Excel(xlsx) for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel, RTF for Microsoft Word
期間: 2006.42021.3

2006年度(平成18年度)

article.{@.date="20060400 20070399" @.organization=\E{124875}}

2006年度(平成18年度) / 著書

1) 2,006 著書 橋本 親典, 鎌田 敏郎, 他28名 : 硬化コンクリートのミクロの世界を拓く新しい土木学会規準の制定, --- EPMA法による面分析方法と微量成分溶出試験方法について ---, 社団法人 土木學會, 東京, 2006年4月.
2) 2,006 著書 橋本 親典 : [応用編] 第2章土木学会コンクリート標準示方書 2.5規準編(試験方法), 社団法人 日本コンクリート工学協会, 東京, 2006年6月.
3) 2,006 著書 逢坂 昭治 : 日本機械学会編 改訂気液二相流技術ハンドブック(分担), 株式会社 コロナ社, 東京, 2006年6月.
4) 2,006 著書 橋本 親典, 岡田 清, 笠井 芳夫, 池永 博威, 笠井 哲郎, 飛内 圭之, 加賀 秀治, 河辺 伸二, 露木 尚光, 辻 正哲 : 平成18年版 コンクリート技士合格必携, --- 試験問題と解答・解説 ---, 株式会社 技術書院, 東京, 2006年7月.
5) 2,006 著書 橋本 親典, 岡田 清, 笠井 芳夫, 池永 博威, 笠井 哲郎, 飛内 圭之, 加賀 秀治, 河辺 伸二, 露木 尚光, 辻 正哲 : 平成18年版 コンクリート主任技士合格必携, --- 試験問題と解答・解説 ---, 株式会社 技術書院, 東京, 2006年7月.
6) 2,006 著書 山上 拓男, 豪雨時における斜面崩壊のメカニズムおよび危険度予測編集委員会 : 豪雨時における斜面崩壊のメカニズムおよび危険度予測, --- 地盤工学・実務シリーズ23 ---, 社団法人 地盤工学会, 東京, 2006年7月.
7) 2,006 著書 蒋 景彩 : 斜面の安定・変形解析入門-基礎から実例まで-,第3章 斜面およびすべり面の土の強度,土質定数の決め方,3.1.3 逆解析による方法, 社団法人 地盤工学会, 東京, 2006年8月.
8) 2,006 著書 Taketo Uomoto and Chikanori Hashimoto : Recommedations for shotcreting (Draft), Japan Society of Civil Engineers, Tokyo, Sep. 2006.
9) 2,006 著書 日本水環境学会, 岡部 健士 : 水環境ハンドブック, 朝倉書店, 東京, 2006年10月.
10) 2,006 著書 海江田 義也 : 形状記憶合金の応用展開, 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2006年10月.
11) 2,006 著書 Tetsuo Iwata : Fundamentals of Optical Spectroscopy; Light Source Photosensors, Wavelength Selection (Handbook of Materials Measurement Methods), Springer-Verlag, Dec. 2006.
12) 2,006 著書 山口 裕之, 石田 三千雄, 村上 理一, 宮田 憲治, 山口 修二, 村田 貴信 : 科学技術と倫理, 株式会社 ナカニシヤ出版, 京都, 2007年2月.
13) 2,006 著書 真田 純子 : 都市の緑はどうあるべきか, --- ∼ 東京緑地計画の考察から ∼ ---, 技報堂出版 株式会社, 東京, 2007年2月.
14) 2,006 著書 高木 均 : 最新 ポリ乳酸の改質・高機能化と成形加工技術, 株式会社 技術情報協会, 東京, 2007年2月.
15) 2,006 著書 鎌田 磨人 : 「主張する森林施業論-22世紀を展望する森林管理」, --- 自然林再生のあり方 ---, 日本林業調査会, 東京, 2007年3月.
16) 2,006 著書 Koichi Nakamura, Daisuke Nishioka, Yoshitaka Michihiro, Kazuhiro Okamura and Toshihiro Moriga : NMR study on lithium ionic diffusion in layered lithium transition metal oxides, --- Advanced Materials and Methods for Lithium-Ion Batteries, S. S. Zhang (Ed.), Chapter 17 ---, Research Signpost, India, Mar. 2007.
17) 2,006 著書 出村 克宣, 上田 隆雄 : コンクリート診断技術'07, --- 7章 対策·補修·補強工法 ---, 社団法人 日本コンクリート工学協会, 東京都, 2007年3月.
18) 2,006 著書 前川 宏一, 橋本 親典, 他36名 : 施工性能にもとづくコンクリートの配合設計・施工指針(案), 社団法人 土木學會, 東京, 2007年3月.
19) 2,006 著書 梅原 秀哲, 橋本 親典, 他7名 : 土木材料実験指導書 2007年改訂版 土木学会コンクリート委員会編, 社団法人 土木學會, 東京, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,006 学術論文 (審査論文) Atsushi Mikami, Jonathan Stewart, Farhang Ostadan and Charles Crouse : Representation of Ground Motion Incoherence for the Analysis of Kinematic Soil-Structure Interaction, The 8th US National Conference on Earthquake Engineering, Vol.13, 7918-7927, 2006.
2) 2,006 学術論文 (審査論文) Sokkheang Sreng, Yujin Liu, Akitoshi Mochizuki and Katsutoshi Ueno : Centrifugal loading tests of adjacent foundations and their FE-analysis using a new elasto-plastic model, Physical Modelling in Geotechnics, 6th ICPMG, Vol.2, 1553-1558, 2006.
3) 2,006 学術論文 (審査論文) 堀川 敬太郎, 竹内 祐介, 吉田 憲一, 小林 秀敏 : Al-Mg-Si合金の疲労破壊に伴う水素集積の可視化, 軽金属, Vol.56, No.4, 210-213, 2006年.
4) 2,006 学術論文 (審査論文) Tatsuya Matsue, Takao Hanabusa, Yasukazu Ikeuchi, Kazuya Kusaka and Osami Sakata : Alteration of internal stresses in SiO2/Cu/TiN thin films by X-ray and synchrotron radiation due to heat treatment, Vacuum, Vol.80, No.7, 836-839, 2006.
5) 2,006 学術論文 (審査論文) K Nandakumar, H Obika, A Utsumi, Toshihiko Ooie and T Yano : Molecular level damages of low power pulsed laser radiation in a marine bacterium Pseudoalteromonas carrageenovora, Letters in Applied Microbiology, Vol.42, No.5, 521-526, 2006.
6) 2,006 学術論文 (審査論文) Akiharu Ousaka, Deendarlianto, Akira Kariyasaki and Tohru Fukano : Prediction of flooing gas velocity in gas-liquid counter-current two-phase flow in inclined pipes, Nuclear Engineering and Design, Vol.236, No.12, 1282-1292, 2006.
7) 2,006 学術論文 (審査論文) 小川 仁, 升田 雅博, 大山 啓, 鴻上 裕史 : 小径穴あけ加工における油剤のキャビテーション効果(第1報), --- 工作液超音波振動法に関する研究 ---, 精密工学会誌論文集, Vol.72, No.5, 626-630, 2006年.
8) 2,006 学術論文 (審査論文) Hitoshi Takagi : Effects of forming conditions on mechanical properties of composites, WIT Transactions on the Built Environment, Vol.85, 151-157, 2006.
9) 2,006 学術論文 (審査論文) Saulius Juodkazis, Koichi Nishimura, Hiroaki Misawa, Takahiro Ebisui, Ryoichi Waki, Shigeki Matsuo and Tatsuya Okada : Control over the Crystalline State of Sapphire, Advanced Materials, Vol.18, No.11, 1361-1364, 2006.
10) 2,006 学術論文 (審査論文) 加地 貴, 石井 光裕, 橋本 親典, 水口 裕之 : フライアッシュコンクリートのフレッシュ性状に関する水膜モデルの適用, 土木学会論文集E(第5部門), Vol.62, No.2, 402-415, 2006年.
11) 2,006 学術論文 (審査論文) 藤田 一郎, 椿 涼太, 岡部 健士, 冨尾 恒一, 藤井 啓 : 河川表面のハイビジョンビデオ映像を用いた吉野川洪水流の流量・流速計測, 河川技術論文集, Vol.12, 127-132, 2006年.
12) 2,006 学術論文 (審査論文) 長尾 敏之, 橋本 親典, 平塚 和男, 橋本 紳一郎 : 即脱成型平板の白華試験方法に関する実験的検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.28, No.1, 263-268, 2006年.
13) 2,006 学術論文 (審査論文) 湯北 記代彦, 橋本 紳一郎, 加地 貴, 橋本 親典 : 液体窒素を用いた急速凍結融解試験によるコンクリート表面劣化の定量化, コンクリート工学年次論文集, Vol.28, No.1, 887-892, 2006年.
14) 2,006 学術論文 (審査論文) 小野寺 誠司, 牛尾 仁, 吉田 元昭, 橋本 親典 : 振動付与2軸強制練りミキサを用いた低度処理再生骨材コンクリートに関する基礎的研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.28, No.1, 1481-1486, 2006年.
15) 2,006 学術論文 (審査論文) 橋本 紳一郎, 加地 貴, 橋本 親典, 渡邉 健 : セメントを使用しないコンクリートの配合が即脱成型平板の性能に与える影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.28, No.1, 1589-1594, 2006年.
16) 2,006 学術論文 (審査論文) 野上 茜, 渡邉 健, 橋本 親典, 大津 政康 : 弾性波伝播速度の計測における波長とコンクリート部材寸法の影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.28, No.1, 1985-1990, 2006年.
17) 2,006 学術論文 (審査論文) 西畑 清華, 渡邉 健, 橋本 親典, 大津 政康 : 再生骨材コンクリートのAE発生特性の検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.28, No.1, 1991-1996, 2006年.
18) 2,006 学術論文 (審査論文) 福島 誉央, NHAR Heng, 橋本 親典, 石丸 啓輔 : 化学系繊維ネットをスターラップ代替として用いたRC梁のせん断補強効果に関する実験的研究,, コンクリート工学年次論文集, Vol.28, No.2, 1681-1686, 2006年.
19) 2,006 学術論文 (審査論文) 天羽 誠二, 中野 晋 : 数年規模の洪水・高潮の同時生起による大規模氾濫現象の解析, 河川技術論文集, Vol.12, 109-114, 2006年.
20) 2,006 学術論文 (審査論文) 本田 陵二, 水口 裕之, 西川 浩史, 石丸 啓輔 : ポーラスコンクリートの乾湿繰り返し抵抗性に関する一検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.28, No.1, 1421-1426, 2006年.
21) 2,006 学術論文 (審査論文) 上月 康則, 三好 順也, 水口 裕之 : 貧酸素海域における環境修復材料としてのポーラスコンクリートの機能評価, コンクリート工学年次論文集, Vol.28, No.1, 1415-1420, 2006年.
22) 2,006 学術論文 (審査論文) 中野 晋, 安藝 浩資, 内田 紘臣, 岩瀬 文人, 川口 始, 吉崎 仁美 : サンゴを対象とした自然再生事業における普及啓発活動とその効果, 海洋開発論文集, Vol.22, 63-68, 2006年.
23) 2,006 学術論文 (審査論文) Shigeki Matsuo, Y. Tabuchi, Tatsuya Okada, Saulius Juodkazis and Hiroaki Misawa : Femtosecond laser assisted etching of quartz: microstructuring from inside, Applied Physics. A, Materials Science & Processing, Vol.84, No.1--2, 99-102, 2006.
24) 2,006 学術論文 (審査論文) 上代 良文, 高橋 義一, 一宮 昌司, 大坂 英雄 : 平板後縁近傍乱流境界層の発達に及ぼすスプリッター板の影響, 日本機械学会論文集(B編), Vol.72, No.719, 1735-1742, 2006年.
25) 2,006 学術論文 (審査論文) 田中 慎吾, 上田 隆雄, 七澤 章, 水口 裕之 : 細骨材代替でフライアッシュを混和したモルタル中の細孔溶液組成と鉄筋腐食の関係, コンクリート工学年次論文集, Vol.28, No.1, 653-658, 2006年.
26) 2,006 学術論文 (審査論文) 稲岡 和彦, 上田 隆雄, 水口 裕之 : 配合条件が高じん性セメント複合材料の基礎的物性に与える影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.28, No.1, 287-292, 2006年.
27) 2,006 学術論文 (審査論文) 久保 善司, 上田 隆雄, 黒田 保, 野村 倫一 : アルカリ骨材反応による膨張がコンクリートの力学的性能に与える影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.28, No.1, 1691-1696, 2006年.
28) 2,006 学術論文 (審査論文) 升田 雅博, 大山 啓, 佐々木 健一, 小川 仁, 半田 伸一, 武知 清孝 : 小径ダイヤモンド電着工具によるアルミナセラミックへの通し穴加工(第2報), --- オイルスルー方式と粒度の効果 ---, 精密工学会誌論文集, Vol.72, No.7, 914-918, 2006年.
29) 2,006 学術論文 (審査論文) 庄野 博文, 山上 拓男, 坪井 英生, 野田 洋 : 静的締固め砂杭工法を粘性土地盤に適用した場合の強度増加, 地盤工学ジャーナル, Vol.1, No.2, 9-17, 2006年.
30) 2,006 学術論文 (審査論文) 長町 拓夫, 三柴 隆, 香月 克洋 : 外径エッジに傾斜を有する大型溶接ベローズの変形挙動と疲労特性, 塑性と加工, Vol.47, No.546, 591-595, 2006年.
31) 2,006 学術論文 (審査論文) Jing-Cai Jiang and Takuo Yamagami : Charts for estimating strength parameters from slips in homogeneous slopes, Computers and Geotechnics, Vol.33, No.6-7, 294-304, 2006.
32) 2,006 学術論文 (審査論文) Nobuyoshi Fukagai, Masayuki Ito and Kimiaki Narukawa : Positive solutions of quasilinear elliptic equations with critical Orlicz-Sobolev nonlinearity on Rn., Funkcialaj Ekvacioj, Vol.49, No.2, 235-267, 2006.
33) 2,006 学術論文 (審査論文) Hiroshi Takebayashi, Meng Chanvibol, Luu Xuan Loc, Shinji Egashira, Shinji Tsukawaki, Im Sim, Touch Sambath and Sieng Sotham : Size Distribution of Bed and Bank Materials along The Tonle Sap River in Cambodia, Proceedings of XVth Conference of Asia and Pacific division of the IAHR and International Symposium on Maritime Hydraulics, Vol.15, 291-298, 2006.
34) 2,006 学術論文 (審査論文) Osamu Tsujihara, Terada Kazuhiro and Tsutomu Sawada : Development of simulation system of spreading fire occurring simultaneously in many places in an earthquake using Petri-net, Journal of Applied Computing in Civil Engineering, Vol.15, 297-304, 2006.
35) 2,006 学術論文 (審査論文) Akinori Furukawa, Takano Tomoya, Toru Shigemitsu, Okuma Kusuo and Watanabe Satoshi : Blade Rows Interaction of Contra-Rotating Axial Flow Pump in Pressure Field on Casing Wall, JSME International Journal, Series B: Fluids and Thermal Engineering, Vol.49, No.3, 670-677, 2006.
36) 2,006 学術論文 (審査論文) 西 泰行, 牧田 晃一, 福富 純一郎 : 汚水用新型ポンプ に関する研究, 日本機械学会論文集(B編), Vol.72, No.720, 1984-1992, 2006年.
37) 2,006 学術論文 (審査論文) 鈴木 壽, 板坂 悠司, 槙野 積志 : ヒートアイランド対策用路盤材料としての廃ガラス発泡骨材の熱的・力学的特性, 地盤工学ジャーナル, Vol.1, No.3, 85-93, 2006年.
38) 2,006 学術論文 (審査論文) 竹林 洋史, 江頭 進治, 金 海生, 佐々木 忠志 : 洪水時における河口砂州上流域の水位変動特性, 応用力学論文集, Vol.9, 997-1006, 2006年.
39) 2,006 学術論文 (審査論文) Luu Xuan Loc, 江頭 進治, 竹林 洋史 : 交換層の新しい取り扱いに着目した砂礫の分級現象の数値解析, 応用力学論文集, Vol.9, 1025-1030, 2006年.
40) 2,006 学術論文 (審査論文) Hiroshi Takebayashi, Mitsuo Teraoka, Takeshi Okabe and Shinji Egashira : Effect of vegetation growth and unsteady characteristics of water supply on formative condition of mesoscale channel configuration, River Flow, Vol.4, 1087-1096, 2006.
41) 2,006 学術論文 (審査論文) Luu Xuan Loc, Shinji Egashira and Hiroshi Takebayashi : Study on river change and sediment transportation of Tan Chau reach in lower Mekong River, River Flow, Vol.4, 1319-1328, 2006.
42) 2,006 学術論文 (審査論文) Teruaki Ito : An approach of collaborative communication with ETC traffic simulation, International Journal of Simulation Systems, Science & Technology, Vol.7, No.6, 1-9, 2006.
43) 2,006 学術論文 (審査論文) 辻原 治, 寺田 和啓, 澤田 勉 : 地震時市街地火災延焼シミュレーションのための解析モデル自動生成システムの開発, 土木情報利用技術論文集, Vol.15, 17-27, 2006年.
44) 2,006 学術論文 (審査論文) Junichi Hino, Seiichi Okubo and Toshio Yoshimura : Chatter Prediction in End Milling by FNN Model with Pruning, JSME International Journal, Series C: Mechanical Systems,Machine Elements and Manufacturing, Vol.49, No.3, 742-749, 2006.
45) 2,006 学術論文 (審査論文) 山中 英生, 田村 英嗣, 村橋 大輔 : 事業説明における整備イメージ動画を含めた画面情報の呈示順序が態度に及ぼす影響, 土木計画学研究·論文集, Vol.23, No.1, 221-227, 2006年.
46) 2,006 学術論文 (審査論文) 山中 英生, 滑川 達 : IRI指標を用いた自歩道における路面プロファイルの評価に関する研究, 土木計画学研究·論文集, Vol.23, No.4, 1065-1071, 2006年.
47) 2,006 学術論文 (審査論文) Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Tatsuya Okada, Tsunenobu Kimoto, Takeshi Mitani and Shin-ichi Nakashima : Structures of Comets in a Homoepitaxially Grown 4H-SiC Film Studied by DUV Micro-Raman Spectroscopy, Materials Science Forum, Vol.527-529, 339-342, 2006.
48) 2,006 学術論文 (審査論文) Koichi Nakamura, Kenta Kawai, Koji Yamada, Yoshitaka Michihiro, Toshihiro Moriga, Ichiro Nakabayashi and Tatsuo Kanashiro : Li+ ionic diffusion in Li-Cu-O compounds, Solid State Ionics, Vol.177, No.26-32, 2775-2778, 2006.
49) 2,006 学術論文 (審査論文) 山中 英生, 三谷 哲雄, 秀浦 光 : 無信号交差点一時停止支援ITSの警告判定アルゴリズムに関する分析, 交通工学研究発表会論文集, Vol.26, 177-180, 2006年.
50) 2,006 学術論文 (審査論文) 滑川 達, 山中 英生, 大下 剛 : 自転車の速度抑制と通行区分誘導のための路面デバイスの開発, 交通工学研究発表会論文集, Vol.26, 221-224, 2006年.
51) 2,006 学術論文 (審査論文) Keisuke Yamaguchi, Takao Ueda and Akira Nanasawa : Application of desalination with CFRP composite electrode to concrete deteriorated by chloride attack, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25n27, 3704-3709, 2006.
52) 2,006 学術論文 (審査論文) 上田 隆雄, 馬場 勇太, 山口 圭亮 : 曲げ加工部がASRで劣化したコンクリート中の鉄筋遅れ破壊特性に与える影響, コンクリート構造物の補修·補強·アップグレード論文報告集, Vol.6, 103-108, 2006年.
53) 2,006 学術論文 (審査論文) Teruaki Ito and Tomoyuki Hiramoto : A general simulator approach to ETC toll traffic congestion, Journal of Intelligent Manufacturing, Vol.17, No.5, 597-607, 2006.
54) 2,006 学術論文 (審査論文) Tatsuya Okada, Kengo Ochi, Hiroyuki Kawahara, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Makoto Yamaguchi, Kouichi Higashimine and Tsunenobu Kimoto : Source of Surface Morphological Defects Formed on 4H-SiC Homoepitaxial Films, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.45, No.10A, 7625-7631, 2006.
55) 2,006 学術論文 (審査論文) 渡邉 健, 西畑 清華, 橋本 親典, 大津 政康 : 振動付与練混ぜにより製造した再生骨材コンクリートのAE法による品質評価, 材料, Vol.55, No.10, 917-922, 2006年.
56) 2,006 学術論文 (審査論文) Teruaki Ito : A virtual environment approach for planning implant placement, The International Journal of Advanced Manufacturing Technology, Vol.30, No.9-10, 974-978, 2006.
57) 2,006 学術論文 (審査論文) 大石 篤哉, 長尾 雅也, 小野崎 洋, 吉村 忍 : GPUによる弾性波伝播シミュレーション, 日本計算工学会論文集, No.20060030, 1-8, 2006年.
58) 2,006 学術論文 (審査論文) 池田 篤, 和田 哲也, 田上 稔, 岡田 達也, 猪子 富久治 : 90°対称傾角粒界を有するアルミニウム双結晶の引張変形と再結晶, 日本金属学会誌, Vol.70, No.10, 790-796, 2006年.
59) 2,006 学術論文 (審査論文) 黒崎 ひろみ, 中野 晋, 天羽 誠二, 澤田 勉, 大谷 寛, 大奈 健, 村上 仁士 : 昭和南海地震体験者の証言に基づく徳島県内の震度再評価, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 1326-1329, 2006年.
60) 2,006 学術論文 (審査論文) 源 貴志, 成行 義文, 天野 健, 平尾 潔 : GISによる道路網ネットワーク及び属性データの作成方法と道路閉塞予測への適用, 土木情報利用技術論文集, Vol.15, 127-138, 2006年.
61) 2,006 学術論文 (審査論文) 成行 義文, 岡村 美世, 松島 義明, 平尾 潔 : 輪郭特性曲線に基づく橋梁景観の定量評価に関する研究, 土木情報利用技術論文集, Vol.15, 207-210, 2006年.
62) 2,006 学術論文 (審査論文) 安部 真理子, 成行 義文, 源 貴志, 平尾 潔 : 垂直航空写真の輪郭線情報に基づく建物被害エリアの判別に関する基礎的研究, 土木情報利用技術論文集, Vol.15, No.0, 223-230, 2006年.
63) 2,006 学術論文 (審査論文) Sayaka Nishibata, Takeshi Watanabe, Chikanori Hashimoto and Kiyoshi Kohno : Evaluation of fracture in concrete with recycled aggregate by acoustic emission, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25n27, 3652-3657, 2006.
64) 2,006 学術論文 (審査論文) Masaharu Nagamachi, Hiroyuki Mizuguchi, Kentaro Inoue and Kouichi Kamada : Development of Paving Material for Footpath and Car Park Pavement Using Granite Soil, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25n27, 3710-3715, 2006.
65) 2,006 学術論文 (審査論文) Atsushi Fukuro, Toshihiko Trigoe, Hiroyuki Mizuguchi and Takao Ueda : Application of a New Measuring Method Using Optical Fiber Strain Sensor to an Underground Tunnel, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25n27, 3692-3697, 2006.
66) 2,006 学術論文 (審査論文) YOON HAN-KI, KIM HYOUNG O, Dohoon Shin and Ri-ichi Murakami : Nano-Indenter Mechanical Properties of ITO/Glass Thin Film Deposited By DC Magnetron Sputtering Method at Low Temperature, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25-27, 4322-4327, 2006.
67) 2,006 学術論文 (審査論文) Z.Y Qiu, Dohoon Shin, K Nakada, Ri-ichi Murakami and H.Y Yoon : Influence of the SiO and SiON Buffer Layer on IZO Thin Films Deposited on PET by Inclination Opposite Target Type DC Magnetron Sputtering Method, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25-27, 3640-3645, 2006.
68) 2,006 学術論文 (審査論文) Hiroshi Yamakawa, Ri-ichi Murakami, Daisuke Yonekura, H. S. Lee and Nu Yan : Fatigue Properties of a T Type Welded Joint in a Small Sized Single Pass Boiler Header, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25n27, 3836-3841, 2006.
69) 2,006 学術論文 (審査論文) Daisuke Yonekura and Ri-ichi Murakami : Influence of Ion Bombardment on Critical Load of CrN Film Deposited onto Aluminum Alloy by Arc Ion Plating Method, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25n27, 3842-3847, 2006.
70) 2,006 学術論文 (審査論文) 加地 貴, 石井 光裕, 橋本 紳一郎, 橋本 親典 : フライアッシュコンクリートの実規模施工試験による実用性の検討, 土木学会論文集E(第5部門), Vol.62, No.4, 713-727, 2006年.
71) 2,006 学術論文 (審査論文) 三神 厚, 中野 晋, 澤田 勉, 繁田 淳吾 : 1944年東南海地震の震源近傍で発生した地震を用いた四国地域における距離減衰式の適用性の検討, 21世紀の南海地震と防災, 63-70, 2006年.
72) 2,006 学術論文 (審査論文) 橋本 和也, 三神 厚, 澤田 勉 : 徳島県における木造家屋の耐震改修に関する南海地震リスクマネジメント, 21世紀の南海地震と防災, 99-104, 2006年.
73) 2,006 学術論文 (審査論文) 三神 厚, 神山 眞, 澤田 勉 : 建物基礎のフレキシビリティーが基礎入力動の評価に与える影響, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 650-653, 2006年.
74) 2,006 学術論文 (審査論文) 源 貴志, 成行 義文, 平尾 潔, 天野 健 : GISを用いた避難・救援期に対する街路閉塞対策の優先度評価手法に関する基礎的研究, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 1350-1353, 2006年.
75) 2,006 学術論文 (審査論文) 成行 義文, 源 貴志, 大木 淳, 平尾 潔 : 震後の所要道路網ネットワークの推移を考慮した道路橋の耐震補強順位に関する研究, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 1366-1369, 2006年.
76) 2,006 学術論文 (審査論文) 成行 義文, 安部 真理子, 源 貴志, 平尾 潔 : 地震時空撮画像のエッジ情報に基づく木造家屋瓦礫部の抽出に関する研究, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 1402-1405, 2006年.
77) 2,006 学術論文 (審査論文) 中野 晋, 石丸 訓之, 岡本 誠一郎 : 物部川における河口閉塞の現状と河口部潮位変動, 海岸工学論文集, Vol.53, 601-605, 2006年.
78) 2,006 学術論文 (審査論文) 藤田 真人, 中野 晋, 寺澤 直晃 : 四国全域におけるシオマネキの生息環境評価, 海岸工学論文集, Vol.53, 1126-1130, 2006年.
79) 2,006 学術論文 (審査論文) 黒崎 ひろみ, 中野 晋, 山本 博之, 木村 泰之, 浜 大吾郎 : 中学校における沿岸防災教育の実施とその有効性, 海岸工学論文集, Vol.53, 1316-1320, 2006年.
80) 2,006 学術論文 (審査論文) 伊藤 照明 : 教育効果を高めるプロジェクト指向型授業に求められる基礎的要件, 工学教育, Vol.54, No.6, 122-127, 2006年.
81) 2,006 学術論文 (審査論文) 辻原 治, 澤田 勉 : KiK-netデータを用いた地盤同定システムの開発, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 446-449, 2006年.
82) 2,006 学術論文 (審査論文) 蒋 景彩, 山上 拓男 : GISとNEWMARK法に基づく地震時広域斜面の不安定性評価, 21世紀の南海地震と防災, Vol.1, 109-118, 2006年.
83) 2,006 学術論文 (審査論文) 黒崎 ひろみ, 中野 晋, 岡部 健士, 浜 大吾郎 : 地域防災における学校防災教育の役割, 21世紀の南海地震と防災, Vol.1, 125-132, 2006年.
84) 2,006 学術論文 (審査論文) 小川 宏樹, 黒崎 ひろみ, 井若 和久, 田邊 晋, 大谷 寛, 中野 晋, 村上 仁士 : 地震・津波災害時に大学の事業継続を担保する防災教育の提案, 安全問題研究論文集, Vol.1, 55-60, 2006年.
85) 2,006 学術論文 (審査論文) 長尾 文明, 野田 稔, 郡 崇志, 和田 浩行, 宇都宮 英彦 : 角柱後流による円柱のウェイクエクサイテーションの励振機構に関する研究, 第19回風工学シンポジウム論文集, 417-422, 2006年.
86) 2,006 学術論文 (審査論文) 西村 宏昭, 長尾 文明 : ハリケーン・カトリーナの強風による建築物の被害, 第19回風工学シンポジウム論文集, 211-216, 2006年.
87) 2,006 学術論文 (審査論文) 野田 稔, 長尾 文明, 近江 行敏, 宇都宮 英彦 : 上空風の情報を考慮した地上風の風況推定に関する検討, 風工学シンポジウム論文集, 31-36, 2006年.
88) 2,006 学術論文 (審査論文) Hitoshi Takagi and Akira Asano : Characterization of "green'' composites reinforced by cellulose nanofibers, Key Engineering Materials, Vol.334-335, 389-392, 2006.
89) 2,006 学術論文 (審査論文) Hideo Nishino, Kenichi Yoshida, Cho Hideo and Takemoto Mikio : Propagation phenomena of wideband guided waves in a bended pipe, Ultrasonics, Vol.44, e1139-e1143, 2006.
90) 2,006 学術論文 (審査論文) Yoshio Tanimoto, Yasuhiko Rokumyo, Kuniharu Nanba, Kazunari Furusawa, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Imaging of Computer Input Ability for Patient With Tetraplegia, IEEE Transactions on Instrumentation and Measurement, Vol.55, No.6, 1953-1958, 2006.
91) 2,006 学術論文 (審査論文) Tatsuya Matsue, Takao Hanabusa and Yasukazu Ikeuchi : Thermal relaxation of residual stresses in TiN films deposited by arc ion plating, International Journal of Materials Research, Vol.97, No.12, 1656-1660, 2006.
92) 2,006 学術論文 (審査論文) Michio Hashino and Huaxia Yao : Minor changes of water conservation capacity in 50 years of forest growth: analysis with data from the Ananomiya Experimental Forest, Japan, IAHS Publication series (Red Books), No.308, 656-661, 2006.
93) 2,006 学術論文 (審査論文) Kenichi Yoshida, Takeshi Yasuda, Daiki Tani and Hideo Nishino : Dynamic Behavior of Two Types of Martensitic Transformations in Cu-Al-Ni Shape Memory Alloy Single Crystal by Acoustic Emission Method, Advanced Materials Research, Vol.13-14, 305-312, 2006.
94) 2,006 学術論文 (審査論文) 西 泰行, 牧田 晃一, 福富 純一郎 : 汚水用新型ポンプに関する研究(内部流れとラジアルスラスト), ターボ機械, Vol.34, No.12, 729-738, 2006年.
95) 2,006 学術論文 (審査論文) 福島 修一郎, 安井 武史, 岩田 哲郎, 荒木 勉 : レーザー誘起ナノ秒蛍光寿命マッピングによる歯の形成と老化の可視化, 生体医工学, Vol.44, No.4, 702-706, 2006年.
96) 2,006 学術論文 (審査論文) 坂本 裕紀, 瀬崎 英孝, 吉田 憲一, 淺岡 憲三 : チタンの耐食性と機械的性質に及ぼす熱処理の影響, 日本歯科産業学会誌, Vol.20, No.2, 3-13, 2006年.
97) 2,006 学術論文 (審査論文) 馬 険峰, 望月 秋利, Min CAI : Development of elasto-plastic model with revised plastic work function as hardening function based on plane strain tests, Chinese Journal of Rock Mechanics and Engineering, Vol.29, No.6, 887-893, 2007年.
98) 2,006 学術論文 (審査論文) Hisashi Suzuki, Satoshi Ueta and Makino Katsushi : Stady of mechanical properties of waste glass fragement as a sand cushion material for flat type block, New Frontiers in Chinese and Japanese Goetechnies, 559-567, 2007.
99) 2,006 学術論文 (審査論文) Ri-ichi Murakami, Katsuhiro Fujikawa and Daisuke Yonekura : Improvment of Oxidation Property of SUS304 by Gas barrier Coating, Key Engineering Materials, Vol.353-358, 1879-1882, 2007.
100) 2,006 学術論文 (審査論文) Satoshi Fukui, Ri-ichi Murakami and Daisuke Yonekura : Effects of Dynamic lon Mixing Coating Condition for Fatigue Properties of Stainless Steel with TiN Film, Key Engineering Materials, Vol.353-358, 1875-1878, 2007.
101) 2,006 学術論文 (審査論文) Hiroshi Fujiwara, Hitoshi Imai, Toshiki Takeuchi and Yusuke Iso : Numerical treatment of analytic continuation with multiple-precision arithmetic, Hokkaido Mathematical Journal, Vol.36, No.4, 837-848, 2007.
102) 2,006 学術論文 (審査論文) Hitoshi Imai, Naoyuki Ishimura and Masahiro Kushida : Numerical treatment of a singular nonlinear partial differential equation arising in the optimal investment, Thai Journal of Mathematics, Vol.5, 321-326, 2007.
103) 2,006 学術論文 (審査論文) 蘇 立, 山中 英生, 上月 康則 : 日本および中国における環境教育の内容の変換に関する比較分析, --- 中学校における地理の学習指導要領と教科書記述を通して ---, 土木学会論文集, Vol.63, No.2, 102-111, 2007年.
104) 2,006 学術論文 (審査論文) Takeshi Watanabe, Sayaka Nishibata, Chikanori Hashimoto and Masayasu Ohtsu : Compressive failure in concrete of recycled aggregate by acoustic emission, Construction and Building Materials, Vol.21, No.3, 470-476, 2007.
105) 2,006 学術論文 (審査論文) 桐山 聰, 小西 正暉, 英 崇夫 : 計画能力の一側面としてのコミュニケーション能力, 工学教育, Vol.55, No.1, 54-58, 2007年.
106) 2,006 学術論文 (審査論文) 西野 秀郎, 吉田 憲一, 長 秀雄, 竹本 幹男 : パイプを伝搬するGuided waveの速度分散関係を利用した肉厚外径比の推定法とレーザー超音波法を用いた検証, 日本音響学会誌, Vol.63, No.1, 13-20, 2007年.
107) 2,006 学術論文 (審査論文) Akinori Furukawa, Toru Shigemitsu and Satoshi Watanabe : Performance Test and Flow Measurement of Contra-Rotating Axial Flow Pump, Journal of Thermal Science, Vol.116, No.1, 142-149, 2007.
108) 2,006 学術論文 (審査論文) Koichi Nakamura, Keisuke Motoki, Yoshitaka Michihiro, Tatsuo Kanashiro, Masahito Yahagi, Hiromi Hamanaka and Kazuo Kuriyama : Li+ ionic diffusion and vacancy ordering in β-LiGa, Faraday Discussions, Vol.134, 343-352, 2007.
109) 2,006 学術論文 (審査論文) 一宮 昌司, 安倍 智宏, 福富 純一郎, 近藤 正春 : 円管助走部境界層の単一突起による遷移, --- 定常乱流領域の発達過程 ---, 日本機械学会論文集(B編), Vol.73, No.725, 154-161, 2007年.
110) 2,006 学術論文 (審査論文) Akitoshi Mochizuki, Sreng Sokkheang, Xianfeng Ma, Cai Min and Xiong Jie : An independent principal stress control apparatus and two numerical models of soil, Proc. of International Workshop on Constitutive Modelling,, 194-207, 2007.
111) 2,006 学術論文 (審査論文) Hitoshi Imai and Hideo Sakaguchi : Numerical Computation on Analyticity of the Solution of a Cauchy Problem for the Backward Heat Equation, Theoretical and Applied Mechanics Japan, Vol.56, 291-300, 2007.
112) 2,006 学術論文 (審査論文) Zhenyu JIN, Hideo Sakaguchi, Naoyuki Ishimura and Hitoshi Imai : Global in Space Simulation for the Black-Scholes Equation Incorporating Transaction Costs, Theoretical and Applied Mechanics Japan, Vol.56, 445-450, 2007.
113) 2,006 学術論文 (審査論文) 辻原 治, 澤田 勉 : 鉛直アレー観測記録を用いた地盤同定問題の評価関数についての考察, 土木学会論文集, Vol.63, No.1, 14-24, 2007年.
114) 2,006 学術論文 (審査論文) 田村 隆雄, 端野 道夫, 末永 慶寛, 星川 豪 : 引田湾に隣接する森林流域からの物質流出機構と流出負荷量, 水工学論文集, Vol.51, 1165-1170, 2007年.
115) 2,006 学術論文 (審査論文) 岡部 健士, 藤田 一郎, 椿 涼太, 和久田 敦志 : 現地洪水流の表面ビデオ映像に対するLSPIV解析の適用要領, 水工学論文集, Vol.51, 1087-1092, 2007年.
116) 2,006 学術論文 (審査論文) 竹林 洋史, 江頭 進治 : 混合砂河床における交互砂州の変動特性, 水工学論文集, Vol.51, 1033-1038, 2007年.
117) 2,006 学術論文 (審査論文) 上田 隆雄, 山口 圭亮, 渡邉 健, 西畑 清華 : ASRで劣化したコンクリート中の鉄筋とコンクリートとの付着挙動, セメント·コンクリート論文集, No.60, 396-402, 2007年.
118) 2,006 学術論文 (審査論文) 日野 順市, 大久保 誠一, 芳村 敏夫 : ウェーブレットパケットを用いたFNNによるエンドミル加工時のびびり振動発生判別に関する研究, 設計工学, Vol.42, No.2, 84-91, 2007年.
119) 2,006 学術論文 (審査論文) 日野 順市, 河本 忠幸, 芳村 敏夫 : 部分空間法を用いたインパルス加振によるモード特性同定に関する研究, 日本機械学会論文集(C編), Vol.73, No.726, 406-413, 2007年.
120) 2,006 学術論文 (審査論文) 宇野 宏司, 中野 晋, 辻本 剛三, 柿木 哲哉 : 吉野川河口における河床変動要因の解析, 水工学論文集, Vol.51, 961-966, 2007年.
121) 2,006 学術論文 (審査論文) 天羽 誠二, 中野 晋, 木村 剛士, 津川 茂 : ニューラルネットワークと数値解析による高潮現象のハイブリッドリアルタイム予測, 水工学論文集, Vol.51, 793-798, 2007年.
122) 2,006 学術論文 (審査論文) Teruaki Ito : Whiteboard-based interface for collaboration in e-manufacturing environment, Journal of Manufacturing Technology Management, Vol.18, No.1, 25-35, 2007.
123) 2,006 学術論文 (審査論文) 三神 厚, 神山 眞, 澤田 勉, 松田 敏和 : 自由地盤の強震観測に及ぼす地震計設置台座の影響, 構造工学論文集, Vol.53A, 321-328, 2007年.
124) 2,006 学術論文 (審査論文) 島田 智之, 三神 厚, 澤田 勉 : 動的信頼性理論に基づく応答スペクトル適合地震動の一作成法, 構造工学論文集, Vol.53A, 313-320, 2007年.
125) 2,006 学術論文 (審査論文) 森西 由記, 三神 厚, 澤田 勉 : トンネル中柱端部のフレキシビリティーが躯体の断面力分布に及ぼす影響, 構造工学論文集, Vol.53A, 1169-1180, 2007年.
126) 2,006 学術論文 (審査論文) 野田 稔, 長尾 文明, 宇都宮 英彦, 中出 敦士, 岡村 美世 : 再付着断面に与えた微弱な周期撹乱の圧力変動への伝達特性, 構造工学論文集, Vol.53A, 622-627, 2007年.
127) 2,006 学術論文 (審査論文) Yuan-Hai Li, Hong-Wen Jing, He-Hua Zhu, 上野 勝利 : A technique of identifying shear band accurately in granular soil using image correlation analysis, Rock and Soil Mechanics, Vol.28, No.3, 522-526, 2007年.
128) 2,006 学術論文 (審査論文) 大石 篤哉, 小野崎 洋, 長尾 雅也, 吉村 忍 : GPUによる要素マトリックス演算, シミュレーション, Vol.26, No.1, 67-75, 2007年.
129) 2,006 学術論文 (審査論文) Tetsuo Iwata and Shougo Maeda : Simulation of Absorption-Based Surface-Plasmon Resonance Sensor by Means of Ellipsometry, Applied Optics, Vol.46, No.9, 1575-1582, 2007.
130) 2,006 学術論文 (審査論文) Kunihiko Ishihara : Flow Induced Vibration of Shell & Tube Type Heat Exchanger, --- 1st Report, Understanding of Phenomenon ---, Journal of Environment and Engineering, Vol.2, No.2, 293-302, 2007.
131) 2,006 学術論文 (審査論文) Kunihiko Ishihara : Flow Induced Vibration of Shell & Tube Type Heat Exchanger, --- 2nd Report, Confirmation of Countermeasures ---, Journal of Environment and Engineering, Vol.2, No.2, 303-314, 2007.
132) 2,006 学術論文 (審査論文) 黒崎 ひろみ, 中野 晋, 小川 宏樹, 岡部 健士, 村上 仁士 : 2006年度工学部新入生を対象とした防災教育の実施と防災意識調査, 大学教育研究ジャーナル, No.4, 15-21, 2007年.
133) 2,006 学術論文 (審査論文) Teruaki Ito : An approach towards collaborative communication, International Journal of Advanced Manufacturing Systems, Vol.10, No.1, 65-69, 2007.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,006 学術論文 (紀要その他) Fumiaki Nagao and Hiroaki Nishimura : Investigation Report of Damage Caused by Hurricane Katrina, Wind Effects Bulletin, 10-14, 2006.
2) 2,006 学術論文 (紀要その他) 石丸 啓輔, 水口 裕之, 坂本 侑士, 牛尾 仁 : 現地発生土砂とフライアッシュを用いた有スランプCSGの配合と強度, セメント·コンクリート研究討論会論文報告集(論文), Vol.33, 27-30, 2006年.
3) 2,006 学術論文 (紀要その他) 續木 章三 : 「科学教育」と技術史, --- 理科教育と技術の関わり ---, 徳島科学史雑誌, No.25, 29-33, 2006年.
4) 2,006 学術論文 (紀要その他) 續木 章三 : 「ものづくり」と「理科教育」, --- 「振り子はかり」の製作実践を通して ---, 技術教室, No.654, 44-49, 2007年.
5) 2,006 学術論文 (紀要その他) 續木 章三, 英 崇夫 : 「ものづくり」による創造的学習, 大学教育研究ジャーナル, No.4, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術レター

1) 2,006 学術レター 多田 吉宏, 高砂 知明 : 金属粉末の押出しによる短繊維製造の試み, 粉体および粉末冶金, Vol.53, No.4, 358-362, 2006年.
2) 2,006 学術レター 高砂 知明, 多田 吉宏 : 粉末押出しにより製造したアルミニウム短繊維のキャラクタリゼーション, 粉体および粉末冶金, Vol.53, No.4, 363-368, 2006年.
3) 2,006 学術レター 西村 宏昭, 長尾 文明 : ハリケエーン・カトリーナの被害調査, 日本風工学会誌, Vol.31, No.107, 145-154, 2006年.
4) 2,006 学術レター Hideo Nishino and Kenichi Yoshida : Simple method of generating for circumferential shear horizontal waves in a pipe and their mode identifications, Acoustical Science and Technology, Vol.27, No.6, 389-392, 2006.
5) 2,006 学術レター 鎌田 磨人 : 徳島市の都市緑地としての城山のこれから-城山ホルトノキ存続の危機, 徳島の自然, Vol.30, No.72, 1-3, 2006年.
6) 2,006 学術レター 森本 恵美, 滑川 達, 山中 英生 : 入札結果の推移状況から見た今後のモニタリング・ポイントに関する一考察, 第24回建設マネジメント問題に関する研究発表·討論会講演集, Vol.24, 57-60, 2006年.
7) 2,006 学術レター 森本 恵美, 山中 英生, 滑川 達 : 地域防災向上のための防災施策の優位順位, --- 徳島県吉野川市の試みから ---, 自然災害フォーラム論文集, 87-94, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1) 2,006 総説・解説 大窪 和也, 高木 均, 合田 公一 : 実用化期の複合材料技術と課題: 4.グリーンコンポジットとその研究の新展開, 材料, Vol.55, No.4, 438-444, 2006年4月.
2) 2,006 総説・解説 高木 均 : 研磨・研削スラッジのリサイクルの現状と課題, 精密工学会誌, Vol.72, No.5, 551-554, 2006年5月.
3) 2,006 総説・解説 山中 英生, 滑川 達 : 我が国におけるコンセンサス・ビルディング手法の適用事例とその評価, PRI Review, No.20, 26-35, 2006年5月.
4) 2,006 総説・解説 西野 秀郎 : レーザー超音波法によるガイド波モードの同定, 超音波テクノ, Vol.18, No.3, 1-585, 2006年6月.
5) 2,006 総説・解説 和田 一範, 三神 厚 : ジャワ島中部地震緊急調査報告, 2006年8月.
6) 2,006 総説・解説 長町 拓夫 : 年間展望-ロール成形-, 塑性と加工, Vol.47, No.547, 717-718, 2006年8月.
7) 2,006 総説・解説 石川 満, 亀井 利浩, 大家 利彦 : バイオ・医療への応用のためのマイクロナノテクノロジー, ケミカルエンジニヤリング, Vol.51, No.11, 45-50, 2006年11月.
8) 2,006 総説・解説 高木 均 : 循環型社会の実現に貢献するグリーンコンポジット, 日本機械学会材料力学部門ニュースレター, No.30, 9, 2006年11月.
9) 2,006 総説・解説 成行 義文 : 地震で被災した橋の応答評価, 地震時保有水平耐力法に基づく耐震設計法の開発に関する研究小委員会「構造物の非線形地震時挙動の評価法WG活動中間報告書」, 36-40, 2007年1月.
10) 2,006 総説・解説 高木 均 : グリーンコンポジット―循環型社会の実現に不可欠なバイオマス材料―, 日本機械学会誌, Vol.110, No.1059, 140, 2007年2月.
11) 2,006 総説・解説 三神 厚, 澤田 勉, 神山 眞 : 強震計台座が自由地盤の強震観測に与える影響, 震度計の設置促進と震度データの利用高度化に関するシンポジウム, 4-12, 2007年3月.
12) 2,006 総説・解説 上田 隆雄 : フライアッシュを混和したコンクリート中の鉄筋腐食モニタリングに関する検討, 平成18年度フライアッシュを利用するコンクリートの耐久性に関する調査研究報告書, 52-59, 2007年3月.
13) 2,006 総説・解説 橋本 親典 : フライアッシュを用いたコンクリートの施工性能の評価方法, 平成18年度フライアッシュの有効利用促進に関する調査研究報告書, 47-53, 2007年3月.
14) 2,006 総説・解説 蒋 景彩, 三神 厚, 岡部 健士, 中野 晋, 藤田 真人 : 2007年能登半島地震災害調査―建物被害・道路法面崩壊を中心に―, 南海地震研究 第3巻, Vol.3, 25-34, 2007年3月.
15) 2,006 総説・解説 山中 英生 : NPOによる中立者を活用したコミュニケーションの展開, --- コンセンサス・ビルディングを導入した交差点交通安全検討会の事例から ---, 交通工学, Vol.42, No.2, 18-23, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1) 2,006 国際会議 Shigeki Matsuo, Yusuke Tabuchi, Tatsuya Okada, Takuro Tomita, Shuichi Hashimoto, Saulius Juodkazis and Hiroaki Misawa : Femtosecond laser assisted etching of quartz, XXIst IUPAC Symposium on Photochemistry, 520, Kyoto, Apr. 2006.
2) 2,006 国際会議 Hitoshi Takagi : Characterization and fabrication of composites, Proceedings of the 6th Global Wood and Natural Fibre Composites Symposium, 14-1-14-5, Kassel, Apr. 2006.
3) 2,006 国際会議 Hiroyuki Ukida, Seiji Kaji, Yoshio Tanimoto and Hideki Yamamoto : Human Motion Caputure System Using Color Markers and Silhouette, Proceedings of the 23rd IEEE Instrumentation and Measurement Technology Conference (IMTC/06), 151-156, Sorrento, Apr. 2006.
4) 2,006 国際会議 Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Measurement System of Transfer Motion for Patient with Spinal Cord Injuries, Proceedings of the 23rd IEEE Instrumentation and Measurement Technology Conference (IMTC/06), 423-427, Sorrento, Apr. 2006.
5) 2,006 国際会議 Hiroyuki Ukida, Tadashi Araki, Keiji Kojima, Yasuko Nagai and Maki Shinoda : Color Restoration of Scanned Book Images for Various Background Colors and Specular Reflections, Proceedings of the 2006 IEEE International Workshop on Imaging System and Techniques (IST2006), 76-81, Minori, Apr. 2006.
6) 2,006 国際会議 Tanimoto Yoshio, Yasuhiko Rokumyo, Kazunari Furusawa, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Adjustment of Computer Input Device for Patient with Tetraplegia by using the Mouse Cursor Locus Image, Proceedings of the 2006 IEEE International Workshop on Imaging System and Techniques (IST2006), 119-124, Minori, Apr. 2006.
7) 2,006 国際会議 Takao Hanabusa : Residual stress evaluation of industrial materials by X-ray and neutron diffraction, ISOPE-2006, San Francisco, May 2006.
8) 2,006 国際会議 Akihiro Utsumi, Toshihiko Ooie, Tetsuo Yano and Munehide Katsumura : Direct bonding of glass and metal using short pulsed laser, Laser Advanced Materials Processing 2006 LAMP2006, Kyoto, May 2006.
9) 2,006 国際会議 Hitoshi Takagi : Effects of forming conditions on mechanical properties of green composites, High Performance Structures and Materials III, 151-157, Ostend, May 2006.
10) 2,006 国際会議 Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa, Satoshi Kiriyama, Tetsushi Ueta, Akio Tsuneda and Takuo Nagamachi : Mutual evaluation of presentation skills between two distant universities by giga-bit network, Abstract of 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 79, Tokyo, May 2006.
11) 2,006 国際会議 Takao Hanabusa, Shoichiro Fujisawa and : "Roots Finding", --- PBL in the first year course ---, Abstract of 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 77, Tokyo, May 2006.
12) 2,006 国際会議 Masanobu Haraguchi, Satoshi Kiriyama, Shoichiro Fujisawa and Takao Hanabusa : Education of the ability to find solution through making WEB pages for first-grade students, Abstract of 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 78, Tokyo, May 2006.
13) 2,006 国際会議 Satoshi Kiriyama, Takao Hanabusa and Masanobu Haraguchi : The self analysis of setbacks in the WEB designer project, Abstract of 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 80, Tokyo, May 2006.
14) 2,006 国際会議 Takao Hanabusa and Kazuya Kusaka : Encouragement of student activities by presentation evaluation, Proceeding of the 34th SEFI Annual Conference, 109, Uppsala, Sweden, June 2006, Jun. 2006.
15) 2,006 国際会議 Hitoshi Takagi : Changes in mechanical properties of heat-treated natural plant fibers, Proceedings of the International Fiber Conference 2006, 145-146, Seoul, Jun. 2006.
16) 2,006 国際会議 Hitoshi Takagi and Narayan Anil Netravali : Mechanical properties and fracture behavior of MAO fiber-reinforced "green'' composites, Proceedings of the International Fiber Conference 2006, 387-388, Seoul, Jun. 2006.
17) 2,006 国際会議 Takeshi Watanabe, Sayaka Nishibata, Chikanori Hashimoto and Ohtsu Masayasu : AE BEHAVIOR OF CONCRETE WITH LOW-TREATED RECYCLED AGGREGATE IN COMPRESSION TEST, Structural Faults & Repair 2006, Edinburgh, Jun. 2006.
18) 2,006 国際会議 Takao Ueda, Yukihiro Yoshida, Keisuke Yamaguchi and Masanobu Ashida : Electrochemical migration of lithium ions into hardened concrete and ASR expansion after treatment, Structural Faults & Repair 2006, Edinburgh, Jun. 2006.
19) 2,006 国際会議 Takao Hanabusa and Shoichiro Fujisawa : "Roots Finding" -PBL in th e first year course-, 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 77, Tokyo, Jun. 2006.
20) 2,006 国際会議 Hisashi Suzuki, Yuji Itasaka and Katsushi Makino : Heat and mechanical properties of waste glass aggregate as a base course material for taking measures of heat island, 5th ICEG ENVIRONMENTAL GEOTECHNICS, Vol.Vol.2, 1570-1577, Cardiff, Jun. 2006.
21) 2,006 国際会議 Akinori Furukawa, Toru Shigemitsu and Satoshi Watanabe : Performance Test and Flow Measurement of Contra-Rotating Axial Flow Pump, Proceedings of the Asian Joint Workshop on Thermophysics and Fluid Science, Qufu, China, Jun. 2006.
22) 2,006 国際会議 Satoshi Kiriyama and Takao Hanabusa : Teaching elementary school student in a handicraft lesson by science and technological students, Proceeding of the 34th SEFI Annual Conference, 109, Uppsala, Sweden, Jun. 2006.
23) 2,006 国際会議 Shigeharu Kogushi and Mahito Kamada : Predicting potentially unsuitable site for Sasa growing, the core for restoring endangered grassland plants, International Conference on Ecological Restoration in East Asia, Osaka, Jun. 2006.
24) 2,006 国際会議 K Yamashita, K Kato, H Mitsuhashi and Mahito Kamada : Risk assessment of landslid occurrence in the region of monotonous cedar plantation for setting priority of nature restoration, International Conference on Ecological Restoration in East Asia, Osaka, Jun. 2006.
25) 2,006 国際会議 Y Fukuoka, Mahito Kamada, H Takebayashi and T Okabe : Can flood control invasive grass, Eragrostis curvula, at gravel bar? -Lesson from the cases in the Yoshino River, Shikoku, Japan, International Conference on Ecological Restoration in East Asia, Osaka, Jun. 2006.
26) 2,006 国際会議 E Harada, M Ogawa, K Yoshida, H Mitsuhashi and Mahito Kamada : Classifying wetland habitat by predicted occurrence pattern of hygrophyte damselfly functional group, International Conference on Ecological Restoration in East Asia, Osaka, Jun. 2006.
27) 2,006 国際会議 T Tsuzuki, Mahito Kamada and Highway Office of River and national Tokushima : Policy and measures against rapid invasion of weeping lovegrass in the Yoshino River, Shikoku, Japan, International Conference on Ecological Restoration in East Asia, Osaka, Jun. 2006.
28) 2,006 国際会議 Minoru Noda, Fumiaki Nagao, Koichi Adachi, Takamasa Isago and Hidehiko Utsunomiya : Control of spatial correlation of vertical component wind fluctuation by flexible movable blades cascade, Proceedings of the Fourth International Symposium on Computational Wind Engineering, 865-868, Yokohama, Jul. 2006.
29) 2,006 国際会議 Kenichi Yoshida, Takeshi Yasuda, Daiki Tani and Hideo Nishino : EValuation of Two Types of Martensitic Transformations in Cu-Al-Ni Shape Memory Alloy Single Crystal by Acoustic Emission Waveform Analysis, Progress in Acoustic Emission XIII ( Proc. of The 18th International Acoustic Emission Symposium ), Vol.18, 197-204, Tokyo, Jul. 2006.
30) 2,006 国際会議 Kenichi Yoshida, Hirokazu Miyake, Naoki Hamada and Hideo Nishino : Acoustic Emission Caused by Fatigue Fracture of Al-Mg-Si Alloys, Progress in Acoustic Emission XIII ( Proc. of The 18th International Acoustic Emission Symposium ), Vol.18, 447-453, Tokyo, Jul. 2006.
31) 2,006 国際会議 Takao Hanabusa, Kim Yun-Hae, Kim Yoon-Sik, Cho Jong-Rae and Satoshi Kiriyama : Encouragement of Engineering Education by International Coalition, --- Relation between the Center for Innovation and Creativity Development, The University of Tokushima and the Center for Innovation of Education, Korea Maritime University ---, 2006 JSEE Annual Conference, International Session Proceedings, 32-34, Kokura, Kitakyushu, Jul. 2006.
32) 2,006 国際会議 Yun-Hae Kim, Jin-Ho Son, Jong-Rae Cho, Yoon-Sik Kim and Takao Hanabusa : Design of Un-manned Solar Boat System, 2006 JSEE Annual Conference, International Session Proceedings, 36-39, Kokura, Kitakyushu, Jul. 2006.
33) 2,006 国際会議 Mahito Kamada, E Harada, M Ogawa and H Mitsuhashi : Finding the target places for conservation and restoration of wetland in regional scale, The fourth Annual Joint Seminar between Korea and Japan on Ecology and Civil Engineering, Gwangju South Korea, Jul. 2006.
34) 2,006 国際会議 Nhar Hneg, Seiji Onodera, Chikanori Hashimoto, Takeshi Watanabe and Hiroyuki Mizuguchi : A study on properties of low treated recycled aggregate concrete using mixing method with oscillation and waterproof agent, Proceedings of The Tenth Asia-Pacific Conference on Structural Engineering & Construction (EASEC-10), 677-682, Bangkok, Aug. 2006.
35) 2,006 国際会議 Honda Ryoji, Hiroyuki Mizuguchi, Nishikawa Koji and Keisuke ISHIMARU : Mechanical Properties and Resistance to Wetting and Drying of Porous Concrete Using Various Material, Proceedings of The Tenth Asia-Pacific Conference on Structural Engineering & Construction (EASEC-10), Vol.6, 317-322, Bangkok, Aug. 2006.
36) 2,006 国際会議 Kiyoshi Hirao, Shuji Sasada, Yoshifumi Nariyuki and Seiji Nakayashiki : A Study on Seismic Design Method of a Single RC Pier based on Displacement Ductility, The 10th EASEC Proceedings (CD-ROM), Vol.3, 15-22, Bangkok, Aug. 2006.
37) 2,006 国際会議 Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, Jun Ohki and Kiyoshi Hirao : A Methodology of Importanse Assessment of Road Bridges with Top Priority to Non-isolation of Damaged Areas, The 10th EASEC Proceedings (CD-ROM), Vol.6, 15-20, Bangkok, Aug. 2006.
38) 2,006 国際会議 Yamamura Takeshi, Tsutomu Sawada, Yuko Nakauchi, Osamu Tsujihara and Atsushi Mikami : Earthquake damage prediction system of highway bridges using quantification theory, Proceedings of the 10th East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering & Construction(EASEC), 1-6, Bangkok, Aug. 2006.
39) 2,006 国際会議 Hitoshi Takagi : Processing and characterization of starch-cellulose microfibril "green" composites, KSCM Summer Workshop: 2nd Korea-Japan Green Composites Workshop, 41-58, Gang Won, Aug. 2006.
40) 2,006 国際会議 Akitoshi Mochizuki, Kadota Hirokazu, Sokkheang Sreng and Kusaka Takuya : A New Numerical Model based on Double Yield Surface Concept and Validity Verification by FE-Analysis, COBRAMSEG' 2006, Vol.1, 225-230, Curitiba, Aug. 2006.
41) 2,006 国際会議 Osamu Tsujihara and Tsutomu Sawada : Identification system of dynamic soil properties using vertical array records of ground motions, Proceedings of 1st European Conference on Earthquake Engineering and Seismology, 1-10, Geneva, Sep. 2006.
42) 2,006 国際会議 Yoshifumi Nariyuki, Jun Ohki, Takashi Minamoto and Kiyoshi Hirao : Priority of Seismic Retrofit of Bridges considering Prevention of Isolated Areas after an Earthquake, Proceedings of the 1st European Conference on Earthquake Engineering and Seismology, Paper-No.407, Geneva, Sep. 2006.
43) 2,006 国際会議 Kiyoshi Hirao, Yoshifumi Nariyuki and Shuji Sasada : Effect of Restoring Force Model for Column-type RC Piers on Displacement Ductility Based Design, Proceedings of the 1st European Conference on Earthquake Engineering and Seismology, Paper-No.737, Geneva, Sep. 2006.
44) 2,006 国際会議 Taketo Uomoto and Chikanori Hashimoto : Recommendation for Shotcreting (Draft) Part ``Tunnels by the NATM'' by the Japan Society of Civil Engineers, Proceedings of The Tenth International Conference on Shotcrete for Underground Support, Vol.10, 14-29, Whistler, Brithish Columbia, Canada, Sep. 2006.
45) 2,006 国際会議 Yujin Liu, Sokkheang Sreng, Akitoshi Mochizuki and Katsutoshi Ueno : Deformation behavior and bearing capacity of sand slope due to surface loading and their FEM simulation by MMX-model, IS-YAMAGUCHI2006, Geomechanics and Geotechnics of Particulate Media, 403-408, Yamaguchi, Sep. 2006.
46) 2,006 国際会議 Hitoshi Takagi, Syuhei Kako, Koji Kusano and Akiharu Ousaka : Thermal conductivity of PLA-bamboo composites, Proceedings of 4th International Workshop on Green Composites, 150-152, Tokyo, Sep. 2006.
47) 2,006 国際会議 Teruaki Ito : CE in Engineering Education, --- An Observation from the Experience ---, Leading the Web in Concurrent Engineering: Next Generation Concurrent Engineering, Vol.143, 758-765, Antibes, France, Sep. 2006.
48) 2,006 国際会議 Tatsuya Okada, Kouichi Okamoto, Kengo Ochi, Kouichi Higashimine and Tsunenobu Kimoto : Origin of Surface Morphological Defects in 4H-SiC Homoepitaxial Films, Materials Science Forum, Vol.527-529, 399-402, Pittsburgh, Oct. 2006.
49) 2,006 国際会議 Sunao Miyauchi and Junichiro Fukutomi : Optimization of Meridional Shape Design of Pump Impeller, Proceedings of the 23rd IAHR Symposium on Hydraulic Machinery and Systems, Yokohama, Oct. 2006.
50) 2,006 国際会議 Teruaki Ito : A Hands-on Challenge for Creative Teaching, Elektrotechnik CAD, 49-56, Stuttgart, Germany, Oct. 2006.
51) 2,006 国際会議 Toru Shigemitsu, Tomohiro Fukuyama, Akinori Furukawa, Satoshi Watanabe and Kusuo Okuma : Flow Measurement with LDV in Contra-rotating Axial Flow Pump, Proceedings of the 23rd IAHR Symposium on Hydraulic Machinery and Systems, Yokohama, Japan, Oct. 2006.
52) 2,006 国際会議 Akira Oyama, Masahiro Masuda, Kenichi Sasaki, Hitoshi Ogawa, Shinichi Handa and Kiyotaka Takechi : Investigation of Tool Geometry and Machining Conditions for Fracture Size Minimization in Miniature Drilling of Alumina Ceramic with Electroplated Diamond Tool, Progress of Machining Technology (8th ICPMT), 121-124, Matsue, Nov. 2006.
53) 2,006 国際会議 Hitoshi Ogawa, Masahiro Masuda and Akira Oyama : Cavitation Effect of Cutting Fluid in Micro Drilling, Progress of Machining Technology (8th ICPMT), 261-264, Matsue, Nov. 2006.
54) 2,006 国際会議 Nu Yan, Lee I., Daisuke Yonekura and Ri-ichi Murakami : Influence of plasma ion nitriding on the fatigue properties of SCM435 steel, Asian Pacific Conference for Fracture and Strength 2006, Sanya, Nov. 2006.
55) 2,006 国際会議 Daisuke Yonekura, H. Fukuda and Ri-ichi Murakami : Influence of bias voltage on fatigue cracking behavior of chromium nitride film deposited on steel, Asian Pacific Conference for Fracture and Strength 2006, Sanya, Nov. 2006.
56) 2,006 国際会議 Ri-ichi Murakami, K Fujikawa and Daisuke Yonekura : Improvement of Oxidation Property of SUS304 by Gas barrier Coating, Asian Pacific Conference for Fracture and Strength 2006, Sanya, Nov. 2006.
57) 2,006 国際会議 Ri-ichi Murakami, S Fukui, Daisuke Yonekura and Cheol-Mun Yim : Study of boron-doped diamond films by microwave plasma CVD method, Asian Pacific Conference for Fracture and Strength 2006, Sanya, Nov. 2006.
58) 2,006 国際会議 Daisuke Yonekura, T Ishikawa and Ri-ichi Murakami : Influence of ion bombardment process on adhesion between CrN coatings and aluminum alloy, Asian Pacific Conference for Fracture and Strength 2006, Sanya, Nov. 2006.
59) 2,006 国際会議 Chikanori Hashimoto, Ritsu Sugiyama and Yoshikazu Ishizeki : Recommendation for Shotcreting for Tunnels by NATM' Method by Japan Society of Civil Engineers, Proceedings of The Second ACF International Conference (CD-ROM), Vol.2, CME61-CME70, Bali, Indonesia, Nov. 2006.
60) 2,006 国際会議 Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka and Masayuki Nishida : Stress-assisted atomic migration in thin copper films, APCFS'06, 22-25, Hainan Iland, China, Nov. 2006.
61) 2,006 国際会議 Masayuki Nishida, Takao Hanabusa and Yasukazu Ikeuchi : X-ray stress measurement of fiber reinforced plastics composite material, APCFS'06, Hainan Iland, Nov. 2006.
62) 2,006 国際会議 Yukihiro Tokunaga, Nu Yan, Daisuke Yonekura and Ri-ichi Murakami : Thermal fatigue properties of the fin in the boilers, Asian Pacific Conference for Fracture and Strength 2006, Sanya, Nov. 2006.
63) 2,006 国際会議 Satoshi Fukui, Ri-ichi Murakami and Daisuke Yonekura : Effects of Dynamic Ion Mixing Coating Condition for Fatigue Properties of Stainless Steel with TiN Film, Asian Pacific Conference for Fracture and Strength 2006, Sanya, Nov. 2006.
64) 2,006 国際会議 Jing-Cai Jiang and Takuo Yamagami : Regional seismic slope instability assessment using newmark's method and geographical information system, Proceedings of the 4th Asian Joint Symposium on Geo-Environmental Engineering, 247-252, Dalian, Nov. 2006.
65) 2,006 国際会議 Hiroshi Yamakawa, Nu Yan, Daisuke Yonekura and Ri-ichi Murakami : Fatigue properties of a T type welded joint in a small-sized single pass boiler header, Asian Pacific Conference for Fracture and Strength 2006, Sanya, Nov. 2006.
66) 2,006 国際会議 Hitoshi Takagi and Akira Asano : Characterization of "green'' composites reinforced by cellulose nanofibers, Program & Abstract Book of the 5th Asian-Australasian Conference on Composite Materials, 92, Hong Kong, Nov. 2006.
67) 2,006 国際会議 Hitoshi Takagi : Fabrication and characterization of starch-based "green'' composites, Joint Seminar of JSMS Committee on Composite Materials and Sun Yat-sen University, 1-4, Guangzhou, Dec. 2006.
68) 2,006 国際会議 Kunihiko Ishihara : Study on attenuation effect of side branch with finite impedance end, The proceedings of Inter noise2007 Conference, Honolulu, Dec. 2006.
69) 2,006 国際会議 Fumiaki Nagao and Hiroaki Nishimura : Field investigation of damage caused by Hurricane Katrina, Proceedings of The Nineteenth KKCNN Symposium on Civil Engineering, 81-84, Kyoto, Japan, Dec. 2006.
70) 2,006 国際会議 Jing-Cai Jiang and Takuo Yamagami : Anchor forces needed to increase slope stability: A comparison of conventional and modified procedures, Proceedings of An International Conference on Geotechnical Engineering (GEO-SINGAPORE 2006), 103-110, Singapore, Dec. 2006.
71) 2,006 国際会議 Hitoshi Takagi : Environment-friendly "green'' composites and their research trend in Japan, ICS-UNIDO Workshop on "Sustainable Plastics in India and Asian Countries'', 8, Pune, Dec. 2006.
72) 2,006 国際会議 Hisashi Suzuki, Satosi Ueta and Katsushi Makino : Study of mechanical properties of waste glass fragment to a sand cushion material for flat type block, New Frontiers in Chinese and Janese Geomechaniques, 559-567, 2007.
73) 2,006 国際会議 Koichi Nakamura, Tatsuo Kanashiro, M. Vijayakumar and S. Selvasekarapandian : NMR Study on Li+ Ionic Diffusion in LixV2O5 Prepared by Solid-State Reaction, Proceedings of the 1st international Discussion Meeting on Superionic Conductor Physics, 139-144, Kyoto, Jan. 2007.
74) 2,006 国際会議 Teruaki Ito : A simulation-based approach to congestion problem in cafeteria, International conference on modelling and simulation, 465-470, Phuket, Thailand, Mar. 2007.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1) 2,006 国内講演発表 浅原 信吾, 三浦 均也, 大塚 夏彦, 上野 勝利, 高原 利幸, 田中 隼矢 : 波浪を受ける海底地盤の連成解析における厳密解および数値解における定式化の妥当性, 第41回地盤工学研究発表会, 1105-1106, 2006年4月.
2) 2,006 国内講演発表 劉 適剣, 岩本 有樹, スレン ソッキアン, 上野 勝利, 望月 秋利 : 遠心力場の斜面上基礎の支持力特性と変形メカニズム, 第41回地盤工学研究発表会, 1107-1108, 2006年4月.
3) 2,006 国内講演発表 濵本 朋久, 幸左 賢二, 阿部 弘典, 猪熊 康夫, 成行 義文 : 新潟県中越地震で被災を受けた橋梁の損傷メカニズムに関する一考察, 構造工学論文集, Vol.52, 431-440, 2006年4月.
4) 2,006 国内講演発表 本田 陵二, 西川 浩史, 水口 裕之, 石丸 啓輔 : ポーラスコンクリートの乾湿繰り返し抵抗性に関する配合要因の影響, 日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, Vol.5, 15-16, 2006年4月.
5) 2,006 国内講演発表 長町 祥治, 水口 裕之 : マサ土を用いた土舗装材の硬化特性に及ぼす使用材料および配合の影響, 日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, Vol.5, 25-26, 2006年4月.
6) 2,006 国内講演発表 和久田 敦志, 岡部 健士, 竹林 洋史 : PIV解析とPTV解析による吉野川表面流速の計測, 平成18年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2006年5月.
7) 2,006 国内講演発表 篠崎 裕輔, 竹林 洋史, 岡部 健士 : 河床面下に非浸食域を有する場の砂州の形状特性, 平成18年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2006年5月.
8) 2,006 国内講演発表 夏見 祐介, 竹林 洋史, 岡部 健士, 喜多 宏子 : 植生密生度の時空間分布を考慮した平面二次元流れの数値解析, 平成18年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2006年5月.
9) 2,006 国内講演発表 林 直哉, 岡部 健士, 竹林 洋史 : 落差工のスリット化により形成された流路の安定性, 平成18年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2006年5月.
10) 2,006 国内講演発表 北大宅 俊明, 竹林 洋史, 岡部 健士, 竹田 一貴 : 流れの非定常性と植生繁茂が蛇行流路形状に及ぼす影響, 平成18年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2006年5月.
11) 2,006 国内講演発表 蓮花 太平, 江頭 進治, 竹林 洋史, 圓山 貴久, 佐野 由季 : 木津川の砂州・植生域における流砂・河床変動の解析, 平成18年度土木学会関西支部年次学術講演会, 2006年5月.
12) 2,006 国内講演発表 板坂 悠司, 鈴木 壽, 中出 雄介, 槙野 積志 : 廃ガラス発泡骨材の粒子破砕性とCBR特性, 平成18年度土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 232-233, 2006年5月.
13) 2,006 国内講演発表 大木 淳, 天野 健, 成行 義文, 平尾 潔 : GISを用いた震後の避難期におけるリンクの重要度評価に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 68-69, 2006年5月.
14) 2,006 国内講演発表 宇嵜 晃司, 平尾 潔, 成行 義文, 楠田 一裕 : 動的解析による単柱式RC橋脚の耐震安全性照査に関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 84-85, 2006年5月.
15) 2,006 国内講演発表 源 貴志, 成行 義文, 平尾 潔, 大木 淳 : 孤立地区発生防止を優先した道路橋の地震防災上の重要度評価法, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 70-71, 2006年5月.
16) 2,006 国内講演発表 高田 鉄也, 成行 義文, 平尾 潔 : 余震が構造物の損傷に及ぼす影響に関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 12-13, 2006年5月.
17) 2,006 国内講演発表 山尾 憲司, 平尾 潔, 成行 義文, 宇嵜 晃司 : 復元力履歴特性の相違が道路橋RC橋脚の変位に基づく耐震設計に及ぼす影響, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 86-87, 2006年5月.
18) 2,006 国内講演発表 三木 康弘, 平尾 潔, 成行 義文, 中屋敷 誠司 : 履歴損傷が変位に基づく単柱式RC橋脚の耐震設計に及ぼす影響, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 88-89, 2006年5月.
19) 2,006 国内講演発表 西窪 由香理, 成行 義文, 平尾 潔, 奥知 憲久 : 地震時保有水平耐力法で設計された単柱式RC橋脚の復元力履歴特性, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 90-91, 2006年5月.
20) 2,006 国内講演発表 村田 功一, 福井 佑一郎, 平尾 潔, 成行 義文, 大木 淳 : 車両の地震時瓦礫回避走行シミュレーションに関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 94-95, 2006年5月.
21) 2,006 国内講演発表 安部 真理子, 成行 義文, 平尾 潔, 源 貴志 : 地震時空撮画像のエッジ情報に基づく建物瓦礫部の抽出に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 96-97, 2006年5月.
22) 2,006 国内講演発表 稲岡 和彦, 上田 隆雄, 水口 裕之 : 配合条件が高じん性セメント複合材料の基礎物性に与える影響, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 324-325, 2006年5月.
23) 2,006 国内講演発表 坂本 侑士, 水口 裕之, 牛尾 仁, 石丸 啓輔 : 砂防ダム用有スランプCSGの配合と硬化特性, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 332-333, 2006年5月.
24) 2,006 国内講演発表 河野 高司, 笹岡 信孝, 水口 裕之, 上田 隆雄 : 高性能AE減水剤の使用量がコンクリートのひび割れ抑制に及ぼす影響, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 358-359, 2006年5月.
25) 2,006 国内講演発表 筒井 博之, 水口 裕之, 上田 隆雄, 渡邉 健 : 廃棄コンクリートを全量用いた高流動再生コンクリートの力学特性, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 360-361, 2006年5月.
26) 2,006 国内講演発表 西川 浩史, 本田 陵二, 水口 裕之, 上田 隆雄 : 各種材料を用いたポーラスコンクリートの力学的性質, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 368-369, 2006年5月.
27) 2,006 国内講演発表 馬場 勇太, 上田 隆雄, 山口 圭亮, 水口 裕之 : ASRで劣化したコンクリート中の鉄筋曲げ加工部が鉄筋遅れ破壊特性に与える影響, 土木学会四国支部第12回技術研究発表会講演概要集, 378-379, 2006年5月.
28) 2,006 国内講演発表 田中 慎吾, 上田 隆雄, 水口 裕之, 七澤 章 : 細骨材代替でフライアッシュを混和したモルタル中の鉄筋腐食性状, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 380-381, 2006年5月.
29) 2,006 国内講演発表 秀浦 光, 三谷 哲雄, 入谷 忠光, 山中 英生 : 地区内一時停止交差点の進入挙動分析と一時停止ITSの開発, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 264-265, 2006年5月.
30) 2,006 国内講演発表 滑川 達, 村上 香奈, 山中 英生, 喜多 順三, 本田 肇 : 第三者による委員会設立・運営方法について, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 266-267, 2006年5月.
31) 2,006 国内講演発表 大下 剛, 塩飽 洋平, 滑川 達, 山中 英生 : 自転車ハンプに対する自転車と車いすの体感評価分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 268-269, 2006年5月.
32) 2,006 国内講演発表 森本 恵美, 上月 康則, 山中 英生, 滑川 達 : 防災ゲームを用いた行政職員の行動原理分析, --- 徳島県由岐町「被災後の対応を考えるWS」 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 310-311, 2006年5月.
33) 2,006 国内講演発表 福島 誉央, 橋本 紳一郎, 渡邉 健, 橋本 親典 : 化学系繊維ネットを用いたRC梁のせん断補強硬化の検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 318-319, 2006年5月.
34) 2,006 国内講演発表 多田 和弘, 橋本 紳一郎, 石丸 啓輔, 渡邉 健 : 化学系繊維ネットを配置したRC梁の耐久性および剥落防止効果の検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 320-321, 2006年5月.
35) 2,006 国内講演発表 小杉 洋平, 橋本 紳一郎, 石丸 啓輔, 渡邉 健 : 破砕骨材モルタルに関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 336-337, 2006年5月.
36) 2,006 国内講演発表 藤井 慎二, 橋本 紳一郎, 石丸 啓輔, 渡邉 健 : 振動付与2軸強制練りミキサを使用した再生骨材コンクリートに関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 338-339, 2006年5月.
37) 2,006 国内講演発表 西山 信也, 橋本 紳一郎, 石丸 啓輔, 渡邉 健 : ブレード表面の圧力による局部交錯流動の定量的評価に関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 340-341, 2006年5月.
38) 2,006 国内講演発表 園山 琢磨, 橋本 紳一郎, 石丸 啓輔, 渡邉 健 : 液体窒素を用いた急速凍結融解試験の基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 346-347, 2006年5月.
39) 2,006 国内講演発表 野上 茜, 渡邉 健, 橋本 紳一郎, 橋本 親典 : 衝撃弾性波法における弾性波伝播速度の検討と部材長さの同定に関する考察, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 348-349, 2006年5月.
40) 2,006 国内講演発表 山本 雄一郎, 橋本 紳一郎, 渡邉 健, 橋本 親典 : 産業副産物をセメント代替とした即脱成型平板の性能評価, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 376-377, 2006年5月.
41) 2,006 国内講演発表 長尾 敏之, 橋本 紳一郎, 石丸 啓輔, 橋本 親典 : インターロッキングブロックの白華試験方法の検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 374-375, 2006年5月.
42) 2,006 国内講演発表 冨永 数男, 中野 晋 : 海岸堤防に作用する津波波力に関する実験, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 154-155, 2006年5月.
43) 2,006 国内講演発表 杉本 章人, 蒋 景彩, 山上 拓男 : GISとNewmark法に基づく地震時広域斜面崩壊予測法に関する研究(第三報), 平成18年度土木学会四国支部第12回技術研究発表会講演概要集, 244-245, 2006年5月.
44) 2,006 国内講演発表 山城 公人, 蒋 景彩, 能野 一美, 山上 拓男 : DEMによる落石数値シミュレーションに関する一考察, 平成18年度土木学会四国支部第12回技術研究発表会, 246-247, 2006年5月.
45) 2,006 国内講演発表 穴水 秀樹, 端野 道夫, 田村 隆雄 : 吉野川池田・岩津間流域への分布型流出モデルの適用と洪水伝播特性, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 168-169, 2006年5月.
46) 2,006 国内講演発表 星川 豪, 田村 隆雄, 端野 道夫 : 馬宿川流域における溶質流出特性について, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 426-427, 2006年5月.
47) 2,006 国内講演発表 安藝 浩資, 吉崎 仁美, 岸本 信和, 中野 晋 : 自然再生事業における環境教育の取り組みについての一報告(第2報), 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 470-471, 2006年5月.
48) 2,006 国内講演発表 黒崎 ひろみ, 山本 博之, 木村 泰之, 中野 晋 : 中学生を対象とした防災教育の現状と有効的手法, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 468-469, 2006年5月.
49) 2,006 国内講演発表 藤田 真人, 中野 晋, 寺澤 直晃 : 四国におけるシオマネキ属の生息環境特性, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 450-451, 2006年5月.
50) 2,006 国内講演発表 安井 勝志, 安藝 浩資, 岡田 直也, 中野 晋 : 半閉鎖性水域における流れ場と浮遊土砂に関する一報告, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 134-135, 2006年5月.
51) 2,006 国内講演発表 中野 晋, 木村 剛士, 天羽 誠二, 白川 卓磨 : 小鳴門海峡周辺における潮位特性, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 136-137, 2006年5月.
52) 2,006 国内講演発表 中野 晋, 石丸 訓之, 岡本 誠一郎 : 物部川河口での岸沖漂砂と河口閉塞, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 164-165, 2006年5月.
53) 2,006 国内講演発表 西野 秀郎 : セミナー「ガイド波」, 平成18年度春季大会, 2006年5月.
54) 2,006 国内講演発表 本田 陵二, 西川 浩史, 水口 裕之, 石丸 啓輔 : ポーラスコンクリートの乾湿繰り返し抵抗性に及ぼす配合要因の影響, セメント技術大会講演要旨, Vol.60, 220-221, 2006年5月.
55) 2,006 国内講演発表 石丸 啓輔, 水口 裕之, 大西 邦晃, 山田 卓司 : 各種塗料によるトンネルライニング用コンクリートのひび割れ低減効果, セメント技術大会講演要旨, Vol.60, 254-255, 2006年5月.
56) 2,006 国内講演発表 鎌田 磨人 : 徳島市の都市緑地としての城山と眉山のこれから, --- 城山ホルトノキ存続の危機,そして眉山の林相変化と竹林の拡大 ---, 徳島県自然保護協会公開講演会, 2006年5月.
57) 2,006 国内講演発表 赤松 伸祐, 鎌田 磨人 : 勝浦川河口干潟におけるカニ類の立地選好性抽出および潜在的生息域図の作成, 第50回日本生態学会中国・四国地区大会, 2006年5月.
58) 2,006 国内講演発表 内八重 智史, 鎌田 磨人 : 徳島県勝浦川河口域の干潟における塩生湿地植物群落の潜在的ハビタット抽出, 第50回日本生態学会中国・四国地区大会, 2006年5月.
59) 2,006 国内講演発表 西田 真之, M. Rifai, 英 崇夫, Jing Tian : 鋳造材料の中性子応力測定, X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 143-148, 2006年6月.
60) 2,006 国内講演発表 續木 章三 : 理科教育における技術史の位置づけ, --- 高等学校「理科基礎」を中心に ---, 研究発表講演論文集, 13-15, 2006年6月.
61) 2,006 国内講演発表 浮田 浩行 : 固有空間法を用いたイメージスキャナによる形状復元, 第12回画像センシングシンポジウム(SSII06)予稿集, 426-431, 2006年6月.
62) 2,006 国内講演発表 大石 篤哉, 吉村 忍 : 動的問題の領域分割型解法における計算量削減法, 計算工学講演会論文集, Vol.11, No.2, 683-684, 2006年6月.
63) 2,006 国内講演発表 大石 篤哉, 長尾 雅也, 小野崎 洋, 吉村 忍 : グラフィックスハードウエアによる弾性波伝播シミュレーション, 計算工学講演会論文集, Vol.11, No.2, 657-660, 2006年6月.
64) 2,006 国内講演発表 大石 篤哉, 小野崎 洋, 長尾 雅也, 吉村 忍 : グラフィックスハードウエアによる要素マトリックスの高速計算, 計算工学講演会論文集, Vol.11, No.2, 653-656, 2006年6月.
65) 2,006 国内講演発表 鎌田 磨人 : 高丸山の森づくり楽習1, 「高丸山千年の森」の森づくり, 2006年6月.
66) 2,006 国内講演発表 松尾 繁樹, 富田 卓朗, 橋本 修一, 岡田 達也, ヨードカシス サウリウス, 三澤 弘明 : フェムト秒レーザーによる透明固体材料の内部加工, 第66回レーザ加工学会講演論文集, 2006年6月.
67) 2,006 国内講演発表 鎌田 磨人 : 知ろう,考えよう.身近な自然の変化と危機, 阿南工業高等専門学校, 2006年6月.
68) 2,006 国内講演発表 中野 晋, 安藝 浩資, 川口 始, 内田 紘臣 : エダミドリイシの再生をめざして, --- わしずみ王のくに自然再生プロジェクト ---, 日本沿岸域学会研究討論会2006講演概要集, Vol.19, 116-119, 2006年6月.
69) 2,006 国内講演発表 黒崎 ひろみ, 中野 晋, 大奈 健, 川田 一昭 : 徳島県南部における昭和南海地震体験者ヒアリング調査, 日本沿岸域学会研究討論会2006講演概要集, Vol.19, 262-265, 2006年6月.
70) 2,006 国内講演発表 山中 英生, 滑川 達, 大下 剛 : 速度抑制と通行区分誘導を目的とした自転車用ハンプの開発, 土木計画学研究·講演集, Vol.33, 2006年6月.
71) 2,006 国内講演発表 山中 英生, 秀浦 光, 三谷 哲雄 : 多様なドライバー特性を考慮した一時停止支援ITSの警告アルゴリズム, 土木計画学研究·講演集, Vol.33, 2006年6月.
72) 2,006 国内講演発表 有住 正人, 山中 英生, 三谷 哲雄, 大門 樹, 牧野 浩志 : 無信号交差点のヒヤリハット分析による出合い頭事故要因の検討, 土木計画学研究·講演集, Vol.33, 2006年6月.
73) 2,006 国内講演発表 滑川 達, 山中 英生, 松浦 正浩, 本田 肇 : コンセンサス・ビルディング手法による検討委員会設立・運営方法, 土木計画学研究·講演集, Vol.33, 2006年6月.
74) 2,006 国内講演発表 出口 竜也, 水口 裕之, 網野 俊賢 : 徳島大学大学院工学研究科におけるMOT教育の取り組み, --- 企業OBを活用した実践的教育プログラムの開発 ---, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 588-589, 2006年7月.
75) 2,006 国内講演発表 浅原 信吾, 三浦 均也, 大塚 夏彦, 上野 勝利, 高原 利幸 : 波浪場における構造物のシミュレーションにおける土要素の定式化の影響, 第41回地盤工学研究発表会平成17年度発表講演集, 1107-1108, 2006年7月.
76) 2,006 国内講演発表 鎌田 磨人 : 徳島県南部域の自然環境の保全と修復に向けて, 「みなみから届ける環づくり会議」特別講演, 2006年7月.
77) 2,006 国内講演発表 蒋 景彩, 山上 拓男 : 多層破壊斜面の強度定数逆解析法, 第41回地盤工学研究発表会平成18年度発表講演集, 2233-2234, 2006年7月.
78) 2,006 国内講演発表 石原 国彦 : 有限インピーダンス端部を有する枝管の脈動低減効果に関する研究, 日本機械学会第16回環境工学総合シンポジウム, Vol.06, No.10, 107-110, 2006年7月.
79) 2,006 国内講演発表 金子 健太, 日下 一也, 英 崇夫, 坂田 修身 : 放射光を用いたナノサイズ銅薄膜の熱応力その場測定, 第41回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 7-12, 2006年7月.
80) 2,006 国内講演発表 日下 一也, 金子 健太, 英 崇夫, 坂田 修身 : 放射光を用いた窒化アルミニウム-銅積層膜の熱応力その場測定, 第41回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 13-18, 2006年7月.
81) 2,006 国内講演発表 松英 達也, 英 崇夫, 池内 保一, 日下 一也, 坂田 修身 : 放射光による熱処理された硬質薄膜の残留応力測定, 第41回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 40-45, 2006年7月.
82) 2,006 国内講演発表 坂本 裕紀, 瀬崎 英孝, 吉田 憲一, 淺岡 憲三 : チタンの熱処理,腐食と機械的性質に関する研究, 日本歯科産業学会誌, Vol.20, No.1, 56, 2006年7月.
83) 2,006 国内講演発表 林 裕史, 吉田 憲一, 淺岡 憲三 : チタン粉末の比表面積とアパタイト修飾特性に関する研究, 日本歯科産業学会誌, Vol.20, No.1, 57, 2006年7月.
84) 2,006 国内講演発表 桐山 聰, 英 崇夫 : プレゼンテーション資料から評価する学生の企画·計画能力, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 138-139, 2006年7月.
85) 2,006 国内講演発表 竹内 公紀, 武藤 雅幸, 山本 麻由, 英 崇夫, 原口 雅宣 : 学生の視点からのWEBアーティスト発掘プロジェクト, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演集, 110-111, 2006年7月.
86) 2,006 国内講演発表 河原 啓之, 富田 卓朗, 岡田 達也, 東嶺 孝一, 山口 誠, 木本 恒暢 : 4H-SiC基板/エピ膜界面に存在するエピ膜表面欠陥の起源のTEM観察, 2006年度応用物理学会中国四国支部学術講演会講演予稿集, 138, 2006年7月.
87) 2,006 国内講演発表 藤澤 正一郎, 大橋 眞, 英 崇夫 : 徳島大学全学共通「創成学習」科目における能力自己評価, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 420-421, 2006年7月.
88) 2,006 国内講演発表 桐山 聰, 英 崇夫 : コミュニティサイトを活用した学生自主プロジェクト活動の管理, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 450-451, 2006年7月.
89) 2,006 国内講演発表 藤澤 正一郎, 大橋 眞, 英 崇夫 : 徳島大学全学共通「創成学習」科目における能力自己評価, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 420-421, 2006年7月.
90) 2,006 国内講演発表 英 崇夫 : 徳島大学の教員評価, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 436-437, 2006年7月.
91) 2,006 国内講演発表 桐山 聡, 英 崇夫 : コミュニティサイトを活用した学生自主プロジェクト活動の管理, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 450-451, 2006年7月.
92) 2,006 国内講演発表 日下 一也, 草野 剛嗣 : 導入型創成科目におけるエネルギーコンテストの試み, 平成18年度工学・工業教育研究講演会 講演論文集, 642-643, 2006年7月.
93) 2,006 国内講演発表 桐山 聰, 英 崇夫 : 学部学生に対するプロジェクト·マネジメント教育, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 584-585, 2006年7月.
94) 2,006 国内講演発表 桐山 聰, 英 崇夫 : ミニFMプロジェクト『Ignition』をモデルとする戦略的人材育成, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 586-587, 2006年7月.
95) 2,006 国内講演発表 池田 祐一, 宝田 浩延, 原口 雅宣, 桐山 聰, 英 崇夫 : 学生の視点からのLEDプロジェクト, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 690-691, 2006年7月.
96) 2,006 国内講演発表 森岡 真吾, 野村 正人, 小西 正暉, 桐山 聰, 英 崇夫 : 学生の視点からのソーラーボートプロジェクト, 平成18年度 工学·工業教育研究講演会 講演論文集, 758-759, 2006年7月.
97) 2,006 国内講演発表 石原 国彦 : 開口部を有するダクトから発生する流体騒音, --- 第1報,直管ダクトの音響特性 ---, 日本機械学会D&D2006講演論文集, Vol.05, No.15, 2006年8月.
98) 2,006 国内講演発表 續木 章三 : 「科学技術教育」と「ものづくり」, 北海道大学CoSTEP主催の講演, 2006年8月.
99) 2,006 国内講演発表 續木 章三 : 「科学教育」と技術史, 日本科学史学会四国支部2006年度総会, 2006年8月.
100) 2,006 国内講演発表 田村 隆雄, 端野 道夫, 星川 豪, 酒巻 和美 : 1回の降雨イベントが長期的な渓流水質形成に及ぼす影響に関する考察, 研究発表会要旨集, 266-267, 2006年8月.
101) 2,006 国内講演発表 越智 謙吾, 富田 卓朗, 岡田 達也, 山口 誠, 東嶺 孝一, 木本 恒暢 : 4H-SiC基板/エピ膜界面における表面欠陥の起源のTEM観察, 第67回応用物理学会学術講演会講演予稿集, 370, 2006年8月.
102) 2,006 国内講演発表 森岡 斎, 多田 吉宏 : NIEを用いた技術者導入教育の試み, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 622-623, 2006年8月.
103) 2,006 国内講演発表 西川 浩史, 水口 裕之, 渡邉 健 : 廃棄コンクリートを全量用いた粉体系高流動コンクリートの力学特性, 第61回年次学術講演会講演概要集, 823-824, 2006年9月.
104) 2,006 国内講演発表 東山 周吾, 升田 雅博, 大山 啓, 土居 正幸, 石川 嘉晃 : 磁性流体を利用したダイナミックダンパー内蔵ボーリングバイトの開発(第4報), --- 加工条件とびびり振動 ---, 2006年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 441-442, 2006年9月.
105) 2,006 国内講演発表 小川 仁, 升田 雅博, 大山 啓 : エアタービンスピンドルとキャビテーション援用による小径ドリル加工に関する研究, 2006年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 411-412, 2006年9月.
106) 2,006 国内講演発表 重光 亨, 白澤 教太, 古川 明徳, 渡邉 聡, 大熊 九州男 : 部分流量域における二重反転形軸流ポンプの動翼列間流れ場に関する一考察, 日本流体力学会年会2006, 2006年9月.
107) 2,006 国内講演発表 白澤 教太, 古川 明徳, 渡邉 聡, 大熊 九州男, 重光 亨 : 二重反転形軸流ポンプの内部流れについて, 日本機械学会2006年度年次大会, 2006年9月.
108) 2,006 国内講演発表 竹林 洋史, 岡部 健士, 篠崎 裕輔 : 岩や粘着性土層を有する場の砂州の形状特性, 平成18年度土木学会年次学術講演会, 2006年9月.
109) 2,006 国内講演発表 竹林 洋史, 岡部 健士, 夏見 祐介 : 植生密生度の時空間分布を考慮した平面二次元河床変動解析, 日本流体力学会年会, 2006年9月.
110) 2,006 国内講演発表 圓山 貴久, 江頭 進治, 竹林 洋史 : 木津川における砂洲・植生域の流れと流砂特性, 平成18年度土木学会年次学術講演会, 2006年9月.
111) 2,006 国内講演発表 井手 俊, 江頭 進治, 竹林 洋史, Luu Xuan Loc : トンレサップ川における流砂・河床変動に関する研究, 平成18年度土木学会年次学術講演会, 2006年9月.
112) 2,006 国内講演発表 板坂 悠司, 鈴木 壽, 槙野 積志 : 廃ガラス材とRC材の室内熱的特性実験, 第61回年次学術講演会概要集, 829-830, 2006年9月.
113) 2,006 国内講演発表 松田 日嘉, 浮田 浩行 : 自律移動ロボットの経路探索, 第5回情報科学技術フォーラム(FIT2006)一般講演論文集, Vol.3, 157-158, 2006年9月.
114) 2,006 国内講演発表 海江田 義也 : 燃焼合成法によるTiNi形状記憶金属間化合物の製造, 2006年9月.
115) 2,006 国内講演発表 黒崎 ひろみ, 中野 晋, 小川 宏樹, 大谷 寛, 大奈 健, 川田 一昭, 村上 仁士 : 体験談に基づく昭和南海地震の震度評価とその性別や年齢による違い, 第23回歴史地震研究発表会要旨集, 2, 2006年9月.
116) 2,006 国内講演発表 鎌田 磨人 : 徳島県の生態系を効率的に保全・修復するために, 平成18年度地盤と環境に関するシンポジウム特別講演, 2006年9月.
117) 2,006 国内講演発表 今井 仁司, 石村 直之 : 取引費用を考慮した Black-Scholes 方程式の空間大域的数値計算について, 日本応用数理学会2006年度年会講演予稿集, 172-173, 2006年9月.
118) 2,006 国内講演発表 一宮 昌司, 中田 昌樹 : 加速により再層流化する乱流境界層の特性, 日本流体力学会年会2006講演アブストラクト集, 256, 2006年9月.
119) 2,006 国内講演発表 加藤 泰久, 浜田 光, 吉田 憲一, 西野 秀郎 : パイプを伝搬するガイド波の送受信効率向上に関する検討, 日本機械学会年次大会講演論文集, Vol.1, 305-306, 2006年9月.
120) 2,006 国内講演発表 西野 秀郎, 吉田 憲一 : 円周方向に伝搬するガイド波モードの選択的励起, 日本機械学会年次大会講演論文集, Vol.1, 303-304, 2006年9月.
121) 2,006 国内講演発表 高木 均, 加古 修平, 草野 剛嗣, 逢坂 昭治 : グリーンコンポジットの熱伝導率, 日本機械学会2006年度年次大会講演論文集, Vol.1, 395-396, 2006年9月.
122) 2,006 国内講演発表 ニョー ヘン, 平塚 和男, 渡邉 健, 橋本 親典 : 炭酸ガス養生したインターロッキングブロックの白華の抑制効果に関する基礎的研究, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.61, 1177-1178, 2006年9月.
123) 2,006 国内講演発表 橋本 紳一郎, 加地 貴, 橋本 親典, 澤村 秀治 : セメント使用しないコンクリートに与えるフライアッシュの品質影響と配合に関する検討, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.61, 897-898, 2006年9月.
124) 2,006 国内講演発表 源 貴志, 成行 義文, 天野 健, 大木 淳, 平尾 潔 : 震後の避難期・救援期に対する街路閉塞対策の優先度評価に関する基礎的研究, 土木学会第61回年次学術講演会, 1-2, 2006年9月.
125) 2,006 国内講演発表 今井 仁司, 坂口 秀雄 : 熱伝導方程式の解の接続の数値計算について, 日本数学会応用数学分科会講演アブストラクト, 69-70, 2006年9月.
126) 2,006 国内講演発表 石原 国彦 : 材料減衰に及ぼす振動モード次数の影響, 日本機械学会年次大会2006, No.06-1, 2006年9月.
127) 2,006 国内講演発表 福島 修一郎, 安井 武志, 岩田 哲郎, 荒木 勉 : レーザ励起ナノ秒蛍光寿命マッピングによる歯の形成と老化の研究, 生体医工学シンポジウム 2006, 2006年9月.
128) 2,006 国内講演発表 布川 洋之, 吉田 一夫, 鎌田 磨人, 三橋 弘宗 : トンボ目の潜在生息適地図を用いた保全・再生適地の抽出, 第16回日本景観生態学会大会, 2006年9月.
129) 2,006 国内講演発表 天野 秀紀, 坂本 浩司, 竹村 紫苑, 藤本 茂樹, 庄武 憲子, 鎌田 磨人 : 河童を通してみる水辺空間, 第16回日本景観生態学会大会, 2006年9月.
130) 2,006 国内講演発表 勝瀬 真理子, 鎌田 磨人 : 自然林再生に向けた地域住民の新しい取り組み, --- 指定管理者制度による「徳島県高丸山千年の森」づくり ---, 第16回日本景観生態学会大会, 2006年9月.
131) 2,006 国内講演発表 柴田 浩伸, 岩田 哲郎 : 帯域制限された蛍光減衰波形測定系でのデコンボリューション法の提案, 第67回応用物理学会講演会, 2006年9月.
132) 2,006 国内講演発表 前田 彰吾, 岩田 哲郎 : エリプソメトリの手法による表面共鳴プラズモンセンサの試作, 第67回応用物理学会講演会, 2006年9月.
133) 2,006 国内講演発表 成行 義文 : 構造物に作用する地震力と高圧ガス設備の地震対策, H.18年度徳島県高圧ガス保安大会, 2006年10月.
134) 2,006 国内講演発表 上田 諭志, 高橋 和希, 鈴木 壽, 槙野 積志 : 平板ブロック用サンドクッション材としてのガラスカレットの力学的特性, 地盤工学会四国支部平成18年度技術研究発表会講演概要集, 11-12, 2006年10月.
135) 2,006 国内講演発表 西野 秀郎, 横山 隆一, 吉田 憲一 : パイプの円周方向に伝搬するSH波とLamb波のバルク横波センサーを用いた励起, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, 417-418, 2006年10月.
136) 2,006 国内講演発表 水口 裕之, 橋本 親典, 上田 隆雄, 渡邉 健 : 再生骨材全量用いた高流動コンクリートの基礎的性質, セメント・コンクリート研究討論会論文報告集, No.33, 23-26, 2006年10月.
137) 2,006 国内講演発表 源 貴志, 成行 義文, 天野 健, 平尾 潔 : GISによる道路網ネットワーク及び属性データの作成方法と道路閉塞予測への適用, 第31回情報利用技術シンポジウム, Vol.15, 127-138, 2006年10月.
138) 2,006 国内講演発表 成行 義文, 岡村 美世, 松島 義明, 平尾 潔 : 輪郭特性曲線に基づく橋梁景観の定量評価に関する研究, 第31回情報利用技術シンポジウム, Vol.15, 207-210, 2006年10月.
139) 2,006 国内講演発表 安部 真理子, 成行 義文, 源 貴志, 平尾 潔 : 垂直航空写真の輪郭線情報に基づく建物被害エリアの判別に関する基礎的研究, 第31回情報利用技術シンポジウム, Vol.15, 223-230, 2006年10月.
140) 2,006 国内講演発表 加藤 泰久, 吉田 憲一, 西野 秀郎 : 反射体を利用したガイド波の効率的励起方法に関する検討, 秋季大会講演論文集, 163-164, 2006年10月.
141) 2,006 国内講演発表 高木 均 : 循環型社会を支える材料技術について, 徳島大学工業会愛媛東支部学術講演会, 1-4, 2006年10月.
142) 2,006 国内講演発表 長町 拓夫 : 角鋼管のコーナー形状に及ぼすロール成形条件の影響 第1報 -成形プロセスの有限要素シミュレーション-, 第57回塑性加工連合講演会, 123-124, 2006年10月.
143) 2,006 国内講演発表 勝瀬 真理子, 鎌田 磨人 : 地域住民による自然林再生事業への継続的取り組みに向けた指定管理者制度の活用, 第15回渓畔林研究会, 2006年10月.
144) 2,006 国内講演発表 溝渕 啓, 升田 雅博, 小川 仁 : 小径ダイヤモンド電着工具によるアルミナセラミックへの通し穴加工, 工作機械関連のニューテクノロジーポスター展 研究概要集, 82-83, 2006年11月.
145) 2,006 国内講演発表 小川 仁, 溝渕 啓, 升田 雅博 : キャビテーション効果を利用したステンレス鋼SUS304の微細穴加工, 工作機械関連のニューテクノロジーポスター展 研究概要集, 84-85, 2006年11月.
146) 2,006 国内講演発表 中田 育洋, 鈴木 壽, 板坂 悠司 : ガラス発泡骨材の粒子破砕性と透水・保水・熱的特性, 地盤工学会四国支部平成18年度技術研究発表会講演概要集, 9-10, 2006年11月.
147) 2,006 国内講演発表 板坂 悠司, 鈴木 壽, 槙野 積志 : 廃ガラスカレットの現場実験による熱的特性の解明, 地盤工学会四国支部平成18年度技術研究発表会講演概要集, 13-14, 2006年11月.
148) 2,006 国内講演発表 高橋 和希, 板坂 悠司, 鈴木 壽 : 地盤材料の比熱・熱伝導率の簡易測定法の提案, 地盤工学会四国支部平成18年度技術研究発表会講演概要集, 55-56, 2006年11月.
149) 2,006 国内講演発表 源 貴志, 成行 義文, 平尾 潔, 天野 健 : GISを用いた避難・救援期に対する街路閉塞対策の優先度評価手法に関する基礎的研究, 第12回日本地震工学シンポジウム, 1350-1353, 2006年11月.
150) 2,006 国内講演発表 成行 義文, 源 貴志, 大木 淳, 平尾 潔 : 震後の所要道路網ネットワークの推移を考慮した道路橋の耐震補強順位に関する研究, 第12回日本地震工学シンポジウム, 1366-1369, 2006年11月.
151) 2,006 国内講演発表 成行 義文, 安部 真理子, 源 貴志, 平尾 潔 : 地震時空撮画像のエッジ情報に基づく木造家屋瓦礫部の抽出に関する研究, 第12回日本地震工学シンポジウム, 1402-1405, 2006年11月.
152) 2,006 国内講演発表 大石 篤哉, 長尾 雅也, 小野崎 洋, 吉村 忍 : GPUにおける行列・ベクトル積の計算法, 第19回計算力学講演会講演論文集, No.06-9, 547-548, 2006年11月.
153) 2,006 国内講演発表 今井 仁司, 坂口 秀雄 : 境界条件が充足していない熱伝導方程式のスペクトル選点法による数値計算, 第19回計算力学講演会講演論文集, 741-742, 2006年11月.
154) 2,006 国内講演発表 中野 晋 : 河口干潟の底質粒度構成と潮汐作用, 土の堆積環境と形成された地盤の工学的特性との関連性に関するワークショップ, 2006年11月.
155) 2,006 国内講演発表 井川 祐太, 蒋 景彩, 山上 拓男 : 自然地山せん断強度定数の逆解析法に関する一提案(第2報), 社団法人地盤工学会四国支部平成18年度技術研究発表会講演概要集, 23-24, 2006年11月.
156) 2,006 国内講演発表 能野 一美, 山上 拓男, 蒋 景彩 : 落石解析に要するDEMパラメータ同定法の非均質斜面への適用事例, 社団法人地盤工学会四国支部平成18年度技術研究発表会講演概要集, 21-22, 2006年11月.
157) 2,006 国内講演発表 鎌田 磨人 : 景観生態学を生態系保全に有効なツールとするために, --- 研究と政策の連関 ---, 景観セミナー, 2006年11月.
158) 2,006 国内講演発表 蒋 景彩, 山上 拓男 : 三次元すべり面理論に基づく新しい強度定数逆解析法, 社団法人地盤工学会四国支部平成18年度技術研究発表会講演概要集, 45-46, 2006年11月.
159) 2,006 国内講演発表 山城 公人, 能野 一美, 蒋 景彩, 山上 拓男 : 落石運動解析に要する不連続変形法のパラメータ感度解析に関する一考察, 社団法人地盤工学会四国支部平成18年度技術研究発表会講演概要集, 47-48, 2006年11月.
160) 2,006 国内講演発表 冨山 善史, 杉本 章人, 蒋 景彩, 山上 拓男 : GISとNewmark法に基づく地震時広域斜面崩壊予測法に関する研究(第4報), 社団法人地盤工学会四国支部平成18年度技術研究発表会講演概要集, 35-36, 2006年11月.
161) 2,006 国内講演発表 草野 剛嗣, 逢坂 昭治, 横尾 充, 相馬 啓 : 地盤中の凍土成長における凍結管温度分布・変動の効果, 日本機械学会中国四国支部・九州支部合同企画鳥取講演会講演論文集, 117-118, 2006年11月.
162) 2,006 国内講演発表 三浦 武, 溝渕 啓, 升田 雅博, 日開野 輔 : インコネル625のタップ加工, --- 加工条件と加工硬化 ---, 2006年度精密工学会中四国支部高松地方学術講演会講演論文集, 27-28, 2006年11月.
163) 2,006 国内講演発表 前川 裕亮, 三木 康司, 溝渕 啓, 升田 雅博 : ロボット内蔵サーボプレス機の開発(第1報), 2006年度精密工学会中四国支部高松地方学術講演会講演論文集, 47-48, 2006年11月.
164) 2,006 国内講演発表 劉 遹剣, 望月 秋利, 上野 勝利, スレン ソッキアン, 岩本 有樹 : 遠心力場の斜面上基礎の支持力特性と変形メカニズム, 第41回地盤工学研究発表会, 43-44, 2006年11月.
165) 2,006 国内講演発表 浮田 浩行, 是恒 寛 : イメージスキャナを用いた様々な光源状態における3次元形状復元, 第11回パターン計測シンポジウム資料, 23-28, 2006年11月.
166) 2,006 国内講演発表 續木 章三 : 「木製ガリレオ時計」の製作について, 研究発表講演論文集, 28-30, 2006年11月.
167) 2,006 国内講演発表 中村 浩一, 平野 宏, 西岡 大輔, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広, 山田 康治 : リチウム遷移金属酸化物におけるイオン伝導と構造変化, 第32回固体イオニクス討論会, 14-15, 2006年11月.
168) 2,006 国内講演発表 西岡 大輔, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 出口 博之, M. Vijayakumar, S. Selvasekarapandian : Li-V-O化合物におけるイオン拡散とNMR, 第32回固体イオニクス討論会, 16-17, 2006年11月.
169) 2,006 国内講演発表 宗重 彰剛, 岩田 哲郎 : 位相変調型蛍光寿命測定への自己回帰モデルの適用, Optics & Photonics Japan 2006, 2006年11月.
170) 2,006 国内講演発表 柴田 浩伸, 岩田 哲郎 : 帯域制限された蛍光減衰波形測定系でのデコンボリューション法, Optics & Photonics Japan 2006, 2006年11月.
171) 2,006 国内講演発表 前田 彰吾, 岩田 哲郎 : 導波路型SPRセンサへのエリプソメトリーの適用に関する基礎検討, Optics & Photonics Japan 2006, 2006年11月.
172) 2,006 国内講演発表 英 崇夫 : プレゼンテーション評価で得られるもの, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演論文集, 2006年12月.
173) 2,006 国内講演発表 内田 啓, 高木 均 : The effect of molding temperature on tensile properties of bacterial cellulose, Journal of Ecotechnology Research, Vol.12, No.4, 237, 2006年12月.
174) 2,006 国内講演発表 加古 修平, 高木 均, 草野 剛嗣, 逢坂 昭治 : PLA-bamboo composites and their thermal conductivity, Journal of Ecotechnology Research, Vol.12, No.4, 238, 2006年12月.
175) 2,006 国内講演発表 森本 恵美, 滑川 達, 山中 英生 : 入札結果の推移状況から見た今後のモニタリング・ポイントに関する一考察, 第24回建設マネジメント問題に関する研究発表·討論会講演集, Vol.24, 57-60, 2006年12月.
176) 2,006 国内講演発表 三谷 哲雄, 山中 英生 : 無信号交差点における一時停止支援システム警告判定法の開発, 第5回ITSシンポジウム2006, Vol.5, 391-398, 2006年12月.
177) 2,006 国内講演発表 松尾 繁樹, 富田 卓朗, 橋本 修一, 岡田 達也, ヨードカシス サウリウス, 三澤 弘明 : 感光性を付与されていない透明固体材料の内部加工, レーザ学会 第356回研究会報告, 47-51, 2006年12月.
178) 2,006 国内講演発表 藤澤 正一郎, 大橋 眞, 英 崇夫 : 創成科目における能力自己評価の試み, 第7回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 149-150, 2006年12月.
179) 2,006 国内講演発表 今井 仁司, 坂口 秀雄 : 熱伝導方程式の初期値問題の解の解析性とその数値計算, 応用数学合同研究集会報告集, 149-150, 2006年12月.
180) 2,006 国内講演発表 花岡 史恵, 澤田 俊明, 田中 紀子, 滑川 達, 山中 英生 : 地域再生に根ざした里山アートプロジェクトの効果, --- 上勝アートプロジェクトの展開に向けて ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.34, 2006年12月.
181) 2,006 国内講演発表 田中 紀子, 花岡 史恵, 澤田 俊明, 滑川 達, 山中 英生 : 地域再生に向けた都市農村交流型ワーキングホリデイの展開と課題, --- 徳島県・上勝町ワーキングホリデイの事例から ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.34, 2006年12月.
182) 2,006 国内講演発表 末包 哲也, 山崎 光潔, 平井 秀一郎, 清田 正徳 : 流動電位を用いたCO2地下貯留におけるモニタリング技術, 資源・素材2007(名古屋)企画発表・一般発表講演資料, 2007年.
183) 2,006 国内講演発表 近藤 浩徳, 吉田 憲一, 西野 秀郎 : 反射体を用いたガイド波の効率的励起検出方法, 超音波による非破壊評価シンポジウム講演論文集, 2007年1月.
184) 2,006 国内講演発表 横山 隆一, 吉田 憲一, 西野 秀郎 : トーンバーストによる円周方向ガイド波の励起と時間周波数解析, 超音波による非破壊評価シンポジウム講演論文集, 2007年1月.
185) 2,006 国内講演発表 鎌田 磨人 : 「フォーラム 大潟干潟を守るためには-徳島県希少野生生物保護条例の活用をめざして」, なぜ生物の多様性を守らなければならないのか.徳島県希少野生生物保護条例啓発事業, 2007年1月.
186) 2,006 国内講演発表 鎌田 磨人 : 徳島県立高丸山千年の森セミナー「住民参加による森づくり」・「自然林の再生」とは-「高丸山千年の森」における取り組みから」, --- 指定管理者制度による「徳島県高丸山千年の森」づくり ---, 徳島県立高丸山千年の森づくり, 2007年1月.
187) 2,006 国内講演発表 清田 正徳, 森岡 斎, 臼井 隆史 : 空冷垂直管内吸収器の水蒸気吸収過程について, 日本機械学会講演論文集, Vol.075, No.1, 235-236, 2007年3月.
188) 2,006 国内講演発表 清田 正徳, 森岡 斎, 前田 晃宏 : 突起を有する平板上を流下する液膜の数値計算, 日本機械学会講演論文集, Vol.075, No.1, 257-258, 2007年3月.
189) 2,006 国内講演発表 武山 裕一, 福富 純一郎, 重光 亨 : 対称形ケーシングを有するクロスフロー風車の研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2007年3月.
190) 2,006 国内講演発表 西澤 孝平, 福富 純一郎, 重光 亨 : 遠心送風機ケーシング内の流動状態に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2007年3月.
191) 2,006 国内講演発表 河田 匡仙, 福富 純一郎, 重光 亨, 境 真太郎 : ゴム製品の加硫成型に関する流動解析, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2007年3月.
192) 2,006 国内講演発表 安信 友裕, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転羽根車による多翼ファンの高圧力化に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2007年3月.
193) 2,006 国内講演発表 續木 章三, 英 崇夫 : 「ものづくり」による創造的学習, 徳島大学教育カンファレンス, 2007年3月.
194) 2,006 国内講演発表 孫 建軍, 村上 理一, 燕 怒, Insup Lee : SCM435 鋼の超長寿命疲労強度に及ぼすラジカル窒化条件の影響, 日本機械学会講演論文集, No.075-1, 2007年3月.
195) 2,006 国内講演発表 羽藤 修平, 小西 克信 : アフィン不変特徴とAdaBoostによる物体認識, 日本機械学会講演論文集 No.075-1, 469-470, 2007年3月.
196) 2,006 国内講演発表 武市 大史, 小西 克信 : 陰影画像と反射率画像の分離, 日本機械学会講演論文集 No.075-1, 471-472, 2007年3月.
197) 2,006 国内講演発表 竹島 載佳, 小西 克信 : コーナー状特徴点の対応による物体認識, 日本機械学会講演論文集 No.075-1, 479-480, 2007年3月.
198) 2,006 国内講演発表 石原 国彦, 宮本 高徳 : 管群ダクトの音速評価(実験)に関する研究, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, 2007年3月.
199) 2,006 国内講演発表 石原 国彦, 吉田 侑加 : 管群ダクトの音速評価(解析)に関する研究, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, 2007年3月.
200) 2,006 国内講演発表 石原 国彦, 辻 政範 : リアクティブ型消音器理論の適用限界の明確化, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, 2007年3月.
201) 2,006 国内講演発表 石原 国彦, 小西 宏延 : 空力自励音の発生メカニズムの解明と対策法に関する研究(ダクト内管群位置や管群数の共鳴に及ぼす影響), 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, 2007年3月.
202) 2,006 国内講演発表 石原 国彦, 榮藤 大輔 : 浮上式コンベア(FDC)の異常振動発生原因の究明に関する研究(隙間流による重力方向のベルト荷重系の固有振動数について), 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, 2007年3月.
203) 2,006 国内講演発表 石原 国彦, 橘 英俊 : 吸音ダクトの音響特性に関する研究(種々の解析結果と実験結果との比較), 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, 2007年3月.
204) 2,006 国内講演発表 石原 国彦, 北山 玄 : 流力弾性振動に及ぼす管配列の影響に関する研究, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, 2007年3月.
205) 2,006 国内講演発表 大石 篤哉, 小野崎 洋, 長尾 雅也 : 弾性波伝播シミュレーションにおけるGPUの性能評価, 日本機械学会中国四国支部第45期総会・講演会講演論文集, No.075-1, 3-4, 2007年3月.
206) 2,006 国内講演発表 湊川 隆, 木村 和誠, 大石 篤哉 : 動的陽解法並列有限要素解析の高速化, 日本機械学会中国四国支部第45期総会・講演会講演論文集, No.075-1, 5-6, 2007年3月.
207) 2,006 国内講演発表 近藤 浩徳, 加藤 泰久, 吉田 憲一, 西野 秀郎 : MsSセンサーによるガイド波の効率的送受信に関する研究, 中国四国支部第45期総会講演会講演論文集, 111-112, 2007年3月.
208) 2,006 国内講演発表 横山 隆一, 吉田 憲一, 西野 秀郎 : 円周方向ガイド波の励起と時間周波数解析, 中国四国支部第45期総会講演会講演論文集, 119-120, 2007年3月.
209) 2,006 国内講演発表 加藤 泰久, 近藤 浩徳, 吉田 憲一, 西野 秀郎 : パイプを伝搬するガイド波の反射体を利用した効率的励起検出に関する検討, 中国四国支部第45期総会講演会講演論文集, 111-112, 2007年3月.
210) 2,006 国内講演発表 是恒 寛, 浮田 浩行 : 複数の白色光源を用いたイメージスキャナによる形状復元, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, Vol.No.075-1, 475-476, 2007年3月.
211) 2,006 国内講演発表 高橋 幸司, 浮田 浩行 : 画像処理によるネジ頭部の外観検査, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, Vol.No.075-1, 477-478, 2007年3月.
212) 2,006 国内講演発表 大和 直史, 浮田 浩行 : パターン投影による全方位カメラを用いた全周環境の取得, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, Vol.No.075-1, 481-482, 2007年3月.
213) 2,006 国内講演発表 今川 翔吾, 浮田 浩行 : 小型カメラを用いた連続画像からの3次元情報の復元, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, Vol.No.075-1, 483-484, 2007年3月.
214) 2,006 国内講演発表 松田 日嘉, 浮田 浩行 : ステレオ法を用いた自律移動ロボットの経路探索, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, Vol.No.075-1, 499-500, 2007年3月.
215) 2,006 国内講演発表 上代 良文, 高橋 義一, 一宮 昌司, 大坂 英雄 : 長平板背後の渦構造に及ぼすスプリッター板の影響, 日本機械学会中国四国支部第45期総会・講演会講演論文集, 205-206, 2007年3月.
216) 2,006 国内講演発表 秋山 裕介, 一宮 昌司 : 振動時の自動車モデル上境界層の特性, 日本機械学会中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, 207-208, 2007年3月.
217) 2,006 国内講演発表 松平 隼人, 一宮 昌司 : 円管内助走部の撹乱による乱流遷移, 日本機械学会中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, 201-202, 2007年3月.
218) 2,006 国内講演発表 安本 大介, 上原 祥佳瑞, 逢坂 昭治, 仮屋崎 侃, 草野 剛嗣 : 水平に近い傾斜管内における気液対向二相流, 日本機械学会中国四国支部45期総会・講演会講演論文集, 251-252, 2007年3月.
219) 2,006 国内講演発表 行成 義貴, 逢坂 昭治, 草野 剛嗣 : 大地抵抗率を利用した凍土の測定, 日本機械学会中国四国支部45期総会・講演会講演論文集, 227-228, 2007年3月.
220) 2,006 国内講演発表 徳永 英司, 日野 順市, 栗本 政雄 : 形状記憶合金の温度依存特性を利用した動吸振器に関する研究, 日本機械学会中国四国支部第45期総会講演会講演論文集, No.075-1, 313-314, 2007年3月.
221) 2,006 国内講演発表 西岡 哲也, 日野 順市, 栗本 政雄 : 可変拘束制御によるトラッククレーンの振動制御, 日本機械学会中国四国支部第45期総会講演会講演論文集, No.075-1, 315-316, 2007年3月.
222) 2,006 国内講演発表 伊藤 照明, 丹羽 卓士 : 加重負荷実験のための自動昇降装置の設計と製造, 日本機械学会中国四国支部第45期総会・講演会, Vol.084, No.1, 1009, 2007年3月.
223) 2,006 国内講演発表 高木 均, 加古 修平 : PLA-竹繊維強化グリーンコンポジットの断熱特性と機械的性質, JCOM-36講演論文集, 275-279, 2007年3月.
224) 2,006 国内講演発表 森本 恵美, 山中 英生, 西田 信夫 : 長期インターンシップによる産学連携教育の試み, 平成18年度全学FD徳島大学教育カンファレンス発表抄録集, 2007年3月.
225) 2,006 国内講演発表 森本 恵美, 山中 英生, 滑川 達 : 地域防災向上のための防災施策の優位順位, --- 徳島県吉野川市の試みから ---, 自然災害フォーラム論文集, 87-94, 2007年3月.
226) 2,006 国内講演発表 石原 国彦 : 環境騒音予測法の精度向上に関する研究(回折減衰に関するISOの企画と従来法の比較), 関西支部第82 期総会·講演会講演論文集, 2007年3月.
227) 2,006 国内講演発表 多田 吉宏 : 粉末の延伸を利用した金属多孔材と金属繊維の安価な製造技術, JST Inovation Bridge 四国地区四大学研究発表会資料, 25-32, 2007年3月.
228) 2,006 国内講演発表 河原 啓之, 岡田 達也, 熊井 亮太, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 山口 誠 : フェムト秒レーザーを照射した4H-SiC単結晶表面における構造変化のTEM観察, 第54回応用物理学関係連合講演会予稿集, 1206, 2007年3月.
229) 2,006 国内講演発表 内八重 智史, 鎌田 磨人 : 洪水撹乱後の那賀川河口砂州における塩生湿地植物の再侵入, 第54回日本生態学会大会, 2007年3月.
230) 2,006 国内講演発表 高見 雄太, 原田 悦子, 中村 俊之, 鎌田 磨人 : 湿性絶滅危惧植物のホットスポットとしてのハス田, 第54回日本生態学会大会, 2007年3月.
231) 2,006 国内講演発表 原田 悦子, 小川 誠, 三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : 徳島県における湿性絶滅危惧植物の潜在的生育域類型と環境特性, 第54回日本生態学会大会, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1) 2,006 その他・研究会 英 崇夫 : ナノサイズ薄膜の応力評価(その1 ナノサイズCu薄膜の残留応力), 放射光による応力評価の実用化, 36-40, 2006年4月.
2) 2,006 その他・研究会 英 崇夫 : ナノサイズ薄膜の応力評価(その2 Al薄膜の熱応力のその場測定), 放射光による応力評価の実用化, 41-44, 2006年4月.
3) 2,006 その他・研究会 望月 秋利 : 愛住町福永喜久夫様宅 沈下原因鑑定書, 愛住町福永喜久夫様宅 沈下原因鑑定書, 1-29, 2006年5月.
4) 2,006 その他・研究会 竹林 洋史 : 土砂移動によるハビタットへの攪乱の頻度と流路・河床形状の関係, 第1回ハビタットロジー研究会, 2006年6月.
5) 2,006 その他・研究会 鎌田 磨人 : とくしま環境学講座 「徳島の環境 大丈夫!? 第4回」, 徳島に住む仲間たち1.ふるさとの生態系と野生生物の生息・生育空間.徳島大学 大学開放実践センター公開講座, 2006年6月.
6) 2,006 その他・研究会 望月 秋利 : 鑑定人質問 答弁書(その2)-日和佐町戎野宅 沈下問題, 鑑定人質問 答弁書(その2)-日和佐町戎野宅 沈下問題, 1-6, 2006年7月.
7) 2,006 その他・研究会 高木 均 : 竹繊維で強化した複合材料の可能性と問題点, 第3回竹のワークショップ, 1-13, 2006年7月.
8) 2,006 その他・研究会 石原 国彦 : 現場で経験せる振動・騒音問題について, 日本機会学会VS研究会, 2006年8月.
9) 2,006 その他・研究会 竹林 洋史 : 洪水によるシナダレスズメガヤの掃流及びヤナギ群落によるシナダレスズメガヤの掃流抑制効果, 穂高研究会, 2006年9月.
10) 2,006 その他・研究会 竹林 洋史 : 植生の動的管理のための平面二次元河床変動解析, 国土交通省・徳島大学技術懇談会, 2006年9月.
11) 2,006 その他・研究会 高木 均 : 植物由来材料の開発について, 日本材料学会四国支部第39回材料強度・信頼性研究談話会, 1-3, 2006年9月.
12) 2,006 その他・研究会 Takao Hanabusa, Yun-Hae KIM, Yoon-Sik KIM, Jong-Rae CHO and Satoshi Kiriyama : Encouragement of Engineering Education by International Coalition -Relation between the Center for Innovation and Creativity Development, The University of Tokushima and the Center for Innovation of Education, Korea Maritime University, '06 International Exchange Conference on Engineering Education between Tokushima University and Korea Maritime University, 2-4, Sep. 2006.
13) 2,006 その他・研究会 伊藤 照明, 大山 啓 : 創造基礎実習におけるフィードバック型評価手法の教育的効果に関する考察, 中国・四国工学教育協会 第16回研究集会, 2006年9月.
14) 2,006 その他・研究会 高木 均, 溝渕 啓 : レジンレス竹複合材料の試作と特性評価, 日本材料学会四国支部第40回材料強度・信頼性研究談話会, 1-4, 2006年11月.
15) 2,006 その他・研究会 石原 国彦 : ファンの低騒音化に関する研究の現状, 川崎重工業(株)技術研究所, 2006年11月.
16) 2,006 その他・研究会 清田 正徳, 森岡 斎, 前田 晃宏 : 突起を有する平板上を流下する液膜の数値計算, 日本機械学会講演論文集, Vol.075, No.1, 257-258, 2007年3月.
17) 2,006 その他・研究会 多田 吉宏 : 作業標準時間設定手法, 生産管理技術講座テキスト(平成18年度版), 112-143, 2007年3月.
18) 2,006 その他・研究会 浮田 浩行 : 「C言語実習」における創造的課題への取り組みと学生の評価について, 徳島大学工学教育シンポジウム2007(SEE2007), 7-12, 2007年3月.
19) 2,006 その他・研究会 今井 仁司, 坂口 秀雄 : 熱伝導逆問題の初期値問題の解の解析性に関する数値計算, 第56回理論応用力学講演会講演論文集, 539-540, 2007年3月.
20) 2,006 その他・研究会 金 珍玉, 竹内 敏己, 今井 仁司, 坂口 秀雄 : 円環領域におけるCauchy問題の無限精度数値計算, 第56回理論応用力学講演会講演論文集, 541-542, 2007年3月.
21) 2,006 その他・研究会 金 珍玉, 坂口 秀雄, 石村 直之, 今井 仁司 : 取引費用を考慮したBlack-Scholes方程式の空間大域的数値シミュレーション, 第56回理論応用力学講演会講演論文集, 569-570, 2007年3月.
22) 2,006 その他・研究会 續木 章三 : 「ものづくり」による創造的学習, --- 「ニューコメン機関復元プロジェクト」の活動を通して ---, 大学教育カンファレンス発表抄録集, 17-18, 2007年3月.
23) 2,006 その他・研究会 三好 弘一, 前澤 博, 足立 昭夫, 佐瀬 卓也, 入倉 奈美子, 桑原 義典, 立花 さやか, 石田 竜弘, 辻 明彦, 英 崇夫, 森賀 俊広, 鬼島 明洋, 誉田 栄一, 岩本 誠司, 佐藤 一雄, 古谷 俊介, 森田 康彦 : 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, Vol.6, 1-42, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

1) 2,006 報告書 多田 吉宏 : 一方向連通マイクロポーラス金属の微少穿孔吸音材への応用, 共同研究報告書, 1-50, 2006年4月.
2) 2,006 報告書 橋本 親典, 牛尾 仁, 水口 裕之, 渡邉 健, 石丸 啓輔 : 低度再生骨材コンクリートの耐久性改善に関する基礎的研究, 第9回建設事業の技術開発に関する助成事業報告書, 105-126, 高松市, 2006年6月.
3) 2,006 報告書 長尾 文明, 野田 稔, 宗田 和之 : 防護柵補強工事における末広大橋の耐風安定性に関する調査・研究報告書, 1-40, 2006年9月.
4) 2,006 報告書 橋本 親典 : 築40年の徳島大学工学部旧土木棟の非破壊検査, コンクリート診断士研修会調査報告書'06, No.6, 97-102, 2006年9月.
5) 2,006 報告書 伊藤 照明 : 第4回電子工学およびデジタル企業技術国際会議, 研究助成・国際交流活動報告集, No.15, 46-49, 東京, 2007年2月.
6) 2,006 報告書 蒋 景彩, 神田 幸正, 能野 一美 : 平成18年度NEXCO西日本四国支社管内耐震性評価手法検討業務報告書,3.斜面の耐震性評価に関する検討 3.5.1 Newmark法にからの知見, 平成18年度NEXCO西日本四国支社管内耐震性評価手法検討業務報告書, 2007年3月.
7) 2,006 報告書 長尾 文明, 大西 徳生, 福富 純一郎, 野田 稔, 福富 汎, 犬伏 宏行 : 日本の風土特性に応じた風力発電の安定化・コスト低減に関する研究 平成18年度研究実績報告書, 1-111, 2007年3月.

2007年度(平成19年度)

article.{@.date="20070400 20080399" @.organization=\E{124875}}

2007年度(平成19年度) / 著書

1) 2,007 著書 末包 哲也 : 炭素の事典, 朝倉書店, 東京, 2007年4月.
2) 2,007 著書 岩田 哲郎, 荒木 勉, 橋本 正治, 岡 宏一 : 基礎からのメカトロニクス, 日新出版, 東京, 2007年4月.
3) 2,007 著書 長尾 文明, 日本風工学会風工学ハンドブック執筆ワーキンググループ : 風工学ハンドブック, 朝倉書店, 東京, 2007年4月.
4) 2,007 著書 橋本 親典, 鎌田 敏郎, 他27名 : 2007年制定コンクリート標準示方書[規準編], 社団法人 土木學會, 東京, 2007年5月.
5) 2,007 著書 橋本 親典 : [応用編] 第2章土木学会コンクリート標準示方書 2.5規準編(試験方法), 社団法人 日本コンクリート工学協会, 東京, 2007年6月.
6) 2,007 著書 橋本 親典, 河野 清, 笠井 芳夫, 池永 博威, 笠井 哲郎, 飛内 圭之, 和泉 意登志, 河辺 伸二, 露木 尚光, 辻 正哲 : 平成19年版 コンクリート技士合格必携, --- 試験問題と解答・解説 ---, 株式会社 技術書院, 東京, 2007年7月.
7) 2,007 著書 橋本 親典, 河野 清, 笠井 芳夫, 池永 博威, 笠井 哲郎, 飛内 圭之, 和泉 意登志, 河辺 伸二, 露木 尚光, 辻 正哲 : 平成19年版 コンクリート主任技士合格必携, --- 試験問題と解答・解説 ---, 株式会社 技術書院, 東京, 2007年7月.
8) 2,007 著書 福富 純一郎, 他 : 機械工学便覧 流体機械, 日本機械学会, 東京, 2007年8月.
9) 2,007 著書 西村 昭彦, 三神 厚 : 基礎と地盤の動的相互作用を考慮した耐震設計ガイドライン(案), 日本地震工学会, 2007年10月.
10) 2,007 著書 村上 理一, 他35名 : 電波吸収体の技術と応用Ⅱ, 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2008年1月.
11) 2,007 著書 西山 賢一, 望月 秋利, 上野 勝利, 吉村 洋 : 徳島県における沖積地盤と徳島平野の地盤構造, 社団法人 地盤工学会, 高松, 2008年3月.
12) 2,007 著書 Tetsuya Suekane : Nano-Mega Scale Flow Dynamics in Energy System, Tohoku Univ. Publishers, Mar. 2008.
13) 2,007 著書 青山 吉隆, 小谷 通泰, 伊藤 雅, 柄谷 友香, 酒井 弘, 塩士 圭介, 鈴木 義康, 谷口 守, 塚本 直幸, 波床 正敏, 松中 亮治, 山中 英生, 義浦 慶子, 吉川 耕司, 吉田 諭史 : LRTと持続可能なまちづくり, --- 都市アメニティの向上と環境負荷の低減をめざして ---, 株式会社学芸出版社, 京都, 2008年3月.
14) 2,007 著書 望月 秋利, 矢田部 龍一, 長谷川 修一, 横山 聖士, 山中 稔, 斎藤 章彦, 山本 浩司, 西山 賢一 : 徳島県阿南・鳴門地区の常時微動観測, 四国支部, 高松, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,007 学術論文 (審査論文) Teruaki Ito and Teisuke Sato : Custom-made production of porous ceramics implants towards e-manufacturing, International Journal of Manufacturing Technology and Management, Vol.10, No.4, 419-428, 2007.
2) 2,007 学術論文 (審査論文) Tatsuya Okada, Hiroyuki Yasuda, Tetsuya Watanabe, Fukuji Inoko and Yukichi Umakoshi : Kink Band Formation and its Effect on Recrystallization in Ordered and Disordered Ni3Fe Single Crystals, Materials Transactions, Vol.48, No.4, 759-763, 2007.
3) 2,007 学術論文 (審査論文) Koji Uno and Susumu Nakano : Effect of tidal current on sediment transport at the tidal flats, Journal of Coastal Research, Vol.SI50, 746-750, 2007.
4) 2,007 学術論文 (審査論文) Rie Akamine, Takenori Yamamoto, Masahiro Watanabe, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Mitsuru Ishikawa, Toshihiko Ooie, Yoshinobu Baba and Yasuo Shinohara : Usefulness of the 5' region of the cDNA encoding acidic ribosomal phosphoprotein P0 conserved among rats, mice, and humans as a standard probe for gene expression analysis in different tissues and animal species., Journal of Biochemical and Biophysical Methods, Vol.70, No.3, 481-486, 2007.
5) 2,007 学術論文 (審査論文) Rei Kakuhata, Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Rie Akamine, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Satoshi Fukuoka, Mitsuru Ishikawa, Toshihiko Ooie, Yoshinobu Baba, Tomoshige Hori and Yasuo Shinohara : Possible utilization of in vitro synthesized mRNAs specifically expressed in certain tissues as standards for quantitative evaluation of the results of microarray analysis., Journal of Biochemical and Biophysical Methods, Vol.70, No.5, 755-760, 2007.
6) 2,007 学術論文 (審査論文) 黒崎 ひろみ, 中野 晋, 大奈 健, 川田 一昭, 村上 仁士 : 体験談に基づく昭和南海地震の震度評価とそのばらつき, 歴史地震, No.22, 195-202, 2007年.
7) 2,007 学術論文 (審査論文) 上代 良文, 高橋 義一, 一宮 昌司, 大坂 英雄 : 長平板背後の渦構造に及ぼすスプリッター板の影響, 日本機械学会論文集(B編), Vol.73, No.729, 1183-1190, 2007年.
8) 2,007 学術論文 (審査論文) Yuan-Hai Li, He-Hua Zhu, Hong-Wen Jing, 上野 勝利 : Experimental Inve stigation of Shear Deformation Patterns in Sands Based on Digital Image Correlation, JOURNAL OF TONGJ I UNIVERSITY(NATURAL SCIENCE), Vol.35, No.5, 685-689, 2007年.
9) 2,007 学術論文 (審査論文) 小川 仁, 升田 雅博, 溝渕 啓 : 小径穴あけ加工における加工条件と工具寿命(第2報), --- 工作液超音波振動法に関する研究 ---, 精密工学会誌, Vol.73, No.5, 578-582, 2007年.
10) 2,007 学術論文 (審査論文) 石原 国彦 : 空気浮上式コンベアにおいて発生する異常振動について(現象の理解), 日本機械学会論文集(C編), Vol.73, No.729, 1279-1284, 2007年.
11) 2,007 学術論文 (審査論文) Akihiro Utsumi, Toshihiko Ooie, Tetsuo Yano and Munehide Katsumura : Direct Bonding of Glass and Metal Using Short Pulsed Laser, Journal of Laser Micro/Nanoengineering, Vol.2, No.2, 133-136, 2007.
12) 2,007 学術論文 (審査論文) Kim Seong-Hoon, Yoon Han-Ki and Ri-ichi Murakami : The effects of SiO, SiON on IZO thin Film Deposited by DCMG Method, Diffusion and Defect Data Pt.B: Solid State Phenomena, Vol.124-126, 455-458, 2007.
13) 2,007 学術論文 (審査論文) Takao Ueda, Kazuhiko Inaoka, Akira Nanasawa and Masanobu Ashida : Electrochemical rehabilitation with the aid of ductile fiber reinforced cementitious composites in anode system, Proceedings of the Fifth International Conference on Concrete Under Severe Conditions, Vol.1, 491-498, 2007.
14) 2,007 学術論文 (審査論文) Z.Y. Qiu, Ri-ichi Murakami, Daisuke Yonekura and J. Ueno : Effect of the interface on the electrical properties of an Indium zinc oxide /SiOx multilayer, Thin Solid Films, Vol.515, No.18, 7259-7263, 2007.
15) 2,007 学術論文 (審査論文) 安藝 浩資, 中野 晋, 内田 紘臣, 岩瀬 文人, 御前 洋 : 沿岸域の自然再生計画における順応的管理へのHSIモデルの適用, 海洋開発論文集, Vol.23, 501-506, 2007年.
16) 2,007 学術論文 (審査論文) 藤田 真人, 中野 晋, 黒崎 ひろみ, 安藝 浩資 : 大河川河口干潟における平衡底質粒度分布の評価方法, 海洋開発論文集, Vol.23, 1243-1248, 2007年.
17) 2,007 学術論文 (審査論文) 宇野 宏司, 辻本 剛三, 柿木 哲哉, 中野 晋 : 兵庫県における準絶滅危惧種ハクセンシオマネキの生息地ネットワーク形成に関する基礎的研究, 海洋開発論文集, Vol.23, 471-476, 2007年.
18) 2,007 学術論文 (審査論文) 松英 達也, 英 崇夫, 池内 保一 : アーク・イオンプレーティングによって形成された硬質積層膜における残留応力の熱緩和, 材料, Vol.56, No.7, 635-640, 2007年.
19) 2,007 学術論文 (審査論文) Nobuyoshi Fukagai and Kimiaki Narukawa : On the existence of multiple positive solutions of quasilinear elliptic eigenvalue problems, Annali di Matematica Pura ed Applicata, Vol.186, No.3, 539-564, 2007.
20) 2,007 学術論文 (審査論文) Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka, Kenta Kaneko, Osami Sakata and Masayuki Nishida : Stress-assisted atomic migration in thin copper films, Key Engineering Materials, Vol.353-358, 671-674, 2007.
21) 2,007 学術論文 (審査論文) 郡 政人, 古川 智紀, 上田 隆雄, 水口 裕之 : 近赤外分光法を用いたセメント硬化体中の塩化物イオンの検出, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.2, 769-774, 2007年.
22) 2,007 学術論文 (審査論文) Huaxia Yao, Kidd Robert and Michio Hashino : Long-term trend of uranium status in Beaverlodge Lake, Saskatchewan of Canada, under mine decommissioning, IAHS Publication series (Red Books), No.314, 137-144, 2007.
23) 2,007 学術論文 (審査論文) 田中 慎吾, 上田 隆雄, 加川 哲也, 七澤 章 : フライアッシュを混和したコンクリート中の鉄筋腐食モニタリングに関する研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.1, 1371-1376, 2007年.
24) 2,007 学術論文 (審査論文) 稲岡 和彦, 上田 隆雄, 亀田 貴文, 七澤 章 : HPFRCC陽極層を用いた電気化学的防食工法に関する研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.1, 1341-1346, 2007年.
25) 2,007 学術論文 (審査論文) 馬場 勇太, 上田 隆雄, 平岡 毅, 七澤 章 : 炭酸リチウム溶液の電気浸透によるASR膨張抑制に関する検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.1, 1239-1244, 2007年.
26) 2,007 学術論文 (審査論文) Asahara Shingo, Kinya Miura, Otsuka Natsuhiko, Katsutoshi Ueno and Takahara Toshiyuki : Coupled Analysis of the Behavior of Seabed Subjected to Sea Wave with Different Formulation of Geomaterials, The Seventeenth (2007) International Offshore and Polar Engineering Conference, 1688-1695, 2007.
27) 2,007 学術論文 (審査論文) NHAR Heng, 橋本 親典, 渡邉 健, 石丸 啓輔 : 化学系繊維ネット単独およびスターラップとの併用によるRC部材のせん断補強効果に関する実験的研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.1, 477-489, 2007年.
28) 2,007 学術論文 (審査論文) 福嶋 慎吾, 橋本 親典, NHAR Heng, 渡邉 健 : 吸水率が大きい骨材が乾燥収縮量に与える影響に関する研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.1, 645-650, 2007年.
29) 2,007 学術論文 (審査論文) 湯北 記代彦, 橋本 紳一郎, 橋本 親典, 渡邉 健 : 簡易凍結融解試験装置による表面緻密性の評価, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.1, 897-902, 2007年.
30) 2,007 学術論文 (審査論文) 伊達 重之, 御領園 悠司, 渡邉 健, 橋本 親典 : コンクリートの振動充てん性能に及ぼすフレッシュ性状の影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.2, 25-30, 2007年.
31) 2,007 学術論文 (審査論文) 橋本 親典, 吉田 元昭, 渡邉 健, 石丸 啓輔 : 可視化モデルを用いた2軸強制練りミキサの局部交錯流動のせん断流の定量化, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.2, 49-54, 2007年.
32) 2,007 学術論文 (審査論文) 小野寺 誠司, 吉田 元昭, 橋本 親典, 渡邉 健 : 振動付与2軸強制練りミキサを用いた高強度コンクリートのフレッシュ性状に関する基礎的研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.2, 61-66, 2007年.
33) 2,007 学術論文 (審査論文) 藤垣 博敏, 渡邉 健, 橋本 親典, 大津 政康 : グラウトの硬化過程がインパクトエコー法による充填評価に与える影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.2, 637-642, 2007年.
34) 2,007 学術論文 (審査論文) 細見 素康, 渡邉 健, 伊達 重之, 橋本 親典 : AE法を用いた分割練混ぜ工法による再生骨材コンクリートの品質評価, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.2, 649-654, 2007年.
35) 2,007 学術論文 (審査論文) 西岡 啓介, 渡邉 健, 橋本 親典, 大津 政康 : 弾性波における入力波長と部材寸法の関係が弾性波伝播速度に及ぼす影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.29, No.2, 655-660, 2007年.
36) 2,007 学術論文 (審査論文) 藤澤 正一郎, 大橋 眞, 英 崇夫 : 徳島大学全学共通「創成学習」科目における能力自己評価, 工学教育, Vol.55, No.4, 48-52, 2007年.
37) 2,007 学術論文 (審査論文) 桐山 聰, 英 崇夫 : 思考支援ツールを使った学生自身によるプロジェクト活動の自己評価, 工学教育, Vol.55, No.4, 70-74, 2007年.
38) 2,007 学術論文 (審査論文) Hideo Nishino, Yokoyama Ryuji, Kondo Hironori and Kenichi Yoshida : Generation of circumferential guided waves using a bulk shear wave sensor and their mode identification, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.46, No.7B, 4568-4576, 2007.
39) 2,007 学術論文 (審査論文) Teruaki Ito and Slocum H. Alexander : Teaching collaborative manufacturing: experience and observation, International Journal of Internet Manufacturing and Services, Vol.1, No.1, 75-85, 2007.
40) 2,007 学術論文 (審査論文) 辻原 治, 澤田 勉 : 鉛直アレー観測記録を用いた地盤の減衰特性推定のためのスイープ法の提案, 土木学会地震工学論文集, Vol.29, 287-294, 2007年.
41) 2,007 学術論文 (審査論文) 山村 猛, 三神 厚, 辻原 治, 澤田 勉 : 道路橋の地震被害率関数の一作成法, 地震工学論文集, Vol.29, 674-679, 2007年.
42) 2,007 学術論文 (審査論文) Kim Do-Hyoung, Yoon Han-Ki, Dohoon Shin and Ri-ichi Murakami : Electromagnetic Wave Shielding Properties of ITO/PET Thin Film by Film Thickness, Key Engineering Materials, Vol.345-346, 1585-1588, 2007.
43) 2,007 学術論文 (審査論文) 鈴木 壽, 上田 諭志, 槙野 積志 : 平板ブロック用サンドクション材としての廃ガラスカレット力学的特性に関する研究, 第7回環境地盤工学シンポジウム発表論文集, 11-18, 2007年.
44) 2,007 学術論文 (審査論文) 中野 晋, 高崎 華名, 黒崎 ひろみ, 岡部 健士 : 徳島県における企業防災の現状と課題, 地震工学論文集, Vol.29, 748-755, 2007年.
45) 2,007 学術論文 (審査論文) 三神 厚, 斉藤 剛彦, 澤田 勉, 繁田 淳吾, 中野 晋 : 1944年東南海地震の震源近傍で発生した地震による四国地域の距離減衰と地盤増幅特性の検討, 地震工学論文集, Vol.29, 178-186, 2007年.
46) 2,007 学術論文 (審査論文) 斉藤 剛彦, 三神 厚, 吉岡 理絵, 黒崎 ひろみ, 浜 大吾郎, 中野 晋, 澤田 勉 : 体験談と現地調査に基づく昭和南海地震の地震動と木造家屋被害についての考察, 地震工学論文集, Vol.29, 816-822, 2007年.
47) 2,007 学術論文 (審査論文) 源 貴志, 成行 義文, 藤原 康寛, 三神 厚, 澤田 勉 : 自主防災組織で活用可能な津波避難シミュレーションシステムの開発に関する基礎的研究, 土木学会地震工学論文集, Vol.29, 756-764, 2007年.
48) 2,007 学術論文 (審査論文) Teruaki Ito : Dealing with uncertainty in design and decision support applications, International Journal of Soft Computing Applications, Vol.1, No.1, 5-16, 2007.
49) 2,007 学術論文 (審査論文) Masayuki Nishida, Takao Hanabusa and Yasukazu Ikeuchi : X-ray stress measurement of fiber reinforced plastics composite material, Key Engineering Materials, Vol.353-358, 2423-2426, 2007.
50) 2,007 学術論文 (審査論文) Atsuya Oishi and Shinobu Yoshimura : A New Local Contact Search Method Using a Multi-Layer Neural Network, Computer Modeling in Engineering & Sciences, Vol.21, No.2, 93-104, 2007.
51) 2,007 学術論文 (審査論文) Kunihiko Ishihara : Prediction on Attenuation of Silencer Equipment with Many Resonators, Journal of Environment and Engineering, Vol.2, No.4, 655-666, 2007.
52) 2,007 学術論文 (審査論文) Tetsuo Iwata, Hironobu Shibata and Tsutomu Araki : Extrapolation of Band-Limited Frequency Data Using an Iterative Hilbert-Transform Method and Its Application for Fourier-Transform Phase-Modulation Fluorometry, Measurement Science & Technology, Vol.18, No.1, 288-294, 2007.
53) 2,007 学術論文 (審査論文) Tetsuo Iwata, Akitaka Muneshige and Tsutomu Araki : Analysis of Data Obtained from a Frequency-Multiplexed Phase-Modulation Fluorometer Using an Autoregressive Model, Applied Spectroscopy, Vol.61, No.9, 950-955, 2007.
54) 2,007 学術論文 (審査論文) Sheng Yue and Michio Hashino : Probability distribution of annual, seasonal and monthly precipitation in Japan, Hydrological Sciences Journal, Vol.52, No.5, 863-877, 2007.
55) 2,007 学術論文 (審査論文) Matsuura Masahiro and Hideo Yamanaka : PLANNING THROUGH ASSISTED NEGOTIATION:CONSENSUS BUILDING FOR TRAFFIC SAFETY, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.7, 1546-1558, 2007.
56) 2,007 学術論文 (審査論文) Hideo Yamanaka and Susumu Namerikawa : MEASURING LEVEL-OF-SERVICE FOR CYCLING OF URBAN STREETS USING "PROBE BICYCLE SYSTEM", Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.7, 1614-1625, 2007.
57) 2,007 学術論文 (審査論文) 滑川 達, 山中 英生 : コンセンサス・ビルディング手法による検討委員会設立・運営に対する参加者評価, 土木計画学研究·論文集, Vol.24, No.1, 131-138, 2007年.
58) 2,007 学術論文 (審査論文) 三輪 昌史, 川口 博史, 堂岡 和親, 米山 聡, 土谷 茂樹, 越本 泰弘 : マイクロ光造形法で作製した微小構造物の内部構造と縦弾性係数, 実験力学, Vol.7, No.3, 277-281, 2007年.
59) 2,007 学術論文 (審査論文) 年 廷凱, 栾 茂田, 楊 慶, 蒋 景彩 : 抑止杭を有する斜面の強度低減弾塑性有限要素法による安定性解析, Rock and Soil Mechanics, Vol.28, No.Supplement issue, 558-562, 2007年.
60) 2,007 学術論文 (審査論文) H Yamakawa, Nu Yan, Daisuke Yonekura and Ri-ichi Murakami : Fatigue Properties of a T Type Welded Joint in a Small-sized Single Pass Boiler Header, Key Engineering Materials, Vol.353-358, 2057-2060, 2007.
61) 2,007 学術論文 (審査論文) Y. Tokunaga, Nu Yan, Daisuke Yonekura and Ri-ichi Murakami : Thermal Fatigue Properties of the Fin in the Boilers, Key Engineering Materials, Vol.353-358, 315-318, 2007.
62) 2,007 学術論文 (審査論文) Nu Yan, I. Lee, Ri-ichi Murakami, Daisuke Yonekura, J. Sun and S Fukui : Influence of Plasma Radical Nitriding on Fatigue Properties of SCM435 Steel, Key Engineering Materials, Vol.353-358, 266-269, 2007.
63) 2,007 学術論文 (審査論文) Nu Yan, H Yamakawa., Ri-ichi Murakami and Daisuke Yonekura : Elevation of fatigue behavior of T-type welded joint in the small-sized single pass boiler, journal of Pressure Equipment and Systems, Vol.5, 80-83, 2007.
64) 2,007 学術論文 (審査論文) Daisuke Yonekura, Hiroyuki Fukuda and Ri-ichi Murakami : Influence of Deposition Bias Voltage on Fatigue Cracking Behavior of Chromium Nitride Film Deposited on Steel, Key Engineering Materials, Vol.353-358, 275-278, 2007.
65) 2,007 学術論文 (審査論文) Ri-ichi Murakami, Shinichiro Fukui, Daisuke Yonekura and Cheol-Mun Yim : Study of Boron-doped Diamond Films by Microwave Plasma CVD Method, Key Engineering Materials, Vol.353-358, 1883-1886, 2007.
66) 2,007 学術論文 (審査論文) Daisuke Yonekura, Tomoyuki Ishikawa and Ri-ichi Murakami : Influence of lon Bombardment Process on Adhesion between CrN Coatings and Aluminum Alloy, Key Engineering Materials, Vol.353 358, 1887-1890, 2007.
67) 2,007 学術論文 (審査論文) 鈴木 壽, 高橋 和希 : 廃ガラス材のリサイクル, 土と基礎, Vol.55, No.10, pp.29--31, 2007年.
68) 2,007 学術論文 (審査論文) 鈴江 宗大, 秀浦 光, 三谷 哲雄, 山中 英生 : 一時停止支援警告に対する走行体感評価実験, 交通工学研究発表会論文集, Vol.27, 13-16, 2007年.
69) 2,007 学術論文 (審査論文) 柿原 健佑, 山中 英生, 滑川 達 : プローブバイシクルを用いた高齢者の自転車走行時の挙動に関する分析, 交通工学研究発表会論文集, Vol.27, 297-300, 2007年.
70) 2,007 学術論文 (審査論文) Takashi Yasuda, Tetsuo Iwata, Tsutomu Araki and Takeshi Yasui : Improvement of minimum paint film thickness for THz paint meters by multiple regression analysis, Applied Optics, Vol.46, No.30, 7518-7526, 2007.
71) 2,007 学術論文 (審査論文) 村上 仁士, 水口 裕之, 上月 康則, 伊福 誠, 野田 厳, 岩村 俊平, 山本 秀一 : エコシステム式海域環境保全工法を導入した直立構造物の環境配慮機能の評価, 海岸工学論文集, Vol.54, 1281-1285, 2007年.
72) 2,007 学術論文 (審査論文) 齊藤 剛彦, 三神 厚, 澤田 勉, 中野 晋, 成行 義文 : 近年の被害地震に対する各自治体の取り組みに関する検討, 21世紀の南海地震と防災, Vol.2, 163-171, 2007年.
73) 2,007 学術論文 (審査論文) 島田 智之, 三神 厚, 澤田 勉, 岡部 健士, 中野 晋, 成行 義文 : 異なる地震タイプに対する不確定性を考慮した地震動の作成, 21世紀の南海地震と防災, Vol.2, 81-90, 2007年.
74) 2,007 学術論文 (審査論文) 藤原 康寛, 成行 義文, 源 貴志, 田中 徳一, 三神 厚 : ペトリネットを用いた津波避難シミュレーションモデルに関する基礎的研究, 21世紀の南海地震と防災, Vol.2, 145-154, 2007年.
75) 2,007 学術論文 (審査論文) Hitoshi Takagi, Syuhei Kako, Koji Kusano and Akiharu Ousaka : Thermal conductivity of PLA-bamboo fiber composites, Advanced Composite Materials, Vol.16, No.4, 377-384, 2007.
76) 2,007 学術論文 (審査論文) Takeshi Okabe : An inundation simulation model for urban areas and its application to inundation prevention planning, Proc. of the 2nd International Conference on Urban Disaster Reduction, 783-788, 2007.
77) 2,007 学術論文 (審査論文) 藤田 真人, 中野 晋, 安藝 浩資, 安井 勝志 : 河口干潟の平衡粒度分布の推定と底生動物の生息環境評価, 海岸工学論文集, Vol.54, 1171-1175, 2007年.
78) 2,007 学術論文 (審査論文) 岡安 章夫, 武若 聡, 中野 晋, 村上 啓介, 荒木 進歩, 森 信人, 青木 伸一, 今村 文彦, 越村 俊一, 佐藤 慎司 : 津波防災に対する住民・海岸利用者の意識と対案者の認識との相違に関する調査, 海岸工学論文集, Vol.54, 1336-1340, 2007年.
79) 2,007 学術論文 (審査論文) 黒崎 ひろみ, 中野 晋 : 海溝型巨大地震に向けた総合的な沿岸防災教育のあり方と方法, 海岸工学論文集, Vol.54, 1361-1365, 2007年.
80) 2,007 学術論文 (審査論文) 冨永 数男, 中野 晋, 天羽 誠二 : 海岸堤防に作用する段波津波の実験, 海岸工学論文集, Vol.54, 826-830, 2007年.
81) 2,007 学術論文 (審査論文) 木村 剛士, 中野 晋, 天羽 誠二, 白川 卓磨 : 潮流が卓越する小鳴門海峡における潮位と高潮の特性, 海岸工学論文集, Vol.54, 296-300, 2007年.
82) 2,007 学術論文 (審査論文) 上田 隆雄, 馬場 勇太, 田中 慎吾, 武田 展征, 七澤 章 : フライアッシュの混和が反応性骨材含有モルタルの細孔溶液組成に与える影響, コンクリート構造物の補修·補強·アップグレード論文報告集, Vol.7, 15-20, 2007年.
83) 2,007 学術論文 (審査論文) 森本 恵美, 滑川 達, 岡本 太地, 山中 英生 : 落札企業の地域性に着目した被指名実績と工事成績評定との関係に関する統計分析, 建設マネジメント研究論文集, Vol.14, 263-276, 2007年.
84) 2,007 学術論文 (審査論文) 蒋 景彩, 山上 拓男, 杉本 章人 : 平面すべり破壊を想定した地震時広域岩盤斜面の不安定性評価, 21世紀の南海地震と防災, Vol.2, 123-130, 2007年.
85) 2,007 学術論文 (審査論文) 上野 勝利, 吉田 敦也 : 大規模災害に備えた住民自らによる自立的な通信手段の必要性とVoIP アマチュア無線について, 21 世紀の南海地震と防災, Vol.2, 2007年.
86) 2,007 学術論文 (審査論文) 清田 正徳, 森岡 斎, 前田 晃宏 : 突起を有する平板上を流下する液膜の数値計算, 日本機械学会論文集(B編), Vol.73, No.735, 2297-2302, 2007年.
87) 2,007 学術論文 (審査論文) 小川 宏樹, 中野 晋, 田渕 恭子 : 災害時要援護者の防災に対する意識と備え, 安全問題研究論文集, Vol.2, 53-58, 2007年.
88) 2,007 学術論文 (審査論文) 黒崎 ひろみ, 中野 晋, 魁生 知佐子 : 世代階層の差を意識した防災教育の実施と有効性, 安全問題研究論文集, Vol.2, 65-70, 2007年.
89) 2,007 学術論文 (審査論文) 中野 晋, 植田 勇二, 姫野 敬行, 黒崎 ひろみ : 地域の建設会社におけるBCP 構築, 安全問題研究論文集, Vol.2, 41-46, 2007年.
90) 2,007 学術論文 (審査論文) Daisuke Yoneura, Masashi Miyagawa, Satoshi Inokuchi, Yoshihiro Suenaga, Hidenori Morita, Takao TAMURA, Hee-Do Ahn and Kenji Hotta : STUDY ON THE INFLUENCE OF THE RIVER INFLOW INTO THE OCEAN, Proc. of Pacific Congress on Marine Science and Technology 2007, 2007.
91) 2,007 学術論文 (審査論文) 今井 仁司, 坂口 秀雄 : 空間1次元熱伝導方程式の解の接続の数値計算, 日本応用数理学会論文誌, Vol.17, No.4, 481-493, 2007年.
92) 2,007 学術論文 (審査論文) 清田 正徳, 森岡 斎, 木本 恵介, 末包 哲也 : 水平管列上を流下する液膜LiBr-LiI混合水溶液膜への水蒸気吸収について, 日本機械学会論文集(B編), Vol.73, No.736, 2545-2551, 2007年.
93) 2,007 学術論文 (審査論文) Masanori Kiyota, Itsuki Morioka, Keisuke Kimoto and Tetsuya Suekane : Steam absorption into films of aqueous solution of lithium bromide and lithium iodide mixture falling over a column of horizontal pipes, Heat Transfer-Asian Research, Vol.37, No.7, 431-444, 2008.
94) 2,007 学術論文 (審査論文) 小串 重治, 鎌田 磨人 : 二次草地の再生を支える社会システムに関する検討, ランドスケープ研究, Vol.71, No.5, 885-892, 2008年.
95) 2,007 学術論文 (審査論文) P. Zhe, Hideo Yamanaka and K. Kakihara : Evaluation of shared use of bicycles and pedestrians in Japan, WIT Transactions on the Built Environment, Vol.14, 47-56, 2008.
96) 2,007 学術論文 (審査論文) Tetsuya Suekane, Nobuso Tomohisa, Hirai Shuichiro and Masanori Kiyota : Geological storage of carbon dioxide by residual gas and solubility trapping, International Journal of Greenhouse Gas Control, Vol.2, No.1, 58-64, 2008.
97) 2,007 学術論文 (審査論文) Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Measurement System of Transfer Motion for Patients With Spinal Cord Injuries, IEEE Transactions on Instrumentation and Measurement, Vol.57, No.1, 213-219, 2008.
98) 2,007 学術論文 (審査論文) Hideo Sakaguchi, Hitoshi Imai and Toshiki Takeuchi : PARALLEL COMPUTING OF INTERVAL ARITHMETIC IN MULTIPLE PRECISION FOR SIMULTANEOUS LINEAR EQUATIONS, GAKUTO International Series, Mathematical Sciences and Applications, Vol.28, 165-172, 2008.
99) 2,007 学術論文 (審査論文) Masahiro Kushida, Naoyuki Ishimura and Hitoshi Imai : Numerical Treatment of Nonlinear Partial Differential Equations for the Risk Preference, Theoretical and Applied Mechanics Japan, Vol.57, 487-492, 2008.
100) 2,007 学術論文 (審査論文) 櫛田 雅弘, 今井 仁司 : リスク選好の偏微分方程式に対する数値解析, 日本応用数理学会論文誌, Vol.18, No.4, 681-686, 2008年.
101) 2,007 学術論文 (審査論文) 桐山 總, 池田 祐一, 佐藤 康弘, 谷田 弓磨, いち田 英広, 小谷 亮介, 小西 正輝, 英 崇夫 : 若者の判断力を育成する新しいグループワーク, 工学教育, Vol.56, No.1, 83-88, 2008年.
102) 2,007 学術論文 (審査論文) 森 浩司, 高木 均 : バインダを用いない竹繊維グリーンコンポジットの機械的性質に及ぼす成形条件の影響, 日本機械学会論文集(A編), Vol.74, No.737, 84-89, 2008年.
103) 2,007 学術論文 (審査論文) 田村 隆雄, 端野 道夫, 穴水 秀樹, 荒木 隆夫 : 吉野川池田ダム上流の森林流域の洪水低減機能に関する定量的評価, 水工学論文集, Vol.52, 379-384, 2008年.
104) 2,007 学術論文 (審査論文) Daisuke Nishioka, Koichi Nakamura, Yoshitaka Michihiro, Takashi Ohno, Tatsuo Kanashiro, Kazuo Kuriyama, Hiromi Hamanaka and Masahito Yahagi : NMR Study on Defect Structure in β-LiGa, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.77, No.3, 034604-1-034604-7, 2008.
105) 2,007 学術論文 (審査論文) 石丸 啓輔, 水口 裕之, 大西 邦晃, 山田 卓司 : 各種塗料によるトンネルライニング用コンクリートのひび割れ低減効果, セメント·コンクリート論文集, No.61, 241-247, 2008年.
106) 2,007 学術論文 (審査論文) 郡 政人, 古川 智紀, 上田 隆雄, 水口 裕之 : 近赤外分光法を用いたセメント硬化体中の塩化物イオン量の推定, セメント·コンクリート論文集, No.61, 189-196, 2008年.
107) 2,007 学術論文 (審査論文) Tetsuo Iwata, Hironobu Shibata and Tsutomu Araki : A Deconvolution Procedure for Determination of a Fluorescence Decay Waveform Applicable to a Band-Limited Measurement System That Has a Time Delay, Measurement Science & Technology, Vol.19, No.1, 015601-9, 2008.
108) 2,007 学術論文 (審査論文) Daisuke Nishioka, Koichi Nakamura, Yoshitaka Michihiro, Takashi Ohno, Murugesan Vijayakumar, Subramanian Selvasekarapandian and Hiroyuki Deguchi : NMR Study on Li Ionic Motion in LixV2O5 (0.4<x<1.4), Journal of the Physical Society of Japan, Vol.77, No.2, 024602-1-024602-7, 2008.
109) 2,007 学術論文 (審査論文) 天羽 誠二, 中野 晋, 木村 剛士, 津川 茂 : 徳島県北部沿岸での高潮のリアルタイム予報システムの検討, 水工学論文集, Vol.52, 1393-1398, 2008年.
110) 2,007 学術論文 (審査論文) 安藝 浩資, 中野 晋, 盛 治夫, 岡田 直也 : 内湾域における底質粒度推定法の検討, 水工学論文集, Vol.52, 1375-1380, 2008年.
111) 2,007 学術論文 (審査論文) 門田 章弘, 石本 千春, 中野 晋, 鈴木 幸一 : 物部川河口部の閉塞要因と河口砂州の形成・破壊に関する解析, 水工学論文集, Vol.52, 601-606, 2008年.
112) 2,007 学術論文 (審査論文) 石原 国彦 : 開口部を有する直管ダクトの音響特性に関する研究, 日本機械学会論文集(C編), Vol.74, No.738, 332-338, 2008年.
113) 2,007 学術論文 (審査論文) Jing-Cai Jiang and Takuo Yamagami : A new back analysis of strength parameters from single slips, Computers and Geotechnics, Vol.35, No.2, 286-291, 2008.
114) 2,007 学術論文 (審査論文) 田代 優秋, 山中 英生, 森本 恵美, 西田 信夫 : 徳島大学における経営センスを有するπ型技術者の育成を目指した長期インターンシップの取り組み, 大学教育研究ジャーナル, No.5, 59-67, 2008年.
115) 2,007 学術論文 (審査論文) Junichiro Fukutomi, Toru Shigemitsu and Tomohiro Yasunobu : Performance and Internal Flow of Sirocco Fan Using Contra-Rotating Rotors, Journal of Thermal Science, Vol.17, No.1, 35-41, 2008.
116) 2,007 学術論文 (審査論文) 日下 一也, 英 崇夫, 金子 健太, 松英 達也, 坂田 修身 : 放射光を用いた窒化アルミニウム-銅積層膜の熱応力その場測定, 日本機械学会論文集(A編), Vol.74, No.739, 363-369, 2008年.
117) 2,007 学術論文 (審査論文) (名) Sukamta, Fumiaki Nagao, Minoru Noda and Kazuyuki Muneta : Aerodynamic stability of Suramadu cable stayed bridge, Journal of Structural Engineering, Vol.54A, 429-435, 2008.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,007 学術論文 (紀要その他) 今井 仁司 : 無限精度計算が切り開く応用解析・数値解析の未来, 数理解析研究所講究録, Vol.1566, 96-118, 2007年.
2) 2,007 学術論文 (紀要その他) 今井 仁司, 坂口 秀雄 : 熱伝導逆問題の初期値問題に関連する数値計算, 数理解析研究所講究録, Vol.1566, 170-180, 2007年.
3) 2,007 学術論文 (紀要その他) 飯山 直樹, 森本 康滋, 山下 敬吾, 鎌田 磨人, 井内 久利, 松永 英明 : 美馬市木屋平地区の植生, 総合学術調査報告,美馬市木屋平(郷土研究発表紀要), No.54, 23-32, 2008年.
4) 2,007 学術論文 (紀要その他) Mahito Kamada, H Amano and N Shotake : Classification of waterside environments based on 'kappa' folklore., Proceedings of the 6th Annual Joint Seminar between Korea and Japan on Ecology and Civil Engineering, Symposium "Restoration of streams and wetlands in urban areas : How can we maximize riverine habitat within the restriction of flood cantrol? Principles Case Studies", 9-11, 2008.
5) 2,007 学術論文 (紀要その他) 中野 晋, 植田 勇二, 吉村 尚倫, 冨永 数男 : 能登半島地震と新潟県中越沖地震における企業被害と復旧, 平成20年自然災害フォーラム論文集, 73-80, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術レター

(なし)

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1) 2,007 総説・解説 田村 隆雄, 端野 道夫 : 地質条件の異なる3つの山地森林流域の物質流出特性に関する調査研究, 地下水技術, Vol.49, No.4, 21-29, 2007年4月.
2) 2,007 総説・解説 古川 明徳, 大熊 九州男, 石坂 公一, 重光 亨 : ターボ機械内部の周期的変動流れにおける瞬時圧力計測, ターボ機械, Vol.35, No.5, 263-268, 2007年5月.
3) 2,007 総説・解説 橋本 親典, 坂田 昇, 新藤 竹文, 吉兼 亨 : 土木スランプ8cmからの脱却, --- 土木学会「施工性能にもとづくコンクリートの配合設計・施工指針(案)」の概要 ---, コンクリート工学, Vol.45, No.7, 25-30, 2007年7月.
4) 2,007 総説・解説 英 崇夫 : 教員の教育貢献評価, 工学教育, Vol.55, No.4, 184-190, 2007年7月.
5) 2,007 総説・解説 英 崇夫 : 教員の教育貢献評価に関するアンケート調査報告, 工学教育, Vol.55, No.4, 191-196, 2007年7月.
6) 2,007 総説・解説 山中 英生 : 交通安全の価値とは?, 高速道路と自動車, Vol.50, No.7, 5-8, 2007年7月.
7) 2,007 総説・解説 水口 裕之 : 廃棄コンクリートの循環資源化, 電力土木, No.330, 3-8, 2007年7月.
8) 2,007 総説・解説 橋本 親典 : 「施工性能に基づくコンクリートの配合設計・施工指針(案)について」(解説), コンクリートテクノ, Vol.26, No.8, 3-14, 2007年8月.
9) 2,007 総説・解説 長町 拓夫 : 年間展望-ロール成形-, 塑性と加工, Vol.48, No.559, 672-673, 2007年8月.
10) 2,007 総説・解説 山中 英生 : 自転車に配慮した道づくりの展開, 交通安全教育, No.498, 6-16, 2007年9月.
11) 2,007 総説・解説 平井 秀一郎, 津島 将司, 末包 哲也 : CO2の地中と海洋への隔離, 伝熱, Vol.46, No.197, 19-24, 2007年10月.
12) 2,007 総説・解説 田代 優秋, 佐藤 陽一, 上月 康則 : 徳島市における外来種カダヤシの37年間の放流記録, --- 参加型ヤッホー調査プログラムとその活用 ---, 徳島県立博物館研究報告, No.17, 123-138, 2007年10月.
13) 2,007 総説・解説 橋本 親典 : 特集●吹付けコンクリート「トンネル用吹付けコンクリート技術の特徴」, セメント・コンクリート, No.728, 12-17, 2007年10月.
14) 2,007 総説・解説 上田 隆雄 : ASRに配慮した電気化学的防食工法の適用に関するガイドライン(案), 電気化学的防食工法の適用性に関する検討委員会報告書, 1-41, 2007年11月.
15) 2,007 総説・解説 上田 隆雄 : リチウム系電解液を用いた通電がコンクリートのASR膨張に与える影響, 電気化学的防食工法の適用性に関する検討委員会報告書, 147-168, 2007年11月.
16) 2,007 総説・解説 高木 均 : グリーンコンポジットの現状と将来, カーボンニュートラル材料最前線, 16-24, 2007年11月.
17) 2,007 総説・解説 Jing-Cai Jiang and Takuo Yamagami : Discussion of "A new method for estimating the shear strength parameters at the critical slip surface" by T.F. Fathani and H. Nakamura, Vol. 42, No. 2 (166), Jul. 2005, pp. 57-66[ Reply], Journal of the Japan Landslide Society, Vol.44, No.4, 50-52, Nov. 2007.
18) 2,007 総説・解説 水口 裕之 : マサのコンクリート分野での活用, アグリゲイト, No.84, 5, 2007年11月.
19) 2,007 総説・解説 末包 哲也 : CO2貯留技術の開発状況, 混相流, Vol.21, No.4, 389-396, 2007年12月.
20) 2,007 総説・解説 浮田 浩行, 福田 直毅, 吉田 敦也 : eラーニングとスクーリングによる小中学生のためのロボットプログラミング講座, 日本機械学会誌, Vol.110, No.1069, 28-29, 2007年12月.
21) 2,007 総説・解説 高木 均 : グリーンコンポジット, 日本実験力学学会誌, Vol.7, No.4, 409-410, 2007年12月.
22) 2,007 総説・解説 英 崇夫 : 学生のプロジェクト活動を通した人間力養成, 工学教育, Vol.56, No.1, 70-75, 2008年1月.
23) 2,007 総説・解説 橋本 親典 : Ⅰ基礎編 3.コンクリートの製造と施工, 建設技術者・コンクリート技術者のためのわかりやすいコンクリート2008, 29-45, 2008年2月.
24) 2,007 総説・解説 高木 均 : 機能性グリーンコンポジットの開発とその評価方法, ポリファイル, Vol.45, No.528, 40-45, 2008年2月.
25) 2,007 総説・解説 上田 隆雄 : フライアッシュを混和したコンクリート中の鉄筋腐食モニタリングに関する検討, 平成19年度フライアッシュを利用するコンクリートの耐久性に関する調査研究報告書, 72-85, 2008年3月.
26) 2,007 総説・解説 上田 隆雄 : 塩害による鉄筋腐食に関する検討, フライアッシュの有効利用と混和コンクリート構造物の耐久性に関する研究委員会報告書, 99-112, 2008年3月.
27) 2,007 総説・解説 上田 隆雄 : ASRによる膨張抑制メカニズムに関する検討, フライアッシュの有効利用と混和コンクリート構造物の耐久性に関する研究委員会報告書, 113-119, 2008年3月.
28) 2,007 総説・解説 上田 隆雄 : 今後のフライアッシュの利用拡大に向けて, フライアッシュの有効利用と混和コンクリート構造物の耐久性に関する研究委員会報告書, 128-129, 2008年3月.
29) 2,007 総説・解説 橋本 親典 : フライアッシュを用いたコンクリートの施工性能の評価方法, 平成19年度フライアッシュの有効利用促進に関する調査研究報告書, 72-78, 2008年3月.
30) 2,007 総説・解説 山中 英生 : 自転車交通を使いこなす都市・道路づくりへ, 交通工学, Vol.43, No.2, 1-2, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1) 2,007 国際会議 Toshihiko Ooie, Masato Tanaka, Tomonori Nakahara, Shinji Hyodo, Yasuo Shinohara, Hidetoshi Miyashita and Yoshinobu Baba : Laser-controlled pico-injector for nano-biodevices, Proceedings of Laser Precision Microfabrication 2007 LPM2007, Wien, Apr. 2007.
2) 2,007 国際会議 Hidetoshi Miyashita, Toshihiko Ooie, Tomonori Nakahara and Yoshinobu Baba : Autofluorescence of electrophoresis chip grooved by excimer laser, Proceedings of Laser Precision Microfabrication 2007 LPM2007, Wien, Apr. 2007.
3) 2,007 国際会議 Tatsuya Okada, Hiroyuki Kawahara, Ryota Kumai, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto and Makoto Yamaguchi : TEM observation of structural changes under 4H-SiC single crystal surface irradiated by femtosecond laser pulses, The proceedings of the 8-th International Symposium on Laser Precision Microfabrication, 65, Wien, Apr. 2007.
4) 2,007 国際会議 Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Side-approach Transfer Measurement for Patient with Spinal Cord Injuries, 2007 IEEE Instrumentation and Measurement Technology Conference Proceedings (IMTC/2007), Warsaw, May 2007.
5) 2,007 国際会議 Hiroyuki Ukida, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : 3D Shape Reconstructions Using Image Scanner under Various Number of Illuminations, Proceedings of the 2007 IEEE International Workshop on Imaging System and Techniques (IST2007), Cracow, May 2007.
6) 2,007 国際会議 Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Measurement of Wheelchair Position for Analyzing Transfer Motion for SCI Patient, Proceedings of the 2007 IEEE International Workshop on Imaging Systems and Techniques (IST2007), Cracow, May 2007.
7) 2,007 国際会議 Tetsuya Sano, Hideki Yamamoto and Hiroyuki Ukida : Measurement of Strokes in Hand Writing Japanese Character, Proceedings of the 2007 IEEE International Workshop on Imaging System and Techniques (IST2007), Cracow, May 2007.
8) 2,007 国際会議 Nhar Heng, Takeshi Watanabe, Chikanori Hashimoto and Nagao Satoshi : Efflorescence of Concrete Products for Interlocking Block Pavements, Proceedings of Ninth CANMET/ACI International Conference on Recent Advanced in Concrete Technology (SP-243), 19-34, Warsaw, Poland, May 2007.
9) 2,007 国際会議 Junichi Hino and Tadayuki Komoto : Subspace Identification of Modal Parameters by Impulse Excitation, Proceedings of The Second International Symposium on Advanced Technology of Vibration and Sound, 46-51, Lanzhou, China, Jun. 2007.
10) 2,007 国際会議 Tatsuya Matsue, Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka and Osami Sakata : Alteration of Residual Stresses in TiN Films by Synchrotron Radiation due to Heat Treatment, Proceedings of the Ninth International Symposium on Sputtering and Plasma Process, 127-130, Kanazawa, Jun. 2007.
11) 2,007 国際会議 Takao Hanabusa and Kazuya Kusaka : Stress Assisted Atomic Migration in Copper Thin Films, Proceedings of the Ninth International Symposium on Sputtering and Plasma Process, 229-232, Kanazawa, Jun. 2007.
12) 2,007 国際会議 Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa, Shingubara Shoso, Tatsuya Matsue and Osami Sakata : Measurement of electromigration-induced stress in aluminum interconnection, Proceedings of the Ninth International Symposium on Sputtering and Plasma Process, 411-414, Kanazawa, Jun. 2007.
13) 2,007 国際会議 Hiromi Kurosaki, Susumu Nakano and Masato Fujita : Street Dance for Disaster Management, --- A step towords the Improvement of Disaster Management Teaching ---, Abstracts of 21st Pacific Science Congress, 299, Ginowan City, Jun. 2007.
14) 2,007 国際会議 Chisako Kaishou, Hiromi Kurosaki and Susumu Nakano : A study of the Tsunami refuge institution for Life of a long term, Abstracts of 21st Pacific Science Congress, 299, Ginowan City, Jun. 2007.
15) 2,007 国際会議 Susumu Nakano, Hiroshi Aki, Hiroomi Uchida, Hitomi Yoshizaki and Hiromi Kurosaki : The Effectiveness of Enlightenment Activities on Nature Restoration Project for Coral, Abstracts of 21st Pacific Science Congress, 65, Ginowan City, Jun. 2007.
16) 2,007 国際会議 Akira Kariyasaki, Akiharu Ousaka, Yoshikazu Yamasaki, Masazumi Kagawa, Tohru Nagashima and Sigeharu Morooka : Measurement of Liquid Film Thickness by a Fringe Method, 5th Int. Conf. on Nanochannels, Microchannels and Minichannels, ICNMM-2007, Vol.Order No.1767CD, No.ISBN 0-7918-3800-5, 1-7, Puebla, Mexico, Jun. 2007.
17) 2,007 国際会議 Tetsuya Suekane, N. Furukawa, S. Tsushima and S. Hirai : Application of MRI to the measurement of two-phase flow of supercritical CO2 and water in porous rock, 2nd International Conference on Porous Media and its Applications in Science, Engineering and Industry, Vol.CD-ROM, Hawaii, Jun. 2007.
18) 2,007 国際会議 Kikuo Tominaga, Miyamoto Yoshinori, Ohkura Shinya, Kazuya Kusaka and Takao Hanabusa : Comparison of film depositions of anatase TiO2 by planar magnetron sputtering with opposed Ti targets and conventional Ti targets, The 20th Symposium on Plasma Science for Materials, 108, Nagoya, Jun. 2007.
19) 2,007 国際会議 Minoru Noda, Fumiaki Nagao, Hidehiko Utsunomiya, Atsushi Nakade and Haruyo Okamura : Transmission of a weak periodic disturbance to fluctuating pressure on flin plates, Proceedings of 12th International Conference on Wind Engineering, Vol.2, 2287-2294, Cairns, Jul. 2007.
20) 2,007 国際会議 Fumiaki Nagao, Minoru Noda, Takashi Koori, Wada Hiroyuki and Hidehiko Utsunomiya : Wake-Excitataion Mechanism for a Circular Cylinder in the Wake of a Square Cylinder, Proceedings of 12th International Conference on Wind Engineering, Vol.2, 1711-1718, Cairns, Jul. 2007.
21) 2,007 国際会議 Toru Shigemitsu, Akinori Furukawa, Satoshi Watanabe, Kusuo Okuma and Junichiro Fukutomi : Experimental Analysis of Internal Flow of Contra-Rotating Axial Flow Pump, Proceedings of the 8th International Symposium on Experimental and Computational Aerothermodynamics of Internal Flows, Lyon, France, Jul. 2007.
22) 2,007 国際会議 Hitoshi Takagi and Akira Asano : Fabrication and characterization of cellulosic nanofiber reinforced composites, Proceedings of 16th International Conference on Composite Materials, 132-133, Kyoto, Jul. 2007.
23) 2,007 国際会議 Tetsuya Suekane, T Furukawa and S Hirai : Pore scale analysis of two-phase flow of supercritical CO2 and water in sequestration porous rocks, International Conference on Multiphase Flow, Vol.CD-ROM, Leipzig, Jul. 2007.
24) 2,007 国際会議 T Takahashi, M Ito, Takeshi Yasui, Tetsuo Iwata and Tsutomu Araki : Optical-Sectioning, Second-Harmonic-Generation Imaging of Dermal Collagen Fiber Using a Mode-Locked Cr:Forsterite Laser, 3rd Asian and Pacific Rim Symposium on Biophotonics 2007, 110-111, Cairns, Australia, Jul. 2007.
25) 2,007 国際会議 Ritsuki Ito, Akitaka Muneshige and Tetsuo Iwata : Analysis of Data Obtained from a Frequency-Multiplexed Phase-Modulation Fluorometer Using an Autoregressive Model, 3rd Asian and Pacific Rim Symposium on Biophotonics 2007, 85-86, Cairns, Australia, Jul. 2007.
26) 2,007 国際会議 Koji Uno and Susumu Nakano : Analysis of factors which contribute to river-bed variation at Yoshino River mouth, Proceedings of 2007 IAHR Congress, Venice, Jul. 2007.
27) 2,007 国際会議 Kunihiko Ishihara : On Abnormal Vibration Generated in Flow Dynamic Conveyer(Understanding of Phenomenon), The proceedings of ASME PVP Conference 2007, サンアントニオ(米), Jul. 2007.
28) 2,007 国際会議 Masayuki Nishida, Jing Tian, Muslih R. M. and Takao Hanabusa : Residual stress measurement of titanium casting alloy by neutron diffraction, Proceedings of the International Conference on Neutron and X-ray Scattering 2007, 101-104, Bandung, Jul. 2007.
29) 2,007 国際会議 Takao Hanabusa : Fundamental and application of X-ray stress measurement, International Conference on Neutron and X-ray Scattering, Workshop, Serpong, Indonesia, Jul. 2007.
30) 2,007 国際会議 Teruaki Ito : Soft computing approaches towards design and decision support applications, IEEE International Conference on Fuzzy Systems, 1192, London, UK, Jul. 2007.
31) 2,007 国際会議 Takao Hanabusa, Masayuki Nishida and Kazuya Kusaka : Thermal stress behavior of micro- and nano-size aluminum films, International Conference on Neutron and X-ray Scattering 2007, 21-27, Bandung, Indonesia, Jul. 2007.
32) 2,007 国際会議 Mahito Kamada, E Harada, M Ogawa and H Mitsuhashi : Quantifying habitat loss of hygrophytes in regional scale as the base for nature restoration., Proceedings of the 7th IALE World Congress Part 2, 833-834, ワーヘニンゲン, Jul. 2007.
33) 2,007 国際会議 E Harada, M Ogawa, H Mitsuhasi and Mahito Kamada : Potential habitat map of endangered hygrophytes for conservation planning, Proceedings of the 7th IALE World Congress Part 2, 1132, ワーヘニンゲン, Jul. 2007.
34) 2,007 国際会議 Kikuchi Kunitomo, Masafumi Miwa and Tuchitani Shigeki : Development of Formation Method of Patterned Electrodes in Ionic Polymer Metal Composite, JSME-KSME Joint International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT2007), B04, Sapporo, Jul. 2007.
35) 2,007 国際会議 Yoshifumi Jodai, Yoshikazu Takahashi, Masashi Ichimiya and hideo Osaka : The Effects of Splitter Plates on Turbulent Boundary Layer on a Long Flat Plate near the Trailing Edge, Proceedings of 5th Joint ASME/JSME Fluids Engineerig Conference, Sheraton San Diego Hotel & Marina, San Diego, CA, USA, Aug. 2007.
36) 2,007 国際会議 Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi and Tomohiro Yasunobu : Study of High-Pressure Sirocco Fan Using Double Reversal Rotors, Proceedings of 2005 ASME Fluids Engineering Division Summer Meeting, San Diego, California, USA, Aug. 2007.
37) 2,007 国際会議 Hisashi Suzuki : Case study of reliability-based design for harbor structure using Rosenblueth method, Proc. 10th Int. Conf. on Application of Statistics and Probability in Civil Engineering, 163-170, Kashiwa, Aug. 2007.
38) 2,007 国際会議 Kunihiko Ishihara : Study on reduction of interior noise due to fluctuating pressure of the pump, The proceedings of Inter noise2008 Conference, Istanbul, Aug. 2007.
39) 2,007 国際会議 Takeshi Watanabe, HIrotoshi Fujigaki, Tomoki Shiotani, Chikanori Hashimoto and Masayasu Ohtsu : Effect of grout material on impact-echo in repaired concrete, International Conference on Advanced technorogy in Experimental Mechanics 2007, Fukuoka, Sep. 2007.
40) 2,007 国際会議 Koji Nishikawa, Hiroyuki Mizuguchi, Chikanori Hashimoto and Hiroyuki Tsutsui : Mechanical Properties of Self-Compaction Concrete Using Recycled Material from Demolished Concrete Structure as Aggregate snd Powders, Proc. of the 5th International RILEM Symposium on Self-Compacting Concrete, Vol.2, 887-892, Ghent, Sep. 2007.
41) 2,007 国際会議 Kazuo Ichimiya, Takehiro Yamasaki and Chikanori Hashimoto : The Influence of Surface Void Charanteristics on The Durability and Apperance of Self-Compacting Concrete, RILEM Proceedings, Vol.54, 805-810, Ghent, Belgium, Sep. 2007.
42) 2,007 国際会議 Hiroshi Mori and Hitoshi Takagi : Influence of molding conditions on mechanical properties of resinless bamboo fiber green composite, Proceedings of International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2007, OS16-3-2-1-OS16-3-2-5, Fukuoka, Sep. 2007.
43) 2,007 国際会議 Hiroyuki Ukida : Visual Defect Inspection of Rotating Screw Heads, SICE Annual Conference in Takamatsu SICE 2007 PROCEEDINGS, 1478-1483, Takamatsu, Sep. 2007.
44) 2,007 国際会議 Susumu Nakano and Hiromi Kurosaki : River Mouth closure and Water Level Variation in the Monobe River, Proc. of the 4th International Conf. on Asian and Pacific Coasts, 1428-1435, Nanjing, China, Sep. 2007.
45) 2,007 国際会議 Akio Okayasu, Satoshi Takewaka, Susumu Nakano, Keisuke Murakami, Susumu Araki, Nobuhito Mori, Shinichi Aoki, Fumihiko Imamura, Shin-ichi Koshimura and Shinji Sato : A Survey of Discrepancies Between Assumed and Actual Demands and Knowledge of Citizens for Tsunami Disaster Prevention, Proc. of the 4th International Conf. on Asian and Pacific Coasts, 730-743, Nanjing, China, Sep. 2007.
46) 2,007 国際会議 Hitoshi Takagi : Mechanical and thermal properties of PLA/bamboo green composites, Proceedings of Second China-Japan Joint Seminar on Green Composites, K1-K4, Shanghai, Sep. 2007.
47) 2,007 国際会議 Michinomoto Takurou, Masafumi Miwa, Tuchitani Shigeki and Yoneyama Satoru : Inner Structure / Elastic Modulus Control of Micro Cantilever, 2nd International Symposium on Advanced Fluid/Solid Science and Technology in Experimental Mechanics, Osaka, Sep. 2007.
48) 2,007 国際会議 Matsuura Masahiro and Hideo Yamanaka : PLANNING THROUGH ASSISTED NEGOTIATION:CONSENSUS BUILDING FOR TRAFFIC SAFETY, Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Dalian,China, Sep. 2007.
49) 2,007 国際会議 Hideo Yamanaka and Susumu Namerikawa : MEASURING LEVEL-OF-SERVICE FOR CYCLING OF URBAN, Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Dalian,China, Sep. 2007.
50) 2,007 国際会議 Kikuchi Kunitomo, Masafumi Miwa and Tuchitani Shigeki : Variable-Focal Length Lens Using a Soft Actuator, Proceedings of the International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2007 (ATEM'07), OS16-4-1, Fukuoka, Sep. 2007.
51) 2,007 国際会議 Yoshimura Hiroyuki, Kikuchi Kunitomo, Yamaguchi Akifumi, Masafumi Miwa and Tuchitani Shigeki : Evaluation of Displace Characteristics and Generation Force of IPMCs with Various Counter Ions, Proceedings of the International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2007 (ATEM'07), OS16-3-4, Fukuoka, Sep. 2007.
52) 2,007 国際会議 Hitoshi Takagi : Characterization of green nanocomposites reinforced by cellulose nanofibers, Proceedings of International Conference on Polymeric Materials in Power Engineering, VA3-1-VA3-5, Bangalore, Oct. 2007.
53) 2,007 国際会議 Norio Kasai, Junichiro Fukutomi and Sunao Miyauchi : Optimization Design of Pump Impeller, Proceedings of the 9th Asian International Conference on Fluid Machinery, Jeju, Korea, Oct. 2007.
54) 2,007 国際会議 Hiroki Ishikawa, Akitoshi Mochizuki, Yujin Liu, Takuya Kusaka and J. Xiong : Evaluation of potential danger of slope failure using FEM-SS method, ISGSR 2007 proceeding of the first international symposium on geotecchnical safety and risk, Vol.2, 407-417, Shanghai, Oct. 2007.
55) 2,007 国際会議 Junichiro Fukutomi, Toru Shigemitsu and Yuichi Takeyama : Study on Performance Improvement of Cross-Flow Wind Turbine with Symmetrical Casing, Proceedings of the 9th Asian International Conference on Fluid Machinery, Jeju, Korea, Oct. 2007.
56) 2,007 国際会議 Jing-Cai Jiang and Takuo Yamagami : Conventional and modified design methods for landslide stabilizing piles: a comparison of results, Proceedings of the 10th Australia New Zealand Conference on Geomechanics, 103-110, Brisbane, Oct. 2007.
57) 2,007 国際会議 Kenichi Yoshida, Nunez Rem Laodeno and Hideo Nishino : Acoustic Emission Waveform Analysis of Gas Leakage on Pipe with Various Types of Artificial Defects, Advances in Acoustic Emission-2007 (Proc. The Sixth International Conference on Acoustic Emission), Vol.6, 173-178, Lake Tahoe, Nevada, USA, Oct. 2007.
58) 2,007 国際会議 Nu Yan, H Yamakawa, Ri-ichi Murakami and Daisuke Yonekura : Elevation of fatigue behavior of T-type welded joint in the small-sized single pass boiler, Changsha,Hunan,China, Oct. 2007.
59) 2,007 国際会議 Hideo Yamanaka, Tetsuo Mitani and Ueda Makoto : Warning Timing Algorithm For A Stop Sign Control Assistance System At Small Junctions, Proceedings ITS for a Better Life 14th World Congress on Intelligent Transport Systems, Bejing,China, Oct. 2007.
60) 2,007 国際会議 Yamazaki Isao, Hatakenaka Hideto, Hideo Yamanaka, Tetsuo Mitani, Daimon Tatsuru, Hosaka Akio and Arizumi Masato : An Analysis on the Causes of Head-on Collisions through Long-term Data Collection of Near Miss Incidents at Unsignalized Intersections, Proceedings ITS for a Better Life 14th World Congress on Intelligent Transport Systems, Bejing,China, Oct. 2007.
61) 2,007 国際会議 Hisashi Suzuki, Takahashi Kazuki and Makino Katsushi : Application of waste glass frament to base course material considering heat island, 10th Australia New Zealand Conference on Geomechanics 2007, 404-409, Brisbane, Nov. 2007.
62) 2,007 国際会議 Hitoshi Takagi : Mechanical characterization of green nanocomposites, Proceedings of the 6th Korea/Japan Joint Symposium on Composite Materials, 50-51, Pohang, Nov. 2007.
63) 2,007 国際会議 Kusaka Takuya, Kadota Koichi, Akitoshi Mochizuki, Yujin Liu and Xianfeng Ma : Verification of Modified MMX-Model Using One Dimensional Consolidation Test And Its Simulation, New Frontiers In Chinese And Japanese Geotechniques,Proceedings of the 3rd Sino-Japan Geotechnical Symposium(Chongqing,China 2007), 290-302, 重慶ー中華民族共和国, Nov. 2007.
64) 2,007 国際会議 Sokkheang Sreng, Yamada Koji, Li Liming, Akitoshi Mochizuki and Yujin Liu : Numerical Simulation of Centrifugal Bearing Capacity Tests Using A New Constitutive Model, New Frontiers In Chinese And Japanese Geotechniques,Proceedings of the 3rd Sino-Japan Geotechnical Symposium(Chongqing,China 2007), 539-549, 重慶ー中華民族共和国, Nov. 2007.
65) 2,007 国際会議 Jing-Cai Jiang and Takuo Yamagami : Failure patterns of the ground surrounding rigid piles in sand subjected to lateral soil movements, Proceedings of the 3rd Sino-Japan Geotechnical Symposium, 213-222, Chongqing, Nov. 2007.
66) 2,007 国際会議 Akitoshi Mochizuki : Inportance of Motivation for Exchanging Program with Oversea Universities and the DD Program of Tokushima University, International Workshop on Double Degree Graduate Education Cooperation in Engineering, 9, Shanghai, Nov. 2007.
67) 2,007 国際会議 Jing-Cai Jiang, Takuo Yamagami and Satoru Yamabe : Simplified design method for reinforced slopes considering progressive failure, Proceedings of the 5th International Symposium on Earth Reinforcement, 551-557, Fukuoka, Nov. 2007.
68) 2,007 国際会議 Hitoshi Takagi : Development of all-bamboo composites, Proceedings of the Second Joint Vietnam-Japan Workshop on Green Composite, 24-25, Hanoi, Nov. 2007.
69) 2,007 国際会議 Kohri Masato, Takao Ueda and Hiroyuki Mizuguchi : Estimation of Chloride Ion Content in Cement Paste or Mortar Using Near-Infrared Spectroscopic Technique, Proc. of Vietnam Fiest International Conference on Modern Design, Construction and Maintenance of Structures, Vol.2, 374-379, Hanoi, Dec. 2007.
70) 2,007 国際会議 Atsuya Oishi and Shinobu Yoshimura : Parallel Dynamic Finite Element Analyses Using Multiple GPUs, Proceedings of the third Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics in conjunction with Eleventh International Conference on Enhancement and Promotion of Computational Methods in Engineering and Science (APCOM'07 - EPMESC XI)(CD-ROM), 1-10, Kyoto, Dec. 2007.
71) 2,007 国際会議 Masashi Ichimiya : Effects of Oscillating Plates on the Plane Mixing Layer, Its Developing Region and Jet, Proceedings of 16th Australasian Fluid Mechanics Conference, 138, Crown Plaza, Gold Coast, Australia, Dec. 2007.
72) 2,007 国際会議 Nhar Heng, Hiroyuki Mizuguchi and Chikanori Hashimoto : Durability of Low Quality of Recycled Aggregate Concretes Subjected to Freezing and Thawing Resistance, Proceedings of the MDCMS 1 -Vietnam International Conference, Vol.1, No.1, 246-251, Hanoi, Vietnam, Dec. 2007.
73) 2,007 国際会議 Masato Kohri, Takao Ueda and Hiroyuki Mizuguchi : Estimation of Chloride in Cement Paste or Mortar Using Near-Infrared Spectroscopic Technique, Proceedings of the 1st International Conference on Modern Design, Construction and Maintenance of Structures, 374-379, Hanoi, Dec. 2007.
74) 2,007 国際会議 Tohru Nagashima, Akira Kariyasaki and Akiharu Ousaka : Characteristics of Phase Separation in T-Junction in Air-Water Two-Phase Flow, --- Phase separation from a horizontal header to three downward branch pipes ---, The 3rd Int. Conf. on Product Design and Development 2007, Vol.VIII-5, No.ISBN:979 389656-6, 1-7, Jogjakarta, Indonesia, Dec. 2007.
75) 2,007 国際会議 Fumiaki Nagao, Minoru Noda, Iwata Akihiro and Hidehiko Utsunomiya : Properties of Vortex-induced Vibration of B/D=2 Rectangular Cylinder under Slow Change of Wind Speed, Proceedings of the fifth Conference on Bluff Body Wakes and Vortex-Induced Vibrations, 249-252, Costa do Sauipe, Brazil, Dec. 2007.
76) 2,007 国際会議 Masafumi Miwa : Remote Control Support System for Aerial Photograph, International Symposium on Biomimetics, Micro Air Vehicles, Unmanned Aerial Vehicles and Unmanned Vehicles(MAV' 08 Symposium in Chiba ), Chiba, Jan. 2008.
77) 2,007 国際会議 Masafumi Miwa : Remote Control Support System for Aerial Photograph, 3rd KMU/TU Symposium on Engineering Education, Busan, Mar. 2008.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1) 2,007 国内講演発表 宮本 麻衣, 水口 裕之, 福井 一博, 上田 隆雄 : CVMを用いた斜面安定工法の景観質評価に関する一検討, 土木学会四国支部第13回技術研究発表会講演概要集, 406-407, 2007年4月.
2) 2,007 国内講演発表 西川 浩史, 水口 裕之, 横井 克則 : 再生骨材全量を用いた高流動コンクリートの耐凍結融解抵抗性, 第6回学術講演会講演論文集, 9-10, 2007年4月.
3) 2,007 国内講演発表 山中 英生 : 自転車交通の役割・課題と都市空間施策, 2007年4月.
4) 2,007 国内講演発表 原内 裕司, 村上 理一, 米倉 大介 : 熱処理によるTiN薄膜からのTiOxNy薄膜の作製と光分解特性, 2007年5月.
5) 2,007 国内講演発表 長尾 文明, 野田 稔, 田高 真人, 玉井 公一, 宗田 和之 : 水平部材の追加による高欄の閉塞が橋梁の耐風安定性に及ぼす影響, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2007年5月.
6) 2,007 国内講演発表 長尾 文明, 野田 稔, 篠宮 章, 宗田 和之 : 翼の空力特性を用いた垂直軸型風車の自律制御, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2007年5月.
7) 2,007 国内講演発表 長尾 文明, 野田 稔, 楠原 孝明 : 地形因子を用いた風況推定に対するニューラルネットワークの適用性, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2007年5月.
8) 2,007 国内講演発表 長尾 文明, 野田 稔, 和田 浩行, 内藤 寛子, 宗田 和之 : 2自由度強制加振装置を用いたウェイクエクサイテーションに関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2007年5月.
9) 2,007 国内講演発表 冨永 数男, 中野 晋 : 段波津波による衝撃性波圧に関する実験的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2007年5月.
10) 2,007 国内講演発表 松島 誠, 三輪 昌史 : 無人ヘリによる空撮作業支援を目指したリモートコントロールサポートシステム, ロボティクス・メカトロニクス講演会2007, 2A2-07, 2007年5月.
11) 2,007 国内講演発表 三輪 昌史, 前田 和彦 : 受動輪を用いた滑走による二足歩行型ロボットの高速移動, ロボティクス・メカトロニクス講演会2007, 2A2-07, 2007年5月.
12) 2,007 国内講演発表 冨永 数男, 中野 晋 : 段波津波による衝撃性波圧に関する実験的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 188-189, 2007年5月.
13) 2,007 国内講演発表 藤田 真人, 中野 晋, 仙波 真一 : 吉野川河口域における底質粒度分布の評価方法, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 144-145, 2007年5月.
14) 2,007 国内講演発表 仙波 真一, 中野 晋, 藤田 真人 : シオマネキの生息環境における底質粒度変化, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 146-147, 2007年5月.
15) 2,007 国内講演発表 安井 勝志, 安藝 浩資, 中野 晋 : 半閉鎖性海域における波浪場と底質粒度構成についての一報告, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 148-149, 2007年5月.
16) 2,007 国内講演発表 魁生 知佐子, 中野 晋, 黒崎 ひろみ, 三宅 祥寿 : 小松島市における昭和南海地震体験談の発掘とその証言, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 34-35, 2007年5月.
17) 2,007 国内講演発表 高崎 華名, 中野 晋, 黒崎 ひろみ, 小川 宏樹 : 徳島県内中小企業の防災意識アンケート調査, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 114-115, 2007年5月.
18) 2,007 国内講演発表 中野 晋, 黒崎 ひろみ, 小川 宏樹, 岡部 健士 : 徳島大学における防災啓発活動と自主防災支援, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 116-117, 2007年5月.
19) 2,007 国内講演発表 小川 宏樹, 中野 晋, 田渕 恭子 : 災害時要援護者の実態把握と避難・生活支援のあり方, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 118-119, 2007年5月.
20) 2,007 国内講演発表 黒崎 ひろみ : ストリートダンス避難訓練の開発, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 126-127, 2007年5月.
21) 2,007 国内講演発表 田村 隆雄, 渡辺 康之, 端野 道夫, 小笠原 仁美 : 吉野川本流ならびに支流の水質形成機構に関する基礎的な調査研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 486-487, 2007年5月.
22) 2,007 国内講演発表 星川 豪, 田村 隆雄, 端野 道夫 : 物質流出タンクモデルを用いた流域条件の異なる3つの森林流域における物質流出機構の比較検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 484-485, 2007年5月.
23) 2,007 国内講演発表 山尾 憲司, 宇嵜 晃司, 平尾 潔, 成行 義文 : 道路橋RC橋脚の力・変位・力及び変位に基づく耐震設計法の開発とその比較検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 74-75, 2007年5月.
24) 2,007 国内講演発表 大木 淳, 源 貴志, 成行 義文, 平尾 潔 : GISを用いた震後の応急活動期における道路網リンクの重要度評価, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 120-121, 2007年5月.
25) 2,007 国内講演発表 西窪 由香理, 奥知 憲久, 成行 義文, 平尾 潔 : 新潟県中越地震で被災した橋梁の損傷メカニズムに関する一検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 78-79, 2007年5月.
26) 2,007 国内講演発表 源 貴志, 藤原 康寛, 成行 義文, 田中 徳一 : 住民の個別属性を考慮した津波避難シミュレーション, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 124-125, 2007年5月.
27) 2,007 国内講演発表 藤原 康寛, 源 貴志, 成行 義文, 田中 徳一 : ペトリネットを用いた津波に対する住民避難シミュレーションに関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 122-123, 2007年5月.
28) 2,007 国内講演発表 安部 真理子, 吉岡 明子, 成行 義文, 平尾 潔 : 空撮画像のエッジ情報に基づく瓦礫部抽出の精度向上に関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 96-97, 2007年5月.
29) 2,007 国内講演発表 須知 晃一, 川並 修司, 成行 義文, 平尾 潔 : 剛体の地震時挙動シミュレーションに関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 72-73, 2007年5月.
30) 2,007 国内講演発表 西岡 啓介, 渡邉 健, 橋本 親典, 野上 茜 : 弾性波法を用いた入力波長と部材寸法の関係が弾性波伝播速度に及ぼす影響についての検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 386-387, 2007年5月.
31) 2,007 国内講演発表 細見 素康, 伊達 重之, 渡邉 健, 橋本 親典 : AE法による分割練りコンクリートの品質評価, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 388-389, 2007年5月.
32) 2,007 国内講演発表 御領園 悠司, 伊達 重之, 渡邉 健, 橋本 親典 : 合理的な振動締固めに及ぼす配合の影響に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 390-391, 2007年5月.
33) 2,007 国内講演発表 芝崎 圭佑, NHAR HENG, 橋本 親典, 渡邉 健 : 低度処理再生骨材コンクリートの配合設計に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 392-393, 2007年5月.
34) 2,007 国内講演発表 石丸 啓輔, 中村 聡, Heng Nhar, 渡邉 健 : 化学系繊維ネット単独およびスターラップとの併用によるRC部材のせん断補強効果に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 400-401, 2007年5月.
35) 2,007 国内講演発表 福嶋 慎吾, 橋本 親典, NHAR HENG, 渡邉 健 : 骨材の吸水率の差がコンクリートの乾燥収縮量に与える影響, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 398-399, 2007年5月.
36) 2,007 国内講演発表 森本 恵美, 滑川 達, 岡本 太地, 山中 英生 : 四国における公共工事の価格と品質の動向, --- 2002∼2005年度データを対象として ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 444-445, 2007年5月.
37) 2,007 国内講演発表 宮川 耕太朗, 横井 克則, 牛尾 仁, 水口 裕之 : 現地発生土砂を全量用いた砂防ダム用コンクリートの耐凍害性, 土木学会四国支部第13回技術研究発表会講演概要集, 2007年5月.
38) 2,007 国内講演発表 小栗 晶子, 横井 克則, 西川 浩史, 水口 裕之 : 廃棄コンクリートを全量用いた高流動再生コンクリートの耐凍害性, 土木学会四国支部第13回技術研究発表会講演概要集, 364-365, 2007年5月.
39) 2,007 国内講演発表 今井 敏文, 水口 裕之, 本田 陵二, 上田 隆雄 : ポーラスコンクリートの空隙率制御方法に関する一検討, 土木学会四国支部第13回技術研究発表会講演概要集, 396-397, 2007年5月.
40) 2,007 国内講演発表 山口 大輔, 水口 裕之, 上田 隆雄, 賀満田 耕一 : ヒートアイランド抑制土鋪装材の開発, 土木学会四国支部第13回技術研究発表会講演概要集, 404-405, 2007年5月.
41) 2,007 国内講演発表 本田 陵二, 水口 裕之, 今井 敏文, 上田 隆雄 : ポーラスコンクリートの各種材料を用いた圧縮強度向上に関する一検討, 日本材料学会四国支部第6回学術講演会講演論文集, 7-8, 2007年5月.
42) 2,007 国内講演発表 高木 均, 加古 修平 : 竹繊維強化グリーンコンポジットの熱伝導特性, 2007年度研究発表講演会予稿集, 21-22, 2007年5月.
43) 2,007 国内講演発表 中野 晋, 植田 勇二 : 地場産業の被害と復旧, 能登半島地震被害調査速報会, 2007年5月.
44) 2,007 国内講演発表 大石 篤哉, 吉村 忍 : GPUによる動的並列有限要素解析, 計算工学講演会論文集, Vol.12, No.2, 617-618, 2007年5月.
45) 2,007 国内講演発表 中野 晋, 姫野 敬行, 福田 昌史 : 地域の建設会社における企業防災の現状, 地域安全学会梗概集, No.20, 33-36, 2007年5月.
46) 2,007 国内講演発表 中村 大輔, 仲子 武文, 長町 拓夫 : 角鋼管のコーナー形状に及ぼすロール成形条件の影響 第2報 -ロール径が異なる4ロールスタンドによる実験的検討-, 平成19年度塑性加工春季講演会, 129-130, 2007年5月.
47) 2,007 国内講演発表 長町 拓夫, 仲子 武文, 中村 大輔 : 角鋼管のコーナー形状に及ぼすロール成形条件の影響 第3報 -サイドロールが小径の場合の成形解析-, 平成19年度塑性加工春季講演会, 131-132, 2007年5月.
48) 2,007 国内講演発表 山中 英生 : 社会資本整備の合意形成における中立的第三者の成立条件, 都市計画研究講演集, Vol.5, 7-12, 2007年5月.
49) 2,007 国内講演発表 柿原 健祐, 山中 英生, 滑川 達 : プローブバイシクルを用いた高齢者の自転車走行時の挙動に関する分析*, 土木計画学研究·講演集, Vol.35, 2007年6月.
50) 2,007 国内講演発表 藤田 卓弥, 滑川 達, 山中 英生 : 参加型山村活性化事業における住民協働意欲醸成・持続の課題, --- 徳島県上勝町アートプロジェクトの地元協力者ヒアリングを通して ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.35, 2007年6月.
51) 2,007 国内講演発表 鎌田 磨人, 天野 秀紀, 庄武 憲子 : 河童伝承に基づく水辺の風土類型, 第17回日本景観生態学会大会, 2007年6月.
52) 2,007 国内講演発表 小串 重治, 鎌田 磨人 : 徳島県三好市落合峠における二次草地へのウラジロモミの侵入過程, 第17回日本景観生態学会大会, 2007年6月.
53) 2,007 国内講演発表 江尻 雄三郎, 端野 道夫, 田村 隆雄 : 園瀬川流域における条件付確率を用いた降雨予測法の開発と洪水水位予測, 研究発表会要旨集, 76-77, 2007年7月.
54) 2,007 国内講演発表 高橋 和希, 鈴木 壽 : 地盤材料の比熱・熱伝導率の簡易測定法の開発, 第42回地盤工学研究発表会, 547-548, 2007年7月.
55) 2,007 国内講演発表 西野 秀郎, 近藤 浩徳, 吉田 憲一 : 配管を伝搬するガイド波の効率的励起検出法, 日本保全学会第4回学術講演会, 2007年7月.
56) 2,007 国内講演発表 蒋 景彩, 山上 拓男, 杉本 章人 : 永久変位に基づく地震時広域斜面の不安定性評価, 第42回地盤工学研究発表会平成19年度発表講演集, 1839-1840, 2007年7月.
57) 2,007 国内講演発表 中野 晋, 安藝 浩資, 岩瀬 文人, 内田 紘臣 : 竹ヶ島海中公園におけるエダミドリイシ産卵期の流動特性, 日本沿岸域学会研究討論会2007講演概要集, Vol.20, 170-173, 2007年7月.
58) 2,007 国内講演発表 日下 一也, 英 崇夫, 桐本 知幸 : アルミニウム鋳造材の応力測定, 第42回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 93-97, 2007年7月.
59) 2,007 国内講演発表 西田 真之, 城 鮎美, Jing Tian, M. Rifai, 英 崇夫 : 中性子およびX線によるTi鋳造材料の応力評価, 第42回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 5-10, 2007年7月.
60) 2,007 国内講演発表 角田 卓巳, 英 崇夫, 日下 一也 : スパッタリング生成した銅薄膜表面の高温その場表面観察, 第42回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 156-158, 2007年7月.
61) 2,007 国内講演発表 西田 真之, 英 崇夫 : 透過回折法を用いた繊維強化高分子材料のX線応力測定, 第42回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 103-108, 2007年7月.
62) 2,007 国内講演発表 松英 達也, 英 崇夫 : イオン・ピーニングによるアルミニウム合金の表面処理効果, 第42回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 200-204, 2007年7月.
63) 2,007 国内講演発表 石原 国彦 : 吸音ダクトの音響特性に関する研究, --- 種々の簡易予測法の適用性について ---, 日本機械学会第17回環境工学総合シンポジウム, Vol.07, No.10, 107-110, 2007年7月.
64) 2,007 国内講演発表 浮田 浩行 : イメージスキャナを用いた形状復元における最適な光源の台数と配置の検討, 第10回 画像の認識·理解シンポジウム(MIRU2007)論文集, 923-928, 2007年7月.
65) 2,007 国内講演発表 英 崇夫, 桐山 聰 : 研究マネジメント能力を育成する教育方法の開発, 平成19年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 486-487, 2007年8月.
66) 2,007 国内講演発表 續木 章三, 英 崇夫, 桐山 聰, 日下 一也 : プロジェクト活動における教育的効果について, 平成19年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 144-145, 2007年8月.
67) 2,007 国内講演発表 田中 啓祐, 桐山 聰, 英 崇夫 : 3次元CADを用いた自主的な設計学習, 平成19年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 236-237, 2007年8月.
68) 2,007 国内講演発表 桐山 聰, 英 崇夫 : 思考ツールをつかった計画能力育成の試み, 平成19年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 350-351, 2007年8月.
69) 2,007 国内講演発表 桐山 聰, 英 崇夫 : 学生の学生による学生のためのe-learning教材製作を通した計画能力の育成, 平成19年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 422-423, 2007年8月.
70) 2,007 国内講演発表 島村 典尚, 白井 祐太郎, 四宮 龍一, 谷川 明弘, 桐山 聰, 英 崇夫 : プロジェクトチームによるたたら製鉄のe-ラーニング教材化, 平成19年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 424-425, 2007年8月.
71) 2,007 国内講演発表 伊藤 照明 : CADとメカトロ教材を用いた創成型教育の試み, 平成19年度工学·工業教育研究講演会講演論文集, 46-47, 2007年8月.
72) 2,007 国内講演発表 井上 直人, 池田 佑一, 伊勢 太佑, 森 智史, 桐山 聰, 英 崇夫 : LEDプロジェクトを通して学んだこと, --- プロジェクト活動を通して計画,実行の重要性を学ぶ ---, 平成19年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 662-663, 2007年8月.
73) 2,007 国内講演発表 石崎 繁利, 尾崎 純一, 英 崇夫 : DCモーターを用いたものつくり教育, 平成19年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 660-661, 2007年8月.
74) 2,007 国内講演発表 平野 宏, 若松 美幸, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 : LiCoO2のメカニカルミリング法による構造変化と電気伝導度, 日本物理学会 中国支部・四国支部 応用物理学会 中国四国支部 日本物理教育学会 中国四国支部 2007年度支部学術講演会, 2007年8月.
75) 2,007 国内講演発表 源 貴志, 成行 義文, 藤原 康寛, 三神 厚, 澤田 勉 : 自主防災組織で活用可能な津波避難シミュレーションシステムの開発に関する基礎的研究, 土木学会地震工学論文集, Vol.29, 756-764, 2007年8月.
76) 2,007 国内講演発表 穴水 秀樹, 端野 道夫, 田村 隆雄, 荒木 隆夫 : 吉野川池田ダム上流域における森林の洪水低減機能評価, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.62, No.1, 31-32, 2007年9月.
77) 2,007 国内講演発表 江尻 雄三郎, 端野 道夫, 田村 隆雄 : 吉野川池田・岩津間における降雨予測と洪水水位予測法, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.62, No.1, 35-36, 2007年9月.
78) 2,007 国内講演発表 石川 智之, 米倉 大介, 村上 理一 : CrN薄膜/アルミニウム基板界面の性状に及ぼすイオンボンバード処理の影響, 2007年9月.
79) 2,007 国内講演発表 長岡 宏樹, 米倉 大介, 村上 理一 : CrN薄膜被覆鋼の疲労強度に及ぼす膜性状の影響, 2007年9月.
80) 2,007 国内講演発表 藤川 甲宇, 米倉 大介, 村上 理一 : ガスバリア膜の被覆によるステンレス鋼の高温酸化特性の改善, 2007年9月.
81) 2,007 国内講演発表 和田 浩行, 長尾 文明, 野田 稔, 内藤 寛子, 宗田 和之 : 2自由度強制加振装置を用いたウェイクエクサイテーションの励振機構に関する研究, 土木学会年次学術講演会概要集第1部(B), Vol.62, 2007年9月.
82) 2,007 国内講演発表 楠原 孝明, 長尾 文明, 野田 稔 : ニューラルネットワークを用いた地形因子による風況推定の精緻化, 土木学会年次学術講演会概要集第1部(B), Vol.62, 2007年9月.
83) 2,007 国内講演発表 篠宮 章, 長尾 文明, 野田 稔, 宗田 和之 : 翼の空力特性による垂直軸型風車の自律的回転制御, 土木学会年次学術講演会概要集第1部(B), Vol.62, 2007年9月.
84) 2,007 国内講演発表 田高 真人, 長尾 文明, 野田 稔, 宗田 和之, 玉井 公一 : 高欄の閉塞状況が橋梁断面周りの流れ場に及ぼす影響, 土木学会年次学術講演会概要集第1部(B), Vol.62, 2007年9月.
85) 2,007 国内講演発表 溝渕 啓, 升田 雅博, 小川 仁 : ダイヤモンド電着工具によるガラス基板への通し穴加工(第1報), --- 加工条件の検討 ---, 2007年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 49-50, 2007年9月.
86) 2,007 国内講演発表 中野 晋 : 企業の被害と復旧, 新潟県中越沖地震被害調査報告会, 2007年9月.
87) 2,007 国内講演発表 上野 勝利 : 住宅被害と液状化, 新潟県中越沖地震被害調査報告会, 2007年9月.
88) 2,007 国内講演発表 古川 直人, 末包 哲也, 津島 将司, 平井 秀一郎 : CO2地下貯留における岩石内流動のMRI計測, 日本機械学会2007年度年次大会講演論文集, Vol.3, 111-112, 2007年9月.
89) 2,007 国内講演発表 末包 哲也, 信宗 知寿, 平井 秀一郎 : 溶解および残留ガストラップに基づいたCO2地下貯留に関する研究, 日本機械学会2007年度年次大会講演論文集, Vol.3, 109-110, 2007年9月.
90) 2,007 国内講演発表 山田 勝稔 : 加熱法による残留応力の非破壊評価, --- 熱流束と残留応力の同時推定およびその数値的検証 ---, 2007年度年次大会, Vol.Vol.1, 687-688, 2007年9月.
91) 2,007 国内講演発表 石原 国彦 : 管群を有するダクト内の音速評価に関する研究, 日本機械学会年次大会2007, No.06-1, 2007年9月.
92) 2,007 国内講演発表 高木 均, 加古 修平, 草野 剛嗣, 逢坂 昭治 : 生分解性複合材料の断熱特性に関する研究, 日本機械学会2007年度年次大会講演論文集, Vol.1, 555-556, 2007年9月.
93) 2,007 国内講演発表 糸谷 康次郎, 高木 均 : マニラ麻繊維を用いた一方向材の強度特性, 日本機械学会2007年度年次大会講演論文集, Vol.1, 553-554, 2007年9月.
94) 2,007 国内講演発表 高田 善弘, 高木 均 : グリーンコンポジット製パイプ材の作製とその特性評価に関する研究, 日本機械学会2007年度年次大会講演論文集, Vol.1, 559-560, 2007年9月.
95) 2,007 国内講演発表 近藤 浩徳, 加藤 泰久, 吉田 憲一, 西野 秀郎 : 磁歪センサーと反射体を用いた実用的なセンサー配置におけるガイド波の効率的励起検出法, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
96) 2,007 国内講演発表 重光 亨, 福富 純一郎 : 二重反転形小型軸流ファンの性能特性と内部流れについて, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
97) 2,007 国内講演発表 武山 裕一, 福富 純一郎, 重光 亨 : 対称形ケーシングの形状変化がクロスフロー風車の性能に及ぼす影響について, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
98) 2,007 国内講演発表 河田 匡仙, 福富 純一郎, 重光 亨, 境 真太郎 : ゴム製品の圧縮成形時における流動現象に関する研究, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
99) 2,007 国内講演発表 西 泰行, 福富 純一郎, 松尾 信明, 藤原 亮太, 重光 亨 : 汚水用新型ポンプの内部流れに関する研究, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
100) 2,007 国内講演発表 源 貴志, 成行 義文, 藤原 康寛, 田中 徳一, 澤田 勉, 三神 厚 : 住民の歩行速度の相違ならびに道路閉塞を考慮した津波避難シミュレーションに関する基礎的研究, 土木学会第62回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 1255-1256, 2007年9月.
101) 2,007 国内講演発表 橋本 紳一郎, 澤村 秀治, 小野寺 収, 橋本 親典, 竹内 孝 : フライアッシュの品質影響を考慮したノンセメント硬化体の配合と特性, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.62, 853-854, 2007年9月.
102) 2,007 国内講演発表 御領園 悠司, 伊達 重之, 渡邉 健, 橋本 親典 : 細骨材率および混和材が合理的な振動締固めに及ぼす影響, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.62, 1085-1086, 2007年9月.
103) 2,007 国内講演発表 森本 恵美, 滑川 達, 岡本 太地, 山中 英生 : 同地域性からみる業務委託案件の入札時競争状態と品質との関係分析, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.62, 2007年9月.
104) 2,007 国内講演発表 森本 恵美, 山中 英生, 西田 信夫, 田代 優秋 : 土木系大学院生の長期インターンシップによる実践的教育の試み, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.62, 2007年9月.
105) 2,007 国内講演発表 今井 仁司, 坂口 秀雄 : 熱伝導方程式の解の存在に関する数値計算, 日本応用数理学会2007年度年会講演予稿集, 334-335, 2007年9月.
106) 2,007 国内講演発表 石原 国彦 : 開口部を有するダクトから発生する流体騒音, --- 第2 報,直管ダクトの流体音特性 ---, 日本機械学会D&D2007講演論文集, Vol.05, No.15, 2007年9月.
107) 2,007 国内講演発表 日野 順市, 松田 和也, 栗本 政雄 : 形状記憶合金を用いた動吸振器に関する研究, --- 温度依存特性による制振効果について ---, 日本機械学会機械力学計測制御部門講演会アブストラクト集, No.07-8, 274, 2007年9月.
108) 2,007 国内講演発表 沼上 真樹, 吉田 憲一, 西野 秀郎, 濱田 直樹 : Al-Mg-Si合金の変形中のAE挙動に関する研究, 第16回アコースティック·エミッション総合コンファレンス論文集, Vol.16, 93-96, 2007年9月.
109) 2,007 国内講演発表 安田 武司, 西野 秀郎, 吉田 憲一 : 横波センサーを発生源とした薄板金属片に生ずるAEの波形解析とその特性, 第16回アコースティック·エミッション総合コンファレンス論文集, Vol.16, 121-124, 2007年9月.
110) 2,007 国内講演発表 田村 隆雄, 端野 道夫, 末永 慶寛, 山中 稔 : 「森-川-海」雨水・栄養塩類流出モデルの構築と流出負荷量の算定に関する調査研究, 第13回河川整備基金助成事業成果発表会報告書, 2007年10月.
111) 2,007 国内講演発表 藤垣 博敏, 渡邉 健, 橋本 親典, 大津 政康 : インパクトエコー法を利用したグラウトの硬化過程における充填評価, 日本非破壊検査協会平成19年度秋季大会講演概要集, 99-102, 2007年10月.
112) 2,007 国内講演発表 中野 晋 : 徳島県北部沿岸の高潮特性, --- 2004年高潮災害の検証 ---, 四国のみなと特別講演会, 2007年10月.
113) 2,007 国内講演発表 西野 秀郎, 小倉 幸夫, 星野 秀和, 高橋 雅和, 北川 秀昭, 楠元 淳一, 金谷 章宏 : 非接触エアUTの板波の斜め入射透過率に関する検討(1), --- 空気および水中伝搬超音波の板材への斜め入射透過率に関する理論的考察 ---, 2007年非破壊検査協会秋季大会, 2007年10月.
114) 2,007 国内講演発表 高橋 雅和, 星野 秀和, 小倉 幸夫, 西野 秀郎, 北川 秀昭, 楠元 淳一, 金谷 章宏 : 非接触エアUTの板波の斜め入射透過率に関する検討(2), --- アルミニウム材の透過率の実験結果 ---, 2007年非破壊検査協会秋季大会, 2007年10月.
115) 2,007 国内講演発表 三輪 昌史 : 安定化装置について-リモートコントロールサポートシステム, 無人ヘリテレ推進協議会第5回研修会, 2007年10月.
116) 2,007 国内講演発表 井川 祐太, 蒋 景彩, 山上 拓男 : 自然地山せん断強度定数の逆解析法に関する一提案(第3報), 社団法人地盤工学会四国支部平成19年度技術研究発表会講演概要集, 55-56, 2007年10月.
117) 2,007 国内講演発表 冨山 善史, 蒋 景彩, 山上 拓男 : 平面すべりを想定した地震時広域岩盤斜面崩壊予測法, 社団法人地盤工学会四国支部平成19年度技術研究発表会講演概要集, 53-54, 2007年10月.
118) 2,007 国内講演発表 内輪 丈彰, 能野 一美, 蒋 景彩, 山上 拓男 : 落石運動解析に要する不連続変形法のパラメータ同定法に関する研究, 社団法人地盤工学会四国支部平成19年度技術研究発表会講演概要集, 37-38, 2007年10月.
119) 2,007 国内講演発表 蒋 景彩, 山上 拓男, 冨山 善史 : 水平・鉛直地震動を考慮した斜面安定解析に関する考察, 社団法人地盤工学会四国支部平成19年度技術研究発表会講演概要集, 41-43, 2007年10月.
120) 2,007 国内講演発表 竹田 竜樹, 蒋 景彩, 山上 拓男 : 次元すべり面理論に基づくアンカーの負担すべき抑止力評価, 社団法人地盤工学会四国支部平成19年度技術研究発表会講演概要集, 39-40, 2007年10月.
121) 2,007 国内講演発表 道ノ本 卓朗, 三輪 昌史, 米山 聡, 土谷 茂樹 : マイクロ光造形法で作製した微小カンチレバーの縦弾性係数制御, M&M2007 材料力学カンファレンス, 353-354, 2007年10月.
122) 2,007 国内講演発表 山田 勝稔 : 加熱法によるパイプ溶接残留応力の非破壊評価, --- 加熱流束と残留応力の同時推定と解析的検証 ---, M & M2007 材料力学カンファレンス CD-_ROM論文集, Vol.No.07-3, 80-81, 2007年10月.
123) 2,007 国内講演発表 長町 拓夫, 仲子 武文, 中村 大輔 : 角鋼管のコーナー形状に及ぼすロール成形条件の影響 第4報 -サイドロールのオフセット成形-, 第58回塑性加工連合講演会, 573-574, 2007年10月.
124) 2,007 国内講演発表 重光 亨, 河田 匡仙, 境 真太郎, 福富 純一郎 : 未加硫ゴムの圧縮成形時における流動現象と不良発生メカニズムに関する研究, 第85期 日本機械学会流体工学部門講演会, 2007年11月.
125) 2,007 国内講演発表 鈴木 壽, 高橋 和希 : 信頼性理論に基づく無限斜面の破壊確率の計算, 地盤工学会四国支部平成19年度技術研究発表会講演概要集, 33-34, 2007年11月.
126) 2,007 国内講演発表 森本 恵美, 滑川 達, 岡本 太地, 山中 英生 : 落札企業の地域性に着目した被指名実績と工事成績評定との関係に関する統計分析, 建設マネジメント研究論文集, Vol.14, 263-276, 2007年11月.
127) 2,007 国内講演発表 Hideo Nishino, Yokoyama Ryuichi and Kenichi Yoshida : Tone burst generations of circumferential guided waves propagating in a pipe and their time-frequency analyses, 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, 417-418, Nov. 2007.
128) 2,007 国内講演発表 溝渕 啓, 升田 雅博, 大田 篤, 岩田 弘, 橋本 浩二 : チップソーによる鉄鋼材料の切断加工に関する研究(第8報), --- 剛性と切断抵抗の挙動 ---, 2007年度精密工学会中国四国支部広島地方学術講演会講演論文集, 47-48, 2007年11月.
129) 2,007 国内講演発表 西野 秀郎, 横山 隆一, 吉田 憲一 : パイプの円周方向に伝搬するガイド波の広帯域励起, 第15回機械材料・材料加工技術講演会M&P2007, 417-418, 2007年11月.
130) 2,007 国内講演発表 中野 晋 : 商工業における地震被害と防災, 2007年度第20回研究発表会市民公開シンポジウム, 2007年11月.
131) 2,007 国内講演発表 黒崎 ひろみ : 教育訓練と地域の課題・予防と予報・避難, 2007年度第20回研究発表会市民公開シンポジウム, 2007年11月.
132) 2,007 国内講演発表 一宮 昌司, 秋山 裕介 : 振動時の自動車モデル上の圧力変動, 日本機械学会流体工学部門講演会講演概要集, 48, 2007年11月.
133) 2,007 国内講演発表 一宮 昌司, 松平 隼人 : 円管内助走部の撹乱による乱流塊の特性, 日本機械学会流体工学部門講演会講演概要集, 43, 2007年11月.
134) 2,007 国内講演発表 藤原 康寛, 成行 義文, 源 貴志, 田中 徳一, 三神 厚 : ペトリネットを用いた津波避難シミュレーションモデルに関する基礎的研究, 21世紀の南海地震と防災, Vol.2, 145-154, 2007年11月.
135) 2,007 国内講演発表 一原 洋平, 高木 均, 松田 祐之, 吉田 邦彦 : 天然繊維強化プラスチックの開発, 成形加工シンポジア'07講演論文集, 35-36, 2007年11月.
136) 2,007 国内講演発表 中野 晋, 安藝 浩資, 岡田 直也, 岩瀬 文人, 清水 里香 : エダミドリイシの産卵期の流動場の特性, 日本サンゴ礁学会第10回大会講演要旨集, 62, 2007年11月.
137) 2,007 国内講演発表 中野 晋, 安藝 浩資, 花住 陽一, 岡田 直也, 藤田 真人 : エダミドリイシを対象とした生息適性度評価, 日本サンゴ礁学会第10回大会講演要旨集, 130, 2007年11月.
138) 2,007 国内講演発表 中野 晋, 安藝 浩資, 内田 紘臣 : エダミドリイシの再生をめざして, --- わしずみ王のくに自然再生プロジェクト ---, 日本サンゴ礁学会第10回大会講演要旨集, 47, 2007年11月.
139) 2,007 国内講演発表 三輪 昌史, 白石 一哲 : RCヘリの空撮支援のためのリモートコントロールサポートシステム, 第50回自動制御連合講演会, 227-229, 2007年11月.
140) 2,007 国内講演発表 大石 篤哉, 吉村 忍 : GPUクラスタによる動的並列有限要素解析, 第20回計算力学講演会講演論文集, Vol.07-36, 165-166, 2007年11月.
141) 2,007 国内講演発表 薦田 剛, 岩田 哲郎 : Otto配置表面プラズモン共鳴を用いた金属表面状態二次元計測, Optics & Photonics Japan 2007, 2007年11月.
142) 2,007 国内講演発表 伊都 立揮, 岩田 哲郎 : 自己回帰モデルを用いた位相推定法 (パルス励起法による蛍光寿命の算出), Optics & Photonics Japan 2007, 2007年11月.
143) 2,007 国内講演発表 和田 佑亮, 岩田 哲郎 : Otto配置表面プラズモン共鳴へのエリプソメトリーの適用, Optics & Photonics Japan 2007, 2007年11月.
144) 2,007 国内講演発表 伊都 立揮, 岩田 哲郎 : 高負荷抵抗接続PMTとARモデルを用いた位相法による蛍光寿命値の推定手法, Optics & Photonics Japan 2008, 2007年11月.
145) 2,007 国内講演発表 須藤 晃成, 秀浦 光, 鈴江 宗大, 三谷 哲雄, 山中 英生 : 小交差点における停止不能車両の路上からの判別を目的とした車両進入挙動分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.36, 2007年11月.
146) 2,007 国内講演発表 花岡 史恵, 澤田 俊明, 田中 紀子, 滑川 達, 山中 英生 : 上勝町における棚田等オーナー制の展開と課題, --- 徳島県・上勝町「樫原の棚田」を事例として ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.36, 2007年11月.
147) 2,007 国内講演発表 真田 純子 : 散策マップづくりと風景描写を用いた景観教育の試み, 景観・デザイン研究講演集, No.4, 2007年12月.
148) 2,007 国内講演発表 角幡 玲, 渡邊 政博, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 大家 利彦, 馬場 嘉信, 堀 友繁, 篠原 康雄 : マイクロアレイのデータの規格化,標準化に向けた試み(2), 第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
149) 2,007 国内講演発表 浮田 浩行 : 複数光源イメージスキャナを用いた光沢を持つ物体の形状復元, 第12回パターン計測シンポジウム資料, 43-50, 2007年12月.
150) 2,007 国内講演発表 三輪 昌史 : 模型ヘリコプタの空撮支援装置の開発, 第4回NCPフォーラム(2007), 2007年12月.
151) 2,007 国内講演発表 平野 宏, 中原 全基, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 : メカニカルミリング法によるLi-Mn-O系化合物の合成, 第33回固体イオニクス討論会要旨集, 214-215, 2007年12月.
152) 2,007 国内講演発表 中村 浩一, 平野 宏, 大浦 耕二朗, 西岡 大輔, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 : リチウム化合物における結晶構造変化とイオンダイナミクス, 第33回固体イオニクス討論会要旨集, 216-217, 2007年12月.
153) 2,007 国内講演発表 鎌田 磨人 : 「森づくりの生態学的計画」から「地域住民による森づくり・地域づくり」への展開-徳島県上勝町「千年の森づくり」での取り組み, --- ニッセイ財団第22回助成研究ワークショップ「森林の機能評価と協働による森づくり」 ---, 2007年12月.
154) 2,007 国内講演発表 今井 仁司, 坂口 秀雄 : 爆発時刻を越える数値シミュレーションの可能性について, 応用数学合同研究集会報告集, 188-189, 2007年12月.
155) 2,007 国内講演発表 菊池 邦友, 三輪 昌史, 土谷 茂樹 : ドライフィルムレジストを用いたイオン導電性高分子金属接合体のパターン電極接合, 第 8 回 計測自動制御学会 (SICE) システムインテグレーション部門講演会(SI 2007)論文集 07 SY 0012, 1E4-1, 2007年12月.
156) 2,007 国内講演発表 末包 哲也, Thanh Hoan Nguyen, 松本 拓也, 西岡 耕作, 清田 正徳 : 岩石内気泡トラップに関する基礎的研究, 平成20年度資源・素材学会春期大会講演集, Vol.I, 2008年.
157) 2,007 国内講演発表 末包 哲也, Thanh Hoan Nguyen, 松本 拓也, 西岡 耕作, 松田 真澄, 清田 正徳 : 第45回日本伝熱シンポジウム講演論文集, Vol.1, 359-361, 2008年.
158) 2,007 国内講演発表 末包 哲也, 松本 拓也, 清田 正徳, 逢坂 昭治 : マイクロフォーカスX線CT計測に基づく岩石多孔質内二相流におけるガストラップ現象の解明, 日本混相流学会年会講演会2008講演論文集, 396-397, 2008年.
159) 2,007 国内講演発表 末包 哲也, 松田 真澄 : CO2地下貯留のための残留ガストラップ現象の数値解析, 日本機械学会2008年度年次大会講演論文集, Vol.3, 179-180, 2008年.
160) 2,007 国内講演発表 末包 哲也, 松田 真澄 : 多孔質内二相流のミクロスケール解析と計測の融合, 日本流体力学会年会2008講演要旨集, 99, 2008年.
161) 2,007 国内講演発表 末包 哲也, Thanh Hoan Nguyen, 松本 拓也, 西岡 耕作, 松田 真澄, 清田 正徳 : CO2地下貯留におけるミクロトラップ機構, 第3回新エネルギー技術シンポジウム講演概要集, 2008年.
162) 2,007 国内講演発表 鎌田 磨人 : 「徳島県高丸山千年の森」における立地ポテンシャル評価に基づく自然林再生手法, --- 植生学会シンポジウム 「望ましい自然再生を求めて-植生学のノウハウを使いこなす」 ---, 2008年1月.
163) 2,007 国内講演発表 中野 晋 : 自助・共助-防災は人と人との絆から-, 4県(三重県,和歌山県,高知県,徳島県)連携自主防災組織交流大会, 2008年1月.
164) 2,007 国内講演発表 田村 隆雄, 上田 隆雄, 黒崎 ひろみ, 藤田 真人, 中野 晋, 水口 裕之 : 平成19年度建設工学科新入生合宿研修の達成度評価, --- 研修後に実施した2回のアンケート調査から ---, 徳島大学教育カンファレンス発表抄録集, 12-13, 2008年1月.
165) 2,007 国内講演発表 鎌田 磨人 : 多様な連携! 徳島大学との活動連携の現状, --- 第2回徳島県立高丸山千年の森セミナー「森づくりから広がる新たな可能性を探る」 ---, 2008年2月.
166) 2,007 国内講演発表 鎌田 磨人 : 生態系の危機と保全-農業で保たれる生物の多様性, --- 徳島大学社会連携講座「市民ファーマー育成講座」 ---, 2008年2月.
167) 2,007 国内講演発表 末包 哲也 : ミクロスケール計測と解析からみた残留ガストラップ機構, CO2地下貯留層内の流動と制御に関するワークショップ, 2008年2月.
168) 2,007 国内講演発表 白井 祐太郎, 安信 友裕, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転羽根車による多翼ファンの高圧力化に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2008年3月.
169) 2,007 国内講演発表 野田 悟志, 藤原 靖大, 小西 克信 : 画像の領域分割に関する研究, 日本機械学会講演論文集 No.085-1, 409-410, 2008年3月.
170) 2,007 国内講演発表 渡辺 裕文, 横田 知征, 小西 克信 : 車両照合に関する研究, 日本機械学会講演論文集 No.085-1, 411-412, 2008年3月.
171) 2,007 国内講演発表 片岡 由樹, 古松 直, 小西 克信 : 歩行者の検出に関する研究, 日本機械学会講演論文集 No.085-1, 449-450, 2008年3月.
172) 2,007 国内講演発表 岩田 弘, 中川 裕一朗, 坂東 慎之介, 升田 雅博, 溝渕 啓, 橋本 浩二 : 面外集中荷重を受ける高速回転円板の変形に関する基礎的研究, 日本設計工学会四国支部平成19年度研究発表講演会講演論文集, 3-4, 2008年3月.
173) 2,007 国内講演発表 成行 義文 : 建設工学科における「キャリアプラン演習」の実施とその評価, 工学教育シンポジウム2008(SEE2008), 1-15, 2008年3月.
174) 2,007 国内講演発表 石原 国彦, 小西 宏延, 宮本 高徳 : ボイラ・熱交換器で発生する空力自励音の発生メカニズムについて(管群本数と音響減衰との関係), 中国四国支部第46期総会·講演会講演論文集, 2008年3月.
175) 2,007 国内講演発表 石原 国彦, 辻 政範, 岡村 美智也 : 複雑配管系における枝管の効果について(BEMによる解析と実験との比較), 中国四国支部第46期総会·講演会講演論文集, 2008年3月.
176) 2,007 国内講演発表 後藤 揚, 日野 順市, 栗本 政雄 : 周波数領域部分空間法を用いたモード特性同定に関する研究, 日本機械学会中国四国支部第46期総会講演会講演論文集, No.085-1, 245-246, 2008年3月.
177) 2,007 国内講演発表 大和 直史, 浮田 浩行 : 2台の全方位カメラを用いたパターン投影法による全周環境の復元, 中国四国支部第46期総会·講演会講演論文集, No.085-1, 477-478, 2008年3月.
178) 2,007 国内講演発表 今川 翔吾, 浮田 浩行 : 小型カメラを用いた因子分解法による3次元情報の復元, 中国四国支部第46期総会·講演会講演論文集, No.085-1, 479-480, 2008年3月.
179) 2,007 国内講演発表 田中 康平, 逢坂 昭治, 仮屋崎 侃, 草野 剛嗣 : 傾斜管内気液対向二相流, 日本機械学会中国四国支部46期総会・講演会講演論文集, 227-228, 2008年3月.
180) 2,007 国内講演発表 中川 義基, 岩瀬 敦仁, 八房 智顯, 木戸口 善行, 逢坂 昭治 : 水エマルジョン燃料バーナの燃焼と高効率利用に関する研究, 日本機械学会中国四国支部46期総会・講演会講演論文集, 305-306, 2008年3月.
181) 2,007 国内講演発表 松平 隼人, 一宮 昌司 : 円管内助走部の撹乱による乱流塊の発達, 日本機械学会中国四国支部第46期総会·講演会講演論文集, 127-128, 2008年3月.
182) 2,007 国内講演発表 秋山 裕介, 一宮 昌司 : 振動時の自動車モデルのリアデッキ上境界層の特性, 日本機械学会中国四国支部第46期総会·講演会講演論文集, 153-154, 2008年3月.
183) 2,007 国内講演発表 三浦 武紘, 一宮 昌司 : 周期的撹乱による二次元混合層の乱流遷移, 日本機械学会中国四国支部第46期総会·講演会講演論文集, 147-148, 2008年3月.
184) 2,007 国内講演発表 西村 圭史, 一宮 昌司 : 突起列による平板境界層の乱流遷移の促進, 日本機械学会中国四国支部第46期総会·講演会講演論文集, 151-152, 2008年3月.
185) 2,007 国内講演発表 伊藤 照明, 丹羽 卓士 : ウエアラブルセンサーを用いた歩行動作推定, 日本機械学会中国四国支部第46期総会・講演会, Vol.085, No.1, 441-442, 2008年3月.
186) 2,007 国内講演発表 伊藤 照明, 高田 洪基 : 演習授業におけるTA活動の教育的効果に関する考察, 日本機械学会中国四国支部第46期総会・講演会, Vol.085, No.1, 383-384, 2008年3月.
187) 2,007 国内講演発表 石原 国彦 : 一列管群における流力弾性振動発生の特徴について, 関西支部第83 期総会·講演会講演論文集, 2008年3月.
188) 2,007 国内講演発表 松島 誠, 三輪 昌史, 土谷 茂樹 : リモートコントロールサポートシステムの開発, --- 光学式傾斜角検出センサを用いた姿勢安定システムの構築 ---, 学会関西支部第83期定時総会講演集, 12-19, 2008年3月.
189) 2,007 国内講演発表 加古 修平, 高木 均, 草野 剛嗣, 逢坂 昭治 : 竹繊維グリーンコンポジットの熱伝導性に関する研究, JCOM-37講演論文集, 260-264, 2008年3月.
190) 2,007 国内講演発表 小川 仁, 升田 雅博, 溝渕 啓 : キャビテーション援用小径ドリル加工に関する研究, --- 貫通穴あけにおけるキャビテーション効果 ---, 2008年度精密工学会春季大会学術講演会論文集, 49-50, 2008年3月.
191) 2,007 国内講演発表 大北 一也, 高木 均 : 竹/PBS 射出成形材料の曲げ特性, JCOM-37講演論文集, 131-134, 2008年3月.
192) 2,007 国内講演発表 森 浩司, 高木 均 : 竹繊維を用いたバインダフリーグリーンコンポジットの機械的特性, JCOM-37講演論文集, 153-157, 2008年3月.
193) 2,007 国内講演発表 富田 卓朗, 河原 啓之, 熊井 亮太, 川本 昌子, 山口 誠, 岡田 達也, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : レーザー誘起ナノ周期構造の断面形状と物性解析, 日本物理学会年次大会, Vol.63, 742, 2008年3月.
194) 2,007 国内講演発表 高木 均 : セルロース/植物由来樹脂コンポジットの生成とその機能性, 植物由来プラスチックの高機能化技術∼複合化技術・内部構造・特性評価・成形加工技術∼, 3-1-3-58, 2008年3月.
195) 2,007 国内講演発表 岡田 達也, 河原 啓之, 熊井 亮太, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 山口 誠, 川本 昌子 : フェムト秒レーザ照射により誘起された4H-SiC表面周期構造の断面TEM観察, 日本金属学会2008年春期大会講演概要, 342, 2008年3月.
196) 2,007 国内講演発表 谷垣 悠介, 鎌田 磨人 : GISとリモートセンシングを用いた竹林拡大域推定手法の提案, 第55回日本生態学会大会, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1) 2,007 その他・研究会 松平 隼人, 一宮 昌司 : 円管内助走部の撹乱による乱流遷移, 第54回西日本乱流研究会講演論文集, 2007年5月.
2) 2,007 その他・研究会 秋山 裕介, 一宮 昌司 : 振動時の自動車モデル上の圧力変動, 第54回西日本乱流研究会講演論文集, 2007年5月.
3) 2,007 その他・研究会 高木 均 : 竹の高度利用技術∼グリーンコンポジットへの応用∼, 岡山水産バイオマス研究会, 1-6, 2007年6月.
4) 2,007 その他・研究会 橋本 親典 : 低度処理再生骨材コンクリートの耐久性改善に関する基礎的研究, 平成19年度四国地方整備局管内技術・業務研究発表会, 1-4, 2007年7月.
5) 2,007 その他・研究会 一宮 昌司, 秋山 裕介 : 振動時の自動車モデル上の圧力変動, 西日本乱流研究会創立25周年シンポジウム講演論文集, 2007年8月.
6) 2,007 その他・研究会 一宮 昌司 : 自由せん断流の層流-乱流遷移, 西日本乱流研究会創立25周年シンポジウム講演論文集, 2007年8月.
7) 2,007 その他・研究会 Hitoshi Takagi : Material characterization of green composites, Joint Seminar of JSMS Committee on Composite Materials and Xi'an Polytechnic University, 21-25, Sep. 2007.
8) 2,007 その他・研究会 英 崇夫 : やる気養成プログラム, --- 学生によるeラーニングコンテンツづくり ---, 平成19年度5大学連携教育シンポジウム, 2007年9月.
9) 2,007 その他・研究会 高木 均, 日野 順市, 溝渕 啓, 草野 剛嗣 : レジンレス竹繊維強化グリーンコンポジットの開発, エンジニアリングフェスティバル2007, 6, 2007年9月.
10) 2,007 その他・研究会 Hitoshi Takagi : Characterization of bamboo green composites: thermal and mechanical properties, Seminar on Green Composites, 21-24, Oct. 2007.
11) 2,007 その他・研究会 英 崇夫 : X線応力測定の基礎と応用, 日本機械学会関西支部第292回講習会, 2007年10月.
12) 2,007 その他・研究会 英 崇夫 : 徳島大学工学部創成学習開発センターの活動, ものづくり創成教育シンポジウム2007(山口大学), 2007年10月.
13) 2,007 その他・研究会 伊藤 照明 : デンタル・バイ・ワイヤによる歯科治療支援の提案, 次世代医療システム産業化フォーラム2007, 2007年12月.
14) 2,007 その他・研究会 Takao Hanabusa : The Activity of The Center for Innovation and Creativity Development, The 3rd International Seminar for the Development of Environment-friendly Technology, 1-6, Dec. 2007.
15) 2,007 その他・研究会 長町 拓夫, 仲子 武文, 中村 大輔 : 角鋼管のコーナー形状に及ぼすロール径の影響, 日本塑性加工学会第76回ロールフォーミング分科会資料, 2007年12月.
16) 2,007 その他・研究会 小奈 弘, 蒋 昱昊, 長町 拓夫, 星 清政 : フレキシブル冷間ロール成形機械の開発, 日本塑性加工学会第76回ロールフォーミング分科会資料, 2007年12月.
17) 2,007 その他・研究会 英 崇夫 : 5大学教育連携の歩みとこれから, --- 基礎力,やる気,キャリア意識,国際力の養成プログラム ---, 平成17年度FD研究報告, 2008年.
18) 2,007 その他・研究会 高木 均 : 食材(スパゲッティ)の強度, 助任小学校3年生総合学習会, 2008年1月.
19) 2,007 その他・研究会 石原 国彦 : 大学での研究の現状, 日本機械学会関西支部機械の音懇話会, 2008年2月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

1) 2,007 報告書 森本 恵美, 山中 英生, 西田 信夫 : 経営センスを有するπ型技術者の協働育成プログラム 平成18年度報告書, 2007年4月.
2) 2,007 報告書 橋本 親典 : 3.6 ブーム先端の過負荷が安全性に及ぼす影響,3.7 安全性に関する今後の検討すべき課題と提言, コンクリートポンプ施工技術調査委員会, 125-133, 東京, 2007年9月.
3) 2,007 報告書 真田 純子, 鎌田 磨人, 上月 康則, 山中 亮一 : 地域貢献活動を用いた地域課題探索・解決型実習の試行, 大学教育研究ジャーナル, Vol.5, 2008年3月.
4) 2,007 報告書 山中 英生, 入谷 忠光, 滑川 達, 三宅 正弘, 南部 匡史, 三谷 哲雄, 松原 淳 : 路面舗装特性の工夫による自転車歩行者道路の改善方策, 平成16∼18年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書, 2008年3月.
5) 2,007 報告書 田村 幸雄, 長尾 文明 : 竜巻等の実態および発生予測と対策 平成19年度科学技術振興調整費補助金 重要政策課題への機動的対応の推進 研究成果報告書, 1-486, 2008年3月.
6) 2,007 報告書 成行 義文 : 住民の個別属性を考慮した津波1次避難場所検証システムの開発, 平成19年度建設事業の技術開発に関する助成事業成果報告書, 1-27, 2008年3月.
7) 2,007 報告書 牛尾 仁, 橋本 親典, 吉田 元昭, 平塚 和男 : 高性能再生骨材コンクリート製造用振動付与2軸強制ミキサの開発, 平成19年度地域新生コンソーシアム研究開発事業成果報告書, 1-89, 2008年3月.
8) 2,007 報告書 橋本 親典 : 3.2 鉄鋼スラグ水和固化体のポンプ圧送性に関する基礎的研究, 「スラグ利用に係る研究開発」平成19年度成果報告書, 68-82, 2008年3月.
9) 2,007 報告書 成行 義文 : 建設工学科のFD活動, 平成19年度FD研究報告書, 1-40, 2008年3月.
10) 2,007 報告書 長尾 文明, 大西 徳生, 福富 純一郎, 野田 稔, 福富 汎, 犬伏 宏行 : 日本の風土特性に応じた風力発電の安定化・コスト低減に関する研究(実証試験) 平成19年度研究実績報告書, 1-152, 2008年3月.
11) 2,007 報告書 橋本 親典 : 2.3 施工性能の向上に関する検討, フライアッシュの有効利用と混和コンクリート構造物の耐久性に関する研究委員会報告書, 68-77, 高松, 2008年3月.

2008年度(平成20年度)

article.{@.date="20080400 20090399" @.organization=\E{124875}}

2008年度(平成20年度) / 著書

1) 2,008 著書 鎌田 磨人 : 6.1.1 生物の生息・生育を規定する非生物学的環境要因, 技報堂出版 株式会社, 東京, 2008年6月.
2) 2,008 著書 鎌田 磨人 : 6.2.1 汽水域生態系を構成する生物群衆の構造把握のための視点, 技報堂出版, 東京, 2008年6月.
3) 2,008 著書 鎌田 磨人 : 6.2.2 異なった空間スケールにおけるハビタットの不均一性と環境要因の作用過程, 技報堂出版 株式会社, 東京, 2008年6月.
4) 2,008 著書 鎌田 磨人 : 6.3 異なった空間スケールを用いた生物分布の把握事例, 技報堂出版 株式会社, 東京, 2008年6月.
5) 2,008 著書 橋本 親典 : [応用編] 第2章土木学会コンクリート標準示方書および関連指針の概要2.4規準編(試験方法), 社団法人 日本コンクリート工学協会, 東京, 2008年6月.
6) 2,008 著書 石原 国彦 : 事例に学ぶ流体関連振動(第2版), 技法堂出版, 東京, 2008年6月.
7) 2,008 著書 英 崇夫 : TiN, TiAlN薄膜のX選残留応力測定, サイエンス&テクノロジー, 2008年7月.
8) 2,008 著書 橋本 親典, 河野 清, 笠井 芳夫, 池永 博威, 笠井 哲郎, 飛内 圭之, 和泉 意登志, 河辺 伸二, 露木 尚光, 辻 正哲 : 平成20年版 コンクリート主任技士合格必携, --- 試験問題と解答・解説 ---, 株式会社 技術書院, 東京, 2008年7月.
9) 2,008 著書 橋本 親典, 河野 清, 笠井 芳夫, 池永 博威, 笠井 哲郎, 飛内 圭之, 和泉 意登志, 河辺 伸二, 露木 尚光, 辻 正哲 : 平成20年版 コンクリート技士合格必携, --- 試験問題と解答・解説 ---, 株式会社 技術書院, 東京, 2008年7月.
10) 2,008 著書 高木 均 : 竹の基礎科学と高度利用技術, 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2008年8月.
11) 2,008 著書 Mahito Kamada : Process of willow community establishment and topographic change of riverbed in a warm-temperatye region of Japan, Springer-Verlag, Tokyo, Aug. 2008.
12) 2,008 著書 鎌田 磨人 : 千年の森づくり―生態学的計画から森づくり・地域づくりへの展開, 北海道大学出版会, 札幌, 2009年.
13) 2,008 著書 梅原 秀哲, 橋本 親典, 他7名 : 土木材料実験指導書 2009年改訂版 土木学会コンクリート委員会編, 社団法人 土木學會, 東京, 2009年2月.
14) 2,008 著書 長町 重昭, 香田 温人 : 理工系微分方程式の基礎, 学術図書出版社, 東京, 2009年3月.
15) 2,008 著書 西山 賢一, 武村 知美, 望月 秋利 : ボーリングデータベースを用いた徳島平野の地下地質分布, 四国支部, 高松, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,008 学術論文 (審査論文) Hitoshi Takagi and Akira Asano : Effects of processing conditions on flexural properties of cellulose nanofiber reinforced "green'' composites, Composites Part A: Applied Science and Manufacturing, Vol.39, No.4, 685-689, 2008.
2) 2,008 学術論文 (審査論文) 野田 稔, 長尾 文明 : 2007年8月29日に徳島市国府町で起こった竜巻災害について, 日本風工学会論文集, Vol.33, No.2, 51-59, 2008年.
3) 2,008 学術論文 (審査論文) Tetsuo Iwata and Go Komoda : Measurements of Complex Refractive Indexes of Metals at Several Wavelengths by Frustrated Total Internal Reflection Due to Surface Plasmon Resonance, Applied Optics, Vol.47, No.13, 2386-2391, 2008.
4) 2,008 学術論文 (審査論文) 年 廷凱, 栾 茂田, 鄭 徳風, 蒋 景彩 : 間隙水圧の影響を考慮した抑止杭の簡易解析法, Rock and Soil Mechanics, Vol.29, No.4, 263-268, 2008年.
5) 2,008 学術論文 (審査論文) 高木 均, 興津 嘉人 : 圧縮成形によるマダケの機械的性質の向上, 材料, Vol.57, No.5, 461-466, 2008年.
6) 2,008 学術論文 (審査論文) Hitoshi Takagi, Akira Mizobuchi, Koji Kusano and Yoshihito Okitsu : Flexural properties of all bamboo "green'' composites, WIT Transactions on the Built Environment, Vol.97, 167-173, 2008.
7) 2,008 学術論文 (審査論文) Akira Mizobuchi, Hitoshi Takagi, and Junichi Hino : Drilling machinability of resin-less "green" composites reinforced by bamboo fiber, WIT Transactions on the Built Environment, Vol.97, 185-194, 2008.
8) 2,008 学術論文 (審査論文) Koji Kusano, Hitoshi Takagi, Kako Shuhei, Gennai Yuusuke and Akiharu Ousaka : Thermal characteristics of PLA-bamboo composites, WIT Transactions on the Built Environment, Vol.97, 175-183, 2008.
9) 2,008 学術論文 (審査論文) 中野 晋, 吉村 尚倫, 植田 勇二, 冨永 数男 : 能登半島地震・新潟県中越沖地震における企業被害調査, 地域安全学会, 2008年.
10) 2,008 学術論文 (審査論文) Yoshifumi Jodai, Yoshikazu Takahashi, Masashi Ichimiya and Hideo Osaka : The Effects of Splitter Plates on Turbulent Boundary Layer on a Long Flat Plate Near the Trailing Edge, Journal of Fluids Engineering - Transactions of the ASME, Vol.130, No.5, 051103-1-051103-7, 2008.
11) 2,008 学術論文 (審査論文) Atsuya Oishi and Shinobu Yoshimura : Finite Element Analyses of Dynamic Problems Using Graphics Hardware, Computer Modeling in Engineering & Sciences, Vol.25, No.2, 115-132, 2008.
12) 2,008 学術論文 (審査論文) 重光 亨, 古川 明徳, 渡邉 聡, 大熊 九州男, 福富 純一郎 : 二重反転形軸流ポンプにおける設計流量点流れのLDV計測, 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.741, 1091-1097, 2008年.
13) 2,008 学術論文 (審査論文) Hideo Nishino, Ryuichi Yokoyama, Keiji Ogura, Hironori Kondo and Kenichi Yoshida : Tone-burst generation of circumferential guided waves by a bulk shear wave sensor and their wide-range time-frequency analyses, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.47, No.5B, 3885-3893, 2008.
14) 2,008 学術論文 (審査論文) Kunihiko Ishihara : On Abnormal Vibration Generated in Flow Dynamic Conveyer, Journal of System Design and Dynamics, Vol.2, No.2, 550-560, 2008.
15) 2,008 学術論文 (審査論文) Nu Yan, Sun Jianjun, Lee Insup and Ri-ichi Murakami : Effect of plasma nitrocarburizing on fatigue strength of SCM435 steel, Journal of Pressure Equipment and Systems, Vol.6, 25-28, 2008.
16) 2,008 学術論文 (審査論文) 松英 達也, 英 崇夫, 渡部 心睦 : イオンプレーティング法により表面処理を施したアルミニウム合金の摩耗特性, 材料の科学と工学, Vol.45, No.6, 222-228, 2008年.
17) 2,008 学術論文 (審査論文) Takao Ueda, Hidehiko Naito, Masao Nagura, Kiyofumi Sano and Toyoaki Miyagawa : Design system for electrochemical corrosion control techniques considering their effect on alkali-silica reaction, Proceedings of the 13th International Conference on Alkali-Aggregate Reaction in Concrete, Vol.1, 1312-1321, 2008.
18) 2,008 学術論文 (審査論文) Yoshimori Kubo, Yoshio Watanabe, Takao Ueda, Tamotsu Kuroda and Norihiko Nomura : Influence of ASR expansion on mechanical properties of concrete deteriorated by ASR, Proceedings of the 13th International Conference on Alkali-Aggregate Reaction in Concrete, Vol.1, 206-214, 2008.
19) 2,008 学術論文 (審査論文) 本田 陵二, 水口 裕之, 上田 隆雄 : 各種材料を用いたポーラスコンクリートの圧縮強度に関する研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.30, No.2, 301-305, 2008年.
20) 2,008 学術論文 (審査論文) Kunitomo Kikuchi, Shigeki Tuchitani, Masafumi Miwa and Kinji Asaka : Formation of Patterned Electrode in Ionic Polymer-Metal Composite using Dry Film Photoresist, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering (TEEE), Vol.3, No.4, 452-454, 2008.
21) 2,008 学術論文 (審査論文) 逢坂 昭治, 草野 剛嗣, 相馬 啓, 横尾 充, 堀井 清之 : 含水土壌内の円管周りの凍結, --- 種々のパラメータが凍結速度に及ぼす影響 ---, 地盤工学ジャーナル, Vol.3, No.2, 143-151, 2008年.
22) 2,008 学術論文 (審査論文) Masafumi Miwa, MICHINOMOTO Takurou, KIKUCHI Kunitomo, TSUCHITANI Shigeki and YONEYAMA3 Satoru : Inner Structure / Elastic Modulus Control of Micro Cantilever, Journal of the Japanese Society for Experimental Mechanics, Vol.8, No.Special Issue, 94-97, 2008.
23) 2,008 学術論文 (審査論文) Takuo Nagamachi, Takashi Mishiba and Katsuhiro Katsuki : Deformation and Fatigue Characteristics of Large Welded Bellows with Inclined External Edge, Materials Transactions, Vol.49, No.6, 1249-1255, 2008.
24) 2,008 学術論文 (審査論文) 西 泰行, 松尾 信明, 福富 純一郎 : 汚水用新型ポンプの内部流れに関する研究(第1報,実験と数値解析との比較), 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.742, 1386-1394, 2008年.
25) 2,008 学術論文 (審査論文) 小串 重治, 鎌田 磨人 : ウラジオモミの侵入に伴う草地消失リスク評価のための要因分析, 景観生態学, Vol.12, No.2, 1-15, 2008年.
26) 2,008 学術論文 (審査論文) 原田 悦子, 小川 誠, 三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : 徳島県域における湿生・水生絶滅危惧植物の潜在的生育適地の推定, 景観生態学, Vol.12, No.2, 17-32, 2008年.
27) 2,008 学術論文 (審査論文) 上田 隆雄, 稲岡 和彦, 宮崎 裕之, 水口 裕之 : リチウム塩を含有するHPFRCCに関する基礎的検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.30, No.1, 285-290, 2008年.
28) 2,008 学術論文 (審査論文) 郡 政人, 古川 智紀, 上田 隆雄, 水口 裕之 : 近赤外分光法を用いたコンクリート中の塩化物イオン濃度の推定手法に関する検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.30, No.1, 745-750, 2008年.
29) 2,008 学術論文 (審査論文) 古川 智紀, 上田 隆雄, 郡 政人, 七澤 章 : 近赤外分光法によるコンクリート中のフリーデル氏塩含有量の推定, コンクリート工学年次論文集, Vol.30, No.1, 843-848, 2008年.
30) 2,008 学術論文 (審査論文) 菊地 邦友, 土谷 茂樹, 三輪 昌史, 安積 欣志 : フォトリソグラフィー技術を用いた固体高分子電解質膜へのパターン電極形成, 精密工学会誌, Vol.74, No.7, 719-723, 2008年.
31) 2,008 学術論文 (審査論文) 福嶋 慎吾, 吉田 元昭, 渡邉 健, 橋本 親典 : 固液2相系コンクリートモデルによる2軸強制練りミキサ内のブレード表面に発生するせん断流の定量化, コンクリート工学年次論文集, Vol.30, No.2, 199-204, 2008年.
32) 2,008 学術論文 (審査論文) 御領園 悠司, 渡邉 健, 橋本 親典, 高橋 克則 : 変形性評価試験による鉄鋼スラグ水和固化体の圧送性に関する基礎的研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.30, No.2, 241-246, 2008年.
33) 2,008 学術論文 (審査論文) 野上 茜, 渡邉 健, 橋本 親典, 大津 政康 : インパクトエコー法を用いたプラスチックシース管内部のPCグラウト充てん度評価, コンクリート工学年次論文集, Vol.30, No.2, 685-690, 2008年.
34) 2,008 学術論文 (審査論文) 西岡 啓介, 渡邉 健, 伊達 重之, 橋本 親典 : 衝撃弾性波法を用いた鋼-コンクリート合成構造の鋼板下面の空隙の検出, コンクリート工学年次論文集, Vol.30, No.2, 715-720, 2008年.
35) 2,008 学術論文 (審査論文) 宮地 孝徳, 渡邉 健, 橋本 親典, 大津 政康 : 超音波波法による断面修復箇所での欠陥検出に関する基礎的研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.30, No.2, 721-726, 2008年.
36) 2,008 学術論文 (審査論文) 江口 正晃, Nhar Heng, 渡邉 健, 橋本 親典 : 骨材全量を再生細・粗骨材Lを用いたコンクリートの硬化性状に関する基礎的研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.30, No.2, 385-390, 2008年.
37) 2,008 学術論文 (審査論文) 重光 亨, 福富 純一郎, 武山 裕一 : 対称形ケーシングによるクロスフロー風車の高性能化に関する研究, 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.743, 1505-1511, 2008年.
38) 2,008 学術論文 (審査論文) Atsuya Oishi and Shinobu Yoshimura : Genetic Approaches to Iteration-free Local Contact Search, Computer Modeling in Engineering & Sciences, Vol.28, No.2, 127-146, 2008.
39) 2,008 学術論文 (審査論文) 西 泰行, 松尾 信明, 福富 純一郎 : 汚水用新型ポンプの内部流れに関する研究(第2報,羽根負荷とボリュートケーシングの影響), 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.743, 1496-1504, 2008年.
40) 2,008 学術論文 (審査論文) Tatsuya Okada, Hiroyuki Kawahara, Yoichiro Ishida, Ryota Kumai, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto, Masako Kawamoto, Yoji Makita and Makoto Yamaguchi : Cross-sectional TEM analysis of laser-induced ripple structures on the 4H-SiC single-crystal surface, Applied Physics. A, Materials Science & Processing, Vol.92, No.3, 665-668, 2008.
41) 2,008 学術論文 (審査論文) 須藤 晃成, 入谷 忠光, 山中 英生, 三谷 哲雄 : 路側観測可能な挙動指標を用いて車両の制動距離を推定する方法, 電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J91-A, No.8, 798-807, 2008年.
42) 2,008 学術論文 (審査論文) 重光 亨, 河田 匡仙, 境 真太郎, 福富 純一郎 : 未加硫ゴムの圧縮成形時における流動現象に関する研究, 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.744, 1741-1747, 2008年.
43) 2,008 学術論文 (審査論文) 西 泰行, 松尾 信明, 福富 純一郎 : 汚水用新型ポンプの損失解析, 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.744, 1785-1792, 2008年.
44) 2,008 学術論文 (審査論文) Atsushi Mikami, Jonathan Stewart and Makoto Kamiyama : Effects of time series analysis protocols on transfer functions calculated from earthquake accelerograms, Soil Dynamics and Earthquake Engineering, Vol.28, No.9, 695-706, 2008.
45) 2,008 学術論文 (審査論文) Koichi Nakamura, Hiroshi Hirano, Daisuke Nishioka, Yoshitaka Michihiro and Toshihiro Moriga : Lithium ionic diffusion in lithium cobalt oxides prepared by mechanical milling, Solid State Ionics, Vol.179, No.27-32, 1806-1809, 2008.
46) 2,008 学術論文 (審査論文) Pangpang Wang, Lumei Gao, Zhiyong Qiu, Xiaoping Song, Liqun Wang, Sen Yang and Ri-ichi Murakami : A multistep ac electrodeposition method to prepare Co nanowires with high coercivity, Journal of Applied Physics, Vol.104, No.6, 064304-064308, 2008.
47) 2,008 学術論文 (審査論文) 須藤 晃成, 秀浦 光, 鈴江 宗大, 三谷 哲雄, 山中 英生 : 小交差点における停止不能車両の路上からの判別を目的とした車両進入挙動分析, 土木計画学研究·論文集, Vol.25, No.3, 775-781, 2008年.
48) 2,008 学術論文 (審査論文) 山中 英生, 大下 剛, 藩 曉東, 趙 暁翠 : プローブバイシクルを用いた日中の自転車空間の走行性比較, 交通工学研究発表会論文集, Vol.28, 313-316, 2008年.
49) 2,008 学術論文 (審査論文) 橋本 親典, 渡邉 健, 水口 裕之, 伊藤 祐二 : 振動充てん時間を用いたフライアッシュコンクリートの施工性能の評価に関する基礎的研究, セメント·コンクリート研究討論会論文報告集(論文), Vol.35, 19-24, 2008年.
50) 2,008 学術論文 (審査論文) 小川 仁, 升田 雅博, 溝渕 啓 : 小径貫通穴あけ加工時のバリや工具寿命に及ぼすキャビテーションの効果(第3報), --- 工作液超音波振動法に関する研究 ---, 精密工学会誌, Vol.74, No.10, 1092-1096, 2008年.
51) 2,008 学術論文 (審査論文) 中野 晋, 清水 里香, 安藝 浩資 : 内湾性サンゴ種の遷移と海底光量子量の関係, 海岸工学論文集, Vol.55, 1111-1115, 2008年.
52) 2,008 学術論文 (審査論文) 安藝 浩資, 中野 晋, 盛 治夫 : PHSIモデルによるサンゴの生息環境評価と自然再生計画の策定, 海岸工学論文集, Vol.55, 1116-1120, 2008年.
53) 2,008 学術論文 (審査論文) 藤田 真人, 中野 晋, 山添 美波, 仙波 真一 : 吉野川河口干潟のカニ類を対象とした生息環境評価モデルの検討, 海岸工学論文集, Vol.55, 1161-1165, 2008年.
54) 2,008 学術論文 (審査論文) 郷内 吉瑞, 大貝 彰, 鵤 心治, 加藤 孝明, 日高 圭一郎, 村上 正浩, 渡辺 公次郎 : 自治会に着目した定量的地域防災力評価手法開発の試み, 都市計画論文集, Vol.43, No.2, 34-40, 2008年.
55) 2,008 学術論文 (審査論文) 丁 育華, 近藤 光男, 村上 幸二郎, 大西 賢和, 渡辺 公次郎 : 高齢者の都心居住を考慮した都市施設の配置評価モデルとその地方圏への適用に関する研究, 都市計画論文集, Vol.43, No.3, 13-18, 2008年.
56) 2,008 学術論文 (審査論文) 山田 勝稔 : 加熱法による残留応力の非破壊評価法, --- 熱発生率と残留応力の同時推定 ---, 日本機械学会論文集(A編), Vol.74, No.746, 1321-1327, 2008年.
57) 2,008 学術論文 (審査論文) スレン ソッキアン, 望月 秋利, 上野 勝利, 坪井 裕也 : 重力場,遠心場における水平砂地盤上基礎の支持力実験と変形挙動計測, 地盤工学ジャーナル, Vol.2, No.3, 139-148, 2008年.
58) 2,008 学術論文 (審査論文) 斉藤 剛彦, 三神 厚, 成行 義文 : 昭和南海地震体験談に基づく震源域各地の揺れと震源特性の関連についての考察, 21世紀の南海地震と防災, Vol.3, 59-66, 2008年.
59) 2,008 学術論文 (審査論文) 中野 晋, 冨永 数男, 吉村 尚倫, 黒崎 ひろみ, 植田 勇二 : 新潟県中越沖地震による地場産業被害と復旧活動に関する聞き取り調査, 安全問題研究論文集, Vol.3, 83-88, 2008年.
60) 2,008 学術論文 (審査論文) 上田 隆雄, 畑井 理実, 古川 智紀, 七澤 章 : フライアッシュを混和した反応性骨材含有モルタルの細孔構造と細孔溶液組成, コンクリート構造物の補修·補強·アップグレード論文報告集, Vol.8, 173-178, 2008年.
61) 2,008 学術論文 (審査論文) 源 貴志, 成行 義文, 安部 真理子, 佐藤 弘美 : 航空写真におけるエッジ方向特性を利用した建物被害部の自動判別に関する基礎的研究, 土木情報利用技術論文集, Vol.17, 233-242, 2008年.
62) 2,008 学術論文 (審査論文) 黒崎 ひろみ, 中野 晋, 魁生 知佐子 : 学校防災教育に有効なDIGの開発と教育の継続, 安全問題研究論文集, Vol.3, 221-226, 2008年.
63) 2,008 学術論文 (審査論文) 森本 恵美, 滑川 達, 濱田 英樹, 山中 英生 : 総価契約・単価合意方式による低入札抑制の可能性に関する研究, 建設マネジメント研究論文集, Vol.15, 325-336, 2008年.
64) 2,008 学術論文 (審査論文) 清田 正徳, 福富 純一郎, 西 健織, 寺島 紀男 : 新型乾燥装置の乾燥性能について, 日本食品工学会誌, Vol.9, No.4, 303-309, 2008年.
65) 2,008 学術論文 (審査論文) Jing-Cai Jiang, Takuo Yamagami and Yokino Kazuyoshi : Identification of DEM Parameters for Rockfall Simulation Analysis, Chinese Journal of Rock Mechanics and Engineering, Vol.27, No.12, 2418-2430, 2008.
66) 2,008 学術論文 (審査論文) Hideo Nishino, Masuda Shuichi, Kenichi Yoshida, Takahashi Masakazu, Hoshino Hidekazu, Ogura Yukio, Kitagawa Hideaki, Kusumoto Junichi and Kanaya Akihiro : Theoretical and Experimental investigations of transmission coefficients of longitudinal waves through metal plates immersed in air for uses of air coupled ultrasounds, Materials Transactions, Vol.49, No.12, 2861-2867, 2008.
67) 2,008 学術論文 (審査論文) Kenichi Yoshida, Takeshi Yasuda, Shinya Kondo and Hideo Nishino : EXPERIMENTAL SIMULATION AND DYNAMIC BEHAVIOR OF THE AE DUE TO MARTENSITIC TRANSFORMATION USING SHEAR WAVE TRANSMISSION SENSOR, Journal of Acoustic Emission, Vol.26, 270-278, 2008.
68) 2,008 学術論文 (審査論文) 野田 稔, 長尾 文明, 篠宮 章, 宗田 和之 : 過回転抑制機構による直線翼垂直軸型風車の回転制御, 第20回風工学シンポジウム論文集, 133-138, 2008年.
69) 2,008 学術論文 (審査論文) 野田 稔, 長尾 文明 : 2007年8月に徳島市で発生した竜巻における風速推定, 第20回風工学シンポジウム論文集, 169-174, 2008年.
70) 2,008 学術論文 (審査論文) 藤原 康寛, 成行 義文, 源 貴志, 佐藤 弘美 : 津波避難シミュレーションに基づく地区避難安全性評価法に関する基礎的研究, 21世紀の南海地震と防災, Vol.3, 157-166, 2008年.
71) 2,008 学術論文 (審査論文) 源 貴志, 成行 義文, 藤原 康寛, 三神 厚 : 住民の歩行速度が地区の避難完了率曲線に及ぼす影響, 21世紀の南海地震と防災, Vol.3, 149-156, 2008年.
72) 2,008 学術論文 (審査論文) 中野 晋, 村上 仁士, 上野 勝利, 黒崎 ひろみ : 岩手・宮城内陸地震及び岩手県沿岸北部地震における企業被害と応急対応, 21世紀の南海地震と防災, Vol.3, 135-142, 2008年.
73) 2,008 学術論文 (審査論文) 黒崎 ひろみ, 中野 晋 : 医師・薬剤師・栄養士から見た被災生活の問題点とその対応法, 21世紀の南海地震と防災, Vol.3, 167-172, 2008年.
74) 2,008 学術論文 (審査論文) 蒋 景彩, 山上 拓男, 冨山 善史 : 2004年新潟県中越地震被災地への広域斜面崩壊予測法の適用, 21世紀の南海地震と防災, Vol.3, 81-88, 2008年.
75) 2,008 学術論文 (審査論文) 長尾 文明, 野田 稔, 楠原 孝明 : ニューラルネットワークを用いた地形因子による風況推定における地形因子の選別に関する研究, 第20回風工学シンポジウム論文集, 445-450, 2008年.
76) 2,008 学術論文 (審査論文) 油野 邦弘, 石井 光裕, 加地 貴, 橋本 親典 : フライアッシュⅠ種による吹付けコンクリートの施工性の改善効果および強度に関する研究, 土木学会論文集E(第5部門), Vol.64, No.4, 650-667, 2008年.
77) 2,008 学術論文 (審査論文) 末包 哲也, 忽那 成朗, 細川 貴寛, 松本 拓也, 清田 正徳 : 岩石内にトラップされる微細気泡の可視化, 日本機械学会論文集(B編), No.74, 2501-2507, 2008年.
78) 2,008 学術論文 (審査論文) Tetsuya Suekane, N. Furukawa, S. Tsushima, S. Hirai and Masanori Kiyota : Application of MRI in the Measurement of Two-Phase Flow of Supercritical CO2 and Water in Porous Rocks, Journal of Porous Media, Vol.12, No.2, 143-154, 2009.
79) 2,008 学術論文 (審査論文) 井若 和久, 上月 康則, 中野 晋, 山中 亮一, 武村 知美, 黒崎 ひろみ, 村上 仁士 : 徳島大学での地震避難訓練と学生・教職員の防災意識, 安全問題研究論文集, Vol.3, 185-190, 2009年.
80) 2,008 学術論文 (審査論文) Tatsuya Matsue, Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka and Osami Sakata : Effect of heating on the residual stresses in TiN films investigated using synchrotron radiation, Vacuum, Vol.83, No.3, 585-588, 2009.
81) 2,008 学術論文 (審査論文) Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa, Shoso Shingubara, Tatsuya Matsue and Osami Sakata : Measurement of electromigration-induced stress in aluminum alloy interconnection, Vacuum, Vol.83, No.3, 637-640, 2009.
82) 2,008 学術論文 (審査論文) Hitoshi Imai, Hideo Sakaguchi and Toshiki Takeuchi : Numerical Computation of Continuation Problems in the Annular Domain, Theoretical and Applied Mechanics Japan, Vol.58, 153-164, 2009.
83) 2,008 学術論文 (審査論文) Akira Kariyasaki, Yoshikazu Yamasaki, Masazumi Kagawa, Tohru Nagashima, Akiharu Ousaka and Shigeharu Morooka : Measurement of Liquid Film Thickness by a Fringe Method, Heat Transfer Engineering, Vol.30, No.1-2, 28-36, 2009.
84) 2,008 学術論文 (審査論文) Nobuyoshi Fukagai, Masayuki Ito and Kimiaki Narukawa : Quasilinear elliptic equations with slowly growing principal part and critical Orlicz-Sobolev nonlinear term, Proceedings of the Royal Society of Edinburgh Section A Mathematics, Vol.139, 73-106, 2009.
85) 2,008 学術論文 (審査論文) 岡部 健士, 田村 隆雄 : 吉野川河道内に残留した水防竹林の管理計画に関する数値解析的検討, 水工学論文集, Vol.53, 625-630, 2009年.
86) 2,008 学術論文 (審査論文) 藤田 一郎, 安藤 敬済, 堤 志帆, 岡部 健士 : STIVによる劣悪な撮影条件での河川洪水流計測, 水工学論文集, Vol.53, 1003-1008, 2009年.
87) 2,008 学術論文 (審査論文) 田村 隆雄, 岡部 健士, 星川 豪, 末永 慶寛, 渡辺 康之 : 地質の異なる2つの山地森林流域における大雨時のNO3-N流出機構の比較検討, 水工学論文集, Vol.53, 499-504, 2009年.
88) 2,008 学術論文 (審査論文) 上田 隆雄, 稲岡 和彦, 亀田 貴文, 七澤 章 : HPFRCCを陽極システムに用いた電気化学的リハビリテーション手法に関する研究, セメント·コンクリート論文集, No.62, 500-506, 2009年.
89) 2,008 学術論文 (審査論文) 松尾 雄治, 中野 晋, 山本 基, 村上 仁士 : 320年間の洪水位観測記録から見た肱川の治水安全度の変遷, 水工学論文集, Vol.53, 583-588, 2009年.
90) 2,008 学術論文 (審査論文) 長崎 浩紀, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 世帯の空間分布予測モデルを用いた土地利用計画支援システムの開発, 日本建築学会計画系論文集, Vol.74, No.636, 409-416, 2009年.
91) 2,008 学術論文 (審査論文) 丁 育華, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : 地方都市における消費者の買物意識と行動の分析, 日本建築学会計画系論文集, Vol.74, No.636, 417-422, 2009年.
92) 2,008 学術論文 (審査論文) 清田 正徳, 福富 純一郎, 西 健織, 寺島 紀男 : 新型乾燥装置の内部流動について, 日本食品工学会誌, Vol.10, No.1, 17-22, 2009年.
93) 2,008 学術論文 (審査論文) Hideo Nishino, Tanaka Yasuhiro, Kato Yasuhisa and Kenichi Yoshida : Efficient Generation and Detection of a Guided Wave in a Pipe using Guided Wave Reflectors, Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering, Vol.3, No.2, 267-277, 2009.
94) 2,008 学術論文 (審査論文) 野田 稔, 長尾 文明, 和田 浩行, 宗田 和之 : 角柱後流で振動する円柱に作用する非定常圧力, 構造工学論文集, Vol.55A, 799-808, 2009年.
95) 2,008 学術論文 (審査論文) Tatsuya Okada, Hiroshi Kinoshita, Minoru Tagami and Fukuji Inoko : Tensile Deformation and Recrystallization in Copper Single Crystal and Bicrystal with Schmid Factor of 0.5, Materials Transactions, Vol.50, No.3, 446-452, 2009.
96) 2,008 学術論文 (審査論文) 石原 国彦, 北山 玄 : 流力弾性振動に及ぼす管配列の影響に関する研究, 日本機械学会論文集(C編), Vol.75, No.751, 541-549, 2009年.
97) 2,008 学術論文 (審査論文) 草野 剛嗣, 逢坂 昭治, 相馬 啓, 堀井 清之 : 飽和含水土壌内の凍土・温度予測, --- 土壌の凍結や融解現象を含む数値解析 ---, 地盤工学ジャーナル, Vol.4, No.1, 35-46, 2009年.
98) 2,008 学術論文 (審査論文) 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 津波防災まちづくり計画支援のための津波避難シミュレーションモデルの開発, 日本建築学会計画系論文集, Vol.74, No.637, 627-634, 2009年.
99) 2,008 学術論文 (審査論文) 堀 宗朗, 木村 定雄, 飯塚 敦, 大塚 悟, 熊谷 健一, 斎藤 利晃, 田村 武, 橋本 親典, 平出 純一, 山口 栄輝 : さまざまな工学部学科・専攻科で行われた教育改革の実例, 土木学会教育論文集, Vol.1, 135-143, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,008 学術論文 (紀要その他) 大北 一也, 高木 均, 小林 良生 : 射出成形された竹/PBS複合材料の曲げ特性, 香川県産業技術センター平成19年度研究報告, No.8, 33-36, 2008年.
2) 2,008 学術論文 (紀要その他) 永島 徹, 逢坂 昭治 : 水平管内気水二相流における分岐ダクト群への流量配分特性, 福岡大学工学集報, No.81, 53-60, 2008年.
3) 2,008 学術論文 (紀要その他) S Takemura, H Arakida, H Mitsuhashi and Mahito Kamada : Potential habitat of mangurove forests at coastal area of Iriomote and Ishigaki Islands in ryukyu Islands, southern Japan, Proceedings of ICLEE2008-4th International Conference on Landscape and Ecological Engineering, 183, 2008.
4) 2,008 学術論文 (紀要その他) Yushu Tashiro, Y Sato and Mahito Kamada : How to improve fish habitat in rural area - Planning methods for re-networking irrigation canals., Proceedings of ICLEE2008-4th International Conference on Landscape and Ecological Engineering, 126, 2008.
5) 2,008 学術論文 (紀要その他) Mahito Kamada, H Amano and N Shotake : `Kappa' folklore as the key to analyze regional difference of human perception on waterside envionments, Proceedings of ICLEE2008-4th International Conference on Landscape and Ecological Engineering, 124, 2008.
6) 2,008 学術論文 (紀要その他) 渡部 稔, 山城 考, 佐藤 高則, 大橋 眞, 間世田 英明, 續木 章三, 英 崇夫 : 高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」の実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.6, 85-101, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術レター

(なし)

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

1) 2,008 総説・解説 三輪 昌史 : 最新ロボット事情, 実験力学, Vol.8, No.2, 153-156, 2008年6月.
2) 2,008 総説・解説 長町 拓夫 : 年間展望-ロール成形-, 塑性と加工, Vol.49, No.571, 709-711, 2008年8月.
3) 2,008 総説・解説 中野 晋 : 中・長期的な潮位変動のモニタリング, 水工学シリーズ 08-B-3, B3-1-B3-16, 2008年8月.
4) 2,008 総説・解説 佐藤 弘美 : 「Connections」「Traditional/Historic Structures」「Evaluation」「Durability and Restoration」のまとめ (特集 WCTE2008宮崎), 住宅と木材, Vol.31, No.0, 18-21, 2008年9月.
5) 2,008 総説・解説 上野 勝利, 石田 義夫 : 中山間地の孤立対策としてのアマチュア無線, --- 徳島大学地域防災無線研究会「JR5YAU」の試み ---, CQ Ham Radio, Vol.63, No.10, 52-57, 2008年9月.
6) 2,008 総説・解説 上田 隆雄 : フライアッシュの有効利用と混和コンクリート構造物の耐久性に関する研究委員会の活動について, コンクリートテクノ, Vol.27, No.10, 35-41, 2008年10月.
7) 2,008 総説・解説 西野 秀郎 : パイプの円周方向に伝搬するガイド波の特徴と横波センサーによる励起, 超音波テクノ, Vol.20, No.6, 98-102, 2008年11月.
8) 2,008 総説・解説 西 泰行, 福富 純一郎 : 高効率・高通過性汚水用ポンプについて(第1報), ターボ機械, Vol.36, No.12, 721-728, 2008年12月.
9) 2,008 総説・解説 西 泰行, 福富 純一郎 : 高効率・高通過性汚水用ポンプについて(第2報), ターボ機械, Vol.37, No.1, 43-51, 2009年1月.
10) 2,008 総説・解説 橋本 親典 : 単位水量と骨材の吸水率が乾燥収縮に及ぼす影響, アグリゲイト, 6-7, 2009年3月.
11) 2,008 総説・解説 橋本 親典 : フライアッシュを用いたコンクリートの施工性能の評価方法, 平成20年度フライアッシュの有効利用促進に関する調査研究報告書, 105-115, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1) 2,008 国際会議 Tetsuya Sano, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Intelligent Texture Alignment for Kimono Disign, International Instrumentation and Measurement Technology Conference PROCEEDINGS (I2MTC2008), 265-269, Victoria, May 2008.
2) 2,008 国際会議 Hiroyuki Ukida, Naofumi Yamato, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : Omni-directional 3D Measurement by Hyperbolic Mirror Cameras and Pattern Projection, International Instrumentation and Measurement Technology Conference PROCEEDINGS (I2MTC2008), 365-370, Victoria, May 2008.
3) 2,008 国際会議 Tetsuya Sano, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Disign of Human-Computer Interface for Hand Writing Character, International Instrumentation and Measurement Technology Conference PROCEEDINGS (I2MTC2008), 594-597, Victoria, May 2008.
4) 2,008 国際会議 Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Measurement of Wheelchair Movement Area for SCI patient's Remodeling House, International Instrumentation and Measurement Technology Conference PROCEEDINGS (I2MTC2008), 706-711, Victoria, May 2008.
5) 2,008 国際会議 Hitoshi Takagi, Akira Mizobuchi, Koji Kusano and Yoshihito Okitsu : Flexural properties of all bamboo "green'' composites, High Performance Structures and Materials IV, 167-173, Carvoeiro, May 2008.
6) 2,008 国際会議 Akira Mizobuchi, Hitoshi Takagi, and Junichi Hino : Drilling machinability of resin-less "green" composites reinforced by bamboo fiber, High Performance Structures and Materials IV, 185-194, Carvoeiro, May 2008.
7) 2,008 国際会議 Koji Kusano, Hitoshi Takagi, Kako Shuhei, Gennai Yuusuke and Akiharu Ousaka : Thermal characteristics of PLA-bamboo composites, High Performance Structures and Materials IV, Vol.97, 175-183, Carvoeiro, May 2008.
8) 2,008 国際会議 Teruaki Ito : Simulation-based approaches towards congestion problems, Second Asia International Conference on Modelling and Simulation, 648-653, Kuala Lumpur, Malaysia, May 2008.
9) 2,008 国際会議 Abdullah Saifizul Ahmad, Karim Rehan Mohamed and Hideo Yamanaka : Evaluation of a Quartz Based Automatic Traffic Monitoring System, Proceedings of 10th International Conference on Application of Advanced Technologies in Transportation, Athens, May 2008.
10) 2,008 国際会議 Takeshi Watanabe, Takanori Miyachi, Chikanori Hashimoto and Masayasu Ohtsu : DETECTING DEFECTS IN PATCH REPAIRED CONCRETE BY ULTRASONIC METHOD, Structural Faults and Repair 2008, エジンバラ(英国), Jun. 2008.
11) 2,008 国際会議 Hiromi Sato, Yoshinari Suzuki and Kaori Fujita : Study on the Structural Performance of Traditional Timber Townhouse in Japan based on the Disaster of the Noto Hanto Earthquake in 2007, Proceedings of 10th World Conference on Timber Engineering, Miyazaki, Jun. 2008.
12) 2,008 国際会議 Tatsuya Okada, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto, Hiroyuki Kawahara, Yoichiro Ishida, Ryota Kumai, Masako Kawamoto and Makoto Yamaguchi : Structural Changes Induced by Femtosecond Laser Pulses on 4H-SiC Single Crystal: Studies Utilizing Transmission Electron Microscopy, Proceedings of the 9th International Symposium on Laser Precision Microfabrication, #08-59, Québec City, Jun. 2008.
13) 2,008 国際会議 Jing-Cai Jiang and Takuo Yamagami : Strength parameters from back analysis of slips in two-layer slopes, Proceedings of the 10th International Symposium on Landslides and Engineered Slopes, 747-753, Xi'an, Jun. 2008.
14) 2,008 国際会議 Mahito Kamada : People's participation in the re-designing the forest in the urban fringe area in Tokushima ,Japan, 3rd Conference of the Competence Network Urban Ecology, Urban Biodiversity & Design, Erfurt, Jun. 2008.
15) 2,008 国際会議 Kunihiko Ishihara : Study on influence of geometry on fluid elastic instability, The proceedings of the 9th International Conference on Flow-Induced Vibration-FIV2008, Praha, Jul. 2008.
16) 2,008 国際会議 Okada Kenji, Kikuo Tominaga, Retsuo Kawakami, Ohkura Shinya, Kazuya Kusaka and Takao Hanabusa : Deposition of photocatalytic tiO2 films by planar magnetron sputtering system with opposed Ti targets, 14th International Conference on Solid Films and Surfaces, 331-332, Dublin, Jul. 2008.
17) 2,008 国際会議 (名) Sukamta, Fumiaki Nagao, Minoru Noda and Kazuyuki Muneta : Aerodynamic Stabilizing Mechanism for a Cable Stayed Bridge with Two Edge Box Girder, Proceedings of 6th International Colloquium on Bluff Body Aerodynamics and Applications, 97-100, Milano, Jul. 2008.
18) 2,008 国際会議 Minoru Noda, Fumiaki Nagao, Wada Hiroyuki and Naitou Hiroko : Properties of Unsteady Pressure acting on a Circular Cylinder oscillating in a Wake of a Prism, Proceedings of 6th International Colloquium on Bluff Body Aerodynamics and Applications, 253-256, Milano, Jul. 2008.
19) 2,008 国際会議 Takao Hanabusa, Nishida Masayuji and Jing Tian : Residual stress evaluation of Ti casting alloy by X-ray single crystal measurement method, The 8th International Conference on Residual Stresses, Denver, Aug. 2008.
20) 2,008 国際会議 Mahito Kamada, H Amano and N Shotake : Classification of waterside environments based on 'kappa' folklore., 6th Annual Joint Seminar between Korea and Japan on Ecology and Civil Engineering, Symposium "Restoration of streams and wetlands in urban areas : How can we maximize riverine habitat within the restriction of flood cantrol? Principles Case Studies", Korea, Aug. 2008.
21) 2,008 国際会議 Teruaki Ito and Alexander Slocum : Teaching creative engineering: education in Japan and the USA, Proceedings of the ASME 2008 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference, Vol.DETC2008, No.49324, 1-10, New York, USA, Aug. 2008.
22) 2,008 国際会議 Teruaki Ito : Intuition-based browsing interaction towards emotional design, Proceedings of the ASME 2008 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference, Vol.DETC2008, No.49456, 1-7, New York, USA, Aug. 2008.
23) 2,008 国際会議 Tatsuya Matsue, Takao Hanabusa and Sakata Osami : Relaxation of residual stresses in thin films investigated using synchrotron radiation, The 8th International Conference on Residual stresses, Denver, Aug. 2008.
24) 2,008 国際会議 Shiro Ayumi, Takao Hanabusa, Nishida Masayuki and Jing Tian : Residual stress estimation of Ti casting alloy by X-ray single crystal measurement method, The 8th International Conferenceon Residual Stresses, Denver, Aug. 2008.
25) 2,008 国際会議 Nishida Masayuki, Shiro Ayumi, Jing Tian, Muslih Refai M. and Takao Hanabusa : Residual stress measurement of coarse crystal grain in titanium casting alloy by neutron diffraction, The 8th International Conference on Residual Stresses, Denver, Aug. 2008.
26) 2,008 国際会議 Takao Hanabusa, Kazuya Kusaka and Nishida Masayuki : Diffraction stress measurement on coarse graind materials, The 8th International Conference on Residual Stresses, Denver, USA, Aug. 2008.
27) 2,008 国際会議 Hitoshi Takagi and Yuji Hagiwara : Microfracture behavior of hemp fiber-reinforced green composites, Proceedings of the 5th International Workshop on Green Composites, 23-26, Fukushima, Aug. 2008.
28) 2,008 国際会議 Kazuya Ohkita and Hitoshi Takagi : Effect of mold temperature on flexural properties of bamboo/PBS composites prepared by injection molding, Proceedings of the 5th International Workshop on Green Composites, 51-56, Fukushima, Aug. 2008.
29) 2,008 国際会議 Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi and Shirai Yutarou : The Effect of Casing Shape on Performance of Sirocco Fan Using Contra-Rotating Rotors, Proceedings of the ASME Fluids Engineering Division Summer Conference, Jacksonville, Florida, USA, Aug. 2008.
30) 2,008 国際会議 Hiroyuki Ukida : 3D Information Acquisition Using Pattern Projection and Omni-directional Cameras, Proceedings of SICE Annual Conference 2008, 485-490, Tokyo, Aug. 2008.
31) 2,008 国際会議 Hiroyuki Ukida : 3D Shape and Specular Reflection Measurement Using Image Scanner, Proceedings of SICE Annual Conference 2008, 1526-1530, Tokyo, Aug. 2008.
32) 2,008 国際会議 Kazuya Ohkita and Hitoshi Takagi : Structural and mechanical behavior of bamboo/PBS composites prepared by injection molding, Book of Extended Abstracts AWPP2008 (Asian Workshop on Polymer Processing in Japan), 171-172, Tokyo, Aug. 2008.
33) 2,008 国際会議 Yusuke Gennai and Hitoshi Takagi : Thermal insulation characteristics of biodegradable composite materials reinforced by Manila hemp fiber, Book of Extended Abstracts AWPP2008 (Asian Workshop on Polymer Processing in Japan), 189-190, Tokyo, Aug. 2008.
34) 2,008 国際会議 Kikuchi Kunitomo, Masafumi Miwa and Tuchitani Shigeki : Evaluation of Basic Operating Characteristics of Ion Conductive Polymer Actuator using Ionic Liquid, SICE Annual Conference 2008 (SICE 2008), 1092-1095, Tokyo, Aug. 2008.
35) 2,008 国際会議 Takeshi Watanabe, Hirotoshi Fujigaki, Chikanori Hashimoto and Masayasu Ohtsu : EVALUATION OF GROUTING CONDITION IN REPAIRED CONCRETE BY IMPACT-ECHO, On Site Assessment of Concrete, Masonry and Timber Structures SACoMaTiS 2008, Vol.1, 79-86, Varenna Italy, Sep. 2008.
36) 2,008 国際会議 Junko Sanada : A Study on the planning concept of walking for health referring to "Tokyo Hoken Doro Promenade Proposal", Proceedings of 14th Conference of Urban Transport, Vol.14, Malta, Sep. 2008.
37) 2,008 国際会議 Hiroshi Ona, Ryuhou Sho, Takuo Nagamachi and Kiyomasa Hoshi : On Development of Flexible Cold Roll Forming Machine, Proceeding of 9th International Conference on Technology of Plasticity 2008, 2021-2025, Gyeongju Korea, Sep. 2008.
38) 2,008 国際会議 Teruaki Ito : Walking motion analysis using 3D acceleration sensors, European Modelling Symposium 2008, 123-128, Liverpool, United Kingdom, Sep. 2008.
39) 2,008 国際会議 Hiroyuki Ukida, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : 3D Shape, Color and Specular Estimation Using Image Scanner with Multiple Illuminations, Proceedings of IEEE International Workshop on Imaging Systems and Techniques, 2008 (IST 2008), 271-276, Chania, Sep. 2008.
40) 2,008 国際会議 Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hideki Yamamoto and Hiroyuki Ukida : Measurement of Wheelchair Size for Analyzing Transfer Motion for SCI Patients, Proceedings of IEEE International Workshop on Imaging Systems and Techniques, 2008 (IST 2008), 265-270, Chania, Sep. 2008.
41) 2,008 国際会議 Tetsuya Sano, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Motion Analysis of Hand Writing Characters, Proceedings of IEEE International Workshop on Imaging Systems and Techniques, 2008 (IST 2008), 257-260, Chania, Sep. 2008.
42) 2,008 国際会議 Yoshifumi Jodai, Yoshikazu Takahashi, Masashi Ichimiya and Hideo Osaka : Influence of the Wake Splitter Plate on the Vortex Structure behind a Long Flat Plate with a Blunt Trailing Edge, Proceedings of the 2nd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, Technical University Berlin, Berlin, Germany, Sep. 2008.
43) 2,008 国際会議 Kenichi Yoshida, Takeshi Yasuda, Shinya Kondo and Hideo Nishino : Experimental Simulation and Dynamic Behavior of The AE due to Martensitic Transformation Using Shear Wave Transmission Sensor, Proc. of the 28th European Conference on Acoustic Emission Testing (EWGAE-2008), Vol.28, 280-285, Krakow(Poland), Sep. 2008.
44) 2,008 国際会議 Hiroyuki Ukida and Yamanaka Yasuyuki : Object Tracking System Using Pan-Tilt Cameras and Arm Robot, Proceedings of The 7th International Conference on Machine Automation (ICMA2008), 195-200, Awaji, Sep. 2008.
45) 2,008 国際会議 Hitoshi Takagi and Hiroshi Mori : Press forming of all bamboo green composites, Proceedings of the Sixth Asian-Australasian Conference on Composite Materials, 219-222, Kumamoto, Sep. 2008.
46) 2,008 国際会議 Kazuya Ohkita and Hitoshi Takagi : Flexural properties of bamboo/PBS composites prepared by injection molding, Proceedings of the Sixth Asian-Australasian Conference on Composite Materials, 227-230, Kumamoto, Sep. 2008.
47) 2,008 国際会議 Koujirou Itotani and Hitoshi Takagi : Mechanical properties of hemp fiber-reinforced composites, Proceedings of the Sixth Asian-Australasian Conference on Composite Materials, 459-461, Kumamoto, Sep. 2008.
48) 2,008 国際会議 Masafumi Miwa, Ittetsu Shiraishi, Makoto Matshushima and Kiyoshi Miami : Remote Control Support System for R/C Helicopter, Proceedings of The 7th International Conference on Machine Automation ICMA2008, 105-108, 淡路島, Sep. 2008.
49) 2,008 国際会議 Masafumi Miwa, Hiroyashu Sakane, Kenji Nagase, Yasuhiro Koshimoto and Shigeki Tuchitani : Study on One-legged Robot Jumping, Proceedings of The 7th International Conference on Machine Automation ICMA2008, 99-104, 淡路島, Sep. 2008.
50) 2,008 国際会議 Kojiro WATANABE, Hiroki Nagasaki and Akio Kondo : DEVELOPMENT OF LAND USE PLANNING SUPPORT SYSTEM USING HOUSEHOLD DISTRIBUTION PREDICTION MODEL, Proceedings of ASIA GIS 2008, 40, Busan, Sep. 2008.
51) 2,008 国際会議 升田 雅博, 溝渕 啓, 小川 仁 : ダイヤモンド電着工具によるガラス基板への通し穴加工, 第13回国際工作機械技術者会議論文集, 28-29, 東京, 2008年10月.
52) 2,008 国際会議 Tomoki Furukawa, Takao Ueda, Masato Kohri and Akira Nanasawa : Evaluation of Fliedel's salt content in mortar using near-infrared spectroscopic technique, Proceedings of the Fifth International Conference on Advanced Materials Development and Performance (CD-ROM), Beijing, Oct. 2008.
53) 2,008 国際会議 Takafumi Kameda, Takao Ueda, Kazuhiko Inaoka and Akira Nanasawa : Electrochemical corrosion control method with HPFRCC composite electrode, Proceedings of the Fifth International Conference on Advanced Materials Development and Performance (CD-ROM), Beijing, Oct. 2008.
54) 2,008 国際会議 Hideo Nishino, Kato Yasuhisa, Tanaka Yasuhiro and Kenichi Yoshida : Efficient generation and detection of a guided wave in a pipe using guided wave reflectors, Proc. 3rd International Conference on Materials and Processing 2008, Northwestern, Oct. 2008.
55) 2,008 国際会議 Shamimur Md. Rahman, T. Md. ShamimurKatsuma Rahman, Daisuke Yonekura and Ri-ichi Murakami : Effect of Bias Voltage on Fatigue Behavior of CrN Film Deposited on Ti-Al-4V Alloy, Proceedings of the 3rd International Conference on Material and Processing 2008, Chicago, Oct. 2008.
56) 2,008 国際会議 Qiu Zhiyong, Wang Pangpang and Ri-ichi Murakami : THE PREPARATION AND PROPERTIES OF ZINC OXIDE/SILVER/ZINE OXIDE MULTILAYER TRANSPARENT CONDUCTIVE OXIDE THIN FILMS DEPOSITED BY A D.C. MAGNETRON SPUTTERING SYSTEM, Proceedings of the 3rd International Conference on Material and Processing 2008, Chicago, Oct. 2008.
57) 2,008 国際会議 Akinori Furukawa, Satoshi Watanabe, Kusuo Okuma and Toru Shigemitsu : Considerations on Higher Efficiency Operation with Contra-Rotating Axial Flow Pump, Proceedings of 2008 AFMC Annual Forum and Meeting, Beijing, China, Oct. 2008.
58) 2,008 国際会議 Takashi Minamoto, Yoshifumi Nariyuki, Yasuhiro Fujiwara and Atsushi Mikami : Development of Tsunami Refuge Petri-Net Simulation System utilizable in Independence Disaster Prevention Organization, Proceedings (CD-ROM) of The 14th World Conference on Earthquake Engineering (14WCEE), No.Paper ID. 09-02-0018, 1-8, Beijing, Oct. 2008.
59) 2,008 国際会議 Kouichi Suchi, Yoshifumi Nariyuki, Yukiko Sedo and Atsushi Mikami : A Fundamental Study on Development of a Verification System for Earthquake- Proof Measures for Furniture, Proceedings (CD-ROM) of The 14th World Conference on Earthquake Engineering (14WCEE), No.Paper ID. 05-01-0121, 1-8, Beijing, Oct. 2008.
60) 2,008 国際会議 Toshikazu Matsuda, Atsushi Mikami, Terumasa Okamoto, Susumu Nakano, Takeshi Okabe and Yoshifumi Nariyuki : Two-Layer Modeling of Ground Based on Microtremor Observations and Its Application to Areas Devastated by Recent Major Earthquakes in Japan, Proc. The 14th World Conference on Earthquake Engineering, #-1-1017, Beijing, Oct. 2008.
61) 2,008 国際会議 Takehiko Saito, Atsushi Mikami, Susumu Nakano and Yoshifumi Nariyuki : Attenuation and Site Amplification for Long-Period Ground Motions Observed in Western Japan, Proceedings of the 14th World Conference on Earthquake Engineering, #-10-0024, Beijing, Oct. 2008.
62) 2,008 国際会議 Tomoyuki Shimada, Atsushi Mikami, Hiroyuki Maki and Yoshifumi Nariyuki : Generation of Response-Spectrum-Compatible Ground Motions Based on First-Passage Theory, Proceeding of the 14th World Conference on Earthquake Engineering, Beijing, Oct. 2008.
63) 2,008 国際会議 Kunihiro Yuno, Mitsuhiro Ishi, Chikanori Hashimoto and Hiroyuki Mizuguchi : Construction placement and hardening properties of shotcrete with highly functional fly ash, Program & Abstract Book of AMDP 2008 (International conference on Advanced Materials Development and Performance 2008), Beijing, Oct. 2008.
64) 2,008 国際会議 Takao Hanabusa, Tadashige Daiki and Nishida Masayuki : X-ray stress measurement of coarse grained cast Aluminum, AMDP 2008 Program & Abstract Book, 48, Beijing, Oct. 2008.
65) 2,008 国際会議 Daisuke Yonekura, T. Ishikawa and Ri-ichi Murakami : Effect of Ion Bombardment on Adhesive Strength of Hard Thin Film Deposited on Aluminum Alloy, International Conference on Advanced Materials Development & Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
66) 2,008 国際会議 Masaya Takahashi, Daisuke Yonekura, Ri-ichi Murakami and Masahiro Katoh : The influence of surface roughness of substrate on SiO2 powders-steel adhesion, International Conference on Advanced Materials Development & Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
67) 2,008 国際会議 Y. Nishioka, Daisuke Yonekura and Ri-ichi Murakami : Influence of interlayers on tribological properties of CrN deposited on aluminum alloy, International Conference on Advanced Materials Development & Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
68) 2,008 国際会議 Y. Harauchi, Daisuke Yonekura and Ri-ichi Murakami : Photocatalytic Properties of a TiOxNy Film Obtained by Oxidation of TiN Film, International Conference on Advanced Materials Development & Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
69) 2,008 国際会議 Hitoshi Takagi : Processing and characterization of nano-cellulose fiberboard, Program and Abstract Book of International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008, 143-144, Beijing, Oct. 2008.
70) 2,008 国際会議 Yuji Goryozono, Shigeyuki Date, Chikanori Hashimoto and Takeshi Watanabe : Study on the influence of sand percentage, mineral admixture and mixing method on vibration filling ability, Program & Abstract Book of AMDP 2008 (International conference on Advanced Materials Development and Performance 2008), Beijing, Oct. 2008.
71) 2,008 国際会議 Motoaki Yoshida, Chikanori Hashimoto, Takeshi Watanabe and Hiroyuki Mizuguchi : Estimation of mixing efficiency of model concrete mixed in bi-axial forced-mixing type mixer by the fluctuation of pressure measured on the blade, Program & Abstract Book of AMDP 2008 (International conference on Advanced Materials Development and Performance 2008), Beijing, Oct. 2008.
72) 2,008 国際会議 Isoda Hirokazu, Kazuya Kusaka and Takao Hanabusa : Evaluation of residual stresses induced by laser peening, AMDP 2008 Program & Abstract Book, 92, Beijing, China, Oct. 2008.
73) 2,008 国際会議 Shinohara Mitsuhiko, Takao Hanabusa and Kazuya Kusaka : Residual stress development in Cu thin films with and without AlN passivation by cyclic plane bending, AMDP 2008 Program & Abstract Book, 93, Beijing, China, Oct. 2008.
74) 2,008 国際会議 Hiromi Kurosaki and Susumu Nakano : Development of the Street Dance Drill for Disaster Prevention Education, Proc. of the 14th World Conference on Earthquake Engineering, Beijing, China, Oct. 2008.
75) 2,008 国際会議 K. Oka, Daisuke Yonekura and Ri-ichi Murakami : Electrochemical Properties of Boron-doped Diamond Deposited by Microwave Plasma CVD Method, International Conference on Advanced Materials Development & Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
76) 2,008 国際会議 K. Kario, Daisuke Yonekura and Ri-ichi Murakami : Oxygen Solubility and Diffusibility of SiOxNy Films Deposited by DC Magnetron Sputtering, International Conference on Advanced Materials Development & Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
77) 2,008 国際会議 H. Nagaoka, Daisuke Yonekura and Ri-ichi Murakami : Fatigue Properties of Medium Carbon Steel Deposited with CrN and TiAlN Film, International Conference on Advanced Materials Development & Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
78) 2,008 国際会議 T. Katsuma, Shamimur Md. Rahman, Daisuke Yonekura and Ri-ichi Murakami : Evaluation of Crack Initiation and Fatigue Behavior of CrN Film Deposited on Ti-6Al-4V Alloy, International Conference on Advanced Materials Development & Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
79) 2,008 国際会議 Wang PangPang, Qiu Zhiyong, Gao Lumei, Wang Liqun, Ri-ichi Murakami and Song Xiaoping : Preparation and field emission properties of Ag nanorod arrays by AAO template synthesis method, International Conference on Advanced Materials Development & Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
80) 2,008 国際会議 Wang PangPang, Gao Lumei, Wang Liqun, Yang Sen, Song Xiaoping and Ri-ichi Murakami : Magnetic properties of FeNi nanowires array assembled by AC electrodeposition on porous AAO template, International Conference on Advanced Materials Development & Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
81) 2,008 国際会議 Lee Chan-joo, Ri-ichi Murakami and Suh Chang-min : Fatigue properties of aluminum alloy(A6061-T6) with ultrasonic nanocrystal surface modification, International Conference on Advanced Materials Development & Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
82) 2,008 国際会議 Cao Xiaojian, Ri-ichi Murakami and Wang Qingyuan : Fatigue properties of Ti-6AI-4V subjected to 0.9% physiogical saline solution, International Conference on Advanced Materials Development & Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
83) 2,008 国際会議 Cao Xiaojian, Ri-ichi Murakami and Wang Qingyuan : Fatigue properties of Ti-6AI-4V sterilized by 75% medical alcohol, International Conference on Advanced Materials Development & Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
84) 2,008 国際会議 Ri-ichi Murakami and Shin Do-Hoon : Effect of process parameters on electrical, optical and electromagnetic shielding properties on IZO films produced by Inclination Opposite Target Type DC Magnetron Sputtering at room temperature, International Conference on Advanced Materials Development & Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
85) 2,008 国際会議 Fukui Satoshi, Daisuke Yonekura and Ri-ichi Murakami : Influence of deposition conditios on ftigue properties of martensitic steel with TiN film coated by Arc Ion plating method, International Conference on Advanced Materials Development & Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
86) 2,008 国際会議 Yim Cheolmun and Ri-ichi Murakami : Chemical Modification of Diamond Films on Pure Titanium Deposited By MPCVD Method, International Conference on Advanced Materials Development & Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
87) 2,008 国際会議 Yoon H.K., Ri-ichi Murakami and Oiu Z. : Patterning of indium Zn oxide by photolithography for fabrication of flat-pannel displays, International Conference on Advanced Materials Development & Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
88) 2,008 国際会議 Toru Shigemitsu, Sakai Shintarou, Kawada Masanori, Matsuoka Tsukasa and Junichiro Fukutomi : The Study on The Flow Phenomena of Unvulcanized Rubber in Process of Filling, Proceedings of the 7th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Hokkaido , Japan, Oct. 2008.
89) 2,008 国際会議 Kazuya Ohkita and Hitoshi Takagi : Flexural properties of injection-molded bamboo/PBS composites, Program and Abstract Book of International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008, 150-151, Beijing, Oct. 2008.
90) 2,008 国際会議 Masanori Tsuji and Kunihiko Ishihara : Study on Noise Reduction of Suction machine with Complicated Piping System by use of Side Branch, The proceedings of Internoise2008 Conference, Shanghai, Oct. 2008.
91) 2,008 国際会議 Hitoshi Takagi : Fabrication and characterization of cellulose nanocomposites, Proceedings of the 8th China-Japan Joint Conference on Composites, 227-230, Sapporo, Oct. 2008.
92) 2,008 国際会議 Kunihiko Ishihara : Study on Generation Mechanism of High Level Sound Generated in Boiler and Heat Exchanger, The proceedings of Internoise2008 Conference, Shanghai, Oct. 2008.
93) 2,008 国際会議 Nu Yan, Sun Jianjun, Insup Lee and Ri-ichi Murakami : Effect of plasma nitrocarburizing on fatigue strength of SCM435 steel, Journal of Pressure Equipment and Systems, Vol.6, 25-28, Oct. 2008.
94) 2,008 国際会議 Yushu Tashiro, Y Sato and Mahito Kamada : How to improve fish habitat in rural area - Planning methods for re-networking irrigation canals., ICLEE2008-4th International Conference on Landscape and Ecological Engineering, Taipei, Nov. 2008.
95) 2,008 国際会議 S Takemura, H Arakida, H Mitsuhashi and Mahito Kamada : Potential habitat of mangurove forests at coastal area of Iriomote and Ishigaki Islands in ryukyu Islands, southern Japan, ICLEE2008-4th International Conference on Landscape and Ecological Engineering, Taipei, Nov. 2008.
96) 2,008 国際会議 Tetsuya Suekane, H. T. Nguyen, T. Matsumoto, M. Matsuda, Masanori Kiyota and Akiharu Ousaka : Direct measurement of trapped gas bubbles by capillarity on the pore scale, 9th International Conference on Greenhouse Gas Control Technologies GHGT-9, Washington, D.C., Nov. 2008.
97) 2,008 国際会議 Nhar Heng, Hitoshi Ushio, Chikanori Hashimoto, Hiroyuki Mizuguchi and Takeshi Watanabe : Durability of concrete using low quality of fine and coarse recycled aggregate for the whole aggregate, Proceedings of The Third ACF International Conference (CD-ROM), Vol.3, 1014-1019, HoChiMinh City, Vietnam, Nov. 2008.
98) 2,008 国際会議 Yun-Hae Kim and Takao Hanabusa : Activation of Engineering Education through International Capstone Design Coalition, Proceedings of the International Symposium on Engineering Education, 23-27, Dublin, Nov. 2008.
99) 2,008 国際会議 Takao Hanabusa and Yun-Hae Kim : Activities in the Center for Innovation and Creativity Development of The University of Tokushima -Current International Relationship between The University of Tokushima and Korea Maritime University and the Future Development-, Proceedings of the International Symposium on Engineering Education, 29-32, Dublin, Nov. 2008.
100) 2,008 国際会議 Mahito Kamada, H Amano and N Shotake : `Kappa' folklore as the key to analyze regional difference of human perception on waterside envionments, ICLEE2008-4th International Conference on Landscape and Ecological Engineering, Taipei, Nov. 2008.
101) 2,008 国際会議 Takeshi Watanabe, Motoyasu Hoshomi, Chikanori Hashimoto and Masayasu Ohtsu : EVALUATION OF CRACKING IN RECYCLED CONCRETE CONTAINING RECYCLED AGGREGATE BY ACOUSTIC EMISSION TECHNIQUE, PROGRESS IN ACOUSTIC EMISSION 19, Kyoto, Dec. 2008.
102) 2,008 国際会議 Tsuyoshi Miyata, Tetsuo Iwata and Tsutomu Araki : A Reflection-Type Pulse Oximeter Using Four Wavelengths Equipped with a Gain-Enhanced Gated-Avalanche-Photodiode, 13th International Conference on Biomedical Engineering 2008, Singapore, Dec. 2008.
103) 2,008 国際会議 Hironobu Shibata and Tetsuo Iwata : A Precise Deconvolution Procedure for Deriving a Fluorescence Decay Waveform of a Biomedical Sample, 13th International Conference on Biomedical Engineering 2008, Singapore, Dec. 2008.
104) 2,008 国際会議 Kenichi Yoshida, Masaki Numaue, Yusuke Kuniyasu and Hideo Nishino : Acoustic Emission Behavior during Deformation of Al-Mg-Si Alloys, Progress in Acoustic Emission XIV ( Proc. of The 19th International Acoustic Emission Symposium ), Vol.19, 151-156, Kyoto, Dec. 2008.
105) 2,008 国際会議 Kenichi Yoshida, Takeshi Yasuda, Shinya Kondo and Hideo Nishino : Growth Development of Martensitic Transformation Behavior in Cu-Al-Ni Shape Memory Alloy Based on Experimental AE Simulation, Progress in Acoustic Emission XIV ( Proc. of The 19th International Acoustic Emission Symposium ), Vol.19, 171-178, Kyoto, Dec. 2008.
106) 2,008 国際会議 Akira Tsunemi and Hitoshi Takagi : Corrosion of bamboo under water environment, Abstracts of IUMRS International Conference in Asia 2008, HP_32.pdf, Nagoya, Dec. 2008.
107) 2,008 国際会議 Hitoshi Takagi and Takehito Mori : Enhanced mechanical properties of bamboo by press forming, Abstracts of IUMRS International Conference in Asia 2008, HO_13.pdf, Nagoya, Dec. 2008.
108) 2,008 国際会議 Kenichi Yoshida, Nunez Rem Laodeno and Hideo Nishino : Frequency Variations and Surface Loss Analysis of Generated AE Signals during Gas Leakage on Artificial Damaged Pipe, Progress in Acoustic Emission XIV ( Proc. of The 19th International Acoustic Emission Symposium ), Vol.19, 523-530, Kyoto, Dec. 2008.
109) 2,008 国際会議 Hiroyuki Kawahara, Tatsuya Okada, Ryota Kumai, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto and Makoto Yamaguchi : Cross-Sectional TEM Analysis of Structural Change in 4H-SiC Single Crystal Irradiated by Femtosecond Laser Pulses, Materials Science Forum, Vol.600-603, 883-886, Otsu, Japan (Oct.2007), Jan. 2009.
110) 2,008 国際会議 Hitoshi Imai, Naoyuki Ishimura and Masahiro Kushida : Space-Precise Computation of a Singular Nonlinear Evolution Equation for the Risk Preference, IMECS 2009 Proceedings, 2135-2139, Hong Kong, Jan. 2009.
111) 2,008 国際会議 Hitoshi Takagi : Preparation and characterization of green nanocomposites, Proceedings of The Third International Symposium on Advanced Mechatronics Engineering, 11-16, Changwon, Jan. 2009.
112) 2,008 国際会議 Hitoshi Takagi : Characterization of cellulosic green nanocomposites, Abstract of Ninth International Symposium on Biomimetic Materials Processing (BMMP-9), 78, Nagoya, Jan. 2009.
113) 2,008 国際会議 Hitoshi Takagi and Yusuke Gennai : Thermal insulation characteristics of biomimetic composite materials reinforced by natural fiber, Abstract of Ninth International Symposium on Biomimetic Materials Processing (BMMP-9), 79, Nagoya, Jan. 2009.
114) 2,008 国際会議 Hitoshi Takagi : Introduction of green composites research in Japan, Seminar on Green Composites, 1-7, Busan, Feb. 2009.
115) 2,008 国際会議 Hitoshi Takagi : Environment-friendly green composites, Seminar on Green Composites, 1-8, Busan, Feb. 2009.
116) 2,008 国際会議 Hitoshi Takagi : Mechanical and thermal insulation characteristics of green composites, Third Korea-Japan Green Composites Workshop, 3_1-3_8, Seoul, Mar. 2009.
117) 2,008 国際会議 Teruaki Ito : A marker-based viewpoint recognition for interaction with virtual objects, UKSim 2009, Cambridge, United Kingdom, Mar. 2009.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1) 2,008 国内講演発表 吉田 元昭, 福嶋 慎吾, 橋本 親典, 渡邉 健 : 圧力変動に基づく2軸強制練りミキサの練混ぜの定量化, 日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, Vol.7, 29-30, 2008年4月.
2) 2,008 国内講演発表 橋本 親典, 江口 正晃, 渡邉 健, 石丸 啓輔 : 振動付与2軸強制練りミキサを用いて製造した再生骨材コンクリートの品質に関する実験的検討, 日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, Vol.7, 33-34, 2008年4月.
3) 2,008 国内講演発表 宮地 孝徳, 渡邉 健, 橋本 親典, 石丸 啓輔 : 断面修復箇所での欠陥検出における二探触子一面法の適用, 日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, Vol.7, 35-36, 2008年4月.
4) 2,008 国内講演発表 井上 裕史, 光滝 敬二, 渡邉 健, 橋本 親典, 黒木 優介 : 表面気泡抜き取り器具を用いたコンクリートの耐久性に関する基礎的研究, 日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, Vol.7, 39-40, 2008年4月.
5) 2,008 国内講演発表 水口 裕之, 坂本 侑士, 上田 隆雄, 石丸 啓輔 : 現地発生土砂を全量用いた砂防ダム用コンクリートの配合決定方法, 日本材料学会四国支部第7回学術講演会講演論文集, 29-30, 2008年4月.
6) 2,008 国内講演発表 水口 裕之, 西川 浩史, 上田 隆雄, 横井 克則 : 廃棄コンクリートからの再生材料を全量用いた高流動コンクリートの収縮特性, 日本材料学会四国支部第7回学術講演会講演論文集, 41-42, 2008年4月.
7) 2,008 国内講演発表 郡 政人, 古川 智紀, 上田 隆雄, 水口 裕之 : 近赤外分光法を用いたコンクリート中の塩化物イオン濃度の推定方法に関する検討, 日本材料学会四国支部第7回学術講演会講演論文集, 3-4, 2008年4月.
8) 2,008 国内講演発表 楠原 孝明, 長尾 文明, 野田 稔, 重永 雄大 : ニューラルネットワークを用いた地形因子による風況推定における観測期間の影響, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2008年5月.
9) 2,008 国内講演発表 篠宮 章, 長尾 文明, 野田 稔, 宗田 和之 : 垂直軸型風車の性能に及ぼす風車形状パラメータの影響, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2008年5月.
10) 2,008 国内講演発表 脇 孝文, 矢原 吾一, 田尾 勇樹, 長尾 文明, 野田 稔 : 平成19年徳島市国府町の竜巻被害について, --- その1 被害状況と竜巻の進路 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2008年5月.
11) 2,008 国内講演発表 山田 和弘, 陳 君, 長尾 文明, 野田 稔 : 平成19年徳島市国府町の竜巻被害について, --- その2 竜巻中心付近の風速の推定 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2008年5月.
12) 2,008 国内講演発表 真田 純子, 三多 庸介, 山中 英生 : 街区公園の鑑賞的価値とデザインの関係に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 2008年5月.
13) 2,008 国内講演発表 重光 亨, 矢野 忠寛, 松岡 司, 福富 純一郎 : 小型軸流ファンの性能特性と相似則に関する研究(二重反転形採用の可能性について), ターボ機械協会総会講演会, 2008年5月.
14) 2,008 国内講演発表 西 泰行, 福富 純一郎, 松尾 信明, 藤原 亮太, 重光 亨 : 汚水用新型ポンプの損失解析, ターボ機械協会総会講演会, 2008年5月.
15) 2,008 国内講演発表 近藤 光男, 村上 幸二郎, 渡辺 公次郎, 丁 育華, 大西 賢和 : 都心居住を考慮した都市施設の配置評価モデルとその適用, 都市計画研究講演集, Vol.Vol.6, 17-20, 2008年5月.
16) 2,008 国内講演発表 大西 賢和, 近藤 光男, 渡辺 公次郎, 村上 幸二郎, 丁 育華, 余田 翔平 : 高齢者の都心居住を考慮した都市施設の配置評価に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 242-243, 2008年5月.
17) 2,008 国内講演発表 冨永 数男, 中野 晋 : 海岸堤防に作用する段波津波の実験, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2008年5月.
18) 2,008 国内講演発表 冨永 数男, 中野 晋 : 能登半島地震・新潟県中越沖地震における企業被害調査, 地域安全学会, 2008年5月.
19) 2,008 国内講演発表 冨永 数男, 中野 晋, 川野 祐樹 : 津波に対する消波ブロック安定性に関する実験的考察, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2008年5月.
20) 2,008 国内講演発表 渡辺 公次郎, 長﨑 浩紀, 近藤 光男 : 徳島都市圏における世帯の空間分布予測モデルの開発, 都市計画研究講演集, Vol.6, 29-32, 2008年5月.
21) 2,008 国内講演発表 近藤 光男, 村上 幸二郎, 渡辺 公次郎, 丁 育華, 大西 賢和 : 都心居住を考慮した都市施設の配置評価モデルとその適用, 都市計画研究講演集, Vol.6, 17-20, 2008年5月.
22) 2,008 国内講演発表 竹田 竜樹, 蒋 景彩, 山上 拓男 : 線形・非線形強度式が斜面安定解析に及ぼす影響について, 平成20年度土木学会四国支部第14回技術研究発表会, 155-156, 2008年5月.
23) 2,008 国内講演発表 宮地 孝徳, 渡邉 健, 橋本 親典, 石丸 啓輔 : 断面修復部の欠陥検出における一探触子超音波の適用, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 316-317, 2008年5月.
24) 2,008 国内講演発表 千賀 年浩, 伊達 重之, 渡邉 健, 橋本 親典 : FAの産地と添加量が2次製品用コンクリートの振動締固めに及ぼす影響, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 312-313, 2008年5月.
25) 2,008 国内講演発表 橋本 親典, 石田 清嗣, 渡邉 健, 石丸 啓輔 : BOX形充てん装置の振動充てん時間によるフレッシュコンクリートの施工性能の評価, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 314-315, 2008年5月.
26) 2,008 国内講演発表 江口 正晃, ニョー ヘン, 橋本 親典, 渡邉 健 : 再生細・粗骨材Lを全量骨材に用いたコンクリートの耐久性に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 318-319, 2008年5月.
27) 2,008 国内講演発表 日向 隆裕, 近藤 光男, 渡辺 公次郎, 近藤 明子, 大塚 可奈子, 三上 千春 : 全国高速交通体系整備が地域に及ぼした影響について, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 240-241, 2008年5月.
28) 2,008 国内講演発表 大西 賢和, 近藤 光男, 渡辺 公次郎, 村上 幸二郎, 丁 育華, 余田 翔平 : 高齢者の都心居住を考慮した都市施設の配置評価に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 242-243, 2008年5月.
29) 2,008 国内講演発表 高橋 和希, 鈴木 壽, 青野 寛之 : 地盤材料に対する熱伝導率の測定結果に対する考察, 平成20年度土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 202-203, 2008年5月.
30) 2,008 国内講演発表 冨長 亜沙実, 田村 隆雄 : 吉野川水系に属する3流域の水質特性に関する調査研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 420-421, 2008年5月.
31) 2,008 国内講演発表 大谷 拓也, 田村 隆雄 : 竹ヶ島海中公園自然再生事業に関連した宍喰川流域の水質特性に関する調査研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 422-423, 2008年5月.
32) 2,008 国内講演発表 江尻 雄三郎, 田村 隆雄 : 土地利用の異なる2つの流域の洪水時水質特性と物質流出量の評価, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 426-427, 2008年5月.
33) 2,008 国内講演発表 渡辺 康之, 田村 隆雄 : 数理モデルを用いた地質が異なる2つの山地森林流域の洪水時物質流出機構の定量評価, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 430-431, 2008年5月.
34) 2,008 国内講演発表 森本 恵美, 滑川 達 : 建設企業の入札行動特性から見る指名制度の評価, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, No.14, 354-355, 2008年5月.
35) 2,008 国内講演発表 中野 晋, 黒崎 ひろみ, 魁生 知佐子, 岡部 健士, 藤田 真人 : 徳島大学における防災リーダー養成の取組み, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 2008年5月.
36) 2,008 国内講演発表 藤分 志保, 水口 裕之, 上田 隆雄 : 木質系未利用資源のバイオマスエネルギーへの有効利用に関する一考察, 土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 364-365, 2008年5月.
37) 2,008 国内講演発表 高橋 昌子, 石丸 啓輔, 渡邉 健, 水口 裕之 : SP剤およびフライアッシュを用いたコンクリートのひび割れ抵抗性, 土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 282-283, 2008年5月.
38) 2,008 国内講演発表 藤崎 崇, 水口 裕之, 上田 隆雄, 賀満田 耕一 : 植物繊維を混入した土鋪装材の基礎的性能, 土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 284-285, 2008年5月.
39) 2,008 国内講演発表 宮崎 裕之, 上田 隆雄, 水口 裕之 : リチウムを含有するHPFRCCの諸特性に関する基礎的検討, 土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 302-303, 2008年5月.
40) 2,008 国内講演発表 冨永 数男, 中野 晋, 川野 祐樹 : 津波に対する消波ブロックの安定性に関する実験的考察, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 2008年5月.
41) 2,008 国内講演発表 仙波 真一, 中野 晋, 山添 美波, 藤田 真人 : 2007 年徳島県および香川県内河口干潟のシオマネキ属生息分布調査, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 2008年5月.
42) 2,008 国内講演発表 山添 美波, 中野 晋, 仙波 真一, 藤田 真人 : 吉野川河口干潟のカニ類を対象とした生息環境評価モデルの検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 2008年5月.
43) 2,008 国内講演発表 清水 里香, 中野 晋, 安藝 浩資, 岡田 直也 : 光量子到達量とサンゴの生息分布の関係, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 2008年5月.
44) 2,008 国内講演発表 岡田 直也, 中野 晋, 安藝 浩資 : 竹ヶ島周辺海域に生息するエダミドリイシの産卵期の生態的特性について, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 2008年5月.
45) 2,008 国内講演発表 源 貴志, 太田 圭亮, 成行 義文, 三神 厚 : 兵庫県南部地震の建物被害関数を用いた道路閉塞の予測手法に関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 92-93, 2008年5月.
46) 2,008 国内講演発表 藤原 康寛, 辻本 健次, 源 貴志, 成行 義文 : セルオートマトンを用いた津波遡上シミュレーションに関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 72-73, 2008年5月.
47) 2,008 国内講演発表 須知 晃一, 瀬戸 由紀子, 成行 義文, 三神 厚 : 剛体の地震時スウェイ-ロッキング連成挙動解析に関する基礎的研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 70-71, 2008年5月.
48) 2,008 国内講演発表 三矢 草, 成行 義文, 三神 厚, 奥野 央之 : 強震下における1自由度系の残留変位応答スペクトルに関する一考察, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 78-79, 2008年5月.
49) 2,008 国内講演発表 稲田 大将, 平尾 潔, 山尾 憲司, 成行 義文 : 設計用スペクトルの相違が変位に基づく単柱式RC橋脚の耐震設計に及ぼす影響, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 80-81, 2008年5月.
50) 2,008 国内講演発表 丸山 有弥, 成行 義文, 西窪 由香理, 三神 厚 : 支承の復元力履歴特性を考慮した道路橋の地震時損傷評価, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 86-87, 2008年5月.
51) 2,008 国内講演発表 竹下 裕也, 安部 真理子, 成行 義文, 源 貴志 : 地震災害空撮画像に基づく建物被害エリア判定手法の改良に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 90-91, 2008年5月.
52) 2,008 国内講演発表 山中 英生, 藩 哲, 柿原 健祐, 大平 晴加 : 中国の自転車道における交通流特性の分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 244-245, 2008年5月.
53) 2,008 国内講演発表 横田 絵莉, 藩 哲, 山中 英生 : 雑誌記事分析による交通安全教育の変換に関する考察, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 246-247, 2008年5月.
54) 2,008 国内講演発表 明 揚, 山中 英生 : 交差点交通安全対策の一効果分析事例とその考察, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 248-249, 2008年5月.
55) 2,008 国内講演発表 山中 英生, 村井 宏徳, 志水 亮介 : PI事例における中立的第三者の役割と成立性の分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 266-267, 2008年5月.
56) 2,008 国内講演発表 大石 篤哉, 吉村 忍 : GPUクラスタによる弾性波伝播シミュレーション, 計算工学講演会論文集, Vol.13, No.2, 691-692, 2008年5月.
57) 2,008 国内講演発表 Laodeno Nunez Rem, Akira Takane, 西野 秀郎, 吉田 憲一 : Characterization of AE signals generated by gas leak on pipe with artificial defect at different wall thickness, 日本非破壊検査協会平成20年度春季講演大会, 77-80, 2008年5月.
58) 2,008 国内講演発表 近藤 浩徳, 小倉 圭二, 田中 康浩, 吉田 憲一, 西野 秀郎 : 反射体を利用したガイド波の高効率励起法に関する基礎的検討, --- 磁歪センサー部と反射体におけるガイド波の反射率と透過率に関する考察 ---, 日本非破壊検査協会平成20年度春季講演大会, 155-156, 2008年5月.
59) 2,008 国内講演発表 西野 秀郎, 高橋 雅和, 星野 秀和, 小倉 幸夫, 北川 秀昭, 楠元 淳一, 金谷 章宏 : 非接触空気超音波センサーで励起した円周方向ラム波の周回波の重ね合わせによる探傷方法の提案, 日本非破壊検査協会平成20年度春季講演大会, 9-12, 2008年5月.
60) 2,008 国内講演発表 高橋 雅和, 星野 秀和, 小倉 幸夫, 北川 秀昭, 楠元 淳一, 金谷 章宏, 西野 秀郎 : 非接触空気超音波によるパイプ円周方向探傷の開発, 日本非破壊検査協会平成20年度春季講演大会, 5-8, 2008年5月.
61) 2,008 国内講演発表 渡辺 公次郎, 真見 泰弘, 近藤 光男 : 歴史的市街地における景観保全に配慮した耐震化の経済的価値に関する研究, 日本建築学会四国支部研究報告集, No.8, 81-82, 2008年5月.
62) 2,008 国内講演発表 高木 均, 合田 公一 : グリーンコンポジットの創製と強度特性-資源循環型複合材料の現状と展望-, 日本材料学会第57期学術講演会講演論文集, 33-34, 2008年5月.
63) 2,008 国内講演発表 長町 拓夫, 仲子 武文, 中村 大輔 : 角鋼管のコーナー形状に及ぼすロール成形条件の影響 第5報 -成形率が大きい場合のオフセット成形-, 平成20年度塑性加工春季講演会, 263-264, 2008年5月.
64) 2,008 国内講演発表 高木 均, 森 浩司 : オール竹一方向複合材料の圧縮成形, 日本材料学会第57期学術講演会講演論文集, 275-276, 2008年5月.
65) 2,008 国内講演発表 末包 哲也, Thanh Hoan Nguyen, 松本 拓也, 西岡 耕作, 松田 真澄, 清田 正徳 : ミクロスケール計測と数値解析による残留CO2トラップメカニズムの解明, 石油技術協会平成20年度春期講演会, No.145, 2008年6月.
66) 2,008 国内講演発表 三輪 昌史, 松島 誠, 白石 一哲, 南 潔 : リモートコントロールサポートシステムによる小型無人ヘリの操縦支援の効果, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008, 1P1-F12, 2008年6月.
67) 2,008 国内講演発表 三輪 昌史, 中野 直信, 後藤 裕介, 満田 成紀 : MDDを用いた飛行船の制御系設計, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008, 1P1-F11, 2008年6月.
68) 2,008 国内講演発表 島村 典尚, 菊池 邦友, 三輪 昌史, 土谷 茂樹 : IPMCを用いたマイクロロボットの駆動及び外部磁場によるエネルギ供給に関する研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008, 2A1-A15, 2008年6月.
69) 2,008 国内講演発表 三輪 昌史, 余村 正人, 松田 憲幸, 橋爪 賢次郎 : 館内移動用車椅子ロボットシステムの開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008, 2P1-E12, 2008年6月.
70) 2,008 国内講演発表 三谷 哲雄, 須藤 晃成, 入谷 忠光, 山中 英生 : 小交差点出会い頭事故防止のための路上設置型ITSシステム, 土木計画学研究·講演集, Vol.37, 2008年6月.
71) 2,008 国内講演発表 明 揚, 山中 英生, 秀浦 光, 鈴江 宗大 : 挙動分析を用いた事前事後比較による交差点安全対策の一評価事例, 土木計画学研究·講演集, Vol.37, 2008年6月.
72) 2,008 国内講演発表 村井 宏徳, 山中 英生, 真田 純子, 志水 亮介 : PI事例にみる中立的第三者の中立性に与える影響要因の分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.37, 2008年6月.
73) 2,008 国内講演発表 柿原 健佑, 山中 英生, 藩 曉東, 大平 晴加, 藩 哲 : 中国の自転車道における交通流特性の分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.37, 2008年6月.
74) 2,008 国内講演発表 鈴江 宗大, 秀浦 光, 須藤 晃成, 三谷 哲雄, 山中 英生 : 小交差点における危険進入車両に対する路側警告アルゴリズムの分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.37, 2008年6月.
75) 2,008 国内講演発表 真田 純子, 金尾 百子, 山中 英生 : 夜間の歩行空間評価に関する研究, 土木計画学研究·講演集, Vol.37, 2008年6月.
76) 2,008 国内講演発表 中村 浩一, 大浦 耕二朗, 波床 明洋, 遠藤 茂記, 伊槻 和也, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広, 和田 智志 : リチウム化合物におけるイオン拡散挙動とミリング効果, 第12回超イオン導電体物性研究会第49回固体イオニクス研究会講演要旨集, 105-110, 2008年6月.
77) 2,008 国内講演発表 上野 勝利 : 孤立地区でのアマチュア無線の活用事例, 岩手・宮城内陸地震・緊急被害調査速報会, 2008年6月.
78) 2,008 国内講演発表 三輪 昌史, 松島 誠, 南 潔 : 無人ヘリに対する操縦支援装置の開発, 日本実験力学会2008 年度年次講演会, 2008年7月.
79) 2,008 国内講演発表 鈴木 壽, 高橋 和希, 青野 寛之 : 地盤材料の比熱の測定, 第43回地盤工学会研究発表会, 573-574, 2008年7月.
80) 2,008 国内講演発表 鈴木 壽, 安村 涼 : 数値解析における比熱・熱伝導率の役割とヒートアイランド現象の解析, 第43回地盤工学会研究発表会, 575-576, 2008年7月.
81) 2,008 国内講演発表 石原 国彦, 小西 宏延 : ボイラ・熱交換器で発生する大音響騒音の発生メカニズムとその対策法に関する研究, --- 管群本数と音響減衰の音圧レベルへの影響 ---, 日本機械学会第18回環境工学総合シンポジウム, Vol.08, No.7, 131-134, 2008年7月.
82) 2,008 国内講演発表 岡村 美智也, 石原 国彦, 辻 政範 : サイドブランチ型消音器による複雑配管を有する吸引機の低騒音化に関する研究, 日本機械学会第18回環境工学総合シンポジウム, Vol.08, No.7, 135-138, 2008年7月.
83) 2,008 国内講演発表 只重 大樹, 英 崇夫, 日下 一也, 西田 真之 : 粗大結晶粒を有するアルミニウム鋳造材の内部応力測定, 第43回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 1-6, 2008年7月.
84) 2,008 国内講演発表 磯田 大和, 英 崇夫, 日下 一也 : レーザピーニング処理されたアルミニウム合金に発生する圧縮残留応力のレーザ角度依存性, 第43回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 47-52, 2008年7月.
85) 2,008 国内講演発表 松英 達也, 英 崇夫, 日下 一也, 坂田 修身 : 熱処理を施したCrN薄膜の残留応力, 第43回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 97-101, 2008年7月.
86) 2,008 国内講演発表 奥井 隆, 高良 賀昭, 望月 秋利, 井上 裕介 : チェーンを用いたのり枠工の開発, 第43回地盤工学研究発表会概要集, 1531-1532, 2008年7月.
87) 2,008 国内講演発表 劉 遹剣, 下津 祐介, 平尾 智廣, 望月 秋利 : 浅い基礎の遠心力模型実験に関する相似則の検討, 第43回地盤工学研究発表会概要集, 423-424, 2008年7月.
88) 2,008 国内講演発表 石川 裕規, 岡田 章二, 劉 遹剣, 望月 秋利, 六車 晴子 : 改良した一面せん断試験機と三軸圧縮試験機による強度の比較, 第43回地盤工学研究発表会概要集, 375-376, 2008年7月.
89) 2,008 国内講演発表 城 鮎美, 英 崇夫, 西田 真之, Jing Tian : チタン鋳造合金のX線応力測定, 第43回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 23-28, 2008年7月.
90) 2,008 国内講演発表 渡邊 義隆, 西田 真之, 英 崇夫 : 繊維強化高分子材料のX線応力測定, 第43回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 29-34, 2008年7月.
91) 2,008 国内講演発表 篠原 光彦, 英 崇夫, 日下 一也 : 繰り返し曲げ付加によるCu薄膜の残留応力評価, 第43回X線材料強度に関するシンポジウム講演論文集, 92-96, 2008年7月.
92) 2,008 国内講演発表 中野 晋, 安藝 浩資, 清水 里香, 岡田 直也 : 阿波竹ヶ島海中公園のサンゴ群集と光環境の関係, 日本沿岸域学会研究討論会2008講演概要集, Vol.21, 151-154, 2008年7月.
93) 2,008 国内講演発表 大石 篤哉, 吉村 忍 : 有限要素解析へのGPUの応用, 第36回可視化情報シンポジウム講演論文集, Vol.28, No.Suppl.No.1, 247-248, 2008年7月.
94) 2,008 国内講演発表 浮田 浩行 : 複数の光源を持つイメージスキャナを用いた光沢を持つ物体の形状および反射特性の推定, 第11回 画像の認識·理解シンポジウム(MIRU2008)論文集, 979-984, 2008年7月.
95) 2,008 国内講演発表 田代 優秋, 森本 恵美, 山中 英生, 西田 信夫 : 大学院生を対象とした長期インターンシップの教育効果, --- 経営センスを有する技術者の育成を目指して ---, 工学・工学教育研究講演会講演論文集, 736-737, 2008年8月.
96) 2,008 国内講演発表 トラン グエン ビン, 福富 純一郎, 重光 亨 : クロスフローファンの性能と内部流れに関する研究, 日本機械学会2008年度年次大会, 2008年8月.
97) 2,008 国内講演発表 白井 祐太郎, 安信 友裕, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転羽根車による多翼ファンの高効率化に関する研究, 日本機械学会2008年度年次大会, 2008年8月.
98) 2,008 国内講演発表 矢野 忠寛, 松岡 司, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転形小型軸流ファンに関する研究, 日本機械学会2008年度年次大会, 2008年8月.
99) 2,008 国内講演発表 藤原 亮太, 西 泰行, 福富 純一郎, 重光 亨 : 一枚羽根遠心羽根車の設計法に関する研究, 日本機械学会2008年度年次大会, 2008年8月.
100) 2,008 国内講演発表 石田 直樹, 住友 尚志, 名定 亮一, 福富 純一郎, 重光 亨 : 圧力式乳化機の内部流れと乳化作用の研究, 日本機械学会2008年度年次大会, 2008年8月.
101) 2,008 国内講演発表 日下 一也, 高木 均, 米倉 大介, 長町 拓夫, 英 崇夫 : 設計-製作分離型ものづくり実習の試み, 平成20年度工学・工業教育研究講演会 講演論文集, 66-67, 2008年8月.
102) 2,008 国内講演発表 藤澤 正一郎, 英 崇夫, 桐山 聰 : 共創的学習空間の構築, 平成20年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 102-103, 2008年8月.
103) 2,008 国内講演発表 川端 剛史, 桐山 聰, 英 崇夫 : 放送コンテンツ制作とを通したプロジェクトマネジメントの体験,学習, 平成20年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 4-5, 2008年8月.
104) 2,008 国内講演発表 石崎 繁利, 尾崎 純一, 英 崇夫 : 強制的な設計図交換によるものづくり教育, 平成20年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 66-67, 2008年8月.
105) 2,008 国内講演発表 續木 章三, 英 崇夫, 日下 一也 : 視覚的理解から操作・体得理解へ-4節リンク模型を用いた「機構学」での動機付け-, 平成20年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 38-39, 2008年8月.
106) 2,008 国内講演発表 佐藤 旭, 續木 章三, 英 崇夫 : 課外活動による自主創造力の向上-ギター制作・解析を通して得られたもの, 工学・工業教育研究講演会論文集, 528-529, 2008年8月.
107) 2,008 国内講演発表 桐山 聰, 英 崇夫 : エンジニアリングデザインに必至な能力を育成するプログラム, 平成20年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 342-343, 2008年8月.
108) 2,008 国内講演発表 松本 拓也, 末包 哲也 : CO2地下貯留のための残留ガストラップ現象のミクロスケール計測, 日本機械学会2008年度年次大会講演論文集, Vol.3, 177-178, 2008年8月.
109) 2,008 国内講演発表 小倉 圭二, 近藤 浩徳, 吉田 憲一, 西野 秀郎 : 反射体を利用した高効率ガイド波励起検出法による欠陥検出性能の評価, 日本機械学会平成20年度年次大会, 337-338, 2008年8月.
110) 2,008 国内講演発表 田中 康浩, 近藤 浩徳, 吉田 憲一, 西野 秀郎 : 2つの磁わいセンサと反射体を併用した高効率ガイド波励起法, 日本機械学会平成20年度年次大会, 339-340, 2008年8月.
111) 2,008 国内講演発表 近藤 浩徳, 吉田 憲一, 西野 秀郎 : 磁歪センサと反射体におけるガイド波の反射と透過に関する検討, 日本機械学会平成20年度年次大会, 335-336, 2008年8月.
112) 2,008 国内講演発表 西野 秀郎, 高橋 雅和, 星野 秀和, 小倉 幸夫, 北川 秀昭, 楠元 淳一, 金谷 章宏 : 空気超音波センサによる配管の円周方向伝搬ラム波の周回波重ね合わせによる減肉探傷法, 日本機械学会平成20年度年次大会, 333-334, 2008年8月.
113) 2,008 国内講演発表 石原 国彦, 大前 貴良 : 浮上式コンベアの固有振動数の評価法について, 日本機械学会年次大会2008, No.06-1, 2008年8月.
114) 2,008 国内講演発表 高木 均, 高田 善弘, 興津 嘉人 : ホットプレス成形した竹の強度特性, 日本機械学会2008年度年次大会講演論文集, Vol.1, 383-384, 2008年8月.
115) 2,008 国内講演発表 大北 一也, 高木 均 : 竹/PBS射出成形材料の曲げ特性に及ぼす竹粉添加量の影響, 日本機械学会2008年度年次大会講演論文集, Vol.1, 363-364, 2008年8月.
116) 2,008 国内講演発表 末包 哲也, 松本 拓也, 清田 正徳, 逢坂 昭治 : マイクロフォーカスX線CT計測に基づく岩石多孔質内二相流におけるガストラップ現象, 日本混相流学会年会講演会2008講演論文集, 396-397, 2008年8月.
117) 2,008 国内講演発表 田中 康平, 逢坂 昭治, 仮屋 崎侃, 安本 大介 : 傾斜管内における気液二相流の対向流限界, 日本混相流学会年会講演会2008講演論文集, 276-277, 2008年8月.
118) 2,008 国内講演発表 蒋 景彩, 山上 拓男 : 地震時広域岩盤斜面の不安定性評価-平面すべりを想定した場合-, 第47回日本地すべり学会研究発表会発表講演集, 244-249, 2008年8月.
119) 2,008 国内講演発表 高木 均 : グリーンコンポジットの開発,特性評価と応用技術, 植物由来複合材料(グリーンコンポジット)の開発と特性制御, 1-1-1-59, 2008年8月.
120) 2,008 国内講演発表 森本 恵美, 滑川 達, 山中 英生 : 地方自治体における公共調達制度改革の視点に関する一考察, 土木学会年次学術講演会講演概要集, No.63-2, 439-440, 2008年9月.
121) 2,008 国内講演発表 森本 恵美, 田代 優秋, 山中 英生, 西田 信夫 : ケーススタディ:長期インターンシップを利用した大学院生のキャリアデザイン, 土木学会年次学術講演会講演概要集, No.63-2, 15-16, 2008年9月.