抑制, 第111回日本薬理学会近畿部会, 2007年6月.
20)植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性ポリペプチドの脂質二分子膜透過, 第1回日本生物物理学会四国支部大会講演要旨集, Vol.1, 6, 2007年6月.
21)柏田 良樹 : 天然物からエイズ治療薬開発を目指す:抗HIVリード探索とその化学的修飾, 第7回国際バイオフォーラム, 2007年6月.
22)伊藤 孝司 : 高機能型組換えリソソーム酵素の開発とリソソーム病の酵素補充療法への応用, 第6回国際バイオフォーラム, 2007年6月.
23)辻 大輔, 安岡 寛子, 廣瀬 由記子, 明星 裕美, 千葉 靖典, 地神 芳文, 伊藤 孝司 : メタノール資化性酵母由来糖鎖改変酵素のSandhoff病モデルマウス新生仔腹腔内投与に対する補充効果, 第27回日本糖質学会年会, 2007年7月.
24)兼松 誠, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : Bongkrekic Acid の合成研究, 第42回天然物談話会, 2007年7月.
25)宍戸 宏造 : スピロ構造を持つアレロケミカルの合成, 第42回天然物談話会, 2007年7月.
26)中村 敏己, 西迫 寛隆, 森 剛志, 田島 壮一郎, 梅田 貴文, 寺岡 和彦, 川添 和義, 水口 和生 : 全診療科を対象としたレジメン管理とチェックシステムの構築, 医療薬学フォーラム2007, 158, 2007年7月.
27)溝口 徹也, 伏谷 秀治, 鳥井 真由美, 下岡 幸恵, 森 剛志, 川添 和義, 水口 和生 : リネゾリド適応追加による抗MRSA薬使用状況の変化, 医療薬学フォーラム2007, 278, 2007年7月.
28)下岡 幸恵, 鳥井 真由美, 伏谷 秀治, 山口 治隆, 阿部 真治, 川添 和義, 西村 匡司, 水口 和生 : 腎機能障害患者におけるテイコプラニン連日投与方法に関する検討, TDM研究, Vol.24, No.3, s123, 2007年7月.
29)田中 保, 堀内 剛, 平野 薫, 菊田 安至, 里内 清, 德村 彰, 盛重 純一, Mandi Murph, Gordon Mills, 小池 透 : 食品に含まれる創傷治癒ホルモン·リゾホスファチジン酸, 日本脂質栄養学会第16回大会, 2007年8月.
30)植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性ポリペプチドの脂質二分子膜透過, 第4回「ナノトキシコロジーアセスと微粒子・ナノチューブのバイオ応用」研究会 講演要旨集, Vol.4, No.1, 2007年8月.
31)伊藤 孝司, 松岡 和彦, 安岡 寛子, 辻 大輔, 相川 聖一, 松澤 史子, 桜庭 均, 明星 裕美, 千葉 靖典, 地神 芳文 : Tay-Sachs病およびSandhoff病の酵素補充療法への応用を目指した高機能化ヒトβ-ヘキソサミニダーゼの発現, 第27回日本糖質学会年会, 2007年8月.
32)明星 裕美, 笠原 由子, 安岡 寛子, 伊藤 孝司, 桜庭 均, 千葉 靖典, 地神 芳文 : メタノール資化性酵母Ogataea minutaにおける高リン酸化型糖鎖含有HexAの産生, 第27回日本糖質学会年会, 2007年8月.
33)山内 あい子 : 薬食相互作用から健康食品を考える, 第235回徳島医学会学術集会シンポジウム講演, 2007年8月.
34)プルワンティ ヌヌク, Daisuke Tsuji, アズリナ アハマド, カラバシル ミレーバ, Chenjuan Yao, Takahiro Hasegawa, Tetsuya Akamatsu, Kouji Itou and Kazuo Hosoi : Transient increase in IL-6 by duct ligation leading to continuous elevation of Sca-1, a stem cells marker, in the mouse submandibular gland, 第49回歯科基礎医学会学術大会, Aug. 2007.
35)黒田 若奈, 秦野 昌弥, 宮本 裕子, 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 : ヒスタミンH1受容体拮抗薬の初期療法による鼻粘膜H1受容体,IL-4遺伝子発現の抑制:TDIモデル動物による研究, 第46回日本鼻科学会, 2007年9月.
36)福井 裕行, 小島 純, 前山 一隆 : 鼻過敏症モデルラット鼻粘膜におけるアレルギー疾患関連遺伝子発現亢進及び鼻炎症状に対する乳酸菌の抑制作用, 第24回和漢医薬学会, 2007年9月.
37)兼松 誠, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : アポトーシス阻害活性天然物Bongkrekic Acid の合成研究, 第24回有機合成化学セミナー, 2007年9月.
38)吉田 昌裕, Mohammad Al-Amin, 宍戸 宏造 : Total Syntheses of (±)-Phomllenic acids B and C, 第24回有機合成化学セミナー, 2007年9月.
39)湊 拓也, 沖津 宏, 田中 麻美, 山村 陽子, 片山 和久, 木村 秀, 坂田 章聖, 山下 理子, 藤井 義幸, 丹黒 章, 伊藤 孝司, 伊崎 俊介, 高野 正志 : TS-1の術前2週投与によりほぼCRがえられた進行胃癌の1症例, 第82回中国四国外科学会総会, 2007年9月.
40)金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林 : Chloranthus spicataの成分研究, 日本生薬学会第54年会, 2007年9月.
41)鈴木 恭子, 岡坂 衛, 柏田 良樹, 高石 喜久, Kodzhimatov K. Olimjon, Ashurmetov Ozodbek, 本多 義昭, 伊藤 美千穂 : ウズベキスタン産薬用植物Ferula variaの成分研究(2), 日本生薬学会第54年会, 2007年9月.
42)橋田 和佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久 : Hypericum ascyronの成分研究(3), 日本生薬学会第54年会, 2007年9月.
43)柏田 良樹, 柴田 洋文, 樋口 富彦, 高石 喜久 : エラグ酸誘導体の抗菌活性について, 日本生薬学会第54年会, 2007年9月.
44)柏田 良樹, 高石 喜久, 柴田 洋文, 樋口 富彦, 黒川 昌彦 : エラグ酸誘導体の抗MRSA活性及び抗HSV活性, 第52回日本ブドウ球菌研究会要旨集, 2007年9月.
45)岡坂 衛, 柴田 洋文, 樋口 富彦, 武田 美雄, 伊藤 美千穂, 本多 義昭, Kozhimrov K. Olimjon, Ashurmetov Ozodbek, 高石 喜久 : ウズベキスタン産薬用植物Calligomum leucocladumより得られたアイルスマー(MRSAに対するβ-ラクタム剤感受性増強薬)について, 第52回日本ブドウ球菌研究会要旨集, 2007年9月.
46)中野 達朗, 柴田 洋文, 岡坂 衛, 村上 光太郎, 高石 喜久, 樋口 富彦 : MRSAをはじめとする薬剤耐性菌に対する生薬由来の抗菌活性成分の探索, 第52回日本ブドウ球菌研究会要旨集, 2007年9月.
47)MAK Anowar Khasru Parvez Md., Hirofumi Shibata, T Nakano, N Eguchi, H Aoi, Y Itoh and Tomihiko Higuti : Action mechanism of ILSMRs in MRSA, 第52回ブドウ球菌研究会, Sep. 2007.
48)中野 達朗, 柴田 洋文, 岡坂 衛, 村上 光太郎, 高石 喜久, 樋口 富彦 : MRSAをはじめとする薬剤耐性菌に対する生薬由来の抗菌活性成分の探索, 第52回ブドウ球菌研究会, 2007年9月.
49)石田 竜弘 : リポソームDDSによる体内動態制御に基づく創薬・育薬の試み, Bio Japan2007, World Buisiness Forum, 2007年9月.
50)吉田 麻衣, 坂和 園子, 阿部 覚, 木原 勝, 内藤 真策, 山内 あい子 : 注射用セフェム系抗生物質のラット脳脊髄腔液移行性評価, 第17回日本医療薬学会年会, 2007年9月.
51)坂東 志津子, 増冨 直子, 末田 芳裕, 藤本 浩之, 堀 正二, 高橋 正志, 曽田 高広, 吉井 清治, 山内 あい子 : 地域保険薬局における定期来局患者および処方箋調剤に関する実態調査とファーマシューティカル・ケアの実践, 第17回日本医療薬学会年会, 2007年9月.
52)中井 香, 日比野 有紀, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 : 薬物のヒト胎盤通過性に関する構造活性相関解析と妊婦に処方された医薬品の胎児移行性評価, 第17回日本医療薬学会年会, 2007年9月.
53)西迫 寛隆, 中村 敏己, 三木 幸代, 山口 美代子, 森 剛志, 梅田 貴文, 東 満美, 寺岡 和彦, 川添 和義, 水口 和生 : 外来がん化学療法における副作用の集積・解析に基づいたレジメン別パンフレットの改善, 第17回 日本医療薬学会年会, 2007年9月.
54)東 満美, 日野出 晴美, 柏田 良樹, 吉田 昌裕, 山﨑 尚志, 土屋 浩一郎, 山内 あい子, 柴田 洋文, 新垣 尚捷, 滝口 祥令, 荒木 勉, 吉村 好之, 姫田 敏樹, 石田 竜弘, 辻 大輔, 木原 勝 : 徳島大学薬学部OSCEトライアル実施体制の確立と検証, 第17回 日本医療薬学会年会, 2007年9月.
55)小田 奈央子, 村田 武史, 植野 哲, 嶋林 三郎 : ヒドロキシアパタイト・水界面におけるアルキルリン酸関与の有機化合物界面複合体形成, 第17回無機リン化学討論会講演要旨集(October 2007,札幌), Vol.17, No.1, 2007年10月.
56)Masashi Takano, Shunsuke Izaki, Yoshiyuki Yoshimura, Atsushi Umemoto, Hiroshi Okitsu, Yoko Yamamura, Takuya Minato and Kouji Itou : Significant decrease of gastrokine-1 expression in gastric tissues derived from patients with gastric adenocarcinoma, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, Oct. 2007.
57)Shunsuke Izaki, Masashi Takano, Yoshiyuki Yoshimura, Atsushi Umemoto, Hiroshi Okitsu, Yoko Yamamura, Takuya Minato and Kouji Itou : Proteomic evaluation of neo-adjuvant S-1 chemotherapy for colorectal cancer patients, 66th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, Oct. 2007.
58)Noriaki Okazaki, Takashi Kinoshita and Hiroshi Chuman : Kinetic Analysis of Fas Signaling-Induced Apoptosis Network, CBI学会2007年大会, Oct. 2007.
59)Tatsusada Yoshida, Kenji Yamagishi and Hiroshi Chuman : QSAR Study of Cyclic Urea Type HIV-1 PR Inhibitors Using Ab Initio MO Calculation of Their Complex Structures with HIV-1PR, CBI学会2007年大会, Oct. 2007.
60)Takashi Kinoshita, Zsolt Lepp, Yoshichika Kawai, Junji Terao and Hiroshi Chuman : An Integrated Database of Flavonoides, CBI学会2007年大会, Oct. 2007.
61)根本 尚夫 : DDS材料に利用可能な先端有機合成技術 =独自開発の反応剤=, 日油株式会社DDS研究所セミナー, 2007年10月.
62)中野 達朗, 柴田 洋文, 樋口 富彦 : MRSAに対するオクチルガレートのβ-ラクタム剤感受性増強効果の短鎖アルキルガレートによる増強作用, 第60回日本細菌学会中国四国支部総会, 2007年10月.
63)柴田 洋文, 樋口 富彦 : アルキルガレートによるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌のβ‐ラクタム剤感受性増強メカニズムの解析, 第55回日本化学療法学会西日本支部総会, 2007年10月.
64)中尾 允泰, 竹安 正範, 中野 沙織, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 光学活性ジケトピペラジンの合成とα-アミノ酸誘導体の新規絶対配置決定法の開発, 第33回反応と合成の進歩シンポジウム, 2007年11月.
65)山下 大輔, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 2-アシル-2-ホスホノ酢酸エステルの合成とタンデム型還元-オレフィン化反応, 第46回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2007年11月.
66)中尾 允泰, 竹安 正範, 中野 沙織, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 1H NMRを活用するα-アミノ酸誘導体の新規絶対配置決定法の開発, 第46回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2007年11月.
67)重永 章, 辻 大輔, 西岡 直美, 津田 修吾, 伊藤 孝司, 大髙 章 : ペプチド結合切断能を有する刺激応答型アミノ酸の開発と核-細胞質シャトルペプチドへの展開, 第33回反応と合成の進歩シンポジウム, 2007年11月.
68)津田 修吾, 前田 奈美, 西岡 直美, 重永 章, 大髙 章 : 機能性ペプチドの創製を目指したアミド結合切断法の開発, 第46回日本薬学会病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2007年11月.
69)八巻 陽子, 住川 栄健, 重永 章, 大髙 章 : N-ヘテロサイクリックカルベンを利用したフルオロアルケンイソスターの合成, 第46回日本薬学会病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2007年11月.
70)山口 圭子, 辻 貴志, 佐々木 義一, 重永 章, 大髙 章 : 有機銅試薬を用いたSN2'型アリル化反応の開発とプロリン型ジペプチドイソスターの合成, 第46回日本薬学会病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2007年11月.
71)佐藤 豪, 梅原 隼人, 水川 奈己, 堀井 新, 宇野 敦彦, 北村 嘉章, 関根 和教, 田村 公一, 福井 裕行, 武田 憲昭 : 過重力刺激がラットの脳内のヒスタミンH1受容体遺伝子発現に及ぼす影響, 第66回めまい平衡医学会, 2007年11月.
72)福井 裕行 : 抗ヒスタミン薬によるヒスチジン脱炭酸酵素遺伝子発現抑制を介する新規治療戦略, 第57回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2007年11月.
73)吉田 昌裕, 小泉 浩司, 芥川 隆, 井原 正隆, 宍戸 宏造 : パラジウム触媒を用いたα-置換ケトンの位置選択的α-アルケニル化反応の開発, 第33回反応と合成の進歩シンポジウム, 2007年11月.
74)Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Nishioka Naomi, Tsuda Shugo, Kouji Itou and Akira Otaka : Development of stimulus-responsive amino acid with peptide bond-cleavage ability and its application to a nucleocytoplasmic shuttle peptide, 第44回ペプチド討論会, Nov. 2007.
75)水野 智, 植野 哲, 嶋林 三郎 : 水中におけるアスピリンとグルコース系高分子との相互作用, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知)講演要旨集, Vol.46, No.1, 2007年11月.
76)谷河 佑城, 植野 哲, 嶋林 三郎 : Polyplexの構造と物性に及ぼすPoly-L-lysine分子量の依存性, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知)講演要旨集, Vol.46, No.1, 2007年11月.
77)金久 祥史, 植野 哲, 嶋林 三郎 : プルロニックによるメチルイエローの特異的な可溶化, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知)講演要旨集, Vol.46, No.1, 2007年11月.
78)浦辻 直幸, 植野 哲, 嶋林 三郎 : 遺伝子導入ベクターとしてのLiposomeの構造,性質の変化に及ぼす電荷比の影響, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知)講演要旨集, Vol.46, No.1, 2007年11月.
79)松下 知世, Shrabanti Dev, Asish-K Das, 前山 一隆, 大利 隆行, 西田 清隆, 水口 博之, 小嶋 純, 福井 裕行 : 乳酸菌を用いた鼻過敏症モデルラットのアレルギー疾患関連遺伝子発現抑制効果およびアレルギー性鼻炎患者の症状抑制効果の検討, 第46回日本薬学会・日本病院薬剤師会・日本薬剤師会中国四国学術大会, 2007年11月.
80)西迫 寛隆, 池原 敏孝, 川添 和義, 水口 和生 : ウシ副腎髄質クロマフィン細胞におけるアクチンと細胞容積調節機能に及ぼす変動磁界の影響, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 119, 2007年11月.
81)阿部 真治, 木宿 昌俊, 西岡 安彦, 中村 敏己, 西迫 寛隆, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 曽根 三郎, 水口 和生 : 肺癌に対する腫瘍特異的免疫療法の検討, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 148, 2007年11月.
82)道倉 亜実, 阿部 真治, 沼田 ちえ, 田中 麻衣, 坂東 美和, 細井 英司, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 : ヒト血小板機能に及ぼす抗てんかん剤の影響, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 158, 2007年11月.
83)橋田 和佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久 : Hypericum ascyronの成分研究 (4), 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会要旨集, 2007年11月.
84)西村 和也, 鎌倉 孝法, 柏田 良樹, 高石 喜久, 柴田 洋文, 樋口 富彦 : 白コショウ(Piper nigrum)の成分研究, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会要旨集, 2007年11月.
85)阿部 有里子, 柏田 良樹, 高石 喜久 : 青ジソ根部の有効利用に関する研究, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会要旨集, -, 2007年11月.
86)伏谷 秀治, 柴田 洋文, 青井 博志, 鳥井 真由美, 川添 和義, 水口 和生 : 徳大病院における耐性乳酸菌製剤の使用状況, 第46回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2007年11月.
87)石塚 洋, 西谷 典子, 柴田 洋文, 新見 伸吾, 川添 和義, 水口 和生, 樋口 富彦 : 緑膿菌の侵襲性を指標とした新規抗菌活性物質探索スクリーニングシステムの構築, 第46回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2007年11月.
88)青井 博志, 森吉 雅代, 柴田 洋文, 樋口 富彦 : アルキルガレートによる黄色ブドウ球菌エンテロトキシンの分泌阻害, 第46回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2007年11月.
89)川添 和義, 水口 和生, 苛原 稔 : 健康食品,漢方薬,そして薬, --- 「補完代替医療・おくすり相談室」の事例から学ぶこと ---, 第46回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 31, 2007年11月.
90)横山 宏典, 荒木 勉, 渡邉 悠, 高木 翔, 矢野 遼平 : MPTP誘発パーキンソン病モデルマウスに対する各種薬剤の効果, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, Vol.10B11-40, 77, 2007年11月.
91)辻 大輔, 松岡 和彦, 河下 映里, 余田 英士, 伊藤 孝司 : Sandhoff病モデルマウス由来グリア細胞株の樹立, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会 日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2007年11月.
92)田口 雅浩, 辻 大輔, 相川 聖一, 松澤 史子, 伊藤 孝司 : ヒトシアリダーゼ遺伝子の相同性を利用した酵素機能改変, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会 日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2007年11月.
93)吉田 昌裕, 中谷 晃司, 宍戸 宏造 : Radulanin類の合成研究, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2007年11月.
94)吉田 昌裕, 樋口 真理子, 宍戸 宏造 : パラジウム触媒を用いたプロパルギル化合物の連続反応:置換テトラヒドロフラノンの立体選択的合成, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2007年11月.
95)根本 尚夫 : 簡便なワンポット3成分連結剤, ナノバイオExpo2008, 2007年11月.
96)西岡 大貴, 近藤 崇泰, 寺尾 直也, 中馬 寛 : チトクロームP450の基質および阻害剤選択性の情報科学的方法による予測, 第35回構造活性相関シンポジウム, 2007年11月.
97)糸川 大祐, 山内 あい子, 中馬 寛 : アゾール系化合物のCYP2B/3Aとの結合および酵素活性阻害様式の解析 (2), 第35回構造活性相関シンポジウム, 2007年11月.
98)福島 淳治, 吉田 達貞, 橋爪 清華, 中馬 寛 : 炭酸脱水酵素-ベンゼンスルホンアミド阻害剤複合体の非経験的分子軌道法を用いた相互作用解析とQSAR, 第35回構造活性相関シンポジウム, 2007年11月.
99)吉田 麻衣, 坂和 園子, 阿部 覚, 木原 勝, 内藤 真策, 山内 あい子 : セフェム系抗生物質のラット脳脊髄腔液移行性に関するQSAR解析, 第35回構造活性相関シンポジウム, 2007年11月.
100)竹崎 俊晶, 小林 進一, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 : IARC 分類に基づく発癌性化合物の解析とSupport Vector Machine によるヒト発癌性予測, 第35回構造活性相関シンポジウム, 2007年11月.
101)櫻庭 均, 吉永 美智留, 田島 陽一, 松澤 史子, 相川 聖一, 岩本 邦彦, 小林 俊秀, Tim Edmunds, 伊藤 孝司 : 組換えヒト酸性α-グルコシダーゼとその基質アナログとの分子間相互作用, 第49回日本先天代謝異常学会, 2007年11月.
102)宮本 裕子, 黒田 若奈, 水口 博之, 藤本 勝巳, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 細胞依存的ヒスタミンH1受容体遺伝子発現の経時変化, 第112回日本薬理学会 近畿部会, 2007年11月.
103)梅原 隼人, 水川 奈己, 佐藤 豪, 水口 博之, 森川 吉博, 仙波 恵美子, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 食餌制限による視床下部c-Fos発現調節, 第112回日本薬理学会 近畿部会, 2007年11月.
104)坂本 典子, 山脇 洋輔, 水口 博之, 堀尾 修平, 藤本 勝巳, 福井 裕行 : ヒトヒスタミンH1受容体遺伝子発現調節機構の解明, 第112回日本薬理学会近畿部会, 2007年11月.
105)川添 和義, 川内 陽子, 伏谷 秀治, 森川 富昭, 岡田 達也, 森口 博基, 水口 和生 : ホームページを利用したオンデマンド型院内医薬品情報配信システムの構築と評価, 第27回 医療情報学連合大会論文集, 1142-1143, 2007年11月.
106)山本 武範, 山田 安希子, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : シトクロムcと伴にミトコンドリアから放出されるタンパク質のプロテオーム解析, 第29回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2007年11月.
107)河添 仁, 高岡 恭子, 阿部 真博, 柴田 洋文, 新垣 尚捷, 樋口 富彦, 芳地 一, 土屋 浩一郎, 滝口 祥令 : ニューキノロン系抗菌薬と金属カチオンの相互作用を利用した腸内殺菌療法, 第28回日本臨床薬理学会年会, 2007年11月.
108)福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体刺激によるヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進機構, 第35回薬物活性シンポジウム, 2007年11月.
109)山村 陽子, 沖津 宏, 湊 拓也, 片山 和久, 田中 麻美, 石倉 久, 一森 敏弘, 木村 秀, 阪田 章聖, 高野 正志, 伊藤 孝司 : TS-1(100mg/日)の術前2週間投与によりリンパ節転移が消失した進行胃癌の1切除例, 第69回日本臨床外科学会総会, 2007年11月.
110)德村 彰, 稲葉 真衣子, 平良 智, 盛重 純一 : リゾホスホリパーゼDにより産生するリゾホスファチジン酸の細胞膜分布と移行, 第80回日本生化学会, 2007年12月.
111)盛重 純一, 吉岡 泰子, 堀 均, 德村 彰 : ニワトリ初期胚の血管系形成における卵白リゾホスファチジン酸の生理的役割, 第80回日本生化学会, 2007年12月.
112)遠藤 智子, 濱 弘太郎, 金井 求, 松木 則夫, 柴崎 正勝, 德村 彰, Chun Jerold, 新井 洋由, 青木 淳賢 : リゾホスファチジン酸受容体LPA3の新規生理機能の探索, 第80回日本生化学会, 2007年12月.
113)唐沢 健, 渋谷 恵理, 御厨 理沙子, 原田 史子, 佐藤 典子, 横山 和明, 菊地 真樹, 盛重 純一, 德村 彰, 井上 圭三 : 刺激ヒト赤血球において産生される血小板活性化因子(PAF)および関連脂質の解析, 第80回日本生化学会, 2007年12月.
114)Toshihiko Tsutsumi, Mika Adachi and Akira Tokumura : Metabolism and internalization of lysophosphatidylcholine in kidney epithelial cells, 第80回日本生化学会, Dec. 2007.
115)田中 麻衣, 板東 美和, 細井 英司, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一 : ヒト血小板機能に及ぼすバルプロ酸ナトリウムの影響, 第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
116)新垣 尚捷 : - -, 産学共同シーズイノベーション化事業 JST Innovation Bridge ∼ナノテク・材料・機械分野,医薬・バイオ・環境分野∼, 2007年12月.
117)石井 葵, 山本 武範, 松尾 泰佑, 山﨑 尚志, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 寒冷暴露した褐色脂肪組織におけるHFABPの免疫学的解析, 第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
118)角幡 玲, 渡邊 政博, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 大家 利彦, 馬場 嘉信, 堀 友繁, 篠原 康雄 : マイクロアレイのデータの規格化,標準化に向けた試み(2), 第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
119)森 千尋, 渡邊 政博, 岡田 直人, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : 脂肪組織に特異的に発現している機能未知遺伝子の同定とそのキャラクタリゼーション, 第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
120)渡邊 政博, 山本 武範, 角幡 玲, 岡田 直人, 梶本 和昭, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 馬場 嘉信, 玉置 俊晃, 篠原 康雄 : 褐色脂肪組織の機能亢進に関与する新規因子の探索, 第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
121)岩橋 晶洋, 山﨑 尚志, 篠原 康雄 : ミトコンドリアADP/ATP透過担体のC末端領域の構造及び機能の解析, 第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
122)吉村 勇哉, 山本 武範, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 呼吸基質非存在下においてミトコンドリアに誘導される透過性遷移の解析, 第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
123)中谷 極, 山本 武範, 松尾 泰佑, 山﨑 尚志, 寺田 弘, 篠原 康雄 : プロテオミクス解析による新規ミトコンドリア溶質輸送担体の探索, 第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
124)坂東 志津子, 増冨 直子, 藤本 浩之, 堀 正二, 高橋 正志, 曽田 高広, 吉井 清治, 山内 あい子 : 地域保険薬局における効果的なファーマシューティカル・ケアの実践:定期来局患者および処方箋調剤に関する実態調査とその解析, 第25回徳島大学卒後教育公開講座, 2007年12月.
125)植村 紘子, 村上 貴子, 堀田 理文, 木原 勝, 山内 あい子 : 妊娠・授乳期の漢方薬療法に関する完全性情報データベース, 第25回徳島大学卒後教育公開講座, 2007年12月.
126)中井 香, 日比野 有紀, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 : 情報科学的手法を用いた医薬品の胎児移行性評価, 第25回徳島大学卒後教育公開講座, 2007年12月.
127)阿部 覚, 吉田 麻衣, 坂和 園子, 木原 勝, 山内 あい子, 内藤 真策 : QSAR解析によるセフェム系抗生物質のラット脳脊髄腔液移行性評価, 第25回徳島大学卒後教育公開講座, 2007年12月.
128)菊野 裕介, 坂本 久美子, 内見 秀樹, 木原 勝, 山内 あい子 : ヒト胎児毒性既知化合物の情報化学的分類, 第25回徳島大学卒後教育公開講座, 2007年12月.
129)森 剛志, 中村 敏己, 西迫 寛隆, 三木 幸代, 山口 美代子, 梅田 貴文, 東 満美, 寺岡 和彦, 川添 和義, 水口 和生 : 外来がん化学療法における副作用の集積・解析・フィードバック, 第25回 徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2007年12月.
130)日野出 晴美, 菊石 美也子, 東 満美 : 徳島大学薬学部におけるOSCE実施体制検証と評価に関する考察, 第25回 徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2007年12月.
131)河野 美代, 原田 恵, 佐藤 裕子, 東 満美 : 医薬品の保管方法と服薬指導に関する検討, 第25回 徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2007年12月.
132)山内 あい子 : 社会にも家庭にも活かしたい理系女性の科学的視点, 徳島県医師会女性医師部会講演会「生涯いかそう,あなたの才能とキャリア」, 2007年12月.
133)東根 ゆかり, 辻 大輔, 宮崎 絵梨, 澤田 誠, 伊藤 孝司 : 血液脳関門を構成する細胞由来液性因子のミクログリアに与える影響, 第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
134)水口 博之, 坂本 典子, 山脇 洋輔, 藤本 勝巳, 福井 裕行 : ヒトヒスタミンH1受容体遺伝子発現調節機構の解明, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
135)藤島 加織, 辻 大輔, 田島 陽一, 桜庭 均, 伊藤 孝司 : リソソーム病におけるシアル酸トランスポーターsialin及びN-glycolyl型GM2の発現解析, 第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
136)川島 永子, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 仲山 賢一 : GM2ガングリオシドーシス由来アストロサイトの異常増殖メカニズムの解明, 第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
137)辻 大輔, 広瀬 由記子, 安岡 寛子, 二木 史朗, 伊藤 孝司 : オリゴアルギニンペプチド融合タンパクの細胞内導入機構解析, 第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
138)伊崎 俊介, 山内 卓, 吉村 好之, 梅本 淳, 伊藤 孝司 : レクチンブロッティングによる大腸がん患者由来組織における糖タンパク質の糖鎖構造解析, 第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
139)河下 映里, 辻 大輔, 川島 永子, 仲山 賢一, 伊藤 孝司 : Sandhoff病モデルマウス由来ミクログリアにおけるMIP-1α生産誘導メカニズムの解析, 第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
140)山﨑 尚志, 佐藤 裕一, 篠原 康雄 : Characterization of a Novel Protein from Rat Brown Adipose Tissue, Containing DH, BAR, and SH3 Domains., 第30回日本分子生物学会・第80回日本生化学会合同大会, 2007年12月.
141)広瀬 由記子, 辻 大輔, 安岡 寛子, 二木 史朗, 伊藤 孝司 : オリゴアルギニンペプチド融合タンパクの細胞内局在解析, 第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
142)松岡 和彦, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 明星 裕美, 千葉 靖典, 地神 芳文, 土居 洋文, 相川 聖一, 松澤 史子, 桜庭 均 : in silicoデザインに基く組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼの高機能化, 第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
143)明星 裕美, 千葉 靖典, 笠原 由子, 八木 絵美, 安岡 寛子, 伊藤 孝司, 桜庭 均, 地神 芳文 : メタノール資化生酵母Ogataea minutaによる高リン酸型糖鎖含有リソソーム酵素の生産, 第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
144)安岡 寛子, 辻 大輔, 広瀬 由記子, 明星 裕美, 千葉 靖典, 地神 芳文, 二木 史朗, 桜庭 均, 伊藤 孝司 : Cell penetrating peptideを用いたヒトβ-ヘキソサミニダーゼの細胞内補充効果の検討, 第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
145)松下 知世, Shrabanti Dev, Asish-K Das, 前山 一隆, 大利 隆行, 西田 清隆, 水口 博之, 小嶋 純, 福井 裕行 : 乳酸菌によるアレルギー性鼻炎改善作用, 第11回日本ヒスタミン学会, 2007年12月.
146)石田 竜弘 : 抗がん剤含有新生血管標的ナノキャリアの開発とその腫瘍休眠療法への展開, とくしま健康・医療クラスター創成フォーラム2008, 2008年1月.
147)伊藤 孝司 : Sandhoff病モデルマウスの中枢神経系への組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼの補充効果, JST第二回糖鎖全体会議, 2008年1月.
148)辻 大輔, 安岡 寛子, 松岡 和彦, 広瀬 由記子, 明星 裕美, 笠原 由子, 千葉 靖典, 地神 芳文, 二木 史朗, 桜庭 均, 伊藤 孝司 : Sandhoff病モデルマウスに対する組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼの脳内補充効果, JST第二回糖鎖全体会議, 2008年1月.
149)石田 竜弘 : リポソームを基盤としたDDSの開発研究∼効果増強と安全性の観点から∼, 第三回DDS熊本シンポジウム, 2008年2月.
150)福井 裕行 : ヒスタミン受容体とアレルギー疾患, 第26回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2008年2月.
151)黒田 若奈, 宮本 裕子, 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 : ロイコトリエン受容体拮抗薬のTDIによるラット鼻粘膜H1受容体up-regulationに対する効果, 第26回日本耳鼻咽喉科学会免疫アレルギー学会, 2008年2月.
152)湊 拓也, 沖津 宏, 田中 麻美, 山村 陽子, 片山 和久, 木村 秀, 坂田 章聖, 山下 理子, 藤井 義幸, 丹黒 章, 伊藤 孝司, 伊崎 俊介, 高野 正志 : TS-1の術前2週投与により著効がえられた進行胃癌の2症例, 第80回日本胃癌学会総会, 2008年2月.
153)中尾 允泰, 竹安 正範, 中野 沙織, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ジケトピペラジン構造を基盤とするα-アミノ酸の新規絶対配置決定法の開発研究(2), 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
154)市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : カルボジイミド型脱水縮合剤を用いる脱共役エステル化反応, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
155)上野 麻衣, 池江 克文, 橋本 佳奈, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : アンギバクチンの全合成研究, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
156)田中 保 : 消化プロセスで生じる創傷治癒ホルモンに基づいた抗胃腸傷害食の設計, 第4回農芸化学研究企画賞受賞者中間報告会, 講演要旨集, 3, 2008年3月.
157)松尾 泰佑, 山﨑 尚志, 新山 加菜美, 山本 武範, 石田 竜弘, 際田 弘志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : タグを付加したPf3 coat protein変異体の調製およびリポソームとの相互作用の解析, 2008年3月.
158)喜多 俊行, 西田 華, 新垣 尚捷, 柴田 洋文, 樋口 富彦 : ミトコンドリアリモデリングの制 御による脂肪細胞分化機能の調節機構の解明, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
159)喜多 俊行, 西田 華, 新垣 尚捷 : ミトコンドリアリモデリングの制御による脂肪細胞分化機能の調節機構の解, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
160)梅原 隼人, 水川 奈己, 佐藤 豪, 水口 博之, 森川 吉博, 仙波 恵美子, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 食餌剥奪による視床下部c-Fos発現亢進, 第17回神経行動薬理若手研究者の集い, 2008年3月.
161)水口 博之, 坂本 典子, 山脇 洋輔, 堀尾 修平, 藤本 勝巳, 福井 裕行 : PMA-induced transcription of histamine H1 receptor gene in HeLa cells is controlled by multiple transcription factors., 第81回日本薬理学会年会, 2008年3月.
162)伊藤 孝司 : 糖鎖機能を利用した組換えリソソーム酵素の脳内補充療法開発, 第1回KSGCシンポジウム「糖鎖医学の曙光」, 2008年3月.
163)黒田 若奈, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 : ロイコトリエン受容体拮抗薬のTDIによるラット鼻粘膜H1受容体up-reglationに対する効果:鼻過敏症モデル動物を用いた研究, 日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会第65回学術講演会, 2008年3月.
164)MAK Parvez, Hirofumi Shibata and Tomihiko Higuti : No relationship exists between PBP 2a amounts expressed in MRSA and -lactams MIC-values, 第81回日本細菌学会総会, Mar. 2008.
165)青井 博志, 柴田 洋文, 樋口 富彦 : 短鎖アルキルガレートによるオクチルガレートの -ラクタム剤感受性増強効果の発現増強作用, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
166)植野 哲, 嶋林 三郎 : 正荷電型ポリアミノ酸のリポソーム脂質2分子膜透過に対する2次構造の影響, 日本薬学会第128年会講演要旨集(横浜), Vol.128, No.4, 14, 2008年3月.
167)重永 章, 辻 大輔, 西岡 直美, 山本 純, 津田 修吾, 伊藤 孝司, 大髙 章 : ペプチド結合切断能を有する光応答型アミノ酸の開発と核-細胞質シャトルペプチドへの応用, 日本薬学会年会, 2008年3月.
168)津田 修吾, 前田 奈美, 重永 章, 大髙 章 : 人工プロテインスプライシングシステムにおけるペプチド結合切断のための側鎖修飾型アスパラギンの検討, 日本薬学会年会, 2008年3月.
169)田中 亜紀, 川添 和義, 二川 健, 寺尾 純二, 水口 和生 : 栄養学的指標に基づく漢方薬の評価研究, 日本薬学会年会, 2008年3月.
170)紙本 尚幸, 桐野 靖, 佐藤 陽一, 川添 和義, 水口 和生, 中堀 豊 : 高カロリー食付加動物モデルを用いた,血中dipeptidyl peptidase 4(DPP4)活性と肥満ならびに耐糖能異常との関連性について, 日本薬学会年会, 2008年3月.
171)白石 泰郎, 藤原 智弘, 川添 和義, 西迫 寛隆, 水口 和生 : 抗がん剤の細胞毒性を抑制する漢方薬の探索研究, 日本薬学会年会, 2008年3月.
172)河村 知志, 西山 由希子, 神谷 昌樹, 根本 尚夫 : パラジウム触媒を用いたMAC反応剤による多置換ビニルアジリジンの位置及び立体選択的開環反応, 日本薬学会 第128年会, Vol.31-0567, 2008年3月.
173)中本 亜樹, 岩本 拓也, 神谷 昌樹, 河村 知志, 根本 尚夫 : アリル保護基を利用した分岐型オリゴグリセロールの新規高効率合成法, 日本薬学会 第128年会, Vol.31-0567, 2008年3月.
174)谷口 昌聖, 熊 娟, 柏田 良樹, 高石 喜久, 山岸 喬 : 多剤薬剤耐性克服作用を有する点物に関する研究(5) –シラカバ花穂トリテルペノイドをリードとした抗がん剤耐性克服薬の創製研究–, 日本薬学会第128年会要旨集, 2008年3月.
175)鈴木 恭子, 岡坂 衛, 柏田 良樹, 高石 喜久, 伊藤 美千穂, 本多 義昭, 武田 美雄, Olimjon K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov : ウズベキスタン産薬用植物Ferula variaの成分研究(3), 日本薬学会第128年会要旨集, -, 2008年3月.
176)柏田 良樹, 高石 喜久, Chin-Ho Chen, Kuo-Hsiung Lee : 抗HIV天然物に関する研究(22)–Oleanolic acid及びursolic acidの28-amido誘導体の抗HIV活性–, 日本薬学会第128年会要旨集, 2008年3月.
177)橋田 和佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久 : Hypericum ascyronの成分研究 (5), 日本薬学会第128年会要旨集, -, 2008年3月.
178)高田 裕介, 矢野 麻衣子, 原田 恵, 山内 あい子, 木原 勝 : エタノール アミンおよびピペリジン誘導体の合成とノルエピネフリン増強作用の検討, 日本薬学会 第128年会, 2008年3月.
179)橋本 敏弘, 浅川 義範, 中野 達郎, 柴田 洋文, 新垣 尚捷, 樋口 富彦 : 苔類より単離されるビスビベンジル化合物の抗耐性菌活性, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
180)西谷 典子, 石塚 洋, 柴田 洋文, 川添 和義, 樋口 富彦, 水口 和生 : MDCK cellmonolayerpenetrationassayによる漢方製剤の緑膿菌侵襲性に及ぼす影響, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
181)伏谷 秀治, 柴田 洋文, 青井 博志, 水口 和生 : 徳島大学病院における抗癌剤と乳酸菌製剤の併用状況について, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
182)河野 由布子, 金秋 鷹雄, 宮本 和範, 落合 正仁 : イミノブロマンを用いたアンモニウムイリドの合成, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
183)吉村 祥, 鈴木 麻衣, 大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : 三価の超原子価臭素化合物とアルコール及びアルデヒドとの反応, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
184)斉藤 基道, 宮本 和範, 落合 正仁 : 隣接基関与による位置選択的芳香族フッ素化反応, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
185)ナズルル イスラム, 岩澤 哲郎, 西内 優騎, 大井 高, 田中 均, 河村 保彦 : アリールクムレン及び関連化合物とテトラシアノエチレンの反応による特異な環状化合物の生成, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月.
186)吉田 昌裕, 片桐 由貴, 朱 文彬, 宍戸 宏造, 後藤 貴浩, 井原 正隆 : 機能性イミダゾリウムカルベン触媒を用いた芳香族カルボン酸の新輝合成法の開発, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
187)吉田 昌裕, 中谷 晃司, 宍戸 宏造 : RadulaninE及びHの効率的合成研究, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
188)兼松 誠, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : Bongkrekic Acid の合成研究, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
189)薬師寺 文華, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : Thiomarinol Bの合成研究, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
190)吉田 昌裕, 樋口 真理子, 宍戸 宏造 : パラジウム触媒を用いた置換テトラヒドロベンゾフラノンの立体選択的合成, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
191)金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林 : Chloranthus spicatusの成分研究, 日本薬学会第128年会要旨集, -, 2008年3月.
192)田中 直伸, 久保田 高明, 荒木 敦, 柏田 良樹, 高石 喜久, 三上 襄, 小林 淳一 : ナガサキオトギリより単離した新規フロログルシノール誘導体petiolin A–Cの構造, 日本薬学会第128年会要旨集, 2008年3月.
193)伊藤 孝司 : リソソーム病に対する次世代酵素補充療法の開発, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
194)岡田 拓也, 内藤 将夫, 多田 教浩, 宮本 和範, 落合 正仁 : ブロマン(III)の反応:スルホンアミドのHofmann転位反応, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
195)宮本 和範, 谷川 友一, 城 始勇, 落合 正仁 : 加溶媒分解によるシクロペンテニルカチオンの熱的発生反応, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
196)福井 裕行 : アレルギー性鼻炎感受性遺伝子としてのヒスチジン脱炭酸酵素遺伝子, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
197)横江 弘雅, 佐々木 宏幸, 吉村 智之, 新藤 充, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : Xanthanolide型セスキテルペノイドの全合成, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
198)仁木 万寿, 兼松 誠, 宮脇 あかり, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : Lewis酸触媒反応に基づく(-)-heriannuol Eの合成, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
199)菊地 大介, 仁木 万寿, 宮脇 あかり, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : 転位反応に基づく新規炭素-炭素結合形成反応の開発と展開, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
200)鎌倉 孝法, 三浦 理恵, 柏田 良樹, 関谷 倫子, 一柳 孝司, 池城 安正, 高石 喜久 : 前駆脂肪細胞の分化調節機能を有する天然物(3)—かきのもとの分化促進作用成分について—, 薬学会第129年会, No.2, 208, 2008年3月.
201)日野出 晴美, 東 満美, 菊石 美也子, 姫田 敏樹, 柴田 洋文 : コミュニケーション演習の方法と有用性の検討, 日本薬学会128年会, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1)佐野 茂樹 : HWE反応の新たな選択性を求めて, 大鵬薬品工業株式会社飯能研究センター講演会, 2007年11月.
2)佐久間 美央, 早川 夏美, 梅田 真洋, 松田 俊輔, 荒木 勉 : 一過性局所脳梗塞ラットの梗塞中心部におけるインターニューロンの変動, --- (一般演題I-1) ---, 第5回フリーラジカルと脳疾患 西日本研究会学術集会, 3, 2007年11月.
3)高木 翔, 早川 夏美, 木本 浩貴, 荒木 勉 : MPTP誘発パ-キンソン病モデルマウスにおけるoligodendrocyteの変化, --- 『神経疾患とグリアI, ALS, パ-キンソン病』演題16 ---, 第12回グリア研究会, 24, 2007年11月.
4)嶋林 三郎 : 第25回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 第25回徳島大学薬学部卒後教育公開講座 講演要旨集, Vol.25, 2007年12月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

1)佐野 茂樹 : 平成17年度∼平成18年度科学研究費補助金(基盤研究(C)研究成果報告書, --- P-キラルホスホノ酢酸エステル及び類縁体の合成開発と不斉HWE反応への応用 ---, 2007年5月.
2)長尾 善光, 佐野 茂樹 : 平成16年度∼平成18年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書, --- シラアレンカチオン活性種及び類縁体の合成開発と応用研究 ---, 2007年5月.
3)佐野 茂樹 : 研究助成金・奨励金贈呈者公表文献一覧表(2000年∼2005年), --- キラル-アキラル配位子組合せ系を基盤とする触媒的不斉反応場の構築 ---, 財団法人 武田科学振興財団, 2007年11月.
4)佐野 茂樹 : 光学活性ホスホノ酢酸エステル及び類縁体の合成開発と不斉HWE反応への応用研究, 薬学研究の進歩 研究成果報告集 24, 37-43, 2008年.

2008年度(平成20年度)

article.{@.date="20080400 20090399" @.organization=\E{11001}}

2008年度(平成20年度) / 著書

1)根本 尚夫 : 読書のススメ, 株式会社 化学同人, 東京, 2008年5月.
2)Kouji Itou : Recent Advances in Enzyme Replacement Therapy for Lysosomal Diseases, Springer, New York, Aug. 2008.
3)根本 尚夫 : 水だらけの人体に難水溶性の薬?, 株式会社 シーエムシー出版, 2008年9月.
4)石澤 啓介, 三木 恵里加, 石澤 有紀, 大西 秀樹, Narantungalag Dorjsuren, 元林 有紀, 山口 邦久, 土屋 浩一郎, 冨田 修平, 玉置 俊晃 : 腎とフリーラジカル第9集, --- オルメサルタンはPDGFによるメサンギウム細胞遊走を抑制する ---, 株式会社 東京医学社, 東京, 2008年9月.
5)大西 秀樹, 土屋 浩一郎, 田島 壮一郎, 堀ノ内 裕也, 福原 弥生, 山口 邦久, 石澤 啓介, 冨田 修平, 玉置 俊晃 : 腎とフリーラジカル第9集, --- ハイドロエチジウム蛍光分析法による細胞内スーパーオキシド検出法の評価 ---, 株式会社 東京医学社, 東京, 2008年9月.
6)嶋林 三郎 : 嶋林三郎・加茂直樹 編集,薬学生のための 生物物理化学入門, 株式会社 廣川書店, 東京, 2008年11月.
7)Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Unexpected reactions by in vivo application of PEGylated liposomes., Springer Science + Business Media, New York, USA, 2009.
8)荒木 靖子, 荒木 勉, 今井 潤 : カッツング薬理学 原書10版, --- X 特殊な題目 66章 医薬品の適正使用と処方箋の書き方の部 pp1174-1183 ---, 丸善 株式会社, 東京, 2009年3月.
9)田中 秀治, 竹内 政樹 : 薬学分析科学の最前線, --- 「オンラインエバポレーター」及び「オンライン溶離液発生装置」を竹内政樹・田中秀治が執筆,「流れ系を利用した超ハイスループット滴定」と「振幅変調多重化フロー分析法による同時分析」を田中秀治・竹内政樹が執筆 ---, (株)じほう, 東京, 2009年3月.
10)東 満美, 日野出 晴美 : 徳島大学薬学部薬局実務実習テキスト, 徳島大学薬学部, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Shunsuke Ishida, Mamoru Okasaka, Freddy A. Ramos, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Olimjon K. Kodzhimatov and Ozodbek Ashumetov : New Alkaloid from the aerial parts of Condonopsis clematidea, Journal of Natural Medicines, Vol.62, No.2, 236-238, 2008.
2)Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Michiko Sekiya, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi : Takaneones A-C, prenylated butylphloroglucinol derivatives from Hypercum shikokumontanum, Tetrahedron Letters, Vol.49, No.17, 2799-2803, 2008.
3)K Takeda Matsumura, Tatsuhiro Ishida, S Sogo, Y Isakari, T Taki, T Sogo and Hiroshi Kiwada : Lactoferrin inhibits platelet production from human megakaryocytes in vitro., Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.31, No.4, 569-573, 2008.
4)河添 仁, 滝口 祥令, 井上 達也, 山口 佳津騎, 田中 裕章, 加藤 雅人, 辻 繁子, 二宮 昌樹, 福岡 憲泰, 大西 宏明, 石田 俊彦, 芳地 一 : 同種造血幹細胞移植患者における多剤耐性緑膿菌による感染症治療, 薬学雑誌, Vol.128, No.4, 657-661, 2008年.
5)Emi Shiraga, Jose Mario Barichello, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : A metronomic schedule of cyclophosphamide combined with PEGylated liposomal doxorubicin has a highly antitumor effect in an experimental pulmonary metastatic mouse model., International Journal of Pharmaceutics, Vol.353, No.1-2, 65-73, 2008.
6)Masahiro Abe, Yoshiharu Takiguchi, Satoshi Ichimaru, Koichiro Tsuchiya and Koichiro Wada : Comparison of the protective effect of N-acetylcysteine by different treatments on rat myocardial ischemia-reperfusion injury., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.106, No.4, 571-577, 2008.
7)Masaki Takeuchi, Qingyang Li, Bingcheng Yang, Purnendu K Dasgupta and Vincent E Wilde : Use of a Capacitance Measurement Device for Surrogate Noncontact Conductance Measurement, Talanta, Vol.76, No.3, 617-620, 2008.
8)V Seyrantepe, J Peng, M Fedjaev, S Ernest, Y Kadota, M Canuel, Kouji Itou, CR Morales, J Lavoie, A Hinek, J Tremblay and AV Pshezhetsky : The Enzymatic Activity of Lysosomal Carboxypeptidase (Cathepsin) A is Required for Proper Elastic Fibre Formation and Inactivation of Endothelin-1, Circulation, Vol.117, No.15, 1973-1981, 2008.
9)Natsumi Hayakawa, Manami Abe, Risa Eto, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Age-related changes of NGF, BDNF, parvalbumin and neuronal nitric oxide synthase immunoreactivity in the mouse hippocampal CA1 sector., Metabolic Brain Disease, Vol.23, No.2, 199-211, 2008.
10)Masahiro Yoshida, Yuki Komatsuzaki and Masataka Ihara : Synthesis of 5-vinylideneoxazolidin-2-ones by DBU-mediated CO2-fixation reaction of 4-(benzylamino)-2-butynyl carbonates and benzoates., Organic Letters, Vol.10, No.10, 2083-2086, 2008.
11)Hiromasa Yokoe, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : Total synthesis of (-)-xanthatin., Tetrahedron Letters, Vol.49, No.21, 3504-3506, 2008.
12)Mamoru Okasaka, Yoshiki Kashiwada, Olimjon K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov and Yoshihisa Takaishi : Monoterpene glycosides from Paeonia hybrida, Phytochemistry, Vol.69, No.8, 1767-1772, 2008.
13)Naonobu Tanaka, Takaaki Kubota, Haruaki Ishiyama, Atsushi Araki, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Yuzuru Mikami and Jun'ichi Koyayashi : Petiolins A-C, phloroglucinol derivatives from Hypericum pseudopetiolatum var. kiusianum, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.10, 5619-5623, 2008.
14)Masahiro Abe, Yoshiharu Takiguchi, Satoshi Ichimaru, Shinichiro Kaji, Koichiro Tsuchiya and Koichiro Wada : Different effect of acute treatment with rosiglitazone on rat myocardial ischemia/reperfusion injury by administration method., European Journal of Pharmacology, Vol.589, No.1-3, 215-219, 2008.
15)Hironori Yokoyama, Sho Takagi, Yu Watanabe, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Role of reactive nitrogen and reactive oxygen species against MPTP neurotoxicity in mice, Journal of Neural Transmission, Vol.115, No.6, 831-842, 2008.
16)Naoto Kadoguchi, Hiroki Kimoto, Ryohei Yano, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Failure of acute administration with proteasome inhibitor to provide a model of Parkinson's disease in mice., Metabolic Brain Disease, Vol.23, No.2, 147-154, 2008.
17)Takeshi Murata, Satoru Ueno, Tomoaki Hino and Saburo Shimabayashi : Solubility of monoalkyl phosphate in water in the presence of arginine and Triton, and solubilization of methyl yellow through the mixed micelle, Phosphorus Research Bulletin, Vol.22, No.1, 41-47, 2008.
18)Kazuhiko Hayazhi, Shiho Ogawa, Shigeki Sano, Motoo Shiro, Kentaro Yamaguchi, Yoshihisa Sei and Yoshimitsu Nagao : Intramolecular Nonbonded S---N Interaction in Rabeprazole, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.6, 802-806, 2008.
19)Tursunjan Aydan, Ayumi Kitagawa, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Application of Feedback-Based Flow Ratiometry to Simultaneous Determination of Calcium and Magnesium Ions by Chelatometry Using Photometric and Potentiometric Detectors, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.25, No.1, 65-68, 2008.
20)北村 嘉章, 黒田 若奈, K DasAsish, 福井 裕行, 武田 憲昭 : 鼻過敏症モデルおけるヒスタミンH1受容体発現上昇機構とその制御について, 頭頚部自律神経, Vol.22, 24-26, 2008年.
21)F. A. Macias, D. Chinchilla, J. G. M. Molinilo, F. R. Fronczek and Kozo Shishido : A Stereoselective Route Towards Heliannuol A, Tetrahedron, Vol.64, No.23, 5502-5508, 2008.
22)Kazumasa Matsuo, Hiromasa Yokoe, Kozo Shishido and Mitsuru Shindo : Synthesis of diversifolide and structure revision, Tetrahedron Letters, Vol.49, No.27, 4279-4281, 2008.
23)Shrabanti Dev, Hiroyuki Mizuguchi, K Asish Das, Chiyo Matsushita, Kazutaka Maeyama, Hayato Umehara, Takayuki Ohtoshi, Jun Kojima, Kiyotaka Nishida, Kunihiko Takahashi and Hiroyuki Fukui : Suppression of histamine signaling by probiotic Lac-B: a possible mechanism of its anti-allergic effect., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.107, No.2, 159-166, 2008.
24)H Koide, T Asai, K Hatanaka, T Urakami, T Ishii, E Kenjo, M Nishihara, M Yokoyama, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Kiwada and N Oku : Particle size-dependent triggering of accelerated blood clearance phenomenon., International Journal of Pharmaceutics, Vol.362, No.1-2, 197-200, 2008.
25)Tatsuaki Tagami, Kiyomi Hirose, Jose Mario Barichello, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Global gene expression profiling in cultured cells is strongly influenced by treatment with siRNA-cationic liposome complexes., Pharmaceutical Research, Vol.25, No.11, 2497-2504, 2008.
26)横山 宏典, 矢野 遼平, 高木 翔, 黒岩 勇人, 加藤 宏之, 荒木 勉 : MPTP誘発パーキンソン病モデルマウスに対する各種薬剤の神経細胞保護効果に関する検討, 脳21, Vol.11, No.3, 381, 2008年.
27)Pu Liu, Zhi Yao, Wen Zhang, Yoshihisa Takaishi and Hong-Quan Duan : Novel Nortriterpenes from Phlomis umbrosa., Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.7, 951-955, 2008.
28)Masahito Ochiai, Norihiro Tada, Takuya Okada, Atsushi Sota and Kazunori Miyamoto : Thermal and Catalytic Transylidations between Halonium Ylides and Synthesis and Reaction of Stable Aliphatic Chloronium Ylides., Journal of the American Chemical Society, Vol.130, No.7, 2118-2119, 2008.
29)Masahito Ochiai and Kazunori Miyamoto : Catalytic Version of and Reuse in Hypervalent Organo λ3- and λ5-iodane Oxidation., European Journal of Organic Chemistry, Vol.2008, No.25, 4229-4239, 2008.
30)Norimasa Izumi, Hiroyuki Mizuguchi, Hayato Umehara, Satoshi Ogino and Hiroyuki Fukui : Evaluation of efficacy and sedative profiles of H(1) antihistamines by large-scale surveillance using the visual analogue scale (VAS)., Allergology International, Vol.57, No.3, 257-263, 2008.
31)Yuko Shiba, Takashi Kinoshita, Hiroshi Chuman, Yutaka Taketani, Eiji Takeda, Yoji Kato, Michitaka Naito, Kyuichi Kawabata, Akari Ishisaka, Junji Terao and Yoshichika Kawai : Flavonoids as Substrates and Inhibitors of Myeloperoxidase : Molecular Actions of Aglycone and Metabolites, Chemical Research in Toxicology, Vol.21, No.8, 1600-1609, 2008.
32)Hironori Yokoyama, Ryohei Yano, Eriko Aoki, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Comparative pharmacological study of free radical scavenger, nitric oxide synthase inhibitor, nitric oxide synthase activator and cyclooxygenase inhibitor against MPTP neurotoxicity in mice, Metabolic Brain Disease, Vol.23, No.3, 335-349, 2008.
33)Masahiro Yoshida, Mohammad Al-Amin, Kennosuke Matsuda and Kozo Shishido : Synthesis of substituted furans by platinum-catalyzed cyclization of propargylic oxiranes in aqueous media, Tetrahedron Letters, Vol.49, No.34, 5021-5023, 2008.
34)Chika Hashida, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Makoto Ogawa and Yoshihisa Takaishi : Prenylated Phrologrucinol Derivatives from Hypericum perforatum var. angustifolium, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.8, 1164-1167, 2008.
35)MAK Parvez, Hirofumi Shibata, Tatsuro Nakano, Shingo Niimi, Nobuo Fujii, Naokatu Arakaki and Tomihiko Higuti : No relationship exists between PBP 2a amounts expressed in different MRSA strains obtained clinically and their beta-lactam MIC values, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.3-4, 246-253, 2008.
36)Yutaka Tatano, Reiko Fujinawa, Yasunori Kozutsumi, Tsutomu Takahashi, Daisuke Tsuji, Kohji Tsuta, Goro Takada, Hitoshi Sakuraba and Kouji Itou : Tropoelastin regulates chemokine expression in fibroblasts in Costello syndrome., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.372, No.4, 681-687, 2008.
37)Yasuhisa Kanematsu, Kunihisa Yamaguchi, Hideki Ohnishi, Yuki Motobayashi, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Dietary doses of nitrite restore circulating nitric oxide level and improve renal injury in L-NAME-induced hypertensive rats, American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.295, No.5, F1457-F1462, 2008.
38)Jun-ichi Morishige, Naoki Amano, Kaoru Hirano, Hiroaki Nishio, Tamotsu Tanaka and Kiyoshi Satouchi : Inhibitory effect of juniperonic acid (Delta-5c,11c,14c,17c-20:4, omega-3) on bombesin-induced proliferation of Swiss 3T3 cells., Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.31, No.9, 1786-1789, 2008.
39)Natsumi Hayakawa, Hironori Yokoyama, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Age-related alterations of oxidative stress markers in the mouse hippocampal CA1 sector, Experimental and Molecular Pathology, Vol.85, No.2, 135-140, 2008.
40)Hideji TANAKA, Xiangli Liu, Hossam Hefesha and Alfred Fahra : Lipophilicity Measurement of Drugs by Reversed Phase HPLC over Wide pH Range Using an Alkaline-Resistant Silica-Based Stationary Phase, XBridgeTM Shield RP18, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.10, 1417-1422, 2008.
41)H. Nishikawa, S. Oishi, M. Fujita, K. Watanabe, R. Tokiwa, H. Ohno, E. Kodama, K. Izumi, K. Kajiwara, T. Naitoh, M. Matsuoka, Akira Otaka and N. Fujii : Identification of minimal sequence for HIV-1 fusion inhibitors, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.20, 9184-9187, 2008.
42)Hironori Yokoyama, Hayato Kuroiwa, Ryohei Yano and Tsutomu Araki : Targeting reactive oxygen species, reactive nitrogen species and inflammation in MPTP neurotoxicity and Parkinson's disease, Neurological Sciences, Vol.29, No.5, 293-301, 2008.
43)Masahiro Yoshida, Kennosuke Matsuda, Yasunobu Shoji, Takahiro Gotou, Masataka Ihara and Kozo Shishido : Regiocontrolled addition of arylboronic acids to allenes using palladium and platinum catalysts., Organic Letters, Vol.10, No.22, 5183-5186, 2008.
44)Waka Hashida, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Michiki Sekiya, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi : Tomoenones A-H, cytotoxic phloroglucinol derivatives from Hypericum ascyron, Phytochemistry, Vol.69, No.11, 2225-2230, 2008.
45)Hideki Ohnishi, Satoshi Iwanaga, Kazuyoshi Kawazoe, Keisuke Ishizawa, Sakiko Orino, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Nagakatsu Harada, Kazuhiro Mori, Tomoko Tsuchihashi, Yasuko Ishikawa and Toshiaki Tamaki : Effect of iron-quercetin complex on reduction of nitrite in in vitro and in vivo systems, Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.56, No.21, 10092-10098, 2008.
46)Hisao Nemoto, Rujiani Ma, Tomoyuki Kawamura, Kenji Yatsuzuka, Masaki Kamiya and Masayuki Shibuya : One-pot Synthesis of alpha-Siloxyesters Using a Silylated Masked Acyl Cyanide, Synthesis, No.23, 3819-3827, 2008.
47)Taisuke Matsuo, Takenori Yamamoto, Chie Katsuda, Kanami Niiyama, Atsushi Yamamoto, Naoshi Yamazaki, Kazuto Ohkura, Masatoshi Kataoka and Yasuo Shinohara : Substitution of certain amino acids in a short peptide causes a significant difference in their immunoreactivities with antibodies against different epitopes: evidence for possible folding of the peptide on a nitrocellulose or PVDF membrane., Biologicals, Vol.37, No.1, 44-47, 2008.
48)Risa Eto, Manami Abe, Natsumi Hayakawa, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Age-related changes of calcineurin and Akt1/protein kinase Balpha (Akt1/PKBalpha) immunoreactivity in the mouse hippocampal CA1 sector: an immunohistochemical study, Metabolic Brain Disease, Vol.23, No.4, 399-409, 2008.
49)Sanae Iwana, Tomoya Kawazoe, Hwan Ki Park, Koichiro Tsuchiya, Koji Ono, Kazuko YORITA, Takashi Sakai, Takenori Kusumi and Kiyoshi Fukui : Chlorpromazine oligomer is a potentially active substance that inhibits human D-amino acid oxidase, product of a susceptibility gene for schizophrenia, Journal of Enzyme Inhibition and Medicinal Chemistry, Vol.23, No.6, 901-911, 2008.
50)Freddy Ramos, Yoshihisa Takaishi, Yoshiki Kashiwada, Coralia Osorio, Carmenza Duque, Ricardo Acuna and Yoshinori Fujimoto : Ent-3,4-seco-labdane and ent-labdane diterpenoids from Croton stipuliformis (Euphorbiaceae), Phytochemistry, Vol.69, No.12, 2406-2410, 2008.
51)Hiroyuki Mizuguchi, Masaya Hatano, Chiyo Matsushita, Hayato Umehara, Wakana Kuroda, Yoshiyuki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Repeated pre-treatment with antihistamines suppresses [corrected] transcriptional up-regulations of histamine H(1) receptor and interleukin-4 genes in toluene-2,4-diisocyanate-sensitized rats., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.108, No.4, 480-486, 2008.
52)Masanori Ookubo, Hironori Yokoyama, Sho Takagi, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Effects of estrogens on striatal damage after 1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine (MPTP) neurotoxicity in male and female mice, Molecular and Cellular Endocrinology, Vol.296, No.1-2, 87-93, 2008.
53)Shigeki Sano, Michiyasu Nakao, Masanori Takeyasu, Chiyo Yamamoto, Syuji Kitaike, Yasuko Yoshioka and Yoshimitsu Nagao : Chemoenzymatic Synthesis of α-Substituted Serines via Enantiodivergent Transformation, The Open Organic Chemistry Journal, Vol.3, 22-34, 2009.
54)Yasushi Kirino, Youichi Sato, Takayuki Kamimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Yutaka Nakahori : Interrelationship of dipeptidyl peptidase IV (DPP IV) with the development of diabetes, dyslipidaemia and nephropathy: A streptozotocin-induced model using wild-type and DPP IV-deficient rats, The Journal of Endocrinology, Vol.200, No.1, 53-61, 2009.
55)Tatsusada Yoshida, Fujita Toshio and Hiroshi Chuman : Novel Quantitative Structure-Activity Studies of HIV-1 Protease Inhibitors of the Cyclic Urea Type Using Descriptors Derived from Molecular Dynamics and Molecular Orbital Calculations, Current Computer-Aided Drug Design, Vol.5, No.1, 38-55, 2009.
56)Itokawa Daisuke, Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman : Quantitative Structure-Activity Relationship for Inhibition of CYP2B6 and CYP3A4 by Azole Compounds - Comparison with Their Binding Affinity, QSAR & Combinatorial Science, Vol.28, No.6-7, 629-639, 2009.
57)H Nishikawa, S Nakamura, E Kodama, S Ito, K Kajiwara, K Izumi, Y Sakagami, S Oishi, T Ohkubo, Y Kobayashi, Akira Otaka, N Fujii and M Matsuoka : Electrostatically constrained alpha-helical peptide inhibits replication of HIV-1 resistant to Enfuvirtide, The International Journal of Biochemistry & Cell Biology, Vol.41, No.4, 891-899, 2009.
58)Sang-Yong Kim, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Shun-Lin Li and Yoshihisa Takaishi : Spicachlorantins CF, hydroperoxy dimeric sesquiterpenes from the roots of Chloranthus spicatus., Tetrahedron Letters, Vol.50, No.44, 6032-6035, 2009.
59)Hitoshi Kawazoe, kyoko Takaoka, Hirofumi Shibata, Naokatu Arakaki, Tomihiko Higuti, K Negayama, Hitoshi Houchi, Koichiro Tsuchiya and Yoshiharu Takiguchi : Comparison of antibacterial activity of fluoroquinolones with their sucralfate-complexes against clinically-isolated bacteria, Journal of Health Science, Vol.55, No.5, 790-795, 2009.
60)H. Kawazoe, H. Dobashi, T. Kameda, K. Susaki, K. Kittaka, M. Tokuda, N. Fukuoka, Yoshiharu Takiguchi and H. Houchi : Prospective study to assess the optimal blood concentration of tacrolimus in Japanese patients with rheumatoid arthritis, Journal of Health Science, Vol.55, No.3, 435-440, 2009.
61)Kazunori Miyamoto, Yoshihisa Sei, Kentaro Yamaguchi and Masahito Ochiai : Iodomesitylene-Catalyzed Oxidative Cleavage of Carbon-Carbon Double and Triple Bonds Using m-Chloroperbenzoic Acid as a Terminal Oxidant, Journal of the American Chemical Society, Vol.131, No.4, 1382-1383, 2009.
62)Keisuke Ishizawa, Kunihisa Yamaguchi, Yuya Horinouchi, Yayoi Fukuhara, Soichiro Tajima, Shuichi Hamano, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Toward drug discovery for overcoming CKD: Development of drugs on endothelial cell protection for overcoming CKD, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.109, No.1, 14-19, 2009.
63)Gou Satou, Atsuhiko Uno, Arata Horii, Hayato Umehara, Yoshiaki Kitamura, Kazunori Sekine, Koichi Tamura, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda : Effects of hypergravity on histamine H1 receptor mRNA expression in hypothalamus and brainstem of rats: implications for development of motion sickness, Acta Oto-Laryngologica, Vol.129, No.1, 45-51, 2009.
64)Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Tatsuro Nakano, Hirofumi Shibata, Tomihiko Higuchi, Michiko Sekiya, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi : Chromone and chromanone glucosides from Hypericum sikokumontanum and their anti-Helicobacter pylori activities., Phytochemistry, Vol.70, No.1, 141-146, 2009.
65)Masahiro Yoshida, Maiko Hayashi, Kennosuke Matsuda and Kozo Shishido : Rhodium-catalyzed diastereoselective coupling of propargylic oxiranes with arylboronic acids in water, Heterocycles, Vol.77, No.1, 193-199, 2009.
66)Hiroyuki Sasaki, Hiromasa Yokoe, Mitsuru Shindo, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : Synthesis of sundiversifolide and diversifolide via a diastereoselective [3+2] nitrile oxide cycloaddition reaction, Heterocycles, Vol.77, No.2, 773-777, 2009.
67)Masahito Ochiai, Aiko Nakano, Akira Yoshimura, Kazunori Miyamoto, Satoko Hayashi and Waro Nakanishi : Imido transfer of sulfonylimino-λ3-bromane makes possible the synthesis of sulfonylimino-λ3-iodanes, Chemical Communications, No.8, 959-961, 2009.
68)Masahito Ochiai, Yufuko Kawano, Takao Kaneaki, Norihiro Tada and Kazunori Miyamoto : Direct Transfer of the Sulfonylimino Group of Imino-λ3-Bromane to N-Heterocycles and Trialkylamines: Synthesis of N-Iminoammonium Ylides under Metal-Free Conditions, Organic Letters, Vol.11, No.2, 281-284, 2009.
69)Kanako Sugawara, Youichi Tajima, Ikuo Kawashima, Takahiro Tsukimura, Seiji Saito, Kazuki Ohno, Kunihiko Iwamoto, Toshihide Kobayashi, Kouji Itou and Hitoshi Sakuraba : Molecular interaction of imino sugars with human a-galactosidase: Insight into the mechanism of complex formation and pharmacological chaperone action in Fabry disease, Molecular Genetics and Metabolism, Vol.96, No.4, 233-238, 2009.
70)Eriko Aoki, Ryohei Yano, Hironori Yokoyama, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Role of nuclear transcription factor kappa B (NF-kappaB) for MPTP (1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahyropyridine)-induced apoptosis in nigral neurons of mice, Experimental and Molecular Pathology, Vol.86, No.1, 57-64, 2009.
71)Yuri Murakami, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : Diastereoselective construction of chiral building blocks for the synthesis of indole alkaloids using an intramolecular Heck reaction, Tetrahedron Letters, Vol.50, No.12, 1279-1281, 2009.
72)Akira Shigenaga, Jun Yamamoto, Hiroko Hirakawa, Keiko Yamaguchi and Akira Otaka : FRET-based assay of the processing reaction kinetics of stimulus-responsive peptides: Influence of amino acid sequence on reaction kinetics, Tetrahedron, Vol.65, No.11, 2212-2216, 2009.
73)Fumika Yakushiji, Jaque Maddaluno, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : Diastereoselective construction of substituted tetrahydropyrans using an intramolecular oxy-Michael strategy, Tetrahedron Letters, Vol.50, No.13, 1504-1506, 2009.
74)Taisuke Matsuo, Eriko Obana, Takenori Yamamoto, Rei Kakuhata, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Yoshinobu Baba, Tomoshige Hori and Yasuo Shinohara : Construction of plasmids suitable for in vitro synthesis of full-length mRNAs having a 3'-poly(A)+tail., Biotechnology Letters, Vol.31, No.2, 203-207, 2009.
75)Masahiro Yoshida, Yasunobu Shoji and Kozo Shishido : Total syntheses of enokipodins A and B utilizing palladium-catalyzed addition of an arylboronic acid to an allene, Organic Letters, Vol.11, No.6, 1441-1443, 2009.
76)Yoshihiro Umemoto, Masatoshi Kataoka, Shouki Yatsushiro, Masahiro Watanabe, Jun-ichi Kido, Rei Kakuhata, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara and Yoshinobu Baba : Sequential analysis of RNA synthesis by microchip electrophoresis., Analytical Biochemistry: Methods in the Biological Sciences, Vol.388, No.1, 161-163, 2009.
77)Nazrul Islam, Takashi Ooi, Tetsuo Iwasawa, Masaki Nishiuchi and Yasuhiko Kawamura : Thermal cyclotrimerization of tetraphenyl[5]cumulene (tetraphenylhexapentaene) to a tricyclodecadiene derivative, Chemical Communications, Vol.2009, No.5, 574-576, 2009.
78)Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Sachiyo Ohnishi, Yuki Motobayashi, Kazuyoshi Kawazoe, Shuichi Hamano, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : Quercetin Glucuronide Inhibits Cell Migration and Proliferation by Platelet-Derived Growth Factor in Vascular Smooth Muscle Cells, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.109, No.2, 257-264, 2009.
79)Tatsuo Ito, Makiko Azumano, Chisana Uwatoko, Kouji Itou and Jun Kuwahara : Role of zinc finger structure in nuclear localization of transcription factor Sp1, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.380, No.1, 28-32, 2009.
80)Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Naoshi Yamazaki, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Differential permeabilization effects of Ca2+ and valinomycin on the inner and outer mitochondrial membranes as revealed by proteomics analysis of proteins released from mitochondria., Molecular & Cellular Proteomics, Vol.8, No.6, 1265-1277, 2009.
81)Hirofumi Shibata, Tatsuro Nakano, Khasru M. Anowar Parvez, Yoshihiro Furukawa, Akio Tomoishi, Shingo Niimi, Naokatu Arakaki and Tomihiko Higuti : Triple combinations of lower and longer alky1 gallates and oxacillin improve antibiotic synergy against methicillin-resistant Staphylococcus aureus, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.53, No.5, 2218-2220, 2009.
82)Shugo Tsuda, Akira Shigenaga, Kiyomi Bando and Akira Otaka : N→S acyl-transfer-mediated synthesis of peptide thioesters using anilide derivatives, Organic Letters, Vol.11, No.4, 823-826, 2009.
83)Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Takuya Suzuki, Yusuke Doi, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Oxaliplatin targeting to angiogenic vessels by PEGylated cationic liposomes suppresses the angiogenesis in a dorsal air sac mouse model., Journal of Controlled Release, Vol.134, No.1, 18-25, 2009.
84)Miyuki Ikeuchi, Masako Ikuta, Miyuki Hariki, Motoki Ikeuchi, Shigeki Muruyama, Mari Nakase, Kumiko Sakamoto, Yasuko Yoshioka, Aiko Yamauchi and Masaru Kihara : Synthesis and Pharmacological Evaluation of New 1-Hydroxy-1-phenyl-2, 3,4, 5-tetrahydro-1H-3-benzazepines as NE Potentiators, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.57, No.5, 443-445, 2009.
85)Y Isakari, S Sogo, Tatsuhiro Ishida, T Kawakami, T Ono, T Taki and Hiroshi Kiwada : Gene expression analysis during platelet-like particle production in phorbol myristate acetate-treated MEG-01 cells., Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.32, No.3, 354-358, 2009.
86)Yasushi Kirino, Takayuki Kamimoto, Youichi Sato, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Yutaka Nakahori : Increased Plasma Dipeptidyl Peptidase IV (DPP IV) Activity and Decreased DPP IV Activity of Visceral But Not Subcutaneous Adipose Tissue in Impaired Glucose Tolerance Rats Induced by High-Fat or High-Sucrose Diet, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.32, No.3, 463-467, 2009.
87)Kazuto Ohkura, Yuki Kawguchi, Yasuo Watanabe, Yasuhiro Masubuchi, Yasuo Shinohara and Hitoshi Hori : Flexible Structure of Cytochrome P450: Promiscuity of Ligand Binding in the CYP3A4 Heme Pocket, Anticancer Research, Vol.29, No.3, 935-942, 2009.
88)Yuki Motobayashi, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Sakiko Orino, Kunihisa Yamaguchi, Kazuyoshi Kawazoe, Shuichi Hamano, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki : Adiponectin inhibits insulin-like growth factor-1-induced cell migration by the suppression of extracellular signal-regulated kinase 1/2 activation, but not Akt in vascular smooth muscle cells, Hypertension Research, Vol.32, No.3, 188-193, 2009.
89)Naonobu Tanaka, Kubota Takaaki, Ishiyama Haruaki, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Ito Junji, Mikami Yuzuru, Shiro Motoo and Kobayashi Jun'ichi : Petiolins D and E, phloroglucinol derivatives from Hypericum pseudopetiolatum var. kiusianum., Heterocycles, Vol.79, No.1, 917-924, 2009.
90)Jin-Bo Fang, Zhi Yao, Jia-Chun Chen, Yan-Wen Liu, Yoshihisa Takaishi and Hong-Quan Duan : Cytotoxic triterpene saponins from Alternanthera philoxeroides., Journal of Asian Natural Products Research, Vol.11, No.3, 261-266, 2009.
91)Jun-Yi Hu, Zhi Yao, Ying-Qian Xu, Yoshihisa Takaishi and Hong-Quan Duan : Triterpenes from Astilbe chinensis., Journal of Asian Natural Products Research, Vol.11, No.3, 236-242, 2009.
92)Nagako Kawashima, Yoon Seon-Joo, Kouji Itou and Ken-ichi Nakayama : Tyrosine Kinase Activity of Epidermal Growth Factor Receptor Is Regulated by GM3 Binding through Carbohydrate to Carbohydrate Interactions., The Journal of Biological Chemistry, Vol.284, No.10, 6147-6155, 2009.
93)川添 和義, 坂本 久美子, 伏谷 秀治, 阿部 真治, 久次米 敏秀, 寺岡 和彦, 水口 和生 : 現役薬剤師を対象とした漢方薬意識調査, --- ―効果的な漢方教育の実現に向けて― ---, 医療薬学, Vol.35, No.5, 351-359, 2009年.
94)Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Shinji Kizuki, Yusuke Doi, Takuya Suzuki, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Oxaliplatin encapsulated in PEG-coated cationic liposomes induces significant tumor growth suppression via a dual-targeting approach in a murine solid tumor model., Journal of Controlled Release, Vol.137, No.1, 8-14, 2009.
95)Tatsuhiro Ishida, Emi Shiraga and Hiroshi Kiwada : Synergistic antitumor activity of metronomic dosing of cyclophosphamide in combination with doxorubicin-containing PEGylated liposomes in a murine solid tumor model., Journal of Controlled Release, Vol.134, No.3, 194-200, 2009.
96)伏谷 秀治, 柴田 洋文, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 西迫 寛隆, 川添 和義, 水口 和生 : 抗菌薬,抗がん剤による薬物療法における乳酸菌生菌製剤の併用状況, 医療薬学, Vol.35, No.5, 360-367, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Shugo Tsuda, Nami Maeda, Kiyomi Bando, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Synthesis of peptide thioester using N-substituted aniline derivatives, Peptide Science 2008, 17-18, 2009.
2)Yoko Yamaki, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Synthesis of fluoroalkene dipeptide isostere utilizing intramolecular redox reaction, Peptide Science 2008, 49-50, 2009.
3)Yoshitake Sumikawa, Shugo Tsuda, Akira Shigenaga and Akira Otaka : The application of peptide thioacids to NCL-type sequential condensation of peptide fragments, Peptide Science 2008, 175-176, 2009.
4)Akira Shigenaga, Naomi Nishioka, Jun Yamamoto, Hiroko Hirakawa, Yoshitake Sumikawa, Keiko Yamaguchi and Akira Otaka : Influence of an amino acid sequence on kinetics of peptide bond cleavage reaction induced by a stimulus-responsive amino acid, Peptide Science 2008, 395-396, 2009.

2008年度(平成20年度) / 学術レター

1)吉田 麻衣, 坂和 園子, 阿部 覚, 木原 勝, 内藤 真策, 山内 あい子 : セフェム系抗生物質のラット脳脊髄腔液移行性に関するQSAR解析, SAR NEWS, Vol.14, 12-15, 2008年.

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

1)Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Accelerated blood clearance (ABC) phenomenon upon repeated injection of PEGylated liposomes., International Journal of Pharmaceutics, Vol.354, No.1-2, 56-62, Apr. 2008.
2)嶋林 三郎, 柏田 良樹 : <講座:抗菌製品を創る>抗菌剤の種類,特徴とその動向; 天然系抗菌剤, 防菌防黴誌, Vol.36, No.5, 323-333, 2008年5月.
3)Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Chihiro Mori, Naoto Okada, Naoshi Yamazaki, Kazuaki Kajimoto, Masatoshi Kataoka and Yasuo Shinohara : Cold-induced changes in gene expression in brown adipose tissue: implications for the activation of thermogenesis., Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.31, No.5, 775-784, May 2008.
4)重永 章, 辻 大輔, 西岡 直美, 津田 修吾, 伊藤 孝司, 大髙 章 : 刺激応答型アミノ酸を利用した核-細胞質シャトルペプチドの開発, ケミカルバイオロジー, Vol.1, No.1, 7-10, 2008年5月.
5)大石 真也, 鳴海 哲夫, 大野 浩章, 大髙 章, 藤井 信孝 : アルケン型ジペプチドイソスターの合成法の開発と生理活性ペプチドの構造活性相関研究への応用, 有機合成化学協会誌, Vol.66, No.9, 846-857, 2008年9月.
6)中馬 寛, 吉田 達貞 : 次世代創薬テクノロジー/実践:インシリコ創薬の最前線; QSAR研究の最前, 遺伝子医学MOOK, No.14, 112-116, 2009年.
7)H Yokoyama, t Tsukada, H Uchida and Tsutomu Araki : Novel therapies in an MPTP model of Parkinson's disease, Current Trends in Neurology, Vol.3, 23-31, 2009.
8)福井 裕行 : 新しいヒスタミンH1受容体機能, 鼻アレルギーフロンティア, Vol.9, No.2, 30-34, 2009年2月.
9)重永 章 : ペプチド化学を基盤とした神経変性疾患治療へのアプローチ, 2009年 研究助成(財団法人 国際科学技術財団), 43-44, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1)Gou Satou, Hayato Umehara, Arata Horii, Atsuhiko Uno, Yoshiaki Kitamura, Kazunori Sekine, Koichi Tamura, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda : Effects of Hypergravity on the Expression of Histamine H1-receptor mRNA in the Rat Brain, XXV Bárány Society Meeting, Kyoto, Apr. 2008.
2)Akira Otaka, Akira Shigenaga, Naomi Nishioka, Daisuke Tsuji and Kouji Itou : Cleavage of peptide bonds for the preparation of functional peptides, The 12th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, Sendai, May 2008.
3)Yoko Yamaki, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Synthesis of fluoroalkene dipeptide isosteres utilizing intramolecular redox reaction catalyzed by N-heterocyclic carbene, The 12th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, Sendai, May 2008.
4)Tomoaki Hino, Koichi Inoue, Hisao Oka, Yoshiho Ogura, Saori Ohchi and Saburo Shimabayashi : Thermal Gelation of Oil-in-Aqueous Curdlan Emulsions, Abstract: Particles 2008, Orland Florida USA, May 2008.
5)Michiyasu Nakao, Masanori Takeyasu, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of Optical Active Diketopiperazines for Absolute Configuration Determination of α-Amino Acids, The 12th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, Sendai, May 2008.
6)Fumika Yakushiji, Jacques Maddaluno and Kozo Shishido : Diastereoselective construction of substituted tetrahydropyrans via oxy-Michael strategy, The 12th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, Sendai, May 2008.
7)Toshiaki Tamaki, Kunihisa Yamaguchi, Narantungalag Dorjsuren, Yayoi Fukuhara, Yuya Horinouchi, Yuki Motobayashi, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa : Olmesartan inhibits the TNF-α-induced cytotoxicity in human glomerular endothelial cells, ISN Nexus Symposium on Diabetes & the Kidney, Dublin, Jun. 2008.
8)Kita Toshiyuki, Nishida Hana, Naokatu Arakaki, Hirofumi Shibata and Higuti Tomihiko : Mitochondrial Fusion and Fission Processes Play a Role in Lipid Metabolism in Adipocytes, The 34th European Congress of Cytology, Rovaniemi, Finland, Jun. 2008.
9)Chung Keun Jin, Toshiaki Yamada, Takashi Masuda, Yoshimitsu Nagao and Shigeki Sano : Synthesis of rac-Alkynylfluorosilanes and Their Application Reactions, Post ISOS XV Symposium, Takasaki, Jun. 2008.
10)Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi : Poly(Arg)-nanoparticle complexes translocate through lipid bilayer membranes, International Symposium on Nanotoxicology Assessment and Biomedical, Environmental Application of Fine Particles and Nanotubes (ISNT2008); Proceedings - Extended Abstracts, Vol.1, No.1, Sapporo, Jun. 2008.
11)Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Unexpected immunological response against sterically stabilized, PEGylated, liposome after intravenous injection., International Symposium on ``Nanotoxicology Assessment and Biomedical, Environmental Application of Fine Particles and Nanotubes'' (ISNT2008), Sapporo, Jun. 2008.
12)Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Accelerated blood clearance (ABC) phenomenon on PEGylated nanocarrier: Unexpected immune-reaction against PEGylated liposome., International Symposium on ``Nanotoxicology Assessment and Biomedical, Environmental Application of Fine Particles and Nanotubes'' (ISNT2008), Sapporo, Jun. 2008.
13)Hiroshi Chuman and Tatsusada Yoshida : QSAR Study of Cyclic Urea Type HIV-1 Protease Inhibitors Using Ab Initio MO Calculation of Their Complex Structures with HIV-1 Protease, French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry, Strasbourg, ULP, Jun. 2008.
14)Yuki Motobayashi, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Sakiko Orino, Dorjsuren Narantungalag, Kunihisa Yamaguchi, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : Inhibitory effects of adiponectin on cell migration induced by insulin-like growth factor-1 in vascular smooth muscle cells, The IXth World Conference on Clinical Pharmacology and Therapeutics, Québec City, Jul. 2008.
15)Tomoyuki Kawamura, Kenji Yatsuzuka, Masaki Kamiya and Hisao Nemoto : New synthetic methods by using MAC reagents, The First International Symposium on Process Chemistry, Jul. 2008.
16)Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Improvement of tumor targeting therapy with nanocarriers by changing the tumor microenvironment., 11th Liposome Research Days conference, Yokohama, Jul. 2008.
17)M Matsushita, Asai, Y Suzuki, Tatsuhiro Ishida, N Maeda, T Dewa, Hiroshi Kiwada, Nango and N Oku : Antiangiogenic effect by Argonaute2 knockdown used polycation liposome., 11th Liposome Research Days conference, Yokohama, Jul. 2008.
18)Jose Mario Barichello, Shinji Kizuki, Tatsuaki Tagami, T Asai, Tatsuhiro Ishida, K Hiroshi, N Oku and Hiroshi Kiwada : Application of vortex-mixing during lipoplex formation affects siRNA-liposome association, siRNA internalization in cells and the RNAi effect., 11th Liposome Research Days conference, Yokohama, Jul. 2008.
19)Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Takuya Suzuki, Yusuke Doi, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Oxaliplatin (l-OHP) targeting to angiogenic vessels by PEGylated cationic liposomes suppresses the angiogenesis in a dorsal air sac mouse model., 11th Liposome Research Days conference, Yokohama, Jul. 2008.
20)Yusuke Doi, Yurie Hira, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Metronomic dosing of oral anticancer agent affects microenvironment in solid tumor, resulting in enhanced intratumor accumulation and distribution of nanocarrior., 11th Liposome Research Days conference, Yokohama, Jul. 2008.
21)Shinji Kizuki, Jose Mario Barichello, Tatsuaki Tagami, H Kikuchi, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : The impact of novel siRNA-lipoplex preparation method on cellular uptake pathway and gene knockdown efficiency., 11th Liposome Research Days conference, Yokohama, Jul. 2008.
22)Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Interaction of PEGylated liposomes with splenic marginal zone B cells may trigger production of anti-PEG IgM in the ABC phenomenon., 11th Liposome Research Days conference, Yokohama, Jul. 2008.
23)Takuya Suzuki, Kazuya Nakamura, Tatsuaki Tagami, Jose Mario Barichello, T Asai, Tatsuhiro Ishida, N Oku and Hiroshi Kiwada : Anticancer activity of Argonaute2 (Ago2) gene silencing induced by siRNA in mouse tumor xenograft model., 11th Liposome Research Days conference, Yokohama, Jul. 2008.
24)Tatsuaki Tagami, Kazuya Nakamura, Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Effect of siRNA on anti-PEG IgM production in the accelerated blood clearance (ABC) phenomenon when formulated with PEGylated cationic liposome., 11th Liposome Research Days conference, Yokohama, Jul. 2008.
25)Nazrul Islam, Takashi Ooi, Tetsuo Iwasawa, Masaki Nishiuchi and Yasuhiko Kawamura : Reaction of Tetraarylallene with Tetracyanoethylene: Generation of Novel 4,10c-Diazaacephenanthrylene, The 8th International Symposium on Functional pi-Electron Synstems, Graz, Jul. 2008.
26)Nazrul Islam, Takashi Ooi, Tetsuo Iwasawa, Masaki Nishiuchi and Yasuhiko Kawamura : Thermal Cyclotrimerization of Tetraphenyl[5]cumulene (Tetraphenylhexapentaene) to Sterically Overcrowded Tricyclodecadiene Derivative, The 8th International Symposium on Functional pi-Electron Systems, Graz, Jul. 2008.
27)Yoshiki Kashiwada, Masatoshi Taniguchi, Xiong Juan, Takashi Yamagishi and Yoshihisa Takaishi : Triterpene derivatives and their reversing activity against multidrug resistant cancer cells., 7th Joint Meeting of AFERP, ASP, GA, PSE&SIF, Athens, Aug. 2008.
28)Sang-Yong Kim, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami and Shun-Lin Li : Studies on the constituents of Chloranthus spicatus (Thumb.) Makino., 7th Joint Meeting of AFERP, ASP, GA, PSE&SIF, 1059, Athens, Aug. 2008.
29)Shin-Ichi Ohira, Masaki Takeuchi, Guanqun Song, Ignacio Villanueva-Fierro and Purnendu K Dasgupta : Noncontact Conductivity and Liquid Core Waveguide Based Fluorescence Detectors for Capillary Scale Analysis, International Ion Chromatography Symposium (IICS) 2008, Portland, Oregon, Sep. 2008.
30)Masaki Takeuchi, Jason V Dyke, Purnendu K Dasgupta, Hideji TANAKA and Kannan Srinivasan : Postcolumn Concentration in Ion Chromatography, 15th International Conference on Flow Injection Analysis Including Related Techniques (ICFIA 2008) & 25th Anniversary Meeting of Japanese Association for Flow Injection Analysis, Nagoya, Sep. 2008.
31)Takuto Mima, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Application of Amplitude Modulated Multiplexed flow Analysis for the Simultaneous Determination of Multiple Analytes, 15th International Conference on Flow Injection Analysis Including Related Techniques (ICFIA 2008) & 25th Anniversary Meeting of Japanese Association for Flow Injection Analysis, Nagoya, Sep. 2008.
32)Yuya Horinouchi, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa, Soichiro Tajima, Yuki Motobayashi, Kunihisa Yamaguchi, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : Endotherial cell protective activity of nitrosonifedipine, Biomedical Redox Navigation (EPR2008), Fukuoka, Sep. 2008.
33)Koichiro Tsuchiya, Soichiro Tajima, Mai Hamamoto, Hideki Ohnishi, Yuki Motobayashi, Yuya Horinouchi, Kunihisa Yamaguchi, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : Effect of angiotensin II on iron (II) turnover in HGEC, Biomedical Redox Navigation (EPR2008), Fukuoka, Sep. 2008.
34)Yuya Horinouchi, Koichiro Tsuchiya, 石澤 啓介, 田島 壮一郎, 元林 有紀, 山口 邦久, 川添 和義, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : Endothelial cell protective activity of nitorosonifedipine, Biomedical Redox Navigation (EPR2008), Fukuoka, Sep. 2008.
35)Fumika Yakushij, Jacques Maddaluno and Kozo Shishido : Diastereoselective construction of substituted tetrahydropyrans via oxy-Michael strategy, The Twentieth French-Japanease Symposium on Medicinal And Fine Chemistry, Bordeaux, Sep. 2008.
36)Makoto Kanematsu, Mitsuru Shindo, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : Total Synthesis of Thiomarinol A, The Twentieth French-Japanease Symposium on Medicinal And Fine Chemistry, Bordeaux, Sep. 2008.
37)Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Improvement of tumor targeting therapy with nanocarriers by changing the tumor microenvironment., 6th international workshop on Drug Delivery Systems for Nanomedicine, Prague (the Czech Republic), Oct. 2008.
38)Taisuke Matsuo, Takenori Yamamoto, Katsuda Chie, Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka : Substitution of Certain Amino Acids in a Short Peptide Causes a Significant Difference in Their Immunoreactivities with Antibodies Against Different Epitopes: Evidence for Possible Folding of the Peptide on Nitrocellulose or PVDF Membrane, International symposium on system cell engineering by multi-scale manipulation, Nagoya, Nov. 2008.
39)Toshiaki Tamaki, Keisuke Ishizawa, Kunihisa Yamaguchi, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Fukuhara Yayoi, Yuya Horinouchi and Koichiro Tsuchiya : Nitoroso-nifedipine is a new class drug to protect kidney against oxidative stress, 41th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2008.
40)Kunihisa Yamaguchi, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Shuji Kondo, Shoji Kagami and Toshiaki Tamaki : Hypoxia-Inducible Factor-1α ameliorates ischemic acute renal failure and has a relation with a recovery from acute tubular necrosis, 41th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2008.
41)Tatsusada Yoshida, Kazuya Nagaoka, Toshio Fujita and Hiroshi Chuman : Reprofiling the HanschFujita Type of Classical QSAR Using Modern Molecular Calculations, The 8th China-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, Kobe, Nov. 2008.
42)Nagaoka Kazuya, Oonishi Miku, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Theoretical Consideration on Enzymatic QSAR; Energy Decomposition Analysis of the Hammett Constant and QSAR of MMP-9 Inhibitors Using Ab Initio MO Calculations, The 8th China-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, Kobe, Nov. 2008.
43)Hiroshi Chuman : Links between QSAR and Molecular Simulation, The Annual Meeting 2008 of Korean Society for Bioinformatics and Systems Biology, Cheong-joo, Korea, Nov. 2008.
44)Aiko Yamauchi, Kaori Nakai, Sayako Doi, Kumiko Sakamoto and Masaru Kihara : Clinical QSAR Study on Placental Drug Transfer and An In Vitro Evaluation Model Using Human Placental JEG-3 Cells, The 8th China-Japan Joint Syposium on Drug Design and Development, Kobe, Nov. 2008.
45)Yusuke Kikuno, Mami Adachi, Kumiko Sakamoto, Masaru Kihara and Aiko Yamauchi : Analysis of compounds with developmental toxicity in human and prediction of fetotoxicity using Support Vector Machines, The 8th China-Japan Joint Syposium on Drug Design and Development, Kobe, Nov. 2008.
46)Noriaki Okazaki and Hiroshi Chuman : Positive Feedback of Caspase Activation as a Possible Mechanism of Life-Death Decision in Fas Signaling-Induced Apoptosis, The 2008 Annual Conference of the Japanese Society for Bioinformatics (JSBi2008), Osaka, Dec. 2008.
47)Kawano Wataru, Hirofumi Shibata, Hikichi Kaori, Masanori Higuti, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Tomihiko Higuti : Antiviral Effect of Octyl Gallate, 11th Western Pacific Congress on Chemotherapy and Infectious Diseases, 0, Taipei, Dec. 2008.
48)田島 壮一郎, Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, 石澤 啓介, 寺岡 和彦, 冨田 修平, 川添 和義, 芳地 一, Toshiaki Tamaki and 水口 和生 : ANGIOTENSIN II INCREASED INTRACELLULAR LABILE IRON IN THE PRESENCE OF TRANSFERRIN IN HGEC, Basic & Clinical Pharmacology & Toxicology, Vol.105, 127, 2009.
49)Kozo Shishido : Organic Synthesis of Allelochemicals, strategy and topics, Workshop on Allelochemicals in Asia, Tsukuba, Jan. 2009.
50)Tatsuhiro Ishida : Improvement of tumor targeting therapy with nanocarriers by changing the tumor microenvironment., International exchange program between University of Tokushima and Seoul National University, Seoul, Mar. 2009.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1)根本 尚夫 : 対称分岐型グリセロールオリゴマーBGLを用いた医薬品修飾による水溶性化, 第7回国際医療品原料・中間体展(TLOアカデミックセミナー), 2008年4月.
2)重永 章, 西岡 直美, 山本 純, 大髙 章 : 任意の刺激応答型ペプチド結合切断デバイスの開発, 日本ケミカルバイオロジー研究会第3回年会, 2008年5月.
3)竹内 政樹, Purnendu K Dasagupta, Jason V Dyke, Kannan Srinivasan : ポストカラム濃縮器, 第69回分析化学討論会, 2008年5月.
4)田中 秀治, 美馬 卓人, 飯田 仁, 竹内 政樹 : 多重制御流量比法のFe(II)およびFe(III)同時定量への応用, 第69回分析化学討論会, 2008年5月.
5)小門 諒平, 横田 理恵, 小林 正紘, 喜多 俊行, 新垣 尚捷, 桑島 正道, 樋口 富彦 : ミトコンドリアのバイオジェネシスを制御する新規因子の構造と機能, 第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
6)植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性ポリペプチドと結合したタンパク質分子やナノパーティクルの脂質二分子膜透過, 第2回日本生物物理学会四国支部大会講演要旨集, Vol.1, No.1, 2008年5月.
7)山本 武範, 吉村 勇哉, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 片岡 正俊, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 呼吸基質非存在下でミトコンドリアに誘起される透過性遷移の解析, 日本生物物理学会 第1回中国四国支部大会, 2008年5月.
8)盛重 純一, 田中 保, 平野 薫, 里内 清 : コノテガシワ種子に含まれるジュニペロン酸の細胞増殖抑制作用, 第49回日本生化学会 中国・四国支部例会講演要旨集, 67, 2008年5月.
9)松岡 和彦, 辻 大輔, 相川 聖一, 松澤 史子, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : 新規糖鎖付加によるβ-HexosaminidaseAの高機能化, 第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
10)高野 正志, 伊崎 俊介, 梅本 淳, 沖津 宏, 湊 拓也, 山村 陽子, 伊藤 孝司 : 胃がん特異的腫瘍マーカーとしてのGastrokine1の有用性の検討, 第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
11)増田 由佳, 辻 大輔, 吉田 有花, 伊藤 孝司 : ヒト大腸癌細胞株における癌幹細胞の単離及び性質決定, 第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
12)吉田 有花, 辻 大輔, 余田 英士, 豊島 優裕, 伊藤 孝司 : Sandhoff病モデルマウス由来骨髄細胞の性質決定, 第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
13)廣瀬 由記子, 辻 大輔, 伊藤 孝司 : Cell penetrating peptideを用いたProtein Therapyに関する基礎研究, 第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
14)辻 大輔, 安岡 寛子, 松岡 和彦, 宮﨑 絵梨, 廣瀬 由記子, 明星 裕美, 笠原 由子, 千葉 靖典, 地神 芳文, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : Sandhoff病モデルマウスに対するメタノール資化性酵母由来組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼの脳内補充効果, 第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
15)余田 英士, 辻 大輔, 若山 照彦, 伊藤 孝司 : Sandhoff病モデルマウス由来核移植胚性幹細胞を用いた中枢神経系モデルの構築及び病態解析, 第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
16)田上 辰秋, 中村 和也, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 : PEG修飾siRNAリポプレックス投与時におけるanti-PEG IgM分泌に関する検討, 日本薬剤学会第23年会, 2008年5月.
17)鈴木 卓也, 中村 和也, 田上 辰秋, 廣瀬 聖実, M J Barichello, 浅井 知浩, 石田 竜弘, 菊池 寛, 奥 直人, 際田 弘志 : Argonaute2(Ago2)標的siRNA腫瘍内直接投与による抗がん効果の検討, 日本薬剤学会第23年会, 2008年5月.
18)下田 かおり, 跡部 一孝, 浅井 知浩, 石田 竜弘, 菊池 寛, 奥 直人, 際田 弘志 : 抗がん剤リポソーム製剤化検討」資料収集および「腫瘍細胞および腫瘍新生血管を標的とした抗MT1-MMP抗体修飾リポソームの有用性に関する検討, 日本薬剤学会第23年会, 2008年5月.
19)萩 歩美, 田上 辰秋, 石田 竜弘, 際田 弘志 : がん細胞およびがん新生血管に親和性を有するPEG修飾Cationic liposomeの開発に関する検討, 日本薬剤学会第23年会, 2008年5月.
20)土井 祐輔, 平 百合恵, 石田 竜弘, 際田 弘志 : S-1を用いたlow dose chemotherapyによって生ずる腫瘍内微少環境の変化が与えるリポソームの腫瘍内動態変化に関する検討, 日本薬剤学会第23年会, 2008年5月.
21)城 慎二, Barichello Mario Jose, 田上 辰秋, 菊池 寛, 石田 竜弘, 際田 弘志 : siRNAリポプレックスの新規調製法がもたらす細胞内取り込み機構の変化及びRNAi効果に与える影響に関する研究, 日本薬剤学会第23年会, 2008年5月.
22)清水 太郎, 名和田 幸介, 成毛 一恵, 石田 竜弘, 際田 弘志 : ポリエチレングリコール修飾タンパク投与による抗PEG IgM誘導に関する研究, 日本薬剤学会第23年会, 2008年5月.
23)中村 和也, 鈴木 卓也, 田上 辰秋, Barichello Mario Jose, 石田 竜弘, 際田 弘志 : siRNA-カチオニックリポソーム複合体の新生血管親和性向上の要因の解明に関する研究, 日本薬剤学会第23年会, 2008年5月.
24)横江 弘雅, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : ザンタノライドセスキテルペンの合成, 第6回次世代を担う有機化学シンポジウム, 2008年5月.
25)谷河 佑城, 植野 哲, 嶋林 三郎 : ポリプレックスの構造と物性に対する分子量の及ぼす影響, 第24回日本DDS 学会学術集会講演要旨集(東京), Vol.24, No.1, 2008年6月.
26)浦辻 直幸, 植野 哲, 嶋林 三郎 : DNA-Liposome複合体Lipoplex形成に対する脂質構成比の影響, 第24回日本DDS学会学術集会講演要旨集(東京), Vol.24, No.1, 2008年6月.
27)辻 大輔, 安岡 寛子, 松岡 和彦, 宮﨑 絵梨, 廣瀬 由記子, 明星 裕美, 笠原 由子, 千葉 靖典, 地神 芳文, 二木 史朗, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : GM2ガングリオシドーシスモデルマウスに対する組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼの脳内補充効果, 第50回日本脂質生化学会, 2008年6月.
28)里内 清, 田中 保, 德村 彰 : 食品からのリゾホスファチジン酸による胃粘膜保護, 脂質生化学会研究, Vol.50, p12, 2008年6月.
29)石塚 洋, 柴田 洋文, 樋口 富彦 : 緑膿菌の侵襲性を指標とした新規抗菌活性物質のスクリーニング, 第56回日本化学療法学会総会, 2008年6月.
30)山内 あい子 : 『薬物治療に影響する食薬相互作用を考える-飲食物・嗜好品・健康食品と薬の飲み合わせ-』, 第156回名西郡・名東郡学術講演会, 2008年6月.
31)植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性ポリペプチドによるヒドロキシアパタイトナノ粒子の脂質二分子膜透過, 第24回日本DDS 学会学術集会講演要旨集(東京), Vol.24, No.1, 2008年6月.
32)植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性ポリペプチドによるヒドロキシアパタイトナノ粒子の脂質二分子膜透過, 第24回日本DDS学会学術集会講演要旨集(東京), Vol.24, No.1, 2008年6月.
33)中村 和也, 鈴木 卓也, 田上 辰秋, Barichello Mario Jose, 石田 竜弘, 際田 弘志 : siRNA―カチオニックリポソーム複合体の表面荷電が新生血管親和性に及ぼす影響, 第24回日本DDS学会, 2008年6月.
34)鈴木 卓也, 中村 和也, 田上 辰秋, 廣瀬 聖実, Barichello Mario Jose, 浅井 知浩, 石田 竜弘, 奥 直人, 際田 弘志 : Argonaute2 (Ago2)標的siRNA-lipoplexを用いたin vivo抗腫瘍効果, 第24回日本DDS学会, 2008年6月.
35)清水 太郎, 名和田 幸介, 吉岡 靖雄, 石田 竜弘, 中川 晋作, 際田 弘志 : PEG修飾タンパクおよびPEG修飾アデノウイルス投与による抗PEG IgM誘導に関する検討, 第24回日本DDS学会, 2008年6月.
36)小出 裕之, 浅井 知浩, 畑中 剣太朗, 石田 竜弘, 際田 弘志, 横山 昌幸, 奥 直人 : ナノキャリア頻回投与時におけるABC現象の機構解明, 第24回日本DDS学会, 2008年6月.
37)湊 拓也, 沖津 宏, 田中 麻美, 山村 陽子, 片山 和久, 石倉 久嗣, 木村 秀, 坂田 章聖, 藤井 義幸, 伊藤 孝司 : 胃癌に対するS-1術前2週投与前後のプロテオーム解析による有用性の検討, 第63回日本消化器外科学会総会, 2008年7月.
38)石田 竜弘 : PEG修飾微粒子キャリアー投与時の免疫反応, Frontier's Nanomedicine -Summer Workshop 2008-, 2008年8月.
39)田上 辰秋, 中村 和也, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 : PEG修飾siRNA-lipoplex投与時におけるanti-PEG IgM分泌に対するsiRNAの影響, 第30回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2008年8月.
40)辻 大輔, 廣瀬 由記子, 伊藤 孝司 : 中枢神経系構成細胞へのCell penetrating peptide 融合タンパクに対するヘパラン硫酸プロテオグリカンの関与, 第28回日本糖質学会年会(JSCR), 2008年8月.
41)松岡 和彦, 辻 大輔, 相川 聖一, 松澤 史子, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : リン酸化N-グリカン追加型組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼAを用いたSandhoff病モデルマウスに対する効率的脳内補充, 第28回日本糖質学会年会(JSCR), 2008年8月.
42)伊藤 孝司, 辻 大輔, 松岡 和彦, 宮﨑 絵梨, 明星 裕美, 笠原 由子, 千葉 靖典, 櫻庭 均, 川島 育夫, 地神 芳文 : Sandhoff病モデルマウスに対する組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼの脳内補充効果, 第28回日本糖質学会年会(JSCR), 2008年8月.
43)明星 裕美, 笠原 由子, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 櫻庭 均, 千葉 靖典, 地神 芳文 : メタノール資化性酵母生産系を利用したリソソーム病治療薬の生産とその評価, 第28回日本糖質学会年会(JSCR), 2008年8月.
44)津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : キラルスルホンアミド-亜鉛錯体を用いるσ対称1,3-ジオールの不斉モノアシル化反応, 第24回若手化学者のための化学道場, 2008年9月.
45)竹内 政樹, Bingcheng Yang, 田中 秀治, Purnendu K Dasgupta : 低圧キャピラリーイオンクロマトグラフィー用ガスフリー溶離液発生器, 日本分析化学会第57年会, 2008年9月.
46)田中 秀治, 黒河 洋平, 上村 剛史, 美馬 卓人, 竹内 政樹 : 振幅変調多重化フロー分析法の効率向上のための最適化, 日本分析化学会第57年会, 2008年9月.
47)竹内 政樹, Jianzhong Li, Kavin J Morris, 田中 秀治, Purnendu K Dasgupta : 親水性膜デニューダーによる大気中ガス成分の連続測定, 第49回大気環境学会, 2008年9月.
48)竹内 政樹, Rahmat SM Ullah, Purnendu K Dasagupta, 田中 秀治, Allen Williams : ウエット親水性フィルターによる大気中エアロゾル成分の連続測定, 第49回大気環境学会, 2008年9月.
49)黒田 若奈, 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 : ロイコトリエン受容体拮抗薬のTDI によるラット鼻粘膜H1 受容体up―regulation に対する効果, 第47回日本鼻科学会, 2008年9月.
50)植野 哲, 嶋林 三郎 : ナノパーテイクル複合体の脂質二分子膜透過, 第61回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集(福岡), Vol.61, No.1, 2008年9月.
51)Shugo Tsuda, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Naomi Nishioka, Yoshitake Sumikawa, Kouji Itou and Akira Otaka : Development of UV irradiation-responsive amino acid with peptide bond cleavage ability and its application to a nucleocytoplasmic shuttle peptide, 第22回内藤コンファレンス, Sep. 2008.
52)住川 栄健, 津田 修吾, 重永 章, 大髙 章 : チオカルボン酸を利用した化学的蛋白質合成法の開発に関する研究, 第24回若手化学者のための化学道場, 2008年9月.
53)吉田 昌裕 : アルキン及びアレン化合物と有機ボロン酸を用いる炭素-炭素結合性生成反応の開発, 第24回若手化学者のための化学道場, 2008年9月.
54)高木 晴子, 瓜倉 真衣, 盛重 純一, 平野 薫, 里内 清, 田中 保, 小池 透 : リン酸捕獲試薬,Phos-tagを用いたスフィンゴシンー1-リン酸の質量分析計による分析, 日本農芸化学会2008年度中国四国支部大会 講演要旨集, 27, 2008年9月.
55)田中 保, 堀内 剛, 近藤 宏樹, 松岡 恵, 盛重 純一, 平野 薫, 里内 清, 德村 彰, 小池 透 : キャベツの消化プロセスで生じる創傷治癒ホルモン・リゾホスファチジン酸による消化管組織修復, 日本農芸化学会2008年度中四国支部大会 講演要旨集, 40, 2008年9月.
56)三橋 洋介, 柏田 良樹, 石田 俊介, 高石 喜久, Kodozhimatov K. Olimjon, Ashurmetov Ozodbek : ウズベキスタン産薬用植物に関する研究(34) —Ziziphora pedicellataの成分について(2)—, 日本生薬学会第55回(2008)年会, 85, 2008年9月.
57)西村 和也, 柏田 良樹, 高石 喜久 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(10)—夏蝋梅(Sinocalycanthus chinensis)の成分について—., 日本生薬学会第55回(2008)年会, 86, 2008年9月.
58)栗本 慎一郎, 鈴木 恭子, 柏田 良樹, 高石 喜久, 岡坂 衛, Kodozhimatov K. Olimjon, Ashurmetov Ozodbek : ウズベキスタン産薬用植物に関する研究(35)—Mediasia macrophyllaの成分について(2)—., 日本生薬学会第55回(2008)年会, 101, 2008年9月.
59)篠崎 陽介, 橋田 和佳, 柏田 良樹, 高石 喜久 : オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(21) —キンシバイHypericum patulum花部の成分について(1)—., 日本生薬学会第55回(2008)年会, 102, 2008年9月.
60)橋田 千佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 孫 漢董 : オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(19) —遍地金Hypericum elodeoidesの成分について(1)—., 日本生薬学会第55回(2008)年会, 103, 2008年9月.
61)柴田 高洋, 柴田 洋文, 伏谷 秀治, 川添 和義, 阿倍 正博, 樋口 富彦, 水口 和生, 庄野 文章 : 徳島大学病院病棟内における浮遊菌調査, 第18回日本医療薬学会年会, 246, 2008年9月.
62)金 尚永, 柏田 良樹, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林, 高石 喜久 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(9)—Chloranthus spicatusの成分について(4)—, 日本生薬学会第55回(2008)年会, 187, 2008年9月.
63)田中 直伸, 久保田 高明, 石山 玄明, 柏田 良樹, 高石 喜久, 伊藤 淳二, 三上 㐮, 城始 勇, 小林 淳一 : ナガサキオトギリ由来の新規フロログルシノール誘導体petiolin Dの構造, 日本生薬学会第55回(2008)年会, 188, 2008年9月.
64)海瀬 貞夫, 柏田 良樹, 高石 喜久, 孫 漢董, 橋田 千佳 : オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(19) —遍地金Hypericum elodeoidesの成分について(2)—, 日本生薬学会第55回(2008)年会, 243, 2008年9月.
65)鎌倉 孝法, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 樋口 富彦, 高石 喜久 : キク科カレープラントHelichrysum itallicum subsp. serotinumの抗MRSA活性成分の探索研究, 日本生薬学会第55回(2008)年会, 279, 2008年9月.
66)清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 : 投与量逆依存的なABC現象発現と脾臓B細胞活性化との相関に関する検討, 第17回DDSカンファランス, 2008年9月.
67)中村 和也, 鈴木 卓也, 土井 祐輔, 松永 真理子, 田上 辰秋, 浅井 知浩, 石田 竜弘, 奥 直人, 際田 弘志 : Argonaute2標的siRNAとフッ化ピリミジン系経口抗がん剤の併用療法によるin vivo抗腫瘍効果の検討, 第17回DDSカンファランス, 2008年9月.
68)土井 祐輔, 平 百合恵, 石田 竜弘, 際田 弘志 : S-1を用いたMetronomic chemotherapyによって生じる腫瘍内微小環境の変化がもたらすリポソームの腫瘍内移行性の向上, 第17回DDSカンファランス, 2008年9月.
69)川添 和義, 坂本 久美子, 伏谷 秀治, 水口 和生 : 現役薬剤師に対する漢方薬意識調査, --- 漢方教育における医学部と薬学部のギャップを埋めるために ---, 第18回日本医療薬学会年会, 275, 2008年9月.
70)寺岡 和彦, 中村 敏己, 梅田 貴文, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 : 調剤インシデント発生状況から見た調剤過誤防止対策の評価, 第18回日本医療薬学会年会, 273, 2008年9月.
71)東 満美, 日野出 晴美, 三木 あかね, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 : 学生の体験に基づくリスクマネージメント実習の試み, 第18回日本医療薬学会年会, 276, 2008年9月.
72)金 尚永, 柏田 良樹, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林, 孫 漢董, 高石 喜久 : Chloranthus spicatusの成分研究, 第50回天然有機化合物討論会, 339-344, 2008年9月.
73)喜多 俊行, 西田 華, 新垣 尚捷 : H+-ATP, 第29回日本肥満学会, 2008年10月.
74)西田 華, 喜多 俊行, 新垣 尚捷 : 第29回日本肥満学会, 2008年10月.
75)薬師寺 文華, 吉田 昌裕, Jacques Maddaluno, 宍戸 宏造 : チオマリノールBの全合成研究, 第50回天然有機化合物討論会, 2008年10月.
76)吉田 達貞, 中馬 寛 : QSAR Study of Cyclic Urea Type HIV-1 Protease Inhibitors Using Ab Initio Fragment MO Calculation of Their Complex Structures with HIV-1 Protease, 第36回構造活性相関シンポジウム, 2008年10月.
77)吉田 昌裕, 松田 健之介, 庄司 康伸, 後藤 貴浩, 井原 正隆, 宍戸 宏造 : パラジウム/白金アクア触媒を用いたアリールボロン酸のアレンへの位置選択的付加反応, 第34回反応と合成の進歩シンポジウム, 2008年10月.
78)植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性ポリペプチド・ヒドロキシアパタイトナノパーテイクル複合体の脂質2分子膜透過, 第18回無機リン化学討論会講演要旨集(October, 2008 奈良), Vol.18, No.1, 2008年10月.
79)立石 樹理, 柴田 洋文, 樋口 富彦 : 緑膿菌排出ポンプに対するアルキルガレートの作用, 第61回日本細菌学会中国四国支部総会, 2008年10月.
80)中馬 寛 : 定量的構造活性相関と分子科学計算・シミュレーション, JST-CREST/CBIシンポジウム「フラグメント分子軌道法-その基礎と応用-」, 2008年10月.
81)引地 香織, 柴田 洋文, 樋口 富彦 : 銀翹散のin vitro抗インフルエンザウイルス活性について, 第57回日本感染症学会東日本地方学術集会第55回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会, 2008年10月.
82)Hitaoka Seiji, Kori Eri, Horikawa Yasushi, Taguchi Masahiro, Tatsusada Yoshida, Kouji Itou and Hiroshi Chuman : Molecular Dynamics Study of the Effect of Arg344 Mutation on the Activation of Human Cathepsin A, CBI2008, Oct. 2008.
83)池原 敏孝, 川添 和義, 木内 陽介, 宮本 博司 : ウシ副腎髄質細胞の容積調節機構に及ぼす変動強磁界の影響, 第18回日本磁気歯科学会学術大会抄録集, 18, 2008年10月.
84)仁木 万寿, 兼松 誠, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : (-)-Heliannuol E の全合成, 第52回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会, 2008年10月.
85)田上 辰秋, 石田 竜弘, 奥 直人, 際田 弘志 : PEG修飾カチオニックリポソームを用いたArgonaute 2-siRNAによる抗腫瘍効果, 第67回日本癌学会学術総会, 2008年10月.
86)土井 祐輔, 平 百合恵, 石田 竜弘, 際田 弘志 : S-1 metronomic chemotherapy とオキサリプラチン封入ナノキャリア併用療法の開発:相乗的効果増強機構の解明に関する研究, 第46回日本癌治療学会総会, 2008年10月.
87)Shugo Tsuda, Nami Maeda, Kiyomi Bando, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Synthesis of peptide thioester using N-substituted aniline derivatives, The 45th Japanese Peptide Symposium, Oct. 2008.
88)Yoko Yamaki, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Synthesis of fluoroalkene dipeptide isostere utilizing intramolecular redox reaction, The 45th Japanese Peptide Symposium, Oct. 2008.
89)Akira Shigenaga, Naomi Nishioka, Jun Yamamoto, Hiroko Hirakawa, Yoshitake Sumikawa, Keiko Yamaguchi and Akira Otaka : Influence of an amino acid sequence on kinetics of peptide bond cleavage reaction induced by a stimulus-responsive amino acid, The 45th Japanese Peptide Symposium, Oct. 2008.
90)Yoshitake Sumikawa, Shugo Tsuda, Akira Shigenaga and Akira Otaka : The application of peptide thioacids to NCL-type sequential condensation of peptide fragments, The 45th Japanese Peptide Symposium, Oct. 2008.
91)津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : σ対称1,3-ジオールを基質とする触媒的エナンチオ選択的アセチル化反応, 第34回反応と合成の進歩シンポジウム, 2008年11月.
92)中尾 允泰, 竹安 正範, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 1H NMRを用いるα-アミノ酸の簡便絶対配置決定法の開発, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
93)津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : キラルスルホンアミド-亜鉛錯体を用いたσ対称1,3-ジオールの触媒的エナンチオ選択的アセチル化反応, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
94)市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : カルボジイミド型脱水縮合剤を用いるケテン経由の脱共役エステル化反応, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
95)大勢 祐希子, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ケトンの不斉還元によるフルオロオレフィン型光学活性ジペプチドミメティクスの合成, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
96)上野 麻衣, 中山 ゆかり, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : アンギバクチンならびにアンヒドロアンギバクチンの合成研究, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
97)時實 梨衣, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応を基盤とするグリセロリン脂質の合成研究, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
98)七瀧 浩志, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : フルオロオレフィン型プロリン含有ジペプチドミメティクスの合成, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
99)森本 晃允, 佐野 茂樹, 長尾 善光, 伊藤 博夫 : 揮発性チオール捕捉反応剤の合成開発研究, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
100)八巻 陽子, 重永 章, 大髙 章 : 分子内redox反応を利用したフルオロアルケンジペプチドイソスターの合成, 第34回反応と合成の進歩シンポジウム, 2008年11月.
101)平川 寛子, 西岡 直美, 山口 圭子, 重永 章, 大髙 章 : 光刺激応答型アミド結合切断反応を利用したケージドセラミドの創製, 第47回日本薬学会病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
102)前田 奈美, 津田 修吾, 重永 章, 大髙 章 : N-Sアシルシフトを利用した環状ペプチドライブラリー構築の試み, 第47回日本薬学会病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
103)森下 巧, 津田 修吾, 前田 奈美, 重永 章, 大髙 章 : ペプチド結合切断能を有する側鎖修飾型アスパラギンの開発, 第47回日本薬学会病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
104)山本 純, 住川 栄健, 西岡 直美, 重永 章, 古田 寿昭, 大髙 章 : 近赤外二光子励起応答型ペプチド結合切断デバイスの開発, 第47回日本薬学会病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
105)中尾 允泰, 竹安 正範, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : α-アミノ酸の絶対配置決定を目的とした光学活性ジケトピペラジンの合成, 第38回複素環化学討論会, 2008年11月.
106)清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 : ナノキャリアの生体反応性とバイオ応用に関する研究, 日本薬物動態学会第23回年会, 2008年11月.
107)Yusuke Kikuno, Mami Adachi, Kumiko Sakamoto, Masaru Kihara and Aiko Yamauchi : Analysis of compounds with developmental toxicity in human and prediction of fetotoxicity using Support Vector Machines, 第36回構造活性相関シンポジウム, Nov. 2008.
108)Kazuya Nagaoka, Miku Oonishi, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : QSAR Study of Biphenyl Sulfonamide Type MMP-9 Inhibitors Using Ab Initio MO Calculation, 第36回構造活性相関シンポジウム, Nov. 2008.
109)Tatsusada Yoshida, Youhei Munei and Hiroshi Chuman : Comparative QSAR Analyses of a Series of Benzene Sulfonamide Inhibitors Based on Ab Initio MO Calculation of Their Complex Structures with Carbonic Anhydrase, 第36回構造活性相関シンポジウム, Nov. 2008.
110)植野 哲, 嶋林 三郎, 山崎 秀朗 : ポリエチレンイミンとリポソームの相互作用の検討, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, Vol.47, No.1, 2008年11月.
111)河野 渉, 引地 香織, 柴田 洋文, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生, 樋口 富彦 : 銀翹散のin vitro抗インフルエンザウイルス活性について, 第47回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
112)中井 香, 土居 沙也子, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 : 薬物の胎盤通過性に関するClinicalQSAR解析とヒト胎盤培養細胞モデルの作成, 第47回日本薬学会,日本薬剤師会,日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
113)横山 宏典, 矢野 遼平, 高木 翔, 大久保 雅則, 黒岩 勇人, 荒木 勉 : MPTP神経毒性に対する各種薬剤の保護効果の検討, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 講演要旨集, 103, 2008年11月.
114)大久保 雅則, 横山 宏典, 高木 翔, 矢野 遼平, 押川 拓矢, 荒木 勉 : MPTP神経毒性に対するEstrogenの効果に関する検討, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 講演要旨集, 102, 2008年11月.
115)紙本 尚幸, 桐野 靖, 腰岡 桜, 佐藤 陽一, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生, 中堀 豊 : ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットモデルにおけるDipptidyl pdptidase 4と脂質代謝異常の関連性について, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 83, 2008年11月.
116)白石 泰郎, 西迫 寛隆, 池原 敏孝, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 : ウシ副腎髄質クロマフィン細胞におけるアクチンと細胞容積調節機能に及ぼす変動磁界の影響, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 84, 2008年11月.
117)河野 渉, 引地 香織, 柴田 洋文, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生, 樋口 富彦 : 銀翹散のin vitro抗インフルエンザウイルス活性につて, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 97, 2008年11月.
118)田中 亜紀, 香川 恵子, 川添 和義, 二川 健, 寺尾 純二, 水口 和生 : 栄養学的指標に基づく漢方薬の医薬品としての品質評価, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 164, 2008年11月.
119)小澤 司, 兼松 誠, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : カルバモイルケテンーアルケン[2+2]環化付加反応による(±) -Physostigmineの合成研究, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
120)竹永 葉月, 梶真 一朗, 松田 彩佳, 德村 彰, 滝口 祥令 : 心筋虚血再灌流障害における脂質メディエーターリゾホスファチジン酸の生理的役割, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2008年11月.
121)廣永 有沙, 石澤 啓介, 山崎 有希子, 野瀬 文乃, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 : オルメサルタンはPDGF誘導メサンギウム細胞遊走をAT1受容体非依存的に抑制する, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 189, 2008年11月.
122)吉田 昌裕, 庄司 康伸, 宍戸 宏造 : パラジウム触媒を用いたアレンへのアリールボロン酸の位置及び立体選択的付加反応を鍵とするenokipodin類の全合成, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
123)金 尚永, 柏田 良樹, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(11)—Chloranthus spicatus の成分について(5)—, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 199, 2008年11月.
124)篠崎 陽介, 橋田 和佳, 柏田 良樹, 高石 喜久 : オトギリソウ科Hypericum 属植物に関する研究(22)—キンシバイ(Hypericum patulum)花部の成分について(2)—, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 206, 2008年11月.
125)梶 真一朗, 一丸 智司, 阿部 真博, 滝口 祥令 : 心筋虚血再灌流障害に対するPPAR-γ活性化療法の効果, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2008年11月.
126)松永 真理子, 鈴木 卓也, 中村 和也, 土井 祐輔, 石田 竜弘, 際田 弘志 : フッ化ピリミジン系経口抗がん剤併用によるsiRNA-lipoplexの腫瘍移行向上の試み, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2008年11月.
127)平 百合恵, 土井 祐輔, 石田 竜弘, 際田 弘志 : フッ化ピリミジン系抗がん剤とOxaliplatin(l-OHP)封入リポソーム併用療法に関する研究:l-OHP放出性の違いが効果と毒性に及ぼす影響, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2008年11月.
128)竹島 秀美, 石田 竜弘, 際田 弘志 : REG修飾リポソームの体内動態に及ぼす内封ドキソルビシンの影響, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2008年11月.
129)阿部 正義, 清水 太郎, 石田 竜弘, 際田 弘志 : PEG化リポソーム投与による抗PEG-lgMの発想と精製法の研究, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2008年11月.
130)清水 径, 田上 辰秋, 城 慎二, 石田 竜弘, 際田 弘志 : siRNAリポプレックスによる細胞内取り込み量及び遺伝子サイレンシング効果の経時的変化に関する検討, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2008年11月.
131)柴田 洋文, 吉田 敦也, 大野 三規, 三谷 明彦, 高石 喜久 : 電圧負荷による非凍結低温度帯における低温細菌の挙動, 第29回日本食品微生物学術総会, 2008年11月.
132)吉田 達貞, 中馬 寛 : HIV-1プロテアーゼ-阻害剤複合体のフラグメント分子軌道法計算に基づくQSAR, 第4回「シミュレーション技術と実用化基盤の構築」領域シンポジウム, 2008年11月.
133)吉田 昌裕, Mohammad Al-Amin, 松田 健之介, 宍戸 宏造 : プラチナ触媒を用いたプロパルギルエポキシドの環化異性化反応による多置換フランの効率的合成, 第38回複素環化学討論会, 2008年11月.
134)岡田 達也, 森川 富昭, 玉木 悠, 田木 真和, 川添 和義, 伏谷 秀治, 水口 和生, 森口 博基 : 薬品の使用履歴に基づいた薬品情報配信システムの構築と評価, 医療情報学連合大会論文集28回, 2008年11月.
135)横江 弘雅, 登 健太郎, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : 抗 MRSA 活性テルペノイドの合成研究, 第27回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2008年11月.
136)中尾 允泰, 竹安 正範, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 複素環化合物の特性を活用したα-アミノ酸の簡便絶対配置決定法, 創薬懇話会2008, 2008年12月.
137)津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : シンコナアルカロイド誘導体を用いたσ対称1,3-ジオールの非対称化反応, 創薬懇話会2008, 2008年12月.
138)西田 華, 喜多 俊行, 新垣 尚捷, 樋口 富彦 : ポリフェノール類の脂肪細胞に対する効 果とその機構の解明, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会, 2008年12月.
139)西田 華, 喜多 俊行, 新垣 尚捷, 樋口 富彦 : ポリフェノール類の脂肪細胞に対する効果とその機構の解明, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会, 2008年12月.
140)Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi : Poly(Arg) - nanoparticle complexes translocate through lipid bilayer membranes., 日本生物物理学会第46回年会講演予稿集(福岡), Vol.48, No.special issue #1, S160, Dec. 2008.
141)小林 理, 高田 裕介, 木原 勝, 山内 あい子 : 妊婦・授乳婦の漢方治療薬における安全性情報データベースの構築, 第27回徳島大学卒後教育公開講座, 2008年12月.
142)足立 麻実, 菊野 裕介, 高田 裕介, 木原 勝, 山内 あい子 : 薬物性肝障害に関する医薬品副作用情報の解析, 第27回徳島大学卒後教育公開講座, 2008年12月.
143)東 満美, 日野出 晴美 : 本学における模擬患者(SP)参加型薬剤師コミュニケーションスキル, 第27回 徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2008年12月.
144)德村 彰, 足立 美佳, 稲葉 真衣子, 室田 佳恵子, 田中 保, 寺尾 純二 : 消化器系の管腔側から作用するリゾリン脂質の生理的および病態生理的役割, 第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会大会 合同大会 講演要旨集, 175, 2008年12月.
145)盛重 純一, 高木 晴子, 瓜倉 真衣, 平野 薫, 里内 清, 田中 保, 小池 透 : Phos-tagを用いたスフィンゴシン-1-リン酸の質量分析計による定量法の開発, 第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会大会 合同大会 講演要旨集, 175, 2008年12月.
146)川島 永子, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 仲山 賢一 : GM2ガングリオシドーシス由来アストロサイトの異常増殖メカニズムの解明, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
147)平川 寛子, 西岡 直美, 山口 圭子, 重永 章, 大髙 章 : 刺激応答型アミド結合切断デバイスを利用したケージドセラミドの創製, 創薬懇話会2008, 2008年12月.
148)松岡 和彦, 辻 大輔, 相川 聖一, 松澤 史子, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : α鎖へのN型糖鎖追加によるヒトβ-HexosaminidaseAの脳内酵素補充効果の改善, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
149)辻 大輔, 宮﨑 絵梨, 松岡 和彦, 明星 裕美, 笠原 由子, 千葉 靖典, 地神 芳文, 川島 育夫, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : Sandhoff 病モデルマウスに対するメタノール資化性酵母由来ヒトβ-ヘキソサミニダーゼの脳内補充効果, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
150)田口 雅浩, 辻 大輔, 相川 聖一, 松澤 史子, 伊藤 孝司 : ほ乳類シアリダーゼの発現と性質比較, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
151)堀川 靖, 辻 大輔, 田口 雅浩, 廣瀬 由記子, 二木 史朗, 伊藤 孝司 : Cell penetrating peptideを用いたヒト保護タンパク/カテプシンAの細胞内補充効果の検討, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
152)辻 大輔, 廣瀬 由記子, 中瀬 生彦, 二木 史朗, 伊藤 孝司 : Cell penetrating peptideを用いた中枢神経系疾患に対するProtein therapyに関する基礎研究, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
153)田村 友美, 松岡 和彦, 辻 大輔, 伊藤 孝司 : レンチウイルスベクターを用いた高機能型ヒトbeta-Hexosaminidase A 発現間葉径幹細胞の樹立と性状解析, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
154)余田 英士, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 若槻 照彦 : Sandhoff病モデルマウス由来核移植胚性肝細胞から神経系への分化誘導系の確立, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
155)吉田 有花, 辻 大輔, 豊島 優裕, 伊藤 孝司 : ケモカインリガンド・レセプターシステムを介した病態マウス由来骨髄細胞の脳内移行に関する基礎研究, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
156)横江 弘雅, 登 健太郎, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : ザンタノリド類の合成と活性評価, 創薬懇話会 2008, 2008年12月.
157)吉田 昌裕, 中谷 晃司, 宍戸 宏造 : Radulanin類の効率的合成研究, 創薬懇話会 2008, 2008年12月.
158)石田 竜弘 : ナノキャリアーを用いた抗がん剤デリバリーシステムの開発におけるin vivo イメージングの有用性, 第31回日本分子生物学会年会第81回日本生化学会大会合同大会BMB2008, 2008年12月.
159)高野 正志, 辻 大輔, 増田 由佳, 伊藤 良和, 徳田 美幸, 梅本 淳, 沖津 宏, 湊 拓也, 山村 陽子, 伊藤 孝司 : 胃癌におけるGastrokineの発現変動と機能解析に関する研究, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
160)増田 由佳, 辻 大輔, 吉田 有花, 余田 英士, 伊藤 孝司 : ヒト癌幹細胞株における癌幹細胞の単離及び性状解析, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
161)伊藤 良和, 伊崎 俊介, 高野 正志, 増田 由佳, 吉村 佳之, 梅本 淳, 沖津 宏, 山村 陽子, 湊 拓也, 伊藤 孝司 : 大腸がん患者に対するS-1の術前化学療法における組織内プロテオームの変動解析, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
162)伊藤 孝司 : 糖鎖機能を利用した組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼの脳内補充療法の開発, JST第三回糖鎖全体会議, 2009年1月.
163)辻 大輔, 松岡 和彦, 廣瀬 由記子, 余田 英士, 宮﨑 絵梨, 明星 裕美, 笠原 由子, 千葉 靖典, 地神 芳文, 二木 史朗, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : Sandhoff病モデルマウスへの組換えヒトβ-ヘキソサミニダーゼの脳室内補充と治療効果, JST第三回糖鎖全体会議, 2009年1月.
164)石田 竜弘 : リポソームをプラットフォームにしたDDS開発研究, 第一回若手研究発表会 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部, 2009年2月.
165)伏谷 秀治, 柴田 洋文, 柴田 高洋, 川添 和義, 安倍 正博, 阿部 真治, 樋口 富彦, 庄野 文章, 水口 和生 : 徳島大学病院病棟における環境中の浮遊真菌調査について, 第24回日本環境感染学会総会, 2009年2月.
166)中尾 允泰, 竹安 正範, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ジケトピペラジン構造を基盤とするα-アミノ酸の新規絶対配置決定法の開発研究(3), 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
167)津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : σ対称1,3-ジオールの触媒的不斉非対称化反応, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
168)市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ケテン経由の脱共役エステル化を基盤とする不斉転位反応, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
169)時實 梨衣, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応を用いるグリセロリン脂質の合成, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
170)七瀧 浩志, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : HWE反応を用いるフルオロオレフィン型プロリン含有ジペプチドミメティクスの合成, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
171)森本 晃允, 佐野 茂樹, 長尾 善光, 伊藤 博夫 : メタンチオール捕捉標識反応剤の合成開発, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
172)植野 哲, 嶋林 三郎 : Poly-L-arginine-ヒドロキシアパタイトナノパーテイクル複合体形成と脂質二分子膜との相互作用, 日本薬学会第129年会講演要旨集(京都, 27Q-am158), Vol.129, No.4, 2009年3月.
173)篠原 康雄, 橋本 満, 木平 孝高, 大倉 一人, 真島 英司, 寺田 弘 : ミトコンドリア内膜のADP/ATP透過担体のC末端領域の構造特性と機能, 日本薬学会 第129年会, 2009年3月.
174)田中 秀治, 上村 剛史, 大楠 剛司, 竹内 政樹 : 水中の微量リンの定量を目的とした振幅変調フロー分析法の研究, 日本薬学会第139年会, 2009年3月.
175)喜多 俊行, 西田 華, 新垣 尚捷 : Sirt2の発現抑制安定株の作成とミトコン ドリアに与える影響の解析, 日本薬学会129年会, 2009年3月.
176)西田 華, 喜多 俊行, 新垣 尚捷 : 日本薬学会129年会, 2009年3月.
177)梶 真一朗, 竹永 葉月, 山﨑 尚志, 德村 彰, 滝口 祥令 : リゾホスファチジン酸の心筋虚血再灌流障害への影響, 第82回 日本薬理学会年会, 2009年3月.
178)嶋林 三郎 : 表面疎水基を持つヒドロキシアパタイトに対する有機物の吸着, --- 吸着による疎水化と合成による疎水化 ---, 第1回機能性材料勉強会資料集, Vol.1, No.1, 2009年3月.
179)仁木 万寿, 松田 優子, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : Chroman 及び Tetrahydrobenzo[b]oxepine の合成研究, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
180)吉田 昌裕, Mohammad Al-Amin, 宍戸 宏造 : Synthesis of substituted furans and pyrroles by platinum-catalyzed cyclization of propargylic oxiranes and aziridines in aqueous media, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
181)吉田 昌裕, 中谷 晃司, 宍戸 宏造 : Radulanin Eの効率的合成研究, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
182)大坂 真由, 兼松 誠, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : (±)‐Heliannuol Dの合成研究, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
183)兼松 誠, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : Aspergillide B の合成研究, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
184)庄司 正志, 薬師寺 文華, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : Sorangiadenosine の合成研究, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
185)菊地 大介, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : Lewis 酸を用いる新規炭素-炭素結合形成反応の開発, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
186)大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : (E)-2-アルキルビニルブロマンのビニル位SN2反応, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
187)酒井 祐太, 宮本 和範, 落合 正仁 : ヨードベンゼンを用いたアミドの触媒的Hofmann転位反応, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
188)尾華 絵里子, 山本 武範, 渡邊 政博, 角幡 玲, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 大家 利彦, 馬場 嘉信, 堀 友繁, 篠原 康雄 : マイクロアレイを用いた遺伝子発現の定量的評価におけるプローブ設計領域の重要性, 第129回 日本薬学会, 2009年3月.
189)新山 加菜美, 山本 武範, 渡邊 政博, 森 千尋, 岡田 直人, 荻野 真理, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : 脂肪組織に選択的に発現した遺伝子の同定とその発現プロフィールの解析, 第129回 日本薬学会, 2009年3月.
190)中村 和也, 田上 辰秋, 石田 竜弘, 際田 弘志 : Argonaute2標的siRNA細胞内導入による細胞増殖抑制効果∼細胞種による違い∼, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
191)小出 裕之, 畑中 剣太朗, 浅井 知浩, 石田 竜弘, 際田 弘志, 横山 昌幸, 奥 直人 : PEG修飾ナノキャリアー頻回投与によるABC現象の機構解明, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
192)高田 裕介, 山内 あい子, 木原 勝 : ノルエピネフリン増強作用を有する化合物の構造活性相関, 日本薬学会129年会, 2009年3月.
193)足立 麻美, 菊野 裕介, 髙田 裕介, 木原 勝, 山内 あい子 : 医薬品副作用情報に基づく薬物性肝障害惹起薬物の解析と分類, 日本薬学会129年会, 2009年3月.
194)三輪 祐太朗, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 : Support Vector Machine による化合物のヒト発癌性予測の試み, 日本薬学会129年会, 2009年3月.
195)土居 沙也子, 中井 香, 宇髙 沙耶佳, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 : 薬物の胎盤通過性を評価するヒト胎盤細胞培養モデルの作成, 日本薬学会129年会, 2009年3月.
196)小林 理, 髙田 裕介, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 : 妊娠・授乳期の漢方薬治療における安全性情報データベースの構築, 日本薬学会129年会, 2009年3月.
197)田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 濱本 磨以, 堀ノ内 裕也, 冨田 修平, 石澤 啓介, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 : Angiotensin IIによるヒト腎糸球体血管内皮細胞(HGEC)内における鉄動態の検討, 日本薬学会129年会, 2009年3月.
198)薬師寺 文華, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : チオマリノールAの全合成研究, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
199)登 健太郎, 横江 弘雅, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : ザンタノリド類の合成と抗菌活性, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
200)吉田 昌裕, 松田 健之介, 宍戸 宏造 : ヒドロキソ白金錯体を用いたアレンへのアリールボロン酸の位置選択的付加反応, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
201)吉田 昌裕, 庄司 康伸, 宍戸 宏造 : ヒドロキソパラジウム錯体を用いたアレンへのアリールボロン酸の位置選択的付加反応の開発と天然物合成への応用, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
202)吉田 昌裕, 樋口 真理子, 宍戸 宏造 : パラジウム触媒を用いたプロパルギル化合物の連続反応による多置換クロマンの高立体選択的合成, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
203)亀井 智代, 高橋 たみ子, 宍戸 宏造 : Hg(OTf)2触媒環化反応を用いる(-)-Heliannuol E の合成, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
204)田中 直伸, 大豆村 拓自, 久保田 高明, 今林 潔, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一 : ビヨウヤナギより単離した新規xanthone誘導体の構造, 日本薬学会第129年会, No.2, 172, 2009年3月.
205)吉川 和子, 大津 未早, 國土 直樹, 河野 幸子, 高石 喜久, 橋本 敏弘 : シンビジウム・マリーサンローランサンの化学成分とそれらの生物活性について, 日本薬学会第129年会, No.2, 171, 2009年3月.
206)内藤 将夫, 宮本 和範, 落合 正仁, 林 聡子, 中西 和郎 : イミノブロマンの反応:スルフィド,スルホキシドへのイミノ基挿入反応, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
207)宮本 和範, 岡田 拓也, 落合 正仁, 林 聡子, 中西 和郎 : イミノブロマンの反応: 混ぜるだけで進行するアルカンC-Hアミノ化反応, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
208)田上 辰秋, 中村 和也, 清水 太郎, 山﨑 尚志, 石田 竜弘, 際田 弘志 : CpG-free pDNAを使用したPEG修飾リポプレックス投与がABC現象に与える影響, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
209)土井 祐輔, 平 百合恵, 石田 竜弘, 際田 弘志 : フッ化ピリミジン系経口抗癌剤S-1のmetronomic chemotherapyとoxaliplatin (1-OHP) 封入リポソーム併用療法の開発:本併用療法がもたらす 1-OHP腫瘍移行性向上に関する検討, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
210)下田 かおり, 跡部 一孝, 浅井 知浩, 石田 竜弘, 菊池 寛, 奥 直人, 際田 弘志 : MT1-MMPを標的とした腫瘍細胞及び腫瘍新生血管ダブルターゲティングリポソームの開発に関する検討, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
211)萩 歩美, 土井 祐輔, 平 百合恵, 石田 竜弘, 際田 弘志 : Oxaliplatin (1-OHP) 封入PEG修飾cationic liposomeによる抗腫瘍効果の検討, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
212)清水 太郎, 賀登 浩章, 石田 竜弘, 際田 弘志 : PEG修飾リポソーム投与による脾臓辺縁帯B細胞の活性化, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
213)山口 佳津騎, 福岡 憲泰, 鈴木 聖, 谷 久美子, 田中 裕章, 元木 貴大, 朝倉 正登, 新田 正道, 川添 和義, 水口 和生 : 薬学部学生のがん治療に対する意識調査, 日本薬学会129年会, 0, 2009年3月.
214)日野出 晴美, 東 満美, 菊石 美也子, 伏谷 秀治, 川添 和義, 水口 和生 : 「徳島大学薬学部病院実務実習テキスト」の作成とその活用についての調査, 日本薬学会129年会, 0, 2009年3月.
215)伊藤 孝司, 辻 大輔, 松岡 和彦, 宮﨑 絵梨, 明星 裕美, 千葉 靖典, 地神 芳文, 櫻庭 均 : 組換えリソソーム酵素の脳内補充療法の開発, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
216)田中 保, 近藤 宏樹, 新宅 友則, 木下 正文, 盛重 純一, 里内 清, 德村 彰 : 食品の消化で生じるリゾホスファチジン酸による消化管組織修復, 日本農芸化学会2009年度大会 講演要旨集, 202, 2009年3月.
217)吉田 昌裕, 前山 陽平, 宍戸 宏造 : パラジウム触媒を用いた連続的アリル位求核置換反応による置換テトラヒドロキノリンの合成, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
218)小澤 司, 兼松 誠, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : カルバモイルケテン-アルケン [2+2] 環化付加反応による (±)-Physostigmineの合成, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
219)村上 友梨, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : ジアステレオ選択的Heck反応を用いるインドールアルカロイド不斉合成素子の合成, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
220)金 尚永, 柏田 良樹, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(12)—Chloranthus spicatus の成分について(6)—, 薬学会第129年会, No.2, 96, 2009年3月.
221)栗本 慎一郎, 鈴木 恭子, 岡坂 衛, 柏田 良樹, 伊藤 美千穂, 本多 義昭, 武田 美雄, Kodzhimatov K. Olimjon, Ashurmetov Ozodbek, 高石 喜久 : ウズベキスタン産薬用植物に関する研究(36)—Ferula variaの成分研究(4) —, 薬学会第129年会, No.2, 227, 2009年3月.
222)佐々木 久子, 阿部 有里子, 柏田 良樹, 関谷 倫子, 池城 安正, 高石 喜久 : 前駆脂肪細胞の分化調節機能を有する天然物(4)—青ジソ根部の分化抑制作用成分について—, 日本薬学会第129年会, No.2, 208, 2009年3月.
223)熊 娟, 谷口 昌聖, 柏田 良樹, 山岸 喬, 高石 喜久 : Research on Plant-Derived MDR-Reversing Agents (7): Amide Derivatives of Papyriferic Acid as MDR-reversing Agents., 日本薬学会第129年会, No.2, 227, 2009年3月.
224)柏田 良樹, 熊 娟, R. Nicole Kirgore, T. Carl Wirl, P. Graham Allaway, Kuo-Hsiung Lee, 高石 喜久 : 抗HIV天然物に関する研究 (23) -ベツリンをリードとしたマルチメカニズムな抗HIV活性分子の創成研究-, 日本薬学会第129年会, No.2, 226, 2009年3月.
225)木下 正文, 近藤 宏樹, 足立 美佳, 瓜倉 真衣, 盛重 純一, 里内 清, 田中 保, 德村 彰 : キャベツの摂取によって胃の中で生じる創傷治癒因子としてのリゾホスファチジン酸, 日本薬学会第130年会, 3-85, 2009年3月.
226)鈴木 卓也, 中村 和也, 松永 真理子, 田上 辰秋, 浅井 知浩, 石田 竜弘, 奥 直人, 際田 弘志 : Argonaute2標的siRNAによる腫瘍新生血管傷害療法の試み, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
227)城 慎二, 田上 辰秋, 清水 径, 石田 竜弘, 際田 弘志 : siRNAリポプレックスのエンドソーム脱出ならびにキャリアからのsiRNA解離過程の評価, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
228)三木 敏史, 清水 嘉文, 井上 友希子, 田中 保, 德村 彰 : 多価不飽和脂肪酸含有リゾホスファチジルコリンのリポキシゲナーゼ誘導か参加反応に伴い生成する二次成績体の構造解析, 日本薬学会第130年会, 3-121, 2009年3月.
229)片山 貴大, 西本 真梨子, 清水 嘉文, 稲葉 麻衣子, 田中 保, 德村 彰 : リゾリン脂質メディエーターのラット大動脈血管平滑筋細胞表面への露出と細胞外への遊離, 日本薬学会第130年会, 3-121, 2009年3月.
230)住川 栄健, 津田 修吾, 重永 章, 大髙 章 : 蛋白質化学合成を指向した無保護ペプチドフラグメント順次縮合法の開発, 日本薬学会年会, 2009年3月.
231)平川 寛子, 西岡 直美, 山口 圭子, 重永 章, 大髙 章 : 光刺激応答型アミド結合切断反応のケージドセラミド創製への応用, 日本薬学会年会, 2009年3月.
232)西山 由希子, 中本 亜樹, 重永 章, 大髙 章 : 分子内NCLを利用した環状ペプチド合成法の開発(2), 日本薬学会年会, 2009年3月.
233)前田 奈美, 津田 修吾, 石澤 祥衣, 重永 章, 大髙 章 : 分子内NCLを利用した環状ペプチド合成法の開発(1), 日本薬学会年会, 2009年3月.
234)重永 章, 山本 純, 平川 寛子, 山口 圭子, 大髙 章 : 任意の刺激応答型ペプチド結合切断デバイスの反応速度に与えるアミノ酸配列の影響, 日本薬学会年会, 2009年3月.
235)三木 あかね, 菊石 美也子, 日野出 晴美, 東 満美, 樋口 富彦, 土屋 浩一郎, 木原 勝, 高石 喜久 : 徳島大学薬学部における自学能力育成への取組, 日本薬学会129年会, 0, 2009年3月.
236)東 満美, 河野 美代, 日野出 晴美 : 大学と近隣薬局の連携による効果的薬局実務実習の試み, 日本薬学会129年会, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1)中馬 寛, 吉田 達貞 : HIV-1プロテアーゼ-阻害剤複合体の分子軌道法計算に基づくQSAR, 2007年度エミール研究会セミナー, 2008年4月.
2)横山 宏典, 矢野 遼平, 高木 翔, 加藤 宏之, 荒木 勉 : MPTP誘発パーキンソン病モデルマウスに対する各種薬剤の神経細胞保護効果に関す る検討, 第16回カテコールアミンと神経変性疾患研究会要旨集, 13, 2008年4月.
3)Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi : Poly(Arg)-nanoparticle complexes translocate lipidbilayer membrane, ABSTRACTS: International Symposium on Nanotoxicology Assessment and Biomedical, Environmemtal Application of Fine Particles and Nanotubes, Vol.1, No.1, Jun. 2008.
4)長岡 和也, 吉田 達貞, 中馬 寛 : 非経験的分子軌道法を用いた相互作用解析に基づく置換基の電子的効果の理論的考察, 第2回分子科学討論会, 2008年9月.
5)松田 俊輔, 梅田 真洋, 加藤 宏之, 荒木 勉 : 一過性脳虚血ラットにおける酸化ストレス及びアポトーシスマーカーの変化, 第2回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム -科学的基盤に立脚した医療薬学研究の推進に向けて- 薬学雑誌 講演要旨集, 43, 2008年12月.
6)矢野 遼平, 横山 宏典, 黒岩 勇人, 加藤 宏之, 荒木 勉 : マウスにおけるMPTP神経毒性に対するZonisamideの保護効果, 第2回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム -科学的基盤に立脚した医療薬学研究の推進に向けて- 薬学雑誌 講演要旨集, 46, 2008年12月.
7)中馬 寛 : 新しいQSARの構築を目指して, 2008年度 第2回CACフォーラムセミナー, 2009年3月.
8)中馬 寛 : FMO法による亜鉛含有タンパク質阻害剤の定量的構造活性相関解析, CREST-FMO 2009研究会, 2009年3月.
9)嶋林 三郎 : 表面疎水基を持つヒドロキシアパタイトに対する有機物の吸着, --- 吸着による疎水化と合成による疎水化 ---, 第1回機能性材料勉強会講演資料集, Vol.1, No.1, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 報告書

1)重永 章, 辻 大輔 : サンフォード大学薬学部における臨床薬剤師教育システムに関する視察・調査報告書, 医療人GP「医療の現場と直結した薬剤師養成教育の実践」平成20年度活動報告書, 172-179, 2009年.

2009年度(平成21年度)

article.{@.date="20090400 20100399" @.organization=\E{11001}}

2009年度(平成21年度) / 著書

1)Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Synergistic antitumor activity of metronomic dosing chemotherapy in combination with liposomal anticancer drug., Nova Science Publishers, Apr. 2009.
2)田中 秀治 : 対策と演習 物理化学, 株式会社 廣川書店, 2009年10月.
3)Masahiro Yoshida and Yoshimitsu Nagao : Transition metal-catalyzed ring expansion cyclization reactions, Wiley-VCH, Weinheim, Nov. 2009.
4)水口 博之, 福井 裕行 : ヒスタミン,セロトニン,麦角アルカロイド,平滑筋作用薬, 2009年.
5)水口 博之, 福井 裕行 : 消化管薬理学, 2009年.
6)Jose Mario Barichello, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Complexation of siRNA and pDNA with cationic liposomes: The important aspects in lipoplex preparation., A chapter, Liposomes, Methods Mol. Biol., 2010.
7)Yusuke Doi, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Breaking the barriers to tumor-targeting via nanocarrier-based drug delivery to the tumor microenvironment., Nova Science Publishers, 2010.
8)辻 大輔, 伊藤 孝司 : 細胞の構造とオルガネラ:第3章-4 リソソーム蓄積症(リソソーム病), 株式会社 廣川書店, 東京, 2010年.
9)大西 徳生, 魚崎 泰弘, 前田 健一, 獅々堀 正幹, 中野 晋, 多田 吉宏, 玉谷 純二, 下村 直行, 三神 厚, 倉科 昌, 中村 真紀, 杉山 茂, 小澤 将人, 山本 裕紹, 黒田 トクエ, 田端 厚之, 佐々木 由香, 島木 美香 : 安全マニュアル, 工学部, 徳島, 2010年2月.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1)S Matsuda, M Umeda, H Uchida, H Kato and Tsutomu Araki : Alterations of oxidative stress markers and apoptosis markers in the striatum after transient focal cerebral ischemia in rats., Journal of Neural Transmission, Vol.116, No.4, 395-404, 2009.
2)Kazuyuki Kuwayama, Kazuhito Matsuzaki, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, Keiko T. Kitazato, Teruyoshi Kageji, Michiyasu Nakao and Shinji Nagahiro : Promyelocytic leukemia protein induces apoptosis due to caspase-8 activation via the repression of NFkB activation in glioblastoma, Neuro-Oncology, Vol.11, No.2, 132-141, 2009.
3)Shigeki Sano, Michiyasu Nakao, Masanori Takeyasu, Syuji Kitaike, Yasuko Yoshioka and Yoshimitsu Nagao : Use of Diketopiperazines for Determining Absolute Configurations of α-Substituted Serines by 1H-NMR Spectroscopy, Heterocycles, Vol.79, No.1, 781-789, 2009.
4)Shrabanti Dev, Hiroyuki Mizuguchi, K Asish Das, Kazutaka Maeyama, Shiho Horinaga, Shuhei Kato, Misaki Tamada, Masashi Hattori, Hayato Umehara and Hiroyuki Fukui : Kujin suppresses histamine signaling at the transcriptional level in toluene 2,4-diisocyanate-sensitized rats., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.109, No.4, 606-617, 2009.
5)Tatsuaki Tagami, Kazuya Nakamura, Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Effect of siRNA in PEG-coated siRNA-lipoplex on the anti-PEG IgM production., Journal of Controlled Release, Vol.137, No.3, 234-240, 2009.
6)Hisao Nemoto, Tomoyuki Kawamura, Kyoko Kitasaki, Kenji Yasuzuka, Masaki Kamiya and Yasuko Yoshioka : One-portion Synthesis of 2-Acetoxylated Carbonyl Compounds from Aldehydes Using Acetylated Masked Acyl Cyanide, Synthesis, No.10, 1694-1702, 2009.
7)Yoko Yamaki, Akira Shigenaga, Kenji Tomita, Tetsuo Narumi, Nobutaka Fujii and Akira Otaka : Synthesis of fluoroalkene dipeptide isosteres by an intramolecular redox reaction utilizing N-heterocyclic carbenes (NHCs), The Journal of Organic Chemistry, Vol.74, No.9, 3272-3277, 2009.
8)Yoko Yamaki, Akira Shigenaga, Jinglan Li, Yasuyuki Shimohigashi and Akira Otaka : Synthesis of amide-type fluoroalkene dipeptide isosteres by an intramolecular redox reaction, The Journal of Organic Chemistry, Vol.74, No.9, 3278-3285, 2009.
9)Kamei Tomoyo, Tamiko Takahashi, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : Synthesis of (-)-Heliannuol E via Mercuric Triflate Catalyzed Arylene Cyclization, Heterocycles, Vol.78, No.6, 1439-1444, 2009.
10)Shunsuke Matsuda, Masahiro Umeda, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Glial Damage After Transient Focal Cerebral Ischemia in Rats, Journal of Molecular Neuroscience : MN, Vol.38, No.2, 220-226, 2009.
11)Masahiro Yoshida, Koji Nakatani and Kozo Shishido : Total Synthesis of Radulanin H and Proposed Structure of Radulanin E., Tetrahedron, Vol.65, No.29-30, 5702-5708, 2009.
12)Takuya Oshikawa, Hayato Kuroiwa, Ryohei Yano, Hironori Yokoyama, Naoto Kadoguchi, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Systemic administration of proteasome inhibitor protects against MPTP neurotoxicity in mice, Cellular and Molecular Neurobiology, Vol.29, No.5, 769-777, 2009.
13)Eri Kawashita, Daisuke Tsuji, Nagako Kawashima, Ken-ichi Nakayama, Hiroyuki Matsuno and Kouji Itou : Abnormal production of macrophage inflammatory protein-1α by microglial cell lines derived from neonatal brains of Sandhoff disease model mice., Journal of Neurochemistry, Vol.109, No.5, 1215-1224, 2009.
14)Sang-Yong Kim, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Shun-Lin Li and Yoshihisa Takaishi : Spicachlorantins A and B, New Dimeric Sesquiterpenes from the roots of Chloranthus spicatus., Phytochemistry Letters, Vol.2, No.3, 110-113, 2009.
15)Masahito Ochiai, Akira Yoshimura and Kazunori Miyamoto : Oxidation of Benzyl Alcohols with Difluoro(aryl)-λ3-bromane: Formation of Benzyl Fluoromethyl Ethers via Oxidative Rearrangement, Tetrahedron Letters, Vol.50, No.33, 4792-4795, 2009.
16)Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi : Formation of Poly-L-Arginine - Hydroxyapatite Nanoparticle Complexes and Interactions between Complexes and Lipidbilayer Membranes, Phosphorus Research Bulletin, Vol.23, No.1, 57-62, 2009.
17)Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi : Poly-L-arginine-Hydroxyapatite Nanoparticle Complexes Translocate Through Lipidbilayer Membranes, Bio-Medical Materials and Engineering, Vol.19, No.2-3, 111-119, 2009.
18)Tamotsu Tanaka, Gou Horiuchi, Megumi Matsuoka, Kaoru Hirano, Akira Tokumura, Tohru Koike and Kiyoshi Satouchi : Formation of lysophosphatidic acid, a wound-healing lipid, during digestion of cabbage leaves., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.73, No.6, 1293-1300, 2009.
19)Hiromi Akeboshi, Yoshiko Kasahara, Daisuke Tsuji, Kouji Itou, Hitoshi Sakuraba, Yasunori Chiba and Yoshifumi Jigami : Production of human β-Hexosaminidase A with highly phosphorylated N-glycans by the overexpression of the Ogataea minuta MNN4 gene., Glycobiology, Vol.19, No.9, 1002-1009, 2009.
20)Masahito Ochiai, Takuya Okada, Norihiro Tada, Akira Yoshimura, Kazunori Miyamoto and Motoo Shiro : Difluoro-λ3-bromane-Induced Hofmann Rearrangement of Sulfonamides: Synthesis of Sulfamoyl Fluorides, Journal of the American Chemical Society, Vol.131, No.24, 8392-8393, 2009.
21)Takenori Yamamoto, Atsushi Yamamoto, Masahiro Watanabe, Taisuke Matsuo, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Classification of FABP isoforms and tissues based on quantitative evaluation of transcript levels of these isoforms in various rat tissues., Biotechnology Letters, Vol.31, No.11, 1695-1701, 2009.
22)Masahiro Yoshida, Mohammad Al-Amin and Kozo Shishido : Syntheses of substituted furans and pyrroles by platinum-catalyzed cyclizations of propargylic oxiranes and aziridines in aqueous media., Synthesis, No.14, 2454-2466, 2009.
23)横山 宏典, 矢野 遼平, 塚田 竜矢, 佐々木 妙子, 加藤 宏之, 荒木 勉 : MPTP誘発パーキンソン病モデルマウスに対するゾニサミドの神経細胞保護効果に関する基礎的研究, 脳21, Vol.12, No.3, 114, 2009年.
24)Kazuhiko Hayashi, Eiko Kujime, Hajime Katayama, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Reaction of 1-Azabicyclo[1.1.0]butane with Activated Amides, Heterocycles, Vol.78, No.1, 1777-1786, 2009.
25)S.-M Yun, T Moulaei, D Lim, J.K Bang, J.-E Park, S.R Shenoy, F Liu, Y.H Kang, C Liao, N.-K Soung, S Lee, D.-Y Yoon, Y Lim, D.-H Lee, Akira Otaka, E Appella, J.B McMahon, M.C Nicklaus, T.R.Jr. Burke, M.B Yaffe, A Wlodawer and K.S Lee : Structural and functional analyses of minimal phosphopeptides targeting the polo-box domain of polo-like kinase 1, Nature Structural & Molecular Biology, Vol.16, No.8, 876-882, 2009.
26)Masum Shahriar, Hiroyuki Mizuguchi, Kazutaka Maeyama, Yoshiaki Kitamura, Naoki Orimoto, Shuhei Horio, Hayato Umehara, Masashi Hattori, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Suplatast tosilate inhibits histamine signaling by direct and indirect down-regulation of histamine H1 receptor gene expression through suppression of histidine decarboxylase and IL-4 gene transcriptions., The Journal of Immunology, Vol.183, No.3, 2133-2141, 2009.
27)Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Yuya Yoshimura, Shunichi Gouda, Satoshi Kawashima, Naoshi Yamazaki, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Ca2+-induced permeability transition can be observed even in yeast mitochondria under optimized experimental conditions., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1787, No.12, 1486-1491, 2009.
28)Hiroyuki Yamazaki, Masateru Miyake, Toru Nishibayashi, Tadashi Mukai, Masaaki Odomi, Tatsuhiro Ishida and Hiroshi Kiwada : Effect of co-administration of tacrolimus on the pharmacokinetics of multiple subcutaneous administered interferon-alpha in rats., Pharmaceutical Research, Vol.26, No.8, 1832-1837, 2009.
29)Keisuke Ishizawa, Narantungalag Dorjsuren, Yuki Izawa-Ishizawa, Rika Sugimoto, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : Inhibitory effects of adiponectin on platelet-derived growth factor-induced mesangial cell migration, The Journal of Endocrinology, Vol.202, No.2, 309-316, 2009.
30)Makoto Kanematsu, Mitsuru Shindo, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : Total synthesis of bongkrekic acid via sequential Suzuki Miyaura coupling reactions., Synthesis, No.17, 2893-2904, 2009.
31)Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Sang Yong Kim, Waka Hashida, Michiko Sekiya, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi : Acylphloroglucinol, biyouyanagiol, biyouyanagin B, and related spiro-lactones from Hypericum chinense., Journal of Natural Products, Vol.72, No.8, 1447-1452, 2009.
32)Tatsusada Yoshida, Y Kadota, S Hitaoka, E Kori, Yuta Horikawa, M Taguchi, Daisuke Tsuji, Mitsuyoshi Hirokawa, Hiroshi Chuman and Kouji Itou : Expression and molecular dynamics studies on effect of amino acid substitutions at Arg344 in human cathepsin A on the protein local conformation., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1794, No.11, 1693-1699, 2009.
33)Ryohei Yano, Hironori Yokoyama, Hayato Kuroiwa, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : A Novel Anti-Parkinsonian Agent, Zonisamide, Attenuates MPTP-Induced Neurotoxicity in Mice., Journal of Molecular Neuroscience : MN, Vol.39, No.1-2, 211-219, 2009.
34)Toshiyuki Kita, Hana Nishida, Hirofumi Shibata, Shingo Niimi, Tomihiko Higuti and Naokatu Arakaki : Possible role of mitochondrial remodelling on cellular triacylglycerol accumulation., The Journal of Biochemistry, Vol.146, No.6, 787-796, 2009.
35)西村 益浩, 土居 和久, 榎本 理世, 李 英培, 内藤 真策, 山内 あい子 : アートセレブ®脳脊髄手術用洗浄灌流液:ヒトアストロサイト培養系を用いた薬理学的評価, 薬学雑誌, Vol.129, No.9, 1121-1126, 2009年.
36)Noriko Takuwa, Sei-Ichiro Ohkura, Shin-Ichiro Takashima, Keisuke Ohtani, Yasuo Okamoto, Tamotsu Tanaka, Kaoru Hirano, Soichiro Usui, Fei Wang, Wa Du, Kazuaki Yoshioka, Yoshiko Banno, Motoko Sasaki, Ikuyo Ichi, Miwa Okamura, Naotoshi Sugimoto, Kiyomi Mizugishi, Yasuni Nakanuma, Isao Ishii, Masayuki Takamura, Shuichi Kaneko, Shosuke Kojo, Kiyoshi Satouchi, Kunitoshi Mitumori, Jerold Chun and Yoh Takuwa : S1P3-mediated cardiac fibrosis in sphingosine kinase 1 transgenic mice involves reactive oxygen species., Cardiovascular Research, Vol.85, No.3, 484-493, 2009.
37)Masahiro Yoshida, Yuki Katagiri, Wen-Bin Zhu and Kozo Shishido : Oxidative carboxylation of arylaldehydes with water by a sulfoxylalkyl-substituted N-heterocyclic carbene catalyst, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.7, No.19, 4062-4066, 2009.
38)Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Sang-Yong Kim, Michiko Sekiya, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi : Xanthones from Hypericum chinense and their cytotoxicity evaluation., Phytochemistry, Vol.70, No.11-12, 1456-1461, 2009.
39)P Venkatesh, K Pulok Mukherjee, N Satheesh Kumar, K Neelesh Nema, A Bandyopadhyay, Hiroyuki Fukui and Hiroyuki Mizuguchi : Mast cell stabilization and antihistaminic potentials of Curculigo orchioides rhizomes., Journal of Ethnopharmacology, Vol.126, No.3, 434-436, 2009.
40)Kazuhiko Hayashi, Eiko Kujime, Hajime Katayama, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Synthesis and Reaction of 1-Azabicyclo[3.1.0]hexane, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.57, No.10, 1142-1146, 2009.
41)Masahiro Yoshida, Mohammad Al-Amin and Kozo Shishido : Synthesis of substituted 3-iodopyrroles by electrophilic cyclization of propargylic aziridines, Tetrahedron Letters, Vol.50, No.46, 6268-6270, 2009.
42)Naonobu Tanaka, Takaaki Kubota, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi and Jun'ichi Kobayashi : Petiolins F-I, benzophenone rhamnosides from Hypericum pseudopetiolatum var. kiusianum., Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.57, No.10, 1171-1173, 2009.
43)Kazunori Miyamoto, Motoo Shiro and Masahito Ochiai : Facile Generation of a Strained Cyclic Vinyl Cation by Thermal Solvolysis of Cyclopent-1-enyl-λ3-bromanes, Angewandte Chemie International Edition, Vol.48, No.47, 8931-8934, 2009.
44)Tsutomu Ishihara, Miho Takeda, Haruka Sakamoto, Ayumi Kimoto, Chisa Kobayashi, Naoko Takasaki, Kanae Yuki, Ken-ichiro Tanaka, Mitsuko Takenaga, Rie Igarashi, Taishi Maeda, Naoki Yamakawa, Yoshinari Okamoto, Masami Otsuka, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Kiwada, Yutaka Mizushima and Tohru Mizushima : Accelerated blood clearance phenomenon upon repeated injection of PEG-modified PLA-nanoparticles., Pharmaceutical Research, Vol.26, No.10, 2270-2279, 2009.
45)Doi Kazuhisa, Morioka Yujiro, Nishimura Masuhiro, Kawano Takeshi, Harada Daisuke, Naito Shinsaku and Aiko Yamauchi : Perfusion fluids used in neurosurgery affect cerebrospinal fluid and surrounding brain parenchyma in the rat ventriculocisternal perfusion model, The Journal of Toxicological Sciences, Vol.34, No.5, 511-518, 2009.
46)Masahiro Yoshida, Mariko Higuchi and Kozo Shishido : Stereoselective construction of substituted chromans by palladium-catalyzed cyclization of propargylic carbonates with 2-(2-hydroxyphenyl)acetates, Organic Letters, Vol.11, No.20, 4752-4755, 2009.
47)Masanori Ookubo, Hironori Yokoyama, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Gender differences on MPTP (1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine) neurotoxicity in C57BL/6 mice., Molecular and Cellular Endocrinology, Vol.311, No.1-2, 62-68, 2009.
48)Kazuto Ohkura, Hitoshi Hori and Yasuo Shinohara : Role of C-terminal region of yeast ADP/ATP carrier 2 protein: dynamics of flexible C-terminal arm., Anticancer Research, Vol.29, No.11, 4897-4900, 2009.
49)Nagako Kawashima, Daisuke Tsuji, Tetsuya Okuda, Kouji Itou and Ken-ichi Nakayama : Mechanism of abnormal growth in astrocytes derived from a mouse model of GM2 gangliosidosis, Journal of Neurochemistry, Vol.111, No.4, 1031-1041, 2009.
50)Youichi Tajima, Ikuo Kawashima, Takahiro Tsukimura, Kanako Sugawara, Mayuko Kuroda, Toshihiro Suzuki, Tadayasu Togawa, Yasunori Chiba, Yoshifumi Jigami, Kazuki Ohno, Tomoko Fukushige, Takuro Kanekura, Kouji Itou, Toya Ohashi and Hitoshi Sakuraba : Use of a Modified alpha-N-Acetylgalactosaminidase in the Development of Enzyme Replacement Therapy for Fabry Disease, American Journal of Human Genetics, Vol.85, No.5, 569-580, 2009.
51)Yousuke Fukui, Masao Kato, Yohji Inoue, Akio Matsubara and Kouji Itou : A metabonomic approach identifies human urinary phenylacetylglutamine as a novel marker of interstitial cystitis, Journal of Chromatography. B, Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences, Vol.877, No.30, 3806-3812, 2009.
52)Taisuke Matsuo, Atsushi Yamamoto, Takenori Yamamoto, Kaoru Otsuki, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Replacement of C305 in heart/muscle-type isozyme of human carnitine palmitoyltransferase I with aspartic acid and other amino acids., Biochemical Genetics, Vol.48, No.3-4, 193-201, 2009.
53)Hiroki Kimoto, Risa Eto, Manami Abe, Hiroyuki Kato and Tsutomu Araki : Alterations of Glial Cells in the Mouse Hippocampus During Postnatal Development, Cellular and Molecular Neurobiology, Vol.29, No.8, 1181-1189, 2009.
54)Takashi Honjo, Takeshi Tsumura, Shigeki Sano, Yoshimitsu Nagao, Kentaro Yamaguchi and Yoshihisa Sei : A Chiral Bifunctional Sulfonamide as an Organocatalyst: Alcoholysis of -Symmetric Cyclic Dicarboxylic Anhydrides, Synlett, No.20, 3279-3282, 2009.
55)Tursunjan Aydan, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Spectrophotometric Determination of Anionic Sufactant Based on Ion-pair Formation with Methylene Blue in Riversed Flow Injection Mode, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.26, No.2, 133-137, 2009.
56)Kumar Asish Das, Hiroyuki Mizuguchi, Madoka Kodama, Shrabanti Dev, Hayato Umehara, Yoshiaki Kitamura, Chiyo Matsushita, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Sho-seiryu-to suppresses histamine signaling at the transcriptional level in TDI-sensitized nasal allergy model rats., Allergology International, Vol.58, No.1, 81-88, 2009.
57)Shigeki Sano, Takeshi Tsumura, Noriaki Tanimoto, Takashi Honjo, Michiyasu Nakao and Yoshimitsu Nagao : Modified Cinchona Alkaloid-Zinc Complex Catalysts: Enantioselective Monoacetylation of Glycerol Derivatives with Acetic Anhydride, Synlett, No.2, 256-260, 2010.
58)Vladimir A. Obolkin, Vladimir L. Potemkin, Tamara V. Khodzher, Ludmila P. Golobokova, Ulyana G. Filippova, Vladimir L. Makukhin, Kei Toda, Masaki Takeuchi, Tomoaki Obata and Kazutoshi Hirota : Dynamics of Sulfur-Containing Admixtures in the Atmosphere around the Point Source the Baikal Pulp and Paper Plant (South-East of Baikal Lake)., Atmospheric and Oceanic Optics, Vol.23, No.1, 32-38, 2010.
59)Kei Toda, Tomoaki Obata, Vladimir A. Obolkin, Vladimir L. Potemkin, Kazutoshi Hirota, Masaki Takeuchi, Shou Arita, Tamara V. Khodzher and Michael A. Grachev : Atmospheric Methanethiol Emitted from a Pulp and Paper Plant on the Shore of Lake Baikal., Atmospheric Environment, Vol.44, No.20, 2427-2433, 2010.
60)下岡 幸恵, 鳥井 真由美, 伊勢 夏子, 阿部 真治, 島原 由美子, 川添 和義, 黒田 𣳾弘, 芳地 一, 水口 和生 : 脳低温療法時におけるミダゾラムの適正投与に向けて, TDM研究, Vol.27, No.1, 33-38, 2010年.
61)Shouki Yatsushiro, Shohei Yamamura, Yuka Yamaguchi, Yasuo Shinohara, Eiichi Tamiya, Toshihiro Horii, Yoshinobu Baba and Masatoshi Kataoka : Rapid and highly sensitive detection of malaria-infected erythrocytes using a cell microarray chip., PLoS ONE, Vol.5, No.10, 2010.
62)S. Nishibayashi, K. Hattori, T. Hirano, K. Uehara, Y. Nakano, M. Aihara, Y. Yamada, M. Muraguchi, F. Iwata and Yoshiharu Takiguchi : Functional and structural changes in end-stage kidney disease due to glomerulonephritis induced by the recombinant alpha3(IV)NC1 domain., Experimental Animals, Vol.59, No.2, 157-170, 2010.
63)Yoshito Fujimoto, Takuma Shiraki, Yuji Horiuchi, Tsuyoshi Waku, Akira Shigenaga, Akira Otaka, Tsuyoshi Ikura, Kazuhiko Igarashi, Saburo Aimoto, Shin-ichi Take and Kosuke Morikawa : Proline cis/trans isomerase Pin1 regulates peroxisome proliferators-activated receptor g activity through the direct binding to the AF-1 domain, The Journal of Biological Chemistry, Vol.285, No.5, 3126-3132, 2010.
64)Masahiro Yoshida, Yohei Maeyama and Kozo Shishido : A synthetic study of bauhinoxepin J: Construction of a dibenzo[b,f]oxepin ring system by a DDQ-promoted oxidative dearomatization cyclization approach., Heterocycles, Vol.80, No.1, 623-629, 2010.
65)Naonobu Tanaka, Mamemura Takuji, Abe Shuhei, Imabayashi Kiyoshi, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Suzuki Tetsuro, Takebe Yutaka, Kubota Takaaki and Kobayashi Junichi : Biyouxanthones A-D, prenylated xanthones from roots of Hypericum chinense, Heterocycles, Vol.80, No.1, 613-621, 2010.
66)Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Masatoshi Kataoka, MC Herzberg, KF Ross, Yasuo Shinohara, Takenori Yamamoto, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido : Modulation of calprotectin in human keratinocytes by keratinocyte growth factor and interleukin-1alpha., Immunology and Cell Biology, Vol.88, No.3, 328-333, 2010.
67)Tetsuo Yamazaki, Nozomi Sasaki, Miyuki Nishi and Hiroshi Takeshima : Facilitation of DNA damage-induced apoptosis by endoplasmic reticulum protein mitsugumin23., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.392, No.2, 196-200, 2010.
68)Nagako Kawashima, Kenichi Nakayama, Kouji Itou, Tamitake Itoh, Mitsuru Ishikawa and Vasudevanpillai Biju : Reversible dimerization of EGFR revealed by single-molecule fluorescence imaging using quantum dots, Chemistry - A European Journal, Vol.16, No.4, 1186-1192, 2010.
69)Shuhei Horio, Katsumi Fujimoto, Hiroyuki Mizuguchi and Hiroyuki Fukui : Interleukin-4 up-regulates histamine H1 receptors by activation of H1 receptor gene transcription., Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology, Vol.381, No.4, 305-313, 2010.
70)Mayu Osaka, Makoto Kanematsu, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : Synthesis of (±)-heliannuol D based on platinum catalyzed regioselective addition of arylboronic acids to allene., Heterocycles, Vol.80, No.2, 1003-1012, 2010.
71)Hirotsugu Kurobe, Masahisa Urata, Masaki Ueno, Masaaki Ueki, Shiro Ono, Yuki Izawa-Ishizawa, Yayoi Fukuhara, Yu Lei, Adiratna Mat Ripen, Tamotsu Kanbara, Ken-ichi Aihara, Keisuke Ishizawa, Masashi Akaike, Frank J. Gonzalez, Toshiaki Tamaki, Yousuke Takahama, Masanori Yoshizumi, Tetsuya Kitagawa and Shuhei Tomita : Role of Hypoxia-Inducible Factor 1α in T Cells as a Negative Regulator in Development of Vascular Remodeling, Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology, Vol.30, No.2, 210-217, 2010.
72)Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira and Toshiaki Tamaki : Dietary nitrite ameliorates renal injury in l-NAME-induced hypertensive rats, Nitric Oxide: Biology and Chemistry,