RTF for Microsoft Word, Excel(xls) for Microsoft Excel, Excel(xlsx) for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel
期間: 2004.10〜2014.3

2004年度(平成16年度)

article.{@.date="20041000 20050399" @.organization=\E{121190}}

2004年度(平成16年度) / 著書

1) 市川 哲雄, 北村 清一郎 : 総義歯を用いた無歯顎治療, --- 口腔解剖学の視点から ---, クインテッセンス出版 株式会社, 東京, 2004年12月.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1) Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Okadaic acid induces apoptosis through double-stranded RNA-dependent protein kinase/eukaryotic initiation factor-2a pathway in human osteoblastic MG63 cells, The Journal of Biochemistry, Vol.136, No.4, 433-438, 2004.
2) Deendarlianto, Akiharu Ousaka, Akira Kariyasaki, Tohru Fukano and Masafumi Konishi : The Effects of Surface Tension on the Flow Pattern and Counter-Current Flow Limitation(CCFL) in Gas-Liquid Two-Phase Flow in an Inclined Pipe, Japanese Journal of Multiphase Flow, Vol.18, No.4, 337-350, 2004.
3) H. Hosokawa, Kikuji Yamashita, J. Ishibashi, N. Ishikawa, Hiroyuki Morimoto, T. Ishikawa, Seiichiro Kitamura and M. Nagayama : A new animal raiser : Effect of low temperature narrow wavelength far infrared radiation on tumor growth of A431 cells., ITE Letters on Batteries, New Technologists & Medicine, Vol.6, No.6, 597-602, 2005.
4) Yamashita Kikuji, Hosokawa Hiroyoshi, Ishibashi Jun, Ishikawa nanami, Morimoto Hiroyuki, Ishikawa Tomoyasu, Nagayama Masaru and Seiichiro Kitamura : Development of CO2 Incubator with Limited Far-Infrared Radiation for Activation of Mitochondrial Metabolism, ITE Letters on Batteries, New Technologies and Medicine, Vol.6, No.5, 468-472, 2005.
5) 藤原 綾子, 日浦 賢治, ウイルデ ハビエル, 山下 菊治, 北村 清一郎, 森山 啓司 : ヒト破骨細胞様細胞の波状縁と明帯の形態に及ぼすカルシトニンおよびCLIK148の効果について, 四国歯学会雑誌, Vol.16, No.2, 411-418, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2004年度(平成16年度) / 学術レター

1) Takuji Kousaka, Yoshihito Yasuhara, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Experimental Realization of Controlling Chaos in the Periodically Switched Nonlinear Circuit, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.14, No.10, 3655-3660, 2004.

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

1) 北村 清一郎 : 口腔周辺の解剖構造と義歯床の形態, デンタルダイヤモンド, Vol.30, No.421, 28-38, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1) YUE MA, Takuji Kousaka, Chi K. Tse and Hiroshi Kawakami : General Consideration for Modeling and Analyzing Switched Dynamical Systems, Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2004, 59-62, Fukuoka, Nov. 2004.
2) YUE MA and Hiroshi Kawakami : Control of Bifurcation in DC/DC PWM Switching Converters, Proceedings of 8th International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision 2004, 1421-1426, Kunming, Dec. 2004.
3) Ken'ichi Fujimoto, Yoshio Tanaka and Hiroshi Kawakami : Stabilization of Unstable Periodic Motion Existed in an Inverted Pendulum using Discrete Controllers, Proc. of 2005 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 491-494, Honolulu, Mar. 2005.
4) Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Spatio-Temporal Complex Behavior in Inhibitory Modified BVP Neurons Connected by Gap-Junction, Proc. NCSP2005, 29-32, Honolulu, Mar. 2005.
5) Hiroki Yoshii, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : A New Scheme for Construction of 3D Bifurcation Diagrams, Proc. of NCSP2005, 65-68, Honolulu, Mar. 2005.
6) Yusuke Nishiuchi, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : On Synchronization in Cross Coupled BVP Oscillators, Proc. NCSP2005, 109-112, Honolulu, Mar. 2005.
7) Deendarlianto, Akiharu Ousaka, Akira Kariyasaki and Tohru Fukano : Experimental Study on the Liquid Film Characteristics at the Onset of Flooding in an Inclined Pipe, In: The 6th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Paper JC.07(CD-ROM), Vol.2, 1-4, Jeju, Mar. 2005.
8) Yoshikazu Yamazaki, Akira Kariyasaki, Akiharu Ousaka and Shigeharu Morooka : Phase Separation of Air Water Two-Phase Mixture Flowing in a Micro Channel, In: The 6th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Paper GA.57(CD-ROM), Vol.2, 1-4, Jeju, Mar. 2005.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1) 仮屋崎 侃, 深野 徹, 逢坂 昭治 : ミニチャンネル内の界面輸送, 日本混相流学会第8回オーガナイズド混相流フォーラム, 2004年10月.
2) 吉永 哲哉, 津元 国親, 飯田 仁, 川上 博 : サーカディアンリズムの結合振動子モデルと時計遺伝子モデルの分岐解析, 生体医工学, Vol.42, No.2, 178, 2004年11月.
3) 仮屋崎 侃, 逢坂 昭治, 深野 徹 : 単純せん断流れ場における気泡,液滴の分裂, 日本機械学会流体工学部門講演会講演概要集, 244, 2004年11月.
4) 細川 浩良, 山下 菊治, 石橋 淳, 長山 勝, 北村 清一郎 : 癌細胞の特性赤外線に対する感受性とストレス蛋白との関係, 第50回(社)日本口腔外科学会総会大阪国際会議場,2005., 2005年.
5) 藤本 憲市, 田中 芳夫, 川上 博 : 倒立振子における不安定周期運動の安定化可能領域についての考察, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.3, 37, 2005年3月.
6) 森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素1型アイソフォーム特異的RNAiとヒトDicer遺伝子変異体の同定, 第110回日本解剖学会総会, 2005年3月.
7) 河野 直子, 細谷 岳史, 宮田 匡志, 萱野 真弓, 中川 秀幸, 酒井 仁美, 林 弘三, 野崎 真敏, 篠原 光子, 大浦 清, 長坂 壽訓 : オニダルマオコゼの背鰭毒棘レクチンの部分精製, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.97, 278, 2005年3月.
8) 山田 浩之, (名) Deendarlianto, 逢坂 昭治, Akira Kariyasaki : 複雑管路系における空気·水対向二相流のフラッディング現象, 日本機械学会中国四国支部第43期総会·講演会論文集, 193-194, 2005年3月.
9) 手島 理絵, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 歯科偶発症としての縦隔気腫ー空気の波及経路についての解剖学的考察, 第110回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2005年3月.
10) 森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素1型アイソフォーム特異的RNAiとヒトDicer遺伝子変異体の同定., 第110回日本解剖学会総会・全国学術集会., 2005年3月.
11) 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : ヒト咽頭挙筋起始・停止・走行に関する肉眼解剖学的研究.第1報 口蓋およびその付近における咽頭挙筋の起始と走行, 第110回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1) Hideyuki Nakagawa : Recent Study on Sea Urchin Venoms, Oct. 2004.
2) 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博, 合原 一幸 : 電気シナプスと抑制性シナプスによって結合される 変形BVPニューロンモデルにみられる同期現象について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.84, 49-54, 2004年11月.
3) 好井 浩喜, 上田 哲史, 川上 博 : ニュートンホモトピー法を応用した3次元分岐局面の構成法について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.91, 15-20, 2005年1月.
4) 飯田 仁, 吉永 哲哉, 川上 博 : サーカディアン振動子モデルにみられる同期化リズムの等位相差集合の解析, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004-89, 5-8, 2005年1月.

2004年度(平成16年度) / 報告書

(なし)

2005年度(平成17年度)

article.{@.date="20050400 20060399" @.organization=\E{121190}}

2005年度(平成17年度) / 著書

1) 杜 祖健, 三好 伸一, 宮田 秀明, 新谷 茂, 中川 秀幸 : 薬物·中毒用語辞典, 株式会社 化学同人, 京都, 2005年7月.
2) 尾崎 朋文, 松下 美穂, 松岡 憲二, 吉田 篤, 北村 清一郎 : 顔面の主要経穴の安全性とリスク対策, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1) Munehisa Sekikawa, Naohiko Inaba, Tetsuya Yoshinaga and Hiroshi Kawakami : Collapse of duck solution in a circuit driven by an extremely small periodic force, Electronics and Communications in Japan, Part 3 : Fundamental Electronic Science, Vol.88, No.4, 51-59, 2005.
2) Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga and Hiroshi Kawakami : Bifurcation of synchronization phenomena observed in a coupled neuron model for circadian clock rhythms, Systems and Computers in Japan, Vol.36, No.8, 1-14, 2005.
3) Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta, YUE MA and Hiroshi Kawakami : Bifurcation analysis of a piecewise smooth system with non-linear characteristics, International Journal of Circuit Theory and Applications, Vol.33, No.4, 263-279, 2005.
4) Hiroyuki Morimoto, Akiko Ozaki, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Okadaic acid induces tyrosine phosphorylation of IkBa that mediated by PKR pathway in human osteoblastic MG63 cells, Molecular and Cellular Biochemistry, Vol.276, No.1-2, 211-217, 2005.
5) YUE MA, Chi K. Tse, Takuji Kousaka and Hiroshi Kawakami : Connecting border collision with saddle-node bifurcation in switched dynamical systems, IEEE Transactions on Circuits and Systems II: Express Briefs, Vol.52, No.9, 581-585, 2005.
6) 手島 理絵, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 歯科偶発症としての縦隔気腫, --- 空気の波及経路についての解剖学的考察 ---, 解剖学雑誌, Vol.80, No.2, 73-74, 2005年.
7) Kikuji Yamashita, Hiroyoshi Hosokawa, Ishibashi Jun, Ishikawa Nanami, Hiroyuki Morimoto, Ishikawa Tomoyasu, Masaru Nagayama and Seiichiro Kitamura : Development of CO2 Iincubator with Limited Far-Infrared Radiation for Activation of Mitochondrial Metabolism, ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine, Vol.6, No.5, 468-472, 2005.
8) Kikuji Yamashita, Jun Ishibashi, Hiroyoshi Hosokawa, Nanami Ishikawa, Hiroyuki Morimoto, Tomoyasu Ishikawa, Masaru Nagayama and Seiichiro Kitamura : Microarray Analysis of Gene Expression in MC3T3-E1 after Specific Far-infrared Radiation, Journal of Hard Tissue Biology, Vol.14, No.2, 206-207, 2005.
9) Deendarlianto, Akiharu Ousaka, Akira Kariyasaki and Tohru Fukano : Investigation of Liquid Film Behavior at the Onset of Flooding during Adiabatic Counter-current Air-water Two-phase Flow in an Inclined Pipe, Nuclear Engineering and Design, Vol.235, No.21, 2281-2294, 2005.
10) Hiroyoshi Hosokawa, Kikuji Yamashita, Jun Ishibashi, Nanami Ishikawa, Hiroyuki Morimoto, Tomoyasu Ishikawa, Seiichiro Kitamura and Masaru Nagayama : A New Animal Raiser: Effect of Low Temperature Narrow Wavelength Far Infrared Radiation on Tumor Growth of A431 Cells, ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine, Vol.6, No.6, 597-602, 2005.
11) 川西 千恵美, 多田 敏子, 松下 恭子, 谷岡 哲也 : 在宅看護における感染予防対策の検討, 日本プライマリケア学会四国支部論文集, Vol.1, 11-17, 2005年.
12) 尾崎 朋文, 森 俊豪, 吉田 篤, 米山 榮, 北村 清一郎 : 経穴の刺鍼安全深度の研究を顧みて, --- 日本と中国での安全深度との比較 ---, 全日本鍼灸学会雑誌, Vol.56, No.1, 46-50, 2006年.
13) 北村 清一郎, 森本 景之, 角田 佳折, 石本 恭子 : 歯科治療時の偶発症としての開口障害と嚥下痛の発生機序を理解するに必要な局所解剖学的知識, 形態科学, Vol.9, No.2, 73-77, 2006年.
14) Kunichika Tsumoto, Hiroyuki Kitajima, Tetsuya Yoshinaga, Kazuyuki Aihara and Hiroshi Kawakami : Bifurcations in Morris-Lecar neuron model, Neurocomputing, Vol.69, No.4-6, 293-316, 2006.
15) Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta, YUE MA and Hiroshi Kawakami : Control of chaos in a piecewise smooth nonlinear system, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.27, No.4, 1019-1025, 2006.
16) Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Stable torus and its bifurcation phenomena in a Three-Dimensional Autonomous Circuit, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.27, No.4, 941-951, 2006.
17) 松岡 憲二, 谷口 和久, 吉田 篤, 北村 清一郎 : 経絡と類似走行を示す解剖構造について, 全日本鍼灸学会雑誌, Vol.56, No.1, 28-38, 2006年.
18) 松岡 憲二, 谷口 和久, 吉田 篤, 北村 清一郎 : 経路と類似走行を示す解剖学構造について, 全日本鍼灸学会雑誌, Vol.56, No.1, 28-38, 2006年.
19) 尾崎 明文, 森 俊豪, 吉田 篤, 米山 栄, 北村 清一郎 : 経穴の刺鍼安全深度の研究を顧みて, --- 日本と中国の安全深度との比較 ---, 日本鍼灸学会雑誌, Vol.56, No.1, 46-50, 2006年.
20) 杉原 治美, 大岡 裕子, 多田 敏子, 藤倉 健一郎, 森川 富昭, 森口 博基 : バーチャル看護相談室の開発と有用性の検討, 医療マネジメント学会雑誌, Vol.6, No.4, 624-629, 2006年.
21) 松下 恭子, 谷岡 哲也, 片岡 睦子, 多田 敏子, 川西 千恵美 : 精神科病棟で実施されている看護技術についての実態調査, 日本看護福祉学会誌, Vol.11, No.2, 51-61, 2006年.
22) YUE MA, Chi K. Tse, Takuji Kousaka and Hiroshi Kawakami : General Consideration for Modeling and Bifurcation Analysis of Switched Dynamical Systems, International Journal of Circuit Theory and Applications, Vol.28, No.3, 2006.
23) Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga, Hitoshi Iida, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in a mathematical model for circadian oscillations of clock genes, Journal of Theoretical Biology, Vol.239, No.1, 101-122, 2006.
24) 三好 康夫, 大家 隆弘, 上田 哲史, 廣友 雅徳, 矢野 米雄, 川上 博 : EDBを利用した学習経路探索を支援するeシラバスシステムの構築, 大学教育研究ジャーナル, No.3, 1-9, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 片岡 睦子, 谷岡 哲也, 森口 博基, 永峰 勲, 高坂 要一郎, 任 福継, 山本 亜衣, 西村 美香, 岸本 真由子, 中屋 公子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 後藤 新市 : 急性期治療病棟で用いる統合失調症用のクリニカルパスをベースとしたアウトカム管理者の職務内容の検討, 季刊 こころの臨床 a·la·care, Vol.24, No.2, 229-244, 2005年.
2) 北村 清一郎, 篠原 千尋, 宮本 洋二 : 歯科局所麻酔時に必要な解剖学の知識, --- より効果的な麻酔を目指して ---, 「見える! わかる! 臨床に役立つ解剖写真集 5」,歯界展望, Vol.101, No.5, 964-968, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術レター

1) Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Chaos in cross-coupled BVP oscillators, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.15, No.10, 3359-3366, 2005.
2) 多田 敏子 : プライマリ·ケアと保健師教育, 日本プライマリケア学会四国支部論文集, Vol.14, 32, 2005年.

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

1) 北村 清一郎, 石橋 淳, 宮本 洋二 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集—6, --- 臼後三角の局所解剖学—下顎智歯抜歯時の偶発症を防ぐには ---, 歯界展望, Vol.107, No.6, 1194-1199, 2006年.
2) 北村 清一郎, 篠原 千尋, 髙橋 章 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集—7, --- 顎関節の局所解剖学—顎関節症を理解するために— ---, 歯界展望, Vol.108, No.1, 72-78, 2006年.
3) 北村 清一郎, 石橋 淳, 宮本 洋二 : 臼後三角の局所解剖学, --- 下顎智歯抜歯時の偶発症を防ぐには ---, 「見える! わかる! 臨床に役立つ解剖写真集 6」,歯界展望, Vol.101, No.6, 1194-1199, 2006年.
4) 北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- 1 総義歯の形態にかかわる解剖構造-義歯の形を理解する①上顎義歯 ---, 歯界展望, Vol.107, No.1, 79-84, 2006年1月.
5) 北村 清一郎, 石橋 淳, 市川 哲雄 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- 2 総義歯の形態にかかわる解剖構造-義歯の形を理解する②下顎義歯 ---, 歯界展望, Vol.107, No.2, 308-313, 2006年2月.
6) 北村 清一郎, 角田 佳折, 安田 清次郎 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- 3 インプラント植立手技のエビデンスを考える ①上顎インプラント ---, 歯界展望, Vol.107, No.3, 518-523, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1) YUE MA, Chi K. Tse, Takuji Kousaka and Hiroshi Kawakami : A Subtle Link in Switched Dynamical Systems: Saddle-Node Bifurcation Meets Border Collision, Proceedings of The 2005 IEEE International Symposium on Circuits and Systems, 6050-6053, Kobe, May 2005.
2) Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in Modified BVP Neurons Connected by Inhibitory and Electrical Coupling, Proc. ISCAS2005, 6058-6061, Kobe, May 2005.
3) Akira Kariyasaki, Yoshikazu Yamazaki, Tohru Fukano, Akiharu Ousaka and Shigeharu Morooka : Separation of Air from Two-Phase Air-Water Mixture Flowing in a Mini Channel, ISBN:0-7918-3758-0, Order No.1725CD, Paper ICMM2005-75057, 1-5, Toronto, Jun. 2005.
4) Mitsuru Yokoo, Mitsuhiro Shibazaki, Hiroshi Yoshida, Hiroshi Souma, Akiharu Ousaka, Koji Kusano and KIyoshi Horii : Prediction and Improvement of Artificial Ground Freezing, Procs. of FEDSM 2005, 2005 ASME Fluids Engineering Division Summer Meeting and Exhibition, 1-4, Houston, Jun. 2005.
5) Shinichi Chiba, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Tetsuya Tanioka, Isao Nagamine, Chiemi Kawanishi, Toshiko Tada, Mayuko Kishimoto, Mika Nishimura, Ai Yamamoto, Kyoko Osaka and Hiroki Moriguchi : Analysis of electroencephalographic activity in condition of emotional activation in human, Proceedings of the Ninth IASTED International Conference on Artificial Intelligence and Soft Computing, Vol.2005, No.1, 445-450, Benidorm, Sep. 2005.
6) Tetsuya Tanioka, Isao Nagamine, Fuji Ren, Kazuyuki Matsumoto, Keisuku Ueta, Lei Yu, Yoichiro Takasaka, Toshiko Tada, Fumiko Hashimoto, Yasuko Matsushita and Ruriko Yamashita : Research on development of the Hospital Management Outcomes Analysis System for using in psychiatric hospitals, Proceedings of the Ninth IASTED International Conference on Artificial Intelligence and Soft Computing, Vol.2005, No.1, 434-438, Benidorm, Sep. 2005.
7) Tetsuya Tanioka, Yoshihiro Kai, Takuya Matsuda, Isao Nagamine, Toshiko Tada, Fumiko Hashimoto, Yasuko Matsushita, Ruriko Yamashita, Yoshio Inoue and Yoichiro Takasaka : 53) Real-time Measurement of Frozen Gait in Patient with Parkinsonism Using a Sensor-Controlled Walker, Salford's 3rd International Conference-September 5-7th 2005, Sep. 2005.
8) Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga, Hitoshi Iida, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcation Analyses in a Circadian Oscillator Model of Clock Genes, Abstract book of International Workshop on Gene-Protein Dynamics of Circadian Clocks, 89-130, Tokyo, Sep. 2005.
9) Kikuji Yamashita, Jun Ishibashi, Hiroyoshi Hosokawa, Nanami Ishikawa, Hiroyuki Morimoto, Tomoyasu Ishikawa, Masaru Nagayama and Seiichiro Kitamura : Microarray Analysis of Gene Expression in MC3T3-E1 after Specific Far-infrared Radiation, International Symposium of Maxillofacial and Oral Regenerative Biology in OKAYAMA 2005, Okayama, Sep. 2005.
10) Toshiko Tada, Ruriko Yamashita, Tetsuya Tanioka, Fumiko Hashimoto, Yasuko Matsushita and Isao Nagamine : Relationship between a Life Worth Living and Healthy Longevity among Elderly Residents in Rural Japan, The 3rd International Conference on Community Health Nursing Research, 127, Tokyo, Sep. 2005.
11) Deendarlianto, Akiharu Ousaka, Akira Kariyasaki and Tohru Fukano : The Effects of Pipe Length on Counter-current Air-water Two-phase Flow in Inclined Pipes, Procs. of Int. Conf. on Jets, Wakes and Separated Flows, ICJWSF-2005, Vol.1, 223-228, Toba-shi, Mie, Oct. 2005.
12) Toshiko Tada, Tetsuya Tanioka, Fumiko Hashimoto, Yasuko Matsushita, Ruriko Yamashita, Isao Nagamine and Chiemi Kawanishi : ASSOCIATION BETWEEN QOL AND HEALTHY LONGEVITY IN THE ELDERLY LIVING AT HOME IN MOUNTAINOUS REGIONS, ISOQOL 13th Annual Conference, 43, San Francisco, Oct. 2005.
13) Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in Class 1 neuron models interconnected by inhibitory and electrical synapses, Proc. of NOLTA'05, Vol.1, 317-320, Bruges, Oct. 2005.
14) Kyoko Osaka, Shin-ichi Chiba, Tetsuya Tanioka, Chiemi Kawanishi, Isao Nagamine, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Toshiko Tada, Ruriko Yamashita, Mayuko Kishimoto, Mika Nishimura, Ai Yamamoto, Rozzano Locsin and Yoichiro Takasaka : Estimating Emotion Changes Using Electroencephalographic Activities and its Clinical Application, Proceedings of 2005 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE'05), 830-834, Wuhan, Oct. 2005.
15) Hideyuki Nakagawa : Isolation of a novel lectin from the dorsal venom of the redfin velvetfish, Hypodytes rubripinnis, Gordon Research Conference on Marine Natural Products, Ventura, California, Feb. 2006.
16) Ken'ichi Fujimoto, Yoshio Tanaka and Hiroshi Kawakami : Design of Controllers Based on Symmetry of Inverted Pendulum, Proc. of 2006 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 207-210, Honolulu, Mar. 2006.
17) Toshiyuki Kumano, Masaaki Mizumoto, Yusuke Nishiuchi, Kunichika Tsumoto, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Tetsuya Yoshinaga, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Development of an ODE solver orienting a bifurcation analysis package, Proc. of NCSP'06, 297-300, Honolulu, Mar. 2006.
18) Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation phenomena of capacitive coupled BVP oscillators, Proc. of NCSP2006, 243-246, Honolulu, Mar. 2006.
19) Hiroki Yoshii, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Visualization and stereolithography system of bifurcation sets, Proc. of NCSP2006, 361-364, Honolulu, Mar. 2006.
20) Hirokazu Komatsu, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcational classification for type-I and II activities in a forced planar H-R model, Proc. of NCSP2006, 325-328, Honolulu, Mar. 2006.
21) Kimiyasu Shiotsu, Tetsuya Kobayashi, Tetsushi Ueta, Shigeki Tsuji, Kazuyuki Aihara and Hiroshi Kawakami : Bifurcations of periodic solutions in the forced genetic toggle switch system, Proc. of NCSP2006, 251-254, Honolulu, Mar. 2006.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1) 北村 清一郎 : インプラント手術に必要な局所解剖学の知識., 沖縄歯科インプラント研究会定期講演会, 2005年4月.
2) 北村 清一郎 : 総義歯の形態を口腔解剖学の視点から考える, 総義歯セミナー「超高齢化時代の総義歯製作法はどうあるべきか」, 2005年5月.
3) (名) Deendarlianto, 逢坂 昭治, 仮屋崎 侃, 深野 徹 : Flooding Phenomena in Inclined Pipes, CD-ROM, 第42回日本伝熱シンポジウム講演論文集, 2005年6月.
4) 北村 清一郎 : 総義歯の印象採得と局所解剖学の知識, 第23回顎咬合学会学術大会総会, 2005年6月.
5) 角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト軟口蓋の筋構成に関する肉眼解剖学的研究, 四国歯学会第29回例会, 2005年6月.
6) 三好 正希, 藤崎 翔, 芝辻 豪士, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : サイナス・リフトに必要な局所解剖学の知識, 四国歯学会第29回例会, 2005年6月.
7) 山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 谷岡 哲也, 太田 暁子, 俵 志江, 永峰 勲 : 山間地域の高齢者の介護度の変化と生活状況との関連, 日本公衆衛生雑誌, Vol.52, No.8, 742, 2005年8月.
8) 仮屋崎 侃, 逢坂 昭治 : ミニチャンネル内における気泡発生と液膜厚さの観測, 日本混相流学会年会講演会2005講演論文集, 211-212, 2005年8月.
9) 草野 剛嗣, 逢坂 昭治, 横尾 充, 柴崎 光弘, 吉田 宏, 相馬 啓, 堀井 清之 : 地盤凍結工法における凍土予測と伝熱促進, 日本混相流学会年会講演会2005講演論文集, 357-358, 2005年8月.
10) (名) Deendarlianto, Akiharu Ousaka, Akira Kariyasaki and Tohru Fukano : Correlation of the Onset of Flooding in Inclined Pipe, 日本混相流学会年会講演会2005講演論文集, 477-478, Aug. 2005.
11) 森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, Bruna Rabelo Amorim, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤によるXIAPの発現とアポトーシス, 第47回歯科基礎医学会総会, 2005年9月.
12) 石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 藤川 七生, 森本 景之, 北村 清一郎 : 骨芽細胞対する特性遠赤外線の効果ーマイクロアレイを用いた遺伝子発現解析, 第47回歯科基礎医学会学術大会, 2005年9月.
13) 山下 菊治, 石橋 淳, 細川 浩良, 石川 七生, 森本 景之, 石川 友康, 長山 勝, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線照射MC3T3-E1, 第14回硬組織再生生物学会, 2005年9月.
14) 吉永 哲哉, 飯田 仁, 津元 国親, 川上 博 : 時計遺伝子リズムに基づくサーカディアンモデルの解析, 電気学会電子·情報·システム部門大会論文集, 114-118, 2005年9月.
15) 多田 敏子, 山下 留理子, 谷岡 哲也, 松下 恭子, 橋本 文子, 太田 暁子, 俵 志江, 川野 公江 : 山間地域で生活する1人暮らし高齢者の介護度の変化とQOL, 第6回 日本QOL学会, Vol.6, No.2, 2005年9月.
16) 今倉 禄浩, 上田 哲史, 川上 博 : Brusselator にみられるカオス現象, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2005年9月.
17) 好井 浩喜, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博 : Homotopy法をもちいた分岐局面の自動追跡, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2005年9月.
18) 藤本 憲市, 田中 芳夫, 川上 博 : 倒立振子における力学系の対称性を利用した不安定周期運動の安定化制御器設計法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 103, 2005年9月.
19) 石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 藤川 七生, 森本 景之, 北村 清一郎 : 骨芽細胞に対する特性遠赤外線の効果, --- マイクロアレイを用いた遺伝子発現解析 ---, 第47回歯科基礎医学会学術大会, 2005年9月.
20) 森本 景之, 尾崎 明子, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, Bruna Amorin, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤によるXIAP発現とアポトーシス, 第47回歯科基礎医学会学術大会, 2005年9月.
21) 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 喉頭蓋谷ならびに梨状陥凹周辺でのヒト咽頭挙筋群の停止状況に関する肉眼解剖学的研究, 第47回歯科基礎医学会学術大会, 2005年9月.
22) 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 変形BVP発振器でみられる引力圏境消失について, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 10, 2005年10月.
23) 熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : カオスアトラクタ内の軌道履歴の視覚化, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 12, 2005年10月.
24) 小松 広和, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博 : 2次元ニューロンモデルの発火特性とその分類, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 5, 2005年10月.
25) 塩津 公康, 上田 哲史, 辻 繁樹, 合原 一幸, 川上 博 : 遺伝子スイッチモデルの強制系に見られる周期解とその分岐現象, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 4, 2005年10月.
26) 細川 浩良, 山下 菊治, 石橋 淳, 北村 清一郎, 長山 勝 : 癌細胞の特性遠赤外線に対する感受性とストレス蛋白との関係, 第50回日本口腔外科学会総会, 2005年10月.
27) 石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 藤川 七生, 森本 景之, 北村 清一郎 : マイクロアレイを用いた骨芽細胞に対する特性遠赤外線の遺伝子発現解析, 日本解剖学会第60回中国・四国支部学術大会, 2005年10月.
28) 的場 みぎわ : コラージュ療法を利用した学生相談の一事例, 日本箱庭療法学会第19回大会, 2005年10月.
29) 北村 清一郎 : 歯学分野での解剖学教育の現状と問題点., 日本解剖学会第60回中国・四国地方会 シンポジウム「医学・歯学の解剖学教育の現状と将来を考える」, 2005年10月.
30) 細川 浩良, 山下 菊治, 石橋 淳, 北村 清一郎, 長山 勝 : 癌細胞の特性遠赤外線に対する感受性とストレス蛋白との関係, 第50回日本口腔外科学会総会, 2005年10月.
31) 北村 清一郎 : 総義歯治療に必要な局所解剖学の知識, 第14回千里有床義歯臨床研究会「全部床義歯を用いた無歯顎治療—形態と機能の視点から—」, 2005年11月.
32) 三好 康夫, 大家 隆弘, 上田 哲史, 廣友 雅徳, 矢野 米雄, 川上 博 : シラバス科目間の関連性を用いた学習経路検索支援, 教育システム情報学会研究報告, Vol.20, No.4, 7-12, 2005年11月.
33) 山下 菊治, 石橋 淳, 細川 浩良, 森本 景之, 北村 清一郎 : 遠赤外線総合医療を目指して, 第116回徳島生物学会, 2005年12月.
34) 俵 志江, 太田 暁子, 山下 留理子, 多田 敏子, 中川 洋一 : A保健所管内における事業所労働者のメンタルヘルスに関する意識調査, 日本公衆衛生学会誌, Vol.53, No.10, 993, 2006年.
35) 石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 森本 景之, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線のヒト癌細胞株に及ぼす効果, 日本解剖学会第111回全国学術集会, 2006年3月.
36) 松下 恭子, 多田 敏子, 橋本 文子 : 在宅看護実習を通して学生が感じた訪問看護のやりがいや魅力, 日本在宅ケア学会学術集会講演集, 110-111, 2006年3月.
37) 北村 清一郎 : インプラント植立手技のエビデンスを解剖学の立場から考える, 日本顎咬合学会九州・沖縄(沖縄)支部 認定教育研修会, 2006年3月.
38) 高木 均, 加古 修平, 草野 剛嗣, 逢坂 昭治 : グリーンコンポジットの断熱特性, 第35回FRPシンポジウム講演論文集, 274-276, 2006年3月.
39) 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 軟口蓋から咽頭壁にわたるヒト咽頭挙筋群の起始・走行および停止に関する肉眼解剖学的研究, 第111回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2006年3月.
40) 石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 森本 景之, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線のヒト癌細胞株に及ぼす効果, 第111回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 作品等

(なし)

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

1) 多田 敏子 : 療養時のこころの持ち方について, SSKA全低肺, No.80, 6-7, 2005年4月.
2) 上原 祥佳瑞, ディーンダリアント (名), 逢坂 昭治 : フラッデイング開始点のウェーブレットスカログラムについて, 平成17年度第1回研究討論会, 2005年5月.
3) 多田 敏子 : セルフケアが人に及ぼす影響, SSKA全低肺, No.81, 6-8, 2005年6月.
4) Hirokazu Komatsu, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcational classification for type-I and II activities in a forced planar H-R model, Int. Symp. Complexity Modelling and its Applications, Nov. 2005.
5) 多田 敏子 : プライマリ・ケアと保健師教育, 日本プライマリケア学会四国支部論文集, Vol.1, No.1, 32, 2005年12月.
6) 多田 敏子 : 絆と生活の質, SSKA全低肺, No.82, 6-8, 2006年1月.
7) 熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : カオスアトラクタの写像履歴の視覚化を用いた情報抽出, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.107, 55-60, 2006年1月.
8) 好井 浩喜, 上田 哲史, 川上 博 : 非線形力学系における3次元分岐構造の自動追跡, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.103, 55-60, 2006年1月.
9) 小松 広和, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博, 合原 一幸 : 2次元H-R神経細胞モデルにおけるType-IおよびType-II特性とその外力応答, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.113, 87-92, 2006年1月.
10) 塩津 公康, 上田 哲史, 辻 繁樹, 川上 博, 合原 一幸 : 遺伝子スイッチモデルに見られる分岐現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.114, 93-98, 2006年1月.

2005年度(平成17年度) / 報告書

(なし)

2006年度(平成18年度)

article.{@.date="20060400 20070399" @.organization=\E{121190}}

2006年度(平成18年度) / 著書

1) 尾崎 明文, 北村 清一郎, 吉田 篤 : トリガーポイントと経穴の関係, 医書出版部, 東京, 2006年4月.
2) 逢坂 昭治 : 日本機械学会編 改訂気液二相流技術ハンドブック(分担), 株式会社 コロナ社, 東京, 2006年6月.
3) 川上 博, 島本 隆, 西尾 芳文 : 例題と課題で学ぶ電気回路, --- 線形回路の定常解析 ---, 株式会社 コロナ社, 東京, 2006年10月.
4) 尾崎 朋文, 松下 美穂, 松岡 憲二, 吉田 篤, 北村 清一郎 : 顔面の主要経穴の安全性とリスク対策,, 医道の日本社, 神奈川, 2007年1月.
5) 尾崎 明文, 森 俊豪, 米山 榮, 北村 清一郎, 吉田 篤 : 鍼灸医療安全ガイドライン(尾崎昭弘,坂本 歩/鍼灸安全性委員会 編), --- 重要臓器の傷害事故の防止 ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年1月.
6) 北村 清一郎 : なるほど 現代歯塾∼健康で快適な生活のために∼, --- 歯がなくてもかめるの?年齢とお口の関係は? ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年2月.
7) 眞野 典子, 眞野 元四郎, 谷岡 哲也, 石神 文子, 富島 喜揮, 西谷 清美, 武田 廣一, 後藤 雅博, 三船 和史, 上別府 圭子, 上野 里絵, 出越 文悟, 宮部 由起代, 多田 敏子, 橋本 文子, 倉知 延章, 山崎 正雄, 上野 修一 : 精神科リハビリテーション, 株式会社 中外医学社, 東京, 2007年2月.
8) 北村 清一郎, 角田 佳折 : 咬合・咀嚼が創る健康長寿, --- 義歯は嚥下とどう係るのか ---, 大阪大学出版, 大阪, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1) Akiharu Ousaka, Deendarlianto, Akira Kariyasaki and Tohru Fukano : Prediction of flooing gas velocity in gas-liquid counter-current two-phase flow in inclined pipes, Nuclear Engineering and Design, Vol.236, No.12, 1282-1292, 2006.
2) Masao Takei and Hideyuki Nakagawa : A sea urchin lectin, SUL-1, from the Toxopneustid sea urchin induces DC maturation from human monocytes and drives Th1 polarization in vitro, Toxicology and Applied Pharmacology, Vol.213, No.1, 27-36, 2006.
3) Ya Lin, Tetsuya Tanioka, Kokichi Tanihira, Fuji Ren, Toshiko Tada, Katsuyo Howard and Haruo Kobayashi : An Interactive E-learning System for Practicing Team Care by Interdisciplinary Collaboration, Kawasaki Journal of Medical Welfare, Vol.12, No.1, 37-44, 2006.
4) Tetsuya Tanioka, Motoshiro Mano, Yoichiro Takasaka, Toshiko Tada and Chiemi Kawanishi : Challenge of Psychiatric Rehabilitation for Patients With Long-Term Hospitalizations Using the Nirje's Normalization Principles As a Valuation Standard: Two Case Studies, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.3-4, 209-217, 2006.
5) 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 谷岡 哲也, 川野 公江, 福田 美紀 : 山間地域で生活する一人暮らし高齢者の介護度の変化とQOL, Quality of life Journal, Vol.7, No.1, 35-39, 2006年.
6) Toshiko Tada, Tetsuya Tanioka, Yasuko Matsushita, Ruriko Yamashita and Nitta Atsuko : Clarification of the Functions Required on Walking-support Devices for the Elderly at-Home Whose Care need Levels are Low, The 2nd International Conference for Unversal Design in Kyoto 2006, Vol.CD-ROM, 2006.
7) 谷岡 哲也, 浦西 由美, 山崎 里美, 松本 正子, 倉橋 佳英, 橋本 文子, 多田 敏子, 松下 恭子, 山崎 正雄, 真野 元四郎, 友竹 正人, 上野 修一 : 地域住民の精神障害関連の行事への参加と精神障害者に対する意識調査, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.5, No.2, 91-98, 2007年.
8) Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcation analysis of current coupled BVP oscillators, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.17, No.3, 837-850, 2007.
9) 橋本 文子, 谷岡 哲也, 多田 敏子, 松下 恭子, 山下 留理子 : 膠原病患者会におけるメンバー間の療養上の自己決定に至る相互作用の意義, 日本看護福祉学会誌, Vol.12, No.2, 117-130, 2007年.
10) Toshiko Tada, Tetsuya Tanioka, Fumiko Hashimoto, Yasuko Matsushita, Ruriko Yamashita, Chiemi Kawanishi and Chiemi Onishi : Clarification of Caring Behaviors by the Family of Elderly Relations Living in Rural Japan, International Journal for Human Caring, Vol.11, No.11, 25-29, 2007.
11) 谷岡 哲也, 浦西 由美, 山崎 里美, 松本 正子, 倉橋 佳英, 多田 敏子, 真野 元四郎, 山崎 正雄, 友竹 正人, 松下 恭子, 上野 修一, 大森 美津子, 大浦 智華 : 住民の精神障害者に対する意識調査:精神障害者との出会いの経験と精神障害者に対するイメージ, 香川大学看護学雑誌, Vol.11, No.1, 65-74, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 大畑 政子, 原 祥子, 松下 恭子, 多田 敏子 : 寒冷地に居住する軽度要介護高齢者の歩行支援ニーズの実態, 島根大学医学部紀要, Vol.29, 23-30, 2006年.
2) 北村 清一郎, 二宮 雅美, 宮本 洋二 : カラーアトラス:皮膚・粘膜の下,透けて見えますか, --- 歯科医師・口腔外科医に必要な解剖学の知識 ---, 歯界展望, Vol.10, No.6, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術レター

1) Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Hiroshi Fujii and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in two-dimensional Hindmarsh-Rose type model, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.17, No.3, 985-998, 2007.
2) 多田 敏子 : 在宅高齢者の屋内での歩行支援機器に必要な機能, 健康産業交流会シーズ集, Vol.14, 4-5, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1) 北村 清一郎, 高橋 章, 安田 清次郎 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- 4 インプラント植立手技のエビデンスを考える ①下顎インプラント ---, 歯界展望, Vol.107, No.4, 738-743, 2006年4月.
2) 北村 清一郎, 篠原 千尋, 宮本 洋二 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集, --- -5 歯科局所麻酔時に必要な解剖学の知識-より効果的な麻酔を目指して ---, 歯界展望, Vol.107, No.5, 964-968, 2006年5月.
3) 北村 清一郎, 森本 景之, 角田 佳折, 石本 恭子 : 歯科治療時の偶発症としての開障害と嚥下痛の発生機序を理解するに必要な局所解剖学的知識, 形態科学, Vol.9, No.2, 73-77, 2006年5月.
4) 北村 清一郎, 篠原 千尋, 宮本 洋二 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集5, --- 歯科局所麻酔時に必要な解剖学の知識 -より効果的な麻酔を目指して- ---, 歯界展望, Vol.107, No.5, 964-968, 2006年5月.
5) 北村 清一郎, 石橋 淳, 宮本 洋二 : 見える!分かる!臨床に役立つ解剖写真集6-臼後三角の局所解剖学, --- 下顎智歯抜歯時の偶発症を防ぐには ---, 歯界展望, Vol.107, No.6, 1194-1199, 2006年6月.
6) 北村 清一郎, 篠原 千尋, 高橋 章 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集-7顎関節の局所解剖, --- 顎関節症を理解するために ---, 歯界展望, Vol.108, No.1, 72-78, 2006年7月.
7) 北村 清一郎, 篠原 千尋, 高橋 章 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集7, --- 顎関節の局所解剖学 -顎関節症を理解するために- ---, 歯界展望, Vol.108, No.1, 72-78, 2006年7月.
8) 熊谷 正浩, 北村 清一郎 : 先生に聞きたい!「上顎結節」とは正確にはどの部位を指すのでしょうか, 歯界展望, Vol.108, No.2, 427-429, 2006年8月.
9) 北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 見える!わかる! 臨床に役立つ解剖写真集 8, --- 義歯は嚥下にどうかかわるのか ---, 歯界展望, Vol.108, No.2, 304-309, 2006年8月.
10) 尾崎 朋文, 松下 美穂, 松岡 憲二, 吉田 篤, 北村 清一郎 : 顔面の主要経穴の安全性とリスク対策, 医道の日本,臨時増刊, No.11, 80-84, 2006年8月.
11) 熊谷 正浩, 北村 清一郎 : 先生に聞きたい!「上顎結節」とは正確にはどの部位を指すのでしょうか, 歯界展望, Vol.108, No.2, 427-429, 2006年8月.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1) Toshiyuki Kumano, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Pattern Emergence in Strange Attractor by Directions of Mappings, Proc. of ISCAS2006, 2737-2740, Island of Kos, Greece, May 2006.
2) Toshiko Tada, Tetsuya Tanioka, Fumiko Hashimoto, Chiemi Kawanishi, Chiemi Onishi, Yasuko Matsushita and Ruriko Yamashita : Clarification of Caring Behavior By the Family of Elderly Relations Living in Rural Japan, Proceedings of the 28th Conference of the International Association for Human Caring, Vol.10, No.2, 60, Fremantle, May 2006.
3) Chiemi Kawanishi, Tetsuya Tanioka, Toshiko Tada, Fuji Ren, Kyoko Osaka, Kazuyuki Matsumoto, Shunji Mitsuyoshi, Rozzano De Castro Locsin and Shu-ichi Ueno : Consideration of Measuring Method for Empathic Understanding as Technological Competency of Nursing, Proceedings of The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, 68-72, Cork, Ireland, Aug. 2006.
4) Kazuyuki Matsumoto, Tetsuya Tanioka, Fuji Ren, Yoichiro Takasaka, Takuya Matsuda, Toshiko Tada, Chiemi Kawanishi, Barnard Alan, Kyoko Osaka and Shu-ichi Ueno : Psychoms: A mental health patient management and variance analysis system using artificial intelligence, Proceedings of The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, 73-77, Cork, Ireland, Aug. 2006.
5) Toshiko Tada, Yasuko Matsushita, Tetsuya Tanioka, Ruriko Yamashita, Sumiko Yamamoto, Sachiko Okamoto, Sachiko Hara, Chiemi Kawanishi, Shu-ichi Ueno and Haruo Kobayashi : Functions required for walking supporting devices to improve the level of elderly people's quality of life in Japan, The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, 82-86, Cork(Ireland), Aug. 2006.
6) Kyoko Osaka, Kazuyuki Matumoto, Chiemi Kawanishi, Tetsuya Tanioka, Toshiko Tada, Shu-ichi Ueno, Rozzano De Castro Locsin and Fuji Ren : REQUIRED PRECISION TO NATURAL LANGUAGE PROCESSING FOR THERAPEUTIC PATIENT-HEALTH CARE PROVIDER COMMUNICATION, Proceedings of the 9th IASTED International Conference on Intelligent Systems and Control, 118-123, Honolulu,Hawaii,USA, Aug. 2006.
7) Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Dependence of Synchronous Activities in Coupled Inhibitory Neurons upon Excitability Classes, Proc. of NOLTA2006, Bologna, Italy, Sep. 2006.
8) Hitoshi Takagi, Syuhei Kako, Koji Kusano and Akiharu Ousaka : Thermal conductivity of PLA-bamboo composites, Proceedings of 4th International Workshop on Green Composites, 150-152, Tokyo, Sep. 2006.
9) Toshiko Tada, Tetsuya Tanioka, Ruriko Yamashita, Yasuko Matsushita, Chiemi Kawanishi and Shu-ichi Ueno : Support for Single Elderly People's Better QOL Living in Mountainous Areas in Japan, 13th Annual conferenc of the International Society For Quality of Life Research, A71, Lisbon, Oct. 2006.
10) Yasuo Miyoshi, Takahiro Oie, Hiroshi Kawakami, Tetsushi Ueta and Yoneo Yano : e-Syllabus System Supporting the Discovery of Learning Paths, Proceedings of E-Learn 2006, 784-789, Honolulu, Oct. 2006.
11) Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Chiemi Kawanishi, Toshiko Tada, Rozzano De Castro Locsin, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Measurement of the "emotional sensitivity" and "emotion at moment" using Power Map Analysis and Emotion Spectrum Analysis Method, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 121-129, Tokushima, Nov. 2006.
12) Kaori Sumida, Seiichiro Kitamura, Kikuji Yamashita and Jun Ishibashi : Gross Anatomical Study of the Arrangement of the Human Stylopharyngeus and Palatopharyngeus Muscles around the Epiglottic Vallecula and the Piriform Fossa, The 1st international Symposium and Workshop ``The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century'', Japan, Mar. 2007.
13) Jun Ishibashi, Kikuji Yamashita, Kaori Sumida and Seiichiro Kitamura : The action Mechanism of far-infrared ray on human cancer cell lines, The 1st international Symposium and Workshop ``The Future Direction of Oral Science in the 21st Century'', Japan, Mar. 2007.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1) 尾崎 朋文, 小島 賢久, 小林 章子, 橋本 美紀, 米山 榮, 北村 清一郎, 吉田 篤 : 生体の触診による胸骨裂孔の出現頻度とCT画像所見での検討, 第55回(社)全日本鍼灸学会学術大会, 2006年6月.
2) 大坂 京子, 谷岡 哲也, 川西 千恵美, 多田 敏子, 任 福継, 小林 春男 : 人の感情変化と脳波活動電位量の変化との関連, 日本看護福祉学会誌, Vol.12, No.1, 50-51, 2006年7月.
3) 橋本 文子, 谷岡 哲也, 多田 敏子, 松下 恭子, 山下 留理子 : 療養上の自己決定における膠原病患者会(セルフヘルプグループ)の相互作用の意義の明確化, 第19回日本看護福祉学会 全国大会, Vol.12, No.1, 30-31, 2006年7月.
4) 北村 清一郎 : 総義歯の印象採得に必要な局所解剖学の知識, 徳友会学術講演, 2006年7月.
5) 藤井 克昌, 高瀬 雅大, 前田 彩, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 頬隙と犬歯窩隙の局所構造, 四国歯学会第30回例会, 2006年7月.
6) 藤井 克昌, 高瀬 雅大, 前田 彩, 角田 佳折, 森本 景之, 北村 清一郎 : 頬隙と犬歯窩隙の局所構造, 四国歯学会第30回例会, 2006年7月.
7) 多田 敏子, 松下 恭子, 橋本 文子, 山下 留理子, 谷岡 哲也 : 基礎看護教育におけるコミュニティー・アズ・パートナーモデルを用いた地域踏査演習の意義, 日本地域看護学会第9回学術集会講演集, 65, 2006年7月.
8) 橋本 文子, 多田 敏子, 松下 恭子, 山下 留理子, 太田 暁子, 俵 志江, 谷岡 哲也 : 地域看護学臨地実習をとおして学生が捉えた保健師像, 日本地域看護学会第9回学術集会講演集, 66, 2006年7月.
9) 山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 谷岡 哲也, 太田 暁子, 俵 志江 : 山間地域のひとり暮らし高齢者の生活を維持する要因の検討, 日本地域看護学会第9回学術集会講演集, 148, 2006年7月.
10) 角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト喉頭蓋谷ならびに梨状陥凹周辺での筋構成に関する肉眼解剖学的研究, 第12回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2006年8月.
11) 角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト喉頭蓋谷ならびに梨状陥凹周辺での筋構成に関する肉眼解剖学的研究, 第12回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 学術大会, 2006年8月.
12) 石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 石川 七生, 森本 景之, 北村 清一郎 : マイクロアレイを用いた骨芽細胞に対する特性遠赤外線の遺伝子発現解析, 解剖学雑誌, Vol.81, No.3, 98, 2006年9月.
13) 山下 菊治, 上野 明道, 石橋 淳, 大下 修弘, 北村 清一郎 : 歯根模様コラーゲン繊維を含む細胞外マトリックスの形成機構とその骨誘導能の解析, 第15回硬組織再生生物学会, 2006年9月.
14) 石橋 淳, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : HepG2細胞における遠赤外線の作用, 第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
15) 多田 敏子, 橋本 文子, 山下 留理子, 松下 恭子, 谷岡 哲也, 川野 公江 : 認知症の家族の介護におけるケアリングとQOL, Quality of life Journal, Vol.7, No.2, 2006年9月.
16) 高木 均, 加古 修平, 草野 剛嗣, 逢坂 昭治 : グリーンコンポジットの熱伝導率, 日本機械学会2006年度年次大会講演論文集, Vol.1, 395-396, 2006年9月.
17) 角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト咽頭挙筋群—口蓋咽頭筋,耳管咽頭筋,および茎突咽頭筋—の起始・走行・停止に関する肉眼解剖学的研究, 第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
18) 石橋 淳, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : HepG2細胞における遠赤外線の作用, 第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
19) 角田 佳折, 北村 清一郎 : ヒト咽頭挙筋群—口蓋咽頭筋,耳管咽頭筋,および茎突咽頭筋—の起始・走行・停止に関する肉眼解剖学的研究, 第48回歯科基礎医学会学術大会, 2006年9月.
20) 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : Bifurcation and Chaos in Simplification Circuit of v-i Coupled BVP Oscillators, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-4, 300, 2006年9月.
21) 塩津 公康, 上田 哲史, Tetsuya Kobayashi, 辻 繁樹, 合原 一幸, 川上 博 : On bistability of forced gene toggle switch, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-5, 301, 2006年9月.
22) 熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : A detection of repelles by applied computation for basin of attractions, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-2, 298, 2006年9月.
23) 水本 匡昭, 上田 哲史, 川上 博 : Bifurcation analysis of modified Duffing-van der Pol equation, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-3, 299, 2006年9月.
24) 山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 川野 公江, 福田 美紀 : 山間地域の要介護高齢者および介護者の生活を支える要因の分析, 第28回全国保健師学術研究会講演集, 264-265, 2006年10月.
25) 北村 清一郎 : 顔と年齢—大人の顔・子どもの顔・老人の顔, 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部市民講座, 2006年10月.
26) 山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 川野 公江, 福田 美紀 : 山間地域の要介護高齢者および介護者の生活を支える要因の分析, 第28回全国地域保健師学術研究会講演集, 264-265, 2006年10月.
27) 山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 川野 公江, 福田 美紀 : 山間地域の要介護高齢者および介護者の生活を支える要因の分析, 第28回全国地域保健師学術研究会講演集, 264-265, 2006年10月.
28) 太田 暁子, 俵 志江, 山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子 : 女性の自我同一性の発達の研究, --- 看護学生の場合 ---, 日本公衆絵衛生学会総会抄録, No.65, 696, 2006年10月.
29) 松下 恭子, 多田 敏子, 谷岡 哲也, 山下 留理子, 原 祥子, 東山 由実, 山本 澄子, 岡本 佐智子 : ケア提供者からみた軽度要介護高齢者への歩行支援上の課題, 日本老年看護学会第11回学術集会抄録集, 128, 2006年11月.
30) 大畑 政子, 原 祥子, 松下 恭子, 多田 敏子 : 要支援・軽度要介護高齢者の歩行支援機器の実態調査, 日本老年看護学会第11回学術集会抄録集, 129, 2006年11月.
31) 草野 剛嗣, 逢坂 昭治, 横尾 充, 相馬 啓 : 地盤中の凍土成長における凍結管温度分布・変動の効果, 日本機械学会中国四国支部・九州支部合同企画鳥取講演会講演論文集, 117-118, 2006年11月.
32) 北村 清一郎 : 大学におけるセクハラ防止対策と管理体制について, セクハラ防止対策セミナー(財団法人21世紀職業財団 徳島事務所), 2006年11月.
33) 加古 修平, 高木 均, 草野 剛嗣, 逢坂 昭治 : PLA-bamboo composites and their thermal conductivity, Journal of Ecotechnology Research, Vol.12, No.4, 238, 2006年12月.
34) 北村 清一郎 : パネルディスカッション, 国家公務員セクシュアル・ハラスメント防止シンポジウムーセクシュアル・ハラスメントのない職場を目指して(人事院四国事務局, 2006年12月.
35) 北村 清一郎 : インプラント植立手技のエビデンスを解剖学の立場から考える, 実践インプラント勉強会&症例相談会, 2006年12月.
36) 山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 谷岡 哲也, 太田 暁子, 俵 志江 : 山間地域のひとり暮らし高齢者の生活を維持する要因の検討, 日本地域看護学会第9回学術集会講演集, 148, 2007年1月.
37) 石橋 淳, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : ヒト癌細胞株における遠赤外線反応遺伝子の発現解析, 第112回日本解剖学会全国学術大会, 2007年3月.
38) 松下 恭子, 多田 敏子, 橋本 文子, 山下 留理子, 太田 暁子, 俵 志江 : 在宅看護実習を通して学生が捉えた訪問看護ステーションにおける災害対策について, 第11回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 172, 2007年3月.
39) 安本 大介, 上原 祥佳瑞, 逢坂 昭治, 仮屋崎 侃, 草野 剛嗣 : 水平に近い傾斜管内における気液対向二相流, 日本機械学会中国四国支部45期総会・講演会講演論文集, 251-252, 2007年3月.
40) 行成 義貴, 逢坂 昭治, 草野 剛嗣 : 大地抵抗率を利用した凍土の測定, 日本機械学会中国四国支部45期総会・講演会講演論文集, 227-228, 2007年3月.
41) 北村 清一郎 : セクシュアルハラスメント防止について, 香川県立保健医療大学教職員研修会, 2007年3月.
42) 北村 清一郎 : 総義歯の形態を口腔解剖学の視点から考える, 総義歯セミナー「超高齢化時代の総義歯製作法はどうあるべきか」, 2007年3月.
43) 石橋 淳, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : ヒト癌細胞株における遠赤外線反応遺伝子の発現解析, 第112回日本解剖学会総会, 2007年3月.
44) 角田 佳折, 益井 孝文, 山下 菊治, 大下 修弘, 石橋 淳, 北村 清一郎 : 種々の変異を伴う馬蹄腎の一例について, 第112回日本解剖学会総会, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1) 多田 敏子 : 春を間近にして, SSKA全低肺, Vol.84, No.1, 3-4, 2006年4月.
2) 多田 敏子 : どのように防災対策をしていますか?, SSKA全低肺, Vol.86, No.84, 12-16, 2006年10月.
3) 多田 敏子 : 団塊の世代から, SSKA全低肺, Vol.87, No.1, 5-7, 2006年12月.
4) 多田 敏子 : 家族支援について, めんたるへるす, Vol.52, No.1, 52-53, 2006年12月.
5) 多田 敏子 : 気分転換, SSKA全低肺, Vol.88, No.1, 3-4, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

1) 多田 敏子 : 災害看護支援マニュアル, 1-18, 2007年3月.
2) 多田 敏子 : 地域保健施策化促進事業―産業保健と連携したメンタルヘルス対策報告, 徳島, 2007年3月.

2007年度(平成19年度)

article.{@.date="20070400 20080399" @.organization=\E{121190}}

2007年度(平成19年度) / 著書

1) 福富 純一郎, 他 : 機械工学便覧 流体機械, 日本機械学会, 東京, 2007年8月.
2) 尾崎 明文, 吉田 篤, 北村 清一郎, 米山 栄 : 圧痛点の臨床応用についてー合谷への圧痛,慢性腰痛の圧痛点,解剖構造,指頭感覚などー, 医道の日本社, 横須賀市, 2008年2月.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 的場 みぎわ : アパシー学生に対するコラージュ技法の適用事例, 箱庭療法学研究, Vol.20, No.1, 47-59, 2007年.
2) Hiroyuki Morimoto, Akiko Ozaki, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Bruna Rabelo Amorim, Hiroaki Tanaka, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Differntial expression of protein phosphatase type 1 isotypes and nucleolin during cell cycle arrest, Cell Biochemistry and Function, Vol.25, No.4, 369-375, 2007.
3) Toshiko Tada, Yasuko Matsushita, Tetsuya Tanioka, 山本 澄子, 岡本 佐智子, 原 祥子, Chiemi Onishi, Chiemi Kawanishi, Shu-ichi Ueno and 小林 春雄 : Functions required for walking supporting devices to improve the level of elderly people's quality of life in Japan, Information : an International Interdisciplinary Journal, Vol.10, No.5, 709-717, 2007.
4) Chihiro Shinohara, Kikuji Yamashita, Takashi Matsuo, Seiichiro Kitamura and Fumiaki Kawano : Effects of Carbonic AnhydraseInhibitor Acetazolamide(AZ)on Osteoclasts and Bone Structure, Journal of Hard Tissue Biology, Vol.16, No.3, 115-123, 2007.
5) Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Shuichi Ueno, Chiemi Kawanishi, Toshiko Tada, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Empathetic Understanding as Caring in Nursing Using Electroencephalographic Data as Evidence, International Journal for Human Caring, Vol.12, No.1, 7-16, 2008.
6) 尾崎 明文, 吉田 篤, 北村 清一郎, 米山 栄 : 圧痛点の臨床応用についてー合谷への圧痛,慢性腰痛の圧痛点,解剖構造,指頭感覚などー, 圧痛点と鍼灸臨床, 66-71, 2008年.
7) 角田 佳折, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 肉眼解剖学的にみた嚥下におけるヒト咽頭挙筋群の役割, 臨床解剖研究会記録No8, No.8, 42-43, 2008年.
8) 角田 佳折, 益井 孝文, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 種々の変異を伴う馬蹄腎の1例について, 臨床解剖研究会記録No8, No.8, 48-49, 2008年.
9) Junichiro Fukutomi, Toru Shigemitsu and Tomohiro Yasunobu : Performance and Internal Flow of Sirocco Fan Using Contra-Rotating Rotors, Journal of Thermal Science, Vol.17, No.1, 35-41, 2008.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 多田 敏子, 橋本 文子, 山下 留理子, 松下 恭子, 谷岡 哲也, 川野 公江, 福田 美紀 : 認知症の家族の介護におけるケアリングとQOL, Quality of Life Journal, Vol.8, No.1, 73-77, 2007年.
2) 小林 珠美, 田中 寿恵, 多田 敏子 : 山間地域の高齢者の就業がQOLに影響を及ぼす要因について, Quality of Life Journal, Vol.18, No.2, 33, 2007年.
3) 杉原 治美, 多田 敏子 : ITを活用したバーチャル相談室「まちの保健室」, 保健師ジャーナル, Vol.64, No.1, 24-28, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術レター

(なし)

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1) 北村 清一郎, 角田 佳折, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識1顔の皮下組織—``顔の美しさを守るプロ''として知っておくべきこと, 歯界展望, Vol.110, No.1, 62-69, 2007年7月.
2) 北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識2—口唇と頬—美しい顔は美しい口元から, 歯階展望, Vol.110, No.2, 266-273, 2007年8月.
3) 北村 清一郎, 二宮 雅美, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識3口腔前庭—外科処置に失敗しないために, 歯界展望, Vol.110, No.3, 458-465, 2007年9月.
4) 北村 清一郎, 二宮 雅美, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識3口腔前庭—外科処置に失敗しないために, 歯界展望, Vol.110, No.3, 458-465, 2007年9月.
5) 宮本 洋二, 北村 清一郎, 益井 孝文 : カラーアトラス:皮膚・粘膜の下,透けて見えますか, --- 歯科医師・口腔外科医に必要な解剖学の知識 ---, 歯界展望, Vol.110, No.4, 652-659, 2007年10月.
6) 多田 敏子, 上野 修一 : 認知症介護とQOL, 臨牀看護, Vol.33, No.12, 1899-1903, 2007年10月.
7) 北村 清一郎, 益井 孝文, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識4—舌下部—この恐い部位を克服するために, 歯界展望, Vol.110, No.4, 652-659, 2007年10月.
8) 北村 清一郎, 山下 菊治, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識5—舌と下顎骨—口腔機能の立役者である舌の機能を理解する, 歯界展望, Vol.110, No.5, 868-875, 2007年11月.
9) 北村 清一郎, 山下 菊治, 二宮 雅美 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識6—口蓋と上顎骨—外科的処置に失敗しないために, 歯界展望, Vol.110, No.6, 1046-1053, 2007年12月.
10) 北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識7—口峡とその周辺—発音・嚥下機能を理解するうえで知っておくべきこと, 歯界展望, Vol.111, No.1, 108-115, 2008年1月.
11) 北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識8—咬筋・耳下腺部と側頭部,および下顎後窩—耳下腺手術および下顎骨折時の対応のために, 歯界展望, Vol.111, No.2, 280-287, 2008年2月.
12) 谷岡 哲也, Locsin C. Rozzano, 多田 敏子, 大森 美津子, 大坂 京子 : 看護実践におけるケアリングとしての技術的能力, 香川大学看護学雑誌, Vol.12, No.1, 1-6, 2008年3月.
13) 北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識9—翼突下顎隙と翼突前隙—口腔の「奥座敷(炎症波及路)」としての重要性を考, 歯界展望, Vol.111, No.3, 494-501, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1) Yoshie Imai, Chiemi Onishi, Toshiko Tada and Sumiko Yoshinaga : A trial of teaching Orems Nursing Theory to undergraduate students in a gerontological nursing course, Yokohama, May 2007.
2) Toru Shigemitsu, Akinori Furukawa, Satoshi Watanabe, Kusuo Okuma and Junichiro Fukutomi : Experimental Analysis of Internal Flow of Contra-Rotating Axial Flow Pump, Proceedings of the 8th International Symposium on Experimental and Computational Aerothermodynamics of Internal Flows, Lyon, France, Jul. 2007.
3) Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Structure of Capacitive Coupled BVP, Proc. NDES2007, 90-93, Tokushima, Jul. 2007.
4) Masaaki Mizumoto, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation, Proc. NDES2007, 90-93, Tokushima, Jul. 2007.
5) Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi and Tomohiro Yasunobu : Study of High-Pressure Sirocco Fan Using Double Reversal Rotors, Proceedings of 2005 ASME Fluids Engineering Division Summer Meeting, San Diego, California, USA, Aug. 2007.
6) Tetsuya Tanioka, Ai Kawamura, Kazuyuki Matsumoto, Kazushi Mifune, Yoichiro Takasaka, Kyoko Osaka, Shuichi Ueno, Rozzano De Castro Locsin, Mutsuko Kataoka, Takuya Matsuda, Fuji Ren and Toshiko Tada : Outcome Management and Morphologic Variance Analysis Using PsychomsTM for Patient Care in Psychiatric Hospitals, IEEE NLP-KE2007, 502-506, Beijing, Aug. 2007.
7) Norio Kasai, Junichiro Fukutomi and Sunao Miyauchi : Optimization Design of Pump Impeller, Proceedings of the 9th Asian International Conference on Fluid Machinery, Jeju, Korea, Oct. 2007.
8) Junichiro Fukutomi, Toru Shigemitsu and Yuichi Takeyama : Study on Performance Improvement of Cross-Flow Wind Turbine with Symmetrical Casing, Proceedings of the 9th Asian International Conference on Fluid Machinery, Jeju, Korea, Oct. 2007.
9) Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Visualization of unstable periodic points embedded in chaotic attractors by the directional coloring, Proc. NOMA'07, 25-28, Toulouse, Dec. 2007.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1) 北村 清一郎 : 義歯は嚥下とどう係わるのか, 学術講演会「咬合・咀嚼が創る健康長寿」, 2007年5月.
2) 尾崎 明文, 松下 美穂, 千 思, 森 俊豪, 湯谷 達, 米山 榮, 北村 清一郎, 吉田 篤 : 肩外兪刺鍼の安全深度の検討1., 第56回(社)全日本鍼灸学会学術大会, 2007年6月.
3) 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子 : 山間地域のひとり暮らし高齢者間のケアリング, 日本看護福祉学会誌, 36, 2007年7月.
4) 角田 佳折, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 肉眼解剖学的にみた嚥下におけるヒト咽頭挙筋群の役割, 第11回臨床解剖研究会, 2007年7月.
5) 角田 佳折, 益井 孝文, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 種々の変異を伴う馬蹄腎の一例について, 第11回臨床解剖研究会, 2007年7月.
6) 山下 菊治, 石橋 淳, 石川 達夫, 角田 佳折, 北村 清一郎 : 歯周組織再生を目指した遠赤外線作用の解析, 第22回日本歯科産業学会・学術講演会, 2007年7月.
7) 橋本 文子, 多田 敏子, 松下 恭子, 山下 留理子, 太田 暁子, 俵 志江 : 地域看護学臨地実習における住民を対象とした健康教育での学生の学びからみた今後の実習指導課題, 日本地域看護学会第10回学術集会講演集, 95, 2007年7月.
8) 多田 敏子, 松下 恭子, 橋本 文子, 山下 留理子, 太田 暁子, 俵 志江 : 4年課程統合カリキュラムにおける地域看護学臨地実習での家庭訪問体験の実態と意義, 日本地域看護学会第10回学術集会講演集, 180, 2007年7月.
9) 石川 達夫, 山下 菊治, 石橋 淳, 角田 佳折, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線がMC3T3—E1細胞に与える影響, 第49回歯科基礎医学会学術大会総会, 2007年8月.
10) 北村 清一郎, 角田 佳折, 石川 達夫, 山下 菊治 : 口腔周辺の筋膜隙の臨床的意義—皮下気腫・縦隔気腫との係わり, 第49回歯科基礎医学会学術大会総会, 2007年8月.
11) 篠原 千尋, 山下 菊治, 松尾 敬志, 北村 清一郎, 河野 文昭 : 炭酸脱水酵素阻害剤アセタゾラミド(Az)が破骨細胞および骨組織に与える影響(優秀ポスター賞受賞), 第16回硬組織再生生物学会学術大会, 2007年9月.
12) 重光 亨, 福富 純一郎 : 二重反転形小型軸流ファンの性能特性と内部流れについて, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
13) 武山 裕一, 福富 純一郎, 重光 亨 : 対称形ケーシングの形状変化がクロスフロー風車の性能に及ぼす影響について, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
14) 河田 匡仙, 福富 純一郎, 重光 亨, 境 真太郎 : ゴム製品の圧縮成形時における流動現象に関する研究, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
15) 西 泰行, 福富 純一郎, 松尾 信明, 藤原 亮太, 重光 亨 : 汚水用新型ポンプの内部流れに関する研究, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
16) 石川 達夫, 山下 菊治, 石橋 淳, 角田 佳折, 益井 孝文, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線(FIR)が骨芽細胞様細胞(MC3T3—E1)と骨細胞に与える影響, 第16回硬組織再生生物学会, 2007年9月.
17) 北村 清一郎 : 徳島大学における人権擁護体制について, 大阪府専修学校各種学校連合会人権教育推進協議会主催.第5回人権教育研修会, 2007年9月.
18) Masaaki Mizumoto, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-58, 388, Sep. 2007.
19) 桝井 敦史, 木内 誠, 角田 佳折, 石川 達夫, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 頸部の筋膜隙の局所解剖構造, 第31回四国歯学会例会, 2007年9月.
20) 北村 清一郎 : 総義歯の形態を口腔解剖学の視点から考える, トクヤマデンタル倶楽部主催セミナー「90歳高齢時代の総義歯製作方法はどうあるべきか」, 2007年10月.
21) 北村 清一郎 : 大学における人権問題, 平成19年度中国・四国地区国立大学法人係長研修, 2007年10月.
22) 北村 清一郎 : インプラント手術に必要な局所解剖学の知識., IPOI臨床研究会中四国支部学術集会, 2007年10月.
23) 重光 亨, 河田 匡仙, 境 真太郎, 福富 純一郎 : 未加硫ゴムの圧縮成形時における流動現象と不良発生メカニズムに関する研究, 第85期 日本機械学会流体工学部門講演会, 2007年11月.
24) 山下 菊治, 高岡 英人, 石川 達夫, 角田 佳折, 大野 照旺, 北村 清一郎 : 遠赤外線環境が皮膚及び癌に与える影響, 平成19年度日本赤外線学会研究発表会, 2007年11月.
25) 北村 清一郎 : 大学における人権問題とその防止, 森ノ宮医療大学教職員研修会, 2007年12月.
26) 的場 みぎわ, 多田 敏子, 岡田 愛, 北村 清一郎, 小山 晋之 : 大学生のメンタルヘルスの実態(1報)-ソーシャルサポートより, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, 39-40, 2008年2月.
27) 森川 香穂, 津田 真弓, 多田 敏子 : 山間部で生活する高齢者の認知機能とADLの関連について, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 47-48, 2008年2月.
28) 岡田 愛, 的場 みぎわ, 多田 敏子, 北村 清一郎, 小山 晋之 : 大学生のメンタルヘルスの実態(2報) 心理的反応の実態より, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 41-42, 2008年2月.
29) 的場 みぎわ, 多田 敏子, 岡田 愛 : 大学生のメンタルヘルスの実態(1報) ソーシャルサポートより, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 39-40, 2008年2月.
30) 中村 友美, 多田 敏子 : 2型糖尿病患者の食事療法について 男性高齢患者のコンプライアンス行動に対する家族の影響, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 35-36, 2008年2月.
31) 山下 菊治, 上野 道明, 石川 達夫, 角田 佳折, 北村 清一郎 : チタン上に形成される歯根膜様コラーゲン線維を含む細胞外マトリックスの形成機構とその骨誘導能の解析, 第21回歯科チタン学会学術講演会, 2008年2月.
32) 白井 祐太郎, 安信 友裕, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転羽根車による多翼ファンの高圧力化に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2008年3月.
33) 松下 恭子, 多田 敏子, 橋本 文子 : 在宅看護実習を体験した学生からみた訪問看護ステーションの災害対策推進を妨げる要因, 第12回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 172, 2008年3月.
34) 山下 菊治, 石川 達夫, 上野 道明, 角田 佳折, 北村 清一郎 : 遠赤外線空間が皮膚及び癌に与える影響, 第113回日本解剖学会・全国学術集会, 2008年3月.
35) 角田 佳折, 山下 菊治, 石川 達夫, 北村 清一郎 : ヒト咽頭挙筋の構成–その形態的・機能的意義についての考察, 第113回日本解剖学会・全国学術集会, 2008年3月.
36) 北村 清一郎 : シンポジウム「医学・歯学・コメディカル領域の解剖学教育:現状と展望」第113回日本解剖学会・全国学術集会., 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1) 多田 敏子 : QOLについてー日野原重明先生の講演から, SSKA全低肺, Vol.90, No.1, 3-4, 2007年10月.
2) 多田 敏子 : 人間万事塞翁が馬と生活の質, SSKA全低肺, Vol.92, No.1, 4-6, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

1) 長尾 文明, 大西 徳生, 福富 純一郎, 野田 稔, 福富 汎, 犬伏 宏行 : 日本の風土特性に応じた風力発電の安定化・コスト低減に関する研究(実証試験) 平成19年度研究実績報告書, 1-152, 2008年3月.

2008年度(平成20年度)

article.{@.date="20080400 20090399" @.organization=\E{121190}}

2008年度(平成20年度) / 著書

1) 堀口 大吾, 三好 圭子, 武藤 太郎, 野間 隆文 : 生化学実習書 (第3版10刷), 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部分子医化学分野, 徳島, 2008年5月.
2) 川上 博, 島本 隆 : 電気回路の基礎数学, --- 連立方程式・複素数・微分方程式 ---, 株式会社 コロナ社, 東京, 2008年10月.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1) Jun Ishibashi, Kikuji Yamashita, Tatsuo Ishikawa, Hiroyoshi Hosokawa, Kaori Sumida, Masaru Nagayama and Seiichiro Kitamura : The effects inhibiting the proliferation of cancer cells by far-infrared radiation (FIR) are controlled by the basal expression level of heat shock protein(HSP) 70A, Medical Oncology, Vol.25, No.2, 229-237, 2008.
2) 山下 菊治, 石川 達夫, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石橋 淳, 北村 清一郎 : 遠赤外線を用いた歯周組織再生に関する基礎研究ーMC3T3-E1細胞の動態及び骨形成に及ぼす遠赤外線の解析—, 歯産学誌, Vol.22, No.1, 15-25, 2008年.
3) Keiko Miyoshi, Hideya Nagata, Taigo Horiguchi, Kaori Abe, Ivan Wahyudi Arie, Yoshinobu Baba, Hidemitsu Harada and Takafumi Noma : BMP2-induced gene profiling in dental epithelial cell line., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.3-4, 216-226, 2008.
4) Koichi Fujisawa, Ryutaro Murakami, Taigo Horiguchi and Takafumi Noma : Adenylate kinase isozyme 2 is essential for growth and development of Drosophila melanogaster., Comparative Biochemistry and Physiology. Part B, Biochemistry & Molecular Biology, Vol.153, No.1, 29-38, 2009.
5) Nobuyoshi Fukagai, Masayuki Ito and Kimiaki Narukawa : Quasilinear elliptic equations with slowly growing principal part and critical Orlicz-Sobolev nonlinear term, Proceedings of the Royal Society of Edinburgh Section A Mathematics, Vol.139, 73-106, 2009.
6) 北村 清一郎, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石橋 淳, 山下 菊治 : 斜角筋椎骨三角の局所解剖構造, 臨床解剖研究会記録, No.9, 50-51, 2009年.
7) 中野 沙織, 藤沢 有未絵, 多田 敏子, 岡久 玲子 : 大学生のメタボリックシンドロームへの認識と生活習慣に関する実態調査, 四国公衆衛生学会誌, Vol.54, No.1, 129-133, 2009年.
8) 廣原 紀恵, 多田 敏子, 谷岡 哲也, 川西 千恵美, 郷木 義子 : フィリピンの看護教育及び病院視察報告, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.7, No.1,2, 58-65, 2009年.
9) 井上 菜津子, 木村 佳乃実, 中馬 歩美, 多田 敏子 : 車椅子利用下における路面のバリアと移動時の声かけの影響に関する調査, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.7, No.1,2, 43-51, 2009年.
10) 今井 芳枝, 雄西 智惠美, 多田 敏子, 吉永 純子 : 高齢者看護学におけるオレム看護理論を基盤にした看護過程演習の学習効果と課題, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.7, No.1, 52-57, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 吉岡 昌美, 松本 尚子, 星野 由美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 横山 正明, 市川 哲雄, 河野 文昭, 野間 隆文 : キャリア形成支援教育プログラムの開発と教育効果の評価-「チーム医療体験学習」の実践的研究を通して-, 大学教育研究ジャーナル, Vol.6, 24-43, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術レター

(なし)

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

1) 北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識10—前頸部の皮下組織と顎下部—顎下部の腫れを理解するために, 歯界展望, Vol.111, No.4, 690-697, 2008年4月.
2) 北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識11, --- 頸部前面の深層—口腔の炎症が全身に拡がる経路を理解するために ---, 歯界展望, Vol.111, No.5, 904-911, 2008年5月.
3) 北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二 : 口腔外科医に必要な局所解剖学の知識11-頸部前面の深層—口腔の炎症が全身に拡がる経路を理解するために, 歯界展望, Vol.111, No.5, 904-911, 2008年5月.
4) 北村 清一郎, 角田 佳折, 山下 菊治 : 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識12-頸部の内蔵—嚥下を理解するために, 歯界展望, 1066-1073, 2008年6月.
5) 多田 敏子 : 療養生活とQOL(生活の質), 全低肺, Vol.94, 3-10, 2008年9月.

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1) Kikuji Yamashita, Akemichi Ueno, Tatsuo Ishikawa, Kaori Sumida, Kaori Abe and Seiichiro Kitamura : Possibility of Drug Delivery System(DDS)with ability of collagen fiber, International Symposium on ``Nanotoxicology Assessment and Biomedical,Environmental Application of Fine Particles and Nanotubes''(ISNT2008), Hokkaodo, Jun. 2008.
2) Ishikawa Tatsuo, Kikuji Yamashita, Kaori Sumida, Abe Kaori and Seiichiro Kitamura : Effects of far-infrared radiation(FIR) on osteoblast-like cells MC3T3-E1 and bone formation in mice, The International Symposium on ``OralSciences to Improve the Quality of Life'', Tokushima, Sep. 2008.
3) Sumiko Ymamamoto, Toshiko Tada and Yasuo Ono : Survey of the subjective sence of nursing burden: When the nurse take care of people who need nursing at home, 6th International symposium on TCM and 10th international symposium on acupuncture & moxibustion, 115, Tianjin.China, Nov. 2008.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1) 多田 敏子 : バーチャル相談室の開設から4年間の利用状況について, --- その2 家庭訪問活動について ---, 日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.9, No.1, 232, 2008年6月.
2) 黒川 奈美, 多田 敏子 : 事業所で働く男性職員の食生活習慣実態調査, 第11回日本地域看護学会学術集会抄録集, 2008年7月.
3) Masami Yoshioka, Naoko Matsumoto, Yumi Hoshimo, Daisuke Hinode, Hiroki Iga, Masaaki Yokoyama, Tetsuo Ichikawa, Fumiaki Kawano and Takafumi Noma : -, 第27回日本歯学医学教育学会 総会及び学術大会, Jul. 2008.
4) 北村 清一郎, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石川 達夫, 山下 菊治 : 斜角筋椎骨三角の局所解剖構造, 第12回臨床解剖研究会, 2008年7月.
5) 山下 菊治, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石川 達夫, 上野 明道, 北村 清一郎 : 硬組織をターゲットにしたドラッグデリバリーシステム(DDS)の可能性, 17回硬組織再生生物学会学術大会・総会, 2008年8月.
6) 石川 達夫, 山下 菊治, 角田 佳折, 阿部 佳織, 上野 明道, 北村 清一郎 : 遠赤外特性線照射環境下での骨芽細胞様細胞及びmurineの骨組織の変化, 第17回硬組織再生生物学学術大会・総会, 2008年8月.
7) 角田 佳折, 阿部 佳織, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 喉頭蓋谷と梨状陥凹の動きに関わる因子の解剖学的考察, 第14回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2008年9月.
8) 多田 敏子, 板野 綾香 : 一事例から見た在宅療養高齢者の療養場所に関する自己決定の内容, 第13回日本老年看護学会学術集会抄録, 2008年9月.
9) 岡久 玲子, 森脇 智秋, 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 地域看護学実習に臨む看護大学生の実習目標の分析(第2報)―市町村での実習―, 第67回日本公衆衛生学会総会抄録集, 385, 2008年10月.
10) 森脇 智秋, 岡久 玲子, 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 地域看護学実習に臨む看護大学生の実習目標の分析(第1報)―保健所での実習―, 第67回日本公衆衛生学会総会抄録集, 385, 2008年10月.
11) 多田 美由貴, 多田 敏子, 松下 恭子 : 山間地域高齢者の外出に関連する生活実態調査, 第67回日本公衆衛生学会総会抄録集, 2008年10月.
12) 川村 亜以, 多田 敏子, 谷岡 哲也 : 精神障害者の退院促進支援事業に関わる保健所保健師の連携機関に対する要望, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 549, 2008年10月.
13) 多田 敏子 : 青年女子のケアリング体験の中に含まれる頻度の高い言葉, 第28回日本看護科学学会, 360, 2008年11月.
14) 多田 敏子, 板野 綾佳 : 一事例からみた在宅療養高齢者の療養場所に関する, 日本老年看護学会第13回学術集会, 173, 2008年11月.
15) 山下 菊治, 高岡 英人, 石川 達夫, 角田 佳折, 大野 照旺, 北村 清一郎 : 遠赤外線環境が皮膚及び癌に与える影響, 平成19年度日本赤外線学会研究発表会, 2008年11月.
16) 山下 菊治, 角田 佳折, 阿部 佳織, 石川 達夫, 上野 明道, 北村 清一郎 : コラーゲンを用いたドラッグデリバリーシステムの可能性, 日本バイオマテリアル学会, 2008年11月.
17) 黒川 奈美, 多田 敏子, 藤井 智惠子 : 一事業所の労働者のセルフエフィカシと生活習慣の関連, 第52回中国四国合同産業衛生学会抄録集, 16, 2008年11月.
18) 藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子, 森脇 智秋, 岡久 玲子 : 産業保健・看護学を履修した看護学生の職場巡視の視点, 第18回日本産業衛生学会 産業医・産業看護全国協議会講演集, 176, 2008年11月.
19) 多田 敏子 : 青年期女子のケアリング体験の中に含まれ, 第28回日本看護科学学会学術集会講演集, 360, 2008年11月.
20) 多田 敏子 : 青年期女子のケアリング体験の中に含まれる共通する言葉, 第28回看護科学学会学術集会抄録集, 2008年12月.
21) 今井 芳枝, 雄西 智惠美, 太田 浩子, 板東 孝枝, 多田 敏子 : がん看護に関するキャリアデイベロップメントに関する実態調査, 第28回日本看護科学学会学術集会講演集, 555, 2008年12月.
22) 山下 菊治, 石川 達夫, 角田 佳折, 安部 佳織, 二宮 雅美, 北村 清一郎 : コラーゲン内に形成される石灰化石灰化微粒子の検出, 平成20年度厚生労働省科学研究費等「ナノ微粒子の体内動態可視他法の開発」冬季研究班研究成果発表会, 2009年2月.
23) 松下 恭子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 森脇 智秋, 岡久 玲子, 新見 房子 : ターミナル期の在宅療養者への訪問を通して学生が学んだ内容の分析, 第13回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 140, 2009年3月.
24) 山下 菊治, 石川 達夫, 角田 佳折, 阿部 佳織, 北村 清一郎 : コラーゲンはドラッグデリバリーシステム(DDS)の単体として有効か?,, 第114 回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1) 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 特異な応答における Basin Boundary 構造の消失と数値演算誤差について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.29, 53-56, 2008年7月.
2) 多田 敏子 : 療養生活とQOL, 全低肺徳島支部会報, No.94, 3-10, 2008年9月.
3) 多田 敏子 : 日々是好日(ひびこれこうじつ), 全低肺徳島支部会報, Vol.95, 7-9, 2008年12月.
4) 多田 敏子 : 日々是好日, SSKA全低肺, No.95, 7-9, 2008年12月.
5) 多田 敏子 : 療養生活とQOL, はまなす, No.89, 4-7, 2009年1月.

2008年度(平成20年度) / 報告書

1) 多田 敏子 : 平成20年度「地域保健推進事業」保健師教育における臨地実習のあり方に関する調査研究, 保健師教育における臨地実習のあり方に関する調査研究, 1-76, 千葉県, 2009年3月.

2009年度(平成21年度)

article.{@.date="20090400 20100399" @.organization=\E{121190}}

2009年度(平成21年度) / 著書

1) 堀口 大吾, 三好 圭子, 武藤 太郎, 野間 隆文 : 生化学実習書 (第4版10刷), 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部分子医化学分野, 徳島, 2009年5月.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1) Keiko Miyoshi, Yuki Akazawa, Taigo Horiguchi and Takafumi Noma : Localization of adenylate kinase 4 in mouse tissues., Acta Histochemica et Cytochemica, Vol.42, No.2, 55-64, 2009.
2) Yuji Tani, Yukiko Itoyama, Kenichi Nishi, Chikahiro Wada, Yoshio Shoda, Takenori Satomura, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : An amperometric D-amino acid biosensor prepared with a thermostable D-Proline dehydrogenase and a carbon nanotube-ionic liquid gel, Analytical Sciences, Vol.25, No.7, 919-923, 2009.
3) 平井 松午 : 城下町のGIS分析, 情報処理学会研究報告 2009-CH-83(人文科学とコンピュータ), No.83, 143-158, 2009年.
4) Tomoki Yabutani, Hitoshi Yamaoka, Akinori Fukuda, Hitoshi Nakamura, Yukako Hayashi and Junko Motonaka : A Preconcentration Method for Collecting Trace Elements in Riverwater by means of Ultrafiltration of Colloidal Magnesium Hydroxide Derived from Magnesium Contained in the Sample, Bulletin of the Society of Sea Water Science, Japan, Vol.63, No.4, 247-252, 2009.
5) 杉原 治美, 多田 敏子, 森口 博基, 森川 富昭, 大岡 裕子 : バーチャル看護相談室開設から4年間の利用状況分析, 日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.10, No.2, 404-409, 2009年.
6) Takuji Kousaka, Ken'ichi Fujimoto, YUE MA, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcations observed in BVP oscillator with periodically switched RC circuit, Dynamics of Continuous, Discrete and Impulsive Systems. Series A: Mathematical Analysis, Vol.16, No.6, 811-824, 2009.
7) 安澤 幹人, 北原 誠, 薮谷 智規, 本仲 純子 : ナフィオン及び糖鎖を有するポリピロールを修飾した白金電極を用いた尿中グルコースのフローインジェクション/アンペロメトリック検出, 分析化学, Vol.58, No.11, 941-944, 2009年.
8) Hiromichi Higuchi, Yuya Hashizume, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : Development of a Redox Speciation Method of Copper(I/II) in Environmental Water Samples by Solid Phase Extracion/Inductively Coupled Plasma Mass Spectrometry, Malaysian Journal of Chemistry, Vol.11, No.1, 102-106, 2009.
9) Le Thi Xuan Thuy, Hiroshi Dehara, Zhang Juan, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : Investigation of Co-reductive Incorporation of Trace Metal Ions into Ferromagnetic Biometallic Nano Particles made from Ferromagnetic and Noble Metals, Malaysian Journal of Chemistry, Vol.11, No.1, 107-113, 2009.
10) 吉田 みどり, 多田 敏子 : 既存資料に基づく徳島県における高糖尿病死亡率の原因についての考察, 四国医学雑誌, Vol.65, No.5 6, 163-172, 2009年.
11) 岡久 玲子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 松下 恭子 : 地域看護学実習に臨む看護系大学生の学習目標の分析, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.8, No.1,2, 45-51, 2010年.
12) 山本 澄子, 多田 敏子, 山田 静子, 小野 泰生, 池井 淳子 : 事例から見た介護者の介護負担感, 新潟大学医学部保健学科紀要, Vol.9, No.3, 9-13, 2010年.
13) Tomoki Yabutani, Yumi Nakamoto, Ryoji Yamanouchi, Le Thi Xuan Thuy, Kei-ichiro Murai, Junko Motonaka, Mitsuharu Ogaki, Madelene Anette Dancila, Rodica Stanescu and Marinera Plesca : Multielemental characterization of airborne particulate matter collected in Bucharest and Tokushima by inductively coupled plasma mass spectrometry and inductively coupled plasma atomic emission spectrometry, Analytical Sciences, Vol.26, No.3, 395-400, 2010.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 平井 松午 : 古地図高精細画像データの活用とGIS分析, 情報の科学と技術, Vol.59, No.11, 551-556, 2009年.
2) 多田 敏子, 後閑 容子, 鈴木 るり子, 荒賀 直子 : 保健師教育拡充に向けた教育体制に関する調査, 月刊地域保健, Vol.41, No.1, 58-66, 2010年.
3) 藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子, 森脇 智秋, 岡久 玲子 : 産業保健・看護学における職場巡視の学習到達目標達成のための教授方法の工夫, 大学教育研究ジャーナル, Vol.6, No.6, 135-140, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術レター

1) 平井 松午 : 「古地図・絵図所在情報データベース」への期待, 東京大学史料編纂所附属画像史料解析センター通信, No.46, 10-12, 2009年.

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

1) 多田 敏子, 鈴木 るり子 : 保健師助産師看護師法の改正と保健師教育の展望(5)保健師教育の教育体制, 日本公衆衛生学会誌, Vol.57, No.1, 55-57, 2010年1月.

2009年度(平成21年度) / 国際会議

1) Le Thi Xuan Thuy, Tomoki Yabutani, Yukako Hayashi and Junko Motonaka : Investigation of Co-reductive Incorporation of Trace Metal Ions into Ferromagnetic Biometallic Nano Particles made from Ferromagnetic and Noble Metals, Asia Young Analytical Chemist Session 2009, Kuala Lumpur, Aug. 2009.
2) Tomoki Yabutani, Honami Kurokawa, Yuka Hayashi, Hiromichi Higuchi, Yuki Iwata, Yuya Hashizume, Yukako Hayashi and Junko Motonaka : Development of a Compact System for Determination of Lead using a Liquid Core Waveguide and a Blue Diode, Asia Young Analytical Chemist Session 2009, Kuala Lumpur, Aug. 2009.
3) Shogo Hirai : Historical GIS of Sumoto Castle Town in the 17-19th Century, Awaji Province, Japan: Landuse and Structure, 14th International Conference of Historical Geographers, Kyoto, Aug. 2009.
4) Hiromichi Higuchi, Yuya Hashizume, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : Development of a Redox Speciation Method of Copper(I/II) in Environmental Water Samples by Solid Phase Extracion/Inductively Coupled Plasma Mass Spectrometry, Asia Young Analytical Chemist Session 2009, Kuala Lumpur, Sep. 2009.
5) Takafumi Noma, Taro Muto, Keiko Miyoshi, Taigo Horiguchi, Hiroko Hagita, Wahyudi Arie Ivan and Utami Wahyu Trianna : From a study of tooth morphology and development to a perspective for the future regeneration therapy, ガジャマダ大学 創立62年 記念講演会, Feb. 2010.

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1) 薮谷 智規, 林 由夏, 火口 博道, 岩田 裕樹, 林 由佳子, 本仲 純子 : 発光ダイオード/長光路セル/小型分光器を利用する鉛の高感度簡易分析法の開発, 第70回分析化学討論会, 2009年5月.
2) 多田 敏子, 松井 通子, 有馬 富子, 今井 睦子, 尾形 由紀子, 鎌田 久美子, 標 美奈子, 山口 忍, 吉田 留美子, 村嶋 幸代 : 保健師教育における指定規則改変後の臨地実習の取組調査, 日本地域看護学会 第12回学術集会 講演集, 155, 2009年6月.
3) 平井 松午 : 城下町のGIS分析, 人文地理学会第115回歴史地理研究部会(情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会共催)シンポジウム「Historical GISの地平」, 2009年7月.
4) 橋本 智弘, 林 由佳子, 薮谷 智規, 安澤 幹人, 本仲 純子 : 炭素粒子表面へのアミドキシム基の導入, 第15回分析化学若手セミナー, 2009年8月.
5) 中島 麻里, 田中 勝人, 谷 祐児, 薮谷 智規, 林 由佳子, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性酵素/電子メディエータ同時固定化電極を用いる分岐鎖アミノ酸フロー系センシングシステムの開発, 第15回分析化学若手セミナー, 2009年8月.
6) Wahyudi Arie Ivan, Taigo Horiguchi, Keiko Miyoshi, Taro Muto and Takafumi Noma : Regulation of Sp6 expression in dental epithelial cells, 第51回 歯科基礎医学会, Sep. 2009.
7) 的場 みぎわ, 岡田 愛 : 学生相談におけるグループワーク, 日本心理臨床学会第28回大会, 2009年9月.
8) 出原 宏司, Le Thi Xuan Thuy, 薮谷 智規, 林 由佳子, 本仲 純子 : 固体環境試料中超微量白金族元素の定量に向けた鉄還元析出/磁場回収による前処理法の開発, 58, Vol.1, No.1, 16, 2009年9月.
9) 火口 博道, 同前 裕生勇, 橋爪 裕也, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 固相抽出を利用した水圏中Cu(I/II)のスペシエーション, 日本分析化学会第58年会, Vol.1, No.1, 5, 2009年9月.
10) 山田 洋平, 和田 知賀博, 遠藤 剛, 渡邊 敏夫, 谷 祐児, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 酒瀬川 信一 : トリスオスミウム錯体/グルコースオキシターゼおよびビリルビンオキシターゼ/カーボンナノチューブゲル固定化電極の作製とそのバイオ電池への適用, 日本分析化学会第58年会, Vol.1, No.1, 77, 2009年9月.
11) 飯沼 明子, 横田 昌幸, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子, Geoffrey Waterhouse, James Metson : アガロース中での二元素系金属ナノ粒子の合成とその応用, 日本分析化学会第58年会, Vol.1, No.1, 242, 2009年9月.
12) 多田 敏子, 松井 通子, 有馬 富子, 今井 睦子, 尾形 由起子, 鎌田 久美子, 標 美奈子, 山口 忍 : 保健師教育における臨地実習の改善対策に関する調査, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 582, 2009年10月.
13) 大友 英里, 多田 敏子, 岡久 玲子 : 高齢者における保健医療福祉制度の情報源に関する実態調査, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 491, 2009年10月.
14) 川村 亜以, 多田 敏子 : 精神障がい者退院促進支援事業実施状況別にみた保健師所保健師の連携機関に対する要望, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 530, 2009年10月.
15) 黒川 奈美, 多田 敏子 : 事業所で働く男性労働者の保健指導後の食事・運動習慣の維持・改善に関する要因, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 407, 2009年10月.
16) 横谷 知也, 田形 寛治, 千葉 進一, 多田 敏子, 鈴木 元子 : 手術室男性看護師の専門職的自律性に影響する要因の明確化, 日本手術看護学会誌, Vol.5, No.2, 229, 2009年10月.
17) 吉岡 昌美, 松本 尚子, 中江 弘美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 河野 文昭, 野間 隆文 : 「チーム医療体験学習」における栄養学専攻大学院生との交流を通じたキャリア形成支援, 第28回日本歯科学医学教育学会, 2009年11月.
18) 中島 麻里, 田中 勝人, 谷 祐児, 薮谷 智規, 林 由佳子, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性酵素を利用したアンペロメトリック分岐鎖アミノ酸フロー測定システムの開発, 2009年日本化学会西日本大会, Vol.1, 149, 2009年11月.
19) 橋本 智弘, 薮谷 智規, 林 由佳子, 安澤 幹人, 本仲 純子 : アミドキシム基修飾黒鉛粒子の合成とその分析化学的応用, 2009年日本化学会西日本大会, Vol.1, 152, 2009年11月.
20) 渡邊 敏夫, 山田 洋平, 薮谷 智規, 林 由佳子, 本仲 純子 : BOD活性Bacillus subtilis CotA 固定化電極の作成とそのバイオ電池カソードへの適用, 第55回 ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, Vol.55, No.3, 189, 2009年11月.
21) 谷 祐児, 糸山 由希子, 西 兼一, 山田 洋平, 和田 知賀博, 庄田 佳生, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 耐熱性D-プロリン脱水素酵素固定化カーボンナノチューブ-アガロース複合膜修飾電極の作製, 第55回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, Vol.55, No.3, 211, 2009年11月.
22) 佐藤 征弥, 和田 洋佳, 葭森 健介, 平井 松午 : 江戸時代の絵図からわかる眉山, 徳島生物学会第123回総会, 2009年11月.
23) 松井 通子, 多田 敏子, 有馬 富子, 今井 睦子, 吉田 留美子, 大場 エミ, 尾形 由紀子, 鎌田 久美子 : 地域看護学実習において自治体保健師の認識する指導上の課題及び工夫, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 202-203, 2009年12月.
24) 榊原 陽子, 松本 正子, 多田 美由貴, 多田 敏子 : 20∼30歳代の女性の子宮がん検診に対する意識調査ー若い女性の子宮がん検診受診率向上策の検討ー, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 288-289, 2009年12月.
25) 藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子, 森脇 智秋, 岡久 玲子 : 産業保健・看護学における職場巡視の学習到達目標達成のための教授方法の工夫, 平成20年度 全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 28-29, 2010年1月.
26) Wahyudi Arie IVAN, Taigo Horiguchi, Keiko Miyoshi, Taro Muto and Takafumi Noma : Regulation of Sp6 Expression in Dental Epthelial Cells, ミニリトリート若手研究報告会 「ストレスと栄養クラスター」, Feb. 2010.
27) 古田 昇, 平井 松午 : 吉野川流域における水害防備竹林の地形環境, 日本地理学会 2010年度春季学術大会(於 法政大学), 2010年3月.
28) 平井 松午, 古田 昇 : 吉野川流域における竹林景観の変化-美馬市舞中島の事例-, 日本地理学会 2010年度春季学術大会(於 法政大学), 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 作品等

(なし)

2009年度(平成21年度) / その他・研究会

1) 多田 敏子 : インフルエンザ対策について, SSKA全低肺, Vol.97, No.1, 3-5, 2009年7月.
2) 多田 敏子 : 再度新型インフルエンザについて, SSKA全低肺, Vol.98, No.1, 3-5, 2009年7月.
3) 多田 敏子 : 健康と言い伝え, SSKA全低肺, Vol.99, No.1, 5-7, 2009年7月.
4) 平井 松午 : 礒永和貴報告と尾崎久美子報告によせて, 歴史地理学, Vol.52, No.1, 53-55, 2010年1月.

2009年度(平成21年度) / 報告書

1) 平井 松午 : 吉野川中流域・舞中島における洪水の歴史と生活-GISを用いた地域分析-, 2010年2月.
2) 森岡 幸子, 松井 通子, 鎌田 久美子, 佐藤 美佐子, 岡島 さおり, 松本 珠実, 藤山 明美, 岡本 里美, 野口 久美子, 多田 敏子, 佐伯 和子, 藤丸 知子, 横山 美江 : 平成21年度地域保健総合推進事業 保健師教育における新カリキュラムに対応した臨地実習のあり方に関する調査研究, 平成21年度地域保健総合推進事業 保健師教育における新カリキュラムに対応した臨地実習のあり方に関する調査研究, 1-93, 大阪府, 2010年3月.

2010年度(平成22年度)

article.{@.date="20100400 20110399" @.organization=\E{121190}}

2010年度(平成22年度) / 著書

(なし)

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

1) Michihiro Nakamura, Shuji Ozaki, Masahiro Abe, Hiroyuki Doi, Toshio Matsumoto and Kazunori Ishimura : Size-controlled synthesis, surface functionalization, and biological applications of thiol-organosilica particles., Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.79, No.1, 19-26, 2010.
2) Michihiro Nakamura and Kazunori Ishimura : Rapid Size Evaluation of Nanoparticles Using Flow Cytometry, Advanced Science Letters, Vol.3, No.2, 130-137, 2010.
3) Midori Yoshida, Kazuya Kondo and Toshiko Tada : The relation between the cancer screening rate and the cancer mortality rate in Japan, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.3,4, 251-259, 2010.
4) 田村 幸子, 多田 敏子 : 日本におけるうつ病患者の職場復帰に関連する文献検討, 地域保健, Vol.41, No.11, 72-77, 2010年.
5) 横谷 知也, 田形 寛治, 千葉 進一, 多田 敏子, 鈴木 元子 : 手術室男性看護師の専門職的自律性に影響する要因の明確化, 日本手術看護学会誌, Vol.6, No.1, 54-57, 2010年.
6) Michihiro Nakamura, Shuji Ozaki, Masahiro Abe, Toshio Matsumoto and Kazunori Ishimura : One-pot synthesis and characterization of dual fluorescent thiol-organosilica nanoparticles as non-photoblinking quantum dots and their applications for biological imaging, Journal of Materials Chemistry, Vol.21, 4689-4695, 2011.
7) Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura and Kazunori Ishimura : In Situ Synthesis and Photoresponsive Rupture of Organosilica Nanocapsules, Chemical Communications, Vol.47, No.5, 1518-1520, 2011.
8) 山本 孝, 菊池 淳, 岡田 咲紀, 山下 和秀, 佐田 知沙, 今井 昭二, 三好 德和, 和田 眞 : スチレン類二量化に有効な鉄シリカ触媒のXAFS法による構造解析, X線分析の進歩, Vol.42, 237-248, 2011年.
9) 藤井 智惠子, 多田 敏子, 岡久 玲子, 松下 恭子 : 山間地域で主体的に運営する産業に従事している高齢者の保健行動, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.9, No.2, 15-24, 2011年.
10) 山本 真由美 : 特別支援教育における学習支援ボランティア学生と派遣校教師との連絡体制について ∼特別支援コーディネータの立場から∼, 大学教育研究ジャーナル, Vol.0, No.8, 113-121, 2011年.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 森 名月, 山本 真由美 : 大学生の児童虐待に対する認識と親の養育態度との関連, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.18, No.0, 47-57, 2010年.
2) 山本 真由美, 津島 知彦 : 学習支援ボランティアの派遣校に対する評価, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.18, No.0, 87-103, 2010年.

2010年度(平成22年度) / 学術レター

(なし)

2010年度(平成22年度) / 総説・解説

1) 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子, 岡久 玲子 : 学生も実践者も育つ「保健師教育」カリキュラム:私の提案 国立大学で実施することの可能性, 保健の科学, Vol.51, No.10, 697-700, 2010年10月.
2) 多田 敏子 : 禁煙科学学会が徳島でありました, SSKA全低肺徳島支部会報, No.103, 8-10, 2011年1月.

2010年度(平成22年度) / 国際会議

1) Michihiro Nakamura, Koichiro Hayashi and Kazunori Ishimura : Preparation of Novel Multimodal Imaging Nanoparticles using Organosilica Particles Technology, 2010 World Molecular Imaging Congress, Kyoto, Sep. 2010.
2) Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura and Kazunori Ishimura : In-Situ Template-Free Synthesis of Organosilica Nanocapsules, 3rd International Congress on Ceramics, Osaka, Nov. 2010.
3) Michihiro Nakamura, Koichiro Hayashi and Kazunori Ishimura : Preparation of Novel Multifunctionalized Hybrid Nanoparticles using Organosilica Particles Technology, 3rd International Congress on Ceramics, Osaka, Nov. 2010.
4) Reiko Okahisa, Toshiko Tada, Chieko Fujii and Yasuko Matsushita : Elements of the strength of Japanese male medical researchers in the process of forming their own health behavior, Helsinki, Mar. 2011.
5) Toshiko Tada, Reiko Okahisa, Chieko Fujii and Yasuko Matsushita : Warm caring and welcoming pilgrims in Shikoku region of Japan, Helsink, Mar. 2011.

2010年度(平成22年度) / 国内講演発表

1) 逵 牧子, 寺本 忠司, 横井川 久己男 : ペトリフイルムACプレートを用いる乳酸菌数測定の評価, 日本家政学会第62回大会講演要旨集, Vol.62, 13, 2010年5月.
2) 中村 教泰, 石村 和敬 : 有機シリカ粒子技術による新規なマルチモーダルイメージングナノ粒子の作製, 日本分子イメージング学会 第5回 学会総会・学術集会, 2010年5月.
3) 山本 真由美 : 学習障害,ASDへの個別支援, 神戸市教育委員会, 2010年5月.
4) 山本 真由美 : 子どものコミュニケーション能力の向上をめざして, 人権・同和教育連絡協議会, No.55, 2010年6月.
5) 小野 公嗣, 宍戸 裕二, 朴 煥埼, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 鄭 丞弼, 頼田 和子, 佐野 暢哉, 有馬 邦正, 坂井 隆志, 石村 和敬, 福井 清 : 脈絡叢におけるD-アミノ酸酸化酵素発現の病態生理学的役割:ヒトおよびラット脳におけるRNA並びにタンパク質レベルでの解析, 日本ビタミン学会第62回大会, 2010年6月.
6) 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 看護学生がケアリングと認識した体験の内容, 第22回日本看護福祉学会全国学術大会抄録集, 60, 2010年6月.
7) 山本 真由美 : 乳児期からの人間関係が将来的にどう影響するか, 徳島県特別支援教育研究大会, 2010年6月.
8) 中村 教泰, 石村 和敬 : 有機シリカ粒子技術による多機能ナノ粒子の作製とマルチモーダルDDI, 第26回日本DDS学会, 2010年6月.
9) 山本 真由美 : 「ともに学ぶ」高校生活応援モデル事業に係る校内研修会, 徳島県立阿波農業高等学校, 2010年6月.
10) 藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子 : 山間地域で主体的に運営する産業に従事している高齢者の保健行動, 日本看護福祉学会全国学術大会抄録集, 47, 2010年7月.
11) 山本 真由美 : 「ともに学ぶ」高校生活応援モデル事業に係る校内研修会, 徳島県立勝浦高等学校, 2010年7月.
12) 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子, 岡久 玲子 : 地域看護学履修前に看護大学生が認識している保健師の役割, 日本地域看護学会第13回学術集会講演集, 152, 2010年7月.
13) 山本 真由美 : LD等の事例研修と通常学級における特別支援教育, 神戸市教育委員会, 2010年8月.
14) 横井川 久己男, 麻野 亜耶佳, 石本 麻衣子, 武政 二郎, 逵 牧子 : 大腸菌O157の調理器具に対する付着性の抑制, 日本農芸化学会中四国支部大会講演要旨集, 48, 2010年9月.
15) 山本 真由美 : 支援を必要とする子どもへの理解を深めるために, 保育士・家庭支援推進保育士研修会, 2010年9月.
16) 山本 真由美 : 児童精神発達について, はぐくみ支援アカデミー, 2010年9月.
17) 山本 真由美 : 児童館職員研修会, 徳島県児童館連絡協議会, 2010年10月.
18) 藤井 智惠子, 多田 敏子, 岡久 玲子, 松下 恭子 : 学内演習「健康教育」における看護大学4年生の学びの特性, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 582, 2010年10月.
19) 山本 真由美 : 地域が子どもを育てるために, 徳島県特別支援教育研究大会, 2010年10月.
20) 岡島 さおり, 松井 道子, 佐藤 美佐子, 佐伯 和子, 岡本 里美, 多田 敏子 : 保健師教育の質を保証する地域看護学実習モデルの構築(第2報) 理想的実習モデル, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 490, 2010年10月.
21) 松本 珠実, 横山 美江, 藤山 明美, 岡本 里美, 岡島 さおり, 鎌田 久美子, 佐伯 和子, 佐藤 美佐子, 多田 敏子, 松井 道子 : 保健師教育の質を保証する地域看護学実習のあり方(第2報) 実習施設インタビュー分析, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 489, 2010年10月.
22) 岡本 里美, 藤山 明美, 横山 美江, 松本 珠実, 岡島 さおり, 鎌田 久美子, 佐伯 和子, 佐藤 美佐子, 多田 敏子, 松井 道子 : 保健師教育の質を保証する地域看護学実習モデルの構築(第1報) 4単位実習モデル, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 489, 2010年10月.
23) 野口 久美子, 藤山 明美, 藤丸 知子, 横山 美江, 鎌田 久美子, 松本 珠実, 多田 敏子, 岡島 さおり, 岡本 里美, 佐伯 和子, 佐藤 美佐子, 松井 道子 : 保健師教育の質を保証する地域看護学実習のあり方(第1報) 教育機関インタビュー分析, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 489, 2010年10月.
24) 多田 美由貴, 多田 敏子 : 統合ケアを利用する高齢者の子どもとのサポート授受 生きがいとの関連からみた特徴, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 365, 2010年10月.
25) 大友 英里, 多田 敏子 : 過疎地域の30∼50歳代の住民のがん検診に関する情報利用の実態, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 278, 2010年10月.
26) 岡久 玲子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 松下 恭子 : 自然科学系研究者の持つ生活改善過程における力の分析, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 258, 2010年10月.
27) 吉田 みどり, 多田 敏子 : 既存資料からみたがん検診受診率と死亡率の性差および地域差の検討, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 252, 2010年10月.
28) 三好 德和, 兼弘 大介, 田嶋 孝裕, 菊池 淳, 和田 眞 : 金属ストロンチウムを用いるハロゲン化アルキルとカルボン酸誘導体との反応, 2010年日本化学会西日本大会, Vol.2010, 1L-15, 2010年11月.
29) 桑原 典子, 川畑 未由貴, 多田 敏子, 岡久 玲子 : 医療系学生における受動喫煙に関する意識調査, 2010年11月.
30) 山本 真由美 : 徳島県幼稚園・小学校・中学校PTA家庭教育研修会, 徳島県立総合教育センター, 2010年11月.
31) 山本 真由美, 二宮 恒夫 : 気になる養育者の理解困難な感情への対応, 子ども虐待防止ワークショップ, 2010年12月.
32) 三好 德和, 兼弘 大介, 田嶋 孝裕, 宮崎 泰彰, 菊池 淳, 和田 眞 : 金属ストロンチウムを用いる簡便な代替Grignard 試薬の創製とその発展に関する検討, 第60回 有機合成化学協会関東支部シンポジウム, B14, 2010年12月.
33) 山本 真由美 : 保育の場を地域に活かすには, 事業所内保育施設等保育従事者研修会, 2010年12月.
34) 藤井 智惠子, 多田 敏子, 岡久 玲子, 松下 恭子, 片岡 三佳, 千葉 進一 : 看護大学生の地域看護学実習における健康教育からの学びの一例, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 196-197, 2010年12月.
35) 岡久 玲子, 藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子, 千葉 進一 : 看護大学生における体験型演習による保健指導技法の学びの分析, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 198-199, 2010年12月.
36) 松下 恭子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 岡久 玲子 : 在宅看護学実習を通しての学生の学びと訪問看護への関心の検討, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 280-281, 2010年12月.
37) 二宮 恒夫, 山本 真由美, 佐藤 健二, 原 幸一, 境 泉洋, 内海 千種, 福森 崇貴 : 学生の自己評価向上支援のためのFD開発の必要性, 平成22年度全学FD大学教育カンファレンスin徳島, 2011年1月.
38) 山本 真由美 : 学習支援ボランティア学生と派遣校教師との連絡体制への課題 ∼テキストマイニング分析を通して∼, 大学教育カンファレンス in 徳島, 36-37, 2011年1月.
39) 山本 真由美 : 青年期の自己中心性について ∼AES尺度日本語版とTSTを用いて∼, 日本発達心理学会第22回大会, 571, 2011年2月.
40) 岡久 玲子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 松下 恭子, 佐田 政隆 : 高血圧予防をテーマにした市民公開講座参加者の保健行動について, 第242回徳島医学会学術集会,平成22年度冬期, 2011年2月.
41) 山本 真由美, 二宮 恒夫 : 気になる養育者のアセスメントと子育て支援, 子ども虐待防止ワークショップ, 2011年2月.
42) 林 幸壱朗, 坂本 渉, 余語 利信, 中村 教泰, 石村 和敬 : 光線力学療法のためのウニ状酸化チタンナノ構造体の合成, 日本セラミックス協会 2011年年会, 2011年3月.
43) 中村 教泰, 林 幸壱朗, 石村 和敬 : Histological analysis and multimodal imaging using multifunctionalized organosilica nanoparticles, 第116回日本解剖学会総会・全国学術集会 合同大会, 2011年3月.
44) 宮脇 克実, 山本 真由美, 上岡 義典, 椎野 広久 : 幼児におけるDAMとWISC-Ⅲの関連-結果の乖離要因を探る-, 日本発達心理学会第22回大会, 561, 2011年3月.
45) 宮脇 克実, 山本 真由美, 上岡 義典, 椎野 広久 : 幼児におけるDAMとWISC-IIIの関連―結果の乖離要因を探る―, 日本発達心理学会第22回大会, 2011年3月.
46) 兼弘 大介, 湯浅 綾, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : Srを用いた簡便な代替えGrignard試薬の開発, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.91, 3PA-161, 2011年3月.
47) 田嶋 孝裕, 浅岡 真司, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : 嵩高い第3級アルコール由来のエステルの簡便合成とその応用, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.91, 3PA-162, 2011年3月.
48) 宮崎 泰彰, 河井 智加, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : アルキルストロンチウム種と二酸化炭素及びその等価体との反応の開発, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.91, 3PA-163, 2011年3月.
49) 松下 恭子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 岡久 玲子 : 在宅看護学実習を通して学生が考えた老老介護, 第15回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 111, 2011年3月.
50) 小野 公嗣, 小林 杏奈, 石村 和敬 : ラット海馬におけるアロマターゼおよびエストロゲン受容体αの免疫組織学的解析, 第88回日本生理学会大会 第116回日本解剖学会総会・全国学術集会 合同大会, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 作品等

(なし)

2010年度(平成22年度) / その他・研究会

1) 多田 敏子 : お遍路さんについて, SSKA全低肺, No.100, 3-4, 2010年4月.
2) 多田 敏子 : 紫陽花の花のように, SSKA全低肺, No.100, 4-6, 2010年7月.
3) 多田 敏子 : 熱中症について, SSKA全低肺, No.102, 3-5, 2010年9月.

2010年度(平成22年度) / 報告書

1) 鎌田 久美子, 岡島 さおり, 岡村 冨美子, 松本 珠実, 野口 久美子, 藤山 明美, 松井 通子, 大場 エミ, 今井 睦子, 尾形 由紀子, 佐伯 和子, 多田 敏子, 藤丸 知子, 横山 美江 : 平成22年度地域保健総合推進事業 保健師教育の質を確保するための臨地実習の方法と要件に関する調査研究, 平成22年度地域保健総合推進事業 保健師教育の質を確保するための臨地実習の方法と要件に関する調査研究, 1-80, 福岡, 2011年3月.

2011年度(平成23年度)

article.{@.date="20110400 20120399" @.organization=\E{121190}}

2011年度(平成23年度) / 著書

1) 松尾 敬志 : 保存修復学21, 永末書店, 2011年4月.
2) 松尾 敬志 : 保存修復学21, 永末書店, 2011年4月.
3) 松尾 敬志 : 保存修復学21, 永末書店, 京都, 2011年4月.
4) 松尾 敬志 : 保存修復学21, 永末書店, 京都, 2011年4月.
5) 山本 真由美 : 特別支援教育における学習支援ボランティア学生と派遣校教師との連絡体制について, --- 学習支援ボランティア学生の立場から ---, 徳島市, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (審査論文)

1) Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki, Tadashi Nakanishi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Black tea polyphenol inhibits CXCL10 production in oncostatin M-stimulated human gingival fibroblasts., International Immunopharmacology, Vol.11, No.6, 670-674, 2011.
2) Shinya Horiuchi, Shingo Kuroda, Masahiro Hiasa, Toshiyuki Suge, Seitaro Saku, Kenichi Hamada, Takashi Matsuo, Kenzo Asaoka and Eiji Tanaka : Reinforcement of bond strength of self-etching orthodontic adhesive., The Angle Orthodontist, Vol.82, No.1, 30-35, 2011.
3) Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura, Wataru Sakamoto, Toshinobu Yogo, Toshinari Kori and Kazunori Ishimura : Formation of TiO2 Nanostructures by Enzyme-Mediated Self-Assembly for the Destruction of Macrophages, Chemistry of Materials, Vol.23, No.14, 3341-3347, 2011.
4) Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura, Yoji Makita, Rise Fujiwara, Toshinari Kori and Kazunori Ishimura : Synthesis and Photocatalytic Activity of Sea Urchin-Shaped Rutile TiO2 Nanocrystals, Materials Letters, Vol.65, No.19-20, 3037-3040, 2011.
5) Tadashi Nakanishi, Daisuke Takegawa, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Hiromichi Yumoto and Takashi Matsuo : Roles of dental pulp fibroblasts in the recognition of bacterium-related factors and subsequent development of pulpitis, Japanese Dental Science Review, Vol.47, No.2, 161-166, 2011.
6) 坂東 直樹, 富永 敏彦, 湯本 浩通, 住友 孝史, 平尾 早希, 平尾 功治, 松尾 敬志 : 電磁波照射の歯内療法への応用ーEMAT (Electro-Magnetic Apical Treatment)ー, 日本歯内療法学会雑誌, Vol.32, No.3, 184-200, 2011年.
7) Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Interleukin (IL)-17A synergistically enhances CC chemokine ligand 20 production in IL-1-stimulated human gingival fibroblasts., Human Immunology, Vol.73, No.1, 26-30, 2012.
8) Shibata Shingo, Toshiyuki Suge, Tomoko Kimura, Ishikawa Kunio and Takashi Matsuo : Antibacterial activity of ammonium hexafluorosilicate solution with antimicrobial agents for the prevention of dentin caries, American Journal of Dentistry, Vol.25, No.1, 31-34, 2012.
9) Tsuyoshi Fujita, Hiromichi Yumoto, Hideki Shiba, Kazuhisa Ouhara, Tsuyoshi Miyagawa, Takayoshi Nagahara, Shinji Matsuda, Hiroyuki Kawaguchi, Takashi Matsuo, Shinya Murakami and Hidemi Kurihara : Irsogladine maleate regulates epithelial barrier function in TNF--stimulated human gingival epithelial cells, Journal of Periodontal Research, Vol.47, No.1, 55-61, 2012.
10) Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura and Kazunori Ishimura : Silica-Porphyrin Hybrid Nanotubes for in vivo Cell Tracking by Near-Infrared Fluorescence Imaging, Chemical Communications, Vol.48, No.32, 3830-3832, 2012.
11) Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Tumor necrosis factor-like weak inducer of apoptosis increases CC chemokine ligand 20 production in interleukin 1-stimulated human gingival fibroblasts., Human Immunology, Vol.73, No.5, 470-473, 2012.
12) Aziz Awaad, Michihiro Nakamura and Kazunori Ishimura : Histochemical and biochemical analysis of the size-dependent nanoimmunoresponse in mouse Peyer's patches using fluorescent organosilica particles., International Journal of Nanomedicine, Vol.7, 1423-1439, 2012.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) Koji Ono, Kobahashi Anna and Kazunori Ishimura : Immunohistochemical analysis of aromatase and estrogen receptor in rat hippocampus, The Journal of Physiological Sciences, Vol.61, 2011.
2) 弘田 克彦, 湯本 浩通, 星野 由美, 村上 圭史, 宮本 幸治, 松尾 敬志, 三宅 洋一郎 : 水溶性MPCポリマーの口腔細菌付着抑制効果, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.24, 47-49, 2011年.

2011年度(平成23年度) / 学術レター

1) Norikazu Miyoshi, Asaoka Masashi, Miyazaki Yasuaki, Tajima Takahiro, Makoto Kikuchi and Makoto Wada : The Convenient and Useful Esterification of Bulky Tertiary Alcohols Using Strontium Compounds, Chemistry Letters, Vol.2012, No.41, 35-36, 2012.

2011年度(平成23年度) / 総説・解説

(なし)

2011年度(平成23年度) / 国際会議

1) Yoichiro Miyake, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, N Yamamoto, K Miyamoto and Takashi Matsuo : Inhibition of the adherence of oral bacterial by MPC-polymer, EUROBIOFILMS 2011 -Second European Congress on Microbial Biofilms-Basic and Dlinical Aspedts-, Copenhagen, Jul. 2011.
2) Takashi Sumitomo, Toshihiko Sumitomo, Naoki Bando, Saki Hirao, Shinya Kako, Hiromichi Yumoto and Takashi Matsuo : A Case Report; Electro-Magnetic Apical Treatment, The 9th KAE-JEA Joint Meeting, Jul. 2011.
3) Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Nur Asikin, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Liu Dali, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Gene Expression Profiling of Human Monocytic THP-1 Cells Stimulated With Extracellular Streptococcus intermedius Histone-Like DNA Binding Protein, International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, Sep. 2011.
4) Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura and Kazunori Ishimura : Silica/Porphyrin Hybrid Nanotubes for Macrophage Tracking by Fluorescence Imaging, International Symposium on EcoTopia Science 2011, Nagoya, Dec. 2011.
5) Michihiro Nakamura, Koichiro Hayashi and Kazunori Ishimura : Preparation of Novel Multifunctionalized Nanoparticles for Multimodal DDI using Organosilica Particles Technology, The 11th US-Japan Symposium on Drug Delivery Systems Conference, Maui, Dec. 2011.
6) Takafumi Kanadani, Michihiro Nakamura, Koichiro Hayashi, Aziz Award, Motoko Higashiguchi, Hiroshi Nakaoka and Kazunori Ishimura : Quantitative Single Cell Analysis of Macrophages using Fluorescent Organosilica Nanoparticles Surface-modified with Polyethylene Glycol, The 11th US-Japan Symposium on Drug Delivery Systems Conference, Maui, Dec. 2011.
7) Aziz Awaad, Michihiro Nakamura and Kazunori Ishimura : Imaging of size dependent uptake and identification of novel pathway in mouse Peyer's patches using fluorescent organosilica particles, The 11th US-Japan Symposium on Drug Delivery Systems Conference, Maui, Dec. 2011.

2011年度(平成23年度) / 国内講演発表

1) 井ノ崎 敦子 : 対人関係で悩む広汎性発達障害のある学生への支援―恋愛における支援のあり方についての検討―, 日本学生相談学会第29回大会発表論文集, 102, 2011年5月.
2) 進藤 智, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 : Oncostatin Mが誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCXCL10産生に及ぼす紅茶ポリフェノールの影響, 日本歯周病学会会誌, 2011年5月.
3) 中村 教泰, 石村 和敬 : 有機シリカ粒子技術を用いたnon-photoblinking量子ドットの作製と ユニバーサル多重蛍光イメージング, 第6回日本分子イメージング学会総会・学術集会, 2011年5月.
4) 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : TLR3 ligandがヒト歯肉線維芽細胞のIL-1beta誘導CCL20産生に与える影響, 日本歯周病学会会誌, 2011年5月.
5) 湯本 浩通, 富永 敏彦, 柴田 眞吾, 武川 大輔, 高橋 加奈子, 木村 智子, 平尾 功治, 松尾 敬志 : 高周波・電磁波照射を歯内療法に応用した症例, 第134回日本歯科保存学会春季学術大会, 2011年6月.
6) 武川 大輔, 中西 正, 平尾 功治, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 : ヒト培養歯髄細胞の自然免疫応答に対するインターフェロンγの影響, 第134回日本歯科保存学会春季学術大会, 2011年6月.
7) 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 : TheaflavinがTNFSF14刺激ヒト歯肉線維芽細胞のIL-6産生に与える影響, 日本歯科保存学雑誌, 2011年6月.
8) 林 幸壱朗, 中村 教泰, 石村 和敬 : 酸化鉄粒子の形状制御によるマクロファージ貪食回避, 第24回日本セラミックス協会秋季シンポジウム, 2011年9月.
9) 井ノ崎 敦子 : 高校生対象のデートDV予防教育プログラムに関する一研究(2)―性暴力予防に焦点を当てた予防教育プログラムの開発とその効果の検討―, 日本心理学会第75回大会論文集, 1285, 2011年9月.
10) 湯本 浩通, 富永 敏彦, 平尾 功治, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 : 高周波・電磁波照射による骨芽細胞のGrowth Factorの発現・産生誘導, 第135回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2011年10月.
11) 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 松尾 敬志 : TWEAKがヒト歯肉線維芽細胞のIL-1beta誘導CCL20産生に与える影響, 日本歯科保存学雑誌, 2011年10月.
12) 兼弘 大介, 湯浅 綾, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : Barbier型反応で進行するSrを用いたエステルへの嵩高いアルキル基の付加反応, 2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, 1H-02, 2011年11月.
13) 菊池 淳, 井上 岳, 三好 德和, 和田 眞 : 無溶媒下で行う固体ブレンステッド酸を用いたRitter反応, 2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, 1H-03, 2011年11月.
14) 菊池 淳, 岡田 咲紀, 三好 德和, 和田 眞 : 鉄-ケイ素複合酸化物を触媒とする炭化水素類の官能基化反応, 2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, 1H-03, 2011年11月.
15) 小野 公嗣, 石村 和敬 : ラット海馬におけるステロイド合成酵素は卵巣摘除により変動する, 日本解剖学会第66回中国・四国支部学術集会, 2011年11月.
16) 宮崎 泰彰, 福原 早百合, 浅岡 真司, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : ストロンチウムを用いる嵩高い第三級エステルの簡便な合成法, 2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, 2H-09, 2011年11月.
17) 田嶋 孝裕, 浅岡 真司, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : 嵩高い第3級アルコール由来のエステルの簡便合成法, 2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, 2H-10, 2011年11月.
18) 三好 德和, 宮崎 泰彰, 田嶋 孝裕, 兼弘 大介, 菊池 淳, 和田 眞 : ストロンチウムを用いる嵩高い第3級アルコールエステルの簡便迅速合成法の開発, 第62回 有機合成化学協会関東支部シンポジウム, C16, 2011年11月.
19) 宮脇 克実, 山本 真由美, 上岡 義典, 椎野 広久 : 療育を受けている子どもの母親意識の変化-子どもに対する意識を中心に母親の振り返りを通して-, 日本発達心理学会第23回大会, 2012年3月.
20) 宮崎 泰彰, 河井 智加, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : アルキルストロンチウムの還元性を利用したメタラサイクル中間体の生成とその応用, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.92, 4L2-05, 2012年3月.
21) 林 幸壱朗, 中村 教泰, 石村 和敬 : 近赤外蛍光シリカ/ポルフィリンハイブリッドナノリングの合成とin vivo癌イメージング, 日本セラミックス協会2012年年会, 2012年3月.
22) 小野 公嗣, 石村 和敬 : ラット海馬における神経ステロイド合成酵素発現に対する卵巣摘除の影響, 第117回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 作品等

(なし)

2011年度(平成23年度) / その他・研究会

(なし)

2011年度(平成23年度) / 報告書

(なし)

2012年度(平成24年度)

article.{@.date="20120400 20130399" @.organization=\E{121190}}

2012年度(平成24年度) / 著書

1) 井ノ崎 敦子 : 性暴力が子どもの発達に与える影響, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (審査論文)

1) Tamotsu Tanaka, Ayaka Kassai, Mayumi Ohmoto, Katsuya Morito, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Mai Urikura, Jun-ichi Morishige, Kiyoshi Satouchi and Akira Tokumura : Quantification of phosphatidic acid in foodstuffs using TLC-imaging technique, Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.60, No.16, 4156-4161, 2012.
2) Toshiyuki Suge, Ishikawa Kunio and Takashi Matsuo : Changes in the crystallinity of hydroxyapatite powder and structure of enamel treated with several concentrations of ammonium hexafluorosilicate, American Journal of Dentistry, Vol.25, No.5, 299-302, 2012.
3) Hiromichi Yumoto, Toshihiko Tominaga, Kouji Hirao, Tomoko Kimura, Kanako Takahashi, Takashi Sumitomo, Naoki Bando and Takashi Matsuo : Bactericidal activity and oral pathogen inactivation by electromagnetic wave irradiation, Journal of Applied Microbiology, Vol.113, No.1, 181-191, 2012.
4) Tatsuya Okada, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto, Ryota Kashino and Takuto Ito : Formation of Nanovoids in Femtosecond Laser-Irradiated Single Crystals of Silicon Carbide, Materials Science Forum, Vol.725, 19-22, 2012.
5) Hisako Sasaki, Yoshiki Kashiwada, Hirofumi Shibata and Yoshihisa Takaishi : Prenylated flavonoids from Desmodium caudatum and evaluation of their anti-MRSA activity., Phytochemistry, Vol.82, 136-142, 2012.
6) Tohru Uyama, Natsuki Ikematsu, Manami Inoue, Naoki Shinohara, X-H Jin, Kazuhito Tsuboi, Tekuharu Tonai, Akira Tokumura and Natsuo Ueda : Generation of N-acylphosphatidylethanolamine by members of the phospholipase A/acyltransferase (PLA/AT) family, The Journal of Biological Chemistry, Vol.287, No.38, 31905-31919, 2012.
7) Hisako Sasaki, Yoshiki Kashiwada, Hirofumi Shibata and Yoshihisa Takaishi : Prenylated flavonoids from the roots of Desmodium caudatum and evaluation of their antifungal activity., Planta Medica, Vol.78, No.17, 1851-1856, 2012.
8) Kurimoto Shin-ichiro, Suzuki Kyoko, Okasaka Mamoru, Yoshiki Kashiwada, Kodzhimatov K. Olimjon and Yoshihisa Takaishi : New sesquiterpene lactone glucosides from the roots of Ferula varia., Phytochemistry Letters, Vol.5, No.4, 729-733, 2012.
9) Tamotsu Tanaka, Morito K., Kinoshita M., Ohmoto M., Urikura M., Satouchi K. and Akira Tokumura : Orally administered phosphatidic acids and lysophosphatidic acids ameliorate aspirin-induced stomach mucosal injury in mice, Digestive Diseases and Sciences, Vol.58, No.4, 950-958, 2013.
10) Takashi Ichiyanagi, Yoshiki Kashiwada, Yasuo Shida, Michiko Sekiya, Yoshihiko Hatano, Yoshihisa Takaishi and Yasumasa Ikeshiro : Structural elucidation and biological fate of two glucuronyl metabolites of pelargonidin 3-O--D-glucopyranoside in rats., Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.61, No.3, 569-578, 2013.
11) Ayumi Shiro, Tatsuya Okada and Takahisa Shobu : Internal Residual Stress Measurements of Tensile-Deformed Aluminum Single Crystals using Synchrotron Radiation, Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering, Vol.7, No.1, 79-91, 2013.
12) Junichi Morishige, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Kiyoshi Satouchi, Tanihiro Yoshiomoto and Akira Tokumura : Lysophosphatidic Acid Produced by Hen Egg White Lysophospholipase D Induces Vascular Development on Extraembryonic Membranes, Lipids, Vol.48, No.3, 251-262, 2013.
13) 加藤 慎也, 大坪 啓視, 植木 智之, 岡田 達也 : 不均一変形した銅単結晶における初期段階の再結晶粒方位, 日本金属学会誌, Vol.77, No.3, 101-106, 2013年.
14) Mari Kotosai, Sachiko Shimada, Mai Kanda, Namiko Matsuda, Keiko Sekido, Yoshibumi Shimizu, Akira Tokumura, Toshiyuki Nakamura, Kaeko Murota, Yoshichika Kawai and Junji Terao : Plasma HDL reduces nonesterified fatty acid hydroperoxides originating from oxidized LDL., Lipids, Vol.48, No.6, 569-578, 2013.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) Toshiyuki Suge and Takashi Matsuo : Effects of ammonium hexafluorosilicate concentration on crystallinity of hydroxyapatite powder and enamel, Key Engineering Materials, Vol.529-530, 526-530, 2013.

2012年度(平成24年度) / 学術レター

1) Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Biological Roles of Extracellular DNA in Bacterial Infection, Asean Plus and Tokushima Joint International Conference, Program and Proceeding Book, 47-48, 2012.
2) 細木 眞紀, 松尾 敬志, 永田 俊彦, 市川 哲雄, 松香 芳三, 田中 栄二 : 徳島大学病院, 歯科審美, Vol.25, No.2, 196, 2013年.

2012年度(平成24年度) / 総説・解説

1) 德村 彰, 井上 愛美, 足立 美佳 : リゾホスファチジン酸濃縮食品の開発に関する基礎研究, ニューフードインダストリー, Vol.54, No.11, 1-6, 2012年11月.

2012年度(平成24年度) / 国際会議

1) Hiromichi Yumoto, Toshihiko Tominaga and Takashi Matsuo : Electro-Magnetic Wave Irradiation Stimulates Osteoblasts to Enhance Cell Growth and Gene Expression of Growth Factors, 2012 Annual Session of the American Association of Endodontists, Boston, USA, Apr. 2012.
2) Toshihiko Tominaga, Hiromichi Yumoto and Takashi Matsuo : Clinical Application of Electro-Magnetic Wave Irradiation for Infected Root Canal Treatment -EMAT (Electro-Magnetic Apical Treatment) -, 2012 Annual Session of the American Association of Endodontists, Boston, USA, Apr. 2012.
3) Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Dali Liu, Nur Asikin, Kanako Takahashi, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Global Gene Analysis in Monocytes Stimulated with Streptococcal Histone-Like Protein, 90th General Session and Exhibition of the IADR, Iguazu Falls, Brazil, Jun. 2012.
4) Hiromichi Yumoto, Toshihiko Tominaga, Kouji Hirao, Naoki Bando, Takashi Sumitomo, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo : Signaling Pathways and Gene Expression Activated by Electro-Magnetic-Wave in Osteoblastic-Cells, 90th General Session and Exhibition of the IADR, Iguazu Falls, Brazil, Jun. 2012.
5) Sasaki Hisako, Sato Hisayo, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Hirofumi Shibata, Sun Han-Dong, Li Shun-Lin and Yoshihisa Takaishi : Studies on the constituents of Cudrania tricuspidata, International Congress on Natural Products Research, New York, Jul. 2012.
6) Kurimoto Shin-ichiro, Pu Jian-Xin, Sun Han-Dong, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Sesterterpenoids and diterpenoids from the aerial parts of Scutellaria coleifolia Levl, International Congress on Natural Products Research, New York, Jul. 2012.
7) Ishii Yasuyo, Kim Sang-Yong, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Hydroxycinnamoyl 1,2-dihydro¬furo[3,2-e]tryptamine derivatives from defatted safflower seeds., International Congress on Natural Products Research, New York, Jul. 2012.
8) Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Biological Roles of Extracellular DNA in Bacterial Infection, Asean Plus and Tokushima Joint International Conference, Yogyakarta, Dec. 2012.
9) Daisuke Takegawa, Tadashi Nakanishi, Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo : Interferon-g modulates the innate immune response of dental pulp cells, 91th General Session & Exhibition of the IADR, Seattle, USA, Mar. 2013.
10) Tadashi Nakanishi, Daisuke Takegawa, Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo : Prostaglandin F2a Regulates Cytokine Expression in Dental Pulp Cells, 91th General Session & Exhibition of the IADR, Seattle, USA, Mar. 2013.

2012年度(平成24年度) / 国内講演発表

1) 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : IL-22はIL-1betaが誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCCL20産生を増強する, 日本歯周病学会会誌, 2012年5月.
2) 清水 嘉文, 小泉 恵子, 神奈木 玲児, 田中 広治, 山下 純, 田中 保, 曹 科, 鈴木 元, 村手 隆, 岩城 壮一郎, 藤井 聡, 德村 彰 : ヒト大腸がん細胞における低酸素条件下でのリゾリン脂質およびエーテル型リン脂質の増加, 第54回 日本脂質生化学会, 262, 2012年6月.
3) 田中 保, 森戸 克弥, 木下 正文, 大本 真弓, 近藤 宏樹, 瓜倉 真衣, 里内 清, 德村 彰 : ホスファチジン酸およびリゾホスファチジン酸によるアスピリン潰瘍抑制, 第65回 日本酸化ストレス学会学術集会, p93, 2012年6月.
4) Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Roles of extracellular DNA and DNA-binding protein in cell aggregation, biofilm formation and antibiotic tolerance of Streptococcus intermedius, 第21回Lancefieldレンサ球菌研究会&第44回レンサ球菌感染症研究会合同開催, Jun. 2012.
5) 中西 正, 武川 大輔, 平尾 功治, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 : prostaglandin F2aは歯髄細胞における炎症性メディエーター発現を調節する, 第136回日本歯科保存学会春季学術大会, 2012年6月.
6) 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 : TNF-alphaとIL-4刺激が誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCCL11産生に及ぼす緑茶カテキンの影響, 日本歯科保存学雑誌, 2012年6月.
7) 城 鮎美, 岡田 達也, 菖蒲 敬久, 河野 智哉, 文屋 宏友 : アルミニウム単結晶における残留応力と再結晶挙動に関する研究, 日本材料学会第46回X線材料強度に関するシンポジウム, 2012年7月.
8) Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Role of Extracellular DNA and DNA-binding protein in biofilm formation of Streptococcus intermeius, 第26回Bacterial Adherence & Biofilm学術集会, Jul. 2012.
9) 横田 洋輝, 植木 智之, 富田 卓朗, 岡田 達也 : 円偏光フェムト秒レーザー照射による4H-SiC単結晶内部の欠陥形成, 2012年度支部学術講演会講演予稿集, 16, 2012年7月.
10) 上島 隆伸, 植木 智之, 岡田 達也 : 均一変形方位銅単結晶における内部転位組織, 日本金属学会中国四国支部第52回講演大会講演概要集, 63, 2012年8月.
11) 加藤 慎也, 植木 智之, 岡田 達也 : 銅単結晶における不均一変形領域に形成した再結晶粒方位, 日本金属学会中国四国支部第52回講演大会講演概要集, 64, 2012年8月.
12) 河野 智哉, 植木 智之, 岡田 達也 : 均一変形方位アルミニウム単結晶の再結晶挙動, 日本金属学会中国四国支部第52回講演大会講演概要集, 65, 2012年8月.
13) 横田 洋輝, 植木 智之, 富田 卓朗, 岡田 達也 : 4H-SiC単結晶内部における円偏光フェムト秒レーザ照射誘起欠陥, 日本金属学会中国四国支部第52回講演大会講演概要集, 71, 2012年8月.
14) 井ノ崎 敦子 : DV被害女性のための心理教育グループの効果に関する研究(2)―事前・事後調査による心理的変化による検討―, 日本心理臨床学会第31回大会論文集(愛知), 2012年9月.
15) 井ノ崎 敦子 : 進路選択に悩む大学生へのカウンセリング効果に関する研究―樹木画テストにみられる変化の検討を通して―, 日本描画テスト・描画療法学会第22回大会論文集(東京), 2012年9月.
16) 湯本 浩通, 富永 敏彦, 平尾 功治, 松尾 敬志 : 電磁波照射による骨芽細胞の活性化とGrowth Factorの発現誘導, 第10回日本再生歯科医学会学術大会, 2012年9月.
17) 田中 保, 森戸 克弥, 木下 正文, 大本 真弓, 近藤 宏樹, 瓜倉 真衣, 里内 清, 德村 彰 : ホスファチジン酸によるアスピリン潰瘍抑制, 第21回 日本脂質栄養学会, Vol.21, No.2, 186, 2012年9月.
18) 栗本 慎 一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(1), 日本生薬学会第59回年会, 2012年9月.
19) 金子 礼, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林 : 雲南省伝統薬物に関する研究(16)—Kadsura interiaの成分について(2)—, 日本生薬学会第59回年会, 2012年9月.
20) 石井 康世, 中野 扶佐子, 高石 喜久, 柏田 良樹 : ベニバナ(Carthamus tinctorius)脱脂種子に含まれる機能性成分の探索研究(4), 日本生薬学会第59回年会, 2012年9月.
21) 加藤 慎也, 大坪 啓視, 植木 智之, 岡田 達也 : 銅単結晶の不均一変形領域近傍に形成する初期段階の再結晶粒方位, 2012年秋期講演大会講演概要, 670, 2012年9月.
22) 栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究, 第54回天然有機化合物討論会, 2012年9月.
23) 中野 扶佐子, 高石 喜久, 位上 健太郎, 下条 洋輔, 宮﨑 寿次, 柏田 良樹 : 発酵オタネ人参のアセトアミノフェン肝障害抑制成分の探索, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
24) 小早川 夏樹, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjaragal, Damdinjv Davaadagva, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(1) —Sanguisorba officinalis花部の成分研究(1) —, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
25) 佐渡 香織, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 吉川 和子, 橋本 敏弘, 河野 道郎, 河野 幸子, 柏田 良樹 : Cymbidium Great Flower葉部の成分研究, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
26) 佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 : ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(6), 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
27) 洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(17) —Gentiana rigescens根の成分研究(1)—, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
28) 石戸 健, 近藤 祐未, 橋村 慧, 德村 彰, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : ラット血管肥厚形成への内因性リゾホスファチジン酸の関与, 第122回日本薬理学会近畿部会, 2012年11月.
29) 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : IL-17AはTNF-aが誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCCL20産生を増強する, 日本歯科保存学雑誌, 2012年11月.
30) 細川 育子, 細川 義隆, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : Adrenomedullinが樹状細胞のTh17関連サイトカイン産生に関与するcell signalingに及ぼす影響, 日本歯科保存学雑誌, 2012年11月.
31) 井ノ崎 敦子 : DV被害者のためのサポートグループの開発と効果について-当事者同士の支え合いと心理教育の意義-, 日本子ども虐待防止学会第18回学術集会(高知), 2012年12月.
32) 喜田 孝史, 盛重 純一, 山下 量平, 松岡 久嗣, 魚住 幸加, 里内 清, 長野 稔, 吉村 好之, 田中 保, 德村 彰 : キャベツ葉に見出されたグリコシルイノシトールホスホセラミド-ホスホリパーゼD, 第25回 植物脂質シンポジウム, 86, 2012年12月.
33) 山下 量平, 安藤 千恵, 田畑 優美香, 喜田 孝史, 清水 嘉文, 西迫 寛隆, 川添 和義, 田中 保, 德村 彰 : 種々のセラミド-1-リン酸分子種の細胞遊走および抗アポトーシス活性, 第85回 日本生化学会大会, 86, 2012年12月.
34) 喜田 孝史, 盛重 純一, 山下 量平, 松岡 久嗣, 魚住 幸加, 里内 清, 長野 稔, 吉村 好之, 田中 保, 德村 彰 : キャベツ葉に見出されたフィトセラミド-1-リン酸の生合成経路, 第85回 日本生化学会大会, 86, 2012年12月.
35) 井ノ崎 敦子 : 青年期におけるトラウマの影響ー学生相談現場からー, 日本発達心理学会第22回大会論文集, 2013年3月.
36) 栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(3), 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
37) 洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(18) —Gentiana rigescens根の成分研究(2)—, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
38) 中野 扶佐子, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(19)—Saussurea lanicepsの成分研究(1)—, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
39) 佐渡 香織, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 吉川 和子, 橋本 敏弘, 河野 道郎, 河野 幸子, 柏田 良樹 : シンビジウム グレートフラワー・マリーローランサン葉の成分について(5), 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
40) 吉川 和子, 山下 智子, 井関 賀奈子, 山本 博文, 今川 博, 柏田 良樹, 高石 喜久, 馬場 正樹, 岡田 嘉仁, 河野 幸子, 橋本 敏弘 : シンビジウム グレートフラワー・マリーローランサンの葉のNO酸性抑制活性成分(2), 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
41) 佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 : ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(7), 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
42) 大石 慶二, 竹内 久裕, 松尾 敬志, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 : 広島大学臨床実習視察報告, 第42回四国歯学会例会, 2013年3月.
43) 菅 俊行, 野口 直人, 松尾 敬志, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 : 日本大学松戸歯学部臨床実習視察報告, 第42回四国歯学会例会, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 作品等

(なし)

2012年度(平成24年度) / その他・研究会

1) 井ノ崎 敦子 : DVにおける心理的虐待への対応―DV被害者の早期発見,支援,効果―, 第1回子どもの心の問題発症予防研究会(徳島), 2012年9月.

2012年度(平成24年度) / 報告書

(なし)

2013年度(平成25年度)

article.{@.date="20130400 20140399" @.organization=\E{121190}}

2013年度(平成25年度) / 著書

(なし)

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (審査論文)

1) Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, D Liu, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo, R Shu and Yoichiro Miyake : Effects of extracellular DNA and DNA-binding protein on the development of a Streptococcus intermedius biofilm., Journal of Applied Microbiology, Vol.115, No.1, 260-270, 2013.
2) Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Role of Extracellular DNA and DNA-binding protein in biofilm formation of Streptococcus intermeius, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.26, 25-29, 2013.
3) Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : TLR3 agonist enhances CC chemokine ligand 20 production in IL-1-stimulated human gingival fibroblasts., Cellular Immunology, Vol.283, No.1-2, 8-11, 2013.
4) Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : (-)-Epigallocatechin-3-Gallate Inhibits CC Chemokine Ligand 11 Production in Human Gingival Fibroblasts., Cellular Physiology and Biochemistry, Vol.31, No.6, 960-967, 2013.
5) Tamotsu Tanaka, T. Kida, H. Imai, J. Morishige, R. Yamashita, H. Matsuoka, S. Uozumi, K. Satouchi, M. Nagano and Akira Tokumura : Identification of a sphingolipid-specific phospholipase D activity associated with the generation of phytoceramide-1-phosphate in cabbage leaves, The FEBS Journal, Vol.280, No.16, 3797-3809, 2013.
6) Yoshihiro Suyama, Shin-ichiro Kurimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Shun-Lin Li, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Rigenolide A, a new secoiridoid glucoside with a cyclobutane skeleton, and three new acylated secoiridoid glucosides from Gentiana rigescens Franch., Fitoterapia, Vol.91, 166-172, 2013.
7) Yoshiki Kashiwada, Yuka Omichi, Shin-ichiro Kurimoto, Hirofumi Shibata, Yoshiyuki Miyake, Tsukasa Kirimoto and Yoshihisa Takaishi : Conjugates of a secoiridoid glucoside with a phenolic glucoside from the flower buds of Lonicera japonica Thunb., Phytochemistry, Vol.96, 423-429, 2013.
8) Shin-ichiro Kurimoto, Yoshihisa Takaishi, Fakhruddin Ali Ahmed and Yoshiki Kashiwada : Triterpenoids from the fruits of Azadirachta indica (Meliaceae)., Fitoterapia, Vol.92, 200-205, 2014.
9) Ayumi Shiro, Masayuki Nishida, Muslih Rafai M., Tatsuya Okada and Takao Hanabusa : Micro Stresses within Cu Bi-crystal and Al Tri-crystal after Plastic Deformation, Materials Science Forum, Vol.768-769, 363-373, 2014.
10) Wang Yiwei, 湯本 浩通, Liu Dali, 松尾 敬志, Shu Rong : The comparison of the ability of polysaccharide from different Porphyromonas gingivalis in inducing THP-1 cells to produce cytokines, Chinese Journal of Stomatology, Vol.49, No.2, 78-83, 2014年.
11) Satoru Shindo, Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : Genipin inhibits IL-1-induced CCL20 and IL-6 production from human periodontal ligament cells., Cellular Physiology and Biochemistry, Vol.33, No.2, 357-364, 2014.
12) Yoshibumi Shimizu, Kazutoshi Murao, Tamotsu Tanaka, Yoshiaki Kubo and Akira Tokumura : Increased lysophospholipase D activity of autotaxin in sera of patients with atopic dermatitis., Journal of Dermatological Science, Vol.74, No.2, 162-165, 2014.
13) B Sapaar, A Nur, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, T Amoh, Takashi Matsuo, Tetsuo Ichikawa and Yoichiro Miyake : Effects of extracellular DNA from Candida albicans and pneumonia-related pathogens on Candida biofilm formation and hyphal transformation., Journal of Applied Microbiology, Vol.116, No.6, 1531-1542, 2014.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2013年度(平成25年度) / 学術レター

(なし)

2013年度(平成25年度) / 総説・解説

1) 松尾 敬志, 尾崎 和美, 中西 正, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 平尾 功治, 武川 大輔 : 歯髄疾患の病態と診断, 日本歯内療法学会雑誌, Vol.34, No.2, 67-76, 2013年5月.
2) 松尾 敬志, 中西 正 : 歯髄炎の病態形成における細菌侵襲と歯髄の反応性, 日本歯科評論, Vol.73, No.6, 9-11, 2013年6月.

2013年度(平成25年度) / 国際会議

1) Naoki Bando, Toshihiko Tominaga, Hiromichi Yumoto and Takashi Matsuo : Clinical Application of Electro-Magnetic Wave Irradiation to the Treatment for Periapical Periodontitis; Case Report, The 9th World Endodontic Congress, Tokyo, Japan, May 2013.
2) Toshihiko Tominaga, Naoki Bando, Hiromichi Yumoto and Takashi Matsuo : Trial of Electro-Magnetic Wave Irradiation Therapy for Vertical Root Fracture as Tooth Conservative Therapy: a Case report, The 9th World Endodontic Congress, Tokyo, Japan, May 2013.
3) Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Kouji Hirao, Keiji Murakami, Yoichiro Miyake and Takashi Matsuo : Pathogenic roles of Streptococcal histone-like protein in microbial infection, The 15th Joint Scientific Meeting of JSCD-KACD (Gyeongju, Korea), Nov. 2013.
4) Satoru Shindo, Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa and Takashi Matsuo : The effect of genipin on MMP-1 and MMP-3 expression in IL-1beta-stimulated human periodontal ligament cells, The 15th Joint Scientific Meeting of JSCD-KACD, Gyeongju, Korea, Nov. 2013.

2013年度(平成25年度) / 国内講演発表

1) 細川 義隆, 細川 育子, 進藤 智, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : IL-6はIL-1βが誘導するヒト歯根膜由来細胞のCCL20産生を増強する, 日本歯周病学会会誌, 97, 2013年5月.
2) 井ノ崎 敦子, 赤坂 和哉 : 学生相談室における臨床心理実習の意義:グループ活動における実習効果の検討, 日本学生相談学会(第31回大会), 2013年5月.
3) 富永 敏彦, 湯本 浩通, 坂東 直樹, 平尾 功治, 平尾 早希, 加古 晋也, 前田 やよい, 山口 由美子, 高比良 一輝, 松尾 敬志 : Electro-Magnetic Apical Treatment ー嚢胞性疾患に対する対応ー, 第138回日本歯科保存学会春季学術大会, 2013年6月.
4) 弘田 克彦, 湯本 浩通, 村上 圭史, 平尾 功治, 高橋 加奈子, 松尾 敬志, 三宅 洋一郎 : Streptococcus intermediusヒストン様タンパク質のPAMPsとしての解析, 第22回Lancefieldレンサ球菌研究会&第45回レンサ球菌感染症研究会, 2013年6月.
5) 湯本 浩通, 富永 敏彦, 坂東 直樹, 平尾 功治, 松尾 敬志 : 高周波・電磁波照射の歯内療法への応用ー基礎実験∼臨床症例ー, 第13回日本歯内療法学会西日本支部会研修会, 2013年7月.
6) Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Effect of extracellular DNA on pyocyanin production from Pseudomonas aeruginosa, 第27回Bacterial Agherence & Biofilm学術集会, Jul. 2013.
7) 森本 和樹, 植木 智之, 岡田 達也 : アニール前後におけるNi/SiC界面の変化, 2013年度 応用物理・物理系学会中国四国支部 講演予稿集, 102, 2013年7月.
8) 井ノ崎 敦子 : 子ども虐待の予防, 第16回日本地域看護学会学術集会論文集, 2013年8月.
9) 長谷 香奈美, 植木 智之, 岡田 達也 : <111>引張アルミニウム単結晶における変形および内部転位組織と再結晶, 日本金属学会第53回中国四国支部講演大会 講演概要集, 42, 2013年8月.
10) 森本 和樹, 植木 智之, 岡田 達也 : 4H-SiC単結晶に蒸着したNi薄膜のアニールに伴う変化, 日本金属学会中国四国支部第53回講演大会 講演概要集, 35, 2013年8月.
11) 大辻 隆夫(京都女子大学), 井ノ崎 敦子 : 保育カウンセリングにおけるイヌバラ法ー歯学部学生に対する試みー, 全国保育士養成協議会第52回研究大会論文集, 2013年9月.
12) 栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(4), 日本生薬学会第60回年会, 78, 2013年9月.
13) 洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(21) –Gentiana rigescensの成分研究 (3)-, 日本生薬学会第60回年会, 196, 2013年9月.
14) 中野 扶佐子, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(20) –Saussurea lanicepsの成分研究 (2)-, 日本生薬学会第60回年会, 195, 2013年9月.
15) 佐々木 久子, 柴田 洋文, 今林 潔, 高石 喜久, 柏田 良樹 : ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(8)–植物和名の由来に関する科学的検討-, 日本生薬学会第60回年会, 243, 2013年9月.
16) 金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高上馬 希重 : センリョウ科Chloranthus spicatus根の成分研究, 日本生薬学会第60回年会, 280, 2013年9月.
17) 中野 扶佐子, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 柏田 良樹 : キク科植物Saussurea lanicepsの成分研究, 第55回天然有機化合物討論会, 2013年9月.
18) 進藤 智, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : GenipinはIL-1betaが誘導するヒト歯根膜細胞のCCL20およびIL-6産生を抑制する, 日本歯科保存学雑誌, 70, 2013年10月.
19) 橋本 敏弘, 吉川 和子, 谷 沙希子, 山下 智子, 井関 賀奈子, 山本 博文, 今川 洋, 柏田 良樹, 高石 喜久, 馬場 正樹, 岡田 嘉仁, 河野 幸子 : シンビジウムグレートフラワー・マリーローランサンの葉に含まれる新規トリテルペン, 第57回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会, 2013年10月.
20) 湯本 浩通, 平尾 功治, 松尾 敬志 : イグサ抽出液のう蝕および歯周病予防効果の評価, 第139回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2013年10月.
21) 進藤 智, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : GenipinはIL-1betaが誘導するヒト歯根膜細胞のCCL20およびIL-6 産生を抑制する, 第139回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2013年10月.
22) 山本 藍美, 田中 優, 山川 祥悟, 桑原 章, 田中 保, 苛原 稔, 德村 彰 : ラット卵胞発育および排卵調節機構におけるリゾホスファチジン酸受容体と代謝酵素の関与, 第52回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 2013年10月.
23) 小原 真純, 坂本 英次郎, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 : 骨髄幹細胞から骨芽細胞への分化におけるリゾホスファチジン酸およびその産生酵素の役割, 第52回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 2013年10月.
24) 畠中 貴代子, 山下 修司, 橋村 慧, 加藤 瞭典, 田中 保, 中山 泰介, 木下 肇, 原 知也, 添木 武, 佐田 政隆, 北川 哲也, 德村 彰 : 心血管病変患者血漿でのリン脂質メディエーターLC-MS/MS 分析—バイオマーカーとしての有用性—, 第52回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 2013年10月.
25) 小原 真純, 坂本 英次郎, 田中 保, 木戸 淳一, 永田 俊彦, 德村 彰 : 骨髄幹細胞から骨芽細胞への分化におけるリゾホスファチジン酸およびその産生酵素の役割, 第52回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, プログラム, 2013年10月.
26) 小笠 紗也加, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 高石 喜久, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(2)-Paeonia anomala根の成分研究(1), 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 196, 2013年10月.
27) 市川 沙季, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(23) –Potentilla freyniana地上部の成分研究(1)-, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 197, 2013年10月.
28) 栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(5), 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 197, 2013年10月.
29) 木村 智子, 尾崎 和美, 湯本 浩通, 村上 圭史, 菅原 千恵子, 篠原 千尋, 武川 恵美, 三宅 洋一郎, 松尾 敬志, 河野 文昭 : Streptococcus mutans の病原性における scrA 遺伝子の役割, 第6回日本総合歯科学会総会・学術大会, 38, 2013年11月.
30) 田中 保, 生駒 照, 森戸 克弥, 德村 彰, 南 利夫 : ホスファチジン酸(PA)の抗消化性潰瘍効果と穀類におけるPA含量, 日本農芸化学会中四国支部第 38回講演会, 講演要旨集, 24, 2014年1月.
31) 栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(6), 日本薬学会第134年会, Vol.2, 65, 2014年3月.
32) 洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(24) –Gentiana rigescensの成分研究 (4)-, 日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
33) 市川 沙季, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(25) –Potentilla freyniana地上部の成分研究-, 日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
34) 小早川 夏樹, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(3)-Sanguisorba officinalis花部の成分研究(2)-, 日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
35) 武方 みなみ, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(4)-Gentiana algida地上部の成分研究(1)-, 日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 作品等

(なし)

2013年度(平成25年度) / その他・研究会

1) 井ノ崎 敦子 : 「認知修正期」の養育支援, 第4回子どもの心の問題発症予防研究会/子ども虐待予防フォーラム(代表者:二宮恒夫), 2013年7月.

2013年度(平成25年度) / 報告書

1) 大石 慶二, 竹内 裕久, 松尾 敬志, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 : 広島大学歯学部臨床実習視察報告, 四国歯学会雑誌, Vol.26, No.2, 71-79, 2014年2月.
2) 菅 俊行, 野口 直人, 松尾 敬志, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 : 日本大学松戸歯学部臨床実習視察報告, 四国歯学会雑誌, Vol.26, No.2, 81-89, 徳島, 2014年2月.