RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel
期間: 2006.4〜2012.3

2006年度(平成18年度)

article.{@.date="20060400 20070399" @.organization=\E{140219}}

2006年度(平成18年度) / 著書

1)上田 隆, 大橋 一友, 炭原 加代, 富安 俊子, 葉久 真理, 日隈 ふみ子, 前田 和寿, 三谷 龍史, 柳吉 桂子, 山口 雅子 : 2007年度出題基準別助産師国家試験対策模擬問題, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2006年6月.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Mari Haku, Keiko Takebayashi and Toshiko Tomiyasu : Factors associated with the discontinuation of breastfeeding until 3 months after delivery, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.5, No.1, 12-17, 2006.
2)梶原 恭子, 富安 俊子, 田中 千絵, 井手 信 : 看護学生の妊婦に対するイメージの検討, 母性衛生, Vol.47, No.4, 563-570, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2006年度(平成18年度) / 学術レター

(なし)

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1)葉久 真理 : 助産師教育の現状と将来展望, 四国医学雑誌, Vol.62, No.5,6, 211-217, 2007年1月.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1)Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Analysis of a Neural Oscillator Model With Plasticity for Treatment of Tinnitus, Proceedings of World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Vol.14, 3413-3416, Seoul, Aug. 2006.
2)Hirohito Shintani, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi and Abhijit S. Pandya : Analysis of multi-layer neural network's recognition mechanism using Alopex algorithm, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 133-136, Seoul, Aug. 2006.
3)Yoshinobu Terahashi, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Magnetic motion measurement using BPNN, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 530-532, Seoul, Aug. 2006.
4)Takahiro Emoto, Udantha R. Abeyratne, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Neural networks for the novel diagnosis method based on clinical snoring sound analysis in apnea, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 836-840, Seoul, Aug. 2006.
5)Tada Tomohiro, Masatake Akutagawa, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Brain signal source localization from EEG during recall of the aural stimulation, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 967-970, Seoul, Aug. 2006.
6)Kunihiko Inoue, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Udantha R. Abeyratne, Tetsuya Uemura, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Order estimation and screening of apneic snore sound using the Akaike Information Criterion, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1028-1031, Seoul, Aug. 2006.
7)Shingo Yoko, Masatake Akutagawa, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Simulation study on artifact elimination in EEG signals by artificial neural network, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1057-1059, Seoul, Aug. 2006.
8)Masato Katayama, Masatake Akutagawa, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Extracting characteristic feature of a inert region from EEG, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1075-1078, Seoul, Aug. 2006.
9)Yoshio Kaji, Masatake Akutagawa, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi and Shinji Nagahiro : EEG analysis using neural networks to detect changes of brain conditions during operations, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1079-1082, Seoul, Aug. 2006.
10)Mizuki Nishioka, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Signal separation of the biological signal using ICA, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1098-1101, Seoul, Aug. 2006.
11)Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Oscillation and Its Inhibition in a Neural Oscillator Model for Tinnitus, Proceedings of the 28th IEEE-EMBS Annual International Conference, 5547-5550, New York, Aug. 2006.
12)Masato Katayama, Masatake Akutagawa, Udantha R. Abeyratne, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Some Limitations of Localizing Inert Region from EEG, Proceedings of the Intenational Conference on Biomedical and Pharmaceutical Engineering, 180-185, Singapore, Dec. 2006.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1)Reiji Suzuki, Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : A Method of Analysis for alpha-wave in EEG under Tinnitus, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 180, Sep. 2006.
2)Shuuhei Higashi, Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Development of a Measurement System of EEG and Its Spectrogram, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 181, Sep. 2006.
3)Daisuke Adachi, Takayuki Araki, Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Inhibition of Oscillation by Noise in a Neural Network Model for Treatment of Tinnitus, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 188, Sep. 2006.
4)西岡 瑞起, 芥川 正武, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : 脳波の独立成分分離に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 178, 2006年9月.
5)多田 朋広, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : ニューラルネットワークと非線形最適化法を用いた脳内2信号源推定に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 186, 2006年9月.
6)片山 雅仁, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : 脳不活性部位の大きさによる推定位置誤差の影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 185, 2006年9月.
7)新谷 洋人, 芥川 正武, 長篠 博文, パンディア S. アビジット, 木内 陽介 : ステップ幅を可変にしたAlopex algorithm, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 187, 2006年9月.
8)横 真悟, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : NNを用いた瞬目アーチファクトの除去について, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 189, 2006年9月.
9)砂崎 一紀, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : ニューラルネットワークを用いた時系列パターン認識, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 190, 2006年9月.
10)寺橋 由展, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : MIセンサを用いた顎運動計測に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 191, 2006年9月.
11)井上 邦彦, 芥川 正武, 榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha, 植村 哲也, 長篠 博文, 木内 陽介 : AICによる鼾音のパラメータ推定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 201, 2006年9月.
12)竹林 桂子, 富安 俊子, 葉久 真理 : 教育課程の相違による助産に必要な看護技術の習得状況, --- 助産学実習前と実習終了時の比較から ---, 日本助産学会誌, Vol.20, No.3, 55, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1)榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : 鼾音解析による閉塞型無呼吸症候群に関する新しい診断方法の開発, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.162, 29-31, 2006年7月.
2)片山 雅仁, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : ニューラルネットワークを用いた不活性部位EEGの特徴抽出, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.162, 37-40, 2006年7月.
3)葉久 真理, 大橋 一友, 炭原 加代, 竹林 桂子, 富安 俊子, 上田 隆, 日隈 ふみ子, 前田 和寿, 三谷 龍史, 柳吉 桂子, 山口 雅子 : 2007年 出題基準別助産婦国家試験問題, 2006年7月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

1)葉久 真理, 竹林 桂子 : 母乳育児予測スケールの開発とその有用性の検証, 平成17∼18年度科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書, 1-62, 2007年3月.

2007年度(平成19年度)

article.{@.date="20070400 20080399" @.organization=\E{140219}}

2007年度(平成19年度) / 著書

1)大橋 一友, 竹内 美恵子, 上田 隆, 炭原 加代, 竹林 桂子, 富松 拓治, 富安 俊子, 葉久 真理, 日隅 ふみ子, 柳吉 桂子, 山口 雅子 : 2008年出題基準別助産師国家試験予想問題集, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2007年7月.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Toshiko Tomiyasu, Keiko Takebayashi, Mari Haku, Kyouko Kajihara and Fortin Eric : Anxieties and Care Needs of Fathers with Multiple-Birth Children, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.6, No.1, 28-32, 2007.
2)Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : A Plastic Neural Network Model of Sound Therapy of Tinnitus, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering (TEEE), Vol.2, No.4, 488-490, 2007.
3)Tadashi Kondo, Abhijit S. Pandya and Hirofumi Nagashino : GMDH-type Neural Network Algorithm with a Feedback Loop for Structural Identification of RBF Neural Network, International Journal of Knowlrge-based and Intelligent Engineering Systems, Vol.11, No.3, 157-168, 2007.
4)Sawako Kinouchi, Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, Hongwei Song, Satsuki Sumitani, Sumiko Shibuya-Tayoshi, Mari Haku, Toshiyuki Yasui, Minoru Irahara, Kyoko Morita, Kazuhito Rokutan and Tetsuro Ohmori : FKBP5, SERT and COMT mRNA expressions in the peripheral leukocytes during menstruation cycle in healthy reproductive females., Neuroscience Letters, Vol.434, No.1, 124-128, 2008.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2007年度(平成19年度) / 学術レター

(なし)

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1)Mari Haku : Breastfeeding: factors associated with the continuation of breastfeeding, the current situation in Japan, and recommendations for further research, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3,4, 224-234, Aug. 2007.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1)Ali A. Danesh, Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi and Abhijit S. Pandya : A Plastic Neural Network Model for Tinnitus Inhibition, Poster Presentation in Advances in Tinnitus Assessment, Treatment and Neuroscience Basis Conference, New York, Jun. 2007.
2)Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Inhibition of Oscillation in a Plastic Neural Network Model Using Noise Stimulus, Proceedings of The 11th World Multi-Conference on systemics, Cybernetics and Informatics, Vol.IV, 108-112, Orlando, Jul. 2007.
3)Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : Dynamical Properties of a Plastic Neural Network Model for Tinnitus Therapy and Inhibition of Oscillation Using Noise Stimulus, Proceedings of the 29th Annual International Conference of the IEEE EMBS, 2408-2411, Lyon, Aug. 2007.
4)Masato Katayama, Masatake Akutagawa, Udantha R. Abeyratne, Yoshio Kaji, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Localization of an Inert Region in the Brain using Modified Levenberg Marquarts Neural Network, 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 4098-4101, Lyon, France, Aug. 2007.
5)Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, Hirofumi Nagashino and Yohsuke Kinouchi : Feature Extraction for Snore Sound via Neural Network Processing, 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 5477-5480, Lyon, France, Aug. 2007.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1)岡本 博紀, 佐藤 雅哉, 藤本 憲市, 長篠 博文, 木内 陽介, ダネッシュ A. アリ, パンディア S. アビジット : 耳鳴り治療のための神経回路モデルにおける高周波正弦波刺激を用いた振動抑制, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 241, 2007年9月.
2)高須 水城, 千住 昭博, 藤本 憲市, 手川 歓識, 長篠 博文, 芥川 正武, 木内 陽介, ダネッシュ A. アリ, パンディア S. アビジット : 耳鳴りモニタリングのための脳波計測と雑音出力システムの開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 242, 2007年9月.
3)石原 尚樹, 芥川 正武, 木内 陽介, 長篠 博文 : ニューラルネットワークを用いた下顎運動計測装置の開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 219, 2007年9月.
4)萩原 大輔, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介, 榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha : 鼾音解析による閉塞型無呼吸症候群のスクリーニングに関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 229, 2007年9月.
5)新谷 洋人, 芥川 正武, 長篠 博文, パンディア S. アビジット, 木内 陽介 : ノルムの変更が受容野パターンに及ぼす影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 240, 2007年9月.
6)村田 敏洋, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : NNを用いたEEG解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 244, 2007年9月.
7)片山 雅仁, 芥川 正武, 加治 芳雄, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介 : 脳不活性部位EEGの特徴とニューラルネットワークを用いた推定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 245, 2007年9月.
8)榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介 : 時間遅れニューラルネットワークを用いた閉塞型無呼吸症候群に関する特徴抽出, 第30回日本生体医工学会中四国支部大会講演抄録, 13, 2007年10月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1)藤本 憲市, 長篠 博文, 木内 陽介, ダネッシュ A. アリ, パンディア S. アビジット : 耳鳴り治療のための可塑的神経回路モデルの力学的性質と二種類の雑音刺激を用いた振動抑制, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.154, 63-66, 2007年7月.
2)新谷 洋人, 芥川 正武, 長篠 博文, パンディア S. アビジット, 木内 陽介 : ニューラルネットワークとAlopexアルゴリズムを組み合わせた文字認識, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.154, 1-4, 2007年7月.
3)葉久 真理, 大橋 一友, 炭原 加代, 竹林 桂子, 冨松 拓治, 富安 俊子, 上田 隆, 日隈 ふみ子, 柳吉 桂子, 山口 雅子 : 2008年 出題基準別助産婦国家試験問題, 2007年7月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

1)葉久 真理, 竹林 桂子 : 母乳外来における褥婦への母乳育児支援の有用性の検証, 平成19年度~平成20年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書, 2008年.

2008年度(平成20年度)

article.{@.date="20080400 20090399" @.organization=\E{140219}}

2008年度(平成20年度) / 著書

1)大橋 一友, 葉久 真理, 西條 隆彦, 炭原 加代, 竹林 桂子, 田中 恵子, 冨松 拓治, 日隈 ふみ子, 柳吉 桂子, 山口 雅子 : 2009年度出題基準別 助産師国家試験予想問題集, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2008年7月.
2)二宮 恒夫 : 子どもに学ぶ(1)子どもの作品からのメッセージ, 近代文芸社, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : 目のイラストに対する感情表現の個別性, 小児心身症研究, No.16, 53-58, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術レター

(なし)

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

(なし)

2008年度(平成20年度) / 国際会議

(なし)

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1)二宮 恒夫, 郷木 義子, 奥田 紀久子, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : 毎回の講義に理解度チェック票を取り入れた講義方法改善の試み, 平成20年度全学FD徳島大学教育カンファレンス, 2009年1月.

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1)葉久 真理, 大橋 一友, 西條 隆彦, 炭原 加代, 竹林 桂子, 冨松 拓治, 富安 俊子, 日隈 ふみ子, 柳吉 桂子, 山口 雅子 : 2009年 出題基準別助産婦国家試験問題, 2008年7月.

2008年度(平成20年度) / 報告書

(なし)

2009年度(平成21年度)

article.{@.date="20090400 20100399" @.organization=\E{140219}}

2009年度(平成21年度) / 著書

1)石走 知子 : 2010年新出題基準別助産師国家試験重要問題集, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2009年8月.
2)葉久 真理, 大橋 一友, 上田 隆, 酒井 規夫, 日隈 ふみ子, 田中 恵子, 冨松 拓治, 柳吉 桂子 : 2010年 出題基準別助産師国家試験重要問題集, 株式会社 メディカ出版, 2009年8月.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)二宮 恒夫, 中津 忠則 : 周産期からの子どもの虐待予防(一次予防)の全県的取り組み, 平成21年度第40回全国学校保健・学校医大会大会誌, 212-214, 2009年.
2)竹林 桂子, 松尾 博哉 : つわりの推移ならびに重症度と自律神経活動度との関連, 神戸大学大学院保健学研究科紀要, Vol.26, 1-9, 2010年.
3)二宮 恒夫, 岸田 佐智, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵 : 目のイラストに対する感情を表現できない不登校児, 小児心身症研究, No.17, 61-65, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術レター

(なし)

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

1)葉久 真理 : 特集 保助看法等の一部改正を考える 大学専攻科における助産師教育, 助産師, Vol.63, No.4, 14-15, 2009年11月.

2009年度(平成21年度) / 国際会議

(なし)

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1)二宮 恒夫 : 家庭・学校の成育環境の違い,患児の目のイラストに表現される感情の多様性, 第112回日本小児科学会学術集会, 2009年4月.
2)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : 目のイラストに対する感情を表現できない不登校児, 第17回日本小児心身医学会中国四国地方会, 2009年5月.
3)古川 薫, 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智, 船戸 豊子, 桑内 敬子 : 子ども虐待の院内・院外連携支援の現状, 第132回日本小児科学会徳島地方会, 2009年6月.
4)二宮 恒夫 : 特別講演「虐待の心理的後遺症」, 日本ロールレタリング学会第10回大会, 2009年8月.
5)池尾 沙織, 船戸 豊子, 森内 洋美, 船城 千絵美, 林 愛, 二宮 恒夫, 橋本 浩子, 谷 洋江, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : 周産期からの子どもの虐待一次予防において連携に拒否的養育者への支援, 徳島県小児保健協会総会並びに第51回講演会, 2009年9月.
6)竹林 桂子, 佐野 寿代, 葉久 真理 : 母乳外来における母乳育児支援の現状分析, 第41回徳島母性衛生学会抄録集, 2009年9月.
7)二宮 恒夫 : シンポジウム「病気をもつ子どもの学校生活支援」,大人の気づかない子どものストレス, 平成21年度「子どもの健康週間(徳島)」, 2009年10月.
8)高田 大樹, 船引 愛子, 橋本 浩子, 谷 洋江, 二宮 恒夫 : 1型糖尿病患児におけるインスリン製剤変更による低血糖に対する親の認識の変化と低血糖予防行動の実態, 第56回日本小児保健学会, 2009年10月.
9)二宮 恒夫, 橋本 浩子, 谷 洋江 : 乳幼児健診に心理支援を目的とした問診項目の有用性について, 第56回日本小児保健学会, 2009年10月.
10)二宮 恒夫, 中津 忠則 : 周産期からの子どもの虐待予防(一次予防)の全県的取り組み, 平成21年度第40回全国学校保健・学校医大会, 2009年11月.
11)古川 薫, 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : 周産期からの子どもの虐待一次予防のための連携要因項目の検討, 日本子ども虐待防止学会第15回学術集会埼玉大会, 2009年11月.
12)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智, 桑内 敬子, 多田 朋資 : 慢性疾患を有する子どものメディカルネグレクト疑い事例-子どもの虐待一次予防定例検討会より-, 第133回日本小児科学会徳島地方会, 2009年12月.

2009年度(平成21年度) / 作品等

(なし)

2009年度(平成21年度) / その他・研究会

1)葉久 真理, 大橋 一友, 酒井 規夫, 炭原 加代, 竹林 桂子, 田中 恵子, 冨松 拓治, 日隈 ふみ子, 柳吉 桂子, 山口 雅子 : 2010年 出題基準別助産婦国家試験問題, 2009年8月.

2009年度(平成21年度) / 報告書

(なし)

2010年度(平成22年度)

article.{@.date="20100400 20110399" @.organization=\E{140219}}

2010年度(平成22年度) / 著書

1)葉久 真理, 大橋 一友, 上田 隆, 香山 晋輔, 酒井 規夫, 島田 啓子, 田中 恵子, 冨松 拓治, 日隈 ふみ子 : 2011年 出題基準別助産師国家試験重要問題集, メディカ出版, 2010年8月.
2)二宮 恒夫 : 最新育児小児病学 改訂第6版 (黒田泰弘/監修 ), --- 育児学 5.小児の生活,6.小児保健,小児病学 13.感染性疾患,15.血液疾患,16.固形腫瘍,22.心身症と関連疾患,25.小児の事故,26.救急処置 ---, 南江堂, 東京, 2010年9月.
3)香美 祥二, 二宮 恒夫 : 最新育児小児病学, 2010年9月.
4)二宮 恒夫 : コメディカルのための内科学 第3版 (伊東 進 他), --- 血液・造血器疾患 ---, 医学出版社, 東京, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

1)石走 知子 : 望まない妊娠を防止するための助産師の受胎調節指導活動:活性化のためのリカレント教育に関する研究, 母性衛生, Vol.51, No.2, 329-335, 2010年.
2)石走 知子 : 思春期・青年期学生の性の問題における対処行動ならびにストレス認知に関する研究, 思春期学, Vol.28, No.3, 307-317, 2010年.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)二宮 恒夫, 井﨑 ゆみ子, 中津 忠則 : 大学生のうつ病認知スケール結果を学校精神保健にどう活かすか, 平成22年度第41回全国学校保健・学校医大会大会誌, 200-202, 2010年.

2010年度(平成22年度) / 学術レター

(なし)

2010年度(平成22年度) / 総説・解説

1)葉久 真理 : 専攻科での助産教育 徳島大学助産学専攻科, 助産師, Vol.64, No.3, 50-54, 2010年8月.

2010年度(平成22年度) / 国際会議

(なし)

2010年度(平成22年度) / 国内講演発表

1)二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : 大学生のうつ病認知スケール結果と心理支援教育体制の必要性, 第18回日本小児心身医学会中国四国地方会, 2010年5月.
2)二宮 恒夫 : 開会講演「おとなの気づかない子どものストレス」, 第6回中国四国思春期学会学術集会, 2010年7月.
3)工藤 友紀, 榎本 葵, 谷 洋江, 橋本 浩子, 二宮 恒夫, 香美 祥二 : 1型糖尿病患児の学校での療養行動における現状と課題, 第57回日本小児保健学会, 187, 2010年9月.
4)吉留 厚子, 林 猪都子, 石走 知子 : 望まない妊娠を防止するための助産師の受胎調節指導活動活性化のためのリカレント教育研究・第2報, 母性衛生, 2010年11月.
5)二宮 恒夫 : 看護の質向上に求められるもの, 第7回HBS公開シンポジウム「現代医療における高度実践看護の役割」, 2010年11月.
6)二宮 恒夫, 井﨑 ゆみ子, 中津 忠則 : 大学生のうつ病認知スケール結果を学校精神保健にどう活かすか, 第41回全国学校保健・学校医大会, 2010年11月.
7)二宮 恒夫 : 分科会「周産期からの子ども虐待一次予防における課題の解決に向けて」:精神科医との連携体制, 日本子ども虐待防止学会第16回学術集会くまもと大会, 2010年11月.
8)石走 知子 : 新たな時代の性教育を考える-性感染症の予防と受診を中心に-, 日本性感染症学会, 2010年12月.
9)山本 真由美, 二宮 恒夫 : 気になる養育者の理解困難な感情への対応, 子ども虐待防止ワークショップ, 2010年12月.
10)二宮 恒夫 : 特別講演「気づかれない虐待と子どもの心の発達」, 日本小児科学会香川地方会, 2010年12月.
11)二宮 恒夫, 山本 真由美, 佐藤 健二, 原 幸一, 境 泉洋, 内海 千種, 福森 崇貴 : 学生の自己評価向上支援のためのFD開発の必要性, 平成22年度全学FD大学教育カンファレンスin徳島, 2011年1月.
12)二宮 恒夫, 芝﨑 恵, 谷 洋江, 橋本 浩子, 郷木 義子, 廣原 紀恵, 板東 孝枝, 奥田 紀久子, 岸田 佐智 : 高校生の授業参加と理解度,授業評価, 平成22年度全学FD大学教育カンファレンスin徳島.2011.1.21., 2011年1月.
13)山本 真由美, 二宮 恒夫 : 気になる養育者のアセスメントと子育て支援, 子ども虐待防止ワークショップ, 2011年2月.

2010年度(平成22年度) / 作品等

(なし)

2010年度(平成22年度) / その他・研究会

1)葉久 真理, 大橋 一友, 香山 晋輔, 酒井 規夫, 炭原 加代, 石走 知子, 竹林 桂子, 田中 恵子, 日隈 ふみ子, 山口 雅子 : 2011年 出題基準別助産婦国家試験問題, 2010年7月.

2010年度(平成22年度) / 報告書

(なし)

2011年度(平成23年度)

article.{@.date="20110400 20120399" @.organization=\E{140219}}

2011年度(平成23年度) / 著書

1)葉久 真理, 大橋 一友, 上田 隆, 香山 晋輔, 酒井 規夫, 島田 啓子, 田中 恵子, 冨松 拓治, 日隈 ふみ子 : 2012年出題基準別助産師国家試験重要問題集, メディカ出版, 2011年7月.
2)多田 敏子, 鈴木 るり子 : 大槌町保健師による全戸家庭訪問と被災地復興, 明石書店, 東京, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (審査論文)

1)岡久 玲子, 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 看護学生が記述したケアリング体験の中に含まれている言葉, Quality of Life Journal, Vol.12, No.1, 145-150, 2011年.
2)重木 明日香, 谷脇 聖佳, 多田 敏子, 岡久 玲子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : お遍路さんとお接待をする地域住民におけるケアリングとQOL, Quality of Life Journal, Vol.12, No.1, 135-143, 2011年.
3)岡久 玲子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 松下 恭子 : 看護大学生が生活行動記録体験後のロールプレイを通して理解した保健指導方法, 日本地域看護学会誌, Vol.14, No.1, 71-77, 2011年.
4)岡島 さおり, 横山 美江, 佐伯 和子, 佐藤 美佐子, 松井 道子, 岡本 里美, 鎌田 久美子, 多田 敏子 : 高度専門職業人としての保健師を養成する公衆衛生看護学実習モデルの構築, 保健師ジャーナル, Vol.67, No.10, 886-893, 2011年.
5)Chieko Fujii, Reiko Okahisa, Yasuko Matsushita and Toshiko Tada : Health behavior of elderly people engaged in agriculture in conjunction with information communication technology, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.1,2, 192-205, 2012.
6)Midori Yoshida, Kazuya Kondo, Chieko Nakanishi and Toshiko Tada : Interventional study for improvement of lung cancer screening rate, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.1,2, 127-135, 2012.
7)横山 美江, 松本 珠実, 藤山 明美, 岡本 里美, 岡島 さおり, 鎌田 久美子, 佐伯 和子, 佐藤 美佐子, 多田 敏子, 野口 久美子, 松井 通子, 大場 エミ : 保健師教育の質を保証する地域看護学実習モデルの構築:4単位実習モデル, 保健師ジャーナル, Vol.68, No.3, 226-234, 2012年.
8)吉田 みどり, 多田 敏子 : 徳島県のがん検診受診率と死亡率の現状, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.10, No.1/2, 46-55, 2012年.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)鎌田 久美子, 大場 エミ, 岡島 さおり, 松本 珠実, 野口 久美子, 藤山 明美, 松井 通子, 今井 睦子, 尾形 由紀子, 佐伯 和子, 多田 敏子, 藤丸 知子, 横山 美江 : 公衆衛生看護学を体得できる実習のあり方, 保健の科学, Vol.53, No.6, 398-404, 2011年.

2011年度(平成23年度) / 学術レター

(なし)

2011年度(平成23年度) / 総説・解説

1)多田 敏子 : 行楽シーズンを控えて, SSKA全低肺徳島支部会報, No.106, 3-5, 2011年9月.
2)多田 敏子 : ただほど怖いものはなし, SSKA全低肺徳島支部会報, No.107, 10-12, 2011年12月.
3)多田 敏子 : みなさんはどちらを選びますか, SSKA全低肺徳島支部会報, No.108, 6-8, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 国際会議

1)Chieko Fujii, Toshiko Tada, Reiko Okahisa and Yasuko Matsushita : The feelings of the elderly people living in a mountainous area with ongoing depopulation, Edomonton, May 2011.
2)Toshiko Tada, Ikesono Minako, Reiko Okahisa, Chieko Fujii and Yasuko Matsushita : A Survey on the Awareness of Nursing Students about potential earthquakes in Nankai and Tonankai areas of Japan, Challenge and Innovation on Commyunity-Based Nursing, 198, Kobe, Jul. 2011.
3)Chieko Fujii, Toshiko Tada, Reiko Okahisa and Yasuko Matsushita : What the elderly think of their lives, who work in the industries proactively managed in mountainous areas where depopulation progress, Challenge and Innovation on Commyunity-Based Nursing, 150, Kobe, Jul. 2011.
4)Chieko Fujii, Toshiko Tada, Reiko Okahisa and Yasuko Matsushita : What the Elderly Think of Lives,who Work in the Industries Proactively Managed in Mountainous Areas where Depopulation Progresses, The 2nd JAPAN-KOREA JOINT CONFERENCE ON COMMUNITY HEALTH NURSING, 150, Jul. 2011.
5)Reiko Okahisa, Toshiko Tada, Chieko Fujii and Yasuko Matsushita : Study on the Strength of Japanese Male Workers had the Health Guidance by Public Health Nurse in the Formation Process of Their Own Health Behavior, Challenge and Innovation on Commyunity-Based Nursing, 79, Kobe, Jul. 2011.
6)Toshiko Tada, Reiko Okahisa, Chieko Fujii and Yasuko Matsushita : Nursing students' experience of caring before enrollment in college, International Hiroshima Conference on Caring and Peace-Caring and Peace-, 92, Hiroshima, Mar. 2012.

2011年度(平成23年度) / 国内講演発表

1)片岡 三佳, 千葉 進一, 奥田 紀久子, 松下 恭子, 藤井 智惠子, 岡久 玲子, 廣原 紀恵, 郷木 義子, 多田 敏子 : 精神科外来での見学実習を通しての学生の学び, 日本看護研究学会雑誌, Vol.34, No.3, 413, 2011年7月.
2)石走 知子, 若松 美貴代, 三浦 陽子, 井上 尚美, 下敷領 須美子, 藤野 敏則, 吉留 厚子, 有倉 巳幸 : 高校生の性感染症問題での対処意識の向上を図るための介入研究, 2011年8月.
3)石走 知子, 若松 美貴代, 三浦 陽子, 井上 尚美, 有倉 巳幸 : 思春期学生の性感染症問題における対処意識の向上を図るための介入研究, 日本思春期学会, 2011年8月.
4)重木 明日香, 谷脇 聖佳, 多田 敏子, 岡久 玲子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 四国遍路へのお接待におけるケアリングとQOL, Quality of Life Journal, Vol.12, No.2, 5, 2011年9月.
5)岡久 玲子, 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 看護学生のケアリング体験とQOL, Quality of Life Journal, Vol.12, No.2, 6, 2011年9月.
6)多田 敏子, 藤井 智惠子, 松下 恭子, 岡久 玲子 : 中山間地域で暮らす高齢者の認知機能とQOL, 第6回日本ルーラルナーシング学会学術集会抄録集, 32, 2011年10月.
7)東 美貴, 吉田 渚, 多田 敏子, 岡久 玲子, 藤井 智惠子, 松下 恭子 : 阿波踊り体操を継続中の地域住民が新たな生活改善に移行する過程, 日本公衆衛生雑誌, Vol.58, No.10, 159, 2011年10月.
8)吉田 みどり, 多田 敏子 : 既存資料からみた徳島県のがん検診受診率と死亡率の相関の検討, 第70回日本公衆衛生学会総会抄録集, Vol.58, 192, 2011年10月.
9)岡久 玲子, 多田 敏子, 藤井 智惠子, 松下 恭子 : 高血圧予防をテーマとした市民公開講座参加者における運動習慣継続者の特性, 日本公衆衛生雑誌, Vol.58, No.10, 170, 2011年10月.
10)吉田 みどり, 多田 敏子 : 既存資料からみた徳島県のがん検診受診率と死亡率の相関の検討, 第70回日本公衆衛生学会総会, 2011年10月.
11)竹林 桂子, 石走 知子, 葉久 真理 : 助産師アイデンティティを育成する助産実習, 第43回徳島母性衛生学会抄録集, 2011年11月.
12)久保 幸子, 多田 敏子 : 交代制勤務に従事する50歳代男性労働者の疲労の量的研究, 第55回中国四国合同産業衛生学会, 68, 2011年12月.
13)中村 美穂, 原 理恵, 多田 敏子, 岡久 玲子 : 自然災害発生時の被災者への看護に携わった看護職者のメンタルヘルスに関する文献検討, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.57, No.1, 51, 2012年2月.
14)岡本 玲子, 小出 恵子, 西田 真寿美, 村嶋 幸代, 鈴木 るり子, 酒井 陽子, 岸 恵美子, 野村 美千江, 多田 敏子, 城島 哲子, 寺本 千恵, 草野 恵美子, 岩本 里織, 斉藤 美紀 : 地震による津波災害がA町にもたらした変化1-人びとの移動ー, 第16回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 98, 2012年2月.
15)村嶋 幸代, 小出 恵子, 西田 真寿美, 岡本 玲子, 鈴木 るり子, 酒井 陽子, 岸 恵美子, 野村 美千江, 多田 敏子, 城島 哲子, 寺本 千恵, 草野 恵美子, 岩本 里織, 斉藤 美紀 : 地震による津波災害がA町にもたらした変化2-人口ピラミッドー, 第16回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 99, 2012年2月.
16)多田 敏子, 小出 恵子, 西田 真寿美, 村嶋 幸代, 鈴木 るり子, 酒井 陽子, 岸 恵美子, 野村 美千江, 岡本 玲子, 城島 哲子, 寺本 千恵, 草野 恵美子, 岩本 里織, 斉藤 美紀 : 地震による津波災害がA町にもたらした変化3-在宅高齢者の健康・生活支援課題ー, 第16回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 100, 2012年2月.
17)鈴木 るり子, 小出 恵子, 西田 真寿美, 村嶋 幸代, 岡本 玲子, 酒井 陽子, 岸 恵美子, 野村 美千江, 多田 敏子, 城島 哲子, 寺本 千恵, 草野 恵美子, 岩本 里織, 斉藤 美紀 : 地震による津波災害がA町にもたらした変化4-血圧の変化ー, 第16回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 101, 2012年2月.
18)寺本 千恵, 小出 恵子, 西田 真寿美, 村嶋 幸代, 鈴木 るり子, 酒井 陽子, 岸 恵美子, 野村 美千江, 多田 敏子, 城島 哲子, 岡本 玲子, 草野 恵美子, 岩本 里織, 斉藤 美紀 : 地震による津波災害がA町にもたらした変化5-支援が必要な事例ー, 第16回日本在宅ケア学会学術集会講演集, 102, 2012年2月.
19)石走 知子, 若松 美貴代, 三浦 陽子, 井上 尚美, 下敷領 須美子, 藤野 敏則, 吉留 厚子, 竹林 桂子, 有倉 巳幸 : 高校生の性感染症問題における対処意識の向上をはかるための介入研究, 思春期学, Vol.30, No.1, 60-61, 2012年3月.
20)鎌田 久美子, 岡島 さおり, 海法 澄子, 松井 道子, 松本 珠実, 三井 尚美, 大場 エミ, 佐伯 和子, 田高 悦子, 多田 敏子, 鳩野 洋子, 藤丸 知子, 横山 美江 : 保健師教育課程における産業保健及び学校保を組み込んだ臨地実習の実態調査についてー実習施設における調査結果, 第1回日本保健師学術集会抄録集, 74, 2012年3月.
21)海法 澄子, 岡島 さおり, 鎌田 久美子, 松井 道子, 松本 珠実, 三井 尚美, 大場 エミ, 佐伯 和子, 田高 悦子, 多田 敏子, 鳩野 洋子, 藤丸 知子, 横山 美江 : 保健師教育課程における産業保健及び学校保を組み込んだ臨地実習の実態調査についてー教育機関における調査結果, 第1回日本保健師学術集会抄録集, 75, 2012年3月.
22)西田 真寿美, 草野 恵美子, 岡本 玲子, 野村 美千江, 小出 恵子, 倉田 朋子, 菅 玲子, 皿海 二子, 岩本 里織, 岸 恵美子, 城島 哲子, 多田 敏子, 寺本 千恵, 鈴木 るり子, 佐尾 貴子, 村嶋 幸代 : 地震による津波災害と保健師活動1-被災地で生きる住民の痛みと強みー, 第1回日本保健師学術集会抄録, 43, 2012年3月.
23)岸 恵美子, 草野 恵美子, 小出 恵子, 岡本 玲子, 佐尾 貴子, 倉田 朋子, 菅 玲子, 皿海 二子, 岩本 里織, 西田 真寿美, 城島 哲子, 多田 敏子, 寺本 千恵, 野村 美千江, 鈴木 るり子, 村嶋 幸代 : 地震による津波災害と保健師活動2-外部から被災地支援に入った保健師が把握した住民の回復力ー, 第1回日本保健師学術集会抄録, 44, 2012年3月.
24)佐尾 貴子, 草野 恵美子, 小出 恵子, 岡本 玲子, 西田 真寿美, 倉田 朋子, 菅 玲子, 皿海 二子, 岩本 里織, 岸 恵美子, 城島 哲子, 多田 敏子, 寺本 千恵, 野村 美千江, 鈴木 るり子, 村嶋 幸代 : 地震による津波災害と保健師活動3-支援に入った保健師がとらえた被災住民の特性と健康課題 ー, 第1回日本保健師学術集会抄録, 45, 2012年3月.
25)酒井 陽子, 草野 恵美子, 岡本 玲子, 野村 美千江, 佐尾 貴子, 倉田 朋子, 菅 玲子, 皿海 二子, 岩本 里織, 岸 恵美子, 城島 哲子, 多田 敏子, 寺本 千恵, 鈴木 るり子, 小出 恵子, 西田 真寿美, 村嶋 幸代 : 地震による津波災害と保健師活動4-ー外部から被災地支援に入った保健師が把握した災害保健活動の課題と今後のあり方-, 第1回日本保健師学術集会抄録, 46, 2012年3月.
26)岸 恵美子, 草野 恵美子, 小出 恵子, 岡本 玲子, 佐尾 貴子, 倉田 朋子, 菅 玲子, 皿海 二子, 岩本 里織, 西田 真寿美, 城島 哲子, 多田 敏子, 寺本 千恵, 鈴木 るり子, 野村 美千江, 村嶋 幸代 : 地震による津波災害と保健師活動5-全戸訪問ボランティアに参加した保健師による訪問活動の再考, 第1回日本保健師学術集会抄録, 47, 2012年3月.
27)岡本 玲子, 草野 恵美子, 小出 恵子, 野村 美千江, 佐尾 貴子, 倉田 朋子, 菅 玲子, 皿海 二子, 岩本 里織, 岸 恵美子, 酒井 陽子, 多田 敏子, 寺本 千恵, 鈴木 るり子, 西田 真寿美, 城島 哲子, 村嶋 幸代 : 地震による津波災害と保健師活動6-行政機能が麻痺した被災地保健師の体験と思い, 第1回日本保健師学術集会抄録, 48, 2012年3月.
28)西田 真寿美, 草野 恵美子, 岡本 玲子, 野村 美千江, 小出 恵子, 倉田 朋子, 菅 玲子, 皿海 二子, 岩本 里織, 岸 恵美子, 城島 哲子, 多田 敏子, 寺本 千恵, 鈴木 るり子, 佐尾 貴子, 村嶋 幸代 : 地震による津波災害と保健師活動1-被災地で生きる住民の痛みと強みー, 第1回日本保健師学術集会抄録, 43, 2012年3月.
29)片岡 三佳, 奥田 紀久子, 千葉 進一, 友竹 正人, 多田 敏子 : 総合大学に勤務する教員・研究者を対象にした職務状況とメンタルヘルスに関する実態調査, 第31回日本社会精神医学会抄録, 124, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 作品等

(なし)

2011年度(平成23年度) / その他・研究会

1)多田 敏子 : 七つ道具について, SSKA全低肺, No.7218, 4-6, 2011年4月.
2)多田 敏子 : 「務め」と「勤め」, 全低肺徳島支部会報, No.105, 4-6, 2011年6月.
3)葉久 真理, 大橋 一友, 香山 晋輔, 酒井 規夫, 炭原 加代, 石走 知子, 竹林 桂子, 田中 恵子, 日隈 ふみ子, 山口 雅子 : 2012年 出題基準別助産婦国家試験問題, 2011年7月.

2011年度(平成23年度) / 報告書

1)葉久 真理, 竹林 桂子 : 母乳外来での助産ケアの質評価と質の保証に関する研究, 平成21-23年科学研究補助金 (基盤C)研究成果報告書, 2012年3月.
2)岡本 玲子, 多田 敏子 : 大槌町在宅高齢者の健康・生活支援課題, 保健師による東日本大震災復興支援プロジェクト, No.103, 1-225, 岡山, 2012年3月.