RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel
期間: 2006.4〜2018.3

2004年度(平成16年度)

2004年度(平成16年度) / 著書

1)三澤 弘明, 松尾 繁樹 : ナノ粒子·マイクロ粒子の最先端技術, 株式会社 シーエムシー出版, 2004年10月.
2)村上 仁士 : いざというときの!防災ハンドブック,2005年度版, (株)エフエム徳島, 徳島, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Masahide Yamaguchi, Atsushi Iga, Kaoru Ishikawa, Daishiro Wada, Kiyoaki Yoshii and Osamu Sueda : A Study of the Merits of a Battery Combined Photovoltaic Generation System for a Residential House, Electrical Engineering in Japan, Vol.147, No.4, 20-31, 2004.
2)Toshiaki Kondo, Kazuhiko Yamasaki, Saulius Juodkazis, Shigeki Matsuo, Vygantas Mizeikis and Hiroaki Misawa : Three-dimensional microfabrication by femtosecond pulses in dielectrics, Thin Solid Films, Vol.453-454, No.0, 550-556, 2004.
3)Toshi Otsuki, Farao Zhang, Hiroshi Kabeya and Takahiro Hirotsu : Synthesis and Tensile Properties of a Novel Composite of Chlorella and Polyethylene, Journal of Applied Polymer Science, Vol.92, No.2, 812-816, 2004.
4)石垣 衛, 上嶋 英機, 上月 康則, 吉村 直孝, 宇都宮 隆司, 村上 仁士 : 閉鎖性水域への流況制御技術の適用と流速場の変化に対する付着生物群集の応答の研究, 土木学会論文集, Vol.762, No.31, 21-32, 2004年.
5)Min Wu, Yoshiaki Yuguchi, Takako Kumagai, Takashi Endo and Takahiro Hirotsu : Nano-complex formation of cyclodextrin and azobenzene using supercritical carbon dioxide, Chemical Communications, No.11, 1288-1289, 2004.
6)Hongchun Liu, Akira Yamaguhi, Masayuki Hayashida, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Construction of DNA-Au Nanoparticles Multilayer and Its Application to Detection of DNA Hybridization, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.43, No.5A, 2767-2770, 2004.
7)吹田 義一, 永井 宏和, 新池 修平, 佃 芳行, 寺嶋 昇, 藤澤 正一郎, 増渕 興一, 今川 吉郎, 山下 雅弘 : アルミニウム合金の真空中でのGHTA溶接現象, 溶接学会論文集, Vol.22, No.2, 218-223, 2004年.
8)Yoshiaki Yuguchi, Takako Kumagai, Min Wu, Takahiro Hirotsu and Jun Hosokawa : Gelation of xyloglucan in water/alcohol systems, Cellulose, Vol.11, No.2, 203-208, 2004.
9)Mariko Ago, Takashi Endo and Takahiro Hirotsu : Crystalline transformation of native cellulose from cellulose I to cellulose ID polymorph by a ball-milling method with a specific amount of water, Cellulose, Vol.11, No.2, 163-167, 2004.
10)Akihiro Murayama, Eizi Nakayama, Takuro Tomita, Izuru Souma and Yasuo Oka : Interface magnetic properties of MnSe digitally doped in ZnSe-based quantum wells, Journal of Applied Physics, Vol.95, No.11, 7408-7410, 2004.
11)Vygantas Mizeikis, Mikulskas Irmantas, Roland Tomasiunas, Saulius Juodkazis, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Optical Characteristics of Two-Dimensional Photonic Crystals in Anodic Aluminum Oxide Films, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.43, No.6A, 3643-3647, 2004.
12)Akira Ohgai, Gohnai Yoshimizu, Shinji IKARUGA, Masahiro MURAKAMI and Kojiro WATANABE : Cellular Automata Modeling For Fire Spreading As a Tool to Aid Community-Based Planning for Disaster Mitigation, Recent Advances in Design & Decision Support Systems in Architecture and Urban Planning, 193-209, 2004.
13)上月 康則, 河野 悠大, 大森 稔寛, 竹田 将人, 村上 仁士 : 高炉スラグと人工ゼオライトを原料とした窒素,リン同時吸着可能な多孔質担体を用いた覆砂機能に関する研究, 海洋開発論文集, Vol.20, 965-970, 2004年.
14)石垣 衛, 中村 由行, 上月 康則, 上嶋 英機 : 過栄養化した閉鎖性水域に造成した干潟に作用する物理的撹乱の影響評価, 海洋開発論文集, Vol.20, 1019-1024, 2004年.
15)三好 順也, 上月 康則, 森 正次, 亀田 大悟, 矢間 北斗, 倉田 健悟, 村上 仁士 : 岸壁付帯式テラス型海岸構造物によるムラサキイガイ由来の汚濁負荷削減効果, 海洋開発論文集, Vol.20, 1061-1066, 2004年.
16)Hiroyo Segawa, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Fabrication of fine-pitch TiO2-organic hybrid dot arrays using multi-photon absorption of femtosecond pulses, Applied Physics. A, Materials Science & Processing, Vol.79, No.3, 407-409, 2004.
17)Wulin Qiu, Takashi Endo and Takahiro Hirotsu : Effect of Degree of Interfacial Chemical Bonds on Tensile Strength of Cellulose/Polypropylene Composites, Transactions of the Materials Research Society of Japan, Vol.29, No.5, 2475-2478, 2004.
18)Yoshiyuki Kidoguchi, Hirofumi Noge and Kei Miwa : deNOx Mechanizm Caused by Thermal Cracking Hydrocarbons in Stratified Rich Zone during Diesel Combustion, COMODIA 2004, Vol.6, No.2004, 73-80, 2004.
19)Myco Umemura, Yoshiaki Yuguchi and Takahiro Hirotsu : Interaciton between Cellooligosaccharides in Aqueous Solution from Molecular Dynamics simulation: Comparison of Cellotetraose, Cellopentaose, and Cellohexaose, The Journal of Physical Chemistry A, Vol.108, No.34, 7063-7070, 2004.
20)Saulius Juodkazis, Hiroki Okuno, Noriyuki Kujime, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Hole drilling in stainless steel and silicon by femtosecond pulses at low pressure, Applied Physics. A, Materials Science & Processing, Vol.79, No.4--6, 1555-1559, 2004.
21)Saulius Juodkazis, Kazuhiko Yamasaki, Vygantas Mizeikis, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Formation of embedded patterns in glasses using femtosecond irradiation, Applied Physics. A, Materials Science & Processing, Vol.79, No.4--6, 1549-1553, 2004.
22)姫野 智至, 近藤 光男, 周 葵, 和田 録樹 : 中国四川省成都市における生活基盤施設の満足距離に基づく評価, 土木計画学研究·論文集, Vol.21, No.1, 239-246, 2004年.
23)Takuro Tomita, Shingo Saito, Tohru Suemoto, Hiroshi Harima and Shin-ichi Nakashima : Structure dependent ultrafast relaxation time of photo-excited carriers in SiC, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.73, No.9, 2554-2561, 2004.
24)山口 雅英, 伊賀 淳, 石川 薫, 和田 大志郎, 吉井 清明, 末田 統 : 住宅用太陽光発電·蓄電池組合せシステムのメリットに関する研究 (2), --- 負荷パターンおよび地域差による影響の検討 ---, 電気学会論文誌B (電力・エネルギー部門誌), Vol.124-B, No.10, 1224-1230, 2004年.
25)Wulin Qiu, Takashi Endo and Takahiro Hirotsu : Interfacial Interactions of a Novel Mechanochemical Composite of Cellulose with Maleated Polypropylene, Journal of Applied Polymer Science, Vol.94, No.3, 1326-1335, 2004.
26)木戸口 善行, 池田 大志, 嘉本 耕治, モハンマディ アリ, 三輪 惠 : 拡散噴流強制点火による水素の急速燃焼抑制, 日本機械学会論文集(B編), Vol.70, No.699, 242-247, 2004年.
27)上月 康則, 山中 英生, 村上 仁士 : 干潟埋立を伴う事業における合意形成のためのミチゲーションへの一考察, 海岸工学論文集, Vol.51, 1346-1350, 2004年.
28)大谷 寛, 上月 康則, 村上 仁士 : 地震による家屋破壊状況における津波による家屋被害に関する一考察, 海岸工学論文集, Vol.51, 311-315, 2004年.
29)吉田 和郎, 村上 仁士, 上月 康則, 大谷 寛, 宮本 大輔 : 瀬戸内海への津波伝播に及ぼす紀淡·鳴門·豊予海峡の影響, 海岸工学論文集, Vol.51, 286-290, 2004年.
30)Jia-Yu Ye, Shigeki Matsuo, Vygantas Mizeikis and Hiroaki Misawa : Silicon-Based Honeycomb Photonic Crystal Structures with Complete Photonic Band Gap at 1.5 μm Wavelength, Journal of Applied Physics, Vol.96, No.11, 6934-6936, 2004.
31)Hiroyo Segawa, Junichi Tabuchi, Kazuaki Yoshida, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Periodic Structures of Organic-Titania Hybrid Materials Recorded by Multi-Beam Laser Interference Technique, Journal of Sol-Gel Science and Technology, Vol.32, No.1--3, 287-291, 2004.
32)Sung-Sub Kee, Ali Mohammadi, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : Effects of Aromatic Hydrocarbons on Fuel Decomposition and Oxidation Processes in Diesel Combustion, Transactions of The Society of Automotive Engineers, No.2005-01-2086, 1-8, 2005.
33)Asahiro Nagatani, Takashi Endo, Takahiro Hirotsu and Mutsuhisa Furukawa : Preparation and Properties of Cellulose-Olefinic Thermoplastic Elastomer Composites, Journal of Applied Polymer Science, Vol.95, No.1, 144-148, 2005.
34)木戸口 善行, 佐藤 正明, 馬野 博光, 三輪 惠 : 天然ガス噴流の着火促進と燃焼安定化に関する基礎研究, 自動車技術会論文集, Vol.36, No.1, 15-20, 2005年.
35)米田 郁夫, 糟谷 佐紀, 阪東 美智子, 末田 統, 藤澤 正一郎, 奥 英久, 鎌田 実 : 手動車いすによる縦断勾配走行時の負担と操作難易度評価, 日本機械学会論文集(C編), Vol.71, No.701, 237-244, 2005年.
36)Shigeki Matsuo, Saulius Juodkazis and Hiroaki Misawa : Femtosecond Laser Microfabrication of Periodic Structures using a Microlens Array, Applied Physics. A, Materials Science & Processing, Vol.80, No.4, 683-685, 2005.
37)K.K. Seet, V. Mizeikis, Shigeki Matsuo, Saulius Juodkazis and Hiroaki Misawa : Three-Dimensional Spiral-Architecture Photonic Crystals Obtained By Direct Laser Writing, Advanced Materials, Vol.17, No.5, 541-545, 2005.
38)川田 和男, 小比賀 理延, 藤澤 正一郎, 山本 透, 間田 泰弘 : 進化的計算を用いたアクロボットの振り上げパターン生成, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.125-C, No.3, 457-462, 2005年.
39)Y.-H. Chu, Z.-M. Wang, M. Yamagishi, H. Kanoh, Takahiro Hirotsu and Y.-X. Zhang : Synthesis of Nanoporous Graphite-Derived Carbon-Silica Composites by a Mechanochemical Interaction Approach, Langmuir, Vol.21, No.6, 2545-2551, 2005.
40)Takao Masuda, Akira Yamaguchi, Masayuki Hayashida, Fumika Asari-Oi, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Visualization of DNA hybridization on gold thin film by utilizing the resistance effect of DNA monolayer, Sensors and Actuators B: Chemical, Vol.105, No.2, 556-561, 2005.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Kentaro Kayanuma, Takuro Tomita, Akihiro Murayama, Yasuo Oka, Irina A. Buyanova and Weimin M. Chen : Dynamical study of optical spin injection in ZnMnSe/ZnCdSe double quantum wells, Extended Abstracts of The 10th Symposium on the Physics and Application of Spin-Related Phenomena in Semiconductors, 88-91, 2004.
2)Kohei Fujinami, Naoki Mizukami, Hisato Ohno, Hiroaki Suzuki, Akira Shinomiya, Osamu Sueda and Masaki Tauchi : Tactile Ground Surface Indicator Widening and its Effect on Users' Detection Abilities, Quarterly Report of RTRI, Vol.Vol. 46, No.No.1, 40-45, 2005.
3)中野 晋, 村上 仁士 : 2004年東海道沖地震における自治体の津波防災対応の検証, 南海地震研究, Vol.1, 93-100, 2005年.
4)村上 仁士, 中野 晋, 上月 康則 : 南海地震による津波被害, 南海地震研究, Vol.1, 85-92, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術レター

(なし)

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

1)村上 仁士, 上月 康則 : 港湾環境の自立的修復を促す海岸構造物, CDIT, Vol.14, 8-9, 2004年5月.
2)村上 仁士 : 歴史資料から近時災害への対応をさぐる, --- 次の南海地震津波時の避難行動への活用 ---, 国づくりと研修, No.105, 16-19, 2004年7月.
3)村上 仁士 : 南海地震に備えよう(5), --- 地震より怖い津波 ---, 企業情報とくしま, No.254, 18-19, 2004年9月.
4)村上 仁士 : 南海地震に備えよう(6), --- 早期避難で犠牲者半減 ---, 企業情報とくしま, No.255, 10-11, 2004年10月.
5)村上 仁士 : 南海地震に備えよう(7), --- 台風16号に学ぶところ大 ---, とくしま産業振興機構, No.256, 16-17, 2004年11月.

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1)Yuki Fukuhara, Akio Kondo, Kotaro Arimoto, Satoko Hayashi and Kojiro WATANABE : Influence of Bicycles left on Safety and Amenity in Pedestrian Footpath, The 10th International Conference on Mobility and Transport for Elderly and Disabled People, PS2-3, Hamamatsu, May 2004.
2)Kotaro Arimoto, Akio Kondo, Yuki Fukuhara, Satoko Hayashi and Kojiro WATANABE : Evaluation of Tactile Tile Network for Guiding Visually Impaired Based on Continuity and Efficiency, The 10th International Conference on Mobility and Transport for Elderly and Disabled People, W(c)-3, Hamamatsu, May 2004.
3)Shoichiro Fujisawa, Ryo Ohnishi, Kazuo Kawada, Toru Yamamoto and Osamu Sueda : Development of Remote Control Network System for Assistive Products, 2004 ARATA National Conference, 1-4, Melbourne, Jun. 2004.
4)Osamu Sueda, Masaki Tauchi, Kato Toshikazu, Sasagawa Yosihiko, Tanaka Tetuji, Ariyama Shinji, Yamamoto Koji, Shimizu Haruki, Arakawa Tatsuo and Akira Shinomiya : Development of Remote Control Network System for Assistive Products, 2004 ARATA National Conference, Melbourne, Jun. 2004.
5)Shoichiro Fujisawa, Masanobu Obika, Kazuo Kawada, Toru Yamamoto and Osamu Sueda : Positioning Control for a 3-mass System with Inertia Rotors using CMAC, The Proceedings of the 5th Asian Control Conference (ASCC2004), 1568-1572, Melbourne, Jul. 2004.
6)Kentaro Kayanuma, Takuro Tomita, Akihiro Murayama, Yasuo Oka, A. A. Toropov, S. V. Ivanov, Irina A. Buyanova and Weimin M. Chen : Optical study of spin injection dynamics in double quantum wells of II-VI diluted magnetic semiconductors, Physics of Semiconductors, Part B, 1387-1388, Arizona, Jul. 2004.
7)Akihiro Murayama, Ayahito Uetake, Izuru Soma, Kentaro Kayanuma, Tsutomu Asahina, Kyoko Hyomi, Takuro Tomita and Yasuo Oka : Exicitonic spin dynamics in coupled quantum dots of diluted magnetic semiconductors, Physics of Semiconductors, Part B, 1389-1390, Arizona, Jul. 2004.
8)Shoichiro Fujisawa, Masanobu Obika and Kazuo Kawada : Design and Experimental Evaluation of a 3-mass Speed Control System with a Hybrid Structure of Slinding Mode Controller and CMAC, Proceedings of the 6th IASTED International Conference INTELLIGENT SYSTEMS AND CONTROL, 444-450, Honolulu, Aug. 2004.
9)Toshiaki Ogawa, Masashi Nakayama, Toshihiro Okamoto, Masanobu Haraguchi, Minoru Kuwahara, Masuo Fukui and Shigeki Matsuo : Microscopic approach to clarifying mechanism of λmax shift on TiO2 glass doped with Au nanoparticles, Abstract of the 8-th international Conference on Near-field Nano Optics and Related Techniques (NFO-8), 146, Seoul, Sep. 2004.
10)Akihiro Murayama, Takuro Tomita, Kyoko Hyomi, Izuru Souma and Yasuo Oka : Micro-photoluminescence spectroscopy for quantum dots of II-VI semiconductors in glass, Proceedings of The XX International Congress on Glass, Vol.P-16, 036, Kyoto, Sep. 2004.
11)Shoichiro Fujisawa, Masanobu Obika, Kazuo Kawada, Toru Yamamoto and Osamu Sueda : Speed Control of 3-Mass System with Sliding Mode Control and CMAC, 2004 IEEE International Conference on Systems, Man & Cybernetics (SMC'2004) Conference Proceedings, 4400-4407, The Hague, Oct. 2004.
12)Saulius Juodkazis, Toshiaki Kondo, Andrei Rode, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Three-dimensional recording and structuring of chalcogenide glasses by femtosecond pulses, Proceedings of SPIE, Vol.5662, 179-184, Nara, Oct. 2004.
13)Suminori Tanaka, Kohei Tomita, Kazunori Nakagawa, Kei-ichiro Murai, Toshihiro Moriga, Ichiro Nakabayashi, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : Synthesis and Oxidation Activities of Catalysts Supported Goethite, The 13th International Conference on Processing and Fabrication of Advanced Materials, Singapore, Dec. 2004.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1)岡崎 秀樹, 佐藤 信二, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : 住宅のバリアフリー化に対する需要およびその効果に関する分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, IV-9, 2004年5月.
2)東 知里, 上月 康則, 田代 優秋, 村上 仁士 : 耕作者を対象とした水田·水路内の生物への関心度に関するアンケート, 第10回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.10, 410-411, 2004年5月.
3)大森 稔寛, 上月 康則, 竹田 将人, 村上 仁士 : 高炉スラグとFe型人工ゼオライトを原料とした多孔質担体による覆砂効果について, 第10回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.10, 388-389, 2004年5月.
4)柴田 大介, 上月 康則, 三好 順也, 村上 仁士 : ムラサキイガイとマガキを中心とした懸濁態有機物の物質循環からみた新しい環境改善型構造物, 第10回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.10, 420-421, 2004年5月.
5)宮本 大輔, 村上 仁士, 大谷 寛, 上月 康則 : 瀬戸内海における歴史津波の伝播特性に関する一考察, 第10回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.10, 132-133, 2004年5月.
6)島田 佳和, 白鳥 実, 上月 康則, 村上 仁士 : ダムを有する河川における付着藻類相の特徴について, 日本珪藻学会第24回研究集会講演集, 1, 2004年5月.
7)渡辺 公次郎, プラサンナ ディビガルピティア, 大貝 彰 : 開発途上国における環境に配慮した市街化の評価, 日本建築学会四国支部研究報告集, No.4, 77-78, 2004年5月.
8)大谷 壮介, 上月 康則, 水主 隆文, 北代 和也, 堅田 哲司 : 勝浦川河口干潟上でのヤマトオサガニを介した物質循環について, 生物系三学会中国四国支部大会, 1, 2004年5月.
9)佐竹 弘, 生駒 良雄, 池上 泰弘, 三輪 惠 : 研究成果の育成マネージメントシステムの構築, 産学連携学会第2回大会講演予稿集, 72-73, 2004年6月.
10)佐竹 弘, 大塩 誠二, 齋藤 史郎, 三輪 惠, 山下 菊治 : 事業化支援体制の構築-徳島大学ベンチャープラットフォーム, 産学連携学会第2回大会講演予稿集, 34-35, 2004年6月.
11)藤澤 正一郎, 川田 和男, 木下 学, 山本 透, 末田 統 : プロジェクトによる福祉機器の開発, 日本産業技術教育学会第47回全国大会講演要旨集, 139, 2004年8月.
12)米田 郁夫, 糟谷 佐紀, 篠山 潤一, 山本 直樹, 岡野 生也, 安野 孝司, 馬場 琴子, 阪東 美智子, 末田 統, 藤澤 正一郎, 奥 英久 : スロープ路面が車いす使用者に与える負荷と操作に及ぼす影響, 第19回リハ工学カンファレンス講演論文集, 7-8, 2004年8月.
13)糟谷 佐紀, 米田 郁夫, 岡野 生也, 篠山 潤一, 山本 直樹, 安野 孝司, 馬場 琴子, 末田 統, 藤澤 正一郎, 奥 英久 : 車いす使用者に適合したスロープ勾配判定システムの開発, 第19回リハ工学カンファレンス講演論文集, 11-12, 2004年8月.
14)相馬 雅之, 原田 智美, 上谷 秀史, 清宮 良昭, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 背臥位から長坐位への起き上がり動作パターンと身体動作要素の関連, 第19回リハ工学カンファレンス講演論文集, 35-36, 2004年8月.
15)米崎 二朗, 関 宏之, 池田 真紀, 金井 謙介, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 科学的根拠(エビデンス)に基づいたアシスティブテクノロジーの検証①, --- 支援技術としての体系化を目指して ---, 第19回リハ工学カンファレンス講演論文集, 47-48, 2004年8月.
16)米崎 二朗, 関 宏之, 池田 真紀, 金井 謙介, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 科学的根拠(エビデンス)に基づいたアシスティブテクノロジーの検証④, --- 車いす利用者の満足度評価に関する定量的評価手法の研究 ---, 第19回リハ工学カンファレンス講演論文集, 51-52, 2004年8月.
17)清宮 良昭, 相馬 雅之, 原田 智美, 上谷 英史, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 道具操作時に手が作る道具上の接点位置と接点力の計測, 第19回リハ工学カンファレンス講演論文集, 211-212, 2004年8月.
18)渡辺 公次郎, プラサンナ ディビガルピティヤ, 大貝 彰 : 開発途上国における環境に配慮した市街化の評価, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 505-506, 2004年8月.
19)郷内 吉瑞, 大貝 彰, 鵤 心治, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 岩崎 真志 : CAによる延焼シミュレーションモデルの開発 防災まちづくり支援ツールとして, --- その1 延焼モデル改良,シミュレーション結果の分析 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 397-398, 2004年8月.
20)岩崎 真志, 大貝 彰, 鵤 心治, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 郷内 吉瑞 : CAによる延焼シミュレーションモデルの開発 防災まちづくり支援ツールとして, --- その2 火災記録との比較および消防力を考慮したモデルの開発 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 399-400, 2004年8月.
21)種田 佳洋, 大貝 彰, 鵤 心治, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 郷内 吉瑞 : 防災まちづくり対策に関する知識データベースの構築に関する研究, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 435-436, 2004年8月.
22)大久保 美知子, 上月 康則, 田代 優秋, 佐藤 陽一, 村上 仁士 : 徳島県の農業水路を対象とした魚類生息環境の評価について, 第59回土木学会年次学術講演会要旨集VII, Vol.59, 284, 2004年9月.
23)田代 優秋, 上月 康則, 佐藤 陽一, 大久保 美知子, 村上 仁士 : カダヤシとの混生によるメダカ個体の健全性の変化について, 2004年度日本魚類学会年会要旨集, 51, 2004年9月.
24)藤澤 正一郎, 王 欣, 末田 統 : 視覚障害者用点字誘導ブロックの評価システムの構築, 平成16年度電気学会電子·情報·システム部門大会講演論文集, 542-544, 2004年9月.
25)米田 郁夫, 糟谷 佐紀, 阪東 美智子, 末田 統, 藤澤 正一郎, 奥 英久, 鎌田 実 : 手動車いすによる縦断勾配走行の難易度評価に関する考察, 福祉工学シンポジウム2004講演論文集, 45-48, 2004年9月.
26)糟谷 佐紀, 米田 郁夫, 板東 美智子, 末田 統, 藤澤 正一郎, 奥 英久 : 車いす操作能力に適応したスロープ勾配の判定システム, 日本機械学会福祉工学シンポジウム2004講演論文集, 57-60, 2004年9月.
27)小比賀 理延, 山本 透, 藤澤 正一郎 : 進化計算法を用いた予測型ロバストPID制御系の一設計, 平成16年電気学会産業応用部門大会講演論文集Ⅱ, 399-402, 2004年9月.
28)内海 陽吉, 川田 和男, 石原 弘一, 藤澤 正一郎 : GAを用いた天井クレーンのロバスト制御系設計, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 84, 2004年9月.
29)高橋 努, 由良 諭, 小比賀 理延, 藤澤 正一郎 : CMACを用いた3慣性システムの位置決め制御に関する研究, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 102, 2004年9月.
30)高木 真沙美, 由良 諭, 大西 諒, 藤澤 正一郎 : ネットワークとH8を用いた介護器具支援システムの開発, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 237, 2004年9月.
31)生駒 良雄, 佐竹 弘, 池上 泰弘, 三輪 惠 : 研究成果の育成マネージメントシステム構築に関する研究, 生体医工学, Vol.42, No.Suppl. 2, 227, 2004年11月.
32)有本 浩太郎, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : 利用者の効率性と安全性に基づく視覚障害者誘導用ブロックのネットワーク評価に関する研究, 土木計画学研究·講演集, No.30, 88, 2004年11月.
33)濱田 洋平, 近藤 光男, 竹内 光生, 山口 満, 渡辺 公次郎 : 津波常襲地域住民の防災意識に基づく避難場所の配置計画, --- 須崎市を対象として ---, 土木計画学研究·講演集, No.30, 219, 2004年11月.
34)藤澤 正一郎, 川田 和男, 木下 学, 山本 透, 末田 統 : 創造性を育むプロジェクトによる福祉機器開発, 第47回自動制御連合講演会, 132, 2004年11月.
35)藤澤 正一郎, 川田 和男, 木下 学, 山本 透, 末田 統 : 商品開発を育成する福祉機器プロジェクト, 第5回SICEシステムインテグレーション部門学術講演会論文集, 380-381, 2004年12月.
36)大谷 壮介, 上月 康則, 水主 隆文, 北代 和也, 上田 薫利, 村上 仁士 : 勝浦川河口干潟に優占するヤマトオサガニの摂餌および同化について, 第52回日本生態学会要旨集, 2005年3月.
37)佐藤 陽一, 古川 学, 田代 優秋, 大久保 美知子, 平井 直彦, 東 知里, 小笠原 直紀, 上月 康則 : 徳島県におけるカワバタモロコの分布と生息環境, 日本生態学会大会講演要旨集, Vol.52, 103, 2005年3月.
38)長瀬 寛和, 中嶋 誠, 富田 卓朗, 末元 徹, 磯部 正彦, 上田 寛 : α'-NaV2O5 における過渡反射率変化の励起強度依存性, 日本物理学会年次大会, Vol.60, No.1, 729, 2005年3月.
39)富田 卓朗, 木下 敬太, 松尾 繁樹 : フェムト秒レーザー誘起リップルの初期生成過程, 第52回応用物理学関係連合講演会予稿集, 1292, 2005年3月.
40)松尾 繁樹, 宮本 高志, 富田 卓朗 : マイクロレンズアレイを用いた高アスペクト比周期構造物のフェムト秒レーザー加工, 第52回応用物理学関係連合講演会予稿集, 1294, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1)村上 仁士 : 南海地震と津波対策について, --- 津波災害を最小化するために ---, 第100回全国土地収用研究会講演記録, 1-23, 2004年11月.

2004年度(平成16年度) / 報告書

1)富田 卓朗, 村山 明宏 : 希薄磁性半導体量子ドットにおけるスピン機能性の開拓, 村田学術振興財団年報, No.18, 213-223, 京都, 2004年12月.
2)松尾 繁樹, 森 篤史, 鈴木 良尚 : 高品質コロイド結晶成長技術の確立, 徳島大学工学部研究報告, Vol.50, 徳島, 2005年.

2005年度(平成17年度)

2005年度(平成17年度) / 著書

(なし)

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Yuki Kono, Yasunori Kozuki, Kengo Kurata, Olfa Khelifi, Masato Takeda and Hitoshi Murakami : Suppression of nutrient release by porous carrier made from blast furnace slag and artificial zeolite, Comprehensive and Responsible Coastal Zone Management for Sustanable and Friendly Coexistence between Nature and People, 459-468, 2005.
2)Koji Otsuka, Mamoru Ishigaki, Tomohiro Kuwae, Yoshiyuki Nakamura, Yasunori Kozuki and Hideki Ueshima : On-site experiments of open- and closed-type artificial tidal flats at inner part of Osaka Bay, Comprehensive and Responsible Coastal Zone Management for Sustanable and Friendly Coexistence between Nature and People, 189-196, 2005.
3)Ramesh Chitrakar, Satoko Tezuka, Akinari Sonoda, Kohji Sakane, Kenta Ooi and Takahiro Hirotsu : Adsorption of phosphate from seawater on calcined MgMn-layered double hydroxides, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.290, No.1, 45-51, 2005.
4)Wulin Qiu, Takashi Endo and Takahiro Hirotsu : A novel technique for preparing of maleic anhydride grafted polyolefins, European Polymer Journal, Vol.41, No.9, 1979-1984, 2005.
5)Toshi Otsuki, Wulin Qiu and Takahiro Hirotsu : Mechanical Properties and Applications for Floor Tiles of a Composite from Clay and Maleated Polyethylene, Journal of Applied Polymer Science, Vol.96, No.4, 1176-1182, 2005.
6)Mei Xue, Ramesh Chitrakar, Kohji Sakane, Takahiro Hirotsu, Kenta Ooi, Yuji Yoshimura, Qi Feng and Naoto Sumida : Selective adsorption of thiophene and 1-benzothiophene on metal-ion-exchanged zeolites in oraganic medium, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.285, No.2, 487-492, 2005.
7)松浦 良彦, 三澤 顕悟, 木戸口 善行, 三輪 惠 : Zクランク機構をもつ等容燃焼型エンジンの開発, 設計工学, Vol.40, No.6, 304-310, 2005年.
8)佐藤 信二, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : 住宅のバリアフリー化に対する需要と負担の軽減効果に関する研究, 日本建築学会計画系論文集, No.592, 193-199, 2005年.
9)Wulin Qiu, Farao Zhang, Takashi Endo and Takahiro Hirotsu : Isocyanate as a compatibilizing agent on the properties of highly crystalline cellulose/polypropylene composites, Journal of Materials Science, Vol.40, No.14, 3607-3614, 2005.
10)Takuro Tomita, Ayahito Uetake, Tsutomu Asahina, Kentaro Kayanuma, Akihiro Murayama and Yasuo Oka : Spin Injection Processes in ZnSe-Based Double Quantum Dots of Diluted Magnetic Semiconductors, Journal of Superconductivity: Incorporating Novel Magnetism, Vol.18, No.3, 405-410, 2005.
11)Kazuhiro Nishibayashi, Kohei Seo, Kentaro Kayanuma, Takuro Tomita, Akihiro Murayama and Yasuo Oka : Pump-Probe Spectroscopy of Exciton Spin Injection Process in Diluted Magnetic Quantum Wells, Journal of Superconductivity: Incorporating Novel Magnetism, Vol.18, No.3, 399-404, 2005.
12)Naoki Murazawa, Saulius Juodkazis, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Control of the Molecular Alignment Inside Liquid-Crystal Droplets by Use of Laser Tweezers, Small, Vol.1, No.6, 656-661, 2005.
13)Suminori Tanaka, Kazunori Nakagawa, Eiji Kanezaki, Masahiro Katoh, Kei-ichiro Murai, Toshihiro Moriga, Ichiro Nakabayashi, Shigeru Sugiyama, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : Catalytic Activity of Iron Oxides Supported on γ-Al2O3 for Methane Oxidation, Journal of the Japan Petroleum Institute, Vol.48, No.4, 223-228, 2005.
14)Zheng-Ming Wang, Miki Yamagishi, Yinghao Chu, Takahiro Hirotsu and Hirofumi Kanoh : Synthesis and Adsorption Characteristics of Nanoporous Graphite-Derived Carbon-Silica Composites, Adsorption, Vol.11, No.S1, 725-730, 2005.
15)Junya Miyoshi, Yasunori Kozuki, Hitoshi Murakami, Kengo Kurata, Shunpei Iwamura, Hiroyuki Mizuguchi and Masahiro Mizutani : Development of a New Type Seawall for Improvement of Material Cycle, Recent Advances in Marine Science and Technology 2004, 163-174, 2005.
16)吉村 直孝, 上月 康則, 三好 順也, 村上 仁士, 亀田 大悟 : 小型水中カメラを用いた直立構造物における簡易的な付着生物調査方法の提案, 海洋開発論文集, Vol.21, 241-246, 2005年.
17)水谷 雅裕, 上月 康則, 三好 順也, 村上 仁士, 石本 健治, 岩村 俊平 : ケーソンの遊水室に人工浅場を創出する際の生物的設計条件, 海洋開発論文集, Vol.21, 707-712, 2005年.
18)Wulin Qiu, Takashi Endo and Takahiro Hirotsu : Effect of Maleated Polypropylene on the Performance of Polypropylene/Cellulose Composite, Polymer Composites, Vol.26, No.4, 448-453, 2005.
19)福原 幸, 近藤 光男, 有本 浩太郎, 渡辺 公次郎 : 放置自転車が視覚障害者の歩行の安全性に及ぼす影響に関する研究, 福祉のまちづくり研究, Vol.7, No.1, 20-28, 2005年.
20)Yoshikazu Suita, Daisuke Takai, Satoshi Sugiyama, Noboru Terajima, Yoshiyuki Tsukuda, Shoichiro Fujisawa and Kichiro Imagawa : Welding Experiments of Aluminum Alloy by Space GHTA Welding at ISS Orbital Pressure, Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Vol.48, No.160, 71-77, 2005.
21)Yoshikazu Suita, Eiji Tabakodani, Satoshi Sugiyama, Noboru Terajima, Yoshiyuki Tsukuda, Shoichiro Fujisawa and Kichiro Imagawa : Development of Space DL Welding Process for Construction and Repair of Space Structures in Space, Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Vol.48, No.160, 86-91, 2005.
22)David Fujio Pelleas Pile, Toshiaki Ogawa, Dmitri K. Gramotnev, Toshihiro Okamoto, Masanobu Haraguchi, Masuo Fukui and Shigeki Matsuo : Theoretical and experimental investigation of strongly localized plasmons on triangular metal wedges for subwavelength waveguiding, Applied Physics Letters, Vol.87, No.6, 061106-1-061106-3, 2005.
23)Toshiaki Ogawa, masashi Nakayama, Toshihiro Okamoto, Masanobu Haraguchi, Masuo Fukui and Shigeki Matsuo : Microscopic and Macroscopic Investigation of Localized Surface Plasmons on Ag Nanoparticles Embedded in Porous TiO2 Glass, Journal of the Korean Physical Society, Vol.47, No.96, S63-S66, 2005.
24)野毛 宏文, 木戸口 善行, 三輪 惠 : 過濃ディーゼル燃焼過程における熱分解炭化水素によるNO還元機構に関する研究, 日本機械学会論文集(B編), Vol.71, No.708, 229-235, 2005年.
25)Makoto Ueda, Akio Kondo, Hirotsugu Matsumoto, Haruo Hayakawa and Takami Nakata : FATIGUE ANALYSIS BASED ON SYNTHESIS OF PSYCHOLOGICAL AND PHYSIOLOGICAL RESPONSES MEASURED SIMULTANEOUSLY IN FOLLOW-UP DRIVING, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.6, 3325-3340, 2005.
26)Akiko Kondo and Akio Kondo : INFLUENCE OF DEVELOPMENT OF TRANSPORTATION FACILITIES ON MIGRATION IN JAPAN, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.6, 4082-4096, 2005.
27)末田 統, 藤澤 正一郎, 王 欣 : 視覚障害者誘導用ブロックの評価システムの構築, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.125, No.9, 1497-1502, 2005年.
28)Ryota Kurozumi, Toru Yamamoto and Shoichiro Fujisawa : Development of a Movable Neck Supporter with Adaptive and Learning Mechanism, Assistive Technology, Vol.16, 681-685, 2005.
29)Yoshiaki Yuguchi, Takahiro Hirotsu and Jun Hosokawa : Structural Characteristics of Xyloglucan - Congo Red Aggregates as Observed by Small Angle X-ray Scattering, Cellulose, Vol.12, No.5, 469-477, 2005.
30)有本 浩太郎, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : 利用者の効率性と安全性に基づく視覚障害者誘導用ブロックのネットワーク評価に関する研究, 土木計画学研究·論文集, Vol.22, No.4, 869-876, 2005年.
31)濱田 洋平, 近藤 光男, 渡辺 公次郎, 竹内 光生, 山口 満 : 津波常襲地域住民の防災意識に基づく避難場所の配置計画, --- 須崎市を対象として ---, 土木計画学研究·論文集, Vol.22, No.2, 315-323, 2005年.
32)近藤 明子, 近藤 光男 : スケジュールモデルを用いた地域間人口移動の特性分析, 土木計画学研究·論文集, Vol.22, No.1, 223-230, 2005年.
33)上田 誠, 近藤 光男, 松本 博次, 早川 晴雄, 中田 隆現 : 追従走行実験における心理的·生理的反応に基づく運転疲労の定量化に関する研究, 土木計画学研究·論文集, Vol.22, No.4, 805-813, 2005年.
34)Myco Umemura, Yoshiaki Yuguchi and Takahiro Hirotsu : Hydration at glycosidic linkages of malto- and cello-oligosaccharides in aqueous solution from molecular dynamics simulation: Effect of conformational flexibility, Journal of Molecular Structure: THEOCHEM, Vol.730, No.1-3, 1-8, 2005.
35)中野 晋, 小野 悟, 冨永 数男, 村上 仁士 : 2004年東海道沖地震における四国東部自治体の津波防災対応, 海岸工学論文集, Vol.52, 1331-1335, 2005年.
36)Xiaojing Yang, Yoji Makita, Junji Hosokawa, Kohji Sakane and Kenta Ooi : Preparation and Alkali Metal Ion Exchange Properties of Protonated Rb8Nb22O59 Compound, Chemistry of Materials, Vol.17, No.22, 5420-5427, 2005.
37)Shuichi Hashimoto, Masashi Saitoh, Nobuyuki Taira, Wolfgang Schmidt, Katsuyuki Hirai and Hideo Tomioka : Emission Spectroscopic Investigation of Triplet Diarylcarbene Generated in Molecular Sieve VPI-5, The Journal of Physical Chemistry B, Vol.109, No.43, 20407-20414, 2005.
38)志方 建仁, 村上 仁士, 上月 康則, 大谷 寛, 宮本 大輔 : 津波による人的被害最小化因子の影響度評価について, 海岸工学論文集, Vol.52, 2005年.
39)金綱 紀久恵, 上月 康則, 村上 仁士, 桑原 久実 : アサリの水質浄化能に及ぼす地球温暖化の影響に関する研究, 海岸工学論文集, Vol.52, 1036-1040, 2005年.
40)Yoshiyuki Kidoguchi, Kei Miwa and Noge Hirofumi : DeNOxMechanism Caused by Thermal Cracking Hydrocarbons in Stratified Rich Zone during Diesel Combustion, International Journal of ENGINE RESEARCH, Vol.6, No.6, 547-556, 2005.
41)Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Tatsuya Okada, Tsunenobu Kimoto, Hiroyuki Matsunami, Takeshi Mitani and Shin-ichi Nakashima : Deep-ultraviolet micro-Raman investigation of surface defects in a 4H-SiC homoepitaxially grown film, Applied Physics Letters, Vol.87, No.24, 241906-1-241906-3, 2005.
42)Wulin Qiu and Takahiro Hirotsu : A New Method to Prepare Maleic Anhydride Grafted Poly(propylene), Macromolecular Chemistry and Physics, Vol.206, No.24, 2470-2482, 2005.
43)Eugenijus Gaizauskas, Saulius Juodkazis, Vygantas Jarutis, Jürgen Reif, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Optical third harmonic generation during femtosecond pulse diffraction in a Bragg grating, Journal of Physics D: Applied Physics, Vol.39, No.1, 50-53, 2006.
44)Shuichi Hashimoto, Ken Uehara, Kazuhiro Sogawa, Mamiko Takada and Hiroshi Fukumura : Application of time- and space-resolved fluorescence spectroscopy to the distribution of guest species into micrometer-sized zeolite crystals, Physical Chemistry Chemical Physics, Vol.8, No.12, 1451-1458, 2006.
45)Kazutoshi Yoshihara, Yoshihiro Shinohara, Takahiro Hirotsu and Ken Izumori : Bioconversion of D-Psicose to D-Tagatose and D-Talitol by Mucoraceae Fungi, Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.101, No.3, 219-222, 2006.
46)田代 優秋, 上月 康則, 佐藤 陽一, 大久保 美知子, 村上 仁士 : 都市近郊農業水路の魚類群集に及ぼす水路構造と河川との連続性の影響, 水工学論文集, Vol.50, 1219-1224, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)渡辺 公次郎, 近藤 光男 : セルオートマトンを用いた地方都市郊外部における市街化予測モデルの開発, 鑑定四国, Vol.22, 24-27, 2005年.
2)米崎 二朗, 池田 真紀, 関 宏之, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 支援工学技術(アシスティブテクノロジー)普及のための技術移転, --- 新たな教育プログラムとアドバイザーサービス ---, 大阪市立心身障害者リハビリテーションセンター研究紀要, No.20, 31-46, 2006年.
3)平岡 延章, 吉成 知己, 十河 宏行, 由良 諭, 川田 和男, 徳永 秀和, 藤澤 正一郎 : モノづくり教育のネタ帖, --- メカトロニクスシステム設計10年の歩み ---, 高松工業高等専門学校研究紀要, No.41, 7-22, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術レター

(なし)

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

1)三輪 惠 : ディーゼル燃料:燃料性状とエミッション, 自動車技術会論文集, Vol.59, No.4, 36-39, 2005年4月.
2)三輪 惠 : ディーゼル機関の燃焼制御と低エミッション化, エンジンテクノロジー, Vol.7, No.2, 66-73, 2005年4月.
3)村上 仁士 : 四国における津波の総合的研究の提唱, 土木学会四国支部10周年記念誌, 58, 2005年5月.
4)上月 康則, 笹川 斉宏, 村上 仁士 : フロリダ·キシミー川の再蛇行化事業の成立過程とその取り組みについて, 環境技術, Vol.34, No.5, 23-27, 2005年5月.
5)上月 康則, 花岡 史恵 : 勝浦川上流域における参加育成型河川環境活動, --- 参加型ヤッホー調査プログラムとその活用 ---, 河川, No.8, 95-97, 2005年9月.
6)村上 仁士 : これからの安全·安心な社会づくり, --- 風水害に関する調査と提言∼台風による風水害に備える最前線∼ ---, 土木学会誌, Vol.90, No.11, 18-19, 2005年11月.
7)近藤 光男 : 海 -研究室に吹く風-, 鑑定四国, No.22, 2-3, 2005年12月.

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1)Kazuo Kawada, Masanobu Obika, Shoichiro Fujisawa and Toru Yamamoto : Creating Swing-Up Patterns of an Acrobot Using Evolutionary Computation, Proceedings 2005 IEEE International Symposium on Computational Intelligence in Robotics and Automation (CIRA 2005), 261-266, Espoo, Jun. 2005.
2)Kojiro WATANABE, DIVIGALPITIYA Prasanna, Akira Ohgai and Akio Kondo : EVALUATION FOR SUSTAINABLE URBAN FORM IN ASIAN DEVELOPING COUNTRIES BY CELLULAR AUTOMATA SIMULATION, Proceedings of 9th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management, ref.123, London, Jun. 2005.
3)Akiko Kondo, Akio Kondo, Ichiraku Kazunari and Kojiro WATANABE : MIGRATION MODEL BASED ON UTILITY THEORY TAKING INTO CONSIDERATION OF DEGREE OF RELATIONSHIP BETWEEN REGIONS AND ITS APPLICATION, Proceedings of 9th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management, ref.118, London, Jun. 2005.
4)Kui Zhou, Akio Kondo, Toshiki Wada and Kojiro WATANABE : ALLOCATION PROBLEM OF GARBAGE CONTAINERS BASED ON RESIDENTIAL AWARENESS THE CASE STUDY IN TOKUSHIMA, JAPAN, Proceedings of 9th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management, ref.124, London, Jun. 2005.
5)Yoshimizu Gonai, Akira Ohgai, Shinji IKARUGA, Masahiro MURAKAMI, Takaaki Kato, Kojiro WATANABE and Masashi Iwasaki : DEVELOPMENT OF A WEBGIS SUPPORTING COMMUNITY-BASED PLANNING FOR DISASTER MITIGATION INTEGRATED WITH A FIRE SPREAD SIMULATION MODEL USING CA, Proceedings of 9th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management, ref.349, London, Jun. 2005.
6)Yushu Tashiro, Yasunori Kozuki, Yoichi Satoh, Michiko Okubo and Hitoshi Murakami : Influence of connectivity of irrigation canal with a river on fish community in a suburban area, Proceedings of 3rd annual joint seminar between Japan and Korea on Ecology and Civil Engineering, 35-40, Nagoya, Jul. 2005.
7)Minoru Shiratori, Yasunori Kozuki, Yoshikazu Shimada, Ryuichi Kitta, Rui Sato and Hitoshi Murakami : Characteristics of the perphytic diatom community in the downstream of masaki dam in Katsuura River, Proceedings of 3rd annual joint seminar between Japan and Korea on Ecology and Civil Engineering, 125-130, Nagoya, Jul. 2005.
8)Kei-ichiro Murai, Yuichiro Murakami, Tomiko Sei, Masahiro Katoh, Ichiro Nakabayashi, Toshihiro Moriga, Suminori Tanaka, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : Total Oxidation of Activated Carbon over PdO-CeO2/TiO2-Al2O3 Catalyst, Advanced Materials Development & Performance Conference 2005, Auckland, Jul. 2005.
9)Takuro Tomita, Keita Kinoshita and Shigeki Matsuo : Surface Structures of Femtosecond Laser Irradiated 4H-SiC Crystal, International Quantum Electronics Conference 2005 and the Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2005, 1744-1745, Tokyo, Jul. 2005.
10)Shigeki Matsuo, Takashi Miyamoto and Takuro Tomita : Laser Microfabrication of Photoresist Rod Array Using a Microlens Array, International Quantum Electronics Conference 2005 and the Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2005, 1731-1732, Tokyo, Jul. 2005.
11)Masanobu Obika, Kazuo Kawada, Toru Yamamoto and Shoichiro Fujisawa : Design and Experimental Evaluation of a 3-Mass Speed Control System with a Hybrid Structure of Sliding Mode Controller and CMAC, Proceedings of the International Joint Conference on Neural Networks (IJCNN) 2005, 2272-2277, Montreal, Jul. 2005.
12)Shuichi Hashimoto, Ken Uehara, Mamiko Takada and Hiroshi Fukumura : Measurements of particle-dependent fluorescence decays and spectra for perylene-doped zeolite X crystals demonstrating non-homogeneous guest distribution among the particles, Book of Abstracts: The 12-th International Conference on Unconventional Photoactive Systems, 117, Sendai, Oct. 2005.
13)Masanobu Haraguchi, Toshiaki Ogawa, David Fujio Pelleas Pile, Toshihiro Okamoto, Masuo Fukui and Shigeki Matsuo : New plasmon waveguides composed of twin metal wedges with a nano-gap, Abstract of the 5-th Asia-Pacific Conference on Near-field Optics (APNFO-5), 66, Niigata, Nov. 2005.
14)Toshiaki Ogawa, David Fujio Pelleas Pile, Toshihiro Okamoto, Masanobu Haraguchi, Masuo Fukui, Dmitri K. Gramotnev and Shigeki Matsuo : Influence of wedge tip radius on wedge plasmons characteristics, Abstract of the 5-th Asia-Pacific Conference on Near-field Optics (APNFO-5), 66, Niigata, Nov. 2005.
15)Mitsue Kato, Toru Yamamoto and Shoichiro Fujisawa : A Skill-Based PID Controller Using Artificial Neural Networks, Proceedings of International Conference on Computational Intelligence for Modelling Control and Automation 2005 (CIMCA2005), Vol.1, 702-707, Wien, Nov. 2005.
16)Hirofumi Noge, Yuichi Yoshihara, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : A Study on Formation of Soot Precursor in Diffusion Flame Fueling Decomposed Diesel Fuel, 1st Baltic Combustion Meeting, 33-36, Warsaw, Nov. 2005.
17)Shingo Okamoto, Ryota Shibamoto, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : Effect of High Turbulence Mixing on Reduction of Exhaust Emissions from a DI Diesel Engine Employing EGR and Pilot Injection, The 18th Internal Combustion Engine Symposium (International) in Jeju (Korea), No.63, 1-6, Cheju, Dec. 2005.
18)Kojiro WATANABE and Akio Kondo : A STUDY ON THE DEVELOPMENT CONTROL METHOD USING THE ATOMOSPHERIC POLLUTION GAS ABSORPTION ON GREEN AREA, The 5th International Symposium on City Planning and Environmental Management in Asian Countries, 1-9, Tahara, Jan. 2006.
19)Akiko Kondo, Akio Kondo and Kojiro WATANABE : A MIGRATION MODEL AND ANALYSIS BETWEEN REGIONS IN CONSIDERATION OF CHANGE IN PERCEPTION OF LIFE, The 5th International Symposium on City Planning and Environmental Management in Asian Countries, 215-226, Tahara, Jan. 2006.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1)野澤 征司, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : マルチエージェントシステムを用いた歴史的市街地における津波避難シミュレーションモデルの構築, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 230-231, 2005年5月.
2)近藤 明子, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : 「国民生活選好度調査」による住民の意識変化と人口移動との関連分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 250-251, 2005年5月.
3)高田 知徳, 中西 裕之, 廣瀬 義伸, 近藤 光男 : 徳島∼阪神間の高速バスサービス水準に対する住民意識分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 252-253, 2005年5月.
4)天野 良祐, 廣瀬 義伸, 近藤 光男 : 市町村合併の効果と課題に関する考察, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 258-259, 2005年5月.
5)板東 知明, 近藤 光男 : グリーン購入推進策としてのポイント制度の提案と住民意識に基づく有効性の検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 398-399, 2005年5月.
6)平井 直彦, 上月 康則, 田代 優秋, 佐藤 陽一, 村上 仁士 : 水田と水路間に設置した魚道に関する現地調査について, 第11回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.11, 134-135, 2005年5月.
7)渡辺 公次郎, 近藤 光男, 中島 康博 : 地方都市郊外部における市街化シミュレーションモデルの開発, 都市計画研究講演集, Vol.3, 13-16, 2005年5月.
8)糟谷 佐紀, 米田 郁夫, 阪東 美智子, 末田 統, 藤澤 正一郎, 鎌田 実, 井上 結, 室崎 千重 : 車いす使用者の住環境整備に関する研究(その2)-車いす駆動力の判定と適合スロープ勾配-, 日本福祉のまちづくり学会第8回全国大会概要集, 247-250, 2005年8月.
9)米田 郁夫, 糟谷 佐紀, 阪東 美智子, 末田 統, 藤澤 正一郎, 多淵 敏樹 : 手動車いす使用者の操作負担の定量的評価とスケール化に関する考察, 日本福祉のまちづくり学会第8回全国大会概要集, 219-222, 2005年8月.
10)小川 利昭, パイル フジオ ペレアス デビッド, グラモトノフ デミトリ, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫, 松尾 繁樹 : 金属 Wedge型Plasmon導波路におけるPlasmon伝搬特性の理論的及び実験的調査, 第66回応用物理学会学術講演会 講演予稿集, No.3, 2005年9月.
11)村田 真一, 鵤 心治, 小林 剛士, 大貝 彰, 日高 圭一郎, 加藤 孝明, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 郷内 吉瑞 : 地方都市の郊外スプロール地域における災害危険度評価に関する研究, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 747-748, 2005年9月.
12)長谷田 真千, 上月 康則, 白鳥 実, 島田 佳和, 村上 仁士 : ダムを有する中規模河川の水質および底生生物相について, 日本陸水学会第70回大会講演集, 2005年9月.
13)田代 優秋, 上月 康則, 佐藤 陽一, 村上 仁士 : 外来種カダヤシによるメダカへの影響と保全策に関する一考察, 第52回日本生態学会講演集, 2005年9月.
14)種田 佳洋, 大貝 彰, 鵤 心治, 加藤 孝明, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 郷内 吉瑞 : 延焼シミュレーションモデルを組み込んだ防災まちづくり支援WebGISの研究開発, --- その1:システム概要,システムの現実市街地への試験的適用 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 831-832, 2005年9月.
15)郷内 吉瑞, 大貝 彰, 鵤 心治, 加藤 孝明, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 種田 佳洋 : 延焼シミュレーションモデルを組み込んだ防災まちづくり支援WebGISの研究開発, --- その2:ワークショップ現場でのシステム実証実験とその結果の分析 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 833-834, 2005年9月.
16)岩崎 真志, 大貝 彰, 鵤 心治, 加藤 孝明, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 郷内 吉瑞 : 防災まちづくりWSにおける防災対策立案支援のための意思決定支援システム開発に関する基礎的研究, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 1055-1056, 2005年9月.
17)渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 緑地の大気汚染ガス吸収量を用いた市街化シミュレーション, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 905-906, 2005年9月.
18)山口 誠, 上野 滋, 木下 敬太, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : 共焦点顕微ラマン分光によるレーザー誘起リップルの評価, 第66回応用物理学会学術講演会講演予稿集, 994, 2005年9月.
19)富田 卓朗, 松尾 繁樹, 岡田 達也, 木本 恒暢, 三谷 武志, 中島 信一 : 4H-SiCホモエピタキシャル膜におけるコメット欠陥の深紫外顕微ラマン分光法による解析, 第66回応用物理学会学術講演会講演予稿集, 306, 2005年9月.
20)上月 康則, 藤澤 正一郎, 近藤 光男 : 大学院におけるプレゼンテーション評価の試み, 平成17年度工学·工業教育研究講演会講演論文集, 212-213, 2005年9月.
21)木下 敬太, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 長瀬 寛和, 中嶋 誠, 末元 徹 : シリコンカーバイドにおけるレーザー誘起リップルの照射条件依存性, 第66回応用物理学会学術講演会講演予稿集, 996, 2005年9月.
22)宮本 高志, 松尾 繁樹, 富田 卓朗, 橋本 修一 : マイクロレンズアレイを用いたフェムト秒レーザー加工のマスクによる加工範囲制御, 第66回応用物理学会学術講演会講演予稿集, 996, 2005年9月.
23)橋本 修一, 植原 健, 高田 麻実子, 福村 裕史 : ゼオライト微粒子への吸着分子の不均一分布の計測, 光化学討論会講演要旨集, 63, 2005年9月.
24)羽床 昌子, 川田 和男, 石原 弘一, 藤澤 正一郎 : GAを用いた天井クレーンの制御系設計法の比較, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会, 105, 2005年9月.
25)松尾 繁樹 : レーザー光を用いたマイクロ・ナノテクノロジー, 化学工学会関西支部セミナー「微細構造制御による機能発現とその応用」, 1294, 2005年9月.
26)蘇 立, 山中 英生, 上月 康則 : 中国における中学校全教科環境教育の教科書記述に関する研究, --- 日中の比較分析を通して ---, 環境システム研究論文発表会講演集, Vol.33, 221-226, 2005年10月.
27)富田 卓朗, 三谷 武志, 中島 信一 : SiCにおける極紫外ラマンスペクトルの数値シミュレーション, SiC及び関連ワイドギャップ半導体研究会講演会予稿集, Vol.14, 44-45, 2005年11月.
28)中島 信一, 三谷 武志, 富田 卓朗, 西澤 伸一, 加藤 智久, 奥村 元, 播磨 弘 : 極紫外ラマン散乱分光によるSiC{0001}面の極性判定, SiC及び関連ワイドギャップ半導体研究会講演会予稿集, Vol.14, 42-43, 2005年11月.
29)橋本 修一 : ゼオライトを用いた不安定化学種カルベンの安定化の研究, 第24回固体·表面光化学討論会講演要旨集, 14-15, 2005年11月.
30)渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 緑地の汚染ガス吸収量を用いた市街化シミュレーション, 土木計画学研究·講演集, Vol.32, no68, 2005年12月.
31)野澤 征司, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : マルチエージェントシステムを用いた歴史的市街地における津波避難シミュレーションモデルの構築, 土木計画学研究·講演集, Vol.32, no217, 2005年12月.
32)米田 郁夫, 糟谷 佐紀, 奥 英久, 阪東 美智子, 末田 統, 藤澤 正一郎, 鎌田 実 : 手動車いすによるスロープ走行難易度推定スケールの提案, 第6回システムインテグレーション部門学術講演会, 145-146, 2005年12月.
33)糟谷 佐紀, 米田 郁夫, 末田 統, 藤澤 正一郎, 阪東 美智子 : 車いす操作における段差抵抗の尺度かに関する研究, 第6回システムインテグレーション部門学術講演会, 153-154, 2005年12月.
34)藤澤 正一郎, 三谷 誠二, 美馬 彩, 高原 光恵, 秦 裕子, 湊 祐史, 福永 克己, 末田 統, 塩田 洋 : 視覚障害者による徳島における評価システムの構築, 第6回システムインテグレーション部門学術講演会, 167-168, 2005年12月.
35)三谷 誠二, 藤澤 正一郎, 山田 直広, 田内 雅規, 加藤 俊和, 末田 統 : 視覚障害者誘導用ブロックの白杖·足底による検知·識別実験, 第6回システムインテグレーション部門学術講演会, 169-179, 2005年12月.
36)坊岡 正之, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 歩道における電動車いすの操作について, 第6回システムインテグレーション部門学術講演会, 173-174, 2005年12月.
37)藤澤 正一郎, 末田 統 : 福祉工学における創造性教育の取り組み, 第6回システムインテグレーション部門学術講演会, 709-710, 2005年12月.
38)末田 統 : 視覚障害者誘導用ブロックとその国際標準化, 第6回システムインテグレーション部門学術講演会論文集, 159-160, 2005年12月.
39)丁 育華, 近藤 光男, 高田 知徳 : 消費者の買物行動における価値意識の分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.Vol.34, 313, 2006年.
40)郷内 吉瑞, 大貝 彰, 鵤 心治, 加藤 孝明, 日高 圭一郎, 村上 正浩, 渡辺 公次郎 : 延焼シミュレーションモデルを組み込んだ防災まちづくりワークショップ支援システムの研究開発に関する報告, 東海支部研究報告集, Vol.43, 665-668, 2006年2月.
41)中島 信一, 三谷 武志, 富田 卓朗, 加藤 智久, 西澤 伸一, 奥村 元, 播磨 弘 : DUVラマン散乱分光によるSiCの表面フォノンの測定と極性面判定, 第53回応用物理学関係連合講演会予稿集, 419, 2006年3月.
42)富田 卓朗, 三谷 武志, 中島 信一 : 極紫外光励起によるSiC表面フォノンに対するラマンスペクトルの数値計算, 第53回応用物理学関係連合講演会予稿集, 419, 2006年3月.
43)山口 誠, 上野 滋, 木下 敬太, 村井 利彰, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : 半導体表面におけるフェムト秒レーザー誘起ナノ周期構造の顕微分光, 第53回応用物理学関係連合講演会予稿集, 1209, 2006年3月.
44)福森 康裕, 木下 敬太, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : 少数パルス照射によるフェムト秒レーザー誘起リップル, 第53回応用物理学関係連合講演会予稿集, 1209, 2006年3月.
45)山口 誠, 上野 滋, 木下 敬太, 村井 利彰, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : 顕微分光によるフェムト秒レーザー誘起ナノ周期構造の評価, 日本物理学会年次大会, Vol.61, No.1, 737, 2006年3月.
46)富田 卓朗, 木下 敬太, 村井 利彰, 福森 康裕, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 長瀬 寛和, 中嶋 誠, 末元 徹 : 半導体におけるフェムト秒レーザー誘起ナノ周期構造生成過程, 日本物理学会年次大会, Vol.61, No.1, 737, 2006年3月.
47)東海林 竜也, 平 靖之, 橋本 修一, Yoon B. K. : ゼオライトL微粒子の基板上への組織化における配向制御, 日本化学会第86春季年会講演予稿集CD-ROM, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 作品等

(なし)

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

1)富田 卓朗 : 加工と物性の観点からみたフェムト秒レーザー照射の可能性, レーザー学会 中国四国支部 平成17年度第1回講演会, 13-16, 2005年12月.
2)英 崇夫, 藤澤 正一郎 : 全学共通教育創成学習「ルーツを探れ」, 徳島大学大学教育カンファレンス, 2006年3月.
3)藤澤 正一郎, 英 崇夫 : 全学共通「創成学習」科目における能力自己評価, 徳島大学教育カンファレンス, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 報告書

1)桐山 聰, 英 崇夫, 荒木 秀夫, 中村 浩一, 黒岩 眞吾, 藤澤 正一郎, 原口 雅宣, 玉置 俊晃, 羽地 達次, 高石 喜久, 來山 征士, 大橋 眞, 上田 哲史 : 特色ある大学教育支援プログラム「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成17年度 報告書, --- 若者のセルフ·マネジメント能力を育てる徳島大学創成学習開発センターの活動 ---, 特色ある大学教育支援プログラム「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成17年度 報告書, 徳島, 2006年3月.

2010年度(平成22年度)

article.{@.date="20100400 20110399" @.organization=\E{124873}}

2010年度(平成22年度) / 著書

(なし)

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Sonali Marathe, Pankaj M. Koinkar, Shriwas Ashtaputre, Vasant Sathe, M.A. More and S.K. Kulkarni : Enhanced Field Emission from ZnO Nanoneedles on Chemical Vapor Deposited Diamond Films, Thin Solid Films, Vol.518, No.14, 3743-3747, 2010.
2)中野 敦人, 成行 義文, 源 貴志 : ファジィ理論に基づく空撮画像における瓦礫部抽出法, 第13回日本地震工学シンポジウム論文集, 612-619, 2010年.
3)源 貴志, 成行 義文 : 歩行補助器具の使用が地区の津波避難安全性に及ぼす影響, 第13回日本地震工学シンポジウム論文集, 669-674, 2010年.
4)Pankaj M. Koinkar, Sandip S. Patil, Tae-Gyu Kim, Daisuke Yonekura, Mahendra A. More, Dilip S. Joag and Ri-ichi Murakami : Enhanced field emission characteristics of boron doped diamond films grown by microwave plasma assisted chemical vapor deposition, Applied Surface Science, Vol.257, No.6, 1854-1858, 2011.
5)山本 孝, 菊池 淳, 岡田 咲紀, 山下 和秀, 佐田 知沙, 今井 昭二, 三好 德和, 和田 眞 : スチレン類二量化に有効な鉄シリカ触媒のXAFS法による構造解析, X線分析の進歩, Vol.42, 237-248, 2011年.
6)Walter Carpenter and Pankaj M. Koinkar : Aboard the "Hanbada": An international experience in higher education, communication and culture., Journal of University Education Research, Vol.8, 62-68, 2011.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2010年度(平成22年度) / 学術レター

(なし)

2010年度(平成22年度) / 総説・解説

(なし)

2010年度(平成22年度) / 国際会議

(なし)

2010年度(平成22年度) / 国内講演発表

1)加賀谷 俊介, 源 貴志, 成行 義文, 三神 厚 : 歩行調査画像分析に基づく群集密度-歩行速度関係の導出と津波避難シミュレーションへの適用, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 51-52, 2010年5月.
2)源 貴志, 三矢 草, 成行 義文, 佐藤 弘美 : モード解析による梁構造物の損傷同定法に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 99-100, 2010年5月.
3)山本 孝, 菊池 淳, 岡田 咲紀, 佐田 知沙, 三好 德和, 和田 眞 : スチレン類二量化に有効な鉄―ケイ素複合酸化物触媒のXAFS解析, 第46回X線分析研究討論会, 2010年10月.
4)三好 德和, 兼弘 大介, 田嶋 孝裕, 菊池 淳, 和田 眞 : 金属ストロンチウムを用いるハロゲン化アルキルとカルボン酸誘導体との反応, 2010年日本化学会西日本大会, Vol.2010, 1L-15, 2010年11月.
5)源 貴志, 成行 義文 : 歩行補助器具の使用が地区の津波避難安全性に及ぼす影響, 第13回日本地震工学シンポジウム論文集, 669-674, 2010年11月.
6)中野 敦人, 成行 義文, 源 貴志 : ファジィ理論に基づく空撮画像における瓦礫部抽出法, 第13回日本地震工学シンポジウム論文集, 612-619, 2010年11月.
7)三好 德和, 兼弘 大介, 田嶋 孝裕, 宮崎 泰彰, 菊池 淳, 和田 眞 : 金属ストロンチウムを用いる簡便な代替Grignard 試薬の創製とその発展に関する検討, 第60回 有機合成化学協会関東支部シンポジウム, B14, 2010年12月.
8)兼弘 大介, 湯浅 綾, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : Srを用いた簡便な代替えGrignard試薬の開発, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.91, 3PA-161, 2011年3月.
9)田嶋 孝裕, 浅岡 真司, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : 嵩高い第3級アルコール由来のエステルの簡便合成とその応用, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.91, 3PA-162, 2011年3月.
10)宮崎 泰彰, 河井 智加, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : アルキルストロンチウム種と二酸化炭素及びその等価体との反応の開発, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.91, 3PA-163, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 作品等

(なし)

2010年度(平成22年度) / その他・研究会

(なし)

2010年度(平成22年度) / 報告書

(なし)

2011年度(平成23年度)

article.{@.date="20110400 20120399" @.organization=\E{124873}}

2011年度(平成23年度) / 著書

(なし)

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Sandip S. Patil, Pankaj M. Koinkar, Sanjay. D. Dhole, Mahendra A. More and Ri-ichi Murakami : Influence of High-Energy Electron Irradiation on Field Emission Properties of Multi-Walled Carbon Nanotubes (MWCNTs) Films, Physica B : Condensed Matter, Vol.406, No.9, 1809-1813, 2011.
2)Sandip S. Patil, Shankar P. Koiry, Dinesh K. Aswal, Pankaj M. Koinkar, Ri-ichi Murakami and Mahendra A. More : Promising Field Emission Characteristics of Polyaniline Nanotubes, Journal of the Electrochemical Society, Vol.158, No.6, E63-E66, 2011.
3)S.D. Gunjal, Y.B. Khollam, P.N. Shelke, R.R. Udawant, M.G. Takwale, K.C. Mohite and Pankaj M. Koinkar : Preparation of CdTe Films by Spray Pyrolysis Technique and their Characterizations, International Journal of Modern Physics B, Vol.25, No.31, 4155-4158, 2011.
4)M.T. Sarode, P.N. Shelke, Y.B. Khollam, S.R. Jadkar, B.B. Kale, K.C. Mohite and Pankaj M. Koinkar : Effect of Annealing Temperature on Optical Properties of Titanium Dioxide Thin Films Prepared by Sol-Gel Method, International Journal of Modern Physics B, Vol.25, No.31, 4163-4166, 2011.
5)A.M. Datir, V.S. Ghole, Pankaj M. Koinkar and S.D. Chakane : Nitrogen Dioxide Gas Sensor based on Cobalt and Nickel Phthalocyanine Working at Room Temperature, International Journal of Modern Physics B, Vol.25, No.31, 4190-4193, 2011.
6)P.S. More, Y.B. Khollam, Pankaj M. Koinkar, N.D. Sali, P.N. Shelke and S.S. Borwar : Polyethylene Oxide-Cu Composite Thick Films for LPG Sensing, International Journal of Modern Physics B, Vol.25, No.31, 4199-4203, 2011.
7)P.N. Shelke, Y.B. Khollam, S.D. Gunjal, M.T. Sarode, P.S. More, S.R. Jadkar, M.G. Takwale, K.C. Mohite and Pankaj M. Koinkar : Optical Properties of Electrochemically Deposited 1-D Interlinked Nanowired Co3O4 Thin Films, International Journal of Modern Physics B, Vol.25, No.31, 4281-4284, 2011.
8)Sambhaji S. Warule, Nilima S. Chaudhari, Bharat B. Kale, Kashinath R. Patil, Pankaj M. Koinkar, Mahendra A. More and Ri-ichi Murakami : Organization of cubic CeO2 nanoparticles on the edges of self assembled tapered ZnO nanorods via a template free one-pot synthesis: significantcathodoluminescence and field emission properties, Journal of Materials Chemistry, Vol.22, No.18, 8887-8895, 2012.
9)V.M. RAUT, P.S. MORE, Y.B. KHOLLAM, R.S. SONONE, S.B. KONDAWAR and Pankaj M. Koinkar : SYNTHESIS AND CHARACTERIZATION OF LUMINOL PERSULPHATE CHEMILUMINESCENCE IN AQUEOUS AMINES, International Journal of Modern Physics: Conference Series, Vol.6, 162-165, 2012.
10)P.N. Shelke, Y.B. Khollam, P.N. Pabrekar, P.S. More, A.M. Datir, S.D. Chakane, K.C. Mohite and Pankaj M. Koinkar : Synthesis And Characterization Of Co3o4 Powders For Humidity Sensing, International Journal of Modern Physics: Conference Series, Vol.6, 197-202, 2012.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2011年度(平成23年度) / 学術レター

1)Norikazu Miyoshi, Asaoka Masashi, Miyazaki Yasuaki, Tajima Takahiro, Makoto Kikuchi and Makoto Wada : The Convenient and Useful Esterification of Bulky Tertiary Alcohols Using Strontium Compounds, Chemistry Letters, Vol.2012, No.41, 35-36, 2012.

2011年度(平成23年度) / 総説・解説

(なし)

2011年度(平成23年度) / 国際会議

1)Pankaj M. Koinkar, Daisuke Yonekura, T.G. Kim, M.A. More and Ri-ichi Murakami : Improved Field Emission Characteristics of Nano-Structured Carbon Based Thin Films, Materials Science & Technology 2011, Ohio, Oct. 2011.
2)Pankaj M. Koinkar : Field Emission Characteristics of Nanostructured Films, Kyungpook National University, Department of Mechanical Engineering, Daegu, South Korea, Nov. 2011.
3)Pankaj M. Koinkar : Field Emission Properties of Oxide and Carbon Nanostructured Films, Department of Electorical Engineering, Korea Maritime and Ocean University, Busan, South Korea, Nov. 2011.

2011年度(平成23年度) / 国内講演発表

1)兼弘 大介, 湯浅 綾, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : Barbier型反応で進行するSrを用いたエステルへの嵩高いアルキル基の付加反応, 2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, 1H-02, 2011年11月.
2)菊池 淳, 井上 岳, 三好 德和, 和田 眞 : 無溶媒下で行う固体ブレンステッド酸を用いたRitter反応, 2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, 1H-03, 2011年11月.
3)菊池 淳, 岡田 咲紀, 三好 德和, 和田 眞 : 鉄-ケイ素複合酸化物を触媒とする炭化水素類の官能基化反応, 2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, 1H-03, 2011年11月.
4)宮崎 泰彰, 福原 早百合, 浅岡 真司, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : ストロンチウムを用いる嵩高い第三級エステルの簡便な合成法, 2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, 2H-09, 2011年11月.
5)田嶋 孝裕, 浅岡 真司, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : 嵩高い第3級アルコール由来のエステルの簡便合成法, 2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, 2H-10, 2011年11月.
6)三好 德和, 宮崎 泰彰, 田嶋 孝裕, 兼弘 大介, 菊池 淳, 和田 眞 : ストロンチウムを用いる嵩高い第3級アルコールエステルの簡便迅速合成法の開発, 第62回 有機合成化学協会関東支部シンポジウム, C16, 2011年11月.
7)宮崎 泰彰, 河井 智加, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : アルキルストロンチウムの還元性を利用したメタラサイクル中間体の生成とその応用, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.92, 4L2-05, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 作品等

(なし)

2011年度(平成23年度) / その他・研究会

1)Pankaj M. Koinkar : Current Challenges in Japanese Higher Education, Academic Staff College, Dr. B.A. M. University, Aug. 2011.
2)Pankaj M. Koinkar and Ri-ichi Murakami : Summary and Analysis of Summer School Survey, 2012,, Jan. 2012.
3)Pankaj M. Koinkar : Green Chemistry in Japan, National Conference Recent Trends in Green Chemistry, ACS College, Indapur, University of Pune, Jan. 2012.
4)Pankaj M. Koinkar : Eco-friendly Japan, Academic Staff College, Dr. B. A. M. University, Jan. 2012.
5)Pankaj M. Koinkar and Ri-ichi Murakami : Promising Approaches and Recommendations for Improving Summer School Learning Programs, ing Symposium on Global Double Degree Program The University of Tokushima, Mar. 2012.
6)Pankaj M. Koinkar : Carbon nanotube: Properties and applications, Academic Staff College, Dr. B.A. M. University, Mar. 2012.

2011年度(平成23年度) / 報告書

(なし)

2012年度(平成24年度)

article.{@.date="20120400 20130399" @.organization=\E{124873}}

2012年度(平成24年度) / 著書

(なし)

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2012年度(平成24年度) / 学術レター

(なし)

2012年度(平成24年度) / 総説・解説

(なし)

2012年度(平成24年度) / 国際会議

1)Pankaj M. Koinkar, Ri-ichi Murakami, V. R. Kashid, S. S. Patil, S. D. Joag and A. M. More : Spectra analysis of field emission current from boron doped diamond, IVNC 2012, 25th International Vacuum Nanoelectronics Conference, Technical Digest, 168-169, Jeju, Korea, Jul. 2012.
2)Pankaj M. Koinkar : Noise characteristics of field emission current from boron doped diamond films, Nanocon 012 Second International Conference: NOTECHNOLOGY Innovative Materials Processes Products Application, Pune,India, Oct. 2012.

2012年度(平成24年度) / 国内講演発表

1)三好 德和, 宮崎 泰彰, 兼弘 大介, 田嶋 孝裕, 菊池 淳, 和田 眞 : 金属Srを用いるGrignard試薬を凌駕するエステルのジアルキル化反応の開発とその応用, 有機金属討論会, Vol.59, P2C-21, 2012年9月.
2)宮崎 泰彰, 田嶋 孝裕, 兼弘 大介, 阿比留 保奈美, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : Srを用いるエステル化反応の開発とその応用, 2012年日本化学会西日本大会, Vol.2012, 2L07, 2012年11月.
3)山口 祐佳, 宮崎 泰彰, 阿比留 保奈美, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : Grignard試薬を凌駕する金属ストロンチウムを用いたエステルのジアルキル化反応の開発とその応用, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.93, 3F4-59, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 作品等

(なし)

2012年度(平成24年度) / その他・研究会

1)Pankaj M. Koinkar : Nanotechnology for Future Applications, L.V.H. Senior College, Dec. 2012.
2)Pankaj M. Koinkar : Research Methodology for Higher Education, Academic Staff College, Dr. B.A. M. University, Jan. 2013.

2012年度(平成24年度) / 報告書

(なし)

2013年度(平成25年度)

article.{@.date="20130400 20140399" @.organization=\E{124873}}

2013年度(平成25年度) / 著書

(なし)

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Prasanta Ghosh, Kunal Datta, Ashok Mulchandani, Sung-Hwan Han, Pankaj M. Koinkar and Mahendra D. Shirsat : Poly(o-toluidine) Nanowires Based Organic Field Effect Transistors: A Study on Influence of Anionic Size of Dopants and SWNTs as a Dopant, The Journal of Physical Chemistry C, Vol.117, No.29, 15414-15420, 2013.
2)Sandip S. Patil, Shankar P. Koiry, Dinesh K. Aswal, Pankaj M. Koinkar and Mahendra A. More : Template Free Electrochemical Synthesis of Highly Crystalline Polyaniline Nanopetals, Nanocrystals and Their Field Electron Emission Investigations, Journal of the Electrochemical Society, Vol.160, No.11, D543-D552, 2013.
3)Pankaj M. Koinkar, Kashid V. Ranjit, Patil S. Sandip, Joag S. Dilip, Ri-ichi Murakami and More A. Mahendra : Noise Measurement and Analysis of Field Emission Current from Boron Doped Diamond, IEEE Transactions on Nanotechnology, Vol.12, No.6, 911-914, 2013.
4)K. Datta, P. Ghosh, Ashok Mulchandani, Sung-Hwan Han, Pankaj M. Koinkar and Mahendra D. Shirsat : Organic field-effect transistors: predictive control on performance parameters, Journal of Physics D: Applied Physics, Vol.46, No.49, 495110-495116, 2013.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2013年度(平成25年度) / 学術レター

(なし)

2013年度(平成25年度) / 総説・解説

(なし)

2013年度(平成25年度) / 国際会議

1)Pankaj M. Koinkar : Noise characteristics of field emission current from boron doped diamond films, IUSWNM-2013, Indo-Us Workshop on Nano-Structured Electronicmaterials: Challenges & Relevance to Electronics & Energy Research, Thrissur, India, May 2013.
2)Pankaj M. Koinkar : Electron Emission Properties of Carbon and Oxides based materials, National Physical Laboratory, New Delhi, India, Aug. 2013.
3)Pankaj M. Koinkar : Lecture series on Nanoscience and Nanotechnology, College Of Engineering,Bharati Vidyapeeth Deemed University, Pune,India, Aug. 2013.
4)Pankaj M. Koinkar : Improved Field emission properties from polyanilline nanostructures and carbon nanotubes, GOLD-CT-2014, International Conference on Global Opportunities for Latest Development in Chemistry and Technology 2014, Jalgaon, India, Feb. 2014.

2013年度(平成25年度) / 国内講演発表

(なし)

2013年度(平成25年度) / 作品等

(なし)

2013年度(平成25年度) / その他・研究会

1)Pankaj M. Koinkar : Indian higher Education system : Current Problems and future challenges, 25FD 1 FDSD-, May 2013.
2)Pankaj M. Koinkar, Sawa Asada, Toshihiro Moriga and Ri-ichi Murakami : Innovative programs in Engineering Education for Graduates Students, Proceeding of 3rd Asian Conference on Engineering Education, 83-85, Nov. 2013.
3)Pankaj M. Koinkar : Field election emission from various nanostructures, 四国テクノサイエンス研究会 第107回研究会 西精工株式会社, Dec. 2013.
4)Pankaj M. Koinkar, Toshihiro Moriga and Ri-ichi Murakami : Double Degree Programs for Promoting Global Engineering Education, International Symposium on Global Double Degree Program The University of Tokushima, Mar. 2014.
5)Pankaj M. Koinkar and Toshihiro Moriga : アンケートによるサマースクールの改善, 工学教育シンポジウム2014(SEE2014), Mar. 2014.

2013年度(平成25年度) / 報告書

(なし)

2014年度(平成26年度)

article.{@.date="20140400 20150399" @.organization=\E{124873}}

2014年度(平成26年度) / 著書

1)Pankaj M. Koinkar, Amit Kumar, Dinesh Avasthi, Mahendra More and Ri-ichi Murakami : The High Energy Ion Irradiation Impact on Carbon Nanotubes, Springer, Berlin Heidelberg, Jan. 2015.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Pankaj M. Koinkar, Daisuke Yonekura, Ri-ichi Murakami, Toshihiro Moriga and Mahendra A. More : Field electron emission characteristics of plasma treated carbon nanotubes, Modern Physics Letters. B, Vol.29, No.6-7, 1540030, 2015.
2)Sanjay Chakane, Ashok Datir and Pankaj M. Koinkar : Spin coated unsubstituted copper phthalocyanine thin films for nitrogen dioxide sensors, Modern Physics Letters. B, Vol.29, No.6-7, 1540032, 2015.
3)Kashmira Harpale, Mahendra A. More, Pankaj M. Koinkar, Sandip S. Patil and Kishor M. Sonawane : Polypyrrole nanostructures and their field emission investigations, Modern Physics Letters. B, Vol.29, No.6-7, 1540035, 2015.
4)Sumedh Gaikwad, Gajanan Bodkhe, Megha Deshmukh, Harshadal Patil, Arti Rushi, D. Shirsat Mahendra, Pankaj M. Koinkar, Yun-Hae Kim and Ashok Mulchandani : Conducting polyaniline nanowire electrode junction, Modern Physics Letters. B, Vol.29, No.6-7, 1540036, 2015.
5)P.N. Shelke, Y.B. Khollam, S.D. Gunjal, Pankaj M. Koinkar, S.R. Jadkar and K.C. Mohite : LPG and NH3 sensing characteristics of DC electrochemically deposited Co3O4 films, Modern Physics Letters. B, Vol.29, No.6-7, 1540043, 2015.
6)Pankaj M. Koinkar, Sumedh Gaikwad, Gajanan Bodkhe, Megha Deshmukh, Harshada Patil, Arti Rushi, Mahendra D. Shirsat, Yun-Hae Kim and Ashok Mulchandani : Glucose sensor based on conducting polyaniline nanowire electrode junction, Modern Physics Letters. B, Vol.29, No.6-7, 1540045, 2015.
7)Sumedh Gaikwad, Gajanan Bodkhe, Megha Deshmukh, Harshada Patil, Arti Rushi, Mahendra D. Shirsat, Pankaj M. Koinkar, Yun-Hae Kim and Ashok Mulchandani : Chemiresistive sensor based on polythiophene-modified single-walled carbon nanotubes for detection of NO2, Modern Physics Letters. B, Vol.29, No.6-7, 1540046, 2015.
8)S. U. Ekar, Y. B. Khollam, Pankaj M. Koinkar, A. S. Mirji, R.S. Mane, M. Naushad and S. S. Jadhav : Biosynthesis of silver nanoparticles by using Ganoderma-mushroom extract, Modern Physics Letters. B, Vol.29, No.6-7, 1540047, 2015.
9)Mikito Yasuzawa, Toba Taketo, Hiura Kentaro, Li Jiang, Pankaj M. Koinkar, Tomoyuki Ueki and Fuchiwaki Yusuke : Preparation of micro-biosensor for continuous glucose monitoring, Modern Physics Letters. B, Vol.29, No.6-7, 1540040, 2015.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2014年度(平成26年度) / 学術レター

(なし)

2014年度(平成26年度) / 総説・解説

(なし)

2014年度(平成26年度) / 国際会議

1)Mahendra D. Shirsat, Pankaj M. Koinkar, Yun-Hae Kim and Ashok Mulchandani : A conducting polyaniline nanowires micro electrode junction (CPNEJ) sensor for detection of glucose, AMDP 2014, 7th International Conference on Advanced Materials Development & Performance, 128, Busan, South Korea, Jul. 2014.
2)Ashok Datir, Pankaj M. Koinkar and Sanjay Chakane : Effects of Heat Annealing on the Gas Sensing Properties of Spin Coated Unsubstituted Copper Phthalocyanine Films, AMDP 2014, 7th International Conference on Advanced Materials Development & Performance, 124, Busan, South Korea, Jul. 2014.
3)Sanjay Chakane, Ashok Datir and Pankaj M. Koinkar : Spin coated unsubstituted copper phthalocyanine thin films for nitrogen dioxide sensors, AMDP 2014, 7th International Conference on Advanced Materials Development & Performance, 110, Busan, South Korea, Jul. 2014.
4)Pankaj M. Koinkar, Daisuke Yonekura, Toshihiro Moriga, Ri-ichi Murakami and Mahendra A. More : Electron Emission Characteristics of Plasma treated Carbon Nanotubes, AMDP 2014, 7th International Conference on Advanced Materials Development & Performance, 107, Busan, South Korea, Jul. 2014.
5)S.U. Ekar, Y.B. Khollam, D. S. Gunjal, Pankaj M. Koinkar, S.A. Mirji, R.S. Mane, Sung-Hwan Han and S.S. Jadhav : Biosynthesis of silver nanoparticles using Ganoderma-mushroom extract, AMDP 2014, 7th International Conference on Advanced Materials Development & Performance, 68, Busan, South Korea, Jul. 2014.
6)Kashmira Harpale, Kishor M. Sonawane, Pankaj M. Koinkar and Mahendra A. More : Polypyrrole nanostructures and their field emission Investigations, AMDP 2014, 7th International Conference on Advanced Materials Development & Performance, 130, Busan, South Korea, Jul. 2014.
7)P.N. Shelke, Y.B. Khollam, S.D. Gunjal, Pankaj M. Koinkar, S.R. Jadkar and K.C. Mohite : LPG and NH3 sensing characteristics of DC electrochemically deposited Co3O4 films, AMDP 2014, 7th International Conference on Advanced Materials Development & Performance, 143, Busan, South Korea, Jul. 2014.
8)Pankaj M. Koinkar : Field Electron Emission Properties of Nanostructures, 3rd International Conference NANOCON 014:Smart Materials, Composites, Applications and New Inventions, Pune, India, Oct. 2014.

2014年度(平成26年度) / 国内講演発表

(なし)

2014年度(平成26年度) / 作品等

(なし)

2014年度(平成26年度) / その他・研究会

1)Pankaj M. Koinkar : 「グローバル化時代の工学教育」, 公益社団法人日本工学教育協会 中国・四国工学教育協会 第62回年次大会プログラム, Aug. 2014.
2)Pankaj M. Koinkar and Toshihiro Moriga : アンケートによるサマースクールの改善, 工学教育シンポジウム2015(SEE2015), Mar. 2015.
3)Pankaj M. Koinkar and Toshihiro Moriga : Achieving the New Vision for Summer School Program, International Symposium on Global Engineering Education, Mar. 2015.

2014年度(平成26年度) / 報告書

(なし)

2015年度(平成27年度)

article.{@.date="20150400 20160399" @.organization=\E{124873}}

2015年度(平成27年度) / 著書

(なし)

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Ashok Datir, Pankaj M. Koinkar and Sanjay Chakane : Effects of Heat Annealing on the Gas Sensing Properties of Spin Coated Unsubstituted Copper Phthalocyanine Films, Advanced Materials Research, Vol.1110, 241-245, 2015.
2)Pritee M. Raotole, Pankaj M. Koinkar, Bhavana Joshi and S. R. Patil : Corrosion protective poly(aniline-co-o-anisidine) coatings on mild steel, Journal of Coatings Technology and Research, Vol.12, No.4, 757-766, 2015.
3)Sandip S. Patil, Kashmira V. Harpale, Akansha D. Shinde, Ruchita T. Khare, Pankaj M. Koinkar and Mahendra A. More : Facile synthesis of cadmium sulphide-polyaniline (CdS-PANI) nanocomposite and its field emission investigations, Journal of Polymer Research, Vol.22, No.113, 1-8, 2015.
4)R. N. Shaikh, M. D. Shirsat, Pankaj M. Koinkar and S.S. Hussaini : Effect of l-cysteine on optical, thermal and mechanical properties of ADP crystal for NLO application, Optics and Laser Technology, Vol.69, 8-12, 2015.
5)Fuji Ren, XIN KANG and Changqin Quan : Examining Accumulated Emotional Traits in Suicide Blogs with an Emotion Topic Model, IEEE Journal of Biomedical and Health Informatics, Vol.20, No.5, 1384-1396, 2015.
6)Pankaj M. Koinkar, Sandip S. Patil, Toshihiro Moriga and Mahendra A. More : Electrochemical Synthesis of Conducting Polypyrrole Film on Tin Substrate: Structural, Chemical and Field Emission Investigations, Journal of Nano Research, Vol.36, 44-50, 2016.

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2015年度(平成27年度) / 学術レター

(なし)

2015年度(平成27年度) / 総説・解説

(なし)

2015年度(平成27年度) / 国際会議

1)Pankaj M. Koinkar : Field Emission Behavior of Electrochemically Synthesized Polypyrrole, International Forum on Advanced Functional Materials and Polymer Materials, Qingdao, China, May 2015.
2)XIN KANG, Yunong Wu and Zhang Zhifei : Learning Salient Samples and Distributed Representations for Topic-Based Chinese Message Polarity Classification, Computational Linguistics, 68-73, Beijing, Jul. 2015.
3)Pankaj M. Koinkar, Sandip Patil, Toshihiro Moriga and Mahendra A. More : Study of Field Emission Characteristics of Polypyrrole Deposited on Tin Substrate using Electrochemical Synthesis, International Symposium on Nano Science and Technology 2015 (ISNST), Tainan, Taiwan, Oct. 2015.
4)Pankaj M. Koinkar and Toshihiro Moriga : Global Engineering Education through International Cooperation and Exchange Programs at Tokushima University, ACEE2015, 5th Asian Conference on Engineering Education, Dalian, China, Nov. 2015.
5)Pankaj M. Koinkar : Preparation and Electron Field Emission characteristics of Conducting Polymer Nanocomposites, International Conference on Functional Materials and Microwaves (ICFMM-2015), Aurangabad (MS), India, Dec. 2015.

2015年度(平成27年度) / 国内講演発表

(なし)

2015年度(平成27年度) / 作品等

(なし)

2015年度(平成27年度) / その他・研究会

1)Pankaj M. Koinkar : Introduction to Japan : Higher Education System, Department of Instrumentation Engineering, N.D.M.V.P's K.B.T. College of Engineering, Jan. 2016.
2)Pankaj M. Koinkar and Toshihiro Moriga : ダブルディグリープログラムの開発と実施の取組み, 工学教育シンポジウム2016(SEE2016), Mar. 2016.
3)Pankaj M. Koinkar and Toshihiro Moriga : Cooperative Learning Experience through Double Degree Program, International Symposium on Global Engineering Education, Mar. 2016.
4)Pankaj M. Koinkar and Toshihiro Moriga : Structural and field emission properties of conducting polymer nanostructures, Sakura exchange Program in Materials Science, Mar. 2016.
5)Pankaj M. Koinkar : Research Opportunities in Japanese Universities, Chandmal Tarachand Bora College, Mar. 2016.
6)Pankaj M. Koinkar : Advanced Technical and Vocational Training Program in Japan, Dr. Babasaheb Ambedkar Marathwada University, Mar. 2016.

2015年度(平成27年度) / 報告書

(なし)