RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel.
期間: 2006.4〜2018.3

2004年度(平成16年度)

2004年度(平成16年度) / 著書

1)橋本 親典 : コンクリート混和材料ハンドブック, 日本材料学会, 東京, 2004年4月.
2)前田 拓也 : 界面活性剤に対する微生物のストレス応答, サイエンスフォーラム, 東京, 2004年5月.
3)野地 澄晴, 佐藤 矩行, 倉谷 滋, 長谷部 光泰 : 進化学, --- 発生と進化 ---, 岩波書店, 東京, 2004年6月.
4)森井 昌克 : プロフェッショナル英和辞典 物質·工学編, 小学館, 東京, 2004年7月.
5)毛利 公美 : プロフェッショナル英和辞典 スペッド テラ(物質·工学編), 小学館, 東京, 2004年7月.
6)SPED TERRA編集委員会, 村田 明広 : プロフェッショナル英和辞典スペッドテラ, --- 「メランジュ」ほか300項目 ---, 小学館, 東京, 2004年7月.
7)木下 栄蔵 他, 山中 英生 : 参加型社会の決め方, --- 公共事業における集団意思決定 ---, 近代科学社, 東京, 2004年7月.
8)橋本 親典, 岡田 清, 笠井 芳夫, 池永 博威, 笠井 哲郎, 飛内 圭之, 加賀 秀治, 河辺 伸二, 露木 尚光 : 平成16年版 コンクリート技士合格必携, --- 試験問題と解答・解説 ---, 株式会社 技術書院, 東京, 2004年7月.
9)橋本 親典, 岡田 清, 笠井 芳夫, 池永 博威, 笠井 哲郎, 飛内 圭之, 加賀 秀治, 河辺 伸二, 露木 尚光 : 平成16年版 コンクリート主任技士合格必携, --- 試験問題と解答・解説 ---, 株式会社 技術書院, 東京, 2004年7月.
10)Kenji Kita, Yasuhiko Kato, Takashi Omoto and Yoneo Yano : Corpus Linguistics: Readings in a Widening Discipline, --- Automatically Extracting Collocations from Corpora for Language Learning ---, Continuum International Publishing, London, Aug. 2004.
11)Eiji Kanezaki : Silver Incorporation at the Interlayer Gallery Region of a Layered Double Hydroxide Intercalated with Thiosulfate Anion, Kluwer Academic Publishers, New York, Aug. 2004.
12)Hitoshi Tokushige, Jun Asatani, Marc Fossorier and Tadao Kasami : Selection Method of Test Patterns in Soft-input and Output Iterative Bouunded Distance Decoding Algorithm, Birkhauser, Basel, Aug. 2004.
13)村上 理一, 他59名 : エレクトロニクス用カーボン技術大全集, 株式会社 技術情報協会, 東京, 2004年8月.
14)日本地質学会 地質学用語集編集委員会, 村田 明広 : 地質学用語集, --- 構造地質学用語の英和·和英の選定·調整および総括編集 ---, 共立出版株式会社, 東京, 2004年9月.
15)Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hironobu Ohmatsu, Masahiko Kusumoto, Ryutaro Kakinuma, Kouzou Yamada, Kiyoshi Mori, Hiroyuki Nishiyama, Kenji Eguchi, Masahiro Kaneko and Noriyuki Moriyama : Pulmonary nodule classification based on nodule retrieval from 3-D thoracic CT image database, Medical Image Computing and Computer Assisted Intervention, Lecture Notes in Computer Science(pp.838-846), Springer-Verlag, Sep. 2004.
16)Hong. S.K. et al. (eds.) and Mahito Kamada : Ecological Issues in a Changing World, --- Status, Response and Strategy ---, Kluwer Academic Publishers, Dordrecht, Oct. 2004.
17)森井 昌克 : 食の安全性, --- トレーサビリティ ICタグの先端技術 ---, 東京教育情報センター, 東京, 2004年10月.
18)三澤 弘明, 松尾 繁樹 : ナノ粒子·マイクロ粒子の最先端技術, 株式会社 シーエムシー出版, 2004年10月.
19)Hidetaka Umehara, Chikanori Hashimoto and Koji Takewaka : JSCE Standards on test method for diffusion coefficient of chloride ion in concrete, Japan Society of Civil Engineers, Tokyo, Nov. 2004.
20)砂防学会(編), 鎌田 磨人 : 改訂 砂防用語集, 山海堂, 東京, 2004年12月.
21)橋本 親典, 小林 一輔, 奥村 忠彦, 嵩 英雄, 出頭 圭三, 辻 幸和, 檜垣 勇, 松岡 康訓, 山崎 庸行 : コンクリート実務便覧, 株式会社 オーム社, 東京, 2004年12月.
22)Eiji Kanezaki : Preparation of Layered Double Hydroxides, --- Synthetic clays:Synthesis and pplication ---, Elsevier Science, London, Dec. 2004.
23)大内 淑代 : 線維芽細胞増殖因子,予防医学事典, 松島綱治·酒井敏行·石川晶·稲寺秀邦編, 朝倉書店, 東京, 2005年.
24)大内 淑代 : 網膜発生分化の分子機構,発生システムのダイナミックス,野地·上野編, 共立出版株式会社, 2005年.
25)Takao Hanabusa, Kenji Suzuki and Koichi Akita : Standard Method for X-Ray Stress Measuerment, The Society of Materials Science,Japan, Kyoto, 2005.
26)曾田 紘二, 樫田 美雄, 杉山 茂, 野村 昌弘, 北 研二, 山本 真由美, 前田 朋彦 : レポート作成指導ハンドブック, --- 徳島大学FD推進ハンドブック.第3号,第9巻 ---, 大学開放実践センター, 徳島, 2005年1月.
27)森田 秀芳, 若泉 誠一, 宮田 政徳, 桂 修治, 森 健治, 中條 信義, 樋口 富彦, 原口 雅宣, 大橋 眞, 松浦 健二 : 授業改善のための実例集ハンドブック, 大学開放実践センター, 徳島, 2005年1月.
28)山寺 喜成, 望月 秋利, 奥田 憲司, 紙谷 光俊, 笹谷 政弘 : 緑化工法に関する資料, 奈良県生活環境部風致保全課, 奈良, 2005年1月.
29)日置 善郎 : 場の量子論 [ 改訂版 ], --- 摂動計算の基礎 ---, 吉岡書店, 京都, 2005年2月.
30)Kiyoshi Inoue, Takao Takeuchi and Akihiro Kikuchi : Progress of Nb-Based Superconductors, 前田印刷, Tsukuba, Feb. 2005.
31)杉山 茂, 215名共同執筆 : 改訂4版 化学工学辞典, 丸善 株式会社, 東京, 2005年3月.
32)高麗 寛紀 : 防菌·防黴剤の開発と展望(分担), 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2005年3月.
33)村上 仁士 : いざというときの!防災ハンドブック,2005年度版, (株)エフエム徳島, 徳島, 2005年3月.
34)出村 克宣, 上田 隆雄 : コンクリート診断技術'05, --- 7章 対策·補修·補強工法 ---, 社団法人 日本コンクリート工学協会, 東京都, 2005年3月.
35)山中 英生 : 交通工学ハンドブック2005, 社団法人 交通工学研究会, 東京, 2005年3月.
36)大西 徳生 : パワーエレクトロニクス, 株式会社 オーム社, 東京, 2005年3月.
37)高麗 寛紀 : 生物工学ハンドブック(分担), 株式会社 コロナ社, 東京, 2005年3月.
38)村上 理一, 金 允海, 楠川 量啓 : 材料の強度と破壊と基礎, 西日本法規出版, 岡山, 2005年3月.
39)香田 温人, 小野 公輔 : 初歩からの複素解析, 学術図書出版社, 東京, 2005年3月.
40)望月 秋利, 上野 勝利, 西山 賢一, 吉村 洋 : 第4章 徳島県における地盤情報DBの構築について, 四国支部, 高松, 2005年3月.
41)辻 幸和, 橋本 親典, 他7名 : 土木材料実験指導書 2005年改訂版 土木学会コンクリート委員会編, 社団法人 土木學會, 東京, 2005年3月.
42)梅原 秀哲, 橋本 親典, 他29名 : 2005年制定コンクリート標準示方書[規準編], 社団法人 土木學會, 東京, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Hisashi Ueta, Hideko Nagasawa, Yuriko Oyabu-Manabe, Kazunori Toida, Kazunori Ishimura and Hitoshi Hori : Localization of enolase in synaptic plasma membrane as an alpha gamma heterodimer in rat brain., Neuroscience Research, Vol.48, No.4, 379-386, 2004.
2)Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba and Toshihisa Ohshima : Gene and primary structures of dye-linked L-proline dehydrogenase from the hyperthermophilic archaeon Thermococcus profundus show the presence of a novel heterotetrameric amino acid dehydrogenase complex, Extremophiles, Vol.8, No.2, 99-108, 2004.
3)Mohammad W Bhuiya, Haruhiko Sakuraba, Kazunari Yoneda, Toshihisa Ohshima, Takahito Imagawa, Nobuhiko Katunuma and Hideaki Tsuge : Crystallization and preliminary X-ray diffraction analysis of the hyperthermostable NAD-dependent glutamate dehydrogenase from Pyrobaculum islandicum, Acta Crystallographica. Section D, Biological Crystallography, Vol.60, No.4, 715-717, 2004.
4)Takeshi Watanabe, Takashi Morita, Chikanori Hashimoto and Masayasu Ohtsu : Detecting voids in reinforced concrete slab by SIBIE, Construction and Building Materials, Vol.18, No.3, 225-231, 2004.
5)Hitoshi Hori, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Kazuto Ohkura, Kenneth L. Kirk, Yoshimasa Uehara and Mariko Shimamura : Design of Hypoxia-Trageting Protein Tyrosine Kinase Inhibitor using an innovative pharmacophore 2-methylene-4-cyclopentene-1,3-dione, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1697, No.1-2, 29-38, 2004.
6)Kikuo Tominaga, Hidenori Fukumoto, Kumiko Kondo, Yukako Hayashi, Kei-ichiro Murai, Toshihiro Moriga and Ichiro Nakabayashi : Al-impurity-doped Transparent Conductive Oxide Films of In2O3-ZnO System, Vacuum, Vol.74, No.3-4, 683-687, 2004.
7)林 高弘, 池田 隆, 西野 秀郎 : ガイド波非対称モードの抽出, 非破壊検査, Vol.53, No.4, 223-229, 2004年.
8)Ayuko Takao, Hideaki Nagamune and Nobuko Maeda : Identification of the anginosus group within the genus Streptococcus using polymerase chain reaction, FEMS Microbiology Letters, Vol.233, No.1, 83-89, 2004.
9)Masahide Yamaguchi, Atsushi Iga, Kaoru Ishikawa, Daishiro Wada, Kiyoaki Yoshii and Osamu Sueda : A Study of the Merits of a Battery Combined Photovoltaic Generation System for a Residential House, Electrical Engineering in Japan, Vol.147, No.4, 20-31, 2004.
10)Tsuneyuki Sato, Naoki Higashida, Tomohiro Hirano and Makiko Seno : Initiator-fragment incorporation radical copolymerization of divinylbenzene and N-isopropylacrylamide with dimethyl 2,2'-azobisisobutyrate: Formation of soluble hyperbranched polymer nanoparticle, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.42, No.7, 1609-1617, 2004.
11)Toshiaki Kondo, Kazuhiko Yamasaki, Saulius Juodkazis, Shigeki Matsuo, Vygantas Mizeikis and Hiroaki Misawa : Three-dimensional microfabrication by femtosecond pulses in dielectrics, Thin Solid Films, Vol.453-454, No.0, 550-556, 2004.
12)Yoko Uwate, Yoshifumi Nishio and Akio Ushida : Markov Chain Modeling of Intermittency Chaos and its Application to Hopfield NN, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E87-A, No.4, 774-779, 2004.
13)Zonghuang Yang, Yoshifumi Nishio and Akio Ushida : Generation of Various Types of Spatio-Temporal Phenomena in Two-Layer Cellular Neural Networks, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E87-A, No.4, 864-871, 2004.
14)Yoko Uwate, Yoshifumi Nishio, Tetsushi Ueta, Tohru Kawabe and Tohru Ikeguchi : Performance of Chaos and Burst Noises Injected to the Hopfield NN for Quadratic Assignment Problems, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E87-A, No.4, 937-943, 2004.
15)久保 智裕 : 遅れ型むだ時間を含む不確かな線形システムのLQR性保証制御, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.124, No.4, 989-994, 2004年.
16)越智 真治, 高木 均 : 一方向強化グリーンコンポジットの生分解挙動, 材料, Vol.53, No.4, 454-458, 2004年.
17)寺田 賢治, 宮原 宏幸, 新居 康俊 : オプティカルフローを用いた火災煙の検出, 電気学会論文誌D (産業応用部門誌), Vol.124, No.4, 238-246, 2004年.
18)Sunao Miyauchi, Hironori Horiguchi, Junichiro Fukutomi and Akihiro Takahashi : Optimization of Meridional Flow Channel Design of Pump Impeller, International Journal of Rotating Machinery, Vol.10, No.1, 115-119, 2004.
19)Shuichi Hashimoto : Fluorescence microscopy investigation on the manipulation of guest species in zeolites, Research on Chemical Intermediates, Vol.30, No.2, 163-179, 2004.
20)Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Secure information display with limited viewing zone by use of multi-color visual cryptography, Optics Express, Vol.12, No.7, 1258-1270, 2004.
21)Kiyoshi Inoue, Akihiro Kikuchi, Yasuo Iijima, Nobuya Banno and Takao Takeuchi : Development of Rapidly Heated and Quenched Nb3Ga Wire, Superconductor Science and Technology, Vol.17, No.5, S311-S314, 2004.
22)Shintaro Nakayama, T. Yamagata, H. Akimune, M. Fujiwara, Ken-Ichi Fushimi, M.B. Greenfield, K. Hara, K.Y. Hara, H. Hashimoto, K. Ichihara, K. Kawase, Y. Matsui, K. Nakanishi, M. Sakama, M. Tanaka and M. Yosoi : Trinucleon cluster structures in 6Li, Physical Review C, Nuclear Physics, Vol.69, No.4, 041304(R)-1-041304(R)-4, 2004.
23)T. Yamagata, Shintaro Nakayama, H. Akimune, M. Fujiwara, Ken-Ichi Fushimi, M.B. Greenfield, K. Hara, K.Y. Hara, H. Hashimoto, K. Ichihara, K. Kawase, M. Kinoshita, Y. Matsui, K. Nakanishi, M. Tanaka, H. Utsunomiya and M. Yosoi : Excitations of the alpha cluster in A=6 and 7 nuclei, Physical Review C, Nuclear Physics, Vol.69, No.4, 044313-1-044313-8, 2004.
24)Toshi Otsuki, Farao Zhang, Hiroshi Kabeya and Takahiro Hirotsu : Synthesis and Tensile Properties of a Novel Composite of Chlorella and Polyethylene, Journal of Applied Polymer Science, Vol.92, No.2, 812-816, 2004.
25)鍋島 康之, 望月 秋利, 東海林 宏樹 : 地盤の液状化による地震被害の緩和効果に関する検討, 地下水技術, Vol.46, No.4, 25-33, 2004年.
26)Takeshi Mori, Yasuhisa Fukuda, Hirokazu Okamura, Keiji Minagawa, Seizo Masuda and Masami Tanaka : Thermosensitive copolymers having soluble and insoluble monomer units, poly(N-vinylacetamide-co-methyl acrylate)s: Effect of additives on their lower critical solution temperatures, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.42, No.11, 2651-2658, 2004.
27)Takuo Nagamachi, Yoshitomi Onoda, Sadao Kimura and Takeo Kitawaki : Cross-Sectional Shapes of Corner Zones of Hexagonal Steel Pipes Formed by Extroll-Forming Mill with Expanding Inner Idler Rolls, Materials Transactions, Vol.45, No.4, 1328-1334, 2004.
28)Takuo Nagamachi, Yoshitomi Onoda, Eiji Wakamatsu, Takaaki Toyooka, Takuya Nagahama and Nobuhiko Morioka : Effect of Pass Schedule on Cross-Sectional Shapes of Circular Seamless Pipes Reshaped into Square Shapes by Hot Roll Sizing Mill, Materials Transactions, Vol.45, No.4, 1322-1327, 2004.
29)池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 : 適応観測器を用いた連続時間モデル同定, 計測自動制御学会論文集, Vol.40, No.4, 415-423, 2004年.
30)Kenichi Yoshida, Yoshiaki Akematsu, Kiyoshi Sakamaki and Keitaro Horikawa : EFFECT OF PINHOLE SHAPE WITH DIVERGENT EXIT ON AE CHARACTERISTICS DURING GAS LEAK, Journal of Acoustic Emission, Vol.21, 223-229, 2004.
31)Toshihide Horikawa, Jun'ichi Hayashi and Katsuhiko Muroyama : Controllability of pore characteristics of resorcinol-formaldehyde carbon aerogel, Carbon, Vol.42, No.8-9, 1625-1633, 2004.
32)Tomoko Sumitomo, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Bacterioclastic Action of a Bis-Quaternary Ammonium Compound against Escherichia coli, Biocontrol Science, Vol.9, No.1,2, 1-9, 2004.
33)Hideaki Otsuka, Yoshio Takeda, Eiji Hirata, Takakazu Shinzato and Masahiko Bando : Glochidiolide, isoglochidiolide, acuminaminoside, and glochidacuminosides A-D from the leaves of Glochidion acuminatum MUELL., Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.52, No.5, 591-596, 2004.
34)Kaoru Ohya, Yoshihiko Nakayama, Yoshitaka Hamada, Tetsuo Tanabe, Andreas Kirschner, Volker Philipps and Nobuaki Noda : Modeling of Material Mixing Effects on Plasma Surface Interactions in Magnetic Fusion Devices, Physica Scripta, Vol.T111, 138-144, 2004.
35)Elbert M. E. Chia, M. B. Salamon, Hitoshi Sugawara and Hideyuki Sato : Probing the superconducting gap symmetry of PrRu4Sb12: A comparison with PrOs4Sb12, Physical Review B, Condensed Matter and Materials Physics, Vol.69, No.18, 180509(R)-1-180509(R)-4, 2004.
36)Terutaka Goto, Yuichi Nemoto, Kazuhiro Sakai, Takashi Yamaguchi, Mitsuhiro Akatsu, Tatsuya Yanagisawa, Hirofumi Hazama, Kei Onuki, Hitoshi Sugawara and Hideyuki Sato : Quadrupolar effect and rattling motion in the heavy-fermion superconductor PrOs4Sb12, Physical Review B, Condensed Matter and Materials Physics, Vol.69, No.18, 180511(R)-1-180511(R)-4, 2004.
37)Yoshiki Nakanishi, Tomoyuki Kumagai, Masafumi Oikawa, Tomoyuki Kanayama, Yuji Aoki, Hitoshi Sugawara, Hideyuki Sato and Masahito Yoshizawa : Elastic behavior and 4f ground state of Pr ions in PrxLa1-xFe4P12, Journal of Magnetism and Magnetic Materials, Vol.272-276, No.Part 1, 70-71, 2004.
38)K. Izawa, Y. Nakajima, Jin Goryo, Y. Matsuda, Syuji Osaki, Hitoshi Sugawara, Hideyuki Sato, P. Thalmeier and Kazumi Maki : Observation of a symmetry change in the gap function in heavy-fermion superconductor PrOs4Sb12, Journal of Magnetism and Magnetic Materials, Vol.272-276, No.Part 1, 144-145, 2004.
39)Hiroyuki Tsujii, Costel R. Rotundu, Yasumasa Takano, Bohdan Andraka, Yuji Aoki, Hitoshi Sugawara and Hideyuki Sato : Specific heat of PrOs4Sb12 in magnetic fields, Journal of Magnetism and Magnetic Materials, Vol.272-276, No.Part 1, 173-174, 2004.
40)Masaharu Matsunami, Hidekazu Okamura, Takao Nanba, Hitoshi Sugawara and Hideyuki Sato : Optical properties of the filled skutterudites CeT4Sb12 (T=Fe, Ru, Os), Journal of Magnetism and Magnetic Materials, Vol.272-276, No.Supplement 1, E41-E42, 2004.
41)Mamoru Yogi, Hisashi Kotegawa, Guo-gin Zengu, Yoshio Kitaoka, Shuji Osaki, Hitoshi Sugawara and Hideyuki Sato : Sb-NQR study of the "Kondo semiconductor" CeOs4Sb12, Journal of Magnetism and Magnetic Materials, Vol.272-276, No.Supplement 1, E45-E46, 2004.
42)Nobuyuki Kurita, Masato Hedo, Yoshiya Uwatoko, Miki Kobayashi, Hitoshi Sugawara, Hideyuki Sato and Nobuo Môri : Pressure-dependent electrical resistivity of the filled skutterudite compound CeRu4Sb12, Journal of Magnetism and Magnetic Materials, Vol.272-276, No.Supplement 1, E81-E82, 2004.
43)Naoto Metoki, Koji Kaneko, Shingo Araki, Masahumi Kohgi, Kazuaki Iwasa, Kitaro Kuwahara, Nick Bernhoeft, Jean-Michel Mignot, Arsen Gukasov, Hideyuki Sato, Yuji Aoki and Hitoshi Sugawara : Neutron scattering study on the field-induced antiferro-quadrupolar ordering in the heavy fermion superconductor PrOs4Sb12, Journal of Magnetism and Magnetic Materials, Vol.272-276, No.Supplement 1, E91-E92, 2004.
44)Hitoshi Sugawara, Miki Kobayashi, Eiich Kuramochi, Shuji Osaki, Shanta R. Saha, Takahiro Namiki, Yuji Aoki and Hideyuki Sato : High field magnetoresistance in CeOs4Sb12, Journal of Magnetism and Magnetic Materials, Vol.272-276, No.Supplement 1, E115-E116, 2004.
45)Miki Kobayashi, Hitoshi Sugawara, Shanta Ranjan Saha, Takahiro Namiki, Hideyasu Fujiwara, Yuji Aoki and Hideyuki Sato : Flux-flow resistivity in the heavy fermion superconductor PrOs4Sb12, Journal of Magnetism and Magnetic Materials, Vol.272-276, No.Supplement 1, E165-E166, 2004.
46)Takashi Tayama, Toshiro Sakakibara, Hitoshi Sugawara, Yuji Aoki and Hideyuki Sato : Magnetization study of the heavy fermion superconductor PrOs4Sb12, Journal of Magnetism and Magnetic Materials, Vol.272-276, No.Supplement 1, E183-E185, 2004.
47)Lijie Hao, Kazuaki Iwasa, Keitaro Kuwahara, Shanta Ranjan Saha, Hitoshi Sugawara, Yuji Aoki, Hideyuki Sato, Chihiro Sekine, C. H. Lee and Hisatomo Harima : Crystal-lattice modulation of the metal insulator transition system PrRu4P12 studied by X-ray diffraction, Journal of Magnetism and Magnetic Materials, Vol.272-276, No.Supplement 1, E271-E272, 2004.
48)Shanta Ranjan Saha, Hitoshi Sugawara, Takahiro Namiki, Miki Kobayashi, Yuji Aoki and Hideyuki Sato : Anomalous transport properties in PrRu4P12 single crystal, Journal of Magnetism and Magnetic Materials, Vol.272-276, No.Supplement 1, E317-E318, 2004.
49)関川 宗久, 三好 徹哉, 西尾 芳文, 稲葉 直彦 : 対称性をもつある強制回路に発生する周期窓, 電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J87-A, No.5, 606-616, 2004年.
50)Toshiki Endo, Shingo Kuroiwa and Satoshi Nakamura : Missing Feature Theory Applied to Robust Speech Recognition over IP Network, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E87-D, No.5, 1119-1126, 2004.
51)石垣 衛, 上嶋 英機, 上月 康則, 吉村 直孝, 宇都宮 隆司, 村上 仁士 : 閉鎖性水域への流況制御技術の適用と流速場の変化に対する付着生物群集の応答の研究, 土木学会論文集, Vol.762, No.31, 21-32, 2004年.
52)Norio Baba and Yoshio Mogami : A New Learning Algorithm for the Hierarchical Structure Learning Automata Operating in the General Multiteacher Environment, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E87-D, No.5, 1208-1213, 2004.
53)松本 高志, 千葉 敦生, 庄倉 克彦, 池田 英広, 伊坂 勝生 : 表面電荷法と有限要素法による非接地人体モデル内の誘導電流密度解析, 電気学会論文誌, Vol.124, No.5, 778-784, 2004年.
54)Min Wu, Yoshiaki Yuguchi, Takako Kumagai, Takashi Endo and Takahiro Hirotsu : Nano-complex formation of cyclodextrin and azobenzene using supercritical carbon dioxide, Chemical Communications, No.11, 1288-1289, 2004.
55)Hongchun Liu, Akira Yamaguhi, Masayuki Hayashida, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Construction of DNA-Au Nanoparticles Multilayer and Its Application to Detection of DNA Hybridization, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.43, No.5A, 2767-2770, 2004.
56)橋本 強二, 今枝 正夫, 内田 正教, 富澤 仁貴 : 2自由度制御器とニューラルネットワーク補償器を併用した空気圧サーボ系の設計, 日本フルードパワーシステム学会論文集, Vol.35, No.3, 43-48, 2004年.
57)宮崎 剛行, 田上 稔, 浜 敏雄, 小川 仁, 岡田 達也, 猪子 富久治 : 77Kにおいて<001>方向に引張変形した純度99.999mass%Al単結晶における活動すべり系と<111>軸回転再結晶機構, 日本金属学会誌, Vol.68, No.5, 342-349, 2004年.
58)吹田 義一, 永井 宏和, 新池 修平, 佃 芳行, 寺嶋 昇, 藤澤 正一郎, 増渕 興一, 今川 吉郎, 山下 雅弘 : アルミニウム合金の真空中でのGHTA溶接現象, 溶接学会論文集, Vol.22, No.2, 218-223, 2004年.
59)山口 佳子, 高木 史典, 山下 健一, 清水 肇, 前田 英明, 外輪 健一郎, 草壁 克己, 山崎 吉一, 諸岡 成治 : 屈曲構造を持つマイクロ流路における流体挙動とそのシミュレーション, 化学工学論文集, Vol.30, No.3, 341-345, 2004年.
60)清田 正徳, 森岡 斎, 松浦 大介 : 小径垂直管内における水/臭化リチウム系の水蒸気吸収について, 日本機械学会論文集(B編), Vol.70, No.693, 1279-1284, 2004年.
61)Satoko Tezuka, Ramesh Chitrakar, Akinari Sonoda, Kenta Ooi and Tahei Tomida : Studies on selective adsorbents for oxo-anions. Nitrate ion-exchange properties of layered double hydroxides with different metal atoms, Green Chemistry, Vol.6, No.2, 104-109, 2004.
62)Ryoko Buma, Takuya Maeda, Yuko Marutaka, Masaharu Kamei, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Vectorial capacity of larvae pupae and adult of housefly (Musca domestica) for Escherichia coli 0157:H7 and the possibility of transmission from source to human, Medical Entomology and Zoology, Vol.55, No.2, 95-106, 2004.
63)YUE MA, Hiroshi Kawakami and Chi K. Tse : Bifurcation analysis of switched dynamical systems with periodically moving borders, IEEE Transactions on Circuits and Systems I: Regular Papers, Vol.51, No.6, 1184-1193, 2004.
64)Katsuki Kusakabe, Ken-Ichiro Sotowa, Tomokazu Eda and Yuji Iwamoto : Methane steam reforming over Ce-ZrO2-supported noble metal catalysts at low temperature, Fuel Processing Technology, Vol.86, No.3, 319-326, 2004.
65)Fumio Shibao, Byeong-Heon Jeong, Yasuhisa Hasegawa, Ken-Ichiro Sotowa and Katsuki Kusakabe : Gas Permeation Through Metal-Loaded Yttrium Doped Zirconia Membranes, Separation Science and Technology, Vol.39, No.6, 1259-1265, 2004.
66)Yoshiaki Yuguchi, Takako Kumagai, Min Wu, Takahiro Hirotsu and Jun Hosokawa : Gelation of xyloglucan in water/alcohol systems, Cellulose, Vol.11, No.2, 203-208, 2004.
67)Toshiaki Arao, Mitsuaki Asakura, Yoshihisa Suzuki, Katsuhiro Tamura, Arihide Okamoto, Hiroyuki Inubushi and Michihiro Miki : Bioassay of various pesticides by microcalorimetry measuring the metabolic heat of yeast, Environmental Sciences, Vol.11, No.6, 303-312, 2004.
68)Sezik Ekrem, Erdem Yesilada, Hüsnitdin Shadidoyatov, Zeynullah Kulivey, Alim M. Nigmatullaev, Aripov N. Hamdulla, Yoshihisa Takaishi, Yoshio Takeda and Gisho Honda : Folk medicine in Uzbekistan: I. Toshkent, Djizzax, and Samarqand provinces, Journal of Ethnopharmacology, Vol.92, No.2-3, 197-207, 2004.
69)Mariko Ago, Takashi Endo and Takahiro Hirotsu : Crystalline transformation of native cellulose from cellulose I to cellulose ID polymorph by a ball-milling method with a specific amount of water, Cellulose, Vol.11, No.2, 163-167, 2004.
70)阪間 稔, 伏見 賢一, 中山 信太郎, 桑折 範彦, 山下 彩 : 環境中のラドン,トロン及びその子孫核種の動態調査研究, 放射線生物研究, Vol.39, No.2, 201-212, 2004年.
71)伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 福見 稔, 赤松 則男 : 脳波の個人特性を考慮した脳波分析法の提案, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.124-C, No.6, 1259-1266, 2004年.
72)Akihiro Murayama, Eizi Nakayama, Takuro Tomita, Izuru Souma and Yasuo Oka : Interface magnetic properties of MnSe digitally doped in ZnSe-based quantum wells, Journal of Applied Physics, Vol.95, No.11, 7408-7410, 2004.
73)Masao Takagi, Masaki Hashizume, Masahiro Ichimiya, Hiroyuki Yotsuyanagi and Takeomi Tamesada : Lead Open Detection Based on Supply Current of CMOS LSIs, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E87-A, No.6, 1330-1337, 2004.
74)Masaki Hashizume, Teruyoshi Matsushima, Takashi Shimamoto, Hiroyuki Yotsuyanagi, Takeomi Tamesada and Akio Sakamoto : Genetic State Reduction Method of Incompletely Specified Machines, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E87-A, No.6, 1555-1563, 2004.
75)越智 真治, 高木 均 : 竹繊維および麻繊維で強化した生分解性複合材料の力学特性に及ぼす加熱処理の影響, 材料, Vol.53, No.6, 673-677, 2004年.
76)堀口 祐憲, 新井 宗平, 福富 純一郎, 中瀬 敬之, 辻本 良信 : インデューサに生じるキャビテーションの準三次元解析, 日本機械学会論文集(B編), Vol.70, No.694, 1450-1458, 2004年.
77)Erwin Bruening and Shigeaki Nagamachi : Relativistic quantum field theory with a fundamental length, Journal of Mathematical Physics, Vol.45, No.6, 2199-2231, 2004.
78)Xiaoxiao Bai, Qinyu Zhang, Yohsuke Kinouchi and Tadayoshi Minato : Multi-dipole sources identification from EEG topography using system identification method, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E87-D, No.6, 1566-1574, 2004.
79)Takao Ueda, Kenji Nagao and Masanobu Ashida : Electrochemical Chloride Removal from Concrete Containing Admixture Minerals, Proceedings of the Fourth International Conference on Concrete Under Severe Conditions, Vol.2, 1481-1488, 2004.
80)Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa and Kikuo Tominaga : Measurement of crystal orientation and residual stress in GaN film deposited by RF sputtering with powder target, Vacuum, Vol.74, No.3-4, 613-618, 2004.
81)Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Tatsuya Matsue, Masayuki Nishida, Osami Sakata and Toshiki Sato : Evaluation of internal stresses in TiN thin films by synchrotron radiation, Vacuum, Vol.74, No.3-4, 571-575, 2004.
82)Takao Hanabusa, Tatsuya Matsue and Yasukazu Ikeuchi : Dependence to processing conditions of structure in TiN films deposited by arc ion plating, Vacuum, Vol.74, No.3-4, 647-651, 2004.
83)加治 芳雄, 芥川 正武, 七條 文雄, 木内 陽介, 永廣 信治 : 術中脳活動リアルタイム解析ソフトウェアの開発, 生体医工学, Vol.42, No.2, 41-47, 2004年.
84)Hideki Yamagata, Hiroyuki Miyamoto, Koichi Nakamura, Masahiro Matsumura and Yutaka Itoh : Cu Nuclear Quadrupole Resonance Study of La2-xSrxCu1-yZnyO4 (x=0.10, 0.15 and 0.20):Zn-induced Wipeout Effect near the Magnetic and Electric Instability, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.72, No.7, 1768-1773, 2004.
85)Vygantas Mizeikis, Mikulskas Irmantas, Roland Tomasiunas, Saulius Juodkazis, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Optical Characteristics of Two-Dimensional Photonic Crystals in Anodic Aluminum Oxide Films, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.43, No.6A, 3643-3647, 2004.
86)岩田 哲郎, 今本 洋平, 荒木 勉, 内田 照雄 : キセノンランプの直接電流変調, 分光研究, Vol.53, No.3, 177-181, 2004年.
87)Katsuhiko Ooshita, Tetsuo Inoue, Takashi Sekiguchi, Shin-ichiro Yanagiya and Atsushi Mori : Flux growth of ZnS single crystals and their characterization, Journal of Crystal Growth, Vol.267, No.1-2, 74-79, 2004.
88)Keitaro Kuwahara, Kazuaki Iwasa, Masahumi Kohgi, Koji Kaneko, Shingo Araki, Naoto Metoki, Hitoshi Sugawara, Yuji Aoki and Hideyuki Sato : Magnetic Excitations in Heavy-Fermion Superconductor PrOs4Sb12, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.73, No.6, 1438-1441, 2004.
89)小野 悟, 中野 晋, 太田 昭信, 天羽 誠二, 尾崎 徳彦, 松下 恭司 : 立体防災地図を用いた沿岸防災教育の試行, 海洋開発論文集, Vol.20, 179-184, 2004年.
90)中野 晋, 安藝 浩資, 内田 紘臣, 御前 洋, 川口 始, 小笠 義照 : 四国東部のサンゴ生息海域における環境改善方針についての検討, 海洋開発論文集, Vol.20, 293-298, 2004年.
91)中野 晋, 宇野 宏司, 古川 忠司, 和田 高宏 : 河口干潟における底質変動要因の検討, 海洋開発論文集, Vol.20, 1055-1060, 2004年.
92)Bohdan Grzadkowski, Zenro Hioki, Kazumasa Ohkuma and Jose Wudka : Probing anomalous top-quark couplings induced by dim.6 operators at photon colliders, Nuclear Physics B, Vol.689, No.1-2, 108-126, 2004.
93)兼田 哲男, 石原 国彦 : 部分構造合成法を用いたディスクブレーキ鳴き解析, --- 第1報,現象の理解と解析方法の構築 ---, 日本機械学会論文集(C編), Vol.70, No.694, 1602-1608, 2004年.
94)Takao Shimomura, Takahashi Muneo, Kenji Ikeda and Yoshio Mogami : Visual Design for Server-Side Programs and Program Generation, Transactions of Information Processing Society of Japan, Vol.45, No.7, 1737-1744, 2004.
95)Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Masamitsu Hiraoka, Yoshinori Sakurai, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, Akira Maruhashi, Yuko Kinashi and Koji Ono : Applicability of the 2-Nitroimidazole-sodium borocaptate-10B Conjugate, TX-2060, as a 10B-carrier in Boron Neutron Capture Therapy, Anticancer Research, Vol.24, No.5, 2975-2983, 2004.
96)Eiji Kanezaki, Suminori Tanaka, Kei-ichiro Murai, Toshihiro Moriga, Junko Motonaka, Masahiro Katoh and Ichiro Nakabayashi : Direct Detection of a Phase Change in PdO/CeO2 Supported on χ-Al2O3 by means of in situ High-Temperature Measurements of XRD and FTIR, Analytical Sciences, Vol.20, No.7, 1069-1073, 2004.
97)Raul Morales Salcedo, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Diversifying Resources in Learning Spaces Via Personalized Interfaces, Journal of Advanced Technology for Learning, Vol.1, No.2, 107-114, 2004.
98)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : A design method of bursting using 2-parameter bifurcation diagrams in FitzHugh-Nagumo model, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.14, No.7, 2241-2252, 2004.
99)Tao Wang, J P Parbrook, N C Harrison, Jin-Ping Ao and Yasuo Ohno : Highly improved performance of a 350nm ultraviolet light-emitting diode containing AlxGa1-xN/AlyGa1-yN distributed Bragg reflectors, Journal of Crystal Growth, Vol.267, No.3-4, 583-587, 2004.
100)辛 道勲, 村上 理一, 米倉 大介, 金 允海 : 傾斜対向ターゲット型DCマグネトロンスパッタ法により有機基板に被覆したITO薄膜の光学的および電気的特性に及ぼすスパッタ圧およびワーク電圧の影響, 材料, Vol.53, No.7, 812-817, 2004年.
101)Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Masamitsu Hiraoka, Yoshinori Sakurai, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, Akira Maruhashi, Yuko Kinashi and Koji Ono : The usefulness of 2-nitroimidazole-sodium borocaptate-10B conjugates as10B-carriers in boron neutron capture therapy, Applied Radiation and Isotopes, Vol.61, No.5, 953-958, 2004.
102)Retsuo Kawakami, Tomohisa Shimada, Yoshio Ueda and Masahiro Nishikawa : Simulation Study of Dynamical Material Mixing on Tungsten Surfaces at Elevated Temperatures due to Hydrogen and Carbon Mixed Ion Beam Irradiation, Journal of Nuclear Materials, Vol.329-333, No.0, 737-741, 2004.
103)Takenori Mitani, Retsuo Kawakami and Shuhei Kuriu : Simulation Study of Sputtering Erosion and Impurity Deposition on Carbon and Tungsten Surfaces Irradiated with Deuterium Plasmas Including Carbon Impurity, Journal of Nuclear Materials, Vol.329, No.329-333, 830-835, 2004.
104)Yoshio Ueda, Takahisa Funabiki, Tomohisa Shimada, Retsuo Kawakami and Masahiro Nishikawa : Effects of Carbon Impurity in Fusion Plasmas on Erosion of RAF First Wall, Journal of Nuclear Materials, Vol.329-333, 771-774, 2004.
105)Tomohisa Shimada, Takahisa Funabiki, Retsuo Kawakami, Yoshio Ueda and Masahiro Nishikawa : Carbon Behavior on Tungsten Surface after Carbon and Hydrogen Mixed Beam Irradiation, Journal of Nuclear Materials, Vol.329-333, No.0, 747-751, 2004.
106)Yoshiko Yamaguchi, Fuminori Takagi, Kenichi Yamashita, Hiroyuki Nakamura, Hideaki Maeda, Ken-Ichiro Sotowa, Katsuki Kusakabe, Yoshikazu Yamasaki and Shigeharu Morooka : 3-D simulation and Visualization of Laminar Flow in a Microchannel with Hair-pin Curves, AIChE Journal, Vol.50, No.7, 1530-1535, 2004.
107)Kazuhito Tajima, Shigeru Nakamura, Furukawa A. and Sasaki T. : Hybrid-integrated Symmetric Mach-Zehnder all-optical switches and ultrafast signal processing, IEICE Transactions on Electronics, Vol.87, No.7, 1119-1125, 2004.
108)粟田 工, 橋本 親典, 渡邉 健, 石丸 啓輔 : 現場循環圧送によるフレッシュコンクリートのポンプ圧送性能評価に関する基礎的研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.26, No.1, 1371-1376, 2004年.
109)藤戸 幹大, 吉田 元昭, 橋本 親典, 渡邉 健 : 2軸強制練りミキサの容器形状が練混ぜ性能に与える影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.26, No.1, 1389-1394, 2004年.
110)平塚 和男, 寺石 弘, 橋本 紳一郎, 橋本 親典 : 産業副産物をセメント代替とした即脱成型平板の研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.26, No.1, 1485-1490, 2004年.
111)原田 貴典, 横手 晋一郎, 橋本 親典, 水口 裕之 : 生コンスラッジと回収砂を用いたセメント固化体の強度特性に関する研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.26, No.1, 1689-1694, 2004年.
112)Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka and Osami Sakata : Residual stress and thermal stress observation in thin copper films, Thin Solid Films, Vol.459, No.1-2, 245-248, 2004.
113)柘植 覚, 獅々堀 正幹, 黒岩 眞吾, 北 研二 : Non-negative Matrix Factorizationを用いたベクトル空間情報検索モデルの次元削減手法, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.124, No.7, 1500-1506, 2004年.
114)上田 隆雄, 小笠原 誠一, 芦田 公伸, 七澤 章 : リチウムイオンの電気化学的浸透によるASR膨張抑制に関する検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.26, No.1, 1725-1730, 2004年.
115)庄野 秀, 吉田 幸弘, 上田 隆雄, 芦田 公伸 : CFRP複合電極を用いたデサリネーションによる補強効果に関する検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.26, No.1, 1731-1736, 2004年.
116)Akira Ohgai, Gohnai Yoshimizu, Shinji IKARUGA, Masahiro MURAKAMI and Kojiro WATANABE : Cellular Automata Modeling For Fire Spreading As a Tool to Aid Community-Based Planning for Disaster Mitigation, Recent Advances in Design & Decision Support Systems in Architecture and Urban Planning, 193-209, 2004.
117)上月 康則, 河野 悠大, 大森 稔寛, 竹田 将人, 村上 仁士 : 高炉スラグと人工ゼオライトを原料とした窒素,リン同時吸着可能な多孔質担体を用いた覆砂機能に関する研究, 海洋開発論文集, Vol.20, 965-970, 2004年.
118)石垣 衛, 中村 由行, 上月 康則, 上嶋 英機 : 過栄養化した閉鎖性水域に造成した干潟に作用する物理的撹乱の影響評価, 海洋開発論文集, Vol.20, 1019-1024, 2004年.
119)三好 順也, 上月 康則, 森 正次, 亀田 大悟, 矢間 北斗, 倉田 健悟, 村上 仁士 : 岸壁付帯式テラス型海岸構造物によるムラサキイガイ由来の汚濁負荷削減効果, 海洋開発論文集, Vol.20, 1061-1066, 2004年.
120)Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Tatsuya Matsue, Masayuki Nishida, Osami Sakata and Toshiki Sato : Evaluation of Internal Stresses in Single-, Double- and Multi-Layered TiN and TiAlN Thin Films by Synchrotron Radiation, JSME International Journal, Series A: Solid Mechanics and Material Engineering, Vol.47, No.3, 312-317, 2004.
121)Yutaka Kishimoto, Yu Kawasaki and Takashi Ohno : 11B NMR Study of Magnetism in RRh3B2 (R = La, Ce, Nd, Sm, Eu and Gd), Journal of the Physical Society of Japan, Vol.73, No.7, 1970-1981, 2004.
122)Yu-Huai Liu, Hong-Dong Li, Jin-Ping Ao, Young-Bae Lee, Tao Wang and Shiro Sakai : Influence of undoped GaN layer thickness to the performance of AlGaN/GaN-based ultraviolet light-emitting diodes, Journal of Crystal Growth, Vol.268, No.1-2, 30-34, 2004.
123)Mercedes Alvaro, Belen Ferrer, Hermenegildo Garcia, Shuichi Hashimoto, Masahiro Hiratsuka, Tsuyoshi Asahi and Hiroshi Masuhara : Photochemistry of Charge-Transfer Complexes in a Viologen Periodic Mesoporous Organosilica. From Femtosecond to Minutes Time Evolution, ChemPhysChem, Vol.5, No.7, 1058-1062, 2004.
124)Chiaki Shinohara, Satoshi Kawakami, Toshihiro Moriga, Hiromu Hayashi, Shinya Hidoshima, Yasukazu Saito and Shigeru Sugiyama : Local Structure around Platinum in Pt/C Catalysts Employed for Liquid-phase Dehydrogenation of Decalin in the Liquid-film State under Reactive Distillation Conditions, Applied Catalysis A: General, Vol.266, No.2, 251-255, 2004.
125)大山 啓, 高木 均, 日下 一也, 堀川 敬太郎 : Lego Mindstormsを利用した創造的ものづくり教育とその効果, 工学教育, Vol.52, No.4, 20-24, 2004年.
126)Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa, Kikuo Tominaga and Noriyoshi Yamauchi : Effect of Substrate Temperature on Crystal Orientation and Residual Stress in Radio Frequency Sputtered Gallium-Nitride Films, Journal of Vacuum Science & Technology A, Vol.22, No.4, 1587-1590, 2004.
127)Cheng-Zhe Jin, Hideko Nagasawa, Mariko Shimamura, Yoshihiro Uto, Seiichi Inayama, Yoshio Takeuchi, L. Kenneth Kirk and Hitoshi Hori : Angiogenesis inhibitorTX-1898: synthesis of the enantiomers of sterically diverse haloacetylcarbamoyl-2-nitroimidazole hypoxic cell radiosensitizers, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.12, No.18, 4917-4927, 2004.
128)Toshihiro Moriga, Yukako Hayashi, Kumiko Kondo, Yusuke Nishimura, Kei-ichiro Murai, Ichiro Nakabayashi, Hidenori Fukumoto and Kikuo Tominaga : Transparent Conducting Amorphous Zn-Sn-O Films Deposited by Simultaneous DC Sputtering, Journal of Vacuum Science & Technology A, Vol.22, No.4, 1705-1710, 2004.
129)Hiroyo Segawa, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Fabrication of fine-pitch TiO2-organic hybrid dot arrays using multi-photon absorption of femtosecond pulses, Applied Physics. A, Materials Science & Processing, Vol.79, No.3, 407-409, 2004.
130)Haruhiko Sakuraba, Ryushi Kawakami, Hajime Takahashi and Toshihisa Ohshima : Novel Archaeal Alanine:Glyoxylate Aminotransferase from Thermococcus litoralis, Journal of Bacteriology, Vol.186, No.16, 5513-5518, 2004.
131)Toshiya Masuda, Takuya Kirikihira, Yoshio Takeda and Shigetomo Yonemori : Thermal recovery of antioxidant activity from carnosol quinone, the main antioxidation product of carnosol, Journal of the Science of Food and Agriculture, Vol.84, No.11, 1421-1427, 2004.
132)Yohei Shinmyo, Taro Mito, Takashi Matsushita, Isao Sarashina, Katsuyuki Miyawaki, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : piggyBac-Mediated somatic transformation of the two-spotted cricket, Gryllus bimaculatus (cricket)., Development Growth & Differentiation, Vol.46, No.4, 343-349, 2004.
133)Toshihide Horikawa, Yukari Ono, Jun'ichi Hayashi and Katsuhiko Muroyama : Influence of surface-active agents on pore characteristics of the generated spherical resorcinol formaldehyde based carbon aerogels, Carbon, Vol.42, No.12-13, 2683-2689, 2004.
134)渡邉 健, 橋本 親典, 水口 裕之, 上田 隆雄 : フライアッシュⅣ種混入コンクリートを用いたRCスラブの沈下ひび割れ特性に関する検討, 土木学会論文集, Vol.767, No.64, 131-141, 2004年.
135)スレン ソッキアン, 上野 勝利, 望月 秋利, 岩本 有樹, 今村 眞一郎 : 隣接基礎による砂地盤の変形と支持力, 応用力学論文集, Vol.7, No.1, 65-74, 2004年.
136)Yasuo Iijima, Yuji Yoshida, Akihiro Kikuchi and Kiyoshi Inoue : MgB2 Superconducting Wire Fabricated by Using Mg4Ag as Starting Material, Physica C: Superconductivity, Vol.407, No.1-2, 44-48, 2004.
137)Kaoru Ohya and Tohru Ishitani : Monte Carlo simulation of topographic contrast in scanning ion microscope, Journal of Electron Microscopy, Vol.53, No.3, 229-235, 2004.
138)Takao Hanabusa, Kazuhiro Miyagi and Kazuya Kusaka : X-ray elastic constants of chromium nitride films deposited by arc-ion plating, Journal of Vacuum Science & Technology A, Vol.A22, No.4, 1785-1787, 2004.
139)Wulin Qiu, Takashi Endo and Takahiro Hirotsu : Effect of Degree of Interfacial Chemical Bonds on Tensile Strength of Cellulose/Polypropylene Composites, Transactions of the Materials Research Society of Japan, Vol.29, No.5, 2475-2478, 2004.
140)Yuken Ohmine, Tadaoki Morimoto, Yohsuke Kinouchi, Tadamitsu Iritani, Mieko Takeuchi, Mari Haku and Hiromu Nishitani : Basic study of new diagnostic modality according to non-invasive measurement of the electrical conductivity of tissues, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3,4, 218-225, 2004.
141)Tsuneyuki Sato, Yukiko Arima, Makiko Seno and Tomohiro Hirano : Formation of a soluble hyperbranched polymer via initiator-fragment incorporation radical copolymerization of divinyl adipate and isobutyl vinyl ether, Polymer International, Vol.53, No.8, 1138-1144, 2004.
142)竹内 一喜, 福富 純一郎, 小谷 秀俊, 堀口 祐憲 : クロスフロー風車の性能と内部流れに関する研究, ターボ機械, Vol.32, No.8, 473-481, 2004年.
143)Masao Fuketa, Kazuhiro Morita, Toru Sumitomo, Shinkaku Kashiji, Atlam EL-Sayed and Jun-ichi Aoe : A New Compression Method of Double Array for Compact Dictionaries, International Journal of Computer Mathematics, Vol.81, No.8, 943-953, 2004.
144)Chengjiu Yin, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : JAPELAS: Supporting Japanese Polite Expressions Learning Using PDA(s) Towards Ubiquitous Learning, The Journal of Information and Systems in Education, Vol.3, No.1, 33-39, 2004.
145)Yanlin Zheng, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : A Framework of Context-awareness Support for Collaboration Recommendation in e-Learning Environments, The Journal of Information and Systems in Education, Vol.3, No.1, 40-48, 2004.
146)Yoshiyuki Kidoguchi, Hirofumi Noge and Kei Miwa : deNOx Mechanizm Caused by Thermal Cracking Hydrocarbons in Stratified Rich Zone during Diesel Combustion, COMODIA 2004, Vol.6, No.2004, 73-80, 2004.
147)Jing-Cai Jiang and Takuo Yamagami : Three-dimensional slope stability analysis using an extended Spencer method, Soils and Foundations, Vol.44, No.4, 127-135, 2004.
148)蘭 霖, 小西 克信, 木村 理知 : 活線作業用高所作業車の軌道制御に関する研究, --- 第1報,油圧サーボ弁の線形化による起伏動作の制御 ---, 日本機械学会論文集(C編), Vol.70, No.696, 2368-2376, 2004年.
149)Myco Umemura, Yoshiaki Yuguchi and Takahiro Hirotsu : Interaciton between Cellooligosaccharides in Aqueous Solution from Molecular Dynamics simulation: Comparison of Cellotetraose, Cellopentaose, and Cellohexaose, The Journal of Physical Chemistry A, Vol.108, No.34, 7063-7070, 2004.
150)Shigeru Sugiyama, Takuya Hashimoto, Yuki Morishita, Naoya Shigemoto and Hiromu Hayashi : Effects of Calcium Cations Incorporated into Magnesium Vanadates on the Redox Behaviors and the Catalytic Activities for the Oxidative Dehydrogenation of Propane, Applied Catalysis A: General, Vol.270, No.1-2, 253-260, 2004.
151)成行 義文, 平尾 潔, 山本 聡 : 桁間ならびに桁-橋台間衝突を考慮した免震橋の簡易地震応答解析法, 応用力学論文集, Vol.7, No.2, 1271-1282, 2004年.
152)Saulius Juodkazis, Hiroki Okuno, Noriyuki Kujime, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Hole drilling in stainless steel and silicon by femtosecond pulses at low pressure, Applied Physics. A, Materials Science & Processing, Vol.79, No.4--6, 1555-1559, 2004.
153)Saulius Juodkazis, Kazuhiko Yamasaki, Vygantas Mizeikis, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Formation of embedded patterns in glasses using femtosecond irradiation, Applied Physics. A, Materials Science & Processing, Vol.79, No.4--6, 1549-1553, 2004.
154)Hideaki Nagamune, Kazuto Ohkura, Akiko Sukeno, Graeme Cowan, Timothy J. Mitchell, Wataru Ito, Ooki Ohnishi, Kanako Hattori, Miki Yamato, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : The human-specific action of intermedilysin, a homolog of streptolysin O, is dictated by domain 4 of the protein., Microbiology and Immunology, Vol.48, No.9, 677-692, 2004.
155)Hiroyuki Morikawa, Ryoji Kasai, Hideaki Otsuka, Eiji Hirata, Takakazu Shinzato, Mitsunori Aramoto and Yoshio Takeda : Terpenic and phenolic glycosides from leaves of Breynia officinalis HEMSL, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.52, No.9, 1086-1090, 2004.
156)姫野 智至, 近藤 光男, 周 葵, 和田 録樹 : 中国四川省成都市における生活基盤施設の満足距離に基づく評価, 土木計画学研究·論文集, Vol.21, No.1, 239-246, 2004年.
157)Hironori Horiguchi, Souhei Arai, Junichiro Fukutomi, Yoshiyuki Nakase and Yoshinobu Tsujimoto : Quasi-Three-Dimensional Analysis of Cavitation in an Inducer, Journal of Fluids Engineering - Transactions of the ASME, Vol.126, No.5, 709-715, 2004.
158)Kazuto Ohkura, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Structural analysis of human specific cytolysin intermedilysin aiming application to cancer immunotherapy, Anticancer Research, Vol.24, No.5C, 3343-3354, 2004.
159)Hideaki Nagamune, Kazuto Ohkura, Kazunori Umezu, Hidekatsu Shouji and Hiroki Kourai : A cell membrane modification technique using domain 4 of intermedilysin for immunotherapy against cancer, Anticancer Research, Vol.24, No.5, 3367-3372, 2004.
160)A. M.- Measson, D. Braithwaite, J. Flouquet, G. Seyfarth, J. P. Brison, E. Lhotel, C. Paulsen, Hitoshi Sugawara and Hideyuki Sato : Superconducting phase diagram of the filled skuterrudite PrOs4Sb12, Physical Review B, Condensed Matter and Materials Physics, Vol.70, No.6, 064516-1-064516-8, 2004.
161)Atsushi Yamasaki, Shin Imada, Takao Nanba, Akira Sekiyama, Hitoshi Sugawara, Hideyuki Sato, Chihiro Sekine, Ichimin Shirotani, Hisatomo Harima and Shigemasa Suga : Possible Kondo resonance in PrFe4P12 studied by bulk-sensitive photoemission, Physical Review B, Condensed Matter and Materials Physics, Vol.70, No.11, 113103-1-113103-4, 2004.
162)Masayuki Yamauchi, Yoshifumi Nishio, Akio Ushida and Mamoru Tanaka : Phase-Inversion Waves in Oscillators Coupled by Two Kinds of Inductors as a Ladder, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E87-A, No.9, 2233-2240, 2004.
163)Kohji Masaki, Shin-ichi Ohkawara, Tomohiro Hirano, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato : Kinetic study of the crosslinking reaction of 1,2-polybutadiene with dicumyl peroxide in the absence and presence of vinyl acetate, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.42, No.17, 4437-4447, 2004.
164)Tomohiro Hirano, Hitomi Miki, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato : Significant effect of hydrogen-bonding interaction on syndiotactic-specificity in radical polymerization of N-isopropylacrylamide, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.42, No.17, 4404-4408, 2004.
165)Toshio Yoshimura and Atsushi Takagi : Pneumatic active suspension system for a one-wheel car model using fuzzy reasoning and a disturbance observer, Journal of Zhejiang University: Science, Vol.5, No.9, 1060-1068, 2004.
166)Hiroyuki Mitsuhara, Youji Ochi and Yoneo Yano : A Web-Based Learning System with the Framework of Linking Explanations of Related Knowledge to Web Pages, Systems and Computers in Japan, Vol.35, No.10, 102-113, 2004.
167)辻原 治, 田中 佑樹, 澤田 勉 : セルオートマトン法による粒状体の流れの解析に関する研究, 土木情報利用技術論文集, Vol.13, 189-196, 2004年.
168)Toshihiro Okamoto, Masanobu Haraguchi and Masuo Fukui : Light Intensity Enhancement and Optical Nonlinear Response due to Localized Surface Plasmons in Nanosize Ag Sphere, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.43, No.9A, 6507-6512, 2004.
169)Yasuhiro Uosaki, Sunao Kitaura and Takashi Moriyoshi : Static Relative Permittivities of Polyhydric Alcohols under Pressures up to 300 MPa at 298.15 K, Journal of Chemical and Engineering Data, Vol.49, No.5, 1410-1413, 2004.
170)Masahiro Katoh, Manabu Shinkawa and Tahei Tomida : Adsorption Properties of Gases onto Mesoporous Chromium Silicate, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.277, No.2, 280-284, 2004.
171)Takuro Tomita, Shingo Saito, Tohru Suemoto, Hiroshi Harima and Shin-ichi Nakashima : Structure dependent ultrafast relaxation time of photo-excited carriers in SiC, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.73, No.9, 2554-2561, 2004.
172)田上 隆徳, 池田 建司, 河辺 徹 : パレート最適性を考慮したロバストI-PD制御系設計法, システム制御情報学会論文誌, Vol.17, No.9, 363-370, 2004年.
173)Yoshitaka Hamada, Shinji Ebisu and Kaoru Ohya : Transition Behaviour between Erosion and Deposition on a Tungsten Surface Exposed to Deuterium Plasmas Containing Carbon Impurities, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.43, No.9A, 6385-6391, 2004.
174)Hajime Aono, Nobutake Tamai, Daisuke Tatsumi and Takayoshi Matsumoto : Aggregate Structure and Rheological Properties of Mercelized Cellulose / LiCl-DMAc Solution, Journal of Society of Rheology Japan, Vol.32, No.4, 169-177, 2004.
175)佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史, 大恵 俊一郎 : セキュリティポリシ構築におけるデータベース支援に関する考察, 学術情報処理研究, Vol.8, No.8, 25-32, 2004年.
176)重本 直也, 柳原 哲, 杉山 茂, 林 弘 : K2CO3担持活性炭の固定床による湿性ガスからのCO2回収のベンチスケール試験, 化学工学論文集, Vol.30, No.5, 668-673, 2004年.
177)竹内 孝夫, 飯島 安男, 菊池 章弘, 坂野 信哉, 井上 廉, 田川 浩平, 辰巳 憲之, 福崎 智数 : 長尺·急熱急冷変態法Nb3Al線材の開発, 日本金属学会誌, Vol.68, No.9, 616-623, 2004年.
178)Zhou Fei, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Synthesis and antimicrobial characteristics of novel biocides, 1,1'-(decanedioyl)bis(4-methyl-4-alkylpiperadinium iodide)s with a gemini structure, Biocontrol Science, Vol.9, No.3, 61-67, 2004.
179)斎藤 栄, 中条 祐一, 菅原 弘治, 結城 潤一, 小平 宣行, 菊池 章弘, 飯島 安男, 井上 廉, 竹内 孝夫, 二森 茂樹 : クラッド·チップ押出し法と急熱·急冷変態法によるNb3Al線材の作製とその超伝導特性, 日本金属学会誌, Vol.68, No.9, 629-635, 2004年.
180)伊藤 照明, 米倉 大介, 浮田 浩行 : チームワーク教育を指向した3次元CAD教育の試み, 工学教育, Vol.52, No.5, 33-36, 2004年.
181)Sheng Yue and Michio Hashino : Statistical interpretation of the impact of forest growth on streamflow of the Sameura basin, Japan, Environmental Monitoring and Assessment, Vol.30, No.7, 1-16, 2004.
182)Toshitaka Asai, Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Katsuhiro Tamura, Tsutomu Sawada and Kazuo Nakajima : Effects of high pressure on the solubility and growth kinetics of monoclinic lysozyme crystals, Cellular and Molecular Biology, Vol.50, No.4, 329-334, 2004.
183)滑川 達, 山中 英生, 吉田 健 : 工期短縮と資源の有効利用を考慮したGAによるプロジェクトスケジューリング, 土木計画学研究·論文集, Vol.21, No.1, 75-82, 2004年.
184)経 璟, 山中 英生, 田村 英嗣 : CV調査とSG調査を用いた交通事故の人的費用の計測, 土木計画学研究·論文集, Vol.21, No.1, 137-144, 2004年.
185)Akira Ohbuchi, Takao Kato and Changho Keem : On the variety Wdr(C) whose dimension is at least d-3r-2, Journal of Pure and Applied Algebra, Vol.192, No.1-3, 159-172, 2004.
186)Hitomi Kurose, Takaaki Bito, Taro Adachi, Miyuki Shimizu, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : Expression of Fibroblast growth factor 19 (Fgf19) during chicken embryogenesis and eye development, compared with Fgf15 expression in the mouse., Gene Expression Patterns, Vol.4, No.6, 687-693, 2004.
187)Yoshiko Inoue, Katsuyuki Miyawaki, Taiki Terasawa, Kyoko Matsushima, Yohei Shinmyo, Nao Niwa, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Expression patterns of dachshund during head development of Gryllus bimaculatus (cricket), Gene Expression Patterns, Vol.4, No.6, 725-731, 2004.
188)Hideko Nagasawa, Hideyuki Sasaki, Yoshihiro Uto, Shin-ichi Kubo and Hitoshi Hori : Association of the Macrophage Activating Factor (MAF) Precursor Activity with Polymorphism in Vitamin D-binding Protein, Anticancer Research, Vol.24, No.5c, 3361-3366, 2004.
189)Kiyoshi Hirao, Yukinori Sakagami, Yoshifumi Nariyuki and Tsutomu Sawada : A Study on Force-Displacement-Based Seismic Design of Single-Column RC Piers, Journal of Structural Mechanics and Eartquake Engineering, No.Vol. 21, No.2, 159s-174s, 2004.
190)C Kohchi, H Inagawa, M Hino, M Oda, K Nakata, Aya Yoshida, Hitoshi Hori, H Terada, K Makino, K Takiguchi and Genichiro Soma : Utilization of macrophages in anticancer therapy: the macrophage network theory, Anticancer Research, Vol.24, No.5C, 3311-3320, 2004.
191)Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba, Shintaro Kamohara, Shuichiro Goda, Yutaka Kawarabayasi and Toshihisa Ohshima : Oxidative stress response in an anaerobic hyperthermophilic archaeon, --- presence of a functional peroxiredoxin in Pyrococcus horikoshii ---, The Journal of Biochemistry, Vol.136, No.4, 541-547, 2004.
192)Takano Yoshihiko, Oguro Nobutaka, Yoshinari Kaieda and Togano Kazumasa : Superconducting properties of combustion synthesized MgB2, Physica C: Superconductivity, Vol.412-414, No.1, 125-129, 2004.
193)Nasiff-Hada G., Yen K., Caballero A. and Fuji Ren : Collective Behavior of Distributed Systems in Manufacturing Environments, Engineering Mechanics, Vol.11, No.4, 1-10, 2004.
194)Zhao Xin, Fuji Ren and Vob Stefan : A Super-Function Based Japanese-Chinese Machine Translation System for Business Users, Lecture Notes in Computer Science, Vol.3265, No.1, 272-281, 2004.
195)Hiroshi Takebayashi and Egashira Shinji : Geometric Characteristics of Braided Streams under Unsteady Water Supply Conditions, River Sedimentation, Chunhong HU & Ying TAN (eds), Vol.9, 1318-1325, 2004.
196)Makiko Seno, Hisako Kishimoto, Satoshi Kinoshita, Toshiaki Higashiguchi, Tomohiro Hirano and Tsuneyuki Sato : Radical polymerization behavior of vinyl phenylsufonylacetate, European Polymer Journal, Vol.40, No.9, 2247-2250, 2004.
197)Tsuneyuki Sato, Takashi Miyagi, Tomohiro Hirano and Makiko Seno : Initiator-fragment incorporation radical polymerization of ethylene glycol dimethacrylate in the presence of 1,1-diphenylethylene: synthesis and characterization of soluble hyperbranched polymer nanoparticles, Polymer International, Vol.53, No.10, 1503-1511, 2004.
198)Tomohiro Hirano, Kousuke Higashi, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato : Reaction control in radical polymerization of di-n-butyl itaconate utilizing a hydrogen-bonding interaction, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.42, No.19, 4895-4905, 2004.
199)山中 英生, 谷田 望, 上沖 勝則, 小竹 良 : 道路交通センサスを用いた自歩道等混合交通のサービスレベル評価, 交通工学研究発表会論文集, Vol.24, 325-328, 2004年.
200)Hongwei Wang, Akiko Miyamoto, Tomohiro Hirano, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato : Radical polymerization of 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine in water: kinetics and salt effects, European Polymer Journal, Vol.40, No.10, 2287-2290, 2004.
201)緒方 広明, 矢野 米雄 : CLUE:語学学習を対象としたユビキタスラーニング環境の試作と実験, 情報処理学会論文誌, Vol.45, No.10, 2354-2363, 2004年.
202)孫 悠洛, 鎌野 琢也, 安野 卓, 鈴木 茂行, 原田 寛信 : モータ動特性を考慮したCPGネットワークによる4脚ロボットの歩行動作の生成, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.124, No.10, 2148-2154, 2004年.
203)上田 隆雄, 山口 圭亮, 七澤 章, 芦田 公伸 : 電場の影響を受けたコンクリートおよびモルタルのASR膨張, 材料, Vol.53, No.10, 1059-1064, 2004年.
204)上田 隆雄, 吉田 幸弘, 田中 典男 : ASRにより劣化したコンクリート中鉄筋の遅れ破壊特性, コンクリート構造物の補修·補強·アップグレード論文報告集, Vol.4, 89-94, 2004年.
205)山口 雅英, 伊賀 淳, 石川 薫, 和田 大志郎, 吉井 清明, 末田 統 : 住宅用太陽光発電·蓄電池組合せシステムのメリットに関する研究 (2), --- 負荷パターンおよび地域差による影響の検討 ---, 電気学会論文誌B (電力・エネルギー部門誌), Vol.124-B, No.10, 1224-1230, 2004年.
206)中野 晋, 片岡 孝一 : 日本沿岸の平均潮位と朔望満潮位の経年変化, 海岸工学論文集, Vol.51, 1226-1230, 2004年.
207)Hitoshi Matsuki, Michio Yamanaka, Hiroshi Kamaya, Shoji Kaneshina and Issaku Ueda : Preferential partitioning of uncharged local anesthetics into the surface-adsorbed film, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.38, No.1-2, 91-99, 2004.
208)Tsuneyuki Sato, Hiroshi Ihara, Tomohiro Hirano and Makiko Seno : Formation of soluble hyperbranched polymer through the initiator-fragment incorporation radical copolymerization of ethylene glycol dimethacrylate with N-methylmethacrylamide, Polymer, Vol.45, No.22, 7491-7498, 2004.
209)Tatsuya Okada, Yuki Negoro, Tsunenobu Kimoto, Kouichi Okamoto, Noriyuki Kujime, Naoki Tanaka and Hiroyuki Matsunami : Defect Formation in (0001)- and (11-20)-Oriented 4H-SiC Crystals P+-Implanted at Room Temperature, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.43, No.10A, 6884-6889, 2004.
210)Hitoshi Takagi and Yohei Ichihara : Effect of fiber length on mechanical properties of "green" composites using a starch-based resin and short bamboo fibers, JSME International Journal, Series A: Solid Mechanics and Material Engineering, Vol.47, No.4, 551-555, 2004.
211)Shuichi Hashimoto and Shinji Yamashita : Visual observation of contact-induced intercrystalline migration of aromatic species adsorbed in zeolites by fluorescence microscopy, ChemPhysChem, Vol.5, No.10, 1585-1591, 2004.
212)Yuki Kadoya, Masao Fuketa, EL-Sayed Atlam, Kazuhiro Morita, Toru Sumitomo and Jun-ichi Aoe : A compression algorithm using integrated record information for translation dictionaries, Information Sciences, Vol.165, No.3-4, 171-186, 2004.
213)大石 篤哉, 吉村 忍 : 局所接触探索への遺伝的プログラミングの適用, --- 第2報:並列分散線形GPによる高速化 ---, 日本計算工学会論文集, Vol.7, 111-117, 2004年.
214)D A Huxley, -A M Measson, K Izawa, D C Dewhurst, R Cubitt, B Grenier, Hitoshi Sugawara, J Flouquet, Y Matsuda and Hideyuki Sato : Flux-Line Lattice Distortion in PrOs4Sb12, Physical Review Letters, Vol.93, No.18, 187005-1-187005-4, 2004.
215)Yuki Kadoya, Masao Fuketa, Atlam EL-Sayed, Kazuhiro Morita, Shinkaku Kashiji and Jun-ichi Aoe : An efficient e-mail filtering using time priority measurement, Information Sciences, Vol.166, No.1-4, 213-229, 2004.
216)Atsushi Mori, Futoshi Sirazwa and Naohisa Inoue : Non-equilibrium molecular dynamics simulation of a crystal-melt interface, Russian Journal of Physical Chemistry A, Vol.78, No.Supplemet 1, S176-S181, 2004.
217)Miyoro Nakano, Fukimo Yasukata and Minoru Fukumi : Recognition of Smiling Faces Using Neural Networks and SPCA, International Journal of Computational Intelligence and Applications, Vol.4, No.2, 153-164, 2004.
218)Toshiaki Itoh : Compact auditory sense measurement tool using PC's USB I/O, WSEAS Transactions on Acoustics and Music, Vol.1, No.2, 106-111, 2004.
219)Akihiko Tsuji, Keizo Yuasa and Yoshiko Matsuda : Identification of Oligopeptidase B in Higher Plants. Purification and Characterization of Oligopeptidase B from Quiescent Wheat Embryo, Triticum aestivum, The Journal of Biochemistry, Vol.136, No.5, 673-681, 2004.
220)Kaoru Ohya, Tetsuo Tanabe, Marek Rubel, Motoi Wada, Tadashi Ohgo, Takeshi Hirai, Volker Philipps, Andreas Kirschner, Albrecht Pospieszczyk, Alexander Huber, Genadij Sergienko, S. Brezinsek and Nobuaki Noda : Modeling of erosion and deposition patterns on C-W and W-Ta twin limiters exposed to the TEXTOR edge plasmas, Journal of Nuclear Materials, Vol.329-333, 732-736, 2004.
221)Masao Tsukayama, hiranari wada, Yasuhiko Kawamura, Kazuyo Yamashita and Masaki Nishiuchi : Regioselective Synthesis of 6-Alkyl- and 6-Prenylpolyhydroxyisoflavones and 6-Alkylcoumaronochromone Derivatives, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.52, No.11, 1285-1289, 2004.
222)Takahito Imagawa, Hitoshi Nakayama, Nobuhiko Katunuma, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Takashi Itoh, Yoshihiko Sako, Norimichi Nomura and Hideaki Tsuge : Crystallization and preliminary X-ray diffraction analysis of homing endonuclease I-Tsp061I, Acta Crystallographica. Section D, Biological Crystallography, Vol.60, No.11, 2006-2008, 2004.
223)Tatsuo Maruyama, Tomoaki Kaji, Tomohiro Ohkawa, Ken-Ichiro Sotowa, Hiroya Matsushita, Fukiko Kubota, Noriho Kamiya, Katsuki Kusakabe and Masahiro Goto : Intermittent partition walls promote solvent extraction of metal ions in a microfluidic device, Analyst, Vol.129, No.11, 1008-1013, 2004.
224)Kosuke Ono : L^p decay problem for the dissipative wave equation in even dimensions, Mathematical Methods in the Applied Sciences, Vol.27, No.16, 1843-1863, 2004.
225)Naonobu Tanaka, Yoshihisa Takaishi, Yasuhiro Shikishima, Yuka Nakanishi, Kenneth Bastow, Kuo-Hsiung Lee, Gisho Honda, Michiho Ito, Yoshio Takeda, Olimjon K. Kodzhimatov and Ozodbek Ashurmetov : Prenylated Benzophenones and Xanthones from Hypericum scabrum, Journal of Natural Products, Vol.67, No.11, 1870-1875, 2004.
226)Hiroshi Takebayashi, Shinji Egashira and Takeshi Okabe : Numerical analysis of braided streams formed on beds with non-uniform sediment, Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, Vol.22, No.2, 37-46, 2004.
227)Kazuhiro Morita, Atlam EL-Sayed, Masao Fuketa, Kazuhiko Tsuda, Masaki Oono and Jun-ichi Aoe : Word classification and hierarchy using co-occurrence word information, Information Processing & Management, Vol.40, No.6, 957-972, 2004.
228)Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Search of Many Good Solutions of QAP by Connected Hopfield NNs with Intermittency Chaos Noise, Journal of Signal Processing, Vol.8, No.6, 439-447, 2004.
229)Shinya Matsumoto, Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Real-Time Measurement of a Viewer's Position to Evaluate a Stereoscopic LED Displays with a Parallax Barrier, IEICE Transactions on Electronics, Vol.E87-C, No.11, 1982-1988, 2004.
230)Yoshihiro Yamagami, Yuichi Tanji, Atsumi Hattori, Yoshifumi Nishio and Akio Ushida : A Reduction Technique of Large-Scale RCG Interconnects in the Complex Frequency Domain, International Journal of Circuit Theory and Applications, Vol.32, No.6, 471-486, 2004.
231)Wulin Qiu, Takashi Endo and Takahiro Hirotsu : Interfacial Interactions of a Novel Mechanochemical Composite of Cellulose with Maleated Polypropylene, Journal of Applied Polymer Science, Vol.94, No.3, 1326-1335, 2004.
232)村本 桂久, 田村 勝弘, 荒尾 俊明, 谷脇 孝典, 鈴木 良尚 : スダチ果汁の酸素ガス加圧殺菌, 日本食品科学工学会誌, Vol.51, No.11, 604-612, 2004年.
233)Satoko Tezuka, Ramesh Chitrakar, Kohji Sakane, Akinari Sonoda, Kenta Ooi and Tahei Tomida : The Synthesis and Phosphate Adsorption Properties of Mg(II)-Mn(II) Layered Double Hydroxides and Their Heat-Treated Materials, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.77, No.11, 2101-2107, 2004.
234)門田 浩一, 望月 秋利, 岩崎 聡, スレン ソッキアン, 上野 勝利 : 二重負荷モデルを用いた土の破壊および軟化解析手法の検討, 第49回地盤工学シンポジウム平成16年度論文集, 219-226, 2004年.
235)スレン ソッキアン, 上野 勝利, 望月 秋利, 岩本 有樹 : 画像解析による浅い基礎下の密度の異なる砂地盤の変形·破壊挙動の観察, 第49回地盤工学シンポジウム 平成16年度論文集, 261-268, 2004年.
236)三浦 均也, 浅原 信吾, 大塚 夏彦, 上野 勝利 : 波浪に対する海底地盤応答の連成解析のための地盤の定式化, 第49回地盤工学シンポジウム 平成16年度論文集, 233-240, 2004年.
237)Hiroyuki Iwahana, Morisada Hayakawa, Kenji Kuroiwa, Kenji Tago, Ken Yanagisawa, Sumihare Noji and S Tominaga : Molecular cloning of the chicken ST2 gene and a novel variant form of the ST2 gene product, ST2LV, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Structure and Expression, Vol.1681, No.1, 1-14, 2004.
238)木戸口 善行, 池田 大志, 嘉本 耕治, モハンマディ アリ, 三輪 惠 : 拡散噴流強制点火による水素の急速燃焼抑制, 日本機械学会論文集(B編), Vol.70, No.699, 242-247, 2004年.
239)山田 勝稔 : 加熱法による溶接残留応力の非破壊評価法, 日本機械学会論文集(A編), Vol.70, No.699, 1582-1587, 2004年.
240)上月 康則, 山中 英生, 村上 仁士 : 干潟埋立を伴う事業における合意形成のためのミチゲーションへの一考察, 海岸工学論文集, Vol.51, 1346-1350, 2004年.
241)大谷 寛, 上月 康則, 村上 仁士 : 地震による家屋破壊状況における津波による家屋被害に関する一考察, 海岸工学論文集, Vol.51, 311-315, 2004年.
242)吉田 和郎, 村上 仁士, 上月 康則, 大谷 寛, 宮本 大輔 : 瀬戸内海への津波伝播に及ぼす紀淡·鳴門·豊予海峡の影響, 海岸工学論文集, Vol.51, 286-290, 2004年.
243)Akira Ohbuchi and Jiryo Komeda : Weierstrass Points with First Non-gap Four on a Double Covering of a Hyperelliptic Curve, Serdica Mathematical Journal, Vol.30, No.1, 43-54, 2004.
244)Kyoko Iwase, Tomoko Tatsuishi, Yumiko Nishimura, Jun-ya Yamaguchi, Yasuo Oyama, Norikazu Miyoshi and Makoto Wada : Cytometric analysis on adverse action of diphenyl ditellurde on rat thymocytes: Cell shrinkage as cytotoxic parameter, Environmental Toxicology, Vol.19, No.6, 614-619, 2004.
245)大石 篤哉, 吉村 忍, 矢川 元基 : 並列GAによる局所接触探索解の多項式近似, シミュレーション, Vol.23, No.4, 326-332, 2004年.
246)重本 直也, 柳原 哲, 福岡 寛, 杉山 茂, 林 弘 : Ru/Al2O3触媒によるn-ドデカンの水蒸気改質実験とその生成ガス組成の推定方法, 水素エネルギーシステム, Vol.29, No.2, 22-29, 2004年.
247)田丸 素子, 薮谷 智規, 本仲 純子 : ホタテ貝中腸腺中微量金属元素の多元素定量法, 分析化学, Vol.53, No.12, 1435-1440, 2004年.
248)堀川 敬太郎, 吉田 憲一 : 水素マイクロプリント法とEBSP解析に基づく引張変形をAl-5%Mg合金中の水素集積の可視化, 日本金属学会誌, Vol.68, No.12, 1043-1046, 2004年.
249)Yurak Son, Yuka Kasai, Takashi Yasuno, Takuya Kamano and Takayuki Suzuki : Generation of Adaptive Gait Patterns for Quadruped Robot Using CPG Network, Journal of Signal Processing, Vol.8, No.6, 455-460, 2004.
250)Kaoru Ohya and Tohru Ishitani : Monte Carlo study of secondary electron emission from SiO2 induced by focused gallium ion beams, Applied Surface Science, Vol.237, No.1-4, 602-606, 2004.
251)Stephen Githinji Karungaru, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : Morphing Human Faces: Automatic Control Points selection and Color Transition, Trans. on Engineering Computing and Technolog, Vol.1, No.1, 224-227, 2004.
252)Jia-Yu Ye, Shigeki Matsuo, Vygantas Mizeikis and Hiroaki Misawa : Silicon-Based Honeycomb Photonic Crystal Structures with Complete Photonic Band Gap at 1.5 μm Wavelength, Journal of Applied Physics, Vol.96, No.11, 6934-6936, 2004.
253)Takeshi Okabe and Hiroshi Takebayashi : Numerical estimation of countermeasures against sedimentation in Masaki Dam Reservoir, Japan, Environmental Hydraulics and Sustainable Water Management, Lee & Lam (eds), 2153-2159, 2004.
254)宇都宮 英彦, 長尾 文明, 野田 稔, 中出 敦士 : 流れ場に与えた微小撹乱の矩形断面表面圧力への伝播過程, 第18回風工学シンポジウム論文集, 269-274, 2004年.
255)宇都宮 英彦, 長尾 文明, 野田 稔, 片山 真文, 郡 崇志 : 角柱後流内の円柱のウェイクエクサイテーションに関する研究, 第18回風工学シンポジウム論文集, 395-400, 2004年.
256)Kenichi Yoshida, Kotaro Hanabusa and Takuo Nagamachi : Acoustic Emission Behavior of Martensitic Transformation in Early Stage during Deformation of Cu-Al-Ni Shape Memory Alloy Single Crystals, Journal of Acoustic Emission, Vol.22, 159-168, 2004.
257)Atsuo Chiba and Katsuo Isaka : Analysis of induced current density inside human model which stands on conductive ground layer in uniform electric field, IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials, Vol.124, No.12, 1193-1197, 2004.
258)Shinkaku Kashiji, El-Sayed Atlam, Masao Fuketa, Masaki Oono, Kazuhiro Morita, Kazuhiko Tsuda and Jun-ichi Aoe : A High-speed Dynamic Full-Text Search Method by Using Memory Management, International Journal of Computer Mathematics, Vol.81, No.12, 1477-1492, 2004.
259)Hidekazu Tokunaga, EL-Sayed Atlam, Masao Fuketa, Kazuhiro Morita, Kazuhiko Tsuda and Jun-ichi Aoe : Estimating Sentence Types in Computer Related New Product Bulletins Using a Decision Tree, Information Sciences, Vol.168, No.1-4, 185-200, 2004.
260)Yoshio Hayasaki, Hayato Takagi, Akihiro Takita, Hirotsugu Yamamoto, Nobuo Nishida and Hiroaki Misawa : Processing structures on human fingernail surface using a focused near-infrared femtosecond laser pulse, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.43, No.12, 8089-8093, 2004.
261) Deendarlianto, Akiharu Ousaka, Akira Kariyasaki, Tohru Fukano and Masafumi Konishi : The Effects of Surface Tension on the Flow Pattern and Counter-Current Flow Limitation(CCFL) in Gas-Liquid Two-Phase Flow in an Inclined Pipe, Japanese Journal of Multiphase Flow, Vol.18, No.4, 337-350, 2004.
262)Yutaka Kishimoto, Yu Kawasaki, Takashi Ohno, Dexin Li, Yoshiya Homma and Yoshinobu Shiokawa : 139La NQR Relaxation in a Superconductor La3Ir2Ge2, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.73, No.12, 3389-3393, 2004.
263)Takashi Tayama, Jeroen Custers, Hidekazu Sato, Toshiro Sakakibara, Hitoshi Sugawara and Hideyuki Sato : New High-Field Ordered State in PrFe4P12, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.73, No.12, 3258-3261, 2004.
264)Tadao Yabuhara, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Synthesis and Antimicrobial Characteristics of a Novel Biocide,4,4'-(1,6-Dioxyhexamethylene)bis-(1-alkylpyridinium halide), Biocontrol Science, Vol.9, No.4, 95-103, 2004.
265)大窪 義博, 上保 徹志, 入谷 忠光 : 伝送線路を利用した非接触式かつ複数ターゲットを検出可能なアブソリュート型変位センサ, 電気学会論文誌, Vol.124, No.12, 464-469, 2004年.
266)Hiroyo Segawa, Junichi Tabuchi, Kazuaki Yoshida, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Periodic Structures of Organic-Titania Hybrid Materials Recorded by Multi-Beam Laser Interference Technique, Journal of Sol-Gel Science and Technology, Vol.32, No.1--3, 287-291, 2004.
267)R. Morales-Salcedo, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Providing Interoperability Services in the Ubiquitous Digital Library Project, Advanced Technology for Learning, Vol.2, No.3, 156-166, 2005.
268)T. Yamagata, H. Akimune, Shintaro Nakayama, M. Fujiwara, K. Fushimi, M.B. Greenfield, K. Hara, K.Y. Hara, H. Hashimoto, K. Ichihara, K. Kawase, M. Kinoshita, Y. Matsui, K. Nakanishi, M. Ohta, A. Shiokawa, M. Tanaka, H. Utsunomiya and M. Yosoi : Di-trinucleon cluster resonances in A=6 isobar nuclei, Physical Review C, Nuclear Physics, Vol.71, No.6, 064316-(7), 2005.
269)Shintaro Nakayama, T. Yamagata, H. Akimune, Y. Arimoto, I. Daito, H. Ejiri, H. Fujimura, Y. Fujita, M. Fujiwara, K. Fushimi, M.B. Greenfield, H. Kohri, N. Koori, K. Takahisa, T. Takeuchi, M. Tanaka, K. Yonehara and H.P. Yoshida : M1 cross section for the photodisintegration of deuterium using the 2H(7Li,7Be) reaction, Physical Review C, Nuclear Physics, Vol.72, No.4, 041001(R)_1-041001(R)_4, 2005.
270)Luyi Li, Yanlin Zheng, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : A Conceptual Framework of Computer-Supported Ubiquitous Learning Environment, Advanced Technology for Learning, Vol.2, No.4, 187-197, 2005.
271)Kenji Ishida, H. Murakawa, K. KItagawa, Y. Ihara, Hisashi Kotegawa, Mamoru Yogi, Yoshio Kitaoka, Ben-Li Young, M. S. Rose, D. E. MacLaughlin, Hitoshi Sugawara, Tatsuma D. Matsuda, Yuji Aoki, Hideyuki Sato and Hisatomo Harima : Static and dynamical properties in the Pr-based filled skutterudite compound PrFe4P12 revealed by a 31P-NMR study, Physical Review B, Condensed Matter and Materials Physics, Vol.71, No.2, 024424-1-024424-9, 2005.
272)Toshiki Takeuchi, Hitoshi Imai and Hideo Sakaguchi : Global Simulation of a Backward Heat Conduction Problem with a Variable Transform on Time, Theoretical and Applied Mechanics Japan, Vol.54, 319-326, 2005.
273)Fei Yuan, Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : A Web-based Collaborative Authoring System for Web Educational Material based on Evolutionary Information Sharing Approach, Japanese Society for Information and Systems in Education Magazine, Vol.4, No.1, 24-36, 2005.
274)Masayuki Nishida, M. Refai Muslih, Yasukazu Ikeuchi, Nobuaki Minakawa and Takao Hanabusa : Internal stress measurement of fiber reinforced composite by neutron diffraction with in-situ low temperature measurement, Materials Science Forum, Vol.490-491, 239-244, 2005.
275)Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Shozo Shingubara and Osami Sakata : In-situ observation of thermal stress in nano-size thin aluminum films, Materials Science Forum, Vol.490-491, 577-582, 2005.
276)Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa, Kikuo Tominaga and Noriyoshi Yamauchi : Effect of substrate temperature on crystal orientation and residual stress in RF sputtered galium nitride films, Materials Science Forum, Vol.490-491, 613-618, 2005.
277)Mitsuhiko Hataya, Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Kikuo Tominaga and Tatsuya Matsue : Residual stress measurement in sputtered copper thin films by synchrotron radiation and ordinary X-rays, Materials Science Forum, Vol.490-491, 661-668, 2005.
278)Atsushi Mikami and Tsutomu Sawada : Simultaneous identification of time and space variant dynamic soil properties during the 1995 Hyogoken-nanbu earthquake, Soil Dynamics and Earthquake Engineering, Vol.25, No.1, 69-77, 2005.
279)Shigeru Sugiyama, Shinya Tanimoto, Kazuya Fukuda, Katsuhiro Kawashiro, Tahei Tomida and Hiromu Hayashi : Immobilization of Aqueous Tetravalent Cations of Titanium and Zirconium with Calcium Hydroxyapatite, Colloids and Surfaces A:Physicochemical and Engineering Aspects, Vol.252, No.2-3, 187-192, 2005.
280)Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune, Hitoshi Matsuki, Shoji Kaneshina and Hiroki Kourai : Biological and physicochemical properties of gemini quaternary ammonium compounds in which the positions of a cross-linking sulfur in the spacer differ, European Journal of Medicinal Chemistry, Vol.40, No.1, 113-123, 2005.
281)Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Knowledge awareness for a computer-assisted language learning using handhelds, International Journal of Continuing Engineering Education and Life-Long Learning, Vol.14, No.4/5, 435-449, 2005.
282)Masanori Kiyota, Itsuki Morioka and Daisuke Matsuura : Steam absorption process of water/LiBr system inside vertical small bore pipes, Heat Transfer-Asian Research, Vol.34, No.1, 18-28, 2005.
283)任 福継 : 人間感情の認知と機械感情の創生ができる感情インターフェース, International Journal of Information, Vol.8, No.1, 7-20, 2005年.
284)Fattah Abdel Mohamed, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Adaptive Threshold Parameters for Bilingual Dictionary Extraction from the Internet Archive, International Journal of Information, Vol.8, No.1, 165-176, 2005.
285)Hu Haiqing, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Chinese Automatic Question Answering System for Sightseeing Tourists, International Journal of Information, Vol.8, No.1, 177-186, 2005.
286)Kazuto Ohkura, Akiko Sukeno, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Bridge-linked bis-quaternary ammonium anti-microbial agents: relationship between cytotoxicity and anti-bacterial activity of 5,5'-[2,2'-(tetramethylenedicarbonyldioxy)diethyl]bis(3-alkyl-4-methylthiazonium iodide)s, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.13, No.7, 2579-2587, 2005.
287)Yoshiyuki Abe, Kouzou Hanai, Makiko Nakano, Yasuyuki Ohkubo, Toshinori Hashizume, Toru Kakizaki, Masato Nakamura, Noboru Niki, Kenji Eguchi, Tadahiko Fujino and Noriyuki Moriyama : A Computer-aided Diagnosis (CAD) System in Lung Cancer Screening with Computed Tomography, Anticancer Research, Vol.25, No.1B, 483-488, 2005.
288)Sung-Sub Kee, Ali Mohammadi, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : Effects of Aromatic Hydrocarbons on Fuel Decomposition and Oxidation Processes in Diesel Combustion, Transactions of The Society of Automotive Engineers, No.2005-01-2086, 1-8, 2005.
289)Tomohiro Hirano, Satoshi Ishii, Hiroko Kitajima, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato : Hydrogen-bond-assisted stereocontrol in the radical polymerization of N-isopropylacrylamide with primary alkyl phosphate: The effect of the chain length of the straight ester group, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.43, No.1, 50-62, 2005.
290)吉森 聖貴, 満倉 靖恵, 福見 稔, 赤松 則男 : 閾値関数を用いたナンバープレート検出手法, 映像情報メディア学会誌, Vol.59, No.1, 115-122, 2005年.
291)柘植 覚, 黒岩 眞吾, 獅々堀 正幹, 北 研二 : ETSI標準分散音声認識フロントエンドにおける入力系の周波数特性正規化手法, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.125, No.1, 120-127, 2005年.
292)緒方 広明, 赤松 亮, 矢野 米雄 : TANGO: RFIDタグを用いた単語学習環境, 教育システム情報学会誌, Vol.22, No.1, 30-35, 2005年.
293)Asahiro Nagatani, Takashi Endo, Takahiro Hirotsu and Mutsuhisa Furukawa : Preparation and Properties of Cellulose-Olefinic Thermoplastic Elastomer Composites, Journal of Applied Polymer Science, Vol.95, No.1, 144-148, 2005.
294)升田 雅博, 大山 啓, 森 義典, 半田 伸一, 武知 清孝, 小川 仁 : 小径ダイヤモンド電着工具によるアルミナセラミックへの通し穴加工(第1報), --- 工具形状と加工条件の検討 ---, 精密工学会誌論文集, Vol.71, No.1, 105-109, 2005年.
295)Yoshio Hayasaki, Ei-ichiro Hikosaka, Ken Nishioka, Hirotsugu Yamamoto and Nobuo Nishida : Image processing based on seeded spontaneous optical pattern formation using optoelectronic feedback, Applied Optics, Vol.44, No.2, 236-240, 2005.
296)Mohammad Wadud Bhuiya, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Takahito Imagawa, Nobuhiko Katunuma and Hideaki Tsuge : The first crystal structure of hyperthremostable NAD-dependent glutamate dehydrogenase from Pyrobaculum islandicum, Journal of Molecular Biology, Vol.345, No.2, 325-337, 2005.
297)Jun'ichi Hayashi, Noriyuki Yamamoto, Toshihide Horikawa, Katsuhiko Muroyama and Vincent G Gomes : Preparation and characterization of high-specific-surface-area activated carbons from K2CO3-treated waste polyurethane, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.281, No.2, 437-443, 2005.
298)林 澈文, 辛 道勲, 林 祐輔, 入江 桂史, 村上 理一, 金 允海 : メタン/水素マイクロ波プラズマCVD法による純チタン基板上のナノダイヤモンド成膜, 材料, Vol.54, No.1, 73-78, 2005年.
299)木戸口 善行, 佐藤 正明, 馬野 博光, 三輪 惠 : 天然ガス噴流の着火促進と燃焼安定化に関する基礎研究, 自動車技術会論文集, Vol.36, No.1, 15-20, 2005年.
300)Yuji Aoki, Hitoshi Sugawara, Harima Hisatomo and Hideyuki Sato : Novel Kondo Behaviors Realized in the Filled Skutterudite Structure, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.74, No.1, 209-221, 2005.
301)Shotaro Sanada, Yuji Aoki, Hidekazu Aoki, Akihisa Tsuchiya, Daisuke Kikuchi, Hitoshi Sugawara and Hideyuki Sato : Exotic Heavy-Fermion State in Filled Skutterudite SmOs4Sb12, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.74, No.1, 246-249, 2005.
302)Terutaka Goto, Yuichi Nemoto, Kei Onuki, Kazuhiro Sakai, Takashi Yamaguchi, Mitsuhiro Akatsu, Tatsuya Yanagisawa, Hitoshi Sugawara and Hideyuki Sato : Elastic Constant in Magnetic Fields and Singlet-Triplet State of Heavy Fermion Superconductor PrOs4Sb12, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.74, No.1, 263-266, 2005.
303)伊藤 照明, 大山 啓 : 創造基礎実習におけるフィードバック型評価手法の教育的効果に関する考察, 工学教育, Vol.53, No.1, 41-46, 2005年.
304)伊藤 照明, 米倉 大介 : 3次元CAD演習授業におけるチームワーク型学習の教育的効果に関する考察, 工学教育, Vol.53, No.1, 77-82, 2005年.
305)米田 郁夫, 糟谷 佐紀, 阪東 美智子, 末田 統, 藤澤 正一郎, 奥 英久, 鎌田 実 : 手動車いすによる縦断勾配走行時の負担と操作難易度評価, 日本機械学会論文集(C編), Vol.71, No.701, 237-244, 2005年.
306)森川 富昭, 松浦 健二, 金西 計英, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 矢野 米雄 : シラバスに基づくe-Learningシステムを用いた医学·歯学系教育におけるFTF·CMCハイブリッド型授業実践, 日本教育工学会論文誌, Vol.28, No.3, 263-274, 2005年.
307)岡村 修司, 松島 勇雄, 矢野 米雄 : 逆ポーランド記法を対象とした問題解決型学習支援システム, 日本教育工学会論文誌, Vol.28, No.3, 183-192, 2005年.
308)神田 幸正, 山上 拓男, 蒋 景彩, グエン バオ ヴェト : 二列の壁を有する斜面の安定性評価法に関する提案, 地すべり, Vol.41, No.5, 37-45, 2005年.
309)Bao Viet NGUYEN, Jing-Cai Jiang and Takuo Yamagami : Modified Newmark analysis of seismic permanent displacements of slopes, Journal of the Japan Landslide Society, Vol.41, No.5, 12-20, 2005.
310)Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO, Masataka Kusube, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina : Barotropic Phase Transitions of 1-Palmitoyl-2-stearoylphosphatidylcholine Bilayer Membrane, Chemistry Letters, Vol.34, No.2, 270-271, 2005.
311)Tomohiro Kubo : Insensitivity of a class of LQ regulators of neutral systems, Electrical Engineering in Japan, Vol.150, No.2, 28-34, 2005.
312)Toshiya Masuda, Daiki Yamashita, Yoshio Takeda and Shigetomo Yonemori : Screening for Tyrosinase Inhibitors among Extracts of Seashore Plants and Identification of Potent Inhibitors from Garcinia subelliptica, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.69, No.1, 197-201, 2005.
313)Shigeki Matsuo, Saulius Juodkazis and Hiroaki Misawa : Femtosecond Laser Microfabrication of Periodic Structures using a Microlens Array, Applied Physics. A, Materials Science & Processing, Vol.80, No.4, 683-685, 2005.
314)Shigeru Sugiyama, Takuya Hashimoto, Yasuhiko Tanabe, Naoya Shigemoto and Hiromu Hayashi : Effects of the Enhancement of the Abstraction of Lattice Oxygen from Magnesium Vanadates Incorporated with Copper (II) Cations on the Oxidative Dehydrogenation of Propane, Journal of Molecular Catalysis A: Chemical, Vol.227, No.1-2, 255-261, 2005.
315)Shuichiro Goda, Haruhiko Sakuraba, Yutaka Kawarabayasi and Toshihisa Ohshima : The first archaeal agmatinase from anaerobic hyperthermophilic archaeon Pyrococcus horikoshii, --- cloning, expression, and characterization ---, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1748, No.1, 110-115, 2005.
316)Fumihiko Yamaguchi, Takashi Etoh, Mamoru Takahashi, Hideo Misaki, Haruhiko Sakuraba and Toshihisa Ohshima : A new enzymatic cycling method for ammonia assay using NAD synthetase, Clinica Chimica Acta, Vol.352, No.1-2, 165-173, 2005.
317)Wang Xiaojie and Fuji Ren : Chinese-Japanese Clause Alignment, Lecture Notes in Computer Science, Vol.3406, No.1, 400-412, 2005.
318)岡部 健士, 竹林 洋史 : 正木ダム減水区間における水温分布特性とその改善案の検討, 水工学論文集, Vol.49, No.2, 1183-1188, 2005年.
319)Yohei Shinmyo, Taro Mito, Taro Matsushita, Isao Sarashina, Katsuyuki Miyawaki, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : caudal is required for gnathal and thoracic patterning and for posterior elongation in the intermediate-germband cricket Gryllus bimaculatus, Mechanisms of Development, Vol.122, No.2, 231-239, 2005.
320)Miriam Entesarian, Hans Matsson, Joakim Klar, Birgitta Bergendal, Lena Olson, Rieko Arakaki, Yoshio Hayashi, Hideyo Ohuchi, Babak Falahat, Isinev Anne Bolstad, Roland Jonsson, Marie Wahren-Herlenius and Niklas Dahl : Mutations in the gene encoding fibroblast growth factor 10 are associated with aplasia of lacrimal and salivary glands, Nature Genetics, Vol.37, No.2, 125-127, 2005.
321)竹林 洋史, 江頭 進治, 永田 徹, 桑島 信, 加藤 陽平, 伊藤 太祐 : 植生を有する河道における流砂の空間分布特性, 水工学論文集, Vol.49, No.2, 925-930, 2005年.
322)Kosuke Ono : L^1 estimates for dissipative wave equations in highter dimensions, RIMS Kokyuroku, Vol.1417, 49-59, 2005.
323)Hitoshi Matsuki, Michio Yamanaka, Hiroshi Kamaya, Shoji Kaneshina and Issaku Ueda : Dissociation Equilibrium between Uncharged and Charged Local Anesthetic Lidocaine in a Surface-Adsorbed Film, Colloid and Polymer Science, Vol.283, No.5, 512-520, 2005.
324)石丸 宏一, 川田 昌武 : ベイジアンネットによる部分放電放射電磁波の方位角推定法に関する基礎研究, 電気学会論文誌B (電力・エネルギー部門誌), Vol.125, No.2, 177-183, 2005年.
325)Masataka Kusube, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Thermotropic and barotropic phase transitions of N-methylated dipalmitoylphosphatidylethanolamine bilayers, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1668, No.1, 25-32, 2005.
326)Junji Kawata, Yuichi Tanji, Yoshifumi Nishio and Akio Ushida : A Reduction Technique for RLCG Interconnects Using Least Squares Method, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E88-A, No.2, 513-523, 2005.
327)Yoshitaka Michihiro, Md. Rahman Mahbubar, Koichi Nakamura and Tatsuo Kanashiro : Dipole and Deformation Dipole Polarization of Ions in Rock-Salt Structure Crystals, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.74, No.2, 638-641, 2005.
328)田村 隆雄, 端野 道夫, 岡田 和 : 森林流域からの硝酸態窒素流出量の算定に関する3つの溶質流出モデルの比較検討, 水工学論文集, Vol.49, 115-120, 2005年.
329)上田 隆雄, 長尾 賢二, 芦田 公伸 : 混和材がデサリネーションによる補修効果に与える影響, 土木学会論文集(第V部門), Vol.781, No.66, 181-191, 2005年.
330)Wenlong Zhang, Masao Imaeda, R.K.Wood and Kyoji Hashimoto : Design of an Auto-Tuning PID Controller by a Generalized Predictive Control Method, Journal of Chemical Engineering of Japan, Vol.38, No.2, 147-153, 2005.
331)Teruaki Ito : Process Simulation Approach to Design and Evaluation of Toll Plaza with ETC Gates, International Journal of Simulation Systems, Science & Technology, Vol.6, No.5, 14-21, 2005.
332)Isao Sarashina, Taro Mito, Michiko Saito, Hiroyuki Uneme, Katsuyuki Miyawaki, Yohei Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Location of micropyles and early embryonic development of the two-spotted cricket Gryllus bimaculatus (Insecta, Orthoptera), Development Growth & Differentiation, Vol.47, No.2, 99-108, 2005.
333)Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Matsui Takuro, Kazuo Nakajima and Katsuhiro Tamura : High Pressure Acceleration of the Growth Kinetics of Glucose Isomerase Crystals, The Journal of Physical Chemistry B, Vol.109, No.8, 3222-3226, 2005.
334)升田 雅博, 大山 啓, 石川 嘉晃, 米延 仁志, 坂田 興亜 : 磁性流体を利用したダイナミックダンパー内蔵ボーリングバーの開発(第1報), --- -ダイナミックダンパーの形状と振動剛性- ---, 精密工学会誌論文集, Vol.71, No.2, 242-246, 2005年.
335)Hiroyuki Hidaka, Ikuma Ando, Hisashi Kotegawa, Tatsuo C. Kobayashi, Hisatomo Harima, Miki Kobayashi, Hitoshi Sugawara and Hideyuki Sato : Pressure-induced metal-insulator transition in the filled skutterudite PrFe4P12, Physical Review B, Condensed Matter and Materials Physics, Vol.71, No.7, 073102-1-073102-4, 2005.
336)Retsuo Kawakami : Simulation Study on Influence of Chemically Eroded Carbon Impurity Transport on Net Sputtering Erosion of Carbon Materials Exposed to Edge Fusion Plasmas, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.44, No.2, 1069-1075, 2005.
337)Tatsuya Okada, Masaru Sakaguchi, Osamu Ashida, Minoru Tagami and Fukuji Inoko : Deformation and Recrystallization of Tensile-deformed or Rolled Fe-3%Si Alloy Single Crystals, ISIJ International, Vol.45, No.2, 248-253, 2005.
338)Takamasa Kaito, Tetsuo Inoue, Shin-ichiro Yanagiya and Atsushi Mori : Melt Growth and Characterization of PbBr2 Single Crystals, Journal of Crystal Growth, Vol.275, No.1-2, e721-e726, 2005.
339)Shin-ichiro Yanagiya, Hironori Wakamatsu, Osamu Nishikata, Atsushi Mori and Tetsuo Inoue : Growth of copper-phthalocyanine nano-crystallite epitaxially grown on KCl(001) substrate, Journal of Crystal Growth, Vol.275, No.1-2, e1993-e1996, 2005.
340)Tatsuya Okada, Akiyo Soga, Koji Tamura, Minoru Tagami and Fukuji Inoko : Deformation and Recrystallization in Lightly-Rolled Aluminum Single Crystals of Cube Orientation, Materials Transactions, Vol.46, No.2, 141-144, 2005.
341)NHAR HENG, 橋本 親典, 渡邉 健, 上田 隆雄 : 振動付与練混ぜ工法が低度処理再生骨材コンクリートの品質に与える影響, セメント·コンクリート論文集, Vol.58, 525-532, 2005年.
342)Nozomi Komakine, Yoshihisa Takaishi, Gisho Honda, Michiho Ito, Yoshio Takeda, Olimjon K. Kodzhimatov and Ozodbek Ashurmetov : Indole alkaloids from Rheum maximowiczii, Natural Medicines, Vol.59, No.1, 45-48, 2005.
343)Koichi Nakamura, Toshihiro Moriga, A. Sumi, Y. Kashu, Yoshitaka Michihiro, Ichiro Nakabayashi and Tatsuo Kanashiro : NMR study on the Li+ ion diffusion in LiCuO2 with layered structure, Solid State Ionics, Vol.176, No.7-8, 837-840, 2005.
344)Takeshi Mori, Yuuki Shiota, Keiji Minagawa and Masami Tanaka : Alternative Approach to the Design of Thermosensitive Polymers: The Addition of Hydrophobic Groups to the Ends of Hydrophilic Polyether, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.43, No.5, 1007-1013, 2005.
345)K.K. Seet, V. Mizeikis, Shigeki Matsuo, Saulius Juodkazis and Hiroaki Misawa : Three-Dimensional Spiral-Architecture Photonic Crystals Obtained By Direct Laser Writing, Advanced Materials, Vol.17, No.5, 541-545, 2005.
346)Yoshio Takeda, Toshiya Masuda, Hiroyuki Morikawa, Hisako Ayabe, Eiji Hirata, Takakazu Shinzato, Mitsunori Aramoto and Hideaki Otsuka : Lanceocrepidiasides A-F, glucosides of guaiane-type sesquiterpene from Crepidiastrum lanceolatum, Phytochemistry, Vol.66, No.6, 727-732, 2005.
347)野田 稔, 宇都宮 英彦, 長尾 文明, 中出 敦士 : 扁平矩形断面における微小撹乱の変動空気力への伝達, 構造工学論文集, Vol.51A, 951-958, 2005年.
348)Fuji Ren : Automatic abstracting important sentences, International Journal of Information Technology & Decision Making, Vol.4, No.1, 141-152, 2005.
349)Wei-Bing Li, Yuichiro Murakami, Masanao Orihara, Suminori Tanaka, Kunio Kanaoka, Kei-ichiro Murai, Toshihiro Moriga, Eiji Kanezaki and Ichiro Nakabayashi : XAFS and XRD Studies of PdO-CeO2 Catalysts on χ-Al2O3, Physica Scripta, Vol.T115, 749-752, 2005.
350)辻原 治, 櫻井 寛之, 平尾 智廣, 澤田 勉 : e-Learningの工学教育への導入に関する基礎的研究, 論文集「高専教育」, Vol.28, 297-302, 2005年.
351)谷岡 哲也, 高坂 要一郎, 永峰 勲, 任 福継, 片岡 睦子, 中屋 公子, 多田 敏子, 大坂 京子, 森口 博基, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 伊藤 奈織子, 小田 典子, 木曽 利恵, 延和 佳奈, 山口 友紀子 : 統合失調症用のクリニカルパス及びアウトカム管理の確認項目の作成と重要性の検討, 季刊 こころの臨床, Vol.24, No.1, 103-116, 2005年.
352)Kei-ichiro Murai, Akira Yoshiasa, Takamitsu Yamanaka and Ichiro Nakabayashi : Thermal Vibration of the Rutile-Type Difluorides of First-Row Transition Metals, Physica Scripta, Vol.T115, 267-270, 2005.
353)桐山 聡, 日下 一也, 英 崇夫 : 動き始めた創成学習, --- 徳島大学創成学習開発センターの活動 ---, 大学研究ジャーナル, 95-106, 2005年.
354)川田 和男, 小比賀 理延, 藤澤 正一郎, 山本 透, 間田 泰弘 : 進化的計算を用いたアクロボットの振り上げパターン生成, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.125-C, No.3, 457-462, 2005年.
355)Satoshi Nakamura, Kazuya Takeda, Kazumasa Yamamoto, Takeshi Yamada, Shingo Kuroiwa, Norihide Kitaoka, Takanobu Nishiura, Akira Sasou, Mitsunori Mizumachi, Chiyomi Miyajima, Masakiyo Fujimoto and Toshiki End : AURORA-2J: An evaluation framework for Japanese noisy speech recognition, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E88-D, No.3, 535-544, 2005.
356)Tsuneyuki Sato, Yukiko Arima, Makiko Seno and Tomohiro Hirano : Initiator-Fragment Incorporation Radical Polymerization of Divinyl Adipate with Dimethyl 2,2'-Azobis(isobutyrate): Kinetics and Formation of Soluble Hyperbranched Polymer, Macromolecules, Vol.38, No.5, 1627-1632, 2005.
357)多田 吉宏, 高谷 洋之 : 亜鉛フォームへのビステトラゾール系発泡剤の適用性, 粉体および粉末冶金, Vol.52, No.3, 141-145, 2005年.
358)Y.-H. Chu, Z.-M. Wang, M. Yamagishi, H. Kanoh, Takahiro Hirotsu and Y.-X. Zhang : Synthesis of Nanoporous Graphite-Derived Carbon-Silica Composites by a Mechanochemical Interaction Approach, Langmuir, Vol.21, No.6, 2545-2551, 2005.
359)松木 均, 長宗 秀明, 金品 昌志, 上田 一作 : 蛍光プローブ特異的モノクローナル抗体への長鎖両親媒性リガンドの阻害様式, 麻酔と蘇生, Vol.41, No.1, 35-38, 2005年.
360)小栗 顕二, 小松 右京, 松木 均, 金品 昌志 : 牛血清アルブミン水溶液の粘度におよぼすハロセンの影響, 麻酔と蘇生, Vol.41, No.1, 39-42, 2005年.
361)西本 真琴, 松木 均, 金品 昌志, 佐竹 弘, 長山 和史, 秦 隆志 : 不飽和アシル鎖を持つリン脂質二分子膜への局所麻酔薬の分配, 麻酔と蘇生, Vol.41, No.1, 43-46, 2005年.
362)松岡 和彦, 谷岡 康弘, 秦 隆志, 佐竹 弘, 松木 均, 金品 昌志 : 脂質二分子膜への局所麻酔薬の分配に及ぼすコレステロールの影響, 麻酔と蘇生, Vol.41, No.1, 17-20, 2005年.
363)Tatsuya Okada, Mitsuyoshi Utani, Atsushi Osue, Nobukazu Fujii, Minoru Tagami and Fukuji Inoko : Slip Morphology and Recrystallization in Copper Single Crystals Tensile-Deformed along <011> and <001> Direction, Materials Transactions, Vol.46, No.3, 602-607, 2005.
364)越智 洋司, 脇田 里子, 矢野 米雄 : 教材リソースの再利用におけるコンテンツ承認機構の提案, 日本教育工学会論文誌, Vol.28, No.Suppl, 145-148, 2005年.
365)Taro Mito, Isao Sarashina, Hongjie Zhang, Akihiro Iwahashi, Haruko Okamoto, Katsuyuki Miyawaki, Yohei Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Non-canonical functions of hunchback in segment patterning of the intermediate germ cricket Gryllus bimaculatus, Development, Vol.132, No.9, 2069-2079, 2005.
366)Hitoshi Sugawara, Shuji Osaki, Miki Kobayashi, Takahiro Namiki, Shanta Ranjan Saha, Yuji Aoki and Hideyuki Sato : Transport Properties in CeOs4Sb12, --- Possibility of the Ground State Being Semiconducting ---, Physical Review B, Condensed Matter and Materials Physics, Vol.71, No.12, 125127-1-125127-6, 2005.
367)Takao Masuda, Akira Yamaguchi, Masayuki Hayashida, Fumika Asari-Oi, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Visualization of DNA hybridization on gold thin film by utilizing the resistance effect of DNA monolayer, Sensors and Actuators B: Chemical, Vol.105, No.2, 556-561, 2005.
368)Toshihiro Moriga, Takashi Sakamoto, Ryoji Saki, Kei-ichiro Murai, Ichiro Nakabayashi and -B. James Metson : Zinc Oxynitride Powders Examined by X-ray Absorption Near Edge Spectroscopy, Physica Scripta, Vol.T115, 312-313, 2005.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)鎌田 磨人 : 河川流は河畔植生の動態にどのように影響するか, 水資源研究センター研究報告, Vol.0, No.24, 29-32, 2004年.
2)今井 仁司 : 極座標変換に伴う微分方程式の特異性の回避公式について, 数理解析研究所講究録, Vol.1362, No.0, 161-168, 2004年.
3)高木 均, 森 浩司, 日野 順市, 越智 真治, 中岡 正典 : 天然繊維で強化した機能性グリーンコンポジットの開発, 徳島大学工学部研究報告, No.49, 11-14, 2004年.
4)山本 征太郎, 平尾 潔, 周 濱, 成行 義文 : 変位に基づく単柱式RC橋脚の性能規定型耐震設計に関する基礎的研究, 第1回性能規定型耐震設計に関する研究発表会講演論文集, 105-110, 2004年.
5)Kentaro Kayanuma, Takuro Tomita, Akihiro Murayama, Yasuo Oka, Irina A. Buyanova and Weimin M. Chen : Dynamical study of optical spin injection in ZnMnSe/ZnCdSe double quantum wells, Extended Abstracts of The 10th Symposium on the Physics and Application of Spin-Related Phenomena in Semiconductors, 88-91, 2004.
6)Mikito Yasuzawa, Shigeru Inoue, Hiroki Takaoka, Junya Murakami, Toshiyasu Shimizu and Shinji Imai : In vivo studies of implantable electrochemically fabricated glucose sensors, Chemical Sensors, Vol.2004-B, No.20, 766-767, 2004.
7)Hiroki Takaoka, Toshiyasu Shimizu, Shinji Imai, Shinya Furukawa and Mikito Yasuzawa : Preparation and properties of enzyme micro sensors, Chemical Sensors, Vol.2004-B, No.20, 644-645, 2004.
8)Osamu Tsujihara, Fushimi Yuki, Kubori Takayoshi and Tsutomu Sawada : Construction of convenient simulation system of spreading fire in an earthquake using digital residential maps, Journal of Applied Computing in Civil Engineering, Vol.13, No.0, 313-320, 2004.
9)中村 浩一, 片山 史章, 道廣 嘉隆, マハブバル ラフマン モハマド, 森賀 俊広, 金城 辰夫 : フォノンエコー法によるLiNbO3におけるイオン拡散の観測, 第25回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, Vol.25, No.25, 7-8, 2004年.
10)深貝 暢良, 伊藤 正幸, 成川 公昭 : Variational methods in Orlicz-Sobolev spaces to quasilinear elliptic equations, 数理解析研究所講究録, Vol.1405, 14-30, 2004年.
11)Shin-ichi Chiba, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa and Tetsuya Tanioka : Analysis of electroencephalographic activity in condition of emotional activation in human, International Conference on Artificial Intelligence and Soft Computing, Vol.1, No.1, 445-450, 2005.
12)Kohei Fujinami, Naoki Mizukami, Hisato Ohno, Hiroaki Suzuki, Akira Shinomiya, Osamu Sueda and Masaki Tauchi : Tactile Ground Surface Indicator Widening and its Effect on Users' Detection Abilities, Quarterly Report of RTRI, Vol.Vol. 46, No.No.1, 40-45, 2005.
13)成行 義文, 平尾 潔, 門 峰康, 高田 鉄也 : 各種復元力履歴モデルに対するPark型損傷指標の適用性に関する一考察, 第8回地震時保有耐力法に基づく橋梁等構造の耐震設計に関するシンポジウム講演論文集, 425-432, 2005年.
14)西山 賢一, 寺戸 恒夫, 石田 啓祐, 村田 明広, 岡田 憲治 : 2004年台風10号に伴う豪雨で発生した木沢村の斜面災害と地すべり地形, 阿波学会紀要, No.51, 1-8, 2005年.
15)郷田 秀一郎, 薮谷 智規, 櫻庭 春彦, 本仲 純子, 大島 敏久 : 超好熱菌酵素を素子とするバイオセンサーの開発:ポリアミン関連酵素の機能解析とD-プロリン脱水素酵素機能電極センサーの開発, 徳島大学工学部研究報告, Vol.50, 2005年.
16)鎌野 琢也, 安野 卓, 西尾 芳文 : 環境認識機能を有する人間共存型脚式ロボットの開発, 徳島大学工学部研究報告, Vol.50, 19-25, 2005年.
17)今井 仁司 : 無限精度数値シミュレーションの拓く計算力学の新たな可能性, 日本計算数理工学会誌計算数理工学レビュー, Vol.2005, No.2005-1, 21-32, 2005年.
18)森賀 俊広, 林 由佳子, 三河 通男, 村井 啓一郎, 富永 喜久雄 : 第3世代透明導電性アモルファス薄膜の創製, 徳島大学工学部研究報告, No.50, 7-12, 2005年.
19)中野 晋, 村上 仁士 : 2004年東海道沖地震における自治体の津波防災対応の検証, 南海地震研究, Vol.1, 93-100, 2005年.
20)村上 仁士, 中野 晋, 上月 康則 : 南海地震による津波被害, 南海地震研究, Vol.1, 85-92, 2005年.
21)中野 晋 : 鳴門市での高潮災害調査, 平成16年台風災害に関する学術調査報告書, 49-54, 2005年.
22)中野 晋 : 高知県菜生海岸高波災害調査, 平成16年台風災害に関する学術調査報告書, 55-60, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術レター

1)Shigeru Sugiyama, Minako Fujii, Hiromu Hayashi and Katsuki Kusakabe : Revised Preparation Procedure of Calcium Hydroxyapatite with Sol Consisting of Sodium Alginate and Sodium Diphosphate, Inorganic Chemistry Communications, Vol.7, No.4, 569-571, 2004.
2)Hitoshi Tokushige, Tanoue Takaaki and Kasami Tadao : On Binary Images of Shortened Cyclic (8, 5) Codes over GF(2^8), IEEE Communications Letters, Vol.8, No.4, 253-255, 2004.
3)久保 智裕 : 点メモリフィードバックによる状態に無駄時間を含む系の最適レギュレータ, 電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J87-A, No.4, 577-579, 2004年.
4)森田 郁朗, 橋爪 正樹 : PSpiceによる三相HB形ステッピングモータの駆動特性解析, 電気学会論文誌, Vol.D-124, No.4, 423-424, 2004年.
5)Kazuhiro Nishizono, Masaya Okada, Minoru Kamei, Daigo Kikuta, Kikuo Tominaga, Yasuo Ohno and Jin-Ping Ao : Metal/Al-doped ZnO ohmic contact for AlGaN/GaN high electron mobility transistor, Applied Physics Letters, Vol.84, No.20, 3996-3998, 2004.
6)Yasuteru Hosokawa and Yoshifumi Nishio : Simple Chaotic Circuit Using CMOS Ring Oscillators, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.14, No.7, 2513-2524, 2004.
7)久保 智裕 : 状態にむだ時間を含む系におけるdelay-dependentな条件に基づく最適メモリーレスレギュレータ, システム制御情報学会論文誌, Vol.17, No.7, 308-310, 2004年.
8)Naotaka Kubota, Jin-Ping Ao, Daigo Kikuta and Yasuo Ohno : Schottky Barrier Height Determination by Capacitance-Voltage Measurement on n-GaN with Exponential Doping Profile, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.43, No.7A, 4159-4160, 2004.
9)Bohdan Grzadkowski, Zenro Hioki, Kazumasa Ohkuma and Jose Wudka : Optimal-observable analysis of possible new physics using the b-quark in γγ -> t tbar -> bX, Physics Letters B, Vol.593, No.1-4, 189-197, 2004.
10)Hideo Nishino, Takemoto Mikio and Chubachi Noriyoshi : Estimating the diameter/thickness of a pipe using the primary wave velocity of a hollow cylindrical guided wave, Applied Physics Letters, Vol.85, No.6, 1077-1079, 2004.
11)Tohru Ishitani and Kaoru Ohya : Comparative study of scanning ion microscope and scanning electron microscope images using Monte Carlo simulations, Microscopy and Microanalysis, Vol.10, No.Suppl 02, 140-141, 2004.
12)Fawang Yan, Masashi Tsukihara, Akihiro Nakamura, Takayuki Yadani, Tetsuya Fukumoto, Yoshiki Naoi and Shiro Sakai : Surface smoothing mechanism of AlN film by initially alternating supply of ammonia, Japanese Journal of Applied Physics, Part 2 (Letters), Vol.43, No.8B, L1057-L1059, 2004.
13)伊藤 照明, 平本 知之 : プロセスシミュレーションモデルによる料金所渋滞分析, 情報科学技術レターズ, Vol.3, No.3, 371-372, 2004年.
14)Takuji Kousaka, Yoshihito Yasuhara, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Experimental Realization of Controlling Chaos in the Periodically Switched Nonlinear Circuit, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.14, No.10, 3655-3660, 2004.
15)Sandra Jacqueline Lock, Norikazu Miyoshi and Makoto Wada : Solvent-free Imino-Aldol Three-component Couplings on a Conveniently-prepared and Reusable Phosphoric Acid-Silica Gel Support, Chemistry Letters, Vol.33, No.10, 1308-1309, 2004.
16)鎌田 磨人 : 戦略的な自然再生, --- 研究と施策と事業と人の連環 ---, 日本緑化工学会誌, Vol.30, 394-395, 2004年.
17)寺田 賢治, 新居 康俊, 大橋 剛介 : ローカルバイナリパターンを用いたカメラ画像からの人の検出, 電気学会論文誌D (産業応用部門誌), Vol.124-D, No.11, 1166-1167, 2004年.
18)七條 裕衣, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 庄野 正行, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 會沢 勝夫 : ImSpecter法による培養骨牙細胞に及ぼすELF変動磁界の影響, Technical Report of IEICE, MBE, Vol.32, 49-52, 2004年.
19)Takeshi Mori, Kenji Shimoyama, Yoichi Fukawa, Keiji Minagawa and Masami Tanaka : Parallel β-sheet as a Novel Template for Polymerization of Diacetylene, Chemistry Letters, Vol.34, No.1, 116-118, 2005.

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

1)草壁 克己, 外輪 健一郎 : 空気分離用ゼオライト膜の開発, ケミカルエンジニヤリング, Vol.49, No.4, 291-295, 2004年4月.
2)三宅 正弘 : (徳島の)地魚とお寿司屋さん, --- 最終回:根魚とガガネ ---, 徳島県観光協会だより·うずうず, No.25, 2004年4月.
3)三宅 正弘 : ケーキの街を歩く, --- ケーキ屋さんが街を動かしている,その最前列 ---, 月刊きんもくせい, No.13, 3-4, 2004年4月.
4)坂巻 清司, 岡田 健一 : 設備診断(非破壊検査)における材料力学の重要性, 検査技術, Vol.9, No.4, 1-6, 2004年4月.
5)仁木 登 : CTによる肺疾患検診へのCAD応用, 映像情報メディカル, Vol.36, No.4, 402-409, 2004年4月.
6)松井 知子, 黒岩 眞吾 : 音声による個人認証技術の現状と展望, --- 今,なすべきことは何か! ---, 電子情報通信学会誌, Vol.87, No.4, 314-321, 2004年4月.
7)Haruhiko Sakuraba, Shuichiro Goda and Toshihisa Ohshima : Unique sugar metabolism and novel enzymes of hyperthermophilic archaea, Chemical Record, Vol.3, No.5, 281-287, May 2004.
8)村上 仁士, 上月 康則 : 港湾環境の自立的修復を促す海岸構造物, CDIT, Vol.14, 8-9, 2004年5月.
9)高麗 寛紀 : 光触媒と繊維への応用, 加工技術, Vol.39, No.5, 285-290, 2004年5月.
10)上田 隆雄 : 電気化学的補修の現状と課題, コンクリート工学, Vol.42, No.5, 73-79, 2004年5月.
11)森井 昌克 : ブロードバンドネットワークにおけるセキュリティ技術の現状と動向, 画像電子学会誌, Vol.33, No.3, 385-392, 2004年5月.
12)森井 昌克 : プライバシーの終焉と個人情報保護, 画像電子学会誌, Vol.33, No.3, 323-324, 2004年5月.
13)寺田 賢治 : 横断歩道のセキュリティー, O plus E, Vol.26, No.6, 668-671, 2004年6月.
14)Shigeaki Nagamachi : Review of `Towards Euclidean theory of infrared singular quantum fields' {Smirnov, A.G., (2003) 2058-2076 J. Math. Phys. 44}, Mathematical Reviews, Vol.2004, No.f, 4964-4965, Jun. 2004.
15)山本 裕紹 : 視覚復号型暗号によるセキュアな情報ディスプレイ, 光技術コンタクト, Vol.42, No.6, 313-321, 2004年6月.
16)高麗 寛紀 : JABEE生物工学関連分野の試行審査を受けて, バイオサイエンスとインダストリー, Vol.62, No.7, 47, 2004年7月.
17)大渕 朗 : 平面代数曲線, 数学セミナー, No.7, 30-35, 2004年7月.
18)大島 敏久 : 巻頭言:大学法人化と進化, 極限環境微生物学会誌, Vol.3, No.1, 2-3, 2004年7月.
19)三宅 正弘 : 野菜畑を旅する, --- 第一話:野菜をおいしく感じる旅·レンコン畑 ---, 徳島県観光協会だより·うずうず, No.26, 2004年7月.
20)村上 仁士 : 歴史資料から近時災害への対応をさぐる, --- 次の南海地震津波時の避難行動への活用 ---, 国づくりと研修, No.105, 16-19, 2004年7月.
21)大石 篤哉 : 非破壊検査と計算工学, 計算工学, Vol.9, No.3, 966-969, 2004年7月.
22)大島 敏久, 櫻庭 春彦, 津下 英明 : 超好熱菌の酵素の構造解析に基づく新規耐熱性酵素の創製, 日本農芸化学会誌, Vol.78, No.8, 761-763, 2004年8月.
23)大島 敏久, 高木 博史 : 高機能エンザイム創製へのニューアプローチ, 日本農芸化学会誌, Vol.78, No.8, 744, 2004年8月.
24)早崎 芳夫, 西田 信夫 : 光加工技術を用いた本人認証, 光学, Vol.33, No.8, 472-474, 2004年8月.
25)本仲 純子 : 飛ぶ矢は飛ばず, ぶんせき, Vol.2004, No.8, 497, 2004年8月.
26)一宮 昌司 : 機械工学年鑑,7・3遷移乱流,7・3・1非圧縮性, 日本機械学会誌, Vol.107, No.1029, 608, 2004年8月.
27)佐藤 恒之 : 極性置換基を有する酢酸ビニルの合成と重合, 接着, Vol.48, No.9, 414-418, 2004年9月.
28)村上 仁士 : 南海地震に備えよう(5), --- 地震より怖い津波 ---, 企業情報とくしま, No.254, 18-19, 2004年9月.
29)外輪 健一郎 : 制御性を考慮した連続晶析装置の設計技術, 日本海水学会誌, Vol.58, No.5, 448-454, 2004年10月.
30)寺田 賢治 : 車と人の監視, 日本ロボット学会誌, Vol.22, No.7, 50-53, 2004年10月.
31)三宅 正弘 : 野菜畑を旅する, --- 第二話:フランスワインと鳴門金時 ---, 徳島県観光協会だより·うずうず, No.27, 2004年10月.
32)岡村 未対, 竹村 次朗, 上野 勝利 : 遠心模型実験-実験技術と実務への適用-, --- 2. 遠心模型の相似則,実験技術-利点と限界- ---, 土と基礎, Vol.52, No.10, 37-44, 2004年10月.
33)Shigeaki Nagamachi : Review of `Generalized operators and operator-valued distributions in quantum field theory' {Huang, Zhiyuan; Wang, Xiangjun; Wang, Caishi, Acta Math. Sci. Ser. B Engl. Ed. 23 (2003) 145-154}, Mathematical Reviews, Vol.2004, No.j, 4964-4965, Oct. 2004.
34)村上 仁士 : 南海地震に備えよう(6), --- 早期避難で犠牲者半減 ---, 企業情報とくしま, No.255, 10-11, 2004年10月.
35)福井 萬壽夫, 原口 雅宣, 岡本 敏弘 : 表面プラズモンポラリトンの伝播と制御, 応用物理学会誌, Vol.73, No.10, 1275-1286, 2004年10月.
36)浦野 真次, 橋本 親典, 水口 裕之 : フレッシュコンクリートの施工性能に関する技術の現状と問題点, コンクリート工学, Vol.42, No.11, 21-27, 2004年11月.
37)中村 浩一, 道廣 嘉隆, 金城 辰夫 : NMRからみた超イオン伝導体のイオン拡散挙動, 日本結晶学会誌, Vol.46, 399-406, 2004年11月.
38)村上 仁士 : 南海地震に備えよう(7), --- 台風16号に学ぶところ大 ---, とくしま産業振興機構, No.256, 16-17, 2004年11月.
39)寺田 賢治 : 画像処理による阿波踊りの動作解析, --- カラーモーションキャプチャによる人の動作特徴の定量化 ---, 画像ラボ, Vol.15, No.12, 3-8, 2004年12月.
40)佐藤 浩, 小野 功, 森 直樹 : 仮想先物市場U-Martシステムの設計とエージェント・プログラミング教育, 計測と制御, Vol.43, No.12, 981-986, 2004年12月.
41)堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩, モハマッド サハルディン ビン, 中川 美典 : Gcタンパク質(ビタミンD結合タンパク質)の糖鎖プロセシングをベースにしたドラマタイプがん治療薬の創製, 放射線生物研究, Vol.39, No.3, 328-341, 2004年12月.
42)高麗 寛紀 : JABEE試行審査を受けてⅡ, 生物工学会誌, Vol.82, No.6, 253-256, 2004年12月.
43)Shigeaki Nagamachi : Review of `Lattice approximations and continuum limits of Φ42-quantum fields' {Albeverio, Sergio; Bernabi, Maria Simonetta; Zhou, Xian Yin, J. Math. Phys. 45 (2004) 149-178}, Mathematical Reviews, Vol.2004, No.m, 10387, Dec. 2004.
44)松木 均, 佐竹 弘, 金品 昌志 : 局所麻酔作用のモデル研究, --- 界面化学的手法による作用機構の解明 ---, 表面, Vol.42, No.12, 353-371, 2004年12月.
45)福井 萬壽夫 : 表面プラズモン共鳴(伝播型)の基礎(plasmonics, in japanease), 日本分光学会 顕微鏡分光部会講習会 プラズモニクス入門-基礎から応用まで- 講習会テキスト, 1-6, 2004年12月.
46)下村 隆夫, 高橋 宗雄, 池田 建司, 最上 義夫 : Webプログラミングフレームワーク, 情報処理, Vol.45, No.12, 1266-1271, 2004年12月.
47)Atsushi Mori, Tomonori Ito and B Brian Laird : Superlattice structure along the phase boundary in alloy phase diagram of InGaN thin film by Monte Carlo simulation, Current Topics in Crystal Growth Research, Vol.7, 39-46, Dec. 2004.
48)更科 功, 三戸 太郎, 野地 澄晴 : 昆虫の体はどうやってできたか?, 遺伝, Vol.57, No.6, 32-38, 2004年.
49)大内 淑代 : 全遺伝子の発現を組織切片で観察するテクノロジー, バイオテクノロジージャーナル, Vol.5, 488-492, 2005年.
50)大内 淑代 : 光受容細胞の発生進化の謎にせまる, --- 光同調をつかさどるメラノプシン ---, 蛋白質核酸酵素, Vol.50, 440-441, 2005年.
51)大内 淑代 : 器官形成とFGF10シグナル, 細胞工学, Vol.10, 1037-1040, 2005年.
52)大内 淑代 : 網膜発生分化の分子機構, 発生システムのダイナミクス,蛋白質核酸酵素増刊, Vol.50, 692-698, 2005年.
53)手塚 美彦, 山本 裕紹, 柳谷 伸一郎, 岡本 敏弘, 森 篤史, 早崎 芳夫, 河田 佳樹, 西田 信夫 : 徳島大学光工学分野におけるPBL教育の実践, 光技術コンタクト, Vol.43, No.1, 41-46, 2005年.
54)三宅 正弘 : 野菜畑を旅する, --- 第三話:畑の網がねらう獲物とは·徳島の色 ---, 徳島県観光協会だより·うずうず, No.28, 2005年1月.
55)野地 澄晴 : ポストゲノム時代の形態学 システム形態学のテクノロジー, バイオテクノロジー ジャーナル, Vol.5, No.1,2, 114-118, 2005年1月.
56)金品 昌志, 松木 均 : 圧力と温度による脂質の相転移制御, FFIジャーナル, Vol.210, No.1, 12-19, 2005年1月.
57)高木 均 : FOREVER成形加工, プラスチック成形加工学会誌, Vol.17, No.1, 8, 2005年1月.
58)手塚 美彦, 山本 裕紹, 柳谷 伸一郎, 岡本 敏弘, 森 篤史, 早崎 芳夫, 河田 佳樹, 西田 信夫 : 徳島大学光工学分野におけるPBL教育の実践, 光技術コンタクト, Vol.43, No.1, 41-46, 2005年1月.
59)石原 国彦 : 流体騒音低減事例, 実務者のための騒音防止技術, Vol.274, 39-44, 2005年1月.
60)Hideaki Nagamune, Kazuto Ohkura and Hisashi Ohkuni : Molecular bases of group A streptococcal pyrogenic exotoxin B, Journal of Infection and Chemotherapy, Vol.11, No.1, 1-8, Feb. 2005.
61)Ayuko Takao, Hideaki Nagamune and Nobuko Maeda : The hyaluronate lyase in Streptococcus intermedius and Streptococcus constellatus: A putative virulence factor, Recent Research Development in Microbiology, Vol.9, 81-96, Feb. 2005.
62)Shigeaki Nagamachi : Review of `Critical Φ43, ε' {Brydges, D.C.; Mitter, P.K.; Scoppola, B., Comm. Math. Phys. 240 (2003) 281-327}, Mathematical Reviews, Vol.2005, No.b, 1758-1759, Feb. 2005.
63)川上 烈生, 山上 喜廣, 富永 喜久雄, 服部 敦美, 來山 征士, 大野 泰夫 : デジタル化・ネットワーク化時代の電気電子工学学生実験, 徳島大学高度情報化基盤センター「広報」, Vol.12, 57-60, 2005年2月.
64)竹林 洋史 : 河川中・下流域の河道地形, ながれ, Vol.24, No.1, 27-36, 2005年2月.
65)Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Secure display with limited viewing zone using visual cryptography, SPIE's International Technical Group Newsletter, Vol.16, No.1, 10-12, Feb. 2005.
66)升田 雅博, 大山 啓 : 小径穴を効率的に加工する技術, --- -脆性材料の小径穴加工技術- ---, 機械と工具, 16-21, 2005年3月.
67)寺田 賢治 : 研究室紹介 徳島大学工学部知能情報工学科B1講座寺田グループ =人に優しい画像処理工学=, 光アライアンス, Vol.16, No.3, 61-62, 2005年3月.
68)櫻庭 春彦, 大島 敏久, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱菌由来アルドラーゼのユニークな4次構造と高度耐熱性, 生物物理, Vol.45, No.2, 97-100, 2005年3月.
69)三宅 正弘 : 街歩きこそ,これからの街づくり, わたしの散歩道, 2005年3月.
70)矢田部 龍一, 三神 厚 : JH四国耐震性評価手法検討業務報告書, 2005年3月.
71)桐山 聰, 日下 一也, 英 崇夫, 辛 動勲 : 動き始めた創成学習 -徳島大学創成学習開発センターの活動-, 大学教育研究ジャーナル, Vol.2, No.2, 113-124, 2005年3月.
72)三宅 正弘 : 見えた!街の魅力1, --- 焼き鳥グラデーション ---, 徳島新聞, 2005年3月.
73)三宅 正弘 : 見えた!街の魅力2, --- 地域の社交場 ---, 徳島新聞, 2005年3月.
74)三宅 正弘 : 見えた!街の魅力3, --- お好み焼き上 ---, 徳島新聞, 2005年3月.
75)橋本 親典 : トンネル,のり面,補修·補強の指針を作成 --土木学会吹付けコンクリート研究小委員会の活動, セメント新聞, 11, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1)Lu Xin, Liu Qiong and Shunichiro Oe : Recognizing Non-rigid Human Actions Using Joints Tracking in Space-time, Proceedings of International Conference on Information Technology, 620-625, Las Vegas, Apr. 2004.
2)Teruaki Ito : Quality and reliability aspects of tailor-made guide templates for osseointegrated implants, Quality, Reliability and Maintenance QRM2004, 53-56, Oxford, United Kingdom, Apr. 2004.
3)Qiong Liu, Xin Lu, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Automatic estimation of stock market forecasting and generating, Proc. of IEEE International Conference on Information Technology, Vol.1, 241-245, Apr. 2004.
4)Mohamed Fattah, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Internet Archive as a Source of Bilingual Dictionary, Proc. of IEEE International Conference on Information Technology, Vol.2, 298-302, Apr. 2004.
5)Kuniyoshi Kobayashi, Satoru Tsuge, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Packet Loss Concealment Algorithm using Speech Recognition and Synthesis, Proc. of the 18th International Congress on Acoustics, Vol.4, 3271-3274, Kyoto, Apr. 2004.
6)Raul Morales Salcedo, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : SUPPORTING COURSE SEQUENCING IN A DIGITAL LIBRARY, --- Usage of Dinamic Metadata for Learning Objects ---, Proceedings of the ICEIS2004, 319-323, Porto Portugal, Apr. 2004.
7)Takagi Masao, Masaki Hashizume, Masahiro Ichimiya, Hiroyuki Yotsuyanagi, Tsukimoto Isao and Takeomi Tamesada : AC Electric Field for Detecting Pin Opens by Supply Current of CMOS ICs, Proc. of International Conference on Electronics Packaging, 217-222, Tokyo, Apr. 2004.
8)Akihiko Tsuji, Yayoi Kikuchi and Yoshiko Matsuda : Reticulocalbin-3: A novel protein which regulates biosynthesis of subtilisin-like proprotein convertase, The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science, 129, Yokohama, Apr. 2004.
9)Ryushi Kawakami, Hideaki Tsuge, Shuichiro Goda, Haruhiko Sakuraba, Nobuhiko Katunuma and Toshihisa Ohshima : Novel dye-linked L-proline dehydrogenase from anaerobic hyperthermophilic archaea, Thermococcus profundus and Pyrococcus horikoshii OT-3, The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science, Yokohama, Apr. 2004.
10)Mohammad W. Bhuiya, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Takahito Imagawa, Nobuhiko Katunuma and Hideaki Tsuge : Structure of hyperthermostable NAD-specific glutamate dehydrogenase of Pyrobaculum islandicum, The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science, Yokohama, Apr. 2004.
11)Hideaki Tsuge, Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba, Kazunari Yoneda, Hideo Ago, Masashi Miyano, Kenji Aki, Nobuhiko Katunuma and Toshihisa Ohshima : Crystal structure of an unique FAD and FMN containing enzyme; Dye-linked L-proline dehydrogenase from Pyrococcus horikoshii, The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science, Yokohama, Apr. 2004.
12)Teruaki Ito : An approach of whiteboard-based interface for collaborative environment, 11th European Concurrent Engineering Conference, 71-75, Hasselt, Belgium, Apr. 2004.
13)Toshiaki Itoh : DKA Method for Single Variable Holomorphic Functions, 5th WSEAS Int. Conf. on Appli. Math. Program, Miami, Florida,USA, Apr. 2004.
14)Akitoshi Mochizuki : Bright side and Dark side of the Effective Stress method, --- Advantage of the SS-method ---, Chinese journal of Rock Mechanics and Engeneering, Xi'an, Apr. 2004.
15)Tatsuya Okada, Tsunenobu Kimoto, Keita Yamai, Hiroyuki Matsunami and Fukuji Inoko : Crystallographic defects under surface morphological defects of 4H-SiC homoepitaxial films, Materials Science Forum, Vol.457-460, 521-524, Lyon, May 2004.
16)Yutaka Kishimoto, Yu Kawasaki, Takashi Ohno, Takehiko Hihara, Kenji Sumiyama, Laxmi C Gupta and Goutam Ghosh : Spin fluctuation temperatures in mixed valence materials studied by magnetic Susceptibility, Journal of Magnetism and Magnetic Materials, Vol.272-276, 509-510, May 2004.
17)YUE MA, Hiroshi Kawakami and Chi K. Tse : Analysis of bifurcation in switched dynamical systems with periodically moving borders: application to power converters, IEEE International Symposium on Circuits and Systems 2004, Vancouver, May 2004.
18)Yutaka Kishimoto, Yu Kawasaki, Takashi Ohno, Laxmi C Gupta and Goutam Ghosh : 139La NQR Relaxation in Superconductor LaRu3Si2, Journal of Magnetism and Magnetic Materials, Vol.272-276, No.1, 507-508, May 2004.
19)Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : An aspect of oscillatory conditions in linear systems and Hopf bifurcations in nonlinear systems, Proc. NDES2004, 352-355, Evora, Portugal, May 2004.
20)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in current coupled BVP oscillators, Proc. NDES2004, 348-351, Evora, Portugal, May 2004.
21)Akihiro Takita, Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki, Hiroaki Misawa and Nobuo Nishida : Fluorescence from structures in human fingernail formed by use of a focused near-infrared femtosecond laser pulse, Proceedings of SPIE, Vol.5662, 722-727, Nara, May 2004.
22)Hayato Takagi, Akihiro Takita, Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki, Hiroaki Misawa and Nobuo Nishida : Structures on human fingernail surface processed by use of a focused near-infrared femtosecond laser pulse, Proceedings of SPIE, Vol.5662, 706-711, Nara, May 2004.
23)Hiroyuki Ukida and Kazuma Aoki : Arbitrary 3D Shape-from-shading with Parametric Eigenspace Method Using Image Scanner, Proceedings of the 2004 IEEE International Workshop on Imaging Systems and Techniques, 107-112, Stresa, May 2004.
24)Shigeru Sugiyama, Takuya Hashimoto, Yuki Morishita and Hiromu Hayashi : Effects of Calcium Cations Incorporated into Magnesium Vanadates on the Redox Behaviors and the Catalytic Activities for the Oxidative Dehydrogenation of Propane, 18th Canadian Symposium on Catalysis, Montreal, Canada, May 2004.
25)Hiroyuki Ukida and Sumio Takamatsu : 3D Shape Measurements Using Stereo Image Scanner with Three Color Light Sources, Proceedings of the 21th IEEE Instrumentation and Measurement Technology Conference, 639-644, Como, May 2004.
26)Shinichirou Hashimoto, Chikanori Hashimoto, Takeshi Watanabe and Hiroyuki Mizuguchi : A Fundamental Study on Concrete Using a Binder Consisting of Three Industrial By-product as a Substitute for Cement, Eighth CANMET/ACI International Conference on Flyash, Slica FUme, Slag And Natural Pozzolans in Concrete Supplementary Papers, 213-225, Las Vegas, May 2004.
27)Zonghuang Yang, Kazuya Tsuruta, Yoshifumi Nishio and Akio Ushida : Investigation of Phase-Wave Propagation Phenomena in Second Order CNN Arrays, Proceedings of IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS'04), Vol.3, 49-52, Vancouver, May 2004.
28)Yoshihiro Yamagami, Hiroo Yabe, Yoshifumi Nishio and Akio Ushida : Distortion Analysis of Nonlinear Networks Based on SPICE-Oriented Harmonic Balance Method, Proceedings of IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS'04), Vol.4, 633-636, Vancouver, May 2004.
29)Satoko Tezuka, Ramesh Chitrakar, Akinari Sonoda, Kenta Ooi and Tahei Tomida : Studies of Selective Adsorbents for Oxo-anions. NO3- Adsorptive Properties of Ni-Fe Layered Double Hydroxide in Seawater, 8th International Conference on Fundamentals of Adsorption, 212, Arizona, May 2004.
30)Yuki Fukuhara, Akio Kondo, Kotaro Arimoto, Satoko Hayashi and Kojiro WATANABE : Influence of Bicycles left on Safety and Amenity in Pedestrian Footpath, The 10th International Conference on Mobility and Transport for Elderly and Disabled People, PS2-3, Hamamatsu, May 2004.
31)Kotaro Arimoto, Akio Kondo, Yuki Fukuhara, Satoko Hayashi and Kojiro WATANABE : Evaluation of Tactile Tile Network for Guiding Visually Impaired Based on Continuity and Efficiency, The 10th International Conference on Mobility and Transport for Elderly and Disabled People, W(c)-3, Hamamatsu, May 2004.
32)Retsuo Kawakami and Mitani Takenori : Simulation Study on Influence of Chemically Eroded Higher Hydrocarbons on SOL Impurity Transport and Effect of Dynamical Material Mixing on Erosion/Deposition of Tungsten Surfaces Exposed to Plasma Boundary, 16th International Conference on Plasma Surface interactions in Controlled Fusion Devices, P1-29, Portland Maine, U.S.A., May 2004.
33)Masahiro Katoh, Tahei Tomida and Manabu Shinkawa : Adsorption Properties of Nitrogen, Carbon Dioxide and Nitrogen Dioxide onto Mesoporous Chromium Silicate, 8th International Conference on Fundamentals of Adsorption, Sedona, May 2004.
34)Fumiaki Fukawa, Hiroyuki Togo and Naoyuki Shimomura : Consideration of Parallel Reactors for Ozone Production Using Nanosecond Pulsed Power Discharge, Conference Record of the 26th International Power Modulator Symposium, San Francisco, May 2004.
35)Naoyuki Shimomura, Hiroyuki Togo, Fumiaki Fukawa and Hidenori Akiyama : Consideration of Discharge Reactor to Exploit Nanosecond Pulsed Power, Conference Record of the 26th International Power Modulator Symposium, San Francisco, May 2004.
36)Tahei Tomida, Naoyuki Okada, Masahiro Katoh and Sigekazu Katoh : Adsorption and Photocatalytic Decomposition of Volatile Organic Compounds on Photocatalyst of TiO2-Silica Beads, 8th International Conference on Fundamentals of Adsorption, 150, Arizona, May 2004.
37)Hiroaki Imade, Naoaki Mizuguchi, Isao Ono, Norihiko Ono and Masahiro Okamoto : "Gridifying" A Parallel NSS-EA using The Improved GOGA Framework And Its Performance Evaluation on OBI Grid, 1st Int'l Workshop on Life Science Grid (LSGRID2004), 159-160, Kanazawa, May 2004.
38)Hajime Miura, Emi Nakagawa, Sakua Aoki, Ryoko Tagashira, Kohei Nakamoto and Britton Chance : Effects of low-intensity resistance training on large artery stiffness in elderly men, Medicine and Science in sports and exercise, Vol.38, No.5, S50, Indianapolis, USA, May 2004.
39)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Tomiaki Morikawa and Yoneo Yano : Flexible participation for collaborative learning in an asynchronous and semi-synchronous context, Proceedings of ED-MEDIA2004, 1518-1523, Lugano, Jun. 2004.
40)Raymond David, Kazuhide Kanenishi, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : IP Videoconferencing in Distance Education: Ideas for a Successful Integration, Proceedings of ED-MEDIA2004, 4179-4185, Lugano, Jun. 2004.
41)Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Hiroe Shichijo, Mitsuo Kitamura, Akira Soda, Toshitaka Ikehara, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki, Hiroshi Miyamoto and Katsuo Aizawa : Effects of ELF magnetic fields on signal for differentiation of cultured osteoblastic cells by multispectral imaging system., Proceedings of 26th BEMS Meeting, 216, Washington, D.C., Jun. 2004.
42)Toshitaka Ikehara, Tadahiro Teramoto, Hitoshi Houchi, Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Yohsuke Kinouchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of a switched 1.5 tesla magnetic field on intracellular Ca2+ signaling pathways of adrenal chromaffin cells, Proceedings of 26th BEMS Meeting, Washington, D.C., Jun. 2004.
43)Kiyoshi Inoue, Akihiro Kikuchi, Yasuo Iijima, Nobuya Banno, Takao Takeuchi and Tomokazu Fukuzaki : Development of RHQ-Processed Nb3Ga Wire, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, Vol.14, No.2, 956-960, Morioka, Jun. 2004.
44)Takao Takeuchi, Nobuya Banno, Kohei Tagawa, Takamitsu Kobayashi, Kiyosumi Tsuchiya, Noriyuki Tatsumi, Hitoshi Kitaguchi, Tomokazu Fukuzaki, Michio Kosuge, Hitoshi Wada, Yasuo Iijima, Akihiro Kikuchi and Kiyoshi Inoue : Microstructure and n-Value of RHQT Processed Nb3Al Superconductors for NMR Uses, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, Vol.14, No.2, 961-966, Morioka, Jun. 2004.
45)Nobuyuki Banno, Takao Takeuchi, Akihiro Kikuchi, Yasuo Iijima, Kiyoshi Inoue, Michio Kosuge, Michinari Yuyama and Hitoshi Wada : Superconducting Properties of Nb3(Al, Ge) Conductors Prepared by Diffusion Process, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, Vol.14, No.2, 967-970, Morioka, Jun. 2004.
46)Akihiro Kikuchi, Yasuo Iijima, Nobuya Banno, Takao Takeuchi, Kiyoshi Inoue, Michio Kosuge and Michinari Yuyama : Microstructure and Jc-B Performance of DRHQ Processed Nb3Al Tape with Ag Stabilizer, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, Vol.14, No.2, 1008-1011, Morioka, Jun. 2004.
47)Yasuo Iijima, Akihiro Kikuchi, Nobuya Banno, Takao Takeuchi, Kiyoshi Inoue, Michio Kosuge and Michinari Yuyama : Optimization of Cu Addition and RHQ-Treatment Time for Cu-Added Nb3Al Wire, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, Vol.14, No.2, 1012-1015, Morioka, Jun. 2004.
48)Sakae Saito, Hiroharu Sugawara, Jun-ichi Yuuki, Nobuyuki Kodaira, Akihiro Kikuchi, Yasuo Iijima, Takao Takeuchi, Kiyoshi Inoue, Shigeki Nimori, Michio Kosuge and Michinari Yuyama : Superconducting Properties Depending on the Processing Parameters of Nb3Al Wires by the Clad-Chip Extrusion Method and the Rapid-Heating Quenching and Transformation Treatment, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, Vol.14, No.2, 1024-1027, Morioka, Jun. 2004.
49)Noriyuki Tatsumi, Takao Takeuchi, Yasuo Iijima, Nobuya Bannno, Hitoshi Kitaguchi, Michiya Yuyama, Hitoshi Wada, Akihiro Kikuchi, Kiyoshi Inoue, Tomokazu Fukuzaki, Kohei Tagawa and Genzo Iwaki : Attempts to Enhance a Current Capacity by a RHQ Operation of Nb/Al Rectangular Strand, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, Vol.14, No.2, 1020-1023, Morioka, Jun. 2004.
50)Hitoshi Takagi and Hideyuki Tanaka : Mechanical properties and biodegradation behavior of high-strength "green" composites, High Performance Structures and Materials II, 373-382, Ancona, Jun. 2004.
51)Hitoshi Takagi and Hideyuki Tanaka : Characterization of high-strength cross-ply "green" composites, Proceedings of 11th European Conference on Composite Materials, C186-1-C186-7, Rhodes, Jun. 2004.
52)Shoichiro Fujisawa, Ryo Ohnishi, Kazuo Kawada, Toru Yamamoto and Osamu Sueda : Development of Remote Control Network System for Assistive Products, 2004 ARATA National Conference, 1-4, Melbourne, Jun. 2004.
53)Osamu Sueda, Masaki Tauchi, Kato Toshikazu, Sasagawa Yosihiko, Tanaka Tetuji, Ariyama Shinji, Yamamoto Koji, Shimizu Haruki, Arakawa Tatsuo and Akira Shinomiya : Development of Remote Control Network System for Assistive Products, 2004 ARATA National Conference, Melbourne, Jun. 2004.
54)Keizo Kashihara, Tatsuya Okada, Minoru Tagami and Wen-An Chiou : SEM/EBSP and TEM study of tensile-deformed structure in aluminum bicrystal, The 8th Asia-Pacific Conference on Electron Microscopy, 110, Kanazawa, Jun. 2004.
55)Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Shoso Shingubara and Osami Sakata : In-situ Observation of Thermal Stress in Nano-size Thin Aluminum Films, Proceedings of the 7th International Conference on Residual Stresses, Xi'an, Jun. 2004.
56)Dongying Ju, Tomio Ueda, Takashi Hatakeyama, Takuya Arizono, Kazuya Kusaka and Takao Hanabusa : Evaluation of Residual Stress in Nano-TiO2 Film on ITO Glass by Synchrotron X-Ray Diffraction, Proceedings of the 7th International Conference on Residual Stresses, Xi'an, Jun. 2004.
57)Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa, Kikuo Tominaga and Noriyoshi Yamauchi : Effect of Substrate Temperature on Crystal Orientation and Residual Stress in RF Sputtered Gallium Nitride Films, Proceedings of the 7th International Conference on Residual Stresses, 613-618, Xi'an, Jun. 2004.
58)Mitsuhiko Hataya, Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Kikuo Tominaga, Tatsuya Matsue and Osami Sakata : Residual Stress Measurement in Sputtered Copper Thin Films by Synchrotron Radiation and Ordinary X-rays, Proceedings of the 7th International Conference on Residual Stresses, 661-666, Xi'an, Jun. 2004.
59)Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa, Shoso Shingubara, Tatsuya Matsue and Osami Sakata : In-situ thermal stress measurement in nano-sized aluminum and copper films with SOG passivation, AIP Conference Proceedings of Stress-induced Phenomena in Metallization, Vol.741, 229-235, Austin([USA]), Jun. 2004.
60)Raul Morales Salcedo, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Supporting Cooperative Leaning, --- The design of learning infrastructures in a Digital Library Environment ---, Proceedings of ED-MEDIA 2004, 598-602, Lugano, Jun. 2004.
61)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : Learning Process Sharing for Educational Modification of the Web, Proceedings of ED-MEDIA2004, 1187-1192, Lugano, Jun. 2004.
62)Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Ubiquitous Learning, --- Language Learning Meets Ubiquitous Computing ---, Proceedings of ED-MEDIA 2004, 2069-2076, Lugano, Jun. 2004.
63)Yasuo Miyoshi, Youji Ochi, Kazuhide Kanenishi, Ryo Okamoto and Yoneo Yano : An Illustrative-Sentences Search Tool Using Phrase Structure ``SOUP'', Proceedings of ED-MEDIA2004, 1193-1199, Lugano, Jun. 2004.
64)Tokuo Ohnishi, Kenichiro Ueki and Masahide Hojo : Source Current Detection Control of Active Filter for Preventing Current Oscillation, IEEE Power Electronics Specialists Conference - 2004 Record (CD-ROM), Aachen, Germany, Jun. 2004.
65)Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Shoso Shingubara and Osami Sakata : In-situ Observation of Thermal Stress in Nano-size Thin Films, Proceedings of 16th International Vacuum Congress, Venice([Italy]), Jun. 2004.
66)Hiroshi Nishiyama, Hiroshi Kawasaki, Minoru Fukumi, Norio Akamatsu and Yasue Mitsukura : Rule Extraction from a Trained Neural Network for Image Keywords Extraction, Proc. of North American Fuzzy Information Processing Society'2004, 325-329, Banff, Jun. 2004.
67)Masamitsu Fujii, Masanobu Haraguchi, Toshihiro Okamoto and Masuo Fukui : Variation of Whisperng Galley Modes with the Axial Ratio in a Single Microspheroid, 2004 IEEE/LEOS Summer Topical Meetings, San Diego, Jun. 2004.
68)Kazuhiro Morita, El-Sayed Atlam, Masao Fuketa, Yuki Kadoya, Toru Sumitomo and Jun-ichi Aoe : A new Classification Sentence Technique Using Intension Expressions, Proceedings of the Ninth IEEE Symposium on Computers and Communications (ISCC'04), 98-103, Alexandria, EGYPT, Jun. 2004.
69)Toru Sumitomo, Yuki Kadoya, Masao Fuketa, Kazuhiro Morita, Shinkaku Kashiji and Jun-ichi Aoe : An New E-mail Filtering Technique Using Time Priority Measurement, Proceedings of the Ninth IEEE Symposium on Computers and Communications (ISCC'04), 122-127, Alexandria, EGYPT, Jun. 2004.
70)Seiki Yoshimori, Minoru Fukumi, Norio Akamatsu and Yasue Mitsukura : License plate detection system by using threshold function and improved template matching method, Proc. of North American Fuzzy Information Processing Society'2004, 357-362, Banff, Jun. 2004.
71)Akio Ushida, Yoshihiro Yamagami and Yoshifumi Nishio : SPICE-Oriented Distortion Analysis of Nonlinear Networks, Proceedings of IEEE International Conference on Circuits and Systems for Communications (ICCSC'04), No.2PB-9, Moscow, Jun. 2004.
72)Yasue Mitsukura, Kayoko Miyata, Kensuke Mitsukura, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : Intelligent Medical Diagnosis System Using the Fuzzy and Neural Networks, Proc. of North American Fuzzy Information Processing Society'2004, 550-554, Banff, Jun. 2004.
73)Yuuki Yazama, Minoru Fukumi, Norio Akamatsu and Yasue Mitsukura : Analysis and Recognition of Wrist Motions by Using Multidimensional Directed Information and EMG signal, Proc. of North American Fuzzy Information Processing Society'2004, 867-870, Banff, Jun. 2004.
74)Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Shoso Shingubara and Osami Sakata : In-situ Thermal Stress Measurement of Thin Films During Thermal Cycling, Proceedings of 4th International Forum on Advanced Materila Science and Technology, Troyes([France]), Jul. 2004.
75)Hideo Nishino, Chubachi Noriyoshi, Cho Hideo and Takemoto Mikio : A novel method of estimating the aspect ratio of pipe wall thckness to diameter utilizing the characteristics of a hollow cylindrical guided wave, Recent Advances in Nondestructive evaluation techniques for material Science and industries, Vol.484, 1-6, New York, Jul. 2004.
76)Mahito Kamada, Momotaro Kojima and Takeshi Okabe : Invading pattern of Eragrostis curvula at gravel bar in relation to hydro-geomorphic change in the Yoshino River, Shikoku, Japan, Proceedings of the 47th Annual Symposium of the International Association of Vegetation Science, Vol.1, Kailua-Kona, Hawaii (USA), Jul. 2004.
77)Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Shoso Shingubara and Osami Sakata : In-situ observation of thermal stress in nano-size thin aluminum films, The Seventh International Conference on Residual Stresses, Xi'an, China, Jul. 2004.
78)Tian Song, Gen Fujita, Takao Onoe and Isao Shirakawa : Low Complexity Triplet Search Motion Estimation for H.264, International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC), Vol.7F3P, No.35, 1-4, Sendai, Jul. 2004.
79)Kosuke Ono : On L^1 estimates for solutions of dissipative wave equations, WCNA2004, Jul. 2004.
80)Mahito Kamada : Ecological and hydraulic factors influencing expansion of invasive plant species, Eragrostis curvula, at bar in the Yoshino River, Shikoku, Japan, Proceedings of the Second Annual Joint Seminar between Korea and Japan on Ecology and Civil Engineering, 35-40, Suwon, South Korea, Jul. 2004.
81)Takuhei Hashiguchi, Masamichi Yoshimoto, Yasunori Mitani, Osamu Saeki, Kiichiro Tsuji, Masahide Hojo, Hiroyuki Ukai, Junichi Toyoda and Akihiro Matsushita : Analysis of Oscillation Characteristics Followed by Power System Disturbance Based on Multiple Synchronized Phasor Measurements, Proceedings of International Conference on Electrical Engineering 2004, Vol.2, No.PO1-64, 644-649, Sapporo, Jul. 2004.
82)Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura : Continuous-Time Model Identification by using Fast Adaptive Observer, Proceedings Sixteenth International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems, Leuven, Jul. 2004.
83)Yuki Kadoya, Atlam EL-Sayed, Shinkaku Kashiji and Jun-ichi Aoe : A Sentence Classification Method by Using Intention Association Expressions, Proceedings of Tenth International Conference on Information Processing and Management of Uncertainty in Knowledge-Based Systems (IPMU2004), 5-6, Perugia, Italy, Jul. 2004.
84)Kazuhiro Morita, Atlam EL-Sayed, Yuki Kadoya, Toru Sumitomo, Shinkaku Kashiji and Jun-ichi Aoe : A Time Priority Information for Determining Important E-mail Messages, Proceedings of Tenth International Conference on Information Processing and Management of Uncertainty in Knowledge-Based Systems (IPMU2004), 7-8, Perugia, Italy, Jul. 2004.
85)Fumiaki Nagao, Hidehiko Utsunomiya, Minoru Noda and Tomoyoshi Negayama : Effects of aerodynamic stabilizing devices on flutter of simplified plate-girder deck, Proceedings of The 8th International Conference on Flow-Induced Vibration, Vol.2, 433-438, Paris, Jul. 2004.
86)Hitoshi Tanaka and Miki Niwa : Control of Helical Conformation of Polymer near Ceiling Temperature in Radical Polymerization of Menthyl 2-Acetamidoacrylates, 40th International Symposium on Macromolecules (MACRO 2004), P2.1-140, Paris, Jul. 2004.
87)Hitoshi Takagi and Ryuki Takura : Mechanical properties of "green" composites made from starch-based biodegradable resin and bamboo powder, Proceedings of the 4th Asian-Australasian Conference on Composite Materials, 33-38, Sydney, Jul. 2004.
88)Minoru Noda, Hidehiko Utsunomiya, Fumiaki Nagao, Atsushi Nakade and Yuki Murayama : Transmission of Disturbances Generated at a Stagnation Point to Surface Pressure Fluctuations of a Thin Rectangular Cylinder, Proceedings of 5th International Colloquium on Bluff Body Aerodynamics and Applications, 185-188, Ottawa, Jul. 2004.
89)Mikito Yasuzawa, Shigeru Inoue, Hiroki Takaoka, Junya Murakami, Toshiyasu Shimizu and Shinji Imai : In vivo studies of Implantable Electrochemically Fabricated Glucose Sensors, 10th International Meeting on Chemical Sensors, Tsukuba, Jul. 2004.
90)Hiroki Takaoka, Toshiyasu Shimizu, Shinji Imai, Shinya Furukawa and Mikito Yasuzawa : Preparation and Properties of Enzyme Micro Sensors, 10th International Meeting on Chemical Sensors, Tsukuba, Jul. 2004.
91)Shuji Taue, Mayumi Fukuda, Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Change of sensed signals depending on push distance to tissues in near-infraed spectroscopy, 2004 ICO Internetional Conference Optics & Photonics in Technology Frontier, 115-116, Chiba, Jul. 2004.
92)Shingo Tamano, Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Readout of a three-dimensional object through a light scattering medium using phase-shifting digital holography with a low-coherence light source, 2004 ICO Internetional Conference Optics & Photonics in Technology Frontier, 145-146, Chiba, Jul. 2004.
93)Mayumi Fukuda, Shuji Taue, Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : A probe with positoin sensing function for near-infrared spectroscopy, 2004 ICO Internetional Conference Optics & Photonics in Technology Frontier, 317-318, Chiba, Jul. 2004.
94)Ei-ichiro Hikosaka, Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Image processing of a fingerprint pattern using optoelectronic feedback system, 2004 ICO Internetional Conference Optics & Photonics in Technology Frontier, 453-454, Chiba, Jul. 2004.
95)Sumihare Noji, Taro Mito, Y Tanaka, Katsuyuki Miyawaki, Shinmyo and Hideyo Ohuchi : Involvement of Wnt and EGF signaling systems in regeneraion of cricket legs, 8th international Conference Limb Development and Regeneration, 47, Dundee, UK, Jul. 2004.
96)Teruaki Ito : Simulation-based analysis of traffic jams at toll plaza with ETC gates, 2004 Japan-USA Symposium on Flexible Automation, Denver, CO, U.S.A., Jul. 2004.
97)Kazuya Tsuruta, Zonghuang Yang, Yoshifumi Nishio and Akio Ushida : Diffusion Analysis of Direction-Preserving Small-World CNN, Proceedings of IEEE International Workshop on Cellular Neural Networks and their Applications (CNNA'04), 352-357, Budapest, Jul. 2004.
98)Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Complex Behavior in a Ring of Chaotic Circuits Related with Intermittency, Proceedings of IEEE International Workshop on Cellular Neural Networks and their Applications (CNNA'04), 58-63, Budapest, Jul. 2004.
99)Shin-ichiro Yanagiya, Susumu Nishikata, Hironori Wakamatsu, Osamu Nishikata, Atsushi Mori and Tetsuo Inoue : Recrystallization of Cu-Phthalocyanine on KCl (001) substrates by annealing method, ABSTRACTS THE FOURTEENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON CRYSTAL GROWTH IN CONJUNCTION WITH THE TWELFTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON VAPOR GROWTH AND EPITAXY, 543, Grenoble([France]), Jul. 2004.
100)Shoichiro Fujisawa, Masanobu Obika, Kazuo Kawada, Toru Yamamoto and Osamu Sueda : Positioning Control for a 3-mass System with Inertia Rotors using CMAC, The Proceedings of the 5th Asian Control Conference (ASCC2004), 1568-1572, Melbourne, Jul. 2004.
101)Yoko Uwate, Yoshifumi Nishio and Tohru Ikeguchi : Associative Memory by Hopfield NN with Chaos Injection, Proceedings of International Joint Conference on Neural Networks (IJCNN'04), Vol.1, 69-74, Budapest, Jul. 2004.
102)Fujimori Shingo, Tetsuji Uebo and Tadamitsu Iritani : Measurement of Distance and Velocity of a Moving Target by Short-Range High-Resolution Radar Utilizing Standing Wave, Proceedings of The 2004 47th Midwest Symposium on Circuits and Systems, I-361-I-364, Hiroshima, Jul. 2004.
103)Masaki Hashizume, Masahiro Ichimiya, Hiroyuki Yotsuyanagi and Takeomi Tamesada : Test Circuit for CMOS Lead Open Detection by Supply Current Testing under AC Electric Field Application, Proc. of the 2004 47-th Midwest Symposium on Circuits and Systems, I-557-I-560, Hiroshima, Jul. 2004.
104)Tetsushi Ueta, Yu Toyosaki, Shigeki Tsuji and Takuji Kousaka : Partial delayed feedback control and its DSP implementation, Prod. MWSCAS'04, 629-632, Hiroshima, Jul. 2004.
105)Masuo Fukui, Toshihiro Okamoto and Masanobu Haraguchi : Linear and Nonlinear Optical Response of Concentric Metallic Nanoshells, 2nd International Nanophotonics Symposium Handai Proceedings, Osaka, Jul. 2004.
106)Masao Tsukayama, Yuusuke Kiroku, Yasuhiko Kawamura and Masaki Nishiuchi : Synthesis of Alkynylphenol Derivatives and Their Conversion into Heterocyclic Compounds under Microwave Irradiation, Microwave 2004 International Symposium on Microwave Science and Its Application to Related Fields, 21-22, Takamatsu, Jul. 2004.
107)Eiji Kusunoki, Hossain M. Mohammad, Yasuhiko Kawamura and Masao Tsukayama : Microwave-Assisted Synthesis of Acetophenone Derivative and Their Conversion into Polymethoxyflavones, Microwave 2004 International Symposium on Microwave Science and Its Application to Related Fields, 386-387, Takamatsu, Jul. 2004.
108)Yasuhiro Uosaki and Naoya Eguchi : Sorption of Nitrous Oxide in Polystyrene, 11th International Symposium on Solubility Phenomena, 64, Aveiro, Portugal, Jul. 2004.
109)Mohammad Mamun Hossain, Takashi Harihara, Yasuhiko Kawamura and Masao Tsukayama : Microwave-Assisted Noble Synthesis of Polyhydroxyisoflavone Derivatives with Hypervalent Iodine Reagent, Microwave 2004 International Symposium on Microwave Science and Its Application to Related Fields, 19-20, Takamatsu, Jul. 2004.
110)Ko-ichi Magishi, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Ichimin Shirotani, Yousuke Shimaya, Kunihiko Kihou, Chihiro Sekine, Naoya Takeda, Masayuki Ishikawa and Takehiko Yagi : NMR study of the new filled skutterdite superconductor YFe4P12, SCES04, Karlsruhe, Jul. 2004.
111)Kentaro Kayanuma, Takuro Tomita, Akihiro Murayama, Yasuo Oka, A. A. Toropov, S. V. Ivanov, Irina A. Buyanova and Weimin M. Chen : Optical study of spin injection dynamics in double quantum wells of II-VI diluted magnetic semiconductors, Physics of Semiconductors, Part B, 1387-1388, Arizona, Jul. 2004.
112)Akihiro Murayama, Ayahito Uetake, Izuru Soma, Kentaro Kayanuma, Tsutomu Asahina, Kyoko Hyomi, Takuro Tomita and Yasuo Oka : Exicitonic spin dynamics in coupled quantum dots of diluted magnetic semiconductors, Physics of Semiconductors, Part B, 1389-1390, Arizona, Jul. 2004.
113)Atsushi Mikami and Tsutomu Sawada : Time-domain identification system of dynamic soil-structure interaction, Proceedings of the 13th World Conference on Earthquake Engineering(13WCEE), Vol.DVD-ROM, No.Paper No.747, Vancouver, Aug. 2004.
114)Yoshifumi Nariyuki, Kiyoshi Hirao and Yuichiro Fukui : Discriminant Analysis Of Street-Blockades In Kobe City Due To The 1995 Hyogoken-Nanbu Earthquake, Proceedings (CD-ROM) of The 13th World Conference on Earthquake Engineering (13WCEE), No.paper no. 1296, 1-15, Vancouver, Aug. 2004.
115)Osamu Tsujihara and Tsutomu Sawada : Methodology of optimum sensor location in identification of dynamic properties of subsurface ground using vertical array records, Proceedings of 13th World Conference on Earthquake Engineering(13WCEE), No.3388, 1-12, Vancouver, Aug. 2004.
116)Osamu Tsujihara, Fushimi Yuki, Kubori Takayoshi and Tsutomu Sawada : Simulation system of spreading fire in an earthquake using digital residential maps, Proceedings of 13th World Conference on Earthquake Engineering(13WCEE), No.3386, 1-9, Vancouver, Aug. 2004.
117)Toshio Yoshimura and Ryota Kimura : Pneumatic active suspension system for a one-wheel car model using sliding mode control with a VSS observer, Proceedings of ACMD, 208-215, Seoul, Aug. 2004.
118)Toshio Yoshimura and Atsushi Takagi : Pneumatic active suspension system for a one-wheel car model using fuzzy reasoning and a disturbance observer, Proceedings of ACMD, 96-103, Seoul, Aug. 2004.
119)Itoh Nobunari and Masahiro Katoh : The measurements System for Evaluating the Relation between Molecular Adsorption Quantity and Optical T ransmissivity degradation, The International Symposium on Optical Science and Technology, SPIE's 49th Annual Meeting, Denver, Aug. 2004.
120)Muneo Takahashi, Inada Eisuke and Takao Shimomura : An Analysis of Errors in Client Server Systems, 10th ISSAT International Conference Reliability and Quality in Design, 341-345, Las Vegas, Aug. 2004.
121)Atsushi Mori, Tomonori Ito and Braian B Laird : Superlattice stacking structure in InGaN thin film pseudomorphic to GaN (0001) substrate: semigrand canonical Monte Carlo simulation, Abstract of Eleventh International Conference on Composie/Nano Engineering, Hilton Head Island, SC, USA, Aug. 2004.
122)Osamu Nishikata, Shin-ichiro Yanagiya, Hironori Wakamatsu, Atsushi Mori and Tetsuo Inoue : Effects of KCl(001) substrate on the growth of the Cu-phthalocyanine epitaxial whisker, ABSTRACTS THE FOURTEENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON CRYSTAL GROWTH IN CONJUNCTION WITH THE TWELFTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON VAPOR GROWTH AND EPITAXY IN CONJUNCTION WITH THE TWELFTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON VAPOR GROWTH AND EPITAXY, 543, Grenoble([France]), Aug. 2004.
123)Hironori Wakamatsu, Shin-ichiro Yanagiya, Osamu Nishikata, Atsushi Mori and Tetsuo Inoue : Growth of an epitaxial Cupper-Phthalocyanine whisker on KCl(001) substrates, ABSTRACTS THE FOURTEENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON CRYSTAL GROWTH IN CONJUNCTION WITH THE TWELFTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON VAPOR GROWTH AND EPITAXY, 542, Grenoble([France]), Aug. 2004.
124)Takamasa Kaito, Tetsuo Inoue, Shin-ichiro Yanagiya and Atsushi Mori : Melt Growth and Characterization of PbBr2 Single Crystals, ABSTRACTS THE FOURTEENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON CRYSTAL GROWTH IN CONJUNCTION WITH THE TWELFTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON VAPOR GROWTH AND EPITAXY, 477, Grenoble, Aug. 2004.
125)Hideyo Ohuchi : Roles of FGF10 during vertebrate organogenesis, JSPS Core-to Core Workshop on Organogenesis of the Thymus, Japan, Aug. 2004.
126)Hiroaki Ogata, Ryo Akamatsu and Yoneo Yano : Computer Supported Ubiquitous Learning Environment for Vocabulary Learning Using RFID Tags, Pro.of Technology Enhanced Learning, 121-130, Toulouse, France, Aug. 2004.
127)Yuji Matsumura, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : Wrist EMG Pattern Recognition System by Neural Networks and Genetic Algorithms, Proc. of the 6th IASTED International Conference on Intelligent Systems and Control'2004, 421-426, Honolulu, Aug. 2004.
128)Shoichiro Fujisawa, Masanobu Obika and Kazuo Kawada : Design and Experimental Evaluation of a 3-mass Speed Control System with a Hybrid Structure of Slinding Mode Controller and CMAC, Proceedings of the 6th IASTED International Conference INTELLIGENT SYSTEMS AND CONTROL, 444-450, Honolulu, Aug. 2004.
129)Miyoko Nakano, Fumiko Yasukata and Minoru Fukumi : Age and Gender Classification from Face Images Using Neural Networks, Proc. of the 6th IASTED International Conference on Signal and Information Processing, 69-73, Honolulu, Aug. 2004.
130)Takuya Akashi, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : Invariant Lips Extraction for Variation of Horizontal Direction, Proc. of the 6th IASTED International Conference on Signal and Information Processing, 58-63, Honolulu, Aug. 2004.
131)Toshio Yoshimura and Itaru Teramura : Active suspension system for a one-wheel car model using single input rule modules fuzzy reasoning, Proceedings of ICCAS, Bangkok, Aug. 2004.
132)Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura : A sufficient condition for the convergence of adaptive observer in continuous-time model identification, Proceedings of IFAC Workshop on Adaptive and Learning in Control and Signal Processing, 699-704, Yokohama, Aug. 2004.
133)Shuichiro Goda, Haruhiko Sakuraba, Yutaka Kawarabayasi and Toshihisa Ohshima : Cloning, Expression, and Characterization of the First Archaeal Agmatinase from Anaerobic Hyperthermophilic Archaeon Pyrococcus horikoshii, International Congress on Biocatalysis 2004 (biocat 2004), Vol.P115, 246, Hamburg, Aug. 2004.
134)Masatake Kawada : Analysis on Synchronous Time-Frequency Components of Human Movement-Related Cortical Potential, The 26th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, San Francisco, Sep. 2004.
135)Makoto Aoki, Kunihiko Ishihara and Tomonobu Goto : Discrete frequency sound radiation due to fluid flow over flat plates with acoustically non-compact chord, Proceedings of the 24th Congress of the International Council of Aeronautical Sciences, 1-13, Yokohama, Sep. 2004.
136)Keizo Kashihara, Tatsuya Okada and Fukuji Inoko : Evolution of Deformation Structure and Interaction of Piled-up Dislocations in an Aluminum Bicrystal, Proceedings of the 25th Risoe International Symposium on Materials Science, 377-382, Roskilde, Sep. 2004.
137)Sang-Ho Hyon, X Jiang, Takashi Emura and Tetsushi Ueta : Passive running of planar 1/2/4-legged robots, Proc. IEEE/RS IROS, 3532-3539, Sendai, Sep. 2004.
138)Sang-Ho Hyon, Takashi Emura and Tetsushi Ueta : Detection and stabilization of hybrid periodic orbits of passive running robots, Proc. Mechatronics and Robotics, 1309-1314, Archen, Germany, Sep. 2004.
139)Stephen Githinji Karungaru, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : Recognizing Frontal Faces using Neural Networks., Proc. of 8th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information & Engineering Systems'2004, 1045-1050, Wellington, Sep. 2004.
140)Teruaki Ito : A virtual environment approach for planning implant placement, Advances in e-Engineering and Digital Enterprise Technology, 355-362, Leeds, United Kingdom, Sep. 2004.
141)Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Detection of transition of various time series model using BP neural networks, M. Gh. Negoita, R. J. Howlett and L. C. Jain (Eds.): Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems (Proceedings of Eighth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, Wellington, New Zealand, Sept. 20-24, 2004), Springer-Verlag, Vol.Part II, 1060-1067, Berlin, Heidelberg, Sep. 2004.
142)Fumihiko Takahashi, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : A pattern generator for multiple periodic signals using recurrent neural networks, M. Gh. Negoita, R. J. Howlett and L. C. Jain (Eds.): Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems (Proceedings of Eighth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, Wellington, New Zealand, Sept. 20-24, 2004), Springer-Verlag, Vol.Part II, 1068-1073, Berlin, Heidelberg, Sep. 2004.
143)Hirofumi Nagashino, Masafumi Hoshikawa, Qinyu Zhang, Masatake Akutagawa and Yohsuke Kinouchi : Identification of number of brain signal sources using BP neural networks, M. Gh. Negoita, R. J. Howlett and L. C. Jain (Eds.): Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems (Proceedings of Eighth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, Wellington, New Zealand, Sept. 20-24, 2004), Springer-Verlag, Vol.Part II, 1074-1080, Berlin, Heidelberg, Sep. 2004.
144)Azhim Azran, Yuji Hirao, Yohsuke Kinouchi, Hisao Yamaguchi and Kazuo Yoshizaki : Variations of the Maximum Blood Flow Velocity in the Carotid, Brachial and Femoral Arteries in a Passive Postural Changes by a Doppler Ultrasound Method, Proceedings of the 26th Annual International Conference of the IEEE EMBS, Vol.26, 3708-3711, San Francisco, Sep. 2004.
145)Kenji Terada and Takushi Umemoto : Observing Passing People by Using Fiber Grating Vision Sensor, Proceedings of the 2004 IEEE Conference on Control Applications/International Symposium on Intelligent Control/International Symposium on Computer Aided Control Systems Design, No.FrP04.1, 1112-1117, Taipei, Sep. 2004.
146)Yoshimi Nishikawa, Kazunari Yoneda, Hideaki Tsuge, Nobuhiko Katunuma, Haruhiko Sakuraba, Yuzuru Hiragi and Toshihisa Ohshima : Structural study on the heat activation process of recombinant glutamate dehydrogenase from a hyperthermophilic archaeon Pyrobaculum islandicum: analysis by small-angle X-ray scattering, SAX in the 21st Century, Mikazuki-cho, Sep. 2004.
147)Masamitsu Fujii, Masanobu Haraguchi, Toshihiro Okamoto and Masuo Fukui : The characteristics of whispering gallery modes in a single spheroid: the dependence on the direction of incident light beam, Abstract of the 8-th international Conference on Near-field Nano Optics and Related Techniques (NFO-8), 99, Seoul, Sep. 2004.
148)Toshiaki Ogawa, Masashi Nakayama, Toshihiro Okamoto, Masanobu Haraguchi, Minoru Kuwahara, Masuo Fukui and Shigeki Matsuo : Microscopic approach to clarifying mechanism of λmax shift on TiO2 glass doped with Au nanoparticles, Abstract of the 8-th international Conference on Near-field Nano Optics and Related Techniques (NFO-8), 146, Seoul, Sep. 2004.
149)Masanobu Haraguchi, Masahiko Noguchi, Masamitsu Fujii, Toshihiro Okamoto and Masuo Fukui : Nonlinear Optical Response of a Metal sphere Coated by a Kerr Material: Numerical Simulation, Abstract of the 8-th international Conference on Near-field Nano Optics and Related Techniques (NFO-8), 235, Seoul, Sep. 2004.
150)Toshihiro Okamoto, Masanobu Haraguchi and Masuo Fukui : Fabrication and optical characterizations of CdS-coated Ag nano particles, Abstract of the 8-th international Conference on Near-field Nano Optics and Related Techniques (NFO-8), 235, Seoul, Sep. 2004.
151)Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya, Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada, Kensaku Ito and Tetsuo Inoue : Monte Carlo simulation of hard-sphere crystal under gravity, The 57th Divisional Meeting on Colloid and Surface Chemistry with the 2004 Japan-Australia International Symposium, 500, 小野田市, Sep. 2004.
152)Shin-ichiro Suye, Yutaka Hirose, Tomokazu Kimura, Haitao Zheng, Teruo Hori, Hideo Katayama, Ryushi Kawakami and Toshihisa Ohshima : Amperometric DNA sensor using gold electrode modified with polymeric mediator and thermostable dehydrogenase by layer-by-layer adsorption, Nano and Giga Challenges in Microelectronics Symposium and Summer School Reserch and Development Opportunities, Cracow, Sep. 2004.
153)Luyi Li, Yanlin Zheng, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : A Framework of Ubiquitous Learning Environment, Proceedings of CIT2004, 345-350, Wuhan, China, Sep. 2004.
154)Keitaro Horikawa, Hidetoshi Kobayashi, Yusuke Takeuchi and Kenichi Yoshida : Acoustic emission of Fatigue-Deformed Aluminum Alloys for Automotive Panels, Proc. of the 26th European Conference on Acoustic Emission Testing (EWGAE-2004), Vol.1, 323-330, Berlin, Sep. 2004.
155)Kenichi Yoshida, Kotaro Hanabusa and Takuo Nagamachi : Acoustic Emission Behavior of Martensitic Transformation in Early Stage during Deformation of Cu-Al-Ni Shape Memory Alloy Single Crystals, Proc. of the 26th European Conference on Acoustic Emission Testing (EWGAE-2004), Vol.1, 283-291, Berlin, Sep. 2004.
156)Kenichi Yoshida, Tetsuro Kawano, Yoshiaki Akematsu and Hideo Nishino : Frequency Characteristics of Acoustic Emission Waveforms during Gas Leak, Proc. of the 26th European Conference on Acoustic Emission Testing (EWGAE-2004), Vol.1, 371-379, Berlin, Sep. 2004.
157)Daigo Kikuta, Ryohei Takaki, Junya Matsuda, Masaya Okada, Xin Wei, Jin-Ping Ao and Yasuo Ohno : Gate Leakage Reduction Mechanism of AlGaN/GaN MIS-HFETs, 2004 International Conference on Solid State Devices and Materials, Tokyo, Sep. 2004.
158)Teruaki Ito : Vibration-based interface for remote object manipulation in video conference system, 13th IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication, 295-300, Kurashiki, Japan, Sep. 2004.
159)Raul Morales Salcedo, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Enhancing Interoperability services in the U-campus Digital Library Project, Proceedings of The 2nd Workshop on Web-based Support Systems 2004, 119-126, Beijing, Sep. 2004.
160)Stephen Githinji Karungaru, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : Feature Extraction for Face Detection and Recognition., Proc. of 13th IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication'2004, No.pp. 235-239, Kurashiki, Japan, Sep. 2004.
161)Yanlin Zheng, Luyi Li, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Using Knowledge Awareness Support Learning Services Providing in e-Learning Environments, Proceedings of The 2nd Workshop on Web-based Support Systems 2004, 694-697, Beijing, Sep. 2004.
162)Toshihisa Ohshima, Mohammad W Bhuiya, Haruhiko Sakuraba, Takahito Imagawa, Nobuhiko Katunuma and Hideaki Tsuge : The first crystal structure of hyperthermostable NAD-dependent glutamate dehydrogenase from Pyrobaculum islandicum, Extremophiles2004: 5th International Conference on Extremophiles, Maryland, Sep. 2004.
163)kensuke Mitsukura, Yasue Mitsukura, Minoru Fukumi, Norio Akamatsu and Witold Pedrycz : Medical Diagnosis System Using the Intelligent Fuzzy Systems, Proc. of 8th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information & Engineering Systems'2004, 807-826, Welington, Sep. 2004.
164)Yuuki Yazama, Minoru Fukumi, Norio Akamatsu and Yasue Mitsukura : Vowel Recognition Method by Using Features Included in Amplitude for Mobile Device, Proc. of 13th IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication'2004, 613-618, Kurasiki, Sep. 2004.
165)Toru Sumitomo, Yuki Kadoya, Atlam EL-Sayed, Kazuhiro Morita, Shinkaku Kashiji and Jun-ichi Aoe : A New Method of Detecting Time Expressions for E-mail Messages -Algorithm Version-, Proceedings of 8th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems (KES 2004), 541-548, Wellington, New Zealand, Sep. 2004.
166)Yuki Kadoya, El-Sayed Atlam, Kazuhiro Morita, Masao Fuketa, Toru Sumitomo and Jun-ichi Aoe : A New Classification Method of Determining the Speaker's Intention for Sentences in Conversation, Proceedings of 8th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems (KES 2004), 549-557, Wellington, New Zealand, Sep. 2004.
167)Shinkaku Kashiji, Toru Sumitomo, Kazuhiro Morita, Masaki Oono, Masao Fuketa and Jun-ichi Aoe : A Fast Dynamic Method Using Memory Management, Proceedings of 8th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems (KES 2004), 558-566, Wellington, New Zealand, Sep. 2004.
168)Kazuhiro Morita, Yuki Kadoya, El-Sayed Atlam, Masao Fuketa, Shinkaku Kashiji and Jun-ichi Aoe : A Method of Extracting and Evaluating Popularity and Unpopularity for Natural Language Expressions, Proceedings of 8th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems (KES 2004), 567-574, Wellington, New Zealand, Sep. 2004.
169)Takuya Akashi, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : Genetic Lips Extraction Method with Flexible Search Domain Control, Proc. of 8th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information & Engineering Systems'2004, 799-806, Wellington, Sep. 2004.
170)Shin-ichi Ito, Yasue Mitsukura and Norio Akamatsu : A Feature Extraction of EEG with Individual Characteristics, Proc. of Knowledge-Based Intelligent Information & Engineering Systems'2004, 853-858, Wellington, Sep. 2004.
171)Miyoko Nakano, Fumiko Yasukata and Minoru Fukumi : Age classification from face images focusing on edge information, Proc. of 8th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information & Engineering Systems'2004, Vol.1, 898-904, Wellington, Sep. 2004.
172)Hiroshi Kawasaki, Yasue Mitsukura, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : Music Compression System Using the GA, Proc. of 8th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information & Engineering Systems'2004, 827-832, Welington, Sep. 2004.
173)Takashi Imura, Minoru Fukumi, Norio Akamatsu and Kazuhiro Nakaura : Face Search by Neural Network Based Skin Color Threshold Method, Proc. of 8th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information & Engineering Systems'2004, 840-847, Welington, Sep. 2004.
174)Yoshinori Nitta, Toshiya Okahisa, Masatake Akutagawa, Hiroshi Miyamoto, Ohnishi Yoshiaki, Yohsuke Kinouchi, Masaji Nishimura and Susumu Ito : Application of BPNN to prediction of hematocrit values during LCAP, Proceedings of Biomedical Engineering Conference, 125-129, Hong Kong, Sep. 2004.
175)Seiki Yoshimori, Yasue Mitsukura, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : Object Extraction System by Using the Evolutionaly Computations, Proc. of 8th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information & Engineering Systems'2004, 881-890, Welington, Sep. 2004.
176)Yuji Matasumura, Minoru Fukumi, Norio Akamatsu and Fumiaki Takeda : Wrist EMG Pattern Recognition System by Neural Networks and Multiple Principal Component Analysis, Proc. of 8th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information & Engineering Systems'2004, 891-897, Welington, Sep. 2004.
177)J Hayashi, Toshihide Horikawa, G V Gomes, M Valix and N Syna : Activated carbons from waste materials and application in natural gas storage, Chemeca2004, Sydney, Sep. 2004.
178)Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Yoshiki Matsuura, Hironori Hondoh, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Kazuo Nakajima and Katsuhiro Tamura : A Molecular Level Study on the Growth Kinetics of Glucose Isomerase Crystals, 3rd International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Rio de Janeiro, Sep. 2004.
179)Toshitaka Asai, Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Katsuhiro Tamura and Tsutomu Sawada : High-pressure effects on the solubility and growth kinetics of monoclinic lysozyme crystals, 3rd International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Rio de Janeiro, Sep. 2004.
180)Takeshi Maruoka, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura : Effects of pressure on the nucleation of glucose isomerase crystals, 3rd International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Rio de Janeiro, Sep. 2004.
181)Hiroyuki Matsuoka, Yoshiteru Suzuki, Hitoshi Iwahashi, Toshiaki Arao, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura : Evaluation of biological effects of high-pressure gas using yeast DNA microarray, 3rd International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Rio de Janeiro, Sep. 2004.
182)Yoshihisa Muramoto, Katsuhiro Tamura, Toshiaki Arao, Takanori Taniwaki and Yoshihisa Suzuki : Sterilization of Sudachi juice with compressed oxygen gas, 3rd International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Rio de Janeiro, Sep. 2004.
183)Akihiro Murayama, Takuro Tomita, Kyoko Hyomi, Izuru Souma and Yasuo Oka : Micro-photoluminescence spectroscopy for quantum dots of II-VI semiconductors in glass, Proceedings of The XX International Congress on Glass, Vol.P-16, 036, Kyoto, Sep. 2004.
184)Nobuyuki Fujiwara and Kenji Terada : Extraction of a Smoke Region Using Fractal Cording, Proceedings of International Symposium on Communications and Information Technologies 2004(ISCIT2004), No.28PM1F-01, Sapporo, Sep. 2004.
185)Zhao Xin, Fuji Ren and Vob Stefan : A Super-Function Based Japanese-Chinese Machine Translation System, 6th Conference of the Association for Machine Translation in the Americas, 272-281, Washington, DC, Sep. 2004.
186)Zenro Hioki : New-Physics Search in gamma gamma --> ttbar, Proceedings of 7th International Conference on Linear Colliders (LCWS 2004), 493-495, Paris, Oct. 2004.
187)Zenro Hioki : WHAT WILL LC TELL US ON TOP/QCD ?, Proceedings of 7th International Conference on Linear Colliders (LCWS 2004), 321-324, Paris, Oct. 2004.
188)Hiromu Hayashi, Shigeru Sugiyama, Yasutaka Nomura and Teppei Yamazaki : Reduction of Nitrite on Pd/C in Fixed-Bed Operations with Recycling of Aqueous Pollutant, 10th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering, Fukuoka, Oct. 2004.
189)Chiaki Shinohara, Toshihiro Moriga, Hiromu Hayashi, Yasukazu Saito and Shigeru Sugiyama : EXAFS Analyses of Pt/C Catalysts Employed for the Liquid-Phase Dehydrogenation of Decalin, 10th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering, Fukuoka, Oct. 2004.
190)Naoya Shigemoto, Tetsu Yanagihara, Shigeru Sugiyama and Hiromu Hayashi : Energy-Conservative CO2 Recovery Performance of K2CO3-on-Activated Carbon in Bench Scale, 10th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering, Fukuoka, Oct. 2004.
191)Stephen Githinji Karungaru, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : Face Recognition using Genetic Algorithm based Template Matching, Proc. of IEEE International Symposium on Communications and Information Technologies'2004, 1252-1257, Sapporo, Oct. 2004.
192)Mahito Kamada : Planning of biotope network in local scale, --- attempt in Tokushima Prefecture, Shikoku, Japan ---, Proceedings of the first EAFES International Congress, 95, Mokpo (South Korea), Oct. 2004.
193)Shigeharu Kogushi and Mahito Kamada : Strategic study for consensus building in restoration of secondary grassland in rural Japan, Proceedings of the first EAFES International Congress, 126-127, Mokpo (South Korea), Oct. 2004.
194)Michio Mikawa, Toshihiro Moriga, Yuji Sakakibara, Yukinori Misaki, Kei-ichiro Murai, Ichiro Nakabayashi and Kikuo Tominaga : Preparation of ZnO-In2O3 transparent conducting films by pulsed laser depositon, 11th International Workshop on Oxide Electronics, Hakone, Oct. 2004.
195)Toshihiro Moriga, Michio Mikawa, Yuji Sakakibara, Yukinori Misaki, Kei-ichiro Murai, Ichiro Nakabayashi and Kikuo Tominaga : Effects of introduction of argon on structural and transparent conducting properties of ZnO-In2O3 thin films prepared by pulsed laser deposition, 11th International Workshop on Oxide Electronics, Hakone, Oct. 2004.
196)Makoto Kitahara and Mikito Yasuzawa : Construction of automated biological fluid glucose measuring system, 2004 Joint International Meeting, Vol.2004-2, 2215, Honolulu, Hawaii, USA, Oct. 2004.
197)Mikito Yasuzawa, Hiroki Takaoka, Shinya Furukawa, Toshiyasu Shimizu and Shinji Imai : Fabrication of glucose micro sensor, 2004 Joint International Meeting, Vol.2004-2, 2192, Honolulu, Hawaii, USA, Oct. 2004.
198)Yoshiyuki Umeda, Satoru Tsuge, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Distributed Speaker Recognition using Earth Mover's Distance, Proc. of International Conference on Spoken Language Processing, Vol.3, 2389-2493, Cheju, Oct. 2004.
199)Shingo Kuroiwa, Koji Tanaka, Satoru Tsuge and Fuji Ren : Acoustic model adaptation for coded speech using synthetic speech, Proc. of International Conference on Spoken Language Processing, Vol.4, 2925-2928, Cheju, Oct. 2004.
200)Masao Imaeda, Zhang Wenlong, Kyoji Hashimoto and Wood K. Reg. : Modelling with ARMAX model and Design of an Auto-tuning PID Controller by Generalized Predictive Control Method, The 54th Canadian Chemical Engineering Conference, 251, Calgary, Oct. 2004.
201)Hideo Sakaguchi, Yoshitaka Watanabe and Hitoshi Imai : Numerical verification with multiple precision computation, Fukuoka, Oct. 2004.
202)Retsuo Kawakami : Simulation Study on Effects of Chemically Eroded Methane and Ethylene Molecules on Carbon Impurity Transport and Net Erosion of Carbon Materials, Joint Meeting of 14th Internaitional Toki Conference on Plasma Physics and Controlled Nuclear Fusion & 4th International Conference on Atomic and Molecular Data and Their Application, 73, Toki, Oct. 2004.
203)Ri-ichi Murakami, Daisuke Hagiwara, Daisuke Yonekura, Yun-Hae Kim and Kiyomi Hirose : Tribological Property of Artificial HIP Joint Material Coated with DLC Thin Film in the Simulated Body Enviroment, Procs. of Asian Pacific Conference for Fracture and Strength, No.TS31, 3, Jeju, Korea, Oct. 2004.
204)Cheol-Mun Yim, Dohoon Shin, Yun-Hae Kim and Ri-ichi Murakami : Chemical Modification of Diamond Films on Pure Titanium Deposited by MPCVD Method, Procs. of Asian Pacific Conference for Fracture and Strength, No.PS1, 29, Jeju, Korea, Oct. 2004.
205)Soo-Hyun Eum, Yun-Hae Kim, Jin-Kook Kim, Dohoon Shin, Cheol-Mun Yim and Ri-ichi Murakami : Mechanical Properties of the Honeycomb Sandwich Composites made by VARTM, Procs. of Asian Pacific Conference for Fracture and Strength, No.PS2, 32, Jeju, Korea, Oct. 2004.
206)Masatake Kawada, Koji Yamada, Katsuya Yamashita and Katsuo Isaka : Fundamental Study on Vibration Diagnosis for Turbine Generators using Wavelet Transform, CD-ROM (The IEEE Power Engineering Society's 2004 Power Systems Conference and Exposition (PSCE'04)), Vol.3, 1215-1220, New York, Oct. 2004.
207)Zhang Zhong, Fujiwara Hisanaga and Fuji Ren : Signal Processing Using Translation Invariant RI-Spline Wavelet, IEEE International Conference on Systems, Man & Cybernetics, 3267-3272, The Hague, The Netherlands, Oct. 2004.
208)Tsuneyuki Sato, Naoki Higashida, Tomohiro Hirano and Makiko Seno : Initiator-Fragment Incorporation Radical Copolymerization of Divinylbenzene and N-Isopropylacrylamide: Formation of Soluble Hyperbranched Polymer Nanoparticles, Asia Polymer Symposium 2004, Hangzhou, Oct. 2004.
209)Youji Fukuta, Yoshiaki Shiraishi and Masakatu Morii : Port Randomized VPN by Mobile Codes, Proc. of ISITA2004(CD), 953-958, Parma, Oct. 2004.
210)Zhang Zhong, Hisanaga Fujiwara and Fuji Ren : Image Processing Using 2-D Translation Invariant RI-Spline Wavelet, IEEE International Conference on System, Man & Cybernetics, 2971-2976, Netherlands, Oct. 2004.
211)Masami Mohri, Atsushi Taketa and Masakatu Morii : A Fast Searching Tree Algorithm for Computing the Minimum Distance of Linear Block Codes Using Multi-Threshold, Proc. of International Symposium on Information Theory and its Applications, Parma, Oct. 2004.
212)Masami Mohri, TAKETA Atsushi and Masakatu Morii : A Fast Searching Tree Algorithm for Computing the Minimum Distance of Linear Block Codes Using Multi-Threshold, Proc. of International Symposium on Information Theory and its Applications, Parma, Italy, Oct. 2004.
213)Fukuta Youji, Yoshiaki Shiraishi and Masakatu Morii : Performance Analysis of APP Decoding-Based Fast Correlation Attacks, International Symposium on Information Theory and Its Applications(ISITA2004),, 953-958, Parma, Italy, Oct. 2004.
214)Hideaki Nagamune, Hisashi Ohkuni, Kazuto Ohkura, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : Streptococcus mitis-derived human platelet aggregation factor secreted by an isolate from a Kawasaki disease patient is a unique member of cholesterol-dependent cytolysin, The 5th Workshop on Pore-forming Toxins, Mainz, Germany, Oct. 2004.
215)Graeme Cowan, Hideaki Nagamune and Timothy Mitchell : The human-specificity of intermedilysin is determined by the last 56 residues of domain 4, The 5th Workshop on Pore-forming Toxins, Mainz, Germany, Oct. 2004.
216)Takuhei Hashiguchi, Yasunori Mitani, Osamu Saeki, Kiichiro Tsuji, Masahide Hojo and Hiroyuki Ukai : Monitoring Power System Dynamics Based on Phasor Measurements from Demand Side Outlets Developed in Japan Western 60 Hz System, Proceedings of 2004 IEEE PES Power Systems Conference & Exposition (CD-ROM), No.POSTER-B.21, 1183-1189, New York, Oct. 2004.
217)Shoichiro Fujisawa, Masanobu Obika, Kazuo Kawada, Toru Yamamoto and Osamu Sueda : Speed Control of 3-Mass System with Sliding Mode Control and CMAC, 2004 IEEE International Conference on Systems, Man & Cybernetics (SMC'2004) Conference Proceedings, 4400-4407, The Hague, Oct. 2004.
218)Hitoshi Takagi : Development of bamboo fiber-reinforced "green composites", Proceeding of Fiber Science 2004 Fall Annual Meeting and Technical Conference, 20, Ithaca, Oct. 2004.
219)Teruaki Ito : Process Simulation Approach to Design and Evaluation of Toll Plaza with ETC Gates, 16th European Simulation Symposium, 285-290, Budapest, Hungary, Oct. 2004.
220)Yuichiro Murakami, Hiroko Ueishi, Suminori Tanaka, Kei-ichiro Murai, Toshihiro Moriga and Ichiro Nakabayashi : Effects of addition of TiO2 to the PdO-CeO2/chi-Al2O3 catalysts on their catalytic activity, 10th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering, Fukuoka, Oct. 2004.
221)Salam Mohiuddin Abdus Sayed, Ken-ichi Kagawa and Katsuhiro Kawashiro : Protease-Catalyzed Peptide Synthesis in ice, The 10th APCChE CONGRESS, Kitakyushu, Oct. 2004.
222)Nobuo Nishida, Hirotsugu Yamamoto and Yoshio Hayasaki : Large LED-screen 3D television system without eyewear, Proceedings of SPIE, Vol.5599, 41-55, Philadelphia, Oct. 2004.
223)Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Secure information display by use of multiple decoding masks, Proceedings of SPIE, Vol.5600, 192-199, Philadelphia, Oct. 2004.
224)Toshihisa Ohshima, Ryushi Kawakami and Haruhiko Sakuraba : Gene and primary stuructures, and properties of a novel type of dye-linked FAD-containing L-proline dehydrogenase complex from the hyperthremophilic archaeon Thermococcus profundus, The eighth China-Japan-Korea joint symposium on enzyme engineering, 43-44, Hangzhou, China, Oct. 2004.
225)Hiroaki Imade, Naoaki Mizuguchi, Isao Ono, Norihiko Ono and Masahiro Okamoto : An Evolutionary Algorithm for Inference of Genetic Networks on A Grid Computing Environment, Proc. Fifth International Conference on Simulated Evolution And Learning (CD-ROM), 1-6, Busan, Oct. 2004.
226)Hiroaki Satoh, Norinobu Yoshida, Seishi Kitayama and Shinsuke Konaka : Studies on functional photonic crystal devices utilizing anisotropic medium properties by condensed node spatial network method, Proceedings of International Symposium on Communications and Information Technologies 2004, 829-834, Sapporo, Oct. 2004.
227)Taro Mito, Katsuyuki Miyawaki, Y Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Genome-wide RNAi in the cricket Gryllus bimaculactus as a new model system to study gene functions, 10th Anniversary of Kazusa DNA Research Institute 14th International Workshop, Japan, Oct. 2004.
228)Hideyo Ohuchi, T Adachi, Y Hayashibara, M Mitsumori, T Ohata, Y Kawano, M Ogasawara and Sumihare Noji : Novel in situ hybridization methods with InSitu Chip and Sheet-Chip to construct expression database for all mouse genes, 10th Anniversary of Kazusa DNA Research Institute 14th International Workshop, Japan, Oct. 2004.
229)Ikuro Morita and Yutaka Nakatani : Characteristics Analysis of V type 8 pole 12 slot Interior Permanent Magnet Synchronous Motor, Proceedings of Seventh International Conference on Electrical Machines and Systems, Vol.CD-ROM, No.OF-4, Jeju Island, Oct. 2004.
230)Ken-ichi Kagawa, Sadaharu Nanba and Katsuhiro Kawashiro : Lipase-Catalyzed Enantioselective Hydrolysis of N-Protected Racemic Amino Acid Esters, The 10th APCChE CONGRESS, Kitakyushu, Oct. 2004.
231)Hajime Miura, Kazutake Toiguchi and Britton Chance : Regional differences of muscle oxygen supply and consumption in the forearm area during a static handgrip exercise, The Physiologist, Vol.47, No.4, 352, Austin, USA, Oct. 2004.
232)Saulius Juodkazis, Toshiaki Kondo, Andrei Rode, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Three-dimensional recording and structuring of chalcogenide glasses by femtosecond pulses, Proceedings of SPIE, Vol.5662, 179-184, Nara, Oct. 2004.
233)Jun Asatani, Hitoshi Tokushige, Kenichi Tomita, Toru Fujiwara and Tadao Kasami : Iterative Decoding of Product Codes Using Minimum Distance Search Based Soft-input and Soft-output Decoding Algorithm, Proceedings of the International Symposium on Information Theory and Its Applications, 980-985, Parma, Oct. 2004.
234)Hitoshi Tokushige, Marc Fossorier and Tadao Kasami : Test Patterns Selection Method for an Iterative Decoding Algorithm of Binary Linear Block Codes, Proceedings of the International Symposium on Information Theory and Its Applications, 1185-1190, Parma, Oct. 2004.
235)Yuta Yoneda, Hitoshi Tokushige, Toru Fujiwara and Tadao Kasami : Good Binary Image Search for Linear Block Codes over an Extended Field of GF(2), Proceedings of the International Symposium on Information Theory and Its Applications, 1309-1314, Parma, Oct. 2004.
236)Fukuji Inoko, Keizo Kashihara, Minoru Tagami and Tatsuya Okada : Relation between Activated Slip Systems and Nucleation of Recrystallized Grains in Deformed Single- and Bi-crystals, Materials Science Forum, Vol.467-470, 57-62, Annecy, Nov. 2004.
237)Lu Xin and Shunichiro Oe : Dynamic Scenes Synthesis using Integration of Robust Tracking and View Morphing, Proceedings of 10th International Conference on Virtual Systems and Multimedia, 738-745, Oogaki Japan, Nov. 2004.
238)Satoshi Nakamura, Kazumasa Yamamoto, Kazuya Takeda, Shingo Kuroiwa, Norihide Kitaoka, Takeshi Yamada, Mitsunori Mizumachi, Takanobu Nishiura, Masakiyo Fujimoto, Akira Sasou and Toshiki Endo : AURORA-2J:Japanese Speech date collection for performance evaluation of speech recognition in noise, International Conference on Speech and Language Technology/Oriental -COCOSDA, Nov. 2004.
239)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Tomiaki Morikawa, Masahiko Katayama, Yasuo Miyoshi and Yoneo Yano : Adaptive Synchronization of Learning Media among Semi-synchronous Learners, Proceedings of E-Learn2004, Vol.1, 2829-2834, Washington, D.C., Nov. 2004.
240)Yanlin Zheng, Luyi Li, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Using Knowledge Awareness(KA) Support Knowledge Building in Virtual Learning Community, Proceedings of E-Learn2004, Vol.1, 2258-2265, Washington, D.C., Nov. 2004.
241)Yanlin Zheng, Luyi Li, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Using Ontologies to Support Personalized e-Learning, Proceedings of E-Learn2004, Vol.1, 2266-2272, Washington, D.C., Nov. 2004.
242)Satoru Tsuge, Shingo Kuroiwa, Masami Shishibori, Kenji Kita and Fuji Ren : Evaluation of frequency characteristic normalization method with multiple reference cepstrum on the Japanese newspaper article sentences speech corpus, Proceedings of the third International Conference on Information, 199-202, Tokyo, Nov. 2004.
243)Norio Baba and Yoshio Mogami : Learning Behaviors of the Hierarchical Structure Learning Automata Operating in the General Nonstationary Multiteacher Environment, The 36th International Symposium on Stochastic System Theory and its Applications, Saitama, Nov. 2004.
244)Nobunari Itoh, Masahiro Katoh and Nobuaki Okano : Development of a transmissometer for evaluating molecular contamination effects and preliminary results, Proceedings of SPIE, Vol.5655, 461-469, Honolulu, Nov. 2004.
245)Hiroaki Ogata, Ryo Akamatsu, Hiroyuki Mitsuhara, Yoneo Yano, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi and Tomiaki Morikawa : TANGO: Supporting Vocabulary Learning with RFID tags, Electronic proceedings of International Workshop Series on RFID, Tokyo, Nov. 2004.
246)Makoto Nii, Tetsuo Iwata and Hironori Susaki : Consecutive Application of the MUSIC and the DCMP Method for Data Obtained from Arrayed Sonar Receivers for Optimizing the DOA Pattern, OCEANS'04 MTS/IEEE/TECHNO OCEAN'04 (OTO'04), 1175-1180, Kobe, Nov. 2004.
247)Kenichi Yoshida, Yuji Masui, Takuo Nagamachi and Hideo Nishino : Effect of Boron Additives on Two Peaks of AE Event Rate during Tensile Deformation of Ni3Al Intermetallic Compound, Progress in Acoustic Emission XII ( Proc. of The 16th International Acoustic Emission Symposium ), Vol.12, 225-232, Tokyo, Nov. 2004.
248)望月 秋利 : 地盤工学における遠心力実験技術の応用と最近発展, 2004年上海市土力学および岩土工事学術年会, 上海, 2004年11月.
249)Teruaki Ito : Vibration-based interface for collaboration in mechatronics design, Electrical/Electromechanical Computer Aided Design & Engineering, 6-11, Durham, United Kingdom, Nov. 2004.
250)Toshiaki Itoh : Compact auditory sense measurement tool using PC's USB I/O, 5th WSEAS Int. Conf. on ACOUSTICS and MUSIC: THEORY and Applications (AMTA 2004) Program, Venice, Nov. 2004.
251)Masaki Hashizume, Daisuke Yoneda, Hiroyuki Yotsuyanagi, Tetsuo Tada, Takeshi Koyama, Ikuro Morita and Takeomi Tamesada : IDDQ Test Method Based on Wavelet Transformation for Noisy Current Measurement Environment, Proc. of 13th Asian Test Symposium, 112-117, Kenting, Taiwan, Nov. 2004.
252)Takahiro Ogawa, Yasue Mitsukura, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : Feature Extraction from EEG Patterns in Music Listening, Proc. of International Symposium on Intelligent Signal Processing and communication Systems'2004, S01-4-1-S01-4-5, Seoul, Nov. 2004.
253)Ryouhei Haga, Yasue Mitsukura, Minoru Fukumi, Norio Akamatsu and Motokatsu Yasutomo : Automatic Detection of Left Ventricular Asynergy by Fuzzy Reasoning, Proc. of International Symposium on Intelligent Signal Processing and communication Systems'2004, S15-3-1-S15-3-5, Seoul, Nov. 2004.
254)Tomohiko Nukano, Minoru Fukumi and Marzuki Khalid : Vehicle License Plate Character Recognition by Neural Networks, Proc. of International Symposium on Intelligent Signal Processing and communication Systems'2004, P056-1-P056-5, Seoul, Nov. 2004.
255)Michiyo Nishioka, Yasue Mitsukura, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : Measurement of Skin texture Using Genetic Image Analysis, Proc. of International Symposium on Intelligent Signal Processing and communication Systems'2004, P060-1-P060-5, Seoul, Nov. 2004.
256)Hitoshi Takagi : "Green'' composites and the research trend in Japan, Proceeding of Workshop on Bio-Composites and Green Composites, 1-16, Hsinchu, Nov. 2004.
257)Toshiki Kubota, Yasue Mitsukura, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : Automatic Extraction of a Kidney Region by Using the Q-learning, Proc. of International Symposium on Intelligent Signal Processing and communication Systems'2004, P007-1-P007-5, Seoul, Nov. 2004.
258)Jing-Cai Jiang, Takuo Yamagami and Nguyen B. V. : Seismic displacements of slopes based on variable critical slip surfaces, Proceedings of the 15th Southeast Asian Geotechnical Conference, Vol.1, 923-928, Bangkok, Nov. 2004.
259)Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Ko-ichi Magishi and Keizo Endo : NMR Study of Gap Function with Point Nodes in Borocarbide Superconductor, ISS 2004, Niigata, Nov. 2004.
260)Tetsushi Ueta, Takuji Kousaka, Tohru Kawabe and Sang-Ho Hyon : Partial External Force Control for Piecewise Smooth Dynamical Systems, Proc. of 2004 IASTED CSS, Clearwater, Florida, Nov. 2004.
261)Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Complex Behavior in Coupled Chaotic Circuits Related with Intermittency, Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'04), 589-592, Fukuoka, Nov. 2004.
262)Masahiro Wada and Yoshifumi Nishio : Several Phase Synchronization Modes in Coupled Multi-State Chaotic Circuits, Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'04), 525-528, Fukuoka, Nov. 2004.
263)Junji Kawata, Yuichi Tanji, Yoshifumi Nishio, Tomoji Yoshida, Tetsuo Tada and Akio Ushida : Experimental-Based Approach for Macromodel Synthesis of Interconnects, Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'04), 107-110, Fukuoka, Nov. 2004.
264)Shingo Kuroiwa, Umeda Yoshiyuki, Satoru Tsuge and Fuji Ren : Histogram-based Speaker Recognition Method for Distributed Environment, Proceedings of the third International Conference on Information, 211-214, Tokyo, Nov. 2004.
265)Nobuo Nagano, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Robust Recognition of Expression for Individual and Generality, Proceedings of the third International Conference on Information, 203-206, Tokyo, Nov. 2004.
266)Haiqing Hu, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Chinese Automatic Question Answwering System Based on Natural Language Feature and VSM, Proceedings of the third International Conference on Information, 183-186, Tokyo, Nov. 2004.
267)Dapeng Yin, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A method for processing Chinese ``BA'' sentence in Chinese Japanese machine translation system, Proceedings of the third International Conference on Information, 187-190, Tokyo, Nov. 2004.
268)Xin Zhao, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Super-Function Based Japanese Chinese Machine Translation System, Proceedings of the third International Conference on Information, 191-194, Tokyo, Nov. 2004.
269)Manabu Sasayama, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Super-Function based Japanese English Machine Translation Experiment and Evaluation, Proceedings of the third International Conference on Information, 195-198, Tokyo, Nov. 2004.
270)Kazuyuki Matsumoto, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : An Algorithm for Measuring Human Emotions based on Context and Sentence Pattern, Proceedings of the third International Conference on Information, 215-218, Tokyo, Nov. 2004.
271)Qiong Liu, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Natural Language Generation for Technical Analysis of Stock Market Using Extended Super-Function, Proceedings of the third International Conference on Information, 219-222, Tokyo, Nov. 2004.
272)Zhenyu Jin, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Chinese Korean Machine Translation System Using Super-Function, Proceedings of the third International Conference on Information, 223-226, Tokyo, Nov. 2004.
273)Mohamed Abdel Fattah, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Speaker Recognition for Mobile Communication Systems, Proceedings of the third International Conference on Information, 231-234, Tokyo, Nov. 2004.
274)Yusuke Konishi, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : A Junior High School Science Education Support System Using Natural Language Processing Techniques, Proceedings of the third International Conference on Information, 235-238, Tokyo, Nov. 2004.
275)Ippei Fukuda, Mohamed Abdel Fattah, Satoru Tsuge, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Robust Distributed Speaker Recognition to Solve the Differences in Frequency Characteristic Problem, Proceedings of the third International Conference on Information, 207-210, Tokyo, Nov. 2004.
276)Lin Ya, Tanihira Kokichi and Fuji Ren : An Interative e-Learning System Using Natural Language Processing Technology, Proceedings of the third International Conference on Information, 227-230, Tokyo, Nov. 2004.
277)Takuji Kousaka, Masahiko Mori and YUE MA : Bifurcation of the chaotic attractor in a simple piecewise smooth systems, Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2004, 51-54, Fukuoka, Nov. 2004.
278)YUE MA, Takuji Kousaka, Chi K. Tse and Hiroshi Kawakami : General Consideration for Modeling and Analyzing Switched Dynamical Systems, Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2004, 59-62, Fukuoka, Nov. 2004.
279)Hiroaki Ogata, Chengiu Yin and Yoneo Yano : JAPELAS: Supporting the Learning of Japanese Polite Expressions with PDA, Proceedings of International Conference on Computers in Education 2004(ICCE2004), 411-419, Melbourne, Nov. 2004.
280)Yanlin Zheng, Luyi Li, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Toward Awareness Services in CSCL: Classifications and Contextual Providing Mechanism, Proceedings of International Conference on Computers in Education 2004(ICCE2004), 803-810, Melbourne, Nov. 2004.
281)Luyi Li, Yanlin Zheng, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : Toward Ubiquitous Learning Space, Proceedings of International Conference on Computers in Education 2004(ICCE2004), 1315-1325, Melbourne, Nov. 2004.
282)Takuya Akashi, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : Real-Time Genetic Lips Region Detection and Tracking in Natural Video Scenes, Proc. of IEEE Conference on Cybernetics and Intelligent Systems'2004, 682-687, Singapore, Dec. 2004.
283)Lu Xin and Shunichiro Oe : Recognizing and Modeling Non-rigid Human Body Actions in Space-time, Proceedings of Third International Conference on Image and Graphics, 501-506, Hong Kong, Dec. 2004.
284)Nobumasa Shiraishi, Nakagawa Yasuhito, Katsuki Kusakabe and Ken-Ichiro Sotowa : Catalytic Partial Oxidation of Propylene in a Microreactor, 17th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Cheonan, Korea, Dec. 2004.
285)Hiroshi Mori, Hitoshi Takagi, Junichi Hino and Masanori Nakaoka : Damping properties of bamboo fiber reinforced eco-composites, Journal of Ecotechnology Research, Vol.10, No.4, 174-175, Toyama, Dec. 2004.
286)Toshihiro Moriga, Keiko Takahara, Ryoji Saki, Takashi Sakamoto, Kei-ichiro Murai and Ichiro Nakabayashi : Synthesis of divalent metal nitrides Zn3N2 and Mg3N2 and enhancement of their bandgap by insertion of lithium, The 13th International Conference on Processing and Fabrication of Advanced Materials, Singapore, Dec. 2004.
287)Suminori Tanaka, Kohei Tomita, Kazunori Nakagawa, Kei-ichiro Murai, Toshihiro Moriga, Ichiro Nakabayashi, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : Synthesis and Oxidation Activities of Catalysts Supported Goethite, The 13th International Conference on Processing and Fabrication of Advanced Materials, Singapore, Dec. 2004.
288)Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi and Udantha R. Abeyratne : Detection of biological system deviation by BPNN, Proceedings of 8th International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision, 931-935, Kunming, Dec. 2004.
289)Zhuoming Li, Xiaoxiao Bai, Qinyu Zhang, Masatake Akutagawa, Fumio Shichijo, Yohsuke Kinouchi and Udantha R. Abeyratne : Multi Dipole Source Identification from EEG/MEG Topography, Proceedings of 8th International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision, 953-957, Kunming, Dec. 2004.
290)Hiromi Kato, Emiko Yasuno, Yohsuke Kinouchi and Tadaoki Morimoto : Electrical Impedance Tomography for Local Biological Tissue, Proceedings of 8th International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision, 942-946, Kunming, Dec. 2004.
291)YUE MA and Hiroshi Kawakami : Control of Bifurcation in DC/DC PWM Switching Converters, Proceedings of 8th International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision 2004, 1421-1426, Kunming, Dec. 2004.
292)Kei-ichiro Murai, Yohei Suzuki, Yasuhiro Akune, Yusuke Kaneko, Takahiro Kitagawa, Toshihiro Moriga and Ichiro Nakabayashi : Thermal Vibration of Rutile-type Difluorides and RuO2, Precessing and Fabrication of Advanced Materials XII, Vol.Vol.2, 544-551, Singapore, Dec. 2004.
293)Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Securing Information Display by Use of Multiple Decoding Masks Based on Visual Encryption and Decryption, Proc. IDW '04 (The 11th International Display Workshops), 1631-1634, Niigata, Dec. 2004.
294)Hisanori Noto, Youhei Yamada, Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki, Syuji Muguruma, Yoshifumi Nagai, Yoshinori Shimizu and Nobuo Nishida : Stereoscopic Cameras and Displays System over Internet Protocol, Proc. IDW '04 (The 11th International Display Workshops), 1491-1494, Niigata, Dec. 2004.
295)Tomohiro Kubo : Optimal memoryless regulator of systems with time-varying delay, Proc. 8th International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision, 1853-1858, Kunming, Dec. 2004.
296)Yukako Hayashi, Kumiko Kondo, Yusuke Nishimura, Hiroshi Suketa, Kei-ichiro Murai, Toshihiro Moriga, Ichiro Nakabayashi and Kikuo Tominaga : Characterizations of Transparent Conducting Amorphous ZnO-SnO2 Films Deposited by Opposed Target Sputtering System, The 13th International Conference on Processing and Fabrication of Advanced Materials, Vol.1, 209-218, Singapore, Dec. 2004.
297)Akira Oyama, Masahiro Masuda, Masatoshi Arimura, Masahiro Morikawa, Teruo Nogami and Hitoshi Ogawa : Cermet Tool Failure and Its Control in Machining Line of Bearing Production, Progress of Machining Technology (7th ICPMT), Suzhou, Dec. 2004.
298)Norikazu Miyoshi, Daitetsu Ikehara, Tadashi Kouno, Tsuyoshi Matsuo and Makoto Wada : Alkylation of Aldehydes and Imines Using Metallic Strontium and Alkyl Iodides, International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2004, Vol.2004, P-20, Hong Kong, Dec. 2004.
299)David Colin Raymond, Veronique Baudin, Kazuhide Kanenishi, Thierry Gayraud, Kenji Matsuura, Michel Diaz and Yoneo Yano : Distant e-Learning Using Synchronous Collaborative Environment "Platine", Proceedings of IEEE MSE, 88-95, USA, Dec. 2004.
300)Masashi Ichimiya : Laminar-Turbulent Transition of a Boundary Layer by a Single Roughness Element in an Inlet Region of a Circular Pipe, Proceedings of 15th Australasian Fluid Mechanics Conference, University of Sydney, Sydney, Australia, Dec. 2004.
301)Hiroyuki Mitsuhara, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : ADAPTIVE LINK GENERATION FOR MULTIPERSPECTIVE THINKING IN WEB-BASED EXPLORATORY LEARNING, Proceedings of the IADIS International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age (CELDA 2004), 216-223, Lisbon, Portugal, Dec. 2004.
302)Norikazu Miyoshi, Daitetsu Ikehara, Tadashi Kouno, Tsuyoshi Matsuo and Makoto Wada : Chemistry of Alkylstrontium Halide Analogues: The Barbier-Type Alkylation of Carbonyl Compounds, International Symposium on Chemicals and Pharmaceuticals, Vol.2004, 17-18, Guangzhou, Dec. 2004.
303)Yoshiyuki Umeda, Satoru Tsuge, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Speaker Recognition using a Non-parametric Speaker Model Representation and Earth Mover's Distance, Proc. of International Workshop on statistical modeling approach for speech recognition, "BEYOND HMM", Kyoto, Dec. 2004.
304)Takao Hanabusa, Satoshi Kiriyama and Dohoon Shin : Activitiy of the center for innovation and creativity development, Proceedings of SICE 2005, 2005.
305)Hitoshi Imai : SOME METHODS FOR REMOVING SINGULARITY AND INFINITY IN NUMERICAL SIMULATION, GAKUTO International Series, Mathematical Sciences and Applications, Vol.23, 103-118, 2005.
306)Lu Xin and Shunichiro Oe : View interpolation and synthesis by KLT feature tracker, Proceedings of 17th Annual Symposium Electronic Imaging Science and Technology, 182-190, San Jose, USA, Jan. 2005.
307)Lu Xin, Shunichiro Oe and Liu Qiong : Multiple Data Associations in Robust Visual Tracking, Proceedings of 11th Japan-Korea Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 109-114, Gwangju, Korea, Jan. 2005.
308)Atsushi Tanaka, Lu Xin and Shunichiro Oe : Teacher Tracking System for Digital Contents using PZT Camera, Proceedings of 11th Japan-Korea Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 290-295, Gwangju, Korea, Jan. 2005.
309)Nobuyuki Fujiwara and Kenji Terada : Recognition of a Smoke Region Using Fractal Cording, Proceedings of The 10th Korea-Japan joint Workshop on Computer Vision(FCV2004), No.S-24, Gwangju, Korea, Jan. 2005.
310)Syuzi Okamura, Isao Matsushima and Yoneo Yano : The Effective Learning Support Strategy for Self Learning with Problem-Based Learning, Proc. of Third International Conference on Creating, Connecting and Collaborating through Computing(C5 2005), 153-158, Kyoto, Jan. 2005.
311)Tomoki Yabutani, Junko Motonaka, Kazumi Inagaki, Akiko Takatsu and Koichi Chiba : Species-specific isotope dilution analysis for determination of ionic organolead compounds with gas chromatography inductively coupled plasma mass spectrometry, 2005 Winter Conference on Plasma Spectrochemistry, Budapest, Jan. 2005.
312)Hitoshi Satoh, Noboru Niki, K. Mori, Kenji Eguchi, Masahiro Kaneko, Ryutato Kakinuma, Hironobu Ohmatsu, H. Masuda, S. Machida and M. Sasagawa : Computer-aided diagnosis workstation for chest diagnosis based on multihelical CT images, Proceedings of SPIE, Vol.5748, 480-490, Feb. 2005.
313)Keisuke Irie, Ken-Ichiro Sotowa, Katsuki Kusakabe and Tatsumi Ishihara : Size control of fine Ag nanoparticles in microchannel, The Third International Workshop on Micro Chemical Plants, Hyogo, Japan, Feb. 2005.
314)Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hironobu Ohmatsu, Masahiko Kusumoto, Ryutaro Kakinuma, Kiyoshi Mori, Kozo Yamada, Hiroyuki Nishiyama, Kenji Eguchi, Masahiro Kaneko and Noriyuki Moriyama : A computerized approach for estimating pulmonary nodule growth rates in three-dimensional thoracic CT images based on CT density histogram, Proceedings of SPIE, Vol.5747, 872-882, San Diego, Feb. 2005.
315)Mitsuru Kubo, Nobuhiro Yamada, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Kenji Eguchi, Hironobu Ohmatsu, Masahiro Kaneko, Masahiko Kusumoto, Ryutaro Kakinuma, Hiroyuki Nishiyama and Noriyuki Moriyama : CAD System for Lung Cancer Screening using Low Dose Thick-slice CT Images, Proceedings of SPIE, Vol.5747, 987-994, San Diego, Feb. 2005.
316)Hiroyuki Tachibana, Shinsuke Saita, Motokatsu Yasutomo, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Yasutaka Nakano, Michizo Sasagawa, Kenji Eguchi and Noriyuki Moriyama : An Extraction Algorithm of Pulmonary Fissures from Multi-Slice CT Image, Proceedings of SPIE, Vol.5745, 1057-1065, San Diego, Feb. 2005.
317)Tetsuo Yamamoto, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Masashi Fujii, Yoshihiro Nakaya, Eisuke Matsui, Hironobu Ohmatsuand and Noriyuki Moriyama : Visualization and quantitative analysis of lung microstructure using micro CT images, Proceedings of SPIE, Vol.5746, 507-514, San Diego, Feb. 2005.
318)Hironori Nakashima, Takuya Yamamoto, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hironobu Ohmatsu, Kenji Eguchi, Hiroyuki Nishiyama, Masahiro Kaneko, Masahiko Kusumoto, Ryutaro Kakinuma and Noriyuki Moriyama : Computer-Aided Diagnosis Algorithm for Lung Cancer using Retrospective CT Images, Proceedings of SPIE, Vol.5747, 775-782, San Diego, Feb. 2005.
319)Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura : Continuous-Time Model Identification using Adaptive Observers, --- On the Selection of State Variable Filters ---, Proceedings of the 24th IASTED International Conference Modelling, Identification, and Control, 160-165, Innsbruck, Feb. 2005.
320)Luyi Li, Yanlin Zheng, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : A CONCEPTUAL FRAMEWORK OF COMPUTER-SUPPORTED UBIQUITOUS LEARNING ENVIRONMENT, Proc. of the IASTED International Conference WEB-BASED EDUCATION, 243-248, Grindelwald, Switzerland, Feb. 2005.
321)Raul Salcedo Morales, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano : PROVIDING INTEROPERABILITY SERVICES IN THE UBIQUITOUS DIGITAL LIBRARY PROJECT, Pro. of the IASTED International Conference on WBE-BASED EDUCATION, 573-578, Grindelwald, Switzerland, Feb. 2005.
322)Masahiro Ichimiya, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi and Takeomi Tamesada : Test Equipment for CMOS Lead Open Detection Based on Supply Current under AC Electric Field Application, Proc. of the ECWC 10 Conference, P03-5-1-P03-5-5, Anaheim, Feb. 2005.
323)Takeshi Watanabe, Chikanori Hashimoto and OHTSU MASAYASU : NDT FOR DETECTING VOIDS IN POST-TENSIONING TENDON DUCT BY SIBIE, 11th International Conference on Fracture, Turin, Mar. 2005.
324)Yasuteru Hosokawa and Yoshifumi Nishio : Analysis of Chaotic Circuits Using Wien Bridge Oscillator and a Resonator, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'05), 73-76, Honolulu, Mar. 2005.
325)Kazuya Tsuruta and Yoshifumi Nishio : Reversible Watermarking Using Small-World Cellular Neural Network, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'05), 21-24, Honolulu, Mar. 2005.
326)Yuki Nakaaji, Shuichi Aono and Yoshifumi Nishio : Run Test of Pseudo-Random Numbers Generated by Chaotic Maps, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'05), 57-60, Honolulu, Mar. 2005.
327)Shuichi Aono, Yoshifumi Nishio and Hideharu Aruga : Research on True Random Numbers with a Key Feature, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'05), 61-64, Honolulu, Mar. 2005.
328)Miki Akazawa, Masayuki Yamauchi and Yoshifumi Nishio : Asymmetric Alternating Propagation in Coupled Oscillators, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'05), 101-104, Honolulu, Mar. 2005.
329)Yoko Uwate, Natsumi Dake and Yoshifumi Nishio : Back Propagation Learning of an Affordable Neural Network for Chaotic Time Series, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'05), 139-142, Honolulu, Mar. 2005.
330)Haruna Matsushita, Yoko Uwate and Yoshifumi Nishio : Research on Improvement in Self-Organization Capability Using Two SOMs, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'05), 307-310, Honolulu, Mar. 2005.
331)Natsumi Dake, Yoko Uwate, Yoshifumi Nishio and Takaya Yamazato : Research on Clutter Reduction Methods of a UWB Chaotic Radar, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'05), 367-370, Honolulu, Mar. 2005.
332)Masayoshi Oda, Zonghuang Yang, Yoshifumi Nishio and Akio Ushida : Analysis of Two-Dimensional Conductive Plates Based on CNNs, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'05), 447-450, Honolulu, Mar. 2005.
333)Seizo Hagino, Yoshifumi Nishio and Akio Ushida : Tracing Bifurcation Branches of High-Dimensional Nonlinear Algebraic Equations Using SPICE, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'05), 451-454, Honolulu, Mar. 2005.
334)Yoshihiro Yamagami, Yoshifumi Nishio, Junji Kawata and Akio Ushida : Frequency Response Curves of Nonlinear Electronic Circuits Using Fourier Transformer, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'05), 499-502, Honolulu, Mar. 2005.
335)Junji Kawata, Yuichi Tanji, Yoshifumi Nishio and Akio Ushida : Interconnect Modeling Using Numerical Inversion of Laplace Transforms, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'05), 511-514, Honolulu, Mar. 2005.
336)Shintaro Arai and Yoshifumi Nishio : Research on Suboptimal Receivers for Chaos Shift Keying, Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'05), 375-378, Honolulu, Mar. 2005.
337)Takuya Akashi, Hironori Nagayama, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : Estimation of Face Direction Using Near-Infrared Camera, Proc. of 2005 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 231-234, Honolulu, Mar. 2005.
338)Takuya Akashi, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : Three-Dimensional Geometric Information Acquisition of Lips for Natural Scene, Proc. of 2005 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 123-126, Honolulu, Mar. 2005.
339)Yuuki Yazama, Yasue Mitsukura, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : A Pitch Detection for Speech Processing by Using a Fast Direct Transformation, Proc. of 2005 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 351-354, Honolulu, Mar. 2005.
340)Keioko Sato, Mihoko Kimura, Yasue Mitsukura and Minoru Fukumi : The Feeling Classification by the Color based on the KANSEI Information Processing, Proc. of 2005 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 275-277, Honolulu, Mar. 2005.
341)Stephen Githinji Karungaru, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : Automatic Face Metamorphosis in Color Images, Proc. of 2005 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 131-134, Honolulu, Mar. 2005.
342)Stephen Githinji Karungaru, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : Face Detection: Size and Rotation Invariance using Genetic Algorithms, Proc. of 2005 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 211-214, Honolulu, Mar. 2005.
343)Satomi Ota, Shin-ichi Ito, Yasue Mitsukura, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : Feature Extraction of EEG Patterns Using the Principal Component Analysis and Neural Networks, Proc. of 2005 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 319-321, Honolulu, Mar. 2005.
344)Seiichi Nishimoto, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi and Takeomi Tamesada : Electrical Detection of Pin Shorts by Supply Current of PIC, Proc. RISP International Workshop on Nonlinear Circuit and Signal Processing, 171-174, Honolulu, Mar. 2005.
345)Hirofumi Eboshi, Takahiro Oie and Tadamitsu Iritani : Manufacturing of PC Built-in Ethernet Bridge for Internet Monitoring System, Proc. of NCSP'05, 339-342, Honolulu, Mar. 2005.
346)Takashi Yasuno, Takuya Kamano, Yuji Yamanaka and Hironobu Harada : Acquisition Method of Operator's Decision-Making Skills Based on View Information for Autonomous Mobile Robot, 2005 RISP International Workshop pn Nonlinear Circuits and Signal Processing, 327-330, Hawaii, Mar. 2005.
347)Takashi Sakaguchi, Masaki Hashizume, Hiroyuki Yotsuyanagi, Takeomi Tamesada, Tetsuo Tada, Takeshi Koyama, Yasuhiro Miyagawa, Seiji Tanaka and Toshihiro Kayahara : Fail-Safe Evaluation Method for Boiler Control Circuits by Circuit Simulation, Proc. RISP International Workshop on Nonlinear Circuit and Signal Processing, 395-398, Honolulu, Mar. 2005.
348)Takafumi Yamada, Takahiro Oie and Tadamitsu Iritani : Dual Loop Coherent Synthesizer for UWB-IR, --- For Generating Modulated Gaussian Pulse ---, Proc. of NCSP'05, 363-366, Honolulu, Mar. 2005.
349)Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Spatio-Temporal Complex Behavior in Inhibitory Modified BVP Neurons Connected by Gap-Junction, Proc. NCSP2005, 29-32, Honolulu, Mar. 2005.
350)Hiroki Yoshii, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : A New Scheme for Construction of 3D Bifurcation Diagrams, Proc. of NCSP2005, 65-68, Honolulu, Mar. 2005.
351)Yusuke Nishiuchi, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : On Synchronization in Cross Coupled BVP Oscillators, Proc. NCSP2005, 109-112, Honolulu, Mar. 2005.
352)Yu Toyosaki, Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta and Sang-Ho Hyon : Partial Delayed Feedback Control for Autonomous System, Proc. of NCSP2005, 483-486, Honolulu, Mar. 2005.
353)Hitoshi Tanaka and Miki Niwa : Mechanism of Formation of Helical Conformation in Radical Polymerization of Menthylacrylates near Ceiling Temperature, Proc. of 229th ACS National Meeting, Vol.46, No.1, 684-685, San Diego, Mar. 2005.
354)Hiroshi Mori and Hitoshi Takagi : Development of resin-less bamboo "green'' composites, Proceedings of 3rd International Workshop on Green Composites, 120-123, Kyoto, Mar. 2005.
355)Akira Asano and Hitoshi Takagi : Influence of molding pressures on mechanical properties of "green" composites reinforced by cellulose-microfibril, Proceedings of 3rd International Workshop on Green Composites, 156-157, Kyoto, Mar. 2005.
356)Hideaki Okuno and Hitoshi Takagi : Development of "green" composites reinforced by bamboo fibers, Proceedings of 3rd International Workshop on Green Composites, 154-155, Kyoto, Mar. 2005.
357)Kunihiko Ishihara : Phenomenon and Countermeasures of High SPL Sound Generated from Duct with Heat Exchanger Tube Bundle, The proceedings of the 6th KSME-JSME Thermal and Fluid Engineering Conference, 斉州島, Mar. 2005.
358)Deendarlianto, Akiharu Ousaka, Akira Kariyasaki and Tohru Fukano : Experimental Study on the Liquid Film Characteristics at the Onset of Flooding in an Inclined Pipe, In: The 6th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Paper JC.07(CD-ROM), Vol.2, 1-4, Jeju, Mar. 2005.
359)Yoshikazu Yamazaki, Akira Kariyasaki, Akiharu Ousaka and Shigeharu Morooka : Phase Separation of Air Water Two-Phase Mixture Flowing in a Micro Channel, In: The 6th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Paper GA.57(CD-ROM), Vol.2, 1-4, Jeju, Mar. 2005.
360)Kunihiko Ishihara : (16) Phenomenon and Countermeasures of High SPL Sound Generated from Duct with Heat Exchanger Tube Bundle, Proceedings of 6th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Jeju City, Jeju, Korea, Mar. 2005.
361)Hitoshi Takagi : Mechanical properties of "green" composites using a starch-based resin and short bamboo fibers, Proceedings of International Conference on Advances in Polymer Blends, Composites, IPNS and Gels: Macro to Nano Scales, IL33-1-IL33-5, Kerala, Mar. 2005.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1)谷本 晋也, 福田 和也, 杉山 茂, 林 弘 : 4価カチオンによるカルシウム水酸アパタイトの表面改質, 化学工学会第69年会, 2004年4月.
2)杉山 茂, 藤澤 誠祥, 横山 雅彦, 林 弘 : マグネシウム化合物を核とする水溶性アンモニウム塩-リン酸塩の固定化, 化学工学会第69年会, 2004年4月.
3)成行 義文, 平尾 潔, 門 峰康 : リダクションファクターの算定に関する一考察, 構造工学論文集, Vol.50, 431-440, 2004年4月.
4)香川 健一, 難波 貞治, Sayed Mohiuddin Abdus Salam, 川城 克博 : リパーゼを触媒とする非タンパクアミノ酸エステルの不斉加水分解, 化学工学会第69年会, 2004年4月.
5)須見 雅則, 江本 和嘉子, 神戸 崇秀, 川城 克博 : 非タンパクアミノ酸エステルをアシルドナーとするリパーゼ触媒によるペプチド合成, 化学工学会第69年会, 2004年4月.
6)中野 晋, 片岡 孝一 : アカウミガメの上陸頭数と魚種別漁獲量の相関, 平成16年度日本水産学会大会講演要旨集, 76, 2004年4月.
7)松田 佳子, 辻 明彦, 湯浅 恵造 : Subtilisin like proprotein convertase familyの多様性と役割分担:ECM局在PACE4の細胞分化における役割, 第51回マトリックス研究会大会, 20-21, 2004年4月.
8)周 濱, 平尾 潔, 成行 義文, 藤本 慎也, 山本 征太郎 : 変位に基づく橋脚の耐震設計法に関する基礎的研究, 構造工学論文集, Vol.50A, 467-476, 2004年4月.
9)矢野 米雄, 松浦 健二, 柳田 益造 : 感性共有による音楽学習を対象とした協調的学習環境の設計, AFIIS Symposium 2003 論文集, 116-120, 2004年4月.
10)坪内 栄志, 高木 均, 筒井 功, 筒井 宏隆 : グリーンコンポジットパイプ材の引張特性, 日本材料学会四国支部第5期総会·学術講演会講演論文集, 9-10, 2004年4月.
11)森 浩司, 高木 均, 日野 順市, 越智 真治, 中岡 正典 : 異なる形態の竹繊維で強化したグリーンコンポジットの制振特性, 日本材料学会四国支部第5期総会·学術講演会講演論文集, 11-12, 2004年4月.
12)浅野 彰, 高木 均, 越智 真治 : ミクロフィブリル強化グリーンコンポジットの試作と特性評価, 日本材料学会四国支部第5期総会·学術講演会講演論文集, 13-14, 2004年4月.
13)旗谷 充彦, 中川 真, 松原 敏夫, 盛合 敦, 鈴木 裕士, 皆川 宣明, 森井 幸生, 日下 一也, 英 崇夫 : 金属/セラミックス系傾斜機能材料の内部残留応力測定, 日本材料学会四国支部第5期総会·学術講演会講演論文集, 1-2, 2004年4月.
14)旗谷 充彦, 野田 和宏, 日下 一也, 富永 喜久雄, 英 崇夫, 松英 達也, 坂田 修身 : ナノサイズCu薄膜の残留応力測定, 日本材料学会四国支部第5期総会·学術講演会講演論文集, 5-6, 2004年4月.
15)高井 秀哲, 日下 一也, 英 崇夫, 松英 達也, 坂田 修身 : ナノサイズ窒化チタン薄膜の残留応力測定および表面特性, 日本材料学会四国支部第5期総会·学術講演会講演論文集, 7-8, 2004年4月.
16)榊原 恵美子, 長宗 秀明, 村上 圭史, 前田 拓也, 三宅 洋一郎, 高麗 寛紀 : 緑膿菌外膜タンパク質OprRの抗生物質感受性への関与, 日本細菌学会 第77回総会, 2004年4月.
17)助野 晃子, 長宗 秀明, 弘田 克彦, 大倉 一人, 前田 拓也, 三宅 洋一郎, 高麗 寛紀 : インターメディリシンはS. intermediusがHepG2細胞に侵入する際に必要不可欠な因子である, 日本細菌学会 第77回総会, 2004年4月.
18)岡崎 秀樹, 佐藤 信二, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : 住宅のバリアフリー化に対する需要およびその効果に関する分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, IV-9, 2004年5月.
19)永澤 秀子, 後藤 恵子, 平岡 正光, 中嶌 瞳, 宇都 義浩, 堀 均, 増永 慎一郎, 小野 公二 : 中性子捕捉療法のための低酸素細胞指向性ハイブリッド型ホロンキャリアの分子設計, 第10回癌治療増感研究会, 2004年5月.
20)宇都 義浩, 東 淳哉, 井関 小百合, 貝谷 梨紗, 永澤 秀子, 堀 均 : 可逆的p53阻害作用を有する低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 第10回癌治療増感研究会, 2004年5月.
21)赤間 弘則, 長沢 善一郎, 西野 秀郎, 三野宮 利男, 中鉢 憲義 : 漏洩ラム波によるアルミ板/紙ハニカム/アルミ板材の欠陥評価, 平成16年度 日本非破壊検査協会春季大会, 2004年5月.
22)今井 仁司, 竹内 敏己 : 円領域の偏微分方程式に対する特異性回避公式と数値計算, 第33回数値解析シンポジウム講演予稿集, 53-56, 2004年5月.
23)小浴 優, 三神 厚, 澤田 勉 : ゴムと鋼板からなる免震装置の3次元有限要素解析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 60-61, 2004年5月.
24)森西 由記, 三神 厚, 澤田 勉 : 開削トンネルの簡便な地震応答解析手法, 開削トンネルの簡便な地震応答解析手法, 62-63, 2004年5月.
25)冨永 数男, 中野 晋, 小野 悟 : GISを用いた鳴門市里浦地区における避難計画作成支援, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2004年5月.
26)丹羽 実輝, 田中 均 : メンチルアクリレートの天井温度付近での不斉ラジカル重合, 第53回高分子学会年次大会, 2004年5月.
27)桐本 達弥, 丹羽 実輝, 田中 均 : メンチルアクリレートのラジカル重合の天井温度に及ぼすcd置換効果, 第53回高分子学会年次大会, 2004年5月.
28)東 知里, 上月 康則, 田代 優秋, 村上 仁士 : 耕作者を対象とした水田·水路内の生物への関心度に関するアンケート, 第10回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.10, 410-411, 2004年5月.
29)大森 稔寛, 上月 康則, 竹田 将人, 村上 仁士 : 高炉スラグとFe型人工ゼオライトを原料とした多孔質担体による覆砂効果について, 第10回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.10, 388-389, 2004年5月.
30)柴田 大介, 上月 康則, 三好 順也, 村上 仁士 : ムラサキイガイとマガキを中心とした懸濁態有機物の物質循環からみた新しい環境改善型構造物, 第10回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.10, 420-421, 2004年5月.
31)宮本 大輔, 村上 仁士, 大谷 寛, 上月 康則 : 瀬戸内海における歴史津波の伝播特性に関する一考察, 第10回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.10, 132-133, 2004年5月.
32)島田 佳和, 白鳥 実, 上月 康則, 村上 仁士 : ダムを有する河川における付着藻類相の特徴について, 日本珪藻学会第24回研究集会講演集, 1, 2004年5月.
33)野口 正彦, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 藤井 正光, 福井 萬壽夫 : 局在プラズモン共鳴数値シミュレーションへの粒子サイズ効果の取り入れ, ナノ学会第2回大会 講演予稿集, No.3PS-20, 137, 2004年5月.
34)青木 康典, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : ウレタン化合物を用いたコア-シェル型分散系のER効果, 日本レオロジー学会第31年会講演予稿集, 2004年5月.
35)山本 征太郎, 平尾 潔, 周 濱, 成行 義文 : 変位に基づく単柱式RC橋脚の性能規定型耐震設計に関する基礎的研究, 第1回性能規定型耐震設計に関する研究発表会講演論文集, 105-110, 2004年5月.
36)古川 忠司, 中野 晋, 宇野 宏司, 原田 隼作 : シオマネキ小型個体の生息環境特性に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.10, 130-131, 2004年5月.
37)小野 悟, 中野 晋, 太田 昭信, 尾崎 徳彦, 松下 恭司, 天羽 誠二 : 立体防災地図を用いた防災教育の取り組み, --- 小学校高学年を対象として ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.10, 210-211, 2004年5月.
38)冨永 数男, 中野 晋, 小野 悟 : GISを用いた鳴門市里浦地区における避難計画作成支援, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.10, 212-213, 2004年5月.
39)日下 一也, 田中 剛, 英 崇夫 : レーザーピーニング処理したアルミニウム合金の残留応力のレーザーパワー依存性, 第53期 学術講演会講演論文集, 49-50, 2004年5月.
40)郷田 秀一郎, 西川 良美, 櫻庭 春彦, 柊 弓絃, 大島 敏久 : 大腸菌で発現された超好熱アーキア由来酵素の活性化機構の解明, 日本生化学会中国四国支部大会, 2004年5月.
41)村上 理一, 米倉 大介, 入江 桂史, 林 澈文, 林 祐輔 : マイクロ波CVD法により製作したダイヤモンド薄膜の化学修飾, 日本材料学会第53期学術講演会講演論文集, 224-225, 2004年5月.
42)明石 大輔, 呉 静波, 米倉 大介, 村上 理一 : TiO2の成膜条件による結晶構造および光触媒特性の変化, 日本材料学会第53期学術講演会講演論文集, 379-380, 2004年5月.
43)中屋敷 誠司, 平尾 潔, 成行 義文, 山本 征太郎, 周 濱 : 変位に基づく単柱式RC橋脚の耐震設計法に関する一研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 48-49, 2004年5月.
44)門 峰康, 風早 健吾, 成行 義文, 平尾 潔 : リダクションファクタースペクトルの算定に関する一考察, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 46-47, 2004年5月.
45)福井 佑一郎, 西川 香里, 成行 義文, 平尾 潔 : 兵庫県南部地震時の木造建物倒壊長の統計分布とそれを用いた街路閉塞予測, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 70-71, 2004年5月.
46)天野 健, 谷元 雅哉, 成行 義文, 平尾 潔 : 地震による孤立地区の抽出と切断リンクの重要度評価に関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 72-73, 2004年5月.
47)明石 卓也, 福見 稔, 赤松 則男 : 水平方向の向きを考慮した口唇領域抽出, 第48回 システム制御情報学会研究発表講演会, Vol.5018, 441-442, 2004年5月.
48)村松 悠司, 福見 稔, 赤松 則男, 竹田 文章 : ニューラルネットワークと二段階主成分分析を用いた手首EMGパターン認識システム, 第48回 システム制御情報学会研究発表講演会, Vol.5038, 481-482, 2004年5月.
49)中野 実代子, 安酸 史子, 福見 稔 : 顔画像のエッジ情報を用いた年代分類, 第48回 システム制御情報学会研究発表講演会, Vol.5017, 439-440, 2004年5月.
50)宮浦 祐樹, 最上 義夫, 池田 建司, 下村 隆夫 : 強化学習ユニットによる地域気象予測システムの構築, 第48回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 461-462, 2004年5月.
51)山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : パララックスバリアを用いた大画面立体ディスプレイ, 2004年 第3回NICOGRAPH春季大会講演予稿集, 109-114, 2004年5月.
52)松本 光博, 最上 義夫, 馬場 則夫, 下村 隆夫, 池田 建司 : 可変階層構造学習オートマトンによる未知関数の大域的最適解探索, 第48回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 35-36, 2004年5月.
53)渡辺 公次郎, プラサンナ ディビガルピティア, 大貝 彰 : 開発途上国における環境に配慮した市街化の評価, 日本建築学会四国支部研究報告集, No.4, 77-78, 2004年5月.
54)大谷 壮介, 上月 康則, 水主 隆文, 北代 和也, 堅田 哲司 : 勝浦川河口干潟上でのヤマトオサガニを介した物質循環について, 生物系三学会中国四国支部大会, 1, 2004年5月.
55)伊原 洋, 宮城 崇史, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : エチレングリコールジメタクリレートの開始剤組み込み重合による高分岐ナノポリマーの合成, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
56)石井 里志, 北島 裕子, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : リン酸エステル存在下でのN-イソプロピルアクリルアミドのラジカル重合, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
57)信種 裕樹, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : ジビニルベンゼンとアクリル酸エチルの開始剤組み込み共重合による高分岐ポリマーの合成と性質, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
58)有馬 由紀子, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : 高分岐ポリマーの新規合成法-アジピン酸ジビニルを用いた開始剤組込み重合, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
59)三木 一十三, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : NIPAAmのラジカル重合-水素結合を用いた立体制御, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
60)山田 高大, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : ラジカル重合による尿素残基を有する可溶性高分岐コポリマーの合成, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
61)田中 啓介, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : ニトロベンゼン存在下でのジビニルベンゼンの開始剤組込み重合による可溶性高分岐ポリマーの合成と特性解析, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
62)野村 一樹, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : アジピン酸ジビニルと酢酸アリルの開始剤組込み共重合による可溶性高分岐ポリマーの合成, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
63)下村 誠, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : AIBNを用いたジフェニルエチレン存在下でのジビニルベンゼンの開始剤組込み重合による可溶性高分岐ポリマーの合成, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
64)奥村 雄也, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : N-ビニルアセトアミドのラジカル重合–水素結合を用いた立体制御, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
65)東田 直樹, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : ジビニルベンゼンの開始剤組込み重合による高分岐ナノポリマーの合成, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, No.2, 2004年5月.
66)小野 由加利, 堀河 俊英, 林 順一, 室山 勝彦 : カーボンエアロゲルの吸着特性, 粉体粉末冶金協会 平成16年度春季大会, 2004年5月.
67)多田 吉宏, 藤川 崇 : テトラ系発泡剤のアルミニウムフォームへの適用, 粉体粉末冶金協会平成16年度春季大会講演概要集, 236, 2004年5月.
68)大石 篤哉, 吉村 忍, 矢川 元基 : 局所接触探索への遺伝的プログラミングの適用, --- (並列分散GPによる高速化) ---, 計算工学講演会論文集, Vol.9, No.2, 497-500, 2004年5月.
69)和田 慎也, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : 2-アセトアミドアクリル酸メチルの超音波重合挙動, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, 2004年5月.
70)下山 賢治, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : パラレルβ-シート構造を形成したジアセチレン誘導化チロシンの固相重合, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, 2004年5月.
71)扶川 陽一, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : ジアセチレン誘導化トレオニンペプチドの高次構造および光重合性のペプチド鎖長による変化, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, 2004年5月.
72)田中 正己, 増田 精造, 南川 慶二, 森 健 : グリクラジドとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, 2004年5月.
73)塩田 勇樹, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : 末端疎水化ポリエーテルの合成と感熱応答性の制御, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, 2004年5月.
74)森 健, 小林 徹, 濱田 雅史, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリ(アシルアミノアクリル酸アルキル)水溶液およびハイドロゲルの相転移に及ぼすアルキル鎖長の効果, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, 2004年5月.
75)中島 将史, 福田 泰久, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリ(N-ビニルアセトアミド-co-アクリル酸)水溶液におけるLCSTおよびUCSTの発現, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, 2004年5月.
76)石田 晴子, 濱田 雅史, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリ(2-プロピオンアミドアクリル酸メチル)水溶液およびハイドロゲルの相転移に及ぼす添加物の効果, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, 2004年5月.
77)原田 俊彦, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリ(p-フェニレンビニレン)‐グラフト‐ポリエチレングリコールの合成と自己集合性, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, 2004年5月.
78)森 健, 渡辺 卓志, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリ(p-フェニレンビニレン)-ブロック-PEGのひも状集合構造に与えるPEG鎖長の効果, 第53回高分子学会年次大会予稿集, Vol.53, 2004年5月.
79)鎌田 磨人 : 地域の生態系の回復を目指して, --- -生態系間のつながり,生態系と人のつながり,人と人のつながり- ---, 平成16年度(30回)春季研究発表会 基調講演, 2004年5月.
80)池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 : 適応観測器を用いた連続時間モデル同定, --- 収束性の改善 ---, 第4回制御部門大会資料, 231-236, 2004年5月.
81)今枝 正夫, 丸山 武洋, 内田 正教, 橋本 強二 : 多入力多出力系における非干渉制御系の設計, 計測自動制御学会第4回制御部門大会資料, 639-642, 2004年5月.
82)岡崎 貴世, 遠藤 千鶴, 高麗 寛紀 : ザンビア共和国首都近郊および山村地域の飲料水の水質について, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IICa-2, 2004年5月.
83)白井 昭博, 川端 サヤカ, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : 新規gemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-2, 2004年5月.
84)白井 昭博, 片岡 大也, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : 新規ハイブリッド型第四アンモニウム塩の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-3, 2004年5月.
85)薮原 忠男, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : 新規化合物4,4'-(1,8-Dioxyoctametamethylene)bis(1-alkylpyridinium halide)sの合成とその殺菌活性, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-4, 2004年5月.
86)唐木 真理, 前田 拓也, 高麗 寛紀, 山中 一也, 西田 守, 福士 英明 : ポリリジンの抗菌メカニズムの解明, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-7, 2004年5月.
87)幸坂 葵, 渡辺 裕子, 前田 拓也, 中 秀雄, 高麗 寛紀 : 銀担持抗菌アクリル繊維の抗菌メカニズムの解析, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-6, 2004年5月.
88)住友 倫子, 長宗 秀明, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : ビス型第四級アンモニウム塩系薬剤の細胞破壊作用とOmpEの関連性, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-8, 2004年5月.
89)野々下 理絵, 小林 菜穂子, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : ペプチド系抗菌物質の殺菌機構, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-9, 2004年5月.
90)山口 文子, 住友 倫子, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : ビス型第四級アンモニウム塩系薬剤の殺菌メカニズム, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-10, 2004年5月.
91)前田 拓也, 吉田 あゆみ, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : セラチアの殺菌消毒剤耐性化に関する検討, 日本防菌防黴学会 第31回年次大会, Vol.IIDp-11, 2004年5月.
92)大島 敏久, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱菌Pyrobaculum islandicumのNAD依存性グルタミン酸脱水素酵素の構造解析, 第396回ビタミンB研究委員会, Vol.78, No.7, 368-369, 2004年5月.
93)山本 徹夫, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 藤井 正司, 松井 英介, 大松 広伸, 森山 紀之 : マイクロCT画像を用いた肺末梢構造の解析, 信学技報, Vol.104, No.88, 55-58, 2004年5月.
94)財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 江口 研二, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 金子 昌弘, 楠本 昌彦, 森山 紀之, 笹川 道三 : マルチスライスCT画像を用いた肺動脈・肺静脈抽出アルゴリズム, 信学技報, Vol.104, No.89, 83-88, 2004年5月.
95)山田 信廣, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 江口 研二, 西山 祥行, 金子 昌弘, 楠本 昌彦, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : 検診用シングルスライスCT画像を用いた胸郭の抽出アルゴリズム, 信学技報, Vol.104, No.91, 89-93, 2004年5月.
96)山本 徹夫, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 藤井 正司, 松井 英介, 大松 広伸, 森山 紀之 : マイクロCT画像を用いた肺末梢構造の解析, 信学技報, Vol.104, No.88, 55-58, 2004年5月.
97)櫻庭 春彦, 川上 竜巳, 大島 敏久 : 超好熱アーキアThermococcus litoralisに存在する新規アラニン:グリオキシル酸アミノトランスフェラーゼ, 日本ビタミン学会第56回大会, Vol.78, No.4, 246, 2004年5月.
98)川上 竜巳, 津下 英明, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 勝沼 信彦, 安藝 謙嗣, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshii OT-3から発見されたフラビン酵素,色素依存性L-プロリン脱水素酵素の機能と構造解析, 日本ビタミン学会第56回大会, Vol.78, No.4, 253, 2004年5月.
99)中村 浩一, 道廣 嘉隆, マハブバル ラフマン モハマド, 金城 辰夫 : リチウムイオン導電体のダイナミックフォノンエコーとイオン運動, イオン導電体の乱れと物性, 1-4, 2004年5月.
100)鎌田 磨人, 横田 知明 : 自然環境GISを利用した四国の木本群落の潜在的分布域の推定, 第48回日本生態学会中国・四国地区大会, 2004年5月.
101)小串 重治, 楠上 輝彦, 鎌田 磨人 : 二次草地における希少野生植物の生育環境復元に向けた環境評価マップの作成, 第48回日本生態学会中国・四国地区大会, 2004年5月.
102)小倉 洋平, 山田 悟史, 三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : 流域特性に基づく汽水域・塩生湿地植物の潜在的ハビタット評価, 第48回日本生態学会中国・四国地区大会, 2004年5月.
103)中西 郁夫, 宇都 義浩, 川島 知憲, 薬丸 晴子, 小澤 俊彦, 永澤 秀子, 堀 均, 伊古田 暢夫 : 金属イオン存在下における4ーヒドロキシケイ皮酸誘導体のラジカル消去反応, 第14回金属の関与する生体関連反応シンポジウム, 2004年6月.
104)中西 郁夫, 川島 知憲, 宇都 義浩, 大久保 敬, 薬丸 晴子, 田草川 光子, 金澤 秀子, 奥田 晴宏, 福原 潔, 小澤 俊彦, 永澤 秀子, 福住 俊一, 堀 均, 伊古田 暢夫 : アルテピリンCによるラジカル消去反応の速度論的解析, 第26回日本フリーラジカル学会学術集会, 2004年6月.
105)藤原 伸幸, 寺田 賢治 : フラクタル符号化を用いた煙領域の検出, 第10回画像センシングシンポジウム, No.B-25, 151-156, 2004年6月.
106)ポンスー プラシット, 寺田 賢治, 大恵 俊一郎, 柏木 利幸 : カラーヒストグラムを用いたステレオ画像の対応点探索法, 第10回画像センシングシンポジウム, No.F-1, 285-290, 2004年6月.
107)久保 靖, 宮原 宏幸, 寺田 賢治 : カラーモーションキャプチャによる人の動作特徴の定量化, 第10回画像センシングシンポジウム, No.F-30, 433-438, 2004年6月.
108)池原 敏孝, 寺本 忠弘, 芳地 一, 山口 久雄, 細川 敬子, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 培養牛副腎髄質由来細胞の情報伝達機構に及ぼす変動磁界の影響, 第81回日本生理学会大会, 2004年6月.
109)細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 七条 裕衣, 北村 光夫, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 會沢 勝夫 : Imspector法による培養骨芽細胞の分化に及ぼすELF磁界の影響, 第81回日本生理学会大会, 2004年6月.
110)郷田 秀一郎 : X線小角散乱法を用いた低活性超好熱アーキア由来リコンビナント酵素の活性化機構の解明, 日本生物工学会西日本支部·日本農芸化学会中四国支部合同若手交流会, 2004年6月.
111)佐竹 弘, 生駒 良雄, 池上 泰弘, 三輪 惠 : 研究成果の育成マネージメントシステムの構築, 産学連携学会第2回大会講演予稿集, 72-73, 2004年6月.
112)佐竹 弘, 大塩 誠二, 齋藤 史郎, 三輪 惠, 山下 菊治 : 事業化支援体制の構築-徳島大学ベンチャープラットフォーム, 産学連携学会第2回大会講演予稿集, 34-35, 2004年6月.
113)早崎 芳夫, 松葉 慶暁, 尾高 光恵, 山本 裕紹, 西田 信夫 : 物体の移動による光散乱体中に隠された画像の再生, 第29回光学シンポジウム講演予稿集, 91-92, 2004年6月.
114)鎌田 磨人 : 戦略的な自然林再生, --- 研究と施策と事業と人の連関 ---, 自然再生をめぐる学術と技術の展望, 2004年6月.
115)田尻 恭之, 松本 誠司, 出口 博之, 美藤 正樹, 高木 精志, 吉住 健輔, 森吉 千佳子, 伊藤 一幸, 小山 晋之 : Cu(HCOO)2·4H2Oの圧力効果, 第11回中国·四国·北九州地区誘電体セミナー, 2004年6月.
116)松本 慎也, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : パララックスバリア式LED立体ディスプレイにおける観察者位置と向きのリアルタイム測定, 3次元画像コンファレンス 2004 講演論文集, 33-36, 2004年6月.
117)Bohdan Grzadkowski, 日置 善郎, 大熊 一正, Jose Wudka : 光子光子衝突でのトップ生成崩壊の最適観測量解析, 研究会「素粒子物理学の進展」, 2004年6月.
118)三宅 正弘, 林 健 : まちづくりにおける店の役割と可能性, 土木計画学研究·講演集, Vol.29, 2004年6月.
119)三宅 正弘, 庄野 武朗 : 徳島県高開の石積みと高開文雄, --- 市民型石積み修復システム ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.29, 2004年6月.
120)三宅 正弘, 庄野 武朗, 山中 英生 : 高開の石積みと石積職人·高開文雄, 土木計画学研究·講演集, Vol.29, 2004年6月.
121)土岐 源水, 山中 英生, 生田 利浩, 瀬尾 卓也, 本多 正明 : 自歩道における路面プロファイルの評価方法, 土木計画学研究·講演集, Vol.29, 2004年6月.
122)松浦 健治郎, 澤田 俊明, 山中 英生, 水谷 香織, 片柳 澄明 : 構想段階での自転車ネットワーク計画のPI実施事例とその考察, --- 三重県·津市の事例から ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.29, 2004年6月.
123)山中 英生, 古賀 礎州, 河津 孝典 : 車両挙動に着目した地区内小交差点における一時停止対策の効果分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.29, 2004年6月.
124)竹森 佳代, スレン ソッキアン, 上野 勝利, 望月 秋利 : 空洞天盤の崩落メカニズムに関する一考察, 第39回地盤工学研究発表会平成16年度発表講演集, 1871-1872, 2004年7月.
125)石川 裕規, 望月 秋利, 上野 勝利, 東海林 宏樹 : 砂供試体のせん断試験中のVs計測, 第39回地盤工学研究発表会平成16年度発表講演集, 433-434, 2004年7月.
126)スレン ソッキアン, 岩本 有樹, 上野 勝利, 望月 秋利 : 支持力実験の変形計測とFEM弾塑性解析, 第39回地盤工学研究発表会平成16年度発表講演集, 1137-1138, 2004年7月.
127)南 和宏, 河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 楠本 昌彦, 山田 耕三, 柿沼 龍太郎, 江口 研二, 森 清志, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺野小型結節の分類アルゴリズム, 信学技報, Vol.104, No.163, 17-20, 2004年7月.
128)中島 浩徳, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 江口 研二, 西山 祥行, 金子 昌弘, 楠本 昌彦, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : 時系列検診CT画像を用いた肺がん検出アルゴリズム, 信学技報, Vol.104, No.163, 13-16, 2004年7月.
129)大島 敏久, 櫻庭 春彦, Mohammad W Bhuiya, 郷田 秀一郎, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱アーキアPyrobaculum islandicumのNAD依存性グルタミン酸脱水素酵素の構造と機能相関, 日本Archaea研究会第17回講演会, 2004年7月.
130)石原 国彦 : 熱交換器管群ダクトで発生する異音の現象と対策及び今後の課題, 日本機械学会第14回環境工学総合シンポジウム講演論文集, 2004年7月.
131)日下 一也, 英 崇夫, 野田 和宏, 旗谷 充彦, 新宮原 正三, 松英 達也, 坂田 修身 : 放射光を用いたナノサイズアルミニウム薄膜の熱応力その場測定, LSI配線における原子輸送·応力問題 第10回研究会予稿集, 34-35, 2004年7月.
132)森 裕紀, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : 複数のアクリルアミド系感熱性高分子の混合系を利用した連続沈殿分離法の開発, 第50回高分子研究発表会(神戸)講演要旨集, 2004年7月.
133)扶川 陽一, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : 種々の鎖長のジアセチレン誘導化トレオニンペプチドの高次構造と重合性の関係, 第50回高分子研究発表会(神戸)講演要旨集, 2004年7月.
134)和田 慎也, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : 2-アセトアミドアクリル酸メチルの超音波重合に及ぼす添加物の効果, 第50回高分子研究発表会(神戸)講演要旨集, 2004年7月.
135)越智 真治, 高木 均 : 生分解処理した麻繊維強化生分解性複合材料の力学的挙動, M&M2004材料力学コンファレンス講演論文集, 613-614, 2004年7月.
136)浮田 浩行, 高松 純男 : ステレオ型イメージスキャナを用いた3次元形状復元, 画像の認識·理解シンポジウム(MIRU2004)論文集, Vol.2, 91-96, 2004年7月.
137)井上 賢太郎, 橋本 親典, 長尾 文明, 平尾 潔 : 年度優秀教員選出のための学生投票に基づく教員好感度と授業評価アンケートの評価項目の相関について, --- 学生が優秀とみなす教員の能力とは ---, 平成16年度 工学·工業教育研究講演会講演論文集, 493-494, 2004年7月.
138)杉山 茂, 草壁 克己 : 化学系学部1年次の創成科目改善を目的とした学生へのアンケート調査, 日本工学教育協会第52回年次大会, 2004年7月.
139)大山 啓, 高木 均 : 低学年時における導入教育としての創成科目のもつ教育効果, 平成16年度工学·工業教育研究講演会講演論文集, 381-382, 2004年7月.
140)能登 久典, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : パララックスバリア式立体表示におけるカメラは位置と立体再現位置の関係, 応用物理学会中国四国支部 2004年度支部学術講演会講演予稿集, 67, 2004年7月.
141)尾高 光恵, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 光学系の移動による光散乱体背後に隠された画像情報の再生, 応用物理学会中国四国支部 2004年度支部学術講演会講演予稿集, 66, 2004年7月.
142)西井 正樹, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : フーリエドメイン低コヒーレンス干渉を用いたガラス表面上の微小ピットの構造観測, 応用物理学会中国四国支部 2004年度支部学術講演会講演予稿集, 65, 2004年7月.
143)茶円 光太, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : フェムト秒パルスレーザーに対する位相グレーティングの特性評価, 応用物理学会中国四国支部 2004年度支部学術講演会講演予稿集, 62, 2004年7月.
144)藤本 陽子, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 近赤外光照明によって観測される静脈パターン, 応用物理学会中国四国支部 2004年度支部学術講演会講演予稿集, 61, 2004年7月.
145)岡 尚志, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 位置検出機能を有する近赤外分光プローブを用いた人体の押し込み深さに対する散乱反射光強度の計測, 応用物理学会中国四国支部 2004年度支部学術講演会講演予稿集, 60, 2004年7月.
146)岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫, 中河 義典, 秋田 俊夫, 田中 慎司, 阿部 雅俊, 向井 孝志, 竹内 俊作, 高木 宏典, 四宮 源市 : Mg不純物のGaN薄膜中への熱拡散の評価, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部 日本物理教育学会四国支部連絡協議会 2004年度支部学術講演会 講演予稿集, No.Aa2-5, 10, 2004年7月.
147)西 善弘, 林 宏丞, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫, 向井 孝志 : THGメーカーフリンジ法を用いたGaNの3次非線形感受率の測定, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部 日本物理教育学会四国支部連絡協議会 2004年度支部学術講演会 講演予稿集, No.Da1-3, 53, 2004年7月.
148)中西 正貴, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : 逆ミセル法を用いたCdSコートAgナノ微粒子の作製, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部 日本物理教育学会四国支部連絡協議会 2004年度支部学術講演会 講演予稿集, No.Da1-4, 54, 2004年7月.
149)丹光 崇志, 戸井 真理子, 釜野 勝, 長谷川 竜生, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : イソビオラントロン薄膜の光学特性評価, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部 日本物理教育学会四国支部連絡協議会 2004年度支部学術講演会 講演予稿集, No.Da1-5, 55, 2004年7月.
150)山口 堅三, 釜野 勝, 長谷川 竜生, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : J会合体コーティング微小球の作製, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部 日本物理教育学会四国支部連絡協議会 2004年度支部学術講演会 講演予稿集, No.Da2-1, 57, 2004年7月.
151)原口 雅宣, 藤井 正光, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : ナノ金属円柱の局在プラズモンモード数値計算に対する計算メッシュ構造の影響, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部 日本物理教育学会四国支部連絡協議会 2004年度支部学術講演会 講演予稿集, No.Da2-2, 58, 2004年7月.
152)原口 雅宣, 中河 義典, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫, 細川 直樹, 宮田 和久, 三木 裕二, 四宮 源市, 林 直樹, 春井 里香, 奈良 明司 : Raman分光を用いたSi添加GaNのプラズモン·フォノン結合モード解析, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部 日本物理教育学会四国支部連絡協議会 2004年度支部学術講演会 講演予稿集, No.Ep1-4, 87, 2004年7月.
153)高木 亮平, 岡田 政也, 菊田 大悟, 敖 金平, 大野 泰夫 : AlGaN/GaN HFETのサイドゲート効果における光の影響, 日本物理学会中四国支部,応用物理学会中四国支部,物理教育学会四国支部連絡協議会2004年度支部学術講演会, 2004年7月.
154)片山 雅彦, 松浦 健二, 金西 計英, 仁木 啓司, 矢野 米雄 : 非同期仮想教室内の半同期学習者個々の学習文脈に基づく同期化支援, 教育システム情報学会第29回全国大会, 299-300, 2004年8月.
155)松岡 秀朗, 金西 計英, 光原 弘幸, 松浦 健二, 緒方 広明, 矢野 米雄 : 演習問題自動生成システムのための領域知識の構成について, 教育システム情報学会第29回全国大会, 479-480, 2004年8月.
156)山根 直之, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : スケジュール管理を中心にした学会·イベント等の支援について, 教育システム情報学会第29回全国大会, 481-482, 2004年8月.
157)Sanghoo Hyon, Suguru Emura and Tetsushi Ueta : elayed feedback control of one-legged passive running robot, Proc. of SICE Annual Conference, 949-954, Aug. 2004.
158)藤澤 正一郎, 川田 和男, 木下 学, 山本 透, 末田 統 : プロジェクトによる福祉機器の開発, 日本産業技術教育学会第47回全国大会講演要旨集, 139, 2004年8月.
159)中川 秀幸, 細谷 岳史, 長坂 邦子, 長坂 壽訓, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : オニオコゼ刺毒からの新規レクチンの精製, 生化学, Vol.76, No.8, 1012, 2004年8月.
160)財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 江口 研二, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 金子 昌弘, 楠本 昌彦, 森山 紀之, 笹川 道三 : マルチスライスCT画像を用いた肺動脈・肺静脈抽出アルゴリズム, JAMIT Annual Meeting 2004, 2-67, 2004年8月.
161)南 和宏, 河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 楠本 昌彦, 山田 耕三, 柿沼 龍太郎, 江口 研二, 森 清志, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺野小型結節の分類アルゴリズム, JAMIT Annual Meeting 2004, 2-73, 2004年8月.
162)山田 信廣, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 江口 研二, 西山 祥行, 金子 昌弘, 楠本 昌彦, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : 検診用シングルスライスCT画像を用いた胸郭抽出アルゴリズム, JAMIT Annual Meeting 2004, 2-61, 2004年8月.
163)塩見 伸幸, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズムの構築, JAMIT Annual Meeting 2004, 2-56, 2004年8月.
164)高垣 宏章, 安友 基勝, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化検出アルゴリズム, JAMIT Annual Meeting 2004, 2-53, 2004年8月.
165)多田 真也, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支抽出アルゴリズムの構築, JAMIT Annual Meeting 2004, 2-65, 2004年8月.
166)立花 裕之, 財田 伸介, 安友 基勝, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 江口 研二, 西山 祥行, 金子 昌弘, 楠本 昌彦, 森山 紀之, 笹川 道三 : マルチスライスCT画像を用いた葉単位別の肺気腫解析アルゴリズム, JAMIT Annual Meeting 2004, 2-64, 2004年8月.
167)山崎 真菜美, 河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 楠本 昌彦, 森 清志, 山田 耕三, 江口 研二, 西山 祥行, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺野小型結節のパターン分類に基づく特徴量の定量化と良悪性鑑別, JAMIT Annual Meeting 2004, 2-74, 2004年8月.
168)山本 徹夫, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 藤井 正司, 松井 英介, 大松 広伸, 森山 紀之 : マイクロCT画像を用いた肺末梢構造の解析, JAMIT Annual Meeting 2004, 1-27, 2004年8月.
169)川北 雅規, 太田 豊, 鵜飼 裕之, 中村 光一, 三谷 康範, 北條 昌秀, 佐伯 修 : 多地点同期フェーザ計測による西日本60Hz系統の時差の評価, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.2, No.108, 9-10, 2004年8月.
170)太田 豊, 鵜飼 裕之, 中村 光一, 三谷 康範, 北條 昌秀, 佐伯 修, 尾上 幸浩, 伊藤 久徳, 長浦 和明 : 発電機脱落時の連系線における電力動揺の観測と連系系統パラメータの推定, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.16, No.200, 5-6, 2004年8月.
171)福原 真一, 逢坂 昭治, 草野 剛嗣, 土屋 勉, 相馬 啓 : 地下水流の予冷却による土壌凍結促進効果, 日本混相流学会年会講演会2004講演論文集, 41-42, 2004年8月.
172)橋口 卓平, 三谷 康範, 佐伯 修, 辻 毅一郎, 北條 昌秀, 鵜飼 裕之, 渡邊 政幸, 松下 明広 : 多地点同期フェーザ量計測に基づく電力動揺の特性係数の同定, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.17, No.204, 1-2, 2004年8月.
173)阿部 聡, 三谷 康範, 佐伯 修, 鵜飼 裕之, 北條 昌秀 : 同期位相計測装置を用いた電力系統動揺·負荷変動特性の特徴解析, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.17, No.206, 5-6, 2004年8月.
174)牧田 徹, 三谷 康範, 北條 昌秀, 鵜飼 裕之 : 多地点同期位相計測技術を用いた発電機動揺特性の推定, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.17, No.207, 7-8, 2004年8月.
175) Deendarlianto, Akiharu Ousaka, Akira Kariyasaki and Jiro Yamashita : Hydrodynamic Characteristics at the Onset of Flooding in an Inclined Pipe, 日本混相流学会年会講演会2004講演論文集, 219-220, Aug. 2004.
176)中村 嘉宏, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : Web上での学習活動を再現·共有するWBLシステム, 教育システム情報学会第29回全国大会講演論文集, 477-478, 2004年8月.
177)袁 飛, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : 競合的情報共有環境を応用したWeb教材オーサリングシステムの試作, 教育システム情報学会第29回全国大会講演論文集, 475-476, 2004年8月.
178)熊田 充, 中村 嘉宏, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : Webの教材化を指向したWBLシステムにおけるリフレクション支援, 教育システム情報学会第29回全国大会講演論文集, 303-304, 2004年8月.
179)財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 笹川 道三, 大松 広伸, 金子 昌弘, 楠本 昌彦, 柿沼 龍太郎, 江口 研二, 森 清志, 西山 祥行, 森山 紀之 : 検診用マルチスライスCT画像を用いた肺がん候補陰影の検出アルゴリズム, JAMIT Annual Meeting 2004, 1-27, 2004年8月.
180)塩見 伸幸, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズムの構築, JAMIT Annual Meeting 2004, 1-27, 2004年8月.
181)高垣 宏章, 安友 基勝, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化の検出アルゴリズム, JAMIT Annual Meeting 2004, 1-27, 2004年8月.
182)多田 真也, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支抽出アルゴリズムの検討, JAMIT Annual Meeting 2004, 1-27, 2004年8月.
183)立花 裕之, 財田 伸介, 安友 基勝, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 森山 紀之, 柿沼 龍太郎, 笹川 道三 : 検診用マルチスライスCT画像を用いた肺気腫解析アルゴリズムの構築, JAMIT Annual Meeting 2004, 1-27, 2004年8月.
184)三好 康夫, 金西 計英, 岡本 竜, 越智 洋司, 矢野 米雄 : 語句用法の知識定着のための復習契機を気付かせるフレームワークの提案, 教育システム情報学会第29回全国大会講演論文集, 347-348, 2004年8月.
185)森 篤史, B. Brian Laird : 剛体球流動相と接した剛体平面壁上への構造形成の仕事のモンテカルロ計算, 日本結晶成長学会誌, Vol.31, No.3, 162, 2004年8月.
186)大島 敏久 : 超好熱菌由来のNAD依存性L-リジン脱水素酵素, --- 酵素化学的特徴と一次構造の解析 ---, ビタミンB研究委員会第397回夏期研究協議会, Vol.78, No.9, 453-454, 2004年8月.
187)米田 郁夫, 糟谷 佐紀, 篠山 潤一, 山本 直樹, 岡野 生也, 安野 孝司, 馬場 琴子, 阪東 美智子, 末田 統, 藤澤 正一郎, 奥 英久 : スロープ路面が車いす使用者に与える負荷と操作に及ぼす影響, 第19回リハ工学カンファレンス講演論文集, 7-8, 2004年8月.
188)糟谷 佐紀, 米田 郁夫, 岡野 生也, 篠山 潤一, 山本 直樹, 安野 孝司, 馬場 琴子, 末田 統, 藤澤 正一郎, 奥 英久 : 車いす使用者に適合したスロープ勾配判定システムの開発, 第19回リハ工学カンファレンス講演論文集, 11-12, 2004年8月.
189)相馬 雅之, 原田 智美, 上谷 秀史, 清宮 良昭, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 背臥位から長坐位への起き上がり動作パターンと身体動作要素の関連, 第19回リハ工学カンファレンス講演論文集, 35-36, 2004年8月.
190)米崎 二朗, 関 宏之, 池田 真紀, 金井 謙介, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 科学的根拠(エビデンス)に基づいたアシスティブテクノロジーの検証①, --- 支援技術としての体系化を目指して ---, 第19回リハ工学カンファレンス講演論文集, 47-48, 2004年8月.
191)米崎 二朗, 関 宏之, 池田 真紀, 金井 謙介, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 科学的根拠(エビデンス)に基づいたアシスティブテクノロジーの検証④, --- 車いす利用者の満足度評価に関する定量的評価手法の研究 ---, 第19回リハ工学カンファレンス講演論文集, 51-52, 2004年8月.
192)春日 聖司, 鈴木 良尚, 森 篤史, 井上 哲夫, 田村 勝弘 : 沈降法を用いた粒子性フォトニック結晶の育成, 第34回結晶成長国内会議, Vol.31, No.3, 163, 2004年8月.
193)柳谷 伸一郎, 西方 靖, 若松 宏典, 森 篤史, 井上 哲夫 : KCl(001)基板上にエピタキシャル成長した金属フタロシアニンウィスカーの結晶成長, 日本物理学会講演概要集, Vol.59, No.2, 791, 2004年8月.
194)清宮 良昭, 相馬 雅之, 原田 智美, 上谷 英史, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 道具操作時に手が作る道具上の接点位置と接点力の計測, 第19回リハ工学カンファレンス講演論文集, 211-212, 2004年8月.
195)鈴木 良尚, 佐崎 元, 松浦 良樹, 本同 宏成, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 : グルコースイソメラーゼの結晶成長kineticsの分子論的考察, 第34回結晶成長国内会議, 2004年8月.
196)渡辺 公次郎, プラサンナ ディビガルピティヤ, 大貝 彰 : 開発途上国における環境に配慮した市街化の評価, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 505-506, 2004年8月.
197)郷内 吉瑞, 大貝 彰, 鵤 心治, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 岩崎 真志 : CAによる延焼シミュレーションモデルの開発 防災まちづくり支援ツールとして, --- その1 延焼モデル改良,シミュレーション結果の分析 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 397-398, 2004年8月.
198)岩崎 真志, 大貝 彰, 鵤 心治, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 郷内 吉瑞 : CAによる延焼シミュレーションモデルの開発 防災まちづくり支援ツールとして, --- その2 火災記録との比較および消防力を考慮したモデルの開発 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 399-400, 2004年8月.
199)種田 佳洋, 大貝 彰, 鵤 心治, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 郷内 吉瑞 : 防災まちづくり対策に関する知識データベースの構築に関する研究, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 435-436, 2004年8月.
200)鎌田 磨人, 小倉 洋平 : 四国の河川河口域に生育する塩生湿地植物の生息地評価, 第16回バイオリージョン研究会「流域環境とGIS」, 2004年8月.
201)鎌田 磨人, 小島 桃太郎 : 河川砂州上でのシナダレスズメガヤの急激な分布拡大をもたらす繁殖様式の可塑性, 第51回日本生態学会, 2004年8月.
202)小倉 洋平, 山田 悟史, 三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : 流域特性に基づく塩生湿地植物の分布域推定, 第51回日本生態学会, 2004年8月.
203)渡邉 健, 橋本 親典, 井上 賢太郎 : 卒業研究のプレゼンテーション評価と取得科目の重み付き平均点の相関, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.59, 287-288, 2004年9月.
204)ニョー ヘン, 橋本 親典, 渡邉 健, 石丸 啓輔 : 5年間暴露したⅢ種FAコンクリートのコア供試体の強度特性および中性化性状, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.59, 441-442, 2004年9月.
205)佐藤 弘明, 吉田 則信, 來山 征士, 小中 信典 : ジャイロ異方性媒質を利用した周波数スイッチングにおける外部直流磁界の変化に対する過渡応答特性解析, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 9, 2004年9月.
206)大窪 義博, 上保 徹志, 入谷 忠光 : 定在波レーダの観測信号をARモデリングした測距法, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, B-2-7, 2004年9月.
207)後藤 了, 小松 和志, 宗像 達夫, 堀 均, 寺田 弘 : 分子の動きは超空間における「ヒモ」である: コンフォメーション空間多様体のパーコレーション解析, 分子構造総合討論会2004, 2004年9月.
208)堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩 : 演出型がん治療薬としての低酸素微小環境指向性制がん剤の創製への試み, 第63回日本癌学会, 2004年9月.
209)升田 雅博, 大山 啓, 佐々木 健一, 半田 伸一, 武知 清孝, 小川 仁 : ダイヤモンド電着工具によるアルミナセラミックの小径穴加工, --- -オイルホールの効果- ---, 2004年度精密工学会秋季大会講演論文集, 2004年9月.
210)西野 秀郎 : 配管計測における最新技術 ーーガイド波による広範囲一括計測ーー, 日本非破壊検査協会保守検査シンポジウム, 2004年9月.
211)三浦 哉 : 低強度の抵抗性トレーニングが成人女性の動脈の形態およびスティフネスに及ぼす影響, 体力科学, Vol.53, No.6, 692, 2004年9月.
212)上田 哲史, 高坂 拓司, 河辺 徹, 玄 相昊 : 部分的外力印加法によるカオス制御, 年度電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, Vol.A, No.2-14, 2004年9月.
213)西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : ネットワークルータの輻輳制御における非線形性の導入, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, Vol.A, 2004年9月.
214)豊崎 優, 辻 繁樹, 上田 哲史, 高坂 拓司 : 部分的遅延制御と部分的外力印加制御の組合せによるカオス制御, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, Vol.A, 2004年9月.
215)田中 直伸, 高石 喜久, 武田 美雄, 本多 義昭, 伊藤 美千穂 : Hypericum scabrumの成分研究(2), 日本生薬学会第51年会, 2004年9月.
216)國矢田 純, 寺田 賢治 : 直線と円のHough変換を組み合わせた手書き文字による個人認証, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-1, 191, 2004年9月.
217)藤原 伸幸, 寺田 賢治 : フラクタル符号化を用いた煙領域の抽出, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-2, 192, 2004年9月.
218)福田 幸啓, 寺田 賢治 : 顔の表情変化を用いた男女識別, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-4, 194, 2004年9月.
219)久保 靖, 寺田 賢治, 宮原 宏幸 : 顔の表情変化を用いた男女識別, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-5, 195, 2004年9月.
220)梅本 卓資, 寺田 賢治 : Hough変換を用いた人の検出と追跡, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-6, 196, 2004年9月.
221)田島 乾, 栗山 秀仁, 米倉 大介, 村上 理一 : アルミニウム合金に被覆したCrN薄膜の磨耗特性に及ぼすCr中間層の影響, 2004年9月.
222)高木 優次, 三宅 大介, 米倉 大介, 福井 智史, 村上 理一 : AIP法によりTiN薄膜を被覆したGIN6の疲労特性, 2004年9月.
223)林 由佳子, 西村 勇介, 助田 祐志, 近藤 久美子, 森賀 俊広, 村井 啓一郎, 中林 一朗, 富永 喜久雄 : ZnO-In2O3系アモルファス透明導電膜の評価, 第65回日本応用物理学会学術講演会, 2004年9月.
224)山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 識別用画像と秘密画像が複合された視覚復号型暗号コードを用いたセキュアな情報表示, 第65回応用物理学会学術講演会講演予稿集, 899, 2004年9月.
225)大久保 美知子, 上月 康則, 田代 優秋, 佐藤 陽一, 村上 仁士 : 徳島県の農業水路を対象とした魚類生息環境の評価について, 第59回土木学会年次学術講演会要旨集VII, Vol.59, 284, 2004年9月.
226)田代 優秋, 上月 康則, 佐藤 陽一, 大久保 美知子, 村上 仁士 : カダヤシとの混生によるメダカ個体の健全性の変化について, 2004年度日本魚類学会年会要旨集, 51, 2004年9月.
227)武田 美雄, 嵯峨山 和美, 増田 俊哉, 大塚 英昭 : アカハダコバンノキ Margaritaria indica の成分研究, 日本生薬学会, Vol.51, 2004年9月.
228)杉本 貴史, 田北 啓洋, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 空間光変調器を用いた並列フェムト秒レーザー加工, 第65回応用物理学会学術講演会講演予稿集, 1009, 2004年9月.
229)田北 啓洋, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 三澤 弘明, 西田 信夫 : フェムト秒レーザーパルスの照射による爪の蛍光強度の増加, 第65回応用物理学会学術講演会講演予稿集, 1015, 2004年9月.
230)藤澤 正一郎, 王 欣, 末田 統 : 視覚障害者用点字誘導ブロックの評価システムの構築, 平成16年度電気学会電子·情報·システム部門大会講演論文集, 542-544, 2004年9月.
231)岡田 政也, 高木 亮平, 菊田 大悟, 敖 金平, 大野 泰夫 : AlGaN/GaN HFET 電流電圧特性における光応答, 第65回応用物理学会学術講演会, 2004年9月.
232)藤井 正光, 新見 忠信, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : ATR配置における微小球のWGM特性と基板の影響, 第65回応用物理学会学術講演会 講演予稿集, Vol.3, No.3a-ZV-1, 908, 2004年9月.
233)原口 雅宣, 藤井 正光, 野口 正彦, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : 非線形光学材料でコートされたナノ金属微小球の光応答特性数値シミュレーション, 第65回応用物理学会学術講演会 講演予稿集, Vol.3, No.3a-ZV-9, 910, 2004年9月.
234)岡本 敏弘, 中西 正貴, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : CdSコートAgナノ微粒子コロイドの非線形光学応答, 第65回応用物理学会学術講演会 講演予稿集, Vol.3, No.3a-ZV-10, 911, 2004年9月.
235)中山 真志, 増田 厚志, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : ゾルゲル法により作製したTiO2膜でのAuAgナノ粒子の局在プラズモンの励起波長特性, 第65回応用物理学会学術講演会 講演予稿集, Vol.3, No.3a-ZV-15, 916, 2004年9月.
236)伊藤 照明, 冨田 大介 : IPビデオ会議システムにおける共有的形状操作機能の有効性に関する考察, 日本機械学会2004年度年次大会講演論文集, Vol.4, 2825, 2004年9月.
237)伊藤 照明, 西村 知晃 : リバースモデリングによる形状復元法の評価と考察, 日本機械学会2004年度年次大会講演論文集, Vol.4, 2823, 2004年9月.
238)伊藤 照明, 又野 敬明, 細見 康幸, 宮田 博光 : 振動型力覚提示によるオブジェクト操作支援の試み, 日本機械学会2004年度年次大会講演論文集, Vol.4, 2824, 2004年9月.
239)日下 一也, 英 崇夫, 新宮原 正三, 松英 達也, 坂田 修身, 野田 和宏 : ナノサイズアルミニウム薄膜の熱応力その場測定, 日本機械学会2004年度年次大会講演論文集, Vol.1, 2004年9月.
240)伊藤 照明, 平本 知之 : 66) プロセスシミュレーションモデルによる料金所渋滞分析, FIT2004 第3回情報科学技術フォーラム, Vol.1, No.1, 371-372, 2004年9月.
241)森井 昌克, 毛利 公美 : リモートオフィス環境構築とセキュリティ, --- 個人認証,VPN,脆弱性検査,そして被害予測 ---, ユビキタスモバイルネットワークとセキュリティ 論文集, 15-22, 2004年9月.
242)越智 真治, 高木 均 : 天然繊維強化複合材料の熱劣化挙動, 日本機械学会2004年度年次大会講演論文集, Vol.1, 311-312, 2004年9月.
243)村上 昭継, 芥川 正武, 木内 陽介, 黒田 泰弘, 大西 芳明, 西村 匡司, 真柄 睦, 臼倉 勝男, 中原 健治 : 集中治療室における医療機器警報支援システムの開発, 第3回情報科学技術フォーラム 高度医療を支える安全ME技術, 2004年9月.
244)山中 真吾, 付 政, 川田 昌武, 伊坂 勝生, 原田 雅史, 長篠 博文, 西谷 弘 : 磁気共鳴画像診断装置(MRI)操作室における磁界測定, 電気設備学会全国大会論文集, 2004年9月.
245)溝端 康弘, 川田 昌武, 伊坂 勝生 : 角度鉄塔に吊下げられた送電線からの磁界解析, 電気設備学会全国大会論文集, 2004年9月.
246)湯下 良之, 川田 昌武, 伊坂 勝生 : VDTからのトランジェント磁界の波形観測, 電気設備学会全国大会論文集, 2004年9月.
247)劉 輝, 于 倩, 大塚 英昭, 武田 美雄 : マルヤマカンコノキのメガスティグマン配糖体, 日本生薬学会 第51回年会, 2004年9月.
248)武田 美雄 : カンコノキGlochidion obovatumの成分研究, 日本薬学会 第124回年会, 2004年9月.
249)成行 義文, 平尾 潔, 山本 聡 : 桁間ならびに桁-橋台間衝突を考慮した免震橋の簡易地震応答解析法, 応用力学論文集, Vol.7, 1271-1282, 2004年9月.
250)鈴木 良尚, Xia Younan, 澤田 勉, 森 篤史, 田村 勝弘 : 沈降法によるコロイド結晶化, 第57回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, 373, 2004年9月.
251)川崎 祐, 和泉 真, 南 武志, 藤島 正智, 岸本 豊, 大野 隆, 久保 英範, 中島 智彦, 上田 寛 : Aサイト秩序型マンガン酸化物RBaMn2O6のNMR, 日本物理学会秋季大会, 2004年9月.
252)米田 郁夫, 糟谷 佐紀, 阪東 美智子, 末田 統, 藤澤 正一郎, 奥 英久, 鎌田 実 : 手動車いすによる縦断勾配走行の難易度評価に関する考察, 福祉工学シンポジウム2004講演論文集, 45-48, 2004年9月.
253)糟谷 佐紀, 米田 郁夫, 板東 美智子, 末田 統, 藤澤 正一郎, 奥 英久 : 車いす操作能力に適応したスロープ勾配の判定システム, 日本機械学会福祉工学シンポジウム2004講演論文集, 57-60, 2004年9月.
254)木村 優也, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 電圧脈動を考慮した直流電圧センサレス順逆変換回路, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.4, 135-136, 2004年9月.
255)伊藤 嘉徳, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 正弦波電圧連系太陽光発電システムの実験特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.97, 2004年9月.
256)相曽 達也, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 時分割制御による太陽電池の最大出力制御システム, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.99, 2004年9月.
257)金田 健佑, 北條 昌秀, 大西 徳生 : SSSCと分散型電源による高調波補償の検討, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.108, 2004年9月.
258)山中 建二, 北條 昌秀, 大西 徳生 : ホール素子によるブラシレスDC モータ制御システムの試作特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.81, 2004年9月.
259)長谷川 真司, 川田 昌武, 松村 司郎, 武藤 健司 : 手書き電気シーケンス図面の自動認識に関する基礎研究, 電気学会産業応用部門大会論文集, 2004年9月.
260)定國 卓也, 川田 昌武, 伊坂 勝生, 山田 康二 : ベイジアンネットワークによるタービン発電機診断に関する研究, 電気学会産業応用部門大会論文集, 2004年9月.
261)力本 健治, 川田 昌武, 伊坂 勝生, 山田 康二 : 独立成分分析によるタービン発電機振動診断のための基礎研究, 電気学会産業応用部門大会論文集, 2004年9月.
262)平野 朋広, 石井 里志, 北島 裕子, 三木 一十三, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : N-イソプロピルアクリルアミドのラジカル重合ーリン酸誘導体を用いた立体制御, 第53回高分子討論会予稿集, 2004年9月.
263)小比賀 理延, 山本 透, 藤澤 正一郎 : 進化計算法を用いた予測型ロバストPID制御系の一設計, 平成16年電気学会産業応用部門大会講演論文集Ⅱ, 399-402, 2004年9月.
264)植木 健一郎, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 受電端電圧波形改善方式アクティブフィルタ, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.61, 351-352, 2004年9月.
265)田中 弘之, 山口 久雄, 池原 敏孝, 宇都宮 登, 吉﨑 和男, 平尾 友二, 林 幸宏, 家段 勝好, アズラン アズヒム, 木内 陽介, 宮本 博司 : 音場実測装置の試作による超音波ドプラ血流速度測定装置の改良とその応用, 第59回日本体力医学会, 2004年9月.
266)森 健, 下山 賢治, 扶川 陽一, 南川 慶二, 田中 正己 : ジアセチレンとペプチドにより編まれた2次元高分子の合成, 第53回高分子討論会予稿集, Vol.53, 2004年9月.
267)Hidetoshi Oya, Kojiro Hagino and Hiroaki Mukaidani : Guaranteed Cost Control for Linear Uncertain Systems under Control Gain Perturbations, 電子情報通信学会2004年ソサイエティ大会講演論文集, 32, Sep. 2004.
268)旗谷 充彦, 中川 真, 松原 敏夫, 盛合 敦, 鈴木 裕士, 皆川 宣明, 森井 幸生, 日下 一也, 英 崇夫 : 金属/セラミックス系傾斜機能材料の内部残留応力測定, 第39回 X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 93-97, 2004年9月.
269)今井 仁司, 竹内 敏己, 坂口 秀雄 : 無限精度数値シミュレーションと特異性, 日本応用数理学会2004年度年会講演予稿集, 24-25, 2004年9月.
270)竹内 敏己, 今井 仁司, 坂口 秀雄 : 熱伝導逆問題における数値安定性について, 日本応用数理学会2004年度年会講演予稿集, 58-59, 2004年9月.
271)川田 昌武, 山田 康二, 金子 康智, 伊坂 勝生 : ウェーブレット変換による3軸型タービン発電機モデルの振動解析, 電気関係学会四国支部大会論文集, 2004年9月.
272)日下 一也, 田中 剛, 英 崇夫 : レーザーピーニング処理したアルミニウム合金の残留応力のレーザーパワーおよび走査速度依存性, 第39回 X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 141-146, 2004年9月.
273)松英 達也, 英 崇夫, 池内 保一, 日下 一也, 坂田 修身 : 熱処理によるSiO2/Cu/TiN積層膜の残留応力変化, 第39回 X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 202-207, 2004年9月.
274)高井 秀哲, 英 崇夫, 日下 一也, 松英 達也, 坂田 修身 : 窒化チタン薄膜の残留応力および表面特性, 第39回 X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 208-212, 2004年9月.
275)英 崇夫, 日下 一也, 新宮原 正三, 野田 和宏, 松英 達也, 坂田 修身 : 放射光を用いたナノサイズアルミニウム薄膜の熱応力その場測定, 第39回 X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 213-218, 2004年9月.
276)野田 和宏, 旗谷 充彦, 英 崇夫, 日下 一也, 大島 浩二, 石田 友幸, 新宮原 正三, 松英 達也, 坂田 修身 : 極細Al配線のエレクトロマイグレーション誘起ひずみの測定, 第39回 X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 219-223, 2004年9月.
277)浮田 浩行 : イメージスキャナを用いたカラー物体の3次元形状計測, 電気学会研究会資料, Vol.IP-04-10∼25,IIS-04-19∼34, 37-44, 2004年9月.
278)塩見 伸幸, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : 胸部マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズム, 信学技報, Vol.104, No.318, 7-11, 2004年9月.
279)高垣 宏章, 安友 基勝, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化検出アルゴリズムの構築, 信学技報, Vol.104, No.318, 13-17, 2004年9月.
280)多田 真也, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支抽出アルゴリズムの検討, 信学技報, Vol.104, No.318, 19-23, 2004年9月.
281)立花 裕之, 財田 伸介, 安友 基勝, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 笹川 道三, 江口 研二, 森山 紀之 : 検診用マルチスライスCT画像を用いた肺気腫解析アルゴリズム, 信学技報, Vol.104, No.318, 1-6, 2004年9月.
282)田頭 祐哉, 大島 敏久, 櫻庭 春彦, 郷田 秀一郎 : 超好熱性アーキアArchaeoglobus fulgidusのL-アスパラギン酸脱水素酵素ホモログ(AF1838)の機能解析, 日本農芸化学会2004年度中四国支部大会, 2004年9月.
283)村田 明広 : 四国西部の秩父帯の地質構造, 日本地質学会学術大会, Vol.111, 96, 2004年9月.
284)上手 洋子, 西尾 芳文 : ゆとりニューロンを導入した階層型ニューラルネットワークの BP 学習, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, No.A-2-9, 42, 2004年9月.
285)和田 昌浩, 西尾 芳文 : 複数状態を有するカオス回路の結合系にみられる同期モード, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, No.A-2-16, 49, 2004年9月.
286)川内 由香, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 土壌由来環境DNAからのアラニン脱水素酵素遺伝子の検索, 日本生物工学会平成16年度大会, 57, 2004年9月.
287)今井 仁司, 竹内 敏己, 坂口 秀雄 : カスプ解をもつ常微分方程式の数値計算法について, 日本数学会応用数学分科会講演アブストラクト, 121-122, 2004年9月.
288)野瀬 浩司, 島本 隆, 來山 征士, 佐藤 弘明, 小中 信典 : タンデム接続されたNLMSエコーキャンセラの特性, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, No.A-4-26, 2004年9月.
289)三谷 篤史, 矢野 智, 島本 隆, 來山 征士 : 収束特性を改善するためのNLMSエコーキャンセラの性能, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, No.A-4-27, 2004年9月.
290)金西 計英, 松浦 健二, 緒方 広明, 光原 弘幸, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるe-Learningの運用管理について, 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集, 145-148, 2004年9月.
291)小東 伸行, 松浦 健二, 三好 康夫, 矢野 米雄, 柳田 益造 : 感性共有に基づく協調的音楽鑑賞支援に関する研究, 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集, 901-902, 2004年9月.
292)三木 雅史, 金西 計英, 松浦 健二, 光原 弘幸, 緒方 広明, 矢野 米雄 : WeBookLink: リンク情報を有効活用した知識共有支援, 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集, 939-940, 2004年9月.
293)川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 低温菌Janthinobacterium lividum UTB1302由来のグルタミン酸脱水素酵素の特徴, 日本生物工学会平成16年度大会, 109, 2004年9月.
294)南川 慶二, 青木 康典, 森 健, 田中 正己 : ポリエーテルを用いた種々の混合系におけるドロップレットの構造変化とER効果, 第52回レオロジー討論会講演要旨集, 2004年9月.
295)上野 勝利 : サブピクセル画像解析技術の地震防災への利用案, 地盤災害·地盤環境問題論文集, Vol.4, 7-8, 2004年9月.
296)松本 慎也, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : パララックスバリア式立体ディスプレイの観察領域と観察者の行動, 2004年電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ大会講演予稿集, S-21-S-22, 2004年9月.
297)山田 洋平, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 六車 修二, 永井 芳文, 清水 義則, 西田 信夫 : アクティブ両眼カメラのネットワーク接続を用いたフルカラーLED立体表示システム, 2004年電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ大会講演予稿集, S-15-S-16, 2004年9月.
298)山本 裕紹, 早崎 芳夫, 六車 修二, 永井 芳文, 清水 義則, 西田 信夫 : パララックスバリア式大画面LED立体ディスプレイの観察領域, 2004年電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ大会講演予稿集, S-19-S-20, 2004年9月.
299)Haitao Zheng, Yukata Hirose, Tomokazu Kimura, Shin-ichiro Suye, Teruo Hori, Hideo Katayama, Ryushi Kawakami and Toshihisa Ohshima : Multilayer assembly of dye-linked L-proline dehydrogenase and poly(allylamine)ferrocene by layer-by layer adsorption method, 日本生物工学会平成16年度大会, 240, Sep. 2004.
300)廣瀬 由鷹, 木村 友和, 鄭 海涛, 末 信一朗, 堀 照夫, 片山 秀夫, 川上 竜巳, 大島 敏久 : 超好熱アーキア由来色素依存性L-プロリン脱水素酵素を用いたLegionella属菌検出DNAセンサーの構築, 日本生物工学会平成16年度大会, 240, 2004年9月.
301)早崎 芳夫 : アクティブ両眼カメラの開発, 2004年電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ大会講演予稿集, S-17-S-18, 2004年9月.
302)内海 陽吉, 川田 和男, 石原 弘一, 藤澤 正一郎 : GAを用いた天井クレーンのロバスト制御系設計, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 84, 2004年9月.
303)高橋 努, 由良 諭, 小比賀 理延, 藤澤 正一郎 : CMACを用いた3慣性システムの位置決め制御に関する研究, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 102, 2004年9月.
304)高木 真沙美, 由良 諭, 大西 諒, 藤澤 正一郎 : ネットワークとH8を用いた介護器具支援システムの開発, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 237, 2004年9月.
305)山中 建二, 北條 昌秀, 大西 徳生 : ホール素子によるブラシレスDC モータ位置制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.6, 63, 2004年9月.
306)相曽 達也, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 複数組の太陽電池ブロックに対する時分割最大出力制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.8, 65, 2004年9月.
307)伊藤 嘉徳, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 負荷端子電圧制御系統連系PWMインバータ, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.9, 66, 2004年9月.
308)木村 優也, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 電圧脈動を考慮した直流電圧センサレス順逆変換回路の試作特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.10, 67, 2004年9月.
309)植木 健一郎, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 力率改善キャパシタが接続された時のアクティブフィルタの振動抑制への影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.11, 68, 2004年9月.
310)金田 健佑, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 高調波補償量調節方式太陽光発電システムの検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.12, 69, 2004年9月.
311)黒江 紀仁, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 変圧器飽和現象の限流器特性への影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.13, 70, 2004年9月.
312)大西 量也, 北條 昌秀, 大西 徳生, 三谷 康範, 佐伯 修, 鵜飼 裕之 : 多地点同期位相計測による潮流量推定に関する検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.14, 71, 2004年9月.
313)多田 哲生, 小山 健, 橋爪 正樹, 大井 誉裕, 本田 裕 : プリント基板におけるビアの特性インピーダンス測定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 107, 2004年9月.
314)川尻 誠, 橋爪 正樹, 四柳 浩之, 為貞 建臣 : CCDの故障モデル導出のためのSpiceモデルの開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 108, 2004年9月.
315)月本 功, 高木 正夫, 橋爪 正樹, 四柳 浩之, 為貞 建臣 : TTL IC内の論理値テストによる未検出断線故障に対する電流テストの検査入力生成, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 109, 2004年9月.
316)高木 正夫, 橋爪 正樹, 石井 寛文, 月本 功, 一宮 正博, 四柳 浩之, 為貞 建臣 : 低電源電圧CMOS TQFP ICの交流電界印加時の電流テストによるピン浮き検出, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 110, 2004年9月.
317)西田 智巳, 橋爪 正樹, 一宮 正博, 四柳 浩之, 為貞 建臣, 三浦 幸也 : 抵抗ストリング型DA変換器の電流テストの可能性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 111, 2004年9月.
318)中屋敷 慎太郎, 一宮 正博, 橋爪 正樹, 四柳 浩之, 為貞 建臣 : ゲートの負荷容量の高速充電による高速IDDQテスト回路の開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 112, 2004年9月.
319)村上 潤吏, 四柳 浩之, 橋爪 正樹, 樹下 行三 : 回路構造を基にするスキャンツリーのチェーン長短縮法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 113, 2004年9月.
320)江崎 大輔, 橋爪 正樹, 四柳 浩之, 為貞 建臣 : 矩形波電圧源駆動ダイナミックCMOS論理回路の動作速度, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 114, 2004年9月.
321)秋田 哲男, 橋爪 正樹, 四柳 浩之, 為貞 建臣, 下谷 光生 : IDDT消滅時間検出回路による伝送ゲートで模擬した断線故障の検出, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 115, 2004年9月.
322)西本 誠一, 橋爪 正樹, 四柳 浩之, 為貞 建臣 : PICの電源電流によるピン間ブリッジ故障検出法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 116, 2004年9月.
323)坂口 貴司, 橋爪 正樹, 四柳 浩之, 為貞 建臣, 多田 哲生, 小山 健, 宮川 泰寛, 田中 聖二, 茅原 敏広 : ボイラ制御回路のフェールセーフ性自動評価システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 117, 2004年9月.
324)坂尾 一将, 池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 : 部分空間法を用いた連続時間モデル同定の制度の改善に関する研究, 平成16年電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 80, 2004年9月.
325)川岡 靖典, 島本 隆, 來山 征士 : 3次元VLSIにおける直線スタイナー問題の遺伝的解法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-18, 2004年9月.
326)岸田 正博, 島本 隆, 來山 征士 : TCGを用いたフロアプランのSA法による解法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-23, 2004年9月.
327)三井 明, 島本 隆, 來山 征士 : 収束速度を考慮した可変ステップアルゴリズム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-21, 2004年9月.
328)森谷 尚泰, 島本 隆, 來山 征士, 佐藤 弘明, 小中 信典 : 時変性のあるエコー経路でのエコー打消し特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-22, 2004年9月.
329)加藤 雄一, 島本 隆, 來山 征士, 佐藤 弘明, 小中 信典 : タンデム接続されたNLMSエコーキャンセラの特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-23, 2004年9月.
330)堀田 祐希, 森田 郁朗 : 永久磁石形磁気歯車の磁石配置とその特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4-4, 2004年9月.
331)大磯 憲司, 森田 郁朗 : 並列固定子巻線をもつかご形誘導電動機のバー切れ時の特性解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4-3, 2004年9月.
332)森田 郁朗, 中谷 豊 : 8極12スロット集中巻IPMSMのトルク特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4-5, 2004年9月.
333)上手 洋子, 西尾 芳文 : インターミッテンシー·カオス回路をリング状に結合したときの複雑現象, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-1, 1, 2004年9月.
334)中阿地 有紀, 西尾 芳文 : カオス写像による擬似乱数のランテスト, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-2, 2, 2004年9月.
335)細川 康輝, 西尾 芳文 : カオス回路結合系に発生する現象とパラメータの関係, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-3, 3, 2004年9月.
336)占部 弘治, 楊 宗晃, 西尾 芳文, 牛田 明夫 : 2層セルラニューラルネットワークにみられる位相差の伝播現象について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-11, 11, 2004年9月.
337)小田 将敬, 楊 宗晃, 西尾 芳文 : 2層 CNN を用いた平面回路の解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-12, 12, 2004年9月.
338)占部 弘治, 吉田 一, 西尾 芳文, 牛田 明夫 : セルラーニューラルネットワークによる分布定数回路のシミュレート, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-14, 14, 2004年9月.
339)萩野 精蔵, 西尾 芳文, 牛田 明夫 : SPICE による特異点の求解及び分岐枝の追跡, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-15, 15, 2004年9月.
340)山上 喜廣, 西尾 芳文, 牛田 明夫 : SPICE による伝送線路の電圧分布解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-16, 16, 2004年9月.
341)河田 淳治, 丹治 裕一, 西尾 芳文, 牛田 明夫 : 伝送線路モデルを合成するための留数の計算方法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.1-17, 17, 2004年9月.
342)Shintaro Arai and Yoshifumi Nishio : Research on Noncoherent Detection for Chaos Shift Keying, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.17-9, 317, Sep. 2004.
343)Haruna Matsushita, Yoshifumi Nishio and Masatake Akutagawa : Time Series Analysis of EEG Data Using Coarse Graining Curve, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.17-10, 318, Sep. 2004.
344)Natsumi Dake, Yoshifumi Nishio and Takaya Yamazato : Maximum-Likelihood Decodings for a Chaotic UWB Radar, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.17-11, 319, Sep. 2004.
345)Shuichi Aono, Yoshifumi Nishio and Mikio Hasegawa : Effect of Chaos Noise on Tabu Search with 2-Opt for TSPs, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.17-12, 320, Sep. 2004.
346)Yousuke Taniguchi, Hiroo Yabe, Yoshifumi Nishio and Akio Ushida : Distortion Analysis of RF Circuits Based on Spice, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.17-13, 321, Sep. 2004.
347)Miki Akazawa, Masayuki Yamauchi and Yoshifumi Nishio : Delaying the Timing of Phase-Inversion Waves in Coupled Oscillators, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.17-14, 322, Sep. 2004.
348)Ryosuke Tsujioka, Yasuteru Hosokawa and Yoshifumi Nishio : Influence on Frequency Variations on an Asymmetrical Coupled Chaotic System, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.17-30, 338, Sep. 2004.
349)山田 哲史, 大家 隆弘, 入谷 忠光 : UWB-IR変調Gaussianパルス生成用コヒーレント周波数シンセサイザの製作, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-1, 165, 2004年9月.
350)平嶋 英仁, 大家 隆弘, 入谷 忠光 : IPヘッダのTTL値分布解析とIPパケット偽装検知に関する研究, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-11, 175, 2004年9月.
351)三木 隆宏, 大家 隆弘, 入谷 忠光 : TCPヘッダオプションの解析によるなりすまし検出, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.16-10, 276, 2004年9月.
352)画星 浩史, 大家 隆弘, 入谷 忠光 : インターネット監視システムのためのPC内蔵型Ethernetブリッジの製作, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.16-9, 275, 2004年9月.
353)城尾 友紀, 伊坂 勝生, 川田 昌武, 大崎 和夫 : 人の前腕部における血流に対する高電界の作用, 電気関係学会四国支部大会論文集, 2004年9月.
354)湯下 良之, 川田 昌武, 伊坂 勝生 : ブラウン管タイプのVDTからのトランジェント磁界の測定結果, 電気関係学会四国支部大会論文集, 2004年9月.
355)Takuya Sadakuni, Masatake Kawada, Katsuo Isaka and Koji Yamada : Study on Diagnosis for Turbine Generator using Bayesian Network, 電気関係学会四国四国支部大会論文集, Sep. 2004.
356)力本 健治, 川田 昌武, 伊坂 勝生, 山田 康二 : 独立成分分析によるタービン発電機振動診断のための加速度信号分離, 電気関係学会四国支部大会論文集, 2004年9月.
357)山口 準, アズラン アズヒム, 平尾 友二, 木内 陽介, 山口 久雄, 吉﨑 和男 : リニアアレイトランスデューサの設計シミュレーション, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
358)アズラン アズヒム, 平尾 友二, 木内 陽介, 山口 久雄, 吉﨑 和男 : Tiltテストを用いた非自発的姿勢変化に伴う最大血流速度の変化, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
359)東野 二郎, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : レーザー誘起プラズマによる金微粒子作製, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-1, 127, 2004年9月.
360)武田 光正, 古波 直人, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : マイクロマニピュレーションのための導電性を有するプローブの開発, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-2, 128, 2004年9月.
361)岡本 浩行, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : ギャップのあるマイクロリング共振器の波長フィルター特性解析, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-3, 129, 2004年9月.
362)佐幸 直也, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : レーザ光を用いた液中でのポリジアセチレンフィルムの作製, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-4, 130, 2004年9月.
363)野田 圭介, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : FIB加工技術によるナノプラズモンドット列の作製, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-5, 131, 2004年9月.
364)勝村 大和, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : テンプレートを用いた自己組織化二次元コロイド結晶の作製, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-6, 132, 2004年9月.
365)森本 高明, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : 高屈折率ガラス基板上へのコロイド結晶の作製, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-7, 133, 2004年9月.
366)増田 厚志, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : UV光照射により固化させたTiO2ゾルゲル薄膜の結晶性評価, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-8, 134, 2004年9月.
367)藤井 正光, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 新家 昭彦, 福井 萬壽夫 : 誘電体微小球のWGMへの光ファイバ導波モードの結合, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-9, 135, 2004年9月.
368)小村 英嗣, 東 永子, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : 表面プラズモンポラリトンのステップ形障害物に対する反射率, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-10, 136, 2004年9月.
369)新見 忠信, 清水 威志, 中山 真志, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : 非線形材料コート球の光学特性評価, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-11, 137, 2004年9月.
370)中垣 亮治, 野田 圭介, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : Ga+イオン照射時における金薄膜の光学定数の変化, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-12, 138, 2004年9月.
371)原口 雅宣, 藤井 正光, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : 金属誘電率モデルが局在プラズモン共鳴数値計算に与える影響, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-13, 139, 2004年9月.
372)蔡 雷, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : FDTD法によるナノ金属円柱における局在プラズモンの特性解明, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-14, 140, 2004年9月.
373)岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : コア-シェル型ナノ微小球の非線形光学応答と光強度分布, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-15, 141, 2004年9月.
374)西 善弘, 林 宏丞, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫, 向井 孝志 : GaNのχ(3)xxzzテンソル成分の測定, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-18, 143, 2004年9月.
375)伴 好矢, 原 賢二, 釜野 勝, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫, 長谷川 竜生, 山田 元量 : 時間分解光熱分光法によるGaNの評価, 平成16年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.11-20, 145, 2004年9月.
376)加藤 弘洋, 安野 恵実子, 木内 陽介, 森本 忠興 : 生体組織インピーダンスの層組織構造の推定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
377)森本 有理砂, 安野 恵実子, 木内 陽介, 森本 忠興 : 局所組織EITの空間分解能の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
378)内上 裕介, 門脇 直弘, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 細川 敬子, 寺本 忠弘, 山口 久雄 : 変動強磁界曝露によるミトコンドリアへの影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
379)七條 裕衣, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 庄野 正行, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 會沢 勝夫 : 培養骨芽細胞に及ぼすELF変動磁界の影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
380)門脇 直弘, 内上 裕介, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 細川 敬子, 寺本 忠弘, 山口 久雄 : 変動強磁界によるHela細胞の影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
381)榎本 崇宏, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : MA型ニューラルネットワークを用いた生体システムの状態変化の検出, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
382)砂崎 一紀, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : ニューラルネットワークによる時空間パターン処理, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
383)新谷 洋人, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : 視覚神経回路を模倣したニューラルネットワークの認識特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
384)加治 芳雄, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介, 永廣 信治, 七條 文雄 : 変化率二次元脳電図(DRT)の臨床応用, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
385)村上 昭継, 木内 陽介, 芥川 正武, 大西 芳明, 黒田 泰弘, 真柄 睦, 臼倉 勝男 : 医療機器環境におけるアラーム信号統合表示システムの開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
386)Zhuoming Li, Yohsuke Kinouchi, Masatake Akutagawa and Qinyu Zhang : Two Dipole Sources Localization Using a Method Combining BP Neural Networks with NLS Method, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, Sep. 2004.
387)北野 貴之, 入谷 忠光 : 見通し内・外交差点における150MHz帯電波の減衰特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-7, 171, 2004年9月.
388)穂田 高志, 入谷 忠光 : 車々間通信の為のGPSに同期したクロック発生回路, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.12-8, 172, 2004年9月.
389)伊藤 照明, 又野 敬明, 西村 知晃 : 仮想空間オブジェクトへの対話的操作に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-16, 268, 2004年9月.
390)伊藤 照明, 平本 知之 : シミュレーション手法による高速道路料金所のモデル化, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-16, 267, 2004年9月.
391)藤井 見奈子, 石川 由季子, 杉山 茂, 林 弘 : ゾル-ゲル法によるカルシウム水酸アパタイトの合成, 化学工学会山口下関大会, 2004年9月.
392)杉山 茂, 橋本 拓也, 田辺 恭彦, 林 弘 : バナジン酸マグネシウムの酸化脱水素触媒活性に対する銅の添加効果, 化学工学会山口下関大会, 2004年9月.
393)川上 智, 篠原 千明, 山際 敦美, 杉山 茂, 林 弘 : 白金系触媒の触媒調製法による活性種の微細構造変化と脱水素活性, 化学工学会山口下関大会, 2004年9月.
394)堀河 俊英, 小野 由加利, 林 順一, 室山 勝彦 : カーボンエアロゲル球状粒子創製において界面活性剤が細孔構造に及ぼす影響, 化学工学会山口下関大会, 2004年9月.
395)粟飯原 浩範, 加藤 雅裕, 村井 啓一郎, 森賀 俊広, 堀河 俊英, 冨田 太平 : Crを含むメソポーラスシリカの分光学的研究, 化学工学会山口下関大会, 2004年9月.
396)大熊 一正, Bohdan Grzadkowski, 日置 善郎, Jose Wudka : 光子光子散乱によって生成されるトップクォークと非標準相互作用, 日本物理学会秋季大会, 2004年9月.
397)久保 満, 山田 信廣, 河田 佳樹, 仁木 登, 江口 研二, 金子 昌弘, 楠本 昌彦, 柿沼 龍太郎, 大松 広伸, 西山 祥行, 森山 紀之 : 10mm 厚CT 画像を用いた肺がん検診支援システム, 生体医工学シンポジウム2004, 1-6, 2004年9月.
398)財田 伸介, 多田 真也, 安友 基勝, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 江口 研二, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 金子 昌弘, 楠本 昌彦, 森山 紀之, 笹川 道三 : マルチスライスCT画像を用いた肺動脈・肺静脈抽出アルゴリズム, 生体医工学シンポジウム2004, 1-6, 2004年9月.
399)山田 信廣, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 江口 研二, 西山 祥行, 金子 昌弘, 楠本 昌彦, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : 胸部ヘリカルCT画像を用いた胸郭の抽出アルゴリズム, 生体医工学シンポジウム2004, 1-6, 2004年9月.
400)村上 祐一郎, 村井 啓一郎, 加藤 雅裕, 森賀 俊広, 金崎 英二, 田中 住典, 中林 一朗 : PdO/chi-Al2O3触媒へのCeO2添加効果, 化学工学会山口下関大会, 2004年9月.
401)冨田 興平, 村井 啓一郎, 森賀 俊広, 中林 一朗 : 担持酸化鉄触媒の合成とその評価, 化学工学会山口下関大会, 2004年9月.
402)石丸 宏一, 川田 昌武 : ベイジアンネットを用いた部分放電発生方向の確率的推定, 電気関係学会 東海支部連合大会論文集, 2004年9月.
403)山口 和幸, 高木 亨之, 山田 康二, 川田 昌武 : ウェーブレット解析による軸受給油不足時の振動診断, Dynamics and Design Conference 2004, 2004年9月.
404)日野 順市, 稲井 新, 高木 均, 芳村 敏夫 : 形状記憶合金を用いた動吸振器に関する研究, --- 履歴減衰のモデル化について ---, 日本機械学会機械力学·計測制御部門講演会,(D&D2004シンポジウムアブストラクト集),, Vol.04, No.5, 257, 2004年9月.
405)多田 和弘, 柏木 隆志, 川城 克博 : 非水アルコール系におけるジペプチドの酵素的エステル化反応, 化学工学会山口大会, 2004年9月.
406)江本 和嘉子, 山内 美紀, 川城 克博 : キモトリプシンを触媒とする非水系のペプチド合成, 化学工学会山口大会, 2004年9月.
407)辻元 隆仁, 一丸 貴人, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : 充填層型光触媒反応器の水中溶存有機物質分解特性, 化学工学会山口下関大会, 2004年9月.
408)金 明吉, 福本 祐介, 王 陸軍, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : 焼却飛灰に含まれる重金属の溶出, 化学工学会山口下関大会, 2004年9月.
409)英 崇夫 : AlおよびCu薄膜の熱応力その場測定, マイクロマテリアルシンポジウム講演論文集, 88-91, 2004年9月.
410)柘植 覚, 森 陽司, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 複数の参照雑音モデルを用いた風雑音除去手法, 日本音響学会 秋季研究発表会, 723-724, 2004年9月.
411)柘植 覚, 梅田 良幸, 任 福継, 黒岩 眞吾 : Earth Mover's Distanceを用いた分散型話者認識手法, 日本音響学会 秋季研究発表会, 91-92, 2004年9月.
412)鎌田 磨人 : ダム下流域における河床変化と河畔植生の動態, 第7回水源地生態研究セミナー, 2004年9月.
413)川上 烈生 : SOLプラズマ中の炭素不純物輸送への高次炭化水素CxDyの寄与, 平成16年度電気関係学会 四国支部連合大会 講演論文集, 39, 2004年9月.
414)三宅 正弘 : 石積み修復システムと石積み職人·高開文雄, 土木学会全国大会技術研究発表会講演概要集, 2004年9月.
415)池原 敏孝, Tadahiro Eramoto, 佐々木 ひろみ, 山口 久雄, 細川 敬子, 北村 光夫, 庄野 正行, 芳地 一, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : Effect of time-varying strong magnetic field on transient increase in intracellular Ca2+ in bovine adrenal chromaffin cells, 第8回シンポジウムおよび特定領域研究 「強磁場新機能」第2回シンポジウム, 2004年9月.
416)時枝 宏樹, 白石 善明, 森井 昌克, 西村 卓也 : 送信制御によるウイルスメール拡散の抑制, コンピュータセキュリティシンポジウム2004予稿集, 499-504, 2004年10月.
417)宇都 義浩, 阿江 周太郎, 中妻 嘉仁, 永澤 秀子, 堀 均 : アルテピリンCイソプレノミクスを基盤とした抗動脈硬化剤の開発, 日本過酸化脂質·フリーラジカル学会第28回大会, 2004年10月.
418)鎌田 磨人 : 生き物と触れ合える豊かな地域づくり, 徳島自然共生塾第4回講座 自然豊かな地域の保全・再生への取り組み, 2004年10月.
419)Norio Baba and Yoshio Mogami : Learning Behaviors of the Hierarchical Structure Automata Operating in the Nonstationary Multiteacher Environment, FAN Symposium '04 in Kochi, Oct. 2004.
420)鈴木 良尚, 佐崎 元, 松浦 良樹, 本同 宏成, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 : 高圧力下におけるグルコースイソメラーゼ結晶の成長促進機構に関する分子論的考察, 第45回高圧討論会, 2004年10月.
421)Akihiko Tsuji, Keizo Yuasa and Yoshiko Matsuda : Purification and characterization of oligopeptidase B from wheat germ. First identification of oligopeptidase B at the protein level in higer plant, 第77回日本生化学会大会, Oct. 2004.
422)Keizo Yuasa, Kaori Suzue, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : Transcriptional activation of proprotein convertase PACE4 by E2F1, 第77回日本生化学会大会, Oct. 2004.
423)Yaruhiro Shimizu, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : Cloning, Expression, and Characterization of L-Threonine Dehydrogenase from a Hyperthermophilic Archaeon Pyrococcus horikoshii OT-3, 第77回日本生化学会大会, Vol.76, No.8, 825, 2004年10月.
424)弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 根本 謙, 助野 晃子, 長宗 秀明, 菊池 賢, 戸塚 恭一, 三宅 洋一郎 : 抗Streptococcus intermedius HU型ヒストン様タンパク質抗体のHepG2細胞内ミトコンドリアとの反応性, 第57回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2004年10月.
425)仮屋崎 侃, 深野 徹, 逢坂 昭治 : ミニチャンネル内の界面輸送, 日本混相流学会第8回オーガナイズド混相流フォーラム, 2004年10月.
426)大島 敏久 : 超好熱菌のアルドラーゼの機能開発, 第77回日本生化学会大会 ランチョンセミナー, Vol.76, No.8, 1145, 2004年10月.
427)細谷 匠, 福田 洋治, 白石 善明, 森井 昌克 : サーバに秘密情報を保持しないP2P向けオフライン認証プロトコル, コンピュータセキュリティシンポジウム2004 予稿集, 379-384, 2004年10月.
428)広岡 俊彦, 市川 幸宏, 白石 善明, 森井 昌克, 中尾 康二 : ウィルス挙動を解析するための実ネットワークを使った仮想感染ネットワークの設計, コンピュータセキュリティシンポジウム2004 論文集, Vol.2004, No.11, 433-438, 2004年10月.
429)神園 雅紀, 白石 善明, 森井 昌克 : メモリ上の不正コード検出による未知ウイルス解析システム, コンピュータセキュリティシンポジウム2004, Vol.2004, No.11, 427-432, 2004年10月.
430)中村 浩一, 片山 史章, 道廣 嘉隆, マハブバル ラフマン モハマド, 森賀 俊広, 金城 辰夫 : フォノンエコー法によるLiNbO3におけるイオン拡散の観測, 第25回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, 2004年10月.
431)田村 隆雄, 端野 道夫 : 樹種の転換が森林の水源涵養機能に与える影響に関する調査研究, 第11回河川整備基金助成事業成果発表会報告書, 309-314, 2004年10月.
432)前田 拓也 : 天然抗菌剤の現状と今後, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
433)野々宮 正晃, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : Carbamate結合を有するgemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
434)吉成 安純, 藪原 忠男, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : 新規gemini型第四アンモニウム塩系殺菌剤の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
435)住友 倫子, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : ビス型第四アンモニウム塩系殺菌剤の殺菌メカニズムの解明, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
436)渡辺 裕子, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀 : セラチアの殺菌消毒剤耐性化機構の解明, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
437)唐木 真理, 白井 昭博, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀, 山中 一也, 西田 守, 福士 英明 : ポリリジンの抗菌特性, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
438)浜川 智江, 前田 拓也, 長宗 秀明, 高麗 寛紀, 曽田 勇作 : 塵埃に付着した浮遊細菌に対する銀担持抗菌フィルターの殺菌評価, 日本防菌防黴学会 2004年度若手の会, 2004年10月.
439)林 直人, 植月 洋平, 河村 保彦 : 長鎖アルコキシフェニル置換メソイオン化合物の合成およびC60との付加環化ーエクストルージョン反応, 2004年日本化学会西日本大会, 134, 2004年10月.
440)壷田 宇彦, 森 康丞, 河村 保彦 : 光トリガーを内包した3-(アロイルメチル)-1,5-ジインのバーグマン環化と水素引抜き反応, 2004年日本化学会西日本大会, 136, 2004年10月.
441)石塚 誉章, 渡邊 麻美, 藤永 悦子, 河村 保彦 : 置換ベンゾフェノンを用いたMcMurryオレフィン合成のE, Z選択性, 2004年日本化学会西日本大会, 137, 2004年10月.
442)北島 裕子, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : 二座配位性ルイス塩基存在下でのN-イソプロピルアクリルアミドのラジカル重合, 日本化学会西日本大会2004要旨集, 2004年10月.
443)三木 一十三, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : N-イソプロピルアクリルアミドのラジカル重合‐シンジオタクチックポリマーの合成, 日本化学会西日本大会2004要旨集, 2004年10月.
444)長谷川 誠, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : トリメトキシビニルシランのラジカル重合挙動, 日本化学会西日本大会2004要旨集, 2004年10月.
445)三木 良紀, 阪中 裕太, 村井 啓一郎, 森賀 俊広, 中林 一朗 : クエン酸ゲル法により作製したガーネット構造を有する蛍光体の合成と評価, 2004年日本化学会西日本大会, 2004年10月.
446)大野 裕孝, マハニ シャイラ ビンティ モハマド ロハニ, 村井 啓一郎, 森賀 俊広, 中林 一朗 : 蛍光XAFS法によるMgIn2O4:Gaの局所構造解析, 2004年日本化学会西日本大会, 2004年10月.
447)三浦 哉, 染谷 成則, 川越 勇介, Chance Britton : 簡易精神作業時の前頭部の酸素動態の特性, --- COGNOSCOPEによる検討 ---, 第11回医用近赤外線分光研究会, 2004年10月.
448)三浦 哉, 田頭 涼子, 青木 さくら : 咀嚼頻度の違いが咬筋の酸素動態に及ぼす影響, 第11回医用近赤外線分光研究会, 2004年10月.
449)鎌田 磨人, 小島 桃太郎, 岡部 健士 : 河川砂州上に侵入したシナダレスズメガヤを除去するに必要な洪水営力, 応用生態工学会大8回大会, 2004年10月.
450)西山 賢一, 石田 啓祐, 村田 明広, 山上 拓男, 望月 秋利, 岡田 憲治, 小田桐 七郎, 中野 浩 : 2004年台風10号で発生した徳島県那賀川流域の斜面災害, 日本応用地質学会中四国支部平成16年度研究発表会災害報告資料, 5-8, 2004年11月.
451)岡田 健一 : 超音波法による接着層の硬化家庭の評価について, 第49回音波の物性と化学討論会講演論文集, 32-34, 2004年11月.
452)丹羽 実輝, 田中 均 : 天井温度付近で得られるポリアセトアミドアクリル酸メンチルの旋光性と円二色性, 第19回中四国地区高分子若手研究会, 2004年11月.
453)森 健, 石田 晴子, 南川 慶二, 田中 正己 : アラニン誘導体からなるビニル高分子の水溶液系でのLCSTの発現とその制御, 第43回日本油化学会年会予稿集, 2004年11月.
454)塩田 勇樹, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : 水溶性末端疎水化ポリエーテルの合成と感熱相転移に及ぼす末端構造の影響, 第43回日本油化学会年会予稿集, 2004年11月.
455)森 裕紀, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : 複数のアクリルアミド系感熱性高分子の混合系による分離システムの開発, 第43回日本油化学会年会予稿集, 2004年11月.
456)石塚 誉章, 渡邊 麻美, 藤永 悦子, 河村 保彦 : 1,1-ジアリールエテン光異性化反応におけるオルト位の置換基効果, 2004年光化学討論会, 294, 2004年11月.
457)林 直人, 大谷 豪, 植月 洋平, 山下 和代, 河村 保彦 : メソイオン化合物ーバッキーボール環状付加体の生成と光および熱によるエクストルージョン反応, 2004年光化学討論会, 312, 2004年11月.
458)山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : めがねなし大画面立体ディスプレイにおける観察行動, OPTICS JAPAN 2004 講演予稿集, 48-49, 2004年11月.
459)早崎 芳夫 : 光加工技術を用いた本人認証, OPTICS JAPAN 2004 講演予稿集, 494-495, 2004年11月.
460)長谷 文弘, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : ジエン修飾チロシンの合成とその重合挙動, 第19回中国四国地区高分子若手研究会, 2004年11月.
461)青木 康典, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリエーテル/モンモリロナイトコンポジットのER材料への適用, 第19回中国四国地区高分子若手研究会, 2004年11月.
462)中島 将史, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリ(N-ビニルアセトアミド-co-アクリル酸)水溶液におけるLCSTおよびUCSTの発現, 第19回中国四国地区高分子若手研究会, 2004年11月.
463)杉本 貴史, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 計算機ホログラムを用いた可変フェムト秒レーザー加工, OPTICS JAPAN 2004 講演予稿集, 528-529, 2004年11月.
464)彦坂 英一郎, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 自発的光パターン形成に基づく指紋パターンの処理, OPTICS JAPAN 2004 講演予稿集, 536-537, 2004年11月.
465)岡 尚志, 田上 周路, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 3次元位置検出機能を有する近赤外分光プローブを用いた酸素動態計測, OPTICS JAPAN 2004 講演予稿集, 556-557, 2004年11月.
466)福田 真弓, 田上 周路, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 位置センサ付き走査型近赤外分光プローブ, OPTICS JAPAN 2004 講演予稿集, 558-559, 2004年11月.
467)玉野 真吾, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 低コヒーレンス光源を用いた位相シフトデジタルホログラフィによる光散乱体内部の三次元物体の再生, OPTICS JAPAN 2004 講演予稿集, 580-581, 2004年11月.
468)山本 允葵, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 微弱光を光源とするデジタルホログラフィ, OPTICS JAPAN 2004 講演予稿集, 582-583, 2004年11月.
469)原田 俊彦, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリ(p-フェニレンビニレン)とポリエチレングリコールからなる両親媒性高分子の合成と自己組織化挙動, 第19回中国四国地区高分子若手研究会, 2004年11月.
470)和田 慎也, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : 種々の塩水溶液中における2-アセトアミドアクリル酸メチルの超音波重合, 第19回中国四国地区高分子若手研究会, 2004年11月.
471)生駒 良雄, 佐竹 弘, 池上 泰弘, 三輪 惠 : 研究成果の育成マネージメントシステム構築に関する研究, 生体医工学, Vol.42, No.Suppl. 2, 227, 2004年11月.
472)吉野 隆, 一宮 昌司 : 円管内の単一突起によって発生する乱流領域の発達, 日本機械学会山口地方講演会講演論文集, 67-68, 2004年11月.
473)高木 均, 森 浩司, 日野 順市, 中岡 正典 : 竹繊維強化グリーンコンポジットの制振性評価, 日本機械学会山口地方講演会講演論文集, 5-6, 2004年11月.
474)福見 稔, 長尾 剛嗣, 満倉 靖恵 : 自己組織型ニューラルネットワークによるSAR画像流氷識別, 日本シミュレーション&ゲーミング学会 2004年度周期全国大会 発表論文集, 41-46, 2004年11月.
475)日野 順市, 大久保 誠一, 芳村 敏夫, 栗本 政雄 : FNNによるびびり振動発生予測に関する研究, --- 中間層を区分する場合 ---, 日本機械学会中国四国支部山口地方講演会講演論文集, Vol.045, No.2, 247-248, 2004年11月.
476)高木 均, Anil N. Netravali : 麻繊維強化グリーンコンポジットの強度·破壊特性, 日本機械学会第12回機械材料·材料加工技術講演会講演論文集, 147-148, 2004年11月.
477)池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 : 多入出力系の繰り返し型連続時間モデル同定, 第33回制御理論シンポジウム資料, 229-232, 2004年11月.
478)山本 徹夫, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 藤井 正司, 松井 英介, 大松 広伸, 森山 紀之 : マイクロCT画像を用いた肺末梢構造の解析, 信学技報, Vol.104, No.430, 17-20, 2004年11月.
479)西尾 貴志, 財田 伸介, 山田 信廣, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 江口 研二, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 金子 昌弘, 楠本 昌彦, 森山 紀之, 笹川 道三 : マルチスライスCT画像を用いた胸郭の抽出アルゴリズム, 信学技報, Vol.104, No.430, 13-16, 2004年11月.
480)椙原 大典, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 江口 研二, 金子 昌弘, 楠本 昌彦, 大松 広伸, 西山 祥行, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : 10mm厚CT画像を用いた肺がん比較読影CADシステムの評価, 信学技報, Vol.104, No.430, 21-24, 2004年11月.
481)鈴木 洋平, 阿久根 康博, 金子 悠祐, 北川 卓弘, 村井 啓一郎, 吉朝 朗, 森賀 俊広, 中林 一朗, 山中 高光 : ルチル型構造を有するフッ化物および酸化ルテニウムの局所的熱振動の研究, 日本結晶学会年会講演要旨集, 107, 2004年11月.
482)大島 敏久, 田頭 祐哉, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦 : 超好熱アーキアArchaeoglobus fulgidusのNAD(P)依存性L-アスパラギン酸脱水素酵素ホモログ遺伝子の機能解析, 第4回極限環境微生物学会年会, Vol.3, No.2, 45-46, 2004年11月.
483)高木 均 : グリーンコンポジットの現状と今後の進展, 第2回生存圏シンポジウム, 2004年11月.
484)下山 賢治, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : パラレルβ-シート型水素結合によるジアセチレン誘導化チロシンの光および熱重合性, 第13回有機結晶シンポジウム, 2004年11月.
485)扶川 陽一, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : ジアセチレン誘導化トレオニンペプチドの形成する二次元構造と光重合性のペプチド鎖長依存性, 第13回有機結晶シンポジウム, 2004年11月.
486)大石 篤哉, 吉村 忍 : 平滑化接触解析の計算量, 第17回計算力学講演会講演論文集, Vol.04, No.40, 823-824, 2004年11月.
487)Wenlong Zhang, 今枝 正夫, 橋本 強二 : ニューラルネットワークを用いた蒸留塔の中段温度の安定化制御, 化学工学会沖縄大会研究発表要旨集, 183, 2004年11月.
488)内田 正教, 今枝 正夫, 橋本 強二 : 部分分数展開を用いたむだ時間系の同定, 化学工学会沖縄大会研究発表要旨集, 184, 2004年11月.
489)能瀬 高明, 森川 富昭, 折田 憲始, 矢野 米雄, 森口 博基 : 生徒評価のための学習管理を行うe-learningシステムの構築と評価, 医療情報学24回連合大会論文集, 1024-1025, 2004年11月.
490)森川 富昭, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 松浦 健二, 能瀬 高明, 矢野 米雄 : Development of Medical e-Learning system based on syllabus, 医療情報学24回連合大会論文集, 1068-1069, 2004年11月.
491)折田 憲始, 森川 富昭, 能瀬 高明, 矢野 米雄, 森口 博基 : 医療従事者に対する論文検索支援および共同研究支援, 医療情報学24回連合大会論文集, 1026-1027, 2004年11月.
492)有本 浩太郎, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : 利用者の効率性と安全性に基づく視覚障害者誘導用ブロックのネットワーク評価に関する研究, 土木計画学研究·講演集, No.30, 88, 2004年11月.
493)奥野 秀明, 高木 均 : バイオマス繊維で強化したグリーンコンポジットの開発, 成形加工シンポジア'04講演論文集, 409-412, 2004年11月.
494)浅野 彰, 高木 均 : ミクロフィブリルグリーンコンポジットの強度特性に及ぼす成形条件の影響, 成形加工シンポジア'04講演論文集, 399-400, 2004年11月.
495)森 浩司, 高木 均 : 樹脂レス竹繊維グリーンコンポジットの開発, 成形加工シンポジア'04講演論文集, 403-406, 2004年11月.
496)濱田 洋平, 近藤 光男, 竹内 光生, 山口 満, 渡辺 公次郎 : 津波常襲地域住民の防災意識に基づく避難場所の配置計画, --- 須崎市を対象として ---, 土木計画学研究·講演集, No.30, 219, 2004年11月.
497)Akitsugu Murakami, Yoshio Tanaka, Yohsuke Kinouchi, Mitsuru Ishikawa and Yoshinobu Baba : Laser Manipulation System with Image Processing Function for Automated Manipulation of Micro Particles, Tenth National Meeting of the Society for Chemistry and Micro-Nano Systems, 62-63, Nov. 2004.
498)一宮 昌司, 岡島 昌芳, 加藤 敏宏 : 2次元ノズル下流に形成される混合層の乱流遷移, 日本機械学会第82期流体工学部門講演会講演概要集, 208, 2004年11月.
499)仮屋崎 侃, 逢坂 昭治, 深野 徹 : 単純せん断流れ場における気泡,液滴の分裂, 日本機械学会流体工学部門講演会講演概要集, 244, 2004年11月.
500)長町 拓夫, 三柴 隆, 香月 克洋 : 外径側に傾斜部を有する溶接ベローズの変形シミュレーション, 第55回塑性加工連合講演会, 101-102, 2004年11月.
501)長尾 文明, 橋本 親典, 平尾 潔 : 学生によるベストティーチャーの選出と授業評価, 5大学連携教育シンポジウム, 2004年11月.
502)藤澤 正一郎, 川田 和男, 木下 学, 山本 透, 末田 統 : 創造性を育むプロジェクトによる福祉機器開発, 第47回自動制御連合講演会, 132, 2004年11月.
503)池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 : 適応観測器を用いた連続時間モデル同定, --- 状態変数フィルタの一般化 ---, 第47回自動制御連合講演会, 2004年11月.
504)鎌田 磨人 : 生き物と触れ合える豊かな地域づくり, 徳島自然共生塾第4回講座 自然豊かな地域の保全・再生への取り組み, 2004年11月.
505)多田 真也, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支抽出アルゴリズム, CADM合同論文集, 335-336, 2004年11月.
506)立花 裕之, 財田 伸介, 安友 基勝, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 笹川 道三, 江口 研二, 森山 紀之 : 検診用マルチスライスCT画像を用いた肺気腫解析アルゴリズムの構築, CADM合同論文集, 343-344, 2004年11月.
507)西尾 貴志, 財田 伸介, 多田 真也, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺動脈・肺静脈抽出アルゴリズム, CADM合同論文集, 339-340, 2004年11月.
508)中島 浩徳, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 江口 研二, 西山 祥行, 金子 昌弘, 楠本 昌彦, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : 時系列検診CT画像を用いた肺がん検出アルゴリズムの構築, CADM合同論文集, 353-354, 2004年11月.
509)伊藤 照明 : WEBを用いたCAD演習授業の教育的効果に関する考察, 日本機械学会・第19回設計工学システム部門講演会論文集, Vol.04, 3404, 2004年11月.
510)上田 良夫, 崎園 大, 沢村 功, 島田 朋尚, 川上 烈生, 西川 雅弘 : タングステン第一壁上の炭素混合層の形成メカニズム, プラズマ核融合学会 第20回年会 講演論文集, 2004年11月.
511)滑川 達 : 工期短縮と資源の有効利用を考慮したスケジューリング問題のためのGA 構成法, 土木計画学研究·講演集, Vol.30, 2004年11月.
512)亀谷 一洋, 山中 英生 : 回想分析を用いた旧街道型細街路の街路イメージの比較, --- 土地利用状況の異なる旧街道型細街路を事例として ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.30, 2004年11月.
513)花岡 史恵, 澤田 俊明, 田村 聡子, 山中 英生, 高木 利記, 武田 将英 : 小 松島港みなとまちづくり事例分析に見るみなと再生方策の考察, 土木計画学研究·講演集, Vol.30, 2004年11月.
514)三宅 正弘, 庄野 武朗, 市川 宏規 : 愛媛県外泊の石垣集落の変遷と修復システム, 土木計画学研究·講演集, Vol.30, 2004年11月.
515)三宅 正弘, 笹田 明伸 : 街のアイデンティティプレイスとしてのバス停の活用, 土木計画学研究·講演集, Vol.30, 2004年11月.
516)宮田 剛, 岩田 哲郎, 荒木 勉 : ゲーテッドアバランシェフォトダイオードを用いたパルスオキシメータの試作, Optics Japan 2004, 2004年11月.
517)井上 貴文, 岩田 哲郎 : PMTダイノード変調方式を用いた蛍光寿命計, Optics Japan 2004, 2004年11月.
518)安田 敬史, 実吉 永典, 安井 武史, 荒木 勉, 岩田 哲郎 : テラヘルツ電磁波パルスを用いた塗装膜厚測定の高分解能化, 日本分光学会春季講演会, 2004年11月.
519)田中 秀明, 毛利 公美, 森井 昌克 : 重み分布計算アルゴリズムを用いた2元(n,k)巡回符号の最小距離評価, 第27回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, Vol.2, 675-678, 2004年12月.
520)鹿子 彩, 毛利 公美, 森井 昌克 : 2元巡回符号に対する効率的な最小重み計算アルゴリズムについて, 第27回情報理論とその応用学会シンポジウム予稿集, Vol.2, 679-682, 2004年12月.
521)滑川 達 : ソーシャルキャピタル論による社会資本整備関連NPOの事例分析に関する一考察, 第22回建設マネジメント問題に関する研究発表·討論会講演集, 45-48, 2004年12月.
522)中村 浩一, 河井 健太, 山田 康治, 森賀 俊広, 中林 一朗, 道廣 嘉隆, 金城 辰夫 : Li-Cu-O系化合物におけるイオン伝導度とLi+イオン拡散, 第30回固体イオニクス討論会, 2004年12月.
523)西岡 大輔, 中村 浩一, M. Vijayakumar, M. S. Bhuvaneswari, S. Selvasekarapandian, 道廣 嘉隆, 金城 辰夫 : Li-V-O系化合物におけるLi+イオン拡散, 第30回固体イオニクス討論会, 2004年12月.
524)坂口 秀雄, 渡部 善隆, 今井 仁司 : 多倍長計算を適用した精度保証数値計算, 2004年12月.
525)國矢田 純, 寺田 賢治 : 直線と円のハフ変換による筆跡照合, ビジョン技術の実利用ワークショップ, No.P6, 115-120, 2004年12月.
526)福田 幸啓, 寺田 賢治 : 顔の表情変化を用いた性別認証, ビジョン技術の実利用ワークショップ, No.P7, 121-126, 2004年12月.
527)鈴江 加織, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 松田 佳子 : E2F1によるPACE4遺伝子発現調節の解析, 第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月.
528)大島 敏久, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 津下 英明 : 超好熱アーキアの色素依存性脱水素酵素の探索とその応用, 第27回日本分子生物学会年会, 369, 2004年12月.
529)西山 賢一, 石田 啓祐, 村田 明広, 岡田 憲治 : 2004年台風10号で発生した徳島県南部·那賀川流域の斜面災害, 日本地質学会四国支部2003年講演会資料集, 10, 2004年12月.
530)中野 晋 : 粒子間応力に基づく底泥の降伏値と移動限界の評価, 粘着性土の浸食に関するシンポジウム論文集, No.2, 39-44, 2004年12月.
531)村田 明広 : 四国西部,秩父帯の地質構造, 日本地質学会四国支部2004年講演会, 2004年12月.
532)塩見 伸幸, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズム, CADM合同論文集, 321-322, 2004年12月.
533)高垣 宏章, 安友 基勝, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : 検診用マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化検出アルゴリズムの構築, CADM合同論文集, 323-324, 2004年12月.
534)田中 弘之, 山口 久雄, 池原 敏孝, 宇都宮 登, 吉﨑 和男, 平尾 友二, アズラン アズヒム, 木内 陽介, 宮本 博司 : 超音波ドプラ血流速度測定装置改良のための音場実測装置の試作とその計測例, 第54回日本体力医学会中国·四国地方会, 2004年12月.
535)赤阪 和彦, 森 篤史, 伊藤 智徳, 柳谷 伸一郎, 井上 哲夫 : InGaN混晶相図のモンテカルロシミュレーション, 第18回分子シミュレーション討論会講演要旨集, 73-74, 2004年12月.
536)北台 佑馬, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 鈴木 良尚, 井上 哲夫 : 重力下における剛体球系結晶の欠陥消失機構, 第18回分子シミュレーション討論会講演要旨集, 123-124, 2004年12月.
537)西川 良美, 郷田 秀一郎, 米田 一成, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦, 柊 弓絃, 大島 敏久 : 大腸菌で生産されるPyrobaculum islandicum由来のグルタミン酸脱水素酵素の活性化機構, 日本生物物理学会第42回年会, 2004年12月.
538)津下 英明, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 吾郷 日出夫, 宮野 雅司, 安藝 謙嗣, 勝沼 信彦, 大島 敏久 : P. horikoshii由来L-プロリン脱水素酵素のX線結晶構造解析, 日本生物物理学会第42回年会, 2004年12月.
539)廣友 雅徳, 毛利 公美, 森井 昌克 : 確率的な手法を用いたLDPC符号の重み分布導出について, 第27回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, Vol.1, 13-16, 2004年12月.
540)藤澤 正一郎, 川田 和男, 木下 学, 山本 透, 末田 統 : 商品開発を育成する福祉機器プロジェクト, 第5回SICEシステムインテグレーション部門学術講演会論文集, 380-381, 2004年12月.
541)坂口 秀雄, 渡部 善隆, 今井 仁司 : 多倍長計算を適用した区間演算と精度保証数値計算, 応用数学合同研究集会報告集, 161-162, 2004年12月.
542)今井 仁司, 竹内 敏己, 祝 穎蓮 : 有界化を用いた常微分方程式の無限精度数値計算, 応用数学合同研究集会報告集, 237-238, 2004年12月.
543)大熊 一正, Bohdan Grzadkowski, 日置 善郎, Jose Wudka : Top Quark Interactions and Search for New Physics, 研究会「四国セミナー」, 2004年12月.
544)Yuta Yoneda, Hitoshi Tokushige, Toru Fujiwara and Tadao Kasami : Performance analysis for binary image of linear block codes over an extended field of GF(2), Proceedings of the Symposium on Information Theory and Its Applications, 563-566, Dec. 2004.
545)三宅 正弘 : 神戸·六甲山麓における地場石材·本御影石の石垣形成と展開, 土木史研究·講演集, Vol.23, 2004年.
546)三宅 正弘, 庄野 武朗 : 徳島·佐古川における青石の石垣の形成と展開, 土木史研究·講演集, Vol.24, 2004年.
547)墻内 孝祐, 柳谷 伸一郎, 森 篤史, 井上 哲夫 : PbBr2結晶の真空雰囲気下での育成と評価, 日本結晶成長学会誌, Vol.32, No.3, 260, 2005年.
548)加藤 泰久, 吉田 憲一, 西野 秀郎, 池田 隆, 金原 了二, 藤原 光明, 松岡 勲, 宮澤 正純 : 防油堤のパイプ貫通部を伝搬するL-·F-モードガイド波の特性, 第12回 超音波による非破壊評価シンポジウム, 2005年1月.
549)早崎 芳夫 : 生体メディア, --- フェムト秒レーザー加工技術を用いた爪への光記録 ---, レーザー学会学術講演会第25回年次大会講演予稿集, 222-223, 2005年1月.
550)高木 速人, 田北 啓洋, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : フェムト秒レーザー加工を用いた爪表面へのビット記録, レーザー学会学術講演会第25回年次大会講演予稿集, 113, 2005年1月.
551)河村 大樹, 田北 啓洋, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : PMMAをコートしたガラスのフェムト秒レーザーによる微細加工, レーザー学会学術講演会第25回年次大会講演予稿集, 114, 2005年1月.
552)杉本 貴史, 田北 啓洋, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : ホログラフィックフェムト秒レーザー加工を用いた3次元構造の作製, レーザー学会学術講演会第25回年次大会講演予稿集, 133, 2005年1月.
553)彦坂 英一郎, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 電子的収差補正を有する光電子フィードバックシステムを用いた指紋パターンの処理, レーザー学会学術講演会第25回年次大会講演予稿集, 224, 2005年1月.
554)玉野 真吾, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 異なる波長を有する2つの低コヒーレンス光源を用いた位相シフトデジタルホログラフィ, レーザー学会学術講演会第25回年次大会講演予稿集, 245, 2005年1月.
555)塩見 伸幸, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.579, 133-137, 2005年1月.
556)高垣 宏章, 安友 基勝, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化検出アルゴリズムの構築, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.579, 127-131, 2005年1月.
557)鈴木 秀宣, 竹市 正彦, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘 : 大容量の画像取得と画像管理に関する研究, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.579, 169-172, 2005年1月.
558)南 和宏, 河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 楠本 昌彦, 山田 耕三, 柿沼 龍太郎, 江口 研二, 森 清志, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライス造影CT画像を用いた結節分類法, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.580, 71-75, 2005年1月.
559)多田 真也, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像からの気管支構造抽出アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.580, 25-29, 2005年1月.
560)立花 裕之, 財田 伸介, 安友 基勝, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 笹川 道三, 江口 研二, 森山 紀之 : 検診用マルチスライスCT画像を用いた肺気腫解析アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.104, No.580, 145-149, 2005年1月.
561)山崎 真菜美, 河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 楠本 昌彦, 森 清志, 山田 耕三, 江口 研二, 西山 祥行, 金子 昌弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺野小型結節の内部構造変化によるパターン分類, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.104, No.580, 77-81, 2005年1月.
562)山本 徹夫, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 藤井 正司, 松井 英介, 大松 広伸, 森山 紀之 : マイクロCT画像を用いた肺末梢構造の解析, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.104, No.580, 83-86, 2005年1月.
563)西尾 貴志, 財田 伸介, 多田 真也, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺動脈・肺静脈抽出アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.104, No.580, 43-47, 2005年1月.
564)椙原 大典, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 江口 研二, 土田 敬明, 金子 昌弘, 楠本 昌彦, 大松 広伸, 西山 祥行, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : 10mm厚CT画像を用いた肺がん検診用CADシステムの評価, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.104, No.580, 141-144, 2005年1月.
565)中島 浩徳, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 大松 広伸, 江口 研二, 西山 祥行, 金子 昌弘, 楠本 昌彦, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : 時系列検診CT画像を用いた肺がん検出アルゴリズムの検討, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.580, 137-140, 2005年1月.
566)安友 基勝, 上野 淳二, 足立 貴志, 河田 佳樹, 仁木 登, 米田 和英, 村瀬 知也, 森田 奈緒美, 西谷 弘 : Stool Tagging法を用いたCT Colonographyに必要な画像処理, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.580, 87-90, 2005年1月.
567)宇都 義浩, 佐々木 秀幸, 中島 佳美, 岡村 菜摘子, 田中 彩子, 中江 崇, 村上 綾, 永澤 秀子, 堀 均 : TX-2068: マクロファージの低酸素指向性を利用した低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 第7回癌治療増感研究シンポジウム, 2005年2月.
568)中嶌 瞳, 後藤 恵子, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 増永 慎一郎, 小野 公二, 堀 均 : BNCTのためのTirapazamineハイブリッド型新規低酸素毒性ボロンキャリアーの分子設計, 第7回癌治療増感研究シンポジウム, 2005年2月.
569)三浦 哉 : 身体活動時の酸素消費および供給の特性, 中京大学体育研究所学術講演会, 2005年2月.
570)成行 義文, 平尾 潔, 門 峰康, 高田 鉄也 : 各種復元力履歴モデルに対するPark型損傷指標の適用性に関する一考察, 第8回地震時保有水平耐力法に基づく橋梁等構造の耐震設計に関するシンポジウム講演論文集, 2005年2月.
571)鎌田 磨人 : ビオトープってどんなもの?, ビオトープってどんなもの?, 2005年2月.
572)早崎 芳夫 : フェムト秒レーザーを用いた生体材料の3次元光加工, レーザー学会中国·四国支部平成16年度第2回研究会, 19-24, 2005年2月.
573)塩見 伸幸, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : 胸部マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズムの構築, 胸部CT研究会, Vol.12, No.1, 81-82, 2005年2月.
574)高垣 宏章, 安友 基勝, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化検出アルゴリズムの構築, 胸部CT研究会, Vol.12, No.1, 77-78, 2005年2月.
575)多田 真也, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 楠本 昌彦, 金子 昌弘, 江口 研二, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像からの気管支構造抽出アルゴリズムの構築, 胸部CT研究会, Vol.12, No.1, 79-80, 2005年2月.
576)大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshiiの新規プロリン脱水素酵素:補欠分子族の同定と立体構造解析, 第399回ビタミンB研究協議会, 2005年2月.
577)新田 佳伯, 木内 陽介, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 居和 城宏, 大西 芳明, 大藤 純, 西村 匡司 : 白血球除去療法施行中のヘマトクリット値の予測, --- 人工ニューラルネットワークの最適化と予測時点の延長 ---, 第32回日本集中治療医学会学術集会プログラム・抄録集, Vol.12, 309, 2005年2月.
578)村上 昭継, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 伊東 進, 大西 芳明, 大藤 純, 西村 匡司, 新田 佳伯, 芥川 正武, 木内 陽介 : 高速フーリエ変換を用いた血液浄化フィルタの目詰まり評価システムの開発, 第32回日本集中治療医学会学術集会プログラム・抄録集, Vol.12, 312, 2005年2月.
579)後藤 了, 小松 和志, 永澤 秀子, 藤田 智也, 中山 真一, 堀 均, 寺田 弘 : パーコレーションクラスターを応用した環構造化合物の動的構造の解析, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
580)堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 金 成哲, 田中 彩子, 島村 眞里子, 竹内 義雄, Kenneth-L Kirk, 稲山 誠一 : TX-2036: Desing of an anti-angiogenic hypoxic cell radiosensitizer, 2-methylene-4-cyclopentene-1,3-dione-containing azomycin derivative, 第2回がんとハイポキシア研究会, 2005年3月.
581)堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 金 成哲, 田中 彩子, 島村 眞里子, 竹内 義雄, Kirk L Kenneth, 稲山 誠一 : 2ーメチレン-4ーシクロペンテンー1,3-ジオン含有アゾマイシン誘導体の血管新生阻害活性をもつ低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
582)後藤 恵子, 永澤 秀子, 中嶌 瞳, 宇都 義浩, 増永 慎一郎, 小野 公二, 堀 均 : ホウ素中性子捕捉療法のための低酸素指向性molecular beacon:hypoxic cytotoxinハイブリッド型TX-2100の分子設計, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
583)宇都 義浩, 阿江 周太郎, 永澤 秀子, 堀 均, 寺尾 純二 : ブラジル産プロポリス成分アルテピリンCのLDL抗酸化剤を目指したイソプレノミクス解析, 第125年回日本薬学会, 2005年3月.
584)中山 真一, 永澤 秀子, 藤田 智也, 橋本 敏弘, 浅川 義範, 宇都 義浩, 堀 均, Kuntz Doauglas-A : 標的タンパク質の立体構造に基づくswainsonine アナログの分子設計,立体選択的Mannich 反応によるDiversity-oriented 合成及びGMII 阻害活性, 第125年回日本薬学会, 2005年3月.
585)大山 啓, 升田 雅博, 岩田 弘, 橋本 浩二, 吉田 勝也 : チップソーによる鉄鋼材料の切断加工に関する研究, --- -親板材質が及ぼす切断性能- ---, 2005年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, 2005年3月.
586)小西 優輔, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 自然言語処理技術を用いた中学理科教授学習システム, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.D1-8, 133-136, 2005年3月.
587)松本 和幸, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 語の意味情報を考慮した感情推定アルゴリズム, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.S1-2, 145-148, 2005年3月.
588)張 羽, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 中国語感性処理における感性辞書の構築, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.S1-7, 148-165, 2005年3月.
589)Qiong Liu, Fuji Ren, Xin Lu and Shingo Kuroiwa : From Knowledge to Linguistic Expression -A Novel Stock Market Expert System using Extended Super-Function, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.A2-2, 348-351, Mar. 2005.
590)邵 敏, 尹 大鵬, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 中日数量詞の機械翻訳規制を開発するための調査分析, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.A3-2, 518-521, 2005年3月.
591)尹 大鵬, 邵 敏, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 統計情報と構文知識を利用した「把」文型の翻訳手法, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.A3-8, 542-545, 2005年3月.
592)Mohamed Abdel Fattah, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Use of Stemming for Information Retrieval, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.B3-4, 562-565, Mar. 2005.
593)金 珍玉, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 中韓機械翻訳におけるスーパー関数の構築について, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.A4-4, 558-855, 2005年3月.
594)Mohamed Abdel Fattah, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Speaker Recognition for DSR, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.D4-3, 934-937, Mar. 2005.
595)顔 加軍, 姜 沛林, 黒岩 眞吾, 任 福継 : 複合語構成規則を用いた意味解析, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.C5-1, 1036-1039, 2005年3月.
596)胡 海青, 任 福継, 黒岩 眞吾, 張 樹武 : 中国語文型の特徴を利用した観光質問応答システムの構築, 言語処理学会第11回年次大会, Vol.D5-4, 1080-1083, 2005年3月.
597)藤本 雅清, 中村 哲, 武田 一哉, 黒岩 眞吾, 山田 武志, 北岡 教英, 山本 一公, 水町 光徳, 西浦 敬信, 佐宗 晃, 宮島 千代美, 遠藤 俊樹 : 実走行車内音声認識の評価データベースCENSREC-3 とその共通評価ベースライン, 日本音響学会2005年春季研究発表会, 143-144, 2005年3月.
598)Salam Mohiuddin Abdus Sayed, Kenichi Kagawa and Katsuhiro Kawashiro : Protease-catalyzed peptide synthesis using free amino acids as nucleophiles in ice, 化学工学会第70年会, Mar. 2005.
599)小泉 大地, 大西 正裕, 柘植 覚, 獅々堀 正幹, 北 研二 : 言語メタデータに基づく画像コンテンツの検索, 言語処理学会第11回年次大会, 2005年3月.
600)川上 烈生 : プラズマ対向壁としての低放射化フェライト鋼F82Hの損耗特性, 平成17年電気学会全国大会講演論文集, 222, 2005年3月.
601)山上 喜廣, 川上 烈生, 富永 喜久雄, 岩崎 聡一郎, 松田 潤也 : 電気回路の過渡現象に関する創成型学生実験への取り組みとその教育効果, 平成17年電気学会全国大会講演論文集, 1, 2005年3月.
602)岡野 伸章, 礒田 隆司, 加藤 雅裕, 伊藤 信成, 冨田 太平 : 赤外領域におけるアウトガスによる光学面への分子汚染, 日本化学会第85春季年会, 2005年3月.
603)中野 晋 : 平成16年台風による沿岸災害, 平成16年度学術講演会テキスト, 1-5, 2005年3月.
604)大島 敏久 : 超好熱アーキアのL-プロリン脱水素酵素複合体の機能·構造解析と応用, 21世紀COEプログラム「微生物機能の戦略的活用による生産基盤拠点」第4回シンポジウム, 2005年3月.
605)早崎 芳夫, 田北 啓洋, 西田 信夫 : 爪のフェムト秒レーザー加工, 電気学会光·量子デバイス研究会研究会資料, 29-34, 2005年3月.
606)寺田 賢治 : セキュリティ画像監視の現状と今後-パネル討論会開催にあたり-, 動的画像処理実用化ワークショップ2005, 170, 2005年3月.
607)阿部 登志生, 日野 順市, 芳村 敏夫 : 非線形多自由度構造物の周波数成形によるスライディングモード制御, 日本機械学会中国四国支部第43期総会講演会講演論文集, Vol.055-1, 281-282, 2005年3月.
608)稲井 新, 日野 順市, 高木 均, 芳村 敏夫 : 超弾性材料を用いたセミアクティブ動吸振器に関する研究, 日本機械学会中国四国支部第43期総会講演会講演論文集, Vol.055-1, 265-266, 2005年3月.
609)加藤 晃一, 日野 順市, 芳村 敏夫 : 独立成分分析の機械信号処理への応用に関する研究, 日本機械学会中国四国支部第43期総会講演会講演論文集, Vol.055-1, 271-272, 2005年3月.
610)城 聡, 今枝 正夫, 岡本 正彦 : 画像処理を用いたプラスチックレンズの外観検査におけるファジイ推論による閾値の決定法, 日本機械学会中国四国支部第43期総会·講演会講演論文集, No.055-1, 393-394, 2005年3月.
611)須郷 智広, 今枝 正夫, 内田 正教, 橋本 強二 : 部分分数展開法を利用したモデルマッチ法によるPID制御系の設計, 日本機械学会中国四国支部第43期総会·講演会講演論文集, No.055-1, 283-284, 2005年3月.
612)吉野 隆, 一宮 昌司 : 円管の助走部流れの遷移過程, 日本機械学会中国四国支部第43期総会·講演会講演論文集, 137-138, 2005年3月.
613)中田 昌樹, 一宮 昌司 : Sink-flow乱流境界層における再層流化現象, --- 組織構造の変化 ---, 日本機械学会中国四国支部第43期総会·講演会講演論文集, 139-140, 2005年3月.
614)岡島 昌芳, 一宮 昌司 : 二次元混合層の乱流遷移過程, --- 線形領域の変動の成長 ---, 日本機械学会中国四国支部第43期総会·講演会講演論文集, 151-152, 2005年3月.
615)横山 昌弘, 一宮 昌司 : 平板上の突起列による乱流領域, --- 乱流くさび界面の特性 ---, 日本機械学会中国四国支部第43期総会·講演会講演論文集, 153-154, 2005年3月.
616)大北 裕司, 一宮 昌司, 中村 克孝 : 乱流境界層内に設置された傾斜フェンス後方の乱流特性, 日本機械学会中国四国支部第43期総会·講演会講演論文集, 155-156, 2005年3月.
617)上代 良文, 高橋 義一, 一宮 昌司, 大坂 英雄 : 平板後縁近傍乱流境界層の発達に及ぼすスプリッタープレートの影響, 日本機械学会中国四国支部第43期総会·講演会講演論文集, 187-188, 2005年3月.
618)石原 国彦 : シェル&チューブ型熱交換器の流体励起振動, --- (第1報,現象の把握) ---, 中国四国支部第43期総会·講演会講演論文集, Vol.055, No.1, 249-250, 2005年3月.
619)山田 浩之, Deendarlianto, 逢坂 昭治, Akira Kariyasaki : 複雑管路系における空気·水対向二相流のフラッディング現象, 日本機械学会中国四国支部第43期総会·講演会論文集, 193-194, 2005年3月.
620)長谷川 智士, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 空間光変調素子を用いた並列フェムト秒レーザー加工, 第3回卒業研究論文講演会講演予稿集, 21-22, 2005年3月.
621)新田 昌広, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 立体映像取得用両眼カメラの注視点の制御, 第3回卒業研究論文講演会講演予稿集, 23-24, 2005年3月.
622)瀬崎 英孝, 吉田 憲一, 淺岡 憲三 : 酸性フッ化ナトリウム水溶液が熱処理したチタンの機械的性質に及ぼす影響, 日本機械学会講演論文集, No.055-1, 71-72, 2005年3月.
623)坂本 裕紀, 吉田 憲一, 淺岡 憲三, 松原 敏夫 : チタン多孔体の焼結法と強度,アパタイト修飾特性, 日本機械学会講演論文集, No.055-1, 73-74, 2005年3月.
624)又野 敬明, 伊藤 照明 : 仮想空間内オブジェクト操作における力覚提示型インタフェースの有効性評価, 日本機械学会中国四国支部第43期総会・講演会, Vol.082, No.1, 912, 2005年3月.
625)西村 知晃, 伊藤 照明 : 機械加工法とRP法との比較による3次元形状作成に関する考察, 日本機械学会中国四国支部第43期総会・講演会, Vol.082, No.1, 913, 2005年3月.
626)宮田 博光, 伊藤 照明 : 穴あけ加工シミュレーションのための力覚提示装置の開発, 日本機械学会中国四国支部第43期総会・講演会, Vol.082, No.1, 915, 2005年3月.
627)平本 知之, 伊藤 照明 : プロセスシミュレーションによるETC料金所の渋滞緩和策検討, 日本機械学会中国四国支部第43期総会・講演会, Vol.082, No.1, 909, 2005年3月.
628)早崎 芳夫 : 生体内酸素状態分布を計測するための位置検出機能を有する近赤外分光プローブ, 計測自動制御学会,第23回先端電子計測部会研究会講演会「光技術を用いたバイオ先端計測の現状と展望」資料, 7-12, 2005年3月.
629)早崎 芳夫, 田上 周路, 福田 真弓, 岡 尚志, 山本 裕紹, 西田 信夫 : 生体内酸素状態分布を計測するための位置検出機能を有する近赤外分光プローブ, 第23回 先端電子計測部会 講演会「光技術を用いたバイオ先端計測の現状と展望」, 7-12, 2005年3月.
630)佐伯 よしみ, 澤 和代, 井上 正之, 三好 德和, 和田 眞 : ホウ酸シリカゲルを用いる穏和な条件下でのシリルエーテルの新規脱保護反応, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.85, 1C2-48, 2005年3月.
631)Sandra Jacqueline Lock, Norikazu Miyoshi and Makoto Wada : Formation of Nitrogen-containing Hetercycle Compounds on a Rapidly-prepared Phosphoric Acid-Silica Gel Support, Abstracts of Annual Meeting of Japan Chemical Society, Vol.85, 1B2-32, Mar. 2005.
632)浜松 克仁, 三谷 佳史, 井上 正之, 三好 德和, 和田 眞 : 無溶媒ホウ酸シリカゲル上で進行するN-アリールイミンとオレフィンを用いる[4+2]型環化反応, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.85, 1B2-33, 2005年3月.
633)室井 超帰, 吉成 潤一, 井上 正之, 三好 德和, 和田 眞 : 無溶媒ホウ酸シリカゲル上で進行するアルデヒドと不活性ジエンを用いるhetero Diels-Alder反応, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.85, 1B2-32, 2005年3月.
634)松尾 強, 池原 大哲, 幸野 正志, 和田 眞, 三好 德和 : ストロンチウムを用いる合成手法の開発(1)∼エスステルのBarbier型アルキル化反応∼, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.85, 3B3-04, 2005年3月.
635)松井 亜希, 松尾 強, 池原 大哲, 和田 眞, 三好 德和 : ストロンチウムを用いる合成手法の開発(2)∼カルボン酸のBarbier型アルキル化反応∼, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.85, 3B3-05, 2005年3月.
636)幸野 正志, 池原 大哲, 松尾 強, 和田 眞, 三好 德和 : ストロンチウムを用いる合成手法の開発(3)∼イミンを用いた反応∼, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.85, 3B3-06, 2005年3月.
637)中野 晋 : 高潮·津波ハザードマップのあり方, --- ハザードマップから防災マップへ ---, 平成16年度徳島大学防災講演会, 2005年3月.
638)柘植 覚, 獅々堀 正幹, 北 研二, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 長·短期間における音声の話者内変動に関する検討, 日本音響学会 春季研究発表会, 129-130, 2005年3月.
639)柘植 覚, 梅田 良幸, 任 福継, 黒岩 眞吾 : ベクトル量子化とEarth Mover's Distanceを用いた分散型話者認識手法, 日本音響学会 春季研究発表会, 17-18, 2005年3月.
640)桑田 大輔, 森田 和宏, 泓田 正雄, 青江 順一 : 数量情報を用いた知的検索に関する研究, 言語処理学会第11回年次大会, 265-268, 2005年3月.
641)矢田 晋, 大野 将樹, 森田 和宏, 泓田 正雄, 青江 順一 : ダブル配列構造による自然言語辞書の記憶量圧縮法, 言語処理学会第11回年次大会, 309-312, 2005年3月.
642)角谷 由貴, 森田 和宏, 泓田 正雄, 青江 順一 : 電子メールの重要文抽出と分類, 言語処理学会第11回年次大会, 321-324, 2005年3月.
643)Hidetoshi Oya, Kojiro Hagino and Hiroaki Mukaidani : A Design Method of Robust Non-Fragile Stabilizing Controllers for Uncertain Linear Continuous-Time Systems, 電子情報通信学会2005年総合大会講演論文集, 34, Mar. 2005.
644)古澤 秀介, 森田 和宏, 泓田 正雄, 青江 順一 : 人名の別表記の自動抽出手法, 言語処理学会第11回年次大会, 695-698, 2005年3月.
645)大野 将樹, 森田 和宏, 泓田 正雄, 青江 順一 : ダブル配列による自然言語辞書の高速更新法, 言語処理学会第11回年次大会, 745-748, 2005年3月.
646)鎌田 磨人 : 知ろう,考えよう.身近な自然の変化と危機, 第2回環境教育講演会, 2005年3月.
647)堀田 祐希, 森田 郁朗 : 永久磁石形磁気歯車の磁石配置とその特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.5-96, 2005年3月.
648)大磯 憲司, 森田 郁朗 : 並列固定子巻線をもつかご形誘導電動機のバー切れ時の特性解析, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.5-134, 2005年3月.
649)金田 健佑, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 直列型と並列型のアクティブフィルタの併用による高調波補償効果の検討, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.158, 255, 2005年3月.
650)相曽 達也, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 太陽電池の時分割最大出力制御実験特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.115, 179, 2005年3月.
651)長谷川 真司, 川田 昌武, 松村 司郎, 武藤 健司 : 手書き電気シーケンス図面における文字記号の自動認識に関する研究, 電気学会全国大会講演論文集, 2005年3月.
652)福田 好輝, 川田 昌武, 伊坂 勝生 : 部分放電放射電磁波測定におけるスペクトラムアナライザの分解能·ビデオ帯域幅の影響, 電気学会全国大会講演論文集, 2005年3月.
653)山中 真吾, 川田 昌武, 伊坂 勝生 : プロテオミクス実験システムから発生するELF磁界の低減の試み, 電気学会全国大会講演論文集, 2005年3月.
654)力本 健治, 川田 昌武, 伊坂 勝生, 山田 康二 : 独立成分分析によるタービンモデルの異常振動に伴う変位信号成分分離, 電気学会全国大会講演論文集, 2005年3月.
655)矢間 優希, 満倉 靖恵, 福見 稔, 赤松 則男 : 高速直接変換法を用いた音声からのピッチ抽出手法の提案, 平成17年 電気学会全国大会, Vol.3-080, 119, 2005年3月.
656)明石 卓也, 福見 稔, 赤松 則男 : 動画像における遺伝的口唇領域抽出法, 平成17年 電気学会全国大会, Vol.3-095, 140-141, 2005年3月.
657)野村 太一, 高木 均, 中岡 正典 : 天然繊維を用いた多孔質体の試作とその吸音特性に関する研究, 第34回FRPシンポジウム講演論文集, 126-128, 2005年3月.
658)萩原 悠治, 高木 均 : グリーンコンポジットの破壊とAE, 第34回FRPシンポジウム講演論文集, 129-131, 2005年3月.
659)谷川 賢治, 高木 均 : ケナフ強化グリーンコンポジットの力学特性, 第34回FRPシンポジウム講演論文集, 132-134, 2005年3月.
660)森 浩司, 高木 均 : 成形時に樹脂を用いない竹繊維グリーンコンポジットの開発, 第34回FRPシンポジウム講演論文集, 109-111, 2005年3月.
661)近本 博章, 高木 均, 浅野 彰 : ミクロフィブリル強化グリーンコンポジットの試作とその破壊挙動, 第34回FRPシンポジウム講演論文集, 112-114, 2005年3月.
662)奥野 秀明, 高木 均 : 竹繊維強化グリーンコンポジットの試作, 第34回FRPシンポジウム講演論文集, 123-125, 2005年3月.
663)浅野 彰, 高木 均 : ミクロフィブリル強化グリーンコンポジットの強度特性に関する研究, 第34回FRPシンポジウム講演論文集, 115-117, 2005年3月.
664)富永 喜久雄, 林 由佳子, 森賀 俊広, 中林 一朗 : ZnO-SnO2, ZnO-In2O3透明導電膜の作製と評価, 平成17年電気学会全国大会講演論文集, Vol.3, 3-S19(1)-3-S19(2), 2005年3月.
665)伊藤 嘉徳, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 負荷端子電圧制御系統連系インバータの実験特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.172, 280, 2005年3月.
666)山中 建二, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 不等間隔のホール素子信号を用いたブラシレスDC モータ駆動のための正確位置推定法, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.145, 231, 2005年3月.
667)木村 直樹, 野瀬 浩司, 來山 征士, 佐藤 弘明, 小中 信典 : OFDMを用いた電力線通信方式の検討, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.B-8-5, 2005年3月.
668)三谷 篤史, 矢野 智, 島本 隆, 來山 征士 : 推定誤差を考慮した可変ステップゲイン型エコーキャンセラ, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.A-4-20, 2005年3月.
669)粟飯原 淳二, 小中 信典, 佐藤 弘明, 來山 征士 : 高周波レーザ駆動回路のRCシャント回路による波形改善の検討, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.C-12-40, 2005年3月.
670)濱中 政爾, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : 超音波霧化によるエタノール水溶液の濃縮分離, 化学工学会 第70年会, 2005年3月.
671)大谷 壮介, 上月 康則, 水主 隆文, 北代 和也, 上田 薫利, 村上 仁士 : 勝浦川河口干潟に優占するヤマトオサガニの摂餌および同化について, 第52回日本生態学会要旨集, 2005年3月.
672)横山 雅彦, 石塚 永晃, 杉山 茂, 林 弘 : リン酸マグネシウムアンモニウムによる水溶性アンモニウムの連続回収, 化学工学会第70年会, 2005年3月.
673)杉山 茂, 谷本 晋也, 福田 和也, 逢坂 岳士, 林 弘 : チタン処理水酸アパタイトの光触媒活性に対する触媒調製法の影響, 化学工学会第70年会, 2005年3月.
674)森 篤史, 山本 裕紹, 柳谷 伸一郎, 岡本 敏弘, 早崎 芳夫, 河田 佳樹, 手塚 美彦, 西田 信夫 : 光応用工学を素材としたPBLプラットホームに関する研究I, 日本物理学会講演概要集, Vol.60, No.1, 381, 2005年3月.
675)三木 良紀, 阪中 裕太, 村井 啓一郎, 森賀 俊広, 中林 一朗 : クエン酸ゲル法により調製したYAG蛍光体の発光特性, 日本セラミックス協会2005年年会, 2005年3月.
676)Atsushi Mori, Kazuhiko Akasaka, Tomonori Ito, Shin-ichiro Yanagiya and Tetsuo Inoue : Monte Carlo simulation for alloy phase diagram of InGaN thin film pseudomorphic to GaN (0001) substrate, Meeting abstracts of the Physical Society of Japan, Vol.60, No.1, 280, Mar. 2005.
677)齊藤 隆仁, 真岸 孝一, 菅原 仁, 小山 晋之, 竹屋 浩幸 : Li2Pd3B超伝導体の NMR, 日本物理学会年次大会, Vol.60, No.1, 2005年3月.
678)佐藤 陽一, 古川 学, 田代 優秋, 大久保 美知子, 平井 直彦, 東 知里, 小笠原 直紀, 上月 康則 : 徳島県におけるカワバタモロコの分布と生息環境, 日本生態学会大会講演要旨集, Vol.52, 103, 2005年3月.
679)江本 和嘉子, 川人 修, 川城 克博 : イオン性液体を反応場とする酵素的ペプチド合成, 日本化学会第85春季年会, 2005年3月.
680)長瀬 寛和, 中嶋 誠, 富田 卓朗, 末元 徹, 磯部 正彦, 上田 寛 : α'-NaV2O5 における過渡反射率変化の励起強度依存性, 日本物理学会年次大会, Vol.60, No.1, 729, 2005年3月.
681)林 直人, 植月 洋平, 河村 保彦 : 長鎖アルコキシフェニル置換メソイオン化合物-C60環状付加体の溶解性とエクストルージョン反応, 日本化学会第85春季年会, 2005年3月.
682)森 康丞, 壷田 宇彦, 河村 保彦 : 光トリガーを内包した3-(アロイルメチル)-1,5-ジイン類のバーグマン環化と水素引抜き反応, 日本化学会第85春季年会, 2005年3月.
683)東 良平, 矢部 幸宏, 河村 保彦 : ジアリール置換フルベン類およびノルボルネン類の光増感電子移動反応, 日本化学会第85春季年会, 2005年3月.
684)廣瀬 由鷹, 木村 友和, 鄭 海涛, 末 信一朗, 堀 照夫, 片山 秀夫, 川上 竜巳, 大島 敏久 : リコンビナント耐熱性L-プロリン脱水素酵素を用いたLegionella属菌のDNA検出システム, 日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月.
685)辻 明彦, 湯浅 恵造, 松田 佳子 : 哺乳類ズブチリシン様セリンプロテアーゼの特性,多様性と生理的意義, 日本農芸化学会2005年度大会ワークショップ, 2005年3月.
686)湯浅 恵造, 辻 明彦, 松田 佳子 : 骨格筋分化におけるプロセシングプロテアーゼPACE4の遺伝子発現調節の解析, 日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月.
687)劉 輝, 大塚 英昭, 武田 美雄 : マルヤマカンコノキの成分, 日本薬学会 第125年会, Vol.31-0745, 2005年3月.
688)松浪 勝義, 大塚 英昭, 武田 美雄 : オオバギの葉部の成分研究, 日本薬学会 第125年会, Vol.31-0744, 2005年3月.
689)原口 雅宣, 野口 正彦, 藤井 正光, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : 金属微粒子の局在プラズモン特性の数値計算シミュレーション:形状と基板の効果, 第52回応用物理学関係連合講演会 講演予稿集, Vol.3, No.29a-YZ-2, 1164, 2005年3月.
690)岡本 敏弘, 中西 正貴, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : CdSコートAgナノ微粒子の非線形光学応答, 第52回応用物理学関係連合講演会 講演予稿集, Vol.3, No.29a-YZ-7, 1166, 2005年3月.
691)杉山 茂, 橋本 拓也, 田辺 恭彦, 林 弘 : バナジン酸マグネシウムの格子酸素移動度への2価カチオンの添加効果, 第95回触媒討論会(触媒討論会A), 2005年3月.
692)篠原 千明, 牧野 大作, 川上 智, 澤田 遼司, 山際 敦美, 杉山 茂, 林 弘 : デカリンの脱水素触媒白金への担体の効果と液膜条件, 第95回触媒討論会(触媒討論会A), 2005年3月.
693)郷田 秀一郎, 西川 良美, 小島 正樹, 櫻庭 春彦, 柊 弓絃, 大島 敏久 : X線小角散乱法を用いた超好熱アーキア由来リコンビナント酵素の活性化による構造変化の解明, 日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月.
694)北地 一也, 青木 大介, 高原 恵子, 村井 啓一郎, 森賀 俊広, 中林 一朗 : ペロブスカイト型酸窒化物LaTiO2Nの合成と光学バンドギャップの制御, 第52回応用物理学関連連合講演会, 2005年3月.
695)西村 勇介, 助田 祐志, 林 由佳子, 村井 啓一郎, 森賀 俊広, 中林 一朗, 富永 喜久雄 : ZnO-SnO2系アモルファス透明導電膜へのAl,Gaドーピングの影響, 第52回応用物理学関連連合講演会, 2005年3月.
696)米田 一成, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦, 倉光 成紀, 川端 猛, 大島 敏久 : 超好熱アーキアSulforobus tokodaii由来機能未知タンパク質ST1625のX線結晶構造解析, 日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月.
697)櫻庭 春彦, 川上 竜巳, 津下 英明, 郷田 秀一郎, 勝沼 信彦, 安藝 謙嗣, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshiiに存在する新規ATP含有アミノ酸脱水素酵素, 日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月.
698)大島 敏久, 本多 恭子, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 新居 修 : スクモ藍建て工程に関与するインジゴ還元酵素の精製と性質, 日本農芸化学会2005年度大会, 2005年3月.
699)藤井 正光, 新見 忠信, 原口 雅宣, 岡本 敏弘, 福井 萬壽夫 : ATR配置における微小球のWGM特性と散乱光特性, 第52回応用物理学関係連合講演会 講演予稿集, Vol.3, No.30a-YZ-1, 1173, 2005年3月.
700)高木 亮平, 岡田 政也, 菊田 大悟, 敖 金平, 大野 泰夫 : 熱酸化によるAlGaN/GaN MIS-HFETゲート電流の低減, 第52回応用物理学関係連合講演会, 2005年3月.
701)富田 卓朗, 木下 敬太, 松尾 繁樹 : フェムト秒レーザー誘起リップルの初期生成過程, 第52回応用物理学関係連合講演会予稿集, 1292, 2005年3月.
702)松尾 繁樹, 宮本 高志, 富田 卓朗 : マイクロレンズアレイを用いた高アスペクト比周期構造物のフェムト秒レーザー加工, 第52回応用物理学関係連合講演会予稿集, 1294, 2005年3月.
703)岡田 達也, 木本 恒暢, 松波 弘之 : SiCエピ欠陥のTEM解析, 第52回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, Vol.0, 137, 2005年3月.
704)岡田 政也, 高木 亮平, 敖 金平, 大野 泰夫 : AlGaN/GaN HFETしきい値電圧の温度及び光照射依存性, 第52回応用物理学関係連合講演会, 2005年3月.
705)早崎 芳夫, 山本 裕紹, 西田 信夫 : 光フィードバックシステムによる欠損不変な入力画像の変換, 第52回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 1147, 2005年3月.
706)能登 久典, 山田 洋平, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 立体画像取得用両眼カメラの輻輳と立体再現位置の関係, 第52回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 1148, 2005年3月.
707)山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 視覚復号型暗号を用いたセキュア情報ディスプレイにおける復号用マスクの積層化, 第52回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 1149, 2005年3月.
708)田上 周路, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : 近赤外分光プローブの生体への押し込みに対する測定信号の変化, 第52回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 1160, 2005年3月.
709)河村 大樹, 田北 啓洋, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫 : ガラスのフェムト秒レーザー加工における透明材料のコートによるデブリ付着量の提言と突起の形成, 第52回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 1289, 2005年3月.
710)山本 裕紹, 柳谷 伸一郎, 岡本 敏弘, 森 篤史, 早崎 芳夫, 河田 佳樹, 手塚 美彦, 西田 信夫 : もの作り体験を取り入れた光応用工学の導入教育の取り組み, 第52回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 488, 2005年3月.
711)早崎 芳夫 : 生体情報メディア, 第52回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 49, 2005年3月.
712)原田 悦子, 石川 新吾, 鎌田 磨人 : 草地卓越地域における景観構造の変化と要因, 第52回日本生態学会大会, 2005年3月.
713)小串 重治, 天羽 修平, 鎌田 磨人 : 二次草地の種多様性の復元に向けた数種の草原性植物の分布特性の解明, 第52回日本生態学会大会, 2005年3月.
714)柴田 浩伸, 岩田 哲郎 : フーリエ変換型位相変調方式蛍光寿命計の試作, 第52回応用物理学関係連合講演会, 2005年3月.
715)前田 彰吾, 岩田 哲郎 : 表面共鳴プラズモンセンサへのエリプソメトリの適用, 第52回応用物理学関係連合講演会, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1)上手 洋子, 西尾 芳文 : 結合カオス回路にみられる同期現象とインターミッテンシーによる同期崩壊, 第17回 回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集, 19-23, 2004年4月.
2)松浦 健二, 上田 哲史, 佐野 雅彦, 大恵 俊一郎 : 大学におけるISMS準拠のセキュリティポシリ策定に関する一考察, 情報処理学会研究報告, Vol.2004-DSM-33, 59-64, 2004年5月.
3)中田 昌樹, 一宮 昌司 : Sink flow 平板乱流境界層の再層流化現象, 第51回西日本乱流研究会講演論文集, 2004年5月.
4)小西 雅史, Deendarlianto, 逢坂 昭治 : 傾斜管内気液対向二相流におけるフラッデイング開始点について, 平成16年度第1回研究討論会, 2004年5月.
5)玄 相昊, 江村 超, 上田 哲史 : 脚式走行ロボットにおける非線形振動, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.50, 47-52, 2004年5月.
6)榎本 崇宏, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : BPNNを用いた生体システムの状態変化の評価について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.54, 37-40, 2004年5月.
7)廣友 雅徳, 毛利 公美, 森井 昌克 : 多項式環表現を利用した有限体F2mの並列乗算回路の性能評価, 信学技報, Vol.ISEC2004-9, No.53, 57-64, 2004年5月.
8)鵜川 三蔵, 大東 俊博, 白石 善明, 森井 昌克 : 内部状態遷移型ストリーム暗号の一方式, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.OIS2004-10, No.69, 7-12, 2004年5月.
9)伊沢 亮一, 毛利 公美, 森井 昌克 : 無線LANを用いたモバイル端末の位置検出法について, 信学技報, Vol.OIS-2004-3, No.68, 13-18, 2004年5月.
10)竹内 崇洋, 畑島 賢治, 市川 幸宏, 大東 俊博, 毛利 公美, 森井 昌克 : P2Pに基づく分散コンピューティングの一実験, --- 素数探索プロジェクト ---, 信学技報, Vol.OIS2004-4, No.68, 19-24, 2004年5月.
11)大東 俊博, 白石 善明, 森井 昌克 : 内部状態遷移型ストリーム暗号に対する確率的な内部状態推定法, 信学技報, Vol.OIS2004-9, No.69, 1-7, 2004年5月.
12)毛利 公美, 高橋 秀郎, 広岡 俊彦, 曽根 直人, 森井 昌克 : ネットワーク資源に対する脆弱性自動監査システムの開発, 信学技報, Vol.OIS2004-11, No.69, 13-18, 2004年5月.
13)鎌野 琢也, 安野 卓, 鈴木 茂行 : 研究室紹介 徳島大学工学部電気電子工学科鎌野研究室, 風力エネルギー, Vol.28, No.2, 82-87, 2004年6月.
14)小川 宜洋, 満倉 靖恵, 福見 稔, 赤松 則男 : 音楽鑑賞時の脳波パターンの特徴抽出, 信学技報, Vol.NC2004-42, 81-85, 2004年6月.
15)久保田 佳樹, 満倉 靖恵, 福見 稔, 赤松 則男, 安友 基勝 : 強化学習を用いた腎臓領域の自動検出, 信学技報, Vol.NC2004-38, 59-63, 2004年6月.
16)西岡 倫代, 満倉 靖恵, 福見 稔, 赤松 則男 : 遺伝的画像解析による肌のキメの測定, 信学技報, Vol.NC2004-39, 65-69, 2004年6月.
17)芳賀 良平, 満倉 靖恵, 福見 稔, 赤松 則男, 安友 基勝 : ファジィ推論による心臓壁運動異常の自動検出, 信学技報, Vol.NC2004-40, 71-75, 2004年6月.
18)川崎 博志, 満倉 靖恵, 福見 稔, 赤松 則男 : 遺伝的前処理を用いた音声圧縮, 信学技報, Vol.NC2004-41, 77-80, 2004年6月.
19)大島 敏久 : 次世代型酵素電極バイオセンサーチップの開発, 徳島大学テクノクラスター基調講演, 2004年6月.
20)豊崎 優, 上田 哲史, 辻 繁樹, 高坂 拓司 : 部分的遅れ制御とそのDSP実装, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.14, 23-28, 2004年6月.
21)新谷 洋人, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : 視覚神経回路を単純化したニューラルネットワークモデルの認識特性, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.129, 33-36, 2004年6月.
22)岡本 敏弘, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : 光情報処理デバイス開発の動向, --- 金属ナノ微粒子を用いた光情報処理デバイスの研究 ---, 光技術·ナノテクシンポジウム, 2004年6月.
23)安野 卓, 鎌野 琢也, 山中 祐治, 孫 悠洛 : 画像処理情報に基づく人間の状況判断スキルを用いた自律型移動ロボットの走行制御, 電気学会研究会資料, No.IIC04-89, 65-70, 2004年7月.
24)山上 拓男 : 斜面対策工の設計·施工にまつわる諸問題, --- 安定解析理論;地山強度の逆算法;アンカー·抑止杭の設計,など ---, グラウンドアンカー技術講演会テキスト, 2004年7月.
25)新田 佳伯, 岡久 稔也, 芥川 正武, 宮本 弘志, 大西 芳明, 木内 陽介, 西村 匡司, 伊東 進 : BPNNを用いた血液浄化施行時のヘマトクリット値の予測, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.179, 37-40, 2004年7月.
26)七條 裕衣, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 庄野 正行, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 會沢 勝夫 : ImSpector法による培養骨芽細胞に及ぼすELF変動磁界の影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.179, 49-52, 2004年7月.
27)内上 裕介, 池原 敏孝, 寺本 忠弘, 細川 敬子, 山口 久雄, 芳地 一, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : 副腎髄質由来細胞の細胞内Ca2+濃度変化に及ぼす変動強磁界曝露の影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.179, 53-56, 2004年7月.
28)村上 潤吏, 四柳 浩之, 口井 敏匡, 西川 茂樹, 橋爪 正樹, 樹下 行三 : 回路構造を基にするテストパターン非依存のスキャンツリー構成法, 第51回FTC研究会資料, 2004年7月.
29)萩野 精蔵, 西尾 芳文, 牛田 明夫 : SPICE による解曲線の追跡法と分岐点の一求解法, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.27, 19-24, 2004年7月.
30)Junji Kawata, Yuichi Tanji, Yoshifumi Nishio and Akio Ushida : A Modeling Technique of Interconnects Using Numerical Laplace Transformation, IEICE Technical Report, Vol.NLP2004, No.29, 31-36, Jul. 2004.
31)蓮井 亮二, 白石 善明, 森井 昌克 : イベント依存モデルを用いた被害予測システムの実装, 信学技報, Vol.ISEC2004-27, No.199, 91-96, 2004年7月.
32)蓮井 亮二, 白石 善明, 森井 昌克 : イベント依存モデルを用いた被害予測システムの実装, 情報処理学会研究報告, Vol.2004-CSEC-26, No.75, 91-96, 2004年7月.
33)大東 俊博, 白石 善明, 森井 昌克 : 内部状態遷移型ストリーム暗号に対する確率的な内部状態推定法に関する考察, 情報処理学会研究報告, Vol.2004-CSEC-26, No.75, 235-242, 2004年7月.
34)鵜川 三蔵, 大東 俊博, 白石 善明, 森井 昌克 : 内部状態遷移型ストリーム暗号SSSMの提案, 情報処理学会研究報告, Vol.2004-CSEC-26, No.75, 243-246, 2004年7月.
35)鵜川 三蔵, 大東 俊博, 白石 善明, 森井 昌克 : 内部状態遷移型ストリーム暗号SSSMの提案, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ISEC2004-48, No.200, 49-52, 2004年7月.
36)大東 俊博, 白石 善明, 森井 昌克 : 内部状態遷移型ストリーム暗号に対する確率的な内部状態推定法に関する考察, 信学技報, Vol.ISEC2004-47, No.200, 41-48, 2004年7月.
37)伊沢 亮一, 毛利 公美, 森井 昌克 : 無線LANを用いたモバイル端末の位置検出法(第二報), 信学技報, Vol.OIS-104, No.238, 25-30, 2004年7月.
38)市川 幸宏, 大東 俊博, 毛利 公美, 森井 昌克 : P2Pに基づく分散コンピューティングの一実験(第二報), --- P2Pによるファイルおよびサービスバックアップシステムの開発と運用 ---, 電子情報通信学会技術研究報告書, Vol.OIS2004-17, No.238, 19-24, 2004年7月.
39)平野 朋広 : 立体構造に重点を置いたアニオンおよびラジカル重合の反応制御, 徳島大学工業会会報, No.50, 4-6, 2004年8月.
40)森井 昌克 : 森井教授のインターネット講座, 朝日新聞, 2004年8月.
41)森 陽司, 柘植 覚, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 複数の雑音モデルを用いた風雑音除去手法, 信学技報, Vol.SP2004-52, 31-36, 2004年8月.
42)森 陽司, 柘植 覚, 任 福継, 黒岩 眞吾 : 複数雑音モデルを用いた風雑音除去手法, 信学技報, Vol.SP2004, No.52, 31-36, 2004年8月.
43)梅田 良幸, 福田 一平, 柘植 覚, 任 福継, 黒岩 眞吾 : Earth Mover's Distanceを用いた分散型話者認識, 信学技報, Vol.SP2004, No.51, 25-30, 2004年8月.
44)高木 均 : 国際会議報告:5th Global Wood and Natural Fibre Composites Symposium,HPSM2004 及びECCM-11, 日本材料学会複合材料部門委員会グリーンコンポワーキンググループ公開講演会, 1-4, 2004年8月.
45)鈴木 浩治, 大窪 和也, 高木 均, 合田 公一 : 天然繊維の強度信頼性の扱いについて, 日本材料学会複合材料部門委員会グリーンコンポワーキンググループ公開講演会, 1-12, 2004年8月.
46)一宮 昌司 : 2次元ノズル下流に形成される混合層の乱流遷移, 第22回西日本乱流シンポジウム講演論文集, 2004年8月.
47)吉野 隆, 一宮 昌司 : 円管内の単一突起によって発生する乱流領域の発達, 第22回西日本乱流シンポジウム講演論文集, 2004年8月.
48)久保 靖, 寺田 賢治, 宮原 宏幸 : カラーモーションキャプチャを用いた阿波踊りの動きの解析, 電気学会情報処理・産業システム情報化合同研究会, No.IIS-04-19, 1-6, 2004年9月.
49)福田 幸啓, 寺田 賢治 : 顔の表情変化を用いた男女識別の試み, 電気学会情報処理・産業システム情報化合同研究会, No.IIS-04-30, 67-72, 2004年9月.
50)伊藤 照明 : 協調学習型CAD演習から,産学連携型授業へ, 第5回・コンピュータ援用生産工学研究会, 2004年9月.
51)森岡 斎, 多田 吉宏 : 機械工学科における技術者導入教育とその課題, --- 徳島大学工学部機械工学科における取組み ---, 第2回技術者導入教育研究会, 2004年9月.
52)廣友 雅徳, 毛利 公美, 森井 昌克 : LDPC符号の確率的な重み分布導出法, 電子情報通信学会技術報告書, Vol.IT2004-45, No.302, 2004年9月.
53)西岡 倫代, 満倉 靖恵, 福見 稔, 赤松 則男 : 遺伝的画像解析による肌のキメの測定, 電気学会情報処理·産業システム情報化合同研究会, Vol.IP-04-20, 61-66, 2004年9月.
54)久保田 佳樹, 満倉 靖恵, 福見 稔, 赤松 則男, 安友 基勝 : 改良型強化学習による腎臓領域の自動検出, 電気学会情報処理·産業システム情報化合同研究会, Vol.IP-04-23, No.IIS-04-32, 79-83, 2004年9月.
55)芳賀 良平, 満倉 靖恵, 福見 稔, 赤松 則男, 安友 基勝 : 心臓疾患の自動検出の一手法, 電気学会情報処理·産業システム情報化合同研究会, Vol.IP-04-24, No.IIS-04-33, 85-90, 2004年9月.
56)山上 拓男 : 斜面対策工の設計·施工にまつわる諸問題, --- 安定解析理論;地山強度の逆算法;アンカー·抑止杭の設計,など ---, 地盤工学に関する勉強会テキスト, 16-41, 2004年9月.
57)村上 昭継, 芥川 正武, 木内 陽介, 黒田 泰弘, 大西 芳明, 西村 匡司, 真柄 睦, 臼倉 勝男, 中原 健治 : 集中治療室における医療機器警報支援システムの開発, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.319, 33-36, 2004年9月.
58)大西 量也, 北條 昌秀, 大西 徳生, 三谷 康範, 佐伯 修, 鵜飼 裕之 : 多地点同期計測に基づく周波数変動特性に関する検討, 電気学会研究会資料, Vol.PE-04(PSE-04), No.28(28), 13-18, 2004年9月.
59)片山 恵美, 三谷 康範, 佐伯 修, 北條 昌秀, 鵜飼 裕之 : 同期位相計測技術を用いた位相角変動特性の解析, 電気学会研究会資料, Vol.PE-04(PSE-04), No.26(26), 1-6, 2004年9月.
60)松下 明広, 三谷 康範, 佐伯 修, 北條 昌秀, 鵜飼 裕之 : 同期位相計測技術を用いた西日本60Hz系統の地域間動揺特性の解析, 電気学会研究会資料, Vol.PE-04(PSE-04), No.29(29), 19-24, 2004年9月.
61)橋口 卓平, 佐伯 修, 辻 毅一郎, 三谷 康範, 北條 昌秀, 鵜飼 裕之, 佐藤 大作 : 多地点同期フェーザ量計測による発電機動揺特性の推定, 電気学会研究会資料, Vol.PE-04(PSE-04), No.27(27), 7-12, 2004年9月.
62)佐藤 弘明, 吉田 則信, 來山 征士, 小中 信典 : 半導体磁化プラズマを利用したフォトニック結晶スイッチング素子の基本特性解析, 電気学会電磁界理論研究会資料, 65-70, 2004年9月.
63)吉田 則信, 佐藤 弘明 : 導体系を含む放電に伴う近傍電磁界のスカラーおよびべクトルポテンシャル空間回路網による時間応答解析, 電気学会電磁界理論研究会資料, 59-64, 2004年9月.
64)太田 豊, 鵜飼 裕之, 中村 光一, 三谷 康範, 北條 昌秀, 佐伯 修 : PMUによる位相角波形からの電力動揺モード検出法, 電気学会研究会資料, Vol.PE-04(PSE-04), No.48(48), 37-40, 2004年9月.
65)黒江 紀仁, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 電圧形インバータ方式型限流器の限流効果の実験による検証, 電気学会研究会資料, Vol.PE-04(PSE-04), No.71(71), 17-22, 2004年9月.
66)矢野 允啓, 鎌野 琢也, 安野 卓, 原田 寛信 : ニューラルネットワークによる障害物回避と軌道復帰を考慮した自律型移動ロボットの行動制御, 第14回インテリジェント·システム·シンポジウム講演論文集, No.1-204, 51-52, 2004年10月.
67)笠井 優華, 鎌野 琢也, 安野 卓, 原田 寛信 : 歩行環境変化に対する4脚ロボットの転倒危険度計測, 第14回インテリジェント·システム·シンポジウム講演論文集, No.1-103, 5-6, 2004年10月.
68)糠野 友彦, 福見 稔, 赤松 則男 : ニューラルネットワークによる自動車のナンバープレート文字認識, 第14回インテリジェント·システム·シンポジウム講演論文集, 57-60, 2004年10月.
69)松村 悠司, 福見 稔, 赤松 則男 : ニューラルネットワークによる手首EMG動作認識システム, 第14回インテリジェント·システム·シンポジウム講演論文集, 79-84, 2004年10月.
70)森山 純達, 福見 稔, 赤松 則男 : インタラクティブGAによる画像へのキーワード付加, 第14回インテリジェント·システム·シンポジウム講演論文集, 217-220, 2004年10月.
71)端野 道夫 : 森林の水源かん養機能とその限界について, (社)日本地すべり学会関西支部現地討論会, 1-28, 2004年10月.
72)Azhim Azran, Yuji Hirao, Yohsuke Kinouchi, Hisao Yamaguchi and Kazuo Yoshizaki : A change of maximum blood flow velocity in the human arteries during involuntarypostural changes, IEICE Technical Report, Vol.104, No.401, 5-8, Nov. 2004.
73)広岡 俊彦, 白石 善明, 森井 昌克, 星澤 祐二, 中尾 康二 : ウイルス仮想感染モニタリングシステム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.ISEC2004-92, No.422, 51-56, 2004年11月.
74)福田 洋治, 細谷 匠, 白石 善明, 森井 昌克 : P2Pサービス向け使い捨て鍵型認証方式, 信学技報, Vol.ISEC2004-89, No.422, 29-36, 2004年11月.
75)福田 洋治, 二宮 健人, 白石 善明, 森井 昌克 : サービスコネクタによるアクセス制御とシングルサインオンの実現, 信学技報, Vol.ISEC2004-90, No.422, 37-44, 2004年11月.
76)市川 幸宏, 神園 雅紀, 白石 善明, 森井 昌克 : ウイルス解析を目的としたメモリ上の不正コード検出システムの構築, 信学技報, Vol.ISEC2004-93, No.422, 57-62, 2004年11月.
77)蓮井 亮二, 白石 善明, 森井 昌克 : イベント依存モデルによる不正アクセス予測システムの設計, 信学技報, Vol.ISEC2004-94, No.422, 63-68, 2004年11月.
78)石丸 啓輔, 水口 裕之, 橋本 親典, 上田 隆雄 : 細骨材補充混和材としてⅡ種フライアッシュを使用したコンクリートの性質, セメント·コンクリート研究討論会論文報告集(論文), Vol.31, 35-38, 2004年11月.
79)山中 建二, 北條 昌秀, 大西 徳生 : ホール素子信号逓倍方式によるブラシレスDCモータ制御システム, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-04(IEA-04), No.141(59), 29-33, 2004年11月.
80)高木 均 : 国際会議報告:Fiber Society 2004 年次大会報告, 日本材料学会複合材料部門委員会グリーンコンポワーキンググループ講演会, 1-6, 2004年11月.
81)村上 仁士 : 南海地震と津波対策について, --- 津波災害を最小化するために ---, 第100回全国土地収用研究会講演記録, 1-23, 2004年11月.
82)上手 洋子, 西尾 芳文 : セル·アセンブリ機能をもたせた階層型ニューラルネットワークの BP 学習, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.86, 61-64, 2004年11月.
83)辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博, 合原 一幸 : 電気シナプスと抑制性シナプスによって結合される 変形BVPニューロンモデルにみられる同期現象について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.84, 49-54, 2004年11月.
84)中村 哲, 武田 一哉, 黒岩 眞吾, 北岡 教英, 山田 武志, 山本 一公, 西浦 敬信, 佐宗 晃, 水町 光徳, 宮島 千代美, 藤本 雅清, 遠藤 俊樹 : 実環境下音声認識の評価の標準化とその動向, 音声言語シンポジウム, Vol.54, 139-144, 2004年12月.
85)藤本 雅清, 中村 哲, 武田 一哉, 黒岩 眞吾, 山田 武志, 北岡 教英, 山本 一公, 水町 光徳, 西浦 敬信, 佐宗 晃, 宮島 千代美, 遠藤 俊樹 : CENSREC-3 実走行車内単語音声データベースと評価環境の構築, 音声言語シンポジウム, Vol.SLP54, 235-240, 2004年12月.
86)藤本 佳照, 四柳 浩之, 橋爪 正樹, 為貞 建臣 : レイアウト情報を用いた故障候補エリアの抽出, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.478, 79-84, 2004年12月.
87)平野 朋広 : 水素結合性コンプレックス形成を利用した立体特異性ラジカル重合, 中四国高分子研究会2004-新しい高分子合成法の開発を目指して, 2004年12月.
88)堀田 祐希, 森田 郁朗 : 永久磁石形磁気歯車の基礎特性, 回転機研究会資料, Vol.RM-04, No.172, 69-74, 2004年12月.
89)高木 均 : 環境に優しく多くの機能を有するグリーンコンポジットの紹介, 四国地域におけるグリーンコンポジット関連技術の事業化可能性に関する検討会, 1-5, 2004年12月.
90)津嘉山 正夫 : マイクロ波を用いる天然物·ポリフェノール誘導体の迅速全合成, マイクロ波応用技術研究会 第7回, 2004年12月.
91)原口 雅宣 : ナノ金属微粒子の局在プラズモンと非線形光応答, 第3回神戸大学VBLセミナー, 2004年12月.
92)好井 浩喜, 上田 哲史, 川上 博 : ニュートンホモトピー法を応用した3次元分岐局面の構成法について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.91, 15-20, 2005年1月.
93)岡本 敏弘, 中西 正貴, 藤井 正光, 小川 利昭, 原口 雅宣, 福井 萬壽夫 : 金属ナノ微粒子と光カー媒質による非線形光学応答, 第3回プラズモニクスシンポジウム, 2005年1月.
94)永島 友彦, 四柳 浩之, 橋爪 正樹, 為貞 建臣 : 初期状態を考慮する部分スキャンシフトを用いたテスト生成について, 第52回FTC研究会資料, 2005年1月.
95)袁 飛, 光原 弘幸, 金西 計英, 矢野 米雄 : 競合的情報共有アプローチによるWeb教材オーサリングシステム, 教育システム情報学会研究報告, Vol.19, No.4, 51-56, 2005年1月.
96)青野 修一, 西尾 芳文, 長谷川 幹雄 : カオスノイズを注入した 2-opt 法による TSP 解析, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.94, 31-34, 2005年1月.
97)小田 将敬, 楊 宗晃, 西尾 芳文, 牛田 明夫 : CNN を用いた二次元導体板の解析手法, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.96, 41-44, 2005年1月.
98)谷口 陽介, 矢部 紘央, 西尾 芳文, 牛田 明夫 : フーリエ変換器を用いた非線形振動回路の動特性解析, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.104, 27-32, 2005年1月.
99)荒井 伸太郎, 西尾 芳文 : ノンコヒーレント CSK 通信方式の研究, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.106, 39-42, 2005年1月.
100)嶽 奈津美, 西尾 芳文, 山里 敬也 : UWB カオスレーダのクラッタ除去法, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.108, 49-52, 2005年1月.
101)細川 康輝, 西尾 芳文 : ウィーンブリッジ発振器と共振器を用いたカオス回路, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.114, 81-86, 2005年1月.
102)西内 悠祐, 上田 哲史, 太田 能 : 非線形曲線を導入したネットワークルータにおける輻輳制御, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.107, 43-48, 2005年1月.
103)矢野 米雄, 植野 真臣 : 巻頭言·特集号 「ICTを用いた科学技術教育」刊行にあたって, 日本教育工学会論文誌, Vol.28, No.3, 149, 2005年1月.
104)植野 真臣, 矢野 米雄 : 展望·科学的実践と協働を実現するeラーニング, 日本教育工学会論文誌, Vol.28, No.3, 151-162, 2005年1月.
105)竹内 敏己, 今井 仁司, 坂口 秀雄 : 時間に関する変数変換を用いた熱伝導逆問題に対する数値計算, 第54回理論応用力学講演会講演論文集, 543-544, 2005年1月.
106)松村 悠司, 福見 稔, 赤松 則男 : EMG信号を用いた手首動作認識システム, 電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会, Vol.NC2004, No.133, 49-54, 2005年1月.
107)中野 実代子, 安酸 史子, 福見 稔 : マーケティングデータ収集のための年代·性別の分類, 電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会, Vol.NC2004, No.130, 31-36, 2005年1月.
108)藤本 雅清, 中村 哲, 武田 一哉, 黒岩 眞吾, 山田 武志, 北岡 教英, 山本 一公, 水町 光徳, 西浦 敬信, 佐宗 晃, 宮島 千代美, 遠藤 俊樹 : 実走行車内 単語音声データベースCENSREC-3 と共通評価環境の構築, 音声言語情報処理研究会, Vol.SLP55, 41-46, 2005年2月.
109)原口 雅宣 : マイクロサイズの誘電体微粒子の光学特性, (社)レーザー学会 中国·四国支部 平成16年度第2回講演会/徳島大学サテライトベンチャービジネスラボラトリー講演会, 2005年2月.
110)山上 拓男 : 斜面対策工の設計·施工にまつわる諸問題, --- 安定解析理論;地山強度の逆算法;アンカー·抑止杭の設計,など ---, 地盤工学に関する勉強会テキスト, 39-64, 2005年2月.
111)黒岩 眞吾, 柘植 覚, 任 福継, 來山 征士 : 統計的手法を用いた音声信号の復元手法の改良, 徳島大学工学部研究報告, Vol.50, 26-32, 2005年3月.
112)藤原 伸幸, 寺田 賢治 : 自己相似性に着目した火災煙の計測, 電気学会産業計測制御研究会, No.IIC-05-29, 75-80, 2005年3月.
113)國矢田 純, 福田 幸啓, 寺田 賢治 : 顔の表情変化を用いた男女識別, 電気学会産業計測制御研究会, No.IIC-05-30, 67-72, 2005年3月.
114)藤井 邦雄, 長尾 文明, 他38名 : 風環境(ビル風)評価の現状と課題, 1-126, 2005年3月.
115)蒋 景彩, 山上 拓男 : 非均質な地すべり地山強度の逆解析法とその平成16年台風10号被災地への一適用事例, 土木学会四国支部,社団法人地盤工学会四国支部 平成16年度学術講演会テキスト, 21-28, 2005年3月.
116)安野 卓 : プロジェクト演習におけるもの作り教育と継続学習への取り組み, 工学教育シンポジウム2005, 2005年3月.
117)蒋 景彩, 山上 拓男 : 均質破壊斜面における強度定数の逆算図表, 土木学会四国支部,社団法人地盤工学会四国支部 平成16年度学術講演会テキスト, 29-41, 2005年3月.
118)今泉 洋子, 尾澤 昌悟, 蛭川 幸史, 山田 恒, 川北 雅子, 中村 好徳, 金澤 毅, 服部 正巳, 福井 壽男, 木内 陽介, 戸苅 彰史, 田中 貴信 : 培養骨芽細胞の石灰化に対する静磁場の影響, 平成16年度 第2回研究成果報告会 抄録集, 26, 2005年3月.
119)平野 朋広 : 水素結合で錯化したN-イソプロピルアクリルアミドの立体特異性ラジカル重合, 2004年度東工大資源研若手フォーラム, 2005年3月.
120)高木 均 : 竹の機能を生かした環境調和型材料の開発, 山口県第6回竹資源化連携委員会, 1-8, 2005年3月.
121)森岡 斎, 多田 吉宏 : 徳島大学工学部機械工学科での技術者導入教育の試み, --- アンケート調査結果から ---, 第3回技術者導入教育研究会, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 報告書

1)矢田部 龍一, 長谷川 修一, 望月 秋利, 岡村 眞, 笹原 克夫, 岩田 知孝, 岡村 未対, 山中 稔, 上路 茂, 右城 猛 : 徳島県における沖積地盤と徳島平野の地盤構造, 四国の地盤情報の調査活用研究委員会報告書, 高松, 2004年4月.
2)平尾 潔, 澤田 勉, 成行 義文 : 加速度ー変位応答スペクトルを用いた道路橋の耐震安全性照査に関する研究, 平成13~平成15年度科学研究補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書, 2004年5月.
3)三神 厚, 森西 由記, 澤田 勉 : 地震時における埋設構造物と地盤の動的相互作用解析の簡便化に関する研究, 徳島大学地域防災研究会年次報告, Vol.3, 徳島, 2004年5月.
4)大島 敏久, 櫻庭 春彦, 高橋 正明 : アフィニティリガンド結合磁性粒子の開発, 徳島大学地域共同研究センター研究成果報告書, Vol.13, 31-32, 徳島, 2004年8月.
5)大島 敏久, 本仲 純子, 郷田 秀一郎, 和田 友良 : 新規酵素バイオセンサーの開発, 徳島大学地域共同研究センター研究成果報告書, Vol.13, 68-69, 徳島, 2004年8月.
6)Chiaki Shinohara, Toshihiro Moriga, Satoshi Kawakami, Hiromu Hayashi and Shigeru Sugiyama : Identification of Catalytic Active Sites for the Dehydrogenation on Pt/C with XAFS, Photon Factory Activity Report 2003, Vol.21B, 158, Tsukuba, Nov. 2004.
7)大島 敏久 : 超好熱古細菌の補酵素NAD(P)の生合成系の解明, --- ゲノム情報に基づく関連酵素の機能と構造解析 ---, 旭硝子財団助成研究成果報告, 41-42, 東京, 2004年12月.
8)富田 卓朗, 村山 明宏 : 希薄磁性半導体量子ドットにおけるスピン機能性の開拓, 村田学術振興財団年報, No.18, 213-223, 京都, 2004年12月.
9)蒋 景彩, 山上 拓男 : 5.4 上那賀町白石市宇のフロン谷土石流, 社団法人地盤工学会四国地域豪雨災害緊急調査団報告書, 2005年.
10)鎌田 磨人 : 二次草地の保全に向けた施策立案のための学術的・保全生態学的研究, 科学研究費補助金基盤研究(B 1)研究成果報告書(課題番号143802763), 1-152, 2005年.
11)松尾 繁樹, 森 篤史, 鈴木 良尚 : 高品質コロイド結晶成長技術の確立, 徳島大学工学部研究報告, Vol.50, 徳島, 2005年.
12)伊藤 照明 : 第14回欧州シミュレーションシンポジウム, 研究助成・国際交流活動報告集, No.13, 60-63, 東京, 2005年2月.
13)杉山 茂, 他36名 : 触媒に関する報告書(XV), 化学工学会反応工学部会触媒反応工学分科会2004年度報告書, 東京, 2005年3月.
14)蒋 景彩, 山上 拓男 : 平成16年台風10号による土砂災害の概要と一被災地への地すべり地山強度逆解析法の適用, 平成16年台風災害に関する学術調査 徳島大学教育研究プロジェクト推進費調査成果報告書, 15-22, 2005年3月.
15)蒋 景彩, 神田 幸正, 能野 一美 : 斜面の耐震性評価に関する検討:過去の地震による被害事例の整理(1995年兵庫県南部地震), 平成16年度JH四国支社管内耐震性評価手法検討業務報告書, 2005年3月.
16)川上 烈生 : デタッチプラズマ照射下の炭素材から放出された炭素不純物の振舞いに関する研究, 平成16年度核融合科学研究所LHD数値解析システム利用共同研究報告書, 日本, 2005年3月.
17)桐山 聰, 日下 一也, 英 崇夫 : 動きはじめた創成学習―徳島大学創成学習開発センターの活動, 大学教育研究ジャーナル(徳島大学), No.2, 95-106, 徳島, 2005年3月.
18)須田 栄作, Bernard Pacaud, 森賀 俊広, 村井 啓一郎, 森 昌史 : 機能性セリウム酸化物ナノ粒子及びその量産技術の開発, 平成16年度地域新生コンソーシアム研究開発事業 成果報告書, 2005年3月.
19)櫻庭 春彦 : 超好熱菌由来の高度耐熱性アルドラーゼによるキラルポリオールの合成, 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C))成果報告書, 2005年3月.

2005年度(平成17年度)

2005年度(平成17年度) / 著書

1)Hiroaki Imade, Naoaki Mizuguchi, Isao Ono, Norihiko Ono and Masahiro Okamoto : "Gridifying" an Evolutionary Algorithm for Inference of Genetic Networks Using the Improved GOGA Framework and Its Performance Evaluation on OBI Grid, in A. Konagaya and K. Sato(Eds.): Grid Computing in Life Science: First International Life Science Grid Workshop, LSGRID 2004, Revised Selected and Invited Papers, Springer Berlin / Heidelberg, Berlin, Apr. 2005.
2)大内 淑代 : 予防医学事典(分担), --- 156. 線維芽細胞増殖因子 ---, 朝倉書店, 東京, 2005年5月.
3)金品 昌志 : リポソー厶応用の新展開 ∼人工細胞の開発に向けて∼, --- 第1章 リポソームの基本的物性 1.2 高圧力下における相挙動 ---, 株式会社エヌ·ティー·エス, 東京, 2005年6月.
4)Hiroaki Ogata, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : Computer Support for Synchronous Asynchronous and Blended Awareness in Collaborative Learning, Ohmsha/IOS Press, Tokyo, Jul. 2005.
5)計測・センサ応用によるシステムの多機能化協同研究委員会 編, 寺田 賢治 : 3.2章,あとがき, 電気学会, 東京, 2005年7月.
6)魚本 健人, 橋本 親典, 他50名 : 吹付けコンクリート指針(案)[トンネル編], 社団法人 土木學會, 東京, 2005年7月.
7)魚本 健人, 橋本 親典, 宇治 公隆, 他49名 : 吹付けコンクリート指針(案)[のり面編], 社団法人 土木學會, 東京, 2005年7月.
8)魚本 健人, 橋本 親典, 武若 耕司, 他49名 : 吹付けコンクリート指針(案)[補修·補強編], 社団法人 土木學會, 東京, 2005年7月.
9)橋本 親典, 岡田 清, 笠井 芳夫, 池永 博威, 笠井 哲郎, 飛内 圭之, 加賀 秀治, 河辺 伸二, 露木 尚光 : 平成17年版 コンクリート技士合格必携, --- 試験問題と解答・解説 ---, 株式会社 技術書院, 東京, 2005年7月.
10)橋本 親典, 岡田 清, 笠井 芳夫, 池永 博威, 笠井 哲郎, 飛内 圭之, 加賀 秀治, 河辺 伸二, 露木 尚光 : 平成17年版 コンクリート主任技士合格必携, --- 試験問題と解答・解説 ---, 株式会社 技術書院, 東京, 2005年7月.
11)富永 喜久雄 : (共著)脱ITOに向けた透明導電膜の低抵抗・低温・大面積製膜技術, 株式会社 技術情報協会, 東京, 2005年7月.
12)端野 道夫 : 森林の洪水低減·渇水緩和機能とその定量評価法, 水理委員会, 東京, 2005年8月.
13)Hiroaki Ogata : Proceeding of the third IEEE Internatinal Workshop on Wireless and Mobile Technologies in Education, IEEE CS Press, Canada/Switzerland, Nov. 2005.
14)高麗 寛紀 : 表面·界面工学大系 下巻 応用編(分担), 株式会社 テクノシステム, 東京, 2005年11月.
15)高木 均 : 環境調和複合材料の開発と応用, 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2005年11月.
16)Chikanori Hashimoto : Standard specifications for concrete structures -2002 "Materials and Construction", --- Chapter 24 Shotcrete ---, Japan Society of Civil Engineers, Tokyo, Dec. 2005.
17)緒方 広明 : 人工知能ハンドブック, --- 第 18章 -ユビキタスラーニング ---, 共立出版株式会社, 東京, 2005年12月.
18)矢野 米雄 : 人工知能学事典, --- 第18章 -17 教育エージェント ---, 共立出版株式会社, 東京, 2005年12月.
19)Yves Rubin, Yasuhiko Kawamura and Iris Lamparth : Chemistry and Reactivity of Fullerenes, World of Carbon Book Series, Vol. 2, Fullerenes and Nanotubes, Gordon and Breach Science Publishers, New York, 2005.
20)三戸 太郎, 中村 太郎, 宇田 知弘, 大内 淑代, 野地 澄晴 : 第2章 コオロギの脚の再生メカニズム, コロナ社, 2006年.
21)高麗 寛紀 : 食品工学ハンドブック(分担), 朝倉書店, 東京, 2006年1月.
22)水口 裕之 : レオロジーデータハンドブック, --- 7.2.2 モルタル,コンクリート ---, 丸善 株式会社, 東京, 2006年1月.
23)酒井 士郎, 高橋 清,他 : ワイドギャップ半導体光・電子デバイス, 森北出版株式会社, 2006年2月.
24)Yoko Uwate, Yoshifumi Nishio and Akio Ushida : Complex Behavior and its Analysis in Chaotic Circuits Networks with Intermittency, --- Complex Computing-Networks, Springer Proceedings Physics (vol. 104), Izzet Cem Goknar and Levent Sevgi (Ed.), pp. 297-304 ---, Springer, Berlin, Feb. 2006.
25)松木 均 : バイオ研究がぐんぐん進むコンピュータ活用ガイド, --- 第1章 コンピュータを使うための基本作法 ---, 株式会社 羊土社, 東京, 2006年2月.
26)Masuo Fukui, Toshihiro Okamoto and Masanobu Haraguchi : Linear and Nonlinear Optical Response of Concentric Metallic Nanoshells, Elsevier Science, Amsterdam, Mar. 2006.
27)Masuo Fukui, Toshihiro Okamoto and Masanobu Haraguchi : Linear and Nonlinear Optical Response of Concentric Metallic Nanoshells, in "Nanoplasmonics From Fundamentals to Applications", --- Handai Nanophotonics Volume 2 ---, Elsevier, Amsterdam, Mar. 2006.
28)出村 克宣, 上田 隆雄 : コンクリート診断技術'06, --- 7章 対策·補修·補強工法 ---, 社団法人 日本コンクリート工学協会, 東京都, 2006年3月.
29)津田 和彦, 望月 久稔, 泓田 正雄 : コンピュータアルゴリズム, 共立出版株式会社, 東京, 2006年3月.
30)山上 拓男, 地盤工学用語辞典改訂編集委員会 : 地盤工学用語辞典, 社団法人 地盤工学会, 東京, 2006年3月.
31)長尾 文明, 建築学会強風災害調査ワーキンググループ : 2004年の強風被害とその教訓-強風被害が残したもの-, 社団法人 日本建築学会, 東京, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Kaoru Ohya, Tetsuo Tanabe, Andreas Kirschner, Takeshi Hirai, Volker Philipps, Motoi Wada, Tadashi Ohgo and Nobuaki Noda : Dynamic transition between erosion and deposition on a tungsten surface exposed to edge plasmas containing carbon impurities, Journal of Nuclear Materials, Vol.337-339, 882-886, 2005.
2)Honghie Zhang, Yohei Shinmyo, Taro Mito, Katsuyuki Miyawaki, Isao Sarashina, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Expression patterns of the homeotic genes Scr, Antp, Ubx, and abd-A during embryogenesis of the cricket Gryllus bimaculatus, Gene Expression Patterns, Vol.5, No.4, 491-502, 2005.
3)Retsuo Kawakami and Mitani Takenori : Simulation Study on Influence of Chemically Eroded Higher Hydrocarbons on SOL Impurity Transport and Effect of Dynamical Material Mixing on Erosion/Deposition of Tungsten Surfaces Exposed to Plasma Boundary, Journal of Nuclear Materials, Vol.337-339, 45-49, 2005.
4)Tao Wang, G Raviprakash, F Ranalli, N C Harrison, Jie Bai, R J P David, J P Parbrook, Jin-Ping Ao and Yasuo Ohno : Effect of Strain Relaxation and Exciton Localization on Performance of 350-nm AlInGaN Quantum Light-Emitting Diodes, Journal of Applied Physics, Vol.97, No.8, 083104-1-083104-4, 2005.
5)Kiyoshi Mori, Noboru Niki, Teturo Kondo, Yukari Kamiyama, Teturo Kodama, Yoshiki Kawata and Noriyuki Moriyama : Development of a Novel Computer-Aided Diagnosis System for Automatic Discrimination of Malignant From Benign Solitary Pulmonary Nodules on Thin-section Dynamic Computed Tomography, Journal of Computer Assisted Tomography, Vol.29, No.2, 215-222, 2005.
6)Huaxia Yao, Michio Hashino and Yuan Zuoxing : Simulating effects of climate change on evapotranspiration of major crops in China, IAHS Publication series (Red Books), No.295, 189-197, 2005.
7)川田 昌武, 山田 康二, 金子 康智, 伊坂 勝生 : タービンモデルにおける振動現象のウェーブレット変換による時間周波数可視化, 電気学会論文誌B (電力・エネルギー部門誌), Vol.125, No.4, 434-440, 2005年.
8)橋口 卓平, 渡邊 政幸, 松下 明広, 三谷 康範, 佐伯 修, 辻 毅一郎, 北條 昌秀, 鵜飼 裕之 : 多地点同期フェーザ量計測に基づく電力動揺の特性係数の同定, 電気学会論文誌B (電力・エネルギー部門誌), Vol.125, No.4, 417-424, 2005年.
9)Shuji Taue, Mayumi Fukuda, Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Near-infrared spectroscopy probe with position sensor, Optical Review, Vol.12, No.2, 149-154, 2005.
10)Toshio Yoshimura and Itaru Teramura : Active suspension control of a one-wheel car model using single input rule modules fuzzy reasoning and a disturbance observer, Journal of Zhejiang University: Science A, Vol.6A, No.4, 251-256, 2005.
11)Daigo Kikuta, Jin-Ping Ao and Yasuo Ohno : Evaluation of Surface States of AlGaN/GaN HFET Using Open-Gated Structure, IEICE Transactions on Electronics, Vol.E88-C, No.4, 683-689, 2005.
12)持橋 大地, 菊井 玄一郎, 北 研二 : 言語表現のベクトル空間モデルにおける最適な計量距離, 電子情報通信学会論文誌(D-II), Vol.J88-D-II, No.4, 747-756, 2005年.
13)Hiroshi Takebayashi and Takeshi Okabe : Prediction of sediment budgets using a one-dimensional bed deformation model with a general cross-section, Sediment Budgets, Des E. Walling & Arthur J. Horowitz (eds), Vol.291, No.1, 1-9, 2005.
14)Toshitaka Ikehara, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Hitoshi Houchi, Ki Ho Park, Kazuo Minakuchi, Hideki Kashimoto, Mitsuo Kitamura, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying strong magnetic field on transient increase in Ca2+ release induced by cytosolic Ca2+ in cultured pheochromocytoma cells, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1724, No.1-2, 8-16, 2005.
15)Shanta Ranjan Saha, Hitoshi Sugawara, Yuji Aoki, Hideyuki Sato, Yoshihiko Inada, Hiroaki Shishido, Rikio Settai, Yoshichika Onuki and Hisatomo Harima : Fermi surface of LaRu4P12: A clue to the origin of the metal-insulator transition in PrRu4P12, Physical Review B, Condensed Matter and Materials Physics, Vol.71, No.13, 132502-1-132502-4, 2005.
16)Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki and Nobuo Nishida : Secure Information Display with Two Limited Viewing Zones Using Two Decoding Masks Based on Visual Secret Sharing Scheme, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.44, No.4A, 1803-1807, 2005.
17)村本 桂久, 田村 勝弘, 谷脇 孝典, 高井 信吾, 鈴木 良尚 : 窒素ガス加圧によるスダチ果汁中溶存酸素の除去, 日本食品科学工学会誌, Vol.52, No.4, 178-182, 2005年.
18)戸川 聡, 金西 計英, 矢野 米雄 : WAVISABI:Web閲覧特性に基づく管理者支援のための利用動向可視化システム, 情報処理学会論文誌, Vol.46, No.4, 985-994, 2005年.
19)Takeshi Mori, Takushi Watanabe, Keiji Minagawa and Masami Tanaka : Self-Assembly of Oligo(p-phenylenevinylene)-block-Poly(ethylene oxide) in Polar Media and Solubilization of an Oligo(p-phenylenevinylene) Homooligomer inside the Assembly, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.43, No.8, 1569-1578, 2005.
20)Daigo Kikuta, Ryohei Takaki, Junya Matsuda, Masaya Okada, Xin Wei, Jin-Ping Ao and Yasuo Ohno : Gate Leakage Reduction Mechanism of AlGaN/GaN MIS-HFETs, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.44, No.4B, 2479-2482, 2005.
21)Hiroaki Kusumoto, Takamasa Kaito, Shin-ichiro Yanagiya, Atsushi Mori and Tetsuo Inoue : Growth of single crystals of PbBr2 in silica gel, Journal of Crystal Growth, Vol.277, No.1-4, 536-540, 2005.
22)Tomohiro Hirano, Hiroshi Ihara, Takashi Miyagi, Hongwei Wang, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato : Formation of Soluble Hyperbranched Polymer Nanoparticles by Initiator-Fragment Incorporation Radical Polymerization of Ethylene Glycol Dimethacrylate, Macromolecular Chemistry and Physics, Vol.206, No.8, 860-868, 2005.
23)Masataka Kusube, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Effect of Pressure on the Prodan Fluorescence in Bilayer Membranes of Phospholipids with Varying Acyl Chain Lengths, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.42, No.1, 79-88, 2005.
24)横手 晋一郎, 中村 修二, 佐野 昇, 黒田 力, 橋本 親典 : 破砕骨材と回収砂を代替骨材としたコンクリートの基礎物性および現場施工, 生コン技術大会研究発表論文集, Vol.13, 59-64, 2005年.
25)Akiko Sukeno, Hideaki Nagamune, Robert A. Whiley, Syed I. Jafar, Joseph Aduse-Opoku, Kazuto Ohkura, Takuya Maeda, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake and Hiroki Kourai : Intermedilysin Is Essential for the Invasion of Hepatoma HepG2 Cells by Streptococcus intermedius, Microbiology and Immunology, Vol.49, No.7, 681-694, 2005.
26)Yoshiki Nakanishi, Masafumi Oikawa, Tomoyuki Kumagai, Hitoshi Sugawara, Hideyuki Sato and Masahito Yoshizawa : Coupling between conduction electrons and elastic waves in PrOs4Sb12, Physica B : Condensed Matter, Vol.359-361, 910-912, 2005.
27)Yoshiki Nakanishi, Masafumi Oikawa, Tomoyuki Kumagai, Masahito Yoshizawa, Takahiro Namiki, Hitoshi Sugawara and Hideyuki Sato : Elastic property of Kondo semiconductor CeOs4Sb12, Physica B : Condensed Matter, Vol.359-361, 907-909, 2005.
28)Toshihisa Kondo, Kazuya Yamamoto, Norio Ogita, Masayuki Udagawa, Hitoshi Sugawara and Hideyuki Sato : Phonon Raman scattering of RFe4P12 and ROs4Sb12, Physica B : Condensed Matter, Vol.359-361, 904-906, 2005.
29)S Raymond, Jacques Flouquet, Keitaro Kuwahara, Kazuaki Iwasa, Masafumi Kohgi, Koji Kaneko, Naoto Metoki, Hitoshi Sugawara, Yuji Aoki and Hideyuki Sato : Magnetic excitations in the heavy-fermion superconductor PrOs4Sb12, Physica B : Condensed Matter, Vol.359-361, 898-900, 2005.
30)Yuji Aoki, Wataru Higemoto, Shotaro Sanada, Kazuki Ohishi, Shanta Ranjan Saha, Akihiro Koda, K Nishiyama, Ryosuke Kadono, Hitoshi Sugawara and Hideyuki Sato : μSR studies on LaOs4Sb12 in comparison with the time-reversal-symmetry-broken superconductor PrOs4Sb12, Physica B : Condensed Matter, Vol.359-361, 895-897, 2005.
31)Hideki Tou, Masahiro Doi, Masafumi Sera, Mamoru Yogi, Yoshio Kitaoka, Hisashi Kotegawa, Guo-qing Zheng, Hisatomo Harima, Hitoshi Sugawara and Hideyuki Sato : 121Sb-NMR studies of single-crystal PrOs4Sb12, Physica B : Condensed Matter, Vol.359-361, 892-894, 2005.
32)Hiroyuki Hidaka, Ikuma Ando, Hisashi Kotegawa, Tatsuo C Kobayashi, Hisatomo Harima, Miki Kobayashi, Hitoshi Sugawara and Hideyuki Sato : Metal insulator transition under high pressure in PrFe4P12, Physica B : Condensed Matter, Vol.359-361, 886-888, 2005.
33)Hitoshi Sugawara, Daisuke Kikuchi, Miki Kobayashi, Yuji Aoki, Hideyuki Sato, Hiroaki Shishido, Rikio Settai and Yoshichika Ōnuki : De Haas van Alphen effect in PrFe4P12 under high pressure, Physica B : Condensed Matter, Vol.359-361, 880-882, 2005.
34)Chiyoko Nagoshi, Hitoshi Sugawara, Yuji Aoki, S Sakai, Masahumi Kohgi, Hideyuki Sato, Takahiro Onimaru and Toshiro Sakakibara : Anomalous phase transitions in the heavy fermion compound Ce3Ir4Sn13, Physica B : Condensed Matter, Vol.359-361, 248-250, 2005.
35)Terutaka Goto, Yuichi Nemoto, Kazuhiro Sakai, Kei Onuki, Takashi Yamaguchi, Mitsuhiro Akatsu, Tatsuya Yanagisawa, Hitoshi Sugawara and Hideyuki Sato : Quadrupole fluctuation and off-center rattling motion in heavy fermion superconductor PrOs4Sb12, Physica B : Condensed Matter, Vol.359-361, 822-826, 2005.
36)A. M.- Measson, P. J. Brison, G Seyfarth, D Braithwaite, G Lapertot, B Salce, Jacques Flouquet, E Lhotel, C Paulsen, Hitoshi Sugawara, Hideyuki Sato, C P. Canfield, K Izawa and Yuji Matsuda : Superconductivity of the filled skuterrudite PrOs4Sb12: Phase diagram and characterisations, Physica B : Condensed Matter, Vol.359-361, 827-829, 2005.
37)Kazuaki Iwasa, Lijin Hao, Keitaro Kuwahara, Masahumi Kohgi, Shanta Ranjan Saha, Hitoshi Sugawara, Yuji Aoki and Hideyuki Sato : Drastic evolution of 4f-electron states in the metal insulator transition of PrRu4P12, Physica B : Condensed Matter, Vol.359-361, 833-835, 2005.
38)Toshiro Sakakibara, Takashi Tayama, Jeroen Custers, Hidekazu Sato, Takahiro Onimaru, Hitoshi Sugawara, Yuji Aoki, Hideyuki Sato and Shanta Ranjan Saha : Phase diagrams and ground-state magnetic properties of Pr-based filled skutterudites, Physica B : Condensed Matter, Vol.359-361, 836-843, 2005.
39)Norio Ogita, Kazuya Yamamoto, Shanta Ranjan Saha, Hitoshi Sugawara, Hideyuki Sato, Chihiro Sekine, Ichimin Shirotan and Masayuki Udagawa : Raman scattering study of filled skutterudite PrRu4P12, Physica B : Condensed Matter, Vol.359-361, 847-849, 2005.
40)Shanta Ranjan Saha, Wataru Higemoto, Akihiro Koda, Kazuki Ohishi, Ryosuke Kadono, Yuji Aoki, Hitoshi Sugawara and Hideyuki Sato : μSR study on filled skutterudite PrRu4P12, Physica B : Condensed Matter, Vol.359-361, 850-852, 2005.
41)Masahito Yoshizawa, Yoshiki Nakanishi, Tomoyuki Kumagai, Masafumi Oikawa, Shanta R. Saha, Hitoshi Sugawara and Hideyuki Sato : Elastic anomalies of single crystalline SmRu4P12 near metal insulator transition, Physica B : Condensed Matter, Vol.359-361, 862-864, 2005.
42)Lijie Hao, Kazuaki Iwasa, Keitaro Kuwahara, Masahumi Kohgi, Hitoshi Sugawara, Yuji Aoki, Hideyuki Sato, Tatsuma D. Matsuda, Jean-Michel Mignot, Arsen Gukasov and M Nishi : Neutron scattering studies of order parameters and excitations in antiferro-quadrupolar phase of PrFe4P12, Physica B : Condensed Matter, Vol.359-361, 871-873, 2005.
43)Daisuke Kikuchi, Miki Kobayashi, Hitoshi Sugawara, Yuji Aoki, Hideyuki Sato, Rikio Settai and Yoshichika Onuki : De Haas van Alphen effect in the filled skutterudite SmFe4P12, Physica B : Condensed Matter, Vol.359-361, 874-876, 2005.
44)Jun Kikuchi, Masashi Takigawa, Hitoshi Sugawara and Hidekazu Sato : Quadrupole order and field-induced heavy-fermion state in the filled skutterudite PrFe4P12 via 31P NMR, Physica B : Condensed Matter, Vol.359-361, 877-879, 2005.
45)Ko-ichi Magishi, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Ichimin Shirotani, Yousuke Shimaya, Kunihiro Kihou, Chihiro Sekine, Naoya Takeda, Masayasu Ishikawa and Takehiko Yagi : NMR study of the new filled skutterudite superconductor YFe4P12, Physica B : Condensed Matter, Vol.359-361, 883-885, 2005.
46)矢間 優希, 満倉 靖恵, 福見 稔, 赤松 則男 : 遺伝的関数同定による特徴ベクトルを用いたEMG信号認識システム, Journal of Signal Processing, Vol.9, No.3, 243-254, 2005年.
47)Kikuo Tominaga, Hidenori Fukumoto, Kumiko Kondo, Yukako Hayashi, Kei-ichiro Murai, Toshihiro Moriga and Ichiro Nakabayashi : Amorphous Transparent Conductive Oxide Films of In2O3-ZnO with Additional Al2O3 Impurities, Journal of Vacuum Science & Technology A, Vol.23, No.3, 401-407, 2005.
48)Hitomi Kurose, Mayumi Okamoto, Miyuki Shimizu, Takaaki Bito, Cristophe Marcelle, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : FGF19-FGFR4 signaling elaborates lens induction with the FGF8-L-Maf cascade in the chick embryo, Development Growth & Differentiation, Vol.47, No.4, 213-223, 2005.
49)Naoki Iiyama, Mahito Kamada and Nobukazu Nakagoshi : Ecological and social evaluation of landscape in a rural area with terraced paddies in southwestern Japan, Landscape and Urban Planning, Vol.73, 60-71, 2005.
50)Mahito Kamada : Hierarchically structured approach for restoring natural forest, --- trial in Tokushima Prefecture, Shikoku, Japan ---, Landscape and Ecological Engineering, Vol.1, 61-70, 2005.
51)Hideyo Ohuchi, Akihiro Yasue, Katsuhiko Ono, Shunsuke Sasaoka, Sayuri Tomonari, Akira Takagi, Mitsuo Itakura, Keiji Moriyama, Sumihare Noji and Tsutomu Nohno : Identification of Cis-Element Regulating Expression of the Mouse Fgf10 Gene during Inner Ear Development, Developmental Dynamics, Vol.233, No.1, 177-187, 2005.
52)南 一志, 長 秀雄, 水谷 義弘, 竹本 幹男, 西野 秀郎 : 表面および界面を伝搬するガイド波によるポリマーライニング材の膜厚さと界面剥離の評価法, 非破壊検査, Vol.54, No.5, 2005年.
53)R.J. Choi, S. Kubo, M. Tsukihara, K. Inoue, Yoshiki Naoi, Katsushi Nishino and Shiro Sakai : Effects of V/III flux ratio on AlInGaN/AlGaN quantum wells grown by atmospheric pressure MOCVD, Physica Status Solidi (C) Current Topics in Solid State Physics, Vol.2, No.7, 2149-2152, 2005.
54)福見 稔, 満倉 靖恵, 長尾 剛嗣, 赤松 則男 : 自己組織型ニューラルネットワークによるSAR画像での流氷識別, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.125, No.5, 800-806, 2005年.
55)月本 功, 橋爪 正樹, 四柳 浩之, 為貞 建臣 : ばらつきを有するICで構成したTTL回路の電源電流による統計的断線故障検出法, エレクトロニクス実装学会誌, Vol.8, No.3, 199-207, 2005年.
56)Yuki Kono, Yasunori Kozuki, Kengo Kurata, Olfa Khelifi, Masato Takeda and Hitoshi Murakami : Suppression of nutrient release by porous carrier made from blast furnace slag and artificial zeolite, Comprehensive and Responsible Coastal Zone Management for Sustanable and Friendly Coexistence between Nature and People, 459-468, 2005.
57)Koji Otsuka, Mamoru Ishigaki, Tomohiro Kuwae, Yoshiyuki Nakamura, Yasunori Kozuki and Hideki Ueshima : On-site experiments of open- and closed-type artificial tidal flats at inner part of Osaka Bay, Comprehensive and Responsible Coastal Zone Management for Sustanable and Friendly Coexistence between Nature and People, 189-196, 2005.
58)胡 海青, 任 福継, 黒岩 眞吾 : ベクトル空間モデルに基づく特定領域向け中国語質問応答システムの構築, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.125, No.5, 698-706, 2005年.
59)Ramesh Chitrakar, Satoko Tezuka, Akinari Sonoda, Kohji Sakane, Kenta Ooi and Takahiro Hirotsu : Adsorption of phosphate from seawater on calcined MgMn-layered double hydroxides, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.290, No.1, 45-51, 2005.
60)Hiroshi Takebayashi and Takeshi Okabe : Effect of vegetation growth on geometric characteristics of braided streams under unsteady water supply conditions, Floods, from Defence to Management,Van Alphen, van Beek & Taal (eds), Vol.3, 437-445, 2005.
61)Wulin Qiu, Takashi Endo and Takahiro Hirotsu : A novel technique for preparing of maleic anhydride grafted polyolefins, European Polymer Journal, Vol.41, No.9, 1979-1984, 2005.
62)Tomohiro Hirano, Hitomi Miki, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato : Direct Synthesis of Syndiotactic-Rich Poly(N-isopropylacrylamide) via Radical Polymerization of Hydrogen-Bond-Complexed Monomer, Polymer, Vol.46, No.11, 3693-3699, 2005.
63)Hitoshi Sugawara, Miki Kobayashi, Shuji Osaki, Shanta Ranjan Saha, Takahiro Namiki, Yuji Aoki and Hideyuki Sato : Transport Properties of the Heavy-fermion Superconductor PrOs4Sb12, Physical Review B, Condensed Matter and Materials Physics, Vol.72, No.1, 014519-1-014519-6, 2005.
64)Makiko Seno, Takahiro Yamada, Hongwei Wang, Tomohiro Hirano and Tsuneyuki Sato : Kinetic Study of the Radical Polymerization Behavior of N-(1-Phenylethylaminocarbonyl)methacrylamide, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.43, No.10, 2013-2020, 2005.
65)Toshi Otsuki, Wulin Qiu and Takahiro Hirotsu : Mechanical Properties and Applications for Floor Tiles of a Composite from Clay and Maleated Polyethylene, Journal of Applied Polymer Science, Vol.96, No.4, 1176-1182, 2005.
66)Mei Xue, Ramesh Chitrakar, Kohji Sakane, Takahiro Hirotsu, Kenta Ooi, Yuji Yoshimura, Qi Feng and Naoto Sumida : Selective adsorption of thiophene and 1-benzothiophene on metal-ion-exchanged zeolites in oraganic medium, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.285, No.2, 487-492, 2005.
67)Kiyohiro Sugiyama, Noriko Nakamura, Takeshi Yamamoto, Daisuke Honda, Yuji Aoki, Hitoshi Sugawara, Hideyuki Sato, Tetsuya Takeuchi, Rikio Settai, Koichi Kindo and Yoshichika Onuki : High-Field Magnetization in Pr-based Filled Skutterudite Compounds PrFe4P12 and PrOs4Sb12, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.74, No.5, 1557-1560, 2005.
68)鈴木 壽, 板東 英雄, 槙野 積志 : RC材と廃ガラス発泡骨材の熱的特性把握のための現場実験, 第6回環境地盤工学シンポジウム発表論文集, 31-36, 2005年.
69)寺田 賢治, 宮原 宏幸, 久保 靖 : 阿波踊りの動作の定量化の試み, 画像電子学会誌, Vol.34, No.3, 220-227, 2005年.
70)蒋 景彩, 山上 拓男, 神田 幸正 : すべり面の最大深さを用いた強度定数の推定法, 地すべり, Vol.42, No.1, 8-16, 2005年.
71)山中 英生, 滑川 達, 南部 匡史 : 位置・速度・振動計測自転車による走行環境評価の可能性に関する基礎分析, 交通科学, Vol.36, No.2, 13-19, 2005年.
72)Takao Shimomura : Visual Design and Programming for Web Applications, Journal of Visual Languages and Computing, Vol.16, No.3, 213-230, 2005.
73)Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Minoru Suzuki, Kenji Nagata, Yuko Kinashi and Koji Ono : The usefulness of continuous administration of hypoxic cytotoxin combined with mild temperature hyperthermia, with reference to effects on quiescent tumor cell populations., International Journal of Hyperthermia, Vol.21, No.4, 305-318, 2005.
74)Tetsuya Oshikawa, Masato Okamoto, Sharif U. Ahmed, Sachiko Furuichi, Tomoyuki Tano, Akiko Sasai, Shin Kan, Soko Kasai, Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa, Hitoshi Hori and Mitsunobu Sato : TX-1877, a bifunctional hypoxic cell radiosensitizer, enhances anticancer host response: immune cell migration and nitric oxide production., International Journal of Cancer, Vol.116, No.4, 571-578, 2005.
75)Toshihiro Moriga, Keiko Takahara, Ryoji Saki, Takashi Sakamoto, Kei-ichiro Murai and Ichiro Nakabayashi : Sunthesis of Divalent metalNitrides Zn3N2 and Mg3N2 and Enhancement of Their Bandgap by Insertuin of Lithium, Processing and Fabrication of Advanced Materials XIII, Vol.1, 496-507, 2005.
76)Zhao Xin, Fuji Ren and Shingo Kuroiwa : Automatic Translation of Compound Nouns in the Japanese-Chinese Machine Translation System SFBMT, INFORMATION, Vol.8, No.3, 405-413, 2005.
77)Atsushi Yamasaki, Shin Imada, Akira Sekiyama, Masanori Tsunekawa, Claudia Dallera, Lucio Braicovich, Tien-Lin Lee, Hitoshi Sugawara, Hideyuki Sato, Rikio Settai, Yoshichika Onuki and Shigemasa Suga : Bulk-Sensitive Photoemission Spectroscopy for Heavy-Fermion Pr Compounds Using Hard X-Ray, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.74, No.7, 2045-2051, 2005.
78)Atsushi Yamasaki, Shin Imada, Akira Sekiyama, Masanori Tsunekawa, Takao Nanba, Claudia Dallera, Lucio Braicovich, Tien-Lin Lee, Hitoshi Sugawara, Hideyuki Sato, Chihiro Sekine, Ichimin Shirotani, Rikio Settai, Yoshichika Onuki, Hisatomo Harima and Shigemasa Suga : Bulk-sensitive photoemission spectroscopy of Pr-based filled skutterudites, Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena, Vol.144-147, 621-623, 2005.
79)Yasuhiro Takayama, H. Ohtsubo, N. Sasaki, T. Okamura, Hidetsugu Shiozawa, Hiroyoshi Ishii, Tsuneaki Miyahara, Hitoshi Sugawara and Hideyuki Sato : Resonant inverse photoemission of Pr compounds, Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena, Vol.144-147, 647-650, 2005.
80)Hiroyoshi Ishii, Tsuneaki Miyahara, Yasuhiro Takayama, Hidetsugu Shiozawa, Kenji Obu, Tatsuma D. Matsuda, Yuji Aoki, Hitoshi Sugawara and Hideyuki Sato : Resonant photoemission study of CeRu4Sb12, Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena, Vol.144-147, 643-645, 2005.
81)Shin Imada, Y. Fukuda, Atsushi Yamasaki, Hitoshi Sugawara, Hideyuki Sato, A. Ochiai and Shigemasa Suga : Photoemission of heavy fermion superconductor PrOs Sb and other Pr compounds, Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena, Vol.144-147, 651-657, 2005.
82)Yasuhiro Takayama, T. Yoshida, S. Nakamura, N. Sasaki, H. Ohtsubo, H. Shiozawa, Hiroyoshi Ishii, Tsuneaki Miyahara and Hitoshi Sugawara : Temperature dependence of magnetic circular dichroism of X-ray emission for rare-earth compounds, Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena, Vol.144-147, 731-735, 2005.
83)J.A. Wert, Keizo Kashihara, Tatsuya Okada, X. Huang and Fukuji Inoko : Deformation band evolution in [110] Al single crystals strained in tension, Philosophical Magazine, Vol.85, No.18, 1989-2006, 2005.
84)Tetsuji Uebo, Yoshihiro Okubo and Tadamitsu Iritani : Standing Wave Radar Capable of Measuring Distances down to Zero Meters, IEICE Transactions on Communications, Vol.E88-B, No.6, 2609-2615, 2005.
85)長尾 敏之, 平塚 和男, 橋本 親典, 渡邉 健 : 即脱成型平板のエフロレッセンスの定量化に関する基礎的研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.27, No.1, 235-240, 2005年.
86)橋本 紳一郎, 橋本 親典, 渡邉 健, 上田 隆雄 : 液体窒素を用いたコンクリートの簡易的凍結融解試験の提案, コンクリート工学年次論文集, Vol.27, No.1, 757-762, 2005年.
87)藤戸 幹大, 橋本 親典, 渡邉 健, 上田 隆雄 : 水平棒材の配列が落下型連続ミキサの練混ぜ性能に与える影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.27, No.1, 1177-1182, 2005年.
88)山地 功二, 粟田 工, 橋本 親典, 加地 貴 : 脈動を発生させた変形性評価試験方法に関する基礎研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.27, No.1, 1189-1194, 2005年.
89)渡邉 健, 橋本 親典, 大津 正康, 水口 裕之 : インパクトエコー法における鉄筋の影響に関する考察, コンクリート工学年次論文集, Vol.27, No.1, 1699-1704, 2005年.
90)藤垣 敏博, 渡邉 健, 橋本 親典, 大津 正康 : SIBIEを用いたPCグラウトの充填評価の画像処理手法に関する検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.27, No.1, 1705-1710, 2005年.
91)西畑 清華, 渡邉 健, 橋本 親典, 大津 正康 : AE法による再生骨材を用いたコンクリートの破壊性状の評価, コンクリート工学年次論文集, Vol.27, No.1, 1729-1734, 2005年.
92)福島 誉央, 石丸 啓輔, 橋本 親典, 渡邉 健 : 化学系繊維ネットを用いたRC梁のせん断抵抗に関する実験的研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.27, No.2, 1645-1650, 2005年.
93)Masao Fuketa, Yuki Kadoya, Atlam EL-Sayed, Tsutomu Kunikata, Kazuhiro Morita, Shinkaku Kashiji and Jun-ichi Aoe : A Method of Extracting and Evaluating Good and Bad Reputations for Natural Language Expressions, International Journal of Information Technology & Decision Making, Vol.4, No.2, 177-196, 2005.
94)三浦 哉 : 低強度のサーキットトレーニングが成人女性の動脈スティフネスに及ぼす影響, 体力科学, Vol.54, No.3, 205-210, 2005年.
95)吉田 幸弘, 上田 隆雄, 七澤 章, 芦田 公伸 : 通電時の温度がリチウムイオンの電気化学的浸透に与える影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.27, No.1, 1513-1518, 2005年.
96)山口 圭亮, 上田 隆雄, 黒川 通, 七澤 章 : 塩害劣化コンクリートに対するCFRP複合電極を用いたデサリネーションの適用, コンクリート工学年次論文集, Vol.27, No.1, 1525-1530, 2005年.
97)上田 隆雄, 橘 健太, 七澤 章 : フライアッシュの混和がモルタルのCl-固定化に与える影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.27, No.1, 889-894, 2005年.
98)Suzuki Kenji, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Sugimoto Yoshikazu, Noguchi Kazuharu, Wakida Motojii, Wierzba Konstanty, Terada Tadafumi, Asao Tetsuji, Yamada Yuji, Kitazato Kenji and Hitoshi Hori : Napthalimidobenzamide DB-51630: A Novel DNA binding agent inducing p300 gene expression and exerting a potent anti-cancer activity, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.13, No.12, 4014-4021, 2005.
99)松浦 良彦, 三澤 顕悟, 木戸口 善行, 三輪 惠 : Zクランク機構をもつ等容燃焼型エンジンの開発, 設計工学, Vol.40, No.6, 304-310, 2005年.
100)Kazuaki Iwasa, Lijie Hao, Keitaro Kuwahara, Masahumi Kohgi, Shanta Ranjan Saha, Hitoshi Sugawara, Yuji Aoki, Hideyuki Sato, Takashi Tayama and Toshiro Sakakibara : Evolution of 4f electron states in the metal-insulator transition of PrRu4P12, Physical Review B, Condensed Matter and Materials Physics, Vol.72, No.2, 024414-1-024414-5, 2005.
101)Koichi Nakamura, Yoshitaka Michihiro, Katayama Fumiaki, Toshihiro Moriga, Md. Rahman Mahbubar, Ichiro Nakabayashi and Tatsuo Kanashiro : Phonon Echo Study on Lithium Ionic Diffusion in LiNbO3 Powder, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.44, No.6A, 4043-4046, 2005.
102)Yoshio Hayasaki, Ei-ichiro Hikosaka, Hirotsugu Yamamoto and Nobuo Nishida : Optical image processing using an optoelectronic feedback system with electronic distortion correction, Optics Express, Vol.13, No.12, 4657-4665, 2005.
103)Akihiro Takita, Yoshio Hayasaki, Hirotsugu Yamamoto, Nobuo Nishida and Hiroaki Misawa : Three-dimensional optical memory using a human fingernail, Optics Express, Vol.13, No.12, 4560-4567, 2005.
104)Michio Mikawa, Toshihiro Moriga, Yuji Sakakibara, Yukinori Misaki, Kei-ichiro Murai, Ichiro Nakabayashi and Kikuo Tominaga : Characterization of ZnO-In2O3 transparent conducting films by pulsed laser deposition, Materials Research Bulletin, Vol.40, No.6, 1052-1058, 2005.
105)Hitoshi Matsuki, Hiroko Okuno, Fumihiko Sakano, Masataka Kusube and Shoji Kaneshina : Effect of deuterium oxide on the thermodynamic quantities associated with phase transitions of phosphatidylcholine bilayer membranes, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1712, No.1, 92-100, 2005.
106)Miki Kobayashi, Hideyuki Sato, Hitoshi Sugawara, Hideyasu Fujiwara and Yuji Aoki : Novel Features in the Flux-Flow Resistivity of the Heavy Fermion Superconductor PrOs4Sb12, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.74, No.6, 1690-1693, 2005.
107)Elbert M E Chia, D Vandervelde, M B Salamon, D Kikuchi, Hitoshi Sugawara and H Sato : Evolution of superconducting order in Pr(Os1-xRux)4Sb12, Journal of Physics: Condensed Matter, Vol.17, No.28, L303-L310, 2005.
108)Shintaro Nakayama, T. Yamagata, H. Akimune, Y. Arimoto, H. Daito, H. Ejiri, H. Fujimura, Y. Fujita, M. Fujiwara, K. Fushimi, M. B. Greenfield, H. Kohri, N. Koori, K. Takahisa, T. Takeuchi, M. Tanaka, K. Yonehara and H. P. Yoshida : New Approach to M1 Cross Section for the Photodisintegration of Deuterium via the 2H(7Li,7Be) Reaction, AIP Conference Proceedings, Vol.802, No.1, 194-197, 2005.
109)T. Yamagata, N. Warashina, M. Kinoshita, H. Akimune, S. Asaji, M. Fujiwara, M.B. Greenfield, K. Hashimoto, R. Hayami, K. Ishida, K. Kawase, T. Kudoh, K. Nakanishi, Shintaro Nakayama, S. Okumura, K. Sagara, M. Tanaka, H. Utsunomiya and M. Yosoi : Excitations of the giant dipole resonance in 4He and in the α cluster of 6,7Li via (p,p') reactions, AIP Conference Proceedings, Vol.802, No.1, 301-304, 2005.
110)佐藤 信二, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : 住宅のバリアフリー化に対する需要と負担の軽減効果に関する研究, 日本建築学会計画系論文集, No.592, 193-199, 2005年.
111)Wulin Qiu, Farao Zhang, Takashi Endo and Takahiro Hirotsu : Isocyanate as a compatibilizing agent on the properties of highly crystalline cellulose/polypropylene composites, Journal of Materials Science, Vol.40, No.14, 3607-3614, 2005.
112)Takuro Tomita, Ayahito Uetake, Tsutomu Asahina, Kentaro Kayanuma, Akihiro Murayama and Yasuo Oka : Spin Injection Processes in ZnSe-Based Double Quantum Dots of Diluted Magnetic Semiconductors, Journal of Superconductivity: Incorporating Novel Magnetism, Vol.18, No.3, 405-410, 2005.
113)Kazuhiro Nishibayashi, Kohei Seo, Kentaro Kayanuma, Takuro Tomita, Akihiro Murayama and Yasuo Oka : Pump-Probe Spectroscopy of Exciton Spin Injection Process in Diluted Magnetic Quantum Wells, Journal of Superconductivity: Incorporating Novel Magnetism, Vol.18, No.3, 399-404, 2005.
114)Naoki Murazawa, Saulius Juodkazis, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Control of the Molecular Alignment Inside Liquid-Crystal Droplets by Use of Laser Tweezers, Small, Vol.1, No.6, 656-661, 2005.
115)Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, K. Ohnishi, A. Takahashi, T. Ohnishi, M. Suzuki, K. Nagata, Y. Kinashi and K. Ono : Combination of the antivascular agent ZD6126 with hypoxic cytotoxin treatment, with reference to the effect on quiescent tumor cells and the dependency on p53 status of tumor cells, Oncology Reports, Vol.14, No.2, 394-400, 2005.
116)Suminori Tanaka, Kazunori Nakagawa, Eiji Kanezaki, Masahiro Katoh, Kei-ichiro Murai, Toshihiro Moriga, Ichiro Nakabayashi, Shigeru Sugiyama, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : Catalytic Activity of Iron Oxides Supported on γ-Al2O3 for Methane Oxidation, Journal of the Japan Petroleum Institute, Vol.48, No.4, 223-228, 2005.
117)Stephen Githinji Karungaru, Minoru Fukumi and Norio Akamatsu : Face Recognition in Color Images Using Neural Networks and Genetic Algorithms, International Journal of Computational Intelligence and Applications, Vol.5, No.1, 55-67, 2005.
118)Toshiaki Arao, Yoshio Hara, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura : Effect of high-pressure gas on yeast growth, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.69, No.7, 1365-1371, 2005.
119)Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta, YUE MA and Hiroshi Kawakami : Bifurcation analysis of a piecewise smooth system with non-linear characteristics, International Journal of Circuit Theory and Applications, Vol.33, No.4, 263-279, 2005.
120)Qian Yu, Katsuyoshi Matsunami, Hideaki Otsuka and Yoshio Takeda : Staphylionosides A-K: Megastigmane Glucosides from the Leaves of Staphylea bumalda DC., Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.53, No.7, 800-807, 2005.
121)Hirotaka Tao, Miyuki Shimizu, Ryo Kusumoto, Katsuhiko Ono, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : A dual role of FGF10 in proliferation and coordinated migration of epithelial leading edge cells during mouse eyelid development., Development, Vol.132, No.14, 3217-3230, 2005.
122)S. K. Tan, C. S. Hopkins, I. Pong, J. R. Stearn, A. B. Glowacki, A. Kikuchi, T. Takeuchi, 井上 廉 : In-Situ Resistance Measurements of RHQT Processed Nb3Al Superconductors, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, Vol.15, No.2, 3532-3535, 2005年.
123)Miki Kuroda, Keiji Wada and Mahito Kamada : Factors influencing coexistence of two brachyuran crabs, Helice tridens and Parasesarma plicatum, in an estuarine salt marsh, Japan, Journal of Crustacean Biology, Vol.25, No.1, 146-153, 2005.
124)Ali Zulfikar, Shinohara Yoshitane and Toshiki Takeuchi : Existence and Uniqueness of Solution of Nonlinear Systems, Acta Ciencia Indica, Vol.31, No.2, 513-518, 2005.
125)Gao Dayong, Yohsuke Kinouchi, Kunihiko Ito and Xueli Zhao : Neural networks for event extraction from time series: a back propagation algorithm approach, Future Generations Computer Systems, Vol.21, No.7, 1096-1105, 2005.
126)Zheng-Ming Wang, Miki Yamagishi, Yinghao Chu, Takahiro Hirotsu and Hirofumi Kanoh : Synthesis and Adsorption Characteristics of Nanoporous Graphite-Derived Carbon-Silica Composites, Adsorption, Vol.11, No.S1, 725-730, 2005.
127)Ken-Ichiro Sotowa, Ryo Miyoshi, Chan-Gi Lee, Yong Kang and Katsuki Kusakabe : Mixing and Enzyme Reactions in a Microchannel Packed with Glass Beads, Korean Journal of Chemical Engineering, Vol.22, No.4, 552-555, 2005.
128)Yuki Kadoya, Kazuhiro Morita, Masao Fuketa, Masaki Oono, El-Sayed Atlam, Toru Sumitomo and Jun-ichi Aoe : A Sentence Classification Technique Using Intention Association Expressions, International Journal of Computer Mathematics, Vol.82, No.7, 777-792, 2005.
129)Masamitsu Fujii, Masanobu Haraguchi, Toshihiro Okamoto and Masuo Fukui : Characteristics of Whispering Gallery Modes in Single Dielectric Spheroid Excited by Gaussian Beam, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.44, No.7A, 4948-4955, 2005.
130)Junya Miyoshi, Yasunori Kozuki, Hitoshi Murakami, Kengo Kurata, Shunpei Iwamura, Hiroyuki Mizuguchi and Masahiro Mizutani : Development of a New Type Seawall for Improvement of Material Cycle, Recent Advances in Marine Science and Technology 2004, 163-174, 2005.
131)吉村 直孝, 上月 康則, 三好 順也, 村上 仁士, 亀田 大悟 : 小型水中カメラを用いた直立構造物における簡易的な付着生物調査方法の提案, 海洋開発論文集, Vol.21, 241-246, 2005年.
132)水谷 雅裕, 上月 康則, 三好 順也, 村上 仁士, 石本 健治, 岩村 俊平 : ケーソンの遊水室に人工浅場を創出する際の生物的設計条件, 海洋開発論文集, Vol.21, 707-712, 2005年.
133)Shin-ichiro Yanagiya, Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki, Yasuo Miyoshi, Masashi Kasuga, Tsutomu Sawada, Kensaku Ito and Tetsuo Inoue : Enhancement of Crystallization of Hard Spheres by Gravity: Monte Carlo Simulation, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.44, No.7A, 5113-5116, 2005.