RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel
期間: 2006.4〜2012.3

2006年度(平成18年度)

article.{@.date="20060400 20070399" @.organization=\E{124876}}

2006年度(平成18年度) / 著書

1)草壁 克己, 外輪 健一郎 : はじめて学ぶ化学工学, 工業調査会, 東京, 2006年4月.
2)Shigeru Sugiyama, Chiaki Shinohara, Daisaku Makino, Satoshi Kawakami and Hiromu Hayashi : Liquid Film State under Reactive Distillation Conditions for the Dehydrogenation of Decalin on Platinum Supported on Active Carbon and Boehmite, Elsevier, Amsterdam, May 2006.
3)杉山 茂, 約300名 共同執筆 : 先端科学技術要覧, 株式会社 オーム社, 東京, 2006年5月.
4)山本 忠, 田村 勝弘, 鈴木 良尚 : 高圧力下の生物科学, --- 第5章 シクロプロパンガス加圧下におけるリン脂質二分子膜の相転移挙動 ---, さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年8月.
5)鈴木 良尚, 佐崎 元, 松本 雅光, 永澤 眞, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 : 高圧力下の生物科学: 第8章 タンパク質結晶表面のステップ前進速度に及ぼす圧力効果, さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年8月.
6)浅井 俊高, 鈴木 良尚, 竹重 和也, 田村 勝弘 : 高圧力下の生物科学: 第6章 リゾチーム単斜晶系結晶の成長速度に及ぼす圧力効果, さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年8月.
7)近田 恵美, 鈴木 良尚, 本同 宏成, 田村 勝弘 : 高圧力下の生物科学: 第7章 リゾチーム三斜晶系結晶の溶解度に及ぼす温度・圧力・pHの効果, さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年8月.
8)藤嶋 昭, 橋本 和仁, 民秋 均, 新井 達郎, 長村 利彦, 池田 富樹, 川本 益揮, 三澤 弘明, 松尾 繁樹, 喜多村 昇, 伊都 将司 : 光化学の驚異, 株式会社 講談社, 東京, 2006年8月.
9)Mizeikis Vygantas, Shigeki Matsuo, Saulius Juodkazis and Hiroaki Misawa : 3D Laser Microfabrication: Principles and Applications, Wiley-VCH, Sep. 2006.
10)松木 均, 入砂 久美子, 坂本 弥生, 長宗 秀明, 金品 昌志 : 高圧力下の生物科学, --- 第14章 高圧力下におけるFITC特異的モノクローナル抗体の熱力学的キャラクタリゼーション ---, さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年11月.
11)楠部 真崇, 松木 均, 山中 美智男, 金品 昌志 : 高圧力下の生物科学, --- 第1章 蛍光プローブProdanおよびLaurdanを用いたリン脂質二分子膜の圧力誘起相転移観測 ---, さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年11月.
12)楠部 真崇, 玉井 伸岳, 松木 均, 金品 昌志 : 高圧力下の生物科学, --- 第2章 高圧蛍光プローブ法を用いたN-メチル化DPPE二分子膜の相転移観測 ---, さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年11月.
13)多田 佳織, 後藤 優樹, 楠部 真崇, 玉井 伸岳, 松木 均, 金品 昌志 : 高圧力下の生物科学, --- 第3章 ジラウロイルホスファチジルコリン二分子膜の圧力誘起相転移 ---, さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年11月.
14)後藤 優樹, 楠部 真崇, 玉井 伸岳, 松木 均, 金品 昌志 : 高圧力下の生物科学, --- 第4章 リン脂質二分子膜ゲル相の多形と安定性に及ぼす圧力効果 ---, さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年11月.
15)松尾 繁樹 : レーザープロセシング応用便覧, --- (社)レーザー学会編 ---, NGTコーポレーション, 2006年.
16)Tatsuki Kitayama and Koichi Ute : "On-line LC-NMR" in "Modern Magnetic Resonance", Graham A. Webb Ed.,, Springer-Verlag, New York, Jan. 2007.
17)Koichi Nakamura, Daisuke Nishioka, Yoshitaka Michihiro, Kazuhiro Okamura and Toshihiro Moriga : NMR study on lithium ionic diffusion in layered lithium transition metal oxides, --- Advanced Materials and Methods for Lithium-Ion Batteries, S. S. Zhang (Ed.), Chapter 17 ---, Research Signpost, India, Mar. 2007.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Akihiko Tsuji, Yayoi Kikuchi, Yukimi Sato, Shizuyo Koide, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Yoshiko Matsuda : A proteomic approach reveals transient association of reticulocalbin-3, a novel member of the CREC family, with the precursor of subtilisin-like proprotein convertase, PACE4, The Biochemical Journal, Vol.396, No.1, 51-59, 2006.
2)糟谷 佐紀, 米田 郁夫, 阪東 美智子, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 手動車いす操作における段差抵抗の尺度化に関する研究, 日本建築学会計画系論文集, No.602, 7-12, 2006年.
3)Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya, Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada and Kensaku Ito : Crystal structure of hard spheres under gravity by Monte Carlo simulation, Science and Technology of Advanced Materials, Vol.7, No.3, 296-302, 2006.
4)Tsuneyuki Sato, Atsushi Ono, Tomohiro Hirano and Makiko Seno : Initiator-fragment incorporation radical copolymerization of vinyl acetate and 1,2-polybutadiene as a multivinyl monomer, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.44, No.7, 2328-2337, 2006.
5)Okano Kunihiro, Hideaki Maseda, Sugita Kazutoshi, Saito Takeshi, Utsumi Motoo, Maekawa Takaaki and Kobayashi Michihikko : Biochemical characteristics of microcystin LR degradation by typical protease, Japanese Journal of Water Teatment Biology, Vol.42, No.1, 27-35, 2006.
6)Teruhiko Matsubara, Risa Fujita, Shigeru Sugiyama and Katsuhiro Kawashiro : Stability of Protease in Organic Solvent: Structural Identification by Solid-state NMR of Lyophilized Papain before and after 1-Propanol Treatment and the Corresponding Enzymatic Activities, Biotechnology and Bioengineering, Vol.93, No.5, 928-933, 2006.
7)Tomohiro Hirano, Naoki Higashida, Hongwei Wang, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato : Synthesis and Characterization of Soluble Hyperbranched Polymer via Initiator-Fragment Incorporation Radical Polymerization of Divinylbenzene with Dimethyl 2,2'-Azobisisobutyrate, Journal of Applied Polymer Science, Vol.100, No.1, 664-670, 2006.
8)A Yoshimura, A Nakata, Taro Mito and Sumihare Noji : The characteristics of karyotype and telomeric satellite DNA sequences in the cricket, Gryllus bimaculatus (Orthoptera, Gryllidae), Cytogenetic and Genome Research, Vol.112, No.3-4, 329-336, 2006.
9)Hiroki Kourai, Tadao Yabuhara, Akihiro Shirai, Takuya Maeda and Hideaki Nagamune : Syntheses and antimicrobial activities of series of new bis-quaternary ammonium compounds, European Journal of Medicinal Chemistry, Vol.41, No.4, 437-444, 2006.
10)Takuro Tomita, Keita Kinoshita, Shigeki Matsuo and Shuichi Hashimoto : Distinct Fine and Coarse Ripples on 4H-SiC Single Crystal Induced by Femtosecond Laser Irradiation, Japanese Journal of Applied Physics, Part 2 (Letters), Vol.45, No.16, L444-L446, 2006.
11)Shan Ji, Yanbei Zhu, Tomoki Yabutani, Akihide Itoh and Hiroki Haraguchi : Partitionings of Major-to-Ultratrace Elements in Bittern as Determined by ICP-AES and ICP-MS with Aid of Chelating Resin Preconcentration, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.79, No.4, 588-594, 2006.
12)Yoneda Kazunari, Ryushi Kawakami, Tagashira Yuya, Haruhiko Sakuraba, Shuichiro Goda and Toshihisa Ohshima : The first archaeal l-aspartate dehydrogenase from the hyperthermophile Archaeoglobus fulgidus: gene cloning and enzymological characterization, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1764, No.6, 1087-1093, 2006.
13)Wulin Qiu, Takashi Endo and Takahiro Hirotsu : Structure and properties of composites of highly crystalline cellulose with polypropylene: Effects of polypropylene molecular weight, European Polymer Journal, Vol.42, No.5, 1059-1068, 2006.
14)Akihiro Shirai, Tomoko Sumitomo, Munehiro Yoshida, Tomoyo Kaimura, Hideaki Nagamune, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : Synthesis and biological properties of gemini quaternary ammonium compounds,5,5'-[2,2'-(α,ω-polymethylnedicarbonyldioxy)diethyl]bis(3-alkyl-4-methylthiazolium iodide) and 5,5'- [2,2'-(ρ-phenylenedicarbonyldioxy)diethyl] bis(3-alkyl-4-methylthiazolium bromide), Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.54, No.5, 639-645, 2006.
15)N Wada, Tsutomu Nohno, 野地 澄晴 : [Roles of the BMP family in pattern formation of the vertebrate limb], Clinical Calcium, Vol.16, No.5, 773-780, 2006年.
16)Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya, Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada and Kensaku Ito : Monte Carlo simulation of crystal-fluid coexistence states in the hard-sphere system under gravity with step-wise control, The Journal of Chemical Physics, Vol.124, No.17, 174507-1-174507-10, 2006.
17)Ramesh Chitrakar, Satoko Tezuka, Akinari Sonoda, Kohji Sakane, Kenta Ooi and Takahiro Hirotsu : Selective adsorption of phosphate from seawater and wastewater by amorphous zirconium hydroxide, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.297, No.2, 426-433, 2006.
18)Mamun Mohammad Hossain, Takanori Tokuoka, Kazuyo Yamashita, Yasuhiko Kawamura and Masao Tsukayama : Regioselective Synthesis of 6-Prenylpolyhydroxyisoflavone (Wighteone) and Wighteone Hydrate with Hypervalent Iodine, Synthetic Communications, Vol.36, No.9, 1201-1211, 2006.
19)Akinari Sonoda, Yoji Makita and Takahiro Hirotsu : Boron Isotope Fractionation in Column Chromatography with Glucamine Type Resins, Journal of Nuclear Science and Technology (Japan), Vol.43, No.4, 437-440, 2006.
20)Saulius Juodkazis, Koichi Nishimura, Hiroaki Misawa, Takahiro Ebisui, Ryoichi Waki, Shigeki Matsuo and Tatsuya Okada : Control over the Crystalline State of Sapphire, Advanced Materials, Vol.18, No.11, 1361-1364, 2006.
21)Hirotaka Tao, K Ono, Hitomi Kurose, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : Exogenous FGF10 can rescue an eye-open at birth phenotype of Fgf10-null mice by activating activin and TGFalpha-EGFR signaling., Development Growth & Differentiation, Vol.48, No.5, 339-346, 2006.
22)Ryosuke Sueyoshi, Kaori Tada, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Barotropic phase transition between the lamellar liquid crystal phase and the inverted hexagonal phase of dioleoylphosphatidylethanolamine, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.50, No.1, 85-88, 2006.
23)Masahiro Shin, Sumihare Noji, Annette Neubuser and Sadao Yasugi : FGF10 is required for cell proliferation and gland formation in the stomach epithelium of the chicken embryo, Developmental Biology, Vol.294, No.1, 11-23, 2006.
24)Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Yoshinori Sakurai, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, Akira Maruhashi, Yuko Kinashi and Koji Ono : The usefulness of mild temperature hyperthermia combined with a newly developed hypoxia-oriented 10B conjugate compound, TX-2100, for boron neutron capture therapy, International Journal of Hyperthermia, Vol.22, No.4, 287-299, 2006.
25)Takeshi Mori, Keijiro Yuyama, Kanae Narita, Keiji Minagawa, Masanobu Haraguchi and Masami Tanaka : Preparation of Nano- and Microparticles through Self-Assembly of Azobenzene-Pendent Ionomers, Journal of Applied Polymer Science, Vol.100, No.5, 3913-3918, 2006.
26)Masami Nagahama, Takeshi Yamazoe, Yoshimitsu Hara, Katsuko Tani, Akihiko Tsuji and Mitsuo Tagaya : The AAA-ATPase NVL2 is a component of pre-ribosomal particles that interacts with the DexD/H-box RNA helicase DOB1, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.346, No.3, 1075-1082, 2006.
27)Tsuneyuki Sato, Tsukasa Nakamura, Makiko Seno and Tomohiro Hirano : Soluble hyperbranched copolymer via initiator-fragment incorporation radical copolymerization using a trivinyl monomer, Polymer, Vol.47, No.13, 4630-4637, 2006.
28)Masahiro Katoh, Hironori Aihara, Toshihide Horikawa and Tahei Tomida : Spectroscopic study for photocatalytic decomposition of organic compounds on titanium dioxide containing sulfur under visible light irradiation, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.298, No.2, 805-809, 2006.
29)Ramesh Chitrakar, Satoko Tezuka, Akinari Sonoda, Kohji Sakane, Kenta Ooi and Takahiro Hirotsu : Phosphate adsorption on synthetic goethite and akaganeite, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.298, No.2, 602-608, 2006.
30)Mei Xue, Ramesh Chitrakar, Kohji Sakane, Takahiro Hirotsu, Kenta Ooi, Yuji Yoshimura, Makoto Toba and Qi Feng : Preparation of cerium-loaded Y-zeolites for removal of organic sulfur compounds from hydrodesulfurizated gasoline and diesel oil, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.298, No.2, 535-542, 2006.
31)上月 康則, 三好 順也, 水口 裕之 : 貧酸素海域における環境修復材料としてのポーラスコンクリートの機能評価, コンクリート工学年次論文集, Vol.28, No.1, 1415-1420, 2006年.
32)Taro Mito, Haruko Okamoto, Wakako Shinahara, Yohei Shinmyo, Katsuyuki Miyawaki, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Kruppel acts as a gap gene regulating expression of hunchback and even-skipped in the intermediate germ cricket Gryllus bimaculatus., Developmental Biology, Vol.294, No.2, 471-481, 2006.
33)Shigeru Sugiyama, Kazuya Fukuta and Ken-Ichiro Sotowa : Formation of Hydroxyapatite-layer on Glass-plate and its Removal-regeneration Properties of Aqueous Cadmium, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.299, No.1, 270-273, 2006.
34)Shigeki Matsuo, Y. Tabuchi, Tatsuya Okada, Saulius Juodkazis and Hiroaki Misawa : Femtosecond laser assisted etching of quartz: microstructuring from inside, Applied Physics. A, Materials Science & Processing, Vol.84, No.1--2, 99-102, 2006.
35)Tomoki Yabutani, Yasuhiro Utsunomiya, Yukiko Kado, Yuji Tani, Hideyuki Kishimoto, Akinori Fukuda and Junko Motonaka : A multielement masking method using magnesium hydroxide coprecipitation for the selective determination of lead in water samples by defferential pulse anodic stripping voltammetry, Analytical Sciences, Vol.22, No.7, 1021-1024, 2006.
36)Nguyen Van Nhien, Nguyen Cong Khan, Tomoki Yabutani, Nguyen Xuan Ninh, Afework Kassu, Bui Thi Mai Huong, Tran Thanh Do, Junko Motonaka and Fusao Ota : Serum Levels of Trace Elements and Iron Deficiency Anemia in Adult Vietnamese, Biological Trace Element Research, Vol.111, No.1-3, 1-10, 2006.
37)Masataka Kusube, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Bilayer Phase Transitions of N-methylated Dioleoylphosphatidylethanolamines under High Pressure, Chemistry and Physics of Lipids, Vol.142, No.1-2, 94-102, 2006.
38)Tadashi Arii, Yasuko Ooishi and Shuichi Hashimoto : Study on thermal desorption of aromatic guest molecules adsorbed in zeolites, Journal of the Mass Spectrometry Society of Japan, Vol.54, No.4, 127-132, 2006.
39)Masashi Mori, Eisaku Suda, Bernard Pacaud, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Effect of components in electrodes on sintering characteristics of Ce0.9Gd0.1O1.95 electrolyte in intermediate-temperature solid oxide fuel cells during fabrication, Journal of Power Sources, Vol.157, No.2, 688-694, 2006.
40)Gohnai Yoshimizu, Akira Ohgai, Shinji IKARUGA, Takaaki Kato, Kei-ichiro Hitaka, Masahiro MURAKAMI and Kojiro WATANABE : Development of a Support System for Community-based Disaster Mitigation Planning Integrated with a Fire Spread Simulation Model Using CA - The results of an experimentation for verification of its usefulness, Innovations in Design & Decision Support Systems in Architecture and Urban Planning, 35-51, 2006.
41)Kui Zhou, Akio Kondo, Gordillo A. Cartagena and Kojiro WATANABE : A Comparison Study of the Allocation Problem of Undesirable Facilities Based on Residential Awareness, --- A case study on waste disposal facility in ChengDu City, Sichuan China ---, Innovations in Design & Decision Support Systems in Architecture and Urban Planning, 235-250, 2006.
42)Nobuyuki Taira, Masashi Saitoh, Shuichi Hashimoto, Hyung Rang Moon and Kyung Byung Yoon : Effect of electron-acceptor strength of zeolite on the luminescence decay rate of Ru(bpy)32+ incorporated within zeolites, Photochemical & Photobiological Sciences, Vol.5, No.9, 822-827, 2006.
43)Aya Yoshida, M. Matumoto, H. Hashizume, Y. Oba, T. Tomishige, H. Inagawa, C. Kohchi, M. Hino, F. Ito, K. Tomoda, T. Nakajima, K. Makino, Hiroshi Terada, Hitoshi Hori and Genichiro Soma : Selective delivery of rifampicin incorporated into poly(DL-lactic-co-glycolic) acid microspheres after phagocytotic uptake by alveolar macrophages, and the killing effect against intracellular Mycobacterium bovis Calmette-Guerin, Microbes and Infection, Vol.8, No.9-10, 2484-2491, 2006.
44)Z.-M. Wang, K. Hoshinoo, M. Yamagishi, N. Yoshizawa, H. Kanoh and Takahiro Hirotsu : Formation of graphite-derived layered mesoporous carbon materials, Microporous and Mesoporous Materials, Vol.93, No.1-3, 254-262, 2006.
45)Yoshihiro Uto, Shutaro Ae, Azusa Hotta, Junji Terao, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Artepillin C isoprenomics: design and synthesis of artepillin C analogues as antiatherogenic antioxidants, Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.578, 113-118, 2006.
46)Tomohiro Hirano, Yuya Okumura, Hiroko Kitajima, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato : Dual roles of alkyl alcohols as syndiotactic-specificity inducers and accelerators in the radical polymerization of N-isopropylacrylamide and some properties of syndiotactic poly(N-isopropylacrylamide), Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.44, No.15, 4450-4460, 2006.
47)Ikuichiro; Izumi, Mikito Yasuzawa and Akira Kunugi : Indirect electroreduction of imines and diimines using a sacrificial sulfur-graphite electrode., Electrochemistry, Vol.74, No.8, 691-693, 2006.
48)Yoshihiro Uto, Shutaro Ae, Daisuke Koyama, Mitsutoshi Sakakibara, Naoki Otomo, Mamoru Otsuki, Hideko Nagasawa, Kenneth L. Kirk and Hitoshi Hori : Artepillin C isoprenomics: design and synthesis of artepillin C isoprene analogues as lipid peroxidation inhibitor having low mitochondrial toxicity, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.14, No.16, 5721-5728, 2006.
49)Toshiaki Kondo, Saulius Juodkazis, Vygantas Mizeikis, Hiroaki Misawa and Shigeki Matsuo : Holographic lithography of periodic two- and three-dimensional microstructures in photoresist SU-8, Optics Express, Vol.14, No.17, 7943-7953, 2006.
50)Toshihiro Moriga, Daisuke Aoki, Yasuhiro Nishida, Kazuya Kitaji, Keiko Takahara, Kei-ichiro Murai and Ichiro Nakabayashi : Blue-Shift of Absorption Edge in LaTiO2N by Controlling the Anion Nonstoichiometry, Physica Status Solidi (A) Applications and Materials Science, Vol.203, No.11, 2818-2822, 2006.
51)Yasuhiro Uosaki, Kazufumi Ito, Masuo Kondo, Sunao Kitaura and Takashi Moriyoshi : Effect of Pressure on the Static Relative Permittivities of Alkan-1-ols at 298.15 K, Journal of Chemical and Engineering Data, Vol.51, No.5, 1915-1921, 2006.
52)Tomohiro Hirano, Yuya Okumura, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato : Remarkable effect of hydrogen-bonding interaction on stereospecificity in the radical polymerization of N-vinylacetamide, European Polymer Journal, Vol.42, No.9, 2114-2124, 2006.
53)M Tanaka, S Okudaira, Y Kishi, R Ohkawa, S Iseki, M Ota, Sumihare Noji, Y Yatomi, J Aoki and H Arai : Autotaxin stabilizes blood vessels and is required for embryonic vasculature by producing lysophosphatidic acid., The Journal of Biological Chemistry, Vol.281, No.35, 25822-25830, 2006.
54)Mamun Mohammad Hossain, Yasuhiko Kawamura, Kazuyo Yamashita and Masao Tsukayama : Microwave-Assisted Regioselective Synthesis of Natural 6-Prenylpolyhydroxyisoflavones and Their Hydrates with Hypervalent Iodine Reagents, Tetrahedron, Vol.62, No.36, 8625-8635, 2006.
55)Tomoko Sumitomo, Hideaki Nagamune, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : Correlation between the Bacterioclastic Action of a Bis-quaternary Ammonium Compound and Outer Membrane Proteins, Biocontrol Science, Vol.11, No.3, 115-124, 2006.
56)Tomoko Sumitomo, Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Construction of a leftover bath water model for microbial testing, Biocontrol Science, Vol.11, No.3, 107-114, 2006.
57)Noge Hirofumi, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : A Study on NO Reduction Caused by Thermal Cracking Hydrocarbons during Rich Diesel Combustion, JSME International Journal, Series B: Fluids and Thermal Engineering, Vol.49, No.2, 526-532, 2006.
58)Shigeru Sugiyama, Takashi Osaka, Yuuki Hirata and Ken-Ichiro Sotowa : Enhancement of the Activity for Oxidative Dehydrogenation of Propane on Calcium Hydroxyapatite Substituted with Vanadate, Applied Catalysis A: General, Vol.312, 52-58, 2006.
59)Toshihiro Moriga, Takashi Kunimoto, Yuta Sakanaka, Tatsuro Yoshida, Kei-ichiro Murai, Masashi Mori and Eisaku Suda : Low-Temperature and Rapid Solid-State Synthesis of YAG:Ce Powders Using Oxides with Narrow Particle Size Distribution, Physica Status Solidi (C) Current Topics in Solid State Physics, Vol.3, No.8, 2713-2716, 2006.
60)Zheng-Ming Wang, Kazuyo Shishibori, Kumiko Hoshinoo, Hirofumi Kanoh and Takahiro Hirotsu : Examination of synthesis conditions for graphite-derived nanoporous carbon-silica composites, Carbon, Vol.44, No.12, 2479-2488, 2006.
61)Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Tatsuya Okada, Tsunenobu Kimoto, Takeshi Mitani and Shin-ichi Nakashima : Structures of Comets in a Homoepitaxially Grown 4H-SiC Film Studied by DUV Micro-Raman Spectroscopy, Materials Science Forum, Vol.527-529, 339-342, 2006.
62)Koji Yoshizumi, Mitsuharu Ogaki, Junko Motonaka and Tomoki Yabutani : Study of Environmental Impact by Coal-Fired Power Station, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25n27, 3884-3889, 2006.
63)Mitsuharu Ogaki, Koji Yoshizumi, Junko Motonaka, Tomoki Yabutani, Yumi Nakamoto, Rodica Stanescu and Plesca Marinera : Studies on the Environmental Improvement in Romania, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25n27, 4243-4248, 2006.
64)Shuji Wada, Tomoki Kawatsu, Yuya Hashizume, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : A long pathlength spectrophotometric tegafur detector using a liquid-core waveguide, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25n27, 4046-4050, 2006.
65)Masami Kumano, Tomoki Yabutani, Junko Motonaka and Yuji Mishima : Recovery and Extraction of Heavy Metal Ions Using Ionic Liquid as Green Solvent, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25n27, 4051-4056, 2006.
66)Junko Motonaka, Tomoki Yabutani, Keiji Minagawa and Yuji Mishima : Electrochemical Evaluation of the Polymer Modified Micro-electrode for Metal Ions, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25n27, 4057-4062, 2006.
67)Koichi Nakamura, Kenta Kawai, Koji Yamada, Yoshitaka Michihiro, Toshihiro Moriga, Ichiro Nakabayashi and Tatsuo Kanashiro : Li+ ionic diffusion in Li-Cu-O compounds, Solid State Ionics, Vol.177, No.26-32, 2775-2778, 2006.
68)Takeshi Mori, Yoichi Fukawa, Kenji Shimoyama, Keiji Minagawa and Masami Tanaka : Polymerization of Diacetylene Using β-sheet as a Template, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25n27, 3872-3877, 2006.
69)Keiji Minagawa, Yasunori Aoki, Takeshi Mori and Masami Tanaka : Ternary Electrorheological Fluids with Composite Particles Dispersed in Liquid Blends, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25n27, 3987-3992, 2006.
70)Vasudevanpillai Biju, Tamitake Itoh, Yoji Makita and Mitsuru Ishikawa : Close-conjugation of quantum dots and gold nanoparticles to sidewall functionalized single walled carbon nanotube templates, Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, Vol.183, No.3, 315-321, 2006.
71)Tsuneyuki Sato, Kazuki Nomura, Tomohiro Hirano and Makiko Seno : Initiator-Fragment Incorporation Radical Polymerization of Diallyl Phthalate: Kinetics, Formation of Hyperbranched Polymer, and Iridescent Porous Film Thereof, Journal of Applied Polymer Science, Vol.102, No.1, 408-415, 2006.
72)村上 仁士, 上月 康則, 三好 順也, 野田 厳, 久本 忠則, 石本 健治, 伊藤 春樹, 北野 倫生, 山本 秀一 : 直立型海岸構造物を利用した浅場創出事業, 海岸工学論文集, Vol.53, 1221-1225, 2006年.
73)吉村 直孝, 上月 康則, 村上 仁士 : 潮間帯付着生物相による海域環境の定量評価指数の提案―大阪湾奥をケーススタディとして―, 海岸工学論文集, Vol.53, 1256-1260, 2006年.
74)三好 順也, 上月 康則, 倉田 健悟, 村上 仁士, 野田 厳, 岩村 俊平 : 港湾環境に及ぼす直立壁面の付着性二枚貝の影響に関する考察, 海岸工学論文集, Vol.53, 1116-1120, 2006年.
75)大谷 壮介, 上月 康則, 仲井 薫史, 石山 哲, 村上 仁士 : 干潟の底生微細藻類量の季節変動に及ぼすヤマトオサガニの摂餌圧の影響に関する考察, 海岸工学論文集, Vol.53, 1056-1060, 2006年.
76)Kanji Fujimoto, Daiki Morisaki, Munehiro Yoshida, Tetsuto Namba, Kim Hye-Sook, Yusuke Wataya, Hiroki Kourai, Hiroki Kakuta and Kenji Sasaki : Antimalarial effect of bis-pyridinium salts,N.N'-hexamethylenebis(4-carbamoyl-1-alkylpyridinium bromide), Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.16, No.10, 2758-2760, 2006.
77)Tatsuya Okada, Kengo Ochi, Hiroyuki Kawahara, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Makoto Yamaguchi, Kouichi Higashimine and Tsunenobu Kimoto : Source of Surface Morphological Defects Formed on 4H-SiC Homoepitaxial Films, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.45, No.10A, 7625-7631, 2006.
78)黒崎 ひろみ, 中野 晋, 天羽 誠二, 澤田 勉, 大谷 寛, 大奈 健, 村上 仁士 : 昭和南海地震体験者の証言に基づく徳島県内の震度再評価, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 1326-1329, 2006年.
79)周 葵, 近藤 光男, 和田 録樹 : 住民意識に基づく迷惑施設の配置に関する研究, --- 一般廃棄物処理施設を対象とした中国四川省成都市における事例分析 ---, 土木学会論文集, Vol.62, No.3, 324-333, 2006年.
80)Toshiaki Kondo, Saulius Juodkazis, Vygantas Mizeikis, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Fabrication of three-dimensional periodic microstructures in photoresist SU-8 by phase-controlled holographic lithography, New Journal of Physics, Vol.8, 250-1-250-16, 2006.
81)Namba Fumihiko, Kitajima Hiroyuki, Atsushi Tabata, Nakayama Masahiro, Suehara Noriyuki, Matsunami Katsura, Yanagihara Keiko, Nishihara Masahiro, Morita Akihiro, Yamada Minoru, Kimoto Akihito, Hirano Shinya, Sekiguchi Kiyotoshi, Fujimura Masanori and Yanagihara Itaru : Anti-Annexin A2 IgM Antibody in Preterm Infants: Its Association with Chorioamnionitis, Pediatric Research, Vol.60, No.6, 699-704, 2006.
82)Yoshihisa Suzuki, Atsuto Arai and Katsuhiro Tamura : Solubility Measurements of Tetragonal Lysozyme Crystals, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25n27, 4117-4122, 2006.
83)Kei-ichiro Murai, Yuichiro Murakai, Tomoko Sei, Masahiro Katoh, Ichiro Nakabayashi, Toshihiro Moriga, Suminori Tanaka, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : Total Oxidation of Activated Carbon over PdO-CeO2/TiO2-Al2O3 Catalyst, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25-27, 3920-3925, 2006.
84)Kei-ichiro Murai, Yasuhiro Akune, Yohei Suzuki, Toshihiro Moriga and Ichiro Nakabayashi : Thermal Vibration Analysis of RuO2 by EXAFS, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25-27, 4111-4116, 2006.
85)Kei-ichiro Murai, Kohei Tomita, Suguru Tojo, Toshihiro Moriga and Ichiro Nakabayashi : Catalytic Activity for Methane Oxidation of Goethite Supported on Alumina, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25-27, 4249-4254, 2006.
86)Toshihiro Moriga, Yusuke Nishimura, Hiroshi Suketa, Kei-ichiro Murai, Kazuhiro Nogami, Kikuo Tominaga and Ichiro Nakabayashi : Effects of Al, Ga-Doping on Transparent Conducting Properties of Amorphous ZnO-SnO2 Films, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25-27, 3902-3907, 2006.
87)Toshihiro Moriga, Yuta Sakanaka, Yoshinori Miki, Kei-ichiro Murai and Ichiro Nakabayashi : Luminescent Properties of (Y,Gd)3Al5O12:Ce Phosphors Prepared by Citric-Gel Method, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25-27, 4159-4164, 2006.
88)Masahiro Katoh, Toshihide Horikawa and Tahei Tomida : Photocatalytic Reaction of Acetone on Mesoporous Chromium Silicate, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25-27, 3854-3859, 2006.
89)Masahiro Katoh, Nobuaki Okano, Toshihide Horikawa, Tahei Tomida and Nobunari Itoh : FTIR Study on Molecular Contamination on Surface of Optical Materials, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25-27, 3860-3865, 2006.
90)Masahiro Katoh, Akira Sondoh, Toshihide Horikawa and Tahei Tomida : Characterization of Palladium and Palladium-Silver Alloy Layers on Stainless Steel Support, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25-27, 3866-3871, 2006.
91)Takaaki Ishiduka, Masao Tsukayama and Yasuhiko Kawamura : Preparatiion of 1,1-Diarylethenes by McMurry Reaction: Mechanism and Geometry Selection, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25-27, 4595-4600, 2006.
92)Nazrul Islam, Masao Tsukayama and Yasuhiko Kawamura : Charge-Transfer Reaction of Butatriene: Formation of Dihydronaphthalene Derivative, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25-27, 4619-4624, 2006.
93)宮本 大輔, 村上 仁士, 上月 康則, 久保 喬 : 瀬戸内海における津波挙動に及ぼす潮汐および入射波高,周期の影響, 海岸工学論文集, Vol.53, 261-265, 2006年.
94)渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 植生の大気汚染ガス吸収量を指標とした市街化シミュレーション, 土木計画学研究·論文集, Vol.23, No.1, 133-140, 2006年.
95)Kazuto Ohkura, Hitoshi Hori and Hideaki Nagamune : Molecular dynamics of human-specific cytolysin: analysis of membrane binding motif for therapeutic application, Anticancer Research, Vol.26, No.6A, 4055-4062, 2006.
96)Yohei Shinmyo, Taro Mito, T Uda, Taro Nakamura, Katsuyuki Miyawaki, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : brachyenteron is necessary for morphogenesis of the posterior gut but not for anteroposterior axial elongation from the posterior growth zone in the intermediate-germband cricket Gryllus bimaculatus., Development, Vol.133, No.22, 4539-4547, 2006.
97)K Tsuchida, Y Sunada, Sumihare Noji, T Murakami, A Uezumi and M Nakatani : Inhibitors of the TGF-β superfamily and their clinical applications., Mini Reviews in Medicinal Chemistry, Vol.6, No.11, 1255-1261, 2006.
98)Y Ohsawa, H Hagiwara, M Nakatani, A Yasue, K Moriyama, T Murakami, K Tsuchida, Sumihare Noji and Y Sunada : Muscular atrophy of caveolin-3-deficient mice is rescued by myostatin inhibition., The Journal of Clinical Investigation, Vol.116, No.11, 2924-2934, 2006.
99)Hitoshi Matsuki, Michio Yamanaka, Yuji Yamashita and Shoji Kaneshina : Adsorption-Equilibrium Surface Tension of Surfactant Solutions -Examination by the Drop Volume Method-, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.79, No.11, 1704-1710, 2006.
100)Wulin Qiu, Takashi Endo and Takahiro Hirotsu : Interfacial Interaction, Morphology, and Tensile Properties of a Composite of Highly Crystalline Cellulose and Maleated Polypropylene, Journal of Applied Polymer Science, Vol.102, No.4, 3830-3841, 2006.
101)土江 憲弘, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : CVM を用いた鉄道駅施設のバリアフリー化に関する直接的利用価値とオプション価値の分析, 日本都市計画学会学術研究論文集, Vol.41, No.3, 37-42, 2006年.
102)伊藤 信成, 加藤 雅裕, 岡野 伸章 : 光学系への分子ガス吸着による透過率変動計測装置の開発, 日本リモートセンシング学会誌, Vol.26, No.5, 384-390, 2006年.
103)田中 住典, 高倉 伸也, 松原 将太, 村上 祐一郎, 木戸口 善行, 三輪 惠, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : バリア放電プラズマを用いたディーゼル微粒子の低温酸化に関する研究, 自動車技術会論文集, Vol.37, No.6, 73-78, 2006年.
104)山本 和成, 鈴木 康朗, 松浦 良彦, 木戸口 善行, 三輪 惠 : 噴流火花点火とZクランク機構による水素燃料内燃機関の燃焼制御, 自動車技術会論文集, Vol.37, No.6, 91-96, 2006年.
105)小川 宏樹, 黒崎 ひろみ, 井若 和久, 田邊 晋, 大谷 寛, 中野 晋, 村上 仁士 : 地震・津波災害時に大学の事業継続を担保する防災教育の提案, 安全問題研究論文集, Vol.1, 55-60, 2006年.
106)Atsushi Miyoshi, Yoshihiko Kitajima, Takao Ide, Kazuma Ohtaka, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori and Kohji Miyazaki : Hypoxia accelerates cancer invasion of hepatoma cells by upregulating MMP expression in an HIF-1alpha-independent manner, International Journal of Oncology, Vol.29, No.6, 1533-1539, 2006.
107)Kazuto Ohkura, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Natsuko Okamura, Aya Murakami and Hitoshi Hori : The Role of Gc Protein Oligosaccharide Structure as a Risk Factor for COPD, Anticancer Research, Vol.26, No.6A, 4073-4078, 2006.
108)Shin-ichiro Masunaga, Yoshinori Sakurai, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, Akira Maruhashi, Yuko Kinashi, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori and Koji Ono : The usefulness of a continuous administration of tirapazamine combined with reduced dose-rate irradiation using gamma-rays or reactor thermal neutrons, The British Journal of Radiology, Vol.79, No.948, 991-998, 2006.
109)Shigeru Sugiyama, Shinya Tanimoto, Kazuya Fukuta and Ken-Ichiro Sotowa : Effects of Incorporation Procedure of Titanium Cations into Calcium Hydroxyapatites on the Photo-Catalytic Activities for the Decomposition of Methylene Blue, Phosphorus Research Bulletin, Vol.20, 141-144, 2006.
110)Shigeru Sugiyama, Minako Fujii and Ken-Ichiro Sotowa : Preparation Procedure of Barium Hydroxyapatite with Sol Contaninig of Sodium Alginate and Sodium Diphosphate, Phosphorus Research Bulletin, Vol.20, 145-148, 2006.
111)長﨑 浩紀, 渡辺 公次郎, 大貝 彰, ディビガルピティア プラサンナ, 近藤 光男 : 開発途上国における土地利用計画支援ツールの開発, GIS-理論と応用, Vol.14, No.2, 157-168, 2006年.
112)Taro Mito and Sumihare Noji : Evolution of developmental systems underlying segmented body plans of bilaterian animals: insights from studies of segmentation in a cricket, Paleontological Research, Vol.10, No.4, 337-344, 2006.
113)Nakayama Hitoshi, Shimamura Tatsuro, Imagawa Takahito, Shirai Nobuaki, Ito Takashi, Sako Yoshihiko, Miyano Masashi, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Nomura Norimichi and Tsuge Hideaki : Structure of a hyperthermophilic archaeal homing endonuclease, I-Tsp061I: contribution of cross-domain polar networks to thermostability, Journal of Molecular Biology, Vol.365, No.2, 362-378, 2007.
114)Takao YOSHIDA, Ryo IIZUKA, Keisuke ITAMI, Takuo YASUNAGA, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Masafumi YOHDA and Tadashi MARUYAMA : Comparative analysis of the protein folding activities of two chaperonin subunits of Thermococcus strain KS-1; the effects of beryllium fluoride, Extremophiles, Vol.11, No.2, 225-235, 2007.
115)蘇 立, 山中 英生, 上月 康則 : 日本および中国における環境教育の内容の変換に関する比較分析, --- 中学校における地理の学習指導要領と教科書記述を通して ---, 土木学会論文集, Vol.63, No.2, 102-111, 2007年.
116)Masaki Tsujimoto, Tomoki Yabutani, Atsushi Sano, Yuji Tani, Hiroki Murotani, Yuji Mishima, Kenichi Maruyama, Mikito Yasuzawa and Junko Motonaka : Characterization of a glucose sensor prepared by electropolymerization of pyrroles containing a tris-bipyridine osmium complex, Analytical Sciences, Vol.23, No.1, 59-63, 2007.
117)野毛 宏文, 吉原 雄一, 木戸口 善行, 三輪 惠 : ディーゼル燃料の熱分解成分を用いた拡散火炎中のすす前駆体およびPM生成, 日本機械学会論文集(B編), Vol.73, No.725, 328-334, 2007年.
118)Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Yuko Kinashi and Koji Ono : Dependency of the effect of a vascular disrupting agent on sensitivity to tirapazamine and gamma-ray irradiation upon the timing of its administration and tumor size, with reference to the effect on intratumor quiescent cells, Journal of Cancer Research and Clinical Oncology, Vol.133, No.1, 47-55, 2007.
119)Taro Nakamura, Taro Mito, Yoshihisa Tanaka, Tetsuya Bando, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Involvement of the canonical Wnt/Wingless signaling in determination of the proximodistal positional values within the leg segment of the cricket Gryllus bimaculatus, Development Growth & Differentiation, Vol.49, No.2, 79-88, 2007.
120)Yuki Furukawa, Akira Yoshiasa, Hiroshi Arima, Maki Okube, Kei-ichiro Murai and Tadao Nishiyama : Local Structure of Transition Elements (V, Cr, Mn, Fe and Zn) in Al2SiO5 Polymorphs, AIP Conference Proceedings, 235-237, 2007.
121)Kei-ichiro Murai, Yohei Suzuki, Toshihiro Moriga and Akira Yoshiasa : EXAFS and XPS Study of Rutile-Type Difluorids of First-Row Transition Metals, AIP Conference Proceedings, Vol.882, 463-465, 2007.
122)Akira Yoshiasa, Hiroshi Fukui, Hiroshi Arima, Maki Okube, Yoshinori Katayama, Kei-ichiro Murai, Masahiko Sugahara and Osamu Ohtaka : Pressure Dependence of Anharmonic Effective Pair Potentials in Rock Salt Type AgI, AIP Conference Proceedings, Vol.882, 569-571, 2007.
123)M. Mazilu, Saulius Juodkazis, Takahiro Ebisui, Shigeki Matsuo and Hiroaki Misawa : Structural characterization of shock-affected sapphire, Applied Physics. A, Materials Science & Processing, Vol.86, No.2, 197-200, 2007.
124)Shin-ichiro Masunaga, Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Kenji Nagata, Minoru Suzuki, G Kashino, Yuko Kinashi and Koji Ono : The usefulness of mild temperature hyperthermia combined with continuous tirapazamine administration under reduced dose-rate irradiation with gamma-rays, International Journal of Hyperthermia, Vol.23, No.1, 29-35, 2007.
125)外輪 健一郎 : 食塩晶析工程における所要エネルギー量最小化の検討, 日本海水学会誌, Vol.61, No.1, 3-7, 2007年.
126)Teruhiko Matsubara, Wakako Emoto and Katsuhiro Kawashiro : A simple two-transition model for loss of infectivity of phages on exposure to organic solvent, Biomolecular Engineering, Vol.24, No.2, 269-271, 2007.
127)Fumihiko Yamaguchi, Toshihisa Ohshima and Haruhiko Sakuraba : An enzymatic cycling assay for nicotinic acid adenine dinucleotide phosphate using NAD synthetase, Analytical Biochemistry: Methods in the Biological Sciences, Vol.364, No.2, 97-103, 2007.
128)Ramesh Chitrakar, Satoko Tezuka, Akinari Sonoda, Kohji Sakane, Kenta Ooi and Takahiro Hirotsu : A Solvent-free Synthesis of Zn-Al Layered Double Hydroxides, Chemistry Letters, Vol.36, No.3, 446-447, 2007.
129)Ken-Ichiro Sotowa, Keisuke Irie, Takanori Fukumori, Katsuki Kusakabe and Shigeru Sugiyama : Droplet Formation by the Collision of Two Aqueous Solutions in a Microchannel and Application to Particle Synthesis, Chemical Engineering & Technology, Vol.30, No.3, 383-388, 2007.
130)Toshihisa Ohshima, Ryushi Kawakami, Yuichiro Kanai, Shuichiro Goda and Haruhiko Sakuraba : Gene expression and characterization of 2-keto-3-deoxygluconate kinase, a key enzyme in the modified Entner-Doudoroff pathway of the aerobic and acidophilic hyperthermophile Sulfolobus tokodaii., Protein Expression and Purification, Vol.54, No.1, 73-78, 2007.
131)Hitoshi Matsuki, Eri Miyazaki, Fumihiko Sakano, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina : Thermotropic and barotropic phase transitions in bilayer membranes of ether-linked phospholipids with varying alkyl chain lengths, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1768, No.3, 479-489, 2007.
132)Taro Mito, Chiharu Kobayashi, Isao Sarashina, H Zhang, Wakako Shinahara, Katsuyuki Miyawaki, Yohei Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : even-skipped has gap-like, pair-rule-like, and segmental functions in the cricket Gryllus bimaculatus, a basal, intermediate germ insect (Orthoptera)., Developmental Biology, Vol.303, No.1, 202-213, 2007.
133)Fumihisa Kobayashi, Masakazu Daidai, Nobuo Suzuki and Yoshitoshi Nakamura : Degradation of Phenol in Seawater Using a Novel Microorganism Isolated from the Intestine of Aplysia kurodai, International Biodeterioration & Biodegradation, Vol.59, No.3, 252-254, 2007.
134)Akihiko Tsuji, Hiroki Kanie, Hirotaka Makise, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Yoshiko Matsuda : Engineering of α1-antitrypsin cariants selective for subtilisin-like proprotein convertases PACE4 and PC6: Importance of the P2' residue in stable complex formation of the serpin with proprotein convertase, Protein Engineering, Design & Selection, Vol.20, No.4, 163-170, 2007.
135)井若 和久, 田邊 晋, 大谷 寛, 上月 康則, 村上 仁士 : 田井家『震潮記』にみる徳島県宍喰の地震・津波について∼1854年安政南海地震を対象に∼, 歴史地震, No.22, 85-94, 2007年.
136)Shin-ichi Nakashima, Takeshi Mitani, Takuro Tomita, Tomohisa Kato, Shin-ichi Nishizawa, Hajime Okumura and Hiroshi Harima : Observation of surface polarity dependent phonons in SiC by deep ultraviolet Raman spectroscopy, Physical Review B, Condensed Matter and Materials Physics, Vol.75, No.11, 115321-1-115321-5, 2007.
137)岡本 信吾, 芝本 良太, 木戸口 善行, 三輪 惠 : 高乱流燃焼ディーゼル機関の排気低減におよぼすEGRおよびパイロット噴射の効果, 自動車技術会論文集, Vol.38, No.2, 93-99, 2007年.
138)三谷 誠二, 藤澤 正一郎, 山田 直広, 田内 雅規, 加藤 俊和, 末田 統 : 視覚障害者誘導用ブロックの白杖・足底による検知・識別実験, 計測自動制御学会論文集, Vol.43, No.3, 172-179, 2007年.
139)Kuniko Mizuta, Satoshi Tsutsumi, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Katsutoshi Miyatake, Katsuyuki Miyawaki, Sumihare Noji, Nobuyuki Kamata and Mitsuo Itakura : Molecular characterization of GDD1/TMEM16E, the gene product responsible for autosomal dominant gnathodiaphyseal dysplasia., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.357, No.1, 126-132, 2007.
140)黒崎 ひろみ, 中野 晋, 小川 宏樹, 岡部 健士, 村上 仁士 : 2006年度工学部新入生を対象とした防災教育の実施と防災意識調査, 大学教育研究ジャーナル, No.4, 15-21, 2007年.
141)鈴木 良尚, 澤田 勉, 森 篤史, 田村 勝弘 : 遠心沈降法を用いたコロイド結晶の作製, 高分子論文集, Vol.64, No.3, 161-165, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)高岡 宏樹, 安澤 幹人, 清水 利泰, 今井 信治, Raeann GIFFORD, S. George WILSON : インビボ測定用フレキシブルグルコースセンサの開発, 化学センサ, Vol.41, No.22, 112-114, 2006年.
2)安澤 幹人, 古川 晋也, 高岡 宏樹, Raeann GIFFORD, S. George WILSON : インビボ測定用マルチチャンネルセンサの開発, 化学センサ, Vol.41, No.22, 115-117, 2006年.
3)Junichi Morishige, 永澤 秀子, 堀 均, 福澤 健治, 德村 彰 : ニワトリ卵白のリゾホスホリパーゼDによるリゾホスファチジン酸の産生, 脂質生化学研究, Vol.48, No.0, 91-94, 2006年.
4)高岡 宏樹, 森山 健史, 山本 美穂, 安澤 幹人, 今井 信治, Raeann GIFFORD, S. George WILSON : 超弾性合金を芯材に用いた体内埋め込み測定用バイオセンサの作製, 化学センサ, Vol.42, No.22, 7-9, 2006年.
5)森山 健史, 高岡 宏樹, 安澤 幹人, S. George WILSON : 微細針状マルチチャンネルセンサ作製を目的とした微小領域への選択的酵素固定技術の開発, 化学センサ, Vol.42, No.22, 10-12, 2006年.
6)野本 信一, 力武 浩太郎, 小出 崇志, 安澤 幹人 : ペルヒドロポリシラザンを用いたタンパク質吸着抑制表面形成技術の開発, 化学センサ, Vol.42, No.22, 13-15, 2006年.

2006年度(平成18年度) / 学術レター

1)Wataru Ninomiya, Yasuhiko Tanabe, Yuya Uehara, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Dehydrogenation of Tetralin on Pd/C and Te-Pd/C Catalysts in the Liquid-Film State under Distillation Conditions, Catalysis Letters, Vol.110, No.3-4, 191-194, 2006.
2)Takeshi Mori, Shiro Yasutake, Hideki Inoue, Keiji Minagawa, Masami Tanaka, Takuro Niidome and Yoshiki Katayama : "Threading" of β-Sheet Peptide via Radical Polymerization, Biomacromolecules, Vol.8, No.2, 318-321, 2007.
3)Takeshi Mori, Suguru Beppu, Isao Fukushima, Toru Kobayashi, Keiji Minagawa, Masami Tanaka, Takuro Niidome and Yoshiki Katayama : Temperature-responsive Poly(dehydroalanine)s: Diversifying Phase Transition Temperatures Utilizing α,α-Disubstituted Motif, Chemistry Letters, Vol.36, No.2, 334-335, 2007.
4)Shigeru Sugiyama, Masahiko Yokoyama, Minako Fujii, Kazunori Seyama and Ken-Ichiro Sotowa : Recycling of Thin-layer of Magnesium Hydrogenphosphate for Removal and Recovery of Aqueous Ammonium, Journal of Chemical Engineering of Japan, Vol.40, No.2, 198-201, 2007.
5)Mok-Ryeon Ahn, Kazuhiro Kunimasa, Toshiro Ohta, Shigenori Kumazawa, Miya Kamihira, Kazuhiko Kaji, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Hideko Nagasawa and Tsutomu Nakayama : Suppression of tumor-induced angiogenesis by Brazilian propolis: Major component artepillin C inhibits in vitro tube formation and endothelial cell proliferation, Cancer Letters, Vol.252, No.2, 235-243, 2007.

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1)高麗 寛紀 : 食品工場における環境汚染微生物制御のための抗菌剤の開発動向と抗菌特性, 日本食品微生物学会雑誌, Vol.23, No.1, 13-20, 2006年4月.
2)高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム塩の分子設計と抗菌特性, オレオサイエンス, Vol.6, No.5, 247-255, 2006年5月.
3)金品 昌志 : 加圧による脂質の物性変化, 食品と容器, Vol.47, No.5, 274-282, 2006年5月.
4)櫻庭 春彦, 郷田 秀一郎, 川上 竜巳, 大島 敏久, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱菌タンパク質の耐熱化の分子戦略, 化学と生物, Vol.44, No.5, 305-312, 2006年5月.
5)村上 仁士 : 基調論文 来るべき南海・東南海地震に備えて, 港湾, Vol.83, 26-27, 2006年5月.
6)槇田 洋二 : イオン鋳型吸着剤の吸着技術, 日本海水学会誌, Vol.60, No.3, 167-169, 2006年6月.
7)鈴木 良尚, 佐崎 元, 松本 雅光, 永澤 眞, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 : 圧力印加による酵素の結晶成長の促進, 食品と容器, Vol.47, No.6, 320-327, 2006年6月.
8)宇都 義浩, 永澤 秀子, 後藤 恵子, 中嶌 瞳, 中江 崇, 田中 智子, 田中 彩子, 増永 慎一郎, 小野 公二, 堀 均 : 4. 低酸素薬剤(hypoxia drug)の創製:p53阻害型低酸素細胞放射線増感剤および低酸素指向性ハイブリッド型ボロンキャリアーの分子設計, 癌の臨床, Vol.52, No.1, 11-14, 2006年7月.
9)堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩 : 癌化学療法の新展開, PHARMSTAGE, Vol.6, No.3, 46-52, 2006年7月.
10)三輪 惠 : 技術の窓「科学の眼と技術の芽を育てる大学の役割」, 自動車技術, Vol.60, No.7, 2-3, 2006年7月.
11)外輪 健一郎, 草壁 克己 : マイクロリアクターへの計算流体力学の応用, 真空, Vol.49, No.7, 409-413, 2006年7月.
12)本仲 純子 : 海洋汚染と生活, 四国医学雑誌, Vol.62, No.4, 107-112, 2006年8月.
13)高麗 寛紀 : 光触媒抗菌について, 防菌防黴誌, Vol.34, No.9, 577-584, 2006年9月.
14)Shouji Suzuki, Shigeo Imai and Hiroki Kourai : Background and Evidence Leading to the Establishment of the JIS Standard for Antimicrobial Products, Biocontrol Science, Vol.11, No.3, 135-145, Sep. 2006.
15)村上 仁士 : 昭和南海地震(1946年), --- 市街地の被害が過小評価された昭和南海地震 ---, SEISMO, Vol.10, No.10, 10-11, 2006年10月.
16)外輪 健一郎 : 化学工学年鑑2006, --- マイクロリアクタ ---, 化学工学, Vol.70, No.10, 37-39, 2006年10月.
17)Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Kenneth L. Kirk and Hitoshi Hori : Design of Hypoxia-Targeting Drugs as New Cancer Chemotherapeutics, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.29, No.12, 2335-2342, Dec. 2006.
18)外輪 健一郎 : 温度周期操作による不均一触媒反応の制御, 触媒, Vol.48, No.8, 575-580, 2006年12月.
19)田村 勝弘 : 酸素・窒素ガスハイブリッド加圧食品殺菌技術の開発, 高圧力の科学と技術, Vol.17, No.1, 57-63, 2007年2月.
20)鈴木 良尚, 佐崎 元, 松本 雅光, 永澤 眞, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 : 高圧力下における蛋白質結晶表面の分子ステップのその場観察, 高圧力の科学と技術, Vol.17, No.1, 50-56, 2007年2月.
21)橋本 修一 : ゼオライト粒子間のマイクロスケール分子移動の視覚化, 化学工業, Vol.58, No.3, 195-200, 2007年3月.
22)加藤 雅裕 : 光触媒表面で起こる吸着現象の赤外分光法による解析, Adsorption News, Vol.21, No.1, 4-9, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1)Hisashi Ohkuni, Yuko Todome, Hidemi Takahashi, Hideaki Nagamune, Jun Abe, Hiroki Ohtsuka and Hiroshi Hatakeyama : Antibody titers to Streptococcus mitis-derived human platelet aggregation factor (Sm-hPAF) in the sera of patients with Kawasaki disease, XVIth Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases: In "Streptococci-New insights into an old enemy", International Congress Series, Vol.1289, 71-74, Palm cove, Australia, Apr. 2006.
2)Ayuko Takao, Hideaki Nagamune and Nobuko Maeda : Hyaluronate lyase and sialidase in the Anginosus streptococci:Putative virulence factor, XVIth Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases: In "Streptococci-New insights into an old enemy", International Congress Series, Vol.1289, 231-234, Palm cove, Australia, Apr. 2006.
3)Shuichi Hashimoto, Hyung Rang Moon and Kyung Byung Yoon : Confocal Microscopy Observation of Photochemistry within Zeolites, XXIst IUPAC symposium on Photochemistry Abstracts, 484, Kyoto, Japan, Apr. 2006.
4)Shigeki Matsuo, Yusuke Tabuchi, Tatsuya Okada, Takuro Tomita, Shuichi Hashimoto, Saulius Juodkazis and Hiroaki Misawa : Femtosecond laser assisted etching of quartz, XXIst IUPAC Symposium on Photochemistry, 520, Kyoto, Apr. 2006.
5)Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada, Atsushi Mori and Katsuhiro Tamura : Grain-size Control of a Colloidal Crystal by using a Centrifugal Sedimentation Method, 2006 MRS Spring Meeting, San Francisco, Apr. 2006.
6)Ken-Ichiro Sotowa, Keisuke Irie, Takanori Fukumori, Katsuki Kusakabe and Shigeru Sugiyama : Droplet Formation by Collision of Two Aqueous Solutions in an Organic Phase and Application to Ag Particle Formation, AIChE 2006 Spring National Meeting, Orlando, Apr. 2006.
7)Mohammad Mamun Hossain, Masao Tsukayama, Yasuhiko Kawamura and Kazuyo Yamashita : Microwave-assisted Regioselective Synthesis of 6-Prenylisoflavone with Hypervalent Iodine, Seventh Tetrahedron Symposium Challanges in Organic Chemistry, Kyoto, May 2006.
8)Makoto Yamaguchi, Shigeru Ueno, Keita Kinoshita, Toshiaki Murai, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo and Shuichi Hashimoto : Characterization of femtosecond pulsed laser-induced ripple structure in semiconductor materials by using of micro-optical spectroscopy, The 4th International Congress on Laser Advanced Materials Processing, 117, Kyoto, May 2006.
9)Keiji Minagawa : Electrorheological Fluids Based on Polyether Derivatives, International Conference 115 Years Department of Organic Chemistry in University of Sofia, Sofia, May 2006.
10)Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya and Yoshihisa Suzuki : Succession of stacking fault in hard-sphere crystal under gravity by Monte Carlo simulation, 4th International Symposium on Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation, Book of Abstract,, 20, Chiba, May 2006.
11)Takao Hanabusa, Shoichiro Fujisawa and : "Roots Finding", --- PBL in the first year course ---, Abstract of 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 77, Tokyo, May 2006.
12)Masanobu Haraguchi, Satoshi Kiriyama, Shoichiro Fujisawa and Takao Hanabusa : Education of the ability to find solution through making WEB pages for first-grade students, Abstract of 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 78, Tokyo, May 2006.
13)Takuya Yanagino, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional Regulation of Fibrillin-2 Gene during Chondrogenrsis, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
14)Keizo Yuasa, Shin Yamagami, Shotaro Uehara, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : cGMP-dependent protein kinase II is required for chondrogenic differentiation, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
15)Yayoi Kikuchi, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : RCN3 facilitates the secretion and activation of PACE4, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
16)Akihiko Tsuji : A novel protein which regulates autoactivation and secretion of subtilisin-like proprotein convertase. International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors, Satellite meeting of the 20th IUBMB International congress and 11th FAOBMB Congress, Hyogo, Jun. 2006.
17)Tetsuya Masuda, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional Activation of processing protease PACE4 during myogenic differentiation., International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors. Satellite meeting of the 20th IUBMB International congress and 11th FAOBMB Congress, Hyogo, Jun. 2006.
18)Hiroki Kanie, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Development of selectivity of 1-antitrypsin variant by mutagenesis in reactive site loop against proprotein convertase, International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors. Satellite meeting of the 20th IUBMB International congress and 11th FAOBMB Congress, Hyogo, Jun. 2006.
19)Keizo Yuasa, Kaori Suzue, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Subtilisin-like proprotein convertase PACE4 is transcriptionally regulated by E2F/Rb, International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors. Satellite meeting of the 20th IUBMB International congress and 11th FAOBMB Congress, Hyogo, Jun. 2006.
20)Kentaro Ogawa, Tsuyoshi Yuasa, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Characterization of proteases expressed in the embryo of germinating wheat seed, International Symposium on Medical and Biological Perspectives in Proteases and Their Inhibitors. Satellite meeting of the 20th IUBMB International congress and 11th FAOBMB Congress, Hyogo, Jun. 2006.
21)Takao Hanabusa and Shoichiro Fujisawa : "Roots Finding" -PBL in th e first year course-, 6th Asian-Pacific Conference on PBL, 77, Tokyo, Jun. 2006.
22)Rui Sato, Yasunori Kozuki, Minoru Shiratori, Yoshikazu Shimada, Kitta Ryuichi and Hitoshi Murakami : Effects of the water discharge on periphyton downstream of the dam, International Conference on Ecological Restoration in East Asia, Osaka,Japan, Jun. 2006.
23)Tsuneyuki Sato, Kazuki Nomura, Tomohiro Hirano and Makiko Seno : Soluble Hyperbranched Polymer Synthesis via Initiator-Fragment Incorporation Radical Polymerization Using Allyl Monomers, Asia Polymer Symposium 2006, Seoul, Jun. 2006.
24)Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Small heat shock protein ``AgsA'' suppresses aggregation of heat denatured proteins., 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
25)Atsushi Tabata, Akiko Inubushi, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : Immunochemical analysis of a human specific cytolysin, intermedilysin, for elucidation of its mode of action to human cells, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
26)Kei-ichiro Murai, Yohei Suzuki, Toshihiro Moriga and Akira Yoshiasa : EXAFS and XPS Study of Rutile-Type Difluorides of First-Row Transition Metals, 13th International Conference on X-ray Absorption Fine Structure, San Francisco, Jul. 2006.
27)Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : Analyses of Trace Elements from Biological and Environmental Samples, The XIV conference in The University of Gondar, Gondar, Ethiopia, Jul. 2006.
28)Mikito Yasuzawa, Shigeru Inoue, Hiroki Takaoka, Junya Murakami, Toshiyasu Shimizu and Shinji Imai : In vivo measurement that Uses a New Miniature Flexible Glucose Sensor, The 11th International Meeting on Chemical Sensors, 397, Brescia, Italy, Jul. 2006.
29)Yuichi Kameno, Hiroyoshi Miki, Yukari Ono, Toshihide Horikawa and Jun'ichi Hayashi : Influence of pore structure of carbon materials on the property of electric double layer capacitor, Carbon2006, #3P69, Aberdeen, Jul. 2006.
30)Takeshi Mori, Hironori Mori, Suguru Beppu, Takumi Makimura, Keiji Minagawa, Masami Tanaka, Takuro Niidome and Yoshiki Katayama : Intelligent Polymer Cement; Thermosensitive Polymers with Abnormal Hysteresis, 33rd Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society, Wien, Jul. 2006.
31)Shigeru Sugiyama, Takeshi Osaka, Yuuki Hirata and Ken-Ichiro Sotowa : Effects of the Incorporation of Vanadate and Cobalt Cation into Hydroxyapatites on the Oxidative Dehydrogenation of Propane, 5th Tokyo Conference on Advanced Catalytic Science and Technology, Tokyo, Jul. 2006.
32)Machi Haseda, Yasunori Kozuki, Kanako Yamaguchi, Tatsunori Ishida, Hitoshi Murakami, Junya Miyoshi, Daisuke Shibata and Yuki Miyachi : Seaweed Bed Reclamation Experiment using Vertical Seawall at Inner Part of Osaka Bay, PACON 2006, Vol.CST-7C, Yangon, Myanmar, Jul. 2006.
33)Sosuke Otani, Yasunori Kozuki, Kengo Kurata and Hitoshi Murakami : Relationship between biodiversity of macro benthos and physical habitat characters on a tidal flat, EMECS 7, CAEN, France, Jul. 2006.
34)Shuichi Hashimoto, Moon Rang Hyung and Yoon Byung Kyung : Optical microscopy study of zeolite-dye composite materials, International Sympsium on Zeolites and Microporous Crystals Book of Abstracts, Yonago, Japan, Aug. 2006.
35)Hitoshi Hori, Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa, Shutaro Ae, Daisuke Koyama, Naoki Otomo, Mamoru Otsuki and Takashi Tuji : Design and synthesis of LDL oxidation inhibitor based on isoprenomics, XIII Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Davos, Aug. 2006.
36)Takuro Tomita, Takeshi Mitani and Shin-ichi Nakashima : Analysis of surface polarity dependent DUV Raman spectra by bond-Raman-polarizability concept, The abstracts of the 20th international conference on Raman spectroscopy (ICORS), 149, Yokohama, Aug. 2006.
37)Shigeru Sugiyama, Masahiko Yokoyama, Minako Fujii, Kazunori Seyama and Ken-Ichiro Sotowa : Application of MgHPO4 to Continuous Removal/Recovery of Aqueous Ammonium, 11th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering, Kuala Lumpur, Malaysia, Aug. 2006.
38)Ken-Ichiro Sotowa, Nobumasa Shiraishi and Shigeru Sugiyama : Effect of periodic temperature change on catalytic partial oxidation of propylene, 11th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering, Kuala Lumpur, Malaysia, Aug. 2006.
39)Yoneda K., Ryushi Kawakami, Tagashira Y., Haruhiko Sakuraba, Shuichiro Goda, Hideaki Tsuge, Katunuma N. and Toshihisa Ohshima : The first crystal structure of an archaeal L-aspartate dehydrogenase from the hyperthermophile Archaeoglobus fulgidus, EXTREMOPHILES 2006 CONFERENCE, Brest, Sep. 2006.
40)Ken-Ichiro Sotowa, Kaname Takagi and Shigeru Sugiyama : Performance evaluation of deep microchannel reactor by using flow visualization technique and an enzyme reaction, 9th International Conference on Microreaction Technology, Potsdam, Sep. 2006.
41)Tomoko Sumitomo and Hiroki Kourai : Bacterioclastic Action of a Gemini-Quaternary Ammonium Compound, Membrane Stress Biotechnology Symposium, Sep. 2006.
42)Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Masamitsu Matsumoto, Makoto Nagasawa, Kazuo Nakajima and Katsuhiro Tamura : High-Pressure Acceleration of the Step Velocities and Two-Dimensional Nucleation Rates on {1 0 1} Faces of Glucose Isomerase Crystals, The Fourth International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Tsukuba, Sep. 2006.
43)Toshiaki Arao, Yoshihisa Muramoto, Kei Tanigawa, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura : Sterilization of Sudachi Juice by Hybrid Gas Compression of Oxygen and Nitrogen, The Fourth International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Tsukuba, Sep. 2006.
44)Tadashi Yamamoto, Yoshihisa Suzuki, Katsuhiro Tamura and : Effects of Antioxidants (α-Lipoic Acid and Vitamin E) on the Phase Transition Temperature of Bilayer Membranes of Phospholipids under Oxygen-Gas Pressure, The Fourth International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Tsukuba, Sep. 2006.
45)Yoshio Hara, Shin-ichi Nakayama, Satoshi Kawachi, Toshiaki Arao, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura : Effects of Compressed Rare Gases on Yeast Growth, The Fourth International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Tsukuba, Sep. 2006.
46)Satoshi Kawachi, Shin-ichi Nakayama, Yoshio Hara, Toshiaki Arao, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura : Effects of Compressed Rare Gases on Yeast Growth, The Fourth International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Tsukuba, Sep. 2006.
47)Ken-Ichiro Sotowa, Shiraishi Nobumasa, Yuusaku Iguchi and Shigeru Sugiyama : A microreactor for fast temperature cycling, International Workshop on Process Intensification in Fluid and Particle Engineering, Kobe, Oct. 2006.
48)Mikito Yasuzawa, Hiroki Takaoka, Shinya Furukawa, Kenji Moriyama, Miho Yamamoto and Shinji Imai : Fabrication of Multi-Channel Needle Type Biosensors Using Electrodeposition Procedure, 210th Meeting of The Electrochemical Society, Vol.2006-2, 2092, Cancun, Mexico, Nov. 2006.
49)石本 慎, 河村 保彦, 津嘉山 正夫, 大西 清高 : マイクロ波加熱によるクロロインドール誘導体の合成, 第6回マイクロ波効果・応用国際シンポジウム, 岐阜県大垣市, 2006年11月.
50)小西 秀和, ホサイン モハマド マムン, 河村 保彦, 津嘉山 正夫 : マイクロ波による高原価ヨウ素試薬を用いた多置換イソフラボンの合成, 第6回マイクロ波効果・応用国際シンポジウム, 岐阜県 大垣市, 2006年11月.
51)二宮 明之, 河村 保彦, 津嘉山 正夫 : マイクロ波を用いたフェノール誘導体のアルキニル化及びそれらのクロマノン,ブレニル化合物への変換, 第6回マイクロ波効果・応用国際シンポジウム, 岐阜県 大垣市, 2006年11月.
52)佐々木 貴啓, 山本 幹二, 辻 めぐみ, 河村 保彦, 津嘉山 正夫, 市川 亮一 : マイクロ波加熱による柑橘類のフラボノイド成分の抽出及び有効成分への変換, 第6回マイクロ波効果・応用国際シンポジウム, 岐阜県 大垣市, 2006年11月.
53)Kaoru Ohe, Tatsuya Oshima, Yoshinari Baba, M Shimizu, Yoshikazu Miyake, Toshihide Horikawa and H Yokota : Removal of arsenic from contaminated groundwater by Iron Oxide, International symposium on health hazards of arsenic contamination of groundwater and its countermeasures From Toroku to Asia, 162-165, Miyazaki, Nov. 2006.
54)Toshihide Horikawa, Takashi Isoda, Masahiro Katoh and Tahei Tomida : Preparation and characterization of nitrogen-doped TiO2 thin film by dip-coating, 13th International Conference on Solid Films and Surfaces, PI-15, Bariloche, Argentina, Nov. 2006.
55)Hiroyuki Ogo and Yasuhiro Uosaki : Impregnation of Disperse Red 13 into PMMA Film in Supercritical Carbon Dioxide, 8th International Symposium on Supercritical Fluids (ISSF2006), 348, Kyoto, Nov. 2006.
56)Toshiharu Yamashita and Yasuhiro Uosaki : Reaction of Poly(butylene terephthalate) in Hot-compressed Water, 8th International Symposium on Supercritical Fluids (ISSF2006), 258, Kyoto, Nov. 2006.
57)Seiji Mitani, Shoichiro Fujisawa, Osamu Sueda and Tomomi Iwata : Vibration Influence of Tactile Waking Surface Indicators on the Running of Manual Wheelchairs and Walking Frames, Proceedings of The 32nd Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON 2006), 3910-3915, Paris, Nov. 2006.
58)Ken-Ichiro Sotowa, Shigeru Sugiyama, Nobumasa Shiraishi and Iguchi Yuusaku : Propylene Oxidation under Temperature Cycling Operation, AIChE 2006 Annual Meeting, San Francisco, Nov. 2006.
59)Suguru Beppu, Keiji Minagawa, Takeshi Mori and Masami Tanaka : Substituents Effect on the Thermosensitive Behavior of α-Disubstituted Vinyl Polymers, The 10th International KYOTO Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2006.
60)Toshihiro Moriga, Hiroshi Suketa, Keisuke Takita, Daisuke Takada, Koji Shimomura, Kei-ichiro Murai and Kikuo Tominaga : Transparent Conducting Amorphous ZnO-In2O3 Films Deposited on PC or PET Substrates, American Vacuum Society 53rd International Symposium and Exhibition, San Francisco, Nov. 2006.
61)Kikuo Tominaga, Hiroshi Suketa, Keisuke Takita, Daisuke Takada, Koji Shimomura, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Transparent Conductive Oxide Films of In2O3-ZnO with Additional Ga2O3 Impurities, American Vacuum Society 53rd International Symposium and Exhibition, San Francisco, Nov. 2006.
62)Toshihiro Moriga, Katsuya Ishida, Akira Taki, Hirotaka Ohno, Yuji Sakakibara, Kei-ichiro Murai, Michio Mikawa and Kikuo Tominaga : Characterization of ZnO-In2O3/ZnO Laminated Thin Films Prepared by Pulsed Laser Deposition, American Vacuum Society 53rd International Symposium and Exhibition, San Francisco, Nov. 2006.
63)Ken-Ichiro Sotowa, Nobumasa Shiraishi and Shigeru Sugiyama : Propylene partial oxidation under fast temperature cycling, Fifth International Conference on Unsteady-state Processes in Catalysis, Suita, Nov. 2006.
64)Seiji Mitani, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Detection and Recognition of Tactile Walking Surface Indicators by White Cane, Proceedings of The 12th International Mobility Conference, No.C2-2, 1-5, Hong Kong, Nov. 2006.
65)Osamu Sueda : Systematic Research on Tactile Walking Surface Indicators in Japan, Proceedings of The 12th International Mobility Conference, Vol.C1-3, 1-6, Hong Kong, Nov. 2006.
66)Hirohiko Ohkudo, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Directing Characteristics of IR Handheld Device toward Target by Blind Person, Proceedings of The 12th International Mobility Conference, No.C5-2, 1-6, Hong Kong, Nov. 2006.
67)Shoichiro Fujisawa, Seiji Mitani and Osamu Sueda : A Study on Vibration from Travelling on TWSI's and Effect of Suspension for a Wheelchair User, Proceedings of The 12th International Mobility Conference, No.C19-1, 1-6, Hong Kong, Nov. 2006.
68)Tomonori TAKATA, Akio Kondo, Yoshinobu Hirose and Akiko KONDO : Effect of Improvement of Expressway Bus Service on Reduction of CO2 Emission, Proceedings of the 11th International Conference of Hong Kong Society for Transportation Studies, no.529, Hong Kong, Dec. 2006.
69)Akiko KONDO and Akio Kondo : Influence of Development of Transportation Facilities on Interaction Between Regions in Japan, Proceedings of the 11th International Conference of Hong Kong Society for Transportation Studies, 793-802, Hong Kong, Dec. 2006.
70)Hisaaki Ishizuka, Yuki Kanda, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Removal of Aqueous Phosphate and Heavy Metal Cations with Boehmite, 19th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Fukuoka, Dec. 2006.
71)Tomoaki Nishimura, Kana Sasayama, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Design of a Glass Microreactor Consisting of High and Low Temperature Zones, 19th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Fukuoka, Dec. 2006.
72)Nobumasa Shiraishi, Yuusaku Iguchi, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Effect of Temperature Cycling on Catalytic Partial Oxidation of Propylene, 19th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Fukuoka, Dec. 2006.
73)Shuichi Hatano, Ken-Ichiro Sotowa, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori and Shigeru Sugiyama : Formation of Droplets from a Vibrating Micronozzle -a CFD Study-, 19th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Fukuoka, Dec. 2006.
74)Kaname Takagi, Katuya Kuroda, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Fluid Behavior in a Deep Microchannel Reactor, 19th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Fukuoka, Dec. 2006.
75)Rie Tomiya, Kaname Takagi, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : A Microchannel Device for Concentration of Electrolytes, 19th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Fukuoka, Dec. 2006.
76)Takanori Fukumori, Keisuke Irie, Ken-Ichiro Sotowa, Katsuki Kusakabe and Shigeru Sugiyama : Formation of Droplets Consisting of Two Aqueous Solutions in a Microchannel, 19th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Fukuoka, Dec. 2006.
77)Kiyomi Tomonari, Ken-Ichiro Sotowa, Shigeru Sugiyama and Katsuki Kusakabe : Effect of Channel Geometry on the Performance of Micro-distillation Device, 19th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Fukuoka, Dec. 2006.
78)Junko Motonaka, Tujimoto Masaki, Tomoki Yabutani, Sano Atsushi, Tani Yuji and Mikito Yasuzawa : Characterization of Amperometric Glucose Sensor Prepared by Electropolymerization of Pyrroles, From Small Molecules to Materials and Surfaces, Vol.1, 82-85, Rotorua, New Zealand, Dec. 2006.
79)Tomoki Yabutani, Akinori Fukuda, HItoshi Nakamura and Junko Motonaka : A preconcentration method of trace elements in environmental water samples using colliod aggeregation of magnesium hydroxide and ultrafiltration, Proceedings of the NZIC 2006, Vol.1, 203-209, Rotorua, Dec. 2006.
80)Toshihiro Moriga, Daisuke Aoki, Kaoru Ikeuchi, Ryota Mashima, Kei-ichiro Murai and Ichiro Nakabayashi : Controlling of Optical Properties of LaTiO2N through the Anion and Cation Nonstoichiometry, New Zealand Institute of Chemistry Conference 2006, Auckland, Dec. 2006.
81)Takuya Maeda, Ryoko Buma, Masaharu Kamei, Hideaki Maseda and Hiroki Kourai : Pathogenic Bacteria Carried by Houseflies and The Possibility of Transmission from Source to Human, Second Bangladesh-Japan Joint International Conference of Microbiology and Food Hygiene, 31-34, Nara, Dec. 2006.
82)Kunio Kurachi, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Acoustic Information for Orientation and Distance Sensation of Blind Person, Proceedings of The 12th International Mobility Conference, No.C9-1, 1-6, Hong Kong, Dec. 2006.
83)Takahiro Sasaki, Kanji Yamamoto, Yasuhiko Kawamura, Masao Tsukayama and Ryoichi Ichikawa : Extraction of methoxyflavone from Citrus sudachi Hort ex Shirai and conversion into related compounds under microwave conditions, 第7回マイクロ波効果・応用国際シンポジウム, 2007.
84)Fukuda J., Yoneda K., Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba and Toshihisa Ohshima : Crystallization and Chracterization of L-lysine Dehydrogenase (LysDH) from Hyperthermophilic Archaeon yrococcus horikoshii, The first joint Symposium on life between Pusan National Univeristy and Kyushu University, Fukuoka, Feb. 2007.
85)Shimizu Y., Haruhiko Sakuraba and Toshihisa Ohshima : Elucidation of the L-Serine Biosynthesis in the Hyperthermophilic Archaeon:Characterization of D-3-Phosphoglycerate Dehydrogenase from Sulfolobus tokodaii, The first joint Symposium on life between Pusan National Univeristy and Kyushu University, Fukuoka, Feb. 2007.
86)Heni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : The mechanisms of Intermedilysin to induce cell death on HepG2 and HuCCT1 cell lines, The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'', Awajishima, Mar. 2007.
87)Hikaru Momose, Atsushi Yasuda, Akifumi Ueda, Takayuki Iseki, Koichi Ute, Takashi Nishimura, Ryo Nakagawa and Tatsuki Kitayama : Chemical composition distribution analysis of photoresist copolymers and influence on ArF lithographic performance, Proceedings of SPIE-The International Society for Optical Engineering, 6519, San Jose, Mar. 2007.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1)高岡 宏樹, 安澤 幹人, 清水 利泰, 今井 信治, Gifford Raeann, Wilson S. George : インビボ測定用フレキシブルグルコースセンサの開発, 第41回化学センサ研究発表会, Vol.2006-A, 112-114, 2006年4月.
2)安澤 幹人, 古川 晋也, 高岡 宏樹, Gifford Raeann, Wilson S. George : インビボ測定用マルチチャンネルセンサの開発, 第41回化学センサ研究発表会, Vol.2006-A, 115-117, 2006年4月.
3)蟹江 裕樹, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : α1-Antitrypsinを用いたSPC特異的阻害剤の開発, 第6回日本蛋白質科学会年会, 2006年4月.
4)上川 健一, Ismaliza Nor Ismail, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : 脂肪組織におけるプロセシングプロテア-ゼ群の機能解析, 第47回日本生化学会中国・四国支部例会, 2006年5月.
5)香山 卓也, 早川 晴雄, 上田 誠, 近藤 光男 : 体験型交通安全教材を用いた交通安全講習の効果計測に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 262-263, 2006年5月.
6)嶋田 秀昭, 近藤 光男, 渡辺 公次郎, 近藤 明子 : シミュレーション型広域交通量配分モデルを用いた自動車交通が大気環境に及ぼす影響分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 276-277, 2006年5月.
7)萬浪 善彦, 近藤 光男, 渡辺 公次郎, 近藤 明子, 安富 英樹 : 交通施設整備が地域間交流に及ぼす影響分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 278-279, 2006年5月.
8)土江 憲弘, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : CVMによる鉄道駅におけるバリアフリー化の経済価値の算定, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 282-283, 2006年5月.
9)栗山 智嗣, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : 視覚障害の疑似体験に基づく歩行空間のバリア評価に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 284-285, 2006年5月.
10)長﨑 浩紀, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 開発途上国における土地利用計画支援システムの開発, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 288-289, 2006年5月.
11)池田 寛之, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 緑地による大気浄化度を評価指標とした郊外部の市街化規制方策の検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 290-291, 2006年5月.
12)内藤 俊平, 近藤 光男, 周 葵, 和田 録樹 : 許容満足距離に基づく混合施設の配置評価と整備計画に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 292-293, 2006年5月.
13)森本 恵美, 上月 康則, 山中 英生, 滑川 達 : 防災ゲームを用いた行政職員の行動原理分析, --- 徳島県由岐町「被災後の対応を考えるWS」 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.12, 310-311, 2006年5月.
14)福田 晃規, 薮谷 智規, 本仲 純子 : マグネシウム水酸化物コロイド凝集法による超微量金属イオンの濃縮, 第67回分析化学討論会, 2006年5月.
15)熊野 誠実, 薮谷 智規, 三島 有二, 本仲 純子 : イオン液体を用いる多元素同時抽出のための条件検討, 第67回分析化学討論会, 2006年5月.
16)伊藤 雅代, 縣 邦雄, 高麗 寛紀 : 新規抗菌剤の抗菌及び,銅に対する腐食防止特性, 腐食防食協会 材料と環境討論会2006, 2006年5月.
17)永澤 秀子, 稲田 俊行, 田中 彩子, 佐々木 有紀, 中嶌 瞳, 宇都 義浩, 堀 均, 松本 英樹 : 新規hypoxic cytotoxinの分子設計及び生物活性, 第12回癌治療増感研究会, 2006年5月.
18)渡辺 公次郎, 近藤 光男, 野澤 征司 : マルチエージェントシステムを用いた津波避難シュミレーションモデルの開発, 日本建築学会四国支部研究報告集, No.6, 97-98, 2006年5月.
19)中江 崇, 宇都 義浩, 村上 綾, 田中 彩子, 堀 均, 永澤 秀子 : 細胞表面を構成するsugar scaffoldに基づくハイブリッド型低酸素細胞放射線増感剤の創製, 第4回次世代を担う有機化学シンポジウム, 2006年5月.
20)上月 康則, 村上 仁士, 大森 稔寛, 小倉 貴文, 笹田 純司, 野田 厳 : 内湾の環境修復材料としての各スラグの物性評価実験, 第12回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.12, 434-435, 2006年5月.
21)上月 康則, 大谷 壮介, 石山 哲, 村上 仁士 : 干潟底生微細藻類からヤマトオサガニへの転換効率について, 第12回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.12, 458-459, 2006年5月.
22)上月 康則, 村上 仁士, 三好 順也, 柴田 大介, 石田 達憲, 野田 厳 : 秋冬期における海岸構造物周辺に生息する肉食性巻貝二種の摂餌,成長量, 第12回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.12, 460-461, 2006年5月.
23)別府 卓, 森 裕紀, 南川 慶二, 森 健, 田中 正己 : アミド部に構造異性を有するα,α-ジアミドビニルポリマー水溶液の熱応答挙動, 第55回高分子学会年次大会予稿集, Vol.55, 2006年5月.
24)槇村 卓巳, 南川 慶二, 森 健, 田中 正己 : アルキル鎖長の異なるポリ(デヒドロアラニン)水溶液の熱応答挙動, 第55回高分子学会年次大会予稿集, Vol.55, 2006年5月.
25)森 健, 新留 琢郎, 片山 佳樹, 槙村 卓巳, 森 裕紀, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリビニルアミノ酸水溶液の異常な熱履歴現象, 第55回高分子学会年次大会予稿集, Vol.55, 2006年5月.
26)小野 敦士, 佐藤 恒之, 妹尾 真紀子, 平野 朋広 : ポリブタジエンとN-ビニルピロリドンを用いた開始剤組込み共重合による高分岐ポリマーの合成, 第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
27)中村 司, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : トリビニルモノマーとスチレンを用いた開始剤組込み共重合による高分岐コポリマーの合成, 第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
28)中村 公彦, 石井 里志, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : ルイス塩基存在下でのN-アルキルアクリルアミドの立体特異性ラジカル重合, 第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
29)上窪 貴裕, 奥村 雄也, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : アルコール存在下でのN-イソプロピルアクリルアミドのシンジオタクチック特異性ラジカル重合, 第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
30)石津 秀朗, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : ピリジンN-オキシド誘導体存在下でのN-アルキルアクリルアミドのイソタクチック特異性ラジカル重合, 第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
31)升田 周平, 平野 朋広, 妹尾 真紀子, 佐藤 恒之 : N,N-ジメチルアクリルアミドのシンジオタクチック特異性ラジカル重合, 第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
32)小山 美沙緒, 奥村 雄也, 平野 朋広, 勝本 之晶 : 赤外分光法による立体制御されたpoly(N-isopropylacrylamide)の溶液中における局所構造の研究, 第55回高分子学会年次大会予稿集, 2006年5月.
33)中井 史郎, 森 康子, 安澤 幹人 : γ(ポリグルタミン酸)誘導体の合成と性質, 第55回高分子学会年次大会, Vol.2006-B, 2335, 2006年5月.
34)田中 正己, 増田 精造, 南川 慶二, 森 健 : クロルプロマジンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第55回高分子学会年次大会予稿集, Vol.55, 2006年5月.
35)渡辺 公次郎, 近藤 光男, 野澤 征司 : 津波防災まちづくり支援ツールの開発, --- その1 津波避難シミュレーションモデルの開発 ---, 都市計画研究講演集, Vol.4, 41-44, 2006年5月.
36)三谷 誠二, 藤澤 正一郎, 末田 統, 濱西 敏雄 : 視覚障害者誘導用ブロック等が車いすの走行に与える影響, Proceedings of the 2006 JSME Conference on Robotics and Mechatronics, 1P1-A01(1)-1P1-A01(3), 2006年5月.
37)藤澤 正一郎, 三谷 誠二, 末田 統 : 悪路における歩行器の走行特性に関する研究, Proceedings of the 2006 JSME Conference on Robotics and Mechatronics, 1P1-A02(1)-1P1-A02(3), 2006年5月.
38)郷田 秀一郎, 西川 良美, 櫻庭 春彦, 小島 正樹, 柊 弓絃, 大島 敏久 : 大腸菌内で不活性な構造で生産される超好熱アーキア Pyrobaculum islandicum 由来グルタミン酸脱水素酵素の活性化機構の解明, 日本ビタミン学会第58回大会, 2006年5月.
39)川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 低温菌Janthinobacterium lividum UTB1302が生産するNAD依存性グルタミン酸脱水素酵素の遺伝子クローニング, 日本ビタミン学会第58回大会, 2006年5月.
40)米田 一成, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアArchaeoglobus fulgidus由来L-アスパラギン酸脱水素酵素のX線結晶構造解析, 日本ビタミン学会第58回大会, 2006年5月.
41)盛重 純一, 永澤 秀子, 堀 均, 福澤 健治, 德村 彰 : ニワトリ卵白のリゾホスホリパーゼDによるリゾホスファチジン酸の産生, 第48回日本脂質生化学会, 2006年6月.
42)松尾 繁樹, 富田 卓朗, 橋本 修一, 岡田 達也, ヨードカシス サウリウス, 三澤 弘明 : フェムト秒レーザーによる透明固体材料の内部加工, 第66回レーザ加工学会講演論文集, 2006年6月.
43)富田 卓朗, 熊井 亮太, 木下 敬太, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : 照射条件と試料表面粗さに依存したレーザー誘起ナノ周期構造生成, 2006年度日本物理学会中国支部・四国支部学術講演会講演予稿集, 80, 2006年7月.
44)守屋 聖, 松尾 繁樹, 富田 卓朗, 橋本 修一 : フェムト秒レーザー支援エッチングによるガラスの内部加工, 2006年度応用物理学会中国四国支部学術講演会講演予稿集, 45, 2006年7月.
45)佐藤 正弘, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : マイクロレンズアレイを用いた微小三次元周期構造物の作製, 2006年度応用物理学会中国四国支部学術講演会講演予稿集, 33, 2006年7月.
46)河原 啓之, 富田 卓朗, 岡田 達也, 東嶺 孝一, 山口 誠, 木本 恒暢 : 4H-SiC基板/エピ膜界面に存在するエピ膜表面欠陥の起源のTEM観察, 2006年度応用物理学会中国四国支部学術講演会講演予稿集, 138, 2006年7月.
47)藤澤 正一郎, 大橋 眞, 英 崇夫 : 徳島大学全学共通「創成学習」科目における能力自己評価, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 420-421, 2006年7月.
48)三谷 誠二, 久良知 國雄, 大久保 紘彦, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 大学院における社会人ドクターと修士生による共同研究の取り組み, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 548-549, 2006年7月.
49)藤澤 正一郎, 木戸口 善行, 上月 康則, 松尾 繁樹, 渡辺 公次郎, 三輪 惠 : 修了生アンケートから観たエコシステム工学専攻の大学院教育, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 546-547, 2006年7月.
50)瀧田 啓介, 助田 祐志, 高田 大輔, 下村 幸司, 富永 喜久雄, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : 有機基板上に製膜したZnO-In2O3系透明導電性薄膜の特性, 応用物理学会中国四国支部 日本物理学会 中国支部・四国支部 日本物理教育学会 四国連絡会議 2006年度支部学術講演会, 2006年7月.
51)瀧 旭, 山口 喬史, 大野 裕孝, 三河 通男, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : PLD法によりガラス基板上に作製した積層型透明導電膜の特性評価, 応用物理学会中国四国支部 日本物理学会 中国支部・四国支部 日本物理教育学会 四国連絡会議 2006年度支部学術講演会, 2006年7月.
52)藤澤 正一郎, 大橋 眞, 英 崇夫 : 徳島大学全学共通「創成学習」科目における能力自己評価, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 420-421, 2006年7月.
53)小林 正裕, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 鈴木 良尚, 井上 哲夫 : 重力下の剛体球系結晶中のモンテカルロシミュレーションによる欠陥の安定性の研究, 応用物理学会中四国支部日本物理学会中国支部・四国支部日本物理教育学会四国連絡会議 支部学術講演会講演予稿集, 150, 2006年7月.
54)藤澤 正一郎, 末田 統 : マスプロ教育における創造性育成を取り入れた福祉工学教育, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 668-669, 2006年7月.
55)清水 泰博, 吉田 晴美, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 柊 弓弦, 大島 敏久 : 超好熱アーケアAeropyrum pernixK1由来5'-deoxy-5'-methylthioadenosinephosphorylase(MTAP)の機能解析, 日本Archaea研究会第19回講演会, 2006年8月.
56)森 健, 新留 琢郎, 片山 佳樹, 別府 卓, 南川 慶二, 田中 正己 : ''偽可逆的''熱硬化性を有するポリビニルアミノ酸の開発, 第35回医用高分子シンポジウム予稿集, 2006年8月.
57)高原 光恵, 末田 統, 藤澤 正一郎, 塩田 洋, 秦 裕子, 美馬 彩, 三谷 誠二, 岩田 朋巳 : 長期検査への参加対象者における心理特性, 第21回リハ工学カンファレンス講演論文集, 47-48, 2006年8月.
58)坊岡 正之, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 電動車いす用スライド型ジョイスティックの操作特性について, 第21回リハ工学カンファレンス講演論文集, 117-118, 2006年8月.
59)竹中 正典, 趙 鵬, 大久保 紘彦, 久良知 國雄, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 視覚障害者に対する音声案内情報提供に関する基礎研究, 第21回リハ工学カンファレンス講演論文集, 139-140, 2006年8月.
60)山田 直広, 三谷 誠二, 田内 雅規, 加藤 俊和, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 視覚障害者誘導用ブロックの白杖による検知・識別力に関する研究, 第21回リハ工学カンファレンス講演論文集, 145-146, 2006年8月.
61)趙 鵬, 竹中 正典, 大久保 紘彦, 久良知 國雄, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 盲人用赤外線音声案内情報装置を用いた方位検出精度に関する研究, 第21回リハ工学カンファレンス講演論文集, 149-150, 2006年8月.
62)長尾 将史, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 交差点環境騒音の再現と音響信号機の研究, 第21回リハ工学カンファレンス講演論文集, 151-152, 2006年8月.
63)濱西 敏雄, 三谷 誠二, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 点字ブロック上走行時の車いすの振動に関する研究, 第21回リハ工学カンファレンス講演論文集, 159-160, 2006年8月.
64)湊 裕史, 三谷 誠二, 岩田 朋巳, 田内 雅規, 加藤 俊和, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 弱視者による点字ブロック視認性に関する研究, 第21回リハ工学カンファレンス講演論文集, 147-148, 2006年8月.
65)湯浅 恵造, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : 軟骨分化におけるsubtilisin-like proprotein convertase (SPC)の機能解析, 第11回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会, 2006年8月.
66)増田 哲也, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : Subtilisin-like Proprotein Convertase (SPC)は骨格筋分化制御の重要因子である, 第11回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会, 2006年8月.
67)竹中 正典, 趙 鵬, 大久保 紘彦, 久良知 國雄, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 音像メンタルマップとそれに基づく歩行特性, 日本福祉のまちづくり学会第9回全国大会概要集, 33-36, 2006年8月.
68)坊岡 正之, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 市街地走行における電動車いすの操作について, 日本福祉のまちづくり学会第9回全国大会概要集, 391-394, 2006年8月.
69)山田 直広, 三谷 誠二, 田内 雅規, 加藤 俊和, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 白杖による視覚障害者誘導用ブロック検知ならびに形状把握に関する研究, 日本福祉のまちづくり学会第9回全国大会概要集, 453-456, 2006年8月.
70)長尾 将史, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 交差点周辺の音場環境の再現に関する研究, 日本福祉のまちづくり学会第9回全国大会概要集, 555-558, 2006年8月.
71)栗山 智嗣, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : 歩行者交通量が視覚障害者の歩行困難度に及ぼす影響分析モデル, 日本福祉のまちづくり学会第9回全国大会梗概集, 449-452, 2006年8月.
72)助田 祐志, 瀧田 啓介, 高田 大輔, 下村 幸司, 富永 喜久雄, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : 有機基板上に作製したZnO-In2O3系アモルファス透明導電膜の特性, 第67回応用物理学会学術講演会, 2006年8月.
73)山本 幹二, 佐々木 貴啓, 辻 めぐみ, 河村 保彦, 市川 亮一, 津嘉山 正夫 : マイクロ波を用いる柑橘類の有用成分の迅速抽出および関連化合物への変換, 日本食品科学工学会第53回大会, 2006年8月.
74)富田 卓朗, 熊井 亮太, 木下 敬太, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : レーザー誘起ナノ周期構造生成の試料表面粗さ依存性, 第67回応用物理学会学術講演会講演予稿集, 1037, 2006年8月.
75)山口 誠, 上野 滋, 熊井 亮太, 木下 敬太, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : リップル形成過程における局所構造変化の顕微ラマン分光解析, 第67回応用物理学会学術講演会講演予稿集, 1037, 2006年8月.
76)越智 謙吾, 富田 卓朗, 岡田 達也, 山口 誠, 東嶺 孝一, 木本 恒暢 : 4H-SiC基板/エピ膜界面における表面欠陥の起源のTEM観察, 第67回応用物理学会学術講演会講演予稿集, 370, 2006年8月.
77)吉原 久美子, 高橋 克幸, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 : 超好熱菌Thermotoga maritima及びPyrobaculum aerophilum由来2-deoxy-D-ribose-5-phosphate aldolase(DERA)が触媒するアルドール縮合反応, 日本農芸化学会中四国支部大会, 2006年9月.
78)大島 敏久, 里村 武範, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 谷 裕児, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 超好熱アーキアPyrobaculum islandicumの色素依存性D-プロリン脱水素酵素の機能解析と応用, 第2回D-アミノ酸研究学術講演会, 2006年9月.
79)清水 泰博, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱好酸性アーキアSulfolobus tokodaii strain 7 由来D-3-ホスホグリセリン酸脱水素酵素(PGDH)の機能解析, 日本生物工学会大会, 2006年9月.
80)大島 敏久, 里村 武範, 櫻庭 春彦, 谷 祐児, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 超好熱菌の膜結合性D-プロリン脱水素酵素の機能開発, 酵素・補酵素を楽しむ会, 2006年9月.
81)糟谷 佐紀, 室崎 千重, 米田 郁夫, 阪東 美智子, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 車いす使用者の移動スペースに関する研究(その1), --- 通路・開口幅と車いす全長の相関関係 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 799-800, 2006年9月.
82)村田 真一, 鵤 心治, 大貝 彰, 日高 圭一郎, 加藤 孝明, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 郷内 吉瑞, 小林 剛士 : 地方都市の郊外スプロール地域における広域避難シミュレーション, --- その1: システム概要と実証実験概要 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 489-490, 2006年9月.
83)渡辺 公次郎 : 開発途上国における市街化を考慮した土地利用計画支援ツールの開発, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 821-822, 2006年9月.
84)郷内 吉瑞, 大貝 彰, 鵤 心治, 日高 圭一郎, 加藤 孝明, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 阿部 陽介 : WebGIS基盤の防災まちづくりワークショップ支援システムの有用性検証, --- その2: 実証実験内容とその結果の分析 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 793-794, 2006年9月.
85)阿部 陽介, 大貝 彰, 鵤 心治, 日高 圭一郎, 加藤 孝明, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 郷内 吉瑞 : WebGIS基盤の防災まちづくりワークショップ支援システムの有用性検証, --- その1: システム概要と実証実験概要 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 791-792, 2006年9月.
86)橋本 修一 : 顕微分光法を用いたゼオライト光化学の研究, 2006光化学討論会講演要旨集, 336, 2006年9月.
87)矢部 幸宏, 河村 保彦 : 非古典的ディストニックカチオンラジカルの生成をねらいとしたノルボルネン誘導体の一電子移動, 2006年光化学討論会, 2006年9月.
88)渡邊 麻美, 村 絵美, 河村 保彦 : 液相及び固相における1,1-ジアリールエテンの光双方向及び片道異性化, 2006年光化学討論会, 2006年9月.
89)森 篤史, 小林 正裕, 鈴木 良尚 : 重力下の剛体球系結晶中の安定な積層不整の複合構造, 第59回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 51, 2006年9月.
90)鈴木 良尚, 森 篤史, 澤田 勉, 田村 勝弘 : 遠心沈降法によるコロイド結晶の結晶粒界と積層欠陥の制御, 第59回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 50, 2006年9月.
91)麻川 明俊, 鈴木 良尚, 森 篤史, 松尾 繁樹, 柳谷 伸一郎, 井上 哲夫, 田村 勝弘 : 遠心沈降濃縮法で得られたコロイド結晶のグレインサイズに及ぼす基板平坦性の影響, 第59回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 350, 2006年9月.
92)石田 勝也, 大井 智裕, 吉成 篤史, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : CASTEPによるZnkIn2Ok+3ホモロガス化合物の電子状態の解析, 応用物理学会中国四国支部 若手半導体研究会, 2006年9月.
93)高岡 宏樹, 森山 健史, 山本 美穂, 安澤 幹人, 今井 信治, Gifford Raeann, Wilson S. George : 超弾性合金を芯材に用いた体内埋め込み測定用バイオセンサの作製, 第42回化学センサ研究発表会, Vol.2006-B, 7-9, 2006年9月.
94)森山 健史, 高岡 宏樹, 安澤 幹人, Wilson S. George : 微細針状マルチチャンネルセンサ作製を目的とした微小領域への選択的酵素固定技術の開発, 第42回化学センサ研究発表会, Vol.2006-B, 10-12, 2006年9月.
95)野本 信一, 力武 浩太郎, 小出 崇志, 安澤 幹人 : ペルヒドロポリシラザンを用いたタンパク質吸着抑制表面形成技術の開発, 第42回化学センサ研究発表会, Vol.2006-B, 13-15, 2006年9月.
96)黒崎 ひろみ, 中野 晋, 小川 宏樹, 大谷 寛, 大奈 健, 川田 一昭, 村上 仁士 : 体験談に基づく昭和南海地震の震度評価とその性別や年齢による違い, 第23回歴史地震研究発表会要旨集, 2, 2006年9月.
97)井若 和久, 田邊 晋, 大谷 寛, 上月 康則, 村上 仁士 : 田井家「震潮記」にみる徳島県宍喰の地震・津波について, 歴史地震, No.23, 17, 2006年9月.
98)杉山 茂, 横山 雅彦, 外輪 健一郎 : リン酸マグネシウム関連化合物によるアンモニアの連続回収の試み, 化学工学会第38回秋季大会, 2006年9月.
99)外輪 健一郎, 白石 宣政, 井口 祐作, 杉山 茂 : 温度周期操作下におけるプロピレン酸化反応の解析, 化学工学会第38回秋季大会, 2006年9月.
100)礒田 隆司, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : 窒素含有TiO2薄膜の創製と特性評価, 化学工学会 第38回秋季大会, A206, 2006年9月.
101)香川 健一, Salam Mohiuddin Abdus Sayed, 森本 将史, 川城 克博 : システインプロテアーゼを利用するD-アミノ酸含有ペプチドの合成, 化学工学会第38回秋季大会, 2006年9月.
102)阪中 裕太, 沼田 真央, 吉田 達郎, 村井 啓一郎, 國本 崇, 森 昌史, 須田 栄作, 森賀 俊広 : ナノ粒子成長法より合成した酸化物原料からのYAG:Ce蛍光体の作製, 日本セラミックス協会第19回秋期シンポジウム, 2006年9月.
103)別府 卓, 槙村 卓巳, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリペプチドの熱変性を模したビニルポリマーの開発および細胞接着性の評価, 第55回高分子討論会予稿集, Vol.55, 2006年9月.
104)南川 慶二, 小郷 篤, 渡辺 浩之, 森 健, 田中 正己 : DNA微粒子分散系の電場応答による構造変化とER効果, 第55回高分子討論会予稿集, Vol.55, 2006年9月.
105)槙村 卓巳, 森 裕紀, 南川 慶二, 森 健, 田中 正己 : ポリ(デヒドロアラニン)のたんぱく質様熱履歴現象に与える置換基効果, 第55回高分子討論会予稿集, Vol.55, 2006年9月.
106)松本 圭吾, 南川 慶二, 田中 正己, 森 健, 新留 琢朗, 片山 佳樹 : 生体温度硬化性ポリマーによる血管閉塞, 第55回高分子討論会予稿集, Vol.55, 2006年9月.
107)加藤 雅裕 : 光触媒表面で起こる吸着現象の赤外分光法による解析, 第20回日本吸着学会研究発表会講演要旨集, 5-6, 2006年9月.
108)加藤 雅裕, 天堤 慎也, 堀河 俊英, 冨田 太平, 大平 学 : 地域のバイオマスを原料とする炭を分散した塗料によるガスの吸着除去, 第20回日本吸着学会研究発表会講演要旨集, 44, 2006年9月.
109)平野 朋広, 上窪 貴裕 : N-イソプロピルアクリルアミドのヘテロタクチック特異性ラジカル重合, 第55回高分子討論会予稿集, 2006年9月.
110)藤岡 靖弘, 平野 朋広, 佐藤 恒之 : ヘキサメチルホスホラミド存在下でのN-イソプロピルアクリルアミドのシンジオタクチック特異性ラジカル重合における溶媒効果, 第55回高分子討論会予稿集, 2006年9月.
111)宮崎 誉将, 平野 朋広 : N-アセチルアクリルアミドのラジカル重合ー水素結合を利用した立体制御ー, 第55回高分子討論会予稿集, 2006年9月.
112)青木 大介, 池内 薫, 間嶌 亮太, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : ペロブスカイト型LnTiO2N (Ln=La, Nd)の光学特性に及ぼす非化学量論性の影響, 日本セラミックス協会第19回秋期シンポジウム, 2006年9月.
113)石津 秀朗, 平野 朋広, 佐藤 恒之 : ピリジンN-オキシド誘導体存在下でのN-アルキルアクリルアミドのラジカル重合ー水素結合を利用した立体制御ー, 第55回高分子討論会予稿集, 2006年9月.
114)小山 美沙緒, 奥村 雄也, 平野 朋広, 田中 丈幸, 勝本 之晶 : 立体制御されたpoly(N-isopropylacrylamide)の溶液中における局所構造, 第55回高分子討論会予稿集, 2006年9月.
115)薮谷 智規, 藤原 孝太, 本仲 純子 : ビスマスコロイド凝集/限外ろ過法による超微量六価クロムの回収, 日本分析化学会第55年会, 2006年9月.
116)谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性D-プロリン脱水素酵素-寒天固定化電極の作製とその特性評価, 日本分析化学会第55年会, 2006年9月.
117)中本 有美, 大垣 光治, 吉積 幸二, 沼子 千弥, 寺田 靖子, 村井 啓一郎, 薮谷 智規, 本仲 純子, ロディカ スタネスク, マデレン ダンシラ : ルーマニアブカレスト市における大気浮遊粒子状物質中微量元素の特性評価, 日本分析化学会第55年会, 2006年9月.
118)外輪 健一郎, 白石 宣政, 井口 祐作, 杉山 茂 : 非定常操作下における白金線リアクタの温度推定, 第98回触媒討論会(触媒討論会A), 2006年9月.
119)森 篤史, 小林 正裕, 鈴木 良尚, 松尾 繁樹, 柳谷 伸一郎 : ピラミッド型のくぼみに沈降した重力下の剛体球系の挙動のモンテカルロシミュレーション, 日本物理学会講演概要集, Vol.61, No.2, 282, 2006年9月.
120)加藤 雅裕, 石川 尚子, 山崎 達也, 吉川 卓志, 和田 守 : 金属添加MFIゼオライトによるバイオエタノールからのオレフィン合成反応, 第98回触媒討論会討論会A予稿集, 30, 2006年9月.
121)川田 和男, 藤澤 正一郎, 山本 透 : 肢体不自由児のための車椅子電動化装置の開発, ヒューマンインターフェースシンポジウム2006, 871-874, 2006年9月.
122)山崎 達也, 増田 豊子, 石川 尚子, 加藤 雅裕, 吉川 卓志, 和田 守 : Ru/ZrO2系触媒によるバイオエタノールの水蒸気改質反応, 第98回触媒討論会討論会A予稿集, 64, 2006年9月.
123)逢坂 岳士, 上野 洋平, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : 水酸アパタイト担持バナデート触媒によるプロパンの酸化脱水素反応, 第98回触媒討論会(触媒討論会A), 2006年9月.
124)田辺 恭彦, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 二宮 航 : 貴金属触媒によるジシクロヘキシルの脱水素反応, 第98回触媒討論会(触媒討論会A), 2006年9月.
125)大久保 紘彦, 趙 鵬, 竹中 正典, 久良知 國雄, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 赤外線音声情報案内システムを利用する視覚障害者の方向特定特性, ヒューマンインターフェースシンポジウム2006, 1003-1006, 2006年9月.
126)久良知 國雄, 竹中 正典, 趙 鵬, 大久保 紘彦, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 視覚障害者の歩行特性に関する研究, ヒューマンインターフェースシンポジウム2006, 1007-1010, 2006年9月.
127)三谷 誠二, 湊 裕史, 藤澤 正一郎, 末田 統 : ロービジョン者による視覚障害者誘導用ブロックの視認性に関する研究, ヒューマンインターフェースシンポジウム2006, 1025-1028, 2006年9月.
128)三宅 講太朗, 西岡 将規, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 堀 均, 島田 光生 : 膵臓癌に対する低酸素細胞放射線増感剤TX-1877誘導体の放射線増感作用と抗腫瘍効果に関する基礎的研究, 第65回 日本癌学会学術総会, 2006年9月.
129)越川 信子, 堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 竹永 啓三 : ヒト乳癌細胞株における転移抑制遺伝子nm23-H1発現の低酸素による抑制, 第65回 日本癌学会学術総会, 2006年9月.
130)堀 均, 永澤 秀子, 宇都 義浩 : 低分子性血管新生阻害剤2-メチレン-4-シクロペンテン-1,3-ジオン化合物の創製, 第65回 日本癌学会学術総会, 2006年9月.
131)宇都 義浩, 永澤 秀子, 堀 均 : マクロファージ活性化能を有する糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の創製, 第65回 日本癌学会学術総会, 2006年9月.
132)川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 低温菌由来の巨大グルタミン酸脱水素酵素, 酵素工学研究会, 2006年10月.
133)長畠 祥司, 坂田 万典, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : La含有の膜状二酸化チタン光触媒の調製と特性評価, 化学工学会徳島大会講演要旨集 93頁, 2006年10月.
134)長岡 優, 西 計臣, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : 二酸化チタン光触媒の調製とメチレンブルー分解による性能評価, 化学工学会徳島大会講演要旨集 94頁, 2006年10月.
135)板持 正和, 金 明吉, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : ベンチスケール環状充填型光触媒反応器における染料の分解特性, 化学工学会徳島大会 講演要旨集 61頁, 2006年10月.
136)高木 一也, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリエチレングリコール粒子分散系ER流体の沈降状態からのER効果発現メカニズム, 第54回レオロジー討論会講演要旨集, 2006年10月.
137)岡村 菜穂, 住友 倫子, 前田 拓也, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : gemini型第四アンモニウム塩の枯草菌(Bacillus subtilis)に対する殺菌機構の解明, 日本防菌防黴学会2006年度若手の会, 2006年10月.
138)上田 昭子, 栗本 麻友子, 住友 倫子, 前田 拓也, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 酵母に対するジェミニ型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌機構, 日本防菌防黴学会2006年度若手の会, 2006年10月.
139)北浦 真希, 住友 倫子, 前田 拓也, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : セラチアに対するジェミニ型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌機構の解明, 日本防菌防黴学会2006年度若手の会, 2006年10月.
140)古小路 夏美, 住友 倫子, 間世田 英明, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : 多剤交叉耐性Achromobacter sp.の耐性化機構の解明, 日本防菌防黴学会2006年度若手の会, 2006年10月.
141)野澤 征司, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 津波避難シミュレーションモデルの開発, 地理情報システム学会講演論文集, Vol.15, 483-486, 2006年10月.
142)池田 寛之, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 土地利用の変化に伴う植生の大気汚染ガス吸収量の分析, 地理情報システム学会講演論文集, Vol.15, 475-478, 2006年10月.
143)弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinによるlamin B1の異所性表出, 第59回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2006年10月.
144)宇都 義浩, 大友 直紀, 小山 大輔, 大津木 護, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤とするプレニル化フェルラ酸の分子設計とLDL抗酸化活性, 日本過酸化脂質・フリーラジカル学会 第30回大会, 2006年10月.
145)上原 裕也, 加藤 裕樹, 安川 隼也, 二宮 航, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : Pd/Cおよび関連触媒による乳酸ナトリウムの酸化脱水素反応, 化学工学会徳島大会, 2006年10月.
146)平田 祐規, 近藤 友紀, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : バナジン酸マグネシウムの酸化脱水素触媒活性に対する添加物効果, 化学工学会徳島大会, 2006年10月.
147)礒田 隆司, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : ディップコーティングによるTiO2薄膜形成に及ぼす諸因子の影響, 化学工学会徳島大会講演要旨集, 100, 2006年10月.
148)井内 裕敏, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : 窒素ドープ多孔質酸化チタンの創製とその特性評価, 化学工学会徳島大会講演要旨集, 99, 2006年10月.
149)田村 剛, 藤岡 明弘, 坂東 昌宜, 川城 克博 : 酵素的ペプチド合成に及ぼす脱離基の影響, 化学工学会徳島大会, 2006年10月.
150)香川 健一, 久保 伸治, 植月 信義, 川城 克博 : 含水アセトニトリル系におけるリパーゼ触媒によるアミノ酸エステルの不斉加水分解, 化学工学会徳島大会, 2006年10月.
151)宮永 健一, 増田 幾子, 川城 克博 : リパーゼを触媒とする凍結下のペプチド合成, 化学工学会徳島大会, 2006年10月.
152)福本 祐介, 加藤 雅裕, 堀河 俊英, 冨田 太平 : 窒素とフッ素を含む可視光応答型光触媒の調製と光触媒特性, 化学工学会徳島大会講演要旨集, 92, 2006年10月.
153)坂田 悦美, 長濱 宏一, 加藤 雅裕, 堀河 俊英, 冨田 太平 : 水素製造過程で生じる混合ガスからのパラジウム膜による水素精製, 化学工学会徳島大会講演要旨集, 64, 2006年10月.
154)荒尾 俊明, 村本 桂久, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 : 酸素・窒素ガスハイブリッド加圧法によるスダチ果汁殺菌技術の開発, 化学工学会徳島大会講演要旨集, 2006年10月.
155)河内 哲史, 原 好男, 荒尾 俊明, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 : 代謝熱測定法による炭化水素ガス加圧下の酵母増殖挙動解析, 化学工学会徳島大会講演要旨集, 2006年10月.
156)原 好男, 河内 哲史, 荒尾 俊明, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 : 酵母増殖に及ぼす高圧希ガスの影響-代謝熱測定法によるアプローチ-, 化学工学会徳島大会講演要旨集, 2006年10月.
157)鈴木 良尚, 佐崎 元, 松本 雅光, 永澤 眞, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 : タンパク質結晶表面のステップ前進速度および二次元核生成頻度の圧力変化, 化学工学会徳島大会講演要旨集, 47, 2006年10月.
158)大森 政也, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 : コロイド結晶の欠陥消滅過程とそれに及ぼす外場の影響, 化学工学会徳島大会講演要旨集, 48, 2006年10月.
159)西村 展洋, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 : 重力場でのコロイド結晶化の体積分率の塩濃度依存性, 化学工学会徳島大会講演要旨集, 49, 2006年10月.
160)須田 栄作, パコー バーナード, 森 昌史, 國本 崇, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : 易焼結性Ce0.9Gd0.1O1.95粉末の量産技術の開発, 化学工学会 徳島大会, 2006年10月.
161)平島 康, 香川 敏昌, 新居 厚子, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : 紫外線LEDの照射条件と酸化チタンの光触媒効果, 化学工学会 徳島大会, 2006年10月.
162)美藤 真, 藤井 泰彦, 松井 敏樹, 森賀 俊広 : Zr-Fe複合粒子の構造解析と陰イオン吸着特性, 化学工学会 徳島大会, 2006年10月.
163)村井 啓一郎, 村上 祐一郎, 金子 悠祐, 鈴木 童子, 田中 住典, 森賀 俊広, 木戸口 善行, 三輪 惠 : アルミナ担持PdO-CeO2触媒へのTiO2添加効果, 化学工学会 徳島大会, 2006年10月.
164)東條 卓, 村井 啓一郎, 森賀 俊広, 松原 将太, 田中 住典, 木戸口 善行, 三輪 惠 : 種々のアルミナに担持された酸化鉄触媒の合成とその評価, 化学工学会 徳島大会, 2006年10月.
165)田中 住典, 松原 将太, 東條 卓, 村井 啓一郎, 森賀 俊広, 木戸口 善行, 三輪 惠 : ディーゼル微粒子の酸化触媒に関する研究, 化学工学会 徳島大会, 2006年10月.
166)金子 悠祐, 小林 利成, 村井 寛幸, 宮本 佳典, 富永 喜久雄, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : RFスパッタリング法によるTiO2薄膜の作製とその評価, 化学工学会 徳島大会, 2006年10月.
167)福島 江, 田端 厚之, 友安 俊文, 大倉 一人, 大国 壽士, 長宗 秀明 : Sm-hPAFの受容体多様性:コレステロール依存性細胞溶解毒素の分子進化, 第59回日本細菌学会中国・四国支部総, 2006年10月.
168)友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 腸管出血性大腸菌(EHEC)のLEE領域発現制御機構の解析, 第59回日本細菌学会中国・四国支部総, 2006年10月.
169)大島 敏久, 米田 一成, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦 : 超好熱アーキアArchaeoglobus fulgidus由来のデノボNAD生合成系の初発酵素L-アスパラギン酸脱水素酵素の機能と構造解析, 第406回ビタミンB研究委員会, 2006年11月.
170)松尾 繁樹, 三澤 弘明 : グラフォエピタキシー的結晶化, 日本結晶成長学会誌, Vol.33, No.4, 254-255, 2006年11月.
171)森 篤史, 鈴木 良尚 : コロイド結晶に及ぼす重力の効果, 日本結晶成長学会誌, Vol.33, No.4, 252-253, 2006年11月.
172)鈴木 良尚, 佐崎 元, 松本 雅光, 永澤 眞, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 : 高圧力下におけるグルコースイソメラーゼ結晶のステップ速度と二次元核生成頻度, 日本結晶成長学会誌, Vol.33, No.4, 350, 2006年11月.
173)逢坂 明彦, 西村 展洋, 森 篤史, 鈴木 良尚, 柳谷 伸一郎, 井上 哲夫 : ポリスチレンラテックス合成中の粒径および形状の変化, 日本結晶成長学会誌, Vol.33, No.4, 341, 2006年11月.
174)杉山 茂 : アパタイトのエネルギー環境分野への応用研究, 第16回無機リン化学討論会, 2006年11月.
175)安随 和彦, 南川 慶二, 田中 正己 : 2-プロピオンアミドアクリル酸メチルの超音波重合挙動, 第21回中国四国地区高分子若手研究会, 2006年11月.
176)Mohamed Reda Berber, A. A. Saafan, M. F. Abd-El Aal, 南川 慶二 : STUDIES ON THE CHANGES IN STRUCTURE AND DYEING PROPERTIES OF SOME CHEMICALLY MODIFIED CELLULOSIC POLYMERS, 第21回中国四国地区高分子若手研究会, 2006年11月.
177)富田 卓朗, 熊井 亮太, 木下 敬太, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : 超短パルスレーザーを用いたSiCのマイクロ/ナノ加工, SiC及び関連ワイドギャップ半導体研究会講演会予稿集, Vol.15, 106-107, 2006年11月.
178)鈴木 良尚, 佐崎 元, 松本 雅光, 永澤 眞, 中嶋 一雄, 田村 勝弘 : 高圧力下におけるタンパク質結晶表面の分子ステップのその場観察, 第47回高圧討論会 講演要旨集, 299, 2006年11月.
179)間世田 英明 : 微生物の応答と制御, 日本農芸化学会北海道・東北支部合同若手シンポジウム, 2006年11月.
180)稲田 俊行, 田中 彩子, 佐々木 有紀, 中嶌 瞳, 宇都 義浩, 堀 均, 岩木 孝晴, 永澤 秀子 : HIF-1{alpha}抑制作用及び血管新生阻害作用を有する新規hypoxic cytotoxinの分子設計, 第4回がんとハイポキシア研究会, 2006年11月.
181)村 絵美, 渡邊 麻美, 河村 保彦 : 1,4-ジアリール-1,3-ブタジエン誘導体の光異性化と酸素化, 2006年日本化学会西日本大会, 2006年11月.
182)矢部 幸宏, 河村 保彦 : 非古典的ディストニックカチオンラジカルの生成をねらいとしたノルボルネン誘導体の一電子移動, 2006年日本化学会西日本大会, 2006年11月.
183)渡邊 麻美, 村 絵美, 河村 保彦 : 液相及び固相における1,1-ジアリールエテン類の光双方向及び片道異性化, 2006年日本化学会西日本大会, 2006年11月.
184)岩田 裕樹, 橋爪 裕也, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 中空糸液膜抽出法を用いる河川中シマジンの高感度分析, 2006年日本化学会西日本大会, 2006年11月.
185)大隅 崇靖, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 血清中亜鉛の電気化学的分析法の開発, 2006年日本化学会西日本大会, 2006年11月.
186)田中 勝人, 谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性NAD依存性酵素/ジアホラーゼ電極の作製とその特性評価, 2006年日本化学会西日本大会, 2006年11月.
187)山之内 亮二, 薮谷 智規, 本仲 純子 : アルカリ融解/プラズマ分光法による固体環境試料の多元素定量法の開発, 2006年日本化学会西日本大会, 2006年11月.
188)横田 昌幸, 薮谷 智規, 本仲 純子 : ジアミノナフタレン蛍光増強/陽イオン交換法を利用したセレン(IV)の目視蛍光分析, 2006年日本化学会西日本大会, 2006年11月.
189)三木 俊二, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 : リボソーム生合成およびmRNA前駆体スプライシングにおけるAAA型分子シャペロンNVL2の機能, 第118回徳島生物学会, 2006年11月.
190)三好 祐介, 近藤 光男, 近藤 明子 : 消費者行動を考慮したデポジット施策の効果分析, 第17回廃棄物学会研究発表会講演集, A-3-3, 2006年11月.
191)浜田 剛志, 大嶋 紀一, 倉科 昌, 長谷川 雄大, 山野井 慶徳, 西原 寛, 有田 亮太郎, 諏訪 雄二, 黒木 和彦, 青木 秀夫 : 平坦バンド強磁性体として設計されたオリゴ[1-(ジメチルアミノ)ピロール]の電気化学及び磁気特性, 第52回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, 2006年11月.
192)佐野 篤志, 室谷 浩紀, 辻本 正紀, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 荷電アミノ酸導入ピロール電解共重合膜による酵素の包括固定, 第52回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, 2006年11月.
193)岸本 秀幸, 宮崎 康二, 薮谷 智規, 本仲 純子 : システイン導入銅イオン選択性ペプチド修飾電極の作製とその特性評価, 第52回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, 2006年11月.
194)中村 浩一, 平野 宏, 西岡 大輔, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広, 山田 康治 : リチウム遷移金属酸化物におけるイオン伝導と構造変化, 第32回固体イオニクス討論会, 14-15, 2006年11月.
195)滝口 公康, 宇都 義浩, 岡村 菜摘子, 村上 綾, 永澤 秀子, 鬼塚 伸也, 野中 孝一, 藤岡 ひかる, 堀 均 : 多機能性糖タンパク質Gc protein及びその糖ペプチドの構造解析, 第10回 バイオ治療法研究会学術集会, 2006年12月.
196)大倉 一人, 宇都 義浩, 永澤 秀子, 堀 均 : 血管新生の制御を目指して:抗血管新生作用を有するchiral haloacetyl-carbamoyl-1-2-nitroimidazoleの構造解析, 第10回 バイオ治療法研究会学術集会, 2006年12月.
197)栗山 智嗣, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : 歩行空間のバリア評価モデルの提案と視覚障害の疑似体験データに基づく分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.34, 335, 2006年12月.
198)丁 育華, 近藤 光男, 高田 知徳 : 消費者の買物行動における価値意識の分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.34, 313, 2006年12月.
199)萬浪 善彦, 近藤 光男, 近藤 明子 : 地域間交流モデルの構築に関する研究, 土木計画学研究·講演集, Vol.34, 243, 2006年12月.
200)Ismaliza Ismail Nor Mohd, 蟹江 裕樹, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : 脂肪細胞の分化過程におけるSPCファミリーの機能解析, 日本分子生物学会2006フォーラム, 2006年12月.
201)柳野 卓也, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : Transcriptional Regulation of Fibrilin-2 Gene during Chondrogenesis, 日本分子生物学会2006フォーラム, 2006年12月.
202)上原 正太郎, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : 軟骨分化過程におけるcGMP-dependent protein kinase IIの遺伝子発現調節機構, 日本分子生物学会2006フォーラム, 2006年12月.
203)松尾 繁樹, 富田 卓朗, 橋本 修一, 岡田 達也, ヨードカシス サウリウス, 三澤 弘明 : 感光性を付与されていない透明固体材料の内部加工, レーザ学会 第356回研究会報告, 47-51, 2006年12月.
204)藤澤 正一郎, 大橋 眞, 英 崇夫 : 創成科目における能力自己評価の試み, 第7回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 149-150, 2006年12月.
205)橋詰 努, 木之瀬 隆, 鎌田 実, 米田 郁夫, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 車いすの安全と快適走行に関する研究, --- 衝撃緩衝機構付キャスターの工学的評価 ---, 第7回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 1110-1111, 2006年12月.
206)坊岡 正之, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 電動車いすスライド型ジョイスティックレバーの操作特性について(その2), 第7回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 1112-1113, 2006年12月.
207)松田 靖史, 堀口 知彦, 齋藤 聡佳, 藤澤 正一郎, 末田 統 : バイオメカにクスの観点から見た下肢装具の適合に関する計測手法, 第7回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 1120-1121, 2006年12月.
208)川田 和男, 藤澤 正一郎, 山本 透 : 簡易型車椅子電動化装置の開発, 第7回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 1136-1137, 2006年12月.
209)丁 育華, 近藤 光男, 余田 翔平 : 地方圏における高齢者の買物行動の分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.Vol.36, 84, 2007年.
210)宇都 義浩, 小山 大輔, 大津木 護, 大友 直紀, 白井 斉, 堀 均, 永澤 秀子 : トコフェロールの生合成前駆体フィチル化キノールのイソプレノミクス的考察, 第18回 ビタミンE研究会, 2007年1月.
211)佐藤 信二, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : シックハウス防止対策住宅の需要と経済的施策の評価に関する研究, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.52, No.1, 55-56, 2007年2月.
212)田中 智子, 宇都 義浩, 富永 正英, 中江 崇, 村上 綾, 永澤 秀子, 堀 均 : 低酸素腫瘍移行性糖ハイブリッド放射線増感剤の創製, 第9回 癌治療増感研究シンポジウム, 2007年2月.
213)永澤 秀子, 田中 彩子, 稲田 俊行, 佐々木 有紀, 中嶌 瞳, 岩木 孝晴, 宇都 義浩, 堀 均 : 低酸素シグナルを標的とする癌治療薬のための低酸素転写活性化スクリーニングシステム, 第9回 癌治療増感研究シンポジウム, 2007年2月.
214)福田 純也, 米田 一成, 川上 竜巳, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshii由来L-リジン脱水素酵素ホモログ遺伝子PH1688の機能解析, 日本農芸化学会2007年度大会, 2007年3月.
215)清水 泰博, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアのセリン生合成系の解明:Sulfolobus tokodaii D-3-ホスホグリセリン酸脱水素酵素(PGDH)の機能解析, 日本農芸化学会2007年度大会, 2007年3月.
216)米田 一成, 櫻庭 春彦, 津下 英明, 勝沼 信彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアArchaeoglobus fulgidus由来L-アスパラギン酸脱水素酵素のX線結晶構造解析, 日本農芸化学会2007年度本大会, 2007年3月.
217)黒住 明大, 山下 裕哉, 小林 史尚, 中村 嘉利 : Coriolus versicolorを用いた抗酸化物質の生産に及ぼす光照射条件の影響, 化学工学会第72年会, 2007年3月.
218)黒住 明大, 熊田 賢太郎, 寺沢 なお子, 小林 史尚, 中村 嘉利 : おからフリーの豆腐様食品の製造, 化学工学会第72年会, 2007年3月.
219)小林 史尚, 大代 正和, 中村 嘉利 : オゾンと二酸化チタン光触媒による2,4-ジクロロフェノキシ酢酸(2,4-D)の分解処理, 第41回日本水環境学会, 2007年3月.
220)黒田 早織, 川上 竜巳, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーキアPyrococcus horikoshiiのNAD合成酵素(NADS)の機能解析, 日本農芸化学会2007年度大会, 2007年3月.
221)井手 康裕, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱菌の耐熱性2-デオキシリボース-5-リン酸アルドラーゼ(DERA)の磁性化, 日本農芸化学会2007年度大会, 2007年3月.
222)森紗 綾香, 山中 亮一, 森 友佑, 板東 伸益, 竹田 友架, 上月 康則 : 尼崎運河における水質の日変動特性について, 第42回日本水環境学会年会講演集, 35, 2007年3月.
223)川上 淳, 藤田 恭史, 八房 智顯, 木戸口 善行 : 高圧ディーゼル噴霧の混合気形成に及ぼす過給およびスワールの影響, 日本機械学会中国四国支部46期総会・講演会講演論文集, 2007年3月.
224)佐藤 康貴, 八房 智顯, 木戸口 善行, 三輪 惠 : 高周波バリア放電プラズマ後処理装置における電極と微粒子フィルタ構造に関する研究, 日本機械学会中国四国支部46期総会・講演会講演論文集, 2007年3月.
225)平田 祐規, 逢坂 岳士, 外輪 健一郎, 森賀 俊広, 杉山 茂 : XAFSおよび固体NMRによるバナジン酸マグネシウムのレドックス挙動の検討, 化学工学会第72年会, 2007年3月.
226)清水 由佳, 真鍋 智行, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : カルシウム水酸アパタイトのコバルト回収-溶出特性, 化学工学会第72年会, 2007年3月.
227)富田 卓朗, 熊井 亮太, 木下 敬太, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : 初期表面粗さがフェムト秒レーザー誘起ナノ周期構造生成に及ぼす影響, 日本物理学会春季大会, Vol.62, No.1, 737, 2007年3月.
228)外輪 健一郎, 當宮 理恵, 高木 要, 杉山 茂 : マイクロ流路と電気泳動を利用したイオン濃縮技術の検討, 化学工学会第72年会, 2007年3月.
229)吉成 篤史, 石田 勝也, 大井 智裕, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : ホモロガス化合物ZnkIn2Ok+3のリートベルト解析による結晶構造と第一原理計算によるバンド構造, 日本セラミックス協会2007年年会, 2007年3月.
230)池内 薫, 青木 大介, 間嶌 亮太, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : ペロブスカイト型酸窒化物LaTiO2Nの陽イオン・陰イオンのノンストイキオメトリーと光学特性, 日本セラミックス協会2007年年会, 2007年3月.
231)倉科 昌, 江口 顕生, 金崎 英二 : ニッケル層状水酸化物の合成と層剥離の検討, 日本化学会第87春季年会, 2007年3月.
232)弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinによる培養ヒト胆管上皮細胞核膜抗原の異所性表出, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.
233)若松 秀美, 倉科 昌, 金崎 英二 : Mg/Al層状複水酸化物へのインターカレーションによるオレンジIIの不溶化, 日本化学会第87春季年会, 2007年3月.
234)嶋村 彰紘, 倉科 昌, 金崎 英二 : リン酸イオンを層間に含むMg/Al 層状複水酸化物の合成と物性, 日本化学会第87春季年会, 2007年3月.
235)江口 顕生, 倉科 昌, 金崎 英二 : コバルト層状水酸化物の合成と微粒子化, 日本化学会第87春季年会, 2007年3月.
236)間世田 英明, 小中 瑠実, 長宗 秀明, 住友 倫子, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : Serratia marcescens の消毒剤および抗生物質に対する耐性機構の解明, 日本細菌学会, 2007年3月.
237)Daniel Werner, 橋本 修一, 松尾 繁樹, 富田 卓朗 : 液中レーザーアブレーションによる金属ナノ粒子作製法の検討, 日本化学会第87春季年会講演予稿集, 2007年3月.
238)植原 健, 平 靖之, 赤羽 良一, 橋本 修一 : ゼオライト微粒子集合系における吸着分子の発光強度分布の観測, 第87春季年会講演予稿集CDROM, 2007年3月.
239)三好 弘一, 片山 周平, 倉科 昌, 金崎 英二 : 酸化チタンナノカプセルの調製と光化学特性, 日本化学会第87春季年会, 2007年3月.
240)杉山 茂, 逢坂 岳士, 上野 洋平, 外輪 健一郎 : プロパンの酸化脱水素反応に対するストロンチウム水酸アパタイトの活性発現機構, 第99回触媒討論会(触媒討論会A), 2007年3月.
241)石川 尚子, 山崎 達也, 増田 豊子, 加藤 雅裕, 吉川 卓志, 和田 守 : Pt系担持触媒によるバイオエタノールの水蒸気改質反応特性, 第99回触媒討論会討論会A予稿集, 15, 2007年3月.
242)熊井 亮太, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : 高配向性グラファイトにおけるリップル構造の断面形状, 第54回応用物理学関係連合講演会予稿集, 1203, 2007年3月.
243)松尾 繁樹, 守屋 聖, 富田 卓朗, 橋本 修一 : カバーガラスのフェムト秒レーザー支援エッチング加工, 第54回応用物理学関係連合講演会予稿集, 1206, 2007年3月.
244)河原 啓之, 岡田 達也, 熊井 亮太, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 山口 誠 : フェムト秒レーザーを照射した4H-SiC単結晶表面における構造変化のTEM観察, 第54回応用物理学関係連合講演会予稿集, 1206, 2007年3月.
245)金子 悠祐, 小林 利成, 村井 寛幸, 宮本 佳典, 富永 喜久雄, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : RFスパッタリング法により作製したTiO2:NbおよびTiO2:Ta薄膜の熱処理効果, 第54回応用物理学関連連合講演会, 2007年3月.
246)瀧 旭, 山口 喬史, 三河 通男, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : PLD法により作製したTiO2:Nb系透明導電膜の特性評価, 第54回応用物理学関連連合講演会, 2007年3月.
247)井上 研一, 富永 喜久雄, 続木 貴志, 三河 通男, 森賀 俊広 : PLD法によるIn-Ga-Zn系酸化物透明導電性薄膜, 第54回応用物理学関係連合講演会講演予稿講集, Vol.2, 704, 2007年3月.
248)富永 喜久雄, 高田 大輔, 下村 孝司, 助田 裕志, 瀧田 啓介, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : In2O3-ZnO系透明導電膜へのGa2O3添加の影響, 第54回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, Vol.2, 704, 2007年3月.
249)瀧田 啓介, 助田 裕志, 高田 大輔, 下村 孝司, 富永 喜久雄, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : PCおよびPET基板に常温で成膜したZnO-In2O3系アモルファス透明導電膜の特性, 第54回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, Vol.Vol.2, 704, 2007年3月.
250)大津木 護, 宇都 義浩, 小山 大輔, 大友 直紀, 永澤 秀子, 堀 均 : アルテピリンCイソプレノミクスを基盤としたハイドロプレニルクマリン酸の分子設計とLDL抗酸化活性, 第127年会日本薬学会, 2007年3月.
251)荒井 健, 宇都 義浩, 岡村 菜摘子, 滝口 公康, 村上 綾, 永澤 秀子, 堀 均 : Non-secosteroidal Vitamin D mimicを用いたGc-Proteinのアフィニティーカラムの作成, 第127年会日本薬学会, 2007年3月.
252)佐々木 有紀, 宇都 義浩, 田中 彩子, 谷本 加奈子, 永澤 秀子, 藤多 哲朗, 堀 均 : 新規FTY720アナログのCAM法による血管新生阻害活性, 第127年会日本薬学会, 2007年3月.
253)永澤 秀子, 田中 彩子, 稲田 俊行, 佐々木 有紀, 中嶌 瞳, 岩木 孝晴, 宇都 義浩, 堀 均 : 低酸素シグナルを標的とする癌治療薬の分子設計と低酸素転写活性化スクリーニング, 第127年会日本薬学会, 2007年3月.
254)中西 郁夫, 宇都 義浩, 大久保 敬, 川島 知憲, マンダ スシュマ, 金澤 秀子, 永澤 秀子, 堀 均, 奥田 晴宏, 福原 潔, 小澤 俊彦, 福住 俊一, 伊古田 暢夫, 安西 和紀 : 抗酸化作用の増強を目的としたアルテピリンC誘導体の開発, 第127年会日本薬学会, 2007年3月.
255)今木 英統, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : GrlR,GrlAによる腸管出血性大腸菌(EHEC)のLEE領域発現制御機構の解析, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.
256)田端 厚之, 三好 宗一郎, 友安 俊文, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : 細胞溶解毒素インターメディリシンのヒト細胞特異的感染因子としての役割, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.
257)外輪 健一郎 : 化学応用工学科における教育改善検討, 平成18年度教育改善報告会, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1)Toshihide Horikawa : Preparation and Characterization of N-doped TiO2 photocatalyst, Symposium on Separation Chemistry & Engineering, Univ. of Miyazaki, May 2006.
2)森賀 俊広 : ZnO系透明導電膜における膜作製・低抵抗化技術と評価, --- ZnOをベースにしたアモルファス透明導電膜の作製法と特徴 ---, 技術情報協会セミナー, 2006年6月.
3)河村 保彦 : Cnカーボンの付加環化反応による化学変換, 岡山大学理学部化学科津島セミナー, 2006年7月.
4)森賀 俊広 : 酸化亜鉛-酸化インジウム系ホモロガス化合物およびアモルファス薄膜, 第34回TFTディスプレー技術委員会, 2006年9月.
5)大島 敏久, 櫻庭 春彦, 川上 竜巳, 津下 英明 : 超好熱菌のアミノ酸代謝関連酵素,NAD生合成系酵素の立体構造解析, タンパク3000プロジェクト代謝系評価会, 2006年11月.
6)南川 慶二 : 電場による不均一混合系流体のレオロジー制御, 第45回産学連携フォーラム, 2006年11月.
7)高麗 寛紀 : 環境調和型殺菌剤・抗菌剤の開発現状と展望, 日本防菌防黴学会18年度製造環境における微生物汚染と対策に関する基礎講座(第3回), 2006年12月.
8)高木 一也, 南川 慶二 : ポリエチレングリコール粒子分散系の電場による構造変化, エレクトロレオロジー研究会第26回例会, 2006年12月.
9)林 順一, 堀河 俊英 : 種々の細孔構造を有する炭素材料の製造, 第11回先端科学技術シンポジウム講演集, 185-186, 2007年1月.
10)森賀 俊広 : 酸化亜鉛-酸化インジウム系アモルファス透明導電膜の作製法と特徴, 技術情報協会セミナー, 2007年1月.
11)三好 弘一, 前澤 博, 足立 昭夫, 佐瀬 卓也, 入倉 奈美子, 桑原 義典, 立花 さやか, 石田 竜弘, 辻 明彦, 英 崇夫, 森賀 俊広, 鬼島 明洋, 誉田 栄一, 岩本 誠司, 佐藤 一雄, 古谷 俊介, 森田 康彦 : 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, Vol.6, 1-42, 2007年3月.
12)森賀 俊広 : 赤から青へと色の制御が可能な新規酸窒化物材料の開発と応用, JST Innovation Bridge 四国地区四大学研究発表会, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

1)Shigeru Sugiyama, Kazuya Fukuta, Masahiko Yokoyama, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Effects of the Incorporation of Calcium into Magnesium pyro-Vanadate on the Oxidative Dehydrogenation of Propane and the Local Structure around Vanadium, Photon Factory Activity Report 2005, Vol.23B, 128, Tsukuba, Dec. 2006.
2)杉山 茂 : アルカリ土類金属リン酸塩化合物薄膜の製膜と水溶性環境汚染物質の分離回収, 財団法人向科学技術振興財団 助成研究成果集, No.7, 13-17, 東京, 2006年12月.
3)末田 統, 藤澤 正一郎 : 平成18年度標準化関連業務「視覚障害者誘導用ブロック等の視認性に係る標準化」に係るロービジョン者の視覚特性計測及びフィールドテスト実験方法等の調査に関する成果報告書, 独立行政法人製品評価技術基盤機構委託業務成果報告書, 1-57, 徳島, 2007年3月.

2007年度(平成19年度)

article.{@.date="20070400 20080399" @.organization=\E{124876}}

2007年度(平成19年度) / 著書

1)住友 恒, 村上 仁士, 伊藤 禎彦, 上月 康則, 西村 文武, 橋本 温, 藤原 拓, 山崎 慎一, 山本 裕史 : 新版 環境工学 -持続可能な社会とその創造のために-, 理工図書, 東京, 2007年4月.
2)大島 敏久, 櫻庭 春彦, 津下 英明 : バイオセンサー素子としてのアミノ酸脱水素酵素の構造と機能, 共立出版株式会社, 東京, 2007年4月.
3)櫻庭 春彦, 大島 敏久, 津下 英明 : 超好熱菌由来酵素を創薬に利用:2-デオキシリボース-5-リン酸アルドラーゼ, 共立出版株式会社, 東京, 2007年4月.
4)右手 浩一 : 樹脂の硬化度・硬化挙動の測定と評価方法, --- パルス磁場勾配NMRとDOSY ---, サイエンス&テクノロジー(株), 東京, 2007年7月.
5)三戸 太郎, 野地 澄晴 : 昆虫ミメティックス -昆虫の設計に学ぶ-(下澤楯夫,針山孝彦監修;分担執筆), エヌ・ティー・エス, 東京, 2008年.
6)堀 均 : ステッドマン医学大辞典 改訂第6版 [英和・和英] 総監修 高久 史麿 編集 ステッドマン医学大辞典編集委員会, 株式会社メジカルビュー社, 東京, 2008年2月.
7)堀 均 : ステッドマン医学大辞典 改訂第6版 [英和・和英] [CD-ROM for Windows]総監修 高久 史麿 編集 ステッドマン医学大辞典編集委員会, 株式会社メジカルビュー社, 東京, 2008年2月.
8)草壁 克己, 外輪 健一郎 : マイクロリアクタ入門, 米田出版, 千葉, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Michio Yamanaka, Yuichi Takajo, Shinji Ono, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Volume study on the exclusion of lithium naphthylsulfonate from lithium decylsulfonate micelles, Colloid and Polymer Science, Vol.285, No.7, 761-769, 2007.
2)Tetsuo Iwasawa, Paul Wash, Christoph Gibson and Julius Rebek : Reaction of an Introverted Carboxylic Acid with Carbodiimide, Tetrahedron, Vol.63, No.28, 6506-6511, 2007.
3)Hideyo Ohuchi, Y Hayashibara, H Matsuda, M Onoi, M Mitsumori, M Tanaka, J Aoki, H Arai and Sumihare Noji : Diversified expression patterns of autotaxin, a gene for phospholipid-generating enzyme during mouse and chicken development, Developmental Dynamics, Vol.236, No.4, 1134-1143, 2007.
4)Masakazu Daidai, Fumihisa Kobayashi, Godliving Mtui and Yoshitoshi Nakamura : Degradation of 2,4-Dichlorophenoxyacetic acid (2,4-D) by Ozonation and TiO2/UV treatment, Journal of Chemical Engineering of Japan, Vol.40, No.4, 378-384, 2007.
5)Takuro Tomita, Keita Kinoshita, Shigeki Matsuo and Shuichi Hashimoto : Effect of surface roughening on femtosecond laser-induced ripple structures, Applied Physics Letters, Vol.90, No.15, 153115-1-153115-3, 2007.
6)Satoshi Yamashita, Takuya Shiga, Masashi Kurashina, Masayuki Nihei, Hiroyuki Nojiri, Hiroshi Sawa, Toru Kakiuchi and Hiroki Oshio : Manganese(III,IV) and Manganese(III) Oxide Clusters Trapped by Copper(II) Complexes, Inorganic Chemistry, Vol.46, No.10, 3810-3812, 2007.
7)Shuichi Hashimoto, Hyung Rang Moon and Kyung Byung Yoon : Optical Microscopy Study of Zeolite-Dye Composite Materials, Microporous and Mesoporous Materials, Vol.101, No.1-2, 10-18, 2007.
8)Masashi Mori, Yu Liu, Shin-ichi Hashimoto, Eisaku Suda, Bernard Pacaud, Toshihiro Moriga and Kei-ichiro Murai : Characterization of Ce0.9-xZrxGd0.1O1.95 powders synthesized using the nanoparticle growth technique and its evaluation as component materials in intermediate-temperature solid oxide fuel cells, Chemical and Physical Powder Sources, Vol.1, 10-21, 2007.
9)Takahiro Anai, Eiji Nakata, Yoichiro Koshi, Akio Ojida and Itaru Hamachi : Design of a Hybrid Biosensor for Enhanced Phosphopeptide Recognition Based on a Phosphoprotein Binding Domain Coupled with a Fluorescent Chemosensor, Journal of the American Chemical Society, Vol.129, No.19, 6232-6239, 2007.
10)K Sun, Z Li, K Ueno, S Juodkazis, Sumihare Noji and H Misawa : Electrophoretic chip for high-fidelity fractionation of double-stranded DNA, Electrophoresis, Vol.28, No.10, 1572-1578, 2007.
11)Yasuhiro Uosaki, Tetsuya Motoki, Tetsuya Hamaguchi and Takashi Moriyoshi : Excess molar volumes of binary mixtures of 1,3-dimethylimidazolidin-2-one with an alkan-1-ol at the temperatures 283.15 K, 298.15 K, and 313.15 K, The Journal of Chemical Thermodynamics, Vol.39, No.5, 810-816, 2007.
12)三谷 誠二, 吉田 敏昭, 高原 光恵, 湊 裕史, 藤澤 正一郎, 末田 統 : ロービジョン者による視覚障害者誘導用ブロックの視認性に関する研究, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.19, No.2, 9-15, 2007年.
13)Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki, Shin-ichiro Yanagiya, Tsutomu Sawada and Kensaku Ito : Shrinking stacking fault through glide of the Shockley partial dislocation in hard-sphere crystal under gravity, Molecular Physics, Vol.105, No.10, 1377-1383, 2007.
14)Shigeki Matsuo, Yoshinori Shichijo, Takuro Tomita and Shuichi Hashimoto : Laser Fabrication of Ship-in-a-bottle Microstructures in Sapphire, Journal of Laser Micro/Nanoengineering, Vol.2, No.2, 114-116, 2007.
15)Takuro Tomita, Keita Kinoshita, Toshiaki Murai, Yasuhiro Fukumori, Shigeki Matsuo and Shuichi Hashimoto : Femtosecond Laser-Induced Ripple Structures in Semiconductor Materials, Journal of Laser Micro/Nanoengineering, Vol.2, No.2, 141-145, 2007.
16)大垣 光治, 吉積 幸二, 本仲 純子, 薮谷 智規 : 1930∼1970年代の新町川の水質についての一考察, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.52, No.1, 125-130, 2007年.
17)Toyofuku Masanori, Nomura Nobuhiko, Fujii Tatsuya, Takaya Naoki, Hideaki Maseda, Sawada Isao, Nakajima Toshiaki and Uchiyama Hiroo : Quorum Sensing Regulates Denitrification in Pseudomonas aeruginosa PAO1, Journal of Bacteriology, Vol.189, No.13, 4969-4972, 2007.
18)A de Marco, E. Deuerling, A. Mogk, Toshifumi Tomoyasu and B. Bukau : Chaperone-based procedure to increase yields of soluble recombinant proteins produced in E. coli., BMC Biotechnology, Vol.7, No.32, 2007.
19)Akira Ohgai, Yoshimizu Gohnai and Kojiro WATANABE : Cellular automata modeling of fire spread in built-up areas, --- A tool to aid community-based planning for disaster mitigation ---, Computers, Environment and Urban Systems, Vol.31, No.4, 441-460, 2007.
20)Shigeru Sugiyama, Hisaaki Ishizuka, Yuka Shimizu and Ken-Ichiro Sotowa : Removal-Regeneration of Aqueous Phosphate with Bulk and Thin-Layer Boehmite, Journal of Chemical Engineering of Japan, Vol.40, No.7, 598-603, 2007.
21)Masao Tsukayama, Eiji Kusunoki, Mamun Mohammad Hossain, Yasuhiko Kawamura and Shinji Hayashi : Microwave-Assisted Synthesis of Polymethoxyacetophenones and Natural Polymethoxyflavones, and Their Inhibitory Effects on Melanogenesis, Heterocycles, Vol.71, No.7, 1589-1600, 2007.
22)大谷 壮介, 上月 康則, 中西 敬, 石垣 衛, 鈴木 嘉一, 村上 仁士 : 大阪湾湾奥の自然海浜``御前浜''に新たに設置された浅場の環境改善効果に関する, 海洋開発論文集, Vol.32, 645-650, 2007年.
23)三好 真千, 上月 康則, 三好 順也, 山口 暢洋, 宮地 由紀, 村上 仁士 : 大阪湾湾奥でのワカメ育成とその循環的利用に関する実験, 海洋開発論文集, Vol.32, 949-954, 2007年.
24)中西 敬, 上月 康則, 森 紗綾香, 川井 浩史, 辻 博和, 上嶋 英機 : 尼崎港内運河における環境修復の取組み閘門・水門を利用した流況制御・水質改善実験, 海洋開発論文集, Vol.23, 757-762, 2007年.
25)藤澤 正一郎, 大橋 眞, 英 崇夫 : 徳島大学全学共通「創成学習」科目における能力自己評価, 工学教育, Vol.55, No.4, 48-52, 2007年.
26)Jazair Wira, Harada Toru, Kubo Syunsuke, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : Improvement of Emission in a DI Diesel Engine Fuelled by Bio-diesel Fuel and Waste Cooking Oil,, Transactions of The Society of Automotive Engineers, No.2007-01-2029, 1-10, 2007.
27)Adam Abdullah, Inukai Naoki, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : A Study on Droplets Evaporation at Diesel Spray Boundary during Ignition Delay Period, Transactions of The Society of Automotive Engineers, No.2007-01-1893, 1-11, 2007.
28)Tetsuo Iwasawa, Richard Hooley and Julius Rebek : Stabilization of Labile Carbonyl Addition Intermediates by a Synthetic Receptor, Science, Vol.317, No.5837, 493-496, 2007.
29)Makoto Tokunaga, Saki Harada, Tetsuo Iwasawa, Yasushi Obora and Yasushi Tsuji : Palladium-catalyzed oxidation of cyclohexanones to conjugated enones using molecular oxygen, Tetrahedron Letters, Vol.48, No.39, 6860-6862, 2007.
30)Haruyuki Funahashi and Yoshitoshi Nakamura : Model of the Continuous Prefermentation Process in Cheese Manufacture and Stability Analysis of Steady State, Journal of Food Process Engineering, Vol.30, No.4, 522-537, 2007.
31)Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba and Toshihisa Ohshima : Gene cloning and characterization of the very large NAD-dependent L-glutamate dehydrogenase from the psychrophile Janthinobacterium lividum, isolated from cold soil, Journal of Bacteriology, Vol.189, No.15, 5626-5633, 2007.
32)Kazunari Yoneda, Haruhiko Sakuraba, Hideaki Tsuge, Nobuhiko Katunuma and Toshihisa Ohshima : Crystal structure of archaeal highly thermostable L-aspartate dehydrogenase-NAD-citrate ternary complex, The FEBS Journal, Vol.274, No.16, 4315-4325, 2007.
33)Toshiaki Arao, Yoshihisa Muramoto, Takanori Taniwaki, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura : Sterilization of Sudachi Juice by Hybrid Gas Compression of Oxygen and Nitrogen, High Pressure Bioscience and Biotechnology, Vol.1, 264-271, 2007.
34)Yoshio Hara, Katsuhiro Tamura, Satoshi Kawachi, Toshiaki Arao and Yoshihisa Suzuki : Effects of Some Compressed Rare Gases of Yeast Growth, High Pressure Bioscience and Biotechnology, Vol.1, 146-152, 2007.
35)Tadashi Yamamoto, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura : Effects of Antioxidants (α-Lipoic Acid and Vitamin E) on the Phase Transition Temperature of Bilayer Membrane of Phospholipids under Oxygen-Gas Pressure, High Pressure Bioscience and Biotechnology, Vol.1, 86-89, 2007.
36)Satoshi Kawachi, Yoshio Hara, Toshiaki Arao, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura : Effects of Some Compresed Hydrocarbon Gases on Yeast Growth, High Pressure Bioscience and Biotechnology, Vol.1, 139-145, 2007.
37)Y Takehara-Kasamatsu, K Tsuchida, M Nakatani, T Murakami, A Kurisaki, O Hashimoto, Hideyo Ohuchi, H Kurose, K Mori, S Kagami, Sumihare Noji and H Sugino : Characterization of follistatin-related gene as a negative regulatory factor for activin family members during mouse heart development, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3-4, 276-288, 2007.
38)Sayuri Tomonari, Akira Takagi, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : Expression pattern of the melanopsin-like (cOpn4m) and VA opsin-like genes in the developing chicken retina and neural tissues., Gene Expression Patterns, Vol.7, No.7, 746-753, 2007.
39)Tomohiro Hirano, Takahiro Kamikubo, Yuya Okumura and Tsuneyuki Sato : Heterotactic poly(N-isopropylacrylamide) prepared via radical polymerization in the presence of fluorinated alcohols, Polymer, Vol.48, No.17, 4921-4925, 2007.
40)Keizo Yuasa, Kaori Suzue, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional regulation of subtilisin-like proprotein convertase PACE4 by E2F: Possible role of E2F-mediated upregulation of PACE4 in tumor progression, Gene, Vol.402, No.1-2, 103-110, 2007.
41)Y.-H. Chu, M. Yamagishi, Z.-M. Wang, H. Kanoh and Takahiro Hirotsu : Adsorption characteristics of nanoporous carbon-silica composites synthesized from graphite oxide by a mechanochemical intercalation method, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.312, No.2, 186-192, 2007.
42)Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Shin-ichiro Yanagiya : Succession of stacking fault in hard-sphere crystal under gravity by Monte Carlo simulation, Fluid Phase Equilibria, Vol.257, No.2, 131-138, 2007.
43)Yuichi Takajo, Hitoshi Matsuki, Shoji Kaneshina, Makoto Aratono and Michio Yamanaka : Miscibility and interaction between 1-alkanol and short-chain phosphocholine in the adsorbed film and micelles, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.59, No.1, 52-58, 2007.
44)Takuma Endo, Tomoaki Yatsufusa, Shiro Taki, Akiko Matsuo, Kazuaki Inaba and Jiro Kasahara : Homogeneous-Dilution Model of Partially Fueled Simplified Pulse Detonation Engines, Journal of Propulsion and Power, Vol.23, No.5, 1033-1041, 2007.
45)M Mitsumori, T Adachi, K Takayanagi, Taro Mito, Hideyo Ohuchi, S Kimura, M Kokubo, T Higuchi and Sumihare Noji : Film tomography as a tool for three-dimensional image construction and gene expression studies., Development Growth & Differentiation, Vol.49, No.7, 583-589, 2007.
46)Kachiko Sekiya, Takumi Akagi, Kiyoko Tatsuta, Eriko Sakakura, Tsutomu Hashikawa, Akio Abe and Hideaki Nagamune : Ultrastructural analysis of the membrane insertion of domain 3 of streptolysin O, Microbes and Infection, Vol.9, No.11, 1341-1350, 2007.
47)Ramesh Chitrakar, Satoko Tezuka, Akinari Sonoda, Kohji Sakane, Kenta Ooi and Takahiro Hirotsu : Synthesis and phosphate uptake behavior of Zr4+ incorporated MgAl-layered double hydroxides, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.313, No.1, 53-63, 2007.
48)Youichi Tajima, Fumiko Matsuzawa, Sei-ichi Aikawa, Toshika Okumiya, Michiru Yoshimizu, Takahiro Tsukimura, Masahiko Ikekita, Seiichi Tsujino, Akihiko Tsuji, Tim Edmunds and Hitoshi Sakuraba : Structural and biochemical studies on Pompe disease and a "pseudodeficiency of acid α-glucosidase", Journal of Human Genetics, Vol.52, No.11, 898-906, 2007.
49)Akihiro Shirai, Takuya Maeda, Motoaki Ohkita, Hideaki Nagamune and Hiroki Kourai : Antibacterial activity and characteristics of modified ferrite powder coated with a gemini pyridinium salt molecule, Biocontrol Science, Vol.12, No.3, 83-91, 2007.
50)野毛 宏文, 長谷川 諭, 吉原 雄一, 木戸口 善行, 三輪 惠 : 側鎖構造をもつディーゼル燃料の拡散燃焼バーナによるすす生成に関する研究, 自動車技術会論文集, Vol.38, No.5, 95-100, 2007年.
51)Nakamura Yoshihisa, Yamamoto Kazunari, Nakajima Nobuo, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : Noble Hydrogen Engine with Knock-less and Low NOx Emission Employing Hydrogen Gas-jet Combustion and Z-crankshaft Mechanism, Transactions of The Society of Automotive Engineers, No.2007-24-0122, 1-9, 2007.
52)Haruhiko Sakuraba, Kazunari Yoneda, Kumiko Yoshihara, Kyoko Satoh, Ryushi Kawakami, Yoshihiro Uto, Hideaki Tsuge, Katsuyuki Takahashi, Hitoshi Hori and Toshihisa Ohshima : Sequential aldol condensation catalyzed by hyperthermophilic 2-deoxy-D-ribose-5-phosphate aldolase., Applied and Environmental Microbiology, Vol.73, No.22, 7427-7434, 2007.
53)Akihiro Kurosumi, Chizuru Sasaki, Kentaro Kumada, Fumihisa Kobayashi, Godliving Mtui and Yoshitoshi Nakamura : Novel extraciton method of antioxidant compounds from Sasa palmata (Bean) Nakai using steam explosion, Process Biochemistry, Vol.42, No.10, 1449-1453, 2007.
54)Godliving Mtui and Yoshitoshi Nakamura : Characterization of Lignocellulosic Enzymes from White-rot Fungus Phlebia chrysocreas Isolated from a Marine Habit, Journal of Engineering and Applied Sciences, Vol.2, No.10, 1501-1508, 2007.
55)Toshihiro Moriga, Kaoru Ikeuchi, Ryota Mashima, Daisuke Aoki and Kei-ichiro Murai : Influence of Cation Nonstoichiometry on the Optical Properties of the Perovskite-type Oxynitride LaTiO2N, Journal of the Ceramic Society of Japan, Vol.115, No.10, 637-639, 2007.
56)Tsutomu Hashizume, Ikuo Yoneda, Hiroshi Kitagawa, Saki Kasuya, Minoru Kamata, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Manual Wheelchair User's Accessibility between Platforms and Trains and Development of the Wheelchair Assistive Device for Boarding Trains, Assistive Technology Research Series, Vol.20, 65-69, 2007.
57)Daijirou Kuroda, Osamu Sueda, Shoichiro Fujisawa, Hidehisa Oku and Masatoshi Takami : The Method of Estimating the Ability of the Wheelchair Users to run the Electric Wheelchair, Assistive Technology Research Series, Vol.20, 70-74, 2007.
58)Seiji Mitani, Toshiaki Yoshida, Hirohito Minato, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Measurement of Luminance Contrast Sensitivity of Persons with Low Visual Capability in order to Secure the Visibility of Tactile Walking Surface Indicators, Assistive Technology Research Series, Vol.20, 326-330, 2007.
59)Seiji Mitani, Shoichiro Fujisawa, Aya Mima, Hiroshi Shiota, Kenji Yanashima, Mitsue Takahara and Osamu Sueda : The Importance of Measuring Medical and Psychological Characteristics in Visibility Measurement of Persons with Low Visual Capability, Assistive Technology Research Series, Vol.20, 331-335, 2007.
60)Hirohiko Ohkubo, Kunio Kurachi, Mitsue Takahara, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Directing Characteristics of Infra-red Handheld Device toward Target by Persons with Visual Impairment, Assistive Technology Research Series, Vol.20, 336-340, 2007.
61)Yasushi Matsuda, Tomohiko Horiguchi, Akiyoshi Saitou, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : The Measurement Technique of AFO(ankle-foot orthosis) Fitting for More Comfortable, Assistive Technology Research Series, Vol.20, 445-449, 2007.
62)Sakae Takenaka, Hiroshi Matsumori, Keizo Nakagawa, Hideki Matsune, Eishi Tanabe and Masahiro Kishida : Improvement in the Durability of Pt Electrocatalysts by Coverage with Silica Layers, The Journal of Physical Chemistry C, Vol.111, No.42, 15133-15136, 2007.
63)Eijiro Miyako, Hideya Nagata, Ken Hirano, Yoji Makita, Ken-ichi Nakayama and Takahiro Hirotsu : Near-infrared laser-triggered carbon nanohorns for selective elimination of microbes, Nanotechnology, Vol.18, No.47, 475103-475109, 2007.
64)Lucksanaporn Tarachiwin, Koichi Ute, Akio Kobayashi and Eiichiro Fukusaki : 1H NMR Based Metabolic Profiling in the Evaluation of Japanese Green Tea Quality, Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.55, No.23, 9330-9336, 2007.
65)大谷 壮介, 上月 康則, 倉田 健悟, 仲井 薫史, 村上 仁士 : 河口干潟潮間帯の物理的な底質環境と底生生物群集との関係, 土木学会論文集, Vol.63, No.4, 195-205, 2007年.
66)大谷 壮介, 上月 康則, 酒井 孟, 石山 哲, 笹岡 宏光, 澳津 賀仁, 安葉 映宏, 村上 仁士 : 干潟底質環境に及ぼすヤマトオサガニの生物攪拌作用に関する基礎的実験, 海岸工学論文集, Vol.54, 1191-1195, 2007年.
67)三好 真千, 上月 康則, 酒井 孟, 石田 達憲, 森 友佑, 木村 拓郎, 宮地 由紀, 村上 仁士 : 尼崎港でのムラサキイガイを対象とした海産バイオマス回収可能量に関する調査研究, 海岸工学論文集, Vol.54, 1286-1290, 2007年.
68)村上 仁士, 水口 裕之, 上月 康則, 伊福 誠, 野田 厳, 岩村 俊平, 山本 秀一 : エコシステム式海域環境保全工法を導入した直立構造物の環境配慮機能の評価, 海岸工学論文集, Vol.54, 1281-1285, 2007年.
69)久保 喬, 村上 仁士, 上月 康則 : 瀬戸内海四国沿岸域における津波の周期特性について, 海岸工学論文集, Vol.54, 191-195, 2007年.
70)Shigeru Sugiyama, Yuuki Hirata, Takeshi Osaka, Toshihiro Moriga, Keizo Nakagawa and Ken-Ichiro Sotowa : 51V MAS NMR and XAFS Evidences for Redox of Magnesium pyro- and ortho-Vanadates on the Oxidative Dehydrogenation of Propane, Journal of the Ceramic Society of Japan, Vol.115, No.10, 667-671, 2007.
71)Ramesh Chitrakar, Satoko Tezuka, Akinari Sonoda, Kohji Sakane, Kenta Ooi and Takahiro Hirotsu : Binary Zr-Fe Hydroxide as Phosphate Adsorbent, Journal of Ion Exchange, Vol.18, No.4, 328-333, 2007.
72)Satoko Tezuka, Ramesh Chitrakar, Akinari Sonoda, Kenta Ooi and Takahiro Hirotsu : Studies on Selective Adsorbents for Oxo-anions. NO3- Adsorptive Properties of Mg-Fe Layered Double Hydroxides, Journal of Ion Exchange, Vol.18, No.4, 132-137, 2007.
73)Prasanna Divigalpitiya, Akira Ohgai, Takeru Tani, Kojiro WATANABE and Yoshimizu Gohnai : Modeling Land Conversion in the Colombo Metropolitan Area Using Cellular Automata, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, Vol.6, No.2, 291-298, 2007.
74)Richard Hooley, Tetsuo Iwasawa and Julius Rebek : Detection of Reactive Tetrahedral Intermediates in a Deep Cavitand with an Introverted Functionality, Journal of the American Chemical Society, Vol.129, No.49, 15330-15339, 2007.
75)Richard Hooley, Per Restop, Tetsuo Iwasawa and Julius Rebek : Cavitands with Introverted Functionality Stabilize Tetrahedral Intermediates, Journal of the American Chemical Society, Vol.129, No.50, 15639-15643, 2007.
76)Yasuhiro Shimizu, Haruhiko Sakuraba, Katsumi Doi and Toshihisa Ohshima : Molecular and functional characterization of D-3-phosphoglycerate dehydrogenase in the serine biosynthetic pathway of the hyperthermophilic archaeon Sulfolobus tokodaii, Archives of Biochemistry and Biophysics, Vol.470, No.2, 120-128, 2007.
77)Akihiro Kurosumi, Fumihisa Kobayashi and Yoshitoshi Nakamura : Development of New Extraction Method of Natural Antioxidants from Bamboo Grass, Transaction of the Materials Research Society of Japan, Vol.32, No.4, 1139-1142, 2007.
78)Yoshihiko Mannami, Akio Kondo, Akiko Kondo, Kanako Otsuka and Ken-ichi Ohashi : ANALYSIS OF INTERACTION BETWEEN REGIONS FOR PURPOSE OF SIGHTSEEING IN JAPAN, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.7, 1266-1279, 2007.
79)Kazuto Ohkura, Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Effect of molecular chirality and side chain bulkiness on angiogenesis of haloacetylcarbamoyl-2-nitroimidazole compounds, Anticancer Research, Vol.27, No.6A, 3693-3700, 2007.
80)Shigeru Sugiyama, Takeshi Osaka, Yuuki Hirata, Yuki Kondo, Keizo Nakagawa and Ken-Ichiro Sotowa : Redox Nature of Fe-incorporated Magnesium ortho-Vanadate as a Catalyst for the Oxidative Dehydrogenation of Propane, Journal of Chemical Engineering of Japan, Vol.40, No.12, 1064-1071, 2007.
81)Shigeki Matsuo, Takashi Miyamoto, Takuro Tomita and Shuichi Hashimoto : Applications of microlens array and photomask to the laser microfabrication of periodic photopolymer rod array, Applied Optics, Vol.46, No.34, 8264-8267, 2007.
82)三好 順也, 上月 康則, 村上 仁士 : 大阪湾奥部における自律的環境修復を促す護岸付帯式海岸構造物の機能評価, 日本海水学会誌, Vol.61, No.6, 331-336, 2007年.
83)長崎 浩紀, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : GISを用いた土地利用計画支援ツールに関するアンケート調査, 日本建築学会技術報告集, Vol.13, No.26, 795-800, 2007年.
84)Kaoru Ohe, Tatsuya Oshima, Yoshinari Baba, Yasuyuki Takagi, Masayuki Shimizu, Yoshikazu Miyake and Toshihide Horikawa : Adsorption behavior of Arsenic using spherical porous silica particles covered with magnetite, Journal of Ion Exchange, Vol.18, No.4, 298-301, 2007.
85)井若 和久, 田邊 晋, 山中 亮一, 上月 康則, 村上 仁士, 松下 恭司 : 徳島県鳴門市周辺における安政南海地震の震度分布, 歴史地震, Vol.22, 121-128, 2008年.
86)田邊 晋, 井若 和久, 山中 亮一, 上月 康則, 村上 仁士 : 徳島県沿岸海域における安政南海地震津波(1854)の流動特性の再現, 歴史地震, Vol.23, 111-120, 2008年.
87)上月 康則, 井若 和久, 田邊 晋, 栗原 美波, 山口 奈津美, 山中 亮一, 村上 仁士 : わが国における大学防災の現状に関する調査研究, 安全問題研究論文集, Vol.3, 185-190, 2008年.
88)Haruyuki Funahashi, Junichi Horinouchi and Yoshitoshi Nakamura : Predicting of Manipulated Variables to Control Water Content in Continuous Butter Manufacture by an Artificial Neural Network, Milchwissenschaft, Vol.63, No.1, 41-44, 2008.
89)Sakae Takenaka, Takafumi Arike, Keizo Nakagawa, Hideki Matsune, Eishi Tanabe and Masahiro Kishida : Synthesis of carbon nanotube-supported Pt nanoparticles covered with silica layers, Carbon, Vol.46, No.2, 365-368, 2008.
90)T Nakamura, Taro Mito, T Bando, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Dissecting insect leg regeneration through RNA interference., Cellular and Molecular Life Sciences, Vol.65, No.1, 64-72, 2008.
91)Yoichiro Koshi, Eiji Nakata, Masayoshi Miyagawa, Shinya Tsukiji, Tomohisa Ogawa and Itaru Hamachi : Target-Specific Chemical Acylation of Lectins by Ligand-Tethered DMAP Catalysts, Journal of the American Chemical Society, Vol.130, No.1, 245-251, 2008.
92)Dali Liu, Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Keiji Murakami, Kanako Takahashi, Kouji Hirao, Takashi Matsuo, Kazuto Ohkura, Hideaki Nagamune and Yoichiro Miyake : Histone-like DNA binding protein of Streptococcus intermedius induces the expression of pro-inflammatory cytokines in human monocytes via action of ERK1/2 and JNK pathways, Cellular Microbiology, Vol.10, No.1, 262-276, 2008.
93)Ramesh Chitrakar, Satoko Tezuka, Akinari Sonoda, Hirotaka Kakaita, Kohji Sakane, Kenta Ooi and Takahiro Hirotsu : HCa2Nb3O10·1.5H2O as an Ion Exchanger for NH4+ Ion Removal, Industrial & Engineering Chemistry Research, Vol.47, No.1, 176-179, 2008.
94)Shigeru Sugiyama, Takeshi Osaka, Yohei Ueno and Ken-Ichiro Sotowa : Oxidative Dehydrogenation of Propane over Vanadate Catalysts Supported-on Calcium and Strontium Hydroxyapatites, Journal of the Japan Petroleum Institute, Vol.51, No.1, 50-57, 2008.
95)Monica Ronco, Tomohiro Uda, Taro Mito, Alessandro Minelli, Sumihare Noji and Martin Klingler : Antenna and all gnathal appendages are similarly transformed by homothorax knock-down in the cricket Gryllus bimaculatus., Developmental Biology, Vol.313, No.1, 80-92, 2008.
96)Taro Mito, Monica Ronco, Tomohiro Uda, Taro Nakamura, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Divergent and conserved roles of extradenticle in body segmentation and appendage formation, respectively, in the cricket Gryllus bimaculatus., Developmental Biology, Vol.313, No.1, 67-79, 2008.
97)Takuro Tomita, Yasuhiro Fukumori, Keita Kinoshita, Shigeki Matsuo and Shuichi Hashimoto : Observation of laser-induced surface waves on flat silicon surface, Applied Physics Letters, Vol.92, No.1, 013104-1-013104-3, 2008.
98)Eiji Nakata, Hangxiang Wang and Itaru Hamachi : Ratiometric Fluorescent Biosensor for Real-Time and Label-Free Monitoring of Fine Saccharide Metabolic Pathways, ChemBioChem, Vol.9, No.1, 25-28, 2008.
99)Haruhiko Sakuraba, K. Yoneda, I. Asai, Hideaki Tsuge, N Katunuma and Toshihisa Ohshima : Structure of l-aspartate oxidase from the hyperthermophilic archaeon Sulfolobus tokodaii., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1784, No.3, 563-571, 2008.
100)Ken-Ichiro Sotowa, Kaname Takagi and Shigeru Sugiyama : Fluid flow behavior and the rate of an enzyme reaction in deep microchannel reactor under high-throughput condition, Chemical Engineering Journal, Vol.135, No.S1, S30-S36, 2008.
101)Takashi Nakae, Yoshihiro Uto, Motoko Tanaka, Haruna Shibata, Eiji Nakata, Masahide Tominaga, Hiroshi Maezawa, Toshihiro Hashimoto, Kenneth L. Kirk, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Design, synthesis, and radiosensitizing activities of sugar-hybrid hypoxic cell radiosensitizers, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.2, 675-682, 2008.
102)外輪 健一郎, 白石 宣政, 杉山 茂 : 温度周期操作を利用した反応制御技術の実験的検討, 化学工学論文集, Vol.34, No.1, 108-112, 2008年.
103)Tomohiro Hirano, Hideaki Ishizu and Tsuneyuki Sato : Metal-free isotactic-specific radical polymerization of N-isopropylacrylamide with pyridine N-oxide derivatives: The effect of methyl substituents of pyridine N-oxide on the isotactic specificity and the proposed mechanism for the isotactic-specific radical polymerization, Polymer, Vol.49, No.2, 438-445, 2008.
104)Eijiro Miyako, Hideya Nagata, Ken Hirano, Kotaro Sakamoto, Yoji Makita, Ken-ichi Nakayama and Takahiro Hirotsu : Photoinduced antiviral carbon nanohorns, Nanotechnology, Vol.19, No.7, 075106-075111, 2008.
105)Masashi Nakatani, Yuka Takehara, Hiromu Sugino, Mitsuru Matsumoto, Osamu Hashimoto, Yoshihisa Hasegawa, Tatsuya Murakami, Akiyoshi Uezumi, Shin'ichi Takeda, Sumihare Noji, Yoshihide Sunada and Kunihiro Tsuchida : Transgenic expression of a myostatin inhibitor derived from follistatin increases skeletal muscle mass and ameliorates dystrophic pathology in mdx mice., The FASEB journal, Vol.22, No.2, 477-487, 2008.
106)Haseda Machi, Yasunori Kozuki, Miyoshi Junya, Shibata Daisuke, Yamaguchi Kanako, Ishida Tatsunori, Miyachi Yuki and Hitoshi Murakami : Seaweed Bed Creation Experiment using Vertical Sea Wall at Inner Part of Osaka Bay, Recent Advances in Marine Science and Technology 2006, 99-108, 2008.
107)Masaki Nishiuchi, Hiroyasu Sato and Hiroyuki Ohmura : Cycloaddition/Ring Opening Sequence of α-Hydroxy Cyclic Nitronates as a Synthetic Equivalent of Functionalized Aliphatic Nitrile Oxides, Chemistry Letters, Vol.37, No.2, 144-145, 2008.
108)Masaki Nishiuchi, Hiroyasu Sato, Nao Umemoto and Sayoko Murakami : exo-Selective Cycloaddition Reactions of α-Hydroxy Cyclic Nitronates to Allylic Alcohols in the Presence of Magnesium Ions Leading to Isoxazolidines and Isoxazolines, Chemistry Letters, Vol.37, No.2, 146-147, 2008.
109)Daniel Werner, Shuichi Hashimoto, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo and Yoji Makita : Examination of silver nanoparticle fabrication by pulsed-laser ablation of flakes in primary alcohols, The Journal of Physical Chemistry C, Vol.112, No.5, 1321-1329, 2008.
110)三宅 義和, 竹本 裕徳, 江崎 壮司, 安井 孝佳, 堀河 俊英, 冨田 太平 : チタニア薄膜上に配列された球状メソポーラスシリカ粒子複合材料の調製と機能, 粉体工学会誌, Vol.45, No.2, 90-97, 2008年.
111)Ken-Ichiro Sotowa, Nobumasa Shiraishi, Yuusaku Iguchi and Shigeru Sugiyama : Forced temperature cycling of a catalyst layer and its application to propylene oxidation, Chemical Engineering Science, Vol.63, No.10, 2690-2695, 2008.
112)Niraldo Paulino, Lemos Sheila Rago Abreu, Yoshihiro Uto, Daisuke Koyama, Hideko Nagasawa, Hitoshi Hori, Verena M. Dirsch, Angelika M. Vollmar, Amarilis Scremin and Walter A. Bretz : Anti-inflammatory effects of a bioavailable compound, Artepillin C, in Brazilian propolis, European Journal of Pharmacology, Vol.587, No.1-3, 296-301, 2008.
113)Nhien Van Nguyen, Nguyen Cong Khan, Nguyen Xuan Ninh, Phan Van Huan, Le Thi Hop, Nguyen Thi Lam, Fusao Ota, Tomoki Yabutani, Vu Quynh Hoa, Junko Motonaka, Yutaka Nakaya and Takeshi Nishikawa : Micronutrient deficiencies and anemia among preschool children in rural Vietnam, Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, Vol.17, No.1, 48-55, 2008.
114)Toshihide Horikawa, Masahiro Katoh and Tahei Tomida : Preparation and characterization of nitrogen-doped mesoporous titania with high specific surface area, Microporous and Mesoporous Materials, Vol.110, No.2-3, 397-404, 2008.
115)Mayumi Okamoto, Sayuri Tomonari, Yuki Naito, Kaoru Saigo, Sumihare Noji, Kumiko Ui-Tei and Hideyo Ohuchi : Introduction of silencing-inducing transgene against Fgf19 does not affect expression of Tbx5 and beta3-tubulin in the developing chicken retina., Development Growth & Differentiation, Vol.50, No.3, 159-168, 2008.
116)Yoshitoshi Nakamura, Akihiro Kurosumi and Godliving Mtui : Manufacturing Method of Okara-Containg Soybean Curd Using Steam Explosion, Journal of Food Technology, Vol.6, No.3, 135-138, 2008.
117)Toshiyuki Nakaya, Kosuke Namiki, Masaki Murata, Katsuhiko Kanaizuka, Masashi Kurashina, Takako Fujita and Hiroshi Nishihara : Electronic Communication in the Mixed-valence States of Cyclobutadienecobalt Complexes having Two Ferrocenes and Two Anthraquinones, Journal of Inorganic and Organometallic Polymers and Materials, Vol.18, No.1, 124-130, 2008.
118)Shigeru Sugiyama, Yuki Kanda, Hisaaki Ishizuka and Ken-Ichiro Sotowa : Removal and Regeneration of Aqueous Divalent Cations by Boehmite, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.320, No.2, 535-539, 2008.
119)Nao Kinouchi, Yutaka Ohsawa, Naozumi Ishimaru, Hideyo Ohuchi, Y Sunada, Yoshio Hayashi, Yukiho Tanimoto, Keiji Moriyama and Sumihare Noji : Atelocollagen-mediated local and systemic applications of myostatin-targeting siRNA increase skeletal muscle mass., Gene Therapy, Vol.15, No.15, 1126-1130, 2008.
120)Masaki GOTO, Masataka Kusube, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Effect of hydrostatic pressure on the bilayer phase behavior of symmetric and asymmetric phospholipids with the same total chain length, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1778, No.4, 1067-1078, 2008.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)安澤 幹人, 山本 美穂, 森山 健史, 高岡 宏樹 : 低侵襲針状酵素センサの作製およびその評価, 化学センサ, Vol.2007-B, No.23, 106-108, 2007年.
2)井若 和久, 上月 康則, 山中 亮一, 田邊 晋, 山口 奈津美, 村上 仁士 : アンケート調査による地震防災対策強化および推進地域内での大学防災の特徴に関する一考察, 21世紀の南海地震と防災, Vol.3, 173-180, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術レター

1)Manda Sushma, Nakanishi Ikuo, Ohkubo Kei, Yoshihiro Uto, Kawashima Tomonori, Hitoshi Hori, Fukuhara Kiyoshi, Okuda Haruhiro, Ozawa Toshihiko, Ikota Nobuo, Fukuzumi Shunichi and Anzai Kazunori : Enhanced radical-scavenging activity of naturally-oriented artepillin C derivatives, Chemical Communications, No.5, 626-628, 2008.

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1)Eiji Nakata, Shinya Tsukiji and Itaru Hamachi : Development of New Methods to Introduce Unnatural Functional Molecules into Native Proteins for Protein Engineering, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.80, 1268-1279, May 2007.
2)金品 昌志, 松木 均 : リン脂質二重膜の熱および圧力誘起構造転移, 高圧力の科学と技術, Vol.17, No.2, 106-112, 2007年5月.
3)右手 浩一 : 合成高分子の化学構造分布を測定するNMR, 生産と技術, Vol.59, No.3, 26-31, 2007年7月.
4)間世田 英明 : Quorum-sensing機構, 呼吸器科, Vol.12, 77-88, 2007年7月.
5)Shigeru Sugiyama : Approach Using Apatite to Studies on Energy and Environment, Phosphorus Research Bulletin, Vol.21, 1-8, Aug. 2007.
6)高麗 寛紀 : 国際規格ISO20743として制定「抗菌加工繊維製品の抗菌性試験」, 染織経済新聞, Vol.8, No.2415, 19-23, 2007年8月.
7)外輪 健一郎 : 化学工学年鑑2007, --- マイクロリアクタ ---, 化学工学, Vol.71, No.10, 666-667, 2007年10月.
8)杉山 茂 : 無機リン酸塩化合物のエネルギー及び環境分野への応用, Phosphorus Letter, No.60, 4-12, 2007年10月.
9)富田 卓朗 : 超短パルスレーザーを使ったSiCのマイクロ/ナノ加工と用途, --- 特集 「シリコンカーバイドがやってきた」 ---, 工業材料, Vol.55, No.10, 56-59, 2007年10月.
10)田代 優秋, 佐藤 陽一, 上月 康則 : 徳島市における外来種カダヤシの37年間の放流記録, --- 参加型ヤッホー調査プログラムとその活用 ---, 徳島県立博物館研究報告, No.17, 123-138, 2007年10月.
11)高麗 寛紀 : 国際規格ISO20743「抗菌加工繊維製品の抗菌性試験方法」の概要, --- その1:発光法による微生物内ATP量の測定 ---, 加工技術, Vol.42, No.11, 681-684, 2007年11月.
12)安澤 幹人 : 化学センサ2006 ナノ化学センサ特集, --- ナノワイヤーを用いたバイオセンサ ---, 化学センサ, Vol.23, No.4, 128-131, 2007年12月.
13)高麗 寛紀 : 国際規格ISO20743「抗菌加工繊維製品の抗菌性試験方法」の概要, --- その2:菌転写法(Printing method) ---, 加工技術, Vol.42, No.12, 745-748, 2007年12月.
14)Yoichiro Koshi, Eiji Nakata and Itaru Hamachi : Lectin Functionalization by Post-Photo Affinity Labeling Modification (P-PALM), Trends in Glycoscience and Glycotechnology, Vol.19, No.107, 121-131, Jan. 2008.
15)廣津 孝弘 : セルロースとプラスチックとのメカノケミカル反応を介した複合材料の創製, ウエブ・ジャーナル, Vol.13, No.7, 45-49, 2008年1月.
16)高麗 寛紀 : 国際規格ISO20743「抗菌加工繊維製品の抗菌性試験方法」の概要, --- その3:転写法(Transfer method) ---, 加工技術, Vol.43, No.2, 139-142, 2008年2月.
17)高麗 寛紀 : 国際規格ISO20743「抗菌加工繊維製品の抗菌性試験方法」の概要, --- その4:菌液吸収法(Absorption method) ---, 加工技術, Vol.43, No.3, 210-213, 2008年3月.
18)宇都 義浩, 中江 崇, 永澤 秀子, 中田 栄司, 堀 均 : 解糖系代謝のエネルギー源となる単糖に対するがん細胞特異性:糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤/制癌剤の分子設計-Pharmacokinetic drug designのすすめ-, 放射線生物研究, Vol.43, No.1, 68-79, 2008年3月.
19)近藤 光男 : 21世紀の持続可能な地域社会をつくるために, --- 政策提案と評価研究,教育,学会活動,行政機関への貢献など多忙な日々を送る ---, プロフェッショナルエンジニア, 190-191, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1)Takuro Tomita, Ryota Kumai, Keita Kinoshita, Shigeki Matsuo and Shuichi Hashimoto : Surface morphology-dependent formation of ripples on Si, SiC, and HOPG substrates, The proceedings of the 8-th International Symposium on Laser Precision Microfabrication, 219, Wien, Apr. 2007.
2)Makoto Yamaguchi, Shigeru Ueno, Ryota Kumai, Keita Kinoshita, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo and Shuichi Hashimoto : Amorphous structure of ripple on SiC studied by micro Raman spectroscopy, The proceedings of the 8-th International Symposium on Laser Precision Microfabrication, 221, Wien, Apr. 2007.
3)Tatsuya Okada, Hiroyuki Kawahara, Ryota Kumai, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto and Makoto Yamaguchi : TEM observation of structural changes under 4H-SiC single crystal surface irradiated by femtosecond laser pulses, The proceedings of the 8-th International Symposium on Laser Precision Microfabrication, 65, Wien, Apr. 2007.
4)Junichi Morishige, Kenji Fukuzawa, Hideko Nagasawa, Hitoshi Hori and Akira Tokumura : Lysophosphatidic acid produced by lysophospholipase D in hen egg white induces blood vessel formation on hen chorioallantoic membrane, 3rd International Conference on phospholipase A2 and lipid mediators, Sorrento, May 2007.
5)Shigeru Sugiyama, Takeshi Osaka, Yuuki Hirata, Yuki Kondo, Ken-Ichiro Sotowa and Toshihiro Moriga : 51V MAS NMR and XAFS Evidence on Redox Nature of Fe-Incorporated Mg3V2O8 for the Oxidative Dehydrogenation of Propane, 11th Korea-Japan Symposium on Catalysis, Seoul, May 2007.
6)Shigeru Sugiyama, Yashuhiko Tanabe, Ken-Ichiro Sotowa, Toshiya Yasukawa and Wataru Ninomiya : Dehydrogenation of Cycloalkanes over Noble Metal Catalysts Supported on Active Carbon, 11th Korea-Japan Symposium on Catalysis, Seoul, May 2007.
7)Qi Cheng, Akio Kondo, Akiko Kondo and Hideaki Shimada : Two Proposals for Solution to Transport Problems in Wuhan, Proceedings of The 7th International Conference of Chinese Transportation Professionals, 409-415, Shanghai, May 2007.
8)Tahei Tomida, Yu Nagaoka, Kazuomi Nishi, Kinuyo Ogawa, Jin Ming Ji, Toshihide Horikawa, Masahiro Katoh and Jun'ichi Hayashi : Adsorption Properties and Photocatalytic Activity of TiO2 and La-Doped TiO2, 9th International Conference on Fundamentals of Adsorption, 413, Sicily, Italy, May 2007.
9)Toshihiro Moriga, Daisuke Aoki, Kaoru Ikeuchi, Ryota Mashima and Kei-ichiro Murai : Controlling of Optical Properties of LaTiO2N through Anion and Cation Nonstoichiometries, The 16th International Symposium on Reactivity of Solids, Minneapolis, Jun. 2007.
10)Toshihiro Moriga, Yuta Sakanaka, Manaka Numata and Kei-ichiro Murai : Optimization of Synthetic Conditions of YAG:Ce Powders Using Oxides with Narrow Particle Size Distribution, The 16th International Symposium on Reactivity of Solids, Minneapolis, Jun. 2007.
11)Shimomura Kouji, Kikuo Tominaga, Takada Daisuke, Suketa Hiroshi, Takita Keiji, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : In2O3-ZnO transparent conductive oxide film deposition on polycarbonate substrate, Proc. of the nineth International Symposium on Sputtering & Plasma Processes, 445-448, Kanazawa, Jun. 2007.
12)Kikuo Tominaga, Takada Daisuke, Shimomura Kouji, Suketa Hiroshi, Takita Keisuke, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Influence of additional ga2O3 on transparent conductive oxide films of In2O3-ZnO, Proc. of the nineth International Symposium on Sputtering & Plasma Processes, 449-452, Kanazawa, Jun. 2007.
13)Inoue Kenichi, Kikuo Tominaga, Tsuduki Takashi, Mikawa Michio and Toshihiro Moriga : Film deposition of transparent conductive In-Ga-Zn oxides by PLD method, Proc. of the nineth International Symposium on Sputtering & Plasma Processes, 441-444, Kanazawa, Jun. 2007.
14)Natsuko Kusunoki, Kozue Edo, Kaori Ohnishi, Keiko Ashida, Asami Nakanishi, Hitomi Sakai, Hideyuki Nakagawa, Kumio Yokoigawa, Haruhiko Sakuraba and Toshihisa Ohshima : Multiple lectins from globiferous pedicellariae of the sea urchin, Toxopneustes pileolus, The Proceeding of 21st Pacific Science Congress:Session:4-10 Health hazard by marine animals in Pacific region, 7p, Okinawa, Jun. 2007.
15)Mikawa Michio, Kikuo Tominaga, Inoue Kenichi, Tsuduki Takashi and Toshihiro Moriga : Influence of additional impurities on the properties of In-Zn-O transparent conductive oxide films, The 20th Symposium on Plasma Science for Materials, 110, Nagoya, Jun. 2007.
16)Machi Haseda, Yasunori Kozuki, Takuro Kimura, Tatsunori Ishida, Yosuke Mori, Yuki Miyachi and Hitoshi Murakami : Collecting Methhod and Volume of Mytilus Galloprovincialis as Biomass Resource from Sea, PACON 2007, Vol.CST-7C, Hawaii, USA, Jun. 2007.
17)Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : Determination of Trace Elements from Aquatic Environment Samples, The XV conference in The University of Gondar, Gondar, Jul. 2007.
18)M. Murai, S. Fujiwara, Ryoichi Yamanaka and Y. Inoue : A Prediction on Human Impacts by a Seashell-digging to Ecosystem in a Tideland Park, The Proceedings of The Seventeenth International OFFSHORE AND POLAR ENGINEERING CONFERENCE(ISOPE2007), 596-603, Lisbon, Jul. 2007.
19)Nazrul Islam and Yasuhiko Kawamura : Reactions of Tetraarylbutatriene and Tetraarylpropadiene with Tetracyanoethene: Formation of Some Novel Compounds and Study on Their Cation and Anion Radicals, 12th International Symposium on Novel Aromatic Compounds, 192, Osaka, Jul. 2007.
20)Nazrul Islam and Yasuhiko Kawamura : Thermal Cycloaddition of Tetraarylallene with Tetracyanoethene: Rearrangement of Alkylidenecyclobutane to Dihydronaphthalene Derivative, 12th International Symposium on Novel Aromatic Compounds, 193, Osaka, Jul. 2007.
21)Nazrul Islam and Yasuhiko Kawamura : Reactions of Tetraarylbutatriene and Tetraarylpropadiene with Tetracyanoethene: Formation of Some Novel Compounds and Study on Their Cation and Anion Radicals, 12th International Symposium on Novel Aromatic Compounds, 194, Osaka, Jul. 2007.
22)Atsushi Mori and Yoshihisa Suzuki : Stacking disorder in hard-sphere crystal under gravity, YITP Workshop 2007 "New Frontiers in Colloidal Physics : A Bridge between Micro- and Macroscopic Concepts in Soft Matter", Vol.89, No.1, 126-127, Kyoto, Jul. 2007.
23)Daniel Werner, Shuichi Hashimoto, Takuro Tomita and Shigeki Matsuo : Examination of silver nanoparticle fabrication in primary alcohols by laser ablation of flakes, XXIII International Conference on Photochemistry Book of Abstracts, 595, Cologne, Jul. 2007.
24)Tomoaki Yatsufusa, Jenny C. Chao and John H.S. Lee : Critical Deflagration Waves, Proceedings of International Colloquium on the Dynamics of Explosions and Reactive Systems, Poitiers, France, Aug. 2007.
25)Dariush Ajami, Tetsuo Iwasawa and Julius Rebek : Explorations of the inner space of a cylindrical capsule, 234th ACS National Meeting, Boston, Aug. 2007.
26)Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Function of DnaK in Streptococcus intermedius, Cell Stress Society International, Budapest, Aug. 2007.
27)Masataka Kusube, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Effect of Pressure on the Prodan Fluorescence in Bilayer Membrane of Ether-linked Lipid, Dihexadecylphosphatidylcholine, The Proceedings of 4th Internationl Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Vol.1, 61-67, Tsukuba, Aug. 2007.
28)Kaori Tada, Masaki GOTO, Masataka Kusube, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Barotropic Phase Transitions of Dilauroylphosphatidylcholine Bilayer Membrane, The Proceedings of 4th Internationl Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Vol.1, 68-72, Tsukuba, Aug. 2007.
29)Masaki GOTO, Masataka Kusube, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Bilayer Phase Behavior of an Asymmetric Lipid, 1-Stearoyl-2-palmitoylphosphatidylcholine, under High Pressure, The Proceedings of 4th Internationl Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Vol.1, 73-78, Tsukuba, Aug. 2007.
30)Nobutake Tamai, Kazuyo Fujishige, Masafumi Sakamoto, Masataka Kusube, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Volumetric Study on Barotropic and Thermotropic Phase Transitions of Dimyristoylphosphatidylcholine Bilayer, The Proceedings of 4th Internationl Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Vol.1, 79-85, Tsukuba, Aug. 2007.
31)Hitoshi Hori, Yoshihiro Uto, Daisuke Koyama, Mamoru Otsuki, Naoki Otomo, Tadashi Shirai, Chiaki Abe, Eiji Nakata and Hideko Nagasawa : A chemical biosynthesis design for antiatherosclerosis drug by acyclic tocopherol intermediate analogue based on ``isoprenomics'', ISOTT2007 (2007 International Society on Oxygen Transport to Tissue Conference), Uppsala, Sweden, Aug. 2007.
32)Heni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : Intermedilysin induces cell death in HepG2 cells, 21st International Association for Dental Research - South East Asia Division, Bali, Indonesia, Sep. 2007.
33)Seiji Mitani, Toshiaki Yoshida, Kouki Terada, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : A new system to measure color conspicuity, --- To know what color is vivid to ---, Proc. of SICE Annual Conference 2007, 842-845, Takamatsu, Sep. 2007.
34)Masayuki Soma, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : The Dynamically Analyzed about a Body Load of a Caregiver with Supine to Long Sitting, Proc. of SICE Annual Conference 2007, 838-841, Takamatsu, Sep. 2007.
35)Masayuki Booka, Osamu Sueda and Shoichiro Fujisawa : A study of Powered Wheelchair Operation, Proc. of SICE Annual Conference 2007, 834-837, Takamatsu, Sep. 2007.
36)Tsutomu Hashizume, Hiroshi Kitagawa, Ikuo Yoneda, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Study on the Accessibility and Assistive Device Between Platforms and Trains for Manual Wheelchair User, Proc. of SICE Annual Conference 2007, 494-498, Takamatsu, Sep. 2007.
37)Ryota Kurozumi, Toru Yamamoto, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Development of a postural supporting device using an adaptive and learning balloon actuator-sensor system, Proc. of SICE Annual Conference 2007, 488-493, Takamatsu, Sep. 2007.
38)Yoshihiko MANNAMI, Akio Kondo, Akiko Kondo, Kanako Otsuka and Ken-ichi Ohashi : ANALYSIS OF INTERACTION BETWEEN REGIONS FOR PURPOSE OF SIGHTSEEING IN JAPAN, Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.6, 100263, DALIAN, Sep. 2007.
39)Hideaki Shimada, Akio Kondo, Akiko Kondo and CHENG Qi : CO2 REDUCTION EFFECT AND ECONOMIC EVALUATION OF ROAD TRANSPORT POLICY CONTRIBUTING TO PREVENTION OF GLOBAL WARMING, Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.6, 100264, DALIAN, Sep. 2007.
40)Ryota Kurozumi, Toru Yamamoto, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Development of Training Equipment with an Adaptive and Learning Mechanism Using Balloon Actuator-Sensor System, Proceedings of 2007 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics (SMC2007), 2624-2629, Montreal, Oct. 2007.
41)Mikito Yasuzawa, Kenji Moriyama and Hiroki Takaoka : Selective Enzyme Immobilization Technique for Multi-Channel Enzyme Sensor Fabrication, 212th Meeting of the Electrochemical Society, Washington, D.C., Oct. 2007.
42)Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : The role of subutilisin-like proproteinn connvertase PACE4 in myogenesis, 5th General Meeting of the International Proteolysis Society, Patras, Greece, Oct. 2007.
43)Yuya Yamashita, Akihiro Kurosumi, Chizuru Sasaki, Haruhiko Sakuraba and Yoshitoshi Nakamura : Suspended culture system coupled with mechanical disruption of Sparasis crispa myceria by a homogenizer and addition of olive oil, Asia Pacific Biochemical Engineering Conference, Taipei, Nov. 2007.
44)Akihiro Kurosumi, Chizuru Sasaki, Haruhiko Sakuraba and Yoshitoshi Nakamura : Biodegradation of persistent organic pollutants by laccase with natural mediator ectracted from bamboo grass, Asia Pacific Biochemical Engineering Conference, Taipei, Nov. 2007.
45)KUMANO MASAMI, Tomoki Yabutani, MISHIMA YUJI and Junko Motonaka : Extraction of noble metals by ionic liquid 1-hexyl-3-methylimidazolium hexafluorophosphate, the 9th Asian Conference on Analytical Chemistry, Jeju(Korea), Nov. 2007.
46)Tani Yuji, Tomoki Yabutani, Mishima Yuji, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima and Junko Motonaka : Electrochemical characterization of a thermostable D-proline dehydrogenase immobilized electrode under aqueous and alcohol solvents, the 9th Asian Conference on Analytical Chemistry, Jeju(Korea), Nov. 2007.
47)Mikito Yasuzawa and Hiroki Takaoka : Preparation and Properties of Fine Super-Flexible Biosensors for In Vivo Measurements, 2007 MRS Fall Meeting, Boston, Nov. 2007.
48)Mikito Yasuzawa, Matsumoto Kazuki, Okada Hideya and Ichihashi Makoto : Water Purification Using Magnetic gamma-Polyglutamic Acid, 2007 MRS Fall Meeting, Boston, Nov. 2007.
49)Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori and Katsuhiro Tamura : Colloidal Crystallization on Tilted Flat Substrates by Centrifugation, 2007 MRS Fall Meeting, Boston, Nov. 2007.
50)Yuya Uehara, Tetsuo Kikumoto, Keiko Maehara, Yoshiyuki Himeno, Wataru Ninomiya, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Effects of Oxygen on the Catalytic Conversion of Lactate in Liquid Phase, 20th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Korea, Dec. 2007.
51)Yuuki Hirata, Keiko Maehara, Yoshiyuki Himeno, Wataru Ninomiya, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Oxidative Dehydrogenation of Propane on Mg3V2O8 Doped with Palladium, 20th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Korea, Dec. 2007.
52)Yuka Shimizu, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Removal and Regeneration of Aqueous Heavy Metal Cations Using Thin-layer of Calcium Hydroxyapatite, 20th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Korea, Dec. 2007.
53)Tomoyuki Manabe, Yuichi Inaba, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Removal of Various Aqueous Anions with Boehmite, 20th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Korea, Dec. 2007.
54)Yuhki Katoh, Yukinori Nishioka, Takahiro Wada, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Conversion of Ethanol and Ethylene on MCM-41 and Related Catalysts, 20th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Korea, Dec. 2007.
55)Shuichi Hatano, Keigo Tochi, Ken-Ichiro Sotowa, Masatoshi Taniguchi, Koji Mori, Shigeru Sugiyama and Keizo Nakagawa : Application of Microreactors to Azine Synthesis, 20th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Korea, Dec. 2007.
56)Kaname Takagi, Keiji Kume, Shintaro Yamaguchi, Ken-Ichiro Sotowa, Shigeru Sugiyama and Keizo Nakagawa : Influence of Channel Geometry on the Electrophoretic Ion Enrichment in Microchannels, 20th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Korea, Dec. 2007.
57)Takanori Fukumori, Ken-Ichiro Sotowa, Shigeru Sugiyama and Keizo Nakagawa : Redesigning Distillation Apparatus Using the Concept of Micro Distillation Device, 20th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Korea, Dec. 2007.
58)Katsuya Kuroda, Kenta Ishihana, Ken-Ichiro Sotowa, Shigeru Sugiyama and Keizo Nakagawa : Oxidation of Carbon Monoxide under Forced Temperature Cycling, 20th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Korea, Dec. 2007.
59)Nhien Van Nguyen, Tomoki Yabutani, Khan Cong Nguyen, Khanh Nguyen Bao Le, Chung Thi Kim Le, Le Thi Xuan Thuy, Junko Motonaka and Yutaka Nakaya : Association of selenium deficiency with anemia among adolescent girls living in rural Vietnam, International Symposium of Metallomics 2007, Nagoya, Dec. 2007.
60)Tomoki Yabutani, Tamaru Motoko and Junko Motonaka : Removal of heavy metals from scallop tissue, International Symposium of Metallomics 2007, Nagoya, Dec. 2007.
61)Osumi Takanobu, Shoda Yoshio, Tan Yuji, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : Electrochemical determination of zinc in human serum with selective separation by magnesium hydroxide precipitation, International Symposium of Metallomics 2007, Nagoya, Dec. 2007.
62)Mohamed Reda Berber, Kensuke Kashu, Masahiro Katoh, Keiji Minagawa and Masami Tanaka : Intercalation of organic drugs or polymers into Mg-Al layered double hydroxide, The 10th Pacific Polymer Conference, Kobe, Dec. 2007.
63)Shohei Ikemiya, Naonori Tokuyama, Keiji Minagawa and Masami Tanaka : Slipping-nonslipping control of PEG based immiscible blends and suspensions by electric field, The 10th Pacific Polymer Conference, Kobe, Dec. 2007.
64)Yurie Komatsu, Suguru Beppu, Keiji Minagawa, Masami Tanaka and Takeshi Mori : Thermosensitive properties of N,N'-alkylmethylenemalonamide copolymers and gels, The 10th Pacific Polymer Conference, Kobe, Dec. 2007.
65)Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : NFAT1 activation in intermedilysin-induced human cholangiocellular carcinoma cell HuCCT1, The 2nd International Symposium on "The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Tokushima, Dec. 2007.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1)浅井 一作, 米田 一成, 大島 敏久, 櫻庭 春彦 : 超好熱アーキアSulfolobus tokodaii strain7由来L-アスパラギン酸オキシダーゼのX線結晶構造解析, 日本農芸化学会中四国支部第18回講演会, 2007年5月.
2)山中 亮一, 村井 基彦, 藤原 奨, 井上 義行 : 人為インパクトが海底生態系に及ぼす影響(第5報)-「海の公園」全域におけるアサリ現存量の分布特性と分布予測-, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, No.4, 503-506, 2007年5月.
3)山中 亮一, 村井 基彦, 井上 義行 : 海の公園における現地観測, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, No.4, 119-120, 2007年5月.
4)村井 基彦, 藤原 奨, 山中 亮一, 井上 義行 : 海浜公園における潮干狩り行動の数値シミュレーションに関する研究-「海の公園」における数値モデル(その2)-, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, No.4, 499-502, 2007年5月.
5)右手 浩一, 中川 亮, 廣田 信広, 北山 辰樹, 内野 健太郎, 松田 修 : MMA-HEMA共重合体の臨界吸着クロマトグラフィーにおける特異な溶出挙動, 高分子学会予稿集, Vol.56, No.1, 891, 2007年5月.
6)右手 浩一, 玉田 高, 中世古 渚, 北山 辰樹, 佐藤 浩昭, 武田 佳紀, 川崎 英也, 荒川 隆一 : モノリス型シリカキャピラリーカラムを用いたLC-MSによる低分子量PMMAとポリアセタールの分析, 高分子学会予稿集, Vol.56, No.1, 892, 2007年5月.
7)川崎 英也, 武田 佳紀, 右手 浩一, 荒川 隆一 : MALDI-MSによる単分散PMMAポリマーの超音波分解の解析, 高分子学会予稿集, Vol.56, No.1, 775, 2007年5月.
8)橋詰 努, 高見 正利, 木之瀬 隆, 鎌田 実, 米田 郁夫, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 走行中の車いすの身体振動に関する研究, --- 車いすキャスタの特性比較 ---, ロボティクス・メカトロニクス講演会2007講演論文集, No.1A2-M06, 1-4, 2007年5月.
9)前田 拓也, 伊藤 雅代, 縣 邦雄, 森 孝, 高麗 寛紀 : 金属表面上のバイオフィルム形成の定量的評価, 腐食防食協会 材料と環境討論会2007(春期大会), 2007年5月.
10)星野 弘明, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 徳島県南部地域における津波に関する避難行動の特性分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 322-323, 2007年5月.
11)大塚 可奈子, 近藤 光男, 渡辺 公次郎, 和田 録樹, 近藤 明子, 萬浪 善彦 : 観光を目的とした地域間交流による経済効果の計測に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 338-339, 2007年5月.
12)余田 翔平, 近藤 光男, 渡辺 公次郎, 和田 録樹, 高田 知徳 : 地方圏における買物行動モデルの適用と行動メカニズムの変化分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 340-341, 2007年5月.
13)川端 裕, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : バリアフリーの観点からみた商店街活性化事業に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 342-343, 2007年5月.
14)松田 靖史, 堀口 知彦, 齋藤 聡佳, 藤澤 正一郎, 末田 統 : バイオメカニズムの観点から見た下肢装具の適合に関する計測, ロボティクス・メカトロニクス講演会2007講演論文集, No.2A2-D11, 1-3, 2007年5月.
15)上月 康則, 大谷 壮介, 安葉 映宏, 村上 仁士 : 吉野川河口部における陸域・海域由来の懸濁物質の挙動について, 第13回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.13, 466-467, 2007年5月.
16)笹岡 宏光, 上月 康則, 大谷 壮介, 村上 仁士 : 干潟の有機物分解機能に及ぼすヤマトオサガニの巣穴の影響, 第13回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.13, 476-477, 2007年5月.
17)森 紗綾香, 上月 康則, 小倉 貴文, 中西 敬, 村上 仁士 : 尼崎運河における閘門水門を活用した一方向流創出による無酸素水塊解消効果について, 第13回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.13, 468-469, 2007年5月.
18)田邊 晋, 井若 和久, 上月 康則, 村上 仁士 : 四国における安政南海地震の余震特性について, 第13回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.13, 36-37, 2007年5月.
19)森 友佑, 上月 康則, 三好 真千, 石田 達憲, 村上 仁士 : ムラサキイガイ個体郡内の死亡個体の分布について, 第13回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.13, 480-481, 2007年5月.
20)井若 和久, 田邊 晋, 上月 康則, 村上 仁士 : 南海地震津波の再現性に及ぼす過去の地形表現精度の影響, 第13回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.13, 196-197, 2007年5月.
21)上月 康則, 大谷 壮介, 酒井 孟, 村上 仁士 : 干潟底質に及ぼすヤマトオサガニの生物撹乱の影響について, 第13回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.13, 478-479, 2007年5月.
22)田邊 晋, 井若 和久, 上月 康則, 村上 仁士 : 安政南海地震時の四国の余震特性について, 南海地震研究, Vol.3, 85-90, 2007年5月.
23)井若 和久, 田邊 晋, 上月 康則, 村上 仁士 : 安政南海地震津波の再現性に及ぼす地形表現精度の影響, 南海地震研究, Vol.3, 91-96, 2007年5月.
24)宇都 義浩, 富永 正英, 中江 崇, 田中 智子, 村上 綾, 佐々木 有紀, 柴田 明奈, 中島 宏一郎, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : 低酸素がん選択的ハイブリッド型放射線増感剤の創製, 第13回癌治療増感研究会, 2007年5月.
25)永澤 秀子, 須藤 智美, 岡部 泰之, 林 慧, 稲田 俊行, 上田 聡, 宇都 義浩, 堀 均 : 交差共役系マイケル受容体構造を有する新規血管新生阻害剤の分子設計, 第13回癌治療増感研究会, 2007年5月.
26)谷田 渚, 湯浅 恵造, 辻 明彦, 長浜 正巳 : 核小体分子シャペロンNVL2とrRNAプロセシング複合体の相互作用解析, 第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月.
27)糟谷 拓, Mohd Ismail Nor Ismaliza, 上川 健一, 蟹江 裕樹, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 助野 晃子, 桑島 正道, 辻 明彦 : ヒト内臓・皮下脂肪組織におけるアドレノメジュリンとその活性化に必要なプロセシング酵素群の発現, 第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月.
28)湯浅 恵造, 増田 哲也, 吉川 千尋, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : ズブチリシン様プロプロテイン変換酵素PACE4は骨格筋分化に必須である, 第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007年5月.
29)谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 郷田 秀一郎, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性D-プロリン脱水素酵素固定化電極の極性有機溶媒環境下における特性評価, 第68回分析化学討論会, 2007年5月.
30)木山 聡, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : フェムト秒レーザー支援エッチング加工による固体内光圧回転体の作製, 第68回レーザ加工学会講演論文集, 215-216, 2007年5月.
31)辻 明彦, 菊池 弥生, 長浜 正巳, 湯浅 恵造, 井上 英史 : サチライシン様プロプロテインコンベルターゼプロペプチドの機能, 第7回日本蛋白質科学会年会 ワークショップ4(「分子内シャペロン」としてのプロペプチド研究:分子機構から生理機能まで), 2007年5月.
32)渡辺 公次郎, 近藤 光男, 野澤 征司, 星野 弘明 : 防災に関するソフト的施策を評価するための津波避難シミュレーションモデルの開発, 都市計画研究講演集, Vol.5, 17-20, 2007年5月.
33)渡辺 公次郎, 長﨑 浩紀, 近藤 光男 : GISを用いた土地利用計画支援ツールに関するアンケート調査, 日本建築学会四国支部研究報告集, No.7, 67-68, 2007年5月.
34)上窪 貴裕, 平野 朋広 : アルコール存在下におけるN-イソプロピルアクリルアミドの立体特異性ラジカル重合, 第56回高分子学会年次大会予稿集, 2007年5月.
35)辰巳 和也, 佐藤 勇一郎, 桒名 李果, 平野 朋広 : 酒石酸エステル存在下でのビニルモノマーの立体特異性ラジカル重合, 第56回高分子学会年次大会予稿集, 2007年5月.
36)那須 翔, 升田 周平, 平野 朋広 : 酒石酸エステル存在下におけるN,N-二置換アクリルアミドの立体特異性ラジカル重合, 第56回高分子学会年次大会予稿集, 2007年5月.
37)宮崎 誉将, 平野 朋広 : アクリルアミド誘導体のラジカル重合系における水素結合を介した立体制御, 第56回高分子学会年次大会予稿集, 2007年5月.
38)板東 洋一, 平野 朋広 : 光開始によるN-イソプロピルアクリルアミドのシンジオタクチック特異性ラジカル重合, 第56回高分子学会年次大会予稿集, 2007年5月.
39)中村 公彦, 谷 香奈見, 平野 朋広 : アルコールまたはルイス塩基存在下でのN-アルキルアクリルアミドの立体特異性ラジカル重合, 第56回高分子学会年次大会予稿集, 2007年5月.
40)平野 朋広, 石津 秀朗 : 水素結合を利用したN-アルキルアクリルアミドのイソタクチック特異性ラジカル重合—ピリジンN-オキシド誘導体を用いた立体制御, 第56回高分子学会年次大会予稿集, 2007年5月.
41)勝本 之晶, 小山 美沙緒, 平野 朋広 : 立体制御されたpoly(N-isopropylacrylamide)の有機溶液中における局所構造と物理ゲル化, 第56回高分子学会年次大会予稿集, 2007年5月.
42)南川 慶二, 青木 康典, 田中 正己 : LDH/DNA複合粒子分散系のER効果, 第56回高分子学会年次大会, 2007年5月.
43)Mohamed Reda Berber, A. A. Saafan, M. F. Abd-El Aal, 南川 慶二, 田中 正己 : The effect of pretreatments on the rate of acetylation of cellulosic fiber, 第56回高分子学会年次大会, 2007年5月.
44)田中 正己, 南川 慶二, Mohamed Reda Berber, 森 健 : チクロピジンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第56回高分子学会年次大会, 2007年5月.
45)杉山 茂 : 無機リン酸塩化合物のエネルギー及び環境分野への応用研究, 日本無機リン化学会学会賞受賞者講演会, 2007年6月.
46)宇都 義浩, 大津木 護, 大友 直紀, 白井 斉, 安部 千秋, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤とするハイドロプレニルp-クマリン酸誘導体の分子設計とLDL抗酸化活性, 第29回 日本フリーラジカル学会学術集会・日本過酸化脂質・フリーラジカル学会 第31回大会 合同学会, 2007年6月.
47)友安 俊文, 廣島 理樹, 石田 俊輔, 小南 章, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusの病原性発現調節機構の解析, 第16回Lancefieldレンサ球菌研究会, 2007年6月.
48)増永 慎一郎, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 堀 均, 永田 憲司, 鈴木 実, 菓子野 元郎, 木梨 友子, 小野 公二 : 低減線量率γ線照射において低温度温熱処置とTirapazamine連続的投与を併用する有用性についての検討, 第46回日本医学放射線学会生物部会学術大会, 2007年7月.
49)辻 明彦 : SPCを選択的に阻害できるアンチトリプシン改変体の作成と応用, 第12回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会, 2007年8月.
50)平野 宏, 若松 美幸, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 : LiCoO2のメカニカルミリング法による構造変化と電気伝導度, 日本物理学会 中国支部・四国支部 応用物理学会 中国四国支部 日本物理教育学会 中国四国支部 2007年度支部学術講演会, 2007年8月.
51)石田 勝也, 吉成 篤史, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : ZnkIn2Ok+3熱電変換材料の熱電特性に及ぼすk値依存性, 日本物理学会 中国支部・四国支部 応用物理学会 中国四国支部 日本物理教育学会 中国四国支部 2007年度支部学術講演会, 2007年8月.
52)三宅 義和, 竹本 裕徳, 江崎 壮司, 安井 孝佳, 堀河 俊英, 冨田 太平 : 吸着機能と光分解機能を有する複合材料の調製, 第43回 夏期シンポジウム講演論文集, 45-46, 2007年8月.
53)明槻 伸介, 山之内 亮二, 吉積 幸二, 大垣 光治, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 下水汚泥中ニオブ,タンタルおよびハフニウムの同時定量に向けた分解法の諸検討, 第13回日本分析化学会中国四国支部若手セミナー, 2007年8月.
54)清水 祐作, 横田 昌幸, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 低環境負荷性を指向した錯形成剤含有試料中重金属イオン回収法の検討, 第13回日本分析化学会中国四国支部若手セミナー, 2007年8月.
55)野口 博司, 橋爪 裕也, 河津 知樹, 和田 修治, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 固相抽出-蛍光HPLC分析システムによるテガフールの定量, 第13回日本分析化学会中国四国支部若手セミナー, 2007年8月.
56)山本 純也, 薮谷 智規, 本仲 純子, 別府 卓, 南川 慶二 : メディエータ機能を有する熱応答性高分子の合成とその電気化学的応用, 第13回日本分析化学会中国四国支部若手セミナー, 2007年8月.
57)LE THI XUAN THUY, 薮谷 智規, 本仲 純子 : CoPd磁性粒子の形成に伴う微量金属イオンの取り込みを利用した分離濃縮法の開発, 第13回日本分析化学会中国四国支部若手セミナー, 2007年8月.
58)庄田 佳生, 大隅 崇靖, 谷 祐児, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 電解析出法を用いた異種金属含有フェリチンの作製, 第13回日本分析化学会中国四国支部若手セミナー, 2007年8月.
59)和田 知賀博, 田中 勝人, 谷 祐児, 薮谷 智規, 本仲 純子 : カーボンナノチューブ/イオン性液体ゲルを用いた酵素固定化電極の作製, 第13回日本分析化学会中国四国支部若手セミナー, 2007年8月.
60)橋詰 努, 北川 博巳, 室崎 千重, 米田 郁夫, 藤澤 正一郎, 末田 統 : プラットホームと列車間バリアの手動車いすに対する負荷評価と乗降安全性確保に関する研究, 日本福祉のまちづくり学会第10回全国大会概要集, 61-64, 2007年8月.
61)上田 喜敏, 藤澤 正一郎, 末田 統 : スライディングシートの比較研究2, 第22回リハ工学カンファレンス講演論文集, 49-50, 2007年8月.
62)松田 靖史, 堀口 知彦, 齋藤 聡佳, 藤澤 正一郎, 末田 統 : バイオメカにクスの観点から見た下肢装具の適合に関する計測, --- 装具をより人の動きに沿った構造体にする ---, 第22回リハ工学カンファレンス講演論文集, 117-118, 2007年8月.
63)高原 光恵, 末田 統, 藤澤 正一郎, 塩田 洋, 秦 裕子, 美馬 彩, 三谷 誠二, 吉田 敏昭 : 視覚障害者誘導用ブロック等の利用状況調査, 第22回リハ工学カンファレンス講演論文集, 217-218, 2007年8月.
64)渡辺 公次郎 : 避難シミュレーションモデルとGISを用いた津波防災まちづくり計画支援システムの開発, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 587-588, 2007年8月.
65)阿部 陽介, 大貝 彰, 鵤 心治, 加藤 孝明, 日高 圭一郎, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 郷内 吉瑞 : 自主防災組織の活動に着目した地域防災力定量化の試み, --- その1: 評価の視点・項目・指標の設定とその階層構造の構築 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 349-350, 2007年8月.
66)郷内 吉瑞, 大貝 彰, 鵤 心治, 加藤 孝明, 日高 圭一郎, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 阿部 陽介 : 自主防災組織の活動に着目した地域防災力定量化の試み, --- その2: 評価項目間の関連性の定量化とケーススタディ評価 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 351-352, 2007年8月.
67)山元 隆稔, 大貝 彰, 鵤 心治, 加藤 孝明, 日高 圭一郎, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 郷内 吉瑞 : 地方都市市街地の防災アクティビティ評価, --- その1:評価手法の開発 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 561-562, 2007年8月.
68)大貝 彰, 鵤 心治, 加藤 孝明, 日高 圭一郎, 村上 正浩, 渡辺 公次郎, 郷内 吉瑞, 山元 隆稔 : 地方都市市街地の防災アクティビティ評価, --- その2:ケーススタディ評価 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 563-564, 2007年8月.
69)白井 昭博, 栗本 麻友子, 住友 倫子, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 酵母に対するジェミニ型ピリジニウム塩系薬剤の殺菌機構, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
70)岡村 菜穂, 住友 倫子, 大久保 彰洋, 湯浅 明彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 魚病細菌に対する光触媒抗菌紙の殺菌特性, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
71)福居 麻弓, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : エーテル結合を有するGemini型第四アンモニウム塩の合成及び殺菌特性の検討, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
72)森下 裕生, 室巻 良彦, 住友 倫子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム塩系薬剤の毒性と化学構造の定量的構造活性相関解析, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
73)大徳 桃子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : モノ型とジェミニ型第四アンモニウム塩の抗菌特性の差異, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
74)谷村 賢一, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 第四アンモニウム塩系ポリマー型固定化殺菌剤の合成とその殺菌特性, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
75)冨脇 真理, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 種々のN-側鎖を有するビス型第四アンモニウム塩の合成とその抗菌活性, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
76)辻 陽平, 伊藤 雅代, 延嶋 浩文, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム塩化合物のレジオネラ殺菌に及ぼすCa2+,Mg2+の影響, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
77)薮谷 智規, Hideyuki Kishimoto, Yasuji Miyazaki, Noriko Tataishi, Norio Tateishi, 本仲 純子 : Development of an amperometric sensor based on self-assembled monolayer of a cysteine introduced copper(II)-binding peptide, 2007東京カンファレンス, 2007年8月.
78)岩田 裕樹, Yuya Hashizume, 薮谷 智規, 本仲 純子 : Construction of a compact spectrophotometric system using liquid core waveguide, 2007東京カンファレンス, 2007年8月.
79)清水 泰博, 米田 一成, 土居 克己, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱アーケアSulfolobus tokodaiiのセリン生合成系の解明:ホスホグリセリンアミノ基転移酵素(PSAT)の機能解析, 日本農芸化学会中四国・西日本支部合同大会, 2007年9月.
80)櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 超好熱菌由来アルドラーゼの結晶構造解析, 第59回日本生物工学会大会, 2007年9月.
81)末信 一郎, 吉田 達剛, 桶崎 陽友, 鄭 海涛, 米田 一成, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : 好熱菌由来L-リジン脱水素酵素を用いたL-リジンバイオセンシング, 第59回日本生物工学会大会, 2007年9月.
82)関矢 加智子, 赤木 巧, 龍田 季代子, 端川 勉, 安部 章夫, 長宗 秀明 : ストレプトリジンOによる溶血機構の超微形態学的解析, 第54回毒素シンポジウム, 2007年9月.
83)西木 一生, 内山 成人, 上野 友美, 只野 健太郎, 長宗 秀明, 吉田 照豊 : 日本の海産魚類由来Lactococcus garvieaeとその他種由来株の遺伝疫学に関する研究, 第4回日本魚病学会, 2007年9月.
84)山下 祐哉, 佐々木 千鶴, 櫻庭 春彦, 中村 嘉利 : ホモジナイザーを用いたハナビラタケ菌糸体の効率的生産方法の開発, 第59回日本生物工学会大会, 2007年9月.
85)黒住 明大, 佐々木 千鶴, 櫻庭 春彦, 中村 嘉利 : オゾンとシュウ酸資化性菌を用いたアゾ染料の分解, 第59回日本生物工学会大会, 2007年9月.
86)續木 貴志, 富永 喜久雄, 井上 研一, 三河 通男, 森賀 俊広 : PLD法によるIn-Ga-Zn-O酸化物透明導電性薄膜, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演予稿集, 130, 2007年9月.
87)井上 研一, 富永 喜久雄, 續木 貴志, 三河 通男, 森賀 俊広 : 不純物添加によるIn-Zn-O系酸化物透明導電膜の特性への影響, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演予稿集, 123, 2007年9月.
88)坂本 晃彦, 富永 喜久雄, 下村 幸司, 瀧田 啓介, 森賀 俊広, 中林 一朗 : 1In2O3-ZnO系酸化物透明導電膜へのGa2O3添加による影響, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演予稿集, 131, 2007年9月.
89)下村 幸司, 富永 喜久雄, 高田 大輔, 助田 祐志, 瀧田 啓介, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : PC基板上へのIn2O3-ZnO系酸化物透明導電膜の作製, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演予稿集, 127, 2007年9月.
90)熊井 亮太, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 山口 誠 : Si, SiC 及びHOPGにおけるリップル断面形状の直接観察, 応用物理学会学術講演会, Vol.68, No.3, 1142, 2007年9月.
91)木山 聡, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : フェムト秒レーザー加工による固体内光圧回転体の作製, 応用物理学会学術講演会, Vol.68, No.3, 1143, 2007年9月.
92)藤澤 正一郎, 三谷 誠二, 黒住 亮太, 末田 統 : NNを用いたロービジョン者を対象とした色の類似性領域推定アルゴリズムの構築, 平成19年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, 568-573, 2007年9月.
93)熊木 治郎, 河内 岳大, 草薙 浩, 右手 浩一, 北山 辰樹, 八島 栄次 : ユニフォームPMMAを用いたステレオコンプレックスのAFM観察, 高分子学会予稿集, Vol.56, No.2, 3128, 2007年9月.
94)宮崎 誉将, 平野 朋広, 右手 浩一 : ルイス塩基存在下でのイミド基を有するモノマーのシンジオタクチック特異性ラジカル重合, 第56回高分子討論会予稿集, Vol.56, No.2, 2474, 2007年9月.
95)平野 朋広, 上窪 貴裕, 中村 公彦, 右手 浩一 : アルコールと水素結合で錯形成したN-アルキルアクリルアミドの立体特異性ラジカル重合, 第56回高分子討論会予稿集, Vol.56, No.2, 2809, 2007年9月.
96)百瀬 陽, 右手 浩一, 西村 崇, 中川 亮, 北山 辰樹 : 臨界吸着クロマトグラフィーを用いたレジスト用共重合体のキャラクタリゼーションとリソグラフィー性能への影響, 高分子学会予稿集, Vol.56, No.2, 4545, 2007年9月.
97)岩澤 哲郎 : 反応中間体ヘミアミナールを観測可能にした包接化現象, 第23回若手化学者のための化学道場, 2007年9月.
98)山本 幹二, 佐々木 貴啓, 河村 保彦, 津嘉山 正夫, 市川 亮一 : マイクロ波照射によるスダチポリフェノール成分の迅速抽出と有用成分への変換, 日本食品科学工学会 第54回大会, 2007年9月.
99)鈴木 良尚, 佐崎 元, 田村 勝弘 : 位相差顕微鏡によるグルコースイソメラーゼ結晶表面の分子ステップ観察, 第15回生物関連高圧研究会20周年記念シンポジウム, 2007年9月.
100)塚本 雅之, 鈴木 良尚, 櫻庭 春彦, 田村 勝弘 : グルコースイソメラーゼの三次元分子構造に及ぼす圧力効果, 第15回生物関連高圧研究会20周年記念シンポジウム, 2007年9月.
101)平田 祐規, 前原 桂子, 安川 隼也, 二宮 航, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : 貴金属導入バナジン酸マグネシウム触媒によるプロパンの酸化脱水素反応, 化学工学会第39回秋季大会, 2007年9月.
102)上原 裕也, 加藤 裕樹, 前原 桂子, 安川 隼也, 二宮 航, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : 乳酸類の液相酸化脱水素によるピルビン酸類の合成, 化学工学会第39回秋季大会, 2007年9月.
103)清水 由佳, 真鍋 智行, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : リン酸カルシウム類による重金属の回収-溶出特性, 化学工学会第39回秋季大会, 2007年9月.
104)外輪 健一郎, 黒田 勝也, 石花 健太, 杉山 茂, 中川 敬三 : 温度周期操作下における一酸化炭素の酸化挙動, 化学工学会第39回秋季大会, 2007年9月.
105)高木 要, 山口 進太郎, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 中川 敬三 : マイクロ流路を利用したイオン濃縮回収における流路形状と濃縮度の関係, 化学工学会第39回秋季大会, 2007年9月.
106)福森 孝典, 友成 喜代美, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 中川 敬三 : マイクロ流路を利用した多段蒸留の検討, 化学工学会第39回秋季大会, 2007年9月.
107)畑野 修一, 西村 朋晃, 笹山 夏菜, 外輪 健一郎, 谷口 正俊, 森 浩司, 杉山 茂, 中川 敬三 : マイクロリアクタを利用したアジン合成法の検討, 化学工学会第39回秋季大会, 2007年9月.
108)松森 裕史, 中川 敬三, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩 : PEFC用炭素担持Pt触媒のシリカ被覆によるPt溶出耐性の向上, 化学工学会第39回秋季大会, 2007年9月.
109)有家 隆文, 河島 健治, 中川 敬三, 松根 英樹, 竹中 壮, 岸田 昌浩 : PEFC用炭素担持Pt触媒のシリカ被覆によるCO被毒耐性の向上, 化学工学会第39回秋季大会, 2007年9月.
110)森賀 俊広, 折原 正直, 田中 住典, 中林 一朗, 村井 啓一郎 : ゲータイトから作製した酸化鉄の高い酸化活性と結晶化学, 日本セラミックス協会第20回秋期シンポジウム, 2007年9月.
111)嶋村 彰紘, 杉原 紗矢, 倉科 昌, 金崎 英二 : 層間に有機物を含むMg-Al系層状複水酸化物の調製と特性評価, 第51回粘土科学討論会, 2007年9月.
112)長濱 宏一, 加藤 雅裕, 坂田 悦美, 堀河 俊英, 冨田 太平 : パラジウム膜による水素分離への共存気体の影響, 化学工学会第39回秋季大会, C116, 2007年9月.
113)堀河 俊英, 礒田 隆司, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : ディップコーティング法による酸化チタン薄膜形成に及ぼす対流の影響, 化学工学会 第39回秋季大会, I218, 2007年9月.
114)池内 薫, 間嶌 亮太, 山田 万侑, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : ペロブスカイト型酸窒化物(La,Sr)TiO2Nの陽イオン・陰イオンのノンストイキオメトリーと光学特性, 日本セラミックス協会第20回秋期シンポジウム, 2007年9月.
115)大田 直友, 大谷 壮介, 上月 康則 : ヒロクチカノコの成長制限要因, 2007年日本プ ランクトン学会ベントス学会合同大会, 45, 2007年9月.
116)笹岡 宏光, 大谷 壮介, 石山 哲, 澳津 賀仁, 酒井 孟, 安葉 映宏, 山中 亮一, 上月 康則 : ヤマトオサガニの巣穴における堆積物中の有機物分解について, 2007年日本プ ランクトン学会ベントス学会合同大会, 141, 2007年9月.
117)酒井 孟, 大谷 壮介, 石山 哲, 澳津 賀仁, 笹岡 宏光, 安葉 映宏, 山中 亮一, 上月 康則 : 堆積物の季節変化に及ぼすヤマトオサガニの生物撹拌の影響について, 2007年日本プ ランクトン学会ベントス学会合同大会, 142, 2007年9月.
118)田邊 晋, 井若 和久, 山中 亮一, 上月 康則, 村上 仁士 : 歴史史料にみる海域における津波の再現性の検証, 歴史地震, Vol.24, 11, 2007年9月.
119)井若 和久, 田邊 晋, 山中 亮一, 上月 康則, 村上 仁士, 松下 恭司 : 徳島県鳴門市周辺における安政南海地震の震度分布, 歴史地震, Vol.24, 12, 2007年9月.
120)杉山 茂, 平田 祐規, 近藤 友紀, 中川 敬三, 外輪 健一郎 : 第二金属含有マグネシウムピロおよびオルトバナデートによるプロパンの酸化脱水素反応, 第100回触媒討論会(触媒討論会A), 2007年9月.
121)竹中 壮, 松森 裕史, 河島 健治, 有家 隆文, 中川 敬三, 松根 英樹, 岸田 昌浩 : シリカで被覆された炭素担持Pt触媒の調製とPEFC電極触媒への応用, 第100回触媒討論会(触媒討論会B), 2007年9月.
122)山崎 達也, 加藤 雅裕, 菊池 尚子, 大井 真, 高橋 芳恵, 吉川 卓志, 和田 守 : Pt系触媒によるバイオエタノール水蒸気改質反応に及ぼす担体効果, 第100回触媒討論会討論会A予稿集, 38, 2007年9月.
123)安隨 和彦, 南川 慶二, 田中 正己 : α-二置換型水溶性モノマーの超音波重合挙動, 第56回高分子討論会, 2007年9月.
124)南川 慶二, バーバー モハメドレダ, 賀集 健介, 田中 正己 : 新規多成分系ER 流体の調製とそのER 効果のメカニズム, 第56回高分子討論会, 2007年9月.
125)森 篤史, 鈴木 良尚 : 重力下の剛体球系結晶中の積層不整の安定性, 高分子学会年次大会予稿集, Vol.56, No.2, 2007年9月.
126)大隅 崇靖, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 水酸化マグネシウムによるマスキング処理法を利用した血清中亜鉛の電気化学測定法の開発, 日本分析化学会第56年会, 2007年9月.
127)田中 勝人, 谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : NAD依存性酵素センシングのための耐熱性ジアホラーゼ固定化電極の作製とその応用, 日本分析化学会第56年会, 2007年9月.
128)大垣 光治, 吉積 幸二, 本仲 純子, 薮谷 智規 : ドナウ川の水質, 日本分析化学会第56年会, 2007年9月.
129)山之内 亮二, 中本 有美, 大垣 光治, 吉積 幸二, 谷 祐児, 薮谷 智規, 本仲 純子, 村井 啓一郎, 沼子 千弥, 寺田 靖子, Rodica Stanescu, Dancila Madelene Annette : 都市大気浮遊状物質のICP-MS及びX線分光装置を利用した元素特性評価と表面解析, 日本分析化学会第56年会, 2007年9月.
130)横田 昌幸, 薮谷 智規, 本仲 純子 : Se-DAN蛍光を利用した4価および6価セレンの目視定量, 日本分析化学会第56年会, 2007年9月.
131)安澤 幹人, 山本 美穂, 森山 健史, 高岡 宏樹 : 低侵襲針状酵素センサの作製およびその評価, 第44回化学センサ研究発表会, Vol.2007-B, 106-108, 2007年9月.
132)小松 由利絵, 別府 卓, 南川 慶二, 田中 正己, 森 健 : 大きなヒステリシスを示すポリ(N,N'-アルキルメチレンマロンアミド)共重合体の熱応答相転移の制御, 第56回高分子討論会, 2007年9月.
133)池宮 昌平, 池内 良典, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリエチレングリコール粒子分散系のER 効果に対する電極間ギャップの影響, 第56回高分子討論会, 2007年9月.
134)鈴木 良尚, 森 篤史, 春日 聖司, 田村 勝弘 : 遠心沈降法による傾角ガラス基板上のコロイド結晶のグレインサイズ制御, 第60回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 153, 2007年9月.
135)麻川 明俊, 鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 : 遠心沈降法でガラス基板上に成長させたコロイド多結晶中のグレインの結晶方位とグレインサイズに及ぼす基板平坦性の効果, 第60回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 376, 2007年9月.
136)濱 克彰, 鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 : 遠心沈降法による二元系コロイド結晶の作製と評価, 第60回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 377, 2007年9月.
137)佐々木 貴啓, 山本 幹二, 河村 保彦, 津嘉山 正夫, 市川 亮一 : マイクロ波加熱による柑橘類のメトキシフラボン迅速抽出と機能性成分への変換, 第1回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム, 2007年9月.
138)石本 慎, 河村 保彦, 津嘉山 正夫, 大西 清高 : マイクロ波照射下でのβ-ジメチルアミノスチレン及びインドール誘導体の合成, 第1回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム, 2007年9月.
139)Daniel Werner, 橋本 修一, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 槇田 洋二 : 銀フレークを用いたアルコール中におけるレーザーアブレーションによるナノ粒子作製, 2007光化学討論会講演要旨集, 2007年9月.
140)倉科 昌, 江口 顕生, 金崎 英二, 志賀 拓也, 大塩 寛紀 : コバルト,ニッケル層状水酸化物の層剥離と磁性の検討, 第57回錯体化学討論会, 2007年9月.
141)加藤 雅裕, 小田 倫義, 堀河 俊英, 冨田 太平 : 水蒸気吸着材の吸着特性と臭気発生メカニズムの解明, 第21回日本吸着学会研究発表会講演要旨集, 14, 2007年9月.
142)佐俣 和男, 橋本 修一, 富田 卓朗, 松尾 繁樹 : ゼオライト微粒子の2次元・3次元配列による光機能の創出, 2007光化学討論会講演要旨集, 2007年9月.
143)田端 厚之, 三好 宗一郎, 角田 明由葉, 助野 晃子, 弘田 克彦, 友安 俊文, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius が分泌する細胞溶解毒素インターメディリシンが関与するヒト細胞特異的な感染現象, 第54回毒素シンポジウム, 2007年9月.
144)中村 嘉利 : 爆砕処理を用いたエタノール生産前処理技術, バイオエタノール・シンポジウム, 2007年10月.
145)杉山 茂, 石塚 永晃, 中川 敬三, 外輪 健一郎 : ベーマイトによる水溶性リン酸の除去回収技術の開発研究, 第17回無機リン化学討論会, 2007年10月.
146)杉山 茂 : アパタイト触媒によるアルカンの酸化脱水素反応, 北海道大学触媒化学研究センター談話会, 2007年10月.
147)永澤 秀子, 林 慧, 岡部 泰之, 上田 聡, 堀 均, 宇都 義浩 : 交差共役系マイケル受容体構造を有する新規血管新生阻害剤の構造活性相関, 第66回 日本癌学会学術総会, 2007年10月.
148)堀 均, 宇都 義浩, 永澤 秀子 : 血管新生阻害活性をもつアセチレン型FTY720アナローグTX-2152の設計, 第66回 日本癌学会学術総会, 2007年10月.
149)宇都 義浩, 堀 均, 永澤 秀子 : 解糖系基質と低酸素細胞放射線増感剤のハイブリッド分子設計, 第66回 日本癌学会学術総会, 2007年10月.
150)三宅 講太朗, 西岡 将規, 杉本 光司, 宮谷 知彦, 宇都 義浩, 永澤 秀子, 堀 均, 島田 光生 : 直腸癌に対する低酸素細胞放射線増感剤TX-1877の放射線増感作用と抗腫瘍効果に関する基礎的研究, 第66回 日本癌学会学術総会, 2007年10月.
151)萬浪 善彦, 近藤 光男, 近藤 明子, 天野 良祐, 片山 真太朗 : 四国における自治体運営の診断と市町村合併による効果, 日本地域学会 第44回(2007年)年次大会 学術発表論文集, D1-1, 2007年10月.
152)近藤 明子, 近藤 光男, 萬浪 善彦, 大塚 可奈子 : 観光と業務目的の交流に着目した目的別地域間交流モデルに関する研究, 日本地域学会 第44回(2007年)年次大会 学術発表論文集, B5-1, 2007年10月.
153)佐藤 充宏, 近藤 光男, 香山 卓也 : 総合型地域スポーツクラブにおける健康づくり事業導入の効果計測に関する研究, 日本地域学会第44回年次大会学術発表論文集, 2007年10月.
154)間嶌 亮太, 池内 薫, 山田 万侑, 増田 幸弘, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : ペロブスカイト型酸窒化物(La,Sr)TiO2Nの光学特性に及ぼす非化学量論性の影響, 平成19年度希土類若手研究発表会, 2007年10月.
155)松川 雅則, 塚本 泰司, 間世田 英明 : 緑膿菌尿分離株における薬剤排出ポンプの発現とバイオフィルム形成能, 第56回日本感染症学会東日本地方会学術集会, 2007年10月.
156)岩澤 哲郎, Hooley Richard, Julius Rebek : 不安定なカルボニル付加中間体を観測可能にした包接化現象, 弟37回構造有機化学討論会, 2007年10月.
157)篠原 由樹, 石田 巧, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : インターメディリシンの分子間相互作用部位の解析, 第60回日本細菌学会中国四国支部総会, 2007年10月.
158)弘田 克彦, Susilowati Heni, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるヒト培養胆管上皮細胞死の分子機構の解明, 第60回日本細菌学会中国四国支部総会, 2007年10月.
159)鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 : 遠心沈降法と平坦基板を用いたコロイド結晶のグレインサイズ制御, NCCG-37予稿集, 42, 2007年11月.
160)塚本 雅之, 鈴木 良尚, 櫻庭 春彦, 田村 勝弘 : 高圧力下で成長したグルコースイソメラーゼ結晶の常圧下でのX線結晶構造解析, NCCG-37予稿集, 43, 2007年11月.
161)藤原 貴久, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 : リゾチーム正方晶系結晶の三面角付近の観察による溶解度測定, NCCG-37予稿集, 97, 2007年11月.
162)三宅 義和, 堀河 俊英 : 溶媒抽出によるナノ粒子の分級操作の可能性, 第26回溶媒抽出討論会, 15, 2007年11月.
163)片山 周平, 三谷 恵理子, 三好 弘一, 坂田 孝夫, 森 博太郎, 倉科 昌, 金崎 英二 : 酸化チタンナノカプセルに被包したメチルビオロゲンの光化学, 2007年日本化学会西日本大会, 2007年11月.
164)LE THI XUAN THUY, 山之内 亮二, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 磁場による微量金属イオンの回収のためのCoPd磁性粒子合成とその応用, 2007年日本化学会西日本大会, 2007年11月.
165)山本 純也, 薮谷 智規, 本仲 純子, 別府 卓, 南川 慶二 : 熱応答性高分子を用いる固体表面の機能化について, 2007年日本化学会西日本大会, 2007年11月.
166)和田 知賀博, 田中 勝人, 谷 祐児, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 高感度-Reagentlessセンサーのためのカーボンナノチューブ/イオン性液体ゲルを用いたメディエーター/酵素固定化電極の作製, 2007年日本化学会西日本大会, 2007年11月.
167)明槻 伸介, 山之内 亮二, 吉積 幸二, 大垣 光治, 薮谷 智規, 本仲 純子 : ICP-MSによる下水汚泥中ニオブ,タンタル,ハフニウムを含む多元素同時定量法の開発, 2007年日本化学会西日本大会, 2007年11月.
168)庄田 佳生, 大隅 崇靖, 谷 祐児, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 電解析出法によるフェリチンコア内への異種金属の取り込み, 2007年日本化学会西日本大会, 2007年11月.
169)清水 祐作, 横田 昌幸, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 錯形成剤含有試料からの沈殿法による重金属イオン回収法に関する検討, 2007年日本化学会西日本大会, 2007年11月.
170)野口 博司, 橋爪 裕也, 河津 知樹, 和田 修治, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 固相抽出‐蛍光HPLCによる抗癌剤テガフールの濃度モニタリングシステムの構築, 2007年日本化学会西日本大会, 2007年11月.
171)久保 伸治, 香川 健一, 植月 信義, 川城 克博 : カルバモイルメチルエステルをアシルドナーとする非タンパクアミノ酸のペプチド鎖への酵素的組込み, 2008日本化学会西日本大会講演要旨集, 2007年11月.
172)松元 一気, 小川 正弘, 岡田 秀也, 市橋 誠, 安澤 幹人 : 磁性を持った生分解性凝集剤の開発, 2007年日本化学会西日本大会, 2007年11月.
173)武部 悠一郎, 二神 規通, 山本 昇司, 新居 厚子, 林 修三, 安澤 幹人 : 抗原抗体反応を用いたダイオキシン類簡易測定システムの開発, 2007年日本化学会西日本大会, 2007年11月.
174)池端 潔人, 野本 信一, 小出 崇志, 安澤 幹人 : ペルヒドロポリシラザンを用いた生体適合性薄膜形成技術の開発, 2007年日本化学会西日本大会, 2007年11月.
175)長岡 正尚, 野本 信一, 安澤 幹人 : ペルヒドロポリシラザンを用いた撥水性薄膜形成技術の開発, 2007年日本化学会西日本大会, 2007年11月.
176)Mohamed Reda Berber, Kensuke Kashu, Keiji Minagawa, Masahiro Katoh and Masami Tanaka : Optimization of urea method for the preparation of Mg-Al layered double hydroxide, 2007年日本化学会西日本大会, Nov. 2007.
177)森 得祐, 福本 祐介, 加藤 雅裕, 堀河 俊英, 冨田 太平 : N,S含有二酸化チタンの液相合成に及ぼすpHの影響, 2007年日本化学会西日本大会講演要旨集, 213, 2007年11月.
178)右手 浩一, 中川 亮, 北山 辰樹, 加地 栄一 : DOSY法によるメチルアルミノキサン溶液のキャラクタリゼーション, 第12回高分子分析討論会講演要旨集, 85-86, 2007年11月.
179)渡辺 健宏, 中西 慶輔, 川崎 英也, 玉田 高, 佐藤 浩昭, 右手 浩一, 荒川 隆一 : モノリス型シリカキャピラリーカラムを用いたsemi-online LC/MALDI-MSによる合成高分子のキャラクタリゼーション, 第12回高分子分析討論会講演要旨集, 75-76, 2007年11月.
180)右手 浩一, 中世古 渚, 中川 亮, 廣田 信広, 北山 辰樹, 内野 健太郎, 松田 修 : MMAと少量の極性メタクリル酸エステルからなる2元および3元共重合体のHPLCによるキャラクタリゼーション, 第12回高分子分析討論会講演要旨集, 161-162, 2007年11月.
181)右手 浩一, 畑中 真吾, 池宮 健朗 : モノリス型シリカロッドカラムを用いたサイズ排除および臨界吸着クロマトグラフィー, 第12回高分子分析討論会講演要旨集, 141-142, 2007年11月.
182)小松 由利絵, 南川 慶二, 田中 正己, 森 健 : 大きなヒステリシスを示すポリ(N,N'-アルキルメチレンマロンアミド)共重合体及びハイドロゲルの熱応答挙動, 第22回中国四国地区高分子若手研究会, 2007年11月.
183)池宮 昌平, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリエチレングリコールを用いたER流体の調製と評価, 第22回中国四国地区高分子若手研究会, 2007年11月.
184)池内 良典, 池宮 昌平, 徳山 直宜, 南川 慶二, 田中 正己 : ウレタン化PPG/PEG混合系のER挙動, 第22回中国四国地区高分子若手研究会, 2007年11月.
185)賀集 健介, バーバー モハメドレダ, 南川 慶二, 田中 正己 : 層状複水酸化物を用いた複合粒子の調製と機能材料への応用, 第22回中国四国地区高分子若手研究会, 2007年11月.
186)雨宮 崇, 清水 和哉, 岡野 邦宏, 間世田 英明, 内海 真生, 杉浦 則夫 : microcystin分解酵素遺伝子の転写に関する研究, 第44回日本水処理生物学会大会プログラム, No.27, 2007年11月.
187)倉島 巧, 岡野 邦宏, 間世田 英明, 内海 真生, 杉浦 則夫 : 藍藻類microcystin分解関連酵素群の機能, 第44回日本水処理生物学会大会プログラム, No.27, 2007年11月.
188)宇都 義浩 : イソプレノミクスを基盤とした抗酸化剤の分子設計, 日本農芸化学会中部支部 第151回例会 若手シンポジウム, 2007年11月.
189)Mohamed Reda Berber, Kensuke Kashu, Keiji Minagawa, Masahiro Katoh and Masami Tanaka : Preparation of new nanocomposite materials based on layered double hydroxide (I), 第15回プラスチック成形加工学会秋季大会, Nov. 2007.
190)賀集 健介, Mohamed Reda Berber, 南川 慶二, 加藤 雅裕, 田中 正己 : 層状複水酸化物を用いた新規ナノコンポジット材料の調製(II), 第15回プラスチック成形加工学会秋季大会, 2007年11月.
191)坂東 昌宜, 香川 健一, 川城 克博 : イオン液体系における酵素的ペプチド合成, 化学工学会山口大会講演要旨集, 2007年11月.
192)浅野 裕之, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : 超音波を利用したCVD法によるTiO2薄膜創製, 化学工学会山口大会要旨集, 20, 2007年11月.
193)星 将広, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平, 三宅 義和 : 液液抽出によるナノ粒子分級を目指した基礎的研究, 化学工学会山口大会要旨集, 22, 2007年11月.
194)長岡 優, 都築 静香, 東 日出美, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : La-doped TiO2光触媒の調製とその特性評価, 化学工学会山口大会要旨集, 46, 2007年11月.
195)長畠 祥司, 山川 裕子, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : La-doped TiO2光触媒薄膜の調製とその特性評価, 化学工学会山口大会要旨集, 47, 2007年11月.
196)池田 寛之, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : ニューラルネットワークとセルオートマトンを用いた土地利用予測, 土木計画学研究·講演集, Vol.36, P7, 2007年11月.
197)長崎 浩紀, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : マルチエージェントシステムを用いた土地利用計画支援システム, 土木計画学研究·講演集, Vol.36, 214, 2007年11月.
198)星野 弘明, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 徳島県南部地域における津波避難行動の特性分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.36, 162, 2007年11月.
199)程 琦, 近藤 光男, 嶋田 秀昭 : 通勤交通における自動車利用から徒歩・自転車・公共交通機関への転換施策の効果について, 土木計画学研究·講演集, Vol.36, 99, 2007年11月.
200)丁 育華, 近藤 光男, 余田 翔平 : 地方圏における高齢者の買物行動の分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.36, 84, 2007年11月.
201)井若 和久, 上月 康則, 山中 亮一, 山口 奈津美, 田邊 晋 : 「FMピッカラ」の放送活動に関するヒアリング調査, 21世紀の南海地震と防災, Vol.2, 41-46, 2007年11月.
202)井若 和久, 上月 康則, 山中 亮一, 松下 恭司, 村上 仁士 : 新しい歴史史料に基づく安政南海地震時における徳島県鳴門市周辺の被害特性に関する考察, 21世紀の南海地震と防災, Vol.2, 65-72, 2007年11月.
203)田中 勝人, 谷 祐児, 薮谷 智規, 三島 有二, 櫻庭 春彦, 大島 敏久, 本仲 純子 : 耐熱性ジアホラーゼ固定化電極の作製とそのNAD依存性酵素センサーへの応用, 第53回ポーラログラフィー及び電気分析化学討論会プログラム, 2007年11月.
204)小林 正裕, 森 篤史, 鈴木 良尚 : 重力下で{111}成長したの剛体球系結晶中の積層不整のモンテカルロシミュレーション, 第21回分子シミュレーション討論会講演概要集, 2007年11月.
205)松尾 繁樹, 守屋 聖, 富田 卓朗, 橋本 修一 : レーザー光照射によるガラスの選択的エッチング, 第26回固体表面光化学討論会講演要旨集, 2007年11月.
206)岩見 勝弘, 熊井 亮太, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 北田 貴弘, 中河 義典, 井須 俊郎 : フェムト秒レーザー照射に伴う4H-SiC上での電気伝導度変化の検討, SiC及び関連ワイドギャップ半導体研究会講演会予稿集, Vol.16, 129-130, 2007年11月.
207)盛重 純一, 吉岡 泰子, 堀 均, 德村 彰 : ニワトリ初期胚の血管系形成における卵白リゾホスファチジン酸の生理的役割, 第80回日本生化学会, 2007年12月.
208)山下 祐哉, 佐々木 千鶴, 櫻庭 春彦, 中村 嘉利 : ホモジナイザーを用いたハナビラタケ菌糸体の効率的生産方法の開発, 第119回 徳島生物学会, 2007年12月.
209)黒住 明大, 佐々木 千鶴, 山下 祐哉, 中村 嘉利 : 農業系廃棄物由来リグニンの効率的有効利用法の開発, 第18回日本MRS学術シンポジウム, 2007年12月.
210)岩澤 哲郎 : 不安定反応中間体の包接による安定化, 第13回スクリプス・バイオメディカルフォーラム, 2007年12月.
211)滝口 公康, 荒井 健, 辻 祐亮, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 中田 栄司, 鬼塚 伸也, 野中 孝一, 藤岡 ひかる, 堀 均 : マクロファージ活性化に関わるGc proteinの糖ペプチド構造解析, 第11回 バイオ治療法研究会学術集会, 2007年12月.
212)岩澤 哲郎 : To See the Unseen Molecules, 関西大学 工学部, 2007年12月.
213)右手 浩一 : 高分子の化学構造分布を測定するNMR: 溶液NMRの新展開, Workshop on Analysis of Fundamental Properties of Macromolecules by NMR Spectroscopy, 17-18, 2007年12月.
214)安隨 和彦, 南川 慶二, 田中 正己 : α-二置換型水溶性モノマーの超音波重合挙動, 第16回ソノケミストリー討論会, 2007年12月.
215)平野 宏, 中原 全基, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 : メカニカルミリング法によるLi-Mn-O系化合物の合成, 第33回固体イオニクス討論会要旨集, 214-215, 2007年12月.
216)中村 浩一, 平野 宏, 大浦 耕二朗, 西岡 大輔, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 : リチウム化合物における結晶構造変化とイオンダイナミクス, 第33回固体イオニクス討論会要旨集, 216-217, 2007年12月.
217)上田 昭子, 栗本 麻友子, 住友 倫子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 酵母に対するジェミニ型第四アンモニウム塩系薬剤の殺菌機構, 第119回徳島生物学会, 2007年12月.
218)湯浅 恵造, 影山 陽子, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : ズブチリシン様プロプロテイン変換酵素PACE4は軟骨分化に必須である, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
219)山上 真, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼと相互作用する因子の検索, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
220)柳野 卓也, 湯浅 恵造, 木村 道江, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : 軟骨分化におけるフィブリリン-2の機能解析, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
221)小川 健太郎, 雑賀 裕子, 林 絢子, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : 植物カテプシンB様システインプロテアーゼの酵素学的特性, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
222)湯浅 剛, 小田 英里奈, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 井上 雅広, 辻 明彦 : Trypanosoma brucei oligopeptidase Bの基質結合部位の解析, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
223)村松 和明, 関 光太, 鈴木 龍介, 前野 貴則, 辻 明彦, 松田 佳子 : オステオカルシンの成熟化に関与するプロセシング酵素の解析, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
224)大西 満智, 河手 裕美子, 松井 隆幸, 三宅 仁美, 湯浅 恵造, 谷 佳津子, 多賀谷 光男, 辻 明彦, 長浜 正巳 : UBXD1はVCP/97と結合しERADを制御する, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
225)橋詰 努, 米田 郁夫, 高見 正利, 藤澤 正一郎, 末田 統, 鎌田 実 : 歩車道境界縁石のユニバーサルデザインの研究, --- 縁石通過時の車いす使用者身体振動の研究 ---, 日本機械学会第16回交通・物流部門講演会論文集, 353-356, 2007年12月.
226)杉山 茂 : 脱原油を目指したアパタイト触媒の開発, 第20回アパタイト研究会特別セッション「生体材料を超えたアパタイトの応用」, 2007年12月.
227)黒住 亮太, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 大学院における障害学生の研究・教育支援のあり方についての考察, 第8回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 173-174, 2007年12月.
228)上田 喜敏, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 介護保険における福祉用具について, --- A 市介護保険制度での福祉用具貸与の傾向分析 ---, 第8回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 755-756, 2007年12月.
229)藤村 甫, 松田 靖史, 堀口 知彦, 齋藤 聡佳, 藤澤 正一郎, 末田 統 : バイオメカにクスの観点から見た下肢装具の適合に関する計測手法について, 第8回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 759-760, 2007年12月.
230)坊岡 正之, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 電動車いすスライド型ジョイスティックレバーの操作特性について(その3), 第8回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 769-770, 2007年12月.
231)友安 俊文, 東 俊介, 今木 英統, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 腸管出血性大腸菌のGrlAによるLEE1オペロンの新規発現調節機構, 第30回日本分子生物学会年会, 2007年12月.
232)廣島 理樹, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusが生産するヒト特異的細胞溶解毒素インターメディシンの発現調節, 第80回日本生化学会大会-第30回日本分子生物学会年会合同大会, 2007年12月.
233)田端 厚之, 三好 宗一郎, 角田 明由葉, 福島 江, 助野 晃子, 友安 俊文, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 大国 寿士, 長宗 秀明 : 細菌感染反応場としてのヒト型CD59:ヒト細胞指向性コレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体及びStreptococcus intermedius感染の宿主側トリガー因子としての役割, 第80回日本生化学会大会-第30回日本分子生物学会年会合同大会, 2007年12月.
234)森 紗綾香, 山中 亮一, 森 友佑, 板東 伸益, 竹田 友架, 上月 康則, 高谷 和彦, 上嶋 英機 : 尼崎運河における水質の日変動特性について, 第42回日本水環境学会年会, 2008年.
235)森 紗綾香, 山中 亮一, 森 友佑, 竹田 友架, 板東 伸益, 上月 康則, 高谷 和彦, 上嶋 英機 : 尼崎運河におけるエコシステム式浅場創出に関する現地実験について, 平成20年度土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 414-415, 2008年.
236)森 友佑, 山中 亮一, 森 紗綾香, 板東 伸益, 上月 康則, 高谷 和彦, 上嶋 英機 : 尼崎運河での水環境再生に向けた新しい曝気手法の実証実験について, 平成20年度土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 378-379, 2008年.
237)上月 康則, 田邊 晋, 井若 和久, 栗原 美波, 山中 亮一, 村上 仁士 : 徳島県の地震・津波碑とその管理について, 歴史地震研究発表会, Vol.25, 8, 2008年.
238)大谷 壮介, 上月 康則, 山中 亮一 : 河口干潟潮間帯での底質環境の変化に伴う底生生物群集の応答に関する二,三の検討, 平成20年度土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 394-395, 2008年.
239)酒井 孟, 大谷 壮介, 藤木 洋二, 山中 亮一, 上月 康則 : 二潮汐間における底生微細藻類の量,質的変動について, 2008年日本プランクトン学会•ベントス学会合同大会, 117, 2008年.
240)大谷 壮介, 上月 康則, 山中 亮一, 酒井 孟, 藤木 洋二 : 干潟底質環境の変動に伴う底生生物群集の変化予測手法の一提案, 2008年度環境アセスメント学会第7回大会, 156-160, 2008年.
241)三好 真千, 上月 康則, 石田 達憲, 山口 暢洋, 坂本 明雄, 坂下 広大, 山中 亮一 : 付着生物回収による直立護岸壁面の生物多様性向上効果について, 平成20年度土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 398-399, 2008年.
242)坂下 広大, 三好 真千, 上月 康則, 石田 達憲, 山口 暢洋, 坂本 明雄, 山中 亮一 : マナマコの摂餌量の季節変化について, 平成20年度土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 412-413, 2008年.
243)石田 達憲, 三好 真千, 上月 康則, 山口 暢洋, 坂下 広大, 山中 亮一 : 港湾の護岸壁面周辺に生息する肉食・腐肉食生物の物質循環作用について, 平成20年度土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 432-433, 2008年.
244)坂本 明雄, 三好 真千, 上月 康則, 石田 達憲, 山口 暢洋, 坂下 広大, 山中 亮一 : 尼崎港周辺でのムラサキイガイ由来のバイオマス資源回収量の推定, 平成20年度土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 436-437, 2008年.
245)山口 暢洋, 三好 真千, 上月 康則, 石田 達憲, 坂本 明雄, 坂下 広大, 山中 亮一 : 港湾の護岸壁面に付着するムラサキイガイの脱落要因に関する現地調査, 平成20年度土木学会四国支部第14回技術研究発表会講演概要集, 402-403, 2008年.
246)渡辺 隆司, 芦田 和信, 矢野 健太, 親泊 政二三ほか3名, 中村 嘉利 : 白色腐朽菌複合前処理を用いた木質バイオマスのメタン発酵, 第3回 バイオマス科学会議, 2008年1月.
247)瀧田 啓介, 渡邊 隆之, 下村 幸司, 富永 喜久雄, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : PC基板上に製膜した酸化亜鉛-酸化インジウム系アモルファス薄膜へのAlドーピングによる特性向上, 第46回セラミックス基礎科学討論会, 2008年1月.
248)石田 勝也, 山本 紘士, 吉成 篤史, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : Zn-In-Ga-O系層状ホモロガス化合物の結晶構造解析および熱電性能評価, 第46回セラミックス基礎科学討論会, 2008年1月.
249)村井 啓一郎, 東條 卓, 森賀 俊広, 中林 一朗 : ディーゼル排気ガス後処理における鉄系酸化触媒に関する研究, 第46回セラミックス基礎科学討論会, 2008年1月.
250)中田 栄司, Gautier Arnaud, 宇都 義浩, 堀 均, Johnsson Kai : 直交性を有する蛋白質標識システムによる蛋白質間相互作用の解析, 第10回生命化学研究会シンポジウム, 2008年1月.
251)木村 禎亮, 河村 泰男, 上田 聡, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 堀 均, 増永 慎一郎 : インテグリンを標的とする新規ボロンキャリアの分子設計, 第10回癌治療増感研究シンポジウム, 2008年2月.
252)皆巳 和賢, 宇都 義浩, 中江 崇, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均, 前澤 博 : ニトロイミダゾールアセトアミド誘導体による低酸素放射線増感効果, 第10回癌治療増感研究シンポジウム, 2008年2月.
253)渡辺 公次郎, 長崎 浩紀, 近藤 光男 : マルチエージェントシステムを用いた世帯の空間分布予測モデルの開発, 四国GISシンポジウム, 2008年2月.
254)今山 章宏, 森 得祐, 加藤 雅裕, 堀河 俊英, 冨田 太平 : 異なるpH条件下で調製したN,F含有二酸化チタンの光触媒特性, 第10回化学工学会学生発表会 大阪大会(西日本地区), 19, 2008年3月.
255)西原 克矩, 長濱 宏一, 加藤 雅裕, 堀河 俊英, 冨田 太平 : パラジウム膜による水素分離への一酸化炭素の影響, 第10回化学工学会学生発表会 大阪大会(西日本地区), 35, 2008年3月.
256)木内 浩二, 長濱 宏一, 加藤 雅裕, 堀河 俊英, 冨田 太平 : 触媒充填型パラジウム膜反応器によるメタンのドライリフォーミング, 第10回化学工学会学生発表会 大阪大会(西日本地区), 38, 2008年3月.
257)友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 連鎖球菌(S. intermedius)ClpP破壊株の作成とその表現型の解析, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
258)弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導される非アポトーシス型細胞死と細胞内Ca2+濃度の変動, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
259)大国 寿士, 留目 優子, 高橋 秀実, 長宗 秀明 : Streptococcus mitis由来ヒト血小板凝集因子(Sm-hPAF)に関する研究, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
260)関矢 加智子, 安部 章夫, 長宗 秀明 : 溶血毒素ストレプトリジンOのドメイン3の膜貫入による溶血機構の超微形態学的解析, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
261)長宗 秀明, 友安 俊文, 田端 厚之 : ヒト特異的な細胞溶解毒素インターメディリシンの発現調節の遺伝学的解析, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
262)鵜﨑 章加, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : 吸着能を有する透明性光触媒薄膜の調製とその特性評価, 第10回化学工学会学生発表会 大阪大会(西日本地区), 18, 2008年3月.
263)関田 知喜, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : 第1級アミンを用いたRFカーボンクライオゲルの製造, 第10回化学工学会学生発表会 大阪大会(西日本地区), 95, 2008年3月.
264)梶川 真史, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : 竹-RF樹脂を原料としたカーボンクライオゲルの調製, 第10回化学工学会学生発表会 大阪大会(西日本地区), 96, 2008年3月.
265)中川 義基, 岩瀬 敦仁, 八房 智顯, 木戸口 善行, 逢坂 昭治 : 水エマルジョン燃料バーナの燃焼と高効率利用に関する研究, 日本機械学会中国四国支部46期総会・講演会講演論文集, 305-306, 2008年3月.
266)上原 裕也, 菊本 哲雄, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 前原 桂子, 安川 隼也, 姫野 嘉之, 二宮 航 : 酸素加圧下における乳酸類の液相脱水素酸化反応, 化学工学会第73年会, 2008年3月.
267)石花 健太, 外輪 健一郎, 黒田 勝也, 中川 敬三, 杉山 茂 : 温度周期操作デバイスの熱的挙動と一酸化炭素の酸化反応への適用, 化学工学会第73年会, 2008年3月.
268)堀河 俊英, 星 将広, 加藤 雅裕, 冨田 太平, 三宅 義和 : マグネタイトナノ粒子の液液抽出による分級を目指した基礎的研究, 化学工学会 第73年会, C207, 2008年3月.
269)杉山 茂, 清水 由佳, 中川 敬三, 外輪 健一郎 : カルシウム水酸アパタイト薄膜による重金属の回収-溶出特性, 化学工学会第73年会, 2008年3月.
270)久米 啓司, 外輪 健一郎, 中川 敬三, 杉山 茂 : マイクロイオン濃縮デバイスにおける塩化物イオンの濃縮挙動, 化学工学会第73年会, 2008年3月.
271)山本 篤, 外輪 健一郎, 中川 敬三, 杉山 茂 : アクティブロータリーリアクタにおける液滴生成挙動の基礎的検討, 化学工学会第73年会, 2008年3月.
272)浅野 裕之, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : 流通式CVD法による酸化チタン薄膜の創製, 化学工学会 第73年会, O309, 2008年3月.
273)間世田 英明, 橋田 裕美子, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : Serratia marcescensの抗菌剤耐性に関与する遺伝子の同定と解析, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
274)間世田 英明, 上手 麻希, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 緑膿菌多剤耐性化遺伝子mexTの機能解析, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
275)柴田 明奈, 中江 崇, 滝口 公康, 宇都 義浩, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : マクロファージ活性化因子GcMAFの糖鎖構造部位をミミックしたGalNAc-Thrデンドリマーの分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
276)白井 斉, 宇都 義浩, 大津木 護, 大友 直紀, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤としたトコフェロール生合成前駆体フィチル化キノールのLDL抗酸化剤分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
277)中島 宏一郎, 中江 崇, 柴田 明奈, 田中 智子, 宇都 義浩, 富永 正英, 前澤 博, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : がんによるグルコースの高い取り込みを利用した糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
278)一久 和弘, 中嶌 瞳, 宇都 義浩, 永澤 秀子, 中田 栄司, 杉本 弘, 城 宜嗣, 堀 均 : 低酸素腫瘍を標的としたTirapazamineハイブリッド型新規IDO阻害剤の分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
279)百瀬 郁理, 中山 真一, 佐々木 有紀, 宇都 義浩, 中田 栄司, 永澤 秀子, 谷本 加奈子, 藤多 哲朗, 堀 均 : 新規血管新生阻害剤の開発を目指したFTY720アセチレニックアナログの分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
280)安部 千秋, 佐々木 有紀, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : 鶏卵胚を用いた酸化的血管障害に対するin vivo抗酸化活性評価法の構築, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
281)片山 周平, 三好 弘一, 三谷 恵理子, 坂田 孝夫, 森 博太郎, 倉科 昌, 金崎 英二 : 酸化チタンナノカプセルに被包された長寿命メチルビオロゲンラジカルカチオンの生成, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月.
282)富田 卓朗, 河原 啓之, 熊井 亮太, 川本 昌子, 山口 誠, 岡田 達也, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : レーザー誘起ナノ周期構造の断面形状と物性解析, 日本物理学会年次大会, Vol.63, 742, 2008年3月.
283)ナズルル イスラム, 岩澤 哲郎, 西内 優騎, 大井 高, 田中 均, 河村 保彦 : アリールクムレン及び関連化合物とテトラシアノエチレンの反応による特異な環状化合物の生成, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月.
284)岩木 孝晴, 稲田 俊行, 榎本 幸浩, 小林 拓, 須藤 智美, 上田 聡, 宇都 義浩, 堀 均, 永澤 秀子 : 血管新生阻害及び転移抑制作用をめざすhypoxic cytotoxinの分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
285)江口 顕生, 倉科 昌, 金崎 英二, 志賀 拓也, 大塩 寛紀 : コバルト層状水酸化物の層剥離と磁気的性質, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月.
286)湯浅 恵造, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : サチライシン様プロプロテインコンベルターゼPACE4は軟骨分化に必須である, 日本農芸化学会2008年度大会, 2008年3月.
287)梅本 直, 西内 優騎, 高橋 祐樹, Kaynoy Khounvisith, 岩澤 哲郎, 河村 保彦 : 官能基化ニトリルオキシド合成等価体としてのα-ヒドロキシ環状付加反応の活性化と続く開環反応, 第88春季年会, 2008年3月.
288)坂本 晃彦, 富永 喜久雄, 下村 幸司, 植野 貴大, 瀧田 啓介, 渡邊 隆之, 森賀 俊広, 中林 一朗 : In2O3-ZnO系酸化物透明導電膜へのGa2O3添加の影響, 第55回応用物理学関係連合講演会, 2008年3月.
289)續木 貴志, 富永 喜久雄, 井上 研一, 三河 通男, 森賀 俊広, 中林 一朗 : PLD法によるIn-Ga-Zn系酸化物透明導電性薄膜, 第55回応用物理学関係連合講演会, 2008年3月.
290)岡田 達也, 河原 啓之, 熊井 亮太, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 山口 誠, 川本 昌子 : フェムト秒レーザ照射により誘起された4H-SiC表面周期構造の断面TEM観察, 日本金属学会2008年春期大会講演概要, 342, 2008年3月.
291)中田 栄司, Gautier Arnaud, 宇都 義浩, 堀 均, Johnsson Kai : 直交性を有する蛋白質標識システムを利用した細胞内蛋白質間相互作用の検出, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月.
292)根本 圭美, 八幡 穣, 間世田 英明, 野村 暢彦, 中島 敏明, 内山 裕夫 : 異種細菌由来細胞間シグナル物質によるPseudomonas aeruginosa PAO1株バイオフィルムの抗生物質耐性の制御, 大会講演要旨集(2008・名古屋), 2008年3月.
293)上野 広太郎, 橋本 義輝, 戸来 幸男, 株本 浩樹, 間世田 英明, 東端 啓貴, 小林 達彦 : 工業的放線菌におけるタンパク質新規生産系, 大会講演要旨集(2008・名古屋), 2008年3月.
294)倉科 昌, 江口 顕生, 金崎 英二, 志賀 拓也, 大塩 寛紀 : ニッケル層状水酸化物の層剥離と磁気的性質, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月.
295)久保 伸治, 香川 健一, 植月 信義, 川城 克博 : 酵素法による非タンパクアミノ酸含有ペプチドの合成, 日本化学会第88春季年会講演要旨集, 2008年3月.
296)間世田 英明, 小林 弘明, 土井 嘉亮, 岡野 邦宏, 高麗 寛紀, 杉浦 則夫, 小林 達彦 : ミクロキスチン分解酵素MlrAのトポロジー解析, 大会講演要旨集(2008・名古屋), 2008年3月.
297)坂本 晃彦, 富永 喜久雄, 下村 幸司, 植野 貴大, 瀧田 啓介, 渡辺 隆之, 森賀 俊広, 中林 一郎 : In2O3-ZnO系酸化物透明導電膜へのGa2O3添加の影響, 第55回応用物理学関係連合講演会講演予稿集, Vol.2, 640, 2008年3月.
298)杉山 茂, 杉本 直登, 平田 祐規, 中川 敬三, 外輪 健一郎 : 各種水酸アパタイト担持バナデート触媒によるプロパンの酸化脱水素反応, 第101回触媒討論会(触媒討論会A), 2008年3月.
299)中川 敬三, 尾方 敏匡, 杉山 茂, 外輪 健一郎 : ドデカンジアミンが形成するラメラ相を利用した酸化チタンナノシートの調製とその触媒特性, 第101回触媒討論会(触媒討論会A), 2008年3月.
300)大井 真, 山崎 達也, 加藤 雅裕, 菊池 尚子, 吉川 卓志, 和田 守 : Pt/CeO2系触媒によるバイオエタノールの水蒸気改質反応, 第101回触媒討論会討論会A予稿集, 2008年3月.
301)加藤 雅裕, 岡田 佳枝, 菊池 尚子, 山崎 達也, 吉川 卓志, 和田 守 : Ni-BEA触媒によるバイオエタノールからのオレフィン合成反応, 第101回触媒討論会討論会A予稿集, 2008年3月.
302)岩澤 哲郎, 亀井 俊徳, 西内 優騎, 河村 保彦 : リチオ化を基盤としたポリフェニルベンゼン環の誘導体合成, 第88春季年会, 2008年3月.
303)岩澤 哲郎, 西本 宜記, 西内 優騎, 河村 保彦 : キャビタンドを基盤とした新規リン化合物の合成, 第88春季年会, 2008年3月.
304)徳見 憲亮, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : フェムト秒レーザー照射と高温エッチングによるサファイア内部の除去加工, 応用物理学関係連合講演会, Vol.55, No.3, 1188, 2008年3月.
305)角 治樹, 松尾 繁樹, 富田 卓朗, 橋本 修一 : フェムト秒レーザー支援エッチングの進行過程のその場観察, 応用物理学関係連合講演会, Vol.55, No.3, 1192, 2008年3月.
306)平井 松午, 渡辺 公次郎, 中野 真弘, 重見 高博 : 16世紀戦国期における阿波国勝瑞城館の三次元CG復原モデル, 日本地理学会要旨集, No.73, 275, 2008年3月.
307)田端 厚之, 三好 宗一郎, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 宿主細胞膜構造がStreptococcus intermediusのヒト細胞感染に及ぼす影響, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1)平野 朋広, 佐藤 恒之 : ラジカル重合による分岐ポリマー, 高分子, Vol.56, No.5, 348, 2007年5月.
2)高麗 寛紀 : バイオサイドの現状と将来, 日本防菌防黴学会第35回通常総会付設講演会, 2007年5月.
3)右手 浩一 : 高分子の分析, 第42回高分子の基礎と応用講座, 70-83, 2007年6月.
4)中田 栄司 : スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)留学中体験記, 生命化学研究レター, Vol.24, 2007年6月.
5)平野 朋広 : 選択的水素結合形成を利用した立体特異性ラジカル重合に関する研究, 第53回高分子研究発表会(神戸), 2007年7月.
6)高麗 寛紀, 長宗 秀明 : 高機能性ジェミニ型殺菌剤の分子設計, 神戸学院大学ライフサイエンス産業連携研究センター研究成果発表会, 2007年8月.
7)中川 敬三 : 界面活性剤が形成するラメラ相を利用した金属酸化物ナノシートの合成, 第1回徳大・関大合同ミニシンポジウム, 2007年8月.
8)堀河 俊英 : ディップコーティング法による薄膜作成時に発生する対流について, 第1回徳大・関大合同ミニシンポジウム, 2007年8月.
9)富田 卓朗 : レーザー誘起ナノ周期構造の物性分析, 励起ナノプロセス研究会, 2007年9月.
10)森賀 俊広 : 含有酸素量・窒素量を変えるだけでいろいろな色を呈する金属複酸窒化物, 第2回 産・官・学研究マッチング -夢の融合 中国四国エリアのセラミックス技術-, 2007年9月.
11)右手 浩一 : 高分子のクロマトグラフィーの基礎, 第19回 高分子基礎物性研究会講座, 2007年10月.
12)渡辺 公次郎 : 勝瑞城をCG復元4, 徳島新聞, 2007年10月.
13)平野 朋広 : 選択的水素結合形成を利用した立体特異性ラジカル重合, 日本化学会中国・四国支部化学講演会, 2007年12月.
14)中川 敬三, 谷本 裕亮, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : 水素エネルギー利用技術の向上を目指したナノ構造制御触媒の開発, 第1回フロンティア研究センターシンポジウム, 2007年12月.
15)森賀 俊広 : 赤から青へと色の制御が可能な新規酸窒化物光機能材料の開発と応用, 2008 四国異業種交流・産官学連携フォーラム, 2008年1月.
16)森賀 俊広, 村井 啓一郎 : 希土類-遷移金属ワイドギャップ酸窒化物のノンストイキオメトリー色調制御, 文部科学省科学研究費補助金特定領域研究 希土類系物質のパノスコピック形態制御と高次機能設計 平成19年度研究成果報告会, 2008年1月.
17)右手 浩一 : NMRとクロマトグラフィーによる高分子の分析, --- 合成高分子の化学構造分布を調べる ---, 第12回徳島地区分析技術セミナー, 2008年2月.
18)尾方 敏匡, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : ドデカンジアミンを用いた層状チタン酸ナノシートの形状制御, 第10回化学工学会学生発表会 大阪大会(西日本地区), 2008年3月.
19)谷本 裕亮, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : シリカ被覆炭素担持Pt触媒のシリカ表面特性が及ぼすシクロヘキサン脱水素反応への影響, 第10回化学工学会学生発表会 大阪大会(西日本地区), 2008年3月.
20)松尾 繁樹 : フェムト秒レーザによる透明材料の内部加工, 最先端レーザマイクロ・ナノ加工とその産業応用調査専門委員会, 2008年3月.
21)堀河 俊英 : 抽出技術を利用したナノ粒子の高度分級の可能性, 第2回徳大・関大合同ミニシンポジウム, 2008年3月.
22)中川 敬三 : シリカ被覆触媒を用いた水素エネルギー利用技術, 第2回徳大・関大合同ミニシンポジウム, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

1)杉山 茂, 外輪 健一郎, 他31名 : 触媒に関する報告書(XVII), 化学工学会反応工学部会触媒反応工学分科会2006年度報告書, 東京, 2007年4月.
2)富田 卓朗 : フェムト秒レーザーを用いた新加工領域における半導体の改質, 2006年度新世代研究所研究助成成果報告書, 61-66, 千葉, 2007年12月.
3)富田 卓朗 : ワイドギャップ半導体における三次元フェムト秒レーザー加工と光改質, 池谷科学技術振興財団年報, Vol.18, 84, 2007年12月.
4)森賀 俊広 : 積層型透明導電性アモルファス薄膜のキャリア移動特性の実験的・理論的研究, (財)池谷科学技術振興財団平成18年度年報, Vol.18, 206-207, 2007年12月.
5)堀河 俊英 : ディップコーティング法による可視光応答チタニア薄膜の創製と新規薄膜形状制御に関する研究, 平成18年度 池谷科学技術振興財団年報, Vol.18, 130-131, 2007年12月.
6)Shigeru Sugiyama, Takeshi Osaka, Yuuki Hirata, Yuki Kondo, Ken-Ichiro Sotowa and Toshihiro Moriga : Effects of Incorporation of Fe3+ into Magnesium ortho-Vanadate on the Catalytic Activity and the Redox of Vanadium Species, Photon Factory Activity Report 2006, Vol.24B, 108, Tsukuba, Feb. 2008.
7)平井 松午, 重見 高博, 渡辺 公次郎, 中野 真弘 : 平成18・19年度徳島大学パイロット事業支援「国史跡『勝瑞城館』を核とした藍住町まちづくり支援プログラム」報告書, --- 16世紀戦国期における阿波国勝瑞城館の三次元CG復元モデル ---, 1-8, 徳島, 2008年2月.
8)真田 純子, 鎌田 磨人, 上月 康則, 山中 亮一 : 地域貢献活動を用いた地域課題探索・解決型実習の試行, 大学教育研究ジャーナル, Vol.5, 2008年3月.

2008年度(平成20年度)

article.{@.date="20080400 20090399" @.organization=\E{124876}}

2008年度(平成20年度) / 著書

1)堀 均, 中田 栄司, 宇都 義浩, 永澤 秀子 : 酸化ストレスを標的とした薬剤・治療法, 株式会社 診断と治療社, 東京, 2008年6月.
2)安澤 幹人 : 体内埋込型バイオセンサ, 株式会社ティー·アイ·シィー, 京都, 2008年6月.
3)河村 保彦 : トロポノイド化学, 株式会社アイピーシー, 東京, 2008年9月.
4)右手 浩一 : 日本分析化学会高分子分析研究懇談会編・高分子分析ハンドブック(第4版), --- 3.1節「DOSY」, 7.5節「LC/NMR, SEC/NMR」 ---, 朝倉書店, 東京, 2008年9月.
5)高麗 寛紀 : カビ対策マニュアル(分担), 文部科学省, 東京, 2008年10月.
6)Taro Mito and Sumihare Noji : The two-spotted cricket Gryllus bimaculatus, Cold Spring Harbor Laboratory Press, New York, 2009.
7)上月 康則, 生態系工学研究会 : 大阪湾-環境の変遷と創造, 恒星社厚生閣, 2009年.
8)宇都 義浩, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : ハイポキシアを標的とした抗癌剤, 株式会社 羊土社, 東京, 2009年2月.
9)堀 均 : ステッドマン ポケット医学略語辞典 ,高久史麿総監修,ステッドマン ポケット医学略語辞典編集委員会, 株式会社メジカルビュー社, 東京, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Qi Cheng, Akio Kondo, Akiko Kondo and Hideaki Shimada : Two Proposals for Solution to Transport Problems in Wuhan, Plan, Build and Manage Transportation Infrastructure in China, 492-499, 2008.
2)Tomohiro Hirano, Yuya Okumura, Yasuhiro Fujioka and Tsuneyuki Sato : Hydrogen-bond-assisted syndiotactic-specific radical polymerization of N-isopropylacrylamide: The solvent effect on the stereospecificity, European Polymer Journal, Vol.44, No.4, 1053-1059, 2008.
3)Siddhartha Shenoy, Fernando Crisostomo Pinacho, Tetsuo Iwasawa and Julius Rebek : Organocatalysis In a Synthetic Receptor with an Inwardly Directed Carboxylic Acid, Journal of the American Chemical Society, Vol.130, No.17, 5658-5659, 2008.
4)板東 一宏, 河野 充憲, 黒田 康文, 草刈 眞一, 山崎 基嘉, 前田 拓也, 高麗 寛紀 : トマトロックウール栽培における銀担持光触媒を利用した殺菌装置の殺菌効果と収量,品質,培養液無機成分濃度に及ぼす影響, 園芸学研究, Vol.7, No.2, 309-315, 2008年.
5)Shuichi Hashimoto and Minoru Yamaji : Observation of intramolecular singlet and triplet excimers of tethered naphthalene moieties under the geometric constraints imposed by the host framework of zeolites, Physical Chemistry Chemical Physics, Vol.10, No.21, 3124-3130, 2008.
6)Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa, Cheng-Zhe Jin, Shinichi Nakayama, Ayako Tanaka, Saori Kiyoi, Hitomi Nakashima, Mariko Shimamura, Seiichi Inayama, Tomoya Fujiwara, Yoshio Takeuchi, Yoshimasa Uehara, Kenneth L. Kirk, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Design of antiangiogenic hypoxic cell radiosensitizers: 2-Nitroimidazoles containing a 2-aminomethylene-4-cyclopentene-1,3-dione moiety, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.11, 6042-6053, 2008.
7)Eijiro Miyako, Hideya Nagata, Ken Hirano and Takahiro Hirotsu : Carbon Nanotube-Polymer Composite for Light-Driven Microthermal Control, Angewandte Chemie International Edition, Vol.47, No.19, 3610-3613, 2008.
8)Jiro Kumaki, Takehiro Kawauchi, Koichi Ute, Tatsuki Kitayama and Eiji Yashima : Molecular Weight Recognition in the Multiple-Stranded Helix of a Synthetic Polymer, Journal of the American Chemical Society, Vol.130, No.20, 6373-6380, 2008.
9)Afework Kassu, Tomoki Yabutani, Andargachew Mulu, Belay Tessema and Fusao Ota : Serum zinc, copper, selenium, calcium, and magnesium levels in pregnant and non-pregnant women in gondar, northwest ethiopia, Biological Trace Element Research, Vol.122, No.2, 97-106, 2008.
10)Liu Dali, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono, Hideaki Nagamune, Shizuo Kayama, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : The essentiality and involvement of Streptococcus intermedius histone-like DNA-binding protein in bacterial viability and normal growth, Molecular Microbiology, Vol.68, No.5, 1268-1282, 2008.
11)Tomohiro Hirano, Shuhei Masuda and Tsuneyuki Sato : Hydrogen-Bond-Assisted Syndiotactic-Specific Radical Polymerization of N,N-Dimethylacrylamide in the Presence of Tartrates, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.46, No.9, 3145-3149, 2008.
12)Eijiro Miyako, Hideya Nagata, Ken Hirano, Yoji Makita and Takahiro Hirotsu : Photodynamic release of fullerenes from within carbon nanohorn, Chemical Physics Letters, Vol.456, No.4-6, 220-222, 2008.
13)Hwa Seong Jun, Yoshiyuki Kidoguchi, Kwon Tae Kim and Kei Miwa : Characteristics of Lifted Flame Resulting from Impulsive Change of Equivalence Ratio, Journal of the Combustion Society of Japan, Vol.50, No.152, 145-151, 2008.
14)加藤 雅裕, 山崎 達也, 石川 尚子, 岡田 佳枝, 吉川 卓志, 和田 守 : HZSM-5触媒によるバイオエタノールからの炭化水素の合成, 化学工学論文集, Vol.34, No.3, 396-401, 2008年.
15)木戸口 善行, 藤田 恭史, 梅本 寿丈, 三輪 惠, 大前 和広 : ディーゼル燃焼における多噴孔ノズルの噴霧干渉と混合気形成に関する研究, 自動車技術会論文集, Vol.39, No.3, 137-143, 2008年.
16)Nobutake Tamai, Takayuki Matsui, Nobutaka Moribayashi, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Cholesterol Suppresses Pressure-induced Interdigitation of Dipalmitoylphosphatidylcholine Bilayer Membrane, Chemistry Letters, Vol.37, No.6, 604-605, 2008.
17)Shigeru Sugiyama, Naoto Sugimoto, Yuuki Hirata, Keizo Nakagawa and Ken-Ichiro Sotowa : Oxidative Dehydrogenation OF Propane on Vanadate Catalyst Supported on Various Metal Hydroxyapatites, Phosphorus Research Bulletin, Vol.22, 13-16, 2008.
18)Kaori Tada, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Thermotropic and barotropic phase transitions of dilauroylphosphatidylcholine bilayer, Chemistry and Physics of Lipids, Vol.153, No.2, 138-143, 2008.
19)Nobutake Tamai, Maiko Uemura, Tetsuya Takeichi, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : A new interpretation of eutectic behavior for distearoylphosphatidylcholine-cholesterol binary bilayer membrane, Biophysical Chemistry, Vol.135, No.1-3, 95-101, 2008.
20)Tomoki Yabutani, Junko Motonaka, Kazumi Inagaki, Akiko Takatsu, Takashi Yarita and Koichi Chiba : Simultaneous determination of trimethyl- and triethyllead in urban dust by species-specific isotope dilution / gas chromatography - inductively coupled plasma mass spectrometry, Analytical Sciences, Vol.24, No.6, 791-794, 2008.
21)Yuji Tani, Katsuhito Tanaka, Tomoki Yabutani, Yuji Mishima, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima and Junko Motonaka : Development of a D-amino acids electrochemical sensor based on immobilization of thermostable D-Proline dehydrogenase within agar gel membrane, Analytica Chimica Acta, Vol.619, No.2, 215-220, 2008.
22)Kinji Jim, Yu Nagaoka, Kazuomi Nishi, Kinuyo Ogawa, Shoji Nagahata, Toshihide Horikawa, Masahiro Katoh, Tahei Tomida and Jun'ichi Hayashi : Adsorption properties and photocatalytic activity of TiO2 and La-doped TiO2, Adsorption, Vol.14, No.2, 257-263, 2008.
23)Sosuke Otani, Yasunori Kozuki, Kengo Kurata, Kaori Ueda, Shigefumi Nakai and Hitoshi Murakami : Relationship between macrobenthos and physical habitat characters in tidal flat in eastern Seto Inland Sea, Japan, Marine Pollution Bulletin, Vol.57, No.1-5, 142-148, 2008.
24)Tetsuo Iwasawa, Yoshiki Nishimoto, Kento Hama, Toshinori Kamei, Masaki Nishiuchi and Yasuhiko Kawamura : Synthesis of the functionalized cavitands with inwardly directed dialkylsilyl groups and phosphorous lone pairs, Tetrahedron Letters, Vol.49, No.32, 4758-4762, 2008.
25)伊藤 信成, 加藤 雅裕, 岡野 伸章 : 衛星光学系への有機系汚染物質の影響-有機分子吸着による光学硝材の透過率変動-, 計測自動制御学会論文集, Vol.44, No.6, 474-482, 2008年.
26)Yoshitoshi Nakamura, Fumihisa Kobayashi, Masakazu Daidai and Akihiro Kurosumi : Purification of Seawater Contaminated with Undegradable Aromatic Ring Compounds Using Ozonolysis Followed by Titanium Dioxide Treatment, Marine Pollution Bulletin, Vol.57, No.1-5, 53-58, 2008.
27)Akihiro Kurosumi, E. Kaneko and Yoshitoshi Nakamura : Degradation of Reactive Dyes by Ozonation and Oxalic Acid-Assimilating Bacteria Isolated from Soil, Biodegradation, Vol.19, No.4, 489-494, 2008.
28)Ken-ichi Kagawa, Teruhiko Matsubara and Katsuhiro Kawashiro : Lipase-catalyzed enantioselective hydrolysis of N-protected racemic non-protein amino acid esters, Biocatalysis and Biotransformation, Vol.26, No.3, 186-196, 2008.
29)Y Ohsawa, T Okada, A Kuga, S Hayashi, T Murakami, K Tsuchida, Sumihare Noji and Y Sunada : Caveolin-3 regulates myostatin signaling. Mini-review, Acta Myologica : Myopathies and Cardiomyopathies, Vol.27, 19-24, 2008.
30)Sayuri Tomonari, K Migita, A Takagi, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : Expression patterns of the opsin 5-related genes in the developing chicken retina, Developmental Dynamics, Vol.237, No.7, 1910-1922, 2008.
31)Taro Mito, Taro Nakamura, Isao Sarashina, CC Chang, S Ogawa, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Dynamic expression patterns of vasa during embryogenesis in the cricket Gryllus bimaculatus, Development Genes and Evolution, Vol.218, No.7, 381-387, 2008.
32)Tomohiro Hirano, Kimihiko Nakamura, Takahiro Kamikubo, Satoshi Ishii, Kanami Tani, Takeshi Mori and Tsuneyuki Sato : Hydrogen-bond-assisted syndiotactic-specific radical polymerizations of N-alkylacrylamides: The effect of the N-substituents on the stereospecificities and unusual large hysteresis in the phase-transition behavior of aqueous solution of syndiotactic poly(N-n-propylacrylamide), Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.46, No.13, 4575-4583, 2008.
33)藤澤 正一郎, 黒住 亮太, 三谷 誠二, 末田 統 : NNを用いたロービジョン者を対象とした色の類似性領域推定アルゴリズムの構築, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.128, No.7, 1176-1182, 2008年.
34)T Nakamura, Taro Mito, K Miyawaki, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : EGFR signaling is required for re-establishing the proximodistal axis during distal leg regeneration in the cricket Gryllus bimaculatus nymph, Developmental Biology, Vol.319, No.1, 46-55, 2008.
35)Shinichi Nakayama, Yoshihiro Uto, Kanako Tanimoto, Yasuhiro Okuno, Yuki Sasaki, Hideko Nagasawa, Eiji Nakata, Ken Arai, Kaori Momose, Tetsuro Fujita, Toshihiro Hashimoto, Yasuko Okamoto, Yoshinori Asakawa, Satoru GOTO and Hitoshi Hori : TX-2152: A conformationally rigid and electron-rich diyne analogue of FTY720 with in vivo antiangiogenic activity, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.16, 7705-7714, 2008.
36)Tetsuo Iwasawa, Toshinori Kamei, Kento Hama, Yoshiki Nishimoto, Masaki Nishiuchi and Yasuhiko Kawamura : Straightforward access to functionalized pentaarylbenzene derivatives through a quick lithiation, Tetrahedron Letters, Vol.49, No.36, 5244-5246, 2008.
37)久良知 國雄, 大久保 紘彦, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 視覚障害者の歩行距離感覚に関する調査・研究, 福祉のまちづくり研究, Vol.10, No.1, 35-42, 2008年.
38)Ramesh Chitrakar, Satoko Tezuka, Akinari Sonoda, Kohji Sakane and Takahiro Hirotsu : A New Method for Synthesis of Mg-Al, Mg-Fe, and Zn-Al Layered Double Hydroxides and Their Uptake Properties of Bromide Ion, Industrial & Engineering Chemistry Research, Vol.47, No.14, 4905-4908, 2008.
39)Wenqin Peng, Zhengming Wang, Noriko Yoshizawa, Hiroaki Hatori and Takahiro Hirotsu : Lamellar carbon nanosheets function as templates for two-dimensional deposition of tubular titanate, Chemical Communications, No.36, 4348-4350, 2008.
40)木戸口 善行, 中村 嘉寿, 中島 脩雄, 福井 義典, 三輪 惠 : 天然ガス噴流の着火安定化のための噴射および点火制御, 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.743, 1655-1661, 2008年.
41)Yoshiyuki Kidoguchi, Yasutaka Sato, Tomoaki Yatsufusa and Kei Miwa : Development of Diesel Soot Aftertreatment System using Barrier Discharge Plasma and Oxidation Catalyst, COMODIA2008, 745-752, 2008.
42)Adam Abdullah, Tomonori Gomi, Tomoaki Yatsufusa, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : Analysis of Droplet Evaporation Process of Diesel Spray during Ignition Delay Period, COMODIA2008, 377-382, 2008.
43)Tatsuya Okada, Hiroyuki Kawahara, Yoichiro Ishida, Ryota Kumai, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto, Masako Kawamoto, Yoji Makita and Makoto Yamaguchi : Cross-sectional TEM analysis of laser-induced ripple structures on the 4H-SiC single-crystal surface, Applied Physics. A, Materials Science & Processing, Vol.92, No.3, 665-668, 2008.
44)Y Moriyama, T Sakamoto, SG Karpova, A Matsumoto, Sumihare Noji and K Tomioka : RNA interference of the clock gene period disrupts circadian rhythms in the cricket Gryllus bimaculatus, Journal of Biological Rhythms, Vol.23, No.4, 308-318, 2008.
45)原田 暢善, 岩橋 均, 大淵 薫, 田村 勝弘 : 中国産クコ果汁に対する二酸化炭素ガス微高圧長期処理, 高圧バイオサイエンスとバイオテクノロジー, Vol.2, 96-100, 2008年.
46)河内 哲史, 原 好男, 荒尾 俊明, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 : 代謝熱測定法による炭化水素ガス加圧下の酵母の増殖挙動解析, 高圧バイオサイエンスとバイオテクノロジー, Vol.2, 88-95, 2008年.
47)村本 桂久, 田村 勝弘, 荒尾 俊明, 鈴木 良尚, 岩橋 均 : 酸素・窒素ガスハイブリッド加圧食品殺菌装置の開発, 高圧バイオサイエンスとバイオテクノロジー, Vol.2, 101-108, 2008年.
48)Shigeki Matsuo, Satoshi Kiyama, Yoshinori Shichijo, Takuro Tomita, Shuichi Hashimoto, Yoichiroh Hosokawa and Hiroshi Masuhara : Laser microfabrication and rotation of ship-in-a-bottle optical rotators, Applied Physics Letters, Vol.93, No.5, 051107-1-051107-3, 2008.
49)明槻 伸介, 山之内 亮二, 中本 有美, 吉積 幸二, 大垣 光治, 薮谷 智規, 林 由佳子, 本仲 純子 : 誘導結合プラズマ質量分析法及び誘導結合プラズマ発光分析法による下水汚泥の多元素同時定量, 分析化学, Vol.57, No.8, 659-666, 2008年.
50)Hitomi Nakashima, Yoshihiro Uto, Eiji Nakata, Hideko Nagasawa, Kazuhiro Ikkyu, Noriko Hiraoka, Kouichiro Nakashima, Yuki Sasaki, Hiroshi Sugimoto, Yoshitsugu Shiro, Toshihiro Hashimoto, Yasuko Okamoto, Yoshinori Asakawa and Hitoshi Hori : Synthesis and biological activity of 1-methyl-tryptophan-tirapazamine hybrids as hypoxia-targeting indoleamine 2,3-dioxygenase inhibitors, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.18, 8661-8669, 2008.
51)Tomohiro Hirano, Takamasa Miyazaki and Koichi Ute : Synthesis of heterotactic and syndiotactic polyacrylamides via stereospecific radical polymerization of N-tert-butoxycarbonylacrylamide in the presence of fluorinated alcohols, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.46, No.16, 5698-5701, 2008.
52)Yoshiki Takeda, Hideya Kawasaki, Takehiro Watanabe, Koichi Ute and Ryuichi Arakawa : MALDI-MS Analysis of Ultrasonic Degradations of Uniform PMMA, Polymer Journal, Vol.40, No.8, 682-683, 2008.
53)Shigeki Matsuo, Kensuke Tokumi, Takuro Tomita and Shuichi Hashimoto : Three-Dimensional Residue-Free Volume Removal inside Sapphire by High-Temperature Etching after Irradiation of Femtosecond Laser Pulses, Laser Chemistry, Vol.2008, No.5, 892721-1-892721-4, 2008.
54)Kotaro Miyake, Mitsuo Shimada, Masanori Nishioka, Koji Sugimoto, Erdenebulgan Batmunkh, Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : The novel hypoxic cell radiosensitizer, TX-1877 has antitumor activity through suppression of angiogenesis and inhibits liver metastasis on xenograft model of pancreatic cancer., Cancer Letters, Vol.272, No.2, 325-335, 2008.
55)松木 均, 多田 佳織, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 金品 昌志 : リン脂質膜の非二分子膜形成に対する熱力学的考察, 高圧バイオサイエンスとバイオテクノロジー, Vol.2, No.1, 61-67, 2008年.
56)後藤 優樹, 戸田 雅隆, 玉井 伸岳, 松木 均, 金品 昌志 : 高圧力下におけるジノナデカノイルホスファチジルコリン二分子膜の相挙動, 高圧バイオサイエンスとバイオテクノロジー, Vol.2, No.1, 68-74, 2008年.
57)金品 昌志, 後藤 優樹, 多田 佳織, 玉井 伸岳, 松木 均 : エーテル結合型リン脂質における指組み構造形成, 高圧バイオサイエンスとバイオテクノロジー, Vol.2, No.1, 75-81, 2008年.
58)Akinari Sonoda, Yoji Makita and Takahiro Hirotsu : Boron Isotope Fractionation in Column Chromatography with Glucamine Type Fibers, Journal of Nuclear Science and Technology (Japan), Vol.S5, 117-121, 2008.
59)Godliving Mtui and Yoshitoshi Nakamura : Lignocellulosic Enzymes from Flavodon flavus, a fungus isolated from Western Indian Ocean off the Coast of Dar es Salaam, Tanzania, African Journal of Biotechnology, Vol.7, No.17, 3066-3072, 2008.
60)Koichi Nakamura, Hiroshi Hirano, Daisuke Nishioka, Yoshitaka Michihiro and Toshihiro Moriga : Lithium ionic diffusion in lithium cobalt oxides prepared by mechanical milling, Solid State Ionics, Vol.179, No.27-32, 1806-1809, 2008.
61)Nobutake Tamai, Maiko Uemura, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Lateral phase separation in cholesterol/diheptadecanoylphosphatidylcholine binary bilayer membrane, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.65, No.2, 213-219, 2008.
62)Shigeru Sugiyama, Yuichi Inaba, Tomoyuki Manabe, Keizo Nakagawa and Ken-Ichiro Sotowa : Effects of Several Harmful Anions on the Removal of Aqueous Phosphate by Boehmite, Journal of the Ceramic Society of Japan, Vol.116, No.1357, 984-988, 2008.
63)白鳥 実, 上月 康則, 島田 佳和, 橘田 竜一, 佐藤 塁, 村上 仁士 : ダム下流減水区間の付着藻類群集による河川の自濁作用に関する調査研究, 土木学会論文集G(環境), Vol.64, No.3, 262-275, 2008年.
64)Misao Koyama, Tomohiro Hirano, Keiichi Ohno and Yukiteru Katsumoto : Molecular Understanding of the UCST-Type Phase Separation Behavior of a Stereocontrolled Poly(N-isopropylacrylamide) in Bis(2-methoxyethyl) Ether, The Journal of Physical Chemistry B, Vol.112, No.35, 10854-10860, 2008.
65)Shuichi Hashimoto, Takayuki Uwada, Hiroshi Masuhara and Tsuyoshi Asahi : Fabrication of gold nanoparticle-doped zeolite L crystals and characterization by optical microscopy: laser ablation- and crystallization inclusion-based approach, The Journal of Physical Chemistry C, Vol.112, No.39, 15089-15093, 2008.
66)Lucksanaporn Tarachiwin, Katoh Akira, Koichi Ute and Eiichiro Fukusaki : Quality evaluation of Angelica acutiloba Kitagawa roots by 1H NMR-based metabolic fingerprinting, Journal of Pharmaceutical and Biomedical Analysis, Vol.48, No.1, 42-48, 2008.
67)白井 昭博, 住友 倫子, 岡村 菜穂, 大久保 彰洋, 湯浅 明彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 銀担持アクリル繊維を含む抗菌紙の魚病原因細菌に対する殺菌特性, 防菌防黴誌, Vol.36, No.9, 579-585, 2008年.
68)Tsuneyuki Sato, Makoto Hasegawa, Makiko Seno and Tomohiro Hirano : Radical polymerization behavior of diemthyl vinylphosphonate: homopolymerization and copolymerization with trimethoxyvinylsilane, Journal of Applied Polymer Science, Vol.109, No.6, 3746-3752, 2008.
69)八房 智顯, 遠藤 琢磨, 滝 史郎 : パルスデトネーションエンジンのイニシエータがデトネーション起爆と推力に及ぼす影響, 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.745, 2055-2062, 2008年.
70)Keizo Yuasa, Shin Yamagami, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Trafficking of cGMP-dependent protein kinase II via interaction with Rab11, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.374, No.3, 522-526, 2008.
71)Eijiro Miyako, Hideya Nagata, Ken Hirano and Takahiro Hirotsu : Photodynamic Thermoresponsive Nanocarbon-Polymer Gel Hybrids, Small, Vol.4, No.10, 1711-1715, 2008.
72)Kai Sun, Nobuko Suzuki, Zheyu Li, Ryoko Araki, Kosei Ueno, Saulius Juodkazis, Masumi Abe, Sumihare Noji and Hiroaki Misawa : Electrophoretic chip for fractionation of selective DNA fragment, Electrophoresis, Vol.29, No.19, 3959-3963, 2008.
73)山中 亮一, 上月 康則, 森 友佑, 森 紗綾香, 板東 伸益, 高谷 和彦, 上嶋 英機 : 尼崎運河での水環境改善に向けた新しい曝気手法に関する現地実験, 海岸工学論文集, Vol.55, No.2, 1246-1250, 2008年.
74)Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Satoko Yoshida, Akiko Yamada, Sumihare Noji and Yoshio Hayashi : Expression of the retinoblastoma protein RbAp48 in exocrine glands leads to Sjögren's syndrome-like autoimmune exocrinopathy., The Journal of Experimental Medicine, Vol.205, No.12, 2915-2927, 2008.
75)Toshihiro Moriga, Koji Shimomura, Daisuke Takada, Hiroshi Suketa, Keisuke Takita, Kei-ichiro Murai and Kikuo Tominaga : In2O3-ZnO transparent conductive oxide film deposition on polycarbonate substrates, Vacuum, Vol.83, No.3, 557-560, 2008.
76)Kikuo Tominaga, Daisuke Takada, Koji Shimomura, Hiroshi Suketa, Keisuke Takita, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Influence of Ga2O3 addition on transparent conductive oxide films of In2O3-ZnO, Vacuum, Vol.83, No.3, 561-563, 2008.
77)Kenichi Inoue, Kikuo Tominaga, Takashi Tsuduki, Michio Mikawa and Toshihiro Moriga : The properties of transparent conductive In-Ga-Zn oxide films produced by pulsed laser deposition, Vacuum, Vol.83, No.3, 552-556, 2008.
78)Yoshio Takeuchi, Tomoya Fujiwara, Yoshihito Shimone, Hideki Miyataka, Toshio Satoh, Kenneth L. Kirk and Hitoshi Hori : Possible involvement of radical intermediates in the inhibition of cysteine proteases by allenyl esters and amides, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.18, No.23, 6202-6205, 2008.
79)Yayoi Kikuchi, Hiroko Saika, Keizo Yuasa, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Isolation and Biochemical Characterization of Two Forms of RD21 from Cotyledons of Daikon Radish (Raphanus sativus)., The Journal of Biochemistry, Vol.144, No.6, 789-798, 2008.
80)Daniel Werner, Shuichi Hashimoto, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo and Yoji Makita : In-situ spectroscopic measurements of laser ablation-induced splitting and agglomeration of metal nanoparticles in solution, The Journal of Physical Chemistry C, Vol.112, No.43, 16801-16808, 2008.
81)丁 育華, 近藤 光男, 村上 幸二郎, 大西 賢和, 渡辺 公次郎 : 高齢者の都心居住を考慮した都市施設の配置評価モデルとその地方圏への適用に関する研究, 都市計画論文集, Vol.43, No.3, 13-18, 2008年.
82)三上 千春, 近藤 光男, 近藤 明子, 萬浪 善彦 : 四国における観光を目的とした地域間交流モデルの構築と交流が地域に及ぼす影響の分析, 都市計画論文集, Vol.43, No.3, 253-258, 2008年.
83)Wataru Ninomiya, Yasuhiko Tanabe, Ken-Ichiro Sotowa, Toshiya Yasukawa and Shigeru Sugiyama : Dehydrogenation of Cycloalkanes over Noble Metal Catalysts Supported on Active Carbon, Research on Chemical Intermediates, Vol.34, No.8-9, 663-668, 2008.
84)佐藤 充宏, 近藤 光男, 香山 卓也 : 総合型地域スポーツクラブにおける健康づくり事業導入の効果計測に関する研究, 地域学研究, Vol.38, No.2, 527-539, 2008年.
85)Akihiko Tsuji, Yayoi Kikuchi, Kentaro Ogawa, Hiroko Saika, Keizo Yuasa and Masami Nagahama : Purification and characterization of cathepsin B-like cysteine protease from cotyledons of daikon radish, Raphanus sativus, The FEBS Journal, Vol.275, No.21, 5429-5443, 2008.
86)Sugimura Makoto, Hideaki Maseda, Hanaki Hideaki and Nakae Taiji : Macrolide Antibiotic-Mediated Downregulation of MexAB-OprM Efflux Pump Expression in Pseudomonas aeruginosa, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.52, No.11, 4141-4144, 2008.
87)Hideyo Ohuchi, A Hamada, H Matsuda, A Takagi, M Tanaka, J Aoki, H Arai and Sumihare Noji : Expression patterns of the lysophospholipid receptor genes during mouse early development, Developmental Dynamics, Vol.237, No.11, 3280-3294, 2008.
88)Shuntaro Ito, Hideaki Nagamune, Haruki Tamura and Yasuo Yoshida : Identification and molecular analysis of betaC-S lyase producing hydrogen sulfide in Streptococcus intermedius., Journal of Medical Microbiology, Vol.57, No.11, 1411-1419, 2008.
89)Kaori Tada, Kensuke Saito, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : High-pressure study on bilayer phase behavior of oleoylmyristoyl- and myristoyloleoyl-phosphatidylcholines, Biophysical Chemistry, Vol.138, No.1-2, 36-41, 2008.
90)Tetsuo Iwasawa, Toshinori Kamei, Satoshi Watanabe, Masaki Nishiuchi and Yasuhiko Kawamura : A functionalized phosphine ligand with a pentaarylbenzene moiety in palladium-catalyzed Suzuki-Miyaura coupling of aryl chlorides, Tetrahedron Letters, Vol.49, No.52, 7430-7433, 2008.
91)Shuichi Hashimoto, Kazuo Samata, Tatsuya Shoji, Nobuyuki Taira, Takuro Tomita and Shigeki Matsuo : Preparation of large-scale 2D zeolite crystal array structures to achieve optical functionality, Microporous and Mesoporous Materials, Vol.117, No.1-2, 220-227, 2008.
92)奥嶋 政嗣, 秋山 孝正 : 対距離料金制度下の時間帯別料金設定に関する基礎的分析, 交通工学研究発表会論文集, Vol.28, No.1, 253-256, 2008年.
93)Shigeru Sugiyama, Yuuki Hirata, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa, Keiko Maehara, Yoshiyuki Himeno and Wataru Ninomiya : Application of the Unique Redox Properties of Magnesium ortho-Vanadate Incorporated with Palladium in the Unsteady-state Operation of the Oxidative Dehydrogenation of Propane, Journal of Catalysis, Vol.260, No.1, 157-163, 2008.
94)Mohamed Reda Berber, Keiji Minagawa, Masahiro Katoh, Takeshi Mori and Masami Tanaka : Nanocomposites of 2-arylpropionic acid drugs based on Mg-Al layered double hydroxide for dissolution enhancement, European Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.35, No.4, 354-360, 2008.
95)Akihiro Kurosumi, Chizuru Sasaki, Yuya Yamashita and Yoshitoshi Nakamura : Development of effective utilization method of lignin from rice straw, Transaction of the Materials Research Society of Japan, Vol.33, No.4, 1153-1157, 2008.
96)Yuya Yamashita, Akihiro Kurosumi, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Ethanol Production from Paper Sludge by Immobilized Zymomonas mobilis, Biochemical Engineering Journal, Vol.42, No.3, 314-319, 2008.
97)Sayed Mohiuddin Abdus Salam, Ken-ichi Kagawa, Teruhiko Matsubara and Katsuhiro Kawashiro : Protease-catalyzed dipeptide synthesis from N-protected amino acid carbamoylmethyl esters and free amino acids in frozen aqueous solutions, Enzyme and Microbial Technology, Vol.43, No.7, 537-543, 2008.
98)村井 基彦, 藤原 奨, 山中 亮一, 井上 義行 : マルチエージェントモデルによる潮干狩り行動の数値シミュレーションに関する研究ー「海の公園」における数値モデルー, 日本船舶海洋工学会論文集, Vol.8, 1-8, 2008年.
99)Nhien Van Nguyen, Khan Cong Nguyen, Tomoki Yabutani, Chung Thi Kim Le, Khanh Nguyen Bao Le, Junko Motonaka and Yutaka Nakaya : Relationship of low serum selenium to anemia among primary school children living in rural Vietnam., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.54, No.6, 454-459, 2008.
100)A Urasaki, Taro Mito, Sumihare Noji, R Ueda and K Kawakami : Transposition of the vertebrate Tol2 transposable element in Drosophila melanogaster, Gene, Vol.425, No.1-2, 64-68, 2008.
101)奥嶋 政嗣, 秋山 孝正 : ニューロ的ファジィモデルによる交差点の交通安全度評価, 知能と情報, Vol.20, No.6, 934-943, 2008年.
102)Atsushi Yoshinari, Katsuya Ishida, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Crystal and electronic band structures of homologous compounds ZnkIn2Ok+3 by Rietveld analysis and first-principle calculation, Materials Research Bulletin, Vol.44, No.2, 432-436, 2008.
103)井若 和久, 上月 康則, 中野 晋, 山中 亮一, 武村 知美, 黒崎 ひろみ, 村上 仁士 : 徳島大学での地震避難訓練と学生・教職員の防災意識, 安全問題研究論文集, Vol.3, 185-190, 2009年.
104)Hoi Dick Ng, Jenny Chao, Tomoaki Yatsufusa and John H.S. Lee : Measurement and chemical kinetic prediction of detonation sensitivity and cellular structure characteristics in dimethyl ether oxygen mixtures, Fuel, Vol.88, No.1, 124-131, 2009.
105)Nguyen Van Nhien, Tomoki Yabutani, Nguyen Cong Khan, Le Bao Nguyen Khanh, Nguyen Xuan Ninh, Chung Thi Kim Le, Junko Motonaka and Yutaka Nakaya : Association of Low Serum Selenium with Anemia among Adolescent Girls Living in Rural Vietnam, Nutrition, Vol.25, No.1, 6-10, 2009.
106)Akihiro Kurosumi, Chizuru Sasaki, Yuya Yamashita and Yoshitoshi Nakamura : Utilization of Various Fruit Juices as Carbon Source for Production of Bacterial Cellulose by Acetobacter xylinum NBRC 13693, Carbohydrate Polymers, Vol.76, No.2, 333-335, 2009.
107)Yukihiro Masuda, Ryota Mashima, Mayu Yamada, Kaoru Ikeuchi, Kei-ichiro Murai, Geoffrey_I.N. Waterhouse, James_B Metson and Toshihiro Moriga : Relationship between anion and cation nonstoichiometries and valence state of titanium in perovskite-type oxynitrides LaTiO2N, Journal of the Ceramic Society of Japan, Vol.117, No.1361, 76-81, 2009.
108)伊藤 信成, 加藤 雅裕, 岡野 伸章 : 水分子吸着による人工衛星光学硝材の透過率変動計測, 日本航空宇宙学会論文集, Vol.57, No.660, 18-24, 2009年.
109)Takeshi Mori, Tomohiro Hirano, Atsushi Maruyama, Yoshiki Katayama, Takuro Niidome, Yoichi Bando, Koichi Ute, Shinji Takaku and Yasushi Maeda : Syndiotactic Poly(N-n-propylacrylamide) Shows Highly Cooperative Phase Transition, Langmuir, Vol.25, No.1, 48-50, 2009.
110)Yong-Jun Liu, Zheng-Ming Wang, Mami Aizawa, Wen-Qin Peng and Takahiro Hirotsu : Nanoporous composite of carbon nanosheets and functional titania nanoparticles formed by reassembling of exfoliated graphite oxides wit colloidal titania, Materials Letters, Vol.63, No.2, 260-262, 2009.
111)Takuro Tomita, Ryota Kumai, Keita Kinoshita, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto, Hirokazu Nagase, Makoto Nakajima and Tohru Suemoto : Femtosecond Laser-Induced Surface Patterning on 4H-SiC, Materials Science Forum, Vol.600-603, 879-882, 2009.
112)Y Moriyama, T Sakamoto, A Matsumoto, Sumihare Noji and K Tomioka : Functional analysis of the circadian clock gene period by RNA interference in nymphal crickets Gryllus bimaculatus, Journal of Insect Physiology, Vol.55, No.2, 183-187, 2009.
113)Ramesh Chitrakar, Satoko Tezuka, Akinari Sonoda, Kohji Sakane and Takahiro Hirotsu : Bromate Ion-Exchange Properties of Crystalline Akaganeite, Industrial & Engineering Chemistry Research, Vol.48, No.4, 2107-2112, 2009.
114)Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Shigeki Matsuo : Disappearance of a Stacking Fault in Hard-Sphere Crystals under Gravity, Progress of Theoretical Physics Supplement, Vol.178, 33-40, 2009.
115)Y.-H. Chu, M. Yamagishi, H. Kanoh and Takahiro Hirotsu : Synthesis of nanoporous graphite-derived carbon/TiO2-SiO2 composites by a mechanochemical intercalation method, Microporous and Mesoporous Materials, Vol.118, No.1-3, 496-502, 2009.
116)Nazrul Islam, Takashi Ooi, Tetsuo Iwasawa, Masaki Nishiuchi and Yasuhiko Kawamura : Thermal cyclotrimerization of tetraphenyl[5]cumulene (tetraphenylhexapentaene) to a tricyclodecadiene derivative, Chemical Communications, Vol.2009, No.5, 574-576, 2009.
117)Yukihiro Masuda, Ryota Mashima, Mayu Yamada, Hidehito Ando, Tomooki Kawasaki, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Optical properties of (La,Sr)TiO2N series depending on non-stoichiometries and particle sizes varying in accordance with heat treatment conditions, IOP Conference Series: Materials Science and Engineering, Vol.1, No.1, 012018, 2009.
118)Tomohiro Hirano, Shuhei Masuda, Shou Nasu, Koichi Ute and Tsuneyuki Sato : Syndiotactic-specific radical polymerization of N,N-dimethylacrylamide in the presence of tartrates: A proposed mechanism for the polymerization, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.47, No.4, 1192-1203, 2009.
119)長崎 浩紀, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 世帯の空間分布予測モデルを用いた土地利用計画支援システムの開発, 日本建築学会計画系論文集, Vol.74, No.636, 409-416, 2009年.
120)丁 育華, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : 地方都市における消費者の買物意識と行動の分析, 日本建築学会計画系論文集, Vol.74, No.636, 417-422, 2009年.
121)Toshihiro Moriga, Katsuya Ishida, Koji Yamamoto, Atsushi Yoshinari and Kei-ichiro Murai : Structural analysis of homologous series of ZnkIn2Ok+3 (k=3, 5, 7) and ZnkInGaOk+3 (k=1, 3, 5) as thermoelectric materials, Materials Research Innovations, Vol.13, No.3, 348-351, 2009.
122)Yoshihiro Uto, Daisuke Koyama, Mamoru Otsuki, Naoki Otomo, Tadashi Shirai, Chiaki Abe, Eiji Nakata, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : A chemical biosynthesis design for an antiatherosclerosis drug by acyclic tocopherol intermediate analogue based on "isoprenomics", Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.645, 109-114, 2009.
123)Kazuto Ohkura, Yuki Kawguchi, Yasuo Watanabe, Yasuhiro Masubuchi, Yasuo Shinohara and Hitoshi Hori : Flexible Structure of Cytochrome P450: Promiscuity of Ligand Binding in the CYP3A4 Heme Pocket, Anticancer Research, Vol.29, No.3, 935-942, 2009.
124)Eijiro Miyako, Hideya Nagata, Ken Hirano and Takahiro Hirotsu : Laser-triggered carbon nanotube microdevice for remote control of biocatalytic reactions, Lab on a Chip, Vol.9, No.6, 788-794, 2009.
125)Takuya Yanagino, Keizo Yuasa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Transcriptional Regulation of Fibrillin-2 Gene by E2F Family Members in Chondrocyte Differentiation, Journal of Cellular Biochemistry, Vol.106, No.4, 580-588, 2009.
126)Masayuki Asada, Yohei Hara, Yoshitaka Kuroda, Shunsuke Tanaka, Toshihide Horikawa and Yoshikazu Miyake : Preparation of Spherical Magnetic Mesoporous Silica Containing Magnetite Nanoparticles by Phase Transfer, Industrial & Engineering Chemistry Research, Vol.48, No.5, 2577-2582, 2009.
127)Masami Nagahama, Machi Ohnishi, Yumiko Kawate, Takayuki Matsui, Hitomi Miyake, Keizo Yuasa, Katsuko Tani, Mitsuo Tagaya and Akihiko Tsuji : UBXD1 is a VCP-interacting protein that is involved in ER-associated degradation, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.382, No.2, 303-308, 2009.
128)Akihiro Shirai, Tomoko Sumitomo, Mayuko Kurimoto, Hideaki Maseda and Hiroki Kourai : The mode of the antifungal activity of gemini-pyridinium salt against yeast, Biocontrol Science, Vol.14, No.1, 13-20, 2009.
129)Keiji Minagawa, Yasunori Aoki, Mohamed Reda Berber, Takeshi Mori and Masami Tanaka : DNA as a Component of ER Materials, Journal of Physics: Conference Series, Vol.149, No.1, 012023, 2009.
130)渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 津波防災まちづくり計画支援のための津波避難シミュレーションモデルの開発, 日本建築学会計画系論文集, Vol.74, No.637, 627-634, 2009年.
131)奥嶋 政嗣, 秋山 孝正, 北村 隆一 : 高齢者の交通行動に着目した鉄道駅とまちに関する分析, 交通学研究/2008年研究年報, Vol.Vol.52, 71-80, 2009年.
132)Shanta M. Messerli, Mok-Ryeon Ahn, Kazuhiro Kunimasa, Miyako Yanagihara, Tomoki Tatefuji, Ken Hashimoto, Victor Mautner, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Shigenori Kumazawa, Kazuhiko Kaji, Toshiro Ohta and Hiroshi Maruta : Artepillin C (ARC) in Brazilian green propolis selectively blocks oncogenic PAK1 signaling and suppresses the growth of NF tumors in mice, Phytotherapy Research, Vol.23, No.3, 423-427, 2009.
133)Vladimir Jovanovic, 上月 康則, 山中 亮一, Machi Miyoshi, Sosuke Otani : 尼崎港内の懸濁物質の沈降特性に及ぼすムラサキイガイの影響, 沿岸域学会誌, Vol.21, No.4, 97-111, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)宇都 義浩, 小山 大輔, 大友 直紀, 安部 千秋, 白井 斉, 中田 栄司, 堀 均 : イソプレン側鎖を有する植物成分のex vivo 有機合成とその生理活性の評価, 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部研究報告, No.53, 52-56, 2008年.
2)山本 裕史, 田村 生弥, 中村 友紀, 中村 雄大, 香月 翔太, 藤川 弘安, 長塩 和也, 平田 佳子, 関澤 純, 大谷 壮介, 山中 亮一, 上月 康則 : 美馬市木屋平を流れる一級河川穴吹川の水質, 阿波学会紀要, Vol.54, 13-22, 2008年.
3)安澤 幹人, 枝川 和明, 高岡 宏樹 : γーポリグルタミン酸を用いた微細針状グルコースセンサの作製, 化学センサ, Vol.2008-B, No.24, 85-87, 2008年.
4)Hideaki Maseda : An RND-type Multi-drug Efflux Pump and Inhibition of Quorum-sensing System, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.22, 31-37, 2008.
5)近藤 光男, 大西 賢和 : 地方都市における高齢者の都心居住のための生活環境施設整備に関する住民意識の調査分析, 新鑑定四国, No.2, 32-36, 2008年.
6)吉見 靖男, 伊豆 典哉, 板垣 吉晃, 安澤 幹人, 松口 正信, 兵頭 健生, 田村 真治, 日比野 高士 : 学会レポート 第46回化学センサ研究発表会, 化学センサ, Vol.24, No.4, 182-188, 2008年.
7)Ryota Kurozumi, Yamamoto Toru, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Development of Training Equipment with Adaptive and Learning Using a Balloon Actuator-Sensor System, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.21, No.1, 156-163, 2009.
8)渡部 稔, 山城 考, 佐藤 高則, 大橋 眞, 間世田 英明, 續木 章三, 英 崇夫 : 高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」の実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.6, 85-101, 2009年.
9)中西 郁夫, 宇都 義浩, 大久保 敬, 白井 斉, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均, 福原 潔, 奥田 晴宏, 伊古田 暢夫, 福住 俊一, 小澤 俊彦, 安西 和紀 : ビタミンEの生合成前駆体およびその非環状類縁体のラジカル消去速度, ビタミンE研究の進歩Ⅷ, 83-87, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術レター

(なし)

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

1)Saulius Juodkazis, Vygantas Mizeikis, Shigeki Matsuo, Kosei Ueno and Hiroaki Misawa : Three-Dimensional Micro- and Nano-Structuring of Materials by Tightly Focused Laser Radiation, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.81, No.4, 411-448, Apr. 2008.
2)安澤 幹人 : 体内埋込型バイオセンサ, マテリアルインテグレーション, Vol.21, No.5,6, 329-334, 2008年5月.
3)金品 昌志, 松木 均, 玉井 伸岳 : リン脂質二分子膜における圧力誘起指組み構造形成, 高圧力の科学と技術, Vol.18, No.2, 110-118, 2008年5月.
4)外輪 健一郎 : マイクロ空間を利用した晶析技術, 分離技術, Vol.38, No.3, 12-15, 2008年5月.
5)長宗 秀明 : アンギノーサス群連鎖球菌の病原因子, 日本細菌学雑誌, Vol.63, No.2-4, 425-435, 2008年6月.
6)中田 栄司, 浜地 格 : 蛍光異方性測定, 生命化学研究レター, Vol.27, 24-29, 2008年6月.
7)後藤 優樹 : 高圧蛍光法による対称および非対称型リン脂質二重膜相挙動の研究, 高圧力の科学と技術, Vol.18, No.3, 267-272, 2008年8月.
8)橋本 修一 : レーザーアブレーションによるナノ粒子作製, 化学と工業, Vol.61, No.9, 878-879, 2008年9月.
9)塚本 雅之, 鈴木 良尚, 櫻庭 春彦, 田村 勝弘 : 高圧力下で成長したグルコースイソメラーゼ結晶の常圧下でのX線結晶構造解析, 高圧バイオサイエンスとバイオテクノロジー 第15回生物関連高圧研究会20周年記念シンポジウム抄録集, Vol.2, 29-37, 2008年9月.
10)本仲 純子 : 社会への貢献, ぶんせき, No.10, 523, 2008年10月.
11)廣津 孝弘 : 有害な硝酸イオンを効率的に除去する繊維状吸着材の開発, STEPねっとわーく, Vol.14, No.3, 20-21, 2008年11月.
12)外輪 健一郎 : 徳島大学でのベンチャー支援と起業事例, 化学工学, Vol.73, No.1, 34-35, 2009年1月.
13)林 順一, 堀河 俊英 : カーボンエアロゲルの合成法, 炭素, Vol.236, No.1, 15-21, 2009年1月.
14)高麗 寛紀 : 抗カビ剤と抗カビ製品の今日, かびと生活, Vol.1, No.4, 8-11, 2009年1月.
15)魚崎 泰弘, 小江 宏幸 : 超臨界流体中の染料の溶解度, 繊維学会誌, Vol.65, No.2, 56-61, 2009年2月.
16)Hiroki Kourai : Weaving a safer future, --- Antibacterial textiles ---, ISO Focus, Vol.6, No.2, 28-30, Feb. 2009.

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1)Ken-Ichiro Sotowa, Atushi Yamamoto, Keizo Nakagawa and Shigeru Sugiyama : Development of An Active Rotary Reactor and Application to Emulsion Production, 10th International Conference on Microreaction Technology, New Orleans, Apr. 2008.
2)Ken-Ichiro Sotowa, Kaname Takagi, Shigeru Sugiyama and Keizo Nakagawa : Fluid Flow in Deep Microchannel Reactor (FMR) for Pilot Scale Production, 10th International Conference on Microreaction Technology, New Orleans, Apr. 2008.
3)Ken-Ichiro Sotowa, Keiji Kume, Kaname Takagi, Rie Tomiya, Shigeru Sugiyama and Keizo Nakagawa : Application of Microchannel Device for Enrichment of Electrolytes, 10th International Conference on Microreaction Technology, New Orleans, Apr. 2008.
4)Shuichi Hashimoto : Zeolite Photochemistry: Spectroscopy, Microscopy and Material Research, The 1-st Chinese Academy of Sciences -Japan Collaboration Workshop on "Laser Molecular Photochemistry", 9-10, Beijing, Apr. 2008.
5)Mikito Yasuzawa, Kazuaki Edagawa, Hiroki Takaoka and Makoto Ichihashi : Preparation of glucose sensors by the electropolymerization of pyrrole derivatives in the presence of polyglutamic acid, ACEC2008 (6th Asian Conference on Electrochemistry), Taipei, May 2008.
6)Atsushi Tabata, Saito Shizuka, Sakakura Eriko, Shinohara Yuki, Miyoshi Soichiro, Fukushima Kou, Toshifumi Tomoyasu, Ohkuni Hisashi and Hideaki Nagamune : Streptococcus mitis-derived human platelet aggregation factor is a novel type of cholesterol-dependent cytolysin that recognizes dual receptors, cholesterol and human CD59., XVII Lancefield International Symposium on Streptococci & Streptococcal Diseases, Porto Heli, Greece, Jun. 2008.
7)Ryoichi Yamanaka, Motohiko Murai, Yoshiyuki Inoue and Yasunori Kozuki : Wind effect on the dispersion processes of Ruditapes philippinarum larvae around the Port of Yokohama in Tokyo Bay, PACON2008 Program and Abstracts, 63, Honolulu, Jun. 2008.
8)Kazuhisa Iwaka, Ryoichi Yamanaka, Yasunori Kozuki, Shin Tanabe and Hitoshi Murakami : Numerical Simulation on The 1854 Ansei Nankai Earthquake Tsunami Based on Histrical Documents, PACON2008 Program and Abstracts, 19, Honolulu, Jun. 2008.
9)Mohamed Reda Berber and Keiji Minagawa : Preparation of new nanocomposite materials based on layered double hydroxide, The First Egypt-Japan International Symposium on Science and Technology, Tokyo, Jun. 2008.
10)Koichi Ute, Kosuke Hattori, Takeo Ikemiya, Aiko Kubokawa and Tomohiro Hirano : Multivariate Analysis of 13C NMR Spectra of MMA-HEMA Copolymers, 21st International Symposium for Polymer Analysis and Characterization (ISPAC-2008), Newark, DE, USA, Jun. 2008.
11)Shigeki Matsuo, Haruki Sumi, Takuro Tomita and Shuichi Hashimoto : Femtosecond laser assisted etching of borosilicate glasses, The proceedings of the 9th International Symposium on Laser Precision Microfabrication, Québec City, Jun. 2008.
12)Satoshi Kiyama, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo and Shuichi Hashimoto : Laser fabrication and manipulation of optical rotator embedded inside a transparent solid material, The proceedings of the 9th International Symposium on Laser Precision Microfabrication, Québec City, Jun. 2008.
13)Toshihiro Moriga, Atsushi Yoshinari, Koji Yamamoto, Katsuya Ishida and Kei-ichiro Murai : Structural Analysis of Homologous Series of Znk(In,Ga)2Ok+3 (k=1, 3, 5) as Thermoelectric and Transparent Conducting Materials, 2nd International Conference on Functional Materials and Devices, Kuala Lumpur, Jun. 2008.
14)Tatsuya Okada, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto, Hiroyuki Kawahara, Yoichiro Ishida, Ryota Kumai, Masako Kawamoto and Makoto Yamaguchi : Structural Changes Induced by Femtosecond Laser Pulses on 4H-SiC Single Crystal: Studies Utilizing Transmission Electron Microscopy, Proceedings of the 9th International Symposium on Laser Precision Microfabrication, #08-59, Québec City, Jun. 2008.
15)Takuro Tomita, Ryota Kumai, Makoto Yamaguchi, Shigeki Matsuo and Shuichi Hashimoto : SEM observation of cross-sectional structures of laser-induced ripples on semiconductors and HOPG, The proceedings of the 9th International Symposium on Laser Precision Microfabrication, Québec City, Jun. 2008.
16)Hisatoshi Ueda, Osamu Sueda and Shoichiro Fujisawa : Welfare equipment under the long-term care insurance for the elderly in Japan, --- Analysis of trends in welfare equipment rental services of City A ---, RESNA Annual Conference 2008, 1-2, Washington, D.C., Jun. 2008.
17)Hiromichi Yumoto, Liu Dali, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Hideaki Nagamune, Shizuo Kayama, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Gene-regulatory and Physiological Functions of Histone-like Protein from Streptococci, 86th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Toronto (Canada), Jul. 2008.
18)Kikuo Tominaga, Tsuduki Takashi, Inoue Ken-ichi, Mikawa Michio and Toshihiro Moriga : Film properties of amorphous transparent conductive In-Ga-Zn oxides deposited on fuzed quartz by the PLD method, 14th International Conference on Solid Films and Surfaces, 329, Dublin, Jul. 2008.
19)Nao Kinouchi, Yutaka Osawa, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi, Keiji Moriyama, Sumihare Noji and Eiji Tanaka : Atelocollagen-mediated lapplications of myostatin-targeting siRNA increase skeletal muscle mass, 86th IADR, Toronto, Jul. 2008.
20)Shigeru Sugiyama, Tetsuo Kikumoto, Yuya Uehara, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa, Keiko Maehara, Toshiya Yakusaka, Yoshiyuki Himeno and Wataru Ninomiya : Enhancement of Catalytic Activity of Pd/C for the Oxidative Dehydrogenation from Lactates to Pyruvates under High Pressure Conditions, Pre-Symposium of 14th International Congress on Catalysis, Kyoto, Jul. 2008.
21)Toshiyuki Iguchi, Shigeki Orita, Keizo Nakagawa, Hideki Matsune, Sakae Takenaka and Masahiro Kishida : Production of Carbon Nanotube by Ethylene Decomposition over Silica-Coated Metal Catalysts, Pre-Symposium of 14th International Congress on Catalysis, Kyoto, Jul. 2008.
22)Shigeru Sugiyama, Yuuki Hirata, Keiko Maehara, Yoshiyuki Himeno, Wataru Ninomiya, Keizo Nakagawa and Ken-Ichiro Sotowa : Application of Unsteady-state Operation to the Oxidative Dehydrogenation of Propane on Magnesium ortho-Vanadate Doped with Palladium, 14th International Congress on Catalysis, Korea, Jul. 2008.
23)Nazrul Islam, Takashi Ooi, Tetsuo Iwasawa, Masaki Nishiuchi and Yasuhiko Kawamura : Reaction of Tetraarylallene with Tetracyanoethylene: Generation of Novel 4,10c-Diazaacephenanthrylene, The 8th International Symposium on Functional pi-Electron Synstems, Graz, Jul. 2008.
24)Nazrul Islam, Takashi Ooi, Tetsuo Iwasawa, Masaki Nishiuchi and Yasuhiko Kawamura : Thermal Cyclotrimerization of Tetraphenyl[5]cumulene (Tetraphenylhexapentaene) to Sterically Overcrowded Tricyclodecadiene Derivative, The 8th International Symposium on Functional pi-Electron Systems, Graz, Jul. 2008.
25)Mitsuhiro Sato, Akio Kondo and Takuya Kouyama : Evaluationg to the Health Effect of Using a Community-based Sports Club by Monetary Value, International Sociology of Sport Association 5th World Congress 2008, 71, Kyoto, Jul. 2008.
26)Shuichi Hashimoto and Daniel Werner : In situ spectroscopic measurement of laser ablation-induced splitting and agglomeration of metal nanoparticels in solution, Book of Abstracts XXII IUPAC Symposium on Photochemistry, 315, GOthenberg, Jul. 2008.
27)H. Konishi, Mamun Mohammad Hossain, T. Harihara, Yasuhiko Kawamura and Masao Tsukayama : Microwave-assisted Synthesis of Isoflavone Derivatives with Hypervalent Iodine Reagents, Grobal Congress on Microwave Energy Applications 2008, P1-17, Otsu, Aug. 2008.
28)Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Yoshio Endo, Eiji Nakata, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Development of an in vivo evaluation system of antioxidants for their vascular protective activities using the chick embryo chorioallantoic membrane, ISOTT2008 (2008 International Society on Oxygen Transport to Tissue Conference), Sapporo, Aug. 2008.
29)Hitomi Nakashima, Kazuhiro Ikkyu, Kouichiro Nakashima, Keiichiro Sano, Yoshihiro Uto, Eiji Nakata, Hideko Nagasawa, Hiroshi Sugimoto, Yoshitsugu Shiro, Yoshinori Nakagawa and Hitoshi Hori : Design of novel hypoxia-targeting IDO hybrid inhibitors conjugated with an unsubstituted L-Trp as an IDO affinity moiety, ISOTT2008 (2008 International Society on Oxygen Transport to Tissue Conference), Sapporo, Aug. 2008.
30)Shimizu Kazuya, Okano Kunihiro, Hideaki Maseda, Amemiya Takao, Utsumi Motoo and Sugiura Norio : Effect of Cyclic Microcystin and Its Degradation Products on Transcription of the Gene Encoding Microcystin Degrading Enzymes, 12th International Symposium on Microbiol Ecology, Cairns, Aug. 2008.
31)Masayuki Fujitsuka, Makoto Yamaguchi, Shigeru Ueno, Ichiro Miura, Wataru Erikawa and Takuro Tomita : Application of confocal laser scanning microscope combined with Raman spectroscopy system for 4H-SiC under indentation, The abstracts of the 21th international conference on Raman spectroscopy (ICORS), 311, Uxbridge, Aug. 2008.
32)Tsutomu Hashizume, Hiroshi Kitagawa, Ikuo Yoneda, Masatoshi Takami, Shoichiro Fujisawa, Osamu Sueda and Minoru Kamata : Study on the Wheelchair User's Vibration and Wheelchair Driving Torque when Wheelchair is Ascending, --- Descending the Boundary Curb between Pavement and Poadway ---, Proc. of SICE Annual Conference 2008, 1273-1276, Tokyo, Aug. 2008.
33)Hisatoshi Ueda, Osamu Sueda and Shoichiro Fujisawa : The problem and proposal of a keyboard protector for a disabled person, Proc. of Asia International Symposium on Mechatronics 2008 (AISM2008), 283-286, Sapporo, Aug. 2008.
34)Seiji Mitani, Toshiaki Yoshida, Sei Kobayashi, Shoichiro Fujisawa, Osamu Sueda and Masaki Tauchi : Measurement of Some Characteristics of Color Perception by the People with Low Visual Capacity, Proc. of Asia Internatioal Symposium on Mechatronics 2008, 287-291, Sapporo, Aug. 2008.
35)Keiji Minagawa, Yasunori Aoki, Mohamed Reda Berber, Takeshi Mori and Masami Tanaka : DNA as a Component of ER Materials, International Conference on Electorheological Fluids and Magnetorheological Suspensions, Dresden, Aug. 2008.
36)Shuichi Hashimoto : Laser ablation-induced preparation of metal nanoparticles in solution, films and zeolite-supports, 28th Physical Chemistry Collloquium: Laser Chemistry and Nano Materials, Sendai, Sep. 2008.
37)Shigeru Sugiyama, Yuka Shimizu, Tomoyuki Manabe, Keizo Nakagawa and Ken-Ichiro Sotowa : Preparation of Hydroxyapatite Film and Application to Removal and Regenaration of Aqueous Cations, 20th International Symposium on Chemical Reaction Engineering, Kyoto, Sep. 2008.
38)Keizo Nakagawa, Yusuke Tanimoto, Ken-Ichiro Sotowa, Shigeru Sugiyama, Sakae Takenaka and Masahiro Kishida : Effects of Coverage of Carbon-Supported Pt Catalysts with Organosilica on Dehydrogenation of Cyclohexane, 20th International Symposium on Chemical Reaction Engineering, Kyoto, Sep. 2008.
39)Shigeki Matsuo, Haruki Sumi, Takuro Tomita and Shuichi Hashimoto : Femtosecond laser assisted etching of borosilicate glasses with aqueous solution of KOH, 6th International Conference on Photo-Excited Processes and Applications, Sapporo, Sep. 2008.
40)Ken-Ichiro Sotowa, Shintaro Yamaguchi, Kaname Takagi, Keizo Nakagawa and Shigeru Sugiyama : Investigation on the Strategy to Remove Heat of Reaction from a Deep Microchannel Reactor (FMR), International Symposium on Micro Chemical Process and Synthesis, Kyoto, Sep. 2008.
41)Masayuki Tsukamoto, Yoshihisa Suzuki, Haruhiko Sakuraba and Katsuhiro Tamura : X-ray structure analysis of glucose isomerase crystals prepared under high pressure, Program and abstract book 5th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, 73, San Diego, Sep. 2008.
42)Takahisa Fujiwara, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura : Solubility measurements by in situ observation of the steps of tetragonal lysozyme crystals under high pressure, Program and abstract book 5th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, 74, San Diego, Sep. 2008.
43)Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Masamitsu Matsumoto, Makoto Nagasawa, Kazuo Nakajima and Katsuhiro Tamura : Effects of pressure on the step velocity, two-dimensional nucleation rate and solubility of glucose isomerase crystals, Program and abstract book 5th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, 44-45, San Diego, Sep. 2008.
44)Katsuhiro Tamura, Yoshihisa Muramoto, Toshiaki Arao, Yoshihisa Suzuki and Hitoshi Iwahashi : Development of food sterilization equipment by oxygen-nitrogen gas hyprid pressurization system, Program and abstract book 5th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, 86, San Diego, Sep. 2008.
45)Satoshi Kawachi, Toshiaki Arao, Yoshihisa Suzuki and Katsuhiro Tamura : Effects of some compressed unsaturated hydrocarbon gases on yeast growth, Program and abstract book 5th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, 87, San Diego, Sep. 2008.
46)Masafumi Miwa, Ittetsu Shiraishi, Makoto Matshushima and Kiyoshi Miami : Remote Control Support System for R/C Helicopter, Proceedings of The 7th International Conference on Machine Automation ICMA2008, 105-108, 淡路島, Sep. 2008.
47)Kojiro WATANABE, Hiroki Nagasaki and Akio Kondo : DEVELOPMENT OF LAND USE PLANNING SUPPORT SYSTEM USING HOUSEHOLD DISTRIBUTION PREDICTION MODEL, Proceedings of ASIA GIS 2008, 40, Busan, Sep. 2008.
48)Toshihide Horikawa, Masashi Kajikawa, Jun'ichi Hayashi, Masahiro Katoh and Tahei Tomida : Composite RF-bamboo nanoporous carbon for adsorption heat pump applications, Chemeca2008, 2008-2017, Newcastle, Australia, Sep. 2008.
49)Jun'ichi Hayashi, Toshihide Horikawa, Katsuhiko Muroyama and Osamu Okuma : Adsorbents from methane fermentation sludge, Chemeca2008, 1978-1985, Newcastle, Australia, Sep. 2008.
50)Yohei Yamada, Yumiko Takeuchi, Yuji Tani, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Shinichi Sakasegawa, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : Development of an amperometric enzyme sensor based on immobilization of thermostable bilirubin oxidase, AMDP 2008 (International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008), 144-145, Beijing, Oct. 2008.
51)Masaya Takahashi, Daisuke Yonekura, Ri-ichi Murakami and Masahiro Katoh : The influence of surface roughness of substrate on SiO2 powders-steel adhesion, International Conference on Advanced Materials Development & Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
52)Mikito Yasuzawa and Hiroki Takaoka : Preparation of a Super-Flexible Micro Glucose Sensor, AMDP 2008 (International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008), Beijing, Oct. 2008.
53)Mikito Yasuzawa, Matsumoto Kazuki, Okada Hideya and Ichihashi Makoto : Eco-Friendly Magnetic Flocculant for Water Purification, AMDP 2008 (International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008), Beijing, Oct. 2008.
54)Toshihiro Moriga, Atsushi Yoshinari, Koji Yamamoto, Katsuya Ishida and Kei-ichiro Murai : Structural Investigations of the Thermoelectric Znk(In,Ga)2Ok+3 by Means of X-ray Rietveld Analysis and CASTEP Calculation, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
55)Kei-ichiro Murai, Suguru Tojo, Takafumi Yamaguchi, Toshihiro Moriga and Ichiro Nakabayashi : Study of combustion catalysts with iron oxides on after-treatment system of diesel engine, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
56)Masashi Kurashina, Akio Eguchi, Eiji Kanezaki, Takuya Shiga and Hiroki Oshio : Syntheses and Properties of Cobalt and Nickel Hydroxide Nanosheets, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
57)Yuichi Kamo, Masashi Kurashina and Eiji Kanezaki : Intercalation and De-intercalation of [Cu(EDTMP)]3- in Mg/Al-Layered Double Hydroxide, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
58)Akihiro Shimamura, Masashi Kurashina and Eiji Kanezaki : Thermal Behavior of Phosphate Intercalated Mg/Al-Layered Double Hydroxides, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
59)Chikahiro Wada, Yuji Tani, Toshio Watanabe, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : Preparation of a tris(4,4' -dimethoxy -2,2' -bipyridine) osmium/glucose oxidase immobilized electrode using a carbon nanotube fel for biofuel, AMDP 2008 (International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008), 203, Beijing, Oct. 2008.
60)Yuji Tani, Kenichi Nishi, Chikahiro Wada, Yoshio Shoda, Toshio Watanabe, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : Characterization and application of thermostable D-proline dehydrogenase and carbon nanotube gel immobilized electrode, AMDP 2008 (International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008), 202, Beijing, Oct. 2008.
61)Junko Motonaka, Tomoki Yabutani, Hiroki Murotani, Atsushi Sano, Yuji Tani, Yukako Hayashi and Mikito Yasuzawa : Electrochemical Characterization of biosensors based on immobililzation of enzyme in amino acid N-substituted polypyrrole formed by electropolymerization, AMDP 2008 (International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008), 204, Beijing, Oct. 2008.
62)Le Thi Xuan Thuy, Tomoki Yabutani, Yukako Hayashi and Junko Motonaka : Synthesis of feromagnetic particles in aqueous solution and its application to collection of trace metals, AMDP 2008 (International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008), 196, Beijing, Oct. 2008.
63)Masahiro Katoh, Koichi Chohama, Toshihide Horikawa and Tahei Tomida : The Hydrogen Production by Methane Dry Reforming over Pt/Al2O3 Catalysts using Palladium Membrane Reactor on Porous Stainless-Steel Support, International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
64)Kazuaki Edagawa, Hiroki Takaoka, Takuya Matsunaga, Makoto Ichihashi and Mikito Yasuzawa : Preparation of Needle Type Glucose Sensors Using γ-Polyglutamic Acid as an Enzyme-Immobilizing Substrate, PRiME 2008, Honolulu, Hawaii, USA, Oct. 2008.
65)Keizo Nakagawa, Toshimasa Ogata, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Control of Morphology and Surface Property of Flaky Layered Titanate Nanosheets using Surfactant in Hydrothermal Solution, International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
66)Yuhki Katoh, Yukinori Nishioka, Takahiro Wada, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Catalytic Conversion of Ethylene to Propylene over MCM-41, International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
67)Ruili Zhang, Manaka Numata, Yuji Akazawa, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Phase Relationship and Luminous Properties of Oxynitrides in the M-Si-O-N Systems (M=Alkaline Earth Metals), International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
68)Ryota Mashima, Mayu Yamada, Hidehito Ando, Tomooki Kawasaki, Yukihiro Masuda, Kei-ichiro Murai, Toshihiro Moriga, Geoffrey Waterhouse and James Metson : Control of optical properties of LaTiO2N through adjustments of the stoichiometries and/or particle sizes, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
69)Hatsuko Hamaguchi, Masashi Kurashina, Toshihiro Moriga and Eiji Kanezaki : Composites of magnetic material and photocatalyst for water treatment, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
70)Tomoki Yabutani, Kei-ichiro Murai, Yumi Nakamoto, Ryuji Yamanouchi, Yuji Tani, Mitsuharu Ogaki, Koji Yoshizumi, Chiya Numako, Yasuko Terada, Anette Madelene Danicila, Rodica Stanescu, Marinela Plesca and Junko Motonaka : Characterization of airborne particulate matter collected in Bucharest and Tokushima, AMDP 2008(International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008), 196-197, Beijing, Oct. 2008.
71)Masami Kumano, Yuji Mishima, Tomoki Yabutani, Yukako Hayashi and Junko Motonaka : Characterization of extraction mechanism of noble metals with ionic liquieds as extractant, AMDP 2008 (International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008), 205, Beijing, Oct. 2008.
72)Masahiro Katoh, koji Kinouchi, Koichi Chohama, Toshihide Horikawa and Tahei Tomida : The Catalytic Hydrogen Production by Dry-Reforming of Methane over Ni/Al2O3 Catalysts using a Pd Membrane Reactor, International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
73)Masahiro Katoh, Katsunori Nishihara, Koichi Chohama, Toshihide Horikawa and Tahei Tomida : The Effect of Carbon Monoxide on the Hydrogen Permeability of a Palladium Membrane on Porous Stainless-Steel Support, International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
74)Masahiro Katoh, Narisuke Mori, Toshihide Horikawa and Tahei Tomida : Effect of pH on the Microstructures and Photocatalytic Activity of N,S-containing Titanium Dioxide Powders Prepared by Liquid Phase Synthesis, International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
75)Masahiro Katoh, Imayama Akihiro, Narisuke Mori, Toshihide Horikawa and Tahei Tomida : Evaluation of Photocatalytic Activity of Nitrogen and Fluorine co-doped TiO2 Prepared using of various pH Solutions, International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008.
76)Ken-Ichiro Sotowa, Shintaro Yamaguchi, Keizo Nakagawa and Shigeru Sugiyama : Temperature and velocity distribution in a deep microchannel reactor (FMR), International Workshop on Process Intensification (IWPI) 2008, Tokyo, Oct. 2008.
77)Ken-Ichiro Sotowa, Katsuya Kuroda, Keizo Nakagawa and Shigeru Sugiyama : Time-average reaction rate of CO oxidation over Pt/Al2O3 catalyst under forced temperature cycling, International Workshop on Process Intensification (IWPI) 2008, Tokyo, Oct. 2008.
78)Shimizu Kazuya, Okano Kunihiro, Amemiya Takao, Hideaki Maseda, Utsumi Motoo and Sugiura Norio : Effect of Cyclic Microcystin and Its Degradation Products on Transcription of the Gene Encoding Microcystin Degrading Enzymes, 1st Japan-China Graduated Forum, Tsukuba, Oct. 2008.
79)Sayaka Mori, Ryoichi Yamanaka, Yasunori Kozuki, Yusuke MORI, Nobuyoshi BANDO, Takashi Nakanishi, Kazuhiko TAKATANI and Hideki Ueshima : Field observation of water environment characteristics for restoration of the Amagasaki Canal, Japan, EMECS-8, 125-126, Shanghai, Oct. 2008.
80)Ryoichi Yamanaka, Keiji Nakatsuji and Yasunori Kozuki : Tide and meteorological effect on dispersion processes of high-turbidity river water and resuspension of sediment in the Bohai Sea, EMECS-8, 146, Shanghai, Oct. 2008.
81)Sosuke Otani, Yasunori Kozuki, Ryoichi Yamanaka, Hiromitsu Sasaoka, Tetsu Ishiyama, Yoshihito Okitsu, Hajime Sakai and Yoji Fujiki : The role of crabs (Macrophtlmus Japonics) burrows on organic matter decomposition in estuarine tidal flat, Japan, EMECS-8, 103-104, Shanghai, Oct. 2008.
82)Ken Hirai, Sosuke Otani, Yasunori Kozuki, Ryoichi Yamanaka, Takashi Nakanishi and Yoshikazu Suzuki : The environmental remediation effects of artificial tidal flat in inner part of Osaka Bay, Japan, EMECS-8, Shanghai, Oct. 2008.
83)Machi Miyoshi, Yasunori Kozuki, Ryoichi Yamanaka, Akio Sakamoto, Tatsunori Ishida, Nobuhiro Yamaguchi and Koudai Sakashita : Estimation of Biomass Resource from Mytilus galloprovincialis attached the Vertical Seawall at Osaka Bay in Japan, EMECS-8, 99-100, Shanghai, Oct. 2008.
84)Shigeki Matsuo, Satoshi Kiyama, Takuro Tomita and Shuichi Hashimoto : Optically Driven Micro Rotator embedded in Solid Substrate, Microprocesses and Nanotechnology 2008, 482-483, Fukuoka, Oct. 2008.
85)Takuya Harada, Naoyuki Ishikawa, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Yoshiaki Yamada and Ken-Ichiro Sotowa : Droplets generation by a torsional bolt-clamped Langevin-type transducer and micropore plate, 2008 IEEE International Ultrasonics Symposium (IUS), Beijing, Nov. 2008.
86)Takayuki Uwada, Shuichi Hashimoto, Kouta Inoue and Hiroshi Masuhara : Single particle light scattering spectroscopy and imaging of Au nanoparticle-doped zeolite L crystals, Book of Abstracts; The 5th Asian Photochemistry Conference, Beijing, Nov. 2008.
87)Masahiro Katoh, Mori Narisuke, Toshihide Horikawa and Tahei Tomida : Liquid Phase Synthesis of N,S-containing Titanium Dioxide Powders with Photocatalytic Activity under UV and Visible Light, Interantional Symposium on Surface Science and Nanotechnology, Tokyo, Nov. 2008.
88)Nobunari Itoh, Masahiro Katoh and Nobuaki Okano : Comparison of spectral transmittance degradation due to the organic gas contamination with on-orbit degradations of launched sensors, Proceedings of SPIE, Vol.7149, 71490F, New Caledonia, Nov. 2008.
89)Ken-Ichiro Sotowa, Shintaro Yamaguchi, Shigeru Sugiyama and Keizo Nakagawa : Heat and Mass Transfer In Deep Microchannel Reactors (FMR), AIChE Annual Meeting 2008, Philadelphia, Nov. 2008.
90)Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : The molecular mechanism for Streptococcus intermedius intermedilysin-induced cell death inhuman cholangiocellular carcinoma cells, International Joint Symposium Frontier in Biomedical Sciences: From Genes to Applications, Yogyakarta, Nov. 2008.
91)Yoshio Shoda, Yuji Tani, Tomoki Yabutani, Yukako Hayashi and Junko Motonaka : Electrochemical Behavior of Direct Oxidation of Amino Acids on Various Electrodes, Chemistry and the Bioshpere Conference, 136, Dunedin, Dec. 2008.
92)Shinsuke Akatsuki, Tomoki Yabutani, Yukako Hayashi and Junko Motonaka : Strong-acid Free Separation and Removal of Molydbenum, Vanadium, and Tungsten with Iminodiacetate Chelating Resin, Chemistry and the Biosphere Conference, 140, Dunedin, Dec. 2008.
93)Yusuke Tanimoto, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa, Shigeru Sugiyama, Sakae Takenaka and Masahiro Kishida : Catalytic dehydrogenation of cyclohexane over carbon-supported Pt catalysts covered with organosilica layer, 21th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Saga, Dec. 2008.
94)Toshimasa Ogata, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Formation of flaky layered titanate nanosheets using dodecanediamine by hydrothermal method, 21th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Saga, Dec. 2008.
95)Atsushi Yamamoto, Ken-Ichiro Sotowa, Keizo Nakagawa and Shigeru Sugiyama : Preliminary study on the droplet formation in an active rotary reactor, 21th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Saga, Dec. 2008.
96)Takahiro Wada, Shiro Ogawa, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Catalytic conversion of ethanol to propylene over FSM-16 and Ni-FSM-16, 21th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Saga, Dec. 2008.
97)Naoto Sugimoto, Adusa Ozaki, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Employment of microreactor to the oxidative dehydrogenation of propane, 21th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Saga, Dec. 2008.
98)Shintaro Yamaguchi, Kaname Takagi, Ken-Ichiro Sotowa, Keizo Nakagawa and Shigeru Sugiyama : Temperature distributions in deep microchannel reactors (FMR), 21th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Saga, Dec. 2008.
99)Keiji Kume, Ken-Ichiro Sotowa, Keizo Nakagawa and Shigeru Sugiyama : Recovery of cations in a microchannel-based ion enrichment device, 21th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Saga, Dec. 2008.
100)Tetsuo Kikumoto, Haruki Tanaka, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa, Shigeru Sugiyama, Keiko Maehara, Yoshiyuki Himeno and Wataru Ninomiya : Activity enhancement of the liquid-phase oxidative dehydrogenation of sodium lactate using Pd/C and related catalysts under high pressure, 21th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Saga, Dec. 2008.
101)Tomoyuki Manabe, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Shigeru Sugiyama : Effects of various contaminants containing in wastewater on the removal of aqueous ammonium with magnesium hydrogen phosphate, 21th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Saga, Dec. 2008.
102)Katsuya Kuroda, Daisuke Okuyama, Ken-Ichiro Sotowa, Keizo Nakagawa and Shigeru Sugiyama : Effect of feed concentration on CO oxidation under forced temperature cycling, 21th Symposium on Chemical Engineering, Kyushu-Taejon/Chungnam, Saga, Dec. 2008.
103)Yukihiro Masuda, Ryota Mashima, Mayu Yamada, Hidehito Ando, Tomooki Kawasaki, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Optical Properties of (La,Sr)TiO2N Depending on Heat Treatment Conditions, IUMRS-International Conference in Asia 2008, Nagoya, Dec. 2008.
104)Hiroyuki Kawahara, Tatsuya Okada, Ryota Kumai, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto and Makoto Yamaguchi : Cross-Sectional TEM Analysis of Structural Change in 4H-SiC Single Crystal Irradiated by Femtosecond Laser Pulses, Materials Science Forum, Vol.600-603, 883-886, Otsu, Japan (Oct.2007), Jan. 2009.
105)Yuya Yamashita, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Study on lactic acid production from pretreated woody material, Proceeding of The 24th International Conference on Solid Waste Technology and Management, 688-699, Philadelphia, Mar. 2009.
106)Chizuru Sasaki, Yuya Yamashita and Yoshitoshi Nakamura : Utilization of sugarcane bagasse for producing useful chemicals, Proceeding of The 24th International Conference on Solid Waste Technology and Management, 313-319, Philadelphia, Mar. 2009.
107)Shigeki Matsuo, Satoshi Kiyama, Kensuke Tokumi, Takuro Tomita and Shuichi Hashimoto : Three-dimensional Microstructuring inside Transparent Solid Substrates Assisted by Femtosecond Laser Pulses, PIERS 2009 in Beijing (Progress In Electromagnetics Research Symposium), Beijing, Mar. 2009.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1)垣口 貴沙, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ヒト特異的な細胞溶解毒素インターメディリシン(ILY)の膜孔形成に関わる部分構造に関する解析, 第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
2)石川 洋子, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : サルモネラ属細菌が保有する小型分子シャペロンAgsAの機能解析, 第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
3)近藤 光男, 村上 幸二郎, 渡辺 公次郎, 丁 育華, 大西 賢和 : 都心居住を考慮した都市施設の配置評価モデルとその適用, 都市計画研究講演集, Vol.Vol.6, 17-20, 2008年5月.
4)大西 賢和, 近藤 光男, 渡辺 公次郎, 村上 幸二郎, 丁 育華, 余田 翔平 : 高齢者の都心居住を考慮した都市施設の配置評価に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 242-243, 2008年5月.
5)渡辺 公次郎, 長﨑 浩紀, 近藤 光男 : 徳島都市圏における世帯の空間分布予測モデルの開発, 都市計画研究講演集, Vol.6, 29-32, 2008年5月.
6)近藤 光男, 村上 幸二郎, 渡辺 公次郎, 丁 育華, 大西 賢和 : 都心居住を考慮した都市施設の配置評価モデルとその適用, 都市計画研究講演集, Vol.6, 17-20, 2008年5月.
7)徳山 直宜, 池宮 昌平, 池内 良典, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリエーテル混合系におけるER効果の温度依存性, 日本レオロジー学会第35年会, 2008年5月.
8)辻 明彦, 雑賀 裕子, 菊池 弥生, 湯浅 恵造, 長浜 正巳 : 植物カテプシンB様システインプロテアーゼと動物カテプシンBの比較生化学, 第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月.
9)三上 千春, 近藤 光男, 近藤 明子, 大塚 可奈子 : 四国における観光を目的とした地域間交流メカニズムに関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 272-273, 2008年5月.
10)日向 隆裕, 近藤 光男, 渡辺 公次郎, 近藤 明子, 大塚 可奈子, 三上 千春 : 全国高速交通体系整備が地域に及ぼした影響について, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 240-241, 2008年5月.
11)大西 賢和, 近藤 光男, 渡辺 公次郎, 村上 幸二郎, 丁 育華, 余田 翔平 : 高齢者の都心居住を考慮した都市施設の配置評価に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 242-243, 2008年5月.
12)伊藤 信成, 加藤 雅裕, 岡野 伸章 : ガス吸着に伴う衛星光学系の透過率低下の検証, (社)日本リモートセンシング学会 第44回学術講演会論文集, 7-8, 2008年5月.
13)渡辺 公次郎, 真見 泰弘, 近藤 光男 : 歴史的市街地における景観保全に配慮した耐震化の経済的価値に関する研究, 日本建築学会四国支部研究報告集, No.8, 81-82, 2008年5月.
14)平野 朋広, 宮崎 誉将, 右手 浩一 : N-ブトキシカルボニルアクリルアミドのラジカル重合を経由した立体規則性ポリアクリルアミドの合成, 第57回高分子学会年次大会予稿集, Vol.57, No.1, 423, 2008年5月.
15)那須 翔, 平野 朋広, 右手 浩一 : 水素結合を利用したN-イソプロピルアクリルアミドの立体特異性ラジカル重合ー液体クロマトグラフィーを用いた立体規則性分布の解析, 第57回高分子学会年次大会予稿集, Vol.57, No.1, 424, 2008年5月.
16)服部 康佑, 池宮 健朗, 久保川 愛子, 平野 朋広, 右手 浩一 : MMA-HEMA共重合体の13C NMRスペクトルの多変量解析, 第57回高分子学会年次大会予稿集, Vol.57, No.1, 923, 2008年5月.
17)久保川 愛子, 服部 康佑, 池宮 健朗, 平野 朋広, 右手 浩一 : MMAとHEMAの添加剤存在下でのラジカル共重合による共重合連鎖の規制, 第57回高分子学会年次大会予稿集, Vol.57, No.1, 420, 2008年5月.
18)田川 泰之, 中村 公彦, 田嶋 良祐, 右手 浩一 : オルトゴナルな保護基を利用した均一ポリエステルオリゴマーおよびポリエステルデンドリマーの合成, 第57回高分子学会年次大会予稿集, Vol.57, No.1, 494, 2008年5月.
19)熊木 治郎, 河内 岳大, 右手 浩一, 北山 辰樹 : PMMAステレオコンプレックスにおける分子量認識, 第57回高分子学会年次大会予稿集, Vol.57, No.1, 860, 2008年5月.
20)中川 亮, 加地 栄一, 北山 辰樹, 右手 浩一 : DOSY法によるメチルアルミノキサン溶液のキャラクタリゼーションⅡ, --- MAOの化学構造と助触媒性能の関係 ---, 第57回高分子学会年次大会予稿集, Vol.57, No.1, 922, 2008年5月.
21)池宮 健朗, 久保川 愛子, 服部 康佑, 平野 朋広, 右手 浩一 : MMAとHEMAのラジカル共重合における共重合連鎖の規制とキャラクタリゼーション, 第57回高分子学会年次大会予稿集, Vol.57, No.1, 163, 2008年5月.
22)田中 正己, 南川 慶二, Mohamed Reda Berber, 森 健 : クロミプラミンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第57回高分子学会年次大会, 2008年5月.
23)久米 啓司, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 中川 敬三 : マイクロリアクタにおける電気泳動を利用した食塩水からのイオン回収, 日本海水学会第59年会, 2008年6月.
24)柄本 邦明, 末田 統, 藤澤 正一郎 : バースト振動の触振動感覚における非類似度に関する研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008講演論文集, 2A1-C03(1)-2A1-C03(3), 2008年6月.
25)藤村 甫, 松田 靖史, 藤澤 正一郎, 末田 統, 堀口 知彦, 齋藤 聡佳 : 3軸荷重センサを用いた下肢装具の適合評価手法の提案, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008講演論文集, 2A1-C08(1)-2A1-C08(2), 2008年6月.
26)小林 聖, 寺田 考希, 三谷 誠二, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 視覚障害者誘導用ブロックのためのロービジョン者の色特性計測, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008講演論文集, 2P1-D06(1)-2P1-D06(2), 2008年6月.
27)辻 洸介, 黒住 亮太, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 適応学習を用いた電動車椅子の障害物回避システムにおける研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008講演論文集, 2P1-E24(1)-2P1-E24(3), 2008年6月.
28)宇都 義浩, 中江 崇, 佐々木 有紀, 安部 千秋, 中島 宏一郎, 新元 優也, 佐野 圭一郎, 遠藤 良夫, 皆巳 和賢, 前澤 博, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : 次世代動物実験系としての腫瘍移植鶏卵の構築と放射線照射による腫瘍成長阻害活性, 第14回癌治療増感研究会, 2008年6月.
29)宇都 義浩, 大津木 護, 白井 斉, 山下 洋平, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤とするプレニル化3,4-ジヒドロキシケイ皮酸誘導体の分子設計とLDL抗酸化活性, 第61回 日本酸化ストレス学会学術集会, 2008年6月.
30)岩澤 哲郎 : 有機電子材料の創発を可能にする新規π系分子群の構築, 第13回加藤科学振興会, 2008年6月.
31)皆巳 和賢, 宇都 義浩, 中江 崇, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均, 前澤 博 : 低酸素細胞に対するニトロイミダゾールアセトアミド誘導体の放射線増感効果, 第47回日本医学放射線学会生物部会学術大会, 2008年6月.
32)中村 浩一, 大浦 耕二朗, 波床 明洋, 遠藤 茂記, 伊槻 和也, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広, 和田 智志 : リチウム化合物におけるイオン拡散挙動とミリング効果, 第12回超イオン導電体物性研究会第49回固体イオニクス研究会講演要旨集, 105-110, 2008年6月.
33)間世田 英明 : Quorum-sensing機構の制御と薬剤排出ポンプ, 第22回Bacterial Adherance & Biofilm学術集会, 2008年7月.
34)三代木 良太, 平野 朋広, 右手 浩一, 佐藤 恒之, 原口 将幸 : アクリル酸tert-ブチルとジビニルベンゼンを用いた開始剤組込みラジカル共重合による可溶性高分岐ポリマーの合成, 第54回高分子研究発表会(神戸)講演要旨集, 2008年7月.
35)池宮 健朗, 服部 康佑, 久保川 愛子, 平野 朋広, 右手 浩一 : MMAとHEMAのラジカル共重合における組成分布の規制とキャラクタリゼーション, 第54回高分子研究発表会(神戸)講演要旨集, 2008年7月.
36)弘田 克彦, Heni Susilowati, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 田端 厚之, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 羽地 達次, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるカルシウム振動と胆管上皮細胞死, 第17回Lancefielfレンサ球菌研究会 2008, 2008年7月.
37)山岡 徹, 福田 晃規, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 食塩中のマグネシウムを利用した水酸化物共沈法によるオキソ酸・水酸化物形成元素の定量, 第14回日本分析化学会中国四国支部分析化学若手セミナー, 2008年7月.
38)火口 博道, 橋爪 裕也, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 固相抽出法による銅の酸化還元化学種の分別回収, 第14回日本分析化学会中国四国支部分析化学若手セミナー, 2008年7月.
39)出原 宏司, Thuy Thi Xuan Le, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 水素化ホウ素ナトリウムによる鉄還元析出を利用した土壌試料中超微量白金属元素の回収, 第14回日本分析化学会中国四国支部分析化学若手セミナー, 2008年7月.
40)飯沼 明子, 横田 昌幸, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 強塩基性条件下での両性金属イオンの薄層クロマトグラフィーによる分離とその簡易分析への応用, 第14回日本分析化学会中国四国支部分析化学若手セミナー, 2008年7月.
41)山田 洋平, 竹内 弓子, 和田 知賀博, 谷 祐児, 薮谷 智規, 本仲 純子 : Bacillus subtilis 由来ビリルビンオキシダーゼを利用したビリルビンバイオセンサーの作製, 第14回日本分析化学会中国四国支部分析化学若手セミナー, 2008年7月.
42)弘田 克彦, Susilowati Heni, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 田端 厚之, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 羽地 達次, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるカルシウム振動と胆管上皮細胞死, 第17回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2008年7月.
43)田端 厚之, 齋藤 静香, 坂倉 永里子, 鈴木 圭祐, 山本 泰裕, 篠原 由樹, 福島 江, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : ヒトCD59指向性コレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体認識特性に関する検討, 第17回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2008年7月.
44)廣島 理樹, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : ヒト特異的細胞溶解毒素インターメディリシンの発現調節機構の解析, 第17回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2008年7月.
45)田端 厚之 : 連鎖球菌属が産生するコレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体認識における多様性, 第2回 細菌学若手コロッセウム, 2008年8月.
46)三谷 直子, 上月 康則, 山中 亮一 : 大学生を対象とした環境家計簿による春∼夏期のCO2排出量削減効果について, 日本環境教育学会研究発表要旨集, Vol.19, 251, 2008年8月.
47)藤澤 正一郎, 英 崇夫, 桐山 聰 : 共創的学習空間の構築, 平成20年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 102-103, 2008年8月.
48)下村 直行, 矢野 大輝, 山中 卓, 城山 和己, 寺西 研二, 宇都 義浩, 堀 均 : 固形腫瘍に対するナノ秒パルス電界印加実験, 平成20年電気学会基礎・材料・共通部門大会講演論文集, 227, 2008年8月.
49)草壁 克己, 外輪 健一郎 : はじめて学ぶ化学工学, 化学工学会新潟大会2008, 2008年8月.
50)長浜 正巳, 大西 満智, 湯浅 恵造, 辻 明彦 : 小胞体異常タンパク質分解におけるVCP/p97結合タンパク質UBXD1の役割, 第13回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会, 2008年8月.
51)湯浅 恵造, 泰地 裕美, 長浜 正巳, 松田 佳子, 辻 明彦 : 軟骨分化過程におけるサチライシン様プロプロテインコンベルターゼPACE4の機能解析, 第13回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会, 2008年8月.
52)橋詰 努, 北川 博巳, 米田 郁夫, 高見 正利, 藤澤 正一郎, 末田 統, 鎌田 実 : 歩車道縁石デザインと車いす使用者の身体的負担の評価, 第23回リハ工学カンファレンス論文集, 279-280, 2008年8月.
53)橋詰 努, 北川 博巳, 高見 正利, 米田 郁夫, 藤澤 正一郎, 末田 統, 鎌田 実 : 車いす使用者が安全で快適に走行できる道路環境の研究, --- 車いす使用者の身体振動の計測と評価 ---, 日本福祉のまちづくり学会第11回全国大会概要集, 1-4, 2008年8月.
54)岩見 勝弘, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 北田 貴弘, 中河 義典, 井須 俊郎, 齋藤 伸吾 : フェムト秒レーザー照射により改質されたSiCの電気伝導特性, 第69回応用物理学会学術講演会講演予稿集, Vol.69, No.3, 999, 2008年9月.
55)續木 隆志, 富永 喜久雄, 丸山 貴之, 三河 通男, 森賀 俊広 : PLD法により石英基板上へ作製したIn-Ga-Zn系酸化物透明導電性薄膜の特性, 第69回応用物理学会学術講演会講演予稿集, 526, 2008年9月.
56)安澤 幹人, 枝川 和明, 高岡 宏樹 : γーポリグルタミン酸を用いた微細針状グルコースセンサの作製, 第46回化学センサ研究発表会, 2008年9月.
57)山本 幹二, 佐々木 貴啓, 河村 保彦, 市川 亮一, 津嘉山 正夫 : マイクロ波照射による香酸柑橘類果皮からのフラボノイド成分の迅速抽出, 日本食品科学工学会第55回大会講演集, 2008年9月.
58)藤澤 正一郎, 末田 統, 塩田 洋 : 徳島における視覚障害者のための社会基盤整備に関する研究, 第13回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集, 13-18, 2008年9月.
59)森 篤史, 小林 正裕, 鈴木 良尚 : fcc(111)積層の密充填コロイド結晶における積層不整, 第61回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 97, 2008年9月.
60)鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 : 遠心沈降法によるバルク密充填コロイド結晶育成, 第61回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 98, 2008年9月.
61)濱 克彰, 鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 : 遠心力場中での異粒径粒子間の沈降速度差を利用した二元系コロイド結晶の作製と評価, 第61回コロイドおよび界面化学討論会講演概要集, 366, 2008年9月.
62)熊野 誠実, 三島 有二, 薮谷 智規, 林 由佳子, 本仲 純子 : イオン液体による貴金属元素の抽出挙動, 日本分析化学会第57年会, 2008年9月.
63)白井 昭博, 小野 勉, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 新規gemini型グリシンベタインの合成とその抗菌特性, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
64)室巻 良彦, 白井 昭博, 森下 裕生, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム塩の環境毒性および抗菌性の評価, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
65)森下 裕生, 室巻 良彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム塩の毒性・抗菌活性の定量的構造活性相関解析, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
66)谷村 賢一, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 徐放型固定化殺菌剤の合成とその特性, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
67)冨脇 真理, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : エステル結合型疎水性基を有する新規抗菌剤の合成と抗菌活性, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
68)大徳 桃子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 新規ハイブリット型第四アンモニウム塩の合成, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
69)藤岡 耕太郎, 白井 昭博, 高麗 寛紀, 斉藤 美佳子, 松岡 英明 : 超深焦点可変域顕微システムを使用した抗菌加工固相表面の抗菌作用機作の迅速評価方法の検討, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月.
70)曽我 部咲, 岡崎 貴世, 高麗 寛紀, 松村 佳奈枝, 加藤 一郎, 沢村 信一 : 冷茶と保存容器に関する調査, 日本防菌防黴学会 第35回年次大会, 2008年9月.
71)岡崎 貴世, 曽我 部咲, 高麗 寛紀, 松村 佳奈枝, 加藤 一郎, 沢村 信一 : 冷茶用容器の衛生管理状態に関する調査および検討, 日本防菌防黴学会 第35回年次大会, 2008年9月.
72)小倉 靖弘, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 車いす利用者の移動と日常生活動作に関する研究, 第6回生活支援工学系学会連合大会講演予稿集, 64, 2008年9月.
73)藤澤 正一郎, 三谷 誠二, 末田 統, 塩田 洋 : 徳島における視覚障害者による評価システムの構築, 第6回生活支援工学系学会連合大会講演予稿集, 187, 2008年9月.
74)橋詰 努, 北川 博巳, 高見 正利, 米田 郁夫, 藤澤 正一郎, 末田 統, 鎌田 実 : 車いす利用者の身体振動特性と道路環境の研究, 福祉工学シンポジウム2008講演論文集, 58-61, 2008年9月.
75)間嶌 亮太, 山田 万侑, 安藤 秀仁, 川崎 友興, 増田 幸弘, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : ペロブスカイト型酸窒化物LaTiO2Nの光学特性に粒子径およびSr置換が及ぼす影響, 日本セラミックス協会第21回秋期シンポジウム, 2008年9月.
76)沼田 真央, 張 鋭麗, 前田 智則, 赤澤 祐司, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : アルカリ土類ケイ酸窒化物蛍光体の合成と評価, 日本セラミックス協会第21回秋期シンポジウム, 2008年9月.
77)村井 啓一郎, 鈴木 童子, 桐島 暖, 森賀 俊広 : NおよびNbをドープしたTiO2 の特性と構造評価, 日本セラミックス協会第21回秋期シンポジウム, 2008年9月.
78)右手 浩一 : NMRとクロマトグラフィーによる合成高分子のキャラクタリゼーション, --- 一次構造の分布を調べる ---, 最新高分子分析ハンドブック刊行記念講演会, 2008年9月.
79)吉成 篤史, 山本 紘士, 石田 勝也, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : Zn-In-Ga-O系ホモロガス化合物の構造変化と熱電特性, 日本セラミックス協会第21回秋期シンポジウム, 2008年9月.
80)三谷 誠二, 吉田 敏昭, 小林 聖, 藤澤 正一郎, 末田 統, 田内 雅規 : ロービジョン者における色覚特性の計測1, 第9回日本ロービジョン学会学術集会抄録集, 110, 2008年9月.
81)三谷 誠二, 吉田 敏昭, 小林 聖, 藤澤 正一郎, 末田 統, 田内 雅規 : ロービジョン者における色覚特性の計測2, 第9回日本ロービジョン学会学術集会抄録集, 111, 2008年9月.
82)中村 浩一, 波床 明洋, 大浦 耕二朗, 伊槻 和也, 遠藤 茂, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 : リチウム遷移金属酸化物におけるミリング効果, 日本物理学会 2008年秋季大会, 2008年9月.
83)森 篤史, 鈴木 良尚 : 正方格子パターン上への剛体球系結晶の成長, 日本物理学会講演概要集, Vol.63, No.2, 332, 2008年9月.
84)杉山 茂, 平田 祐規, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 前原 桂子, 安川 隼也, 姫野 嘉之, 二宮 航 : パラジウム導入バナジン酸マグネシウムのプロパン酸化脱水素反応に伴うレドックス挙動, 第102回触媒討論会(触媒討論会A), 2008年9月.
85)菊本 哲雄, 上原 裕也, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 前原 桂子, 安川 隼也, 姫野 嘉之, 二宮 航 : Pd触媒による乳酸ナトリウムの液相酸化反応に対する酸素加圧促進効果, 第102回触媒討論会(触媒討論会A), 2008年9月.
86)加藤 雅裕, 菊地 尚子, 山崎 達也, 吉川 卓志, 和田 守 : 種々の金属を担持したMFIゼオライトによる実バイオエタノールからのC3およびC4オレフィンの選択的合成, 第102回触媒討論会A予稿集, 2008年9月.
87)真鍋 智行, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : リン酸マグネシウムを用いた工業排水からのアンモニアの回収除去, 化学工学会第40回秋季大会, 2008年9月.
88)加藤 裕樹, 和田 隆宏, 西岡 幸則, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : Ni-MCM41によるエチレンからプロピレンの合成, 化学工学会第40回秋季大会, 2008年9月.
89)尾方 敏匡, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : ドデカンジアミンを利用した層状チタン酸ナノシートの形状制御と表面特性, 化学工学会第40回秋季大会, 2008年9月.
90)谷本 裕亮, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 岸田 昌浩 : 有機シリカで被覆した炭素担持Pt触媒の調製とシクロヘキサン脱水素反応に及ぼすシリカ表面特性の影響, 化学工学会第40回秋季大会, 2008年9月.
91)服部 康佑, 池宮 健朗, 前田 智也, 平野 朋広, 右手 浩一 : MMA-HEMA 共重合体の13C NMR スペクトルの多変量解析[II], 第57回高分子討論会予稿集, Vol.57, No.2, 3112, 2008年9月.
92)前田 朋子, 皆川 綾子, 四方 俊幸, 平野 朋広, 右手 浩一 : ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)の水和におよぼす立体規則性の影響, 第57回高分子討論会予稿集, Vol.57, No.2, 3147, 2008年9月.
93)平野 朋広, 山岡 竜介, 宮崎 誉将, 上窪 貴裕, 右手 浩一 : アクリルアミド誘導体のラジカル重合--フッ素化アルコールを用いた立体特異性制御, 第57回高分子討論会予稿集, Vol.57, No.2, 2244-2245, 2008年9月.
94)小飛山 明実, 山崎 達也, 大井 真, 菊地 尚子, 加藤 雅裕, 吉川 卓志, 和田 守 : アルカリ土類金属で修飾されたPt/CeO2系触媒のバイオエタノール水蒸気改質反応特性, 第102回触媒討論会A予稿集, 2008年9月.
95)山口 進太郎, 外輪 健一郎, 高木 要, 杉山 茂, 中川 敬三 : 深溝型マイクロリアクタにおける除熱性能評価, 化学工学会第40回秋季大会, 2008年9月.
96)久米 啓司, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 中川 敬三 : マイクロイオン濃縮デバイスにおける各種陽イオンの濃縮挙動, 化学工学会第40回秋季大会, 2008年9月.
97)黒田 勝也, 外輪 健一郎, 奥山 大輔, 中川 敬三, 杉山 茂 : 温度周期操作下におけるCO酸化反応に及ぼす原料濃度の影響, 化学工学会第40回秋季大会, 2008年9月.
98)池宮 健朗, 服部 康佑, 久保川 愛子, 古賀 徳仁, 平野 朋広, 右手 浩一 : MMAとHEMAのラジカル共重合における共重合連鎖の規制とキャラクタリゼーション[II], 第57回高分子討論会予稿集, Vol.57, No.2, 2242-2243, 2008年9月.
99)板東 洋一, 中村 公彦, 平野 朋広, 森 健, 丸山 厚, 右手 浩一 : シンジオタクチックポリ(N-n-プロピルアクリルアミド)の合成と相転移の協同性, 第57回高分子討論会予稿集, Vol.57, No.2, 2667, 2008年9月.
100)山岡 竜介, 宮崎 誉将, 平野 朋広, 右手 浩一 : N-ブトキシカルボニルアクリルアミドのヘテロタクチックおよびシンジオタクチック特異性ラジカル重合, 第57回高分子討論会予稿集, Vol.57, No.2, 2668, 2008年9月.
101)池宮 昌平, 南川 慶二, 田中 正己 : ウレタン化ポリエチレングリコール粒子分散系ER流体の調製, 第57回高分子討論会, 2008年9月.
102)小松 由利絵, 槇村 卓巳, 南川 慶二, 田中 正己, 森 健 : ポリビニルアミノ酸およびそのハイドロゲルのヒステリシスを伴う熱応答性, 第57回高分子討論会, 2008年9月.
103)加藤 雅裕, 長濱 宏一, 堀河 俊英, 冨田 太平 : パラジウム膜型反応器を用いたメタンのドライリフォーミングによる水素製造, 化学工学会第40回秋季大会, 2008年9月.
104)城山 和己, 矢野 大輝, 寺西 研二, 下村 直行, 宇都 義浩, 堀 均 : ナノ秒パルスパワーの腫瘍へのインビボ印加実験, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 25, 2008年9月.
105)三好 宗一郎, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusのヒト細胞感染現象におけるインターメディリシンと宿主細胞膜構造の役割, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
106)田端 厚之, 齋藤 静香, 坂倉 永里子, 鈴木 圭祐, 篠原 由樹, 福島 江, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : コレステロール及びヒト型CD59を受容体とするCholesterol-dependent cytolysin:Sm-hPAFのコレステロール認識特性に関する検討, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
107)南川 慶二, 池宮 昌平, 田中 正己 : ポリエチレングリコールを用いた粒子分散系および液体混合系のER効果, 第56回レオロジー討論会, 2008年10月.
108)杉山 茂, 稲葉 雄一, 真鍋 智行, 中川 敬三, 外輪 健一郎 : ベーマイトによる水質改善-リンの回収に対するフッ素の効果-, 第18回無機リン化学討論会, 2008年10月.
109)皆川 綾子, 前田 朋子, 四方 俊幸, 平野 朋広, 右手 浩一 : ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)の水和におよぼす立体規則性の影響, 第56 回レオロジー討論会, 2008年10月.
110)橋田 裕美子, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 多剤耐性Serratia marcescensの抗菌剤耐性に関与する遺伝子の同定, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
111)上手 麻希, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 緑膿菌多剤排出ポンプMexEF-OprNの発現に及ぼすmvaT遺伝子の効果, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
112)弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるヒト培養胆管上皮細胞死とgp210の細胞内分布の変動, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
113)辻 洸介, 黒住 亮太, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 適応学習を用いた電動車椅子の障害物回避補助システム, 第18回インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, 353-356, 2008年10月.
114)吉田 貴則, 加藤 雅裕, 堀河 俊英, 冨田 太平 : 臭気発生の低減をめざしたゼオライト系水蒸気吸着材の探索, 第22回日本吸着学会研究発表会, 2008年10月.
115)近藤 明子, 近藤 光男, 三上 千春, 大塚 可奈子, 山本 耕司 : 地域のUターン受け入れ体制がUターン人口移動に及ぼす影響に関する研究, 日本地域学会第45回年次大会学術発表論文集, 2008年10月.
116)宇都 義浩, 遠藤 良夫, 前澤 博, 永澤 秀子, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵を用いたin vivo放射線増感活性評価モデルの開発, 第67回 日本癌学会学術総会, 2008年10月.
117)堀 均, 宇都 義浩, 永澤 秀子, 島村 真里子, 稲山 誠一, 上原 至雅 : 2-アミノメチレン-4-シクロペンテン-1,3-ジオン構造を有する抗血管新生低酸素細胞放射線増感剤の創製, 第67回 日本癌学会学術総会, 2008年10月.
118)丁 育華, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : 地方都市における商業施設に対する消費者の買物意識の分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.38, 229, 2008年11月.
119)三上 千春, 近藤 光男, 近藤 明子 : 四国における観光を目的とした地域間交流に関する研究, 土木計画学研究·講演集, Vol.38, 212, 2008年11月.
120)丁 育華, 近藤 光男, 渡辺 公次郎 : 地方都市における商業施設に対する消費者の買物意識の分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.Vol.38, 229, 2008年11月.
121)鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 : 遠心沈降法によるバルク密充填大型コロイド結晶の作製, NCCG-38予稿集, 4, 2008年11月.
122)橋本 華織, 鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 : コロイド結晶のグレインサイズ制御への結晶化容器形状の利用, NCCG-38予稿集, 5, 2008年11月.
123)坂部 真貴子, 鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 : 共焦点顕微鏡による蛍光分散媒中の微粒子の沈降集積過程の観察, NCCG-38予稿集, 6, 2008年11月.
124)藤原 貴久, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 : リゾチーム正方晶系結晶の外形・表面のその場観察による溶解度測定法, NCCG-38予稿集, 30, 2008年11月.
125)田中 孝典, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 : 共焦点微分干渉顕微鏡を用いたリゾチーム単斜晶系結晶表面のステップ前進速度の測定, NCCG-38予稿集, 31, 2008年11月.
126)池内 良典, 南川 慶二, 田中 正己 : 分子量の異なる末端修飾ポリエチレングリコール系ER流体の調製と評価, 第23回中国四国地区高分子若手研究会, 2008年11月.
127)池宮 昌平, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリエチレングリコールを用いたスリップ層を形成するER流体の調製と評価, 第23回中国四国地区高分子若手研究会, 2008年11月.
128)賀集 健介, バーバー モハメドレダ, 南川 慶二, 田中 正己 : 層状複水酸化物を用いた無機有機複合材料の調製と機能性, 第23回中国四国地区高分子若手研究会, 2008年11月.
129)小松 由利絵, 槇村 卓巳, 南川 慶二, 田中 正己, 森 健 : 大きなヒステリシスを示すポリビニルアミノ酸およびそのハイドロゲルの熱応答挙動, 第23回中国四国地区高分子若手研究会, 2008年11月.
130)伊藤 信成, 加藤 雅裕, 岡野 伸章 : 地球観測センサに見られる信号劣化現象の原因解明への取り組み, 第52回宇宙科学技術連合講演会, 2008年11月.
131)清水 和哉, 岡野 邦宏, 間世田 英明, 雨宮 崇, 内海 真生, 杉浦 則夫 : 藍藻由来生物毒microcystin分解酵素遺伝子の転写制御に関する研究, 第45回日本水処理生物学会大会プログラム, No.27, 2008年11月.
132)岩澤 哲郎, 亀井 俊徳, 西内 優騎, 河村 保彦 : ペンタアリールベンゼン環を有する新規誘導体合成とその触媒反応への利用, 2008年日本化学会西日本大会講演要旨集, 81, 2008年11月.
133)岩澤 哲郎, 西本 宜記, 西内 優騎, 河村 保彦 : クレフト型ジオール構造を鍵とするアニオン認識, 日本化学会西日本大会, 149, 2008年11月.
134)出原 宏司, Le Thi Xuan Thuy, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 都市環境内白金属元素の定量のための試料中鉄の還元析出を利用する分離濃縮, 2008年日本分析化学会西日本大会, 31, 2008年11月.
135)火口 博道, 橋爪 裕也, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 固相抽出/誘導結合プラズマ質量分析法を用いた銅の酸化還元化学形態別定量, 2008年日本化学会西日本大会, 31, 2008年11月.
136)山岡 徹, 福田 晃規, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 食塩中マグネシウムを共沈担体とする微量元素分離濃縮, 2008年日本化学会西日本大会, 32, 2008年11月.
137)飯沼 明子, 横田 昌幸, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子 : 強塩基性条件下での両性金属イオン分離およびその簡易分析への応用, 2008年日本化学会西日本大会, 34, 2008年11月.
138)徳山 直宜, 南川 慶二, 田中 正己 : ウレタン混合系ER流体の調製とER効果の温度依存性, 2008年日本化学会西日本大会, 2008年11月.
139)池宮 昌平, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリエチレングリコールを用いたスリップ層を形成するER流体の調製, 2008年日本化学会西日本大会, 2008年11月.
140)南川 慶二, 池宮 昌平, 田中 正己 : 末端修飾ポリエチレングリコール分散系のエレクトロレオロジー特性, 2008年日本化学会西日本大会, 2008年11月.
141)賀集 健介, バーバー モハメドレダ, 南川 慶二, 田中 正己 : LDH/高分子複合材料を用いたER流体の調製, 2008年日本化学会西日本大会, 2008年11月.
142)小松 由利絵, 別府 卓, 南川 慶二, 田中 正己, 森 健 : 強固な分子内相互作用に由来する温度応答性ポリ(N,N'-アルキルメチレンマロンアミド)の異常な熱履歴現象, 2008年日本化学会西日本大会, 2008年11月.
143)内田 直祐, 鈴木 良尚, 田村 勝弘 : 正方晶系リゾチーム結晶のステップ前進速度に及ぼすpHの効果, 2008日本化学会西日本大会, 2008年11月.
144)武部 悠一郎, 安澤 幹人 : 免疫センサにおける非特異吸着の抑制, 2008年日本化学会西日本大会, 2008年11月.
145)西村 勇哉, 高岡 宏樹, 安澤 幹人 : マイクロテーパー針を用いた低侵襲測定用グルコースセンサの開発, 2008年日本化学会西日本大会, 2008年11月.
146)池端 潔人, 小出 崇志, 高岡 宏樹, 安澤 幹人 : 極性を有するシリカ薄膜形成による生体適合性表面の作製, 2008年日本化学会西日本大会, 2008年11月.
147)長岡 正尚, 野本 信一, 安澤 幹人 : ペルヒドロポリシラザンを用いた撥水性薄膜形成技術の開発(II), 2008年日本化学会西日本大会, 2008年11月.
148)山田 洋平, 和田 知賀博, 谷 裕児, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子, 酒瀬川 信一, 櫻庭 春彦, 大島 敏久 : Bacillus Subtilis 由来 CotAのバイオセンサーへの利用, 2008年日本化学会西日本大会, 179, 2008年11月.
149)鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 : 遠心沈降法による微粒子の自己集積過程, 2008日本化学会西日本大会, 2008年11月.
150)和田 隆宏, 加藤 裕樹, 西岡 幸則, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : ニッケル修飾メソポーラスシリカによるエタノールおよびエチレンを原料としたプロピレン合成, 化学工学会関西支部姫路大会, 2008年11月.
151)井内 裕敏, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : トリブロックコポリマーを用いたメソポーラスチタニア薄膜の調製とその特性評価, 化学工学会 姫路大会2008, 89, 2008年11月.
152)吉岡 歩美, 堀河 俊英, 鵜﨑 章加, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : 透明性多孔質光触媒薄膜の調製とその性能評価, 化学工学会 姫路大会2008, 90, 2008年11月.
153)室巻 良彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム塩の安全性評価, 第121回徳島生物学会, 2008年11月.
154)松尾 繁樹, 角 治樹, 富田 卓朗, 橋本 修一 : ホウケイ酸ガラスのフェムト秒レーザー誘起選択エッチング, 第27回固体・表面光化学討論会講演要旨集, Vol.27, 85-86, 2008年11月.
155)Werner Daniel, 橋本 修一, 富田 卓朗, 松尾 繁樹 : その場観察法を用いたレーザーアブレーションによる金ナノ粒子作製法の検討, 第27回固体・表面光化学討論会講演要旨集, Vol.27, 77-78, 2008年11月.
156)徳見 憲亮, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : フェムト秒レーザー照射と高温エッチングによるサファイアの内部加工, 第27回固体・表面光化学討論会講演要旨集, Vol.27, 113-114, 2008年11月.
157)高井 宏章, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : 金ナノ粒子を利用した透明無機固体材料の微細光加工の試み, 第27回固体・表面光化学討論会講演要旨集, Vol.27, 115-116, 2008年11月.
158)木山 聡, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : フェムト秒レーザー支援エッチング加工よる微小流体制御素子の開発, 第27回固体・表面光化学討論会講演要旨集, Vol.27, 119-120, 2008年11月.
159)三好 弘一, 片山 周平, 倉科 昌, 金崎 英二 : 酸化チタンナノ構造体に被包したメチルビオロゲンの光化学的挙動, 第27回固体・表面光化学討論会, 2008年11月.
160)櫂谷 繁広, 日浦 宏一, 三好 弘一, 片山 周平, 倉科 昌, 金崎 英二 : ルテニウム錯体を内部に高密度に固定し被包した酸化チタンナノ構造体の調製, 第27回固体・表面光化学討論会, 2008年11月.
161)和田 知賀博, 遠藤 剛, 山田 洋平, 谷 裕児, 林 由佳子, 薮谷 智規, 本仲 純子 : カーボンナノチューブゲルを用いたオスミウム錯体/Glucose oxidase 固定化電極の作製とそのバイオ電池への応用, 第54回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, Vol.54, No.3, 221, 2008年11月.
162)百瀬 陽, 服部 康佑, 元永 彰, 平野 朋広, 右手 浩一 : 13C NMRスペクトルの多変量解析によるアクリル系共重合体の組成決定, 第13回高分子分析討論会講演要旨集, 175-176, 2008年11月.
163)那須 翔, 平野 朋広, 右手 浩一 : 水素結合を利用したN-イソプロピルアクリルアミドの立体特異性ラジカル重合, --- 液体クロマトグラフィを用いた立体規則性分布の解析 ---, 第13回高分子分析討論会講演要旨集, 125-126, 2008年11月.
164)右手 浩一 : 溶液NMRの新しいアプローチによる高分子の化学構造分布の解析, 第17回ポリマー材料フォーラム講演予稿集, 23-24, 2008年11月.
165)森下 裕生, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 無機/有機ハイブリッド抗菌剤の収着・徐放性に関する研究, 日本防菌防黴学会2008年度若手の会, 2008年11月.
166)上田 昭子, 橘 あゆみ, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 真菌類に対するジェミニ型第四アンモニウム塩の作用機構, 日本防菌防黴学会2008年度若手の会, 2008年11月.
167)垣口 貴沙, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ヒト特異的な細胞溶解毒素インターメディリシンの膜孔形成に関与する分子構造の解析, 第120回徳島生物学会, 2008年11月.
168)佐々木 千鶴, 渡辺 隆司, 中村 嘉利 : 未利用セルロース系バイオマスからの有用高分子物質の生産, 08-2 NMR研究会, 2008年12月.
169)中村 嘉利 : リグノセルロースを用いたエタノールの生産プロセスと技術課題, 技術情報協会セミナー, 2008年12月.
170)石川 洋子, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : サルモネラ属細菌が保有する小型分子シャペロンAgsAのN末端とC末端領域の機能解析, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
171)廣島 理樹, 友安 俊文, 小南 章, 田端 厚之, 菊池 賢, 佐々木 崇, 馬場 理, 平松 啓一, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusが保有するヒト特異的細胞溶解毒素インターメディリシンをコードするily遺伝子のプロモーター領域の解析, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
172)坂倉 永里子, 田端 厚之, 齋藤 静香, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 癌標的化毒素を用いた癌療法のための効果的DDSの開発, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
173)齋藤 静香, 田端 厚之, 坂倉 永里子, 鈴木 圭祐, 垣口 貴沙, 篠原 由樹, 福島 江, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : コレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体認識特性に関する検討, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
174)伊藤 真理, 小野 恒子, 松浦 千惠子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 山本 明毅, 谷口 友伯, 長宗 秀明 : 緑膿菌臨床分離株のバイオフィルム形成におけるcyclic-di-GMPの関与について, 第32回徳島県医学検査学会, 2008年12月.
175)中村 浩一, 波床 明洋, 大浦 耕二朗, 伊槻 和也, 遠藤 茂記, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 : リチウム遷移金属酸化物の構造変化におけるミリング効果, 第34回固体イオニクス討論会講演要旨集, 21-22, 2008年12月.
176)原田 敏司, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 交差点周辺の音場再現に関する研究, 第9回システムインテグレーション部門講演会(SI2008)論文集, 1295-1296, 2008年12月.
177)松下 征司, 藤澤 正一郎, 末田 統, 上田 喜敏, 宮本 忠吉, 中原 英博, 橋詰 努, 北川 博己, 土川 忠浩 : 車いす駆動トルクの相違による身体負荷の生理学的検証, 第9回システムインテグレーション部門講演会(SI2008) 論文集, 1299-1300, 2008年12月.
178)藤村 甫, 松田 靖史, 藤澤 正一郎, 末田 統, 堀口 知彦, 齋藤 聡佳 : 計測用下肢装具を用いた適合評価に関する研究, 第9回システムインテグレーション部門講演会(SI2008) 論文集, 1301-1302, 2008年12月.
179)上田 喜敏, 末田 統, 藤澤 正一郎 : 障害者のためのキーボードカバーの問題点と提案, 第9回システムインテグレーション部門講演会(SI2008) 論文集, 1311-1312, 2008年12月.
180)藤塚 将行, 山口 誠, 上野 滋, 三浦 一郎, 江利川 亘, 富田 卓朗 : 4H-SiCにおけるインデンテーション圧痕部の顕微ラマン分光, SiC及び関連ワイドギャップ半導体研究会講演会予稿集, Vol.17, 76-77, 2008年12月.
181)岩見 勝弘, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 齋藤 伸吾, 阪井 清美 : フェムト秒レーザー改質された4H-SiCの赤外分光, SiC及び関連ワイドギャップ半導体研究会講演会予稿集, Vol.17, 121-122, 2008年12月.
182)富田 卓朗, 岡田 達也, 河原 啓之, 熊井 亮太, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 山口 誠, 上野 滋, 川本 昌子, 新藤 恵美, 吉田 明 : フェムト秒レーザー照射による4H-SiC改質部のTEM観察とラマン分光, SiC及び関連ワイドギャップ半導体研究会講演会予稿集, Vol.17, 125-126, 2008年12月.
183)長目 健, 湯浅 恵造, 山上 真, 長浜 正巳, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼとRhoエフェクターRhotekinとの相互作用の解析, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学大会合同大会, 2008年12月.
184)湯浅 恵造, 山上 真, 長目 健, 長浜 正巳, 辻 明彦 : II型cGMP依存性プロテインキナーゼと小胞輸送制御因子Rab11bとの相互作用の解析, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学大会合同大会, 2008年12月.
185)菊池 弥生, 湯浅 恵造, 長浜 正巳, 辻 明彦 : 植物システインプロテアーゼRD21の精製と生化学的性質の解析, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学大会合同大会, 2008年12月.
186)辻 明彦, 菊池 弥生, 雑賀 裕子, 湯浅 恵造, 長浜 正巳 : オクルーディングループ構造の違いによる植物カテプシンBの特性, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学大会合同大会, 2008年12月.
187)橋詰 努, 北川 博巳, 上田 喜敏, 宮本 忠吉, 高見 正利, 米田 郁夫, 鎌田 実, 松下 征司, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 車いす走行中のエネルギー代謝と身体的負担の研究, 日本機械学会第17回交通・物流部門講演会講演論文集, 343-346, 2008年12月.
188)外輪 健一郎 : 計算流体力学を利用した深溝型マイクロリアクタの解析, 岡山マイクロリアクターネット平成20年度第3回例会, 2008年12月.
189)渡邊 隆之, 丸尾 洋一, 坂本 晃彦, 植野 貴大, 河村 亮輔, 富永 喜久雄, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : 対向ターゲット式DCマグネトロンスパッタリング法によりPET基板上に作製した酸化亜鉛-酸化インジウム系透明導電膜, 第47回セラミックス基礎科学討論会, 2009年1月.
190)山本 紘士, 吉成 篤史, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : Zn-In-Ga-O系ホモロガス化合物のAl置換がもたらす結晶構造と熱電性能の変化, 第47回セラミックス基礎科学討論会, 2009年1月.
191)木山 聡, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一 : Microfluidic devices のための埋め込み型可動構造物の作製, レーザー学会学術講演会第29回年次大会講演予稿集, Vol.29, 116, 2009年1月.
192)熊井 亮太, 富田 卓朗, 森田 健, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 井須 俊郎 : 100kHzフェムト秒レーザーを用いた半導体へのナノ周期構造の作製, レーザー学会学術講演会第29回年次大会講演予稿集, Vol.29, 125, 2009年1月.
193)間世田 英明 : クォラムセンシング機構と異物排出システム, 第43回緑膿菌感染症研究会, 27-32, 2009年2月.
194)Uwate Maki, 間世田 英明 : 緑膿菌多剤耐性ポンプMexEF-OprN制御領域の解析, 第43回緑膿菌感染症研究会, 108-116, 2009年2月.
195)外輪 健一郎 : 晶析装置のシミュレーション技術, 第21回CES21講演会, 2009年2月.
196)宇都 義浩, 安部 千秋, 新元 優也, 中江 崇, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 遠藤 良夫, 皆巳 和賢, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵を用いた in ovo 放射線増感活性評価系の確立, 第11回癌治療増感研究シンポジウム, 2009年2月.
197)杉山 茂 : 鉄鋼製造プロセス適合型アンモニア性窒素回収-再生プロセスの開発, 財団法人鉄鋼業環境保全技術開発基金助成水質分野研究討論会, 2009年2月.
198)森賀 俊広 : アニオン・カチオン比制御により7色に変わる酸窒化物LaTiO2N, 第13回徳島地区分析技術セミナー, 2009年2月.
199)渡辺 公次郎, 星野 弘明, 松田 智太, 近藤 光男 : 災害時要援護者を考慮した避難シミュレーションモデルの開発, 第2回四国GISシンポジウム, C-5, 2009年2月.
200)玉有 朋子, 渡辺 公次郎, 鈴木 圭一, 近藤 光男 : 携帯電話とパソコンを用いた遺跡情報提供システムの開発, 第2回四国GISシンポジウム, C-2, 2009年2月.
201)重永 雄大, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 世帯の空間分布予測モデルの開発, 第2回四国GISシンポジウム, B-1, 2009年2月.
202)川野 峻弘, 小溝 悦之, 神戸 梓, 川城 克博 : α-キモトリプシンを触媒とするN-保護ジペプチドメチルエステルの合成, 日本化学会第89年会講演要旨集, 2009年3月.
203)小溝 悦之, 川野 峻弘, 古川 真弓, 川城 克博 : パパインを触媒とするN-保護ジペプチドメチルエステルの合成, 日本化学会第89年会講演要旨集, 2009年3月.
204)橋本 修一, 井上 晃太, 宇和田 貴之 : 金ナノ粒子担持ゼオライト結晶の作製とキャラクタリゼーション, 第7回プラズモニクス研究会講演要旨集, 2009年3月.
205)鹿山 鎭男, 小野 恒子, 山本 明毅, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensing機構とrpoS遺伝子がofloxacin抵抗性に及ぼす影響について, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
206)山本 明毅, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌における抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構に関する研究 ∼蛍光染色法による解析∼, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月.
207)谷口 友伯, 鹿山 鎭男, 山本 明毅, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : 緑膿菌臨床分離株の付着表現型におけるcyclic-di-GMPの関与について, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
208)弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導される小胞体異常とgp210の細胞内分布の変動, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
209)上手 麻希, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 緑膿菌多剤排出ポンプMexEF-OprNの発現制御の解析, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月.
210)橋田 裕美子, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 多剤耐性Serratia marcescens の抗菌剤耐性に関与する遺伝子の同定, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月.
211)友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptooccus intermediusのストレス誘導型シャペロンDnaKの機能解析, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
212)金 幸美, 辻 めぐみ, 岡田 浩太郎, 岩澤 哲郎, 西内 優騎, 河村 保彦 : [60]フラーレンと化学修飾メソイオン化合物との付加環化反応: 長鎖アルコキシフェニル基または糖鎖連結メソイオン化合物, 日本化学会第89春季年会講演予稿集, 2009年3月.
213)岩澤 哲郎, 西本 宜記, 西内 優騎, 河村 保彦 : アミノ酸の側鎖構造の違いが与えるアニオン認識能への影響, 日本化学会第89春季年会講演予稿集, 2009年3月.
214)炭本 真, 林 達也, 岩澤 哲郎, 西内 優騎, 河村 保彦 : トリおよびテトラアリール置換エテンの光幾何異性化反応, 日本化学会第89春季年会講演予稿集, 2009年3月.
215)川崎 昂, 別宮 慎二郎, 岩澤 哲郎, 西内 優騎, 河村 保彦 : 光トリガーを内包したエンジイン前駆体の水素引抜きとDNA切断活性, 日本化学会第89春季年会講演予稿集, 2009年3月.
216)肥田 和男, 金岡 大樹, 岩澤 哲郎, 西内 優騎, 河村 保彦 : アリールブタトリエンの電荷移動反応:sp混成窒素を有する安定な環状化合物の生成, 日本化学会第89春季年会講演予稿集, 2009年3月.
217)岩澤 哲郎, 亀井 俊徳, 西内 優騎, 河村 保彦 : 軸不斉を有するオルト3置換ビアリールの触媒的直接合成, 日本化学会第89春季年会講演予稿集, 2009年3月.
218)梅本 直, 西内 優騎, 岩澤 哲郎, 河村 保彦 : ニトロナートによるα-置換アリリックMgアルコキシドへの立体選択的環状付加反応およびアルコキシド添加効果, 日本化学会第89春季年会講演予稿集, 2009年3月.
219)高橋 祐樹, 西内 優騎, 梅本 直, 岩澤 哲郎, 河村 保彦 : 3-カルボニル置換-2-イソオキサゾリジンの還元および位置選択的開裂反応による官能基変換, 日本化学会第89春季年会講演予稿集, 2009年3月.
220)金 惠珍, 友安 俊文, 田端 厚之, 菅井 基行, 赤松 優, 長宗 秀明 : 融合PCRイムノクロマトグラフィーによる迅速細菌検査, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月.
221)垣口 貴沙, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ヒト特異的な細胞溶解毒素インターメディリシン(ILY)の膜孔形成を誘導する構造変化領域の解析, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
222)友安 俊文, 田端 厚之, 菊池 賢, 佐々木 崇, 馬場 理, 平松 啓一, 長宗 秀明 : カタボライト抑制因子CcpAによるヒト特異的細胞溶解毒素インターメディリシンの発現調節機構の解析, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月.
223)山田 万侑, 間嶌 亮太, 安藤 秀仁, 川﨑 友興, 増田 幸弘, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : ペロブスカイト型酸窒化物LaTiO2Nの粒子径と光学特性, 日本セラミックス協会2009年会, 2009年3月.
224)城山 和己, 矢野 大輝, 寺西 研二, 下村 直行, 宇都 義浩, 堀 均 : 腫瘍へのナノ秒パルスパワー印加インビボ実験, 平成21年電気学会全国大会講演論文集, 219, 2009年3月.
225)杉山 茂, 菊本 哲雄, 田中 春樹, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 前原 桂子, 姫野 嘉之, 二宮 航 : Pd/C系触媒のPd周りの微細構造と酸化脱水素活性, 化学工学会第74年会, 2009年3月.
226)中川 敬三, 山口 和希, 尾方 敏匡, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : アミン系界面活性剤を用いた水熱合成法による薄片状ニオブ酸ナノシートの形成と形態制御, 化学工学会第74年会, 2009年3月.
227)谷本 裕亮, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : 官能基を有するシリカで被覆された炭素担持Pt触媒の表面構造解析と脱水素特性, 化学工学会第74年会, 2009年3月.
228)外輪 健一郎, 山口 進太郎, 杉山 茂, 中川 敬三 : 深溝型マイクロリアクタを利用したマイクロ化学プラントの開発, 化学工学会第74年会, 2009年3月.
229)久米 啓司, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 中川 敬三 : 多段マイクロイオン濃縮デバイスのイオン濃縮性能, 化学工学会第74年会, 2009年3月.
230)山本 篤, 外輪 健一郎, 中川 敬三, 杉山 茂 : 合流部に微細加工を施した深溝型マイクロリアクタにおける流動状態, 化学工学会第74年会, 2009年3月.
231)堀河 俊英, 秋山 和英, 浅野 裕之, 加藤 雅裕, 冨田 太平 : CVD法による酸化チタン薄膜構成粒子の生成と成長, 化学工学会第74年会講演要旨集, I207, 2009年3月.
232)堀河 俊英, 前垣 貴宏, 星 将広, 加藤 雅裕, 冨田 太平, 三宅 義和 : 酸化物ナノ粒子の液液抽出による分級, 化学工学会第74年会, I317, 2009年3月.
233)中西 郁夫, 宇都 義浩, 大久保 敬, 川島 知憲, 松本 謙一郎, MANDA Sushma, 堀 均, 福原 潔, 奥田 晴宏, 伊古田 暢夫, 小澤 俊彦, 安西 和紀 : ブラジル産プロポリスに含まれるフェノール性抗酸化物質およびその誘導体のラジカル消去機構, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
234)中江 崇, 宇都 義浩, 安部 千秋, 新元 優也, 金園 剛行, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 富永 正英, 前澤 博, 増永 慎一郎, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵モデルによる糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤TX-2244の腫瘍移行性, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
235)金園 剛行, 宇都 義浩, 中江 崇, 柴田 明奈, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 富永 正英, 前澤 博, 中田 栄司, 堀 均 : メチル化グルコース・糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
236)山下 洋平, 宇都 義浩, 大津木 護, 白井 斉, 中田 栄司, 堀 均 : プレニル化3,4-ジヒドロキシケイ皮酸(カフェ酸)誘導体のLDL抗酸化活性, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
237)辻 祐亮, 宇都 義浩, 中田 栄司, 永澤 秀子, 河野 悠介, 藤田 秀司, 千葉 一裕, 堀 均 : マクロファージ活性化に関わるGalNAcの結合様式, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
238)安部 千秋, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 堀 均 : 鶏卵胚を用いた静脈投与による致死率を指標としたin vivo抗酸化活性評価法の構築, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
239)新元 優也, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 安部 千秋, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 佐々木 有紀, 皆巳 和賢, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵を用いた in ovo 放射線増感活性評価系の確立, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
240)佐野 圭一郎, 宇都 義浩, 中島 宏一郎, 中田 栄司, 山本 五郎, 堀 均 : 温熱療法;Radio FrequencyとThermal Hyperthermia の抗がん効果, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
241)三原 法秀, 林 慧, 岡部 泰之, 上田 聡, 奥田 健介, 宇都 義浩, 堀 均, 永澤 秀子 : 交差共役ケトン骨格を有する抗腫瘍性血管新生阻害剤の構造活性相関, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
242)富田 卓朗, 岡田 達也, 河原 啓之, 熊井 亮太, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 山口 誠, 上野 滋, 川本 昌子, 新藤 恵美, 吉田 明 : 顕微ラマン分光およびTEM/EELSによるレーザー誘起表面ナノ構造の解析, 日本物理学会年次大会, Vol.64, No.4, 749, 2009年3月.
243)湯浅 恵造, 長目 健, 山上 真, 長浜 正巳, 辻 明彦 : cGMP依存性プロテインキナーゼ結合タンパク質の同定および機能解析, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009年3月.
244)小飛山 明実, 山崎 達也, 菊池 尚子, 加藤 雅裕, 吉川 卓志, 和田 守 : 種々の金属を添加したPt/CeO2触媒のバイオエタノール水蒸気改質反応特性, 日本化学会第89春季年会講演予稿集, 2M1-49, 2009年3月.
245)中田 栄司, 行待 芳浩, 假屋園 大和, 任 仙光, 宇都 義浩, 堀 均 : 癌の低酸素環境を標的とした蛍光プローブの開発, 日本化学会第89春季年会, 2009年3月.
246)倉科 昌, 井上 直紀, 江口 顕生, 金崎 英二, 志賀 拓也, 大塩 寛紀 : 遷移金属層状水酸化物のナノシート化による磁気的性質の変化, 日本化学会第89春季年会, 2009年3月.
247)杉山 茂, 和田 隆宏, 小川 史郎, 中川 敬三, 外輪 健一郎 : ニッケル修飾FSM-16によるエタノールからプロピレンへの変換反応, 第103回触媒討論会(触媒討論会A), 2009年3月.
248)中川 敬三, 谷本 裕亮, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 竹中 壮, 岸田 昌浩 : 回分式有機ハイドライド脱水素反応における炭素担持Pt触媒のシリカ被覆効果, 第103回触媒討論会(触媒討論会A), 2009年3月.
249)加茂 佑一, 金崎 英二, 倉科 昌 : Cu(edtmp)錯体を含むMg/Al層状複水酸化物の可逆的な層構造変化, 日本化学会第89春季年会, 2009年3月.
250)舟越 俊弘, 倉科 昌, 金崎 英二 : 層状複水酸化物への[Eu(EDTMP)]錯体のインターカレーション, 日本化学会第89春季年会, 2009年3月.
251)橋本 修一, Werner Daniel : 液中レーザーアブレーションによる金属ナノ粒子生成過程の分光法による検討, 日本化学会第89春季年会講演要旨集CDROM, 2009年3月.
252)山崎 達也, 菊池 尚子, 加藤 雅裕, 吉川 卓志, 和田 守 : 種々の金属を助触媒としたFe-MFI触媒による実バイオエタノールからのオレフィン合成反応特性, 第103回触媒討論会A予稿集, 138, 2009年3月.
253)佐々木 千鶴 : バイオマスの利用に向けて, とくしま環境県民会議シンポジウム, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1)中田 栄司 : グローバルな視点を持った研究者となるために―海外留学のすすめ―, 日亜特待生懇談会, 2008年4月.
2)森賀 俊広, 村井 啓一郎 : 希土類-遷移金属ワイドギャップ酸窒化物のノンストイキオメトリ・粒子径依存色調制御, 文部科学省科学研究費補助金希土類特別研究促進費打合会, 2008年5月.
3)平野 朋広 : N-イソプロピルアクリルアミドの立体特異性ラジカル重合-水素結合性錯体の構造と立体特異性との関係-, 08-1 NMR研究会, 2008年5月.
4)服部 康佑, 久保川 愛子, 平野 朋広, 右手 浩一 : MMA-HEMA共重合体の13C NMRスペクトルの多変量解析, 08-1 NMR研究会, 2008年5月.
5)高麗 寛紀 : 「JIS L1902繊維製品の抗菌性試験方法・抗菌効果」がISO20743として登録, 日本防菌防黴学会第36回通常総会付設講演会, 2008年5月.
6)森賀 俊広 : ITO枯渇時代における新しい透明導電膜材料, --- 酸化亜鉛-酸化インジウム系ホモロガス化合物とIZOアモルファス薄膜 ---, 情報機構セミナー, 2008年5月.
7)堀河 俊英 : 液液抽出を利用したナノ粒子分級の可能性, 第2回中四国若手CEコロキウム, 2-3, 2008年5月.
8)間世田 英明 : 日和見感染菌の抗菌剤耐性機構の解明と制御, 2008年5月.
9)右手 浩一 : 高分子の分析, --- わかりやすい高分子入門 ---, 第43回高分子の基礎と応用講座, 34-47, 2008年6月.
10)杉本 直登, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : バリウム水酸アパタイト担持バナデート触媒および関連触媒によるプロパンの酸化脱水素反応, 第2回触媒道場, 2008年6月.
11)和田 隆宏, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : ニッケル修飾MCM-41によるエタノールからプロピレン合成, 第2回触媒道場, 2008年6月.
12)真鍋 智行, 清水 由佳, 杉山 茂, 中川 敬三, 外輪 健一郎 : カルシウム水酸アパタイト薄膜による重金属の回収-溶出特性, 第2回中四国若手CE合宿, 2008年8月.
13)中川 敬三, 尾方 敏匡, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : ドデカンジアミンが形成するラメラ相を利用した薄片状チタン酸ナノシートの合成, 化学工学会中国四国支部第2回若手CE合宿, 2008年8月.
14)谷本 裕亮, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 岸田 昌浩 : 有機シリカで被覆された炭素担持Pt触媒を用いた回分式シクロヘキサン脱水素反応, 化学工学会中国四国支部第2回若手CE合宿, 2008年8月.
15)久米 啓司, 外輪 健一郎, 中川 敬三, 杉山 茂 : マイクロチャネルを利用したイオン濃縮技術の開発と性能評価, 第2回中四国若手CE合宿, 2008年8月.
16)黒田 勝也, 外輪 健一郎, 杉山 茂, 中川 敬三 : 触媒反応における温度周期操作がCO酸化反応に及ぼす影響, 第2回中四国若手CE合宿, 2008年8月.
17)森賀 俊広 : 酸化亜鉛-酸化インジウム系アモルファス透明導電膜, 第3回 産・官・学研究マッチング -夢の融合 中国四国エリアのセラミックス技術-, 2008年8月.
18)右手 浩一, 平野 朋広 : 光開始ラジカル重合によるポリマーの分子構造制御, --- 立体規則性・共重合組成・新しい分析法による構造解析 ---, 第8回エンジニアリングフェスティバル, 2008年9月.
19)右手 浩一 : 高分子のクロマトグラフィーの基礎, 第20回 高分子基礎物性研究会講座, 2008年10月.
20)森賀 俊広 : 組成比により色の制御が可能な酸窒化物, 平成20年度色材講演会, 2008年10月.
21)加藤 裕樹, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : MCM-41および関連触媒系によるエチレンからプロピレンへの変換反応, 第18回キャラクタリゼーション講習会, 2008年10月.
22)森賀 俊広 : 7色に変わる酸窒化物, 平成20年度 岡山地区化学講演会, 2008年11月.
23)富田 卓朗, 岡田 達也, 河原 啓之, 熊井 亮太, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 山口 誠, 上野 滋, 川本 昌子, 新藤 恵美, 吉田 明 : SiCへのフェムト秒レーザー照射によって誘起されたアモルファス相の分析, 励起ナノプロセス研究会, Vol.4, P-11, 2008年11月.
24)岩見 勝弘, 富田 卓朗, 松尾 繁樹, 橋本 修一, 齋藤 伸吾, 阪井 清美 : シリコンカーバイドにおけるフェムト秒レーザー改質部の赤外分光, 励起ナノプロセス研究会, Vol.4, P-10, 2008年11月.
25)中村 浩一, 大浦 耕二朗, 波床 明洋, 伊槻 和也, 遠藤 茂記, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広, 和田 智志 : リチウム化合物における結晶構造の乱れとイオンダイナミクス, 第15回中国・四国・北九州地区誘電体セミナー, 2008年12月.
26)松尾 繁樹, 木山 聡, 徳見 憲亮, 富田 卓朗, 橋本 修一 : 透明固体材料の内部加工と内部駆動, レーザー学会第382回研究会, 19-23, 2008年12月.
27)鈴木 良尚 : 沈降プロセスにおけるコロイド結晶の構造制御, 学習院大学計算機センター特別研究プロジェクト「結晶成長の数理」第三回研究会―パターン形成と構造の制御―, 376, 2008年12月.
28)三谷 直子, 上月 康則, 山中 亮一 : 環境家計簿作成による環境配慮意識向上とCO2排出量削減効果について, 平成20年度 全学FD徳島大学教育カンファレンス, 15-16, 2009年1月.
29)森賀 俊広, 村井 啓一郎 : 希土類-遷移金属ワイドギャップ酸窒化物のノンストイキオメトリ・粒子径依存色調制御, 文部科学省科学研究費補助金希土類特別研究促進費成果報告会, 2009年1月.
30)松木 均 : 大鵬薬品工業包括協定における研究紹介, 知的財産本部ニュース, Vol.10, 2-3, 2009年1月.
31)森賀 俊広 : 同一素材により三原色を呈するLaTiO2N顔料, nano bio Expo 2009/nano tech 総合展, 2009年2月.
32)平野 朋広 : 立体規則性ポリ(N-アルキルアクリルアミド)の合成と相転移挙動, 高分子学会北陸支部福井地区講演会, 2009年3月.
33)前垣 貴宏, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 三宅 義和 : Fe3O4ナノ粒子の水相から油相への相間移動現象に関する研究, 第3回 Chem-Eng研究会ミニシンポジウム, 8, 2009年3月.
34)関田 知喜, 堀河 俊英, 加藤 雅裕, 林 順一 : 炭化物への水蒸気吸着に及ぼす細孔特性の影響, 第3回 Chem-Eng研究会ミニシンポジウム, 14, 2009年3月.
35)揖澤 輝学, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : シリカ層にスルホン酸基を付与したシリカ被覆Pt触媒の調製と酸特性評価, 第三回 Chem-Eng研究会ミニシンポジウム, 9, 2009年3月.
36)梅﨑 陽介, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : 界面活性剤が形成するラメラ相を利用したハイドロキシアパタイトナノ材料の創製, 第三回 Chem-Eng研究会ミニシンポジウム, 10, 2009年3月.
37)山口 和希, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : アミン系界面活性剤を用いた薄片状ニオブ酸ナノシートの合成と表面特性, 第三回 Chem-Eng研究会ミニシンポジウム, 11, 2009年3月.
38)谷本 裕亮, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : 有機シリカで被覆された炭素担持Pt 触媒の表面構造解析と触媒活性評価, 第三回 Chem-Eng研究会ミニシンポジウム, 12, 2009年3月.
39)尾方 敏匡, 中川 敬三, 外輪 健一郎, 杉山 茂 : 界面活性剤を利用した水熱合成法によるセリアナノシートの創製, 第三回 Chem-Eng研究会ミニシンポジウム, 13, 2009年3月.
40)外輪 健一郎 : マイクロ化学プラントと化学工学, 第三回 Chem-Eng研究会ミニシンポジウム, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 報告書

1)水口 裕之, 木戸口 善行, 八房 智顯, 犬伏 宏行 : バイオマスエネルギー資源の利活用による分散型エネルギー社会の構築に係る要素技術の開発とその適用システムに関する研究, 2008年4月.
2)堀河 俊英, 礒田 隆司 : ディップコーティング法による可視光応答光触媒薄膜の創製とその光分解特性評価, 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部研究報告, No.53, 33-39, 2008年5月.
3)加藤 雅裕, 森賀 俊広, 森 得祐, 間嶌 亮太, 山田 万侑 : 可視光応答型光触媒の合成と環境浄化プロセスの開発, 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部研究報告, No.53, 1-7, 2008年6月.
4)杉山 茂 : 貴金属およびその合金を用いた触媒反応の検討と触媒構造解析, 平成19年度共同研究プロジェクト研究成果報告書, 徳島, 2008年7月.
5)中川 敬三 : 水素供給技術の実用化へ向けた高い耐久性を有するシリカ被覆Pt触媒の開発, 国立大学法人徳島大学シーズ集 2008, 77, 徳島, 2008年10月.
6)末田 統, 藤澤 正一郎 : 平成19年度標準化関係業務「視覚障害者誘導用ブロック等の視認性に係る標準化」に係る成果報告書, 独立行政法人製品評価技術基盤機構委託業務成果報告書, 1-83, 徳島, 2008年12月.
7)Shigeru Sugiyama, Yuya Uehara, Yuuki Hirata, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Toshihiro Moriga : XAFS evidence on redox-nature of palladium in Pd-Mg3V2O3 catalysts, Photon Factory Activity Report 2007, Vol.25B, 131, Tsukuba, Feb. 2009.
8)Keizo Nakagawa, Sakae Takenaka, Masahiro Kishida, Shigeru Sugiyama, Ken-Ichiro Sotowa and Toshihiro Moriga : Analysis of local structures of Pt-based alloy nanoparticles coated with silica layers upon formation of nanoscale carbon, Photon Factory Activity Report 2007, Vol.25B, 129, Tsukuba, Feb. 2009.
9)杉山 茂 : 鉄鋼製造プロセス適合型アンモニア性窒素回収-再生プロセスの開発, 財団法人鉄鋼業環境保全技術開発基金 環境助成研究成果概要集(第28回・2007年度助成分), 29-30, 東京, 2009年3月.
10)森賀 俊広, 村井 啓一郎 : 希土類-遷移金属ワイドギャップ酸窒化物のノンストイキオメトリ・粒子径依存色調制御, 文部科学省科学研究費補助金 平成16∼19年度特定研究および平成20年度特別研究促進費 「希土類系物質のパノスコピック形態制御と高次機能設計」研究成果報告書, 67-68, 2009年3月.

2009年度(平成21年度)

article.{@.date="20090400 20100399" @.organization=\E{124876}}

2009年度(平成21年度) / 著書

1)加藤 雅裕 : 第三編 国際会議の記録, 1. 国内開催国際会議から, [4] 5th International Symposium on Surface and Nanotechnology (ISSS-5), --- 触媒年鑑「触媒技術の動向と展望 2009」 ---, 触媒学会, 東京, 2009年4月.
2)鈴木 崇児, 秋山 孝正, 小川 圭一, 奥嶋 政嗣, 武藤 慎一, 高木 朗義 : 交通安全の経済分析, 勁草書房, 2009年4月.
3)廣津 孝弘 : 化学交換法によるリチウム,ホウ素同位体の分離, Realize, 東京, 2009年6月.
4)廣津 孝弘 : 極微量の健康リスク要因物質の選択的除去技術, Realize, 2009年6月.
5)加藤 雅裕 : 第一章 吸着現象の応用事例 2 産業における応用事例 r) 光触媒, --- 吸着技術の産業応用ハンドブック ---, リアライズ理工センター, 東京, 2009年6月.
6)堀 均, 宇都 義浩, 永澤 秀子, 中田 栄司 : 酸素をターゲットとしたがんの治療, 朝倉書店, 東京, 2009年9月.
7)外輪 健一郎, 他22名共同執筆 : マイクロリアクターによる合成技術と工業生産, サイエンス&テクノロジー社, 東京, 2009年9月.
8)橋本 修一 : 光科学研究の最前線2, 強光子場科学研究懇話会, 東京, 2009年12月.
9)松木 均 : 熱量測定・熱分析ハンドブック(第2版), --- 5.4.9 脂質の相転移 ---, 丸善 株式会社, 東京, 2010年1月.
10)外輪 健一郎, 約200名共同執筆 : 分離技術ハンドブック, 分離技術会, 東京, 2010年2月.
11)大西 徳生, 魚崎 泰弘, 前田 健一, 獅々堀 正幹, 中野 晋, 多田 吉宏, 玉谷 純二, 下村 直行, 三神 厚, 倉科 昌, 中村 真紀, 杉山 茂, 小澤 将人, 山本 裕紹, 黒田 トクエ, 田端 厚之, 佐々木 由香, 島木 美香 : 安全マニュアル, 工学部, 徳島, 2010年2月.
12)中村 嘉利, 佐々木 千鶴 : セルロース系バイオエタノール製造技術集成∼食糧クライシス回避のために∼, 第1編-第7章 リグノセルロースの総合的利用法と各段階における技術課題, (株)エヌ・ティー・エス, 東京, 2010年3月.
13)間世田 英明 : 安心・安全・信頼のための抗菌材料, 米田出版, 千葉, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Makoto Nishimoto, Takashi Hata, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Shoji Kaneshina, Hitoshi Matsuki and Issaku Ueda : Interaction modes of long-chain fatty acids in dipalmitoylphosphatidylcholine bilayer membrane: contrast to mode of inhalation anesthetics, Chemistry and Physics of Lipids, Vol.158, No.2, 71-80, 2009.
2)Satoshi Kiyama, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo and Shuichi Hashimoto : Laser Fabrication and Manipulation of an Optical Rotator Embedded inside a Transparent Solid Material, Journal of Laser Micro/Nanoengineering, Vol.4, No.1, 18-21, 2009.
3)Shimizu Kazuya, Okano Kunihiro, Hideaki Maseda, Kurasima Taku, Utsumi Motoo and Sugiura Norio : Effect of Microcystin and Its Degradation Products on the Transcription of Genes Encoding Microcystion Degrading Enzymes, Japanese Journal of Water Teatment Biology, Vol.45, No.1, 45-55, 2009.
4)Kikuo Tominaga, Takashi Tsuzuki, Takayuki Maruyama, Michio Mikawa and Toshihiro Moriga : Properties of Amorphous Transparent Conductive In-Ga-Zn Oxide Films Deposited on Fused Quartz by PLD Method, e-Journal of Surface Science and Nanotechnology, Vol.7, 273-276, 2009.
5)A. Matthias Brun, Kui-Thong Tan, Eiji Nakata, J. Marlon Hinner and Kai Johnsson : Semisynthetic fluorescent sensor proteins based on self-labeling protein tags, Journal of the American Chemical Society, Vol.131, No.16, 5873-5884, 2009.
6)Toshiyuki Iguchi, Sakae Takenaka, Keizo Nakagawa, Yoshiki Orita, Hideki Matsune and Masahiro Kishida : Production of Carbon Nanotube by Ethylene Decomposition over Silica-Coated Metal Catalysts, Topics in Catalysis, Vol.52, No.6-7, 563-570, 2009.
7)Shigeru Sugiyama, Yuka Shimizu, Tomoyuki Manabe, Keizo Nakagawa and Ken-Ichiro Sotowa : Preparation of a Hydroxyapatite Film and Its Application in the Removal and Regeneration of Aqueous Cations, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.332, No.2, 439-443, 2009.
8)Satoshi Kiyama, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto and Yasushi Morihira : Examination of etching agent and etching mechanism on femtosecond laser microfabrication of channels inside vitreous silica substrates, The Journal of Physical Chemistry C, Vol.113, No.27, 11560-11566, 2009.
9)渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 歴史的市街地における景観保全に配慮した耐震化のための行政補助金に関する研究, 都市計画論文集, Vol.44, No.1, 50-55, 2009年.
10)T Takahashi, A Hamada, K Miyawaki, Y Matsumoto, Taro Mito, Sumihare Noji and M Mizunami : Systemic RNA interference for the study of learning and memory in an insect, Journal of Neuroscience Methods, Vol.179, No.1, 9-15, 2009.
11)Shigeru Sugiyama, Tomoyuki Manabe, Dai Ioka, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa and Naoya Shigemoto : Removal of Aqueous Ammonium from Industrial Wastewater with Magnesium Hydrogen Phosphate, Phosphorus Research Bulletin, Vol.23, 15-19, 2009.
12)余田 翔平, 近藤 光男, 渡辺 公次郎, 丁 育華 : 徳島県における大規模小売店舗の立地の変遷と消費者の買物行動の変化に関する分析, 日本建築学会計画系論文集, Vol.74, No.639, 1101-1107, 2009年.
13)Kaori Tada, Eri Miyazaki, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Barotropic and thermotropic bilayer phase behavior of positional isomers of unsaturated mixed-chain phosphatidylcholines, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1788, No.5, 1056-1063, 2009.
14)八房 智顯, 川上 淳, 木戸口 善行, アミール カリドゥ, 藤田 恭史, 大前 和広 : 過給・スワール強度・燃料噴射圧力がディーゼル噴霧の発達および燃焼に及ぼす影響, 自動車技術会論文集, Vol.40, No.3, 755-761, 2009年.
15)Koichi Nakamura, Hirano Hiroshi, Daisuke Nishioka, Endou Shigeki, Itsuki Kazuya, Yoshitaka Michihiro, Toshihiro Moriga, Kuwata Naoaki and Kawamura Junichi : Ionic diffusion and structural changes in lithium compounds, Solid State Ionics, Vol.180, No.6-8, 621-625, 2009.
16)Tomohiro Hirano, Takahiro Kamikubo, Yuya Okumura, Yoichi Bando, Ryosuke Yamaoka, Takeshi Mori and Koichi Ute : Heterotactic-specific radical polymerization of N-isopropylacrylamide and phase transition behavior of aqueous solution of heterotactic poly(N-isopropylacrylamide), Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.47, No.10, 2539-2550, 2009.
17)杉山 茂, 稲岡 武, 杉野 彰一, 大西 徳生 : 工学離れを防 ぐ''科学体験フェスティバル in 徳島''の現状と波及効果, 工学教育, Vol.57, No.3, 14-19, 2009年.
18)Eijiro Miyako, Hideya Nagata, Ryoji Funahashi, Ken Hirano and Takahiro Hirotsu : Light-Triggered Thermoelectric Conversion Based on a Carbon Nanotube-Polymer Hybrid Gel, ChemSusChem, Vol.2, No.5, 419-422, 2009.
19)Mok-Ryeon Ahn, Kazuhiro Kunimasa, Shigenori Kumazawa, Tsutomu Nakayama, Kazuhiko Kaji, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Hideko Nagasawa and Toshiro Ohta : Correlation between antiangiogenic activity and antioxidant activity of various components from propolis, Molecular Nutrition & Food Research, Vol.53, No.5, 643-651, 2009.
20)M Okamoto, T Bito, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : Subtype-specific expression of Fgf19 during horizontal cell development of the chicken retina, Gene Expression Patterns, Vol.9, No.5, 306-313, 2009.
21)Keizo Yuasa, Tetsuya Masuda, Chihiro Yoshikawa, Masami Nagahama, Yoshiko Matsuda and Akihiko Tsuji : Subtilisin-like Proprotein Convertase PACE4 is Required for Skeletal Muscle Differentiation, The Journal of Biochemistry, Vol.146, No.3, 407-415, 2009.
22)津嘉山 正夫, 市川 亮一, 山本 幹二, 佐々木 貴啓, 河村 保彦 : マイクロ波照射による柑橘ユコウ乾燥果皮からのポリメトキシフラボンの迅速・効率的抽出, 日本食品科学工学会誌, Vol.56, No.6, 359-362, 2009年.
23)森 紗綾香, 山中 亮一, 上月 康則, 板東 伸益, 高橋 秀文, 上嶋 英機 : 尼崎運河における護岸付帯式浅場を用いた砂浜性二枚貝の生息空間創出に関する現地実験, 海洋開発論文集, No.25, 431-436, 2009年.
24)Takamasa Akiyama and Masashi Okushima : Analysis of Railway User Travel Behaviour Patterns of Different Age Groups, IATSS Research, Vol.33, No.1, 6-17, 2009.
25)Koichi Takeda, You Sano, Sosaku Ichikawa, Yuuki Hirata, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Effect of a Local Anesthetic Lidocaine Hydrochloride on the Bilayer Structure of Phospholipids, Journal of Oleo Science, Vol.58, No.7, 369-377, 2009.
26)Fuji Taiki, Shin-ichi Ito, Yasue Mitsukura, Tanabata Takanari, Kimura Nobutaka and Morita Toshio : Aligning Real Space with the 2D Model on See-through HMD Using GA with Interactive Handling, Journal of Signal Processing, Vol.13, No.4, 347-350, 2009.
27)T Bando, Taro Mito, Y Maeda, T Nakamura, F Ito, T Watanabe, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Regulation of leg size and shape by the Dachsous/Fat signalling pathway during regeneration, Development, Vol.136, No.13, 2235-2245, 2009.
28)Yoshinori Hama, Masakazu Itamochi, Toshihide Horikawa, Masahiro Katoh and Tahei Tomida : Performance of a bench scale annular type packed bed photocatalytic reactor for decomposition of indigo carmine dissolved in water, Journal of Chemical Engineering of Japan, Vol.42, No.7, 502-507, 2009.
29)Yuji Tani, Yukiko Itoyama, Kenichi Nishi, Chikahiro Wada, Yoshio Shoda, Takenori Satomura, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : An amperometric D-amino acid biosensor prepared with a thermostable D-Proline dehydrogenase and a carbon nanotube-ionic liquid gel, Analytical Sciences, Vol.25, No.7, 919-923, 2009.
30)Tomohiro Hirano, Hideaki Ishizu, Ryosuke Yamaoka, Koichi Ute and Tsuneyuki Sato : Metal-free isotactic-specific radical polymerization of N-alkylacrylamides with 3,5-dimethylpyridine N-oxide: The effect of the N-substituent and solvent on the isotactic specificity, Polymer, Vol.50, No.15, 3522-3527, 2009.
31)Hikaru Momose, Kosuke Hattori, Tomohiro Hirano and Koichi Ute : Multivariate analysis of 13C NMR spectra of methacrylate copolymers and homopolymer blends, Polymer, Vol.50, No.15, 3819-3821, 2009.
32)Eijiro Miyako, Hideya Nagata, Ken Hirano and Takahiro Hirotsu : Micropatterned Carbon Nanotube-Gel Composite as Photothermal Material, Advanced Materials, Vol.21, No.27, 2819-2823, 2009.
33)Tomoko Takahashi, Takanori Ida, Takahiro Sato, Yoshiki Nakashima, Yuki Nakamura, Akihiko Tsuji and Masayasu Kojima : Production of n-octanoyl-modified Ghrelin in Cultured Cells Requires Prohormone Proceeding Protease and Ghrelin O-acyltransferase, as well as n-octanoic Acid, The Journal of Biochemistry, Vol.146, No.5, 675-682, 2009.
34)Tsutomu Hashizume, Ikuo Yoneda, Hiroshi Kitagawa, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Accessibilities of Wheelchair Users to Cross the Gaps and Steps between Platforms and Trains, SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol.2, No.4, 199-205, 2009.
35)Koichi Takeda, Hiroko Okuno, Takashi Hata, Makoto Nishimoto, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Interdigitation and vesicle-to-micelle transformation induced by a local anesthetic tetracaine in phospholipids bilayers, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.72, No.1, 135-140, 2009.
36)Makoto Nishimoto, Ukyo Komatsu, Nobutake Tamai, Michio Yamanaka, Shoji Kaneshina, Kenji Ogli and Hitoshi Matsuki : A comparative study on specific and nonspecific interactions in bovine serum albumin: thermal and volume effects of halothane and palmitic acid, Colloid and Polymer Science, Vol.287, No.8, 979-989, 2009.
37)A Hamada, K Miyawaki, E Honda-sumi, K Tomioka, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Loss-of-function analyses of the fragile X-related and dopamine receptor genes by RNA interference in the cricket Gryllus bimaculatus, Developmental Dynamics, Vol.238, No.8, 2025-2033, 2009.
38)Tomoki Yabutani, Hitoshi Yamaoka, Akinori Fukuda, Hitoshi Nakamura, Yukako Hayashi and Junko Motonaka : A Preconcentration Method for Collecting Trace Elements in Riverwater by means of Ultrafiltration of Colloidal Magnesium Hydroxide Derived from Magnesium Contained in the Sample, Bulletin of the Society of Sea Water Science, Japan, Vol.63, No.4, 247-252, 2009.
39)Eijiro Miyako, Tamitake Itoh, Yoji Nara and Takahiro Hirotsu : Ionic Liquid on Photoinduced Nanotube Composite Arrays as a Reaction Medium, Chemistry - A European Journal, Vol.15, No.31, 7520-7525, 2009.
40)Takuro Tomita, Ryota Kumai, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto and Makoto Yamaguchi : Cross-sectional morphological profiles of ripples on Si, SiC, and HOPG, Applied Physics. A, Materials Science & Processing, Vol.97, No.2, 271-276, 2009.
41)Eijiro Miyako, Hideya Nagata, Ryoji Funahashi, Ken Hirano and Takahiro Hirotsu : Light-Driven Thermoelectric Conversion Based on a Carbon Nanotube-Ionic Liquid Gel Compositeac, ChemSusChem, Vol.2, No.8, 740-742, 2009.
42)Ken-Ichiro Sotowa, Shigeru Sugiyama and Keizo Nakagawa : Flow Uniformity in Deep Microchannel Reactor under High Throughput Conditions, Organic Process Research & Development, Vol.13, No.5, 1026-1031, 2009.
43)Tatsuya Okada, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto, Yoichiro Ishida, Satoshi Kiyama and Tomonori Takahashi : Formation of periodic strained layers associated with nanovoids inside a silicon carbide single crystal induced by femtosecond laser irradiation, Journal of Applied Physics, Vol.106, No.5, 054307-1-054307-4, 2009.
44)程 琦, 近藤 光男, 竹内 駿祐 : 通勤交通における自動車利用から徒歩・自転車への転換施策による健康促進効果分析, 土木計画学研究·論文集, Vol.26, No.5, 947-956, 2009年.
45)Fumihisa Kobayashi, Masakazu Daidai and Yoshitoshi Nakamura : Development of Landfill Leachate Treatment System Using Ozone Oxidation and Moss, Environmental Research Journal, Vol.3, No.3, 87-91, 2009.
46)Yutaka Yawata, Hideaki Maseda, Satoshi Okabe, Akinobu Ito, Isao Sawada, Hiroaki Kurashima, Hiroo Uchiyama and Nobuhiko Nomura : The Response of Pseudomonas aeruginosa PAO1 Efflux Pump-Defective Mutants to N-Octanoyl-L-Homoserine Lactone, Microbes and Environments, Vol.24, No.4, 338-342, 2009.
47)山崎 達也, 菊池 尚子, 加藤 雅裕, 岡田 佳枝, 吉川 卓志, 和田 守 : Ni-MFIゼオライト触媒によるバイオエタノールからの低級オレフィン合成, Journal of the Japan Petroleum Institute, Vol.52, No.5, 239-247, 2009年.
48)Tsutomu Hashizume, Hiroshi Kitagawa, Masatoshi Takami, Ikuo Yoneda, Minoru Kamata, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Evaluation of body vibration during manual wheelchair running over sidewalk surfaces and curbs, Assistive Technology Research Series, Vol.25, 455-460, 2009.
49)Hiroshi Ohkubo, Kunio Kurachi, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : Study on the veering tendecny of persons with visual impairment, Assistive Technology Research Series, Vol.25, 59-63, 2009.
50)Seiji Mitani, Toshiaki Toshida, Sei Kobayashi, Shoichiro Fujisawa, Osamu Sueda and Masaki Tauchi : Study on illuminance dependency of color identification characteristics for people with low visual capacity, Assistive Technology Research Series, Vol.25, 468-472, 2009.
51)Seiji Mitani, Toshiaki Yoshida, Sei Kobayashi, Shoichiro Fujisawa, Osamu Sueda and Masaki Tauchi : Study on background illuminance and color conspicuity characteristics for people with low visual capacity, Assistive Technology Research Series, Vol.25, 473-477, 2009.
52)Kunio Kurachi, Hirohiko Ohkubo, Shoichiro Fujisawa and Osamu Sueda : A Study on sensation of walking-distance and orientation of the blind, Assistive Technology Research Series, Vol.25, 478-482, 2009.
53)Eiji Nakata, Yukimachi Yoshihiro, Kariyazono Hirokazu, Im Seongwang, Abe Chiaki, Yoshihiro Uto, Hiroshi Maezawa, Hashimoto Toshihiro, Okamoto Yasuko and Hitoshi Hori : Design of a bioreductively-activated fluorescent pH probe for tumor hypoxia imaging, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.17, No.19, 6952-6958, 2009.
54)Teruki Motohashi, Yohei Hamade, Yuji Masubuchi, Takashi Takeda, Kei-ichiro Murai, Akira Yoshiasa and Shinichi Kikkawa : Structural phase transition in the perovskite-type tantalum oxynitrides, Ca1-xEuxTa(O,N)3, Materials Research Bulletin, Vol.44, No.9, 1899-1905, 2009.
55)八房 智顯, 木戸口 善行, 宮本 貴之, アミル カーリードゥ, 川上 淳, 大前 和広 : 雰囲気密度および温度がディーゼル噴霧の発達と燃焼に及ぼす影響, 自動車技術会論文集, Vol.40, No.5, 1235-1241, 2009年.
56)Shigeki Matsuo, Haruki Sumi, Satoshi Kiyama, Takuro Tomita and Shuichi Hashimoto : Femtosecond laser-assisted etching of Pyrex glass with aqueous solution of KOH, Applied Surface Science, Vol.255, No.24, 9758-9760, 2009.
57)八房 智顯, 木戸口 善行, アブドゥラー アダム, 五味 智紀 : 長距離顕微シャドウグラフ撮影によるディーゼル噴霧の液滴径計測, 微粒化, Vol.18, No.63, 88-95, 2009年.
58)奥嶋 政嗣, 秋山 孝正, エランパリ マデュー : 都市交通政策評価のためのファジィ理論に基づくミクロ交通流シミュレーションの構築, 土木計画学研究·論文集, Vol.26, No.5, 923-932, 2009年.
59)秋山 孝正, 奥嶋 政嗣 : システム思考型モデルを用いたまちづくり政策の定量的評価, 土木計画学研究·論文集, Vol.26, No.1, 287-296, 2009年.
60)Masaki GOTO, Shunsuke Ishida, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Chain asymmetry alters thermotropic and barotropic properties of phospholipid bilayer membranes, Chemistry and Physics of Lipids, Vol.161, No.2, 65-76, 2009.
61)奥嶋 政嗣, 秋山 孝正 : 都市道路網における交通障害発生時の知識利用型個別車両情報提供, 交通工学研究発表会論文集, Vol.29, 313-316, 2009年.
62)Takuya Harada, Naoyuki Ishikawa, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Yoshiaki Yamada and Ken-Ichiro Sotowa : Droplet generation using a torsional Langevin-type transducer and a micropore plate, Sensors and Actuators A: Physical, Vol.A155, No.1, 168-174, 2009.
63)Agnieszka Broniec, Masaki GOTO and Hitoshi Matsuki : A Peculiar Phase Transition of Plasmalogen Bilayer Membrane under High Pressure, Langmuir, Vol.25, No.19, 11265-11268, 2009.
64)Yoshihisa Suzuki, Gen Sazaki, Masamitsu Matsumoto, Makoto Nagasawa, Kazuo Nakajima and Katsuhiro Tamura : First Direct Observation of Elementary Steps on the Surfaces of Glucose Isomerase Crystals under High Pressure, Crystal Growth & Design, Vol.9, No.10, 4289-4295, 2009.
65)向井 梨紗, 近藤 光男, 近藤 明子 : 1960-2000年の全国高速交通網の整備に伴う二酸化炭素排出量の変化に関する分析, 都市計画論文集, Vol.44, No.3, 607-612, 2009年.
66)近藤 明子, 近藤 光男, 萬浪 善彦, 天野 良祐, 片山 真太朗 : 四国における自治体の診断と市町村合併による効果, 地域学研究, Vol.39, No.2, 391-403, 2009年.
67)Kotaro Miyake, Mitsuo Shimada, Masanori Nishioka, Koji Sugimoto, Erdenebulgan Batmunkh, Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Downregulation of matrix metalloprotease-9 and urokinase plasminogen activator by TX-1877 results in decreased tumor growth and metastasis on xenograft model of rectal cancer, Cancer Chemotherapy and Pharmacology, Vol.64, No.5, 885-892, 2009.
68)三好 真千, 上月 康則, 山中 亮一, 山口 暢洋, 坂下 広大, 田中 千裕, 山口 奈津美 : 港湾構造物壁面からのムラサキイガイ脱落と塩分・水温変化に関する研究, 海岸工学論文集, Vol.56, 1246-1250, 2009年.
69)上月 康則, 石垣 衛, 中西 敬, 山中 亮一 : 新しく創出された海浜環境の利用管理方法に関する適切な合意形成についての一考察, 海岸工学論文集, Vol.56, No.2, 1416-1420, 2009年.
70)大谷 壮介, 上月 康則, 山中 亮一, 酒井 孟, 藤木 洋二, 斎藤 梓, 岩雲 貴俊 : ヤマトオサガニの造巣活動に伴う物理的生物撹拌作用の定量評価, 海岸工学論文集, Vol.56, 1086-1090, 2009年.
71)山中 亮一, 上月 康則, 田邊 晋, 井若 和久, 村上 仁士 : 瀬戸内海における津波の波動特性とその危険度の時空間解析, 海岸工学論文集, Vol.56, 341-345, 2009年.
72)上月 康則, 大谷 壮介, 山中 亮一, 平井 研, 斎藤 梓, 酒井 孟, 藤木 洋二, 岩雲 貴俊 : 大阪湾湾奥に造成された人工海浜の底生生物に及ぼす貧酸素化・青潮の影響, 海岸工学論文集, Vol.56, 1211-1215, 2009年.
73)Kazuto Ohkura, Hitoshi Hori and Yasuo Shinohara : Role of C-terminal region of yeast ADP/ATP carrier 2 protein: dynamics of flexible C-terminal arm., Anticancer Research, Vol.29, No.11, 4897-4900, 2009.
74)安澤 幹人, 北原 誠, 薮谷 智規, 本仲 純子 : ナフィオン及び糖鎖を有するポリピロールを修飾した白金電極を用いた尿中グルコースのフローインジェクション/アンペロメトリック検出, 分析化学, Vol.58, No.11, 941-944, 2009年.
75)Takuro Tomita, Masahiro Iwami, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto, Shingo Saito and Kiyomi Sakai : Fourier-transform Infrared Spectroscopy of Femtosecond Laser-modified SiC, Journal of Laser Micro/Nanoengineering, Vol.4, No.3, 182-185, 2009.
76)Shuichi Hashimoto, Takayuki Uwada, Masahide Hagiri, Hiroaki Takai and Tomoyuki Ueki : Gold Nanoparticle-Assisted Laser Surface Modification of Borosilicate Glass Substrates, The Journal of Physical Chemistry C, Vol.113, No.48, 20640-20647, 2009.
77)井若 和久, 上月 康則, 中野 晋, 山中 亮一, 武村 和美, 黒崎 ひろみ, 村上 仁士 : 徳島大学での地震避難訓練と学生・教職員の防災意識, 安全問題研究論文集, Vol.4, 83-88, 2009年.
78)中野 晋, 上野 勝利, 上月 康則, 佐溝 時彦, 村上 仁士 : 最近の被害地震における建設業の応急対応に関するヒヤリング調査, 安全問題研究論文集, Vol.4, 107-112, 2009年.
79)中野 晋, 岡部 健士, 冨永 数和, 黒崎 ひろみ, 上月 康則 : 大学BCPに向けた防災意識啓発と地震避難訓練の実施, 21世紀の南海地震と防災, Vol.4, 119-124, 2009年.
80)Hideaki Maseda, Hashida Yumiko, Konaka Rumi, Akihiro Shirai and Hiroki Kourai : Mutational upregulation of a resistance-nodulation-cell division-type multidrug efflux pump, SdeAB, upon exposure to a biocide, cetylpyridinium chloride, and antibiotic resistance in Serratia marcescens, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.53, No.12, 5230-5235, 2009.
81)K Sun, N Suzuki, Z Li, R Araki, K Ueno, S Juodkazis, M Abe, Sumihare Noji and H Misawa : High-fidelity fractionation of ssDNA fragments differing in size by one-base on a spiral-channel electrophoretic chip, Electrophoresis, Vol.30, No.24, 4277-4284, 2009.
82)Yoshiyuki Kidoguchi : OH-RADICAL BEHAVIOR OF UNSTEADY LIFTED FLAME BASED ON INSTANTANEOUS CHANGE OF EQUIVALENCE RATIO, International Journal of Automotive Technology, Vol.10, No.6, 663-668, 2009.
83)Tomohiro Hirano, Shou Nasu, Akihiro Morikami and Koichi Ute : The Effect of the N-Substituent s-trans to the Carbonyl Group of N-Methylacrylamide Derivatives on the Stereospecificity of Radical Polymerizations, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.47, No.23, 6534-6539, 2009.
84)Hiromichi Higuchi, Yuya Hashizume, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : Development of a Redox Speciation Method of Copper(I/II) in Environmental Water Samples by Solid Phase Extracion/Inductively Coupled Plasma Mass Spectrometry, Malaysian Journal of Chemistry, Vol.11, No.1, 102-106, 2009.
85)Le Thi Xuan Thuy, Hiroshi Dehara, Zhang Juan, Yukako Hayashi, Tomoki Yabutani and Junko Motonaka : Investigation of Co-reductive Incorporation of Trace Metal Ions into Ferromagnetic Biometallic Nano Particles made from Ferromagnetic and Noble Metals, Malaysian Journal of Chemistry, Vol.11, No.1, 107-113, 2009.
86)Kunihiro Okano, Kazuya Shimizu, Yukio Kawauchi, Hideaki Maseda, Motoo Utsumi, Zhenya Zhang, Brett A Neilan and Sugiura Norio : Characteristics of a Microcystin-Degrading Bacterium under Alkaline Environmental Conditions., Journal of Toxicology, Vol.2009, 1-8, 2009.
87)Arnaud Gautier, Eiji Nakata, Grazvydas Lukinavicius, Kui-Thong Tan and Kai Johnsson : Selective cross-linking of interacting proteins using self-labeling tags., Journal of the American Chemical Society, Vol.131, No.49, 17954-17962, 2009.
88)近藤 明子, 近藤 光男, 萬浪 善彦, 大塚 可奈子 : 観光と業務目的の交流に着目した目的別地域間交流モデルに関する研究, 地域学研究, Vol.39, No.3, 585-598, 2009年.
89)三谷 誠二, 吉田 敏昭, 小林 聖, 藤澤 正一郎, 末田 統, 田内 雅規 : ロービジョン者における色覚特性の計測, --- 色識別性の計測 ---, 日本ロービジョン学会誌, Vol.9, 123-128, 2009年.
90)三谷 誠二, 吉田 敏昭, 小林 聖, 藤澤 正一郎, 末田 統, 田内 雅規 : ロービジョン者における色覚特性の計測, --- 色の誘目性計測 ---, 日本ロービジョン学会誌, Vol.9, 129-135, 2009年.
91)森 友佑, 上月 康則, 三好 真千, 石田 達憲, 山中 亮一 : ムラサキイガイの群集内構造と脱落過程に関する一考察, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.66, No.1, 681-685, 2010年.
92)山中 亮一, 上月 康則, 一色 圭佑, 森 紗綾香, 川井 浩史, 石垣 衛, 上嶋 英機, 高橋 秀文 : 尼崎運河に設置した小水路における藻類を用いた水質改善手法の現地実験, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.66, No.1, 1201-1205, 2010年.
93)上月 康則, 山中 亮一, 平井 研, 中西 敬, 前田 真里, 小崎 隆志, 宮内 勇児 : 人工海水池での自濁作用とその対策に関する調査研究, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.66, No.1, 1221-1225, 2010年.
94)井若 和久, 上月 康則, 花倉 僚介, 山中 亮一, 村上 仁士 : 安政・昭和南海地震時における津波避難行動に関する一考察, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.66, No.1, 1306-1310, 2010年.
95)上月 康則, 水口 裕之, 伊福 誠, 山中 亮一, 真田 純子, 久本 忠則, 六車 晋助, 斎藤 浩行, 岩村 俊平 : 仮想評価法とファジィ構造モデルを用いた三島川之江港エコ防波堤の事業評価, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.66, No.1, 1451-1455, 2010年.
96)上月 康則, 中西 敬, 佐藤 和博, 多良 千鶴, 西村 博一, 山口 奈津美, 岩城 嘉宏, 山中 亮一 : アミノ酸混和コンクリート表面上での付着微細藻類の生長特性に関する研究, 海洋開発論文集, Vol.26, 111-116, 2010年.
97)上月 康則, 山口 奈津美, 山中 亮一, 三好 真千, 田中 千裕, 松本 秀政, 野上 文子, 岩城 嘉宏 : 過栄養化内湾でのワカメの自立的な世代交代を可能とさせる繊維材料に関する研究, 海洋開発論文集, Vol.26, 753-758, 2010年.
98)大谷 壮介, 上月 康則, 山中 亮一, 石山 哲, 酒井 孟, 笹岡 宏光, 澳津 賀仁 : 吉野川河口干潟における二潮汐間での干潟底生微細藻類群集の変動特性, 環境工学研究論文集, Vol.47, 1-7, 2010年.
99)森 紗綾香, 山中 亮一, 上月 康則, 中西 敬, 平井 研, 一色 圭佑, 前田 真里, 上嶋 英機, 田尻 和行, 垣内 桂 : 尼崎運河における水質汚濁と水環境再生を主題とした環境教育の波及効果, 沿岸域学会誌, Vol.23, No.2, 63-74, 2010年.
100)Sosuke Otani, Yasunori Kozuki, Ryoichi Yamanaka, Hiromitsu Sasaoka, Tetsu Ishiyama, Yoshihito Okitsu, Hajime Sakai and Yoji Fujiki : The role of crabs (Macrophthalmus japonicus) burrows on organic carbon cycle in estuarine tidal flat, Estuarine, Coastal and Shelf Science, Vol.86, No.3, 434-440, 2010.
101)Koichi Nakamura, Kosuke Shimokita, Hiroshi Hirano, Yoshitaka Michihiro, Toshihiro Moriga and Koji Yamada : Li+ Ionic Diffusion in LiCuO2 Exposed to Heating-Cooling Cycles, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.79, No.Supplement A, 80-83, 2010.
102)Makoto Nishimoto, Tohru Morimitsu, Nobutake Tamai, Shoji Kaneshina, Hideaki Nagamune and Hitoshi Matsuki : Inhibition of anti-fluorescent probe monoclonal antibody by long-chain amphiphiles, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.75, No.1, 80-87, 2010.
103)Keizo Yuasa, Shotaro Uehara, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : Transcriptional regulation of cGMP-dependent protein kinase II (cGK-II) in chondrocytes., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.74, No.1, 44-49, 2010.
104)Yasuo Jimbo, Kunihiro Okano, Kazuya Shimizu, Hideaki Maseda, Motoo Utsumi and Norio Sugiura : Quantification of Microcystin-degrading Bacteria in a Biofilm from a Practical Biological Treatment Facility by Real-time PCR, Journal of Water and Environment Technology, Vol.8, No.3, 193-201, 2010.
105)Minoru Yamamoto, Manato Deki, Tomonori Takahashi, Takuro Tomita, Tatsuya Okada, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto, Makoto Yamaguchi, Kei Nakagawa, Nobutomo Uehara and Masaru Kamano : Raman Spectroscopic Stress Evaluation of Femtosecond-Laser-Modified Region Inside 4H-SiC, Applied Physics Express, Vol.3, No.1, 016603-1-016603-3, 2010.
106)大久保 紘彦, 久良知 國雄, 藤澤 正一郎, 末田 統 : 赤外線音声情報案内システムを利用する視覚障害者の方向特定特性, 福祉のまちづくり研究, Vol.11, No.2, 21-28, 2010年.
107)Takuro Tomita, Masahiro Iwami, Minoru Yamamoto, Manato Deki, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto, Yoshinori Nakagawa, Takahiro Kitada, Toshiro Isu, Shingo Saito, Kiyomi Sakai, Shinobu Onoda and Takeshi Ohshima : Electronic properties of femtosecond laser induced modified spots on single crystal silicon carbide, Materials Science Forum, Vol.645-648, 239-242, 2010.
108)Makoto Yamaguchi, Masayuki Fujitsuka, Shigeru Ueno, Ichiro Miura, Wataru Erikawa and Takuro Tomita : Study of indentation damage in single crystal silicon carbide by using micro Raman spectroscopy, Materials Science Forum, Vol.645-648, 551-554, 2010.
109)Ismail Ismaliza Mohd Nor, Tsuyoshi Yuasa, Keizo Yuasa, Yuko Nambu, Makoto Nishimoto, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki, Masahiro Inoue, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji : A critical role for highly conserved Glu610 residue of oligopeptidase B Tryoanosoma brucei in thermal stability, The Journal of Biochemistry, Vol.147, No.2, 201-211, 2010.
110)Yuya Yamashita, Megumi Shono, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Alkaline peroxide pretreatment for efficient enaymatic saccharification of bamboo, Carbohydrate Polymers, Vol.79, No.4, 914-920, 2010.
111)Katsuya SATO, Satoshi Kamada and Kazuyuki Minami : Development of microstretching device to evaluate cell membrane strain field around sensing point of mechanical stimuli, International Journal of Mechanical Sciences, Vol.52, No.2, 251-256, 2010.
112)Makoto Yamaguchi, Shigeru Ueno, Ryota Kumai, Keita Kinoshita, Toshiaki Murai, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo and Shuichi Hashimoto : Raman spectroscopic study of femtosecond laser-induced phase transformation associated with ripple formation on single-crystal SiC, Applied Physics. A, Materials Science & Processing, Vol.99, No.1, 23-27, 2010.
113)Ikuko Haruta, Ken Kikuchi, Etsuko Hashimoto, Minoru Nakamura, Hiroshi Miyakawa, Katsuhiko Hirota, Noriyuki Shibata, Hidehito Kato, Yutaka Arimura, Yoichiro Kato, Takehiko Uchiyama, Hideaki Nagamune, Makio Kobayashi, Yoichiro Miyake, Keiko Shiratori and Junji Yagi : Long-term bacterial exposure can trigger nonsuppurative destructive cholangitis associated with multifocal epithelial inflammation., Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.90, No.4, 577-588, 2010.
114)秋山 孝正, 奥嶋 政嗣, 小澤 友記子 : 都市交通計画のためのファジィクラシファイアシステムによる目的地選択モデル, 知能と情報, Vol.22, No.1, 110-120, 2010年.
115)Yuya Yamashita, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Effective enzyme saccharification and ethanol production from Japanese cedar using various pretreatment methods, Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.110, No.1, 79-86, 2010.
116)Tomoki Yabutani, Yumi Nakamoto, Ryoji Yamanouchi, Le Thi Xuan Thuy, Kei-ichiro Murai, Junko Motonaka, Mitsuharu Ogaki, Madelene Anette Dancila, Rodica Stanescu and Marinera Plesca : Multielemental characterization of airborne particulate matter collected in Bucharest and Tokushima by inductively coupled plasma mass spectrometry and inductively coupled plasma atomic emission spectrometry, Analytical Sciences, Vol.26, No.3, 395-400, 2010.
117)Yuya Yamashita, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Development of efficient system system for ethanol production from paper sludge pretreatment by ballmilling and phosphoric acid, Carbohydrate Polymers, Vol.79, No.2, 250-254, 2010.
118)Rui-Li Zhang, Tomonori Maeda, Ryosuke Maruta, Sho Kusaka, Bingjun Ding, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : Luminescence enhancement of Eu2+, Ce3+ co-doped Ba3Si5O13-dNd phosphors, Journal of Solid State Chemistry, Vol.183, No.3, 620-623, 2010.
119)Satoshi Kawachi, Toshiaki Arao, Yoshihisa Suzuki, Katsuhiro Tamura and : Effects of compressed unsaturated hydrocarbon gases on yeast growth, Annals of the New York Academy of Sciences, Vol.1189, 121-126, 2010.
120)Kaori Tada, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Pressure Effect on the Bilayer Phase Transition of Asymmetric Lipids with an Unsaturated Acyl Chain, Annals of the New York Academy of Sciences, Vol.1189, 77-85, 2010.
121)Masaki GOTO, Masataka Kusube, Makoto Nisimoto, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Pressure Study on Symmetric and Asymmetric Phospholipid Bilayers: Effect of Vesicle Size on Prodan Fluorescence, Annals of the New York Academy of Sciences, Vol.1189, 68-76, 2010.
122)Masataka Kusube, Takumi Nishino, Yuki Nishikawa, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Hitoshi Iwahashi : Recovery of Tobacco BY-2 Cells After Treatment of High Hydrostatic Pressure, Annals of the New York Academy of Sciences, Vol.1189, 139-142, 2010.
123)Daniel Werner, Shuichi Hashimoto and Takayuki Uwada : Remarkable Photothermal Effect of Interband Excitation on Nanosecond Laser-induced Reshaping and Size Reduction of Pseudo-spherical Gold Nanoparticles in Aqueous Solution, Langmuir, Vol.26, No.12, 9956-9963, 2010.
124)白井 昭博, 森下 裕生, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム化合物を担持させた無機-有機ハイブリッド抗菌剤の開発, 防菌防黴誌, Vol.38, No.3, 133-142, 2010年.
125)Wenqin Peng, Zhengming Wang, Noriko Yoshizawa, Hiroaki Hatori, Takahiro Hirotsu and Kunichi Miyazawa : Fabrication and characterization of mesoporous carbon nanosheets-1D TiO2 nanostructures, Journal of Materials Chemistry, Vol.20, No.12, 2424-2431, 2010.
126)Douglas A. Kuntz, Shinichi Nakayama, Kayla Shea, Hitoshi Hori, Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa and David. R. Rose : Structural Investigation of the Binding of 5-Substituted Swainsonine Analogues to Golgi -Mannosidase II, ChemBioChem, Vol.11, No.5, 673-680, 2010.
127)Ken Yoshida, Nobuyuki Matubayasi, Yasuhiro Uosaki and Masaru Nakahara : Self-diffusion in supercritical water and benzene in high-temperature high-pressure conditions studied by NMR and dynamic solvation-shell model, Journal of Physics: Conference Series, Vol.215, No.1, 012093, 2010.
128)井ノ口 弘昭, 秋山 孝正, 奥嶋 政嗣 : ハイブリッド車の普及を考慮した都市道路網の環境政策評価, 交通学研究 : 研究年報, Vol.53, 35-44, 2010年.
129)杉山 茂, 杉野 彰一 : 徳島大学工学部の工学啓蒙活動の新入学生への影響-科学体験フェスティバルin徳島∼エンジニアリングフェスティバルまで-, 大学教育研究ジャーナル, No.7, 41-51, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)大谷 壮介, 上月 康則, 山中 亮一, 酒井 孟 : ヤマトオサガニの造巣活動に関する物理的な生物撹拌作用, 環境衛生工学研究, Vol.23, No.3, 220-223, 2009年.
2)山本 裕史, 田村 生弥, 香月 翔太, 平田 佳子, 新田 和代, 本多 勇太, 加藤 潤, 池幡 佳織, 関澤 純, 中村 友紀, 大谷 壮介, 一色 圭佑, 山中 亮一, 上月 康則 : 美馬市美馬町の河川と池沼の水質, 阿波学会紀要, Vol.55, 13-22, 2009年.
3)間世田 英明 : クォラムセンシング機構と異物排出システム, 緑膿菌感染症研究会, 27-32, 2009年.
4)上手 麻希, 間世田 英明 : 緑膿菌多剤排出ポンプMexEF-OprN領域の解析, 緑膿菌感染症研究会, 108-112, 2009年.
5)佐藤 充宏, 近藤 光男, 香山 卓也, 佐藤 信二 : 徳島県における総合型地域スポーツクラブの利用が住民の健康に及ぼす効果に関する研究, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.17, 1-10, 2009年.
6)金崎 英二 : 履修困難学生のための再チャレンジプログラム, 大学教育研究ジャーナル, Vol.2010, No.7, 147-151, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術レター

1)Keizo Nakagawa, Yusuke Tanimoto, Ken-Ichiro Sotowa, Shigeru Sugiyama, Sakae Takenaka and Masahiro Kishida : Effects of Organosilica-derived Microporous Coverage of Carbon-supported Pt Catalysts on Dehydrogenation of Cyclohexane, Chemistry Letters, Vol.38, No.5, 480-481, 2009.
2)Shigeru Sugiyama, Tetsuo Kikumoto, Haruki Tanaka, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa, Keiko Maehara, Yoshiyuki Himeno and Wataru Ninomiya : Enhancement of Catalytic Activity on Pd/C and Te-Pd/C during the Oxidative Dehydrogenation of Sodium Lactate to Pyruvate in an Aqueous Phase under Pressurized Oxygen, Catalysis Letters, Vol.131, No.1-2, 129-134, 2009.
3)Keizo Nakagawa, Yusuke Tanimoto, Tetsuya Okayama, Ken-Ichiro Sotowa, Shigeru Sugiyama, Sakae Takenaka and Masahiro Kishida : Sintering Resistance and Catalytic Activity of Platinum Nanoparticles Covered with a Microporous Silica Layer using Methyltriethoxysilane, Catalysis Letters, Vol.136, No.1-2, 71-76, 2010.

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

1)松木 均, 玉井 伸岳 : リン脂質二重膜の圧力誘起指組み構造形成, コロイドアンドインターフェースコミュニケーション, Vol.34, No.2, 18-20, 2009年5月.
2)安部 千秋, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 新元 優也, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 佐々木 有紀, 皆巳 和賢, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 次世代動物実験系としての腫瘍移植鶏卵の構築と放射線照射による腫瘍成長阻害活性, 放射線生物研究, Vol.44, No.2, 233-241, 2009年6月.
3)金品 昌志, 松木 均, 玉井 伸岳 : 高圧力下における脂質膜の構造転移と相挙動, 材料, Vol.58, No.6, 456-464, 2009年6月.
4)高麗 寛紀 : 抗かび加工繊維製品認証に向けて, 加工技術, Vol.44, No.7, 413, 2009年7月.
5)高麗 寛紀 : 抗かび加工繊維製品の抗かび効果評価方法のJIS化とISO化に向けて, 加工技術, Vol.44, No.8, 477-482, 2009年8月.
6)松尾 繁樹 : フェムト秒レーザ支援エッチングによる透明材料内部加工, レーザ加工学会誌, Vol.16, No.3, 176-181, 2009年9月.
7)高麗 寛紀 : 繊維用抗かび剤の概要, 加工技術, Vol.44, No.9, 541-546, 2009年9月.
8)外輪 健一郎 : 化学工学年鑑2009, --- マイクロリアクタ ---, 化学工学, Vol.73, No.10, 493, 2009年10月.
9)Hangxiang Wang, Eiji Nakata and Itaru Hamachi : Recent progress in strategies for the creation of protein-based fluorescent biosensors., ChemBioChem, Vol.10, No.16, 2560-2577, Nov. 2009.
10)高麗 寛紀 : わかりやすい抗菌剤の基礎① 抗菌剤を使用するにあたっての基礎知識, 防菌防黴誌, Vol.37, No.11, 821-828, 2009年11月.
11)高麗 寛紀 : わかりやすい抗菌剤の基礎② 抗菌剤の種類と特性, 防菌防黴誌, Vol.37, No.12, 883-891, 2009年12月.
12)高麗 寛紀 : わかりやすい抗菌剤の基礎③ 新規抗菌剤の開発動向と抗菌剤の将来性, 防菌防黴誌, Vol.38, No.1, 43-51, 2010年1月.
13)吉田 健 : 動的溶媒和殻モデルによる超臨界流体中の並進ダイナミクスの解析, 分子シミュレーション研究会誌 アンサンブル, Vol.12, No.1, 79-84, 2010年1月.
14)田村 勝弘 : 酸素ガス加圧によるスダチ果汁殺菌技術の開発, 化学工学, Vol.74, No.2, 69-71, 2010年2月.
15)中原 勝, 辻野 康夫, 八坂 能郎, 吉田 健, 魚崎 泰弘, 若井 千尋, 松林 伸幸 : 高温高圧水における有機反応研究の進歩, 高圧力の科学と技術, Vol.20, No.1, 40-49, 2010年2月.
16)森賀 俊広 : 組成比により7色に変わるペロブスカイト型酸窒化物(La,Sr)TiO2N, 色材協会誌, Vol.83, No.3, 115-120, 2010年3月.
17)近藤 光男 : 巻頭のことば「人口減少時代における多面的な共生による地域づくり」, 計画行政, Vol.33, No.1, 1-2, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 国際会議

1)Tomoaki Yatsufusa, Yoshiyuki Kidoguchi, Kumura Tatsuya and Nakagawa Yoshiki : Advantage of Using Water-Emulsified Fuel on Combustion and Emission Characteristics, 4th European Combustion Meeting, Wien, Apr. 2009.
2)Kikuo Tominaga, Akihiko Sakamoto, Takayuki Watanabe and Toshihiro Moriga : Effects of low-temperature and short-time annealing on amorphous transparent conductive oxide IZO (In2O3-ZnO) films, 6th International Symposium on Transparent Oxide Thin Films for Electronics and Optics (TOEO-6), 75, Tokyo, Apr. 2009.
3)Ken-Ichiro Sotowa, Shintaro Yamaguchi, Shigeru Sugiyama and Keizo Nakagawa : Thermal design of a deep microchannel reactor, 2009 AIChE Spring National Meeting, Tampa, Apr. 2009.
4)Tomoko Tamaari, Kojiro WATANABE, Keiichi SUZUKI and Akio Kondo : Development of SHOUZUI Ruins Digital Museum Combined With Cellular Phone and Website, Proceedings of the 11th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management, Hong Kong, Jun. 2009.
5)Chiharu Mikami, Akio Kondo, Akiko Kondo and Yoshihiko Mannami : Interaction Model Between Regions in Sightseeing Behavior, Proceedings of the 11th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management, Hong Kong, Jun. 2009.
6)Koichi Ute, Hikaru Momose, Tomohiro Hirano, Kosuke Hattori and Tomoya Maeda : Maltivariate analysis of 13C NMR spectra of methacrylate copolymers and homopolymer blends, 22nd International Symposium for Polymer Analysis and Characterization (ISPAC-2009), Zlin, Czech Republic, Jun. 2009.
7)Yasuhiro Uosaki : Density Measurements of Formamide at T = (288.15 to 348.15) K over the Pressure Range from (0.1 to 50.0) MPa, Seventeenth Symposium on Thermophysical Properties, Boulder, Colorado USA, Jun. 2009.
8)Tatsuya Okada, Takuro Tomita, Shigeki Matsuo, Shuichi Hashimoto, Yoichiro Ishida, Satoshi Kiyama and Tomonori Takahashi : Periodic structures induced by femtosecond laser pulses inside 4H-SiC single crystal, LAMP2009 (The 5th International Congress on Laser Advanced Materials Processing) Program and Technical Digest, 75, Kobe, Jun. 2009.
9)Daniel Werner, Shuichi Hashimoto, Takayuki Uwada, Takuro Tomita and Shigeki Matsuo : Examination of laser-induced splitting of Au and Ag flakes to produce nanoparticles in solutions, LAMP2009 (The 5th International Congress on Laser Advanced Materials Processing) Program and Technical Digest, 129, Kobe, Jun. 2009.
10)Shigeru Sugiyama, Tetsuo Kikumoto, Haruki Tanaka, Keizo Nakagawa, Ken-Ichiro Sotowa, Keiko Maehara, Yoshiyuki Himeno and Wataru Ninomiya : Liquid-Phase Oxidative Dehydrogenation of Sodium Lactate to the Corresponding Pyruvate Using Pd/C and Te/Pd/C Catalysts, 6th World Congress on Oxidation Catalysis, Lille, France, Jul. 2009.
11)Yasuhiko Kawamura, Nazrul Islam, Kazuo Hida, Masaki Nishiuchi and Takashi Ooi : Reactions of Tetraaryl[5]cumulene: Cyclotrimerization and Charge-Transfer Reactions with Tetracyanoethene, 13th International Symposium on Novel Aromatic Compounds, Luxembourg, Jul. 2009.
12)Kei-ichiro Murai, Doji Suzuki, Satoshi Fujita, Dan Kirishima, Toshihiro Moriga and Akira Yoshiasa : EXAFS study and characterization of N-doped TiO2, 14th International Conference on X-ray Absorption Fine Structure, 179, Camerino, Jul. 2009.
13)Yasuhiro Uosaki and Kurumi Enoki : Thermophysical Properties of Liquid N-Methylformamide under High Pressure, International Conference on High Pressure Science and Technology (Joint AIRAPT-22 & HP