RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel.
期間: 2004.4〜2018.3

2004年度(平成16年度)

article.{@.date="20040400 20050399" @.organization=\E{148408}}

2004年度(平成16年度) / 著書

1)太田 房雄, 西島 基弘 : 序章, 株式会社 建帛社, 東京, 2004年4月.
2)太田 房雄, 西島 基弘 : 第11章, 株式会社 建帛社, 東京, 2004年4月.
3)武田 英二 : 臨床医科学入門, --- ビタミンの化学と代謝 ---, 株式会社 光生館, 東京, 2004年4月.
4)森口 覚, 酒井 徹, 山本 茂 : 感染と生体防御, 株式会社 建帛社, 東京, 2004年4月.
5)二川 健, 浅野間 友紀, 岸 恭一 : 栄養と生体応答?遺伝子と免疫の視点から, --- 栄養と腸管免疫応答-とくにビタミンAによる賦活作用について ---, 昭和堂, 京都, 2004年4月.
6)武田 英二 : 臨床栄養学, 文光堂, 2004年4月.
7)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Akiyoshi Nishikado, K Koshiba, Kouji Yamaguchi, Tomohito Kawano and Susumu Ito : AUTONOMIC NERVOUS ACTIVITY AND QT DISPERSION AT COMMON BILE DUCT TREATMENT DURING ENDOSCOPYIC RETROGRAE CHOLANGIOANCREATOICOGRAPHY:CORRELAATION WITH CARDIAC ACCIDENTS., Course of Preventive Medicine, Tokushima, Jul. 2004.
8)岸 恭一 : ヒューマン·ニュートリション, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2004年7月.
9)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Susumu Ito and H Itozaki : Visualization of cardiac electrical current using 32-channel high temperature superconducting quantum interference device, Massachusetts, Aug. 2004.
10)太田 房雄, 塩田 洋, 斉藤 厚 : 感染症診療のコツと落とし穴 斎藤厚/編, --- 角膜真菌症の診断の決め手 糸状菌感染? あるいは酵母菌感染? ---, 株式会社 中山書店, 東京, 2004年9月.
11)二川 健 : 管理栄養士養成シリーズ5 解剖生理学 高野康夫編, 株式会社 化学同人, 京都, 2004年10月.
12)山西 倫太郎, その他30名 : クエスチョン·バンク管理栄養士国家試験問題解説 2005, メディック·メディア, 東京, 2004年10月.
13)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, A Nishikado, K Koshiba, K Yamaguchi, Tomohito Kawano and Susumu Ito : Autonomic nervous activity and QT dispersion at common bile duct treatment during endoscopic retrograde cholangiopancreticography: Correlation with cardiac accident, Jan. 2005.
14)岸 恭一 : 管理栄養士全科のまとめ, 株式会社 南山堂, 東京, 2005年1月.
15)岸 恭一 : 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち·総論, --- タンパク質·アミノ酸の代謝 ---, 南江堂, 東京, 2005年2月.
16)板東 紀子, 寺尾 純二 : Ⅰー1 ビタミンA, 株式会社 オーム社, 東京, 2005年3月.
17)板東 紀子, 寺尾 純二 : サプリメントデータブック, --- Ⅲー11 キサントフィル,Ⅲー12 カロテノイド ---, 株式会社 オーム社, 東京, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Yoshiko Kanezaki, Toshiyuki Obata, Rie Matsushima, Asako Minami, Tomoyuki Yuasa, Kazuhiro Kishi, Yoshimi Bando, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi, Tasuku Mitani, Mitsuru Matsumoto, Yukari Takeshita, Yutaka Nakaya, Toshio Matsumoto and Yousuke Ebina : KATP Channel Knockout Mice Crossbred with Transgenic Mice Expressing a Dominant-Negative Form of Human Insulin Receptor have Glucose Intolerance but not Diabetes, Endocrine Journal, Vol.51, No.2, 133-144, 2004.
2)G Hailemariam, A Kassu, G Abebe, E Abate, D Damte, E Mekonnen and Fusao Ota : Intestinal parasitic infections in HIV/AIDS and HIV seronegative individuals in a teaching hospital, Ethiopia, Japanese Journal of Infectious Diseases, Vol.57, No.2, 41-43, 2004.
3)Ken-ichi Miyamoto, Hiroko Segawa, Mikiko Ito and Masashi Kuwahata : Physiological Regulation of Renal Sodium-Dependent Phosphate Cotransporters, The Japanese Journal of Physiology, Vol.54, No.2, 93-102, 2004.
4)Le Duc Trung Nguyen Son, Kaoru Kusama, Nguyen Kim Thi Hung, Tran Hong Thi Loan, Nguyen Van Chuyen, Daisuke Kunii, Tohru Sakai and Shigeru Yamamoto : Prevalence and risk factors for Diabetes in Ho Chi Minh City, Vietnam, Diabetic Medicine, Vol.21, No.4, 371-376, 2004.
5)Noriko Mizusawa, Tomoko Hasegawa, Izumi Ohigashi, Chisato Kosugi, Nagakatsu Harada, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto : Differentiation Penotypes of Pancreatic Islet β- and α-cells are Closely Related with Homeotic Genes and a Group of Differentially Expressed Genes., Gene, Vol.331, No.28, 53-63, 2004.
6)Kimiko Nakayasu, Yutaka Nakaya, Oki Yuko, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Long Term Follow-up in Japanese Public Office Workers of the Influence of Blood Pressure on ECG Changes, Circulation Journal, Vol.68, No.6, 563-567, 2004.
7)Seigo Baba, Naomi Osakabe, Midori Natsume and Junji Terao : Orally administered rosmarinic acid is present as the conuugated and/or methylated forms in plasma, and is degrade and metabolized to conjugated forms of caffeic acid, ferulic acid and m-coumaric acid, Life Sciences, Vol.75, No.2, 165-178, 2004.
8)Yoshitaka Nii, Kazuhiro Fukuta, Kentaro Sakai and Shigeru Yamamoto : Japanese citrus fruit (sudachi) juice is associated with increased bioavailability of calcium from whole small fish and suppressed bone resorption in rats, Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.50, No.3, 177-183, 2004.
9)関元 幸代, 澄川 一英, 武田 英二 : 健常者に対するカルシウム・イソフラボン含有錠を大量摂取した時の安全性の検討, 健康・栄養食品研究, Vol.7, No.1, 11-20, 2004年.
10)S Dang, H Yan, Shigeru Yamamoto, X Wang and L Zeng : Poor nutritional status of younger Tibetan children living at high altitudes, European Journal of Clinical Nutrition, Vol.58, No.6, 938-946, 2004.
11)Nagakatsu Harada, Chika Ninomiya, Yoshie Osako, Masaki Morishima, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : Taurine alters respiratory gas exchange and nutrient metabolism in type 2, Obesity Research, Vol.12, No.7, 1077-1084, 2004.
12)Kaeko Murota, Yuki Mitsukuni, Mami Ichigawa, Tojiro Tsushida, Miyamoto Sayuri and Junji Terao : Quercetin-4'-glucoside is more potent than quercetin-3-glucoside in protection of rat intestinal mucosa homogenates against iron ion-induced lipid peroxidation, Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.52, No.7, 1907-1912, 2004.
13)Masahiro Nomura, Kohzou Uehara, Kenji Harada, Eiko Uemura, Akiko Iga, Tomohito Kawano, Akiyoshi Nishikado, Ken Saito, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Impairment of gastrointestinal motility by nitrate administration: evaluation based on electrogastrographic changes and autonomic nerve activity, Alimentary Pharmacology & Therapeutics, Vol.20, No.s1, 118-124, 2004.
14)Takuya Mishiro, Shunji Nakano, Shigeyuki Takahara, Mari Miki, Yoichi Nakamura, Susumu Yasuoka, Takeshi Nikawa and Natsuo Yasui : Relationship Between Cathepsin B and Thrombin in Rheumatoid Arthritis, The Journal of Rheumatology, Vol.31, No.7, 1265-1273, 2004.
15)Takashi Kawano, Shuzo Oshita, Akira Takahashi, Yasuo Tsutsumi, Yoshinobu Tomiyama, Hiroshi Kitahata, Yasuhiro Kuroda and Yutaka Nakaya : Molecular Mechanisms of the Inhibitory Effects of Bupivacaine, Levobupivacaine, and Ropivacaine on Sarcolemmal Adenosine Triphosphate-sensitive Potassium Channels in the Cardiovascular System., Anesthesiology, Vol.101, No.2, 390-398, 2004.
16)Hidekazu Arai, Akira Mizuno, Kaoru Matsuo, Makiko Fukaya, Hajime Sasaki, Hirofumi Arima, Motoi Matsuura, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda : Effect of a novel palatinose-based liquid balanced formula (MHN-01) on glucose and lipid metabolism in male Sprague-Dawley rats after short- and long-term ingestion., Metabolism: Clinical and Experimental, Vol.53, No.8, 977-983, 2004.
17)Kazuaki Mawatari, Kakui Sae, Nagakatsu Harada, Takamasa Ohnishi, Yasuharu Niwa, Kazuko Okada, Akira Takahashi, Keisuke Izumi and Yutaka Nakaya : Endothelin-1(1 31) levels are increased in atherosclerotic lesions of the thoracic aorta of hypercholesterolemic hamsters, Atherosclerosis, Vol.175, No.2, 203-212, 2004.
18)Eiji Takeda, Junji Terao, Yutaka Nakaya, Ken-ichi Miyamoto, Yoshinobu Baba, Hiroshi Chuman, Ryuji Kaji, Tetsuro Ohmori and Kazuhito Rokutan : Stress control and human nutrition, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3-4, 139-145, 2004.
19)Rena Sue Day, Masayo Nakamori and Shigeru Yamamoto : Recommendations to develop an intervention for Japanese youth on weight management., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3,4, 154-162, 2004.
20)Dao To Quyen, Amalia V. Irei, Yuki Sato, Fusao Ota, Yasunori Fujimaki, Tohru Sakai, Daisuke Kunii, Nguyen Cong Khan and Shigeru Yamamoto : Nutritional factors, parasite infection and allergy in rural and suburban Vietnamese shool children, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3,4, 171-177, 2004.
21)Afework Kassu, Alizadeh Mohammed, Yasunori Fujimaki, Feleke Moges, Daniel Elias, Firew Mekonnen, Getahun Mengistu, Masayuki Yamato, Yared Wondmikun and Fusao Ota : Serum IgE levels of tuberculosis patients in a tropical setup with high prevalence of HIV and intestinal parasitoses, Clinical and Experimental Immunology, Vol.138, No.1, 122-127, 2004.
22)友竹 浩之, 栢下 淳, 早川 麻理子, 太田 房雄 : 栄養士現場で必要とされる情報処理技術に関する調査, 栄養日本, Vol.47, No.10, 32-35, 2004年.
23)Kazuya Hori, Maggy Fostier, Mikiko Ito, J. Takashi Fuwa, J. Masahiro Go, Hideyuki Okano, Martin Baron and Kenji Matsuno : Drosophila Deltex mediates Suppressor of Hairless-independent and late-endosomal activation of Notch signaling, Development, Vol.131, No.22, 5527-5537, 2004.
24)武田 英二, 深谷 牧子, 松尾 薫, 新井 英一 : 機能性食品と高齢者(消化器疾患)への臨床応用 パラチノースの耐糖能障害への予防効果, 老年消化器病, Vol.16, No.2, 109-113, 2004年.
25)Junko Matsuda, Makiko Kido, Keiko Tadano-Aritomi, Ineo Ishizuka, Kumiko Tominaga, Kazunori Toida, Eiji Takeda, Kunihiko Suzuki and Yasuhiro Kuroda : Mutation in saposin D domain of sphingolipid activator protein gene causes urinary system defects and cerebellar Purkinje cell degeneration with accumulation of hydroxy fatty acid-containing ceramide in mouse, Human Molecular Genetics, Vol.13, No.21, 2709-2723, 2004.
26)Hiroko Segawa, Setsuko Yamanaka, Mikiko Ito, Masashi Kuwahata, Masayuki Shono, Tadashi Yamamoto and Ken-ichi Miyamoto : Internalization of renal type IIc Na/Pi cotransporter in response to a high phosphate diet, American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.288, No.3, 587-596, 2004.
27)清水 俊夫, 立石 ひとみ, Ahmed Sherin, 太田 房雄 : 1991年と2001年∼2002年に分離されたA群溶血性レンサ球菌の血清型,遺伝子型および薬剤耐性の比較, 感染症学雑誌, Vol.78, No.12, 1006-1015, 2004年.
28)Afework Kassu, Alemayehu Mekonnen, Abebe Bekele, Nuru Abseno, Feleke Moges, Yared Wondmikun and Fusao Ota : HIV and syphilis infection among elderly people in Northwest Ethiopia, Japanese Journal of Infectious Diseases, Vol.57, No.6, 264-267, 2004.
29)Noriko Bando, Hiroki Hayashi, Saori Wakamatsu, Takahiro Inakuma, Mariko Miyoshi, Akihiko Nagao, Ryo Yamauchi and Junji Terao : Participation of singlet oxygen in ultraviolet-a-induced lipid peroxidation in mouse skin and its inhibition by dietary β-carotene: an ex vivo study, Free Radical Biology and Medicine, Vol.37, No.11, 1854-1863, 2004.
30)Midori Natsume, Naomi Osakabe, Akiko Yasuda, Seigo Baba, Takashi Tokunaga, Kazuo Kondo, Toshihiko Osawa and Junji Terao : In Vitro Antioxidative Activity of (-)-Epicatechin Glucuronide Metabolites Present in Human and Rat Plasma, Free Radical Research, Vol.38, No.12, 1341-1348, 2004.
31)Noriaki Takeda, Tsukasa Takaoka, Chizuru Ueda, Naoki Toda, Bukasa Kalubi and Shigeru Yamamoto : Zinc deficiency in patients with idiopathic taste impairment with regard to angiotensin converting enzyme activity, Auris, Nasus, Larynx, Vol.31, No.4, 425-428, 2004.
32)Roy C. Brown, Betty E. Lemmon and Tetsuya Horio : γ-Tubulin localization changes from discrete polar organizers to anastral spindles and phragmoplasts in mitosis of Marchantia polymorpha L., Protoplasma, Vol.224, No.3-4, 187-193, 2004.
33)Masashi Kuwahata, Yasuko Kuramoto, Yuka Tomoe, Emi Sugata, Hiroko Segawa, Mikiko Ito, Tatsuzo Oka and Ken-ichi Miyamoto : Posttranscriptional regulation of albumin gene expression by branched-chain amino acids in rats with acute liver injury, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Basis of Disease, Vol.1739, No.1, 62-69, 2004.
34)A Kassu, F Moges, F Mekonnen, G Mengistu, E Abate, E Mekonnen, K Molla, T Zewde, A Aseffa, Y Wondmikun and Fusao Ota : Seroprevalence of HIV in blood donors in Gondar, Tropical Doctor, 2005.
35)Junji Terao, Mio Hiwada, Keiko Taguchi, Keigo Takahara and Satoshi Mohri : Glutathione peroxidase mimics as novel antioxidants from vegetables, BioFactors, Vol.23, No.1, 1-6, 2005.
36)竹内 里美, 竹内 晴美, 奥村 仙示, 新井 英一, 竹谷 豊, 山田 静恵, 高橋 保子, 武田 英二 : 血清アルブミン濃度からみたNST活動の意義と改善点, 日本病態栄養学会誌, Vol.8, No.1, 23-30, 2005年.
37)Eiji Takeda, Hidekazu Arai, K. Muto, K. Matsuo, M. Sakuma, M. Fukaya, Hironori Yamamoto and Yutaka Taketani : Gene expression in low glycemic index diet-impact on metabolic control, Forum of Nutrition, Vol.59, 2005.
38)Seigo Baba, Naomi Osakabe, Midori Natsume, Akiko Yasuda, Yuko Muto, Kyoko Hiyoshi, Hirohisa Takano, Toshikazu Yoshikawa and Junji Terao : Absorption, metabolism, degradation and urinary excretion of rosmarinic acid after intake of Perilla frutescens extract in humans, European Journal of Nutrition, Vol.44, No.1, 1-9, 2005.
39)Takashi Kawano, Shuzo Oshita, Akira Takahashi, Y Tsutsumi, Katsuya Tanaka, Yoshinobu Tomiyama, Hiroshi Kitahata and Yutaka Nakaya : Molecular mechanisms underlying ketamine-mediated inhibition of sarcolemmal adenosine triphosphate-sensitive potassium channels., Anesthesiology, Vol.102, No.1, 93-101, 2005.
40)A Wada, A-P Wang, H Isomoto, I Satomi, T Takao, Akira Takahashi, S Awata, T Nomura, Y Fujii, S Kohno, K Okamoto, J-L J Millán Moss and T Hirayama : Placental and intestinal alkaline phosphatases are receptors for Aeromonas sobria hemolysin, International Journal of Medical Microbiology, Vol.294, No.7, 427-435, 2005.
41)Eiko Uemura, Masahiro Nomura, Kohzo Uehara, Yuko Sawa, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Relationship between pulse wave velocity and circulatory hemodynamics during upper gastrointestinal endoscopy, Digestive Endoscopy, Vol.17, No.1, 73-80, 2005.
42)Yukiko Ueda, Le Duc Trung Nguyen Son, Hiromi Inoue, Daisuke Kunii, Shigeru Yamamoto and Masami Azuma : Relationship between smoking habits and serum oxygen radical absorption capacity and dietary intake in Japanese adults, Clinical and Experimental Pharmacology & Physiology, Vol.31, No.Suppl 2, s35-s36, 2005.
43)Naomi Tanoue, Akira Takahashi, Keinosuke Okamoto, Yoshio Fujii, Yutaka Taketani, Nagakatsu Harada, Masayuki Nakano and Yutaka Nakaya : A pore-forming toxin produced by Aeromonas sobria activates cAMP-dependent Cl- secretory pathways to cause diarrhea, FEMS Microbiology Letters, Vol.242, No.2, 195-201, 2005.
44)Chiemi Kamada, Edson da L. Silva, Mayumi Ohnishi-Kameyama, Jae-Hak Moon and Junji Terao : Attenuation of lipid peroxidation and hyperlipidemia by quercetin glucoside in the aorta of high cholesterol-fed rabbit, Free Radical Research, Vol.39, No.2, 185-194, 2005.
45)Kenji Kusumoto, Tsukasa Kawahara, Yuki Kuwano, Shigetada Kondo, Kyoko Morita, Kyoichi Kishi and Kazuhito Rokutan : Ecabet sodium inhibits Helicobacter pylori lipopolysaccharide-induced activation of NADPH oxidase 1 or apoptosis of guinea pig gastric mucosal cells, American Journal of Physiology, Gastrointestinal and Liver Physiology, Vol.288, No.2, G300-G307, 2005.
46)Amalia Veronica Irei, Yuki Sato, Tzu-Li Lin, Ming-Fu Wantg, Yin-Ching Chan, Nguyen Thi KimuHung, Daisuke Kunii, Tohru Sakai, Masayo Kaneda and Shigeru Yamamoto : Overweight is associated with allergy in school children of Taiwan and Vietnam but not Japan, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1-2, 33-40, 2005.
47)Tetsuya Horio and Berl R. Oakley : The role of microtubules in rapid hyphal tip growth of Aspergillus nidulans., Molecular Biology of the Cell, Vol.16, No.2, 918-926, 2005.
48)Masaki Morishima-Yamato, Fumiko Hisaoka, Sachiko Shinomiya, Nagakatsu Harada, Akira Takahashi, Hideki Matoba and Yutaka Nakaya : Cloning and establishment of a line of rats for high levels of voluntary running, Life Sciences, Vol.77, No.5, 551-561, 2005.
49)友竹 浩之, 大和 正幸, 古賀 哲朗, 竹岡 あや, 高田 昭彦, 太田 房雄 : 今後の(管理)栄養士教育に必要な栄養情報処理演習の教育効果ーアンケート調査よりー, 大学教育研究ジャーナル, Vol.2, 66-70, 2005年.
50)Le Duc Trung Nguyen Son, Daisuke Kunii, Nguyen Kim Thi Hung, Tohru Sakai and Shigeru Yamamoto : The metabolic syndrome: prevalence and risk factors in the urban population of Ho Chi Minh City, Diabetes Research and Clinical Practice, Vol.67, No.3, 243-250, 2005.
51)Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa, Yuki Asanoma, Harumi Furochi, Yuko Onishi, Takayuki Ogawa, Naoto Suzue, Motoko Oarada, Toru Shimazu and Kyoichi Kishi : Short-term hypergravity does not affect protein-ubiquitination and proliferation in rat L6 myoblastic cells, Biological Sciences in Space, Vol.19, No.1, 3-7, 2005.
52)Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa, Louis Yuge, Ibuki Ishihara, Akira Higashibata, Noriaki Ishioka, Atsuko Okubo, Takashi Miyashita, Naoto Suzue, Takayuki Ogawa, Motoko Oarada and Kyoichi Kishi : Clinorotation prevents differentiation of rat myoblastic L6 cells in association with reduced NF-κB signaling, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Cell Research, Vol.1743, No.1-2, 130-140, 2005.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Junji Terao, C Kamada, M Kameyama, J-H Moon and E.L. Silva da : Antioxidative Effect of Dietary Flavonoid Quercetin in Rabbit Aorta, Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International SFRR, 49-54, 2004.
2)Noriko Bando, MASAMI YAMAMOTO, Rintaro Yamanishi and Junji Terao : Synergistic Effect of Vitamin E and ß-Carotene on the Suppression of Ovalbumin-Specific Immunoglobulin E Production in Mice, Annals of the New York Academy of Sciences, Vol.1031, No.0, 415-417, 2004.
3)谷口 章子, 奥村 仙示, 西田 由香, 山本 浩範, 武田 英二 : 粘性食品を組み合わせた朝食摂取の血糖およびインスリン反応への効果, 栄養-評価と治療, Vol.22, 69-77, 2005年.
4)桑波田 雅士, 瀬川 博子, 伊藤 美紀子, 宮本 賢一 : 肝障害モデルラットのアルブミン遺伝子転写後調節機構と分岐鎖アミノ酸製剤, 必須アミノ酸研究, No.172, 45-50, 2005年.
5)Rie Matsushima, Akira Takahashi, Yutaka Nakaya, Mari Miki, Yoichi Nakamura, Fumiko Michishige, Sumiko Yoshinaga, Hiroshi Maezawa and Susumu Yasuoka : Tripsin-like activities and human airway trypsin-like protease (HAT) levels in airway secretions from healthy subjects and patients with chronic airway diseases., Proceeding of Airway Secretion Research, Vol.7, 15-22, 2005.

2004年度(平成16年度) / 学術レター

(なし)

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

1)寺尾 純二 : 特集 健康食品·サプリメントの使い方 ケルセチンの効能と将来展望, クリニカル プラクティス, Vol.23, No.6, 25-28, 2004年6月.
2)武田 英二, 竹谷 豊 : 生体におけるリンの役割と制御, 腎不全とリン, 17-21, 2004年6月.
3)武田 英二, 竹谷 豊 : 特集 - エビデンスからみた機能性食品の現状 2. 耐糖能改善食品(1)食物繊維, 栄養評価と治療, Vol.21, No.3, 237-240, 2004年6月.
4)武田 英二, 奥村 仙示, 竹谷 豊 : 特集「透析患者の栄養評価における新理論と新技術」Ⅰ総論:最近の栄養評価における理論と技術およびその問題点, 臨牀透析, Vol.20, No.12, 7-14, 2004年7月.
5)馬場 星吾, 寺尾 純二 : 生体におけるポリフェノールの代謝と生理機能-カテキン類について-, オレオサイエンス, Vol.4, No.7, 271-277, 2004年7月.
6)楠本 健二, 増田 清志, 近藤 茂忠, 森田 恭子, 六反 一仁 : HSPは消化管防御機構にどのように関与するのか?, 分子消化器病, Vol.1, No.3, 209-213, 2004年9月.
7)岸 恭一 : 日本人の食事摂取基準(栄養所要量)は如何に策定されているか,されるべきか, --- タンパク質 ---, 静脈経腸栄養, Vol.19, No.3, 9-15, 2004年9月.
8)岸 恭一 : 日本人の食事摂取基準 (2005年版), --- たんぱく質 ---, 臨床栄養, Vol.105, No.7, 825-831, 2004年12月.
9)宮本 賢一, 瀬川 博子, 伊藤 美紀子 : 薬理作用と生理作用ー腸管への作用ー, 日本臨牀, Vol.63, No.10, 202-204, 2005年.
10)宮本 賢一, 伊藤 美紀子, 瀬川 博子 : リン酸代謝関連遺伝子群と骨粗鬆症, CLINICAL CALCIUM, Vol.15, No.5, 783-788, 2005年.
11)宮本 賢一, 伊藤 美紀子, 瀬川 博子 : カルシトニンの腎への作用, Clinical Calcium, Vol.15, No.3, 478-482, 2005年.
12)宮本 賢一, 伊藤 美紀子, 瀬川 博子 : 生体のリン調節機構とFGF23, 腎と骨代謝, Vol.18, No.2, 99-104, 2005年.
13)武田 英二 : 臨床栄養管理, ILSI, Vol.84, 14-21, 2005年.
14)寺尾 純二 : 基礎栄養 食品抗酸化成分の最近の話題 (1)ビタミンEの機能はどこまでわかったか?, 臨床栄養, Vol.106, No.1, 13, 2005年1月.
15)寺尾 純二 : ケルセチン配糖体の吸収代謝と活性発現機構, ビタミン, Vol.79, No.1, 3-11, 2005年1月.
16)岸 恭一 : プロバイオティクスと健康, 科学, Vol.75, No.1, 103-106, 2005年1月.
17)寺尾 純二 : 基礎栄養 食品抗酸化成分の最近の話題 (2)トコトリエノールとコエンザイムQ10はビタミンEを超えるか?, 臨床栄養, Vol.106, No.2, 149, 2005年2月.
18)Kimie Nakagawa, Akihiko Kawaura, Shigeaki Kato, Eiji Takeda and Toshio Okano : 1α,25-Dihydroxyvitamin D3 is a preventive factor in the metastasis of lung cancer, Carcinogenesis, Vol.26, No.2, 429-440, Feb. 2005.
19)寺尾 純二 : 基礎栄養 食品抗酸化成分の最近の話題 (3)ビタミンAにならないリコペンはなぜ体内に蓄積するのか?, 臨床栄養, Vol.106, No.3, 293, 2005年3月.
20)武田 英二 : ストレス制御をめざす栄養科学, 日本学術会議中国・四国地区ニュース, No.38, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1)Junji Terao, C Kamada, M Kameyama, J-H Moon and EL daSilva : Anti-atherosclerotic effect of dietary flavonoids: Quercetin glucoside attenuates lipid peroxidation in rabbit aorta., SFRR's 12th Biennial Meeting, Buenos Aires , Argentina, May 2004.
2)Junji Terao : Anti-atherosclerotic effect of dietary flavonoid quercetin: Implication of its intestinal absorption and metabolism., 2004 International Symposium on Functional Foods for Health in Taiwan, Taipei, May 2004.
3)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Hitoshi Miyajima, Akiyoshi Nishikado, Kunihiko Koshiba, Koji Yamaguchi, Tomohito Kawano and Susumu Ito : Autonomic nervous activity and QT dispersion at common bile duct treatment during endoscopic retrograde cholangiopancreaticography: correlation with cardiac accidents, The 31th International Congress on Electrocardiology, Kyoto, Jun. 2004.
4)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Akiyoshi Nishikado, Kunihiko Koshiba, Kouji Yamaguchi, Tomohito Kawano and Susumu Ito : Autonomic nervous activity and QT dispersion common bile duct treatment during endoscopic retrograde cholangiopancreaticography: correlation with cardiac accidents, The 31th International Congress on Electrocardiology, Kyoto, Jun. 2004.
5)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Susumu Ito and Hideo Itozaki : Visualization of cardiac electrical current using 32-channel high temperature superconducting quantum interference device, Biomag2004, 632-633, Boston, Aug. 2004.
6)Yutaka Taketani, T. Takeichi, K. Nashiki, Hironori Yamamoto, N. Sawada, M. Ichikawa, Hidekazu Arai and Eiji Takeda : PTH-stimulated signaling molecules that are involved in the endpcytosis of NaPi-IIa phosphate transporter are compartmentalized and activated in caveolae-like micro domains, 26th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Seattle, Oct. 2004.
7)Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, M. Tsuji, T. Sato, Hidekazu Arai and Eiji Takeda : A novel splicing variant transcript of the renal type a sodium-dependent phosphate cotransporter (NPT2a) gene is positively and negatively regulated by 1,25-dihydroxyvitamin D3 and phex cleavable humoral factors, 26th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Seattle, Oct. 2004.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1)武田 英二 : 食と健康, 大塚食品株式会社 質販店会 講演, 2004年4月.
2)新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 武藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 水本 憲司, 麻生 高伸, 有馬 裕史, 佐々木 一, 竹谷 豊, 土井 俊夫, 武田 英二 : 糖質調整流動食(MHN-01;Insolw)の長期投与における内臓脂肪蓄積予防, 日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.47, 2004年5月.
3)新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 武藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 水本 憲司, 麻生 高伸, 有馬 裕史, 佐々木 一, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : 糖質調整流動食(MHN-01;Insolw)の内臓脂肪蓄積防止効果, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.58, 2004年5月.
4)山本 浩範, 三木田 愛, 辻 光義, 佐藤 匡俊, 山本 かおり, 庄子 佳文子, 新井 英一, 竹谷 豊, 稲熊 隆博, 武田 英二 : タマネギ成分,ケルセチンの骨代謝調節作用, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.58, 2004年5月.
5)梨木 邦剛, 武市 朋子, 竹谷 豊, 武田 英二 : PTHによるナトリウム依存性リン酸トランスポーター(NaPi-IIa)のエンドサイトーシス調節機構, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.58, 2004年5月.
6)Yutaka Taketani, T. Takeichi, K. Nashiki, N. Sawada, Hironori Yamamoto, Hidekazu Arai and Eiji Takeda : Studies on the translocational regulation of phosphate transporter by PTH with reference to PKA,PKC, and ezrin, 日本細胞生物学会大会, Vol.57, May 2004.
7)竹内 晴美, 竹内 里美, 奥村 仙示, 中村 多希, 新井 英一, 竹谷 豊, 三宅 秀則, 田代 征記, 武田 英二 : SF-36を用いた肝硬変患者におけるLES療法長期継続効果の検討, 日本栄養アセスメント研究会, Vol.27, 2004年5月.
8)佐藤 匡俊, 山本 かおり, 山本 浩範, 新井 英一, 竹谷 豊, 武田 英二 : 不動に伴う小腸カルシウム吸収及びPTH-ビタミンD調節系への影響, 日本ビタミン学会大会, Vol.56, 2004年5月.
9)辻 光義, 山本 浩範, 三木田 愛, 佐藤 匡俊, 庄子 佳文子, 新井 英一, 竹谷 豊, 稲熊 隆博, 武田 英二 : タマネギ生理活性成分であるケルセチンによる骨代謝調節, 日本ビタミン学会大会, Vol.56, 2004年5月.
10)武田 英二 : 臨床栄養管理法, 神戸薬科大学同窓会研修会 講演, 2004年5月.
11)水澤 典子, 小杉 知里, 原田 永勝, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : 膵β細胞とα細胞のHox遺伝子およびホメオティック遺伝子発現の差異, 第47回日本糖尿病学会年次学術総会, 2004年5月.
12)野村 昌弘, 中屋 豊, 伊東 進 : 心磁図法は循環器病診療に貢献できるのか?, 日本生体磁気学会, 2004年6月.
13)武田 英二, 竹谷 豊, 新井 英一 : 食後高血糖を抑制する機能性食品の開発, 日本小児科学会徳島地方会, Vol.122, 2004年6月.
14)武田 英二 : 小児の発育と発達,生理,栄養, 社団法人愛媛県栄養士会 講演, 2004年6月.
15)松村 晃子, 橋本 理恵, 宇野 和美, 岡田 和子, 中屋 豊, 吉本 勝彦 : 頭頸部悪性腫瘍患者の栄養管理, 徳島NST研究会, 2004年6月.
16)武田 英二 : 臨床栄養管理法, 海部病院学術研修会(へき地中核病院研修事業後援会) 講演, 2004年7月.
17)竹谷 豊, 梨木 邦剛, 武市 朋子, 山本 浩範, 武田 英二 : IIa型ナトリウム依存性リン酸トランスポーター(NaPi-IIa)活性調節におけるカベオラ様ドメインの役割:シグナル伝達と細胞骨格制御, 日本骨代謝学会学術集会, Vol.22, 2004年8月.
18)山本 浩範, 梨木 邦剛, 竹谷 豊, 佐藤 匡俊, 武田 英二 : 核内受容体を介したナトリウム依存性リン酸輸送担体遺伝子の腎特異的転写制御機構, 日本骨代謝学会学術集会, Vol.22, 2004年8月.
19)佐藤 匡俊, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : 不動に伴う腸管カルシウム吸収低下機序の解明, 日本骨代謝学会学術集会, Vol.22, 2004年8月.
20)山本 浩範, 佐藤 匡俊, 庄子 佳文子, 梨木 邦剛, 竹谷 豊, 稲熊 隆博, 武田 英二 : オニオン生理活性成分であるケルセチンによる骨粗鬆症予防効果, 日本骨代謝学会学術集会, Vol.22, 2004年8月.
21)武田 英二, 竹谷 豊, 山本 浩範 : 「高リンと血管内皮細胞機能」「リン酸トランスポーターの発現調節機構」, 第8回瀬戸内カンファレンス, 2004年8月.
22)竹谷 豊 : 病気になっても寝込まない栄養学, 阿南市保健センター 講演, 2004年9月.
23)Yutaka Taketani, T. Takeichi, K. Nashiki, Hironori Yamamoto, N. Sawada, M. Ichikawa, Hidekazu Arai and Eiji Takeda : Identification of target molecule of PTH-mediated signal transduction pathway that lead to the endocytosis of type IIa sodium dependent phosphate transporter, 日本生化学会大会, Vol.77, Oct. 2004.
24)佐久間 理英, 新井 英一, 須波 聖香, 松尾 薫, 深谷 牧子, 武藤 佳瑞智, 水野 昭, 佐々木 一, 有馬 裕史, 水本 憲司, 奥村 仙示, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : 糖質調整流動食インスロー摂取後の2nd meal effectの検討, 日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, Vol.37, 2004年10月.
25)武田 英二, 竹内 里美, 竹内 晴美, 奥村 仙示, 新井 英一, 竹谷 豊, 山田 静恵, 高橋 保子 : 血清アルブミン濃度からみたNST活動の意義と改善点, 日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, Vol.37, 2004年10月.
26)奥村 仙示, 竹内 晴美, 西田 由香, 谷口 章子, 新井 英一, 竹谷 豊, 武田 英二 : SF-36を用いた肝硬変患者におけるLES療法長期継続効果の検討, 日本栄養改善学会学術総会, Vol.51, 2004年10月.
27)武田 英二 : 昼食後耐糖能におよぼす朝食での糖質調整流動食(インスロー)摂取の効果, 日本消化吸収学会総会, Vol.35, 2004年10月.
28)武田 英二 : 炎症性腸疾患に対する栄養管理の進歩, 日本消化吸収学会総会, Vol.35, 2004年10月.
29)竹谷 豊 : 骨代謝の基礎と骨粗鬆症の病態,栄養療法, 2004年度第4回CNP研究会 講演, 2004年10月.
30)竹谷 豊 : 骨粗鬆症の病態と栄養管理, 岐阜県栄養士会岐阜支部会 講演, 2004年10月.
31)森口 博基, 森川 富昭, 松本 和也, 中西 秀樹, 武田 英二, 片山 貴文, 能瀬 高明 : 知識データベース「褥瘡ケアネット」の開発(第2報), 医療情報学24回連合大会論文集, 504-505, 2004年11月.
32)武田 英二 : 栄養・食生活と生活習慣病, 学際企画(独)国立健康・栄養研究所 講演, 2004年11月.
33)庄野 朱美, 塚口 裕康, 矢尾板 永信, 行田 正晃, 竹谷 豊, 山本 格, 土井 俊夫 : ポドサイト細胞接着装置における脂質マクロドメインの多様性-糸球体硬化症遺伝子産物Podocinと接着因子Coxsackievirus and Adenovirus receptor(CAR)を用いた解析, 日本分子生物学会年会, Vol.27, 2004年12月.
34)竹谷 豊 : 寝たきり予防の栄養学, 井川町健康大学 講演, 2004年12月.
35)武田 英二 : 栄養・食生活と生活習慣病, 学際企画(独)国立健康・栄養研究所 講演, 2004年12月.
36)武田 英二 : 「栄養アセスメント」「栄養補給法」, 日本栄養新報社 講演, 2004年12月.
37)新井 英一 : 見直してみませんか?自分の食生活, 糖尿病大学 講演, 2004年12月.
38)Zahid Mahamud, Afework Kasu, 大和 正幸, 太田 房雄 : Environmental studies of Toxigenic Vibrio Parahaemolyticus in the Kii Channel, Japan, 日本細菌学会総会, Vol.78, 2005年.
39)OA Kassu, E. Diro, B. Ayele, F. Moges, M. Fujino, M. Nishizawa, S. Sugiura and Fusao Ota : Prevalence of HIV and Intestinal parasites in tuberculosis patients and profile of serum viral load during treatment of tuberculosis, 日本細菌学会中国・四国支部総会, Vol.58, 2005.
40)M Alozadeh, A. Kassu, NV Nhien, BTM Huong, Masayuki Yamato and Fusao Ota : Effects ofBisphenol A on Immune Torelance to Ovalbumin in Mice, 日本細菌学会中国・四国支部総会, Vol.58, 2005.
41)奥村 仙示, 竹内 晴美, 中村 多希, 藤井 正彦, 三宅 秀則, 島田 光生, 武田 英二 : SF-36を用いた肝硬変患者におけるLES療法長期継続効果の検討, 日本病態栄養学会, Vol.8, 2005年1月.
42)山本 浩範, 木村 宏子, 辻 光義, 石黒 真理子, 竹井 悠一郎, 佐藤 匡俊, 宮本 賢一, 白神 俊幸, 田中 裕子, 新井 英一, 竹谷 豊, 武田 英二 : 腸管ペプチド輸送担体(PepT1)を分子標的とした新たな栄養補給法の開発, 日本病態栄養学会, Vol.8, 2005年1月.
43)松尾 薫, 新井 英一, 武藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 佐久間 理英, 水野 昭, 水本 憲司, 麻生 高伸, 有馬 裕史, 佐々木 一, 竹谷 豊, 土井 俊夫, 武田 英二 : 糖質調整流動食(Inslow)の長期投与による内臓脂肪蓄積に対する予防効果, 日本病態栄養学会, Vol.8, 2005年1月.
44)武田 英二 : 糖尿病の予防・治療と生活習慣, 第8回日本病態栄養学会ランチョンセミナー 講演, 2005年1月.
45)武田 英二 : 消化器疾患と栄養管理, 日本栄養新報社 講演, 2005年1月.
46)髙橋 章, 中野 政之, 中屋 豊 : 腸管内細菌感染による腸管上皮細胞のクロライド分泌変化, 第1回日本消化管学会, 2005年1月.
47)竹谷 豊 : 骨粗鬆症を予防するための食生活, 羽ノ浦町健康福祉課 講演, 2005年1月.
48)新井 英一, 佐久間 理英, 須浪 聖香, 松尾 薫, 深谷 牧子, 武藤 佳瑞智, 水野 昭, 佐々木 一, 有馬 裕史, 水本 憲司, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 武田 英二 : 糖質調整流動食(インスロー)の脂肪燃焼促進効果, 日本静脈経腸栄養学会, Vol.20, 2005年2月.
49)武田 英二 : 「代謝性疾患と栄養管理」「内分泌・骨疾患と栄養管理」「呼吸器・循環器疾患と栄養管理」, 日本栄養新報社 講演, 2005年2月.
50)竹岡 あや, 古賀 哲郎, 大和 正幸, 太田 房雄 : タイタープレートを使用した抗菌活性測定, 徳島医学会学術集会 平成16年度冬期, Vol.227, 2005年2月.
51)木下 崇司, Lepp Zsolt, 河合 慶親, 寺尾 純二, 中馬 寛 : 機能性食品設計のためのフラボノイドデータベース構築, 2006年度日本農芸化学大会, 2005年2月.
52)宇都 義浩, 阿江 周太郎, 永澤 秀子, 堀 均, 寺尾 純二 : ブラジル産プロポリス成分アルテピリンCのLDL抗酸化剤を目指したイソプレノミクス解析, 第125年回日本薬学会, 2005年3月.
53)武田 英二 : 「腎疾患と栄養管理」「血液疾患と栄養管理」「感染・免疫・アレルギー疾患と栄養管理」, 日本栄養新報社 講演, 2005年3月.
54)Masahiro Nomura, E Kimura, T Watanabe, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Current Density Map at Ventricular Repolarization Phase in Myocardial Infarction., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
55)K Yamaguchi, Masahiro Nomura, E Kimura, T Watanabe, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Atherosclerosis Suppression Effect of Estrogen: Is the Chronic Liver Disease Atherogenic?, 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
56)K Yamaguchi, Masahiro Nomura, E Kimura, T Watanabe, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Effect of Carvedilol on Autonomic Nerves Function and Oxidative Stress in the Essential Hypertensive Patients with Obstructive Sleep Apnea Syndrome., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
57)K Yamaguchi, Masahiro Nomura, E Kimura, T Watanabe, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Dose Obstructive Sleep Apnea Syndrome (OSAS) Cause the Myocardial Injury? Examination by 99mTc-MIBI Scintigraphy., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation sciety, Mar. 2005.
58)T Watanabe, Masahiro Nomura, E Kimura, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Antioxydative Effect and Atrial Electrophysiological Improvement by Candesartan in Hypertensive Patients., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1)Masahiro Nomura, Akiko Iga, Akiyoshi Nishikado, Ken Saito, Takashi Oki, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Relation between insulin resistance and 123I-BMIPP myocardial scintigraphy, 66th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, Apr. 2004.
2)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Akiko Iga, Akiyoshi Nishikado, Ken Saito, Takashi Oki and Susumu Ito : Detection of electrical conduction velocity using 32-channel high temperature superconducting quantum interference device, 66th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, Apr. 2004.
3)Masahiro Nomura, Akiko Iga, Akiyoshi Nishikado, Ken Saito, Takashi Oki, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Evaluation of coronary microvascular disorder using 99mTc-MIBI myocardial SPECT, 66th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, Apr. 2004.
4)K Uehara, Masahiro Nomura, T Nakayama, M Yukinaka, Y Ozaki, S Morishita, H Ikefuji, H Fujinaka, M Kimura, K Tikamori, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Clinical significance of high sensitivity CRP as risk factor for LV remodeling in patients with acute myocardial infarction treated by reperfusion therapy, 66th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, Apr. 2004.
5)山本 浩範, 佐藤 匡俊, 山本 かおり, 武田 英二 : 不動に伴うビタミンD依存性腸管カルシウム吸収低下機構の解明, 脂溶性ビタミン総合研究委員会, Vol.304, 2004年7月.
6)佐藤 匡俊, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : 不動応答性腸管カルシウム吸収低下機序の解明, 中国・四国骨代謝研究会, Vol.14, 2004年7月.
7)梨木 邦剛, 武市 朋子, 竹谷 豊, 武田 英二 : 副甲状腺ホルモン(PTH)によるナトリウム依存症リン酸トランスポーター(NAPi-IIa)のエンドサイトーシス調整機構, 徳島医学会学術集会, Vol.229, 2004年8月.
8)野村 昌弘, 中屋 豊, 齋藤 憲, 河野 智仁, 西角 彰良 : 心磁図法を用いた本態性高血圧症における心室再分極異常の早期診断, 第21回日本心電学会学術集会, 2004年9月.
9)Eiji Takeda : Effects of a novel palatinose based liquid formula with low glycemic index (Inslow) on gene expression in rats Vahouny _ ILSI Japan, 難消化性糖質国際シンポジウム, Sep. 2004.
10)武田 英二 : ストレス制御と機能性食品の開発, 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部設立記念シンポジウム-COE拠点形成のさらなる発展をめざして-, 2004年11月.
11)武田 英二 : ヒトによる食品の糖尿病リスク低減機能評価, 食品の安全性および機能性に関する総合研究推進会議・評議会, 2005年2月.
12)武田 英二 : 経腸栄養剤の素材と生体機能調節, メディカルレビュー社栄養評価と治療座談会, 2005年3月.
13)武田 英二 : 消化管を標的とした機能性食品の開発, 第12回栄養とくしま 講演会「腸管の分子栄養学」∼長寿・宇宙食の開発から未来の食品素材探索まで∼, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 報告書

1)二川 健 : ラット骨格筋遺伝子の宇宙フライトによる発現変動, 必須アミノ酸研究, Vol.170, 49-53, 2004年7月.
2)Ayaka Kobayashi, Masahiro Nomura, Yuko Tomokane, Takashi Kawaguchi, Kunihiko Koshiba, Koji Yamaguchi, Tomohito Kawano, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : A Patient with sustained ventricular tachycardia:identification of a responder to aminodarone using signal-averaged electrocardiogram, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3-4, 247-253, Aug. 2004.
3)武田 英二 : 臨床栄養管理に対する基礎的および実践的研究, 日本栄養・食糧学会誌, Vol.58, No.1, 23-28, 2005年.

2005年度(平成17年度)

article.{@.date="20050400 20060399" @.organization=\E{148408}}

2005年度(平成17年度) / 著書

1)中屋 豊 : 認定病態栄養専門師のための病態栄養ガイドブック, --- 第1章 3 栄養サポートチーム(NST)の意義とこれからの課題 ---, メディカルレビュー社, 東京, 2005年4月.
2)武田 英二 : 第4回「栄養とエイジング」国際会議ヘルスプロモーションの科学, --- ビタミンD受容体遺伝子多型からみた骨粗鬆症の栄養指導 ---, 株式会社 建帛社, 東京, 2005年4月.
3)武田 英二 : 改訂版認定病態栄養専門師のための病態栄養ガイドブック, --- 病態栄養専門師の役割と責任 ---, メディカルレビュー社, 大阪, 2005年4月.
4)山本 茂 : 日本人の食事摂取基準(2005年版), 第一出版, 東京, 2005年5月.
5)寺尾 純二 : 酸化ストレスマーカー, --- 1 脂質ヒドロペルオキシド ---, 株式会社 学会出版センター, 東京, 2005年5月.
6)山本 茂 : 栄養教諭論, --- 子供の発達と食生活 ---, 株式会社 建帛社, 東京, 2005年7月.
7)太田 房雄 : 管理栄養士講座 食品衛生学, 株式会社 建帛社, 東京, 2005年8月.
8)山西 倫太郎, その他34名 : クエスチョン·バンク管理栄養士国家試験問題解説 2006, メディック·メディア, 東京, 2005年9月.
9)山本 茂, 由田 克士 : 新しい食事摂取基準を管理栄養士改革の起爆剤に, 第一出版, 東京, 2005年10月.
10)中屋 豊, 宮本 賢一, 坂巻 路可, 乾 明夫, 合田 敏尚, 南 久則, 川崎 英二, 長田 恭一, 佐藤 隆一郎, 長澤 孝志, 渡邊 文雄, 岡 達三, 桑波田 雅士, 髙橋 章, 竹谷 豊 : エッセンシャル基礎栄養学, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年11月.
11)中屋 豊 : 基礎栄養学, Chap1 栄養の概念, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年11月.
12)中屋 豊 : 基礎栄養学, Chap10 エネルギー代謝, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年11月.
13)岸 恭一 : 人体の構造と機能, --- 消化器系 ---, 株式会社 建帛社, 東京, 2005年12月.
14)二川 健 : 管理栄養士講座 「人体の構造と機能」, --- 第8章 ---, 株式会社 建帛社, 東京, 2005年12月.
15)岸 恭一 : 栄養·食糧学データハンドブック, 同文書院, 東京, 2006年1月.
16)中屋 豊, 桑波田 雅士, 丹黒 章, 土井 俊夫, 竹谷 豊, 野間 喜彦, 武田 英二, 東 博之, 島田 光生, 栗田 信浩, 大森 哲郎, 西 正晴, 青野 純典, 西岡 安彦, 吉本 勝彦, ほか 65名 : NST用語ハンドブック, メディカルレビュー社, 東京, 2006年2月.
17)中屋 豊 : 栄養療法 ミニマムエッセンシャル, 8章 6.糖尿病, 南江堂, 東京, 2006年2月.
18)中屋 豊 : 栄養療法 ミニマムエッセンシャル, 8章 9.腎疾患, 南江堂, 東京, 2006年2月.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Mikiko Ito, Naoko Matsuka, Michiyo Izuka, Sakiko Haito, Yuko Sakai, Rie Nakamura, Hiroko Segawa, Masashi Kuwahata, Hironori Yamamoto, Wesley J Pike and Ken-ichi Miyamoto : Characterization of inorganic phosphate transport in osteoclast-like cells, American Journal of Physiology, Cell Physiology, Vol.288, No.4, 921-931, 2005.
2)Noriyasu Kondo, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Susumu Ito and Takashi Ohguro : Association of Inflammatory Marker and Highly Sensitive C-Reactive Protein With Aerobic Exercise Capacity, Maximum Oxygen Uptake and Insulin Resistance in Healthy Middle-Aged Volunteers, Circulation Journal, Vol.69, No.4, 452-457, 2005.
3)Yanjmaa Bira, Kenji Tani, Yasuhiko Nishioka, juuya Miyata, Keiko Sato, Akihito Hayashi, Yutaka Nakaya and Saburo Sone : Transforming growth factor β stimulates rheumatoid synovial fibroblasts via the type receptor, Modern Rheumatology, Vol.15, No.2, 108-113, 2005.
4)Akira Takahashi, N Tanoue, M Nakano, A Hamamoto, K Okamoto, Y Fujii, Nagakatsu Harada and Yutaka Nakaya : A pore-forming toxin produced by Aeromonas sobria activates Ca2+ dependent Cl- secretion., Microbial Pathogenesis, Vol.38, No.4, 173-180, 2005.
5)Sae Kujime, Syuji Inoue, Masahiro Nomura, Jyunko Endo, Nobutaka Uemura, Seiichiro Kishi, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Evaluation of gastric emptying by electrogastrography and ultrasonography in gastroesophageal reflux disease, Digestive Endoscopy, Vol.17, No.2, 131-137, 2005.
6)Amalia Veronica Irei, Keiko Takahashi, Le Duc Trung Nguyen Son, Pham Ngan Thi Ha, Nguyen Kim Thi Hung, Daisuke Kunii, Tohru Sakai, Teruyoshi Matoba and Shigeru Yamamoto : Obesity increases the risk of allergy in Vietnamese adolescents, European Journal of Clinical Nutrition, Vol.59, No.4, 571-577, 2005.
7)G. Williamson, D. Barron, K. Shimoi and Junji Terao : In vitro biological properties of flavonoid conjugates found in vivo, Free Radical Research, Vol.39, No.5, 457-469, 2005.
8)Hien Thi Thu Vu, Khan Cong Nguyen, Lam Thi Nguyen, Mai Bach Le, Son Nguyen Trung Duc Le, Nhung Thi Bui, Masayo Nakamori, Daisuke Kunii, Tohru Sakai and Shigeru Yamamoto : Determining the prevalence of osteoporosis and related factors using quantitative ultrasound in Vietnamese adult women, American Journal of Epidemiology, Vol.161, No.9, 824-830, 2005.
9)Mikiko Ito, Yuko Sakai, Mari Furumoto, Hiroko Segawa, Sakiko Haito, Setsuko Yamanaka, Rie Nakamura, Masashi Kuwahata and Ken-ichi Miyamoto : Vitamin D and phosphate regulate fibroblast growth factor-23 in K-562 cells, American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.288, No.6, E1101-E1109, 2005.
10)野村 昌弘, 中安 紀美子, 中屋 豊 : Current density map による心筋虚血ベクトルの検出, 日本生体磁気学会誌, Vol.18, No.1, 2005年.
11)Kyoko Morita, Toshiro Saito, Masayuki Ohta, Tetsuro Ohmori, Kaori Kawai, Shigetada Kondo and Kazuhito Rokutan : Expression analysis of psychological stress-associated genes in peripheral blood leukocytes, Neuroscience Letters, Vol.381, No.1-2, 57-62, 2005.
12)Kaeko Murota and Storch Judith : Uptake of Micellar Long-Chain Fatth Acid and sn-2-Monoacylglycerol into Human Intestinal Caco-2 Cells Exhibits Characteristics of Protein-Mediated Transport, The Journal of Nutrition, Vol.135, No.7, 1626-1630, 2005.
13)K Tsuchiya, I Kawamura, Akira Takahashi, T Nomura, C Kohda and M Mitsuyama : Listeriolysin O-induced membrane permeation mediates persistent IL-6 production in Caco-2 cells during Listeria monocytogenes infection in vitro., Infection and Immunity, Vol.73(7), No.7, 3869-3877, 2005.
14)Wolday Dawit, Tegbaru Belete, Kassu Afework, Messele Tsehaynesh, Coutinho Roel, van Baarle Debbie, Miedema Frank and Fusao Ota : Expression of Chemokine Receptors CCR5 and CXCR4 on CD4+ T Cells and Plasma Chemokine Levels During Treatment of Active Tuberculosis in HIV-1-Coinfected Patients, Journal of Acquired Immune Deficiency Syndromes, Vol.39, No.3, 265-271, 2005.
15)Akira Matsuo, Tamotsu Negoro, Tomohisa Seo, Yuki Kitao, Masanori Shindo, Hiroko Segawa and Ken-ichi Miyamoto : Inhibitory effect of JTP-59557, a new triazole derivative, on intestinal phosphate transport in vitro and in vivo, European Journal of Pharmacology, Vol.517, No.1-2, 111-119, 2005.
16)Yukie Iwasa, Kimiko Nakayasu, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Ken Saito and Susumu Ito : The relationship between autonomic nervous activity and physical activity in children, Pediatrics International, Vol.47, No.4, 361-371, 2005.
17)Ken-ichi Miyamoto, Mikiko Ito, Masashi Kuwahata, Shigeaki Kato and Hiroko Segawa : Inhibition of Intestinal Sodium-dependent Inorganic phosphate Transport by Fibroblast Growth Factor 23, Therapeutic Apheresis and Dialysis, Vol.9, No.4, 331-335, 2005.
18)Yukihiko Ito, Aya Mizukuchi, Mitsuo Kise, Hiromichi Aoto, Shigeru Yamamoto, Rie Yoshihaa and Jyunichi Yokoyama : Postprandial blood glucose and insulin responses to pre-gereminated brown rice in healthy subjects, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3-4, 159-164, 2005.
19)Le Duc Trung Nguyen Son, Tran Minh Thi Hanh, Kaoru Kusama, Daisuke Kunii, Tohru Sakai, Nguyen Kim Thi Hung and Shigeru Yamamoto : Anthropometric characteristics, dietary patterns and risk of type 2 diabetes mellitus in Vietnam, Journal of the American College of Nutrition, Vol.24, No.4, 229-234, 2005.
20)Yoshio Inoue, Hiroko Segawa, Ichiro Kaneko, Setsuko Yamanaka, Kenichiro Kusano, Eri Kawakami, Junya Furutani, Mikiko Ito, Masashi Kuwahata, Hitoshi Saito, Naoshi Fukushima, Shigeaki Kato, Hiro-omi Kanayama and Ken-ichi Miyamoto : Role of the vitamin D receptor in FGF23 action on phosphate metabolism, The Biochemical Journal, Vol.390, No.1, 325-331, 2005.
21)Sohji Nagase, Aki Hirayama, Atsushi Ueda, Kouichi Hirayama, Junji Terao and Akio Koyama : Does fluvastatin really have an antioxidant effect in humans?, Kidney International, Vol.68, No.3, 1373-1374, 2005.
22)Takayuki Ogawa, Takeshi Nikawa, Harumi Furochi, Miki Kosyoji, Katsuya Hirasaka, Naoto Suzue, Koichi Sairyo, Shunji Nakano, Takashi Yamaoka, Mitsuo Itakura, Kyoichi Kishi and Natsuo Yasui : Osteoactivin upregulates expression of MMP-3 and MMP-9 in fibroblasts infiltrated into denervated skeletal muscle in mice, American Journal of Physiology, Cell Physiology, Vol.289, No.3, C697-C707, 2005.
23)S Dang, H Yan, Shigeru Yamamoto, X Wang and L Zeng : Feeding practice among younger Tibetan children living at high altitudes, European Journal of Clinical Nutrition, Vol.59, No.9, 1022-1029, 2005.
24)Kunitaka Nashiki, Yutaka Taketani, Tomoko Takeichi, Naoki Sawada, Hironori Yamamoto, Masako Ichikawa, Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda : Role of membrane microdomains in PTH-mediated down-regulation of NaPi-IIa in opossum kidney cells, Kidney International, Vol.68, No.3, 1137-1147, 2005.
25)Bui Thi Nhung, Nguyen Cong Khan, Le Thi Hop, Do Kim Thi Lien, Le Duc Trung Nguyen Son, Vu Thu Thi Hien, Daisuke Kunii, Tohru Sakai, Masayo Nakamori and Shigeru Yamamoto : FAO/WHO/UNU equations overestimate resting metabolic rate in Vietnamese adults., European Journal of Clinical Nutrition, Vol.59, No.10, 1099-1104, 2005.
26)Kaeko Murota and Junji Terao : Quercetin appears in the lymph of unanesthetized rats as its phase II metabolites after administered into the stomach, FEBS Letters, Vol.579, No.24, 5343-5346, 2005.
27)Yuko Onishi, Katsuya Hirasaka, Ibuki Ishihara, Motoko Oarada, Jumpei Goto, Takayuki Ogawa, Naoto Suzue, Shunji Nakano, Harumi Furochi, Kazumi Ishidoh, Kyoichi Kishi and Takeshi Nikawa : Identification of mono-ubiquitinated LDH-A in skeletal muscle cells exposed to oxidative stress, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.336, No.3, 799-806, 2005.
28)Yutaka Nakaya, M Morishima-Yamato, K Ishida, Nagakatsu Harada and M Nakano : Approach to novel functional foods for stress control 3. Establishment of stress-resistant rat model and its mechanism., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52 Suppl, 244, 2005.
29)Yutaka Nakaya, Y Hata, K Ishida, Akira Takahashi, Kyoko Morita and Kazuhito Rokutan : Approach to novel functional foods for stress control 2. Microarray assessment of exercise in healthy volunteers., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.Suppl, 242-243, 2005.
30)Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, K Yamauchi, I Motoki, S Tayoshi, K Ohta, H Song, Kyoko Morita, Kazuhito Rokutan and Tetsuro Ohmori : Serotonin transporter mRNA expression in peripheral leukocytes of patients with major depression before and after treatment with paroxetine., Neuroscience Letters, Vol.389, No.1, 12-16, 2005.
31)RN Yabao, CA Duante, FV Velandria, M Lucas, A Kassu, Masayo Nakamori and Shigeru Yamamoto : Prevalence of dental caries and sugar consumption among 6-12-y-old schoolchildren in La Trinidad; Benguet; Philippines., European Journal of Clinical Nutrition, Vol.59, No.12, 1429-1439, 2005.
32)野村 昌弘, 中屋 豊, 中安 紀美子, 河野 智仁 : 抗不整脈薬の作用機序と心電図変化, 検査と技術, Vol.33, No.13, 1528-1532, 2005年.
33)Fusao Ota, M Ota, Z.H. Mahmud, A. Mohammad, Masayuki Yamato, A. Kassu, Y. Kato, H. Tomotake, G Batoni and M. Campa : Serological Diversity Demonstrable by a Set of Monoclonal Antibodies to Eight Serotypes of the Mutans Streptococci, Caries Research, Vol.40, No.1, 6-14, 2005.
34)森島 真幸, 原 小百合, 原田 永勝, 佐野 敦子, 妹尾 廣正, 髙橋 章, 中屋 豊 : 高運動モデルラットSPORTSの海馬におけるノルエピネフリン動態と自発運動量, 四国医学雑誌, Vol.61, No.5,6, 185-188, 2005年.
35)Hiroyuki Sakakibara, Kaori Ishida, Yuki Izawa, Yuko Minami, Satomi Saito, Yoshichika Kawai, Veronika Butterweck, Toshiaki Tamaki, Yutaka Nakaya and Junji Terao : Effects of forced swimming stress on rat brain function, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.Suppl., 300-3001, 2005.
36)Mutsuko Shirai, Yoshichika Kawai, Rintaro Yamanishi and Junji Terao : Approach to novel functional foods for stress control 5. Antioxidant activity profiles of antidepressant herbs and their active components, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, 249-251, 2005.
37)Mikiko Ito, Sakiko Haito, Mari Furumoto, Yoshichika Kawai, Junji Terao and Ken-ichi Miyamoto : Approach to novel functional foods for stress control 4. Regulation of serotonin transporter by food factors, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.0, 245-248, 2005.
38)Hironori Yamamoto, Yoshiko Tani, Kumi Kobayashi, Yutaka Taketani, Tadatoshi Sato, Hidekazu Arai, Kyoko Morita, Ken-ichi Miyamoto, John Wesley Pike, Shigeaki Kato and Eiji Takeda : Alternative promoters and renal cell-specific regulation of the mouse type IIa sodium-dependent phosphate cotransporter gene, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Structure and Expression, Vol.1732, No.1-3, 43-52, 2005.
39)Takashi Kinoshita, Lepp Zsolt, Yoshichika Kawai, Junji Terao and Hiroshi Chuman : An Integrated Database of Flavonoids, BioFactors, Vol.26, No.3, 179-188, 2006.
40)奥村 仙示, 竹内 晴美, 中村 多希, 藤井 正彦, 三宅 秀則, 島田 光生, 武田 英二 : 肝硬変患者における就寝前夜食療法継続指導の健康関連QOLに対する効果, 日本病態栄養学会誌, Vol.9, No.2, 159-164, 2006年.
41)Yamamoto Masako, Miyamoto Sayuri, Jae-Hak Moon, Kaeko Murota, Hara Yukihiko and Junji Terao : Effect of Dietary Green Tea Catechin Preparation on Oxidative Stress Parameters in Large Intestinal Mucosa of Rats, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.70, No.1, 286-289, 2006.
42)MT Takase, Ichiro Hashimoto, Hideki Nakanishi, Yutaka Nakaya, Nagakatsu Harada, Hiromichi Sedo and I Kanda : Sarpogrelate hydrochloride an antagonist of 5-hydroxytryptamine receptor improves skin flap survival and suppresses thrombus formation in injured microvessels of rabbits., Journal of Reconstructive Microsurgery, Vol.22, No.1, 59-65, 2006.
43)Afework Kassu, Tomoki Yabutani, ZH Mahmud, A Mohammad, N Nguyen, BTM Huong, G Hailemariam, E Diro, B Ayele, Y Wondmikun, Junko Motonaka and Fusao Ota : Alterations in Serum Levels of Trace Elements in Tuberculosis and HIV Infections, European Journal of Clinical Nutrition, Vol.60, No.5, 580-586, 2006.
44)Zahid Hayat Mahmud, Afework Kassu, Alizadeh Mohammad, Masayuki Yamato, A N Bhuiyan, Balakrish G Nair and Fusao Ota : Isolation and molecular characterization of toxigenic Vibrio parahaemolyticus from the Kii Channel, Japan, Microbiological Research, Vol.161, No.1, 25-37, 2006.
45)Harumi Furochi, Takeshi Nikawa, Katsuya Hirasaka, Naoto Suzue, Kazumi Ishidoh, Yuko Onishi, Takahiro Ogawa, Chiharu Yamada, Hiromi Suzuki, Akira Higashibata, Motoko Oarada, Kyoichi Kishi and Natsuo Yasui : Distinct gene expression profiles in the femora of rats exposed to spaceflight, tail-suspension and dnervation., Biological Sciences in Space, Vol.20, No.3, 80-90, 2006.
46)M Morishima, Nagakatsu Harada, S Hara, Atsuko Sano, Hiromasa Seno, Akira Takahashi, Yusuke Morita and Yutaka Nakaya : Monoamine Oxidase A Activity and Norepinephrine Level in Hippocampus Determine Hyperwheel Running in SPORTS Rats., Neuropsychopharmacology, Vol.31, No.12, 2627-2638, 2006.
47)Rie Matsushima, Akira Takahashi, Yutaka Nakaya, Hiroshi Maezawa, Mari Miki, Youichi Nakamura, Fumitaka Ohgushi and Susumu Yasuoka : Human airway trypsin-like protease stimulates human bronchial fibroblast proliferation in a protease-activated receptor-2-dependent pathway., American Journal of Physiology. Lung Cellular and Molecular Physiology, Vol.290, No.2, 385-395, 2006.
48)Yuki Kuwano, Tsukasa Kawahara, Hironori Yamamoto, Shigetada Kondo, Kumiko Tominaga, Kiyoshi Masuda, Kyoichi Kishi, Kyoko Morita and Kazuhito Rokutan : Interferon-γ activates transcription of NADPH oxidase 1 gene and upregulates production of superoxide anion by human large intestinal epithelial cells, American Journal of Physiology, Cell Physiology, Vol.290, No.2, C433-C443, 2006.
49)N Kageyama, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, T Watanabe and Susumu Ito : Relationship between adhesion molecules with hs-CRP and changes therein after ARB (Valsartan) administration in patients with obstructive sleep apnea syndrome, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 134-139, 2006.
50)T Ogata, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Evalution of episodes of sleep apnea in patients with liver cirrhosis, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 159-166, 2006.
51)Mohammad Alizadeh, Fusao Ota, Kazuo Hosoi, Makoto Kato, Tohru Sakai and Mohammed A. Satter : Altered allergic cytokine and antibody response in mice treated with Bisphenol A, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1, 2, 70-80, 2006.
52)T Kawaguchi, Masahiro Nomura, T Tujikawa, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : (123)I-metaiodo-benzylguanidine myocardial scintigraphy in the Brugada-type ECG., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1-2, 95-102, 2006.
53)K Koshiba, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Efficacy of glimepiride on insulin resistance adipocytokines and atherosclerosis., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1-2, 87-94, 2006.
54)Y Ozaki, Masahiro Nomura, T Nakayama, T Ogata, Kimiko Nakayasu, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Effects of thrombus suction therapy on myocardial blood flow disorders in males with acute inferior myocardial infarction., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1-2, 167-173, 2006.
55)Tomonori Watanabe, Masahiro Nomura, Kimiko Nakayasu, Tomohito Kawano, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Relationships between thermic effect of food insulin resistance and autonomic nervous activity., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 153-158, 2006.
56)Akihiko Kawaura, Eiji Takeda, Noritoshi Tanida, Kimie Nakagawa, Hironori Yamamoto, Kenji Sawada and Toshio Okano : Inhibitory Effect of Long Term 1α-Hydroxyvitamin D3 Administration on Helicobacter pylori Infection, Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.38, No.2, 103-106, 2006.
57)Chizuru Ueda, Tsukasa Takaoka, Nobuko Sarukura, Kazunori Matsuda, Yoshiaki Kitamura, Naoki Toda, Takeshi Tanaka, Shigeru Yamamoto and Noriaki Takeda : Zinc nutrition in healthy subjects and patients with taste impairment from the view point of zinc ingestion, serum zinc concentration and angiotensin converting enzyme activity., Auris, Nasus, Larynx, Vol.33, No.3, 283-288, 2006.
58)Feleke Moges, Afework Kassu, Getahun Mengistu, Solomon Adugna, Berhanu Andualem, Takeshi Nishikawa and Fusao Ota : Seroprevalence of Helycobacter pylori in dyspeptic patients and its relationship with ABO blood groups in a University Hospital,Northwest Ethiopia, World Journal of Gastroenterology : WJG, Vol.12, No.12, 1957-1961, 2006.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)須田 武雄, 木戸 康博, 筒井 翠子, 筒井 大八, 藤田 正隆, 中屋 豊 : 乾燥オカラの栄養評価, FFI Journal(Foods and Food Ingredients Journal of Japan), Vol.212, No.4, 320-327, 2006年.
2)奥村 仙示, 谷口 章子, 浪花 裕子, 西田 由香, 竹内 晴美, 佐久間 理英, 谷 佳子, 高橋 保子, 武田 英二 : 粘性食を組み合わせた朝食長期摂取によるインスリン感受性,脂質代謝改善評価, 栄養-評価と治療, Vol.23, No.6, 40-43, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術レター

(なし)

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

1)寺尾 純二 : 基礎栄養 食品抗酸化成分の最近の話題 (3)ルテインは目のビタミンか?, 臨床栄養, Vol.106, No.4, 429, 2005年4月.
2)岸 恭一 : タンパク質摂取基準の考え方, 体育の科学, Vol.55, No.4, 278-282, 2005年4月.
3)寺尾 純二 : 基礎栄養 食品抗酸化成分の最近の話題 (5)フラボノイドは生体内で抗酸化作用を発揮するか?, 臨床栄養, Vol.106, No.5, 565, 2005年5月.
4)森田 恭子, 関山 敦生, 六反 一仁 : ストレスと神経·内分泌ネットワーク, 脳と神経, Vol.57, No.5, 397-406, 2005年5月.
5)武田 英二 : 分子栄養学とは? 食事で遺伝子の発現が変わるのか?, 小児内科, Vol.37, No.5, 608-609, 2005年5月.
6)竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二 : ビタミンDレセプター遺伝子多型と骨代謝, 臨床栄養, Vol.106, No.5, 580-586, 2005年5月.
7)武田 英二 : 先天性代謝異常, 健康・栄養科学シリーズ人体の構造と機能及び疾病の成り立ち各論Ⅰ, 85-88, 2005年5月.
8)寺尾 純二 : 基礎栄養 食品抗酸化成分の最近の話題 (6)ミルクはポリフェノールの吸収を抑えるか?, 臨床栄養, Vol.106, No.7, 865, 2005年6月.
9)宮本 賢一, 瀬川 博子, 伊藤 美紀子 : リン代謝関連分子の新展開, 判断と治療, Vol.93, No.6, 972-976, 2005年6月.
10)岸 恭一 : 日本人の食事摂取基準(200年版), --- エネルギーおよび主栄養素 ---, 日本食生活学会誌, Vol.16, No.1, 79-87, 2005年6月.
11)室田 佳恵子, 寺尾 純二 : 食用植物由来の酸化ストレス制御因子による生活習慣病の制御, ブレインテクノニュース, No.110, 16-20, 2005年7月.
12)Kazuhito Rokutan, Kyoko Morita, Kiyoshi Masuda, Kumiko Tominaga, Michiyo Shikishima, Shigetada Kondo, Tetsuro Omori and Atsuo Sekiyama : Gene expression profiling in peripheral blood leukocytes as a new approach for assessment of human stress response, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3,4, 137-144, Aug. 2005.
13)武田 英二 : 座談会・経腸栄養の素材と生体機能調節, 栄養-評価と治療, Vol.22, No.4, 81-89, 2005年8月.
14)川浦 昭彦, 西田 由香, 武田 英二 : リン摂取と骨密度, Clinical Calcium, Vol.15, No.9, 55-60, 2005年9月.
15)武田 英二, 西田 由香, 竹内 晴美 : 痛風・高尿酸血症, 診断と治療, Vol.93, No.10, 1747-1750, 2005年10月.
16)武田 英二 : 第6章ストレス制御をめざす栄養科学, 食品機能素材Ⅲ, 54-59, 2005年11月.
17)北村 清一郎, 篠原 千尋, 髙橋 章 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集—7, --- 顎関節の局所解剖学—顎関節症を理解するために— ---, 歯界展望, Vol.108, No.1, 72-78, 2006年.
18)武田 英二 : 痛風・高尿酸血症, 栄養・食糧学データハンドブック, 343, 2006年1月.

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1)Akira Takahashi, Nakano Masayuki, Miyoshi Shinichi, Nagakatsu Harada and Yutaka Nakaya : (B-053) Hemolysin produced by Vibrio mimicus activates two Cl- secretory pathways in cultured intestinal-like cells., 105th American society for microbiology general meeting, Atlanta, Georgia, USA, Jun. 2005.
2)Junji Terao : Molecular mechanism for cell function of dietary flavonoids., 2ndSFRR Asia/3rdISNA, Shanghai, Jun. 2005.
3)Nakano Masayuki, Akira Takahashi, Sakai Yuko and Yutaka Nakaya : Response of enteropathogen to neuroendocrine hormone ., COE international conference on biological mechanism for stress control, Tokushima, Japan, Aug. 2005.
4)Hiroyuki Sakakibara, Kaori Ishida, Yuki Izawa, Yuko Minami, Saito Saromi, Yoshichika Kawai, Butterweck Veronika, Toshiaki Tamaki, Yutaka Nakaya and Junji Terao : Effects of forced swimming stress on rat brain function, 2005 COE International Conference ''Biological Mechanism for Stress Control'', Tokushima, Aug. 2005.
5)Eiji Takeda, Hidekazu Arai, M. Sakuma, Yutaka Taketani, Akira Mizuno, T. Doi, M. Koganei and H. Sasaki : Effects of palatinose-based liquid diet (Inslow) intake on substrate oxidation and second meal effect in healthy men, 27th ESPEN Congress, Brussels, Belgium, Aug. 2005.
6)Yutaka Taketani, K. Nashiki, A. Nakamura, N. Sawada, Hironori Yamamoto, Hidekazu Arai and Eiji Takeda : Role of ezrin in the parathyroid hormone-mediated downregulation of so dium-dependent phosphate transporter(NaPi-IIa) in opossum kidney cells, 27th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Tennessee, USA, Sep. 2005.
7)M. Tsuji, Hisami Okumura, Yutaka Taketani, T. Sato, K. Nashiki, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : Postprandial changes of serum fibroblast growth factor23(FGF23) levels on high phosphate diet in healthy men, 27th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Tennessee, USA, Sep. 2005.
8)Yutaka Nakaya : Diabetes, insulin resistance and cardiovascular disease, The 8th Iranian Congress of Biochemistry and the First International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, Tehran, Iran, Sep. 2005.
9)Eiji Takeda, Yutaka Taketani, K. Nashiki, E. Shuto and Hironori Yamamoto : PHOSPHATE-MEDIATED INTRACELLULAR SIGNAL TRANSDUCTION PATHWAYS AND IT'S FUNCTION, Forty-Sixth International Symposium on `Regulation of Enzyme Activity and Synthesis in Normal and Neoplastic Tissues`, Bologna, Oct. 2005.
10)Yutaka Nakaya, Okita Kiwamu, Kato Akinobu, Miwa Toshiyuki, Suzuki Kazuyuki and Moriwaki Hisataka : Hisataka Moriwaki Branched chain amino acid-mixture as a late evening snack but not carbohydrate-rich snack improved nutrutional states, The 11th congress of parenteral and enteral nutrition society of Asia, Seoul, Oct. 2005.
11)Junji Terao : Metabolic conversion of polyphenols and regulation of their biological effect., 2nd International Conference on Polyphenols and Health., Davis, USA, Oct. 2005.
12)Hiroyuki Sakakibara, Kaori Ishida, Yuki Izawa, Yuko Minami, Satomi Saito, Yoshichika Kawai, Butterweck Veronika, Toshiaki Tamaki, Yutaka Nakaya and Junji Terao : Effects of Ginkgo biloba Extract on Rat brain Function, 2nd International Conference on Polyphenols and Health, California Davis, Davis, Oct. 2005.
13)Yutaka Nakaya, Okita Kiwamu, Kato Akinobu, Miwa Toshiyuki, Suzuki Kazuyuki and Moriwaki Hisataka : Randamized trial of branched chain amino acid rich supplement against carbohydrate rich snaks as a late evening snack in patients with liver cirrhosis., TheLiver Meeting-AASLD's 56th Annual Meeting, San Francisco, Nov. 2005.
14)Eiji Takeda : Metabolic control by low glycemic index diet and gene expression, ILSI's First International Conference on NUTRIGENOMICS Opportunities in Asia, Singapore, Dec. 2005.
15)Nakano Masayuki, Akira Takahashi, Sakai Yuko and Yutaka Nakaya : Norepinephrine modulates the pathogenicity of Vibrio parahameolyticus., 11th Asian conference on diarrhoeal diseases and nutrition, Bangkok, Mar. 2006.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1)中野 政之, 児玉 年央, 髙橋 章 : ノルエピネフリンによる腸炎ビブリオの病原性に対する影響, 第78回日本細菌学会総会, 2005年4月.
2)武田 英二 : 「病態栄養学の概念と意義」「生活習慣病と臨床栄養学」「栄養素の代謝と作用」「食事摂取基準・必要量」, 日本栄養新報社 講演, 2005年4月.
3)谷口 章子, 奥村 仙示, 西田 由香, 竹内 晴美, 新井 英一, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : 粘性食品を組み合わせた朝食摂取による血糖およびインスリン反応, 日本栄養アセスメント研究会, Vol.28, 2005年5月.
4)梨木 邦剛, 首藤 惠泉, 西田 由香, 奥村 仙示, 新井 英一, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : 高リンによる酸化ストレスを介した血管内皮細胞機能障害, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
5)谷口 章子, 奥村 仙示, 西田 由香, 竹内 晴美, 新井 英一, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : 粘性食品を組み合わせた朝食摂取による血糖およびインスリン反応への効果, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
6)深谷 牧子, 新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 奥村 仙示, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : 肝-門脈内グルコース感受性機構を介したインスリン分泌反応, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
7)辻 光義, 山本 浩範, 佐藤 匡俊, 竹谷 豊, 庄子 佳文子, 稲熊 隆博, 武田 英二 : オニオン生理活性成分ケルセチンの骨粗鬆症予防効果, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
8)山上 文子, 津田 紀子, 徳永 圭代, 武田 英二, 川下 圭一郎, 橋本 忠幸, 木路 修平, 河野 匡 : 陸上長距離選手のエネルギー代謝に関する研究, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
9)石黒 真理子, 山本 浩範, 竹井 悠一郎, 竹谷 豊, 武田 英二 : 甲状腺ホルモンによる生体リン代謝調節作用, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
10)竹井 悠一郎, 山本 浩範, 梨木 邦剛, 竹谷 豊, 武田 英二 : スタニオカルシン2のビタミンD依存性分泌制御機構, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
11)武藤 佳瑞智, 新井 英一, 水野 昭, 松尾 薫, 深谷 牧子, 小金井 恵, 水本 憲司, 麻生 高伸, 有馬 裕史, 佐々木 一, 竹谷 豊, 山本 浩範, 土井 俊夫, 武田 英二 : 内臓脂肪蓄積予防に対する糖・脂質形成の複合効果, 日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.48, 2005年5月.
12)辻 光義, 山本 浩範, 佐藤 匡俊, 竹谷 豊, 庄子 佳文子, 稲熊 隆博, 武田 英二 : オニオン生理活性成分ケルセチンの骨粗鬆症予防効果, 日本ビタミン学会大会, Vol.57, 2005年5月.
13)友竹 浩之, 奥山 涼子, 片桐 充昭, 藤田 優, 大和 正幸, 大和 正幸 : 山羊乳タンパク質の消化性および抗原性に関する研究, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.59, 2005年5月.
14)武田 英二 : ナトリウム依存性リントランスポーターによるリン代謝調節機構, 旭化成ファーマ第40回日本小児腎臓病学会学術集会 講演, 2005年5月.
15)森島 真幸, 原田 永勝, 原 小由合, 佐野 敦子, 妹尾 廣正, 髙橋 章, 中屋 豊 : 高運動性モデルラットSPORTSにおける運動習性と脳内モノアミン制御., 第59回日本栄養食糧学会, 2005年5月.
16)森島 真幸, 原 小由合, 原田 永勝, 佐野 敦子, 妹尾 廣正, 髙橋 章, 中屋 豊 : 高運動性モデルラットSPORTSにおける海馬ノルエピネフリン動態は運動習性を調節する., 第82回日本生理学会, 2005年5月.
17)武田 英二 : 「栄養アセスメント」「栄養補給法」「栄養摂取障害と栄養管理」, 日本栄養新報社 講演, 2005年5月.
18)Yutaka Taketani, K. Nashiki, N. Sawada, Hironori Yamamoto, Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda : Role of ezrin in the parathyroid hormone-mediated downregulation of sodium-dependent phosphate transporter in opossum kidney cells, 日本細胞生物学会大会, Vol.58, Jun. 2005.
19)武田 英二 : 臨床栄養管理と食品機能評価, 太陽化学株式会社 講演, 2005年6月.
20)武田 英二 : NSTについて, 徳島栄養士会 講演, 2005年6月.
21)武田 英二 : 消化器疾患と栄養管理, 日本栄養新報社 講演, 2005年6月.
22)竹谷 豊, 梨木 邦剛, 山本 浩範, 佐藤 匡俊, 武田 英二 : IIa型ナトリウム依存性リン酸トランスポーター(NaPi-IIa)のエンドサイトーシスにおけるezrinの役割, 日本骨代謝学会学術集会, Vol.23, 2005年7月.
23)西田 由香, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 佐藤 匡俊, 山本 浩範, 武田 英二 : 単回リン負荷食の血中FGF-23濃度への影響, 日本骨代謝学会学術集会, Vol.23, 2005年7月.
24)辻 光義, 山本 浩範, 佐藤 匡俊, 竹谷 豊, 加藤 茂明, 稲熊 隆博, 武田 英二 : フラボノイド化合物ケルセチンの骨粗鬆症予防効果とその作用機構, 日本骨代謝学会学術集会, Vol.23, 2005年7月.
25)岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : Under40 Panel Discussion 副甲状腺癌抑制遺伝子産物パラフィブロミンと相互作用する蛋白の同定, 第78回日本内分泌学会学術総会, 2005年7月.
26)武田 英二 : 栄養不良の病態と管理, さらや株式会社 講演, 2005年7月.
27)新井 英一 : 徳島大学病院のNST活動における栄養士の役割, 徳島県栄養士会 講演, 2005年7月.
28)武田 英二 : 「代謝性疾患と栄養管理」「内分泌・骨疾患と栄養管理」「呼吸器・循環器疾患と栄養管理」, 日本栄養新報社 講演, 2005年7月.
29)竹谷 豊 : リン酸トランスポーターの調節におけるezrinの役割, 瀬戸内カンファレンス, Vol.9, 2005年8月.
30)首藤 惠泉, 竹谷 豊, 西田 由香, 奥村 仙示, 新井 英一, 武田 英二 : 高リン負荷による酸化ストレスと血管内皮機能障害, 日本栄養改善学会学術総会, Vol.52, 2005年9月.
31)奥村 仙示, 谷口 章子, 西田 由香, 竹内 晴美, 首藤 惠泉, 新井 英一, 竹谷 豊, 武田 英二 : 粘性食品を組み合わせた朝食摂取による血糖値およびインスリン分泌への効果, 日本栄養改善学会学術総会, Vol.52, 2005年9月.
32)武田 英二 : 「腎疾患と栄養管理」「血液疾患と栄養管理」「感染・免疫・アレルギー疾患と栄養管理」, 日本栄養新報社 講演, 2005年9月.
33)中屋 豊 : 食品の安全性・機能性を遺伝学発現によって検証する., 東京コンファレンス2005-分析計測化学の進歩と展開, 2005年9月.
34)武田 英二 : 食事・栄養によるストレス制御, 国際「こころと栄養」シンポジウム, 2005年9月.
35)武田 英二 : 食事・栄養によるストレス制御, 太陽化学株式会社 講演, 2005年9月.
36)森 美怜, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDを用いた殺菌作用に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 225, 2005年9月.
37)Yutaka Taketani, K. Nashiki, A. Nakamura, N. Sawada, Hironori Yamamoto, Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda : Role of ezrin in the Downregulation of Sodium-Dependent Phosphate Transporter(NaPi-IIa) in Opossum Kidney Cells, 日本生化学会大会, Vol.78, Oct. 2005.
38)E. Shuto, K. Nashiki, Yutaka Taketani, M. Isshiki, R. Tanaka, A. Tanimura, Y. Nishida, H. Okumura and Eiji Takeda : Inorganic phosphate mediates oxidative stress in bovine aortic endothelial cells, 日本生化学会大会, Vol.78, Oct. 2005.
39)西田 由香, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二 : 高リン負荷に対するFGF23の応答, 徳島骨代謝研究会, Vol.12, 2005年10月.
40)武田 英二 : 栄養成分と生体機能,SNPsと栄養, 第27回日本臨床栄養学会総会・第26回日本臨床栄養協会総会第Ⅲ回大連合大会, 2005年11月.
41)山本 浩範 : オニオン生理活性成分ケルセチンによる骨粗鬆症予防効果とその作用機構, フードファクター学会, Vol.10, 2005年11月.
42)Eiji Takeda : Regulatory mechanisms of inorganic phosphate homeostasis, 第53回国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会, Nov. 2005.
43)竹谷 豊, 中村 麻子, 梨木 邦剛, 谷村 綾子, 山本 浩範, 宮本 賢一, 武田 英二 : Ezrinによるリン酸トランスポーター(NaPi-IIa)分子複合体の機能調節, 日本分子生物学会年会, Vol.28, 2005年12月.
44)澤田 直樹, 竹谷 豊, 梨木 邦剛, 山本 浩範, 新井 英一, 武田 英二 : 基質小胞形成におけるカベリンの役割, 日本分子生物学会年会, Vol.28, 2005年12月.
45)西田 由香, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二 : 急性の高リン負荷によるFGF23の応答, 小児代謝性骨疾患研究会, Vol.23, 2005年12月.
46)西田 由香, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二 : 急性高リン負荷によるFGF23の応答, 中外製薬株式会社 講演, 2005年12月.
47)武田 英二 : 栄養・食生活と生活習慣病, 学際企画株式会社 講演, 2005年12月.
48)武田 英二 : 子どもの歯の健康管理と栄養について, 徳島県鴨島保健所 講演, 2005年12月.
49)竹谷 豊 : 糖尿病にならないための栄養の知識, 那加川町健康福祉課 講演, 2005年12月.
50)武田 英二 : 臨床栄養学からみた炎症性腸疾患, 日清キョーリン製薬株式会社 講演, 2006年3月.
51)木下 崇司, Lepp Zsolt, 河合 慶親, 寺尾 純二, 中馬 寛 : 機能性食品設計のためのフラボノイドデータベース構築, 2006年度日本農芸化学大会, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 作品等

(なし)

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

1)森 美怜, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDの大腸菌への影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.222, 25-28, 2005年7月.
2)Eiji Takeda, Hidekazu Arai, M. Sakuma, Yutaka Taketani, Akira Mizuno, T. Doi, M. Koganei and H. Sasaki : Effects of palatinose-based liquid diet (Inslow) intake on substrate oxidation and second meal effect in healthy men, ESPEN27th, Aug. 2005.
3)竹谷 豊, 山本 浩範 : リン酸トランスポーターの調節におけるezrinの役割, 第9回瀬戸内カンファレンス, 2005年8月.
4)野村 昌弘, 河野 智仁, 小柴 邦彦, 山口 浩司, 渡辺 智紀, 福田 大和, 添木 武, 齋藤 憲, 中屋 豊, 中安 紀美子 : 平均心拍数および血圧と冠動脈病変の評価, --- マルチスライスCTおよび心拍変動解析を用いた検討 ---, 第53回日本心臓病学会学術集会, 2005年9月.
5)野村 昌弘, 中屋 豊, 河野 智仁, 中安 紀美子, 齋藤 憲 : 心磁図法による心筋梗塞ベクトルの評価, --- 心電図で捉えられない心起電力の検出 ---, 第22回日本心電学会学術集会, 2005年10月.
6)武田 英二 : 徳島大学のストレス研究の現況, 2005年12月.

2005年度(平成17年度) / 報告書

1)Eiji Takeda : Human nutritional science on stress control, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52 Supplement, 223-224, Nov. 2005.
2)Eiji Takeda, Hidekazu Arai, Hironori Yamamoto, Hisami Okumura and Yutaka Taketani : Control of oxidative stress and metabolic homeostasis by the suppression of postprandial hyperglycemia, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52 Suppl, 259-265, Nov. 2005.
3)Kunitaka Nashiki, Yutaka Taketani, Emi Shuto, Rieko Tanaka, Ayako Tanimura, Naoki Sawada, Tadatoshi Sato, Yuichiro Takei, Hidekazu Arai, Hironori Yamamoto, Nagakatsu Harada and Eiji Takeda : Evaluation of anti-stress nutrients in the endothelial cells with fluorescence indicator, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.Supplement, 295-296, Tokushima, Nov. 2005.

2006年度(平成18年度)

article.{@.date="20060400 20070399" @.organization=\E{148408}}

2006年度(平成18年度) / 著書

1)武田 英二, 岡久 稔也, 高橋 保子, 国清 紀子, 松村 晃子, 中屋 豊, 西 正晴, 竹谷 豊, 吉本 勝彦, 寺尾 純二, 美馬 福恵, 吉岡 昌美, 山田 静恵, 石澤 啓介, 鈴木 麗子, 藤田 知代, 新井 英一, 桑波田 雅士, 岡田 和子 : 栄養管理のチーム医療, 文光堂, 東京, 2006年4月.
2)山西 倫太郎, その他 38名 : クエスチョン・バンク管理栄養士国家試験問題解説 2007, メディック・メディア, 東京, 2006年7月.
3)寺尾 純二 : 人参サポニン・羅府痲エキス, 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2006年10月.
4)寺尾 純二, 榊原 啓之 : 抗ストレス食品の開発と展望, --- 第12章 3 人参サポニン, 6 羅布麻エキス ---, 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2006年10月.
5)竹谷 豊 : 第1章2-B 単身者,最新栄養予防・治療学, 株式会社 永井書店, 東京, 2007年1月.
6)武田 英二, 竹谷 豊 : 第1章2-C ストレスと栄養,最新栄養予防・治療学, 株式会社 永井書店, 東京, 2007年1月.
7)武田 英二 : 第3章4-F 先天性代謝異常症,最新栄養予防・治療学, 株式会社 永井書店, 東京, 2007年1月.
8)中屋 豊 : よくわかって役に立つ 最新栄養予防治療学, 3 呼吸器・循環器・腎疾患 ≪虚血性疾患≫, 株式会社 永井書店, 2007年1月.
9)中屋 豊 : よくわかって役に立つ 最新栄養予防治療学, 3 呼吸器・循環器・腎疾患 ≪心疾患≫, 株式会社 永井書店, 2007年1月.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Afework Kassu, Feleke Moges, Firew Mekonnen, Getahun Mengistu, Ebba Abate, Endris Mekonnen, Kassie Molla, Tessema Zewde, Abraham Aseffa, Yared Wondmikun and Fusao Ota : Seroprevalence of human immunodeficiency virus among blood donors in Northwest Ethiopia,1995-2002, Tropical Doctor, Vol.36, No.2, 106-107, 2006.
2)Hiroyuki Tomotake, Testuro Koga, Masayuki Yamato, Afework Kassu and Fusao Ota : Antibacterial Activity of Citrus Fruit Juices against Vibrio Species, Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.52, No.2, 157-160, 2006.
3)Alizadeh Mohammad, Fusao Ota, Afework Kassu, Kherivari Sorayya and Tohru Sakai : Modulation of Oral Tolerance to Ovalbumin by Dietary Protein in Mice, Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.52, No.2, 113-120, 2006.
4)Naoto Suzue, Takeshi Nikawa, Yuko Onishi, Chiharu Yamada, Katsuya Hirasaka, Takayuki Ogawa, Harumi Furochi, Hirofumi Kosaka, Kazumi Ishidoh, Gu Hua, Shin'ichi Takeda, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi, Hironori Yamamoto, Kyoichi Kishi and Natsuo Yasui : Ubiqitin Ligase Cbl-b Downregulates Bone Formation Through Suppression of IGF-I Signaling in Osteoblasts During Denervation, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.21, No.5, 722-734, 2006.
5)Akira Takahashi, Nakano Masayuki, Keinosuke Okamoto, Fujii Yoshio, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada and Yutaka Nakaya : Aeromonas sobria hemolysin causes diarrhea by increasing secretion of HCO3-, FEMS Microbiology Letters, Vol.258, No.1, 92-95, 2006.
6)Sachiko Chikahisa, Hiroyoshi Sei, Masaki Morishima, Atsuko Sano, Kazuyoshi Kitaoka, Yutaka Nakaya and Yusuke Morita : Exposure to music in the perinatal period enhances learning performance and alters BDNF/TrkB signaling in mice as adults., Behavioural Brain Research, Vol.169, No.2, 312-319, 2006.
7)Akira Takahashi, Chiyo Yamamoto, Toshio Kodama, Kanami Yamashita, Nagakatsu Harada, Masayuki Nakano, Takeshi Honda and Yutaka Nakaya : Pore formation of thermostable direct hemolysin secreted from Vibrio parahaemolyticus in lipid bilayers., International Journal of Toxicology, Vol.25, No.5, 409-418, 2006.
8)Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, Ikuyo Motoki, Sumiko Tayoshi, Sawako Kinouchi, Koshi Ohta, Hongwei Song, Kyoko Morita, Kazuhito Rokutan, Hirotaka Tanaba, Akira Sano and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analysis of LIM (PDLIM5) in major depression., Neuroscience Letters, Vol.400, No.3, 203-207, 2006.
9)Nguyen Van Nhien, Nguyen Cong Khan, Tomoki Yabutani, Nguyen Xuan Ninh, Afework Kassu, Bui Thi Mai Huong, Tran Thanh Do, Junko Motonaka and Fusao Ota : Serum Levels of Trace Elements and Iron Deficiency Anemia in Adult Vietnamese, Biological Trace Element Research, Vol.111, No.1-3, 1-10, 2006.
10)Eiji Takeda, Yutaka Taketani, Kunitaka Nashiki, Mayumi Nomoto, Emi Shuto, Naoki Sawada, Hironori Yamamoto and Masashi Isshiki : A novel function of phosphate-mediated intracellular signal transduction pathways, Advances in Enzyme Regulation, Vol.46, No.1, 154-161, 2006.
11)Yoshihiro Uto, Shutaro Ae, Azusa Hotta, Junji Terao, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Artepillin C isoprenomics: design and synthesis of artepillin C analogues as antiatherogenic antioxidants, Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.578, 113-118, 2006.
12)Hiroyuki Sakakibara, Kaori Ishida, Oliver Grundmann, Jun-ichiro Nakajima, Shujiro Seo, Veronika Butterweck, Yuko Minami, Satomi Saito, Yoshichika Kawai, Yutaka Nakaya and Junji Terao : Antidepressant effect of extracts from Ginkgo biloba leaves in behavioral models, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.29, No.8, 1767-1770, 2006.
13)Tadatoshi Sato, Hironori Yamamoto, Naoki Sawada, Kunitaka Nashiki, Mitsuyoshi Tsuji, Takeshi Nikawa, Hidekazu Arai, Kyoko Morita, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : Immobilization decreases duodenal calcium absorption through a 1,25-dihydroxyvitamin D-dependent pathway., Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.24, No.4, 291-299, 2006.
14)太田 房雄 : 食と安全, 四国医学雑誌, Vol.62, No.3,4, 91-99, 2006年.
15)Harada Shinji, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Nateglinide with glibenclamide examination using the respiratory quotient (RQ)., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.3-4, 303-309, 2006.
16)Tetsuya Tsujikawa, Masahiro Nomura, Kimiko Nakayasu, Tomohito Kawano, Yutaka Nakaya, Susumu Ito and Hiromu Nishitani : Risk factors associated with soft coronary artery plaques in Japanese as determined by 16 slice multidetector-row computed tomography., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.3-4, 310-316, 2006.
17)Matsushima Rie, Nagakatsu Harada, Webster J. G. Nicholas, Tsutsumi M. Yasuo and Yutaka Nakaya : Effect of TRB3 on Insulin and Nutrient-stimulated Hepatic p70 S6 Kinase Activity, The Journal of Biological Chemistry, Vol.281, No.40, 29719-29729, 2006.
18)Yasunobu Hayabuchi, Yutaka Nakaya, Yasui Sonoko, Kazuaki Mawatari, Kazuhiro Mori, Suzuki Mitsujiro and Shoji Kagami : Angiotensin II activates intermediate-conductance Ca2+-activated K+ channels in arterial smooth muscle cells., Journal of Molecular and Cellular Cardiology, Vol.41, No.6, 972-929, 2006.
19)東 敬子, 室田 佳恵子, 寺尾 純二 : 野菜フラボノイドの生体利用性と抗酸化活性, ビタミン, Vol.80, No.8, 403-410, 2006年.
20)Hisami Okumura, Taki Nakamura, Harumi Takeuchi, Hidenori Miyake, Takafumi Katayama, Hidekazu Arai, Yutaka Taketani, Masahiko Fujii, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda : Effect of late evening snack with rice ball on energy metabolism in liver cirrhosis., European Journal of Clinical Nutrition, Vol.60, No.9, 1067-1072, 2006.
21)T Furukawa, CX Bai, A Kaihara, E Ozaki, Takashi Kawano, Yutaka Nakaya, M Awais, M Sato, Y Umezawa and J Kurokawa : Ginsenoside Re a main phytosterol of Panax ginseng activates cardiac potassium channels via a nongenomic pathway of sex hormones., Molecular Pharmacology, Vol.70, No.6, 1916-1924, 2006.
22)Imamura Tomomi, Noriko Bando and Rintaro Yamanishi : beta-Carotene Modulates the Immunological Function of RAW264, a Murine Macrophage Cell Line, by Enhancing the Level of Intracellular Glutathione, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.70, No.9, 2112-2120, 2006.
23)Mutsuko Shirai, Yoshichika Kawai, Rintaro Yamanishi, Takashi KInoshita, Hiroshi Chuman and Junji Terao : Effect of a conjugated quercetin metabolite, quercetin 3-glucuronide, on lipid hydroperoxide-dependent formation of reactive oxygen species in differentiated PC-12 cells, Free Radical Research, Vol.40, No.10, 1047-1053, 2006.
24)Tadatoshi Sato, Hironori Yamamoto, Naoki Sawada, Kunitaka Nashiki, Mitsuyoshi Tsuji, Kazusa Muto, H Kume, Hajime Sasaki, Hidekazu Arai, Takeshi Nikawa, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : Restraint stress alters the duodenal expression of genes important for lipid metabolism in rat., Toxicology, Vol.227, No.3, 248-261, 2006.
25)Takayuki Ogawa, Harumi Furochi, Mai Mameoka, Katsuya Hirasaka, Yuko Onishi, Naoto Suzue, Motoko Oarada, Motoki Aakamatsu, Hiroshi Akima, Tetsuo Fukunaga, Kyoichi Kishi, Natsuo Yasui, Kazumi Ishidoh, Hideoki Fukuoka and Takeshi Nikawa : Ubiquitin ligase gene expression in healthy volunteers with 20-day bedrest., Muscle & Nerve, Vol.34, No.4, 463-469, 2006.
26)Kenji Fukuzawa, Aya Fujisaki, Kaori Akai, Akira Tokumura, Junji Terao and Jansuz M. Gebicki : Measurement of phosphatidylcholine hydroperoxides in solution and in intact membranes by the ferric-xylenol orange assay, Analytical Biochemistry: Methods in the Biological Sciences, Vol.359, No.1, 18-25, 2006.
27)Thanakorn Weangsripanaval, Kaeko Murota, Yoko Murakami, Masaru Kominami, Tatsuya Kusudo, Tatsuya Moriyama, Tadashi Ogawa and Teruo Kawada : Sodium Cromoglycate Inhitbits Absorption of the Major Soybean Allergen, Gly m Bd 30K, in Mice and Human Intestinal Caco-2 Cells, The Journal of Nutrition, Vol.136, No.11, 2874-2880, 2006.
28)宮本 賢一, 瀬川 博子, 伊藤 美紀子, 辰巳 佐和子, 竹谷 豊 : リンとビタミンDの相互作用, 整形・災害外科, Vol.49, No.12, 1365-1370, 2006年.
29)Takeshi Nikawa, Reiko Nakao, Yuki Asanoma, Rumiko Hayashi, Harumi Furochi, Katsuya Hirasaka and Kyoichi Kishi : A skeletal muscle-derived secretory protein, attractin, upregulates UCP-2 expression in mouse 3T3-L1 adipocytes, Biological Sciences in Space, Vol.20, No.2, 33-39, 2006.
30)Yoshichika Kawai, Hitomi Kiyokawa, Yuki Kimura, Yoji Kato, Koichiro Tsuchiya and Junji Terao : Hypochlorous acid-derived modification of phospholipids: characterization of aminophospholipids as regulatory molecules for lipid peroxidation., Biochemistry, Vol.45, No.47, 14201-14211, 2006.
31)Yuka Nishida, Yutaka Taketani, Hisami Okumura, Fumiaki Imamura, Akiko Taniguchi, Tadatoshi Sato, Emi Shuto, Kunitaka Nashiki, Hidekazu Arai, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : Acute effect of oral phosphate loading on serum fibroblast growth factor 23 levels in healthy men., Kidney International, Vol.70, No.12, 2141-2147, 2006.
32)M. Urata, H Fukuno, Masahiro Nomura, T Ogata, Susumu Ito, Kimiko Nakayasu and Yutaka Nakaya : Gastric motility and autonomic activity during obstructive sleep apnea., Alimentary Pharmacology & Therapeutics, Vol.24, No.Suppl 4, 132-140, 2006.
33)Koizumi Tomoko, Noriko Bando, Junji Terao and Rintaro Yamanishi : Feeding with Both β-Carotene and Supplemental α-Tocopherol Enhances Type 1 Helper T Cell Activity among Splenocytes Isolated from DO11.10 Mice, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.70, No.12, 3042-3045, 2006.
34)Akira Takahashi, SI Miyoshi, N Takata, M Nakano, A Hamamoto, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, S Shinoda and Yutaka Nakaya : Haemolysin produced by Vibrio mimicus activates two Cl secretory pathways in cultured intestinal-like Caco-2 cells., Cellular Microbiology, Vol.9, No.3, 583-595, 2007.
35)A Nakamura, Nagakatsu Harada, Akira Takahashi, Kazuaki Mawatari, M Nakano, K Tsutsumi and Yutaka Nakaya : NO-1886, a lipoprotein lipase activator, attenuates vascular smooth muscle contraction in rat aorta, European Journal of Pharmacology, Vol.554, No.2-3, 183-190, 2007.
36)Nagakatsu Harada, S Hara, M Yoshida, T Zenitani, Kazuaki Mawatari, M Nakano, Akira Takahashi, Toshio Hosaka, Katsuhiko Yoshimoto and Yutaka Nakaya : Molecular cloning of a murine glycerol-3-phosphate acyltransferase-like protein 1 (xGPAT1)., Molecular and Cellular Biochemistry, Vol.297, No.1-2, 41-51, 2007.
37)A Kassu, G Mengistu, B Ayele, E Diro, F Mekonnen, D Ketema, F Moges, T Mesfin, A Getachew, B Ergicho, D Elias, A Aseffa, Y Wondmikun and Fusao Ota : The HIV/tuberculosis co-infection and clinical manifestations of tuberculosis in HIV infected and uninfected adults in a teaching hospital Northwest Ethiopia, Journal of Microbiology, Immunology and Infection, 2007.
38)Afework Kassu, Berhanu Andualem, Nguyen Van Nhien, Masayo Nakamori, Takeshi Nishikawa, Shigeru Yamamoto and Fusao Ota : Vitamin A deficiency in patients with diarrhea and HIV infection in Ethiopia, Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, Vol.16, No.Suppl 1, 323-328, 2007.
39)Kazuhiro Kishi, Kazuaki Mawatari, K Sakai-Wakamatsu, Tomoyuki Yuasa, M Wang, M Ogura-Sawa, Yutaka Nakaya, S Hatakeyama and Yousuke Ebina : APS-mediated Ubiquitination of the Insulin Receptor Enhances its Internalization but does not Induce its Degradation., Endocrine Journal, Vol.54, No.1, 77-88, 2007.
40)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya and Kimiko Nakayasu : Evaluation of an infarction vector by magnetocardiogram: Detection of electromotive forces that cannot be deduced from an electrocardiogram., International Congress Series, Vol.1300, 512-515, 2007.
41)Yoko Mizuha, Hironori Yamamoto, Tadatoshi Sato, Mitsuyoshi Tsuji, Masashi Masuda, Masayuki Uchida, Kentaro Sakai, Yutaka Taketani, Koji Yasutomo, Hajime Sasaki and Eiji Takeda : Water extract of Cordyceps sinensis (WECS) inhibits the RANKL-induced osteoclast differentiation., BioFactors, Vol.30, No.2, 105-116, 2007.
42)Yoshichika Kawai, Mariko Miyoshi, Jae-Hak Moon and Junji Terao : Detection of cholesteryl ester hydroperoxide isomers using gas chromatography-mass spectrometry combined with thin-layer chromatography blotting., Analytical Biochemistry: Methods in the Biological Sciences, Vol.360, No.1, 130-137, 2007.
43)Yoshichika Kawai, Sayaka Takeda and Junji Terao : Lipidomic analysis for lipid peroxidation-derived aldehydes using gas chromatography-mass spectrometry, Chemical Research in Toxicology, Vol.20, No.1, 99-107, 2007.
44)Dong-Soon Kim, Hideki Takai, Masato Arai, Shouta Araki, Masaru Mezawa, Yoshichika Kawai, Kaeko Murota, Junji Terao and Yorimasa Ogata : Effects of Quercetin and Quercetin 3-Glucuronide on the Expression of Bone Sialoprotein Gene, Journal of Cellular Biochemistry, Vol.101, No.3, 790-800, 2007.
45)Hidekazu Arai, Akira Mizuno, Masae Sakuma, Makiko Fukaya, Kaoru Matsuo, Kazusa Muto, Hajime Sasaki, Motoi Matsuura, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda : Effects of a palatinose-based liquid diet (Inslow) on glycemic control and the second-meal effect in healthy men., Metabolism: Clinical and Experimental, Vol.56, No.1, 115-121, 2007.
46)Hiroko Segawa, Setsuko Yamanaka, Akemi Onitsuka, Yuka Tomoe, Masashi Kuwahata, Mikiko Ito, Yutaka Taketani and Ken-ichi Miyamoto : Parathyroid hormone-dependent endocytosis of renal type IIc Na-Pi cotransporter., American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.292, No.1, F395-F403, 2007.
47)Masashi Kuwahata, Y Tomoe, Nagakatsu Harada, S Amano, Hiroko Segawa, S Tatsumi, Mikiko Ito, T Oka and Ken-ichi Miyamoto : Characterization of the molecular mechanisms involved in the increased insulin secretion in rats with acute liver failure., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Basis of Disease, Vol.1772, No.1, 60-65, 2007.
48)Motoko Oarada, Tohru Gonoi, Tsuyoshi Tsuzuki, Miki Igarashi, Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa, Yuko Onishi, Takahito Toyotome, Katsuhiko Kamei, Teruo Miyazawa, Kiyotaka Nakagawa, Minoru Kashima and Nobuyuki Kurita : Effect of dietary oils on lymphocyte immunological activity in psychologically stressed mice, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.71, No.1, 174-182, 2007.
49)Sachiko Chikahisa, Atsuko Sano, Kazuyoshi Kitaoka, Ken-ichi Miyamoto and Hiroyoshi Sei : Anxiolytic effect of music depends on ovarian steroid in female mice., Behavioural Brain Research, Vol.179, No.1, 50-59, 2007.
50)Hossein Nazari, Akira Takahashi, Nagakatsu Harada, Kazuaki Mawatari, Masayuki Nakano, Kazuhiro Kishi, Yousuke Ebina and Yutaka Nakaya : Angiotensin II inhibits insulin-induced actin stress fiber formation and glucose uptake via ERK1/2., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.1,2, 19-27, 2007.
51)Yutaka Nakaya, Kiwamu Okita, Kazuyuki Suzuki, Hisataka Moriwaki, Akinobu Kato, Yoshiyuki Miwa, Koichi Shiraishi, Hiroaki Okuda, Morikazu Onji, Hidenori Kanazawa, Hirohito Tsubouchi, Shinzo Kato, Masahiko Kaito, Akiharu Watanabe, Daiki Habu, Susumu Ito, Tomohisa Ishikawa, Naohiro Kawamura and Yasuyuki Arakawa : BCAA-enriched snack improves nutritional state of cirrhosis, Nutrition, Vol.23, No.2, 113-120, 2007.
52)Afework Kassu, Nguyen Nhien Van, Masayo Nakamori, Ermias Diro, Belete Ayele, Getahun Mengistu, Yared Wondmikun, Takeshi Nishikawa, Shigeru Yamamoto and Fusao Ota : Deficient serum retinol levels in HIV-infected and uninfected patients with tuberculosis in Gondar, Ethiopia, Nutrition Research, Vol.27, No.2, 86-91, 2007.
53)Hideo Takahashi, Reiko Nakao, Katsuya Hirasaka, Kyoichi Kishi and Takeshi Nikawa : Effects of single administration of Rokumi-gan (TJ-87) on serum amino acid concentration of 6 healthy Japanese male volunteers, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.1-2, 91-98, 2007.
54)Hiroyuki Ikefuji, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Toshifumi Mori, Noriyasu Kondo, Kiyoshi Leishi, Sayuri Fujimoto and Susumu Ito : Visualization of cardiac dipole using a current density map: detection of cardiac current undetectable by electrocardiography using magnetocardiography., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.1-2, 116-123, 2007.
55)Azuma Keiko, Minami Yuko, Ippoushi Katsunari and Junji Terao : Lowering effect of onion Intake on oxidative stress biomarkers in streptozotocin-induced diabetic rats, Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.40, No.2, 131-140, 2007.
56)Kazuyoshi Kitaoka, Atsushi Hattori, Sachiko Chikahisa, Ken-ichi Miyamoto, Yutaka Nakaya and Hiroyoshi Sei : Vitamin A deficiency induces a decrease in EEG delta power during sleep in mice, Brain Research, Vol.1150, 121-130, 2007.
57)M Nakano, Akira Takahashi, Y Sakai and Yutaka Nakaya : Modulation of Pathogenicity with Norepinephrine Related to the Type III Secretion System of Vibrio parahaemolyticus., The Journal of Infectious Diseases, Vol.195, No.9, 1353-1360, 2007.
58)Y Wang, Morishima Masaki, M Zheng, T Uchino, K Mannen, Akira Takahashi, Yutaka Nakaya, I Komuro and K Ono : Transcription factors Csx/Nkx2.5 and GATA4 distinctly regulate expression of Ca2+ channels in neonatal rat heart., Journal of Molecular and Cellular Cardiology, Vol.42, No.6, 1045-1053, 2007.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)榊原 啓之, 寺尾 純二 : 抗うつ様活性を有する食品成分および漢方薬の検索, Foods and food Ingredients journal of Japan, Vol.211, No.8, 720-726, 2006年.
2)Eiji Takeda, Hironori Yamamoto, Yuka Nishida, Tadatoshi Sato, Naoki Sawada and Yutaka Taketani : Phosphate restriction in diet therapy., Contributions to Nephrology, Vol.155, 113-124, 2007.

2006年度(平成18年度) / 学術レター

(なし)

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1)竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二, 宮本 賢一 : ビタミンDとリン代謝, --- 加齢遺伝子とのかかわり ---, CLINICAL CALCIUM, Vol.16, No.7, 1137-1142, 2006年7月.
2)寺尾 純二 : ポリフェノールの吸収に関する最近の知見, 農林水産技術研究ジャーナル, Vol.29, 21-25, 2006年10月.
3)寺尾 純二, 河合 慶親, 室田 佳恵子 : ポリフェノール機能性のあらたな展開, --- 酸化ストレスver.2フリーラジカル医学生物学の最前線(別冊医学のあゆみ) ---, 医学のあゆみ, 208-211, 2006年10月.
4)宮本 賢一 : 無機リン酸の生体内代謝, --- 無機リン酸の生体内代謝 ---, 生化学, Vol.78, No.12, 1131-1140, 2006年12月.
5)山田 千晴, 平坂 勝也, 安井 夏生, 二川 健 : ユビキチンリガーゼCbl-b による運動器の廃用性萎縮, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, Vol.44, No.3, 163-170, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1)Nakano Masayuki, Akira Takahashi, Sakai Yuko and Yutaka Nakaya : Response of Vibrio parahaemolytiocus to neuroendcrine hormone norepinephrine (D-026)., 106th ASM general meeting, Florida,USA, May 2006.
2)Akiko Hamamoto, Masayuki Nakano, Toshitaka Ikehara, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Yutaka Nakaya and Akira Takahashi : A new water sterilization system which use UVA-light emitting diode (Q-401)., 106th ASM general meeting, Florida, USA, May 2006.
3)Morishima Masaki, Nagakatsu Harada, Hara Sayuri, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : Hippocampal norepinephrine (NE) level and exercise behavior in SPORTS rats., 15th Annual Meeting of the International Behavioral Neuroscience Society, Briitish Columbia, Canada, May 2006.
4)Kazunori Sekine, Kyoko Morita, Masuda Kiyoshi, Gou Satou, Kazuhito Rokutan and Noriaki Takeda : Microarray analysis of stress-related gene expression in patients with Ménière's disease, 24TH Barany Society Meeting, Uppsala, Sweden, Jun. 2006.
5)Mirei Mori, Hamamoto Akiko, Nakano Masayuki, Masatake Akutagawa, Akira Takahashi, Toshitaka Ikehara and Yohsuke Kinouchi : Effects of ultraviolet LED on bacteria., World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2006, Korea, Aug. 2006.
6)Kenji Fukuzawa, A. Fujiwara, Akira Tokumura, Junji Terao and Jansuz M. Gebicki : Measurement of phosphatidylcholine hydroperoxides in membranes by the ferric-xylenol orange (FOX) assay, XIII the Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Davos, Aug. 2006.
7)Junji Terao and Yoshichika Kawai : Accumulation of antioxidative flavonoids in the target site, SFRR's 13th Biennial Meeting, Davos, Switzerland, Aug. 2006.
8)Yoshiko Nakae, K. Hirasaki, J. Goto, Takeshi Nikawa, Masayuki Shono, M. Yoshida and P.J. Stoward : SUBCUTANEOUS INJECTION OF EPIGALLOCATECHIN GALLATE INTO DYSTROPHIN-DEFICIENT MDX MICE AMELIORATES MUSCULAR DYSTROPHY, USA, Hawaii, Aug. 2006.
9)Mirei Mori, Akiko Hamamoto, Masayuki Nakano, Masatake Akutagawa, Akira Takahashi, Toshitaka Ikehara and Yohsuke Kinouchi : Effect of ultraviolet LED on bacteria, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1218-1221, Seoul, Aug. 2006.
10)Hiroyuki Sakakibara, Yuki Izawa, Jun-ichiro Nakajima, Shujiro Seo, Toshiaki Tamaki, Yoshichika Kawai and Junji Terao : Antidepressant effects of polyphenol rich herbal medicine, Ginkgo biloba, extracts in behavioral models, 232 nd American Chemical Society Meeting & Exposition, San Francisco, Sep. 2006.
11)Afework Kassu, Berhanu Andualem, Nguyen Van Nhien, Masayo Nakamori, Takeshi Nishikawa, Shigeru Yamamoto and Fusao Ota : Vitamin A deficiency in patients with diarrhea and HIV infection in Ethiopia., The joint 8th IUNS international symposium on clinical nutrition (8th ISCN) and 5th Asia-Pacific clinical nutrition society (5th APCNS) conference 2006, Hangzhou, Zhejiang Province, China, Oct. 2006.
12)Morishima Masaki, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : Transthyretin and serotonin levels in the hippocampus are decreased in SPORTS rats., 36th Society for Neuroscience, Atlanta, USA, Oct. 2006.
13)Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, I Motoki, Shinya Tayoshi, S Kinouchi, K Ohta, H Song, Kyoko Morita, Kazuhito Rokutan, H Tanabe, A Dano and Tetsuro Ohmori : Gene expression and association analysis of LIM (PDLIM5) in major depression, Neuroscience, Atlanta, Oct. 2006.
14)Sachiko Chikahisa, Hiroyoshi Sei, Masaki Morishima, Atsuko Sano, Kazuyoshi Kitaoka, Yutaka Nakaya and Yusuke Morita : Exposure to music in the perinatal period enhances learning performance and alters BDNF/TrkB signaling in mice as adults, Neuroscience 2006, Atlanta, USA, Oct. 2006.
15)Junji Terao : Dietary flavonoid quercetin: Its absorption, metabolism and antioxidant activity., 3rd International symposium on phytochemicals, Seoul, Oct. 2006.
16)Nakano Masayuki, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : Norepinephrine modulates the pathogencity of Vibrio parahaemolyticus., The 41st Joint Conference US-Japan Cooperative Medical Science Program Cholera Panel, Gifu, Japan, Nov. 2006.
17)Akira Takahashi, Hamamoto Akiko, Wakikawa Noriko, Mori Mirei, Nakano Masayuki, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Yutaka Nakaya : New water sterilization system used by UVA-LED., The 41st Joint Conference US-Japan Cooperative Medical Science Program Cholera Panel, Gifu, Japan, Nov. 2006.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1)M Alizadeh, A. Kassu, N. V. Nhien, B M. T. Houng, Masayuki Yamato and Fusao Ota : Antibody response to ovalbumin in mice treated with Bisphenol A in reference to dietary protein, 日本栄養・食糧学会大会, Vol.60, May 2006.
2)岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : 副甲状腺癌抑制遺伝子産物パラフィブロミンとSV40 large T抗原の相互作用による癌化機構, 第79回日本内分泌学会学術総会, 2006年5月.
3)水澤 典子, 原田 永勝, 岩田 武男, 国香 清, 森谷 眞紀, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : 膵β細胞に高発現する新規蛋白Isletasinの機能解析, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会, 2006年5月.
4)川添 和義, 松村 敏彦, 黒川 ふみ, 榊原 啓之, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 清水 寛, 寺尾 純二, 玉置 俊晃, 水口 和生 : ラット強制水泳試験による漢方薬の抗うつ作用評価, 第109回日本薬理学会近畿部会, 30, 2006年6月.
5)中屋 豊 : 人における臨床試験制度, 第14回日本運動生理学会, 2006年7月.
6)森島 真幸, 中屋 豊, 髙橋 章, 磯本 正二郎, 小野 克重 : 自発的高運動性ラットSPORTSの海馬ノルエピネフリン神経伝達と血圧制御の異常., 第5回九州脳と高血圧研究会, 2006年7月.
7)森島 真幸, 原 小由合, 中屋 豊 : SPORTSラットは小脳BDNF量が増加し学習記憶能力が向上している可能性がある., 第29回日本神経科学会, 2006年7月.
8)中屋 豊 : Rondomized trial of branched chain amino acid-rich supplement agaisnt carbohydrate-rich snacks as a late evening snack in patients with liver cirrhosis, The 4th Forum of Hepatic Encephalopathy, 2006年8月.
9)髙橋 章 : New water sterilization system used by UVA-LED, 日米コレラ部会 日本側総会, 2006年8月.
10)森 美怜, 濱本 晶子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDを用いた殺菌, 平成18年度(第39回)照明学会全国大会講演論文集, 245, 2006年8月.
11)森島 真幸, 中屋 豊, 小野 克重 : :自発的高運動性ラットSPORTSの海馬ノルエピネフリン神経伝達と運動制御, 第10回活性アミンに関するワークショップ, 2006年8月.
12)中屋 豊, 安井 苑子, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 原田 永勝, Hossein Nazari, 河野 崇, 大下 修造, 古川 哲史 : 機能性食品の心血管系イオンチャネルに対する作用-Phytoestrogenのgenomicおよびnongenomic action, 長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
13)森 美怜, 濱本 晶子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDの病原性菌への影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 196, 2006年9月.
14)中屋 豊 : Education by Dietitians in Patients with Heart Failure, 第10回日本心不全学会学術集会, 2006年10月.
15)松村 敏彦, 宮本 由加里, 黒川 ふみ, 阿部 真治, 榊原 啓之, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 清水 寛, 寺尾 純二, 玉置 俊晃, 川添 和義, 水口 和生 : ラット強制水泳試験における漢方薬の抗うつ作用の検討, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 125, 2006年10月.
16)岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : 癌抑制因子パラフィブロミンはSV40 large T抗原存在下では細胞増殖促進に働く, 第10回日本内分泌病理学会学術総会, 2006年11月.
17)森 美怜, 濱本 晶子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDによる殺菌, 第21回生体・生理工学シンポジウム論文集, 547-548, 2006年11月.
18)吉本 恵, 佐藤 美咲, 門脇 芽里, 齋藤 憲, 中屋 豊 : 血管超音波検査法による血管内皮機能の検討, --- 汎用超音波画像診断装置(UNEXEF18G)の使用経験 ---, 第30回徳島医学検査学会, 2006年12月.
19)森島 真幸, 中屋 豊, 小野 克重 : 高運動性モデルラット(SPORTS)の海馬ノルエピネフリン神経伝達亢進が体循環に及ぼす影響., 第17回日本病態生理学会, 2007年1月.
20)濱本 晶子, 髙橋 章, 森 美怜, 中野 政之, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 高出力紫外線発光ダイオードを用いた殺菌装置の開発, 日本細菌学雑誌「第80回日本細菌学会総会」, Vol.62, No.1, 130, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1)森 美怜, 濱本 晶子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDの細菌への影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.162, 5-8, 2006年7月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

(なし)

2007年度(平成19年度)

article.{@.date="20070400 20080399" @.organization=\E{148408}}

2007年度(平成19年度) / 著書

1)山西 倫太郎, その他 38名 : クエスチョン・バンク管理栄養士国家試験問題解説 2008, メディック・メディア, 東京, 2007年7月.
2)山西 倫太郎, その他 数名 : 栄養士・管理栄養士のためのなぜ?どうして? ①学校編, メディック・メディア, 東京, 2007年7月.
3)山西 倫太郎, 辻 英明, 海老原 清 : 嗜好成分および有害成分, 株式会社 講談社, 東京, 2007年8月.
4)寺尾 純二, 長尾 昭彦, 板東 紀子 : 機能性食品の事典, --- 第Ⅱ編 機能性食品成分の科学 6.カロテノイド ---, 朝倉書店, 東京, 2007年8月.
5)寺尾 純二 : 機能性食品の科学「ユビキノン」, 朝倉書店, 東京, 2007年8月.
6)太田 房雄 : 「管理栄養士のための 疾患別 検査値と治療薬ハンドブック」白木啓三・沖 田千代・外山健二 編, 株式会社 化学同人, 京都, 2007年9月.
7)武田 英二, 阿望 幾久子, 上番増 喬 : メタボリックシンドローム, 2008年.
8)武田 英二 : ビタミン異常症(欠乏症/過剰症), 2008年.
9)奥村 仙示, 廣瀬 美和, 武田 英二 : ビタミンK高含有経腸栄養剤のワルファリン療法に及ぼす影響, 2008年.
10)武田 英二 : 骨吸収と骨形成のカップリング, 2008年.
11)山西 倫太郎 : 第4章 納豆の食品機能性に関する研究 アレルゲン, 株式会社 建帛社, 東京, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Nagakatsu Harada, A Kusuyama, M Morishima, Kazuko Okada, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : Bezafibrate improves bacterial lipopolysaccharide-induced dyslipidemia and anorexia in rats., Metabolism: Clinical and Experimental, Vol.56, No.4, 517-522, 2007.
2)A Kassu, F Fujino, M Matsuda, M Nishizawa, Fusao Ota and W Sugiura : Molecular epidemiology of HIV type 1 in treatment-naive patients in north Ethiopia, AIDS Research and Human Retroviruses, Vol.23, No.4, 564-568, 2007.
3)K Yamamoto, N Shimizu, S Obi, S Kumagaya, Yutaka Taketani, A Kamiya and J Ando : Involvement of cell-surface ATP synthase in flow-induced ATP release by vascular endothelial cells., American Journal of Physiology, Heart and Circulatory Physiology, Vol.293, No.3, H1646-53, 2007.
4)Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Yutaka Taketani, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto : Parafibromin tumor suppressor enhances cell growth in the cells expressing SV40 large T antigen., Oncogene, Vol.26, No.42, 6176-6183, 2007.
5)Katsuya Tanaka, Takashi Kawano, Akiyo Nakamura, Hossein Nazari, Shinji Kawahito, Shuzo Oshita, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : Isoflurane activates sarcolemmal adenosine Triphosphate-sensitive potassium channels in vascular smooth muscle cells: A role of protein kinase A, Anesthesiology, Vol.106, No.5, 984-991, 2007.
6)Kaoru Matsuo, Hidekazu Arai, Kazusa Muto, Makiko Fukaya, Tadashi Sato, Akira Mizuno, Masae Sakuma, Hisami Okumura, Hajime Sasaki, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda : The anti-obesity effect of the palatinose-based formula Inslow is likely due to an increase in the hepatic PPAR-α and adipocyte PPAR-γ gene expressions., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.40, No.3, 234-241, 2007.
7)Yoshiko Tani, Tadashi Sato, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto, Hidekazu Arai, Naoki Sawada, Kaori Genjida, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : Effects of prolonged high phosphorus diet on phosphorus and calcium balance in rats., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.40, No.3, 221-228, 2007.
8)Nakamura Akiyo, Shinji Kawahito, Takashi Kawano, Nazari Hossein, Akira Takahashi, Hiroshi Kitahata, Yutaka Nakaya and Shuzo Oshita : Differential Effects of Etomidate and Midazolam on Vascular Adenosine Triphosphate-sensitive Potassium Channels: Isometric Tension and Patch Clamp Studies., Anesthesiology, Vol.106, No.3, 515-522, 2007.
9)Makiko Fukaya, Akira Mizuno, Hidekazu Arai, Kazusa Muto, Takashi Uebanso, Kaoru Matuo, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda : Mechanism of rapid-phase insulin response to elevation of portal glucose concentration., American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.293, No.2, E515-22, 2007.
10)Akira Mizuno, Hidekazu Arai, Makiko Fukaya, Mitsuyo Sato, Hisami Okumura, Eiji Takeda and Toshio Doi : Early-phase insulin secretion is distributed in obese subjects with glucose intolerance., Metabolism: Clinical and Experimental, Vol.56, No.6, 856-862, 2007.
11)Masayuki Nakano, Akira Takahashi, Y Sakai, M Kawano, Nagakatsu Harada, Kazuaki Mawatari and Yutaka Nakaya : Catecholamine-induced stimulation of growth in Vibrio species., Letters in Applied Microbiology, Vol.44, No.6, 649-653, 2007.
12)Naoki Sawada, Yutaka Taketani, Norio Amizuka, Masako Ichikawa, Chiharu Ogawa, Kaori Nomoto, Kunitaka Nashiki, Tadatoshi Sato, Hidekazu Arai, Masashi Isshiki, Hiroko Segawa, Hironori Yamamoto, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda : Caveolin-1 in extracellular matrix vesicles secreted from osteoblasts., Bone, Vol.41, No.1, 52-58, 2007.
13)Anddargachew Mulu, Afework Kassu, Belay Tessema, Gizachew Yismaw, Moges Tiruneh, Felek Moges, Yared Wondminkun, Takeshi NishikAwa and Fusao Ota : Seroprevalence of Syphilis and HIV-1 during Pregnancy in a Teaching Hospital in Northwest Ethiopia, Japanese Journal of Infectious Diseases, Vol.60, No.4, 193-195, 2007.
14)Zahid Hayat Mahmud, Suchiarit Basu Heogi, Afework Kassu, Takaomi Wada, M. Sirajyul Islam, G. Balakrish Nair and Fusao Ota : Seaweeds as a reservoir for diverse Vibrio parahaemolyticus populations in Japan, International Journal of Food Microbiology, Vol.118, No.1, 92-96, 2007.
15)Harumi Furochi, Seiko Tamura, Kayo Takeshima, Katsuya Hirasaka, Reiko Nakao, Kyoichi Kishi and Takeshi Nikawa : Overexpression of osteoactivin protects skeletal muscle from severe degeneration caused by long-term denervation in mice, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3-4, 248-254, 2007.
16)Reiko Nakao, Eri Ozaki, Machiko Hasegawa, Aki Kondo, Kayoko Uezu, Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa and Kyoichi Kishi : Distinct effects of anterior pyriform cortex and the lateral hypothalamus lesions on protein intake in rats, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3-4, 255-260, 2007.
17)Kazusa Sato, Hidekazu Arai, Akira Mizuno, Makiko Fukaya, Tadatoshi Sato, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda : Dietary palatinose and oleic acid ameliorate disorders of glucose and lipid metabolism in zucker fatty rats., The Journal of Nutrition, Vol.137, No.8, 1908-1915, 2007.
18)Ono Kaori, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, Akira Takahashi, Tohru Sakai, Ogoshi Shohei and Yutaka Nakaya : Nucleoside and nucleotide mixture OG-VI rescues cytotoxicity induced by chemotherapeutic agents in intestinal-like epithelial cell., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3,4, 235-242, 2007.
19)Shunji Nakano, Takuya Mishiro, Sigeyuki Takahara, Hhiromiti Yokoi, Daisuke Hamada, Kiminori Yukata, Yoichiro Takata, Tomohiro Goto, Hiroshi Egawa, Susumu Yasuoka, H Furouchi, Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa and Natsuo Yasui : Distinct expression of mast cell tryptase and protease activated receptor-2 in synovia of rheumatoid arthritis and osteoarthritis., Clinical Rheumatology, Vol.26, No.8, 1284-1292, 2007.
20)Dai Matsumoto, Hisami Okumura, Hidekazu Arai, Masae Sakuma, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Yoshiko Tani, Yuji Morine, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda : Nutritional treatment of a patient with hepatic cirrhosis with the novel low glycemic index liquid food (Inslow)., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3-4, 375-380, 2007.
21)Yutaka Taketani, Emi Shuto, Hidekazu Arai, Yuka Nishida, Rieko Tanaka, Takashi Uebanso, Hironori Yamamoto, Hisami Okumura and Eiji Takeda : Advantage of a low glycemic index and low phosphate diet on diabetic nephropathy and aging-related diseases., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3-4, 359-365, 2007.
22)Kaeko Murota, Azusa Hotta, Hikaru Ido, Yoshichika Kawai, Jae-Hak Moon, Keiko Sekido, Hiroki Hayashi, Takahiro Inakuma and Junji Terao : Antioxidant capacity of albumin-bound quercetin metabolites after onion consumption in humans., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3-4, 370-374, 2007.
23)Minami Yuko, Yokoi sayuri, Setoyama Mari, Noriko Bando, Takeda Sayaka, Yoshichika Kawai and Junji Terao : Combination of TLC blotting and gas chromatography-mass spectrometry for analysis of peroxidized cholesterol, Lipids, Vol.42, No.11, 1055-1063, 2007.
24)Masori Maria, Hamamoto Akiko, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : Angiotensin Decreases Glucose Uptake by Downregulation of GLUT1 in the Cell Membrene of the Vascular Smooth Muscule Cell Line A10, Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.50, No.3, 267-273, 2007.
25)Lian Xin, Akira Takahashi, Nakano Masayuki, Hori Emiko, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, Toshio Hosaka and Yutaka Nakaya : Vibrio parahaemolytics elevates interferon aloha production in intestinal-like epithelial Caco-2 cells, Canadian Journal of Microbiology, Vol.53, No.9, 1084-1090, 2007.
26)Katsuya Hirasaka, Kohno S, Goto J, Furochi H, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, Toshio Hosaka, Yutaka Nakaya, Ishidoh K, Toshiyuki Obata, Yousuke Ebina, Gu H, Takeda S, Kyoichi Kishi and Takeshi Nikawa : Deficiency of Cbl-b gene enhances infiltration and activation of macrophages in adipose tissue and causes peripheral insulin resistance in mice., Diabetes, Vol.56, No.10, 2511-2522, 2007.
27)Noriko Bando, Wakamatsu Saoyi and Junji Terao : Effect of excessive intake of quercetin on the vitamin E level and antioxidative enzyme activities of mouse liver under paraquat-induced oxidative stress, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.71, No.10, 2569-2572, 2007.
28)Hirohide Yamada, Takashi Kawano, Katsuya Tanaka, Sonoko Yasui, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Yutaka Nakaya and Shuzo Oshita : Effects of intracellular MgADP and acidification on the inhibition of cardiac sarcolemmal ATP-sensitive potassium channels by propofol, Journal of Anesthesia, Vol.21, No.4, 472-479, 2007.
29)Akiko Hamamoto, Mirei Mori, Akira Takahashi, Masayuki Nakano, Noriko Wakikawa, Masatake Akutagawa, Toshitaka Ikehara, Yutaka Nakaya and Yohsuke Kinouchi : New water disinfection system using UVA-light emitting diodes., Journal of Applied Microbiology, Vol.103, No.6, 2291-2298, 2007.
30)Mirei Mori, Hamamoto Akiko, Akira Takahashi, Nakano Masayuki, Wakikawa Noriko, Tachibana Satoko, Toshitaka Ikehara, Yutaka Nakaya, Masatake Akutagawa and Yohsuke Kinouchi : Development of a new water sterilization device with a 365 nm UV-LED, Medical and Biological Engineering and Computing, Vol.45, No.12, 1237-1241, 2007.
31)Takashi Uebanso, Hidekazu Arai, Yutaka Taketani, Makiko Fukaya, Hironori Yamamoto, Akira Mizuno, Keisuke Uryu, Takahiko Hada and Eiji Takeda : Extracts of Momordica charantia suppress postprandial hyperglycemia in rats., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.53, No.6, 482-488, 2007.
32)Satoru Eguchi, Takashi Kawano, hua Yin, Katsuya Tanaka, Sonoko Yasui, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Yutaka Nakaya, Shuzo Oshita and Nobuyoshi Nakajo : Effects of prostaglandin E1 on vascular ATP-sensitive potassium channels., Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.50, No.6, 686-691, 2007.
33)Junji Terao, Yoshichika Kawai and Kaeko Murota : Vegetable flavonoids and cardiovascular disease., Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, Vol.17, No.Suppl 1, 291-293, 2008.
34)J. Sekizawa, Y. Kojima, K. Mihara, Hironori Yamamoto, N. Ohta, A. Harada, Eiji Takeda, N. Yamada, T. Ikeuchi, Y. Imamura, Y. Nakamura and S. Miyairi : Urine concentrations of indirubin in rats and humans and its possible interaction with other aryl hydrocarbon receptor ligands, Presistent organic pollutants(pops)research in asia, 2008.
35)Akiko Taniguchi, Hisami Okumura, Yuka Nishida, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : Natto and viscous vegetables in a Japanese style meal suppress postprandial glucose and insulin responses, Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, Vol.17, No.4, 663-668, 2008.
36)Oarada Motoko, Tsuzuki Tsuyoshi, Gonoi Tohru, Igarashi Miki, Kamei Katsuhiko, Takeshi Nikawa, Katsuya Hirasaka, Ogawa Takayuki, Miyazawa Teruo, Nakagawa Kiyotaka and Kurita Nobuyuki : Effects of dietary fish oil on lipid peroxidation and serum triacylglycerol levels in psychologically stressed mice, Nutrition, Vol.24, No.1, 67-75, 2008.
37)Hiroyuki Sakakibara, Saki Yoshino, Yoshichika Kawai and Junji Terao : Antidepressant-like effect of onion (Allium cepa L.) powder in a rat behavioral model of depression., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.72, No.1, 94-100, 2008.
38)Yoshichika Kawai, Tomomi Nishikawa, Yuko Shiba, Satomi Saito, Kaeko Murota, Noriyuki Shibata, Makio Kobayashi, Masaya Kanayama, Koji Uchida and Junji Terao : Macrophage as a target of quercetin glucuronides in human atherosclerotic arteries: implication in the anti-atherosclerotic mechanism of dietary flavonoids., The Journal of Biological Chemistry, Vol.283, No.14, 9424-9434, 2008.
39)Qishisan Wu, Nagakatsu Harada, Aki Nakamura, Masaki Yoshida, Kazuaki Mawatari, Atsushi Hattori, Qinkai Li, Takaaki Shimohata, Yinhua, Xin Lian, Masayuki Nakano, Toshio Hosaka, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : NO-1886, a lipoprotein lipase activator, attenuates contraction of rat intestinal ring preparations, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1,2, 61-70, 2008.
40)Takashi Kawano, Tomohito Kawano, Katsuya Tanaka, Satoru Eguchi, Akira Takahashi, Yutaka Nakaya and Shuzo Oshita : Effects of dopamine on ATP-sensitive potassium channels in porcine coronary artery smooth-muscle cells, Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.51, No.2, 196-201, 2008.
41)Kyoko Yuasa, Masako Sei, Eiji Takeda, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, Hokuma Munakata, Chiemi Onishi and Yutaka Nakahori : Effects of lifestyle habits and eating meals together with the family on the prevalence of obesity among school children in Tokushima, Japan: a cross-sectional questionnaire-based survey., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1-2, 71-77, 2008.
42)Yoshichika Kawai, Akari Ishisaka, Satomi Saito, Koji Uchida, Noriyuki Shibata, Makio Kobayashi, Yoshiko Fukuchi, Michitaka Naito and Junji Terao : Immunochemical detection of flavonoid glycosides: development, specificity, and application of novel monoclonal antibodies., Archives of Biochemistry and Biophysics, Vol.476, No.2, 124-132, 2008.
43)Nagakatsu Harada, Haruka Yonemoto, Masaki Yoshida, Hironori Yamamoto, Yunjie Yin, Aiko Miyamoto, Atsushi Hattori, Qishisan Wu, Tadahiko Nakagawa, Masayuki Nakano, Kiyoshi Teshigawara, Kazuaki Mawatari, Toshio Hosaka, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : Alternative splicing produces a constitutively active form of human SREBP-1., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.368, No.3, 820-826, 2008.
44)Nhien Van Nguyen, Nguyen Cong Khan, Nguyen Xuan Ninh, Phan Van Huan, Le Thi Hop, Nguyen Thi Lam, Fusao Ota, Tomoki Yabutani, Vu Quynh Hoa, Junko Motonaka, Yutaka Nakaya and Takeshi Nishikawa : Micronutrient deficiencies and anemia among preschool children in rural Vietnam, Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, Vol.17, No.1, 48-55, 2008.
45)Yuko Minami, Kanako Yokoyama, Noriko Bando, Yoshichika Kawai and Junji Terao : Occurrence of singlet oxygen oxygenation of oleic acid and linoleic acid in the skin of live mice., Free Radical Research, Vol.42, No.3, 197-204, 2008.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2007年度(平成19年度) / 学術レター

(なし)

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1)Yutaka Nakaya, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Nagakatsu Harada, Hata Akiko and Yasui Sonoko : The phytoestrogen ginsensoside Re activates potassium channels of vascular smooth muscle cells through PI3K/Akt and nitric oxide pathways, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3,4, 381-384, Aug. 2007.
2)中屋 豊, 原田 永勝, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 保坂 利男 : メタボリック症候群における高血圧の管理, 四国医学雑誌, Vol.63, No.3,4, 97-100, 2007年8月.
3)中屋 豊, 馬渡 一諭, 原田 永勝, 髙橋 章 : 侵襲時の栄養評価法, 機能性食品と薬理栄養, Vol.4, No.4, 215-218, 2007年9月.
4)後藤 剛, 高橋 信之, 寺尾 純二, 河田 照雄 : メタボリックシンドロームと食品, Hormone Frontier in Gynecology, Vol.14, No.3, 227-233, 2007年9月.
5)寺尾 純二, 芦田 均 : 機能性ポリフェノール, 化学と生物, Vol.44, No.10, 688-698, 2007年10月.
6)山西 倫太郎 : カロテノイドとヒトの発がんリスクについての最近の研究, オレオサイエンス, Vol.7, No.10, 423-436, 2007年10月.
7)中屋 豊, 原田 永勝, 馬渡 一諭 : 臨床スポーツ医学, 運動習慣形成と脳内神経伝達物質, 臨床スポーツ医学, Vol.25, No.10, 1181-1186, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1)Nhien Van Nguyen, Khan Cong Nguyen, Ninh Xuan Nguen, Yabutani Tomoki, Kassu Afework, Motonaka Junko, Fusao Ota and Yutaka Nakaya : Micronutrient deficiencies among Primary School Children in Vietnam, Consequences and Control of Micronutrient Deficiences, Istanbul, Apr. 2007.
2)Akira Takahashi, Nakano Masayuki, Miyoshi Shinichi, Hamamoto Akiko and Yutaka Nakaya : Pore formation of Vibrio mimicus hemolysin in lipid bilayers., 107th ASM general meeting, Toronto, Canada, May 2007.
3)Hamamoto Akiko, Mori Mirei, Nakano Masayuki, Wakikawa Noriko, Toshitaka Ikehara, Yohsuke Kinouchi, Masatake Akutagawa, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : Water disinfection system using UVA-light emitting diodes and its effects on bacterial DNA., 107th ASM general meeting, Toronto,Canada, May 2007.
4)Morishima Masaki, Yutaka Nakaya and Ono Katsushige : High-intensity voluntary exercise attenuates cardiac sympathetic activity in SPORTS (Spontaneously-Running-Tokushima- Shikoku) rats., Internal society for Heart Research, Italy, Jun. 2007.
5)Noriyuki Yagi, Mirei Mori, Akiko Hamamoto, Masatake Akutagawa, Satoko Tachibana, Akira Takahashi, Toshitaka Ikehara, Yohsuke Kinouchi and Masayuki Nakano : Sterilization Using 365 nm UV-LED., 29th IEEE EMBS Annual International Conference, 5841-5844, Lyon, France, Aug. 2007.
6)Yutaka Nakaya : Modulation of potassium channels in cardiovascular and neural cells by ginsenoside Re a possible mechanism for coping stress, 10th Asian Congress of Nutrition, Taipei, Sep. 2007.
7)Junji Terao, Yoshichika Kawai and Kaeko Murota : Vegetable flavonoids and cardiovascular disease, 10th _Asian Congress of Nutrition, Taipei, Sep. 2007.
8)Emi Shuto, Yutaka Taketani, R Tanaka, Ayako Tanimura, M Isshiki, Nagakatsu Harada, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : Hyperphosphatemia mediates oxidative stress in bovine aortic endothelial cells, American Society of Bone and Mineral Research 29th ANNUAL MEETING, Honolulu, Sep. 2007.
9)Junji Terao : Onion flavonoids as anti-atherosclerotic food factors, Satellite sympsium in kagoshima ICPH, Kagoshima, Nov. 2007.
10)Nakano Masayuki, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : Adrenergic regulation of Vibrio parahaemolyticus pathogenicity by the modulation of viburence-associated gene expressions, VIBRIO 2007(The second conference on the Biology of Vibrios), Paris, Nov. 2007.
11)Lian Xin, Akira Takahashi, Nakano Masayuki and Yutaka Nakaya : Vibrio parahaemolyticus elevates interferon alpha production in intestinal-like epithelial cells CACO-2 cells, VIBRIO 2007(The second conference on the Biology of Vibrios), Paris, Nov. 2007.
12)Takashi Kinoshita, Zsolt Lepp, Yuko Shiba, Yoshichika Kawai, Junji Terao and Hiroshi Chuman : Chemoinformatics and QSAR Study of Flavonoids, Tokyo, Dec. 2007.
13)Junji Terao, Kaeko Murota and Yoshichika Kawai : Antioxidant activity and physiological significance of flavonoid metabolites, The 9th International Conferecen on Mechanisms of antimutagenesis and anticarcinogenesis, Jeju Island, Korea, Dec. 2007.
14)Junji Terao, Kaeko Murota and Yoshichika Kawai : Availability and behavior od dietary flavonoids in the target site, 2nd international symposium on translational research on natural produts and cancer, Lonavala, Mumbai, India, Dec. 2007.
15)Yagi Noriyuki, Mirei Mori, Hamamoto Akiko, Nakano Masayuki, Masatake Akutagawa, Tachibana Satoko, Akira Takahashi, Toshitaka Ikehara and Yohsuke Kinouchi : Development of a tank-type sterilization device using 365 nm UVA-LED, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 113-116, Harbin, Jan. 2008.
16)Hamamoto Akiko, Akira Takahashi, Nakano Masayuki, Lian Xin, Tachibana Satoko, Yagi Noriyuki, Tetutani Kayo, Tetsuro Koga, Masayuki Yamato, Masatake Akutagawa, Toshitaka Ikehara and Yohsuke Kinouchi : Availability of UVA-light emitting diodes for disinfection system, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 109-112, Harbin, Jan. 2008.
17)Lian Xin, Akira Takahashi, Maeda Miku, Yagi Noriyuki, Tachibana Satoko, Masayuki Yamato, Hamamoto Akiko, Masatake Akutagawa, Nakano Masayuki, Yutaka Nakaya and Yohsuke Kinouchi : New surface sterilization system using UV-LED for vegetables, Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 257-259, Harbin, Jan. 2008.
18)Hamamoto Akiko, Akira Takahashi, Nakano Masayuki, Lian Xin, Tachibana Satoko, Yagi Noriyuki, Tetutani Kayo, Masayuki Yamato, Masatake Akutagawa, Toshitaka Ikehara, Yutaka Nakaya and Yohsuke Kinouchi : Availability of UVA-light emitting diodes for disinfection system, 第22回生体・生理工学シンポジウム, Harbin, Jan. 2008.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1)髙橋 章, 中野 政之 : ナグビブリオが産生するエルトールヘモリシンの下痢誘発機構, 第81回日本感染症学会総会, 2007年4月.
2)濱本 晶子, 中野 政之, 髙橋 章 : 近紫外線発光ダイオードを用いた殺菌システム, 第81回日本感染症学会総会, 2007年4月.
3)八木 教行, 森 美玲, 濱本 晶子, 橘 聡子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : UV-LEDを用いたタンク水の殺菌, MEとバイオサイバネティックス研究会(MBE), 2007年7月.
4)濱本 晶子, 中野 政之, 八木 教行, 芥川 正武, 橘 聡子, 池原 敏孝, 髙橋 章, 木内 陽介, 中屋 豊 : 高出力紫外線発光ダイオードを用いた殺菌, 日本防菌防黴学会 第34回年次大会, 2007年8月.
5)八木 教行, 森 美怜, 濱本 晶子, 橘 聡子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : UV-LEDを用いたタンク水の殺菌, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 232, 2007年9月.
6)Takashi Kinoshita, Zsolt Lepp, Yoshichika Kawai, Junji Terao and Hiroshi Chuman : An Integrated Database of Flavonoides, CBI学会2007年大会, Oct. 2007.
7)岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : 副甲状腺癌抑制因子パラフィブロミンはSV40 large T抗原存在下では細胞増殖促進に働く, 第32回日本比較内分泌学会大会, 2007年10月.
8)吉田 将紀, 原田 永勝, 原 小百合, 尹 雲潔, 吉本 勝彦, 中屋 豊 : 新規グリセロール-3-リン酸アシルトランスフェラーゼ(xGPAT1)の遺伝子クローニング, 第28回日本肥満学会, 2007年10月.
9)河野 尚平, 平坂 勝也, 加川 祥子, 中尾 玲子, 馬渡 一諭, 原田 永勝, 中屋 豊, 石堂 一巳, 蛯名 洋介, 岸 恭一, 二川 健 : Cbl-b遺伝子欠損によるマクロファージの活性化を介した耐糖能異常, 第19回分子糖尿病学シンポジウム, 2007年12月.
10)田中 亜紀, 川添 和義, 二川 健, 寺尾 純二, 水口 和生 : 栄養学的指標に基づく漢方薬の評価研究, 日本薬学会年会, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1)奥村 仙示, 廣瀬 美和, 武田 英二, 宇野 昌明, 永廣 信治 : NST症例におけるワルファリン治療に及ぼす経腸栄養剤のビタミンK含有量の影響の検討, Nutrition Support Journal, Vol.10, No.1, 27-30, 2008年.
2)武田 英二 : 小中学生の栄養・食事のあり方, 阿南市学校保健会・学校保健収録, No.18, 18-25, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 報告書

(なし)

2008年度(平成20年度)

article.{@.date="20080400 20090399" @.organization=\E{148408}}

2008年度(平成20年度) / 著書

1)武田 英二 : 第1章日本病態栄養学会の高度専門職業人認定とチーム医療 栄養管理の高度専門職業人の役割と責任, 2008年4月.
2)寺尾 純二 : 栄養学研究の最前線 (小川正,河田照雄・寺尾純二編集), --- 食品機能研究の進歩 ---, 株式会社 建帛社, 東京, 2008年4月.
3)中屋 豊 : NSTガイドブック2008改訂版, Chap2 栄養スクリーニング, メディカルレビュー社, 大阪, 2008年5月.
4)中屋 豊 : NSTガイドブック2008改訂版, Chap5 栄養管理に必要な検査値の読み方, メディカルレビュー社, 大阪, 2008年5月.
5)武田 英二 : 小児における栄養投与量の決定,注意点, 2008年5月.
6)武田 英二, 奥村 仙示 : 食品技術総合事典, 2008年6月.
7)山西 倫太郎, その他 36名 : クエスチョン・バンク管理栄養士国家試験問題解説 2009, メディック・メディア, 東京, 2008年7月.
8)武田 英二 : 特集医師に必要な臨床栄養学 栄養素の過不足による疾患, 2008年11月.
9)中屋 豊, 原田 永勝, 秦 明子 : NSTハンドブック 疾患・病態別の栄養管理 , 14. 耐糖能異常症例の栄養管理∼糖尿病患者を中心に∼, 医薬ジャーナル社, 2008年11月.
10)中屋 豊 : Angiology Frontier , 特集・予防医学からみたメタボリックシンドローム 栄養学からみたメタボリックシンドローム, メディカルレビュー社, 大阪, 2009年.
11)Junji Terao : Dietary Flavonoids as Antioxodants, Karger, 2009.
12)中屋 豊 : 病態栄養専門医テキスト, 3章 5.脱水, 南江堂, 東京, 2009年1月.
13)中屋 豊 : 病態栄養専門医テキスト, 付録 2.経腸栄養剤一覧, 南江堂, 東京, 2009年1月.
14)武田 英二, 山本 浩範 : 1.栄養素の役割a.3大栄養素の消化吸収,b.糖質の役割,c.脂肪の役割,d.蛋白質の役割,e.ビタミンの役割,f.微量元素の役割,g.水の役割,h.ミネラルの役割, 2009年1月.
15)中屋 豊 : 1章2.栄養評価法, 南江堂, 東京, 2009年1月.
16)中屋 豊, 馬渡 一諭 : ニュートリションケア, 特集・合併症・病態の変化に合わせた栄養管理 保存期腎不全+心不全, 株式会社 メディカ出版, 2009年2月.
17)中屋 豊, 保坂 利男, 原田 永勝, 馬渡 一諭 : Ⅱ.栄養管理の実際 栄養不良と栄養管理の手順, 全日本病院出版社, 2009年3月.
18)武田 英二 : 1.1.臨床栄養学・臨床栄養学の意義/1.2.臨床栄養学・栄養素の代謝と機能/1.4.臨床栄養学・栄養必要量/4.1.代謝性疾患・肥満とメタボリックシンドローム/4.6.代謝性疾患・先天性代謝異常, 2009年3月.
19)原田 永勝, 中屋 豊 : 臨床栄養学 第2版 「5章 循環器疾患」, 講談社, 2009年3月.
20)武田 英二 : 小児の栄養, 2009年3月.
21)中屋 豊, 保坂 利男, 原田 永勝, 馬渡 一諭 : よくわかる臨床栄養管理実践マニュアル,Ⅱ.栄養管理の実際 栄養不良と栄養管理の手順, 全日本病院出版社, 2009年3月.
22)川浦昭彦 谷田憲俊 泉啓介 秋山純一 水谷雅年 野中紘士, 武田 英二 : MNNG誘導胃腸発癌に対する1α(OH)D3の抑制効果発現過程における血管新生の阻害について, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Katsuya Hirasaka, Tokuoka Kaori, Nakao Reiko, Yamada Chiharu, Oarada Motoko, imagawa Takahiko, Ishidoh Kazumi, Yuushi Okumura, Kyoichi Kishi and Takeshi Nikawa : Cathepsin C propeptide interacts with intestinal alkaline phosphatase and heat shock cognate protein 70 in human Caco-2 cells, The Journal of Physiological Sciences, Vol.58, No.2, 105-111, 2008.
2)Kazuma Yoshizumi, Kaeko Murota, Shiro Watanabe, Hironori Tomi, Tomoko Tsuji and Junji Terao : Chiisanoside is not absorbed but inhibits oil absorption in the small intestine of rodents., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.72, No.4, 1126-1129, 2008.
3)Hiroyoshi Sei, Katsutaka Oishi, Sachiko Chikahisa, Kazuyoshi Kitaoka, Eiji Takeda and Norio Ishida : Diurnal amplitudes of arterial pressure and heart rate are dampened in Clock mutant mice and adrenalectomized mice., Endocrinology, Vol.149, No.7, 3576-3580, 2008.
4)岩城 正輝, 石丸 勝雄, 中屋 豊 : 短期強化インスリン療法とベータ細胞保護療法を併用した2型糖尿病治療の有用性, 糖尿病, Vol.51, No.4, 309-317, 2008年.
5)Yoshiko Nakae, Katsuya Hirasaka, J. Goto, Takeshi Nikawa, Masayuki Shono, M. Yoshida and PJ. Stowrd : Subcutaneous injection, from birth, of epigallocatechin-3-gallate, a component of green tea, limits the onset of muscular dystrophy in mdx mice: a quantitative histological, immunohistochemical and electrophysiological study., Histochemistry and Cell Biology, Vol.129, No.4, 489-501, 2008.
6)Takashi Kawano, Katsuya Tanaka, Kazuaki Mawatari, Shuzo Oshita, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : Hyperglycemia impairs isoflurane-induced adenosine triphosphate-sensitive potassium channel activation in vascular smooth muscle cells, Anesthesia & Analgesia, Vol.106, No.3, 858-864, 2008.
7)Masahiro Nomura, Tomohito Kawano, Kimiko Nakayasu and Yutaka Nakaya : The effects of losartan on signal-averaged P wave in patients with atrial fibrillation, International Journal of Cardiology, Vol.126, No.1, 21-27, 2008.
8)Akira Murakami, Hitoshi Ashida and Junji Terao : Multitargeted cancer prevention by quercetin., Cancer Letters, Vol.269, No.2, 315-325, 2008.
9)Saki Takeda, Noriko Bando and Rintaro Yamanishi : Ingested beta-carotene enhances glutathione level and up-regulates the activity of cysteine cathepsin in murine splenocytes., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.72, No.6, 1595-1600, 2008.
10)Daisuke Hashimoto, Masaki Ohmuraya, Masahiko Hirota, Akitsugu Yamamoto, Koichi Suyama, Satoshi Ida, Yuushi Okumura, Etsuhisa Takahashi, Hiroshi Kido, Kimi Araki, Hideo Baba, Noboru Mizushima and Ken-ichi Yamamura : Involvement of autophagy in trypsinogen activation within the pancreatic acinar cells, The Journal of Cell Biology, Vol.18, No.7, 1065-1072, 2008.
11)Hiroyuki Sakakibara, Saki Yoshino, Toshitsugu Miyazaki, Yoshichika Kawai and Junji Terao : Antidepressant-like Effect of Ginseng (Panax ginseng C.A. Meyer) in Behavioral Models, Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.43, No.Suppl.1, 255-258, 2008.
12)Yuko Shiba, Takashi Kinoshita, Hiroshi Chuman, Yutaka Taketani, Eiji Takeda, Yoji Kato, Michitaka Naito, Kyuichi Kawabata, Akari Ishisaka, Junji Terao and Yoshichika Kawai : Flavonoids as Substrates and Inhibitors of Myeloperoxidase : Molecular Actions of Aglycone and Metabolites, Chemical Research in Toxicology, Vol.21, No.8, 1600-1609, 2008.
13)Yuko Minami, Kyuichi Kawabata, Yoshiaki Kubo, Seiji Arase, Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa, Noriko Bando, Yoshichika Kawai and Junji Terao : Peroxidized cholesterol-induced matrix metalloproteinase-9 activation and its suppression by dietary beta-carotene in photoaging of hairless mouse skin., The Journal of Nutritional Biochemistry, Vol.20, No.5, 389-398, 2008.
14)Yoshichika Kawai, Hiroko Tanaka, Kaeko Murota, Michitaka Naito and Junji Terao : (-)-Epicatechin gallate accumulates in foamy macrophages in human atherosclerotic aorta: implication in the anti-atherosclerotic actions of tea catechins., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.374, No.3, 527-532, 2008.
15)Kazusa Sato, Hidekazu Arai, Yui Miyazawa, Makiko Fukaya, Takashi Uebanso, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Tadatoshi Sato, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : Palatinose and oleic acid act together to prevent pancreatic islet disruption in nondiabetic obese Zucker rats., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.3-4, 183-195, 2008.
16)Tohru Sakai and Mari Kogiso : Soy isoflavones and immunity., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.3-4, 167-173, 2008.
17)首藤 恵泉, 竹谷 豊, 酒井 徹, 武田 英二 : 高リン血症と心血管, 四国医学雑誌, Vol.64, No.3,4, 114-116, 2008年.
18)M Nakano, Akira Takahashi, Z Su, Nagakatsu Harada, Kazuaki Mawatari and Yutaka Nakaya : Hfq regulates the expression of the thermostable direct hemolysin gene in Vibrio parahaemolyticus, BMC Microbiology, Vol.8, 155, 2008.
19)Sorayya Kheirvari, Kayoko Uezu, Shigeru Yamamoto and Yutaka Nakaya : High-dose dietary supplementation of vitamin A induces brain-derived neurotrophic factor and nerve growth factor production in mice with simultaneous deficiency of vitamin A and zinc., Nutritional Neuroscience, Vol.11, No.5, 228-234, 2008.
20)Masayuki Shono, Ichiro Shimizu, Eriko Aoyagi, Tatsuya Taniguchi, Hidetaka Takenaka, Momoko Ishikawa, Mari Urata, Katsutaka Sannomiya, Katsuyoshi Tamaki, Nagakatsu Harada, Yutaka Nakaya and Tetsuji Takayama : Reducing Effect of Feeding Powdered Nacre of Pinctada maxima on the Visceral Fat of Rats, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.72, No.10, 2761-2763, 2008.
21)Hideki Ohnishi, Satoshi Iwanaga, Kazuyoshi Kawazoe, Keisuke Ishizawa, Sakiko Orino, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Nagakatsu Harada, Kazuhiro Mori, Tomoko Tsuchihashi, Yasuko Ishikawa and Toshiaki Tamaki : Effect of iron-quercetin complex on reduction of nitrite in in vitro and in vivo systems, Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.56, No.21, 10092-10098, 2008.
22)Masuhiro Nishimura, Mayumi Mikura, Katsuya Hirasaka, Yuushi Okumura, Takeshi Nikawa, Yuichi Kawano, Mitsuo Nakayama and Muneharu Ikeda : Effects of dimethyl sulphoxide and dexamethasone on mRNA expression of myogenesis- and muscle proteolytic system-related genes in mouse myoblastic C2C12 cells, The Journal of Biochemistry, Vol.144, No.6, 717-724, 2008.
23)Nhien Van Nguyen, Khan Cong Nguyen, Tomoki Yabutani, Chung Thi Kim Le, Khanh Nguyen Bao Le, Junko Motonaka and Yutaka Nakaya : Relationship of low serum selenium to anemia among primary school children living in rural Vietnam., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.54, No.6, 454-459, 2008.
24)奥村 仙示, 廣瀬 美和, 武田 英二, 宇野 昌明, 永廣 信治 : NST症例におけるワルファリン治療に及ぼす経腸栄養剤のビタミンK含有量の影響の検討, Nutrition Support Journal, Vol.10, No.1, 27-30, 2009年.
25)Nguyen Van Nhien, Tomoki Yabutani, Nguyen Cong Khan, Le Bao Nguyen Khanh, Nguyen Xuan Ninh, Chung Thi Kim Le, Junko Motonaka and Yutaka Nakaya : Association of Low Serum Selenium with Anemia among Adolescent Girls Living in Rural Vietnam, Nutrition, Vol.25, No.1, 6-10, 2009.
26)Y Ono, Yutaka Nakaya, S Bando, Takeshi Soeki, Susumu Ito and Masataka Sata : Telmisartan Decreases Plasma Levels of Asymmetrical Dimethyl-L-Arginine and Improves Lipid and Glucose Metabolism and Vascular Function, International Heart Journal, Vol.50, No.1, 73-83, 2009.
27)Masaki Yoshida, Nagakatsu Harada, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Nagakatsu Harada, Yunjie Yin, Atsushi Hattori, Tomoe Zenitani, Sayuri Hara, Haruka Yonemoto, Aki Nakamura, Masayuki Nakano, Kazuaki Mawatari, Kiyoshi Teshigawara, Hidekazu Arai, Toshio Hosaka, Akira Takahashi, Katsuhiko Yoshimoto and Yutaka Nakaya : Identification of cis-acting promoter sequences required for expression of the glycerol-3-phosphate acyltransferase 1 gene in mice., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1791, No.1, 39-52, 2009.
28)Mayumi Mikura, Ippei Yamaoka, Masako Doi, Yuichi Kawano, Mitsuo Nakayama, Reiko Nakao, Katsuya Hirasaka, Yuushi Okumura and Takeshi Nikawa : Glucose Infusion Suppresses Surgery-induced Muscle Protein Breakdown by Inhibiting Ubiquitin-proteasome Pathway in Rats, Anesthesiology, Vol.110, No.1, 81-88, 2009.
29)Hiroshi Kido, Yuushi Okumura, Etsuhisa Takahashi, HY Pan, Siye Wang, Junji Chida, Le Trong Quang and Mihiro Yano : Host envelope glycoprotein processing proteases are indispensable for entry into human cells by seasonal and highly pathogenic avian influenza viruses., Journal of Molecular and Genetic Medicine, Vol.3, No.1, 167-175, 2009.
30)Yuichiro Takei, Hironori Yamamoto, Masashi Masuda, Tadatoshi Sato, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : Stanniocalcin 2 is positively and negatively controlled by 1,25(OH)(2)D(3) and PTH in renal proximal tubular cells., Journal of Molecular Endocrinology, Vol.42, No.3, 261-268, 2009.
31)Hideyuki Sasaki, Hironori Yamamoto, Kumiko Tominaga, Kiyoshi Masuda, Tomoko Kawai, Shigetada Teshima-Kondo and Kazuhito Rokutan : NADPH oxidase-derived reactive oxygen species are essential for differentiation of a mouse macrophage cell line (RAW264.7) into osteoclasts., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.1-2, 33-41, 2009.
32)Misako Sogawa, Takahiro Seura, Shohei Kohno, Katsuya Hirasaka, Yasunaga Yamaguchi, Ryoji Takagaki, Akiko Harada, Yuushi Okumura, Shigeru Yamamoto, Kyoichi Kishi and Takeshi Nikawa : Awa (Tokushima) lactate-fermented tea as well as green tea enhance the effect of diet restriction on obesity in rats., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.1-2, 42-48, 2009.
33)Ibrahim Dalia Ismaeil Hemdan, Katsuya Hirasaka, Reiko Nakao, Shohei Kohno, Sachiko Kagawa, Tomoki Abe, Akiko Harada, Yuushi Okumura, Yutaka Nakaya, Junji Terao and Takeshi Nikawa : Polyphenols prevent clinorotation-induced expression of atrogenes in mouse C2C12 skeletal myotubes., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.1-2, 26-32, 2009.
34)Masae Sakuma, Hisami Okumura, Yuko Naniwa, Dai Matsumoto, Megumi Tsunematsu, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : Dose-dependent effects of barley cooked with white rice on postprandial glucose and desacyl ghrelin levels., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.44, No.2, 151-159, 2009.
35)Kazuyoshi Kitaoka, Kaoru Uchida, Naoko Okamoto, Sachiko Chikahisa, Toshitsugu Miyazaki, Eiji Takeda and Hiroyoshi Sei : Fermented ginseng improves the first-night effect in humans, Sleep, Vol.32, No.3, 413-421, 2009.
36)Yoshichika Kawai, Satomi Saito, Tomomi Nishikawa, Akari Ishisaka, Kaeko Murota and Junji Terao : Different profiles of quercetin metabolites in rat plasma: comparison of two administration methods., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.73, No.3, 517-523, 2009.
37)鶴尾 美穂, 寺沢 敏秀, 奥村 仙示, 武田 英二 : 超速効型インスリン注射と就寝前夜食療法を併用した肝硬変合併糖尿病の4症例, 日本病態栄養学会誌, Vol.12, No.1, 51-57, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2008年度(平成20年度) / 学術レター

(なし)

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

1)中屋 豊 : 栄養評価における血清アルブミン値の考え方ー低栄養の指標としてのアルブミン?, 臨床栄養, Vol.112, No.4, 2008年4月.
2)山西 倫太郎 : 善玉か,それとも悪玉か?∼β-カロテンの免疫系への作用に関する研究, フードリサーチ, No.637, 30-35, 2008年7月.
3)武田 英二, 谷村 綾子, 増田 真志 : 内科医のための骨粗鬆症・カルシウム・リン代謝からあらためて骨を考える, Mebio, No.8, 12-17, 2008年8月.
4)寺尾 純二 : 野菜フラボノイドの抗動脈硬化作用, フードリサーチ, Vol.639, No.9, 12-15, 2008年9月.
5)中屋 豊 : アルブミンは栄養評価の指標として適切か?, 日本病態栄養学会誌, Vol.11, No.2, 127-134, 2008年11月.
6)中屋 豊 : JIM, 疾患の結果として生じる栄養障害, JIM, Vol.18, No.11, 920-923, 2008年11月.
7)原田 晃子, 平坂 勝也, 奥村 裕司, 二川 健 : 徳島大学栄養学発''宇宙実験''の歩みとこれから, 四国医学雑誌, Vol.64, No.5,6, 236-241, 2008年12月.
8)寺尾 純二 : ポリフェノールの血中動態と標的部位への蓄積, --- ケルセチンとカテキンの抗動脈硬化作用のメカニズム ---, 日本未病システム学会雑誌 別冊, Vol.15, No.1, 43-49, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1)Akira Takahashi, M. Nakano, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada and Yutaka Nakaya : Vibrio cholerae El tor Hemolysin Activates Cyclic AMT Dependent Cl-Secretory Pathways which Xaused Diarrhea, 108th General Meeting of the American Society for Microbiology, Boston, Jun. 2008.
2)Li Qinkai, Toshio Hosaka, Jambaldorj Bayasglan, Otsuka Ryo, Hirata Yohko, Teshigawara Kiyoshi, Chisato Kosugi, Yutaka Nakaya and Makoto Funaki : Serotonin Induces Insulin-Resistance in 3T3-L1 Adipocytes, 68th scientific sessions American Diabetes Association, San Francisco, Jun. 2008.
3)Yagi Noriyuki, Mirei Mori, Hamamoto Akiko, Lian Xin, Nakano Masayuki, Masatake Akutagawa, Tachibana Satoko, Akira Takahashi, Toshitaka Ikehara and Yohsuke Kinouchi : EFFECTS OF 365NM UVA-LED ON BACTERIA, The Bioelectromagnetics Society 30th Annual Meeting, 350-351, San Diego, Jun. 2008.
4)Hiroshi Kido, Yuushi Okumura, Etsuhisa Takahashi and 潘 海燕 : Novel Proteolytic Activation Protease of Highly Pathogenic Avian Influenza Viruses which cover wide strains, even for non-susceptible strains by Furin and PC5/6., BirdFlu2008, Oxford, Sep. 2008.
5)Hisami Okumura, Akiko Taniguchi, Yuko Naniwa, Yasuko Takahashi and Eiji Takeda : Effect of viscous mixed meal on glucose lipid metabolism and oxidant stress, 32th ESPEN congress, Nice, France, 15th International Congress of Dietetics Yokohama, Sep. 2008.
6)Emi Shuto, Yutaka Taketani, R Tanaka, Ayako Tanimura, T Uebanso, M Isshiki, Nagakatsu Harada, Hironori Yamamoto, Yutaka Nakaya and Eiji Takeda : Postprandial Hyperphosphatemia is a Novel Risk Factor for Cardiovascular Disease by Involving Endothelial Dysfunction, American Society of Bone and Mineral Research 30th ANNUAL MEETING, Montreal, Sep. 2008.
7)Junji Terao, Kaeko Murota and Yoshichika Kawai : Antioxidative flavonoid quercetin:metabolic conversion behand its antiatheroslcerotic sffect, International symposium on Lipid peroxidation 2008, Karuizawa, Oct. 2008.
8)Junji Terao and Yoshichika Kawai : Mechanistic approach to anti-atherosclerotic effect of tea catechins, 2008 Internaitonal Symposium on Chronic Disease and LOHAS Foods, Jeju KOREA, Oct. 2008.
9)Takeo Iwata, Masamichi Kuwajima, Akiko Sukeno, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi, M Wabitsch, Noriko Mizusawa, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto : YKL-40 secreted from macrophages infiltrating into adipose tissue inhibits degradation of type I collagen., International symposium on diabetes, Tokyo, Mar. 2009.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1)Lian Xin, Akira Takahashi, Maeda Miku, Yagi Noriyuki, Tachibana Satoko, Masayuki Yamato, Tetsuro Koga, Masatake Akutagawa, Nakano Masayuki, Yutaka Nakaya and Yohsuke Kinouchi : New surface sterilization system using UVA-LED for vegetables, 第82回日本感染症学会総会・学術講演会, Apr. 2008.
2)原口 さやか, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 原田 永勝, 保坂 利男, 髙橋 章, 中尾 俊之, 土井 俊夫, 中屋 豊 : 間接カロリーメーターを用いた,慢性腎不全患者における早朝空腹時の代謝状態の検討, 第62回日本栄養・食糧学会, 2008年5月.
3)八木 教行, 森 美怜, 濱本 晶子, 中野 政之, 芥川 正武, 橘 聡子, 髙橋 章, 木内 陽介, 池原 敏孝, 大和 正幸 : UVA-LEDを用いたタンク型殺菌装置の開発と殺菌効果の検証, 第47回日本生体医工学会大会, 556-557, 2008年5月.
4)千田 淳司, Talukder R Sadiqur, 奥村 裕司, 木戸 博 : インフルエンザ感染後に発現誘導されるトリプシン遺伝子群の転写制御ネットワーク, 第13回 病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会, 2008年8月.
5)高橋 悦久, 潘 海燕, 奥村 裕司, 木戸 博 : 高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染活性化酵素の発見;新規Ⅱ型膜結合型セリンプロテアーゼ,MSPL/TMPRSS13によるウイルス膜融合活性と感染性の発現, 第13回日本病態プロテアーゼ学会学術集会, 2008年8月.
6)高橋 悦久, 潘 海燕, 奥村 裕司, 木戸 博 : 最長の細胞内領域とリン酸化シグナルを持つ,新規Ⅱ型膜結合型セリンプロテアーゼ,MSPL/TMPRSS13はMulti-basicシグナルを特異的に認識する唯一の膜結合型酵素であった, 第13回日本病態プロテアーゼ学会学術集会, 2008年8月.
7)粟飯原 睦美, 廉 馨, 前田 未来, 橘 聡子, 大和 正幸, 中野 政之, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章, 中屋 豊 : 高出力紫外線装置を用いた野菜表面の殺菌, 日本防菌防黴学会第35回年次大会, 2008年8月.
8)首藤 恵泉, 竹谷 豊, 山本 浩範, 奥村 仙示, 酒井 徹, 武田 英二 : 食後高リン血症は血管内皮機能障害を惹起し心血管疾患のリスクとなる, 第55回栄養改善学会学術総会, 2008年9月.
9)Gadelmoula Mosrafa, Lian Xin, Maeda Miku, Aihara Mutsumi, Hamamoto Akiko, Masayuki Yamato, Yutaka Nakaya, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi : 高出力UVA-LEDを用いた空気殺菌システムの開発, 日本防菌防黴学会第35回年次大会, Sep. 2008.
10)八木 教行, 濱本 晶子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 大和 正幸, 木内 陽介 : UV-LEDを用いたタンク水の殺菌効果の検証, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 238, 2008年9月.
11)前田 未来, 八木 教行, Lian Xin, 木内 陽介, 芥川 正武, 髙橋 章 : UVA-LED を用いた野菜の表面殺菌, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 237, 2008年9月.
12)廉 馨, 前田 未来, Mutsumi Aihara, Akira Takahashi, 八木 教行, 橘 聡子, 濱本 晶子, Masayuki Yamato, Masatake Akutagawa, 中野 政之, Yutaka Nakaya and Yohsuke Kinouchi : UVA-LED装置を用いた野菜の表面殺菌, 第23回生体・生理工学シンポジウム, Sep. 2008.
13)Mosrafa Gadelmoula, Xin Lian, 前田 未来, Mutsumi Aihara, 八木 教行, 片山 麻衣, 濱本 晶子, Masayuki Yamato, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Yutaka Nakaya and Akira Takahashi : UVA-LEDを用いた空気殺菌の試み, 第23回生体・生理工学シンポジウム, Sep. 2008.
14)首藤 恵泉, 竹谷 豊, 一色 政志, 山本 浩範, 武田 英二 : 高リン負荷による血管内皮機能障害, 第26回日本骨代謝学会学術集会, 2008年10月.
15)田中 亜紀, 香川 恵子, 川添 和義, 二川 健, 寺尾 純二, 水口 和生 : 栄養学的指標に基づく漢方薬の医薬品としての品質評価, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 164, 2008年11月.
16)奥村 裕司, 高橋 悦久, 潘 海燕, 木戸 博 : マウスII型膜結合型セリンプロテアーゼ,MSPL/TMPRSS13の同定およびヒト型との機能解析比較, 第81回日本生化学会大会, 2008年12月.
17)高橋 悦久, 奥村 裕司, 潘 海燕, 木戸 博 : II型膜結合型セリンプロテアーゼ,MSPL/TMPRSS13は高病原性トリインフルエンザウイルスを活性化し,膜融合活性能を増大する., 第81回日本生化学会大会, 2008年12月.
18)原口 さやか, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 原田 永勝, 髙橋 章, 髙橋 利和, 中尾 俊之, 水口 潤, 炭谷 晴雄, 土井 俊夫, 中屋 豊 : 慢性腎不全患者における早期の飢餓状態に対する就寝前夜食の効果ー間接カロリーメーターを用いた検討, 第12回日本病態栄養学会学術集会, 2009年1月.
19)平田 容子, 松村 晃子, 山田 静恵, 山田 静恵, 宇野 和美, 山本 智美, 武知 浩和, 長尾 妙子, 清家 純一, 保坂 利男, 丹黒 章, 中屋 豊 : 乳癌化学療法中に穿孔性腹膜炎をきたした一例, 第12回日本病態栄養学会学術集会, 2009年1月.
20)大橋 希江, 宇野 和美, 松村 晃子, 山田 静恵, 山本 智美, 武知 浩和, 中屋 豊 : 癌治療中患者に対するPEG栄養施行時において半固形経腸栄養剤を使用した場合の有効性の検討, 第12回日本病態栄養学会学術集会, 2009年1月.
21)首藤 恵泉, 竹谷 豊, 田中 理恵子, 一色 政志, 阿望 幾久子, 奥村 仙示, 山本 浩範, 武田 英二 : ヒトにおける食事性高リン負荷による血管内皮機能障害, 第12回日本病態栄養学会年次学術集会, 2009年1月.
22)Qinkai Li, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, 中野 政之, Akira Takahashi, Yutaka Nakaya, Toshio Hosaka, Bayasgalan Jambaldorj, 大塚 良 and Makoto Funaki : Chronic 5-Hydroxytryptamine Treatment Induces Insulin Resistance in 3T3-L1 Adipocytes by mTOR-dependent modification of IRS-1, 第238回徳島医学会学術集会, Feb. 2009.

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1)武田 英二 : 栄養・食品クロムの耐糖能改善効果について, 日本医事新報, No.4383, 94, 2008年4月.
2)武田 英二, 佐久間 理英, 阿望 幾久子 : 糖質調整流動食インスローの機能および効果, 第12回マンスリーフードリサーチ, No.638, 12-16, 2008年8月.

2008年度(平成20年度) / 報告書

1)武田 英二, 奥村 仙示 : 糖尿病予防・治療のための食品の組み合わせ効果に関するヒト試験,Ⅲ-3ヒト試験等による生活習慣病・メタボリックシンドロームの予防機能の検証,食品・農産物の表示の信頼性確保と機能性解析のための基盤技術の開発-機能性-(食品・農産物の新たな機能性解析技術の開発), 平成20年度運営委員会報告 農林水産省農林水産技術会議事務局 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所, 2009年2月.

2009年度(平成21年度)

article.{@.date="20090400 20100399" @.organization=\E{148408}}

2009年度(平成21年度) / 著書

1)中屋 豊, 原田 永勝 : 治療(J.Thrap), 食事(栄養)療法の基本と理論 押さえておきたいポイント, 株式会社 南山堂, 2009年4月.
2)中屋 豊 : よくわかる栄養学の基本としくみ, 秀和システム, 東京, 2009年6月.
3)山西 倫太郎, その他 34名 : クエスチョン・バンク管理栄養士国家試験問題解説 2010, メディック・メディア, 東京, 2009年7月.
4)中屋 豊, 原田 永勝 : Medical Practice 臨時増刊号 新静脈栄養・経腸栄養ガイド 第6部 在宅栄養の実際 在宅栄養の意義と進めかた, 2009年7月.
5)中屋 豊 : 専門化が紐解くメタボリックシンドローム 3章, NPO法人日本ケアフィットサービス協会, 2009年8月.
6)山西 倫太郎 : カロテノイドの抗アレルギー作用, 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2009年9月.
7)Junji Terao : PLANE PHENOLICS AND HUMAN HEALTH, --- 8. Flavonols:Metabolism,Bioavailability,and Health Impact ---, John Wiley & Sons, Inc., Nov. 2009.
8)Mostafa Gadelmoula, Kazuaki Mawatari, Masayuki Yamato, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi : Microbiology book series2(2), --- UVA-LED Air Disinfection ---, Formatex research center, 2010.
9)武田 英二 : コメディカルのための論文の書き方の基礎知識, --- 第1章 論文を書く前に ---, メディカルレビュー社, 大阪, 2010年1月.
10)山西 倫太郎 : 第5章 機能性成分分析法 10. 大豆アレルゲン, 恒星社厚生閣, 東京, 2010年3月.
11)武田 英二 : 今日の診断指針第6版, --- ビタミン欠乏症・ビタミン過剰症 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2010年3月.
12)武田 英二 : 静脈・経腸栄養(第3版)ー基礎・臨床研究のアップデートー, --- Ⅲ.代謝管理 3.カルシウム・リン代謝と生体機能 , 5 ビタミンと代謝 ---, 日本臨牀社, 大阪, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Emi Shuto, Yutaka Taketani, Tanaka Rieko, Nagakatsu Harada, Isshiki Masashi, Sato Minato, Nashiki Kunitaka, Amo Kikuko, Hironori Yamamoto, Higashi Yukihito, Yutaka Nakaya and Eiji Takeda : Dietary Phosphorus Acutely Impairs Endothelial Function., Journal of the American Society of Nephrology, Vol.20, No.7, 1504-1512, 2009.
2)Kyuichi Kawabata, Yoshichika Kawai and Junji Terao : Suppressive effect of quercetin on acute stress-induced hypothalamic-pituitary-adrenal axis response in Wistar rats., The Journal of Nutritional Biochemistry, Vol.21, No.5, 374-380, 2009.
3)Tomoyuki Yuasa, Keiji Uchiyama, OGURA Yuko, Masafumi Kimura, TESHIGAWARA Kiyoshi, Toshio Hosaka, TANAKA Yoshinori, Toshiyuki Obata, SANO Hiroyuki, Kazuhiro Kishi and Yousuke Ebina : The Rab GTPase-Activating Protein AS160 as a Common Regulator of Insulin- and Gαq-Mediated Intracellular GLUT4 Vesicle Distribution, Endocrine Journal, Vol.56, No.3, 345-359, 2009.
4)Masayuki Okuda, Satoshi Sasaki, Noriko Bando, Michio Hashimoto, Ichiro Kunitsugu, Shinichi Sugiyama, Junji Terao and Tatsuya Hobara : Carotenoid, tocopherol, and fatty acid biomarkers and dietary intake estimated by using a brief self-administered diet history questionnaire for older Japanese children and adolescents., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.55, No.3, 231-241, 2009.
5)Takashi Uebanso, Yutaka Taketani, Makiko Fukaya, Kazusa Sato, Yuichiro Takei, Tadatoshi Sato, Naoki Sawada, Kikuko Amou, Nagakatsu Harada, Hidekazu Arai, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : Hypocaloric high protein diet improves fatty liver and hypertriglyceridemia in sucrose-fed obese rats via two pathways., American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.297, No.1, 76-84, 2009.
6)hua Yin, Nagakatsu Harada, Kazuaki Mawatari, Yasui Sonoko, Hiroko Segawa, Akira Takahashi, Shuzo Oshita and Yutaka Nakaya : L-DOPA inhibits nitric oxide-dependent vasorelaxation via production of reactive ozygen species in rat aorta, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.3,4, 120-129, 2009.
7)Li Qinkai, Toshio Hosaka, Jambaldorj Bayasglan, Yutaka Nakaya and Makoto Funaki : Extracellular Matrix with the Rigidity of Adipose Tissues Helps 3T3-L1 Adipocytes Maintain Insulin Responsiveness, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.3,4, 142-149, 2009.
8)Gadelmoula Mostafa, Lian Xin, Maeda Miku, Aihara Mutsumi, Kazuaki Mawatari, Hamamoto Akiko, Harada Yumi, Masayuki Yamato, Masatake Akutagawa, Yutaka Nakaya, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi : Suitability of ultraviolet(A)-light emitting diode for air stream disinfection, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.3-4, 150-156, 2009.
9)Akiyuki Yokoyama, Hiroyuki Sakakibara, Alan Crozier, Yoshichika Kawai, Asako Matsui, Junji Terao, Shigenori Kumazawa and Kayoko Shimoi : Quercetin metabolites and protection against peroxynitrite-induced oxidative hepatic injury in rats., Free Radical Research, Vol.43, No.10, 913-921, 2009.
10)Takeo Iwata, Masamichi Kuwajima, Akiko Sukeno, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi, Martin Wabitsch, Noriko Mizusawa, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto : YKL-40 secreted from adipose tissue inhibits degradation of type I collagen., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.388, No.3, 511-516, 2009.
11)Reiko Nakao, Katsuya Hirasaka, Jumpei Goto, Kazumi Ishidoh, Chiharu Yamada, Ayako Ohno, Yuushi Okumura, Ikuya Nonaka, Koji Yasutomo, KM Baldwin, Eiki Kominami, Akira Higashibata, Keisuke Nagano, Keiji Tanaka, Natsuo Yasui, EM Mills, Shinichi Takeda and Takeshi Nikawa : Ubiquitin ligase Cbl-b is a negative regulator for insulin-like growth factor 1 signaling during muscle atrophy caused by unloading., Molecular and Cellular Biology, Vol.29, No.17, 4798-4811, 2009.
12)Motoko Oarada, Katsuhiko Kamei, Tohru Gonoi, Tsuyoshi Tsuzuki, Takahito Toyotome, Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa, Ayaka Sato and Nobuyuki Kurita : Beneficial effects of a low-protein diet on host resistance to Paracoccidioides brasiliensis in mice, Nutrition, Vol.25, No.9, 954-963, 2009.
13)Motoko Oarada, Miki Igarashi, Tsuyoshi Tsuzuki, Nobuyuki Kurita, Tohru Gonoi, Takeshi Nikawa, Katsuya Hirasaka, Teruo Miyazawa, Kiyotaka Nakagawa and Katsuhiko Kamei : Effect of dietary oils on host resistance to fungal infection in psychologically stressed mice, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.73, No.9, 1994-1998, 2009.
14)Sakurako Katsuura, Tomomi Imamura, Noriko Bando and Rintaro Yamanishi : beta-Carotene and beta-cryptoxanthin but not lutein evoke redox and immune changes in RAW264 murine macrophages., Molecular Nutrition & Food Research, Vol.53, No.11, 1396-1405, 2009.
15)Yiu-Wing Kam, Yuushi Okumura, Hiroshi Kido, Lisa P. F. Ng, Roberto Bruzzone and Ralf Altmeyer : Cleavage of the SARS coronavirus spike glycoprotein by airway proteases enhances virus entry into human bronchial, PLoS ONE, Vol.4, No.11, e7870, 2009.
16)Chung Thi Kim Le, Toshio Hosaka, Yoshida Masaki, Nagakatsu Harada, Hiroshi Sakaue, Tohru Sakai and Yutaka Nakaya : Exendin-4, a GLP-1 receptor agonist, directly induces adiponectin expression through protein kinase A pathway and prevents inflammatory adipokine expression., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.390, No.3, 613-618, 2009.
17)Le Thi Kim Chung, Toshio Hosaka, Nagakatsu Harada, Bayasgalan Jambaldorj, Keiko Fukunaga, Yuka Nishiwaki, Kiyoshi Teshigawara, Tohru Sakai, Yutaka Nakaya and Makoto Funaki : Myosin IIA participates in docking of Glut4 storage vesicles with the plasma membrane in 3T3-L1 adipocytes., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.391, No.1, 995-999, 2009.
18)Tohru Sakai, Sakina Furoku, Mariko Nakamoto, Emi Shuto, Toshio Hosaka, Yasuhiko Nishioka and Saburo Sone : The Soy isoflavone equol enhances antigen-specific IgE production in ovalbumin-immunized BALB/c mice., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.56, No.1, 72-76, 2010.
19)Qinkai Li, Weidong Yin, Manbo Cai, Yi Liu, Hongjie Hou, Qingyun Shen, Chi Zhang, Junxia Xiao, Xiaobo Hu, Qishisan Wu, Makoto Funaki and Yutaka Nakaya : NO-1886 suppresses diet-induced insulin resistance and cholesterol accumulation through STAT5-dependent upregulation of IGF1 and CYP7A1., The Journal of Endocrinology, Vol.204, No.1, 47-56, 2010.
20)Hattori Atsushi, Kazuaki Mawatari, Tuzuki Satomi, Yoshioka Emiko, Toda Satomi, Yoshida Masaki, Yasui Sonoko, Furukawa Hiroko, Morishima Masaki, Ono Katsushige, Takamasa Ohnishi, Nakano Masayuki, Nagakatsu Harada, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : β-Adrenergic-AMPK Pathway Phosphorylates Acetyl-CoA Carboxylase in a High-epinephrine Rat Model, SPORTS, Obesity, Vol.18, No.1, 48-54, 2010.
21)Hidekazu Arai, Naomi Awane, Akira Mizuno, Makiko Fukaya, Masae Sakuma, Nagakatsu Harada, Akihiko Kawaura, Hironori Yamamoto, Hisami Okumura, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda : Increasing early insulin secretion compensate adequately for hepatic insulin resistance in CCl4-induced cirrhosis rats., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.1-2, 54-61, 2010.
22)Keiko Azuma, Katsunari Ippoushi and Junji Terao : Evaluation of tolerable levels of dietary quercetin for exerting its antioxidative effect in high cholesterol-fed rats., Food and Chemical Toxicology, Vol.48, No.4, 1117-1122, 2010.
23)Masaki Yoshida, Nagakatsu Harada, Keiko Yoshida, Tadahiko Nakagawa, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Hiroshi Sakaue and Yutaka Nakaya : High density lipoprotein inhibits the activation of sterol regulatory element-binding protein-1 in cultured cells., FEBS Letters, Vol.584, No.6, 1217-1222, 2010.
24)Motoko Oarada, Miki Igarashi, Tsuyoshi Tsuzuki, Katsuhiko Kamei, Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa, Teruo Miyazawa, Kiyotaka Nakagawa and Tohru Gonoi : Effects of a high-protein diet on host resistance to Paracoccidioides brasiliensis in mice, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.74, No.3, 620-626, 2010.
25)Xin Lian, Kayo Tetsutani, Akiko Hamamoto, Masayuki Nakano, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, Masayuki Yamato, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Yutaka Nakaya and Akira Takahashi : A new colored beverage disinfection system using UV-A light-emitting diodes, Biocontrol Science, Vol.15, No.1, 33-37, 2010.
26)Mariko Ishiguro, Hironori Yamamoto, Masashi Masuda, Mina Kozai, Yuichiro Takei, Sarasa Tanaka, Tadatoshi Sato, Hiroko Segawa, Yutaka Taketani, Hidekazu Arai, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda : Thyroid hormones regulate phosphate homoeostasis through transcriptional control of the renal type IIa sodium-dependent phosphate co-transporter (Npt2a) gene., The Biochemical Journal, Vol.427, No.1, 161-169, 2010.
27)Yuka Tomoe, Hiroko Segawa, Kazuyo Shiozawa, Ichiro Kaneko, Rieko Tominaga, Etsuyo Hanabusa, Fumito Aranami, Junya Furutani, Shoji Kuwahara, Sawako Tatsumi, Mitsuru Matsumoto, Mikiko Ito and Ken-ichi Miyamoto : Phosphaturic action of fibroblast growth factor 23 in Npt2 null mice, American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.298, No.6, F1341-F1350, 2010.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2009年度(平成21年度) / 学術レター

(なし)

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

1)粟飯原 睦美, 髙橋 章 : 食品製造分野におけるLED殺菌技術の可能性 (特集 洗浄・殺菌技術の近況), ジャパンフ-ドサイエンス, Vol.48, No.6, 20-26, 2009年6月.
2)寺尾 純二, 二川 健, 岡 達三 : フラボノイドの生理機能性研究の展開, ビタミン, Vol.93, 551-552, 2009年9月.
3)寺尾 純二 : 生体内における過酸化脂質の発生と消去, 生物試料分析, Vol.32, No.4, 257-264, 2009年9月.
4)山西 倫太郎 : カロテノイドが免疫系に及ぼす影響, --- -アレルギーとの関係を中心に- ---, 化学と生物, Vol.47, No.11, 764-771, 2009年11月.
5)河合 慶親, 寺尾 純二 : ケルセチンの生体内標的部位と作用機構, --- 抗ポリフェノール抗体の開発と応用から見えてきたものとは? ---, 化学と生物, Vol.47, No.11, 746-747, 2009年11月.
6)Akiko Harada : "Myo Lab": A JAXA Cell Biology Experiment in "Kibo (JEM)" of the International Space Station., Biological Sciences in Space, Vol.23, No.4, 189-193, Dec. 2009.
7)中屋 豊, 原田 永勝, 堤 理絵, 阪上 浩 : 肝硬変に対する栄養サポートのエビデンス, 静脈経腸栄養, Vol.25, No.5, 1057-1062, 2010年.
8)寺尾 純二 : 食品抗酸化物質の評価と応用食品抗酸化物質の評価と応用, 食品・食品添加物研究誌, Vol.215, No.1, 1-4, 2010年2月.
9)二川 健, 中尾 玲子, 河野 尚平, 真板 綾子, 原田 晃子, 奥村 裕司 : 第5章 第1節6.5 筋タンパク質分解調節活性:ユビキチン化, 大豆のすべて, 218-221, 2010年2月.

2009年度(平成21年度) / 国際会議

1)Mika Adachi, Jun-ichi Morishige, Tamotsu Tanaka, Junji Terao, Kiyoshi Satouchi and Akira Tokumura : Lysophosphatidic acid in foods and herbs protects gastric ulcer in rats under water-immersion stress, 4th international conference on phospholipase A2 and lipid mediators, Vol.Final program and abstracts book, 131, Tokyo, May 2009.
2)LI QINKAI, Toshio Hosaka, JAMBALDORJ BAYASGLAN, Yutaka Nakaya and Makoto Funaki : Extracellular Matrix with the Rigidity of Adipose Tissues Helps 3T3-L1 Adipocytes Maintain Insulin Responsiveness, The American Diabetes Association 69th Scientific Sessions, New Orleans, Jun. 2009.
3)Junji Terao : Quercetin as a multifunctional food factor, MoRST.FRST-JST Functional food workshop, Palmerston,North New Zealand, Jul. 2009.
4)Yutaka Nakaya, Shimohata Takaaki, Haraguchi Sayaka, Nakao Toshiyuki, Minaguchi Jun, Sumitani Haruo, Nagakatsu Harada and Hiroshi Sakaue : Severe Catabolic State After An Overnight Fast In Patients With Chronic Renal Failure, 31stESPEN Congress, Wien, Aug. 2009.
5)Junji Terao, Kaeko Murota and Yoshichika Kawai : Prevention of athrosclerosis by functional food factors, Itary-Japan Symposium on Foods and, Tokyo, Oct. 2009.
6)Etsuhisa Takahashi, Yuushi Okumura and Hiroshi Kido : Type II Transmembrane Serine Proteases, MSPL and TMPRSS13, Proteolytically Activate Membrane Fusion Activity of Highly Pathogenic Avian Influenza Virus Hemagglutinin., 6th General Meeting of the International Proteolysis Society, Queensland, Australia, Oct. 2009.
7)Etsuhisa Takahashi, Yuushi Okumura and Hiroshi Kido : Type Transmembrane Serine Proteases, MSPL and TMPRSS13, Proteolytically Activate Membrane Fusion Activity of Highly Pathogenic Avian Influenza Virus Hemagglutinin., 6th General Meeting of the International Proteolysis Society, Queensland, Australia, Oct. 2009.
8)Yuushi Okumura and Hiroshi Kido : Role of the host cellular processing proteases in influenza virus infection., 6th General Meeting of the International Proteolysis Society, Queensland, Australia, Oct. 2009.
9)Emi Shuto, Yutaka Taketani, W Kusunise, T Tanaka, D Horie, Kikuko Amou, Hironori Yamamoto, Tohru Sakai and Eiji Takeda : Excessive dietary phosphorus acutely impairs endothelial function in healthy men, The American Society of Nephrology 42nd ANNUAL MEETING & Scientific Exposition, San Diego, Oct. 2009.
10)Junji Terao, Kaeko Murota and Yoshichika Kawai : Flavonoid paradox between biological acitivity and bioavailability:insight into their delivery to the target site, 4th International conference on polyphenols and health, Harrogate,UK, Dec. 2009.
11)Rie Mukai, Hitoshi Ashida, Takeshi Nikawa and Junji Terao : Nuclear accumulation of flavonol aglycone in cultured cells detected with a fluorescence microscope, 4th International Conference on Polyphenol and Health, Harrogate, United Kingdom, Dec. 2009.
12)Junji Terao : Dietary querctin as a multifunctional food factor, 2010 International symposium on functional foods for, Taichung,Taiwan, Jan. 2010.

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1)首藤 恵泉, 竹谷 豊, 山本 浩範, 酒井 徹, 武田 英二 : ヒトにおける食事性高リン負荷による血管内皮機能障害, 第63回日本栄養・食糧学会大会, 2009年5月.
2)Le Thi Kim Chung, Toshio Hosaka, Jambaldorj Bayasglan, Fukunaga Keiko, Nishiwak Yuka, Yutaka Nakaya and Makoto Funaki : Myosin A enhances membrane fusion of GLUT4-containing vesicles, but not recycling endosomes, with the plasma membrane., 第52回日本糖尿病学会年次学術集会, May 2009.
3)LI QINKAI, Toshio Hosaka, Jambaldorj Bayasglan, Fukunaga Keiko, Nishiwak Yuka, Yutaka Nakaya and Makoto Funaki : Extracellular matrix with the rigidity of adipose tissues helps 3T3-L1 adipocytes maintain insulin responsiveness, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会, May 2009.
4)高橋 悦久, 潘 海燕, 奥村 裕司, 木戸 博 : 高病原性鳥インフルエンザウイルス感染活性化酵素として新たに見出されたⅡ型膜結合型セリンプロテアーゼ,MSPL/TMPRSS13による膜融合活性の証明, 第14回日本病態プロテアーゼ学会学術集会, 2009年8月.
5)芥川 正武, 前田 未来, 岡久 強志, 大下 知洋, 中野 政之, 髙橋 章, 大和 正幸, 木内 陽介, 廉 馨 : UV-LEDを用いた殺菌装置の開発, 電気学会電子·情報·システム部門大会論文集, No.MC8-8, 829-831, 2009年9月.
6)岡久 強志, 木内 陽介, 芥川 正武, 髙橋 章, 前田 未来, 大下 知洋, 片山 麻衣, 廉 馨 : UV-LED を用いた水中殺菌装置の開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 233, 2009年9月.
7)大下 知洋, 片山 麻衣, 岡久 強志, 前田 未来, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章, 廉 馨 : 異なる波長のUVA-LEDを用いた殺菌作用の比較, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 234, 2009年9月.
8)前田 未来, 粟飯原 睦美, 廉 馨, 木内 陽介, 芥川 正武, 髙橋 章 : UV-LED を用いた野菜の表面殺菌, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 236, 2009年9月.
9)中川 亮佑, 城山 和己, 山中 雅斗, 寺西 研二, 下村 直行, 髙橋 章 : バイオエレクトリクス実験のためのパルス電界印加システムの開発, 平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 235, 2009年9月.
10)足立 美佳, 盛重 純一, 田中 保, 寺尾 純二, 里内 清, 德村 彰 : 水浸拘束ストレス負荷によるラット胃潰瘍形成に及ぼす食物やリゾホスファチジン酸の抑制効果, 第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
11)高橋 悦久, 奥村 裕司, 木戸 博 : 高病原性トリインフルエンザウイルスはII型膜結合型セリンプロテアーゼ,MSPL/TMPRSS13により活性化され,その膜融合活性はインヒビターによって低下する, 第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
12)足立 美佳, 盛重 純一, 田中 保, 寺尾 純二, 里内 清, 德村 彰 : 食品素材や漢方薬に含まれるリゾホスファチジン酸のラットストレス性胃潰瘍に対する抑制作用, 第48回日本薬学会/日本薬剤師会/日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
13)向井 理恵, 中尾 玲子, 二川 健, 山本 浩範, 武田 英二, 寺尾 純二 : マウス尾懸垂モデル系におけるケルセチンの筋萎縮抑制効果, 第14回日本フードファクター学会学術集会, 2009年11月.
14)平松 由佳子, 阿古目 健志, 阿部 真治, 川添 和義, 寺尾 純二, 水口 和生 : 漢方薬の品質変化と剤型との関連性, 第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
15)Koji Hirozumi, Tatsusada Yoshida, Yoshichika Kawai, Junji Terao and Hiroshi Chuman : QSAR of DPPH Activity of Flavonoids Based on Ab Initio MO Studies of Hydrogen Radical Abstraction of Phenols, 第37回構造活性相関シンポジウム, Nov. 2009.
16)首藤 恵泉, 竹谷 豊, 阿望 幾久子, 保坂 利男, 山本 浩範, 酒井 徹, 武田 英二 : 食事性のリン過剰摂取は血管内皮機能を障害する, 第13回日本病態栄養学会年次学術集会, 2010年1月.
17)山本 浩範, 菊地 浩子, 桑原 頌治, 田中 更沙, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 佐々木 一, 武田 英二 : 腸管トランスポーターを分子標的とした腎疾患治療法の確立をめざして, 第13回日本病態栄養学会年次学術集会, 2010年1月.
18)上番増 喬, 竹谷 豊, 山本 浩範, 阿望 幾久子, 新井 英一, 竹井 悠一郎, 増田 真志, 谷村 綾子, 原田 永勝, 奥村 仙示, 武田 英二 : FGF21はグルコースにより誘導される, 第13回日本病態栄養学会年次学術集会, 2010年1月.
19)木内 香奈, 中屋 豊 : 頭頸部がん患者の化学療法後にみられた高カリウム血症, 第13回日本病態栄養学会年次学術集会, 2010年1月.
20)大橋 希江, 中屋 豊 : 透析患者の味覚異常における血清亜鉛値の意義についての検討, 第13回日本病態栄養学会年次学術集会, 2010年1月.
21)田中 佑佳, 中屋 豊 : 褥瘡治療におけるアルギニン強化栄養剤の有効性について, 第13回日本病態栄養学会年次学術集会, 2010年1月.
22)浦野 恵利, 奥村 仙示, 松本 大, 山内 利香, 島田 光生, 武田 英二 : 肝疾患患者に対するテーラーメイド栄養管理の血液生化学指標についての検討, 第13回日本病態栄養学会年次学術集会, 2010年1月.
23)中川 忠彦, 原田 永勝, 吉田 将紀, 宮本 愛子, 川西 由希子, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 阪上 浩, 中屋 豊 : 脂質合成律速酵素グリセロール-3-リン酸アシルトランスフェラーゼ2の膜トポロジー解析, 第240回徳島医学会学術集会, 2010年2月.
24)中川 忠彦, 原田 永勝, 吉田 将紀, 宮本 愛子, 川西 由希子, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 阪上 浩, 中屋 豊 : 脂質合成律速酵素グリセロール-3-リン酸アシルトランスフェラーゼ2の膜トポロジー解析, 第240回徳島医学会学術集会, 2010年2月.
25)Kazuaki Mawatari, Yukina Takahashi, Nami Morikawa, Takaaki Shimohata, Akiko Hamamoto, Zehong Su, Masayuki Yamato and Akira Takahashi : VPA1604, a protein tyrosine kinase, modulate HMW K6-polysaccharide in Vibrio parahaemolyticus, 第83回日本細菌学会総会, Mar. 2010.
26)Takaaki Shimohata, Masayuki Nakano, Lian Xin, Kazuaki Mawatari, Masayuki Yamato and Akira Takahashi : Vibrio parahaemolyticus modulate IL-8 secretion through dual pathway, 第83回日本細菌学会総会, Mar. 2010.
27)向井 理恵, 藤倉 温, 二川 健, 山本 浩範, 武田 英二, 寺尾 純二 : 廃用性筋萎縮モデルマウスにおけるケルセチンの筋重量低下抑制効果, 日本農芸化学会2010年度大会, 2010年3月.
28)石澤 啓介, 吉栖 正典, Dortsuren Naruantungalag, 今村 優子, 池田 康将, 寺尾 純二, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : ケルセチンの生体内代謝と動脈硬化予防効果, 第83回 日本薬理学会年会シンポジウム「健康食品の薬理学」, 2010年3月.
29)中川 亮佑, 城山 和己, Su Zehong, 寺西 研二, 下村 直行, 髙橋 章 : 病原性細菌へのパルス高電界印加効果, 平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 201, 2010年3月.
30)片桐 彩人, 神谷 昌樹, 河村 知志, 根本 尚夫, 吉富 康亮, 服部 初彦, 中尾 玲子, 二川 健, 根本 尚夫 : 抗ユビキチン化作用を有するペンタペプチドのBGL化と活性評価, 日本薬学会第130年会, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 作品等

(なし)

2009年度(平成21年度) / その他・研究会

1)庄野 正行, 原田 永勝 : 真珠貝殻粉末におけるラット体脂肪減少効果の検討, 第32回生理学技術研究会発表, 2010年2月.

2009年度(平成21年度) / 報告書

(なし)

2010年度(平成22年度)

article.{@.date="20100400 20110399" @.organization=\E{148408}}

2010年度(平成22年度) / 著書

1)宮本 賢一, 瀬川 博子 : リントランスポーター, 2010年4月.
2)加藤 龍一, 白川 昌宏, 真板 綾子 : 入門 構造生物学 –放射光X線と中性子で最新の生命現象を読み解く-, 共立出版株式会社, 東京, 2010年4月.
3)宮本 賢一, 瀬川 博子 : リントランスポーター, 株式会社 先端医学社, 2010年4月.
4)宮本 賢一, 古谷 順也 : ペプチド輸送におけるペプチドトランスポーターの役割, けんぱく社, 東京, 2010年5月.
5)Junji Terao, Kaeko Murota and Yoshichika Kawai : Recent Advances in Polyphenol Research, Volume2, --- Chapter8 Antiatheroscletic Effects of Dietary Flavonoids:Insight into their Molecular Action Mechanism at the Target Site ---, Wiley-Blackwell, Jul. 2010.
6)山西 倫太郎, その他 25名 : クエスチョン・バンク管理栄養士国家試験問題解説 2011, メディック・メディア, 東京, 2010年7月.
7)粟飯原 睦美, 髙橋 章 : 近紫外線発光ダイオードを用いた殺菌システム, 化学工業社, 2010年9月.
8)武田 英二 : 最新育児小児病学 改訂第6版, --- 小児病学 9.栄養性疾患(A.栄養失調症,B.ビタミン欠乏症及び過剰症) ---, 南江堂, 東京, 2010年9月.
9)武田 英二 : 最新呼吸リハビリテーション, --- II リハビリテーション・ADL/IADLトレーニングの基本的理解 1.呼吸器疾患の栄養療法 A.栄養療法の意義 B.栄養療法の計画 ---, 南江堂, 東京, 2010年10月.
10)寺尾 純二 : からだと光の事典/太陽紫外線防御研究委員会, --- II.3.5 資質の酸化変性 ---, 朝倉書店, 東京, 2010年11月.
11)新井 博文, 寺尾 純二 : 食品機能素材IV, --- 第3章 食品の抗酸化機能 ---, 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2010年11月.
12)竹谷 豊 : 栄養管理におけるビタミンK, 株式会社朝倉書店, 2010年11月.
13)竹谷 豊 : 食事摂取基準の活用, 株式会社朝倉書店, 2010年11月.
14)寺尾 純二 : ビタミン総合事典 /日本ビタミン学会編集, --- III. 2.1 はじめに(概要と歴史) ---, 朝倉書店, 東京, 2010年11月.
15)宮本 賢一, 桑波田 雅士 : 栄養素の代謝と生理機能, メディカルレビュー社, 2011年1月.
16)中屋 豊 : Chap.3 がんにおける糖質,脂質,蛋白質代謝(翻訳), メディカルレビュー社, 東京, 2011年1月.
17)武田 英二 : がん栄養療法ガイドブック第2版, --- Section1 がんの概要 2.小児がん(pp21-26), Section2 がんの栄養療法 11.小児がんに対する医学的栄養療法(pp113-126) ---, メディカルレビュー社, 大阪, 2011年1月.
18)中屋 豊 : Chap.9 重症患者における栄養管理, メディカルレビュー社, 東京, 2011年1月.
19)中屋 豊 : Chap.14 心疾患を有する患者の栄養管理, 2011年1月.
20)中屋 豊 : 第1章3 栄養サポートチーム(NST)の意義とこれからの課題, 2011年1月.
21)武田 英二 : NSTガイドブック2011改訂第3版, --- 1.栄養不良がもたらす影響 ---, メディカルレビュー社, 大阪, 2011年1月.
22)宮本 賢一, 竹谷 豊, 辰巳 佐和子, 伊藤 美紀子, 瀬川 博子 : 無機リン酸イオンとトランスポーター, 京都廣川書店, 2011年3月.
23)桑原 頌治, 西山 俊, 大井 彰子, 金子 一郎, 辰巳 佐和子, 伊藤 美紀子, 竹谷 豊, 宮本 賢一 : リン酸トランスポーター関連分子群とリン代謝異常症, メディカルドゥ社, 2011年3月.
24)酒井 徹 : 改訂 給食経営管理論, 建ぱく社, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Hisami Okumura, Taki Nakamura, Hidenori Miyake, Harumi Takeuchi, Takafumi Katayama, Yuji Morine, Satoru Imura, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda : Effect of long-term late-evening snack on health-related quality of life in cirrhotic patients., Hepatology Research, Vol.40, No.5, 470-476, 2010.
2)Rie Tsutsumi, Devendra Mistry and Nicholas J. G. Webster : Signaling responses to pulsatile gonadotropin-releasing hormone in LbetaT2 gonadotrope cells., The Journal of Biological Chemistry, Vol.285, No.26, 20262-20272, 2010.
3)酒井 徹, 中本 真理子, 首藤 恵泉, 保坂 利男 : 栄養と免疫機能—非必須栄養素,低栄養状態,過栄養状態と免疫—, 四国医学雑誌, Vol.66, No.1, 19-26, 2010年.
4)Masayuki Okuda, Noriko Bando, Junji Terao, Satoshi Sasaki, Shinichi Sugiyama, Ichiro Kunitsugu and Tatsuya Hobara : Association of serum carotenoids and tocopherols with atopic diseases in Japanese children and adolescents., Pediatric Allergy and Immunology, Vol.21, No.4 Pt 2, e705-e710, 2010.
5)Yuushi Okumura, Etsuhisa Takahashi, Mihiro Yano, Ohuchi Masanobu, Daidoji Tomo, Nakaya Takaaki, Bőttcher Eva, Garten Woflgang, Klenk Hans-Dieter and Hiroshi Kido : Novel type II transmembrane serine proteases, MSPL and TMPRSS13, proteolytically activate membrane fusion activity of hemagglutinin of highly pathogenic avian influenza viruses and induce their multicycle replication., Journal of Virology, Vol.84, No.10, 5089-5096, 2010.
6)Hiroaki Yanagawa, Junji Terao, Eiji Takeda, Yoshihisa Takaishi, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Fushitani Shuji, Koichiro Tsuchiya, Aiko Yamauchi, Sato Chiho and Minoru Irahara : Consultation clinics for complementary and alternative medicine at Japanese university hospitals: An analysis at Tokushima University Hospital, Experimental and Therapeutic Medicine, Vol.1, No.3, 481-483, 2010.
7)Zehong Su, Masayuki Nakano, Tetsuro Koga, Xin Lian, Akiko Hamamoto, Takaaki Shimohata, Yumi Harada, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, Masatake Akutagawa, Yutaka Nakaya and Akira Takahashi : Hfq regulates anti-oxidative ability in Vibrio parahaemolyticus., The Journal of General and Applied Microbiology, Vol.56, No.3, 181-186, 2010.
8)Noriko Bando, Naomi Muraki, Kaeko Murota, Junji Terao and Rintaro Yamanishi : Ingested quercetin but not rutin increases accumulation of hepatic beta-carotene in BALB/c mice., Molecular Nutrition & Food Research, Vol.54, No.Suppl 2, S261-S267, 2010.
9)Ali Khaleghian, Gholam Hossein Riazi, Mahmoud Ghafari, Marzieh Rezaie, Akira Takahashi, Yutaka Nakaya and Hossain Nazari : Effect of inganen anticancer properties on microtobule organization., Pakistan Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.23, No.3, 273-278, 2010.
10)Kaeko Murota, Namiko Matsuda, Yasuaki Kashino, Yutaka Fujikura, Toshiyuki Nakamura, Yoji Kato, Ryosuke Shimizu, Syuji Okuyama, Hisashi Tanaka, Takatoshi Koda, Keiko Sekido and Junji Terao : alpha-Oligoglucosylation of a sugar moiety enhances the bioavailability of quercetin glucosides in humans., Archives of Biochemistry and Biophysics, Vol.501, No.1, 91-97, 2010.
11)Takashi Kawano, Katsuya Tanaka, hua Yin, Satoru Eguchi, Hiroaki Kawano, Akira Takahashi, Yutaka Nakaya and Shuzo Oshita : Effects of ketamine on nicorandil induced ATP-sensitive potassium channel activity in cell line derived from rat aortic smooth muscle., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.3-4, 237-244, 2010.
12)Asuka Shiota, Takahiko Hada, Tomoko Baba, Minako Sato, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : Protective effects of glycoglycerolipids extracted from spinach on 5-fluorouracil induced intestinal mucosal injury., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.3-4, 314-320, 2010.
13)Takaaki Shimohata and Akira Takahashi : Diarrhea induced by infection of Vibrio parahaemolyticus., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.3-4, 179-182, 2010.
14)Kiyoshi Teshigawara, Toshio Hosaka, Miwa Yamaguchi, Eri Terada, Yuka Kisyuku, Keiko Fukunaga, Yohko Hirata, Bayasgalan Jambaldorj, Nagakatsu Harada, Tohru Sakai and Yutaka Nakaya : Long-term treatment with hyperbaric air improves hyperlipidemia of db/db mice., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.3-4, 224-231, 2010.
15)Satoru Imura, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Shuichi Iwahashi, Yu Saito, Hisami Okumura and Eiji Takeda : Impact of splenectomy in patients with liver cirrhosis: Results from 18 patients in a single center experience., Hepatology Research, Vol.40, No.9, 894-900, 2010.
16)Rie Mukai, Reiko Nakao, Hironori Yamamoto, Takeshi Nikawa, Eiji Takeda and Junji Terao : Quercetin Prevents Unloading-Derived Disused Muscle Atrophy by Attenuating the Induction of Ubiquitin Ligases in Tail-Suspension Mice., Journal of Natural Products, Vol.73, No.10, 1708-1710, 2010.
17)Aya Ouchi, Koichi Aizawa, Yuko Iwasaki, Takahiro Inakuma, Junji Terao, Shin-ichi Nagaoka and Kazuo Mukai : Kinetic study of the quenching reaction of singlet oxygen by carotenoids and food extracts in solution. Development of a singlet oxygen absorption capacity (SOAC) assay method., Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.58, No.18, 9967-9978, 2010.
18)A Hamamoto, M Bandou, K Nakano, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Yutaka Nakaya and Akira Takahashi : Differences in stress response after UVC or UVA irradiation in Vibrio parahaemolyticus., Environmental Microbiology Reports, Vol.2, No.5, 660-666, 2010.
19)中本 真理子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 片岡 菜奈子, 小杉 知里, 秦 明子, 篠田 香織, 桑村 由美, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子, 船木 真理 : 食物摂取および生活習慣とアレルギー疾患との関連について, Journal of rehabilitation and health science, Vol.8, 15-21, 2010年.
20)Junji Terao, Yuko Minami and Noriko Bando : Singlet molecular oxygen-quenching activity of carotenoids: relevance to protection of the skin from photoaging., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.48, No.1, 57-62, 2010.
21)Yoichiro Hirata, Hirotsugu Kurobe, Masashi Akaike, Fumio Chikugo, Takaki Hori, Yoshimi Bando, Chika Nishio, Mayuko Higashida, Yutaka Nakaya, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata : Enhanced inflammation in epicardial fat in patients with coronary artery disease., International Heart Journal, Vol.52, No.3, 139-142, 2011.
22)Mio Nakamura, Masahide Yazaki, Yumiko Kobayashi, Kazuhiro Fukushima, Shu-ichi Ikeda, Keiko Kobayashi, Takeyori Saheki and Yutaka Nakaya : The characteristics of food intake in patients with type II citrullinemia., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.57, No.3, 239-245, 2011.
23)Toshio Hosaka, Yoshitaka Nii, Hiroyuki Tomotake, Takahiro Ito, Aya Tamanaha, Yukiko Yamasaka, Sayaka Sasaga, Kazuhiro Edazawa, Rie Tsutsumi, Emi Shuto, Naoki Okahisa, Shinya Iwata and Tohru Sakai : Extracts of common buckwheat bran prevent sucrose digestion., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.57, No.6, 441-445, 2011.
24)Yasunobu Hayabuchi, Yutaka Nakaya, Kazuaki Mawatari, Miki Inoue, Miho Sakata and Shoji Kagami : Cell membrane stretch activates intermediate-conductance Ca2+-activated K+ channels in arterial smooth muscle cells, Heart and Vessels, Vol.26, No.1, 91-100, 2011.
25)Ayako Maita, kohsuke Inomata, Hidehito Tochio and Masahiro Shirakawa : In-Cell NMR Spectroscopy in Protein Chemistry and Drug Discovery, Current Topics in Medicinal Chemistry, Vol.11, No.1, 68-73, 2011.
26)Yohko Hirata, Toshio Hosaka, Takeo Iwata, Le Thi Kim Chung, Bayasgalan Jambaldorj, Kiyoshi Teshigawara, Nagakatsu Harada, Hiroshi Sakaue, Tohru Sakai, Katsuhiko Yoshimoto and Yutaka Nakaya : Vimentin binds IRAP and is involved in GLUT4 vesicle trafficking., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.405, No.1, 96-101, 2011.
27)奥村 仙示, 浦野 恵利, 板東 友美, 山内 利香, 居村 暁, 宇都宮 徹, 島田 光生, 武田 英二 : エネルギー代謝と血液生化学検査からみた肝切除前後の栄養評価, 日本臨床栄養学会雑誌, Vol.32, No.3, 133-140, 2011年.
28)Junji Terao, Kaeko Murota and Yoshichika Kawai : Conjugated quercetin glucuronides as bioactive metabolites and precursors of aglycone in vivo, Food & Function, Vol.2, No.1, 11-17, 2011.
29)Ayako Tanimura, Fumiyo Yamada, Akihito Saito, Mikiko Ito, Toru Kimura, Naohiko Anzai, Daisuke Horie, Hironori Yamamoto, Ken-ichi Miyamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : Analysis of different complexes of type IIa sodium-dependent phosphate transporter in rat renal cortex using blue-native polyacrylamide gel electrophoresis., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1-2, 140-147, 2011.
30)Takaaki Shimohata, Masayuki Nakano, Xin Lian, Tomomi Shigeyama, Hitomi Iba, Akiko Hamamoto, Masaki Yoshida, Nagakatsu Harada, Hironori Yamamoto, Masayuki Yamato, Kazuaki Mawatari, Toshiaki Tamaki, Yutaka Nakaya and Akira Takahashi : Vibrio parahaemolyticus infection induces modulation of IL-8 secretion through dual pathway via VP1680 in Caco-2 cells., The Journal of Infectious Diseases, Vol.203, No.4, 537-544, 2011.
31)Shohei Kohno, Tatsuya Ueji, Tomoki Abe, Reiko Nakao, Katsuya Hirasaka, Motoko Oarada, Akiko Harada, Ayako Maita, Akira Higashibata, Rie Mukai, Junji Terao, Yuushi Okumura and Takeshi Nikawa : Rantes secreted from macrophages disturbs skeletal muscle regeneration after cardiotoxin injection in Cbl-b-deficient mice, Muscle & Nerve, Vol.43, No.2, 223-229, 2011.
32)Masafumi Fukagawa, Hirotaka Komaba and Ken-ichi Miyamoto : Source matters: from phosphorus load to bioavailability., Clinical Journal of the American Society of Nephrology : CJASN, Vol.6, No.2, 239-240, 2011.
33)Jun Shirakawa, Hideki Fujii, Kei Ohnuma, Koichiro Sato, Yuzuru Ito, Mitsuyo Kaji, Eri Sakamoto, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Yoji Nagashima, Kikuko Amou, Kazutaka Aoki, Chikao Morimoto, Eiji Takeda and Yasuo Terauchi : Diet-induced adipose tissue inflammation and liver steatosis are prevented by DPP-4 inhibition in diabetic mice., Diabetes, Vol.60, No.4, 1246-1257, 2011.
34) Yasuo M. Tsutsumi, Rie Tsutsumi, Kazuaki Mawatari, Yutaka Nakaya, Michiko Kinoshita, Katsuya Tanaka and Shuzo Oshita : Compound K, a metabolite of ginsenosides, induces cardiac protection mediated nitric oxide via Akt/PI3K pathway., Life Sciences, Vol.88, No.15-16, 725-729, 2011.
35)Yutaka Nakaya, Takaaki Shimohata, Sayaka Haraguchi, Toshiyuki Nakao, Jun Minaguchi, Haruo Sumitani, Nagakatsu Harada and Hiroshi Sakaue : Severe catabolic state after an overnight fast in patients with chronic renal failure., Nutrition, Vol.27, No.3, 329-332, 2011.
36)庄野 正行, 原田 永勝 : 真珠貝殻粉末におけるラット体脂肪減少効果の検討, 臨床検査, Vol.55, No.3, 311-314, 2011年.
37)Yukie Moriyama, Rieko Eriguchi, Yuzuru Sato and Yutaka Nakaya : Chronic hemodialysis patients with visceral obesity have a higher risk for cardiovascular events., Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, Vol.20, No.1, 109-117, 2011.
38)Saki Yoshino, Aya Hara, Hiroyuki Sakakibara, Kyuichi Kawabata, Akira Tokumura, Akari Ishisaka, Yoshichika Kawai and Junji Terao : Effect of quercetin and glucuronide metabolites on the monoamine oxidase-A reaction in mouse brain mitochondria., Nutrition, 2011.
39)Tohru Sakai, Sakina Furoku, Mariko Nakamoto, Emi Shuto, Toshio Hosaka, Yasuhiko Nishioka and Saburo Sone : Soy isoflavone equol perpetuates dextran sulfate sodium-induced acute colitis in mice., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.75, No.3, 593-595, 2011.
40)Tohru Sakai, Yuko Hirota, Mariko Nakamoto, Emi Shuto, Toshio Hosaka, Seiya Makino and Shuji Ikegami : Suppression of oral tolerance by Lactococcus lactis in mice., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.75, No.3, 599-601, 2011.
41)田中 佑佳, 杉野 博崇, 中西 秀樹, 原田 永勝, 阪上 浩, 中屋 豊 : 褥瘡患者において血清アルブミン値は栄養状態を表す良い指標か?, 日本病態栄養学会誌, Vol.14, No.1, 9-15, 2011年.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)酒井 徹, 中本 真理子, 首藤 恵美 : 教授就任記念講演 栄養と免疫機能--非必須栄養素,低栄養状態,過栄養状態と免疫, 四国医学雑誌, Vol.66, No.1, 19-26, 2010年.
2)宮本 賢一, 山口 誠一, 辰巳 佐和子, 木戸 慎介, 瀬川 博子 : フォスファトニンとリン, 腎と透析, Vol.69, No.2, 200-202, 2010年.
3)金子 一郎, 杉野 紗貴子, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : 腎臓と骨代謝関連ホルモン, THE BONE, Vol.24, No.4, 55-58, 2010年.
4)奥村 仙示, 山内 利香, 浦野 恵理, 寺本 有沙, 居村 暁, 宇都宮 徹, 島田 光生, 武田 英二 : 肝硬変患者に対するテーラーメイド栄養管理の血液生化学指標についての検討, 栄養アセスメント, Vol.28, No.1, 18-20, 2011年.
5)Masashi Kuwahata, Hiroyo Kubota, Saki Amano, Meiko Yokoyama, Yasuhiro Shimamura, Shunsuke Ito, Aki Ogawa, Yukiko Kobayashi, Ken-ichi Miyamoto and Yasuhiro Kido : Dietary medium-chain triglycerides attenuate hepatic lipid deposition in growing rats with protein malnutrition., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.57, No.2, 138-143, 2011.
6)大井 彰子, 野村 憲吾, 宮本 賢一 : リン摂取の危険性, Clinical Calcium, Vol.Vol21, No.o12, 171-174, 2011年.

2010年度(平成22年度) / 学術レター

1)Mika Adachi, Goh Horiuchi, Natsuki Ikematsu, Tamotsu Tanaka, Junji Terao, Kiyoshi Satouchi and Akira Tokumura : Intragastrically aministered lyophosphatidic acid protct against gastric ulcer in rats under water-immersion restraint stress, Digestive Diseases and Sciences, Vol.56, No.8, 2252-2261, 2011.

2010年度(平成22年度) / 総説・解説

1)向井 和男, 大内 綾, 寺尾 純二 : カロテノイドの抗酸化態:その評価と測定, 食品と開発, Vol.45, No.6, 7-9, 2010年6月.
2)板東 紀子, 寺尾 純二 : 抗酸化カロテノイドの生体利用性と光ストレス抑制作用, 食品工学 別冊, Vol.53, No.16, 1-7, 2010年8月.
3)中屋 豊 : 栄養サポートチーム(NST)加算への対応, 日本病態栄養学会誌, Vol.13, No.4, 314-319, 2010年11月.
4)寺尾 純二 : メンタルヘルスを支える栄養科学, --- 食品成分の抗うつ様活性評価 ---, 四国医学雑誌, Vol.66, No.5-6, 123-126, 2010年12月.
5)室田 佳恵子, 河合 慶親, 寺尾 純二 : フラボノイドの生体内輸送機構, ビタミン, Vol.84, No.12, 589-598, 2010年12月.
6)宮本 賢一, 岩本 隆宏 : 無機イオン動態とトランスポーター, トランスポートソームの世界-膜輸送研究の源流から未来へ-, 226-230, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 国際会議

1)E Katayama, Rie Tsutsumi, Yutaka Nakaya, K Hirose, K Tanaka, S Oshita and Yasuo Tsutsumi : Role of mTOR/p70S6K in amino acid-induced caediac protection., Experimental Biology 2010(American Siciety for Nutrition), Anaheim,CA, Apr. 2010.
2)Rie Tsutsumi, Kazuaki Mawatari, Katayama Erika, Yutaka Nakaya and Yasuo Tsutsumi : Compound K produces cardiac protection by activating Akt phosphorylation., Experimental Biology Annual Meeting, Anaheim, California, Apr. 2010.
3)Yasuo Tsutsumi, Hirose Kayo, Katayama Erika, Rie Tsutsumi, Kinoshita Michiko, Katsuya Tanaka and Shuzo Oshita : Role of O-linked -N-acetylglucosamine in isoflurane induced cardiac protection., Experimental Biology Annual Meeting, Anaheim, California, Apr. 2010.
4)Ryosuke Nakagawa, Kazuki Siroyama, Su Zehong, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Akira Takahashi : Effects of Pulse electric Fields to the Pathogenic Bacteria, Proceedings of the 2010 IEEE Power Modulators and High-Voltage Conference, 686-689, Atlanta, May 2010.
5)Junji Terao : Processing and cooking effects on bioavailability and biefficacy of dietary flavonoids, Korean Society of Nutrition International symposium, Seoul, Jun. 2010.
6)Takaaki Shimohata, Masayuki Nakano, Lian Xin, Kazuaki Mawatari, Masayuki Yamato and Akira Takahashi : Vibrio parahaemolyticus modulate IL-8 secretion through dual pathway, 110th General Meeting of the American Society for Microbiology, San Diego, CA, U.S.A., Jun. 2010.
7)Tomohiro Oshita, Keiko Shintani, Mai Katayama, Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, Akira Takahashi and Yohsuke Kinouchi : An investigation of the sterilization effect of 385nm UVA-LED, Proceedings of The Bioelectromagnetics Society 32nd Annual Meeting, 43, Seoul, Jun. 2010.
8)Tsuyosi Okahisa, Masayuki Yamato, Akira Takahashi, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto and Yohsuke Kinouchi : UVA-LED for sterilizing water in a water tank, Proceedings of The Bioelectromagnetics Society 32nd Annual Meeting, 42, Seoul, Jun. 2010.
9)Yuhsuke Manabe, Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, Akira Takahashi and Yohsuke Kinouchi : Simulation of UVA-LED irradiance distribution, Proceedings of The Bioelectromagnetics Society 32nd Annual Meeting, 43, Seoul, Jun. 2010.
10)Miku Maeda, Yohsuke Kinouchi, Akira Takahashi, Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa and Xin Lian : Novel sterilization device using 265nm UV-LED for escherichia coli, Proceedings of The Bioelectromagnetics Society 32nd Annual Meeting, 43, Seoul, Jun. 2010.
11)Kikuko Amou, Hirokazu Ominami, Yutaka Taketani, Kazusa Sato, Makiko Fukaya, Takashi Uebanso, Hidekazu Arai, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : The Interaction of Dietary Carbohydrate and Fat on Pancreatic Islet Dysfunction Mediated by Glucolipotoxicity, American Diebetes Association 70th Scientific Sessions 2010, Orlando, FL, USA, June 25-29, 2010, Jun. 2010.
12)Takashi Uebanso, Yutaka Taketani, Hironori Yamamoto, Kikuko Amou, Hidekazu Arai, Yuichiro Takei, Masashi Masuda, Ayako Tanimura, Hisami Okumura and Eiji Takeda : Human FGF21 Is Paradoxically Induced by Both Fasting and Over-Feeding Signals - Is FGF21 a Nutritional Adaptation Factor?, American Diebetes Association 70th Scientific Sessions 2010, Orlando, FL, USA, June 25-29, 2010, Jun. 2010.
13)Hirokazu Ominami, Kikuko Amou, Yutaka Taketani, Takashi Uebanso, Kazusa Sato, Makiko Fukaya, Hidekazu Arai, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : Combined Efects of Dietary Carbohydrate and Fat on Tissue Fatty Acid Composition and Insulin Resistance, American Diebetes Association 70th Scientific Sessions 2010, Orlando, FL, USA, June 25-29, 2010, Jun. 2010.
14)Takeshi Nikawa : Ubiquitin ligase Cbl-b is a negative regulator for IGF-1 signaling during muscle atrophy caused by unloading, ユビキチンカンファレンス, Aug. 2010.
15)Etsuhisa Takahashi, Yuushi Okumura and Hiroshi Kido : Novel type II transmembrane serine proteases, MSPL and TMPRSS13, proteolytically activate membrane fusion activity of hemagglutinin of highly pathogenic avian influenza viruses and induce their multicycle replication, Options for the Control of Influenza VII, China, Hong Kong, Sep. 2010.
16)Hisami Okumura, Akiko Taniguchi-Fukatsu, Yuka Kawakami, Yutaka Taketani, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : Effect of viscous mixed meal on glucose lipid metabolism and oxidant stress, 33th ESPEN congress, Gothenburg, Sweden, Sep. 2010.
17)Hisami Okumura, Rika Yamauchi, Eri Urano, Takafumi Katayama, Satoru Imura, Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda : Identification of laboratory biomarker reflecting non protein respiratory quotient (npRQ) in hepatic cirrhosis, 32th ESPEN congress, Nice, France, Sep. 2010.
18)Yuka Kawakami, Hisami Okumura, Masae Sakuma, Yukie Matsumoto, Tadatoshi Sato and Eiji Takeda : Gene expression profiling of human peripheral blood is affected by the differences in glycemic and insulinemic responses to food intake, 32th ESPEN congress, Nice, France, Sep. 2010.
19)Takeshi Nikawa : Interim report of MyoLab experiment onboard ISS and its projection to the future, 7th Korea-Japan Joint Seminar on Space Environment Utilization Research, Sep. 2010.
20)Junji Terao and Yoshichika Kawai : Possible riole of -(-) epicatehin gallate in antiatherosclerotic actions of tea catehins, International Conference on Ocya Shizuoka, Shizuoka, Oct. 2010.
21)Junji Terao : Central nervous system as a possible target of dietary quercetin and its metabolites, International conference on Netraceuticals and Functional Foods, Bali,INDONESIA, Oct. 2010.
22)Mina Kozai, Hironori Yamamoto, Masashi Masuda, Yuichiro Takei, Sarasa Tanaka, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto, Shigeaki Kato and Eiji Takeda : Transrepression of Renal 25-hydroxyvitamin D3 1-hydroxylase (CYP27B1) Gene Expression by Thyroid Hormone Receptor 1, American Society for Bone and Mineral Research 2010 Annual Meeting, Toronto, Canada, October 15-19, 2010, Oct. 2010.
23)Yuichiro Takei, Hironori Yamamoto, Tadashi Sato, Masashi Masuda, Ayako Otani, Yutaka Taketani, Beate Lanske and Eiji Takeda : Up-regulation of Stanniocalcin 2 Expression by the Abnormality of Klotho-Fgf23 Signaling and Inhibition of Phosphate-induced Calcification in Aortic Vascular Smooth Muscle Cells, American Society for Bone and Mineral Research 2010 Annual Meeting, Toronto, ON, Canada, October 15-19, 2010, Oct. 2010.
24)Junji Terao : Innovation of fiunctional food research in Japan, International Symposium of the KoSFoST, Chonanng,KOREA, Nov. 2010.
25)Tomoyo Kitamura, Yutaka Taketani, Eriko Watari, Asuka Shiota, Tan Vu Van, Terumi Tanaka, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : Phosphoproteomic Analysis in the Endothelial Cells Damaged by Hyperphosphatemia, American Heart Association Scientific Session 2010, Chicago, IL, USA, November 13-17, 2010, Nov. 2010.
26)Tan Vu Van, Eriko Watari, Yutaka Taketani, Tomoyo Kitamura, Asuka Shiota, Ayako Tanimura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : Dietary Phosphate Restriction Ameliorates Endothelial Function in Adenine-Induced Chronic Kidney Disease Model Rats, American Society of Nephrology Renal Week 2010, Denver, Cololado, USA, November 16-21, 2010, Nov. 2010.
27)Masashi Masuda, Hironori Yamamoto, Mina Kozai, Yuichiro Takei, Otoki Nakahashi, Shoko Ikeda, Ayako Otani, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda : All-Trans Retinoic Acid Maintains the Blood Phosphate Levels through the Positive and Negative Regulation of Type II Sodium-Dependent Phosphate Co-Transporter Family Genes in Kidney and Intestine, American Society of Nephrology Renal Week 2010, Denver, Colorado, USA, November 16-21, 2010, Nov. 2010.
28)辰巳 佐和子, Seiichi Yamaguchi, Tatsuya Kamatani, Yuji Shiozaki, Kengo Nomura, Yukiko Saito, 木戸 慎介, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : Phosphate Homeostasis in Osteocyte-Ablated Mice., ASN, 2010年11月.
29)Ayako Otani, Hironori Yamamoto, Yuichiro Takei, Mina Kozai, Masashi Masuda, Shoko Ikeda, Otoki Nakahashi, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : Regional Up-Regulation of 25-Hydroxyvitamin D 1a-Hydroxylase (CYP27B1) Gene Is Associated with the Pathogenesis of Ectopic Calcification in the alpha Klotho Mutant Mice, American Society of Nephrology Renal Week 2010, Denver, Colorado, USA, November 16-21, 2010, Nov. 2010.
30)Rie Murai, Tomoyuki Kawamura, Yutaka Fujikura, Moemi Hayashi, Hisao Nemoto, Takeshi Nikawa, Hironori Yamamoto, Eiji Takeda and Junji Terao : Diused muscel atrophy is prevented by flavonoids, Pachifichem 2010, Honolulu, Dec. 2010.
31)Tomoyuki Kawamura, Moemi Hayashi, Rie Mukai, Junji Terao and Hisao Nemoto : Chemical Synthesis of O-Methylated and/or C-Prenylated Flabonoid Analogues, Pachifichem 2010, Honolulu, Dec. 2010.
32)Kazuaki Mawatari, Yumi Yoneda, Manami Honda, Hitomi Iba, Mutsumi Aihara, Zehong Su, Takaaki Shimohata, Masayuki Yamato and Akira Takahashi : VPA1604, a protein tyrosine kinase, modulates high molecular weight capsular polysaccharide in Vibrio parahaemolyticus, US-Japan Cooperative Medical Science Program, 45th Annual Joint Panel Meeting on Cholera and Other Bacterial Enteric Infections Panel, Kyoto, Dec. 2010.
33)Yuushi Okumura, Etsuhisa Takahashi, Takahiro Oto, Masanobu Ohuchi, Tomo Daidoji, Takaaki Nakaya, Eva Böttcher, Wolfgang Garten, Hans-Dieter Klenk and Hiroshi Kido : Novel type II transmembrane serine proteases, MSPL and TMPRSS13, proteolytically activate membrane fusion activity of hemagglutinin of highly pathogenic avian influenza viruses and induce their multicycle replication, Cell Symposia, Influenza; translating basic insights, Washington D.C., Dec. 2010.
34)Yuushi Okumura, Etsuhisa Takahashi, Oto Takahiro, Ohuchi Masanobu, Daidoji Tomo, Nakaya Takaaki, Bottcher Eva, Garten Wolfgan, Klenk Hans-Dieter and Hiroshi Kido : Novel type transmembrane serine proteases, MSPL and TMPRSS13,proteolytically activate membrane fusion activity of hemagglutinin of highly pathogenic avian influenza viruses and induce their multicycle replication, Cell symposia influenza, Washington D.C., USA, Dec. 2010.
35)Rie Mukai, Tomoyuki Kawamura, Yutaka Fujikura, Moemi Hayashi, Hisao Nemoto, Takeshi Nikawa, Hironori Yamamoto, Eiji Takeda and Junji Terao : Disuse muscle atrophy is prevented by flavonoids, 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Dec. 2010.
36)Junji Terao : Multitargets of dietary flavonoids in modulation of oxidative stress, International symposium on Free Radical Research, Kyoto, Jan. 2011.
37)Rie Mukai, Takeshi Nikawa, Hisao Nemoto, Hironori Yamamoto, Eiji Takeda, Yoshichika Kawai and Junji Terao : Disuse muscle atrophy is suppressed by antioxidative flavonoid quercetin, International Symposium on Free Radical Research: Contribution to Medicine, Kyoto, Jan. 2011.
38)Junji Terao : Funtional food factors for the prevention of muscle atrophy, 2nd NAPA meeting, Gyeongyu,KOREA, Feb. 2011.

2010年度(平成22年度) / 国内講演発表

1)下畑 隆明, 中野 政之, 廉 馨, 馬渡 一諭, 大和 正幸, 髙橋 章 : 腸炎ビブリオはMAPKsを介したIL-8の分泌を誘発する, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
2)射場 仁美, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 大和 正幸, 大西 隆仁, 髙橋 章 : 腸管ループを用いた腸炎ビブリオ誘発下痢機構の検討, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
3)戸田 聡美, 阪上 浩, 谷口 康子, 志内 哲也, 原田 永勝, 馬渡 一諭, 中屋 豊 : 自発運動制御におけるGhrelinの役割, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
4)小杉 知里, 片岡 菜奈子, 篠田 香織, 秦 明子, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中屋 豊, Jambaldorj Baysaglan, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 福原 俊一, 竹上 美沙, 船木 真理 : 初期糖代謝異常状態の慢性炎症管理におけるIL-18の有用性についての検討, 糖尿病, Vol.53, No.Suppl.1, S-299, 2010年5月.
5)片岡 菜奈子, 篠田 香織, 小杉 知里, 秦 明子, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中屋 豊, Jambaldorj Baysaglan, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 福原 俊一, 竹上 美沙, 船木 真理 : 徳島県における糖代謝異常発生過程でのインスリン抵抗性の関与, 糖尿病, Vol.53, No.Suppl.1, S-298, 2010年5月.
6)秦 明子, 小杉 知里, 片岡 菜奈子, 篠田 香織, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中屋 豊, Jambaldorj Baysaglan, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 福原 俊一, 船木 真理 : インスリン抵抗性を伴う高リスク糖尿病発症者となる危険因子の探索, 糖尿病, Vol.53, No.Suppl.1, S-207, 2010年5月.
7)秦 明子, 小杉 知里, 片岡 菜奈子, 篠田 香織, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中屋 豊, Bayasgalan Jambaldorj, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 福原 俊一, 竹上 美沙, 船木 真理 : インスリン抵抗性を伴う高リスク糖尿病発症者となる危険因子の探索, 糖尿病, Vol.Vol.53, No.Suppl 1, S207, 2010年5月.
8)片岡 菜奈子, 篠田 香織, 小杉 知里, 秦 明子, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中屋 豊, Bayasgalan Jambaldorj, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 福原 俊一, 竹上 美沙, 船木 真理 : 徳島県における糖代謝異常発生過程でのインスリン抵抗性の関与, 糖尿病, Vol.Vol.53, No.Suppl.1, S.298, 2010年5月.
9)小杉 知里, 片岡 菜奈子, 篠田 香織, 秦 明子, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中屋 豊, Bayasgalan Jambaldorj, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 福原 俊一, 竹上 美沙, 船木 真理 : 初期糖代謝異常状態の慢性炎症管理におけるIL-18の有用性についての検討, 糖尿病, Vol.Vol.53, No.Suppl.1, S.299, 2010年5月.
10)越智 ありさ, 中尾 玲子, 山 智成, 上村 啓太, 古谷 順也, 真板 綾子, 奥村 裕司, 原田 晃子, 長野 圭介, 片桐 綾人, 根本 尚夫, 宮本 賢一, 二川 健 : 廃用性筋萎縮を防ぐ抗ユビキチン化ペプチドの開発, 第64回 日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
11)宮本 賢一 : 無機リン酸代謝調節に関する分子栄養学的研究, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
12)安倍 知紀, 平坂 勝也, 加川 祥子, 河野 尚平, 中尾 玲子, 市川 雅子, 真板 綾子, 原田 晃子, 奥村 裕司, 二川 健 : Cbl-bは高脂肪食によるマクロファージの活性化を抑制し,インスリン抵抗性発症を防ぐ, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
13)河野 尚平, 上地 達也, 平坂 勝也, 原田 晃子, 真板 綾子, 奥村 裕司, 二川 健 : ユビキチンリガーゼCbl-b遺伝子欠損による骨格筋再生の遅延, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
14)松尾 侑季, 原田 晃子, 古賀 友紀, 真板 綾子, 平坂 勝也, 奥村 裕司, 中屋 豊, 二川 健 : 持久的な運動に適した骨格筋における糖代謝, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
15)尾脇 加奈子, 乙 敬宏, 矢野 桃子, 吉田 和香奈, 奥村 裕司, 真板 綾子, 原田 晃子, 二川 健 : Unloadingストレス下における生体反応機構:オステオアクチビンの発現調節と作用機序について, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
16)矢野 桃子, 吉田 和香奈, 尾脇 加奈子, 乙 敬宏, 奥村 裕司, 真板 綾子, 原田 晃子, 二川 健 : 骨格筋における無重力感知の分子機構:ユビキチンリガーゼCbl-bの発現調節について, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
17)山 智成, 中尾 玲子, 上村 啓太, 越智 ありさ, 平坂 勝也, 真板 綾子, 奥村 裕司, 原田 晃子, 石堂 一巳, 二川 健 : 廃用性筋萎縮に対する予防食材としての大豆ペプチドの有効性, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
18)向井 理恵, 大塚 聖子, 川畑 球一, 石坂 朱里, 河合 慶親, 寺尾 純二 : 神経細胞において誘導される酸化ストレスに対するケルセチンの作用, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
19)酒井 徹, 府録 咲奈, 中本 真理子, 首藤 恵泉, 保坂 利男 : 大豆イソフラボンの大腸炎病態制御に関する研究, 第64回日本栄養食糧学会大会, 2010年5月.
20)首藤 恵泉, 竹谷 豊, 大屋 美穂, 小河 真理子, 中西 美咲, 阿望 幾久子, 保坂 利男, 山本 浩範, 酒井 徹, 武田 英二 : ヒトにおける食事性高リン負荷による血管内皮機能への影響, 第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
21)竹谷 豊 : 各種栄養素が血管内皮に与える影響, ランチョンセミナー・第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
22)池田 翔子, 山本 浩範, 増田 真志, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 : 敗血症におけるリン代謝異常の分子メカニズムの解析, 第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
23)塩田 あすか, 竹谷 豊, 田中 輝実, 佐田 政隆, 山本 浩範, 武田 英二 : リンの過剰摂取は高脂血症モデルマウスのアテローム病変形成を減少させる, 第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
24)金子 一郎, 瀬川 博子, 古谷 順也, 桑原 頌治, 荒波 史, 富永 理恵子, 花房 悦世, 辰巳 佐和子, 木戸 慎介, 加藤 茂明, 宮本 賢一 : ビタミンDによるリン代謝調節機序の解明., 第64回日本栄養・食糧学会, 2010年5月.
25)斎藤 友紀子, 辰巳 佐和子, 野村 憲吾, 菊井 聡子, 山口 誠一, 塩崎 雄治, 金子 一郎, 瀬川 博子, 木戸 慎介, 宮本 賢一 : リン酸輸送担体遺伝子欠損マウスの病態解析, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
26)瀬川 博子, 花房 悦世, 堀場 直, 上田 乙也, 寺社下 浩一, 福島 直, 宮本 賢一 : 高リン血症治療の標的分子探索:腸管リントランスポーターノックアウトマウスの解析, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
27)池田 翔子, 山本 浩範, 増田 真志, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 : 敗血症におけるリン代謝異常の分子メカニズムの解析., 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
28)野村 憲吾, 辰巳 佐和子, 菊井 聡子, 斎藤 友紀子, 塩崎 雄治, 山口 誠一, 木戸 慎介, 宮本 賢一 : 新規リン利尿因子の探索, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
29)大井 彰子, 富永 理恵子, 伊藤 美紀子, 西山 俊, 杉野 紗貴子, 木戸 慎介, 辰巳 佐和子, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : 副甲状腺(PTH)によるリン代謝調節機構の解明, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
30)中橋 乙起, 山本 浩範, 田中 更紗, 増田 真志, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 : Fibroblast Growth Factor15遺伝子の発現に及ぼす食餌性リン及び活性型ビタミンD3の影響, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
31)谷村 綾子, 鎌田 歩規代, 竹谷 豊, 斎藤 亮彦, 堀江 大輔, 山本 浩範, 宮本 賢一, 武田 英二 : 血清リン濃度調節に関わるナトリウム依存性リン酸トランスポーターNaPi-IIa複合体の構造と機能, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
32)竹谷 豊, 首藤 恵泉, 宮本 賢一, 武田 英二 : 生活習慣病の病態における栄養素トランスポーターの役割, シンポジウム・第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
33)谷村 綾子, 鎌田 歩規代, 竹谷 豊, 斎藤 亮彦, 堀江 大輔, 山本 浩範, 宮本 賢一, 武田 英二 : 血清リン濃度調節に関わるナトリウム依存性リン酸トランスポーターNaPi-IIa複合体の構造と機能, 第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
34)大南 博和, 阿望 幾久子, 竹谷 豊, 上番増 喬, 佐藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 新井 英一, 小金井 恵, 佐々木 一, 山本 浩範, 武田 英二 : 組織中の脂肪酸組成とインスリン抵抗性に及ぼす食餌中の糖・脂質の組合せの影響, 第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
35)阿望 幾久子, 大南 博和, 竹谷 豊, 佐藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 上番増 喬, 新井 英一, 小金井 恵, 佐々木 一, 山本 浩範, 武田 英二 : 膵β細胞障害の発症に対する食餌性糖・脂質の組み合せによる効果, 第64回日本栄養・食糧学会大会,徳島,平成22年5月21日~23日, 2010年5月.
36)松本 なつき, 逸見 明博, 瀬川 博子, 大西 律子, 宮本 賢一, 大和 英之 : 生体内凍結技法による腎尿細管リントランスポーターの免疫組織解析, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
37)越智 ありさ, 中尾 玲子, 山 智成, 上村 啓太, 古谷 順也, 真板 綾子, 奥村 裕司, 原田 晃子, 長野 圭介, 片桐 綾人, 河村 知志, 根元 尚夫, 宮本 賢一, 二川 健 : 廃用性筋委縮を防ぐ抗ユビキチン化ペプチドの開発, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
38)中川 航司, 木戸 慎介, 遠藤 逸郎, 坂田 雅映, 橋本 由衣, 佐々木 祥平, 辰巳 佐和子, 松本 俊夫, 宮本 賢一 : 糖尿病性骨症の発症機序の解明:終末糖化産物(AGEs)によるCanonical Wnt経路抑制機序の解析, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
39)花房 悦世, 瀬川 博子, 堀場 直, 上田 乙也, 寺社下 浩一, 福島 直, 宮本 賢一 : 小腸リン酸トランスポーターNpt2bノックアウトマウスの解析, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
40)橋本 由衣, 木戸 慎介, 中川 航司, 坂田 雅映, 佐々木 祥平, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一 : 糖尿病発症における抗老化因子Klothoの関与, 第64回日本栄養・食糧学会大会, 2010年5月.
41)阿望 幾久子, 大南 博和, 竹谷 豊, 佐藤 佳瑞智, 深谷 牧子, 上番増 喬, 新井 英一, 小金井 恵, 佐々木 一, 山本 浩範, 武田 英二 : 糖・脂肪毒性の相互作用を介した膵β細胞障害の発症機序の解明, 第53回日本糖尿病学会学術集会, 2010年5月.
42)平田 容子, 中屋 豊 : Vimentinは,GLUT4小胞蛋白IRAPと結合し,糖取り込みを調節する, 第53回日本糖尿病学会総会年次学術集会, 2010年5月.
43)戸田 聡美, 阪上 浩, 谷口 康子, 原田 永勝, 馬渡 一諭, 中屋 豊, 志内 哲也, 箕越 靖彦 : 自発運動制御におけるGhrelinの役割, 3回日本糖尿病学会総会年次学術集会, 2010年5月.
44)Bayasgalan Jambaldorji and Yutaka Nakaya : CSP1 invold in insulin resistance by attenuation Glut4 vesicle docking with plasma membrane, 第53回日本糖尿病学会総会年次学術集会, May 2010.
45)Le Thi Kim Chung and Yutaka Nakaya : 第53回日本糖尿病学会総会年次学術集会, May 2010.
46)酒井 徹 : 大豆イソフラボンの免疫制御機構, 第6回食品免疫学会学術総会, 2010年6月.
47)大谷 彩子, 山本 浩範, 竹井 悠一郎, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二 : Klotho変異マウスにおけるビタミンD合成酵素CYP27B1発現と異所性石灰化発生機序の解明, 日本分子生物学会第10回春季シンポジウム, 2010年6月.
48)山本 浩範, 浦川 千鶴, 香西 美奈, 増田 真志, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 山本 雅之, 武田 英二 : 食餌性リンはNuclear factor-E2-related factor 2 (Nrf2)活性化を介し,腸管解毒遺伝子の発現を調節する, 日本分子生物学会第10回春季シンポジウム, 2010年6月.
49)増田 真志, 山本 浩範, 香西 美奈, 石黒 真理子, 中橋 乙起, 田中 更沙, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 : 腎II型ナトリウム依存性リン酸輸送担体Npt2aを介した新規ビタミンD代謝調節機構, 第62回日本ビタミン学会大会,盛岡,平成22年6月11日~12日, 2010年6月.
50)中橋 乙起, 山本 浩範, 池田 翔子, 田中 更沙, 竹井 悠一郎, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 : リン代謝異常および食餌性リンによる線維芽細胞増殖因子23(FGF23)の発現変動の解析, 第62回日本ビタミン学会大会,盛岡,平成22年6月11日~12日, 2010年6月.
51)宮本 賢一 : リン酸代謝調節機序:最近の知見, 第1回骨バイオサイエンス研究会, 2010年6月.
52)向井 理恵, 二川 健, 寺尾 純二 : 廃用性筋萎縮に伴う酸化ストレス上昇に対するケルセチンの効果, 第63回日本酸化ストレス学会学術集会, 2010年6月.
53)Kazuaki Mawatari, Yumi Yoneda, Manami Honda, Hitomi Iba, Mutsumi Aihara, Zehong Su, Takaaki Shimohata, Masayuki Yamato and Akira Takahashi : VPA1604, a protein tyrosine kinase, modulates high molecular weight capsular polysaccharide in Vibrio parahaemolyticus, 日米医学協力研究会コレラ・細菌性腸管感染症専門部会日本側総会, Jul. 2010.
54)斎藤 裕, 島田 光生, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 奥村 仙示, 武田 英二 : 肝傷害患者における術前栄養指標としての呼吸商の意義, 第47回 日本外科代謝栄養学会学術集会, 2010年7月.
55)山本 浩範, 香西 美奈, 竹井 悠一郎, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 : 甲状腺ホルモン受容体β1を介したビタミンDー1α水酸化酵素(CYP27B1)遺伝子の転写抑制機構, 第28回日本骨代謝学会学術集会,東京,平成22年7月21日~23日, 2010年7月.
56)山本 浩範, 竹井 悠一郎, 佐藤 匡俊, 竹谷 豊, 武田 英二 : Klotho-FGF23シグナル異常によるスタニオカルシン2の発現亢進と血管平滑筋細胞のリン酸誘導性石灰化の抑制, 第28回日本骨代謝学会学術集会,東京,平成22年7月21日~23日, 2010年7月.
57)宮本 賢一, 花房 悦世, 辰巳 佐和子, 木戸 慎介, 瀬川 博子 : 腸管とリン代謝, 第28回日本骨代謝学会学術集会, 2010年7月.
58)山本 浩範, 香西 美奈, 竹井 悠一郎, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 : 甲状腺ホルモン受容体β1を介したビタミンD-1α水酸化酵素(SYP27B1)遺伝子の転写抑制機構, 第28回日本骨代謝学会学術集会, 2010年7月.
59)木戸 慎介, 中川 航司, 橋本 由衣, 坂田 雅映, 辰巳 佐和子, 荒波 史, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : イタイイタイ病に見られるCd骨症(骨軟化症)の発症・進展におけるFGF23の関与, 第28回日本骨代謝学会学術集会, 2010年7月.
60)高橋 悦久, 奥村 裕司, 木戸 博 : Ⅱ型膜結合型セリンプロテアーゼ,MSPL/TMPRSS13による高病原性鳥インフルエンザウイルス感染活性化と,その阻害剤の検討, 第15回日本病態プロテアーゼ学会学術集会, 2010年8月.
61)酒井 徹, 中本 真理子, 首藤 恵泉, 保坂 利男 : 核酸による2型ヘルパーT細胞分化制御のメカニズム, 核酸・核タンパク質機能性研究会, 2010年8月.
62)高橋 悦久, 奥村 裕司, 木戸 博 : Ⅱ型膜結合型セリンプロテアーゼ,MSPL/TMPRSS13による高病原性鳥インフルエンザウイルス感染活性化と,その阻害剤の検討, 第15回日本病態プロテアーゼ学会学術集会, 2010年8月.
63)山本 浩範, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二, 宮本 賢一, 加藤 茂明 : 1.甲状腺疾患におけるリン・ビタミンD代謝異常の分子メカニズムの解明(第326回会議研究発表要旨,脂溶性ビタミン総合研究委員会), ビタミン, Vol.84, No.8, 408, 2010年8月.
64)奥村 仙示, 山内 利香, 浦野 恵利, 武田 英二 : 間接熱量計を用いずに肝疾患患者のLES適応を評価する血液生化学指標の検討, 第32回日本臨床栄養学会総会第31回日本臨床栄養協会総会第8回大連合大会, 2010年8月.
65)二川 健 : Jミルク招待講演, 2010年8月.
66)酒井 徹, 中本 真理子, 首藤 恵泉 : 徳島県勤労者における練り製品摂取量と食品群別摂取量・生活習慣との関連について, 第57回日本栄養改善学会集会, 2010年9月.
67)宮本 賢一 : リンの話題, 第33回栃木県透析医学会, 2010年9月.
68)酒井 徹, 中本 真理子, 首藤 恵泉 : 徳島県勤労者における練り製品摂取量と食品群別摂取量・生活習慣との関連について, 第57回日本栄養改善学会集会, 2010年9月.
69)山西 倫太郎 : カロテノイドによる免疫調節, --- 抗原呈示細胞内のグルタチオン量と免疫機能に対する影響 ---, 第24回 カロテノイド研究談話会講演要旨集, 12-13, 2010年9月.
70)越智 ありさ, 中尾 玲子, 山 智成, 上村 啓太, 平坂 勝也, 真板 綾子, 奥村 裕司, 原田 晃子, 長野 圭介, 片桐 綾人, 河村 知志, 根本 尚夫, 宮本 賢一, 二川 健 : 抗ユビキチン化ペプチドCblin (Cbl-b inhibitor)の高機能化, 日本アミノ酸学会第4回学術大会, 2010年9月.
71)山 智成, 上村 啓太, 越智 ありさ, 平坂 勝也, 真板 綾子, 奥村 裕司, 原田 晃子, 石堂 一巳, 二川 健 : 廃用性筋萎縮に対する予防食材としての大豆ペプチドの有効性, 日本宇宙生物科学会第24回大会, 2010年9月.
72)矢野 桃子, 水野 智子, 吉田 和香奈, 尾脇 加奈子, 乙 敬宏, 鈴木 瑛里, 奥村 裕司, 真板 綾子, 原田 晃子, 二川 健 : Unloading 環境下におけるMyostatin 活性化機構, 日本宇宙生物科学会第24回大会, 2010年9月.
73)大下 知洋, 新谷 佳子, 片山 麻衣, 大和 正幸, 芥川 正武, 髙橋 章, 小中 信典, 木内 陽介 : 殺菌効果の波長依存性に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 191, 2010年9月.
74)岡久 強志, 真鍋 佑輔, 大和 正幸, 髙橋 章, 芥川 正武, 木内 陽介 : UV-LEDを用いたタンク型水殺菌装置, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 193, 2010年9月.
75)山口 誠一, 辰巳 佐和子, 釜谷 達哉, 塩崎 雄治, 野村 憲吾, 斎藤 友紀子, 木戸 慎介, 宮本 賢一 : リン代謝における骨細胞の役割, 第29回腎と骨代謝研究会, 2010年10月.
76)下畑 隆明, 中野 政之, 馬渡 一諭, 大和 正幸, 髙橋 章 : 腸炎ビブリオエフェクタータンパク質VP1680 はIL-8 の分泌を誘発する, 第63回日本細菌学会・中国・四国支部総会, 2010年10月.
77)粟飯原 睦美, 大和 正幸, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 芥川 正武, 木内 陽介 : 異なる紫外線波長の併用による殺菌効果, 第63回日本細菌学会・中国・四国支部総会, 2010年10月.
78)馬渡 一諭, 米田 由美, 本田 真奈美, 射場 仁美, 粟飯原 睦美, 下畑 隆明, 蘇 澤紅, 大和 正幸, 髙橋 章 : Vibrio parahaemolyticus のチロシンキナーゼVPA1604 は高分子量型莢膜多糖類(HMW-CPS)形成を調節する, 第63回日本細菌学会・中国・四国支部総会, 2010年10月.
79)富永 彩子, 永禮 智基, 阪上 浩, 原田 永勝, 春日 雅人, 中屋 豊 : 3T3-L1脂肪細胞でのレプチン発現に対するDNAメチル化の関与, 第31回日本肥満学会, 2010年10月.
80)戸田 聡美, 阪上 浩, 谷口 康子, 原田 永勝, 馬渡 一諭, 中屋 豊, 志内 哲也 : 自発運動制御におけるGhrelinの役割, 第31回日本肥満学会, 2010年10月.
81)二川 健 : 寝たきりによる筋萎縮に対する予防食材としての大豆ペプチドの有効性, 大豆のはたらきin 徳島, 2010年10月.
82)原田 晃子, 松尾 侑季, 古賀 友紀, 河野 尚平, 平坂 勝也, 奥村 裕司, 中屋 豊, 二川 健 : SPORTSラットを用いた長距離走行が可能な骨格筋の糖代謝, 日本肥満学会第31回, 2010年10月.
83)安倍 知紀, 平坂 勝也, 河野 尚平, 加川 祥子, 市川 雅子, 原田 晃子, 真板 綾子, 奥村 裕司, 二川 健 : Cbl-bは肥満脂肪組織における炎症反応及びインスリン抵抗性発症を防ぐ, 日本肥満学会第31回, 2010年10月.
84)山本 浩範, 佐々木 一, 武田 英二 : パラチノースとオレイン酸の組合せ食による肥満モデルラットの糖·脂質代謝異常抑制効果, JDDW2010(第41回日本消化吸収学会総会・第18回日本消化器関連学会), 2010年10月.
85)廣隅 公治, 馬島 彬, 吉田 達貞, 志葉 優子, 河合 慶親, 寺尾 純二, 中馬 寛 : 非経験的分子軌道法によるフェノール水素原子のラジカル引き抜き反応の分子論的考察およびフラボノイドの構造活性相関への応用, 第38回構造活性相関シンポジウム, 72-74, 2010年10月.
86)高橋 悦久, 奥村 裕司, 大内 正信, Klenk Hans-Dieter, 中屋 隆明, 大道寺 智, 木戸 博 : 高病原性鳥インフルエンザウイルスはⅡ型膜結合型セリンプロテアーゼのMSPL/TMPRSS13によってヘマグルチニンが切断され,膜融合が活性化される, 第58回日本ウイルス学会学術集会, 2010年11月.
87)宮本 賢一, 木戸 慎介 : 不動性骨粗鬆症の予防に有効な機能性食品の探索, 第6回機能性宇宙食研究会, 2010年11月.
88)二川 健 : 抗ユビキチン化ペプチドと廃用性筋萎縮, 第6回機能性宇宙食研究会, 2010年11月.
89)中橋 乙起, 山本 浩範, 田中 更紗, 増田 真志, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 : リン制限及び活性型ビタミンDによるFibroblast growth factor15遺伝子発現調節, 第43回日本栄養・食糧学会 中国四国支部大会, 2010年11月.
90)藤原 真理奈, 木戸 慎介, 坂田 雅映, 荒波 史, 瀬川 博子, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一 : イタイイタイ病に見られる骨障害の発症・進展におけるFGF23の関与, 第43回日本栄養・食糧学会 中国四国支部大会, 2010年11月.
91)二川 健 : 無重力や寝たきりによる筋萎縮の分子メカニズム, 第43回 日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 2010年11月.
92)金 允喜, 山西 倫太郎 : ヒトのマクロファージ様THP-1細胞のredox statusに及ぼすβ-カロテンの影響, 第43回 日本栄養・食糧学会中国四国支部大会 講演要旨集, 18, 2010年11月.
93)高橋 悦久, 奥村 裕司, 大内 正信, Klenk Hans-Dieter, 中屋 隆明, 大道寺 智 : 高病原性鳥インフルエンザウイルスはII型膜結合型セリンプロテアーゼのMSPL/TMPRSS13によってヘマグルチニンが切断され,膜融合が活性化される, 第58回日本ウイルス学会学術集会, 2010年11月.
94)森 大樹, 島田 光生, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 斎藤 裕, 岩橋 衆一, 花岡 潤, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 奥村 仙示, 武田 英二 : 肝切除周術期管理としての呼吸商の意義, 第72回日本臨床外科学会総会, 2010年11月.
95)東田 真由子, 西雄 千佳, 松岡 裕貴, 平田 陽一郎, 黒部 裕嗣, 中屋 豊, 北川 哲也, 佐田 政隆 : 血管リモデリングにおけるHMGB1の果たす役割, 第18回日本血管生物医学会学術集会, 2010年12月.
96)松岡 裕貴, 黒部 裕嗣, 平田 陽一郎, 黒部 裕嗣, 中屋 豊, 北川 哲也, 佐田 政隆 : 大動脈瘤モデルの作製とその評価系の確立, 第18回日本血管生物医学会学術集会, 2010年12月.
97)西雄 千佳, 東田 真由子, 松岡 裕貴, 平田 陽一郎, 黒部 裕嗣, 中屋 豊, 北川 哲也, 佐田 政隆 : GLP-1 receptor agonist の血管リモデリングに与える影響の検討, 第18回日本血管生物医学会学術集会, 2010年12月.
98)高橋 悦久, 奥村 裕司, 大内 正信, Klenk Hans-Dieter, 中屋 隆明, 大道寺 智, 木戸 博 : Novel type II transmembrane serine proteases, MSPL and TMPRSS13, proteolytically activate membrane fusion activity of hemagglutinin of highly pathogenic avian influenza viruses and induce their multicycle replication, 第83回日本生化学会大会, 2010年12月.
99)東田 真由子, 西雄 千佳, 松岡 勇貴, 平田 陽一郎, 黒部 裕嗣, 中屋 豊, 北川 哲也, 佐田 政隆 : 血管リモデリングにおけるHMGB1の果たす役割, 第18回日本血管生物医学会学術集会, 2010年12月.
100)宮本 賢一 : 低リン血症くる病の理解に向けて-生後発達に伴う尿細管リン再吸収障害-, 第28回小児代謝性骨疾患研究会, 2010年12月.
101)山本 浩範, 香西 美奈, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 : 甲状腺疾患におけるビタミンD代謝異常の分子メカニズムの解明, 第28回小児代謝性骨疾患研究会, 2010年12月.
102)高橋 悦久, 奥村 裕司, 大内 正信, Klenk Hans-Dieter, 中屋 隆明, 大道寺 智 : 高病原性鳥インフルエンザウイルスはII型膜結合型セリンプロテアーゼのMSPL/TMPRSS13によってヘマグルチニンが切断され,膜融合が活性化される, 第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月.
103)上地 達也, 白方 あゆみ, 越智 ありさ, 乙 敬宏, 河野 尚平, 長野 圭介, 原田 晃子, 真板 綾子, 奥村 裕司, 二川 健 : IRS-1のユビキチン化阻害ペプチドとCbl-bの相互作用解析, 第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月.
104)四釜 洋介, 小杉 知里, 片岡 菜奈子, 坂東 由記子, 秦 明子, 篠田 香織, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 庄野 真代, 簾 馨, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 船木 真理 : 非肥満者に見られる糖・脂質代謝異常,高血圧に脂肪組織の機能異常が関与する可能性の検討, 糖尿病, Vol.54, No.Suppl.1, S-355, 2011年.
105)坂東 由記子, 小杉 知里, 片岡 菜奈子, 四釜 洋介, 秦 明子, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 庄野 真代, 簾 馨, 篠田 香織, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 船木 真理 : 徳島県におけるadiponectinおよびHOMA-IRと糖・脂質早期代謝異常との相関性についての考察, 糖尿病, Vol.54, No.Suppl.1, S-248, 2011年.
106)堤 理恵 : 徳島大学病院における術前補水食の効果の検討, 日本病態栄養学会, 2011年1月.
107)奥村 仙示, 寺本 有紗, 山内 利香, 浦野 恵利, 武田 英二 : 関節熱量計を用いずに肝疾患患者のLESの適応を判断するのに必要なnpRQを予測する血液生化学指標と式の検討, 第14回日本病態栄養学会, 2011年1月.
108)川上 由香, 奥村 仙示, 森 由佳, 足立 知咲, 佐久間 理英, 武田 英二 : DNAチップを用いた食品負荷による食後高血糖の網羅的遺伝子発現評価, 第14回日本病態栄養学会, 2011年1月.
109)山本 浩範, 菊地 浩子, 中尾 真理, 中橋 乙起, 池田 翔子, 田中 更沙, 竹谷 豊, 武田 英二 : 腎不全における腸管鉄代謝異常の分子メカニズムの解明, 第14回日本病態栄養学会年次学術集会, 2011年1月.
110)武田 英二, 奥村 仙示 : 臨床栄養管理からみた食事摂取法のエビデンス, 第14回日本病態栄養学会, 2011年1月.
111)戸田 聡美, 阪上 浩, 谷口 康子, 原田 永勝, 馬渡 一諭, 中屋 豊, 志内 哲也, 箕越 靖彦 : 自発運動制御におけるGhrelinの役割, 第14回日本病態栄養学会,神奈川県横浜市, 2011年1月.
112)東田 真由子, 松村 晃子, 今村 有希, 宇野 和美, 山田 静恵, 堤 理絵, 保坂 利男, 阪上 浩, 中屋 豊 : NST自身による血糖管理により褥瘡治療に効果をあげた一症例, 第14回日本病態栄養学会, 2011年1月.
113)片山 恵梨香, 山田 静恵, 松村 晃子, 宇野 和美, 堤 理絵, 保坂 利男, 阪上 浩, 亀岡 尚美, 大森 哲郎, 中屋 豊 : 外来で著明な低リン血症を示した神経性無食欲症の一例, 第14回日本病態栄養学会, 2011年1月.
114)坂田 雅映, 木戸 慎介, 橋本 由衣, 辰巳 佐和子, 瀬川 博子, 松本 俊夫, 宮本 賢一 : FGF23/Klothoを介した新たな腎尿細管リン・カルシウム代謝調節機構の解明, 第14回日本病態栄養学会年次学術集会, 2011年1月.
115)大井 彰子, 瀬川 博子, 花房 悦世, 堀場 直, 上田 乙也, 寺社下 浩一, 福島 直, 宮本 賢一 : 高リン血症治療薬の分子標的Npt2bノックアウトマウスの解析, 第14回日本病態栄養学会年次学術集会, 2011年1月.
116)大井 彰子, 瀬川 博子, 花房 悦世, 堀場 直, 上田 乙也, 寺社下 浩一, 福島 直, 宮本 賢一 : 高リン血症治療薬の分子標的Npt2bノックアウトマウスの解析, 第14回日本病態栄養学会年次学術集会, 2011年1月.
117)宮本 賢一 : 慢性腎臓病におけるリントランスポーターの役割, 第4回革新的特色研究シンポジウム, 2011年1月.
118)赤星 哲平, 山西 倫太郎 : マウスマクロファージ培養細胞RAW264細胞におけるグルタチオン合成系に対するβ-カロテンの影響, 日本農芸化学会中四国支部 第29回講演会, 27, 2011年1月.
119)東田 真由子, 西雄 千佳, 松岡 祐貴, 平田 陽一郎, 黒部 裕嗣, 中屋 豊, 北川 哲也, 佐田 政隆 : 血管モデリングにおけるHMGB1の果たす役割, 第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
120)瀬川 博子, 古谷 順也, 菅野 三喜男, 坂内 堅二, 大和 英之, 宮本 賢一 : 蛋白源に含まれるリンの有する作用:FGF23との関係, 第22回日本腎性骨症研究会, 2011年2月.
121)M. Higashida, C. Nishio, Y. Hirata, Hirotsugu Kurobe, Masashi Akaike, Yutaka Nakaya, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata : HMGB1 Plays a Critical Role in Chronic Inflammation and Vascular Remodeling after Endovascular Injury., 第75回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2011.
122)C. Nishio, M. Higashida, Y. Hirata, Hirotsugu Kurobe, Masashi Akaike, Yutaka Nakaya, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata : GLP-1 Receptor Agonist Attenuates Vascular Remodeling after Endovascular Injury., 第75回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2011.
123)桑田 広子, 坂尾 こず枝, 向井 理恵, 寺尾 純二, 河村 知志, 根本 尚夫, 藤井 信, 侯 徳興 : プレニル化ケルセチンの機能性解析:炎症性因子の抑制およびその分子機構, 日本農芸学会, 2011年3月.
124)向井 理恵, 水口 八重子, 藤倉 温, 河村 知志, 根本 尚夫, 河合 慶親, 寺尾 純二, 侯 徳興 : プレニル化ケルセチンの筋萎縮予防効果とその特徴, 日本農芸学会, 2011年3月.
125)金 允喜, 山西 倫太郎 : ヒトのマクロファージ様THP-1細胞のredox statusに及ぼすβ-カロテンの影響, 2011年度 日本農芸化学会大会 講演要旨集, 55, 2011年3月.
126)河村 知志, 向井 理恵, 林 萠未, 寺尾 純二, 根本 尚夫 : 廃用性筋萎縮抑制作用を有するフラボノイドのC-プレニル化と活性評価, 日本薬学会年会, 2011年3月.
127)林 萠未, 河村 知志, 向井 理恵, 寺尾 純二, 根本 尚夫 : フラボノイドの C-プレニル化法開発と合成への応用, 日本薬学会年会, 2011年3月.
128)河村 知志, 林 萠未, 向井 理恵, 寺尾 純二, 根本 尚夫 : フラバノン類の効率的 C-8 プレニル化法, 日本薬学会年会, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 作品等

(なし)

2010年度(平成22年度) / その他・研究会

1)竹谷 豊 : 栄養学教室における内皮機能検査, 血管不全研究会第8回学術集会,東京,平成22年4月10日, 2010年4月.
2)大和 正幸, 料治 春華, 髙橋 章, 芥川 正武, 木内 陽介 : UVA LEDによる水殺菌, --- タンク容量と循環速度の違いによる殺菌効率の検討 ---, LED総合フォーラム論文集, 77-78, 2010年4月.
3)粟飯原 睦美, 新谷 佳子, 廉 馨, Mostafa Gadelmoula, 大和 正幸, 馬渡 一諭, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : UVA-LED装置を用いた水殺菌装置の開発, LED総合フォーラム論文集, 79-80, 2010年4月.
4)岡久 強志, 眞鍋 佑輔, 大和 正幸, 髙橋 章, 芥川 正武, 木内 陽介 : UVA-LED装置を用いた水殺菌装置の開発, LED総合フォーラム論文集, 81-82, 2010年4月.
5)Xin Lian, Miku Maeda, Masayuki Yamato, Kazuaki Mawatari, Masatake Akutagawa, Yutaka Nakaya, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi : New UVA-LED surface sterilization system for vegetables, LED総合フォーラム論文集, 83-84, Apr. 2010.
6)Mostafa Gadelmoula, Xin Lian, Akiko Hamamoto, Kazuaki Mawatari, Masayuki Yamato, Masatake Akutagawa, Yutaka Nakaya, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi : UVA-LED suitability for air disinfection, LED総合フォーラム論文集, 85-86, Apr. 2010.
7)二川 健 : 大豆セリンプロテアーゼ阻害剤による廃用性筋萎縮の治療∼骨格筋のセリンプロテアーゼ型ストレスセンサーの発見, (財)不二たん白質研究振興財団 第13回(平成21年度助成研究課題)研究報告会, 2010年5月.
8)山本 浩範, 菊地 浩子, 田中 更沙, 中橋 乙起, 中尾 真理, 竹谷 豊, 安西 尚彦, 武田 英二 : 腎不全における腸管鉄代謝異常の分子メカニズムの解明, 第5回トランスポーター研究会年会, 2010年7月.
9)竹谷 豊 : 栄養学的に見た高リン血症の問題, 第13回東海ROD研究会,名古屋,平成22年7月31日, 2010年7月.
10)橋本 脩平, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : 生体ミネラルバランスが時計遺伝子の発現調節に与える影響, 第43回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 2010年11月.
11)中橋 乙起, 山本 浩範, 田中 更沙, 増田 真志, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 : リン制限及び活性型ビタミンDによるFibroblast growth factor 15遺伝子発現調節, 第43回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 2010年11月.
12)増田 真志, 山本 浩範, 香西 美奈, 竹井 悠一郎, 中橋 乙起, 池田 翔子, 大谷 彩子, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 : All-transレチノイン酸による腸管リン吸収への影響とそのメカニズム, 日本農芸化学会中四国支部第29回講演会/日本ビタミン学会中国・四国地区第1回講演会合同講演会, 2011年1月.

2010年度(平成22年度) / 報告書

(なし)

2011年度(平成23年度)

article.{@.date="20110400 20120399" @.organization=\E{148408}}

2011年度(平成23年度) / 著書

1)Rie Mukai, Junji Terao, Yasuhito Shirai, Naoaki Saito and Hitoshi Ashida : Determination of Subcellular Localization of Flavonol in Cultured Cells by Laser Scanning. (Edited by: Chau-Chang Wang), --- Laser Scanning, Theory and Applications Chapter12 ---, InTech, Apr. 2011.
2)岡田 裕子, 阪上 浩, 春日 雅人 : 肥満症のくすり, 日本評論社, 2011年4月.
3)竹谷 豊 : ミネラル・微量元素のトランスポーター, 株式会社 建帛社, 2011年5月.
4)中屋 豊 : LES(解説), メディカルレビュー社, 大阪, 2011年5月.
5)山西 倫太郎 : III 応用編 1.食品による免疫機能の調節 14.カロテノイド, 朝倉書店, 東京, 2011年5月.
6)山西 倫太郎 : カロテノイドの抗アレルギー作用, 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2011年5月.
7)伊藤 美紀子, 宮本 賢一, 辰巳 佐和子 : 栄養不良の定義, 日本メディカルセンター, 2011年6月.
8)山西 倫太郎, その他 27名 : クエスチョン・バンク管理栄養士国家試験問題解説 2012, メディック・メディア, 東京, 2011年7月.
9)中屋 豊, 原田 永勝 : 肝胆膵疾患と栄養療法の最前線, 2011年9月.
10)向井 理恵, 寺尾 純二 : Functional Food 機能性食品の基礎から臨床へ (吉川敏一 編集), --- 〈第1特集〉5.イソフラボンと抗酸化活性評価 ---, フジメディカル出版, 大阪, 2011年10月.
11)山西 倫太郎, 寺尾 純二, 高村 仁知 : 改訂 食品機能学, 光生館, 東京, 2011年10月.
12)中屋 豊 : NST活動の現状と今後の展開, メディカルレビュー社, 大阪, 2011年11月.
13)Eiji Takeda, Hironori Yamamoto, Hisami Okumura and Yutaka Taketani : Complications and Managements of Hyperphosphatemia in Dialysis, InTech, Nov. 2011.
14)首藤 恵泉 : 栄養科学シリーズNEXT公衆栄養学, 株式会社 講談社サイエンティフィク, 2012年.
15)辰巳 佐和子, 木戸 慎介, 宮本 賢一, 伊藤 美紀子 : 透析患者の栄養とリン代謝, 医学図書出版株式会社, 2012年.
16)辰巳 佐和子, 野村 憲吾, 宮川 淳美, 木戸 慎介, 瀬川 博子 : リンセンシングと腸管, 医薬ジャーナル社, 大阪, 2012年.
17)宮本 賢一 : 動物を用いた栄養生化学および栄養関連酵素実験, 共立出版株式会社, 2012年1月.
18)原田 永勝 : 栄養生理学・生化学実験 「3章栄養生理学・生化学実験の対象と研究倫理3.2~3.4」, 株式会社 講談社サイエンティフィク, 2012年2月.
19)坂井 建雄, 宮本 賢一, 小西 真人, 工藤 宏幸 : 人体の施錠構造と機能Ⅹ運動器, 2012年2月.
20)辰巳 佐和子, 野村 憲吾, 釜谷 達哉, 宮本 賢一 : ミネラル摂取と生命予後, 科学評論社, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Keisuke Ishizawa, Masanori Yoshizumi, Yoshichika Kawai, Junji Terao, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Pharmacology in health food: Metabolism of quercetin in vivo and its protective effect against arteriosclerosis, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.115, No.4, 466-470, 2011.
2)Etsuhisa Takahashi, Yuushi Okumura and Hiroshi Kido : Activation of the highly pathogenic avian influenza virus replication by membrane-bound proteases MSPL and TMPRSS13 and its inhibition by the protease inhibitors, Influenza and Other Respiratory Viruses, Vol.5, No.1, 276-279, 2011.
3)Jun Shirakawa, Kikuko Amou, Hirokazu Ohminami, Kazuki Orime, Yu Togashi, Yuzuru Ito, Kazuki Tajima, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Eiji Takeda and Yasuo Terauchi : Protective effects of dipeptidyl peptidase-4 (DPP-4) inhibitor against increased cell apoptosis induced by dietary sucrose and linoleic acid in mice with diabetes., The Journal of Biological Chemistry, Vol.286, No.29, 25467-25476, 2011.
4)Hiroko Furukawa, Kazuaki Mawatari, Kei Koyama, Sonoko Yasui, Ran Morizumi, Takaaki Shimohata, Nagakatsu Harada, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : Telmisartan increases localization of glucose transporter 4 to the plasma membrane and increases glucose uptake via peroxisome proliferator-activated receptor γ in 3T3-L1 adipocytes., European Journal of Pharmacology, Vol.660, No.2-3, 485-491, 2011.
5)Kikuko Amou, Hidekazu Arai, Takashi Uebansou, Makiko Fukaya, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : Effects of xylitol on metabolic parameters and visceral fat accumulation., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.49, No.1, 1-7, 2011.
6)Tuyet Nhung Thi Le, Hirofumi Nagata, Mutsumi Aihara, Akira Takahashi, Toshihiro Okamoto, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari, Yhosuke Kinouchi, Masatake Akutagawa and Masanobu Haraguchi : Additional effects of silver nanoparticles on bactericidal efficiency depend on calcination temperature and dip-coating speed., Applied and Environmental Microbiology, Vol.77, No.16, 5629-5634, 2011.
7)Masataka Kusunoki, Kazuhiko Tsutsumi, Daisuke Sato, Aki Nakamura, Satoshi Habu, Yuichi Mori, Munehiko Morishita, Takayuki Yonemoto, Tetsuro Miyata, Yutaka Nakaya and Takao Nakamura : Activation of lipoprotein lipase increases serum high density lipoprotein 2 cholesterol and enlarges high density lipoprotein 2 particles in rats., European Journal of Pharmacology, Vol.668, No.1-2, 337-339, 2011.
8)Ayumi Kunimoto, Miyuki Yokoro, Kaeko Murota, Rintaro Yamanishi, Toshiko Suzuki-Yamamoto, Makiko Suzuki, Chikao Yutani, Shinobu Doi, Miki Hiemori, Hiromi Yamashita, Yoshitaka Takahashi, Hideaki Tsuji and Masumi Kimoto : Gastrointestinal digestion and absorption of Pen j 1, a major allergen from Kuruma prawn, Penaeus japonicus., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.75, No.7, 1249-1258, 2011.
9)Yoichiro Hirata, Minoru Tabata, Hirotsugu Kurobe, Tatsuo Motoki, Masashi Akaike, Chika Nishio, Mayuko Higashida, Hiroaki Mikasa, Yutaka Nakaya, Shuichiro Takanashi, Takashi Igarashi, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata : Coronary atherosclerosis is associated with macrophage polarization in epicardial adipose tissue., Journal of the American College of Cardiology, Vol.58, No.3, 248-255, 2011.
10)Takashi Uebanso, Yutaka Taketani, Hironori Yamamoto, Kikuko Amou, Hirokazu Ominami, Hidekazu Arai, Yuichiro Takei, Masashi Masuda, Ayako Tanimura, Nagakatsu Harada, Hisami Yamanaka-Okumura and Eiji Takeda : Paradoxical regulation of human FGF21 by both fasting and feeding signals: is FGF21 a nutritional adaptation factor?, PLoS ONE, Vol.6, No.8, e22976, 2011.
11)Akiko Ohi, Etsuyo Hanabusa, Otoya Ueda, Hiroko Segawa, Naoshi Horiba, Ichiro Kaneko, Shoji Kuwahara, Tomo Mukai, Shohei Sasaki, Rieko Tominaga, Junya Furutani, Fumito Aranami, Shuichi Ohtomo, Yumiko Oikawa, Yousuke Kawase, A Naoko Wada, Takanori Tachibe, Mami Kakefuda, Hiromi Tateishi, Kaoru Matsumoto, Sawako Tatsumi, Shinsuke Kido, Naoshi Fukushima, Kou-Ichi Jishage and Ken-ichi Miyamoto : Inorganic phosphate homeostasis in sodium-dependent phosphate cotransporter Npt2b+/- mice., American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.301, No.5, F1105-13, 2011.
12)Masataka Kusunoki, Kazuhiko Tsutsumi, Daisuke Sato, Aki Nakamura, Satoshi Habu, Yuichi Mori, Munehiko Morishita, Takayuki Yonemoto, Tetsuro Miyata, Yutaka Nakaya and Takao Nakamura : Pioglitazone-induced body weight gain is prevented by combined administration with the lipoprotein lipase activator NO-1886., European Journal of Pharmacology, Vol.668, No.3, 486-491, 2011.
13)Hiroko Takumi, Rie Mukai, Sawako Ishiduka, Takashi Kometani and Junji Terao : Tissue distribution of hesperetin in rats after a dietary intake., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.75, No.8, 1608-1610, 2011.
14)Asuka Shiota, Yutaka Taketani, Yoichi Maekawa, Koji Yasutomo, Masataka Sata, Tohru Sakai, R. Mizuno, M. Isshiki, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : High phosphate diet reduces atherosclerosis formation in apolipoprotein E-deficient mice., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.49, No.2, 109-114, 2011.
15)Mariko Nakamoto, Emi Shuto, Toshio Hosaka and Tohru Sakai : Dietary deoxynucleic acid induces type 2 T-helper immune response through toll-like receptor 9 in mice., European Journal of Nutrition, Vol.50, No.6, 421-426, 2011.
16)Takashi Uebansou, Yutaka Taketani, Hironori Yamamoto, Kikuko Amou, Sarasa Tanaka, Hidekazu Arai, Yuichiro Takei, Masashi Masuda, Hisami Yamanaka-Okumura and Eiji Takeda : Liver X receptor negatively regulates fibroblast growth factor 21 in the fatty liver induced by cholesterol-enriched diet., The Journal of Nutritional Biochemistry, Vol.23, No.7, 785-790, 2011.
17)Akiko Taniguchi-Fukatsu, Hisami Okumura, Yuko Naniwa-Kuroki, Yuka Nishida, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : Natto and viscous vegetables in a Japanese style breakfast improved insulin sensitivity, lipid metabolism and oxidative stress in subjects with impaired glucose tolerance, British Journal of Nutrition, Vol.107, No.8, 1184-1191, 2011.
18)Shinji Kawahito, Takashi Kawano, Hiroshi Kitahata, Jun Oto, Akira Takahashi, Kazumi Takaishi, Nagakatsu Harada, Tadahiko Nakagawa, Hiroyuki Kinoshita, Toshiharu Azma, Yutaka Nakaya and Shuzo Oshita : Molecular mechanisms of the inhibitory effects of clonidine on vascular adenosine triphosphate-sensitive potassium channels., Anesthesia & Analgesia, Vol.113, No.6, 1374-1380, 2011.
19)Kayo Hirose, Yasuo M. Tsutsumi, Rie Tsutsumi, Masayuki Shono, Erika Katayama, Michiko Kinoshita, Katsuya Tanaka and Shuzo Oshita : Role of the O-linked -N-acetylglucosamine in the cardioprotection induced by isoflurane., Anesthesiology, Vol.115, No.5, 955-962, 2011.
20)H Nazari, A Khaleghian, Akira Takahashi, N Harada, N J. G. Webster, M Nakano, K Kishi, Y Ebina and Y Nakaya : Cortactin, an Actin Binding Protein, Regulates GLUT4 Translocation via Actin Filament Remodeling, Biochemistry (Moscow), Vol.76, No.11, 1262-1269, 2011.
21)Akiko Ohi, Kengo Nomura and Ken-ichi Miyamoto : [Calcium pros and cons significance and risk of phosphorus supplementation. The risk of dietary phosphorus intake]., Clinical Calcium, Vol.21, No.12, 171-174, 2011.
22)Sakiko Haito-Sugino, Mikiko Ito, Akiko Ohi, Yuji Shiozaki, Natsumi Kangawa, Takashi Nishiyama, Fumito Aranami, Shohei Sasaki, Sayaka Mori, Shinsuke Kido, Sawako Tatsumi, Hiroko Segawa and Ken-ichi Miyamoto : Processing and stability of type IIc sodium-dependent phosphate cotransporter mutations in patients with hereditary hypophosphatemic rickets with hypercalciuria., American Journal of Physiology, Cell Physiology, Vol.302, No.9, C1316-30, 2011.
23)Qinkai Li, Toshio Hosaka, Yosuke Shikama, Yukiko Bandou, Chisato Kosugi, Nanako Kataoka, Yutaka Nakaya and Makoto Funaki : Heparin-binding EGF-like growth factor (HB-EGF) mediates 5-HT-induced insulin resistance through activation of EGF receptor-ERK1/2-mTOR pathway., Endocrinology, Vol.153, No.1, 56-68, 2012.
24)Sonoko Yasui, Kazuaki Mawatari, Ran Morizumi, Hiroko Furukawa, Takaaki Shimohata, Nagakatsu Harada, Akira Takahashi and Yutaka Nakaya : Hydrogen peroxide inhibits insulin-induced ATP-sensitive potassium channel activation independent of insulin signaling pathway in cultured vascular smooth muscle cells., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.1-2, 36-44, 2012.
25)Rie Tsutsumi, Yasuo M. Tsutsumi, Yousuke T. Horikawa, Yozo Takehisa, Toshio Hosaka, Nagakatsu Harada, Tohru Sakai and Yutaka Nakaya : Decline in anthropometric evaluation predicts a poor prognosis in geriatric patients., Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, Vol.21, No.1, 44-51, 2012.
26)堤 理恵, 武川 茉莉子, 山口 想太郎, 堤 保夫 : 早期集中治療におけるPEPTAMEN AFの有効性の検討, 臨床栄養, Vol.121, 113-117, 2012年.
27)Tomoko Inubushi, Norio Kamemura, Masataka Oda, Jun Sakurai, Yutaka Nakaya, Nagakatsu Harada, Midori Suenaga, Yoichi Matsunaga, Kazumi Ishidoh and Nobuhiko Katunuma : L-tryptophan suppresses rise in blood glucose and preserves insulin secretion in type-2 diabetes mellitus rats., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.58, No.6, 415-422, 2012.
28)Shoji Kuwahara, Fumito Aranami, Hiroko Segawa, Akemi Onitsuka, Naoko Honda, Rieko Tominaga, Etsuyo Hanabusa, Ichiro Kaneko, Setsuko Yamanaka, Shohei Sasaki, Akiko Ohi, Kengo Nomura, Sawako Tatsumi, Shinsuke Kido, Mikiko Ito and Ken-ichi Miyamoto : Identification and functional analysis of a splice variant of mouse sodium-dependent phosphate transporter Npt2c., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.1-2, 116-126, 2012.
29)Hiroshi Kido, Yuushi Okumura, Etsuhisa Takahashi, Haiyan Pan, Siye Wang, Dengbing Yao, Min Yao, Junji Chida and Mihiro Yano : Role of host cellular proteases in the pathogenesis of influenza and influenza-induced multiple organ failure, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1824, No.1, 186-194, 2012.
30)Nakagawa Tadahiko, Nagakatsu Harada, Miyamoto Aiko, Kawanishi Yukiko, Yoshida Masaki, Masayuki Shono, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Hiroshi Sakaue and Yutaka Nakaya : Membrane topology of murine glycerol-3-phosphate acyltransferase 2., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.418, No.3, 506-511, 2012.
31)Masayuki Nakano, Eiki Yamasaki, Akitoyo Ichinose, Takaaki Shimohata, Akira Takahashi, K Junko Akada, Kazuyuki Nakamura, Joel Moss, Toshiya Hirayama and Hisao Kurazono : Salmonella enterotoxin (Stn) regulates membrane composition and integrity., Disease Models & Mechanisms, Vol.5, No.4, 515-521, 2012.
32)Hiroko Takumi, Hiroyasu Nakamura, Terumi Simizu, Ryoko Harada, Takashi Kometani, Tomonori Nadamoto, Rie Mukai, Kaeko Murota, Yoshichika Kawai and Junji Terao : Bioavailability of orally administered water-dispersible hesperetin and its effect on peripheral vasodilatation in human subjects: implication of endothelial functions of plasma conjugated metabolites., Food & Function, Vol.3, No.4, 389-398, 2012.
33)Shohei Kohno, Yui Yamashita, Tomoki Abe, Katsuya Hirasaka, Motoko Oarada, Ayako Ohno, Shigetada Teshima-Kondo, Akira Higashibata, Inho Choi, Edward M. Mills, Yuushi Okumura, Junji Terao and Takeshi Nikawa : Unloading stress disturbs muscle regeneration through perturbed recruitment and function of macrophages., Journal of Applied Physiology, Vol.112, No.10, 1773-1782, 2012.
34)Shin Nishiumi, Keizo Hosokawa, Masaki Anetai, Toshiro Shibata, Rie Mukai, Ken-ichi Yoshida and Hitoshi Ashida : Antagonistic effect of the Ainu-selected traditional beneficial plants on the transformation of an aryl hydrocarbon receptor., Journal of Food Science, Vol.77, No.4, C420-429, 2012.
35)Tuyet Le Thi Nhung, Hirofumi Nagata, Akira Takahashi, Mutsumi Aihara, Toshihiro Okamoto, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Masanobu Haraguchi : Sterilization effect of UV light on Bacillus spores using TiO(2) films depends on wavelength., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.1-2, 53-58, 2012.
36)Ichiro Kunitsugu, Masayuki Okuda, Natsuko Murakami, Michio Hashimoto, Rintaro Yamanishi, Noriko Bando, Satoshi Sasaki, Junji Terao, Shinichi Sugiyama and Tatsuya Hobara : Self-reported seafood intake and atopy in Japanese school-aged children., Pediatrics International, Vol.54, No.2, 233-237, 2012.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)宮本 賢一, 古谷 順也, 桑原 頌冶, 大井 彰子, 瀬川 博子 : ペプチドトランスポーターの機能と生理作用, 栄養・食品機能とトランスポーター, 63-80, 2011年.
2)Akari Ishisaka, Satomi Ichikawa, Hiroyuki Sakakibara, K Mariusz Piskula, Toshiyuki Nakamura, Yoji Kato, Mikiko Ito, Ken-ichi Miyamoto, Akira Tsuji, Yoshichika Kawai and Junji Terao : Accumulation of orally administered quercetin in brain tissue and its antioxidative effects in rats., Free Radical Biology and Medicine, Vol.51, No.7, 1329-1336, 2011.
3)瀬川 博子, 大井 彰子, 宮本 賢一 : リン酸トランスポーターと疾患, Bio Clinica 腎臓トランスポーター異常による疾患, Vol.Vol26, No.No11, 23-27, 2011年.
4)加藤 秀夫, 中坊 幸弘, 宮本 賢一 : 人体の構造と機能, 栄養生化学(栄養科学シリーズ), 2012年.

2011年度(平成23年度) / 学術レター

(なし)

2011年度(平成23年度) / 総説・解説

1)奥村 仙示, 川上 由香, 佐久間 理英, 武田 英二 : 大麦を利用した食後高血糖抑制割合の検討と食品評価, New Food Industry, Vol.53, No.4, 12-22, 2011年4月.
2)大井 彰子, 桑原 頌治, 木戸 慎介, 宮本 賢一 : リン, 亜鉛, 銅., 循環器医のための知っておくべき電解質異常, 47-51, 2011年5月.
3)宮本 賢一, 中屋 豊 : 高リン血症と低リン血症, 循環器医のための知っておくべき電解質異常, 216-220, 2011年5月.
4)武田 英二, 谷 佳子, 奥村 仙示 : 臨床栄養管理の意義とエビデンス,臨床栄養管理法―栄養アセスメントから経済評価まで―, 建帛社, 38, 2011年5月.
5)Ken-ichi Miyamoto, Sakiko Haito-Sugino, Shoji Kuwahara, Akiko Ohi, Kengo Nomura, Mikiko Ito, Masashi Kuwahata, Shinsuke Kido, Sawako Tatsumi, Ichiro Kaneko and Hiroko Segawa : Sodium-dependent phosphate cotransporters: lessons from gene knockout and mutation studies., Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.100, No.9, 3719-3730, May 2011.
6)Shin Nishiumi, Shingo Miyamoto, Kyuichi Kawabata, Kohta Ohnishi, Rie Mukai, Akira Murakami, Hitoshi Ashida and Junji Terao : Dietary flavonoids as cancer-preventive and therapeutic biofactors., Frontiers in Bioscience (Scholar edition), Vol.3, 1332-1362, Jun. 2011.
7)阪上 浩 : 栄養学からみた糖尿病・肥満研究(2), プラクティス, Vol.28, No.5, 451-453, 2011年9月.
8)中屋 豊 : がん治療中の栄養管理 (特集 がん予防と食養生), 医と食, Vol.3, No.5, 249-252, 2011年10月.
9)木戸 博, 奥村 裕司, 高橋 悦久, 矢野 仁康 : インフルエンザ感染の重症化をもたらすウイルスと宿主の相互連関, 呼吸と循環, Vol.59, No.10, 973-981, 2011年10月.
10)竹谷 豊, 福澤 健治 : ビタミンと生活習慣病(特集:生活習慣病の栄養管理), 成人病と生活習慣病, Vol.41, No.11, 1343-1350, 2011年11月.
11)福田 亜希子, 阪上 浩 : 飽和脂肪酸とメタボの関係は? 飽和脂肪酸を摂るとメタボになりやすいですか?(動物実験の結果を含めて), Q&Aでわかる肥満と糖尿病, Vol.10, No.6, 846-848, 2011年11月.
12)阪上 浩 : 栄養学からみた糖尿病・肥満研究(1), プラクティス, Vol.28, No.6, 549-551, 2011年11月.
13)武田 英二, 山本 浩範, 奥村 仙示, 竹谷 豊 : 栄養素輸送システムと食品機能, 消化と吸収, Vol.34, No.2, 11-19, 2012年2月.
14)桑原 頌冶, 野村 憲吾, 大井 彰子, 宮本 賢一 : FGF23およびKlothoによる尿細管でのリン輸送制御機序, 腎と透析, Vol.72, No.3, 311-315, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 国際会議

1)Takeshi Nikawa, Nakao Reiko, Katsuya Hirasaka, Akira Higashibata, Inho Choi, Asashima Makoto, Edward M Mills and Yuushi Okumura : Molecular mechanism of unloading-induced muscle atrophy and development of its countermeasures, 2nd Annual Meeting of the Korean Microgravity Society,2011, Korea, May 2011.
2)Eiji Takeda, Akiko Taniguchi-Fukatsu, Yuko Naniwa-Kuroki, Yuka Nishida, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Hisami Okumura : Natto And Viscous Vegetables Improved Insulin Sensitivity, Lipid Metabolism and Oxidative Stress in Impaired Glucose Tolerance Subjects, 7th Asia Pacific Conference of Clinical Nutrition, Bangkok, Thailand, Jun. 2011.
3)Yuya Manabe, Ryosuke Nakagawa, Su Zhehong, Miki Maetani, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Akira Takahashi : Influences of Pulsed Electric Fields on the Gene Expression of Pathogenic Bacteria, Proceedings of the 18th IEEE International Pulsed Power Conference, 1242-1246, Chicago, Jun. 2011.
4)Kazuaki Mawatari, Yumi Yoneda, Manami Honda, Hitomi Iba, Mutsumi Aihara, Zehong Su, Takaaki Shimohata, Masayuki Yamato and Akira Takahashi : VPA1604, a protein containing phosphorylated tyrosine, modulates high molecular weight capsular polysaccharide in Vibrio parahaemolyticus, 4th FEMS Microbiology Congress, Jun. 2011.
5)Hitomi Iba, Takaaki Shimohata, Masayuki Yamato, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : The effect of VP1671 (vscQ) on virulence of Vibrio parahaemolyticus, 4th FEMS Microbiology Congress, Jun. 2011.
6)Tatsuya Ueji, Ayumi Shirakata, Shigetada Kondo, Keisuke Nagano, Ayako Maita, Nobuo Maita, Yuushi Okumura and Takeshi Nikawa : Crystal structure of Cbl-b TKB domain in complex with Cblin (Cbl-b inhibitor), Acta Crystallographica Section A, Vol.67, No.supplement, C304-C305, Madrid, Aug. 2011.
7)Y. Hirata, Hirotsugu Kurobe, M. Higashida, Yutaka Nakaya, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata : GLP-1 receptor agonist attenuates vascular remodeling after endovascular injury., ESC Congress 2011, Paris, Aug. 2011.
8)M. Higashida, Y. Hirata, Hirotsugu Kurobe, Yutaka Nakaya, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata : HMGB1/TLR9 pathway plays a critical role in chronic inflammation and vascular remodeling after endovascular injury., ESC Congress 2011, Paris, Aug. 2011.
9)Hisami Okumura, Akiko Taniguchi-Fukatsu, Yuka Kawakami, Yutaka Taketani, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : NATTO AND VISCOUS VEGETABLES IN A JAPANESE STYLE BREAKFAST IMPROVED INSULIN SENSITIVITY, LIPID METABOLISM AND OXIDATIVE STRESS IN IMPAIRED GLUCOSE TOLERANCE SUBJECTS, 33rd ESPEN Congress on Clinical Nutrition & Metabolism, Göteborg, Sweden, Sep. 2011.
10)Etsuhisa Takahashi, Yuushi Okumura and Hiroshi Kido : Type II membrane-bound proteases, MSPL and TMPRSS13, cleave hemagglutinin of highly pathogenic avian influenza viruses and induce their multicycle replication, IUMS 2011, 札幌コンベンションセンター, Sep. 2011.
11)Takeshi Nikawa, Yama Tomorari, Kannmura Keita, Ochi Arisa, Abe Tomoki, Nakao Reiko, Kohno Shohei, Katsuya Hirasaka, Ayako Maita and Yuushi Okumura : Soy glycinin contains a functional inhibitory sequence against muscle atrophy-associated Cbl-b ubiquitin ligase, 40th European Muscle Conference, ドイツ, Sep. 2011.
12)Ochi Arisa, Nakao Reiko, Ueji Tatsuya, Katsuya Hirasaka, Ayako Maita, Shigetada Kondo, Yuushi Okumura, Nagano Keisuke, Hisao Nemoto, Akama Kazuhito and Takeshi Nikawa : Development of anti-ubiquitination oligopeptide, Cblin:Cbl-b inhibitor that prevents unloading-induced skeletal muscle atrophy., 40th European Muscle Conference, ドイツ, Sep. 2011.
13)Yamashita Yui, Kohno Shohei, Abe Tomoki, Ayako Maita, Shigetada Kondo, Katsuya Hirasaka, Yuushi Okumura and Takeshi Nikawa : Unloading stress disturbs muscle regeneration through perturbed recruitment and function of macrophages, 40th European Muscle Conference, ドイツ, Sep. 2011.
14)Hironori Yamamoto, Masashi Masuda, Mina Kozai, Sarasa Tanaka, Otoki Nakahashi, Shoko Ikeda, Hiroko Segawa, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda : All-Trans-Retinoic Acid Inhibits Intestinal Phosphate Uptake and Type IIb Sodium-Dependent Phosphate Co-Transporter Gene Expression in Rat., American Bone and Mineral Research (ASBMR) annual meeting, San Diego, CA, USA, Sep. 2011.
15)Shoko Ikeda, Hironori Yamamoto, Mina Kozai, Masashi Masuda, Sarasa Tanaka, Otoki Nakahashi, Hiroko Segawa, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda : Regulation of Renal Sodium-Dependent Phosphate Co-Transporters During Lipopolysaccharide-Induced Acute Inflammation., American Bone and Mineral Research (ASBMR) annual meeting, San Diego, CA, USA, Sep. 2011.
16)Tan Vu Van, Yutaka Taketani, Eriko Watari, Tomoyo Kitamura, Ken-ichi Miyamoto, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : ole of Akt-eNOS Signal Pathway in the Endothelial Dysfunction induced by Chronic Kidney Disease with Hyperphosphatemia., American Bone and Mineral Research (ASBMR) annual meeting, San Diego, CA, USA, Sep. 2011.
17)Jun Guo, Hiroko Segawa, Minlin Liu, Lige Song, F Richard Bringhurst, Ken-ichi Miyamoto, Henry M Kronenberg and Harald Juppner : Phospholipase C signaling through the PTH/PTHrP receptor is required for serum phosphate homeostasis but not for serum 1,25(OH)2D3, American Society for Bone and Mineral Reseach, カリフォルニア, Sep. 2011.
18)Rie Mukai, Tomoyuki Kawamura, Yutaka Fujikura, Hitomi Horikawa, Hisao Nemoto and Junji Terao : Bioavailability and muscle atrophy-preventive effect of prenylated flavonoids, International Conference on Polyphenols and Health, Sitges, Barcelona, Spain, Oct. 2011.
19)Hironori Yamamoto, Tsuji Mitsuyoshi, Rie Mukai, T Inakuma, Junji Terao and Eiji Takeda : Dietary quercetin and onion powder could prevent immobilization induced bone loss in rats, 5th International Conference on Polyphenols and Health (ICPH), Barcelona, Oct. 2011.
20)Kohno Shohei, Shigetada Kondo, Katsuya Hirasaka, Ayako Maita, Yuushi Okumura, Rie Mukai, Junji Terao, Akira Higashibata and Takeshi Nikawa : Regulation of the Gene Expression of Cbl-b Ubiquitin Ligase in Skeletal Muscle During Unloading Conditions., 7th General Meeting of the International Proteolisis Society, 米国, Oct. 2011.
21)Abe Tomoki, Katsuya Hirasaka, Kohno Shohei, Ochi Arisa, Yamashita Yui, Ayako Maita, Shigetada Kondo, Yuushi Okumura and Takeshi Nikawa : Cbl-b is a Crtical Regulator of Macrophage Activation Associated with Obesity-Induced Insulin Resistance in Mice, 7th General Meeting of the International Proteolisis Society, 米国, Oct. 2011.
22)Yuushi Okumura, Etsuhisa Takahashi and Hiroshi Kido : TYPE II TRANSMEMBRANE SERINE PROTEASES MSPL AND TMPRSS13 PROTEOLYTICALLY ACTIVATE MEMBRANE FUSION ACTIVITY OF HIGHLY PATHOGENIC AVIAN INFLUENZA VIRUS AND INDUCE THEIR MULTICYCLE REPLICATION, 7th General Meeting of the International Proteolisis Society, San Diego, Oct. 2011.
23)Katsuya Hirasaka, Edward M Mills, Kohno Shohei, Abe Tomoki, Shigetada Kondo, Ayako Maita, Yuushi Okumura and Takeshi Nikawa : Thioredoxin 2 Binding to Uncoupling Protein 3 is Processed by Inner Membrane Peptidase in the Mitochondrial Intermembrane Space and Attenuates Generation of Reactive Oxygen Species, 7th General Meeting of the International Proteolisis Society, 米国, Oct. 2011.
24)Yutaka Taketani, Tomoyo Kitamura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : Elevated Extracellular Phosphate Levels Down-Regulate Both Akt and AMP-Dependent Kinase in Endothelial Cells, American Society of Nephrology, Kidney Week 2011, Philadelphia, PA, USA, Nov. 2011.
25)Mina Kozai, Hironori Yamamoto, Ayako Otani, Shoko Ikeda, Otoki Nakahashi, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : hyroid Hormones Decrease the Plasma 1alpha, 25-dihydroxyvitamin D3 Levels through Transcriptional Repression of the Renal 25-hydroxyvitamin D3 1alpha-hydroxylase (CYP27B1) Gene, American Society of Nephrology, Kidney Week 2011, Philadelphia, PA, USA, Nov. 2011.
26)Akiko Ohi, Sakiko Haito-Sugino, Mikiko Ito, Yuji Shiozaki, Kengo Nomura, Yuri Kusaka, Shohei Sasaki, Saori Ohnishi, Seiichi Yamaguchi, Shinsuke Kido, Sawako Tatsumi, Hiroko Segawa and Ken-ichi Miyamoto : Molecular Consequences of the SLC34A3 Mutations of Hereditary Hypophosphatemic Rickets with Hypercalciuria(HHRH), Journal of the American Society of Nephrology, Philadelphia, Nov. 2011.
27)Ryo Hatano, Atsushi Tamura, Hiroko Segawa, Ken-ichi Miyamoto, Sachiko Tsukita and Shinji Asano : Ezrin Is Essential for the Phosphate Reabeorption in the Renal Proximai Tubule, Journal of the American Society of Nephrology, Philadelphia, Nov. 2011.
28)Hiroko Segawa, Tomo Mukai, Saori Ohnishi, Shohei Sasaki, Akiko Ohi, Shoji Kuwahara, Shinsuke Kido, Sawako Tatsumi, Yasuko Ishikawa, Otoya Ueda, Naoshi Horiba, Kou-ichi Jishage, Naoshi Fukushima and Ken-ichi Miyamoto : Role of Sodium-Dependent Phosphate(Pi)Transporter(Npt2b)on Salivary Pi Secretion, Journal of the American Society of Nephrology, Philadelphia, Nov. 2011.
29)M. Higashida, Y. Hirata, Hirotsugu Kurobe, Yutaka Nakaya, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata : HMGB1 Signal via TLR9 Plays Critical Role in Vascular Remodeling., AHA Scientific Sessions 2011, Orlando, Nov. 2011.
30)Yutaka Taketani, Tan Vu Van, Eriko Watari, Tomoyo Kitamura, Abudli Maerujianghan, Terumi Tanaka, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : Hyperphosphatemia Causes Endothelial Dysfunction by Inhibiting Akt-Endothelial Nitric Oxide Synthase Pathway in Chronic Kidney Disease Rats, American Heart Association Scientific Sessions 2011, Orlando, FL, USA, Nov. 2011.
31)Kengo Nomura, Sawako Tatsumi, Yuji Shiozaki, Seiichi Yamaguchi, Tatsuya Kamatani, Hiroko Segawa, Shinsuke Kido and Ken-ichi Miyamoto : Post-Hepatectomy Hypophosphatemia in Rats, Journal of the American Society of Nephrology, Philadelphia, Nov. 2011.
32)Teppei Akaboshi and Rintaro Yamanishi : beta-Carotene enhances glutathione level in RAW264 murine macrophages by up-regulating the expression of glutamate-cysteine ligase., International Conference and Exhibition on Nutraceuticals and Functional Foods 2011, 143, Sapporo, Nov. 2011.
33)Katsuya Hirasaka : Uncoupling protein 3 attenuates generation of reactive oxygen species by interactiing with thioredoxin 2 in the mitochondrial intermembrane space, Bio-Theumatology International Congress(BRIC) Tokyou The 8th GRAN Meeting, Tokyo, Nov. 2011.
34)Rie Mukai, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto, Takeshi Nikawa, Hironori Yamamoto, Eiji Takeda and Junji Terao : Flavonoid derivatives prevent disuse muscle atrophy, Internatinal Conference on Food Factors, Taipei, Nov. 2011.
35)Yutaka Fujikura, Rie Mukai, Tomoyuki Kawamura, Yaeko Mizuguchi, Hisao Nemoto, Kaeko Murota and Junji Terao : Effect of prenylation on bioavailability and cellular uptake of quercetin aglycone, Internatinal Conference on Food Factors, Taipei, Nov. 2011.
36)Hironori Yamamoto, Masashi Masuda, Mina Kozai, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda : Regulation of Phosphate Homeostasis by Steroid/thyroid Hormones and Its Receptors, The International Conference on Food Factors 2011 (ICoFF 2011), Taipei, Taiwan, Nov. 2011.
37)Tomoyuki Kawamura, Moemi Hayashi, Rie Mukai, Junji Terao and Hisao Nemoto : Synthesis and Evaluation of C8 Prenylated Flavonoid Suppressed Disused Muscular Atrophy, the 8th AFMC InternationalMedicinal Chemistry Symposium (AIMECS 11), Nov. 2011.
38)Rie Mukai, Takeshi Nikawa and Junji Terao : Antioxidative flavonoid quercetin suppresses disused muscle atrophy, Free Radical Biology and Medicine, Vol.53, S87, 2012.
39)Sawako Tatsumi, Y Yamaguchi, T Kamatani, K Nomura, A Yoshimi, Shinsuke Kido, Hiroko Segawa and Ken-ichi Miyamoto : Inorganic phosphate ion homeostasis;osteocyte-kidney axis, The1st HDphysiology International SymposiumIntegrative Multi-l Systems Biology for in SilicoCardiology and Pharmacokinetics, Jan. 2012.

2011年度(平成23年度) / 国内講演発表

1)阪上 浩, 富永 彩子, 福田 亜希子, 原田 永勝, 中屋 豊 : 3T3-L1脂肪細胞でのレプチン発現におけるDNAメチル化の意義, 日本内分泌学会雑誌, Vol.87, No.1, 344, 2011年4月.
2)谷口 康子, 阪上 浩, 原田 永勝, 中屋 豊 : 中枢神経系におけるアディポネクチンの自発運動制御作用の検討, 糖尿病, Vol.54, No.Suppl.1, S-257, 2011年4月.
3)富永 彩子, 阪上 浩, 福田 亜希子, 原田 永勝, 中屋 豊 : 糖尿病, Vol.54, No.Sippl.1, S-130, 2011年4月.
4)黒部 裕嗣, 平田 陽一郎, 西雄 千佳, 東田 真由子, 松岡 祐貴, 赤池 雅史, 中屋 豊, 北川 哲也, 佐田 政隆 : GLP-1 receptor agonist が血管リモデリングに与える影響の検討, 第84回日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
5)下畑 隆明, 廉 馨, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 腸炎ビブリオ感染は腸管上皮細胞においてMAPKsを活性化しIL-8の分泌を誘発する, 第85回日本感染症学会総会・学術講演会, 2011年4月.
6)坂東 由記子, 小杉 知里, 片岡 菜奈子, 四釜 洋介, 秦 明子, 赤松 康代, 片山 りか, 庄野 真代, 簾 馨, 篠田 香織, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 船木 真理 : 徳島県におけるadiponectinおよびHOMA-IRと糖・脂質早期代謝異常との相関性についての考察, 糖尿病, Vol.Vol.54, No.Suppl.1, 2011年5月.
7)四釜 洋介, 小杉 知里, 片岡 菜奈子, 坂東 由記子, 秦 明子, 篠田 香織, 木村 純子, 赤松 康代, 片山 りか, 庄野 真代, 簾 馨, 藤森 洋子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 船木 真理 : 非肥満者に見られる糖・脂質代謝異常,高血圧に脂肪組織の機能異常が関与する可能性の検討, 糖尿病, Vol.Vol.54, No.Suppl.1, 2011年5月.
8)中本 真理子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 片岡 菜奈子, 小杉 知里, 秦 明子, 篠田 香織, 桑村 由美, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子, 船木 真理 : 徳島県勤労者の豆類摂取量とアレルギー既往との関係に関する疫学研究, 第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
9)向井 理恵, 水口 八重子, 藤倉 温, 河野 尚平, 二川 健, 河合 慶親, 寺尾 純二 : ケルセチンの経口摂取による廃用性筋萎縮予防の可能性, 第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
10)河野 尚平, 近藤 茂忠, 平坂 勝也, 真板 綾子, 奥村 裕司, 中尾 玲子, 東端 晃, 東谷 篤志, 二川 健 : 廃用性筋萎縮の発生機序∼オミクス技術を用いた無重力応答因子の探索, 第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
11)越智 ありさ, 中尾 玲子, 上地 達也, 真板 綾子, 平坂 勝也, 奥村 裕司, 近藤 茂忠, 長野 圭介, 河村 知志, 根本 尚夫, 赤間 一仁, 二川 健 : 抗ユビキチン化ペプチドCblin(Cbl-b inhibitor)を含む機能性食材の開発, 第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
12)上村 啓太, 山 智成, 中尾 玲子, 越智 ありさ, 数藤 拓郎, 平坂 勝也, 真板 綾子, 奥村 裕司, 近藤 茂忠, 石堂 一巳, 二川 健 : 大豆由来ペプチドを用いた廃用性筋萎縮に有効な食材の開発, 第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
13)山下 結衣, 河野 尚平, 安倍 知紀, 平坂 勝也, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 : 骨格筋再生における機械的負荷の重要性, 第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
14)乙 敬宏, 尾脇 加奈子, 鈴木 瑛里, 矢野 桃子, 奥村 裕司, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 平坂 勝也, 原田 晃子, 二川 健 : Unloadingストレス下における筋固有の応答機構:オステオアクチビン分子の動態と役割について, 第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
15)安倍 知紀, 平坂 勝也, 河野 尚平, 山下 結衣, 中尾 玲子, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 青山 敏明, 二川 健 : 骨格筋の脂肪酸酸化への中鎖脂肪酸の作用, 第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
16)山本 浩範, 増田 真志, 香西 美奈, 中橋 乙起, 池田 翔子, 竹谷 豊, 瀬川 博子, 宮本 賢一, 武田 英二 : レチノイン酸受容体RAR/RXRを介したナトリウム依存性リン酸輸送担体遺伝子の発現調節機構, 第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
17)中橋 乙起, 山本 浩範, 田中 更沙, 向原 理恵, 池田 翔子, 橋本 脩平, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 加藤 茂明, 武田 英二 : リン制限食によるFibroblast growth factor 15遺伝子発現調節機構, 第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
18)田中 輝実, Van Vu Tan, 竹谷 豊, 山本 浩範, 武田 英二 : アデニン誘導性CKDモデルラットにおける食事性リン制限は血管内皮機能を改善する, 第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
19)松岡 祐貴, 黒部 裕嗣, 平田 陽一郎, 菅澤 典子, 東田 真由子, 西雄 千佳, 兼松 康久, 福原 弥生, 中山 泰介, 菅野 幹雄, 元木 達夫, 神原 保, 北市 隆, 中屋 豊, 永廣 信治, 佐田 政隆, 北川 哲也 : 野生型マウスでの大動脈瘤モデル作製とトランスレーショナルリサーチとしての活用, 第98回 日本循環器学会 中国・四国合同地方会, 2011年5月.
20)東田 真由子, 黒部 裕嗣, 松岡 裕貴, 平田 陽一郎, 中屋 豊, 北川 哲也, 佐田 政隆 : 血管リモデリングにおけるHMGB1の果たす役割, 第98回 日本循環器学会 中国・四国合同地方会, 2011年5月.
21)赤星 哲平, 山西 倫太郎 : マウスマクロファージ培養細胞RAW264細胞におけるグルタチオン合成系に対するβ-カロテンの影響, 第65回日本栄養・食糧学会大会 講演要旨集, 104, 2011年5月.
22)東田 真由子, 黒部 裕嗣, 松岡 勇貴, 平田 陽一郎, 中屋 豊, 北川 哲也, 佐田 政隆 : 血管リモデリングにおけるHMGB1の果たす役割, 日本循環器学会 第98回中国・四国合同地方会, 2011年5月.
23)首藤 恵泉, 荒川 真衣, 田崎 志保, 中本 真理子, 堤 理恵, 保坂 利男, 酒井 徹 : 食餌誘導性肥満マウスにおける大豆イソフラボンの炎症反応への影響, 第65回日本栄養食糧学会大会, 2011年5月.
24)酒井 徹, 荒川 真衣, 田崎 志保, 首藤 恵泉, 中本 真理子, 保坂 利男 : 核酸およびリボ核酸はインスリン抵抗性および脂質代謝を改善する, 第65回日本栄養食糧学会大会, 2011年5月.
25)中本 真理子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 片岡 菜奈子, 小杉 知里, 秦 明子, 篠田 香織, 桑村 由美, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子, 船木 真理 : 徳島県勤労者の豆類摂取量とアレルギー既往との関係に関する疫学研究, 第65回日本栄養食糧学会大会, 2011年5月.
26)辰巳 佐和子, 菊井 聡子, 野村 憲吾, 斉藤 友紀子, 塩﨑 雄治, 山口 誠一, 木戸 慎介, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : リン代謝におけるカルシウム受容体の役割, 第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
27)木戸 慎介, 藤原 真理奈, 中川 航司, 瀬川 博子, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一 : イタイイタイ病に見られる骨障害の発症・進展におけるFGF23の関与, 第65回日本・栄養食糧学会大会, 2011年5月.
28)瀬川 博子, 古谷 順也, 桑原 頌冶, 辰巳 佐和子, 木戸 慎介, 宮本 賢一 : 慢性腎臓病における食事リンによる腸管ペプチドトランスポーター調節, 第65回日本栄養・食糧学会大会, 2011年5月.
29)水澤 典子, 岩田 武男, 原田 永勝, Shima Nazatul Wan, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : マウス膵島におけるisletasinの機能解析, 第54回日本糖尿病学会年次学術集会(札幌), 2011年5月.
30)新居 章, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 斎藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 三宅 秀則, 武田 英二, 奥村 仙示, 佐々木 一, 青沼 広光, 川島 昭浩 : 肝切除周術期MEINR投与の有用性についての検討 : 基礎的実験とRCT(PS-206 ポスターセッション(206)肝臓:周術期管理-1,第111回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, Vol.112, No.1, 863, 2011年5月.
31)大谷 彩子, 山本 浩範, 竹井 悠一郎, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二 : 2-II-28 Klotho変異マウスにおけるビタミンD合成酵素CYP27B1発現と異所性石灰化発生機序の解明(一般演題要旨,日本ビタミン学会第63回大会講演要旨), ビタミン, Vol.85, No.4, 254, 2011年6月.
32)山本 浩範, 増田 真志, 田中 更紗, 香西 美奈, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 : 1-II-12 All-transレチノイン酸は小腸からのリン吸収を抑制する(一般演題要旨,日本ビタミン学会第63回大会講演要旨), ビタミン, Vol.85, No.4, 218, 2011年6月.
33)竹谷 豊 : リン代謝制御の破綻と疾患(若手シンポジウム「ビタミン・バイオファクター研究の最前線から」,日本ビタミン学会第63回大会講演要旨), ビタミン, Vol.85, No.4, 205-206, 2011年6月.
34)塩﨑 雄治, 杉野 紗貴子, 大井 彰子, 辰巳 佐和子, 伊藤 美紀子, 宮本 賢一 : 高カルシウム尿を伴う遺伝性低リン血症性クル病の原因遺伝子リン酸トランスポーターNPT2cの変異体解析, 第54回日本腎臓病学会学術総会, 2011年6月.
35)瀬川 博子 : リン代謝調節機構up to date, 第56回日本透析医学会学術集会・総会, 2011年6月.
36)向井 理恵, 寺尾 純二 : 抗酸化フラボノイドの廃用性筋萎縮予防効果―モデル動物による評価―, 第11回AOB研究会, 2011年7月.
37)Higashida Mayuko, Hirata Yoichiro, Hirotsugu Kurobe, Yutaka Nakaya, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata : Toll-like receptor 9 plays a critical role in vascular remodeling., 第43回 日本動脈硬化学会総会・学術集会, Jul. 2011.
38)山本 浩範, 池田 翔子, 増田 真志, 香西 美奈, 瀬川 博子, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 : 敗血症時におけるリン代謝異常の分子メカニズムの解析, 第29回日本骨代謝学会学術集会, 2011年7月.
39)山本 浩範, 増田 真志, 香西 美奈, 瀬川 博子, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 : レチノイン酸はIIb型リン酸トランスポーターNpt2b発現を抑制し小腸リン吸収を低下させる, 第29回日本骨代謝学会学術集会, 2011年7月.
40)竹谷 豊, ヴ ヴァン タン, 宮本 賢一, 山本 浩範, 武田 英二 : リン制限食はアデニン誘発性CKDモデルラットにおける血管内皮機能障害を改善する, 第29回日本骨代謝学会学術集会, 2011年7月.
41)木戸 慎介, 藤原 真理奈, 瀬川 博子, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一 : イタイイタイ病に見られる骨障害の発症・進展におけるFGF23の関与, 第29回日本骨代謝学会学術集会, 2011年7月.
42)M. Higashida, C. Nishio, Y. Hirata, Hirotsugu Kurobe, Masashi Akaike, Yutaka Nakaya, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata : HMGB1 Plays a Critical Role in Chronic Inflammation and Vascular Remodeling after Endovascular Injury., 第75回日本循環器学会総会・学術集会, Aug. 2011.
43)C. Nishio, M. Higashida, Y. Hirata, Hirotsugu Kurobe, Masashi Akaike, Yutaka Nakaya, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata : GLP-1 Receptor Agonist Attenuates Vascular Remodeling after Endovascular Injury., 第75回日本循環器学会総会・学術集会, Aug. 2011.
44)馬渡 一諭, Yuka Isumi, Minami Hirayama, Miki Maetani, Tomomi Yamamoto, Sayaka Hayashida, Hitomi Iba, 粟飯原 睦美, 下畑 隆明, 髙橋 章 : VP0220-0221 and VPA1602-1604 modulate capsular polysaccharides in Vibrio parahaemolyticus, 日米医学協力研究会コレラ・細菌性腸管感染症専門部会日本側総会, 2011年8月.
45)富永 彩子, 阪上 浩, 福田 亜希子, 黒田 雅士, 原田 永勝, 中屋 豊 : 3T3-L1培養脂肪細胞でのレプチン発現はDNAメチル化と転写因子による活性化の2つのステップで制御されている, 第16回アディポサイエンス研究会シンポジウム, 2011年8月.
46)高橋 悦久, 奥村 裕司, 木戸 博 : Ⅱ型膜結合型セリンプロテアーゼ,MSPL/TMPRSS13は高病原性鳥インフルエンザウイルスHAを切断し,ウイルスの増殖を活性化する, 第16回 日本病態プロテアーゼ学会 (JSPP), 2011年8月.
47)中川 忠彦, 原田 永勝, 吉田 将紀, 宮本 愛子, 川西 由希子, 阪上 浩, 中屋 豊 : 脂質合成律速酵素GPAT2の膜トポロジー解析, 第32回日本肥満学会, 2011年9月.
48)永礼 智基, 阪上 浩, 春日 雅人 : 脂肪細胞における転写因子KLF15の過剰発現はSCD1発現を抑制し,インスリン分泌を増加させる, 肥満研究, Vol.17, No.Suppl, 140, 2011年9月.
49)竹谷 豊, 山本 浩範, 奥村 仙示, 宮本 賢一, 武田 英二 : 慢性腎臓病モデルラットにおけるリン接種制限による血管内皮機能改善効果, 第58回日本栄養改善学会学術総会, 2011年9月.
50)首藤 恵泉, 酒井 徹 : 食餌誘導性肥満マウスにおける大豆イソフラボンの効果, 第58回日本栄養改善学会学術総会, 2011年9月.
51)中本 真理子, 首藤 恵泉, 酒井 徹 : 徳島県勤労者のイソフラボン摂取とアレルギー既往との関係に関する疫学研究, 第58回日本栄養改善学会学術総会, 2011年9月.
52)酒井 徹, 首藤 恵泉 : 食餌性核酸による糖および脂質代謝調節機構, 第58回日本栄養改善学会学術総会, 2011年9月.
53)辰巳 佐和子, 真鍋 舞, 宮本 賢一 : シナカルセト塩酸塩による代謝, 第58回日本栄養改善学会学術総会,9月10日広島国際会議場,広島, 2011年9月.
54)堀江 大輔, 山田 歩規代, 谷村 綾子, 竹谷 豊, 山本 浩範, 宮本 賢一, 武田 英二 : Na依存性リン酸トランスポーターとezrinとの新たな相互作用, 第84回日本生化学会, 2011年9月.
55)高橋 悦久, 奥村 裕司, Indalao L Irene, 中屋 隆明, 大道寺 智, 木戸 博 : 高病原性鳥インフルエンザウイルスヘマグルチニンの新規活性化酵素,Ⅱ型膜結合型セリンプロテアーゼのMSPL/TMPRSS13の性状解析, 第84回日本生化学会大会, 2011年9月.
56)真鍋 祐矢, 中川 亮佑, Su Zehong, 前谷 実希, 寺西 研二, 下村 直行, 髙橋 章 : 病原性細菌の遺伝子発現におけるパルス電界の影響に関する研究, 平成23年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 238, 2011年9月.
57)真鍋 佑輔, 岡久 強志, 大和 正幸, 髙橋 章, 芥川 正武, 木内 陽介, 榎本 崇宏 : UVA-LED を用いたパイプ型殺菌装置における レンズの効果, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 233, 2011年9月.
58)竹谷 豊, 上番増 喬, 大南 博和, 武田 英二 : ヒトFGF21は絶食・飽食シグナルを感知する栄養代謝の変化に応答する因子である, 第32回日本肥満学会, 2011年9月.
59)大南 博和, Wanjihia Violet, 竹谷 豊, 阿望 幾久子, 奥村 仙示, 山本 浩範, 武田 英二 : 出生後の代謝応答を調節する胎児栄養状態の重要性, 第32回日本肥満学会, 2011年9月.
60)佐藤 寛美, 平田 陽一郎, 島袋 充生, 塩田 あすか, 田端 実, 黒部 裕嗣, 東田 真由子, 井崎 博文, 金山 博臣, 高梨 秀一郎, 中屋 豊, 北川 哲也, 佐田 政隆 : 心臓周囲脂肪におけるインフラマゾームの病態的意義, 第32回 日本肥満学会, 2011年9月.
61)谷口 康子, 阪上 浩, 戸田 聡美, Uuganbayar Bold, 二見 明香理, 佐藤 蕗子, 原田 永勝, 中屋 豊 : アディポネクチンの自発運動制御作用の検討, 第32回日本肥満学会, 2011年9月.
62)富永 彩子, 阪上 浩, 福田 亜希子, 黒田 雅士, 原田 永勝, 中屋 豊 : 3T3-L1培養脂肪細胞でのレプチン発現はDNA脱メチル化と転写因子誘導の2つのステップで制御されている, 第32回日本肥満学会, 2011年9月.
63)大西 沙織, 大井 彰子, 杉野 紗貴子, 木戸 慎介, 辰巳 佐和子, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : Hereditary hypophosphatemic rickets with hypercalciuria(HHRH)やFanconi's syndromeにおける低リン血症の分子機構解明, 第41回日本腎臓学会西部学術大会, 2011年9月.
64)向井 朋, 瀬川 博子, 佐々木 祥平, 桑原 頌冶, 宮本 賢一 : ナトリウム依存性リン酸トランスポーターNpt2bの新たな生理機能の解明, 第41回日本腎臓学会西部学術大会, 2011年9月.
65)竹谷 豊 : リン代謝恒常性の破綻と血管疾患, 第50回日本栄養・食糧学会近畿支部大会, 2011年10月.
66)林田 沙也加, 粟飯原 睦美, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 芥川 正武, 木ノ内 陽介, 髙橋 章 : 水中の細菌に対するUVA-LEDと塩素との併用殺菌効果, 第64回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2011年10月.
67)下畑 隆明, 射場 仁美, 根来 幸恵, 浅田 翔子, 粟飯原 睦美, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 腸炎ビブリオT3SS1におけるトランスロコンの解析, 第64回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2011年10月.
68)武田 英二, 山本 浩範, 奥村 仙示, 竹谷 豊 : エピジェネティクスと糖尿病, 第33回日本臨床栄養学会総会 第32回日本臨床栄養協会総会 第9回大連合大会, 2011年10月.
69)山本 浩範, 武田 英二 : エピジェネティクスと癌∼炎症と発癌,栄養食品因子について∼, 第33回日本臨床栄養学会総会 第32回日本臨床栄養協会総会 第9回大連合大会, 2011年10月.
70)後藤 春樹, 越智 ありさ, 中尾 玲子, 上地 達也, 真板 綾子, 平坂 勝也, 奥村 裕司, 近藤 茂忠, 長野 圭介, 根本 尚夫, 赤間 一仁, 二川 健 : 抗ユビキチン化ペプチドCblin(Cbl-b inhibitor)を含む機能性食材の開発, 日本アミノ酸学会第5回学術大会, 2011年11月.
71)河村 知志, 林 萠未, 向井 理恵, 寺尾 純二, 根本 尚夫 : フラボノイドの効率的C-プレニル化法の開発と合成への応用, 第37回反応と合成の進歩シンポジウム, 2011年11月.
72)多田 紗也花, 赤星 哲平, 山西 倫太郎 : カロテノイドがマウスマクロファージ様細胞RAW264のGSH合成系に与える影響, 第44回 日本栄養・食糧学会中国四国支部大会 講演要旨集, 21, 2011年11月.
73)橋本 由衣, 木戸 慎介, 藤原 真理奈, 近藤 剛史, 瀬川 博子, 遠藤 逸朗, 辰巳 佐和子, 松本 俊夫, 宮本 賢一 : 糖尿病合併症発症におけるFGF23/Klothoの関与, 第44回日本栄養食糧学会中四国支部大会, 2011年11月.
74)上村 啓太, 越智 ありさ, 数藤 拓郎, 中尾 玲子, 平坂 勝也, 奥村 裕司, 近藤 茂忠, 二川 健 : Dex誘導性筋萎縮に対するCblin(Cbl-b inhibitor)の作用, 第57回日本宇宙航空環境医学会大会, 2011年11月.
75)向原 理恵, 山本 浩範, 中橋 乙起, 池田 翔子, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二 : 生体リン・ビタミンD代謝の概日リズムの分子機構, 第18回日本時間生物学会学術大会, 2011年11月.
76)東田 真由子, 西雄 千佳, 松岡 祐貴, 平田 陽一郎, 黒部 裕嗣, 中屋 豊, 北川 哲也, 佐田 政隆 : 血管リモデリングにおけるHMGB1の果たす役割, Anti-aging Science アンチエイジングフェスタ 2011: 抗加齢医学の実践, 2011年12月.
77)片島 るみ, 佐藤 千穂, 丸笹 美津子, 明石 晃代, 高井 繁美, 宮本 登志子, 山上 真樹子, 松久 宗英, 北畑 洋, 武田 英二, 金山 博臣, 楊河 宏章 : 徳島大学病院における臨床研究推進体制構築の試み, 第32回日本臨床薬理学会年会, 2011年12月.
78)Ochi Arisa, Nakao Reiko, Ueji Tatsuya, 平坂 勝也, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, Nagano Keisuke, 根本 尚夫, Akama Kazuhito, 二川 健 : High functionalization of anti-ubiquitination oligopeptide, Cblin:Cbl-b inhibitor that prevents unloading-induced skeletal muscle atrophy, 第34回日本分子生物学年会, 2011年12月.
79)Abe Tomoki, 平坂 勝也, Kagawa Sachiko, Kohno Shohei, Ochi Arisa, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 : Cbl-b is a critical regulator of macrophage activation associated with obesity-induced insulin resistance in mice, 第34回日本分子生物学年会, 2011年12月.
80)Kohno Shohei, 近藤 茂忠, 平坂 勝也, Abe Tomoki, 真板 綾子, Higashitani Atsushi, 東端 晃, Kobayashi Takeshi, 奥村 裕司, Sokabe Masahiro, 二川 健 : Mitochondria is a master signal inducer for unloading stress toward muscle atrophy, 第34回日本分子生物学年会, 2011年12月.
81)Yamashita Yui, Kohno Shohei, Abe Tomoki, 平坂 勝也, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 : Unloading stress disturbs muscle regeneration through perturbed recruitment and function of macrophages, 第34回日本分子生物学年会, 2011年12月.
82)中屋 豊, 下畑 隆明 : 腎不全患者は長時間の絶食により高度の飢餓状態に陥る, 静脈経腸栄養, Vol.27, No.1, 167, 2012年1月.
83)大南 博和, 阿望 幾久子, 竹谷 豊, 佐藤 佳瑞智, 新井 英一, 小金井 恵, 佐々木 一, 奥村 仙示, 山本 浩範, 武田 英二 : 食餌中の糖・脂質の異なる組合せがZucker fattyラットのインスリン感受性と骨格筋の脂肪酸組成に及ぼす影響, 第15回日本病態栄養学会年次学術集会, 2012年1月.
84)中尾 真理, 山本 浩範, 中橋 乙起, 池田 翔子, 香西 美奈, 田中 更沙, 竹谷 豊, 武田 英二 : リン制限食による腎性貧血の改善効果, 第15回日本病態栄養学会年次学術集会, 2012年1月.
85)山口 想太郎, 平田 容子, 堤 理恵, 中瀧 恵実子, 堤 保夫, 田中 克哉, 今中 秀光, 西村 匡司, 中屋 豊 : ICU患者における消費エネルギー量測定による既存推定算出量の再評価, 第15回日本病態栄養学会, 2012年1月.
86)釜谷 達哉, 辰巳 佐和子, 山口 誠一, 吉見 文子, 木戸 慎介, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : 骨細胞とリン代謝, 第15回日本病態栄養学会年次学術集会, 2012年1月.
87)藤原 真理奈, 木戸 慎介, 瀬川 博子, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一 : カドミウム汚染によるリン代謝異常:骨軟化症発症機序の検討, 第15回日本病態栄養学会年次学術集会, 2012年1月.
88)向井 朋, 瀬川 博子, 石川 康子, 大西 沙織, 佐々木 祥平, 桑原 頌冶, 堀場 直, 木戸 慎介, 福島 直, 宮本 賢一 : ナトリウム依存性リン酸トランスポーターNpt2bの新たな生理機能の解析, 第15回日本病態栄養学会年次学術集会, 2012年1月.
89)木戸 慎介, 橋本 由衣, 藤原 真理奈, 遠藤 逸朗, 瀬川 博子, 辰巳 佐和子, 松本 俊夫, 宮本 賢一 : 糖尿病に併存する腎障害・骨障害の発症及び進展におけるFGF23の関与, 第15回日本病態栄養学会年次学術集会, 2012年1月.
90)宮本 賢一, 向井 朋, 辰巳 佐和子, 木戸 慎介, 瀬川 博子 : リン代謝における腸管の役割, 第15回日本病態栄養学会年次学術集会, 2012年1月.
91)藤倉 温, 向井 理恵, 河村 知志, 室田 佳恵子, 根本 尚夫, 寺尾 純二 : 筋萎縮抑制効果を示すプレニル化ケルセチンの生体利用性, 日本農芸化学会中四国支部大会, 2012年1月.
92)三好 人正, 宮本 弘志, 松本 早代, 藤野 泰輝, 郷司 敬洋, 矢野 弘美, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 山口 想太郎, 中屋 豊, 高山 哲治 : 消化管癌化学療法における血清Diamine Oxidase(DAO)活性と栄養障害に関する検討, 第8回日本消化管学会総会学術集会, 2012年2月.
93)大谷 彩子, 山本 浩範, 香西 美奈, 池田 翔子, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 冨永 辰也, 土井 俊夫, 武田 英二 : リン·ビタミンD代謝異常による異所性石灰化発症の分子機構の解明, 第244回徳島医学会学術集会, 2012年2月.
94)藤原 真理奈, 木戸 慎介, 瀬川 博子, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一 : カドミウム汚染によるリン代謝異常;骨軟化症発症機序およびバイオマーカーの探索, 第244回徳島医学会学術集会, 2012年2月.
95)堤 保夫, 堤 理恵 : 早期集中治療におけるPEPTAMEN AFの有効性の検討, 第27回日本静脈経腸栄養学会, 2012年2月.
96)堤 理恵, 山口 想太郎, 堤 保夫, 田中 克哉 : 高度侵襲下におけるエネルギー平衡とタンパク代謝の検討, 第27回日本静脈経腸栄養学会, 2012年2月.
97)赤星 哲平, 多田 紗也花, 山西 倫太郎 : マウスマクロファージ培養細胞RAW264におけるglutamate-cysteine ligase発現に対するβ-カロテンの影響, 2012年度 日本農芸化学会大会 講演要旨集, 2012年3月.
98)宮本 賢一 : カドミウムと低リン血症, 第82回日本衛生学会学術総会, 2012年3月.
99)下畑 隆明, 射場 仁美, 根来 幸恵, 浅田 翔子, 粟飯原 睦美, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : VP1680 induces IL-8 secretion in Vibrio parahaemolyticus infection, 第85回日本細菌学会総会, 2012年3月.
100)馬渡 一諭, 井角 友香, 平山 みなみ, 前谷 実希, 山本 智実, 林田 沙也加, 射場 仁美, 粟飯原 睦美, 下畑 隆明, 髙橋 章 : Vibrio parahaemolyticus capsular polysaccharide is modulated by two pathways, VP0220-1 and VPA1602-4, 第85回日本細菌学会総会, 2012年3月.
101)河村 知志, 向井 理恵, 林 萠未, 寺尾 純二, 根本 尚夫 : 廃用性筋萎縮抑制作用を有するフラボノイドのC-プレニル化と活性評価, 第132回日本薬学会, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 作品等

(なし)

2011年度(平成23年度) / その他・研究会

1)宮本 賢一 : リン調節ホルモンと臓器相関:最新の知見, 第23回Kobe Parathyroid and Bone Forum, 2011年6月.
2)大下 知洋, 岡久 強志, 真鍋 佑輔, 大和 正幸, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 髙橋 章, 木内 陽介 : 光殺菌効果の波長依存性に関する研究, LED総合フォーラム2011in徳島論文集, 89-90, 2011年6月.
3)瀬川 博子 : リン酸化代謝調節機構の分子基盤解明., 第2回ビタミンD基礎研究会(KATOプロジェクトミーティング), 2011年6月.
4)山本 浩範, 大谷 彩子, 横山 望, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二 : リン・ビタミンD代謝異常による異所性石灰化発症の分子機構, 第2回骨バイオサイエンス研究会, 2011年7月.
5)宮本 賢一 : リン代謝の話題:新しい展開とその理解に向けて, ホスレノール発売2周年記念講演会, 2011年7月.
6)宮本 賢一 : リン代謝の話題:新しい展開とその理解に向けて, 信州CKD血管障害研究会∼透析と栄養を考える∼, 2011年7月.
7)辰巳 佐和子 : 高リン血症治療標的としての腸管リンセンシング機構の解明とリンセンサー分子の探索, 慢性腎臓病(CKD)病態研究会, 2011年7月.
8)平坂 勝也, 河野 尚平, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 : ミトコンドリア由来酸化ストレスの筋特異的制御機構, 第12回運動器科学研究会, 2011年9月.
9)河野 尚平, 平坂 勝也, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 : 廃用性筋萎縮発症の分子メカニズム, 第12回運動器科学研究会, 2011年9月.
10)宮本 賢一 : リン代謝の話題:新しい展開とその理解に向けて, 20th北海道MBD研究会, 2011年9月.
11)宮本 賢一 : 慢性腎臓病とFGF23/Klotho:最近の知見, 臓器保護と治療研究会, 2011年9月.
12)竹谷 豊 : 腎不全モデルラットにおけるリン制限食による血管内皮機能障害改善効果, 第30回腎と骨代謝研究会学術集会, 2011年10月.
13)野村 憲吾, 辰巳 佐和子, 山口 誠一, 塩﨑 雄治, 菅生 陵馬, 木戸 慎介, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : 肝臓切除による低リン血症発症メカニズムの解明, 第30回腎と骨代謝研究会学術集会, 2011年10月.
14)藤原 真理奈, 木戸 慎介, 荒波 史, 中川 航司, 瀬川 博子, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一 : カドミウムによるFibroblast growth factor23(FGF23)発現調節機序の検討, 第30回腎と骨代謝研究会学術集会, 2011年10月.
15)瀬川 博子 : 生体内リン代謝調節機構, 第15回BMC研究会, 2011年10月.
16)宮本 賢一 : リン代謝の新しい話題:新しい展開とその理解に向けて, 西三河CKD-MBD研究会, 2011年10月.
17)山口 誠一, 辰巳 佐和子, 釜谷 達哉, 吉見 文子, 木戸 慎介, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : 骨細胞とリン代謝, 第18回徳島骨代謝研究会, 2011年11月.
18)池田 千佳, 平坂 勝也, 前田 翼, 河野 尚平, 安倍 知紀, 近藤 茂忠, 真板 綾子, 奥村 裕司, 二川 健 : 筋特異的ミトコンドリア膜蛋白質UCP3の新規結合蛋白質の同定, 第44回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 2011年11月.
19)宮本 賢一 : リン代謝の話題:新しい展開とその理解に向けて, 第14回腎と栄養代謝研究会, 2011年12月.
20)宮本 賢一 : 慢性腎臓病におけるリンの管理, 徳島県病院薬剤師会学術講演会, 2012年1月.
21)瀬川 博子 : 生体内リン代謝調節機構, 第27回小児成長研究会, 2012年2月.
22)宮本 賢一 : リンバランスとその調節, 第1回湘南電解質キャンプ, 2012年2月.
23)宮本 賢一 : 慢性腎臓病におけるリンの話題, 第78回大阪透析研究会, 2012年3月.
24)武田 英二, 山本 浩範, 大谷 彩子, 香西 美奈, 池田 翔子, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 冨永 辰也, 土井 俊夫 : 局所的CYP27B1発現亢進による異所性石灰化, 第334回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 報告書

(なし)

2012年度(平成24年度)

article.{@.date="20120400 20130399" @.organization=\E{148408}}

2012年度(平成24年度) / 著書

1)岡﨑 光子, 岡﨑 光子, 髙橋 章, 馬渡 一諭, 風見 公子, 神田 あづさ, 古賀 みのり, 辻 雅子, 土屋 ひろ子, 角田 伸代, 坪田(宇津木) 恵, 寺澤 洋子, 長幡 友実, 三好 恵子, 山内 惠子, 渡邉 純子 : 栄養教育論演習, 株式会社 建帛社, 2012年4月.
2)堤 理恵 : 臨床栄養学, 講談社サイエンティフィック, 東京, 2012年4月.
3)桑原 頌治, 大井 彰子, 野村 憲吾, 辰巳 佐和子, 木戸 慎介, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : 消化と吸収Degestion&Absortion, 日本消化吸収学会, 2012年4月.
4)Junji Terao, .E. Jeremy P Spencer and Alan Crozier : Flavonoids nad Related compounds-Bioavilability and function-., --- Bioavailability of Flavonols and flavones. ---, CRC press, Apr. 2012.
5)山西 倫太郎, その他 32名 : クエスチョン・バンク管理栄養士国家試験問題解説 2013, メディック・メディア, 東京, 2012年7月.
6)竹谷 豊, 福澤 健治 : ビタミン欠乏症, 西村書店, 2012年7月.
7)Baetta G., Consentino M.T., Sakurada S., M Piskula and Junji Terao : Herbal Medicines for Human Health, --- Bioavailability issues of non-nutrient plant and fruit constituents. ---, CRC press, Sep. 2012.
8)竹谷 豊 : 栄養モニタリングと評価, 第一出版, 2012年9月.
9)堤 理恵 : PICUにおける栄養管理─エネルギー,たんぱく質,脂肪乳剤,特殊栄養素, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2013年.
10)首藤 恵泉 : 2013年.
11)向井 理恵, 根本 尚夫, 二川 健, 寺尾 純二 : プレニルフラボノイドの生理機能性, 日本ビタミン学会, 2013年2月.
12)土江 節子, 馬渡 一諭, 橋本 弘子, 井上 久美子, 小川 万紀子, 山下(清水) 扶美, 小林 実夏, 秋吉 美穂子, 藤井 紘子, 小倉 有子, 高橋 律子, 佐川 まさの, 大瀬良 知子, 安田 敬子 : 栄養教育論, 学文社, 2013年3月.
13)森 博愛, 清水 一郎, 長瀬 教夫, 野村 昌弘, 西角 彰良, 井内 新, 伊東 進, 本田 浩仁, 岡村 誠介, 二宮 恒夫, 齋藤 憲, 田村 禎通, 中屋 豊, 六車 直樹, 橋本 俊顕, 高橋 昌江 : メディカルスタッフのための内科学(第4版), 医学出版社, 東京, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Toshihiko Nishisho, Kiminori Yukata, Yoshito Matsui, Tetsuya Matsuura, Kousaku Higashino, K Suganuma, Takeshi Nikawa and Natsuo Yasui : Angiogenesis and myogenesis in mouse tibialis anterior muscles during distraction osteogenesis: VEGF, its receptors, and myogenin genes expression., Journal of Orthopaedic Research, Vol.30, No.11, 1767-1773, 2012.
2)Rie Mukai, Kyuichi Kawabata, Seiko Otsuka, Akari Ishisaka, Yoshichika Kawai, Zai-Si Ji, Hiroshi Tsuboi and Junji Terao : Effect of quercetin and its glucuronide metabolite upon 6-hydorxydopamine-induced oxidative damage in Neuro-2a cells., Free Radical Research, Vol.46, No.8, 1019-1028, 2012.
3)Hisami Okumura, Akihiko Kawaura, Satoru Imura, Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda : Treatment of rapid weight loss in a donor with hepatic steatosis in a living donor liver transplantation: a case report, Hepato-Gastroenterology, Vol.59, No.115, 869-871, 2012.
4)阪上 浩 : 運動とエネルギー消費 (特集 エネルギー消費と代謝障害), 糖尿病, Vol.55, No.5, 306-308, 2012年.
5)Tomoyuki Kawamura, Moemi Hayashi, Rie Mukai, Junji Terao and Hisao Nemoto : An Efficient Method for C8-Prenylation of Flavonols and Flavanones, Synthesis, Vol.44, No.9, 1308-1314, 2012.
6)Nagakatsu Harada, Fujimoto Erika, Okuyama Maiko, Hiroshi Sakaue and Yutaka Nakaya : Identification and functional characterization of human glycerol-3-phosphate acyltransferase 1 gene promoters., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.423, No.1, 128-133, 2012.
7)Thanh Tam Thi Le, Kazuaki Mawatari, Miki Maetani, Tomomi Yamamoto, Sayaka Hayashida, Hitomi Iba, Mutsumi Aihara, Akiko Hirata, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou and Akira Takahashi : VP2118 has major roles in Vibrio parahaemolyticus response to oxidative stress., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1820, No.10, 1686-1692, 2012.
8)Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari, Hitomi Iba, Masakazu Hamano, Sachie Negoro, Shoko Asada, Mutsumi Aihara, Akiko Hirata, Zehong Su and Akira Takahashi : VopB1 and VopD1 are essential for translocation of type III secretion system 1 effectors of Vibrio parahaemolyticus., Canadian Journal of Microbiology, Vol.58, No.8, 1002-1007, 2012.
9)Shin Nishiumi, Rie Mukai, Takashi Ichiyanagi and Hitoshi Ashida : Suppression of lipopolysaccharide and galactosamine-induced hepatic inflammation by red grape pomace., Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.60, No.36, 9315-9320, 2012.
10)Asuka Shiota, Michio Shimabukuro, Daiju Fukuda, Takeshi Soeki, Hiromi Sato, Etsuko Uematsu, Yoichiro Hirata, Hirotsugu Kurobe, Hiroshi Sakaue, Yutaka Nakaya, Hiroaki Masuzaki and Masataka Sata : Activation of AMPK-Sirt1 pathway by telmisartan in white adipose tissue: A possible link to anti-metabolic effects., European Journal of Pharmacology, Vol.692, No.1-3, 84-90, 2012.
11)Rie Mukai, Hitomi Horikawa, Yutaka Fujikura, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto, Takeshi Nikawa and Junji Terao : Prevention of disuse muscle atrophy by dietary ingestion of 8-prenylnaringenin in denervated mice, PLoS ONE, Vol.7, No.9, e45048, 2012.
12)Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : Reply to Letter to the Editor ''On the role of the type III phosphate transporters in vascular calcification'', Bone, Vol.51, No.4, 829, 2012.
13)Yauhen Bandaruk, Rie Mukai, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto and Junji Terao : Evaluation of the inhibitory effects of quercetin-related flavonoids and tea catechins on the monoamine oxidase-A reaction in mouse brain mitochondria., Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.60, No.41, 10270-10277, 2012.
14)Asuka Shiota, Michio Shimabukuro, Daiju Fukuda, Takeshi Soeki, Hiromi Sato, Etsuko Uematsu, Hirata Yoichiro, Hirotsugu Kurobe, Maeda Norikazu, Hiroshi Sakaue, Masuzaki Hiroaki, Shimomura Iichiro and Masataka Sata : Telmisartan ameliorates insulin sensitivity by activating the AMPK/SIRT1 pathway in skeletal muscle of obese db/db mice., Cardiovascular Diabetology, Vol.11, No.1, 139, 2012.
15)Kenro Utsunomiya, Kanako Owaki, Yuushi Okumura, Momoko Yano, Takahiro Oto, Eri Suzuki, Seiko Tamura, Tomoki Abe, Shohei Kohno, Ayako Maita, Katsuya Hirasaka, Shigetada Kondo and Takeshi Nikawa : An intracellular fragment of osteoactivin formed by ectodomain shedding translocated to the nucleoplasm and bound to RNA binding proteins., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.76, No.12, 2225-2229, 2012.
16)堤 理恵, 武川 茉莉子, 田中 克哉, 堤 保夫 : 整形外科病棟における術前経口補水液の導入とその効果, 栄養-評価と治療, Vol.30, 71-76, 2013年.
17)Tohru Sakai, Tomoyo Taki, Akiko Nakamoto, Emi Shuto, Rie Tsutsumi, Takayuki Toshimitsu, Seiya Makino and Shuuji Ikegami : Lactobacillus plantarum OLL2712 regulates glucose metabolism in C57BL/6 mice fed a high-fat diet., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.59, No.2, 144-147, 2013.
18)Hisami Okumura, T Nakamura-Kutsuzawa, A Teramoto, E Urano, Takafumi Katayama, H Miyake, S Imura, Toru Utsunomiya, M Shimada and Eiji Takeda : Non-esterified fatty acid is being validated as a substitute measure for non-protein respiratory quotient in patients with cirrhosis, e-SPEN Journal, Vol.8, e94, 2013.
19)Atsushi Hashimoto, Kazuaki Mawatari, Yohsuke Kinouchi, Masatake Akutagawa, Naotomo Ota, Kazuyuki Nishimura, Tsuyoshi Hirata and Akira Takahashi : Inactivation of MS2 Phage and Cryptosporidium parvum Oocysts Using UV-A from High-Intensity Light-Emitting Diode for Water Disinfection, Journal of Water and Environment Technology, Vol.11, No.4, 299-307, 2013.
20)A Rodriguez-Mateos, Akari Ishisaka, Kazuaki Mawatari, Alberto Vidal-Diez, Jeremy Spencer and Junji Terao : Blueberry intervention improves vascular reactivity and lowers blood pressure in high fat, high cholesterol fed rats, British Journal of Nutrition, Vol.109, No.10, 1746-1754, 2013.
21)Katsuya Hirasaka, Tasuku Maeda, Chika Ikeda, Marie Haruna, Arisa Ochi, Rie Mukai, Motoko Oarada, Shigetada Kondo, Ayako Ohno, Yuushi Okumura, Junji Terao and Takeshi Nikawa : Isoflavones derived from soy beans prevent MuRF1-mediated muscle atrophy in C2C12 myotubes through SIRT1 activation., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.59, No.4, 317-324, 2013.
22)堤 保夫, 武川 茉莉子, 濵口 英佑, 田中 克哉, 久米 克佳, 中屋 豊, 堤 理恵 : 重症患者の栄養療法に起因する代謝性有害反応―エネルギーの過剰投与による筋タンパク異化と栄養ストレス―, 静脈経腸栄養, Vol.28, No.6, 1251-1257, 2013年.
23)堤 理恵, 堤 保夫 : ICUにおける消化態栄養剤の効果と使い方の検討, 臨床栄養, Vol.123, 600-605, 2013年.
24)Sarasa Tanaka, Hironori Yamamoto, Otoki Nakahashi, Mariko Ishiguro, Yuichiro Takei, Masashi Masuda, Mina Kozai, Shoko Ikeda, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda : Hypercholesterolemia and effects of high cholesterol diet in type IIa sodium-dependent phosphate co-transporter (Npt2a) deficient mice., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.3-4, 191-196, 2013.
25)Qinkai Li, Toshio Hosaka, Nagakatsu Harada, Yutaka Nakaya and Makoto Funaki : Activation of Akt through 5-HT2A receptor ameliorates serotonin-induced degradation of insulin receptor substrate-1 in adipocytes, Molecular and Cellular Endocrinology, Vol.365, No.1, 25-35, 2013.
26)Takafumi Yakabe, Takaaki Shimohata and Akira Takahashi : Lactobacillus brevis KB290 enhances IL-8 secretion by Vibrio parahaemolyticus-infected Caco-2 cells., Journal of Microbiology and Biotechnology, Vol.23, No.1, 118-124, 2013.
27)Mina Kozai, Hironori Yamamoto, Mariko Ishiguro, Nagakatsu Harada, Masashi Masuda, Tomohiro Kagawa, Yuichiro Takei, Ayako Otani, Otoki Nakahashi, Shoko Ikeda, Yutaka Taketani, Ken-Ichi Takeyama, Shigeaki Kato and Eiji Takeda : Thyroid hormones decrease plasma 1,25-dihydroxyvitamin D levels through transcriptional repression of the renal 25-hydroxyvitamin D3 1-hydroxylase gene (CYP27B1)., Endocrinology, Vol.154, No.2, 609-622, 2013.
28)Hirata Yoichiro, Hirotsugu Kurobe, Nishio Chika, Tanaka Kimie, Daiju Fukuda, Uematsu Etsuko, Nishimoto Sachiko, Takeshi Soeki, Nagakatsu Harada, Hiroshi Sakaue, Tetsuya Kitagawa, Michio Shimabukuro, Yutaka Nakaya and Masataka Sata : Exendin-4, a glucagon-like peptide-1 receptor agonist, attenuates neointimal hyperplasia after vascular injury., European Journal of Pharmacology, Vol.699, No.1-3, 106-111, 2013.
29)Tomoki Abe, Katsuya Hirasaka, Sachiko Kagawa, Shohei Kohno, Arisa Ochi, Kenro Utsunomiya, Atsuko Sakai, Ayako Maita, Shigetada Teshima-Kondo, Yuushi Okumura, Motoko Oarada, Yoichi Maekawa, Junji Terao, Edward M. Mills and Takeshi Nikawa : Cbl-b is a critical regulator of macrophage activation associated with obesity-induced insulin resistance in mice., Diabetes, Vol.62, No.6, 1957-1969, 2013.
30)Rika Kuriwaka-Kido, Shinsuke Kido, Yuka Miyatani, Yuji Ito, Takeshi Kondo, Takashi Omatsu, Bingzi Dong, Itsuro Endo, Ken-ichi Miyamoto and Toshio Matsumoto : Parathyroid hormone (1-34) counteracts the suppression of interleukin-11 expression by glucocorticoid in murine osteoblasts: a possible mechanism for stimulating osteoblast differentiation against glucocorticoid excess., Endocrinology, Vol.154, No.3, 1156-1167, 2013.
31)Naoko Yamagishi, Shigetada Kondo, Kiyoshi Masuda, Kensei Nishida, Yuki Kuwano, Duyen T Dang, Long H Dang, Takeshi Nikawa and Kazuhito Rokutan : Chronic inhibition of tumor cell-derived VEGF enhances the malignant phenotype of colorectal cancer cells, BMC Cancer, Vol.13, 229, 2013.
32)Kohta Ohnishi, Shinya Ohkura, Erina Nakahata, Akari Ishisaka, Yoshichika Kawai, Junji Terao, Taiki Mori, Takeshi Ishii, Tsutomu Nakayama, Noriyuki Kioka, Yasutaka Ikeda, Minoru Akiyama, Kazuhiro Irie, Akira Murakami and Shinya Matsumoto : Non-specific protein modification by a phytochemical induce heat shock response for self-defense., PLoS ONE, Vol.8, No.3, e58641, 2013.
33)Mari Kotosai, Sachiko Shimada, Mai Kanda, Namiko Matsuda, Keiko Sekido, Yoshibumi Shimizu, Akira Tokumura, Toshiyuki Nakamura, Kaeko Murota, Yoshichika Kawai and Junji Terao : Plasma HDL reduces nonesterified fatty acid hydroperoxides originating from oxidized LDL., Lipids, Vol.48, No.6, 569-578, 2013.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Junji Terao : Development of singlet oxygen absorption capacity (SOAC) assay method. 3. Measurements of the SOAC values for phenolic antioxidants., Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.60, No.32, 7905-7916, 2012.
2)辰巳 佐和子, 野村 憲吾, 宮川 淳美, 木戸 慎介, 瀬川 博子 : リンセンシングと腸管, Clinical Calcium, Vol.22, No.10, 81-85, 2012年.
3)奥村 仙示, 足立 知咲, 周 蓓, 武田 英二 : 無理なくダイエット!∼ボリュメトリクス∼エネルギー密度(ED)に注目した低エネルギーでも満腹度・満足度の高い昼食の検討, New Food Industry, Vol.55, No.5, 17-24, 2013年.

2012年度(平成24年度) / 学術レター

(なし)

2012年度(平成24年度) / 総説・解説

1)中屋 豊, 原田 永勝, 阪上 浩 : 癌患者における栄養素代謝の特徴, 消化と吸収, Vol.34, No.4, 402-409, 2012年4月.
2)武田 英二, 奥村 仙示, 山本 浩範, 竹谷 豊 : うつ病と栄養 (特集 メンタルヘルスと栄養), 四国医学雑誌, Vol.68, No.1, 3-8, 2012年4月.
3)黒田 雅士, 阪上 浩 : 救急・集中治療, Vol.24, No.5-6, 545-550, 2012年6月.
4)武田 英二, 山本 浩範, 奥村 仙示, 竹谷 豊 : リンの栄養学 健康と疾患(解説), 香川県小児科医会会誌, No.33, 35-39, 2012年6月.
5)中尾 真理, 山本 浩範, 中橋 乙起, 阿部 航太郎, 竹谷 豊, 武田 英二 : 慢性腎不全時のリン制限食を用いた栄養療法は,腎性貧血の発症進展を予防する, 四国医学雑誌, Vol.68, No.5-6, 270-271, 2012年12月.
6)近藤 茂忠, Ochi Arisa, Shohei Kohno, 安倍 知紀, Kenro Utsunomiya, Hikaru Nagano, Takuro Suto, Chisato Tomida, Naoko Yamagishi, Katsuya Hirasaka, 真板 綾子, Yushi Okumura, 二川 健 : [Space flight/bedrest immobilization and bone. Development of inhibitors for atrophy caused by unloading stress]., Clinical Calcium, Vol.22, No.12, 1879-1885, 2012年12月.
7)Chika Ikeda, Tomoki Abe, Atsuko Sakai, Katsuya Hirasaka and Takeshi Nikawa : [Space flight/bedrest immobilization and bone. Space flight and bed rest-mediated muscle atrophy]., Clinical Calcium, Vol.22, No.12, 1813-1820, Dec. 2012.
8)永野 ひかる, 近藤 茂忠, 山岸 直子, 冨田 知里, 真板 綾子, 平坂 勝也, 二川 健 : 筋萎縮予防食開発の現状, 日本食品・機械研究会誌, Vol.33, No.3, 139-145, 2013年.
9)Tohru Sakai, Emi Shuto and Rie Tsutsumi : Soy-Derived Compounds and Immune Response, Soy: Nutrition, consumption and Health, 147-159, 2013.
10)常冨 愛香里, 粟飯原 睦美, 髙橋 章 : 新UVA-LEDの環境浄化への応用と展開 (特集 紫外線利用による環境浄化の現状と課題), 空気清浄 : コンタミネーションコントロール, Vol.51, No.3, 33-36, 2013年.

2012年度(平成24年度) / 国際会議

1)Rie Tsutsumi, Sasaga Sayaka, Takegawa Mariko and Yasuo Tsutsumi : Whey based formula reduces intestinal atrophy and enhances antioxidant defenses against sepsis., Experimental Biology Annual Meeting, San Diego, California, Apr. 2012.
2)Yutaka Taketani, Yamasaki Michiyo, Ueda Haruka, Mori Yukari, Tanaka Terumi, Horie Daisuke, Ominami Hirokazu, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : INTERACTION BETWEEN DIETARY PHOSPHATE AND CARBOHYDRATE ON GLUCOSE AND PHOSPHATE METABOLISMS IN HEALTHY YOUNG MEN., XVI International Congress on Nutrition and Metabolism in Renal Disease, Jun. 2012.
3)Hironori Yamamoto, Kikuchi Hiroko, Nakao Mari, Nakahashi Otoki, Tanaka Sarasa, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : THE EXPRESSION PROFILING OF INTESTINAL NUTRIENT TRANSPORTER GENES IN RATS WITH RENAL FAILURE, XVI International Congress on Nutrition and Metabolism in Renal Disease, Jun. 2012.
4)Mutsumi Aihara, Kazuaki Mawatari, Takaaki Shimohata and Akira Takahashi : Bactericidal Effect of Ultraviolet Light with a Combination of Different Wavelengths, 112th General Meeting of the American Society for Microbiology, Jun. 2012.
5)Kazuaki Mawatari, Yuka Isumi, Minami Hirayama, Miki Maetani, Tomomi Yamamoto, Sayaka Hayashida, Hitomi Iba, Mutsumi Aihara, Takaaki Shimohata and Akira Takahashi : OtnA-OtnB modulate capsular polysaccharide and polymyxin B resistance in Vibrio parahaemolyticus, 112th General Meeting of the American Society for Microbiology, Jun. 2012.
6)Toshitaka Ikehara, Mutsumi Aihara, Zehong Su, Akira Takahashi, Masatake Akutagawa and Yohsuke Kinouchi : Effects of UVA radiation on growth of RAW 264.7 cells, 34th Annual Conference of the bioelectromagnetics society (34 BEMS) (Abstract), 179-180, Brisbane, Jun. 2012.
7)Masachika Ishizaki, Yusuke Manabe, Mutsumi Aihara, Akira Takahashi, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Yohsuke Kinouchi and Toshitaka Ikehara : Improvement of a pipe type UVA-LED sterilizer using a condenser lens, 34th Annual Conference of the bioelectromagnetics society (34 BEMS) (Abstract), 189-190, Brisbane, Jun. 2012.
8)B Zhou, Hisami Okumura, C Adachi, Y Kawakami, Takafumi Katayama and Eiji Takeda : Low-rice intake in low energy density diet stimulates sweetness desire in women more than in Men, American Diabetes Association 72rd Scientific Sessions, Chicago, IL, USA, Jun. 2012.
9)Ken-ichi Miyamoto : Phosphorus in Food and Preservatives and its Role in Diseases of Kidney and Heart, Bone and Mineral Disorders and Cancer, International Dietary Phosphorus Consensus Conference, Jun. 2012.
10)Ken-ichi Miyamoto : Phosphorus Management and Clinical Outcomes, XVI International Congress on Nutrition and Metabolism in Renal Disease 2012, Jun. 2012.
11)Ken-ichi Miyamoto and Block Geoffrey : Phosphorus in Food and Preservatives and its Role in Diseases of Kidney and Heart, Bone and Mineral Disorders and Cancer, International Dietary Phosphorus Consensus Conference, Jun. 2012.
12)Shinsuke Kido, Y Hashimoto, Hiroko Segawa, Sawako Tatsumi and Ken-ichi Miyamoto : Muscle atrophy in patients with CKD results from FGF23/Klotho-mediated suppression of Insulin/IGF-I signaling, XVI International Congress on Nutrition and Metabolism in Renal Disease 2012, Jun. 2012.
13)T Mukai, Hiroko Segawa, Sawako Tatsumi, Shinsuke Kido, Ken-ichi Miyamoto and 他7名 : The role of salivary glands in phosphate homeostasis, XVI International Congress on Nutrition and Metabolism in Renal Disease 2012, Jun. 2012.
14)Hiroko Segawa, J Furutani and Ken-ichi Miyamoto : Dietary inorganic phosphorus and intestinal peptide absorption, XVI International Congress on Nutrition and Metabolism in Renal Disease 2012, Jun. 2012.
15)H. Sato, Y. Hirata, Michio Shimabukuro, M. Tabata, Hirotsugu Kurobe, M. Higashida, S. Takanashi, Yutaka Nakaya, Tetsuya Kitagawa and Masataka Sata : The innate immune system, NLRP3 inflammasome, in epicardial adipose tissue intensifies human coronary atherosclerosis., ESC Congress 2012, Munich, Aug. 2012.
16)H. Sato, Michio Shimabukuro, Y. Hirata, Hirofumi Izaki, M. Higashida, Hirotsugu Kurobe, Hiro-omi Kanayama, Hiroshi Sakaue, Yutaka Nakaya and Masataka Sata : Region-specific regulation of the innate immune system, NLRP3 inflammasome, in human abdominal adipose tissue., ESC Congress 2012, Munich, Aug. 2012.
17)Nakahashi Otoki, Hironori Yamamoto, Tanaka Sarasa, Kozai Mina, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto, Kato Shigeaki and Eiji Takeda : Dietary Phosphorus Restriction Up-regulates the Ileal Fibroblast Growth Factor 15 Gene Expression through the Vitamin D Receptor Activation, 2012 Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Sep. 2012.
18)Ikeda Shoko, Hironori Yamamoto, Nakahashi Otoki, Kozai Mina, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : Induction of the Intact and C-terminal FGF23 Levels and Its Gene Expression in Lipopolysaccharide-Induced Acute Inflammation, 2012 Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Sep. 2012.
19)Hironori Yamamoto, Otani Ayako, Yokoyama Nozomi, Onishi Rina, Takei Yuichiro, Yutaka Taketani, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda : Regional Up-regulation of 25-hydroxyvitamin D 1alpha-hydroxylase (CYP27B1) Gene Is Associated with the Pathogenesis of Ectopic Calcification in the Alpha Klotho Mutant Mice, 2012 Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Sep. 2012.
20)Rie Mukai, Takeshi Nikawa and Junji Terao : Antioxidative flavonoid quercetin suppresses disused muscle atrophy, Society for Free Radical Research International, London, Sep. 2012.
21)Hisami Okumura, A Teramoto, Takafumi Katayama, Satoru Imura, Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda : Blood index for estimating non-protein respiratory quotient without using indirect calorimetry in cirrhotic patients, 34th ESPEN Congress, Barcelona, Sep. 2012.
22)A Teramoto, Hisami Okumura, Takafumi Katayama, Satoru Imura, Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda : Comparison of measured REE with predicted BEE in Japanese cirrhosis, 34th ESPEN Congress, Barcelona, Sep. 2012.
23)C Adachi, Hisami Okumura, B Zhou, Y Kawakami, Takafumi Katayama and Eiji Takeda : Effect of dietary energy density on fullness and satisfaction is modulated by habitual daily vegetable intake, 34th ESPEN Congress, Sep. 2012.
24)Rie Tsutsumi, Takegawa Mariko and Yasuo Tsutsumi : Overfeeding induces nutritional stress and protein catabolism, the 34th European Society for Clinical nutrition and Metabolism Congress, Barcelona, Spain, Sep. 2012.
25)Rie Tsutsumi, Sasaga Sayaka and Yasuo Tsutsumi : Whey protein promppts TCA cycle and increases energy expenditure via mTOR signaling., the 34th European Society for Clinical nutrition and Metabolism Congress, Barcelona, Spain, Sep. 2012.
26)K Miyamoto, R Ohnishi, Y Shiozaki, Hiroko Segawa and Sawako Tatsumi : Clinical consequences of gene mutations involved in renal phosphate transport., International Symposium on Epithelial Barrier and Transport 2012, Sep. 2012.
27)Ken-ichi Miyamoto, R Ohnishi, S Shiozaki, Hiroko Segawa and Sawako Tatsumi : Clinical consequences of gene mutations involved in renal phosphate transport, International Symposium on Epithelial Barrier and Transport 2012, Sep. 2012.
28)Nakao Mari, Hironori Yamamoto, Nakahashi Otoki, Kozai Mina, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : Dietary Phosphate Restriction Prevents Renal Anemia in Chronic Kidney Disease Model Rats., Journal of the American Society of Nephrology, Vol.23, 792A, Oct. 2012.
29)Hironori Yamamoto, Nakao Mari, Nakahashi Otoki, Ikeda Shoko, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : The Expression Profiling of Intestinal Nutrient Transporter and Channel Genes in Ratas with Renal Failure., Journal of the American Society of Nephrology, Vol.23, 951A, Oct. 2012.
30)R Hatano, Hiroko Segawa, A Tamura, Ken-ichi Miyamoto, A Tsukita and S Asano : The membrane cytoskeletal crosslinker ezrin is essential for the regulation of phosphate homeostasis in the kidney, Americal Society Nephrology, Kidney Week., Nov. 2012.
31)Sawako Tatsumi, Hiroko Segawa, Shinsuke Kido, Ken-ichi Miyamoto and 他6名 : Mechanisms of hyperphosphatemia in the osteocyte-abelated mice, Americal Society Nephrology, Kidney Week, Nov. 2012.
32)Shinsuke Kido, Hiroko Segawa, Sawako Tatsumi, Ken-ichi Miyamoto and 他4名 : Molecular mechanisms of cadmium (Cd) dependent fibroblast growth factor 23 secretion in bone, Americal Society Nephrology, Kidney Week, Nov. 2012.
33)Takako Ichihara, Ayako Tamura, Yumi Kuwamura, Takako Minagawa, Nanako Kataoka, Chisato Kosugi, Hata Akiko, Emi Shuto, Tohru Sakai and Makoto Funaki : The Effects of physical Activity on Metabolic Symdrome, --- From the 2009 Cross-Sectional Syudy on Working Men in Tokushima ---, 9th International Diabetes Federation Westeran Pacific Region Congress,4th Scientific Meeting of the Asian Association Study of Diabetes, Vol.3, No.Supplement 1, 269, Kyoto, Nov. 2012.
34)Takashi Uebansou, Hitomi Iba, Shoko Asada, Takaaki Shimohata and Akira Takahashi : REGULATION AND EFFECTS OF VP1671(VSCQ) ON VIRULENCE Of VIBRIO PARAHAEMOLYTICUS, International Symposium on Single cell Analysis, Kyoto, Nov. 2012.
35)Kazuaki Mawatari, Tam Thanh Thi Le, Miki Maetani, Tomomi Yamamoto, Mutsumi Aihara, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou and Akira Takahashi : VP2118 has major roles in Vibrio parahaemolyticus response to oxidative stress, US-Japan Cooperative Medical Science Program, 47th Annual Joint Panel Meeting on Cholera and Other Bacterial Enteric Infections, Dec. 2012.
36)Junji Terao : Effect of prenylation on the bioavailability of dietary flavonoids, Annual Conference ofISNFF2012, Hawaii, Dec. 2012.
37)Rie Mukai, Horikawa Hitomi, Fujikura Yutaka, Kaeko Murota, Kawamura Tomoyuki, Hisao Nemoto and Junji Terao : Effect of prenylation on the bioavailability of dietary flavonoids, The International Society for Nutraceuticals and Functional Foods, Dec. 2012.
38)森本 優香, 佐久間 理英, 太田 紘之, 梅田 見名子, 石川 真, 竹谷 豊, 武田 英二, 新井 英一 : 24時間蓄尿を用いたリン摂取量の把握と妥当性の検討, 第16回日本病態栄養学会年次学術集会,京都,2013年1月12日~13日, 2013年1月.
39)Yauhen Bandaruk, Rie Mukai and Junji Terao : Attenuation of monoamine oxidase-A activity and its expression level in the brain as possible mechanism of antidepressant-line action of flavonoids., The 17th Biennial Meeting of Society for free radical international, Mar. 2013.

2012年度(平成24年度) / 国内講演発表

1)西 正暁, 島田 光生, 森 大樹, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則, 武田 英二, 奥村 仙示, 佐々木 一, 青沼 広光, 川島 昭浩 : 肝切除周術期の生体侵襲に対するMEIN(R)投与の有用性の検討―基礎的実験と臨床的評価―, 第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
2)山本 浩範, 増田 真志, 香西 美奈, 池田 翔子, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 宮本 賢一, 武田 英二 : レチノイン酸はIIb型リン酸トランスポーターNpt2b発現を抑制し小腸リン吸収を低下させる(会議録), 第66回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 179, 2012年4月.
3)森本 優香, 佐久間 理英, 太田 紘之, 梅田 見名子, 石川 真, 竹谷 豊, 武田 英二, 新井 英一 : 24時間蓄尿を用いたリン摂取量の把握と妥当性の検討(会議録), 第66回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 168, 2012年4月.
4)中尾 真理, 山本 浩範, 中橋 乙起, 池田 翔子, 香西 美奈, 田中 更沙, 竹谷 豊, 武田 英二 : リン制限食摂取による腎性貧血の改善効果(会議録), 第66回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 152, 2012年4月.
5)十河 未来, 山本 浩範, 香西 美奈, 池田 翔子, 中橋 乙起, 大谷 彩子, 竹谷 豊, 武田 英二 : 炎症性腸疾患の発症および治癒過程におけるリン摂取量の重要性(会議録), 第66回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 151, 2012年4月.
6)大南 博和, Wanjihia Violet, 竹谷 豊, 奥村 仙示, 山本 浩範, 武田 英二 : 肝臓の脂質代謝を制御する胎生期栄養環境(会議録), 糖尿病, Vol.55, No.Supplement.1, S336, 2012年4月.
7)上田 遙香, アブドリ マルジャンハン, 山本 浩範, 竹谷 豊, 武田 英二 : CKDモデルラットにおける血管内皮機能障害に対する炭酸ランタンの効果(会議録), 日本腎臓学会誌, Vol.54, No.3, 321, 2012年4月.
8)向原 理恵, 山本 浩範, 中橋 乙起, 池田 翔子, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二 : 1-III-11 リン・ビタミンD代謝の概日リズムの解析(一般演題要旨,日本ビタミン学会第64回大会講演要旨), ビタミン, Vol.86, No.4, 244, 2012年4月.
9)山本 智実, 馬渡 一諭, 林田 沙也加, 下畑 隆明, 髙橋 章 : 発光ダイオードによる近紫外線照射(UVA-LED)によるウイルスの不活化, 第86回日本感染症学会総会・学術講演会, 2012年4月.
10)林田 沙也加, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : UVA-LEDと塩素を併用した水殺菌法の開発, 第86回日本感染症学会総会・学術講演会, 2012年4月.
11)野村 和弘, 細岡 哲也, 阪上 浩, 春日 雅人, 小川 渉 : PGC1, 糖尿病(, Vol.55, No.Suppl.1, S-303, 2012年5月.
12)二見 明香里, 阪上 浩, 原田 永勝, 志内 哲也, 中屋 豊 : 中枢神経系におけるグレリンの摂食と運動調節経路の解析, 糖尿病, Vol.55, No.Suppl.1, S-300, 2012年5月.
13)小杉 知里, 安藝 菜奈子, 坂東 由記子, 四釜 洋介, 西村 美穂, 片山 りか, 丹下 幸子, 阿部 房代, 赤松 康代, 秦 明子, 木宿 由佳, 篠田 香織, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 堤 理恵, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 森川 富昭, 玉木 悠, 船木 真理 : 初期糖代謝異常を発見する指標としてのIL-18測定有用性の検討, 糖尿病, Vol.Vol.55, No.Suppl.1, S.290, 2012年5月.
14)坂東 由記子, 四釜 洋介, 西村 美穂, 小杉 知里, 安芸 菜奈子, 秦 明子, 赤松 康代, 片山 りか, 阿部 房代, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 森口 博基, 森川 富昭, 玉木 悠, 船木 真理 : 徳島県におけるadiponectinの糖代謝異常予測因子としての検討, 糖尿病, Vol.Vol.55, No.Suppl.1, S.359, 2012年5月.
15)中本 真理子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 片岡 菜奈子, 小杉 知里, 秦 明子, 篠田 香織, 桑村 由美, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子, 船木 真理 : 徳島県勤労者の夕食終了から就寝時間までの間隔と生活習慣病有病状況との関係に関する疫学研究, 第66回日本栄養・食糧学会大会, 2012年5月.
16)H Sato, Y Hirata, 島袋 充生, M Tabata, 黒部 裕嗣, M Higashida, 塩田 あすか, 井崎 博文, 金山 博臣, S Takanashi, 北川 哲也, 中屋 豊, 佐田 政隆 : 心臓周囲脂肪NLRP3インフラマゾームのヒト冠動脈硬化症における役割, 第55回日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
17)向井 理恵, 堀川 瞳, 河村 知志, 根本 尚夫, 二川 健, 寺尾 純二 : プレニル化フラボノイドによる廃用性筋萎縮の予防, 第66回 日本栄養・食糧学会大会, 2012年5月.
18)永野 ひかる, 近藤 茂忠, 河野 尚平, 坂井 敦子, 安倍 知紀, 宇都宮 健郎, 越智 ありさ, 上地 達也, 上地 達也, 上村 啓太, 池田 千佳, 後藤 春樹, 山下 結衣, 坂東 亜紀, 前田 翼, 数藤 拓郎, 真板 綾子, 平坂 勝也, 奥村 裕司, 二川 健 : IRS-1遺伝子産物による骨格筋細胞の分化制御, 第66回日本栄養・食糧学会大会, 2012年5月.
19)二川 健 : 廃用性筋萎縮の分子メカニズムとその栄養学的治療, 第66回日本栄養・食糧学会大会, 2012年5月.
20)吉田 知美, 笹賀 早也香, 三好 まどか, 堤 理恵, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 新居 佳孝, 津嘉山 正夫, 岡久 修己, 岩田 深也, 酒井 徹 : スダチ抽出物であるスダチチンの肥満および糖尿病予防作用, 第66回日本栄養食糧学会大会, 2012年5月.
21)向井 朋, 瀬川 博子, 木戸 慎介, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一, 他10名 : 生体内リン代謝調節機構における唾液腺の関与., 第66回日本栄養・食糧学会大会., 2012年5月.
22)辰巳 佐和子, 瀬川 博子, 宮本 賢一, 他5名 : 骨細胞と腎臓を結ぶリン代謝調節機序, 第66回日本栄養・食糧学会大会, 2012年5月.
23)木戸 慎介, 瀬川 博子, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一, 他2名 : 慢性腎臓病患者におけるFGF23産生亢進の分子機能解析., 第66回日本栄養・食糧学会大会, 2012年5月.
24)多田 紗也花, 赤星 哲平, 山西 倫太郎 : カロテノイドがマウスマクロファージ様細胞RAW264のGSH合成系に与える影響, 第66回日本栄養・食糧学会大会 講演要旨集, 234, 2012年5月.
25)阪上 浩, 福田 亜希子, 阪上 浩, 黒田 雅士, 中屋 豊 : 培養脂肪細胞でのレプチン発現はDNA脱メチル化と転写因子による活性化の2つのステップで制御されている, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, Vol.66, 185, 2012年5月.
26)安倍 知紀, 平坂 勝也, 河野 尚平, 越智 ありさ, 山下 結衣, 池田 千佳, 近藤 茂忠, 真板 綾子, 奥村 裕司, 二川 健 : 脂肪細胞におけるCbl-bによるマクロファージ活性化制御機構, 第66回日本栄養・食糧学会大会, 2012年5月.
27)越智 ありさ, 中尾 玲子, 山本 容理子, 平坂 勝也, 近藤 茂忠, 長野 圭介, 根本 尚夫, 赤間 一仁, 二川 健 : 廃用性筋萎縮を防ぐ抗ユビキチン化ペプチドCblin(Cbl-b inhibitor)の高機能化, 第66回日本栄養・食糧学会大会, 2012年5月.
28)中本 真理子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 片岡 菜奈子, 小杉 知里, 秦 明子, 篠田 香織, 桑村 由美, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子, 船木 真理 : 徳島県勤労者の夕食終了から就寝時間までの間隔と生活習慣病有病状況との関係に関する疫学研究, 第66回日本栄養食糧学会大会, 2012年5月.
29)二川 健 : 寝たきりや無重力による筋萎縮の分子メカニズム, 第34回薬効解析学研究室セミナー, 2012年5月.
30)武田 英二, 山本 浩範, 大谷 彩子, 香西 美奈, 池田 翔子, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 冨永 辰也, 土井 俊夫 : 局所的CYP27B1発現亢進による異所性石灰化, ビタミン, Vol.86, No.5-6, 358-359, 2012年6月.
31)瀬川 博子, 宮本 賢一, 大西 沙織 : リン代謝調節機構, 第55回日本腎臓学会学術総会, 2012年6月.
32)大西 沙織, 大井 彰子, 杉野 紗貴子, 森 絢加, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : HHRHの原因遺伝子Na-Pi-IIcによる細胞内vacuole形成について, 第55回日本腎臓学会学術集会, 2012年6月.
33)瀬川 博子 : 栄養素トランスポーターの同定と機能調節に関する研究, 第66回日本栄養・食糧学会大会, 2012年6月.
34)武田 英二, 山本 浩範, 大谷 彩子, 香西 美奈, 池田 翔子, 中橋 乙起, 竹谷 豊, 冨永 辰也, 土井 俊夫 : 1.局所的CYP27B1発現亢進による異所性石灰化(第334回会議研究発表要旨,脂溶性ビタミン総合研究委員会), ビタミン, Vol.86, No.5, 358-359, 2012年6月.
35)Yauhen Bandaruk, 向井 理恵, 寺尾 純二 : 脳内セロトニン代謝とフラボノイド:マウス脳ミトコンドリアのmonoamine oxidase-A活性阻害の評価, 第12回AOB研究会, 2012年6月.
36)山本 浩範, 大谷 彩子, 横山 望, 香西 美奈, 池田 翔子, 竹谷 豊, 武田 英二 : α Klotho-Fgf23シグナル異常による25-ヒドロキシビタミンD3-1α水酸化酵素(CYP27B1)発現亢進と異所性石灰化発症の分子機構の解明, 第30回日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 233, 2012年7月.
37)山本 浩範, 向原 理恵, 中橋 乙起, 池田 翔子, 香西 美奈, 竹谷 豊, 武田 英二 : 生体リン・ビタミンD代謝の概日リズムの分子機構の解明, 第30回日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 193, 2012年7月.
38)瀬川 博子 : ナトリウム依存性リントランスポーターNaPi-2cの生理学的役割解明, 第3回ビタミンD基礎研究会, 2012年7月.
39)木戸 慎介, 藤原 真理奈, 瀬川 博子, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一 : カドミウム汚染によるリン代謝異常・骨軟化症発症機序の検討, 第30回日本骨代謝学会学術集会, 2012年7月.
40)瀬川 博子 : CKDにおけるリン代謝異常:吸収と排泄における問題点, 第30回日本骨代謝学会学術集会, 2012年7月.
41)Tam Thanh Thi Le, Kazuaki Mawatari, Mutsumi Aihara, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou and Akira Takahashi : VP2118 has major roles in Vibrio parahaemolyticus response to oxidative stress, 日米医学協力研究会コレラ・細菌性腸管感染症専門部会日本側総会, Aug. 2012.
42)高橋 悦久, 奥村 裕司, Indalao L Irene, 木葉 敬子, 木戸 博 : II型膜結合型プロテアーゼMSPL/TMPRSS13-KOマウスにおける高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1)の感染病態解析, 第17回日本病態プロテアーゼ学会学術集会, 2012年8月.
43)堤 理恵, 武川 茉莉子, 小野寺 睦雄, 中瀧 恵実子, 堤 保夫, 田中 克哉, 今中 秀光, 西村 匡司 : 過剰栄養がもたらす栄養ストレスとタンパク異化亢進についての検討, 第10回周術期体液・代謝・侵襲研究会, 2012年8月.
44)武田 英二, 奥村 仙示, 山本 浩範, 竹谷 豊 : オーダーメイド栄養学 オーダーメイド臨床栄養管理, New Diet Therapy, Vol.28, No.2, 109, 2012年9月.
45)Maerjianghan Abduli, 竹谷 豊, 大南 博和, 上田 遙香, 谷口 由莉, 山本 浩範, 武田 英二 : 長期的高リン食摂取が糖代謝および脂質代謝に及ぼす影響(会議録), 肥満研究, Vol.18, No.Supplement, 175, 2012年9月.
46)寺尾 純二 : 「筋萎縮を予防する機能性フラボノイド誘導体の評価」, 日本宇宙生物科学会2013年度大会, 2012年9月.
47)中本 真理子, 首藤 恵泉, 酒井 徹 : 徳島県勤労者の食事パターンとアレルギー既往との関連, 第59回日本栄養改善学会, 2012年9月.
48)H Sato, 島袋 充生, Y Hirata, M Tabata, M Dagvasumberel, S Bando, 黒部 裕嗣, 福田 大受, 添木 武, S Takanashi, 北川 哲也, 中屋 豊, 佐田 政隆 : 心臓周囲脂肪酸NLRP3インフラマゾームのヒト冠動脈硬化症における役割, 第60回日本心臓病学会学術集会, 2012年9月.
49)石崎 仁愛, 芥川 正武, 木内 陽介, 榎本 崇宏, 小中 信典, 髙橋 章, 池原 敏孝 : UVAによる殺菌のモデル化に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 265, 2012年9月.
50)馬渡 一諭, 黒川 香菜, 本庄 アイリ, 藤井 麻未, 山本 智実, 前谷 実希, 粟飯原 睦美, 下畑 隆明, 上番増 喬, 髙橋 章 : Vibrio parahaemolyticusを用いたUVA紫外線照射による殺菌機構の解析, 第65回日本細菌学会・中国・四国支部総会, 2012年10月.
51)浅田 翔子, 射場 仁美, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Vibrio parahaemolyticusの病原因子 TTSS1遺伝子発現は細胞接着によって誘導される, 第65回日本細菌学会・中国・四国支部総会, 2012年10月.
52)辰巳 佐和子, 釜谷 達哉, 野村 憲吾, 藤田 みゆき, 木戸 慎介, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : 骨細胞死滅マウスのり代謝異常について, 第31回腎と骨代謝研究会学術集会, 2012年10月.
53)H Sato, Y Hirata, 島袋 充生, 福田 大受, M Tabata, 黒部 裕嗣, S Takanashi, 北川 哲也, 中屋 豊, 佐田 政隆 : ヒト脂肪組織における炎症性シグナルとNLRP3インフラマソームの関与, 第33回日本肥満学会, 2012年10月.
54)安倍 知紀, 平坂 勝也, 河野 尚平, 越智 ありさ, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 : 肥満脂肪組織におけるCbl-bによるマクロファージ活性化調節機構, 第33回日本肥満学会, 2012年10月.
55)山西 倫太郎 : β-カロテンによるRAW264マウスマクロファージ様細胞抗酸化性亢進のメカニズムに関する研究, 第8回日本食品免疫学会2012年度大会, 58, 2012年10月.
56)酒井 徹 : 核酸は免疫調節機能により糖脂質代謝を制御するか?, 第8回日本食品免疫学会, 2012年10月.
57)向井 理恵 : 植物フラボノイドの高機能化戦略 -- 筋萎縮予防を中心に -- :招待講演, 日本農芸化学会中四国支部第14回若手シンポジウム「生物資源化学の新たな展開」, 2012年10月.
58)Junji Terao : 「食事性フラボノイドの中枢神経系酸化ストレスに対する作用:モノアミン酸化酵素A活性の抑制」, 第1回薬食国際カンファレンス(The 1st International Conference on Pharma and Food ), Nov. 2012.
59)向井 理恵, 嶺川 祥子, 藤倉 温, 生城 真一, 榊 利之, 室田 佳恵子, 河村 知志, 根本 尚夫, 寺尾 純二 : プレニル基の導入がケルセチンの生体利用性に与える影響, 第17回 日本フードファクター学会学術集会 第9回日本カテキン学会総会 合同大会, 2012年11月.
60)堀川 瞳, 向井 理恵, 藤倉 温, 河村 知志, 根本 尚夫, 二川 健, 寺尾 純二 : 坐骨神経切除マウスにおける8-プレニルナリンゲニンの廃用性筋萎縮抑制効果, 第17回 日本フードファクター学会学術集会 第9回日本カテキン学会総会 合同大会 2012, 2012年11月.
61)水口 八重子, 向井 理恵, 寺尾 純二 : 筋管細胞における遊離脂肪酸ヒドロペルオキシド誘導ユビキチンリガーゼ発現に対するケルセチンの抑制作用, 第17回 日本フードファクター学会学術集会 第9回日本カテキン学会総会 合同大会 2012, 2012年11月.
62)前田 翼, 平坂 勝也, 池田 千佳, 春名 真里江, 河野 尚平, 安倍 知紀, 越智 ありさ, 永野 ひかる, 近藤 茂忠, 真板 綾子, 奥村 裕司, 二川 健 : 加齢による筋萎縮に対する大豆ポリフェノールの効果, 第45回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 2012年11月.
63)春名 真里江, 池田 千佳, 平坂 勝也, 前田 翼, 越智 ありさ, 安倍 知紀, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 : UCP3とHax-3の相互作用によるミトコンドリアのカルシウム濃度の調節, 第45回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 2012年11月.
64)野村 憲吾, 辰巳 佐和子, 木戸 慎介, 瀬川 博子, 宮本 賢一, 他2名 : 腎臓切除後の低リン血症発症機構の解明, 第45回日本栄養食糧学会 中国・四国支部大会, 2012年11月.
65)片島 るみ, 佐藤 千穂, 冨岡 麗子, 山上 真樹子, 宮本 登志子, 木下 成三, 川島 周, 松久 宗英, 北畑 洋, 武田 英二, 金山 博臣, 楊河 宏章 : 徳島県内の医療機関における倫理審査体制に関する状況調査, 第33回日本臨床薬理学会年会, 2012年11月.
66)高橋 悦久, 奥村 裕司, Indalao L Irene, 木葉 敬子, 木戸 博 : Novel type II transmembrane serine proteases, MSPL/TMPRSS13 knockout mice attenuates multicycle replication of highly pathogenic avian influenza viruses, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
67)竹谷 豊 : 腎疾患におけるリン・タンパク質, 第16回日本病態栄養学会年次学術集会,京都,2013年1月12日~13日, 2013年1月.
68)田尻 真梨, 山本 浩範, 中橋 乙起, 香川 知博, 竹谷 豊, 佐々木 一, 武田 英二 : 糖尿病時におけるビタミンD代謝異常の解明とリン制限食の治療効果, 第16回日本病態栄養学会年次学術集会,京都,2013年1月12日~13日, 2013年1月.
69)野村 憲吾, 辰巳 佐和子, 木戸 慎介, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : 肝臓切除に起因する低リン血漿発症機構の解明, 第16回日本病態栄養学会学術集会, 2013年1月.
70)木戸 慎介, 瀬川 博子, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一, 他3名 : 慢性腎臓病におけるFGF23産生亢進の分子機能解析, 第16回日本病態栄養学会年次学術集会, 2013年1月.
71)大西 律子, 宮本 賢一, 他12名 : 食道癌術後乳糜胸をオクトレオチドと低脂肪の栄養治療で回復した一例, 第16回日本病態栄養学会年次学術集会, 2013年1月.
72)奥村 仙示, 足立 知咲, 周 蓓, 川上 由香, 稲葉 廣美, 細川 敦子, 森永 良二, 片山 貴文, 武田 英二 : エネルギー密度を指標とした低エネルギーで満腹度・満足度の高い昼食の検討, 第16回日本病態栄養学会, 2013年1月.
73)足立 知咲, 奥村 仙示, 藤岡 真理子, 山崎 聡美, 高瀬 萌子, 杉原 康平, 寺本 有沙, 武田 英二 : エネルギー密度に着目した低エネルギーで満腹度・満足度の高い食事献立の検討, 第16回日本病態栄養学会, 2013年1月.
74)周 蓓, 奥村 仙示, 足立 知咲, 川上 由香, 稲葉 廣美, 細川 敦子, 森永 良二, 片山 隆文, 武田 英二 : エネルギーの異なる昼食摂取後の満腹度・満足度に対する年齢の影響, 第16回日本病態栄養学会, 2013年1月.
75)杉原 康平, 奥村 仙示, 寺本 有沙, 森 大樹, 宇都宮 徹, 島田 光生, 武田 英二 : 肝癌および肝移植ドナーの肝切除術前後におけるエネルギー代謝の評価, 第16回日本病態栄養学会, 2013年1月.
76)寺本 有沙, 奥村 仙示, 杉原 康平, 片山 貴文, 居村 暁, 宇都宮 徹, 島田 光生, 武田 英二 : 肝癌および肝移植ドナーの肝切除術前後におけるエネルギー代謝の評価, 第16回日本病態栄養学会, 2013年1月.
77)高瀬 萌子, 奥村 仙示, 川上 由香, 平山 明由, 曽我 朋義, 冨田 勝, 武田 英二 : 健常者および肥満者に対する75gOGTT後のメタボローム解析プロファイル, 第16回日本病態栄養学会, 2013年1月.
78)堤 理恵, 堤 保夫 : 周術期の栄養管理-ERASの観点から-, 第16回日本病態栄養学会, 2013年1月.
79)日下 祐里, 瀬川 博子, 木戸 慎介, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一, 他5名 : 腸管リン吸収における腸アルカリフォスファターゼの役割, 第16回日本病態栄養学会年次学術集会, 2013年1月.
80)佐藤 千穂, 冨岡 麗子, 山上 真樹子, 宮本 登志子, 松久 宗英, 北畑 洋, 武田 英二, 金山 博臣, 楊河 宏章, 木下 成三, 川島 周 : 徳島県内の医療機関における倫理審査体制に関する状況調査, 第246回徳島医学会学術集会, 2013年2月.
81)堤 理恵, 堤 保夫, 武川 茉莉子 : ICU患者における栄養ストレスの誘導因子の検索とそのメカニズムの解析, 第28回日本静脈経腸栄養学会, 2013年2月.
82)堤 理恵, 堤 保夫, 小野寺 睦雄, 今中 秀光, 西村 匡司 : 救急・集中治療領域の栄養管理:問題点と対策の工夫 ICU患者における免疫修飾栄養投与の効果と使い方の検討, 第28回日本静脈経腸栄養学会, 2013年2月.
83)宮本 賢一 : リン管理と栄養:最新の知見, CKD患者のリン管理を考える会, 2013年3月.
84)向井 理恵 : プレニルフラボノイドによる廃用性筋萎縮予防の可能性, 第5回レドックス・ライフイノベーションシンポジウム, 2013年3月.
85)Masayoshi Ishida, Michio Shimabukuro, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Takeshi Soeki, H Sato, E Uematsu, Sachiko Matsumoto, Hiroshi Sakaue, Hirofumi Izaki, Hiro-omi Kanayama and Masataka Sata : MicroRNA-100 Regulates Adipocytokine Expression in Subcutaneous and Visceral Adipose Tissue: An Observation from Human Biopsy Study., 第77回 日本循環器学会学術集会, Mar. 2013.
86)下畑 隆明, 根来 幸恵, 畑山 翔, 松本 麻里, 粟飯原 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni感染によるクロライド分泌の変化, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月.
87)堤 理恵, 酒井 徹, 合田 正和, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭, 藤本 知佐, 河合 美佐, 松本 英希 : 頭頸部癌の放射線・化学療法中における味覚異常と味覚受容体について, 日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会第70回学術講演会, 2013年3月.
88)Yauhen Bandaruk, 向井 理恵, 寺尾 純二 : Accumulation of flavonoids quercetin and luteolin in SH-SY5Y cells and their effects on Monoamine oxidase-A, 日本農芸化学会2014年度大会, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 作品等

(なし)

2012年度(平成24年度) / その他・研究会

1)真鍋 佑輔, 芥川 正武, 木内 陽介, 池原 敏孝, 髙橋 章, 小中 信典, 榎本 崇宏, 石崎 仁愛 : 近紫外線が細菌に与える影響に関する研究, LED総合フォーラム2012in徳島論文集, 77-78, 2012年4月.
2)石崎 仁愛, 真鍋 佑輔, 芥川 正武, 木内 陽介, 池原 敏孝, 小中 信典, 髙橋 章, 榎本 崇宏 : UV-A(近紫外線)照射の殺菌効果に関するモデル化, LED総合フォーラム2012in徳島論文集, 79-80, 2012年4月.
3)宮本 賢一 : 性腎臓病におけるリン代謝異常∼FGF23/Klothoの役割について∼, 愛媛骨代謝研究会, 2012年5月.
4)宮本 賢一 : リンの栄養学:最近の知見, 第9回富士透析勉強会, 2012年5月.
5)辰巳 佐和子, 他4名 : りん摂取と生命予後, AWAsupport center retreet, 2012年6月.
6)瀬川 博子 : 腸管リン吸収機構ー基礎研究からの最近の進展, 第10回CKD合併症研究会, 2012年7月.
7)瀬川 博子 : ヒトにおけるPTHおよびFGF23による血中リン濃度低下を担う標的分子の探索, 第5回慢性腎臓病(CKD)病態研究会, 2012年7月.
8)寺尾 純二 : 「ポリフェノール研究のこれまでと未来」, 第10回高付加価値食品開発のためのフォーラム, 2012年9月.
9)寺尾 純二 : 「プレニルフラボノイドの生体利用性と筋萎縮抑制作用」, 環太平洋プロポリス研究会第1回講演会, 2012年9月.
10)宮本 賢一 : リン代謝における臓器相関, リン代謝における臓器相関, 2012年9月.
11)瀬川 博子, 木戸 慎介, 宮本 賢一, 辰巳 佐和子, 他3名 : リンの体内動態(腸管,腎臓における吸収と排泄機序/リン輸送体の機能作用), Clinical Calcium, Vol.22, No.10, 13-20, 2012年10月.
12)瀬川 博子 : 高カルシウム尿を伴う低リン血症性くる病(HHRH)とType II NaPiトランスポーター, The Fifteenth Lilly International Symposium, 2012年10月.
13)宮本 賢一 : リンと栄養:最近の知見, ホスレノール発売3周年記念講演会 顆粒分包新発売記念講演会, 2012年10月.
14)辰巳 佐和子, 宮本 賢一, 木戸 慎介, 他3名 : 骨細胞死滅マウルのリン代謝異常について, 第31回腎と骨代謝研究会学術集会, 2012年10月.
15)宮本 賢一 : リンと栄養:最近の知見, 神戸透析研究会, 2012年10月.
16)宮本 賢一 : リンと栄養:最近の知見, 第四回沖縄CKD-MBD研究会, 2012年11月.
17)宮本 賢一 : リンと栄養:各国の話題, 第15回日本腎不全看護学会学術集会・総会, 2012年12月.
18)二川 健, 河野 尚平, 山下 結衣, 安倍 知紀, 平坂 勝也, 近藤 茂忠, 真板 綾子, 埜中 征哉, 武田 伸一, 長野 圭介, 奥村 裕司 : 寝たきりや無重力による筋萎縮のメカニズムとその治療法の開発, 精神・神経疾患研究開発費「筋ジストロフーに対するトランスレーショナル・リサーチ」平成24年度武田班班会議, 2012年12月.
19)平坂 勝也, 池田 千佳, 春名 真里江, 前田 翼, 安倍 知紀, 宇都宮 健郎, 越智 ありさ, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 武田 伸一, 二川 健 : 加齢による筋萎縮におけるミトコンドリア内カルシウム取り込み機構, 精神・神経疾患研究開発費「筋ジストロフーに対するトランスレーショナル・リサーチ」平成24年度武田班班会議, 2012年12月.
20)瀬川 博子, 佐々木 祥平, 向井 朋, 真鍋 舞, 宮本 賢一 : 近位尿細管におけるリントランスポーターNaPi2cとklothoとの関わり, 第24回日本腎性骨症研究会, 2013年1月.
21)寺尾 純二 : 「生体利用性から考えるフラボノイドの高機能化戦略」, 第1回九州大学食品機能デザイン研究センターシンポジウム「食機能研究のフロンティア」, 2013年2月.
22)竹谷 豊 : リン代謝異常と血管機能障害, 第27回ROD-21研究会,名古屋市,2013年2月9日, 2013年2月.
23)瀬川 博子, 佐々木 祥平, 向井 朋, 真鍋 舞, 宮本 賢一 : 近位尿細管におけるりんトランスポーターNaPi2cとKlothoとの関わり, 第24回日本腎性骨症研究会, 2013年2月.

2012年度(平成24年度) / 報告書

(なし)

2013年度(平成25年度)

article.{@.date="20130400 20140399" @.organization=\E{148408}}

2013年度(平成25年度) / 著書

1)野村 憲吾, 宮本 賢一 : リントランスポーターと疾患―リン代謝における骨と腎の相関―, 2013年4月.
2)榊原 啓之, 下位 香代子, 寺尾 純二, 武田幸作・齋藤規夫・岩科 司 編 : 植物色素フラボノイド, --- フラボノイドの薬理作用 ---, 株式会社 文一総合出版, 東京, 2013年6月.
3)辰巳 佐和子, 野村 憲吾, 宮本 賢一 : 骨細胞の機能と役割, 日本メディカルセンター, 2013年6月.
4)塩崎 雄治, 野村 憲吾, 宮本 賢一 : ミネラル代謝系の進化:海から陸,そして宇宙へ, 日本メディカルセンター, 2013年6月.
5)瀬川 博子, 宮本 賢一 : リンの吸収と排泄, 日本メディカルセンター, 2013年6月.
6)宮本 賢一 : 尿細管トランスポーターと疾患―企画にあたって―, 日本メディカルセンター, 2013年7月.
7)瀬川 博子, 大西 沙織, 塩崎 雄治, 佐々木 祥平, 宮本 賢一 : リン輸送と疾患, 日本メディカルセンター, 2013年7月.
8)山西 倫太郎, その他 34名 : クエスチョン・バンク管理栄養士国家試験問題解説 2014, メディック・メディア, 東京, 2013年7月.
9)新井 英一, 阪上 浩, 武田 英二, 竹谷 豊, 藤岡 由夫, 細川 雅也 : 臨床病態栄養学第3版, 文光堂, 2013年9月.
10)武田 英二, 奥村 仙示, 中尾 真理, 竹谷 豊 : 抗ストレス効果を示す食品・食生活とバイオマーカー, 株式会社 シーエムシー出版, 2013年9月.
11)向井 理恵, 二川 健, 寺尾 純二 : フラボノイドによる廃用性筋萎縮予防, 2013年10月.
12)宮本 賢一 : 知らずにとっているリン―リン添加物に注意―, 日本腎臓財団, 2013年11月.
13)辰巳 佐和子, 藤田 みゆき, 野村 憲吾, 藤井 理, 宮本 賢一 : リン代謝と骨細胞., メディカルレビュー社, 2013年12月.
14)堤 理恵 : NSTガイドブック, メディカルレビュー社, 東京, 2014年.
15)堤 理恵, 西村 匡司 : 救急,重症患者での栄養評価, 株式会社 羊土社, 2014年.
16)Junji Terao, Rie Mukai, Yamashita Y., Ochi Arisa, Kohno Shohei, Katsuya Hirasaka and Takeshi Nikawa : Chapter 7. Food Functions Preventing Muscle Atrophy., 2014.
17)酒井 徹 : 公衆栄養学概論,がんを防ぐ食生活, 東京, 2014年2月.
18)大西 律子, 木戸 慎介, 宮本 賢一 : 慢性腎臓病におけるリン管理-リン添加物の話題., 医歯薬出版株式会社, 2014年3月.
19)野村 憲吾, 宮本 賢一 : リントランスポーターと疾患-リン代謝における骨と腎の相関-, 医歯薬出版株式会社, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Tomoki Abe, Shohei Kohno, Tomonari Yama, Arisa Ochi, Takuro Suto, Katsuya Hirasaka, Ayako Ohno, Shigetada Teshima-Kondo, Yuushi Okumura, Motoko Oarada, Inho Choi, Rie Mukai, Junji Terao and Takeshi Nikawa : Soy Glycinin Contains a Functional Inhibitory Sequence against Muscle-Atrophy-Associated Ubiquitin Ligase Cbl-b., International Journal of Endocrinology, Vol.2013, 907565, 2013.
2)Toshiyuki Nakamura, Ayako Noma, Sachiko Shimada, Nanase Ishii, Noriko Bando, Yoshichika Kawai and Junji Terao : Non-selective distribution of isomeric cholesterol hydroperoxides to microdomains in cell membranes and activation of matrix metalloproteinase activity in a model of dermal cells., Chemistry and Physics of Lipids, Vol.174, 17-23, 2013.
3)Sarasa Tanaka, Hironori Yamamoto, Otoki Nakahashi, Tomohiro Kagawa, Mariko Ishiguro, Masashi Masuda, Mina Kozai, Shoko Ikeda, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : Dietary phosphate restriction induces hepatic lipid accumulation through dysregulation of cholesterol metabolism in mice., Nutrition Research, Vol.33, No.7, 586-593, 2013.
4)Kaeko Murota, Rainer Cermak, Junji Terao and Siegfried Wolffram : Influence of fatty acid patterns on the intestinal absorption pathway of quercetin in thoracic lymph duct-cannulated rats., British Journal of Nutrition, Vol.109, No.12, 2147-2153, 2013.
5)Rie Mukai, Yutaka Fujikura, Kaeko Murota, Shoko Minekawa, Naoko Matsui, Hisao Nemoto and Junji Terao : Prenylation enhances quercetin uptake and reduces efflux in Caco-2 cells and enhances tissue accumulation in mice fed long-term., The Journal of Nutrition, Vol.143, No.10, 1558-1564, 2013.
6)中本 真理子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 安藝 菜奈子, 小杉 知里, 秦 明子, 篠田 香織, 桑村 由美, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子, 船木 真理 : 勤労者の夕食終了から就寝時間までの間隔と健康状態との関係, 日本栄養・食糧学会誌, Vol.66, No.4, 185-193, 2013年.
7)Yuka Kawakami, Hisami Okumura, Masae Sakuma, Yuka Mori, Chisaki Adachi, Yukie Matsumoto, Tadatoshi Sato, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Takafumi Katayama and Eiji Takeda : Gene expression profiling in peripheral white blood cells in response to the intake of food with different glycemic index using a DNA microarray., Journal of Nutrigenetics and Nutrigenomics, Vol.6, No.3, 154-168, 2013.
8)川合 暢彦, 平坂 勝也, 塩田 智子, 越智 ありさ, 安倍 知紀, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 田中 栄二, 二川 健 : アテロコラーゲンを担体とした抗ユビキチン化ペプチドによる骨格筋萎縮抑制, 日本宇宙生物科学会第27回大会, 2013年.
9)市原 多香子, 田村 綾子, 南川 貴子, 桑村 由美, 小杉 知里, 安藝 菜奈子, 保坂 利男, 首藤 恵泉, 酒井 徹, 船木 真理 : 勤労男性の生活における身体活動とメタボリックシンドロームとの関連, 糖尿病, Vol.56, No.9, 637-645, 2013年.
10)Wanjiku Violet Wanjihia, Hirokazu Ohminami, Yutaka Taketani, Kikuko Amou, Hisami Yamanaka-Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : Induction of the hepatic stearoyl-CoA desaturase 1 gene in offspring after isocaloric administration of high fat sucrose diet during gestation., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.53, No.3, 150-157, 2013.
11)Mariko Nakamoto, Kokichi Arisawa, Hirokazu Uemura, Sakurako Katsuura-Kamano, Hidenobu Takami, Fusakazu Sawachika, Miwa Yamaguchi, Tomoya Juta, Tohru Sakai, Eisaku Toda, Kei Mori, Manabu Hasegawa, Masaharu Tanto, Masayuki Shima, Yoshio Sumiyoshi, Kenji Morinaga, Kazunori Kodama, Takaichiro Suzuki, Masaki Nagai and Hiroshi Satoh : Association between blood levels of PCDDs/PCDFs/dioxin-like PCBs and history of allergic and other diseases in the Japanese population., International Archives of Occupational and Environmental Health, Vol.86, No.8, 849-859, 2013.
12)Y Kadomura-Ishikawa, Katsuyuki Miyawaki, Sumihare Noji and Akira Takahashi : Phototropin 2 is involved in blue light-induced anthocyanin accumulation in Fragaria x ananassa fruits, Journal of Plant Research, Vol.126, No.6, 847-857, 2013.
13)Yutaka Taketani, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : Role of nutrient transporters in lifestyle-related diseases, The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, Vol.2, No.4, 409-416, 2013.
14)Akari Ishisaka, Kyuichi Kawabata, Satomi Miki, Yuko Shiba, Shoko Minekawa, Tomomi Nishikawa, Rie Mukai, Junji Terao and Yoshichika Kawai : Mitochondrial dysfunction leads to deconjugation of quercetin glucuronides in inflammatory macrophages., PLoS ONE, Vol.8, No.11, e80843, 2013.
15)Hirokazu Takechi, Kazuaki Mawatari, Nagakatsu Harada, Yutaka Nakaya, Megumi Asakura, Mutsumi Aihara, Hiromitsu Takizawa, Masakazu Goto, Takeshi Nishino, Takuya Minato, Yoshihito Furukita, Yota Yamamoto, Yasuhiro Yuasa, Hiromichi Yamai, Takahiro Yoshida, Jun-ichi Seike and Akira Tangoku : Glutamine protects the small intestinal mucosa in anticancer drug-induced rat enteritis model., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.1-2, 59-64, 2014.
16)Ritsuko Ohnishi, Hiroko Segawa, Tomoyo Ohmoto, Shohei Sasaki, Ai Hanazaki, Ayaka Mori, Kayo Ikuta, Junya Furutani, Eri Kawakami, Sawako Tatsumi, Yasuhiro Hamada and Ken-ichi Miyamoto : Effect of dietary components on renal inorganic phosphate (Pi) excretion induced by a Pi-depleted diet., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.1-2, 162-170, 2014.
17)A Teramoto, Hisami Okumura, E Urano, T Nakamura-Kutsuzawa, K Sugihara, Takafumi Katayama, Hidenori Miyake, Satoru Imura, Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda : Comparison of measured and predicted energy expenditure in patients with liver cirrhosis, Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, Vol.23, No.2, 197-204, 2014.
18)B Zhou, Hisami Okumura, S Seki, H Tatano, C Adachi and Eiji Takeda : What influences appetite more: eating approaches or cooking methods?, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.1.2, 118-125, 2014.
19)Mutsumi Aihara, Xin Lian, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari, Yumi Harada, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi : Vegetable surface sterilization system using UVA light-emitting diodes., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.3-4, 285-290, 2014.
20)Jörns Anne, Arndt Tanja, Vilsendorf Meyer zu Andreas, Klempnauer Jürgen, Wedekind Dirk, Hedrich Hans-Jürgen, Marselli Lorella, Marchetti Piero, Nagakatsu Harada, Yutaka Nakaya, Wang Gen-Sheng, Scott W. Fraser, Gysemans Conny, Mathieu Chantal and Lenzen Sigurd : Islet infiltration, cytokine expression and beta cell death in the NOD mouse, BB rat, Komeda rat, LEW.1AR1-iddm rat and humans with type 1 diabetes, Diabetologia, Vol.57, No.3, 512-521, 2014.
21)Toshio Hosaka, Sayaka Sasaga, Yukiko Yamasaka, Yoshitaka Nii, Kazuhiro Edazawa, Rie Tsutsumi, Emi Shuto, Naoki Okahisa, Shinya Iwata, Hiroyuki Tomotake and Tohru Sakai : Treatment with buckwheat bran extract prevents the elevation of serum triglyceride levels and fatty liver in KK-A(y) mice., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.3-4, 345-352, 2014.
22)酒井 徹, 中本 真理子, 中本 晶子, 首藤 恵泉, 小林 ゆき子, 土居 幸雄, 木戸 康弘 : 管理栄養士・栄養士養成施設における教員の学位取得状況および教員に求められる知識や技能等に関する調査, 栄養学雑誌, Vol.72, No.5, 262-271, 2014年.
23)堤 理恵, 平田 容子, 中瀧 恵実子, 大藤 純, 堤 保夫, 中屋 豊, 今中 秀光, 西村 匡司 : ICU患者のエネルギー消費量と病勢との関連の検討., 日本集中治療医学会雑誌, Vol.21, 173-174, 2014年.
24)Rie Tsutsumi and Yasuo Tsutsumi : Peptides and proteins in whey and their benefits for human health., Austin Journal of Nutrition and Food Sciences, Vol.1, No.1, 1-9, 2014.
25)Junji Terao : Cholesterol hydroperoxides and their degradation mechanism., Sub-cellular Biochemistry, Vol.77, No.1, 83-91, 2014.
26)Eiji Takeda, Hironori Yamamoto, Hisami Okumura and Yutaka Taketani : Increasing dietary phosphorus intake from food additives: potential for negative impact on bone health., Advances in Nutrition, Vol.5, No.1, 92-97, 2014.
27)Akihiro Shirai, Mutsumi Aihara, Akira Takahashi, Hideaki Maseda and Takeshi Omasa : Synergistic antimicrobial activity based on the combined use of a gemini-quaternary ammonium compound and ultraviolet A light, Journal of Photochemistry and Photobiology B: Biology, Vol.130, 226-233, 2014.
28)Tomoyuki Kawamura, Moemi Hayashi, Rie Mukai, Junji Terao and Hisao Nemoto : The First Synthesis of Uralenol, 5'-Prenylated Quercetin via Palladium-catalyzed O-dimethylallylation Reaction with Concurrent Acetyl Migration, Synthesis, Vol.46, No.02, 170-174, 2014.
29)Shoko Ikeda, Hironori Yamamoto, Masashi Masuda, Yuichiro Takei, Otoki Nakahashi, Mina Kozai, Sarasa Tanaka, Mari Nakao, Yutaka Taketani, Hiroko Segawa, Masayuki Iwano, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda : Downregulation of renal type IIa sodium-dependent phosphate cotransporter during lipopolysaccharide-induced acute inflammation., American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.306, No.7, F744-50, 2014.
30)Otoki Nakahashi, Hironori Yamamoto, Sarasa Tanaka, Mina Kozai, Yuichiro Takei, Masashi Masuda, Ichiro Kaneko, Yutaka Taketani, Masayuki Iwano, Ken-ichi Miyamoto and Eiji Takeda : Short-term dietary phosphate restriction up-regulates ileal fibroblast growth factor 15 gene expression in mice., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.54, No.2, 102-108, 2014.
31)Shinsuke Kido, Marina Fujihara, Kengo Nomura, Shohei Sasaki, Rie Mukai, Ritsuko Ohnishi, Ichiro Kaneko, Hiroko Segawa, Sawako Tatsumi, Hiroto Izumi, Kimitoshi Kohno and Ken-ichi Miyamoto : Molecular mechanisms of cadmium-induced fibroblast growth factor 23 upregulation in osteoblast-like cells., Toxicological Sciences, Vol.139, No.2, 301-316, 2014.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Nozomi Yokoyama, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Masayuki Iwano and Eiji Takeda : Association with Fetuin-A and Ectopic Calcification in -Klotho Mutant Mice., American Society of Nephrology Kidney Week 2013, Atlanta, USA, 2013.

2013年度(平成25年度) / 学術レター

(なし)

2013年度(平成25年度) / 総説・解説

1)粟飯原 睦美, 髙橋 章 : 近紫外線発光ダイオードを用いた食肉表面殺菌法の開発, 養牛の友, No.445, 76-79, 2013年4月.
2)Shinsuke Kido, Ichiro Kaneko, Sawako Tatsumi, Hiroko Segawa and Ken-ichi Miyamoto : Vitamin D and type II sodium-dependent phosphate cotransporters., Contributions to Nephrology, Vol.180, 86-97, May 2013.
3)坂東 亜紀, 真板 綾子, 二川 健 : 宇宙飛行と加齢による筋萎縮と栄養対策, 日本抗加齢医学会雑誌, Vol.9, No.3, 47-52, 2013年6月.
4)竹谷 豊, 大南 博和, 中橋 乙起, 池田 翔子 : ビタミンD結合タンパク質の遺伝子多型と疾患(<特集>「ビタミンと遺伝子多型」-ビタミンD-), ビタミン, Vol.87, No.9, 506-513, 2013年9月.
5)Rie Mukai and Junji Terao : Role of dietary flavonoids in oxidative stress and prevention of muscle atrophy, The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, Vol.2, No.4, 385-392, Nov. 2013.
6)髙橋 章, 粟飯原 睦美, 馬渡 一諭, 芥川 正武 : 近紫外線発光ダイオードを用いた殺菌システム, 食品分野における非加熱殺菌技術, 150-166, 2013年11月.
7)奥村 仙示, 竹谷 豊, 武田 英二 : 「日本食」の食卓を科学的に評価する①食後高血糖を抑制する食事, PRACTICE, Vol.31, No.1, 31-34, 2014年.
8)奥村 仙示, 足立 知咲, 周 蓓, 竹谷 豊, 武田 英二 : 「日本食」の食卓を科学的に評価する②日本食を用いたボリュメトリクス(Volumetrics):エネルギー密度(ED)に注目した低エネルギーでも満腹度・満足度の高い食事, PRACTICE, Vol.31, No.2, 159-163, 2014年.
9)奥村 仙示, 大南 博和, 竹谷 豊, 武田 英二 : 「日本食」の食卓を科学的に評価する③ニュートリゲノミクスを用いた日本食の評価, PRACTICE, Vol.31, No.3, 31-34, 2014年.
10)武田 英二, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 山本 浩範 : 小児疾患および成人からみたビタミンD栄養学, ビタミン, Vol.10, 499-506, 2014年.
11)安倍 知紀, 平坂 勝也, 越智 ありさ, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 二川 健 : 免疫とインスリン抵抗性ーユビキチンリガーゼCbl-bを中心にー, 内分泌・糖尿病・代謝内科, Vol.38, No.1, 39-44, 2014年1月.
12)Tomoki Abe, Katsuya Hirasaka, Shohei Kohno, Arisa Ochi, Naoko Yamagishi, Ayako Ohno, Shigetada Teshima-Kondo and Takeshi Nikawa : Ubiquitin ligase Cbl-b and obesity-induced insulin resistance., Endocrine Journal, Vol.61, No.6, 529-538, Mar. 2014.

2013年度(平成25年度) / 国際会議

1)Takeshi Nikawa : Unloading-mediated signal transducation in skeletal muscle cells, The 22th International Rheumatology Symposium, kyoto, Apr. 2013.
2)Eisuke Hamaguchi, Shuzo Oshita, Katsuya Tanaka, Rie Tsutsumi and Yasuo M. Tsutsumi : Glucagon-like peptide-1 induced cardiac protection is dependent on caveolin-3 expression., Experimental Biology Annual Meeting, Boston, Illinois, Apr. 2013.
3)Arisa Ochi, Katsuya Hirasaka, Ayako Maita, Shigetada Kondo, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto, Rie Mukai, Junji Terao, Taesik Gwang, Inho Choi and Takeshi Nikawa : Development of anti-ubiquitination oligopeptide, Cblin:Cbl-b inhibitor that prevents unloading-induced muscle atorophy., The 29th International Symposium on Space Technology and Science, Nagoya, Jun. 2013.
4)Tomki Abe, Shohei Kohno, Katsuya Hirasaka, Ayako Maita, Shigetada Kondo, Yuushi Okumura and Takeshi Nikawa : Unloading stress disturbs muscle regeneration through perturbed recruitment and function of macrophages, The 29th International Symposium on Space Technology and Science, Nagoya, Jun. 2013.
5)Yutaka Taketani, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : Health effect of phosphorus: cardiovascular disease and mortality., 8th Asia-Pacific Conference on Clinical Nutrition, Tokyo, Japan, Jun. 2013.
6)Maerjianghan Abuduli, Yutaka Taketani, Hirokazu Ohminami, Haruka Ueda, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : Effect of dietary phosphate-loading on glucose and lipid metabolism., 8th Asia-Pacific Conference on Clinical Nutrition, Tokyo, Japan, June 9-12, 2013, Jun. 2013.
7)Violet Wanjihia, Hirokazu Ohminami, Yutaka Taketani, Kikuko Amou, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : Metabolic programming of the steroyl-CoA desaturase 1 (SCD-1) gene after gestational isocaloric high fat high sucrose diet., 8th Asia-Pacific conference on Clinical Nutrition, Tokyo, June 9-12, 2013, Jun. 2013.
8)Kohei Sugihara, Hisami Okumura, Arisa Teramoto, Eri Urano, Takafumi Katayama, Hiroki Mori, Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda : Recovery Pattern of Energy Metabolism and Blood Biochemical Data after Liver Resection in Hepatocellular Carcinoma Patients and Liver Transplantation Donors., 8th Asia Pacific Conference on Clinical Nutrition, Chiba, Japan, Jun. 2013.
9)Teppei Hoshiyama, Masatake Akutagawa, Mutsumi Aihara, Mario Hayashida, Akira Takahashi, Takahiro Emoto, Shinsuke Konaka and Yohsuke Kinouchi : Gene expression analysis of Vibrio parahaemolyticus for UV irradiation, BioEM2013, 94, Thessaloniki, Jun. 2013.
10)Wanjihia W Violet, Ohminami Hirokazu, Yutaka Taketani, Kikuko Amou, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : Gestational Isocaloric High Fat High Sucrose Diet Causes More Severe Metabolic Complications in Offspring than Calorie Restriction., American Diabetes Association Scientific Session 2013, Chicago, IL, USA, Jun. 2013.
11)Hisami Okumura, Akiyoshi Hirayama, Ayaka Kamimura, Satomi Yamasaki, Moe Takase, Kohei Sugihara, Chisaki Adachi, Yuka Kawakami, Tomoyoshi Soga, Masaru Tomita and Eiji Takeda : Low-rice intake in low energy density diet stimulates sweetness desire in women more than in Men, 9th Metabolomics Society 2013 Conference SECC, Glasgow, UK, Jul. 2013.
12)Kazuaki Mawatari, Tam Thanh Thi Le, Miki Maetani, Tomomi Yamamoto, Airi Honjo, Mutsumi Aihara, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou and Akira Takahashi : VP2118 has major roles in Vibrio parahaemolyticus response to oxidative stress, 5th FEMS Microbiology Congress, Jul. 2013.
13)Mutsumi Aihara, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Synergistic bactericidal effect of ultraviolet light with a combination of different wavelength, 5th FEMS Microbiology Congress, Jul. 2013.
14)Takashi Uebansou, Hitomi Iba, Shoko Asada, Takaaki Shimohata, Mutsumi Aihara, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Regulation and effects of VP1671 (VscQ) on virulence of Vibrio parahaemolyticus, 5th FEMS Microbiology Congress, Jul. 2013.
15)Sachie Negoro, Takaaki Shimohata, Syo Hatayama, Mari Matsumoto, Yuri Sato, Mutsumi Aihara, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Suppression of CFTR-mediated Cl- transport in Campylobacter jejuni infection, International Symposium Hannover - Tokushima Research Communication, Aug. 2013.
16)S Nishimoto, Daiju Fukuda, Michio Shimabukuro, S Matsumoto, Masayoshi Ishida, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Hiroshi Sakaue, Yutaka Nakaya and Masataka Sata : Genetic ablation of TLR9 improves insulin resistance through macrophage accumulation in adipose tissue., ESC Congress 2013, Amsterdam, Aug. 2013.
17)Marie Haruna, Katsuya Hirasaka, Aki Bando, Ayako Maita, Shigetada Kondo and Takeshi Nikawa : The role of uncoupling protein 3 regulating calcium ion uptake into mitochondria during sarcopenia, 10th Japan-Korea Joint Seminar on Space Environment Utilization Research, Seoul, Sep. 2013.
18)Takeshi Nikawa, Arisa Ochi and Tomoki Abe : Anti-muscle atrophy peptides/proteins, 10th Japan-Korea Joint Seminar on Space Environment Utilization Research, Seoul, Sep. 2013.
19)Junji Terao : Prenylation modulates the bioavailability of dietary flavonoids, International Conference on Polyphenols and Health, Buenos Aires, Oct. 2013.
20)Junji Terao : Revisit of dietary carotenoids as antioxidants in biomembrane:Efficacy in the prevetion of photoaging, Ineternational society of Neutraceuticals and Functional Foods Conference, Taipei, Nov. 2013.
21)Michiyo Yamasaki, Misaki Katsumoto, Yutaka Taketani, Hisami Okumura and Eiji Takeda : Effects of Dietary Phosphorus Load on the Postprandial Blood Glucose and Glucose-Regulating Hormone Levels., American Society of Nephrology Kidney Week 2014, Atlanta, USA, Nov. 2013.
22)K Nomura, Sawako Tatsumi, A Miyagawa, Y Shiozaki, S Sasaki, Hiroko Segawa and Ken-ichi Miyamoto : Hepatectomy Hypophosphatemia:A Novel Phosphaturic Factor in the Liver Kidney Axis., American Society of Nephrology(46)KIDNEY WEEK2013, Nov. 2013.
23)Haruka Ueda, Yutaka Taketani, Maerjianghan Abuduli, Hirokazu Ohminami, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : Lanthanum Carbonate or Dietary P Restriction Ameliorates Endothelial Dysfunction in Adenine-Induced Chronic Kidney Disease Rats, American Society of Nephrology Kidney Week 2014, Atlanta, USA, Nov. 2013.
24)Hironori Yamamoto, Mina Kozai, Tomohiro Kagawa, Otoki Nakahashi, Shoko Ikeda, Rina Onishi, Yutaka Taketani and Eiji Takeda : Thyroid Hormones Decrease Plasma 1,25-Dihydroxyvitamin D Levels through Transcriptional Repression of the Renal 25-Hydroxyvitamin D3 1-Hydroxylase Gene (CYP27B1), American Society of Nephrology Kidney Week 2013, Atlanta, USA, Nov. 2013.
25)S Nishimoto, Daiju Fukuda, Michio Shimabukuro, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Hiroshi Sakaue, Yutaka Nakaya and Masataka Sata : Macrophage Toll-like Receptor 9 Signaling Contributes to the Development of Insulin Resistance through the Promotion of Inflammation in Adipose Tissue., American Heart Association AHA 2013, Dallas, Nov. 2013.
26)Rie Mukai, Naoko Matsui, N Matsumoto, N.T. Dang, Takeshi Nikawa, Hisao Nemoto and Junji Terao : Anti-Oxidative Flavonoid suppresses disuse muscle atrophy in denervation mice., XXVIIth International Conference on Polyphenols &8th Tannin Conference., 2014.
27)Mutsumi Aihara, Takashi Uebansou, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi : Simultaneous irradiation with different wavelengths of ultraviolet light has synergistic bactericidal effect on Vibrio parahaemolyticus, 48th US-Japan Cooperative Medical Sciences Program Conference on cholera and Other Bacterial Enteric Infections, Feb. 2014.
28)Hiroshi Sakaue and 興津 理恵 : Role of the new microtubule-associated protein in the development of obesity, 国際肥満学会, Mar. 2014.
29)Hiroshi Sakaue and 黒田 雅士 : Role of DNA methylation for leptin gene promoter in 3T3-L1 adipocytes, Mar. 2014.

2013年度(平成25年度) / 国内講演発表

1)秦 明子, 坂東 由記子, 四釜 洋介, 安藝 菜奈子, 小杉 知里, 西村 美穂, 阿部 房代, 佐藤 美子, 中奥 真理子, 片山 りか, 赤松 康代, 丹下 幸子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 堤 理恵, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 桑村 由美, 中尾 隆之, 三好 雅士, 森口 博基, 玉木 悠, 松本 俊夫, 船木 真理 : 徳島県におけるadiponectinや高感度CRPとメタボリックシンドロームとの関連, 糖尿病, Vol.56, 2013年4月.
2)二川 健 : 「脂肪組織浸潤マクロファージとインスリン抵抗性」, 第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
3)秦 明子, 坂東 由記子, 四釜 洋介, 安藝 菜奈子, 小杉 知里, 西村 美穂, 阿部 房代, 佐藤 美子, 中奥 真理子, 片山 りか, 赤松 康代, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 堤 理恵, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中尾 隆之, 三好 雅士, 森口 博基, 玉木 悠, 松本 俊夫, 船木 真理 : 徳島県におけるadiponectinや高感度CRPとメタボリックシンドロームとの関連, 糖尿病, Vol.Vol.56, No.Suppl.1, S.208, 2013年5月.
4)中本 真理子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 安藝 菜奈子, 小杉 知里, 秦 明子, 篠田 香織, 桑村 由美, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子, 船木 真理 : 徳島県勤労者の血清脂肪酸濃度とインスリン抵抗性との関係に関する疫学研究, 第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
5)山本 浩範, 香西 美奈, 香川 知博, 竹谷 豊, 武田 英二 : CKD, 第56回日本腎臓学会学術集会(ワークショップ),東京,5月10日~12日,2013年, 2013年5月.
6)辰巳 佐和子, 釜谷 達哉, 宮本 賢一 : 骨細胞死滅マウスにおけるリン利尿促進機序について., 第56回日本腎臓学会学術総会, 2013年5月.
7)桑原 三恵子, 坂内 堅二, 菊池 香織, 大和 英之, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : 腎機能低下に伴う心肥大には血圧以外に尿毒素物質が関与している., 第56回日本腎臓学会学術総会, 2013年5月.
8)佐々木 祥平, 瀬川 博子, 大西 沙織, 森 絢加, 向井 朋, 真鍋 舞, 日下 祐里, 木戸 慎介, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一 : リン利尿におけるKlothoの役割, 第56回日本腎臓学会学術総会, 2013年5月.
9)山本 浩範, 田尻 真梨, 中橋 乙起, 香西 美奈, 香川 知博, 竹谷 豊, 武田 英二 : 糖尿病時におけるビタミンD・カルシウム代謝異常の分子機構の解明, 日本ビタミン学会第65回大会,東京,5月17日~18日,2013年, 2013年5月.
10)香川 知博, 山本 浩範, 香西 美奈, 原田 永勝, 向原 理恵, 竹谷 豊, 武田 英二 : ビタミンD3-24水酸化酵素CYP24A1の新たな発現調節因子の同定, 日本ビタミン学会第65回大会,東京,5月17日~18日,2013年, 2013年5月.
11)坂井 敦子, 浜田 久代, 原 恵子, 森 恭子, 水口 隆, 水口 潤, 川島 周, 二川 健 : 外来血液透析患者に対する4年間の継続指導の効果, 第66回 日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
12)二川 健 : 卵白由来のプロテアーゼ阻害成分による筋萎縮予防法の開発, 第1回 タマゴシンポジウム, 2013年5月.
13)寺尾 純二 : 食事性フラボノイドの脳移行と酸化ストレス抑制, 日本薬剤学会28年会特別講演, 2013年5月.
14)高石 和美, 川人 伸次, 原田 永勝, 富山 芳信, 北畑 洋 : 新生児ラット心筋細胞におけるβ3受容体刺激が一酸化窒素産生に及ぼす影響, 日本麻酔科学会 第60回学術集会, 2013年5月.
15)嶺川 祥子, 向井 理恵, 藤倉 温, 生城 真一, 榊 利之, 室田 佳恵子, 河村 知志, 根本 尚夫, 寺尾 純二 : プレニル基付加がケルセチンのグルクロン酸抱合とABCトランスポーターによる排出に及ぼす影響, 第67階日本栄養食糧学会, 2013年5月.
16)松井 直子, 向井 理恵, 候 徳興, 河村 知志, 根本 尚夫, 二川 健, 寺尾 純二 : 酸化ストレス上昇を伴う廃用性筋萎縮に対する抗酸化プレニルケルセチンの効果, 第67回本栄養食糧学会, 2013年5月.
17)山本 浩範, 香西 美奈, 香川 知博, 原田 永勝, 中橋 乙起, 池田 翔子, 竹谷 豊, 武田 英二 : 甲状腺ホルモンは腎臓25水酸化ビタミンD3ー1α水酸化酵素遺伝子(CYP27B1)の転写抑制により血中活性型ビタミンD濃度を低下させる, 第67回日本栄養・食糧学会大会,名古屋,5月24日~26日,2013年, 2013年5月.
18)中尾 真理, 山本 浩範, 阿部 航太郎, 中橋 乙起, 池田 翔子, 竹谷 豊, 武田 英二 : リン補給は鉄欠乏性貧血の進展を予防する, 第67回日本栄養・食糧学会大会,名古屋,5月24日~26日,2013年, 2013年5月.
19)吉川 亮平, 山本 浩範, 香川 知博, 中橋 乙起, 横山 望, 大西 里奈, 池田 翔子, 竹谷 豊, 武田 英二 : マウス腎α-klotho発現に与える加齢および食事性リンの影響, 第67回日本栄養・食糧学会大会,名古屋,5月24日~26日,2013年, 2013年5月.
20)越智 ありさ, 後藤 春樹, 北畑 香菜子, 安倍 知紀, 真板 綾子, 平坂 勝也, 近藤 茂忠, 赤間 一仁, 二川 健 : 廃用性筋萎縮を防ぐ抗ユビキチン化ペプチドCblin(Cbl-b Inhibitor)を含む機能性食材の開発, 第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
21)前田 翼, 平坂 勝也, 池田 千佳, 春名 真里江, 河野 尚平, 安倍 知紀, 越智 ありさ, 近藤 茂忠, 真板 綾子, 奥村 裕司, 二川 健 : SIRT1発現上昇を介したイソフラボンによるサルコペニア抑制効果, 第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
22)前田 翼, 平坂 勝也, 池田 千佳, 春名 真理江, 河野 尚平, 安倍 知紀, 越智 ありさ, 近藤 茂忠, 真板 綾子, 奥村 裕司, 二川 健 : SIRT1発現上昇を介したイソフラボンによるサルコぺニア抑制効果, 第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
23)坂東 亜紀, 真板 綾子, 杤尾 豪人, 前山 遥, 平坂 勝也, 池田 千佳, 春名 真里江, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 : UCP3結合領域を介したHAX-1とCa2+の相互作用解析, 第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
24)平坂 勝也, Mills M. Edward., 池田 千佳, 春名 真里江, 前田 翼, 安倍 知紀, 宇都宮 健郎, 越智 ありさ, 河野 尚平, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 : サルコペニアにおけるミトコンドリア内カルシウム取り込み, 第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
25)安倍 知紀, 平坂 勝也, 越智 ありさ, 永野 ひかる, 前田 翼, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 二川 健 : 肥満脂肪組織におけるCbl-bの役割, 第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
26)野村 憲吾, 辰巳 佐和子, 宮川 淳美, 岡 奈都紀, 塩崎 雄治, 木戸 慎介, 瀬川 博子, 佐野 光枝, 福渡 努, 柴田 克己, 宮本 賢一 : 肝臓切除患者における低リン血症発症機構の解明., 第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
27)宮川 淳美, 辰巳 佐和子, 野村 憲吾, 木戸 慎介, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : Nampt+/-のリン代謝の解析, 第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
28)木戸 慎介, 越智 美佐子, 藤原 真理奈, 向井 朋, 塩崎 雄治, 瀬川 博子, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一 : 慢性腎臓病に併存する骨ミネラル代謝障害(CKD-MBD)の発症並びに進展におけるFGF23の関与., 第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
29)二川 健 : 「廃用性筋萎縮改善ペプチド」, 第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
30)永野 ひかる, 近藤 茂忠, 山岸 直子, 数藤 拓郎, 冨田 知里, 坂井 敦子, 安倍 知紀, 宇都宮 健郎, 越智 ありさ, 池田 千佳, 後藤 春樹, 山下 結衣, 坂東 亜紀, 前田 翼, 真板 綾子, 平坂 勝也, 奥村 裕司, 二川 健 : IRS-1遺伝子産物による骨格筋細胞の分化制御, 第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
31)安倍 知紀, 平坂 勝也, 越智 ありさ, 永野 ひかる, 前田 翼, 坂東 亜紀, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 二川 健 : 肥満脂肪組織におけるCbl-bの役割, 第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
32)平坂 勝也, Mills M Edward., 池田 千佳, 春名 真理江, 前田 翼, 安倍 知紀, 宇都宮 健郎, 越智 ありさ, 河野 尚平, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 : サルコぺニアにおけるミトコンドリア内カルシウム取り込み, 第67回日本栄養・食糧学会大会, 2013年5月.
33)根来 幸恵, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni 感染とCl-輸送の変化, 第87回日本感染症学会総会・学術講演会, 2013年6月.
34)金本 真美, 島田 光生, 中屋 豊, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地, 三宅 秀則 : Inbodyを用いた体成分分析と膵臓手術周術期における栄養評価に関する検討, 第38回 日本外科系連合学会学術集会, 2013年6月.
35)竹谷 豊, 山本 浩範, 奥村 仙示, 武田 英二 : CKD-MBDの管理における食事性リン, 第58回日本透析医学会学術集会・総会(ワークショップ),福岡,6月20日~23日,2013年, 2013年6月.
36)辰巳 佐和子, 木戸 慎介, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : 骨とリン利尿因子, 第58回日本透析医学会学術集会・総会, 2013年6月.
37)宮本 賢一 : 慢性腎臓病におけるリン代謝異常:炭酸ランタンの有効性について, 第24回日本微量元素学会学術集会, 2013年6月.
38)宮本 賢一 : リンの話題:栄養とリン調節薬., 第12回徳島腎と薬剤研究会, 2013年7月.
39)水口 八重子, 向井 理恵, 寺尾 純二 : 抗酸化フラボノイドの廃用性筋萎縮予防効果,培養細胞による評価, 第13回AOB研究会, 2013年7月.
40)宮本 賢一 : 食品添加物としてのリン:最近の話題, 第13回東京腎不全骨代謝研究会∼透析患者さんのリンの管理∼, 2013年7月.
41)畑山 翔, 下畑 隆明, 根来 幸恵, 松本 麻里, 佐藤 優里, 粟飯原 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 食中毒起因菌カンピロバクターによる下痢の機序に関する研究, 第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
42)根来 幸恵, 下畑 隆明, 畑山 翔, 松本 麻里, 佐藤 優里, 粟飯原 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni 感染によるCl‐輸送チャネルの活性変化, 第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
43)本庄 アイリ, 馬渡 一諭, 粟飯原 睦美, 下畑 隆明, 上番増 喬, 髙橋 章 : VP0221とVPA1604は腸炎ビブリオの莢膜多糖類を調節し,抗菌ペプチドと補体耐性に働く, 第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
44)浅田 翔子, 射場 仁美, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : 腸炎ビブリオの3型分泌装置遺伝子発現は細胞接着により誘導される, 第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
45)常冨 愛香里, 粟飯原 睦美, 石崎 仁愛, 上番増 喬, 下畑 隆明, 芥川 正武, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 正村 彰規 : UVA-LED を用いた水耕栽培用養液の殺菌, 第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
46)林田 麻里王, 粟飯原 睦美, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 星山 哲平, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介 : DNA マイクロアレイを用いた微生物遺伝子の網羅的解析, 第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
47)杉原 康平, 奥村 仙示, 寺本 有沙, 武田 英二, 森 大樹, 宇都宮 徹, 島田 光生 : エネルギー代謝と血液生化学検査からみた肝切除術前後の栄養評価, 第247回徳島医学会, 2013年8月.
48)向井 理恵, 藤倉 温, 室田 佳恵子, 上原 万里子, 嶺川 祥子, 松井 直子, 河村 知志, 根本 尚夫, 寺尾 純二 : プレニルフラボノイドの生体利用性―プレニル化がケルセチンの腸管吸収と組織蓄積に与える影響の解析, 第7回日本ポリフェノール学会,, 2013年8月.
49)Mutsumi Aihara, Takashi Uebansou, Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Synergistic bactercidal effect of Ultraviolet light with a combination of different, 日米医学協力研究会コレラ・細菌性腸管感染症専門部会日本側総会, Aug. 2013.
50)安倍 知紀, 平坂 勝也, 越智 ありさ, 永野 ひかる, 前田 翼, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 : ユビキチンリガーゼCbl-bと脂肪組織浸潤マクロファージの活性化, 第18回日本病態プロテアーゼ学会学術集会, 2013年8月.
51)安倍 知紀, 平坂 勝也, 越智 ありさ, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 奥村 裕司, 二川 健 : ユビキチンリガーゼCbl-bと脂肪組織浸潤マクロファージの活性化, 第18回 日本病態プロテアーゼ学会学術集会, 2013年8月.
52)二川 健 : 宇宙生活での健康上の問題点 -宇宙生物学・宇宙医学の視点より-, 第53回日本化学会年次学術集会, 2013年9月.
53)塩崎 雄治, 瀬川 博子, 大西 沙織, 大井 彰子, 杉野 紗貴子, 簑島 さくら, 伊藤 美紀子, 木戸 慎介, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一 : 近位尿細管上皮細胞におけるNa+依存性無機リン酸輸送担体Npt2cの発現調節とVacuole形成, 第86回日本生化学会大会, 2013年9月.
54)生田 かよ, 瀬川 博子, 向井 朋, 佐々木 祥平, 森 絢加, 石川 康子, 上田 乙也, 堀場 直, 寺社下 浩一, 福島 直, 宮本 賢一 : 生体内リン代謝調節機構における唾液腺の関与., 第86回日本生化学会大会, 2013年9月.
55)山崎 通世, 勝本 美咲, 竹谷 豊, 奥村 仙示 : 食後血糖上昇および糖代謝調節ホルモンに対して食事性リンが及ぼす影響, 第60回日本栄養改善学会学術総会,神戸,9月12日~14日,2013年, 2013年9月.
56)合田 正和, 堤 理恵, 藤本 知佐, 酒井 徹, 武田 憲昭 : 頭頸部癌化学療法が舌の味覚受容体遺伝子発現に及ぼす影響, 第26回日本口腔・咽頭科学会, 2013年9月.
57)大西 律子, 谷 佳子, 山田 静恵, 松村 晃子, 宮本 賢一 : 食道癌術後乳糜胸をオクトレオチドと低脂肪食の栄養治療で回復した一例., 第60回日本栄養改善学会学術総会, 2013年9月.
58)喜岡 美久, 首藤 恵泉, 酒井 徹 : 実験的自己免疫性脳脊髄炎マウスにおける大豆イソフラボンの効果, 第60回日本栄養改善学会学術総会, 2013年9月.
59)中本 晶子, 首藤 恵泉, 酒井 徹 : ビタミンA欠乏は経口免疫寛容を破綻させる, 第60回日本栄養改善学会学術総会, 2013年9月.
60)辰巳 佐和子, 野村 憲吾, 大西 律子, 宮本 賢一 : 肝臓切除患者における低リン血症発症機序の解明, 第60回日本栄養改善学会学術総会, 2013年9月.
61)杉原 康平, 奥村 仙示, 山本 モモ, 柏原 秀也, 吉川 幸造, 宇都宮 徹, 栗田 信浩, 島田 光生, 武田 英二 : スリーブ状胃切除術前後のエネルギー代謝評価, 第5会日本静脈経腸栄養学会四国支部会学術集会, 2013年9月.
62)二川 健 : 廃用性筋萎縮の分子メカニズムとその治療法開発を中心に, 第1回筋骨格系リサーチワークショップ, 2013年9月.
63)宮本 賢一 : 透析患者におけるリン管理と栄養摂取., 第45回西播透析医会, 2013年9月.
64)瀬川 博子 : リン吸収・排泄機構―基礎研究からの最近の進展―, 学術講演会∼保存期慢性腎不全とリン∼, 2013年9月.
65)石崎 仁愛, 芥川 正武, 髙橋 章, 木内 陽介, 榎本 崇宏, 池原 敏孝, 小中 信典 : UV-A殺菌推移を表すモデル化に関する研究, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 245, 2013年9月.
66)星山 哲平, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 小中 信典, 木内 陽介, 粟飯原 睦美, 林田 麻里王, 髙橋 章 : UV照射に対する腸炎ビブリオの遺伝子発現解析, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 252, 2013年9月.
67)川合 暢彦, 平坂 勝也, 七條 なつ子, 塩田 智子, 森 博世, 木内 奈央, 二川 健, 田中 栄二 : 抗ユビキチン化ペプチドによる骨格筋萎縮抑制法の開発, 第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 2013年10月.
68)竹谷 豊 : Emerging roles of sodium-dependent phosphate transporters in mineral metabolism, diseases and beyond., 日本薬物動態学会第28回年会(シンポジウム),東京,10月9日~11日,2013年, 2013年10月.
69)安倍 知紀, 平坂 勝也, 越智 ありさ, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 二川 健 : ユビキチンリガーゼCbl-bによるインスリン抵抗性発症抑制機構の解明, 第34回日本肥満学会, 2013年10月.
70)安倍 知紀, 平坂 勝也, 越智 ありさ, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 二川 健 : ユビキチンリガーゼCbl-bによるインスリン抵抗性発症抑制機構の解明, 第34回 日本肥満学会, 2013年10月.
71)本庄 アイリ, 枝川 美幸, 馬渡 一諭, 前谷 実希, 粟飯原 睦美, 下畑 隆明, 上番増 喬, 上手 麻希, 間世田 英明, 髙橋 章 : トランスポゾン挿入変異ライブラリを用いた腸炎ビブリオの近紫外線関連遺伝子の探索, 第66回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2013年10月.
72)林田 麻里王, 粟飯原 睦美, 上番増 喬, 下畑 隆明, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 星山 哲平, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 木内 陽介 : 紫外線・可視光照射により変動する微生物遺伝子の網羅的解析, 第66回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 2013年10月.
73)宮本 賢一 : 保存期におけるリン管理:最近の知見, 旭川高リン血症治療 学術講演会, 2013年10月.
74)宮本 賢一 : リン管理と栄養:最近の知見, 高リン血症治療セミナー., 2013年10月.
75)堀川 瞳, 向井 理恵, 河村 知志, 二川 健, 寺尾 純二 : プレニルナリンゲニンは廃用性筋萎縮からの筋量回復を促進する, 第18回日本フードファクター学会学術集会, 2013年11月.
76)工藤 隆治, 藤澤 健司, 工藤 景子, 小林 真左子, 栗林 伸行, 髙丸 菜都美, 大江 剛, 内田 大亮, 髙橋 章, 玉谷 哲也, 永井 宏和, 生島 仁史, 宮本 洋二 : 当科における強度変調放射線治療(IMRT)の経験, 第12回中国四国口腔癌研究会学術講演会, 2013年11月.
77)瀬川 博子 : CKD-MBDに関するリン代謝の基礎研究における進展, 第28回Kobe Parathyroid and Bone Forum, 2013年11月.
78)瀬川 博子 : ナトリウム依存性リン酸トランスポーターがかわる生体内リン感受機構, 細胞センサーの分子機構・相互関連・ネットワーク研究会, 2013年11月.
79)合田 正和, 北村 嘉章, 高橋 美香, 島谷 美映, 堤 理恵, 酒井 徹, 武田 憲昭 : 頭頸部癌化学療法が舌の味覚受容体遺伝子発現に及ぼす影響, 日本耳鼻咽喉科学会第39回四国四県地方部会連合学会, 2013年12月.
80)野村 憲吾, 辰巳 佐和子, 宮川 淳美, 塩崎 雄治, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : 肝臓切除による無機リン酸恒常性破綻機構について, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月.
81)宮本 賢一 : 生体内リン恒常性維持機構の破綻と疾患, 平成25年度 戦略的研究推進プログラム次世代重点研究プログラム:Transcriptotherapeuticsの創出と医療への展開., 2013年12月.
82)Takao Nammo, haruhide Udagawa, Miho Kawaguchi, Nobuaki Hunahashi, 上番増 喬, Masaki Hiramoto, Wataru Nishimura, Kazuki Yasuda : 膵島のゲノム網羅的解析による糖尿病発症機序の考察, Journal of the Japan Diabtes Society, Vol.57, No.suppl1, s404, 2014年.
83)谷 佳子, 古本 太希, 山田 静恵, 安井 苑子, 上番増 明子, 橋本 脩平, 足立 知咲, 長尾 紀子, 松村 晃子, 武田 英二, 中屋 豊, 加藤 真介, 濵田 康弘 : くも膜下出血患者における栄養管理がリハビリテーション及び合併症に及ぼす影響, 第17回日本病態栄養学会, 2014年1月.
84)辰巳 佐和子, 藤田 みゆき, 藤井 理, 野村 憲吾, 瀬川 博子, 宮本 賢一, 木戸 慎介 : 骨細胞死滅マウスにおけるカルシウム/リン代謝異常機構について., 第17回日本病態栄養学会年次学術集会, 2014年1月.
85)竹谷 豊 : 第17回日本病態栄養学会(シンポジウム),大阪,1月11日~12日,2014年, 2014年1月.
86)奥村 仙示, 平山 明由, 上村 綾佳, 山崎 聡美, 高瀬 萌子, 川上 由香, 曽我 朋義, 冨田 勝, 武田 英二 : メタボローム解析を用いた高GIおよび低GI食品摂取後の血清代謝物への影響, 第17回日本病態栄養学会, 2014年1月.
87)奥村 仙示, 足立 知咲, 周 蓓, 関 さやか, 多々納 浩, 杉原 康平, 山本 もも, 山崎 聡美, 藤岡 真理子, 上村 綾佳, 川上 由香, 稲葉 廣美, 片山 貴文, 武田 英二 : エネルギー密度に注目した低エネルギーでも満腹度・満足度の高い食事ガイドラインの作成, 第17回日本病態栄養学会, 2014年1月.
88)山本 モモ, 奥村 仙示, 杉原 康平, 寺本 有沙, 宇都宮 徹, 島田 光生, 武田 英二 : 肝硬変患者における窒素出納評価の問題点についての検討, 第17回日本病態栄養学会, 2014年1月.
89)杉原 康平, 奥村 仙示, 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 島田 光生, 武田 英二 : エネルギー代謝による生体肝移植後早期における栄養評価, 第17回日本病態栄養学会, 2014年1月.
90)宮本 賢一 : 栄養の吸収と代謝, 第34回メディコピア教育講演シンポジウム 栄養と食欲∼病態と治療の進歩∼, 2014年1月.
91)辰巳 佐和子 : リン恒常性維持機構の破綻と疾患―腎臓切除によるりん恒常性破綻機構の解明, 134, 2014年3月.
92)辰巳 佐和子 : 無機リン酸イオン調節の多階層的制御機序解析., 新学術領域研究「多階層生体機能学」最終成果報告会, 2014年3月.
93)宮本 賢一 : リン管理と栄養:最新の知見, CKD患者のリン管理を考える会 in 倉敷, 2014年3月.
94)宮本 賢一 : リン過剰摂取が招く危険性と最新の代謝機構, 第22回北摂四医師会骨・内分泌・代謝研究会, 2014年3月.
95)下畑 隆明, 根耒 幸恵, 畑山 翔, 佐藤 優里, 粟飯原 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni感染はT84細胞におけるCl-分泌を抑制する, 第87回日本細菌学会総会, 2014年3月.
96)馬渡 一諭, 本庄 アイリ, 常冨 愛香里, 畑山 翔, 粟飯原 睦美, 下畑 隆明, 上番増 喬, 髙橋 章 : 近紫外線(UVA)照射により酸化される腸炎ビブリオタンパク質の同定, 第87回日本細菌学会総会, 2014年3月.
97)瀬川 博子, 宮本 賢一 : リン代謝調節機序におけるNaPiトランスポーターの役割., 日本農芸化学会2014年度(平成26年度)大会, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 作品等

(なし)

2013年度(平成25年度) / その他・研究会

1)寺尾 純二 : 酸化ストレスから考える食品機能研究, 兵庫県立大学先端食科学研究センター開設記念式典講演, 2013年4月.
2)寺尾 純二 : カロテノイドによる光老化予防, 食品ニューテクノロジー研究会4月例会, 2013年4月.
3)瀬川 博子, 向井 朋, 森 絢加, 佐々木 祥平, 宮本 賢一 : リンの吸収と排泄の生体内調節., 第56回日本腎臓学会学術総会, 2013年5月.
4)Junji Terao : Flavonoids for disuse muscle atrophy, 13thInternational Conference of Functional Food Center (Kyoto-city)symposium, May 2013.
5)寺尾 純二 : 食品ポリフェノールの吸収代謝と血管機能, オールジャパン「食と健康」シンポジウム, 2013年6月.
6)Dong Bingzi, Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Yukiyo Ohnishi, Takashi Omatsu, Shin-ichi Yoshizawa, Hiroshi Sakaue and Toshio Matsumoto : Interleukin-11 controls bone and adipose tissue mass by regulating osteoblastic and adipogenic differentiation, 4th Bone BioScience Meeting, Jun. 2013.
7)畑山 翔, 下畑 隆明, 根来 幸恵, 松本 麻里, 佐藤 優里, 粟飯原 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuniによる下痢誘発機構の検討, 第6回日本カンピロバクター研究会, 2013年7月.
8)根来 幸恵, 下畑 隆明, 畑山 翔, 松本 麻里, 佐藤 優里, 粟飯原 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni感染はCFTR機能を抑制する, 第6回日本カンピロバクター研究会, 2013年7月.
9)Junji Terao : Dietary flavonoids for disuse muscle atrophy, 10th Japan-Korea Joint Seminar on Space Environment Utilization Research, Sep. 2013.
10)谷 佳子, 巴 由佳, 佐藤 道代, 大野 由記, 森本 恭代, 原田 路可, 中山 志津, 山田 静恵, 安井 苑子, 松村 晃子, 永廣 信治, 中屋 豊, 濵田 康弘 : 脳卒中急性期にはタンパク質を多く投与しても窒素出納は負になる, 日本静脈経腸栄養学会四国支部会学術総会, 2013年9月.
11)寺尾 純二 : カカオポリフェノールは紫外線障害から皮膚を保護する, 第18回チョコレート・ココア国際栄養シンポジウム, 2013年9月.
12)瀬川 博子, 佐々木 祥平, 宮本 賢一 : Klothoによるリン代謝制御と老化, 第43回日本腎臓学会西部学術大会, 2013年10月.
13)Junji Terao : A role of dietary flavonoids in oxidative stress of the central nervous system, Antioxidans and Redox Process in Health Bilateral Meeting Brazil-Japan, Oct. 2013.
14)馬渡 一諭, 吉岡 愛美子, 戸田 聡美, 大西 隆仁, 原田 永勝, 阪上 浩, 中屋 豊 : 高自発走行モデル動物SPORTS ratの左心房血栓形成と発症要因の解析, 第15回徳島臨床脈管研究会, 2013年11月.
15)濵田 康弘, 安井 苑子, 宮本 賢一 : 医学部における栄養学教育の問題点と展望 徳島大学医学部医科栄養学科における栄養学教育への取り組み 臨床栄養学教育(ベッドサイド教育)の強化へ向けて, 静脈経腸栄養, Vol.29, No.1, 275, 2014年1月.
16)安井 苑子, 谷 佳子, 古本 太希, 山田 静恵, 上番増 明子, 橋本 脩平, 足立 知咲, 松村 晃子, 武田 英二, 中屋 豊, 加藤 真介, 濵田 康弘 : くも膜下出血患者における栄養管理がリハビリテーションに及ぼす影響, 第16回徳島脳卒中研究会, 2014年2月.
17)金本 真美, 濵田 康弘, 中屋 豊, 武田 英二, 奥村 仙示, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 島田 光生 : NST介入による周術期栄養管理の有用性に関する検討, 日本外科学会雑誌, Vol.115, No.2, 782, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 報告書

(なし)

2014年度(平成26年度)

article.{@.date="20140400 20150399" @.organization=\E{148408}}

2014年度(平成26年度) / 著書

1)大西 律子, 佐々木 祥平, 宮本 賢一 : リン代謝異常の病態・診断から治療まで, 文光堂, 2014年5月.
2)塩崎 雄治, 宮本 賢一 : FGF23(骨分泌性繊維芽細胞増殖因子), 医学のあゆみ, 2014年5月.
3)竹谷 豊, 大南 博和 : リン不足および過剰と栄養, 2014年5月.
4)竹谷 豊, 増田 真志 : リン摂取と循環器疾患, 2014年5月.
5)竹谷 豊, 中尾 真理 : CKD-MBDの管理における食事性リン, 2014年6月.
6)辰巳 佐和子, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : 骨のリン利尿因子, 医薬ジャーナル社, 2014年6月.
7)瀬川 博子 : リンには,どのようなはたらきがあるの?, 株式会社 メディカ出版, 2014年7月.
8)瀬川 博子 : リン,カルシウム,PTH,ビタミンDはどのように作用し合うの?, 株式会社 メディカ出版, 2014年7月.
9)塩崎 雄治, 宮本 賢一 : 糖質(炭水化物), 株式会社 中外医学社, 2014年8月.
10)佐々木 祥平, 宮本 賢一 : タンパク質の代謝と栄養価(アミノ酸スコア), 株式会社 中外医学社, 2014年8月.
11)宮本 賢一 : 脂質の代謝と必要量, 株式会社 中外医学社, 2014年8月.
12)酒井 徹 : 免疫疾患(食物アレルギーなど), 株式会社 中外医学社, 東京, 2014年8月.
13)生城 浩子, 太田 好次, 瀧谷 公隆, 竹谷 豊, 津川 尚子, 堀尾 文彦, 山田 和子, 渡邊 敏明 : 第3版ビタミン・ミネラルの安全性, 2014年9月.
14)堤 理恵, 西村 匡司 : 救急,重症患者での栄養評価, 株式会社 羊土社, 2014年11月.
15)辰巳 佐和子, 金子 一郎, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : 生体内リン恒常性維持機構―多臓器関連制御, 日本DDS学会, 2014年11月.
16)宮本 賢一, 上畑 陽子 : 腎臓病領域における専門栄養師育成―諸外国との比較検討―, 日本透析医会, 2014年11月.
17)瀬川 博子, 生田 かよ, 宮本 賢一 : リンの吸収と排泄の分子機構, 医薬ジャーナル社, 2014年11月.
18)向井 理恵, 寺尾 純二 : プレニルフラボノイドの生体利用性 プレニル化は体内滞留時間を延長させて,組織への蓄積を高める, 2015年.
19)首藤 恵泉 : 2015年.
20)向井 理恵 : わかりやすい公衆栄養 第3版 第2章, 三共出版株式会社, 2015年.
21)馬渡 一諭, 土江 節子, 橋本 弘子, 井上 久美子, 小川 万紀子, (他共著者9名) : 栄養教育論 第2版, 学文社, 2015年.
22)馬渡 一諭, 岡﨑 光子, 饗場 直美, 風見 公子, 神田 あづさ, (他共著者11名) : 栄養教育論演習 第2版, 建帛社, 2015年.
23)辰巳 佐和子, 藤井 理, 阪口 晴菜, 緒方 雅央, 新垣 友啓, 宮本 賢一 : 骨細胞の生理機能―骨細胞除去マウスの解析, 日本メディカルセンター., 2015年1月.
24)塩崎 雄治, 宮本 賢一 : リンの栄養学―食物中のリンと食品添加物, 日本メディカルセンター, 2015年1月.
25)辰巳 佐和子, 藤井 理, 阪口 晴菜, 緒方 雅央, 新垣 友啓, 宮本 賢一 : 骨細胞の生理機能―骨細胞除去マウスの解析, 日本メディカルセンター, 2015年1月.
26)原田 永勝 : 基礎栄養学「9章 脂質の栄養」, 講談社, 2015年1月.
27)酒井 徹 : 公衆栄養学第5版, 株式会社 中外医学社, 東京, 2015年2月.
28)酒井 徹 : 公衆栄養学第5版, 株式会社 講談社サイエンティフィク, 東京, 2015年2月.
29)林 淳三, 木本 幸一, 鈴木 和春, 塚原 典子, 二川 健, 近藤 茂忠, 松田 早苗, 山本 孝史, 薗田 勝, 安倍 知紀 : 株式会社 建帛社, 2015年2月.
30)辰巳 佐和子, 宮本 賢一 : 骨粗鬆症におけるカルシウムとリン摂取の考え方, メディカルレビュー社, 2015年2月.
31)土江 節子, 馬渡 一諭, 橋本 弘子, 井上 久美子, 小川 万紀子, 山下(清水) 扶美, 小林 実夏, 秋吉 美穂子, 藤井 紘子, 小倉 有子, 高橋 律子, 佐川 まさの, 大瀬良 知子, 安田 敬子 : 栄養教育論(第2版), 学文社, 2015年3月.
32)岡﨑 光子, 饗場 直美, 髙橋 章, 馬渡 一諭, 風見 公子, 神田 あづさ, 古賀 みのり, 辻 雅子, 土屋 ひろ子, 角田 伸代, 坪田(宇津木) 恵, 寺澤 洋子, 長幡 友実, 三好 恵子, 山内 惠子, 渡邉 純子 : 栄養教育論演習(第2版), 株式会社 建帛社, 2015年3月.
33)原田 永勝 : 応用栄養学「11章 思春期の栄養(11.4栄養素必要量と摂取安全域の考え方,11.5栄養管理)」, 講談社, 2015年3月.
34)大井 彰子, 野村 憲吾, 宮本 賢一 : リン摂取の危険性, 医薬ジャーナル社, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Kengo Nomura, Sawako Tatsumi, Atsumi Miyagawa, Yuji Shiozaki, Shohei Sasaki, Ichiro Kaneko, Mikiko Ito, Shinsuke Kido, Hiroko Segawa, Mitsue Sano, Tsutomu Fukuwatari, Katsumi Shibata and Ken-ichi Miyamoto : Hepatectomy-related hypophosphatemia: a novel phosphaturic factor in the liver-kidney axis., Journal of the American Society of Nephrology, Vol.25, No.4, 761-772, 2014.
2)Yoshitaka Kihira, Mariko Miyake, Manami Hirata, Yoji Hoshina, Kana Kato, Hitoshi Shirakawa, Hiroshi Sakaue, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita : Deletion of hypoxia-inducible factor-1α in adipocytes enhances glucagon-like peptide-1 secretion and reduces adipose tissue inflammation., PLoS ONE, Vol.9, No.4, e93856, 2014.
3)Hirokazu Shiheido, Takane Aoyama, Honami Takahashi, Kaori Hanaoka, Tomoki Abe, Emi Nishida, Chen Chen, Orie Koga, Masaki Hikida, Yoshio Shibagaki, Akimichi Morita, Takeshi Nikawa, Seisuke Hattori, Takeshi Watanabe and Jun Shimizu : Novel CD3-specific antibody induces immunosuppression via impaired phosphorylation of LAT and PLC1 following T-cell stimulation., European Journal of Immunology, Vol.44, No.6, 1770-1780, 2014.
4)堤 保夫, 堤 理恵, 久米 克佳, 角田 奈美, 山崎 理恵, 田中 克哉 : 主観的包括的評価(SGA)の結果よりみる周術期栄養状態の実態, 臨床麻酔, Vol.38, No.5, 745-750, 2014年.
5)Kazuaki Mawatari, Emiko Yoshioka, Satomi Toda, Sonoko Yasui, Hiroko Furukawa, Takaaki Shimohata, Takamasa Ohnishi, Masaki Morishima, Nagakatsu Harada, Akira Takahashi, Hiroshi Sakaue and Yutaka Nakaya : Enhancement of endothelial function inhibits left atrial thrombi development in an animal model of spontaneous left atrial thrombosis., Circulation Journal, Vol.78, No.8, 1980-1988, 2014.
6)真鍋 祐矢, 前谷 実希, 長野 明彦, 寺西 研二, 下村 直行, 髙橋 章 : 病原性細菌の遺伝子発現に対するパルス電界印加の影響に関する研究, 電気学会論文誌A (基礎・材料・共通部門誌), Vol.134, No.6, 390-396, 2014年.
7)Akari Ishisaka, Rie Mukai, Junji Terao, Noriyuki Shibata and Yoshichika Kawai : Specific localization of quercetin-3-O-glucuronide in human brain., Archives of Biochemistry and Biophysics, 2014.
8)Yuuka Morimoto, Masae Sakuma, Hiroyuki Ohta, Akitsu Suzuki, Asami Matsushita, Minako Umeda, Makoto Ishikawa, Yutaka Taketani, Eiji Takeda and Hidekazu Arai : Estimate of dietary phosphorus intake using 24-h urine collection., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.55, No.1, 62-66, 2014.
9)Hirokazu Ohminami, Kikuko Amou, Yutaka Taketani, Kazusa Sato, Makiko Fukaya, Takashi Uebansou, Hidekazu Arai, Megumi Koganei, Hajime Sasaki, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : Dietary combination of sucrose and linoleic acid causes skeletal muscle metabolic abnormalities in Zucker fatty rats through specific modification of fatty acid composition., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.55, No.1, 15-25, 2014.
10)Mutsumi Nakahashi, Kazuaki Mawatari, Akiko Hirata, Miki Maetani, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou, Yasuhiro Hamada, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi : Simultaneous irradiation with different wavelengths of ultraviolet light has synergistic bactericidal effect on Vibrio parahaemolyticus., Photochemistry and Photobiology, Vol.90, No.6, 1397-1403, 2014.
11)Rie Tsutsumi, Tomomi Yoshida, Yoshitaka Nii, Naoki Okahisa, Shinya Iwata, Masao Tsukayama, Rei Hashimoto, Yasuko Taniguchi, Hiroshi Sakaue, Toshio Hosaka, Emi Shuto and Tohru Sakai : Sudachitin, a polymethoxylated flavone, improves glucose and lipid metabolism by increasing mitochondrial biogenesis in skeletal muscle., Nutrition & Metabolism, Vol.11, 32, 2014.
12)Sachie Negoro, Takaaki Shimohata, Syo Hatayama, Yuri Sato, Mari Matsumoto, Hitomi Iba, Mutsumi Aihara, Takashi Uebansou, Yasuhiro Hamada, Yoshikazu Nishikawa, Shinji Yamasaki, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Campylobacter jejuni infection suppressed Cl(-) secretion induced by CFTR activation in T-84 cells., Journal of Infection and Chemotherapy, Vol.20, No.11, 682-688, 2014.
13)Bandaruk Yauhen, Rie Mukai and Junji Terao : Cellular uptake of quercetin and luteolin and their effects on monoamine oxidase-A in human neuroblastoma SH-SY5Y cells, Toxicology Reports, Vol.1, No.1, 639-649, 2014.
14)Yasuo Tsutsumi, Rie Tsutsumi, Eisuke Hamaguchi, Yoko Sakai, Asuka Kasai, Yoshihiro Ishikawa, Utako Yokoyama and Katsuya Tanaka : Exendin-4 ameliorates cardiac ischemia/reperfusion injury via caveolae and caveolins-3., Cardiovascular Diabetology, Vol.13, 132, 2014.
15)Toshiyuki Nakamura, Ayako Noma and Junji Terao : Location of a-tocopherol and a-tocotrienol to heterogeneous cell membranes and inhibition of production of peroxidizied cholesterol in mouse fibroblasts., SpringerPlus, Vol.3, No.1, e550, 2014.
16)Yasuo Tsutsumi, Rie Tsutsumi, Yousuke T. Horikawa, Yoko Sakai, Eisuke Hamaguchi, Hiroshi Kitahata, Asuka Kasai, Noriko Kambe and Katsuya Tanaka : Geranylgeranylacetone and volatile anesthetic-induced cardiac protection synergism is dependent on caveolae and caveolin-3., Journal of Anesthesia, Vol.28, No.5, 733-739, 2014.
17)Thejaswini Venkatesh, S Padmanaban Suresh and Rie Tsutsumi : New insights into the genetic basis of infertility., The Application of Clinical Genetics, Vol.7, 235-243, 2014.
18)Eriko Watari, Yutaka Taketani, Tomoyo Kitamura, Terumi Tanaka, Hirokazu Ohminami, Maerjianghan Abuduli, Nagakatsu Harada, Hisami Yamanaka-Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : Fluctuating plasma phosphorus level by changes in dietary phosphorus intake induces endothelial dysfunction., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.56, No.1, 35-42, 2014.
19)Motoko Oarada, Azusa Takahashi-Nakaguchi, Tomoki Abe, Takeshi Nikawa, Takashi Miki and Tohru Gonoi : Refeeding with glucose rather than fructose elicits greater hepatic inflammatory gene expression in mice., Nutrition, Vol.31, No.5, 757-765, 2014.
20)板東 紀子, 片岡 美樹, 中村 俊之, 向井 理恵, 山岸 喬, 寺尾 純二 : 大豆の加工形態によるイソフラボン生体吸収量の比較, 日本栄養・食糧学会誌, Vol.68, No.1, 25-29, 2015年.
21)Akiko Nakamoto, Emi Shuto, Rie Tsutsumi, Mariko Nakamoto, Yoshitaka Nii and Tohru Sakai : Vitamin A Deficiency Impairs Induction of Oral Tolerance in Mice., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.61, No.2, 147-153, 2015.
22)Tohru Sakai, Tomoyo Taki, Akiko Nakamoto, Shiho Tazaki, Mai Arakawa, Mariko Nakamoto, Rie Tsutsumi and Emi Shuto : Dietary ribonucleic Acid suppresses inflammation of adipose tissue and improves glucose intolerance that is mediated by immune cells in C57BL/6 mice fed a high-fat diet., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.61, No.1, 73-78, 2015.
23)Yutaka Taketani, Masashi Masuda, Hisami Okumura, Sawako Tatsumi, Hiroko Segawa, Ken-ichi Miyamoto, Eiji Takeda and Hironori Yamamoto : Niacin and Chronic Kidney Disease., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.61 Suppl, S173-5, 2015.
24)Yumiko Miyatake, Tetsuya Shiuchi, Tomoyo Ueta, Yasuko Taniguchi, Akari Futami, Fukiko Sato, Tadahiro Kitamura, Rie Tsutsumi, Nagakatsu Harada, Yutaka Nakaya and Hiroshi Sakaue : Intracerebroventricular injection of adiponectin regulates locomotor activity in rats, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 199-203, 2015.
25)Chisato Tomida, Kana Aibara, Naoko Yamagishi, Chiaki Yano, Hikaru Nagano, Tomoki Abe, Ayako Ohno, Katsuya Hirasaka, Takeshi Nikawa and Shigetada Teshima-Kondo : The malignant progression effects of regorafenib in human colon cancer cells., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 195-198, 2015.
26)Rie Hashimoto, Atsuko Sakai, Masumi Murayama, Arisa Ochi, Tomoki Abe, Katsuya Hirasaka, Ayako Ohno, Shigetada Teshima-Kondo, Hiroaki Yanagawa, Natsuo Yasui, Mikiko Inatsugi, Daisuke Doi, Masanori Takeda, Rie Mukai, Junji Terao and Takeshi Nikawa : Effects of dietary soy protein on skeletal muscle volume and strength in humans with various physical activities, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3, 177-183, 2015.
27)Tamae Nishi, Emi Shuto, Mariko Ogawa, Miho Ohya, Misaki Nakanishi, Masashi Masuda, Misaki Katsumoto, Hisami Yamanaka-Okumura, Tohru Sakai, Eiji Takeda, Hiroshi Sakaue and Yutaka Taketani : Excessive dietary phosphorus intake impairs endothelial function in young healthy men: a time- and dose-dependent study., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 167-172, 2015.
28)Toshinori Chiba, Hirotaka Matsuo, Yusuke Kawamura, Shushi Nagamori, Takashi Nishiyama, Ling Wei, Akiyoshi Nakayama, Takahiro Nakamura, Masayuki Sakiyama, Tappei Takada, Yutaka Taketani, Shino Suma, Mariko Naito, Takashi Oda, Hiroo Kumagai, Yoshinori Moriyama, Kimiyoshi Ichida, Toru Shimizu, Yoshikatsu Kanai and Nariyoshi Shinomiya : NPT1/SLC17A1 is a renal urate exporter in humans and its common gain-of-function variant decreases the risk of renal underexcretion gout., Arthritis & Rheumatology, Vol.67, No.1, 281-287, 2015.
29)Itsuko Fukuda, Shin Nishiumi, Rie Mukai, Ken-ichi Yoshida and Hitoshi Ashida : Catechins in tea suppress the activity of cytochrome P450 1A1 through the aryl hydrocarbon receptor activation pathway in rat livers., International Journal of Food Sciences and Nutrition, Vol.66, No.3, 300-307, 2015.
30)Nobuhiko Kawai, Katsuya Hirasaka, Tasuku Maeda, Marie Haruna, Chieko Shiota, Arisa Ochi, Tomoki Abe, Shohei Kohno, Ayako Ohno, Sigetada Teshima-Kondo, Hiroyo Mori, Eiji Tanaka and Takeshi Nikawa : Prevention of skeletal muscle atrophy in vitro using anti-ubiquitination oligopeptide carried by atelocollagen., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Cell Research, Vol.1853, No.5, 873-880, 2015.
31)Arisa Ochi, Tomoki Abe, Reiko Nakao, Yoriko Yamamoto, Kanako Kitahata, Marina Takagi, Katsuya Hirasaka, Ayako Ohno, Shigetada Teshima-Kondo, Gwag Taesik, Inho Choi, Tomoyuki Kawamura, Hisao Nemoto, Rie Mukai, Junji Terao and Takeshi Nikawa : N-myristoylated ubiquitin ligase Cbl-b inhibitor prevents on glucocorticoid-induced atrophy in mouse skeletal muscle., Archives of Biochemistry and Biophysics, Vol.570, 23-31, 2015.
32)Ichiro Tonogai, Mitsuhiko Takahashi, Kiminori Yukata, Ryosuke Sato, Takeshi Nikawa, Natsuo Yasui and Koichi Sairyo : Osteoactivin attenuates skeletal muscle fibrosis after distraction osteogenesis by promoting extracellular matrix degradation/remodeling., Journal of Pediatric Orthopaedics. Part B, Vol.24, No.2, 162-169, 2015.
33)Hikaru Nagano, Naoko Yamagishi, Chisato Tomida, Chiaki Yano, Kana Aibara, Shohei Kohno, Tomoki Abe, Ayako Maita, Katsuya Hirasaka, Yuushi Okumura, M Edward Mills, Takeshi Nikawa and Shigetada Kondo : A novel myogenic function residing in the 5' non-coding region of Insulin receptor substrate-1 (Irs-1) transcript., BMC Cell Biology, Vol.16, 2015.
34)Tomohiro Soga, Katsuyoshi Kume, Nami Kakuta, Eisuke Hamaguchi, Rie Tsutsumi, Ryosuke Kawanishi, Kohei Fukuta, Katsuya Tanaka and Yasuo M. Tsutsumi : Fosaprepitant versus ondansetron for the prevention of postoperative nausea and vomiting in patients who undergo gynecologic abdominal surgery with patient-controlled epidural analgesia: a prospective, randomized, double-blind study., Journal of Anesthesia, Vol.29, No.5, 696-701, 2015.
35)Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Rie Mukai, Makoto Fukui, Kaname Miki, Junji Terao and Hiro-O Ito : Biological impacts of resveratrol, quercetin, and N-acetylcysteine on oxidative stress in human gingival fibroblasts., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.56, No.3, 220-227, 2015.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Noriko Matsumoto, Kouzou Yoshikawa, Mitsuo Shimada, Nobuhiro Kurita, Horohiko Sato, Takashi Iwata, Jun Higashijima, Motoya Chikakiyo, Masaaki Nishi, Hideya Kashihara, Chie Takasu, Shohei Eto, Akira Takahashi, Masatake Akutagawa and Takahiro Emoto : Effect of light irradiation by light emitting diode on colon cancer cells., Anticancer Research, Vol.34, No.9, 4709-4716, 2014.

2014年度(平成26年度) / 学術レター

(なし)

2014年度(平成26年度) / 総説・解説

1)Junji Terao and Rie Mukai : Prenylation modulates the bioavailability and bioaccumulation of dietary flavonoids., Archives of Biochemistry and Biophysics, Apr. 2014.
2)阪上 浩, 興津 理絵, 黒田 雅士 : 肥満と肥満症基礎研究の進歩 脂肪細胞の肥大と増殖(, 日本臨牀, Vol.72, No.4, 66-70, 2014年5月.
3)阪上 浩, 田渕 正樹 : 最新臨床脳卒中学(上), 日本臨牀, Vol.72, No.5, 250-252, 2014年6月.
4)武田 英二, 奥村 仙示, 竹谷 豊, 山本 浩範 : 小児疾患および成人疾患からみたビタミンD栄養学, ビタミン, Vol.88, No.10, 499-506, 2014年10月.
5)金子 一郎, 瀬川 博子, 辰巳 佐和子, 宮本 賢一 : 遺伝性リン代謝異常症, 日本腎臓学会誌, Vol.57, No.4, 758-765, 2015年.
6)Ichiro Kaneko, Hiroko Segawa, Sawako Tatsumi and Ken-ichi Miyamoto : [Genetic diseases of renal phosphate handling]., Japanese Journal of Nephrology, Vol.57, No.4, 758-765, 2015.
7)Hiroko Segawa, Yuji Shiozaki, Ichiro Kaneko and Ken-ichi Miyamoto : The Role of Sodium-Dependent Phosphate Transporter in Phosphate Homeostasis., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.61 Suppl, S119-121, 2015.

2014年度(平成26年度) / 国際会議

1)Ken-ichi Miyamoto : Dietary management of phosphate: Gastrointestinal phosphate handling in CKD International Society for Hemodialysis., 第7回国際血液透析学会議, Apr. 2014.
2)Takaaki Shimohata, Sachie Negoro, Sho Hatayama, Yuri Sato, Hitomi Iba, Mutsumi Aihara, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi : Campylobacter jejuni Infection Reduces Cftr Mediated Cl- Secretion In T-84, American Society for Microbiology 114th General Meeting, May 2014.
3)Hisami Okumura, Akiyoshi Hirayama, Ayaka Kamimura, Satomi Yamasaki, Kohei Sugihara, Yutaka Taketani, Tomoyoshi Soga, Masaru Tomita and Eiji Takeda : Metabolome analysis after hyper- and hypoglycemic food intake in healthy young men, Tsuruoka, Yamagata, Japan, Jun. 2014.
4)Rie Tsutsumi : Identifications of chemotherapy-sensitive taste receptors regulatiing dysgeusia in patients with head and nick cancer, Asian Congress of Dietitian, Aug. 2014.
5)Tomoki Abe, Utsunomiya Kenro, Yuushi Okumura, Ayako Maita, Shigetada Kondo and Takeshi Nikawa : Inhibition of myostatin activation prevents dexamethasone-induced muscle atrophy in C2C12 myotubes., The 43rd European Muscle Conference, Sep. 2014.
6)Rie Mukai, Naoko Matsui, Takeshi Nikawa and Junji Terao : Pre-intake of quercetin slow the progression of disuse muscle atrophy by mitochondrial dysfunction., XXVIIth International Conference on Polyphenols &8th Tannin Conference, Sep. 2014.
7)Yauhen Bandaruk, Rie Mukai and Junji Terao : Role of flavonoids as possible monoamine oxidase-A regulators in the model of serotoninergic neuroblastoma SH-SY5Y cell, XXVIIth International Conference on Polyphenols &8th Tannin Conference, Sep. 2014.
8)Hisami Okumura, Kohei Sugihara, Momo Yamamoto, Yutaka Taketani, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda : Recovery of non-protein respiratory quotient and health related quality of life after living-donor liver transplantation., 36th European Congress for Nutrition and Metabolism, Geneva, Switzerland 2014, September 6-9, Sep. 2014.
9)Kohei Sugihara, Hisami Okumura, Arisa Teramoto, Momo Yamamoto, Yutaka Taketani, Yu Saitou, Yusuke Arakawa, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda : The non-protein respiratory quotient as biomarker for the recover from hepatectomy in patients with hepatocellular carcinoma., 36th European Congress for Nutrition and Metabolism, Geneva, Switzerland 2014, September 6-9, Sep. 2014.
10)Hisami Okumura, Akiyoshi Hirayama, Syoko Wada, Daisuke Kajiura, Masashi Masuda, Eiji Takeda, Yutaka Taketani, Satoru Imura, Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Masaru Tomita and Tomoyoshi Soga : Perioperative serum and urine metabolome analysis in patients with hepatocellular carcinoma, 37th European Congress for Nutrition and Metabolism, Lisbon, Portugal, 2015, September 5-8, Sep. 2014.
11)Hisami Okumura, K Sugihara, M Yamamoto, Yutaka Taketani, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Satoru Imura, Yuji Morine, Satoru Imura, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda : Recovery of non-protein respiratory quotient and health related quality of life after living-donor liver transplantation, 36th European Congress for Nutrition and Metabolism, Sep. 2014.
12)Nobuhiko Kawai, Katsuya Hirasaka, Chieko Shiota, Takeshi Nikawa and Eiji Tanaka : Effectiveness Of Myostatin Knockdown On Jaw Muscle Activity, 2014 IADR/PER Congress, Dubrovnik, Croatia., Sep. 2014.
13)Abuduli Maerjianghan, Yutaka Taketani, Hirokazu Ohminami, Haruka Ueda and Eiji Takeda : Dietary Phosphate is a Novel Regulator of Glucose and Lipid Metabolism, American Society of Nephrology, kidney week 2014 Nov. 12-16, 2014 Philadelphia Convention Center, Philadelphia, PA, Nov. 2014.
14)Misaki Katsumoto, Michiyo Yamasaki, Yutaka Taketani, Hisami Okumura, Hironori Yamamoto and Eiji Takeda : SNPs Associated with Serum Phosphorus Concentration in Japanese, American Society of Nephrology, kidney week 2014 Nov. 12-16, 2014 Philadelphia Convention Center, Philadelphia, PA, Nov. 2014.
15)Yutaka Taketani, Haruka Ueda, Abuduli Maerjianghan and Hironori Yamamoto : Correction of Hyperphosphosphatemia by Dietary Phosphorus Restriction or Phosphorus Binder Similarly Ameliorates Vascular Complications and Mineral Disorders in CKD Rats, American Heart Association Scientific Sessions 2014 Nov. 15-19, 2014 - McCormick Place, Chicago Il., Nov. 2014.
16)S Nishimoto, Daiju Fukuda, Y Higashikuni, K Tanaka, Y Hirata, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Hiroshi Sakaue, Michio Shimabukuro and Masataka Sata : Genetic deletion of toll-like receptor 9 accelerates blood flow recovery after hindlimb ischemia., AHA Scientific Sessions 2014, Chicago, Nov. 2014.
17)生田 かよ, Hiroko Segawa, 佐々木 祥平, Ichiro Kaneko, 塩崎 雄治, Sawako Tatsumi and Ken-ichi Miyamoto : Inorganic Phosphate Handling in Salivary Glands., American Society of Nephrology (米国腎臓学会), ペ ンシルバニアコンベ ンションセンター(フィラデルフィア), Nov. 2014.

2014年度(平成26年度) / 国内講演発表

1)多々納 浩, 奥村 仙示, 周 蓓, 竹谷 豊, 武田 英二 : 油摂取の多い食習慣による嗜好への影響についての検討, 第1回中四国栄養改善学会, 2014年5月.
2)多々納 浩, 奥村 仙示, 周 蓓, 竹谷 豊, 武田 英二 : 油摂取の多い食習慣による嗜好への影響についての検討, 第1回日本栄養改善学会四国支部学術総会,平成26年5月17日,徳島大学大塚講堂小ホール, 2014年5月.
3)Takeshi Nikawa : Ubiquitin ligase Cbl-b is a negative regulator for insulin-like growth factor 1 signaling during muscle atrophy caused by unloading, International Symposium on Mechanobiology 2014, May 2014.
4)二川 健 : 廃用性筋萎縮とサルコぺニアの分子メカニズム:筋ユビキチンリガーゼの役割, 第55回日本神経学会学術大会, 2014年5月.
5)福田 詩織, 山本 浩範, 中橋 乙起, 池田 翔子, 横山 望, 吉川 亮平, 大西 里奈, 竹谷 豊, 武田 英二 : 食餌性リンによる腎α-kloyho発現制限と異所性石灰化の発症, 第68回日本栄養・食糧学会大会 平成26年5月30日-6月1日 札幌市教育文化会館,酪農学園大学, 2014年5月.
6)根耒 幸恵, 下畑 隆明, 畑山 翔, 松本 麻里, 佐藤 優里, 粟飯原 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni 感染はCFTR機能を抑制する, 第68回日本栄養・食糧学会大会, 2014年5月.
7)本庄 アイリ, 馬渡 一諭, 前谷 実希, 常冨 愛香里, 畑山 翔, 粟飯原 睦美, 下畑 隆明, 上番増 喬, 髙橋 章 : Vibrio parahaemolyticusのkatGgene, VPA0768発現上昇は近紫外線(UVA)耐性獲得に関与する, 第68回日本栄養・食糧学会大会, 2014年5月.
8)常冨 愛香里, 正村 彰規, 粟飯原 睦美, 馬渡 一諭, 下畑 隆明, 上番増 喬, 石崎 仁愛, 芥川 正武, 木内 陽介, 髙橋 章 : 近紫外線による水耕栽培用培養液の殺菌法の開発, 第68回日本栄養・食糧学会大会, 2014年5月.
9)生田 かよ, 瀬川 博子, 向井 朋, 佐々木 祥平, 森 絢香, 花崎 愛, 森藤 久美子, 安井 可奈子, 石川 康子, 上田 乙也, 堀場 直, 寺社下 浩一, 福島 直, 宮本 賢一 : 生体内リン代謝調節機構における唾液腺の関与, 第68回日本栄養・食糧学会大会., 2014年6月.
10)宮川 淳美, 辰巳 佐和子, 野村 憲吾, 永元 健太, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : NAD合成律速酵素Namptを介したリン代謝制御機構., 第68回日本栄養・食糧学会大会., 2014年6月.
11)二川 健 : 無重力や加齢による筋萎縮とユビキチンリガーゼ, 第14回日本抗加齢医学会総会, 2014年6月.
12)宮本 賢一, 濵田 康弘 : 【ワークショップ】腎臓病専門栄養士 設立にむけて, 第59回日本透析医学会, 2014年6月.
13)山本 浩範, 向原 理恵, 中橋 乙起, 香川 知博, 藤本 和輝, 中尾 真理, 青木 菜摘, 柴田 重信, 竹谷 豊, 武田 英二 : ビタミンD代謝の日内リズムの分子機構の解明および時間治療への応用, 日本ビタミン学会第66回大会,平成26年6月13日,14日,姫路商工会議所, 2014年6月.
14)宮本 賢一, 濵田 康弘 : 腎臓病専門栄養師の設立に向けて, 第59回日本透析医学会学術集会・総会., 2014年6月.
15)齋藤 直朗, 李 敏啓, 辰巳 佐和子, 池田 恭治, 網塚 憲生, 小林 正治, 宮本 賢一 : 骨細胞特異的死滅マウスの骨小腔基質溶解における微細構造学的検索., 第34回日本骨形態計測学会., 2014年6月.
16)向井 理恵 : 抗酸化フラボノイドの抗筋委縮効果, 第14回AOB(Antioxidant Biofactor)研究会, 2014年6月.
17)竹谷 豊, 森西 真由美, 松浦 明香, 米田 武志, 山崎 通世, 勝本 美咲, 濵田 康弘, 奥村 仙示, 武田 英二 : 食品毎のリン生体利用率の違いを利用したリン制限食の可能性, 第2回日本腎不全栄養研究会, 2014年6月.
18)竹谷 豊, 松浦 明香, 森西 真由美, 米田 武志, 山崎 通世, 勝本 美咲, 濵田 康弘, 武田 英二 : 食品毎のリン生体利用率を利用したリン制限食の可能性, 第2回日本腎不全栄養研究会学術集会・総会 平成26年6月29日 新大阪ブリックビル, 2014年6月.
19)松浦 明香, 竹谷 豊, 森西 真由美, 米田 武志, 山崎 通世, 勝本 美咲, 濵田 康弘, 武田 英二 : 食品中リンの生体利用率の評価, 第57回日本腎臓学会学術総会 平成26年7月4-6日 パシフィコ横浜, 2014年6月.
20)松浦 明香, 竹谷 豊, 森西 真由美, 米田 武志, 山崎 通世, 勝本 美咲, 濵田 康弘, 武田 英二 : 食品中リンの生体利用率の評価, 第57回日本腎臓学会, 2014年7月.
21)辰巳 佐和子, 野村 憲吾, 宮川 淳美, 永元 健太, 藤井 理, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : ニコチンアミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(Nampt)を介した全身性リン代謝制御機構についての検討., 第57回日本腎臓学会学術総会, 2014年7月.
22)山本 浩範, 大西 里奈, 福田 詩織, 竹井 悠一郎, 竹谷 豊, 武田 英二 : FGF23/α-klothoシグナル異常による異所性石灰化発症とFetuin-Aの発現変動, 第32回日本骨代謝学会学術集会,平成26年7月24日—26日,大阪国際会議場, 2014年7月.
23)星山 哲平, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 中橋 睦美, 林田 麻里王, 髙橋 章, 馬渡 一諭, 池原 敏孝, 小中 信典, 木内 陽介 : 異なる波長の光照射に対する腸炎ビブリオの遺伝子発現解析, 電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス), Vol.114, No.154, 19-24, 2014年7月.
24)辰巳 佐和子, 野村 憲吾, 宮川 淳美, 永元 健太, 藤井 理, 瀬川 博子, 宮本 賢一 : 肝臓切除に伴う低リン血症発症機構の解明:ニコチンアミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(Nampt)を介した全身性リン代謝制御機構についての検討., 第32回日本骨代謝学会学術集会, 2014年7月.
25)畑山 翔, 下畑 隆明, 根来 幸恵, 佐藤 優里, 木戸 純子, 中橋 睦美, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章 : Campylobacter jejuni 感染による腸管上皮細胞のイオン輸送に関する検討, 第249回徳島医学会学術集会, 2014年7月.
26)Phan Quang Ngoc, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari, Takaaki Shimohata, Mutsumi Aihara and Akira Takahashi : DNA-binding protein HU coordinates pathogenicity in Vibrio parahaemolyticus., 第249回徳島医学会学術集会, Jul. 2014.
27)本庄 アイリ, 馬渡 一諭, 前谷 実希, 岩本 夏実, 山下 智子, 中橋 睦美, 下畑 隆明, 上番増 喬, 髙橋 章 : Anti-sigma factor VP2357の遺伝子変異はVibrio parahaemolyticusの近紫外線(UVA)耐性獲得に関与する, 第249回徳島医学会学術集会, 2014年7月.
28)奥村 裕司, 宇都宮 健郎, 永野 ひかる, 安倍 知紀, 真板 綾子, 近藤 茂忠, 二川 健 : Myostatin活性化を標的としたプロテアーゼ阻害剤はステロイド性筋萎縮を抑制する, 第19回 日本病態プロテアーゼ学会学術集会, 2014年8月.
29)向井 理恵, 松井 直子, 二川 健, 寺尾 純二 : ケルセチンはミトコンドリアの機能を保つことで廃用性筋萎縮を予防する, 第8回 日本ポリフェノール学会学術大会, 2014年8月.
30)勝本 美咲, 竹谷 豊, 奥村 仙示 : CKD患者におけるリン制御指導のためのリン生体利用率評価法の確立, 第61回日本栄養改善学会学術総会 平成26年8月20-22日 パシフィコ横浜, 2014年8月.
31)奥村 仙示, 足立 知咲, 松村 晃子, 竹谷 豊, 武田 英二 : 低エネルギー密度の日本食摂取後における男女の嗜好性に対する違いの検討, 第61回日本栄養改善学会学術総会 平成26年8月20-22日 パシフィコ横浜, 2014年8月.
32)二川 健 : 無重力環境での筋蛋白質代謝と栄養, 第61回日本栄養改善学会学術総会, 2014年8月.
33)竹谷 豊 : 徳島大学医科栄養学科における臨床栄養学教育の展望, 第3回日本栄養学教育学会ワークショップ,平成26年8月