RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel.
期間: 2006.4〜2018.3

2006年度(平成18年度)

article.{@.date="20060400 20070399" @.organization=\E{131051}}

2006年度(平成18年度) / 著書

1)竹川 佳宏, 原田 雅史 : 漢方の教育とEBMー統合医療の確立をめざす, --- 西洋医学を補足する漢方薬の臨床応用とEBM ー癌の緩和医療と十全大補湯ー ---, ライフサイエンス出版 株式会社, 東京, 2006年4月.
2)森本 忠興 : マンモグラフィ検診精度管理中央委員会とその役割, --- マンモグラフィ画像読影ハンドブック ---, 株式会社 永井書店, 大阪, 2006年4月.
3)竹川 佳宏, 原田 雅史 : 女性医療と漢方医療, --- 女性医療と漢方医療ー放射線治療に漢方は参加できるか(子宮頸癌患者の延命と漢方)ー ---, 株式会社 永井書店, 東京, 2006年4月.
4)太湯 好子, 菊井 和子, 山崎 雅代, 岡本 絹子, 篠原 ひとみ, 竹田 恵子, 塚原 貴子, 中新 美保子, 人見 裕江, 山口 三重子, 田邉 和代, 中尾 美幸, 兼光 洋子, 新見 明子, 岡田 ゆみ, 關戸 啓子, 齋藤 泰一, 中西 啓子, 雲 かおり : 基礎看護学第2版, ふくろう出版, 岡山, 2006年4月.
5)二宮 恒夫, 黒田 泰弘編, 宮尾 益知, 濱田 嘉徳, 玉井 浩, 武田 英二, 松田 博 : 最新育児小児病学,改訂第5版, 南江堂, 東京, 2006年5月.
6)深井 喜代子, 前田 ひとみ, 宮脇 美保子, 山口 三重子, 新見 明子, 關戸 啓子, ほか 39人 : 基礎看護学テキスト, --- EBN志向の看護実践 ---, 南江堂, 東京, 2006年5月.
7)上田 隆, 大橋 一友, 炭原 加代, 富安 俊子, 葉久 真理, 日隈 ふみ子, 前田 和寿, 三谷 龍史, 柳吉 桂子, 山口 雅子 : 2007年度出題基準別助産師国家試験対策模擬問題, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2006年6月.
8)高田 早苗, 川西 千恵美, 重松 豊美 : エビデンスに基づく注射の技術, 株式会社 中山書店, 東京, 2006年7月.
9)深井 喜代子, 藤本 悦子, 今本 喜久子, 藤澤 怜子, 東 玲子, 齊田 菜穂子, 關戸 啓子, ほか 50人 : 実践へのフィードバックで活かすケア技術のエビデンス, へるす出版, 東京, 2006年11月.
10)二宮 恒夫 : EBM小児疾患の治療 ( 五十嵐 隆 他編), --- XI.9. 思春期のこころの問題に対するネットワークの作り方は? ---, 株式会社 中外医学社, 東京, 2007年2月.
11)市原 多香子 : 脳神経疾患看護のアセスメントマスターブック, --- 病態のアセスメント:排尿障害,褥瘡,関節拘縮,不穏・せん妄,電解質異常, ---, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2007年2月.
12)田村 綾子 : チャートでわかる・ ツールが使いこなせる 脳神経疾患看護のアセスメントマスターブック, --- 頭蓋内圧亢進,一過性脳虚血発作,脳梗塞,脳出血,クモ膜下出血,脳動脈瘤,もやもや病,認知症 ---, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2007年2月.
13)眞野 典子, 眞野 元四郎, 谷岡 哲也, 石神 文子, 富島 喜揮, 西谷 清美, 武田 廣一, 後藤 雅博, 三船 和史, 上別府 圭子, 上野 里絵, 出越 文悟, 宮部 由起代, 多田 敏子, 橋本 文子, 倉知 延章, 山崎 正雄, 上野 修一 : 精神科リハビリテーション, 株式会社 中外医学社, 東京, 2007年2月.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Darija Viducic, Tsuneko Ono, Keiji Murakami, Susilowati Heni, Shizuo Kayama, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake : Functional Analysis of spoT, relA and dksA Genes on Quinolone Tolerance in Pseudomonas aeruginosa under Nongrowing Condition, Microbiology and Immunology, Vol.50, No.4, 349-357, 2006.
2)秋月 利文, 林 浩希, 多田 昌代, 佐々木 幹治, 高島 宏輔, 井村 裕吉 : モニタの輝度管理について, --- 輝度値に影響する因子からの考察 ---, 日本放射線技師会雑誌, Vol.53, No.643, 449-455, 2006年.
3)Kiichiro Noda, Yasuo Ohashi, Hajime Sugimori, Masami Ozaki, Hideo Niibe, Sachio Ogita, Ichiro Kohno, Kazuo Hasegawa, Yuzo Kikuchi, Yoshihiro Takegawa, Shingo Fujii, Kenichi Tanaka, Kazunori Ochiai, Midori Kita and Keiichi Fujiwara : Phase III double-blind randomized trial of radiation therapy for stage IIIb cervical cancer in combination with low- or high-dose Z-100: Treatment with immunomodulator, more is not better, Gynecologic Oncology, Vol.101, No.3, 455-463, 2006.
4)Naomi Morita, Masafumi Harada, Masaaki Uno, Kaori Furutani and Hiromu Nishitani : Change of Diffusion Anisotropy in Patients with Acute Cerebral Infarction Using Statistical Parametric Analysis, Radiation Medicine, Vol.24, No.4, 253-259, 2006.
5)Shunsuke Furutani, Takuya Saze, Hitoshi Ikushima, Masataka Oita, Kyosuke Osaki, Yoshiomi Kishida, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani : Quality Assurance of I-125 Seed for Prostate Brachytherapy Using an Imaging Plate, International Journal of Radiation Oncology*Biology*Physics, Vol.66, No.2, 603-609, 2006.
6)二宮 恒夫, 原田 路可, 坂本 理美子, 山田 知子, 船戸 豊子 : 周産期からの子ども虐待防止継続支援体制, 子どもの虐待とネグレクト, Vol.8, No.1, 107-113, 2006年.
7)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Three dimensional medical image recognition of lungs by revised GMDH-type neural network algorithm, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, Vol.1, 364-366, 2006.
8)Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, Ikuyo Motoki, Sumiko Tayoshi, Sawako Kinouchi, Koshi Ohta, Hongwei Song, Kyoko Morita, Kazuhito Rokutan, Hirotaka Tanaba, Akira Sano and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analysis of LIM (PDLIM5) in major depression., Neuroscience Letters, Vol.400, No.3, 203-207, 2006.
9)池田 雅彦, 園尾 博司, 田中 克浩, 紅林 淳一, 森本 忠興, 丹黒 章, 駒木 幹正, 片岡 健, 石黒 清介, 吉澤 潔 : 進行・再発乳癌に対するBi‐weekly Docetaxelと5′‐DFURの併用化学療法における安全性と効果の検討—第I相試験—, 癌と化学療法, Vol.33, No.6, 767-771, 2006年.
10)重松 豊美, 川西 千恵美, 池川 清子 : 子宮の手術を受けた患者の排便の実態, 日本看護科学会誌, Vol.26, No.2, 12-22, 2006年.
11)Ya Lin, Tetsuya Tanioka, Kokichi Tanihira, Fuji Ren, Toshiko Tada, Katsuyo Howard and Haruo Kobayashi : An Interactive E-learning System for Practicing Team Care by Interdisciplinary Collaboration, Kawasaki Journal of Medical Welfare, Vol.12, No.1, 37-44, 2006.
12)Tetsuya Tanioka, Motoshiro Mano, Yoichiro Takasaka, Toshiko Tada and Chiemi Kawanishi : Challenge of Psychiatric Rehabilitation for Patients With Long-Term Hospitalizations Using the Nirje's Normalization Principles As a Valuation Standard: Two Case Studies, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.3-4, 209-217, 2006.
13)Kumiko Sakamoto, Yuki Hibino, Shuji Yamano, Kazuhisa Maeda, Minoru Irahara and Aiko Yamauchi : Prescription drug use during pregnancy in Japan, Reproductive Toxicology, Vol.22, No.2, 283, 2006.
14)Takuro Nakano, Toshikatsu Shinka, Masako Sei, Youichi Sato, Mayumi Umeno, Kozue Sakamoto, Isoko Nomura and Yutaka Nakahori : A/G heterozygote of the A-3826G polymorphism in the UCP-1 gene has higher BMI than A/A and G/G homozygote in young Japanese males, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.3,4, 218-222, 2006.
15)Kiichiro Noda, Yasuo Ohashi, Hiroji Okada, Sachio Ogita, Masami Ozaki, Yuzo Kikuchi, Yoshihiro Takegawa, Hideo Niibe, Shingo Fujii, Junichi Horiuchi, Kozo Morita, Shozo Hashimoto and Keiichi Fujiwara : Randomized Fhase II Study of Immunomodulator Z-100 in Patients with Stage IIIB Cervical Cancer with Radiation Therapy, Japanese Journal of Clinical Oncology, Vol.36, No.9, 750-577, 2006.
16)阪間 稔, 井村 裕吉, 笹谷 章之, 久世 絋太郎, 桑折 範彦 : 大気中の鉛(214Pb, 212Pb)とビスマス(214Bi)濃度の共沈分離による定量, KEK-proceedings, Vol.5, 117-121, 2006年.
17)久世 絋太郎, 阪間 稔, 井村 裕吉, 笹谷 章之 : 走行サーベイによる徳島県・三朝温泉(鳥取県)間の環境放射線の線量率調査, KEK-proceedings, Vol.5, 186-190, 2006年.
18)多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 谷岡 哲也, 川野 公江, 福田 美紀 : 山間地域で生活する一人暮らし高齢者の介護度の変化とQOL, Quality of life Journal, Vol.7, No.1, 35-39, 2006年.
19)南川 貴子, 市原 多香子, 桑村 由美, 小野 香代子, 田村 綾子 : 発症間もない脳卒中片麻痺患者の思い, 日本脳神経看護研究会誌, Vol.29, No.1, 73-76, 2006年.
20)Mari Haku, Keiko Takebayashi and Toshiko Tomiyasu : Factors associated with the discontinuation of breastfeeding until 3 months after delivery, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.5, No.1, 12-17, 2006.
21)Ayako Tamura, Takako Ichihara, Shinjiro Takata, Takako Minagawa, Yumi Kuwamura, Takae Bando, Hiroko Kondo, Natsuo Yasui and Shinji Nagahiro : Changes in lower extremity muscle mass among bedridden patients with post-stroke hemiplegia in the acute post-stroke period, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.5, No.1, 18-21, 2006.
22)Keiko Sekido : Analysis on "Role Lettering" applied to nurses who have entered their third year of working in hospital, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.5, No.1, 6-11, 2006.
23)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Revised GMDH-type Neural Network Algorithm with a Feedback Loop Identifying Sigmoid Function Neural Network, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.2, No.5, 985-996, 2006.
24)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Medical Image Recognition of the Brain by Revised GMDH-type Neural Network Algorithm with a Feedback Loop, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.2, No.5, 1039-1052, 2006.
25)Toshiko Tada, Tetsuya Tanioka, Yasuko Matsushita, Ruriko Yamashita and Nitta Atsuko : Clarification of the Functions Required on Walking-support Devices for the Elderly at-Home Whose Care need Levels are Low, The 2nd International Conference for Unversal Design in Kyoto 2006, Vol.CD-ROM, 2006.
26)Masahito Tomotake, Yasuhiro Kaneda, Junichi Iga, Sawako Kinouchi, Sumiko Tayoshi, Ikuyo Motoki, Satsuki Sumitani, Ken Yamauchi, Takahide Taniguchi, Yasuhito Ishimoto, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Subjective and objective measures of quality of life have different predictors for people with schizophrenia., Psychological Reports, Vol.99, No.2, 477-487, 2006.
27)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 岸田 佐智 : 学校生活不適応感を抱く子どもへの看護学生の家庭教師的支援, 小児心身症研究, Vol.14, 45-49, 2006年.
28)Junko Komatsu, Shuji Yamano, Akira Kuwahara, Akira Tokumura and Minoru Irahara : The signalling pathways linking to lysophosphatidic acid-promoted meiotic maturation, Life Sciences, Vol.79, No.5, 506-511, 2006.
29)Taeko Nagao, Yoshimi Bando, Mitsunori Sasa, Tadaoki Morimoto, Nobuya Sano, Toshiyuki Hirose and Akira Tangoku : False-positive in fine-needle aspiration cytology of breast disease can be reduced with p63 immunostaining- A preliminary report, Anticancer Research, Vol.26, No.6B, 4373-4378, 2006.
30)住谷 さつき, 上野 修一, 石元 康仁, 谷口 隆英, 友竹 正人, 元木 郁代, 山内 健, 大森 哲郎 : 強迫性障害の薬物応答性と臨床特徴について, 精神神經學雜誌, Vol.108, No.12, 1282-1292, 2006年.
31)Naomi Morita, Masafumi Harada, Masaaki Uno, Hiromu Nishitani and Shinji Nagahiro : The usefulness and problem for MR I examination by using clinical 3T-MRI, DIGITAL MEDICINE, Vol.7, 6-9, 2007.
32)原田 雅史, 森田 奈緒美, 西谷 弘, 宇野 昌明, 永廣 信治, 中根 俊成, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 1.5 Tesla Stroke Unit MRI: 画像診断の新展開, 分子脳血管病, Vol.6, 258-263, 2007年.
33)宇野 昌明, 森田 奈緒美, 原田 雅史, 永廣 信治 : 3T-MRIによるStroke MRIの現状と問題点 脳梗塞急性期治療の最前線ー血栓溶解療法の新たな展開ー, The Mt.Fuji Workshop on CVD, Vol.25, 39-42, 2007年.
34)宇野 昌明, 原田 雅史, 森田 奈緒美, 西 京子, 松原 俊二, 中根 俊成, 和泉 唯信, 藤田 浩司, 永廣 信治 : 3T-MRIによるstroke MRIの有用性と問題点, 脳卒中, Vol.29, No.6, 824-829, 2007年.
35)梶原 恭子, 富安 俊子, 田中 千絵, 井手 信 : 看護学生の妊婦に対するイメージの検討, 母性衛生, Vol.47, No.4, 563-570, 2007年.
36)中村 仁志夫, 佐藤 剛, 松尾 淳司, 野坂 大喜, 渡邊 信, 岡本 基, 齋藤 憲, 堀尾 勝, 梅村 創, 田中 淳之, 佐藤 健次, 真栄平 房子, 大高 徹也, 岩渕 光哉, 浦山 修, 高宮 脩 : 臨床検査技師国家試験問題と教育内容との整合性についての検討, --- 9年間の問題基準検討委員会のあゆみを振り返って ---, 臨床病理, Vol.55, No.1, 24-34, 2007年.
37)Tadashi Kondo, Junji Ueno and Pandya S. Abhijit : Multi-layered GMDH-type Neural Network with Radial Basis Functions and Its Application to the 3-dimensional Medical Image Recognition of the Liver, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.11, No.1, 96-104, 2007.
38)Ayako Tamura, Takako Minagawa, Shinjiro Takata, Takako Ichihara, Yumi Kuwamura, Takae Bando, Hiroko Kondo, Natsuo Yasui and Shinji Nagahiro : Effects of intervention with back-lying exercises with bent knees pointing upwards to prevent disuse muscle atrophy in patients with post-stroke hemiplegia, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.5, No.2, 53-58, 2007.
39)Hiroshi Fukuno, Katsuyoshi Tamaki, Mari Urata, Nao Kohno, Ichiro Shimizu, Masahiro Nomura, Susumu Ito and Ken Saito : Influence of an artificial pleural effusion technique on cardio-pulmonary function and autonomic activity, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.1,2, 48-53, 2007.
40)桑村 由美, 矢田 眞美子, 石川 雄一, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子 : 成人2型糖尿病患者の抱く健康観・価値観―過去10年間の国内文献の検討―, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.5, No.2, 59-68, 2007年.
41)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, J Iga, K Yamauchi, S Hongwei, S Kinouchi, S Shibuya-Tayoshi, S Tayoshi, H Aki, S Sumitani, M Itakura and T Ohmori : Interaction between catechol-O-methyltransferase (COMT) Val108/158Met and brain-derived neurotrophic factor (BDNF) Val66Met polymorphisms in age at onset and clinical symptoms in schizophrenia, Journal of Neural Transmission, Vol.114, No.2, 255-259, 2007.
42)谷岡 哲也, 浦西 由美, 山崎 里美, 松本 正子, 倉橋 佳英, 橋本 文子, 多田 敏子, 松下 恭子, 山崎 正雄, 真野 元四郎, 友竹 正人, 上野 修一 : 地域住民の精神障害関連の行事への参加と精神障害者に対する意識調査, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.5, No.2, 91-98, 2007年.
43)橋本 文子, 谷岡 哲也, 多田 敏子, 松下 恭子, 山下 留理子 : 膠原病患者会におけるメンバー間の療養上の自己決定に至る相互作用の意義, 日本看護福祉学会誌, Vol.12, No.2, 117-130, 2007年.
44)Toshiko Tada, Tetsuya Tanioka, Fumiko Hashimoto, Yasuko Matsushita, Ruriko Yamashita, Chiemi Kawanishi and Chiemi Onishi : Clarification of Caring Behaviors by the Family of Elderly Relations Living in Rural Japan, International Journal for Human Caring, Vol.11, No.11, 25-29, 2007.
45)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Song Hongwei, Ryota Hashimoto, Masatoshi Takeda, Hiroshi Kunugi, Mitsuo Itakura and Tetsuro Ohmori : Gene expression in the peripheral leukocytes and association analysis of PDLIM5 gene in schizophrenia, Neuroscience Letters, Vol.415, No.1, 28-33, 2007.
46)谷岡 哲也, 浦西 由美, 山崎 里美, 松本 正子, 倉橋 佳英, 多田 敏子, 真野 元四郎, 山崎 正雄, 友竹 正人, 松下 恭子, 上野 修一, 大森 美津子, 大浦 智華 : 住民の精神障害者に対する意識調査:精神障害者との出会いの経験と精神障害者に対するイメージ, 香川大学看護学雑誌, Vol.11, No.1, 65-74, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)大畑 政子, 原 祥子, 松下 恭子, 多田 敏子 : 寒冷地に居住する軽度要介護高齢者の歩行支援ニーズの実態, 島根大学医学部紀要, Vol.29, 23-30, 2006年.
2)南川 貴子, 市原 多香子, 板東 孝枝, 田村 綾子 : 転倒・転落の予測のためのアセスメントツール, Brain Nursing, Vol.23, No.7, 16-21, 2007年.
3)Masao Hirose and Eiji Hosoi : Recovery of chemosensitivity in vincristine resistant cells showing multidrug resistance phenotypes in drug-free culture, Research Bulletin of Naruto University of Education, Vol.22, 357-368, 2007.

2006年度(平成18年度) / 学術レター

1)多田 敏子 : 在宅高齢者の屋内での歩行支援機器に必要な機能, 健康産業交流会シーズ集, Vol.14, 4-5, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1)森本 忠興 : 画像診断器機・システムの展望「最新マンモグラフィがもたらす有用性」, 新医療, Vol.33, 2006年4月.
2)浜端 賢次, 兼光 洋子, 關戸 啓子 : 治療別・消化器外科の退院指導9, --- 化学療法 ---, 消化器外科Nursing, Vol.11, No.6, 64-68, 2006年6月.
3)關戸 啓子, 兼光 洋子, 浜端 賢次 : 治療別・消化器外科の退院指導2, --- 肝切除術 ---, 消化器外科Nursing, Vol.11, No.6, 20-23, 2006年6月.
4)兼光 洋子, 浜端 賢次, 關戸 啓子 : 治療別・消化器外科の退院指導7, --- PEG(経皮内視鏡的胃瘻増設術) ---, 消化器外科Nursing, Vol.11, No.6, 51-56, 2006年6月.
5)葉久 真理 : 助産師教育の現状と将来展望, 四国医学雑誌, Vol.62, No.5,6, 211-217, 2007年1月.
6)雄西 智惠美 : 看護学教育研究の動向と今後の課題, 看護教育, Vol.48, No.3, 190-197, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1)Toshiko Tada, Tetsuya Tanioka, Fumiko Hashimoto, Chiemi Kawanishi, Chiemi Onishi, Yasuko Matsushita and Ruriko Yamashita : Clarification of Caring Behavior By the Family of Elderly Relations Living in Rural Japan, Proceedings of the 28th Conference of the International Association for Human Caring, Vol.10, No.2, 60, Fremantle, May 2006.
2)Tadashi Kondo : Revised GMDH-type Neural Network Algorithm with a Feedback Loop Identifying Sigmoid Function Neural Network, Proceedings of the 37th ISCIE International Aymposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 137-142, Jun. 2006.
3)Tadashi Kondo : Medical Image Recognition by Revised GMDH-type Neural Network Algorithm with a Feedback Loop Identifying Sigmoid Function Neural Network, Proceedings of the 37th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 143-148, Jun. 2006.
4)Akira Tokumura, Emi Kuwahara, Junichi Morishige, Kenji Fukuzawa and Shuji Yamano : Lysophosphatidic acid stimulates hyaluronic acid production in mouse oocyte-cumulus cells complex in vitro, 20thIUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
5)Tadashi Kondo : A New Algorithm of Multi-Layered Neural Network Using Heuristic Self-Organization, Proceedings of 17th International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems, 911-916, Jul. 2006.
6)Kishida Yoshiomi, Masataka Oita, Hitoshi Ikushima, Ozaki Kyousuke, Furutani Shunsuke, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani : Basic study for radiation treatment planning using PET/CT - Accuracy of a table-, Sapporo, Jul. 2006.
7)Shinya Tayoshi, Satsuki Sumitani, Sumiko Tayoshi, Shu-ichi Ueno, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori : Acute administration of benzodiazepine did not change the level of GABA in 3T 1H-Magnetic resonance spectroscopy, Chicago, Jul. 2006.
8)Chiemi Kawanishi, Tetsuya Tanioka, Toshiko Tada, Fuji Ren, Kyoko Osaka, Kazuyuki Matsumoto, Shunji Mitsuyoshi, Rozzano De Castro Locsin and Shu-ichi Ueno : Consideration of Measuring Method for Empathic Understanding as Technological Competency of Nursing, Proceedings of The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, 68-72, Cork, Ireland, Aug. 2006.
9)Kazuyuki Matsumoto, Tetsuya Tanioka, Fuji Ren, Yoichiro Takasaka, Takuya Matsuda, Toshiko Tada, Chiemi Kawanishi, Barnard Alan, Kyoko Osaka and Shu-ichi Ueno : Psychoms: A mental health patient management and variance analysis system using artificial intelligence, Proceedings of The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, 73-77, Cork, Ireland, Aug. 2006.
10)Toshiko Tada, Yasuko Matsushita, Tetsuya Tanioka, Ruriko Yamashita, Sumiko Yamamoto, Sachiko Okamoto, Sachiko Hara, Chiemi Kawanishi, Shu-ichi Ueno and Haruo Kobayashi : Functions required for walking supporting devices to improve the level of elderly people's quality of life in Japan, The Fourth International Conference on Information and The Fourth Irish Conference on the Mathematical Foundations of Computer Science and Information Technology, 82-86, Cork(Ireland), Aug. 2006.
11)Kyoko Osaka, Kazuyuki Matumoto, Chiemi Kawanishi, Tetsuya Tanioka, Toshiko Tada, Shu-ichi Ueno, Rozzano De Castro Locsin and Fuji Ren : REQUIRED PRECISION TO NATURAL LANGUAGE PROCESSING FOR THERAPEUTIC PATIENT-HEALTH CARE PROVIDER COMMUNICATION, Proceedings of the 9th IASTED International Conference on Intelligent Systems and Control, 118-123, Honolulu,Hawaii,USA, Aug. 2006.
12)Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Analysis of a Neural Oscillator Model With Plasticity for Treatment of Tinnitus, Proceedings of World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Vol.14, 3413-3416, Seoul, Aug. 2006.
13)Hirohito Shintani, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi and Abhijit S. Pandya : Analysis of multi-layer neural network's recognition mechanism using Alopex algorithm, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 133-136, Seoul, Aug. 2006.
14)Yoshinobu Terahashi, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Magnetic motion measurement using BPNN, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 530-532, Seoul, Aug. 2006.
15)Takahiro Emoto, Udantha R. Abeyratne, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Neural networks for the novel diagnosis method based on clinical snoring sound analysis in apnea, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 836-840, Seoul, Aug. 2006.
16)Tada Tomohiro, Masatake Akutagawa, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Brain signal source localization from EEG during recall of the aural stimulation, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 967-970, Seoul, Aug. 2006.
17)Kunihiko Inoue, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Udantha R. Abeyratne, Tetsuya Uemura, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Order estimation and screening of apneic snore sound using the Akaike Information Criterion, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1028-1031, Seoul, Aug. 2006.
18)Shingo Yoko, Masatake Akutagawa, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Simulation study on artifact elimination in EEG signals by artificial neural network, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1057-1059, Seoul, Aug. 2006.
19)Masato Katayama, Masatake Akutagawa, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Extracting characteristic feature of a inert region from EEG, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1075-1078, Seoul, Aug. 2006.
20)Yoshio Kaji, Masatake Akutagawa, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi and Shinji Nagahiro : EEG analysis using neural networks to detect changes of brain conditions during operations, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1079-1082, Seoul, Aug. 2006.
21)Mizuki Nishioka, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Signal separation of the biological signal using ICA, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1098-1101, Seoul, Aug. 2006.
22)Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Oscillation and Its Inhibition in a Neural Oscillator Model for Tinnitus, Proceedings of the 28th IEEE-EMBS Annual International Conference, 5547-5550, New York, Aug. 2006.
23)Kumiko Sakamoto, Yuki Hibino, Shuji Yamano, Kazuhisa Maeda, Minoru Irahara and Aiko Yamauchi : Prescription drug use during pregnancy in Japan, 34th Annual Conference of the European Teratology Society, Abano Terme, Sep. 2006.
24)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Song Hongwei, Ryota Hashimoto, Masatoshi Takeda, Hiroshi Kunugi, Mitsuo Itakura and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analysis of LIM (PDLIM5) in schizophrenia, Neuroscience, Atlanta, Oct. 2006.
25)Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, I Motoki, Shinya Tayoshi, S Kinouchi, K Ohta, H Song, Kyoko Morita, Kazuhito Rokutan, H Tanabe, A Dano and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analysis of LIM (PDLIM5) in major depression, Neuroscience, Atlanta, Oct. 2006.
26)Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Bifurcations in a Synaptic Coupled Oscillator Network for Image Segmentation, International Workshop on Synchronization: Phenomena and Analyses 2006, 147, Tokyo, Oct. 2006.
27)Toshiko Tada, Tetsuya Tanioka, Ruriko Yamashita, Yasuko Matsushita, Chiemi Kawanishi and Shu-ichi Ueno : Support for Single Elderly People's Better QOL Living in Mountainous Areas in Japan, 13th Annual conferenc of the International Society For Quality of Life Research, A71, Lisbon, Oct. 2006.
28)Minoru Sakama and Hiroyoshi Imura : Determination of lead (212,214Pb) and bismuth (214Bi) in the atmosphere by a coprecipitation technique, The 6th International Symposium on Advanced Science Research, 東海, Oct. 2006.
29)Shinya Tayoshi, Sumiko Tayoshi, Satsuki Sumitani, Masafumi Harada, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Six cases of elderly patients with psychotic feature refractory to drug therapy but response to ECT, Higashihiroshima, Oct. 2006.
30)Shinya Tayoshi, Sumiko Tayoshi, Satsuki Sumitani, Masafumi Harada, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Maintenance modified electroconvulsive therapy for an elderly patient with recurrent catatonia, Higashihiroshima, Oct. 2006.
31)Tomomi Shirakata, Shinzi Abe, Chie Numatani, Gosuke Sugi, Miwa Bando, Eiji Hosoi, Hitoshi Houchi, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi : Comparison of the inhibitory effects of Ibuprofen, Aspirin and Cilostazol on human platelet functions, The 21st Congress of Federation of Asian Pharmaceutical Associations, 横浜, Nov. 2006.
32)Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima, Takuya Saze, Kyosuke Osaki, Masataka Oita, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani : Quality assurance of Iodine 125 seeds for prostate brachytherapy using an imaging plate, 48th Annual meeting of the American society for therapeutic radiology and oncology, Philadelphia, Nov. 2006.
33)Tadashi Kondo : A new multi-layered GMDH-type neural network self-selecting optimum neural network architecture, Abstract of the 38th International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 17-18, Suwa, Nov. 2006.
34)Tadashi Kondo : Three-dimensional medical image recognition of blood vessels by multi-layered GMDH-type neural network self-selecting optimum neural network architecture, Abstract of the 38th International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 19-20, Suwa, Nov. 2006.
35)Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Chiemi Kawanishi, Toshiko Tada, Rozzano De Castro Locsin, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Measurement of the "emotional sensitivity" and "emotion at moment" using Power Map Analysis and Emotion Spectrum Analysis Method, Proceedings of International Symposium on Artificial Intelligence and Affective Computing 2006, 121-129, Tokushima, Nov. 2006.
36)Masato Katayama, Masatake Akutagawa, Udantha R. Abeyratne, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Some Limitations of Localizing Inert Region from EEG, Proceedings of the Intenational Conference on Biomedical and Pharmaceutical Engineering, 180-185, Singapore, Dec. 2006.
37)Ikeda Yuichi, Sato Yasuhiro, Yohsuke Kinouchi, Emiko Yasuno, Omine Yuken, Akira Tangoku and Tadaoki Morimoto : Nomivasive Estimation of Tissue Impedance Based on an Equivalent Circuit Model, Proceedings of the Intenational Conference on Biomedical and Pharmaceutical Engineering, 246-251, Singapore, Dec. 2006.
38)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Feedback GMDH-type neural network algorithm self-selecting optimum neural network architecture, Proceedings of International Symposium on Artificial Life and Robotics, No.GS21-4, 1-4, Jan. 2007.
39)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Three dimensional medical image recognition of the brain by feedback GMDH-type neural network self-selecting optimum neural network architecture, Proceedings of International Symposium on Artificial Life and Robotics, No.GS20-2, 1-4, Jan. 2007.
40)Matuki Takaomi, Tadashi Kondo and Junji Ueno : Three dimensional medical image recognition of the lungs using artificial neural network, Proceedings of International Symposium on Artificial Life and Robotics, No.PS3, 1-2, Jan. 2007.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1)上野 淳二, 米田 和英, 森田 奈緒美, 辻川 哲也, 古谷 かおり, 西谷 弘 : MDCTボリュームデータ読影時のinteractive sliding slab non-shading VR法およびMIP法の有用性, 2006年4月.
2)二宮 恒夫 : 教育との緊密な連携による軽度発達障害児の他害的観念・行動の修正支援, 第109回日本小児科学会学術集会, 2006年4月.
3)二宮 恒夫 : 教育との緊密な連携による軽度発達障害児の他害的観念・行動の修正支援, 第109回日本小児科学会学術集会, 2006年4月.
4)村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 抗菌薬抵抗性による緑膿菌rpoS遺伝子発現の変化, 第54回日本化学療法学会総会, 2006年5月.
5)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子 : 学校生活不適応感を抱く子どもへの看護学生の家庭教師的支援, 第14回 中国四国小児心身症学会, 2006年5月.
6)古谷 俊介, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 岸田 義臣, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : イメージングプレートを用いたヨウ素125密封小線源の線源強度測定法の検討, 小線源治療部会第8回研究会(栃木), 2006年6月.
7)岸田 義臣, 岩本 誠司, 古谷 俊介, 尾崎 享祐, 生島 仁史, 西谷 弘, 竹川 佳宏 : PET-CTによる放射線治療計画に関する基礎的検討ー寝台についてー, 第106回日本医学放射線学会中国・四国地方会(山口), 2006年6月.
8)大坂 京子, 谷岡 哲也, 川西 千恵美, 多田 敏子, 任 福継, 小林 春男 : 人の感情変化と脳波活動電位量の変化との関連, 日本看護福祉学会誌, Vol.12, No.1, 50-51, 2006年7月.
9)橋本 文子, 谷岡 哲也, 多田 敏子, 松下 恭子, 山下 留理子 : 療養上の自己決定における膠原病患者会(セルフヘルプグループ)の相互作用の意義の明確化, 第19回日本看護福祉学会 全国大会, Vol.12, No.1, 30-31, 2006年7月.
10)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 岸田 佐智, 松茂保健相談センター保健師 : 休日乳児健診の父親同伴と幼児期に至ったときの母親の育児への思いとの関係, 第15回中国四国小児保健学会, 2006年7月.
11)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 岸田 佐智 : 休日乳児健診の父親同伴と幼児期に至ったときの母親の育児への思いと関係, 第15回 中国四国小児保健学会, 2006年7月.
12)阪間 稔, 井村 裕吉 : 徳島県における環境水中のウランとトリウムの放射能濃度とその同位体比測定に関する研究, 第43回アイソトープ・放射線研究発表会, 2006年7月.
13)鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 中江 英明, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, Bacterial Adherence & Biofilm 第20回記念学術集会, 2006年7月.
14)澤田 和彦, 細井 英司, 坂東 美和, 坂田 ひろみ, 福井 義浩 : ローリングマウス小脳プルキンエ細胞における1型リアノジン受容体の発現減少, 29回日本神経科学大会, 2006年7月.
15)市原 多香子, 田村 綾子, 南川 貴子, 桑村 由美, 近藤 裕子 : 看護師が用いる非侵襲筋肉量の評価方法の推定に関する研究, --- DXA法と大腿周径,筋組織厚,握力との関係 ---, 日本看護研究学会雑誌, Vol.29, No.3, 178, 2006年7月.
16)多田 敏子, 松下 恭子, 橋本 文子, 山下 留理子, 谷岡 哲也 : 基礎看護教育におけるコミュニティー・アズ・パートナーモデルを用いた地域踏査演習の意義, 日本地域看護学会第9回学術集会講演集, 65, 2006年7月.
17)橋本 文子, 多田 敏子, 松下 恭子, 山下 留理子, 太田 暁子, 俵 志江, 谷岡 哲也 : 地域看護学臨地実習をとおして学生が捉えた保健師像, 日本地域看護学会第9回学術集会講演集, 66, 2006年7月.
18)山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 谷岡 哲也, 太田 暁子, 俵 志江 : 山間地域のひとり暮らし高齢者の生活を維持する要因の検討, 日本地域看護学会第9回学術集会講演集, 148, 2006年7月.
19)阪間 稔, 井村 裕吉 : 走行サーベイによる徳島県・三朝温泉(鳥取県)間における環境放射線の線量率調査, 第233回徳島医学会学術集会, 2006年7月.
20)市原 多香子, 田村 綾子, 南川 貴子, 桑村 由美, 近藤 裕子 : 看護学生が実施した片麻痺疑似体験の教育効果, --- 疑似体験後の片麻痺患者に対するイメージの分析から ---, 日本看護学教育学会第16回学術集会講演集, 113, 2006年8月.
21)桑村 由美, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子 : 糖尿病患者の健康観・価値観に関する研究の動向, 日本看護研究学会雑誌, Vol.29, No.3, 167, 2006年8月.
22)南川 貴子, 田村 綾子, 市原 多香子, 桑村 由美, 近藤 裕子 : 脳卒中で片麻痺をきたした患者の思い, --- 発症3日目から2週間の発言内容の分析 ---, 日本看護研究学会雑誌, Vol.29, No.3, 162, 2006年8月.
23)田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 近藤 裕子 : 脳卒中発作後急性期患者の麻痺側上下肢の筋肉量の推移, --- DXA法による検討 ---, 日本看護研究学会雑誌, Vol.29, No.3, 177, 2006年8月.
24)關戸 啓子 : 看護教員が担当する「人間関係論」の授業評価結果の検討, --- 学生の満足度別による比較 ---, 日本看護学教育学会誌 日本看護学教育学会第16回学術集会講演集, 87, 2006年8月.
25)關戸 啓子 : 病院勤務3年目の看護者に実施したロールレタリングの分析(1), --- 「将来の展望不明確型」に分類されたロールレタリングを対象として ---, 日本ロールレタリング学会第7回大会研究発表抄録集-2006年-, 18-22, 2006年8月.
26)關戸 啓子 : 看護教員が担当する「人間関係論」の授業評価結果の検討, --- 2年間の比較 ---, 日本看護研究学会雑誌, Vol.29, No.3, 124, 2006年8月.
27)Aluwee Ahmad Zikri Bin Sayed Sayed, Yasutomo Motokastu, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Junji Ueno and Hiromu Nishitani : CT Colonography Using Stool Tagging Method, IEICE Technical Report Medical Imaging, Vol.106, No.226, 53-57, Sep. 2006.
28)二宮 恒夫, 佐原 玉恵, 谷 洋江, 橋本 浩子, 岸田 佐智, 川村 洋子, 原田 路可, 船戸 豊子 : 虐待ハイリスク因子養育者に対する周産母子センターから地域への連携支援の現状, 第38回徳島母性衛生学会, 2006年9月.
29)二宮 恒夫, 橋本 浩子, 谷 洋江, 佐原 玉恵, 岸田 佐智, 稲井 弘子, 河野 明子, 犬伏 明美, 山崎 みゆき, 黒崎 恵子 : 虐待予防のための低出生体重児に対する周産期からの継続支援の現状と課題, 第48回徳島県小児保健協会総会ならびに学術講演会, 2006年9月.
30)佐原 玉恵, 谷 洋江, 橋本 浩子, 岸田 佐智, 二宮 恒夫, 川村 洋子 : 虐待ハイリスク因子養育者に対する周産母子センターから地域への連携支援の現状, 第38回徳島母性衛生学会, 2006年9月.
31)橋本 浩子, 谷 洋江, 二宮 恒夫, 佐原 玉恵, 岸田 佐智, 稲井 弘子, 河野 明子 : 虐待予防のための低出生体重児に対する周産期からの継続支援の現状と課題, 徳島県小児保健協会総会並びに第48回講演会, 2006年9月.
32)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 岸田 佐智 : 父親の育児参加を促すための休日乳児健診の10年間の成果と今後, 徳島県小児保健協会総会並びに第48回講演会, 2006年9月.
33)小林 克己, 宇佐美 徳子, 前澤 博, 林 徹, 檜枝 光太郎, 高倉 かほる, 古澤 佳也 : PFにおけるマイクロビームX選照射装置の現状と改良計画, 日本放射線影響学会第49回大会講演要旨集, 82, 2006年9月.
34)二宮 恒夫 : 軽度発達障害児の特定生徒への他害的観念など二次障害への対応, 第24回日本小児心身医学会, 2006年9月.
35)二宮 恒夫 : 軽度発達障害児の特定生徒への他害的観念など二次障害への対応, 第24回日本小児心身医学会, 2006年9月.
36)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Hongwei Song, Sawako Kinouchi, Sumiko Tayoshi, Shinya Tayoshi, Satsuki Sumitani and Tetsuro Ohmori : BDNFVal66Met polymorphism in schizophrenia is associated with age of onset and symptoms., The 28th Annual Meeting of Japanese Society of Biological Psychiatry, Sep. 2006.
37)多田 敏子, 橋本 文子, 山下 留理子, 松下 恭子, 谷岡 哲也, 川野 公江 : 認知症の家族の介護におけるケアリングとQOL, Quality of life Journal, Vol.7, No.2, 2006年9月.
38)Reiji Suzuki, Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : A Method of Analysis for alpha-wave in EEG under Tinnitus, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 180, Sep. 2006.
39)Shuuhei Higashi, Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Development of a Measurement System of EEG and Its Spectrogram, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 181, Sep. 2006.
40)Daisuke Adachi, Takayuki Araki, Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Inhibition of Oscillation by Noise in a Neural Network Model for Treatment of Tinnitus, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 188, Sep. 2006.
41)西岡 瑞起, 芥川 正武, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : 脳波の独立成分分離に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 178, 2006年9月.
42)多田 朋広, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : ニューラルネットワークと非線形最適化法を用いた脳内2信号源推定に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 186, 2006年9月.
43)片山 雅仁, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : 脳不活性部位の大きさによる推定位置誤差の影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 185, 2006年9月.
44)新谷 洋人, 芥川 正武, 長篠 博文, パンディア S. アビジット, 木内 陽介 : ステップ幅を可変にしたAlopex algorithm, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 187, 2006年9月.
45)横 真悟, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : NNを用いた瞬目アーチファクトの除去について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 189, 2006年9月.
46)砂崎 一紀, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : ニューラルネットワークを用いた時系列パターン認識, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 190, 2006年9月.
47)寺橋 由展, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : MIセンサを用いた顎運動計測に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 191, 2006年9月.
48)井上 邦彦, 芥川 正武, 榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha, 植村 哲也, 長篠 博文, 木内 陽介 : AICによる鼾音のパラメータ推定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 201, 2006年9月.
49)關戸 啓子, 内海 滉 : 病院勤務3年目の看護者が抱く将来像について, --- ロールレタリングの分析による検討 ---, 日本応用心理学会第73回大会発表論文集, 68, 2006年9月.
50)住谷 さつき, 原田 雅史, 久保 均, 田吉 伸哉, 田吉 純子, 木内 佐和子, 上野 修一, 大森 哲郎 : 3T proton MRSを用いたOCDの脳内代謝物の検討, 2006年9月.
51)山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 川野 公江, 福田 美紀 : 山間地域の要介護高齢者および介護者の生活を支える要因の分析, 第28回全国保健師学術研究会講演集, 264-265, 2006年10月.
52)白潟 朋美, 道倉 亜実, 阿部 真治, 沼谷 ちえ, 杉 豪介, 田中 麻衣, 坂東 美和, 細井 英司, 芳地 一, 川添 和義, 水口 和生 : ヒト活性化血小板における抗血小板薬の効果, 日本薬学会・日本病院薬剤師会第45回中国四国支部学術大会, 2006年10月.
53)岸田 義臣, 生島 仁史, 寺澤 かおり, 岩本 誠司, 古谷 俊介, 山下 恭, 尾﨑 享祐, 工藤 隆治, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 放射線治療においてPET/CTが有用であると考えられた症例, 第44回日本癌治療学会総会(東京), 2006年10月.
54)二宮 恒夫 : 特別講演「子どもの心の問題-関係性障害に焦点をあてた支援-」, 第18回香川県小児心身医学研究会, 2006年10月.
55)川西 千恵美, 細川 千恵美, 藤本 藤枝, 吉田 富江, 長谷 康子, 橋本 真由美, 市川 直美 : 慢性期にある入院患者の気管内吸引および訪問看護に関する認知の実態, 日本看護学会 地域看護, 2006年10月.
56)市川 直美, 川西 千恵美, 橋本 真由美, 長谷 康子, 桑原 優子, 吉川 俊美 : 在宅ALS患者の気管内吸引の実態および訪問看護に求める内容, 日本看護学会 地域看護, 2006年10月.
57)山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 川野 公江, 福田 美紀 : 山間地域の要介護高齢者および介護者の生活を支える要因の分析, 第28回全国地域保健師学術研究会講演集, 264-265, 2006年10月.
58)山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 川野 公江, 福田 美紀 : 山間地域の要介護高齢者および介護者の生活を支える要因の分析, 第28回全国地域保健師学術研究会講演集, 264-265, 2006年10月.
59)竹元 省太, 吉永 哲哉, 藤本 憲市 : 拡張PMARTを用いたエミッションCT画像再構成, 第29回日本生体医工学会中国四国支部大会講演抄録, 29, 2006年10月.
60)太田 暁子, 俵 志江, 山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子 : 女性の自我同一性の発達の研究, --- 看護学生の場合 ---, 日本公衆絵衛生学会総会抄録, No.65, 696, 2006年10月.
61)岩本 誠司, 生島 仁史, 岸田 義臣, 山下 恭, 古谷 俊介, 尾﨑 享祐, 竹川 佳宏, 工藤 隆治, 西谷 弘 : 浸潤性膀胱癌に対する動注化学療法併用放射線治療の検討, 日本放射線腫瘍学会第19回学術大会(仙台)2006.11 (日本放射線腫瘍学会誌), Vol.18, No.Supp. 1, 220, 2006年10月.
62)竹川 佳宏 : 健康と食べのもー生活習慣病・癌の予防ー(教育講演・市民講座), 第35回日本東洋医学会中四国支部総会徳島大会前夜祭・第26回日本東洋医学会徳島県部会, 2006年10月.
63)白潟 朋美, 道倉 亜実, 阿部 真治, 沼田 ちえ, 杉 豪介, 田中 麻衣, 坂東 美和, 細井 英司, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 : ヒト活性化血小板における抗血小板薬の効果, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 138, 2006年10月.
64)關戸 啓子 : 看護教員が担当した対人援助技術教育の評価, --- 学生による授業評価結果の因子分析より ---, 第47回日本産業教育学会大会発表要旨集録, 17, 2006年10月.
65)中嶋 いく子, 關戸 啓子, 寺尾 純二 : HDLの酸化安定性と抗酸化機能に及ぼすβ-カロテンおよびルテインの影響, 第39回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会講演要旨集, 19, 2006年10月.
66)井戸 光, 室田 佳恵子, 關戸 啓子, 寺尾 純二 : タマネギ長期摂取によるヒト血漿へのケルセチン代謝物の蓄積, 第39回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会講演要旨集, 19, 2006年10月.
67)松下 恭子, 多田 敏子, 谷岡 哲也, 山下 留理子, 原 祥子, 東山 由実, 山本 澄子, 岡本 佐智子 : ケア提供者からみた軽度要介護高齢者への歩行支援上の課題, 日本老年看護学会第11回学術集会抄録集, 128, 2006年11月.
68)大畑 政子, 原 祥子, 松下 恭子, 多田 敏子 : 要支援・軽度要介護高齢者の歩行支援機器の実態調査, 日本老年看護学会第11回学術集会抄録集, 129, 2006年11月.
69)岸田 義臣, 生島 仁史, 岩本 誠司, 山下 恭, 古谷 俊介, 尾﨑 享祐, 竹川 佳宏, 工藤 隆治, 西谷 弘 : PET-CTによる放射線治療計画に関する基礎的検討ー寝台についてー, 日本放射線腫瘍学会第19回学術大会(仙台) 日本放射線腫瘍学会誌, Vol.18, No.Supp. 1, 151, 2006年11月.
70)住谷 さつき, 上野 修一, 石元 康仁, 谷口 隆英, 友竹 正人, : OCDのSSRIと非定型抗精神病薬に対する応答性と臨床特徴について, 第8回OCD研究会, 2006年11月.
71)三好 弘一, 入倉 奈美子, 佐瀬 卓也, 桑原 義典, 合田 康代, 立花 さやか, 足立 昭夫, 前澤 博 : 定期検査・定期確認の事例-徳島大学アイソトープ総合センター-, 日本アイソトープ協会, 2006年11月.
72)上野 淳二 : 超多画像時代の観察・診断方法, --- 主にMDCTデータに関して ---, 2006年11月.
73)前田 恵理子, 本田 朋子, 井村 裕吉, 八木 浩史 : マンモグラフィ用シャウカステンの輝度特性, 中四国放射線医療フォーラム, 2006年11月.
74)前田 瑞季, 米倉 広宣, 佐々木 幹治, 富永 正英, 竹川 佳宏 : 放射線治療における頭頸部固定用シェルの精度に関する検討, 中四国放射線医療技術フォーラム(香川), 2006年11月.
75)古谷 俊介, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 山下 恭, 岩本 誠司, 岩本 誠司, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 前立腺癌に対するI-125密封小線源療法の1年後の治療成績, 日本放射線腫瘍学会第19回学術集会(仙台)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.18, No.Supplement 1, 201, 2006年11月.
76)尾崎 亨祐, 生島 仁史, 古谷 俊介, 山下 恭, 岸田 義臣, 岩本 誠司, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 徳島大学病院における子宮頸癌の治療成績, 日本放射線腫瘍学会第19回学術集会(仙台)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.18, No.Supplement 1, 231, 2006年11月.
77)佐瀬 卓也, 古谷 俊介, 伊藤 茂樹, 出路 静彦, 廣田 昌大, 有賀 英司, 三好 弘一, 西谷 弘, 西澤 邦秀, 前澤 博 : イメージングプレートを用いる前立腺がん治療用線源の品質管理測定(II), 日本放射線安全管理学会 第5回学術大会, 2006年11月.
78)關戸 啓子 : 医療従事者を目指す大学生の「死」に対する認識, --- 介護実習実施前の認識について ---, 日本福祉教育・ボランティア学習学会第12回大会発表要旨・論文集, 139-140, 2006年11月.
79)小林 憲司, 杉 豪介, 沼谷 ちえ, 坂東 美和, 細井 英司, 白潟 朋美, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一, 廣瀬 政雄 : フローサイトメトリー法による血小板表面抗原の解析1∼血小板活性化マーカーの検出法について∼, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
80)杉 豪介, 小林 憲司, 沼谷 ちえ, 坂東 美和, 細井 英司, 白潟 朋美, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一, 廣瀬 政雄 : フローサイトメトリー法による血小板表面抗原の解析2∼アスピリン・シロスタゾール・イブプロフェンの血小板活性抑制効果について∼, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
81)山下 由起, 坂東 美和, 細井 英司, 白潟 朋美, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一, 廣瀬 政雄 : ヒト血小板機能に及ぼす一般用医薬品 (イブプロフェン)の影響について, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
82)佐瀬 卓也, 前田 恵理子, 阪間 稔, 坂根 仁, 前田 幸志, 佐藤 一雄, 本田 朋子, 川口 佳彦, 三好 弘一, 西谷 弘, 前澤 博 : 自己遮蔽型PETサイクロトロンに対する中性子漏洩管理, 日本放射線安全管理学会 第5回学術大会, 2006年12月.
83)川口 佳彦, 入倉 奈美子, 佐瀬 卓也, 中山 信太郎, 伏見 賢一, 三好 弘一, 前澤 博 : モデルルームを用いたトリチウムの飛散率・壁面分布測定, 日本放射線安全管理学会 第5回学術大会, 2006年12月.
84)三好 弘一, 合田 康代, 佐瀬 卓也, 入倉 奈美子, 桑原 義典, 前澤 博 : コース別再教育訓練の計画と実施及びその分析, 日本放射線安全管理学会 第5回学術大会, 2006年12月.
85)入倉 奈美子, 三好 弘一, 佐瀬 卓也, 桑原 義典, 立花 さやか, 合田 康代, 足立 昭夫, 前澤 博 : 管理区域における労働安全衛生法への対応, 日本放射線安全管理学会 第5回学術大会, 2006年12月.
86)桑原 義典, 立花 さやか, 入倉 奈美子, 三好 弘一, 佐瀬 卓也, 前澤 博, 足立 昭夫 : 払い出しから引き渡しまでの管理ソフトウエアの開発, 日本放射線安全管理学会 第5回学術大会, 2006年12月.
87)佐瀬 卓也, 本田 朋子, 前田 恵理子, 原田 雅史, 久保 均, 三好 弘一, 前澤 博 : 非破壊検査手法を用いる病変モモ果実の検出, 日本放射線安全管理学会 第5回学術大会, 2006年12月.
88)村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 抗菌薬添加による緑膿菌Quorum Sensing関連遺伝子発現の変化, 第54回日本化学療法学会西日本支部総会, 2006年12月.
89)安原 由子, 牛越 幸子, 岩佐 幸恵, 川西 千恵美 : 洗髪体位における総頸動脈の血流変化(その1), --- 健常女性の年代別比較 ---, 第26回日本看護科学学会学術集会, 2006年12月.
90)牛越 幸子, 安原 由子, 岩佐 幸恵, 川西 千恵美 : 洗髪体位における総頸動脈の血流変化(その2), --- 降圧剤を内服中の女性と健常者の比較 ---, 第26回日本看護科学学会学術集会, 2006年12月.
91)桑村 由美, 矢田 眞美子, 石川 雄一, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子 : 2型糖尿病を有する人の食行動における咀嚼に焦点を当てた研究の動向, 日本看護科学学会学術集会講演集, 472, 2006年12月.
92)二宮 恒夫, 川村 洋子, 原田 路可, 船戸 豊子, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 谷 洋江, 岸田 佐智 : ハイリスク因子養育者の周産母子センターから退院後の病院における継続支援と課題, 日本子ども虐待防止学会第12回学術集会みやぎ大会, 2006年12月.
93)二宮 恒夫, 橋本 浩子, 谷 洋江, 佐原 玉恵, 岸田 佐智, 川村 洋子, 原田 路可, 船戸 豊子 : 低出生体重児に対する地域での虐待予防の視点による継続支援の現状, 日本子ども虐待防止学会第12回学術集会みやぎ大会, 2006年12月.
94)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 岸田 佐智, 川村 洋子, 原田 路可, 船戸 豊子 : 周産母子センターからハイリスク因子養育者として地域と連携した事例の経過, 日本子ども虐待防止学会第12回学術集会みやぎ大会, 2006年12月.
95)川村 洋子, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 谷 洋江, 岸田 佐智, 二宮 恒夫 : ハイリスク因子養育者の周産期母子センターからの退院後の病院における継続支援と課題, 日本子ども虐待防止学会第12回学術集会・抄録集, 37, 2006年12月.
96)橋本 浩子, 谷 洋江, 佐原 玉恵, 岸田 佐智, 二宮 恒夫, 川村 洋子 : 低出生体重児に対する地域での虐待予防の視点による継続支援の現状, 日本子ども虐待防止学会第12回学術集会・抄録集, 42, 2006年12月.
97)谷 洋江, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 岸田 佐智, 二宮 恒夫, 川村 洋子 : 周産母子センターからハイリスク因子養育者として地域と連携した事例の経過, 日本子ども虐待防止学会第12回学術集会・抄録集, 42, 2006年12月.
98)門脇 芽里, 佐藤 美咲, 吉本 恵, 齋藤 憲, 吉川 陽子, 矢野 勇人 : 非持続性心室頻拍の治療経過中に突然死した肥大型心筋症の1例, --- 心拍変動解析による検討 ---, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
99)吉本 恵, 佐藤 美咲, 門脇 芽里, 齋藤 憲, 中屋 豊 : 血管超音波検査法による血管内皮機能の検討, --- 汎用超音波画像診断装置(UNEXEF18G)の使用経験 ---, 第30回徳島医学検査学会, 2006年12月.
100)堀川 明日香, 野間 保喜, 滝本 真由美, 玉井 利奈, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : 抗菌薬添加によるQuorum Sensing関連遺伝子発現の変動, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
101)滝本 真由美, 玉井 利奈, 堀川 明日香, 野間 保喜, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌におけるPQS Quorum Sensingと病原性に関する研究, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
102)玉井 利奈, 滝本 真由美, 野間 保喜, 堀川 明日香, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌臨床分離株における抗菌薬感受性とバイオフィルム形成に関する研究, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
103)野間 保喜, 堀川 明日香, 滝本 真由美, 玉井 利奈, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : う蝕原因菌Streptococcus mutansの病原性に関する研究, 第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
104)關戸 啓子 : 看護者・看護学生へのロールレタリング試行結果の分析, --- タイムマシン・メッセージを実施して ---, 第26回日本看護科学学会学術集会講演集, 286, 2006年12月.
105)山下 留理子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 谷岡 哲也, 太田 暁子, 俵 志江 : 山間地域のひとり暮らし高齢者の生活を維持する要因の検討, 日本地域看護学会第9回学術集会講演集, 148, 2007年1月.
106)Sayed Ahmad Zikri Bin Sayed Aluwee, Motokatsu Yasutomo, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Junji Ueno and Hiromu Nishitani : Evaluation of stool tagging method for CT colonography, IEICE Technical Report Medical Imaging, Vol.106, No.509, 211-214, Jan. 2007.
107)桑原 絵美, 山野 修司, 盛重 純一, 德村 彰, 福澤 健治 : リゾホスファチジン酸によるマウス卵丘細胞からのヒアルロン酸遊離と卵丘膨化, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
108)Numata Syusuke, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, So Hongwei, Ohta Koshi, Sawako Kinouchi, Shibuya-Tayoshi Sumiko, Shinya Tayoshi, Aono Michitaka, Naomi Kameoka, Satsuki Sumitani, Masahito Tomotake and al et : Brain-derived neurotrophic factor (BDNF) Val66Met polymorphism in schizophrenia is associated with age at onset, 第2回日本統合失調症学会, Mar. 2007.
109)松下 恭子, 多田 敏子, 橋本 文子, 山下 留理子, 太田 暁子, 俵 志江 : 在宅看護実習を通して学生が捉えた訪問看護ステーションにおける災害対策について, 第11回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 172, 2007年3月.
110)竹林 桂子, 富安 俊子, 葉久 真理 : 教育課程の相違による助産に必要な看護技術の習得状況, --- 助産学実習前と実習終了時の比較から ---, 日本助産学会誌, Vol.20, No.3, 55, 2007年3月.
111)桑折 範彦, 齊藤 隆仁, 大橋 眞, 若泉 誠一, 後藤 壽夫, 吉永 哲哉, 藤本 憲市 : 2006年問題に対するeコンテンツ開発と学習環境の整備, 平成18年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス発表抄録集, 51-52, 2007年3月.
112)阪間 稔, 井村 裕吉, 古川 卓也, 西藤 由香里 : 走行サーベイによる徳島県・湯布院(大分県)間の環境放射線による線量率調査, 第8回「環境放射能」研究会, 2007年3月.
113)宇野 昌明, 原田 雅史, 森田 奈緒美, 中根 俊成, 西 京子, 永廣 信治 : 3T-MRIによるstroke MRIの有用性と問題点, 第32回日本脳卒中学会総会, 2007年3月.
114)宇野 昌明, 原田 雅史, 森田 奈緒美, 中根 俊成, 西 京子, 永廣 信治 : 3T-MRIによるstroke MRIの有用性と問題点,, 第36回日本脳卒中の外科学会, 2007年3月.
115)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Hongwei Song, Koji Ohta, Sawako Kinouchi, Sumiko Tayoshi, Shinya Tayoshi, Michitaka Aono, Naomi Kameoka, Satsuki Sumitani, Masahito Tomotake, Yasuhiro Kaneda, Takahide Taniguchi, Yasuhito Ishimoto and Tetsuro Ohmori : Brain-derived neurotrophic factor (BDNF) Val66Met polymorphism in schizophrenia is associated with age of onset, The 2nd Annual Meeting of Japanse Society of Schizophrenia Research, Mar. 2007.
116)Shusuke Numata, Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Hongwei Song, Sumiko Tayoshi, Shinya Tayoshi, Masahito Nakataki, Ryota Hashimoto, Masatoshi Takeda, Hiroshi Kunugi and Tetsuro Ohmori : Differential expression of Disrupted-In-Schizophrenia-1 (DISC1) in the peripheral leukocytes from schizophrenia and major depressive disorder, The 2nd Annual Meeting of Japanse Society of Schizophrenia Research, Mar. 2007.
117)弘田 克彦, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinによる培養ヒト胆管上皮細胞核膜抗原の異所性表出, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.
118)鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, 第80回日本細菌学会総会, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1)多田 敏子 : 春を間近にして, SSKA全低肺, Vol.84, No.1, 3-4, 2006年4月.
2)宋 鴻偉, 田吉 純子, 伊賀 淳一, 山内 健, 沼田 周助, 田吉 伸哉, 木内 佐和子, 上野 修一, 大森 哲郎 : 炭酸リチウム投与におけるヒト末梢血白血球の遺伝子mRNA発現変化, 第26回リチウム研究会, 2006年4月.
3)竹川 佳宏 : 講演26 癌の予防と治療, --- 子宮体癌 ---, デイケアー(徳島), 2006年4月.
4)竹川 佳宏 : 講演27 癌の予防と治療, --- 悪性リンパ腫 ---, デイケアー(徳島), 2006年5月.
5)田村 綾子, 桑村 由美 : 『Evidence-Based Nursing』誌から(26) (翻訳) 経腸チューブ栄養の時期および経路は,脳卒中で嚥下障害のある患者の死亡,あるいは死亡とアウトカム不良の合計に影響しない, イー·ビー ナーシング, Vol.6, No.3, 320-321, 2006年6月.
6)竹川 佳宏 : 講演28 メタボリックシンドローム(メッツ) I, デイケアー(徳島), 2006年6月.
7)鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.20, 110-115, 2006年7月.
8)榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : 鼾音解析による閉塞型無呼吸症候群に関する新しい診断方法の開発, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.162, 29-31, 2006年7月.
9)片山 雅仁, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : ニューラルネットワークを用いた不活性部位EEGの特徴抽出, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.162, 37-40, 2006年7月.
10)葉久 真理, 大橋 一友, 炭原 加代, 竹林 桂子, 富安 俊子, 上田 隆, 日隈 ふみ子, 前田 和寿, 三谷 龍史, 柳吉 桂子, 山口 雅子 : 2007年 出題基準別助産婦国家試験問題, 2006年7月.
11)竹川 佳宏 : 講演29 メタボリックシンドローム(メッツ) II, デイケアー(徳島), 2006年7月.
12)竹川 佳宏 : 講演30 糖尿病と運動, デイケアー(徳島), 2006年8月.
13)桑原 絵美, 盛重 純一, 山野 修司, 德村 彰, 福澤 健治 : リゾホスファチジン酸によるマウス卵丘細胞からのヒアルロン酸分泌と卵丘膨化 -卵成熟および排卵促進機構への関与の可能性ー, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
14)竹川 佳宏 : 講演31 食生活と癌の予防, デイケアー(徳島), 2006年9月.
15)多田 敏子 : どのように防災対策をしていますか?, SSKA全低肺, Vol.86, No.84, 12-16, 2006年10月.
16)藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 画像領域分割のためのシナプス結合を有するLEGION系に見られる周期振動, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.272, 7-11, 2006年10月.
17)竹川 佳宏 : 講演32 生活習慣病と睡眠障害, デイケアー(徳島), 2006年10月.
18)竹川 佳宏 : 講演 33 インフルエンザ, デイケアー(徳島), 2006年11月.
19)多田 敏子 : 団塊の世代から, SSKA全低肺, Vol.87, No.1, 5-7, 2006年12月.
20)竹川 佳宏 : 講演 34 糖尿病, デイケアー(徳島), 2006年12月.
21)多田 敏子 : 家族支援について, めんたるへるす, Vol.52, No.1, 52-53, 2006年12月.
22)Yoshiko Kawaguchi, Shintaro Nakayama, Ken-Ichi Fushimi, Norihiko Koori, Hirokazu Miyoshi, Takuya Saze, Namiko Irikura and Hiroshi Maezawa : Spread of Tritium Distribution in the Model Room Obtained using Imaging Plate, KEK Proceedings, 2007.
23)藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 強度変調放射線治療のための最適化反復法の力学的性質, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.452, 17-21, 2007年1月.
24)山田 健二, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : CT画像再構成における測定誤差を考慮した拡張PMART系の分岐現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.452, 73-78, 2007年1月.
25)竹川 佳宏 : 漢方の現状と実際ー風邪症候群を中心としてー(特別講演), 薬剤師のための漢方医学研修会(徳島), 2007年1月.
26)竹川 佳宏 : 講演 35 メタボリックシンドローム, --- 日本人の代謝は歪んでいるー血液13項目について(1) ---, デイケアー(徳島), 2007年1月.
27)竹川 佳宏 : 講演 36 メタボリックシンドローム,---日本人の代謝は歪んでいるー血液13項目についてII(中性脂肪,LDH-コレステロール,総コレステロール)---, デイケアー(徳島), 2007年2月.
28)川口 佳彦, 三好 弘一, 佐瀬 卓也, 入倉 奈美子, 中山 信太郎, 桑折 範彦, 伏見 賢一, 前澤 博 : イメージングプレートを使用したトリチウム飛散測定の画像化, 弥生研究会「放射線検出器とその応用」プログラム, 2007年2月.
29)多田 敏子 : 気分転換, SSKA全低肺, Vol.88, No.1, 3-4, 2007年3月.
30)竹川 佳宏 : 講演 37 メタボリックシンドローム,---日本人の代謝は歪んでいるー血液13項目についてIII(血清尿素窒素,GOT,GTP)---, デイケアー(徳島), 2007年3月.
31)三好 弘一, 前澤 博, 足立 昭夫, 佐瀬 卓也, 入倉 奈美子, 桑原 義典, 立花 さやか, 石田 竜弘, 辻 明彦, 英 崇夫, 森賀 俊広, 鬼島 明洋, 誉田 栄一, 岩本 誠司, 佐藤 一雄, 古谷 俊介, 森田 康彦 : 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, Vol.6, 1-42, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

1)葉久 真理, 竹林 桂子 : 母乳育児予測スケールの開発とその有用性の検証, 平成17∼18年度科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書, 1-62, 2007年3月.
2)桑折 範彦, 齊藤 隆仁, 大橋 眞, 若泉 誠一, 後藤 寿夫, 吉永 哲哉, 藤本 憲市 : 高大接続eコンテンツ開発プロジェクト「eコンテンツによる初年次学生の学習支援」報告, 大学教育研究ジャーナル, No.4, 48-54, 徳島, 2007年3月.
3)多田 敏子 : 災害看護支援マニュアル, 1-18, 2007年3月.
4)多田 敏子 : 地域保健施策化促進事業―産業保健と連携したメンタルヘルス対策報告, 徳島, 2007年3月.

2007年度(平成19年度)

article.{@.date="20070400 20080399" @.organization=\E{131051}}

2007年度(平成19年度) / 著書

1)二宮 恒夫 : 児童虐待のアプローチ, 株式会社 中外医学社, 東京, 2007年4月.
2)大橋 一友, 竹内 美恵子, 上田 隆, 炭原 加代, 竹林 桂子, 富松 拓治, 富安 俊子, 葉久 真理, 日隅 ふみ子, 柳吉 桂子, 山口 雅子 : 2008年出題基準別助産師国家試験予想問題集, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2007年7月.
3)齋藤 憲, 添木 武 : 循環器症候群(第2版)Ⅰ, --- Ⅲ.不整脈(多形性心室頻拍) ---, 日本臨牀社, 大阪, 2007年8月.
4)雄西 智惠美, 今井 芳枝 : がんと共に生きること,それを支えること, 2008年.
5)Tadashi Kondo : Neural Information Processing (Eds. M.IshiKawa et al.), pp.882-891, Springer-Verlag Berlin Heidelberg, Berlin, Jan. 2008.
6)二宮 恒夫 : 身体化障害, 厚生労働省雇用均等・児童家庭局, 東京, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Darija Viducic, Tsuneko Ono, Keiji Murakami, Katakami Mikiko, Susilowati Heni and Yoichiro Miyake : rpoN gene of Pseudomonas aeruginosa alters Its susceptibility to quinolones and cabapenems, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.51, No.4, 1455-1462, 2007.
2)Toshiyuki Yasui, Masahiko Maegawa, Junko Tomita, Yuka Miyatani, Masayo Yamada, Hirokazu Uemura, Shu-ichi Ueno, Shusuke Numata, Tetsuro Ohmori, Naoko Tsuchiya, Mitsutoshi Yuzurihara, Shuichi Takeda and Minoru Irahara : Association of serum cytokine concentrations with psychological symptoms in midlife women., Journal of Reproductive Immunology, Vol.75, No.1, 56-62, 2007.
3)Kumiko Sakamoto, Yuki Hibino, Masaru Kihara, Shuji Yamano, Kazuhisa Maeda, Minoru Irahara and Aiko Yamauchi : Prescribing patterns during pregnancy at Tokushima University Hospital, Japanese Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, Vol.33, No.4, 377-385, 2007.
4)Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, Sawako Kinouchi, Sumiko Tayoshi-Shibuya, Hongwei Song and Tetsuro Ohmori : Altered HDAC5 and CREB mRNA expressions in the peripheral leukocytes of major depression, Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, Vol.31, No.3, 628-632, 2007.
5)Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, Sumiko Tayoshi, Sawako Kinouchi, Masahito Nakataki, Song Hongwei, Kazuhiko Hokoishi, Hirotaka Tanabe, Akira Sano and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analysis of vascular endothelial growth factor in major depressive disorder, Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, Vol.31, No.3, 658-663, 2007.
6)南川 貴子, 田村 綾子, 市原 多香子, 桑村 由美, 近藤 裕子, 板東 孝枝 : リハビリテーションの必要な患者を受け持った学生の学び, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.6, No.1, 11-17, 2007年.
7)Ayako Tamura, Takako Ichihara, Shinjiro Takata, Takako Minagawa, Yumi Kuwamura, Takae Bando, Natsuo Yasui and Shinji Nagahiro : Study on factors related to loss of lower extremity muscle mass in elderly acute stroke patients, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.6, No.1, 23-27, 2007.
8)Toshiko Tomiyasu, Keiko Takebayashi, Mari Haku, Kyouko Kajihara and Fortin Eric : Anxieties and Care Needs of Fathers with Multiple-Birth Children, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.6, No.1, 28-32, 2007.
9)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Logistic GMDH-type Neural Network and Its Application to the Identification of the X-ray Film Characteristic Curve, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.11, No.3, 312-318, 2007.
10)Minoru Sakama, Hiroyoshi Imura, K. Kuze and A. Sasaya : Investigation of uranium and thorium activities and their isotopic ratios in environmental water samples in Tokushima, Japan, using extraction chromatography and samarium coprecipitation, Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry, Vol.273, No.1, 187-193, 2007.
11)Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : A Plastic Neural Network Model of Sound Therapy of Tinnitus, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering (TEEE), Vol.2, No.4, 488-490, 2007.
12)Kaeko Murota, Azusa Hotta, Hikaru Ido, Yoshichika Kawai, Jae-Hak Moon, Keiko Sekido, Hiroki Hayashi, Takahiro Inakuma and Junji Terao : Antioxidant capacity of albumin-bound quercetin metabolites after onion consumption in humans., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3-4, 370-374, 2007.
13)Yasufumi Kageyama, Kenji Matsumoto, Kenji Ichikawa, Shu-ichi Ueno, Mio Ichiba, Masayuki Nakamura and Akira Sano : A new phenotype of chorea-acanthocytosis with dilated cardiomyopathy and myopathy., Movement Disorders, Vol.22, No.11, 1669-1670, 2007.
14)Hitoshi Ikushima, Yoshihiro Takegawa, Kyohsuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyoh Yamashita, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Takaharu Kudoh and Hiromu Nishitani : Radiation therapy for cervical cancer in the elderly, Gynecologic Oncology, Vol.107, No.2, 339-343, 2007.
15)Tadashi Kondo, Abhijit S. Pandya and Hirofumi Nagashino : GMDH-type Neural Network Algorithm with a Feedback Loop for Structural Identification of RBF Neural Network, International Journal of Knowlrge-based and Intelligent Engineering Systems, Vol.11, No.3, 157-168, 2007.
16)南川 貴子, 市原 多香子, 桑村 由美, 田村 綾子 : 脳卒中早期に片麻痺となり機能回復訓練を受けた患者の回復感覚, 日本脳神経看護研究学会論文集, Vol.30, No.1, 112-115, 2007年.
17)Toshiko Tada, Yasuko Matsushita, Tetsuya Tanioka, 山本 澄子, 岡本 佐智子, 原 祥子, Chiemi Onishi, Chiemi Kawanishi, Shu-ichi Ueno and 小林 春雄 : Functions required for walking supporting devices to improve the level of elderly people's quality of life in Japan, Information : an International Interdisciplinary Journal, Vol.10, No.5, 709-717, 2007.
18)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 岸田 佐智 : 目のイラストを利用した簡易対人関係性テスト, 小児心身症研究, Vol.15, 55-59, 2007年.
19)森田 奈緒美, 原田 雅史, 宇野 昌明, 西谷 弘, 永廣 信治 : MRIを第一選択とした急性期脳血管障害の画像診断法, (月刊)臨床放射線, Vol.52, 1663-1669, 2007年.
20)藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 画像領域分割の改良を目的としたシナプス結合振動子ネットワークに見られる分岐, 電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J90-A, No.11, 817-825, 2007年.
21)桑村 由美, 矢田 眞美子, 石川 雄一, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子 : 2型糖尿病を有する人の食行動の中の咀嚼に焦点を当てた研究の動向, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.6, No.2, 70-82, 2007年.
22)市原 多香子, 田村 綾子, 桑村 由美, 南川 貴子 : 片麻痺擬似体験後のレポート分析からみた看護学生の片麻痺患者に対するイメージの変化, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.6, No.2, 37-44, 2007年.
23)宇野 昌明, 鈴江 淳彦, 西 京子, 森田 奈緒美, 原田 雅史, 和泉 唯信, 中根 俊成, 永廣 信治 : 徳島大学病院stroke centerでの脳卒中医療の現状 -特にstroke MRIの有用性-, 脳卒中の外科, Vol.35, No.6, 427-431, 2007年.
24)Hongwei Song, Shu-ichi Ueno, Shusuke Numata, Junichi Iga, Sumiko Tayoshi, Masahito Nakataki, Shin'Ya Tayoshi, Ken Yamauchi, Satsuki Sumitani, Tomohito Tomotake, Tomohito Tada, Toshihito Tanahashi, Mitsuo Itakura and Tetsuro Ohmori : Association between PNPO and schizophrenia in the Japanese population, Schizophrenia Research, Vol.97, No.1-3, 264-270, 2007.
25)Hirohito Shintani, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino, Abhijit S. Pandya and Yohsuke Kinouchi : Optimization of MLP/BP for character recognition using a modified alopex algorithm, International Journal of Knowlrge-based and Intelligent Engineering Systems, Vol.11, No.6, 371-379, 2007.
26)Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, Sumiko Tayoshi-Shibuya, Sawako Kinouchi, Masahito Nakataki, Hongwei Song, Kazuhiko Hokoishi, Hirotaka Tanabe, Akira Sano and Tetsuro Ohmori : The Val66Met polymorphism of the brain-derived neurotrophic factor gene is associated with psychotic feature and suicidal behavior in Japanese major depressive patients, American Journal of Medical Genetics. Part B, Neuropsychiatric Genetics, Vol.144, No.8, 1003-1006, 2007.
27)Hirofumi Aki, Masahito Tomotake, Yasuhiro Kaneda, Junichi Iga, Sawako Kinouchi, Sumiko Shibuya-Tayoshi, Shin-Ya Tayoshi, Ikuyo Motoki, Kazuhiko Moriguchi, Satsuki Sumitani, Ken Yamauchi, Takahide Taniguchi, Yasuhito Ishimoto, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Subjective and objective quality of life, levels of life skills, and their clinical determinants in outpatients with schizophrenia., Psychiatry Research, Vol.158, No.1, 19-25, 2007.
28)Kazuhide Yoneda, Junji Ueno, Sadamitsu Nishihara, Tetsuya Tsujikawa, Naomi Morita, Hideki Otsuka, Kaori Furutani, Hiromu Nishitani, Kazuya Kondo and Yasuhiko Nishioka : Postprocessing technique with MDCT data improves the accuracy of the detection of lung nodules, Radiation Medicine, Vol.25, No.10, 511-515, 2007.
29)Takashi Nakae, Yoshihiro Uto, Motoko Tanaka, Haruna Shibata, Eiji Nakata, Masahide Tominaga, Hiroshi Maezawa, Toshihiro Hashimoto, Kenneth L. Kirk, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Design, synthesis, and radiosensitizing activities of sugar-hybrid hypoxic cell radiosensitizers, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.2, 675-682, 2008.
30)Kazuhiko Sawada, Eiji Hosoi, Miwa Bando, Hiromi Sakata-Haga, N.S. Lee, Y.G Jeong and Yoshihiro Fukui : Differential alterations in expressions of ryanodine receptor subtypes in cerebellar cortical neurons of an ataxic mutant, rolling mouse Nagoya, Neuroscience, Vol.152, No.3, 609-617, 2008.
31)Sawako Kinouchi, Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, Hongwei Song, Satsuki Sumitani, Sumiko Shibuya-Tayoshi, Mari Haku, Toshiyuki Yasui, Minoru Irahara, Kyoko Morita, Kazuhito Rokutan and Tetsuro Ohmori : FKBP5, SERT and COMT mRNA expressions in the peripheral leukocytes during menstruation cycle in healthy reproductive females., Neuroscience Letters, Vol.434, No.1, 124-128, 2008.
32)Aoi Matsuoka, Masako Minato, Masafumi Harada, Hitoshi Kubo, Yoshikatsu Bandou, Akira Tangoku, Kiichirou Nakano and Hiromu Nishitani : Comparison of 3.0-and 1.5-tesla diffusion-weighted imaging in the visibility of breast cancer., Radiation Medicine, Vol.26, No.1, 15-20, 2008.
33)Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Shuichi Ueno, Chiemi Kawanishi, Toshiko Tada, Shingo Kuroiwa and Fuji Ren : Empathetic Understanding as Caring in Nursing Using Electroencephalographic Data as Evidence, International Journal for Human Caring, Vol.12, No.1, 7-16, 2008.
34)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Multi-Layered GMDH-type Neural Network Self-Selecting Optimum Neural Network Architecture and Its Application to 3-Dimensional Medical Image Recognition of Blood Vessels, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.4, No.1, 175-187, 2008.
35)Yoshihiro Takegawa, Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki, Shunsuke Furutani, Takashi Kawanaka, Takaharu Kudoh and Masafumi Harada : Can Kampo Therapy prolong the life of cancer patients?, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1,2, 99-105, 2008.
36)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Masahito Nakataki, Toshihito Tanahashi, Mitsuo Itakura, Akira Sano, Kazutaka Ohi, Ryota Hashimoto, Masatoshi Takada and Tetsuro Ohmori : No association between the NDE1 gene and schizophrenia in the Japanese population., Schizophrenia Research, Vol.99, No.1-3, 367-369, 2008.
37)Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Hitoshi Ikushima, Toshiaki Sano, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani : Prognostic significance of HIF-2alpha expression on tumor infiltrating macrophages in patients with uterine cervical cancer undergoing radiotherapy., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1-2, 78-86, 2008.
38)Kyoko Yuasa, Masako Sei, Eiji Takeda, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, Hokuma Munakata, Chiemi Onishi and Yutaka Nakahori : Effects of lifestyle habits and eating meals together with the family on the prevalence of obesity among school children in Tokushima, Japan: a cross-sectional questionnaire-based survey., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1-2, 71-77, 2008.
39)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Hongwei Song, Masahito Nakataki, Shinya Tayoshi, Satsuki Sumitani, Masahito Tomotake, Mitsuo Itakura, Akira Sano and Tetsuro Ohmori : Positive association of the PDE4B (phosphodiesterase 4B) gene with schizophrenia in the Japanese population., Journal of Psychiatric Research, Vol.43, No.1, 7-12, 2008.
40)市原 多香子, 田村 綾子, 南川 貴子, 桑村 由美 : 看護職がベッドサイドで評価可能な下肢筋肉量測定方法の検討, 日本脳神経看護研究学会会誌, Vol.30, No.2, 189-195, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)板東 孝枝, 田村 綾子, 南川 貴子 : 自立度を保ちながら行う転倒・転落予防のための環境整備, Brain Nursing, Vol.23, No.7, 21-29, 2007年.
2)市原 多香子, 南川 貴子 : 脳神経疾患の転倒・転落, --- 文献から見た要因の検討 ---, Brain Nursing, Vol.23, No.7, 54-63, 2007年.
3)多田 敏子, 橋本 文子, 山下 留理子, 松下 恭子, 谷岡 哲也, 川野 公江, 福田 美紀 : 認知症の家族の介護におけるケアリングとQOL, Quality of Life Journal, Vol.8, No.1, 73-77, 2007年.
4)小林 珠美, 田中 寿恵, 多田 敏子 : 山間地域の高齢者の就業がQOLに影響を及ぼす要因について, Quality of Life Journal, Vol.18, No.2, 33, 2007年.
5)田村 綾子, 南川 貴子, 市原 多香子, 桑村 由美 : 脳浮腫のある患者のケアに求められる看護のエビデンスは何か, イー·ビー ナーシング, Vol.8, No.1, 30-32, 2007年.
6)鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.21, 49-53, 2008年.
7)杉原 治美, 多田 敏子 : ITを活用したバーチャル相談室「まちの保健室」, 保健師ジャーナル, Vol.64, No.1, 24-28, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術レター

(なし)

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1)齋藤 憲 : ホルター心電図をどう使い,どう活かすか, Heart View, Vol.11, No.4, 92-95, 2007年4月.
2)市原 多香子, 田村 綾子 : 実習アシスト・カード 第2回成人看護学実習 脳神経, ナーシングカレッジ, Vol.11, No.5, 111-118, 2007年5月.
3)Mari Haku : Breastfeeding: factors associated with the continuation of breastfeeding, the current situation in Japan, and recommendations for further research, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3,4, 224-234, Aug. 2007.
4)上野 修一, 伊賀 淳一, 沼田 周助, 宋 鴻偉, 田吉 伸哉, 中瀧 理仁, 山内 健, 大森 哲郎 : うつ病を遺伝子から考える, 精神神經學雜誌, Vol.109, No.9, 859-863, 2007年9月.
5)沼田 周助, 上野 修一 : BDNFと統合失調症, 分子精神医学, Vol.7, No.4, 19-24, 2007年10月.
6)多田 敏子, 上野 修一 : 認知症介護とQOL, 臨牀看護, Vol.33, No.12, 1899-1903, 2007年10月.
7)市原 多香子 : スッキリ解決Q&A, Brain Nursing, Vol.23, No.11, 18, 2007年11月.
8)田村 綾子 : エビデンスに基づく脳卒中ケア, イー·ビー ナーシング, Vol.8, No.1, 8-10, 2007年12月.
9)田村 綾子, 今西 恭子, 神島 滋子, 小松 静子, 常原 一雄, 林 裕子, 松井 英俊, 道中 俊成 : 脳神経ナースの現状と未来, --- 脳神経ナースに求められること,脳神経ナースの専門性とは ---, Brain Nursing, Vol.24, No.1, 2-10, 2008年1月.
10)細井 英司 : こんな検査法知っていますか?, --- DNA を用いた血液型判定 ---, Medical Technology, Vol.36, No.2, 196-197, 2008年1月.
11)谷岡 哲也, Locsin C. Rozzano, 多田 敏子, 大森 美津子, 大坂 京子 : 看護実践におけるケアリングとしての技術的能力, 香川大学看護学雑誌, Vol.12, No.1, 1-6, 2008年3月.
12)上野 淳二, 髙尾 正一郎, 岡久 稔也, 久保 満, 仁木 登 : stool tagging法を用いたCT colonography, Early Colorectal Cancer, Vol.12, No.2, 155-159, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Hitoshi Kubo : High b-value diffusion-weighted MR images of biliary tumors and tumor-like lesions, ISMRM_ESMRMB2007, Berlin, May 2007.
2)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Hitoshi Kubo : Free-breathing and high b-value diffusion-weighted MR images of malignant urinary tract obstruction, ISMRM_ESMRMB2007, Berlin, May 2007.
3)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Hitoshi Kubo : MR manifestations of endometrial cysts at 3T compared to 1.5T, ISMRM_ESMRMB2007, Berlin, May 2007.
4)Akira Tokumura, Emi Kuwahara, Junichi Morishige, Kenji Fukuzawa and Shuji Yamano : Physiological and pathophysiological roles of lysophosphatidic acid production by by lysophospholipase D in the reproductive system, 3rd International Conference on phospholipase A2 and lipid mediators, Sorrento, May 2007.
5)Yoshie Imai, Chiemi Onishi, Toshiko Tada and Sumiko Yoshinaga : A trial of teaching Orems Nursing Theory to undergraduate students in a gerontological nursing course, Yokohama, May 2007.
6)Tadashi Kondo : Three-Dimensional medical Image Recognition of Blood Vessels by Multi-Layered GMDH-Type Neural Network Self-Selecting Optimum Neural Network Archtecture, Proceedings of the 38th ISCIE international symposium on stochastic sytems theory and its applications, 46-51, Jun. 2007.
7)Ali A. Danesh, Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi and Abhijit S. Pandya : A Plastic Neural Network Model for Tinnitus Inhibition, Poster Presentation in Advances in Tinnitus Assessment, Treatment and Neuroscience Basis Conference, New York, Jun. 2007.
8)Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Inhibition of Oscillation in a Plastic Neural Network Model Using Noise Stimulus, Proceedings of The 11th World Multi-Conference on systemics, Cybernetics and Informatics, Vol.IV, 108-112, Orlando, Jul. 2007.
9)Kenji Yamada, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Bifurcation Phenomena in an Iterative Optimization Process for Intensity Modulated Radiation Therapy, Proc. of The 15th IEEE International Workshop on Nonlinear Dynamics of Electronic Systems, 229-232, Tokushima, Jul. 2007.
10)Shizuo Kayama, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : Role of quorum sensings system of adherent pseudomonas aeruginosa in antibiotic tolerance, ASM conferences Pseudomonas 2007, Seattle, Aug. 2007.
11)Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Dynamical Properties of a Plastic Neural Network Model for Tinnitus Therapy and Inhibition of Oscillation Using Noise Stimulus, Proceedings of the 29th Annual International Conference of the IEEE EMBS, 2408-2411, Lyon, Aug. 2007.
12)Masato Katayama, Masatake Akutagawa, Udantha R. Abeyratne, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Localization of an Inert Region in the Brain using Modified Levenberg Marquarts Neural Network, 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 4098-4101, Lyon, France, Aug. 2007.
13)Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Feature Extraction for Snore Sound via Neural Network Processing, 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 5477-5480, Lyon, France, Aug. 2007.
14)Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Rozzano De Castro Locsin, Shu-ichi Ueno, Kazuyuki Matsumoto, Chiemi Kawanishi, Shingo Kuroiwa, Seiji Tsuchiya and Fuji Ren : Electroencephalograph Estimation Method of Measuring `Empathic Understanding', IEEE NLP-KE2007, 514-519, Beijing, Aug. 2007.
15)Tetsuya Tanioka, Ai Kawamura, Kazuyuki Matsumoto, Kazushi Mifune, Yoichiro Takasaka, Kyoko Osaka, Shuichi Ueno, Rozzano De Castro Locsin, Mutsuko Kataoka, Takuya Matsuda, Fuji Ren and Toshiko Tada : Outcome Management and Morphologic Variance Analysis Using PsychomsTM for Patient Care in Psychiatric Hospitals, IEEE NLP-KE2007, 502-506, Beijing, Aug. 2007.
16)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Medical Image Recognition of Abdominal X-ray CT Images by RBF GMDH-type Neural Network, Proceedings of SICE annual Conference 2007, 1112-1116, Sep. 2007.
17)Matuki Takaomi, Kudo Tsuyoshi, Tadashi Kondo and Junji Ueno : Three dimensional medical images of the lungs and brain recognized by artificial neural networks, Proceedings of SICE annual Conference 2007, 1117-1121, Sep. 2007.
18)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Multi-Layered GMDH-type Neural Network Self-selecting Optimum Neural Network Atcbitrcture and Its Application to Nonlinear System Identification, Proceedings of international Workshop on Inductive Modeling 2007, 55-62, Sep. 2007.
19)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Feedback GMDH-type Neural Network Self-Selecting Optimum Neural Network Architecture and Its Application to 3-Dimensional medical Image Recognition of the Lungs, Proceedings of international Workshop on Inductive Modeling 2007, 63-70, Sep. 2007.
20)Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki, Kyo Yamashita, Takashi Kawanaka, Seiji Iwamoto, Akiko Kubo, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani : Intraarterial chemotherapy and concurrent radiation for locally advanced bladder cancer, 49th Annual meeting of the American society for therapeutic radiology and oncology, Los Angeles, Oct. 2007.
21)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Song Hongwei, Masahito Nakataki, Mitsuo Itakura, Akira Sano and Tetsuro Ohmori : Positive Association of The PDE4B (Phosphodiesterase 4B) gene with Schizophrenia in the Japanese Population, Neuroscience, San Diego, USA, Nov. 2007.
22)Masahito Nakataki, Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, K Yamauchi, Shusuke Numata, S Tayoshi-Shibuya, S Kinouhci, H Song, K Hokoishi, H Tanabe, A Sano and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analysis of vascular endothelial growth factor in major depressive disorder., Neuroscience, SanDiego, USA, Nov. 2007.
23)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Medical image recognition of abdominal organs by RBF GMDH-type neural network, Abstract of the 39th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Applications, 56-57, SAGA, Nov. 2007.
24)Takaomi Matuki, Tadashi Kondo, Tsuyosi Kudo, Atusi Itami and Masahiro Nakagawa : Recognition of 3-dimensional medical images of the lungs, pulmonary vessels and bronchial trees by artificial neural networks, Abstract of the 39th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 70-71, SAGA, Nov. 2007.
25)Tsuyosi Kudo, Tadashi Kondo, Takaomi Matuki, Atusi Itami and Masahiro Nakagawa : Recognition of 3-dimensional medical images of the head by radial basis function (RBF) neural network, Abstracts of the 39th ISCIE International symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 72-73, SAGA, Nov. 2007.
26)Ayako Tamura, Takako Ichihara, Takako Minagawa and Yumi Kuwamura : Rehabilitation nursing in an acute post-stroke period, 13th WFNS Interim Meeting /12th AACNS Congress, Nagoya, Nov. 2007.
27)Yoshihiro Takegawa, Hitoshi Ikushima, Osaki Kyohsuke, Furutani Shunsuke, Yamashita Kyoh, Kawanaka Takashi and Takaharu Kudoh : Can Kampo Therapy (Juzentaihoto) Prolong the Life of Cancer Patients?, The 14th International Congress of Oriental Medicine, Taipei, Dec. 2007.
28)Sayed Ahmad Zikri Bin Sayed Aluwee, Motokatsu Yasutomo, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Junji Ueno and Hiromu Nishitani : Region segmentation of CT colonography using stool tagging method to improve the electronic bowel cleansing, Proc. International Symposium on Biomedical and Physiological Engineering, 62-64, Harbin, Jan. 2008.
29)Masato Katayama, Masatake Akutagawa, Udantha R. Abeyratne, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Brain Inert Region Identification from EEG using LM Neural networks, Proceedings of the Intenational Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 272-277, Harbin, Jan. 2008.
30)Yongjian Chen, Masatake Akutagawa, Masato Katayama, Hirofumi Nagashino, Qinyu Zhang and Yohsuke Kinouchi : Additive and Multiplicative Noise Reduction by Back Propagation Neural Network, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 280-283, Harbin, Jan. 2008.
31)Tetsuya Yoshinaga and Ken'ichi Fujimoto : Dynamical Property of Periodic Oscillations Observed in a Coupled Neural Oscillator Network for Image Segmentation, Proc. of International Conference on Bio-inspired Systems and Signal Processing, Vol.2, 141-146, Funchal, Jan. 2008.
32)Ken'ichi Fujimoto, Mio Musashi and Tetsuya Yoshinaga : Discrete-time Chaotic Neural Network Generating Oscillations for Dynamic Image Segmentation, Proc. of 2008 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 208-211, Gold Coast, Mar. 2008.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1)山田 健二, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : IMRT 最適化アルゴリズムの非線形力学系としての性質, 日本放射線技術学会第63回総会学術大会予稿集, 131, 2007年4月.
2)山田 健二, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : CT における測定誤差を考慮した拡張 PMART 画像再構成力学系の解析, 日本放射線技術学会第63回総会学術大会予稿集, 150, 2007年4月.
3)井村 裕吉, 紀太 千恵子, 三小田 絵美, 池口 雅紹, 下田 智之, 濱田 治良 : モニタ上に示された画像の明暗知覚に関する基礎的検討, --- 背景の明るさによる単純図形の明暗知覚 ---, 日本放射線技術学会第63回総会学術大会予稿集, 2007年4月.
4)二宮 恒夫 : 目のイラストに表現される感情から推測される心の問題の対人関係性, 第110回日本小児科学会学術集会, 2007年4月.
5)竹川 佳宏, 原田 雅史 : 頭頸部癌の放射線治療に伴う有害事象に対する半夏厚朴湯の有効性について, 第58回日本東洋医学会学術総会(広島) 講演要旨集, Vol.58, No.supp., 141, 2007年5月.
6)竹川 佳宏 : 東西医学の癒合に向けてー21世紀の医療の中核をつくるー(シンポ), --- II. ガン放射線治療に対する中医学的アプローチ ---, 第58回日本東洋医学会学術総会(広島) 講演要旨集, Vol.58, No.supp., 103, 2007年5月.
7)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 岸田 佐智 : 目のイラストを利用した簡易対人関係テスト, 第15回 中国四国小児心身症学会, 2007年5月.
8)越智 耕平, 尾﨑 享祐, 古谷 俊介, 山下 恭, 中川 崇, 久保 亜貴子, 生島 仁史, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 多発肺転移・骨転移をきたしたWilms腫瘍の治療経験, 第108回日本医学放射線学会中国・四国地方会(岡山), 2007年6月.
9)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 岸田 佐智 : 休日乳児健診に対する両親のアンケート結果と課題, 第16回 中国四国小児保健学会, 2007年6月.
10)大井 一高, 橋本 亮太, 安田 由華, 吉田 哲彦, 高橋 秀俊, 井池 直美, 岩瀬 真生, 紙野 晃人, 石井 良平, 数井 裕光, 関山 隆史, 疇地 道代, 池澤 浩二, 大西 友佑子, 栗本 龍, 鎌形 英一郎, 谷向 仁, 田上 真次, 森原 剛史, 小笠原 將之, 徳永 博正, 大河内 正康, 沼田 周助, 池田 匡志, 上野 修一, 福永 知子, 田中 稔久, 工藤 喬, 大森 哲郎, 岩田 仲生, 尾崎 紀夫, 武田 雅俊 : 日本人における統合失調症と疾患感受性遺伝子G72の関連研究, 第7回臨床脳神経科学, 2007年6月.
11)川口 佳彦, 三好 弘一, 佐瀬 卓也, 中山 信太郎, 伏見 賢一, 桑折 範彦, 入倉 奈美子, 前澤 博 : イメージングプレートを使用したトリチウム飛散分布の画像化, 第44回アイソトープ・放射線研究発表会, 2007年7月.
12)橋本 浩子, 谷 洋江 : 血液疾患の子どもの外来治療中の処置に対するストレスとプレパレーションによる変化, 日本小児看護学会第17回学術集会, 182, 2007年7月.
13)多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子 : 山間地域のひとり暮らし高齢者間のケアリング, 日本看護福祉学会誌, 36, 2007年7月.
14)鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, Bacterial Adherence & Biofilm第21回学術集会, 2007年7月.
15)Sayed Ahmad Zikri Bin Sayed Aluwee, Motokatsu Yasutomo, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Junji Ueno and Hiromu Nishitani : Electronic cleansing for CT colonography using stool tagging method, IEICE Technical Report Medical Imaging, Vol.107, No.133, 35-40, Jul. 2007.
16)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Hongwei Song, Ryota Hashimoto, Masatoshi Takeda, Hiroshi Kunugi, Mitsuo Itakura and Tetsuro Ohmori : TGFBR2 gene expression and genetic association with schizophrenia, The 29th Annual Meeting of Japanese Society of Biological Psychiatry, Jul. 2007.
17)Sayed Ahmad Zikri Bin Sayed Aluwee, Yasutomo Motokatsu, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Junji Ueno and Hiromu Nishitani : Segmentation of regions for CT colonography using stool tagging method, JAMIT, C1-6, Jul. 2007.
18)橋本 文子, 多田 敏子, 松下 恭子, 山下 留理子, 太田 暁子, 俵 志江 : 地域看護学臨地実習における住民を対象とした健康教育での学生の学びからみた今後の実習指導課題, 日本地域看護学会第10回学術集会講演集, 95, 2007年7月.
19)市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 田村 綾子, 近藤 裕子 : 大腿周径・組織厚測定による下肢筋肉量推定に関する研究, --- 片麻痺患者における下肢体組成の変化より ---, 日本看護研究学会雑誌, Vol.30, No.3, 176, 2007年7月.
20)多田 敏子, 松下 恭子, 橋本 文子, 山下 留理子, 太田 暁子, 俵 志江 : 4年課程統合カリキュラムにおける地域看護学臨地実習での家庭訪問体験の実態と意義, 日本地域看護学会第10回学術集会講演集, 180, 2007年7月.
21)今井 芳枝, 牛越 幸子, 雄西 智惠美, 太田 浩子 : オレム看護論を活用した高齢者看護学実習の効果, 2007年8月.
22)近藤 裕子, 南川 貴子, 桑村 由美, 市原 多香子, 田村 綾子 : 看護学生の初回基礎看護学実習に対する不安, --- 学生の記述内容の分析 ---, 日本看護学教育学会第17回学術集会講演集, 116, 2007年8月.
23)市原 多香子, 桑村 由美, 南川 貴子, 田村 綾子, 近藤 裕子 : 片麻痺疑似体験後の片麻痺患者に対する看護学生の支援方法に関する学び, --- 疑似体験後のレポート分析より ---, 日本看護学教育学会第17回学術集会講演集, 204, 2007年8月.
24)宇野 昌明, 森田 奈緒美, 原田 雅史, 中根 俊成, 和泉 唯信, 西 京子, 永廣 信治 : 3T stroke MRIによる脳卒中急性期の画像診断, 第5回日本神経疾患医療・福祉従事者学会, 2007年8月.
25)藤田 浩司, 阿部 秀一, 和泉 唯信, 山田 博胤, 森田 直美, 原田 雅史, 永廣 信治, 梶 龍兒 : 心筋障害・心房中隔瘤に伴い心原性脳塞栓症を呈したBecker型筋ジストロフィーの1例, 第9回徳島臨床脈管研究会, 2007年9月.
26)阪間 稔, 井村 裕吉, 大窪 遥香, 眞本 雄也, 筋野 晃作 : $In-situ$気象観測装置を導入した大気中の212, 214Pbの放射能濃度と鉛の濃度との相関, 第51回放射化学討論会, 2007年9月.
27)松本 宙, 谷 洋江 : 小児1型糖尿病患児におけるインスリン注射部位拡大を促す看護援助の検討, 第12回 日本糖尿病教育・看護学会, Vol.11, 228, 2007年9月.
28)橋本 浩子, 谷 洋江, 二宮 恒夫, 佐原 玉恵, 岸田 佐智 : 休日乳児健診に対する両親へのアンケート結果, 徳島県小児保健協会総会並びに第49回講演会, 2007年9月.
29)桑村 由美, 矢田 眞美子, 石川 雄一, 木内 美瑞穂, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子 : 2型糖尿病患者の食行動の中の噛むこと・口腔に対する考えの様相, 日本糖尿病・教育看護学会誌 第11巻特別号, Vol.11, 295, 2007年9月.
30)阪間 稔, 井村 裕吉 : 大気中のラドン・トロン子孫核種(214Pb, 212Pb)の放射能濃度と鉛安定同位体の濃度の相関に基づく環境動態測定, 第56回日本分析化学学会年会, 2007年9月.
31)橋本 浩子, 谷 洋江, 二宮 恒夫 : 休日健診における父親同伴の有無による育児認識, 第54回 日本小児保健学会, 2007年9月.
32)南川 貴子, 市原 多香子, 桑村 由美, 田村 綾子 : 脳卒中早期に片麻痺となり機能回復訓練をうけた患者の回復感覚, 日本脳神経看護研究学会プログラム, Vol.30, No.1, 112-115, 2007年9月.
33)岡本 博紀, 佐藤 雅哉, 藤本 憲市, 長篠 博文, 木内 陽介, ダネッシュ A. アリ, パンディア S. アビジット : 耳鳴り治療のための神経回路モデルにおける高周波正弦波刺激を用いた振動抑制, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 241, 2007年9月.
34)高須 水城, 千住 昭博, 藤本 憲市, 手川 歓識, 長篠 博文, 芥川 正武, 木内 陽介, ダネッシュ A. アリ, パンディア S. アビジット : 耳鳴りモニタリングのための脳波計測と雑音出力システムの開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 242, 2007年9月.
35)武藏 美緒, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 高次数周期の振動応答を発生する離散時間カオス・ニューロン相互結合系, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 11, 2007年9月.
36)藤本 憲市, 山田 健二, 吉永 哲哉 : IMRT計画の最適化過程に見られる分岐現象, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 12, 2007年9月.
37)Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Seiji Tsuchiya, Ryosuke Sumitomo, Shingo Kuroiwa, Shu-ichi Ueno and Fuji Ren : Spectrogram based on empathic understanding, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 364, Sep. 2007.
38)石原 尚樹, 芥川 正武, 木内 陽介, 長篠 博文 : ニューラルネットワークを用いた下顎運動計測装置の開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 219, 2007年9月.
39)萩原 大輔, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介, 榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha : 鼾音解析による閉塞型無呼吸症候群のスクリーニングに関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 229, 2007年9月.
40)新谷 洋人, 芥川 正武, 長篠 博文, パンディア S. アビジット, 木内 陽介 : ノルムの変更が受容野パターンに及ぼす影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 240, 2007年9月.
41)村田 敏洋, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : NNを用いたEEG解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 244, 2007年9月.
42)片山 雅仁, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : 脳不活性部位EEGの特徴とニューラルネットワークを用いた推定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 245, 2007年9月.
43)鹿山 鎭男, 小野 恒子, 弘田 克彦, 劉 大力, Heni Susilowati, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensing機構とbiapenem抵抗性について, 第60回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2007年10月.
44)鹿山 鎭男, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, 第55回日本化学療法学会西日本支部総会, 2007年10月.
45)榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : 時間遅れニューラルネットワークを用いた閉塞型無呼吸症候群に関する特徴抽出, 第30回日本生体医工学会中四国支部大会講演抄録, 13, 2007年10月.
46)弘田 克彦, Susilowati Heni, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるヒト培養胆管上皮細胞死の分子機構の解明, 第60回日本細菌学会中国四国支部総会, 2007年10月.
47)Sayed Zikri Bin Sayed Aluwee Ahmad, Motokatsu Yasutomo, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Junji Ueno and Hiromu Nishitani : Improved Electronic Colon Cleansing Method for CTColonography Using Stool Tagging, CADM, 275-276, Nov. 2007.
48)富永 正英, 川上 雄司, 武市 直也, 寺地 拓人, 加藤 久美子, 佐々木 幹治, 竹川 佳宏 : 頭頸部固定用シェルの固定精度に関する検討 第一報 位置照合ソフトウエアについて, 中四国放射線医療技術フォーラム CSFRT2007 in HIROSHIMA, 2007年11月.
49)川上 雄司, 武市 直也, 寺地 拓人, 加藤 久美子, 佐々木 幹治, 富永 正英, 竹川 佳宏 : 放射線治療いおける頭頸部固定用シェルの固定精度に関する検討 第二報 臨床データの解析, 中四国放射線医療技術フォーラム CSFRT2007 in HIROSHIMA, 2007年11月.
50)道倉 亜実, 阿部 真治, 沼田 ちえ, 田中 麻衣, 坂東 美和, 細井 英司, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 : ヒト血小板機能に及ぼす抗てんかん剤の影響, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 158, 2007年11月.
51)新谷 洋人, 芥川 正武, 長篠 博文, パンディア S. アビジット, 木内 陽介 : BP学習を用いたMLPの認識機構の類推, システム・情報部門学術講演会2007講演論文集, 137-140, 2007年11月.
52)田中 麻衣, 板東 美和, 細井 英司, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一 : ヒト血小板機能に及ぼすバルプロ酸ナトリウムの影響, 第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
53)妹尾 彰之, 徳永 尚樹, 相原 美奈子, 小林 憲司, 沼谷 ちえ, 坂東 美和, 細井 英司, 廣瀬 政雄 : H血液型抗原のフローサイトメトリーによる解析, 第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
54)相原 美奈子, 妹尾 彰之, 徳永 尚樹, 沼谷 ちえ, 坂東 美和, 細井 英司, 廣瀬 政雄 : ゴーヤ種子由来抗Hレクチンの調製法, 第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
55)徳永 尚樹, 妹尾 彰之, 相原 美奈子, 小林 憲司, 沼谷 ちえ, 坂東 美和, 細井 英司, 廣瀬 政雄 : 赤血球分化過程における細胞の分化と増殖の関係, 第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
56)佐瀬 卓也, 三好 弘一, 前澤 博, 久保田 牧子, 古谷 俊介, 西谷 弘, 川口 佳彦, 伊藤 茂樹, 西澤 邦秀 : 滅菌カートリッジに封入されたがん治療用線源の簡便な品質管理, 日本放射線安全管理学会 第6回学術大会, 2007年12月.
57)三好 弘一, 立花 さやか, 佐瀬 卓也, 入倉 奈美子, 桑原 義典, 足立 昭夫, 前澤 博 : コース別再教育訓練の計画と実施及びその分析続報, 日本放射線安全管理学会 第6回学術大会, 2007年12月.
58)谷井 喬, 佐瀬 卓也, 阪間 稔, 坂根 仁, 前田 幸志, 佐藤 一雄, 川口 佳彦, 三好 弘一, 西谷 弘, 前澤 博 : 自己遮蔽型PETサイクロトロンに対する中性子漏洩管理, 日本放射線安全管理学会 第6回学術大会, 2007年12月.
59)三好 弘一, 井村 裕吉 : ナノ粒子によるX線の着色に関する研究, 日本放射線安全管理学会 第6回学術大会, 2007年12月.
60)久保田 牧子, 佐瀬 卓也, 古谷 俊介, 西谷 弘, 川口 佳彦, 中山 信太郎, 三好 弘一, 伊藤 茂樹, 西澤 邦秀, 前澤 博 : イメージングプレートによって抽出されたI-125線源像のコリメータによる変化, 日本放射線安全管理学会 第6回学術大会, 2007年12月.
61)三好 弘一, 入倉 奈美子, 佐瀬 卓也, 桑原 義典, 前澤 博 : 放射線教育—親子科学教室と学校科学教室, 日本放射線安全管理学会 第6回学術大会, 2007年12月.
62)桑原 義典, 立花 さやか, 入倉 奈美子, 三好 弘一, 佐瀬 卓也, 前澤 博 : Excelを利用した簡易入退出管理ソフトウエアの開発, 日本放射線安全管理学会 第6回学術大会, 2007年12月.
63)入倉 奈美子, 菱本 純次, 花見 孝行, 佐瀬 卓也, 三好 弘一, 桑原 義典, 前澤 博 : 放射性有機廃液焼却装置の運転コストについて2, 日本放射線安全管理学会 第6回学術大会, 2007年12月.
64)上野 有美, 佐瀬 卓也, 坂根 仁, 桑原 義典, 入倉 奈美子, 立花 さやか, 三好 弘一, 久保 均, 原田 雅史, 前澤 博 : 非破壊検査手法を用いるモモ果実生理障害の観察, 日本放射線安全管理学会 第6回学術大会, 2007年12月.
65)桑村 由美, 矢田 眞美子, 石川 雄一, 吉岡 昌美, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子 : 口腔衛生を目的とした歯科外来に受診中の2型糖尿病患者の食事と口腔に対する認識, 第27回日本看護科学学会学術集会講演集, 450, 2007年12月.
66)安原 由子, 岩佐 幸恵, 川西 千恵美 : 洗髪体位における頸動脈エコー所見の変化, 第27回日本看護科学学会学術集会, 2007年12月.
67)竹内 まりえ, 松田 明日香, 安藤 健一, 山本 明毅, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensingのLas-system強制発現株の作成, 第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
68)松田 明日香, 安藤 健一, 竹内 まりえ, 山本 明毅, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構について, 第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
69)山本 明毅, 安藤 健一, 竹内 まりえ, 松田 明日香, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌におけるPQS Quorum sensingと抗菌薬抵抗性に関する研究, 第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
70)安藤 健一, 松田 明日香, 竹内 まりえ, 山本 明毅, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensingのLas-system強制発現株の評価, 第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
71)清宮 明香, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 道脇 宏行, 英 理香, 細谷 陽子, 田尾 知浩, 吉川 和寛, 土田 健司, 水口 潤, 川島 周 : 透析液中の細菌検査法に関する遺伝学的検討, 第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
72)山下 恭, 尾﨑 享祐, 古谷 俊介, 工藤 隆治, 川中 崇, 久保 亜貴子, 竹川 佳宏, 髙尾 正一郎, 西谷 弘 : 当院におけるTBI (Total Body Irradiation) 後の骨変化の発生頻度, 日本放射線腫瘍学会第20回学術大会(福岡) 日本放射線腫瘍学会誌, Vol.19, No.supp. 1, 109, 2007年12月.
73)谷 洋江, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 二宮 恒夫, 岸田 佐智, 川村 洋子, 船戸 豊子, 桑内 敬子 : 子育て要支援家族における医療機関と地域との連携支援の向上, 日本子ども虐待防止学会第13回学術集会・抄録集, 121, 2007年12月.
74)二宮 恒夫 : 周囲の心理的後遺症への無理解による治療の困難性, 日本子ども虐待防止学会第13回学術集会, 2007年12月.
75)勢井 雅子, 中津 忠則, 津田 芳見, 横田 一郎, 中野 卓郎, 棟方 百熊, 雄西 智惠美, 中堀 豊 : 高校生の体格調査と肥満健康管理システム, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 470, 2008年.
76)Sayed AluweeAhmadZikriBinSayed, Motokatsu Yasutomo, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Junji Ueno and Hiromu Nishitani : Electronic cleansing for CT colonography using stool tagging method based on boundary accuracy classification, 電子情報通信学会技術研究報告 医用画像, Vol.107, No.461, 131-138, Jan. 2008.
77)森田 新章, 加地 史武, 清水 友美, 山下 憲一, 八木 浩史, 西原 貞光, 前澤 博 : 生物用(細胞照射用)X線発生装置の特性, 中四国放射線医療技術, No.3, 151, 2008年1月.
78)山下 憲一, 森田 新章, 西原 貞光, 八木 浩史 : Image Jを用いたRMI156ファントム画像評価の試み, 中四国放射線医療技術, No.3, 112, 2008年1月.
79)加地 史武, 富永 正英, 西原 貞光, 八木 浩史 : 治療施設訪問による治療装置の出力測定—徳島県—, 中四国放射線医療技術, No.3, 62, 2008年1月.
80)清水 友美, 西原 貞光, 八木 浩史 : 低エネルギー領域における蛍光ガラス線量計の特性, 中四国放射線医療技術, No.3, 170, 2008年1月.
81)齊藤 隆仁, 桑折 範彦, 金西 計英, 吉永 哲哉, 藤本 憲市 : 全学共通教育におけるCMS/Moodleの活用報告, 平成19年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス発表抄録集, 22-23, 2008年1月.
82)桑折 範彦, 齊藤 隆仁, 金西 計英, 吉永 哲哉, 藤本 憲市, 後藤 壽夫, 若泉 誠一 : eコンテンツ開発の現状とコース管理システムMoodle, 平成19年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス発表抄録集, 44-45, 2008年1月.
83)的場 みぎわ, 多田 敏子, 岡田 愛, 北村 清一郎, 小山 晋之 : 大学生のメンタルヘルスの実態(1報)-ソーシャルサポートより, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, 39-40, 2008年2月.
84)今井 芳枝, 太田 浩子, 雄西 智惠美 : 高齢がん患者のがんサバイバーシップの様相の探求, 2008年2月.
85)太田 浩子, 今井 芳枝, 雄西 智惠美 : 乳がん患者の治療法自己決定時のニード, 2008年2月.
86)雄西 智惠美, 今井 芳枝, 川西 千恵美, 太田 浩子, Satou Masami, Takahashi Natuko, Hujimura Tatuko : 乳がん患者への情報提供に対する看護職の関与に関する実態, 2008年2月.
87)皆巳 和賢, 宇都 義浩, 中江 崇, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均, 前澤 博 : ニトロイミダゾールアセトアミド誘導体による低酸素放射線増感効果, 第10回癌治療増感研究シンポジウム, 2008年2月.
88)森川 香穂, 津田 真弓, 多田 敏子 : 山間部で生活する高齢者の認知機能とADLの関連について, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 47-48, 2008年2月.
89)岡田 愛, 的場 みぎわ, 多田 敏子, 北村 清一郎, 小山 晋之 : 大学生のメンタルヘルスの実態(2報) 心理的反応の実態より, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 41-42, 2008年2月.
90)的場 みぎわ, 多田 敏子, 岡田 愛 : 大学生のメンタルヘルスの実態(1報) ソーシャルサポートより, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 39-40, 2008年2月.
91)中村 友美, 多田 敏子 : 2型糖尿病患者の食事療法について 男性高齢患者のコンプライアンス行動に対する家族の影響, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 35-36, 2008年2月.
92)谷 洋江, 橋本 浩子, 二宮 恒夫, 佐原 玉恵, 岸田 佐智, 川村 洋子 : 徳島大学病院における周産期からの子どもの虐待予防活動の現状と課題, 第236回徳島医学会学術集会, 2008年2月.
93)弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導される非アポトーシス型細胞死と細胞内Ca2+濃度の変動, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
94)鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性と遺伝子発現について, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月.
95)安原 由子, 川西 千恵美, 岩佐 幸恵, 高井 恵美 : 看護師免許をもった上級生の看護技術指導の学び-皮下注射と筋肉注射の演習に焦点を当てて-, 日本看護研究学会・中国・四国地方会第21回学術集会, 2008年3月.
96)松下 恭子, 多田 敏子, 橋本 文子 : 在宅看護実習を体験した学生からみた訪問看護ステーションの災害対策推進を妨げる要因, 第12回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 172, 2008年3月.
97)中島 宏一郎, 中江 崇, 柴田 明奈, 田中 智子, 宇都 義浩, 富永 正英, 前澤 博, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : がんによるグルコースの高い取り込みを利用した糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1)竹川 佳宏 : 講演 38 メタボリックシンドローム,---日本人の代謝は歪んでいるー血液13項目についてIV(γーGTP,尿酸)---, デイケアー(徳島), 2007年4月.
2)三好 弘一, 前澤 博, 佐瀬 卓也, 桑原 義典, 入倉 奈美子, 立花 さやか, 足立 昭夫 : 徳島大学アイソトープ総合センター概要2007年度版, 2007年4月.
3)今井 芳枝, 雄西 智惠美, 川西 千恵美, 森本 忠興, Hujimura Tatuko, Satou Masami, Takahashi Natuko : 乳がん患者に対する看護職による情報提供の実態, 徳島乳腺研究会, 2007年4月.
4)竹川 佳宏 : ミニレクチャー(東洋医学勉強会)I 西洋医学と東洋医学の違い, 徳島大学医学部基礎3階講堂, 2007年5月.
5)竹川 佳宏 : ミニレクチャー(東洋医学勉強会)II 陰陽論について, 徳島大学医学部基礎3階講堂, 2007年5月.
6)竹川 佳宏 : ミニレクチャー(東洋医学勉強会)III 気・血・水について, 徳島大学医学部基礎3階講堂, 2007年5月.
7)竹川 佳宏 : 講演 39 メタボリックシンドローム,---日本人の代謝は歪んでいるー血液13項目についてV(総蛋白,アルブミン)---, デイケアー(徳島), 2007年5月.
8)竹川 佳宏 : 癌の放射線治療と漢方ー漢方薬による子宮頸癌患者の延命効果ー(特別講演), カネボウ薬品(株)講演会(福岡), 2007年6月.
9)竹川 佳宏 : 放射線医療の役割ーがん治療と予防ー(特別講演), 美馬市連合婦人会総会(脇町), 2007年6月.
10)竹川 佳宏 : 講演 40 メタボリックシンドローム,---メタボリックシンドロームは一里塚---, デイケアー(徳島), 2007年6月.
11)藤本 憲市, 山田 健二, 吉永 哲哉 : 等価均一線量に基づいた強度変調放射線治療計画の最適化のための対角ニュートン法に関する一考察, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.154, 59-62, 2007年7月.
12)藤本 憲市, 長篠 博文, 木内 陽介, ダネッシュ A. アリ, パンディア S. アビジット : 耳鳴り治療のための可塑的神経回路モデルの力学的性質と二種類の雑音刺激を用いた振動抑制, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.154, 63-66, 2007年7月.
13)新谷 洋人, 芥川 正武, 長篠 博文, パンディア S. アビジット, 木内 陽介 : ニューラルネットワークとAlopexアルゴリズムを組み合わせた文字認識, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.154, 1-4, 2007年7月.
14)竹川 佳宏 : 講演 41 高尿酸血症, デイケアー(徳島), 2007年7月.
15)葉久 真理, 大橋 一友, 炭原 加代, 竹林 桂子, 冨松 拓治, 富安 俊子, 上田 隆, 日隈 ふみ子, 柳吉 桂子, 山口 雅子 : 2008年 出題基準別助産婦国家試験問題, 2007年7月.
16)竹川 佳宏 : 講演 42 多血と貧血, デイケアー(徳島), 2007年8月.
17)多田 敏子 : QOLについてー日野原重明先生の講演から, SSKA全低肺, Vol.90, No.1, 3-4, 2007年10月.
18)武藏 美緒, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 高次数周期の振動応答を発生する離散時間カオス・ニューロン結合系の分岐, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.265, 1-6, 2007年10月.
19)細井 英司 : ABO血液型遺伝子の構造と解析, 第2回 四国輸血研修会(特別講演), 2008年1月.
20)多田 敏子 : 人間万事塞翁が馬と生活の質, SSKA全低肺, Vol.92, No.1, 4-6, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

1)葉久 真理, 竹林 桂子 : 母乳外来における褥婦への母乳育児支援の有用性の検証, 平成19年度~平成20年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書, 2008年.
2)武市 佳余子, 迎 久視子, 田中 富久美, 上原 美穂子, 濱堀 由美, 中島 睦紀, 塩塚 桂子, 市原 多香子 : 2005年看護職員の暴力被害に関する実態調査報告書, 徳島県看護協会報告書, 徳島, 2008年3月.
3)三好 弘一, 佐瀬 卓也, 桑原 義典, 入倉 奈美子, 前澤 博 : ファミリーサイエンス教室(あすたむらんど徳島), --- 小学校高学年を対象とした霧箱作成と放射線観測事業 ---, 平成19年度地域連携事業成果報告書, 28, 2008年3月.

2008年度(平成20年度)

article.{@.date="20080400 20090399" @.organization=\E{131051}}

2008年度(平成20年度) / 著書

1)田村 綾子, 桑村 由美 : )ペーパーペーシェントから学ぶ機能別疾患別看護ベーシックトレーニング, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2008年4月.
2)市原 多香子 : ペーパーペイシェントから学ぶ機能障害別看護ベーシックトレーニング, --- 第4章 脳神経・感覚機能障害のある人に対する看護 case study11重症筋無力症の患者 case study13 白内障の患者 case study14聴覚・平衡機能障害のある患者 ---, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2008年4月.
3)細井 英司 : 臨床検査学講座,免疫検査学, 輸血・移植のための検査学,Ⅳ.赤血球抗体検査,分担:[8]∼[10], 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2008年6月.
4)大橋 一友, 葉久 真理, 西條 隆彦, 炭原 加代, 竹林 桂子, 田中 恵子, 冨松 拓治, 日隈 ふみ子, 柳吉 桂子, 山口 雅子 : 2009年度出題基準別 助産師国家試験予想問題集, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2008年7月.
5)田村 綾子, 桑村 由美, 市原 多香子, 南川 貴子 : イラストでわかる脳神経外科手術と術式別ケア, --- 治療と看護 ---, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2008年8月.
6)大学検査科学専攻微生物学教員懇談会, 小野 恒子 : メディカルサイエンス 微生物検査学, 近代出版, 東京, 2008年9月.
7)雄西 智惠美 : 日本医事新報社, 2009年2月.
8)市原 多香子 : 脳神経外科新人ナース指導育成マニュアル11水頭症, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2009年2月.
9)大西 和子, 岡部 聡子, 明石 恵子, 池田 久乃, 池松 裕子, 石川 ふみ子, 大川 明子, 雄西 智惠美, : 成人看護学 成人看護学概論 大2版, ヌーヴェルヒロカワ, 2009年2月.
10)二宮 恒夫 : 子どもに学ぶ(1)子どもの作品からのメッセージ, 近代文芸社, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Hitoshi Ikushima, Seiji Iwamoto, Kyohsuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyoh Yamashita, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Yoshihiro Takegawa, Takaharu Kudoh, Hiroomi Kanayama and Hiromu Nishitani : Effective bladder preservation strategy with low-dose radiation therapy and concurrent intraarterial chemotherapy for muscle-invasive bladder cancer., Radiation Medicine, Vol.26, No.3, 156-163, 2008.
2)Tetsuya Yoshinaga, Yoshihiro Imakura, Ken'ichi Fujimoto and Tetsushi Ueta : Bifurcation Analysis of Iterative Image Reconstruction Method for Computed Tomography, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.18, No.4, 1219-1225, 2008.
3)YunFeng Yuan, Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano, L Sylvia Asa, Shozo Yamada, Noriko Kagawa and Eiji Kudo : Reduction of GSTP1 expression by DNA methylation correlates with clinicopathological features in pituitary adenomas., Modern Pathology, Vol.21, No.7, 856-865, 2008.
4)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hitoshi Kubo and Hiromu Nishitani : Magnetic resonance manifestations of endometrial cysts at 3 T compared with 1.5 T, Journal of Computer Assisted Tomography, Vol.32, No.3, 369-371, 2008.
5)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Song Hongwei, Ryota Hashimoto, Masatoshi Takeda, Hiroshi Kunugi, Mitsuo Itakura and Tetsuro Ohmori : TGFBR2 gene expression and genetic association with schizophrenia, Journal of Psychiatric Research, Vol.42, No.6, 425-432, 2008.
6)Liu Dali, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono, Hideaki Nagamune, Shizuo Kayama, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : The essentiality and involvement of Streptococcus intermedius histone-like DNA-binding protein in bacterial viability and normal growth, Molecular Microbiology, Vol.68, No.5, 1268-1282, 2008.
7)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hitoshi Kubo and Hiromu Nishitani : High-b-value diffusion-weighted magnetic resonance imaging of pancreatic cancer and mass-forming chronic pancreatitis: preliminary results, Acta Radiologica, Vol.49, No.4, 383-386, 2008.
8)宇野 昌明, 森田 奈緒美, 原田 雅史, 和泉 唯信, 中根 俊成, 永廣 信治 : Stroke MRIと血栓溶解療法, 脳と循環, Vol.13, No.2, 125-132, 2008年.
9)Tadashi Kondo : Nonlinear Pattern Identification by Multi-Layered GMDH-type Neural Network Self-Selecting Optimum Neural Network Architecture, Neural Information processing, 882-891, 2008.
10)鈴木 秀宣, 天野 雅史, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 上野 淳二, 西谷 弘 : DICOM画像の個人情報保護のための匿名化システム, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J91-D, No.6, 1656-1662, 2008年.
11)Ken'ichi Fujimoto, Mio Musashi and Tetsuya Yoshinaga : Discrete-time dynamic image segmentation system, Electronics Letters, Vol.44, No.12, 727-729, 2008.
12)Ken Saito, Hiya Akiko, Uemura Yumi and Furuta Miwa : Clinical training stress and autonomic nervous function in female medical technology students: analysis of heart rate variability and 1/fluctuation, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.3,4, 227-230, 2008.
13)Naomi Morita, Masafumi Harada, Masaaki Uno, Shunji Matsubara, Shinji Nagahiro and Hiromu Nishitani : Ischemic Findings of T2*-Weighted 3-Tesla MRI in Acute Stroke Patients., Cerebrovascular Diseases, Vol.26, No.4, 367-375, 2008.
14)M. Asai, K. Tsukada, Y. Ishii, A. Toyoshima and Minoru Sakama : Alpha-gamma coincidence spectroscopy of 259No, JAEA-review, Vol.54, 40-41, 2008.
15)Yukiko Hirose, Kazuya Kondo, Hiromitsu Takizawa, Taeko Nagao, Yasushi Nakagawa, Haruhiko Fujino, Hiroaki Toba, Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : Aberrant methylation of tumour-related genes in thymic epithelial tumours., Lung Cancer, Vol.64, No.2, 155-159, 2008.
16)南川 貴子, 田村 綾子, 市原 多香子, 桑村 由美 : 日本国内における脳腫瘍の看護研究の動向, Brain Nursing, Vol.24, No.10, 108-114, 2008年.
17)監﨑 孝一郎, 先山 正二, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 滝沢 宏光, 近藤 和也, 丹黒 章 : 気管・気管支形成手術の現況 2.気管・気管支形成 原発性肺癌における気管・気管支形成手術の臨床的検討, 胸部外科, Vol.61, No.11, 951-956, 2008年.
18)Liu Dali, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Shizuo Kayama, Taniguchi Tomonori, Yamamoto Akitake, Tsuneko Ono, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : Heterologous expression of a histone-like protein from Streptococcus intermedius in Escherichia coli alters the nucleoid structure and inhibits the growth of E. coli, FEMS Microbiology Letters, Vol.288, No.1, 68-75, 2008.
19)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hitoshi Kubo and Hiromu Nishitani : Diffusion-weighted magnetic resonance imaging of urinary epithelial cancer with upper urinary tract obstruction: preliminary results, Acta Radiologica, Vol.49, No.10, 1195-1199, 2008.
20)阪間 稔, 佐瀬 卓也, 谷井 喬, 前澤 博, 前田 幸志, 佐藤 一雄, 誉田 栄一, 西谷 弘 : 医療用自己遮蔽型PETサイクロトロン及び電子リニアックにおける中性子束の箔放射化法による測定, 日本放射線安全管理学会誌, Vol.7, No.2, 138-147, 2008年.
21)Kosuke Ohyama, 久保 均, 原田 雅史, Yuji Sasahara, Atsushi Nozaki, Naoyuki Takei, 髙尾 正一郎, 西谷 弘 : 1.5Tと比較した3TにおけるWhole Heart Coronary MRA(WHCA)の検討, 日本放射線技術学会雑誌, Vol.64, No.12, 1540-1546, 2008年.
22)Shin'Ya Tayoshi, Satsuki Sumitani, Kyoko Taniguchi, Sumiko Shibuya-Tayoshi, Shusuke Numata, Jun-ichi Iga, Masahito Nakataki, Shu-ichi Ueno, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori : Metabolite changes and gender differences in schizophrenia using 3-Tesla proton magnetic resonance spectroscopy (1H-MRS)., Schizophrenia Research, Vol.108, No.1-3, 69-77, 2008.
23)Kyoko Osaka, Seiji Tsuchiya, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa, Tetsuya Tanioka and Rozzano De Castro Locsin : The Technique of Emotion Recognition Based on Electroencephalogram, Information : an International Interdisciplinary Journal, Vol.11, No.1, 55-68, 2008.
24)Masami Miyoshi, Kenichi Mishina, Tetsuya Tanioka, Kyoko Osaka, Ai Kawamura, Yukie Iwasa, Chiemi Kawanishi, Yuko Yasuhara, Mika Kataoka and Shin-ichi Chiba : Questionnaire survey on the use and the introduction of nursing management system in the psychiatric hospitals, Proceedings of the Fifth International Conference on Information, 387-389, 2009.
25)Kyoko Osaka, Shin-ichi Chiba, Yukie Iwasa, Keiko Sekido, Tetsuya Tanioka and Chiemi Kawanishi : Estimation methods for the communicatuion between "a robot and a human" using physiological indicators, Proceedings of the Fifth International Conference on Information, 431-434, 2009.
26)Naomi Morita, Masafumi Harada, Masaaki Uno, Shunji Matsubara, Shinji Nagahiro and Hiromu Nishitani : Evaluation of Initial Diffusion-weighted Image Findings in Acute Stroke Patients using a Semiquantitative Score., Magnetic Resonance in Medical Sciences, Vol.8, No.2, 47-53, 2009.
27)宇野 昌明, 永廣 信治, 原田 雅史 : 3T-MRIによる脳血管疾患の画像診断, 脳と循環, Vol.14, No.3, 219-224, 2009年.
28)Kazuyuki Matsumoto, Tetsuya Tanioka, Kyoko Osaka, Kawamura Ai, Shu-ichi Ueno, Fuji Ren, Takasaka Yoichiro, Barnard Alan, Rozzano De Castro Locsin and Omori Mitsuko : Developing the Method of Server Controlled Outcomes Management and Variance Analysis, Electronic Notes in Theoretical Computer Science, Vol.225, 221-237, 2009.
29)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Medical image recognition of abdominal multi-organs by RBF GMDH-type neural network, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.5, No.1, 225-240, 2009.
30)森田 奈緒美, 原田 雅史, 宇野 昌明, 松原 俊二, 永廣 信治, 西谷 弘 : 脳梗塞の3T MRI, (月刊)臨床放射線, Vol.54, No.2, 231-237, 2009年.
31)Yoichi Otomi, Hideki Otsuka, Naomi Morita, Kaori Terazawa, Masafumi Harada and Hiromu Nishitani : A case of von Recklinghausen's disease with coincident malignant peripheral nerve sheath tumor and gastrointestinal stromal tumor., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.1-2, 76-79, 2009.
32)上田 伊佐子, 雄西 智惠美 : 再発・転移のある乳がん患者のコーピング方略と心理的適応, 日本看護科学学会誌, Vol.31, No.2, 42-51, 2009年.
33)中野 沙織, 藤沢 有未絵, 多田 敏子, 岡久 玲子 : 大学生のメタボリックシンドロームへの認識と生活習慣に関する実態調査, 四国公衆衛生学会誌, Vol.54, No.1, 129-133, 2009年.
34)Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Bifurcations in an Iterative Optimization Process for Intensity Modulated Radiation Therapy, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.19, No.3, 1087-1095, 2009.
35)鳥羽 博明, 先山 正二, 森本 雅美, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 近藤 和也, 坂東 良美, 丹黒 章 : 肺多形癌の3切除例, 胸部外科, Vol.62, No.3, 202-206, 2009年.
36)Hiroaki Toba, Kazuya Kondo, Hiromitsu Takizawa and Akira Tangoku : Recurrent thymoma with a pleural dissemination invading the intervertebral foramen., European Journal of Cardio-Thoracic Surgery, Vol.35, No.5, 917-919, 2009.
37)Hiromichi Yamai, Naruhiko Sawada, Takahiro Yoshida, Junnichi Seike, Hiromitsu Takizawa, Koichiro Kenzaki, Takanori Miyoshi, Kazuya Kondo, Yoshimi Bando, Yoshinari Ohnishi and Akira Tangoku : Triterpenes augment the inhibitory effects of anticancer drugs on growth of human esophageal carcinoma cells in vitro and suppress experimental metastasis in vivo., International Journal of Cancer, Vol.125, No.4, 952-960, 2009.
38)南川 貴子, 田村 綾子, 市原 多香子, 桑村 由美 : 長期臥床中に痙縮・拘縮が出現した脳腫瘍患者の関節拘縮改善のための看護方法の検討, 日本脳神経看護研究会誌, Vol.31, No.2, 125-128, 2009年.
39)廣原 紀恵, 多田 敏子, 谷岡 哲也, 川西 千恵美, 郷木 義子 : フィリピンの看護教育及び病院視察報告, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.7, No.1,2, 58-65, 2009年.
40)井上 菜津子, 木村 佳乃実, 中馬 歩美, 多田 敏子 : 車椅子利用下における路面のバリアと移動時の声かけの影響に関する調査, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.7, No.1,2, 43-51, 2009年.
41)今井 芳枝, 雄西 智惠美, 多田 敏子, 吉永 純子 : 高齢者看護学におけるオレム看護理論を基盤にした看護過程演習の学習効果と課題, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.7, No.1, 52-57, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)橋本 浩子, 谷 洋江, 二宮 恒夫 : キワニスドールによるプレパレーション,心理療法への応用, 小児看護, Vol.31, No.5, 638-640, 2008年.
2)田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美 : 急性期におけるADL向上ケアの目的, Brain Nursing, Vol.24, No.8, 26-31, 2008年.
3)市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 田村 綾子 : ADLや運動機能に関連する脳神経疾患患者に必要な評価, Brain Nursing, Vol.24, No.8, 31-42, 2008年.
4)田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美 : 脳卒中で発症3日間のリハビリテーション看護, Brain Nursing, Vol.25, No.1, 47-51, 2009年.
5)關戸 啓子, 安原 由子, 髙井 恵美 : 「ヘルスケアアセスメント」に対する看護学生の授業満足度に影響を与える要因, 日本看護学会論文集: 看護教育, Vol.39, 220-222, 2009年.
6)關戸 啓子, 安原 由子, 髙井 恵美, 岩佐 幸恵, 川西 千恵美 : 高齢者を対象者とした介護実習の学びが基礎看護学実習へ及ぼす影響, 日本看護学会論文集老年看護, Vol.39, 288-290, 2009年.
7)千葉 進一, 谷口 都訓, 谷岡 哲也, 川村 亜以, 三次 真佐美, 片岡 三佳, 大石 由美 : 地域移行型ホームに入所するための4ヶ月間の退院支援を受けた精神科の長期入院患者の思いの検討, 香川大学看護学雑誌, Vol.13, No.1, 109-115, 2009年.
8)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : 目のイラストに対する感情表現の個別性, 小児心身症研究, No.16, 53-58, 2009年.
9)片岡 三佳, 西山 ゆかり, 千葉 進一, 市江 和子, 谷岡 哲也 : 看護系大学に勤務する新人教員の教育・研究活動に対する悩み, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.7, No.1,2, 23-29, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術レター

1)清宮 明香, 松浦 千惠子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 田尾 知浩, 吉川 和寛, 土田 健司, 水口 潤, 川島 周, 小野 恒子 : 透析液中の細菌検出における遺伝学的検討, 腎と透析65巻別冊 ハイパフォーマンスメンブレン'08, 2008年.

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

1)田村 綾子 : 脳神経領域の認定看護師の誕生, 脳神経外科速報, Vol.18, No.4, 509, 2008年4月.
2)田村 綾子 : 脳神経領域の認定看護師の誕生, Brain Nursing, Vol.24, No.6, 16, 2008年6月.
3)Eiji Hosoi : Biological and clinical aspects of ABO blood group system, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.3-4, 174-182, Aug. 2008.
4)多田 敏子 : 療養生活とQOL(生活の質), 全低肺, Vol.94, 3-10, 2008年9月.
5)細井 英司 : 教授就任記念講演 ABO血液型の抗原および遺伝子の解析と臨床的応用, 四国医学雑誌, Vol.64, No.5, 216-224, 2008年12月.
6)久保 均, 原田 雅史, 前澤 博, 阿部 孝政 : 13C-NMR, 放射線生物研究, Vol.44, No.4, 447-459, 2009年.
7)田村 綾子, 石山 光枝, 今西 恭子, 幸野 浩美, 小寺 直美, 竹末 のり子 : 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師を考える, Brain Nursing, Vol.25, No.1, 2-9, 2009年1月.
8)田村 綾子 : 特集4 ブレインアタック4脳卒中で発症3日間のリハビリテーション看護, BRAIN NURSING, Vol.25, No.1, 47-51, 2009年1月.
9)長篠 博文 : ニューラルネットワークを用いた生体情報解析, 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2009論文集, Vol.1, 1-8, 2009年1月.
10)藤本 憲市, 武藏 美緒, 吉永 哲哉 : 領域分割とその時系列表示が可能な動的画像領域分割システム, ケミカルエンジニヤリング, Vol.54, No.2, 29-35, 2009年2月.

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Medical Image Recognition of Abdominal Organs by RBF GMDH-type Neural Network, Proceedings of the 39th ISCIE International Symposium In Stochastic Systems Theory and Its Applications, 177-182, Jun. 2008.
2)Tsuyosi Kudo, Tadashi Kondo, Takaomi Matuki, Atusi Itami, Masahiro Nakagawa and Yusuke Matumura : Recognition of 3-dimensional medical images of the head by radial basis function (RBF) neural network, Proceedings of the 39th ISCIE International Symposium In Stochastic Systems Theory and Its Applications, 207-212, Jun. 2008.
3)Takaomi Matuki, Tadashi Kondo, Tsuyosi Kudo, Atusi Itami, Masahiro Nakagawa and Yusuke Matumura : Recognition of 3-dimensional medical images of the lungs, pulmonary vessels andf bronchial trees by artificial neural networks, Proceedings of the 39th ISCIE International Symposimum In Stochastic Systems Theory and Its Applications, 201-206, Jun. 2008.
4)Hirofumi Nagashino, Ken'ichi Fujimoto, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : A computational model for tinnitus and its management by sound therapy, Abstract Book of Ninth International Tinnitus Seminars, Gothenburg, Sweden, June 15-18, 2008, 85, Goteborg, Jun. 2008.
5)Shota Takemoto, Masahisa Onoguchi and Tetsuya Yoshinaga : The evaluation of the SPECT image using PMART reconstruction, 2008 SNM Annual Meeting, New Orleans, Jun. 2008.
6)Mio Musashi, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Bifurcations in a coupled system of chaotic neurons generating oscillatory responses, Proc. of International Conference on Systems, Signals and Image Processing 2008, 149-152, Bratislava, Jun. 2008.
7)Tadashi Kondo : Feedback GMDH-type neural network using prediction error criterion and its application to 3-dimensional medical image recognition, SICE Annual Conference 2008, 1050-1055, Aug. 2008.
8)Tadashi Kondo : Feedback GMDH-type neural network algorithm using prediction error criterion for self-organization, SICE Annual Conference 2008, 1044-1049, Aug. 2008.
9)Yoshie Imai, Chiemi Onishi, Hiroko Ohta and Takae Bando : COPING SKILLS OF ELDERLY CANCER SURVIVORS, SINGAPORE, Aug. 2008.
10)Toshihiro Murata, Masatake Akutagawa, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : EEG analysis using moving average-type neural network, Proceedings of the 30th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 169-172, Vancouver, Aug. 2008.
11)Hirofumi Nagashino, Ken'ichi Fujimoto, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh, Abhijit S. Pandya and Jufang He : Oscillation and its inhibition in a neuronal network model for tinnitus sound therapy, Proceedings of the 30th Annual International Conference of the IEEE EMBS, 311-314, Vancouver, Aug. 2008.
12)Hitoshi Ikushima : Prognostic Significance of HIF-2 alpha Expression on Tumor Infiltrating Macrophages in Patients with FIGO Stage IIIb Uterine Cervival Cancer undergoing Radiotherapy, LA, Sep. 2008.
13)Hitoshi Ikushima : Predictive value 18F-Fluorodeoxyglucose uptake by positron emission tomography for non-small cell lung cancer patients treated with radical radiotherapy requires consideration of primary tumor size, LA, Sep. 2008.
14)Yoshiko Gogi, Kikuko Okuda and Toshie Hirohara : The health probrems of the children in Japan and the role of Yogo Teacher at school, Special Proceedings of the 1st BIMP International Nuesing Conference, 88-101, Davao, Oct. 2008.
15)Yoshiko Gogi, Kikuko Okuda and Toshie Hirohara : The health problems of the children in japan and the role of Yogo Teacher at school, 1st BIMP International Nursing Conference, Davao, Oct. 2008.
16)Kyoko Osaka, Seiji Tsuchiya, Fuji Ren and Tetsuya Tanioka : A ANALYSIS OF EMPATHETIC UNDERSTANDING USING RELATION BETWEEN ELECTRODE AND FREQUENCY, ICAI 2008, 116-121, Beijing, Oct. 2008.
17)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Masafumi Harada : Uterine pathologies in 3T-MRI: Clinical application of diffusion-weighted imaging and MR spectroscopy in differentiating benign and malignant lesions, RSNA 2008, Chicago, Nov. 2008.
18)Masahiro Nakagawa, Tadashi Kondo, Tsuyoshi Kudo and Junji Ueno : Three-dimensional medical image recognition of cancer of the liver by artificial neural network, Abstracts of the 40th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 87-88, Nov. 2008.
19)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Revised GMDH-type neural network algorithm for medical image recognition and its application to 3-demensional medical image analysis of the heart, Abstracts of the 40th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 41-42, Nov. 2008.
20)Tsuyoshi Kudo, Tadashi Kondo, Masahiro Nakagawa and Junji Ueno : Medical image recognition of the white and gray matters of the brain by radial basis function (RBF) neural network, Abstracs of the 40th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 19-20, Nov. 2008.
21)Sumiko Ymamamoto, Toshiko Tada and Yasuo Ono : Survey of the subjective sence of nursing burden: When the nurse take care of people who need nursing at home, 6th International symposium on TCM and 10th international symposium on acupuncture & moxibustion, 115, Tianjin.China, Nov. 2008.
22)Kenta Mukai, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Hirofumi Nagashino : Characteristic of AEP and SEP for Localization of Evoked Potential by Recalling, The 13th International Conference on Biomedical Engineering, 606-609, Singapore, Dec. 2008.
23)Chihiro Kondo and Tadashi Kondo : Revised GMDH-type neural network algorithm self-selecting optimum neural network architecture, The Fourteenth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2009, 410-413, Feb. 2009.
24)Chihiro Kondo and Tadashi Kondo : Three-dimensional medical image analysis of the heart by the revised GMDH-type neural network self-selecting optimum neural network architecture, The Fourteenth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2009, 397-400, Feb. 2009.
25)Masahiro Nakagawa, Tadashi Kondo, Tsuyosi Kudo, Shoichiro Takao and Junji Ueno : Three-dimensional medical image recognition of cancer of the liver by the revised radial basis function (RBF) neural network algorithm, The Fourteenth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2009, 385-388, Feb. 2009.
26)Takashi Iwase, Shoichiro Takao, Masashi Akaike, K Adachi, Y Sumitomo, Shusuke Yagi, T Niki, Kenya Kusunose, N Sakamoto, Y Hirata, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Ken-ichi Aihara, Masafumi Harada, Hiromu Nishitani and Masataka Sata : Early Detection of Myocardial Damage in Female Carriers of Duchenne Muscular Dystrophy - the Utility of Cardiac Magnetic Resonance., 73th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2009.
27)Ken'ichi Fujimoto, Mio Musashi and Tetsuya Yoshinaga : A Design of Destabilizer for Stable Fixed Point Observed in Chaotic Neural Network Generating Oscillations for Dynamic Image Segmentation, Proc. of the 2009 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 475-478, Honolulu, Mar. 2009.
28)Mio Musashi, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Bifurcation Phenomena Observed in Discrete-Time Coupled Chaotic Neurons Generating Oscillatory Responses with High Order of Period, Proc. of the 2009 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 201-204, Honolulu, Mar. 2009.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1)吉永 哲哉, 藤本 憲市, 武藏 美緒 : 領域分割とその時系列表示が可能な画像領域分割システム, 四国地区四大学発新技術説明会資料集, 49-53, 2008年4月.
2)井村 裕吉, 木下 裕太, 田丸 博雅, 三浦 沙知, Ⅲ小田 絵美, 紀太 千恵子, 濱田 治良 : モニタ上に示された単純図形の背景による明暗知覚, --- 均一な背景と胸部画像が背景のときの明暗知覚 ---, 日本放射線技術学会第64回総会学術大会, 2008年4月.
3)武藏 美緒, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 振動応答を発生するカオス・ニューロン結合系の提案と系にみられる分岐, 第21回 回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集, 363-368, 2008年4月.
4)福永 愛, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : EUD に基づくIMRT最適化勾配系の力学的性質, 第21回 回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集, 353-358, 2008年4月.
5)二宮 恒夫 : 目のイラストに表現される感情の個人差の対人的要因, 第111回日本小児科学会学術集会, 2008年4月.
6)Yongjian Chen, Masatake Akutagawa, Masato Katayama, Hirofumi Nagashino, Qinyu Zhang and Yohsuke Kinouchi : Improvement of Signal-to-noise Ratio Using Neural Networks, The 47th Annual Conference of Japanese Society for Medical and Biological Engineering, 615-616, May 2008.
7)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : 目のイラストに対する感情表現の個別性, 第16回日本小児心身医学会中国四国地方会, 2008年5月.
8)正木 由紀, 高山 英里, 穂岐山 藍, 奥田 紀久子, 郷木 義子, 廣原 紀恵 : 医療系学生がイメージする小・中学生の姿に関する調査(1), --- ライフスタイルのとらえ方 ---, 中国・四国学校保健学会講演集, 2008年5月.
9)高山 英里, 正木 由紀, 穂岐山 藍, 奥田 紀久子, 山下 留理子, 郷木 義子, 廣原 紀恵 : 医療系学生がイメージする小·中学生の姿に関する調査(2), --- ストレス等を中心に ---, 中国・四国学校保健学会講演集, 2008年5月.
10)大井 一高, 橋本 亮太, 安田 由華, 吉田 哲彦, 高橋 秀俊, 井池 直美, 岩瀬 真生, 紙野 晃人, 石井 良平, 数井 裕光, 沼田 周助, 池田 匡志, 上野 修一, 福永 知子, 田中 稔久, 工藤 喬, 大森 哲郎, 岩田 仲生, 尾崎 紀夫, 武田 雅俊 : 日本人における統合失調症と疾患感受性遺伝子G72の関連研究, 第104回日本精神神経学会, 2008年5月.
11)鹿山 鎭男, 山本 明毅, 根本 謙, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensing機構と抗菌薬抵抗性の蛍光染色法による解析, 第56回日本化学療法学会総会, 2008年6月.
12)宇都 義浩, 中江 崇, 佐々木 有紀, 安部 千秋, 中島 宏一郎, 新元 優也, 佐野 圭一郎, 遠藤 良夫, 皆巳 和賢, 前澤 博, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : 次世代動物実験系としての腫瘍移植鶏卵の構築と放射線照射による腫瘍成長阻害活性, 第14回癌治療増感研究会, 2008年6月.
13)多田 敏子 : バーチャル相談室の開設から4年間の利用状況について, --- その2 家庭訪問活動について ---, 日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.9, No.1, 232, 2008年6月.
14)清宮 明香, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 道脇 宏行, 英 理香, 細谷 陽子, 田尾 知浩, 吉川 和寛, 土田 健司, 水口 潤, 川島 周 : 透析液及び透析用水中の遺伝学的細菌検出法, 第53回日本透析医学会学術集会, 2008年6月.
15)皆巳 和賢, 宇都 義浩, 中江 崇, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均, 前澤 博 : 低酸素細胞に対するニトロイミダゾールアセトアミド誘導体の放射線増感効果, 第47回日本医学放射線学会生物部会学術大会, 2008年6月.
16)二宮 恒夫, 橋本 浩子, 谷 洋江, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : 被虐待児の心理的後遺症による社会生活困難性, 第130回日本小児科学会徳島地方会, 2008年6月.
17)黒川 奈美, 多田 敏子 : 事業所で働く男性職員の食生活習慣実態調査, 第11回日本地域看護学会学術集会抄録集, 2008年7月.
18)鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌の抗菌薬抵抗性と遺伝子発現について, Bacterial Adherence & Biofilm第22回学術集会, 2008年7月.
19)弘田 克彦, Heni Susilowati, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 田端 厚之, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 羽地 達次, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるカルシウム振動と胆管上皮細胞死, 第17回Lancefielfレンサ球菌研究会 2008, 2008年7月.
20)弘田 克彦, Susilowati Heni, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 田端 厚之, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 羽地 達次, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるカルシウム振動と胆管上皮細胞死, 第17回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2008年7月.
21)太田 浩子, 今井 芳枝, 板東 孝枝, 雄西 智惠美 : 高齢者看護学実習におけるオレム看護理論活用におけるセルフケア行為力に関する学生のアセスメントの実態, 2008年8月.
22)市原 多香子, 桑村 由美, 南川 貴子, 田村 綾子 : 胃・大腸・肺癌手術患者を受け持った看護学生のレポート分析から見えた危険予測の傾向, 日本看護学教育学会第18回学術集会講演集, 167, 2008年8月.
23)細井 英司 : ABO血液型の抗原および遺伝子の解析と臨床的応用(教授就任記念講演), 第237回徳島医学会学術集会, 2008年8月.
24)河村 真太朗, SayedAhmadZikriBinSayed Aluwee, 安友 基勝, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 上野 淳二, 西谷 弘 : マルチスライスCT画像の大腸抽出, Medical Imaging Technology, P40, 2008年8月.
25)SayedAhmadZikriBinSayed Aluwee, Motokatsu Yasutomo, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Junji Ueno and Hiromu Nishitani : Basic segmentation of colonic wall for better boundary extraction accuracy, Medical Imaging Technology, P39, Aug. 2008.
26)岩佐 幸恵, 川西 千恵美, 安原 由子, 髙井 恵美, 奥田 紀久子, 關戸 啓子 : 実習前に保育所実習を体験した学生の基礎看護学実習Ⅰに対する授業評価, 日本看護研究学会雑誌, Vol.31, No.3, 210, 2008年8月.
27)阪間 稔, 佐瀬 卓也, 谷井 喬, 前澤 博, 誉田 栄一, 西谷 弘, 佐藤 一雄, 桝本 和義 : 徳島大学病院医療用自己遮蔽型PETサイクロトロン及び電子リニアックにおける中性子束の箔放射化法による測定, 第52回放射化学討論会, 2008年9月.
28)二宮 恒夫, 橋本 浩子, 谷 洋江, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : 児童虐待防止法(通称)第6条の文言に関する考察, 徳島県小児保健協会総会並びに第50回講演会, 2008年9月.
29)南川 貴子, 田村 綾子, 市原 多香子, 桑村 由美 : 脳腫瘍の患者を受け持った学生の学び, 第35回日本脳神経看護研究学会抄録集, 45, 2008年9月.
30)Ken'ichi Fujimoto, Mio Musashi and Tetsuya Yoshinaga : Generating Out-of-Phase Oscillatory Response by Destabilizing Fixed Point Observed in Two-Coupled Chaotic Neurons, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 6, Sep. 2008.
31)長篠 博文, 高須 水城, 中村 創一, 赤島 啓介, 坂東 良太, 藤本 憲市, 手川 歓識, 芥川 正武, 木内 陽介, ダネッシュ A. アリ, パンディア S. アビジット : 耳鳴りモニタリングのための脳波計測・解析システムの開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 251, 2008年9月.
32)服部 翔太, 佐藤 雅哉, 長篠 博文, 藤本 憲市, 木内 陽介, ダネッシュ A. アリ, パンディア S. アビジット : 耳鳴りとその音響療法の神経細胞回路モデル, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 252, 2008年9月.
33)萩原 大輔, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介, 榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha : SAS検査のための鼾音のスクリーニングに関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 259, 2008年9月.
34)村田 敏洋, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : NNを用いたEEG解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 253, 2008年9月.
35)片山 雅仁, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : 脳不活性部位EEGの特徴, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 254, 2008年9月.
36)向井 健太, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : 聴性誘発電位と体性感覚誘発電位の加算特性について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 255, 2008年9月.
37)坂本 梢, 佐藤 陽一, 新家 利一, 勢井 雅子, 野村 以徂子, 梅野 真由美, エヴィス ABDEL AZIM アシュラフ, 中堀 豊 : プロテオミクス解析,遺伝子発現解析で見出された肥満関連因子の脂肪分化に関わる機序の解析, 第53回日本人類遺伝学会, 2008年9月.
38)多田 敏子, 板野 綾香 : 一事例から見た在宅療養高齢者の療養場所に関する自己決定の内容, 第13回日本老年看護学会学術集会抄録, 2008年9月.
39)岡久 玲子, 森脇 智秋, 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 地域看護学実習に臨む看護大学生の実習目標の分析(第2報)―市町村での実習―, 第67回日本公衆衛生学会総会抄録集, 385, 2008年10月.
40)森脇 智秋, 岡久 玲子, 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 地域看護学実習に臨む看護大学生の実習目標の分析(第1報)―保健所での実習―, 第67回日本公衆衛生学会総会抄録集, 385, 2008年10月.
41)多田 美由貴, 多田 敏子, 松下 恭子 : 山間地域高齢者の外出に関連する生活実態調査, 第67回日本公衆衛生学会総会抄録集, 2008年10月.
42)川村 亜以, 多田 敏子, 谷岡 哲也 : 精神障害者の退院促進支援事業に関わる保健所保健師の連携機関に対する要望, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 549, 2008年10月.
43)板東 孝枝, 雄西 智惠美, 市原 多香子 : 受け持ち患者の手術見学実習をより効果的にするための学習環境調整に関する研究, 日本手術看護学会誌, Vol.4, No.2, 146, 2008年10月.
44)古谷 俊介, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 川中 崇, 久保 亜貴子, 西谷 弘 : 当院における前立腺癌術後のPSA再発に対する放射線治療成績, 日本放射線腫瘍学会第21回学術大会, 2008年10月.
45)弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるヒト培養胆管上皮細胞死とgp210の細胞内分布の変動, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
46)山本 明毅, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌における抗菌薬抵抗性の蛍光染色法による解析, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月.
47)宇都 義浩, 遠藤 良夫, 前澤 博, 永澤 秀子, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵を用いたin vivo放射線増感活性評価モデルの開発, 第67回 日本癌学会学術総会, 2008年10月.
48)多田 敏子 : 青年女子のケアリング体験の中に含まれる頻度の高い言葉, 第28回日本看護科学学会, 360, 2008年11月.
49)多田 敏子, 板野 綾佳 : 一事例からみた在宅療養高齢者の療養場所に関する, 日本老年看護学会第13回学術集会, 173, 2008年11月.
50)奥田 紀久子, 廣原 紀恵, 郷木 義子, 森脇 智秋 : 女子短大生が受けてきた性教育と今後の性教育に望むこと, 日本公衆衛生雑誌, Vol.55, No.10, 460, 2008年11月.
51)廣原 紀恵, 奥田 紀久子, 郷木 義子, 森脇 智秋 : 男子工業高校生の性意識・性行動調査, 日本公衆衛生雑誌, Vol.55, No.10, 461, 2008年11月.
52)奥田 紀久子, 廣原 紀恵, 郷木 義子, 新野 茉衣, 杉村 美穂 : 小・中学生のメディアとゲーム利用に関する実態, 日本学校保健学会講演集, 2008年11月.
53)郷木 義子, 奥田 紀久子, 廣原 紀恵, 杉村 美穂, 新野 茉衣 : 小・中学生のメディアとゲームの利用時間と生活習慣の関連, 日本学校保健学会講演集, 2008年11月.
54)廣原 紀恵, 郷木 義子, 奥田 紀久子, 杉村 美穂, 新野 茉衣 : 小・中学生のメディアとゲームの利用時間と身体疲労の関連および就寝前行動の実態, 日本学校保健学会講演集, 2008年11月.
55)黒川 奈美, 多田 敏子, 藤井 智惠子 : 一事業所の労働者のセルフエフィカシと生活習慣の関連, 第52回中国四国合同産業衛生学会抄録集, 16, 2008年11月.
56)長篠 博文, 藤本 憲市, 木内 陽介, ダネッシュ A. アリ, パンディア S. アビジット : 耳鳴りとその音響療法治療過程の神経回路モデル, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会 2008 論文集, 529-530, 2008年11月.
57)新谷 洋人, 芥川 正武, 長篠 博文, パンディア S. アビジット, 木内 陽介 : 受容野解析を用いたMLP/BPの認識特性の比較, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会 2008 論文集, 531-534, 2008年11月.
58)新谷 洋人, 芥川 正武, 長篠 博文, パンディア S. アビジット, 木内 陽介 : 受容野解析を用いたMLP/BPの認識特性の比較, システム・情報部門学術講演会2008講演論文集, 531-534, 2008年11月.
59)藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子, 森脇 智秋, 岡久 玲子 : 産業保健・看護学を履修した看護学生の職場巡視の視点, 第18回日本産業衛生学会 産業医・産業看護全国協議会講演集, 176, 2008年11月.
60)多田 敏子 : 青年期女子のケアリング体験の中に含まれ, 第28回日本看護科学学会学術集会講演集, 360, 2008年11月.
61)清宮 明香, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 吉川 和寛, 田尾 知浩, 土田 健司, 水口 潤, 川島 周 : 透析液中の細菌検査法に関する遺伝学的検討, 第32回徳島県医学検査学会, 2008年12月.
62)田中 純一, 小野 恒子, 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎 : Streptococcus intermediusに誘導される非アポトーシス細胞死の免疫組織化学的解析, 第32回徳島県医学検査学会, 2008年12月.
63)伊藤 真理, 小野 恒子, 松浦 千惠子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 山本 明毅, 谷口 友伯, 長宗 秀明 : 緑膿菌臨床分離株のバイオフィルム形成におけるcyclic-di-GMPの関与について, 第32回徳島県医学検査学会, 2008年12月.
64)多田 敏子 : 青年期女子のケアリング体験の中に含まれる共通する言葉, 第28回看護科学学会学術集会抄録集, 2008年12月.
65)森内 貴子, 安藝 健作, 小林 憲司, 細井 英司 : ゴーヤ種子由来抗Hレクチンの安定性とその特異性, 第32回徳島県医学検査学会, 2008年12月.
66)阪間 稔, 佐瀬 卓也, 谷井 喬, 前澤 博, 誉田 栄一, 西谷 弘, 佐藤 一雄, 桝本 和義 : 自己遮蔽型PETサイクロトロン及び放射線治療用電子リニアック装置における中性子束の箔放射化法による測定, 第52回放射化学討論会, 2008年12月.
67)佐瀬 卓也, 三好 弘一, 前澤 博, 古谷 俊介, 西谷 弘, 中山 信太郎, 川口 佳彦, 黒崎 裕, 伊藤 茂樹, 西澤 邦秀 : がん治療用密封小線源におけるシードイメージング定量法の進展, 日本放射線安全管理学会第7回学術大会, 2008年12月.
68)熊井 万里子, 阪間 稔, 佐瀬 卓也, 三好 弘一, 前澤 博, 谷井 喬, 前田 幸志, 佐藤 一雄, 誉田 栄一, 西谷 弘 : PETサイクロトロンにおける自己遮蔽体による中性子遮蔽能の検証, 日本放射線安全管理学会第7回学術大会, 2008年12月.
69)黒崎 裕, 中山 信太郎, 伏見 賢一, 佐瀬 卓也, 三好 弘一, 前澤 博, 川口 佳彦, 古谷 俊介 : スリットとシンチレータを用いるがん治療用I-125シード強度測定システムの実現可能性の検討, 日本放射線安全管理学会第7回学術大会, 2008年12月.
70)入倉 奈美子, 桑原 義典, 前澤 博, 佐瀬 卓也, 三好 弘一, 立花 さやか, 合田 康代 : 徳島大学におけるRI汚染の対応, 日本放射線安全管理学会第7回学術大会, 2008年12月.
71)森脇 崇, 中山 信太郎, 三好 弘一, 佐瀬 卓也, 前澤 博, 川口 佳彦 : 3H-ATPを用いたトリチウムの飛散率と総放射能の検討, 日本放射線安全管理学会第7回学術大会, 2008年12月.
72)桑原 義典, 入倉 奈美子, 前澤 博, 立花 さやか, 合田 康代, 三好 弘一, 佐瀬 卓也 : ASP.NETを利用した簡易RI在庫管理ソフトウエア開発, 日本放射線安全管理学会第7回学術大会, 2008年12月.
73)谷口 友伯, 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 山本 明毅, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌臨床分離株の付着時における抗菌薬抵抗性とcyclic-di-GMPの関与について, 第56回日本化学療法学会西日本支部総会, 2008年12月.
74)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智, 古川 薫, 船戸 豊子, 桑内 敬子 : 子どもの虐待予防のための周産期からの連携支援事例の経過, 第131回日本小児科学会徳島地方会, 2008年12月.
75)古川 薫, 橋本 浩子, 谷 洋江, 二宮 恒夫, 芝﨑 恵, 岸田 佐智, 川村 洋子, 船戸 豊子, 桑内 敬子 : 全県的な産科外来・周産期からの子ども虐待一次予防の取り組みに向けて, 日本子ども虐待防止学会第14回学術集会ひろしま大会, 2008年12月.
76)芝﨑 恵, 岸田 佐智, 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 船戸 豊子, 川村 洋子, 桑内 敬子, 古川 薫 : 虐待予防のための妊娠期からの継続的な看護ケアにおける課題, 日本子ども虐待防止学会第14回学術集会ひろしま大会, 2008年12月.
77)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : リジリエンスの視点からの事例検討により,社会適応への心理支援を考える, 日本子ども虐待防止学会第14回学術集会ひろしま大会, 2008年12月.
78)今井 芳枝, 雄西 智惠美, 太田 浩子, 板東 孝枝, 多田 敏子 : がん看護に関するキャリアデイベロップメントに関する実態調査, 第28回日本看護科学学会学術集会講演集, 555, 2008年12月.
79)二宮 恒夫, 郷木 義子, 奥田 紀久子, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : 毎回の講義に理解度チェック票を取り入れた講義方法改善の試み, 平成20年度全学FD徳島大学教育カンファレンス, 2009年1月.
80)山崎 紘明, 山田 健二, 薮内 詳子, 西原 貞光, 曽我 啓, 藤本 昂也, 酒田 俊介, 八木 浩史 : 増感紙フィルム系を利用したX線管焦点サイズの評価, 中四国放射線医療技術, No.4, 166, 2009年2月.
81)曽我 啓, 藤本 昂也, 西原 貞光, 酒田 俊介, 山崎 紘明, 八木 浩史 : 胸部X線撮影における付加フィルタの違いによる被写体コントラストの変化, 中四国放射線医療技術, No.4, 161, 2009年2月.
82)藤本 昂也, 曽我 啓, 西原 貞光, 酒田 俊介, 山崎 紘明, 八木 浩史 : CRシステムを用いた胸部X線撮影時の適切な撮影条件(特に線質)の検討, 中四国放射線医療技術, No.4, 160, 2009年2月.
83)酒田 俊介, 八木 浩史, 曽我 啓, 藤本 昂也, 山崎 紘明, 西原 貞光 : 処理済みドライ式フィルムの写真濃度に与える周辺環境の影響, 中四国放射線医療技術, No.4, 167, 2009年2月.
84)藪内 詳子, 山田 健二, 西原 貞光, 八木 浩史, 佐藤 一雄 : CRシステムを用いたX線管焦点寸法の検討(第1報), 中四国放射線医療技術, No.4, 163, 2009年2月.
85)山田 健二, 藪内 詳子, 西原 貞光, 八木 浩史, 佐藤 一雄 : CRシステムを用いたX線管焦点寸法の検討(第2報), 中四国放射線医療技術, No.4, 164, 2009年2月.
86)鹿山 鎭男, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着状態における緑膿菌とcyclic-di-GMPの関与について, 第43回緑膿菌感染症研究会, 2009年2月.
87)今井 芳枝, 雄西 智惠美, 太田 浩子, 板東 孝枝, 谷口 啓子 : 高齢がん患者の``がんと共に生きる''ことに対する受け止め, 第23回日本がん看護学会学術集会, 121, 2009年2月.
88)上田 伊佐子, 雄西 智惠美 : 文献からみた乳がんの再発・転移体験者の心理的適応とコーピングに影響を与える要因, 第23回日本がん看護学会学術集会, 121, 2009年2月.
89)上田 伊佐子, 雄西 智惠美 : 再発・転移した乳がん体験者の心理的適応に影響する要因, 第25回日本がん看護学会学術集会, 315, 2009年2月.
90)雄西 智惠美, 今井 芳枝, 板東 孝枝, 太田 浩子 : がん患者とのコミュニケーションに対する実習前看護学生の関心と不安, 第23回日本がん看護学会学術集会, 257, 2009年2月.
91)宇都 義浩, 安部 千秋, 新元 優也, 中江 崇, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 遠藤 良夫, 皆巳 和賢, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵を用いた in ovo 放射線増感活性評価系の確立, 第11回癌治療増感研究シンポジウム, 2009年2月.
92)近藤 正 : 最適なネットワーク構造の自己選択機能を備えたフィードバックGMDH-typeニューラルネットワークによる心臓領域の3次元医用画像認識, 平成21年電気学会電子情報システム部門大会講演論文集, 1245-1250, 2009年3月.
93)鹿山 鎭男, 小野 恒子, 山本 明毅, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensing機構とrpoS遺伝子がofloxacin抵抗性に及ぼす影響について, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
94)山本 明毅, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌における抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構に関する研究 ∼蛍光染色法による解析∼, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月.
95)谷口 友伯, 鹿山 鎭男, 山本 明毅, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : 緑膿菌臨床分離株の付着表現型におけるcyclic-di-GMPの関与について, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
96)弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導される小胞体異常とgp210の細胞内分布の変動, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月.
97)松下 恭子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 森脇 智秋, 岡久 玲子, 新見 房子 : ターミナル期の在宅療養者への訪問を通して学生が学んだ内容の分析, 第13回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 140, 2009年3月.
98)木内 智也, 宇野 昌明, 西 京子, 永廣 信治, 和泉 唯信, 原田 雅史 : 急性期脳梗塞に対するrt-PA療法における3ステラMRIT2強調画像の意義, 第38回日本脳卒中の外科学会, 2009年3月.
99)中江 崇, 宇都 義浩, 安部 千秋, 新元 優也, 金園 剛行, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 富永 正英, 前澤 博, 増永 慎一郎, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵モデルによる糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤TX-2244の腫瘍移行性, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
100)金園 剛行, 宇都 義浩, 中江 崇, 柴田 明奈, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 富永 正英, 前澤 博, 中田 栄司, 堀 均 : メチル化グルコース・糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の分子設計, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
101)新元 優也, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 安部 千秋, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 佐々木 有紀, 皆巳 和賢, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵を用いた in ovo 放射線増感活性評価系の確立, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 作品等

1)川西 千恵美, 千葉 進一 : やってはいけない看護ケア, 2008年11月.

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1)葉久 真理, 大橋 一友, 西條 隆彦, 炭原 加代, 竹林 桂子, 冨松 拓治, 富安 俊子, 日隈 ふみ子, 柳吉 桂子, 山口 雅子 : 2009年 出題基準別助産婦国家試験問題, 2008年7月.
2)武藏 美緒, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 高次数周期の振動応答を発生する離散時間カオス・ニューロン結合系の分岐(II), 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.108, No.174, 27-31, 2008年7月.
3)三好 弘一, 前澤 博, 桑原 義典, 佐瀬 卓也, 松田 尚樹, 蕪木 宏行, 森田 康彦, 岩本 誠司, 大塚 秀樹, 佐藤 一雄, 誉田 栄一, 入倉 奈美子, 合田 康代, 立花 さやか : 徳島大学アイソトープ総合センター, 徳島大学アイソトープ総合センター, No.7, 1-44, 2008年8月.
4)多田 敏子 : 療養生活とQOL, 全低肺徳島支部会報, No.94, 3-10, 2008年9月.
5)多田 敏子 : 日々是好日(ひびこれこうじつ), 全低肺徳島支部会報, Vol.95, 7-9, 2008年12月.
6)多田 敏子 : 日々是好日, SSKA全低肺, No.95, 7-9, 2008年12月.
7)多田 敏子 : 療養生活とQOL, はまなす, No.89, 4-7, 2009年1月.
8)Ken'ichi Fujimoto, Omar M. Abou Al-Ola and Tetsuya Yoshinaga : Continuous-Time Dynamical System for Reconstructing Computed Tomography Image, IEICE Technical Report, Vol.108, No.477, 41-46, Mar. 2009.

2008年度(平成20年度) / 報告書

1)西原 貞光 : デジタル撮影における画像評価(テーマ:「放射線防護の観点からのデジタル画像」,パネルディスカッション,第26回防護分科会後抄録), 放射線防護分科会会誌, Vol.27, 40-44, 2008年10月.
2)藤本 憲市 : 振動応答を生成できるカオスニューロン結合系における分岐, 村田学術振興財団年報, No.22, 695-696, 京都, 2008年12月.
3)藤本 憲市 : 耳鳴りモニタリングシステムの開発に関する研究, 研究助成・国際交流活動報告集, No.17, 40-44, 東京, 2009年2月.
4)西原 貞光 : ディジタル特性曲線の表示方法に関する提案, 画像通信, Vol.31, No.1, 72-76, 2009年3月.
5)多田 敏子 : 平成20年度「地域保健推進事業」保健師教育における臨地実習のあり方に関する調査研究, 保健師教育における臨地実習のあり方に関する調査研究, 1-76, 千葉県, 2009年3月.

2009年度(平成21年度)

article.{@.date="20090400 20100399" @.organization=\E{131051}}

2009年度(平成21年度) / 著書

1)荒木田 美香子, 池添 志乃, 池永 理恵子, 石川 フカエ, 近藤 福美, 岡本 啓子, 岡本 陽子, 奥田 紀久子, 蔭山 久代, 郷木 義子, 斉藤 美紀, 津島 ひろ江, 中島 敦子, 西岡 かおり, 藤本 比登美, 廣原 紀恵, 溝上 直美, 吉田 あや子 : 養護活動の展開 基礎理論編, ふくろう出版, 岡山, 2009年4月.
2)谷岡 哲也, 上野 修一, 真野 元四郎, 高橋 みどり : 看護におけるケアリングとしての技術的な能力(その実践のためのモデル), ふくろう出版, 岡山, 2009年5月.
3)市原 多香子 : 急性期の運動支援とリスク, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2009年5月.
4)郷木 義子, 岡 京子, 岡久 玲子, 奥田 紀久子, 小倉 和也, 金山 時恵, 斉藤 美智子, 佐々木 純子, 田中 久美子, 千葉 進一, 新沼 正子, 原田 真澄, 人見 裕江, 廣原 紀恵, 藤井 智惠子, 松下 恭子, 山崎 早苗 : ふくろう出版, 岡山, 2009年7月.
5)石走 知子 : 2010年新出題基準別助産師国家試験重要問題集, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2009年8月.
6)葉久 真理, 大橋 一友, 上田 隆, 酒井 規夫, 日隈 ふみ子, 田中 恵子, 冨松 拓治, 柳吉 桂子 : 2010年 出題基準別助産師国家試験重要問題集, 株式会社 メディカ出版, 2009年8月.
7)田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子 : --- 半側の運動麻痺がありつかめない,歩けない,寝返りができない,手があげられない,足があげらえない,バランスがとれない ---, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2009年8月.
8)松井 圭三, 田中 幸作, 伊藤 秀樹, 中野 明子, 藤原 幸子, 鄭 秀喆, 村田 篤美, 黒河 英之, 今村 裕紀子, 中 典子, 小林 春男, 今井 慶宗, 谷岡 哲也, 千葉 進一, 篠原 ひとみ, 川上 道子, 谷川 和昭 : 株式会社 大学教育出版, 2009年10月.
9)江島 洋介(編), 木村 博(編), 前澤 博, 村上 優子, 小幡 康範 : 放射線生物学, (株)オーム社, 2010年2月.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1)M Yoshida, Shoji Sakiyama, Koichiro Kenzaki, Hiroaki Toba, K Uyama, M Takehisa, Kazuya Kondo and Akira Tangoku : Functional evaluation of pallid mice with genetic emphysema., Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.89, No.7, 760-768, 2009.
2)Kozue Sakamoto, Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, Masako Sei, Isoko Nomura, Mayumi Umeno, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS and Yutaka Nakahori : Proteasome subunits mRNA expressions correlate with male BMI; implications for a role in obesity, Obesity, Vol.17, No.5, 1044-1049, 2009.
3)板東 孝枝, 雄西 智惠美, 市原 多香子 : 受け持ち患者の手術見学実習をより効果的にするための学習環境調整に関する研究, 日本手術看護学会誌, Vol.5, No.1, 39-42, 2009年.
4)Shizuo Kayama, Keiji Murakami, Tsuneko Ono, Makiko Ushimaru, Akitake Yamamoto, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake : The role of rpoS gene and quorum-sensing system in ofloxacin tolerance in Pseudomonas aeruginosa, FEMS Microbiology Letters, Vol.298, No.2, 184-192, 2009.
5)Hiromitsu Takizawa, Kazuya Kondo, Hiroaki Toba, Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : Fluorescence diagnosis of lymph node metastasis of lung cancer in a mouse model., Oncology Reports, Vol.22, No.1, 17-21, 2009.
6)Mio Musashi, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Bifurcation Phenomena of Periodic Points With High Order of Period Observed in Discrete-Time Two-Coupled Chaotic Neurons, Journal of Signal Processing, Vol.13, No.4, 311-314, 2009.
7)Hideki Otsuka, Kaori Terazawa, Naomi Morita, Yoichi Otomi, Shoichiro Takao, Seiji Iwamoto, Kyosuke Osaki, Masafumi Harada and Hiromu Nishitani : Thallium-201 chloride scintigraphy in soft tissue tumors., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.3-4, 136-141, 2009.
8)Akiko Kubo, Kyosuke Osaki, Takashi Kawanaka, Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima and Hiromu Nishitani : Risk factors for radiation pneumonitis caused by whole breast irradiation following breast-conserving surgery., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.3,4, 99-110, 2009.
9)杉原 治美, 多田 敏子, 森口 博基, 森川 富昭, 大岡 裕子 : バーチャル看護相談室開設から4年間の利用状況分析, 日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.10, No.2, 404-409, 2009年.
10)Eiji Nakata, Yukimachi Yoshihiro, Kariyazono Hirokazu, Im Seongwang, Abe Chiaki, Yoshihiro Uto, Hiroshi Maezawa, Hashimoto Toshihiro, Okamoto Yasuko and Hitoshi Hori : Design of a bioreductively-activated fluorescent pH probe for tumor hypoxia imaging, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.17, No.19, 6952-6958, 2009.
11)Naoko Matsui, S Nakane, Y Nakagawa, Kazuya Kondo, T Mitsui, T Matsumoto, Kokichi Arisawa and Ryuji Kaji : Increasing incidence of elderly onset patients with myasthenia gravis in a local area of Japan, Journal of Neurology, Neurosurgery, and Psychiatry, Vol.80, No.10, 1168-1171, 2009.
12)Hiroaki Toba, Kazuya Kondo, Koichiro Kenzaki, Takanori Miyoshi, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : Late pulmonary metastases from malignant melanoma of the left planta., General Thoracic and Cardiovascular Surgery, Vol.57, No.10, 558-561, 2009.
13)Takuji Kousaka, Ken'ichi Fujimoto, YUE MA, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcations observed in BVP oscillator with periodically switched RC circuit, Dynamics of Continuous, Discrete and Impulsive Systems. Series A: Mathematical Analysis, Vol.16, No.6, 811-824, 2009.
14)Chihiro Kondo, Tadashi Kondo and Junji Ueno : Three-dimensional medical image analysis of the heart by the revised GMDH-type neural network self-selecting optimum nrural network architecture, Artificial Life and Robotics, Vol.14, No.2, 123-128, 2009.
15)Masahiro Nakagawa, Tadashi Kondo, Kudo Tsuyosi, Shoichiro Takao and Junji Ueno : Three-dimensional medical image recognition of the cancer of the liver by a revised radial basis function (RBF) neural network algorithm, Artificial Life and Robotics, Vol.14, No.2, 118-122, 2009.
16)Chihiro Kondo and Tadashi Kondo : Revised GMDH-type neural network algorithm self-selecting optimum neural network architecture, Artificial Life and Robotics, Vol.14, No.4, 519-523, 2009.
17)Ken'ichi Fujimoto, Mio Musashi and Tetsuya Yoshinaga : Reduced Model of Discrete-time Dynamic Image Segmentation System and its Bifurcation Analysis, International Journal of Imaging Systems and Technology, Vol.19, No.4, 283-289, 2009.
18)吉田 みどり, 多田 敏子 : 既存資料に基づく徳島県における高糖尿病死亡率の原因についての考察, 四国医学雑誌, Vol.65, No.5 6, 163-172, 2009年.
19)生島 仁史 : -state of the art and in the future-, 四国医学雑誌, Vol.65, No.5,6, 155-162, 2009年.
20)Takashi Iwase, Shoichiro Takao, Masashi Akaike, K Adachi, Y Sumitomo-Ueda, Shusuke Yagi, T Niki, Kenya Kusunose, N Tomita, Y Hirata, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, KI Aihara, Masafumi Harada, H Nishitani and Masataka Sata : Diagnostic utility of cardiac magnetic resonance for detection of cardiac involvement in female carriers of Duchenne muscular dystrophy., Heart Asia, Vol.2, 52-55, 2010.
21)河北 直也, 滝沢 宏光, 鳥羽 博明, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 近藤 和也 : Gefitinib耐性後に切除した肺腺癌術後肺転移の1例, 日本呼吸器外科学会雑誌, Vol.24, No.2, 42-45, 2010年.
22)Keiko Sekido, Kyoko Osaka and Tetsuya Tanioka : Image and usage of the health food in nursing and nutrition students, Information : an International Interdisciplinary Journal, Vol.13, No.3, 781-788, 2010.
23)Keiko Sekido : The present state of research on eating habits of nursing students in Japan and issues for further investigation, Proceeding of 2nd Japan China Korea Nursing conference, 239-240, 2010.
24)Yoshiteru Tada, Masaaki Uno, Shunji Matsubara, Atsuhiko Suzue, Kenji Shimada, Naomi Morita, Masafumi Harada and Shinji Nagahiro : Reversibility of ischemic findings on 3-T T2*-weighted imaging after emergency superficial temporal artery-middle cerebral artery anastomosis in patients with progressive ischemic stroke., Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.50, No.11, 1006-1011, 2010.
25)Hirokazu Miyoshi, Hiroyoshi Imura and Michihiro Nakamura : Control of emission peaks of X-ray phosphor using dye-silica nanoparticles, Journal of Luminescence, Vol.130, No.3, 404-410, 2010.
26)Masanori Tomita, Munetoshi Maeda, Hiroshi Maezawa, Noriko Usami and Katsumi Kobayashi : Bystander Cell Killing in Normal Human Fibroblasts is Induced by Synchrotron X-ray Microbeams, Radiation Research, Vol.173, No.3, 380-385, 2010.
27)Ken'ichi Fujimoto, Omar M. Abou Al-Ola and Tetsuya Yoshinaga : Continuous-Time Image Reconstruction Using Differential Equations for Computed Tomography, Communications in Nonlinear Science and Numerical Simulation, Vol.15, No.6, 1648-1654, 2010.
28)Hai Lan, Sadamitsu Nishihara and Hiromu Nishitani : Accuracy of computed tomography attenuation measurements for diagnosing anemia., Japanese Journal of Radiology, Vol.28, No.1, 53-57, 2010.
29)岡久 玲子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 松下 恭子 : 地域看護学実習に臨む看護系大学生の学習目標の分析, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.8, No.1,2, 45-51, 2010年.
30)Shoichiro Takao, Toshinori Sakai, Koichi Sairyo, Tadashi Kondo, Junji Ueno, Natsuo Yasui and Hiromu Nishitani : Radiographic comparison between male and female patients with lumbar spondylolysis., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.1-2, 133-137, 2010.
31)Takaharu Kudoh, Hitoshi Ikushima, Keiko Kudoh, Reiko Tokuyama, Kyosuke Osaki, Shunsuke Furutani, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Hiromu Nishitani and Eiichi Honda : High-dose-rate brachytherapy for patients with maxillary gingival carcinoma using a novel customized intraoral mold technique., Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontics, Vol.109, No.2, e102-8, 2010.
32)山本 澄子, 多田 敏子, 山田 静子, 小野 泰生, 池井 淳子 : 事例から見た介護者の介護負担感, 新潟大学医学部保健学科紀要, Vol.9, No.3, 9-13, 2010年.
33)Hitoshi Ikushima : Radiation therapy: state of the art and the future., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.1, 2, 1-11, 2010.
34)Takuro Nakano, Masako Sei, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, Hokuma Munakata, Chiemi Onishi and Yutaka Nakahori : Tracking overweight and obesity in Japanese children; a six years longitudinal study., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.1-2, 114-123, 2010.
35)Chiemi Onishi, Kyoko Yuasa, Masako Sei, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, Takuro Nakano, Hokuma Munakata and Yutaka Nakahori : Determinants of life satisfaction among Japanese elderly women attending health care and welfare service facilities., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.1-2, 69-80, 2010.
36)Hokuma Munakata, Masako Sei, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, Mayumi Umeno, Youichi Sato, Takuro Nakano, Kozue Sakamoto, Yukiko Yoshida, Chiemi Onishi and Yutaka Nakahori : Prediction of Japanese children at risk for complications of childhood obesity: gender differences for intervention approaches., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.1-2, 62-68, 2010.
37)Kaori Terazawa, Hideki Otsuka, Youichi Otomi, Naomi Morita, Shoichiro Takao, Seiji Iwamoto, Kyosuke Osaki, Masafumi Harada and Hiromu Nishitani : How to manage RI venography in pre-orthopedic surgery patients, Annals of Nuclear Medicine, Vol.24, No.2, 107-113, 2010.
38)Takuro Nakano, Masako Sei, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, Hokumaq Munakata, Chiemi Onishi and Yutaka Nakahori : Weight and height growth velocities of Japanese boys and girls between age 7 and 14 years: a critical window for early adolescent overweight risk, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.1 2, 124-132, 2010.
39)Y Kishida, Hitoshi Ikushima, Motoharu Sasaki, Y Hara, M Oita and Hiromu Nishitani : Use of a diagnostic positron emission tomography-computed tomography system for planning radiotherapy positioning: distortion of the tabletop., Japanese Journal of Radiology, Vol.28, No.2, 143-148, 2010.
40)Masafumi Harada, Hitoshi Kubo, Takamasa Abe, Hiroshi Maezawa and Hideki Otsuka : Selection of endogenous 13C substrates for observation of intracellilar metabolism using the dynamic nuclear polarization technique, Japanese Journal of Radiology, Vol.28, No.2, 173-179, 2010.
41)Shinya Tayoshi, Masahito Nakataki, Satsuki Sumitani, Kyoko Taniguchi, Sumiko Tayoshi, Shusuke Numata, Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Masafumi Harada and Tetsuro Ohmori : GABA concentration in schizophrenia patients and the effects of antipsychotic medication: a proton magnetic resonance spectroscopy study., Schizophrenia Research, Vol.117, No.1, 83-91, 2010.
42)上田 伊佐子, 高木 彩, 川西 千恵美 : ヒヤリハット・シミュレーション体験が看護学生のリフレクションに与える影響, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.8, No.1,2, 38-44, 2010年.
43)齋藤 啓子, 川西 千恵美 : 産褥期における排便困難の実態, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.8, No.12, 31-37, 2010年.
44)今井 芳枝, 雄西 智惠美, 牛越 幸子, 太田 浩子 : 高齢者看護学実習におけるオレム看護論を基盤とした看護過程転換に対する学生の学びと戸惑い, 日本看護学教育学会誌, Vol.19, No.3, 37-46, 2010年.
45)Naoko Matsui, Shunya Nakane, Fumi Saitou, Izumi Ohigashi, Yasushi Nakagawa, Hirotsugu Kurobe, Hiromitsu Takizawa, Takao Mitsui, Kazuya Kondo, Tetsuya Kitagawa, Yousuke Takahama and Ryuji Kaji : Undiminished regulatory T cells in the thymus of myathenia gravis patients, Neurology, Vol.74, No.10, 816-820, 2010.
46)市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 田村 綾子 : 片麻痺疑似体験後のレポート分析からみた看護学生の学び, 日本脳神経看護研究学会誌, Vol.32, No.2, 145-149, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)二宮 恒夫, 中津 忠則 : 周産期からの子どもの虐待予防(一次予防)の全県的取り組み, 平成21年度第40回全国学校保健・学校医大会大会誌, 212-214, 2009年.
2)村岡 大志, 片岡 三佳, 井手 敬昭, 坂本 由美, 森 康成, 千葉 進一, 谷岡 哲也 : 岐阜県下における精神科病院での訪問看護の実施状況からみた課題, 日本看護学会論文集: 精神看護, Vol.40, 12-14, 2010年.
3)片岡 三佳, 村岡 大志, 森 康成, 坂本 由美, 井手 敬昭, 千葉 進一, 谷岡 哲也 : 岐阜県下における精神科病院からの訪問看護を行っている看護職の思い, 日本看護学会論文集: 精神看護, Vol.40, 15-17, 2010年.
4)多田 敏子, 後閑 容子, 鈴木 るり子, 荒賀 直子 : 保健師教育拡充に向けた教育体制に関する調査, 月刊地域保健, Vol.41, No.1, 58-66, 2010年.
5)Emiko Fujii, Kenji Mori, Masahito Miyazaki, Toshiaki Hashimoto, Masafumi Harada and Shoji Kagami : Function of the frontal lobe in autistic individuals: a proton magnetic resonance spectroscopic study, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.1,2, 35-44, 2010.
6)竹林 桂子, 松尾 博哉 : つわりの推移ならびに重症度と自律神経活動度との関連, 神戸大学大学院保健学研究科紀要, Vol.26, 1-9, 2010年.
7)細井 英司 : 第 4回日本臨床検査学教育学会学術大会イブニングセミナー「 6.免疫血清・輸血検査学」, Medical Technology, Vol.38, No.3, 309, 2010年.
8)藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子, 森脇 智秋, 岡久 玲子 : 産業保健・看護学における職場巡視の学習到達目標達成のための教授方法の工夫, 大学教育研究ジャーナル, Vol.6, No.6, 135-140, 2010年.
9)二宮 恒夫, 岸田 佐智, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵 : 目のイラストに対する感情を表現できない不登校児, 小児心身症研究, No.17, 61-65, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術レター

(なし)

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

1)安部 千秋, 宇都 義浩, 遠藤 良夫, 新元 優也, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 佐々木 有紀, 皆巳 和賢, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 次世代動物実験系としての腫瘍移植鶏卵の構築と放射線照射による腫瘍成長阻害活性, 放射線生物研究, Vol.44, No.2, 233-241, 2009年6月.
2)葉久 真理 : 特集 保助看法等の一部改正を考える 大学専攻科における助産師教育, 助産師, Vol.63, No.4, 14-15, 2009年11月.
3)久保 均, 原田 雅史, 前澤 博, 阿部 孝政 : 13C-NMR測定による代謝情報可視化の試み, 放射線生物研究, Vol.44, No.4, 447-459, 2009年12月.
4)西原 貞光 : 1.画像解析の基礎に関する全体的な流れと概念, 日本放射線技術学会雑誌, Vol.65, No.12, 1667-1670, 2009年12月.
5)宇野 昌明, 原田 雅史, 永廣 信治 : 脳内microbleedsは通常のMRIではみえないが,T2*強調画像では鋭敏に検出できる, 脳神経検査のグノーティ・セアウントン.この検査では,ここが見えない.Part 1 MRI編, 74-76, 2010年.
6)藤本 憲市, 武藏 美緒, 吉永 哲哉 : 離散時間カオス・ニューロン結合系のダイナミクスを利用した動的画像領域分割システム, システム/制御/情報, Vol.54, No.1, 9-14, 2010年1月.
7)多田 敏子, 鈴木 るり子 : 保健師助産師看護師法の改正と保健師教育の展望(5)保健師教育の教育体制, 日本公衆衛生学会誌, Vol.57, No.1, 55-57, 2010年1月.
8)田村 綾子 : 3ステップでわかる脳神経疾患看護技術 運動麻痺,嚥下障害,失語症などの機能障害を最小にするための急性期看護, Brain Nursing 2010春期増刊号, 244-258, 2010年2月.
9)南川 貴子, 田村 綾子, 市原 多香子, 桑村 由美 : 3ステップでわかる脳神経疾患看護技術-開頭術後合併症の予防と対策, Brain Nursing2010春期増刊, 222-258, 2010年2月.

2009年度(平成21年度) / 国際会議

1)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Masafumi Harada : High intense myometrial tumors on T2-weighted images: Differentiation with diffusion-weighted imaging and 1H-MR spectroscopy, ISMRM2009, Honolulu, Apr. 2009.
2)Takako Ichihara, Ayako Tamura, Takako Minagawa and Yumi Kuwamura : Changes Over a 1-week Period ,as Assessed by DXA ,in the Upper Extremity Muscle Mass od Acute Hemiplegic Admitted to Emergency Room Due to Stroke, 10th Quadtennial Congress of The World Federation of Neurscience Nurses, 62, Toronto, May 2009.
3)Takako Minagawa, Ayako Tamura, Takako Ichihara and Yumi Kuwamura : The Risk Prediction of Students Who Took Care of Cerebral Nerve Disease Patient, 10th Quadtennial Congress of The World Federation of Neurscience Nurses, 73, Toronto, May 2009.
4)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Revised GMDH-type neural network algorithm for medical image recognition and its application to 3-dimensional medical image analysis of the heart, Proceedings of the 40th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 148-153, Jun. 2009.
5)Masahiro Nakagawa, Tadashi Kondo, Tsuyosi Kudo, Shoichiro Takao and Junji Ueno : Three-dimensional medical image recognition of the cancer of the liver by artificial neural network, Proceedings of the 40th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 171-175, Jun. 2009.
6)Tsuyosi Kudo, Tadashi Kondo, Masahiro Nakagawa and Junji Ueno : Medical image recognition of the white and gray matters of the brain by radial basis function (RBF) neural network, Proceedings of the 40th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 259-263, Jun. 2009.
7)Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Inhibition of oscillation in a computational model for tinnitus and its management by sound therapy, Abstract Book of Third Tinnitus Research Initiative Meeting, June 24-26, 2009, 31, Stresa, Jun. 2009.
8)Kikuko Okuda, Maiko Manabe, Kazuya Ogura, Toshie Hirohara, Yoshiko Gogi and Chiaki Moriwaki : The Knowlege of diabetetes among high school students in the area with the highest prevalence of diabetes in Japan, The first Asia-Paciffic Conference on Health Promotion and Education, Chiba, Jul. 2009.
9)Chihiro Kondo and Tadashi Kondo : Revised RBF network algorithm and its application to the interactive art system, ICROS-SICE International Joint Conference 2009, 4526-4529, Aug. 2009.
10)Chihiro Kondo and Tadashi Kondo : Three-dimensional medical image recognition of the heart by revised GMDH-type neural network algorithm, ICROS-SICE International Joint Conference 2009, 2504-2509, Aug. 2009.
11)Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Comparison of neuronal network models for tinnitus management by sound therapy, Proceedings of the 31st Annual International Conference of the IEEE EMBS, 1545-1548, Minneapolis, Sep. 2009.
12)Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : A neuronal network model with plasticity for tinnitus management by sound therapy, IFMBE Proceedings, Vol. 25/IX, 2009 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Munich, Germany, September 7-12, 2009, Vol.25, No.9, 76-79, Munich, Sep. 2009.
13)Masatake Akutagawa, Toshihiro Murata, Takahiro Emoto, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : EEG Evaluation Method Using Nonlinear Modeling, Proceedings of 2009 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Vol.25, No.4, 2197-2200, Munich, Sep. 2009.
14)Eiji Nakata, Yukimachi Yoshihiro, Nazumi Yoshijiro, Abe Chiaki, Yoshihiro Uto, Hiroshi Maezawa and Hitoshi Hori : Design of a Bioreductively-Activated Fluorescent pH Probe for Tumor Hypoxia Imaging, SJBC2009, Tokyo, Sep. 2009.
15)Yumi Kuwamura, Yada Mamiko, Ishikawa Yuichi, Yuichi Fujinaka, Masami Yoshioka, Takako Minagawa, Takako Ichihara and Ayako Tamura : Oral health behaviors, oral health conditions, and subjective masticatory function in patients with type 2 diabetes in Japan, The 1st International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Scinse, 140, Kobe, Sep. 2009.
16)Ken'ichi Fujimoto, Mio Musashi and Tetsuya Yoshinaga : Dynamic Image Segmentation System for Ultrasonic B-Mode Image Based on its Multi-Scaled Feature Maps, Proc. of 2009 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, 495-498, Sapporo, Oct. 2009.
17)Omar M. Abou Al-Ola, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Dynamics of Continuous-Time Image Reconstruction System for Computed Tomography, Proc. of 2009 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, 627-630, Sapporo, Oct. 2009.
18)Chihiro Kondo and Tadashi Kondo : Identification of the interactive art system using the revised RBF network, Abstract of the 41st ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 33-34, Nov. 2009.
19)Tadashi Kondo, Masahiro Nakagawa, Shoichiro Takao and Junji Ueno : Medical image recognition of cancer of the liver by GMDH-type neural network, Abstract of the 41st ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 39-40, Nov. 2009.
20)Masahiro Nakagawa, Tadashi Kondo, Shoichiro Takao and Junji Ueno : 3-dimensional medical image recognition of the lung by the revised radial basis function (RBF) neural network algorithm, Abstracts of the 41st ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 37-38, Nov. 2009.
21)Yuko Yasuhara, Tetsuya Tanioka and Chiemi Kawanishi : A fundamental study to clarify the life rhythms of patients with ischemic heart disease using the ActiGraph, information, 419-422, Nov. 2009.
22)M Miyoshi, K MIshina, Tetsuya Tanioka, Kyoko Osaka, K Kawamura, Yukie Iwasa, Chiemi Kawanishi, Yuko Yasuhara, Mika Kataoka and Shin-ichi Chiba : Questionnaire survey on the use and the introduction of nursing management system in the psychiatric hospitals, Proceeding of the Fifth International Conference on Information, 801-806, Nov. 2009.
23)Yoshiko Gogi, Shin-ichi Chiba, Chiaki Moriwaki, Toshie Hirohara, Kikuko Okuda and Tokie Knayama : The relationship between sexual education for junior high school students and effect of the sexual information by the internet, Proceedings of the International Conference on Information, 427-431, Kyoto, Nov. 2009.
24)Tetsuya Tanioka, Mishina Kenichi, Miyosh Masami, Kyoko Osaka, Kawamura Ai, Yukie Iwasa, Yuko Yasuhara, Chiemi Kawanishi, Keiko Sekido, Kawata Tomoko, Satou Misako and Mifune Kazushi : Consideration on the systematization of an electronic nursing staffs daily records in the psychiatric hospital and its effects based on investigation of the nurses workload, the Fifth International Conference on Information 2009, 383-386, Nov. 2009.
25)Yukie Iwasa, Toshiaki Hashimoto, Tetsuya Tanioka and Chiemi Kawanishi : Changes in autonomic activity of youn adults with high-functioning autism in the test of frontal lobe in autonomic activity of youn adults with high-functioning autism in the test of frontal lobe function, Proceedings of the fifth international conference on information, 329-394, Kyoto, Nov. 2009.
26)Keiko Sekido, Tetsuya Tanioka, Yuko Yasuhara and Kyoko Osaka : Thoughts of the nursing students in disaster nursing who recently-enrolled in the university, The 1st Research Conference of World Society of Disaster Nursing, Kobe, Jan. 2010.
27)Tetsuya Tanioka, Kyoko Osaka, Keiko Sekido and Yuko Yasuhara : Relation between thoughts about disaster nursing and self-acceptance of students who recently-enrolled in the university, The 1st Research Conference of World Society of Disaster Nursing, Jan. 2010.
28)Yuko Yasuhara, Keiko Sekido, Kyoko Osaka and Tetsuya Tanioka : The relationship between emotional empathy and interest in disaster nursing of the nursing students who recently-enrolled in the university, The 1st Research Conference of World Society of Disaster Nursing, Kobe, Jan. 2010.
29)Ken'ichi Fujimoto, Mio Musashi and Tetsuya Yoshinaga : Dynamic image segmentation system with multi-scaling system for gray scale image, Proc. of the Third International Conference on Bio-inspired Systems and Signal Processing, 159-162, Valencia, Jan. 2010.
30)Chihiro Kondo, Tadashi Kondo and Junji Ueno : Feedback GMDH-type neural network algorithm and its application to medical image analysis of cancer of the liver, The Fifteenth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2010, 790-793, Beppu, Feb. 2010.
31)Chihiro Kondo and Tadashi Kondo : Learning algorithm of the revised RBF network and its application to the media art system, The Fifteenth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2010, 786-789, Beppu, Feb. 2010.
32)Noboru Niki, Yoshiki Kawata, Hiromu Nishitani, Mitsuo Shimada, Junji Ueno, Masafumi Harada, Masahiro Abe, Hideki Otsuka, Harumi Itoh, Masahiro Kaneko, Takaaki Tuchida, Kenji Eguchi, Hironobu Ohmatsu, Masashi Takahashi and Yasutaka Nakano : Computer-aided diagnosis based on computational anatomical models, The First International Symposium on the Project ``Computational Anatomy'', 65-71, Tokyo, Feb. 2010.
33)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Masafumi Harada : Differential diagnosis of uterine corpus tumors: Clinical challenge by in-vivo 1H-MR spectroscopy at 3T, ECR 2010, Wien, Mar. 2010.
34)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Masafumi Harada : Differential diagnosis of ovarian pathologies: Clinical challenge by diffusion-weighted MR imaging and in-vivo 1H-MR spectroscopy at 3T, ECR 2010, Wien, Mar. 2010.
35)Mio Musashi, Masayoshi Fujiwara, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Analysis of four-phase oscillatory periodic points for discrete-time dynamic image segmentation, Proc. of the 2010 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 57-60, Honolulu, Mar. 2010.
36)Omar M. Abou Al-Ola, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Properties of a switched system for continuous-time tomographic image reconstruction, Proc. of the 2010 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 219-222, Honolulu, Mar. 2010.
37)Chika Ueda, Omar M. Abou Al-Ola, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Iterative method based on a discretization of continuous-time image reconstruction for computed tomography, Proc. of the 2010 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 223-226, Honolulu, Mar. 2010.
38)Takashi Iwase, Shoichiro Takao, Masashi Akaike, K Adachi, Y Sumitomo, Shusuke Yagi, T Niki, Kenya Kusunose, N Tomita, Y Hirata, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Ken-ichi Aihara, Masafumi Harada, Hiromu Nishitani and Masataka Sata : Utility of Cardiac Magnetic Resonance for Detection of Cardiac Involvement in Female Carriers of Duchenne Muscular Dystrophy., 第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.
39)K Endo, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, S Nishio, N Tomita, J Miki, T Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, Ken Saito and Masataka Sata : N-3 Fatty Acids, IMT and CKD as Risk Factors in Coronary Artery Disease., 第74回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2010.

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1)井村 裕吉, 岩角 至子, 中根 美奈, 從野 かおり, 藤本 憲市, 濱田 治良 : モニタ上に示された単純図形の明暗知覚についてー調整法を用いた明暗知覚の検討ー, 日本放射線技術学会第65回総会学術大会予稿集, 104, 2009年4月.
2)二宮 恒夫 : 家庭・学校の成育環境の違い,患児の目のイラストに表現される感情の多様性, 第112回日本小児科学会学術集会, 2009年4月.
3)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : 目のイラストに対する感情を表現できない不登校児, 第17回日本小児心身医学会中国四国地方会, 2009年5月.
4)大久保 智恵, 秀島 千晴, 廣原 紀恵, 石舟 博子, 郷木 義子, 奥田 紀久子 : 保健室からみた児童生徒の健康問題の変化, 第18回中国・四国小児保健学会, 22-23, 2009年6月.
5)宇都 義浩, 中江 崇, 安部 千秋, 新元 優也, 佐野 圭一郎, 遠藤 良夫, 富永 正英, 前澤 博, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵モデルによる糖ハイブリッド放射線増感剤の薬物動態解析, 第15回国際癌治療増感研究会, 2009年6月.
6)古川 薫, 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智, 船戸 豊子, 桑内 敬子 : 子ども虐待の院内・院外連携支援の現状, 第132回日本小児科学会徳島地方会, 2009年6月.
7)多田 敏子, 松井 通子, 有馬 富子, 今井 睦子, 尾形 由紀子, 鎌田 久美子, 標 美奈子, 山口 忍, 吉田 留美子, 村嶋 幸代 : 保健師教育における指定規則改変後の臨地実習の取組調査, 日本地域看護学会 第12回学術集会 講演集, 155, 2009年6月.
8)相川 文子, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌の抗菌薬抵抗性におけるtcp遺伝子の役割, 四国歯学会第35回例会, 2009年6月.
9)近藤 正 : 医用画像解析のためのフィードバックGMDH-typeニューラルネットワークアルゴリズムと心臓のマルチスライスCT画像解析, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.MBE2009, 1-6, 2009年7月.
10)金 世洸, 前濱 慶祐, 鈴木 諭, 宇都 義浩, 中田 栄司, 堀 均, 前澤 博 : ピリミジン系核酸誘導体のチャイニーズハムスターV79細胞に対する放射線増感効果, 第48回日本医学放射線学会生物部会学術大会, 2009年7月.
11)板東 孝枝, 雄西 智惠美 : 肺切除術患者の術後不快症状とその要因, 日本クリティカルケア看護学会誌, 143, 2009年7月.
12)鹿山 鎭男, 小野 恒子, 谷口 友伯, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌における抗菌薬抵抗性とcyclic-di-GMPの関与について, Bacterial Adherence & Biofilm第23回学術集会, 2009年7月.
13)中田 栄司, 行待 芳浩, 安部 千秋, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : 癌低酸素環境で選択的に機能する蛍光性pHプローブの開発, 生体機能関連若手の会サマースクール2009, 2009年7月.
14)近藤 正, 上野 淳二 : 最適なネットワーク構造の自己選択能力を備えた改良形GMDH-typeニューラルネットワークと心臓領域の3次元医用画像認識への応用, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.MI2009, No.50, 57-62, 2009年7月.
15)片岡 三佳, 村岡 大志, 森 康成, 坂本 由美, 井手 敬昭, 千葉 進一, 谷岡 哲也 : 岐阜県下における精神科病院からの訪問看護を行っている看護職の思い, 第40回日本看護学会抄録集-精神看護-, 15, 2009年7月.
16)村岡 大志, 片岡 三佳, 井手 敬昭, 坂本 由美, 森 康成, 千葉 進一, 谷岡 哲也 : 岐阜県下における精神科病院での訪問看護の実施状況からみた課題, 第40回日本看護学会抄録集-精神看護-, 14, 2009年7月.
17)森脇 智秋, 廣原 紀恵, 奥田 紀久子, 郷木 義子 : 中学生が助産師の性教育に求める内容, 第28回日本思春期学会, 2009年8月.
18)二宮 恒夫 : 特別講演「虐待の心理的後遺症」, 日本ロールレタリング学会第10回大会, 2009年8月.
19)今井 芳枝, 雄西 智惠美, 森 恵子, 板東 孝枝 : 高齢者看護学実習におけるオレム看護理論活用によるセルフケア能力のアセスメントの実態, 日本看護学会抄録集 看護教育, Vol.40, 221, 2009年8月.
20)武藏 美緒, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 離散時間カオス・ニューラルネットワークにみられる振動応答の引力圏, 平成21年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, 941-946, 2009年9月.
21)藤本 憲市, アボウ アルオラ M. オマル, 吉永 哲哉 : 電子回路を用いた連続CT画像再構成, 平成21年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, 67-72, 2009年9月.
22)Omar M. Abou Al-Ola, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Property of Equilibrium Existed in Continuous-Time Image Reconstruction System With Subsets for Medical Tomographic Image, Proc. of the Electronics, Information and Systems Conference Electronics, Information and Systems Society, I.E.E. of Japan, 951-956, Sep. 2009.
23)藤本 憲市, 武藏 美緒, 吉永 哲哉 : カオス・ニューロン結合系のFPGA実装に関する試み, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 19, 2009年9月.
24)中田 栄司, 行待 芳浩, 安部 千秋, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : がん低酸素環境を標的とした蛍光性pHプローブの開発, 第24回生体機能関連化学シンポジウム 第12回バイオテクノロジーシンポジウム, 2009年9月.
25)行待 芳浩, 中田 栄司, 那住 善治郎, 前澤 博, 宇都 義浩, 堀 均 : 効果的な細胞内pHの計測を目指した改良型SNARFの設計とその評価, 第24回生体機能関連化学若手フォーラム, 2009年9月.
26)古谷 俊介, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 川中 崇, 久保 亜貴子, 西谷 弘 : 当院における前立腺癌密封小線源療法の治療成績, 日本放射線腫瘍学会第22回学術大会, 2009年9月.
27)岩瀬 俊, 髙尾 正一郎, 赤池 雅史, 足立 克仁, 八木 秀介, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 原田 雅史, 西谷 弘, 佐田 政隆 : Duchenne型筋ジストロフィー女性キャリアにおける心病変早期検出の試み-心臓MRIによる検討-, 第57回日本心臓病学会学術集会, 2009年9月.
28)南川 貴子, 田村 綾子, 市原 多香子, 桑村 由美 : 脳卒中患者への情報提供に関する研究の動向, 日本脳神経看護研究会誌, Vol.32, No.1, 51, 2009年9月.
29)池尾 沙織, 船戸 豊子, 森内 洋美, 船城 千絵美, 林 愛, 二宮 恒夫, 橋本 浩子, 谷 洋江, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : 周産期からの子どもの虐待一次予防において連携に拒否的養育者への支援, 徳島県小児保健協会総会並びに第51回講演会, 2009年9月.
30)竹林 桂子, 佐野 寿代, 葉久 真理 : 母乳外来における母乳育児支援の現状分析, 第41回徳島母性衛生学会抄録集, 2009年9月.
31)板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 森 恵子, 市原 多香子 : 観察視点を明確にした手術室見学実習における学生の学習の実態, 日本看護学教育学会第19回学術集会講演集, 137, 2009年9月.
32)長篠 博文, 木内 陽介, ダネッシュ A. アリ, パンディア S. アビジット : 耳鳴り音響療法のための神経細胞回路モデルの比較, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 218, 2009年9月.
33)向井 健太, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 古川 和彦 : BPNNとLevenberg-Marquardt法を用いた脳内2信号源推定について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 220, 2009年9月.
34)藤原 信, 向井 健太, 芥川 正武, 木内 陽介, 長篠 博文, 榎本 崇宏 : ニューラルネットワークを用いた脳機能の変化の推定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 221, 2009年9月.
35)阪間 稔, 佐瀬 卓也, 大野 吉美, 中村 一, 桝本 和義 : 広島大学病院18 MV医療用電子リニアック室内における中性子束の箔放射化法及びコンセントビスの放射化量による評価, 日本放射化学会年会, 2009年9月.
36)宇都 義浩, 安部 千秋, 遠藤 良夫, 前澤 博, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵を用いて薬物動態を考慮した糖ハイブリッド放射線増感剤のドラッグデザイン, 第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月.
37)二宮 恒夫 : シンポジウム「病気をもつ子どもの学校生活支援」,大人の気づかない子どものストレス, 平成21年度「子どもの健康週間(徳島)」, 2009年10月.
38)田村 綾子 : シンポジウム``脳神経外科専門看護師の誕生をめざして'', --- 脳卒中リハビリテーション認定看護師の教育 ---, Neurologia medico-chirugica, Vol.49, 224, 2009年10月.
39)田村 綾子 : シンポジウム``脳神経外科専門看護師の誕生をめざして'', --- パネディスカッション ``専門看護師求めるものと育成におおける問題点'' ---, Neurologoia medoco-chirurgica, Vol.49, 224, 2009年10月.
40)真鍋 舞子, 奥田 紀久子, 廣原 紀恵, 小倉 和也, 郷木 義子, 森脇 智秋 : 徳島県の高校生の糖尿病に関する知識と生活習慣, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 419, 2009年10月.
41)小倉 和也, 奥田 紀久子, 廣原 紀恵, 村上 留美, 郷木 義子, 斉藤 美智子 : 福祉系短大生の感染予防に関する行動の実態, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 418, 2009年10月.
42)谷口 友伯, 鹿山 鎭男, 山本 明毅, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : 緑膿菌のcyclic-di-GMPと表現型変化の関与について, 第62回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2009年10月.
43)多田 敏子, 松井 通子, 有馬 富子, 今井 睦子, 尾形 由起子, 鎌田 久美子, 標 美奈子, 山口 忍 : 保健師教育における臨地実習の改善対策に関する調査, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 582, 2009年10月.
44)大友 英里, 多田 敏子, 岡久 玲子 : 高齢者における保健医療福祉制度の情報源に関する実態調査, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 491, 2009年10月.
45)古谷 俊介, 生島 仁史, 岩本 誠司, 久保 亜貴子, 川中 崇, 尾﨑 享祐, 井崎 博文, 高橋 正幸, 福森 知治, 金山 博臣, 西谷 弘 : 膀胱温存を目的とした浸潤性膀胱癌に対するTUR-Bt+動注化学放射線療法の治療成績, 第47回日本癌治療学会学術集会, 2009年10月.
46)川村 亜以, 多田 敏子 : 精神障がい者退院促進支援事業実施状況別にみた保健師所保健師の連携機関に対する要望, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 530, 2009年10月.
47)黒川 奈美, 多田 敏子 : 事業所で働く男性労働者の保健指導後の食事・運動習慣の維持・改善に関する要因, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 407, 2009年10月.
48)奥田 紀久子, 廣原 紀恵, 郷木 義子 : 高校生男女のダイエットへの関心や動機および情報源の実態, 第56回日本小児保健学会, 2009年10月.
49)高田 大樹, 船引 愛子, 橋本 浩子, 谷 洋江, 二宮 恒夫 : 1型糖尿病患児におけるインスリン製剤変更による低血糖に対する親の認識の変化と低血糖予防行動の実態, 第56回日本小児保健学会, 2009年10月.
50)二宮 恒夫, 橋本 浩子, 谷 洋江 : 乳幼児健診に心理支援を目的とした問診項目の有用性について, 第56回日本小児保健学会, 2009年10月.
51)横谷 知也, 田形 寛治, 千葉 進一, 多田 敏子, 鈴木 元子 : 手術室男性看護師の専門職的自律性に影響する要因の明確化, 日本手術看護学会誌, Vol.5, No.2, 229, 2009年10月.
52)真部 裕一, 川添 和義, 阿部 真治, 水口 和生, 安藝 健作, 細井 英司 : バルプロ酸ナトリウムによる血小板凝集抑制メカニズムについての検討, 第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
53)平賀 恭子, 臼杵 奉子, 宮武 一人, 元木 恵子, 磯沢 波奈子, 杉山 陽子, 渡辺 留里子, 篠原 亘広, 佐藤 ミサ子, 松永 美枝子, 大石 由美, 三船 和史, 千葉 進一, 片岡 三佳, 谷岡 哲也 : 重い能力障害を持つ長期入院統合失調症者への退院支援と生活の質改善への取り組み, 第37回日本精神科病院協会精神医学会抄録, 183, 2009年11月.
54)大西 由美子, 大石 由美, 高田 裕子, 若月 結花, 佐藤 ミサ子, 三船 和史, 千葉 進一, 片岡 三佳, 谷岡 哲也 : 統合失調症の長期入院者への退院支援と家族の了解の程度および家族状況, 第37回日本精神科病院協会精神医学会, 184, 2009年11月.
55)二宮 恒夫, 中津 忠則 : 周産期からの子どもの虐待予防(一次予防)の全県的取り組み, 平成21年度第40回全国学校保健・学校医大会, 2009年11月.
56)富永 正英 : 日本と米国の技師制度の違い, 中四国放射線医療技術フォーラム CSFRT2009 in SHIMANE, 2009年11月.
57)中川 雅博, 近藤 正, 髙尾 正一郎, 上野 淳二 : 改良形RBFネットワークを用いた肺野領域の画像認識, 中四国放射線医療技術, No.5, 168, 2009年11月.
58)河淵 聡, 福永 正明, 岸 太郎, 佐々木 幹治, 山田 健二, 富永 正英, 生島 仁史 : MUの独立検証, --- 独立MU検証ソフトウェアと実測値との比較 ---, 中四国放射線医療技術フォーラム CSFRT2009 in SHIMANE, 2009年11月.
59)福永 正明, 河淵 聡, 岸 太郎, 佐々木 幹治, 原 康男, 山田 健二, 富永 正英 : モニタ線量計の1日安定性, 中四国放射線医療技術フォーラム CSFRT2009 in SHIMANE, 2009年11月.
60)高志 智, 岸 太郎, 藤田 明彦, 川下 徹也, 原 康男, 佐々木 幹治, 福永 有希子, 山田 健二, 富永 正英 : 前立腺IMRT線量検証の初期経験, 中四国放射線医療技術フォーラム CSFRT2009 in SHIMANE, 2009年11月.
61)市原 多香子, 桑村 由美, 南川 貴子, 田村 綾子 : A県における成人勤労者の肥満と運動習慣の関係, 第29回日本看護科学学会学術集会講演集, 360, 2009年11月.
62)山本 明毅, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌シグマ因子が抗菌薬抵抗性に及ぼす影響, 第57回日本化学療法学会西日本支部総会, 2009年11月.
63)古川 薫, 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : 周産期からの子どもの虐待一次予防のための連携要因項目の検討, 日本子ども虐待防止学会第15回学術集会埼玉大会, 2009年11月.
64)上田 知佳, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続CT画像再構成法の離散化に基づく逐次法, 第32回日本生体医工学会中国四国支部大会プログラム講演抄録, 17, 2009年11月.
65)棟方 百熊, 西岡 かおり, 廣原 紀恵, 奥田 紀久子, 郷木 義子 : 女子大学生の性感染症予防に対する態度の変化, 学校保健研究, Vol.51, No.Suppl., 352, 2009年11月.
66)真部 裕一, 安藝 健作, 川添 和義, 水口 和生, 細井 英司 : バルプロ酸Naのヒト血小板機能に対する抑制作用, 第54回日本輸血·細胞治療学会中国·四国地方会, 2009年11月.
67)三好 弘一, 合田 康代, 佐瀬 卓也, 立花 さやか, 前澤 博, 入倉 奈美子, 桑原 義典 : 放射線業務におけるヒヤリとした事例-再教育訓練の効果-, 日本放射線技術学会雑誌, 2009年12月.
68)佐瀬 卓也, 三好 弘一, 前澤 博, 古谷 俊介, 桑原 義典, 西谷 弘, 川口 佳彦, 木下 悠亮, 中山 信太郎 : I-125シード型標準線源を用いるがん治療用密封小線源の自動定量測定, 日本放射線安全管理学会, 2009年12月.
69)木下 悠亮, 中山 信太郎, 伏見 賢一, 桑折 範彦, 佐瀬 卓也, 三好 弘一, 前澤 博, 川口 佳彦, 桑原 義典, 古谷 俊介, 黒崎 裕 : がん治療用125Iシード放射能自動測定システムの性能評価, 日本放射線安全管理学会, 2009年12月.
70)桑原 義典, 古谷 俊介, 前澤 博, 佐瀬 卓也, 三好 弘一, 川口 佳彦, 黒崎 裕, 木下 悠亮, 中山 信太郎 : がん治療用I-125シード放射能自動測定システムの開発, 日本放射線安全管理学会第8回学術大会, 2009年12月.
71)入倉 奈美子, 桑原 義典, 前澤 博, 三好 弘一, 佐瀬 卓也, 立花 さやか, 合田 康代 : RI施設の改修に伴う部分的な管理区域解除の事例報告, 日本放射線安全管理学会第8回学術大会, 2009年12月.
72)赤松 和季, 阪間 稔, 佐瀬 卓也, 三好 弘一, 前澤 博, 廣田 昌大, 前田 幸志, 谷井 喬 : 圧延金板とイメージングプレートを用いる中性子線の視覚化, 日本放射線安全管理学会第8回学術大会, 2009年12月.
73)阪間 稔, 佐瀬 卓也, 大野 吉美, 中島 健雄, 相田 雅道 : 18MV医療用電子リニアック室内における中性子束の箔放射化法及びコンセントビスの放射化量による測定, 2009年12月.
74)Eiji Nakata, Yukimachi Yoshihiro, Nazumi Yoshijiro, Abe Chiaki, Yoshihiro Uto, Hiroshi Maezawa and Hitoshi Hori : Bioreductively-Activated Fluorescent pH Probe for Tumor Hypoxia Imaging, 第7回がんとハイポキシア研究会, Dec. 2009.
75)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智, 桑内 敬子, 多田 朋資 : 慢性疾患を有する子どものメディカルネグレクト疑い事例-子どもの虐待一次予防定例検討会より-, 第133回日本小児科学会徳島地方会, 2009年12月.
76)中江 崇, 宇都 義浩, 安部 千秋, 金園 剛行, 新元 優也, 佐野 圭一郎, 中田 栄司, 遠藤 良夫, 富永 正英, 前澤 博, 橋本 敏弘, 増永 慎一郎, 堀 均 : 鶏胚異種移植腫瘍モデルを基盤とした糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の創製, 創薬懇話会2009, 2009年12月.
77)福田 幸恵, 高谷 亜加里, 小野 恒子, 松浦 千惠子, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 山本 明毅, 谷口 友伯 : 緑膿菌におけるσ因子関連遺伝子と抗菌薬抵抗性に関する研究, 第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
78)高谷 亜加里, 福田 幸恵, 小野 恒子, 松浦 千惠子, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 山本 明毅, 谷口 友伯 : 緑膿菌臨床分離株におけるwsp関連遺伝子と抗菌薬抵抗性に関する研究, 第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
79)曽根 淳美, 藤川 貴弘, 安藝 健作, 細井 英司 : 各血液型におけるIgG型抗A / B抗体価について, 第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
80)藤川 貴弘, 曽根 淳美, 安藝 健作, 細井 英司 : ABO血液型の遺伝子解析 ∼プライマーの設計変更による非特異的バンドの抑制∼, 第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
81)足立 麻衣, 仁木 朋加, 安藝 健作, 細井 英司, 真部 裕一, 川添 和義, 水口 和生 : ヒト血小板機能に及ぼすバルプロ酸Naによる抑制機構の検討1∼プロテインキナーゼC(PKC)系への作用∼, 第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
82)仁木 朋加, 足立 麻衣, 安藝 健作, 細井 英司, 真部 裕一, 川添 和義, 水口 和生 : ヒト血小板機能に及ぼすバルプロ酸Naによる抑制機構の検討2 ∼カルモジュリン(CaM)系への作用∼, 第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
83)溝口 佳緒里, 浦山 みどり, 齋藤 憲, 佐藤 光代, 山田 博胤 : 心サルコイドーシスの心電図的特徴―サルコイドーシスとの比較―, 第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
84)浦山 みどり, 溝口 佳緒里, 齋藤 憲, 遠藤 桂輔 : Brugada型心電図自動診断の診断精度に関する検討, 第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
85)矢野 尚三郎, 平岡 葉月, 山本 良, 佐藤 光代, 庄野 和子, 永峰 康孝, 齋藤 憲 : 12誘導ホルター心電図検査の有用性, 第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
86)松井 通子, 多田 敏子, 有馬 富子, 今井 睦子, 吉田 留美子, 大場 エミ, 尾形 由紀子, 鎌田 久美子 : 地域看護学実習において自治体保健師の認識する指導上の課題及び工夫, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 202-203, 2009年12月.
87)榊原 陽子, 松本 正子, 多田 美由貴, 多田 敏子 : 20∼30歳代の女性の子宮がん検診に対する意識調査ー若い女性の子宮がん検診受診率向上策の検討ー, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 288-289, 2009年12月.
88)遠藤 桂輔, 齋藤 憲, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 冨田 紀子, 多田津 陽子, 添木 武, 佐田 政隆, 西尾 進, 佐藤 光代, 平岡 葉月, 河野 裕美, 三木 淳子 : 心エコー図検査で偶然発見された乳頭状線維弾性腫の2例, 日本超音波医学会四国地方会, 2009年12月.
89)中田 栄司, 行待 芳浩, 那住 善治郎, 前澤 博, 宇都 義浩, 堀 均 : 細胞内pH計測により適合した新規SNARF誘導体の設計, 第12回生命化学研究会, 2010年1月.
90)藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子, 森脇 智秋, 岡久 玲子 : 産業保健・看護学における職場巡視の学習到達目標達成のための教授方法の工夫, 平成20年度 全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 28-29, 2010年1月.
91)山砥 征弥, 山田 健二, 西原 貞光, 徳永 望, 富永 晴子, 増井 悠太, 天野 雅史, 川口 和雅, 八木 浩史 : 胸部X線撮影時における撮影条件の検討—肺野ファントムを用いた視覚評価—, 中四国放射線医療技術, No.5, 148, 2010年1月.
92)徳永 望, 國金 大和, 西原 貞光, 富永 晴子, 増井 悠太, 山砥 征弥, 天野 雅史, 川口 和雅, 八木 浩史 : スキャン速度の変化による腫瘍シンチの画像評価, 中四国放射線医療技術, No.5, 58, 2010年1月.
93)富永 晴子, 八木 浩史, 上野 典子, 川口 和雅, 徳永 望, 増井 悠太, 山砥 征弥, 西原 貞光 : ディジタルマンモグラフィの撮影条件に関する検討, 中四国放射線医療技術, No.5, 173, 2010年1月.
94)増井 悠太, 上野 典子, 西原 貞光, 徳永 望, 富永 晴子, 山砥 征弥, 天野 雅史, 川口 和雅, 八木 浩史 : 表計算ソフトウェアを用いた乳房撮影時の患者被曝線量の簡易推定法, 中四国放射線医療技術, No.5, 153, 2010年1月.
95)山田 健二, 藪内 詳子, 天野 雅史, 西原 貞光, 八木 浩史, 川口 和雅 : CRシステムを用いたX線管焦点寸法の検討(第3報), 中四国放射線医療技術, No.5, 62, 2010年1月.
96)西原 貞光 : 国際交流活動の現状から見る放射線技術学研究の将来展望, 中四国放射線医療技術, No.5, 100, 2010年1月.
97)板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 森 恵子 : 手術を受けた肺がん患者の退院時と術後1ヵ月後の術後不快症状の検討, 日本がん看護学会学術集会講演集, Vol.24, 253, 2010年2月.
98)安原 由子, 川西 千恵美, 岩佐 幸恵, 高井 恵美 : 看護学生の看護技術実技自己学習時間と到達度との関係, 日本看護研究学会・中国・四国地方会第23回学術集会, Vol.66, 2010年3月.
99)近藤 正, 上野 淳二 : 改良形GMDH-typeニューラルネットワークによる肝がんの医用画像診断, 第37回知能システムシンポジューム, 135-140, 2010年3月.
100)中田 栄司, 行待 芳浩, 那住 善治郎, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : 細胞内pH計測に適した新規SNARF誘導体の設計とその機能評価, 日本化学会第90春季年会, 2010年3月.
101)鹿山 鎭男, 村上 圭史, 小野 恒子, 山本 明毅, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌QS Las-systemとシグマ因子が抗菌薬抵抗性に及ぼす影響について, 第83回日本細菌学会総会, 2010年3月.
102)行待 芳浩, 中田 栄司, 宇都 義浩, 那住 善治郎, 前澤 博, 堀 均 : 細胞内pHの計測に適した改良型SNARFの設計とその評価, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 作品等

(なし)

2009年度(平成21年度) / その他・研究会

1)奥田 紀久子, 廣原 紀恵, 古川 薫, 郷木 義子 : 短大生が傷病時に家族から受けた手当ての記憶と知識について, 第18回中国・四国小児保健学会論文集, 35-36, 2009年6月.
2)井村 裕吉 : 医療機器の保守点検に関する法令的背景について, 徳島県放射線技師会医療機器安全管理研修会, 2009年6月.
3)多田 敏子 : インフルエンザ対策について, SSKA全低肺, Vol.97, No.1, 3-5, 2009年7月.
4)多田 敏子 : 再度新型インフルエンザについて, SSKA全低肺, Vol.98, No.1, 3-5, 2009年7月.
5)多田 敏子 : 健康と言い伝え, SSKA全低肺, Vol.99, No.1, 5-7, 2009年7月.
6)長篠 博文, 木内 陽介, ダネッシュ A. アリ, パンディア S. アビジット : 耳鳴りとその音響療法治療過程の神経細胞回路モデル, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.109, No.123, 45-50, 2009年7月.
7)向井 健太, 芥川 正武, 木内 陽介, 長篠 博文, 加治 芳雄, 七條 文雄 : 聴性誘発電位と体性感覚誘発電位の加算特性と脳内信号源推定法について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.109, No.123, 45-50, 2009年7月.
8)藤本 憲市, 武藏 美緒, 吉永 哲哉 : 離散時間力学系を用いた白黒濃淡画像のマルチスケール化とその動的画像領域分割, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.109, No.167, 49-52, 2009年7月.
9)武藏 美緒, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 離散時間カオス・ニューラルネットワークにみられる振動応答の分岐と引力圏, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.109, No.167, 65-70, 2009年7月.
10)葉久 真理, 大橋 一友, 酒井 規夫, 炭原 加代, 竹林 桂子, 田中 恵子, 冨松 拓治, 日隈 ふみ子, 柳吉 桂子, 山口 雅子 : 2010年 出題基準別助産婦国家試験問題, 2009年8月.
11)芳井 孝輔, 立川 圭彦, 井村 裕吉 : モニタ上での明暗知覚い与える背景の影響ー調整法による検討ー, 徳島県放射線技師会医療機器安全管理研修会, 2009年11月.
12)立川 圭彦, 芳井 孝輔, 井村 裕吉 : モニタの輝度管理についてー目視による輝度均一性評価の可能性ー, 徳島県放射線技師会医療機器安全管理研修会, 2009年11月.
13)稲葉 直彦, 吉永 哲哉, 藤本 憲市, 坪内 孝司, 遠藤 哲郎 : あるSlow-Fast系にみられる混合モード振動の崩壊, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.109, No.458, 43-46, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 報告書

1)坂下 惠治, 藤田 広志, 原 武史, 西原 貞光, 小林 宏之, 石井 勉, 溝端 康光, 中島 義和 : 救急CT画像のCADシステムに関する研究班報告書, 日本放射線技術学会雑誌, Vol.65, No.7, 1002-1007, 2009年7月.
2)細井 英司, 永尾 暢夫 : イブニングセミナーまとめ(第 3回日本臨床検査学教育学会学術大会)「担当: 6.免疫血清・輸血検査学」, 臨床検査学教育, Vol.2, No.1, 49, 2010年3月.
3)森岡 幸子, 松井 通子, 鎌田 久美子, 佐藤 美佐子, 岡島 さおり, 松本 珠実, 藤山 明美, 岡本 里美, 野口 久美子, 多田 敏子, 佐伯 和子, 藤丸 知子, 横山 美江 : 平成21年度地域保健総合推進事業 保健師教育における新カリキュラムに対応した臨地実習のあり方に関する調査研究, 平成21年度地域保健総合推進事業 保健師教育における新カリキュラムに対応した臨地実習のあり方に関する調査研究, 1-93, 大阪府, 2010年3月.

2010年度(平成22年度)

article.{@.date="20100400 20110399" @.organization=\E{131051}}

2010年度(平成22年度) / 著書

1)友竹 正人, : 精神保健看護辞典, 株式会社 オーム社, 2010年4月.
2)瀧川 薫, 谷岡 哲也, 片岡 三佳, 北岡 和代, 北島 謙吾, 鈴木 英子, 田中 智美, 比嘉 勇人 : 精神保健看護辞典, 株式会社 オーム社, 2010年4月.
3)細井 英司 : 臨床検査学実習書シリーズ, 輸血・移植検査学実習書, 分担:[Ⅲ] 4.タイプ&スクリーン,[Ⅳ] 1.実習計画モデル, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2010年4月.
4)葉久 真理, 大橋 一友, 上田 隆, 香山 晋輔, 酒井 規夫, 島田 啓子, 田中 恵子, 冨松 拓治, 日隈 ふみ子 : 2011年 出題基準別助産師国家試験重要問題集, メディカ出版, 2010年8月.
5)二宮 恒夫 : 最新育児小児病学 改訂第6版 (黒田泰弘/監修 ), --- 育児学 5.小児の生活,6.小児保健,小児病学 13.感染性疾患,15.血液疾患,16.固形腫瘍,22.心身症と関連疾患,25.小児の事故,26.救急処置 ---, 南江堂, 東京, 2010年9月.
6)香美 祥二, 二宮 恒夫 : 最新育児小児病学, 2010年9月.
7)川西 千恵美 : 看護基礎知識事典, 秀和システム, 東京都, 2010年10月.
8)生島 仁史 : がん放射線療法2010,第7章,子宮頸癌術後照射, 篠原出版新社, 2010年11月.
9)友竹 正人, : 摂食障害の治療, 株式会社 中山書店, 2010年12月.
10)Rozzano De Castro Locsin, M Purnell, Tetsuya Tanioka and Kyoko Osaka : Human Rights and Humanoid Relationships in Nursing and Complexity Science. In Davidson, A., Ray, M., & Turkell, M. Nursing, Caring, and Complexity Science, New York, Springer Publishing, 2011.
11)友竹 正人, 大森 哲郎 : Ⅴ章‐臨床各科で遭遇する幻覚妄想;泌尿・生殖器系, シナジー東京, 2011年.
12)友竹 正人, : パーソナリティ障害の認知療法, 岩崎学術出版社, 2011年3月.
13)岸田 佐智 : Ⅱ正常な妊娠 A正常な妊娠のアセスメント, NOUVELLE HIROKAWA, 2011年3月.
14)二宮 恒夫 : コメディカルのための内科学 第3版 (伊東 進 他), --- 血液・造血器疾患 ---, 医学出版社, 東京, 2011年3月.
15)岸田 佐智 : Ⅷ 女性の健康とヘルスアセスメント, NUVELLE HIROKAWA, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Hitoshi Ikushima, L Dong, J Erasmus, P Allen, MF Macaleer, Y Zhuang, R Sasaki and R Komaki : Predictive Value of 18F-Fluorodeoxyglucose Uptake by Positron Emission Tomography for Non-Small Cell Lung Cancer Patients Treated with Radical Radiotherapy, Journal of Radiation Research, Vol.51, No.4, 465-471, 2010.
2)Tetsuya Tanioka, K Mishina, M Miyoshi, Kyoko Osaka, A Kawamura, Yukie Iwasa, Yuko Yasuhara, Chiemi Kawanishi, Keiko Sekido, T Kawata, M Satou and K Mihune : Relation between Electronic Nursing Staffs Daily Records and Nurses Workload in the A Psychiatric Hospital, Information : an International Interdisciplinary Journal, Vol.13, No.3(A), 789-793, 2010.
3)Eiji Nakata, Yoshihiro Yukimachi, Yoshijiro Nazumi, Yoshihiro Uto, Hiroshi Maezawa, Toshihiro Hashimoto, Yasuko Okamoto and Hitoshi Hori : A newly designed cell-permeable SNARF derivative as an effective intracellular pH indicator., Chemical Communications, Vol.46, No.20, 3526-3528, 2010.
4)Masafumi Harada, Naomi Morita, Masaaki Uno, Junichiro Satomi, Yuishin Izumi, Koutaro Asanuma, Hiromu Nishitani, Ryuji Kaji and Shinji Nagahiro : Incidence and clinical correlation of intracranial hemorrhages observed by 3-tesla gradient echo T2*-weighted images following intravenous thrombolysis with recombinant tissue plasminogen activator, Cerebrovascular Diseases, Vol.29, No.6, 571-575, 2010.
5)Hitoshi Ikushima, P Balter, R Komaki, S Hunjun, MK Bucci, Z Liao, MF Mcaleer, ZH Yu, Y Zhang, JY Chang and L Dong : Daily Alignment Results of In-Room Computed Tomography-Guided Stereotactic Body Radiation Therapy for Lung Cancer, International Journal of Radiation Oncology*Biology*Physics, Vol.79, No.2, 473-480, 2010.
6)Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Shin-ichi Chiba, Yukie Iwasa, Keiko Sekido and Chiemi Kawanishi : Literature Study on Affective State Estimation for Human and Robot Interaction Using Physiological Indicators, INFORMATION, Vol.13, No.3(B), 1099-1103, 2010.
7)坪根 正, 稲葉 直彦, 坪内 孝司, 吉永 哲哉 : 極めて簡素な区分定数強制発振器にみられる同期現象, 電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J93-A, No.5, 375-383, 2010年.
8)佐々木 幹治, 富永 正英, 生島 仁史, 岸 太郎, 川下 徹也, 原 康男, 福永 有希子, 山田 健二, 笈田 将皇, 西谷 弘 : 強度変調放射線治療におけるradiographic filmと radiochromic filmの比較評価, 日本放射線技術学会雑誌, Vol.66, No.5, 525-534, 2010年.
9)Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, Takashi Iwase, Susumu Nishio, Noriko Tomita, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Yoshio Taketani, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, Shoichiro Takao, Masafumi Harada, Noriko Kagawa, Eiji Kudo and Masataka Sata : Images in cardiovascular medicine. Cardiac magnetic resonance imaging and 2-dimensional speckle tracking echocardiography in secondary cardiac amyloidosis., Circulation Journal, Vol.74, No.7, 1494-1496, 2010.
10)廣原 紀恵, 奥田 紀久子, 郷木 義子 : 看護系大学生と養護教諭養成短期大学生の養護教諭イメージと養護教諭の職務内容に関する認識, 教育保健研究, No.16, 21~30, 2010年.
11)大久保 智恵, 廣原 紀恵, 奥田 紀久子, 郷木 義子, 秀島 千晴 : 児童・生徒の健康問題の変化と養護教諭の役割, --- A県の養護教諭対象調査より ---, 教育保健研究, No.16, 71~76, 2010年.
12)監﨑 孝一郎, 先山 正二, 富本 英樹, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 滝沢 宏光, 近藤 和也, 曽根 三郎, 丹黒 章 : 胸部外科の指針 高齢者原発性肺癌における臨床的検討, 胸部外科, Vol.63, No.7, 519-526, 2010年.
13)谷岡 哲也, 川村 亜以, 黒川 奈美, 大坂 京子, 千葉 進一, 片岡 三佳, 友竹 正人, 安原 由子, 大森 美津子, 川田 知子, 三船 和史 : 認知症に伴う行動障害と精神症状(BPSD)の改善および家族支援に焦点をあてた認知症のためのクリニカルパスの検討, 老年精神医学雑誌, Vol.21, No.7, 781-788, 2010年.
14)Kaeko Murota, Namiko Matsuda, Yasuaki Kashino, Yutaka Fujikura, Toshiyuki Nakamura, Yoji Kato, Ryosuke Shimizu, Syuji Okuyama, Hisashi Tanaka, Takatoshi Koda, Keiko Sekido and Junji Terao : alpha-Oligoglucosylation of a sugar moiety enhances the bioavailability of quercetin glucosides in humans., Archives of Biochemistry and Biophysics, Vol.501, No.1, 91-97, 2010.
15)Chika Ueda, Omar M. Abou Al-Ola, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Iterative Method Based on a Discretization of Continuous-Time Image Reconstruction for Computed Tomography, Journal of Signal Processing, Vol.14, No.4, 293-296, 2010.
16)石走 知子 : 望まない妊娠を防止するための助産師の受胎調節指導活動:活性化のためのリカレント教育に関する研究, 母性衛生, Vol.51, No.2, 329-335, 2010年.
17)Hiroaki Toba, Kazuya Kondo, Hideki Otsuka, Hiromitsu Takizawa, Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : Diagnosis of the presence of lymph node metastasis and decision of operative indication using fluorodeoxyglucose-positron emission tomography and computed tomography in patients with primary lung cancer., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.3-4, 305-313, 2010.
18)Yuko Yasuhara, Sanae Takada, Tetsuya Tanioka, Chiemi Kawanishi and C. Rozzano Locsin : Illness experiences of patients with iscemic heart disease during their transitional phase from hospitalization to discharge in Japan, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.3.4, 293-304, 2010.
19)Yuko Yasuhara, Chiho Tamayama, Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka and Shin-ichi Chiba : Clarification of Caring Actions of Patients with Dementia:Necessry for the Development of a Caring-Robot with the Ability to Dialogue, Proceedings of 2010 International Conference on Advanced Intelligence, 76-81, 2010.
20)Takanori Kanematsu, Masaki Hanibuchi, Hideki Tomimoto, Shoji Sakiyama, Koichiro Kenzaki, Kazuya Kondo, Bando Hiroyasu, Haku Takashi, Yoneda Kazuo, Hirose Toshiyuki, Toyoda Yuko, Hisatsugu Goto, Sakaguchi Satoshi, Katsuhiro Kinoshita, Momoyo Azuma, Kakiuchi Soji, Jun Kishi, Masahiko Azuma, Tada Hiroya, Sumitomo Masayuki, Yasuhiko Nishioka, Seiji Yano and Saburo Sone : Epidemiological and clinical features of lung cancer patients from 1999 to 2009 in Tokushima Prefecture of Japan, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.3,4, 326-333, 2010.
21)Munehisa Sekikawa, Naohiko Inaba, Tetsuya Yoshinaga and Takashi Hikihara : Period-Doubling Cascades of Canards from the Extended Bonhoeffer-van der Pol Oscillator, Physics Letters A, Vol.374, No.36, 3745-3751, 2010.
22)Midori Yoshida, Kazuya Kondo and Toshiko Tada : The relation between the cancer screening rate and the cancer mortality rate in Japan, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.3,4, 251-259, 2010.
23)河北 直也, 鳥羽 博明, 先山 正二, 澤田 徹, 山本 洋太, 中川 靖士, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 近藤 和也, 丹黒 章 : 左上下肺静脈が共通幹を形成していた肺癌の2例, 胸部外科, Vol.63, No.10, 915-918, 2010年.
24)石走 知子 : 思春期・青年期学生の性の問題における対処行動ならびにストレス認知に関する研究, 思春期学, Vol.28, No.3, 307-317, 2010年.
25)Omar M. Abou Al-Ola, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Block continuous-time image reconstruction for computed tomography, Far East Journal of Dynamical Systems, Vol.14, No.1, 51-70, 2010.
26)Keiko Sekido, Tetsuya Tanioka, Yuko Yasuhara and Kyoko Osaka : The relationship between emotional empathy, self-acceptance and interest in disaster nursing of the nursing students who recently-enrolled in the university, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.9, No.1, 27-32, 2010.
27)谷岡 哲也, 安原 由子, 川西 千恵美, 元木 一志, 高瀬 憲作, 友竹 正人, 岩佐 幸恵, 乾 達哉 : リスパダールコンスタ専用針を用いた筋肉注射手技の正確性 中臀筋への確実な筋肉注射に必要な注射針の検討, 精神科看護, Vol.38, No.1, 51-57, 2010年.
28)杉山 敏宏, 木村 美智子, 谷岡 哲也, 友竹 正人, 吉田 精次 : アルコール依存症と感情障害を抱える人とその家族への支援, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.9, No.1, 1-6, 2010年.
29)Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : A neuronal network model for tinnitus and its management by sound therapy, International Journal of Biology and Biomedical Engineering, Vol.3, No.4, 43-50, 2010.
30)田村 幸子, 多田 敏子 : 日本におけるうつ病患者の職場復帰に関連する文献検討, 地域保健, Vol.41, No.11, 72-77, 2010年.
31)横谷 知也, 田形 寛治, 千葉 進一, 多田 敏子, 鈴木 元子 : 手術室男性看護師の専門職的自律性に影響する要因の明確化, 日本手術看護学会誌, Vol.6, No.1, 54-57, 2010年.
32)郷木 義子, 奥田 紀久子, 廣原 紀恵 : 知的障害のある子どもを持つ母親の思い, インターナショナルNursing Care Research, Vol.9, No.4, 63-72, 2010年.
33)藤本 昂也, 西原 貞光, 八木 浩史, 曽我 啓 : 異なる線質で撮影したCR システムにおける模擬肺結節陰影の検出能に関する実験的研究, 日本放射線技術学会雑誌, Vol.66, No.11, 1480-1484, 2010年.
34)Abdellah H. K. Ali, Kazuya Kondo, Toshiaki Namura, Yoshitaka Senba, Hiromitsu Takizawa, Yasushi Nakagawa, Hiroaki Toba, Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : Aberrant DNA methylation of some tumor suppressor genes in lung cancers from workers with chromate exposure., Molecular Carcinogenesis, Vol.50, No.2, 89-99, 2010.
35)菊地 久美子, 友竹 正人, 伊賀 淳一, 上野 修一, 苛原 稔, 大森 哲郎 : 周産期の抑うつに影響を与える心理特性に関する検討, 臨床精神医学, Vol.39, No.11, 1459-1468, 2010年.
36)Tadashi Kondo, Chihiro Kondo, Shoichiro Takao and Junji Ueno : Feedback GMDH-type neural network algorithm and its application to medical image analysis of cancer of the liver, Artificial Life and Robotics, Vol.15, No.3, 264-269, 2010.
37)Chihiro Kondo and Tadashi Kondo : Learning algorithm of the revised RBF network and its application to the media art system, Artificial Life and Robotics, Vol.15, No.3, 258-263, 2010.
38)Hirokazu Iwasaki, Hitoshi Kubo, Masafumi Harada and Hiromu Nishitani : Temporomandibular joint and 3.0T pseudodynamic magnetic resonance imaging. Part 1: evaluation of condylar and disc dysfunction., Dento Maxillo Facial Radiology, Vol.39, No.8, 475-485, 2010.
39)Hirokazu Iwasaki, Hitoshi Kubo, Masafumi Harada, Hiromu Nishitani and Ohashi Yasushi : Temporomandibular joint and 3.0T pseudodynamic magnetic resonance imaging. Part 2: evaluation of articular disc obscurity., Dento Maxillo Facial Radiology, Vol.39, No.8, 486-493, 2010.
40)中本 真理子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 片岡 菜奈子, 小杉 知里, 秦 明子, 篠田 香織, 桑村 由美, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子, 船木 真理 : 食物摂取および生活習慣とアレルギー疾患との関連について, Journal of rehabilitation and health science, Vol.8, 15-21, 2010年.
41)Hirofumi Nagashino, Ken'ichi Fujimoto, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : A Neural Oscillator Model for Tinnitus and Its Management by Sound Therapy, International Journal of Modern Engineering, Vol.11, No.1, 58-66, 2010.
42)坂口 由貴子, 阪間 稔, 伏見 賢一, 中山 信太郎 : 徳島における福島第一原子力発電所事故に伴う大気中人工放射性核種の測定, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.25, No.4, 39-45, 2011年.
43)上田 伊佐子, 雄西 智惠美 : 乳がん体験者の心理的適応とコーピングに影響を与える要因の文献検討, 日本がん看護学会誌, Vol.25, No.1, 46-53, 2011年.
44)Toshiyuki Yasui, Sumika Matsui, S Yamamoto, Hirokazu Uemura, N Tsuchiya, M Noguchi, M Yuzurihara, Y Kase and Minoru Irahara : Effects of Japanese traditional medicines on circulating cytokine levels in women with hot flashes., Menopause, Vol.18, No.1, 85-92, 2011.
45)Khalil Abdellah Hamed Ali, Hiromitsu Takizawa, Kazuya Kondo, Hisashi Matsuoka, Hiroaki Toba, Yasushi Nakagawa, Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama, Soji Kakiuchi, Yoshitaka Sekido, Saburo Sone and Akira Tangoku : 5-Aminolevulinic acid-induced fluorescence diagnosis of pleural malignant tumor., Lung Cancer, 2011.
46)Yuka Kasai, Masahiko Maegawa, Satoshi Yamamoto, Masaharu Kamada, Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Ayako Kobayashi, Masayo Kaneyama, Anna Tani, Sumika Matsui, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Hiroyuki Furumoto and Minoru Irahara : Effects of raloxifene on the production of cytokines in stimulated whole blood in ex vivo and in vitro studies., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1-2, 110-117, 2011.
47)Abdellah Hamed Khalil Ali, Hiromitsu Takizawa, Kazuya Kondo, Yasushi Nakagawa, Hiroaki Toba, Narmisheekh Khasag, Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama, Hamdy Ali Mohammadien, Essam Ahmed Mokhtar and Akira Tangoku : Follow-up using fluorescence bronchoscopy for the patients with photodynamic therapy treated early lung cancer., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1-2, 46-55, 2011.
48)Kikuko Okuda, Maiko Manabe, Ogura Kazuya, Toshie Hirohara and Yoshiko Gogi : Relationship between knowledge of diabetes and eating habits among high school students in Japan, Journal of Shikoku Public Health Society, Vol.56, No.1, 71-78, 2011.
49)Hiroko Kunikata, Yuko Shiraishi, Kazuo Nakajima, Tetsuya Tanioka and Masahito Tomotake : The relationship between psychological comfort space and self-esteem in people with mental disorders, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1-2, 56-62, 2011.
50)Yoichi Watanabe and Hitoshi Kubo : A variable echo-number method for estimating R2 in MRI-based polymer gel dosimetry., Medical Physics, Vol.38, No.2, 975-982, 2011.
51)Tetsuya Tanioka : PSYCHOMS AS A COMPREHENSIVE ELECTRONIC NURSING MANAGEMENT SYSTEM, 14th East Asian Forum of Nursing Scholars EAFONS 2011, 173, 2011.
52)Yoshinori Ueoka, Masahito Tomotake, Tsunehiko Tanaka, Yasuhiro Kaneda, Kyoko Taniguchi, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Shinya Tayoshi, Ken Yamauchi, Satsuki Sumitani, Takashi Ohmori, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Quality of life and cognitive dysfunction in people with schizophrenia, Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, Vol.35, No.1, 53-59, 2011.
53)Mio Kobayashi, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Bifurcations of Oscillatory Responses Observed in Discrete-Time Coupled Neuronal System for Dynamic Image Segmentation, Journal of Signal Processing, Vol.15, No.2, 145-153, 2011.
54)木村 美智子, 杉山 敏宏, 國方 弘子, 片岡 三佳, 谷岡 哲也 : 長期入院の精神障害者の退院支援に関わる精神科看護の魅力, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.9, No.2, 39-43, 2011年.
55)上田 伊佐子, 高木 彩, 川西 千恵美 : 性のピアエデュケーションにエデュケータとして参加した看護学生の体験と自己肯定意識の変化, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.9, No.2, 1-8, 2011年.
56)Ken'ichi Fujimoto, Mio Musashi and Tetsuya Yoshinaga : FPGA Implementation of Discrete-Time Neuronal Network for Dynamic Image Segmentation, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol.131, No.3, 604-605, 2011.
57)Ayako Kobayashi, Masahiko Maegawa, Satoshi Yamamoto, Natsuyo Ugumori, Yuka Kasai, Anna Tani, Hirokazu Uemura, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Toshiyuki Yasui, Hiroyuki Furumoto, Masaharu Kamada and Minoru Irahara : The role of blood in early endometrial-peritoneal interactions in a syngeneic mouse model of endometriosis, Reproductive Medicine and Biology, Vol.10, No.1, 15-20, 2011.
58)Ken'ichi Fujimoto, Omar M. Abou Al-Ola and Tetsuya Yoshinaga : Implementation of continuous-time image reconstruction system in analog electronic circuit, Far East Journal of Electronics and Communications, Vol.6, No.1, 13-25, 2011.
59)Chiaki Abe, Yoshihiro Uto, Takashi Nakae, Yuuya Shinmoto, Keiichiro Sano, Hiroko Nakata, Mizue Teraoka, Yoshio Endo, Hiroshi Maezawa, Shin-ichiro Masunaga, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Evaluation of the In vivo Radiosensitizing Activity of EtanidazoleUsing Tumor-bearing Chick Embryo, Journal of Radiation Research, Vol.52, No.2, 208-214, 2011.
60)藤井 智惠子, 多田 敏子, 岡久 玲子, 松下 恭子 : 山間地域で主体的に運営する産業に従事している高齢者の保健行動, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.9, No.2, 15-24, 2011年.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Yuko Yasuhara, Tetsuya Tanioka and Chiemi Kawanishi : Fundamental study for the clarification of gender differences of actigraphic assessments of life rhythms in healthy adults, Information : an International Interdisciplinary Journal, Vol.13, No.3, 795-800, 2010.
2)Kazuya Kondo : Invited commentary., The Annals of Thoracic Surgery, Vol.89, No.5, 1619, 2010.
3)谷岡 哲也, 片岡 三佳, 友竹 正人, 三浦 宗克 : アリピプラゾールの特徴,利点をふまえた看護のポイント, 精神科看護, Vol.37, No.9, 35-42, 2010年.
4)田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美 : `安全な早期離床'を支える 急性期リハビリテーションのための観察とアセスメント, Brain Nursing, Vol.26, No.9, 43-52, 2010年.
5)市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 田村 綾子 : 急性期のベッドサイドでよく使われるアセスメントツールの使い方, Brain Nursing, Vol.26, No.9, 14-23, 2010年.
6)三好 真佐美, 下垣 内愛, 千葉 進一, 安原 由子, 大坂 京子, 片岡 三佳, 杉山 敏宏, 谷岡 哲也, 友竹 正人, 佐藤 ミサ子, 三船 和史 : 退院支援施設入所後1年が経過した精神障害者の生活能力, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.9, No.1, 13-19, 2010年.
7)二宮 恒夫, 井﨑 ゆみ子, 中津 忠則 : 大学生のうつ病認知スケール結果を学校精神保健にどう活かすか, 平成22年度第41回全国学校保健・学校医大会大会誌, 200-202, 2010年.
8)千葉 進一, 安原 由子, 大坂 京子, 谷岡 哲也 : 精神科におけるクリニカルパスとコンピュータによる看護管理システム(PSYCHOMS)によるアウトカムの管理, 日本病院・地域精神医学会総会プログラム・抄録集, 121, 2011年.
9)片岡 三佳, 千葉 進一, 谷岡 哲也 : 定型抗精神病薬から非定型抗精神病薬へのスイッチングに対する看護師の認識, 第41回日本看護学会論文集-精神看護, Vol.41, No.0, 99-101, 2011年.
10)Tetsuya Tanioka, Mika Kataoka, Yuko Yasuhara, Miyagawa Misao and Ueta Isako : The role of nurse administrators and managers in quality psychiatric care, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1,2, 1-10, 2011.
11)Chiemi Kawanishi, Yuko Yasuhara, Tetsuya Tanioka, K Motoki, K Takase, Yukie Iwasa, M Tomotake, S Sato and I Ueta : Research of the intramusucular injection technique to gulterus medius muscule using an ultrasonograph, 14th East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS), 2011.
12)上田 伊佐子, 雄西 智惠美 : 乳がん体験者の心理的適応とコーピングに影響を与える要因の文献検討, 日本がん看護学会誌, Vol.25, No.1, 46-53, 2011年.
13)安原 由子, 谷岡 哲也, 川西 千恵美, 藤川 栄二, 藤永 裕之, 小林 春男, 大森 美津子 : 女性の急性心筋梗塞患者と待機的経皮的冠動脈インターベンション患者の退院前後の活動リズム変化ー2症例の考察ー, 香川大学医学部看護学科紀要, Vol.15, No.1, 1-7, 2011年.
14)千葉 進一, 渡部 生聖, 谷岡 哲也, 岩佐 幸恵, 大阪 京子, 安原 由子, 友竹 正人, 川西 千恵美, 小笠 原坦, 三船 和史, 大森 美津子 : 対話による認知症高齢者の自律神経系への影響, 香川大学医学部看護学科紀要, Vol.15, No.1, 27-33, 2011年.
15)田所 美代子, 古川 喜代, 大森 美津子, 島 順子, 谷岡 哲也 : 人工股関節手術後のリハビリテーション各段階の高齢患者の思い, 香川大学看護学雑誌, Vol.15, No.1, 1-7, 2011年.
16)田村 綾子, 市原 多香子, 桑村 由美, 南川 貴子 : 今だから言える新人ナースに伝えておきたい看護の基本, --- 術前・術後の処理・管理 ---, Brain Nursing, Vol.27, No.3, 22-27, 2011年.

2010年度(平成22年度) / 学術レター

1)Eiji Nakata, Yoshijiro Nazumi, Yoshihiro Yukimachi, Yoshihiro Uto, Hiroshi Maezawa, Toshihiro Hashimoto, Yasuko Okamoto and Hitoshi Hori : Synthesis and photophysical properties of new SNARF derivatives as dual emission pH sensors, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.21, No.6, 1663-1666, 2011.

2010年度(平成22年度) / 総説・解説

1)友竹 正人 : 最近のうつ病の傾向と抗うつ薬, エキスパートナース, Vol.26, No.6, 76-79, 2010年6月.
2)Hirofumi Nagashino : Analysis of time series of biomedical data by artificial neural networks, Medical Data, Vol.2, No.2, 111-116, Jun. 2010.
3)田村 綾子 : 【これからの認定看護師】 認定看護師に期待される専門性 脳卒中リハビリテーション看護, からだの科学 増刊, 74-75, 2010年7月.
4)齋藤 晴比古, 細井 英司, 佐野 壽昭 : 広範囲血液·尿化学検査,免疫学的検査(4)ソマトスタチン, 日本臨床, Vol.63, No.8, 203-207, 2010年7月.
5)葉久 真理 : 専攻科での助産教育 徳島大学助産学専攻科, 助産師, Vol.64, No.3, 50-54, 2010年8月.
6)田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美 : 急性期リハビリテーションのための観察とアセスメント 安全な早期離床を支える, Brain Nursing, Vol.9, No.26, 43-52, 2010年9月.
7)Kazuya Kondo : Tumor-node metastasis staging system for thymic epithelial tumors., Journal of Thoracic Oncology, Vol.5, No.10 Suppl 4, S352-6, Oct. 2010.
8)友竹 正人 : 摂食障害の精神科治療:心理教育, 日本摂食障害学会, 2010年10月.
9)多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子, 岡久 玲子 : 学生も実践者も育つ「保健師教育」カリキュラム:私の提案 国立大学で実施することの可能性, 保健の科学, Vol.51, No.10, 697-700, 2010年10月.
10)田村 綾子 : 脳卒中医療チームにおける看護の役割 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の教育内容, 脳卒中, Vol.32, No.6, 579-581, 2010年10月.
11)友竹 正人 : 摂食障害について:拒食と過食の心理と治療, めんたるへるす, 2011年.
12)安井 敏之 : 女性医療と漢方 不妊と漢方, 産婦人科治療, Vol.103, No.5, 481-490, 2011年.
13)安井 敏之 : 腫瘍とプロラクチン 新たな癌治療戦略, Hormone Frontier in Gynecology, Vol.18, No.3, 91-99, 2011年.
14)安井 敏之 : 産科婦人科領域でまず使ってみたい漢方薬 不妊症/排卵障害, 漢方医学, Vol.35, No.1, 36-41, 2011年.
15)安井 敏之 : HRTをいつまで続けるか, 更年期と加齢のヘルスケア, Vol.9, No.2, 316-317, 2011年.
16)安井 敏之 : 高齢不妊女性における不妊治療の現状と問題点を考える, 日本生殖看護学会, Vol.8, No.1, 65-68, 2011年.
17)安井 敏之, 松井 寿美佳,山本 哲史 : 性ホルモン製剤の使い分け エストロゲン製剤, Hormone Frontier in Gynecology, Vol.18, No.2, 11-18, 2011年.
18)多田 敏子 : 禁煙科学学会が徳島でありました, SSKA全低肺徳島支部会報, No.103, 8-10, 2011年1月.
19)西原 貞光 : 10.画像解析の基礎: 講座の終わりにあたって, 日本放射線技術学会雑誌, Vol.67, No.1, 91-97, 2011年1月.
20)友竹 正人, 大森 哲郎 : 統合失調症治療におけるアウトカム指標, 精神医学, Vol.53, No.2, 177-183, 2011年2月.
21)安井 敏之, 松井 寿美佳,山本 哲史 : 更年期におけるホルモン補充療法に必要な検査, 臨床検査, Vol.55, No.3, 293-297, 2011年3月.
22)安井 敏之 : 閉経年齢と生殖医療, 産科と婦人科, Vol.78, No.3, 359-364, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 国際会議

1)M Miyosi, M MIshina, Tetsuya Tanioka, Kyoko Osaka, A Kawamura, Yukie Iwasa, Chiemi Kawanishi, Yuko Yasuhara, Mika Kataoka and Shin-ichi Chiba : What is the function necessary for the electoronic nursing management system in psychiatric hospitals?, An International Interdisciplinary Journal Published by International Information Institute, Vol.13, No.3, 801-806, Apr. 2010.
2)Hitoshi Kubo, Masafumi Harada, Abe Takamasa, Hiroshi Maezawa and Hiromu Nishitani : Evaluation of the Early Metabolic Response Induced by 5-Fluorouracil on Mouse Mammary Cancer Cells Under Fasting Conditions Using Hyperpolarized 13C-Labeled Pyruvate., Joint Annual Meeting ISMRM-ESMRMB 2010, Stockholm, Sweden, May 2010.
3)Masafumi Harada, Hitoshi Kubo, Naomi Morita, Hiromu Nishitani and Matsuda Tsuyoshi : Clinical Significance of Ischemic Hypeointence Findings in Vessels and Tissue in Gradient Echo T2*-Weighted Images at 3 Tesla Evaluated by Simple Visual Estimation in Stroke Patients Treated with Intravenous Rt-PA., Joint Annual Meeting ISMRM-ESMRMB 2010, Stockholm, Sweden, May 2010.
4)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Masafumi Harada : Clinical significance of the 2 ppm resonance in in-vivo 1H-MR spectroscopy of ovarian tumors, ISMRM2010, Stockholm, May 2010.
5)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Masafumi Harada : Differentiation of benign and malignant uterine corpus tumors: value of 1H-MR spectroscopy at 3T, ISMRM2010, Stockholm, May 2010.
6)Chihiro Kondo and Tadashi Kondo : Identification of the interactive art system using the revised RBF network, Proceedings of the 41th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 63-68, Kobe, Jun. 2010.
7)Masahiro Nakagawa, Tadashi Kondo, Shoichiro Takao and Junji Ueno : Three-dimensional medical image recognition of the lung by the revised radial basis function (RBF) network algorithm, Proceedings of the 41th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 75-80, Kobe, Jun. 2010.
8)Tadashi Kondo, Masahiro Nakagawa, Shoichiro Takao and Junji Ueno : Medical image recognition of cancer of the liver by GMDH-type neural network, Proceedings of the 41th International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 81-86, Kobe, Jun. 2010.
9)Masahito Tomotake and : Cognitive restructuring of negative old memories of parents was effective in the treatment of an adolescent patient with marked social withdrawal, British Association for Behavioural & Cognitive Psychotherapies: 38th Annual Conference, Manchester, UK, Jul. 2010.
10)Masahito Tomotake, 上岡 義典, 田中 恒彦, Yasuhiro Kaneda and Tetsuro Ohmori : Effect of cognitive dysfunction on subjective quality of life in people with schizophrenia, British Association for Behavioural & Cognitive Psychotherapies: 38th BABCP Annual Conference & Workshops, Manchester, Jul. 2010.
11)Shin-ichi Chiba, N Watanabe, Tetsuya Tanioka, Yukie Iwasa, Kyoko Osaka, Yuko Yasuhara, M Date, Chiemi Kawanishi, H Ogasawara and K Mihune : The attentive-listening based dialogue system for supporting communication and its inflense on demented patients, Proceeding of 2010 International conference on Advanced intelligence, Aug. 2010.
12)Yuko Nagai, Tetsuya Tanioka, Shoko Huji, Yuko Yasuhara, Sakiko Sakamaki, Narimi Taoka, C Rozzana Locsin, Fuji Ren and Kazuyuki Matusumoto : Needs and changes of robots in nursing care setting: A Literature review, Proceeding of IEEE2010, Aug. 2010.
13)Tetsuya Tanioka, A Kawamura, M Date, Kyoko Osaka, Yuko Yasuhara, Mika Kataoka, Yukie Iwasa, T Sugiyama, Kazuyuki Matsumoto, T Kawata, M Satou and K Mihune : Computerized electoronic nursing staffa daily records system in the Apsychiatric hospital: present situation and future prospects, Proceeding of IEEE2010, Aug. 2010.
14)Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Inhibition of oscillation in a neuronal network model for tinnitus management by sound therapy, New Aspects of Applied Informatics, Biomedical Electronics & Informatics and Communications, N. Mastrakis, V. Mladenov and Z. Bojkovic Eds., Proceedings of 10th WSEAS International Conference on Applied Informatics and Communications, and 3rd WSEAS International Conference on Biomedical Electronics and Biomedical Informatics, Taopei, Taiwan, August 20-22, 2010, 126-129, Taipei, Aug. 2010.
15)Date Mai, Tetsuya Tanioka, Yuko Yasuhara, Kazuyuki Matsumoto, Yukie Iwasa, Chiemi Kawanishi, Hirai Eri and Fuji Ren : The present conditions, problems and future direction of the server-controlled clinical pathway system development in psychiatric hospitals, Proc. IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, 296,303, Beijing, Aug. 2010.
16)Nagai Yuko, Tetsuya Tanioka, Fuji Shoko, Yuko Yasuhara, Sakamaki Sakiko, Taoka Narimi, Rozzano De Castro Locsin, Fuji Ren and Kazuyuki Matsumoto : Needs and challenges of care robots in nursing care setting: A literature review, Proc. IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, 292-295, Beijing, Aug. 2010.
17)Khalil Hamed Abdellah, Hiromitsu Takizawa, Kazuya Kondo, Matsuoka Hisashi, Hiroaki Toba, Yasushi Nakagawa, Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama, Kakiuchi Soji, Saburo Sone and Akira Tangoku : In vitro and in vivo photodynamic diagnosis using 5-aminolevulinic acid in malignant mesothelioma, The 10th International Conference of the International Mesothelioma Interest Group, Aug. 2010.
18)Mio Musashi, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Extraction of image regions using oscillatory responses in chaotic neuronal network, Proc. of 2010 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, 169-172, Krakow, Sep. 2010.
19)Omar M. Abou Al-Ola, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Stability of a Switched System for Continuous-time Tomographic Image Reconstruction, Proc. of 2010 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, 115-118, Krakow, Sep. 2010.
20)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Nonliear system identification by feedback GMDH-type neural network with architecture self-selecting function, Proceedings of 2010IEEE Multi-Conference on System and Control, 1521-1526, Yokohama, Sep. 2010.
21)Kikuko Okuda, Kazuya Kondo and Chieko Fujii : The effectivness education program of prevention children from smoking cigarette in Japan, 6th International Conference of Health Behavioral Science, 94, Kuala Lumpur, Sep. 2010.
22)Tadashi Kondo, Junji Ueno and Shoichiro Takao : Medical image diagnosis of liver cancer using neural natwork and artificial intelligence, Proceedings of the 2010 International Symposium on Intelligent Systems, No.S6-8-3, 1-6, Tokyo, Sep. 2010.
23)Keiko Sekido, Tetsuya Tanioka and David B. Bracewell : Examination of the use of tea in Japan to the nursing care through a Literature review of the past decade,The 4th International Conference on O-CHA(Tea)Culture and Science, Oct. 2010.
24)Hirofumi Nagashino, Masatake Akutagawa and Yohsuke Kinouchi : Influence of acoustic noise of MRI on human electroencephalogram, Proceedings of 1st International Conference on Applied Bionics and Biomechanics, Venice, Italy, October 14-16, 2010, BE21-BE24, Venice, Oct. 2010.
25)Keiko Sekido and Tetsuya Tanioka : Examination of the use of tea in Japan to the nursing care through a literature review of the dcade, The 4th International Conference on O-CHA (Tea) Culture and Science, Shizuoka, Oct. 2010.
26)Kazuya Kondo : WorkshopPrognostic Factors Morning LecturesJapanese experience, International Thymic Malignancy Interest Group(ITMIG), Nov. 2010.
27)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Feedback GMDH-type neural network and its application to medical image analysis of the liver cancer, Abstracts of the 42th ISCIE international symposium on stochastic systems theory and its applications, 81-82, Okayama, Nov. 2010.
28)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Masafumi Harada : The Diagnostic Impact of 3 T MR Spectroscopy in the Female Pelvis, RSNA 2010, Chicago, Nov. 2010.
29)Keiko Sekido : The present state of research on eating habits of nursing students in Japan and issues for further investigation, 2nd Japan China Korea Nursing conference, Tokyo, Nov. 2010.
30)Kyo Yamashita, Hirokazu matsuki, Takashi Kawanaka, S Taguchi, Kenichi Kashihara and Hitoshi Ikushima : Local Graft Irradiation for ABO Mismatched Renal Transplantation, RSNA2010, Dec. 2010.
31)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Medical image diagnosis of liver cancer using multi-layered GMDH-type neural network, Proceedings of Joint 5th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 11th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, 446-451, Okayama, Dec. 2010.
32)Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Takashi Nakae, Yoshio Endo, Masahide Tominaga, Hiroshi Maezawa, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Systems biology-based drug design of sugar-hybrid hypoxic cell radiosensitizers using the tumor-implantable chick embryo model, PACIFICHEM 2010, Honolulu, Dec. 2010.
33)Tadashi Kondo, Junji Ueno and Shoichiro Takao : Medical image diagnosis of liver cancer by revised GMDH-type neural network using knowledge base, Proceedings of International Forum on Medical Imaging in Asia 2011, 1-7, Naha, Jan. 2011.
34)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Medical image diagnosis of lung cancer by revised GMDH-type neural network using various kinds of neurons, Proceedings of the sixteenth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2011, 866-869, Beppu, Jan. 2011.
35)Mika Kataoka, Tetsuya Tanioka, Nakata Noriko, Morishita Mieko and Satou Misako : The relationship between the psychiatric nurses' stress and their difficult relations with manic patient, 14th East Asian Forum of Nursing Scholars, 265, Korea, Feb. 2011.
36)Yuko Yasuhara, Tetsuya Tanioka, E Hujikawa and H Hjinaga : Early outcomes of patients with ischemic heart disease who underwent elective percutaneous coronary intervention, 14th East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS), Feb. 2011.
37)Tetsuya Tanioka, Mai Date, Keiko Sekido, Yuko Yasuhara, Yukie Iwasa and Chiemi Kawanishi : Psychoms as a comprehensive electonic nursing management system, 14th East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS), Feb. 2011.
38)Keiko Sekido and Tetsuya Tanioka : CURRENT SITUATIONS AND CHALLENGES OF RESEARCH ON THE SOCIAL SKILLS OF NURSING STUDENTS IN JAPAN, 4th East Asian Forum of Nursing Scholars EAFONS 2011Research Methodology for Building Nursing Evidence, 371, Feb. 2011.
39)Ueta Isako, Chiemi Kawanishi and Tetsuya Tanioka : PSYCHOLOGICAL ADJUSTMENT OF CANCER SURVIVORS; CONCEPT ANALYSIS, 14th East Asian Forum of Nursing Scholars EAFONS 2011Research Methodology for Building Nursing Evidence, 213, Feb. 2011.
40)Omar M. Abou Al-Ola, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga and Kazuyuki Aihara : Common Lyapunov function for a switched nonlinear dynamical system, Proc. of the 1st International Symposium on Innovative Mathematical Modelling, 94, Tokyo, Feb. 2011.
41)Mio Kobayashi, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga and Kazuyuki Aihara : Bifurcation analysis for designing dynamic image segmentation system, Proc. of the 1st International Symposium on Innovative Mathematical Modelling, 93, Tokyo, Feb. 2011.
42)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Masafumi Harada : Differential diagnosis of uterine polyps: MR manifestations of various epithelial and mesenchymal tumors and tumor-like lesions, pitfalls and problem-solving MR techniques, ECR2011, Wien, Mar. 2011.
43)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Masafumi Harada : Differential diagnosis of gynecologic tumors: The diagnostic impact of 3T-MR spectroscopy., ECR2011, Wien, Mar. 2011.
44)Yusaku Yamaguchi, Omar M. Abou Al-Ola, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Numerical Study of Continuous-Time Image Reconstruction for Computed Tomography, EPOS in European Congress of Radiology 2011, Wien, Mar. 2011.
45)Noboru Niki, Yoshiki Kawata, Hidenobu Suzuki, Masafumi Harada, Hideki Otsuka, Junji Ueno, Mitsuo Shimada, Tetsuji Takayama, Masahiro Abe, Harumi Itoh, Masahiro Kaneko, kenji Eguchi, Masahiko Kusumoto, Takaaki Tsuchida, Hironobu Ohmatsu, Masashi Takahashi, Yasutaka Nakano and Hiroaki Sakai : Computer-aided diagnosis based on computational anatomical models: progress overview FY2010, The 2nd International Symposium on the Project ``Computational Anatomy'', 95-100, Mar. 2011.
46)Reiko Okahisa, Toshiko Tada, Chieko Fujii and Yasuko Matsushita : Elements of the strength of Japanese male medical researchers in the process of forming their own health behavior, Helsinki, Mar. 2011.
47)Toshiko Tada, Reiko Okahisa, Chieko Fujii and Yasuko Matsushita : Warm caring and welcoming pilgrims in Shikoku region of Japan, Helsink, Mar. 2011.
48)Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : A computational model with plasticity for tinnitus and its management by external stimuli, Abstract Book of X International Tinnitus Seminars, Florianopolis, Brazil, March 16-19, 2011, P4, Florianopolis, Mar. 2011.

2010年度(平成22年度) / 国内講演発表

1)香川 聖子, 香川 典子, 前田 環, 佐藤 綾, 佐野 壽昭 : 筋強直性ジストロフィー剖検心の病理学的検討, 日本病理学会誌, Vol.99, No.1, 265, 2010年4月.
2)宇山 攻, 先山 正二, 松岡 永, 鳥羽 博明, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 近藤 和也, 丹黒 章 : 非結核性抗酸菌症手術症例の検討, 第110回日本外科学会定期学術集会, 2010年4月.
3)Narmisheekh Khasag, 先山 正二, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 近藤 和也, 丹黒 章 : 肺癌手術における呼気中一酸化および二酸化炭素モニタリング, 第110回日本外科学会定期学術集会, 2010年4月.
4)先山 正二, 監﨑 孝一郎, 鳥羽 博明, Khasag Narmisheekh, 宇山 攻, 中川 靖士, 滝沢 宏光, 近藤 和也, 丹黒 章 : 豚を用いた胎生期肺組織移植の実験的検討, 第110回日本外科学会定期学術集会, 2010年4月.
5)滝沢 宏光, 近藤 和也, Abdellah Khalil Hamed, 松岡 永, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 丹黒 章 : 光感受性物質を用いた胸膜悪性腫瘍の蛍光診断-SCIDマウスヒト肺癌胸膜播種モデルを用いた実験-, 第110回日本外科学会定期学術集会, 2010年4月.
6)中川 靖士, 近藤 和也, 鳥羽 博明, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 丹黒 章 : 胸腺癌44例の検討, 第110回日本外科学会定期学術集会, 2010年4月.
7)Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama, 宇山 攻, Hiroaki Toba, Yasushi Nakagawa, Hiromitsu Takizawa, Kazuya Kondo and Akira Tangoku : Sex-mismatchを用いたラット胎仔肺移植モデルのドナー細胞の組織学的検討, 第110回日本外科学会定期学術集会, Apr. 2010.
8)竹内 麻由美, 松崎 健司, 西谷 弘, 原田 雅史 : 子宮体部病変の良悪性鑑別における3 テスラMRI 装置を用いた1H-MRS の有用性の検討, 第69回日本医学放射線学会総会, 2010年4月.
9)松下 展久, 里見 淳一郎, 森田 奈緒美, 原田 雅史, 永廣 信治 : 3T-MRIによる脳虚血急性期血管内血行再建の適応決定, 第39回日本脳卒中の外科学会, 2010年4月.
10)原田 雅史, 森田 奈緒美, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 梶 龍兒 : Tesla MRIにおけるT2*-WIの虚血所見と血栓溶解療法における予後との関連について, 第39回日本脳卒中の外科学会, 2010年4月.
11)森田 奈緒美, 原田 雅史, 里見 淳一郎, 和泉 唯信, 永廣 信治, 梶 龍兒, 西谷 弘 : rt-PA投与患者における3T-MRIでのT2*-WI虚血サインと予後の評価, 第39回日本脳卒中の外科学会, 2010年4月.
12)田村 綾子 : 第35回日本脳卒中学会総会シンポジウム`脳卒中医療チームにおける看護の役割, --- ' ---, 2010年4月.
13)花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 川田 祐子, 原田 雅史 : Gd-EOB-DTPA造影MRI肝細胞造影相における造影効果と99mTc-GSAの相関に関する検討., 第96回 日本消化器病学会総会, 2010年4月.
14)富本 英樹, 後東 久嗣, 柿内 聡司, 多田 浩也, 西岡 安彦, 兼松 貴則, 近藤 和也, 先山 正二, 葉久 貴司, 米田 和夫, 坂東 弘康, 住友 正幸, 曽根 三郎 : 徳島県内における肺癌患者の疫学調査についての検討, 第50回日本呼吸器学会学術講演会, 2010年4月.
15)松井 寿美佳, 安井 敏之, 西條 礼子, 上村 浩一, 山本 哲史, 苛原 稔 : 周閉経期においてNT-proBNPはSHBGと相関する, 第62回日本産科婦人科学会学術講演会, 2010年4月.
16)小杉 知里, 片岡 菜奈子, 篠田 香織, 秦 明子, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中屋 豊, Jambaldorj Baysaglan, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 福原 俊一, 竹上 美沙, 船木 真理 : 初期糖代謝異常状態の慢性炎症管理におけるIL-18の有用性についての検討, 糖尿病, Vol.53, No.Suppl.1, S-299, 2010年5月.
17)片岡 菜奈子, 篠田 香織, 小杉 知里, 秦 明子, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中屋 豊, Jambaldorj Baysaglan, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 福原 俊一, 竹上 美沙, 船木 真理 : 徳島県における糖代謝異常発生過程でのインスリン抵抗性の関与, 糖尿病, Vol.53, No.Suppl.1, S-298, 2010年5月.
18)秦 明子, 小杉 知里, 片岡 菜奈子, 篠田 香織, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中屋 豊, Jambaldorj Baysaglan, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 福原 俊一, 船木 真理 : インスリン抵抗性を伴う高リスク糖尿病発症者となる危険因子の探索, 糖尿病, Vol.53, No.Suppl.1, S-207, 2010年5月.
19)秦 明子, 小杉 知里, 片岡 菜奈子, 篠田 香織, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中屋 豊, Bayasgalan Jambaldorj, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 福原 俊一, 竹上 美沙, 船木 真理 : インスリン抵抗性を伴う高リスク糖尿病発症者となる危険因子の探索, 糖尿病, Vol.Vol.53, No.Suppl 1, S207, 2010年5月.
20)片岡 菜奈子, 篠田 香織, 小杉 知里, 秦 明子, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中屋 豊, Bayasgalan Jambaldorj, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 福原 俊一, 竹上 美沙, 船木 真理 : 徳島県における糖代謝異常発生過程でのインスリン抵抗性の関与, 糖尿病, Vol.Vol.53, No.Suppl.1, S.298, 2010年5月.
21)小杉 知里, 片岡 菜奈子, 篠田 香織, 秦 明子, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中屋 豊, Bayasgalan Jambaldorj, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 福原 俊一, 竹上 美沙, 船木 真理 : 初期糖代謝異常状態の慢性炎症管理におけるIL-18の有用性についての検討, 糖尿病, Vol.Vol.53, No.Suppl.1, S.299, 2010年5月.
22)遠藤 桂輔, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 楠瀬 賢也, 林 修司, 佐藤 光代, 平岡 葉月, 河野 裕美, 三木 淳子, 竹谷 善雄, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 齋藤 憲 : リアルタイム3次元経食道エコー法により観察しえた孤立性僧帽弁クレフトの1例, 第21回日本心エコー図学会学術集会, 2010年5月.
23)近藤 和也, 張 真弓, 田所 由紀子, 仙波 義貴, 中川 靖士, 滝沢 宏光, 鳥羽 博明, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 丹黒 章 : 胸腺上皮性腫瘍の発生におけるDNA修復遺伝子MGMTの関連性, 第27回日本呼吸器外科学会総会, 2010年5月.
24)先山 正二, 監﨑 孝一郎, 鳥羽 博明, Khasag Narmisheekh, 宇山 攻, 中川 靖士, 滝沢 宏光, 近藤 和也, 丹黒 章 : 豚を用いた胎生期肺組織移植の実験的検討-ラットで得られた知見との比較を含めて-, 第27回日本呼吸器外科学会総会, 2010年5月.
25)監﨑 孝一郎, 生島 仁史, 近藤 和也, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 滝沢 宏光, 先山 正二, 丹黒 章 : 原発性肺癌Ⅰ期における消極的肺部分切除と定位放射線治療との比較, 第27回日本呼吸器外科学会総会, 2010年5月.
26)澤田 徹, 滝沢 宏光, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 近藤 和也, 丹黒 章 : CT画像を用いた右上葉切除術前および術後の肺容積の変化についての検討, 第27回日本呼吸器外科学会総会, 2010年5月.
27)鳥羽 博明, 近藤 和也, 滝沢 宏光, 高嶋 美佳, 森本 雅美, 兼松 美幸, 中川 靖士, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 丹黒 章 : 肺癌術後再発症例の検討, 第27回日本呼吸器外科学会総会, 2010年5月.
28)高嶋 美佳, 鳥羽 博明, 監﨑 孝一郎, 森本 雅美, 兼松 美幸, 中川 靖士, 滝沢 宏光, 先山 正二, 近藤 和也, 丹黒 章 : 当科における肺動静脈瘻手術症例の臨床的検討, 第27回日本呼吸器外科学会総会, 2010年5月.
29)川田 祐子, 滝沢 宏光, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 近藤 和也, 島田 光生, 丹黒 章 : 先天性心膜欠損を合併した肺嚢胞症の一切除例, 第27回日本呼吸器外科学会総会, 2010年5月.
30)兼松 美幸, 高嶋 美佳, 森本 雅美, 井上 聖也, 藤原 聡史, 鳥羽 博明, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 近藤 和也, 丹黒 章 : 非小細胞肺癌に対する術後補助療法としてのweekly paclitaxel+carboplatin(wTJ)併用療法の検討, 第27回日本呼吸器外科学会総会, 2010年5月.
31)森本 雅美, 鳥羽 博明, 先山 正二, 兼松 美幸, 藤原 聡史, 井上 聖也, 中川 靖士, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 近藤 和也, 丹黒 章 : 多中心性に発生したと考えられた同時性多発胸腺腫の1例, 第27回日本呼吸器外科学会総会, 2010年5月.
32)古谷 俊介, 佐瀬 卓也, 川中 崇, 久保 亜貴子, 生島 仁史 : シンチレーション式サーベイメーターを用いた簡易的なヨウ素125密封小線源の線源強度測定システムの検討, 日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第12回研究会, 2010年5月.
33)中田 栄司, 行待 芳浩, 那住 善治郎, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : 新規な細胞膜透過性SNARF誘導体による細胞内pHの効果的な計測, 日本ケミカルバイオロジー学会第5回年会, 2010年5月.
34)佐藤 光代, 平岡 葉月, 山本 良, 永峰 康孝, 庄野 和子, 土井 俊夫, 山田 博胤, 齋藤 憲 : 特異な心電図所見を呈した肥大型心筋症の親子例, 第59回日本医学検査学会, 2010年5月.
35)岩﨑 英隆, 戸田 直紀, 東 貴弘, 高橋 美香, 中村 克彦, 久保 均, 原田 雅史, 大崎 康宏, 武田 憲昭 : 病的共同運動に対するボツリヌス・ミラーバイオフィードバック療法が大脳皮質運動野に与える影響:fMRIによる検討, 第33回日本顔面神経研究会, 2010年5月.
36)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : 大学生のうつ病認知スケール結果と心理支援教育体制の必要性, 第18回日本小児心身医学会中国四国地方会, 2010年5月.
37)關戸 啓子 : 女子大学生におけるダイエットと食生活状況, 日本家政学会第62回大会, 2010年5月.
38)橋本 浩子, 谷 洋江 : 看護学実習における学生の子どもに対する理解と自己肯定感の変化, 日本小児看護学会第20回学術集会, Vol.20, 237, 2010年6月.
39)村上 圭史, 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌臨床分離株におけるRSCVの分離と抗菌薬抵抗性について, 第58回日本化学療法学会学術講演会, 2010年6月.
40)先山 正二, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 近藤 和也, 丹黒 章 : 当科におけるmulti-modality methodを用いた気管支鏡検査の教育方法, 第33回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2010年6月.
41)Abdellah Hamed, 鳥羽 博明, 先山 正二, 山本 良, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 近藤 和也, 丹黒 章 : Holter ECG Monitoring of Sympathovagal Fluctuations During Bronchoscopy, 第33回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2010年6月.
42)兼松 美幸, 鳥羽 博明, 先山 正二, 三好 孝典, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 近藤 和也, 丹黒 章 : 小型末梢肺病変に対するVBN併用下CTガイド下気管支鏡下コイルマーキング, 第33回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2010年6月.
43)鳥羽 博明, 先山 正二, 兼松 美幸, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 近藤 和也, 丹黒 章 : CT所見から見た小型末梢肺病変に対する極細径気管支鏡を用いたCTガイド下肺生検の適応の再構築, 第33回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2010年6月.
44)河南 真吾, 監﨑 孝一郎, 鳥羽 博明, 森本 雅美, 中川 靖士, 滝沢 宏光, 先山 正二, 近藤 和也, 丹黒 章 : 巨大気腫性肺嚢胞に対して嚢胞内ドレナージ後に気管支塞栓術+フィブリン糊嚢胞内注入により治療した1例, 第33回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2010年6月.
45)鳥羽 和佳奈, 鳥羽 博明, 木村 久美, 澤井 真由美, 大西 節子, 久米 博子, 近藤 和也 : 徳島大学病院におけるDPC適合型肺がん手術クリティカルパスのバリアンス分析と改訂, 第12回日本医療マネジメント学会学術総会, 2010年6月.
46)滝沢 宏光, Khalil Harmed Abdellah, 近藤 和也, 松岡 永, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 柿内 聡司, 曽根 三郎, 丹黒 章 : 5-アミノレブリン酸を用いた胸膜悪性腫瘍の蛍光診断, 第20回日本光線力学学会学術講演会, 2010年6月.
47)中田 栄司, 行待 芳浩, 那住 善治郎, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : 外部刺激応答型蛍光プローブの開発と低酸素細胞の選択的可視化への応用, 第16 回国際癌治療増感研究会, 2010年6月.
48)宇都 義浩, 安部 千秋, 中江 崇, 村井 絵美, 遠藤 良夫, 富永 正英, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵モデルによる糖ハイブリッド放射線増感剤のin vivo放射線増感活性の評価, 第16回国際癌治療増感研究会, 2010年6月.
49)多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 看護学生がケアリングと認識した体験の内容, 第22回日本看護福祉学会全国学術大会抄録集, 60, 2010年6月.
50)今井 芳枝, 雄西 智惠美, 森 恵子, 板東 孝枝 : 高齢者看護学実習における学生のケア姿勢及び実習に関する自己評価との関連, 日本看護学教育学会誌, Vol.20, 264, 2010年7月.
51)片岡 三佳, 千葉 進一, 谷岡 哲也 : 非定型抗精神病薬へのスイッチングに対する看護師の認識, 第41回日本看護学会抄録集-精神看護, 81, 2010年7月.
52)藤川 栄二, 安原 由子, 谷岡 哲也, 藤永 裕之 : 虚血性心疾患患者の退院前後の生活リズムとQOLの変化―待機的PCI施行患者に焦点を当てて―, 第16回心臓リハビリテーション学会学術集会, 188, 2010年7月.
53)安原 由子, 藤川 栄二, 谷岡 哲也, 藤永 裕之 : 虚血性心疾患患者の退院前後の生活リズム変化―70歳代の待機的PCI施行患者の性差に注目して―, 第16回心臓リハビリテーション学会学術集会, 188, 2010年7月.
54)近藤 正, 上野 淳二, 髙尾 正一郎 : 改良形GMDH-typeニューラルネットワークを用いた肝臓癌の医用画像診断, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.MI2010-42, 27-32, 2010年7月.
55)森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 川田 祐子, 斎藤 裕, 原田 雅史 : Gd-EOB-DTPA造影MRIを用いた肝不全時の肝予備能の検討, 第28回 日本肝移植研究会, 2010年7月.
56)太田 理絵, 仁木 敏之, 岩瀬 俊, 坂東 左知子, 久岡 白陽花, 楠瀬 賢也, 上田 由佳, 冨田 紀子, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆, 原田 雅史, 髙尾 正一郎 : 軽微な臨床経過にもかかわらず心臓MRI検査にて異常所見を認めた急性心筋炎の1例, 第241回徳島医学会学術集会(平成22年度夏期), 2010年7月.
57)廣原 紀恵, 奥田 紀久子, 郷木 義子 : 高校生男女のやせ願望とダイエットについて, 第6回中国四国思春期学会プログラム・抄録集, 13, 2010年7月.
58)森脇 智秋, 郷木 義子, 廣原 紀恵 : 中学生が助産師に求める性教育に関する内容検討, 第6回中四国思春期学会, 8, 2010年7月.
59)二宮 恒夫 : 開会講演「おとなの気づかない子どものストレス」, 第6回中国四国思春期学会学術集会, 2010年7月.
60)藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子 : 山間地域で主体的に運営する産業に従事している高齢者の保健行動, 日本看護福祉学会全国学術大会抄録集, 47, 2010年7月.
61)花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 岩橋 衆一, 斎藤 裕, 川田 祐子, 原田 雅史 : Gd-EOB-DTPA造影MRIを用いた新しい肝予備能評価法の検討, 第46回 日本肝癌研究会, 2010年7月.
62)前澤 博, 佐藤 浩之, 金 世洸, 伊丹 淳 : 肺がん由来細胞の遊走に対するX線及び再酸素化の効果, 第49回日本医学放射線学会生物部会学術大会講演要旨集, 15, 2010年7月.
63)多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子, 岡久 玲子 : 地域看護学履修前に看護大学生が認識している保健師の役割, 日本地域看護学会第13回学術集会講演集, 152, 2010年7月.
64)田村 綾子 : 第19回日本意識障害学会教育講演「脳卒中リハビリテーション看護」認定看護師による急性期リハビリテーションの意義, --- ' ---, 2010年7月.
65)近藤 正, 上野 淳二, 髙尾 正一郎 : 人工知能を用いた肝臓癌の医用画像診断, Proceedings of JAMIT2010, No.OP4-5, 1-10, 2010年7月.
66)關戸 啓子 : 入学間もない看護学生の大学生活への適応状態, 日本看護学教育学会第20回学術集会, 2010年7月.
67)安原 由子, 川西 千恵美 : 虚血性心疾患患者の退院前後の活動の変化ー女性の虚血性心疾患患者と待機PCI患者との比較ー, 日本看護研究会 第36回学術集会抄録集, 2010年8月.
68)岩佐 幸恵, 川西 千恵美 : 夕方からの労働が自律神経活動のサーカディアンリズムに与える影響, 日本看護研究学会, Vol.33, No.3, 337, 2010年8月.
69)關戸 啓子 : 看護学生の食生活に関する調査, 第36回日本看護研究学会学術集会, 2010年8月.
70)遠藤 桂輔, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 西尾 進, 冨田 紀子, 三木 淳子, 林 修司, 玉井 利奈, 河野 裕美, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 齋藤 憲, 佐田 政隆 : EPA/AA比は冠動脈疾患の重症度に相関する:徳島大学病院循環器内科データベースを用いた検討, 第58回日本心臓病学会学術集会, 2010年9月.
71)Masahito Tomotake : (Symposium) Relation among cognitive dysfunction, quality of life and clinical symptoms in schizophrenia patients, 第20回日本臨床精神神経薬理学会・第40回日本神経精神薬理学会合同年会, Sep. 2010.
72)竹内 麻由美, 松崎 健司, 原田 雅史 : 3T-MRスペクトロスコピーによる卵巣腫瘍の検討, JSAWI (The Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging) 第11回シンポジウム, 2010年9月.
73)工藤 友紀, 榎本 葵, 谷 洋江, 橋本 浩子, 二宮 恒夫, 香美 祥二 : 1型糖尿病患児の学校での療養行動における現状と課題, 第57回日本小児保健学会, 187, 2010年9月.
74)市原 多香子, 田村 綾子, 桑村 由美, 南川 貴子 : 生活習慣病予防を目指すための勤労成人における身体活動習慣の特性把握, 体力科学, Vol.59, No.6, 808, 2010年9月.
75)近藤 和也, ハーメド・カーリル・アリ アブデラ, 名村 寿章, 仙波 義貴, 滝沢 宏光, 中川 靖士, 鳥羽 博明, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 丹黒 章 : クロム工場労働者の肺がんにおける癌抑制遺伝子のDNAメチル化, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年9月.
76)藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続時間CT画像再構成法の電子回路実装, 第25回生体・生理工学シンポジウム論文集, 277-280, 2010年9月.
77)山口 雄作, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続法によるCT再構成画像の性質, 第33回日本生体医工学会中国四国支部大会プログラム講演抄録, 20, 2010年9月.
78)中田 栄司, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : がん細胞内pHを検出するための蛍光性pHインジケーターの開発, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年9月.
79)阪間 稔, 佐瀬 卓也, 北出 崇, 敷野 修 : 全自動固相抽出法を組み合わせたオンラインICP-DRC-MSによる環境試料中のウラン,トリウム及び主要元素の定量・同位体分析の開発, 第54回放射化学討論会, 2010年9月.
80)長篠 博文, 木内 陽介, ダネッシュ A. アリ, パンディア S. アビジット : 耳鳴り音響療法治療過程のための神経細胞回路モデルの改良, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 184, 2010年9月.
81)藤原 信, 芥川 正武, 木内 陽介, 長篠 博文, 榎本 崇宏, 小中 信典 : ニューラルネットワークによるEEG解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 194, 2010年9月.
82)鴻野 浩一郎, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 長篠 博文, 小中 信典, 加治 芳雄, 七條 文雄, 古川 和彦, 木内 陽介 : ニューラルネットワークを用いた自発α活動の推定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 195, 2010年9月.
83)重田 誠, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 古川 和彦, 小中 信典, 長篠 博文, 木内 陽介 : 独立成分分析に基づく効果的な視覚誘発電位抽出に関する検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 207, 2010年9月.
84)花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 斎藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 原田 雅史 : Gd-EOB-DTPA造影MRIを用いた新しい肝予備能評価法の検討, 第5回肝癌治療シミュレーション研究会, 2010年9月.
85)竹内 麻由美, 松崎 健司, 原田 雅史 : 卵巣腫瘍の1H-MRS による検討: 2-2.1ppm ピークの臨床的意義について, 第38回日本磁気共鳴医学会大会, 2010年9月.
86)關戸 啓子 : 看護系大学新1年生の大学生活への満足度に関する調査, 日本応用心理学会第77回大会, 2010年9月.
87)安原 由子, 川西 千恵美, 谷岡 哲也, 藤川 栄二 : 地域で生活する虚血性心疾患患者のQOLの変化―待機的PCI患者と緊急PCI患者,性別での比較―, 日本看護学論文集 地域看護, 2010年10月.
88)田原 茉奈, 山口 加奈絵, 安原 由子, 川西 千恵美 : 若年女性喫煙者の禁煙を阻害する要素―大学生に焦点を当てて―, 第41回日本看護学術集会―地域看護―, 218, 2010年10月.
89)森 裕一朗, 小原 知大, 西原 貞光 : 本学におけるX線CT装置の性能評価実験環境の構築, 中四国放射線医療技術フォーラム プログラム抄録集, 48, 2010年10月.
90)小原 知大, 森 裕一朗, 西原 貞光 : 距離の逆二乗法則を利用した画像生成システムに対する入力信号の正確性と再現性の検討, 中四国放射線医療技術フォーラム プログラム抄録集, 83, 2010年10月.
91)森田 奈緒美, 大塚 秀樹, 原田 雅史, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 寺澤 由佳, 梶 龍兒 : TIA症例に対するDWI所見の検討, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, S191, 2010年10月.
92)岡崎 敏之, 影治 照喜, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 森田 奈緒美, 原田 雅史 : 脳腫瘍診断のためのadvanced MR imagingの有用性, 第15回日本脳腫瘍の外科学会, 2010年10月.
93)上村 浩一, 松井 寿美佳, 山本 哲史, 安井 敏之, 苛原 稔 : 閉経周辺期女性の血管脈派伝播速度に影響を及ぼす因子の検討, 第25回日本更年期医学会学術集会, 2010年10月.
94)谷 洋江 : 摂食障害のリスクがある1型糖尿病をもつ思春期女性への支援, 日本糖尿病教育・看護学会, Vol.14, 122, 2010年10月.
95)森 達夫, 森 健治, 東田 好広, 藤井 笑子, 宮崎 雅仁, 原田 雅史, 香美 祥二 : てんかんを合併する22q11.2欠失症候群-1H-MRSおよび123I-iomazenil(IMZ)SPECTによる検討-, 第44回日本てんかん学会, 2010年10月.
96)森 健治, 森 達夫, 東田 好広, 藤井 笑子, 宮崎 雅仁, 原田 雅史, 香美 祥二 : 脳室周囲白質軟化症を伴うWest症候群-subtraction SPECTによるスパスム発現様式の検討-, 第44回日本てんかん学会, 2010年10月.
97)水瀬 一生, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌ladS遺伝子の抗菌薬抵抗性への影響について, 第63回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2010年10月.
98)市原 多香子, 田村 綾子, 桑村 由美, 南川 貴子 : 2型糖尿病発症予防に関する勤労成人に実施した実態調査, --- 日常生活における身体活動習慣とBMI・血清脂質・血糖の関係 ---, 日本糖尿病教育・看護学会誌第15回日本糖尿病教育・看護学会学術集会抄録集, Vol.14, 207, 2010年10月.
99)藤井 智惠子, 多田 敏子, 岡久 玲子, 松下 恭子 : 学内演習「健康教育」における看護大学4年生の学びの特性, 日本公衆衛生雑誌, Vol.56, No.10, 582, 2010年10月.
100)渡邊 浩良, 岡村 和美, 井上 奈巳, 花岡 尚賢, 遠藤 健次, 先山 正二, 生島 仁史, 安井 夏生, 香美 祥二 : 再発骨軟部腫瘍の3例, 第62 回 中国四国小児科学会, 2010年10月.
101)滝沢 宏光, Khalil Harmed Abdellah, 近藤 和也, 松岡 永, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 柿内 聡司, 曽根 三郎, 丹黒 章 : 5-アミノレブリン酸を用いた胸膜悪性腫瘍の蛍光診断, 第63回日本胸部外科学会定期学術集会, 2010年10月.
102)鳥羽 博明, 先山 正二, 監﨑 孝一郎, 川上 行奎, 滝沢 宏光, 近藤 和也, 丹黒 章 : 胎仔肺組織移植により移植したグラフト内でのTTF-1発現の検討, 第63回日本胸部外科学会定期学術集会, 2010年10月.
103)福森 知治, 中逵 弘能, 二宮 郁, 白戸 玲臣, 橋根 勝義, 古谷 俊介, 生島 仁史, 山本 恭代, 山口 邦久, 岸本 大輝, 井崎 博文, 高橋 正幸, 金山 博臣 : 早期前立腺がんの治療戦略 早期前立腺癌に対する密封小線源療法の臨床的検討, 第48回日本癌治療学会学術集会, 2010年10月.
104)田村 綾子 : 第69回日本脳神経外科学会ニューロナースとのシ ョイントセッション`「脳神経外科医療における認定看護師の役割」, 2010年10月.
105)山口 雄作, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続法を用いたCT画像再構成の特徴, 第6回 中四国放射線医療技術フォーラム2010プログラム抄録集, 82, 2010年10月.
106)湯浅 千尋, 田辺 円花, 富永 正英, 佐々木 幹治, 生島 仁史 : CR装置を用いたMLCのQAについての一考察, 2010年10月.
107)田辺 円花, 湯浅 千尋, 富永 正英, 佐々木 幹治, 生島 仁史 : MUの独立検証, --- 乳腺照射におけるRTPSと独立検証ソフトウェアとの比較 ---, 2010年10月.
108)木村 雅司, 佐々木 幹治, 岸 太郎, 川下 徹也, 原 康男, 福永 有希子, 下窪 康史, 高志 智, 生島 仁史 : 2次元半導体検出器における線量測定精度について, 第18回(社)日本放射線技師会中四国放射線技師学術大会・第51回日本放射線技術学会中国四国部会学術大会, 2010年10月.
109)廣原 紀恵, 岡久 玲子, 郷木 義子, 奥田 喜久子 : 学校保健と地域保健の連携に関する過去10年間の文献検討, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集 東京, Vol.57, No.10, 520, 2010年10月.
110)岡島 さおり, 松井 道子, 佐藤 美佐子, 佐伯 和子, 岡本 里美, 多田 敏子 : 保健師教育の質を保証する地域看護学実習モデルの構築(第2報) 理想的実習モデル, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 490, 2010年10月.
111)松本 珠実, 横山 美江, 藤山 明美, 岡本 里美, 岡島 さおり, 鎌田 久美子, 佐伯 和子, 佐藤 美佐子, 多田 敏子, 松井 道子 : 保健師教育の質を保証する地域看護学実習のあり方(第2報) 実習施設インタビュー分析, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 489, 2010年10月.
112)岡本 里美, 藤山 明美, 横山 美江, 松本 珠実, 岡島 さおり, 鎌田 久美子, 佐伯 和子, 佐藤 美佐子, 多田 敏子, 松井 道子 : 保健師教育の質を保証する地域看護学実習モデルの構築(第1報) 4単位実習モデル, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 489, 2010年10月.
113)野口 久美子, 藤山 明美, 藤丸 知子, 横山 美江, 鎌田 久美子, 松本 珠実, 多田 敏子, 岡島 さおり, 岡本 里美, 佐伯 和子, 佐藤 美佐子, 松井 道子 : 保健師教育の質を保証する地域看護学実習のあり方(第1報) 教育機関インタビュー分析, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 489, 2010年10月.
114)多田 美由貴, 多田 敏子 : 統合ケアを利用する高齢者の子どもとのサポート授受 生きがいとの関連からみた特徴, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 365, 2010年10月.
115)大友 英里, 多田 敏子 : 過疎地域の30∼50歳代の住民のがん検診に関する情報利用の実態, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 278, 2010年10月.
116)岡久 玲子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 松下 恭子 : 自然科学系研究者の持つ生活改善過程における力の分析, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 258, 2010年10月.
117)吉田 みどり, 多田 敏子 : 既存資料からみたがん検診受診率と死亡率の性差および地域差の検討, 第69回日本公衆衛生学会総会抄録集, 252, 2010年10月.
118)吉留 厚子, 林 猪都子, 石走 知子 : 望まない妊娠を防止するための助産師の受胎調節指導活動活性化のためのリカレント教育研究・第2報, 母性衛生, 2010年11月.
119)郷木 義子, 奥田 紀久子, 廣原 紀恵 : 大学生の性行動及び性感染症に関する知識の実態と自尊感情との関連, 学校保健研究, Vol.52, 429, 2010年11月.
120)奥田 紀久子, 郷木 義子, 棟方 百熊, 廣原 紀恵, 西岡 かおり : 大学生の性行動と「STD予防行動に関与する意識」及び「信頼感」との関連, 学校保健研究, Vol.52, No.suppl., 430, 2010年11月.
121)西岡 将規, 栗田 信浩, 吉川 幸造, 岩田 貴, 森本 慎也, 宮谷 知彦, 政清 史晃, 原田 雅文, 上野 淳二, 西谷 弘, 仁木 登, 島田 光生 : CADSによるリンパ節転移自動診断(モダリティー比較), 第19回日本コンピューター外科学会, 2010年11月.
122)近藤 和也, Hamed Ali Abdellah Khalil, 滝沢 宏光, 中川 靖士, 鳥羽 博明, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 丹黒 章 : クロム酸塩に暴露した労働者に発生した肺癌における癌関連遺伝子の異常, 第51回日本肺癌学会総会, 2010年11月.
123)藤田 結衣, 近藤 和也, Hamed Ali Abdellah Khalil, 名村 寿章, 仙波 義貴, 滝沢 宏光, 中川 靖士, 鳥羽 博明, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 丹黒 章 : クロム工場従事者におけるlung cancer susceptibilityの解析, 第51回日本肺癌学会総会, 2010年11月.
124)滝沢 宏光, 近藤 和也, 鳥羽 博明, 梶浦 耕一郎, 宇山 攻, 中川 靖士, 川上 行奎, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 丹黒 章 : 呼吸器領域におけるレーザー診断・治療の現況と展望, 第31回日本レーザー医学会総会, 2010年11月.
125)二宮 恒夫 : 看護の質向上に求められるもの, 第7回HBS公開シンポジウム「現代医療における高度実践看護の役割」, 2010年11月.
126)久保 亜貴子, 古谷 俊介, 山崎 浩実, 岩河 早保, 工藤 隆治, 川中 崇, 生島 仁史 : 根治的化学放射線治療後再発子宮頸癌に対する救済療法の検討, 日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会, 2010年11月.
127)坂東 良太, 川中 崇, 工藤 隆治, 原 康男, 佐々木 幹治, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 生島 仁史 : 頭頚部腫瘍に対する放射線治療中の解剖学的変化に関する検討, 日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会, 2010年11月.
128)桑原 典子, 川畑 未由貴, 多田 敏子, 岡久 玲子 : 医療系学生における受動喫煙に関する意識調査, 2010年11月.
129)二宮 恒夫, 井﨑 ゆみ子, 中津 忠則 : 大学生のうつ病認知スケール結果を学校精神保健にどう活かすか, 第41回全国学校保健・学校医大会, 2010年11月.
130)廣原 紀恵, 奥田 紀久子, 青木 圭子, 中村 真由美, 山田 進一, 中瀬 勝則, 郷木 義子, 藤井 智惠子, 棟方 百熊, 近藤 和也 : 小学生への防煙教育の効果及び家族の喫煙に関する実態調査, 第5回日本禁煙科学会学術総会, 2010年11月.
131)奥田 紀久子, 青木 圭子, 中村 真由美, 棟方 百熊, 藤井 智惠子, 廣原 紀恵, 大塚 明廣, 中瀬 勝則, 山田 進一, 佐藤 純子, 近藤 和也, 郷木 義子 : 徳島県の小・中・高等学校等における防煙教育および防煙対策の実態, 第5回日本禁煙科学会学術総会, 2010年11月.
132)近藤 和也 : 肺がんと喫煙(職場における喫煙対策を含めて), 第5回日本禁煙科学会学術総会, 2010年11月.
133)棟方 百熊, 中瀬 勝則, 奥田 紀久子, 廣原 紀恵, 青木 圭子, 中村 真由美, 藤井 智惠子, 大塚 明廣, 山田 進一, 佐藤 純子, 近藤 和也, 郷木 義子 : 高校生の喫煙に関する認識に対する家族の影響, 第5回日本禁煙科学会学術総会, 2010年11月.
134)近藤 正 : 人工知能を用いた医用画像診断支援システムの開発, 計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, No.241, 1-2, 2010年11月.
135)村上 千尋, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 工藤 隆治, 尾崎 享祐, 生島 仁史 : 子宮頸癌に対するclinical target volume 設定ガイドラインの検証, 日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会, 2010年11月.
136)工藤 隆治, 古谷 俊介, 川中 崇, 久保 亜貴子, 村上 千尋, 岩河 早保, 山埼 浩実, 生島 仁史 : 192-Ir モールド照射時の鉛とアクリルによる遮蔽効果の検討, 日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会, 2010年11月.
137)長篠 博文, 芥川 正武, 木内 陽介 : MRI装置の騒音の脳波への影響, 計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, 234, 2010年11月.
138)村上 圭史, 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌におけるc-di-GMPと抗菌薬抵抗性との関連について, 第58回日本化学療法学会西日本支部総会, 2010年11月.
139)二宮 恒夫 : 分科会「周産期からの子ども虐待一次予防における課題の解決に向けて」:精神科医との連携体制, 日本子ども虐待防止学会第16回学術集会くまもと大会, 2010年11月.
140)宇高 憲吾, 松井 尚子, 宮本 亮介, 寺澤 由佳, 佐藤 健太, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 藤井 志朗, 竹内 恭子, 安倍 正博, 原田 雅史 : 多発性骨髄腫の経過中に進行性多巣性白質脳症をきたした一例, 四国医学雑誌, Vol.66, No.5-6, 198, 2010年12月.
141)木村 優人, 森本 友樹, 佐藤 綾, 香川 典子, 香川 聖子 : 剖検心の病理学的検討:心筋線維の走行に沿った切り出し方法による, 徳島県臨床検査技師会誌(第34回徳島県医学検査学会抄録集), 31, 2010年12月.
142)森本 友樹, 木村 優人, 佐藤 綾, 香川 典子, 香川 聖子 : ジストロフィのパチーにおける心筋内炎症性細胞の免疫組織化学的検討, 徳島県臨床検査技師会誌(第34回徳島県医学検査学会抄録集), 32, 2010年12月.
143)石走 知子 : 新たな時代の性教育を考える-性感染症の予防と受診を中心に-, 日本性感染症学会, 2010年12月.
144)阪間 稔, 佐瀬 卓也, 敷野 修, 北出 崇 : 環境試料中の放射能と元素濃度及び同位体比の統合測定システムの開発, 第9回日本放射線安全管理学会年会, 2010年12月.
145)山本 真由美, 二宮 恒夫 : 気になる養育者の理解困難な感情への対応, 子ども虐待防止ワークショップ, 2010年12月.
146)森 達夫, 森 健治, 藤井 笑子, 東田 好広, 宮崎 雅仁, 香美 祥二, 原田 雅史 : てんかんを合併する22q11.2欠失症候群 -1H-MRSおよび123I-iomazenil (IMZ)SPECTによる検討-, 第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
147)二宮 恒夫 : 特別講演「気づかれない虐待と子どもの心の発達」, 日本小児科学会香川地方会, 2010年12月.
148)平田 有紀奈, 猪井 紅美子, 安藝 健作, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 細井 英司, 谷口 友紀, 川添 和義, 水口 和生 : 血小板モデル細胞を用いた薬剤評価測定系の確立, 第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
149)福良 歌奈恵, 泉 あずさ, 安藝 健作, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 細井 英司 : 非侵襲的サンプルからの抽出DNAを用いたPASA法でのABO遺伝子解析, 第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
150)猪井 紅美子, 平田 有紀奈, 安藝 健作, 曽根 淳美, 足立 麻衣, 細井 英司, 川添 和義, 水口 和生 : ストレス条件下における免疫パラメータの変動, 第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
151)泉 あずさ, 福良 歌奈恵, 安藝 健作, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 細井 英司 : Direct PCRキットによるPASA法でのABO遺伝子解析, 第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
152)曽宮 葉子, 小寺 佑佳, 西田 みなみ, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 鹿山 鎭男, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 水瀬 一生, 野間 保喜 : 緑膿菌におけるc-di-GMPと抗菌薬抵抗性について, 第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
153)西田 みなみ, 小寺 佑佳, 曽宮 葉子, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 水瀬 一生, 野間 保喜 : 抗菌薬による緑膿菌RSCVの誘導について, 第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
154)小寺 佑佳, 曽宮 葉子, 西田 みなみ, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 水瀬 一生, 野間 保喜 : 緑膿菌臨床分離株のRSCVの分離と抗菌薬感受性について, 第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
155)近藤 洋史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 平尾 功治, 松尾 敬志 : THP-1細胞のケモカイン産生に及ぼす口腔レンサ球菌ヒストン様DNA結合タンパク質の影響, 第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
156)間宮 真奈美, 辻本 麻愉, 齋藤 憲, 遠藤 桂輔 : 無線ヘッドホンを用いた心音・心機図検査装置の使用経験, 第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
157)辻本 麻愉, 間宮 真奈美, 齋藤 憲 : 職場検診例に於ける早期再分極の出現頻度とその特徴, 第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
158)山崎 優, 元野 睦美, 齋藤 憲 : 若年健常者における不整脈基質の変遷, 第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
159)元野 睦美, 山崎 優, 齋藤 憲, 吉川 陽子, 矢野 勇人 : 冠攣縮性狭心症における虚血性J波の出現様式に関する検討, 第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
160)藤井 智惠子, 多田 敏子, 岡久 玲子, 松下 恭子, 片岡 三佳, 千葉 進一 : 看護大学生の地域看護学実習における健康教育からの学びの一例, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 196-197, 2010年12月.
161)岡久 玲子, 藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子, 千葉 進一 : 看護大学生における体験型演習による保健指導技法の学びの分析, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 198-199, 2010年12月.
162)松下 恭子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 岡久 玲子 : 在宅看護学実習を通しての学生の学びと訪問看護への関心の検討, 第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 280-281, 2010年12月.
163)山崎 浩実, 古谷 俊介, 岩河 早保, 久保 亜貴子, 久保 亜貴子, 川中 崇, 生島 仁史 : 神経膠芽腫に対するテモゾロミド併用放射線治療成績, 第115回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2010年12月.
164)四釜 洋介, 小杉 知里, 片岡 菜奈子, 坂東 由記子, 秦 明子, 篠田 香織, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 庄野 真代, 簾 馨, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 船木 真理 : 非肥満者に見られる糖・脂質代謝異常,高血圧に脂肪組織の機能異常が関与する可能性の検討, 糖尿病, Vol.54, No.Suppl.1, S-355, 2011年.
165)坂東 由記子, 小杉 知里, 片岡 菜奈子, 四釜 洋介, 秦 明子, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 庄野 真代, 簾 馨, 篠田 香織, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 船木 真理 : 徳島県におけるadiponectinおよびHOMA-IRと糖・脂質早期代謝異常との相関性についての考察, 糖尿病, Vol.54, No.Suppl.1, S-248, 2011年.
166)安井 敏之 : HRT と不眠・うつ, 2011年1月.
167)二宮 恒夫, 山本 真由美, 佐藤 健二, 原 幸一, 境 泉洋, 内海 千種, 福森 崇貴 : 学生の自己評価向上支援のためのFD開発の必要性, 平成22年度全学FD大学教育カンファレンスin徳島, 2011年1月.
168)二宮 恒夫, 芝﨑 恵, 谷 洋江, 橋本 浩子, 郷木 義子, 廣原 紀恵, 板東 孝枝, 奥田 紀久子, 岸田 佐智 : 高校生の授業参加と理解度,授業評価, 平成22年度全学FD大学教育カンファレンスin徳島.2011.1.21., 2011年1月.
169)關戸 啓子, 安原 由子 : 「介護実習」を終えた看護学生による「人間関係論」の評価, 平成22年度大学教育カンファレンスin徳島, 2011年1月.
170)安原 由子, 關戸 啓子 : 医療職を目指す多専攻の学生が合同で履修する「介護実習」の学び, 平成22年度大学教育カンファレンスin徳島, 2011年1月.
171)山口 雄作, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続CT 画像再構成法の性能評価, 医用画像情報学会 平成22年度春季(第159回)大会, 2011年2月.
172)板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 森 恵子 : 治療過程にある肺がん患者の不快症状に関する国内文献レビュー, 第25回日本がん看護学会学術集会, Vol.25, 192, 2011年2月.
173)森 恵子, 秋元 典子 : 食道がんのためんい食道切除術を受けた患者の術後生活再構築プロセス, 第25回日本がん看護学会学術集会, 203, 2011年2月.
174)今井 芳枝, 雄西 智惠美, 森 恵子, 板東 孝枝 : 外来通院中の高齢がん患者の``がんと共に生きる''ことへの受け止めと心理的適応状態の関連, 第25回日本がん看護学会学術集会, Vol.25, 335, 2011年2月.
175)上田 伊沙子, 雄西 智惠美 : 再発・転移した乳がん体験者の心理的適応に影響する要因, 第25回日本がん看護学会学術集会, 351, 2011年2月.
176)岡久 玲子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 松下 恭子, 佐田 政隆 : 高血圧予防をテーマにした市民公開講座参加者の保健行動について, 第242回徳島医学会学術集会,平成22年度冬期, 2011年2月.
177)末広 英也, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 坂東 左知子, 久岡 白陽花, 林 修司, 仁木 敏之, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 能勢 隼人, 大塚 秀樹, 髙尾 正一郎, 原田 雅史 : 心サルコイドーシスにおける左室形態異常の多様性, 第242回徳島医学会学術集会,平成22年度冬期, 2011年2月.
178)坂東 美佳, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 竹内 秀和, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 能勢 隼人, 大塚 秀樹, 原田 雅史 : 拡張型心筋症として診断・加療されていた心サルコイドーシスの一例, 第242回徳島医学会学術集会,平成22年度冬期, 2011年2月.
179)山本 真由美, 二宮 恒夫 : 気になる養育者のアセスメントと子育て支援, 子ども虐待防止ワークショップ, 2011年2月.
180)安原 由子, 岩佐 幸恵, 關戸 啓子, 谷岡 哲也, 奥田 紀久子, 廣原 紀恵, 芝﨑 恵, 岡久 玲子, 岸田 佐智 : 基礎看護学臨地実習前後の看護学生のストレス変化, 日本看護研究学会中国・四国地方会 第24回学術集会抄録集, 85, 2011年3月.
181)松下 恭子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 岡久 玲子 : 在宅看護学実習を通して学生が考えた老老介護, 第15回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 111, 2011年3月.
182)田島 壮一郎, 寺岡 和彦, 片島 るみ, 宮本 登志子, 川添 和義, 久次米 敏秀, 森田 奈緒美, 水口 和生, 原田 雅史, 楊河 宏章 : 自主臨床研究におけるCRC の役割 ―放射性薬剤の品質試験について―, 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
183)Noriko Yamano, Yasumasa Ikeda, Minoru Sakama, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : The alternation of iron transport-related genes in high fat diet-induced obese and diabetic mice, 第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
184)關戸 啓子, 安原 由子 : 看護系大学1年生の高齢者福祉施設における実習の学び, 日本看護研究学会中国・四国地方会第24回学術集会, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 作品等

(なし)

2010年度(平成22年度) / その他・研究会

1)川西 千恵美, 今井 芳枝, 大沢 歩, 安原 由子 : やってはいけない看護ケア, 2010年4月.
2)多田 敏子 : お遍路さんについて, SSKA全低肺, No.100, 3-4, 2010年4月.
3)高嶋 美佳, 鳥羽 博明, 先山 正二, 藤原 聡史, 兼松 美幸, 中川 靖士, 滝沢 宏光, 近藤 和也, 丹黒 章 : 縦隔リンパ節転移を有する胸腺異型カルチノイドに対して集学的治療を行った1例, 第53回関西胸部外科学会学術集会, 2010年6月.
4)多田 敏子 : 紫陽花の花のように, SSKA全低肺, No.100, 4-6, 2010年7月.
5)玉井 聖紀, 渡辺 夏未, 井村 裕吉 : モニタ管理の一手法について, 徳島県放射線技師会医療機器安全管理研修会, 2010年7月.
6)遠藤 桂輔, 山田 博胤, 西尾 進, 冨田 紀子, 楠瀬 賢也, 林 修司, 佐藤 光代, 平岡 葉月, 河野 裕美, 三木 淳子, 玉井 利奈, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 齋藤 憲 : 心電図異常を指摘され,心エコー検査で発見された左室緻密化障害の1例, 第3回蔵本エコーカンファレンス, 2010年7月.
7)藤原 信, 芥川 正武, 木内 陽介, 長篠 博文, 榎本 崇宏 : ニューラルネットワークを用いた脳機能変化の推定, 電子情報通信学会技術研究報告,MEとバイオサイバネティックス研究会 MBE2010-18, Vol.110, No.120, 13-16, 2010年7月.
8)監﨑 孝一郎, 近藤 和也, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 川上 行奎, 滝沢 宏光, 先山 正二, 丹黒 章 : 胸膜肺全摘術を施行した悪性胸膜中皮腫の臨床的検討, 第45回日本呼吸器学会 中国・四国地方会 第49回日本肺癌学会 中国・四国支部会, 2010年7月.
9)兼松 美幸, 監﨑 孝一郎, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 川上 行奎, 滝沢 宏光, 先山 正二, 近藤 和也, 丹黒 章 : 迷入性縦隔内甲状腺腫の一例, 第45回日本呼吸器学会 中国・四国地方会 第49回日本肺癌学会 中国・四国支部会, 2010年7月.
10)細井 英司 : 遺伝子からみたABO血液型, 平成22年度検査研究部門研修会:移植検査部門(特別講演), 2010年7月.
11)葉久 真理, 大橋 一友, 香山 晋輔, 酒井 規夫, 炭原 加代, 石走 知子, 竹林 桂子, 田中 恵子, 日隈 ふみ子, 山口 雅子 : 2011年 出題基準別助産婦国家試験問題, 2010年7月.
12)稲葉 直彦, 関川 宗久, 吉永 哲哉, 藤本 憲市, 坪内 孝司, 遠藤 哲郎 : あるSlow-Fast系にみられる混合モード振動の回路実験, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.165, 35-38, 2010年7月.
13)上田 知佳, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続CT画像再構成法の離散化に基づく反復法の性質, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.165, 5-9, 2010年7月.
14)藤原 政良, 武藏 美緒, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 離散時間ニューロンの3個結合系にみられる振動応答の分岐, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.165, 123-128, 2010年7月.
15)関川 宗久, 稲葉 直彦, 吉永 哲哉, 合原 一幸 : 微小周期外乱下における二対の安定および不安定なあひる解の形状の酷似について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.165, 39-42, 2010年7月.
16)近藤 和也 : 肺がん対策について, 平成22年度保健所技術職員スキルアップ研修事業「がん」に関する研修会, 2010年8月.
17)細井 英司 : 学生実習における危機管理マニュアル作成について「免疫血清学分野」, 第5回日本臨床検査学教育学会学術大会 「教員研修会:シンポ」, 2010年8月.
18)多田 敏子 : 熱中症について, SSKA全低肺, No.102, 3-5, 2010年9月.
19)中土井 芳弘, 亀岡 尚美, 友竹 正人, 大森 哲郎 : 摂食障害 徳島大学病院精神科における摂食障害患者の入院治療の検討, 日本児童青年精神医学会総会抄録集, Vol.52, 334, 2011年.
20)遠藤 桂輔, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 西尾 進, 冨田 紀子, 三木 淳子, 林 修司, 玉井 利奈, 河野 裕美, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 竹谷 善雄, 添木 武, 若槻 哲三, 赤池 雅史, 齋藤 憲, 佐田 政隆 : 陳旧性心筋梗塞症における心電図左房負荷所見の意義:心エコー・ドプラ法を用いた検討, 心・血管クラスターミニリトリート, 2011年1月.
21)鳥羽 博明, 先山 正二, 高田 香, 高嶋 美佳, 梶浦 耕一郎, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 近藤 和也, 丹黒 章 : 摘出時にラリンジアルマスクが効果的であった小児気管支異物の1例, 第19回日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会, 2011年1月.
22)名村 寿章, 近藤 和也, Ali Hamed Khalil Abdellah, 藤田 結衣, 岩佐 裕介, 仙波 義貴, 大岩 由香理, 高井 チカ子, 中川 靖士, 滝沢 宏光, 鳥羽 博明, 川上 行奎, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 丹黒 章 : 胸腺腫と胸腺癌におけるDNA修復遺伝子MGMT(O_6-methylguanine DNA methyltransferase)のメチル化, 第30回日本胸腺研究会, 2011年2月.
23)兼松 美幸, 滝沢 宏光, 近藤 和也, 池田 真由美, 三崎 万理子, 高嶋 美佳, 湊 拓也, 梶浦 耕一郎, 宇山 攻, 鳥羽 博明, 中川 美砂子, 川上 行奎, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 丹黒 章 : 肺癌術後に肺動脈血栓塞栓症ならびにAcinetobacter baumannii敗血症を発症し,治療に難渋した1例, 第19回徳島外科術後管理研究会, 2011年2月.
24)小川 拓也, 香川 聖子, 堀口 英久, 香川 典子, 坂下 直実 : 皮下および腹腔内腫瘍, 第107回日本病理学会中国四国支部学術集会, 2011年2月.

2010年度(平成22年度) / 報告書

1)鎌田 久美子, 岡島 さおり, 岡村 冨美子, 松本 珠実, 野口 久美子, 藤山 明美, 松井 通子, 大場 エミ, 今井 睦子, 尾形 由紀子, 佐伯 和子, 多田 敏子, 藤丸 知子, 横山 美江 : 平成22年度地域保健総合推進事業 保健師教育の質を確保するための臨地実習の方法と要件に関する調査研究, 平成22年度地域保健総合推進事業 保健師教育の質を確保するための臨地実習の方法と要件に関する調査研究, 1-80, 福岡, 2011年3月.

2011年度(平成23年度)

article.{@.date="20110400 20120399" @.organization=\E{131051}}

2011年度(平成23年度) / 著書

1)Ken'ichi Fujimoto, Mio Kobayashi and Tetsuya Yoshinaga : Discrete-Time Dynamic Image-Segmentation System in Discrete Time Systems (M. A. Jordán and J. L. Bustamante Eds.), INTECH, Rijeka, Apr. 2011.
2)生島 仁史 : 放射線治療が必要な場合とその方法は, 日本医事新報社, 2011年6月.
3)上野 淳二 : 標準放射線医学 第7版, --- 消化管・腹部一般 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2011年6月.
4)葉久 真理, 大橋 一友, 上田 隆, 香山 晋輔, 酒井 規夫, 島田 啓子, 田中 恵子, 冨松 拓治, 日隈 ふみ子 : 2012年出題基準別助産師国家試験重要問題集, メディカ出版, 2011年7月.
5)ベック アーロン, フリーマン アーサー, デイビス デニス, 井上 和臣, 友竹 正人 : 改訂第2版 パーソナリティ障害の認知療法 全訳版, 岩崎学術出版社, 2011年9月.
6)雄西 智惠美 : 第2回看護の質・専門性を高めるためにがん看護領域の教育者・高度看護実践者が伝えたいこと, 日総研, 2011年9月.
7)友竹 正人, 大森 哲郎 : 脳とこころのプライマリケア6 幻覚と妄想.Ⅴ章:臨床各科で遭遇する幻覚妄想.泌尿・生殖器系, シナジー, 2011年11月.
8)前澤 博 : 放射線生物学 改訂2版(放射線技術学シリーズ), オーム社, 2011年11月.
9)田村 綾子, 山内 豊明 : 病態生理DS辞典, メディカ出版・任天堂, 大阪, 2011年12月.
10)多田 敏子, 鈴木 るり子 : 大槌町保健師による全戸家庭訪問と被災地復興, 明石書店, 東京, 2012年3月.
11)久保 均, 原田 雅史 : 磁気共鳴スペクトルの医学応用 -MRSの基礎から臨床まで-, --- 多核種MRS ---, インナービジョン, 東京都文京区, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Masafumi Harada, Masako M. Taki, Ayumi Nose, Hitoshi Kubo, Kenji Mori, Hiromu Nishitani and Tsuyoshi Matsuda : Non-invasive evaluation of the GABAergic/glutamatergic system in autistic patients observed by MEGA-editing proton MR spectroscopy using a clinical 3 tesla instrument., Journal of Autism and Developmental Disorders, Vol.41, No.4, 447-454, 2011.
2)亀岡 淳一, 川上 和義, 三浦 昌人, 森山 隆則, 木田 和幸, 浦山 修, 輿石 一郎, 戸塚 実, 奥村 伸生, 岩渕 三哉, 大竹 茂樹, 涌澤 伸哉, 岡 昌吾, 三善 英知, 塩澤 俊一, 網崎 孝志, 荒尾 雄二郎, 高橋 睦夫, 細井 英司, 大澤 進, 原田 幸一, 粟田 久多佳, 石井 誠一, 金塚 完 : 全国20国立大学の保健学科検査科学専攻分野のカリキュラム・卒業後進路, 臨床検査学教育, Vol.3, No.2, 74-81, 2011年.
3)Shin-ichi Chiba, Tetsuya Tanioka, Mika Kataoka, Masahito Tomotake and Yuko Yasuhara : PSYCHOMS:COMPUTER MANAGED NURSING-CARE PLANNING SYSTEM AND COMPUTERIZED QUALITY MANAGEMENT OF NURSING OUTCOME, CEBU INTERNATIONAL NURSING CONFERENCE, 54, 2011.
4)Masahide Tominaga, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Noriyuki Moriyama, Kenji Yamada, Junji Ueno and Hiromu Nishitani : Measurements of multi-detector CT surface dose distributions using a film dosimeter and chest phantom, Medical Physics, Vol.38, No.5, 2467-2478, 2011.
5)今井 芳枝, 雄西 智惠美, 板東 孝枝 : 治療過程にある高齢がん患者の''がんと共に生きる''ことに対する受けとめ, 日本がん看護学会誌, Vol.25, No.1, 14-24, 2011年.
6)Masafumi Harada, Hitoshi Kubo, Ayumi Nose, Hiromu Nishitani and Tsuyoshi Matsuda : Measurement of variation in the human cerebral GABA level by in vivo MEGA-editing proton MR spectroscopy using a clinical 3 T instrument and its dependence on brain region and the female menstrual cycle., Human Brain Mapping, Vol.32, No.5, 828-833, 2011.
7)福森 知治, 中逵 弘能, 古谷 俊介, 布川 朋也, 武村 政彦, 山本 恭代, 山口 邦久, 岸本 大輝, 井崎 博文, 高橋 正幸, 生島 仁史, 金山 博臣 : 中間リスク群,高リスク群前立腺癌に対するI-125密封小線源療法の治療成績, Japanese Journal of Endourology, Vol.24, No.1, 131-135, 2011年.
8)Omar M. Abou Al-Ola, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Common Lyapunov function based on Kullback-Leibler divergence for a switched nonlinear system, Mathematical Problems in Engineering, Vol.2011, No.723509, 1-12, 2011.
9)Taisuke Yoshida, Motomu Suga, Kunimasa Arima, Yasuko Muranaka, Tsunehiko Tanaka, Satoshi Eguchi, Crystal Lin, Sumiko Yoshida, Masanori Ishikawa, Yuko Higuchi, Tomonori Seo, Yoshinori Ueoka, Masahito Tomotake, Yasuhiro Kaneda, David Darby, Paul Maruff, Masaomi Iyo, Kiyoto Kasai, Teruhiko Higuchi, Tomiki Sumiyoshi, Tetsuro Ohmori, Kiyohisa Takahashi and Kenji Hashimoto : Criterion and Construct Validity of the Cogstate Schizophrenia Battery in Japanese Patients with Schizophrenia, PLoS ONE, Vol.6, No.5, e20469, 2011.
10)Souichiro Nakayama, Toshiyuki Yasui, Masanori Suto, Miki Sato, Takashi Kaji, Hirokazu Uemura, Kazuhisa Maeda and Minoru Irahara : Differences in bone metabolism between singleton pregnancy and twin pregnancy., Bone, Vol.49, No.3, 513-519, 2011.
11)Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Masahiro Murakami, Riyo Kinouchi, Ganbat Gereltsetseg, Hiroshi Nakazawa, Satoshi Yamamoto, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara : Changes in responsiveness of appetite, leptin and hypothalamic IL-1β and TNF-α to lipopolysaccharide in developing rats., Journal of Neuroimmunology, Vol.236, No.1-2, 10-16, 2011.
12)佐々木 幹治, 富永 正英, 生島 仁史, 岸 太郎, 川下 徹也, 原 康男, 福永 有希子, 木村 雅司, 笈田 将皇 : Impact of multileaf collimator leaf positioning accuracy on intensity modulated radiation therapy, 日本放射線技術学会雑誌, Vol.67, No.5, 497-506, 2011年.
13)上田 伊佐子, 雄西 智惠美 : 再発・転移のある乳がん患者のコーピング方略と心理的適応, 日本看護科学学会誌, Vol.31, No.2, 42-51, 2011年.
14)Kunichika Tsumoto, Gen Kurosawa, Tetsuya Yoshinaga and Kazuyuki Aihara : Modeling Light Adaptation in Circadian Clock: Prediction of the Response That Stabilizes Entrainment, PLoS ONE, Vol.6, No.6, e20880, 2011.
15)D Gomez, R Komaki, J Yu, Hitoshi Ikushima and A Bezjak : Radiation therapy definitions and reporting guidelines for thymic malignancies., Journal of Thoracic Oncology, Vol.6, No.3, S1743-1748, 2011.
16)Tadashi Kondo, Junji Ueno and Shoichiro Takao : Medical image diagnosis of liver cancer using a neural network and artificial intelligence, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.15, No.6, 714-722, 2011.
17)Sumika Matsui, Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Satoshi Yamamoto, Toshiya Matsuzaki, Naoko Tsuchiya, Mitsutoshi Yuzurihara, Yoshio Kase and Minoru Irahara : Induction of circulating monocyte chemoattractant protein-1 in women with gonadotropin-releasing hormone agonist., Journal of Reproductive Immunology, Vol.90, No.2, 227-234, 2011.
18)Ayako Tamura, Takako Ichihara, Takako Minagawa, Yumi Kuwamura, Hiroko Kondo, Shinjiro Takata, Natsuo Yasui and Shinji Nagahiro : Exercise intervention soon after stroke patient onset to prevent muscle atrophy, British Journal of Neuroscience Nursing, Vol.7, No.4, 574-579, 2011.
19)Masahito Tomotake : Quality of life and its predictors in people with schizophrenia., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.3-4, 167-174, 2011.
20)Hai Lan, Hiromu Nishitani, Sadamitsu Nishihara, Junji Ueno, Shoichiro Takao, Seiji Iwamoto, Takashi Kawanaka, Mawlan MAHMUT and Si QINGGE : Using the MDCT thick slab MinIP method for the follow-up of pulmonary emphysema, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.3, 175-179, 2011.
21)Minoru Sakama, Takuya Saze, K. Maeda, Eiichi Honda and Hiromu Nishitani : The Distribution of Thermal Neutron Flux into the Self-shielded Wall Equipped with a Medical Self-shielded PET Cyclotron, The Journal of the Korean Physical Society, Vol.29, No.2, 1995-1998, 2011.
22)佐原 玉恵, 鈴井 江三子, 下屋 浩一郎, 前田 和寿, 谷 洋江 : 助産師による糖代謝異常妊婦への保健指導内容の検討, 糖尿病と妊娠, Vol.11, No.1, 127-133, 2011年.
23)Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Riyo Kinouchi, Ganbat Gereltsetseg, Masahiro Murakami, Hiroshi Nakazawa, Shinobu Fujisawa, Satoshi Yamamoto, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara : Effect of immune stress on body weight regulation is altered by ovariectomy in female rats., Journal of Reproductive Immunology, Vol.91, No.1-2, 41-47, 2011.
24)西原 貞光, 林 裕晃 : X線検出器(イメージングプレート)の放射能汚染に対する効果的な除染方法の提案, 日本放射線技術学会雑誌, Vol.67, No.8, 912-915, 2011年.
25)Ken'ichi Fujimoto, Mio Kobayashi and Tetsuya Yoshinaga : Discrete-Time Dynamic Image Segmentation Based on Oscillations by Destabilizing a Fixed Point, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering (TEEE), Vol.6, No.5, 468-473, 2011.
26)岡久 玲子, 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 看護学生が記述したケアリング体験の中に含まれている言葉, Quality of Life Journal, Vol.12, No.1, 145-150, 2011年.
27)重木 明日香, 谷脇 聖佳, 多田 敏子, 岡久 玲子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : お遍路さんとお接待をする地域住民におけるケアリングとQOL, Quality of Life Journal, Vol.12, No.1, 135-143, 2011年.
28)岡久 玲子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 松下 恭子 : 看護大学生が生活行動記録体験後のロールプレイを通して理解した保健指導方法, 日本地域看護学会誌, Vol.14, No.1, 71-77, 2011年.
29)Toshiya Matsuzaki, Takeshi Iwasa, Riyo Kinouchi, Shinobu Yoshida, Masahiro Murakami, Ganbat Gereltsetseg, Satoshi Yamamoto, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara : Fasting reduces the kiss1 mRNA levels in the caudal hypothalamus of gonadally intact adult female rats., Endocrine Journal, Vol.58, No.11, 1003-1012, 2011.
30)Tomomi Iba, Yuya Yano, Mayumi Umeno, Kenji Hinokio, Akira Kuwahara, Minoru Irahara, Shuji Yamano and Toshiyuki Yasui : Roscovitine in combination with calcium ionophore induces oocyte activation through reduction of M-phase promoting factor activity in mice., Zygote, Vol.20, No.4, 321-325, 2011.
31)岡島 さおり, 横山 美江, 佐伯 和子, 佐藤 美佐子, 松井 道子, 岡本 里美, 鎌田 久美子, 多田 敏子 : 高度専門職業人としての保健師を養成する公衆衛生看護学実習モデルの構築, 保健師ジャーナル, Vol.67, No.10, 886-893, 2011年.
32)Tetsuya Tanioka : Uses of the Electronic Nursing Management System, PSYCHOMS®, in Psychiatric Hospitals: Process, Current State, and Future Development, The 5th Annual Research Conference, 2011.
33)Munehisa Sekikawa, Kuniyasu Shimizu, Naohiko Inaba, Hiroki Kita, Tetsuro Endo, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga and Kazuyuki Aihara : Sudden change from chaos to oscillation death in the Bonhoeffer-van der Pol oscillator under weak periodic perturbation, Physical Review E, Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics, Vol.84, No.5, 056209, 2011.
34)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Medical image diagnosis of lung cancer by revised GMDH-type neural network using various kinds of neurons, Artificial Life and Robotics, Vol.16, No.3, 301-306, 2011.
35)Seiji Yano, Tadaaki Yamada, Shinji Takeuchi, Keisei Tachibana, Yuko Minami, Yasushi Yatabe, Tetsuya Mitsudomi, Hidenori Tanaka, Tatsuo Kimura, Shinzoh Kudoh, Hiroshi Nokihara, Yuichiro Ohe, Jun Yokota, Hidetaka Uramoto, Kosei Yasumoto, Katsuyuki Kiura, Masahiko Higashiyama, Makoto Oda, Haruhiro Saito, Junji Yoshida, Kazuya Kondo and Masayuki Noguchi : Hepatocyte growth factor expression in EGFR mutant lung cancer with intrinsic and acquired resistance to tyrosine kinase inhibitors in a Japanese cohort., Journal of Thoracic Oncology, Vol.6, No.12, 2011-2017, 2011.
36)Minoru Sakama, Takuya Saze, Takashi Kitade and Osamu Shikino : Development of elemental and isotopic analysis of uranium and thorium in material using an automatic SPE injection equipment coupled to ICP-DRC-MS, International Journal of Modern Physics B, Vol.25, No.31, 4175-4179, 2011.
37)安藝 健作, 相原 美奈子, 森内 貴子, 森 美和, 細井 英司 : ゴーヤ種子抽出抗Hレクチンの臨床検査への応用, 四国医学雑誌, Vol.67, No.5, 6, 247-252, 2011年.
38)吉田 精次, 酒巻 咲子, 谷岡 哲也 : アルコール依存症とテレビコマーシャルの関係, 日本アルコール・薬物医学会雑誌, Vol.46, No.6, 560-569, 2011年.
39)K Kishi, T Sonomura, S Shirai, Y Noda, M Sato, Hitoshi Ikushima and RJ Oh : Reirradiation of paraaortic lymph node metastasis by brachytherapy with hyaluronate injection via paravertebral approach: With DVH comparison to IMRT., Brachytherapy, Vol.12, No.1, 8-13, 2011.
40)林 裕晃, 福本 晃, 花光 宏樹, 西原 貞光, 神谷 尚武 : EGS5コードを用いた診断用X線スペクトルの実用的な計算手法, 医用画像情報学会雑誌, Vol.29, No.3, 62-67, 2012年.
41)林 裕晃, 村上 淳, 花光 宏樹, 西原 貞光, 武田 俊一 : 円環コリメータカメラを用いた漏洩X線源の同定手法, 日本放射線安全管理学会誌, Vol.12, No.1, 30-35, 2012年.
42)Seiji Iwamoto, Shoichiro Takao, Hayato Nose, Yoichi Otomi, Mitsuhiko Takahashi, Toshihiko Nishisho, Junji Ueno, Natsuo Yasui and Masafumi Harada : Usefulness of transcatheter arterial embolization prior to excision of hypervascular musculoskeletal tumors., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.3-4, 284-288, 2012.
43)亀岡 尚美, 中土井 芳弘, 大森 哲郎, 友竹 正人 : 摂食障害患者にみられるRefeeding syndromeについて, 四国医学雑誌, Vol.68, No.1-2, 87, 2012年.
44)Hideki Otsuka : The utility of FDG-PET in the diagnosis of thymic epithelial tumors., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.3-4, 225-234, 2012.
45)松井 寿美佳, 安井 敏之, 中山 聡一朗, 佐藤 美紀, 加地 剛, 山本 哲史, 上村 浩一, 前田 和寿, 苛原 稔 : 単胎妊婦と双胎妊婦におけるカルシウム代謝ならびにビタミンDの動態の比較 (第22回婦人科骨粗鬆症研究会) -- (WORKSHOP 若年女性における骨の管理), オステオポローシスジャパン : 日本骨粗鬆症学会雑誌, Vol.20, No.3, 517-519, 2012年.
46)Takaharu Kudoh, Hitoshi Ikushima and Eiichi Honda : Shielding Effect of a Customized Intraoral Mold Including Lead Material in High-dose-rate 192-Ir Brachytherapy for Oral Cavity Cancer., Journal of Radiation Research, Vol.53, No.1, 130-137, 2012.
47)Kensaku Aki, Azusa Izumi and Eiji Hosoi : The evaluation of histo-blood group ABO typing by flow cytometric and PCR Amplification of Specific Alleles analyses and their application in clinical laboratories, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.1,2, 143-151, 2012.
48)Kunikata Hiroko, Watanabe Kumi, Miyoshi Makoto and Tetsuya Tanioka : The effects measurement of hand massage by the autonomic activety and psychological indicators, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.1.2, 206-212, 2012.
49)Yuko Yasuhara, Eri Hirai, Sakiko Sakamaki, Tetsuya Tanioka and Kazushi Motoki : Using ultrasonography in evaluating the intramuscular injection techniques used for administering drug treatment to schizophrenic patients in japan, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.1.2, 213-219, 2012.
50)Chieko Fujii, Reiko Okahisa, Yasuko Matsushita and Toshiko Tada : Health behavior of elderly people engaged in agriculture in conjunction with information communication technology, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.1,2, 192-205, 2012.
51)Midori Yoshida, Kazuya Kondo, Chieko Nakanishi and Toshiko Tada : Interventional study for improvement of lung cancer screening rate, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.1,2, 127-135, 2012.
52)Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : A plastic neuronal network model with STDP for tinnitus management by sound therapy, International Journal of Mathematical Models and Methods in Applied Sciences, Vol.6, No.1, 90-97, 2012.
53)Sumika Matsui, Toshiyuki Yasui, Anna Tani, Kotaro Kunimi, Hirokazu Uemura, Satoshi Yamamoto, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Naoko Tsuchiya, Mitsutoshi Yuzurihara, Yoshio Kase and Minoru Irahara : Changes in insulin sensitivity during GnRH agonist treatment in premenopausal women with leiomyoma., Clinica Chimica Acta, Vol.413, No.11-12, 960-965, 2012.
54)Miki Satoh, Kurokawa Arisa, Sugimoto Hiroko, Yuko Yasuhara, Hiromi Nakae, Shinohara Yukari, Tetsuya Tanioka, Hiroki Iga, Daisuke Hinode, Suzuki Yoshihiro, Honda Souichi and Rozzano De Castro Locsin : Relationship among Health Related Quality of Life, Quality of Sleep, and Oral Health Condition, Health, Vol.10, No.2, 204-214, 2012.
55)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Feedback GMDH-type Neural Network and Its Application to Medical Image Analysis of Liver Cancer, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.8, No.3, 2285-2300, 2012.
56)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Medical Image Diagnosis of Lung Cancer by Feedback GMDH-type Neural Network Self-selecting Neural Network Architectuer, ICIC Express Letters (ICIC-EL), Vol.6, No.3, 783-790, 2012.
57)斉藤 勢也, 仁木 俊助, 田中 隆, 川上 行奎, 香川 典子 : 通過障害を来たした胸部Chronic expanding hematoma の1手術例, 日本呼吸器外科学会雑誌, Vol.26, No.2, 85-89, 2012年.
58)Kazuyo Matsuzaki, Chiemi Kawanishi and Atsuko Kayashita : Comparison Of Daily Activities And Meals In Female Patients With Femoral Fracture With Women In The Same Age Group, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.10, No.12, 42-45, 2012.
59)上田 伊佐子, 川西 千恵美, 谷岡 哲也 : 看護学生用リフレクション自己評価尺度の開発 : 信頼性・妥当性の検討, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.10, No.1, 1-8, 2012年.
60)Yukiko Kuroda, Wataru Sako, Satoshi Goto, Tomoyo Sawada, Daisuke Uchida, Yuishin Izumi, Tetsuya Takahashi, Noriko Kagawa, Masayasu Matsumoto, Mitsuru Matsumoto, Ryosuke Takahashi, Ryuji Kaji and Takao Mitsui : Parkin interacts with Klokin1 for mitochondrial import and maintenance of membrane potential, Human Molecular Genetics, Vol.21, No.5, 991-1003, 2012.
61)横山 美江, 松本 珠実, 藤山 明美, 岡本 里美, 岡島 さおり, 鎌田 久美子, 佐伯 和子, 佐藤 美佐子, 多田 敏子, 野口 久美子, 松井 通子, 大場 エミ : 保健師教育の質を保証する地域看護学実習モデルの構築:4単位実習モデル, 保健師ジャーナル, Vol.68, No.3, 226-234, 2012年.
62)林 裕晃, 谷内 翔, 神谷 尚武, 西原 貞光, 富永 正英 : 輝尽性蛍光体プレートを用いたピンホールカメラの開発と散乱X線分布および可視光画像の撮影, 日本放射線技術学会雑誌, Vol.68, No.3, 307-311, 2012年.
63)小沼 洋治, 林 美智子, 林 裕晃, 西原 貞光 : X線検出器(イメージングプレート:IP)に付着した放射性同位元素の除染, 日本放射線技術学会雑誌, Vol.68, No.3, 277-282, 2012年.
64)鳥羽 博明, 先山 正二, 森本 雅美, 梶浦 耕一郎, 中川 靖士, 川上 行奎, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 近藤 和也, 丹黒 章 : 摘出時にラリンジアルマスクを使用した小児気管支異物の1例, 気管支学, Vol.34, No.2, 180-183, 2012年.
65)林 裕晃, 神谷 尚武, 谷内 翔, 西原 貞光, 高志 智 : 輝尽性蛍光体プレートを用いた多数点取得実験におけるフェーディング補正手法の提案, 医用画像情報学会雑誌, Vol.29, No.1, 1-6, 2012年.
66)林 裕晃, 西原 貞光, 谷内 翔, 神谷 尚武 : 輝尽性蛍光体プレートを用いて取得したX線画像上の黒点発生の解明に向けたモンテカルロシミュレーション, --- 原子力発電所事故で飛散した核分裂収率の大きい放射性同位元素の影響 ---, 医用画像情報学会雑誌, Vol.29, No.1, 7-11, 2012年.
67)岩佐 幸恵, 奥田 紀久子, 谷 洋江 : 喫煙者に対する看護学生の態度に防煙・禁煙教育が及ぼす影響とその構造, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.10, No.1,2, 9-19, 2012年.
68)岩佐 幸恵 : 前頭葉機能検査が心拍変動に与える影響‐青年期を対象に‐, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.10, No.1 2, 28-35, 2012年.
69)吉田 みどり, 多田 敏子 : 徳島県のがん検診受診率と死亡率の現状, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.10, No.1/2, 46-55, 2012年.
70)Keiko Sekido, Tetsuya Tanioka and Yuko Yasuhara : Nursing students' awareness about websites -comparison of frequency of website use for self-learning-, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.10, No.1,2, 36-41, 2012.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)安原 由子, 川西 千恵美, 谷岡 哲也, 藤川 栄二 : 地域で生活する虚血性心疾患患者のQOLの変化―待機的PCI患者と緊急PCI患者,性別での比較―, 日本看護学術集会―地域看護―, Vol.41, No.0, 80-83, 2011年.
2)鎌田 久美子, 大場 エミ, 岡島 さおり, 松本 珠実, 野口 久美子, 藤山 明美, 松井 通子, 今井 睦子, 尾形 由紀子, 佐伯 和子, 多田 敏子, 藤丸 知子, 横山 美江 : 公衆衛生看護学を体得できる実習のあり方, 保健の科学, Vol.53, No.6, 398-404, 2011年.
3)冨士 翔子, 伊達 舞, 安原 由子, 谷岡 哲也, 大森 美津子 : 療養病床における看護職と介護職の業務負担と連携における課題, 香川大学看護学雑誌, Vol.16, No.1, 57-64, 2012年.
4)大坂 京子, 千葉 進一, 谷岡 哲也, 安原 由子, 任 福継, 川西 千恵美, 高坂 要一郎, 三船 和史, 大森 美津子 : 精神科アウトカム管理システム:PSYCHOMSの開発とその課題, 香川大学看護学雑誌, Vol.16, No.1, 85-91, 2012年.

2011年度(平成23年度) / 学術レター

(なし)

2011年度(平成23年度) / 総説・解説

1)安井 敏之 : 生涯を通したトータルヘルスケアをめざして, 日本女性医学学会雑誌, Vol.19, No.1, 120-126, 2011年4月.
2)松井 寿美佳, 安井 敏之, 加地 剛, 山本 哲史, 上村 浩一, 苛原 稔 : 周閉経期におけるNT-proBNPの意義, 日本女性医学学会雑誌, Vol.19, No.1, 37-41, 2011年4月.
3)田村 綾子 : レポート第9回ヨーロッパ脳神経看護学会, Brain Nursing, Vol.27, No.8, 752-753, 2011年8月.
4)多田 敏子 : 行楽シーズンを控えて, SSKA全低肺徳島支部会報, No.106, 3-5, 2011年9月.
5)川西 千恵美, 松崎 和代 : 見逃してはいけない!腹腔・胸腔ドレーンの管理&ドレーン感染のトピックス】 (PART2)ドレーン感染対策,留置期間⋯知っておきたいドレーン管理のトピックス, エキスパートナース, Vol.27, No.12, 32-35, 2011年9月.
6)多田 敏子 : ただほど怖いものはなし, SSKA全低肺徳島支部会報, No.107, 10-12, 2011年12月.
7)安井 敏之 : ワンランク上の漢方診療, --- 女性不妊・排卵障害 ---, 臨床婦人科産科, Vol.66, No.1, 33-41, 2012年1月.
8)谷 洋江, 橋本 浩子 : 糖尿病をもつ子どもの摂食障害予防に向けた看護, 小児看護, Vol.35, No.2, 185-191, 2012年2月.
9)安井 敏之 : プロラクチンの分泌制御機構, 内分泌・糖尿病・代謝内科, Vol.34, No.2, 93-100, 2012年2月.
10)安井 敏之 : 不妊症治療における漢方の作用機序, 漢方と最新治療, Vol.21, No.2, 135-144, 2012年2月.
11)田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美 : 脳実質外発生腫瘍, --- 神経鞘腫 ---, BRAIN NURSING 春季増刊号, 133-139, 2012年2月.
12)田村 綾子, 市原 多香子, 桑村 由美, 南川 貴子 : 頭蓋縫合早期癒合症, BRAIN NURSIG 春季増刊号, 205-209, 2012年2月.
13)田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美 : 先天性水頭症, BRAIN NURSING 春季増刊号, 192-197, 2012年2月.
14)田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美 : 脳実質外発生腫瘍, --- 下垂体腺腫 ---, BRAIN NURSING 春季増刊号, 125-132, 2012年2月.
15)田村 綾子, 市原 多香子, 桑村 由美, 南川 貴子 : 二分脊椎, BRAIN NURSING 春季増刊号, 198-204, 2012年2月.
16)南川 貴子, 田村 綾子, 市原 多香子, 桑村 由美 : 水頭症および減圧術, --- 1.シャント術(V-Pシャント・V‐Aシャント) ---, BRAIN NURSING 春季増刊号, 154-163, 2012年2月.
17)南川 貴子, 田村 綾子, 市原 多香子, 桑村 由美 : 水頭症および減圧術, --- 2.シャント術(L-Pシャント術) ---, BRAIN NURSING 春季増刊号, 164-170, 2012年2月.
18)多田 敏子 : みなさんはどちらを選びますか, SSKA全低肺徳島支部会報, No.108, 6-8, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 国際会議

1)Tadashi Kondo : Revised GMDH-type neural network using artificial intelligence and Its application to medical image diagnosis, Proceedings of 2011 IEEE Symposium Series on Computational Intelligence, 76-83, PARIS, FRANCE, Apr. 2011.
2)Yuko Yasuhara, Utena Chikujyou, Tetsuya Tanioka, Eiji Fujikawa and Hiroyuki Hujinaga : Development of the assesment tool for optimal care for patients with Ischemic heart disease who underwent elective percutanneous coronary intervention, CEBU INTERNATIONAL NURSING CONFERENCE, 99, Apr. 2011.
3)Keiko Sekido, Tetsuya Tanioka, Yuko Yasuhara, Yukie Iwasa and Chiemi Kawanishi : Literature study of the current situation and challences on nursing students' early exposure to clinical practice in Japan, CEBU INTERNATIONAL NURSING CONFERENCE, 54, Apr. 2011.
4)Tetsuya Tanioka, Yuko Yasuhara, Chiemi Kawanishi, 元木 一志, 高瀬 憲作, Masahito Tomotake, Keiko Sekido, Shigeru Sato and Tatsuya Inui : Accurate water-soluble depot intramuscular injection techique and ultrasound evaluation, CEBU INTERNATIONAL NURSING CONFERENCE, 5-55, Apr. 2011.
5)Chiemi Kawanishi, Yukie Iwasa, Yuko Yasuhara, Keiko Sekido, Kikuko Okuda, Sachi Kishida and Tetsuya Tanioka : Screening test using physiological and mental indicators for student nurse who requires special guidance in the clinical practice, The 1st Cebu International Nursing Conference, Cebu, Apr. 2011.
6)Ayako Tamura, Takako Ichihara, Takako Minagawa, Yumi Kuwamura and Hiroko Kondo : Opinions of stroke patients who are ineligible for t-PA (tissue plasminogen activator) treatment in an ``entrusting the physician'' culture in Japan., 9th Quadrennial EANN Congress, Blankenberge, May 2011.
7)Chieko Fujii, Toshiko Tada, Reiko Okahisa and Yasuko Matsushita : The feelings of the elderly people living in a mountainous area with ongoing depopulation, Edomonton, May 2011.
8)Takako Minagawa, Ayako Tamura, Takako Ichihara, Yumi Kuwamura and Hiroko Kondo : Literature analysis study on the actual situation of nursing concerning disuse atrophy prevention for stroke patients in Japan., 9th Quadrennial EANN Congress, Blankenberge, May 2011.
9)Y Funakoshi, T Sumiyoshi, Masafumi Harada and Hitoshi Kubo : Interference of default mode neural network by visual stimulation and subject's attension dependeing on the resting functional MRI, ISMRM 2011, Montreal, May 2011.
10)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Fedback GMDH-type neural network and Its application to medical image analysis of liver cancer, Proceedings of the 42th ISCIE Inernational Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 256-263, Okayama, Jun. 2011.
11)Keiko Sekido, Yuko Yasuhara and Tetsuya Tanioka : Nursing students' awareness of the importance of family support and its effect on the clinical practice of nursing at a day care center, 10th International Family Nursing Conference, 214, Jun. 2011.
12)Keiko Sekido, Tetsuya Tanioka and Yuko Yasuhara : The awareness of nursing students who attended the clinical practice of nursing at a group home, 10th International Family Nursing Conference, 214, Jun. 2011.
13)Naohiko Inaba, Munehisa Sekikawa, Tetsuya Yoshinaga and Tetsuro Endo : Coexisting two pairs of stable canards and unstable canards and their remarkable resemblances in the van der Pol oscillator under extremely weak periodic perturbation, Proceedings of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 760-763, Jun. 2011.
14)Hiroki Kita, Tetsuro Endo, Kuniyasu Shimizu, Munehisa Sekikawa, Naohiko Inaba, Tetsuya Yoshinaga and Ken'ichi Fujimoto : Amplitude Death and Chaos from the BVP Oscillator Under Weak Periodic Perturbation, Proc. of the 26th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 764-767, Gyounju, Jun. 2011.
15)Toshiyuki Yasui : Testosterone in Women, 6th JAPAN-ASEAN Conference on Men's Health & Aging, Kamakura, Jul. 2011.
16)Kazuya Kondo : Thymoma, 14TH WORLD CONFERENCE ON LUNG CANCER, Jul. 2011.
17)Hiromitsu Takizawa, Kazuya Kondo, Hiroaki Toba, K. Kajiura, M. Takashima, K. Uyama, Yasushi Nakagawa, Yukikiyo Kawakami, Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : Computed tomography lymphography by transbronchial injection of a water-soluble extracellular CT, 14TH WORLD CONFERENCE ON LUNG CANCER, Jul. 2011.
18)H. Matsuoka, Kazuya Kondo, Hiromitsu Takizawa, H. Fujino, K. Uyama, Hiroaki Toba, Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : Comprehensive evaluation of the responded genes by the administration of anti-tumor drug, S-1 using low, 14TH WORLD CONFERENCE ON LUNG CANCER, Jul. 2011.
19)K. Kajiura, Hiroaki Toba, Shoji Sakiyama, M. Takashima, K. Uyama, Yasushi Nakagawa, Hiromitsu Takizawa, Yukikiyo Kawakami, Koichiro Kenzaki, Kazuya Kondo and Akira Tangoku : Experience of TBLB using thin bronchoscopy with VBN, 14TH WORLD CONFERENCE ON LUNG CANCER, Jul. 2011.
20)M. Takashima, Hiromitsu Takizawa, K. Kajiura, K. Uyama, Hiroaki Toba, Yasushi Nakagawa, Yukikiyo Kawakami, Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama, Kazuya Kondo and Akira Tangoku : Comparison of two different EGFR gene mutation tests for resected lung adenocarcinoma, 14TH WORLD CONFERENCE ON LUNG CANCER, Jul. 2011.
21)A.H.K. Ali, Hiromitsu Takizawa, Kazuya Kondo, Yasushi Nakagawa, Hiroaki Toba, N. Khasag, Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : Follow- up using fluorescence bronchoscopy for the patients with photodynamic therapy treated early lung cancer, 14TH WORLD CONFERENCE ON LUNG CANCER, Jul. 2011.
22)Y. Fujita, Kazuya Kondo, A.H.K. Ali, T. Namura, Y. Senba, Y. Oiwa, C. Takai, Hiromitsu Takizawa, Yasushi Nakagawa, Hiroaki Toba, Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : Polymorphisms in x-ray repair cross-complementing group 1 (XRCC1) base excision repair gene and lung cancer risk in industrial workers with chromate exposure, 14TH WORLD CONFERENCE ON LUNG CANCER, Jul. 2011.
23)Keiji Murakami, Darija Viducic, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : The involvement of psl genes and the second messenger c-di-GMP in antibiotic tolerance of adherent Pseudomonas aeruginosa, EUROBIOFILMS 2011 -Second European Congress on Microbial Biofilms-Basic and Dlinical Aspedts-, Copenhagen, Jul. 2011.
24)Toshiko Tada, Ikesono Minako, Reiko Okahisa, Chieko Fujii and Yasuko Matsushita : A Survey on the Awareness of Nursing Students about potential earthquakes in Nankai and Tonankai areas of Japan, Challenge and Innovation on Commyunity-Based Nursing, 198, Kobe, Jul. 2011.
25)Chieko Fujii, Toshiko Tada, Reiko Okahisa and Yasuko Matsushita : What the elderly think of their lives, who work in the industries proactively managed in mountainous areas where depopulation progress, Challenge and Innovation on Commyunity-Based Nursing, 150, Kobe, Jul. 2011.
26)Chieko Fujii, Toshiko Tada, Reiko Okahisa and Yasuko Matsushita : What the Elderly Think of Lives,who Work in the Industries Proactively Managed in Mountainous Areas where Depopulation Progresses, The 2nd JAPAN-KOREA JOINT CONFERENCE ON COMMUNITY HEALTH NURSING, 150, Jul. 2011.
27)Minoru Sakama, Takuya Saze, Takashi Kitade and Osamu Shikino : Development of elemental and isotopic ratio analyses of uranium and thorium in material using an automatic SPE injection equipment coupled to ICP-DRC-MS, AMDP2011, Tokushima, Jul. 2011.
28)Reiko Okahisa, Toshiko Tada, Chieko Fujii and Yasuko Matsushita : Study on the Strength of Japanese Male Workers had the Health Guidance by Public Health Nurse in the Formation Process of Their Own Health Behavior, Challenge and Innovation on Commyunity-Based Nursing, 79, Kobe, Jul. 2011.
29)佐々木 幹治, 岸 太郎, 原 康男, 福永 有希子, 富永 正英, Hitoshi Ikushima and Masataka Oita : Impact of MLC positioning accuracy on IMRT, 2011Joint AAPM/COMP meeting, Jul. 2011.
30)Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : A neuronal network model with STDP for tinnitus management by sound therapy, Recent Advances of Applied & Biomedical Informatics and Computational Engineering in Systems Applications, Proceedings of The Fourth WSEAS International Conference on Biomedical Electronics and Biomedical Informatics, Florence, Italy, August 23-25, 2011, 143-147, Florence, Aug. 2011.
31)Naohiko Inaba, Tetsuro Endo, Tetsuya Yoshinaga and Ken'ichi Fujimoto : Collapse of Mixed-Mode Oscillations and Chaos in the Extended Bonhoeffer-van Der Pol Oscillator Under Weak Periodic Perturbation, Proc. of the 20th European Conference on Circuit Theory and Design, 374-377, Linköping, Aug. 2011.
32)Hiroshi Maezawa and Wataru Sugimoto : Reduction of glioma cell migration by X-ray induced bystander effects, Abstracts(Web) 14th International Congress of Radiation Research, 364, Warsaw, Aug. 2011.
33)Shoichiro Takao, Toshinori Sakai, Koichi Sairyo, Junji Ueno, Natsuo Yasui and Hiromu Nishitani : Lumbar spondylolysis: clinical significance of gender difference., The International Skeletal Society, San Diego, California, Sep. 2011.
34)Ken'ichi Fujimoto, Mio Kobayashi, Tetsuya Yoshinaga and Kazuyuki Aihara : Identification of Number of Target Image Regions Based on Bifurcation of Fixed Point in Discrete-Time Coupled Neuronal System, Proc. of 2011 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, 156-159, Kobe, Sep. 2011.
35)Darija Viducic, Keiji Murakami, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : The Pseudomonas aeruginosa quinolone signal plays a dual role in the response to antimicrobial agents, International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, Sapporo, Sep. 2011.
36)Keiji Murakami, Darija Viducic, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : Pseudomonas aeruginosa psl genes play an important role in biapenem tolerance, International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, Sapporo, Sep. 2011.
37)Ken'ichi Fujimoto, Mio Kobayashi and Tetsuya Yoshinaga : Coupled Neuronal System with Plastic Coupling for Dynamic Image Segmentation, IFMBE Proceedings, Vol.37, 643-646, Budapest, Sep. 2011.
38)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Revised GMDH-type neural network using principal component-regression analysis, Proceedings of SICE annual conference 2011, 1248-1253, Tokyo, Sep. 2011.
39)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Medical image diagnosis of lung cancer by revised GMDH-type neural network using heuristic self-organization, Proceedings of SICE annual concerence 2011, 1254-1259, Tokyo, Sep. 2011.
40)Shoichiro Takao, Koichi Sairyo, Tadashi Kondo, Junji Ueno, Natsuo Yasui and Hiromu Nishitani : Lumbar spondylolysis: clinical significance of gender difference, International Skeletal Society 2011 Annual Meeting, San Diego, Sep. 2011.
41)Tetsuya Tanioka, Yuko Yasuhara, Kyoko Osaka, Chiemi Kawanishi and Rozzano De Castro Locsin : Uses of the PSYCHOS, an Electronic Nursing Management System,in Psychiatric Hospitals: Development, Prosess, Mechanisms, ans Functions, The 5th Annual Research Coference Nuesing at the Helm of Research for Quality Practice, Coral Gables, Oct. 2011.
42)Tadashi Kondo and Junji Ueno : A New Multi-layered GMDH-type Neural Network Algorithm Using Principal Component-Regression Analysis, Abstracts of the 43rd ISCIE international sysmposium on Stochastic systems theory and its applications, 30-31, Shiga, Oct. 2011.
43)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Medical Image Diagnosis of Liver Cancer by Multi-layered GMDH-type Neural Network Using Artificial Intelligence Technology, Abstracts of the 43rd ISCIE international symposium on stochastic systems theory and its applications, 32-33, Shiga, Oct. 2011.
44)Chiemi Kawanishi, Yuko Yasuhara, Sachi Kishida and Tetsuya Tanioka : Importance of periodic psychiatric distress screening for nursing student at clinical practice, 8th International Nursing Conference, soul, Oct. 2011.
45)Huang Shihong, Tetsuya Tanioka, Locsin Rozzano, Parker Marilyn and Masory Oren : Functions of A Caring Robot in Nursing, Proceedings of The 7th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, NLPKE'11, 425-429, Nov. 2011.
46)Kunikata Hiroko, Watanabe Kumi and Tetsuya Tanioka : Effect of Hand Massage on Autonomic Activity, Anxiety, Relaxation and Sense of Affinity, Proceedings of The 7th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, NLPKE'11, 434-438, Nov. 2011.
47)Oomori Mitsuko, Kobayashi Haruo, Tetsuya Tanioka, Nishimura Miho and YUASA Atsuko : An Analysis of the Stress of the Elderly with Dementia in Day-care, Proceedings of The 7th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, NLPKE'11, 439-422, Nov. 2011.
48)Keiko Sekido, Tetsuya Tanioka and Yuko Yasuhara : Situation of the Student Nurses Website Visits to Use Their Self-learning and Their Perception on Reliability of Information on the Website, Proceedings of The 7th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, NLPKE'11, 447-453, Nov. 2011.
49)Yuko Yasuhara, Harano Kaori, Fujikawa Eiji, Fujinaga Hiroyuki and Tetsuya Tanioka : Effectiveness of the Integration of Different Types of Quantitative and Qualitative Assessment Indicators for the Patients with Ischemic Heart Disease Who Underwent Percutaneous Coronary Intervention (PCI), Proceedings of The 7th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, NLPKE'11, 454-458, Nov. 2011.
50)Tetsuya Tanioka, Kyoko Osaka, Chiba Shinichi, Parker Carlo and Yuko Yasuhara : PSYCHOMS®, An Electronic Nursing Management System to Facilitate Interdisciplinary Communication and Improve Patient Outcomes in Psychiatric Hospitals, Proceedings of The 7th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, NLPKE'11, 447-453, Nov. 2011.
51)Mitsuko Oomori, Haruo Kobayash, Tetsuya Tanioka, Miho Nishimura, Atsuko Yuasa and Yuko Yasuhara : An analysis of the stress of the elderly with dementia in day-care, Proceedings of The 7th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, NLPKE'11, 454-458, Tokushima, Nov. 2011.
52)Shoko Fuji, Mai Date, Yuko Nagai, Yuko Yasuhara, Tetsuya Tanioka and Fuji Ren : Research on the possibility of humanoid robots to assist in medical activities in nursing homes and convalescent wards, Proc. IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, 459-463, Tokushima, Nov. 2011.
53)Tadashi Kondo, Junji Ueno and Shoichiro Takao : Medical image diagnosis of lung cancer by revised GMDH-type neural network self-selecting optimum neuron architectuers, Proceedings of 2011 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, 1107-1112, Kyoto, Dec. 2011.
54)Tadashi Kondo, Junji Ueno and Shoichiro Takao : Hybrid GMDH-type neural network using artificial intelligence and its application to medical image diagnosis of liver cancer, Proceedings of 2011 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, 1101-1106, Kyoto, Dec. 2011.
55)Hirokazu Ito, Yuko Yasuhara, Tetsuya Tanioka and Locsin C. Rozzano : Adoption of Medical/Welfare Robots in Medical Environments andIts Ethical Issues., The 8th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLP-KE'12), p560-562, China, 2012.
56)Makoto Shigeta, Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, Yoshio Kaji, Kazuhiko Furukawa, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Difference of Perceptual Response between Auditory Stimuli and Recalling Them, Proceedings of IEEE-EMBS International Conference on Biomedical and Health Informatics (BHI) 2012, 420-423, Shenzhen, Jan. 2012.
57)Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : A neuronal network model with STDP for tinnitus and its management by sound therapy, Proceedings of IEEE-EMBS International Conference on Biomedical and Health Informatics, Hong Kong and Shenzhen, China, January 2-7, 2012, 428-431, Shenzhen, Jan. 2012.
58)Tadashi Kondo, Junji Ueno and Shoichiro Takao : Medical image diagnosis of liver cancer by feedback GMDH-type neural network using knowlege base, Proceedings of the seventeenth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2012, 1021-1024, Beppu, Jan. 2012.
59)Tadashi Kondo, Junji Ueno and Shoichiro Takao : Medical image diagnosis of lung cancer by multi-layered GMDH-type neural network self-selecting functions, Proceedings of the seventeenth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2012, 1009-1012, Beppu, Jan. 2012.
60)Noboru Niki, Yoshiki Kawata, Hidenobu Suzuki, Masafumi Harada, Hideki Otsuka, Junji Ueno, Mitsuo Shimada, Tetsuji Takayama, Masahiro Abe, Harumi Itoh, Masahiro Kaneko, Kenji Eguchi, Masahiko Kusumoto, Takaaki Tsuchida, Hironobu Ohmatsu, Masashi Takahashi, Yasutaka Nakano, Hiroaki Sakai and Yuichi Takiguchi : Computer-aided diagnosis based on computational anatomical models: progress overview FY2011, The 3rd International Symposium on the Project ``Computational Anatomy'', 35-42, Mar. 2012.
61)Yusaku Yamaguchi, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Extended Continuous-Time Image Reconstruction for Computed Tomography, EPOS in European Congress of Radiology 2012, Wien, Mar. 2012.
62)Yusaku Yamaguchi, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Theoretical and Experimental Study of Continuous-Time Image Reconstruction System for Computed Tomography, Proc. of 2012 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 485-488, Honolulu, Mar. 2012.
63)Kiyoko Tateishi, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Convergence of Iterative Method as Discretization of Continuous-Time Image Reconstruction System for Computed Tomography, Proc. of 2012 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, 489-492, Honolulu, Mar. 2012.
64)Toshiko Tada, Reiko Okahisa, Chieko Fujii and Yasuko Matsushita : Nursing students' experience of caring before enrollment in college, International Hiroshima Conference on Caring and Peace-Caring and Peace-, 92, Hiroshima, Mar. 2012.
65)Keiko Sekido, Tetsuya Tanioka and Yuko Yasuhara : Nursing students' understanding of the meaning of the nursing homes to the elderly, International Hiroshima Conference on Caring and Peace Caring and Peace ~Messages from Nursing~, 90, Mar. 2012.
66)Keiko Sekido, Yuko Yasuhara and Tetsuya Tanioka : Nursing students' understanding of the role of supporting staff at the nursing homes, International Hiroshima Conference on caring and Peace Caring and Peace~Messages from Nursing~, 91, Mar. 2012.

2011年度(平成23年度) / 国内講演発表

1)久保 均 : MRA入門, 日本放射線技術学会第67回総会学術大会, 2011年4月.
2)松井 寿美佳, 安井 敏之, 上村 浩一, 山本 哲史, 苛原 稔 : GnRH agonistの投与によって血中monocyte chemoattractant protein-1は増加する, 第63回日本産科婦人科学会学術講演会, 2011年4月.
3)香川 聖子, 工藤 英治, 香川 典子, 伊藤 秀文, 和泉 唯信 : optineurin遺伝子変異を認めた家族性筋委縮性側索硬化症(ALS)の1剖検例, 日本病理学会会誌, Vol.100, No.1, 395, 2011年4月.
4)橋口 修二, 三ツ井 貴夫, 乾 俊夫, 足立 克仁, 香川 典子 : Creuyzfeldt-Jacob病の初発症状と脳所見, 第52回日本神経学会学術大会, 2011年5月.
5)坂東 由記子, 小杉 知里, 片岡 菜奈子, 四釜 洋介, 秦 明子, 赤松 康代, 片山 りか, 庄野 真代, 簾 馨, 篠田 香織, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 船木 真理 : 徳島県におけるadiponectinおよびHOMA-IRと糖・脂質早期代謝異常との相関性についての考察, 糖尿病, Vol.Vol.54, No.Suppl.1, 2011年5月.
6)四釜 洋介, 小杉 知里, 片岡 菜奈子, 坂東 由記子, 秦 明子, 篠田 香織, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 庄野 真代, 簾 馨, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 船木 真理 : 非肥満者に見られる糖・脂質代謝異常,高血圧に脂肪組織の機能異常が関与する可能性の検討, 糖尿病, Vol.Vol.54, No.Suppl.1, 2011年5月.
7)中本 真理子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 片岡 菜奈子, 小杉 知里, 秦 明子, 篠田 香織, 桑村 由美, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子, 船木 真理 : 徳島県勤労者の豆類摂取量とアレルギー既往との関係に関する疫学研究, 第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
8)吉田 泰介, 管 心, 有馬 邦正, 村中 泰子, 田中 恒彦, Lin Crystal, 吉田 寿美子, 石川 正憲, 樋口 悠子, 瀬尾 友徳, 上岡 義典, 友竹 正人, 兼田 康宏, Darby David, Paul Maruff, 伊豫 雅臣, 笠井 清登, 樋口 輝彦, 住吉 太幹, 大森 哲郎, 高橋 清久, 橋本 謙二 : Cogstate統合失調症バッテリー日本語版の妥当性, 第33回日本生物学的精神医学会, 2011年5月.
9)山口 雄作, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続CT画像再構成における目標関数の収束性, 第101回日本医学物理学会学術大会報文集, Vol.31, No.1, 144, 2011年5月.
10)近藤 和也, 名村 寿章, 藤田 結衣, 高井 チカ子, 大岩 由香理, 滝沢 宏光, 中川 靖士, 鳥羽 博明, 梶浦 耕一郎, 川上 行奎, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 丹黒 章 : 胸腺上皮性腫瘍におけるDNA修復遺伝子MGMTのDNAメチル化と蛋白発現, 第28回日本呼吸器外科学会総会, 2011年5月.
11)鳥羽 博明, 先山 正二, 高嶋 美佳, 梶浦 耕一郎, 宇山 攻, 中川 靖士, 川上 行奎, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 近藤 和也, 丹黒 章 : 肺癌術後のフォローアップにPET/CTは有用か, 第28回日本呼吸器外科学会総会, 2011年5月.
12)監﨑 孝一郎, 先山 正二, 鳥羽 博明, 梶浦 耕一郎, 宇山 攻, 中川 靖士, 川上 行奎, 滝沢 宏光, 近藤 和也, 丹黒 章 : 気胸に対するフィブリン糊大量胸腔内注入療法の検討, 第28回日本呼吸器外科学会総会, 2011年5月.
13)梶浦 耕一郎, 高嶋 美佳, 鳥羽 博明, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 中川 靖士, 川上 行奎, 宇山 攻, 先山 正二, 近藤 和也, 丹黒 章 : 肺癌手術時の胸腔内洗浄細胞診陽性症例の検討, 第28回日本呼吸器外科学会総会, 2011年5月.
14)高嶋 美佳, 滝沢 宏光, 梶浦 耕一郎, 宇山 攻, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 川上 行奎, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 近藤 和也, 丹黒 章 : 肺癌との鑑別が困難であった結節性リンパ組織過形成の2切除例, 第28回日本呼吸器外科学会総会, 2011年5月.
15)川上 行奎, 梶浦 耕一郎, 宇山 攻, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 近藤 和也, 丹黒 章 : 肺葉切除術前後における肺の容積変化についての検討, 第28回日本呼吸器外科学会総会, 2011年5月.
16)兼松 美幸, 滝沢 宏光, 近藤 和也, 梶浦 耕一郎, 宇山 攻, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 川上 行奎, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 丹黒 章 : NSCLC完全切除例に対するS-1療法とweekly PTX+CBDCA併用療法の比較検討, 第28回日本呼吸器外科学会総会, 2011年5月.
17)Munkhbaatar Dagvasumberel, Junji Ueno, Shoichiro Takao, 西内 健, 平田 陽一郎, 坂東 左知子, 久岡 白陽花, 林 修司, 冨田 紀子, 竹内 秀和, Yuka Ueda, Toshiyuki Niki, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata : Increased epicardial adipose tissue and coronary atherosclerosis., 第98回 日本循環器学会 中国・四国合同地方会, May 2011.
18)中本 真理子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 片岡 菜奈子, 小杉 知里, 秦 明子, 篠田 香織, 桑村 由美, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子, 船木 真理 : 徳島県勤労者の豆類摂取量とアレルギー既往との関係に関する疫学研究, 第65回日本栄養食糧学会大会, 2011年5月.
19)武知 浩和, 池田 真由美, 三崎 万理子, 高嶋 美佳, 兼松 美幸, 湊 拓也, 中川 美砂子, 梶浦 耕一郎, 古北 由仁, 山本 洋太, 宇山 攻, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 川上 行奎, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 近藤 和也, 丹黒 章 : 女性外科医の働きやすい現場を目指して, 第111回日本外科学会定期学術集会, 2011年5月.
20)滝沢 宏光, 近藤 和也, 鳥羽 博明, 梶浦 耕一郎, 高嶋 美佳, 湊 拓也, 宇山 攻, 中川 靖士, 川上 行奎, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 丹黒 章 : 経気管支水溶性造影剤注入によるCTリンパ管造影-区域切除における術前センチネル, 第111回日本外科学会定期学術集会, 2011年5月.
21)生島 仁史, 工藤 隆治, 古谷 俊介, 川中 崇, 久保 亜貴子, 近藤 和也 : 胸腺腫の放射線治療, 第115回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2011年5月.
22)安井 敏之 : 女性におけるテストステロン, 第11回日本抗加齢医学会, 2011年5月.
23)安原 由子, 谷岡 哲也, 元木 一志, 川西 千恵美 : 超音波断層法による中臀筋への筋肉注射針の刺入深さの検討, Neurosonology, Vol.24, 82, 2011年6月.
24)岸田 佐智 : 不妊治療の意味を考える-治療の終結をどう迎えるか, 日本生殖看護学会誌, Vol.8, No.1, 49-52, 2011年6月.
25)梶浦 耕一郎, 鳥羽 博明, 先山 正二, 高嶋 美佳, 湊 拓也, 宇山 攻, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 川上 行奎, 近藤 和也, 丹黒 章 : 当科におけるVBN併用極細径気管支鏡下肺生検の成績, 第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2011年6月.
26)鳥羽 博明, 先山 正二, 梶浦 耕一郎, 宇山 攻, 中川 靖士, 川上 行奎, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 近藤 和也, 丹黒 章 : 自家蛍光気管支鏡(SAFE-3000/AFI)の同時使用経験, 第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 2011年6月.
27)片岡 三佳, 千葉 進一, 奥田 紀久子, 松下 恭子, 藤井 智惠子, 岡久 玲子, 廣原 紀恵, 郷木 義子, 多田 敏子 : 精神科外来での見学実習を通しての学生の学び, 日本看護研究学会雑誌, Vol.34, No.3, 413, 2011年7月.
28)阪間 稔, 佐瀬 卓也, 中山 信太郎 : ICPMSを用いる放射性物質吸着材の性能評価,および放射性物質が付着したお茶の簡易浄化方法の検討, 第3回徳島大学・JST共同研究発表会・原子力災害と向き合う研究者・成果報告発表会, 2011年7月.
29)佐瀬 卓也, 阪間 稔, 中山 信太郎 : 福島原子力災害の現状と徳島大学の支援活動,今後求められる事, 第3回徳島大学・JST共同研究発表会・原子力災害と向き合う研究者・成果報告発表会, 2011年7月.
30)中山 信太郎, 佐瀬 卓也, 阪間 稔 : 福島県内の汚染状況解析と産学官への今後の提言, 第3回徳島大学・JST共同研究発表会・原子力災害と向き合う研究者・成果報告発表会, 2011年7月.
31)橋本 浩子, 谷 洋江 : 看護学実習における学生の子どもに対する理解と保育所実習の影響, 日本小児看護学会第21回学術集会講演集, 170, 2011年7月.
32)森脇 智秋, 川西 千恵美 : 母乳育児に自信がない女性における母乳育児継続に必要な夫のサポート, 日本看護研究学会雑誌, Vol.34, No.3, 342, 2011年7月.
33)近藤 正 : ネットワーク構造の自己組織化を行う改良形GMDH-typeニューラルネットワークによる肺癌の医用画像診断, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.111, No.121, 1-6, 2011年7月.
34)近藤 正 : フィードバックGMDH-typeニューラルネットワークによる肝臓癌の医用画像診断, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.111, No.121, 7-12, 2011年7月.
35)安原 由子, 谷岡 哲也, 元木 一志, 高瀬 憲作, 川西 千恵美 : 超音波断層法による中臀筋への筋肉注射針の刺入深さの検討, 第30回日本脳神経超音波学会抄録集, Vol.24, 2011年7月.
36)安原 由子, 谷岡 哲也, 藤川 栄二, 藤永 裕之, 小林 春男 : PCI治療を受けた虚血性心疾患患者への退院後の最適なケア計画ー多職種共有型アセスメントツールの試作ー, 第17回心臓リハビリテーション学会, 2011年7月.
37)藤川 栄二, 安原 由子, 谷岡 哲也, 藤永 裕之, 小林 春男 : 複数回PCI治療を要する患者への看護支援方法の検討ー再狭窄を繰り返す患者の症例を通してー, 第17回心臓リハビリテーション学会, 2011年7月.
38)上田 伊佐子, 川西 千恵美 : 職業的アイデンティティに影響を与える臨地実習体験後のリフレクション構成因子, 日本看護研究学会雑誌, Vol.34, No.3, 289, 2011年7月.
39)阪間 稔, 佐瀬 卓也, 中山 信太郎 : 徳島における福島第一原子力発電所事故で放出された放射性核種の観測, 第243回徳島医学会, 2011年7月.
40)上田 伊佐子, 高木 彩, 川西 千恵美 : リフレクション自己評価尺度の信頼性と妥当性の検討, 日本看護学教育学会, 213, 2011年8月.
41)石走 知子, 若松 美貴代, 三浦 陽子, 井上 尚美, 下敷領 須美子, 藤野 敏則, 吉留 厚子, 有倉 巳幸 : 高校生の性感染症問題での対処意識の向上を図るための介入研究, 2011年8月.
42)藤本 憲市, 小林 美緒, 吉永 哲哉 : 動的画像領域分割のための可塑的結合を有する離散時間ニューロン結合系, 第24回 回路とシステムワークショップ論文集, 274-278, 2011年8月.
43)安原 由子, 谷岡 哲也, 藤川 栄二, 藤永 裕之, 小林 春男 : 待機的PCI治療を受けた女性の虚血性心疾患患者の睡眠パターンとQOLとの関係, 第75回日本循環器学会学術集会, 2011年8月.
44)竹條 うてな, 安原 由子, 谷岡 哲也, 藤川 栄二, 藤永 裕之 : 待機的冠動脈インターベーションを受けた虚血性心疾患患者の退院後の体調の変化とその対処法, 第75回日本循環器学会学術集会, 2011年8月.
45)石走 知子, 若松 美貴代, 三浦 陽子, 井上 尚美, 有倉 巳幸 : 思春期学生の性感染症問題における対処意識の向上を図るための介入研究, 日本思春期学会, 2011年8月.
46)板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 森 恵子, 市原 多香子 : 成人看護学実習における観察項目表を導入した手術室見学実習効果, 日本看護学教育学会第21回学術集会講演集, Vol.21, 199, 2011年8月.
47)森 恵子, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 板東 孝枝 : オレムセルフケア理論を基盤とした高齢者看護学実習の学習促進のためのカンファレンスのあり方, 日本看護学教育学会第21回学術集会, Vol.21, 189, 2011年8月.
48)安藝 健作, 泉 あずさ, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 細井 英司 : 血液サンプルからの直接PCR法によるABO血液型遺伝子解析の検討, 第56回日本輸血・細胞治療学会, 2011年9月.
49)田中 恒彦, 友竹 正人 : flooding法の使いどころを考える∼段階的exposureでは治療が停滞した中学男児の事例より∼, 第11回日本認知療法学会, 2011年9月.
50)今井 芳枝, 中川 美砂子, 雄西 智惠美, 森 恵子, 近藤 和也, 丹黒 章 : 外来通院中のリンパ浮腫未発症の乳がん術後患者のリンパ浮腫に対する認識, 439, 2011年9月.
51)今井 芳枝, 中川 美砂子, 雄西 智惠美, 森 恵子, 近藤 和也, 丹黒 章 : 外来通院中のリンパ浮腫未発症の乳がん術後患者のリンパ浮腫に対する認識, 第19回日本乳癌学会学術総会, 439, 2011年9月.
52)重田 誠, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介, 加治 芳雄, 古川 和彦, 七條 文雄 : 聴覚刺激時と刺激想起時の脳内活性化の違いについて, 電気学会電子·情報·システム部門大会論文集, 925-929, 2011年9月.
53)阪間 稔, 佐瀬 卓也, 中山 信太郎 : 徳島福島原子力災害によって放出された放射性核種(ストロンチウム,ヨウ素,セシウム,ウラン)に対するシクロデキストリンポリマーの吸着特性, 第28回シクロデキストリンシンポジウム, 2011年9月.
54)佐瀬 卓也, 阪間 稔 : シクロデキストリンポリマーを用いる放射性物質汚染水の簡易浄化法の検討, 第28回シクロデキストリンシンポジウム, 2011年9月.
55)田村 綾子 : 日本脳神経看護研究学会-第6回脳神経看護セミナー「脳卒中急性期看護-回復期を見据えた看護実践」(於鳥取), 2011年9月.
56)田村 綾子 : 第42回日本看護学会-成人看護Ⅰ・Ⅱ(合同)学術集会教育講演「脳卒中看護の最前線」, 2011年9月.
57)重木 明日香, 谷脇 聖佳, 多田 敏子, 岡久 玲子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 四国遍路へのお接待におけるケアリングとQOL, Quality of Life Journal, Vol.12, No.2, 5, 2011年9月.
58)岡久 玲子, 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 看護学生のケアリング体験とQOL, Quality of Life Journal, Vol.12, No.2, 6, 2011年9月.
59)市原 多香子, 南川 貴子, 田村 綾子, 桑村 由美 : 生活習慣病予防のため勤労成人にとって必要な運動実施を妨げる要因, 第66回日本体力医学会大会, Vol.60, No.6, 776, 2011年9月.
60)阪間 稔, 佐瀬 卓也, 坂口 由貴子, 伏見 賢一, 中山 信太郎 : 四国徳島で観測された福島第一原子力発電所事故由来の大気エアロゾル中に含まれる放射性核種の放射能濃度と黄砂の関係, 2011日本放射化学会, 2011年9月.
61)長篠 博文, 木内 陽介, ダネッシュ A. アリ, パンディア S. アビジット : 耳鳴り音響療法治療過程のSTDPを用いた神経細胞回路モデル, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 243, 2011年9月.
62)吉田 幸利, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 加治 芳雄, 七條 文雄, 古川 和彦, 長篠 博文, 小中 信典, 木内 陽介 : ウェーブレット変換を用いたノイズ除去による 事象関連電位の加算回数削減に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 244, 2011年9月.
63)中平 雄哉, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 古川 和彦, 長篠 博文, 小中 信典, 木内 陽介 : 複雑な両手協調運動時の一次運動野と補足運動野間における同期活動についての研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 245, 2011年9月.
64)重田 誠, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 古川 和彦, 小中 信典, 長篠 博文, 木内 陽介 : 聴覚刺激時と刺激想起時の知覚反応の違いについて, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 247, 2011年9月.
65)鴻野 浩一郎, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 長篠 博文, 小中 信典, 加治 芳雄, 七條 文雄, 古川 和彦, 木内 陽介 : 1ダイポールモデルによるアルファ活動近似の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 248, 2011年9月.
66)谷 洋江 : 摂食障害のリスクがある1型糖尿病をもつ思春期女性への支援, 日本糖尿病教育・看護学会誌, Vol.14, 144, 2011年9月.
67)市原 多香子, 桑村 由美, 南川 貴子, 田村 綾子 : 生活習慣病予備群の勤労成人が抱く身体活動に対する思い, 第16回日本糖尿病教育・看護学会集会抄録集, Vol.15, 193, 2011年9月.
68)岩永 崇, 原田 雅史, 久保 均, 大西 恭平, 椛沢 宏之, 松田 豪 : pseudo-CASLの虚血性疾患における局所脳血流定量性 -123I-IMP SPECTとの比較-, 第39回日本磁気共鳴医学会大会, 2011年9月.
69)中山 千明, 原田 雅史, 久保 均, 野口 麻里, 能勢 歩美, 松田 豪 : Proton MRSによる年齢,撮像条件別グルタチオン濃度の測定, 第39回日本磁気共鳴医学会大会, 2011年9月.
70)野口 麻里, 原田 雅史, 中山 千明, 久保 均, 阪間 稔, 能勢 歩美, 松田 豪 : グルタチオン定量解析を行うためのLCModel Basis-setファイルの作成, 第39回日本磁気共鳴医学会大会, 2011年9月.
71)岸上 尚也, 原田 雅史, 久保 均, 船越 康宏, 住吉 友美 : 運動野における機能局在の検出とneural conectivityとの関連の検討, 第39回日本磁気共鳴医学会大会, 2011年9月.
72)住吉 友美, 原田 雅史, 久保 均, 船越 康宏 : resting fMRIにおける視覚刺激によるneural conectivityへの影響の検討, 第39回日本磁気共鳴医学会大会, 2011年9月.
73)能勢 歩美, 原田 雅史, 久保 均, 音海 暘一, 能勢 隼人, 大塚 秀樹, 影治 照喜 : Gliomaと悪性リンパ腫でのpseudo-CASLによる血流量の比較検討, 第39回日本磁気共鳴医学会大会, 2011年9月.
74)Chiaki Abe, Yoshihiro Uto, Yoshio Endo, Hiroshi Maezawa, Shin-ichiro Masunaga and Hitoshi Hori : Evaluation of the In vivo Radiosensitizing Activity of Etanidazole Using Tumor-bearing Chick Embryo, 70th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, Oct. 2011.
75)滝沢 宏光, 鳥羽 博明, 梶浦 耕一郎, 森本 雅美, 宇山 攻, 中川 靖士, 吉田 光輝, 川上 行奎, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 近藤 和也, 丹黒 章 : 経気管支水溶性造影剤注入によるCTリンパ管造影-区域切除におけるSentinel node navigation surgeryに向けて, 第64回日本胸部外科学会定期学術集会, 2011年10月.
76)川上 行奎, 梶浦 耕一郎, 宇山 攻, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 滝沢 宏光, 吉田 光輝, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 近藤 和也, 丹黒 章 : 肺葉切除術後の残存肺の容積変化と術後呼吸機能についての検討, 第64回日本胸部外科学会定期学術集会, 2011年10月.
77)多田 敏子, 藤井 智惠子, 松下 恭子, 岡久 玲子 : 中山間地域で暮らす高齢者の認知機能とQOL, 第6回日本ルーラルナーシング学会学術集会抄録集, 32, 2011年10月.
78)東 美貴, 吉田 渚, 多田 敏子, 岡久 玲子, 藤井 智惠子, 松下 恭子 : 阿波踊り体操を継続中の地域住民が新たな生活改善に移行する過程, 日本公衆衛生雑誌, Vol.58, No.10, 159, 2011年10月.
79)吉田 みどり, 多田 敏子 : 既存資料からみた徳島県のがん検診受診率と死亡率の相関の検討, 第70回日本公衆衛生学会総会抄録集, Vol.58, 192, 2011年10月.
80)岡久 玲子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 松下 恭子 : 高血圧予防をテーマとした市民公開講座参加者における運動習慣継続者の特性, 日本公衆衛生雑誌, Vol.58, No.10, 170, 2011年10月.
81)吉田 みどり, 多田 敏子 : 既存資料からみた徳島県のがん検診受診率と死亡率の相関の検討, 第70回日本公衆衛生学会総会, 2011年10月.
82)山口 雄作, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 拡張連続法を用いた少数方向投影からのCT画像再構成, 第34回日本生体医工学会中国四国支部大会プログラム講演抄録, 17, 2011年10月.
83)立石 貴代子, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 拡張連続法の離散化に基づくCT画像再構成, 第34回日本生体医工学会中国四国支部大会プログラム講演抄録, 18, 2011年10月.
84)林 裕晃, 神谷 尚武, 谷内 翔, 西原 貞光 : 多数点測定実験におけるIPのフェーディング補正手法の提案, 医用画像情報学会MII平成23年度秋季大会, 2011年10月.
85)吉永 哲哉 : 先端数理に基づく CT 画像再構成, 2011年10月.
86)西原 貞光, 大塚 昭義, 眞田 泰三, 林 裕晃 : 重金属フィルタを利用した患者被ばく線量低減に関する基礎実験, 医用画像情報学会MII平成23年度秋季大会, 2011年10月.
87)吉田 幸利, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 加治 芳雄, 七條 文雄, 古川 和彦, 長篠 博文, 小中 信典, 木内 陽介 : 刺激注意時の聴覚誘発電位の発生機構に関する基礎的検討, 第34回 日本生体医工学会中国四国支部大会 講演抄録, 23, 2011年10月.
88)野間 保喜, 村上 圭史, 弘田 克彦, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌における抗菌薬抵抗性に関与する遺伝子の検討, 第64回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2011年10月.
89)田村 綾子 : 日本脳神経看護研究学会-第7回脳神経看護セミナー「脳卒中急性期看護-回復期を見据えた看護実践」(於熊本), 2011年10月.
90)福森 知治, 中逵 弘能, 古谷 俊介, 津田 恵, 布川 朋也, 武村 政彦, 山本 恭代, 山口 邦久, 井崎 博文, 高橋 正幸, 生島 仁史, 金山 博臣 : 前立腺密封小線源療法前のcombined androgen blockade(CAB)療法の臨床的検討, 日本癌治療学会誌, Vol.46, No.2, 677, 2011年10月.
91)林 裕晃, 西原 貞光, 小沼 洋治, 林 美智子 : IPに付着した放射性物質の除染方法の提案とゲルマニウム検出器を用いた分析, 日本放射線技術学会第39回秋季大会, 2011年10月.
92)橋口 修二, 渋田 佳子, 川村 和之, 三ツ井 貴夫, 香川 典子 : M232R変異を認めた急性進行性CJDの1剖検例, 第105回日本内科学会四国地方会, 2011年11月.
93)佐藤 綾, 香川 典子, 香川 聖子, 和田 美智子, 坂下 直実 : 剖検心の病理学的検討:心筋線維の走行に沿った切り出し方法による, 第44回中国四国医学検査学会, 2011年11月.
94)安藝 健作, 泉 あずさ, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 細井 英司 : 唾液抽出DNAを用いたABO血液型遺伝子解析法の確立, 第44回中国四国医学検査学会, 2011年11月.
95)曽根 淳美, 安藝 健作, 泉 あずさ, 足立 麻衣, 細井 英司 : ABO血液型別にみた血清IgG型抗A/B抗体価の検討, 第44回中国四国医学検査学会, 2011年11月.
96)足立 麻衣, 安藝 健作, 曽根 淳美, 泉 あずさ, 細井 英司 : 血液培養細胞を用いた血小板機能に及ぼす各種薬剤作用の解析, 第44回中国四国医学検査学会, 2011年11月.
97)中土井 芳弘, 亀岡 尚美, 友竹 正人, 大森 哲郎 : 徳島大学病院精神科における摂食障害患者の入院治療の検討, 第52回日本児童青年精神医学会, 2011年11月.
98)友竹 正人 : 自閉症スペクトラムと青年成人期精神障害の接点:自閉症スペクトラムと摂食障害, 第52回日本児童青年精神医学会, 2011年11月.
99)近藤 正 : 知識ベースを備えた多層型GMDH-typeニューラルネットワークによる肝臓癌の医用画像診断, 第34回日本生体医工学会中四国支部講演抄録, 1, 2011年11月.
100)近藤 正 : ネットワーク構造の自己選択を行うフィードバックGMDH-typeニューラルネットワークによる肺癌の医用画像診断, 第34回日本生体医工学会中四国支部講演抄録, 2, 2011年11月.
101)上岡 義典, 田中 恒彦, 友竹 正人, 兼田 康宏, 大森 哲郎 : 統合失調症における認知機能と主観的および客観的QOLの関連, 第11回精神疾患と認知機能研究会, 2011年11月.
102)近藤 和也 : 《ワークショップ3》胸腺上皮性腫瘍におけるTNM staging system, 第52回日本肺癌学会総会, 2011年11月.
103)佐土原 洋平, 鳥羽 博明, 近藤 和也, 梶浦 耕一郎, 中川 靖士, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 丹黒 章 : 胸腺上皮性腫瘍のFDG-PET/CT所見とHIF-1α,Glut-1,VEGFの発現との関連性, 第52回日本肺癌学会総会, 2011年11月.
104)森本 雅美, 滝沢 宏光, 梶浦 耕一郎, 宇山 攻, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 川上 行奎, 吉田 光輝, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 近藤 和也, 丹黒 章 : 肺腺癌手術検体を用いたCycleave-PCR法とPNA-LNA PCR-Clamp法のEGFR遺伝子変異測定結果の比較, 第52回日本肺癌学会総会, 2011年11月.
105)吉田 光輝, 先山 正二, 日野 弘之, 森本 雅美, 梶浦 耕一郎, 宇山 攻, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 川上 行奎, 監﨑 孝一郎, 近藤 和也, 丹黒 章 : 胸腔内の解剖学的破格を伴った肺癌手術症例の検討, 第52回日本肺癌学会総会, 2011年11月.
106)白石 真理子, 近藤 和也, 岩佐 裕介, 藤田 結衣, 大岩 由香里, 高井 チカ子, 滝沢 宏光, 中川 靖士, 鳥羽 博明, 川上 行奎, 梶浦 耕一郎, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 丹黒 章 : クロム酸塩に暴露したヒト肺癌におけるdsDNAの切断を修復するDNA修復遺伝子の異常の検討, 第52回日本肺癌学会総会, 2011年11月.
107)梶浦 耕一郎, 先山 正二, 鳥羽 博明, 宇山 攻, 中川 靖士, 吉田 光輝, 滝沢 宏光, 川上 行奎, 監﨑 孝一郎, 近藤 和也, 丹黒 章 : 胸腺腫摘出後に再生不良性貧血を発症した1例, 第52回日本肺癌学会総会, 2011年11月.
108)監﨑 孝一郎, 先山 正二, 鳥羽 博明, 森本 雅美, 梶浦 耕一郎, 宇山 攻, 中川 靖士, 吉田 光輝, 川上 行奎, 滝沢 宏光, 近藤 和也, 丹黒 章 : 突発性と手術後気胸に対するフィブリン糊大量胸腔内注入療法の比較検討, 第73回日本臨床外科学会総会, 2011年11月.
109)竹林 桂子, 石走 知子, 葉久 真理 : 助産師アイデンティティを育成する助産実習, 第43回徳島母性衛生学会抄録集, 2011年11月.
110)安井 敏之 : 性成熟期におけるbone health, 第13回日本骨粗鬆症学会, 2011年11月.
111)板東 孝枝, 雄西 智惠美 : 肺切除術後に肩部周辺の不快症状が出現した患者の症状の経過と特徴, 第25回日本手術看護学会年次大会 抄録集, Vol.7, No.2, 250, 2011年11月.
112)野間 保喜, 水瀬 一生, 曽宮 葉子, 西田 みなみ, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 小野 恒子 : 付着緑膿菌のビアペネム抵抗性関連遺伝子の探索, 第44回中国四国医学検査学会, 2011年11月.
113)水瀬 一生, 野間 保喜, 曽宮 葉子, 西田 みなみ, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 小野 恒子 : バイオフィルム形成菌での抗菌薬抵抗性獲得メカニズムについて, 第44回中国四国医学検査学会, 2011年11月.
114)曽宮 葉子, 野間 保喜, 水瀬 一生, 西田 みなみ, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 小野 恒子 : 緑膿菌psl遺伝子の抗菌薬抵抗性への関与について, 第44回中国四国医学検査学会, 2011年11月.
115)西田 みなみ, 野間 保喜, 水瀬 一生, 曽宮 葉子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 小野 恒子 : クラリスロマイシンが及ぼす緑膿菌コロニー性状への影響, 第44回中国四国医学検査学会, 2011年11月.
116)上岡 義典, 田中 恒彦, 友竹 正人, 兼田 康宏, 大森 哲郎 : 統合失調症における認知機能と主観的および客観的QOLの関連, 第11回精神疾患と認知機能研究会, 2011年11月.
117)玉川 晋也, 八塚 研治, 阿部 真治, 久保 均, 土屋 浩一郎, 原田 雅史, 根本 尚夫 : 新規MRI造影剤の開発研究, 第37回反応と合成の進歩シンポジウム, 2011年11月.
118)大津 秀光, 長篠 博文, 木内 陽介, ダネッシュ A. アリ, パンディア S. アビジット : 耳鳴り音響療法のSTDPを用いた数理モデル, 計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, SO2/PO2-24, 2011年11月.
119)芦原 匠, 長篠 博文, 芥川 正武, 木内 陽介 : MRI装置騒音のヒト脳波への影響, 計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, SO2/PO2-25, 2011年11月.
120)小沼 洋治, 林 美智子, 林 裕晃, 西原 貞光 : X線検出器(イメージングプレート:IP)に付着した放射性同位元素の除染, 第59回日本職業・災害医学会, 2011年11月.
121)安井 敏之 : 周閉経期におけるエストロゲンとサイトカイン, 第26回日本女性医学学会, 2011年11月.
122)松井 寿美佳, 安井 敏之, 谷 杏奈, 國見 幸太郎, 上村 浩一, 山本 哲史, 苛原 稔 : Gonadotropin-releasing hormone agonist投与がインスリン抵抗性に与える影響, 第26回日本女性医学学会学術集会, 2011年11月.
123)中山 総一朗, 安井 敏之, 上村 浩一, 松井 寿美佳, 谷 杏奈, 佐藤 美紀, 加地 剛, 國見 幸太郎, 山本 哲史, 前田 和寿, 苛原 稔 : 双胎妊娠と単胎妊娠における妊娠産褥期の骨代謝の比較., 第26回日本女性医学学会学術集会, 2011年11月.
124)谷 杏奈, 安井 敏之, 松井 寿美佳, 國見 幸太郎, 上村 浩一, 山本 哲史, 苛原 稔 : GnRH agonist投与によって血中monocyte chemoattractant protein-1は増加する, 第26回日本女性医学学会学術集会, 2011年11月.
125)國見 幸太郎, 松井 寿美佳, 谷 杏奈, 上村 浩一, 山本 哲史, 安井 敏之, 苛原 稔 : 骨盤臓器脱治療におけるQOL評価., 第26回日本女性医学学会学術集会, 2011年11月.
126)笠井 由佳, 前川 正彦, 谷 杏奈, 松井 寿美佳, 國見 幸太郎, 山本 哲史, 上村 浩一, 安井 敏之, 鎌田 正晴, 苛原 稔 : ラロキシフェンが末梢血全血のサイトカイン産生に及ぼす効果., 第26回日本女性医学学会学術集会, 2011年11月.
127)梶浦 耕一郎, 先山 正二, 鳥羽 博明, 森本 雅美, 湊 拓也, 後藤 正和, 古北 由仁, 山本 洋太, 川上 行奎, 中川 靖士, 吉田 光輝, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 近藤 和也, 丹黒 章 : 3回にわたる頚部縦隔胸腔ドレナージ術施行し救命しえた降下性壊死性縦隔炎の1例, 第73回日本臨床外科学会総会, 2011年11月.
128)工藤 隆治, 前澤 博, 古谷 俊介, 久保 亜貴子, 生島 仁史 : 子宮頸癌に対する 192-Ir 高線量率照射 in vitro 実験モデルの作成, 日本放射線腫瘍学会 第24回学術大会, 2011年11月.
129)前澤 博, 権藤 賢悟, 松原 隆敏, 美濃部 遥, 宇都 義浩, 堀 均 : 5フルオロウラシルの低酸素ヒト肺がん細胞X線致死増感効果, 日本放射線影響学会第54回大会, 120, 2011年11月.
130)古谷 俊介, 生島 仁史, 大友 真姫, 久保 亜貴子, 川中 崇, 工藤 隆治, 福森 知治, 金山 博臣, 原田 雅史 : 前立腺癌 I-125 シード単独治療における線量増加の有効性と安全性の検討, 日本放射線腫瘍学会 第24回学術大会, 2011年11月.
131)久保 亜貴子, 古谷 俊介, 川中 崇, 工藤 隆治, 尾﨑 享祐, 山下 恭, 生島 仁史 : 子宮頚癌化学放射線治療のリンパ節制御に関する検討, 日本放射線腫瘍学会 第24回学術大会, 2011年11月.
132)安原 由子, 谷岡 哲也, 藤川 栄二, 藤永 裕之, 小林 春男 : 経皮的冠動脈治療(PCI)を受けた虚血性心疾患患者の退院前後の睡眠パターンと, 第35回中国・四国精神保健学会, 2011年11月.
133)酒巻 咲子, 平井 恵理, 安原 由子, 元木 一志, 笹川 千位子, 高瀬 憲作, 谷岡 哲也, 川西 千恵美 : 持効性注射剤の最適な筋肉注射部位と安全な注射手技の検討:三角筋と中殿筋の超音波診断法による結果から, 第35回中国・四国精神保健学会, 2011年11月.
134)西岡 将規, 島田 光生, 栗田 信浩, 岩田 貴, 佐藤 宏彦, 森本 慎也, 吉川 幸造, 宮谷 知彦, 政清 史晃, 原田 雅文, 上野 淳二, 仁木 登 : 消化器癌におけるCADSによるリンパ節転移自動診断, 日本コンピュータ外科学会誌, Vol.13, No.3, 174-175, 2011年11月.
135)村上 圭史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌における抗菌薬抵抗性関連遺伝子の探索, 第59回日本化学療法学会西日本支部総会, 2011年11月.
136)山口 雄作, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続CT画像再構成法の拡張による効果, 第7回 中四国放射線医療技術フォーラム2011後抄録, 75, 2011年11月.
137)宮﨑 久美子, 奥田 紀久子, 近藤 和也, 梶原 京子, 藤井 智惠子 : 喫煙防止教育講演後の高校生の喫煙に対する意識・態度の変容について, 第6回日本禁煙科学会学術総会in沖縄, 2011年11月.
138)西原 貞光, 大塚 昭義, 眞田 泰三, 林 裕晃 : 重金属フィルタを利用した患者被曝線量の低減に関する基礎実験, 中四国放射線医療技術フォーラム, 2011年11月.
139)河井 直樹, 西原 貞光, 山下 勇貴, 高志 智 : 本学における画像生成システムの解像特性計測環境の構築, 中四国放射線医療技術フォーラム, 2011年11月.
140)久保 均, 大谷 環樹, 大塚 秀樹, 原田 雅史 : 自己遮蔽型サイクロトロンが直上階の小動物用PET/CT装置へ与える影響の評価, 中四国放射線医療技術フォーラム, 2011年11月.
141)村上 紗也香, 久保 均, 山中 拓也, 大谷 環樹, 原田 雅史 : 小動物用PET/CT装置におけるX線CTでの造影剤濃度とHU値の関係の評価, 中四国放射線医療技術フォーラム, 2011年11月.
142)大谷 環樹, 久保 均, 原田 雅史 : 皮下腫瘍移植マウスにおける18F-FDG投与量がSUVおよび動態解析結果に与える英挙の検討, 中四国放射線医療技術フォーラム, 2011年11月.
143)山中 拓也, 久保 均, 村上 紗也香, 大谷 環樹, 原田 雅史 : 皮下移植腫瘍マウスを用いた18F-FDGにおける吸収補正法が定量値に与える影響の検討, 中四国放射線医療技術フォーラム, 2011年11月.
144)奥田 紀久子, 藤井 智惠子, 近藤 和也, 宮﨑 久美子, 梶原 京子 : 徳島県の小・中学校における防煙教育の効果の実態と影響要因, 第6回日本禁煙科学会学術総会in沖縄, 2011年11月.
145)青木 圭子, 中村 真由美, 川島 周, 近藤 和也, 藤井 智惠子 : 徳島県の学校園における防煙教育等に関する学校医の意識と実態, 第6回日本禁煙科学会学術総会in沖縄, 2011年11月.
146)中村 真由美, 青木 圭子, 中瀬 勝則, 近藤 和也, 奥田 紀久子 : 徳島県医師会の禁煙活動の取り組みの現状と今後の課題, 第6回日本禁煙科学会学術集会in沖縄, 2011年11月.
147)山下 勇貴, 河井 直樹, 西原 貞光 : ハウレットチャートを用いたX線透視装置の視覚評価と物理評価及びその比較, 中四国放射線医療技術フォーラム, 2011年11月.
148)服部 顕輝, 久保 均, 原田 雅史 : 3T MRI装置を用いた血管内皮機能評価法の検討, 中四国放射線医療技術フォーラム, 2011年11月.
149)大西 恭平, 岩永 崇, 久保 均, 原田 雅史 : SWANおよびT2WIを用いた脳腫瘍のヒストグラム解析, 中四国放射線医療技術フォーラム, 2011年11月.
150)佐藤 貴弘, 久保 均, 櫻川 加奈子, 原田 雅史 : 3D MR-Dosimetryに用いるポリマーゲルにおける架橋剤の効果の検討, 中四国放射線医療技術フォーラム, 2011年11月.
151)太田 傑, 久保 均, 中村 教泰, 原田 雅史 : 酸化鉄粒子を用いた新規MRI用プローブ開発における緩和時間特性の評価, 中四国放射線医療技術フォーラム, 2011年11月.
152)佐瀬 卓也, 松本 絵里佳, 桑原 義典, 富永 浩二, 阪間 稔, 中山 信太郎, 三好 弘一, 篠原 康雄 : 小型環境放射線モニタを用いる食品等の放射能濃度測定の試み, 日本放射線安全管理学会第10回学術大会, 2011年12月.
153)清水 陸登, 管野 力弥, 野田 弘樹, 井村 裕吉, 阪間 稔 : 走行サーベイによる四国の環境放射線調査, 日本放射線安全管理学会第10会学術大会, 2011年12月.
154)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 岸田 佐智, 今村 麻依子 : 養育者の認知・感情・行動による養育行動の客観的評価と支援ポイントの明確化, 日本子ども虐待防止学会第17回学術集会いばらき大会, 2011年12月.
155)藤本 憲市 : CT画像再構成の基礎と最新研究成果, 2011年12月.
156)久保 幸子, 多田 敏子 : 交代制勤務に従事する50歳代男性労働者の疲労の量的研究, 第55回中国四国合同産業衛生学会, 68, 2011年12月.
157)山本 歩実, 岸田 真季, 倍味 宏行, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 泉 あずさ, 安藝 健作, 松本 直貴, 川添 和義, 水口 和生, 細井 英司 : 血小板機能に及ぼす各種薬剤作用の血液培養細胞を用いた解析, 第35回 徳島県医学検査学会, 2011年12月.
158)岸田 真季, 倍味 宏行, 山本 歩実, 曽根 淳美, 足立 麻衣, 泉 あずさ, 安藝 健作, 松本 直貴, 川添 和義, 水口 和生, 細井 英司 : 精油による自律神経系及び免疫系への影響, 第35回 徳島県医学検査学会, 2011年12月.
159)倍味 宏行, 岸田 真季, 山本 歩実, 安藝 健作, 泉 あずさ, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 細井 英司 : ABO血液型遺伝子のExon6,7領域の各塩基置換におけるPASA法を用いた解析, 第35回 徳島県医学検査学会, 2011年12月.
160)岡坂 奈緒子, 山田 茉樹, 眞木 敬太, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 水瀬 一生, 野間 保喜, 曽宮 葉子, 西田 みなみ : 徳島大学病院で分離された緑膿菌における薬剤耐性のメカニズムとERIC-PCRの有用性について, 第35回徳島県医学検査学会, 2011年12月.
161)眞木 敬太, 岡坂 奈緒子, 山田 茉樹, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 水瀬 一生, 野間 保喜, 曽宮 葉子, 西田 みなみ : 緑膿菌臨床分離株におけるバイオフィルム形成能と薬剤感受性について, 第35回徳島県医学検査学会, 2011年12月.
162)山田 茉樹, 眞木 敬太, 岡坂 奈緒子, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 水瀬 一生, 野間 保喜, 曽宮 葉子, 西田 みなみ : 緑膿菌臨床分離株におけるpel, psl遺伝子の保有と抗菌薬抵抗性との関連について, 第35回徳島県医学検査学会, 2011年12月.
163)松浦 彩, 稲垣 辰憲, 齋藤 憲, 佐藤 光代, 山田 博胤, 吉川 陽子, 矢野 勇人 : 心サルコイドーシスに於けるfragmented QRS(fQRS)の出現頻度とその臨床的意義, 徳島県臨床検査技師会誌, 30, 2011年12月.
164)稲垣 辰憲, 友藤 達陽, 齋藤 憲, 吉川 陽子, 鳥海 進一, 矢野 勇人 : 心筋梗塞発症時Tombstone様ST上昇を認めたWellens症候群の1例, 徳島県臨床検査技師会誌, 31, 2011年12月.
165)友藤 達陽, 松浦 彩, 齋藤 憲, 弘田 大智 : デジタルホルター心電計によるQT間隔日内変動様式の検討, 徳島県臨床検査技師会誌, 32, 2011年12月.
166)土肥 紗希子, 松浦 千惠子, 齋藤 憲 : 冷え性と肩こりに関する検討, 徳島県臨床検査技師会誌, 29, 2011年12月.
167)舛森 亜弓, 多田 遥香, 佐藤 綾, 香川 典子, 香川 聖子, 坂下 直実 : 剖検心の病理学的検討:縦断面での介在板間の測定, 徳島県医学検査学会 第35回, 2011年12月.
168)多田 遥香, 舛森 亜弓, 佐藤 綾, 香川 典子, 香川 聖子, 坂下 直実 : 筋強直性ジストロフィー剖検心の病理学的検討, 徳島県医学検査学会 第35回, 2011年12月.
169)櫻間 彩奈, 伊丹 千尋, 松山 千紗, 香川 典子, 香川 聖子, 和田 美智子 : 徳島県医学検査学会 第35回, 2011年12月.
170)Noriko Yamano, Yasumasa Ikeda, Minoru Sakama, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : The alternation of iron metabolism in high fat diet-induced obese and diabetic mice, 第34回日本分子生物学会年会, Dec. 2011.
171)近藤 正, 上野 淳二, 髙尾 正一郎 : ニューロン構造の自己選択機能を備えたフィードバックGMDH-typeニューラルネットワークによる肺癌の医用画像診断, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.KBSE2011-54, 7-12, 2012年1月.
172)近藤 正, 上野 淳二, 髙尾 正一郎 : 人工知能技術を用いた多層型GMDH-typeニューラルネットワークによる肝臓癌の医用画像診断, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.KBSE2011-53, 1-6, 2012年1月.
173)關戸 啓子, 安原 由子 : 医療職を目指す他専攻の学生が合同で履修する「人間関係論」の課題ー学生の授業評価よりー, 平成23年全学FD大学教育カンファレンスin 徳島発表抄録集, 74-75, 2012年1月.
174)關戸 啓子, 安原 由子 : 医療技術系大学生が受講するヒューマンコミュニケーション:社会人としてマナーを学ぶ」の授業方法と課題ー学生の授業評価よりー, 平成23年全学FD大学教育カンファレンスin 徳島発表抄録集, 72-73, 2012年1月.
175)安原 由子, 關戸 啓子 : 看護系大学1年生に実施した高齢者ふれあい実習の初年度における効果と課題ー学生の授業評価よりー, 平成23年全学FD大学教育カンファレンスin 徳島発表抄録集, 70-71, 2012年1月.
176)岩佐 幸恵, 奥田 紀久子, 安原 由子 : グループ・ワーク型授業を活性化させるための取り組み‐コックピット・リソース・マネージメントの授業への応用, 平成23年度全学FD大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 76-77, 2012年1月.
177)田村 綾子 : 日本脳神経看護研究学会第10回脳神経看護セミナー「脳卒中急性期看護」(於神戸), 日本脳神経看護研究学会, 2012年1月.
178)安井 敏之 : 女性のライフステージと骨粗鬆症, --- 周閉経期 ---, 2012年1月.
179)安井 敏之 : 女性のライフステージと骨粗鬆症, --- 周閉経期 ---, 2012年1月.
180)安井 敏之 : 第3回 HRT研究会 女性のライフステージと骨粗鬆症, --- 周閉経期 ---, 2012年1月.
181)安井 敏之 : 漢方実践セミナー ホットフラッシュのメカニズムの解明に向けた最新知見, 2012年1月.
182)友竹 正人 : メンタルヘルスと栄養:摂食障害について, 第244回徳島医学会, 2012年2月.
183)亀岡 尚美, 中土井 芳弘, 友竹 正人, 大森 哲郎 : 摂食障害患者にみられるRefeeding syndromeについて, 第244回徳島医学会, 2012年2月.
184)友竹 正人, 富永 武男, 上岡 義典, 大森 哲郎 : 家族から見た統合失調症患者の日常生活技能と認知機能障害との関連, 第8回統合失調症研究会, 2012年2月.
185)友竹 正人, 富永 武男, 上岡 義典, 大森 哲郎 : 家族から見た統合失調症患者の日常生活技能と認知機能障害との関連, 第8回統合失調症研究会, 2012年2月.
186)中村 美穂, 原 理恵, 多田 敏子, 岡久 玲子 : 自然災害発生時の被災者への看護に携わった看護職者のメンタルヘルスに関する文献検討, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.57, No.1, 51, 2012年2月.
187)清水 陸登, 管野 力弥, 野田 弘樹, 石田 啓祐, 井村 裕吉, 阪間 稔 : 四国の環境放射線, --- 走行サーベイによる調査 ---, 平成23年度四国公衆衛生研究発表会, 2012年2月.
188)宇都 義浩, 村井 絵美, 寺岡 瑞絵, 前澤 博, 堀 均 : アセチル化グルコースハイブリッド放射線増感剤TX-2244をリードとした6位修飾グルコース型放射線増感剤の分子設計, 第14回癌治療増感研究シンポジウム, 2012年2月.
189)今井 芳枝, 雄西 智惠美, 森 恵子, 板東 孝枝 : 高齢がんサバイバーの''がんと共に生きる''ことへの受け止めと心理的適応状態との関連, 第26回日本がん看護学会学術集会, Vol.26, 155, 2012年2月.
190)秋元 典子, 藤田 佐和, 雄西 智惠美 : 中国・四国地域におけるがん看護専門看護師教育課程進学を阻害する要因, 第26回日本がん看護学会学術集会, Vol.26, 159, 2012年2月.
191)藤田 佐和, 秋元 典子, 雄西 智惠美 : がん看護専門看護師の存在とそのエキスパートネスの理解及びがん看護の質向上に関する実態調査∼中国・四国地域に限定して∼, 第26回日本がん看護学会学術集会, Vol.26, 173, 2012年2月.
192)板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 森 恵子 : 肺がん患者の術後不快症状経過に関する縦断的調査, 第26回日本がん看護学会学術集会, Vol.26, 258, 2012年2月.
193)舘 美加, 雄西 智惠美 : 外来化学療法を受ける乳がん患者の倦怠感と日常生活活動量との関係, 第26回日本がん看護学会学術集会, Vol.26, 113, 2012年2月.
194)谷口 啓子, 雄西 智惠美 : 放射線・化学療法を受ける頭頸部がん患者に対する「セルフケアを基盤とした口腔ケア援助プログラム」の効果, 第26回日本がん看護学会学術集会, Vol.26, 297, 2012年2月.
195)岡本 玲子, 小出 恵子, 西田 真寿美, 村嶋 幸代, 鈴木 るり子, 酒井 陽子, 岸 恵美子, 野村 美千江, 多田 敏子, 城島 哲子, 寺本 千恵, 草野 恵美子, 岩本 里織, 斉藤 美紀 : 地震による津波災害がA町にもたらした変化1-人びとの移動ー, 第16回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 98, 2012年2月.
196)村嶋 幸代, 小出 恵子, 西田 真寿美, 岡本 玲子, 鈴木 るり子, 酒井 陽子, 岸 恵美子, 野村 美千江, 多田 敏子, 城島 哲子, 寺本 千恵, 草野 恵美子, 岩本 里織, 斉藤 美紀 : 地震による津波災害がA町にもたらした変化2-人口ピラミッドー, 第16回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 99, 2012年2月.
197)多田 敏子, 小出 恵子, 西田 真寿美, 村嶋 幸代, 鈴木 るり子, 酒井 陽子, 岸 恵美子, 野村 美千江, 岡本 玲子, 城島 哲子, 寺本 千恵, 草野 恵美子, 岩本 里織, 斉藤 美紀 : 地震による津波災害がA町にもたらした変化3-在宅高齢者の健康・生活支援課題ー, 第16回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 100, 2012年2月.
198)鈴木 るり子, 小出 恵子, 西田 真寿美, 村嶋 幸代, 岡本 玲子, 酒井 陽子, 岸 恵美子, 野村 美千江, 多田 敏子, 城島 哲子, 寺本 千恵, 草野 恵美子, 岩本 里織, 斉藤 美紀 : 地震による津波災害がA町にもたらした変化4-血圧の変化ー, 第16回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 101, 2012年2月.
199)寺本 千恵, 小出 恵子, 西田 真寿美, 村嶋 幸代, 鈴木 るり子, 酒井 陽子, 岸 恵美子, 野村 美千江, 多田 敏子, 城島 哲子, 岡本 玲子, 草野 恵美子, 岩本 里織, 斉藤 美紀 : 地震による津波災害がA町にもたらした変化5-支援が必要な事例ー, 第16回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 102, 2012年2月.
200)小川 拓也, 香川 聖子, 堀口 英久, 香川 典子, 坂下 直実 : 皮下および腹腔内腫瘍, 第107回中国·四国スライドカンファレンス, 2012年2月.
201)小川 拓也, 香川 聖子, 堀口 英久, 香川 典子, 坂下 直実 : 皮下および腹腔内腫瘍, 第107回中国·四国スライドカンファレンス, 2012年2月.
202)石走 知子, 若松 美貴代, 三浦 陽子, 井上 尚美, 下敷領 須美子, 藤野 敏則, 吉留 厚子, 竹林 桂子, 有倉 巳幸 : 高校生の性感染症問題における対処意識の向上をはかるための介入研究, 思春期学, Vol.30, No.1, 60-61, 2012年3月.
203)鎌田 久美子, 岡島 さおり, 海法 澄子, 松井 道子, 松本 珠実, 三井 尚美, 大場 エミ, 佐伯 和子, 田高 悦子, 多田 敏子, 鳩野 洋子, 藤丸 知子, 横山 美江 : 保健師教育課程における産業保健及び学校保を組み込んだ臨地実習の実態調査についてー実習施設における調査結果, 第1回日本保健師学術集会抄録集, 74, 2012年3月.
204)海法 澄子, 岡島 さおり, 鎌田 久美子, 松井 道子, 松本 珠実, 三井 尚美, 大場 エミ, 佐伯 和子, 田高 悦子, 多田 敏子, 鳩野 洋子, 藤丸 知子, 横山 美江 : 保健師教育課程における産業保健及び学校保を組み込んだ臨地実習の実態調査についてー教育機関における調査結果, 第1回日本保健師学術集会抄録集, 75, 2012年3月.
205)西田 真寿美, 草野 恵美子, 岡本 玲子, 野村 美千江, 小出 恵子, 倉田 朋子, 菅 玲子, 皿海 二子, 岩本 里織, 岸 恵美子, 城島 哲子, 多田 敏子, 寺本 千恵, 鈴木 るり子, 佐尾 貴子, 村嶋 幸代 : 地震による津波災害と保健師活動1-被災地で生きる住民の痛みと強みー, 第1回日本保健師学術集会抄録, 43, 2012年3月.
206)岸 恵美子, 草野 恵美子, 小出 恵子, 岡本 玲子, 佐尾 貴子, 倉田 朋子, 菅 玲子, 皿海 二子, 岩本 里織, 西田 真寿美, 城島 哲子, 多田 敏子, 寺本 千恵, 野村 美千江, 鈴木 るり子, 村嶋 幸代 : 地震による津波災害と保健師活動2-外部から被災地支援に入った保健師が把握した住民の回復力ー, 第1回日本保健師学術集会抄録, 44, 2012年3月.
207)佐尾 貴子, 草野 恵美子, 小出 恵子, 岡本 玲子, 西田 真寿美, 倉田 朋子, 菅 玲子, 皿海 二子, 岩本 里織, 岸 恵美子, 城島 哲子, 多田 敏子, 寺本 千恵, 野村 美千江, 鈴木 るり子, 村嶋 幸代 : 地震による津波災害と保健師活動3-支援に入った保健師がとらえた被災住民の特性と健康課題 ー, 第1回日本保健師学術集会抄録, 45, 2012年3月.
208)酒井 陽子, 草野 恵美子, 岡本 玲子, 野村 美千江, 佐尾 貴子, 倉田 朋子, 菅 玲子, 皿海 二子, 岩本 里織, 岸 恵美子, 城島 哲子, 多田 敏子, 寺本 千恵, 鈴木 るり子, 小出 恵子, 西田 真寿美, 村嶋 幸代 : 地震による津波災害と保健師活動4-ー外部から被災地支援に入った保健師が把握した災害保健活動の課題と今後のあり方-, 第1回日本保健師学術集会抄録, 46, 2012年3月.
209)岸 恵美子, 草野 恵美子, 小出 恵子, 岡本 玲子, 佐尾 貴子, 倉田 朋子, 菅 玲子, 皿海 二子, 岩本 里織, 西田 真寿美, 城島 哲子, 多田 敏子, 寺本 千恵, 鈴木 るり子, 野村 美千江, 村嶋 幸代 : 地震による津波災害と保健師活動5-全戸訪問ボランティアに参加した保健師による訪問活動の再考, 第1回日本保健師学術集会抄録, 47, 2012年3月.
210)岡本 玲子, 草野 恵美子, 小出 恵子, 野村 美千江, 佐尾 貴子, 倉田 朋子, 菅 玲子, 皿海 二子, 岩本 里織, 岸 恵美子, 酒井 陽子, 多田 敏子, 寺本 千恵, 鈴木 るり子, 西田 真寿美, 城島 哲子, 村嶋 幸代 : 地震による津波災害と保健師活動6-行政機能が麻痺した被災地保健師の体験と思い, 第1回日本保健師学術集会抄録, 48, 2012年3月.
211)西田 真寿美, 草野 恵美子, 岡本 玲子, 野村 美千江, 小出 恵子, 倉田 朋子, 菅 玲子, 皿海 二子, 岩本 里織, 岸 恵美子, 城島 哲子, 多田 敏子, 寺本 千恵, 鈴木 るり子, 佐尾 貴子, 村嶋 幸代 : 地震による津波災害と保健師活動1-被災地で生きる住民の痛みと強みー, 第1回日本保健師学術集会抄録, 43, 2012年3月.
212)片岡 三佳, 奥田 紀久子, 千葉 進一, 友竹 正人, 多田 敏子 : 総合大学に勤務する教員・研究者を対象にした職務状況とメンタルヘルスに関する実態調査, 第31回日本社会精神医学会抄録, 124, 2012年3月.
213)山野 範子, 池田 康将, 阪間 稔, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : Accumulated iron storage in high fat diet-induced obese and diabetic mice, 第85回日本薬理学会年会, 2012年3月.
214)友竹 正人, 富永 武男, 上岡 義典, 大森 哲郎 : 家族から見た統合失調症患者の日常生活技能と認知機能障害との関連, 第7回日本統合失調症学会, 2012年3月.
215)弘田 大智, 西尾 進, 山田 博胤, 遠藤 桂輔, 冨田 紀子, 林 修司, 平田 有紀奈, 玉井 利奈, 中川 摩耶, 佐田 政隆, 齋藤 憲 : 陳旧性心筋梗塞におけるV1誘導のP波と左房負荷:心エコー・ドプラ法を用いた検討, The 76th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, 2012年3月.
216)田中 大地, 宇都 義浩, 安部 千秋, 遠藤 良夫, 前澤 博, 原田 浩, 増永 慎一郎, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵における低酸素腫瘍の同定とetanidazoleのin vivo放射線増感活性の評価, 日本薬学会第132年会, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 作品等

(なし)

2011年度(平成23年度) / その他・研究会

1)多田 敏子 : 七つ道具について, SSKA全低肺, No.7218, 4-6, 2011年4月.
2)今井 芳枝, 中川 美砂子, 雄西 智惠美, 森 恵子, 板東 孝枝, 近藤 和也, 丹黒 章 : 外来通院中のリンパ浮腫未発症の乳がん術後患者のリンパ浮腫に対する実態調査, 第60回徳島乳腺研究会, 2011年4月.
3)多田 亜沙香, 小西 菜美, 板東 孝枝, 雄西 智惠美, 近藤 和也 : 初めて乳房の手術を受け退院を控えた患者とその家族の今後の生活に対する意識の比較, 徳島乳腺研究会抄録集, 2011年4月.
4)橋戸 宏輔, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 連続法を用いた強度変調放射線治療計画法, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.111, No.62, 105-110, 2011年5月.
5)小林 美緒, 藤本 憲市, 吉永 哲哉 : 離散時間ニューロン結合系にみられる同期現象の解析, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.111, No.62, 79-84, 2011年5月.
6)細井 英司 : 臨床検査教育の現状, 徳島大学病院検査部勉強会(特別講演), 2011年5月.
7)多田 敏子 : 「務め」と「勤め」, 全低肺徳島支部会報, No.105, 4-6, 2011年6月.
8)鴻野 浩一郎, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 長篠 博文, 小中 信典, 加治 芳雄, 七條 文雄, 古川 和彦, 木内 陽介 : ニューラルネットワークを用いたα波発生源の検討, 電子情報通信学会技術研究報告,MEとバイオサイバネティックス研究会, Vol.111, No.121, 25-29, 2011年7月.
9)中平 雄哉, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 古川 和彦, 長篠 博文, 小中 信典, 木内 陽介 : 複雑な両手協調運動時の大脳皮質領野間における同期的活動に関する研究, 電子情報通信学会技術研究報告,MEとバイオサイバネティックス研究会, Vol.111, No.121, 53-57, 2011年7月.
10)長篠 博文, 芥川 正武, 木内 陽介 : MRI装置の騒音による脳波の変化, 電子情報通信学会技術研究報告,MEとバイオサイバネティックス研究会 MBE2011-32, Vol.111, No.121, 65-69, 2011年7月.
11)梶浦 耕一郎, 滝沢 宏光, 高嶋 美佳, 宇山 攻, 鳥羽 博明, 川上 行奎, 中川 靖士, 吉田 光輝, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 近藤 和也, 丹黒 章 : 多彩な陰影を呈した結節性リンパ組織過形成の3切除例, 第46回日本呼吸器学会中国・四国地方会 第50回日本肺癌学会中国・四国支部会, 2011年7月.
12)葉久 真理, 大橋 一友, 香山 晋輔, 酒井 規夫, 炭原 加代, 石走 知子, 竹林 桂子, 田中 恵子, 日隈 ふみ子, 山口 雅子 : 2012年 出題基準別助産婦国家試験問題, 2011年7月.
13)近藤 和也 : 知って防ごう肺がん, 阿南市保健センター講演会, 2011年7月.
14)川上 行奎, 梶浦 耕一郎, 宇山 攻, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 滝沢 宏光, 吉田 光輝, 監﨑 孝一郎, 先山 正二, 近藤 和也, 丹黒 章 : 肝細胞癌術後肺転移に対するICG蛍光法による腫瘍検出の試み, 第16回中国四国内視鏡外科研究会, 2011年9月.
15)原 知也, 岩瀬 俊, 高島 啓, 山崎 宙, 小笠原 梢, 坂東 左知子, 伊勢 孝之, 仁木 敏之, 楠瀬 賢也, 上田 由佳, 冨田 紀子, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆, 赤池 雅史, 能勢 隼人, 髙尾 正一郎, 大塚 秀樹, 原田 雅史, 西岡 安彦 : 心サルコイドーシス診断の手引きにおける各種診断モダリティーの検討, 第16回中四国心筋症・心不全研究会, 2011年9月.
16)小林 美緒, 藤原 政良, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 合原 一幸 : 離散時間振動子の星型結合系にみられる分岐とカオス現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.111, No.276, 1-5, 2011年11月.
17)藤本 憲市, 山口 雄作, 吉永 哲哉 : ブロック連続CT画像再構成システムの電子回路設計, 電気学会研究会資料, Vol.ECT-11, 9-14, 2011年11月.
18)安原 由子, 川西 千恵美, 升田 茂章 : 交流集会 筋肉注射のエビデンスー安全で安楽な筋肉注射を行うためにー, 第31回日本看護科学学会学術集会抄録集, 2011年12月.
19)三好 弘一, 誉田 栄一, 伏見 賢一, 佐瀬 卓也, 蕪木 宏行, 森谷 洋治, 小西 憲治, 大塚 秀樹, 古谷 俊介, 森田 康彦, 岩本 誠司, 川口 和雅, 久保 均, 多田 章久, 桑原 義典, 入倉 奈美子, 合田 康代, 大東 のぞみ : 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, No.9, 1-40, 2012年2月.
20)中川 靖士, 近藤 和也, 高浜 洋介 : マウス胸腺上皮細胞のマイクロアレイ解析によるヒト胸腺上皮性腫瘍解析法開発, 第31回日本胸腺研究会, 2012年2月.

2011年度(平成23年度) / 報告書

1)葉久 真理, 竹林 桂子 : 母乳外来での助産ケアの質評価と質の保証に関する研究, 平成21-23年科学研究補助金 (基盤C)研究成果報告書, 2012年3月.
2)岡本 玲子, 多田 敏子 : 大槌町在宅高齢者の健康・生活支援課題, 保健師による東日本大震災復興支援プロジェクト, No.103, 1-225, 岡山, 2012年3月.

2012年度(平成24年度)

article.{@.date="20120400 20130399" @.organization=\E{131051}}

2012年度(平成24年度) / 著書

1)戸板 孝文, 山下 康行, 生島 仁史, 加藤 真吾, 茶谷 正史 : 子宮頸癌取り扱い規約第3版・第1部・臨床的取り扱い・4.治療法c.放射線療法, 2012年4月.
2)戸板 孝文, 山下 康行, 生島 仁史, 加藤 真吾, 茶谷 正史 : 子宮体癌取り扱い規約第3版・第1部・臨床的取り扱い・4.治療法b.放射線療法, 2012年4月.
3)津島 ひろ江, 荒木田 美香子, 池添 志乃, 藤本 比登美, 奥田 紀久子 : ふくろう出版, 岡山, 2012年4月.
4)細井 英司 : 実習安全管理指針,分担:第1章 総論:Ⅰ.実習の感染防御対策(ワクチン接種対策を含む, 一般社団法人日本臨床検査学教育協議会, 東京, 2012年5月.
5)Tadashi Kondo : Intelligent Decision Technologies (Eds. J.Watada et al.), Springer-Verlag Berlin Heidelberg, May 2012.
6)姉崎 夕映, 大山 俊美, 奥田 紀久子 : こころとからだのしくみ①老化と病気・認知症, メディックメディア, 東京, 2012年5月.
7)葉久 真理, 大橋 一友, 香山 晋輔, 酒井 規夫, 島田 啓子, 田中 恵子, 日隈 ふみ子 : 2013年出題基準別助産師国家試験重要問題集, メディカ出版, 2012年7月.
8)生島 仁史 : 放射線治療計画ガイドライン2012,婦人科, 日本放射線腫瘍学会, 2012年10月.
9)生島 仁史 : 各論,子宮体がん, 南江堂, 2012年10月.
10)谷岡 哲也, 大坂 京子, 安原 由子, 川村 亜以 : PSYCHOMS 精神科電子アウトカム管理システム, ふくろう出版, 岡山, 2012年10月.
11)谷岡 哲也, 大坂 京子, 安原 由子, 川村 亜以, 有明 晶子, 片岡 睦子, 片岡 三佳, 川田 知子, 川西 千恵美, 佐藤 ミサ子, 篠原 亘広, 高坂 要一郎, 伊達 舞, 千葉 進一, 廣田 多門, 福田 彰, 富士 翔子, 宮川 操, 三好 真佐美 : PSYCHOMS® 精神科電子アウトカム管理システムの開発, ふくろう出版, 2012年10月.
12)谷川 裕稔, 長尾 佳代子, 奥田 紀久子 : 学士力を育てる学習支援の方法論, 株式会社 ナカニシヤ出版, 京都, 2012年11月.
13)雄西 智惠美, 今井 芳枝, 板東 孝枝 : がん患者の希望を支えるということ, 2012年12月.
14)近藤 和也 : (第II章)がんに対する術式決定とインフォームドコンセント 肺がん患者の術式決定とインフォームドコンセント, 2013年.
15)森 健治 : 自閉症の脳画像, 2013年.
16)田村 綾子 : ナーシング・グラフィカ健康の回復と看護 脳神経・感覚機能障害第2版, メディカ出版, 2013年1月.
17)小松 浩子, 中根 実, 神田 清子, 嘉和知 靖之, 星 章彦, 雄西 智惠美, : 系統看護学講座 別巻 がん看護学, 医学書院, 2013年2月.
18)雄西 智惠美, 玉村 尚子 : 手術をめぐるがん看護:序文,Ⅲ章がん手術療法過程における看護の専門性;がん医療チームの調整, 2013年2月.
19)齋藤 憲 : ホルター心電図をどう使い,どう活かすか, 株式会社 メジカルビュー社, 東京, 2013年3月.
20)森 博愛, 清水 一郎, 長瀬 教夫, 野村 昌弘, 西角 彰良, 井内 新, 伊東 進, 本田 浩仁, 岡村 誠介, 二宮 恒夫, 齋藤 憲, 田村 禎通, 中屋 豊, 六車 直樹, 橋本 俊顕, 高橋 昌江 : メディカルスタッフのための内科学(第4版), 医学出版社, 東京, 2013年3月.
21)生島 仁史 : 骨病変のマネージメント,放射線療法, 医薬ジャーナル社, 2013年3月.
22)Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Continuous-Time Image Reconstruction for Computed Tomography in Computed Tomography: New Research (J. H. Park Ed.), Nova Science Publishers, New York, Mar. 2013.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Tadashi Kondo and Junji Ueno : Medical Image Diagnosis of Liver Cancer by Multi-layered GMDH-type Neural Network Using Knowlege Base, ICIC Express Letters (ICIC-EL), Vol.6, No.4, 863-870, 2012.
2)廣原 紀恵, 奥田 紀久子, 郷木 義子, 服部 恒明 : 高校生男女の現状の体格と願望する体型について, インターナショナルNursing care research, Vol.11, No.1, 117-124, 2012年.
3)松井 寿美佳, 安井 敏之, 山本 哲史, 上村 浩一, 苛原 稔 : 更年期障害 (特集 ホルモン補充療法の最新知識 : リスク・ベネフィットを今,どう考えるか), 産科と婦人科, Vol.79, No.4, 413-419, 2012年.
4)Hiromitsu Takizawa, Kazuya Kondo, Hiroaki Toba, Koichiro Kajiura, Ali Hamed Khalil Abdellah, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : Computed tomography lymphography by transbronchial injection of iopamidol to identify sentinel nodes in preoperative patients with non-small cell lung cancer : A pilot study, Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery, Vol.144, No.1, 94-99, 2012.
5)坂本 晋一, 梶浦 耕一郎, 滝沢 宏光, 中川 靖士, 池田 真由美, 古川 尊子, 森本 雅美, 西野 豪志, 後藤 正和, 中川 美砂子, 山本 洋太, 古北 由仁, 武知 浩和, 吉田 光輝, 川上 行奎, 田所 由紀子, 先山 正二, 近藤 和也, 坂東 良美, 岡崎 弘泰, 後東 久嗣, 西岡 安彦, 丹黒 章 : Erlotinibでinduction therapyを行ったIIIA期非小細胞肺癌の1手術例, 四国医学雑誌, Vol.68, No.5-6, 251-256, 2012年.
6)奥田 紀久子, 廣原 紀恵, 岩佐 幸恵, 郷木 義子, 谷 洋江 : 大学生男女における体格の自己申告値と実測値及び理想値の関係, インターナショナルNursing Care Research, Vol.11, No.2, 171-177, 2012年.
7)林 裕晃, 西原 貞光, 小沼 洋治 : イメージングプレートの放射能汚染による黒点計数法の開発, 日本放射線技術学会雑誌, Vol.68, No.5, 545-553, 2012年.
8)後藤 正和, 先山 正二, 鳥羽 博明, 監﨑 孝一郎, 近藤 和也, 丹黒 章 : 右中下葉・瘻管切除を施行した低肺機能の成人先天性食道気管支瘻の1例, 日本臨床外科学会雑誌, Vol.73, No.5, 1075-1079, 2012年.
9)奥田 紀久子, 岩佐 幸恵, 谷 洋江, 藤井 智惠子, 宮﨑 久美子, 梶原 京子 : A県における防煙及び喫煙防止教育の実態と課題, 教育保健研究, No.17, 69-74, 2012年.
10)棟方 百熊, 宮﨑 久美子, 梶原 京子, 奥田 紀久子 : 喫煙に関する高校生の認識と態度, 教育保健研究, No.17, 63-67, 2012年.
11)林 裕晃, 谷内 翔, 神谷 尚武, 西原 貞光 : X線用のピンホールカメラに用いるコリメータ径の最適化と画像周辺部での検出効率低下の補正手法の提案, 日本放射線安全管理学会誌, Vol.11, No.1, 51-59, 2012年.
12)林 裕晃, 花光 宏樹, 西原 貞光, 村上 淳 : X線漏洩源の特定のための円環状コリメータカメラの開発, 日本放射線安全管理学会誌, Vol.11, No.1, 44-50, 2012年.
13)谷 洋江, 中村 伸枝, 佐藤 奈保 : 摂食障害のリスクがある1型糖尿病をもつ思春期女性における摂食態度と影響要因にも基づく類型化による看護援助の検討, 千葉看護学会会誌, Vol.18, No.1, 61-68, 2012年.
14)Mitsuteru Yoshida, Takanori Miyoshi, Shoji Sakiyama, Kazuya Kondo and Akira Tangoku : Pemphigus with thymoma improved by thymectomy: report of a case, Surgery Today, Vol.43, No.7, 806-808, 2012.
15)奥田 紀久子, 中瀬 勝則, 近藤 和也, 谷 洋江, 岩佐 幸恵, 高橋 裕子, 谷岡 哲也 : 高校生を対象とした喫煙防止教育の効果及び家族への波及効果, 四国医学雑誌, Vol.68, No.3.4, 131-138, 2012年.
16)Sumika Matsui, Toshiyuki Yasui, Anna Tani, Takeshi Katou, Kotaro Kunimi, Hirokazu Uemura, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki and Minoru Irahara : Association of circulating adiponectin with testosterone in women during the menopausal transition., Maturitas, Vol.73, No.3, 255-260, 2012.
17)Tetsuya Tanioka, Syoko Fuji, Mika Kataoka, Beth King, Masahito Tomotake, Yuko Yasuhara, Rozzano Locsin, Keiko Sekido and Kazushi Mifune : Retrospective study of Japanese patients with schizophrenia treated with aripiprazole., ISRN Nursing, Vol.2012, 454898, 2012.
18)久保 沙織, 大西 香織, 奥田 紀久子 : 母親の喫煙行動が小・中学生の喫煙に対する意識に及ぼす影響, 小児保健とくしま, No.20, 6-11, 2012年.
19)Tatsuo Mori, Kenji Mori, Emiko Fujii, Yoshihiro Touda, Masahito Miyazaki, Masafumi Harada, Toshiaki Hashimoto and Shoji Kagami : Evaluation of the GABAergic nervous system in autistic brain: (123)I-iomazenil SPECT study., Brain & Development, Vol.34, No.8, 648-654, 2012.
20)Munkhbaatar Dagvasumberel, Michio Shimabukuro, Nishiuchi Takeshi, Junji Ueno, Shoichiro Takao, Daiju Fukuda, Hirata Yoichiro, Hirotsugu Kurobe, Takeshi Soeki, Takashi Iwase, Kenya Kusunose, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Shusuke Yagi, Tomita Noriko, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masafumi Harada, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata : Gender disparities in the association between epicardial adipose tissue volume and coronary atherosclerosis: A 3-dimensional cardiac computed tomography imaging study in Japanese subjects., Cardiovascular Diabetology, Vol.11, No.1, 106, 2012.
21)Yoshie Imai, Misako Nakagawa, Chiemi Onishi, Keiko Mori, Takae Bando, Kazuya Kondo and Akira Tangoku : Symptoms and knowledge of lymphedema among postoperative breast cancer patients without lymphedema, 2012.
22)Riyo Kinouchi, Toshiya Matsuzaki, Takeshi Iwasa, Ganbat Gereltsetseg, Hiroshi Nakazawa, Kotaro Kunimi, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara : Prepubertal exposure to glucocorticoid delays puberty independent of the hypothalamic Kiss1-GnRH system in female rats., International Journal of Developmental Neuroscience, Vol.30, No.7, 596-601, 2012.
23)Kunichika Tsumoto, Tetsushi Ueta, Tetsuya Yoshinaga and Hiroshi Kawakami : Bifurcation analyses of nonlinear dynamical systems: From theory to numerical computations, Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, Vol.3, No.4, 458-476, 2012.
24)Tsunehiko Tanaka, Masahito Tomotake, Yoshinori Ueoka, Yasuhiro Kaneda, Kyoko Taniguchi, Masahito Nakataki, Shusuke Numata, Shinya Tayoshi, Ken Yamauchi, Satsuki Sumitani, Takashi Ohmori, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Clinical correlates associated with cognitive dysfunction in people with schizophrenia., Psychiatry and Clinical Neurosciences, Vol.66, No.6, 491-498, 2012.
25)Chieko Sugawara, Akira Takahashi, Michiko Kubo, Hideki Otsuka, Naozumi Ishimaru, Youji Miyamoto and Eiichi Honda : Preoperative evaluation of patients with squamous cell carcinoma of the oral cavity: fluorine-18 fluorodeoxyglucose positron emission tomography/computed tomography and ultrasonography versus histopathology., Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology, Vol.114, No.4, 516-525, 2012.
26)西原 貞光, 林 裕晃, 花光 宏樹, 森 美智子 : 診療画像中に発生した黒点の原因となる放射性同位元素の付着部位に関する推定実験, 日本放射線技術学会雑誌, Vol.68, No.10, 1307-1313, 2012年.
27)Hirofumi Nagashino, Ken'ichi Fujimoto, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Inhibition of oscillation in a neural oscillator model for sound therapy of tinnitus, International Journal of Modelling and Simulation, Vol.32, No.4, 279-285, 2012.
28)郷木 義子, 岡久 玲子, 廣原 紀恵, 奥田 紀久子, 金山 時恵 : 学校保健と地域保健の連携に関する文献検討, インターナショナルNursing Care Research, Vol.11, No.4, 95-105, 2012年.
29)伊藤 弘道, 森 健治, 森 達夫, 香美 祥二 : 5歳発症のナルコレプシーの1例, 日本小児科学会雑誌, Vol.116, No.11, 1728-1732, 2012年.
30)板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 森 恵子, 市原 多香子 : 手術患者を対象とした成人看護学実習における手術室での学生の学習経験, 日本看護学教育学会誌, Vol.22, No.2, 13-25, 2012年.
31)林 裕晃, 西原 貞光, 高志 智, 花光 宏樹, 森 美智子, 三好 弘一, 小沼 洋治 : Digital radiographyシステムで発生した黒点の放射能の推定, --- 輝尽性蛍光体板表面に直接付着した低濃度放射性同位元素起源の黒点の解析 ---, 日本放射線技術学会雑誌, Vol.68, No.11, 1467-1473, 2012年.
32)Kiyoko Tateishi, Ken'ichi Fujimoto and Tetsuya Yoshinaga : Convergence of Iterative Method as Discretization of Continuous-Time Image Reconstruction System for Computed Tomography, Journal of Signal Processing, Vol.16, No.6, 617-621, 2012.
33)Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Licht Miyamoto, Shoko Fujii, Hironori Taira, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuichi Hamano, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Angiotensin II receptor blocker improves tumor necrosis factor-α-induced cytotoxicity via antioxidative effect in human glomerular endothelial cells, Pharmacology, Vol.90, No.5-6, 324-331, 2012.
34)Tadashi Kondo, Junji Ueno and Shoichiro Takao : Medical image diagnosis of liver cancer by feedback GMDH-type neural network using knowlege base, Artificial Life and Robotics, Vol.17, No.3-4, 488-494, 2012.
35)Ken-Ichi Fushimi, Shintaro Nakayama, Minoru Sakama and Sakaguchi Y. : Measurement of airborne radioactivity from the Fukushima reactor accident in Tokushima, Japan, KEK-proceedings, Vol.2012-8, 8-16, 2012.
36)Tadashi Kondo, Junji Ueno and Shoichiro Takao : Medical image diagnosis of liver cancer by hybrid feedback GMDH-type neural network using heuristic self-organization, ASE Science Journal, Vol.1, 12-21, 2012.
37)Yuko Yasuhara, Tamayama Chiho, Kikukawa Kana, Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Watanabe Narimasa, Shin-ichi Chiba, Miyoshi Masami, Rozzano De Castro Locsin, Fuji Ren, Fuji Shoko, Ogasawara Hiroshi and Mifune Kazushi : Required Function of the Caring Robot with Dialogue Ability for Patients with Dementia, AIA International Advanced Information Institute, Vol.4, No.1, 31-42, 2012.
38)Shin-ichi Chiba, Watanabe Narimasa, Tetsuya Tanioka, Yukie Iwasa, Kyoko Osaka, Yuko Yasuhara, Chiemi Kawanishi, Fuji Ren, Ogasawara Hiroshi and Mifune Kazushi : Use of a Dialogue System to Retrieve the Memories of Elderly Individuals with Dementia and Determine the Physiologically Effective Evaluation Indicators, International Journal of Advanced Intelligence (IJAI), Vol.4, No.1, 43-54, 2012.
39)M. Asai, K. Tsukada, Minoru Sakama, H. Haba, T. Ichikawa, Y. Ishii, A. Toyoshima, T. Ishii, I. Nishinaka, Y. Nagame, Y. Kasamatsu, M. Shibata, Y. Kojima and Hiroaki Hayashi : Ground-state configuration of the N = 157 nucleus 259No, Physical Review C, Nuclear Physics, Vol.87, No.1, 014332-1-014332-6, 2013.
40)Ai Kawamura, Tetsuya Tanioka, Toshiko Tada, B King and Rozzano De Castro Locsin : Collaborative agencies and quality discharge support for the long-team care inpatients with mental illness, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.1-2, 52-60, 2013.
41)Yoichi Otomi, Hideki Otsuka, Kaori Terazawa, Hayato Nose, Michiko Kubo, Kazuhide Yoneda, Kaoru Kitsukawa and Masafumi Harada : (18)F-2-fluoro-2-deoxyglucose uptake in or adjacent to blood vessel walls., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.1-2, 15-20, 2013.
42)Ayumi Nose, Hideki Otsuka, Hayato Nose, Yoichi Otomi, Kaori Terazawa and Masafumi Harada : Visual and semi-quantitative assessment of brain tumors using (201)Tl-SPECT., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.1-2, 121-126, 2013.
43)Hayato Nose, Hideki Otsuka, Youichi Otomi, Kaori Terazawa, Shoichiro Takao, Seiji Iwamoto and Masafumi Harada : Correlations between F-18 FDG PET/CT and pathological findings in soft tissue lesions., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.3-4, 184-190, 2013.
44)S Naruse, T Hashimoto, Kenji Mori, Y Tsuda, M Takahara and Shoji Kagami : Developmental changes in facial expression recognition in Japanese school-age children., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.1-2, 114-120, 2013.
45)Kenji Mori, Yoshihiro Touda, Hiromichi Ito, T Mori, A Goji, Emiko Fujii, M Miyazaki, Masafumi Harada and Shoji Kagami : A proton magnetic resonance spectroscopic study in autism spectrum disorders: amygdala and orbito-frontal cortex., Brain & Development, Vol.35, No.2, 139-145, 2013.
46)Toshiyuki Yasui and T T Kuramoto M Imamura M Kishida S Yasui Takata : Differences in knowledge of and attitudes regarding complementary and alternative medicine among health care profession students in Japan, Japanese Journal of Complementary and Alternative Medicine, Vol.10, No.2, 87-97, 2013.
47)Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Riyo Kinouchi, Ganbat Gereltsetseg, Masahiro Murakami, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara : Developmental changes in the responsiveness of hypothalamic ER alpha mRNA levels to food deprivation., Neuroendocrinology Letters, Vol.34, No.6, 543-548, 2013.
48)田中 義浩, 生島 仁史, 近藤 和也, 監﨑 孝一郎, 坂東 良美, 音見 暢一, 前澤 博 : 非小細胞肺癌に対する術前導入化学放射線療法における画像診断の有用性, (月刊)臨床放射線, Vol.58, No.1, 222-228, 2013年.
49)安原 由子, 酒巻 咲子, 谷岡 哲也, 元木 一志, 笹川 知位子, 高瀬 健作, 川西 千恵美 : 超音波診断装置による筋肉針の長さと薬液拡散状態, 神経超音波医学, Vol.25, No.2, 91-94, 2013年.
50)Ken'ichi Fujimoto, Mio Kobayashi, Tetsuya Yoshinaga and Kazuyuki Aihara : Identification of target image regions based on bifurcations of a fixed point in a discrete-time oscillator network, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.9, No.1, 355-363, 2013.
51)清水 陸登, 井村 裕吉, 石田 啓祐, 阪間 稔 : 走行サーベイによる徳島県の環境放射線調査, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.58, No.1, 176-183, 2013年.
52)梶浦 耕一郎, 川上 行奎, 池田 真由美, 古川 尊子, 森本 雅美, 西野 豪志, 後藤 正和, 中川 美砂子, 山本 洋太, 古北 由仁, 武知 浩和, 中川 靖士, 吉田 光輝, 滝沢 宏光, 田所 由紀子, 先山 正二, 近藤 和也, 丹黒 章 : YAGレーザー使用時の気管支鏡破損の1例, 気管支学, Vol.35, No.2, 228, 2013年.
53)古川 尊子, 吉田 光輝, 梶浦 耕一郎, 先山 正二, 滝沢 宏光, 森本 雅美, 武知 浩和, 池田 真由美, 西野 豪志, 中川 靖士, 川上 行奎, 近藤 和也, 丹黒 章 : 当科における気管支鏡検査へのLung pointの経験, 気管支学, Vol.35, No.2, 227-228, 2013年.
54)池田 真由美, 滝沢 宏光, 古川 尊子, 西野 豪志, 後藤 正和, 梶浦 耕一郎, 中川 靖士, 川上 行奎, 吉田 光輝, 先山 正二, 近藤 和也, 丹黒 章 : 内科的治療抵抗性の乳児気管支肉芽に対してHo:YAGレーザー焼灼術を施行した1例, 気管支学, Vol.35, No.2, 222, 2013年.
55)岡本 美代子, 岡久 玲子, 吉田 みどり, 多田 敏子 : 高血圧予防をテーマとした市民公開講座の参加者の保健行動, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.58, No.1, 75-79, 2013年.
56)黒川 奈美, 多田 敏子 : 男性労働者の生活記録提出状況と食生活・運動習慣の改善との関連, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.58, No.1, 115-118, 2013年.
57)原 理恵, 中村 美穂, 岡久 玲子, 多田 敏子 : 自然災害時の被災者へ看護に携わった看護職者のメンタルヘルスに関する文献検討, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.58, No.1, 160-169, 2013年.
58)Toshiko Tada, Okamoto Reiko, Murashima Sachiyo, Suzuki Ruriko, Sakai Yuko, Kishi Emiko, Nomura Michie, Jojima Tetsuko and Nishida Masumi : The Health and Livelihood of Seniors Affected by the Tsunami after the Great East Japan Earthquake, Journal of Shikoku Public Health Society, Vol.58, No.1, 134-140, 2013.
59)吉田 みどり, 近藤 和也, 中西 智子, 多田 敏子 : 働く世代の肺がん検診受診行動に関する研究, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.58, No.1, 86-93, 2013年.
60)Nomura Michie, Okamoto Reiko, Kan Reiko, Murashima Sachiyo, Suzuki Ruriko, Sakai Yuko, Kishi Emiko, Jojima Tetsuko, Nishida Masumi, Koide Keiko, Iwamoto Saori, Kusano Emiko and Toshiko Tada : Health concerns in Tsunami-affected areas as perceived by external PHNs in Japan 2011, Journal of Shikoku Public Health Society, Vol.58, No.1, 134-140, 2013.
61)Nomura Michie, Okamoto Reiko, Kan Reiko, Murashima Sachiyo, Suzuki Ruriko, Sakai Yuko, Kishi Emiko, Jojima Tetsuko, Nishida Masumi, Koide Keiko, Iwamoto Saori, Kusano Emiko and Toshiko Tada : Community prfile of the Tohoku Earthquake,2011:Affected areas as perceived by external PHNs, Journal of Shikoku Public Health Society, Vol.58, No.1, 119-133, 2013.
62)武田 道子, 多田 敏子 : 地域防災リーダーの「健康を守る共助力」実態調査, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.58, No.1, 192-196, 2013年.
63)宮﨑 久美子, 梶原 京子, 奥田 紀久子 : 養護教諭の「モラル・ハラスメント」の相談に関する研究(2)-相談体験における捉え方及び対応策について-, 看護·保健科学研究誌, Vol.13, No.1, 40-49, 2013年.
64)梶原 京子, 奥田 紀久子, 宮﨑 久美子 : 養護教諭の「モラル・ハラスメント」の相談に関する研究(1), 看護·保健科学研究誌, Vol.13, No.1, 28-39, 2013年.
65)奥田 紀久子, 宮﨑 久美子, 梶原 京子 : 看護学生のダイエットに伴う自覚症状及び対処方法の実態, 看護·保健科学研究誌, Vol.13, No.1, 50-56, 2013年.
66)Bado Ryota, Hitoshi Ikushima, Takashi Kawanaka, Takaharu Kudoh, Motoharu Sasaki, Masahide Tominaga, Taro Kishi, Shunsuke Furutani, Akiko Kubo and Koichi Tamura : Changes of tumor and normal structures of the neck during radiation therapy for head and neck cancer requires adaptive strategy., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.1,2, 46-51, 2013.
67)松浦 貴明, 林 裕晃, 花光 宏樹, 西原 貞光 : セパレータを有する箔検電器の製作と診断用X線装置を用いた実験の提案, 日本放射線技術学会雑誌, Vol.69, No.3, 239-243, 2013年.
68)森 恵子, 三原 典子, 宮下 茉記, 寺岡 知里, 梅村 知佳, 今井 芳枝, 雄西 智惠美, 板東 孝枝, 三木 幸代 : がん化学療法に伴う脱毛体験が患者の日常生活へ及ぼす影響, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.11, No.1,2, 14-23, 2013年.
69)板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 山田 和代, 森 恵子, 市原 多香子, 近藤 和也 : 成人看護学実習における「手術室見学実習観察項目表」を導入した実習の学習効果の検討, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.11, No.1,2, 51-58, 2013年.
70)Yuko Yasuhara, Kobayashi Haruo, Tetsuya Tanioka, Fujikawa Eiji, Fujimaga Hiroyuki, Kongsuwan Warapon and Rozzano De Castro Locsin : Sleep conditions and quality of life among patients with ischemic heart disease after elective percutaneous coronary intervention, Health, Vol.5, No.3A, 532-537, 2013.
71)今井 芳枝, 雄西 智惠美, 板東 孝枝, 森 恵子, 多田 敏子, 太田 浩子 : 「がん看護に関するキャリアディベロップメント」に関する実態調査, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.11, No.1,2, 41-51, 2013年.
72)Ken'ichi Fujimoto, Mio Kobayashi and Tetsuya Yoshinaga : GPU Implementation of Oscillator Network System with Plastic Coupling for Dynamic Image Segmentation, Journal of Electronic Systems, Vol.3, No.1, 17-24, 2013.
73)Miki Satoh, Yuko Yasuhara, Tetsuya Tanioka, Yukie Iwasa, Toshiyuki Yasui, Masafumi Miyake, Kobayashi Haruo, Kongsuwan Waraporn and Locsin C. Rozzano : Changes before and after improvement of subjective sleep state of a man diagnosed with pre-diabetes and sleep disorder, Health, Vol.5, No.3A, 504-511, 2013.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)福森 知治, 古谷 俊介, 中逵 弘能, 仙崎 智一, 布川 朋也, 武村 政彦, 山本 恭代, 山口 邦久, 井崎 博文, 高橋 正幸, 生島 仁史, 金山 博臣 : 限局性前立腺癌に対する密封小線源療法のリスク分類別治療成績, 泌尿器外科, Vol.27, No.8, 1651-1654, 2012年.
2)宮川 操, 安原 由子, 谷岡 哲也 : 7対1看護体制導入後の急性期病院一般病床における看護師の人員配置に対する評価, 四国医学雑誌, Vol.68, No.3 4, 125-130, 2012年.
3)片岡 三佳, 奥田 紀久子, 千葉 進一, 友竹 正人, 多田 敏子 : 総合大学に勤務する教員・研究者を対象にした職務状況とメンタルヘルスに関する実態調査, 日本社会精神医学会雑誌, Vol.21, No.3, 456, 2012年.
4)田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美 : 脳神経病棟の急変対応, --- 再発見!バイタルサインと基準値 ---, Brain Nursing, Vol.28, No.10, 8-19, 2012年.
5)田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美 : 神経症状と異常, Brain Nursing, Vol.28, No.10, 12-19, 2012年.
6)奥田 紀久子, 中瀬 勝則, 近藤 和也, 谷 洋江, 岩佐 幸恵, 谷岡 哲也 : 喫煙防止教育前後における高校生の喫煙に対する態度と意識の変化, 四国医学雑誌, Vol.68, No.5.6, 239-244, 2012年.
7)片岡 三佳, 村岡 大志, 森 康成, 坂本 由美, 井手 敬昭, 千葉 進一, 谷岡 哲也 : 医療機関による精神科訪問看護の利用者からみた訪問看護の現状と課題, 日本看護学会論文集: 精神看護, Vol.43, No.43, 3-6, 2013年.

2012年度(平成24年度) / 学術レター

(なし)

2012年度(平成24年度) / 総説・解説

1)安井 敏之 : 周閉経期におけるエストロゲンとサイトカイン, 日本女性医学学会雑誌, Vol.20, No.1, 78-85, 2012年4月.
2)安井 敏之 : 本邦女性における閉経年齢ならびに閉経に影響を与える要因, 日本女性医学学会雑誌, Vol.20, No.1, 161-165, 2012年4月.
3)友竹 正人 : 摂食障害の診断と治療, 四国医学雑誌, Vol.68, 19-22, 2012年4月.
4)小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : Pseudomonas aeruginosaのバイオフィルム形成と抗菌薬抵抗性に関与する遺伝子ネットワーク, 日本細菌学雑誌, Vol.67, No.2, 227-243, 2012年5月.
5)安井 敏之 : 不定愁訴に対する薬物療法:その適応と限界, --- HRT ---, 日本産科婦人科学会雑誌, Vol.64, No.9, 367-372, 2012年6月.
6)古谷 俊介, 福森 知治, 生島 仁史, 金山 博臣 : リアルタイムプランニングによる辺縁配置法の実践, Interplant ver. 3.3を用いた術中計画ハンドブック, 2012年6月.
7)多田 敏子 : 夏を迎えて, SSKA全低肺徳島支部会報, No.109, 4-7, 2012年6月.
8)友竹 正人, 大森 哲郎 : 精神障害者の幸福感:統合失調症患者のQOLについて, 最新