RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel
期間: 2004.4〜2018.3

2004年度(平成16年度)

article.{@.date="20040400 20050399" @.organization=\E{148409}}

2004年度(平成16年度) / 著書

1)細井 和雄, 樋口 富彦, 柏俣 正典, 新垣 理恵子, 新垣 尚捷, 多田 淳, 津村 恵子, 赤松 徹也, 武田 京子, 上野 明道, 末永 みどり, 馬場 嘉信, : 分子細胞生物学基礎実験法 改訂第2版(分担), 南江堂, 東京, 2004年4月.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Tomoko Yoneda, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Masaru Kobayashi, Takashi Izawa, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Estrogen deficiency accelerates murine autoimmune arthritis associated with receptor activator of nuclear factor-kappaB ligand-mediated osteoclastogenesis, Endocrinology, Vol.145, No.5, 2384-2391, 2004.
2)Yuki Hayashi, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Shin-ichi Tsukumo, Hitomi Fukui, Kenji Kishihara, Hiroshi Shiota, Koji Yasutomo and Yoshio Hayashi : Effective Treatment of a Mouse Model of Sjogren's Syndrome With Eyedrop Administrasiton of Anti-CD4 Monoclonal Antibody, Arthritis and Rheumatism, Vol.50, No.9, 2903-2910, 2004.
3)Masaru Kobayashi, Natsuo Yasui, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Development of Autoimmune Arthritis With Aging Via Bystander T Cell Activation in the Mouse Model of Sjogren's Syndrome, Arthritis and Rheumatism, Vol.50, No.12, 3974-3984, 2004.
4)Miriam Entesarian, Hans Matsson, Joakim Klar, Birgitta Bergendal, Lena Olson, Rieko Arakaki, Yoshio Hayashi, Hideyo Ohuchi, Babak Falahat, Isinev Anne Bolstad, Roland Jonsson, Marie Wahren-Herlenius and Niklas Dahl : Mutations in the gene encoding fibroblast growth factor 10 are associated with aplasia of lacrimal and salivary glands, Nature Genetics, Vol.37, No.2, 125-127, 2005.
5)Noriyuki Kuroda, Tasuku Mitani, Naoki Takeda, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Yoshio Hayashi, Yoshimi Bando, Keisuke Izumi, Takeshi Takahashi, Takashi Nomura, Shimon Sakaguchi, Tomoo Ueno, Yousuke Takahama, Daisuke Uchida, Shijie Sun, Fumiko Kajiura, Yasuhiro Mouri, Hongwei Han, Akemi Matsushima, Gen Yamada and Mitsuru Matsumoto : Development of autoimmunity against transcriptionally unrepressed target antigen in the thymus of Aire-deficient mice, The Journal of Immunology, Vol.174, No.4, 1862-1870, 2005.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2004年度(平成16年度) / 学術レター

(なし)

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

1)Yoshio Hayashi, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Apoptosis and Estrogen Deficiency in Primary Sjögren Syndrome, Current Opinion in Rheumatology, Vol.16, No.5, 522-526, Sep. 2004.
2)Yoshio Hayashi, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Crucial Role of Tissue-Specific Apoptosis on the Development of Primary Sjogren's Syndrome, Oral Science International, Vol.1, No.2, 55-64, Nov. 2004.

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1)Yoshio Hayashi, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Possible Mechanism of Autoimmune Exocrinopathy Resembling Sjogren's Syndrome through RbAp48 Overexpression., Gordon Research Conference., Ventura, Feb. 2005.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

(なし)

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1)林 良夫, 新垣 理恵子, 福井 仁美 : シェーグレン症候群への実験的アプローチ, 細胞, Vol.36, No.6, 30-33, 2004年6月.

2004年度(平成16年度) / 報告書

(なし)

2005年度(平成17年度)

article.{@.date="20050400 20060399" @.organization=\E{148409}}

2005年度(平成17年度) / 著書

(なし)

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Katsushi Miyazaki, Noriaki Takeda, Naozumi Ishimaru, Fumie Omotehara, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Analysis of in vivo role of alpha-fodrin autoantigen in primary Sjogren's syndrome, The American Journal of Pathology, Vol.167, No.4, 1051-1059, 2005.
2)Hirotsugu Kurobe, Cunian Liu, Tomoo Ueno, Fumi Saito, Izumni Ohigashi, Natalle Seach, Rieko Arakaki, Yoshio Hayashi, Tetsuya Kitagawa, Martin Lipp, Richard L. Boyd and Yousuke Takahama : CCR7-Dependent Cortex-to-Medulla Migration of Positively Selected Thymocytes Is Essential for Establishing Central Tolerance, Immunity, Vol.24, No.2, 165-177, 2006.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2005年度(平成17年度) / 学術レター

(なし)

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

1)林 良夫, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : エストロゲンと自己免疫疾患, Annual Review糖尿病・代謝・内分泌2006, 241-246, 2006年1月.

2005年度(平成17年度) / 国際会議

(なし)

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1)大嶋 淳, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 表原 文江, 林 良夫 : RANKL刺激樹状細胞移入によるMRL/lprマウス関節リウマチ病変の解析, 第94回日本病理学会総会 一般口演, Vol.94, No.1, 197, 2005年4月.
2)表原 文江, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 大嶋 淳, 林 良夫 : シェーグレン症候群における自己抗原120kDa α-フォドリンの意義, 第94回日本病理学会総会 一般口演, Vol.94, No.1, 206, 2005年4月.
3)新垣 理恵子, 石丸 直澄, 表原 文江, 林 良夫 : RbAp48遺伝子導入マウスにみられるシェーグレン症候群類似病変の解析, 第94回日本病理学会総会 一般口演, Vol.94, No.1, 206, 2005年4月.
4)石丸 直澄, 新垣 理恵子, 表原 文江, 林 良夫 : 自己免疫疾患におけるNF-kBを介したT細胞活性化機構の解析, 第94回日本病理学会総会 一般口演, Vol.94, No.1, 224, 2005年4月.
5)表原 文江, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : RbAp48トランスジェニックマウスを用いたシェーグレン症候群新規モデルの作成, 第2回日本病理学会カンファレンス ポスター発表, 48, 2005年7月.
6)大嶋 淳, 井澤 俊, 石丸 直澄, 表原 文江, 新垣 理恵子, 森山 啓司, 林 良夫 : 樹状細胞移入によるMRL/lprマウス関節リウマチ病態の修飾, 第2回日本病理学会カンファレンス ポスター発表, 46, 2005年7月.
7)小橋 真之, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : シェーグレン症候群モデルマウスにおけるレバミピドの治療効果の検討, 第35回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.35, 33, 2005年12月.
8)表原 文江, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : シェーグレン症候群加齢モデルマウスにおける間質性肺病変の解析, 第35回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.35, 36, 2005年12月.
9)小橋 真之, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : シェーグレン症候群モデルマウスにおけるレバミピドの治療効果の検討, 日本免役学会総会·学術集会記録, Vol.35, 33, 2005年12月.
10)表原 文江, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : シェーグレン症候群加齢モデルマウスにおける間質性肺病変の解析, 日本免役学会総会·学術集会記録, Vol.35, 36, 2005年12月.
11)渡邉 恵, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 表原 文江, 林 良夫 : Niアレルギーにおける樹状細胞及びT細胞の活性化機構, 第35回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.35, 140, 2005年12月.
12)渡邉 恵, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 表原 文江, 林 良夫 : Niアレルギーにおける樹状細胞及びT細胞の活性化機構, 日本免役学会総会·学術集会記録, Vol.35, 140, 2005年12月.
13)井澤 俊, 石丸 直澄, 表原 文江, 新垣 理恵子, 大嶋 淳, 森山 啓司, 林 良夫 : RANKL刺激活性化DCを介したMRL/lprマウス関節炎の病態修飾, 第35回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.35, 249, 2005年12月.

2005年度(平成17年度) / 作品等

(なし)

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

(なし)

2005年度(平成17年度) / 報告書

(なし)

2006年度(平成18年度)

article.{@.date="20060400 20070399" @.organization=\E{148409}}

2006年度(平成18年度) / 著書

(なし)

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Fumie Omotehara, Kouichi Yamada, Kenji Mishima, Ichiro Saito and Yoshio Hayashi : Novel role for RbAp48 in tissue-specific,estrogen deficiency-dependent apoptosis in the exocrine glands., Molecular and Cellular Biology, Vol.26, No.8, 2924-2935, 2006.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)林 良夫, 石丸 直澄, 新垣 理恵子 : RbAp48遺伝子導入マウスにおけるシェーグレン症候群様病態の出現, 臨床免疫, Vol.45, No.5, 533-537, 2006年.

2006年度(平成18年度) / 学術レター

(なし)

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

(なし)

2006年度(平成18年度) / 国際会議

(なし)

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1)石丸 直澄, 新垣 理恵子, 表原 文江, 林 良夫 : NF-kBシグナルを介した自己免疫疾患の発症機序, 第95回日本病理学会総会 一般口演, Vol.95, No.1, 211, 2006年5月.
2)表原 文江, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : シェーグレン症候群加齢モデルマウスにおける間質性肺病変の解析, 第95回日本病理学会総会 一般口演, Vol.95, No.1, 211, 2006年5月.
3)新垣 理恵子, 石丸 直澄, 林 良夫 : 臓器特異的アポトーシスと自己免疫, 第5回四国免疫フォーラム 一般演題, 2006年6月.
4)Rieko Arakaki, Naozumi Ishimaru and Yoshio Hayashi : Development of exocrinopathy resembling Sjogren's syndrome in RbAp48 transgenic mice, 日本免疫学会総会・学術集会記録, Vol.36, Dec. 2006.
5)Masayuki Kohashi, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Effect of rebamipide administration on Sjogren's syndrome mouse model, 日本免疫学会総会・学術集会記録, Vol.36, Dec. 2006.
6)Naozumi Ishimaru, Masayuki Kohashi, Rieko Arakaki, Hidehiro Kishimoto and Yoshio Hayashi : NF-κB2 pathway in T cell activation for autoimmunity, 日本免疫学会総会・学術集会記録, Vol.36, Dec. 2006.
7)Takashi Izawa, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Keiji Moriyama and Yoshio Hayashi : Immunoregulatory role of RANKL-stimulated dendritic cells on autoimmune arthritis in MRL/lpr mice, 第36回日本免疫学会総会・学術集会 ワークショップ, Vol.36, 284, Dec. 2006.
8)小橋 真之, 新垣 理恵子, 石丸 直澄, 林 良夫 : シェーグレン症候群モデルマウスにおけるレバミピドの病態抑制効果, 日本病理学会会誌, Vol.96, No.1, 2007年3月.
9)新垣 理恵子, 石丸 直澄, 小橋 真之, 林 良夫 : シェーグレン症候群類似RbAp48遺伝子導入マウスにおける病態形成の解析, 日本病理学会会誌, Vol.96, No.1, 2007年3月.
10)新垣 理恵子, 石丸 直澄, 小橋 真之, 林 良夫 : シェーグレン症候群類似RbAp48遺伝子導入マウスにおける病態形成の解析, 第96回日本病理学会総会, Vol.96, No.1, 295, 2007年3月.
11)小橋 真之, 新垣 理恵子, 石丸 直澄, 林 良夫 : シェーグレン症候群モデルマウスにおけるレバミピドの病態抑制効果, 第96回日本病理学会総会, Vol.96, No.1, 295, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

(なし)

2006年度(平成18年度) / 報告書

(なし)