Excel(xlsx) for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel, RTF for Microsoft Word
期間: 2006.42016.3

2006年度(平成18年度)

article.{@.date="20060400 20070399" @.organization=\E{140078}}

2006年度(平成18年度) / 著書

1) 2,006 著書 逢坂 昭治 : 日本機械学会編 改訂気液二相流技術ハンドブック(分担), 株式会社 コロナ社, 東京, 2006年6月.
2) 2,006 著書 Tetsuo Iwata : Fundamentals of Optical Spectroscopy; Light Source Photosensors, Wavelength Selection (Handbook of Materials Measurement Methods), Springer-Verlag, Dec. 2006.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,006 学術論文 (審査論文) Retsuo Kawakami : Simulation study of carbon impurity dynamics on reduced-activation ferritic/martensitic steel material at elevated temperatures under hydrogen exposure, Fusion Engineering and Design, Vol.81, No.8-14, 1683-1687, 2006.
2) 2,006 学術論文 (審査論文) Kaoru Ohya : Dynamic simulation of erosion and redeposition on plasma-facing materials, Physica Scripta, Vol.T124, 70-75, 2006.
3) 2,006 学術論文 (審査論文) Masahide Hojo, Norihito Kuroe and Tokuo Ohnishi : Fault Current Limiter by Series Connected Voltage Source Inverter, IEEJ Transactions on Industry Applications, Vol.126, No.4, 438-443, 2006.
4) 2,006 学術論文 (審査論文) Akiharu Ousaka, Deendarlianto, Akira Kariyasaki and Tohru Fukano : Prediction of flooing gas velocity in gas-liquid counter-current two-phase flow in inclined pipes, Nuclear Engineering and Design, Vol.236, No.12, 1282-1292, 2006.
5) 2,006 学術論文 (審査論文) 上代 良文, 高橋 義一, 一宮 昌司, 大坂 英雄 : 平板後縁近傍乱流境界層の発達に及ぼすスプリッター板の影響, 日本機械学会論文集(B編), Vol.72, No.719, 1735-1742, 2006年.
6) 2,006 学術論文 (審査論文) Akinori Furukawa, Takano Tomoya, Toru Shigemitsu, Okuma Kusuo and Watanabe Satoshi : Blade Rows Interaction of Contra-Rotating Axial Flow Pump in Pressure Field on Casing Wall, JSME International Journal, Series B: Fluids and Thermal Engineering, Vol.49, No.3, 670-677, 2006.
7) 2,006 学術論文 (審査論文) 西 泰行, 牧田 晃一, 福富 純一郎 : 汚水用新型ポンプ に関する研究, 日本機械学会論文集(B編), Vol.72, No.720, 1984-1992, 2006年.
8) 2,006 学術論文 (審査論文) Junichi Hino, Seiichi Okubo and Toshio Yoshimura : Chatter Prediction in End Milling by FNN Model with Pruning, JSME International Journal, Series C: Mechanical Systems,Machine Elements and Manufacturing, Vol.49, No.3, 742-749, 2006.
9) 2,006 学術論文 (審査論文) Noge Hirofumi, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : A Study on NO Reduction Caused by Thermal Cracking Hydrocarbons during Rich Diesel Combustion, JSME International Journal, Series B: Fluids and Thermal Engineering, Vol.49, No.2, 526-532, 2006.
10) 2,006 学術論文 (審査論文) Retsuo Kawakami : Simulation Study of Carbon Impurity Dynamics on Tungsten Surfaces Exposed to Hydrogen Ions, Journal of Nuclear Materials, Vol.348, 256-262, 2006.
11) 2,006 学術論文 (審査論文) 下村 直行, 寺本 明美, 秋山 秀典 : 大学院専門教育のためのパルスパワーウェブテキスト, 電気学会論文誌A (基礎・材料・共通部門誌), Vol.126, No.10, 983-989, 2006年.
12) 2,006 学術論文 (審査論文) 山口 和幸, 高木 亨之, 山田 康二, 川田 昌武 : ウェーブレット解析を利用した軸振動診断(ラビングと軸受給油不足の検出), 日本機械学会論文集(C編), Vol.72, No.722, 3099-3105, 2006年.
13) 2,006 学術論文 (審査論文) Kei-ichiro Murai, Yuichiro Murakai, Tomoko Sei, Masahiro Katoh, Ichiro Nakabayashi, Toshihiro Moriga, Suminori Tanaka, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : Total Oxidation of Activated Carbon over PdO-CeO2/TiO2-Al2O3 Catalyst, International Journal of Modern Physics B, Vol.20, No.25-27, 3920-3925, 2006.
14) 2,006 学術論文 (審査論文) 田中 住典, 高倉 伸也, 松原 将太, 村上 祐一郎, 木戸口 善行, 三輪 惠, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : バリア放電プラズマを用いたディーゼル微粒子の低温酸化に関する研究, 自動車技術会論文集, Vol.37, No.6, 73-78, 2006年.
15) 2,006 学術論文 (審査論文) 山本 和成, 鈴木 康朗, 松浦 良彦, 木戸口 善行, 三輪 惠 : 噴流火花点火とZクランク機構による水素燃料内燃機関の燃焼制御, 自動車技術会論文集, Vol.37, No.6, 91-96, 2006年.
16) 2,006 学術論文 (審査論文) Yoshio Tanimoto, Yasuhiko Rokumyo, Kuniharu Nanba, Kazunari Furusawa, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Imaging of Computer Input Ability for Patient With Tetraplegia, IEEE Transactions on Instrumentation and Measurement, Vol.55, No.6, 1953-1958, 2006.
17) 2,006 学術論文 (審査論文) 石丸 宏一, 川田 昌武 : 独立成分分析とベイジアンネットを適用した電磁波到来角推定法による複数部分放電源の位置標定, 電気学会論文誌B (電力・エネルギー部門誌), Vol.126, No.12, 1247-1254, 2006年.
18) 2,006 学術論文 (審査論文) 西 泰行, 牧田 晃一, 福富 純一郎 : 汚水用新型ポンプに関する研究(内部流れとラジアルスラスト), ターボ機械, Vol.34, No.12, 729-738, 2006年.
19) 2,006 学術論文 (審査論文) 福島 修一郎, 安井 武史, 岩田 哲郎, 荒木 勉 : レーザー誘起ナノ秒蛍光寿命マッピングによる歯の形成と老化の可視化, 生体医工学, Vol.44, No.4, 702-706, 2006年.
20) 2,006 学術論文 (審査論文) Akinori Furukawa, Toru Shigemitsu and Satoshi Watanabe : Performance Test and Flow Measurement of Contra-Rotating Axial Flow Pump, Journal of Thermal Science, Vol.116, No.1, 142-149, 2007.
21) 2,006 学術論文 (審査論文) 林 泰弘, 川崎 章司, 松木 純也, 若尾 真治, 馬場 旬平, 北條 昌秀, 横山 明彦, 小林 直樹, 平井 崇夫, 生石 光平 : 分散型電源の導入拡大に対応した配電系統の協調運用形態, 電気学会論文誌B (電力・エネルギー部門誌), Vol.127, No.1, 41-51, 2007年.
22) 2,006 学術論文 (審査論文) 一宮 昌司, 安倍 智宏, 福富 純一郎, 近藤 正春 : 円管助走部境界層の単一突起による遷移, --- 定常乱流領域の発達過程 ---, 日本機械学会論文集(B編), Vol.73, No.725, 154-161, 2007年.
23) 2,006 学術論文 (審査論文) 野毛 宏文, 吉原 雄一, 木戸口 善行, 三輪 惠 : ディーゼル燃料の熱分解成分を用いた拡散火炎中のすす前駆体およびPM生成, 日本機械学会論文集(B編), Vol.73, No.725, 328-334, 2007年.
24) 2,006 学術論文 (審査論文) 日野 順市, 大久保 誠一, 芳村 敏夫 : ウェーブレットパケットを用いたFNNによるエンドミル加工時のびびり振動発生判別に関する研究, 設計工学, Vol.42, No.2, 84-91, 2007年.
25) 2,006 学術論文 (審査論文) 日野 順市, 河本 忠幸, 芳村 敏夫 : 部分空間法を用いたインパルス加振によるモード特性同定に関する研究, 日本機械学会論文集(C編), Vol.73, No.726, 406-413, 2007年.
26) 2,006 学術論文 (審査論文) 園部 元康, 近藤 孝広, 宗和 伸行, 松崎 健一郎 : モード解析に基づく部分空間制御法に関する研究, --- 第1報,倒立振子の振り上げ制御への適用 ---, 日本機械学会論文集(C編), Vol.73, No.726, 414-421, 2007年.
27) 2,006 学術論文 (審査論文) Kensuke Inai and Kaoru Ohya : Monte Carlo Simulation of Hydrocarbon Redeposition on a Graphite Surface in Hydrogen Plasma, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.46, No.3A, 1149-1156, 2007.
28) 2,006 学術論文 (審査論文) Tetsuo Iwata and Shougo Maeda : Simulation of Absorption-Based Surface-Plasmon Resonance Sensor by Means of Ellipsometry, Applied Optics, Vol.46, No.9, 1575-1582, 2007.
29) 2,006 学術論文 (審査論文) Kunihiko Ishihara : Flow Induced Vibration of Shell & Tube Type Heat Exchanger, --- 1st Report, Understanding of Phenomenon ---, Journal of Environment and Engineering, Vol.2, No.2, 293-302, 2007.
30) 2,006 学術論文 (審査論文) Kunihiko Ishihara : Flow Induced Vibration of Shell & Tube Type Heat Exchanger, --- 2nd Report, Confirmation of Countermeasures ---, Journal of Environment and Engineering, Vol.2, No.2, 303-314, 2007.
31) 2,006 学術論文 (審査論文) 岡本 信吾, 芝本 良太, 木戸口 善行, 三輪 惠 : 高乱流燃焼ディーゼル機関の排気低減におよぼすEGRおよびパイロット噴射の効果, 自動車技術会論文集, Vol.38, No.2, 93-99, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,006 学術論文 (紀要その他) 曽利 仁, 安野 卓 : 階層型ニューラルネットワークを用いた短時間先の簡易風速予測法, 津山高専紀要, No.49, 67-72, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術レター

1) 2,006 学術レター Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Visualization of Electromagnetic Waves Emitted from Partial Discharge using the Constrained Interpolation Profile (CIP) Method, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering (TEEE), Vol.2, No.1, 97-99, 2007.

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1) 2,006 総説・解説 三輪 惠 : 技術の窓「科学の眼と技術の芽を育てる大学の役割」, 自動車技術, Vol.60, No.7, 2-3, 2006年7月.
2) 2,006 総説・解説 秋山 秀典, 寺本 明美, 下村 直行 : 日本の高等教育機関における教育フロンティアの取り組み, 電気学会論文誌A (基礎・材料・共通部門誌), Vol.126, No.7, 537-542, 2006年7月.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1) 2,006 国際会議 Hiroyuki Ukida, Seiji Kaji, Yoshio Tanimoto and Hideki Yamamoto : Human Motion Caputure System Using Color Markers and Silhouette, Proceedings of the 23rd IEEE Instrumentation and Measurement Technology Conference (IMTC/06), 151-156, Sorrento, Apr. 2006.
2) 2,006 国際会議 Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Measurement System of Transfer Motion for Patient with Spinal Cord Injuries, Proceedings of the 23rd IEEE Instrumentation and Measurement Technology Conference (IMTC/06), 423-427, Sorrento, Apr. 2006.
3) 2,006 国際会議 Hiroyuki Ukida, Tadashi Araki, Keiji Kojima, Yasuko Nagai and Maki Shinoda : Color Restoration of Scanned Book Images for Various Background Colors and Specular Reflections, Proceedings of the 2006 IEEE International Workshop on Imaging System and Techniques (IST2006), 76-81, Minori, Apr. 2006.
4) 2,006 国際会議 Tanimoto Yoshio, Yasuhiko Rokumyo, Kazunari Furusawa, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Adjustment of Computer Input Device for Patient with Tetraplegia by using the Mouse Cursor Locus Image, Proceedings of the 2006 IEEE International Workshop on Imaging System and Techniques (IST2006), 119-124, Minori, Apr. 2006.
5) 2,006 国際会議 Kensuke Inai and Kaoru Ohya : Hydrocarbon Redeposition in the plasma shadowed area and the gaps between diveroter tiles, 17th International Conference on Plasma Surface Interactions, Hefei, China, May 2006.
6) 2,006 国際会議 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Tanabe T. and Takenaga H. : Modeling of asymmetric redeposition distribution between inner and outer regions of the W-shaped divertor in JT-60U, 17th International Conference on Plasma Surface Interactions, Hefei, China, May 2006.
7) 2,006 国際会議 Naoyuki Shimomura, Fumiaki Fukawa and Hidenori Akiyama : Treatment of Nitrogen Oxides Using Nanosecond Width Pulsed Power, 27th International Power Modulator Symposium, Washington, D.C., May 2006.
8) 2,006 国際会議 Fumiaki Fukawa, Shingo Ezawa, Yosuke Satoh and Naoyuki Shimomura : Consideration of Reactor Configuration of High Yield Ozonizer by Nanosecond Pulsed Power Discharge, 27th International Power Modulator Symposium, Washington, D.C., May 2006.
9) 2,006 国際会議 Masahide Hojo and Tokuo Ohnishi : Adjustable Harmonic Mitigation for Grid-Connected Photovoltaic System Utilizing Surplus Capacity of Utility Interactive Inverter, IEEE Power Electronics Specialists Conference - 2006 Record (CD-ROM), 1734-1739, Cheju, Jun. 2006.
10) 2,006 国際会議 Akinori Furukawa, Toru Shigemitsu and Satoshi Watanabe : Performance Test and Flow Measurement of Contra-Rotating Axial Flow Pump, Proceedings of the Asian Joint Workshop on Thermophysics and Fluid Science, Qufu, China, Jun. 2006.
11) 2,006 国際会議 Masahide Hojo and Tokuo Ohnishi : Operating Characteristics of a Loop Power Flow Controller by a Series-Connected Voltage Source Inverter, Proceedings of the International Conference on Electrical Engineering 2006, Vol.CD-ROM, No.PS1-PR1-14, YongPyong, Korea, Jul. 2006.
12) 2,006 国際会議 Gen Matsumoto, Kiyoshi Inoue, Akihiro Kikuchi, Takao Takeuchi and Kiyoshi Tsukasa : Nb3Sn Multifilamentary Superconductors Fabricated through a Diffusion Reaction between Nb and Ag-Sn Alloys, Journal of Physics: Conference Series, Vol.43, 31-34, London, Jul. 2006.
13) 2,006 国際会議 Masahide Hojo, Yuki Fujimura, Tokuo Ohnishi and Toshihisa Funabashi : An operating mode of voltage source inverter for fault current limitation, Proceedings of the International Universities Power Engineering Conference, Vol.CD-ROM, No.WPT8a, Newcastle upon Tyne, Sep. 2006.
14) 2,006 国際会議 Hitoshi Takagi, Syuhei Kako, Koji Kusano and Akiharu Ousaka : Thermal conductivity of PLA-bamboo composites, Proceedings of 4th International Workshop on Green Composites, 150-152, Tokyo, Sep. 2006.
15) 2,006 国際会議 H. Hishinuma, A. Kikuchi, Y. Iijima, Y. Yoshida, T. Takeuchi, Kiyoshi Inoue and A. Nishimura : Microstructure and Superconducting properties of V-based Laves phase compound multifilamentary wires synthesized by a rapidly heated and quenched process to Hf-Zr/V composite, Advances in Cryogenic Engineering Materials, Vol.52, 607-614, Anchorage, Sep. 2006.
16) 2,006 国際会議 Y. Hishinuma, A. Kikuchi, Y. Iijima, Y. Yoshida, T. Takeuchi, A. Nishimura and Kiyoshi Inoue : Research and development of low activation V-based superconducting materials based on the requirement for an advances fusion reactor application, Advances in Cryogenic Engineering Materials, Vol.52, 975-980, Anchorage, Sep. 2006.
17) 2,006 国際会議 Sunao Miyauchi and Junichiro Fukutomi : Optimization of Meridional Shape Design of Pump Impeller, Proceedings of the 23rd IAHR Symposium on Hydraulic Machinery and Systems, Yokohama, Oct. 2006.
18) 2,006 国際会議 Masahide Hojo, Kensuke Kaneda and Tokuo Ohnishi : A Harmonic Mitigation Method by Utilization of Inverters for Distributed Generation System, Proceedings of the Renewable Energy 2006, Vol.CD-ROM, No.P-N-16, Chiba, Oct. 2006.
19) 2,006 国際会議 Masatake Kawada and Richard M. Leahy : Electrical Brain Mapping of Motor Imagination using the Minimum Norm Solution, Proc. of ISCIT 2006, Bangkok, Thai, Oct. 2006.
20) 2,006 国際会議 Kenichi Iida, Yoshihiro Hayami, Toshio Hira, Takashi Yasuno and Takuya Kamano : Evolutionary Acquisition for Moving Performance of Reduced D.O.F's Quadruped Robot, SICE-ICASE International Joint Conference 2006, 3005-3010, Busan, Oct. 2006.
21) 2,006 国際会議 Toru Shigemitsu, Tomohiro Fukuyama, Akinori Furukawa, Satoshi Watanabe and Kusuo Okuma : Flow Measurement with LDV in Contra-rotating Axial Flow Pump, Proceedings of the 23rd IAHR Symposium on Hydraulic Machinery and Systems, Yokohama, Japan, Oct. 2006.
22) 2,006 国際会議 Masatake Kawada, Koji Yamada, Yasutomo Kaneko and Katsuo Isaka : Visualization of Contact Vibration generated on Turbine Model using Fast Haar Wavelet Transform, Proc. of PSCE 2006, Atlanta, USA, Oct. 2006.
23) 2,006 国際会議 Ikuro Morita and Yuuki Hotta : Optimum Design of Interior Permanent Magnet Synchronous Motor using Taguchi Method, Proceedings of Ninth International Conference on Electrical Machines and Systems, Vol.CD-ROM, No.DS2F1-11, Nagasaki, Nov. 2006.
24) 2,006 国際会議 Eiji Tasaka, Masaki Hashizume, Seiichi Nishimoto, Hiroyuki Yotsuyanagi, Takahiro Oie, Ikuro Morita and Toshihiro Kayahara : At Speed Testing of Bus Interconnects in Microcomputers, 7th Workshop on RTL and High Level Testing (WRTLT06), 123-127, Fukuoka, Nov. 2006.
25) 2,006 国際会議 Retsuo Kawakami and Inaoka Takeshi : Analysis of GaN Etching Damage by Capacitively Coupled RF Ar Plasma Exposure, Proceedings of International Symposium of Dry Process, 63-64, Nagoya, Nov. 2006.
26) 2,006 国際会議 Kunihiko Ishihara : Study on attenuation effect of side branch with finite impedance end, The proceedings of Inter noise2007 Conference, Honolulu, Dec. 2006.
27) 2,006 国際会議 Takashi Yasuno, Hiroki Kotani and Hironori Suzue : Prediction System of Solar Radiation Using Weather Forecasts and Unobstructed Skyey Images, Proceedings of 2007 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 25-28, Shanghai, Mar. 2007.
28) 2,006 国際会議 Hiroshi Suzuki, Takashi Yasuno, Shiro Urushihara and Hironobu Harada : Design and Implementation of Cooperative Conveyance Pattern for Multiple Mobile Robots Using Neural Network, Proceedings of 2007 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 45-51, Shanghai, Mar. 2007.
29) 2,006 国際会議 Takashi Yasuno, Kotani Hiroki and Suzue Hironori : Prediction System of Solar Radiation Using Weather Forecasts and Unobstructed Skyey Images, Proceedings of 2007 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 25-28, Shanghai, Mar. 2007.
30) 2,006 国際会議 Kondo Kimihiko, Takashi Yasuno and Hironobu Harada : Generation of Jumping Motion Pattern for Quadruped Hopping Robot Using CPG Network, Proceedings of 2007 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 121-124, Shanghai, Mar. 2007.
31) 2,006 国際会議 Morimoto Mayumi, Takashi Yasuno, Emiko Yasuno, Hiroshi Suzuki and Hironobu Harada : Navigation Method of Multiple Mobile Robots on Panel Cruising Problem, Proceedings of 2007 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 185-188, Shanghai, Mar. 2007.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1) 2,006 国内講演発表 谷口 太一, 井内 健介, 大宅 薫 : 炭化水素分子の再付着分布への表面反射の影響, 第6回核融合エネルギー連合講演会, 2006年6月.
2) 2,006 国内講演発表 浮田 浩行 : 固有空間法を用いたイメージスキャナによる形状復元, 第12回画像センシングシンポジウム(SSII06)予稿集, 426-431, 2006年6月.
3) 2,006 国内講演発表 井内 健介, 大宅 薫 : ダイバータタイル隙間の炭化水素再付着シミュレーション, 応用物理学会中国四国支部・日本物理学会中国支部四国支部・日本物理教育学会四国連絡会議2006年支部学術講演会, 2006年7月.
4) 2,006 国内講演発表 石原 国彦 : 有限インピーダンス端部を有する枝管の脈動低減効果に関する研究, 日本機械学会第16回環境工学総合シンポジウム, Vol.06, No.10, 107-110, 2006年7月.
5) 2,006 国内講演発表 藤澤 正一郎, 木戸口 善行, 上月 康則, 松尾 繁樹, 渡辺 公次郎, 三輪 惠 : 修了生アンケートから観たエコシステム工学専攻の大学院教育, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 546-547, 2006年7月.
6) 2,006 国内講演発表 日下 一也, 草野 剛嗣 : 導入型創成科目におけるエネルギーコンテストの試み, 平成18年度工学・工業教育研究講演会 講演論文集, 642-643, 2006年7月.
7) 2,006 国内講演発表 稲岡 武, 川上 烈生 : 低温プラズマエッチングされたn-GaNのショットキー接合リーク電流特性, 日本物理学会中国四国支部 応用物理学会中国四国支部 平成18年度支部例会講演論文集, 24, 2006年7月.
8) 2,006 国内講演発表 川上 烈生, 稲岡 武 : 容量結合型高周波プラズマによるGaNエッチングの解析, 日本物理学会中国四国支部 応用物理学会中国四国支部 平成18年度支部例会講演論文集, 23, 2006年7月.
9) 2,006 国内講演発表 川上 烈生, 稲岡 武 : 容量性結合ArプラズマによるGaNエッチングダメージの解析, 第67回秋季応用物理学会学術講演会論文集, No.1, 162, 2006年8月.
10) 2,006 国内講演発表 石原 国彦 : 開口部を有するダクトから発生する流体騒音, --- 第1報,直管ダクトの音響特性 ---, 日本機械学会D&D2006講演論文集, Vol.05, No.15, 2006年8月.
11) 2,006 国内講演発表 鶏内 敏幸, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 二段昇圧チョッパ回路を用いた太陽電池出力制御の実験特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.19, 229-230, 2006年8月.
12) 2,006 国内講演発表 大西 徳生, 山中 建二, 北條 昌秀 : 誘導電動機のセンサレス電流ベクトル制御特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.27, 255-256, 2006年8月.
13) 2,006 国内講演発表 小倉 正嗣, 大西 徳生, 北條 昌秀 : マルチレベル電流波形制御三相整流回路, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.44, 319-320, 2006年8月.
14) 2,006 国内講演発表 志摩 悠介, 大西 徳生, 北條 昌秀, 岩田 明彦 : 組み合わせ制御方式マルチレベルインバータの波形改善, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.45, 321-322, 2006年8月.
15) 2,006 国内講演発表 山田 歳也, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電源電圧センサレス制御三相PWMコンバータ, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.4, 2006年8月.
16) 2,006 国内講演発表 石原 航平, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電解コンデンサレス三相双方向電力変換装置, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.5, 2006年8月.
17) 2,006 国内講演発表 森本 祐輔, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電源電流検出電圧波形改善三相アクティブフィルタの制御特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.49, 339-340, 2006年8月.
18) 2,006 国内講演発表 安部 了祐, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 瞬低補償の可能なUPFCによる限流器の基礎検討, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.52, 349-350, 2006年8月.
19) 2,006 国内講演発表 鵜飼 裕之, 太田 豊, 橋口 卓平, 三谷 康範, 北條 昌秀, 佐伯 修 : 同期計測・信号処理技術に基づく広域電力系統監視システム, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.2, No.S12-1, 199-202, 2006年8月.
20) 2,006 国内講演発表 山中 建二, 大西 徳生, 北條 昌秀 : センサレス制御永久磁石同期電動機の実験特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.68, 407-410, 2006年8月.
21) 2,006 国内講演発表 藤井 友晴, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 直列インバータを用いた交流安定化電源の実験特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.111, 549-550, 2006年8月.
22) 2,006 国内講演発表 森岡 斎, 多田 吉宏 : NIEを用いた技術者導入教育の試み, 平成18年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 622-623, 2006年8月.
23) 2,006 国内講演発表 重光 亨, 白澤 教太, 古川 明徳, 渡邉 聡, 大熊 九州男 : 部分流量域における二重反転形軸流ポンプの動翼列間流れ場に関する一考察, 日本流体力学会年会2006, 2006年9月.
24) 2,006 国内講演発表 白澤 教太, 古川 明徳, 渡邉 聡, 大熊 九州男, 重光 亨 : 二重反転形軸流ポンプの内部流れについて, 日本機械学会2006年度年次大会, 2006年9月.
25) 2,006 国内講演発表 谷口 太一, 井内 健介, 大宅 薫 : 炭化水素分子の再付着分布への表面反射の影響(Ⅱ), 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2006年9月.
26) 2,006 国内講演発表 松田 日嘉, 浮田 浩行 : 自律移動ロボットの経路探索, 第5回情報科学技術フォーラム(FIT2006)一般講演論文集, Vol.3, 157-158, 2006年9月.
27) 2,006 国内講演発表 山田 直司, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 太陽光発電システムの出力に応じた配電系統の電圧歪み抑制法, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.48, No.457, 23-24, 2006年9月.
28) 2,006 国内講演発表 藤村 友紀, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 電圧形インバータを用いた高調波補償機能付き限流器の基礎実験, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.48, No.458, 25-26, 2006年9月.
29) 2,006 国内講演発表 坪井 清浩, 廣瀬 功児, 太田 豊, 橋口 卓平, 鵜飼 裕之, 三谷 康範, 佐伯 修, 北條 昌秀 : PMUによる広域連系電力系統の情報管理システム, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.44, No.419, 1-2, 2006年9月.
30) 2,006 国内講演発表 北條 昌秀, 大西 徳生, 三谷 康範, 佐伯 修, 鵜飼 裕之 : 同期位相計測に基づく位相差と電力潮流の関係についての検討, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.44, No.421, 5-6, 2006年9月.
31) 2,006 国内講演発表 林 泰弘, 川崎 章司, 松木 純也, 酒井 重和, 馬場 旬平, 横山 明彦, 北條 昌秀, 若尾 真治, 小林 直樹, 生石 光平 : 分散型電源連系配電ネットワーク模擬実験設備を用いた送出し電圧制御に関する基礎実験, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.35, No.353, 9-10, 2006年9月.
32) 2,006 国内講演発表 井爪 朗, 北條 昌秀, 大西 徳生, 滝 祥治, 生石 光平, 藤原 信行 : 電圧上昇抑制を目的とした太陽光発電系統連系インバータによる無効電力補償法の検討, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.35, No.355, 13-14, 2006年9月.
33) 2,006 国内講演発表 一宮 昌司, 中田 昌樹 : 加速により再層流化する乱流境界層の特性, 日本流体力学会年会2006講演アブストラクト集, 256, 2006年9月.
34) 2,006 国内講演発表 高木 均, 加古 修平, 草野 剛嗣, 逢坂 昭治 : グリーンコンポジットの熱伝導率, 日本機械学会2006年度年次大会講演論文集, Vol.1, 395-396, 2006年9月.
35) 2,006 国内講演発表 石原 国彦 : 材料減衰に及ぼす振動モード次数の影響, 日本機械学会年次大会2006, No.06-1, 2006年9月.
36) 2,006 国内講演発表 福島 修一郎, 安井 武志, 岩田 哲郎, 荒木 勉 : レーザ励起ナノ秒蛍光寿命マッピングによる歯の形成と老化の研究, 生体医工学シンポジウム 2006, 2006年9月.
37) 2,006 国内講演発表 山中 建二, 大西 徳生, 北條 昌秀 : センサレス制御永久磁石同期電動機の低速駆動特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4, No.5, 33, 2006年9月.
38) 2,006 国内講演発表 石内 宏樹, 大西 徳生, 北條 昌秀, 木内 光幸 : 永久磁石同期電動機のセンサレスV/f制御システムの振動抑制, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4, No.6, 34, 2006年9月.
39) 2,006 国内講演発表 小倉 正嗣, 大西 徳生, 北條 昌秀 : マルチレベル電流波形制御三相整流回路の実験特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.7, 41, 2006年9月.
40) 2,006 国内講演発表 志摩 悠介, 大西 徳生, 北條 昌秀, 岩田 明彦 : マルチレベルインバータの波形改善実験特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.8, 42, 2006年9月.
41) 2,006 国内講演発表 安部 了祐, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 瞬低補償時におけるUPFCの動作特性に関する検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.9, 43, 2006年9月.
42) 2,006 国内講演発表 藤井 友晴, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 直列インバータを用いた三相交流安定化電源, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.10, 44, 2006年9月.
43) 2,006 国内講演発表 森本 祐輔, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 負荷端子電圧微分補償三相アクティブフィルタの実験特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.11, 45, 2006年9月.
44) 2,006 国内講演発表 鶏内 敏幸, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 二段双方向チョッパ充放電制御装置を用いた電力脈動抑制制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.12, 46, 2006年9月.
45) 2,006 国内講演発表 大西 徳生, 北條 昌秀 : 三相インバータモジュールを用いた単相-単相電力変換制御法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.13, 47, 2006年9月.
46) 2,006 国内講演発表 石原 航平, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電解コンデンサレス三相双方向電力変換装置の基本特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.14, 48, 2006年9月.
47) 2,006 国内講演発表 藤村 友紀, 北條 昌秀, 大西 徳生, 舟橋 俊久 : 基礎実験に基づく電圧形インバータを用いた高調波補償機能付き限流器の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.15, 49, 2006年9月.
48) 2,006 国内講演発表 山田 歳也, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電源電圧センサレス制御三相PWMインバータ制御自律分散電源システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.16, 50, 2006年9月.
49) 2,006 国内講演発表 井爪 朗, 北條 昌秀, 大西 徳生, 滝 祥治, 生石 光平, 藤原 信行 : 太陽光発電系統連系インバータの無効電力補償分担法の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.17, 51, 2006年9月.
50) 2,006 国内講演発表 山田 直司, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 複数台接続の太陽光発電システムによる配電系統電圧歪み抑制法に関する基礎検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.18, 52, 2006年9月.
51) 2,006 国内講演発表 Masatake Kawada and Richard M. Leahy : Electrical Brain Mapping of Motor Imagination using Minimum Norm Solution for BCI, 電気関係学会四国支部論文集, Sep. 2006.
52) 2,006 国内講演発表 Khammanivong Somsay, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Simulation on Propagation of VHF EM Waves Emitted from Partial Discharge in Air-Substation, 電気関係学会四国支部論文集, Sep. 2006.
53) 2,006 国内講演発表 Takashi Kuraishi, Masatake Kawada, Katsuo Isaka and Koji Yamada : Fundamental Study on Vibration Diagnosis for Turbine using the Optimization of Spectrum Analysis, 電気関係学会四国支部論文集, Sep. 2006.
54) 2,006 国内講演発表 Yoshitaka Higuchi, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : 3D Reconstruction Method using PSM and TM to Combine with the Location of PD Source, Shikoku-section Joint Convention Record of the Institutes of Electrical and related Engineers, Sep. 2006.
55) 2,006 国内講演発表 Yoshiteru Fukuda, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Estimation of Electric Field Strength by Measuring EM Waves emitted from PD, Shikoku-section Joint Convention Record of the Institutes of Electrical and related Engineers, Sep. 2006.
56) 2,006 国内講演発表 陳 皓, 川田 昌武, 伊坂 勝生 : 高圧送電線下の地表面近傍における電界の定量化, 電気関係学会四国支部論文集, 2006年9月.
57) 2,006 国内講演発表 原田 優, 川田 昌武, 伊坂 勝生 : 配電線周辺のELF磁界の解析, 電気関係学会四国支部論文集, 2006年9月.
58) 2,006 国内講演発表 Masanari Kurei, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Propagation of Electromagnetic Waves Emitted from PD in GIS in Consideration of the Spacer, Shikoku-section Joint Convention Record of the Institutes of Electrical and related Engineers, Sep. 2006.
59) 2,006 国内講演発表 森田 郁朗, 堀田 祐希 : 集中巻IPMSMのコギングトルクおよびトルクリプルの最小化, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4-1, 2006年9月.
60) 2,006 国内講演発表 上田 恒章, 森田 郁朗, 岡本 晴彦 : 円筒形リニアモータの磁石配置とその特性(2), 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4-2, 2006年9月.
61) 2,006 国内講演発表 工藤 義行, 森田 郁朗, 堀中 啓司 : 極数・スロット数の組合せによるIPMSMの特性比較, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4-3, 2006年9月.
62) 2,006 国内講演発表 北條 昌秀, 大西 徳生, 三谷 康範, 鵜飼 裕之, 佐伯 修 : 広域連系系統における周波数と位相差についての実測に基づく検討, 電気関係学会東海支部連合大会講演論文集, Vol.S3, No.4, 2006年9月.
63) 2,006 国内講演発表 川上 烈生, 稲岡 武 : 非平衡RFプラズマの自己組織化構造とドライエッチングとの相関性, 平成18年度電気関係学会 四国支部連合大会 講演論文集, 16, 2006年9月.
64) 2,006 国内講演発表 柴田 浩伸, 岩田 哲郎 : 帯域制限された蛍光減衰波形測定系でのデコンボリューション法の提案, 第67回応用物理学会講演会, 2006年9月.
65) 2,006 国内講演発表 前田 彰吾, 岩田 哲郎 : エリプソメトリの手法による表面共鳴プラズモンセンサの試作, 第67回応用物理学会講演会, 2006年9月.
66) 2,006 国内講演発表 村井 啓一郎, 村上 祐一郎, 金子 悠祐, 鈴木 童子, 田中 住典, 森賀 俊広, 木戸口 善行, 三輪 惠 : アルミナ担持PdO-CeO2触媒へのTiO2添加効果, 化学工学会 徳島大会, 2006年10月.
67) 2,006 国内講演発表 東條 卓, 村井 啓一郎, 森賀 俊広, 松原 将太, 田中 住典, 木戸口 善行, 三輪 惠 : 種々のアルミナに担持された酸化鉄触媒の合成とその評価, 化学工学会 徳島大会, 2006年10月.
68) 2,006 国内講演発表 田中 住典, 松原 将太, 東條 卓, 村井 啓一郎, 森賀 俊広, 木戸口 善行, 三輪 惠 : ディーゼル微粒子の酸化触媒に関する研究, 化学工学会 徳島大会, 2006年10月.
69) 2,006 国内講演発表 井内 健介, 戎 真志, 大宅 薫 : イオン反射とスパッタリングのMDシミュレーション, プラズマ・核融合学会,第23回年会, 2006年11月.
70) 2,006 国内講演発表 草野 剛嗣, 逢坂 昭治, 横尾 充, 相馬 啓 : 地盤中の凍土成長における凍結管温度分布・変動の効果, 日本機械学会中国四国支部・九州支部合同企画鳥取講演会講演論文集, 117-118, 2006年11月.
71) 2,006 国内講演発表 浮田 浩行, 是恒 寛 : イメージスキャナを用いた様々な光源状態における3次元形状復元, 第11回パターン計測シンポジウム資料, 23-28, 2006年11月.
72) 2,006 国内講演発表 宗重 彰剛, 岩田 哲郎 : 位相変調型蛍光寿命測定への自己回帰モデルの適用, Optics & Photonics Japan 2006, 2006年11月.
73) 2,006 国内講演発表 柴田 浩伸, 岩田 哲郎 : 帯域制限された蛍光減衰波形測定系でのデコンボリューション法, Optics & Photonics Japan 2006, 2006年11月.
74) 2,006 国内講演発表 前田 彰吾, 岩田 哲郎 : 導波路型SPRセンサへのエリプソメトリーの適用に関する基礎検討, Optics & Photonics Japan 2006, 2006年11月.
75) 2,006 国内講演発表 加古 修平, 高木 均, 草野 剛嗣, 逢坂 昭治 : PLA-bamboo composites and their thermal conductivity, Journal of Ecotechnology Research, Vol.12, No.4, 238, 2006年12月.
76) 2,006 国内講演発表 川田 昌武, Richard M Leahy : Fundamental Research on Electrical Brain Mapping of Motor Imagination, 第7回脳磁場イメージング研究会, 13, 2006年12月.
77) 2,006 国内講演発表 末包 哲也, 津島 将司, 平井 秀一郎 : 格子ボルツマン法による界面張力・濡れ性を考慮した多孔質内流れ解析, 第12回計算数理工学フォーラム,計算数理工学レビュー, No.7-Jan, 35-40, 2007年.
78) 2,006 国内講演発表 末包 哲也, 信宗 知寿, 津島 将司, 平井 秀一郎 : 残留ガストラップによるCO2地下貯留, 第2回新エネルギー技術シンポジウム講演論文集, 310-315, 2007年.
79) 2,006 国内講演発表 古川 直人, 末包 哲也, 津島 将司, 平井 秀一郎 : MRIを用いたCO2地下貯留における岩石内流動に関する研究, 平成19年度資源・素材学会春期大会講演集, Vol.1, 139-142, 2007年.
80) 2,006 国内講演発表 末包 哲也, 山崎 光潔, 平井 秀一郎 : 流動電位を用いたCO2地下貯留におけるモニタリング技術に関する研究, 第23回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス講演論文集, 457-460, 2007年.
81) 2,006 国内講演発表 古川 直人, 末包 哲也, 津島 将司, 平井 秀一郎 : CO2地下貯留における岩石内二相流動現象のMRI計測, 第44回日本伝熱シンポジウム講演論文集, Vol.1, 147-148, 2007年.
82) 2,006 国内講演発表 末包 哲也, 信宗 知寿, 平井 秀一郎 : CO2, 第44回日本伝熱シンポジウム講演論文集, Vol.1, 209-210, 2007年.
83) 2,006 国内講演発表 末包 哲也, 信宗 知寿, 平井 秀一郎 : CO2地下貯留における残留ガストラップ量, 石油技術協会平成19年度春期講演会, 150, 2007年.
84) 2,006 国内講演発表 末包 哲也, 山崎 光潔, 平井 秀一郎, 清田 正徳 : 流動電位を用いたCO2地下貯留におけるモニタリング技術, 資源・素材2007(名古屋)企画発表・一般発表講演資料, 2007年.
85) 2,006 国内講演発表 清田 正徳, 森岡 斎, 臼井 隆史 : 空冷垂直管内吸収器の水蒸気吸収過程について, 日本機械学会講演論文集, Vol.075, No.1, 235-236, 2007年3月.
86) 2,006 国内講演発表 清田 正徳, 森岡 斎, 前田 晃宏 : 突起を有する平板上を流下する液膜の数値計算, 日本機械学会講演論文集, Vol.075, No.1, 257-258, 2007年3月.
87) 2,006 国内講演発表 武山 裕一, 福富 純一郎, 重光 亨 : 対称形ケーシングを有するクロスフロー風車の研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2007年3月.
88) 2,006 国内講演発表 西澤 孝平, 福富 純一郎, 重光 亨 : 遠心送風機ケーシング内の流動状態に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2007年3月.
89) 2,006 国内講演発表 河田 匡仙, 福富 純一郎, 重光 亨, 境 真太郎 : ゴム製品の加硫成型に関する流動解析, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2007年3月.
90) 2,006 国内講演発表 安信 友裕, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転羽根車による多翼ファンの高圧力化に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2007年3月.
91) 2,006 国内講演発表 羽藤 修平, 小西 克信 : アフィン不変特徴とAdaBoostによる物体認識, 日本機械学会講演論文集 No.075-1, 469-470, 2007年3月.
92) 2,006 国内講演発表 武市 大史, 小西 克信 : 陰影画像と反射率画像の分離, 日本機械学会講演論文集 No.075-1, 471-472, 2007年3月.
93) 2,006 国内講演発表 竹島 載佳, 小西 克信 : コーナー状特徴点の対応による物体認識, 日本機械学会講演論文集 No.075-1, 479-480, 2007年3月.
94) 2,006 国内講演発表 相本 耕作, 園部 元康, 近藤 孝広, 松崎 健一郎, 宗和 伸行 : 部分空間制御法による並列二重倒立振子の振り上げ制御, 日本機械学会九州支部第60期総会講演会, 2007年3月.
95) 2,006 国内講演発表 石原 国彦, 宮本 高徳 : 管群ダクトの音速評価(実験)に関する研究, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, 2007年3月.
96) 2,006 国内講演発表 石原 国彦, 吉田 侑加 : 管群ダクトの音速評価(解析)に関する研究, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, 2007年3月.
97) 2,006 国内講演発表 石原 国彦, 辻 政範 : リアクティブ型消音器理論の適用限界の明確化, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, 2007年3月.
98) 2,006 国内講演発表 石原 国彦, 小西 宏延 : 空力自励音の発生メカニズムの解明と対策法に関する研究(ダクト内管群位置や管群数の共鳴に及ぼす影響), 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, 2007年3月.
99) 2,006 国内講演発表 石原 国彦, 榮藤 大輔 : 浮上式コンベア(FDC)の異常振動発生原因の究明に関する研究(隙間流による重力方向のベルト荷重系の固有振動数について), 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, 2007年3月.
100) 2,006 国内講演発表 石原 国彦, 橘 英俊 : 吸音ダクトの音響特性に関する研究(種々の解析結果と実験結果との比較), 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, 2007年3月.
101) 2,006 国内講演発表 石原 国彦, 北山 玄 : 流力弾性振動に及ぼす管配列の影響に関する研究, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, 2007年3月.
102) 2,006 国内講演発表 是恒 寛, 浮田 浩行 : 複数の白色光源を用いたイメージスキャナによる形状復元, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, Vol.No.075-1, 475-476, 2007年3月.
103) 2,006 国内講演発表 高橋 幸司, 浮田 浩行 : 画像処理によるネジ頭部の外観検査, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, Vol.No.075-1, 477-478, 2007年3月.
104) 2,006 国内講演発表 大和 直史, 浮田 浩行 : パターン投影による全方位カメラを用いた全周環境の取得, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, Vol.No.075-1, 481-482, 2007年3月.
105) 2,006 国内講演発表 今川 翔吾, 浮田 浩行 : 小型カメラを用いた連続画像からの3次元情報の復元, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, Vol.No.075-1, 483-484, 2007年3月.
106) 2,006 国内講演発表 松田 日嘉, 浮田 浩行 : ステレオ法を用いた自律移動ロボットの経路探索, 中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, Vol.No.075-1, 499-500, 2007年3月.
107) 2,006 国内講演発表 上代 良文, 高橋 義一, 一宮 昌司, 大坂 英雄 : 長平板背後の渦構造に及ぼすスプリッター板の影響, 日本機械学会中国四国支部第45期総会・講演会講演論文集, 205-206, 2007年3月.
108) 2,006 国内講演発表 秋山 裕介, 一宮 昌司 : 振動時の自動車モデル上境界層の特性, 日本機械学会中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, 207-208, 2007年3月.
109) 2,006 国内講演発表 松平 隼人, 一宮 昌司 : 円管内助走部の撹乱による乱流遷移, 日本機械学会中国四国支部第45期総会·講演会講演論文集, 201-202, 2007年3月.
110) 2,006 国内講演発表 安本 大介, 上原 祥佳瑞, 逢坂 昭治, 仮屋崎 侃, 草野 剛嗣 : 水平に近い傾斜管内における気液対向二相流, 日本機械学会中国四国支部45期総会・講演会講演論文集, 251-252, 2007年3月.
111) 2,006 国内講演発表 行成 義貴, 逢坂 昭治, 草野 剛嗣 : 大地抵抗率を利用した凍土の測定, 日本機械学会中国四国支部45期総会・講演会講演論文集, 227-228, 2007年3月.
112) 2,006 国内講演発表 徳永 英司, 日野 順市, 栗本 政雄 : 形状記憶合金の温度依存特性を利用した動吸振器に関する研究, 日本機械学会中国四国支部第45期総会講演会講演論文集, No.075-1, 313-314, 2007年3月.
113) 2,006 国内講演発表 西岡 哲也, 日野 順市, 栗本 政雄 : 可変拘束制御によるトラッククレーンの振動制御, 日本機械学会中国四国支部第45期総会講演会講演論文集, No.075-1, 315-316, 2007年3月.
114) 2,006 国内講演発表 川上 淳, 藤田 恭史, 八房 智顯, 木戸口 善行 : 高圧ディーゼル噴霧の混合気形成に及ぼす過給およびスワールの影響, 日本機械学会中国四国支部46期総会・講演会講演論文集, 2007年3月.
115) 2,006 国内講演発表 佐藤 康貴, 八房 智顯, 木戸口 善行, 三輪 惠 : 高周波バリア放電プラズマ後処理装置における電極と微粒子フィルタ構造に関する研究, 日本機械学会中国四国支部46期総会・講演会講演論文集, 2007年3月.
116) 2,006 国内講演発表 山中 建二, 大西 徳生, 北條 昌秀 : PMモータのセンサレス低速高トルク駆動特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.122, 194, 2007年3月.
117) 2,006 国内講演発表 石原 航平, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電解コンデンサレス三相双方向電力変換装置の実験特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.88, 137, 2007年3月.
118) 2,006 国内講演発表 山田 歳也, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電源電圧センサレスインバータ制御自律分散電源システムの制御特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.001, 1, 2007年3月.
119) 2,006 国内講演発表 森田 郁朗, 堀中 啓司 : 極数とスロット数によるIPMSMの特性比較, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.5-098, 2007年3月.
120) 2,006 国内講演発表 石内 宏樹, 大西 徳生, 北條 昌秀 : センサレスV/f 振動抑制制御PM モータの駆動特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.133, 214, 2007年3月.
121) 2,006 国内講演発表 菊谷 裕隆, 川崎 章司, 林 泰弘, 松木 純也, 北條 昌秀 : 配電ネットワークにおけるアクティブフィルタの最適設置箇所に関する基礎研究, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.102, 169-170, 2007年3月.
122) 2,006 国内講演発表 酒井 重和, 林 泰弘, 川崎 章司, 松木 純也, 馬場 旬平, 横山 明彦, 北條 昌秀, 若尾 真治, 小林 直樹, 生石 光平 : 配電ネットワーク模擬実験設備を用いた分散型電源協調型の配電ネットワーク制御方式の検証, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.115, 189-190, 2007年3月.
123) 2,006 国内講演発表 石原 国彦 : 環境騒音予測法の精度向上に関する研究(回折減衰に関するISOの企画と従来法の比較), 関西支部第82 期総会·講演会講演論文集, 2007年3月.
124) 2,006 国内講演発表 山田 直司, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電流制御形正弦波電圧連系三相インバータ, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.76, 115, 2007年3月.
125) 2,006 国内講演発表 藤村 友紀, 北條 昌秀, 大西 徳生, 舟橋 俊久 : 電流検出による電圧形インバータ方式限流器の検討, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.054, 91, 2007年3月.
126) 2,006 国内講演発表 井爪 朗, 北條 昌秀, 大西 徳生, 滝 祥治, 生石 光平, 藤原 信行 : 一日を通した太陽光発電システムによる配電線電圧制御の効果, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.062, 104, 2007年3月.
127) 2,006 国内講演発表 北條 昌秀, 大西 徳生, 三谷 康範, 鵜飼 裕之, 佐伯 修 : 同期位相計測に基づく負荷変動を考慮した地点間位相差の検討, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.204, 345, 2007年3月.
128) 2,006 国内講演発表 大西 徳生, 小西 勝久, 北條 昌秀 : 誘導発電機を用いたセンサレスインバータ制御可変速風力発電システム, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.7, No.023, 33, 2007年3月.
129) 2,006 国内講演発表 Yoshiteru Fukuda, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Estimation of Radiation Power from PD by Measuring EM Waves for Diagnosing of Insulation Material, National Convention Record I.E.E. Japan, 2-042, Mar. 2007.
130) 2,006 国内講演発表 Yoshitaka Higuchi, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Propagation of EM Waves Emitted from PD Occurring on the Distribution Line Using the FDTD Method, National Convention Record I.E.E. Japan, 2-043, Mar. 2007.
131) 2,006 国内講演発表 Masanari Kurei, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Effect of Shape of Spacer on EM Waves Emitted from PD in GIS, National Convention Record I.E.E. Japan, 6-257, Mar. 2007.
132) 2,006 国内講演発表 Takashi Kuraishi, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Fundamental Study on Vibration Diagnosis for Turbine Using Interpolated FFT, National Convention Record I.E.E. Japan, 7-027, Mar. 2007.
133) 2,006 国内講演発表 菊池 邦友, 三輪 昌史, 土谷 茂樹 : イオン導電性高分子ゲルアクチュエータを用いた可変焦点レンズの開発, 日本機械学会関西支部第82期定時総会講演会講演論文集 074-1, 14-21, 2007年3月.
134) 2,006 国内講演発表 近谷 厚生, 菊池 邦友, 三輪 昌史, 土谷 茂樹 : 高分子アクチュエータを用いたDrug・Delivery・System(DDS)の開発―薬剤放出用マイクロポンプの開発―, 日本機械学会関西支部第82期定時総会講演会講演論文集 074-1, 14-19, 2007年3月.
135) 2,006 国内講演発表 芳村 広幸, 菊池 邦友, 三輪 昌史, 土谷 茂樹, 越本 泰弘 : IPMCを利用した無線マイクロロボットの開発, 日本機械学会関西支部第82期定時総会講演会講演論文集 074-1, 14-16, 2007年3月.
136) 2,006 国内講演発表 横田 武志, 近谷 厚生, 菊地 邦友, 三輪 昌史, 土谷 茂樹 : ポリピロールを用いたマイクロベンディングアクチュエータの開発, 日本機械学会平成18年度関西学生会学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, 17-12, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1) 2,006 その他・研究会 井内 健介, 大宅 薫 : タイル隙間の 炭化水素堆積分布のシミュレーション, 第21回トライアム研究会&核融合フォーラムサブクラスター会合合同研究会, 2006年8月.
2) 2,006 その他・研究会 酒井 重和, 林 泰弘, 松木 純也, 川崎 章司, 野村 知弘, 馬場 旬平, 横山 明彦, 北條 昌秀, 若尾 真治, 小林 直樹, 生石 光平 : 配電系統模擬実験設備を用いた分散型電源の連系可能最大出力の計測実験, 電気学会研究会資料, Vol.PE-06(PSE-06), No.86(86), 7-11, 2006年8月.
3) 2,006 その他・研究会 山田 哲史, 佐伯 修, 辻 毅一郎, 三谷 康範, 渡邊 政幸, 鵜飼 裕之, 橋口 卓平, 北條 昌秀 : 多地点同期位相計測に基づく電力系統における事故検出のための評価指標の検討, 電気学会研究会資料, Vol.PE-06(PSE-06), No.48(48), 21-26, 2006年8月.
4) 2,006 その他・研究会 井爪 朗, 北條 昌秀, 大西 徳生, 滝 祥治, 生石 光平, 藤原 信行 : 多数の太陽光発電系統連系インバータの無効電力補償による電圧上昇抑制法, 電気学会研究会資料, Vol.PE-06(PSE-06), No.103(103), 35-40, 2006年8月.
5) 2,006 その他・研究会 石原 国彦 : 現場で経験せる振動・騒音問題について, 日本機会学会VS研究会, 2006年8月.
6) 2,006 その他・研究会 鈴木 浩司, 安野 卓, 漆原 史朗 : 階層型ニューラルネットワークを用いた2台の移動ロボットによる協調搬送パターン生成, 電気学会研究会資料, No.IIC-06-128, 75-80, 2006年9月.
7) 2,006 その他・研究会 安野 卓, 金泉 肇祐, 鎌野 琢也, 原田 寛信 : 4脚車輪型移動ロボットの適応的行動制御, 電気学会研究会資料, No.IIC-06-130, 87-92, 2006年9月.
8) 2,006 その他・研究会 大西 徳生, 山中 建二, 北條 昌秀 : 誘導電動機の速度センサレス汎用ベクトル制御, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-06(IEA-06), No.150(45), 21-26, 2006年11月.
9) 2,006 その他・研究会 石原 国彦 : ファンの低騒音化に関する研究の現状, 川崎重工業(株)技術研究所, 2006年11月.
10) 2,006 その他・研究会 森田 郁朗, 堀中 啓司 : 極数とスロット数の組合せによる埋込磁石同期モータの特性比較, 回転機研究会資料, Vol.RM-06, No.133, 47-52, 2006年11月.
11) 2,006 その他・研究会 小倉 正嗣, 大西 徳生, 北條 昌秀 : マルチレベル電流波形制御三相整流回路, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-07, No.10, 57-61, 2007年1月.
12) 2,006 その他・研究会 藤井 友晴, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 直列インバータ制御小型交流安定化電源, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-07, No.23, 13-17, 2007年1月.
13) 2,006 その他・研究会 森本 祐輔, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電源電流検出方式三相アクティブフィルタの制御特性, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-07, No.26, 31-36, 2007年1月.
14) 2,006 その他・研究会 清田 正徳, 森岡 斎, 前田 晃宏 : 突起を有する平板上を流下する液膜の数値計算, 日本機械学会講演論文集, Vol.075, No.1, 257-258, 2007年3月.
15) 2,006 その他・研究会 浮田 浩行 : 「C言語実習」における創造的課題への取り組みと学生の評価について, 徳島大学工学教育シンポジウム2007(SEE2007), 7-12, 2007年3月.
16) 2,006 その他・研究会 林 泰弘, 川崎 章司, 松木 純也, 酒井 重和, 野村 知弘, 馬場 旬平, 横山 明彦, 北條 昌秀, 若尾 真治, 小林 直樹, 生石 光平 : 配電系統模擬実験による分散型電源と配電系統との協調運用形態の検証, 電気学会研究会資料, Vol.PE-07(PSE-07, SPC-07), No.3(18,43), 11-20, 2007年3月.
17) 2,006 その他・研究会 山田 歳也, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電源電圧センサレス三相PWMインバータ制御自律分散電源システム, 電気学会研究会資料, Vol.PE(PSE, SPC)-07, No.14(29,54), 45-50, 2007年3月.
18) 2,006 その他・研究会 安野 卓 : 4脚車輪型移動ロボットの未知環境における適応的行動制御, 平成19年電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.4-S15-5, S15(17)-S15(20), 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

1) 2,006 報告書 森田 郁朗 : 小形モータの先端技術, --- 8.1 電磁モータ ---, 電気学会技術報告, No.1063, 96-100, 東京, 2006年8月.
2) 2,006 報告書 森田 郁朗 : 小形モータの先端技術, --- 8.3 新方式・新構造モータ ---, 電気学会技術報告, No.1063, 103-107, 東京, 2006年8月.
3) 2,006 報告書 川上 烈生 : プラズマの自己組織化と材料の損耗特性との関連性に関する研究, 平成18年度核融合科学研究所LHD数値解析システム利用共同研究報告書, 日本, 2007年3月.
4) 2,006 報告書 川上 烈生 : ITERのプラズマ対向壁材としてのタングステンの可能性に関する研究, 平成17-18年度科学研究費補助金, 若手研究(B), 日本, 2007年3月.
5) 2,006 報告書 長尾 文明, 大西 徳生, 福富 純一郎, 野田 稔, 福富 汎, 犬伏 宏行 : 日本の風土特性に応じた風力発電の安定化・コスト低減に関する研究 平成18年度研究実績報告書, 1-111, 2007年3月.

2007年度(平成19年度)

article.{@.date="20070400 20080399" @.organization=\E{140078}}

2007年度(平成19年度) / 著書

1) 2,007 著書 末包 哲也 : 炭素の事典, 朝倉書店, 東京, 2007年4月.
2) 2,007 著書 岩田 哲郎, 荒木 勉, 橋本 正治, 岡 宏一 : 基礎からのメカトロニクス, 日新出版, 東京, 2007年4月.
3) 2,007 著書 福富 純一郎, 他 : 機械工学便覧 流体機械, 日本機械学会, 東京, 2007年8月.
4) 2,007 著書 Kaoru Ohya and Tohru Ishitani : Focused Ion Beam Systems; Basics and Applications, Cambridge University Press, Cambridge, Sep. 2007.
5) 2,007 著書 Tetsuya Suekane : Nano-Mega Scale Flow Dynamics in Energy System, Tohoku Univ. Publishers, Mar. 2008.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,007 学術論文 (審査論文) Kenji Teranishi and Haruo Itoh : A Compact Excimer Lamp Constructed by Piezoelectric Transformer, Journal of Light & Visual Environment, Vol.31, No.1, 5-10, 2007.
2) 2,007 学術論文 (審査論文) 上代 良文, 高橋 義一, 一宮 昌司, 大坂 英雄 : 長平板背後の渦構造に及ぼすスプリッター板の影響, 日本機械学会論文集(B編), Vol.73, No.729, 1183-1190, 2007年.
3) 2,007 学術論文 (審査論文) 石原 国彦 : 空気浮上式コンベアにおいて発生する異常振動について(現象の理解), 日本機械学会論文集(C編), Vol.73, No.729, 1279-1284, 2007年.
4) 2,007 学術論文 (審査論文) Kensuke Inai and Kaoru Ohya : Simulation of hydrocarbon redeposition in the gaps between divertor tiles, Journal of Nuclear Materials, Vol.363-365, 915-919, 2007.
5) 2,007 学術論文 (審査論文) Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Tetsuo Tanabe and Hidenobu Takenaga : Modeling of asymmetric redeposition distribution between inner and outer regions of the W-shaped divertor in JT-60U, Journal of Nuclear Materials, Vol.363-365, 78-85, 2007.
6) 2,007 学術論文 (審査論文) Masaharu Tai, Kiyoshi Inoue, Akihiro Kikuchi, Takao Takeuchi, Tsukasa Kiyoshi and Yoshimitsu Hishinuma : Superconducting Properties of V-Ti Alloys, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, Vol.17, No.2, 2542-2545, 2007.
7) 2,007 学術論文 (審査論文) Gen Matsumoto, Kiyoshi Inoue, Akihiro Kikuchi, Takao Takeuchi and Tsukasa Kiyoshi : New Fabrication Process for Nb3Sn Conductors through Diffusion Reaction between Nb and Ag-Sn Alloys, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, Vol.17, No.2, 2580-2583, 2007.
8) 2,007 学術論文 (審査論文) Jazair Wira, Harada Toru, Kubo Syunsuke, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : Improvement of Emission in a DI Diesel Engine Fuelled by Bio-diesel Fuel and Waste Cooking Oil,, Transactions of The Society of Automotive Engineers, No.2007-01-2029, 1-10, 2007.
9) 2,007 学術論文 (審査論文) Adam Abdullah, Inukai Naoki, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : A Study on Droplets Evaporation at Diesel Spray Boundary during Ignition Delay Period, Transactions of The Society of Automotive Engineers, No.2007-01-1893, 1-11, 2007.
10) 2,007 学術論文 (審査論文) Takuma Endo, Tomoaki Yatsufusa, Shiro Taki, Akiko Matsuo, Kazuaki Inaba and Jiro Kasahara : Homogeneous-Dilution Model of Partially Fueled Simplified Pulse Detonation Engines, Journal of Propulsion and Power, Vol.23, No.5, 1033-1041, 2007.
11) 2,007 学術論文 (審査論文) Yasuhide Kashiwagi, Hironari Ito, Kazuo Noguchi, Kenji Teranishi, Susumu Suzki and Haruo Itoh : Observation of VUV Emission Spectra from DC Positive Corona Discharge, IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials, Vol.127, No.9, 537-542, 2007.
12) 2,007 学術論文 (審査論文) Kunihiko Ishihara : Prediction on Attenuation of Silencer Equipment with Many Resonators, Journal of Environment and Engineering, Vol.2, No.4, 655-666, 2007.
13) 2,007 学術論文 (審査論文) Tetsuo Iwata, Hironobu Shibata and Tsutomu Araki : Extrapolation of Band-Limited Frequency Data Using an Iterative Hilbert-Transform Method and Its Application for Fourier-Transform Phase-Modulation Fluorometry, Measurement Science & Technology, Vol.18, No.1, 288-294, 2007.
14) 2,007 学術論文 (審査論文) Tetsuo Iwata, Akitaka Muneshige and Tsutomu Araki : Analysis of Data Obtained from a Frequency-Multiplexed Phase-Modulation Fluorometer Using an Autoregressive Model, Applied Spectroscopy, Vol.61, No.9, 950-955, 2007.
15) 2,007 学術論文 (審査論文) 野毛 宏文, 長谷川 諭, 吉原 雄一, 木戸口 善行, 三輪 惠 : 側鎖構造をもつディーゼル燃料の拡散燃焼バーナによるすす生成に関する研究, 自動車技術会論文集, Vol.38, No.5, 95-100, 2007年.
16) 2,007 学術論文 (審査論文) Nakamura Yoshihisa, Yamamoto Kazunari, Nakajima Nobuo, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : Noble Hydrogen Engine with Knock-less and Low NOx Emission Employing Hydrogen Gas-jet Combustion and Z-crankshaft Mechanism, Transactions of The Society of Automotive Engineers, No.2007-24-0122, 1-9, 2007.
17) 2,007 学術論文 (審査論文) 三輪 昌史, 川口 博史, 堂岡 和親, 米山 聡, 土谷 茂樹, 越本 泰弘 : マイクロ光造形法で作製した微小構造物の内部構造と縦弾性係数, 実験力学, Vol.7, No.3, 277-281, 2007年.
18) 2,007 学術論文 (審査論文) Hidenori Akiyama, Takashi Sakugawa, Takao Namihira, Koichi Takaki, Yasushi Minamitani and Naoyuki Shimomura : Industrial Applications of Pulsed Power Technology, IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation, Vol.14, No.5, 1051-1064, 2007.
19) 2,007 学術論文 (審査論文) Takashi Yasuda, Tetsuo Iwata, Tsutomu Araki and Takeshi Yasui : Improvement of minimum paint film thickness for THz paint meters by multiple regression analysis, Applied Optics, Vol.46, No.30, 7518-7526, 2007.
20) 2,007 学術論文 (審査論文) Hiroshi Suzuki, Takashi Yasuno, Urushihara Shiro and Hironobu Harada : Design and Implementation of Sooperative Conveyance Patterns for Multiple Mobile Robots Using Neural Network, Journal of Signal Processing, Vol.11, No.6, 489-495, 2007.
21) 2,007 学術論文 (審査論文) Hitoshi Takagi, Syuhei Kako, Koji Kusano and Akiharu Ousaka : Thermal conductivity of PLA-bamboo fiber composites, Advanced Composite Materials, Vol.16, No.4, 377-384, 2007.
22) 2,007 学術論文 (審査論文) Kensuke Inai, Kaoru Ohya and Tohru Ishitani : Simulation study on image contrast and spatial resolution in helium ion microscope, Journal of Electron Microscopy, Vol.56, No.5, 163-169, 2007.
23) 2,007 学術論文 (審査論文) 清田 正徳, 森岡 斎, 前田 晃宏 : 突起を有する平板上を流下する液膜の数値計算, 日本機械学会論文集(B編), Vol.73, No.735, 2297-2302, 2007年.
24) 2,007 学術論文 (審査論文) Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Nisawa Koji and Itoh Akio : Emission statistics of X-ray induced photoelectrons and its comparison with electron- and ion-induced electron emissions, Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms, Vol.266, 541-548, 2007.
25) 2,007 学術論文 (審査論文) 清田 正徳, 森岡 斎, 木本 恵介, 末包 哲也 : 水平管列上を流下する液膜LiBr-LiI混合水溶液膜への水蒸気吸収について, 日本機械学会論文集(B編), Vol.73, No.736, 2545-2551, 2007年.
26) 2,007 学術論文 (審査論文) Kenji Teranishi, Daisuke Inada, Naoyuki Shimomura, Susumu Suzuki and Haruo Itoh : VUV Spectroscopic Measurement for Dielectric Barrier Discharge Excited by Piezoelectric Transformer in He-Xe Mixture, IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.36, No.4, 1340-1341, 2008.
27) 2,007 学術論文 (審査論文) Haruo Itoh, Kenji Teranishi, Yoshihide Hashimoto, Naoyuki Shimomura and Susumu Suzuki : Self-Organized Patterns of Dielectric-Barrier Discharge Generated by Piezoelectric Transformer, IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.36, No.4, 1348-1349, 2008.
28) 2,007 学術論文 (審査論文) Masanori Kiyota, Itsuki Morioka, Keisuke Kimoto and Tetsuya Suekane : Steam absorption into films of aqueous solution of lithium bromide and lithium iodide mixture falling over a column of horizontal pipes, Heat Transfer-Asian Research, Vol.37, No.7, 431-444, 2008.
29) 2,007 学術論文 (審査論文) Tetsuya Suekane, Nobuso Tomohisa, Hirai Shuichiro and Masanori Kiyota : Geological storage of carbon dioxide by residual gas and solubility trapping, International Journal of Greenhouse Gas Control, Vol.2, No.1, 58-64, 2008.
30) 2,007 学術論文 (審査論文) Takao Takeuchi, Hiroyuki Takigawa, Masaki Nakagawa, Nobuyuki Banno, Kiyoshi Inoue, Yasuo Iijima and Akihiro Kikuchi : Multifilamentary Nb-Zr and V-Ti Superconducting Alloys Prepared by Diffusion Reaction between Constituent Pure-Metal Subelements, Superconductor Science and Technology, Vol.21, No.2, 1-8, 2008.
31) 2,007 学術論文 (審査論文) Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Measurement System of Transfer Motion for Patients With Spinal Cord Injuries, IEEE Transactions on Instrumentation and Measurement, Vol.57, No.1, 213-219, 2008.
32) 2,007 学術論文 (審査論文) 渡邊 政幸, 橋口 卓平, 三谷 康範, 佐伯 修, 北條 昌秀, 鵜飼 裕之 : 多地点同期位相計測に基づく電力系統広域安定度推定における観測地点変更時の精度向上, 電気学会論文誌B (電力・エネルギー部門誌), Vol.128, No.1, 84-90, 2008年.
33) 2,007 学術論文 (審査論文) Tetsuo Iwata, Hironobu Shibata and Tsutomu Araki : A Deconvolution Procedure for Determination of a Fluorescence Decay Waveform Applicable to a Band-Limited Measurement System That Has a Time Delay, Measurement Science & Technology, Vol.19, No.1, 015601-9, 2008.
34) 2,007 学術論文 (審査論文) 石原 国彦 : 開口部を有する直管ダクトの音響特性に関する研究, 日本機械学会論文集(C編), Vol.74, No.738, 332-338, 2008年.
35) 2,007 学術論文 (審査論文) Retsuo Kawakami, Inaoka Takeshi, Minamoto Shingo and Kikuhara Yasuyuki : Analysis of GaN Etching Damage by Capacitively Coupled RF Ar Plasma Exposure, Thin Solid Films, Vol.516, No.11, 3478-3481, 2008.
36) 2,007 学術論文 (審査論文) Kensuke Inai and Kaoru Ohya : Simulation of Hydrocarbon Redeposition on Plasma Shadowed Areas, Contributions to Plasma Physics, Vol.48, No.1-3, 275-279, 2008.
37) 2,007 学術論文 (審査論文) Junichiro Fukutomi, Toru Shigemitsu and Tomohiro Yasunobu : Performance and Internal Flow of Sirocco Fan Using Contra-Rotating Rotors, Journal of Thermal Science, Vol.17, No.1, 35-41, 2008.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2007年度(平成19年度) / 学術レター

1) 2,007 学術レター Kondo Kimihiko, Takashi Yasuno and Hironobu Harada : Generation of Jumping Motion Pattern for Quadruped Hopping Robot Using CPG Network, Journal of Signal Processing, Vol.11, No.4, 321-324, 2007.

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1) 2,007 総説・解説 古川 明徳, 大熊 九州男, 石坂 公一, 重光 亨 : ターボ機械内部の周期的変動流れにおける瞬時圧力計測, ターボ機械, Vol.35, No.5, 263-268, 2007年5月.
2) 2,007 総説・解説 川田 昌武 : 広域化された新配電自動化システムによる監視制御・運用体制, 電気学会誌, Vol.127, No.9, 577-580, 2007年9月.
3) 2,007 総説・解説 平井 秀一郎, 津島 将司, 末包 哲也 : CO2の地中と海洋への隔離, 伝熱, Vol.46, No.197, 19-24, 2007年10月.
4) 2,007 総説・解説 末包 哲也 : CO2貯留技術の開発状況, 混相流, Vol.21, No.4, 389-396, 2007年12月.
5) 2,007 総説・解説 浮田 浩行, 福田 直毅, 吉田 敦也 : eラーニングとスクーリングによる小中学生のためのロボットプログラミング講座, 日本機械学会誌, Vol.110, No.1069, 28-29, 2007年12月.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1) 2,007 国際会議 Masahide Hojo and Tokuo Ohnishi : Studies on Relations between Frequency and Phase Difference in Power System Based on Phasor Measurements, Proceedings of the Third IASTED Asian Conference on Power and Energy Systems, 478-482, Phuket, Apr. 2007.
2) 2,007 国際会議 Kenji Yamanaka, Tokuo Ohnishi and Masahide Hojo : A Novel Position Sensorless Vector Control of Permanent-Magnet Synchronous Motors, Conference Proceedings of the Fourth Power Conversion Conference (PCC-Nagoya 2007), 290-295, Nagoya, Apr. 2007.
3) 2,007 国際会議 Masahide Hojo, Yuki Fujimura, Tokuo Ohnishi and Toshihisa Funabashi : Design of fault current limiter by series-connected voltage source inverter, Proceedings of International Conference on Advanced Power System Automation and Protection (APAP2007), Vol.CD-ROM, No.P524, Cheju, Apr. 2007.
4) 2,007 国際会議 Kensuke Inai and Kaoru Ohya : Simulation of Hydrocarbon Redeposition on Plasma Shadowed Areas, 11th International Workshop on Plasma Edge Theory in Fusion Devices, Gifu, May 2007.
5) 2,007 国際会議 Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Side-approach Transfer Measurement for Patient with Spinal Cord Injuries, 2007 IEEE Instrumentation and Measurement Technology Conference Proceedings (IMTC/2007), Warsaw, May 2007.
6) 2,007 国際会議 Hiroyuki Ukida, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : 3D Shape Reconstructions Using Image Scanner under Various Number of Illuminations, Proceedings of the 2007 IEEE International Workshop on Imaging System and Techniques (IST2007), Cracow, May 2007.
7) 2,007 国際会議 Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Measurement of Wheelchair Position for Analyzing Transfer Motion for SCI Patient, Proceedings of the 2007 IEEE International Workshop on Imaging Systems and Techniques (IST2007), Cracow, May 2007.
8) 2,007 国際会議 Tetsuya Sano, Hideki Yamamoto and Hiroyuki Ukida : Measurement of Strokes in Hand Writing Japanese Character, Proceedings of the 2007 IEEE International Workshop on Imaging System and Techniques (IST2007), Cracow, May 2007.
9) 2,007 国際会議 Junichi Hino and Tadayuki Komoto : Subspace Identification of Modal Parameters by Impulse Excitation, Proceedings of The Second International Symposium on Advanced Technology of Vibration and Sound, 46-51, Lanzhou, China, Jun. 2007.
10) 2,007 国際会議 Retsuo Kawakami and Inaoka Takeshi : Effect of Argon Plasma Etching Damage on Electrical Characteristics, Proceedings of 9th International Symposium of Sputtering & Plasma Processes, 391-394, Kanazawa, Jun. 2007.
11) 2,007 国際会議 Akira Kariyasaki, Akiharu Ousaka, Yoshikazu Yamasaki, Masazumi Kagawa, Tohru Nagashima and Sigeharu Morooka : Measurement of Liquid Film Thickness by a Fringe Method, 5th Int. Conf. on Nanochannels, Microchannels and Minichannels, ICNMM-2007, Vol.Order No.1767CD, No.ISBN 0-7918-3800-5, 1-7, Puebla, Mexico, Jun. 2007.
12) 2,007 国際会議 Tetsuya Suekane, N. Furukawa, S. Tsushima and S. Hirai : Application of MRI to the measurement of two-phase flow of supercritical CO2 and water in porous rock, 2nd International Conference on Porous Media and its Applications in Science, Engineering and Industry, Vol.CD-ROM, Hawaii, Jun. 2007.
13) 2,007 国際会議 Naoyuki Shimomura, Fumiaki Fukawa, taiki Yano, Suguru Yamanaka, Kenji Teranishi and Hidenori Akiyama : Investigation of Coaxial Chemical Reactor Configuration for Nanosecond Pulsed Power Discharge, Proceedings of the 16th IEEE International Pulsed Power Conference, 736-739, Albuquerque, Jun. 2007.
14) 2,007 国際会議 Tokuo Ohnishi and Masahide Hojo : Utility Power Quality Control by using A Three Phase Inverter Module, IEEE Power Electronics Specialists Conference - 2007 Record (CD-ROM), No.793, 3073-3078, Orlando, Jun. 2007.
15) 2,007 国際会議 Masatake Kawada, Koji Yamada, Yasutomo Kaneko and Katsuo Isaka : Discrimination of Vibration Phenomena on Model Turbine Rotor using In-Place Fast Haar Wavelet Transform, 2007 IEEE Power Engineering Society General Meeting (CD-ROM), Tampa, Florida, USA, Jun. 2007.
16) 2,007 国際会議 Toru Shigemitsu, Akinori Furukawa, Satoshi Watanabe, Kusuo Okuma and Junichiro Fukutomi : Experimental Analysis of Internal Flow of Contra-Rotating Axial Flow Pump, Proceedings of the 8th International Symposium on Experimental and Computational Aerothermodynamics of Internal Flows, Lyon, France, Jul. 2007.
17) 2,007 国際会議 Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Analysis on the Propagation of Wideband EM Waves Emitted from a Partial Discharge using the Constrained Interpolation Profile (CIP) Method, 2007 IEEE International Symposium on Electromagnetic Compatibility (CD-ROM), Honolulu, Hawaii, Jul. 2007.
18) 2,007 国際会議 Hirotaka Kikuya, Shoji Kawasaki, Yasuhiro Hayashi, Junya Matsuki and Masahide Hojo : Study on Optimal Allocation and Gain of Active Filter Considering Distribution Network Configuration, Proceedings of the International Conference on Electrical Engineering 2007, No.479, Hong Kong, Jul. 2007.
19) 2,007 国際会議 Shigekazu Sakai, Yasuhiro Hayashi, Junya Matsuki, Jumpei Baba, Shinji Wakao, Naoki Kobayashi, Shoji Kawasaki, Masahide Hojo, Akihiko Yokoyama and Kohei Oishi : Active Coordinated Operation of Distribution Network with Distributed Generators, Proceedings of the International Conference on Electrical Engineering 2007, No.480, Hong Kong, Jul. 2007.
20) 2,007 国際会議 Tetsuya Suekane, T Furukawa and S Hirai : Pore scale analysis of two-phase flow of supercritical CO2 and water in sequestration porous rocks, International Conference on Multiphase Flow, Vol.CD-ROM, Leipzig, Jul. 2007.
21) 2,007 国際会議 T Takahashi, M Ito, Takeshi Yasui, Tetsuo Iwata and Tsutomu Araki : Optical-Sectioning, Second-Harmonic-Generation Imaging of Dermal Collagen Fiber Using a Mode-Locked Cr:Forsterite Laser, 3rd Asian and Pacific Rim Symposium on Biophotonics 2007, 110-111, Cairns, Australia, Jul. 2007.
22) 2,007 国際会議 Ritsuki Ito, Akitaka Muneshige and Tetsuo Iwata : Analysis of Data Obtained from a Frequency-Multiplexed Phase-Modulation Fluorometer Using an Autoregressive Model, 3rd Asian and Pacific Rim Symposium on Biophotonics 2007, 85-86, Cairns, Australia, Jul. 2007.
23) 2,007 国際会議 Masahide Hojo, Akira Izume, Tokuo Ohnishi, Shoji Taki, Kohei Oishi and Nobuyuki Fujiwara : A Control Method of Photovoltaic Generation Systems for Voltage Rise Suppression, Proceedings of the International Conference on Electrical Engineering 2007, No.531, Hong Kong, Jul. 2007.
24) 2,007 国際会議 Kenji Teranishi, Haruo Itoh, Naoyuki Shimomura and Susumu Suzuki : Discharge Plasmas Generated by Piezoelectric Transformer and Their Applications, --- Material Effect of Dielectric Barrier Electrode on Ozone Generation ---, Proceedings of 28th International Conference on Phenomena in Ionized Gases, 1175-1176, Prague, Czech Republic, Jul. 2007.
25) 2,007 国際会議 Itoh Haruo, Inada Daisuke, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Susumu Suzuki : Discharge Plasmas Generated by Piezoelectric Transformer and Their Applications, --- VUV Emission from Xe and Ar Excimers ---, Proceedings of 28th International Conference on Phenomena in Ionized Gases, 1274-1275, Prague, Czech Republic, Jul. 2007.
26) 2,007 国際会議 Kunihiko Ishihara : On Abnormal Vibration Generated in Flow Dynamic Conveyer(Understanding of Phenomenon), The proceedings of ASME PVP Conference 2007, サンアントニオ(米), Jul. 2007.
27) 2,007 国際会議 Kikuchi Kunitomo, Masafumi Miwa and Tuchitani Shigeki : Development of Formation Method of Patterned Electrodes in Ionic Polymer Metal Composite, JSME-KSME Joint International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT2007), B04, Sapporo, Jul. 2007.
28) 2,007 国際会議 Motomichi Sonobe, Takahiro Kondou, Kenichiro Matsuzaki and Nobuyuki Sowa : Swing up Control of a Double-Parallel Inverted Pendulum System Based on Jacobian Elliptic Functions, Proceedings of the 12th Asia-Pacific Vibration Conference, Sapporo, Aug. 2007.
29) 2,007 国際会議 Yoshifumi Jodai, Yoshikazu Takahashi, Masashi Ichimiya and hideo Osaka : The Effects of Splitter Plates on Turbulent Boundary Layer on a Long Flat Plate near the Trailing Edge, Proceedings of 5th Joint ASME/JSME Fluids Engineerig Conference, Sheraton San Diego Hotel & Marina, San Diego, CA, USA, Aug. 2007.
30) 2,007 国際会議 Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi and Tomohiro Yasunobu : Study of High-Pressure Sirocco Fan Using Double Reversal Rotors, Proceedings of 2005 ASME Fluids Engineering Division Summer Meeting, San Diego, California, USA, Aug. 2007.
31) 2,007 国際会議 Tomoaki Yatsufusa, Jenny C. Chao and John H.S. Lee : Critical Deflagration Waves, Proceedings of International Colloquium on the Dynamics of Explosions and Reactive Systems, Poitiers, France, Aug. 2007.
32) 2,007 国際会議 Kunihiko Ishihara : Study on reduction of interior noise due to fluctuating pressure of the pump, The proceedings of Inter noise2008 Conference, Istanbul, Aug. 2007.
33) 2,007 国際会議 Ryosuke Sumitomo, Kaoru Ohya, Hitoshi Tanaka and Fuji Ren : Designing of Campus Information Navigator based on Human-Machine Dialog, IEEE NLP-KE2007 Poster Session, 111-116, Beijing, Aug. 2007.
34) 2,007 国際会議 Masahide Hojo, Yuki Fujimura, Tokuo Ohnishi and Toshihisa Funabashi : Experimental Studies on Fault Current Limiter by Voltage Source Inverter with Line Voltage Harmonics Compensation, Proceedings of European Conference on Power Electronics and Applications, Vol.CD-ROM, No.0324, Aalborg, Sep. 2007.
35) 2,007 国際会議 Hiroyuki Ukida : Visual Defect Inspection of Rotating Screw Heads, SICE Annual Conference in Takamatsu SICE 2007 PROCEEDINGS, 1478-1483, Takamatsu, Sep. 2007.
36) 2,007 国際会議 Michinomoto Takurou, Masafumi Miwa, Tuchitani Shigeki and Yoneyama Satoru : Inner Structure / Elastic Modulus Control of Micro Cantilever, 2nd International Symposium on Advanced Fluid/Solid Science and Technology in Experimental Mechanics, Osaka, Sep. 2007.
37) 2,007 国際会議 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Hideaki Kuwada, Teruyuki Hayashi and Misako Saitoh : Dynamic simulation of secondary electron emission and charging up of an insulating material, 6th Asian-Europian International Conference on Plasma Surface Engineering, Nagasaki, Sep. 2007.
38) 2,007 国際会議 Kensuke Inai, Yasuyuki Kikuhara and Kaoru Ohya : Comparison of carbon deposition on plasma-exposed tungsten between molecular dynamics and dynamic Monte Carlo simulation, 6th Asian-Europian International Conference on Plasma Surface Engineering, Nagasaki, Sep. 2007.
39) 2,007 国際会議 Kikuchi Kunitomo, Masafumi Miwa and Tuchitani Shigeki : Variable-Focal Length Lens Using a Soft Actuator, Proceedings of the International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2007 (ATEM'07), OS16-4-1, Fukuoka, Sep. 2007.
40) 2,007 国際会議 Yoshimura Hiroyuki, Kikuchi Kunitomo, Yamaguchi Akifumi, Masafumi Miwa and Tuchitani Shigeki : Evaluation of Displace Characteristics and Generation Force of IPMCs with Various Counter Ions, Proceedings of the International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2007 (ATEM'07), OS16-3-4, Fukuoka, Sep. 2007.
41) 2,007 国際会議 Norio Kasai, Junichiro Fukutomi and Sunao Miyauchi : Optimization Design of Pump Impeller, Proceedings of the 9th Asian International Conference on Fluid Machinery, Jeju, Korea, Oct. 2007.
42) 2,007 国際会議 Junichiro Fukutomi, Toru Shigemitsu and Yuichi Takeyama : Study on Performance Improvement of Cross-Flow Wind Turbine with Symmetrical Casing, Proceedings of the 9th Asian International Conference on Fluid Machinery, Jeju, Korea, Oct. 2007.
43) 2,007 国際会議 Retsuo Kawakami, Inaoka Takeshi and Mukai Takashi : Synergy effect of Particle and Ultraviolet Radiations from Capacitively Coupled RF Argon Plasmas on n-GaN Etching Damage, Proceedings of International Symposium of Dry Process, 181-182, Tokyo, Nov. 2007.
44) 2,007 国際会議 Ye Tian, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Locating Partial Discharge Source Occurring on Distribution Line Using FDTD and TDOA methods, Proc. of 2007 Japan-Korea Joint Symposium on Electrical and Discharge and High Voltage Engineering, 99-102, Tokyo, Nov. 2007.
45) 2,007 国際会議 Hirokazu Ishimaru, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Estimation of the Number of Partial Discharge Sources Using Multichannel Blind Deconvolution of Electromagnetic Waves, Proc. of 2007 Japan-Korea Joint Symposium on Electrical Discharge and High Voltage Engineering, 109-112, Tokyo, Nov. 2007.
46) 2,007 国際会議 Masanari Kurei, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Effects of the Length of GIS on Wide Band Electromagnetic Waves Emitted from PD using FDTD, Proc. of 2007 Japan-Korea Joint Symposium on Electrical Discharge and High Voltage Engineering, 251-254, Tokyo, Nov. 2007.
47) 2,007 国際会議 khammanivong Somsay, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Simulation on Characteristics of Wide Band EM Waves Emitted from PD in Air-Substation Using FDTD Method, Proc. of 2007 Japan-Korea Joint Symposium on Electrical Discharge and High Voltage Engineering, 247-250, Tokyo, Nov. 2007.
48) 2,007 国際会議 Masahide Hojo, Yasunori Mitani, Hiroyuki Ukai, Osamu Saeki and Issarachai Ngamroo : A Study on Behaviors of Phase Differences and Frequency Deviations in Thailand Power System by Wide Area Phasor Measurement System, IEEJ-EIT Joint Symposium on Advanced Technology in Power Systems, 43-46, Bangkok, Nov. 2007.
49) 2,007 国際会議 Masashi Ichimiya : Effects of Oscillating Plates on the Plane Mixing Layer, Its Developing Region and Jet, Proceedings of 16th Australasian Fluid Mechanics Conference, 138, Crown Plaza, Gold Coast, Australia, Dec. 2007.
50) 2,007 国際会議 Tohru Nagashima, Akira Kariyasaki and Akiharu Ousaka : Characteristics of Phase Separation in T-Junction in Air-Water Two-Phase Flow, --- Phase separation from a horizontal header to three downward branch pipes ---, The 3rd Int. Conf. on Product Design and Development 2007, Vol.VIII-5, No.ISBN:979 389656-6, 1-7, Jogjakarta, Indonesia, Dec. 2007.
51) 2,007 国際会議 Munetatsu Hara, Takashi Yasuno and Hironobu Harada : Affordance Performance of Electric Wheelchair with Force-Feedback Joystick, Proceedings of International Symposium on Biological and Physiological Engineering / 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, No.2C3-4, 241-244, Harbin, Jan. 2008.
52) 2,007 国際会議 Katsunori Kuwajima, Takashi Yasuno and Hironobu Harada : Development of Power Assist Knee Orthosis and Its Basic Control Characteristics, Proceedings of International Symposium on Biological and Physiological Engineering / 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, No.2C3-5, 245-246, Harbin, Jan. 2008.
53) 2,007 国際会議 Tetsuro Amane, Takashi Yasuno and Hironobu Harada : Gait Characteristics at Installation of Power Assist Knee Orthosis with Spring Mechanism, Proceedings of International Symposium on Biological and Physiological Engineering / 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, No.2C3-6, 247-248, Harbin, Jan. 2008.
54) 2,007 国際会議 Masafumi Miwa : Remote Control Support System for Aerial Photograph, International Symposium on Biomimetics, Micro Air Vehicles, Unmanned Aerial Vehicles and Unmanned Vehicles(MAV' 08 Symposium in Chiba ), Chiba, Jan. 2008.
55) 2,007 国際会議 Kensuke Inai and Kaoru Ohya : EDDY code and PIC sheath code, Workshop on Theory and Simulation of Boundary Plasmas, Gifu, Mar. 2008.
56) 2,007 国際会議 Ryota Yakusiji, Takashi Yasuno, Naoto Fujimura, Kiyoshi Takigawa and Kensuke Kawasaki : Output Prediction Method of Wind Power Generation System Using Self- Tuning Fuzzy Reasoning, Proceedings of 2008 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 17-20, Gold Coast, Mar. 2008.
57) 2,007 国際会議 Hitoshi Sori and Takashi Yasuno : Correction Method for Wind Speed Prediction After a Short Time Using Hierarchical Neural Network, Proceedings of 2008 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 259-262, Gold Coast, Mar. 2008.
58) 2,007 国際会議 Tani Hiroaki, Takashi Yasuno and Hironobu Harada : Action Control Method of Sweeping Robot with Two Arms Using Neural Network, Proceedings of 2008 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 271-274, Gold Coast, Mar. 2008.
59) 2,007 国際会議 Hiroshi Suzuki, Takashi Yasuno, Shiro Urushihara and Hironobu Harada : Leaning Method and Flexibility of Cooperative Pattern Generation System for Multiple Mobile Robots Using Neural Network, Proceedings of 2008 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 447-450, Gold Coast, Mar. 2008.
60) 2,007 国際会議 Mayumi Morimoto, Takashi Yasuno, Emiko Yasuno, Hiroshi Suzuki and Hironobu Harada : Traffic Control of Multiple Sweeping Robots on Panel Cruising Problem, Proceedings of 2008 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 475-478, Gold Coast, Mar. 2008.
61) 2,007 国際会議 Kenta Yuasa, Takashi Yasuno and Hironobu Harada : Walking Control and Evaluation of Tumble Danger-Degree for Quadruped Robot on Irregular Terrains, Proceedings of 2008 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 479-482, Gold Coast, Mar. 2008.
62) 2,007 国際会議 Hitoshi Nakayama, Takashi Yasuno and Hironobu Harada : Adaptive Action Control for Leg-Wheeled Type Quadruped Robot on Unknown Environment, Proceedings of 2008 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 487-490, Gold Coast, Mar. 2008.
63) 2,007 国際会議 Katsunori Kuwajima, Takashi Yasuno, tetsuro Amane and Hironobu Harada : Development and Basic Control Characteristics of Power Assist Knee Orthosis with Spring Mechanism for Care Prevention, Proceedings of 2008 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 491-494, Gold Coast, Mar. 2008.
64) 2,007 国際会議 Masahide Hojo, Kota Amo, Toshihisa Funabashi and Yoshinobu Ueda : A control method of parallel inverter for smart islanding of a local power system, Renewable Energy & Power Quality Electronic Journal, Vol.on the Web site, No.502, Santander, Mar. 2008.
65) 2,007 国際会議 Masafumi Miwa : Remote Control Support System for Aerial Photograph, 3rd KMU/TU Symposium on Engineering Education, Busan, Mar. 2008.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1) 2,007 国内講演発表 松島 誠, 三輪 昌史 : 無人ヘリによる空撮作業支援を目指したリモートコントロールサポートシステム, ロボティクス・メカトロニクス講演会2007, 2A2-07, 2007年5月.
2) 2,007 国内講演発表 三輪 昌史, 前田 和彦 : 受動輪を用いた滑走による二足歩行型ロボットの高速移動, ロボティクス・メカトロニクス講演会2007, 2A2-07, 2007年5月.
3) 2,007 国内講演発表 寺西 研二, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : 圧電トランスの並列運転を利用したオゾン発生器, 第17回日本オゾン協会年次研究講演会講演集, 139-142, 2007年6月.
4) 2,007 国内講演発表 石原 国彦 : 吸音ダクトの音響特性に関する研究, --- 種々の簡易予測法の適用性について ---, 日本機械学会第17回環境工学総合シンポジウム, Vol.07, No.10, 107-110, 2007年7月.
5) 2,007 国内講演発表 浮田 浩行 : イメージスキャナを用いた形状復元における最適な光源の台数と配置の検討, 第10回 画像の認識·理解シンポジウム(MIRU2007)論文集, 923-928, 2007年7月.
6) 2,007 国内講演発表 石原 航平, 大西 徳生 : 三相双方向電力変換装置の必要コンデンサ容量, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.32, 283-284, 2007年8月.
7) 2,007 国内講演発表 林 洋幸, 大西 徳生 : 誘導電動機のセンサレス電流ベクトル制御高効率運転, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.57, Y-57, 2007年8月.
8) 2,007 国内講演発表 小西 勝久, 大西 徳生 : 誘導発電機を用いたセンサレス制御可変速風力発電システム, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.42, Y-42, 2007年8月.
9) 2,007 国内講演発表 大西 徳生 : 電動機モデルを用いないSynRM の位相同期形センサレス制御, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.25, 255-256, 2007年8月.
10) 2,007 国内講演発表 石内 宏樹, 大西 徳生 : Vγ入力によるV/f振動抑制制御PMモータの実験特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.50, 349-350, 2007年8月.
11) 2,007 国内講演発表 木内 光幸, 鈴木 将大, 大西 徳生 : V/f制御によるPMモータのピーク電流一定制御, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.49, 347-348, 2007年8月.
12) 2,007 国内講演発表 山中 建二, 大西 徳生 : IPMSMの位相同期形センサレス駆動実験特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.109, 553-554, 2007年8月.
13) 2,007 国内講演発表 山田 歳也, 大西 徳生 : 電源電圧センサレス制御自律分散電源システムの制御法, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.69, 415-416, 2007年8月.
14) 2,007 国内講演発表 山田 直司, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電圧歪み補償電流制御形正弦波電圧連系三相インバータ, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.126, 619-620, 2007年8月.
15) 2,007 国内講演発表 Ye Tian, Khammanivong Somsay, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Localization of Partial Discharge on Distribution Line Based on Forward and Inverse Methods, 2007 Annual Conferernce of Fundamentals and Materials Society IEE Japan, 1page, Aug. 2007.
16) 2,007 国内講演発表 Masanari Kurei, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Frequency Characteristics of Electromagnetic Waves Emitted fro PD in GIS in Consideration of the Spacer, 2007 Annual Conference of Fundamentals and Materials Society IEE Japan, 1page, Aug. 2007.
17) 2,007 国内講演発表 Khammanivong Somsay, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Simulation on Multipath Effects of EM Waves Emitted from PD in Air-Substation Using FDTD Method, 2007 Annual Conference of Fundamentals and Materials Society IEE Japan, 1page-1, Aug. 2007.
18) 2,007 国内講演発表 Takashi Kuraishi, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : High Accuracy Estimation of Abnormal Vibration Generated on Turbine Model Using Interpolated Fast Fourier Transform, 2007 Annual Conference of Fundamentals and Materials Society IEE Japan, 1page, Aug. 2007.
19) 2,007 国内講演発表 川上 烈生, 稲岡 武 : 容量結合型アルゴンプラズマエッチングダメージによるn-GaNの電子的特性, 第68回秋季応用物理学会学術講演会論文集, No.1, 178, 2007年9月.
20) 2,007 国内講演発表 古川 直人, 末包 哲也, 津島 将司, 平井 秀一郎 : CO2地下貯留における岩石内流動のMRI計測, 日本機械学会2007年度年次大会講演論文集, Vol.3, 111-112, 2007年9月.
21) 2,007 国内講演発表 末包 哲也, 信宗 知寿, 平井 秀一郎 : 溶解および残留ガストラップに基づいたCO2地下貯留に関する研究, 日本機械学会2007年度年次大会講演論文集, Vol.3, 109-110, 2007年9月.
22) 2,007 国内講演発表 石原 国彦 : 管群を有するダクト内の音速評価に関する研究, 日本機械学会年次大会2007, No.06-1, 2007年9月.
23) 2,007 国内講演発表 高木 均, 加古 修平, 草野 剛嗣, 逢坂 昭治 : 生分解性複合材料の断熱特性に関する研究, 日本機械学会2007年度年次大会講演論文集, Vol.1, 555-556, 2007年9月.
24) 2,007 国内講演発表 重光 亨, 福富 純一郎 : 二重反転形小型軸流ファンの性能特性と内部流れについて, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
25) 2,007 国内講演発表 武山 裕一, 福富 純一郎, 重光 亨 : 対称形ケーシングの形状変化がクロスフロー風車の性能に及ぼす影響について, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
26) 2,007 国内講演発表 河田 匡仙, 福富 純一郎, 重光 亨, 境 真太郎 : ゴム製品の圧縮成形時における流動現象に関する研究, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
27) 2,007 国内講演発表 西 泰行, 福富 純一郎, 松尾 信明, 藤原 亮太, 重光 亨 : 汚水用新型ポンプの内部流れに関する研究, 日本機械学会2007年度年次大会, 2007年9月.
28) 2,007 国内講演発表 渡邊 政幸, 橋口 卓平, 三谷 康範, 佐伯 修, 北條 昌秀, 鵜飼 裕之 : 多地点同期位相計測に基づく電力系統広域安定度推定における観測地点変更時の精度向上, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.20, No.10, 19-24, 2007年9月.
29) 2,007 国内講演発表 坪井 清浩, 太田 豊, 鵜飼 裕之, 渡邊 政幸, 三谷 康範, 北條 昌秀, 佐伯 修 : Campus WAMSによる電力動揺情報の抽出・評価, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.19, No.225, 1-2, 2007年9月.
30) 2,007 国内講演発表 菊谷 裕隆, 川崎 章司, 林 泰弘, 松木 純也, 北條 昌秀 : 系統構成を考慮した分散型電源連系配電ネットワークにおけるアクティブフィルタの最適設置箇所に関する研究, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.51, No.406, 15-16, 2007年9月.
31) 2,007 国内講演発表 天羽 晃大, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 小規模電力システムの自立支援装置の検討, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.30, No.293, 31-32, 2007年9月.
32) 2,007 国内講演発表 藤村 友紀, 北條 昌秀, 大西 徳生, 舟橋 俊久 : 電流検出による電圧形インバータ方式限流器の基礎実験, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.42, No.367, 25-26, 2007年9月.
33) 2,007 国内講演発表 井爪 朗, 北條 昌秀, 大西 徳生, 滝 祥治, 生石 光平, 藤原 信行 : 配電線情報に基づく太陽光発電システムによる無効電力補償法, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.53, No.431, 15-16, 2007年9月.
34) 2,007 国内講演発表 酒井 重和, 林 泰弘, 川崎 章司, 松木 純也, 馬場 旬平, 横山 明彦, 北條 昌秀, 若尾 真治, 小林 直樹, 生石 光平 : 分散型電源と配電ネットワークとの協調運用形態の検証実験, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.34, No.323, 15-16, 2007年9月.
35) 2,007 国内講演発表 岩瀬 勇太, 北條 昌秀, 大西 徳生 : 太陽光発電システムによる不平衡補償法の基礎検討, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.53, No.429, 11-12, 2007年9月.
36) 2,007 国内講演発表 川田 昌武 : 電力機器診断へのウェーブレット変換適用に関する試み, 産業応用フォーラム ウェーブレットの設備診断への応用, 5-18, 2007年9月.
37) 2,007 国内講演発表 石原 国彦 : 開口部を有するダクトから発生する流体騒音, --- 第2 報,直管ダクトの流体音特性 ---, 日本機械学会D&D2007講演論文集, Vol.05, No.15, 2007年9月.
38) 2,007 国内講演発表 日野 順市, 松田 和也, 栗本 政雄 : 形状記憶合金を用いた動吸振器に関する研究, --- 温度依存特性による制振効果について ---, 日本機械学会機械力学計測制御部門講演会アブストラクト集, No.07-8, 274, 2007年9月.
39) 2,007 国内講演発表 Hirokazu Ishimaru, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Estimation of the Number of Partial Discharge Sources Using Multichannel Blind Deconvolution in Multipath Environment, 2007 Shikoku-section Joint Convention Record of the Institutes of Electrical and related Engineers, Sep. 2007.
40) 2,007 国内講演発表 Masanari Kurei, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Propagation of Electromagnetic Waves Emitted from PD in GIS with T-shaped Branch, 2007 Shikoku-section Joint Convention Record of the Institutes of Electrical and related Engineers, Sep. 2007.
41) 2,007 国内講演発表 Takashi Kuraishi, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Real Time and High Accurate Frequency Analysis Based on IpFFT with Recursive Algorithm, 2007 Shikoku-section Joint Convention Record of the Institutes of Electrical and related Engineers, Sep. 2007.
42) 2,007 国内講演発表 Ye Tian, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Location Accuracy of PD Source Using Four-Antenna Array Based on TDOA and Broyden's Methods, 2007 Shikoku-section Joint Convention Record of the Institutes of Electrical and related Engineers, Sep. 2007.
43) 2,007 国内講演発表 Yuta Kishigami, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Visualization of Six Components of EM Waves Emitted from PD in GIS Using 3D FDTD Method, 2007 Shikoku-section Joint Convention Record of the Institutes of Electrical and related Engineers, Sep. 2007.
44) 2,007 国内講演発表 Hisayoshi Kuroshima, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Fundamental Analysis on Electromagnetic Waves Emitted from PD Using Method of Moments, 2007 Shikoku-section Joint Convention Record of the Institutes of Electrical and related Engineers, Sep. 2007.
45) 2,007 国内講演発表 Kiichi Taniguchi, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Evaluating Tolerance of Granger Causality of Brain Waves Based on Signal to Noise Ratio, 2007 Shikoku-section Joint Convention Record of the Institutes of Electrical and related Engineers, Sep. 2007.
46) 2,007 国内講演発表 Yasuyuki Hayashi, Masatake Kawada, Katsuo Isaka, Koji Yamada and Yasutomo Kaneko : Separation of the Acceleration Signals for Vibration Diagnosis Using Fast Independent Component Analysis, 2007 Shikoku-section Joint Convention Record of the Institutes of Electrical and related Engineers, Sep. 2007.
47) 2,007 国内講演発表 Tetsuya Murayama, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : On the Measurement of Power of Electromagnetic Waves Emitted from Partial Discharge Using Superheterodyne Spectrum Analyzer, 2007 Shikoku-section Joint Convention Record of the Institutes of Electrical and related Engineers, Sep. 2007.
48) 2,007 国内講演発表 長尾 宜紀, 金本 吉弘, 伊坂 勝生, 川田 昌武 : 電磁調理器からの接触電流の測定, 電気関係四国支部大会論文誌, 2007年9月.
49) 2,007 国内講演発表 井爪 朗, 北條 昌秀, 不破 由晃 : 太陽光発電システムと変圧器タップ変更による配電線電圧制御の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.3, No.6, 31, 2007年9月.
50) 2,007 国内講演発表 藤村 友紀, 北條 昌秀, 大西 徳生, 舟橋 俊久 : 電圧形インバータを用いた限流器制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.1, 37, 2007年9月.
51) 2,007 国内講演発表 天羽 晃大, 北條 昌秀, 舟橋 俊久 : 自立支援装置による小規模電力系統の負荷追従運転, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.2, 38, 2007年9月.
52) 2,007 国内講演発表 岩瀬 勇太, 北條 昌秀 : 負荷変動を考慮した太陽光発電システムによる不平衡補償法の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.3, 39, 2007年9月.
53) 2,007 国内講演発表 山田 直司, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電流制御形正弦波電圧連系単相インバータ, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.4, 40, 2007年9月.
54) 2,007 国内講演発表 石内 宏樹, 大西 徳生 : PMモータのVγ制御ループを有するV/f制御システムの安定解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.9, 45, 2007年9月.
55) 2,007 国内講演発表 山中 建二, 大西 徳生 : センサレス制御永久磁石同期電動機の制御量の関係, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.10, 46, 2007年9月.
56) 2,007 国内講演発表 皆本 真吾, 大西 徳生 : 可変速同期発電機のセンサレスPWMコンバータ制御システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.11, 47, 2007年9月.
57) 2,007 国内講演発表 石本 寛幸, 大西 徳生 : センサレス制御SynRMの駆動特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.12, 48, 2007年9月.
58) 2,007 国内講演発表 林 洋幸, 大西 徳生 : 誘導電動機のセンサレスベクトル制御における電動機定数の影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.13, 49, 2007年9月.
59) 2,007 国内講演発表 小西 勝久, 大西 徳生 : 風速を用いない誘導機センサレス制御可変速風力発電システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.14, 50, 2007年9月.
60) 2,007 国内講演発表 山田 歳也, 大西 徳生 : 電源電圧センサレス制御自律分散電源システムの蓄電池制御システムの検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.15, 51, 2007年9月.
61) 2,007 国内講演発表 石原 航平, 大西 徳生 : 三相双方向電力変換装置必要コンデンサ容量の実験特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.16, 52, 2007年9月.
62) 2,007 国内講演発表 小笠原 吉浩, 大西 徳生 : 三相モジュールを用いた三相電源品質補償装置, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.17, 53, 2007年9月.
63) 2,007 国内講演発表 川上 烈生, 稲岡 武 : 容量結合型高周波プラズマナノプロセスリアクタの開発と放電及び分光特性, 平成19年度電気関係学会 四国支部連合大会 講演論文集, 18, 2007年9月.
64) 2,007 国内講演発表 笹森 雄一郎, 森田 郁朗 : 円筒形リニアモータの磁石配置とその特性(3), 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4, No.1, 33, 2007年9月.
65) 2,007 国内講演発表 森田 郁朗, 堀田 祐希 : タグチメソッドの多目的最適化の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4, No.3, 35, 2007年9月.
66) 2,007 国内講演発表 金山 忠司, 森田 郁朗 : 極数・スロット数の組合せによるIPMSMの特性比較(2), 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4, No.2, 34, 2007年9月.
67) 2,007 国内講演発表 松田 哲典, 森田 郁朗 : 集中巻IPMSMの多目的最適設計, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4, No.4, 36, 2007年9月.
68) 2,007 国内講演発表 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : バリア放電における誘電体電極材料がオゾン生成に及ぼす影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 22, 2007年9月.
69) 2,007 国内講演発表 布川 史章, 山中 卓, 矢野 大輝, 寺西 研二, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワーを用いたオゾン生成における並列化リアクタの効果, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 24, 2007年9月.
70) 2,007 国内講演発表 矢野 大輝, 内山 壱郎, 布川 史章, 寺西 研二, 下村 直行 : 大気圧パルスパワー放電による同軸円筒リアクタを用いた水処理方法の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 23, 2007年9月.
71) 2,007 国内講演発表 山中 卓, 布川 史章, 寺西 研二, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワーを用いた並列リアクタによるNOx処理, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 25, 2007年9月.
72) 2,007 国内講演発表 山本 浩司, 寺西 研二, 下村 直行 : 入射角依存性反射を含む状態方程式を用いた照度分布計算手法の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 54, 2007年9月.
73) 2,007 国内講演発表 佐藤 陽亮, 寺西 研二, 下村 直行 : 室内照明設計のための基礎的設定下での光源配置と照度分布, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 55, 2007年9月.
74) 2,007 国内講演発表 三輪 昌史 : 安定化装置について-リモートコントロールサポートシステム, 無人ヘリテレ推進協議会第5回研修会, 2007年10月.
75) 2,007 国内講演発表 川田 昌武, 伊坂 勝生 : CIP法とウェーブレット変換を用いた部分放電放射電磁波の時間周波数可視化, 2007年10月.
76) 2,007 国内講演発表 道ノ本 卓朗, 三輪 昌史, 米山 聡, 土谷 茂樹 : マイクロ光造形法で作製した微小カンチレバーの縦弾性係数制御, M&M2007 材料力学カンファレンス, 353-354, 2007年10月.
77) 2,007 国内講演発表 重光 亨, 河田 匡仙, 境 真太郎, 福富 純一郎 : 未加硫ゴムの圧縮成形時における流動現象と不良発生メカニズムに関する研究, 第85期 日本機械学会流体工学部門講演会, 2007年11月.
78) 2,007 国内講演発表 菊原 康之, 井内 健介, 大宅 薫 : タングステン表面への炭素再堆積のMDシミュレーション, プラズマ・核融合学会24回年会, 2007年11月.
79) 2,007 国内講演発表 井内 健介, 大宅 薫 : プラズマ照射のないタイル表面への炭化水素再付着のシミュレーション, プラズマ・核融合学会,第24回年会, 2007年11月.
80) 2,007 国内講演発表 大宅 薫, 井内 健介, 二澤 宏司, 伊藤 秋男 : 1-100keV単色X線照射による金属の二次電子放出シミュレーション, プラズマ・核融合学会,第24回年会, 2007年11月.
81) 2,007 国内講演発表 一宮 昌司, 秋山 裕介 : 振動時の自動車モデル上の圧力変動, 日本機械学会流体工学部門講演会講演概要集, 48, 2007年11月.
82) 2,007 国内講演発表 一宮 昌司, 松平 隼人 : 円管内助走部の撹乱による乱流塊の特性, 日本機械学会流体工学部門講演会講演概要集, 43, 2007年11月.
83) 2,007 国内講演発表 三輪 昌史, 白石 一哲 : RCヘリの空撮支援のためのリモートコントロールサポートシステム, 第50回自動制御連合講演会, 227-229, 2007年11月.
84) 2,007 国内講演発表 薦田 剛, 岩田 哲郎 : Otto配置表面プラズモン共鳴を用いた金属表面状態二次元計測, Optics & Photonics Japan 2007, 2007年11月.
85) 2,007 国内講演発表 伊都 立揮, 岩田 哲郎 : 自己回帰モデルを用いた位相推定法 (パルス励起法による蛍光寿命の算出), Optics & Photonics Japan 2007, 2007年11月.
86) 2,007 国内講演発表 和田 佑亮, 岩田 哲郎 : Otto配置表面プラズモン共鳴へのエリプソメトリーの適用, Optics & Photonics Japan 2007, 2007年11月.
87) 2,007 国内講演発表 伊都 立揮, 岩田 哲郎 : 高負荷抵抗接続PMTとARモデルを用いた位相法による蛍光寿命値の推定手法, Optics & Photonics Japan 2008, 2007年11月.
88) 2,007 国内講演発表 浮田 浩行 : 複数光源イメージスキャナを用いた光沢を持つ物体の形状復元, 第12回パターン計測シンポジウム資料, 43-50, 2007年12月.
89) 2,007 国内講演発表 三輪 昌史 : 模型ヘリコプタの空撮支援装置の開発, 第4回NCPフォーラム(2007), 2007年12月.
90) 2,007 国内講演発表 菊池 邦友, 三輪 昌史, 土谷 茂樹 : ドライフィルムレジストを用いたイオン導電性高分子金属接合体のパターン電極接合, 第 8 回 計測自動制御学会 (SICE) システムインテグレーション部門講演会(SI 2007)論文集 07 SY 0012, 1E4-1, 2007年12月.
91) 2,007 国内講演発表 末包 哲也, Thanh Hoan Nguyen, 松本 拓也, 西岡 耕作, 清田 正徳 : 岩石内気泡トラップに関する基礎的研究, 平成20年度資源・素材学会春期大会講演集, Vol.I, 2008年.
92) 2,007 国内講演発表 末包 哲也, Thanh Hoan Nguyen, 松本 拓也, 西岡 耕作, 松田 真澄, 清田 正徳 : 第45回日本伝熱シンポジウム講演論文集, Vol.1, 359-361, 2008年.
93) 2,007 国内講演発表 末包 哲也, 松本 拓也, 清田 正徳, 逢坂 昭治 : マイクロフォーカスX線CT計測に基づく岩石多孔質内二相流におけるガストラップ現象の解明, 日本混相流学会年会講演会2008講演論文集, 396-397, 2008年.
94) 2,007 国内講演発表 末包 哲也, 松田 真澄 : CO2地下貯留のための残留ガストラップ現象の数値解析, 日本機械学会2008年度年次大会講演論文集, Vol.3, 179-180, 2008年.
95) 2,007 国内講演発表 末包 哲也, 松田 真澄 : 多孔質内二相流のミクロスケール解析と計測の融合, 日本流体力学会年会2008講演要旨集, 99, 2008年.
96) 2,007 国内講演発表 末包 哲也, Thanh Hoan Nguyen, 松本 拓也, 西岡 耕作, 松田 真澄, 清田 正徳 : CO2地下貯留におけるミクロトラップ機構, 第3回新エネルギー技術シンポジウム講演概要集, 2008年.
97) 2,007 国内講演発表 大宅 薫 : プラズマ対向壁の損耗・再堆積のシミュレーション, 核融合エネルギーフォーラム 周辺&ペデスタル物理クラスタ会合, 2008年2月.
98) 2,007 国内講演発表 末包 哲也 : ミクロスケール計測と解析からみた残留ガストラップ機構, CO2地下貯留層内の流動と制御に関するワークショップ, 2008年2月.
99) 2,007 国内講演発表 白井 祐太郎, 安信 友裕, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転羽根車による多翼ファンの高圧力化に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2008年3月.
100) 2,007 国内講演発表 野田 悟志, 藤原 靖大, 小西 克信 : 画像の領域分割に関する研究, 日本機械学会講演論文集 No.085-1, 409-410, 2008年3月.
101) 2,007 国内講演発表 渡辺 裕文, 横田 知征, 小西 克信 : 車両照合に関する研究, 日本機械学会講演論文集 No.085-1, 411-412, 2008年3月.
102) 2,007 国内講演発表 片岡 由樹, 古松 直, 小西 克信 : 歩行者の検出に関する研究, 日本機械学会講演論文集 No.085-1, 449-450, 2008年3月.
103) 2,007 国内講演発表 徳永 佑輔, 園部 元康, 近藤 孝広, 松崎 健一郎, 宗和 伸行 : 部分空間制御法による直列二重倒立振子の振り上げ制御, 日本機械学会九州支部第61期総会講演会, 2008年3月.
104) 2,007 国内講演発表 石原 国彦, 小西 宏延, 宮本 高徳 : ボイラ・熱交換器で発生する空力自励音の発生メカニズムについて(管群本数と音響減衰との関係), 中国四国支部第46期総会·講演会講演論文集, 2008年3月.
105) 2,007 国内講演発表 石原 国彦, 辻 政範, 岡村 美智也 : 複雑配管系における枝管の効果について(BEMによる解析と実験との比較), 中国四国支部第46期総会·講演会講演論文集, 2008年3月.
106) 2,007 国内講演発表 後藤 揚, 日野 順市, 栗本 政雄 : 周波数領域部分空間法を用いたモード特性同定に関する研究, 日本機械学会中国四国支部第46期総会講演会講演論文集, No.085-1, 245-246, 2008年3月.
107) 2,007 国内講演発表 大和 直史, 浮田 浩行 : 2台の全方位カメラを用いたパターン投影法による全周環境の復元, 中国四国支部第46期総会·講演会講演論文集, No.085-1, 477-478, 2008年3月.
108) 2,007 国内講演発表 今川 翔吾, 浮田 浩行 : 小型カメラを用いた因子分解法による3次元情報の復元, 中国四国支部第46期総会·講演会講演論文集, No.085-1, 479-480, 2008年3月.
109) 2,007 国内講演発表 田中 康平, 逢坂 昭治, 仮屋崎 侃, 草野 剛嗣 : 傾斜管内気液対向二相流, 日本機械学会中国四国支部46期総会・講演会講演論文集, 227-228, 2008年3月.
110) 2,007 国内講演発表 中川 義基, 岩瀬 敦仁, 八房 智顯, 木戸口 善行, 逢坂 昭治 : 水エマルジョン燃料バーナの燃焼と高効率利用に関する研究, 日本機械学会中国四国支部46期総会・講演会講演論文集, 305-306, 2008年3月.
111) 2,007 国内講演発表 松平 隼人, 一宮 昌司 : 円管内助走部の撹乱による乱流塊の発達, 日本機械学会中国四国支部第46期総会·講演会講演論文集, 127-128, 2008年3月.
112) 2,007 国内講演発表 秋山 裕介, 一宮 昌司 : 振動時の自動車モデルのリアデッキ上境界層の特性, 日本機械学会中国四国支部第46期総会·講演会講演論文集, 153-154, 2008年3月.
113) 2,007 国内講演発表 三浦 武紘, 一宮 昌司 : 周期的撹乱による二次元混合層の乱流遷移, 日本機械学会中国四国支部第46期総会·講演会講演論文集, 147-148, 2008年3月.
114) 2,007 国内講演発表 西村 圭史, 一宮 昌司 : 突起列による平板境界層の乱流遷移の促進, 日本機械学会中国四国支部第46期総会·講演会講演論文集, 151-152, 2008年3月.
115) 2,007 国内講演発表 石原 国彦 : 一列管群における流力弾性振動発生の特徴について, 関西支部第83 期総会·講演会講演論文集, 2008年3月.
116) 2,007 国内講演発表 松島 誠, 三輪 昌史, 土谷 茂樹 : リモートコントロールサポートシステムの開発, --- 光学式傾斜角検出センサを用いた姿勢安定システムの構築 ---, 学会関西支部第83期定時総会講演集, 12-19, 2008年3月.
117) 2,007 国内講演発表 加古 修平, 高木 均, 草野 剛嗣, 逢坂 昭治 : 竹繊維グリーンコンポジットの熱伝導性に関する研究, JCOM-37講演論文集, 260-264, 2008年3月.
118) 2,007 国内講演発表 山田 歳也, 大西 徳生 : 自律分散型電力供給システムにおける再連系制御の検討, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.045, 77, 2008年3月.
119) 2,007 国内講演発表 小笠原 吉浩, 大西 徳生 : 直並列電源品質補償単相連系インバータの特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.047, 80, 2008年3月.
120) 2,007 国内講演発表 山中 建二, 大西 徳生 : センサレス制御PMモータの方形波駆動特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.087, 145, 2008年3月.
121) 2,007 国内講演発表 木内 光幸, 大西 徳生 : インバータ直流ピーク電流制御によるPMモータの進み角制御, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.101, 167-168, 2008年3月.
122) 2,007 国内講演発表 山田 直司, 大西 徳生, 北條 昌秀 : 電流制御形正弦波電圧連系三相インバータのAF動作, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.169, 283, 2008年3月.
123) 2,007 国内講演発表 岩瀬 勇太, 北條 昌秀, 植田 喜延, 舟橋 俊久 : マイクログリッドにおける太陽光発電系統連系インバータによる不平衡補償法の検討, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.215, 359, 2008年3月.
124) 2,007 国内講演発表 天羽 晃大, 北條 昌秀, 植田 喜延, 舟橋 俊久 : マイクログリッドにおける無停電電源装置の制御法, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.216, 360, 2008年3月.
125) 2,007 国内講演発表 橋口 卓平, 佐藤 典幸, 合田 忠弘, 三谷 康範, 渡邊 政幸, 佐伯 修, 北條 昌秀, 鵜飼 裕之 : 多地点同期フェーザ量計測値を用いた慣性中心の構成法, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.021, 37-38, 2008年3月.
126) 2,007 国内講演発表 Hirokazu Ishimaru, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Estimate of the Number of PD Sources Using Multichannel Blind Deconvolution Based on Square Array Antennas, The 2008 Annual Meeting Record of IEE Japan, Mar. 2008.
127) 2,007 国内講演発表 Masanari Kurei, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Effect of the Permittivity of Spacer on EM Waves Emitted from PD in GIS, The 2008 Annual Meeting Record of IEE Japan, Mar. 2008.
128) 2,007 国内講演発表 Takashi Kuraishi, Masatake Kawada, Katsuo Isaka, Koji Yamada and Yasutomo Kaneko : Detection of Oil Whip and Clearance Vibration with High Accuracy Using Recursive Interpolated D/FFT, The 2008 Annual Meeting Record of IEE Japan, Mar. 2008.
129) 2,007 国内講演発表 Ye Tian, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Locating PD Source Occurring on Distribution Line in Street Waveguide by Using SPOT Method, The 2008 Annual Meeting Record of IEE Japan, Mar. 2008.
130) 2,007 国内講演発表 Yuta Kishigami, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Effect of Antenna Position at Aperture on Detection Sensitivity of EM Waves Emitted from PD in GIS, The 2008 Annual Meeting Record of IEE Japan, Mar. 2008.
131) 2,007 国内講演発表 Hisayoshi Kuroshima, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Simulation on EM Waves Emitted from Partial Discharge in Consideration of the Radius and Partition Number Using Method of Moments, The 2008 Annual Meeting Record of IEE Japan, Mar. 2008.
132) 2,007 国内講演発表 Kiichi Taniguchi, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Investigating a Tolerance of Directed Transfer Function for Brain Waves Based on Signal to Noise Ratio Using Relative Error, The 2008 Annual Meeting Record of IEE Japan, Mar. 2008.
133) 2,007 国内講演発表 Yasuyuki Hayashi, Masatake Kawada, Katsuo Isaka, Koji Yamada and Yasutomo Kaneko : Extraction of Characteristic Acceleration Signals Associated with Oil Whip Using Fast ICA, The 2008 Annual Meeting Record of IEE Japan, Mar. 2008.
134) 2,007 国内講演発表 Tetsuya Murayama, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Investigation of the Relationship between Resolution Bandwidth of Spectrum Analyzer and Pulse Repetition Frequency for the Measurement of Power of EM Waves Emitted from PD, The 2008 Annual Meeting Record of IEE Japan, Mar. 2008.
135) 2,007 国内講演発表 長尾 宜紀, 川田 昌武, 伊坂 勝生, 太良尾 浩生, 林 則之 : 電磁調理システムからのコンタクト電流の測定, The 2008 Annual Meeting Record of IEE Japan, 2008年3月.
136) 2,007 国内講演発表 橋本 祥英, 鈴木 進, 伊藤 晴雄, 寺西 研二, 下村 直行 : 圧電トランスによる誘電体バリア放電の自己組織化現象, 電気学会全国大会講演論文集, No.1, 108, 2008年3月.
137) 2,007 国内講演発表 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : DBD型オゾン発生器の誘電体電極材料がオゾン生成に及ぼす影響, 電気学会全国大会講演論文集, No.1, 110, 2008年3月.
138) 2,007 国内講演発表 伊藤 宏成, 柏木 康秀, 野口 和夫, 寺西 研二, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : 沿面放電の伸展に及ぼす真空紫外光の影響, 電気学会全国大会講演論文集, No.1, 75, 2008年3月.
139) 2,007 国内講演発表 林 泰弘, 川崎 章司, 松木 純也, 酒井 重和, 馬場 旬平, 横山 明彦, 北條 昌秀, 若尾 真治, 不破 由晃, 森 健二郎 : 分散型電源の連系課題解決支援実験システム(ANSWER)の構築, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.258, 435-436, 2008年3月.
140) 2,007 国内講演発表 北條 昌秀, 林 泰弘 : 分散電源の系統連系インバータによる高調波抑制手法の模擬実験による検討, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.254, 428, 2008年3月.
141) 2,007 国内講演発表 桑島 克典, 安野 卓, 原田 寛信 : 加速度情報に基づく膝関節用パワーアシスト装具の制御特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.3, No.3-085, 123, 2008年3月.
142) 2,007 国内講演発表 皆本 真吾, 大西 徳生 : PMSGを用いたセンサレス制御可変速風力発電システム, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.115, 193, 2008年3月.
143) 2,007 国内講演発表 小西 勝久, 大西 徳生 : 可変速固定速切換え動作方式速度センサレス風力発電システム, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.116, 194, 2008年3月.
144) 2,007 国内講演発表 石本 寛幸, 大西 徳生 : SynRMのセンサレス駆動実験特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.111, 186, 2008年3月.
145) 2,007 国内講演発表 林 洋幸, 大西 徳生 : センサレス制御誘導発電機の低速駆動特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.120, 200, 2008年3月.
146) 2,007 国内講演発表 森田 郁朗, 金山 忠司 : 空間高調波を考慮したIPMSMの突極比, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.5, No.025, 40, 2008年3月.
147) 2,007 国内講演発表 金山 忠司, 森田 郁朗 : 極数とスロット数の組合せによる集中巻IPMSMの特性比較, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.5, No.026, 41, 2008年3月.
148) 2,007 国内講演発表 松田 哲典, 森田 郁朗 : 集中巻IPMSMの多目的最適設計の考察, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.5, No.024, 39, 2008年3月.
149) 2,007 国内講演発表 笹森 雄一郎, 森田 郁朗 : 円筒形リニアモータの磁石配置による推力特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.5, No.224, 337, 2008年3月.
150) 2,007 国内講演発表 山中 卓, 布川 史章, 寺西 研二, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワーを用いたNOx処理におけるリアクタ並列化の効果, 電気学会全国大会講演論文集, No.1, 196, 2008年3月.
151) 2,007 国内講演発表 矢野 大輝, 内山 壱郎, 布川 史章, 寺西 研二, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワーを用いたNOx処理におけるリアクタ並列化の効果, 電気学会全国大会講演論文集, No.1, 199, 2008年3月.
152) 2,007 国内講演発表 飯田 賢一, 森 太一, 安野 卓 : 球状車輪を用いた全方位移動車輌の応答特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.4-189, 314, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1) 2,007 その他・研究会 大西 徳生, 山中 建二, 林 洋幸, 北條 昌秀 : 誘導電動機を駆動源とする速度センサレスインバータ制御電気自動車, 電気学会研究会資料, Vol.VT-07, No.03, 13-19, 2007年4月.
2) 2,007 その他・研究会 松平 隼人, 一宮 昌司 : 円管内助走部の撹乱による乱流遷移, 第54回西日本乱流研究会講演論文集, 2007年5月.
3) 2,007 その他・研究会 秋山 裕介, 一宮 昌司 : 振動時の自動車モデル上の圧力変動, 第54回西日本乱流研究会講演論文集, 2007年5月.
4) 2,007 その他・研究会 酒井 重和, 林 泰弘, 川崎 章司, 松木 純也, 馬場 旬平, 横山 明彦, 北條 昌秀, 若尾 真治, 小林 直樹, 生石 光平 : 配電ネットワーク模擬実験による分散型電源と配電ネットワークとの協調運用形態の検証, 電気学会研究会資料, Vol.PE-07(PSE-07), No.31(46), 13-18, 2007年7月.
5) 2,007 その他・研究会 川崎 章司, 林 泰弘, 松木 純也, 菊谷 裕隆, 北條 昌秀 : 分散型電源が連系された配電ネットワークにおけるアクティブフィルタの最適設置箇所に関する研究, 電気学会研究会資料, Vol.PE-07(PSE-07), No.33(48), 25-30, 2007年7月.
6) 2,007 その他・研究会 北條 昌秀, 三谷 康範, 鵜飼 裕之, 佐伯 修 : 同期計測に基づく周波数と位相差の統計的考察による広域電力系統の特性解析, 電気学会研究会資料, Vol.PE-07(PSE-07), No.51(66), 53-57, 2007年8月.
7) 2,007 その他・研究会 太田 豊, 川口 剛季, 坪井 清浩, 鵜飼 裕之, 渡邊 政幸, 三谷 康範, 北條 昌秀, 佐伯 修 : 多地点同期フェーザ計測システムの運用実績について, 電気学会研究会資料, Vol.PE-07(PSE-07), No.53(68), 63-67, 2007年8月.
8) 2,007 その他・研究会 笹森 雄一郎, 森田 郁朗 : 磁石配置による円筒形リニアモータの特性比較, 回転機研究会資料, Vol.RM-07, No.56, 43-48, 2007年8月.
9) 2,007 その他・研究会 一宮 昌司, 秋山 裕介 : 振動時の自動車モデル上の圧力変動, 西日本乱流研究会創立25周年シンポジウム講演論文集, 2007年8月.
10) 2,007 その他・研究会 一宮 昌司 : 自由せん断流の層流-乱流遷移, 西日本乱流研究会創立25周年シンポジウム講演論文集, 2007年8月.
11) 2,007 その他・研究会 松田 哲典, 森田 郁朗 : 集中巻埋込磁石同期モータの多目的最適設計法, 回転機研究会資料, Vol.RM-07, No.55, 37-42, 2007年9月.
12) 2,007 その他・研究会 矢野 大輝, 内山 壱郎, 布川 史章, 寺西 研二, 下村 直行 : 大気圧パルスパワー放電による同軸円筒リアクタを用いた水処理方法の検討, 平成19年放電学会若手セミナー資料, 2007年9月.
13) 2,007 その他・研究会 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : 圧電トランスを用いたDBD型オゾン発生器の開発, プラズマ/放電合同研究会資料PST-07-61/ED-07-141, 107-112, 2007年9月.
14) 2,007 その他・研究会 下村 直行, 川田 昌武, 伊坂 勝生, 井上 廉 : 学生と担任のためのクラスホームページ, --- 進学・就職活動 ---, 電気学会研究会資料, Vol.FIE-07, 25-29, 2007年9月.
15) 2,007 その他・研究会 高木 均, 日野 順市, 溝渕 啓, 草野 剛嗣 : レジンレス竹繊維強化グリーンコンポジットの開発, エンジニアリングフェスティバル2007, 6, 2007年9月.
16) 2,007 その他・研究会 石原 航平, 大西 徳生 : 電解コンデンサレスBTB構成三相双方向電力変換装置, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-07(IEA-07), No.113(36), 19-23, 2007年11月.
17) 2,007 その他・研究会 石内 宏樹, 大西 徳生 : PMモータのVγ入力による振動抑制V/f制御システム, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-07(IEA-07), No.118(41), 19-23, 2007年11月.
18) 2,007 その他・研究会 木内 光幸, 大西 徳生 : インバータ直流電流検出によるPMモータの高効率V/f制御方式, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-07(IEA-07), No.119(42), 19-23, 2007年11月.
19) 2,007 その他・研究会 曽利 仁, 安野 卓 : 階層型ニューラルネットワークを用いた簡易風速予測法による1時間先風速予測, 第29回30周年記念風力エネルギー利用シンポジウム予稿集, 263-266, 2007年11月.
20) 2,007 その他・研究会 藤村 直人, 瀧川 喜義, 川崎 憲介, 安野 卓 : ファジィ推論を用いた風力発電の出力予測, 第29回30周年記念風力エネルギー利用シンポジウム予稿集, 267-270, 2007年11月.
21) 2,007 その他・研究会 石原 国彦 : 大学での研究の現状, 日本機械学会関西支部機械の音懇話会, 2008年2月.
22) 2,007 その他・研究会 川田 昌武 : 「研究室の国際化に向けての第一歩」, 工学教育シンポジウム 2008 (SEE 2008) http://www.e.tokushima-u.ac.jp/PUBLIC/FD/SEE/SEE2008.pdf, 29-36, 2008年3月.
23) 2,007 その他・研究会 鈴木 浩司, 安野 卓 : 群知能ロボットの協調搬送制御, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.S-16-3, S16(9)-(12), 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

1) 2,007 報告書 川上 烈生 : 高周波プラズマの自己組織化と材料損耗特性との相関性, 平成19年度核融合科学研究所LHD数値解析システム利用共同研究報告書, 日本, 2008年3月.
2) 2,007 報告書 川上 烈生 : 窒化物系半導体デバイスのためのプラズマ誘因ダメージレスナノプロセス装置の研究開発, 平成19年度教育研究等支援事業(学長裁量経費)報告書, 日本, 2008年3月.
3) 2,007 報告書 熊倉 宏明, 竹内 孝夫, 秋田 調, 綾井 直樹, 和泉 輝朗, 一瀬 中, 井上 廉, 江川 邦彦, 大圃 一実, 岡田 道哉, 岡本 洋, 荻原 宏康, 木須 隆暢, 木村 明夫, 齋籐 隆, 下村 淳一, 田中 靖三, 戸叶 一正, 永田 明彦, 長屋 重夫, 引地 康雄, 前田 敏彦, 松本 要, 柳 長門, 山崎 裕文, 山田 豊, 山田 穣, 久保 芳生, 佐藤 淳一 : 先進超伝導線材の製造技術と特性------電気学会技術報告, 技術報告第1110号, 東京, 2008年3月.
4) 2,007 報告書 長尾 文明, 大西 徳生, 福富 純一郎, 野田 稔, 福富 汎, 犬伏 宏行 : 日本の風土特性に応じた風力発電の安定化・コスト低減に関する研究(実証試験) 平成19年度研究実績報告書, 1-152, 2008年3月.

2008年度(平成20年度)

article.{@.date="20080400 20090399" @.organization=\E{140078}}

2008年度(平成20年度) / 著書

1) 2,008 著書 石原 国彦 : 事例に学ぶ流体関連振動(第2版), 技法堂出版, 東京, 2008年6月.
2) 2,008 著書 三浦 登, 近角 聡信, 井上 廉, 前田 弘, 木吉 司, 中川 康昭, Herlach Fritz, 伊達 宗行, 金道 浩一, 本河 光博, 野尻 浩之, 松田 康弘, 木戸 義勇, 榊原 俊郎, 後藤 恒昭, 高増 正, 長田 俊人, 内田 和人 : 強磁場の発生と応用, --- 実験物理科学シリ-ズ5 ---, 共立出版株式会社, 東京, 2008年8月.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,008 学術論文 (審査論文) Retsuo Kawakami and Inaoka Takeshi : Effect of Argon Plasma Etching Damage on Electrical Characteristics of Gallium Nitride, Vacuum, Vol.83, No.3, 490-492, 2008.
2) 2,008 学術論文 (審査論文) Tetsuo Iwata and Go Komoda : Measurements of Complex Refractive Indexes of Metals at Several Wavelengths by Frustrated Total Internal Reflection Due to Surface Plasmon Resonance, Applied Optics, Vol.47, No.13, 2386-2391, 2008.
3) 2,008 学術論文 (審査論文) Hitoshi Takagi, Akira Mizobuchi, Koji Kusano and Yoshihito Okitsu : Flexural properties of all bamboo "green'' composites, WIT Transactions on the Built Environment, Vol.97, 167-173, 2008.
4) 2,008 学術論文 (審査論文) Akira Mizobuchi, Hitoshi Takagi, and Junichi Hino : Drilling machinability of resin-less "green" composites reinforced by bamboo fiber, WIT Transactions on the Built Environment, Vol.97, 185-194, 2008.
5) 2,008 学術論文 (審査論文) Koji Kusano, Hitoshi Takagi, Kako Shuhei, Gennai Yuusuke and Akiharu Ousaka : Thermal characteristics of PLA-bamboo composites, WIT Transactions on the Built Environment, Vol.97, 175-183, 2008.
6) 2,008 学術論文 (審査論文) Yoshifumi Jodai, Yoshikazu Takahashi, Masashi Ichimiya and Hideo Osaka : The Effects of Splitter Plates on Turbulent Boundary Layer on a Long Flat Plate Near the Trailing Edge, Journal of Fluids Engineering - Transactions of the ASME, Vol.130, No.5, 051103-1-051103-7, 2008.
7) 2,008 学術論文 (審査論文) 重光 亨, 古川 明徳, 渡邉 聡, 大熊 九州男, 福富 純一郎 : 二重反転形軸流ポンプにおける設計流量点流れのLDV計測, 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.741, 1091-1097, 2008年.
8) 2,008 学術論文 (審査論文) Hwa Seong Jun, Yoshiyuki Kidoguchi, Kwon Tae Kim and Kei Miwa : Characteristics of Lifted Flame Resulting from Impulsive Change of Equivalence Ratio, Journal of the Combustion Society of Japan, Vol.50, No.152, 145-151, 2008.
9) 2,008 学術論文 (審査論文) 木戸口 善行, 藤田 恭史, 梅本 寿丈, 三輪 惠, 大前 和広 : ディーゼル燃焼における多噴孔ノズルの噴霧干渉と混合気形成に関する研究, 自動車技術会論文集, Vol.39, No.3, 137-143, 2008年.
10) 2,008 学術論文 (審査論文) Kunihiko Ishihara : On Abnormal Vibration Generated in Flow Dynamic Conveyer, Journal of System Design and Dynamics, Vol.2, No.2, 550-560, 2008.
11) 2,008 学術論文 (審査論文) Kunitomo Kikuchi, Shigeki Tuchitani, Masafumi Miwa and Kinji Asaka : Formation of Patterned Electrode in Ionic Polymer-Metal Composite using Dry Film Photoresist, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering (TEEE), Vol.3, No.4, 452-454, 2008.
12) 2,008 学術論文 (審査論文) 逢坂 昭治, 草野 剛嗣, 相馬 啓, 横尾 充, 堀井 清之 : 含水土壌内の円管周りの凍結, --- 種々のパラメータが凍結速度に及ぼす影響 ---, 地盤工学ジャーナル, Vol.3, No.2, 143-151, 2008年.
13) 2,008 学術論文 (審査論文) Masafumi Miwa, MICHINOMOTO Takurou, KIKUCHI Kunitomo, TSUCHITANI Shigeki and YONEYAMA3 Satoru : Inner Structure / Elastic Modulus Control of Micro Cantilever, Journal of the Japanese Society for Experimental Mechanics, Vol.8, No.Special Issue, 94-97, 2008.
14) 2,008 学術論文 (審査論文) 西 泰行, 松尾 信明, 福富 純一郎 : 汚水用新型ポンプの内部流れに関する研究(第1報,実験と数値解析との比較), 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.742, 1386-1394, 2008年.
15) 2,008 学術論文 (審査論文) 菊地 邦友, 土谷 茂樹, 三輪 昌史, 安積 欣志 : フォトリソグラフィー技術を用いた固体高分子電解質膜へのパターン電極形成, 精密工学会誌, Vol.74, No.7, 719-723, 2008年.
16) 2,008 学術論文 (審査論文) Retsuo Kawakami, Inaoka Takeshi, Kuwahara Akinobu, Kikuo Tominaga and Mukai Takashi : Synergy Effect of Particle Radiation and Ultraviolet Radiation from Capacitively Coupled Radio Frequency Argon Plasmas on n-GaN Etching Damage, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.47, No.8, 6863-6866, 2008.
17) 2,008 学術論文 (審査論文) 重光 亨, 福富 純一郎, 武山 裕一 : 対称形ケーシングによるクロスフロー風車の高性能化に関する研究, 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.743, 1505-1511, 2008年.
18) 2,008 学術論文 (審査論文) 木戸口 善行, 中村 嘉寿, 中島 脩雄, 福井 義典, 三輪 惠 : 天然ガス噴流の着火安定化のための噴射および点火制御, 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.743, 1655-1661, 2008年.
19) 2,008 学術論文 (審査論文) 西 泰行, 松尾 信明, 福富 純一郎 : 汚水用新型ポンプの内部流れに関する研究(第2報,羽根負荷とボリュートケーシングの影響), 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.743, 1496-1504, 2008年.
20) 2,008 学術論文 (審査論文) Yoshiyuki Kidoguchi, Yasutaka Sato, Tomoaki Yatsufusa and Kei Miwa : Development of Diesel Soot Aftertreatment System using Barrier Discharge Plasma and Oxidation Catalyst, COMODIA2008, 745-752, 2008.
21) 2,008 学術論文 (審査論文) Adam Abdullah, Tomonori Gomi, Tomoaki Yatsufusa, Yoshiyuki Kidoguchi and Kei Miwa : Analysis of Droplet Evaporation Process of Diesel Spray during Ignition Delay Period, COMODIA2008, 377-382, 2008.
22) 2,008 学術論文 (審査論文) 重光 亨, 河田 匡仙, 境 真太郎, 福富 純一郎 : 未加硫ゴムの圧縮成形時における流動現象に関する研究, 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.744, 1741-1747, 2008年.
23) 2,008 学術論文 (審査論文) 西 泰行, 松尾 信明, 福富 純一郎 : 汚水用新型ポンプの損失解析, 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.744, 1785-1792, 2008年.
24) 2,008 学術論文 (審査論文) Kensuke Inai, Yasuyuki Kikuhara and Kaoru Ohya : Comparison of carbon deposition on tungsten between molecular dynamics and dynamic Monte Carlo simulation, Surface & Coatings Technology, Vol.202, No.22-23, 5374-5378, 2008.
25) 2,008 学術論文 (審査論文) Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Hideaki Kuwada, Teruyuki Hayashi and Misako Saito : Dynamic simulation of secondary electron emission and charging up of an insulating material, Surface & Coatings Technology, Vol.202, No.22-23, 5310-5313, 2008.
26) 2,008 学術論文 (審査論文) 園部 元康, 松崎 健一郎, 近藤 孝広, 宗和 伸行 : モード解析に基づく部分空間制御法に関する研究, --- 第2報,非線形共振を利用した並列二重倒立振子の振り上げ制御 ---, 日本機械学会論文集(C編), Vol.74, No.745, 2198-2205, 2008年.
27) 2,008 学術論文 (審査論文) Takashi Kuraishi, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Development of Recursive Interpolated D/FFT for On-line and Highly Accurate Frequency Analysis, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering (TEEE), Vol.3, No.5, 574-582, 2008.
28) 2,008 学術論文 (審査論文) 八房 智顯, 遠藤 琢磨, 滝 史郎 : パルスデトネーションエンジンのイニシエータがデトネーション起爆と推力に及ぼす影響, 日本機械学会論文集(B編), Vol.74, No.745, 2055-2062, 2008年.
29) 2,008 学術論文 (審査論文) Fumiaki Fukawa, Naoyuki Shimomura, Taiki Yano, Suguru Yamanaka, Kenji Teranishi and Hidenori Akiyama : Application of Nanosecond Pulsed Power to Ozone Production by Streamer Corona, IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.36, No.5, 2592-2597, 2008.
30) 2,008 学術論文 (審査論文) Hirokazu Ishimaru, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Estimation of the Number of Partial Discharge Sources Using Multichannel Blind Deconvolution of Electromagnetic Waves, IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials, Vol.128, No.10, 635-640, 2008.
31) 2,008 学術論文 (審査論文) Hitoshi Sori and Takashi Yasuno : Several-Hours-Ahead Wind Speed Prediction System Using Hierarchical Neural Network, Journal of Signal Processing, Vol.12, No.6, 507-514, 2008.
32) 2,008 学術論文 (審査論文) 清田 正徳, 福富 純一郎, 西 健織, 寺島 紀男 : 新型乾燥装置の乾燥性能について, 日本食品工学会誌, Vol.9, No.4, 303-309, 2008年.
33) 2,008 学術論文 (審査論文) 末包 哲也, 忽那 成朗, 細川 貴寛, 松本 拓也, 清田 正徳 : 岩石内にトラップされる微細気泡の可視化, 日本機械学会論文集(B編), No.74, 2501-2507, 2008年.
34) 2,008 学術論文 (審査論文) Tetsuya Suekane, N. Furukawa, S. Tsushima, S. Hirai and Masanori Kiyota : Application of MRI in the Measurement of Two-Phase Flow of Supercritical CO2 and Water in Porous Rocks, Journal of Porous Media, Vol.12, No.2, 143-154, 2009.
35) 2,008 学術論文 (審査論文) Kazumasa Murayama, Naoaki Matsumura, Masaki Taguchi, Yasuhiro Kato, Kenji Teranishi, Susumu Suzuki and Haruo Itoh : Experimental Investigations of the Ozone Zero Phenomenon, The European Physical Journal - Applied Physics, Vol.47, No.2, 22814-p1-22814-p5, 2009.
36) 2,008 学術論文 (審査論文) Hoi Dick Ng, Jenny Chao, Tomoaki Yatsufusa and John H.S. Lee : Measurement and chemical kinetic prediction of detonation sensitivity and cellular structure characteristics in dimethyl ether oxygen mixtures, Fuel, Vol.88, No.1, 124-131, 2009.
37) 2,008 学術論文 (審査論文) Akira Kariyasaki, Yoshikazu Yamasaki, Masazumi Kagawa, Tohru Nagashima, Akiharu Ousaka and Shigeharu Morooka : Measurement of Liquid Film Thickness by a Fringe Method, Heat Transfer Engineering, Vol.30, No.1-2, 28-36, 2009.
38) 2,008 学術論文 (審査論文) Ye Tian, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Locating Partial Discharge Source Occurring on Distribution Line by Using FDTD and TDOA Methods, IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials, Vol.129, No.2, 89-96, 2009.
39) 2,008 学術論文 (審査論文) 清田 正徳, 福富 純一郎, 西 健織, 寺島 紀男 : 新型乾燥装置の内部流動について, 日本食品工学会誌, Vol.10, No.1, 17-22, 2009年.
40) 2,008 学術論文 (審査論文) Kaoru Ohya, Takuya Yamanaka, Kensuke Inai and Tohru Ishitani : Comparison of secondary electron emission in helium ion microscope with gallium ion and electron microscopes, Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms, Vol.267, No.4, 584-589, 2009.
41) 2,008 学術論文 (審査論文) 石原 国彦, 北山 玄 : 流力弾性振動に及ぼす管配列の影響に関する研究, 日本機械学会論文集(C編), Vol.75, No.751, 541-549, 2009年.
42) 2,008 学術論文 (審査論文) 草野 剛嗣, 逢坂 昭治, 相馬 啓, 堀井 清之 : 飽和含水土壌内の凍土・温度予測, --- 土壌の凍結や融解現象を含む数値解析 ---, 地盤工学ジャーナル, Vol.4, No.1, 35-46, 2009年.
43) 2,008 学術論文 (審査論文) 北條 昌秀, 湊 和幸 : フライングキャパシタ形マルチレベルインバータを用いた直流給配電方式の基礎検討, パワーエレクトロニクス学会誌, Vol.34, 76-81, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,008 学術論文 (紀要その他) 永島 徹, 逢坂 昭治 : 水平管内気水二相流における分岐ダクト群への流量配分特性, 福岡大学工学集報, No.81, 53-60, 2008年.
2) 2,008 学術論文 (紀要その他) 園部 元康, 東 正樹 : 間接フィードバック制御による振り子の振動制御, 弓削商船高等専門学校紀要, No.31, 23-28, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術レター

1) 2,008 学術レター Mayumi Morimoto, Takashi Yasuno, Emiko Yasuno, Hiroshi Suzuki and Hironobu Harada : Traffic Control of Multiple Sweeping Robots on Panel Cruising Problem, Journal of Signal Processing, Vol.12, No.4, 331-334, 2008.

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

1) 2,008 総説・解説 三輪 昌史 : 最新ロボット事情, 実験力学, Vol.8, No.2, 153-156, 2008年6月.
2) 2,008 総説・解説 大宅 薫, 相良 明男 : 今,核融合炉の壁が熱い! 第3回 III. 壁の表面で何が起きているか, 日本原子力学会誌, Vol.50, No.8, 511-515, 2008年8月.
3) 2,008 総説・解説 西 泰行, 福富 純一郎 : 高効率・高通過性汚水用ポンプについて(第1報), ターボ機械, Vol.36, No.12, 721-728, 2008年12月.
4) 2,008 総説・解説 西 泰行, 福富 純一郎 : 高効率・高通過性汚水用ポンプについて(第2報), ターボ機械, Vol.37, No.1, 43-51, 2009年1月.

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1) 2,008 国際会議 Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Analysis of Wideband EM Waves Emitted from Partial Discharge Using the Constrained Interpolation Profile (CIP) Method and the In-Place Fast Haar Wavelet Transform, Proceedings of 2008 IEEE PES Transmission and Distribution Conference & Exposition, Chicago, Apr. 2008.
2) 2,008 国際会議 Yasuyuki Kikuhara, Kensuke Inai, Atsushi Ito, Hiroaki Nakamura and Kaoru Ohya : Hydrocarbon Reflection and Redeposition on Plasma-Facing Surfaces, 2nd Japan-China Workshop on Blanket and Tritium Technology, 38-41, Sendai, Japan, May 2008.
3) 2,008 国際会議 Tetsuya Sano, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Intelligent Texture Alignment for Kimono Disign, International Instrumentation and Measurement Technology Conference PROCEEDINGS (I2MTC2008), 265-269, Victoria, May 2008.
4) 2,008 国際会議 Hiroyuki Ukida, Naofumi Yamato, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : Omni-directional 3D Measurement by Hyperbolic Mirror Cameras and Pattern Projection, International Instrumentation and Measurement Technology Conference PROCEEDINGS (I2MTC2008), 365-370, Victoria, May 2008.
5) 2,008 国際会議 Tetsuya Sano, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Disign of Human-Computer Interface for Hand Writing Character, International Instrumentation and Measurement Technology Conference PROCEEDINGS (I2MTC2008), 594-597, Victoria, May 2008.
6) 2,008 国際会議 Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Measurement of Wheelchair Movement Area for SCI patient's Remodeling House, International Instrumentation and Measurement Technology Conference PROCEEDINGS (I2MTC2008), 706-711, Victoria, May 2008.
7) 2,008 国際会議 Hitoshi Takagi, Akira Mizobuchi, Koji Kusano and Yoshihito Okitsu : Flexural properties of all bamboo "green'' composites, High Performance Structures and Materials IV, 167-173, Carvoeiro, May 2008.
8) 2,008 国際会議 Akira Mizobuchi, Hitoshi Takagi, and Junichi Hino : Drilling machinability of resin-less "green" composites reinforced by bamboo fiber, High Performance Structures and Materials IV, 185-194, Carvoeiro, May 2008.
9) 2,008 国際会議 Koji Kusano, Hitoshi Takagi, Kako Shuhei, Gennai Yuusuke and Akiharu Ousaka : Thermal characteristics of PLA-bamboo composites, High Performance Structures and Materials IV, Vol.97, 175-183, Carvoeiro, May 2008.
10) 2,008 国際会議 Kaoru Ohya, Yasuyuki Kikuhara, Kensuke Inai, Andreas Kirschner, D. Borodin, Atsushi Ito, Hiroaki Nakamura and Tetsuo Tanabe : Simulation of hydrocarbon reflection from carbon and tungsten surfaces and its impact on codeposition patterns on plasma facing components, 18th International Conference on Plasma Surface Interactions in controlled fusion devices, Toledo, Spain, May 2008.
11) 2,008 国際会議 Kensuke Inai, Kaoru Ohya, Yukihiro Tomita, Andreas Kirschner, A. Litnovsky and Tetsuo Tanabe : Simulation of redeposition of carbon/hydrocarbon on a material surface with castellated structures, 18th International Conference on Plasma Surface Interactions in controlled fusion devices, Toledo, Spain, May 2008.
12) 2,008 国際会議 Daiji Kato, Takahiro Kenmotsu, Kaoru Ohya and Tetsuo Tanabe : Excited state distribution of reflected hydrogen atoms at metal surfaces - Development of theoretical models -, 18th International Conference on Plasma Surface Interactions in controlled fusion devices, Toledo, Spain, May 2008.
13) 2,008 国際会議 Kazuo Hoshio, Mitsunori Toma, M. Furuibayashi, Akiyoshi Hatayama, Kensuke Inai and Kaoru Ohya : Numerical Analysis of Incident Angle of Heavy Metal Impurity to Plasma Facing Components by IMPGYRO, 18th International Conference on Plasma Surface Interactions in controlled fusion devices, Toledo, Spain, May 2008.
14) 2,008 国際会議 Mitsunori Toma, Kazuo Hoshino, Kensuke Inai, M. Ishida, Akiyoshi Hatayama and Kaoru Ohya : Coupled IMPGYRO-EDDY simulation of tungsten impurity transport in tokamak geometry, 18th International Conference on Plasma Surface Interactions in controlled fusion devices, Toledo, Spain, May 2008.
15) 2,008 国際会議 Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura, Susumu Suzuki and Haruo Itoh : DBD-type Ozone Generator Using Piezoelectric Transformers, --- Effect of Barrier Electrode Material on Ozone Generation ---, Abstract for 28th IEEE International Power Modulator Conference, 66, Nevada, USA, May 2008.
16) 2,008 国際会議 Naoyuki Shimomura, Fumiaki Fukawa, Suguru Yamanaka, Taiki Yano, Yuki Yokote, Kenji Teranishi and Hidenori Akiyama : Effect of Reactor Configuration on NOx Treatment by Nanosecond Pulsed Power, Proceedings of the 2008 Power Modulators and High-Voltage Conference, 342-345, Las Vegas, May 2008.
17) 2,008 国際会議 Taiki Yano, Ichiro Uchiyama, Fumiaki Fukawa, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura : Water Treatment by Atmospheric Discharge Produced with Nanosecond Pulsed Power, Proceedings of the 2008 Power Modulators and High-Voltage Conference, 80-83, Las Vegas, May 2008.
18) 2,008 国際会議 Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura, Susumu Suzuki and Haruo Itoh : DBD-type Ozone Generator Using Piezoelectric Transformers, --- Effect of Barrier Electrode Material on Ozone Generation ---, Proceedings of the 2008 Power Modulators and High-Voltage Conference, 84, Las Vegas, May 2008.
19) 2,008 国際会議 Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Time-Frequency Analysis of EM Waves Emitted from Consecutive PD pulses Using the Constrained Interpolation Profile (CIP) Method and the In-Place Fast Haar Wavelet Transform, Conference Record of the 2008 IEEE International Symposium on Electrical Insulation, 381-386, Vancouver, Jun. 2008.
20) 2,008 国際会議 Kunihiko Ishihara : Study on influence of geometry on fluid elastic instability, The proceedings of the 9th International Conference on Flow-Induced Vibration-FIV2008, Praha, Jul. 2008.
21) 2,008 国際会議 Okada Kenji, Kikuo Tominaga, Retsuo Kawakami, Ohkura Shinya, Kazuya Kusaka and Takao Hanabusa : Deposition of photocatalytic tiO2 films by planar magnetron sputtering system with opposed Ti targets, 14th International Conference on Solid Films and Surfaces, 331-332, Dublin, Jul. 2008.
22) 2,008 国際会議 Takuhei Hashiguchi, Tadahiro Goda, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Osamu Saeki, Masahide Hojo and Hiroyuki Ukai : Detection Method of Power System Oscillations in Phasor Measurement Data, Proceedings of International Conference on Electrical Engineering 2008, No.P-102, Okinawa, Jul. 2008.
23) 2,008 国際会議 Shoji Kawasaki, Yasuhiro Hayashi, Junya Matsuki, Hirotaka Kikuya and Masahide Hojo : Optimal Allocation and Gain of Active Filter for Distribution Network Connected Distributed Generation, Proceedings of the International Conference on Electrical Engineering 2008, No.P-152, Okinawa, Jul. 2008.
24) 2,008 国際会議 Tsuneaki Ueta, Tadashi Kanayama and Ikuro Morita : Comparative Study on Pole-Slot Combinations for Interior Permanent Magnet Synchronous Motors with Concentrated Windings, Proceedings of the International Conference on Electrical Engineering 2008, Vol.CD-ROM, No.P-71, Okinawa, Jul. 2008.
25) 2,008 国際会議 Yoshiyuki Kudo and Ikuro Morita : Analysis for Diagnosis of Induction Motor with Faulty Cage Rotor using Stator Current and Leakage Flux Monitorings, Proceedings of the International Conference on Electrical Engineering 2008, Vol.CD-ROM, No.P-72, Okinawa, Jul. 2008.
26) 2,008 国際会議 Kenji Teranishi, Daisuke Inada, Yoshihide Hashimoto, Naoyuki Shimomura, Susumu Suzuki and Haruo Itoh : Occurrence condition of self-organization in barrier discharge generated by piezoelectric transformer, Proc. 19th Europhysics Conference on the Atomic and Molecular Physics of Ionized Gases, 2-65, Granada, Spain, Jul. 2008.
27) 2,008 国際会議 Masatake Kawada, KOJI YAMADA, YASUTOMO KANEKO and Katsuo Isaka : Visualization of Vibration Phenomena on Model Turbine Rotor Using Cross-Correlation Method Based on In-Place Fast Haar Wavelet Transform, IEEE Power & Energy Society 2008 General Meeting, 6pages, Pittsburgh, Pennsylvania, USA, Jul. 2008.
28) 2,008 国際会議 Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi and Shirai Yutarou : The Effect of Casing Shape on Performance of Sirocco Fan Using Contra-Rotating Rotors, Proceedings of the ASME Fluids Engineering Division Summer Conference, Jacksonville, Florida, USA, Aug. 2008.
29) 2,008 国際会議 Hiroyuki Ukida : 3D Information Acquisition Using Pattern Projection and Omni-directional Cameras, Proceedings of SICE Annual Conference 2008, 485-490, Tokyo, Aug. 2008.
30) 2,008 国際会議 Hiroyuki Ukida : 3D Shape and Specular Reflection Measurement Using Image Scanner, Proceedings of SICE Annual Conference 2008, 1526-1530, Tokyo, Aug. 2008.
31) 2,008 国際会議 Kikuchi Kunitomo, Masafumi Miwa and Tuchitani Shigeki : Evaluation of Basic Operating Characteristics of Ion Conductive Polymer Actuator using Ionic Liquid, SICE Annual Conference 2008 (SICE 2008), 1092-1095, Tokyo, Aug. 2008.
32) 2,008 国際会議 Kazumasa Murayama, Naoaki Matsumura, Masaki Taguchi, Yasuhiro Kato, Kenji Teranishi, Susumu Suzuki and Haruo Itoh : Experimental Investigations of Ozone Zero Phenomenon, Proc. 11th Int. Symp. High Pressure Low Temperature Plasma Chemistry, 266-270, Oleron Island, France, Sep. 2008.
33) 2,008 国際会議 Masahide Hojo, Yuta Iwase, Toshihisa Funabashi and Yoshinobu Ueda : A method of three-phase balancing in microgrid by photovoltaic generation systems, Proceedings of 2008 13th International Power Electronics and Motion Control Conference, Vol.CD-ROM, No.394, Poznan, Sep. 2008.
34) 2,008 国際会議 Ye Tian, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Visualization of Electromagnetic Waves Emitted from Multiple PD Sources on Distribution Line by Using FDTD Method, Proceedings of 2008 International Symposium on Electrical Insulating Materials, 95-98, Yokkaichi, Sep. 2008.
35) 2,008 国際会議 Takashi Kuraishi, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : The Phase Compensation of Recursive Interpolated D/FFT, Proceedings of 2008 International Symposium on Electrical Insulating Materials, 625-628, Yokkaichi, Sep. 2008.
36) 2,008 国際会議 Hirokazu Ishimaru, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Comparison of Performance of Antenna Arrangements for Estimating the Number of Partial Discharge Sources Using Multichannel Blind Deconvolution, Proceedings of 2008 International Symposium on Electrical Insulating Materials, 562-565, Yokkaichi, Sep. 2008.
37) 2,008 国際会議 Kensuke Inai, Kaoru Ohya, Gakushi Kawamura and Yukihiro Tomita : An EDDY-PIC Simulation of Codeposition of Hydrocarbon Isotopes on Castellated Structure of Plasma Facing Tiles, 14th International Congress on Plasma Physics, Fukuoka, Sep. 2008.
38) 2,008 国際会議 Yasuyuki Kikuhara, Kensuke Inai, Kaoru Ohya, Atsushi Ito and Hiroaki Nakamura : Molecular dynamics simulation of hydrocarbon reflection of carbon and tungsten in realistic surface condition, 14th International Congress on Plasma Physics, Fukuoka, Sep. 2008.
39) 2,008 国際会議 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Yasuyuki Kikuhara, T. Nakano, Jun Kawada, Hayato Kawazome, Yoshio Ueda and Tetsuo Tanabe : Transport of heavy hydrocarbon and its redeposition on plasma facing walls, 14th International Congress on Plasma Physics, Fukuoka, Sep. 2008.
40) 2,008 国際会議 Mitsunori Toma, Kazuo Hoshino, Kensuke Inai, M. Ishida, Akiyoshi Hatayama and Kaoru Ohya : Analysis of the high-Z impurity transport in a tokamak by the IMPGYRO code, 14th International Congress on Plasma Physics, Fukuoka, Sep. 2008.
41) 2,008 国際会議 Hiroyuki Ukida, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : 3D Shape, Color and Specular Estimation Using Image Scanner with Multiple Illuminations, Proceedings of IEEE International Workshop on Imaging Systems and Techniques, 2008 (IST 2008), 271-276, Chania, Sep. 2008.
42) 2,008 国際会議 Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hideki Yamamoto and Hiroyuki Ukida : Measurement of Wheelchair Size for Analyzing Transfer Motion for SCI Patients, Proceedings of IEEE International Workshop on Imaging Systems and Techniques, 2008 (IST 2008), 265-270, Chania, Sep. 2008.
43) 2,008 国際会議 Tetsuya Sano, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Motion Analysis of Hand Writing Characters, Proceedings of IEEE International Workshop on Imaging Systems and Techniques, 2008 (IST 2008), 257-260, Chania, Sep. 2008.
44) 2,008 国際会議 Kaoru Ohya : Modeling of hydrocarbon transport and redeposition in gaps, 11th ITPA meeting on SOL/divertor physics, Nagasaki, Sep. 2008.
45) 2,008 国際会議 Yoshifumi Jodai, Yoshikazu Takahashi, Masashi Ichimiya and Hideo Osaka : Influence of the Wake Splitter Plate on the Vortex Structure behind a Long Flat Plate with a Blunt Trailing Edge, Proceedings of the 2nd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, Technical University Berlin, Berlin, Germany, Sep. 2008.
46) 2,008 国際会議 Kaoru Ohya, Takuya Yamanaka, Kensuke Inai and Tohru Ishitani : Comparison of secondary electron emission in helium ion microscope with gallium ion and electron microscopes, 17th International Workshop on Inelastic Ion-Surface Collisions, Porquerolles, France, Sep. 2008.
47) 2,008 国際会議 Hiroyuki Ukida and Yamanaka Yasuyuki : Object Tracking System Using Pan-Tilt Cameras and Arm Robot, Proceedings of The 7th International Conference on Machine Automation (ICMA2008), 195-200, Awaji, Sep. 2008.
48) 2,008 国際会議 Masafumi Miwa, Ittetsu Shiraishi, Makoto Matshushima and Kiyoshi Miami : Remote Control Support System for R/C Helicopter, Proceedings of The 7th International Conference on Machine Automation ICMA2008, 105-108, 淡路島, Sep. 2008.
49) 2,008 国際会議 Masafumi Miwa, Hiroyashu Sakane, Kenji Nagase, Yasuhiro Koshimoto and Shigeki Tuchitani : Study on One-legged Robot Jumping, Proceedings of The 7th International Conference on Machine Automation ICMA2008, 99-104, 淡路島, Sep. 2008.
50) 2,008 国際会議 Haruo Itoh, Kenji Teranishi, Kazuto Kobayashi, Naoyuki Shimomura and Susumu Suzuki : Traces of Accumulated Charges on Dielectric Electrode in Self-Organization, Bulletin of American Physical Society, Vol.53, No.10, MWP1.00048, Texas, USA, Oct. 2008.
51) 2,008 国際会議 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Yasuyuki Kikuhara, Atsushi Ito, Hiroaki Nakamura, Yukihiro Tomita and Tetsuo Tanabe : Modeling of Hydrocarbon Redeposition in the Gaps of Castellated Structures, Proceedings of 22nd IAEA Fusion Energy Conference, TH/P4-8, Geneva, Oct. 2008.
52) 2,008 国際会議 Katsuhiro Shimizu, Tomonori Takizuka, Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Tomohide Nakano, A. Takayama and Hisato Kawashima : Kinetic Modeling of Impurity Transport in Detached Plasma for Integrated Divertor Simulation with SONIC (SOLDOR/NEUT2D/IMPMC/EDDY), Proceedings of 22nd IAEA Fusion Energy Conference, TH/3-3, Geneva, Oct. 2008.
53) 2,008 国際会議 Masahide Hojo and Toshihisa Funabashi : Unified power quality conditioner for dynamic voltage restoration and fault current limitation, Proceedings of 13th International Conference on Harmonics and Quality of Power, Vol.USB Flash Drive, No.1166, Wollongong, Oct. 2008.
54) 2,008 国際会議 Akinori Furukawa, Satoshi Watanabe, Kusuo Okuma and Toru Shigemitsu : Considerations on Higher Efficiency Operation with Contra-Rotating Axial Flow Pump, Proceedings of 2008 AFMC Annual Forum and Meeting, Beijing, China, Oct. 2008.
55) 2,008 国際会議 Toru Shigemitsu, Sakai Shintarou, Kawada Masanori, Matsuoka Tsukasa and Junichiro Fukutomi : The Study on The Flow Phenomena of Unvulcanized Rubber in Process of Filling, Proceedings of the 7th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Hokkaido , Japan, Oct. 2008.
56) 2,008 国際会議 Masanori Tsuji and Kunihiko Ishihara : Study on Noise Reduction of Suction machine with Complicated Piping System by use of Side Branch, The proceedings of Internoise2008 Conference, Shanghai, Oct. 2008.
57) 2,008 国際会議 Retsuo Kawakami, Inaoka Takeshi, Kikuo Tominaga, Mukai Takashi, Hiraoka Kensaku, Kudo Yuki and Koide Kuniyuki : Model Analysis of Preferential Etching of III-V Nitrides by Capacitively Coupled Radio Frequency Argon Plasmas, 4th Vacuum and Surface Sciences Conference of Asia and Australia, 187, Matsue, Oct. 2008.
58) 2,008 国際会議 Okada Kenji, Kikuo Tominaga, Ohokura Sinya, Nouda Takahiro and Retsuo Kawakami : Deposition of TiO2 films by a RF-DC Coupled Magnetron Sputtering, 4th Vacuum and Surface Sciences Conference of Asia and Australia, 217, Matsue, Oct. 2008.
59) 2,008 国際会議 Daiji Kato, Takahiro Kenmotsu, Kaoru Ohya and Tetsuo Tanabe : Polarization of excited states of atomic hydrogen reflected at Mo surface, 6th International Conference on Atomic and Molecular Data and Their Applications, Beijing, Oct. 2008.
60) 2,008 国際会議 Kunihiko Ishihara : Study on Generation Mechanism of High Level Sound Generated in Boiler and Heat Exchanger, The proceedings of Internoise2008 Conference, Shanghai, Oct. 2008.
61) 2,008 国際会議 Tetsuya Suekane, H. T. Nguyen, T. Matsumoto, M. Matsuda, Masanori Kiyota and Akiharu Ousaka : Direct measurement of trapped gas bubbles by capillarity on the pore scale, 9th International Conference on Greenhouse Gas Control Technologies GHGT-9, Washington, D.C., Nov. 2008.
62) 2,008 国際会議 Kensuke Inai, Kaoru Ohya, Hideaki Kuwada, Ryosuke Kawasaki, Misako Saito, Kaoru Fujiwara, Teruyuki Hayashi, Jack Jau and Kenichi Kanai : Electron beam charging of a SiO2 layer on Si: a comparison between Monte Carlo-simulated and experimental results, Proceedings of SPIE Lithgraphy Asia Taiwan 2008, Vol. 7140, 7140-32, Taipei, Nov. 2008.
63) 2,008 国際会議 Kaoru Ohya, Takuya Yamanaka, Kensuke Inai and Tohru Ishitani : Modeling of secondary electron image contrasts in helium ion microscope, SPIE Lithography Asia Taiwan 2008, Taipei, Nov. 2008.
64) 2,008 国際会議 Retsuo Kawakami, Inaoka Takeshi, Kikuo Tominaga and Mukai Takashi : Effects of Capacitively Coupled Radio Frequency Krypton and Argon Plasmas on Gallium Nitride Etching Damage, Proceedings of International Symposium of Dry Process 2008, 187-188, Tokyo, Nov. 2008.
65) 2,008 国際会議 Nobuhiro Kurio, Kiyoshi Ogata and Tokuo Ohnishi : Natural Commutation Method for a Low-Voltage High-Current Input DC-DC Converter, Proc. Of IEEE Power and Energy Conference 2008 (PECon2008), Johor Bahru, Dec. 2008.
66) 2,008 国際会議 Tsuyoshi Miyata, Tetsuo Iwata and Tsutomu Araki : A Reflection-Type Pulse Oximeter Using Four Wavelengths Equipped with a Gain-Enhanced Gated-Avalanche-Photodiode, 13th International Conference on Biomedical Engineering 2008, Singapore, Dec. 2008.
67) 2,008 国際会議 Hironobu Shibata and Tetsuo Iwata : A Precise Deconvolution Procedure for Deriving a Fluorescence Decay Waveform of a Biomedical Sample, 13th International Conference on Biomedical Engineering 2008, Singapore, Dec. 2008.
68) 2,008 国際会議 Takuya Yamanaka, Kensuke Inai, Kaoru Ohya and Tohru Ishitani : Simulation of secondary-electron emission in herium ion microscope for overcut and undercut line-edge patterns, Proceedings of SPIE Advanced Lithgraphy 2009, Vol.7272, 7272-103, SanJose, CA, USA, Feb. 2009.
69) 2,008 国際会議 Kensuke Inai, Kaoru Ohya, Ryosuke Kawasaki, Hideaki Kuwada, Misako Saito, Teruyuki Hayashi, J. Jau and K. Kanai : Simulation of SEM images and charging of an insulator/metal bilayer in trench/hole patterns, SPIE Advanced Lithography 2009, San Nose, California, USA, Feb. 2009.
70) 2,008 国際会議 Sho Fujisawa, Takashi Yasuno, Satoshi Yura, Kenichi Iida and Hironobu Harada : High Speed Synchronization Motion Control Using Synchronizing Controller with PI Controller for Two Axes Speed Servo System, 2009 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 5-8, Honolulu, Mar. 2009.
71) 2,008 国際会議 Hiroki Arimochi, Takashi Yasuno, Emiko Yasuno and Akinobu Kuwahara : Self Localization and Mapping for Multiple Robots Based on Sensor Network Technique, 2009 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 17-20, Honolulu, Mar. 2009.
72) 2,008 国際会議 Masataka Tobari, Takashi Yasuno and Hironori Suzue : Fuzzy Prediction System of Solar Radiation Using Mesoscale Spectral Model-GPV Data, Fuzzy Prediction System of Solar Radiation Using Mesoscale Spectral Model-GPV Data, 117-120, Honolulu, Mar. 2009.
73) 2,008 国際会議 Shiro Ozaki, Takashi Yasuno, Hironobu Harada and Akinobu Kuwahara : Fuzzy Tracking Control for Autonomous All Terrain Vehicle on Outdoor Environment, 2009 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 121-124, Honolulu, Mar. 2009.
74) 2,008 国際会議 Ryohei Nogami, Takashi Yasuno, Akinobu Kuwahara and Hironobu Harada : Motion Control for Two-links Manipulator with Bi-articular Muscles Model using CPG, 2009 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 245-248, Honolulu, Mar. 2009.
75) 2,008 国際会議 Takuya Kagawa, Takashi Yasuno, Shiro Urushihara, Emiko Yasuno and Akinobu Kuwahara : Traffic Control of Multiple Sweeping Robots Using Genetic Programming, 2009 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 415-418, Honolulu, Mar. 2009.
76) 2,008 国際会議 Tatsuya Yamane, Takashi Yasuno, Katsunori Kuwajima, Satoru Takiwaki, Akinobu Kuwahara and Hironobu Harada : Sensor Based Motion Control of Power Assist Knee Orthosis with Spring Mechanism, 2009 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 467-470, Honolulu, Mar. 2009.
77) 2,008 国際会議 Hiroshi Suzuki, Takashi Yasuno, Shiro Urushihara, Emiko Yasuno and Akinobu Kuwahara : Characteristics of Cooperative Conveyance Control for Distributed Autonomous Multiple Mobile Robot System, 2009 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 471-474, Honolulu, Mar. 2009.
78) 2,008 国際会議 Hitoshi Sori and Takashi Yasuno : Several-Hours-Aheas Wind Speed Prediction System Using Correction Reccurent Neural Network, 2009 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 621-624, Honolulu, Mar. 2009.
79) 2,008 国際会議 Daiji Kato, H. Iwakiri, K. Morishita, Kaoru Ohya and Tetsuo Tanabe : Hydrogen trapping and erosion of W crystal, IAEA 2nd CRM "Data for surface composition dynamics relevant to erosion processes", Vienna, Austria, Mar. 2009.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1) 2,008 国内講演発表 重光 亨, 矢野 忠寛, 松岡 司, 福富 純一郎 : 小型軸流ファンの性能特性と相似則に関する研究(二重反転形採用の可能性について), ターボ機械協会総会講演会, 2008年5月.
2) 2,008 国内講演発表 西 泰行, 福富 純一郎, 松尾 信明, 藤原 亮太, 重光 亨 : 汚水用新型ポンプの損失解析, ターボ機械協会総会講演会, 2008年5月.
3) 2,008 国内講演発表 山中 卓也, 井内 健介, 大宅 薫, 石谷 亨 : ヘリウムイオン顕微鏡における二次電子信号の評価シミュレーション, 日本顕微鏡学会,第64回学術講演会, 2008年5月.
4) 2,008 国内講演発表 伊藤 晴雄, 寺西 研二, 下村 直行 : PT型オゾナイザのオゾン生成効率, 第18回日本オゾン協会年次研究講演会講演集, 149-152, 2008年5月.
5) 2,008 国内講演発表 末包 哲也, Thanh Hoan Nguyen, 松本 拓也, 西岡 耕作, 松田 真澄, 清田 正徳 : ミクロスケール計測と数値解析による残留CO2トラップメカニズムの解明, 石油技術協会平成20年度春期講演会, No.145, 2008年6月.
6) 2,008 国内講演発表 藤間 光徳, 星野 一生, 井内 健介, 石田 真彦, 畑山 明聖, 大宅 薫 : トカマク不純物コードIMPGYROと損耗・再堆積コードEDDYとの結合, 第7回核融合エネルギー連合講演会, 2008年6月.
7) 2,008 国内講演発表 大宅 薫, 井内 健介, 菊原 康之, 冨田 幸博, 中村 浩章, 伊藤 篤史, 田辺 哲朗 : プラズマ対向壁における炭化水素の反射と再堆積, 第7回核融合エネルギー連合講演会, 2008年6月.
8) 2,008 国内講演発表 三輪 昌史, 松島 誠, 白石 一哲, 南 潔 : リモートコントロールサポートシステムによる小型無人ヘリの操縦支援の効果, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008, 1P1-F12, 2008年6月.
9) 2,008 国内講演発表 三輪 昌史, 中野 直信, 後藤 裕介, 満田 成紀 : MDDを用いた飛行船の制御系設計, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008, 1P1-F11, 2008年6月.
10) 2,008 国内講演発表 島村 典尚, 菊池 邦友, 三輪 昌史, 土谷 茂樹 : IPMCを用いたマイクロロボットの駆動及び外部磁場によるエネルギ供給に関する研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008, 2A1-A15, 2008年6月.
11) 2,008 国内講演発表 三輪 昌史, 余村 正人, 松田 憲幸, 橋爪 賢次郎 : 館内移動用車椅子ロボットシステムの開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008, 2P1-E12, 2008年6月.
12) 2,008 国内講演発表 三輪 昌史, 松島 誠, 南 潔 : 無人ヘリに対する操縦支援装置の開発, 日本実験力学会2008 年度年次講演会, 2008年7月.
13) 2,008 国内講演発表 石原 国彦, 小西 宏延 : ボイラ・熱交換器で発生する大音響騒音の発生メカニズムとその対策法に関する研究, --- 管群本数と音響減衰の音圧レベルへの影響 ---, 日本機械学会第18回環境工学総合シンポジウム, Vol.08, No.7, 131-134, 2008年7月.
14) 2,008 国内講演発表 岡村 美智也, 石原 国彦, 辻 政範 : サイドブランチ型消音器による複雑配管を有する吸引機の低騒音化に関する研究, 日本機械学会第18回環境工学総合シンポジウム, Vol.08, No.7, 135-138, 2008年7月.
15) 2,008 国内講演発表 浮田 浩行 : 複数の光源を持つイメージスキャナを用いた光沢を持つ物体の形状および反射特性の推定, 第11回 画像の認識·理解シンポジウム(MIRU2008)論文集, 979-984, 2008年7月.
16) 2,008 国内講演発表 トラン グエン ビン, 福富 純一郎, 重光 亨 : クロスフローファンの性能と内部流れに関する研究, 日本機械学会2008年度年次大会, 2008年8月.
17) 2,008 国内講演発表 白井 祐太郎, 安信 友裕, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転羽根車による多翼ファンの高効率化に関する研究, 日本機械学会2008年度年次大会, 2008年8月.
18) 2,008 国内講演発表 矢野 忠寛, 松岡 司, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転形小型軸流ファンに関する研究, 日本機械学会2008年度年次大会, 2008年8月.
19) 2,008 国内講演発表 藤原 亮太, 西 泰行, 福富 純一郎, 重光 亨 : 一枚羽根遠心羽根車の設計法に関する研究, 日本機械学会2008年度年次大会, 2008年8月.
20) 2,008 国内講演発表 石田 直樹, 住友 尚志, 名定 亮一, 福富 純一郎, 重光 亨 : 圧力式乳化機の内部流れと乳化作用の研究, 日本機械学会2008年度年次大会, 2008年8月.
21) 2,008 国内講演発表 松本 拓也, 末包 哲也 : CO2地下貯留のための残留ガストラップ現象のミクロスケール計測, 日本機械学会2008年度年次大会講演論文集, Vol.3, 177-178, 2008年8月.
22) 2,008 国内講演発表 石原 国彦, 大前 貴良 : 浮上式コンベアの固有振動数の評価法について, 日本機械学会年次大会2008, No.06-1, 2008年8月.
23) 2,008 国内講演発表 末包 哲也, 松本 拓也, 清田 正徳, 逢坂 昭治 : マイクロフォーカスX線CT計測に基づく岩石多孔質内二相流におけるガストラップ現象, 日本混相流学会年会講演会2008講演論文集, 396-397, 2008年8月.
24) 2,008 国内講演発表 田中 康平, 逢坂 昭治, 仮屋 崎侃, 安本 大介 : 傾斜管内における気液二相流の対向流限界, 日本混相流学会年会講演会2008講演論文集, 276-277, 2008年8月.
25) 2,008 国内講演発表 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : 圧電トランスを用いた誘電体バリア放電型プラズマリアクタの動作特性, 平成20年電気学会基礎・材料・共通部門大会講演論文集, 395-400, 2008年8月.
26) 2,008 国内講演発表 下村 直行, 矢野 大輝, 山中 卓, 城山 和己, 寺西 研二, 宇都 義浩, 堀 均 : 固形腫瘍に対するナノ秒パルス電界印加実験, 平成20年電気学会基礎・材料・共通部門大会講演論文集, 227, 2008年8月.
27) 2,008 国内講演発表 矢野 大輝, 内山 壱郎, 布川 史章, 寺西 研二, 下村 直行 : パルスパワーを用いた大気圧放電による水処理, 平成20年電気学会基礎・材料・共通部門大会講演論文集, 234, 2008年8月.
28) 2,008 国内講演発表 山中 卓, 布川 史章, 寺西 研二, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワーを用いたNOx処理の高効率化のための検討, 平成20年電気学会基礎・材料・共通部門大会講演論文集, 235, 2008年8月.
29) 2,008 国内講演発表 湊 和幸, 北條 昌秀 : フライングキャパシタ形マルチレベルインバータによる直流給配電システムの基礎検討, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.13, 2008年8月.
30) 2,008 国内講演発表 林 洋幸, 大西 徳生 : センサレスベクトル制御による誘導電動機の複数台駆動特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.27, 1-183-1-184, 2008年8月.
31) 2,008 国内講演発表 石本 寛幸, 大西 徳生 : センサレス制御SynRMの実験特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.31, 1-197-1-198, 2008年8月.
32) 2,008 国内講演発表 小笠原 吉浩, 大西 徳生 : 間接変換方式三相電源品質補償装置の制御特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.41, 1-231-1-232, 2008年8月.
33) 2,008 国内講演発表 柴田 真隆, 大西 徳生 : 三相インバータモジュールを用いた多機能電力変換装置, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.17, 2008年8月.
34) 2,008 国内講演発表 佐藤 大輔, 大西 徳生 : 時分割チョッパとPFC制御を併用したニッケル水素蓄電池充電装置, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.29, 2008年8月.
35) 2,008 国内講演発表 坂本 紘基, 大西 徳生 : 巻線型誘導発電機を用いたセンサレス制御可変速風力発電システム, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.35, 2008年8月.
36) 2,008 国内講演発表 立花 知也, 大西 徳生 : 埋め込み磁石同期電動機(IPMSM)のセンサレス電流ベクトル制御特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.43, 2008年8月.
37) 2,008 国内講演発表 津村 晃弘, 大西 徳生 : SPMSMセンサレスベクトル制御によるパワーアシスト台車, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.44, 2008年8月.
38) 2,008 国内講演発表 三原 寛司, 大西 徳生 : 無効電流制御を付加した誘導電動機のV/f制御システム, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.45, 2008年8月.
39) 2,008 国内講演発表 藤澤 祥, 安野 卓, 由良 諭 : 階段昇降装置"Kongo-Zue"の階段昇降特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Y-60, 2008年8月.
40) 2,008 国内講演発表 野上 亮平, 安野 卓, 濱本 健太郎, 原田 寛信, 桑原 明伸 : 電流フィードバックを有するCPGを用いた4脚ロボットの適応的歩容生成, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Y-64, 2008年8月.
41) 2,008 国内講演発表 森 太一, 飯田 賢一, 安野 卓 : 光学マウスセンサを用いた全方向移動車輛制御, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Y-71, 2008年8月.
42) 2,008 国内講演発表 鈴木 浩司, 安野 卓, 原田 寛信, 桑原 明伸, 漆原 史朗 : 群知能ロボットによる複数台逃避ロボットの協調誘導制御, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Y-72, 2008年8月.
43) 2,008 国内講演発表 戸張 正崇, 安野 卓, 桑原 明伸, 原田 寛信, 鈴江 宏範 : ファジィ推論を用いた簡易日射量予測システムの予測値補正, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Y-89, 2008年8月.
44) 2,008 国内講演発表 小西 勝久, 大西 徳生 : 慣性モーメントによる応答遅れ補償可変速風力発電システム, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.47, 1-251-1-252, 2008年8月.
45) 2,008 国内講演発表 皆本 真吾, 大西 徳生 : センサレス制御PMSGを用いた可変速風力発電システム, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.48, 1-253-1-254, 2008年8月.
46) 2,008 国内講演発表 木内 光幸, 大西 徳生 : V/f制御によるファン・ポンプモータの位置センサレス正弦波駆動, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.60, 1-291-1-292, 2008年8月.
47) 2,008 国内講演発表 山中 建二, 大西 徳生 : IPMSMを駆動源とする位置センサレスインバータ制御電気自動車, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.2, No.33, 2-431-1-432, 2008年8月.
48) 2,008 国内講演発表 酒井 宣年, 大西 徳生 : 電源電圧センサレス制御自律分散電源の負荷端子電圧補償, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.105, 1-441-1-442, 2008年8月.
49) 2,008 国内講演発表 松岡 司, 境 真太郎, 重光 亨, 福富 純一郎 : 未加硫ゴムの圧縮成形時における流動現象とフローマーク発生メカニズムに関する研究, 日本流体力学会年会2008, 2008年9月.
50) 2,008 国内講演発表 星野 一生, 藤間 光徳, 井内 健介, 石田 真彦, 畑山 明聖, 大宅 薫 : IMPGYROコードによるトカマク周辺プラズマにおける重金属不純物輸送のシミュレーション, 第2回シミュレーション科学シンポジウム, 2008年9月.
51) 2,008 国内講演発表 井内 健介, 菊原 康之, 大宅 薫, 伊藤 篤史, 中村 浩章, 河村 学思, 冨田 幸博 : プラズマ対向壁における損耗・堆積のシミュレーション, 第2回シミュレーション科学シンポジウム, 2008年9月.
52) 2,008 国内講演発表 大宅 薫, 井内 健介, 菊原 康之, 冨田 幸博, 中村 浩章, 伊藤 篤史, 田辺 哲朗 : プラズマ対向壁における炭化水素再付着のシミュレーション, 日本原子力学会,2008年秋の大会, 2008年9月.
53) 2,008 国内講演発表 石原 国彦 : ボイラ排ガスダクトで発生した異音, 日本機械学会D&D2008v-Base講演論文集, 2008年9月.
54) 2,008 国内講演発表 川上 烈生, 稲岡 武, 富永 喜久雄, 向井 孝志 : GaNエッチングダメージへのアルゴンプラズマ粒子と紫外放射光のシナジー効果, 第69回秋季応用物理学会学術講演会論文集, No.1, 175, 2008年9月.
55) 2,008 国内講演発表 布川 史章, 矢野 大輝, 寺西 研二, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワー電源装置の開発, 電気設備学会全国大会講演論文集, 339-340, 2008年9月.
56) 2,008 国内講演発表 一宮 昌司 : 2次元ノズル下流混合層の乱流遷移に及ぼすノズル出口振動板の影響, 日本流体力学会年会2008講演要旨集, 56, 2008年9月.
57) 2,008 国内講演発表 石原 国彦, 榮藤 大輔 : 浮上式コンベア(FDC)の異常振動発生メカニズムに関する研究, 日本機械学会D&D2008講演論文集, 2008年9月.
58) 2,008 国内講演発表 日野 順市, 後藤 揚, 栗本 政雄 : 周波数領域部分空間法によるモード特性同定に関する研究, 日本機械学会機械力学・計測制御部門講演論文集(アブストラクト集およびCD-ROM), No.08-14, 246, 2008年9月.
59) 2,008 国内講演発表 三輪 昌史, 谷林 宏紀, 松島 誠, 南 潔 : リモートコントロールサポートシステムによる無人ヘリの操縦支援, 第26回日本ロボット学会学術講演会, 2B1-05, 2008年9月.
60) 2,008 国内講演発表 天羽 晃大, 北條 昌秀, 植田 喜延, 舟橋 俊久 : マイクログリッドの自立運転時におけるインバータ群の並列動作の検討, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, No.P38, 2008年9月.
61) 2,008 国内講演発表 岩瀬 勇太, 北條 昌秀, 植田 喜延, 舟橋 俊久 : マイクログリッドにおける複数台の太陽光発電システムによる不平衡補償の検討, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, No.P37, 2008年9月.
62) 2,008 国内講演発表 渡辺 健人, 北條 昌秀 : 風力発電システムのための直列インバータによる電圧低下補償法, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, No.P12, 2008年9月.
63) 2,008 国内講演発表 秦野 秀稔, 北條 昌秀, 不破 由晃 : 自律制御を主とする太陽光発電システムの無効電力制御による電圧上昇抑制法, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, No.P27, 2008年9月.
64) 2,008 国内講演発表 酒井 重和, 林 泰弘, 川崎 章司, 松木 純也, 馬場 旬平, 横山 明彦, 北條 昌秀, 若尾 真治, 森 健二郎, 不破 由晃 : ANSWERを用いた分散型電源と配電ネットワークの協調運用実験, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, No.P22, 2008年9月.
65) 2,008 国内講演発表 長尾 宜紀, 伊坂 勝生, 川田 昌武, 太良尾 浩生, 林 則行 : 電磁調理システム周辺の人体の誘導電流の測定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 29, 2008年9月.
66) 2,008 国内講演発表 井本 明花, 松内 尚久, 太良尾 浩生, 林 則行, 川田 昌武 : 肩掛け円環状処理溶接ケーブルによる人体誘導電流の計算, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 27, 2008年9月.
67) 2,008 国内講演発表 Yuta Kishigami, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Investigating Optimal Size of Window to Arrange Antenna in GIS for UHF Method, 2008 Shikoku-Section Joint Convention Record of The Institute of Electrical and Related Engineers, 30, Sep. 2008.
68) 2,008 国内講演発表 Tetsuya Murayama, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Investigating the Impulse Bandwidth of Spectrum Analyzer for the Measurement of EM Waves Emitted from Partial Discharge, 2008 Shikoku-Section Joint Convention Record of The Institute of Electrical and Related Engineers, 31, Sep. 2008.
69) 2,008 国内講演発表 Hisayoshi Kuroshima, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Simulation on Electromagnetic Waves Emitted from Partial Discharge Using Interpolated Method of Moments, 2008 Shikoku-Section Joint Convention Record of The Institute of Electrical and Related Engineers, 32, Sep. 2008.
70) 2,008 国内講演発表 Kiichi Taniguchi, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Estimating the Patterns of Correlation of Brain Waves During the Forefinger Movements Using Directed Transfer Function, 2008 Shikoku-Section Joint Convention Record of The Institute of Electrical and Related Engineers, 411, Sep. 2008.
71) 2,008 国内講演発表 Ye Tian, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Simulation of Influence of Antennas in Received EM Waves Emitted from PD, 2008 Shikoku-Section Joint Convention Record of The Institute of Electrical and Related Engineers, 412, Sep. 2008.
72) 2,008 国内講演発表 横手 優輝, 山中 卓, 寺西 研二, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワー放電によるNOx処理, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 21, 2008年9月.
73) 2,008 国内講演発表 的場 祥幸, 寺西 研二, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワーを用いたバリア放電リアクタにおけるオゾン生成, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 22, 2008年9月.
74) 2,008 国内講演発表 内山 壱郎, 矢野 大輝, 寺西 研二, 下村 直行 : パルスパワーを用いたインジゴカルミン溶液の脱色におけるリアクタ密閉の効果, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 23, 2008年9月.
75) 2,008 国内講演発表 矢野 大輝, 城山 和己, 布川 史章, 寺西 研二, 下村 直行 : 小型ナノ秒パルスパワー発生装置の開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 24, 2008年9月.
76) 2,008 国内講演発表 城山 和己, 矢野 大輝, 寺西 研二, 下村 直行, 宇都 義浩, 堀 均 : ナノ秒パルスパワーの腫瘍へのインビボ印加実験, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 25, 2008年9月.
77) 2,008 国内講演発表 守屋 康平, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : 圧電トランスを用いた小型Xe2*エキシマランプ, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 26, 2008年9月.
78) 2,008 国内講演発表 山本 浩司, 寺西 研二, 下村 直行 : 入射角依存性反射を含む状態方程式を用いた照度分布計算手法と計算技法の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 70, 2008年9月.
79) 2,008 国内講演発表 天羽 晃大, 北條 昌秀, 植田 喜延, 舟橋 俊久 : マイクログリッドにおける無停電電源装置の無負荷時の制御法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.11, 2008年9月.
80) 2,008 国内講演発表 岩瀬 勇太, 北條 昌秀, 植田 喜延, 舟橋 俊久 : 系統連系インバータの容量に応じた不平衡補償の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.12, 2008年9月.
81) 2,008 国内講演発表 渡辺 健人, 北條 昌秀 : 風力発電システムのための直列インバータとピッチ制御による電圧低下補償法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.13, 2008年9月.
82) 2,008 国内講演発表 湊 和幸, 北條 昌秀 : フライングキャパシタ形マルチレベルインバータを用いた交直供給独立電源用変換器の基礎検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.14, 2008年9月.
83) 2,008 国内講演発表 秦野 秀稔, 北條 昌秀, 不破 由晃 : サンプル値データを用いた太陽光発電システムの無効電力制御による電圧上昇抑制法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.3, No.8, 2008年9月.
84) 2,008 国内講演発表 酒井 宣年, 大西 徳生 : 位相追従センサレス制御系統連系方式無停電電源装置, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.10, 2008年9月.
85) 2,008 国内講演発表 山中 建二, 大西 徳生 : センサレス制御とホールICを併用したPMSMの運転手法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.1, 2008年9月.
86) 2,008 国内講演発表 立花 知也, 大西 徳生 : IPMSMのセンサレス制御システムの無効電流による高効率運転, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.3, 2008年9月.
87) 2,008 国内講演発表 栗坂 昌克, 大西 徳生 : センサレス制御によるIPMSMの高速広範囲速度制御特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.4, 2008年9月.
88) 2,008 国内講演発表 十亀 拓也, 大西 徳生 : 異なる電動機のセンサレス複数台駆動, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.5, 2008年9月.
89) 2,008 国内講演発表 林 洋幸, 大西 徳生 : センサレスベクトル制御における誘導電動機複数台駆動電気自動車, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.6, 2008年9月.
90) 2,008 国内講演発表 三原 寛司, 大西 徳生 : 誘導電動機のトルク電流ブースト無効電流制御方式V/f制御システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.8, 2008年9月.
91) 2,008 国内講演発表 皆本 真吾, 大西 徳生 : PMSGを用いたセンサレス制御可変速風力発電システムにおける出力一定制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.15, 2008年9月.
92) 2,008 国内講演発表 坂本 紘基, 大西 徳生 : 二次励磁制御可変速風力発電システムにおける出力一定制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.16, 2008年9月.
93) 2,008 国内講演発表 小西 勝久, 大西 徳生 : センサレス制御可変速風力発電の実験特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.17, 2008年9月.
94) 2,008 国内講演発表 佐藤 大輔, 大西 徳生 : PFC制御を併用した時分割チョッパニッケル水素蓄電池充電装置の満充電検出方式, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.18, 2008年9月.
95) 2,008 国内講演発表 柴田 真隆, 大西 徳生 : 三相インバータモジュールを用いた周波数変換装置, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.19, 2008年9月.
96) 2,008 国内講演発表 小笠原 吉浩, 大西 徳生 : 電源品質補償機能を有する三相無停電電源動作, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.20, 2008年9月.
97) 2,008 国内講演発表 川上 烈生, 稲岡 武, 富永 喜久雄, 平岡 謙作, 工藤 裕貴, 小出 訓之, 向井 孝志 : n-GaNのアルゴンプラズマエッチングダメージ, 平成20年度電気関係学会 四国支部連合大会 講演論文集, 13, 2008年9月.
98) 2,008 国内講演発表 森 一郎, 森本 敏文, 川上 烈生 : 揺らぎを介する二個のビーム電子とイオンの相互作用と集団`CLUMP'の形成, 平成20年度電気関係学会 四国支部連合大会 講演論文集, 12, 2008年9月.
99) 2,008 国内講演発表 酒巻 直樹, 森田 郁朗 : 集中巻IPMSMの多目的最適設計法の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4, No.1, 39, 2008年9月.
100) 2,008 国内講演発表 松田 哲典, 森田 郁朗 : 等価磁気回路モデルによるIPMSMの特性解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4, No.5, 43, 2008年9月.
101) 2,008 国内講演発表 笹森 雄一郎, 森田 郁朗 : 車載用埋込磁石同期モータの高性能化, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4, No.3, 41, 2008年9月.
102) 2,008 国内講演発表 森田 郁朗, 金山 忠司 : 空間高調波を考慮したIPMSMの突極比, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4, No.4, 42, 2008年9月.
103) 2,008 国内講演発表 金山 忠司, 森田 郁朗 : 極数・スロット数の組合せによるIPMSMの特性比較(3), 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4, No.2, 40, 2008年9月.
104) 2,008 国内講演発表 戸張 正崇, 安野 卓, 桑原 明伸, 原田 寛信, 鈴江 宏範 : 気温差および湿度予測値を用いた最大日射量予測値の補正, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.3-7, 2008年9月.
105) 2,008 国内講演発表 北島 孝弘, 曽利 仁, 安野 卓 : 階層型ニューラルネットワークを用いた風速予測システムの精度評価, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.3-10, 2008年9月.
106) 2,008 国内講演発表 藤村 直人, 瀧川 喜義, 松浦 芳彦, 川崎 憲介, 安野 卓 : 遺伝的アルゴリズムを用いた風力出力予測の精度向上, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.3-11, 2008年9月.
107) 2,008 国内講演発表 薬師寺 亮太, 安野 卓, 藤村 直人, 瀧川 喜義, 川崎 憲介 : 偏差持続モデルを用いたファジィ推論による風力発電出力予測, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.3-12, 2008年9月.
108) 2,008 国内講演発表 瀧脇 悟, 安野 卓, 桑島 克典, 桑原 明伸, 原田 寛信 : 歪みゲージを用いた人体の運動状態推定システムの基礎的検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.7-2, 2008年9月.
109) 2,008 国内講演発表 有持 裕紀, 安野 卓, 鈴木 浩司, 桑原 明伸, 原田 寛信 : ディジタルコンパスを用いた自律型移動ロボットの自己位置同定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.7-8, 2008年9月.
110) 2,008 国内講演発表 香川 拓也, 安野 卓, 漆原 史朗, 安野 恵実子 : 遺伝的プログラミングを用いた群掃除ロボットの衝突回避ルール生成, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-1, 2008年9月.
111) 2,008 国内講演発表 鈴木 浩司, 安野 卓, 漆原 史朗, 桑原 明伸, 原田 寛信 : 実群ロボットによる逃避ロボットの協調誘導制御特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-2, 2008年9月.
112) 2,008 国内講演発表 多田 昌幸, 安野 卓, 桑原 明伸, 原田 寛信 : 強化学習を用いた4脚ロボットの起き上がり動作の獲得, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-3, 2008年9月.
113) 2,008 国内講演発表 尾崎 史郎, 安野 卓, 桑原 明伸, 原田 寛信 : ファジィ制御を用いた自律型ATVの軌道追従制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-4, 2008年9月.
114) 2,008 国内講演発表 藤澤 祥, 安野 卓, 由良 諭, 原田 寛信 : 速度および位置偏差フィードバックを有する2軸速度同期化コントローラの制御特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-6, 2008年9月.
115) 2,008 国内講演発表 野上 亮平, 安野 卓, 桑原 明伸, 原田 寛信 : CPGを用いた腱駆動関節のモーションコントロール, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-7, 2008年9月.
116) 2,008 国内講演発表 坂本 卓士, 安野 卓, 桑原 明伸, 原田 寛信 : クローラ式レスキューロボットの試作と遠隔操縦による走行特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-15, 2008年9月.
117) 2,008 国内講演発表 湯浅 健太, 安野 卓, 桑原 明伸, 原田 寛信 : 感圧センサ情報を用いた4脚ロボットの転倒危険度推定と歩行制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-16, 2008年9月.
118) 2,008 国内講演発表 中山 仁, 安野 卓, 桑原 明伸, 原田 寛信 : オムニホイールを用いた4脚車輪型移動ロボットの全方位移動制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-17, 2008年9月.
119) 2,008 国内講演発表 原 宗竜, 安野 卓, 桑原 明伸, 原田 寛信 : 電動車いす運転支援のための振動感覚デバイスの有用性評価, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-18, 2008年9月.
120) 2,008 国内講演発表 桑島 克典, 安野 卓, 桑原 明伸, 原田 寛信 : 屈伸運動における試作膝関節用パワーアシスト装具の制御特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-19, 2008年9月.
121) 2,008 国内講演発表 山根 達也, 安野 卓, 桑原 明伸, 原田 寛信 : ODEを用いた福祉機器開発のための簡易人体運動シミュレータ, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-20, 2008年9月.
122) 2,008 国内講演発表 田中 佑治, 安野 卓, 鈴木 浩司, 安野 恵実子, 桑原 明伸 : 工学教育のための教材「動く座布団」の開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-21, 2008年9月.
123) 2,008 国内講演発表 Kassim Bin Mohamed Anuar, Takashi Yasuno, Akinobu Kuwahara and Hironobu Harada : Stable Motion Control of Quadruped Hopping Robot on Irregular Terrain, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, No.17-44, Sep. 2008.
124) 2,008 国内講演発表 津村 晃弘, 大西 徳生 : 励磁成分電流可変によるセンサレス制御電動パワーステアリング(EPS)駆動特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.8, No.21, 2008年9月.
125) 2,008 国内講演発表 三輪 昌史 : 安定化装置について-リモートコントロールサポートシステム, 無人ヘリテレ推進協議会第6回研修会, 2008年10月.
126) 2,008 国内講演発表 石見 勇貴, 一宮 昌司 : 自動車モデル形状とその周りの流れの関係, 日本機械学会岡山講演会講演論文集, 181-182, 2008年10月.
127) 2,008 国内講演発表 西村 圭史, 一宮 昌司 : 突起列による平板境界層の乱流遷移, --- 乱流くさび干渉領域の特性 ---, 日本機械学会岡山講演会講演論文集, 187-188, 2008年10月.
128) 2,008 国内講演発表 藤村 勇斗, 一宮 昌司 : 円管内助走部で局所撹乱により発生する乱流塊の特性, 日本機械学会岡山講演会講演論文集, 189-190, 2008年10月.
129) 2,008 国内講演発表 三浦 武紘, 一宮 昌司 : 周期撹乱による二次元混合層の乱流遷移の特性, 日本機械学会岡山講演会講演論文集, 191-192, 2008年10月.
130) 2,008 国内講演発表 浮田 浩行, 山中 康行 : 2台のパンチルトカメラとアームロボットを用いた物体追跡, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.108, No.263, 113-118, 2008年10月.
131) 2,008 国内講演発表 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : 圧電トランス型プラズマリアクタの表面電位分布と放電電力の測定, 2008年放電学会年次大会講演論文集(CD-rom), 58, 2008年11月.
132) 2,008 国内講演発表 守屋 康平, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : 圧電トランスを用いたDBD型エキシマランプ, 2008年放電学会年次大会講演論文集(CD-rom), 120, 2008年11月.
133) 2,008 国内講演発表 島田 洋司, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : 圧電トランス型オゾン発生器の電極温度がオゾン生成に及ぼす影響, 2008年放電学会年次大会講演論文集(CD-rom), 121, 2008年11月.
134) 2,008 国内講演発表 川崎 亮介, 桑田 英明, 井内 健介, 大宅 薫, 斉藤 美佐子, 林 輝幸, Jau Jack, 金井 健一 : 電子ビーム照射による絶縁物薄膜の帯電と二次電子放出のシミュレーション, LSIテスティングシンポジウム会議録, 51-56, 2008年11月.
135) 2,008 国内講演発表 越智 永, 岩田 哲郎 : 光電子増倍管複数ダイノード同時正弦波変調方式による高調波信号光の検出法, Optics & Photonics Japan 2008, 2008年11月.
136) 2,008 国内講演発表 和田 佑亮, 岩田 哲郎 : Otto配置表面プラズモン共鳴測定系へのエリプソメトリーの適用 (II), Optics & Photonics Japan 2008, 2008年11月.
137) 2,008 国内講演発表 野中 健太郎, 岩田 哲郎 : 拡張指数関数を用いたヒト歯の蛍光減衰波形の解析, Optics & Photonics Japan 2008, 2008年11月.
138) 2,008 国内講演発表 清遠 弘重, 岩田 哲郎 : 高負荷抵抗接続光電子増倍管と自己回帰モデルに基づく蛍光寿命値の推定法, Optics & Photonics Japan 2008, 2008年11月.
139) 2,008 国内講演発表 宮田 剛, 岩田 哲郎, 荒木 勉 : ゲート動作アバランシェフォトダイオードを用いたYAGセラミックス粉末蛍光寿命測定装置, Optics & Photonics Japan 2008, 2008年11月.
140) 2,008 国内講演発表 大柳 雅明, 岩田 哲郎, 柴田 浩伸 : 光電子増倍管応答遅延時間の波長依存性測定手法の提案, Optics & Photonics Japan 2008, 2008年11月.
141) 2,008 国内講演発表 森 太一, 飯田 賢一, 安野 卓 : 自己位置推定による前方向移動車輌制御, 電気関係学会関西支部連合大会講演論文集, No.G3-11, 2008年11月.
142) 2,008 国内講演発表 浮田 浩行, 劉 寛 : 複数光源イメージスキャナによる三次元物体の形状および反射特性の復元, 第13回パターン計測シンポジウム資料, 41-47, 2008年11月.
143) 2,008 国内講演発表 三輪 昌史, 谷林 宏紀, 松島 誠, 南 潔 : リモートコントロールサポートシステムを用いた無人ヘリの操縦支援, 第51回自動制御連合講演会, 705, 2008年11月.
144) 2,008 国内講演発表 清水 勝宏, 滝塚 知典, 大宅 薫, 井内 健介, 仲野 友英, 高山 有道, 川島 寿人 : 非接触プラズマにおける不純物輸送のダイバータ統合モデリング, プラズマ・核融合学会25回年会, 2008年12月.
145) 2,008 国内講演発表 井上 満夫, 井内 健介, 大宅 薫, 冨田 幸博, 河村 学思, 田辺 哲朗 : 炭化水素のタイル再付着分布に及ぼすギャップ近傍のプラズマの影響, プラズマ・核融合学会25回年会, 2008年12月.
146) 2,008 国内講演発表 茂原 直秀, 井内 健介, 大宅 薫, 菊原 康之, 伊藤 篤史, 中村 浩章, 田辺 哲朗 : プラズマ対向壁に斜め入射する炭化水素の表面反射のMDシミュレーション, プラズマ・核融合学会25回年会, 2008年12月.
147) 2,008 国内講演発表 大宅 薫 : プラズマ対向壁の損耗・再堆積のシミュレーションの現状と展望, 未来エネルギー協会講演会, 2008年12月.
148) 2,008 国内講演発表 Kaoru Ohya, Kensuke Inai and 菊原 康之 : Simulation of Erosion and Redeposition on Plasma Facing Walls, 第7回統合コード研究会, Dec. 2008.
149) 2,008 国内講演発表 北條 昌秀 : 太陽光発電システムの系統連系インバータによる系統電圧ひずみの補償, 2008年12月.
150) 2,008 国内講演発表 大宅 薫 : プラズマ材料相互作用のシミュレーション研究, PWI合同研究会, 2008年12月.
151) 2,008 国内講演発表 末包 哲也, 細川 貴寛, 松本 拓也 : 岩石内気泡トラップのポアスケール計測, 平成21年度資源・素材学会春期大会講演集, Vol.(I), 13-16, 2009年.
152) 2,008 国内講演発表 浮田 浩行, 劉 寛 : 複数の光源によるスキャナ画像からの3次元形状と反射特性の推定, 電気学会研究会資料, Vol.IP-09-1∼12,IIS-09-1∼12, 7-12, 2009年2月.
153) 2,008 国内講演発表 岩佐 浩行, 福富 純一郎, 重光 亨, 西 泰行 : 高比速度斜流ポンプに関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2009年3月.
154) 2,008 国内講演発表 矢野 忠寛, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転形小型軸流ファンの性能特性と内部流れ, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2009年3月.
155) 2,008 国内講演発表 名定 亮一, 福富 純一郎, 重光 亨 : 小型ポンプのチップクリアランスが性能と内部流れに及ぼす影響に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2009年3月.
156) 2,008 国内講演発表 白井 祐太郎, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転羽根車を用いた多翼ファンにおける内部流動状態, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2009年3月.
157) 2,008 国内講演発表 石田 直樹, 住友 尚志, 福富 純一郎, 重光 亨 : 圧力式乳化機の内部流れと乳化効果, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2009年3月.
158) 2,008 国内講演発表 松岡 司, 境 真太郎, 重光 亨, 福富 純一郎 : 未加硫ゴムの圧縮成形時における流動現象と不均一充填に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2009年3月.
159) 2,008 国内講演発表 辻 政範, 石原 国彦 : 枝管型消音器の改良に関する研究, 日本機械学会中国四国支部第47期総会講演会論文集, 583-586, 2009年3月.
160) 2,008 国内講演発表 宮本 高徳, 石原 国彦 : 空力自励音の発生メカニズムの解明と対策法, --- ダクト内管群数と音響減衰の共鳴に及ぼす影響 ---, 日本機械学会中国四国支部第47期総会講演会論文集, 583-586, 2009年3月.
161) 2,008 国内講演発表 西村 圭史, 一宮 昌司 : 突起列による平板境界層の乱流遷移, --- 乱流くさび衝突による影響 ---, 日本機械学会中国四国支部第47期総会·講演会講演論文集, 225-226, 2009年3月.
162) 2,008 国内講演発表 三浦 武紘, 一宮 昌司 : 周期的撹乱による二次元混合層の乱流遷移, --- 振動板先端からの剥離の影響 ---, 日本機械学会中国四国支部第47期総会·講演会講演論文集, 181-182, 2009年3月.
163) 2,008 国内講演発表 藤村 勇斗, 一宮 昌司 : 円管内助走部境界層の乱流遷移過程, --- 局所撹乱によって発生した孤立乱流塊 ---, 日本機械学会中国四国支部第47期総会·講演会講演論文集, 219-220, 2009年3月.
164) 2,008 国内講演発表 米田 道生, 日野 順市, 栗本 政雄 : 部分空間法による動特性が変動する系のモード特性同定, 日本機械学会中国四国支部第47期総会・講演会 講演論文集, No.095-1, 395-396, 2009年3月.
165) 2,008 国内講演発表 川上 真平, 日野 順市, 栗本 政雄 : VCCおよびNNによるトラッククレーンの振動制御, 日本機械学会中国四国支部第47期総会・講演会 講演論文集, No.095-1, 421-422, 2009年3月.
166) 2,008 国内講演発表 松田 和也, 日野 順市, 栗本 政雄 : SMA動吸振器による構造物の振動制御に関する研究, 日本機械学会中国四国支部第47期総会・講演会 講演論文集, No.095-1, 441-442, 2009年3月.
167) 2,008 国内講演発表 石見 勇貴, 一宮 昌司 : 自動車モデル形状とその周りの流れの関係, --- モデル後流の速度変動の様相 ---, 日本機械学会中国四国支部第47期総会·講演会講演論文集, 75-76, 2009年3月.
168) 2,008 国内講演発表 森 健人, 高木 均, 溝渕 啓, 草野 剛嗣 : プレス成形した爆砕竹の強度特性, JCOM-38講演論文集, 318-319, 2009年3月.
169) 2,008 国内講演発表 日野 順市, 吉村 崇 : 周波数領域部分空間法による振動特性の同定, 日本設計工学会四国支部平成20年度研究発表講演会 講演論文集, 15-18, 2009年3月.
170) 2,008 国内講演発表 守屋 康平, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : 圧電トランスを用いた小型Xe2*エキシマランプの開発, 平成21年電気学会全国大会講演論文集, 230, 2009年3月.
171) 2,008 国内講演発表 横手 優輝, 山中 卓, 布川 史章, 寺西 研二, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワーを用いたNOx処理におけるリアクタ設定最適条件の検討, 平成21年電気学会全国大会講演論文集, 212, 2009年3月.
172) 2,008 国内講演発表 内山 壱郎, 矢野 大輝, 寺西 研二, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワーを用いたインジゴカルミン溶液の脱色における酸素ガスの効果, 平成21年電気学会全国大会講演論文集, 214, 2009年3月.
173) 2,008 国内講演発表 城山 和己, 矢野 大輝, 寺西 研二, 下村 直行, 宇都 義浩, 堀 均 : 腫瘍へのナノ秒パルスパワー印加インビボ実験, 平成21年電気学会全国大会講演論文集, 219, 2009年3月.
174) 2,008 国内講演発表 Kiichi Taniguchi, Masatake Kawada, Katsuo Isaka and Richard M Leahy : Comparison of EEG During Right and Left Forefinger Movements Using Directed Transfer Function, National Convention Record I.E.E. Japan, Mar. 2009.
175) 2,008 国内講演発表 Tetsuya Murayama, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Effect of Spectrum Analyzer's Resolutin Bandwidth on the Measurement of EM Waves Emitted from PD in Multipath-rich Environment, National Convention Record I.E.E. Japan, Mar. 2009.
176) 2,008 国内講演発表 Ye Tian, Masatake Kawada and Katsuo Isaka : Study on Influence of Mutual Coupling of Antenna Array and Noise on Received EM Waves Emitted from PF by Using FDTD, National Convention Record I.E.E. Japan, Mar. 2009.
177) 2,008 国内講演発表 秦野 秀稔, 北條 昌秀, 小林 直樹, 不破 由晃 : 太陽光発電システム群の無効電力制御における発電電力変動の影響, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.277, 448, 2009年3月.
178) 2,008 国内講演発表 渡辺 健人, 北條 昌秀 : 直列インバータとピッチ制御による風力発電システムにおけるFault Ride-Throughの検討, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.275, 445, 2009年3月.
179) 2,008 国内講演発表 湊 和幸, 北條 昌秀 : フライングキャパシタ形マルチレベルコンバータを用いた直流給配電システムの検討, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.268, 434, 2009年3月.
180) 2,008 国内講演発表 石本 寛幸, 山中 建二, 大西 徳生 : 位相追従形センサレス制御インバータによるSynRMの駆動実験特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.094, 161, 2009年3月.
181) 2,008 国内講演発表 三原 寛司, 大西 徳生 : 無効電流制御による誘導電動機V/f制御特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.088, 153, 2009年3月.
182) 2,008 国内講演発表 十亀 拓也, 石本 寛幸, 大西 徳生 : 位相追従形センサレス制御インバータによる誘導同期リラクタンス電動機の始動特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.093, 160, 2009年3月.
183) 2,008 国内講演発表 坂本 紘基, 大西 徳生 : 巻線型誘導電動機のセンサレス駆動実験特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.092, 159, 2009年3月.
184) 2,008 国内講演発表 津村 晃弘, 大西 徳生 : 位置センサレス制御による電動パワーステアリング(EPS)駆動の検討, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.097, 164, 2009年3月.
185) 2,008 国内講演発表 佐藤 大輔, 大西 徳生 : EDLC直列接続型Ni-MH蓄電池の並列充電制御, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.130, 221, 2009年3月.
186) 2,008 国内講演発表 石原 国彦, 田島 耕介 : 流れを伴う空気浮上物体の固有振動数について, 関西支部第84 期総会·講演会講演論文集, 2009年3月.
187) 2,008 国内講演発表 柴田 真隆, 大西 徳生 : 三相インバータモジュールを用いた二相電力変換における出力電圧の増大化, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.028, 50, 2009年3月.
188) 2,008 国内講演発表 栗坂 昌克, 大西 徳生 : PWM・PAM併用制御によるIPMSMの位相追従形センサレス駆動特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.103, 174, 2009年3月.
189) 2,008 国内講演発表 立花 知也, 山中 建二, 大西 徳生 : IPMSMのセンサレス電流ベクトル制御高効率運転, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.110, 187, 2009年3月.
190) 2,008 国内講演発表 寺西 研二, 島田 洋司, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : 圧電トランス型オゾナイザの電極温度がオゾン生成に及ぼす影響, 平成21年電気学会全国大会講演論文集, 140, 2009年3月.
191) 2,008 国内講演発表 小林 和人, 山口 宗彦, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : 放電の自己組織化現象と誘電体電極上の蓄積電荷, 平成21年電気学会全国大会講演論文集, 98-99, 2009年3月.
192) 2,008 国内講演発表 飯田 賢一, 森 太一, 安野 卓 : 走行環境を考慮した全方位移動車両の制御システム, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.4-250, 413, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1) 2,008 その他・研究会 井内 健介, 大宅 薫 : castellation geometry タイル表面における炭化水素の再付着シミュレーション, 周辺プラズマモデリング研究会, 2008年7月.
2) 2,008 その他・研究会 酒井 重和, 林 泰弘, 川崎 章司, 松木 純也, 馬場 旬平, 横山 明彦, 北條 昌秀, 若尾 真治, 森 健二郎, 不破 由晃 : ANSWER を用いた分散型電源と配電ネットワークの協調運用形態の検証実験, 電気学会研究会資料, Vol.PE-08(PSE-08), No.21(30), 1-6, 2008年8月.
3) 2,008 その他・研究会 金山 忠司, 森田 郁朗 : 埋込磁石同期モータの極数とスロット数の組合せによる特性比較, 回転機研究会資料, Vol.RM-08, No.36, 19-24, 2008年8月.
4) 2,008 その他・研究会 酒巻 直樹, 森田 郁朗 : 集中巻埋込磁石同期モータの多目的最適設計法の検討, 回転機研究会資料, Vol.RM-08, No.37, 25-30, 2008年8月.
5) 2,008 その他・研究会 佐伯 修, 三谷 康範, 渡邊 政幸, 北條 昌秀, 鵜飼 裕之 : 多地点同期フェーザ量計測データ検索・提供システムの高機能化, 電気学会研究会資料, Vol.PE-08(PSE-08), No.73(82), 49-53, 2008年8月.
6) 2,008 その他・研究会 佐藤 典幸, 橋口 卓平, 合田 忠弘, 三谷 康範, 渡邊 政幸, 佐伯 修, 北條 昌秀, 鵜飼 裕之 : 多地点同期フェーザ量計測値に基づく電力需要変動の構成法に関する検証, 電気学会研究会資料, Vol.PE-08(PSE-08), No.75(84), 59-64, 2008年8月.
7) 2,008 その他・研究会 北條 昌秀, 三谷 康範, 鵜飼 裕之, 佐伯 修 : 多地点同期位相計測結果の統計量の特徴抽出とその考察, 電気学会研究会資料, Vol.PE-08(PSE-08), No.76(85), 65-69, 2008年8月.
8) 2,008 その他・研究会 西村 圭史, 一宮 昌司 : 突起列による平板上の乱流くさび干渉領域, 第55回西日本乱流研究会講演論文集, 2008年8月.
9) 2,008 その他・研究会 三浦 武紘, 一宮 昌司 : 周期的撹乱による二次元混合層の乱流遷移, 第55回西日本乱流研究会講演論文集, 2008年8月.
10) 2,008 その他・研究会 刈谷 学, 川崎 修, 安野 卓 : 非線形オートチューニングコントローラを用いた油圧理蓋の同調制御, 第13回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集, 174-178, 2008年9月.
11) 2,008 その他・研究会 原 宗竜, 安野 卓, 桑原 明伸, 原田 寛信 : 電動車いすのための触覚振動デバイスを用いた運転支援システムの評価, 第13回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集, 45-48, 2008年9月.
12) 2,008 その他・研究会 桑島 克典, 安野 卓, 桑原 明伸, 原田 寛信 : バネ機構を有する膝関節用パワーアシスト装具の制御特性, 第13回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集, 59-62, 2008年9月.
13) 2,008 その他・研究会 香川 拓也, 安野 卓, 漆原 史朗, 安野 恵実子 : GPを用いた群掃除ロボットの行動制御, 第13回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集, 275-278, 2008年9月.
14) 2,008 その他・研究会 安野 卓, 野上 亮平, 濱本 健太郎, 桑原 明伸, 原田 寛信 : 駆動電流フィードバック型CPGネットワークを用いた4脚ロボットの適応的歩容制御, 電気学会研究会資料, No.IIC-08-153, 21-26, 2008年9月.
15) 2,008 その他・研究会 下村 直行, 森田 郁朗, 安野 卓, 北條 昌秀, 川田 昌武, 寺西 研二, 大西 徳生 : 電気電子工学実験の試み, --- 少人数教育から見えてくるもの ---, 電気学会研究会資料, Vol.FIE-08, No.2, 11-15, 2008年9月.
16) 2,008 その他・研究会 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : 圧電トランス型プラズマリアクタの表面電位と放電電力空間分布, 放電研究, Vol.51, No.4, 22-23, 2008年11月.
17) 2,008 その他・研究会 藤村 直人, 安野 卓, 瀧川 喜義, 薬師寺 亮太, 川崎 憲介 : 偏差持続モデルに基づくファジィ推論を用いた風力発電の出力予測, 第30回風力エネルギー利用シンポジウム, 201-204, 2008年11月.
18) 2,008 その他・研究会 曽利 仁, 安野 卓 : リカレント型ニューラルネットワークを用いた短時間先風速予測, 第30回風力エネルギー利用シンポジウム, 125-128, 2008年11月.
19) 2,008 その他・研究会 北條 昌秀, 湊 和幸 : フライングキャパシタ形マルチレベルインバータで構成した直流給配電システムについての基礎検討, 電気学会研究会資料, Vol.PE-08, No.161, 25-28, 2008年11月.
20) 2,008 その他・研究会 北條 昌秀, 三谷 康範 : 同期位相計測に基づくSSSCを用いた電力動揺線形化による系統安定度向上, 電気学会研究会資料, Vol.PE-08, No.170, 25-29, 2008年12月.
21) 2,008 その他・研究会 北條 昌秀, 岩瀬 勇太, 天羽 晃大, 植田 喜延, 舟橋 俊久 : マイクログリッドにおける電力品質向上のための三相インバータの制御方式, 電気学会研究会資料, Vol.PSE-09, No.8, 47-52, 2009年1月.
22) 2,008 その他・研究会 三谷 康範, 景山 拓弥, 李 長松, 渡邊 政幸, 鵜飼 裕之, 佐伯 修, 北條 昌秀 : キャンパスWAMSを用いた電力系統動特性長期監視結果, 電気学会研究会資料, Vol.PSE-09, No.5, 25-30, 2009年1月.
23) 2,008 その他・研究会 西尾 洋輔, 坪井 清浩, 太田 豊, 鵜飼 裕之, 北條 昌秀, 佐伯 修, 渡邊 政幸, 三谷 康範, 青木 睦 : Campus PMU/WAMS による電力システムの外乱検出, 電気学会研究会資料, Vol.PSE-09, No.7, 41-46, 2009年1月.
24) 2,008 その他・研究会 小西 勝久, 大西 徳生 : 誘導機を用いたセンサレス制御可変速風力発電システム, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-09, No.14, 81-86, 2009年1月.
25) 2,008 その他・研究会 酒井 宣年, 大西 徳生 : 位相追従センサレス制御系統連系方式無停電電源装置, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-09, No.18, 105-109, 2009年1月.
26) 2,008 その他・研究会 小笠原 吉浩, 大西 徳生 : トランスレス直並列インバータ制御電源品質補償装置, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-09, No.19, 111-115, 2009年1月.
27) 2,008 その他・研究会 林 洋幸, 大西 徳生 : センサレス制御による複数台誘導電動機駆動電気自動車, 電気学会研究会資料, Vol.VT-09, No.25, 2009年1月.
28) 2,008 その他・研究会 山中 建二, 大西 徳生 : センサレス制御による埋め込み磁石同期電動機駆動電気自動車, 電気学会研究会資料, Vol.VT-09, No.24, 2009年1月.
29) 2,008 その他・研究会 川上 烈生, 下村 直行, 富永 喜久雄, 井上 廉 : 電気電子工学科における新入生の学業実態 ∼アンケート分析∼, 徳島大学工学部FD工学教育シンポジウム2009, 27-33, 2009年3月.
30) 2,008 その他・研究会 Kassim Bin Mohamed Anuar and Takashi Yasuno : Motion Control for Quadruped Hopping Robot Using CPG Networks with Mechanical Dynamics, National Convention Record I.E.E. Japan, Vol.4, No.4-S21-8, S21(29)-(32), Mar. 2009.

2008年度(平成20年度) / 報告書

1) 2,008 報告書 水口 裕之, 木戸口 善行, 八房 智顯, 犬伏 宏行 : バイオマスエネルギー資源の利活用による分散型エネルギー社会の構築に係る要素技術の開発とその適用システムに関する研究, 2008年4月.
2) 2,008 報告書 川上 烈生 : 紫外線LEDを利用した柑橘類の品質維持の可能性に関する研究, 財団法人 阿波銀行学術・文化振興財団,平成19年度(第12回)学術部門助成報告書, 日本, 2008年4月.
3) 2,008 報告書 川上 烈生 : ワイドギャップ半導体用の高性能・低コスト・ドライ洗浄装置の開発, JSTイノベーションサテライト徳島,平成19年度研究成果実用化検討(FS)研究報告書, 日本, 2008年4月.
4) 2,008 報告書 安野 卓 : ロボットのインテリジェントコントロール, 技術交流会2008 基調報告, 37-44, 2008年8月.
5) 2,008 報告書 川上 烈生 : 窒化物系半導体デバイスのためのプラズマ誘因ダメージレスナノプロセス装置の研究開発, 平成20年度教育研究等支援事業(学長裁量経費)報告書, 日本, 2009年1月.
6) 2,008 報告書 川上 烈生 : 高周波アルゴンプラズマによる衝撃粒子エネルギー分布と粒子束の解析, 平成20年度核融合科学研究所LHD数値解析システム利用共同研究報告書, 日本, 2009年3月.
7) 2,008 報告書 川上 烈生 : UV-LEDと光触媒のシナジー効果による果実の鮮度維持技術の開発研究, 徳島大学研究連携推進機構(知的財産本部),産学連携研究者育成支援事業, 日本, 2009年3月.
8) 2,008 報告書 川上 烈生 : UV-LEDによる光触媒酸化作用を用いた果実の汎用型鮮度維持装置の開発研究, JSTイノベーションサテライト徳島,平成20年度シーズ発掘試験(A), 日本, 2009年3月.

2009年度(平成21年度)

article.{@.date="20090400 20100399" @.organization=\E{140078}}

2009年度(平成21年度) / 著書

1) 2,009 著書 三輪 昌史 : RCヘリ完全制御に関する徳島大学研究日誌, 株式会社枻出版社, 2009年7月.
2) 2,009 著書 三輪 昌史 : RCヘリ完全制御に関する徳島大学研究日誌, 株式会社枻出版社, 2009年8月.
3) 2,009 著書 三輪 昌史 : RCヘリ完全制御に関する徳島大学研究日誌, 株式会社枻出版社, 2009年9月.
4) 2,009 著書 森田 郁朗 : ∼HEV,EV化に向けた∼車載用モータとその制御・応用, 株式会社トリケップス, 東京, 2009年9月.
5) 2,009 著書 三輪 昌史 : RCヘリ完全制御に関する徳島大学研究日誌, 株式会社枻出版社, 2009年10月.
6) 2,009 著書 三輪 昌史 : RCヘリ完全制御に関する徳島大学研究日誌, 株式会社枻出版社, 2009年11月.
7) 2,009 著書 Masafumi Miwa, Hiroyasu Sakabe, Kenji Nagase, Yasuhiro Kosimoto and Shigeki Tuchitani : Study on One-legged Robot Jumping, Springer-Verlag, Jan. 2010.
8) 2,009 著書 Masafumi Miwa, Ittetsu Shiraishi, Makoto Matsushima and Kiyoshi Minami : Remote Control Support System for R/C Helicopter, Springer-Verlag, Jan. 2010.
9) 2,009 著書 大西 徳生, 魚崎 泰弘, 前田 健一, 獅々堀 正幹, 中野 晋, 多田 吉宏, 玉谷 純二, 下村 直行, 三神 厚, 倉科 昌, 中村 真紀, 杉山 茂, 小澤 将人, 山本 裕紹, 黒田 トクエ, 田端 厚之, 佐々木 由香, 島木 美香 : 安全マニュアル, 工学部, 徳島, 2010年2月.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,009 学術論文 (審査論文) 山中 建二, 大西 徳生 : 永久磁石同期電動機の位相追従同期形センサレス制御システム, 電気学会論文誌D (産業応用部門誌), Vol.129, No.4, 432-437, 2009年.
2) 2,009 学術論文 (審査論文) 八房 智顯, 川上 淳, 木戸口 善行, アミール カリドゥ, 藤田 恭史, 大前 和広 : 過給・スワール強度・燃料噴射圧力がディーゼル噴霧の発達および燃焼に及ぼす影響, 自動車技術会論文集, Vol.40, No.3, 755-761, 2009年.
3) 2,009 学術論文 (審査論文) K. Shimizu, T. Takizuka, Kaoru Ohya, Kensuke Inai, T. Nakano, A. Takayama, H. Kawashima and K. Hoshino : Kinetic modelling og impurity transport in detached plasma for integrated divertor simulation with SONIC (SOLDOR/NEUT2D/IMPMC/EDDY), Nuclear Fusion, Vol.49, No.6, 065028, 2009.
4) 2,009 学術論文 (審査論文) 藤村 直人, 安野 卓, 薬師寺 亮太, 瀧川 喜義, 川崎 憲介 : 自己調整ファジィ推論と偏差持続モデルを用いた簡易風力発電出力予測システム, 電気学会論文誌B (電力・エネルギー部門誌), Vol.129, No.5, 614-620, 2009年.
5) 2,009 学術論文 (審査論文) 杉山 茂, 稲岡 武, 杉野 彰一, 大西 徳生 : 工学離れを防 ぐ''科学体験フェスティバル in 徳島''の現状と波及効果, 工学教育, Vol.57, No.3, 14-19, 2009年.
6) 2,009 学術論文 (審査論文) 松崎 健一郎, 近藤 孝広, 宗和 伸行, 潮田 貴之, 篠崎 淳, 園部 元康 : 部分空間制御法を用いた2リンクフレキシブルマニピュレータのCP制御, 日本機械学会論文集(C編), Vol.75, No.753, 1397-1404, 2009年.
7) 2,009 学術論文 (審査論文) Y. Ueda, M. Fukumoto, A. Yamawaki, Y. Soga, Y. Ohtsuka, S. Brezinsek, T. Hirai, A. Kirschner, A. Kreter, A. Litnovsky, V. Philipps, A. Pospieszczyk, B. Schweer, G. Sergienko, T. Tanabe, K. Sugiyama, Kaoru Ohya, N. Ohno and TEXTOR team : Effects of tungsten surface conditions on carbon deposition, Journal of Nuclear Materials, Vol.390-391, 44-48, 2009.
8) 2,009 学術論文 (審査論文) Daiji Kato, Takahiro Kenmotsu, Kaoru Ohya and Tetsuo Tanabe : Excited state distribution of reflected hydrogen atoms at metal surfaces - Development of theoretical models, Journal of Nuclear Materials, Vol.390-391, 498-501, 2009.
9) 2,009 学術論文 (審査論文) Kaoru Ohya, Y. Kikuhara, Kensuke Inai, A. Kirschner, D. Borodin, A. Ito, H. Nakamura and T. Tanabe : Simulation of hydrocarbon reflection from carbon and tungsten surfaces and its impact on codeposition patterns on plasma facing components, Journal of Nuclear Materials, Vol.390-391, 72-75, 2009.
10) 2,009 学術論文 (審査論文) Kensuke Inai, Kaoru Ohya, Y. Tomita, A. Kirschner, A. Litnovsky and T. Tanabe : Simulation of redeposition of carbon/hydrocarbon on a material surface with castellated structures, Journal of Nuclear Materials, Vol.390-391, 119-122, 2009.
11) 2,009 学術論文 (審査論文) K. Hoshino, M. Toma, M. Furubayashi, A. Hatayama, Kensuke Inai and Kaoru Ohya : Numerical analysis of incident angle of heavy metal impurity to plasma facing components by IMPGYRO, Journal of Nuclear Materials, Vol.390-391, 168-171, 2009.
12) 2,009 学術論文 (審査論文) M. Toma, K. Hoshino, Kensuke Inai, M. Furubayashi, A. Hatayama and Kaoru Ohya : Coupled IMPGYRO-EDDY simulation of tungsten impurity transport in tokamak geometry, Journal of Nuclear Materials, Vol.390-391, 207-210, 2009.
13) 2,009 学術論文 (審査論文) 川崎 章司, 林 泰弘, 松木 純也, 菊谷 裕隆, 北條 昌秀 : 分散型電源が連系された配電ネットワークにおけるアクティブフィルタの最適設置決定手法, 電気学会論文誌B (電力・エネルギー部門誌), Vol.129, No.6, 733-744, 2009年.
14) 2,009 学術論文 (審査論文) Tetsuo Iwata, Hisashi Ochi and Tsutomu Araki : A Proposal of a Pseudo-Lock-in Light-Detection Scheme by Sinusoidal Modulation of Bias Voltages Applied to Two Dynodes in a Photomultiplier Tube, Measurement Science & Technology, Vol.20, No.6, 065901-8, 2009.
15) 2,009 学術論文 (審査論文) 石原 国彦, 宮本 高徳, 吉田 侑加 : 管群を有するダクト内の音速評価に関する研究, 日本機械学会論文集(C編), Vol.75, No.754, 1656-1663, 2009年.
16) 2,009 学術論文 (審査論文) 西 泰行, 藤原 亮太, 福富 純一郎 : 一枚羽根遠心羽根車の設計法に関する研究, 日本機械学会論文集(B編), Vol.75, No.754, 1320-1328, 2009年.
17) 2,009 学術論文 (審査論文) Syo Fujisawa, Takashi Yasuno, Satoshi Yura, Kenichi Iida and Hironobu Harada : High-Speed Synchronization of Two-Axis Speed Servo System Using PI-Type Synchronizing Controller, Journal of Signal Processing, Vol.13, No.4, 359-362, 2009.
18) 2,009 学術論文 (審査論文) Yasuyuki Nishi and Junichiro Fukutomi : A Study of Performance and Internal Flow in a New Type of Sewage Pump, International Journal of Fluid Machinery and Systems, Vol.2, No.3, 239-247, 2009.
19) 2,009 学術論文 (審査論文) Yoshio Tanimoto, Yasuhiko Rokumyo, Kazunari Furusawa, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Adjustment of Computer Input Device for Patients With Tetraplegia by Using a Mouse Cursor Locus Image, IEEE Transactions on Instrumentation and Measurement, Vol.58, No.7, 2094-2101, 2009.
20) 2,009 学術論文 (審査論文) Motomichi Sonobe, Takahiro Kondou, Nobuyuki Sowa and Kenichiro Matsuzaki : Study on Subspace Control Based on Modal Analysis (1st Report: Application to Swing-Up Control of an Inverted Pendulum System), Journal of System Design and Dynamics, Vol.3, No.3, 344-355, 2009.
21) 2,009 学術論文 (審査論文) Taiki Yano, Naoyuki Shimomura, Ichiro Uchiyama, Fumiaki Fukawa, Kenji Teranishi and Hidenori Akiyama : Decolorization of Indigo Carmine Solution Using Nanosecond Pulsed Power, IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation, Vol.16, No.4, 1081-1087, 2009.
22) 2,009 学術論文 (審査論文) A. Yamawaki, M. Fukumoto, Y. Soga, Y. Ueda and Kaoru Ohya : Temperature dependence of carbon deposition on tungsten, Fusion Science and Technology, Vol.56, No.2, 1038-1042, 2009.
23) 2,009 学術論文 (審査論文) Retsuo Kawakami, Takeshi Inaoka, Kikuo Tominaga and Mukai Takashi : Effects of Capacitively Coupled Radio Frequency Krypton and Argon Plasmas on Gallium Nitride Etching Damage, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.48, No.8, 08HF01-1-08HF01-4, 2009.
24) 2,009 学術論文 (審査論文) Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura, Susumu Suzuki and Haruo Itoh : Development of Dielectric Barrier Discharge-Type Ozone Generator Constructed with Piezoelectric Transformers: Effect of Dielectric Electrode Materials on Ozone Generation, Plasma Sources Science and Technology, Vol.18, No.4, 045011-(10pp), 2009.
25) 2,009 学術論文 (審査論文) 西 泰行, 藤原 亮太, 福富 純一郎 : 一枚羽根遠心ポンプのラジアルスラスト, 日本機械学会論文集(B編), Vol.75, No.754, 1634-1641, 2009年.
26) 2,009 学術論文 (審査論文) Hiroyuki Ukida, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : 3D shape, color and specular estimation using an image scanner with multiple illuminations, Measurement Science & Technology, Vol.20, No.10, 104014-(10pp), 2009.
27) 2,009 学術論文 (審査論文) Yasuyuki Nishi, Nobuyuki Matsuo and Junichiro Fukutomi : A Study on Internal Flow in a New Type of Sewage Pump (1st Report, Comparison between Experiment and CFD Calculation), Journal of Fluid Science and Technology, Vol.4, No.3, 648-660, 2009.
28) 2,009 学術論文 (審査論文) Yasuyuki Nishi, Nobuyuki Matsuo and Junichiro Fukutomi : A Study on Internal Flow in a New Type of Sewage Pump (2nd Report, Influence of Impeller Blade Loading and Volute Casing), Journal of Fluid Science and Technology, Vol.4, No.3, 661-672, 2009.
29) 2,009 学術論文 (審査論文) 石原 国彦 : 開口部を有する直管ダクトから発生する流体音特性, 日本機械学会論文集(C編), Vol.75, No.757, 2521-2528, 2009年.
30) 2,009 学術論文 (審査論文) 八房 智顯, 木戸口 善行, 宮本 貴之, アミル カーリードゥ, 川上 淳, 大前 和広 : 雰囲気密度および温度がディーゼル噴霧の発達と燃焼に及ぼす影響, 自動車技術会論文集, Vol.40, No.5, 1235-1241, 2009年.
31) 2,009 学術論文 (審査論文) Yasuyuki Nishi, Nobuyuki Matsuo and Junichiro Fukutomi : Loss Analysis of a New Type of Sewage Pump, Journal of Environment and Engineering, Vol.4, No.2, 362-374, 2009.
32) 2,009 学術論文 (審査論文) 八房 智顯, 木戸口 善行, アブドゥラー アダム, 五味 智紀 : 長距離顕微シャドウグラフ撮影によるディーゼル噴霧の液滴径計測, 微粒化, Vol.18, No.63, 88-95, 2009年.
33) 2,009 学術論文 (審査論文) Kensuke Inai, Kaoru Ohya, G. Kawamura and Y. Tomita : An EDDY-PIC Simulation of Co-deposition of Hydrogen Isotopes on a Castellated Structure of Plasma Facing Tiles, Journal of Plasma and Fusion Research Series, Vol.8, 433-437, 2009.
34) 2,009 学術論文 (審査論文) Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Kikuhara Y., Nakano T., Kawata J., Kawazome H., Ueda Y. and Tanabe T. : Transport of Heavy Hydrocarbon and its Redeposition on Plasma Facing Walls, Journal of Plasma and Fusion Research Series, Vol.8, 419-424, 2009.
35) 2,009 学術論文 (審査論文) M. Toma, K. Hoshino, Kensuke Inai, M. Ishida, A. Hatayama and Kaoru Ohya : Analysis of the high-Z impurity transport in a Tokamak by the IMPGYRO code, Journal of Plasma and Fusion Research Series, Vol.8, 1116-1119, 2009.
36) 2,009 学術論文 (審査論文) Toru Shigemitsu, Akinori Furukawa, Satoshi WATANABE, Kusuo OKUMA and Junichiro Fukutomi : Internal Flow Measurement with LDV at Design Point of Contra-Rotating Axial Flow Pump, Journal of Fluid Science and Technology, Vol.4, No.3, 723-734, 2009.
37) 2,009 学術論文 (審査論文) Kunihiko Ishihara and Gen Kitayama : Study on Influence of Tube Arrays on Fluid Elastic Instability, Journal of System Design and Dynamics, Vol.3, No.5, 853-865, 2009.
38) 2,009 学術論文 (審査論文) Takuji Nakashima, Makoto Tsubokura, Takahide Nouzawa, Takaki Nakamura and Masashi Ichimiya : Flow Structures above the Trunk Deck of Sedan-Type Vehicles and Their Influence on High-Speed Vehicle Stability 2nd report: Numerical Investigation on Simplified Vehicle Models using Large-Eddy Simulation, SAE International Journal of Passenger Cars - Mechanical Systems, Vol.2, No.1, 157-167, 2009.
39) 2,009 学術論文 (審査論文) 飯田 賢一, 森 太一, 安野 卓 : 球状車輪型全方向移動車輌のファジィ制御, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.129, No.11, 2019-2026, 2009年.
40) 2,009 学術論文 (審査論文) 布川 史章, 下村 直行, 矢野 大輝, 寺西 研二 : ナノ秒パルスパワー電源装置の開発, 電気設備学会誌, Vol.29, No.11, 956-962, 2009年.
41) 2,009 学術論文 (審査論文) Tetsuo Iwata, Ritsuki Ito, Yasuhiro Mizutani and Tsutomu Araki : Autoregressive-Model-based Fluorescence-Lifetime Measurements by Phase-Modulation Fluorometry Using a Pulsed-Excitation Light Source and a High-Gain Photomultiplier Tube, Applied Spectroscopy, Vol.63, No.11, 1256-1261, 2009.
42) 2,009 学術論文 (審査論文) 住友 尚志, 福富 純一郎, 重光 亨, 石田 直樹, 吉村 圭央 : 圧力式ホモジナイザーにおける内部流れと乳化効果の研究, 日本機械学会論文集(B編), Vol.75, No.759, 2199-2206, 2009年.
43) 2,009 学術論文 (審査論文) Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi and Yuichi TAKEYAMA : Study on Performance Improvement of Cross-Flow Wind Turbine with Symmetrical Casing, Journal of Environment and Engineering, Vol.4, No.3, 490-501, 2009.
44) 2,009 学術論文 (審査論文) Kaoru Ohya and Andreas Kirschner : Modeling of erosion and deposition by the Monte Carlo codes EDDY and ERO, Physica Scripta, Vol.T138, 014010-(7pp), 2009.
45) 2,009 学術論文 (審査論文) Andreas Kirschner, Kaoru Ohya, D. Borodin, R. Ding, D. Matveev, V. Philipps and U. Samm : Prediction of long-term tritium retention in the divertor of ITER: influence of modelling assumptions on retention rates, Physica Scripta, Vol.T138, 014011-(6pp), 2009.
46) 2,009 学術論文 (審査論文) M. Sakamoto, T. Miyazaki, Y. Higashizono, K. Ogawa, K. Ozaki, N. Ashikawa, M. Tokitani, T. Shoji, S. Masuzaki, K. Tokunaga, Kaoru Ohya, A. Sagara, N. Yoshida and K.N. Sato : Surface modification of tungsten mirrors due to low-energy helium plasma irradiation in the compact PWI simulator APSEDAS, Physica Scripta, Vol.T138, 014043-(5pp), 2009.
47) 2,009 学術論文 (審査論文) 住友 尚志, 福富 純一郎, 重光 亨, 吉村 圭央 : ホモジナイザーのバルブ形状と乳化効果, 日本食品工学会誌, Vol.10, No.4, 215-222, 2009年.
48) 2,009 学術論文 (審査論文) Yoshiyuki Kidoguchi : OH-RADICAL BEHAVIOR OF UNSTEADY LIFTED FLAME BASED ON INSTANTANEOUS CHANGE OF EQUIVALENCE RATIO, International Journal of Automotive Technology, Vol.10, No.6, 663-668, 2009.
49) 2,009 学術論文 (審査論文) 中岡 正典, 石原 国彦 : 樹皮繊維の吸音特性とその推定法について, 騒音制御, Vol.33, No.6, 446-457, 2009年.
50) 2,009 学術論文 (審査論文) 西 泰行, 藤原 亮太, 福富 純一郎 : 一枚羽根遠心ポンプのラジアルスラストに及ぼす羽根出口角の影響, 日本機械学会論文集(B編), Vol.75, No.760, 2479-2487, 2009年.
51) 2,009 学術論文 (審査論文) 重光 亨, 福富 純一郎, 白井 祐太郎 : ケーシング幅が二重反転多翼ファンの性能に及ぼす影響, 日本機械学会論文集(B編), Vol.75, No.760, 2488-2494, 2009年.
52) 2,009 学術論文 (審査論文) Yasuyuki Nishi, Nobuyuki Matsuo and Junichiro Fukutomi : Design Method for Single-Blade Centrifugal Pump Impeller, Journal of Fluid Science and Technology, Vol.4, No.3, 786-800, 2009.
53) 2,009 学術論文 (審査論文) Tetsuya Suekane, Na Zhou, Takahiro Hosokawa and Takuya Matsumoto : Direct Observation of Trapped Gas Bubbles by Capillarity in Sandy Porous Media, Transport in Porous Media, Vol.82, No.1, 111-122, 2010.
54) 2,009 学術論文 (審査論文) 橋口 卓平, 渡邊 政幸, 合田 忠弘, 三谷 康範, 佐伯 修, 北條 昌秀, 鵜飼 裕之 : 多地点同期計測データに基づく慣性中心周波数の推定法, 電気学会論文誌B (電力・エネルギー部門誌), Vol.130, No.1, 106-113, 2010年.
55) 2,009 学術論文 (審査論文) Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi and Yuki Okabe : Performance and Flow Condition of Small-Sized Axial Fan and Adoption of Contra-Rotating Rotors, Journal of Thermal Science, Vol.19, No.1, 1-6, 2010.
56) 2,009 学術論文 (審査論文) 西 泰行, 藤原 亮太, 福富 純一郎 : 羽根出口角の異なる一枚羽根遠心ポンプの損失解析, 日本機械学会論文集(B編), Vol.76, No.761, 76-84, 2010年.
57) 2,009 学術論文 (審査論文) 石原 国彦, 榮藤 大輔 : 浮上式コンベア(FDC)の異常振動発生メカニズムに関する研究, 日本機械学会論文集(C編), Vol.76, No.761, 20-27, 2010年.
58) 2,009 学術論文 (審査論文) 木内 光幸, 大西 徳生 : V/f制御によるファン・ポンプモータのセンサレス正弦波駆動, 電気学会論文誌D (産業応用部門誌), Vol.130, No.1, 93-101, 2010年.
59) 2,009 学術論文 (審査論文) 重光 亨, 福富 純一郎, 岡部 佑樹 : 小型軸流ファンへの二重反転形羽根車の採用について, ターボ機械, Vol.38, No.2, 93-99, 2010年.
60) 2,009 学術論文 (審査論文) 境 真太郎, 重光 亨, 松岡 司, 福富 純一郎 : 未加硫ゴムの充填過程における流れの現象と不均一な充填, 日本機械学会論文集(B編), Vol.76, No.762, 186-193, 2010年.
61) 2,009 学術論文 (審査論文) 辻 政範, 石原 国彦 : 端部に有限インピーダンスを有する枝管型消音器の音響特性について, 日本機械学会論文集(C編), Vol.76, No.762, 282-289, 2010年.
62) 2,009 学術論文 (審査論文) Tohru Ishitani, Takuya Yamanaka, Kensuke Inai and Kaoru Ohya : Secondary electron emission in scanning Ga ion, He ion and electron microscope, Vacuum, Vol.84, No.8, 1018-1024, 2010.
63) 2,009 学術論文 (審査論文) 石原 国彦 : ボイラ・熱交換器で発生する大音響騒音の発生メカニズム, 日本機械学会論文集(C編), Vol.76, No.763, 572-579, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,009 学術論文 (紀要その他) Daiji Kato, Takahiro Kenmotsu, Kaoru Ohya and Tetsuo Tanabe : Linear polarization of photon emission from reflected neutrals of atomic hydrogen at metal PFCs, Research Report of National Institute for Fusion Science, No.NIFS-PROC-81, 150-161, 2010.

2009年度(平成21年度) / 学術レター

1) 2,009 学術レター 伊藤 晴雄, 鈴木 進, 寺西 研二, 下村 直行 : 誘電体電極上の蓄積電荷により誘起されるDBDの自己組織化現象, 電気学会論文誌A (基礎・材料・共通部門誌), Vol.129, No.8, 562-563, 2009年.
2) 2,009 学術レター Yuta Higashizono, Mizuki Sakamoto, Toshimasa Miyazaki, Kazuma Ogawa, Kazuki Ozaki, Yousuke Nakashima, Tatsuo Shoji, Naoko Ashikawa, Masayuki Tokitani, Kazutoshi Tokunaga, Suguru Masuzaki, Kaoru Ohya, Akio Sagara and Kohnosyke Sato : Axial Profile of Balmer-Alpha Emission near a Tungsten Target in the Compact PWI Simulator APSEDAS, Plasma and Fusion Research, Vol.4, No.0, 043-1-043-3, 2009.

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

1) 2,009 総説・解説 大宅 薫, 井内 健介, 清水 勝宏, 滝塚 知典, 川島 寿人, 星野 一生, 畑山 明聖, 藤間 光徳, 冨田 幸博, 河村 学思, 芦川 直子, 田中 康規, 小野 忠良, 村本 哲也, 剣持 貴弘, 中村 浩章, 伊藤 篤史, 加藤 太治 : 核融合炉のトリチウム蓄積・排出評価のための理論およびシミュレーションコードの開発, プラズマ・核融合学会誌, Vol.85, No.10, 695-703, 2009年10月.
2) 2,009 総説・解説 下村 直行 : 徳島におけるLED応用技術の研究開発, 電気設備学会誌, Vol.29, No.11, 898-900, 2009年11月.
3) 2,009 総説・解説 浮田 浩行 : 双対空間を利用した多視点画像からの3次元形状復元, O plus E, Vol.32, No.3, 288-292, 2010年2月.

2009年度(平成21年度) / 国際会議

1) 2,009 国際会議 Tetsuya Suekane, T. Hosokoawa and T. Matsumoto : Pore-scale measurement of gas trapping in porous media by X-ray CT scanning, 3rd Workshop on Process Tomography, Tokyo, Apr. 2009.
2) 2,009 国際会議 Tomoaki Yatsufusa, Yoshiyuki Kidoguchi, Kumura Tatsuya and Nakagawa Yoshiki : Advantage of Using Water-Emulsified Fuel on Combustion and Emission Characteristics, 4th European Combustion Meeting, Wien, Apr. 2009.
3) 2,009 国際会議 Takuji Nakashima, Makoto Tsubokura, Takahide Nouzawa, Takaki Nakamura and Masashi Ichimiya : Flow structures above the trunk deck of sedan-type vehicles and their influence on high-speed vehicle stability 2nd report: Numerical investigation on simplified vehicle models using Large-Eddy Simulation, Proceedings of 2009 SAE Congress, SP-2226 Vehicle Aerodynamics, 2009, 79-89, Cobo Center, Detroit MI, USA, Apr. 2009.
4) 2,009 国際会議 Hiroyuki Ukida, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : Object Shape and Reflectance Property Measurement Using Multiple Illumination Scanner, IEEE International Instrumentation and Measurement Technology Conference Proceedings (I2MTC2009), 24-29, Singapore, May 2009.
5) 2,009 国際会議 Tetsuya Sano, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Motion Analysis of Hand Writing Japanese Character using Human Computer Interface, IEEE International Instrumentation and Measurement Technology Conference Proceedings (I2MTC2009), 883-888, Singapore, May 2009.
6) 2,009 国際会議 Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Measurement of Wheelchair Turn Radius for SCI Patient's Remodeling House, IEEE International Instrumentation and Measurement Technology Conference Proceedings (I2MTC2009), 1357-1360, Singapore, May 2009.
7) 2,009 国際会議 Hiroyuki Ukida, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : 3D Object Shape and Reflectance Property Reconstruction Using Image Scanner, 2009 IEEE International Workshop on Imaging Systems & Techniques Proceedings (IST 2009), 100-104, Shenzhen, May 2009.
8) 2,009 国際会議 Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Image Measurement of Body Position Image Measurement of Body Position, 2009 IEEE International Workshop on Imaging Systems & Techniques Proceedings (IST 2009), 277-281, Shenzhen, May 2009.
9) 2,009 国際会議 M Sakamoto, T Miyazaki, Y Higashizono, K Ogawa, K Ozaki, N Ashikawa, M Tokitani, T Shoji, S Masuzaki, K Tokunaga, Kaoru Ohya, A Sagara, N Yoshida and KN Sato : Surface modification of tungsten due to plasma irradiation in the compact PWI simulator APSEDAS, 12th International Workshop on Plasma Facing Materials and Components for Fusion Applications, Juelich, Germany, May 2009.
10) 2,009 国際会議 Kaoru Ohya and Andreas Kirschner : Modeling of erosion and deposition by the Monte Carlo codes EDDY and ERO, 12th International Workshop on Plasma Facing Materials and Components for Fusion Apprications, Juelich, Germany, May 2009.
11) 2,009 国際会議 Andreas Kirschner, Kaoru Ohya, D Borodin, R Ding, D Matveev, V Philipps and U Samm : Prediction of long-term tritium retention in the divertor of ITER: influence of modelling assumptions on retention rates, 12th International Workshop on Plasma Facing Materials and Components for Fusion Applications, Juelich, Germany, May 2009.
12) 2,009 国際会議 Atsushi Ito, Takahiro Kenmotsu, Yasuyuki Kikuhara, Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Y. Wang, S. Irle, K. Morokuma and Hiroaki Nakamura : Hydrogen atom injection into carbon surfaces by comparison between Monte-Carlo, molecular dynamics and ab-initio calculations, 4th IAEA Technical Meeting (IAEA-TM) on the Theory of Plasma Instabilities, Kyoto, May 2009.
13) 2,009 国際会議 Tetsuo Iwata and Hisashi Ochi : Pseudo-Lock-in Light-Detection System by Sinusoidal Modulation of Bias Voltages for Two Dynodes in a Photomultiplier Tube, 4th Asian and Pacific Rim Symposium on Biophotonics 2009 (APBP2009), Jeju Island, South Korea, May 2009.
14) 2,009 国際会議 Tsuyoshi Miyata, Tetsuo Iwata and Tsutomu Araki : A Reflection-Type Pulse Oximeter Using a Gain-Enhanced Gated Avalanche Photodiode, 4th Asian and Pacific Rim Symposium on Biophotonics 2009 (APBP2009), Jeju Island, South Korea, May 2009.
15) 2,009 国際会議 Masatake Kawada : Simulation on Time Delay Estimation of EM Waves Emitted from PD Using Constrained Interpolation Profile (CIP) Method and Cross-Correlation Method Based on In-Place Fast Haar Wavelet Transform, Proceedings of the 29th Electrical Insulation Conference, 41-45, Montreal, May 2009.
16) 2,009 国際会議 Masahide Hojo, Hidetoshi Hatano and Yoshiaki Fuwa : Voltage Rise Suppression by Reactive Power Control with Cooperating Photovoltaic Generation Systems, Conference Proceedings of 20th International Conference and Exibition on Electricity Distribution, No.0301, Praha, Jun. 2009.
17) 2,009 国際会議 Daisuke Kariya, Toshiyuki Yamamoto and Kunihiko Ishihara : A Blade Resonance Prediction Using Fluid-Structure Interaction Calculation and Comparison with the Test, The proceedings of Turbo Expo2008 Conference (ASME), Orlando, Jun. 2009.
18) 2,009 国際会議 Daisuke Kariya, Toshiyuki Yamamoto and Kunihiko Ishihara : A BLADE RESONANCE PREDICTION USING FLUID-STRUCTURE INTERACTION CALCULATION AND CPMPARISON WITH THE TEST, The proceedings of TURBO EXPO 2009 Conference (ASME), Orlando, Jun. 2009.
19) 2,009 国際会議 Kaoru Ohya : Integrated numerical simulations and modelling of erosion and deposition on plasma facing wall, THIRD ITER SUMMER SCHOOL: Plasma Surface Interaction in Controlled Fusion Devices, Aix en Provence, France, Jun. 2009.
20) 2,009 国際会議 Yukitoshi Otani, Naoya Yoshizawa and Yasuhiro Mizutani : Paul trapping for microscopic particle and its application for crystal growth, ICMDT2009 The 3rd International Conference on Manufacturing , Machine Design and Tribology, Jeju Island, Korea, Jun. 2009.
21) 2,009 国際会議 Haruo Itoh, Kenji Teranishi, Susumu Suzuki and Naoyuki Shimomura : Self Organization Phenomenon in DBD Generated by Piezoelectric Transformer and Accumulated Charges on Dielectric Electrode, Proceedings of 29th International Conference on Phenomena in Ionized Gases, PB4-3(4pp), Cancun, Mexico, Jul. 2009.
22) 2,009 国際会議 Kenji Teranishi, Shota Saitoh, Naoyuki Shimomura, Susumu Suzuki and Haruo Itoh : Measurement of Surface Potential and Discharge Power for Piezoelectric Transformer-Based Plasma Reactors: Improvement of Potential Divider, Proceedings of 29th International Conference on Phenomena in Ionized Gases, PB10-12(4pp), Cancun, Mexico, Jul. 2009.
23) 2,009 国際会議 Fumiaki Fukawa, Naoyuki Shimomura, Suguru Yamanaka, taiki Yano, Yuki Yokote, Kenji Teranishi, Hidenori Akiyama and Haruo Itoh : Consideration of Parallel and Serial Coaxial Reactors for NOx Treatment by Nanosecond Pulsed Power Discharge, Proceedings of the 17th IEEE International Pulsed Power Conference, 1041-1045, Washington, D.C., Jul. 2009.
24) 2,009 国際会議 Ye Tian and Masatake Kawada : Simulating the Influence of Mutual Coupling of Antenna Array and Noise on the Location Result of PD Source Occurred on Distribution Line, Proc. of the International Conference on Electrical Engineering 2009, Shenyang (China), Jul. 2009.
25) 2,009 国際会議 Retsuo Kawakami, Kikuo Tominaga, Okada Kenji, Nouda Takahiro, Takeshi Inaoka, Takeichi Atsushi, Fukudome Toshiaki and Murao Kenichi : Etch Damage Characteristics of TiO2 Thin Films by Capacitively Coupled RF Ar Plasmas, Proceedings of 10th International Symposium of Sputtering & Plasma Processes, 500-503, Kanazawa, Jul. 2009.
26) 2,009 国際会議 Nouda Takahiro, Tominaga Kikuo, Okada Kenji, Murao Ken-ichi, Retsuo Kawakami, Kusaka Kazuya and Hanabusa Takao : Deposition and characterization of TiO2 thin films by rf-dc coupled reactive magnetron sputtering, Proceedings of 10th International Symposium of Sputtering & Plasma Processes, 479-482, Kanazawa, Jul. 2009.
27) 2,009 国際会議 Atsushi Ito, Takahiro Kanmotsu, Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Y. Wang, S. Irle, K. Morokuma and Hiroaki Nakamura : Hydrogen atom and graphite surfaces interaction by molecular dynamics, Monte-Carlo and ab-initio calculations, CREST International Symposium on Theory and Simulations of Complex Molecular System & International Symposium on Theory of Molecular Structure, Kyoto, Jul. 2009.
28) 2,009 国際会議 Tetsuya Suekane : Carbon dioxide capture and storage as greenhouse gas control technologies, National Seminar of Thermofluid, Yogyakarta, Jul. 2009.
29) 2,009 国際会議 Kaoru Ohya : Coupled EDDY/MD/PIC modeling of erosion and deposition on plasma facing walls, 2009 Japan-U.S. Workshop on Heat Removal and Plasma Material Interactions for Fusion, Fusion High Power Density Components and Systems, and IEA Workshop on Solid Surface Plasma Facing Components, Berkeley, California, USA, Jul. 2009.
30) 2,009 国際会議 Masatake Kawada, Koji Yamada, Yasutomo Kaneko and Katsuo Isaka : Visualization of Propagation Signals Accompanied by Contact Using Cross-Correlation Method Based on In-Place Fast Haar Wavelet Transform, Proceedings of IEEE Power & Energy Society 2009 General Meeting, Calgary, Alberta, Canada, Jul. 2009.
31) 2,009 国際会議 Kunihiko Ishihara : Study on Generation Mechanism of Abnormal Vibration of Fluid Dynamic Conveyer, The proceedings of ASME PVP Conference 2009, Praha, Jul. 2009.
32) 2,009 国際会議 Takehiro Maeda and Kunihiko Ishihara : Acoustic Characteristics of One-Dimensional Acoustic Tube with Finite Impedance at The END, The proceedings of the First Japan-Korea Joint Symposium on Dynamics and Control, Sapporo, Aug. 2009.
33) 2,009 国際会議 Junichiro Fukutomi, Toru Shigemitsu and Hiroki Daito : Study on Performance and Flow Condition of Cross-flow Wind Turbine with a Symmetrical Casing, Proceedings of the ASME 2009 Fluids Engineering Division Summer Conference, Vail, Colorado, USA, Aug. 2009.
34) 2,009 国際会議 Shintarou Sakai, Toru Shigemitsu and Junichiro Fukutomi : The Flow Phenomena and The Non-uniform Filling of The Unvulcanized Rubber in Process of Filling, Proceedings of the ASME 2009 Fluids Engineering Division Summer Conference, Vail, Colorado, USA, Aug. 2009.
35) 2,009 国際会議 Takashi Sumitomo, Junichiro Fukutomi, Toru Shigemitsu, Naoki Ishida and Yoshio Yoshimura : Study of Internal Flow and Emulsification Process in a Homogenizer, Proceedings of the ASME 2009 Fluids Engineering Division Summer Conference, Vail, Colorado, USA, Aug. 2009.
36) 2,009 国際会議 Yukitoshi Otani, Fumio Kobayashi, Yasuhiro Mizutani and Toru Yoshizawa : Three-dimensional profilometry based on focus method by projecting LC grating pattern, Proceedings of SPIE, Vol.7432, 743210, San Diego, Aug. 2009.
37) 2,009 国際会議 Hiroyuki Ukida : 3D Depth Measurement by Phase Shifting Method Using Multiple Projection and Omni-directional Cameras, ICROS-SICE International Joint Conference 2009 (ICCAS-SICE 2009) Final Program and Papers, 3619-3624, Fukuoka, Aug. 2009.
38) 2,009 国際会議 Kunihiko Ishihara : Study on Acoustic Characteristics of Straight Duct with Some Holes, The proceedings of Internoise2009 Conference, Ottawa, Aug. 2009.
39) 2,009 国際会議 Masanori Nakaoka and Kunihiko Ishihara : On Sound Absorption Properties of Bark Fiber and its Estimation Method, The proceedings of Internoise2009 Conference, Ottawa, Aug. 2009.
40) 2,009 国際会議 Tetsuya Sano, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Motion Analysis of Hand Writing using Japanese Brush Pen, 6th IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing PROCEEDINGS (WISP2009), 163-168, Budapest, Aug. 2009.
41) 2,009 国際会議 Fumiaki Fukawa, Naoyuki Shimomura, Suguru Yamanaka, Taiki Yano, Kenji Teranishi and Haruo Itoh : Consideration on Configuration of Parallel Reactors for Ozone Production Using Nanosecond Pulsed Power Discharge, Proceedings of 19th Ozone World Congress and Exibition, 12-5(5pp), Tokyo, Japan, Sep. 2009.
42) 2,009 国際会議 Yoji Shimada, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura, Susumu Suzuki and Haruo Itoh : Ozone Measurement Based on Optical Absorption Using a Visible LED Source, Proceedings of 19th Ozone World Congress and Exibition, 11-5(8pp), Tokyo, Japan, Sep. 2009.
43) 2,009 国際会議 Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura, Susumu Suzuki and Haruo Itoh : Effect of Dielectric Electrode Material on Ozone Generation in Piezoelectric Transformer-Based Ozone Generator, Proceedings of 19th Ozone World Congress and Exibition, 12-4(10pp), Tokyo, Japan, Sep. 2009.
44) 2,009 国際会議 Syuichiro Fukuskima, P. Mahakkanukrauh, Y. Tohno, Tetsuo Iwata and Tsutomu Araki : Hemodynamic Effect on Arterial Calcification, 3rd Switzerland-Japan Workshop on Biomechanics 2009 (SBJ2009), Engerberg, Swizerland, Sep. 2009.
45) 2,009 国際会議 Kensuke Inai, Kaoru Ohya, Gakushi Kawamura and Yukihiro Tomita : Electron velocity distribution at a sheath edge in the presence of secondary electron emission from a metal surface, 12th International Workshop on Plasma Edge Theoty in Fusion Devices, Rostov Veliky, Russia, Sep. 2009.
46) 2,009 国際会議 Daiji Kato, Takahiro Kenmotsu, Kaoru Ohya and Tetsuo Tanabe : Linear polarization of photons emitted from excited hydrogen atoms formed above metal surfaces, 12th International Workshop on Plasma Edge Theory in Fusion Devices, Rostov Veliky, Russia, Sep. 2009.
47) 2,009 国際会議 Atsushi Ito, Kaoru Ohya, Kensuke Inai and Hiroaki Nakamura : Dependency of tritium retention in graphite on temperature control of molecular dynamics, 12th International Workshop on Plasma Edge Theory in Fusion Devices, Rostov Veliky, Russia, Sep. 2009.
48) 2,009 国際会議 Yasuhiro Mizutani, Uehane Yoshiyuki, Kuwagaito Tomohito, Otani Yukitoshi and Umeda Nrihiro : Detection of subwavelength structure profile by decomposition of Mueller matrix, XIX IMEKO World Congress Fundamental and Applied Metrology, 618, Lisbon, Portgul, Sep. 2009.
49) 2,009 国際会議 Kensuke Inai, Kaoru Ohya, Mitsuo Inoue, Yukihiro Tomita, Gakushi Kawamura and Tetsuo Tanabe : Asymmetric Carbon Deposition in Toroidal and Poloidal Gaps of Plasma Facing Tiles, 14th International Conference on Fusion Reactor Materials, Sapporo, Sep. 2009.
50) 2,009 国際会議 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Yasuyuki Kikuhara, Naohide Mohara, Atsushi Ito, Hiroaki Nakamura and Tetsuo Tanabe : Molecular Dynamics Study on Hydrocarbon Interactions with Plasma Facing Walls, 14th International Conference on Fusion Reactor Materials, Sapporo, Sep. 2009.
51) 2,009 国際会議 Tetsuo Iwata : (Invited) UV Light-Emitting Diodes and Their Application to Phase Modulation Fluorometry, 11th Conference on Methods and Applications of fluorescence Spectroscopy, Imaging and Probes (MAF-11), Budapest, Hungary, Sep. 2009.
52) 2,009 国際会議 Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi, Tadahiro Yano and Yuki Okabe : The Performance and The Similarity Law of Small-Sized Axial Fan and The Possibility of Adoption of Contra-Rotating Rotors, Proceedings of the 9th International Symposium on Experimental and Computational Aerothermodynamics of Internal Flows, Gyeongju, Korea, Sep. 2009.
53) 2,009 国際会議 Retsuo Kawakami, Inaoka Takeshi, Tominaga Kikuo, Niibe Masahito, Mukai Takashi, Takeichi Atsushi and Fukudome Toshiaki : Synergy Effect of Xenon Plasma Ions and Ultraviolet Lights on GaN Etch Surface Damage and Modification, 16th International Conference on Surface Modification of Materials by Ion Beams, 190, Tokyo, Sep. 2009.
54) 2,009 国際会議 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Ryosuke Kawasaki, Daiki Takami, Misako Saito, Teruyuki Hayashi, J. Jau and K. Kanai : Modeling and Observations of Electron Beam Charging of an Insulator/Metal Bilayer and Its Impact on Secondary Electron Images in Defect Inspection Equipment, Thw Twelfth Frontiers of Electron Microscopy in Materials Science, Huis Ten Bosch, Sasebo, Japan, Sep. 2009.
55) 2,009 国際会議 Yukitoshi Otani and Yasuhiro Mizutani : Optically driven actuator and manipulator, First International Conference on Trends in Optics and Photonics, India, Oct. 2009.
56) 2,009 国際会議 Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Naohide Mohara, Yohei Miyake, Atsushi Ito, Hiroaki Nakamura, D. Borodin and Andreas Kirschner : Molecular Dynamics and Dynamic Monte Carlo Study of Mixed Material and Its Impact on Plasma Wall Interactions, 9th International Symposium on Fusion Nuclear Technology, Dalian, China, Oct. 2009.
57) 2,009 国際会議 Kensuke Inai, Yukihiro Tomita, Mitsuo Inoue, Gakushi Kawamura and Kaoru Ohya : A Coupled PIC/ELECTRAN Simulation of Sheath Formation with Secondary Electron Emission from Plasma Facing Walls, 9th International Symposium on Fusion Nuclear Technology, Dalian, China, Oct. 2009.
58) 2,009 国際会議 Masahide Hojo, Keiichi Abe, Yasunori Mitani, Hiroyuki Ukai and Osamu Saeki : Online Power System Monitoring by Campus Wide Area Measurement System, Proceedings of International Conference on Advanced Power System Automation and Protection 2009, No.P-154, Cheju, Oct. 2009.
59) 2,009 国際会議 Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi and Ryoichi Nasada : Study on Performance and Internal Flow Condition of Mini Turbo-Pump, Proceedings of the 10th Asian International Conference on Fluid Machinery, Kuala Lumpur Malaysia, Oct. 2009.
60) 2,009 国際会議 Hiroyuki Ukida, Yuuta Aika, Keita Achi, Yasuyuki Ishihara, Jou Kuroda, Gaku Kosaki, Syunsuke Suzuki and Yuuki Nagata : Robot Manufacturing Class for Children by University Students, Proceedings of Asian Conference on Engineering Education 2009 (ACEE 2009), 164-165, Busan, Oct. 2009.
61) 2,009 国際会議 M. Sakamoto, Y. Higashizono, T. Miyazaki, K. Ozaki, K. Ogawa, N. Ashikawa, M. Tokitani, T. Shoji, S. Masuzaki, K. Tokunaga, Kaoru Ohya, A. Sagara, N. Yoshida and K.N. Sato : Surface modification of tungsten irradiated by low energy plasma in the compact PWI simulator APSEDAS, 7th General Scientific Assembly of the Asia Plasma and Fusion Association in 2009 and Asia-Pacific Plasma Theory Conference in 2009, Aomori, Oct. 2009.
62) 2,009 国際会議 Tadashi Okada, Takashi Yamahata, Masafumi Miwa, Shoichiro Fujisawa and Takao Hanabusa : Solar Boat Project, Proceedings of Asian Conference on Engineering Education 2009 (ACEE2009), 291, Busan, Oct. 2009.
63) 2,009 国際会議 Kaoru Ohya, Naohide Mohara, Yohei Miyake, Kensuke Inai, Atsushi Ito, Hiroaki Nakamura, Yoshio Ueda and Tetsuo Tanabe : Molecular dynamics study of plasma surface interactions for mixed materials, 7th General Scientific Assembly of the Asia Plasma and Fusion Association in 2009 and Asia-Pacific Plasma Theory Conference in 2009, Aomori, Oct. 2009.
64) 2,009 国際会議 Adam Abdullah, Tomoaki Yatsufusa, Gomi Tomonori, Irie Nobuyuki and Yoshiyuki Kidoguchi : Analysis of Droplets Evaporation Process of Diesel Spray at Ignition Delay Period using Dual Nano-spark Shadowgraph Photography Method, SETC 2009, ペナン (マレーシア), Nov. 2009.
65) 2,009 国際会議 Khalid Amir, Tomoaki Yatsufusa, Miyamoto Takayuki, Kawakami Jun and Yoshiyuki Kidoguchi : Analysis of Relation between Mixture Formation during Ignition Delay Period and Burning Process in Diesel Combustion, SETC 2009, ペナン (マレーシア), Nov. 2009.
66) 2,009 国際会議 Yasuhiro Mizutani, Uehane Yoshiyuki, Otani Yukitoshi and Umeda Norihiro : Scatterometry using rigorous coupled-wave analysis and Mueller matrix decomposition, 3rd International Conference of Asian Society for Precision Engineering and Nanotechnology (ASPEN2009), 2D13, Kitakyusyu, Nov. 2009.
67) 2,009 国際会議 Kuwano Ryoichi, Yasuhiro Mizutani, Tokunaga Tsuyoshi and Otani Yukitoshi : Liquid pressure varifocus lens for three-dimensional measurement, 3rd International Conference of Asian Society for Precision Engineering and Nanotechnology (ASPEN2009), Kitakyusyu, Nov. 2009.
68) 2,009 国際会議 Masahide Hojo, Keiichi Abe, Yasunori Mitani, Hiroyuki Ukai and Osamu Saeki : Real-Time Power System Monitoring at Demand Sides by Campus Wide Area Measurement System, Proceedings of the 35th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society, No.PD-012521, Porto, Nov. 2009.
69) 2,009 国際会議 Fumiaki Fukawa, Kotaro Rokkaku, Yuka Aizawa, Yuki Yazawa, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura, Susumu Suzuki and Haruo Itoh : Phenomenal Analysis of Pulse Discharge on the Surface of Micro-bubble Solution, Proceeding of 2009 Korea-Japan Joint Symposium on Electrical Discharge and High Voltage Engineering, 116-119, Busan, Korea, Nov. 2009.
70) 2,009 国際会議 Naoki Sakamaki and Ikuro Morita : Study on Synchronous Induction Hybrid Motors, Proceedings of Twelfth International Conference on Electrical Machines and Systems, Vol.CD-ROM, No.DS1G1-15, Tokyo, Nov. 2009.
71) 2,009 国際会議 Ikuro Morita, Tadashi Kanayama and Tsuneaki Ueta : Load Characteristics Comparisons of Interior Permanent Magnet Synchronous Motors by Pole-Slot Combinations, Proceedings of Twelfth International Conference on Electrical Machines and Systems, Vol.CD-ROM, No.DS2G2-9, Tokyo, Nov. 2009.
72) 2,009 国際会議 Junichi Hino, Motomichi Sonobe and Masao Kurimoto : Modal Parametrs Identification by Frequency Domain SubspaceAlgorithm with Residues, Proceedings of the 13th Asia-Pacific Vibration Conference, Christchurch, New Zealand, Nov. 2009.
73) 2,009 国際会議 Masanori Tsuji and Kunihiko Ishihara : Acoustic Characteristics of a Side Branch Silencer with the Finite Impedance at the End, The proceedings of International Workshop of Environment Engineering 2009, Yokohama, Nov. 2009.
74) 2,009 国際会議 Motomichi Sonobe, Junichi Hino, Takahiro Kondou, Kenichiro Matsuzaki and Nobuyuki Sowa : Vibration Control of Pendulum System Based on Jacobian Elliptic Functions, Proceedings of the 13th Asia-Pacific Vibration Conference, Christchurch, New Zealand, Nov. 2009.
75) 2,009 国際会議 Hayato Kawazome, Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Jun Kawata, Kenji Nishimura and Tetsuo Tanabe : Calculation of D/XB values of hydrocarbon molecules in tokamak edge plasmas, 19 th International Toki Conference (ITC-19) on Advanced Physics in Plasma and Fusion Research, Toki, Japan, Dec. 2009.
76) 2,009 国際会議 M. Sakamoto, Y. Higashizono, H. Zushi, K. Nakamura, K. Hanada, H. Idei, K. Tokunaga, M. Hasegawa, S. Kawasaki, H. Nakashima, T. Fujiwara, A. Higashijima, T. Miyazaki, K. Ozaki, K. Ogawa, M. Tokitani, M. Miyamoto, N. Ashikawa, T. Shoji, S. Masuzaki, Kaoru Ohya, A. Sagara, N. Yoshida and K.N. Sato : Plasma-Wall Interaction Study towards the Steady State Operation, 19th International Toki Conference (ITC-19) on Advanced Physics in Plasma and Fusion Research, Toki, Japan, Dec. 2009.
77) 2,009 国際会議 Tetsuya Suekane : Mechanism of residual gas trapping from a microscopic viewpoint, UK-Japan Workshop on Environmental Impact Assessment of Carbon Storage, Tokyo, Jan. 2010.
78) 2,009 国際会議 Tetsuya Suekane : Mechanism of residual gas trapping from a microscopic viewpoint, UK-Japan Workshop on Environmental Impact Assessment of Carbon Storage, Jan. 2010.
79) 2,009 国際会議 Hiroyuki Ukida : 3D Shape, Color and Specular Property Reconstruction Using Linear Light Sources in Image Scanner, Proceedings of The Sixteenth Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2010), 32-37, Hiroshima, Feb. 2010.
80) 2,009 国際会議 Shinji Irahara, Takashi Yasuno, Yamanaka Kenji and Akinobu Kuwahara : Evaluation of Safety Driving Support System for Electric Wheelchair Using Vibration Device, 2010 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 81-84, Honolulu, Mar. 2010.
81) 2,009 国際会議 Yuji Tanaka, Takashi Yasuno, Hiroshi Suzuki, Akinobu Kuwahara and Takaharu Yamada : Control Characteristics of Three-Parallel Crawlers Type Mobile Robot Using Adaptive Two-Degree-of-Freedom Control, 2010 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 85-88, Honolulu, Mar. 2010.
82) 2,009 国際会議 Mao Yamamoto, Takashi Yasuno and Akinobu Kuwahara : Obstacle Avoidance Control of Autonomous Mobile Robot with Laser Range Finder Based on Static Danger-Degree, 2010 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 93-96, Honolulu, Mar. 2010.
83) 2,009 国際会議 Kuniyuki Koide, Takashi Yasuno, Takuya Kagawa, Emiko Yasuno and Akinobu Kuwahara : Acquisition Method of Human Decision-making Skills for Panel Cruising Problem with Multiple Robots, 2010 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 215-218, Honolulu, Mar. 2010.
84) 2,009 国際会議 Eri Yoneda, Takashi Yasuno, Hiroshi Suzuki and Akinobu Kuwahara : Motion Estimation for Assistive Force Control of Power Assist Knee Orthosis with Spring Mechanism, 2010 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 365-368, Honolulu, Mar. 2010.
85) 2,009 国際会議 Shiro Ozaki, Takashi Yasuno, Akinobu Kuwahara and Daiki Tanaka : Self-Tuning Fuzzy Tracking Control for Autonomous Unmanned Ground Vehicle Using Preview of Reference Path, 2010 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 580-583, Honolulu, Mar. 2010.
86) 2,009 国際会議 Takahiro Kitajima and Takashi Yasuno : Prediction System of Wind Speed and Direction using Complexvalued Neural Network, 2010 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 636-369, Honolulu, Mar. 2010.
87) 2,009 国際会議 Hiroshi Suzuki, Takashi Yasuno, Shiro Urushihara, Emiko Yasuno and Akinobu Kuwahara : Cooperative Conveyance Control for Multiple-Mobile-Robot System Using Complex-Valued Neural Network and Indirect Cooperative Scheme, 2010 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 644-647, Honolulu, Mar. 2010.
88) 2,009 国際会議 Hiroyuki Ukida, Yasuyuki Yamanaka, Masahiro Inoue and Masayuki Kawanami : Object Tracking System by Pan-Tilt Cameras and Arm Robot Using Particle Filter, Proceedings of International Conference on Presicion Instrumentation and Measurement 2010, Kiryu, Mar. 2010.
89) 2,009 国際会議 Akira YAMAGUCHI, Takashi TAKATA, Hiroyuki OHSHIMA, Joji SOGABE, Yoshihiro Deguchi and Shin KIKUCHI : SODIUM-WATER REACTION ELUCIDATION WITH COUNTER-FLOW DIFFUSION, Proceedings of the 18th International Conference on Nuclear Engineering, ICONE18, Mar. 2010.

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1) 2,009 国内講演発表 重光 亨, 岡部 佑樹, 福富 純一郎 : 小型軸流ファンの性能特性と流れ場について, ターボ機械協会総会講演会, 2009年5月.
2) 2,009 国内講演発表 三輪 昌史, 谷林 宏紀, 松島 誠, 南 潔 : リモートコントロールサポートシステムによる無人ヘリの操縦支援―速度フィードバックによる位置制御―, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 1A2-F02(1)-1A2-F02(2), 2009年5月.
3) 2,009 国内講演発表 水野 孝則, 三輪 昌史, 後藤 裕介, 満田 成紀, 松島 誠, 南 潔 : MDD を用いた制御系設計, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 1A2-F03(1)-1A2-F03(2), 2009年5月.
4) 2,009 国内講演発表 宮本 惇平, 三輪 昌史 : ダクトファンを用いた飛行体の制御, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 1A2-F04(1)-1A2-F04(2), 2009年5月.
5) 2,009 国内講演発表 島村 典尚, 三輪 昌史, 菊地 邦友, 土谷 茂樹 : IPMC を用いたマイクロロボットの駆動および外部磁場によるエネルギ供給に関する研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 1P1-B03(1)-1P1-B03(2), 2009年5月.
6) 2,009 国内講演発表 小島 秀文, 三輪 昌史, 伊勢谷 昭博, 中岡 浩平, 西村 興一郎, 西村 悦二 : 体外式動脈カウンターパルセーション補助循環システム(コンパクトCP)の制御, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 2A1-M05(1)-2A1-M05(2), 2009年5月.
7) 2,009 国内講演発表 神山 翔, 三輪 昌史 : 受動輪を用いた滑走による二足歩行型ロボットの移動―ZMP を用いた姿勢制御―, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 2P1-C06(1)-2P1-C06(2), 2009年5月.
8) 2,009 国内講演発表 高橋 喜彦, 三輪 昌史, 菊地 邦友, 土谷 茂樹, 越本 泰弘 : マイクロ光造形法を用いたマイクログリッパの開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 2P1-M04(1)-2P1-M04(2), 2009年5月.
9) 2,009 国内講演発表 末包 哲也, 田岡 亮太, Thanh Hoan Nguyen : CO2地下貯留のための残留ガス飽和率計測, 石油技術協会平成21年度春期講演会, 2009年6月.
10) 2,009 国内講演発表 辻 政範, 石原 国彦 : 端部に有限インピーダンスを有する枝管型消音器の音響特性について, 日本機械学会第19回環境工学総合シンポジウム, Vol.09, No.13, 17-20, 2009年7月.
11) 2,009 国内講演発表 浮田 浩行 : 複数の光源を持つイメージスキャナによる3次元物体の形状,色および光沢の復元, 第12回 画像の認識·理解シンポジウム(MIRU2009)論文集, 1008-1015, 2009年7月.
12) 2,009 国内講演発表 三輪 昌史 : 無人ヘリを用いた空撮のためのリモートコントロールサポートシステム, 第79回パターン計測部会研究会, 35-38, 2009年7月.
13) 2,009 国内講演発表 山中 康行, 浮田 浩行, 井上 雅博 : パンチルトカメラとアームロボットによる移動物体の追跡, 第79回パターン計測部会研究会資料, 27-33, 2009年7月.
14) 2,009 国内講演発表 園部 元康, 近藤 孝広, 松崎 健一郎, 宗和 伸行 : 並列二重倒立振子の高速移動制御に関する研究, 日本機械学会機械力学・計測制御部門講演論文集, 2009年8月.
15) 2,009 国内講演発表 日野 順市, 米田 道生, 栗本 政雄 : 時間領域部分空間法による時変系のモード特性同定, 日本機械学会 機械力学・計測制御部門講演会講演論文集(CD-ROM), 2009年8月.
16) 2,009 国内講演発表 杉山 茂, 稲岡 武, 杉野 彰一, 大西 徳生 : 産官学連携による工学離れを防ぐ試み-``科学体験フェスティバルin徳島''の現状と波及効果, 日本工学教育協会第57回年次大会, 平成21年度工学・工業教育研究講演会, 2009年8月.
17) 2,009 国内講演発表 石原 国彦 : 曲り管ダクトの音響特性および流体音特性に関する研究, 日本機械学会D&D2009講演論文集, 2009年8月.
18) 2,009 国内講演発表 浮田 浩行 : 大学生による小中学生のためのロボット教室, 平成21年度 工学・工業教育研究講演会 講演論文集, 26-27, 2009年8月.
19) 2,009 国内講演発表 曽利 仁, 安野 卓 : リカレント型ニューラルネットワークを用いた短時間先風速予測システム, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, No.104, 01-7-01-8, 2009年8月.
20) 2,009 国内講演発表 湊 和幸, 北條 昌秀 : フライングキャパシタ形マルチレベルコンバータによる直流給配電システムの動作特性, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.P, No.10, 19-20, 2009年8月.
21) 2,009 国内講演発表 Yuki Fukuoka, Masahide Hojo, Toshihisa Funabashi and Ghanim Putrus : Fault Current Limiter by a Series Connected Inverter with a Shunt Connected Diode Rectifier, Proceedings of the Annual Conference of Power & Energy Society, IEE of Japan, Vol.P, No.13, 25-26, Aug. 2009.
22) 2,009 国内講演発表 阿部 恵一, 北條 昌秀, 三谷 康範, 鵜飼 裕之, 佐伯 修 : 多地点同期位相計測による電力系統のオンライン状態観測法, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.P, No.14, 27-28, 2009年8月.
23) 2,009 国内講演発表 寺内 健晃, 北條 昌秀, 植田 喜延, 舟橋 俊久 : マイクログリッドにおける電力貯蔵用系統連系インバータの制御法, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.P, No.17, 33-34, 2009年8月.
24) 2,009 国内講演発表 渡辺 健人, 北條 昌秀 : 直列インバータの無効電力制御による風力発電システムのFault Ride-Throughに関する検討, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.P, No.18, 35-36, 2009年8月.
25) 2,009 国内講演発表 秦野 秀稔, 北條 昌秀, 小林 直樹, 不破 由晃 : 多数台太陽光発電システムの統合制御による配電線電圧変動抑制, 電気学会電力·エネルギー部門大会論文集, Vol.P, No.20, 39-40, 2009年8月.
26) 2,009 国内講演発表 坂本 紘基, 大西 徳生 : 巻線型誘導機のセンサレス駆動負荷実験特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.12, 223-224, 2009年8月.
27) 2,009 国内講演発表 十亀 拓也, 山中 建二, 大西 徳生 : 位相追従型センサレス制御インバータによる誘導同期リラクタンス電動機の運転特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.15, 233-234, 2009年8月.
28) 2,009 国内講演発表 立花 知也, 大西 徳生 : IPMSMのセンサレス電流ベクトル制御高効率運転法, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.49, 353-354, 2009年8月.
29) 2,009 国内講演発表 栗坂 昌克, 山中 建二, 大西 徳生 : 位相追従型センサレス制御によるIPMSM の高速度領域制御, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.48, 351-352, 2009年8月.
30) 2,009 国内講演発表 四宮 康博, 大西 徳生 : 電気二重層キャパシタを用いた可変電圧蓄電池電源, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.32, 32, 2009年8月.
31) 2,009 国内講演発表 古田 将空, 大西 徳生 : 直並列切り換え回路を用いたPAMインバータ制御, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.33, 33, 2009年8月.
32) 2,009 国内講演発表 谷口 喜浩, 小笠原 吉浩, 大西 徳生 : トランスレス直並列インバータによる瞬時電圧低下補償, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.Y, No.52, 52, 2009年8月.
33) 2,009 国内講演発表 末包 哲也, 細川 貴寛, 松本 拓也, 周 娜 : 岩石内トラップ気泡のポアスケール計測, 日本混相流学会年会講演会2009講演論文集, 316-317, 2009年8月.
34) 2,009 国内講演発表 園部 元康, 近藤 孝広, 松崎 健一郎, 宗和 伸行, 日野 順市 : ヤコビの楕円関数に基づく振り子の振動制御 (直列二重振り子への適用), 第11回「運動と振動の制御」シンポジウム, 148-151, 2009年9月.
35) 2,009 国内講演発表 濱田 哲治, 近藤 孝広, 松崎 健一郎, 宗和 伸行, 園部 元康 : 非線形共振を利用した並列多重倒立振子の振り上げ制御, 第11回「運動と振動の制御」シンポジウム, 553-558, 2009年9月.
36) 2,009 国内講演発表 重光 亨, 名定 亮一, 福富 純一郎 : 小型ターボポンプの性能特性と内部流れに関する研究, ターボ機械協会名古屋講演会, 2009年9月.
37) 2,009 国内講演発表 堀田 義圭, 藤原 亮太, 西 泰行, 福富 純一郎, 重光 亨 : 一枚羽根遠心ポンプのラジアルスラストに関する研究, 日本機械学会2009年度年次大会, 2009年9月.
38) 2,009 国内講演発表 津村 晃弘, 山中 建二, 大西 徳生, 中村 健信 : 位置センサレス制御の電動パワーステアリング(EPS)への適用手法, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.71, 439-440, 2009年9月.
39) 2,009 国内講演発表 木内 光幸, 大西 徳生 : インバータ直流電流検知によるPMSMのV/f制御安定化検討, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.70, 435-438, 2009年9月.
40) 2,009 国内講演発表 佐藤 大輔, 山中 建二, 大西 徳生 : 蓄電池直列接続時の時分割個別充放電制御, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.85, 503-504, 2009年9月.
41) 2,009 国内講演発表 酒井 宣年, 大西 徳生 : 位相追従インバータ制御電源品質補償装置, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.111, 593-594, 2009年9月.
42) 2,009 国内講演発表 山中 建二, 十亀 拓也, 大西 徳生 : 同一制御システムを用いた矩形波領域を含む交流電動機の広範囲運転特性, 電気学会産業応用部門大会講演論文集, Vol.1, No.126, 635-636, 2009年9月.
43) 2,009 国内講演発表 三輪 昌史 : バイナリパターン簡易マーカーを用いた車椅子ロボットの運用, 平成21年電気学会電子・情報・システム部門大会, 928-930, 2009年9月.
44) 2,009 国内講演発表 三輪 昌史 : ICT技術とリモートコントロールサポートシステムの融合による地域情報収集システム, 平成21年電気学会電子・情報・システム部門大会, 993-995, 2009年9月.
45) 2,009 国内講演発表 劉 寛, 浮田 浩行 : 複数の光源を用いたイメージスキャナによる光沢を含む物体の形状復元, 平成21年 電気学会 電子・情報・システム部門大会 講演論文集, 905-910, 2009年9月.
46) 2,009 国内講演発表 浮田 浩行 : 全方位カメラと位相シフト法による全周の3次元情報の取得, 平成21年 電気学会 電子・情報・システム部門大会 講演論文集, 911-916, 2009年9月.
47) 2,009 国内講演発表 浮田 浩行, 秋鹿 雄太, 阿地 恵太, 石原 康行, 黒田 穣, 小崎 学, 鈴木 俊輔, 長田 悠希 : 大学生による小中学生向けロボット教室における科学技術教育, 平成21年 電気学会 電子・情報・システム部門大会 講演論文集, 979-983, 2009年9月.
48) 2,009 国内講演発表 長田 悠希, 秋鹿 雄太, 阿地 恵太, 石原 康行, 黒田 穣, 小崎 学, 鈴木 俊輔, 浮田 浩行 : 徳島ロボットプログラミングクラブにおけるICT教育の実践, 平成21年 電気学会 電子・情報・システム部門大会 講演論文集, 989-992, 2009年9月.
49) 2,009 国内講演発表 三輪 昌史 : レスキューロボットコンテストにおける移動ロボットの無線LANによる遠隔操縦, 平成21年電気学会電子・情報・システム部門大会, 965-967, 2009年9月.
50) 2,009 国内講演発表 北島 孝弘, 安野 卓 : 複素ニューラルネットワークを用いた風速予測システム, 電気学会電子·情報·システム部門大会論文集, No.GS17-4, 1491-1492, 2009年9月.
51) 2,009 国内講演発表 山根 達也, 安野 卓, 桑原 明伸 : 介護予防のための膝関節用パワーアシスト装具の運動制御特性, 電気学会電子·情報·システム部門大会論文集, No.MC8-7, 825-828, 2009年9月.
52) 2,009 国内講演発表 Kassim Bin Mohamed Anuar, Takashi Yasuno and Akinobu Kuwahara : Two-Dimensional Moving Control of Quadruped Hopping Robot Using Adaptive CPG Networks, 電気学会電子·情報·システム部門大会論文集, No.GS5-1, 1118-1121, Sep. 2009.
53) 2,009 国内講演発表 野上 亮平, 安野 卓, 桑原 明伸 : CPGネットワークを用いた二関節筋機能を有する一脚ロボットの跳躍制御, 電気学会電子·情報·システム部門大会論文集, No.GS5-2, 1122-1125, 2009年9月.
54) 2,009 国内講演発表 鈴木 浩司, 安野 卓, 桑原 明伸, 漆原 史朗, 安野 恵実子 : 複素ニューラルネットワークを用いた群ロボットの協調搬送制御, 電気学会電子·情報·システム部門大会論文集, No.GS5-3, 1126-1129, 2009年9月.
55) 2,009 国内講演発表 田中 佑治, 安野 卓, 鈴木 浩司, 桑原 明伸 : 3連パラレルクローラ型ロボットの試作と未知不整地における遠隔走破制御, 電気学会電子·情報·システム部門大会論文集, No.GS5-5, 1134-1137, 2009年9月.
56) 2,009 国内講演発表 尾崎 史郎, 安野 卓, 桑原 明伸 : 屋外環境における自律型ATVのファジィ軌道追従制御, 電気学会電子·情報·システム部門大会論文集, No.GS5-6, 1138-1141, 2009年9月.
57) 2,009 国内講演発表 森 太一, 飯田 賢一, 安野 卓 : 複数の光学マウスを用いた自己位置推定の一検討, 電気学会電子·情報·システム部門大会論文集, No.GS5-7, 1142-1143, 2009年9月.
58) 2,009 国内講演発表 一宮 昌司, 松平 隼人, 藤村 勇斗 : 円管助走部流れにおける孤立乱流塊の実験的観察, 日本流体力学会年会2009講演要旨集, 288, 2009年9月.
59) 2,009 国内講演発表 新部 正人, 前田 佳恵, 川上 烈生, 稲岡 武, 富永 喜久雄, 向井 孝志 : ArおよびKrでRFプラズマエッチングしたGaN結晶の表面組成分析, 第70回秋季応用物理学会学術講演会論文集, No.1, 189, 2009年9月.
60) 2,009 国内講演発表 川上 烈生, 稲岡 武, 富永 喜久雄, 新部 正人, 向井 孝志 : 容量結合型KrプラズマによるGaNエッチングダメージ解析, 第70回秋季応用物理学会学術講演会論文集, No.1, 188, 2009年9月.
61) 2,009 国内講演発表 中岡 正典, 石原 国彦 : 樹皮繊維成型体の吸音特性について, 日本騒音制御工学会研究発表会講演論文集, 157-160, 2009年9月.
62) 2,009 国内講演発表 一宮 昌司, 鎌田 慎也, 三浦 武紘 : 二次元混合層の乱流遷移進行(乱流遷移進行の表示法について), 日本機械学会2009年度年次大会講演論文集, Vol.2, 175-176, 2009年9月.
63) 2,009 国内講演発表 石原 国彦, 宮本 高徳 : 熱交換器管群ダクトにおける空力自励音発生メカニズムについて, 日本機械学会年次大会2009, No.06-1, 2009年9月.
64) 2,009 国内講演発表 三輪 昌史, 谷林 宏紀, 木下 健太郎, 松島 誠, 南 潔 : リモートコントロールサポートシステムを搭載した 無人ヘリによる航空撮影, 第27回日本ロボット学会学術講演会, RSJ2009AC1E1-08, 2009年9月.
65) 2,009 国内講演発表 水谷 康弘, 堤 章洋, 大谷 幸利, 岩田 哲郎 : マイクロパッシブ磁気浮上による微小物体位置の光制御, 第14回知能メカトロニクスワークショップ, I2, 2009年9月.
66) 2,009 国内講演発表 Watanabe Kentarou and Masatake Kawada : Estimation of DOA of EM Waves Emitted from Multiple PDs by Using MUSIC in Near Field, 2009 Shikoku-Section Joint Convention Record of The Institute of Electrical and Related Engineers, 32, Sep. 2009.
67) 2,009 国内講演発表 Ye Tian and Masatake Kawada : Simulating the Propagation of EM Waves Emitted from PD in Multipath-rich Environment by Using FDTD, 2009 Shikoku-Section Joint Convention Record of The Institute of Electrical and Related Engineers, 34, Sep. 2009.
68) 2,009 国内講演発表 Hirokazu Ishimaru and Masatake Kawada : Maximum Likelihood Localization of a Partial Discharge Source, 2009 Shikoku-Section Joint Convention Record of The Institute of Electrical and Related Engineers, 43, Sep. 2009.
69) 2,009 国内講演発表 福岡 裕記, 北條 昌秀, 舟橋 俊久 : 電圧形インバータを用いた限流器の単相システムへの応用, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.3, No.1, 31, 2009年9月.
70) 2,009 国内講演発表 渡辺 健人, 北條 昌秀 : 風力発電システムのための直列インバータとピッチ制御によるFault Ride-Throughの検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.3, No.6, 36, 2009年9月.
71) 2,009 国内講演発表 寺内 健晃, 北條 昌秀, 植田 喜延, 舟橋 俊久 : マイクログリッドにおける同期発電機と系統連系インバータの協調制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.3, No.7, 37, 2009年9月.
72) 2,009 国内講演発表 三輪 昌史, 谷林 宏紀, 木下 健太郎, 松島 誠, 南 潔, 松浦 良彦 : リモートコントロールサポートシステムを搭載した無人ヘリによる映像配信, 第14回 知能メカトロニクスワークショップ講演論文集, 31-33, 2009年9月.
73) 2,009 国内講演発表 上田 恒章, 森田 郁朗, 金山 忠司 : 極数・スロット数の組合せによるIPMSMの負荷特性比較, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4, No.1, 44, 2009年9月.
74) 2,009 国内講演発表 酒巻 直樹, 森田 郁朗 : 誘導同期ハイブリッドモータに関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4, No.2, 45, 2009年9月.
75) 2,009 国内講演発表 常深 達也, 森田 郁朗, 吉野 勇人 : 単相リラクタンス形誘導同期モータの特性解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4, No.3, 46, 2009年9月.
76) 2,009 国内講演発表 森田 郁朗, 笹森 雄一郎 : Halbach形磁石配置円筒形リニアモータの特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.4, No.4, 47, 2009年9月.
77) 2,009 国内講演発表 内山 壱郎, 馬地 夏紀, 寺西 研二, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワーを用いた脱色処理における過酸化水素添加の効果, 平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 21, 2009年9月.
78) 2,009 国内講演発表 中野 圭悟, 横手 優輝, 中島 弘人, 寺西 研二, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワーを用いたNOx処理におけるリアクタ形状の検討, 平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 23, 2009年9月.
79) 2,009 国内講演発表 穴吹 俊樹, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : 圧電トランス型プラズマリアクタの駆動用電源の開発, 平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 24, 2009年9月.
80) 2,009 国内講演発表 齋藤 将太, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : 圧電トランスを用いた誘電体バリア放電型プラズマリアクタの表面電位と放電電力空間分布の測定, 平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 25, 2009年9月.
81) 2,009 国内講演発表 杉森 茂宏, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : 圧電トランス型エキシマランプの真空紫外発光特性, 平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 67, 2009年9月.
82) 2,009 国内講演発表 島田 洋司, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : 可視光領域の光吸収を用いたオゾン濃度測定法の検討, 平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 71, 2009年9月.
83) 2,009 国内講演発表 中川 亮佑, 城山 和己, 山中 雅斗, 寺西 研二, 下村 直行, 髙橋 章 : バイオエレクトリクス実験のためのパルス電界印加システムの開発, 平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 235, 2009年9月.
84) 2,009 国内講演発表 大田 誠二, 城山 和己, 中川 亮佑, 寺西 研二, 下村 直行, 宇都 義浩, 堀 均 : 固形腫瘍に対するナノ秒パルス電界印加実験, 平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 242, 2009年9月.
85) 2,009 国内講演発表 北島 孝弘, 安野 卓 : 風速の周波数情報を用いた階層型ニューラルネットワークによる風速予測, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.3-10, 2009年9月.
86) 2,009 国内講演発表 小出 訓之, 安野 卓, 香川 拓也, 安野 恵実子 : 群ロボットを用いたパネル巡航問題における人間の意志決定スキル獲得, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-1, 2009年9月.
87) 2,009 国内講演発表 香川 拓也, 安野 卓, 漆原 史朗, 安野 恵実子, 桑原 明伸 : GPを用いた群移動ロボットの充電ステーション帰還ルール生成, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-2, 2009年9月.
88) 2,009 国内講演発表 藤澤 祥, 安野 卓, 由良 諭, 原田 寛信 : 電流フィードバックによる電動車いすの滑り抑制制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-3, 2009年9月.
89) 2,009 国内講演発表 苛原 新治, 安野 卓, 桑原 明伸 : 電動車いす安全運転支援システムのための触覚振動デバイスの振動認識度評価, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-5, 2009年9月.
90) 2,009 国内講演発表 野上 亮平, 安野 卓, 桑原 明伸 : CPGネットワークを用いた二関節筋を有する一脚ロボットの跳躍高さ制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-6, 2009年9月.
91) 2,009 国内講演発表 戸張 正崇, 安野 卓, 桑原 明伸, 林 博昭, 佐藤 章裕 : 日射量予測に基づく自動灌水システムの制御特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-8, 2009年9月.
92) 2,009 国内講演発表 鈴木 浩司, 安野 卓, 漆原 史朗, 安野 恵実子, 桑原 明伸 : 複素ニューラルネットワークを用いた自律分散ロボットシステムの協調搬送制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-10, 2009年9月.
93) 2,009 国内講演発表 山本 真央, 安野 卓, 桑原 明伸 : 測域センサ搭載型自律移動ロボットのためのファジィ推論を用いた静的危険度の算定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-11, 2009年9月.
94) 2,009 国内講演発表 尾崎 史郎, 安野 卓, 桑原 明伸, 田中 大樹 : 目標経路の未来情報を用いたUGVのファジィ経路追従制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-13, 2009年9月.
95) 2,009 国内講演発表 田中 佑治, 安野 卓, 鈴木 浩司, 桑原 明伸, 山田 隆治 : 3連パラレルクローラ型ロボットの基本動作制御と未知不整地における踏破制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-14, 2009年9月.
96) 2,009 国内講演発表 平岡 謙作, 安野 卓, 桑原 明伸 : 脚車輪分離型4脚移動ロボットの全方位移動制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.8-15, 2009年9月.
97) 2,009 国内講演発表 有持 裕紀, 安野 卓, 安野 恵実子, 桑原 明伸 : 地磁気センサを用いた外乱磁気検出による自律型移動ロボットの姿勢角補償, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.7-5, 2009年9月.
98) 2,009 国内講演発表 米多 恵梨, 安野 卓, 山根 達也, 桑原 明伸, 小谷 和男 : 膝関節用パワーアシスト装具のための加速度センサを用いた立位・座位運動状態計測, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.7-6, 2009年9月.
99) 2,009 国内講演発表 秦野 秀稔, 北條 昌秀, 小林 直樹 : 電圧上昇抑制を目的とした太陽光発電システム群の統合制御に関する検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.3, No.9, 39, 2009年9月.
100) 2,009 国内講演発表 阿部 恵一, 北條 昌秀, 三谷 康範, 鵜飼 裕之, 佐伯 修 : CampusWAMSによる外乱発生時の電力系統の状態観測, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.3, No.8, 38, 2009年9月.
101) 2,009 国内講演発表 坂本 紘基, 大西 徳生 : センサレス制御巻線型誘導発電機の系統同期投入制御, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.1, 48, 2009年9月.
102) 2,009 国内講演発表 十亀 拓也, 山中 建二, 大西 徳生 : 位相追従型センサレス制御インバータによる誘導同期リラクタンス電動機の速度トルク特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.2, 49, 2009年9月.
103) 2,009 国内講演発表 立花 知也, 大西 徳生 : センサレス制御によるIPMSM高効率運転特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.3, 50, 2009年9月.
104) 2,009 国内講演発表 栗坂 昌克, 山中 建二, 大西 徳生 : センサレス制御システムの過変調領域における制御法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.4, 51, 2009年9月.
105) 2,009 国内講演発表 三原 寛司, 大西 徳生 : 無効電流制御による誘導電動機V/f制御実験特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.5, 52, 2009年9月.
106) 2,009 国内講演発表 大西 啓仁, 大西 徳生 : 三相インバータモジュールを用いた二相誘導電動機駆動, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.6, 53, 2009年9月.
107) 2,009 国内講演発表 山中 建二, 十亀 拓也, 大西 徳生 : IMsynRMとSynRMの始動トルク特性比較, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.7, 54, 2009年9月.
108) 2,009 国内講演発表 谷口 喜浩, 大西 徳生 : トランスレス直並列インバータ制御瞬時電圧低下補償, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.9, 56, 2009年9月.
109) 2,009 国内講演発表 柴田 真隆, 大西 徳生 : 三相インバータモジュールを用いた周波数電力変換装置の実験特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.10, 57, 2009年9月.
110) 2,009 国内講演発表 高橋 義也, 大西 徳生 : インバータ回路の非線形特性補正付センサレス制御システム, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.11, 58, 2009年9月.
111) 2,009 国内講演発表 古田 将空, 大西 徳生 : 昇圧チョッパ切換え制御直列電圧源を用いたNPCインバータ, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.13, 60, 2009年9月.
112) 2,009 国内講演発表 酒井 宣年, 大西 徳生 : 位相追従形インバータ制御による電源品質補償装置の連系手法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.15, 62, 2009年9月.
113) 2,009 国内講演発表 佐藤 大輔, 大西 徳生 : 蓄電池直列接続時の時分割個別充電制御特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.5, No.16, 63, 2009年9月.
114) 2,009 国内講演発表 津村 晃弘, 大西 徳生 : 励磁成分電流可変によるセンサレス制御電動パワーステアリング(EPS)駆動特性, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.8, No.21, 103, 2009年9月.
115) 2,009 国内講演発表 四宮 康博, 大西 徳生 : スイッチング制御アクティブ蓄電池, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, Vol.8, No.22, 104, 2009年9月.
116) 2,009 国内講演発表 稲岡 武, 川上 烈生, 富永 喜久雄, 新部 正人, 向井 孝志 : 非対称放電系容量結合型RFクリプトンプラズマの放電及び発光特性, 平成21年度電気関係学会 四国支部連合大会 講演論文集, 30, 2009年9月.
117) 2,009 国内講演発表 川上 烈生, 稲岡 武, 富永 喜久雄, 新部 正人, 向井 孝志 : クリプトンとアルゴンプラズマによる窒化ガリウムエッチングダメージ, 平成21年度電気関係学会 四国支部連合大会 講演論文集, 29, 2009年9月.
118) 2,009 国内講演発表 高木 均, 草野 剛嗣, 溝渕 啓, 高田 善弘 : プレス成形したレジンレス竹の強度特性, 日本機械学会長崎講演会講演論文集, 17-18, 2009年10月.
119) 2,009 国内講演発表 三輪 昌史 : 操縦安定化装置を搭載した無人ヘリによるリアルタイム映像中継システム, 無人ヘリテレ推進協議会第6回研修会, 2009年10月.
120) 2,009 国内講演発表 仮屋 大祐, 山本 敏之, 石原 国彦 : 流体構造連成解析による翼の共振評価および試験との比較, 第37回ガスタービン定期講演会 講演論文集, 275-279, 2009年10月.
121) 2,009 国内講演発表 水野 孝則, 三輪 昌史 : MDDを利用した異なるハードウェアに対する制御プログラムの作成, 組込みシステムシンポジウム2009, 218, 2009年10月.
122) 2,009 国内講演発表 松岡 司, 境 真太郎, 重光 亨, 福富 純一郎 : 未加硫ゴムの圧縮成形時における流動現象とプレス速度の関係, 第87期 日本機械学会流体工学部門講演会, 2009年11月.
123) 2,009 国内講演発表 岡部 佑樹, 矢野 忠寛, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転形小型軸流ファンの内部流れについて, 第87期 日本機械学会流体工学部門講演会, 2009年11月.
124) 2,009 国内講演発表 吉村 圭央, 住友 尚志, 福富 純一郎, 重光 亨 : 圧力式ホモジナイザーの内部流れと液滴破壊の研究, 第87期 日本機械学会流体工学部門講演会, 2009年11月.
125) 2,009 国内講演発表 一宮 昌司, 藤村 勇斗 : 円管助走部における強制撹乱による孤立乱流塊の発達, 日本機械学会流体工学部門講演会講演論文集, 107-108, 2009年11月.
126) 2,009 国内講演発表 一宮 昌司, 西村 圭史, 藤原 靖史 : 突起列による平板境界層の乱流遷移, --- 乱流くさび内の乱流量の発達 ---, 日本機械学会流体工学部門講演会講演論文集, 99-100, 2009年11月.
127) 2,009 国内講演発表 尾崎 史郎, 安野 卓, 桑原 明伸, 田中 大樹 : 目標経路の未来情報を用いた自律型UGVの自己調整ファジィ経路追従制御, 2009年度計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, No.112, 2009年11月.
128) 2,009 国内講演発表 山根 達也, 安野 卓, 鈴木 浩司, 米多 恵梨, 桑原 明伸, 小谷 和男 : 介護予防を目的とした膝関節用パワーアシスト装具の実環境における運動制御, 2009年度計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, No.222, 2009年11月.
129) 2,009 国内講演発表 鈴木 浩司, 安野 卓, 漆原 史朗, 安野 恵実子, 桑原 明伸 : 複素ニューラルネットワークを用いた群移動ロボットの間接協調搬送制御, 2009年度計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, No.243, 2009年11月.
130) 2,009 国内講演発表 戸張 正崇, 安野 卓, 桑原 明伸, 林 博昭, 佐藤 章裕 : 日射量予測型自動灌水制御によるトマトの生育と品質評価, 2009年度計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, No.321, 2009年11月.
131) 2,009 国内講演発表 Kassim Bin Mohamed Anuar, Takashi Yasuno and Akinobu Kuwahara : Moving and Breaking Motion Control of Quadruped Hopping Robot Using Adaptive CPG Networks, Proceedings of The Society of Instrument and Control Shikoku Branch Conference 2009, No.331, Nov. 2009.
132) 2,009 国内講演発表 田中 佑治, 安野 卓, 鈴木 浩司, 桑原 明伸, 山田 隆治 : 適応型2自由度制御を用いた3連パラレルクローラ型移動ロボットのモーションコントロール, 2009年度計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, No.343, 2009年11月.
133) 2,009 国内講演発表 一宮 昌司, 石見 勇貴 : 自動車モデル形状とその周りの流れの関係, --- モデル後流の乱流量の特性 ---, 日本機械学会流体工学部門講演会講演論文集, 133-134, 2009年11月.
134) 2,009 国内講演発表 三輪 昌史, 谷林 宏紀, 木下 健太郎, 松島 誠, 南 潔, 松浦 良彦 : リモートコントロールサポートシステムによるRCヘリを用いた空撮作業支援, 第52回自動制御連合講演会, 2009年11月.
135) 2,009 国内講演発表 寺西 研二, 斎藤 将太, 下村 直行, 伊藤 晴雄 : 圧電トランス型プラズマリアクタの2次側電圧測定用分圧器の開発, 2009年放電学会年次大会講演論文集, A-1-3(1p), 2009年11月.
136) 2,009 国内講演発表 穴吹 俊樹, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 : 周波数自動追従機能を有した圧電トランス型プラズマリアクタ駆動用電源, 2009年放電学会年次大会講演論文集, A-1-5(2pp), 2009年11月.
137) 2,009 国内講演発表 浮田 浩行 : QRコードを用いたLEDパネルによる情報伝達装置, 第14回パターン計測シンポジウム資料, 13-18, 2009年11月.
138) 2,009 国内講演発表 大柳 雅明, 柴田 浩伸, 水谷 康弘, 岩田 哲郎 : 光電子増倍管応答遅延時間の波長依存性測定手法の提案Ⅱ, Optics & Photonics Japan 2009, 462, 2009年11月.
139) 2,009 国内講演発表 山崎 稔文, 清遠 弘重, 水谷 康弘, 岩田 哲郎 : 蛍光位相変調法のヒト歯試料への適用と拡張指数関数によるデータ解析, Optics & Photonics Japan 2009, 464, 2009年11月.
140) 2,009 国内講演発表 海老澤 瑞枝, 水谷 康弘, 桝本 博司 : 低屈折率材料を用いた偏光光学素子についての検討, Optics & Photonics Japan 2009, 598, 2009年11月.
141) 2,009 国内講演発表 Na Zhou, Hosokawa Takahiro, Matsumoto Takuya and Tetsuya Suekane : Experimental studies on gas trapping in sandstone for CO2 geological storage, 日本機械学会熱工学コンファレンス2009, 255-256, Nov. 2009.
142) 2,009 国内講演発表 奥畑 尚之, 末包 哲也 : ポーラスプレートを用いた石油増進回収機構の解明に関する基礎的研究, 日本機械学会熱工学コンファレンス2009, 257-258, 2009年11月.
143) 2,009 国内講演発表 末包 哲也, 渡邊 浩平 : 微細藻類からのバイオディーゼル燃料合成, 日本機械学会熱工学コンファレンス2009, 37-38, 2009年11月.
144) 2,009 国内講演発表 大宅 薫, 茂原 直秀, 井内 健介, 伊藤 篤史, 中村 浩章, 上田 良夫, 田辺 哲朗 : プラズマ対向壁に形成される混合層スパッタリングのシミュレーション, プラズマ・核融合学会第26回年会, 2009年12月.
145) 2,009 国内講演発表 浮田 浩行 : 複数光源イメージスキャナによる形状,色および光沢の推定, 電気学会研究会資料, Vol.GID-09-01∼07 09∼17 19 21 23∼24, 1-6, 2009年12月.
146) 2,009 国内講演発表 末包 哲也 : 地球温暖化防止と二酸化炭素地下貯留, 中四国熱科学・工学研究会, 2009年12月.
147) 2,009 国内講演発表 細川 貴寛, 末包 哲也 : 孔質内における気泡トラップメカニズムと安定性, 第46回日本伝熱シンポジウム講演論文集, 2009年.
148) 2,009 国内講演発表 新部 正人, 前田 佳恵, 川上 烈生, 稲岡 武, 富永 喜久雄, 向井 孝志 : プラズマエッチングしたGaN結晶のN-K吸収測定によるダメージ解析, 第23回日本放射光学会年会, 2010年1月.
149) 2,009 国内講演発表 岡部 佑樹, 福富 純一郎, 重光 亨 : 二重反転形小型軸流ファンの性能特性について, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2010年3月.
150) 2,009 国内講演発表 大藤 啓生, 福富 純一郎, 重光 亨 : クロスフロー風車に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2010年3月.
151) 2,009 国内講演発表 吉村 圭央, 住友 尚志, 福富 純一郎, 重光 亨 : 圧力式ホモジナイザーの乳化作用に及ぼすバルブ形状 の影響, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2010年3月.
152) 2,009 国内講演発表 山下 彰之, 福富 純一郎, 重光 亨 : 高粘度液体充填機に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2010年3月.
153) 2,009 国内講演発表 松岡 司, 境 真太郎, 福富 純一郎, 重光 亨 : 未加硫ゴムの圧縮成形時における流動現象に関する研究, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2010年3月.
154) 2,009 国内講演発表 名定 亮一, 福富 純一郎, 重光 亨 : 小型ターボポンプの性能特性について, 日本機械学会中四国支部総会講演会, 2010年3月.
155) 2,009 国内講演発表 末包 哲也, 細川 貴寛, 周 娜 : 共圧入による残留ガストラップ量の制御, 平成22年度資源・素材学会春期大会講演集, Vol.(I), -59-62, 2010年3月.
156) 2,009 国内講演発表 為平 泰佑, 石原 国彦, 辻 政範 : キャビティを有するボイラ管群のバッフル板による対策法に関する研究, 日本機械学会中国四国学生会第40回学生員卒業研究発表講演会, 133, 2010年3月.
157) 2,009 国内講演発表 高橋 武史, 石原 国彦 : ボイラ管群における空力自励音の対策法に関する研究, 日本機械学会中国四国学生会第40回学生員卒業研究発表講演会, 134, 2010年3月.
158) 2,009 国内講演発表 丸山 隆太, 石原 国彦 : 浮上式ベルトコンベアの異常振動発生原因の究明に関する研究-固有振動数の導出-, 日本機械学会中国四国学生会第40回学生員卒業研究発表講演会, 148, 2010年3月.
159) 2,009 国内講演発表 塚本 隼也, 石原 国彦, 辻 政範 : 有限インピーダンスを有する枝管型消音器の音響特性に関する研究, 日本機械学会中国四国学生会第40回学生員卒業研究発表講演会, 149, 2010年3月.
160) 2,009 国内講演発表 石見 勇貴, 一宮 昌司 : 振動時の自動車モデル周りの流れ, --- 2種類のモデルによる比較 ---, 日本機械学会中国四国支部第48期総会·講演会講演論文集, 437-438, 2010年3月.
161) 2,009 国内講演発表 藤村 勇斗, 一宮 昌司 : 円管内助走部での撹乱による乱流遷移, --- 孤立乱流塊発生敷居値とその特徴 ---, 日本機械学会中国四国支部第48期総会·講演会講演論文集, 445-446, 2010年3月.
162) 2,009 国内講演発表 鎌田 慎也, 一宮 昌司 : 周期撹乱による二次元混合層の乱流遷移の特性, --- 振動板による撹乱の定常性 ---, 日本機械学会中国四国支部第48期総会·講演会講演論文集, 439-440, 2010年3月.
163) 2,009 国内講演発表 藤原 靖史, 一宮 昌司 : 突起列による平板境界層の乱流遷移, --- 乱流くさび干渉による変動の増加 ---, 日本機械学会中国四国支部第48期総会·講演会講演論文集, 443-444, 2010年3月.
164) 2,009 国内講演発表 一宮 昌司 : 汎用圧縮ソフトを用いた乱流信号の複雑さ表現, 日本機械学会中国四国支部第48期総会·講演会講演論文集, 435-436, 2010年3月.
165) 2,009 国内講演発表 坂本 啓, 浮田 浩行 : LEDパネルを用いた動的QRコードによる情報提示装置の開発, 中国四国支部第48期総会·講演会講演論文集, 361-362, 2010年3月.
166) 2,009 国内講演発表 劉 寛, 浮田 浩行 : 複数の光源を用いたイメージスキャナよる光沢を含む物体の形状復元, 中国四国支部第48期総会·講演会講演論文集, 363-364, 2010年3月.
167) 2,009 国内講演発表 山中 康行, 浮田 浩行 : パンチルトカメラとアームロボットを用いたパーティクルフィルタによる移動物体追跡, 中国四国支部第48期総会·講演会講演論文集, 265-266, 2010年3月.
168) 2,009 国内講演発表 前田 健浩, 石原 国彦 : 伝達行列法による端部に有限インピーダンスを有する1次元音響管の音響特性予測, 日本機械学会中国四国支部第48期総会・講演会, 199-200, 2010年3月.
169) 2,009 国内講演発表 辻 政範, 石原 国彦, 塚本 隼也 : 有限インピーダンスを有する枝管型消音器の音響特性に関する研究, 日本機械学会中国四国支部第48期総会・講演会, 201-202, 2010年3月.
170) 2,009 国内講演発表 安田 竜也, 石原 国彦, 辻 政範 : 吸音ダクトの音響特性評価に関する研究, 日本機械学会中国四国支部第48期総会・講演会, 203-204, 2010年3月.
171) 2,009 国内講演発表 休場 健太, 石原 国彦 : ボイラ管群における空力自励音の対策法に関する研究, 日本機械学会中国四国支部第48期総会・講演会, 205-206, 2010年3月.
172) 2,009 国内講演発表 田島 耕介, 石原 国彦 : 浮上式コンベア(FDC)の異常振動発生原因の究明に関する研究, 日本機械学会中国四国支部第48期総会・講演会, 211-212, 2010年3月.
173) 2,009 国内講演発表 中川 大輔, 工村 達也, 八房 智顯, 木戸口 善行 : 内部急速混合型油水噴射ノズルによるバーナ燃焼特性に関する研究, 日本機械学会講演論文集, 2010年3月.
174) 2,009 国内講演発表 中川 大輔, 工村 達也, 八房 智顯, 木戸口 善行 : 内部急速混合型油水噴射ノズルによるバーナ燃焼特性に関する研究, 日本機械学会講演論文集, 2010年3月.
175) 2,009 国内講演発表 林 啓輔, 宮本 貴之, Amir Khalid, 八房 智顯, 木戸口 善行 : 雰囲気温度および酸素濃度がディーゼル噴霧の着火燃焼に及ぼす影響に関する研究, 日本機械学会講演論文集, 2010年3月.
176) 2,009 国内講演発表 Muhammad Yamin Mohd Yusoff, 水谷 康弘, 岩田 哲郎, 大西 康司, 相沢 隆, 小池 崇文 : PLZT を用いた光学デバイスの開発(第一報), --- ミュラー行列再構成による偏光特性の評価 ---, 2010年精密工学会春季大会学術講演会, 2010年3月.
177) 2,009 国内講演発表 堤 章洋, 水谷 康弘, 岩田 哲郎, 大谷 幸利 : パッシブ磁気浮上を用いた反磁性物質の非接触光駆動法, 2010年精密工学会春季大会学術講演会, 2010年3月.
178) 2,009 国内講演発表 水谷 康弘, Mohamd Suffan Nizam, 岩田 哲郎 : 位相制御方式による超音波モータの駆動とその特性, 2010年精密工学会春季大会学術講演会, 2010年3月.
179) 2,009 国内講演発表 辻 政範, 石原 国彦, 為平 泰佑 : キャビティを有するボイラ管群のバッフル板による自励音対策法に関する研究, 日本機械学会関西支部第85期総会・講演会, 610, 2010年3月.
180) 2,009 国内講演発表 日野 順市, 川上 真平, 園部 元康, 栗本 政雄 : VCCおよびNNによるトラッククレーンの振動制御, 日本設計工学会四国支部平成21年度研究発表講演会講演論文集, 2010年3月.
181) 2,009 国内講演発表 大谷 幸利, 水谷 康弘, 飯村 靖文, 黒川 隆志, 若林 清孝 : 偏光計測による光配向膜の評価, 第57回応用物理学関係連合講演会, 2010年3月.
182) 2,009 国内講演発表 穴吹 俊樹, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 : 圧電トランス型プラズマリアクタの駆動用電源に関する研究, 平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 191, 2010年3月.
183) 2,009 国内講演発表 中野 圭悟, 横手 優輝, 中島 弘人, 寺西 研二, 下村 直行 : ナノ秒パルスパワーを用いたNOx処理におけるリアクタ接続方法の検討, 平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 193, 2010年3月.
184) 2,009 国内講演発表 杉森 茂宏, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄, 鈴木 進 : 圧電トランスを用いた誘電体バリア放電型エキシマランプの開発, 平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 70, 2010年3月.
185) 2,009 国内講演発表 布川 史章, 六角 虎太郎, 相澤 由花, 矢沢 勇樹, 下村 直行, 寺西 研二, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : 水面上パルス放電におけるインピーダンス特性(I), 平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 199, 2010年3月.
186) 2,009 国内講演発表 六角 虎太郎, 相澤 由花, 布川 史章, 矢沢 勇樹, 下村 直行, 寺西 研二, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : 水面上パルス放電におけるインピーダンス特性(II), 平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 200, 2010年3月.
187) 2,009 国内講演発表 中川 亮佑, 城山 和己, Su Zehong, 寺西 研二, 下村 直行, 髙橋 章 : 病原性細菌へのパルス高電界印加効果, 平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 201, 2010年3月.
188) 2,009 国内講演発表 福岡 裕記, 北條 昌秀, 舟橋 俊久 : 直列インバータとダイオード整流器を用いた限流器の直流電圧制御法, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.151, 2010年3月.
189) 2,009 国内講演発表 大西 啓仁, 大西 徳生 : 三相インバータモジュールを用いた二相始動による単相誘導電動機駆動, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.076, 2010年3月.
190) 2,009 国内講演発表 高橋 義也, 大西 徳生 : センサレス制御インバータの低い直流電圧動作時の特性改善, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.080, 2010年3月.
191) 2,009 国内講演発表 酒井 宣年, 大西 徳生 : 直列インバータを用いた昇降圧型DC/DCコンバータの検討, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.112, 2010年3月.
192) 2,009 国内講演発表 曽利 仁, 安野 卓 : 階層型ニューラルネットワークとリアルタイム観測データを用いた台風接近時の風速風向予測システム, 平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.3, No.3-082, 122, 2010年3月.
193) 2,009 国内講演発表 大宅 薫 : 炭素再堆積層におけるプラズマ・壁相互作用のシミュレーション, 「マルチスケールでのプラズマ・壁相互作用の理解」研究会, 2010年3月.
194) 2,009 国内講演発表 寺内 健晃, 北條 昌秀, 舟橋 俊久, 植田 喜延 : マイクログリッドにおける同期発電機と複数台インバータの負荷分担制御, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.168, 2010年3月.
195) 2,009 国内講演発表 北條 昌秀, 馬場 旬平, 福士 明彦, 松田 啓二, 勝木 亮 : 移動体における配電システム, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.S18-6, 2010年3月.
196) 2,009 国内講演発表 森田 郁朗, 金山 忠司, 上田 恒章 : 極数とスロット数の組合せによるIPMSMの負荷特性比較, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.5, No.001, 1, 2010年3月.
197) 2,009 国内講演発表 常深 達也, 森田 郁朗, 吉野 勇人 : 単相リラクタンス形誘導同期モータの特性解析, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.5, No.039, 63, 2010年3月.
198) 2,009 国内講演発表 Kentaro Watanabe and Masatake Kawada : Estimation of DOAs of Multipath EM Waves in Near Field Emitted from PD Using AVW Method, National Convention Record I.E.E. Japan, Mar. 2010., Mar. 2010.
199) 2,009 国内講演発表 Ye Tian and Masatake Kawada : Estimation of DOA from Partial Discharge in Free Space by Using Signal Subspace Methods, National Convention Record I.E.E. Japan, Mar. 2010, Mar. 2010.
200) 2,009 国内講演発表 Hirokazu Ishimaru and Masatake Kawada : Localization of Partial Discharge Sources Using Maximum Likelihood Estimation, National Convention Record I.E.E. Japan, Mar. 2010., Mar. 2010.
201) 2,009 国内講演発表 寺西 研二, 島田 洋司, 下村 直行, 伊藤 晴雄 : 可視光領域の光吸収法を利用したオゾン濃度の測定, 平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 112, 2010年3月.
202) 2,009 国内講演発表 木野 正貴, 神谷 祐紀, 布川 史章, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : 純Heガス中における放電の自己組織化現象の観測, 平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 101, 2010年3月.
203) 2,009 国内講演発表 落合 祐介, 倉賀野 秀哉, 村山 和正, 鈴木 進, 伊藤 晴雄, 寺西 研二, 田口 正樹, 加藤 康弘 : オゾナイザのオゾン生成特性, 平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 109, 2010年3月.
204) 2,009 国内講演発表 村山 和正, 落合 祐介, 倉賀野 秀哉, 鈴木 進, 伊藤 晴雄, 寺西 研二, 田口 正樹, 加藤 康弘 : オゾナイザにおけるオゾン濃度の時間的変化, 平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 111, 2010年3月.
205) 2,009 国内講演発表 古田 将空, 大西 徳生 : 昇圧チョッパ制御直列電圧源を用いたマルチレベルインバータ, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.053, 2010年3月.
206) 2,009 国内講演発表 谷口 喜浩, 大西 徳生, 矢部 久博 : トランスレス直並列インバータによる電源品質補償システム, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.149, 2010年3月.
207) 2,009 国内講演発表 四宮 康博, 大西 徳生 : スイッチング制御アクティブ蓄電池の制御特性, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.4, No.068, 2010年3月.
208) 2,009 国内講演発表 北條 昌秀 : 国内外の実証事例からみた直流技術の動向, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.6, No.S12-7, 2010年3月.
209) 2,009 国内講演発表 安野 恵実子, 安野 卓, 香川 拓也 : 群ロボットを用いたパネル巡航問題における共有動作ルールの生成, 平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.3, No.3-093, 139, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 作品等

(なし)

2009年度(平成21年度) / その他・研究会

1) 2,009 その他・研究会 川田 昌武 : 研究室から始める国際化への試み, 電気学会誌, Vol.129, No.5, 316, 2009年5月.
2) 2,009 その他・研究会 Masatake Kawada : Development of Diagnostic Measurement Techniques for Power Equipment Using Radio Sensing, Computational Electromagnetic Method, and Signal Processing, Seminar by IEEE Ottawa Section ( National Research Council, Canada ), Jun. 2009.
3) 2,009 その他・研究会 寺西 研二, 小林 和人, 山口 宗彦, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 : 希ガスを満たした圧電トランス型放電プラズマ発生器で観測されるDBDの自己組織化現象, プラズマ/パルスパワー/放電合同研究会資料 PST-09-75/PPT-09-75/ED-09-119, 11-14, 2009年8月.
4) 2,009 その他・研究会 森田 郁朗, 金山 忠司, 上田 恒章 : 極数とスロット数の組合せによる埋込磁石同期モータの負荷特性比較, 回転機研究会資料, Vol.RM-09, No.52, 7-12, 2009年8月.
5) 2,009 その他・研究会 常深 達也, 森田 郁朗, 吉野 勇人 : 単相リラクタンス形誘導同期モータの特性解析, 回転機研究会資料, Vol.RM-09, No.53, 13-18, 2009年8月.
6) 2,009 その他・研究会 酒巻 直樹, 森田 郁朗 : 誘導同期ハイブリッドモータに関する研究, 回転機研究会資料, Vol.RM-09, No.54, 19-24, 2009年8月.
7) 2,009 その他・研究会 Tetsuya Suekane : Current our understandings on global warming and the carbon dioxide capture and storage as a mitigation option, Summer Course, Xi'an Jiaotong University, Aug. 2009.
8) 2,009 その他・研究会 藤原 靖史, 一宮 昌司 : 突起列による平板境界層の乱流遷移(乱流くさび内の乱流量の発達), 西日本乱流研究会第26回シンポジウム講演論文集, 2009年8月.
9) 2,009 その他・研究会 鎌田 慎也, 一宮 昌司 : 二次元混合層の乱流遷移進行(乱流遷移進行の表示法について), 西日本乱流研究会第26回シンポジウム講演論文集, 2009年8月.
10) 2,009 その他・研究会 石見 勇貴, 一宮 昌司 : 自動車モデル形状とその周りの流れの関係(モデル後流の乱流量の特性), 西日本乱流研究会第26回シンポジウム講演論文集, 2009年8月.
11) 2,009 その他・研究会 藤村 勇斗, 一宮 昌司 : 円管助走部における強制撹乱による孤立乱流塊の発達, 西日本乱流研究会第26回シンポジウム講演論文集, 2009年8月.
12) 2,009 その他・研究会 下村 直行, 川上 烈生, 寺西 研二, 富永 喜久雄 : 導入教育・初年度教育に関する考察, --- 徳島大学電気電子工学科のアンケート結果から ---, 電気学会研究会資料, Vol.FIE-09, No.3, 41-46, 2009年8月.
13) 2,009 その他・研究会 末包 哲也 : マイクロフォーカスX線CT計測に基づく岩石多孔質内二相流などについて総括的な研究紹介, X-Earth Center,熊本大学, 2009年8月.
14) 2,009 その他・研究会 新部 正人, 前田 佳恵, 川上 烈生, 稲岡 武, 富永 喜久雄, 向井 孝志 : プラズマエッチングしたGaN結晶のN-K吸収計測によるダメージ解析, 第45回X線分析討論会, 2009年11月.
15) 2,009 その他・研究会 川上 烈生 : UV-LEDによる光触媒酸化作用を用いた果実の汎用型鮮度維持装置の開発研究, 第三回技術シーズ発表会 in 四国 ∼四国発!地域元気の取組みについて∼, 2009年11月.
16) 2,009 その他・研究会 穴吹 俊樹, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 : 圧電トランス型プラズマリアクタの駆動用電源, 2009年放電学会若手セミナー資料, 2009年11月.
17) 2,009 その他・研究会 寺西 研二, 島田 洋司, 下村 直行, 伊藤 晴雄 : LEDを光源とした光吸収法によるオゾン濃度測定, 第24回光源物性とその応用研究会資料 LS-09-15, AR-09-12, PE-09-05, LAV-09-34, 2009年11月.
18) 2,009 その他・研究会 末包 哲也 : 二酸化炭素回収・貯留技術の研究とその現状, 徳島大学・JST共同研究発表会, 2009年12月.
19) 2,009 その他・研究会 影山 達也, 中島 弘人, 下村 直行, 島本 隆, 大来 雄二 : 工学倫理教育を考える, --- 徳島大学のアンケートと受講者の意見 ---, 電気学会研究会資料, Vol.FIE-09, No.5, 59-64, 2009年12月.
20) 2,009 その他・研究会 Masatake Kawada : How to Internationalize the Undergraduate and Graduate Programs ?, Proceedings of the Fourth Symposium on "The Fourth International Symposium: Development of the Global Double Degree Program (GDDP)", 24-25, Dec. 2009.
21) 2,009 その他・研究会 川上 烈生 : 果実の汎用型鮮度維持装置, STイノベーションサテライト徳島 育成研究報告会 平成18年度採択育成研究課題報告, 2009年12月.
22) 2,009 その他・研究会 周 娜, 末包 哲也, 王 秋旺 : 多孔質内気体残留に関する実験的研究, 中国工程熱物理学会, 2009年.
23) 2,009 その他・研究会 北條 昌秀, 阿部 恵一, 三谷 康範, 鵜飼 裕之, 佐伯 修 : 需要家端の同期電圧位相計測による電力系統オンライン状態観測, 電気学会研究会資料, Vol.PSE-10, No.4, 19-23, 2010年1月.
24) 2,009 その他・研究会 北條 昌秀, 湊 和幸 : フライングキャパシタ形マルチレベルコンバータを用いた直流給配電システムの電力変換方式, 電気学会研究会資料, Vol.PE-10(PSE-10), No.2 (46), 7-11, 2010年2月.
25) 2,009 その他・研究会 下村 直行, 影山 達也, 中島 弘人, 寺西 研二 : 授業評価アンケートの実効性の検討と学生の受講姿勢, 電気学会研究会資料, Vol.FIE-10, 73-76, 2010年3月.
26) 2,009 その他・研究会 新部 正人, 前田 佳恵, 川上 烈生, 稲岡 武, 富永 喜久雄, 向井 孝志 : プラズマエッチングしたGaN結晶のNEXAFS測定によるダメージ解析, 2010先端技術セミナー,高度産業科学技術研究所主催, 2010年3月.
27) 2,009 その他・研究会 酒井 宣年, 大西 徳生 : 直並列インバータ制御方式三相瞬低補償装置, 電気学会研究会資料, Vol.SPC-10(PE-10, PSE-10), No.31 (30, 54), 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 報告書

1) 2,009 報告書 森田 郁朗 : 小形モータの用途別性能向上および評価技術, 電気学会技術報告, No.1176, 28-33, 東京, 2009年12月.
2) 2,009 報告書 川上 烈生 : 高周波クリプトンプラズマによる自己無撞着な衝撃粒子エネルギー分布及び粒子束の解析, 平成21年度核融合科学研究所LHD数値解析システム利用共同研究報告書, 日本, 2010年3月.
3) 2,009 報告書 川上 烈生 : UV-LEDによる薄膜系TiO2の光触媒反応活性化のための大気圧空気プラズマナノ表面処理技術の開発研究, 徳島大学研究連携推進機構(知的財産本部),産学連携研究者育成支援事業, 日本, 2010年3月.
4) 2,009 報告書 川上 烈生 : 分光計測(反射・透過・膜厚)システム一式, 徳島大学外部資金に係わる間接経費(学長裁量経費), 日本, 2010年3月.

2010年度(平成22年度)

article.{@.date="20100400 20110399" @.organization=\E{140078}}

2010年度(平成22年度) / 著書

1) 2,010 著書 Kaoru Ohya : Plasma Interaction in Controlled Fusion Devices: 3rd ITER International Summer School, American Institute of Physics, Jun. 2010.
2) 2,010 著書 Tetsuya Suekane : Computational Methods in Multiphase Flow VI, WIT-Press, 2011.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,010 学術論文 (審査論文) Daiji Kato, Takahiro Kenmotsu, Kaoru Ohya and Tetsuo Tanabe : Linear Polarization of Photons Emitted from Excited Hydrogen Atoms Formed above Metal Surfaces, Contributions to Plasma Physics, Vol.50, No.3-5, 445-450, 2010.
2) 2,010 学術論文 (審査論文) Kensuke Inai, Kaoru Ohya, Gakushi Kawamura and Yukihiro Tomita : Electron Velocity Distributions at a Sheath Edge in the Presence og Secondary Electron Emission from a Metal Surface, Contributions to Plasma Physics, Vol.50, No.3-5, 458-463, 2010.
3) 2,010 学術論文 (審査論文) Atsushi Ito, Kaoru Ohya, Kensuke Inai and Hiroaki Nakamura : Dependency of Tritium Retention in Graphite on Temperature Control of Molecular Dynamics, Contributions to Plasma Physics, Vol.50, No.3-5, 464-469, 2010.
4) 2,010 学術論文 (審査論文) Hiroyuki Ukida, Yuuta Aika, Keita Achi, Yasuyuki Ishihara, Jou Kuroda, Gaku Kosaki, Syunsuke Suzuki and Yuuki Nagata : Robot Manufacturing Class for Children Led by University, Journal of Engineering Education Research, Vol.13, No.2, 78-82, 2010.
5) 2,010 学術論文 (審査論文) 酒井 重和, 林 泰弘, 川崎 章司, 松木 純也, 馬場 旬平, 横山 明彦, 北條 昌秀, 若尾 真治, 森 健二郎, 不破 由晃 : 分散型電源連系課題解決支援実験システム(ANSWER)の構築と分散型電源と配電ネットワークとの協調運用形態の実験検証, 電気学会論文誌B (電力・エネルギー部門誌), Vol.130, No.5, 473-483, 2010年.
6) 2,010 学術論文 (審査論文) Retsuo Kawakami, Tominaga Kikuo, Okada Kenji, Nouda Takahiro, Inaoka Takeshi, Takeichi Atsushi, Fukudome Toshiaki and Murao Kenichi : Etch Damage Characteristics of TiO2 Thin Films by Capacitively Coupled RF Ar Plasmas, Vacuum, Vol.84, No.12, 1393-1397, 2010.
7) 2,010 学術論文 (審査論文) Tetsuo Iwata and Yasuhiro Mizutani : Ellipsometric measurement technique for a modified Otto configuration used for observing surface-plasmon resonance, Optics Express, Vol.18, No.14, 14480-14487, 2010.
8) 2,010 学術論文 (審査論文) Kunihiko Ishihara, Takanori Miyamoto and Yuka Yoshida : Study on the Evaluation of Sound Speed in Ducts with Tube Banks, Journal of Environment and Engineering, Vol.5, No.2, 339-352, 2010.
9) 2,010 学術論文 (審査論文) 木戸口 善行, 中尾 誠志, 岡 祐介, 八房 智顯 : 噴射制御による直接噴射式天然ガス内燃機関の希薄燃焼に関する研究, 自動車技術会論文集, Vol.41, No.4, 859-864, 2010年.
10) 2,010 学術論文 (審査論文) Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Ryosuke Kawasaki, Misako Saito, Teruyuki Hayashi, Jack Jau and Kenichi Kanai : Modelling and observations of electron beam charging of an insulator/metal bilayer and its impact on secondary electron images in defect inspection equipment, Journal of Electron Microscopy, Vol.59, S189-S193, 2010.
11) 2,010 学術論文 (審査論文) Kaoru Ohya, Naohide Mohara, Kensuke Inai, Atsushi Ito, Hiroaki Nakamura, Yoshio Ueda and Tetsuo Tanabe : Molecular Dynamics Study of Plasma Surface Interactions for Mixed Materials, Journal of Plasma and Fusion Research SERIES, Vol.9, 497-502, 2010.
12) 2,010 学術論文 (審査論文) Tetsuo Iwata, Hiroshige Kiyoto, Yasuhiro Mizutani and Tsutomu Araki : Comparison of Pulsed-Excitation and Phase-Modulation Methods for Estimating Fluorescence Lifetime Values Using a Convolved-Autoregressive Model and a High-Gain Photomultiplier Tube, Optical Review, Vol.17, No.6, 513-518, 2010.
13) 2,010 学術論文 (審査論文) Na Zhou, Takuya Matsumoto, Takahiro Hosokawa and Tetsuya Suekane : Pore-Scale visualization of gas trapping in porous media by X-ray CT scanning, Flow Measurement and Instrumentation, Vol.21, No.3, 262-267, 2010.
14) 2,010 学術論文 (審査論文) Hirokazu Ishimaru and Masatake Kawada : Localization of a Partial Discharge Source Using Maximum Likelihood Estimation, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering (TEEE), Vol.5, No.5, 516-522, 2010.
15) 2,010 学術論文 (審査論文) Kaoru Ohya and Kensuke Inai : Hydrocarbon Redeposition on Plasma Facing Walls Intersecting Magnetic Field at Shallow Angles, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.49, No.9, 096201-1-096201-7, 2010.
16) 2,010 学術論文 (審査論文) Hiroyuki Ukida, Yasuyuki Yamanaka, Masahiro Inoue and Masayuki Kawanami : Object Tracking System by Pan-Tilt Cameras and Arm Robot Using Particle Filter, Applied Mechanics and Materials, Vol.36, 442-450, 2010.
17) 2,010 学術論文 (審査論文) 中岡 正典, 石原 国彦 : 樹皮繊維成型体の吸音特性について, 騒音制御, Vol.34, No.5, 386-397, 2010年.
18) 2,010 学術論文 (審査論文) 辻 政範, 石原 国彦 : サイドブランチ型消音器による複雑配管を有する吸引機の低騒音化に関する研究, 騒音制御, Vol.34, No.5, 398-407, 2010年.
19) 2,010 学術論文 (審査論文) Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi, Yuki Okabe and Kazuhiro Iuchi : Performance and Flow Condition of Contra-rotating Small-sized Axial Fan at Partial Flow Rate, International Journal of Fluid Machinery and Systems, Vol.3, No.4, 271-278, 2010.
20) 2,010 学術論文 (審査論文) Masanori Tsuji and Kunihiko Ishihara : Acoustic Characteristics of a Side Branch Silencer with the Finite Impedance at the End, Journal of Environment and Engineering, Vol.5, No.3, 456-468, 2010.
21) 2,010 学術論文 (審査論文) 山中 義也, 石原 国彦 : 粒体噴流による身体均一洗浄について(制御噴流を用いた付着噴流の揺動化), 噴流工学, Vol.27, No.2, 11-18, 2010年.
22) 2,010 学術論文 (審査論文) 重光 亨, 福富 純一郎, 岡部 佑樹, 井内 一博 : 二重反転形小型軸流ファンの性能特性と内部流れに関する研究, 日本機械学会論文集(B編), Vol.76, No.771, 1720-1726, 2010年.
23) 2,010 学術論文 (審査論文) 出口 祥啓 : 知的財産立国を目指した自主的創造力創出教育について― 青色発光ダイオード発祥の地 徳島での現状とこれからの取り組み ―, パテント, Vol.63, No.13, 14-19, 2010年.
24) 2,010 学術論文 (審査論文) Kensuke Inai, Yukihiro Tomita, Gakushi Kawamura and Kaoru Ohya : A coupled EDDY/PIC/ELECTRAN simulation of erosion and deposition in gaps, Fusion Engineering and Design, Vol.85, No.7-9, 1416-1420, 2010.
25) 2,010 学術論文 (審査論文) Kaoru Ohya, Naohide Mohara, Kensuke Inai, Atsushi Ito, Hiroaki Nakamura, Andreas Kirschner and Dimitry Borodin : Molecular dynamics and dynamic Monte Carlo studies of mixed materials and their impact on plasma wall interactions, Fusion Engineering and Design, Vol.85, No.7-9, 1167-1172, 2010.
26) 2,010 学術論文 (審査論文) Hayato Kawazome, Kaoru Ohya, Kensuke Inai, Jun Kawata, Kenji Nishimura and Tetsuo Tanabe : Calculation of D/XB Values of Hydrocarbon Molecules in Tokamak Edge Plasmas, Plasma and Fusion Research, Vol.5, S2073-1-S2073-5, 2010.
27) 2,010 学術論文 (審査論文) 坂東 慎之介, 日野 順市, 岩田 弘, 橋本 浩二 : 台金の温度分布を利用した丸鋸の腰入れ, 日本機械学会論文集(C編), Vol.76, No.772, 3330-3335, 2010年.
28) 2,010 学術論文 (審査論文) Kunihiko Ishihara : On the Generation Mechanism of High Level Sound Generated in a Boiler and Heat Exchanger, --- Effect of the Number of Tubes and Acoustic Damping on SPL ---, Journal of Environment and Engineering, Vol.5, No.3, 485-497, 2010.
29) 2,010 学術論文 (審査論文) Yasuhiro Mizutani and Tetsuo Iwata : Thin Film Thickness Measurement by Surface Plasmon Resonance Using a Modified Otto's Configuration Combined with Ellipsometry, International Journal of Automation Technology (IJAT), Vol.5, No.2, 236-240, 2010.
30) 2,010 学術論文 (審査論文) 辻 政範, 石原 国彦 : 端部に有限インピーダンスを有する枝管型消音器の音響特性について, --- 減音効果のピーク周波数の確定法 ---, 日本機械学会論文集(C編), Vol.76, No.772, 3389-3397, 2010年.
31) 2,010 学術論文 (審査論文) Retsuo Kawakami, Niibe Masahito, Fukudome Toshiaki, Takeichi Atsushi, Inaoka Takeshi and Tominaga Kikuo : Effect of DBD Air Plasma Treatment on TiO2 Thin Film Surfaces, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.50, No.1, 01BE02-1-01BE02-5, 2011.
32) 2,010 学術論文 (審査論文) 西 泰行, 福富 純一郎 : らせん状吸込流路を有する一枚羽根遠心ポンプのラジアルスラストに及ぼす羽根出口幅の影響, ターボ機械, Vol.39, No.1, 47-56, 2011年.
33) 2,010 学術論文 (審査論文) Toru Shigemitsu, Junichiro Fukutomi, Ryoichi Nasada and Kensuke Kaji : The Effect of Blade Outlet Angle on Performance and Internal Flow Condition of Mini Turbo-Pump, Journal of Thermal Science, Vol.20, No.1, 32-38, 2011.
34) 2,010 学術論文 (審査論文) 重光 亨, 福富 純一郎, 名定 亮一, 梶 兼輔 : 小型ターボポンプの羽根出口角が羽根車性能に及ぼす影響, ターボ機械, Vol.39, No.2, 112-118, 2011年.
35) 2,010 学術論文 (審査論文) Retsuo Kawakami, Inaoka Takeshi, Tominaga Kikuo, Niibe Masahito, Mukai Takashi, Takeichi Atsushi and Fukudome Toshiaki : Etch-induced damage characteristics of n-GaN surfaces by capacitively coupled radio frequency He and Ar plasmas, Physica Status Solidi (C) Current Topics in Solid State Physics, Vol.8, No.2, 441-443, 2011.
36) 2,010 学術論文 (審査論文) Niibe Masahito, Maeda Yoshie, Retsuo Kawakami, Inaoka Takeshi, Tominaga Kikuo and Mukai Takashi : Surface analysis of n-GaN crystal damaged by RF-plasma-etching with Ar, Kr, and Xe gases, Physica Status Solidi (C) Current Topics in Solid State Physics, Vol.8, No.2, 435-437, 2011.