RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel
期間: 2006.4〜2018.3

2006年度(平成18年度)

article.{@.date="20060400 20070399" @.organization=\E{148401}}

2006年度(平成18年度) / 著書

1)田中 秀治, 嶋林 三郎 : 第15改正日本薬局方解説書, --- 一般試験法: 2.47浸透圧測定法(オスモル濃度測定法)(嶋林三郎,田中秀治),2.50滴定終点検出法(田中秀治,嶋林三郎),2.51導電率測定法(田中秀治,嶋林三郎),2.52熱分析法(嶋林三郎,田中秀治),2.53粘度測定法(嶋林三郎,田中秀治) ---, 株式会社 廣川書店, 東京, 2006年6月.
2)嶋林 三郎, 田中 秀治, 植野 哲 : 製剤への物理化学, --- 嶋林:編集,第12章 医薬品としての高分子(嶋林・植野の共著).第5章 溶解現象(田中の単著),第6章 水溶液(田中の単著). ---, 株式会社 廣川書店, 東京, 2006年8月.
3)AHMAD AMMAR GHAIBEH, Mikio Sasaki, Doolin Eiko Nakata, Kumiko Sakamoto, Hiroshi Chuman and Aiko Yamauchi : Using computational intelligence methods in a web-based drug safety information community, in "Complex Medical Engineering", Springer-Verlag, Tokyo, Jan. 2007.
4)Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman : Data mining approach on clinical/pharmaceutical information accumulatedin the drug safety information community, in "Complex Medical Engineering", Springer-Verlag, Tokyo, Jan. 2007.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Mihiro Yano, Naoki Muguruma, Susumu Ito, Eriko Aoyagi, Tetsuo Kimura, Yoshitaka Imoto, Jianxin Cao, Shohei Inoue, Shigeki Sano, Yoshimitsu Nagao and Hiroshi Kido : Fab fragment labeled with ICG-derivative for detecting digestive tract cancer, Photodiagnosis and Photodynamic Therapy, Vol.3, No.3, 177-183, 2006.
2)山内 あい子, 坂本 久美子, 日比野 有紀, 中馬 寛, 苛原 稔 : 妊娠期の薬物療法∼その実態と母児への影響∼, 性差と医療, Vol.3, No.5, 27(521)-32(526), 2006年.
3)Katsuhiro Miyoshi, Kumar Asish Das, Katsumi Fujimoto, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui : Recent advances in molecular pharmacology of the histamine systems: regulation of histamine H1 receptor signaling by changing its expression level., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.101, No.1, 3-6, 2006.
4)Masahito Ochiai, Masaya Hirobe and Kazunori Miyamoto : Silver Technology for Stabilization of Simple (Z)-Enethiols: Stereoselective Synthesis and Reaction of Silver (Z)-Enethiolates, Journal of the American Chemical Society, Vol.128, No.28, 9046-9047, 2006.
5)Yoshiaki Kitamura, K Asish Das, Takayuki Shimamura, Kazutaka Maeyama, Shrabanti Dev, Yousuke Wakayama, Bukasa Kalubi, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Dexamethasone suppresses histamine synthesis by repressing both transcription and activity of HDC in allergic rats., Allergology International, Vol.55, No.3, 279-286, 2006.
6)Masahito Ochiai, Norihiro Tada, Kentaro Murai, Satoru Goto and Motoo Shiro : Synthesis and Characterization of Bromonium Ylides and Their Unusual Ligand Transfer Reactions with N-Heterocycles, Journal of the American Chemical Society, Vol.128, No.30, 9608-9609, 2006.
7)Saburo Shimabayashi, Satoru Ueno, Tomoaki Hino and Kuniomi Warabino : Preparation and adsorption properties of hydroxyapatite surface-modified by cetylphosphate, Phosphorus Research Bulletin, Vol.20, No.1, 129-134, 2006.
8)Saburo Shimabayashi, Chang-chin Kwan and Wen-Hweu Chu : Effect of polyvinylpyrrolidone and sodium lauruyl isethionate on kaolinite suspension in an aqueous phase, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.54, No.8, 1082-1087, 2006.
9)Tatsusada Yoshida, Zsolt Lepp, Kadota Yoshito, Satoh Yurie, Itoh Kohji and Hiroshi Chuman : Comparative Analysis of Binding Energy of Chymostatin with Human Cathepsin A and Its Homologous Proteins by Molecular Orbital Calculation, Journal of Chemical Information and Modeling, Vol.46, No.5, 2093-2103, 2006.
10)坂本 久美子, 神部 順子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, 中馬 寛, 山内 あい子 : 「妊娠と薬」に関する意識調査-薬剤師, 薬学生, 研究者の場合, 医療薬学, Vol.32, No.9, 956-963, 2006年.
11)Saburo Shimabayashi, Satoru Ueno, Tomoaki Hino and Emiko Motoki : Effect of Dodecyltrimethylammonium Chloride on the Adsorption of Bovine Serum Albumin to the Surface of Hydroxyapatite, Phosphorus Research Bulletin, Vol.20, No.1, 135-140, 2006.
12)Shigeki Sano, Michiyasu Nakao, Masanori Takeyasu, Takashi Honjo and Yoshimitsu Nagao : Lipase-catalyzed Enantioselective Acetylation of Prochiral N-Cbz-2-Alkyl-2-amino-1,3-propanediols and Enantiodivergent Synthesis of α-Benzylserine, Letters in Organic Chemistry, Vol.3, No.10, 764-767, 2006.
13)Mutsuko Shirai, Yoshichika Kawai, Rintaro Yamanishi, Takashi KInoshita, Hiroshi Chuman and Junji Terao : Effect of a conjugated quercetin metabolite, quercetin 3-glucuronide, on lipid hydroperoxide-dependent formation of reactive oxygen species in differentiated PC-12 cells, Free Radical Research, Vol.40, No.10, 1047-1053, 2006.
14)Kazuto Matsuyama, Tatsuya Ichikawa, Yuichi Nitta, Yoshio Ikoma, Kazutaka Ishimura, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui : Localized expression of histamine H1 receptors in syncytiotrophoblast cells of human placenta., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.102, No.3, 331-337, 2006.
15)Tinh Van Dang, Chung Keun Jin, Motoyuki Miyamoto, Yoshifumi Ikee, Takashi Masuda, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Practical Synthesis of New Chiral cis-Phthalazinones with Potential for High Phosphodiesterase (PDE-4) Inhibitory Activity, Heterocycles, Vol.68, No.10, 2133-2144, 2006.
16)Satoru Ueno, Saburo Shimabayashi and Akira Shibata : Polyethyleneimine can permeate through a lipid bilayer of a giant liposome, Journal of Japanese Medical Society for Biological Interface, Vol.37, No.1, 19-27, 2006.
17)Shigeki Sano, Shinobu Abe, Tomohiro Azetsu, Michiyasu Nakao, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Diastereoselective Horner-Wadsworth-Emmons Reaction for the Synthesis of Tetrasubstituted Alkenes with an Axis of Chirality, Letters in Organic Chemistry, Vol.3, No.11, 798-801, 2006.
18)Shigeki Sano, Etsuko Harada, Tomohiro Azetsu, Takashi Ichikawa, Michiyasu Nakao and Yoshimitsu Nagao : Novel Deconjugative Esterification of 2-Cyclohexylidneacetic Acids through 4-(Pyrrolidin-1-yl)pyridine Catalyzed Carbodiimide Couplings, Chemistry Letters, Vol.35, No.11, 1286-1287, 2006.
19)Shigeki Sano, Yoko Kuroda, Katsuyuki Saito, Yukiko Ose and Yoshimitsu Nagao : Tandem Reduction Olefination of Triethyl 2-Aceyl-2-fluoro-2-phosphonoacetates and a Synthetic Approach to Cbz-Gly-Ψ[(Z)-CF=C]-Gly Dipeptide Isostere, Tetrahedron, Vol.62, No.51, 11881-11890, 2006.
20)Masahito Ochiai, Takuya Sueda, Kazunori Miyamoto, Paul Kiprof and Viktor Zhdankin : trans Influences on Hypervalent Bonding of Aryl lambda3-Iodanes: Their Stabilities and Isodesmic Reactions of Benziodoxolones and Benziodazolones, Angewandte Chemie International Edition, Vol.45, No.48, 8203-8206, 2006.
21)Chung Keun Jin, Tinh Van Dang, Yoshifumi Ikee, Toshiaki Yamada, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of Novel Silacyclobutene Derivatives Utilizing Zirconocene- and Titanocene-ethylene Complexes, Heterocycles, Vol.70, No.1, 71-75, 2006.
22)Yoshifumi Ikee, Kana Hashimoto, Masaaki Nakashima, Kazuhiko Hayashi, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Synthesis and Antibacterial Activities of New Quinolone Derivatives Utilizing 1-Azabicyclo[1.1.0]butane, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.17, No.4, 942-945, 2007.
23)Daisuke Itokawa, Tomoki Nishioka, Junji Fukushima, Tomoyo Yasuda, Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman : Quantitative structure - activity relationship study of binding affinity of azole compounds with CYP2B and CYP3A, QSAR & Combinatorial Science, Vol.26, No.7, 828-836, 2007.
24)Chung Keun Jin, Toshiaki Yamada, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Stereoselective Synthesis of Unsymmetrical Conjugated Dienes and Trienes Utilizing Silacyclobutenes, Tetrahedron Letters, Vol.48, No.21, 3671-3675, 2007.
25)Katsuhiro Miyoshi, Nozomi Kawakami, Kumar Asish Das, Katsumi Fujimoto, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui : Heterologous up-regulation of the histamine H1 receptor by M3 muscarinic receptor-mediated activation of H1-receptor gene transcription., The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.59, No.6, 843-848, 2007.
26)Takashi Honjo, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano, Motoo Shiro, Kentaro Yamaguchi, Yoshihisa Sei and Yoshimitsu Nagao : Nonenzymatic Enantioselective Monoacetylation of Prochiral 2-Protectedamino-2-alkyl-1,3-propanediols Utilizing a Chiral Sulfonamide-Zn Complex Catalyst, Organic Letters, Vol.9, No.3, 509-512, 2007.
27)Kazunori Miyamoto, Norihiro Tada and Masahito Ochiai : Activated Iodosylbenzene Monomer as an Ozone Equivalent: Oxidative Cleavage of Carbon-Carbon Double Bonds in the Presence of Water, Journal of the American Chemical Society, Vol.129, No.10, 2772-2773, 2007.
28)K Asish Das, Sachiho Yoshimura, Ryoko Mishima, Katsumi Fujimoto, Hiroyuki Mizuguchi, Shrabanti Dev, Yousuke Wakayama, Yoshiaki Kitamura, Shuhei Horio, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Stimulation of histamine H1 receptor up-regulates histamine H1 receptor itself through activation of receptor gene transcription., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.103, No.4, 374-382, 2007.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2006年度(平成18年度) / 学術レター

1)山内 あい子, 日比野 有紀, 坂本 久美子, 中馬 寛 : 薬物の胎盤通過性と母乳移行性予測-Clinical QSAR, SAR NEWS, Vol.10, 11-14, 2006年.

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1)福井 裕行 : アレルギー疾患関連遺伝子としてのヒスタミンH1受容体遺伝子, アレルギー科, Vol.21, No.5, 425-432, 2006年5月.
2)Masahito Ochiai : Intermolecular Hypervalent I(III)-O Interactions: A New Driving Force for Complexation of Crown Ethers, Coordination Chemistry Reviews, Vol.250, No.21, 2771-2781, Jun. 2006.
3)田中 秀治 : SO2, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.2003, No.1, 36, 2006年6月.
4)嶋林 三郎 : 日本無機リン化学会創立20周年記念特集・特別寄稿(平成16-17年度役員からのメッセージ), --- 御搭乗のみなさま この飛行機は・・・ ---, PHOSPHORUS LETTER, Vol.56, No.56, 35-36, 2006年6月.
5)大髙 章, 藤井 信孝 : 膜融合阻害性抗ウイルスペプチドの開発, 化学工業, Vol.57, No.10, 797-801, 2006年10月.
6)藤井 信孝, 大石 真也, 大髙 章 : プロテオミクスを基盤とするケミカルバイオロジー -情報から制御へ, Bionics, Vol.3, No.10, 46-51, 2006年10月.
7)嶋林 三郎, 植野 哲 : アパタイトと生体関連物質とのマイクロ/ナノ結合機構, バイオマテリアル―生体材料―, Vol.24, No.5, 311-318, 2006年10月.
8)Satoru Ueno, Akira Shibata and Saburo Shimabayashi : Polyethyleneimine can permeate the lipid bilayer of giant liposome., Journal of Japanese Medical Society for Biological Interface, Vol.37, No.1, 44, Oct. 2006.
9)福井 裕行 : 分子細胞生物学辞典, 2007年.
10)福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体遺伝子発現機構を標的とするアレルギー疾患治療薬の意義, 薬学雑誌, Vol.127, No.1, 15-25, 2007年.
11)Masahito Ochiai : Stoichiometric and Catalytic Oxidation with Hypervalent Organo-λ3-iodanes, Chemical Record, Vol.7, No.1, 12-23, Jan. 2007.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1)Gou Satou, H. Umehara, Arata Horii, Atsuhiko Uno, Yoshiaki Kitamura, Kaznori Sekine, Koichi Tamura, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda : Effects of hypergravity on the expression of H1-receptor mRNA in the rat hypothalamus, 24TH Barany Society Meeting, Uppsala, Sweden, Jun. 2006.
2)Kazunori Miyamoto, Yoshio Nishi and Masahito Ochiai : On the Thiazole Synthesis by Cyclocondensation of 1-Alkynyl(phenyl)-lambda3-iodanes with Thioureas and Thioamides, 2nd International Conference on Hypervalent Iodine, Thessaloniki,Greece, Jun. 2006.
3)Yoshiaki Kitamura, Masaya Hatano, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Suppression of histamine H1 receptor mRNA elevation by early treatment of antihistamines., RCAI-JSI International Symposium on Immunology 2006, Yokohama, Jun. 2006.
4)Hiroyuki Fukui, Asish-K Das, Yosuke Yamawaki, Sachiho Yoshimura and Ryoko Mishima : Histamine H1 receptor-mediated activation of histamine H1 receptor gene expression., 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
5)Norihiro Tada, Kentaro Murai, Satoru Goto and Masahito Ochiai : Synthesis, Characterization,and Reaction of Aliphatic Bromonium Ylides, 2nd International Conference on Hypervalent Iodine, Thessaloniki,Greece, Jun. 2006.
6)Masahito Ochiai : Organo-lambda3-Iodanes versus lambda3-Bromanes, 2nd International Conference on Hypervalent Iodine, Thessaloniki, Greece, Jun. 2006.
7)Hiroyuki Fukui : Up-regulation of histamine H1 receptors in nasal mucosa of allergy model rats and elucidation of the mechanism., 15th World Congress of Pharmacology, Beijing, China, Jul. 2006.
8)Kazunori Miyamoto, Yoshio Nishi and Masahito Ochiai : Wipf Thiazole Synthesis: Tandem Michael Addition-Carbene Rearrangement-Cyclization Mechanism, 22nd International Symposium on the Organic Chemistry of Sulfur, Saitama, Aug. 2006.
9)Masaya Hirobe, Kazunori Miyamoto and Masahito Ochiai : Stereoselective Synthesis and Reaction of Silver (Z)-Enethiolates, 22nd International Symposium on the Organic Chemistry of Sulfur, Saitama, Aug. 2006.
10)Masahito Ochiai : Hypervalent Alkynyl- and Alkenyl(aryl)-lambda3-bromanes, 2nd International Symposium of Core-to-Core Program on Main Group Chemistry, Tokyo, Aug. 2006.
11)Hiroyuki Fukui : Elevation of histamine H1 receptor mRNA level in hypothalamus of starved rats., 19th Congress of ECNP (European College of Neuropsychopharmacology), Paris, France, Sep. 2006.
12)Kazunori Miyamoto and Masahito Ochiai : Stabilization of lambda3-iodanes by the complexation with crown ethers and their synthetic applications, The 9th International Symposium on Iodine Utilization, Chiba, Oct. 2006.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1)秦野 昌弥, 松下 知世, Masum Shariar, 黒田 若菜, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体拮抗薬早期投与によるH1受容体遺伝子発現抑制, 第109回日本薬理学会近畿部会, 2006年6月.
2)黒田 若奈, 秦野 昌弥, 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 : ヒスタミンH1受容体拮抗薬の初期療法による鼻粘膜H1受容体mRNA発現の抑制 TDIモデル動物を用いた研究, 第32回四国四県地方部会連合学会, 2006年6月.
3)Kumiko Sakamoto, Eiko Nakata Doolin, Mikio Sasaki, ガイベ アハマド アンマール, 中馬 寛, 山内 あい子 : A Web-Based Drug Safety Information Community, CBI学会2006年大会, 2006年7月.
4)福井 裕行, 川添 和義, 高石 喜久 : 鼻過敏症モデルラット鼻粘膜におけるアレルギーサイトカイン遺伝子発現亢進に対する和漢薬の抑制作用, 第23回和漢医薬学会大会, 2006年8月.
5)佐藤 豪, 梅原 隼人, 水川 奈己, 堀井 新, 宇野 敦彦, 関根 和教, 北村 嘉章, 田村 公一, 福井 裕行, 武田 憲昭 : 過重力負荷ラットの視床下部におけるヒスタミンH1受容体mRNA発現の変化, 第24回頭頸部自律神経研究会, 2006年8月.
6)中尾 允泰, 竹安 正範, 山本 千代, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : α-置換セリン誘導体のエナンチオ分岐的化学-酵素合成, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
7)久次米 永子, 田中 裕子, 林 一彦, 城 始勇, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 不斉リン原子を有する新規ホスホノ酢酸エステルの化学-酵素合成, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
8)井上 尚兵, 木下 陽子, 佐野 茂樹, 六車 直樹, 伊東 進, 長尾 善光 : 新規な蛋白質標識試薬の合成開発研究, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
9)黒田 陽子, 大勢 祐希子, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ジペプチドイソステアCbz-Gly-Ψ[(Z)-CF=C]-Glyの立体選択的合成, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
10)池江 克文, 橋本 佳奈, 上野 麻衣, 中島 正晃, 林 一彦, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : アザビシクロブタンを活用するニューキノロン系抗菌剤の合成, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
11)大久保 好規, 佐野 茂樹, 長尾 善光, 掛川 寿夫 : イソリクイリチゲニンならびにZ異性体の効率的合成, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
12)津村 武史, 本城 崇, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : キラルスルホンアミドアミン触媒を用いたプロキラルな化合物の触媒的エナンチオ選択的非対称化反応の開発, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
13)増田 隆司, 宮本 素行, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 非結合性S•••O相互作用を基盤とする不斉Pummerer反応及び関連不斉識別反応への応用, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
14)陳 青根, 山田 敏彰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : モノアルキニルシランとジアルキニルシランの合成開発及びその応用研究, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
15)元木 恵美子, 植野 哲, 嶋林 三郎 : ヒドロキシアパタイト表面へのウシ血清アルブミンの吸着に対する界面活性剤添加の影響, 第7回長井シンポジウム講演要旨集, Vol.7, P109, 2006年9月.
16)小田 奈央子, 植野 哲, 嶋林 三郎 : ヒドロキシアパタイトに対する2種界面活性剤の同時吸着, 第7回長井シンポジウム講演要旨集, Vol.7, P113, 2006年9月.
17)大橋 幸太, 植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性コポリアミノ酸とタンパク質の複合体の膜透過, 第7回長井シンポジウム講演要旨集, Vol.7, P115, 2006年9月.
18)濱本 拓也, 植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性リポソームとDNAの複合体におけるDNAの構造変化, 第7回長井シンポジウム講演要旨集, Vol.7, P107, 2006年9月.
19)植野 哲, 嶋林 三郎 : 負電荷型ポリアミノ酸とリポソーム脂質2分子膜の相互作用, 第7回長井シンポジウム講演要旨集, Vol.7, P111, 2006年9月.
20)黒田 若奈, 秦野 昌弥, 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 : ヒスタミンH1受容体拮抗薬の初期療法による鼻粘膜H1受容体mRNA発現の抑制:TDIモデル動物を用いた研究, 第45回日本鼻科学会, 2006年9月.
21)柴田 洋文, 近藤 京子, 川添 和義, 高石 喜久, 長尾 善光, 樋口 富彦 : MRSAに対するオクチルガレートの抗菌・抗アイルスマー活性に及ぼす金属イオンの影響, 第51回日本ブドウ球菌研究会, 2006年9月.
22)福井 裕行 : 鼻過敏症モデルラットのアレルギー炎症におけるヒスタミンシグナル増加機構, 第34回薬物活性シンポジウム, 2006年9月.
23)金秋 鷹雄, 多田 教浩, 落合 正仁, 城 始勇 : トリフリルイミノーλ3-ブロマンの合成およびその酸化的アミノ化反応, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
24)吉村 祥, 森 剛志, 仁士 良雄, 落合 正仁 : アルコールとアセチレンの連続的酸化ー[2+2]環化ー開環反応による共役エノンの立体選択的合成反応, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
25)鈴木 麻衣, 末藤 孝志, 宮本 和範, 落合 正仁 : 不安定ヨードニウムイリドの合成およびそのアルデヒドとの反応, 第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
26)植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性ポリペプチドと中性リポソームとの相互作用, 第59回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, Vol.59, P134, 2006年9月.
27)坂本 久美子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, ガイベ アハマド アンマール, 中馬 寛, 山内 あい子 : 医薬品安全性情報コミュニティにおける薬物催奇形性情報データベースの試験公開, 第16回 医療薬学会年会, 2006年9月.
28)山内 あい子, 坂本 久美子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, ガイベ アハマド アンマール, 中馬 寛 : 医薬品安全性情報コミュニティの紹介, 第16回 医療薬学会年会, 2006年9月.
29)中尾 允泰, 竹安 正範, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : α-置換セリン誘導体のエナンチオ分岐的化学-酵素合成ならびに絶対配置の決定, 第45回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
30)黒田 陽子, 大勢 祐希子, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ジペプチドイソステアCbz-AA1-Ψ[(Z)-CF=C]-AA2の合成研究, 第45回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
31)大久保 好規, 佐野 茂樹, 長尾 善光, 掛川 寿夫 : HWE反応を用いるイソリクイリチゲニンならびにZ異性体の立体選択的合成, 第45回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
32)濱本 拓也, 植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性リポソームとDNAの複合体形成, 第45回日本薬学会日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, Vol.45, No.1, 28B11-30, 2006年10月.
33)大橋 幸太, 植野 哲, 嶋林 三郎 : コポリアミノ酸/タンパク質複合体のリポソーム膜との相互作用, 第45回日本薬学会日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, Vol.45, No.1, 28B11-20, 2006年10月.
34)秦野 昌弥, 松下 知世, Masum Shariar, 黒田 若菜, 北村 嘉章, Asish-K Das, Shrabanti Dev, 水口 博之, 武田 憲昭, 福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体拮抗薬早期投与によるH1受容体とインターロイキン4遺伝子発現抑制, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
35)広部 雅也, 落合 正仁 : ハロゲンの分子内1,4-転位を活用するハロビニルヨーダンの合成, 第9回ヨウ素利用研究国際シンポジウム, 2006年10月.
36)宮本 和範, 落合 正仁 : 不安定λ3-ヨーダンのクラウンエーテルによる安定化とその合成的利用法の開発」, 第9回ヨウ素利用研究国際シンポジウム, 2006年10月.
37)鈴木 麻衣, 末藤 孝志, 宮本 和範, 落合 正仁 : モノエステルヨードニウムイリドの合成と反応:エポキシエステルの立体選択的合成, 第45回日本薬学会中四国支部大会, 2006年10月.
38)吉村 祥, 森 剛志, 仁士 良雄, 落合 正仁 : 末端アセチレンとアルコールとの酸化的炭素ー炭素結合形成反応:共役エノンの合成, 第45回日本薬学会中国四国支部大会, 2006年10月.
39)金秋 鷹雄, 多田 教浩, 落合 正仁 : イミノブロマンの合成と反応, 第45回日本薬学会中国四国支部大会, 2006年10月.
40)佐藤 豪, 梅原 隼人, 水川 奈己, 堀井 新, 宇野 敦彦, 北村 嘉章, 関根 和教, 田村 公一, 福井 裕行, 武田 憲昭 : ラット視床下部のヒスタミンH1受容体mRNA発現に対する過重力の影響, 第65回日本めまい平衡医学会, 2006年11月.
41)福井 裕行 : 鼻過敏症モデルラット鼻粘膜におけるヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進とその機構, 第56回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2006年11月.
42)福井 裕行 : 抗ヒスタミン薬早期投与によるアレルギーモデルラット鼻粘膜のヒスタミンH1受容体mRNA上昇に対する抑制作用, 第56回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2006年11月.
43)Asish-K Das, Kazutaka Maeyama, Shrabanti Dev, Masum Shahriar, Masaya Hatano, Chiyo Matsushita, Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Suppression of HDC gene expression by histamine H1 receptor antagonists: A new therapeutic target against allergic rhinitis., 第110回日本薬理学会近畿部会, Nov. 2006.
44)嶋林 三郎, 植野 哲, 元木 恵美子 : ヒドロキシアパタイト表面へのウシ血清アルブミンの吸着に対するイオン性界面活性剤添加の影響, 第16回無機リン化学討論会講演要旨集, Vol.16, 86-87, 2006年11月.
45)嶋林 三郎, 植野 哲, 小田 奈央子 : 界面活性剤混合ミセルを介したヒドロキシアパタイトへの水溶性および難水溶性色素の吸着, 第16回無機リン化学討論会講演要旨集, Vol.16, 84-85, 2006年11月.
46)植野 哲, 嶋林 三郎 : ポリアミノ酸-リポソーム膜相互作用に対するリン酸イオンの影響, 第16回無機リン化学討論会講演要旨集, Vol.16, 78-79, 2006年11月.
47)坂本 久美子, 中馬 寛, 山内 あい子, 谷 真琴, ガイベ アハマド アンマール, 佐々木 幹夫 : 構造類似度算出機構(SimScore)を備えた薬物催奇形性情報システム, SAR2006 第34回構造活性相関シンポジウム, 2006年11月.
48)糸川 大祐, 西岡 大貴, 福島 淳治, 安田 知世, 山内 あい子, 中馬 寛 : アゾール系化合物のCYP2B/3Aとの結合および酵素活性阻害様式の解析, SAR2006 第34回構造活性相関シンポジウム, 2006年11月.
49)谷 真琴, ガイベ アハマド アンマール, 佐々木 幹夫, 坂本 久美子, 中馬 寛, 山内 あい子 : 分子構造類似性に基く催奇形性予測ソフトウェア(Simscore), SAR2006 第34回構造活性相関シンポジウム, 2006年11月.
50)山内 あい子, 坂本 久美子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, ガイベ アハマド アンマール, 中馬 寛 : 医薬品安全性情報コミュニティ・データベースシステム:妊娠と薬に関する安全性情報の共有に向けて, INFOPRO2006, 2006年11月.
51)陳 青根, 山田 敏彰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 新規なジアリールジアルキニルシラン及びシラシクロブテンの合成ならびに応用研究, 第32回反応と合成の進歩シンポジウム, 2006年12月.
52)中尾 允泰, 竹安 正範, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : α-置換セリン誘導体のエナンチオ分岐的合成と新規絶対配置決定法の開発, 第32回反応と合成の進歩シンポジウム, 2006年12月.
53)秦野 昌弥, 松下 知世, Masum Shahriar, 水口 博之, 福井 裕行 : Suppression of allergic disease-related gene expression by early treatment of antihistamines in nasal mucosa of allergy model rats., 第36回日本免疫学会総会・学術大会, 2006年12月.
54)坂本 久美子, 佐々木 幹夫, 中馬 寛, 山内 あい子 : 医薬品安全性情報コミュニティサイトにようこそ!, 第23回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2006年12月.
55)広部 雅也, 宮本 和範, 落合 正仁 : シルバーテクノロジー:銀Z-エンチオラートの合成と反応, 第32回反応と合成の進歩シンポジウム, 2006年12月.
56)多田 教浩, 落合 正仁 : ブロモニウムイリドの合成とその特異な反応性, 第33回有機典型元素化学討論会, 2006年12月.
57)Masum Shahriar, Shiho Horinaga, Asish-K Das, Shrabanti Dev, Masaya Hatano, Hiroyuki Mizuguchi, Kazutaka Maeyama and Hiroyuki Fukui : Suppression of histamine signaling-related mRNA elevation by suplatast tosilate in TDI allergy model rat., 第10回日本ヒスタミン研究会, Dec. 2006.
58)秦野 昌弥, 松下 知世, Masum Shahriar, 黒田 若菜, 北村 嘉章, Asish-K Das, Shrabanti Dev, 水口 博之, 武田 憲昭, 福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体拮抗薬早期投与によるアレルギー関連遺伝子発現抑制, 第10回日本ヒスタミン研究会, 2006年12月.
59)日野 知証, 小岡 直美, 嶋林 三郎 : カードランを用いた薬物封入ゲルビーズの調製, 日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 58, 2007年3月.
60)大橋 幸太, 植野 哲, 嶋林 三郎 : コポリアミノ酸/蛋白質複合体のリポソーム膜との相互作用, 日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 49, 2007年3月.
61)濱本 拓也, 植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性リポソームとDNAの複合体形成, 日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 22, 2007年3月.
62)植野 哲, 嶋林 三郎 : 正電荷型ポリアミノ酸とリポソーム脂質2分子膜間の相互作用に対する共存イオンの影響, 日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 22, 2007年3月.
63)中尾 允泰, 竹安 正範, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ジケトピペラジン構造を基盤とするα-アミノ酸の新規絶対配置決定法の開発研究, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
64)陳 青根, 山田 敏彰, 宮本 素行, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 新規な1-シラアレン,シラシクロブテン,ならびに1,3-共役ジエンの合成, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
65)黒田 陽子, 大勢 祐希子, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : フルオロオレフィン型光学活性ジペプチドミメティクスの合成研究, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
66)井上 尚兵, 木下 陽子, 青柳 えり子, 六車 直樹, 伊東 進, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 新規ICG-ATT誘導体を用いた蛋白質標識モデル実験, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
67)福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体の分子薬理学と創薬, 第80回日本薬理学会年会,シンポジウム, 2007年3月.
68)秦野 昌弥, 松下 知世, Masum Shahriar, 黒田 若菜, 北村 嘉章, Kumar Asish Das, Shrabanti Dev, 水口 博之, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 抗ヒスタミン薬早期投与によるトルエン2 4-ジイソシアネート誘発H1受容体およびインターロイキン-4遺伝子発現上昇への抑制効果, 第80回日本薬理学会年会, 2007年3月.
69)福井 裕行 : アレルギーモデルラットにおけるヒスタミンシグナル関連遺伝子発現, 日本薬学会第127年会,シンポジウム, 2007年3月.
70)福井 裕行 : 抗ヒスタミン薬の早期投与によるアレルギー疾患関連遺伝子抑制, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
71)岡田 拓也, 多田 教浩, 落合 正仁 : ヨードニウムイリドのイリド転位反応, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
72)多田 教浩, 岡田 拓也, 落合 正仁 : ブロモニウムイリドのイリド転位反応, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
73)吉村 祥, 森 剛志, 仁士 良雄, 落合 正仁 : 末端アセチレンとアルコールとの酸化的縮合反応:共役エノンの合成, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
74)金秋 鷹雄, 多田 教浩, 落合 正仁 : 室温でナイトレンを発生するイミノブロマンの合成と反応, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
75)鈴木 麻衣, 末藤 孝志, 宮本 和範, 落合 正仁 : モノエステルヨードニウムイリドの発生とその反応, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.
76)宮本 和範, 落合 正仁 : ヨウ化アリールを触媒としたアルケンの酸化的切断反応, 日本薬学会第127年会, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1)嶋林 三郎 : 第16回無機リン化学討論会, 第16回無機リン化学討論会 講演要旨集, Vol.16, 2006年11月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

(なし)

2007年度(平成19年度)

article.{@.date="20070400 20080399" @.organization=\E{148401}}

2007年度(平成19年度) / 著書

1)嶋林 三郎, 植野 哲 : 辻彰 編集 ''新薬剤学(改訂第2版)'' 第Ⅲ部 物理薬剤学 第4章 界面化学 担当, 南江堂, 東京, 2007年4月.
2)嶋林 三郎, 富田 基郎, 他多数 : 薬科学大辞典(第4版・編集代表·富田基郎), 株式会社 廣川書店, 東京, 2007年4月.
3)Yoshimitsu Nagao and Shigeki Sano : Electronic Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis, --- (S)-4-Isopropyl-1,3-thiazolidine-2-thione ---, John Wiley & Sons, Inc., Chichester, 2008.
4)中馬 寛 : 化学構造解析 赤外・ラマンスペクトル測定法, 株式会社 廣川書店, 東京, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Kumiko Sakamoto, Aiko Yamauchi, Mikio Sasaki and Hiroshi Chuman : A structural similarity evaluation by SimScore in a teratogenicity information sharing system, Journal of Computer Chemistry, Japan, Vol.6, No.2, 117-122, 2007.
2)Kazunori Miyamoto, Masaya Hirobe, Motomichi Saito, Motoo Shiro and Masahito Ochiai : One-Pot Regioselective Synthesis of Chromanyl(phenyl)-lambda3-iodanes: Tandem Oxidative Cyclization and lambda3-Iodanation of 3-Phenylpropanols, Organic Letters, Vol.9, No.10, 1995-1998, 2007.
3)山内 あい子, 坂本 久美子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, 谷 真琴, 中馬 寛 : 医薬品安全性情報コミュニティ·データベースシステム:妊娠と薬に関する安全性情報の共有に向けて, 情報管理, Vol.50, No.3, 135-143, 2007年.
4)Satoru Ueno, Yasuko Yoshioka and Saburo Shimabayashi : Effects of Phosphate Ions on the Polypeptide-Liposome Membrane Interaction, Phosphorus Research Bulletin, Vol.21, No.1, 71-77, 2007.
5)Masahito Ochiai, Masaya Hirobe, Akira Yoshimura, Yoshio Nishi and Kazunori Miyamoto : Internal Delivery of Soft Chlorine and Bromine Atoms: Stereoselective Synthesis of (E)-beta-Halogenovinyl(aryl)-lambda3-iodanes through Domino lambda3-Iodanation-1,4-Halogen Shift-Fluorination of Alkynes, Organic Letters, Vol.9, No.17, 3335-3338, 2007.
6)Emiko Motoki, Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi : Effects of ionic surfactants on the adsorption of bovine serum albumin to the surface of hydroxyapatite, Phosphorus Research Bulletin, Vol.21, No.1, 9-15, 2007.
7)Masaki Takeuchi, Purnendu K Dasgupta, Jason V Dyke and Kannan Srinivasan : Postcolumn Concentration in Liquid Chromatography. On-Line Eluent Evaporation and Analyte Postconcentration in Ion Chromatography, Analytical Chemistry, Vol.79, No.15, 5690-5697, 2007.
8)Masahito Ochiai, Kaneaki Takao, Norihiro Tada, Kazunori Miyamoto, Hiroshi Chuman, Shiro Motoo, Satoko Hayashi and Waro Nakanishi : A New Type of Imido Group Donor: Synthesis and Characterization of Sulfonylimino-λ3-bromane that Acts as a Nitrenoid in the Aziridination of Olefins at Room Temperature under Metal-Free Conditions, Journal of the American Chemical Society, Vol.129, No.43, 12938-12939, 2007.
9)Kazuhiko Hayashi, Eiko Kujime, Hajime Katayama, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Effects of Magnesium Salts and Amines on the Stereoselectivity in the Imine Aldol Reaction, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.55, No.12, 1773-1775, 2007.
10)Norimasa Izumi, Hiroyuki Mizuguchi, Hayato Umehara, Satoshi Ogino and Hiroyuki Fukui : Disease dependent incidence of sedation of H1 antihistamines found by large-scale surveillance using visual analogue scale (VAS)., Methods and Findings in Experimental and Clinical Pharmacology, Vol.30, No.3, 225-230, 2008.
11)Hideji TANAKA, Mima Takuto, Masaki Takeuchi and Hitoshi Iida : Amplitude Modulated multiplexed flow analysis, Talanta, Vol.77, No.2, 576-580, 2008.
12)Hiroshi Chuman : Toward basic understanding of the partition coefficient log P and its application in QSAR, SAR and QSAR in Environmental Research, Vol.19, No.1-2, 71-79, 2008.
13)Tatsusada Yoshida, Yamagishi Kenji and Hiroshi Chuman : QSAR Study of Cyclic Urea Type HIV-1 PR Inhibitors Using Ab Initio MO Calculation of Their Complex Structures with HIV-1 PR, QSAR & Combinatorial Science, Vol.27, No.6, 694-703, 2008.
14)Katsuhiro Miyoshi, Nozomi Kawakami, Hayato Umehara, Katsumi Fujimoto, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui : Down-regulation of histamine H1 receptors by beta2-adrenoceptor-mediated inhibition of H1 receptor gene transcription., The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.60, No.6, 747-752, 2008.
15)Bingcheng Yang, Masaki Takeuchi and Purnendu K Dasgupta : On-Line Gas-Free Electrodialytic Eluent Generator for Capillary Ion Chromatography., Analytical Chemistry, Vol.80, No.1, 40-47, 2008.
16)Noriaki Okazaki, Ryoji Asano, Takashi Kinoshita and Hiroshi Chuman : Simple computational models of type I / type II cells in Fas signaling-induced apoptosis, Journal of Theoretical Biology, Vol.250, No.4, 621-633, 2008.
17)Yoshifumi Ikee, Kana Hashimoto, Mai Kamino, Masaaki Nakashima, Kazuhiko Hayazhi, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of New Quinolone Antibiotics Utilizing Azetidine Derivatives Obtained from 1-Azabicyclo[1.1.0]butane, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.3, 346-356, 2008.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Hideki Uchimi, Kumiko Sakamoto, Makoto Tani, Mikio Sasaki, Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman : Estimating potential risks of pharmaceuticals human fetuses by SimScore in a teratogenicity information sharing system, Drug Metabolism Reviews, Vol.39, No.suppl1, 207, 2007.
2)Aiko Yamauchi, Kumiko Sakamoto, Eiko Doolin Nakata, Makoto Tani, Mikio Sasaki and Hiroshi Chuman : Constructing a web-based drug-teratogenicity information sharing system, anzen-drug com, Drug Metabolism Reviews, Vol.39, No.suppl1, 316, 2007.

2007年度(平成19年度) / 学術レター

(なし)

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1)中馬 寛, 吉田 達貞 : 分子科学計算・シミュレーションと定量的構造活性相関, 医療ジャーナル, Vol.43, No.10, 2007年10月.
2)竹内 政樹 : コンピューター制御による大気中ガス成分のOn-site無人測定, FIA研究懇談会誌, Vol.25, No.1, 85, 2008年.
3)Hiroyuki Fukui : Progress in allergy signal research on mast cells: up-regulation of histamine signal-related gene expression in allergy model rats., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.106, No.3, 325-331, Mar. 2008.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1)Hiroshi Chuman and Noriaki Okazaki : Link between Traditional QSAR and Molecular Simulation, Asia Hub for e-Drug Discovery Symposium 2007 (AHeDD2007), Shanghai, Apr. 2007.
2)Hiroyuki Fukui : Suppression of histamine H1 receptor mRNA elevation in nasal mucosa of allergy model rats by prolonged pretreatment of antihistamines., XXXVI Annual Meeting of European Histamine Research Society, Florence, Italy, May 2007.
3)Kazunori Miyamoto, Norihiro Tada and Masahito Ochiai : Activated Iodosylbenzene Monomer as an Ozone Equivalent: Oxidative Cleavage of Carbon-Carbon Double Bonds in the Presence of Water, The 15th European Symposium on Organic Chemistry, Dublin, Ireland, Jul. 2007.
4)Akira Yoshimura, Takeshi Mori, Yoshio Nishi, Masaya Hirobe and Masahito Ochiai : lambda3-Bromane-Induced Oxidative Condensation of Alkynes with Alcohols, The 8th International Conference on Heteroatom Chemistry, Riverside, USA, Aug. 2007.
5)Kazunori Miyamoto, Norihiro Tada and Kazunori Miyamoto : Activated Iodosylbenzene as an Environmentally Friendly Ozone Equivalent: Oxidative Cleavage of C-C Double Bonds in the Presence of Water, The 8th International Conference on Heteroatom Chemistry, Riverside, USA, Aug. 2007.
6)Kazunori Miyamoto, Norihiro Tada and Masahito Ochiai : Activated Iodosylbenzene as an Environmentally Friendly Ozone Equivalent: Oxidative Cleavage of C-C-Double Bonds in the Presence of Water, The 8th International Conference on Heteroatom Chemistry, Riverside, USA, Aug. 2007.
7)Takao Kaneaki, Norihiro Tada, Masahito Ochiai, Motoo Shiro and Satoko Hayashi : Synthesis and Characterization of Sulfonyl-lambda3-bromane that Serves as Nitrenoid at Room TEmperature under Meta-free Conditions, The 8th International Conference on Heteroatom Chemistry, Riverside, USA, Aug. 2007.
8)Norihiro Tada, Kentaro Murai, Satoru Goto and Masahito Ochiai : Aliphatic Bromonium Ylides. Synthesis, Characterization, and Reaction with Nucleophiles, The 8th International Conference on Heteroatom Chemistry, Riverside, USA, Aug. 2007.
9)Masaya Hirobe, Yoshio Nishi, Akira Yoshimura and Masahito Ochiai : Internal Delivery of Soft Chlorine and Bromine Atoms:Stereoselective Synthesis of (E)-beta-Halogenovinyl(aryl)-lambda3-iodanes through Domino Iodanation-1,4-Halogen Shift-Fluoronation of Alkynes, The 8th International Conference on Heteroatom Chemistry, Riverside, USA, Aug. 2007.
10)Hiroshi Chuman : Toward Basic Understanding of The Partition Coefficient Log P and Its Applications in QSAR, Fourth International Symposium on Computational Methods in Toxicology and Pharmacology Integrating Internet Resources (CMTPI-2007), Moscow, Sep. 2007.
11)Hideji TANAKA : A Proposal of Multiplex Controlled Flow Ratiometry, The 14th International Conference on Flow Injection Analysis, Berlin, Sep. 2007.
12)Hideki Uchimi, Kumiko Sakamoto, Makoto Tani, Mikio Sasaki, Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman : Estimating potential risks of pharmaceuticals human fetuses by SimScore in a teratogenicity information sharing system, 8th INTERNATIONAL ISSX MEETING, Sendai, Oct. 2007.
13)Aiko Yamauchi, Kumiko Sakamoto, Eiko Doolin Nakata, Makoto Tani, Mikio Sasaki and Hiroshi Chuman : Constructing a web-based drug-teratogenicity information sharing system, anzen-drug com, 8th INTERNATIONAL ISSX MEETING, Sendai, Oct. 2007.
14)Bingcheng Yang, Masaki Takeuchi and Purnendu K Dasgupta : On-Line Gas-Free Electrodialytic Microscale Generator for Ionic Compounds, International Symposium on Flow-Based Analysis Vll, Chiang Mai, Dec. 2007.
15)Hideji TANAKA, Tursunjan Aydan, Ayumi Kitagawa, Masahiro Ono and Masaki Takeuchi : Application of Feedback-Based Flow Ratimetry to Simultaneous Determination of Calcium and Magnesium Ions by Chelatometry Using Photometric and Potentiometic Detectors, International Symposium on Flow-Based Analysis Vll, Chiang Mai, Dec. 2007.
16)Hideji TANAKA, Takuto Mima, Hitoshi Iida and Masaki Takeuchi : Application of Multiplex Controlled Flow Ratiometry for the Simultaneous Determination of Ferrous and Ferric Ions, International Symposium on Flow-Based Analysis Vll, Chiang Mai, Dec. 2007.
17)Takashi Kinoshita, Zsolt Lepp, Yuko Shiba, Yoshichika Kawai, Junji Terao and Hiroshi Chuman : Chemoinformatics and QSAR Study of Flavonoids, Tokyo, Dec. 2007.
18)Noriaki Okazaki, Takashi Kinoshita and Hiroshi Chuman : Model analysis of Fas signaling-induced apoptosis network by using the reaction network compiler React, Tokyo, Dec. 2007.
19)Hideji TANAKA, Mima Takuto, Iida Hitoshi and Takeuchi Masaki : Application of Multiplex Controlled Flow Ratiometry for the Simultaneous Determination of Ferrous and Ferric Ions, International Symposium on Flow-Based Analysis VII, Chiang Mai, Dec. 2007.
20)Hiroyuki Fukui : Histamine H1 receptor gene as an allergic disease-sensitive gene, 59th Indian Pharmaceutical Congress, Varanasi, India, Dec. 2007.
21)Chung Keun Jin, Toshiaki Yamada, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of Dialkynyldiarylsilanes and Their Application Reactions, The Winter School of Sokendai/Asian CORE Program Frontiers of Materials, Photo-, and Theoretical Molecular Sciences, Okazaki, Jan. 2008.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1)頼光 翔, 黒川 ふみ, 池江 克文, 佐野 茂樹, 德村 彰, 福澤 健治 : 脂質酸化二次産物による血管内皮細胞障害およびビタミンEによる防御作用, 日本ビタミン学会第59回大会, 2007年5月.
2)宮本 和範, 落合 正仁 : 高活性ヨードシルベンゼンモノマーを活用したオレフィンの酸化的開裂反応, 第五回次世代を担う有機化学シンポジウム, 2007年5月.
3)落合 正仁 : 超原子価臭素化学の夜明け, 北陸大学学術フロンティア・サテライトミーティング, 2007年6月.
4)Shrabanti Dev, Asish-K Das, 前山 一隆, 大利 隆行, 西田 清隆, 水口 博之, 小島 純, 福井 裕行 : 乳酸菌による鼻過敏症モデルラットのアレルギー疾患関連遺伝子発現抑制と花粉症患者の症状抑制, 第111回日本薬理学会近畿部会, 2007年6月.
5)植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性ポリペプチドの脂質二分子膜透過, 第1回日本生物物理学会四国支部大会講演要旨集, Vol.1, 6, 2007年6月.
6)植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性ポリペプチドの脂質二分子膜透過, 第4回「ナノトキシコロジーアセスと微粒子・ナノチューブのバイオ応用」研究会 講演要旨集, Vol.4, No.1, 2007年8月.
7)黒田 若奈, 秦野 昌弥, 宮本 裕子, 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 : ヒスタミンH1受容体拮抗薬の初期療法による鼻粘膜H1受容体,IL-4遺伝子発現の抑制:TDIモデル動物による研究, 第46回日本鼻科学会, 2007年9月.
8)福井 裕行, 小島 純, 前山 一隆 : 鼻過敏症モデルラット鼻粘膜におけるアレルギー疾患関連遺伝子発現亢進及び鼻炎症状に対する乳酸菌の抑制作用, 第24回和漢医薬学会, 2007年9月.
9)小田 奈央子, 村田 武史, 植野 哲, 嶋林 三郎 : ヒドロキシアパタイト・水界面におけるアルキルリン酸関与の有機化合物界面複合体形成, 第17回無機リン化学討論会講演要旨集(October 2007,札幌), Vol.17, No.1, 2007年10月.
10)Noriaki Okazaki, Takashi Kinoshita and Hiroshi Chuman : Kinetic Analysis of Fas Signaling-Induced Apoptosis Network, CBI学会2007年大会, Oct. 2007.
11)Tatsusada Yoshida, Kenji Yamagishi and Hiroshi Chuman : QSAR Study of Cyclic Urea Type HIV-1 PR Inhibitors Using Ab Initio MO Calculation of Their Complex Structures with HIV-1PR, CBI学会2007年大会, Oct. 2007.
12)Takashi Kinoshita, Zsolt Lepp, Yoshichika Kawai, Junji Terao and Hiroshi Chuman : An Integrated Database of Flavonoides, CBI学会2007年大会, Oct. 2007.
13)中尾 允泰, 竹安 正範, 中野 沙織, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 光学活性ジケトピペラジンの合成とα-アミノ酸誘導体の新規絶対配置決定法の開発, 第33回反応と合成の進歩シンポジウム, 2007年11月.
14)山下 大輔, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 2-アシル-2-ホスホノ酢酸エステルの合成とタンデム型還元-オレフィン化反応, 第46回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2007年11月.
15)中尾 允泰, 竹安 正範, 中野 沙織, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 1H NMRを活用するα-アミノ酸誘導体の新規絶対配置決定法の開発, 第46回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2007年11月.
16)佐藤 豪, 梅原 隼人, 水川 奈己, 堀井 新, 宇野 敦彦, 北村 嘉章, 関根 和教, 田村 公一, 福井 裕行, 武田 憲昭 : 過重力刺激がラットの脳内のヒスタミンH1受容体遺伝子発現に及ぼす影響, 第66回めまい平衡医学会, 2007年11月.
17)福井 裕行 : 抗ヒスタミン薬によるヒスチジン脱炭酸酵素遺伝子発現抑制を介する新規治療戦略, 第57回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2007年11月.
18)水野 智, 植野 哲, 嶋林 三郎 : 水中におけるアスピリンとグルコース系高分子との相互作用, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知)講演要旨集, Vol.46, No.1, 2007年11月.
19)谷河 佑城, 植野 哲, 嶋林 三郎 : Polyplexの構造と物性に及ぼすPoly-L-lysine分子量の依存性, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知)講演要旨集, Vol.46, No.1, 2007年11月.
20)金久 祥史, 植野 哲, 嶋林 三郎 : プルロニックによるメチルイエローの特異的な可溶化, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知)講演要旨集, Vol.46, No.1, 2007年11月.
21)浦辻 直幸, 植野 哲, 嶋林 三郎 : 遺伝子導入ベクターとしてのLiposomeの構造,性質の変化に及ぼす電荷比の影響, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知)講演要旨集, Vol.46, No.1, 2007年11月.
22)松下 知世, Shrabanti Dev, Asish-K Das, 前山 一隆, 大利 隆行, 西田 清隆, 水口 博之, 小嶋 純, 福井 裕行 : 乳酸菌を用いた鼻過敏症モデルラットのアレルギー疾患関連遺伝子発現抑制効果およびアレルギー性鼻炎患者の症状抑制効果の検討, 第46回日本薬学会・日本病院薬剤師会・日本薬剤師会中国四国学術大会, 2007年11月.
23)西岡 大貴, 近藤 崇泰, 寺尾 直也, 中馬 寛 : チトクロームP450の基質および阻害剤選択性の情報科学的方法による予測, 第35回構造活性相関シンポジウム, 2007年11月.
24)糸川 大祐, 山内 あい子, 中馬 寛 : アゾール系化合物のCYP2B/3Aとの結合および酵素活性阻害様式の解析 (2), 第35回構造活性相関シンポジウム, 2007年11月.
25)福島 淳治, 吉田 達貞, 橋爪 清華, 中馬 寛 : 炭酸脱水酵素-ベンゼンスルホンアミド阻害剤複合体の非経験的分子軌道法を用いた相互作用解析とQSAR, 第35回構造活性相関シンポジウム, 2007年11月.
26)宮本 裕子, 黒田 若奈, 水口 博之, 藤本 勝巳, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 細胞依存的ヒスタミンH1受容体遺伝子発現の経時変化, 第112回日本薬理学会 近畿部会, 2007年11月.
27)梅原 隼人, 水川 奈己, 佐藤 豪, 水口 博之, 森川 吉博, 仙波 恵美子, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 食餌制限による視床下部c-Fos発現調節, 第112回日本薬理学会 近畿部会, 2007年11月.
28)坂本 典子, 山脇 洋輔, 水口 博之, 堀尾 修平, 藤本 勝巳, 福井 裕行 : ヒトヒスタミンH1受容体遺伝子発現調節機構の解明, 第112回日本薬理学会近畿部会, 2007年11月.
29)福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体刺激によるヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進機構, 第35回薬物活性シンポジウム, 2007年11月.
30)水口 博之, 坂本 典子, 山脇 洋輔, 藤本 勝巳, 福井 裕行 : ヒトヒスタミンH1受容体遺伝子発現調節機構の解明, 第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
31)松下 知世, Shrabanti Dev, Asish-K Das, 前山 一隆, 大利 隆行, 西田 清隆, 水口 博之, 小嶋 純, 福井 裕行 : 乳酸菌によるアレルギー性鼻炎改善作用, 第11回日本ヒスタミン学会, 2007年12月.
32)福井 裕行 : ヒスタミン受容体とアレルギー疾患, 第26回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2008年2月.
33)黒田 若奈, 宮本 裕子, 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 : ロイコトリエン受容体拮抗薬のTDIによるラット鼻粘膜H1受容体up-regulationに対する効果, 第26回日本耳鼻咽喉科学会免疫アレルギー学会, 2008年2月.
34)中尾 允泰, 竹安 正範, 中野 沙織, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ジケトピペラジン構造を基盤とするα-アミノ酸の新規絶対配置決定法の開発研究(2), 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
35)市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : カルボジイミド型脱水縮合剤を用いる脱共役エステル化反応, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
36)上野 麻衣, 池江 克文, 橋本 佳奈, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : アンギバクチンの全合成研究, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
37)梅原 隼人, 水川 奈己, 佐藤 豪, 水口 博之, 森川 吉博, 仙波 恵美子, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 食餌剥奪による視床下部c-Fos発現亢進, 第17回神経行動薬理若手研究者の集い, 2008年3月.
38)水口 博之, 坂本 典子, 山脇 洋輔, 堀尾 修平, 藤本 勝巳, 福井 裕行 : PMA-induced transcription of histamine H1 receptor gene in HeLa cells is controlled by multiple transcription factors., 第81回日本薬理学会年会, 2008年3月.
39)黒田 若奈, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 : ロイコトリエン受容体拮抗薬のTDIによるラット鼻粘膜H1受容体up-reglationに対する効果:鼻過敏症モデル動物を用いた研究, 日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会第65回学術講演会, 2008年3月.
40)植野 哲, 嶋林 三郎 : 正荷電型ポリアミノ酸のリポソーム脂質2分子膜透過に対する2次構造の影響, 日本薬学会第128年会講演要旨集(横浜), Vol.128, No.4, 14, 2008年3月.
41)河野 由布子, 金秋 鷹雄, 宮本 和範, 落合 正仁 : イミノブロマンを用いたアンモニウムイリドの合成, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
42)吉村 祥, 鈴木 麻衣, 大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : 三価の超原子価臭素化合物とアルコール及びアルデヒドとの反応, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
43)斉藤 基道, 宮本 和範, 落合 正仁 : 隣接基関与による位置選択的芳香族フッ素化反応, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
44)岡田 拓也, 内藤 将夫, 多田 教浩, 宮本 和範, 落合 正仁 : ブロマン(III)の反応:スルホンアミドのHofmann転位反応, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
45)宮本 和範, 谷川 友一, 城 始勇, 落合 正仁 : 加溶媒分解によるシクロペンテニルカチオンの熱的発生反応, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.
46)福井 裕行 : アレルギー性鼻炎感受性遺伝子としてのヒスチジン脱炭酸酵素遺伝子, 日本薬学会第128年会, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1)佐野 茂樹 : HWE反応の新たな選択性を求めて, 大鵬薬品工業株式会社飯能研究センター講演会, 2007年11月.
2)嶋林 三郎 : 第25回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 第25回徳島大学薬学部卒後教育公開講座 講演要旨集, Vol.25, 2007年12月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

1)佐野 茂樹 : 平成17年度∼平成18年度科学研究費補助金(基盤研究(C)研究成果報告書, --- P-キラルホスホノ酢酸エステル及び類縁体の合成開発と不斉HWE反応への応用 ---, 2007年5月.
2)長尾 善光, 佐野 茂樹 : 平成16年度∼平成18年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書, --- シラアレンカチオン活性種及び類縁体の合成開発と応用研究 ---, 2007年5月.
3)佐野 茂樹 : 研究助成金・奨励金贈呈者公表文献一覧表(2000年∼2005年), --- キラル-アキラル配位子組合せ系を基盤とする触媒的不斉反応場の構築 ---, 財団法人 武田科学振興財団, 2007年11月.
4)佐野 茂樹 : 光学活性ホスホノ酢酸エステル及び類縁体の合成開発と不斉HWE反応への応用研究, 薬学研究の進歩 研究成果報告集 24, 37-43, 2008年.

2008年度(平成20年度)

article.{@.date="20080400 20090399" @.organization=\E{148401}}

2008年度(平成20年度) / 著書

1)嶋林 三郎 : 嶋林三郎・加茂直樹 編集,薬学生のための 生物物理化学入門, 株式会社 廣川書店, 東京, 2008年11月.
2)田中 秀治, 竹内 政樹 : 薬学分析科学の最前線, --- 「オンラインエバポレーター」及び「オンライン溶離液発生装置」を竹内政樹・田中秀治が執筆,「流れ系を利用した超ハイスループット滴定」と「振幅変調多重化フロー分析法による同時分析」を田中秀治・竹内政樹が執筆 ---, (株)じほう, 東京, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Masaki Takeuchi, Qingyang Li, Bingcheng Yang, Purnendu K Dasgupta and Vincent E Wilde : Use of a Capacitance Measurement Device for Surrogate Noncontact Conductance Measurement, Talanta, Vol.76, No.3, 617-620, 2008.
2)Takeshi Murata, Satoru Ueno, Tomoaki Hino and Saburo Shimabayashi : Solubility of monoalkyl phosphate in water in the presence of arginine and Triton, and solubilization of methyl yellow through the mixed micelle, Phosphorus Research Bulletin, Vol.22, No.1, 41-47, 2008.
3)Kazuhiko Hayazhi, Shiho Ogawa, Shigeki Sano, Motoo Shiro, Kentaro Yamaguchi, Yoshihisa Sei and Yoshimitsu Nagao : Intramolecular Nonbonded S---N Interaction in Rabeprazole, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.6, 802-806, 2008.
4)Tursunjan Aydan, Ayumi Kitagawa, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Application of Feedback-Based Flow Ratiometry to Simultaneous Determination of Calcium and Magnesium Ions by Chelatometry Using Photometric and Potentiometric Detectors, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.25, No.1, 65-68, 2008.
5)北村 嘉章, 黒田 若奈, K DasAsish, 福井 裕行, 武田 憲昭 : 鼻過敏症モデルおけるヒスタミンH1受容体発現上昇機構とその制御について, 頭頚部自律神経, Vol.22, 24-26, 2008年.
6)Shrabanti Dev, Hiroyuki Mizuguchi, K Asish Das, Chiyo Matsushita, Kazutaka Maeyama, Hayato Umehara, Takayuki Ohtoshi, Jun Kojima, Kiyotaka Nishida, Kunihiko Takahashi and Hiroyuki Fukui : Suppression of histamine signaling by probiotic Lac-B: a possible mechanism of its anti-allergic effect., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.107, No.2, 159-166, 2008.
7)Masahito Ochiai, Norihiro Tada, Takuya Okada, Atsushi Sota and Kazunori Miyamoto : Thermal and Catalytic Transylidations between Halonium Ylides and Synthesis and Reaction of Stable Aliphatic Chloronium Ylides., Journal of the American Chemical Society, Vol.130, No.7, 2118-2119, 2008.
8)Masahito Ochiai and Kazunori Miyamoto : Catalytic Version of and Reuse in Hypervalent Organo λ3- and λ5-iodane Oxidation., European Journal of Organic Chemistry, Vol.2008, No.25, 4229-4239, 2008.
9)Norimasa Izumi, Hiroyuki Mizuguchi, Hayato Umehara, Satoshi Ogino and Hiroyuki Fukui : Evaluation of efficacy and sedative profiles of H(1) antihistamines by large-scale surveillance using the visual analogue scale (VAS)., Allergology International, Vol.57, No.3, 257-263, 2008.
10)Yuko Shiba, Takashi Kinoshita, Hiroshi Chuman, Yutaka Taketani, Eiji Takeda, Yoji Kato, Michitaka Naito, Kyuichi Kawabata, Akari Ishisaka, Junji Terao and Yoshichika Kawai : Flavonoids as Substrates and Inhibitors of Myeloperoxidase : Molecular Actions of Aglycone and Metabolites, Chemical Research in Toxicology, Vol.21, No.8, 1600-1609, 2008.
11)Hideji TANAKA, Xiangli Liu, Hossam Hefesha and Alfred Fahra : Lipophilicity Measurement of Drugs by Reversed Phase HPLC over Wide pH Range Using an Alkaline-Resistant Silica-Based Stationary Phase, XBridgeTM Shield RP18, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.10, 1417-1422, 2008.
12)Hiroyuki Mizuguchi, Masaya Hatano, Chiyo Matsushita, Hayato Umehara, Wakana Kuroda, Yoshiyuki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Repeated pre-treatment with antihistamines suppresses [corrected] transcriptional up-regulations of histamine H(1) receptor and interleukin-4 genes in toluene-2,4-diisocyanate-sensitized rats., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.108, No.4, 480-486, 2008.
13)Shigeki Sano, Michiyasu Nakao, Masanori Takeyasu, Chiyo Yamamoto, Syuji Kitaike, Yasuko Yoshioka and Yoshimitsu Nagao : Chemoenzymatic Synthesis of α-Substituted Serines via Enantiodivergent Transformation, The Open Organic Chemistry Journal, Vol.3, 22-34, 2009.
14)Tatsusada Yoshida, Fujita Toshio and Hiroshi Chuman : Novel Quantitative Structure-Activity Studies of HIV-1 Protease Inhibitors of the Cyclic Urea Type Using Descriptors Derived from Molecular Dynamics and Molecular Orbital Calculations, Current Computer-Aided Drug Design, Vol.5, No.1, 38-55, 2009.
15)Itokawa Daisuke, Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman : Quantitative Structure-Activity Relationship for Inhibition of CYP2B6 and CYP3A4 by Azole Compounds - Comparison with Their Binding Affinity, QSAR & Combinatorial Science, Vol.28, No.6-7, 629-639, 2009.
16)Kazunori Miyamoto, Yoshihisa Sei, Kentaro Yamaguchi and Masahito Ochiai : Iodomesitylene-Catalyzed Oxidative Cleavage of Carbon-Carbon Double and Triple Bonds Using m-Chloroperbenzoic Acid as a Terminal Oxidant, Journal of the American Chemical Society, Vol.131, No.4, 1382-1383, 2009.
17)Gou Satou, Atsuhiko Uno, Arata Horii, Hayato Umehara, Yoshiaki Kitamura, Kazunori Sekine, Koichi Tamura, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda : Effects of hypergravity on histamine H1 receptor mRNA expression in hypothalamus and brainstem of rats: implications for development of motion sickness, Acta Oto-Laryngologica, Vol.129, No.1, 45-51, 2009.
18)Masahito Ochiai, Aiko Nakano, Akira Yoshimura, Kazunori Miyamoto, Satoko Hayashi and Waro Nakanishi : Imido transfer of sulfonylimino-λ3-bromane makes possible the synthesis of sulfonylimino-λ3-iodanes, Chemical Communications, No.8, 959-961, 2009.
19)Masahito Ochiai, Yufuko Kawano, Takao Kaneaki, Norihiro Tada and Kazunori Miyamoto : Direct Transfer of the Sulfonylimino Group of Imino-λ3-Bromane to N-Heterocycles and Trialkylamines: Synthesis of N-Iminoammonium Ylides under Metal-Free Conditions, Organic Letters, Vol.11, No.2, 281-284, 2009.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2008年度(平成20年度) / 学術レター

(なし)

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

1)嶋林 三郎, 柏田 良樹 : <講座:抗菌製品を創る>抗菌剤の種類,特徴とその動向; 天然系抗菌剤, 防菌防黴誌, Vol.36, No.5, 323-333, 2008年5月.
2)中馬 寛, 吉田 達貞 : 次世代創薬テクノロジー/実践:インシリコ創薬の最前線; QSAR研究の最前, 遺伝子医学MOOK, No.14, 112-116, 2009年.
3)福井 裕行 : 新しいヒスタミンH1受容体機能, 鼻アレルギーフロンティア, Vol.9, No.2, 30-34, 2009年2月.

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1)Gou Satou, Hayato Umehara, Arata Horii, Atsuhiko Uno, Yoshiaki Kitamura, Kazunori Sekine, Koichi Tamura, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda : Effects of Hypergravity on the Expression of Histamine H1-receptor mRNA in the Rat Brain, XXV Bárány Society Meeting, Kyoto, Apr. 2008.
2)Tomoaki Hino, Koichi Inoue, Hisao Oka, Yoshiho Ogura, Saori Ohchi and Saburo Shimabayashi : Thermal Gelation of Oil-in-Aqueous Curdlan Emulsions, Abstract: Particles 2008, Orland Florida USA, May 2008.
3)Michiyasu Nakao, Masanori Takeyasu, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of Optical Active Diketopiperazines for Absolute Configuration Determination of α-Amino Acids, The 12th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, Sendai, May 2008.
4)Chung Keun Jin, Toshiaki Yamada, Takashi Masuda, Yoshimitsu Nagao and Shigeki Sano : Synthesis of rac-Alkynylfluorosilanes and Their Application Reactions, Post ISOS XV Symposium, Takasaki, Jun. 2008.
5)Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi : Poly(Arg)-nanoparticle complexes translocate through lipid bilayer membranes, International Symposium on Nanotoxicology Assessment and Biomedical, Environmental Application of Fine Particles and Nanotubes (ISNT2008); Proceedings - Extended Abstracts, Vol.1, No.1, Sapporo, Jun. 2008.
6)Hiroshi Chuman and Tatsusada Yoshida : QSAR Study of Cyclic Urea Type HIV-1 Protease Inhibitors Using Ab Initio MO Calculation of Their Complex Structures with HIV-1 Protease, French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry, Strasbourg, ULP, Jun. 2008.
7)Shin-Ichi Ohira, Masaki Takeuchi, Guanqun Song, Ignacio Villanueva-Fierro and Purnendu K Dasgupta : Noncontact Conductivity and Liquid Core Waveguide Based Fluorescence Detectors for Capillary Scale Analysis, International Ion Chromatography Symposium (IICS) 2008, Portland, Oregon, Sep. 2008.
8)Masaki Takeuchi, Jason V Dyke, Purnendu K Dasgupta, Hideji TANAKA and Kannan Srinivasan : Postcolumn Concentration in Ion Chromatography, 15th International Conference on Flow Injection Analysis Including Related Techniques (ICFIA 2008) & 25th Anniversary Meeting of Japanese Association for Flow Injection Analysis, Nagoya, Sep. 2008.
9)Takuto Mima, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Application of Amplitude Modulated Multiplexed flow Analysis for the Simultaneous Determination of Multiple Analytes, 15th International Conference on Flow Injection Analysis Including Related Techniques (ICFIA 2008) & 25th Anniversary Meeting of Japanese Association for Flow Injection Analysis, Nagoya, Sep. 2008.
10)Tatsusada Yoshida, Kazuya Nagaoka, Toshio Fujita and Hiroshi Chuman : Reprofiling the HanschFujita Type of Classical QSAR Using Modern Molecular Calculations, The 8th China-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, Kobe, Nov. 2008.
11)Nagaoka Kazuya, Oonishi Miku, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Theoretical Consideration on Enzymatic QSAR; Energy Decomposition Analysis of the Hammett Constant and QSAR of MMP-9 Inhibitors Using Ab Initio MO Calculations, The 8th China-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, Kobe, Nov. 2008.
12)Hiroshi Chuman : Links between QSAR and Molecular Simulation, The Annual Meeting 2008 of Korean Society for Bioinformatics and Systems Biology, Cheong-joo, Korea, Nov. 2008.
13)Noriaki Okazaki and Hiroshi Chuman : Positive Feedback of Caspase Activation as a Possible Mechanism of Life-Death Decision in Fas Signaling-Induced Apoptosis, The 2008 Annual Conference of the Japanese Society for Bioinformatics (JSBi2008), Osaka, Dec. 2008.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1)竹内 政樹, Purnendu K Dasagupta, Jason V Dyke, Kannan Srinivasan : ポストカラム濃縮器, 第69回分析化学討論会, 2008年5月.
2)田中 秀治, 美馬 卓人, 飯田 仁, 竹内 政樹 : 多重制御流量比法のFe(II)およびFe(III)同時定量への応用, 第69回分析化学討論会, 2008年5月.
3)植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性ポリペプチドと結合したタンパク質分子やナノパーティクルの脂質二分子膜透過, 第2回日本生物物理学会四国支部大会講演要旨集, Vol.1, No.1, 2008年5月.
4)谷河 佑城, 植野 哲, 嶋林 三郎 : ポリプレックスの構造と物性に対する分子量の及ぼす影響, 第24回日本DDS 学会学術集会講演要旨集(東京), Vol.24, No.1, 2008年6月.
5)浦辻 直幸, 植野 哲, 嶋林 三郎 : DNA-Liposome複合体Lipoplex形成に対する脂質構成比の影響, 第24回日本DDS学会学術集会講演要旨集(東京), Vol.24, No.1, 2008年6月.
6)植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性ポリペプチドによるヒドロキシアパタイトナノ粒子の脂質二分子膜透過, 第24回日本DDS 学会学術集会講演要旨集(東京), Vol.24, No.1, 2008年6月.
7)植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性ポリペプチドによるヒドロキシアパタイトナノ粒子の脂質二分子膜透過, 第24回日本DDS学会学術集会講演要旨集(東京), Vol.24, No.1, 2008年6月.
8)津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : キラルスルホンアミド-亜鉛錯体を用いるσ対称1,3-ジオールの不斉モノアシル化反応, 第24回若手化学者のための化学道場, 2008年9月.
9)竹内 政樹, Bingcheng Yang, 田中 秀治, Purnendu K Dasgupta : 低圧キャピラリーイオンクロマトグラフィー用ガスフリー溶離液発生器, 日本分析化学会第57年会, 2008年9月.
10)田中 秀治, 黒河 洋平, 上村 剛史, 美馬 卓人, 竹内 政樹 : 振幅変調多重化フロー分析法の効率向上のための最適化, 日本分析化学会第57年会, 2008年9月.
11)竹内 政樹, Jianzhong Li, Kavin J Morris, 田中 秀治, Purnendu K Dasgupta : 親水性膜デニューダーによる大気中ガス成分の連続測定, 第49回大気環境学会, 2008年9月.
12)竹内 政樹, Rahmat SM Ullah, Purnendu K Dasagupta, 田中 秀治, Allen Williams : ウエット親水性フィルターによる大気中エアロゾル成分の連続測定, 第49回大気環境学会, 2008年9月.
13)黒田 若奈, 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 : ロイコトリエン受容体拮抗薬のTDI によるラット鼻粘膜H1 受容体up―regulation に対する効果, 第47回日本鼻科学会, 2008年9月.
14)植野 哲, 嶋林 三郎 : ナノパーテイクル複合体の脂質二分子膜透過, 第61回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集(福岡), Vol.61, No.1, 2008年9月.
15)吉田 達貞, 中馬 寛 : QSAR Study of Cyclic Urea Type HIV-1 Protease Inhibitors Using Ab Initio Fragment MO Calculation of Their Complex Structures with HIV-1 Protease, 第36回構造活性相関シンポジウム, 2008年10月.
16)植野 哲, 嶋林 三郎 : カチオン性ポリペプチド・ヒドロキシアパタイトナノパーテイクル複合体の脂質2分子膜透過, 第18回無機リン化学討論会講演要旨集(October, 2008 奈良), Vol.18, No.1, 2008年10月.
17)中馬 寛 : 定量的構造活性相関と分子科学計算・シミュレーション, JST-CREST/CBIシンポジウム「フラグメント分子軌道法-その基礎と応用-」, 2008年10月.
18)Hitaoka Seiji, Kori Eri, Horikawa Yasushi, Taguchi Masahiro, Tatsusada Yoshida, Kouji Itou and Hiroshi Chuman : Molecular Dynamics Study of the Effect of Arg344 Mutation on the Activation of Human Cathepsin A, CBI2008, Oct. 2008.
19)津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : σ対称1,3-ジオールを基質とする触媒的エナンチオ選択的アセチル化反応, 第34回反応と合成の進歩シンポジウム, 2008年11月.
20)中尾 允泰, 竹安 正範, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 1H NMRを用いるα-アミノ酸の簡便絶対配置決定法の開発, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
21)津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : キラルスルホンアミド-亜鉛錯体を用いたσ対称1,3-ジオールの触媒的エナンチオ選択的アセチル化反応, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
22)市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : カルボジイミド型脱水縮合剤を用いるケテン経由の脱共役エステル化反応, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
23)大勢 祐希子, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ケトンの不斉還元によるフルオロオレフィン型光学活性ジペプチドミメティクスの合成, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
24)上野 麻衣, 中山 ゆかり, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : アンギバクチンならびにアンヒドロアンギバクチンの合成研究, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
25)時實 梨衣, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応を基盤とするグリセロリン脂質の合成研究, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
26)七瀧 浩志, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : フルオロオレフィン型プロリン含有ジペプチドミメティクスの合成, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
27)森本 晃允, 佐野 茂樹, 長尾 善光, 伊藤 博夫 : 揮発性チオール捕捉反応剤の合成開発研究, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
28)中尾 允泰, 竹安 正範, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : α-アミノ酸の絶対配置決定を目的とした光学活性ジケトピペラジンの合成, 第38回複素環化学討論会, 2008年11月.
29)Kazuya Nagaoka, Miku Oonishi, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : QSAR Study of Biphenyl Sulfonamide Type MMP-9 Inhibitors Using Ab Initio MO Calculation, 第36回構造活性相関シンポジウム, Nov. 2008.
30)Tatsusada Yoshida, Youhei Munei and Hiroshi Chuman : Comparative QSAR Analyses of a Series of Benzene Sulfonamide Inhibitors Based on Ab Initio MO Calculation of Their Complex Structures with Carbonic Anhydrase, 第36回構造活性相関シンポジウム, Nov. 2008.
31)植野 哲, 嶋林 三郎, 山崎 秀朗 : ポリエチレンイミンとリポソームの相互作用の検討, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, Vol.47, No.1, 2008年11月.
32)吉田 達貞, 中馬 寛 : HIV-1プロテアーゼ-阻害剤複合体のフラグメント分子軌道法計算に基づくQSAR, 第4回「シミュレーション技術と実用化基盤の構築」領域シンポジウム, 2008年11月.
33)中尾 允泰, 竹安 正範, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 複素環化合物の特性を活用したα-アミノ酸の簡便絶対配置決定法, 創薬懇話会2008, 2008年12月.
34)津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : シンコナアルカロイド誘導体を用いたσ対称1,3-ジオールの非対称化反応, 創薬懇話会2008, 2008年12月.
35)Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi : Poly(Arg) - nanoparticle complexes translocate through lipid bilayer membranes., 日本生物物理学会第46回年会講演予稿集(福岡), Vol.48, No.special issue #1, S160, Dec. 2008.
36)中尾 允泰, 竹安 正範, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ジケトピペラジン構造を基盤とするα-アミノ酸の新規絶対配置決定法の開発研究(3), 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
37)津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : σ対称1,3-ジオールの触媒的不斉非対称化反応, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
38)市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ケテン経由の脱共役エステル化を基盤とする不斉転位反応, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
39)時實 梨衣, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応を用いるグリセロリン脂質の合成, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
40)七瀧 浩志, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : HWE反応を用いるフルオロオレフィン型プロリン含有ジペプチドミメティクスの合成, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
41)森本 晃允, 佐野 茂樹, 長尾 善光, 伊藤 博夫 : メタンチオール捕捉標識反応剤の合成開発, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
42)植野 哲, 嶋林 三郎 : Poly-L-arginine-ヒドロキシアパタイトナノパーテイクル複合体形成と脂質二分子膜との相互作用, 日本薬学会第129年会講演要旨集(京都, 27Q-am158), Vol.129, No.4, 2009年3月.
43)田中 秀治, 上村 剛史, 大楠 剛司, 竹内 政樹 : 水中の微量リンの定量を目的とした振幅変調フロー分析法の研究, 日本薬学会第139年会, 2009年3月.
44)嶋林 三郎 : 表面疎水基を持つヒドロキシアパタイトに対する有機物の吸着, --- 吸着による疎水化と合成による疎水化 ---, 第1回機能性材料勉強会資料集, Vol.1, No.1, 2009年3月.
45)大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : (E)-2-アルキルビニルブロマンのビニル位SN2反応, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
46)酒井 祐太, 宮本 和範, 落合 正仁 : ヨードベンゼンを用いたアミドの触媒的Hofmann転位反応, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
47)内藤 将夫, 宮本 和範, 落合 正仁, 林 聡子, 中西 和郎 : イミノブロマンの反応:スルフィド,スルホキシドへのイミノ基挿入反応, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.
48)宮本 和範, 岡田 拓也, 落合 正仁, 林 聡子, 中西 和郎 : イミノブロマンの反応: 混ぜるだけで進行するアルカンC-Hアミノ化反応, 日本薬学会第129年会, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1)中馬 寛, 吉田 達貞 : HIV-1プロテアーゼ-阻害剤複合体の分子軌道法計算に基づくQSAR, 2007年度エミール研究会セミナー, 2008年4月.
2)Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi : Poly(Arg)-nanoparticle complexes translocate lipidbilayer membrane, ABSTRACTS: International Symposium on Nanotoxicology Assessment and Biomedical, Environmemtal Application of Fine Particles and Nanotubes, Vol.1, No.1, Jun. 2008.
3)長岡 和也, 吉田 達貞, 中馬 寛 : 非経験的分子軌道法を用いた相互作用解析に基づく置換基の電子的効果の理論的考察, 第2回分子科学討論会, 2008年9月.
4)中馬 寛 : 新しいQSARの構築を目指して, 2008年度 第2回CACフォーラムセミナー, 2009年3月.
5)中馬 寛 : FMO法による亜鉛含有タンパク質阻害剤の定量的構造活性相関解析, CREST-FMO 2009研究会, 2009年3月.
6)嶋林 三郎 : 表面疎水基を持つヒドロキシアパタイトに対する有機物の吸着, --- 吸着による疎水化と合成による疎水化 ---, 第1回機能性材料勉強会講演資料集, Vol.1, No.1, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 報告書

(なし)

2009年度(平成21年度)

article.{@.date="20090400 20100399" @.organization=\E{148401}}

2009年度(平成21年度) / 著書

1)田中 秀治 : 対策と演習 物理化学, 株式会社 廣川書店, 2009年10月.
2)水口 博之, 福井 裕行 : ヒスタミン,セロトニン,麦角アルカロイド,平滑筋作用薬, 2009年.
3)水口 博之, 福井 裕行 : 消化管薬理学, 2009年.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Kazuyuki Kuwayama, Kazuhito Matsuzaki, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, Keiko T. Kitazato, Teruyoshi Kageji, Michiyasu Nakao and Shinji Nagahiro : Promyelocytic leukemia protein induces apoptosis due to caspase-8 activation via the repression of NFkB activation in glioblastoma, Neuro-Oncology, Vol.11, No.2, 132-141, 2009.
2)Shigeki Sano, Michiyasu Nakao, Masanori Takeyasu, Syuji Kitaike, Yasuko Yoshioka and Yoshimitsu Nagao : Use of Diketopiperazines for Determining Absolute Configurations of α-Substituted Serines by 1H-NMR Spectroscopy, Heterocycles, Vol.79, No.1, 781-789, 2009.
3)Shrabanti Dev, Hiroyuki Mizuguchi, K Asish Das, Kazutaka Maeyama, Shiho Horinaga, Shuhei Kato, Misaki Tamada, Masashi Hattori, Hayato Umehara and Hiroyuki Fukui : Kujin suppresses histamine signaling at the transcriptional level in toluene 2,4-diisocyanate-sensitized rats., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.109, No.4, 606-617, 2009.
4)Masahito Ochiai, Akira Yoshimura and Kazunori Miyamoto : Oxidation of Benzyl Alcohols with Difluoro(aryl)-λ3-bromane: Formation of Benzyl Fluoromethyl Ethers via Oxidative Rearrangement, Tetrahedron Letters, Vol.50, No.33, 4792-4795, 2009.
5)Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi : Formation of Poly-L-Arginine - Hydroxyapatite Nanoparticle Complexes and Interactions between Complexes and Lipidbilayer Membranes, Phosphorus Research Bulletin, Vol.23, No.1, 57-62, 2009.
6)Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi : Poly-L-arginine-Hydroxyapatite Nanoparticle Complexes Translocate Through Lipidbilayer Membranes, Bio-Medical Materials and Engineering, Vol.19, No.2-3, 111-119, 2009.
7)Masahito Ochiai, Takuya Okada, Norihiro Tada, Akira Yoshimura, Kazunori Miyamoto and Motoo Shiro : Difluoro-λ3-bromane-Induced Hofmann Rearrangement of Sulfonamides: Synthesis of Sulfamoyl Fluorides, Journal of the American Chemical Society, Vol.131, No.24, 8392-8393, 2009.
8)Kazuhiko Hayashi, Eiko Kujime, Hajime Katayama, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Reaction of 1-Azabicyclo[1.1.0]butane with Activated Amides, Heterocycles, Vol.78, No.1, 1777-1786, 2009.
9)Masum Shahriar, Hiroyuki Mizuguchi, Kazutaka Maeyama, Yoshiaki Kitamura, Naoki Orimoto, Shuhei Horio, Hayato Umehara, Masashi Hattori, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Suplatast tosilate inhibits histamine signaling by direct and indirect down-regulation of histamine H1 receptor gene expression through suppression of histidine decarboxylase and IL-4 gene transcriptions., The Journal of Immunology, Vol.183, No.3, 2133-2141, 2009.
10)Tatsusada Yoshida, Y Kadota, S Hitaoka, E Kori, Yuta Horikawa, M Taguchi, Daisuke Tsuji, Mitsuyoshi Hirokawa, Hiroshi Chuman and Kouji Itou : Expression and molecular dynamics studies on effect of amino acid substitutions at Arg344 in human cathepsin A on the protein local conformation., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1794, No.11, 1693-1699, 2009.
11)P Venkatesh, K Pulok Mukherjee, N Satheesh Kumar, K Neelesh Nema, A Bandyopadhyay, Hiroyuki Fukui and Hiroyuki Mizuguchi : Mast cell stabilization and antihistaminic potentials of Curculigo orchioides rhizomes., Journal of Ethnopharmacology, Vol.126, No.3, 434-436, 2009.
12)Kazuhiko Hayashi, Eiko Kujime, Hajime Katayama, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Synthesis and Reaction of 1-Azabicyclo[3.1.0]hexane, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.57, No.10, 1142-1146, 2009.
13)Kazunori Miyamoto, Motoo Shiro and Masahito Ochiai : Facile Generation of a Strained Cyclic Vinyl Cation by Thermal Solvolysis of Cyclopent-1-enyl-λ3-bromanes, Angewandte Chemie International Edition, Vol.48, No.47, 8931-8934, 2009.
14)Takashi Honjo, Takeshi Tsumura, Shigeki Sano, Yoshimitsu Nagao, Kentaro Yamaguchi and Yoshihisa Sei : A Chiral Bifunctional Sulfonamide as an Organocatalyst: Alcoholysis of -Symmetric Cyclic Dicarboxylic Anhydrides, Synlett, No.20, 3279-3282, 2009.
15)Tursunjan Aydan, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Spectrophotometric Determination of Anionic Sufactant Based on Ion-pair Formation with Methylene Blue in Riversed Flow Injection Mode, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.26, No.2, 133-137, 2009.
16)Kumar Asish Das, Hiroyuki Mizuguchi, Madoka Kodama, Shrabanti Dev, Hayato Umehara, Yoshiaki Kitamura, Chiyo Matsushita, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Sho-seiryu-to suppresses histamine signaling at the transcriptional level in TDI-sensitized nasal allergy model rats., Allergology International, Vol.58, No.1, 81-88, 2009.
17)Shigeki Sano, Takeshi Tsumura, Noriaki Tanimoto, Takashi Honjo, Michiyasu Nakao and Yoshimitsu Nagao : Modified Cinchona Alkaloid-Zinc Complex Catalysts: Enantioselective Monoacetylation of Glycerol Derivatives with Acetic Anhydride, Synlett, No.2, 256-260, 2010.
18)Vladimir A. Obolkin, Vladimir L. Potemkin, Tamara V. Khodzher, Ludmila P. Golobokova, Ulyana G. Filippova, Vladimir L. Makukhin, Kei Toda, Masaki Takeuchi, Tomoaki Obata and Kazutoshi Hirota : Dynamics of Sulfur-Containing Admixtures in the Atmosphere around the Point Source the Baikal Pulp and Paper Plant (South-East of Baikal Lake)., Atmospheric and Oceanic Optics, Vol.23, No.1, 32-38, 2010.
19)Kei Toda, Tomoaki Obata, Vladimir A. Obolkin, Vladimir L. Potemkin, Kazutoshi Hirota, Masaki Takeuchi, Shou Arita, Tamara V. Khodzher and Michael A. Grachev : Atmospheric Methanethiol Emitted from a Pulp and Paper Plant on the Shore of Lake Baikal., Atmospheric Environment, Vol.44, No.20, 2427-2433, 2010.
20)Shuhei Horio, Katsumi Fujimoto, Hiroyuki Mizuguchi and Hiroyuki Fukui : Interleukin-4 up-regulates histamine H1 receptors by activation of H1 receptor gene transcription., Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology, Vol.381, No.4, 305-313, 2010.
21)Pichairajan Venkatesh, K Pulok Mukherjee, Satheesh Nanjappan Kumar, Arun Bandyopadhyay, Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi and Nurul Islam : Anti-allergic activity of standardized extract of Albizia lebbeck with reference to catechin as a phytomarker., Immunopharmacology and Immunotoxicology, Vol.32, No.2, 272-276, 2010.
22)Seiichiro Ten-no, Jaewoon Jung, Hiroshi Chuman and Yukio Kawashima : Assessment of Free Energy Expression in RISM Integral Equation Theory: Theoretical Prediction of Partition Coefficients Revisited., Molecular Physics, Vol.108, 327-332, 2010.
23)Shigeru Hishinuma, Hiroshi Komazaki, Hiroyuki Fukui and Masaru Shoji : Ubiquitin/proteasome-dependent down-regulation following clathrin-mediated internalization of histamine H1-receptors in Chinese hamster ovary cells., Journal of Neurochemistry, Vol.113, No.4, 990-1001, 2010.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2009年度(平成21年度) / 学術レター

(なし)

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

1)福井 裕行 : ヒスタミン受容体の種類と情報伝達機構, 生体の科学, Vol.60, No.5, 438-439, 2009年5月.
2)福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進のアレルギーにおける意義, アレルギーの臨床, Vol.29, No.9, 814-817, 2009年9月.
3)宮本 和範 : 最後の環状ビニルカチオンをつくる!ーシクロペンテニルカチオンの生成, 化学, Vol.65, No.3, 72-73, 2010年3月.
4)宮本 和範, 落合 正仁 : 有機触媒による酸化的炭素ー炭素二重結合切断反応, 有機合成化学協会誌, Vol.68, No.3, 228-237, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 国際会議

1)Hiroshi Chuman, Toshio Fujita, Seiji Hitaoka, Eri Kori and Tatsusada Yoshida : QSAR Study of Cyclic Urea Type HIV-1 Protease Inhibitors Using Ab Initio Fragment MO Calculation of Their Complex Structures with HIV-1 Protease, CMTPI 2009 (Fifth International Symposium on Computational Methods in Toxicology and Pharmacology Integrating Internet Reseour), Istanbul, Jul. 2009.
2)Tatsusada Yoshida, Yohei Munei, Koji Hirozumi and Hiroshi Chuman : Comparative QSAR Analysis of a Series of Benzene Sulfonamide Inhibitors Using Ab Initio Fragment MO Calculation of Their Complex Structures with Carbonic Anhydrase, CMTPI 2009 (Fifth International Symposium on Computational Methods in Toxicology and Pharmacology Integrating Internet Reseour), Istanbul, Jul. 2009.
3)Hideji TANAKA, Takeshi Uemura, Takeshi Ogusu and Masaki Takeuchi : Determination of Phosphate Ion by Amplitude Modulated Flow Analysis With Lock-In Detection., Flow Analysis XI, Sep. 2009.
4)Hideji TANAKA, Takuto Mima, Hirokazu Takayasu, Yohei Kurokawa and Masaki Takeuchi : Amplitude Modulated Multiplexed Flow Analysis. Application to Simultaneous Determination of Ferrous and Ferric Ions., Flow Analysis XI, Sep. 2009.
5)Hiroyuki Fukui : Herbal medicines targeting gene expression mechanism of histamine H1 receptor, an allergic disease-sensitive gene., INSA Platinum Jubilee International Symposium, Nov. 2009.
6)Seiji Hitaoka, Eri Kori, Masataka Harada, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Ab initio Fragment MO Study of Complexes between Influenza Neuraminidase-1 and Various Type of Sialic Acid Analogues, The Second French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry 2009, Nishinomiya, Nov. 2009.
7)Seiji Hitaoka, Eri Kori, Masataka Harada, Yoshito Kadota, Yasushi Horikawa, Tatsusada Yoshida, Kouji Itou and Hiroshi Chuman : Expression and Molecular Dynamics Studies on Effect of Amino Acid Substitutions at Arg344 in Human Cathepsin A, The Second French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry 2009, Nishinomiya, Nov. 2009.
8)Hiroyuki Fukui : Histamine H1 receptor gene as an allergic disease-sensitive gene., International Conference on Integrative & Personalized Medicine and 42nd Annual Conference of the Indian Pharmacological Society (IPSCON-2009), Dec. 2009.
9)Hiroshi Chuman : Protein Inhibitors Using Full Ab Initio Molecular Orbital Calculations on Their Complex Structures with Protein, CTDDR - 2010(Current Trends In Drug Discovery Research), Lucknow, India, Feb. 2010.

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1)竹内 政樹, 角田 浩道, 田中 秀治, 田中 傑, 白水 好美 : ウエットデニューダー方式の酸性ガス自動モニタ, 第27回空気清浄とコンタミネーションコントロール研究大会, 2009年4月.
2)戸田 敬, 小畑 智明, 廣田 和敏, Vladimir Obolkin, Vladimir Potemkin, Tamara Kozher, 竹内 政樹 : 大気中硫黄化合物のフィールド分析: バイカル湖岸パルプ工場の大気環境への影響評価, 第70回分析化学討論会, 2009年5月.
3)竹内 政樹, Qingyang Li, Bingcheng Yang, Purnendu K. Dasgupta, 田中 秀治, Vincent E. Wilde : 容量デジタルコンバータによる非接触型電気伝導度検出, 第70回分析化学討論会, 2009年5月.
4)竹内 政樹 : ウエットデニューダー方式の酸性ガス自動モニタ, 半導体ロードマップ委員会ワーキンググループ11技術委員会ヒアリング, 2009年5月.
5)Shahriar Masum, 水口 博之, 前山 一隆, 北村 嘉章, 折本 直樹, 堀尾 修平, 梅原 隼人, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行 : トシル酸スプラタストはヒスチジン脱炭酸酵素遺伝子,IL-4遺伝子,及び,ヒスタミンH1受容体遺伝子の発現抑制を介してヒスタミンシグナルを抑制する, 第115回日本薬理学会近畿部会, 2009年6月.
6)植野 哲 : mwct -カチオン性ポリペプチド複合体に及ぼすポリペプチド二次構造の影響, ナノ・バイオメディカル学会講演要旨集, Vol.2, No.1, 2009年7月.
7)福井 裕行 : アレルギー性鼻炎におけるヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進の意義, 第14回 那須ティーチイン学術集会, 2009年8月.
8)福井 裕行, Shrabanti Dev, 水口 博之, Kumar Asish Das, 前山 一隆, 堀長 志穂, 加藤 周平, 玉田 美咲, 服部 将史, 梅原 隼人 : 鼻過敏症モデルラットの症状および遺伝子発現亢進に対する苦参の改善作用, 第26回和漢医薬学会学術大会, 2009年8月.
9)Kazunori Miyamoto, Aiko Nakano, Akira Yoshimura and Masahito Ochiai : Transimidation of sulfonylimino-λ3-bromane to iodobenzene: synthesis of imino-λ3-iodanes., The 3rd international symposium on synergy of elements, Aug. 2009.
10)黒河 洋平, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 振幅変調多重化フロー分析法の測定効率向上のための検討, 日本分析化学会第58年会, 2009年9月.
11)美馬 卓人, 高安 宏和, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 振幅変調多重化フロー分析法によるFe(II)及びFe(III)の同時定量, 日本分析化学会第58年会, 2009年9月.
12)吉岡 薫, 外山 祐介, 加々美 愛, 田中 秀治, 竹内 政樹 : エアロゾル中過塩素酸イオンのポストカラム濃縮, 日本分析化学会第58年会, 2009年9月.
13)植野 哲 : poly-L-arginine - ヒドロキシアパタイトナノパーティクル複合体と脂質二分子膜との相互作用, 第62回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, Vol.62, No.1, 2009年9月.
14)上村 剛司, 大楠 剛司, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 振幅変調フロー分析法/マラカイトグリーン法による微量リン酸イオンの定量, 第19回無機リン化学討論会, 2009年10月.
15)梅原 隼人, 水川 奈己, 水口 博之, 森川 吉博, 仙波 恵美子, 福井 裕行 : 食餌剥奪による視床下部弓状核尾側ニューロンの活性化におけるhistamine神経の関与, 第13回日本ヒスタミン学会, 2009年10月.
16)水口 博之, 北村 嘉章, 近藤 勇人, 黒田 若奈, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 福井 裕行, 武田 憲昭 : 鼻過敏症に対する抗ヒスタミン薬初期療法によるヒスタミンH1受容体遺伝子発現抑制と症状改善, 第13回日本ヒスタミン学会, 2009年10月.
17)水口 博之, Masum Shahriar, Kazutaka Maeyama, 北村 嘉章, Naoki Orimoto, 堀尾 修平, 梅原 隼人, Masashi Hattori, 武田 憲昭, 福井 裕行 : トシル酸スプラタストはヒスチジン脱炭酸酵素及びIL-4遺伝子発現抑制を介してヒスタミンH1受容体遺伝子発現を抑制する, 第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
18)宮本 和範, 酒井 祐太, 落合 正仁 : ヨードベンゼンを触媒として使用する1級アミドのHofmann転位反応, 第12回ヨウ素学会シンポジウム, 2009年10月.
19)黒田 若奈, 近藤 勇人, 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 : スギ花粉症に対するH1受容体拮抗薬を用いた初期療法の作用機序の検討, 第48回日本鼻科学会, 2009年10月.
20)北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 : 肥満細胞の反応性に対するスフィンゴシン1リン酸の役割, 第48回日本鼻科学会, 2009年10月.
21)植野 哲 : poly-L-lysine-ヒドロキシアパタイトナノパーティクル複合体の形成と脂質二分子膜との相互作用, 第19回無機リン化学討論会講演要旨集, Vol.19, No.1, 2009年10月.
22)中馬 寛, 吉田 達貞 : 非経験的フラグメント分子軌道法の定量的構造活性相関への応用, シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築シンポジウム, 2009年10月.
23)水口 博之, 黒田 若奈, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 抗ヒスタミン薬を用いた花粉症初期療法におけるヒスタミンH1受容体遺伝子発現の意義, 第59回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2009年10月.
24)市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : カルボジイミド型脱水縮合剤を用いるα,β-不飽和カルボン酸の脱共役エステル化反応, 第35回反応と合成の進歩シンポジウム, 2009年11月.
25)中尾 允泰, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 芳香環含有ジケトピペラジン類のコンホメーション解析, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
26)津村 武史, 堀部 将史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : σ対称環状炭酸エステルの触媒的エナンチオ選択的開環反応, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
27)市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : DCCを用いるα,β-不飽和カルボン酸の脱共役エステル化反応, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
28)山下 大輔, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : タンデム型還元-オレフィン化反応によるE選択的オレフィン合成, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
29)時實 梨衣, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 1,2-ジグリセリド含有HWE試薬の合成とグリセロリン脂質への変換, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
30)七瀧 浩志, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : フルオロオレフィン型プロリン含有ジペプチドミメティクス合成を目的とする立体選択的HWE反応, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
31)森本 晃允, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 伊藤 博夫 : OPA法ならびにエルマン法を基盤とするチオール捕捉標識反応剤の合成開発, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
32)嘉村 真法, 津村 武史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 環状酸無水物の不斉アルコリシスを基盤とする光学活性フタラジノンの合成, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
33)坂井 亮介, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 分子内励起二量体形成型タンパク質蛍光標識試薬の合成開発, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
34)中山 ゆかり, 河野 紘志, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : シデロフォア活性物質アンギバクチンならびに関連誘導体の合成, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
35)廣山 裕太, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : N-メチルジケトピペラジン構造を基盤とするα-アミノ酸の絶対配置決定法の開発, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
36)矢野 哲平, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : Still試薬のHWE反応によるアレン化合物の合成, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
37)久次米 永子, 片山 肇, 佐野 茂樹, 林 一彦 : 1-Azabicyclo[3.1.0]hexaneの合成と反応, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
38)Tursunjan Aydan, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Spectrophotometric Determination of Anionic Surfactant Based on Ion-pair Formation with Methylene Blue in Reversed Flow Injection Mode., 第48回フローインジェクション分析講演会, Nov. 2009.
39)田中 秀治, 上村 剛司, 大楠 剛司, 竹内 政樹 : 振幅変調/ロックイン検出フロー分析法によるリン酸イオンの定量, 第48回フローインジェクション分析講演会, 2009年11月.
40)福井 裕行 : アレルギー疾患感受性遺伝子発現機構を標的とする食品, JST 第3回技術シーズ発表会in四国, 2009年11月.
41)福井 裕行, 梅原 隼人, 水川 奈己, 水口 博之, 森川 吉博, 仙波 恵美子 : 視床下部弓状核尾側でのc-Fos 発現におけるヒスタミン神経の関与, 第62回日本自律神経学会総会, 2009年11月.
42)近藤 勇人, 水口 博之, 黒田 若奈, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 : スギ花粉症に対する抗ヒスタミン薬を用いた初期療法の作用機序の検討, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
43)水口 博之, 北村 嘉章, 近藤 勇人, 黒田 若奈, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 抗ヒスタミン薬を用いたスギ花粉症初期療法の作用機序の検討, 第116回日本薬理学会近畿部会, 2009年11月.
44)Shrabanti Dev, 水口 博之, Asish Kumar Das, 前山 一隆, 堀長 志穂, 加藤 周平, 玉田 美咲, 服部 将史, 梅原 隼人, 福井 裕行 : 苦参エキスによる鼻過敏症モデルラットの症状改善とアレルギー疾患感受性候補遺伝子発現抑制, 第62回日本薬理学会西南部会, 2009年11月.
45)酒井 祐太, 宮本 和範, 落合 正仁 : 有機触媒ヨードベンゼンを活用するHofmann転位反応, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
46)大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : 超強酸の共役塩基によるオレフィン二分子求核置換反応, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
47)河野 由布子, 多田 教浩, 宮本 和範, 落合 正仁 : ブロモニウムイリドを用いた熱的カルベンC-H挿入反応, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
48)宮本 和範, 金秋 鷹雄, 落合 正仁, 林 聡子, 中西 和郎 : 高反応性ナイトレノイドイミノブロマンの脂肪族C-Hアミノ基挿入反応, 第35回反応と合成の進歩シンポジウム, 2009年11月.
49)宮本 和範 : ヒドロキシ- λ 3- ヨーダン・クラウンエーテル錯体の合成とその特性を活用し た合成反応の開発研究, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
50)武知 佑樹, 植野 哲 : poly-L-arginineの脂質二分子膜透過に与える分子量の影響, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, Vol.48, No.1, 2009年11月.
51)武部 吏, 植野 哲 : ポリエチレンイミンとタンパク質との複合体形成について, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, Vol.48, No.1, 2009年11月.
52)田中 宏和, 植野 哲 : 脂質二分子膜と Poly-L-Lysine の相互作用における Poly-L-Lysine の分子量の影響, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, Vol.48, No.1, 2009年11月.
53)Youhei Munei, Kazunori Shimamoto, Kouhei Okada, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Comparative QSAR Analyses of a Series of Benzene Sulfonamide Inhibitors Based on Ab Initio Fragment MO Calculation of Their Complex Structures with Carbonic Anhydrase, 第37回構造活性相関シンポジウム, Nov. 2009.
54)Koji Hirozumi, Tatsusada Yoshida, Yoshichika Kawai, Junji Terao and Hiroshi Chuman : QSAR of DPPH Activity of Flavonoids Based on Ab Initio MO Studies of Hydrogen Radical Abstraction of Phenols, 第37回構造活性相関シンポジウム, Nov. 2009.
55)Seiji Hitaoka, Eri Kori, Masataka Harada, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Ab initio Fragment MO Study of Complexes between Influenza Neuraminidase-1and Various Type of Sialic Acid Analogues, 第37回構造活性相関シンポジウム, Nov. 2009.
56)Eri Kori, Seiji Hitaoka, Masataka Harada, Yoshito Kadota, Yasushi Horikawa, Tatsusada Yoshida, Kouji Itou and Hiroshi Chuman : Expression and Molecular Dynamics Studies on Effect of Amino Acid Substitutions at Arg344 in Human Cathepsin A, 第37回構造活性相関シンポジウム, Nov. 2009.
57)Miho Shimizu, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Theoretical Study of Hammett Constants Based on ab initio MO Analysis of Intermolecular Interaction, 第37回構造活性相関シンポジウム, Nov. 2009.
58)Seiji Hitaoka, Eri Kori, Masataka Harada, 吉田 達貞, 中馬 寛 : Ab initio Fragment MO Study of Complexes between Influenza Neuraminidase-1and Various Type of Sialic Acid Analogues, 第37回構造活性相関シンポジウム, 2009年11月.
59)吉田 達貞, Yohei Munei, 中馬 寛 : QSAR Studies Using Descriptors Derived from ab initio Fragment MO Calculation of Protein-Ligand Complex Structures, 第37回構造活性相関シンポジウム, 2009年11月.
60)Hiroyuki Mizuguchi and Hiroyuki Fukui : Suplatast inhibits histamine signaling by direct and indirect down-regulation of histamine H1 receptor gene expression through suppression of histidine decarboxylase and IL-4 gene transcription., 第39回日本免疫学会総会・学術集会, Dec. 2009.
61)宮本 和範 : 高反応性ヨードシルベンゼンモノマーを活用する有機合成反応の開発, 理学流動機構シンポジウム, 2009年12月.
62)白水 好美, 田中 傑, 並木 則和, 竹内 政樹, 田中 秀治, 藤井 修二 : ウエットデニューダ方式のアミンアンモニア自動モニタ, プレISCC2010空気清浄とコンタミネーションコントロール研究発表会, 2010年.
63)福井 裕行 : 抗ヒスタミン薬はなぜ効くか?, 第67回鹿児島県耳鼻咽喉科学術集会, 2010年2月.
64)宮本 和範 : 最後のビニルカチオンーシクロペンテニルカチオンーの生成, 第六回有機元素化学セミナー, 2010年2月.
65)竹内 政樹 : ナフィオンチューブによる陰イオンのオンライン濃縮, 第15回徳島地区分析技術セミナー, 2010年2月.
66)北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 : スフィンゴシン1リン酸の肥満細胞の反応性に対する影響, 第28回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2010年2月.
67)北村 嘉章, 黒田 若奈, 近藤 雄人, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 : スギ花粉症に対するヒスタミンH1受容体拮抗薬による, 第28 回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2010年2月.
68)水口 博之, 近藤 勇人, 北村 嘉章, 黒田 若奈, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 花粉症患者において抗ヒスタミン薬の初期療法はヒスチジン脱炭酸酵素遺伝子発現を抑制する, 第83回日本薬理学会年会, 2010年3月.
69)水口 博之, 寺尾 拓馬, 坂本 典子, 吉村 好之, 山脇 洋輔, 藤本 勝巳, 福井 裕行 : ポリ(ADP)リボースポリメラーゼはHeLa細胞におけるPMA刺激に伴うヒスタミンH1受容体の転写亢進に関与する, 第83回日本薬理学会年会, 2010年3月.
70)水口 博之, 北村 嘉章, 近藤 勇人, 黒田 若奈, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体遺伝子発現機構のアレルギー疾患における病理学的意義, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
71)梅原 隼人, 水川 奈己, 水口 博之, 武田 憲昭, 仙波 恵美子, 福井 裕行 : 食餌剥奪による視床下部弓状核尾側の神経活性化におけるヒスタミン神経の関与, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
72)玉田 美咲, 水口 博之, 石丸 直澄, 北村 嘉章, 林 良夫, 武田 憲昭, 福井 裕行 : ラット鼻粘膜におけるヒスタミンとインターロイキン -4 のクロストーク, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
73)服部 将史, 阿部 京介, 田中 佑加, 松下 知世, 藤本 康雄, 水口 博之, 武田 憲昭, 福井 裕行 : ツクシ及びスギナに含まれるヒスタミンH1受容体遺伝子発現抑制物質の同定, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
74)長谷川 雄一, 吉村 祥, 宮本 和範, 落合 正仁 : イミノブロマンによる芳香族化合物のC-Hアミノ化反応, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
75)河野 由布子, 多田 教浩, 宮本 和範, 落合 正仁 : イリドカルベノイドの脂肪族および芳香族C-H挿入反応, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
76)大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : 低求核性アニオンによるビニルブロマンのビニル位SN2反応, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
77)山根 真一, 宮本 和範, 落合 正仁 : イミノブロマンを活用するエーテルα位の直接アミノ化反応, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
78)土井 龍輔, 曽田 篤志, 宮本 和範, 落合 正仁 : ブロモニウムイリドを用いた一重項ビス(トリフリル)カルベンの熱的発生反応, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
79)山下 泰生, 谷川 友一, 宮本 和範, 落合 正仁 : オルトトリメチルシリルフェニルカチオン, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
80)山根 真一, 宮本 和範, 落合 正仁 : イミノブロマンによる脂肪族C-H結合挿入反応, 元素相乗系化合物の化学 第5回公開シンポジウム, 2010年3月.
81)嘉村 真法, 津村 武史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 光学活性テトラヒドロフタラジノン誘導体の合成, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
82)中尾 允泰, 廣山 裕太, 吉田 達貞, 中馬 寛, 佐野 茂樹 : N-メチルジケトピペラジン類のコンホメーション解析, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
83)津村 武史, 堀部 将史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : σ対称環状炭酸エステルの触媒的不斉開環反応の開発(1), 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
84)市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 非環状α,β-不飽和カルボン酸の脱共役エステル化反応, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
85)坂井 亮介, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 3-アシルチアゾリジン-2-チオン構造を基盤とした蛍光標識剤の合成開発研究, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
86)中山 ゆかり, 河野 紘志, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : アンギバクチンならびに関連誘導体の効率的合成法の開発, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
87)廣山 裕太, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : ジケトピペラジン構造を基盤とするα-アミノ酸の新規絶対配置決定法の開発研究(4), 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
88)矢野 哲平, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : Still試薬を基盤とするアレニルエステルの合成研究, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.
89)津村 武史, 堀部 将史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : σ対称環状炭酸エステルの触媒的不斉開環反応の開発(2), 日本薬学会第130年会, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 作品等

(なし)

2009年度(平成21年度) / その他・研究会

1)中馬 寛 : QSARの最前線, 平成21年度「生命情報科学技術者養成コース 創薬インフォマティクス特別講義(2)」, 2009年8月.

2009年度(平成21年度) / 報告書

(なし)

2010年度(平成22年度)

article.{@.date="20100400 20110399" @.organization=\E{148401}}

2010年度(平成22年度) / 著書

1)Hiroyuki Fukui and Hiroyuki Mizuguchi : Histamine H1 Receptor Gene Expression Mechanism as a Novel Therapeutic Target of Allergy., Springer, Oct. 2010.
2)水口 博之, 福井 裕行 : 小青竜湯によるアレルギー性鼻炎モデルラットの症状抑制とヒスタミンシグナル遺伝子発現抑制作用, 世論時報社, 2010年.
3)福井 裕行 : 皮膚疾患, 2010年.
4)福井 裕行 : 免疫, 2010年.
5)福井 裕行 : 免疫作用薬.最新薬理学,第9章 免疫・アレルギー・炎症薬理,pp.415-431,2011, 2011年.
6)福井 裕行 : 花粉症の初期療法を抗ヒスタミン薬の Inverse Agonist 作用から考える. All-Ex 特別号, 2011, 2011年.
7)福井 裕行 : 花粉症の初期療法に求められる第2世代抗ヒスタミン薬- Inverse Agonist 作用から初期療法を考える-(動画).メディカルパブリッシャー, 2011, 2011年.
8)福井 裕行 : インバースアゴニストとしての抗ヒスタミン薬の作用 (動画) .メディアバンガード, 2011, 2011年.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Kazunori Miyamoto, Takuji Okubo, Masaya Hirobe, Waro Nakanishi, Munetaka Kunishima and Masahito Ochiai : Effects of stereochemistry and β-substituents on the rates of vinylic SN2 reaction of hypervalent vinyl(phenyl)-λ3-iodanes with tetrabutylammonium halides, Tetrahedron, Vol.66, No.31, 5819-5826, 2010.
2)Momoe Kono, Toshitaka Tanaka, Masafumi Tanaka, Charulatha Vedhachalam, Palaniappan S Chetty, David Nguyen, Padmaja Dhanasekaran, Sissel Lund-Katz, Michael C Phillips and Hiroyuki Saito : Disruption of the C-terminal helix by single amino acid deletion is directly responsible for impaired cholesterol efflux ability of apolipoprotein A-I Nichinan., Journal of Lipid Research, Vol.51, No.4, 809-818, 2010.
3)Tatsusada Yoshida, Munei Yohei, Hitaoka Seiji and Hiroshi Chuman : Correlation Analyses on Binding Affinity of Substituted Benzenesulfonamides with Carbonic Anhydrase Using ab Initio MO Calculations on Their Complex Structures, Journal of Chemical Information and Modeling, Vol.50, No.5, 850-860, 2010.
4)Kaori Ueda, Masanori Yoshihara, Michiyasu Nakao, Tamotsu Tanaka, Shigeki Sano, Kenji Fukuzawa and Akira Tokumura : Evaluation of inhibitory actions of flavonols and related substances on lysophospholipase d activity of serum autotaxin by a convenient assay using a chromogenic substrate., Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.58, No.10, 6053-6063, 2010.
5)Masahito Ochiai, Akira Yoshimura, Kazunori Miyamoto, Satoko Hayashi and Waro Nakanishi : Hypervalent λ3-Bromane Strategy for Baeyer-Villiger Oxidation: Selective Transformation of Primary Aliphatic and Aromatic Aldehydes to Formates, Which is Missing in the Classical Baeyer-Villiger Oxidation,, Journal of the American Chemical Society, Vol.132, No.27, 9236-9239, 2010.
6)Satoru Ueno : Formation of Poly-L-lysine - hydroxyapatite Nanoparticle Complexs and Interactions between These Complexes and Lipid Bilayer Membranes, Phosphorus Research Bulletin, Vol.24, No.1, 32-37, 2010.
7)Masahito Ochiai, Masao Naito, Kazunori Miyamoto, Satoko Hayashi and Waro Nakanishi : Imination of Sulfides and Sulfoxides with Sulfonylimino-λ3-Bromane under Mild, Metal-Free Conditions, Chemistry - A European Journal, Vol.16, No.29, 8713-8718, 2010.
8)Yohei Kurokawa, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Analytical Parameters for Amplitude Modulated Multiplexed Flow Analysis, Analytical Sciences, Vol.26, No.7, 791-796, 2010.
9)Takeshi Uemura, Takeshi Ogusu, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Spectrophotometric Determination of Trace Phosphate Ion by Amplitude Modulated Flow Analysis Coupled with Malachite Green Method, Analytical Sciences, Vol.26, No.7, 797-801, 2010.
10)北村 嘉章, 黒田 若奈, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 : スギ花粉症における初期療法の作用機序の検討, 日本鼻科学会会誌, Vol.49, No.3, 375, 2010年.
11)P Venkatesh, PK Mukherjee, D Mukherjee, A Bandyopadhyay, Hiroyuki Fukui and Hiroyuki Mizuguchi : Potential of Baliospermum montanum against compound 48/80-induced systemic anaphylaxis., Pharmaceutical Biology, Vol.48, No.11, 1213-1217, 2010.
12)Seiji Hitaoka, Masataka Harada, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Correlation Analyses on Binding Affinity of Sialic Acid Analogues with Influenza Virus Neuraminidase-1 Using ab Initio MO Calculations on Their Complex Structures, Journal of Chemical Information and Modeling, Vol.50, No.10, 1796-1805, 2010.
13)Masahito Ochiai, Kazunori Miyamoto, Satoko Hayashi and Waro Nakanishi : Hypervalent N-sulfonylimino-λ3-bromane: active nitrenoid species at ambient temperature under metal-free conditions, Chemical Communications, Vol.46, No.4, 511-521, 2010.
14)Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiaki Kitamura, Y Kondo, W Kuroda, H Yoshida, Y Miyamoto, M Hattori, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda : Preseasonal prophylactic treatment with antihistamines suppresses nasal symptoms and expression of histamine H1 receptor mRNA in the nasal mucosa of patients with pollinosis., Methods and Findings in Experimental and Clinical Pharmacology, Vol.32, No.10, 745-748, 2010.
15)Hayato Umehara, Hiroyuki Mizuguchi, N Mizukawa, M Matsumoto, Noriaki Takeda, E Senba and Hiroyuki Fukui : Innervation of histamine neurons in the caudal part of the arcuate nucleus of hypothalamus and their activation in response to food deprivation under scheduled feeding., Methods and Findings in Experimental and Clinical Pharmacology, Vol.32, No.10, 733-736, 2010.
16)David Nguyen, Padmaja Dhanasekaran, Margaret Nickel, Ryosuke Nakatani, Hiroyuki Saito, Michael C. Phillips and Sissel Lund-Katz : Molecular basis for the differences in lipid and lipoprotein binding properties of human apolipoproteins E3 and E4., Biochemistry, Vol.49, No.51, 10881-10889, 2010.
17)Masafumi Tanaka, Padmaja Dhanasekaran, David Nguyen, Margaret Nickel, Yuki Takechi, Sissel Lund-Katz, Michael C. Phillips and Hiroyuki Saito : Influence of N-terminal helix bundle stability on the lipid-binding properties of human apolipoprotein A-I, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1811, No.1, 25-30, 2011.
18)Yohei Munei, Kazunori Shimamoto, Masataka Harada, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Correlation analyses on binding affinity of substituted benzenesulfonamides with carbonic anhydrase using ab Initio MO calculations on their complex structures (II), Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.21, No.1, 141-144, 2011.
19)水口 博之, 北村 嘉章, 近藤 勇人, 黒田 若奈, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体遺伝子発現機構のアレルギー疾患における病理学的意義, 薬学雑誌, Vol.131, No.2, 171-178, 2011年.
20)Motomichi Saito, Kazunori Miyamoto and Masahito Ochiai : Hypervalent phenyl-λ3-iodane-mediated para-selective aromatic fluorination of 3-phenylpropyl ethers, Chemical Communications, Vol.47, No.12, 3410-3412, 2011.
21)Masahito Ochiai, Takuji Okubo and Kazunori Miyamoto : Weakly Nucleophilic Conjugate Bases of Superacids as Powerful Nucleophiles in Vinylic Bimolecular Nucleophilic Substitutions of Simple β-Alkylvinyl(aryl)-λ3-bromanes, Journal of the American Chemical Society, Vol.133, No.10, 3342-3344, 2011.
22)Inui Koji, Uemura Takechi, Ogusu Takechi, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Air-Segmented Amplitude-Modulated multiplexed Flow Analysis, Analytical Sciences, Vol.27, No.3, 305-308, 2011.
23)Masahito Ochiai, Norihiro Tada, Kazunori Miyamoto and Motoo Shiro : Synthesis and Structure of Aliphatic Phenylchloronium Ylide, Heteroatom Chemistry, Vol.22, No.3, 325-330, 2011.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)見尾 光庸, 小駒 益弘, 福井 裕行, 竹田 篤 : ナノ粒子による炎症性伝達物質吸着を利用した炎症制御の研究, ケミカルエンジニヤリング, Vol.55, No.8, 603-608, 2010年.

2010年度(平成22年度) / 学術レター

(なし)

2010年度(平成22年度) / 総説・解説

1)福井 裕行 : ヒスタミンH1受容体遺伝子発現機構の病理学的意義, 日本薬理学雑誌, Vol.135, No.4, 153-157, 2010年4月.
2)田中 秀治 : 難水溶性薬物の物性評価と製剤設計の新展開, ぶんせき, Vol.2010, No.5, 245, 2010年5月.
3)竹内 政樹 : ベランダ菜園, ぶんせき, Vol.431, No.11, 616, 2010年11月.
4)竹内 政樹 : 電気透析による反応試薬の導入, ぶんせき, Vol.438, No.2, 111, 2011年.
5)宮本 和範 : 三価の超原子価ヨウ素化合物とクラウンエーテルとの錯体の合成とその反応, 薬学雑誌, Vol.131, No.4, 545-552, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 国際会議

1)T Kanayama, Hiroyuki Mizuguchi, S Kato, Kazutaka Maeyama and Hiroyuki Fukui : Effect of Kujin on Histamine Signaling and Allergic Symptoms., 2nd International On-Boad Symposium: Health, Energy, and Enviroment, May 2010.
2)Hayato Umehara, Nami Mizukawa, Mai Matsumoto, Hiroyuki Mizuguchi, Noriaki Takeda, Emiko Senba and Hiroyuki Fukui : Exclusive Induction of c-Fos in the Caudal Part of the Arcuate Nucleus of Hypothalamus by deprivation of food: Involvement of Histaminergic Neurons., 2nd International On-Board Symposium: Human Health, Energy and Environment, May 2010.
3)Masashi Hattori, Hiroyuki Mizuguchi, Mitsuko Makino, Yasuo Fujimoto and Hiroyuki Fukui : Identification of apigenin as an anti-allergic compound from Equisetum arvense that inhibits up-regulation of histamine H1 receptor gene expression., 2nd International On-Board Symposium: Human Health, Energy and Environment, May 2010.
4)Misaki Tamada, Hiroyuki Mizuguchi and Hiroyuki Fukui : Cross-talk between histamine and interleukin-4 in rat nasal mucosa., 2nd International On-Board Symposium: Human Health, Energy and Environment, May 2010.
5)Haruka Yoshida, Hiroyuki Mizuguchi and Hiroyuki Fukui : Cell-type dependent altered kinetics of transcriptional up-regulation of histamine H1 receptor gene., 2nd International On-Board Symposium: Human Health, Energy and Environment, May 2010.
6)落合 正仁 : Chemistry of Hypervalent Organoiodane(III) and Bromane(III), 第21回日仏医薬精密化学会議, 京都, 2010年5月.
7)宮本 和範, 大久保 琢爾, 落合 正仁 : Facile Room Temperature Generation of a Strained Cyclopent-1-enyl Cation by Thermal Solvolysis of Cyclopent-1-enyl-λ3-bromanes, 第3回超原子価ヨウ素化学に関する国際会議, ボルドー, 2010年7月.
8)大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : Vinylic SN2 Reaction of 2-Alkylvinyl-λ3-bromanes, 第3回超原子価ヨウ素化学に関する国際会議, ボルドー, 2010年7月.
9)落合 正仁 : Chemistry of Hypervalent Organoiodane(III) and Bromane(III), 第3回超原子価ヨウ素化学に関する国際会議, ボルドー, 2010年7月.
10)Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiaki Kitamura, W Kuroda and Noriaki Takeda : Histamine H1 receptor gene as an allergic rhinitis sensitive gene., 14th International Congress of Immunology, Aug. 2010.
11)Masaki Takeuchi, Yoshimi Shiramizu, Masaru Tanaka, Hiromichi Tsunoda, Hideji TANAKA, Norikazu Namiki and Shuji Fujii : Parallel plate wet denuder coupled ion chromatography for near real time monitoring of acids, ammonia and amines in clean room and equipments., ISSM2010, Tokyo, Oct. 2010.
12)Hiroyuki Fukui : Histamine H1 receptor gene as an allergic disease-sensitive gene., International Conference on Folk and Herbal Medicine, Nov. 2010.
13)Tanaka Masafumi and Hiroyuki Saito : Effect of amino acid residues on membrane curvature sensing of amphipathic helix in human apolipoprotein A-I, 5th International Peptide Symposium, Dec. 2010.
14)Hideji TANAKA, Koji Inui, Takeshi Ogusu, Yohei Kurokawa and Masaki Takeuchi : Air-segmented amplitude modulated flow analysis., 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010), Honolulu, Dec. 2010.
15)Hiroshi Chuman : "Toward a New Age of Quantitative Structure-Activity Relationship:Linear Expression by Representative Energy terms", Asia Hub for e-Drug Discovery Symposium (AHeDD)2010, Seoul, Dec. 2010.
16)Seiji Hitaoka, Masataka Harada, Eri Kori, Hiroshi Matoba, Satoshi Kitao, Rahman Md. Motiur, Tatsusada Yoshida, Daisuke Tsuji, Takatsugu Hirokawa, Kouji Itou and Hiroshi Chuman : Molecular Modeling of Human Neuraminidase-1 -Structure-Activity Relation of Sialic Acid Analogs against Neuraminidases as Validation of Modeling-, Asia Hub for e-Drug Discovery Symposium (AHeDD)2010, Seoul, Dec. 2010.
17)Seiji Hitaoka, Hiroshi Matoba, Eri Kori, Masataka Harada, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Correlation Analyses on Binding Affinity of Sialic Acid Analogues with Influenza Virus Neuraminidase-1 Using Ab Initio MO Calculations on Their Complex Structures, Asia Hub for e-Drug Discovery Symposium(AHeDD) 2010, Seoul, Dec. 2010.
18)Hideji TANAKA : Principle and application of amplitude modulated multiplexed flow analysis, 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010), Dec. 2010.
19)Masaki Takeuchi, Kaoru Yoshioka, Yusuke Toyama, Ai Kagami and Hideji TANAKA : Automated analysis for perchlorate in atmospheric aerosol, 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010), Honolulu, Dec. 2010.
20)Takuma Terao, Hiroyuki Mizuguchi and Hiroyuki Fukui : Transcriptional regulation of histamine H1 receptor gene and its significance on therapeutics for allergic diseases., The second decennial meeting between the University of Tokushima and Seoul National University on pharmaceutical sciences., Dec. 2010.
21)Haruka Yoshida, Hiroyuki Mizuguchi, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Pre-seasonal prophylactic treatment with antihistamines suppresses nasal symptoms and expression of histamine H1 receptor mRNA in the nasal mucosa of patients with pollinosis., The second decennial meeting between the University of Tokushima and Seoul National University on pharmaceutical sciences., Dec. 2010.
22)Masashi Hattori, Hiroyuki Mizuguchi and Hiroyuki Fukui : Cross-talk between histamine signaling and allergic cytokine signaling in nasal mucosa of allergy rhinitis model rats., The second decennial meeting between the University of Tokushima and Seoul National University on pharmaceutical sciences., Dec. 2010.
23)大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : Synthesis of 2-Alkylvinyl-λ3-Bromanes and its Vinylic SN2 Reaction with Conjugate Bases of Superacids, 国立ソウル大学薬学大学校と徳島大学薬学部の学術交流協定締結20周年記念シンポジウム, 淡路, 2010年12月.
24)山下 泰生, 宮本 和範, 落合 正仁 : Generation of ortho-(Trimethylsilyl)phenyl Cation, 国立ソウル大学薬学大学校と徳島大学薬学部の学術交流協定締結20周年記念シンポジウム, 淡路, 2010年12月.
25)齊藤 基道, 宮本 和範, 落合 正仁 : Direct para-Selective Fluorination of Alkoxyalkylarenes with Activated Iodosybenzene Monomer, 国立ソウル大学薬学大学校と徳島大学薬学部の学術交流協定締結20周年記念シンポジウム, 淡路, 2010年12月.
26)山根 真一, 鈴木 麻衣, 宮本 和範, 落合 正仁 : Metal-Free C-H Amination of Ethers with Imino-λ3-bromane, 国立ソウル大学薬学大学校と徳島大学薬学部の学術交流協定締結20周年記念シンポジウム, 淡路, 2010年12月.
27)宮本 和範, 落合 正仁 : Generation of a Strained Cyclopent-1-enyl Cation by Thermal solvolysis, 国立ソウル大学薬学大学校と徳島大学薬学部の学術交流協定締結20周年記念シンポジウム, 淡路, 2010年12月.
28)Takeshi Tsumura, Masashi Horibe, Michiyasu Nakao and Shigeki Sano : Catalytic Asymmetric Ring-Opening of -Symmetric Cyclic Carbonates with Chiral Brnsted Acid Catalysts, The Second Decennial Meeting between Seoul National University and the University of Tokushima, Awaji, Dec. 2010.
29)Takashi Ichikawa, Michiyasu Nakao and Shigeki Sano : Microwave-Assisted Deconjugative Esterification of ,-Unsaturated Carboxylic Acids, The Second Decennial Meeting between Seoul National University and the University of Tokushima, Awaji, Dec. 2010.
30)Yohei Munei, Seiji Hitaoka, Kazunori Shimamoto, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : A Novel QSAR Procedure Using Full Ab Initio MO Calculations on Ligand-Protein Complexs: Carbonic Anhydrase with Substituted Benzenesulfonamides, The Second Decennial Meeting between Seoul National University and the University of Tokushima, Awaji, Dec. 2010.

2010年度(平成22年度) / 国内講演発表

1)福井 裕行, 水口 博之, 黒田 若奈, 北村 嘉章, 武田 憲昭 : 疾患感受性遺伝子発現亢進機構研究と新規治療薬開発のためのアレルギー性鼻炎モデルラット, 第22回日本アレルギー学会春季臨床大会, 2010年5月.
2)江頭 昌志, 大田 慎也, 田中 将史, 山本 いづみ, 斎藤 博幸 : フラグメントペプチドを用いた血清アミロイドA蛋白(SAA)アミロイド化部位の探索, 日本膜学会第32年会, 2010年5月.
3)河野 百恵, 田中 俊充, 田中 将史, 馬場 照彦, S. Lund-Katz, M.C. Phillips, 斎藤 博幸 : ApoA-I Nichinan (ΔE235) 変異によるHDL粒子形成異常のメカニズム, 日本膜学会第32年会, 2010年5月.
4)角田 浩道, 田中 傑, 白水 好美, 田中 秀治, 竹内 政樹 : クリーンルームにおける酸性ガスの自動モニタリング, 第71回分析化学討論会, 2010年5月.
5)田中 秀治, 戌亥 孝次, 竹内 政樹 : 気節導入による振幅変調フロー分析法の高感度化, 第71回分析化学討論会, 2010年5月.
6)北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 : スフィンゴシン1リン酸の肥満細胞に対する反応性亢進効果, 第111回日本耳鼻咽喉科学会, 2010年5月.
7)中馬 寛 : Hansch-Fujita法の分子論的解釈と分子科学計算を用いたenzymatic QSAR, 構造活性フォーラム2010-QSARパラダイムの分化と深化, 2010年6月.
8)福井 裕行 : アレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制物質, 第9回国際バイオEXPO, 2010年7月.
9)大岸 弘敬, 水口 博之, 北村 嘉章, 近藤 勇人, 黒田 若奈, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 花粉症患者鼻粘膜におけるヒスタミンH1受容体シグナルに依存したアレルギー性疾患関連遺伝子の同定, 第117回日本薬理学会 近畿部会, 2010年7月.
10)梅原 隼人, 水川 奈己, 松本 麻依, 水口 博之, 武田 憲昭, 仙波 恵美子, 福井 裕行 : 食餌はく奪による視床下部弓状核尾側に限局したc-Fos発現とヒスタミン神経系の関与, 第117回日本薬理学会 近畿部会, 2010年7月.
11)金山 知代, 水口 博之, 加藤 周平, 成相 祐希, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 福井 裕行 : 苦参に含まれるアレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制物質の単離と同定, 第117回日本薬理学会近畿部会, 2010年7月.
12)北村 嘉章, 黒田 若奈, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 : スギ花粉症における初期療法の作用機序の検討, 第49回日本鼻科学会, 2010年8月.
13)福井 裕行 : 抗ヒスタミン薬の鼻過敏症治療における分子薬理学, 第49回日本鼻科学会総会, 2010年8月.
14)金山 知代, 水口 博之, 加藤 周平, 成相 祐希, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 福井 裕行 : 苦参に含まれるアレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制物質の単離と同定, 第27回和漢医薬学会, 2010年8月.
15)Hayato Umehara, N Mizukawa, M Matsumoto, Hiroyuki Mizuguchi, Noriaki Takeda, E Senba and Hiroyuki Fukui : Exclusive expression of c-Fos in the caudal part of the arcuate of hypothalamus; Involvement of histaminergic neurons., Neuro2010, Sep. 2010.
16)竹内 政樹, 角田 浩道, 田中 秀治, 田中 傑, 白水 好美 : ウエットデニューダー/イオンクロマトグラフィーによる大気中酸性ガス成分の連続測定, 第51回大気環境学会年会, 2010年9月.
17)黒河 洋平, 竹内 政樹, 大渕 朗, 田中 秀治 : 振幅変調多重化フロー分析法の原理と応用. 塩化物イオン, 鉄イオンの定量, 日本分析化学会第59年会, 2010年9月.
18)吉岡 薫, 外山 裕介, 加々美 愛, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 大気エアロゾル中過塩素酸イオンの連続分析, 日本分析化学会第59年会, 2010年9月.
19)角田 浩道, 田中 秀治, 竹内 政樹 : ウエットデニューダーによるガス成分の捕集 -フィルター法,インピンジャー法,拡散スクラバー法との比較-, 日本分析化学会第59年会, 2010年9月.
20)田中 秀治 : 流量変化に基づく分析法;フローレイショメトリーと振幅変調フロー分析法, 日本分析化学会第59年会, 2010年9月.
21)植野 哲, 斎藤 博幸 : カーボンナノチューブ-カチオン性ポリペプチド複合体の形成とその脂質との相互作用, ナノ・バイオメディカル学会第3回大会, 2010年9月.
22)上村 剛史, 大楠 剛司, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 振幅変調フロー分析法による微量リン酸イオンの定量, 第20回無機リン化学討論会, 2010年10月.
23)植野 哲, 斉藤 博幸 : 疎水性アミノ酸残基を持つカチオン性ポリペプチド-ヒドロキシアパタイトナノパーティクル複合体の形成と脂質二分子膜との相互作用, 第20回無機リン化学討論会講演要旨集, Vol.20, No.1, 2010年10月.
24)植野 哲, 斎藤 博幸 : 疎水性アミノ酸残基を持つカチオン性ポリペプチド-ヒドロキシアパタイトナノパーティクル複合体の形成と脂質二分子膜との相互作用, 無機リン化学討論会第20回大会, 2010年10月.
25)長嶋 比奈美, 宇高 二良, 田村 公一, 水口 博之 : 一側性難聴児の言語能力と集団生活における聴取能, 第20回日本耳科学会, 2010年10月.
26)落合 正仁 : ジフルオロ(アリール)ーλ3ーブロマンを活用する有機合成反応, 第34回フッ素化学討論会, 2010年10月.
27)金山 知代, 水口 博之, 加藤 周平, 成相 祐希, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 福井 裕行 : 苦参に含まれるアレルギー疾患感受性遺伝子発現を標的とする新規抗アレルギー成分の単離と同定, 第14回日本ヒスタミン学会, 2010年10月.
28)福井 裕行, 大岸 弘敬, 近藤 勇人, 黒田 若菜, 北村 嘉章, 水口 博之, 武田 憲昭 : ヒスタミンH1受容体シグナルにより調節を受けるアレルギー疾患感受性遺伝子群, 第14回日本ヒスタミン学会, 2010年10月.
29)宗井 陽平, 島本 和典, 清水 美帆, 相原 薫, 山内 香子, 吉田 達貞, 中馬 寛 : 分子科学計算に基づくベンゼンスルホンアミド誘導体の炭酸脱水酵素阻害機構解析と相関解析, 第38回構造活性相関シンポジウム, 22-23, 2010年10月.
30)岡田 耕平, 山本 将博, 吉田 達貞, 中馬 寛 : CYPの基質および阻害剤選択性に関する統合解析-機械学習,ドッキング,QSAR-, 第38回構造活性相関シンポジウム, 60-63, 2010年10月.
31)原田 政隆, 比多岡 清司, 郡 恵理, 的場 弘, 北尾 聡, Motiur Md.Rahman, 吉田 達貞, 辻 大輔, 広川 貴次, 伊藤 孝司, 中馬 寛 : 分子モデリング・分子科学計算に基づくヒトノイラミニダーゼの構造-機能解析, 第38回構造活性相関シンポジウム, 70-71, 2010年10月.
32)廣隅 公治, 馬島 彬, 吉田 達貞, 志葉 優子, 河合 慶親, 寺尾 純二, 中馬 寛 : 非経験的分子軌道法によるフェノール水素原子のラジカル引き抜き反応の分子論的考察およびフラボノイドの構造活性相関への応用, 第38回構造活性相関シンポジウム, 72-74, 2010年10月.
33)郡 恵理, 比多岡 清司, 原田 政隆, 的場 弘, 北尾 聡, Motiur Md. Rahman, 吉田 達貞, 門田 佳人, 辻 大輔, 広川 貴次, 伊藤 孝司, 中馬 寛 : ヒトCathepsinA活性に対するArg344置換の影響に関する実験および分子科学計算に基づく解析, 第38回構造活性相関シンポジウム, 78-79, 2010年10月.
34)清水 美帆, 馬島 彬, 吉田 達貞, 中馬 寛 : 非経験的分子軌道法計算に基づく薬物―受容体分子間相互作用におけるHammett σの電子的効果の解析, 第38回構造活性相関シンポジウム, 92-93, 2010年10月.
35)比多岡 清司, 的場 弘, 郡 恵理, 原田 政隆, 吉田 達貞, 中馬 寛 : インフルエンザノイラミニダーゼ-シアル酸誘導体複合体相互作用の非経験的フラグメント分子軌道法計算に基づく相関解析, 第38回構造活性相関シンポジウム, 24-25, 2010年10月.
36)市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 分子内不斉転位を伴うα,β-不飽和カルボン酸の脱共役エステル化反応, 第36回反応と合成の進歩シンポジウム, 2010年11月.
37)吉村 祥, 宮本 和範, 落合 正仁 : Baeyer-Villiger 酸化の新しい方法論 芳香族及び脂肪族一級アルデヒドの反応, 第36回反応と合成の進歩シンポジウム, 2010年11月.
38)中尾 允泰, 廣山 裕太, 鳥内 有里子, 佐野 茂樹 : 芳香環含有ジケトピペラジン類のコンホメーション解析, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
39)半田 充史, 時實 梨衣, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応を基盤とするグリセロリン脂質合成法の開発, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
40)市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : カルボジイミド型脱水縮合剤を用いる2-ペンテン酸の脱共役エステル化反応, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
41)天白 将太, 七瀧 浩志, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応を基盤とするグリシルプロリンミメティクス合成法の開発, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
42)津村 武史, 堀部 将史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : キラルブレンステッド酸触媒によるσ対称環状炭酸エステルの触媒的不斉開環反応, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
43)竹内 政樹, 石嶺 希一, 外山 裕介, 田中 秀治 : ナフィオンチューブによる前濃縮, 2010年日本化学会西日本大会, 2010年11月.
44)山根 真一, 鈴木 麻衣, 宮本 和範, 落合 正仁 : イミノブロマン(III)を用いたアミノ基のエーテルα位C-H挿入反応, 第49回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
45)Md. Mahbubul Hoque, 多田 教浩, 宮本 和範, 落合 正仁 : Hypervalent Diacetoxybromane(III)-Mediated Aziridization of Olefins with Amides, 第49回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
46)高田 真也, 大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : 超原子価イミノブロマンを活用するアルデヒドの直接アミド化反応, 第49回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
47)岩﨑 進, 土井 龍輔, 曽田 篤志, 大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : ブロモニウムイリドのオレフィン中での熱分解反応, 第49回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
48)梅原 隼人, 水川 奈己, 松本 麻依, 水口 博之, 武田 憲昭, 仙波 恵実子, 福井 裕行 : 視床下部におけるヒスタミン神経系の新規標的部位の同定, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2010年11月.
49)福井 裕行 : 疾患感受性遺伝子発現機構を標的とする新規アレルギー疾患治療薬の開発, 第15回東京アレルギーシンポジウム, 2010年11月.
50)齊藤 基道, 宮本 和範, 落合 正仁 : 高活性ヨードシルベンゼンによる芳香族化合物のパラ位選択的直接フッ素か反応, 第13回ヨウ素学会シンポジウム, 2010年11月.
51)中尾 允泰, 廣山 裕太, 鳥内 有里子, 佐野 茂樹 : 分子内相互作用の解明を目的としたN-メチルジケトピペラジンの立体配座解析, 第40回複素環化学討論会, 2010年11月.
52)植野 哲, 斎藤 博幸 : 疎水性アミノ酸残基を持つカチオン性コポリペプチドと脂質二分子膜との相互作用, 膜シンポジウム2010, 2010年11月.
53)水口 博之, 玉田 美咲, 石丸 直澄, 北村 嘉章, 林 良夫, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 鼻過敏症ラット鼻粘膜におけるヒスタミンシグナルとサイトカインシグナルのクロストーク, 日本薬理学会第118回近畿部会, 2010年11月.
54)北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 : ヒスタミンH1受容体遺伝子発現の亢進メカニズムと花粉症初期療法の分子機構, 第60回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2010年11月.
55)福井 裕行, 水口 博之 : 苦参に含まれる遺伝子発現抑制物質, 第60回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2010年11月.
56)大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : ビニルブロマン(III)のSN2反応:超強酸の共役塩基との反応, 第37回有機典型元素化学討論会, 2010年11月.
57)宮本 和範, 城 始勇, 落合 正仁 : 超原子価シクロペンテニルブロマンの熱分解反応によるシクロペンテニルカチオンの生成, 2010臭素化学懇話会年会, 2010年11月.
58)武知 佑樹, 吉井 遼, 田中 将史, 植野 哲, 川上 徹, 相本 三郎, 斎藤 博幸 : 細胞膜透過ペプチドの物理的膜透過メカニズム解明に向けたアルギニンポリペプチド-脂質二分子膜間相互作用の解析, 第32回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2010年11月.
59)重盛 純一, 上田 香織, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 里内 清, 徳村 彰 : 卵白リゾホスホリパーゼ D により産生されるリゾホスファチジン酸の卵黄嚢の血管系形成作用, BMB2010 ∼ 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
60)水口 博之, 金山 知代, 成相 祐希, 永井 浩章, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 川添 和義, 高石 喜久, 福井 裕行 : 和漢薬苦参に見出されたアレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制作用を有する新規抗アレルギー化合物の同定, BMB2010, 2010年12月.
61)水口 博之, 金山 知代, 成相 祐希, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 川添 和義, 高石 喜久, 福井 裕行 : 和漢薬苦参に見いだされたアレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制作用を有する新規抗アレルギー化合物の同定, BMB2010,第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
62)Yohei Kurokawa, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Amplitude modulated multiplexed flow analysis for simultaneous determination of chloride ions, The Secod Decennial Meeting Between The University of Tokuhsima and Soul National University on Pharmaceutical Sciences, Dec. 2010.
63)福井 裕行 : 疾患感受性遺伝子発現抑制を介するアレルギー疾患治療薬の開発, つなぐしくみ 新技術説明会, 2011年1月.
64)中馬 寛 : 薬をコンピューターでデザインする, 大学コンソーシアムやまがた産官学連携講演, 2011年1月.
65)寺尾 拓馬, 水口 博之, 吉村 好之, 福井 裕行 : ヒトヒスタミンH1受容体遺伝子発現調節機構の解明, 2010感染免疫クラスター・ミニリトリート, 2011年1月.
66)成相 祐希, 水口 博之, 金山 知代, 永井 浩章, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 苦参から見出された新規抗アレルギー成分maackiainの単離・同定およびその性質について, 2010感染免疫クラスター・ミニリトリート, 2011年1月.
67)福井 裕行 : アレルギー疾患感受性遺伝子であるヒスタミンH1受容体遺伝子の発現抑制作用を持つ天然物を用いる治療戦略, 平成22年度厚生労働省科学研究費補助金 免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業(免疫アレルギー分野)研究報告会, 2011年1月.
68)竹内 政樹 : ナフィオンチューブによる陰イオンのオンライン濃縮, 第15回徳島地区分析技術セミナー, 2011年2月.
69)福井 裕行 : 抗ヒスタミン薬の薬理機構, 徳島県薬剤師会講演会, 2011年2月.
70)福井 裕行 : アレルギー疾患感受性遺伝子群, 島根県医師会薬剤師会学術講演会, 2011年2月.
71)水口 博之, 福井 裕行 : PKC as a target molecule of natural resources-derived anti-allergic compounds that suppress up-regulation of allergic diseases sensitive gene expression., 第84回日本薬理学会年会, 2011年3月.
72)水口 博之, 寺尾 拓馬, 坂本 典子, 吉村 好之, 山脇 洋輔, 藤本 勝巳, 福井 裕行 : Ku86 represses PMA-induced up-regulation of histamine H1 receptor gene expression in HeLa cells., 第84回日本薬理学会年会, 2011年3月.
73)馬場 照彦, 高木 俊之, 金森 敏幸, 岡 辰也, 斎藤 博幸 : 安定膜形成性人工リン脂質とアポリポタンパク質A-Iからの膜ディスク形成とその安定性, 日本化学会第91春季年会, 2011年3月.
74)植野 哲, 斎藤 博幸 : 正電荷型ポリペプチド-ヒドロキシアパタイトナノパーティクル複合体形成と脂質二分子膜との相互作用に及ぼす疎水性アミノ酸残基の影響, 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
75)田中 将史, 高村 有希, 川上 徹, 相本 三郎, 斎藤 博幸 : 膜曲率センサーとして働くアポA-Iの構造要件の検討, 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
76)山下 泰生, 宮本 和範, 落合 正仁 : 活性反応種フェニルカチオンの新しい発生法, 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
77)福井 裕行 : 抗ヒスタミン薬のアレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制作用, 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
78)岩﨑 進, 土井 龍輔, 大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : ビストリフリルカルベンとオレフィンとの反応, 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
79)成相 祐希, 水口 博之, 金山 知代, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 苦参から見出された新規抗アレルギー成分maackiainの単離・同定およびその性質について (Isolation and characterization of new anti-allergenic compound, maackiain from Kujin), 日本薬学会年会, 2011年3月.
80)梅原 隼人, 水口 博之, 水川 奈己, 松本 麻依, 武田 憲昭, 仙波 恵美子, 福井 裕行 : 視床下部弓状核尾側部位の調節に関わるヒスタミン神経細胞群の同定, 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
81)中尾 允泰, 鳥内 有里子, 廣山 裕太, 佐野 茂樹 : ジケトピペラジンの折りたたみ型立体配座と置換基効果, 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
82)市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : マイクロ波照射によるα,β-不飽和カルボン酸の脱共役エステル化反応, 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
83)堀部 将史, 津村 武史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : キラルブレンステッド酸触媒によるσ対称環状炭酸エステルの不斉開環反応, 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
84)天白 将太, 七瀧 浩志, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応を用いるグリシルプロリンミメティクスの合成, 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
85)半田 充史, 時實 梨衣, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応を用いるグリセロリン脂質の合成(2), 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
86)山根 真一, 鈴木 麻衣, 宮本 和範, 落合 正仁 : イミノブロマン(III)によるエーテルC-H挿入反応, 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
87)Hoque Mahbubul Md., 宮本 和範, 落合 正仁 : Aziridination of Olefins with Sulfonamides and Diacetoxybromane(III), 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
88)高田 真也, 大久保 琢爾, 宮本 和範, 落合 正仁 : イミノブロマン(III) によるアルデヒドのアミド化反応, 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
89)齊藤 基道, 宮本 和範, 落合 正仁 : 超原子価イミノブロマンと芳香族化合物との反応, 日本薬学会第131年会, 2011年3月.
90)福井 裕行 : 抗ヒスタミン薬の薬理機構, 徳島臨床皮膚科医会, 2011年3月.
91)堀尾 修平, 北池 秀次, 志内 哲也, 箕越 靖彦, 三宝 誠, 平林 敬浩, 八木 健, 甲斐 信行, 上山 敬司, 福井 裕行 : 視床下部ヒスタミンH1受容体発現ニューロンの選択的破壊を利用した摂食調節機構の研究, 第88回日本生理学会大会 第116回日本解剖学会総会・全国学術集会合同大会, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 作品等

(なし)

2010年度(平成22年度) / その他・研究会

1)秀 道広, 川内 秀之, 佐藤 伸一, 福井 裕行 : 抗ヒスタミン薬の多様な作用と臨床的意義, 皮膚アレルギーフロンティア, Vol.8, No.3, 72-77, 2010年8月.
2)中馬 寛 : 計算創薬の基礎, 「企業を牽引する計算科学高度技術者の育成」第一回シミュレーションスクール, 2010年10月.
3)Kurokawa Yohei, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Amplitude modulated multiplexed flow analysis for simultaneous determination of chloride ions, The Secod Decennial Meeting Between The University of Tokuhsima and Soul National University on Pharmaceutical Sciences, Dec. 2010.

2010年度(平成22年度) / 報告書

(なし)

2011年度(平成23年度)

article.{@.date="20110400 20120399" @.organization=\E{148401}}

2011年度(平成23年度) / 著書

1)田中 秀治, 嶋林 三郎 : 第16改正日本薬局方解説書, 株式会社 廣川書店, 東京, 2011年6月.
2)福井 裕行 : アドレナリン作動薬.最新薬理学,第3章 末梢神経薬理, pp. 102-130 , 2012, 株式会社 廣川書店, 2012年1月.
3)福井 裕行 : 抗アレルギー薬.最新薬理学.第9章 免疫・アレルギー・炎症薬理, pp. 432-453 , 2012, 2012年1月.
4)福井 裕行 : 局所麻酔薬,最新薬理学,第3章 末梢神経薬理.pp131-134, 2012., 株式会社 廣川書店, 2012年1月.
5)福井 裕行 : 免疫作用薬.最新薬理学,第9章 免疫・アレルギー・炎症薬理,pp415-431, 2012., 株式会社 廣川書店, 2012年1月.
6)斎藤 博幸, 田中 秀治 : 製剤への物理化学 第2版, 株式会社 廣川書店, 東京, 2012年2月.
7)田中 秀治, 嶋林 三郎 : 薬学用語辞典, 株式会社 東京化学同人, 東京, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Tatsusada Yoshida, Koji Hirozumi, Masataka Harada, Seiji Hitaoka and Hiroshi Chuman : Density Functional Theory Study of Hydrogen Atom Abstraction form a Series of para-Substituted Phenols: Why is the Hammett sigma p+ Constant Able to Represent Radical Reaction Rates?, The Journal of Organic Chemistry, Vol.76, No.11, 4564-4570, 2011.
2)Masahito Ochiai, Takao Kaneaki, Kazunori Miyamoto, Satoko Hayashi and Waro Nakanishi : Highly Regioselective Amination of Unactivated Alkanes by Hypervalent Sulfonylimino-λ3-Bromane, Science, Vol.332, No.6028, 448-451, 2011.
3)Shrabanti Dev, Hiroyuki Mizuguchi, Asish Kumar Das, Yoshinobu Baba and Hiroyuki Fukui : Transcriptional microarray analysis reveals suppression of histamine signaling by Kujin alleviates allergic symptoms through down-regulation of FAT10 expression., International Immunopharmacology, Vol.11, No.10, 1504-1509, 2011.
4)Kohei Tsuji, Akira Shigenaga, Yoshitake Sumikawa, Kosuke Tanegashima, Kohei Sato, Keisuke Aihara, Takahiko Hara and Akira Otaka : Application of N-C- or C-N-directed sequential native chemical ligation to the preparation of CXCL14 analogs and their biological evaluation, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.19, No.13, 4014-4020, 2011.
5)Satoru Ueno : EFFECT OF TRYPTOPHAN RESIDUES ON ADSORPTION OF A CATIONIC ARGININE RICH POLYPEPTIDE BY HYDROXYAPATITE NANOPARTICLES AND FOLLOWING TRANSLOCATION OF THE POLYPEPTIDE THROUGH A LIPID VESICLE MEMBRANE, Phosphorus Research Bulletin, Vol.25, No.1, 39-44, 2011.
6)Shigeki Sano, Yoshinori Okubo, Atsushi Handa, Michiyasu Nakao, Syuji Kitaike, Yoshimitsu Nagao and Hisao Kakegawa : Reinvestigation of the Synthesis of Isoliquiritigenin (ILG): Application of Horner-Wadsworth-Emmons Reaction and Claisen-Schmidt Condensation, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.59, No.7, 885-888, 2011.
7)Hiroyuki Mizuguchi, Takuma Terao, Mika Kitai, Mitsuhiro Ikeda, Yoshiyuki Yoshimura, Asish Kumar Das, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Involvement of protein kinase Cdelta/extracellular signal-regulated kinase/poly(ADP-ribose) polymerase-1 (PARP-1) signaling pathway in histamine-induced up-regulation of histamine H1 receptor gene expression in HeLa cells., The Journal of Biological Chemistry, Vol.286, No.35, 30542-30551, 2011.
8)Mohammed Islam Nurul, Hiroyuki Mizuguchi, Masum Shahriar, Pichairajan Venkatesh, Kazutaka Maeyama, K Pulok Mukherjee, Masashi Hattori, Kabir Mohamed Sahabuddin Choudhuri, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Albizia lebbeck suppresses histamine signaling by the inhibition of histamine H1 receptor and histidine decarboxylase gene transcriptions., International Immunopharmacology, Vol.11, No.11, 1766-1772, 2011.
9)Kohei Sato, Akira Shigenaga, Kohei Tsuji, Shugo Tsuda, Yoshitake Sumikawa, Ken Sakamoto and Akira Otaka : N-Sulfanylethylanilide Peptide as a Crypto-Thioester Peptide, ChemBioChem, Vol.12, No.12, 1840-1844, 2011.
10)Masaki Takeuchi, Hiromichi Tsunoda, Hideji TANAKA and Yoshimi Shiramizu : Parallel-Plate Wet Denuder Coupled Ion Chromatograph for Near-Real-Time Detection of Trace Acidic Gases in Clean Room Air, Analytical Sciences, Vol.27, No.8, 805-810, 2011.
11)Masahito Ochiai, Akira Yoshimura, Md. Mahbubul Hoque, Takuji Okubo, Motomichi Saito and Kazunori Miyamoto : Oxidation of Primary Aliphatic and Aromatic Aldehydes with Difluoro(aryl)-λ3-bromane, Organic Letters, Vol.13, No.20, 5568-5571, 2011.
12)Md. Mahbubul Hoque, Kazunori Miyamoto, Norihiro Tada, Motoo Shiro and Masahito Ochiai : Synthesis and Structure of Hypervalent Diacetoxybromobenzene and Aziridination of Olefins with Imino-λ3-bromane Generated in Situ under Metal-Free Conditions, Organic Letters, Vol.13, No.20, 5428-5431, 2011.
13)Akira Shigenaga, Ko Morishita, Keiko Yamaguchi, Hao Ding, Koji Ebisuno, Kohei Sato, Jun Yamamoto, Kenichi Akaji and Akira Otaka : Development of UV-responsive catch-and-release system of a cysteine protease model peptide, Tetrahedron, Vol.67, No.46, 8879-8886, 2011.
14)Hao Ding, Akira Shigenaga, Kohei Sato, Ko Morishita and Akira Otaka : Dual kinetically-controlled native chemical ligation using a combination of sulfanylproline and sulfanylethylanilide peptide, Organic Letters, Vol.13, No.20, 5588-5591, 2011.
15)Seiji Hitaoka, Hiroshi Matoba, Masataka Harada, Tatsusada Yoshida, Takatsugu Hirokawa, Kouji Itou and Hiroshi Chuman : Correlation Analyses on Binding Affinity of Sialic Acid Analogues and Antiinfluenza Drugs with Human Neuraminidase Using ab Initio MO Calculations on Their Complex Structures - LERE-QSAR Analysis (IV), Journal of Chemical Information and Modeling, Vol.51, No.10, 2706-2716, 2011.
16)Yuki Takechi, Hirokazu Tanaka, Hiroki Kitayama, Haruka Yoshii, Masafumi Tanaka and Hiroyuki Saito : Comparative study on the interaction of cell-penetrating polycationic polymers with lipid membranes., Chemistry and Physics of Lipids, Vol.165, No.1, 51-58, 2011.
17)Shigeki Sano, Takashi Ichikawa, Michiyasu Nakao and Yoshimitsu Nagao : A Microwave-Assisted Deconjugative Esterification of α,β-Unsaturated Carboxylic Acids through alpha,beta-Unsaturated Ketene Intermediates, Chemistry Letters, Vol.41, No.1, 68-69, 2012.
18)Hiroyuki Mizuguchi, Ono Shohei, Hattori Masashi and Hiroyuki Fukui : Inverse agonistic activity of antihistamines and suppression of histamine H1 receptor gene expression., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.118, No.1, 117-121, 2012.
19)Tatsusada Yoshida, Miho Shimizu, Masataka Harada, Seiji Hitaoka and Hiroshi Chuman : Reassessment of Hammett sigma as an effective parameter representing intermolecular interaction energy - links between traditional and modern QSAR approaches, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.22, 124-128, 2012.
20)Lipi Sarkar, N Bhuvaneswari, Samir K. Samanta, Md Nurul Islam, Tuhinadri Sen, Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi and Sanmoy Karmakar : A report on anti-oedemogenic activity of Byttneria herbacea roots--possible involvement of histamine receptor (type I)., Journal of Ethnopharmacology, Vol.140, No.2, 443-446, 2012.
21)Kazunori Miyamoto, Yuuta Sakai, Shunsuke Goda and Masahito Ochiai : A catalytic version of hypervalent aryl-λ3-iodane-induced Hofmann rearrangement of primary carboxamides: iodobenzene as an organocatalyst and m-chloroperbenzic acid as a terminal oxidant, Chemical Communications, Vol.48, No.7, 982-984, 2012.
22)Shigeki Sano, Takashi Ichikawa, Michiyasu Nakao and Yoshimitsu Nagao : Deconjugative Esterification of 2-(4-Phenylcyclohexylidne)acetic Acid via Intramolecular Chirality Transfer, Chemistry Letters, Vol.41, No.2, 189-190, 2012.
23)N Nicholas Lyssenko, Mami Hata, Padmaja Dhanasekaran, Margaret Nickel, David Nguyen, Sevugan Palaniappan Chetty, Hiroyuki Saito, Sissel Lund-Katz and C Michael Phillips : Influence of C-terminal -helix hydrophobicity and aromatic amino acid content on apolipoprotein A-I functionality., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1821, No.3, 456-463, 2012.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Ko Morishita, Keiko Yamaguchi, Hao Ding, Akira Shigenaga, Kenichi Akaji and Akira Otaka : Development of stimulus responsive thiol releasing system for controlling activity of cysteine protease, Peptide Science 2010, Vol.2010, No.0, 290, 2011.
2)Jun Yamamoto, Nami Maeda, Masaya Denda, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of recapturable cleavable linker for efficient enrichment and specific labeling of target proteins, Peptide Science 2010, Vol.2010, No.0, 232, 2011.
3)Keiji Ogura, Hiroko Hirakawa, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Synthesis of nonhydrolyzable AMPylated amino acid analogues for uncovering the physiological role of AMPylation, Peptide Science 2010, Vol.2010, No.0, 205, 2011.
4)Kohei Sato, Shugo Tsuda, Nami Maeda, Masaya Denda, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Native chemical ligation using N-peptidyl anilide as crypto-thioester, Peptide Science 2010, Vol.2010, No.0, 203, 2011.
5)Akira Shigenaga, Jun Yamamoto, Naomi Nishioka, Masaya Denda and Akira Otaka : Enantioselective synthesis of stimulus-responsive amino acid via pyrrolidinyl tetrazole catalyzed asymmetric -amination of aldehyde, Peptide Science 2010, Vol.2010, No.0, 202, 2011.
6)Kohei Tsuji, Yoshitake Sumikawa, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Takahiko Hara and Akira Otaka : Synthesis and biological evaluation of CXCL14 and its derivatives, Peptide Science 2010, Vol.2010, No.0, 182, 2011.
7)Akira Otaka and Akira Shigenaga : Development of amide bond cleavage device with application to chemical biology use, Peptide Science 2010, Vol.2010, No.0, 49, 2011.
8)Kohei Tsuji, Yoshitake Sumikawa, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Takahiko Hara and Akira Otaka : Synthesis of CXCL14 and its derivatives utilizing C to N or N to C directive sequential NCL protocol, Proceedings of the Twenty-Second American Peptide Symposium, 74-75, 2011.
9)Kohei Sato, Shugo Tsuda, Kohei Tsuji, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga and Akira Otaka : N-Sulfanylethylanilide derivative as a peptide thioester equivalent, Proceedings of the Twenty-Second American Peptide Symposium, 72-73, 2011.
10)Kohei Sato, Shugo Tsuda, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga and Akira Otaka : N-Sulfanylethylanilide peptide: a peptide thioester equivalent which can directly participate in native chemical ligation, Peptide Science 2011, 13-14, 2012.
11)Hao Ding, Kohei Sato, Ko Morishita, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Doubly-kinetically controlled proline ligation, Peptide Science 2011, 133-134, 2012.
12)Akira Shigenaga, Hiroko Hirakawa, Jun Yamamoto, Keiji Ogura, Masaya Denda, Keiko Yamaguchi and Akira Otaka : Caged ceramide which releases parent ceramide after UV-induced amide bond cleavage followed by intramolecular O-N acyl transfer, Peptide Science 2011, 385-386, 2012.

2011年度(平成23年度) / 学術レター

(なし)

2011年度(平成23年度) / 総説・解説

1)北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 : スプラタストのヒスタミンシグナルの抑制を介した抗アレルギー作用, 頭頚部自律神経, Vol.25, 33-35, 2011年4月.
2)北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 : スギ花粉症に対する初期療法 (特集 遺伝子解析からアレルギー疾患の治療戦略を考える), 小児科, Vol.52, No.6, 853-858, 2011年5月.
3)田中 秀治 : コーヒーリング現象を利用した分散粒子の分離法, ぶんせき, Vol.2011, No.11, 672-673, 2011年11月.
4)佐野 茂樹, 中尾 允泰 : 化学レビュー:多彩に機能するジケトピペラジン, 化学, Vol.67, No.2, 48-52, 2012年1月.
5)佐野 茂樹 : 薬学研究への道:「舎短取長」と書かれた色紙, 薬奨ニュース, Vol.14, 9, 2012年1月.
6)北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 : 初期療法はなぜ有効なのか?, JOHNS, Vol.28, No.1, 55-58, 2012年1月.
7)北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 : ヒスタミンH1受容体遺伝子発現の亢進メカニズムと花粉症初期療法の分子機構, 臨床免疫·アレルギー科, Vol.57, No.1, 45-51, 2012年1月.
8)重永 章 : バイオミネラリゼーションの時空間的制御を可能とするケージドペプチドの開発, FUSION MATERIALS NEWS, No.6, 2012年2月.
9)落合 正仁, Waro Nakanishi, 宮本 和範, Takao Kaneaki, Satoko Hayashi : 超原子価スルホニルイミノブロマン(III)による不活性アルカンの高位置選択的アミノ化反応, サイエンスに載った日本人研究者, Vol.2011, No.-, 27, 2012年2月.

2011年度(平成23年度) / 国際会議

1)S. P. Chetty, H. Takase, Hiroyuki Saito, S. Lund-Katz, L. Mayne, W. Englander and C. M. Phillips : Amide hydrogen-deuterium exchange as a tool to probe the effects of point-mutations on apolipoprotein A-I structure-function, Arteriosclerosis, Thrombosis and Vascular Biology 2011, Apr. 2011.
2)Hideji TANAKA, Inui Koji and Masaki Takeuchi : Air segmented amplitude modulated multiplexed flow analysis, IUPAC International Congress on Analytical Sciences 2011, Kyoto, Japan, May 2011.
3)Hideji TANAKA, Kurokawa Yohei and Masaki Takeuchi : Amplitude modulated multiplexed flow analysis for simultaneous determination, IUPAC International Congress on Analytical Sciences 2011, Kyoto, Japan, May 2011.
4)Masaki Takeuchi, Hiromichi Tsunoda and Hideji TANAKA : Nafion membrane tube based concentrator for water soluble acid monitoring system, IUPAC International Congress on Analytical Sciences 2011, kyoto, Japan, May 2011.
5)Kohei Tsuji, Yoshitake Sumikawa, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Takahiko Hara and Akira Otaka : Synthesis of CXCL14 and its derivatives utilizing C to N or N to C directive sequential NCL protocol, 22nd American Peptide Symposium, San Diego, Jun. 2011.
6)Kohei Sato, Shugo Tsuda, Kohei Tsuji, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga and Akira Otaka : N-sulfanylethylanilide derivative as a peptide thioester equivalent, 22nd American Peptide Symposium, San Diego, Jun. 2011.
7)Jun Yamamoto, Tomohiro Tanaka, Masaya Denda, Akira Shigenaga, Wataru Nomura, Hirokazu Tamamura and Akira Otaka : Design and synthesis of traceable linker for efficient enrichment and specific labeling of target proteins, 22nd American Peptide Symposium, San Diego, Jun. 2011.
8)Masahito Ochiai : Chemistry of Hypervalent Organoiodane(III) and Bromane(III), Special Seminar of Organic Chemistry, Institute of Chemistry, University of Sao Paulo, Sao Paulo, Brazil, Aug. 2011.
9)Masahito Ochiai : Chemistry of Hypervalent Organoiodane(III) and Bromane(III), Special Seminar of Organic Chemistry, Chemistry Institute, State University of Campinas, Campinas, Brazil, Aug. 2011.
10)Hiroyuki Fukui : Histamine H 1 receptor functions in CNS and peripheral tissues. 故ニーレンバーグ先生追悼シンポジウム, 第 54 回日本神経化学会大会, 山代温泉 瑠璃光,加賀市, Sep. 2011.
11)Masahito Ochiai : Structure and Properties of Hypervalent Iodane Compounds, 14th Brazilian Meeting on Organic Synthesis, Short Course, Brasilia, Brazil, Sep. 2011.
12)Masahito Ochiai : Chemistry of Hypervalent Organoiodane(III) and Bromane(III), 14th Brazilian Meeting on Organic Synthesis, Brasilia, Brazil, Sep. 2011.
13)Hideji TANAKA, Ogusu Takeshi, Inui Koji and Masaki Takeuchi : Air-segmented amplitude modulated multiplexed flow analysis, The 14th Asian Chemical Congress 2011, Bangkok, Thailand, Sep. 2011.
14)Masaki Takeuchi, Yuki Miyazaki, Hiromichi Tsunoda and Hideji TANAKA : Automated acid gas monitor with parallel plate wet denuder, JAIMA Discussion on Analytical Science and Technology 2011, Chiba, Japan, Sep. 2011.
15)Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Y. Kondo, Wakana Kuroda, H. Yoshida, Y. Miyamoto, M. Hattori, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda : The effect of preseasonal prophylactic treatment with antihistamines on nasal symptoms and histamine H1 reseptor expression in the nasal mucosa of patients, 14th International Rhinologic Society. 30th International Symposium on Infection and Allergy of the Nose, Tokyo, Sep. 2011.
16)Akira Shigenaga, Masaya Denda, Keiji Ogura, Koji Ebisuno and Akira Otaka : Development of caged nonhydrolyzable phosphoserine and its incorporation into biomineralization-related peptide, The 1st International Symposium on Fusion Materials Program, Toba, Oct. 2011.
17)Michiyasu Nakao and Shigeki Sano : Development of a Novel Method to Determine the Absolute Configuration of alpha-Amino Acids Based on 1H NMR Spectra of Diketopiperazines, The 8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (AIMECS 11), Awaji, Nov. 2011.
18)Kohei Tsuji, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Keisuke Aihara, Hao Ding, Masaya Denda, Takahiko Hara and Akira Otaka : The First Accomplishment of Development of CXCL14 Antagonistic Peptide by Dimerization of CXCL14 Fragment, 8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium, Tokyo, Nov. 2011.
19)Jun Yamamoto, Tomohiro Tanaka, Masaya Denda, Koji Ebisuno, Akira Shigenaga, Wataru Nomura, Hirokazu Tamamura and Akira Otaka : Application of Stimulus-responsive Amino Acid to Traceable Linker for Efficient Enrichment and Specific Labeling of Target Proteins, 8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium, Tokyo, Nov. 2011.
20)Hiroshi Chuman : Toward a New Age of Quantitative Structure-Activity Relationship: Linear Expression by Representative Energy Terms, 8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (AIMECS11), 8, Tokyo, Nov. 2011.
21)Shigeki Sano : Stereoselective Synthesis of Fluoroolefins Using HWE Reagents, Recent Trends in Pharmacy Education and Research for the Global Pharmacy Experts, Seoul, Dec. 2011.
22)Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Kondo Yuto, Kuroda Wakana, Yoshida Haruko, Miyamoto Yuko, Hattori Masashi, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda : Pre-seasonal prophylactic treatment with antihistamines suppresses nasal symptoms and expressions of H1 receptor and IL-5 mRNA in the nasal mucosa of patients with pollinosis., 11th Japan-Taiwan Conference on Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Kobe, Dec. 2011.
23)Hiroyuki Fukui : Expected pharmacist who graduate University of Tokushima. --- a personal opinion ---, 日米合同会議 医療の現場と直結した薬剤師・薬学研究者養成教育の実践, 徳島大学長井記念ホール,徳島市, Jan. 2012.
24)Masaki Takeuchi, Yuki Miyazaki, Hiromichi Tsunoda and Hideji TANAKA : Acid gas measurement with parallel plate wet denuder coupled ion chromatograph, Pure and Applied Chemistry International Conference 2012, Chiang Mai, Thailand, Jan. 2012.
25)Masashi Hattori, Hiroyuki Mizuguchi, Chiyo Matsushita, Hitoshi Niino, Yuko Sagesaka, Keisuke Masuyama and Hiroyuki Fukui : Identification of anti- pollenosis compound in tea extract that suppresses gene expression of histamine H1 receptor (H1R). 12 th International Congress of Ethnopharmacology India 2012 March, 12th International Congress of Ethnopharmacology, Kolkata, India, Feb. 2012.
26)Hiroyuki Fukui : Suppression of allergic disease sensitive gene expression by Maackiain, a novel lead for the therapeutics of allergy., Plenary Lecture, 12th International Congress of Ethnopharmacology, Feb. 2012.
27)Yamamoto Sayaka, Hiroyuki Mizuguchi, Nurul Mohammed Islam, Shahriar Masum, Venkatesh Pichairajan, Kazutaka Maeyama, Mukherjee K. Pulok, Hattori Masashi, Choudhuri Sahabuddin Kabir Mohamed, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Albizia Lebbeck alleviated allergy symptom by inhibiting histamine signaling at the transcriptional level., 12th International Congress of Ethnopharmacology, Sicience City, Kolkata, India, Feb. 2012.
28)Hiroyuki Fukui : Allergic disease sensitive gene., Lecture, 2nd International Seminar on Recent Development in Pharmaceutical Education and Research, Feb. 2012.
29)Hiroyuki Fukui : Herbal formulations for gene correstion related to allergic diseases., Lecture, Panacea - 5th Natural products Expo India, Feb. 2012.
30)Seiji Hitaoka, Hiroshi Matoba, Masataka Harada, Akihiro Kawano, Syuhei Sakamoto, Kohei Okada, Tatsusada Yoshida, Daisuke Tsuji, Tkatsugu Hirokawa, Kouji Itou and Hiroshi Chuman : Linear Expression by Representative Energy Terms Analysis on Binding Affinity of Sialic Acid Analogues with Human Neuraminidase -LERE-QSAR (2), The 4th French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry, Fukuoka, Feb. 2012.
31)Seiji Hitaoka, Hiroshi Matoba, Masataka Harada, Akihiro Kawano, Syuhei Sakamoto, Kohei Okada, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Linear Expression by Representative Energy Terms Analysis on Binding Affinity of Sialic Acid Analogues with Influenza Virus Neuraminidase-1 -LERE-QSAR (1), The 4th French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry, Fukuoka, Mar. 2012.
32)Hiroshi Chuman : Links between Traditional and Modern QSAR Approaches - Linear Expression by Representative Energy (LERE) Terms, The 4th French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry, Fukuoka, Mar. 2012.

2011年度(平成23年度) / 国内講演発表

1)馬場 照彦, 高木 俊之, 金森 敏幸, 岡 辰也, 斎藤 博幸 : テトラエーテル型リン脂質類縁体の膜特性と脂質親和性タンパク質との複合体形成, 日本膜学会第33年会, 2011年5月.
2)武知 佑樹, 吉井 遼, 田中 将史, 植野 哲, 川上 徹, 相本 三郎, 斎藤 博幸 : 膜透過性アルギニンポリペプチドと酸性リン脂質膜の相互作用, 日本膜学会第33年会, 2011年5月.
3)田中 将史, 髙村 有希, 川上 徹, 相本 三郎, 斎藤 博幸 : 両親媒性ペプチドの膜曲率認識におけるアミノ酸置換の影響, 日本膜学会第33年会, 2011年5月.
4)難波 建多郎, 辻 大輔, 金城 奈美, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 伊藤 孝司 : 未分化細胞に対する新規分化誘導剤の探索, 第52回日本生化学会 中国・四国支部総会, 2011年5月.
5)梅原 隼人, 水口 博之, 武田 憲昭, 仙波 恵美子, 福井 裕行 : 条件給餌下の食餌剥奪によるラットの視床下部弓状核尾側における c- Fos 発現に関与するヒスタミン神経細胞群の同定, 第 119 回日本薬理学会近畿部会, 2011年7月.
6)中尾 允泰, 鳥内 有里子, 廣山 裕太, 佐野 茂樹 : ジケトピペラジンの折りたたみ型立体配座とCH/π相互作用, 創薬懇話会2011, 2011年7月.
7)半田 充史, 時實 梨衣, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応を基盤とする効率的なグリセロリン脂質の合成法の開発, 創薬懇話会2011, 2011年7月.
8)小倉 圭司, 平川 寛子, 重永 章, 大髙 章 : タンパク質AMP化の生理学的意義解明に向けたAMP化アミノ酸誘導体の創製, 創薬懇話会2011, 2011年7月.
9)佐藤 浩平, 津田 修吾, 坂本 健, 重永 章, 大髙 章 : 簡便かつ効率的タンパク質化学合成法の開発, 創薬懇話会2011, 2011年7月.
10)梅原 隼人, 水口 博之, 武田 憲昭, 仙波 恵美子, 福井 裕行 : 条件給餌下の食餌剥奪によるラットの視床下部弓状核尾側におけるc-Fos発現に関与するヒスタミン神経細胞群の同定, 第119回日本薬理学会近畿部会, 2011年7月.
11)佐野 茂樹 : 医薬品素材創製のための有機化学, 第13回糖尿病臨床・研究開発センター講演会, 2011年7月.
12)福井 裕行, 金山 知代, 加藤 周平, 成相 祐希, 馬場 祐子, 水口 博之, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久 : 苦参由来 IL-4 遺伝子発現抑制物質, 第28回和漢医薬学会学術大会, 2011年8月.
13)成相 祐希, 水口 博之, 金山 知代, 加藤 周平, 永井 浩章, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 苦参から見出された新規抗アレルギー成分 maackiain の単離・同定およびその性質について, 第15回活性アミンに関するシンポジウム, 2011年8月.
14)水口 博之, 寺尾 拓馬, 坂本 典子, 山脇 洋輔, 吉村 好之, 藤本 勝巳, 武田 憲昭, 福井 裕行 : HeLa細胞におけるヒスタミンもしくはPMA刺激に伴うヒスタミンH1受容体の転写亢進の分子機構, 第84回日本生化学会大会, 2011年9月.
15)馬場 照彦, 高木 俊之, 金森 敏幸, 岡 辰也, 斎藤 博幸 : 安定膜形成性人工リン脂質と脂質親和性タンパク質との複合体形成, 第5回バイオ関連化学シンポジウム, 2011年9月.
16)大楠 剛司, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 気節-非相分離/振幅変調フロー分析法による高感度定量, 日本分析化学会第60年会, 2011年9月.
17)竹内 政樹, 髙野 恵万子, 吉岡 薫, 田中 秀治 : 大気エアロゾルに含まれる過塩素酸イオンの連続測定, 第52回大気環境学会年会, 2011年9月.
18)Akira Otaka and Akira Shigenaga : Development of nucleocytoplasmic shuttle peptide using stimulus-responsive processing device, 日本生物物理学会第49回年会, Sep. 2011.
19)高瀬 ひろか, 山本 亜季, 宮川 幸子, 田中 将史, 斎藤 博幸, 向 高弘 : グリコサミノグリカンによるヒト血清アミロイドAの線維形成部位の検討, 第84回日本生化学大会, 2011年9月.
20)Kohei Sato, Shugo Tsuda, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga and Akira Otaka : N-Sulfanylethylanilide peptide: a peptide thioester equivalent which can directly participate in native chemical ligation, 第48回ペプチド討論会, Sep. 2011.
21)Akira Shigenaga, Hiroko Hirakawa, Jun Yamamoto, Keiji Ogura, Masaya Denda, Keiko Yamaguchi and Akira Otaka : Caged ceramide which releases parent ceramide after UV-induced amide bond cleavage followed by intramolecular O-N acyl transfer, 第48回ペプチド討論会, Sep. 2011.
22)Hao Ding, Kohei Sato, Ko Morishita, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Double-kinetically controlled proline ligation, 第48回ペプチド討論会, Sep. 2011.
23)寺尾 拓馬, 水口 博之, 池田 光広, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 : ヒスタミン H 1受容体遺伝子発現メカニズムの解明, 第15回日本ヒスタミン学会, 2011年10月.
24)福井 裕行 : 疾患感受性遺伝子の発現抑制によるアレルギー疾患治療戦略.特別講演,, 第15回日本ヒスタミン学会, 2011年10月.
25)宮本 和範 : 高活性ヨードシルベンゼン単量体を活用する炭素ー炭素二重結合の酸化的切断反応, 関西創農薬学会, 2011年10月.
26)高瀬 ひろか, 山本 亜季, 田中 将史, 斎藤 博幸, 向 高弘 : 硫酸化度の異なるグリコサミノグリカンがヒト血清アミロイドAの線維形成に与える影響, 第61回日本薬学会近畿支部大会, 2011年10月.
27)福井 裕行, 水口 博之 : Allergic disease sensitive gene group in pollinosis., 第 40 回日本免疫学会総会・学術集会 2011年 12月, 2011年11月.
28)成相 祐希, 水口 博之, 永井 浩章, 金山 知代, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 苦参由来新規抗アレルギー成分 maackiain の単離・合成および作用機序に関する研究, 第 50 回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
29)水口 博之, S. Dev, Asish K Das, 馬場 嘉信, 福井 裕行 : 和漢薬苦参は FAT10 遺伝子発現の抑制を介してアレルギー症状を緩和する., 第120回日本薬理学会近畿部会, 2011年11月.
30)福井 裕行, 北村 嘉章, 水口 博之, 黒田 若奈, 武田 憲昭 : アレルギー性鼻炎の研究の進歩 花粉症におけるアレルギー疾患感受性遺伝子群, 第 61 回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2011年11月.
31)佐藤 浩平, 津田 修吾, 坂本 健, 重永 章, 大髙 章 : タンパク質化学合成を指向したワンポット4成分連続縮合法の開発, 第37回反応と合成の進歩シンポジウム, 2011年11月.
32)丁 昊, 佐藤 浩平, 森下 巧, 重永 章, 大髙 章 : 4-メルカプトプロリンを用いたペプチドフラグメント縮合法の開発, 第37回反応と合成の進歩シンポジウム, 2011年11月.
33)小倉 圭司, 平川 寛子, 重永 章, 大髙 章 : タンパク質AMP化の生理学的意義解明を指向した新規分子ツールの開発, 第37回反応と合成の進歩シンポジウム, 2011年11月.
34)中尾 允泰, 鳥内 有里子, 深山 真太郎, 廣山 裕太, 佐野 茂樹 : 分子内CH/π相互作用に基づくジケトピペラジンの折りたたみ型立体配座, 第37回反応と合成の進歩シンポジウム, 2011年11月.
35)Kaoru Aibra, Takuya Sugimoto, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Interpretation on Structural Transformation ofBACE-1 Inhibitors Using Fragment MolecularOrbital Calculations, CBI(情報計算化学生物学会)/JSBi(日本バイオインフォマティクス学会)2011合同大会, Nov. 2011.
36)Miho Shimizu, Kasunori Shimamoto, Akira Mashima, Takuya Sugimoto, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Linear Expression by Representative EnergyTerms Analysis on Hydrolysis of a Series ofSubstituted Phenyl Hippurates by Papain, CBI(情報計算化学生物学会)/JSBi(日本バイオインフォマティクス学会)2011合同大会, Nov. 2011.
37)Kyoko Yamauchi, Miho Shimizu, Kaoru Aibara, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Molecular Calculations on Complexes of DHFRwith Substituted Triazines, CBI(情報計算化学生物学会)/JSBi(日本バイオインフォマティクス学会)2011合同大会, Nov. 2011.
38)Hitaoka Seiji, Matoba Hiroshi, Kawano Akihiro, Sakamoto Syuhei, Okada Kohei, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Linear Expression by Representative EnergyTerms Analysis on Binding Affinity of Sialic AcidAnalogues with Influenza Virus Neuraminidase-1- Why Does Tamiflu Have a Branched AlkoxySide Chain? -, CBI(情報計算化学生物学会)/JSBi(日本バイオインフォマティクス学会)2011合同大会, Nov. 2011.
39)Hiroshi Matoba, Seiji Hitaoka, Masataka Harada, Akihiro Kawano, Syuhei Sakamoto, Kohei Okada, Tatsusada Yoshida, Hiroshi Chuman, Daisuke Tsuji, Takatsugu Hirokawa, Kouji Itou and Hiroshi Chuman : Difference in Sensitivity of Antiinfluenza Drugs between Human and Influenza Neuraminidases, CBI(情報計算化学生物学会)/JSBi(日本バイオインフォマティクス学会)2011合同大会, Nov. 2011.
40)Naruyuki Morioka, Seiji Hitaoka, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Computational Assessments of Binding Affinity ofDrugs in Clinical Use ? Carbonic Anhydrase II, CBI(情報計算化学生物学会)/JSBi(日本バイオインフォマティクス学会)2011合同大会, Nov. 2011.
41)中尾 允泰, 鳥内 有里子, 深山 真太郎, 佐野 茂樹 : フェニルアラニン由来ジケトピペラジンのCH/π相互作用, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
42)市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 2-(1,3-ジオキサン-5-イリデン)酢酸の脱共役エステル化反応, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
43)半田 充史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 混合ホスホン酸エステルを鍵中間体とするグリセロリン脂質の効率的化学合成, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
44)深山 真太郎, 鳥内 有里子, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : フェニルアラニン由来N-メチルジケトピペラジンのCH/π相互作用, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
45)松本 知也, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 2-アシル-2-ホスホノ酢酸エステルを用いるアレニルエステル合成, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
46)坂本 健, 佐藤 浩平, 津田 修吾, 重永 章, 大髙 章 : ペプチドチオエステル合成用アニリン型補助基への効率的アミノ酸導入法の開発, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
47)傳田 将也, 小倉 圭司, 戎野 紘司, 重永 章, 大髙 章 : リン酸化タンパク質の機能解明に向けた紫外線応答型リン酸化アミノ酸誘導体の合成研究, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
48)辻 耕平, 住川 栄健, 種子島 幸祐, 重永 章, 原 孝彦, 大髙 章 : CXCL14およびその誘導体の効率的合成法の開発と活性評価, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
49)小倉 圭司, 平川 寛子, 傳田 将也, 重永 章, 大髙 章 : AMP化タンパク質の機能解明を指向したペプチド性分子ツールの開発, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
50)福井 裕行, 北村 嘉章, 水口 博之, 黒田 若奈, 武田 憲昭 : アレルギー性鼻炎の研究の進歩 花粉症におけるアレルギー疾患感受性遺伝子群, 第61回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2011年11月.
51)足立 愛美, 大城 真紀, 高瀬 ひろか, S. Lund-Katz, M.C. Phillips, 斎藤 博幸 : アポA-Iアミロイドーシス変異体の物性とアミロイド形成の評価, 第50回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
52)北山 裕貴, 四方田 千佳子, 斎藤 博幸 : PEGリン脂質によるリポソーム表面修飾法の最適化の検討, 第50回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
53)重永 章 : 刺激応答型アミノ酸の開発とケミカルバイオロジー分野への展開, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
54)落合 正仁 : 未踏領域超原子価臭素の化学, 日本化学会西日本大会, 2011年11月.
55)鈴木 麻衣, 宮本 和範, 末藤 孝志, 落合 正仁 : モノエステルヨードニウムイリドの発生およびアルデヒドとの反応, 第14回ヨウ素学会シンポジウム, 2011年11月.
56)大髙 章 : 標的タンパク質捕捉の科学, 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部第8回公開シンポジウム, 2011年11月.
57)中谷 亮介, 端 茉美, 岡 辰也, S. Lund-Katz, M.C. Phillips, 斎藤 博幸 : 環境感受性蛍光プローブ標識によるアポEコンフォメーション変化の解析, 第33回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2011年11月.
58)比多岡 清司, 的場 弘, 原田 政隆, 河野 明大, 坂本 修平, 岡田 耕平, 吉田 達貞, 辻 大輔, 広川 貴次, 伊藤 孝司, 中馬 寛 : ヒトノイラミニダーゼ-シアル酸誘導体複合体相互作用の非経験的フラグメント分子軌道法計算に基づく相関解析 (LERE-QSAR), 第39回構造活性相関シンポジウム, 15-16, 2011年11月.
59)比多岡 清司, 的場 弘, 原田 政隆, 河野 明大, 坂本 修平, 岡田 耕平, 吉田 達貞, 辻 大輔, 広川 貴次, 伊藤 孝司, 中馬 寛 : Why does tamiflu have a branched alkoxy side chain?, 第39回構造活性相関シンポジウム, 39-40, 2011年11月.
60)吉田 達貞, 廣隅 公治, 原田 政隆, 比多岡 清司, 中馬 寛 : 古典QSAR解析におけるσp+の理論的解釈––密度半関数法分子軌道計算に基づくpara-置換フェノールの水素引き抜き反応に関する解析, 第39回構造活性相関シンポジウム, 19-20, 2011年11月.
61)北村 嘉章, 黒田 若奈, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 : ヒスタミンH1受容体拮抗薬を用いたスギ花粉症初期療法におけるH1受容体とサイトカイン遺伝子発現の検討, 第50回日本鼻科学会, 2011年12月.
62)Ogusu Takeshi, Inui Koji, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Air Segmented - Amplitude Modulated Multiplexed Flow Analysis without Deaeration, 第49回フローインジェクション分析講演会, Dec. 2011.
63)Yuki Miyazaki, Hiromichi Tsunoda, Hideji TANAKA and Masaki Takeuchi : Development of Nafion membrane tube based carbonate removal device, 第49回フローインジェクション分析講演会, Dec. 2011.
64)泉 賢人, 渡辺 瑞紀, 小畑 智章, 戸田 敬, 田中 秀治, 竹内 政樹 : アニュラーデニューダーを用いた硫化水素ガス分析装置の開発, 第49回フローインジェクション分析講演会, 2011年12月.
65)Hideji TANAKA, Kurokawa Yohei, Inui Koji, Yoshida Haruka and Masaki Takeuchi : Simultaneous Determination of Multiple Analytes by Amplitude Modulated Multiplexed Flow Analysis, 第49回フローインジェクション分析講演会, Dec. 2011.
66)落合 正仁 : 三価の超原子価臭素とヨウ素のケミストリー, 和漢研セミナー, 2011年12月.
67)福井 裕行 : アレルギー疾患症状発現の病理機構と創薬ターゲット, 第126回日本薬学会中国四国支部例会, 2012年1月.
68)福井 裕行 : アレルギー疾患感受性遺伝子であるヒスタミンH1受容体遺伝子の発現抑制作用を持つ天然物を用いる治療戦略, 平成23年度厚生労働省科学研究費補助金 免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業(免疫アレルギー分野)研究報告会, 2012年1月.
69)落合 正仁 : 未踏研究領域超原子価臭素化合物のケミストリー, 第126回日本薬学会中国四国支部例会, 2012年1月.
70)北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 : スギ花粉症に対する鼻噴霧ステロイド薬のH1受容体遺伝子発現への効果, 第30回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2012年2月.
71)水口 博之, Dev Shrabanti, Das K Asish, 馬場 嘉信, 福井 裕行 : 和漢薬苦参はヒスタミンシグナル抑制を介したFAT10/NF-κBシグナルの抑制により抗アレルギー作用を示す, 日本薬学会 第132回年会, 2012年3月.
72)Hiroyuki Mizuguchi and Hiroyuki Fukui : Exploring the drug targets using natural resources-derived anti-allergic compounds that suppress up-regulation of allergic diseases sensitive gene expression, 第85回日本薬理学会年会, Mar. 2012.
73)成相 祐希, Hiroyuki Mizuguchi, 永井 浩章, 金山 知代, 加藤 周平, Yoshiyuki Yoshimura, Yoshiki Kashiwada, Hisao Nemoto, Yoshihisa Takaishi, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Identification of the target molecule of the new anti-allergic compound, maackiain from Kujin, 第85回日本薬理学会年会, Mar. 2012.
74)永井 浩章, 水口 博之, 成相 祐希, 吉村 好之, 武田 憲昭, 福井 裕行 : ApigeninはHSP90に作用してH1R遺伝子発現を抑制する, 第85回日本薬理学会年会, 2012年3月.
75)菅原 健太, 菱沼 滋, 福井 裕行, 庄司 優 : ヒスタミンH1受容体に対する薬物の熱力学的結合特性の解析, 第85回日本薬理学会年会, 2012年3月.
76)中尾 允泰, 竹安 正範, 鳥内 有里子, 長尾 善光, 佐野 茂樹 : N-メチルジケトピペラジン型不斉有機触媒を用いるアルドール反応, 日本薬学会第132年会, 2012年3月.
77)半田 充史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE試薬を用いる光学活性グリセロリン脂質の合成, 日本薬学会第132年会, 2012年3月.
78)深山 真太郎, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : N-メチルジケトピペラジン構造を基盤とするシデロフォア活性化合物の合成, 日本薬学会第132年会, 2012年3月.
79)松本 知也, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE試薬を基盤とするアレンカルボン酸誘導体の合成, 日本薬学会第132年会, 2012年3月.
80)山本 純, 田中 智博, 傳田 将也, 戎野 紘司, 野村 渉, 重永 章, 玉村 啓和, 大髙 章 : フッ化物イオン応答型アミノ酸の開発と標的タンパク質精製ツールへの応用, 日本薬学会第132回年会, 2012年3月.
81)丁 昊, 佐藤 浩平, 森下 巧, 重永 章, 大髙 章 : 4-チオプロリンを用いたNative Chemical Ligation法の開発, 日本薬学会第132回年会, 2012年3月.
82)傳田 将也, 小倉 圭司, 戎野 紘司, 重永 章, 大髙 章 : リン酸化タンパク質の機能解明に向けたケージド非水解性リン酸化アミノ酸含有ペプチドの合成研究, 日本薬学会第132回年会, 2012年3月.
83)粟飯原 圭佑, 辻 耕平, 丁 昊, 傳田 将也, 種子島 幸祐, 重永 章, 原 孝彦, 大髙 章 : CXCL14・CXCL12デュアルアンタゴニストペプチドの創製, 日本薬学会第132回年会, 2012年3月.
84)戎野 紘司, 山本 純, 重永 章, 大髙 章 : 新規チオール応答型アミノ酸の合成とDNA放出システムへの展開, 日本薬学会第132回年会, 2012年3月.
85)坂本 健, 佐藤 浩平, 津田 修吾, 重永 章, 大髙 章 : タンパク質化学合成を指向したN-アミノアシルN-置換アニリンリンカーの効率的合成法の開発, 日本薬学会第132回年会, 2012年3月.
86)山下 泰生, 宮本 和範, 落合 正仁, 林 聡子, 中西 和郎 : ジアリールブロマン(III)の求核置換反応, 日本薬学会第132年会, 2012年3月.
87)齋藤 基道, 和田 文恵, 宮本 和範, 落合 正仁, 城 始勇 : 超原子価ヒドロキシブロモキソロンの合成とその構造, 日本薬学会第132年会, 2012年3月.
88)Hoque Mahbubul Md., Kazunori Miyamoto and Masahito Ochiai : Highly Selective, Unactivated Alkane C-H Oxidation to Ketones with (Diacetoxybromo)benzene, 日本薬学会第132年会, Mar. 2012.
89)合田 峻輔, 酒井 祐太, 宮本 和範, 落合 正仁 : 触媒的Hofmann転位による脂肪族アミンの高効率合成法の開発, 日本薬学会第132年会, 2012年3月.
90)和田 文恵, 齋藤 基道, 落合 正仁, 城 始勇 : 超原子価環状ブロマン(III)によるエポキシ化反応, 日本薬学会第132年会, 2012年3月.
91)太田 泰雅, 安岡 輝, 宮本 和範, 落合 正仁 : 三価の超原子価臭素および塩素置換基の超脱離能の評価, 日本薬学会第132年会, 2012年3月.
92)堀尾 修平, 北池 秀次, 箕越 靖彦, 小林 和人, 上山 敬司, 福井 裕行 : マウス視床下部室傍核のヒスタミンH1受容体発現ニューロンの選択的死滅による摂食亢進と体重増加, 第89回日本生理学会大会, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 作品等

(なし)

2011年度(平成23年度) / その他・研究会

1)田中 秀治 : 流量変化を利用するフロー分析法の創案, HBS交流月例セミナー, 2011年7月.
2)福井 裕行 : 阿波晩茶は疾患感受性遺伝子の発現抑制により,アレルギー疾患の症状を改善させる., 四国食品健康フォーラム 2011, 2011年10月.
3)Kohei Sato, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Native chemical ligation (NCL) without using peptide thioester, 14th Peptide Forum, Dec. 2011.
4)重永 章 : ペプチド高次構造の制御を指向した紫外線応答型保護基の開発, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「融合マテリアル」第4回公開シンポジウム, 2012年1月.

2011年度(平成23年度) / 報告書

(なし)

2012年度(平成24年度)

article.{@.date="20120400 20130399" @.organization=\E{148401}}

2012年度(平成24年度) / 著書

1)伊藤 孝司 : 第4章 新規生産基材を利用した組換えリソソーム病治療薬の開発, 株式会社シーエムシー出版 監修:山口照英, 東京, 2012年4月.
2)重永 章, 山本 純, 大髙 章 : 遺伝子医学MOOK 21号 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用, 刺激応答型アミノ酸の開発と生命科学分野への応用, メディカルドゥ, 2012年4月.
3)田中 秀治, 嶋林 三郎 : 製剤化のサイエンス,第2版, 株式会社 東京化学同人, 2012年9月.
4)大髙 章 : 生体有機化学 第12章 生理活性ペプチドホルモン, 株式会社 東京化学同人, 2012年10月.
5)伊藤 孝司 : 先天代謝異常症候群(第2版) 下, --- 病因・病態研究,診断・治療の進歩 Ⅶライソゾーム病 糖タンパク代謝異常症 ガラクトシアリドーシス ---, 日本臨牀社, 東京, 2012年12月.
6)Nakayama Yoshiaki, Nakamura Naosuke, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Kurosaka Akira : Genetic Diseases Associated with Protein Glycosylation Disorders in Mammals., Intech, Rijeka,Croatia, Jan. 2013.
7)伊藤 孝司 : 「ガラクトシアリドーシス」先天代謝異常ハンドブック, 株式会社 中山書店, 東京, 2013年2月.
8)向井 理恵, 根本 尚夫, 二川 健, 寺尾 純二 : プレニルフラボノイドの生理機能性, 日本ビタミン学会, 2013年2月.
9)Daisuke Tsuji and Kouji Itou : Molecular Therapy for Lysosomal Storage Diseases., Intech, Rijeka,Croatia, Mar. 2013.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Akira Shigenaga, Keiji Ogura, Hiroko Hirakawa, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka : Development of a reduction-responsive amino acid that induces peptide bond cleavage in hypoxic cells, ChemBioChem, Vol.13, 968-971, 2012.
2)Masahito Ochiai, Shinichi Yamane, Mhabubul Md. Hoque, Motomichi Saito and Kazunori Miyamoto : Metal-free α-CH amination of ethers with hypervalent sulfonylimino-λ3-bromane that acts as an active nitrenoid., Chemical Communications, Vol.48, No.43, 5280-5282, 2012.
3)Haruka Yoshida, Koji Inui, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Simultaneous Determination of Nitrite and Nitrate Ions by Air-Segmented Amplitude-Modulated Multiplexed Flow Analysis, Analytical Sciences, Vol.28, No.5, 523-525, 2012.
4)Masaki Takeuchi, Kaoru Yoshioka, Yusuke Toyama, Ai Kagami and Hideji TANAKA : On-Line Measurement of Perchlorate in Atmospheric Aerosol Based on Ion Chromatograph Coupled with Particle Collector and Post-Column Concentrator, Talanta, Vol.97, 527-532, 2012.
5)Tomoyuki Kawamura, Moemi Hayashi, Rie Mukai, Junji Terao and Hisao Nemoto : An Efficient Method for C8-Prenylation of Flavonols and Flavanones, Synthesis, Vol.44, No.9, 1308-1314, 2012.
6)Keiji Ogura, Akira Shigenaga, Koji Ebisuno, Hiroko Hirakawa and Akira Otaka : Fmoc-based solid phase synthesis of adenylylated peptides using diester-type adenylylated amino acid derivatives, Tetrahedron Letters, Vol.53, No.27, 3429-3432, 2012.
7)Hatsuhiko Hattori, Toyishi Matsushita, Kohsuke Yoshutomi, Ayato Katagiri and Hisao Nemoto : An Efficient Method for the Refinement of 1,3-Methyleneglycerol via Bridged Acetal Exchange and the Synthesis of a Symmetrically Branched Glycerol Trimer, Synthesis, Vol.44, No.15, 2365-2376, 2012.
8)Hisao Nemoto, Ayato Katagiri, Masaki Kamiya, Hatsuhiko Hattori, Kosuke Matsumura, Tomohiro Itou, Tomoyuki Kawamura, T. Kita, H. Nishida and Naokatu Arakaki : Synthesis and Evaluation of Water-soluble Resveratrol and Piceatannol via BGLation, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.22, No.15, 5051-5054, 2012.
9)Chiharu Mizuguchi, Mami Hata, Padmaja Dhanasekaran, Margaret Nickel, C Michael Phillips, Sissel Lund-Katz and Hiroyuki Saito : Fluorescence analysis of the lipid binding-induced conformational change of apolipoprotein E4., Biochemistry, Vol.51, No.28, 5580-5588, 2012.
10)Hiromasa Yokoe, Kentaro Noboru, Yuki Manabe, Masahiro Yoshida, Hirofumi Shibata and Kozo Shishido : Enantioselective synthesis of 8-epi-xanthatin and biological evaluation of xanthanolides and their derivatives., Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.60, No.10, 1340-1342, 2012.
11)Hisao Nemoto, Ayato Katagiri, Masaki Kamiya, Tomoyuki Kawamura, Tsuyoshi Matsushita, Kosuke Matsumura, Tomohiro Itou, Hatsuhiko Hattori, Miho Tamaki, Keisuke Ishizawa, Licht Miyamoto, Shinji Abe and Koichiro Tsuchiya : Synthesis of paclitaxel-BGL conjugates, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.20, No.18, 5559-5567, 2012.
12)Masahiro Yoshida and Shota Yodokawa : Platinum-Catalyzed Regioselective Hydration of 1-(2-Propynyl)-2-formylpyrroles., Heterocycles, Vol.86, No.1, 599-609, 2012.
13)Kazunori Miyamoto, Mhabubul Md. Hoque and Sayaka Ogasa : Reductive Detriflylation of N Triflylamides with Red-Al, The Journal of Organic Chemistry, Vol.77, No.18, 8317-8320, 2012.
14)Tatsusada Yoshida, Seiji Hitaoka, Akira Mashima, Takuya Sugimoto, Hiroshi Matoba and Hiroshi Chuman : Combined QM/MM (ONIOM) and QSAR Approach to the Study of Complex Formation of Matrix Metalloproteinase-9 with a Series of Biphenylsulfonamides - LERE-QSAR Analysis (V), The Journal of Physical Chemistry B, Vol.116, No.34, 10283-10289, 2012.
15)Ken Sakamoto, Kohei Sato, Akira Shigenaga, Kohei Tsuji, Shugo Tsuda, Hajime Hibino, Yuji Nishiuchi and Akira Otaka : Synthetic procedure for N-Fmoc amino acyl-N-sulfanylethylaniline linker as crypto-peptide thioester precursor with application to native chemical ligation, The Journal of Organic Chemistry, Vol.77, No.16, 6948-6958, 2012.
16)Hisao Nemoto, Masaki Kamiya, Aki Nakamoto, Tsuyoshi Matsushita, Kosuke Matsumura, Hatsuhiko Hattori, Tomoyuki Kawamura, Chiaki Taoka, Shinji Abe, Keisuke Ishizawa, Licht Miyamoto and Koichiro Tsuchiya : Synthesis of highly water-soluble fibrate derivatives via BGLation, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.22, No.20, 6425-6428, 2012.
17)Akari Miyawaki, Daisuke Kikuchi, Masu Niki, Yuki Manabe, Makoto Kanematsu, Hiromasa Yokoe, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : Total synthesis of natural enantiomers of heliespirones A and C via the diastereoselective intramolecular Hosomi-Sakurai reaction, The Journal of Organic Chemistry, Vol.77, No.18, 8231-8243, 2012.
18)Mori-Yasumoto Kanami, Izumoto Ryoko, Fuchino Hiroyuki, Takashi Ooi, Agatsuma Yutaka, Kusumi Takenori, Satake Motoyoshi and Sekita Setsuko : Leishmanicidal activities and cytotoxicities of bisnaphthoquinone analogues and naphthol derivatives from Burman Diospyros burmanica, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.20, No.17, 5215-5219, 2012.
19)Masahiro Yoshida, Yohei Maeyama and Kozo Shishido : Regio- and enantioselective synthesis of functionalized tetrahydroquinolines by palladium-catalyzed cyclization of 2-amidophenylmalonates with allylic bisacetates, Tetrahedron, Vol.68, No.48, 9962-9972, 2012.
20)Rie Mukai, Hitomi Horikawa, Yutaka Fujikura, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto, Takeshi Nikawa and Junji Terao : Prevention of disuse muscle atrophy by dietary ingestion of 8-prenylnaringenin in denervated mice, PLoS ONE, Vol.7, No.9, e45048, 2012.
21)Akishige Ikegame, Shuji Ozaki, Daisuke Tsuji, T harada, Tatsuya Fujii, S Nakamura, H Miki, A Nakano, K Kagawa, K Takeuchi, M Abe, K Watanabe, M Hiasa, N Kimura, Y Kikuchi, A Sakamoto, K Habu, M Endo, Kouji Itou, H Yamada-Okabe and T Matsumoto : Small molecule antibody targeting HLA class I inhibits myeloma cancer stem cells by repressing pluripotency-associated transcription factors., Leukemia, Vol.26, No.9, 2124-2134, 2012.
22)Tsukasa Ozawa, Makoto Kanematsu, Hiromasa Yokoe, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : Total synthesis of debromoflustramines B and E based on the intramolecular carbamoylketene-alkene [2+2] cycloaddition, The Journal of Organic Chemistry, Vol.77, No.20, 9240-9249, 2012.
23)Licht Miyamoto, Masashi Watanabe, Mai Kono, Tsuyoshi Matsushita, Hatsuhiko Hattori, Keisuke Ishizawa, Hisao Nemoto and Koichiro Tsuchiya : Cytotoxicity evaluation of symmetrically branched glycerol trimer in human hepatocellular carcinoma HepG2 cells, The Journal of Toxicological Sciences, Vol.37, No.5, 1059-1063, 2012.
24)Yauhen Bandaruk, Rie Mukai, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto and Junji Terao : Evaluation of the inhibitory effects of quercetin-related flavonoids and tea catechins on the monoamine oxidase-A reaction in mouse brain mitochondria., Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.60, No.41, 10270-10277, 2012.
25)Masahiro Yoshida, Tomotaka Mizuguchi and Kozo Shishido : Synthesis of Oxazolidinones by Efficient Fixation of Atmospheric CO2 with Propargylic Amines by using a Silver/1,8-Diazabicyclo[5.4.0]undec-7-ene (DBU) Dual-Catalyst System, Chemistry - A European Journal, Vol.18, No.49, 15578-15581, 2012.
26)Yuki Takechi, Chiharu Mizuguchi, Masafumi Tanaka, Toru Kawakami, Saburo Aimoto, Emiko Okamura and Hiroyuki Saito : Physicochemical Mechanism for the Lipid Membrane Binding of Polyarginine: the Favorable Enthalpy Change with Structural Transition from Random Coil to Alpha Helix, Chemistry Letters, Vol.41, No.10, 1374-1376, 2012.
27)Sevugan Palaniappan Chetty, Maki Ohshiro, Hiroyuki Saito, Padmaja Dhanasekaran, Sissel Lund-Katz, Leland Mayne, Walter Englander and C Michael Phillips : Effects of the Iowa and Milano mutations on apolipoprotein A-I structure and dynamics determined by hydrogen exchange and mass spectrometry., Biochemistry, Vol.51, No.44, 8993-9001, 2012.
28)Tsukasa Ozawa, Makoto Kanematsu, Hiromasa Yokoe, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : Synthesis of (±)-esermethole via an intramolecular carbamoylketene-alkene [2+2] cycloaddition., Heterocycles, Vol.85, No.12, 2927-2932, 2012.
29)N. Tarashima, Y. Higuchi, Y. Komatsu and Noriaki Minakawa : A practical post-modification synthesis of oligodeoxynucleotides containing 4,7-diaminoimidazo[5,4:4,5]pyrido[2,3-d]pyrimidine nucleosid, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.20, No.24, 7095-7100, 2012.
30)Kohjiro Nagao, Minami Maeda, B Noralyn Mañucat and Kazumitsu Ueda : Cyclosporine A and PSC833 inhibit ABCA1 function via direct binding., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1831, No.2, 398-406, 2012.
31)Licht Miyamoto, Masashi Watanabe, Yosuke Tomida, Mai Kono, Shoko Fujii, Tsuyoshi Matsushita, Hatsuhiko Hattori, Keisuke Ishizawa, Hisao Nemoto and Koichiro Tsuchiya : Acute oral toxicity evaluation of symmetrically branched glycerol trimer in ddY mice, The Journal of Toxicological Sciences, Vol.37, No.6, 1253-1259, 2012.
32)Emi Adachi, Hiroyuki Nakajima, Chiharu Mizuguchi, Padmaja Dhanasekaran, Hiroyuki Kawashima, Kohjiro Nagao, Kenichi Akaji, Sissel Lund-Katz, C Michael Phillips and Hiroyuki Saito : Dual role of an N-terminal amyloidogenic mutation in apolipoprotein A-I: destabilization of helix bundle and enhancement of fibril formation., The Journal of Biological Chemistry, Vol.288, No.4, 2848-2856, 2012.
33)Shigeki Sano, Takeshi Tsumura, Masashi Horibe and Michiyasu Nakao : Catalytic Asymmetric Ring-Opening of -Symmetric Cyclic Carbonates with Chiral Brønsted Acid Catalysts, Synlett, Vol.24, No.17, 2302-2304, 2013.
34)Masaki Takeuchi, Masato Izumi, Mizuki Watanabe, Hideji TANAKA, Tomoaki Obata and Kei Toda : Surface Modified Annular Wet Denuder for the Collection of Water-Soluble Trace Gases, Analytical Methods, Vol.5, No.21, 6071-6075, 2013.
35)Atsushi Inoue, Makoto Kanematsu, Seiji Mori, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : An efficient access to aspermytin A and oblongolide C through an intramolecular nitrile oxide-alkene [3+2] cycloaddition, Synlett, Vol.24, No.1, 61-64, 2013.
36)Takaaki Araki, Yuki Manabe, Kousuke Fujioka, Hiromasa Yokoe, Makoto Kanematsu, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : Total syntheses of (±)-folicanthine and (±)-chimonanthine via a double intramolecular carbamoylketene-alkene [2+2] cycloaddition, Tetrahedron Letters, Vol.54, No.8, 1012-1014, 2013.
37)Takaaki Araki, Tsukasa Ozawa, Hiromasa Yokoe, Makoto Kanematsu, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : Diastereoselective intramolecular carbamoylketene/alkene [2+2] cycloaddition: Enantioselective access to pyrrolidinoindoline alkaloids, Organic Letters, Vol.15, No.1, 200-203, 2013.
38)Masaki Takeuchi, Yuki Miyazaki, Hiromichi Tsunoda and Hideji TANAKA : Atmospheric Acid Gases in Tokushima, Japan, Monitored with Parallel Plate Wet Denuder Coupled Ion Chromatograph, Analytical Sciences, Vol.29, No.1, 165-168, 2013.
39)北山 裕貴, 新村 航, 四方田 千佳子, 斎藤 博幸 : ポストインサーション法によって調製したPEG修飾リポソームの表面物性に関する研究, , Vol.38, No.1, 50-56, 2013年.
40)Seiji Hitaoka, Yuto Shibata, Hiroshi Matoba, Akihiro Kawano, Masataka Harada, Rahman Motiur M, Daisuke Tsuji, Takatsugu Hirokawa, Kouji Itou, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Modeling of Human Neuraminidase-1 and Its Validation by LERE-Correlation Analysis, Chem-Bio Informatics Journal, Vol.13, 30-40, 2013.
41)Masato Ishigami, Yuko Tominaga, Kohjiro Nagao, Yasuhisa Kimura, Michinori Matsuo, Noriyuki Kioka and Kazumitsu Ueda : ATPase activity of nucleotide binding domains of human MDR3 in the context of MDR1., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1831, No.4, 683-690, 2013.
42)Masafumi Tanaka, Yuki Takamura, Toru Kawakami, Saburo Aimoto, Hiroyuki Saito and Takahiro Mukai : Effect of amino acid distribution of amphipathic helical peptide derived from human apolipoprotein A-I on membrane curvature sensing., FEBS Letters, Vol.587, No.5, 510-515, 2013.
43)Masahiro Yoshida, Tomomi Nakagawa, Kouki Kinoshita and Kozo Shishido : Regiocontrolled construction of furo[3,2-c]pyran-4-one derivatives by palladium-catalyzed cyclization of propargylic carbonates with 4-hydroxy-2-pyrones, The Journal of Organic Chemistry, Vol.78, No.4, 1687-1692, 2013.
44)Masahiro Yoshida and Chiyuki Sugimura : Synthesis of tetrasubstituted pyrroles by palladium-catalyzed cyclization of propargylic carbonates with β-enamino esters, Tetrahedron Letters, Vol.54, No.16, 2082-2084, 2013.
45)David Nguyen, Margaret Nickel, Chiharu Mizuguchi, Hiroyuki Saito, Sissel Lund-Katz and C Michael Phillips : Interactions of apolipoprotein A-I with high-density lipoprotein particles., Biochemistry, Vol.52, No.11, 1963-1972, 2013.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Ken Sakamoto, Kohei Sato, Akira Shigenaga, Kohei Tsuji, Shugo Tsuda, Hajime Hibino, Yuji Nishiuchi and Akira Otaka : Development of efficient synthetic protocol for Fmoc amino acid-incorporated N-sulfanylethyl-aniline linker as peptide thioester precursor, Peptide Scinece 2012, Vol.2012, 165-166, 2013.
2)Kohei Tsuji, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Keisuke Aihara, Masaya Denda, Hao Ding, Takahiko Hara and Akira Otaka : Synthesis of antagonistic peptide for putative CXCL14 receptor protein and their identification, Peptide Science 2012, Vol.2012, 31-32, 2013.
3)Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : Convergent chemical synthesis of human GM2 activator protein analog using SEAlide chemistry, Peptide Science 2012, Vol.2012, 13-14, 2013.
4)Akira Shigenaga, Keiji Ogura, Hiroko Hirakawa, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka : Design and synthesis of hypoxia-responsive amino acid which causes peptide bond cleavage in hypoxic cells, Peptide Science 2012, Vol.2012, 135-136, 2013.
5)Akira Shigenaga : Development of stimulus-responsive amino acid and their application to peptide based chemical biology, Peptide Science 2012, 1-2, 2013.

2012年度(平成24年度) / 学術レター

(なし)

2012年度(平成24年度) / 総説・解説

1)重永 章 : ''化学''でペプチド・タンパク質を操る, 薬学部だより, Vol.10, 4, 2012年7月.
2)Akira Otaka, Kohei Sato, Hao Ding and Akira Shigenaga : One-pot/sequential native chemical ligation using N-sulfanylethylanilide peptide, Chemical Record, Vol.12, No.5, 479-490, Aug. 2012.
3)大髙 章 : 情報発信型人工タンパク質創製に向けた有機・生物有機化学的挑戦, 有機合成化学協会誌, Vol.70, No.10, 1054, 2012年10月.
4)Kazuhiro Furukawa, Gu Hongzhou and Breaker Ronald : In Vitro Selection of allosteric ribozymes that sense the bacterial second messenger c-di-GMP, Methods in Molecular Biology, Vol.1111, 209-220, 2013.
5)重永 章 : バイオミネラリゼーションの時空間的制御を可能とするケージドペプチドの創製, FUSION MATERIALS NEWS, Vol.14, 3, 2013年.
6)竹内 政樹 : 弾性表面波を利用した流体中微粒子の集束と分離, FIA研究懇談会誌, Vol.30, No.1, 55-56, 2013年.
7)南川 典昭 : 4'-チオDNAを用いたRNA創薬, 薬学雑誌, Vol.133, No.1, 53-60, 2013年1月.
8)重永 章 : 平成24年度日本ペプチド学会奨励賞を受賞して, Peptide Newsletter Japan, Vol.87, 5-7, 2013年1月.
9)辻 大輔 : Molecular pathogenesis and therapeutic approach of GM2 gangliosidosis., 薬学雑誌, Vol.133, No.2, 269-274, 2013年2月.

2012年度(平成24年度) / 国際会議

1)Akira Otaka : N-Sulfanylethylanilides as a Versatile Chemical Device for Protein Chemistry, 2012 SNU Symposium on Medicinal Chemistry, Seoul, May 2012.
2)Kouji Itou, Nishioka So-ichiro, Daisuke Tsuji, Nobuo Maita, Kobayashi Isao, Sezutsu Hideki, Harazono Kei, Ishii Akiko, Kawasaki Nana and Machii Hiroaki : Vital imaging of endocytosed lysosomal enzymes with pH-activatable fluorescent probe and evaluation of enzyme replacement effects on lysosomal storage diseases., Gordon Research Conference 2012, NH, USA, Jun. 2012.
3)Kouji Itou, Nishioka So-ichiro, Daisuke Tsuji, Nobuo Maita, Kobayashi Isao, Sezutsu Hideki, Harazono Kei, Ishii Akiko, Kawasaki Nana and Machii Hiroaki : Transgenic silkworm as a novel therapeutic glycoenzyme resource for lysosomal storage diseases, 21st International Symposium on Glycoconjugates, Madrid, Spain, Jul. 2012.
4)Akira Otaka : Chemical Protein Synthesis Using N-Sulfanylethylanilide Peptide, The 14th Akabori Conference, Niseko, Japan, Sep. 2012.
5)Kohei Tsuji, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Keisuke Aihara, Masaya Denda, Hao Ding, Takahiko Hara and Akira Otaka : Development of novel antagonistic peptide for CXCL14 receptor, The 6th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences, Suita, Sep. 2012.
6)Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : Chemical synthesis of human GM2 activator protein analog using SEAlide peptide-mediated one-pot multi-fragment condensation, The 6th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences, Suita, Sep. 2012.
7)Hideji TANAKA, Yohei Kurokawa, Masaki Takeuchi and Akira Ohbuchi : Amplitude modulated multiplexed flow analysis for simultaneous determination of multiple analytes. Determination of ferrous and ferric ions, Flow Analysis Xll, Thessaloniki, Greece, Sep. 2012.
8)Takeshi Ogusu, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Air segmented amplitude modulated multiplexed flow analysis with no deaeration process. Determination of phosphate ion, Flow Analysis Xll, Thessaloniki, Greece, Sep. 2012.
9)Masaki Takeuchi, Masato Izumi, Mizuki Watanabe, Tomoaki Obata, Kei Toda and Hideji TANAKA : Collection of hydrogen sulfide gas with surface treating annular denuder, Flow Analysis Xll, Thessaloniki, Greece, Sep. 2012.
10)Licht Miyamoto, Kono Mai, Nakagawa Takeo, Hattori Hatsuhiko, Keisuke Ishizawa, Hisao Nemoto and Koichiro Tsuchiya : A Novel Hydrophilic Derivative of Probucol Ameliorates Glucose Tolerance and Insulin Sensitivity Independently of the Canonical Potency of Probucol., 48th Annual Meeting of the European Association for the Study of Diabetes, Oct. 2012.
11)Akira Otaka, Kohei Sato, Hao Ding and Akira Shigenaga : N-Sulfanylethylanilide peptide for peptide engineering, The Sixth Peptide Engineering Meeting, Atlanta, Oct. 2012.
12)Hideji TANAKA, Takeshi Ogusu, Katsuya Uchimoto and Masaki Takeuchi : Determination of phosphate ion in water samples by air segmentation - amplitude modulated multiplexed flow analysis, 6th Shanghai International Symposium on Analytical Chemistry, Shanghai, China, Oct. 2012.
13)Masaki Takeuchi, Kaoru Yoshioka, Yusuke Toyama, Ai Kagami and Hideji TANAKA : On-line measurement of perchlorate in atmospheric aerosol based on ion chromatograph coupled with particle collector and post-column concentrator, 6th Shanghai International Symposium on Analytical Chemistry, Shanghai, China, Oct. 2012.
14)A. Matsuda, M. Takahashi, Noriaki Minakawa, H. Hatakeyama, M. Murata, Y. Sato and H. Harashima : 2'-OMe-4'-thioRNA as a potential use for oligonucleotide therapeutics, 8th Annual Metting of the OTS, Oct. 2012.
15)Masaya Denda, Jun Yamamoto, Kohei Sato, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka : Development of a novel chemical probe that enables selective labeling of proteins, The 1st International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity, Kyoto, Oct. 2012.
16)Akira Otaka : Development of ``Tracable Linker''for Protein Idebtification Using Stimulus-responsive Amino Acid, The 1st International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity, Kyoto, Oct. 2012.
17)Kazuhiro Furukawa, Zhou Zhiyuan, Weinberg Zasha, Vallery Tenaya and Breaker Ronald : A bacterial riboswitch that binds heavy metal ions and regulates genes involved in its transpoters, International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Nagoya, Nov. 2012.
18)Y. Kikuchi, Naoshi Yamazaki, Yoshiharu Takiguchi and Noriaki Minakawa : Gene silencing by 2'-modified-4'-thio oligonucleotides via U1i machinery, 第39回国際核酸化学シンポジウム, Nov. 2012.
19)Rie Mukai, Horikawa Hitomi, Fujikura Yutaka, Kaeko Murota, Kawamura Tomoyuki, Hisao Nemoto and Junji Terao : Effect of prenylation on the bioavailability of dietary flavonoids, The International Society for Nutraceuticals and Functional Foods, Dec. 2012.
20)T Harada, Shuji Ozaki, A Oda, M Iwasa, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Masahiro Abe, Hirofumi Shibata, Akishige Ikegame, Daisuke Tsuji, Kouji Itou, M Ri, S Iida, Y Shiotsu, S Kawai, H Yamada-Okabe and Toshio Matsumoto : Combination Therapy of a Defucosylated Anti-HM1.24 Monoclonal Antibody Plus Lenalidomide Induces Marked Antibody-Dependent Cellular Cytotoxicity and Inhibits the Clonogenic Potential of Myeloma Cancer Stem-Like Cells., 54th ASH Annual Meeting and Exposition, USA, Atlanta, Dec. 2012.
21)Harada Takeshi, Ozaki Shuji, Oda Asuka, Iwasa Masami, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Masahiro Abe, Shibata Hironobu, Akishige Ikegame, Daisuke Tsuji, Ito Kohji, Ri Masaki, Iida Shinsuke, Shiotsu Yukimasa, Kawai Shigeto, Yamada-Okabe Hisafumi and Toshio Matsumoto : Combination therapy of a defucosylated anti-HM1.24 monoclonal antibody plus Ienalidomide induces marked antibody-dependent cellular cytotoxicity and inhibits the clonogenic potential of myeloma cancer stem-like cells. Atlanta, Dec. 2012., The 54th Annual Meeting of the American Society of Hamatology, Dec. 2012.

2012年度(平成24年度) / 国内講演発表

1)根本 尚夫 : 簡便大量合成技術を活かした独創型MRI造影剤の開発, 第11国際バイオテクノロジー展/技術会議 Biotech 2012, 2012年4月.
2)足立 愛美, 大城 真紀, 中嶋 宏之, 田中 将史, 馬場 照彦, Lund-Katz Sissel, Phillips C Michael, 斎藤 博幸 : ApoA-I Iowa (G26R) 変異によるアミロイド線維形成, 日本膜学会第34年会, 2012年5月.
3)馬場 照彦, 高木 俊之, 金森 敏幸, 岡 辰也, 斎藤 博幸 : 部分フッ素化リン脂質と脂質親和性タンパク質からの膜ディスク形成, 日本膜学会第34年会, 2012年5月.
4)井上 敦詞, 兼松 誠, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : (+)-Aspermytin Aの全合成, 第10回次世代を担う有機化学シンポジウム, 2012年5月.
5)宮本 理人, 河野 舞, 中川 剛夫, 服部 初彦, 吉富 康亮, 石澤 啓介, 吉村 好之, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 : 分岐鎖グリセロール修飾による新規水溶性プロブコール誘導体の開発と耐糖能改善作用のメカニズム, 第55回日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
6)小川 隆, 辻 大輔, 伊藤 孝司 : Sandhoff病モデルマウス由来単球系細胞におけるActin重合発現解析, 第53回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2012年5月.
7)辻 大輔, 難波 建多郎, 南條 遥, 伊藤 孝司 : リソソーム病に対するex vivo遺伝子治療法の開発, 第53回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2012年5月.
8)西岡 宗一郎, 小林 巧, 辻 大輔, 北尾 聡, Md.RAHMAN Motiur, 池戸 駿介, 真板 宣夫, 瀬筒 秀樹, 町井 博明, 伊藤 孝司 : トランスジェニックカイコを用いた組み換えヒトカテプシンA発現の分子特性解析とリソソーム病治療薬開発, 第52回日本生化学会 中国・四国支部総会, 2012年5月.
9)Motiur Md Rahman, Kitao Satoshi, Daisuke Tsuji, Matsuzawa Fumiko, Aikawa Sei-ichi and Kouji Itou : Inhibitory efects and specificity of synthetic sialyldendrimers on recomninant human neuraminidase 2(NEU2), 第52回日本生化学会 中国・四国支部総会, May 2012.
10)向井 理恵, 堀川 瞳, 河村 知志, 根本 尚夫, 二川 健, 寺尾 純二 : プレニル化フラボノイドによる廃用性筋萎縮の予防, 第66回 日本栄養・食糧学会大会, 2012年5月.
11)竹内 政樹, 宮崎 祐樹, 角田 浩道, 田中 秀治 : 徳島市における大気中酸性ガスの高時間分解観測, 第72回分析化学討論会, 2012年5月.
12)越智 ありさ, 中尾 玲子, 山本 容理子, 平坂 勝也, 近藤 茂忠, 長野 圭介, 根本 尚夫, 赤間 一仁, 二川 健 : 廃用性筋萎縮を防ぐ抗ユビキチン化ペプチドCblin(Cbl-b inhibitor)の高機能化, 第66回日本栄養・食糧学会大会, 2012年5月.
13)北山 裕貴, 新村 航, 四方田 千佳子, 斎藤 博幸 : PEG修飾法によるリポソーム表面物性の変化, 日本薬剤学会第27年会, 2012年5月.
14)大髙 章 : 情報発信型人工タンパク質創製に向けた有機・生物有機化学的挑戦, 第101回有機合成シンポジウム2012年【春】, 2012年6月.
15)山本 純, 傳田 将也, 戎野 紘司, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : フッ化物イオン応答型トレーサブルリンカーを利用したタンパク質精製法の開発, 日本ケミカルバイオロジー学会第7回年会, 2012年6月.
16)傳田 将也, 山本 純, 佐藤 浩平, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 吉村 好之, 山内 あい子, 大髙 章 : 新規タンパク質選択的ラベル化試薬''SEAL-tag''の開発研究, 日本ケミカルバイオロジー学会第7回年会, 2012年6月.
17)比多岡 清司, 吉田 達貞, 中馬 寛 : ノイラミニダーゼ・阻害剤の結合相互エネルギーの非経験的分子軌道法計算による定量的構造活性相関解析(LERE-QSAR), エミール研究会, 2012年6月.
18)根本 尚夫, 松下 剛史 : 新規水溶性GGA誘導体4種類の合成と1種類の大量合成(8g), 第13回GGA・HSP勉強会, 2012年8月.
19)佐藤 浩平, 北風 圭介, 坂本 健, 重永 章, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 大髙 章 : タンパク質完全化学合成∼ケミストによるタンパク質医薬品開発を目指して∼, 第44回若手ペプチド夏の勉強会, 2012年8月.
20)丁 昊, 佐藤 浩平, 森下 巧, 重永 章, 大髙 章 : 4-チオプロリンを用いたDual-kinetic NCL法の開発, 第44回若手ペプチド夏の勉強会, 2012年8月.
21)大髙 章 : 情報発信型人工タンパク質創製に向けた有機・生物有機化学的挑戦, アステラス製薬シンポジウム, 2012年8月.
22)Hiroshi Chuman : New Staring Points toward Construction of Fundamental QSAR: Wonderful Gifts from Hansch and Fjita, Hansch-藤田法50周年記念シンポジウム, Aug. 2012.
23)根本 尚夫 : BGLとXTPAの技術紹介, JEREC委託事業・目利き人材研修, 2012年8月.
24)渡邊 勝志, 宮本 理人, 冨田 洋輔, 河野 舞, 田岡 千明, 松下 剛史, 神谷 昌樹, 服部 初彦, 石澤 啓介, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 : 分岐鎖グリセロールオリゴマーによるフェノフィブラートの物性および薬物動態の改善, 生体機能と創薬シンポジウム2012, 2012年8月.
25)戸田 敬, 柚木 悟, 大平 慎一, 竹内 政樹 : 大気中エアロゾルにホルムアルデヒドは存在するか?, 日本分析化学会第61年会, 2012年9月.
26)福井 裕行, 水口 博之, 北村 嘉章, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 武田 憲昭 : 抗ヒスタミン薬のアレルギー疾患症状改善に関する薬理機構, 第63回日本薬理学会北部会, 2012年9月.
27)小島 孝允, 橋本 洋佑, 石田 竜弘, 際田 弘志, 南川 典昭 : 4'-チオDNAを利用した新規RNAi法の開発, バイオ関連化学シンポジウム, 2012年9月.
28)重永 章, 大髙 章 : ''化学''でペプチド・タンパク質をあやつる, 第28回若手化学者のための化学道場, 2012年9月.
29)竹内 政樹, 宮崎 祐樹, 田中 秀治 : 徳島市における大気中酸性ガスの特徴, 第53回大気環境学会年会, 2012年9月.
30)西岡 宗一郎, 小林 巧, 辻 大輔, 池戸 駿介, Md.RAHMAN Motiur, 東 哲也, 真板 宣夫, 瀬筒 秀樹, 町井 博明, 原園 景, 石井 明子, 川崎 ナナ, 伊藤 孝司 : TG カイコを用いた組み換えヒトカテプシン A の分子特性とリソソーム病治療薬開発, 第31回日本糖質学会年会, 2012年9月.
31)辻 大輔, 北風 圭介, 難波 建多朗, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 伊藤 孝司 : 新規人工蛍光基質を用いた活性染色によるリソソーム酵素の脳内補充効果のin vivoイメージング, 第31回日本糖質学会年会, 2012年9月.
32)戌亥 孝次, 吉田 悠, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 気節‐非相分離/振幅変調多重化フロー分析法によるアンモニウムイオンの定量, 日本分析化学会第61年会, 2012年9月.
33)大楠 剛司, 内本 勝也, 竹内 政樹, 田中 秀治 : リン酸イオンの定量を目的とする気節‐非相分離/振幅変調多重化フロー分析法, 日本分析化学会第61年会, 2012年9月.
34)杉浦 潤, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 中空キャピラリーカラムを用いた低圧イオンクロマトグラフィーの開発, 日本分析化学会第61年会, 2012年9月.
35)宮崎 祐樹, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 炭酸除去デバイスの開発, 日本分析化学会第61年会, 2012年9月.
36)馬場 照彦, 高木 俊之, 金森 敏幸, 半田 大祐, 岡 辰也 and Hiroyuki Saito : Membrane disc formation from tetraether-type artificial phospholipids and apolipoproteins, 第50回日本生物物理学会年会, Sep. 2012.
37)吉良 太孝, 山﨑 尚志, 石田 竜弘, 際田 弘志, 南川 典昭 : ケミカルツールを利用したRNA干渉の発現機構解明, アンチセンス,遺伝子,デリバリーシンポジウム2012, 2012年9月.
38)樋口 陽介, 南川 典昭 : Huisgen反応を利用したImON:NaNO塩基対を含む環状DNAの合成研究, アンチセンス,遺伝子,デリバリーシンポジウム2012, 2012年9月.
39)林 弘也, 谷池 裕次, 菊地 優作, 南川 典昭 : 4'-セレノリボヌクレオシドを含むオリゴマー合成の問題点と解決法, アンチセンス,遺伝子,デリバリーシンポジウム2012, 2012年9月.
40)根本 尚夫 : 「有機合成技術による新しいMRI用検査薬(造影剤)の開発」 ∼放射線無用かつ切らずに挿さずに体内を視る∼, 鈴木章記念ケミストリーネックワーク設立講演会, 2012年9月.
41)深山 真太郎, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : ロドトルラ酸を基盤とするN-メチルジケトピペラジン型鉄キレート剤の創製, 第42回複素環化学討論会, 2012年10月.
42)Hiroshi Chuman : Development of a Novel QSAR using Molecular Calculations:Linear Expression by Representative Energy Terms, 生命医薬情報学連合大会, Oct. 2012.
43)Mashima Akira, Sakamoto Shuhei, Sugimoto Takuya, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : A Novel and Consistenet Approach to Enzymatic Reactions Using Ab Initio MO Calculations: Trypsin Catalysis of Series of Substrates, 生命医薬情報学連合大会, Oct. 2012.
44)Matoba Hiroshi, Hitaoka Seiji, Kawano Akihiro, Shibata Yuto, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : A Novel Fragment Based QSAR Using FMO and LERE: Binding Affinity of Relenza and Its Analogues with Influenza Virus Neuraminidase, 生命医薬情報学連合大会, Oct. 2012.
45)Hitaoka Seiji, Matoba Hiroshi, Kawano Akihiro, Shibata Yuto, Harada Masataka, Sakamoto Shuhei, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : A New Efficient Approch to Solvation Energy Change Associated with Complex Formation of Ligand with Protein: CriticalComparison of Various Solvation Energy Calculations, 生命医薬情報学連合大会, Oct. 2012.
46)眞鍋 有貴, 兼松 誠, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : ヘリアンヌオールBのエナンチオ選択的全合成, 第56回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会, 2012年10月.
47)阿萬 明, 朝倉 有紀, 南川 典昭, 滝口 祥令, 山﨑 尚志 : 改変U1snRNAによる遺伝子発現抑制, 第51回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
48)柚木 悟, 大平 慎一, 竹内 政樹, 戸田 敬 : エアロゾル中ホルムアルデヒドの検出の試み, 第50 回フローインジェクション分析講演会, 2012年11月.
49)吉田 昌裕, 水口 智貴, 宍戸 宏造 : 空気中に存在する二酸化炭素のアミン類への効率的固定化反応, 第38回反応と合成の進歩シンポジウム, 2012年11月.
50)半田 充史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応を鍵反応とする光学活性グリセロリン脂質の合成, 第38回反応と合成の進歩シンポジウム, 2012年11月.
51)足立 愛美, 水口 智晴, 小阪 朝子, 川島 浩之, 赤路 健一, Lund-Katz Sissel, Phillips C Michael, 斎藤 博幸 : 脂質結合タンパク質アポA-IのG26R変異によるアミロイド線維形成, 膜シンポジウム2012, 2012年11月.
52)武知 佑樹, 斎藤 博幸, 岡村 恵美子 : 溶液NMRを用いた細胞サイズベシクルの評価, 膜シンポジウム2012, 2012年11月.
53)Kohei Tsuji, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Keisuke Aihara, Masaya Denda, Hao Ding, Takahiko Hara and Akira Otaka : Synthesis of antagonistic peptide for putative CXCL14 receptor proteins and their identification, 第49回ペプチド討論会, Nov. 2012.
54)Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : Convergent chemical synthesis of human GM2 activator protein analog using SEAlide chemistry, 第49回ペプチド討論会, Nov. 2012.
55)Ken Sakamoto, Kohei Sato, Akira Shigenaga, Kohei Tsuji, Shugo Tsuda, Hajime Hibino, Yuji Nishiuchi and Akira Otaka : Development of efficient synthetic protocol for Fmoc amino acid-incorporated N-sulfanylethyl-aniline linker as peptide thioester precursor, 第49回ペプチド討論会, Nov. 2012.
56)Akira Shigenaga, Keiji Ogura, Hiroko Hirakawa, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka : Design and synthesis of hypoxia-responsive amino acid which causes peptide bond cleavage in hypoxic cells, 第49回ペプチド討論会, Nov. 2012.
57)長尾 耕治郎, 植田 和光, 斎藤 博幸 : ABCA1とapoA-Iの結合機構の解析, 膜シンポジウム2012, 2012年11月.
58)小澤 司, 荒木 崇彰, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : 分子内不斉[2+2]付加環化反応の開発とアルカロイド合成への展開, 第102回有機合成シンポジウム, 2012年11月.
59)Akira Shigenaga : Development of stimulus-responsive amino acids and their application to peptide based chemical biology, 第49回ペプチド討論会, Nov. 2012.
60)半田 充史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応を鍵反応とする光学活性ホスファチジン酸の合成, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
61)松本 知也, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 2-シクロペンチリデン-2-フルオロ酢酸誘導体の立体選択的合成, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
62)宮城 紫, 木村 光孝, 井上 尚兵, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 福井 誠, 伊藤 博夫 : オルトフタルアルデヒド法を基盤とした新規メチルメルカプタン蛍光標識法, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
63)和田 良介, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 機能性分子を指向するN-メチルジケトピペラジンの合成研究, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
64)北 未来, 山本 純, 戎野 紘司, 重永 章, 大髙 章 : 酸化ストレス応答型アミノ酸の開発研究, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会,日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
65)木下 航輝, 吉田 昌裕 : パラジウム触媒を用いたアリルビスアセテートの連続的環化反応による多置換環状化合物の合成, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
66)淀川 翔太, 吉田 昌裕 : 白金触媒を用いた N-プロパルギル-2-ホルミルピロールの位置選択的水和反応, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
67)梅﨑 浩平, 仲本 正史, 塩村 昌, 志津里 芳一, 大井 高 : 海洋性糸状菌Calonectria sp.の二次代謝産物の構造研究, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(高松), 2012年11月.
68)向井 理恵, 嶺川 祥子, 藤倉 温, 生城 真一, 榊 利之, 室田 佳恵子, 河村 知志, 根本 尚夫, 寺尾 純二 : プレニル基の導入がケルセチンの生体利用性に与える影響, 第17回 日本フードファクター学会学術集会 第9回日本カテキン学会総会 合同大会, 2012年11月.
69)堀川 瞳, 向井 理恵, 藤倉 温, 河村 知志, 根本 尚夫, 二川 健, 寺尾 純二 : 坐骨神経切除マウスにおける8-プレニルナリンゲニンの廃用性筋萎縮抑制効果, 第17回 日本フードファクター学会学術集会 第9回日本カテキン学会総会 合同大会 2012, 2012年11月.
70)傳田 将也, 山本 純, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : タンパク質選択的ラベル化法の開発研究, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会,日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
71)高井 浩伸, 宍戸 宏造, 吉田 昌裕 : Spirocurcasone の合成研究, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
72)北風 圭介, 辻 大輔, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : 新規人工蛍光基質を用いたリソソーム酵素の脳内補充効果のin vivoイメージング, 第54回日本先天異常学会総会/第11回アジア先天代謝異常症シンポジウム, 2012年11月.
73)辻 大輔, 難波 建多郎, 石丸 直澄, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : Tay-Sachs病患者由来iPS細胞の樹立と分化神経系細胞に対する酵素補充効果の検討, 第54回日本先天代謝異常学会総会/第11回アジア先天代謝異常症シンポジウム, 2012年11月.
74)長尾 耕治郎, 植田 和光, 斎藤 博幸 : HDL形成過程におけるABCA1トランスポーターとapoA-Iの結合機構の解析, 第34回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2012年11月.
75)武知 佑樹, 斎藤 博幸, 岡村 恵美子 : 細胞サイズベシクルの高濃度調製と溶液NMRによる物性解析, 第34回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2012年11月.
76)宮崎 亜珠美, 栗谷 和典, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 全リン定量のためのCo3+前処理法の開発とFIA による評価, 第50 回フローインジェクション分析講演会, 2012年11月.
77)宮崎 祐樹, 磯部 貴陽, 大河内 博, 緒方 裕子, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 富士山南東麓における大気中酸性ガスの連続観測, 第50 回フローインジェクション分析講演会, 2012年11月.
78)吉田 昌裕 : パラジウム触媒を用いたプロパルギルエステルと求核剤の連続的環化反応の開発, 有機合成化学協会中国四国支部 支部奨励賞受賞講演会並びに特別招待講演会, 2012年11月.
79)戎野 紘司, 傳田 将也, 小倉 圭司, 寺脇 拓, 重永 章, 大髙 章 : ケージド非水解性リン酸化アミノ酸含有ペプチドの合成とタンパク質結合能の評価, 第30回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2012年11月.
80)佐藤 浩平, 北風 圭介, 坂本 健, 重永 章, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 大髙 章 : リソソーム病治療薬を指向したヒトGM2活性化タンパク質誘導体の化学合成と活性評価, 第30回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2012年11月.
81)辻 耕平, 種子島 幸祐, 重永 章, 粟飯原 圭佑, 丁 昊, 傳田 将也, 原 孝彦, 大髙 章 : CXCL14受容体の同定とそのアンタゴニストペプチドの合成, 第30回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2012年11月.
82)山本 純, 傳田 将也, 戎野 紘司, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : フッ化物イオン応答型トレーサブルリンカーを利用したタンパク質精製実験, 第30回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2012年11月.
83)Matoba Hiroshi, Hitaoka Seiji, Kawano Akihiro, Shibata Yuto, 吉田 達貞, 中馬 寛 : 非経験的分子軌道法計算を用いたリレンザおよびその誘導体とインフルエンザ・ノイラミニダーゼとの結合自由エネルギー変化のQSAR解析-Fragment Based LERE-QSAR, 第40回構造活性相関シンポジウム, 2012年11月.
84)Aibara Kaoru, Yamauchi Kyoko, 吉田 達貞, 中馬 寛 : β‐セクレターゼ阻害剤のLead Evolution とOptimization:分子化学計算による薬物-タンパク質間相互作用から定量的考察, 第40回構造活性相関シンポジウム, 2012年11月.
85)Hitaoka Seiji, Matoba Hiroshi, Kawano Akihiro, Shibata Yuto, Harada Masataka, Sakamoto Shuhei, 吉田 達貞, 中馬 寛 : リガンド-タンパク質の複合体形成に及ぼす溶媒効果の検討:LERE-QSAR解析における水和自由エネルギー項の定量的考察, 第40回構造活性相関シンポジウム, 2012年11月.
86)Yamauchi Kyoko, Aibara Kaoru, Sakamoto Shuhei, 吉田 達貞, 中馬 寛 : LERE-QSAR 解析によるbilinear model の新しい解釈:トリアジン誘導体とジヒドロ葉酸還元酵素との複合体形成, 第40回構造活性相関シンポジウム, 2012年11月.
87)Mashima Akira, Sakamoto Shuhei, Sugimoto Takuya, 吉田 達貞, 中馬 寛 : LERE-QSAR 解析の酵素触媒反応への適用:トリプシンによる置換馬尿酸フェニルの加水分解反応のミカエリス・メンテン定数および反応速度定数の定量的解析, 第40回構造活性相関シンポジウム, 2012年11月.
88)Sugimoto Takuya, Hitaoka Seiji, Mashima Akira, Matoba Hiroshi, Sakamoto Suhei, Nonoshita Kou, Hayashi Takahisa, 吉田 達貞, 中馬 寛 : A Combined QM/MM (ONIOM) and QSAR Approach to the Study of Complex Formation of Matrix Metalloproteinase-9 with a Series of Biphenylsulfonamides, 第40回構造活性相関シンポジウム, 2012年11月.
89)大楠 剛司, 内本 勝也, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 気節-振幅変調多重化フロー分析法によるリン酸イオンの定量, 第17回徳島地区分析技術セミナー, 2012年12月.
90)中村 崇洋, 辻 大輔, 伊藤 孝司 : 多発性骨髄腫細胞株の薬剤抵抗性に関与するプロテオームの解析, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
91)北風 圭介, 辻 大輔, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : 酵素の分子構造改変に基づくTay-Sachs病治療薬の開発, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
92)難波 建多郎, 辻 大輔, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : Tay-Sachs病患者由来iPS細胞の樹立と中枢神経系モデルの構築, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
93)小川 隆, 辻 大輔, 伊藤 孝司 : Sondhoff病モデルマウス由来単級系細胞内Actin重合関連タンパクの発現と運動性及び浸潤性との相関, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
94)西岡 宗一郎, 小林 巧, 辻 大輔, 池戸 駿介, Md.RAHMAN Motiur, 東 哲也, 真板 宣夫, 瀬筒 秀樹, 町井 博明, 原園 景, 石井 明子, 川崎 ナナ, 伊藤 孝司 : リソソーム病治療への応用を目指したTGカイコ由来組換えヒトカテプシンAの分子特性評価, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
95)北風 圭介, 辻 大輔, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : CHO細胞による改変型リソソーム酵素の発現・精製と機能評価システムの開発, 平成24年度第5回先導技術交流会, 2013年1月.
96)樋口 陽介, 古川 和寛, 南川 典昭 : ImON:NaNO塩基対を両末端部に持つ環上DNAの合成研究, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
97)林 弘也, 谷池 裕次, 菊池 優作, 古川 和寛, 南川 典昭 : 4'-セレノピリミジンヌクレオシド誘導体を含むオリゴマーの合成研究, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
98)宮澤 忠, 古川 和寛, 大井 高, 南川 典昭 : 新規含硫ヌクレオシド誘導体の合成, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
99)吉良 太孝, 山下 ありさ, 山中 直哉, 古川 和寛, 山﨑 哲男, 石田 竜弘, 際田 弘志, 南川 典昭 : ケミカルツールを用いたsiRNA-タンパク質間の相互作用様式解明, 第133年会日本薬学会, 2013年3月.
100)新井 真以, 橋本 洋佑, 斎藤 陽太, 古川 和寛, 石田 竜弘, 際田 弘志, 南川 典昭 : 新規ハイブリッド型修飾核酸の合成とアンチmiRNA活性の評価, 第133年会日本薬学会, 2013年3月.
101)折原 賢祐, 小林 久剛, 兼松 誠, 吉田 昌裕, 中村 崇洋, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 重永 章, 大髙 章, 宍戸 宏造 : Aspergillide Cの活性評価および標的タンパクの探索, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
102)松下 剛史, 渡邊 勝志, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 根本 尚夫 : 脂質異常症治療薬であるフェノフィブラートのBGL化と活性評価, 日本若学会第133年会, 2013年3月.
103)田良島 典子, 南川 典昭 : 新規Im:Na塩基対のDNAポリメラーゼによる基質認識, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
104)北 未来, 山本 純, 戎野 紘司, 重永 章, 大髙 章 : 過酸化水素応答型アミノ酸の開発研究, 日本薬学会第133回年会, 2013年3月.
105)山本 純, 北 未来, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質の精製・選択的ラベル化ツール「トレーサブルリンカー」の開発, 日本薬学会第133回年会, 2013年3月.
106)中嶋 宏之, 足立 愛美, 桑原 香織, 川島 浩之, 長尾 耕治郎, 柏田 良樹, 赤路 健一, 斎藤 博幸 : アミロイド-シス変異アポA-Iの線維形成と細胞増殖抑制作用, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
107)大野 祥子, 吉田 昌裕 : パラジウム触媒を用いたプロパルギルエステルと2-ビニルフェノールの連続的求核置換-環化反応, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
108)眞鍋 有貴, 兼松 誠, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : Heliannuol B 及び D のエナンチオ選択的全合成, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
109)吉田 昌裕, 木下 航揮, 中川 友美, 宍戸 宏造 : パラジウム触媒を用いたプロパルギルエステルと4-ヒドロキシ—2-ピロンの連続的環化反応, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
110)吉田 昌裕, 杉村 知友紀, 水口 智貴 : パラジウム触媒を用いたプロパルギルエステルとβ‐イミノエステルの連続的環化反応, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
111)吉井 遼, 中谷 亮介, 植野 哲 : カチオン性ポリマーによって誘起された脂質二分子膜流動性変化の可視化, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
112)北風 圭介, 辻 大輔, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : 酵素の分子構造改変に基づくTay-Sachs病治療薬の開発, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
113)小澤 司, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : (-)‐デブロモフルストラミンB及びEの全合成, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
114)藤岡 孝佑, 横江 弘雅, 吉田 昌裕, 宍戸 宏造 : Penostatin Eの全合成, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
115)水口 智貴, 吉田 昌裕 : プロパルギルアジリジンの連続的開環‐環化反応による置換ピリジンの合成, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
116)吉田 昌裕, 石川 裕大, 山本 佳世, 宍戸 宏造 : パラジウム触媒を用いたアレンとアリールボロン酸の付加反応を鍵とするcurcudiol の不斉全合成, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
117)宮本 理人, 渡邊 勝志, 河野 舞, 冨田 洋介, 松下 剛史, 服部 初彦, 石澤 啓介, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 : 分岐鎖オリゴグリセロール修飾によるフェノフィブラートの物性および薬物動態,薬効の改善, 日本若学会第133年会, 2013年3月.
118)松本 知也, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 2-フルオロ-2-ジエチルホスホノ酢酸とケトン類の立体選択的HWE反応, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
119)半田 充史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE試薬を用いる光学活性グリセロリン脂質の合成 (2), 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
120)宮城 紫, 木村 光孝, 井上 尚兵, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 福井 誠, 伊藤 博夫 : OPA法を基盤とした新しい口臭検査法の開発, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
121)太田 泰雅, 宮本 和範, 落合 正仁 : 三価の超原子価ブロマンとスルホンアミドを用いたアルカンC-Hアミノ化反応, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
122)合田 峻輔, 宮本 和範, 落合 正仁 : 超原子価ジアセトキブロマン(III)を用いた効率的芳香族C-Hアミノ化反応, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
123)岩崎 進, 宮本 和範, 落合 正仁, 城 始勇, 松本 崇 : 五価の超原子価ブロミルベンゼンの合成,構造と反応, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
124)伊藤 孝司 : カイコを用いた新規医薬品と評価システムの開発, --- -トランスジェニックカイコを用いたリソソーム病治療薬の開発- ---, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
125)関水 和久, 伊藤 孝司 : カイコを用いた新規医薬品と評価システムの開発, 日本薬学会第133年会 一般シンポジウム, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 作品等

(なし)

2012年度(平成24年度) / その他・研究会

1)田中 秀治 : 分析化学への想い, 日本の分析化学者(創立六十周年記念誌) (第4部「次世代を担う人材」の薬学分野11名の中に選ばれ,執筆), 251, 2012年5月.
2)重永 章 : バイオミネラリゼーションの時空間的制御を可能とするケージドペプチドの創製, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「融合マテリアル」第5回公開シンポジウム, 2012年6月.
3)南川 典昭 : 化学修飾DNAを利用するRNAi創薬の新展開, 第19回ファーマサイエンスフォーラム, 2012年7月.
4)重永 章 : 刺激応答型アミノ酸を基盤とした生命科学分野へのアプローチ, 生有研シンポジウム, 2012年8月.
5)南川 典昭 : 核酸医薬の現状と将来, プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 2012年9月.
6)重永 章, 山本 純, 前田 奈美, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質の精製およびラベル化を可能とするトレーサブルリンカーの開発, 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御」第2回若手研究者ワークショップ, 2012年10月.
7)粟飯原 圭佑, 重永 章, 辻 耕平, 佐藤 浩平, 大髙 章 : タンパク質化学合成を指向した多成分ペプチドフラグメント縮合法の開発, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「融合マテリアル」第5回若手スクール, 2012年11月.
8)重永 章 : ''化学''による生命現象制御をめざして, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「融合マテリアル」第5回若手スクール, 2012年11月.
9)田中 秀治 : FIAの発展と成熟の先に(巻頭言), Journal of Flow Injection Analysis, Vol.29, No.2, 71, 2012年12月.
10)重永 章 : バイオミネラリゼーションの時空間的制御を可能とするケージドペプチドの創製, 新学術領域研究 若手合同シンポジウム「配位プログラム」×「融合マテリアル」, 2012年12月.
11)Noriaki Minakawa : Chemistry & Biology of 4'-thioDNA, Memorial seminor of international academic exchange between Dongguk Univ. & the Univ. of Tokushima, Dec. 2012.
12)重永 章 : バイオミネラリゼーションの時空間的制御を可能とするケージドペプチドの創製, 新学術領域研究「融合マテリアル」第6回公開シンポジウム, 2013年1月.

2012年度(平成24年度) / 報告書

1)田中 秀治 : 第50回フローインジェクション分析講演会, ぶんせき, Vol.2013, No.2, 111-112, 2013年2月.

2013年度(平成25年度)

article.{@.date="20130400 20140399" @.organization=\E{148401}}

2013年度(平成25年度) / 著書

1)佐野 茂樹 : 化学便覧 応用化学編 第7版 IV有機・高分子化学品/材料 16章医薬品 16.4.8アレルギー・喘息薬, 丸善 株式会社, 東京, 2014年1月.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (審査論文)

1)MM Rahman, Daisuke Tsuji, K Suzuki, J Sakamoto, K Matsuoka, F Matsuzawa, S Aikawa and Kouji Itou : Inhibitory effects and specificity of synthetic sialyldendrimers toward recombinant human cytosolic sialidase 2 (NEU2)., Glycobiology, Vol.23, No.4, 495-504, 2013.
2)Kosuke Tanegashima, Kenji Suzuki, Yuki Nakayama, Kohei Tsuji, Akira Shigenaga, Akira Otaka and Takahiko Hara : CXCL14 is a natural inhibitor of the CXCL12-CXCR4 signaling axis, FEBS Letters, Vol.587, No.12, 1731-1735, 2013.
3)tomoyuki Kawamura, Nanae Matso, Daisuke Yamauchi, Yoo Tannabe and Hisao Nemoto : Palladium-catalyzed highly regio- and stereoselective carboncarbon bond formation reaction of -substituted vinylazilidines with a silylated masked acyl cyanide reagen, Tetrahedron, Vol.69, No.26, 5331-5341, 2013.
4)Masahiro Yoshida, Hironobu Takai, Shota Yodokawa and Kozo Shishido : Regio- and diastereoselective synthesis of functionalized hydroxyhexahydrocyclopenta[b]furancarboxylates by oxidative radical cyclization of cyclic β-keto esters with alkenes, Tetrahedron, Vol.69, No.26, 5273-5280, 2013.
5)Akihiro Matsuda, Kohjiro Nagao, Michinori Matsuo, Noriyuki Kioka and Kazumitsu Ueda : 24(S)-hydroxycholesterol is actively eliminated from neuronal cells by ABCA1., Journal of Neurochemistry, Vol.126, No.1, 93-101, 2013.
6)Yuki Takechi, Hiroyuki Saito and Emiko Okamura : Slow Tumbling but Large Protrusion of Phospholipids in the Cell Sized Giant Vesicle, Chemical Physics Letters, Vol.570, 136-140, 2013.
7)Seiji Hitaoka and Hiroshi Chuman : Revisiting the Hansch-Fujita Approach and Development of a Fundamental QSAR, Journal of Pesticide Science, Vol.38, No.2, 60-67, 2013.
8)Licht Miyamoto, Masashi Watanabe, Chiaki Taoka, Mai Kono, Yosuke Tomida, Tsuyoshi Matsushita, Masaki Kamiya, Hatsuhiko Hattori, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Hisao Nemoto and Koichiro Tsuchiya : A novel prodrug strategy for extremely hydrophobic agents; - Conjugation to symmetrically branched glycerol trimer improves pharmacological and pharmacokinetic properties of fenofibrate, Molecular Pharmaceutics, Vol.10, No.7, 2723-2729, 2013.
9)Kazunori Miyamoto, Mai Suzuki, Takashi Suefuji and Masahito Ochiai : In Situ Generation Technology of β-Butoxycarbonyliodonium Ylide: A Hypervalent Analogue of the Darzens Reagent, European Journal of Organic Chemistry, Vol.2013, No.18, 3662-3666, 2013.
10)Hongzhou Gu, Kazuhiro Furukawa, Zasha Weinberg, F Daniel Berenson and R Ronald Breaker : Small, Highly Active DNAs That Hydrolyze DNA., Journal of the American Chemical Society, Vol.135, No.24, 9121-9129, 2013.
11)Yusaku Kikuchi, Naoshi Yamazaki, Noriko Tarashima, Kazuhiro Furukawa, Yoshiharu Takiguchi, Kouji Itou and Noriaki Minakawa : Gene suppression via U1 small nuclear RNA interference (U1i) machinery using oligonucleotides containing 2'-modified-4'-thionucleosides, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.21, No.17, 5292-5296, 2013.
12)Akiko Obase, Akihito Kageyama, Yuki Manabe, Tsukasa Ozawa, Takaaki Araki, Hiromasa Yokoe, Makoto Kanematsu, Masahiro Yoshida and Kozo Shishido : Enantioselective total syntheses of pygmaeocins B and C, Organic Letters, Vol.15, No.14, 3666-3669, 2013.
13)Kohei Sato, Akira Shigenaga, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : Chemical synthesis of biologically active monoglycosylated GM2-activator protein analog using N-sulfanylethylanilide peptide, Angewandte Chemie International Edition, Vol.52, No.30, 7855-7859, 2013.
14)Rie Mukai, Yutaka Fujikura, Kaeko Murota, Shoko Minekawa, Naoko Matsui, Hisao Nemoto and Junji Terao : Prenylation enhances quercetin uptake and reduces efflux in Caco-2 cells and enhances tissue accumulation in mice fed long-term., The Journal of Nutrition, Vol.143, No.10, 1558-1564, 2013.
15)Kojima Takamitsu, Kazuhiro Furukawa, Maruyama Hideto, Inoue Naonori, Tarashima Noriko, Matsuda Akira and Noriaki Minakawa : PCR amplification of 4-thioDNA using 2-deoxy-4-thionucleoside 5-triphosphates, ACS Synthetic Biology, Vol.2, No.9, 529-536, 2013.
16)Mayumi Takahashi, Naoki Yamada, Hiroto Hatakeyama, Manami Murata, Yusuke Sato, Noriaki Minakawa, Hideyoshi Harashima and Akira Matsuda : In vitro optimization of 2'-OMe-4'-thioribonucleoside-modified anti-microRNA oligonucleotides and its targeting delivery to mouse liver using a liposomal nanoparticle., Nucleic Acids Research, Vol.41, No.22, 10659-10667, 2013.
17)Miyazawa Tadashi, Umezaki Kouhei, Tarashima Noriko, Kazuhiro Furukawa, Takashi Ooi and Noriaki Minakawa : Synthesis of a novel 1,2-dithianenucleoside via Pummerer-like reaction, followed by Vorbruggen glycosylation between a 1,2-dithiane derivative and uracil, Chemical Communications, Vol.49, 7851-7853, 2013.
18)Kosuke Tanegashima, Kohei Tsuji, Kenji Suzuki, Akira Shigenaga, Akira Otaka and Takahiko Hara : Dimeric peptides of the C-terminal region of CXCL14 function as CXCL12 inhibitors, FEBS Letters, Vol.587, No.23, 3770-3775, 2013.
19)Mykhailo Girych, Galyna Gorbenko, Valeriya Trusova, Emi Adachi, Chiharu Mizuguchi, Kohjiro Nagao, Hiroyuki Kawashima, Kenichi Akaji, Sissel Lund-Katz, C Michael Phillips and Hiroyuki Saito : Interaction of thioflavin T with amyloid fibrils of apolipoprotein A-I N-terminal fragment: resonance energy transfer study., Journal of Structural Biology, Vol.185, No.1, 116-124, 2013.
20)Emi Adachi, Asako Kosaka, Kohei Tsuji, Chiharu Mizuguchi, Hiroyuki Kawashima, Akira Shigenaga, Kohjiro Nagao, Kenichi Akaji, Akira Otaka and Hiroyuki Saito : The extreme N-terminal region of human apolipoprotein A-I has a strong propensity to form amyloid fibrils., FEBS Letters, Vol.588, No.3, 389-394, 2013.
21)Michihiro Nakamura, Kazunori Miyamoto, Koichiro Hayashi, Aziz Awaad, Masahito Ochiai and Kazunori Ishimura : Time-Lapse Fluorescence Imaging and Quantitative Single Cell and Endosomal Analysis of Peritoneal Macrophages Using Fluorescent Organosilica Nanoparticles, Nanomedicine : Nanotechnology, Biology, and Medicine, Vol.9, No.2, 274-283, 2013.
22)Hiroki Kitayama, Yuki Takechi, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki, Chikako Yomota and Hiroyuki Saito : Thermotropic phase behavior of hydrogenated soybean phosphatidylcholine-cholesterol binary liposome membrane., Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.62, No.1, 58-63, 2014.
23)Takeshi Ogusu, Katsuya Uchimoto, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Air Segmented-Amplitude Modulated Multiplexed Flow Analysis with Software-Based Phase Recognition. Determination of Phosphate Ion, Talanta, Vol.118, 123-128, 2014.
24)Takahiro Nakamura, Akira Shigenaga, Kohei Sato, Yusuke Tsuda, Ken Sakamoto and Akira Otaka : Examination of native chemical ligation using peptidyl prolyl thioester, Chemical Communications, Vol.50, No.1, 58-60, 2014.
25)Kunihiro Kitamura, Yunoshin Tamura, Tomokazu Ueki, Koji Ogata, Shigeho Noda, Ryutaro Himeno and Hiroshi Chuman : Binding Free-Energy Calculation is a Powerful Tool for Drug Optimization - Calculation and Measurement of Binding Free Energy for 7-Azaindole Derivatives to Glycogen Synthase Kinase-3, Journal of Chemical Information and Modeling, Vol.54, No.6, 1653-1660, 2014.
26)Tatsusada Yoshida, Akira Mashima, Katsunori Sasahara and Hiroshi Chuman : A simple and efficient dispersion correction to the HartreeFock theory, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.24, No.4, 1037-1042, 2014.
27)Shigeki Sano, Keisuke Matsuura, Hayato Sumiyoshi, Akira Miki, Syuji Kitaike and Michiyasu Nakao : Reinvestigation of 1,3,4-Thiadiazol-2(3H)-Iminium Bromide in the Two-Step Synthesis of Imdazo[2,1-b][1,3,4]-Thiadiazoles, Heterocycles, Vol.89, No.4, 1041-1053, 2014.
28)Tomoyuki Kawamura, Moemi Hayashi, Rie Mukai, Junji Terao and Hisao Nemoto : The First Synthesis of Uralenol, 5'-Prenylated Quercetin via Palladium-catalyzed O-dimethylallylation Reaction with Concurrent Acetyl Migration, Synthesis, Vol.46, No.02, 170-174, 2014.
29)Michiyasu Nakao, Yuriko Toriuchi, Shintaro Fukayama and Shigeki Sano : Synthesis and Conformational Characterization of Diketopiperazines Bearing a Benzyl Moiety, Chemistry Letters, Vol.43, No.3, 340-352, 2014.
30)Kazunori Miyamoto, Yukie Yokota, Takashi Suefuji, Kentaro Yamaguchi, Tomoyuki Ozawa and Masahito Ochiai : Reactivity of hydroxy- and aquo(hydroxy)-λ3-iodane-crown ether complexes., Chemistry - A European Journal, Vol.20, No.18, 5447-5453, 2014.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Ken Sakamoto, Kohei Sato, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : N-Sulfanylethyl anilide linkers as peptide thioester equivalent, Peptides Across The Pacific, Proceedings of the Twenty-Third American and Sixth International Peptide Symposium, 242-243, 2013.

2013年度(平成25年度) / 学術レター

(なし)

2013年度(平成25年度) / 総説・解説

1)傳田 将也, 山本 純, 佐藤 浩平, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 吉村 好之, 山内 あい子, 大髙 章 : 新規タンパク質選択的ラベル化試薬''SEAL-tag''の開発研究, ケミカルバイオロジー, Vol.6, 6-9, 2013年6月.
2)Masahiro Yoshida : Synthesis of functionalized cyclic molecules by palladium-catalyzed cyclization of propargylic esters with bis-nucleophiles., Heterocycles, Vol.87, No.9, 1835-1864, Sep. 2013.
3)古川 和寛 : 抗生物質耐性をつかさどるRNAスイッチ, ファルマシア, Vol.49, No.9, 905, 2013年9月.

2013年度(平成25年度) / 国際会議

1)Kouji Itou, Daisuke Tsuji, So-ichirou Nishioka, Syunsuke Ikedo, Tetuya Higashi, I Kobayashi, H Sezutsu, A Ishii, K. Harazono, M. Tada, Nana Kawasaki and Hiroaki Machii : Molecular properties of recombinant human lysosomal enzyme produced by transgenic silkworm and therapeutic potential for lysosomal storage disease., Gordon Research Conference 2013 Lysosomal Diseases, Italy,Lucca (Barga), Apr. 2013.
2)Kitakaze Keisuke, Daisuke Tsuji, Asanuma Daisuke, Kamiya Mako, Urano Yasuteru, Sakuraba Hitoshi and Kouji Itou : Evaluation of enzyme replacement effect and development of purified system to obtain recombinant lysosomal enzyme with M6P-type glycan., Gordon Research Conference 2013 Lysosomal Diseases, Italy,Lucca(Barga), Apr. 2013.
3)Arisa Ochi, Katsuya Hirasaka, Ayako Maita, Shigetada Kondo, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto, Rie Mukai, Junji Terao, Taesik Gwang, Inho Choi and Takeshi Nikawa : Development of anti-ubiquitination oligopeptide, Cblin:Cbl-b inhibitor that prevents unloading-induced muscle atorophy., The 29th International Symposium on Space Technology and Science, Nagoya, Jun. 2013.
4)Ken Sakamoto, Kohei Sato, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : Development of efficient synthetic method for N-amino acyl N-sulfanylethyl anilide linkers as peptide thioester equivalent, 23rd American Peptide Symposium, Hawai'i, Jun. 2013.
5)Keisuke Aihara, Kohei Tsuji, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Ring-closing metathesis approach for the synthesis of Lys-Glu bridged cyclic peptides, 23rd American Peptide Symposium, Hawai'i, Jun. 2013.
6)Jun Yamamoto, Miku Kita, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka : Application of thiol-responsive amino acid to traceable linker for purification and selective labeling of target protein, 23rd American Peptide Symposium, Hawai'i, Jun. 2013.
7)Masahiro Yoshida, Shota Yodokawa, Hironobu Takai, Kozo Shishido and Kosuke Namba : Regio-and Diastereoselective Oxidative Radical Cyclization of Cyclic -Keto Ester with Alkenes, The First Asian Conference for "MONODUKURI" Strategy by Synthetic Organic Chemistry (ACMS), Okinawa, Japan, Jul. 2013.
8)Kosuke Namba : Organic Chemistry Research on Iron Acquisition in Graminaceous Plants, The First Asian Conference for "MONODUKURI" Strategy by Synthetic Organic Chemistry (ACMS), Okinawa, Japan, Jul. 2013.
9)Masahiro Yoshida, Tomoyo Kasai and Kosuke Namba : Enantioselective Total Synthesis of HM-3, The First Asian Conference for "MONODUKURI" Strategy by Synthetic Organic Chemistry (ACMS), Okinawa, Japan, Jul. 2013.
10)Masahiro Yoshida, Tomotaka Muzuguchi and Kosuke Namba : Synthesis of substituted pyridines by a ring openingcyclization reaction of propargylic aziridines, The First Asian Conference for "MONODUKURI" Strategy by Synthetic Organic Chemistry (ACMS), Okinawa, Japan, Jul. 2013.
11)Masahiro Yoshida, Miki Shibata and Kosuke Namba : Palladium-catalyzed unusual cascade cyclization of 4-hydroxy-2-pyrones with allylic bisacetates, The First Asian Conference for "MONODUKURI" Strategy by Synthetic Organic Chemistry (ACMS), Okinawa, Japan, Jul. 2013.
12)Masahiro Yoshida, Shoko Ohno and Kosuke Namba : Palladium-catalyzed cascade nucleophilic substitution[2+2] cyclization of propargylic esters with 2-vinylphenols, The First Asian Conference for "MONODUKURI" Strategy by Synthetic Organic Chemistry (ACMS), Okinawa, Japan, Jul. 2013.
13)Satoru Yunoki, Akira Yanaga, Shin-Ichi Ohira, Masaki Takeuchi and Kei Toda : Measurement of gaseous and particulate formaldehyde in the atmosphere, ASIANALYSIS XII, Aug. 2013.
14)Masahiro Yoshida : Synthesis of functionalized cyclic molecules by palladium-catalyzed cyclization of propargylic esters with bis-nucleophiles, Jokichi Takamine 130 Years of Glasgow-Japan Collaboration, Glasgow, Sep. 2013.
15)Masahiro Yoshida, Tomotaka Muzuguchi and Kosuke Namba : Synthesis of Oxazolidinones by Efficient Fixation of Atmospheric CO2 with Propargylic Amines by using a Silver/1,8-Diazabicyclo[5.4.0] undec-7-ene (DBU) Dual-Catalyst System, 13th International Conference on the Chemistry of Antibiotics and other bioactive compounds, Yamanashi, Sep. 2013.
16)Kohei Takeuchi, Yukari Kaihara, Kosuke Namba and Keiji Tanino : Synthetic Studies on Palau'amine, 13th International Conference on the Chemistry of Antibiotics and other bioactive compounds, ICCA-13, Yamanashi, Sep. 2013.
17)Akira Shigenaga : Development of stimulus-responsive amino acid and its application to chemical biology, International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan, Sendai, Sep. 2013.
18)Hiroshi Chuman : Linear Expression by Representative Energy Terms: A Novel QSAR Precedure Using Theoretical Computations on Protein-Ligand Complexes, CMTPI2013, Seoul, Oct. 2013.
19)Tatsusada Yoshida, Akira Mashima, Katsunori Sasahara, Yuto Shibata, Masahiro Eguchi, Seiji Hitaoka and Hiroshi Chuman : Estimation of Non-covalent Interactions with a New Efficient Dispersion Corrected HF Approach, CMTPI2013, Seoul, Oct. 2013.
20)Akira Shigenaga : SEAlide as thioester equivalent for chemical synthesis of proteins, 4th Modern Solid Phase Peptide Synthesis & Its Application Symposium, Kobe, Nov. 2013.
21)Ken Sakamoto, Kohei Sato, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of practical synthetic method for Fmoc amino acid-incorporated N-sulfanylethyl anilide linker as peptide thioester equivalent, 4th Modern Solid Phase Peptide Synthesis & Its Application Symposium, Kobe, Nov. 2013.
22)Keisuke Aihara, Daisuke Takahashi, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Olefin metathesis approach utilizing AJIPHASE(R) for the synthesis of lactam bridged peptides, 4th Modern Solid Phase Peptide Synthesis & Its Application Symposium, Kobe, Nov. 2013.
23)Takahiro Nakamura, Akira Shigenaga, Kohei Sato, Yusuke Tsuda and Akira Otaka : Application of peptidyl prolyl thioesters to native chemical ligation, 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium, 50th Japanese Peptide Symposium, Suita, Nov. 2013.
24)Yusuke Tsuda, Akira Shigenaga, Kohei Sato, Rin Miyajima and Akira Otaka : Development of Chemical Protocols for Producing Peptide Thioesters from Naturally Occurring Peptide Sequences, Part 2, 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium, 50th Japanese Peptide Symposium, Suita, Nov. 2013.
25)Yusuke Tsuda, Akira Shigenaga, Kohei Sato, Takahiro Nakamura and Akira Otaka : Development of Chemical Protocols for Producing Peptide Thioesters from Naturally Occurring Peptide Sequences, Part 1, 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium, 50th Japanese Peptide Symposium, Suita, Nov. 2013.
26)Miku Kita, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Chiaki Komiya, Akira Shigenaga, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka : Development of hydrogen peroxide-responsive amide bond cleavage device, 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium, 50th Japanese Peptide Symposium, Suita, Nov. 2013.
27)Keisuke Aihara, Akira Shigenaga, Daisuke Takahashi and Akira Otaka : New approach for synthesis of lactam bridged peptides using olefin metathesis on AJIPHASE®, 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium, 50th Japanese Peptide Symposium, Suita, Nov. 2013.
28)Jun Yamamoto, Miku Kita, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka : Development of thiol-responsive traceable linker for efficient enrichment and selective labeling of target proteins, 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium, 50th Japanese Peptide Symposium, Suita, Nov. 2013.
29)Yusuke Tsuda, Akira Shigenaga, Kohei Sato, Takahiro Nakamura, Keisuke Kitakaze, Kouji Itou and Akira Otaka : Development of chemical protocol for preparation of peptide/protein thioesters applicable to naturally occurring sequences, 17th KPPS Annual Symposium, Seoul, Nov. 2013.
30)Yuta Otsuka, Masaki Takeuchi, Makoto Otsuka, B. Ben-Nissan and Hideji TANAKA : Investigation on relationship between CO2 concentration and self-setting TeCP-DCPD apatite cement formation by ATR-IR and chemoinfomatics, The 13th Asian BioCeramics Symposium (ABC2013), Kyoto, Japan, Dec. 2013.
31)Satoshi Ogawa, Hiroshi Okochi, Takaharu Isobe, Hiroko Ogata, Toshio Nagoya, Yukiya Minami, Masaki Takeuchi, Hiroshi Kobayashi, Kazuhiko Miura, Shungo Kato, Mitsuo Uematsu and Natsumi Umezawa : Observation of acidic trace gases, gaseous mercury, and water-soluble inorganic aerosols species at the top and the foot of Mt. Fuji, International Conference of Asian Environmental Chemistry 2014, 2014.
32)Rie Mukai, Naoko Matsui, N Matsumoto, N.T. Dang, Takeshi Nikawa, Hisao Nemoto and Junji Terao : Anti-Oxidative Flavonoid suppresses disuse muscle atrophy in denervation mice., XXVIIth International Conference on Polyphenols &8th Tannin Conference., 2014.
33)Hiroshi Chuman : Linear Expression by Representative Energy Terms: a Novel QSAR Procedure Using Theoretical Computations on ProteinLigand Complexes, International Symposium on Compound Design Technology, Tokyo, Mar. 2014.
34)Hiroshi Chuman : Linear Expression by Representative Energy Terms: a Novel QSAR Procedure Using Theoretical Computations on ProteinLigand Complexes, International Symposium on Compound Design Technology, Osaka, Mar. 2014.

2013年度(平成25年度) / 国内講演発表

1)中馬 寛 : 自由エネルギー変化の代表エネルギー項による線形表現を用いた定量的構造活性相関解析の構築とその応用表現, 構造生物応用研究会, 2013年5月.
2)髙野 恵万子, 吉岡 薫, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 大気エアロゾル中粗大粒子および微小粒子に含まれる過塩素酸イオンの動態, 第73回分析化学討論会, 2013年5月.
3)栗谷 和典, 久保 祐哉, 宮崎 亜珠美, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 全リン定量を目的とする電解発生Co3+を用いる各種リン化合物の迅速前処理法の開発, 第73回分析化学討論会, 2013年5月.
4)水口 智晴, 足立 愛美, 川島 浩之, 長尾 耕治郎, 赤路 健一, 斎藤 博幸 : 脂質膜環境下でのアポA-Iアミロイド線維形成, 日本膜学会第35年会, 2013年5月.
5)嶺川 祥子, 向井 理恵, 藤倉 温, 生城 真一, 榊 利之, 室田 佳恵子, 河村 知志, 根本 尚夫, 寺尾 純二 : プレニル基付加がケルセチンのグルクロン酸抱合とABCトランスポーターによる排出に及ぼす影響, 第67階日本栄養食糧学会, 2013年5月.
6)松井 直子, 向井 理恵, 候 徳興, 河村 知志, 根本 尚夫, 二川 健, 寺尾 純二 : 酸化ストレス上昇を伴う廃用性筋萎縮に対する抗酸化プレニルケルセチンの効果, 第67回本栄養食糧学会, 2013年5月.
7)水口 智貴, 酒井 健太郎, 宍戸 宏造, 吉田 昌裕 : 空気中に存在する二酸化炭素のアミン類への効率的固定化反応の開発, 第11回次世代を担う有機化学シンポジウム, 2013年5月.
8)大髙 章 : 標的タンパク質同定に向けたトレーサブルリンカーの開発, 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー∼分子標的と活性制御∼」第4回公開シンポジウム, 2013年5月.
9)西岡 宗一郎, 小林 功, 辻 大輔, 池戸 駿介, Md.RAHMAN Motiur, 東 哲也, 真板 宣夫, 瀬筒 秀樹, 町井 博明, 原園 景, 石井 明子, 川崎 ナナ, 伊藤 孝司 : ガラクシアリドーシス治療薬候補としてのトランスジェニックカイコ由来ヒトカテプシンAの解析, 第54回日本生化学会中国・四国支部例会, 2013年5月.
10)北風 圭介, 辻 大輔, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : テイーサック病の新規治療薬開発を目指した機能改変型ヒトβーヘキソサミニダーゼの精製および評価, 第54回日本生化学会中国・四国支部例会, 2013年5月.
11)Motiur Md Rahman, Hirokawa Takatsugu, Daisuke Tsuji, Hitaoka Seiji, Tatsusada Yoshida, Hiroshi Chuman and Kouji Itou : In vitro inhibitory and stabilizing effects of siastatin B toward human cytosolic sialidase 2 (NEU2), 第54回日本生化学会中国・四国支部例会, May 2013.
12)東 哲也, LM Chavas, 辻 大輔, 伊藤 孝司 : リソソーム性Neuraminidase-1(NEU1)のin cell結晶化, 第54回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2013年5月.
13)山口 沙恵香, 辻 大輔, 難波 健多郎, 今滝 泉, 伊藤 孝司 : Tay-Sachs病患者由来iPS細胞を用いた中枢神経モデルの構築, 第54回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2013年5月.
14)宮城 紫, 木村 光孝, 井上 尚兵, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 福井 誠, 伊藤 博夫 : OPA法を基盤とした新しい口臭検査法の開発, 第11回プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 2013年6月.
15)戎野 紘司, 傳田 将也, 小倉 圭司, 重永 章, 大髙 章 : ケージド非水解性リン酸化アミノ酸含有ペプチドの合成と14-3-3βタンパク質への結合能評価, 日本ケミカルバイオロジー学会第8回年会, 2013年6月.
16)難波 康祐 : 実践的合成研究を基盤としたイネ科植物の鉄イオン取り込み機構に関する研究, 有機合成化学講習会, 2013年6月.
17)中馬 寛 : 自由エネルギー変化の線形表現に基づくリガンド―タンパク質結合自由エネルギー変化の超精密予測, 構造活性相関フォーラム2013, 2013年6月.
18)大髙 章 : ペプチド・タンパク質を基盤とする創薬展開への化学基盤の開拓, 創薬懇話会2013, 2013年7月.
19)竹内 公平, 海原 由香理, 難波 康祐, 谷野 圭持 : Palau'amineの全合成研究, 第25回万有札幌シンポジウム, 2013年7月.
20)古川 和寛, Gu Hongzhou, Sudarasan Narashimhan, 早川 芳宏, 兵藤 守, Breaker Ronald : 細菌のセカンドメッセンジャーを感知するリボスイッチの解析と制御, 第15回日本RNA学会年会, 2013年7月.
21)中村 太寛, 津田 雄介, 佐藤 浩平, 坂本 健, 重永 章, 大髙 章 : NCL法におけるプロリルチオエステルの有用性の検討, 第45回若手ペプチド夏の勉強会, 2013年7月.
22)北 未来, 山本 純, 戎野 紘司, 小宮 千明, 重永 章, 大髙 章 : 過酸化水素応答型ペプチド結合切断能を有するアミノ酸の開発, 第45回若手ペプチド夏の勉強会, 2013年7月.
23)坂本 健, 佐藤 浩平, 重永 章, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 大髙 章 : SEAlideユニットの効率的合成法の開発とその応用, 第45回若手ペプチド夏の勉強会, 2013年7月.
24)粟飯原 圭佑, 重永 章, 大髙 章 : オレフィンメタセシスを用いたLys-Glu架橋ペプチド新規合成法の開発研究, 第45回若手ペプチド夏の勉強会, 2013年7月.
25)山本 純, 北 未来, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質を釣り上げろ!∼トレーサブルリンカーの開発∼, 第45回若手ペプチド夏の勉強会, 2013年7月.
26)大髙 章 : 自然に学ぶペプチド化学, 第45回若手ペプチド夏の勉強会, 2013年7月.
27)向井 理恵, 藤倉 温, 室田 佳恵子, 上原 万里子, 嶺川 祥子, 松井 直子, 河村 知志, 根本 尚夫, 寺尾 純二 : プレニルフラボノイドの生体利用性―プレニル化がケルセチンの腸管吸収と組織蓄積に与える影響の解析, 第7回日本ポリフェノール学会,, 2013年8月.
28)伊藤 孝司, 小林 巧, 西岡 宗一郎, 原園 景, 久保 勇樹, 真板 宣夫, 辻 大輔, Md Motiiur RAHMAN, 池戸 駿介, 石井 明子, 川崎 ナナ, 町井 博明, 瀬筒 秀樹 : バイオ医薬品の生産基材としてのトランスジェニックカイコとネオグライコバイオロジクス創製への応用, 第32回日本糖質学会大会, 2013年8月.
29)北風 圭介, 河野 加菜子, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : テイーサック病の治療薬開発を目指した機能改変型ヒトβーヘキソサミニダーゼの精製及び評価, 第32回日本糖質学会大会, 2013年8月.
30)吉田 昌裕, 木下 航揮, 難波 康祐 : パラジウム触媒を用いたアリルジエステルとβ-エナミノエステルの連続的環化反応の開発, 第29回若手化学者のための化学道場, 2013年8月.
31)難波 康祐 : 生物活性天然有機化合物の機能解明および実用化を指向した実践的合成研究, 第29回若手化学者のための化学道場, 2013年8月.
32)磯部 貴陽, 大河内 博, 緒方 裕子, 竹内 政樹, 皆巳 幸也 : 富士山体を利用した自由対流圏大気中酸性ガスおよびエアロゾルの観測(4), 第54回大気環境学会年会, 2013年9月.
33)中馬 寛 : 大規模分子科学計算を用いる定量的構造活性相関;自由エネルギー変化の線形表現に基づくリガンド―タンパク質結合自由エネルギー変化の超精密予測, 天然ケミカルバイオロジー地区ミニシンポジウム, 2013年9月.
34)北風 圭介, 辻 大輔, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : テイーサック病の新規治療薬開発を目指した機能改変型ヒトβーヘキソサミニダーゼの精製および評価, 第86回日本生化学会大会, 2013年9月.
35)西岡 宗一郎, 小林 功, 辻 大輔, 池戸 駿介, Md.RAHMAN Motiur, 東 哲也, 真板 宣夫, 瀬筒 秀樹, 町井 博明, 原園 景, 石井 明子, 川崎 ナナ, 伊藤 孝司 : ガラクシアリドーシス治療薬候補としてのトランスジェニックカイコ由来ヒトカテプシンAの解析, 第86回日本生化学会, 2013年9月.
36)Motiur Md Rahman, Hirokawa Takatsugu, Daisuke Tsuji, Hitaoka Seiji, Tatsusada Yoshida, Hiroshi Chuman and Kouji Itou : In vitro inhibitory and stabilizing effects of siastatin B toward human cytosolic sialidase 2 (NEU2), 第86回日本生化学会大会, Sep. 2013.
37)小川 隆, 辻 大輔, 伊藤 孝司 : GM2ガングリオシド蓄積症モデルマウス由来単球系細胞におけるアクチン重合系と浸潤性の変動, 第86回日本生化学会大会, 2013年9月.
38)幾尾 真理子, 齋藤 裕樹, 大前 陽輔, 毛 瀚, 長野 源太郎, 藤幸 知子, 沼田 俊介, 韓 笑, 小幡 佳津明, 長谷川 節雄, 山口 博樹, 猪口 孝一, 伊藤 輝代, 平松 啓一, 伊藤 孝司, 関水 和久, 垣内 力 : 新規機能性RNA psm-mecはagrA遺伝子の翻訳を抑制してメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の病原性を抑制する, 第86回日本生化学会, 2013年9月.
39)山口 沙恵香, 辻 大輔, 難波 健多郎, 今滝 泉, 伊藤 孝司 : Tay-Sachs病患者由来iPS細胞を用いた中枢神経モデルの構築, 第54回日本生化学会大会, 2013年9月.
40)北風 圭介, 野 加菜子, 浅沼 大祐, 神谷 真子, 浦野 泰照, 櫻庭 均, 伊藤 孝司 : テイーサック病の新規治療薬開発を目指した機能改変型ヒトβーヘキソサミニダーゼの精製および評価, 第12回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2013, 2013年9月.
41)竹内 公平, 海原 由香理, 難波 康祐, 谷野 圭持 : Palau'amineの全合成研究, 第30回有機合成化学セミナー, 2013年9月.
42)佐藤 浩平, 北風 圭介, 坂本 健, 重永 章, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 大髙 章 : リソソーム病治療を指向したGM2活性化タンパク質アナログの完全化学合成, 生命分子機能研究会2013学術集会, 2013年9月.
43)山本 純, 北 未来, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質精製・選択的ラベル化ツール''Traceable Linker''の開発研究, 生命分子機能研究会2013学術集会, 2013年9月.
44)重永 章 : 刺激応答型アミノ酸の開発と生命科学分野への応用, 生命分子機能研究会2013学術集会, 2013年9月.
45)佐藤 智恵美, 中瀬 真理, 阿部 真治, 柴田 洋文, 土屋 浩一郎, 田中 秀治, 東 満美 : 生涯学習の必要性に目覚めさせる徳島大学の取組∼能動学習制度∼, 第52回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
46)星川 梢, 辻野 奈緒美, 田中 将史, 斎藤 博幸, 向 高弘 : アポE含有脂質ナノディスクの腫瘍細胞への集積性評価, 第63回日本薬学会近畿支部大会, 2013年10月.
47)清水 達彦, 宮島 凜, 坂本 健, 重永 章, 大髙 章 : SEAlide peptideを用いた簡便なペプチドチオカルボン酸合成法の開発, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
48)小宮 千明, 山本 純, 重永 章, 大髙 章 : 刺激応答型アミノ酸の実用的合成法の開発検討, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
49)戎野 紘司, 傳田 将也, 小倉 圭司, 重永 章, 大髙 章 : ケージド非水解性リン酸化アミノ酸含有ペプチドの合成法の確立と14-3-3βタンパク質への結合能の評価, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
50)粟飯原 圭佑, 重永 章, 大髙 章 : オレフィンメタセシスを用いたGlu-Lys架橋ペプチド新規合成法の開発研究, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
51)大村 理紗, 長尾 耕治郎, 斎藤 博幸 : 環境感受性プローブを用いた新規HDL形成評価法の開発, 第52回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
52)和田 良介, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : N-メチルジケトピペラジン型有機触媒によるヒドロキシアセトンと置換ベンズアルデヒドの不斉アルドール反応, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
53)松浦 啓介, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : マイクロ波を活用した2-アミノイミダゾチアジアゾール誘導体の効率的合成, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
54)松本 知也, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 2-フルオロ-2-ジエチルホスホノ酢酸エステルと2-OBO-シクロペンタノンのE選択的HWE反応, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
55)酒井 祐太, 宮本 和範, 落合 正仁 : 分子状酸素を酸化剤とする,ヨードアレーン触媒を用いたHofmann 転位反応, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
56)田中 健斗, 端 茉美, 長尾 耕治郎, Lund-Katz Sissel, C.Phillips Michael, 斎藤 博幸 : HDL形成におけるapoA-IのC末端領域の役割, 第52回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
57)馬場 照彦, 高木 俊之, 金森 敏幸, 岡 辰也, 斎藤 博幸 : Interaction of heavy metal ions with artificial tetraether-type phospholipid membranes, 第51回日本生物物理学会年会, 2013年10月.
58)吉田 達貞, Mashima Akira, Sasahara Katsunori, 中馬 寛 : Estimation of Non-covalent Interactions with a New Efficient Dispersion Corrected HF Approach, 生命医薬情報学連合大会(JSBi2013), 2013年10月.
59)Hayashi Takahisa, Sugimoto Takuya, Sakamoto Shuhei, Kawano Akihiro, 吉田 達貞, 中馬 寛 : Binding Mechanism of KNI-272 with HIV-1 Protease, 生命医薬情報学連合大会(JSBi2013), 2013年10月.
60)吉田 達貞, Nonoshita Koh, Sugimoto Takuya, Hamano Ayana, Kawano Akihiro, Sakamot Shuhei, 吉田 達貞 : LERE-QSAR Analysis of Binding of -Lactum Hydroxamic Acid Derivatives with Tumor Necrosis Factor-Alpha Converting Enzyme, 生命医薬情報学連合大会(JSBi2013), 2013年10月.
61)吉田 達貞, Koh Nonoshita, Takuya Sugimoto, Ayana Hamano, Akihiro Kawano, Shuhei Sakamoto, 中馬 寛 : LERE-QSAR Analysis of Binding of -Lactum Hydroxamic Acid Derivatives with Tumor Necrosis Factor-Alpha Converting Enzyme, 生命医薬情報学連合大会(JSBi2013), 2013年10月.
62)柚木 悟, 彌永 輝, 竹内 政樹, 大平 慎一, 戸田 敬 : ウエットデニューダーとパーティクルコレクターによるエアロゾル中ホルムアルデヒドの検出, 第51 回フローインジェクション分析講演会, 2013年11月.
63)松本 知也, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応による2-シクロペンチリデン-2-フルオロ酢酸誘導体の立体選択的合成, 第39回反応と合成の進歩シンポジウム, 2013年11月.
64)長尾 耕治郎, 端 茉美, 田中 健斗, 川上 徹, 相本 三郎, 斎藤 博幸 : HDL形成におけるapolipoprotein A-IのC末端領域の機能, 膜シンポジウム2013, 2013年11月.
65)Haruka Yoshida, Koji Inui, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Determination of nitrite and nitrate ions in water samples by air segmented - amplitude modulated multiplexed flow analysis, 第51 回フローインジェクション分析講演会, Nov. 2013.
66)Emako Takano, Kaoru Yoshioka, Hideji TANAKA and Masaki Takeuchi : Determination of perchlorate in river water based on ion chromatograph coupled with post-column concentrator, 第51 回フローインジェクション分析講演会, Nov. 2013.
67)吉田 達貞, 馬島 彬, 笹原 克則, 芝田 雄登, 江口 将大, 比多岡 清司, 中馬 寛 : LERE-QSAR解析の精密化とその検証, 第41回構造活性相関シンポジウム, 2013年11月.
68)杉本 拓弥, 野々下 航, 濱野 綾那, 林 敬久, 吉田 達貞, 中馬 寛 : ヒドロキサム酸系MMP阻害剤のLERE-QSAR解析, 第41回構造活性相関シンポジウ, 2013年11月.
69)河野 明大, 芝田 雄登, 林 敬久, 倉橋 昌大, 吉田 達貞, 中馬 寛 : LERE-QSAR解析による絶対立体配置の識別: インフルエンザ・ノイラミニダーゼとピロリジン系化合物との相互作用解析, 第41回構造活性相関シンポジウム, 2013年11月.
70)倉橋 昌大, 馬島 彬, 吉田 達貞, 中馬 寛 : セリンプロテアーゼ触媒反応のLERE-QSAR解析 トリプシンによる置換馬尿酸フェニルの加水分解反応機構, 第41回構造活性相関シンポジウム, 2013年11月.
71)坂本 修平, 笹原 克則, 吉田 達貞, 中馬 寛 : 分子科学計算によるアゾール系化合物-ヒトCYP2B6複合体における相互作用解析に基づくLERE-QSAR解析, 第41回構造活性相関シンポジウム, 2013年11月.
72)佐藤 浩平, 傳田 将也, 山本 純, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : タンパク質機能解明を指向した新規ラベル化試薬''SEAL-tag''の開発研究, 第31回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2013年11月.
73)水口 智晴, 足立 愛美, 川島 浩之, 長尾 耕治郎, 赤路 健一, 斎藤 博幸 : アミロイドーシス変異アポA-Iの線維形成に及ぼす脂質膜の影響, 第35回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2013年11月.
74)古谷 昌大, 松浦 和則, 重永 章, 小宮 千明, 大髙 章 : 光切断によりナノファイバー成長誘起されるペプチド分子システムの創製, 日本化学会第94春季年会, 2014年3月.
75)森崎 巧也, 山本 純, 重永 章, 佐藤 陽一, 猪熊 翼, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質の効率的濃縮および選択的ラベル化を可能とする新規リンカー分子の開発, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.
76)宮島 凜, 津田 雄介, 佐藤 浩平, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 天然アミノ酸配列に適用可能な新規ペプチドチオエステル合成法の開発, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.
77)小宮 千明, 山本 純, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 還元的N-N結合切断反応の改良を基盤とした刺激応答型アミノ酸の実用的合成法の検討, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.
78)江藤 三弘, 傳田 将也, 佐藤 浩平, 坂本 健, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : N-Sulfanylethylcoumarinylamide (SECmide) を用いたペプチドチオエステル調製法の開発, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.
79)津田 雄介, 重永 章, 佐藤 浩平, 中村 太寛, 北風 圭介, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 大髙 章 : 発現タンパク質に適用可能な新規タンパク質チオエステル合成法の開発, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.
80)傳田 将也, 山本 純, 佐藤 浩平, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : ラベル化試薬"SEAL-tag"の開発とCOX-1およびhCA1のラベル化, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.
81)佐藤 浩平, 北風 圭介, 坂本 健, 重永 章, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 大髙 章 : GM2活性化タンパク質の収束的合成研究, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.
82)大髙 章, 重永 章 : インテインに学ぶ標的タンパク質研究手法の開発, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.
83)宮城 紫, 井上 尚兵, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 立体保護効果により安定化されたイソインドール誘導体の合成, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.
84)大村 理紗, 長尾 耕治郎, 斎藤 博幸 : Apolipoprotein A-I周囲環境変化に着目した新規HDL形成測定法の開発, 日本農芸化学会2014年度大会, 2014年3月.
85)宮本 和範 : 三価の超原子価有機臭素化合物の合成とその脱離能を推進力とする有機合成反応の開発, 日本薬学会第134年会 奨励賞受賞講演, 2014年3月.
86)辻 耕平, 佐藤 浩平, 坂本 健, 種子島 幸祐, 重永 章, 原 孝彦, 大髙 章 : SEAlideペプチドを用いたCXCL14のone-pot化学合成法の開発, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.
87)松浦 啓介, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : マイクロ波を活用したイミダゾ[2,1-b][1,3,4]チアジアゾール誘導体の効率的合成, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.
88)足立 愛美, 辻 耕平, 川島 浩之, 重永 章, 長尾 耕治郎, 赤路 健一, 大髙 章, 斎藤 博幸 : フラグメントペプチドを用いたアポA-Iアミロイド線維形成領域の同定, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.
89)土橋 有希, 阿部 真治, 宮本 理人, 松下 剛史, 片桐 彩人, 石澤 啓介, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 : 新規水溶性Paclitaxelの肺癌に対する抗腫瘍効果の検討, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.
90)植野 哲 : 環境感受性蛍光色素 laurdan利用した脂質二分子膜流動性変化の可視化, 日本薬学会第134年会(大分), 2014年3月.
91)宮本 理人, 渡邊 勝志, 田岡 千秋, 土橋 有希, 松下 剛史, 石澤 啓介, 阿部 真治, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 : 分岐鎖オリゴグリセロール修飾による疎水性化合物の物性,薬物動態および薬効の改善, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 作品等

(なし)

2013年度(平成25年度) / その他・研究会

1)重永 章 : バイオミネラリゼーションの時空間的制御を可能とするケージドタンパク質の創製, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「融合マテリアル」第7回公開シンポジウム, 2013年5月.
2)Takano Emako, Yoshioka Kaoru, Hideji TANAKA and Masaki Takeuchi : Behavior of perchlorate in atomospheric aerosol at Tokushima city, 第19回分析化学若手セミナー, Aug. 2013.
3)Kubo Hiroya, Kuritani Kazunori, Hideji TANAKA and Masaki Takeuchi : Pritreatment of phosphorus compounds with Co3+ for total phosphorus determination, 第19回分析化学若手セミナー, Aug. 2013.
4)Nakagawa Shinya, Hideji TANAKA and Masaki Takeuchi : Nitric acid gas generator, 第19回分析化学若手セミナー, Aug. 2013.
5)Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of traceable linker for target identification using N-sulfanylethylanilide unit, The 2nd International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity, Oct. 2013.
6)田中 秀治 : (巻頭言) FIAの成熟と発展の先に, Jouranal of Flow Injection Analysis, Vol.29, No.2, 71, 2013年12月.
7)重永 章 : バイオミネラリゼーションの時空間的制御を可能とするケージドタンパク質の創製, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「融合マテリアル」第8回公開シンポジウム, 2014年1月.

2013年度(平成25年度) / 報告書

(なし)

2014年度(平成26年度)

article.{@.date="20140400 20150399" @.organization=\E{148401}}

2014年度(平成26年度) / 著書

1)佐野 茂樹 : IV 有機・高分子化学品/材料,16章 医薬品,16.4.8 アレルギー・喘息薬, 丸善 株式会社, 2014年7月.
2)重永 章, 山本 純, 大髙 章 : 実験医学増刊号 驚愕の代謝システム メタボロームの階層から解き明かす疾患研究の新たなステージ「生物活性小分子の結合パートナータンパク質を知りたい -リンカー分子を用いたタンパク質精製法-」, 株式会社 羊土社, 2014年9月.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Koji Ebisuno, Masaya Denda, Keiji Ogura, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of caged non-hydrolyzable phosphoamino acids and application to photo-control of binding affinity of phosphopeptide mimetic to phosphopeptide-recognizing protein, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.22, No.11, 2984-2991, 2014.
2)Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, A Oda, Ryota Amachi, T Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Keiichiro Watanabe, Itsuro Endo, Y Kuroda, T Yoneda, Daisuke Tsuji, Michiyasu Nakao, Eiji Tanaka, Kenichi Hamada, Shigeki Sano, Kouji Itou, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Pim-2 kinase is an important target of treatment for tumor progression and bone loss in myeloma., Leukemia, 2014.
3)Jun Yamamoto, Masaya Denda, Nami Maeda, Miku Kita, Chiaki Komiya, Tomohiro Tanaka, Wataru Nomura, Hirokazu Tamamura, Youichi Sato, Aiko Yamauchi, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of a traceable linker containing a thiol-responsive amino acid for the enrichment and selective labelling of target proteins, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.12, No.23, 3821-3826, 2014.
4)Kei Toda, Satoru Yunoki, Akira Yanaga, Masaki Takeuchi, Shin-Ichi Ohira and Purnendu K. Dasgupta : Formaldehyde Content of Atmospheric Aerosol, Environmental Science and Technology, Vol.48, No.12, 6636-6643, 2014.
5)David Nguyen, Padmaja Dhanasekaran, Margaret Nickel, Chiharu Mizuguchi, Mayu Watanabe, Hiroyuki Saito, C Michael Phillips and Sissel Lund-Katz : Influence of domain stability on the properties of human apolipoprotein E3 and E4 and mouse apolipoprotein E., Biochemistry, Vol.53, No.24, 4025-4033, 2014.
6)Jun Yamamoto, Nami Maeda, Chiaki Komiya, Tomohiro Tanaka, Masaya Denda, Koji Ebisuno, Wataru Nomura, Hirokazu Tamamura, Youichi Sato, Aiko Yamauchi, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of a fluoride-responsive amide bond cleavage device that is potentially applicable to a traceable linker, Tetrahedron, Vol.70, No.34, 5122-5127, 2014.
7)Shigeki Sano, Tomoya Matsumoto and Michiyasu Nakao : E-Selective Horner-Wadsworth-Emmons Reaction of 2-OBO-cyclopentanone for the Synthesis of rac-N-Cbz-Gly-[(E)-CF=C]-Pro-OH Dipeptide Isostere, Tetrahedron Letters, Vol.55, No.32, 4480-4483, 2014.
8)Risa Omura, Kohjiro Nagao, Norihiro Kobayashi, Kazumitsu Ueda and Hiroyuki Saito : Direct detection of ABCA1-dependent HDL formation based on lipidation-induced hydrophobicity change in apoA-I., Journal of Lipid Research, Vol.55, No.11, 2423-2431, 2014.
9)Cui Hongyan, Wu Weijia, Keiichiro Okuhira, Miyazawa Kunichi, Hattori Takayuki, Sai Kimie, Naito Mikihiko, Suzuki Kazuhiro, Nishimura Tetsuji, Sakamoto Yoshimitsu, Ogata Akio, Maeno Tomokazu, Inomata Akiko, Nakae Dai, Hirose Akihiko and Nishimaki-Mogami Tomoko : High-temperature calcined fullerene nanowhiskers as well as long needle-like multi-wall carbon nanotubes have abilities to induce NLRP3-mediated IL-1 secretion., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.452, No.3, 593-599, 2014.
10)Mizuguchi Chiharu, Mami Hata, Padmaja Dhanasekaran, Margaret Nickel, Keiichiro Okuhira, C Michael Phillips, Sissel Lund-Katz and Hiroyuki Saito : Fluorescence study of domain structure and lipid interaction of human apolipoproteins E3 and E4., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1841, No.12, 1716-1724, 2014.
11)Shigeki Sano, Tomoya Matsumoto, Hiroshi Nanataki, Shota Tempaku and Michiyasu Nakao : Z-Selective HornerWadsworthEmmons Reaction of 2-TOM-cyclopentanone for the Synthesis of rac-N-Cbz-Gly-[(Z)-CF=C]-Pro-OH Dipeptide Isostere, Tetrahedron Letters, Vol.55, No.45, 6248-6251, 2014.
12)Shin-ichiro Yamamto, Arisa Yamashita, Naokatu Arakaki, Hisao Nemoto and Tetsuo Yamazaki : Prevention of aberrant protein aggregation by anchoring the molecular chaperone B-crystallin to the endoplasmic reticulum., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.455, No.3-4, 241-245, 2014.
13)Ohoka Nobumichi, Nagai Katsunori, Hattori Takayuki, Keiichiro Okuhira, Shibata Norihito, Cho Nobuo and Naito Mikihiko : Cancer cell death induced by novel small molecules degrading the TACC3 protein via the ubiquitinproteasome pathway., Cell Death & Disease, Vol.5, e1513, 2014.
14)Nagakubo Takaya, Demizu Yosuke, Kanda Yasunari, Misawa Takashi, Shoda Takuji, Keiichiro Okuhira, Sekino Yuko, Naito Mikihiko and Kurihara Masaaki : Development of Cell-Penetrating R7 Fragment-Conjugated Helical Peptides as Inhibitors of Estrogen Receptor-Mediated Transcription., Bioconjugate Chemistry, Vol.25, No.11, 1921-1924, 2014.
15)Mashima Akira, Kurahashi Masahiro, Sasahara Katsunori, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Connecting Classical QSAR and LERE Analyses Using Modern Molecular Calculations, LERE-QSAR (VI): Hydrolysis of Substituted Hippuric Acid Phenyl Esters by Trypsin, Molecular Informatics, Vol.33, 802-814, 2014.
16)Tatsusada Yoshida, Hayashi Takahisa, Mashima Akira, Sasahara Katsunori and Hiroshi Chuman : A simple and efficient dispersion correction to the Hartree-Fock theory (3): A comprehensive performance comparison of HF-DtqwithMP2 and DFT-Ds, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.26, No.2, 589-593, 2015.
17)Masaki Takeuchi, Naoyuki Miki, Kiichi Ishimine and Hideji TANAKA : Nafion Membrane Tube-Based On-Line Concentrator. Application to Urinary Orotic Acid Determined by Suppressed Ion Chromatography, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.32, No.2, 97-100, 2015.
18)Michiyasu Nakao, Shintaro Fukayama, Syuji Kitaike and Shigeki Sano : Synthesis of Rhodotorulic Acid and Its 1,4-Dimethylated Derivative, Heterocycles, Vol.90, No.2, 1309-1316, 2015.
19)Valeriya Trusova, Galyna Gorbenko, Mykhailo Girych, Emi Adachi, Chiharu Mizuguchi, Rohit Sood, Paavo Kinnunen and Hiroyuki Saito : Membrane effects of N-terminal fragment of apolipoprotein a-I: a fluorescent probe study., Journal of Fluorescence, Vol.25, No.2, 253-261, 2015.
20)Seiji Hitaoka, Hiroshi Chuman and kazunari Yoshizawa : A QSAR Study on the Inhibition Mechanism of Matrix Metalloproteinase-12 by Arylsulfone Analogs Based on Molecular Orbital Calculations, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.13, No.3, 793-806, 2015.
21)Keisuke Aihara, Chiaki Komiya, Akira Shigenaga, Tsubasa Inokuma, Daisuke Takahashi and Akira Otaka : Liquid-phase synthesis of bridged peptides using olefin metathesis of protected peptide with long aliphatic chain anchor, Organic Letters, Vol.17, No.3, 696-699, 2015.
22)Daisuke Handa, Hitoshi Kimura, Tatsuya Oka, Yuki Takechi, Keiichiro Okuhira, Michael C. Phillips and Hiroyuki Saito : Kinetic and Thermodynamic Analyses of Spontaneous Exchange between High-Density Lipoprotein-Bound and Lipid-Free Apolipoprotein A-I., Biochemistry, Vol.54, No.4, 1123-1131, 2015.
23)Arisa Ochi, Tomoki Abe, Reiko Nakao, Yoriko Yamamoto, Kanako Kitahata, Marina Takagi, Katsuya Hirasaka, Ayako Ohno, Shigetada Teshima-Kondo, Gwag Taesik, Inho Choi, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto, Rie Mukai, Junji Terao and Takeshi Nikawa : N-myristoylated ubiquitin ligase Cbl-b inhibitor prevents on glucocorticoid-induced atrophy in mouse skeletal muscle., Archives of Biochemistry and Biophysics, Vol.570, 23-31, 2015.
24)Yuki Takechi-Haraya, Kento Tanaka, Kohei Tsuji, Yasuo Asami, Hironori Izawa, Akira Shigenaga, Akira Otaka, Hiroyuki Saito and Kohsaku Kawakami : Molecular Complex Composed of -Cyclodextrin-Grafted Chitosan and pH-Sensitive Amphipathic Peptide for Enhancing Cellular Cholesterol Efflux under Acidic pH, Bioconjugate Chemistry, Vol.26, No.3, 572-581, 2015.
25)Masahiro Furutani, Akihito Uemura, Akira Shigenaga, Chiaki Komiya, Akira Otaka and Kazunori Matsuura : A photoinduced growth system of peptide nanofibres addressed by DNA hybridization, Chemical Communications, Vol.51, No.38, 8020-8022, 2015.
26)Masahiro Furutani, Akihito Uemura, Akira Shigenaga, Chiaki Komiya, Akira Otaka and Kazunori Matsuura : Inside Back Cover: A photoinduced growth system of peptide nanofibres addressed by DNA hybridization, Chemical Communications, Vol.51, No.38, 8197, 2015.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Takahiro Nakamura, Akira Shigenaga, Kohei Sato, Yusuke Tsuda, Ken Sakamoto and Akira Otaka : Application of peptidyl prolyl thioesters to native chemical ligation, Peptide Science 2013, 93-94, 2014.
2)Yusuke Tsuda, Akira Shigenaga, Kohei Sato, Takahiro Nakamura and Akira Otaka : Development of chemical protocols for producing peptide thioesters from naturally occurring peptide sequences, Peptide Science 2013, 157-158, 2014.
3)Miku Kita, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Chiaki Komiya, Akira Shigenaga, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka : Development of hydrogen peroxide-responsive amide bond cleavage device, Peptide Science 2013, 203-204, 2014.
4)Keisuke Aihara, Akira Shigenaga, Daisuke Takahashi and Akira Otaka : New approach for synthesis of lactam bridged peptides using olefin metathesis on AJIPHASE®, Peptide Science 2013, 143-144, 2014.
5)Jun Yamamoto, Miku Kita, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka : Development of thiol-responsive traceable linker for efficient enrichment and selective labeling of target proteins, Peptide Science 2013, 205-206, 2014.

2014年度(平成26年度) / 学術レター

(なし)

2014年度(平成26年度) / 総説・解説

1)佐藤 浩平, 大髙 章 : ペプチド・タンパク質を基盤とする創薬展開への化学基盤の開拓, 化学工業, Vol.65, No.6, 411-417, 2014年6月.
2)重永 章 : JSTさきがけ研究紹介「創薬標的の同定・解析を可能とする革新的ツールの創製」, HBS研究部だより, Vol.21, 5, 2014年10月.
3)重永 章, 大髙 章 : 刺激応答型アミノ酸の開発と生命科学分野への展開, 化学工業(特集 ペプチド化学の新潮流(1)), Vol.65, No.11, 849-856, 2014年11月.
4)中村 太寛, 佐藤 浩平, 大髙 章 : タンパク性医薬品開発に向けたペプチド化学, 化学工業(特集 ペプチド化学の新潮流(1)), Vol.65, No.11, 842-848, 2014年11月.

2014年度(平成26年度) / 国際会議

1)Hiroshi Chuman : High Precision Prediction of Protein -Ligand BindingFree-Energy Change : Linear Expression by Representative Energy Terms, 5th French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry, Strasbourg, Jun. 2014.
2)Tatsusada Yoshida, Akira Mashima, Katsunori Sasahara and Hiroshi Chuman : Estimation of Non-covalent Interactions with a New Efficient Dispersion Corrected HF Approach, 5th French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry, Strasbourg, Jun. 2014.
3)Kei Toda, Satoru Yunoki, Akira Yanaga, Naruto Hozumi, Shin-Ichi Ohira, Masaki Takeuchi and Purnendu K. Dasgupta : Formaldehyde of hygroscopic aerosol (PM2.5), 2014 China-Japan-Korea Symposium on Analytical Chemistry, Shenyang, China, Aug. 2014.
4)Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : Synthetic study of GM2 activator protein using N-sulfanylethylanilide peptide, The 33rd European Peptide Symposium, Sofia, Aug. 2014.
5)Kohei Tsuji, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Takahiko Hara and Akira Otaka : Dimerized CXCL14 C-terminal regions inhibit CXCL12-CXCR4 signaling axis, The 33rd European Peptide Symposium, Sofia, Aug. 2014.
6)Akira Otaka, Yusuke Tsuda and Akira Shigenaga : Chemical thioester synthesis applicable to naturally occurring peptide sequence, 15th Akabori Conference Japanese-German Symposium on Peptide Science, Boppard, Sep. 2014.
7)Akira Shigenaga, Kohei Sato, Tsubasa Inokuma and Akira Otaka : Chemical protein synthesis utilizing SEAlide technology that is potentially applicable to incorporation of artificial amino acids into proteins for their functional control, The 2nd International Symposium on Fusion Materials Program, Tokyo, Nov. 2014.
8)Hiroshi Chuman : A New Era for Drug Discover: Revisitig Claddical QSAR and Seeking New Ones, Asia Hub for e-Drug Discovery Symposium 2014 (AHeDD2014), Chengdu, China, Nov. 2014.
9)Tsuchihashi Yuki, Licht Miyamoto, Tomida Yosuke, Takenokuma Kazuya, Hattori Hatsuhiko, Hisao Nemoto and Koichiro Tsuchiya : A Hydrophilic Derivative of Probucol, Ameliorates Glucose Tolerance and Insulin Sensitivity in HFD-fed mice., ASMRM 2014, Taipei, Nov. 2014.
10)N Ohoka, K Nagai, Keiichiro Okuhira, N Shibata, T Hattori, N Cho and M Naito : SNIPER(TACC3) degrades TACC3 protein via the ubiquitin-proteasome pathway and induces apoptosis in cancer cells expressing a large amount of TACC3, 26th EORTC-NCI-AACR Symposium on Molecular Targets and Cancer Therapeutics, Barcelona, Nov. 2014.
11)Takeshi Ogusu, Takeshi Uemura, Katsuya Uchimoto, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Spectrophotometric determination of phosphate ion by amplitude modulated multiplexed flow analysis, 19 th International Conference on Flow Injection Analysis and Related Techniques, Fukuoka, Dec. 2014.
12)Masaki Takeuchi, Kiichi Ishimine, Naoyuki Miki, Yuki Miyazaki and Hideji TANAKA : Nafion tube-based carbonate removal device for ion chromatography, 19 th International Confere0nce on Flow Injection Analysis and Related Techniques, Fukuoka, Dec. 2014.

2014年度(平成26年度) / 国内講演発表

1)武知 佑樹, 安岐 健三, 通山 由美, 川上 徹, 斎藤 博幸, 岡村 恵美子 : オクタアルギニンの物理的膜透過に関するリアルタイムin cell NMR研究, 日本膜学会第36年会, 2014年5月.
2)大塚 裕太, 松村 沙季, 竹内 政樹, 田中 秀治 : ATR-IRスペクトルの多変量解析に基づくヒドロキシプロピルセルロース水溶液による結晶転移抑制の研究, 第74回分析化学討論会, 2014年5月.
3)森口 正登, 古谷 昌大, 重永 章, 小宮 千明, 大髙 章, 松浦 和則 : 光切断によりβ-シート繊維成長するアニオン性ペプチドの分子設計, 第63回高分子学会年次大会, 2014年5月.
4)中馬 寛 : 生体分子科学計算と定量的構造活性相関, 第41回生体分子討論会, 2014年6月.
5)北 未来, 山本 純, 戎野 紘司, 小宮 千明, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 重永 章, 大髙 章 : 過酸化水素応答型ペプチド結合切断デバイスの開発研究, 日本ケミカルバイオロジー学会第9回年会, 2014年6月.
6)津田 雄介, 重永 章, 佐藤 浩平, 中村 太寛, 北風 圭介, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 大髙 章 : 天然アミノ酸配列に適用可能な新規タンパク質チオエステル合成法の開発, 日本ケミカルバイオロジー学会第9回年会, 2014年6月.
7)粟飯原 圭佑, 小宮 千明, 重永 章, 猪熊 翼, 高橋 大輔, 大髙 章 : オレフィンメタセシスを用いた架橋ペプチド効率的合成法の開発, 創薬懇話会2014, 2014年7月.
8)髙木 直弥, 田中 秀治, 竹内 政樹 : ウェットデニューダー/ミストチャンバー法による水溶性酸性ガス/PM2.5の連続分析, 第20回分析化学若手セミナー, 2014年7月.
9)成田 三紀, 田中 秀治, 竹内 政樹 : イオンクロマトグラフィーを用いた環境中の過塩素酸イオン分析法の検討, 第20回分析化学若手セミナー, 2014年7月.
10)武知 佑樹, 水口 智晴, 川上 徹, 斎藤 博幸 : MicroCal iTC200による細胞膜透過ペプチド-糖鎖間相互作用の熱力学的解析, GE Life Sciences Day 2014, 2014年8月.
11)森崎 巧也, 山本 純, 重永 章, 猪熊 翼, 大髙 章 : SEAlideを基盤としたトレーサブルリンカーの開発研究, 第46回若手ペプチド夏の勉強会, 2014年8月.
12)宮島 凜, 津田 雄介, 佐藤 浩平, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 天然型アミノ酸配列からのチオエステル合成, 第46回若手ペプチド夏の勉強会, 2014年8月.
13)小宮 千明, 粟飯原 圭佑, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : アスパラギン誘導体を用いたインテイン模倣型ペプチド結合切断システムの開発, 第46回若手ペプチド夏の勉強会, 2014年8月.
14)江藤 三弘, 傳田 将也, 佐藤 浩平, 坂本 健, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : N-Sulfanylethylcoumarinylamide (SECmide) を用いたペプチドチオエステル調製法の開発, 第46回若手ペプチド夏の勉強会, 2014年8月.
15)中村 太寛, 重永 章, 佐藤 浩平, 津田 雄介, 坂本 健, 猪熊 翼, 大髙 章 : 第二世代hGM2AP完全化学合成法の開発研究, 第46回若手ペプチド夏の勉強会, 2014年8月.
16)津田 雄介, 重永 章, 傳田 将也, 佐藤 浩平, 中村 太寛, 猪熊 翼, 大髙 章 : 新規タンパク質チオエステル調製法 ''SQAT system'' の開発, 第46回若手ペプチド夏の勉強会, 2014年8月.
17)辻 耕平, 重永 章, 猪熊 翼, 原 孝彦, 大髙 章 : 二量体化したCXCL14 C端側領域はCXCL12アンタゴニストとなる, 第46回若手ペプチド夏の勉強会, 2014年8月.
18)大髙 章 : 薬学教育の現状と期待(創薬研究から), 日本学術会議日本薬学会共催シンポジウム「薬学教育への期待:4年制薬学教育のあり方と参照基準の作成に向けて」, 2014年8月.
19)桑原 香織, 西辻 和親, 内村 健治, 小林 典裕, 斎藤 博幸, 堀口 英久, 坂下 直実 : ApoAIアミロイドの毒性に対するヘパラン硫酸の影響., 日本アミロイドーシス研究会第2回学術集会, 2014年8月.
20)宮本 理人, 渡辺 勝志, 土橋 有希, 山根 萌, 田岡 千明, 松下 剛史, 笠原 真一郎, 神谷 昌樹, 石澤 啓介, 阿部 真治, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 : 分岐鎖オリゴグリセロールを用いた難水溶性化合物の物性,薬物動態,薬効の改善, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2014, 2014年8月.
21)小川 智司, 大河内 博, 磯部 貴陽, 緒方 裕子, 名古屋 俊士, 皆巳 幸也, 竹内 政樹, 小林 拓, 三浦 和彦, 加藤 俊吾, 植松 光夫, 米持 真一, 梅沢 夏実 : 富士山体を利用した自由対流圏大気中酸性ガスおよびエアロゾルの観測(5), 第55回大気環境学会年会, 2014年9月.
22)戸田 敬, 柚木 悟, 彌永 輝, 穂積 成斗, 大平 慎一, 竹内 政樹, Dasgupta K. Purnendu : PM2.5に含まれるホルムアルデヒドの分析, 日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
23)武知 佑樹, 安岐 健三, 通山 由美, 川上 徹, 岡村 恵美子, 斎藤 博幸 : In cell NMRによるオクタアルギニンペプチドの細胞内輸送のリアルタイム計測と速度論, 第65回コロイドおよび界面化学討論会, 2014年9月.
24)石嶺 希一, 三木 直之, 宮崎 祐樹, 田中 秀治, 竹内 政樹 : Nafion tubeを用いた炭酸イオン除去装置, 日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
25)三木 直之, 石嶺 希一, 田中 秀治, 竹内 政樹 : Nafion tubeを用いたポストカラム濃縮法による陰イオンの高感度定量, 日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
26)内本 勝也, 竹内 政樹, 田中 秀治 : ミセル濃縮を利用した振幅変調フロー分析法, 日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
27)宮崎 亜珠美, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 縮合リン酸の酸加水分解に対する金属イオンの影響, 日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
28)大楠 剛司, 尾崎 真理, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 振幅変調多重化フロー分析法; 内標準法の導入の検討, 日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
29)大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 粉末X線回折法とケモメトリックスに基づく医薬品原末中の多成分の同時定量, 日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
30)松浦 和則, 古谷 昌大, 植村 明仁, 重永 章, 小宮 千明, 大髙 章 : 光切断により誘起されるペプチドナノファイバー成長システムの創製, 第63回高分子討論会, 2014年9月.
31)大岡 伸通, 奥平 桂一郎, 柴田 識人, 服部 隆行, 内藤 幹彦 : ユビキチン・プロテアソームシステムを利用したTACC3分解誘導剤によるがん細胞死の誘導, 第73回日本癌学会学術集会, 2014年9月.
32)加藤 雅士, 正田 卓司, 奥平 桂一郎, 井上 英史, 内藤 幹彦, 栗原 正明 : タモキシフェン骨格を有するエストロゲン受容体分解誘導剤の構造活性最適化研究, 第58回日本薬学会関東支部大会, 2014年10月.
33)長久保 貴哉, 出水 庸介, 三澤 隆史, 佐藤 由紀子, 諫田 泰成, 奥平 桂一郎, 関野 祐子, 内藤 幹彦, 栗原 正明 : エストロゲン受容体転写阻害能を有するペプチドの創製, 第58回日本薬学会関東支部大会, 2014年10月.
34)Shill Chandra Manik, Hiroyuki Mizuguchi, Hisao Nemoto and Hiroyuki Fukui : Isolation of a novel anti-allergic compound from Tephrosia purpurea and chemical synthesis of the compound., 第18回日本ヒスタミン学会, Oct. 2014.
35)Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Tsubasa Inokuma, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : Development of N-glycosylated asparagine ligation and its application to total chemical synthesis of GM2 activator protein, 51th The Japanese Peptide Society, Oct. 2014.
36)Kohei Tsuji, Kohei Sato, Ken Sakamoto, Kosuke Tanegashima, Akira Shigenaga, Tsubasa Inokuma, Takahiko Hara and Akira Otaka : One-pot chemical synthesis of CXCL14 using N-sulfanylethylanilide peptide, 第51回ペプチド討論会, Oct. 2014.
37)Mitsuhiro Eto, Masaya Denda, Kohei Sato, Ken Sakamoto, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Preparation of peptide thioesters using N-sulfanylethylcoumarinylamide peptide, 第51回ペプチド討論会, Oct. 2014.
38)Yusuke Tsuda, Akira Shigenaga, Masaya Denda, Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Takahiro Nakamura, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou and Akira Otaka : Preparation of Peptide/protein Thioesters Using a Chemical Protocol Applicable to Expressed Proteins., 51th The Japanese Peptide Society, Oct. 2014.
39)假屋園 大和, 新村 航, 辻 耕平, 重永 章, 大髙 章, 斎藤 博幸 : DESIGN OF NANODISC SCAFFOLD PEPTIDE (NSP), 第51回ペプチド討論会, 2014年10月.
40)武知 佑樹, 柳澤 悠登, 西辻 和親, 川上 徹, 奥平 桂一郎, 斎藤 博幸 : ROLE OF GAG INTERCTION IN BIOLOGICAL MEMBRANE PENETRATION OF ARGININE-RICH CELL-PENETRATING PEPTIDE, 第51回ペプチド討論会, 2014年10月.
41)長久保 貴哉, 出水 庸介, 三澤 隆史, 佐藤 由紀子, 諫田 泰成, 奥平 桂一郎, 関野 祐子, 内藤 幹彦, 栗原 正明 : Development of cell-permeable peptide for transcriptional inhibitor of estrogen receptor, 第51回ペプチド討論会, 2014年10月.
42)江藤 三弘, 傳田 将也, 佐藤 浩平, 坂本 健, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : ペプチドチオエステル調製のためのクマリン型補助基の開発, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
43)中村 太寛, 重永 章, 佐藤 浩平, 津田 雄介, 坂本 健, 猪熊 翼, 大髙 章 : GM2活性化タンパク質アナログの第二世代化学合成法の開発研究, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
44)津田 雄介, 重永 章, 傳田 将也, 佐藤 浩平, 北風 圭介, 中村 太寛, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 大髙 章 : 新規タンパク質チオエステル調製法の開発, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
45)中尾 允泰, 深山 真太郎, 辻 駿佑, 佐野 茂樹 : マイクロ波を活用したロドトルラ酸の効率的合成, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
46)山岡 朋美, 宮本 理人, 川崎 彩, 山根 萌, 高橋 梨恵, 石澤 啓介, 宮島 凛, 重永 章, 大髙 章, 土屋 浩一郎 : Leptinによる骨格筋培養細胞での代謝制御作用におけるSIRT1の役割, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
47)重永 章 : 刺激応答型アミノ酸の開発と生命科学分野への展開, 2014年日本化学会中国四国支部大会(若手セッション「ペプチド・タンパク質科学における若手研究者の化学的アプローチと今後の展望」), 2014年11月.
48)小宮 千明, 粟飯原 圭佑, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : タンパク質機能制御を指向したプロテインスプライシング模倣型アミド結合切断反応の開発, 第40回反応と合成の進歩シンポジウム, 2014年11月.
49)粟飯原 圭佑, 小宮 千明, 重永 章, 猪熊 翼, 高橋 大輔, 大髙 章 : 固-液融合型ペプチド合成法を用いた架橋ペプチド効率的合成法の開発, 第40回反応と合成の進歩シンポジウム, 2014年11月.
50)戎野 紘司, 傳田 将也, 小倉 圭司, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 細胞内シグナル伝達機構解明を指向したケージド非水解性リン酸化アミノ酸の合成とその機能評価, 第40回反応と合成の進歩シンポジウム, 2014年11月.
51)中尾 允泰, 深山 真太郎, 辻 駿佑, 佐野 茂樹 : シデロフォア活性物質ロドトルラ酸ならびに関連誘導体の効率的合成, 第40回反応と合成の進歩シンポジウム, 2014年11月.
52)出水 庸介, 長久保 貴哉, 三澤 隆史, 佐藤 由紀子, 諫田 泰成, 奥平 桂一郎, 関野 祐子, 内藤 幹彦, 栗原 正明 : エストロゲン受容体転写阻害ペプチドの開発, 第40回反応と合成の進歩シンポジウム, 2014年11月.
53)吉田 達貞, 笹原 克則, 馬島 彬, 中馬 寛 : 分子科学計算を用いたチオリダジンのCYP2D6による代謝過程の非経験的解析(Ⅰ), 第42回構造活性相関シンポジウム, 2014年11月.
54)芝田 雄登, 吉田 達貞, 中馬 寛 : 触媒反応機構に基づいたインフルエンザ・ノイラミニダーゼとシアル酸誘導体との相互作用解析, 第42回構造活性相関シンポジウム, 2014年11月.
55)倉橋 昌大, 馬島 彬, 吉田 達貞, 中馬 寛 : 馬尿酸フェニルエステルのシステインとセリンプロテアーゼの加水分解反応の分子化学計算による詳細解析(Ⅰ), 第42回構造活性相関シンポジウム, 2014年11月.
56)林 敬久, 野脇 静, 吉田 達貞, 中馬 寛 : 分子科学計算を用いたHIV-1 protease とアロフェニルノルスタチン骨格を持つ化合物との複合体の精密相互作用解析, 第42回構造活性相関シンポジウム, 2014年11月.
57)吉田 達貞, 林 敬久, 倉橋 昌大, 馬島 彬, 笹原 克則, 中馬 寛 : リガンド-タンパク質の複合体形成における分散力相互作用の検討:LERE-QSAR解析における結合相互作用エネルギー項の定量的評価, 第42回構造活性相関シンポジウム, 2014年11月.
58)野々下 航, 濱野 綾那, 岸 優作, 吉田 達貞, 中馬 寛 : 腫瘍壊死因子α変換酵素(TACE)とγ-ラクタムヒドロキサム酸誘導体のLIE法に基づく解析,LERE-QSAR解析と検証, 第42回構造活性相関シンポジウム, 2014年11月.
59)桑原 香織, 西辻 和親, 内村 健治, 小林 典弘, 坂下 直実, 斎藤 博幸 : ApoAIアミロイドの毒性に対するヘパラン硫酸糖鎖の影響, 36回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2014年11月.
60)武知 佑樹, 柳澤 悠登, 西辻 和親, 川上 徹, 川上 亘作, 奥平 桂一郎, 斎藤 博幸 : カチオン性ペプチドの細胞膜透過促進機構∼アルギニンペプチドのグリコサミノグリカン糖鎖への特異的結合によるα-ヘリックス構造形成∼, 第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2014年11月.
61)大村 理紗, 長尾 耕治郎, 奥平 桂一郎, 斎藤 博幸 : 環境感受性蛍光プローブ標識アポA-Iを利用した新規HDL形成検出法の開発, 第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2014年11月.
62)半田 大祐, 岡 辰也, 武知 佑樹, 奥平 桂一郎, 斎藤 博幸 : HDLアポA-Iの自発的交換反応に関する速度論的・熱力学的解析, 第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2014年11月.
63)水口 智晴, 端 茉美, M.C. Phillips, S. Lund-Katz, 斎藤 博幸 : 部位特異的蛍光標識によるアポEアイソフォームの脂質結合挙動の解析, 第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2014年11月.
64)新村 航, 假屋園 大和, 奥平 桂一郎, 斎藤 博幸 : ApoA-I欠損変異体を用いたナノディスクの作製及び物性評価, 第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2014年11月.
65)山本 純, 森崎 巧也, 北 未来, 小宮 千明, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質の効率的濃縮および選択的ラベル化を可能とするチオール応答型トレーサブルリンカーの開発, 第32回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2014年11月.
66)武知 佑樹, 柳澤 悠登, 西辻 和親, 川上 徹, 奥平 桂一郎, 斎藤 博幸 : アルギニンペプチドの細胞膜透過性に与えるグリコサミノグリカン糖鎖相互作用の影響, 膜シンポジウム2014, 2014年11月.
67)大岡 伸通, 永井 克典, 奥平 桂一郎, 柴田 識人, 服部 隆行, 長 展生, 内藤 幹彦 : ユビキチン・プロテアソームシステムを利用したTACC3分解誘導剤による癌細胞死の誘導, 第37回日本分子生物学会年会, 2014年11月.
68)加藤 雅士, 正田 卓司, 奥平 桂一郎, 井上 英史, 内藤 幹彦, 栗原 正明 : アルキル基の長さに着目したエストロゲン受容体分解誘導剤の構造最適化研究, 第32回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2014年11月.
69)三澤 隆史, 長久保 貴哉, 出水 庸介, 佐藤 由紀子, 諫田 泰成, 奥平 桂一郎, 関野 祐子, 内藤 幹彦, 栗原 正明 : ヘリカルペプチドを用いたエストロゲン受容体転写阻害剤の創製, 第32回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2014年11月.
70)北 未来, 佐藤 浩平, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : Protein trans-splicingの高速化を指向したN-intein合成法の開発研究, 日本薬学会第135年会, 2015年3月.
71)中村 太寛, 重永 章, 佐藤 浩平, 津田 雄介, 坂本 健, 猪熊 翼, 大髙 章 : GM2活性化タンパク質誘導体の第二世代化学合成法の開発研究, 日本薬学会第135年会, 2015年3月.
72)小宮 千明, 粟飯原 圭佑, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : プロテインスプライシング模倣型ペプチド結合切断デバイスの開発研究, 日本薬学会第135年会, 2015年3月.
73)小倉 圭司, 平川 寛子, 森崎 巧也, 山本 純, 戎野 紘司, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 重永 章, 大髙 章 : 低酸素環境応答型アミノ酸の開発研究, 日本薬学会第135年会, 2015年3月.
74)成瀬 公人, 佐藤 浩平, 坂本 健, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : M6P修飾型GM2APの合成検討, 日本薬学会第135年会, 2015年3月.
75)出水 庸介, 長久保 貴哉, 三澤 隆史, 諫田 泰成, 奥平 桂一郎, 関野 祐子, 内藤 幹彦, 栗原 正明 : エストロゲン受容体転写活性化阻害ペプチドの創製, 日本薬学会第135年会, 2015年3月.
76)大岡 伸通, 永井 克典, 服部 隆行, 奥平 桂一郎, 柴田 識人, 長 展生, 内藤 幹彦 : ユビキチン・プロテアソームシステムを利用した TACC3 分解誘導剤の開発と抗がん活性評価, 日本薬学会第135年会, 2015年3月.
77)竹内 政樹, 石嶺 希一, 三木 直之, 宮崎 祐樹, 田中 秀治 : ミネラル炭酸水に含まれる陰イオンの分析, 日本薬学会135年会, 2015年3月.
78)正田 卓司, 加藤 雅士, 藤里 卓磨, 原田 麟太郎, 奥平 桂一郎, 井上 英史, 内藤 幹彦, 栗原 正明 : タモキシフェン骨格を有する分解誘導剤のアルキル鎖長および末端構造の最適化, 日本薬学会第135年会, 2015年3月.
79)木村 仁, 原矢 佑樹, 小林 典裕, 斎藤 博幸 : バイオレイヤー干渉法を用いた人工HDL粒子と抗apoA-I抗体との相互作用評価, 日本薬学会第135年会, 2015年3月.
80)三河 志穂, 水口 智晴, 辻 耕平, 馬場 照彦, 重永 章, 大髙 章, 斎藤 博幸 : アルギニン変異apoA-Iフラグメントのアミロイド線維形成性, 日本薬学会第135年会, 2015年3月.
81)堀江 有紀, 土屋 沙織, 大山 浩之, 小林 典裕, 斎藤 博幸 : アミロイドーシスの病態解明を目指したApoA-Iモノクローナル抗体の作製, 日本薬学会第135年会, 2015年3月.
82)田中 秀治, 大楠 剛司, 戌亥 孝次, 吉田 悠, 内本 勝也, 竹内 政樹 : 気節-非相分離振幅変調多重化フロー分析法の開発と応用, 日本薬学会135年会, 2015年3月.
83)伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : カフェイン‐シュウ酸2:1共結晶のメカノケミカル合成における機械的エネルギーと温度の影響, 日本薬学会135年会, 2015年3月.
84)杉原 涼, 長尾 耕治郎, 奥平 桂一郎, 斎藤 博幸 : ヒトアポ A-I 結合タンパク質 AIBP の大腸菌発現系の構築と細胞内局在, 日本薬学会第135年会, 2015年3月.
85)水口 智晴, 端 茉美, M.C. Phillips, S. Lund-Katz, 斎藤 博幸 : トリプトファン変異導入によるアポEアイソフォームの二ドメイン構造の比較評価, 日本薬学会第135年会, 2015年3月.
86)大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 医薬品配合剤原末の赤外スペクトルと粉末X線回折による定量的相関解析, 日本薬学会135年会, 2015年3月.
87)植野 哲 : 環境感受性蛍光色素 laurdanを利用した脂質膜流動性変化の可視化, 日本薬学会第135年会(神戸), 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 作品等

(なし)

2014年度(平成26年度) / その他・研究会

1)重永 章 : バイオミネラリゼーションの時空間的制御を可能とするケージドタンパク質の創製, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「融合マテリアル」第9回公開シンポジウム, 2014年5月.
2)小宮 千明, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : タンパク質機能の時空間的制御を指向したペプチド結合切断能を有する刺激応答型アミノ酸の開発, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「融合マテリアル」第10回 若手スクール, 2014年5月.
3)田中 秀治 : Analytical Sciences, ぶんせき, Vol.2014, No.9, 512, 2014年9月.
4)重永 章 : Peptide/Protein-based Chemical Biologyのための基盤技術の開発, 第18回スクリプス・バイオメディカルフォーラム, 2014年11月.
5)重永 章 : バイオミネラリゼーションの時空間的制御を可能とするケージドタンパク質の創製, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「融合マテリアル」第11回公開シンポジウム, 2015年1月.

2014年度(平成26年度) / 報告書

(なし)

2015年度(平成27年度)

article.{@.date="20150400 20160399" @.organization=\E{148401}}

2015年度(平成27年度) / 著書

1)Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi, Hisao Nemoto, Yoshiaki Kitamura, Yoshiki Kashiwada and Noriaki Takeda : Histamine H1 receptor gene expression and drug action of antihistamines., Springer Science, NewYork, 2016.
2)田中 秀治, 竹内 政樹 : 基礎分析化学, --- 解説と問題 ---, 株式会社 廣川書店, 東京, 2016年1月.
3)福井 裕行, 水口 博之, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 北村 嘉章, 武田 憲昭 : 抗アレルギー天然物医薬,苦参の有効成分,(-)マーキアインの分子薬理機構, 公益社団法人 日本薬理学会, 2016年3月.

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Yusuke Tsuda, Akira Shigenaga, Masaya Denda, Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Takahiro Nakamura, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou and Akira Otaka : Development of chemical methodology for preparation of peptide thioesters applicable to naturally occurring peptides using a sequential quadruple acyl transfer system, ChemistryOpen, Vol.4, No.4, 448-452, 2015.
2)Keisuke Aihara, Tsubasa Inokuma, Chiaki Komiya, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Synthesis of lactam-bridged cyclic peptides by using olefin metathesis and diimide reduction, Tetrahedron, Vol.71, No.24, 4183-4191, 2015.
3)Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Takahiro Nakamura, Naoto Naruse, Keisuke Aihara, Akira Shigenaga, Tsubasa Inokuma, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Akira Otaka : The total chemical synthesis of the monoglycosylated GM2 ganglioside activator using a novel cysteine surrogate, Chemical Communications, Vol.51, No.49, 9946-9948, 2015.
4)Deokho Jung, Kohei Sato, Kyougmi Min, Akira Shigenaga, Juyeon Jung, Akira Otaka and Youngeun Kwon : Photo-triggered fluorescent labelling of recombinant proteins in live cells, Chemical Communications, Vol.51, No.47, 9670-9673, 2015.
5)Miku Kita, Jun Yamamoto, Takuya Morisaki, Chiaki Komiya, Tsubasa Inokuma, Licht Miyamoto, Koichiro Tsuchiya, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Design and synthesis of a hydrogen peroxide-responsive amino acid that induces peptide bond cleavage after exposure to hydrogen peroxide, Tetrahedron Letters, Vol.56, No.28, 4228-4231, 2015.
6)Yuta Otsuka, Masaki Takeuchi, Makoto Otsuka, Besim Ben-Nissan, David Grossin and Hideji TANAKA : Effect of carbon dioxide on self-setting apatite cement formation from tetracalcium phosphate and dicalcium phosphate dihydrate; ATR-IR and chemoinformatics analysis, Colloid and Polymer Science, Vol.293, No.10, 2781-2788, 2015.
7)Koji Takagi, Hayato Fukuda, Satoshi Syuto, Akira Otaka and Mitsuhiro Arisawa : Safe removal of the allyl protecting groups of allyl esters using a recyclable, low-leaching and ligand-free palladium nanoparticle Catalyst, Advanced Synthesis & Catalysis, Vol.357, No.9, 2119-2124, 2015.
8)Koji Inui, Haruka Yoshida, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Application of Air Segmented Amplitude Modulated Multiplexed Flow Analysis with Software-Based Phase Recognition to the Determination of Ammonium Ion in Water Samples, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.32, No.1, 5-8, 2015.
9)Yuta Otsuka, Masahiro Yamamoto, Hideji TANAKA and Makoto Otsuka : Predictive Evaluation of Pharmaceutical Properties of Direct Compression Tablets Containing Theophyline Anhydrate by Near-Infrared Spectroscopy, Bio-Medical Materials and Engineering, Vol.25, No.3, 223-236, 2015.
10)Kohei Tsuji, Kosuke Tanegashima, Kohei Sato, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Tsubasa Inokuma, Takahiko Hara and Akira Otaka : Efficient one-pot synthesis of CXCL14 and its derivative using an N-sulfanylethylanilide peptide as a peptide thioester equivalent and their biological evaluation, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.23, No.17, 5909-5914, 2015.
11)Shigeki Sano, Hayato Sumiyoshi, Atsuhi Handa, Rie Tokizane and Michiyasu Nakao : A Novel Synthetic Approach to Glycerophospholipid via Horner-Wadsworth-Emmons Reaction of Mixed Phosphonoacetate, Tetrahedron Letters, Vol.56, No.32, 4686-4688, 2015.
12)Shoda Takuji, Kato Masashi, Harada Rintaro, Fujisato Takuma, Keiichiro Okuhira, Demizu Yosuke, Inoue Hideshi, Naito Mikihiko and Kurihara Masaaki : Synthesis and evaluation of tamoxifen derivatives with a long alkyl side chain as selective estrogen receptor down-regulators, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.23, No.13, 3091-3096, 2015.
13)Demizu Yosuke, Misawa Takashi, Nagakubo Takaya, Kanda Yasunari, Keiichiro Okuhira, Sekino Yuko, Naito Mikihiko and Kurihara Masaaki : Structural development of stabilized helical peptides as inhibitors of estrogen receptor (ER)-mediated transcription, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.23, No.15, 4132-4138, 2015.
14)Yuta Otsuka, Akira Ito, Saki Matsumura, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Effect of hydroxypropyl cellulosse and hydroxypropyl methylcellulose on carbamazepine polymorphic transformation; attenuated total reflectance-infrared spectroscopy and chemiinformatics analysis, Colloid and Polymer Science, Vol.293, No.12, 3471-3478, 2015.
15)Ohmoto Takuji, Kazuchika Nishitsuji, Yoshitani Nobuyuki, Mizuguchi Makoto, Yanagisawa Yuto, Hiroyuki Saito and Naomi Sakashita : K604, a specific acylCoA:cholesterol acyltransferase 1 inhibitor, suppresses proliferation of U251MG glioblastoma cells, Molecular Medicine Reports, Vol.12, No.4, 6037-6042, 2015.
16)Hiroyuki Mizuguchi, Y Nariai, S Kato, T Nakano, T Kanayama, Yoshiki Kashiwada, Hisao Nemoto, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshihisa Takaishi, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Maackiain is a novel antiallergic compound that suppresses transcriptional upregulation of the histamine H1 receptor and interleukin-4 genes., Pharmacology Research & Perspectives, Vol.3, No.5, e00166, 2015.
17)Chiharu Mizuguchi, Fuka Ogata, Shiho Mikawa, Kohei Tsuji, Teruhiko Baba, Akira Shigenaga, Toshinori Shimanouchi, Keiichiro Okuhira, Akira Otaka and Hiroyuki Saito : Amyloidogenic Mutation Promotes Fibril Formation of the N-terminal Apolipoprotein A-I on Lipid Membranes, The Journal of Biological Chemistry, Vol.290, No.34, 20947-20959, 2015.
18)Shigeki Sano, Tomoya Matsumoto, Teppei Yano, Munehisa Toguchi and Michiyasu Nakao : Synthesis of Allenyl Esters by Horner-Wadsworth-Emmons Reactions of Ketenes Mediated by i-PrMgBr, Synlett, Vol.26, No.15, 2135-2138, 2015.
19)Katsunori Sasahara, Akira Mashima, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Molecular dynamics and density functional studies on the metabolic selectivity of antipsychotic thioridazine by cytochrome P450 2D6: Connection with crystallographic and metabolic results, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.23, No.17, 5459-5465, 2015.
20)Tatsusada Yoshida, Hayashi Takahisa, Mashima Akira and Hiroshi Chuman : A simple and efficient dispersion correction to the Hartree-Fock theory (2): Incorporation of a geometrical correction for the basis set superposition error, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.25, No.19, 4179-4184, 2015.
21)Yuki Nariai, Hiroyuki Mizuguchi, T Ogasawara, H Nagai, Y Sasaki, Y Okamoto, Yoshiyuki Yoshimura, Yoshiaki Kitamura, Hisao Nemoto, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Disruption of Heat Shock Protein 90 (Hsp90)-Protein Kinase Cδ (PKCδ) Interaction by (-)-Maackiain Suppresses Histamine H1 Receptor Gene Transcription in HeLa Cells, The Journal of Biological Chemistry, Vol.290, No.45, 27393-27402, 2015.
22)Kaori Kuwabara, Kazuchika Nishitsuji, Kenji Uchimura, Shang-Cheng Hung, Makoto Mizuguchi, Hiroyuki Nakajima, Shiho Mikawa, Norihiro Kobayashi, Hiroyuki Saito and Naomi Sakashita : Cellular Interaction and Cytotoxicity of the Iowa Mutation of Apolipoprotein A-I (ApoA-IIowa) Amyloid Mediated by Sulfate Moieties of Heparan Sulfate, The Journal of Biological Chemistry, Vol.290, No.40, 24210-24221, 2015.
23)C M Shill, AK Das, T Itou, S Karmakar, PK Mukherjee, Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiki Kashiwada, Hiroyuki Fukui and Hisao Nemoto : The isolation and synthesis of a novel benzofuran compound from Tephrosia purpurea, and the synthesis of several related derivatives, which suppress histamine H1 receptor gene expression., Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.23, No.21, 6869-6874, 2015.
24)Rin Miyajima, Yusuke Tsuda, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga, Miki Imanishi, Shiro Futaki and Akira Otaka : Preparation of peptide thioesters from naturally occurring sequences using reaction sequence consisting of regioselective S-cyanylation and hydrazinolysis, Biopolymers, Vol.106, No.4, 531-546, 2015.
25)Tamura Yunoshin, Miyagawa Hiroh, Tatsusada Yoshida and Hiroshi Chuman : Binding interaction of SGLT with sugar and thiosugar by the molecular dynamics simulation, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1848, No.11, 2799-2804, 2015.
26)M Motiur Rahman, Takatsugu Hirokawa, Daisuke Tsuji, Jun Tsukimoto, Seiji Hitaoka, Tatsusada Yoshida, Hiroshi Chuman and Kohji Itoh : Novel pH-dependent regulation of human cytosolic sialidase 2 (NEU2) activities by siastatin B and structural prediction of NEU2/siastatin B complex, Biochemistry and Biophysics Reports, Vol.4, 234-242, 2015.
27)Nakajima Hiroyuki, Kazuchika Nishitsuji, Kawashima Hiroyuki, Kuwabara Kaori, Mikawa Shiho, Uchimura Kenji, Akaji Kenichi, Yoshiki Kashiwada, Kobayashi Norihiro, Hiroyuki Saito and Naomi Sakashita : The polyphenol (-)-epigallocatechin-3-gallate prevents apoA-IIowa amyloidosis in vitro and protects human embryonic kidney 293 cells against amyloid cytotoxicity, Amyloid, Vol.23, No.1, 17-25, 2015.
28)Hiroya Kubo, Azumi Miyazaki, Kazunori Kuritani, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Cobalt(III) Pretreatment for Total Phosphorus Determination, Phosphorus Research Bulletin, Vol.30, No.1, 26-29, 2015.
29)Ryouhei Yamashita, Yumika Tabata, Erina Iga, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano, Kentaro Kogure, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka : Analysis of molecular species profiles of ceramide-1-phosphate and sphingomyelin using MALDI-TOF mass spectrometry, Lipids, Vol.51, No.2, 263-270, 2016.
30)C M Shill, Hiroyuki Mizuguchi, S Karmakar, T Kadota, PK Mukherjee, Yoshiki Kashiwada, Yoshiaki Kitamura, Hisao Nemoto, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : A novel benzofuran, 4-methoxybenzofuran-5-carboxamide, from Tephrosia purpurea suppressed histamine H1 receptor gene expression through a protein kinase C--dependent signaling pathway., International Immunopharmacology, Vol.30, 18-26, 2016.
31)Keiichiro Okuhira, Demizu Yosuke, Hattori Takayuki, Ohoka Nobumichi, Shibata Norihito, Kurihara Masaaki and Naito Mikihiko : Molecular design, synthesis, and evaluation of SNIPER(ER) that induces proteasomal degradation of ERα, Methods in Molecular Biology, Vol.1366, 549-560, 2016.
32)Keisuke Aihara, Kosuke Yamaoka, Naoto Naruse, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : One-pot/sequential native chemical ligation using photo-caged crypto-thioester, Organic Letters, Vol.18, No.3, 596-599, 2016.
33)Chiaki Komiya, Keisuke Aihara, Kou Morishita, Hao Ding, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of an intein-inspired amide cleavage chemical device, The Journal of Organic Chemistry, Vol.81, No.2, 699-707, 2016.
34)Hirokazu Kariyazono, Ryo Nadai, Rin Miyajima, Yuki Takechi-Haraya, Teruhiko Baba, Akira Shigenaga, Keiichiro Okuhira, Akira Otaka and Hiroyuki Saito : Formation of stable nanodiscs by bihelical apolipoprotein A-I mimetic peptide, Journal of Peptide Science, Vol.22, No.2, 116-122, 2016.
35)Tatsuhiko Shimizu, Rin Miyajima, Kohei Sato, Ken Sakamoto, Naoto Naruse, Miku Kita, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Facile synthesis of C-terminal peptide thioacids under mild conditions from N-sulfanylethylanilide peptides, Tetrahedron, Vol.72, 992-998, 2016.
36)Kitakaze Keisuke, Mizutani Yasumichi, Sugiyama Eiji, Tasaki Chikako, Daisuke Tsuji, Nobuo Maita, Hirokawa Takatsugu, Asanuma Daisuke, Kamiya Mako, Sato Kohei, Setou Mitsutoshi, Urano Yasuteru, Togawa Tadayasu, Akira Otaka, Sakuraba Hitoshi and Kouji Itou : Protease-resistant modified human β-hexosaminidase B ameliorates symptoms in GM2 gangliosidosis model, The Journal of Clinical Investigation, Vol.126, No.5, 1691-1703, 2016.
37)Ayako Ohno, Arisa Ochi, Nobuo Maita, Tatsuya Ueji, Aki Bando, Reiko Nakao, Katsuya Hirasaka, Tomoki Abe, Shigetada Teshima-Kondo, Hisao Nemoto, Yuushi Okumura, Akira Higashibata, Sachiko Yano, Hidehito Tochio and Takeshi Nikawa : Structural analysis of the TKB domain of ubiquitin ligase Cbl-b complexed with its small inhibitory peptide, Cblin., Archives of Biochemistry and Biophysics, Vol.594, 1-7, 2016.
38)Yukihiro Itoh, Keisuke Aihara, Paolo Mellini, Toshifumi Tojo, Yosuke Ota, Hiroki Tsumoto, Viswas Raja Solomon, Peng Zhan, Miki Suzuki, Daisuke Ogasawara, Akira Shigenaga, Tsubasa Inokuma, Hidehiko Nakagawa, Naoki Miyata, Tamio Mizukami, Akira Otaka and Takayoshi Suzuki : Identification of SNAIL1 Peptide-Based Irreversible Lysine Specific Demethylase 1-Selective Inactivators, Journal of Medicinal Chemistry, Vol.59, No.4, 1531-1544, 2016.
39)Shigeki Sano, Masanori Kamura, Akihito Nakamura, Syuji Kitaike and Michiyasu Nakao : Asymmetric Synthesis of cis-4a,5,8,8a-Tetrahydrophthalazin-1(2H)-one Derivatives Based on Organocatalytic Alcoholysis of Cyclic Dicarboxylic Anhydride, Heterocycles, Vol.93, No.1, 391-398, 2016.
40)Michiyasu Nakao, Yuta Hiroyama, Shintaro Fukayama and Shigeki Sano : N4-Methylation Changes the Conformation of (3S,6S)-3-Alkyl-6-benzylpiperazine-2,5-diones from Folded to Extended, Journal of Molecular Structure, Vol.1116, 37-44, 2016.
41)Yuki Takechi-Haraya, Ryo Nadai, Hitoshi Kimura, Kazuchika Nishitsuji, Kenji Uchimura, Kumiko Sakai-Kato, Kohsaku Kawakami, Akira Shigenaga, Toru Kawakami, Akira Otaka, Hironobu Hojo, Naomi Sakashita and Hiroyuki Saito : Enthalpy-driven interactions with sulfated glycosaminoglycans promote cell membrane penetration of arginine peptides, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1858, No.6, 1339-1349, 2016.

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Kohei Tsuji, Kohei Sato, Mitsuhiro Eto, Yusuke Tsuda, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : N-Sulfanylethylanilide (SEAlide) peptide as a versatile intermediate for protein chemical synthesis using native chemical ligation, Peptide Science 2014, 113-116, 2015.
2)Chiaki Komiya, Keisuke Aihara, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of intein-inspired peptide bond processing device, Peptide Science 2015, 281-282, 2016.
3)Rin Miyajima, Yusuke Tsuda, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Preparation of peptide thioesters from naturally occuring sequences using a chemical protocol, Peptide Science 2015, 21-22, 2016.

2015年度(平成27年度) / 学術レター

(なし)

2015年度(平成27年度) / 総説・解説

1)Akira Otaka, Kohei Sato and Akira Shigenaga : Chemical synthesis of proteins using N-sulfanylethylanilide peptides, based on N-S acyl transfer chemistry, Topics in Current Chemistry, Vol.363, 33-56, May 2015.
2)Shigeki Sano and Michiyasu Nakao : Chemistry of 2.5-Diketopiperazine and its Bis-lactim Ether: a Brief Review, Heterocycles, Vol.91, No.7, 1349-1375, Jul. 2015.
3)田中 秀治 : フィードバック制御フローレイショメトリーによるハイスループット滴定, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.32, No.2, 101-105, 2015年12月.
4)竹内 政樹 : 富士山頂に流入する大気をはかる, 理大 科学フォーラム, Vol.384, 40-43, 2016年.

2015年度(平成27年度) / 国際会議

1)Takagi Marina, Ochi Arisa, Kitahata Kanako, Kishimoto Hikaru, Nakao Reiko, Ayako Maita, Shigetada Kondo, Tomoki Abe, Hisao Nemoto and Takeshi Nikawa : N-Myristoylated ubiquitin ligase Cbl-b inhibitor prevents on glucocorticoid-induced atrophy in mouse skeletal muscle, 12th Asian Congress of Nutrition, Vol.570, No.15, 23-31, May 2015.
2)Licht Miyamoto, Haruna Aihara, Wenting Xu, Meina Jin, Yosuke Tomida, Tomomi Yamaoka, Naonobu Tanaka, Yasumasa Ikeda, Akira Shigenaga, Akira Otaka, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya : Limonene-derivative Ameliorates Lipid Profiles by Upregulation of Sirt1 Activity and Expression in Cultured Cells and High Fat Diet-Fed Mice, American diabetes association, Boston, Jun. 2015.
3)Masaya Denda, Takuya Morisaki, Jun Yamamoto, Kohei Sato, Tsubasa Inokuma, Youichi Sato, Aiko Yamauchi, Akira Shigenaga and Akira Otaka : In Cell Labeling of Target Proteins using ''SEAL-tag'', American Peptide Symposium 2015, Florida, Jun. 2015.
4)Yusuke Tsuda, Akira Shigenaga, Kohei Tsuji, Masaya Denda, Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Takahiro Nakamura, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou and Akira Otaka : Development of Chemistry-based Protocol for Sequence-dependent Thioesterification, American Peptide Symposium 2015, Florida, Jun. 2015.
5)Masaki Takeuchi, Miki Narita, Emako Takano, Kaoru Yoshioka and Hideji TANAKA : Determination of perchlorate in the atmospheric aerosol by ion chromatography, Flow Analysis Xlll, Jul. 2015.
6)宮本 理人, 粟飯原 遥奈, Wenting Xu, Meina Jin, 冨田 洋介, 山岡 朋美, 田中 直伸, 池田 康将, 重永 章, 大髙 章, 玉置 俊晃, 柏田 良樹, 土屋 浩一郎 : リモネン誘導体によるsirt1活性化を介した脂質低下作用, 日本肥満学会,アジアオセアニア糖尿病学会, 名古屋, 2015年10月.
7)Akira Otaka : N-Sulfanylethylanilide peptide as a crypto thioester for protein chemical synthesis, 5th Modern Solid Phase Peptide Synthesis & Its Application Symposium, Queensland (Australia), Oct. 2015.
8)Rie Mukai, Hiromi Shono, Shinya Sato, Jeremy Spencer, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto and Junji Terao : Positional isomers of prenylquercetin differently induce hemeoxygenase-1 expression in vascular endothelial cells, 7th International Conference on Polyphenols and Health, Tours, France, Oct. 2015.
9)Hiromi Shono, Hideyuki Saito, Shinya Sato, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto, Junji Terao and Rie Mukai : A signal transduction pathway in prenylquercetin-induced heme oxygenase-1 expression in vascular endothelium cells, The 6th International Conference on Food Factors: Bioconvergence for Food Function, Soul, Republic of Korea, Nov. 2015.
10)Hideji TANAKA and Masaki Takeuchi : Flow analysis utilizing periodically varying flow rate: feedback-based flow ratiometry and amplitude modulated multiplexed flow analysis, The International Chemical Congress of Pacific Baisin Societies (PACIFICHEM2015), Honolulu, Dec. 2015.
11)T Shoda, M Kato, Keiichiro Okuhira, Y Demizu, H Inoue, M Naito and M Kurihara : Design, synthesis and evaluation of tamoxifen derivatives as new selective estrogen receptor down-regulators, PACIFICHEM 2015, Honolulu, Dec. 2015.
12)Hideji TANAKA, Kubo Hiroya and Masaki Takeuchi : Pretreatment of phosphorus compounds by electrogenerated cobalt(III) ions and its evaluation by flow injection analysis, The International Chemical Congress of Pacific Baisin Societies (PACIFICHEM2015), Honolulu, Dec. 2015.
13)Nakagawa Shinya, Hideji TANAKA and Masaki Takeuchi : Nitric acid gas generator, The International Chemical Congress of Pacific Baisin Societies (PACIFICHEM2015), Honolulu, Dec. 2015.
14)Masaki Takeuchi, Shinya Nakagawa, Hiroki Watanabe, Yuki Miyazaki, Hideji TANAKA, Takaharu Isobe, Hiroko Ogata and Hiroshi Okochi : Water-soluble atmospheric acid gases at the summit of Mt. Fuji, Japan, monitored with parallel plate wet denuder coupled ion chromatograph, The 8th Asia Pacific Symposium on Ion Analysis, 2015.

2015年度(平成27年度) / 国内講演発表

1)桑原 香織, 西辻 和親, 内村 健治, 小林 典弘, 斎藤 博幸, 坂下 直実 : ApoAIアミロイドの毒性に対するヘパラン硫酸糖鎖の影響, 第104回 日本病理学会総会, 2015年4月.
2)竹内 政樹, 成田 三紀, 髙野 恵万子, 吉岡 薫, 田中 秀治 : 大気エアロゾルに含まれる過塩素酸イオンの分析, 第75回分析化学討論会, 2015年5月.
3)渡部 裕貴, 杉浦 潤, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 小型溶離液発生装置を用いる低圧イオンクロマトグラフィー, 第75回分析化学討論会, 2015年5月.
4)戸田 敬, 柚木 悟, 彌永 輝, 穂積 成斗, 竹内 政樹, 大平 慎一 : PM2.5中揮発性化学物質のニアリアルタイム分析:ホルムアルデヒドの気相/粒子間の移動をみる, 第75回分析化学討論会, 2015年5月.
5)竹内 政樹, 石嶺 希一, 三木 直之, 宮崎 祐樹, 田中 秀治 : イオンクロマトグラフィーに用いる炭酸イオン除去デバイス, 日本分析化学会第64年会, 2015年5月.
6)武知 佑樹, 安岐 健三, 通山 由美, 原野 雄一, 川上 徹, 斎藤 博幸, 岡村 恵美子 : キネティクスに基づく細胞へのオクタアルギニンの物理的膜透過メカニズム, 日本膜学会第37年会, 2015年5月.
7)武知 佑樹, 田中 健斗, 辻 耕平, 麻見 安雄, 井澤 浩則, 重永 章, 大髙 章, 川上 亘作, 斎藤 博幸 : シクロデキストリン架橋型キトサン-pH応答性ペプチド複合体による細胞コレステロール排出促進作用, 日本膜学会第37年会, 2015年5月.
8)三河 志穂, 水口 智晴, 辻 耕平, 重永 章, 島内 寿徳, 大髙 章, 斎藤 博幸 : アポA-Iアミロイド線維形成に与える脂質膜とヘパリンの影響, 日本膜学会第37年会, 2015年5月.
9)杉原 涼, 木村 仁, 奥平 桂一郎, 斎藤 博幸 : アポA-I結合タンパク質AIBPの機能解明に向けた研究, 日本膜学会第37年会, 2015年5月.
10)水口 智晴, M.C. Phillips, S Lund-Katz, 斎藤 博幸 : アポEアイソフォームの脂質結合挙動に対する自己会合性の影響, 日本膜学会第37年会, 2015年5月.
11)西辻 和親, 桑原 香織, 小林 典裕, 内村 健治, 坂下 直実, 斎藤 博幸 : ApoA-Iアミロイドの毒性に対するヘパラン硫酸糖鎖の影響., 2015年5月.
12)尾崎 真理, 大楠 剛司, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 内標準法を導入した振幅変調多重化フロー分析法, 第75回分析化学討論会, 2015年5月.
13)久保 祐哉, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 全リン定量のための各種リン化合物のCo3+による前処理, 第75回分析化学討論会, 2015年5月.
14)頼田 和子, 黒澤 すみれ, 宍戸 裕二, 佐野 茂樹, 柏田 良樹, 南川 典昭, 福井 清 : ヒト由来D-アミノ酸酸化酵素のエフェクター探索のためのハイスループットクリーニングと構造機能相関, 第56回日本生化学会 中国四国支部例会, 2015年5月.
15)中村 太寛, 重永 章, 佐藤 浩平, 津田 雄介, 猪熊 翼, 大髙 章 : GM2活性化タンパク質誘導体の第二世代化学合成法の確立, 日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会, 2015年6月.
16)出水 庸介, 三澤 隆史, 長久保 貴哉, 諫田 泰成, 奥平 桂一郎, 関野 祐子, 内藤 幹彦, 栗原 正明 : エストロゲン受容体転写活性化阻害能を有するヘリカルペプチドの開発, 日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会, 2015年6月.
17)庄野 裕美, 齋藤 豪紀, 佐藤 伸也, 河合 知志, 根本 尚夫, 寺尾 純二, 向井 理恵 : 血管内皮におかるプレニルケルセチンによるヘムオキシゲナーゼ1誘導に関与するシグナル経路の検討, 日本農芸化学会中四国支部第42回講演会, 2015年6月.
18)林 珮儀, 齋藤 豪紀, 河合 知志, 根本 尚夫, 寺尾 純二, 向井 理恵 : Suppressive effect of prenylflavonoids on atrogin-1 expression in C2C12 mouse myotubes., 日本農芸化学会中四国支部第42回講演会, 2015年6月.
19)大髙 章, 佐藤 浩平, 重永 章 : 化学合成によるタンパク質製剤調製への挑戦, 第15回日本蛋白質科学会年会, 2015年6月.
20)津田 雄介, 重永 章, 辻 耕平, 傳田 将也, 佐藤 浩平, 北風 圭介, 中村 太寛, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 大髙 章 : タンパク質半化学合成を指向した配列特異的チオエステル化法の開発, 創薬懇話会2015 in 徳島, 2015年7月.
21)傳田 将也, 森崎 巧也, 猪熊 翼, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 重永 章, 大髙 章 : N-Sアシル基転移反応を利用した新規ラベル化試薬の開発, 創薬懇話会2015 in 徳島, 2015年7月.
22)大塚 裕太, 松村 沙季, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 医薬品結晶転移制御を目的とした赤外スペクトルと多変量解析に基づく研究, 第3回若手研究者シーズ発表会ー計測と分析ー, 2015年7月.
23)大塚 裕太, 松村 沙季, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 医薬品結晶転移制御を目的とした赤外スペクトルと多変量解析に基づく研究, 第21回分析化学若手セミナー, 2015年7月.
24)伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : カフェイン-シュウ酸2:1共結晶のメカノケミカル合成における機械的エネルギーと温度の影響, 第21回分析化学若手セミナー, 2015年7月.
25)山岡 浩輔, 粟飯原 圭佑, 成瀬 公人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 光応答性補助基を用いた4成分One-pot NCL法の開発, 第47回若手ペプチド夏の勉強会, 2015年8月.
26)森崎 巧也, 傳田 将也, 辻 大輔, 山本 純, 折原 賢裕, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 宍戸 宏造, 重永 章, 大髙 章 : 標的タンパク質の高効率同定を可能とするケミカルツールの開発研究, 第47回若手ペプチド夏の勉強会, 2015年8月.
27)傳田 将也, 森崎 巧也, 猪熊 翼, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 重永 章, 大髙 章 : N-Sアシル基転移反応を基盤としたin cellタンパク質ラベル化法の開発, 第47回若手ペプチド夏の勉強会, 2015年8月.
28)桑原 香織, 西辻 和親, 山下 太郎, 小林 典裕, 内村 健治, 安東 由喜雄, 斎藤 博幸, 坂下 直実 : AApoAIアミロイドーシスにおけるヘパラン硫酸多硫酸化ドメインの役割, 第3回アミロイドーシス研究会, 2015年8月.
29)山岡 浩輔, 粟飯原 圭佑, 成瀬 公人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 光応答型チオエステル等価体を利用した多成分One-pot NCL法の開発, 第三十一回若手化学者のための化学道場, 2015年8月.
30)森崎 巧也, 傳田 将也, 辻 大輔, 山本 純, 折原 賢祐, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 宍戸 宏造, 重永 章, 大髙 章 : 標的タンパク質の効率的精製および選択的ラベル化を可能とするケミカルツールの開発研究, 第三十一回若手化学者のための化学道場, 2015年8月.
31)小宮 千明, 粟飯原 圭佑, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : タンパク質自己編集システムを範としたアミド結合切断反応の開発, 第三十一回若手化学者のための化学道場, 2015年8月.
32)寺中 孝久, 粟飯原 圭佑, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : チアゾール含有環状ペプチドTrichamideの合成研究, 第三十一回若手化学者のための化学道場, 2015年8月.
33)竹内 政樹, 中川 慎也, 渡部 裕貴, 宮崎 祐樹, 田中 秀治, 磯部 貴陽, 緒方 裕子, 大河内 博 : ウエットデニューダー法による水溶性酸性ガスの富士山頂定点観測, 第56回大気環境学会年会, 2015年9月.
34)田中 秀治, 平坂 知子, 富山 えりな, 竹内 政樹 : フィードバック制御フローレイショメトリーに基づくフロー滴定法への気節法の導入, 日本分析化学会第64年会, 2015年9月.
35)伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : カフェイン-シュウ酸2:1共結晶のメカノケミカル合成における機械的エネルギーと温度の影響, 2015 Tokushima Bioscience Retreat, 2015年9月.
36)重永 章, 佐藤 浩平, 猪熊 翼, 大髙 章 : 非天然型アミノ酸を含むタンパク質の調製を志向したタンパク質完全化学合成法の開拓, 第64回高分子討論会(特定テーマ 融合マテリアルの精密構造制御と機能創製), 2015年9月.
37)寺中 孝久, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : α-イミノカルボン酸誘導体の効率的合成法の開発と非天然α-アミノ酸合成への応用, 第41回反応と合成の進歩シンポジウム, 2015年10月.
38)猪熊 翼, 岩本 和也, 坂本 健, 重永 章, 大髙 章 : N-Sulfanylethylanilide (SEAlide)を基盤としたタンパク質-ペプチドコンジュゲーション法の開発, 第41回反応と合成の進歩シンポジウム, 2015年10月.
39)中尾 允泰, 松本 知也, 戸口 宗尚, 佐野 茂樹 : ケテンのHWE反応を基盤とするアレニルエステル誘導体の効率的合成, 第41回反応と合成の進歩シンポジウム, 2015年10月.
40)田中 一江, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 含フッ素1-リゾホスファチジン酸ミメティクスの合成, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
41)戸口 宗尚, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : アレニルエステルを用いる多置換テトラヒドロチオフェン類の合成, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
42)仲村 明人, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : cis-テトラヒドロフタラジノン誘導体の効率的不斉合成法の開発, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
43)山岡 浩輔, 粟飯原 圭佑, 成瀬 公人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 多成分縮合を可能とする光応答型チオエステル等価体の開発, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
44)森崎 巧也, 傳田 将也, 辻 大輔, 山本 純, 折原 賢祐, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 宍戸 宏造, 重永 章, 大髙 章 : SEAlideを利用した標的タンパク質精製ツール ''トレーサブルリンカー''の開発研究, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
45)土橋 有希, 阿部 真治, 宮本 理人, 松下 剛史, 片桐 彩人, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 : 分岐鎖オリゴグリセロールを用いたPaclitaxelの物性及び薬効の改善, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会 (高知), 2015年10月.
46)佐藤 智恵美, 山本 香織, 阿部 真治, 岡田 直人, 土屋 浩一郎, 東 満美, 大髙 章 : 病院・薬局実務実習における実習生の主体性育成に向けての取組み:課題発見型レポートの効果の検証, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月.
47)岡田 直人, 阿部 真治, 佐藤 智恵美, 東 満美, 川添 和義, 大髙 章, 石澤 啓介 : 徳島大学病院における模擬体験型学習を用いた実務実習の評価, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月.
48)久保 祐哉, 富山 えりな, 平坂 知子, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 気節-非相分離フィードバック制御フローレイショメトリーによる滴定, 第52 回フローインジェクション分析講演会, 2015年11月.
49)尾崎 真理, 大楠 剛司, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 内標準法を導入した振幅変調多重化フロー分析法によるFe2+の定量, 第52 回フローインジェクション分析講演会, 2015年11月.
50)中川 慎也, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 硝酸ガス発生装置, 第52 回フローインジェクション分析講演会, 2015年11月.
51)松岡 恒輝, 佐藤 陽一, 大髙 章, 山内 あい子 : 薬物の胎児毒性に関する機械学習による予測と化学構造特性の解析, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年11月.
52)阿部 真治, 佐藤 智恵美, 山本 香織, 東 満美, 大髙 章 : 薬学体験実習における屋根瓦方式導入の有用性, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会 (高知), 2015年11月.
53)亀山 泰和, 西辻 和親, 小林 典裕, 斎藤 博幸, 坂下 直実 : AApo A-Iアミロイドーシスにおけるオートファジー・リソソーム系の役割., 2015年11月.
54)岡本 健太郎, 水口 博之, 藤井 達也, 北山 美香, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 : ナローバンドUVBのヒスタミンH1受容体遺伝子発現への影響, 第19回 日本ヒスタミン学会, 2015年11月.
55)笹原 克則, 馬島 彬, 吉田 達貞, 中馬 寛 : Crystallographic Binding Poses and Metabolites of Antipsychotic Thioridazine by Cytochrome P450 2D6; LC-UV-MS/MS Analysis, Molecular Dynamics and Density Functional Calculations, 日本薬物動態学会第30回年会, 2015年11月.
56)宮島 凜, 津田 雄介, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : Preparation of peptide thioesters from naturally occuring sequences using a chemical protocol, 第52回ペプチド討論会, 2015年11月.
57)小宮 千明, 粟飯原 圭佑, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : Development of intein-inspired peptide bond processing device, 第52回ペプチド討論会, 2015年11月.
58)岡本 健太郎, 水口 博之, 藤井 達也, 北山 美香, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 : ナローバンドUVBのヒスタミンH1受容体遺伝子発現抑制の分子機構, 第128回 日本薬理学会近畿部会, 2015年11月.
59)大髙 章 : 創薬人育成教育から見えてきた薬学教育の将来について-薬の顔相学-, 第25回医療薬学会年会「教育セミナー」, 2015年11月.
60)吉田 達貞, 林 敬久, 倉橋 昌大, 馬島 彬, 笹原 克則, 中馬 寛 : リガンド-タンパク質複合体の分散力相互作用 の検討: Hatree-Fock 理論に対する分散力補正, 分子シミュレーション討論会, 2015年11月.
61)笹原 克則, 馬島 彬, 吉田 達貞, 中馬 寛 : 分子動力学法及び密度汎関数法を用いたCYP2D6 におけるチオリダジンの代謝機構の解明: 結晶結 合ポーズと代謝物の関係について, 分子シミュレーション討論会, 2015年11月.
62)倉橋 昌大, 馬島 彬, 吉田 達貞, 中馬 寛 : QM/MM (ONIOM) 法を用いたシステインプロテ アーゼによる馬尿酸フェニルエステル加水分解 反応の理論的考察, 分子シミュレーション討論会, 2015年11月.
63)馬島 彬, 倉橋 昌大, 西村 兆二朗, 吉田 達貞, 中馬 寛 : 分子科学計算を用いた自由エネルギー変化の線 形則に基づくトリプシンの触媒反応メカニズム の詳細解析, 分子シミュレーション討論会, 2015年11月.
64)杉原 涼, 木村 仁, 奥平 桂一郎, 斎藤 博幸 : アポ A-I 結合タンパク質 AIBP の機能の解明, BMB2015, 2015年12月.
65)林 敬久, 福田 修平, 岡 尚生, 吉田 達貞, 中馬 寛 : 分子科学計算を用いた HIV-1 protease とアロフェ ニルノルスタチン骨格を持つ化合物との複合体 の精密相互作用解析, 分子シミュレーション討論会, 2015年12月.
66)濱野 綾那, 谷山 萌, 吉田 達貞, 中馬 寛 : ヒストン脱アセチル化酵素 (HDAC) -ベンズア ミド系阻害剤複合体形成に関する結合自由エネ ルギー変化の非経験的分子軌道法に基づく相関 解析, 分子シミュレーション討論会, 2015年12月.
67)高橋 伶奈, 種子島 幸祐, 辻 耕平, 重永 章, 大髙 章, 原 孝彦 : ケモカインCXCL14は癌細胞のヘパラン硫酸に高親和性で結合する, 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会, 2015年12月.
68)田中 秀治 : 流量の周期的変化を利用するフロー分析法の創案, 日本分析化学会中国四国支部 周南地区講演会, 2015年12月.
69)伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 新規バイオセラミックスとしてのクロロアパタイトのメカノケミカル合成とその評価, 日本薬学会136年会, 2016年3月.
70)大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 三留 肇, 田中 秀治 : 示差走査熱量曲線の予測を目的としたポータブルラマン分光計によるテオフィリン錠剤の測定, 日本薬学会136年会, 2016年3月.
71)松村 沙季, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 高湿度条件下におけるテオフィリン無水物の溶媒介転移, 日本薬学会136年会, 2016年3月.
72)髙木 直弥, 並川 誠, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 徳島市内における酸性ガス/PM2.5のオンライン分析, 日本薬学会136年会, 2016年3月.
73)成田 三紀, 高野 恵万子, 田中 秀治, 竹内 政樹 : イオンクロマトグラフィーを用いた河川水中の過塩素酸イオン分析法の検討, 日本薬学会136年会, 2016年3月.
74)山岡 浩輔, 粟飯原 圭佑, 成瀬 公人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 光応答型チオエステル等価体を用いたOne-potタンパク質化学合成法の開発, 日本薬学会第136年会, 2016年3月.
75)成瀬 公人, 佐藤 浩平, 中村 太寛, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : マンノース六リン酸修飾型GM2活性化タンパク質の合成研究, 日本薬学会第136年会, 2016年3月.
76)森崎 巧也, 傳田 将也, 中村 太寛, 辻 大輔, 山本 純, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 重永 章, 大髙 章 : 標的タンパク質の高効率的同定を可能とする新規リンカー分子の開発研究, 日本薬学会第136年会, 2016年3月.
77)江藤 三弘, 森本 恭平, 辻 耕平, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : チオエステル等価体としてのN-sulfanylethylcoumarinylamide (SECmide) の開発及びペプチド合成への応用, 日本薬学会第136年会, 2016年3月.
78)寺中 孝久, 粟飯原 圭佑, 江藤 三弘, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 環状ペプチドTrichamideの合成研究, 日本薬学会第136年会, 2016年3月.
79)重永 章, 大髙 章 : ペプチド化学を基盤としたケミカルバイオロジー研究のための基盤技術の開拓, 日本薬学会第136年会, 2016年3月.
80)植野 哲 : 環境感受性蛍光色素を利用したカチオン性高分子-脂質二分子膜相互作用 の可視化, 日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
81)戸口 宗尚, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : アレニルエステルとメルカプトアルデヒドのタンデム型チア-マイケル/アルドール反応, 日本薬学会第136年会, 2016年3月.
82)仲村 明人, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 環状酸無水物の不斉加メタノール分解を基盤とするcis-テトラヒドロフタラジノン誘導体の合成, 日本薬学会第136年会, 2016年3月.
83)中尾 允泰, 辻 駿佑, 佐野 茂樹 : ヒドロキサム酸型シデロフォア活性物質エリスロケリンの合成, 日本薬学会第136年会, 2016年3月.
84)大岡 伸通, 伊東 昌宏, 奥平 桂一郎, 永井 克典, 柴田 識人, 服部 隆行, 長 展生, 内藤 幹彦 : ユビキチン・プロテアソーム経路を利用したプロテインノックダウン化合物の開発, 日本薬学会第136年会, 2016年3月.
85)服部 隆行, 正田 卓司, 奥平 桂一郎, 柴田 識人, 大岡 伸通, 伊藤 進, 栗原 正明, 内藤 幹彦 : 網羅的人工ユビキチン修飾システムの構築, 日本薬学会第136年会, 2016年3月.
86)川原 遥華, 奥平 桂一郎, 辻 耕平, 津田 雄介, 森本 恭平, 木村 仁, 假屋園 大和, 大村 理紗, 市野 晨人, 杉原 涼, 西辻 和親, 重永 章, 坂下 直実, 大髙 章, 斎藤 博幸 : 光応答性アボ A-I 模倣ペプチドの開発研究, 日本薬学会第136年会, 2016年3月.
87)市野 晨人, 奥平 桂一郎, 川原 遥華, 木村 仁, 辻 大輔, 西辻 和親, 堂前 純子, 道川 誠, 坂下 直実, 伊藤 孝司, 斎藤 博幸 : グリア細胞における ABCA7 発現制御機構の検討, 日本薬学会第136年会, 2016年3月.

2015年度(平成27年度) / 作品等

(なし)

2015年度(平成27年度) / その他・研究会

1)重永 章 : 「さきがけ」採択の体験談と申請に向けたアドバイス, 第2回研究推進セミナー-大型競争的資金の獲得にむけて-, 2015年7月.
2)岩本 和也, 猪熊 翼, 坂本 健, 佐藤 浩平, 重永 章, 大髙 章 : NCL法を利用したペプチド–タンパク質コンジュゲーション法の開発研究, 第6回夏の生物系勉強会, 2015年8月.
3)Yuki Tsuchihashi, Licht Miyamoto, Hisao Nemoto and Koichiro Tsuchiya : Effect of novel branched oligoglycerols-conjugated (BGL) paclitaxels against lung cancer, Tokushima Bioscience Retreat, Sep. 2015.
4)重永 章 : ペプチド化学を基盤としたケミカルバイオロジー研究のための基盤技術の開拓, 名古屋大学大学院生命農学研究科 食品機能化学特別セミナー, 2015年10月.

2015年度(平成27年度) / 報告書

1)重永 章 : 活動内容,結果・成果,今後に向けて, さきがけ研究者向けScience For Society (SciFoS) 平成26年度活動報告書, 12, 2015年6月.

2016年度(平成28年度)

article.{@.date="20160400 20170399" @.organization=\E{148401}}

2016年度(平成28年度) / 著書

1)田中 秀治 : 第17改正日本薬局方解説書, 株式会社 廣川書店, 東京, 2016年7月.
2)田中 秀治, 竹内 政樹 : スタンダード薬学シリーズII 2, 物理系薬学 III. 機器分析・構造決定, 株式会社 東京化学同人, 東京, 2016年11月.
3)田中 秀治, 竹内 政樹 : クリスチャン分析化学, 原書7版, 丸善出版, 東京, 2017年1月.
4)田中 秀治, 竹内 政樹 : クリスチャンExcelで解く分析化学, 丸善出版, 東京, 2017年3月.
5)岩下 孝, 大井 高, 楠見 武徳 : NMR入門 必須ツール 基礎の基礎 (Nuclear Magnetic Resonance. 2nd Ed. Oxford Univ. Press 2015の翻訳), 株式会社 化学同人, 2017年3月.

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Tatsuhiko Shimizu, Rin Miyajima, Naoto Naruse, Kosuke Yamaoka, Keisuke Aihara, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Facile preparation of peptides with C-terminal N-alkylamide via radical-initiated dethiocarboxylation, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.4, 375-378, 2016.
2)Demizu Yosuke, Ohoka Nobumichi, Nagakubo Takaya, Yamashita Hiroko, Misawa Takashi, Keiichiro Okuhira, Naito Mikihiko and Kurihara Masaaki : Development of a peptide-based inducer of nuclear receptors degradation., Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.26, No.11, 2655-2658, 2016.
3)Takuya Morisaki, Masaya Denda, Jun Yamamoto, Daisuke Tsuji, Kouji Itou, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : An N-Sulfanylethylanilide-based traceable linker for enrichment and selective labelling of target proteins, Chemical Communications, Vol.52, 6911-6913, 2016.
4)Masaya Denda, Takuya Morisaki, Taiki Kohiki, Jun Yamamoto, Kohei Sato, Ikuko Sagawa, Tsubasa Inokuma, Youichi Sato, Aiko Yamauchi, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Labelling of endogenous target protein via N-S acyl transfer-mediated activation of N-sulfanylethylanilide, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.14, 6244-6251, 2016.
5)Takahiro Nakamura, Kohei Sato, Naoto Naruse, Keisuke Kitakaze, Tsubasa Inokuma, Takatsugu Hirokawa, Akira Shigenaga, Kouji Itou and Akira Otaka : Tailored synthesis of 162-residue S-monoglycosylated GM2-activator protein (GM2AP) analogues that allows access to protein library, ChemBioChem, Vol.17, No.20, 1986-1992, 2016.
6)Takahiro Nakamura, Kohei Sato, Naoto Naruse, Keisuke Kitakaze, Tsubasa Inokuma, Takatsugu Hirokawa, Akira Shigenaga, Kouji Itou and Akira Otaka : Back Cover: Tailored synthesis of 162-residue S-monoglycosylated GM2-activator protein (GM2AP) analogues that allows access to protein library, ChemBioChem, Vol.17, No.20, 1994, 2016.
7)Hirokazu Kameyama, Hiroyuki Nakajima, Kazuchika Nishitsuji, Shiho Mikawa, Kenji Uchimura, Norihiro Kobayashi, Keiichiro Okuhira, Hiroyuki Saito and Naomi Sakashita : Iowa Mutant Apolipoprotein A-I (ApoA-IIowa) Fibrils Target Lysosomes, Scientific Reports, 30391, 2016.
8)富安 直弥, 並川 誠, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 2015年冬季の徳島市における水溶性酸性ガス及びPM2.5に含まれる陰イオンのオンライン分析, 分析化学, Vol.65, No.8, 425-432, 2016年.
9)Mitsuhiro Eto, Naoto Naruse, Kyohei Morimoto, Kosuke Yamaoka, Kohei Sato, Kohei Tsuji, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of an anilide-type scaffold for the thioester precursor N-sulfanylethylcoumarinyl amide, Organic Letters, Vol.18, No.17, 4416-4419, 2016.
10)Michiyasu Nakao, Shunsuke Tsuji, Syuji Kitaike and Shigeki Sano : Synthesis of Erythrochelin: A Hydroxamate-Type Siderophore from Saccharopolyspora erythraea, Synthesis, Vol.48, No.23, 4149-4154, 2016.
11)Ken-ichi Yamada, Akinori Oonishi, Yosuke Kuroda, Shingo Harada, Hiroki Kiyama, Yousuke Yamaoka and Kiyosei Takasu : Desymmetrization of Acid Anhydride with Asymmetric Esterification Catalyzed by Chiral Phosphoric Acid., Tetrahedron Letters, Vol.57, No.36, 4098-4100, 2016.
12)Shiho Mikawa, Chiharu Mizuguchi, Kazuchika Nishitsuji, Teruhiko Baba, Akira Shigenaga, Toshinori Shimanouchi, Naomi Sakashita, Akira Otaka, Kenichi Akaji and Hiroyuki Saito : Heparin promotes fibril formation of the N-terminal fragment of amyloidogenic aplipoprotein A-I, FEBS Letters, Vol.590, 3492-3500, 2016.
13)Rie Mukai, Hitomi Horikawa, Pei-Yi Lin, Nao Tsukumo, Takeshi Nikawa, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto and Junji Terao : 8-Prenylnaringenin promotes recovery from immobilization-induced disuse muscle atrophy through activation of the Akt phosphorylation pathway in mice., American Journal of Physiology. Regulatory, Integrative and Comparative Physiology, Vol.311, No.6, R1022-R1031, 2016.
14)Shigeki Sano, Eiko Kujime, Hiroko Tanaka, Syuji Kitaike and Michiyasu Nakao : Enzymatic Synthesis of Chiral P-Stereogenic Phosphonoacetates, Chemical Data Collections, Vol.5/6, 12-20, 2016.
15)Yusuke Kuroda, Shingo Harada, Akinori Oonishi, Hiroki Kiyama, Yousuke Yamaoka, Ken-ichi Yamada and Kiyosei Takasu : Use of a Catalytic Chiral Leaving Group for Asymmetric Substitutions at sp3-Hybridized Carbon Atoms: Kinetic Resolution of beta-Amino Alcohols by p-Methoxybenzylation ., Angewandte Chemie International Edition, Vol.55, No.42, 13137-13141, 2016.
16)Yinli Wang, Raphaël Oriez, Shogun Oh, Yasunori Miyakawa, Yousuke Yamaoka, Kiyosei Takasu and Ken-ichi Yamada : Phosphine-Promoted Migrative Cyclization of Sulfonylalkynol and Sulfonylalkynamide for the Synthesis of Oxa- and Azacycles., Heterocycles, Vol.95, No.SI, 413-421, 2016.
17)Shugo Tsuda, Masayoshi Mochizuki, Ken Sakamoto, Masaya Denda, Hideki Nishio, Akira Otaka and Taku Yoshiya : N-Sulfanylethylaminooxybutyramide (SEAoxy): A Crypto-Thioester Compatible with Fmoc Solid-Phase Peptide Synthesis, Organic Letters, Vol.18, No.22, 5940-5943, 2016.
18)Otsuka Yuta, Akira Ito, Matsumura Saki, Masaki Takeuchi, Pal Suvra and Hideji TANAKA : Quantification of pharmaceutical compounds based on powder X-ray diffraction with chemometrics, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.8, 1129-1135, 2016.
19)白水 好美, 田中 勝, 田中 秀治, 竹内 政樹 : クリーンルーム雰囲気中のアンモニア及びアミンガスを監視するウエットデニューダ方式の自動モニタ, 分析化学, Vol.66, No.7, 503-508, 2017年.
20)Masaki Takeuchi, Miyazaki Yuki, Hideji TANAKA, Isobe Takaharu, Okochi Hiroshi and Ogata Hiroko : High Time-Resolution Monitoring of Free-Tropospheric Sulfur Dioxide and Nitric Acid at the Summit of Mt. Fuji, Japan, Water, Air, and Soil Pollution, Vol.228, No.9, Article:325, 2017.
21)Tsubasa Inokuma, Takahisa Jichu, Kodai Nishida, Akira Shigenaga and Akira Otaka : A convenient method for preparation of -imino carboxylic acid derivatives and application to the asymmetric synthesis of unnatural -amino acid derivative, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.65, No.6, 573-581, 2017.
22)Keiichiro Okuhira, Takuji Shoda, Risa Omura, Nobumichi Ohoka, Takayuki Hattori, Norihito Shibata, Yosuke Demizu, Ryo Sugihara, Asato Ichino, Haruka Kawahara, Yukihiro Itoh, Minoru Ishikawa, Yuichi Hashimoto, Masaaki Kurihara, Susumu Itoh, Hiroyuki Saito and Mikihiko Naito : Targeted degradation of proteins localized in subcellular compartments by hybrid small molecules, Molecular Pharmacology, Vol.91, No.3, 159-166, 2017.
23)Akiko Yano, Yuko Takahashi, Hiromi Moriguchi, Tomoaki Inazumi, Tomoaki Koga, Akira Otaka, Yukihiko Sugimoto and Hironobu Hojo : An aromatic amino acid within intracellular loop 2 of the prostaglandin EP2 receptor is a prerequisite for selective association and activation of Gas, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1862, No.6, 615-622, 2017.
24)Nobumichi Ohoka, Keiichiro Okuhira, Masahiro Ito, Katsunori Nagai, Norihito Shibata, Takayuki Hattori, Osamu Ujikawa, Kenichiro Shimokawa, Osamu Sano, Ryokichi Koyama, Hisashi Fujita, Mika Teratani, Hirokazu Matsumoto, Yasuhiro Imaeda, Hiroshi Nara, Nobuo Cho and Mikihiko Naito : In Vivo Knockdown of Pathogenic Proteins via Specific and Nongenetic IAP-dependent Protein Erasers (SNIPERs), The Journal of Biological Chemistry, Vol.292, No.11, 4556-4570, 2017.
25)Bubwoong Kang, Yinli Wang, Satoru Kuwano, Yousuke Yamaoka, Kiyosei Takasu and Ken-ichi Yamada : Site-selective Benzoin-type Cyclization of Unsymmetrical Dialdoses Catalyzed by N-Heterocyclic Carbenes for Divergent Cyclitol Synthesis., Chemical Communications, Vol.53, No.32, 4469-4472, 2017.

2016年度(平成28年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Keisuke Aihara, Kosuke Yamaoka, Naoto Naruse, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : One-pot/sequential native chemical ligation using photo-responsive crypto-thioester, EPS Proceedings 2016, 39, 2016.
2)Takahiro Nakamura, Akira Shigenaga, Naoto Naruse, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou and Akira Otaka : Second-generation synthetic strategy of GM2-activator protein (GM2AP) analogues applicable to the preparation of a protein library, EPS Proceedings 2016, 63, 2016.
3)Chiaki Komiya, Keisuke Aihara, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Intein-inspired amide bond processing device, EPS Proceedings 2016, 60, 2016.
4)Takahiro Nakamura, Akira Shigenaga, Naoto Naruse, Tsubasa Inokuma and Akira Otaka : Tailored Synthesis of 162-Residue S-Monoglycosylated GM2-Activator Protein (GM2AP) Analogues Applicable to the Preparation of a Protein Library, Peptide Science 2016, 75-76, 2017.
5)Takuya Morisaki, Masaya Denda, Jun Yamamoto, Daisuke Tsuji, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of N-sulfanyltehylanilide (SEAlide)-based traceable linker for enrichment and selective labeling of target proteins, Peptide Science 2016 [PRESTO], 179-181, 2017.
6)Kohsuke Yamaoka, Keisuke Aihara, Naoto Naruse, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : One-pot sequential native chemical ligations using photocaged crypto-thioester, Peptide Science 2016, 73-74, 2017.
7)Yukihiro Itoh, Keisuke Aihara, Paolo Mellini, Toshifumi Tojo, Yosuke Ota, Hiroki Tsumoto, Viswas Raja Solomon, Peng Zhan, Miki Suzuki, Daisuke Ogasawara, Akira Shigenaga, Tsubasa Inokuma, Hidehiko Nakagawa, Naoki Miyata, Tamio Mizukami, Akira Otaka and Takayoshi Suzuki : Design, synthesis and biological evaluation of SNAIL1 peptide-based lysine specific demethylase 1 inhibitors, Peptide Science 2016, 165-166, 2017.
8)Shiho Mikawa, Chiharu Mizuguchi, Izumi Morita, Hiroyuki Oyama, Teruhiko Baba, Akira Shigenaga, Toshinori Shimanouchi, Norihiro Kobayashi, Akira Otaka, Kenichi Akaji and Hiroyuki Saito : Effect of heparin on amyloid fibril formation of apoA-I fragment peptides, Peptide Science 2016, 149-151, 2017.
9)Ryo Nadai, Yuki Haraya, Kazuchika Nishitsuji, Kenji Uchimura, Kumiko Sakai-Kato, Akira Shigenaga, Toru Kawakami, Akira Otaka, Hironobu Hojo, Naomi Sakashita and Hiroyuki Saito : Sulfated glycosaminoglycans promote cell membrane penetration of arginine peptides via enthalpy-driven interactions, Peptide Science 2016, 141-142, 2017.

2016年度(平成28年度) / 学術レター

(なし)

2016年度(平成28年度) / 総説・解説

1)津田 雄介, 重永 章, 佐藤 浩平, 中村 太寛, 北風 圭介, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 大髙 章 : 天然アミノ酸配列に適用可能な新規タンパク質チオエステル合成法の開発, ケミカルバイオロジー, Vol.9, 7-10, 2016年6月.
2)田中 秀治 : 振幅変調多重化フロー分析法, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.33, No.1, 33-38, 2016年6月.
3)竹内 政樹 : Nafionチューブを用いたイオン成分のポストカラム濃縮, FIA研究懇談会誌, Vol.34, No.2, 77-80, 2017年.

2016年度(平成28年度) / 国際会議

1)Kosuke Tanegashima, Rena Takahashi, Hideko Nuriya, Kohei Tsuji, Akira Shigenaga, Akira Otaka and Takahiko Hara : A CXC type chemokine CXCL14 directly binds to CpG-C DNA to activate Toll-like receptor 9 signaling, Nucleic Acid Sensing Pathways: Innate Immunity, Immunobiology and Therapeutics (E2), Dresden, May 2016.
2)Akira Otaka, Rin Miyajima, Yusuke Tsuda and Akira Shigenaga : Regioselective S-Cyanylation-mediated Preparation of Peptide Thioester, 16th Akabori Conference Japanese-German Symposium on Peptide Science, Kobe, May 2016.
3)Yuta Otsuka, Akira Ito, Saki Matsumura, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Investigation on carbamazepine polymorphic transformation kinetics with attenuated total reflectance-infrared spectra and multivariate curve resolution-alternating least squares analysis, 2016 China-Japan-Korea Symposium on Analytical Chemistry, Wuyishan, China, Aug. 2016.
4)Keisuke Aihara, Kosuke Yamaoka, Naoto Naruse, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : One-Pot/Sequential Native Chemical Ligation Using Photo-responsive Crypto-thioester, 34th European Peptide Symposium 2016 & 8th International Peptide Symposium, Leipzig, Germany, Sep. 2016.
5)Chiaki Komiya, Keisuke Aihara, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Intein-inspired Amide Bond Processing Device, 34th European Peptide Symposium 2016 & 8th International Peptide Symposium, Leipzig, Germany, Sep. 2016.
6)Takahiro Nakamura, Akira Shigenaga, Naoto Naruse, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou and Akira Otaka : Second-Generation Synthetic Strategy of GM2-Activator Protein (GM2AP) Analogues Applicable to the Preparation of a Protein Library, 34th European Peptide Symposium 2016 & 8th International Peptide Symposium, Leipzig, Germany, Sep. 2016.
7)Masaki Takeuchi, Shinya Nakagawa, Kazuaki Miyata and Hideji TANAKA : Nitric acid gas generator for air analysis, 20th International Conference on Flow Injection Analysis and Related Techniques, Mallorca, Spain, Oct. 2016.
8)Ito Tomohiro, Ken-ichi Yamada, Yamaoka Yousuke and Takasu Kiyosei : Synthesis of Medium-sized trans-Cycloalkenes by Domino 4p-Electrocyclization-Alkylation of Fused Cyclobutenes, The Tenth International Symposium on Integrated Synthesis (ISONIS-10), Hyogo Prefecture, Nov. 2016.
9)Yuta Otsuka, Akira Ito, Masaki Takeuchi, Hajime Mitome and Hideji TANAKA : Predictive evaluation of differential scanning calorimetry curve of theophylline tablets using portable Raman spectrometer, Japan-Taiwan Medical Spectroscopy International Symposium, Awaji, Japan, Dec. 2016.
10)Takahiko Hara, Kosuke Tanegashima, Rena Takahashi, Hideko Nuriya, Naoto Naruse, Kohei Tsuji, Akira Shigenaga and Akira Otaka : A Novel Function of a CXC-type Chemokine CXCL14 as a Specific Carrier of CpG DNA into Dendritic Cells for Activating Toll-like Receptor 9-mediated Adaptive Immunity, 58th ASH Annual Meeting & Exposition, San Diego, Dec. 2016.
11)Otsuka Yuta, Ito Akira, Masaki Takeuchi, Mitome Hajime and Hideji TANAKA : Predictive evaluation of differential scanning calorimetry curve of theophylline tablets using portable Raman spectromerer, Japan-Taiwan Medical Spectroscopy International Symposium, Awaji, Japan, Dec. 2016.
12)Hideji TANAKA, Erina Tomiyama, Tomoko Hirasaka, Hiroya Kubo, Sawako Oka, Naoya Kakiuchi, Akihiro Fujikawa and Masaki Takeuchi : High throughput titration by air-segmented flow ratiometry, The 13th Asian Conference on Analytical Sciences, Chiang Mai, Thailand, Dec. 2016.
13)Koichiro Tsuchiya, Aihara Haruna, Xu Wenting, Jin Meina, Tomida Yosuke, Yamaoka Tomomi, Naonobu Tanaka, Yasumasa Ikeda, Akira Shigenaga, Akira Otaka, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya : A limonene-derivative from Sudachi peel activates sirt1 and improves lipid and glucose metabolism in high fat diet-fed mice., 欧州糖尿病学会, Dec. 2016.

2016年度(平成28年度) / 国内講演発表

1)竹内 政樹 : イオンクロマトグラフ-ポストカラム濃縮法による微量陰イオンの高感度分析, 第76回分析化学討論会, 2016年5月.
2)灘井 亮, 武知 佑樹, 西辻 和親, 内村 健治, 加藤 くみ子, 重永 章, 川上 徹, 大髙 章, 北條 裕信, 坂下 直実, 斎藤 博幸 : アルギニンペプチドの細胞膜透過はグリコサミノグリカン糖鎖へのエンタルピー依存的結合によって促進される, 日本膜学会第38年会, 2016年5月.
3)井田 くるみ, 髙木 麻理奈, 岸本 ひかる, 越智 ありさ, 北畑 香菜子, 中尾 玲子, 内田 貴之, 矢野 千晶, 真板 綾子, 安倍 知紀, Rudwii Froriane, 近藤 茂忠, 根本 尚夫, 二川 健 : ユビキチンリガーゼCbl-b阻害による廃用性筋萎縮予防法の開発, 第70回日本栄養・食糧学会大会, 2016年5月.
4)松浦 和則, 植村 明仁, 中原 正彦, 古谷 昌大, 重永 章, 小宮 千明, 大髙 章 : 光誘起ペプチドナノファイバー成長の時空間制御, 第65回高分子学会年次学会, 2016年5月.
5)田中 秀治, 久保 祐哉, 尾崎 真理, 岡 佐和子, 住友 琢哉, 竹内 政樹 : フィードバック制御フローレイショメトリーと振幅変調多重化フロー分析法, 第76回分析化学討論会, 2016年5月.
6)正田 卓司, 奥平 桂一郎, 内藤 幹彦, 栗原 正明 : エストロゲン受容体分解誘導剤の分子デザイン, 第20回日本がん分子標的治療学会, 2016年5月.
7)大岡 伸通, 奥平 桂一郎, 服部 隆行, 内藤 幹彦 : 低分子化合物SNIPERによるin vivoプロテインノックダウン, 第20回日本がん分子標的治療学会, 2016年6月.
8)山下 量平, 伊賀 永里奈, 柿内 直哉, 辻 和樹, 小暮 健太郎, 德村 彰, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 田中 保 : 種々のセラミド-1-リン酸分子種の生理活性とその代謝, 第58回日本脂質生化学会, 2016年6月.
9)森崎 巧也, 傳田 将也, 辻 大輔, 山本 純, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 重永 章, 大髙 章 : 標的タンパク質精製ツール"SEAlide-based traceable linker"の開発, 日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会, 2016年6月.
10)古曳 泰規, 傳田 将也, 森崎 巧也, 辻 大輔, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 重永 章, 大髙 章 : ''SEAL-tag''を基盤とした細胞内での標的タンパク質ラベル化法の開発, 日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会, 2016年6月.
11)吉田 達貞 : 理論・計算化学を基盤とした リガンド-タンパク質複合体の相互作用解析, 第2回若手教員講演会, 2016年6月.
12)頼田 和子, 黒澤 すみれ, 吉田 結理, 大髙 章, 柏田 良樹, 佐野 茂樹, 南川 典昭, 福井 清 : ヒトD-アミノ酸酸化酵素のエフェクター探索と構造活性相関, 日本ビタミン学会第68回大会, 2016年6月.
13)寺中 孝久, 粟飯原 圭佑, 重永 章, 猪熊 翼, 大髙 章 : 中分子創薬を指向した環状ペプチドTrichamideの合成研究, 創薬懇話会2016 in 蓼科, 2016年6月.
14)山岡 浩輔, 粟飯原 圭佑, 成瀬 公人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 光応答型チオエステル等価体を用いた多成分One-pot NCL法の開発研究, 創薬懇話会2016 in 蓼科, 2016年6月.
15)伊藤 丹, 松村 沙季, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 紫外吸収スペクトルのフロー測定とケモメトリックスによる二層錠製剤の溶出挙動の評価, 第22回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2016年7月.
16)吉田 達貞 : 理論・計算化学を基軸とした 新しい定量的構造活性相関解析, 触媒開発への応用を目指したインフォマティックス研究会, 2016年7月.
17)松浦 和則, 植村 明仁, 稲葉 央, 古曳 泰規, 重永 章, 大髙 章 : 光誘起ペプチド繊維成長による走光性リポソームの創製, 第26回バイオ・高分子シンポジウム, 2016年7月.
18)成瀬 公人, 佐藤 浩平, 中村 太寛, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : リソソーム移行型GM2活性化タンパク質の合成研究, 第48回若手ペプチド夏の勉強会, 2016年8月.
19)寺中 孝久, 粟飯原 圭佑, 重永 章, 猪熊 翼, 大髙 章 : Cys-free ligationを用いた環状ペプチドTrichamideの合成研究, 第48回若手ペプチド夏の勉強会, 2016年8月.
20)山田 健一, 坪井 裕基, 山岡 庸介, 高須 清誠 : 新規キラルグアニジン触媒を用いる不斉共役付加反応, 第36回有機合成若手セミナー, 2016年8月.
21)水口 智晴, 三河 志穂, 馬場 照彦, 島内 寿徳, 重永 章, 奥平 桂一郎, 大髙 章, 斎藤 博幸 : Iowa変異型アポA-Iによる脂質膜環境下でのアミロイド線維形成, 第4回日本アミロイド―シス研究会学術集会, 2016年8月.
22)亀山 泰和, 西辻 和親, 奥平 桂一郎, 小林 典裕, 斎藤 博幸, 坂下 直実 : G26R変異型アポリポタンパク質A1線維の細胞毒性はリソソーム依存的である, 第4回日本アミロイドーシス研究会学術集会, 2016年8月.
23)下田 和摩, 茂木 雄三, 山田 健一, 山岡 庸介, 高須 清誠 : プロトイルダン型セスキテルペンの合成研究, 新学術領域「中分子戦略」第2回若手シンポジウム, 2016年8月.
24)川添 和義, 阿部 真治, 清水 太郎, 石田 竜弘, 大髙 章 : 徳島大学発「インタラクティブYAKUGAKUJIN」の育成―新しい視点に立脚した教育の開発と実践―, 第1回日本薬学教育学大会, 2016年8月.
25)高須 清誠, 小川 直希, 山岡 庸介, 山田 健一 : シクロブタンの新奇反応を利用したジベンゾ[j,l]フルオランテンの合成, 第27回基礎有機化学討論会, 2016年9月.
26)竹内 政樹, 中川 慎也, 宮田 和明, 渡部 裕貴, 田中 秀治 : 大気分析のための硝酸ガス発生装置の開発, 第57回大気環境学会年会, 2016年9月.
27)山岡 庸介, 谷口 麻理枝, 早阪 茉奈美, 山田 健一, 高須 清誠 : シクロブタノールの新奇反応を活用したチロホリン類の合成, 第58回天然有機化合物討論会, 2016年9月.
28)松村 沙季, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 全反射減衰-赤外分光法および主成分分析法を用いるテオフィリン無水物錠の溶媒介転移に関する研究, 日本分析化学会第65年会, 2016年9月.
29)大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 三留 肇, 田中 秀治 : ポータブルラマン分光計とケモメトリックスを用いる医薬品溶出挙動と粉末X線パターンの予測, 日本分析化学会第65年会, 2016年9月.
30)柿内 直哉, 竹内 政樹, 藤川 明洋, 田中 秀治 : フィードバック / 固定三角波制御フローレイショメトリーによる超ハイスループット滴定, 日本分析化学会第65年会, 2016年9月.
31)伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 全反射減衰赤外分光法と多変量解析を用いるテオフィリン錠剤の示差走査熱量と溶出挙動の予測, 日本分析化学会第65年会, 2016年9月.
32)服部 隆行, 正田 卓司, 奥平 桂一郎, 柴田 識人, 大岡 伸通, 伊藤 進, 栗原 正明, 内藤 幹彦 : 低分子化合物による網羅的人工ユビキチン化システムの構築, 第89回日本生化学会大会, 2016年9月.
33)山岡 庸介, 植田 幹, 山下 徹, 下田 和摩, 山田 健一, 高須 清誠 : ケテンシリルアセタールとプロピオール酸エステルの触媒的[2+2]環化付加反応の開発, 第46回複素環化学討論会, 2016年9月.
34)戸口 宗尚, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : アレニルエステルのタンデム型チア-マイケル/アルドール反応による多置換テトラヒドロチオフェンの合成, 第46回複素環化学討論会, 2016年9月.
35)王 胤力, 宮川 泰典, Oriez Raphaël, 山岡 庸介, 高須 清誠, 山田 健一 : スルホニルアルキノールとスルホニルアルキンアミドのスルホニル基転位を伴う環化反応, 第46回複素環化学討論会, 2016年9月.
36)重永 章 : N-Sアシル基転移反応を基盤としたタンパク質完全化学合成法の開拓, 有機合成化学協会中国四国支部主催第74回パネル討論会『次世代を切り拓く全合成研究の若い力』, 2016年10月.
37)戸口 宗尚, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 多置換テトラヒドロチオフェン合成を指向したタンデム型チア-マイケル/アルドール反応, 第74回パネル討論会 : 次世代を切り拓く全合成研究の若い力, 2016年10月.
38)山岡 庸介, 篠崎 麻紀子, 山田 健一, 高須 清誠 : エン-イナミドを用いたスピロインドール合成法の開発, 第66回日本薬学会近畿支部総会・大会, 2016年10月.
39)高須 清誠, 小川 直希, 山岡 庸介, 山田 健一 : 新奇フルオランテン骨格形成反応の開発とその反応機構, 第66回日本薬学会近畿支部総会・大会, 2016年10月.
40)高須 清誠, 伊藤 智裕, 山岡 庸介, 山田 健一 : 縮環シクロブテンを経由する中員環 trans-シクロアルケン合成法の開発, 第66回日本薬学会近畿支部総会・大会, 2016年10月.
41)早阪 茉奈美, 山岡 庸介, 山田 健一, 高須 清誠 : フェナントレン環を含むアルカロイドおよび類縁体の合成研究, 第66回日本薬学会近畿支部総会・大会, 2016年10月.
42)桑原 智希, 水野 彰, 福田 隼, 渡邉 瑞貴, 神田 敦宏, 石田 晋, 大髙 章, 周東 智 : Design and synthesis of the spiro-cyclopropane scaffold peptidomimetics minicking both alpha-helix and beta-strand, 第53回ペプチド討論会, 2016年10月.
43)粟飯原 圭佑, 吉丸 哲郎, 小松 正人, 重永 章, 片桐 豊雅, 大髙 章 : Development of stapled peptides targeting BIG3-PHB2 interaction in breast cancer cells, 第53回ペプチド討論会, 2016年10月.
44)中村 太寛, 重永 章, 成瀬 公人, 猪熊 翼, 大髙 章 : Tailored Synthesis of 162-Residue S-Monoglycosylated GM2-Activator Protein (GM2AP) Analogues Applicable to the Preparation of a Protein Library, 第53回ペプチド討論会, 2016年10月.
45)寺中 孝久, 粟飯原 圭佑, 山岡 浩輔, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : Synthetic study of trichamide using Cys-free ligation, 第53回ペプチド討論会, 2016年10月.
46)森崎 巧也, 傳田 将也, 山本 純, 辻 大輔, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 重永 章, 大髙 章 : Development of N-sulfanylethylanilide (SEAlide)-based traceable linker for enrichment and selective labeling of target proteins, 第53回ペプチド討論会, 2016年10月.
47)山岡 浩輔, 粟飯原 圭佑, 成瀬 公人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : One-pot sequential native chemical ligations using photocaged crypto-thioester, 第53回ペプチド討論会, 2016年10月.
48)伊藤 幸裕, 粟飯原 圭佑, Paolo Mellini, 東條 敏史, 太田 庸介, 津元 裕樹, Viswas Raja Solomon, Peng Zhan, 鈴木 美紀, 小笠原 大介, 重永 章, 猪熊 翼, 中川 秀彦, 宮田 直樹, 水上 民夫, 大髙 章, 鈴木 孝禎 : Design, synthesis and biological evaluation of SNAIL1 peptide-based lysine specific demethylase 1 inhibitors, 第53回ペプチド討論会, 2016年10月.
49)三河 志穂, 水口 智晴, 森田 いずみ, 大山 浩之, 馬場 照彦, 重永 章, 島内 寿徳, 小林 典裕, 大髙 章, 斎藤 博幸 : Effect of heparin on amyloid fibril formation of apoA-I fragment peptides, 第53回ペプチド討論会, 2016年10月.
50)灘井 亮, 原矢 佑樹, 西辻 和親, 内村 健治, 加藤 くみ子, 重永 章, 川上 徹, 大髙 章, 大髙 章, 北條 裕信, 坂下 直実, 斎藤 博幸 : Sulfated glycosaminoglycans promote cell membrane penetration of arginine peptides via enthalpy-driven interactions, 第53回ペプチド討論会, 2016年10月.
51)佐藤 智恵美, 阿部 真治, 岡田 直人, 石田 竜弘, 土屋 浩一郎, 大髙 章, 川添 和義 : 地域薬局における災害対策の現状と課題, 第55回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
52)粟飯原 圭佑, 寺中 孝久, 山岡 浩輔, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : ケミカルバイオロジー研究を指向した環状ペプチドtrichamideの合成研究, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本大学病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
53)成瀬 公人, 佐藤 浩平, 中村 太寛, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : マンノース6リン酸修飾型GM2活性化タンパク質の合成研究, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本大学病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
54)西田 航大, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 非天然アミノ酸含有ペプチドの新規効率的合成法の開発, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本大学病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
55)富安 直弥, 並川 誠, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 富士山頂における水溶性酸性ガス/粒子状物質の観測, 第53回フローインジェクション分析講演会, 2016年11月.
56)渡部 裕貴, 大塚 裕太, 田中 秀治, 竹内 政樹 : クロマトグラムの多変量解析∼中空キャピラリーカラムを用いたカチオン分析∼, 第53回フローインジェクション分析講演会, 2016年11月.
57)成田 三紀, 高野 恵万子, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 大気エアロゾルに含まれる過塩素酸イオンの動態解析, 第53回フローインジェクション分析講演会, 2016年11月.
58)岡本 和将, 渡邉 真由, 田中 秀治, 竹内 政樹 : イオンクロマトグラフ法におけるサプレッサーと濃縮器の統合, 第53回フローインジェクション分析講演会, 2016年11月.
59)住友 琢哉, 尾崎 真理, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 内標準‐振幅変調多重化フロー分析法の開発とFe2+定量による検証, 第53回フローインジェクション分析講演会, 2016年11月.
60)岡 佐和子, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 気節-非相分離フローレイショメトリーによるハイスループット滴定, 第53回フローインジェクション分析講演会, 2016年11月.
61)中尾 允泰, 田中 一江, 佐野 茂樹 : 含フッ素1-リゾグリセロリン脂質ミメティクスの合成, 第42回反応と合成の進歩シンポジウム, 2016年11月.
62)村田 峻一, 原田 慎吾, 野崎 智之, 黒田 悠介, 山田 健一, 高須 清誠, 濱田 康正, 根本 哲宏 : ロジウムカルベノイドのアミド挿入反応によるイソキヌクリジン環の構築とその非対称化を利用したイボガアルカロイドの不斉全合成研究, 第42回反応と合成の進歩シンポジウム, 2016年11月.
63)成瀬 公人, 江藤 三弘, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : N-Sulfanylethylcoumarinylamide (SECmide) を利用したN-Sアシル転移促進剤の探 索とペプチド合成への応用, 第42回反応と合成の進歩シンポジウム, 2016年11月.
64)山岡 庸介, 吉田 琢紘, 篠崎 麻紀子, 武内 奈央, 山田 健一, 高須 清誠 : エン‐イナミドを用いた含窒素複素環の簡便合成法の開発と応用, 第42回反応と合成の進歩シンポジウム, 2016年11月.
65)岡 尚生, 谷山 萌, 吉田 達貞 : FKBPとリガンドとの複合体形成に関する結合自由エネルギー変化の非経験的分子軌道法に基づく相関解析, 分子シミュレーション討論会, 2016年11月.
66)西村 兆二朗, 吉田 達貞 : 密度汎関数理論およびドッキング計算に基づくCYP1A2におけるカフェインの代謝部位選択性の検討, 分子シミュレーション討論会, 2016年11月.
67)谷山 萌, 岡 尚生, 吉田 達貞 : QM/MM法を用いたグリコーゲンシンターゼキナーゼ-3βと7-アザインドール誘導体の結合相互作用解析, 分子シミュレーション討論会, 2016年11月.
68)吉田 達貞, 岡 尚生, 谷山 萌, 西村 兆二朗 : リガンド-タンパク質複合体の分散力相互作用の検討: Hartree-Fock理論に対する分散力補正 (2), 分子シミュレーション討論会, 2016年11月.
69)水口 智晴, 三河 志穂, 馬場 照彦, 島内 寿徳, 重永 章, 奥平 桂一郎, 大髙 章, 斎藤 博幸 : アミロイドーシス変異アポA-I Iowaの脂質膜結合状態の解析, 膜シンポジウム2016, 2016年12月.
70)伊藤 幸裕, 粟飯原 圭佑, Paolo Mellini, 東條 敏史, 太田 庸介, 津元 裕樹, Viswas Raja Solomon, Peng Zhan, 鈴木 美紀, 小笠原 大介, 重永 章, 猪熊 翼, 中川 秀彦, 宮田 直樹, 水上 民夫, 大髙 章, 鈴木 孝禎 : ヒドラジン構造を持つペプチド性LSD1阻害薬の創製, 第34回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2016年12月.
71)森崎 巧也, 傳田 将也, 辻 大輔, 山本 純, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 重永 章, 大髙 章 : SEAlideを基盤とした標的タンパク質精製ツールの開発研究, 第34回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2016年12月.
72)成瀬 公人, 種子島 幸祐, 辻 耕平, 猪熊 翼, 重永 章, 原 孝彦, 大髙 章 : N-Sulfanylethylanilideペプチドを利用したケモカイン誘導体の合成とToll-like receptor 9の活性化への影響について, 第34回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2016年12月.
73)津田 雄介, 重永 章, 辻 耕平, 傳田 将也, 佐藤 浩平, 北風 圭介, 中村 太寛, 猪熊 翼, 伊藤 孝司, 大髙 章 : タンパク質位置選択的修飾を指向したチオエステル調製法の開発, 第34回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2016年12月.
74)種子島 幸祐, 高橋 伶奈, 塗谷 秀子, 成瀬 公人, 辻 耕平, 重永 章, 大髙 章, 原 孝彦 : CXCケモカインCXCL14はCpG DNAに結合し,Toll-like receptor 9シグナルを活性化する, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月.
75)大岡 伸通, 奥平 桂一郎, 永井 克典, 伊東 昌宏, 柴田 識人, 服部 隆行, 宇治川 治, 佐野 修, 小山 亮吉, 今枝 泰宏, 奈良 洋, 長 展生, 内藤 幹彦 : 低分子化合物SNIPERによる細胞内ユビキチン化機構の制御と創薬への応用, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月.
76)富安 直弥, 並川 誠, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 徳島市における水溶性酸性ガス及びPM2.5に含まれる陰イオンの高時間分解観測, 第33回イオンクロマトグラフィー討論会, 2016年12月.
77)高須 清誠, 小川 直希, 山岡 庸介, 山田 健一 : アズレン環をもつ新奇な多環芳香族炭化水素の合成, 第10回有機pi電子系シンポジウム, 2016年12月.
78)大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 新規バイオセラミックとしての水酸基置換アパタイトの研究, 第5回日本バイオマテリアル学会 中四国シンポジウム, 2017年1月.
79)藤見 紀明, 杉原 涼, 西辻 和親, 坂下 直実, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 辻田 麻紀, 奥平 桂一郎 : ヒトアポA-I結合タンパク質AIBPのLPS誘導性マクロファージ炎症反応抑制効果, 日本薬学会第137年回(仙台), 2017年3月.
80)船城 凌, 渋谷 菜摘, 田中 保, 小暮 健太朗, 奥平 桂一郎 : HepG2細胞でのスフィンゴシン1リン酸(S1P)によるアポリポタンパク質A-I(apoA-I)発現の抑制, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
81)水口 智晴, 三河 志穂, 馬場 照彦, 奥平 桂一郎, 斎藤 博幸 : Iowa変異型アポA-Iのアミロイド形成に及ぼす脂質組成の影響, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
82)仲村 明人, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 光学活性グリセロール誘導体が示す比旋光度の濃度依存性, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
83)成瀬 公人, 津田 修吾, 大川内 健人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : 効率的タンパク質合成のためのSEAlideペプチドを用いたon-resinチオエステル化法の開発, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
84)森本 恭平, 山次 建三, 粟飯原 圭佑, 猪熊 翼, 重永 章, 金井 求, 大髙 章 : DMAP誘導体を用いた環状ペプチド合成法の開発, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
85)古曳 泰規, 傳田 将也, 藤川 昴樹, 猪熊 翼, 重永 章, 小暮 健太朗, 大髙 章 : N-Sulfanylethylanilideを用いた細胞内標的タンパク質ラベル化法の開発, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
86)河野 誉良, 成瀬 公人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : チオエステル等価体として機能するタンパク質の化学合成のための新規補助基の開発, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
87)西田 航大, 寺中 孝久, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : MnO2を用いたα-イミノカルボン酸誘導体の効率的合成法の開発, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
88)灘井 亮, 原矢 佑樹, 西辻 和親, 内村 健治, 加藤 くみ子, 重永 章, 川上 徹, 大髙 章, 北條 裕信, 坂下 直実, 斎藤 博幸 : アルギニンペプチドのグリコサミノグリカン糖鎖を介した細胞膜透過機構に関する物理化学的解析, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
89)王 胤力, 山岡 庸介, 高須 清誠, 山田 健一 : キラルNHC 触媒を用いるα-ヒドロキシチオアミドの速度論的光学分割, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
90)伊藤 智裕, 山田 健一, 山岡 庸介, 高須 清誠 : 4pi電子環状反応を活用したtrans-シクロアルケンの合成, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
91)山岡 庸介, 田村 浩一, 古賀 健太, 山田 健一, 高須 清誠 : (-)-Cinanthrenol Aの合成研究, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
92)下田 和摩, 山岡 庸介, 山田 健一, 高須 清誠 : Melleolideの合成研究, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
93)大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 三留 肇, 田中 秀治 : 粉末X線回折パターンの予測を目的としたラマン・赤外スペクトルデータの相関解析;テオフィリン結晶多形への応用, 日本薬学会137年会, 2017年3月.
94)中尾 允泰, 戸口 宗尚, 佐野 茂樹 : アレニルエステルとメルカプトアセトアルデヒドのタンデム型チア-マイケル/アルドール反応, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
95)高須 清誠, 小川 直希, 山岡 庸介, 山田 健一 : アズレン環を持つ新奇な多環芳香族炭化水素の合成, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
96)伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 結晶性評価を目的とした赤外分光法と多変量解析の研究; 亜鉛クロロアパタイトへの応用, 日本薬学会137年会, 2017年3月.
97)猪熊 翼, 西田 航大, 重永 章, 大髙 章 : ペプチドへの直接的不斉反応を基盤とする新規非天然アミノ酸含有ペプチド合成テクノロジーの開発, 日本薬学会第137年会, 2017年3月.
98)植野 哲 : カチオン性ポリペプチドと脂質二分子膜との相互作用, 日本薬学会第137年会(仙台), 2017年3月.

2016年度(平成28年度) / 作品等

(なし)

2016年度(平成28年度) / その他・研究会

1)大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 医薬品結晶多形におけるビッグデータ回帰予測, 課題提案型ワークショップ「ビッグデータの利活用について考える」, 2016年6月.

2016年度(平成28年度) / 報告書

(なし)

2017年度(平成29年度)

article.{@.date="20170400 20180399" @.organization=\E{148401}}

2017年度(平成29年度) / 著書

1)大髙 章, 重永 章 : 「第I編 ペプチド合成,第二章 ペプチドの液相合成」医療・診断をささえるペプチド科学―再生医療・DDS・診断への応用―(平野義明 監修), 株式会社 シーエムシー出版, 2017年10月.
2)田中 秀治, 近藤 伸一 : 製剤化のサイエンス, 株式会社 東京化学同人, 東京, 2017年10月.
3)田中 秀治 : リンの事典, 朝倉書店, 東京, 2017年11月.
4)田中 秀治, 竹内 政樹 : わかりやすい機器分析学,第4版, 株式会社 廣川書店, 東京, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Natsumi Fujiwara, Keiji Murakami, Michiyasu Nakao, Munehisa Toguchi, Hiromichi Yumoto, Takashi Amoh, Katsuhiko Hirota, Takashi Matsuo, Shigeki Sano, Kazumi Ozaki and Yoichiro Miyake : Novel reuterin-related compounds suppress odour by periodontopathic bacteria, Oral Diseases, Vol.23, No.4, 492-497, 2017.
2)Taiki Kohiki, Yusuke Kato, Yusuke Nishikawa, Kazuko YORITA, Ikuko Sagawa, Masaya Denda, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga, Kiyoshi Fukui and Akira Otaka : Elucidation of inhibitor-binding pocket of D-amino acid oxidase using docking simulation and N-sulfanylethylanilide-based labeling technology, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.15, No.25, 5289-5297, 2017.
3)Taiki Kohiki, Yusuke Kato, Yusuke Nishikawa, Kazuko YORITA, Ikuko Sagawa, Masaya Denda, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga, Kiyoshi Fukui and Akira Otaka : Inside Front Cover: Elucidation of inhibitor-binding pocket of D-amino acid oxidase using docking simulation and N-sulfanylethylanilide-based labeling technology, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.15, 5240, 2017.
4)Tetsuro Yoshimaru, Keisuke Aihara, Masato Komatsu, Yosuke Matsushita, Yasumasa Okazaki, Shinya Toyokuni, Junko Honda, Mitsunori Sasa, Yasuo Miyoshi, Akira Otaka and Toyomasa Katagiri : Stapled BIG3 helical peptide ERAP potentiates anti-tumour activity for breast cancer therapeutics., Scientific Reports, Vol.7, No.1, 1821, 2017.
5)Keisuke Aihara, Tsubasa Inokuma, Takahisa Jichu, Zhenjian Lin, Feixue Fu, Kosuke Yamaoka, Akira Shigenaga, David A. Hutchins, Eric W. Schmidt and Akira Otaka : Cysteine-free intramolecular ligaiton of N-sulfanylethylanilide peptide using 4-mercaptobenzylphosphonic acid: Synthesis of cyclic peptide, trichamide, Synlett, Vol.28, No.15, 1944-1949, 2017.
6)Norihito Arichi, Shinichi Fujiwara, Michiyasu Ishizawa, Makoto Makishima, Duy H. Hua, Ken-ichi Yamada, Yousuke Yamaoka and Kiyosei Takasu : Synthesis and Biological Evaluation of Steroidal Derivatives Bearing a Small Ring as Vitamin D Receptor Agonists., Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.27, No.15, 3408-3411, 2017.
7)Yousuke Yamaoka, Motoki Ueda, Tohru Yamashita, Kazuki Shimoda, Ken-ichi Yamada and Kiyosei Takasu : Synthesis of Multi-Substituted Cyclobutenes: Cyclic Strategy for [2+2] Cycloadditon of Ketene Silyl Acetals with Propiolates., Tetrahedron Letters, Vol.58, No.30, 2944-2947, 2017.
8)Kakiuchi Naoya, Miyazaki Aiko, Fujikawa Akihiro, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : High Throughput Titration Based on Variable and Fixed Triangular Wave Controlled Flow Radiometry with LED-Photodiode Detector, Journal of Flow Injection Analysis, Vol.34, No.1, 11-14, 2017.
9)Naoki Ogawa, Yousuke Yamaoka, Ken-ichi Yamada and Kiyosei Takasu : Synthesis of -Extended Fluoranthenes via a KHMDS-promoted Anionic-Radical Reaction Cascade., Organic Letters, Vol.19, No.12, 3327-3330, 2017.
10)Natsumi Fujiwara, Keiji Murakami, Michiyasu Nakao, Munehisa Toguchi, Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Takashi Matsuo, Shigeki Sano, Kazumi Ozaki and Yoichiro Miyake : Antibacterial and antibiofilm effects of Reuterin-Related Compounds to periodontopathic bacteria, Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.30, No.1, 8-17, 2017.
11)Michiyasu Nakao, Kazue Tanaka, Syuji Kitaike and Shigeki Sano : Synthesis of Fluorine-Containing Analogues of 1-Lysoglycerophospholipids via HornerWadsworthEmmons Reaction, Synthesis, Vol.49, No.16, 3654-3661, 2017.
12)Yasutomo Yamamoto, Tatsuya Yamaguchi, Atsunori Kaneshige, Aiko Hashimoto, Sachiho Kaibe, Akari Miyawaki, Ken-ichi Yamada and Kiyoshi Tomioka : Consecutive Aminolithiation Carbolithiation of a Linear Aminoalkene Bearing Terminal Vinyl Sulfide Moiety to Give Hydro indolizine, Synlett, Vol.28, No.20, 2913-2917, 2017.
13)R Kinoshita, Yu Ishima, V Chuang, H Nakamura, J Fang, H Watanabe, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Tatsuhiro Ishida, H Maeda, M Otagiri and T Maruyama : Improved anticancer effects of albumin-bound paclitaxel nanoparticle via augmentation of EPR effect and albumin-protein interactions using S-Nitrosated Human Serum Albumin Dimer, Biomaterials, Vol.140, 162-169, 2017.
14)Taiki Kohiki, Yusuke Nishikawa, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Chemical synthetic platform for chlorpromazine oligomers that were reported as photo-degradation products of chlorpromazine, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.65, No.12, 1161-1166, 2017.
15)Kosuke Tanegashima, Rena Takahashi, Hideko Nuriya, Naoto Naruse, Kohei Tsuji, Akira Shigenaga, Akira Otaka and Takahiko Hara : CXCL14 acts as a specific carrier of CpG into dendritic cells and activates Toll-like receptor 9-mediated adaptive immunity, EBioMedicine, Vol.24, 247-256, 2017.
16)Akira Ito, Yuta Otsuka, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Mechanochemical synthesis of chloroapatite and its characterization by powder X-ray diffractometory and attenuated total reflection - infrared spectroscopy, Colloid and Polymer Science, Vol.295, No.10, 2011-2018, 2017.
17)Otsuka Yuta, Ito Akira, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Dry Mechanochemical Synthesis of Caffeine/Oxalic Acid Cocrystals and Their Evaluation by Powder X-Ray Diffraction and Chemometrics, Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.106, No.12, 3458-3464, 2017.
18)Sumitomo Takuya, Osaki Mari, Takeshi Ogusu, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Internal Standard-Amplitude Modulated Multiplexed Flow Analysis, Analytical Sciences, Vol.33, No.12, 1363-1368, 2017.
19)Shigeki Sano, Tomoya Matsumoto, Munehisa Toguchi and Michiyasu Nakao : Facile Two-Step Synthesis of Methyl Bis(2,2,2-trifluoroethyl)phosphonoacetate by Exploiting GareggSamuelsson Reaction Conditions, Synlett, Vol.29, No.11, 1461-1464, 2018.
20)Taro Shimizu, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Yoshino Kawaguchi, Yuna Shimazaki, Yu Mima, Yosuke Hashimoto, Keiichiro Okuhira, G Storm, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida : A novel platform for cancer vaccine: Antigen-selective delivery to splenic marginal zone B cells via repeated injections of PEGylated liposomes, J. Immunol., 2018.
21)猪熊 翼, 佐藤 伸一 : 薬学における生命指向型化学(実用的ケミカルバイオテクノロジーの開発を目指して), 薬学雑誌, Vol.138, No.1, 37-38, 2018年.
22)Hidenori Andou, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Munehira Kawanishi, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida : Reactivity of IgM antibodies elicited by PEGylated liposomes or PEGylated lipoplexes against auto and foreign antigens, Journal of Controlled Release, Vol.270, 114-119, 2018.
23)Yamaoka Yousuke, Taniguchi Marie, Ken-ichi Yamada and Takasu Kiyosei : TOTAL SYNTHESIS OF PHENANTHROQUINOLIZIDINE ALKALOID CRYPTOPLEURINE AND PHENANTHROINDOLIZIDINE ALKALOID TYLOPHORINE, Heterocycles, Vol.97, No.1, 2018.
24)Hidenori Andou, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Masao Tanaka, Yusuke Doi, Yasuko Terada, Naoto Yagi, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida : Intratumoral visualization of oxaliplatin within a liposomal formulation using X-ray fluorescence spectrometry, Molecular Pharmaceutics, Vol.15, No.2, 403-409, 2018.
25)Michiyasu Nakao, Nanako Nishikiori, Akihito Nakamura, Murasaki Miyagi, Nao Shibata, Syuji Kitaike, Makoto Fukui, Hiro-O Ito and Shigeki Sano : Synthesis of Sterically Protected Isoindoles from ortho-Phthalaldehyde, SynOpen, Vol.2, No.1, 50-57, 2018.
26)Akira Otaka : Current Topics - Drug Discovery: Recent Progress and the Future Foreward, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.66, No.3, 189-190, 2018.

2017年度(平成29年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2017年度(平成29年度) / 学術レター

(なし)

2017年度(平成29年度) / 総説・解説

1)Akira Shigenaga, Jun Yamamoto, Taiki Kohiki, Tsubasa Inokuma and Akira Otaka : Invention of stimulus-responsive peptide-bond-cleaving residue (Spr) and its application to chemical biology tools, Journal of Peptide Science, Vol.23, 505-513, Aug. 2017.
2)中尾 允泰 : ジケトピペラジンの分子構造特性を基盤とする機能性分子の創製, 薬学雑誌, Vol.137, No.12, 1505-1516, 2017年12月.
3)鳴海 哲夫, 大髙 章 : 第3章 第3節 ペプチドの不安定性を解決するペプチド結合の置換技術, ペプチド医薬品のスクリーニング・安定化・製剤化技術, 130-140, 2017年12月.
4)大髙 章, 重永 章 : 天然に学ぶタンパク質合成化学, 有機合成化学協会誌, Vol.76, No.1, 45-54, 2018年1月.
5)大髙 章, 重永 章 : 十字路:Native Chemical Ligation法, 有機合成化学協会誌, Vol.76, No.1, 66, 2018年1月.

2017年度(平成29年度) / 国際会議

1)M Md Rahman, A Shimada, Tohru Miyazaki, K Tsuji, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka : Characterization of the Biological Effects of Ceramide-1-Phosphate., 第58回日本生化学会中国・四国支部例会, May 2017.
2)Akira Otaka, Keisuke Aihara, Tetsuro Yoshimaru, Akira Shigenaga and Toyomasa Katagiri : Development of long-lasting stapled peptides targeting BIG3-PHB2 interaction in breast cancer cells, The 6th Pharmaceutical Sciences World Congress 2017, Stockholm, May 2017.
3)Wang Yinli, Yamaoka Yousuke, Takasu Kiyosei and Ken-ichi Yamada : Kinetic Resolution of α-Hydroxy Carboxylic Acid Derivatives by Chiral N-Heterocyclic Carbene-Catalyzed Acylation, SKO Symposium, Osaka, May 2017.
4)Naoto Naruse, Kento Ohkawachi, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of methodology for preparation of peptide thioester via on-resin N-S acyl transfer using N-sulfanylethylanilide peptide, American Peptide Symposium 2017, Whistler, BC, Canada, Jun. 2017.
5)Takuya Morisaki, Masaya Denda, Jun Yamamoto, Daisuke Tsuji, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of N-Sulfanylethylanilide-based Traceable Linker for Purification and Selective Labeling of Target Proteins, American Peptide Symposium 2017, Whistler, BC, Canada, Jun. 2017.
6)Akira Otaka : Application of N-Sulfanylethylanilide(SEAlide) Unit to Protein Chemical Synthesis and Protein Enrichment, American Peptide Symposium 2017, Whistler, BC, Canada, Jun. 2017.
7)Kazuko YORITA, Sumire Kurosawa, Yuri Yoshida, Yoshiki Kashiwada, Shigeki Sano, Akira Otaka and Kiyoshi Fukui : Screening of the effectors for human D-amino acid oxidase and the analyses of structure-activity relationships, The 19th triennial International Symposium on Flavins and Flavoproteins, Groningen, Jul. 2017.
8)Akira Otaka : Development of anti-breast cancer stapled peptides targeting BIG3-PHB2 interaction, AIMECS 2017, Melbourne, Australia, Jul. 2017.
9)Naoya Kakiuchi, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : High throughput titration by feedback-based flow ratiometry and its application to analysis of vinegar samples, Asia/ CJK symposium on analytical science 2017, Tokyo, Japan, Sep. 2017.
10)Hideji TANAKA, Tomoko Hirasaka and Masaki Takeuchi : Flow titration by feedback-based flow ratiometry with air segmentation, Asia/ CJK symposium on analytical science 2017, Tokyo, Japan, Sep. 2017.
11)Kei Toda, Masakazu Iwasaki, Kasumi Mitsuishi, Shin-Ichi Ohira, Masaki Takeuchi and Hiroshi Okochi : Analysis of atmospheric carbonyls in gaseous and particulate phases by using flow-based parallel plate wet denuder and particle collector: On site analysis in Kumamoto and on the top of Mt. Fuji, Asia/ CJK symposium on analytical science 2017, Tokyo, Japan, Sep. 2017.
12)Kei Toda, Masakazu Iwasaki, Kasumi Mitsuishi, Shin-Ichi Ohira and Masaki Takeuchi : Analysis of atmospheric carbonyls in gaseous and particulate phases by using flow-based parallel plate wet denuder and particle collector: On site analysis in Kumamoto and on the top of Mt. Fuji, 21th International Conference on Flow Injection Analysis and Related Techniques, Saint Petersburg, Rossiya, Sep. 2017.
13)Tamotsu Tanaka, M Md Rahman, E Iga, R Yamashita, R Shimizu, K Tsuji, A Shimada, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano and Kentaro Kogure : Plasma level of ceramide 1-phosphate and its anti-apoptotic activity., 58th International conference on the bioscience of lipids (ICBL), Sep. 2017.
14)Miyauchi Yosuke, Okochi Hiroshi, Shimada Kojiro, Katsumi Naoya, Minami Yukiya, Kobayashi Hiroshi, Miura Kazuhiko, Kato Shungo, Masaki Takeuchi, Toda Kei and Yonemochi Shinichi : Observation of acidic gases and aerosols in the upper atmospheric boundary layer and in the free troposphere on Mt. Fuji (2), 2017 Symposium on Atmospheric Chemistry & Physics at Mountain Sites, Gotenba, Japan, Nov. 2017.
15)Miyauchi Yosuke, Iwasaki Masakazu, Mitsuishi Kasumi, Ohira Shin-Ichi, Masaki Takeuchi and Okochi Hiroshi : Dicarbonyl compounds in hygroscopic aerosols and cloud waters sampled at the top of Mt. Fuji, 2017 Symposium on Atmospheric Chemistry & Physics at Mountain Sites, Gotenba, Japan, Nov. 2017.
16)Masaki Takeuchi, Tomiyasu Naoya, Namikawa Makoto, Ohira Shin-Ichi, Hideji TANAKA, Toda Kei and Okochi Hiroshi : Online analysis of water-soluble acidic gases and anions in particulate matter at the summit of Mt. Fuji, Japan, 2017 Symposium on Atmospheric Chemistry & Physics at Mountain Sites, Gotenba, Japan, Nov. 2017.
17)Yusuke Kato, Taiki Kohiki, Yusuke Nishikawa, Ikuko Sagawa, Masaya Denda, Tsubasa Inokuma, Yuji Shishido, Akira Shigenaga, Akira Otaka and Kiyoshi Fukui : Studies on binding molecules to D-amino acid oxidase using computational approaches, The 12th International Symposium of the Institute Network, Tokyo, Nov. 2017.
18)Ken-ichi Yamada : Kinetic Resolution of alpha-Hydroxy Carboxylic Acid Derivatives by Chiral N-Heterocyclic Carbene-Catalyzed Acylation, The 3rd Symposium of Drug Development Research Institute, College of Pharmacy, Dongguk University, Seoul, Dec. 2017.
19)Kakiuchi Naoya, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : High throughput titration by feedback-based flow ratiometry and its application to analyses drugs in Japanese Pharmacopoeia, Pure and Applied Chemistry International Conference 2018, Hat Yai, Thailand, Feb. 2018.
20)Hideji TANAKA, Tomoko Hirasaka, Oka Sawako and Masaki Takeuchi : Flow titrimetry based on air-segmented flow ratiometry controlled with feedback-based/fixed triangular waves, Pure and Applied Chemistry International Conference 2018, Hat Yai, Thailand, Feb. 2018.
21)Ken-ichi Yamada, Yinli Wang, Satoru Kuwano and Kiyosei Takasu : The Enhanced Enantio-recognition of Chiral Secondary Alcohols with Chiral Acyltriazolium by Formation of Alcohol-Carboxylate Complexes, International Congress on Pure & Applied Chemistry 2018, Siem Reap, Cambodia, Mar. 2018.
22)Mizuguchi Chiharu, Ito Eriko, Nakamura Mitsuki, Ohgita Takashi, Baba Teruhiko, Shimanouchi Toshinori, Keiichiro Okuhira and Hiroyuki Saito : Effects of Iowa (G26R) mutation on fibril formation by an amyloidogenic N-terminal fragment of apoA-I, 16th International Symposium on Amyloidosis (ISA2018), Kumamoto, Mar. 2018.

2017年度(平成29年度) / 国内講演発表

1)藤本 将太, 六車 直樹, 宮本 佳彦, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 高山 哲治 : KIT分子を標的としたGISTの分子イメージング, 第103回日本消化器病学会総会, 2017年4月.
2)柿内 直哉, 宮崎 愛子, 竹内 政樹, 田中 秀治 : ハイスループット滴定(43滴定/分)を可能にするフィードバック/固定三角波制御フローレイショメトリー, 第77回分析化学討論会, 2017年5月.
3)川原 遥華, 奥平 桂一郎, 宮下 直樹, 津田 雄介, 森本 恭平, 辻 耕平, 重永 章, 大髙 章, 石田 竜弘 : 光応答性アポリポタンパク質の開発, 日本薬剤学会第32年会, 2017年5月.
4)大河内 博, 村上 周平, 廣川 諒祐, 島田 幸治郎, 勝見 尚也, 皆巳 幸也, 小林 拓, 三浦 和彦, 加藤 俊吾, 竹内 政樹, 戸田 敬, 米持 真一, 榎本 孝紀 : 自由対流圏大気エアロゾル中PFOS/PFOAの動態に関する予備検討:新規開発されたハイボリュームエアサンプラー用 PM2.5 サイクロンの 富士山頂におけるフィールド観測への適用, 第26回環境化学討論会, 2017年6月.
5)宮内 洋輔, 大河内 博, 島田 幸治郎, 勝見 尚也, 皆巳 幸也, 小林 拓, 三浦 和彦, 加藤 俊吾, 竹内 政樹, 戸田 敬 : 富士山体を利用した大気境界層上層および自由対流圏における酸性ガスおよびエアロゾルの観測(1), 第26回環境化学討論会, 2017年6月.
6)山脇 拓実, 麻生 智香, 大河内 博, 島田 幸治郎, 勝見 尚也, 皆巳 幸也, 小林 拓, 三浦 和彦, 加藤 俊吾, 竹内 政樹, 戸田 敬, 米持 真一 : 富士山体を観測タワーとして活用した自由対流圏大気および雲水中揮発性有機化合物の観測(2), 第26回環境化学討論会, 2017年6月.
7)大岡 伸通, 奥平 桂一郎, 服部 隆行, 内藤 幹彦 : IAPアンタゴニストLCL161誘導体を導入したSNIPERによる効果的なプロテインノックダウン, 第21回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2017年6月.
8)田中 保, Md Motiur Rahaman, 伊賀 永理奈, 山下 量平, 清水 良多, 辻 和樹, 島田 明奈, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 小暮 健太朗 : 血液中に存在する極長鎖セラミド-1-リン酸のアポトーシス抑制作用, 第59回日本脂質生化学会, 講演要旨集, 33-34, 2017年6月.
9)小暮 健太朗, 石川 みすず, 平井 将太, 濵 進, 細井 信造, 吉田 達貞, 山下 栄次, 髙橋 侑 : ビタミンEとの相乗的抗酸化効果におけるアスタキサンチン立体構造の影響, 第70回日本酸化ストレス学会学術集会, 2017年6月.
10)宮崎 愛子, 柿内 直哉, 竹内 政樹, 田中 秀治 : フィードバック制御と固定三角波制御を併用したフローレイショメトリーによるハイスループット滴定, 第23回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2017年7月.
11)和田 莉緖菜, 富山 えりな, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 高濃度試料の分析を目的とした振幅変調フロー分析法の研究, 第23回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2017年7月.
12)山内 映穂, 宮川 泰典, 王 胤力, 高須 清誠, 猪熊 翼, 山田 健一 : スルホニルアルキノールの転位環化反応のキラルカウンターカチオンを用いる触媒的不斉化, 創薬懇話会2017 in 加賀, 2017年7月.
13)河野 誉良, 成瀬 公人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : タンパク質化学合成のための新規N-ペプチジルアニリド型補助基の開発, 創薬懇話会2017 in 加賀, 2017年7月.
14)西田 航大, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : ペプチド創薬を指向した非天然アミノ酸含有ペプチドの新規効率的合成法の開発, 創薬懇話会2017 in 加賀, 2017年7月.
15)伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 亜鉛クロロアパタイトのメカノケミカル合成と赤外吸収・粉末X線回折データの多変量解析に基づく結晶性評価, 第26回無機リン化学討論会, 2017年8月.
16)河野 誉良, 成瀬 公人, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : N-Sアシル基転移反応の速度差を利用したライゲーション反応のための新規補助基の開発, 第49回若手ペプチド夏の勉強会, 2017年8月.
17)西田 航大, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : ペプチドへの直接的不斉反応を基盤とする非天然アミノ酸含有ペプチドの新規効率的合成法の開発, 第49回若手ペプチド夏の勉強会, 2017年8月.
18)津田 雄介, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : タンパク質位置選択的修飾を目指したチオエステル調製法の開発, 第49回若手ペプチド夏の勉強会, 2017年8月.
19)亀山 泰和, 内村 健治, 水口 峰之, 坂下 直実, 斎藤 博幸, 奥平 桂一郎, 安東 由喜雄, 西辻 和親 : ATTRアミロイドーシスにおけるヘパラン硫酸多硫酸化ドメイン(S-ドメイン)の役割の解明, 第5回日本アミロイドーシス研究会, 2017年8月.
20)光石 夏澄, 岩崎 真和, 大平 慎一, 竹内 政樹, 大河内 博, 戸田 敬 : 富士山頂の湿性粒子や雲水に存在するカルボニル化合物, 日本分析化学会第66年会, 2017年9月.
21)島田 祐依, 田中 秀治, 竹内 政樹 : ナフィオンチューブを用いる微量陰イオンのオンライン濃縮, 日本分析化学会第66年会, 2017年9月.
22)富山 絵里奈, 和田 莉緒菜, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 高濃度試料の分析を目的とする三角波制御フロー分析法の開発, 日本分析化学会第66年会, 2017年9月.
23)平坂 知子, 岡 佐和子, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 気節-非相分離フィードバック制御フローレイショメトリーの各種酸塩基滴定への応用, 日本分析化学会第66年会, 2017年9月.
24)大髙 章 : 薬学基礎教育と臨床教育連携への提言-薬学における教養 化学-, 第2回日本薬学教育学会大会, 2017年9月.
25)水口 智晴, 伊藤 恵理子, 中村 光希, 扇田 隆司, 馬場 照彦, 島内 寿德, 奥平 桂一郎, 斎藤 博幸 : Iowa変異型アポA-Iのアミロイド形成はホスファチジルセリンによって抑制される, 第15回 次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム(PPF2017), 2017年9月.
26)柿内 直哉, 竹内 政樹, 田中 秀治 : フィードバック/固定三角波制御フローレイショメトリーの開発と局方医薬品のハイスループット滴定への応用, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
27)山田 健一 : 遠隔位への置換基導入による触媒の電子的チューニング, 日本プロセス化学会 東四国地区フォーラム 2017年度第2回(24回)セミナー, 2017年10月.
28)小久保 友絵, 池田 茉莉那, 渡部 匡史, 重永 章, 大髙 章, 藤室 雅弘 : 徳島大学化合物ライブラリーを用いた抗ヘルペスウイルス化合物の探索, 第67回日本薬学会近畿支部大会, 2017年10月.
29)島田 明奈, 宮﨑 徹, 高橋 尚子, Rahman Motiur Md., 清水 良多, 辻 和樹, 山下 量平, 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 : 極長鎖脂肪酸およびこれを含有するセラミドのアポトーシス抑制活性, セラミド研究会, 2017年10月.
30)古曳 泰規, 加藤 有介, 西川 祐輔, 頼田 和子, 佐川 幾子, 傳田 将也, 猪熊 翼, 重永 章, 福井 清, 大髙 章 : N-Sアシル基転移を基盤としたタンパク質ラベル化法を用いたD-アミノ酸酸化酵素阻害剤の結合サイト解明研究, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本大学病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
31)大川内 健人, 成瀬 公人, 重永 章, 大髙 章 : On-resinチオエステル化を利用した環状ペプチド合成法の開発, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本大学病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
32)山内 映穂, 宮川 泰典, 王 胤力, 猪熊 翼, 高須 清誠, 山田 健一 : スルホニルアルキノールの転位環化反応のキラルカウンターカチオンを用いる触媒的不斉化, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
33)橋本 健太郎, 王 胤力, 鍬野 哲, 高須 清誠, 猪熊 翼, 山田 健一 : 遠隔位チューニングによるキラルNHC触媒の高性能化, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
34)戸口 宗尚, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : アレニルエステルのチア-マイケル/ディークマン縮合反応による多置換チオフェン誘導体の合成, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
35)祥瑞 知美, 井上 大輔, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : キラル第三級アミン触媒を用いるσ対称環状炭酸エステルの不斉開環反応, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
36)水口 智晴, 伊藤 恵理子, 中村 光希, 扇田 隆司, 馬場 照彦, 島内 寿德, 奥平 桂一郎, 斎藤 博幸 : Iowa変異型アポA-IはN末フラグメントのアミロイド形成を促進する, 第11回 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2017年10月.
37)石川 みすず, 平井 将太, 濱 進, 細井 信造, 吉田 達貞, 高橋 侑, 小暮 健太朗 : 相乗的抗酸化効果を示すアスタキサンチンとα-トコトリエノールのリポソーム膜における至適比率の検討, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
38)芳野 真奈, 宮本 理人, 山岡 朋美, 細井 麻由, 森崎 巧也, 安養寺 啓太央, 重永 章, 大髙 章, 土屋 浩一郎 : 骨格筋培養細胞でのレプチン作用におけるSIRT1の役割, 第56回 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
39)猪熊 翼 : ペプチドへの直接的不斉反応を基盤とした非天然アミノ酸含有ペプチドの新規効率的不斉合成法開発, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
40)大髙 章 : モルフィネからはじまる薬の話, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会:高校生向けランチョンセミナー, 2017年10月.
41)寺中 孝久, 粟飯原 圭佑, 山岡 浩輔, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : チオエステル等価体ユニットを利用した環状ペプチド効率的合成法の開発, 第35回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2017年10月.
42)小宮 千明, 津田 雄介, 宮島 凜, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : タンパク質C末端特異的活性化反応の開発, 第35回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2017年10月.
43)姜 法雄, 山岡 庸介, 高須 清誠, 山田 健一 : 含窒素複素環カルベン触媒ベンゾイン型環化反応を用いる イノシトール類の立体網羅的合成, 第47回複素環化学討論会, 2017年10月.
44)小川 直希, 山岡 庸介, 瀧川 紘, 山田 健一, 高須 清誠 : オキサプロペランを利用した多環芳香族炭化水素の合成, 第47回複素環化学討論会, 2017年10月.
45)大髙 章 : 有機化学メジャーの薬剤師・創薬科学研究者を育成しよう, 第12回有機化学系教科担当教員会議, 2017年11月.
46)重永 章 : アミド結合切断反応を基盤とした生命科学指向型ツールの開発, 第43回反応と合成の進歩シンポジウム, 2017年11月.
47)王 胤力, 猪熊 翼, 山岡 庸介, 高須 清誠, 山田 健一 : キラルNHC触媒を用いる不斉アシル化によるα-ヒドロキシカルボン酸誘導体の速度論的光学分割, 第43回反応と合成の進歩シンポジウム, 2017年11月.
48)伊藤 智裕, 山田 健一, 瀧川 紘, 山岡 庸介, 高須 清誠 : 電子環状反応を利用したtrans-シクロアルケンの新規合成法とその応用, 第43回反応と合成の進歩シンポジウム, 2017年11月.
49)中尾 允泰, 戸口 宗尚, 佐野 茂樹 : アレニルエステルを基盤とするチア-マイケル/アルドール型タンデム反応の開発, 第43回反応と合成の進歩シンポジウム, 2017年11月.
50)水口 智晴, 伊藤 恵理子, 中村 光希, 扇田 隆司, 馬場 照彦, 重永 章, 島内 寿德, 奥平 桂一郎, 大髙 章, 斎藤 博幸 : 脂質膜組成によるIowa変異型アポA-Iの線維化制御メカニズムの解明, 膜シンポジウム2017, 2017年11月.
51)小宮 千明, 月本 準, 森崎 巧也, 津田 雄介, 宮島 凜, 猪熊 翼, 重永 章, 伊藤 孝司, 大髙 章 : Development of methodology for producing thioesters from naturally occurring peptide sequence, 第54回ペプチド討論会, 2017年11月.
52)成瀬 公人, 大川内 健人, 猪熊 翼, 重永 章, 伊藤 孝司, 大髙 章 : N-S-acyl-transfer-mediated On-resin Formation of Thioester with Practical Application to Peptide Synthesis, 第54回ペプチド討論会, 2017年11月.
53)西森 大地, 竹内 政樹, 髙栁 俊夫, 水口 仁志 : HPLC電気化学検出におけるトラックエッチ膜フィルター電極の適用について, 第54回フローインジェクション分析講演会, 2017年11月.
54)猪熊 翼, 王 胤力, 山岡 庸介, 高須 清誠, 山田 健一 : キラルNHC触媒を用いたα-ヒドロキシカルボン酸誘導体の速度論的光学分割, 第10回有機触媒シンポジウム, 2017年12月.
55)柿内 直哉, 竹内 政樹, 田中 秀治 : フィードバック/固定三角波制御フローレイショメトリーの局方医薬品定量への応用, 第54回フローインジェクション分析講演会, 2017年12月.
56)光石 夏澄, 岩崎 真和, 井上 広太郎, 井本 ゆりか, 平 美咲, 大平 慎一, 竹内 政樹, 大河内 博, 戸田 敬 : Wet denuder/particle collectorによる富士山頂における揮発性カルボニル化合物の分析, 第54回フローインジェクション分析講演会, 2017年12月.
57)竹内 政樹, 中川 慎也, 宮田 和明, 田中 秀治 : パーミエーションチューブ法による硝酸標準ガスの発生, 第34回イオンクロマトグラフィー討論会, 2017年12月.
58)辻 和樹, 島田 明奈, 宮崎 徹, 高橋 尚子, 伊賀 永里奈, Rahman Md Motiur, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 小暮 健太朗, 田中 保 : 種々の脂肪酸残基を有するセラミドの化学合成とその生理活性, 第40回日本分子生物学会年会,第90回日本生化学会大会 プログラム, 438, 2017年12月.
59)加藤 有介, 古曳 泰規, 西川 祐輔, 佐川 幾子, 傳田 将也, 猪熊 翼, 宍戸 裕二, 重永 章, 大髙 章, 福井 清 : DAO分子表面に結合する阻害分子の計算科学的解析, 2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月.
60)水口 智晴, 伊藤 恵理子, 中村 光希, 扇田 隆司, 馬場 照彦, 島内 寿德, 奥平 桂一郎, 斎藤 博幸 : Iowa変異型アポA-Iのアミロイド線維形成に及ぼすホスファチジルセリンとコレステロールの影響, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017), 2017年12月.
61)小暮 健太朗, 石川 みすず, 平井 将太, 濵 進, 吉田 達貞, 髙橋 侑, 細井 信造, 福田 達也, 田中 保 : α-トコトリエノールとアスタキサンチンの相乗的抗酸化効果, 第357回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2017年12月.
62)石川 みすず, 平井 将太, 濵 進, 細井 信造, 吉田 達貞, 髙橋 侑, 小暮 健太朗 : トコトリエノールとアスタキサンチンの相乗的抗酸化効果への立体構造の影響, 第29回ビタミンE研究会, 2018年1月.
63)大髙 章 : 脱不斉化ヘリックスペプチドはPPI 制御分子として機能するか?, 第1回 徳島大学統合的がん創薬研究クラスター合同ミーティング, 2018年2月.
64)伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : 粉末X線回折法と全反射減衰赤外分光法を用いたメカノケミカル合成クロロアパタイトの結晶性評価, 日本薬学会138年会, 2018年3月.
65)大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 佐々木 哲郎, 田中 秀治 : 低温状態におけるカフェイン-シュウ酸共結晶のt高分解能型テラヘルツ測定と密度汎関数理論を用いた振動モード解析の研究, 日本薬学会138年会, 2018年3月.
66)岡本 和将, 渡邉 真由, 田中 秀治, 竹内 政樹 : イオンクロマトグラフ法におけるサプレッサーと濃縮器の統合 ∼サプレッサー部の構築∼, 日本薬学会138年会, 2018年3月.
67)並川 誠, 前田 夏穂, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 膜透過を利用する大気中アンモニアガスの測定, 日本薬学会138年会, 2018年3月.
68)野村 未晴, 田中 秀治, 竹内 政樹 : 標準添加法を取り入れたフローインジェクション分析法によるリン酸イオンの定量, 日本薬学会138年会, 2018年3月.
69)大髙 章 : タンパク質加水分解酵素を利用したタンパク質C末端特異的チオエステル化反応の開発, ペプチド科学談話会2018, 2018年3月.
70)中尾 允泰, 戸口 宗尚, 佐野 茂樹 : アレニルエステルとメルカプト酢酸メチルのタンデム型チア-マイケル/ディークマン縮合反応, 日本薬学会第138年会, 2018年3月.
71)重永 章 : スクリプス研究所Janda研への留学経験を振り返る, 日本薬学会第138年会(シンポジウム 若手の海外挑戦とそこから学ぶ次世代創薬研究), 2018年3月.
72)楠本 嵩志, 市野 晨人, 西辻 和親, 坂下 直実, 堂前 純子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 : 膜タンパク質ABCA7の発現を調節する化合物の探索, 日本薬学会第138年会, 2018年3月.
73)橘 茉里奈, 杉原 涼, 藤見 紀明, 西辻 和親, 坂下 直実, 辻田 麻紀, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 : ヒトアポA-I結合タンパク質AIBPの新規機能解明, 日本薬剤学会第32年会, 2018年3月.
74)王 胤力, 山内 映穂, 猪熊 翼, 山岡 庸介, 高須 清誠, 山田 健一 : 基質と共触媒との水素結合複合体形成を基盤とするα-ヒドロキシチオアミドの速度論的光学分割法の開発, 日本薬学会第138年会, 2018年3月.
75)山内 映穂, 宮川 泰典, 王 胤力, 高須 清誠, 猪熊 翼, 山田 健一 : スルホニルアルキノールの転位環化反応の触媒的不斉化, 日本薬学会第138年会, 2018年3月.
76)橋本 健太郎, 王 胤力, 鍬野 哲, 高須 清誠, 猪熊 翼, 山田 健一 : 不斉ベンゾイン反応におけるキラルNHC触媒の遠隔位電子効果, 日本薬学会第138年会, 2018年3月.
77)下田 和摩, 山岡 庸介, 山田 健一, 瀧川 紘, 高須 清誠 : Echinocidin Dの全合成, 日本薬学会第138年会, 2018年3月.
78)石川 みすず, 平井 将太, 濵 進, 細井 信造, 吉田 達貞, 髙橋 侑, 小暮 健太朗 : アスタキサンチンとα-トコトリエノールの相乗的抗酸化効果における立体構造の影響, 日本薬学会138年会, 2018年3月.
79)平井 将太, 髙橋 侑, 田中 保, 福田 達也, 吉田 達貞, 小暮 健太朗 : アスタキサンチンと抗酸化物質の組合せによる相乗的な活性酸素消去活性の向上., 日本薬学会138年会, 2018年3月.
80)重永 章, 大髙 章 : アシル基転移反応を基盤とする標的タンパク質精製・機能解明ツールの開発, 日本薬学会第138年会(シンポジウム 中分子創薬研究のフロンティア), 2018年3月.
81)小宮 千明, 月本 準, 森崎 巧也, 津田 雄介, 宮島 凜, 猪熊 翼, 重永 章, 伊藤 孝司, 大髙 章 : 均一修飾タンパク質の合成を指向したタンパク質C末端特異的活性化反応の開発, 日本薬学会第138年会, 2018年3月.
82)山岡 庸介, 山﨑 大資, 篠崎 麻紀子, 山田 健一, 瀧川 紘, 高須 清誠 : イナミドを用いた新規スピロインドリン合成法の開発, 日本薬学会第138年会, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 作品等

(なし)

2017年度(平成29年度) / その他・研究会

(なし)

2017年度(平成29年度) / 報告書

1)植野 美彦, 澤田 麻衣子, 荒武 達朗, 橋本 一郎, 二川 健, 安井 敏之, 浜田 賢一, 白山 靖彦, 山田 健一, 北條 昌秀, 音井 威重, 古屋 S. 玲, 関 陽介 : 平成29年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書, 平成29年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書, 2018年3月.