RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel.
期間: 2004.4〜2018.3

2004年度(平成16年度)

article.{@.date="20040400 20050399" @.organization=\E{148410}}

2004年度(平成16年度) / 著書

1)谷 憲治, 曽根 三郎, 中瀧 恵実子 : 講義録 呼吸器学, 株式会社 メジカルビュー社, 東京, 2004年4月.
2)橋本 年弘, 安倍 正博, 松本 俊夫 : 癌に伴う骨病変の病態と治療, 南江堂, 東京, 2004年4月.
3)瀧脇 弘嗣 : 膿疱, --- 新生児の皮膚症状 ---, 株式会社 中山書店, 東京, 2004年4月.
4)塩田 洋 : ICDテキスト プラクティカルな病院感染制御, 株式会社 メディカ出版, 吹田, 2004年4月.
5)久保 真一 : 医事法の方法と課題(分担), 信山社, 東京, 2004年6月.
6)谷口 寿章 : 講座:タンパク質―その姿を見た立て役者たち, --- 質量分析でタンパク質の全体像を捉える―ライフサイエンスの第二の革命 ---, 日本化学会 化学教育協議会, 東京, 2004年6月.
7)北原 糺, 武田 憲昭 : 分子脳・神経機能解剖学, --- 聴覚 ---, 株式会社 金芳堂, 京都, 2004年6月.
8)北原 糺, 武田 憲昭 : 分子脳・神経機能解剖学, --- 平衡覚 ---, 株式会社 金芳堂, 京都, 2004年6月.
9)大野 浩司, 武田 憲昭 : 分子脳・神経機能解剖学, --- 味覚 ---, 株式会社 金芳堂, 京都, 2004年6月.
10)大野 浩司, 武田 憲昭 : 分子脳・神経機能解剖学, --- 嗅覚 ---, 株式会社 金芳堂, 京都, 2004年6月.
11)清水 一郎, 糸永 美奈, 板垣 達三, 三宮 勝隆, 久保 謙一郎, 本田 浩仁, 伊東 進, 上野 光 : 細胞療法の基礎と臨床, --- 可溶型TGF-βⅡ型受容体の肝星細胞活性化抑制作用 ---, 株式会社 アークメディア, 東京, 2004年6月.
12)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Akiyoshi Nishikado, K Koshiba, Kouji Yamaguchi, Tomohito Kawano and Susumu Ito : AUTONOMIC NERVOUS ACTIVITY AND QT DISPERSION AT COMMON BILE DUCT TREATMENT DURING ENDOSCOPYIC RETROGRAE CHOLANGIOANCREATOICOGRAPHY:CORRELAATION WITH CARDIAC ACCIDENTS., Course of Preventive Medicine, Tokushima, Jul. 2004.
13)谷口 寿章 : 現代医療 特集「分子標的医療ー基礎と臨床ー」, --- プロテオミクスと標的分子 ---, 現代医療社, 東京, 2004年7月.
14)橋本 年弘, 安倍 正博, 松本 俊夫 : バイオマーカーの意義と問題点, --- 骨転移のバイオマーカー ---, 癌と化学療法社, 東京, 2004年7月.
15)清水 一郎, 竹内 尚, 堀江 貴浩, 藤原 宗一郎, 岡崎 三千代, 白石 達彦, 伊東 進 : 胃粘膜下腫瘍様形態を示した肝外発育型肝細胞癌, 株式会社 東京医学社, 東京, 2004年7月.
16)嵩原 裕夫, 石橋 広樹, 宮谷 智彦 : 小児鏡視下手術に役立つ材料,器具,装置, 株式会社 東京医学社, 東京, 2004年8月.
17)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Susumu Ito and H Itozaki : Visualization of cardiac electrical current using 32-channel high temperature superconducting quantum interference device, Massachusetts, Aug. 2004.
18)谷口 寿章 : ゲノム医学, --- 質量分析法を基盤としたプロテオミクス解析技術 ---, メディカルレビュー社, 大阪, 2004年8月.
19)武田 憲昭 : 耳鼻咽喉科・頭頸部外科クリニカルトレンド Part4, --- 急性低音障害型感音難聴とメニエール病の関係 ---, 株式会社 中山書店, 東京, 2004年8月.
20)Norifumi Harimoto, Mitsuo Shimada, Shin-ichi Aishima, Dai Kitagawa, Shinji Itoh, Eiji Tsujita, Shin-ichiro Maehara, Akinobu Taketomi, Shinji Tanaka, Ken Shirabe and Yoshihiko Maehara : The role of heat shock protein 27 expression in hepatocellular carcinoma in Japan: special reference to the difference between hepatitis B and C, International Association for the Study of the Liver, Aug. 2004.
21)Shinichi Aishima, Shuji Matsuura, Takahiro Terashi, Kenichi Taguchi, Mitsuo Shimada, Yoshihiko Maehara and Masazumi Tsuneyoshi : Aberrant expression of laminin gamma 2 chain and its prognostic significance in intrahepatic cholangiocarcinoma according to growth morphology, United States and Canadian Academy of Pathology, Aug. 2004.
22)小原 収, 谷口 寿章, 市川 哲生, 猪飼 敦 : バイオ高性能機器·新技術利用マニュアル, 共立出版刊, 東京, 2004年8月.
23)福井 義浩 : 小脳のプルキンエ細胞数を計算する, 朝倉書店, 東京, 2004年8月.
24)福井 義浩 : ヒトの脳はどのように発生するのか, 朝倉書店, 東京, 2004年8月.
25)福井 義浩 : 脳の発生異常はどうして生じるのか, 朝倉書店, 東京, 2004年8月.
26)福井 義浩 : 組織標本から神経細胞の密度を計算する, 朝倉書店, 東京, 2004年8月.
27)大下 修造, 島原 由美子 : 総説:薬物ショックの予防と対策, 文光堂, 東京, 2004年9月.
28)Yo-ichi Yamashita, Mitsuo Shimada, Ryosuke Minagawa, Eiji Tsujita, Norifumi Harimoto, Shinji Tanaka, Ken Shirabe, Jun-ichi Miyazaki and Yoshihiko Maehara : Muscle-targeted interleukin-12 gene therapy of orthotopic hepatocellular carcinoma in mice using in vivo electrosonoporation, American Association for Cancer Research, Sep. 2004.
29)Kenji Shinozaki, Kengo Yoshimitsu, Hiroyuki Irie, Hitoshi Aibe, Tsuyoshi Tajima, Akihiro Nishie, Tomohiro Nakayama, Daisuke Kakihara, Mitsuo Shimada and Hiroshi Honda : Comparison of test-injection method and fixed-time method for depiction of hepatocellular carcinoma using dynamic steady-state free precession magnetic resonance imaging, Lippincott Williams & Wilkins, Sep. 2004.
30)Takashi Maeda, Ken-ichi Taguchi, Shin-ichi Aishima, Mitsuo Shimada, Deborah Hintz, Nicholas Larusso, Gores Gores, Masazumi Tsuneyoshi, Keigo Sugimachi, Jack R. Wands and Suzanne M. de la Monte : Clinicopathological correlates of aspartyl (asparaginyl) beta-hydroxylase over-expression in cholangiocarcinoma, International Society for Preventive Oncology (ISPO), Sep. 2004.
31)鵜飼 桃代, 西岡 安彦, 曽根 三郎 : 認定NSTガイドブック 日本病態栄養学会編, --- 呼吸器疾患に対する栄養管理 ---, メディカルレビュー社, 2004年9月.
32)友竹 正人 : コメディカルのための専門基礎分野テキスト・精神医学.生理的障害および身体要因に関連した行動症候群, 株式会社 中外医学社, 2004年9月.
33)川人 伸次, 大下 修造 : 心臓手術麻酔時のペーシング, 株式会社 中外医学社, 東京, 2004年9月.
34)太田 房雄, 塩田 洋, 斉藤 厚 : 感染症診療のコツと落とし穴 斎藤厚/編, --- 角膜真菌症の診断の決め手 糸状菌感染? あるいは酵母菌感染? ---, 株式会社 中山書店, 東京, 2004年9月.
35)Ryosuke Minagawa, Shinji Okano, Yukihiro Tomita, Kenji Kishihara, Hisakata Yamada, Kenichi Nomoto, Mitsuo Shimada, Yoshihiko Maehara, Keizo Sugimachi, Yasunobu Yoshikai and Kikuo Nomoto : The critical role of Fas-Fas ligand interaction in donor-specific transfusion-induced tolerance to H-Y antigen, Lippincott Williams & Wilkins, Sep. 2004.
36)丸尾 敏夫, 本田 孔士, 臼井 正彦, 田野 保雄, 内藤 毅 : 眼科薬物治療ガイド, --- 1疾患別:薬の使い方(ウイルス性結膜炎·流行性角結膜炎·咽頭結膜熱·急性出血性結膜炎·単純ヘルペス結膜炎) 2作用別:薬の基礎知識(抗ウイルス薬) ---, 文光堂, 東京, 2004年9月.
37)伊東 進 : 高周波電流を用いた内視鏡治療を施行したペースメーカー装着症例, 日本メディカルセンター, 東京, 2004年10月.
38)野村 昌弘, 鈴木 博昭, 幕内 博康, 熊井 浩一郎, 澤田 俊夫, 峯 徹哉, 藤森 孝博 : ワンポイントアドバイス 消化器内視鏡のトラブル防止マニュアル「ERCP時に検査上著明な自律神経機能異常を示した症例」, 日本メディカルセンター, 東京, 2004年10月.
39)武田 憲昭, 西池 季隆 : 耳鼻咽喉科診療プラクティス 第13巻 耳鼻咽喉科・頭頚部外科領域の外傷と異物, --- 内耳振盪症 ---, 文光堂, 東京, 2004年10月.
40)谷口 寿章 : 質量分析による微量タンパク質構造解析とシグナル伝達系のプロテオミクス, 日本生化学会, 京都, 2004年10月.
41)安倍 正博, 松本 俊夫 : 癌と骨組織との相互作用, --- 多発性骨髄腫 ---, 株式会社 中山書店, 東京, 2004年10月.
42)Taketoshi Suehiro, Takashi Matsumata, Yasunori Shikada, Mitsuo Shimada, Ken Shirabe and Keizo Sugimachi : Preoperative hyaluronic acid measurement to assess the hepatic functional reserve, H.G.E. Update Medical Publishing, Nov. 2004.
43)Taketoshi Suehiro, Takashi Matsumata, Yasunori Shikada, Mitsuo Shimada, Ken Shirabe and Keizo Sugimachi : Change in alpha glutathione s-transferase levels during liver resection, H.G.E. Update Medical Publishing, Nov. 2004.
44)清水 一郎, 庄野 文章, 濱 佳子 : 徳島大学病院における安全器材の導入と特定抗菌薬の使用届出, 医薬ジャーナル社, 大阪, 2004年11月.
45)清水 一郎, 伊東 進, 本田 浩仁 : グアナーゼ(GU), 日本臨牀社, 大阪, 2004年11月.
46)Shin-ichiro Maehara, Shinji Tanaka, Mitsuo Shimada, Ken Shirabe, Yoshiro Saito, Kazuhiko Takahashi and Yoshihiko Maehara : Selenoprotein P, as a predictor for evaluating gemcitabine resistance in human pancreatic cancer cells, John Wiley & Sons, Inc., Nov. 2004.
47)塩田 洋, 工藤 英治 : 眼科検査ガイド, 文光堂, 東京, 2004年11月.
48)Susumu Ito : Extramedullary plasmacytoma of the jejunum., 2005.
49)瀧脇 弘嗣 : 肝斑, 南江堂, 2005年.
50)瀧脇 弘嗣 : 尋常性白斑, 株式会社 医学書院, 東京, 2005年.
51)住谷 さつき, 大森 哲郎 : 強迫性障害ハンドブック, --- 強迫性障害ニューロサイエンス ---, 2005年.
52)武田 憲昭 : 薬物性めまい, 2005年.
53)西池 季隆, 秋月 裕則, 大山 晴三, 渡邉 洋, 松岡 克典, 武田 憲昭 : Virtual realityを用いた動揺病研究, 2005年.
54)高岡 司, 武田 憲昭 : 亜鉛欠乏の新しい機能評価法:アンギオテンシン変換酵素活性比と味覚障害患者への応用, 2005年.
55)武田 憲昭 : 低音障害型感音難聴とメニエール病, 2005年.
56)武田 憲昭 : めまい薬の上手な使い方, 2005年.
57)武田 憲昭 : 所見のないめまい患者への対応, 2005年.
58)武田 憲昭 : 内リンパ水腫と内リンパ嚢手術, 2005年.
59)吉﨑 和男, 内田 孝 : 筋収縮, 南江堂, 東京, 2005年.
60)吉﨑 和男 : 一般生理・細胞生理, 株式会社 建帛社, 東京, 2005年.
61)清水 一郎, 鈴木 麗子, 庄野 文章 : 針刺し・切り傷の予防と暴露後感染予防法, 南江堂, 東京, 2005年.
62)清水 一郎, 岡崎 三千代, 伊東 進, 石川 桃子, 藤原 竪祐, 藤原 宗一郎, 堀江 貴浩, 山本 浩史, 井内 新 : 胃潰瘍治癒過程におけるプロスタグランジンとロイコトリエンの産生に及ぼすプロトンポンプ阻害剤とH2ブロッカーの比較, 朝倉書店, 東京, 2005年.
63)Keisuke Izumi, Yoshifumi Nakajima, Keisuke Kitaura, Takanori Minami, Kazuhiro Hayashi, Takeshi Tsuchigauchi, Eiko Takishita, Tokiko Nakai and Hisanori Uehara : Cancer susceptibilities to chemical carcinogens in Long-Evans Cinnamon (LEC), Long-Evans Agouti (LEA) and F344 rats. In: Tanaka Takuji, Tsuda Hiroyuki, eds. Carcinogenesis and Modification of Carcinogenesis, Research Signpost, Kerala, India, 2005.
64)中瀬 尚長, 安井 夏生 : 骨盤・下肢 61.下肢延長術, 株式会社 医学書院, 2005年.
65)安井 夏生 : 第27章 整形外科疾患 1.先天性股関節脱臼2.先天性内反足3.先天性筋性斜頸4.脊柱側彎5.四肢の奇形, 株式会社 永井書店, 2005年.
66)松井 好人, 安井 夏生 : 先天性下腿偽関節の手術療法 Ilizarov法, 株式会社 メジカルビュー社, 2005年.
67)曾田 紘二, 樫田 美雄, 杉山 茂, 野村 昌弘, 北 研二, 山本 真由美, 前田 朋彦 : レポート作成指導ハンドブック, --- 徳島大学FD推進ハンドブック.第3号,第9巻 ---, 大学開放実践センター, 徳島, 2005年1月.
68)森田 秀芳, 若泉 誠一, 宮田 政徳, 桂 修治, 森 健治, 中條 信義, 樋口 富彦, 原口 雅宣, 大橋 眞, 松浦 健二 : 授業改善のための実例集ハンドブック, 大学開放実践センター, 徳島, 2005年1月.
69)Kazutoshi Murao, Yoshiaki Kubo, Hirotsugu Takiwaki, Seiji Arase and Kazuya Matsumoto : Bowen's disease on the sole: p16INK4a overexpression associated with human papillomavirus type 16, Blackwell Publishing Ltd, Jan. 2005.
70)Tsuyoshi Tajima, Kengo Yoshimitsu, Hiroyuki Irie, Hitoshi Aibe, Kenji Shinozaki, Akihiro Nishie, Hiroshi Honda and Mitsuo Shimada : Detecting postsurgical recurrent hepatocellular carcinoma with multiphasic helical computed tomography: intrahepatic metastasis or multicentric occurrence?, Lippincott Williams & Wilkins, Jan. 2005.
71)Takashi Maeda, Mitsuo Shimada, Norifumi Harimoto, Eiji Tsujita, Shin-ichiro Maehara, Tatsuya Rikimaru, Shinji Tanaka, Ken Shirabe and Yoshihiko Maehara : Role of tissue trace elements in liver cancers and non-cancerous liver parenchyma, H.G.E. Update Medical Publishing, Jan. 2005.
72)清水 一郎, Cheng Xinliang, 板垣 達三, 浦田 真理, 大塩 敦郎, 三宮 勝隆, 久保 謙一郎, 福野 天, 本田 浩仁, 伊東 進 : 肝星細胞における酸化ストレスを介したTGF-β発現に及ぼすエストラジオールとプロゲステロンの作用, 自然科学社, 東京, 2005年1月.
73)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, A Nishikado, K Koshiba, K Yamaguchi, Tomohito Kawano and Susumu Ito : Autonomic nervous activity and QT dispersion at common bile duct treatment during endoscopic retrograde cholangiopancreticography: Correlation with cardiac accident, Jan. 2005.
74)伊東 進 : 排便で消失する腹部腫瘤, --- -肛門側の病変の可能性も考えようー ---, 株式会社 中山書店, 東京, 2005年1月.
75)大鹿 哲郎, 田野 保雄, 樋田 哲夫, 根木 昭, 坪田 一男, 内藤 毅 : 眼科プラクティス 1術後眼内炎, --- Ⅱ内眼手術と術後眼内炎 5硝子体術後 内因性眼内炎と外因性眼内炎の鑑別102∼104頁 ---, 文光堂, 東京, 2005年1月.
76)四宮 加容, 塩田 洋 : 5.各種内服液と眼の副作用, 金原出版 株式会社, 東京, 2005年2月.
77)Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Koji Tsujigami, Yoshio Okita, Hiroshige Hayashi, Toshikatsu Taniki, Hiroshi Hukuno, Masahiko Nakasono, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura and Susumu Ito : Ultrasonographic assesment of gastric motility in diabetic gastroparesis befor and after attaining glycemic control., Springer-Verlag, New York, Feb. 2005.
78)前川 正彦, 苛原 稔 : 臨床検査ガイド 2005∼2006, --- 風疹抗体検査 ---, 文光堂, 東京, 2005年2月.
79)森 博愛, 野村 昌弘 : Brugada症候群の臨床, 医学出版社, 2005年3月.
80)曽根 三郎 : 看護のための最新医学講座 2.呼吸器疾患, --- 胸腔疾患 胸膜中皮種 ---, 株式会社 中山書店, 東京, 2005年3月.
81)谷口 寿章 : プロテオミクスとバイオインフォマティクス, 国際高等研究所, 京都, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Hisashi Ueta, Hideko Nagasawa, Yuriko Oyabu-Manabe, Kazunori Toida, Kazunori Ishimura and Hitoshi Hori : Localization of enolase in synaptic plasma membrane as an alpha gamma heterodimer in rat brain., Neuroscience Research, Vol.48, No.4, 379-386, 2004.
2)Yoshiko Kanezaki, Toshiyuki Obata, Rie Matsushima, Asako Minami, Tomoyuki Yuasa, Kazuhiro Kishi, Yoshimi Bando, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi, Tasuku Mitani, Mitsuru Matsumoto, Yukari Takeshita, Yutaka Nakaya, Toshio Matsumoto and Yousuke Ebina : KATP Channel Knockout Mice Crossbred with Transgenic Mice Expressing a Dominant-Negative Form of Human Insulin Receptor have Glucose Intolerance but not Diabetes, Endocrine Journal, Vol.51, No.2, 133-144, 2004.
3)Hirotsugu Takiwaki, H. Takiwaki, A. Adachi, H. Kohno and Y. Ogawa : Intravascular or intralymphatic histiocytosis associated with rheumatoid arthritis., Journal of the American Academy of Dermatology, Vol.50, No.4, 585-590, 2004.
4)Youichi Sato, Hirofumi Shibata, Naokatu Arakaki and Tomihiko Higuti : 6,7-dihydroxyflavone dramatically intensifies the susceptibility of methicillin-resistant or -sensitive Staphylococcus aureus to beta-lactams., Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.48, No.4, 1357-1360, 2004.
5)Moe Kyaw, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Shoji Kagami, Yuki Izawa, Yoshiko Fujita, Nermin Ali, Yasuhisa Kanematsu, Kazunori Toida, Kazunori Ishimura and Toshiaki Tamaki : Src and Cas are essentially but differentially involved in angiotensin II-stimulated migration of vascular smooth muscle cell via extracellur signal-regulated kinase 1/2 and c-Jun NH2-terminal kinase activation, Molecular Pharmacology, Vol.65, No.4, 832-841, 2004.
6)Yuki Suzaki, Masanori Yoshizumi, Shoji Kagami, Akira Nishiyama, Yuichi Ozawa, Moe Kyaw, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : BMK1 is activated in glomeruli of diabetic rats and in mesangial cells by high glucose conditions, Kidney International, Vol.65, No.5, 1749-1760, 2004.
7)Yasuhiro Kaneda, Ichiro Kawamura, Akira Fujii and Tetsuro Ohmori : Impact of a switch from typical to atypical antipsychotic drugs on quality of life and gonadal hormones in male patients with schizophrenia, Neuroendocrinology Letters, Vol.25, No.1-2, 135-140, 2004.
8)Ken Shirabe, Mitsuo Shimada, Eiji Tsujita, Shin-ichi Aishima, Shin-ichiro Maehara, Shinji Tanaka, Kenji Takenaka and Yoshihiko Maehara : Prognosis factors in node-negative intrahepatic cholangiocaecinoma eith special reference to angiogenesis, The American Journal of Surgery, Vol.187, No.4, 538-542, 2004.
9)Toshihiro Hashimoto, Masahiro Abe, Takashi Oshima, Hironobu Shibata, Shuji Ozaki, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Ability of myeloma cells to secrete macrophage inflammatory protein (MIP)-1α and MIP-1β correlates with lytic bone lesions in patients with multiple myeloma, British Journal of Haematology, Vol.125, No.1, 38-41, 2004.
10)Kazuya Kondo, Kiyoshi Yoshizawa, Masaru Tsuyuguchi, Suguru Kimura, Masayuki Sumitomo, Junji Morita and Takanori Miyoshi : WHO histologic classification is a prognostic indicator in thymoma, The Annals of Thoracic Surgery, Vol.77, No.4, 1183-1188, 2004.
11)Chamulitrat Walee, Stermmel Wolfgang, Tsukasa Kawahara, Kazuhito Rokutan, Hirotada Fujii, Wingler Kirstin, Schmidt H.H.W. Harald and Schmidt Rainer : A Constitutive NADPH Oxidase-Like System Containing gp91 phox Homologs in Human Keratinocytes, The Journal of Investigative Dermatology, Vol.122, No.4, 1000-1009, 2004.
12)三原 正朋, 小島 愛, 賀川 久美子, 川島 正裕, 松下 隆哉, 藤中 雄一, 松崎 泰之, 玉木 康民, 木村 成昭, 武市 俊彰, 藤本 浩史, 増田 和彦, 白神 あきら, 今川 大仁, 元木 康文, 元木 健二, 大島 千寿子, 澤 靖彦, 田口 義行 : 白血球・血小板減少を契機に診断されたパルボウイルスB19感染症の成人の8例, 綜合臨牀, Vol.53, No.4, 1611-1615, 2004年.
13)Hideharu Abe, Takeshi Matsubara, Noriyuki Iehara, Kojiro Nagai, Toshikazu Takahashi, Hidenori Arai, Toru Kita and Toshio Doi : Type IV collagen is transcriptionally regulated by Smad1 under advanced glycation end-products (AGEs) stimulation, The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.14, 14201-14206, 2004.
14)Maki Urushihara, Shoji Kagami, Koji Yasutomo, Michinori Ito, Shuji Kondo, Akiko Kitamura, Dag Malm, Helle Klenow, Oiviind Nilssen and Yasuhiro Kuroda : Sisters with α-mannosidosis and systemic lupus erythematosus, European Journal of Pediatrics, Vol.163, No.4-5, 192-195, 2004.
15)Midori Suenaga, Masamichi Kuwajima, Toshiki Himeda, Kayoko Morokami, Teruro Matsuura, Kiyokazu Ozaki, Naokatu Arakaki, Hirofumi Shibata and Tomihiko Higuti : Identification of the up- and down-regulated genes in the heart of juvenile visceral steatosis mice, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.27, No.4, 496-503, 2004.
16)Young-Gil Jeong, Kyoung-Youl Lee, Byung-Chul Lee, Nam-Seob Lee, Ki-Young Lee, H M Won and Yoshihiro Fukui : Postnatal Changes of p39nck5ai Expression in the Developing Rat Cerebellum, Anatomia, Histologia, Embryologia, 2004.
17)Jun Sugimura, Richard S. Foster, Oscar W. Cummings, Eric J. Kort, Masayuki Takahashi, Todd T. Lavery, Kyle A. Furge, Lawrence H. Einhorn and Bin Tean Teh : Gene Expression Profiling of Early- and Late-Relapse Nonseminomatous Germ Cell Tumor and Primitive Neuroectodermal Tumor of the Testis, Clinical Cancer Research, Vol.10, No.7, 2368-2378, 2004.
18)Xueji Wu, Mihiro Yano, H. Washida and Hiroshi Kido : The second metal-binding site of 70kDa heat-shock protein is essential for ADP-binding, ATP hydrolysis and ATP synthesis, The Biochemical Journal, Vol.378, No.Pt 3, 793-799, 2004.
19)木戸 博, Chen Ye, 山田 博司, 東 洋一郎, 水野 大 : インフルエンザ脳症の発症機序, 神経内科, Vol.60, No.2, 119-127, 2004年.
20)Makoto Kunishige, Takao Mitsui, Yukiko Kuroda, Sumiko Yoshida, Masaaki Kosaka and Toshio Matsumoto : Expanding phenotype and clinical heterogeneity in patients with identical mutation of the parkin gene., European Neurology, Vol.51, No.3, 183-185, 2004.
21)木戸 博, 山川 由美子, 多田 仁美, 澤淵 貴子, 水口 寛, 福田 陽司, 木下 盛敏 : ダイヤモンドコーティング高密度集積技術のプロテオミクス解析への応用, NEW DIAMOND, Vol.33, No.3, 30-31, 2004年.
22)Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano, L Sylvia Asa, Shozo Yamada, Hidehisa Horiguchi, Takashi Tashiro, Chei Chiun Li, Mitsuyoshi Hirokawa, Kalman Kovacs and Shereen Ezzat : Cytoplasmic expression of fibroblast growth factor receptor-4 in human pituitary adenomas: relation to tumor type, size, proliferation, and invasiveness., The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.89, No.4, 1904-1911, 2004.
23)M. Sakai, H. Miyake, S. Tashiro, Yuushi Okumura and Hiroshi Kido : Inhibitory effect of FK506 and Cyclosporine A on the growth and invation of human liver cancer cells, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.1-2, 63-69, 2004.
24)木戸 博, Ye CHEN, 山田 博司, 奥村 裕司 : インフルエンザウイルスの感染感受性と感染臓器特異性を決める個体のプロテアーゼ群, 日本血栓止血学会誌, Vol.15, No.4, 362-365, 2004年.
25)Mihiro Yano, Y. Koumoto, Y. Kanesaki, Xueji Wu and Hiroshi Kido : 20S Proteasome prevents aggregation of heat-denatured proteins without PA700 regulatory subcomplex like a molecular chaperone, Biomacromolecules, Vol.5, No.4, 1465-1469, 2004.
26)木戸 博 : クラリスロマイシンに気道の粘膜免疫増強作用, Medical Tribune, Vol.37, No.42, 33, 2004年.
27)Mitsuyoshi Hirokawa, Seiji Kuma, Akira Miyauchi, Ring Zhi Qian, Masahiko Nakasono, Toshiaki Sano and Kennichi Kakudo : Morules in cribriform-morular variant of papillary thyroid carcinoma: Immunohistochemical characteristics and distinction from squamous metaplasia., APMIS, Vol.112, No.4-5, 275-282, 2004.
28)M. Kita, Y. Nakamura, Yuushi Okumura, S. D. Ohdachi, Y. Oba, M. Yoshikuni, Hiroshi Kido and D. Uemura : Blarina toxin, a mammalian lethal venom from the short-tailed shrew Blarina brevicauda: Isolation and characterization, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.101, No.20, 7542-7547, 2004.
29)Hiroshi Kido, Yuushi Okumura, Hiroshi Yamada, Dai Mizuno, Youichirou Higashi and Mihiro Yano : Secretory leukoprotease inhibitor and pulmonary surfactant serve as principal defenses against influenza A virus infection in the airway and chemical agents up-regulating their levels may have therapeutic potential, Biological Chemistry, Vol.385, No.11, 1029-1034, 2004.
30)Hiroshi Yamada, R. Chounan, Y. Higashi, N. Kurihara and Hiroshi Kido : Mitochondrial targeting sequence of the influenza A virus PB1-F2 protein and its function in mitochondria, FEBS Letters, Vol.578, No.3, 331-336, 2004.
31)Kayoko Uezu, Hiroyoshi Sei, Atsuko Sano, Kazunori Toida, Toshiko Suzuki-Yamamoto, Takeshi Houtani, Tetsuo Sugimoto, Hiroshi Takeshima, Kazunori Ishimura and Yusuke Morita : Lack of nociceptin receptor alters body temperature during resting period in mice, NeuroReport, Vol.15, No.5, 751-755, 2004.
32)Shinji Itoh, Takashi Maeda, Mitsuo Shimada, Shin-ichi Aishima, Ken Shirabe, Shinji Tanaka and Yoshihiko Maehara : Role of expression of focal adhesion kinase in progression of hepatocellular carcinoma, Clinical Cancer Research, Vol.10, No.8, 2812-2817, 2004.
33)Naruhiko Sawada, Keiko Kataoka, Kazuya Kondo, Hideki Arimochi, H Fujino, Y Takahashi, Takanori Miyoshi, Tomomi Kuwahara, Y Monden and Yoshinari Ohnishi : Betulinic acid augments the inhibitory effects of vincristine on growth and lung metastasis of B16F10 melanoma cells in mice, British Journal of Cancer, Vol.90, No.8, 1672-1678, 2004.
34)石田 創士, 松本 和也, 中川 宏治, 山野 雅弘, 中西 秀樹 : 左前腕に発症した血管肉腫の長期生存例, 日本形成外科学会会誌, Vol.24, No.4, 251-256, 2004年.
35)Noriko Mizusawa, Tomoko Hasegawa, Izumi Ohigashi, Chisato Kosugi, Nagakatsu Harada, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto : Differentiation Penotypes of Pancreatic Islet β- and α-cells are Closely Related with Homeotic Genes and a Group of Differentially Expressed Genes., Gene, Vol.331, No.28, 53-63, 2004.
36)Satoshi Tsutsumi, Nobuyuki Kamata, J Tamara Vokes, Yutaka Maruoka, Koichi Nakakuki, Shoji Enomoto, Ken Omura, Teruo Amagasa, Masaru Nagayama, Fumiko Saito-Ohara, Johji Inazawa, Maki Moritani, Takashi Yamaoka, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : The novel gene encoding a putative transmembrane protein is mutated in gnathodiaphyseal dysplasia (GDD)., American Journal of Human Genetics, Vol.74, No.6, 1255-1261, 2004.
37)石丸 真弓, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 : 徳島大学眼科における小児の裂孔原性網膜剥離の検討, 眼科手術, Vol.17, No.2, 261-263, 2004年.
38)Akiko Ichinose, Shigeo Kure, Sumiko Mikawa, Takatoshi Ueki, Kanako Kojima, Kazuko Fujiwara, Kazuie Iinuma, Yoichi Matsubara and Kohji Sato : Glycine cleavage system in neurogenic regions, The European Journal of Neuroscience, Vol.19, No.9, 2365-2370, 2004.
39)Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Yoshio Koizumi, Masahiro Yamano, Ichiro Hashimoto, Hidetaka Satake and Keiji Moriyama : Occlusal difficulties after simultaneous mandibular and maxillary distraction in an adult case of hemifacial microsomia., The Journal of Craniofacial Surgery, Vol.15, No.3, 464-468, 2004.
40)Satoshi Sakaguchi, Ichiki Sato, Hiroaki Muguruma, Hiroaki Kawano, Yoshito Kusuhara, Seiji Yano, Saburo Sone and Tsuneo Uchiyama : Reemerging murine typhus, Japan., Emerging Infectious Diseases, Vol.10, No.5, 964-965, 2004.
41)Ken Yamauchi, Koushi Ohta, Takahide Taniguchi and Tetsuro Ohmori : A case of social phobia with obsessive-compulsive symptoms improved by paroxetine in combination with risperidone, General Hospital Psychiatry, Vol.26, No.3, 242-243, 2004.
42)前川 正彦, 苛原 稔 : EBMからみた不妊治療の実際, --- 高齢不妊患者の治療方針 ---, 産婦人科治療, Vol.88, No.5, 1141-1147, 2004年.
43)Eiji Kudo, Naoyuki Kamatani, Osamu Tezuka, Atsuo Taniguchi, Hisashi Yamanaka, Sachiko Yabe, Dai Osabe, Syuichi Shinohara, Kyoko Nomura, Masaya Segawa, Tatsuro Miyamoto, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika and Mitsuo Itakura : Familial juvenile hyperuricemic nephropathy: Detection of mutations in the uromodulin gene in five Japanese families, Kidney International, Vol.65, No.5, 1589-1597, 2004.
44)Mitsuo Shimada, Hideki Ijichi, Yusuke Yonemura, Noboru Harada, Satoko Shiotani, Mizuki Ninomiya, Takahiro Terashi, Tomoharu Yoshizumi, Yuji Soejima, Taketoshi Suehiro and Yoshihiko Maehara : The impact of splenectomy or splenic artery ligation on the outcome of a living donor adult liver transplantation using a left lobe graft, Hepato-Gastroenterology, Vol.51, No.57, 625-629, 2004.
45)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Shusaku Yoshida, Hiromu Nishitani and Hisanori Uehara : Imaging findings of urachal mucinous cystadenocarcinoma associated with pseudomyxoma peritonei., Acta Radiologica, Vol.45, No.3, 348-350, 2004.
46)古泉 佳男, 中西 秀樹, 松本 和也, 山野 雅弘 : 血友病を合併した口蓋裂患者の治療経験, 形成外科, Vol.47, No.5, 533-536, 2004年.
47)Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, S Uyama, Yoshifumi Mizobuchi, H Toi, M Nakamura and Y Nakagawa : Histopathological findings in autopsied glioblastoma patients treated by mixed neutron beam BNCT, Journal of Neuro-Oncology, Vol.68, No.1, 25-32, 2004.
48)Kenji Yagi, Koichi Satoh, Junichiro Satomi and Shinji Nagahiro : Primitive Vertebrobasilar System Associated with a Ruptured Aneurysm, American Journal of Neuroradiology, Vol.25, No.5, 781-783, 2004.
49)Yuki Hayashi, Shin-ichi Tsukumo, Hiroshi Shiota, Kenji Kishihara and Koji Yasutomo : Antigen-Specific T Cell Repertoire Modification of CD4+CD25+ Regulatory T Cells, The Journal of Immunology, Vol.172, No.9, 5240-5248, 2004.
50)Seiji Ohashi, Hideharu Abe, Toshikazu Takahashi, Yasuhiko Yamamoto, Masayoshi Takeuchi, Hidenori Arai, Kazuhiro Nagata, Toru Kita, Hiroshi Okamoto, Hiroshi Yamamoto and Toshio Doi : Advanced glycation end products increase collagen-specific chaperone protein in mouse diabetic nephropathy, The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.19, 19816-19823, 2004.
51)秦 聡, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 : 硝子体手術後に発症したメチシリン耐性黄色ぶどう球菌による術後眼内炎の1例, 臨床眼科, Vol.58, No.5, 785-787, 2004年.
52)Kimiko Nakayasu, Yutaka Nakaya, Oki Yuko, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Long Term Follow-up in Japanese Public Office Workers of the Influence of Blood Pressure on ECG Changes, Circulation Journal, Vol.68, No.6, 563-567, 2004.
53)Noboru Harada, Mitsuo Shimada, Tomoharu Yoshizumi, Taketoshi Suehiro, Yuji Soejima and Yoshihiko Maehara : A simple and accurate formula to estimate left hepatic graft volume in living-donor adult liver transplantation, Transplantation, Vol.77, No.10, 1571-1575, 2004.
54)Shinji Kawahito, Hiroshi Kitahata, Katsuya Tanaka, Junpei Nozaki and Shuzo Oshita : Risk factors for perioperative myocardial ischemia in carotid artery endarterectomy., Journal of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia, Vol.18, No.3, 288-292, 2004.
55)Degfu Yao, Ye Chen, Masamichi Kuwajima, Mayumi Shiota and Hiroshi Kido : Accumulation of mini-plasmin in the cerebral capillaries causes vascular invasion of the murine brain by a pneumotropic influenza A virus: implications for influenza-associated encephalopathy, Biological Chemistry, Vol.385, No.6, 487-492, 2004.
56)Keisuke Ishizawa, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Kazuo Minakuchi, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Shoji Kagami, Masao Hirose and Toshiaki Tamaki : Dual effects of endothelin-1 (1-31): induction of mesangial cell migration and facilitation of monocyte recruitment through monocyte chemoattractant protein-1 production by mesangial cells, Hypertension Research, Vol.27, No.6, 433-440, 2004.
57)香留 崇, 内藤 毅, 賀島 誠, 塩田 洋 : 特発性黄斑円孔手術における内境界膜剥離法と非剥離法の手術成績, 臨床眼科, Vol.58, No.6, 959-962, 2004年.
58)岡本 敬子, 賀島 誠, 美馬 彩, 内藤 毅, 塩田 洋 : タモキシフェン網膜症の1例, 臨床眼科, Vol.58, No.6, 987-990, 2004年.
59)Kazunori Sekine, Takao Imai, Koji Nakamae, Katsuyoshi Miura, Hiromu Fujioka and Noriaki Takeda : Dynamics of the vestibulo-ocular reflex in patients with the horizontal semicircular canal variant of benign paroxysmal positional vertigo, Acta Oto-Laryngologica, Vol.124, No.5, 587-594, 2004.
60)Chei Chiun Li, Zhi-Rong Qian, Mitsuyoshi Hirokawa, Toshiaki Sano, ChiChen Pan, ChihYi Hsu, AnHang Yang and Hung Chiang : Expression of adhesion molecules and Ki-67 in female adnexal tumor of probable Wolffian origin (FATWO): report of two cases and review of the literature., APMIS, Vol.112, No.6, 390-398, 2004.
61)Maki Urushihara, Shoji Kagami, Michinori Ito, Koji Yasutomo, Shuji Kondo, Akiko Kitamura, Akiyoshi Takahashi and Yasuhiro Kuroda : Transforming growth factor-β in renal disease with glycogen storage disease I, Pediatric Nephrology, Vol.19, No.6, 676-678, 2004.
62)北原 糺, 武田 憲昭, 肥塚 泉, 荻野 仁 : メニエール病に対する浸透圧利尿薬の長期連続投与の治療効果と蝸電図におよぼす影響, Equilibrium Research, Vol.63, No.3, 237-241, 2004年.
63)Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Nobuyuki Takamori, Yasuhiko Kanagawa, Masashi Akaike, Mitsunori Fujimura, Tomonori Yoshida, Shunji Hashizume, Midori Kato, Hiroshi Yamaguchi, Shuji Kato, Yasumasa Ikeda, Tomoko Arase, Akira Kondo and Toshio Matsumoto : Heparin cofactor II is a novel protective factor against carotid atherosclerosis in elderly individuals., Circulation, Vol.109, No.22, 2761-2765, 2004.
64)加治 芳雄, 芥川 正武, 七條 文雄, 木内 陽介, 永廣 信治 : 術中脳活動リアルタイム解析ソフトウェアの開発, 生体医工学, Vol.42, No.2, 41-47, 2004年.
65)Sun-Jin Kim, Hisanori Uehara, Sertac Yazici, Robert R Langley, Junqin He, Rachel Tsan, Dominic Fan, Jerald J. Killion and Isaiah J. Fidler : Simultaneous blockade of platelet-derived growth factor-receptor and epidermal growth factor-receptor signaling and systemic administration of paclitaxel as therapy for human prostate cancer metastasis in bone of nude mice, Cancer Research, Vol.64, No.12, 4201-4208, 2004.
66)Kyle A. Furge, Kerry A. Lucas, Masayuki Takahashi, Jun Sugimura, Eric J. Kort, Hiro-omi Kanayama, Susumu Kagawa, Philip Hoekstra, John Curry, Ximing J. Yang and Bin T Teh : Robust Classification of Renal Cell Carcinoma Based on Gene Expression Data and Predicted Cytogenetic Profiles, Cancer Research, Vol.64, No.12, 4117-4121, 2004.
67)Young-Hwan Moon, Jeong-Yong Cho, Jae-Hak Moon, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshihisa Takaishi and Keun-Hyung Park : Sugar Constituents from the Roots of Lithospermum erythrorhizon, Natural Medicines, Vol.58, No.3, 117, 2004.
68)有田 憲司, 尼寺 理恵, 福留 麗実, 友竹 雅子, 上田(山口) 公子, 木村 奈津子, 栗林 伸行, 森川 富昭, 西野 瑞穗 : 地域乳幼児歯科保健管理に関する研究, --- 第3報 乳幼児期の健診回数および母親の年齢と齲蝕罹患状態の関連性について ---, 小児歯科学雑誌, Vol.42, No.3, 404-411, 2004年.
69)Norimasa Iwanami, Yousuke Takahama, Sanae Kunimatsu, Jie Li, Rie Takei, Yuko Ishikura, Hiroshi Suwa, Katsutoshi Niwa, Takao Sasado, Chikako Morinaga, Akihito Yasuoka, Tomonori Deguchi, Yukihiro Hirose, Hiroki Yoda, Thorsten Henrich, Osamu Ohara, Hisato Kondoh and Makoto Furutani-Seiki : Mutations affecting thymus organogenesis in medaka, Oryzias latipe., Mechanisms of Development, Vol.121, No.7-8, 779-789, 2004.
70)Akira Hirata, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi, Seiji Naito, Michihiko Kuwano and Mayumi Ono : Direct inhibition of EGF receptor activation in vascular endothelial cells by gefitinib ('Iressa', ZD1839), Cancer Science, Vol.95, No.7, 614-618, 2004.
71)Toshikatsu Shinka, Yoko Sato, Gang Chen, Takushi Naroda, Keigo Kinoshita, Yukiko Unemi, Keiko Tsuji, Kazunori Toida, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori : Molecular characterization of heat shock-like factor encoded on the human Y chromosome, and implications for male infertility, Biology of Reproduction, Vol.71, No.1, 297-306, 2004.
72)Hiroshi Eguchi, HICKS Celia, CRAWFORD Geoffrey, TAN Donald and SUTTON Gerard : Cataract surgery with the AlphaCor artificial cornea, Journal of Cataract and Refractive Surgery, Vol.30, No.7, 1486-1490, 2004.
73)Masahiro Nomura, Kohzou Uehara, Kenji Harada, Eiko Uemura, Akiko Iga, Tomohito Kawano, Akiyoshi Nishikado, Ken Saito, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Impairment of gastrointestinal motility by nitrate administration: evaluation based on electrogastrographic changes and autonomic nerve activity, Alimentary Pharmacology & Therapeutics, Vol.20, No.s1, 118-124, 2004.
74)Mikako Fujita, Hirofumi Akari, Akiko Sakurai, Akiko Yoshida, Tomoki Chiba, Keiji Tanaka, Klaus Strebel and Akio Adachi : Expression of HIV-1 accessory protein Vif is controlled uniquely to be low and optimal by proteasome degradation, Microbes and Infection, Vol.6, No.9, 791-798, 2004.
75)Akiko Sakurai, Abhay Jere, Akiko Yoshida, Takeshi Yamada, Aikichi Iwamoto, Akio Adachi and Mikako Fujita : Functional analysis of HIV-1 vif genes derived from Japanese long-term nonprogressors and progressors for AIDS, Microbes and Infection, Vol.6, No.9, 799-805, 2004.
76)Yasushi Oshima, Yukiko Kuroda, Makoto Kunishige, Toshio Matsumoto and Takao Mitsui : OXIDATIVE STRESS-ASSOCIATED MITOCHONDRIAL DYSFUNCTION IN CORTICOSTEROID-TREATED MUSCLE CELLS, Muscle & Nerve, Vol.30, No.1, 49-54, 2004.
77)A. Ohno, Takao Mitsui, I. Endo, M. Kunishige, T. Sigekiyo and Toshio Matsumoto : Dermatomyositis associated with Sjögren's syndrome: VEGF involvement in vasculitis, Clinical Neuropathology, Vol.23, No.4, 178-182, 2004.
78)Takuya Mishiro, Shunji Nakano, Shigeyuki Takahara, Mari Miki, Yoichi Nakamura, Susumu Yasuoka, Takeshi Nikawa and Natsuo Yasui : Relationship Between Cathepsin B and Thrombin in Rheumatoid Arthritis, The Journal of Rheumatology, Vol.31, No.7, 1265-1273, 2004.
79)原田 貴史, 友竹 正人, 小笠原 一能, 大森 哲郎 : 精神科臨床における下肢深部静脈血栓症, 臨床精神医学, Vol.33, No.7, 939-946, 2004年.
80)兼田 康宏, 今倉 章, 大森 哲郎 : The Schizophrenia Quality of Life Scale 日本語版(JSQLS), 精神医学, Vol.46, No.7, 737-739, 2004年.
81)安井 敏之, 海野 友香, 滝川 稚也, 上村 浩一, 苛原 稔 : 隔日投与によるホルモン補充療法の再考, Osteoporosis Japan, Vol.12, No.3, 95-98, 2004年.
82)Mototsugu Kato, Masao Saito, Shinsaku Fukuda, Chieko Kato, Shuichi Ohara, Shiro Hamada, Ryuichi Nagashima, Katsutoshi Obara, Masayuki Suzuki, Hirohito Honda, Masahiro Asaka and Takakane Toyota : 13C-Urea breath test, using a new compact nondispersive isotope-selective infrared spectrophotometer: comparison with mass spectrometry, Journal of Gastroenterology, Vol.39, No.7, 629-634, 2004.
83)Shuichi Ohara, Mototsugu Kato, Masao Saito, Shinsaku Fukuda, Chieko Kato, Shiro Hamada, Ryuichi Nagashima, Katsutoshi Obara, Masayuki Suzuki, Hirohito Honda, Masahiro Asaka and Takayoshi Toyota : Comparison between a new 13C-urea breath test, using a film-coated tablet, and the conventional 13C-urea breath test for the detection of Helicobacter pylori infection, Journal of Gastroenterology, Vol.39, No.7, 621-628, 2004.
84)Arata Horii, Kenji Mitani, Tadashi Kitahara, Atsuhiko Uno, Noriaki Takeda and Takeshi Kubo : Paroxetine, a Selective Serotonin Reuptake Inhibitor, Reduces Depressive Symptoms and Subjective Handicaps in Patients with Dizziness, Otology & Neurotology, Vol.25, No.4, 536-543, 2004.
85)Mitsuo Shimada, Hideki Ijichi, Yusuke Yonemura, Noboru Harada, Satoko Shiotani, Mizuki Ninomiya, Tomoharu Yoshizumi, Yuji Soejima, Taketoshi Suehiro and Yoshihiko Maehara : Is graft size a major risk factor in living-donor adult liver transplantation?, Transplant International, Vol.17, No.6, 310-316, 2004.
86)Kyongsong Kim, Shozo Yamada, Masaaki Usui and Toshiaki Sano : Preoperative identification of clearly separated double pituitary adenomas, Clinical Endocrinology, Vol.61, No.1, 26-30, 2004.
87)Yoshihiro Touda, Kenji Mori, Toshiaki Hashimoto, Masahito Miyazaki and Yasuhiro Kuroda : [Efficacy of secretin for the treatment of autism]., No to Hattatsu, Vol.36, No.4, 289-295, 2004.
88)Michiyo Yokoo, Kokichi Arisawa and Osamu Nakagomi : Estimation of annual incidence, age-specific incidence rate, and cumulative risk of rotavirus gastroenteritis among children in Japan, Japanese Journal of Infectious Diseases, Vol.57, No.4, 166-171, 2004.
89)Toshiyuki Mikami, Toyoko Nakagomi, Rika Tsutsui, Kazuko Ishikawa, Yohko Onodera, Kokichi Arisawa and Osamu Nakagomi : An outbreak of gastroenteritis during school trip caused by serotype G2 group A rotavirus., Journal of Medical Virology, Vol.73, No.3, 460-464, 2004.
90)松本 和也, 中西 秀樹, 山中 健生, 橋本 一郎, 久保 宜明 : 血管拡張性肉芽腫に対する硬化療法の工夫, 臨床皮膚科, Vol.58, No.8, 681-683, 2004年.
91)Fumihiro Sugahara, Tsuneo Uchiyama, Hitoshi Watanabe, Yukie Shimazu, Masaru Kuwayama, Yutaka Fujii, Katsuhiro Kiyotani, Akio Adachi, Nobuoki Kohno, Tetsuya Yoshida and Takemasa Sakaguchi : Paramyxovirus Sendai virus-like particle formation by expression of multiple viral proteins and acceleration of its release by C protein., Virology, Vol.325, No.1, 1-10, 2004.
92)Takashi Sakai, Li Liu, Xichuan Teng, Rika Mukai-Sakai, Hidenori Shimada, Ryuji Kaji, Tasuku Mitani, Mitsuru Matsumoto, Kazunori Toida, Kazunori Ishimura, Yuji Shishido, Tak W. Mak and Kiyoshi Fukui : Nucling Recruits Apaf-1/Pro-caspase-9 Complex for the Induction of Stress-Induced Apoptosis, The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.39, 41131-41140, 2004.
93)川添 僚也, 小野 公嗣, 朴 煥埼, 頼田 和子, 冨田 優美子, 福井 清 : D-アミノ酸バイオシステムによる哺乳類の中枢神経機能の制御, --- 脳内在性D-セリンとD-アミノ酸酸化酵素の役割 ---, 化学と生物, Vol.42, No.7, 426-428, 2004年.
94)Song Her, Hideki Arimochi and Kyoji Morita : Nerve growth factor induces elevation of steroid 5alpha-reductase mRNA levels in rat C6 glioma cells through expression of transcription factor Egr-1, Brain Research. Molecular Brain Research, Vol.126, No.2, 157-164, 2004.
95)宇野 昌明, 里見 淳一郎, 鈴江 淳彦, 中嶌 敦夫, 佐藤 浩一, 永廣 信治, 米田 和英, 森田 奈緒美, 原田 雅史 : Stroke MRIによる急性期脳虚血の診断と治療, 脳卒中の外科, Vol.32, No.4, 262-266, 2004年.
96)Takashi Kawano, Shuzo Oshita, Akira Takahashi, Yasuo Tsutsumi, Yoshinobu Tomiyama, Hiroshi Kitahata, Yasuhiro Kuroda and Yutaka Nakaya : Molecular Mechanisms of the Inhibitory Effects of Bupivacaine, Levobupivacaine, and Ropivacaine on Sarcolemmal Adenosine Triphosphate-sensitive Potassium Channels in the Cardiovascular System., Anesthesiology, Vol.101, No.2, 390-398, 2004.
97)Hidekazu Arai, Akira Mizuno, Kaoru Matsuo, Makiko Fukaya, Hajime Sasaki, Hirofumi Arima, Motoi Matsuura, Yutaka Taketani, Toshio Doi and Eiji Takeda : Effect of a novel palatinose-based liquid balanced formula (MHN-01) on glucose and lipid metabolism in male Sprague-Dawley rats after short- and long-term ingestion., Metabolism: Clinical and Experimental, Vol.53, No.8, 977-983, 2004.
98)Kazuaki Mawatari, Kakui Sae, Nagakatsu Harada, Takamasa Ohnishi, Yasuharu Niwa, Kazuko Okada, Akira Takahashi, Keisuke Izumi and Yutaka Nakaya : Endothelin-1(1 31) levels are increased in atherosclerotic lesions of the thoracic aorta of hypercholesterolemic hamsters, Atherosclerosis, Vol.175, No.2, 203-212, 2004.
99)Yuka Takehara, Kazuhiro Mori, Takuji Edagawa, Mayumi Sugimoto, Hiroo Takehara, Michinori Ito and Yasuhiro Kuroda : Presumed hypoplastic intrahepatic portal system due to patent ductus venosus: Importance of direct pcclusion test of ductus venosus under open laparotomy, Pediatrics International, Vol.46, No.4, 484-486, 2004.
100)Eiji Takeda, Junji Terao, Yutaka Nakaya, Ken-ichi Miyamoto, Yoshinobu Baba, Hiroshi Chuman, Ryuji Kaji, Tetsuro Ohmori and Kazuhito Rokutan : Stress control and human nutrition, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3-4, 139-145, 2004.
101)Yuken Ohmine, Tadaoki Morimoto, Yohsuke Kinouchi, Tadamitsu Iritani, Mieko Takeuchi, Mari Haku and Hiromu Nishitani : Basic study of new diagnostic modality according to non-invasive measurement of the electrical conductivity of tissues, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3,4, 218-225, 2004.
102)Moe Kyaw, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu and Toshiaki Tamaki : Atheroprotective effects of antioxidants through inhibition of mitogen-activated protein kinases, Acta Pharmacologica Sinica, Vol.25, No.8, 977-985, 2004.
103)YUYING C. HWANG, MICHIYO KANEKO, SOLIMAN BAKR, HUI LIAO, YAN LU, ERIN R. LEWIS, SHIDU YAN, II SETSUKO, Mitsuo Itakura, LIU RUI, HAL SKOPICKI, SHUNICHI HOMMA, ANN MARIE SCHMIDT, PETER J. OATES, MATTHIAS SZABOLCS and RAVICHANDRAN RAMASAMY : Central role for aldose reductase pathway in myocardial ischemic injury, The FASEB journal, Vol.18, No.11, 1192-1199, 2004.
104)Jun Sugimura, Ximing J. Yang, Maria S. Tretiakova, Masayuki Takahashi, Eric J. Kort, Barbara Fulton, Tomoaki Fujioka, Nicholas J. Vogelzang and Bin Tean Teh : Gene expression profiling of mesoblastic nephroma and Wilms tumors comparison and clinical implications, Urology, Vol.64, No.2, 362-368, 2004.
105)Xiao Wu, Elena Rabkin-Aikawa, Kristine J Guleserian, Tjorvi E Perry, Yutaka Masuda, Fraser W H Sutherland, Frederick J Schoen, John Mayer E Jr and Joyce Bischoff : Tissue-engineered microvessels on three-dimensional biodegradable scaffolds using human endothelial progenitor cells, American Journal of Physiology, Heart and Circulatory Physiology, Vol.287, No.2, H480-H487, 2004.
106)Masaki Hanibuchi, Seiji Yano, Nobutaka Edakuni, Mami Inayama and Saburo Sone : A case of early-stage lung cancer detected by autofluorescence bronchoscopy, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3-4, 234-237, 2004.
107)Wing Y. Au, Charmaine Hon, Alex CL Chan, Toshiaki Sano and Henry H. Chan : Vitiligo as a paraneoplastic syndrome preceding pituitary adenoma and subsequent acute lymphoblastic leukemia., Leukemia & Lymphoma, Vol.45, No.8, 1683-5, 2004.
108)Hideki Otsuka, Akiko Kubo, Graham Michael and Hiromu Nishitani : The relationship between standard uptake value (SUV) and Hounsfield Unit (HU) of oral contrast agent for FDG-PET/CT study., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3-4, 226-229, 2004.
109)小林 礼子, 西池 季隆, 神原 留美, 荻野 仁, 久保 武, 武田 憲昭 : 耳症状初発の限局型Wegener肉芽腫症例, 耳鼻咽喉科臨床, Vol.97, No.8, 685-690, 2004年.
110)Masato Okamoto, Sachiko Furuichi, Yasuhiko Nishioka, Tetsuya Oshikawa, Tomoyuki Tano, Sharif Uddin Ahmed, Kiyoshi Takeda, Shizuo Akira, Yoshiki Ryoma, Yoichiro Moriya, Motoo Saito, Saburo Sone and Mitsunobu Sato : Expression of Toll-Like Receptor 4 on Dendritic Cells Is Significant for Anticancer Effect of Dendritic Cell-Based Immunotherapy in Combination with an Active Component of OK-432, a Streptococcal Preparation, Cancer Research, Vol.64, No.15, 5461-5470, 2004.
111)Shigetada Kondo, Kazumi Kondo, Prado-Lourenco Leonel, Gonzalez-Herrera Gabriela Irma, Kazuhito Rokutan, bayard Francis, Arnal Jean-Francois and Prats Anne-Catherine : Hyperglycemia upregulates translation of the fibroblast growth factor 2 mRNA in mouse aorta via internal ribosome entry site, The FASEB journal, Vol.18, No.13, 1583-1585, 2004.
112)Moe Kyaw, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Yoshiko Fujita, Nermin Ali, Keisuke Ishizawa, Aiko Yamauchi and Toshiaki Tamaki : Antioxidant effects of stereoisomers of N-acetylcysteine (NAC), L-NAC and D-NAC, on angiotensin II-stimulated MAP kinase activation and vascular smooth muscle cell proliferation, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.95, No.4, 483-486, 2004.
113)Hiroko Akiyoshi, Shigetsugu Hatakeyama, Jukka Pitkanen, Yasuhiro Mouri, Vassilis Doucas, Jun Kudoh, Kyoko Tsurugaya, Daisuke Uchida, Akemi Matsushima, Kiyotaka Oshikawa, Keiichi I. Nakayama, Nobuyoshi Shimizu, Part Peterson and Mitsuru Matsumoto : Subcellular expression of autoimmune regulator is organized in a spatiotemporal manner, The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.32, 33984-33991, 2004.
114)Tomoo Ueno, Fumi Saito, Daniel H.D. Gray, Sachiyo Kuse, Kunio Hieshima, Hideki Nakano, Terutaka Kakiuchi, Martin Lipp, Richard L. Boyd and Yousuke Takahama : CCR7 signals are essential for cortex-to-medulla migration of developing thymocytes., The Journal of Experimental Medicine, Vol.200, No.4, 493-505, 2004.
115)Yasushi Tanaka, Toshiaki Sano, Zhi-Rong Qian and Mitsuyoshi Hirokawa : Expression of adhesion molecules and cytokeratin 20 in merkel cell carcinomas.Endocr Pathol, Endocrine Pathology, Vol.15, No.2, 117-129, 2004.
116)Kumiko Tominaga, Junko Matsuda, Makiko Kido, Etsuo Naito, Ichiro Yokota, Kazunori Toida, Kazunori Ishimura, Kunihiko Suzuki and Yasuhiro Kuroda : Genetic Background Markedly Influences Vulnerability of the Hippocampal Neuronal Organization in the ''Twitcher'' Mouse Model of Globoid Cell Leukodystrophy, Journal of Neuroscience Research, Vol.77, No.4, 507-516, 2004.
117)Satoko Shiotani, Mitsuo Shimada, Taketoshi Suehiro, Yuji Soejima, Tomoharu Yosizumi, Hiroaki Shimokawa and Yoshihiko Maehara : Involvement of Rho-kinase in cold ischemia-reperfusion injury after liver transplantation in rats, Transplantation, Vol.78, No.3, 375-382, 2004.
118)Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Michiko Yamashita, Toshiki Sudo, Hideki Hayashi, Yoshihisa Yamada, Fuminari Endoh, Mitsunori Fujimura, Tomonori Yoshida, Hiroshi Yamaguchi, Shunji Hashizume, Midori Kato, Kimihiro Yoshimura, Yoko Yamamoto, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Disruption of nuclear vitamin D receptor gene causes enhanced thrombogenicity in mice, The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.34, 35798-35802, 2004.
119)藤中 雄一, 吉田 守美子, 鈴木 康博, 井上 大輔, 松本 俊夫, 影治 照喜, 松﨑 和仁, 岡崎 敏之, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 隈 晴二, 佐野 壽昭, 新谷 保実, 福本 礼 : 片側性副腎腫瘤を合併した Cushing 病の1例, ホルモンと臨床, Vol.52, 135-140, 2004年.
120)小倉 邦博, 三笠 洋明 : バイアグラ(一般名:クエン酸シルデナフィル)の使用経験と前後研究による効果評価, --- 第2編:バイアグラの臨床効果と性交の満足の構造について ---, 四国医学雑誌, Vol.60, No.3-4, 87-93, 2004年.
121)Yoshihiko Fujita, Shin-ichi Kubo, Yasushi Yoshida, Itsuo Tokunaga, Takako Gotohda and Akiko Ishigami : Application of AmpFlSTR ProfilerTM PCR Amplification kit for a personal identification of the putrefied cadaver, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3-4, 243-246, 2004.
122)Yasushi Yoshida, Yoshihiko Fujita and Shin-ichi Kubo : A forensic casework of personal identification from a mixed body fluid with different gender by Y-STRs analysis, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3-4, 238-242, 2004.
123)三好 弘一, 山本 康代, 西谷 弘 : 教育訓練の受講回数とRI使用の有無の教育効果へ与える影響, 日本放射線安全管理学会誌, Vol.3, No.1, 27-33, 2004年.
124)Yuka Jinnouchi, Shinji Kawahito, Hiroshi Kitahata, Katsuya Tanaka, Junpei Nozaki and Shuzo Oshita : Anesthetic management of a patient undergoing cardioverter defibrillator implantation: usefulness of transesophageal echocardiography and near infrared spectroscopy., Journal of Anesthesia, Vol.18, No.3, 220-223, 2004.
125)Youichi Sato, Hirofumi Shibata, Tsutomu Arai, Akira Yamamoto, Yousuke Okimura, Naokatu Arakaki and Tomihiko Higuti : Variation in synergistic activity by flavone and its related compounds on the increased susceptibility of various strains of methicillin-resistant Staphylococcus aureus to β-lactam antibiotics, International Journal of Antimicrobial Agents, Vol.24, No.3, 226-233, 2004.
126)Yuki Hayashi, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Shin-ichi Tsukumo, Hitomi Fukui, Kenji Kishihara, Hiroshi Shiota, Koji Yasutomo and Yoshio Hayashi : Effective Treatment of a Mouse Model of Sjogren's Syndrome With Eyedrop Administrasiton of Anti-CD4 Monoclonal Antibody, Arthritis and Rheumatism, Vol.50, No.9, 2903-2910, 2004.
127)Kaori Akai, Koichiro Tsuchiya, Akira Tokumura, Kentaro Kogure, Satoru Ueno, Akira Shibata, Toshiaki Tamaki and Kenji Fukuzawa : Ability of ferric nitrilotriacetate complex with three pH-dependent conformations to induce lipid peroxidation., Free Radical Research, Vol.38, No.9, 951-962, 2004.
128)Yoshihiro Fukui, Makoto Ema, Michio Fujiwara, Hashihiro Higuchi, Minoru Inouye, Takayuki Iwase, Takahide Kihara, Tatsuya Nishimura, Akihide Oi, Yojiro Ooshima, Hiroki Otani, Mitsuhiro Shinomiya, Kozo Sugioka, Tsunekazu Yamano, Keisuke H. Yamashita and Takashi Tanimura : Comments from the Behavioral Teratology Committee of the Japanese Teratology Society on OECD Gudeline for the Testing of Chemicals, Proposal for a New Guideline 426, Developmental Neurotoxicity Study, Draft Document (September 2003), Congenital Anomalies, Vol.44, No.3, 172-177, 2004.
129)Miyuki Kanematsu, Koichi Satoh, Norio Nakajima, Fusamitsu Hamazaki and Shinji Nagahiro : Ruptured aneurysm arising from a basilar artery fenestration and associated with a persistent primitive hypoglossal artery, --- Case report and review of the literature ---, Journal of Neurosurgery, Vol.101, No.3, 532-535, 2004.
130)Yoshihiko Fujita, Shin-ichi Kubo, Itsuo Tokunaga, Osamu Kitamura, Takako Gotohda and Akiko Ishigami : Influence of Post-mortem Changes on DNA typing (D1S80, TH01, HLA DQA 1, and PM typing system): Case studies for personal identification, Legal Medicine, Vol.6, No.3, 143-159, 2004.
131)Hiromi Sakata-Haga, Kazuhiko Sawada, Takamasa Ohnishi and Yoshihiro Fukui : Hydrocephalus following prenatal exposure to ethanol., Acta Neuropathologica, Vol.108, No.5, 393-398, 2004.
132)Kazuyoshi Kitaoka, Risa Ito, Hideo Araki, Hiroyoshi Sei and Yusuke Morita : Effect of mood state on anticipatory postural adjustments., Neuroscience Letters, Vol.370, No.1, 65-68, 2004.
133)Satoshi Ugi, Takeshi Imamura, Hiroshi Maegawa, Katsuya Egawa, Ken Yoshizaki, Kun Shi, Toshiyuki Obata, Yousuke Ebina, Atsunori Kashiwagi and J. M. Olefsky : Protein Phosphatase 2A Negatively Regulates insulin's Metabolic Signaling Pathway by Inhibiting AKT (Protein Kinase B) Activity in 3T3-L1 Adipocytes., Molecular and Cellular Biology, Vol.24, No.19, 8778-8789, 2004.
134)Hideko Nagasawa, Hideyuki Sasaki, Yoshihiro Uto, Shin-ichi Kubo and Hitoshi Hori : Association of the Macrophage Activating Factor (MAF) Precursor Activity with Polymorphism in Vitamin D-binding Protein, Anticancer Research, Vol.24, No.5c, 3361-3366, 2004.
135)Noboru Takamura, Tatsuro Kondoh, Syohei Ohgi, Kokichi Arisawa, Mariko Mine, Shunichi Yamashita and Kiyoshi Aoyagi : Abnormal folic acid homocysteine metabolism as maternal risk factors for Down syndrome in Japan., European Journal of Nutrition, Vol.43, No.5, 285-287, 2004.
136)Ahmad Piroozmand, Hajime A Koyama, Yoshiko Shimada, Mikako Fujita, Tsutomu Arakawa and Akio Adachi : Role of Us3 gene of herpes simplex virus type 1 for resistance to interferon, International Journal of Molecular Medicine, Vol.14, No.4, 641-645, 2004.
137)Hideji Tanaka, Takashi Oki, Tomotsugu Tabata, Hirotsugu Yamada, Kenji Harada, Eriko Kimura, Yoshifumi Oishi, Takeo Ishimoto and Susumu Ito : Losartan improves regional left ventricular systolic and diastolic function in patients with hypertension, --- Accurate evaluation using a newly developed color-coded tissue Doppler imaging technique ---, Journal of Cardiac Failure, Vol.10, No.5, 412-420, 2004.
138)Koji Nakagawa, Shuji Yamano, Masaharu Kamada, Masahiko Maegawa, Akira Tokumura, Minoru Irahara and Hidekazu Saito : Sperm-immobilizing antibodies suppress an increase in the plasma membrane fluidity of human spermatozoa, Fertility and Sterility, Vol.82, No.Supplement 3, 1054-1058, 2004.
139)Masashi Akaike, Wenyi Che, Nicole-Lerner Marmarosh, Shinsuke Ohta, Masaki Osawa, Bo Ding, Bradford C. Berk, Chen Yan and Jun-ichi Abe : The Hinge-Helix 1 Region of Peroxisome Proliferator-Activated Receptor γ1 (PPARγ1) Mediates Interaction with Extracellular Signal-Regulated Kinase 5 and PPARγ1 Transcriptional Activation, --- Involvement in Flow-Induced PPARγ Activation in Endothelial Cells ---, Molecular and Cellular Biology, Vol.24, No.19, 8691-8704, 2004.
140)Norio Nakajima, Shinji Nagahiro, Shunji Matsubara and Koichi Satoh : Ruptured de novo thrombotic giant aneurysm induced by ethyl 2-cyanoacrylate, --- Case report ---, Surgical Neurology, Vol.62, No.4, 346-351, 2004.
141)Mohammad A. Jamous, Koichi Satoh, Junichiro Satomi, Shunji Matsubara, Norio Nakajima, Masaaki Uno and Shinji Nagahiro : Detection of Enlarged Cortical Vein by Magnetic Resonance Imaging Contributes to Early Diagnosis and Better Outcome for Patients With Anterior Cranial Fossa Dural Arteriovenous Fistula, Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.44, No.10, 516-521, 2004.
142)Akiko Ishigami, Shin-ichi Kubo, Kazuya Ikematsu, Osamu Kitamura, Itsuo Tokunaga, Takako Gotohda and Ichiro Nakasono : An adult autopsy case of acute encephalopathy associated with influenza A virus, Legal Medicine, Vol.6, No.4, 252-255, 2004.
143)S. Hino, Takashi Yamaoka, Y. Yamashita, T. Yamada, J. Hata and Mitsuo Itakura : In vivo proliferation of differentiated pancreatic islet beta cells in transgenic mice expressing mutated cyclin-dependent kinase 4, Diabetologia, Vol.47, No.10, 1819-1830, 2004.
144)Tomomi Kuwahara, Atsushi Yamashita, Hideki Hirakawa, Haruyuki Nakayama, Hidehiro Toh, Natsumi Okada, Satoru Kuhara, Masahira Hattori, Tetsuya Hayashi and Yoshinari Ohnishi : Genomic analysis of Bacteroides fragilis reveals extensive DNA inversions regulating cell surface adaptation, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.101, No.41, 14919-14924, 2004.
145)Kunihiro Tsuchida, Masashi Nakatani, Takashi Matsuzaki, Norio Yamakawa, Zhong-Hui Liu, YongLi Bao, Koji Y. Arai, Tatsuya Murakami, Yuka Takehara, Akira Kurisaki and Hiromu Sugino : Novel factors in regulation of activin signaling, Molecular and Cellular Endocrinology, Vol.225, No.1-2, 1-8, 2004.
146)Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Atsushi Shioyasono, Keiji Moriyama, Toshihiro Hashimoto, Shinsuke Kido, Takashi Oshima, Hironobu Shibata, Shuji Ozaki, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Osteoclasts enhance myeloma cell growth and survival via cell-cell contact: a vicious cycle between bone destruction and myeloma expansion., Blood, Vol.104, No.8, 2484-2491, 2004.
147)Makoto Kunishige, Takao Mitsui, Hiide Yoshino, Atsuko Asano, Miho Tsuruo, Itsuro Endo, Fumikazu Yagi and Toshio Matsumoto : Isolated cranial neuropathy associated with anti-glycolipid antibodies, Journal of the Neurological Sciences, Vol.225, No.1-2, 51-55, 2004.
148)Carola J. Haven, Viive M. Howell, Paul C. H. Eilers, Robert Dunne, Masayuki Takahashi, Marjo van Puijenbroek, Kyle Furge, Job Kievit, Min-Han Tan, Gert Jan Fleuren, Bruce G. Robinson, Leigh W. Delbridge, Jeanette Philips, Anne E. Nelson, Ulf Krause, Henning Dralle, Cuong Hoang-Vu, Oliver Gimm, Hans Morreau, Deborah J. Marsh and Bin T. Teh : Gene Expression of Parathyroid Tumors, --- Molecular Subclassification and Identification of the Potential Malignant Phenotype ---, Cancer Research, Vol.64, No.20, 7405-7411, 2004.
149)Yukiho Tanimoto, Masahiko Yokozeki, Hiura Kenji, Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Toshio Matsumoto, PJ Marie and Keiji Moriyama : A soluble form of fibroblast growth factor receptor 2 (FGFR2) with S252W mutation acts as an efficient inhibitor for the enhanced osteoblastic differentiation caused by FGFR2 activation In Apert syndrome., The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.44, 45926-45934, 2004.
150)Hao Liu, Masaaki Uno, Keiko T. Kitazato, Atsuhiko Suzue, Shiji Manabe, Hiroyuki Yamasaki, Masayuki Shono and Shinji Nagahiro : Peripheral oxidative biomarkers constitute a valuable indicator of the severity of oxidative brain damage in acute cerebral infarction., Brain Research, Vol.1025, No.1-2, 43-50, 2004.
151)Kouichi Yamamoto, Man P. Ngan, Noriaki Takeda, Atsushi Yamatodani and John A. Rudd : Differential activity of drugs to induce emesis and pica behavior in Suncus murinus (house musk shrew) and rats, Physiology & Behavior, Vol.83, No.1, 151-156, 2004.
152)Tomoyuki Yuasa, Rei Kakuhata, Kazuhiro Kishi, Toshiyuki Obata, Yasuo Shinohara, Yoshimi Bando, Keisuke Izumi, Fumiko Kajiura, Mitsuru Matsumoto and Yousuke Ebina : Platelet-derived growth factor stimulates glucose transport in skeletal muscles of transgenic mice specifically expressing PDGF receptor in the muscle, but does not affect blood glucose levels, Diabetes, Vol.53, No.11, 2776-2786, 2004.
153)Yousuke Kawaguchi, Toshimasa Ochi, Yoshihisa Takaishi, Kazuyoshi Kawazoe and Kuo-Hsiung Lee : New Sesquiterpenes from Capsicum annuum, Journal of Natural Products, Vol.67, No.11, 1893-1896, 2004.
154)YUKIKO WATANABE, HIROSHI OHSHIMA, KOH MIZUNO, CHIHARU SEKIGUCHI, MASAO FUKUNAGA, KENJIRO KOHRI, JÖRN RITTWEGER, DIETER FELSENBERG, Toshio Matsumoto and TOSHITAKA NAKAMURA : Intravenous Pamidronate Prevents Femoral Bone Loss and Renal Stone Formation During 90-Day Bed Rest, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.19, No.11, 1771-1778, 2004.
155)Kazuya Kondo, Haruhiko Fujino, Takanori Miyoshi, Hisashi Ishikura, Shoji Sakiyama and Yasumasa Monden : Orthotopically implanted SCID mouse model of human lung cancer suitable for investigating metastatic potential and anticancer drug effects, Oncology Reports, Vol.12, No.5, 991-999, 2004.
156)Shinjiro Takata, Natsuo Yasui, Kiyoshi Nakatsuka and Stuart H Ralston : Evolution of understanding of genetics of Paget's disease of bone and related diseases, Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.22, No.6, 519-523, 2004.
157)Takahiro Sasa, Koichi Sairyo, Naoyuki Yoshida, Mari Fukunaga, Keiko Koga, Makoto Ishikawa and Natsuo Yasui : Continuous muscle stretch prevents disuse muscle atrophy and deterioration of its oxidative capacity in rat tail-suspension models, American Journal of Physical Medicine & Rehabilitation, Vol.83, No.11, 851-856, 2004.
158)久保 弥栄子, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 : 硝子体手術を施行した黄斑円孔を伴うpit macular syndromeの1例, 眼科, Vol.46, No.12, 1785-1790, 2004年.
159)上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 滝川 稚也, 苛原 稔 : 低用量HRT施行中の腰椎骨密度の長期的推移, --- 結合型エストロゲンと酢酸メドロシキプロゲステロンの隔日投与の場合 ---, 産婦人科の実際, Vol.53, No.12, 1951-1955, 2004年.
160)Ning Ge, Yasuhiko Nishioka, Yoichi Nakamura, Yoshio Okano, Kazuo Yoneda, Hirohisa Ogawa, Akemi Sugita, Hiroaki Yanagawa and Saburo Sone : Synthesis and Secretion of Interleukin-15 by Freshly Isolated Human Bronchial Epithelial Cells, International Archives of Allergy and Immunology, Vol.135, No.3, 235-242, 2004.
161)Kazunori Sekine, Takao Imai, Masahiro Morita, Koji Nakamae, Katsuyoshi Miura, Hiromu Fujioka, Takeshi Kubo, Koichi Tamura and Noriaki Takeda : Vertical Canal Function in Normal Subjects and Patients with Benign Paroxysmal Positional Vertigo, Acta Oto-Laryngologica, Vol.124, No.9, 1046-1052, 2004.
162)Satoko Shiotani, Mitsuo Shimada, Yuji Soejima, Tomoharu Yoshizumi, Shinji Uemoto, Tetsuya Kiuchi, Koichi Tanaka and Yoshihiko Maehara : S100beta protein: The preoperative new clinical indicator of brain damage in patients with fulminant hepatic failure, Transplantation Proceedings, Vol.36, No.9, 2713-2716, 2004.
163)Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, Yoshifumi Mizobuchi, H Toi, Y Nakagawa and H Kumada : Radiation injury of boron neutron capture therapy using mixed epithermal- and themal neutron beams in patients with malignant glioma, Applied Radiation and Isotopes, Vol.61, No.5, 1063-1067, 2004.
164)北川 哲也 : 収縮性心膜炎とPTFE心膜用シート, 日本小児循環器学会雑誌, Vol.20, No.6, 632-633, 2004年.
165)Keiichi Goishi, Kouichi Mizuno, Hideki Nakanishi and Takuya Sasaki : Involvement of Rab27 in antigen-induced histamine release from rat basophilic leukemia 2H3 cells, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.324, No.1, 294-301, 2004.
166)Xiangyu Li, Gyosuke Sakashita, Hideki Matsuzaki, Kenji Sugimoto, Keiji Kimura, Fumio Hanaoka, Hisaaki Taniguchi, Koichi Furukawa and Takeshi Urano : Direct association with inner centromere protein (INCENP) activates the novel chromosomal passenger protein, Aurora-C, The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.45, 47201-47211, 2004.
167)Hisatsugu Goto, Seiji Yano, Yuka Matsumori, Hirohisa Ogawa, David C. Blakey and Saburo Sone : Sensitization of Tumor-Associated Endothelial Cell Apoptosis by the Novel Vascular-Targeting Agent ZD6126 in Combination with Cisplatin, Clinical Cancer Research, Vol.10, No.22, 7671-7676, 2004.
168)M Kunishige, Takao Mitsui, B. H. Tan, H. N. Leong, T Takasaki, I Kurane, A Mihara and Toshio Matsumoto : Preferential gray matter involvement in dengue myelitis, Neurology, Vol.63, No.10, 1980-1981, 2004.
169)Daisuke Inoue, Shinsuke Kido and Toshio Matsumoto : Transcriptional Induction of FosB/FosB Gene by Mechanical Stress in Osteoblasts, The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.48, 49795-49803, 2004.
170)Jun-ichi Iga, Takahide Taniguchi and Tetsuro Ohmori : Acute abdominal distension secondary to urinary retention in a patient after alcohol withdrawal., Alcohol and Alcoholism, Vol.40, No.1, 86-87, 2004.
171)Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Rika Aoki, Yasunori Sato, Jiro Nakamoto, Yoshitaka Imoto, Seisuke Okamura, Susumu Ito, Hiroshi Okitsu and Toshiaki Sano : A Treatment Using ST1571 for Jejunal Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST) Accompanied with Liver Metastas and Peritoneal Dissemination, Internal Medicine, Vol.43, No.12, 1151-1156, 2004.
172)Katsuyoshi Tamaki, Ichiro Shimizu, Atsuo Oshio, Hiroshi Fukuno, Hiroshi Inoue, Akemi Tsutsui, Hiroshi Shibata, Nobuya Sano and Susumu Ito : Influence of large intrahepatic blood vessels on the gross and histological characteristics of lesions prpduced by radiofrequency ablation in a pig livermodel, Liver International, Vol.24, No.6, 696-701, 2004.
173)Piyawan Bunpo, Keiko Kataoka, Hideki Arimochi, Haruyuki Nakayama, Tomomi Kuwahara, Yoshimi Bando, Keisuke Izumi, Usanee Vinitketkumnuen and Yoshinari Ohnishi : Inhibitory effects of Centella asiatica on azoxymethane-induced aberrant crypt focus formation and carcinogenesis in the intestines of F344 rats, Food and Chemical Toxicology, Vol.42, No.12, 1987-1997, 2004.
174)Tamiko Nagao, Akiko Yoshida, Akiko Sakurai, Ahmad Piroozmand, Abhay Jere, Mikako Fujita, Tsuneo Uchiyama and Akio Adachi : Determination of HIV-1 infectivity by lymphocytic cell lines with integrated luciferase gene, International Journal of Molecular Medicine, Vol.14, No.6, 1073-1076, 2004.
175)Abhay Jere, Ahmad Piroozmand, Spikanth Tripathy, Ramesh Paranjape, Akiko Sakurai, Mikako Fujita and Akio Adachi : Generation and characterization of HIV-1 clones chimeric for subtypes B and C nef, International Journal of Molecular Medicine, Vol.14, No.6, 1087-1090, 2004.
176)Kenji Endo, Kiminori Yukata and Natsuo Yasui : Influence of age on scapulo-thoracic orientation, Clinical Biomechanics, Vol.19, No.10, 1009-1013, 2004.
177)Masaru Kobayashi, Natsuo Yasui, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Development of Autoimmune Arthritis With Aging Via Bystander T Cell Activation in the Mouse Model of Sjogren's Syndrome, Arthritis and Rheumatism, Vol.50, No.12, 3974-3984, 2004.
178)小谷 泰教, 今津 功貴, 原野 厚志, 高田 恵里, 大森 哲郎 : 作業療法およびデイケア導入により頻発した対人トラブルや衝動行為の改善を認めた慢性疼痛の1例, 精神科, Vol.5, No.6, 458-463, 2004年.
179)黒部 裕嗣, 北市 隆, 富永 崇司, 金村 賦之, 神原 保, 市川 洋一, 島原 祐介, 元木 達夫, 菅野 幹夫, 浦田 将久, 増田 裕, 堀 隆樹, 北川 哲也 : 一時留置型静脈フィルターに捕獲された塞栓の診断と対処, --- 静脈造影法と経食道エコー法の検討 ---, 静脈学, Vol.15, No.3, 253-258, 2004年.
180)Noriaki Takeda, Tsukasa Takaoka, Chizuru Ueda, Naoki Toda, Bukasa Kalubi and Shigeru Yamamoto : Zinc deficiency in patients with idiopathic taste impairment with regard to angiotensin converting enzyme activity, Auris, Nasus, Larynx, Vol.31, No.4, 425-428, 2004.
181)Kazuhiko Sawada, Hiromi Sakata-Haga, Young-Gil Jeong, Md Kalam Abul Azad, Shinya Ohkita and Yoshihiro Fukui : Purkinje cell loss in the cerebellum of ataxic mutant mouse, dilute-lethal: A fractionator study, Congenital Anomalies, Vol.44, No.4, 189-195, 2004.
182)Noboru Harada, Mitsuo Shimada, Shinji Okano, Taketoshi Suehiro, Yuji Soejima, Yukihiro Tomita and Yoshihiko Maehara : IL-12 gene therapy is an effective therapeutic strategy for hepatocellular carcinoma in immunosuppressed mice, The Journal of Immunology, Vol.173, No.11, 6635-6644, 2004.
183)Koichiro Tsuchiya, Yoshiharu Takiguchi, Masumi Okamoto, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Masanori Yoshizumi and Toshiaki Tamaki : Malfunction of vascular control in lifestyle-related diseases : formation of systemic hemoglobin-nitric oxide Complex(HbNO) From Dietary Nitrite, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.96, No.4, 395-400, 2004.
184)Masayuki Iki, Takashi Akiba, Toshio Matsumoto, Harumi Nishino, Sadanobu Kagamimori, Yoshiko Kagawa and Hideo Yoneshima : Reference database of biochemical markers of bone turnover for the Japanese female population. Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) Study, Osteoporosis International, Vol.15, No.12, 981-991, 2004.
185)Soji Kakiuchi, Yataro Daigo, Nobuhisa Ishikawa, Chiyuki Furukawa, Tatsuhiko Tsunoda, Seiji Yano, Kazuhiko Nakagawa, Takashi Tsuruo, Nobuoki Kohno, Masahiro Fukuoka, Saburo Sone and Yusuke Nakamura : Prediction of sensitivity of advanced non-small cell lung cancers to gefitinib (Iressa, ZD1839), Human Molecular Genetics, Vol.13, No.24, 3029-3043, 2004.
186)Makoto Hiromura, Futoshi Okada, Toshiyuki Obata, Daniel Auguin, Takeshi Shibata, Christian Roumenstand and Masayuki Noguchi : Inhibition of Akt kinase activity by a peptide spanning the beta A strand of the protooncogene TCL1, The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.51, 53407-53418, 2004.
187)佐藤 陽一, 新家 利一, 陳 剛, 閻 洪涛, 坂本 梢, 楊 新軍, 梅野 真由美, 中堀 豊 : 性分化と精子形成機構に対するプロテオミクスからのアプローチ, 四国医学雑誌, Vol.60, No.5-6, 168-171, 2004年.
188)里見 淳一郎, 永廣 信治 : 遺伝性出血性毛細血管拡張症と動物モデル(第24回日本脳神経外科コングレス「脳動静脈奇形の基礎と臨床」発表演題), 脳神経外科ジャーナル, Vol.13, No.12, 830-836, 2004年.
189)Naoki Kimura, Shigeto Kawai, Yasuko Kinoshita, Takahiro Ishiguro, Yumiko Azuma, Shuji Ozaki, Masahiro Abe, Masamichi Sugimoto, Yuichi Hirata, Tetsuro Orita, Hisafumi Okabe, Toshio Matsumoto and Masayuki Tsuchiya : 2D7 diabody bound to the α2 domain of HLA class I efficiently induces caspase-independent cell death against malignant and activated lymphoid cells, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.325, No.4, 1201-1209, 2004.
190)森園 周祐, 中牟田 誠, 国府島 庸之, 宮城 譲, 吉本 剛志, 有村 英一郎, 古藤 和浩, 遠城寺 宗近, 副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 島田 光生, 前原 喜彦, 名和田 新 : 九州大学病院第三内科における急性肝不全の治療, --- 生体肝移植への適応検討 ---, 福岡医学雑誌, Vol.95, No.12, 321-331, 2004年.
191)Masumi Okamoto, Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Yuki Izawa, Masanori Yoshizumi, Susumu Kagawa and Toshiaki Tamaki : Nitrite-derived nitric oxide formation following ischemia-reperfusion injyury in kidney., American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.288, No.1, 182-187, 2005.
192)Cunlan Liu, Tomoo Ueno, Sachiyo Kuse, Fumi Saito, Takeshi Nitta, Luca Piali, Hideki Nakano, Terutaka Kakiuchi, Martin Lipp, Georg A. Hollander and Yousuke Takahama : The role of CCL21 in recruitment of T-precursor cells to fetal thymi, Blood, Vol.105, No.1, 31-39, 2005.
193)山口 浩司, 野村 昌弘, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山田 博胤, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良, 伊東 進 : 最大酸素摂取量と血中ホモシステインとの関連性:トータル·ヘルス·プロモーション·プラン検診による検討, 心臓, Vol.37, 37-38, 2005年.
194)H. Omori, Takao Mitsui, M. Kunishige, I. Endo, K. Takahashi and Toshio Matsumoto : Systemic muscular inflammation in a patient with recurrent orbital myositis, Clinical Neuropathology, Vol.24, No.4, 191-193, 2005.
195)Takanori Miyoshi, Kazuya Kondo, Haruhiko Fujino, Yuji Takahashi, Naruhiko Sawada, Shoji Sakiyama, Masaru Tsuyuguch, Suguru Kimura, Masayuki Sumitomo and Yasumasa Monden : Thymidylate Synthase and Dihydropyrimidine Dehydrogenase in Non-small Cell Lung Cancer: Relationship between mRNA Expression and Activity, Anticancer Research, Vol.25, No.2A, 923-930, 2005.
196)坂東 信泰, 渡辺 珠美, 友竹 正人, 谷口 隆英, 大森 哲郎 : 低Na血症を認めなかったにもかかわらず中心性橋髄鞘崩壊症を合併した摂食障害の1例, 心療内科, Vol.9, No.2, 137-141, 2005年.
197)Hiromichi Yokoi, Yoshihiro Tsuruo, Shiro Kominami, Takeshi Yamazaki, 石村 和敬 : Distributions of Steroid 5α-Reductase and 17α-Hydroxylase/C17,20-lyase (P450c17) Immunoreactivities in Rat Gastric Mucosa, Acta Histochemica et Cytochemica, Vol.38, No.1, 61-67, 2005年.
198)Shusuke Nakanishi, Tomomi Kuwahara, Haruyuki Nakayama, Mamoru Tanaka and Yoshinari Ohnishi : Rapid Species Identification and Partial Strain Differentiation of Clostridium butyricum by PCR Using 16S-23S rDNA Intergenic Spacer Regions, Microbiology and Immunology, Vol.49, No.7, 613-621, 2005.
199)Kyoji Morita and Hideki Arimochi : High salt culture conditions suppress proliferation of rat C6 glioma cells by arresting cell-cycle progression at S-phase, Journal of Molecular Neuroscience : MN, Vol.27, No.3, 293-301, 2005.
200)Seiji Yano, Emiko Nakataki, Shinsaku Ohtsuka, Mami Inayama, Hideki Tomimoto, Nobutaka Edakuni, Soji Kakiuchi, Naoki Nishikubo, Hiroaki Muguruma and Saburo Sone : Retreatment of Lung Adenocarcinoma Patients With Gefitinib Who Had Experienced Favorable Results From Their Initial Treatment With This Selective Epidermal Growth Factor Receptor Inhibitor: A Report of Three Cases, Oncology Research, Vol.15, No.2, 107-111, 2005.
201)Takeshi Usui, Shoichiro Izawa, Toshiaki Sano, Tetsuya Tagami, Daisuke Nagata, Akira Shimatsu, Jun A Takahashi and Mitsuhide Naruse : Clinical and Molecular Features of a TSH-Secreting Pituitary Microadenoma, Pituitary, Vol.8, No.2, 127-34, 2005.
202)Kyongsong Kim, Shozo Yamada, Masaaki Usui and Toshiaki Sano : Co-localization of honeycomb golgi and ACTH granules in a giant ACTH-producing pituitary adenoma, Endocrine Pathology, Vol.16, No.3, 239-44, 2005.
203)武田 憲昭, 関根 和教, 上枝 仁美, 佐藤 豪 : メニエール病の難聴の長期予後, 平成16年度厚生労働省科学研究補助金 特定疾患対策研究事業 前庭機能異常に関する調査研究報告書, 102-103, 2005年.
204)武田 憲昭, 佐藤 豪, 関根 和教 : 良性発作性頭位めまい症における眼振の性状と治癒期間, 平成16年度厚生労働省科学研究補助金 特定疾患対策研究事業 前庭機能異常に関する調査研究報告書, 104-105, 2005年.
205)Tomoo Ueno, Cunlan Liu, Takeshi Nitta and Yousuke Takahama : Development of T-lymphocytes in mouse fetal thymus organ culture., Methods in Molecular Biology, Vol.290, 117-134, 2005.
206)四宮 加容, 岡本 里江, 木虎 亜希子, 長澤 利彦, 塩田 洋 : 3歳児健診での要精査児の受診結果と問題点, 眼科臨床医報, Vol.99, No.4, 326-329, 2005年.
207)里見 淳一郎, 戸井 宏行, 西 京子, 宇野 昌明, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 近位部閉塞後,瘤増大をきたした出血性解離性椎骨動脈瘤の1例,頭蓋内動脈解離と脳血管内治療, 第12回脳血管内治療仙台セミナー講演集, 2005年.
208)中西 秀樹 : 遊離皮膚移動術の実際(監修), PEPARS, No.2, 1-80, 2005年.
209)中西 秀樹, 高瀬 真記 : レーザー治療最前線① 1.表在性血管腫(単純性血管腫,苺状血管腫)の色素レーザー治療, 日本医事新報, Vol.4255, 33-36, 2005年.
210)山口 普史, 池田 康将, 藤村 光則, 森岡 将臣, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫, 稲山 真美, 埴淵 昌毅 : アミオダロン肺合併症との鑑別を要したマイコプラズマ肺炎合併拡張型心筋症の1例, Progress in Medicine, Vol.25, No.Suppl.1, 1552-1556, 2005年.
211)影治 照喜, 永廣 信治, 戸井 宏行, 溝渕 佳史, 中川 義信 : 脳腫瘍の診断と治療 -最新の研究動向- VI. 脳腫瘍の治療 放射線療法 中性子捕捉療法 -現状と問題点-, 日本臨牀, Vol.63, 442-446, 2005年.
212)Kenji Yagi, Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro and Y Murayama : Multiple cystic cavernous angiomas associated with hemorrhage, Acta Neurochirurgica, Vol.147, No.2, 201-203, 2005.
213)Akiko Ishigami, Itsuo Tokunaga, Shin-ichi Kubo and Takako Gotohda : Immunohistochemical study of rat spermatogenesis after toluene inhalation, Legal Medicine, Vol.7, No.1, 42-46, 2005.
214)Osamu Kitamura, Takako Gotohda, Akiko Ishigami, Itsuo Tokunaga, Shin-ichi Kubo and Nakasono Ichiro : Effect of hypothermia on postmortem alterations in MAP2 immunostaining in the human hippocampus, Legal Medicine, Vol.7, No.5, 340-344, 2005.
215)Susumu Ito, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, T. Kimura, H. Yano, Y. Imoto, M. Kaji, R. Aoki and Seisuke Okamura : A Novel Diagnostic Method for Evaluation of Vascular Lesions in the Digestive Tract Using Infrared Fluorescence Endoscopy, Endoscopy, Vol.37, No.1, 52-57, 2005.
216)M Kunishige, Takao Mitsui, I Endo and Toshio Matsumoto : Dermatomyositis associated with impairment in both muscle aerobic and anaerobic function, Clinical Neuropathology, Vol.24, No.1, 32-35, 2005.
217)Tomonori Yoshida, Hiroyuki Azuma, Ken-ichi Aihara, Mitsunori Fujimura, Masashi Akaike, Takao Mitsui and Toshio Matsumoto : Vascular smooth muscle cell proliferation is dependent upon upregulation of mitochondrial transcription factor A (mtTFA) expression in injured rat carotid artery, Atherosclerosis, Vol.178, No.1, 39-47, 2005.
218)Shusuke Numata, On Kato, Hitoshi Misawa, Hiroshi Tokuda, Toshihiko Kasahara and Tetsuro Ohmori : Left atrial thrombosis associated with antipsychotic drugs, Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, Vol.29, No.1, 153-155, 2005.
219)Masaaki Uno, Masahumi Harada, Osamu Takimoto, Keiko T Kitazato, Atsuhiko Suzue, Kazuhide Yoneda, Naomi Morita, Hiroyuki Itabe and Shinji Nagahiro : Elevation of plasma oxidized LDL in acute stroke patients is associated with ischemic lesions depicted by DWI and predictive of infarct enlargement, Neurological Research, Vol.27, No.1, 94-102, 2005.
220)Takashi Kawano, Shuzo Oshita, Akira Takahashi, Y Tsutsumi, Katsuya Tanaka, Yoshinobu Tomiyama, Hiroshi Kitahata and Yutaka Nakaya : Molecular mechanisms underlying ketamine-mediated inhibition of sarcolemmal adenosine triphosphate-sensitive potassium channels., Anesthesiology, Vol.102, No.1, 93-101, 2005.
221)Traian V Chirila, Mika Chirila, Yoshito Ikada, Hiroshi Eguchi and Hiroshi Shiota : A Historical Review of Artificial Cornea Research in Japan, --- Artificial Cornea in Japan ---, Japanese Journal of Ophthalmology, Vol.49, No.1, S1-S13, 2005.
222)Yoichi Hirakata, Kokichi Arisawa, Osamu Nishio and Osamu Nakagomi : Multi-prefectural spread of gastroenteritis outbreaks attributable to a single genogroup II norovirus strain from a tourist restaurant in Nagasaki, Japan., Journal of Clinical Microbiology, Vol.43, No.3, 1093-1098, 2005.
223)Eiko Uemura, Masahiro Nomura, Kohzo Uehara, Yuko Sawa, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Relationship between pulse wave velocity and circulatory hemodynamics during upper gastrointestinal endoscopy, Digestive Endoscopy, Vol.17, No.1, 73-80, 2005.
224)Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Shinji Komatsubara, Ttomoya Terai, Natsuo Yasui, K Vijay Goel, Sasidhar Vadapalli, Ashok Biyani and Nabil Ebraheim : Spondylolysis fracture angle in children and adolescents on CT indicates the facture producing force vector A biomechanical rationale., The Internet Journal of Spine Surgery, Vol.1, No.2, 2005.
225)Takahiro Horie, Ichiro Shimizu, Michiyo Okazaki, Kensuke Fujiwara, Soichiro Fujiwara, Koji Yamamoto, Arata Iuchi, Akihito Tanagami, Mitsuyoshi Hirokawa and Susumu Ito : A patient with adult extrahepatic portal obstruction, of which distinction from intrahepatic cholangiocarcinoma was difficult., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3, 203-207, 2005.
226)Tatsuzo Itagaki, Ichiro Shimizu, Xinliang Cheng, Ying Yuan, Atsuo Oshio, Katsuyoshi Tamaki, Hiroshi Fukuno, Hirohito Honda, Yoshihito Okamura and Susumu Ito : Opposing effects of oestradiol and progesterone on intracellular pathways and activation processes in the oxidative stress-induced activation of cultured rat hepatic stellate cells., Gut, Vol.54, No.12, 1782-1789, 2005.
227)Kaori Furutani, Masafumi Harada, Masako Minato, Naomi Morita and Hiromu Nishitani : Regional changes of fractional anisotropy with normal aging using statistical parametric mapping (SPM)., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3,4, 186-190, 2005.
228)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hisanori Uehara, Shusaku Yoshida, Hiromu Nishitani and Hideki Shimazu : Pathologies of the uterine endometrial cavity and unusual manifestations and pitfalls on, European Radiology, Vol.15, No.11, 2244-2255, 2005.
229)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hisanori Uehara, Hideki Shimazu and Hiromu Nishitani : A case of adenomyomatous polyp of the uterus associated with tamoxifen therapy, Radiation Medicine, Vol.23, No.6, 432-434, 2005.
230)Naoki Toda, Katsuhiko Nakamura and Noriaki Takeda : Blink Reflex R2 Recovery Curves in Patients with Facial Palsy within Ten Days after Onset, ORL; Journal for Oto-Rhino-Laryngology and its Related Specialties, Vol.67, No.1, 16-22, 2005.
231)Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Yuka Umino, Masaya Takikawa, Seiichiro Saito, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Hiroyuki Furumoto, Masakazu Miura and Minoru Irahara : Serum estrogen level after hormone replacement therapy and body mass index in postmenopausal and bilaterally ovariectomized women, Maturitas, Vol.50, No.1, 19-29, 2005.
232)Maki Moritani, Seiji Yamasaki, Mitsuhiro Kagami, Takao Suzuki, Takashi Yamaoka, Toshiaki Sano, Jun-Ichi Hata and Mitsuo Itakura : Hypoplasia of endocrine and exocrine pancreas in homozygous transgenic TGF-β1, Molecular and Cellular Endocrinology, Vol.229, No.1-2, 175-184, 2005.
233)Shinya Morimoto, Noriyuki Nishimura, Tomoya Terai, Shinji Manabe, Yasuyo Yamamoto, Wakako Shinahara, Hidenori Miyake, Seiki Tashiro, Mitsuo Shimada and Takuya Sasaki : Rab13 Mediates the Continuous Endocytic Recycling of Occludin to the Cell Surface, The Journal of Biological Chemistry, Vol.280, No.3, 2220-2228, 2005.
234)森川 富昭, 松浦 健二, 金西 計英, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 矢野 米雄 : シラバスに基づくe-Learningシステムを用いた医学·歯学系教育におけるFTF·CMCハイブリッド型授業実践, 日本教育工学会論文誌, Vol.28, No.3, 263-274, 2005年.
235)Takashi Iwase, Noritoshi Nagaya, Takafumi Fujii, Takefumi Itoh, Hatsue Ishibashi-Ueda, Masakazu Yamagishi, Kunio Miyatake, Toshio Matsumoto, Soichiro Kitamura and Kenji Kangawa : Adrenomedullin enhances angiogenic potency of bone marrow transplantation in a rat model of hindlimb ischemia, Circulation, Vol.111, No.3, 356-362, 2005.
236)Susumu Ito, Ichiro Shimizu, Michiyo Okazaki, Kohzo Uehara and Arata Iuchi : A patient with octopus pot-shaped cardial cancer that metastasized to multipleorgans, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1-2, 122-125, 2005.
237)Hirofumi Shibata, Kyoko Kondo, Ryo Katsuyama, Kazuyoshi Kawazoe, Youichi Sato, Kotaro Murakami, Yoshihisa Takaishi, Naokatu Arakaki and Tomihiko Higuti : Alkyl Gallates, Intensifiers of ß-Lactam Susceptibility in Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.49, No.2, 549-555, 2005.
238)Piyawan Bunpo, Keiko Kataoka, Hideki Arimochi, Haruyuki Nakayama, Tomomi Kuwahara, Usanee Vinitketkumnuen and Yoshinari Ohnishi : Inhibitory effects of asiatic acid and CPT-11 on growth of HT-29 cells, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1,2, 65-73, 2005.
239)Tsuyoshi Miki, Tomomi Kuwahara, Haruyuki Nakayama, Natsumi Okada, Keiko Kataoka, Hideki Arimochi and Yoshinari Ohnishi : Simultaneous detection of Bacteroides fragilis group species by leuB-directed PCR, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1,2, 101-108, 2005.
240)Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : The Importance of Notch Signaling in Myeloma Cell-Osteoclast Interactions, BoneKEy Osteovision, Vol.2, No.2, 7-10, 2005.
241)Tsukasa Kawahara, Motoyuki Kohjima, Yuki Kuwano, Hisano Mino, Shigetada Kondo, Ryu Takeya, Shohko Tsunawaki, Akihiro Wada, Hideki Sumimoto and Kazuhito Rokutan : Helicobacter pylori lipopolysaccharide activates Rac1 and transcription of NADPH oxidase Nox1 and its organizer NOXO1 in guines pig gastric mucosal cells, American Journal of Physiology, Cell Physiology, Vol.288, No.2, 450-457, 2005.
242)Kenji Kusumoto, Tsukasa Kawahara, Yuki Kuwano, Shigetada Kondo, Kyoko Morita, Kyoichi Kishi and Kazuhito Rokutan : Ecabet sodium inhibits Helicobacter pylori lipopolysaccharide-induced activation of NADPH oxidase 1 or apoptosis of guinea pig gastric mucosal cells, American Journal of Physiology, Gastrointestinal and Liver Physiology, Vol.288, No.2, G300-G307, 2005.
243)林 しの, 江口 洋, 長澤 利彦, 塩田 洋 : 角膜白斑に対する深層角膜移植術後にUrrets-Zavalia症候群をきたした2例, あたらしい眼科, Vol.22, No.2, 221-224, 2005年.
244)Makoto Kimura, Kenji Tani, Junya Miyata, Keiko Sato, Akihito Hayashi, Shinsaku Otsuka, Tomoyuki Urata and Saburo Sone : The significance of cathepsins, thrombin and aminopeptidase in diffuse interstitial lung diseases, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1,2, 93-100, 2005.
245)Kazuyoshi Manabe, Yasuhiko Nishioka, Jun Kishi, Mami Inayama, Yoshinori Aono, Yoichi Nakamura, Fumitaka Ogushi, Hiroyasu Bando, Kenji Tani and Saburo Sone : Elevation of macrophage-derived chemokine in eosinophilic pneumonia: a role of alveolar macrophages, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1,2, 85-92, 2005.
246)Masaki Hanibuchi, Yuka Matsumori, Yasuhiko Nishioka and Saburo Sone : A case of sarcoidosis accompanying squamous cell carcinoma in the mandibular gingiva, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1-2, 118-121, 2005.
247)Yuko Tomemori, Mio Ichiba, Akira Kusumoto, Emiko Mizuno, Daisuke Sato, Shinji Muroya, Masayuki Nakamura, Hiroaki Kawaguchi, Hiroki Yoshida, Shu-ichi Ueno, Kazuki Nakao, Kenji Nakamura, Atsu Aiba, Motoya Katsuki and Akira Sano : A gene-targeted mouse model for chorea-acanthocytosis., Journal of Neurochemistry, Vol.92, No.4, 759-766, 2005.
248)Kokichi Arisawa, Hideo Takeda and Hiroaki Mikasa : Background exposure to PCDDs/PCDFs/PCBs and its potential health effects: a review of epidemiologic studies, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1,2, 10-21, 2005.
249)Kouichi Mizuno, Ayuko Sakane and Takuya Sasaki : Rabring7: A target protein for Rab7 small G protein., Methods in Enzymology, Vol.403, 687-696, 2005.
250)Mikiyo Yamaguchi, Yoshinobu Tomiyama, Tosiko Katayama, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : Involvement of adenosine triphosphate-sensitive potassium channels in the response of membrane potential to hyperosmolality in cultured human aorta endothelial cells., Anesthesia & Analgesia, Vol.100, No.2, 419-426, 2005.
251)Hideki Otsuka, Graham M Michael, Kubo Akiko and Hiromu Nishitani : FDG-PET/CT findings of sarcomatous transformation in neurofibromatosis: a case report, Annals of Nuclear Medicine, Vol.19, No.1, 55-58, 2005.
252)Naomi Morita, Kashihara Kenichi, Tagashira Hiroshi, Hideki Otsuka, Yoneda Kazuhide, Murase Tomoya, Tsujikawa Tetsuya, Furutani Shunsuke, Furutani Kaori, Minato Masako and Hiromu Nishitani : Two cases of retroperitoneal hematoma caused by combination of anticoagulant therapy and 5-fluorouracil, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1,2, 114-117, 2005.
253)Yasunobu Murata, Tomoko Doi, Hisaaki Taniguchi and Yoshinori Fujiyoshi : Proteomic analysis revealed a novel synaptic proline-rich membrane protein (PRR7) associated with PSD-95 and NMDA receptor., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.327, No.1, 183-191, 2005.
254)Akira Nishiyama, Li Yao, Yuyan Fan, Moe Kyaw, Noriyuki Kataoka, Ken Hashimoto, Yukiko Nagai, Emi Nakamura, Masanori Yoshizumi, Takatomi Shokoji, Shoji Kimura, Hideyasu Kiyomoto, Katsuhiko Tsujioka, Masakazu Kohno, Toshiaki Tamaki, Fumihiko Kajiya and Youichi Abe : Involvement of aldosterone and mineralocorticoid receptors in rat mesangial cell proliferation and deformability., Hypertension, Vol.45, No.4, 710-716, 2005.
255)Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Takahiro Sasa, Natsuo Yasui, K Vijay Goel, Sasidhar Vadapalli, Akiyoshi Masuda, Ashok Biyani and Nabil Ebraheim : Athletes With Unilateral Spondylolysis Are at Risk of Stress Fracture at the Contralateral Pedicle and Pars Interarticularis, --- A Clinical and Biomechanical Study ---, The American Journal of Sports Medicine, Vol.33, No.4, 583-590, 2005.
256)棟方 百熊, 近藤 学, 勢井 雅子, 湯浅 京子, 田中 久子, 野村 以徂子, 中堀 豊 : LMS法を用いた小中学生のBMI基準値の作成とCDCとの比較, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.50, No.1, 139-145, 2005年.
257)Noriyuki Kuroda, Tasuku Mitani, Naoki Takeda, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Yoshio Hayashi, Yoshimi Bando, Keisuke Izumi, Takeshi Takahashi, Takashi Nomura, Shimon Sakaguchi, Tomoo Ueno, Yousuke Takahama, Daisuke Uchida, Shijie Sun, Fumiko Kajiura, Yasuhiro Mouri, Hongwei Han, Akemi Matsushima, Gen Yamada and Mitsuru Matsumoto : Development of autoimmunity against transcriptionally unrepressed target antigen in the thymus of Aire-deficient mice, The Journal of Immunology, Vol.174, No.4, 1862-1870, 2005.
258)兼田 康宏, 大森 哲郎 : The Elgin Behaviooral Rating Scale日本語版(JEBRS), 精神医学, Vol.47, No.2, 209-212, 2005年.
259)Mari Hagiwara, Keiko Kataoka, Hideki Arimochi, Tomomi Kuwahara, Haruyuki Nakayama and Yoshinari Ohnishi : Inhibitory effect of fluvastatin on ileal ulcer formation in rats induced by nonsteroidal antiinflammatory drug, World Journal of Gastroenterology : WJG, Vol.11, No.7, 1040-1043, 2005.
260)Takako Gotohda, Itsuo Tokunaga and Shin-ichi Kubo : Toluene inhalation-induced adrenocortical hypertrophy and endocrinological changes in rat, Life Sciences, Vol.76, No.17, 1929-1937, 2005.
261)Akemi Tsutsui, Seisuke Okamura, Naoki Muguruma, Koji Tsujigami, Soichi Ichikawa, Susumu Ito and Kazunori Umino : Three-Dimensional Reconstruction of ENdosonographic Images of Gastric Lesions: Preliminary Experience, Journal of Clinical Ultrasound, Vol.33, No.3, 112-118, 2005.
262)Natsuo Oka, Yasuyo Yamamoto, Masayuki Takahashi, Masaaki Nishitani, Hiro-omi Kanayama and Susumu Kagawa : Expression of angiopoietin-1 and -2, and its clinical significance in human bladder cancer, BJU International, Vol.95, No.4, 660-663, 2005.
263)Huaqing Wang, Akiko Sakurai, Boonruang Khamsri, Tsuneo Uchiyama, Hongxi Gu, Akio Adachi and Mikako Fujita : Unique characteristics of HIV-1 Vif expression, Microbes and Infection, Vol.7, No.3, 385-390, 2005.
264)Hajime Nawata, Satoshi Soen, Ryoichi Takayanagi, Ikuo Tanaka, Kunio Takaoka, Masao Fukunaga, Toshio Matsumoto, Yasuo Suzuki, Hiroyuki Tanaka, Saeko Fujiwara, Takami Miki, Akira Sagawa, Yoshiki Nishizawa and Yoshiki Seino : Guidelines on the management and treatment of glucocorticoid-induced osteoporosis of the Japanese Society for Bone and Mineral Research(2004), Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.23, No.2, 105-109, 2005.
265)谷岡 哲也, 高坂 要一郎, 永峰 勲, 任 福継, 片岡 睦子, 中屋 公子, 多田 敏子, 大坂 京子, 森口 博基, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 伊藤 奈織子, 小田 典子, 木曽 利恵, 延和 佳奈, 山口 友紀子 : 統合失調症用のクリニカルパス及びアウトカム管理の確認項目の作成と重要性の検討, 季刊 こころの臨床, Vol.24, No.1, 103-116, 2005年.
266)Hitoshi Nakahira, Masahito Tomotake and Tetsuro Ohmori : Fluvoxamine induced complex partial seizure in the treatment of bulimia nervosa, General Hospital Psychiatry, Vol.27, No.2, 148-150, 2005.
267)Toshiyuki Yasui, Yuka Umino, Masaya Takikawa, Hirokazu Uemura, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Hiroyuki Furumoto, Masakazu Miura and Minoru Irahara : Effects of postmenopausal hormone therapy every day and every other day on lipid levels according to difference in body mass index, Menopause, Vol.12, No.2, 223-231, 2005.
268)Junichiro Satomi, Koichi Satoh, Shunji Matsubara, Norio Nakajima and Shinji Nagahiro : Angiographic Changes in Venous Drainage of Cavernous Sinus Dural Arteriovenous Fistulae after Palliative Transarterial Embolization or Observational Management, --- A Proposed Stage Classification ---, Neurosurgery, Vol.56, No.3, 494-502, 2005.
269)Jamous A Mohammad, Shinji Nagahiro, Kitazato T Kitazato, Koichi Satoh and Junichiro Satomi : Vascular corrosion casts mirroring early morphological changes that lead to the formation of saccular cerebral aneurysm: an experimental study in rats, Journal of Neurosurgery, Vol.102, No.3, 532-535, 2005.
270)Takao Imai, Kazunori Sekine, Kousuke Hattori, Noriaki Takeda, Izumi Koizuka, Koji Nakamae, Katsuyoshi Miura, Hiromu Fujioka and Takeshi Kubo : Comparing the accuracy of video-oculography and the scleral search coil system in human eye movement analysis, Auris, Nasus, Larynx, Vol.32, No.1, 3-9, 2005.
271)Mitsuo Shimada, Yusuke Yonemura, Hideki Ijichi, Noboru Harada, Satoko Shiotani, Mizuki Ninomiya, Takahiro Terashi, Tomoharu Yoshizumi, Yuji Soejima and Yoshihiko Maehara : Living donor liver transplantation for hepatocellular carcinoma: a special reference to a preoperative des-gamma-carboxy prothrombin value, Transplantation Proceedings, Vol.37, No.2, 1177-1179, 2005.
272)Hiroki Kuniyasu, Seiji Yano, Takamitsu Sasaki, Tomonori Sasahira, Saburo Sone and Hitoshi Ohmori : Colon Cancer Cell-Derived High Mobility Group 1/Amphoterin Induces Growth Inhibition and Apoptosis in Macrophages, The American Journal of Pathology, Vol.166, No.3, 751-760, 2005.
273)Y Takahashi, K Kondo, T Hirose, H Nakagawa, M Tsuyuguchi, M Hashimoto, Toshiaki Sano, A Ochiai and Y Monden : Microsatellite instability and protein expression of the DNA mismatch repair gene, hMLH1, of lung cancer in chromate-exposed workers., Molecular Carcinogenesis, Vol.42, No.3, 150-8, 2005.
274)武久 美奈子, 友竹 正人, : 女子大学生の月経前緊張症, CAMPUS HEALTH, 2005年.
275)Takao Imai, Noriaki Takeda, Atsuhko Uno, T Matsunaga, Kazunori Sekine and Kubo Takeshi : Natural course of the remission of vertigo in patients with benign paroxysmal positional vertigo, Neurology, Vol.64, No.5, 920-921, 2005.
276)Nami Yamamoto, Sakie Tamura, Junko Matsushita and Kazunori Ishimura : Fracture Properties and Microstructure of Chicken Breasts Frozen by Electromagnetic Freezing, Journal of Home Economics of Japan, Vol.56, No.3, 141-151, 2005.
277)Tomoharu Fukumori, Natsuo Oka, Toshinori Kasai, Tatsunori Tyubachi, Masayuki Takahashi, Masa-aki Nishitani, Susumu Kagawa and Hiro-omi Kanayama : Expression of galectin-3 is Associated With Resistance to Anticancer Drug-Induced Apoptosis in prostate Cancer, The Journal of Urology, Vol.173, No.4, 60, 2005.
278)有内 和代, 楊河 宏章, 宮本 登志子, 井村 光子, 西矢 昌子, 中西 りか, 苛原 稔 : 治験の品質向上を目的としたミーティングチェックリストの作成, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.3, No.2, 99-105, 2005年.
279)Kiminori Yukata, Yoshito Matsui, Tomohiro Goto, Takahiro Kubo and Natsuo Yasui : Differential Expression of VEGF Isoforms and VEGF Receptors in Cartilaginous Tumors, Anticancer Research, Vol.25, No.2A, 955-958, 2005.

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)井上 昌幸, 四宮 加容, 内藤 毅, 塩田 洋 : 流行性角結膜炎の院内感染の検討, 臨床眼科, Vol.58, No.5, 823-826, 2004年.
2)松下 新悟, 内藤 毅, 賀島 誠, 塩田 洋 : 糖尿病黄斑浮腫に対する内境界膜除去の検討, 臨床眼科, Vol.58, No.6, 1029-1032, 2004年.
3)Nan Hu and Hiroshi Shiota : Emergence of resistance to carbocyclic oxetanocin G in herpes simplex virus type 1 and genetic analysis of resistant mutants, Acta Pharmacologica Sinica, Vol.25, No.7, 921-926, 2004.
4)吉田 恭史, 藤田 義彦, 徳永 逸夫, 久保 真一 : Y-STRsにより複数人由来体液斑から被疑者を特定した鑑定例, DNA多型, Vol.12, No.0, 151-154, 2004年.
5)Koichiro Kenzaki, Yukiko Hirose, Masafumi Tamaki, Shoji Sakiyama, Kazuya Kondo, Teruo Matsuda and Yasumasa Monden : Novel bronchofiberscopic catheter spray device allows effective anesthetic spray and sputum suctioning, Respiratory Medicine, Vol.98, No.7, 606-610, 2004.
6)Khadka B. Kamal, Takeshi Naito, Makoto Kajima, Hiroshi Shiota, Junsuke Akura and Takayuki Kiryuu : Eye care project in Gaur, Nepal, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3,4, 230-233, 2004.
7)瀧脇 弘嗣 : 湿疹·眼瞼炎型毛包虫症の1例, 臨床皮膚科, Vol.58, No.9, 754-756, 2004年.
8)庄野 佳孝, 南 満芳, 中西 秀樹 : 筋肉内脂肪腫の2例, 松山赤十字病院医学雑誌, Vol.29, No.1, 51-55, 2004年.
9)吉栖 正典, 土屋 浩一郎, 兼松 康久, 玉置 俊晃 : Ⅴ.エンドセリン 薬理作用と生理作用 心筋障害作用, 日本臨牀, Vol.62, No.9, 622-625, 2004年.
10)七條 加奈, 関本 悦子, 三原 愛, 大田 加与, 田中 洋一, 大島 隆志, 柴田 泰伸, 橋本 年弘, 尾崎 修治, 安倍 正博, 松本 俊夫, 若槻 真吾 : Tandem transplantationが有効であった再発·難治性ホジキンリンパ腫の1例, 日本内科学会雑誌, Vol.93, No.10, 2210-2212, 2004年.
11)中村 克彦, 戸田 直紀, 武市 美香, 武田 憲昭 : 生体インピーダンス測定装置による病的共同運動(瞬目時の口唇の偏位)の評価, Facial Nerve Research Japan, Vol.24, 113-115, 2004年.
12)戸田 直紀, 東 貴弘, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 顔面神経麻痺発症早期ENoGの検討, Facial Nerve Research Japan, Vol.24, 70-71, 2004年.
13)金山 博臣, 香川 征, 宇都宮 正登, 川島 周, 炭谷 晴雄, 横関 秀明 : 徳島市前立腺がん検診―平成13∼15年度3年間の比較検討―, 泌尿器外科, Vol.18, No.8, 916-920, 2005年.
14)片山 智子, 齋藤 晴比古, 塩田 洋, 勝沼 信彦 : 涙液中の特殊蛋白検出によるベーチェット病,原田病の診断, 逓信医学, Vol.57, No.3, 203-204, 2005年.
15)Hirotsugu Yamada, E Kimura, H Tanaka, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Effect of Left Ventricular Geometry on Systolic Myocardial Velocity Gradient in Patients With Hypertension., Journal of the American College of Cardiology, Vol.45, No.3A, 273A, 2005.
16)Tomotsugu Tabata, H Tanaka, Hirotsugu Yamada, Y Saito, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Quantitative and Direct Assessment of the Left Atrial Reservoir Function Using Tissue Strain Imaging., Journal of the American College of Cardiology, Vol.45, No.3A, 274A, 2005.
17)Hirotsugu Yamada, Tomotsugu Tabata, K Harada, H Tanaka, T Yoshida, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Quantitative assessment of biphasic response to dobutamine by tissue strain echocardiography., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.18, 7, 2005.
18)Tomotsugu Tabata, Hirotsugu Yamada, H Tanaka, Y Saito, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Pseudonormalization of the transmitral inflow Doppler velocities re-evaluated in relation to the left atrial function using tissue strain imaging., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.18, 34, 2005.
19)Hirotsugu Yamada, Tomotsugu Tabata, H Tanaka, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Long-term left ventricular morphologic change in hypertrophic cardiomyopathy: a relationship with development of atrial fibrillation., Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.18, 59, 2005.
20)Shunsaku Katsura, Keiko Ogita, Tomoaki Taguchi, Sachiyo Suita, Tomoharu Yoshizumi, Yuji Soejima, Mitsuo Shimada and Yoshihiko Maehara : Effect of liver transplantation on multiple bone fractures in an infant with end-stage biliary atresia: a case report, Pediatric Surgery International, Vol.21, No.1, 47-49, 2005.
21)安藝 浩史, 友竹 正人, : 統合失調症患者の主観的QOLと家族による生活技能評価との関連の検討, 精神薬療研究年報, Vol.37, 169-175, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 学術レター

1)七條 裕衣, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 庄野 正行, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 會沢 勝夫 : ImSpecter法による培養骨牙細胞に及ぼすELF変動磁界の影響, Technical Report of IEICE, MBE, Vol.32, 49-52, 2004年.

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

1)赤座 英之, 中川 昌之, 鶴尾 隆, 西條 長宏, 曽根 三郎, 山本 信之, 掛地 吉弘, 中村 清吾, 紅林 淳一, 礒西 成治, 大橋 靖雄, Blackedge George, Carmichael James : 血管新生阻害治療, 癌と化学療法, Vol.31, No.4, 647-655, 2004年4月.
2)粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 井上 大輔, 東 博之, 松本 俊夫 : 副甲状腺機能亢進症, ホルモンと臨床, Vol.52, No.5, 93(483)-96(486), 2004年5月.
3)曽根 三郎, 矢野 聖二, 松森 夕佳 : TK(VEGFR)阻害剤:ZD6474, 呼吸器科, Vol.5, No.5, 445-448, 2004年5月.
4)勢井 宏義 : 睡眠と生体リズム, 四国医学雑誌, Vol.60, No.1-2, 8-13, 2004年5月.
5)Kunihiro Tsuchida : Activins, myostatin and related TGF-β family members as novel therapeutic targets for endocrine, metabolic and immune disorders., Current Drug Targets. Immune, Endocrine and Metabolic Disorders, Vol.4, No.2, 157-166, Jun. 2004.
6)森本 忠興, 駒木 幹正, 上野 淳二, 苛原 稔 : 都道府県の乳がん部会と精中委とのあり方, --- 乳がん部会の現状 ---, 日本乳癌検診学会誌, Vol.13, No.2, 195-204, 2004年6月.
7)曽根 三郎, 柿内 聡司, 大塚 晋作 : 肺癌分子標的薬とcDNAマイクロアレイ, 治療学, Vol.38, No.6, 607-613, 2004年6月.
8)西村 範行, 佐々木 卓也 : 細胞内小胞輸送のしくみ, G. I. Research, Vol.12, No.3, 242-248, 2004年6月.
9)西谷 弘, 八木 浩史, 三好 弘一, 上野 淳二, 天野 雅史 : IVR等における医療被曝局所皮膚累積線量の正確な測定法,記録法の開発研究, INNERVISION, Vol.19, No.7, 20, 2004年6月.
10)Shinji Tanaka, Mitsuo Shimada, Ken Shirabe and Yoshihiko Maehara : [Novel molecularly targeted peptides interfering the specific signal transduction of cancer metastasis], Nihon Rinsho. Japanese Journal of Clinical Medicine, Vol.62, No.7, 1251-1256, Jul. 2004.
11)柿内 聡司, 矢野 聖二, 曽根 三郎 : Gefitinibと薬物反応性遺伝子, 現代医療, Vol.36, No.7, 1474-1480, 2004年7月.
12)森口 博基 : 床ずれ相談に遠隔システム, 徳島新聞, 2004年7月.
13)六反 一仁 : 外部からの刺激に対する細胞の環境適応応答のしくみ, --- 熱ショック応答を中心に ---, G.I.Research, Vol.12, No.4, 60-65, 2004年8月.
14)Shinjiro Takata, Akira Shibata, Hiroshi Yonezu, Toshihide Yamada, Mitsuhiko Takahashi, Aziz Abbaspour and Natsuo Yasui : Biophysic evaluation of bone quality, --- application of Fourier transfrom infrared spectroscopy and phosphorus-31 solid-state nuclear magnetic resonance spectroscopy ---, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3,4, 133-138, Aug. 2004.
15)片島 るみ, 加藤 仁, 野村 恭子, 篠原 秀一, 板倉 光夫 : 疾患感受性遺伝子探索のためのSNP解析システム, 蛋白質 核酸 酵素, Vol.49, No.11, 1834-1840, 2004年8月.
16)矢野 聖二, 柿内 聡司, 枝国 信貴, 曽根 三郎 : 肺癌分子標的治療薬の現状と今後, Medical Practice, Vol.21, No.8, 1287-1291, 2004年8月.
17)松崎 健司, 竹内 麻由美, 吉田 秀策, 西谷 弘, 島津 秀樹 : 【産婦人科救急疾患の画像診断 プロに学ぶ重要ポイント】CT・MRI診断 産婦人科疾患と鑑別を要する非産婦人科疾患など, (月刊)臨床放射線, Vol.49, No.8, 977-987, 2004年8月.
18)Junji Ueno, Tomoya Murase, Kazuhide Yoneda, Tetsuya Tsujikawa, Shoji Sakiyama and Kazuya Kondo : Three-dimensional imaging of thoracic diseases with multi-detector row CT, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3,4, 163-170, Aug. 2004.
19)東 博之 : 動脈硬化と高脂血症, 四国医学雑誌, Vol.60, No.3,4, 69-74, 2004年8月.
20)楠本 健二, 増田 清志, 近藤 茂忠, 森田 恭子, 六反 一仁 : HSPは消化管防御機構にどのように関与するのか?, 分子消化器病, Vol.1, No.3, 209-213, 2004年9月.
21)曽根 三郎, 柿内 聡司, 矢野 聖二 : 肺がんの分子標的治療ー個別化医療への展開ー, 日本内科学会雑誌, Vol.93, No.9, 235-242, 2004年9月.
22)島田 光生 : 肝癌患者の移植適応の厳格化により5年生存率は向上したが,科学的根拠に基づいた肝癌の生物学的悪性度を基準に反映させる必要がある, Crtical Eyes on clinical oncology, No.12, 3-4, 2004年10月.
23)西岡 安彦, 曽根 三郎 : 第3次対がん10か年総合戦略 7.免疫療法の現状と展望, BIO Clinica, Vol.19, No.11, 46-51, 2004年10月.
24)矢野 聖二, 柿内 聡司, 大塚 晋作, 曽根 三郎 : ゲフィチニブの感受性予測と個別化医療, 現代医療, Vol.36, No.10, 2083-2087, 2004年10月.
25)井上 寛, 野村 恭子, 板倉 光夫 : 糖尿病ゲノミクス, 実験医学別冊ゲノム研究実験ハンドブック, Vol.6, 285-289, 2004年10月.
26)石澤 啓介, 芳地 一, 水口 和生 : 大学病院における栄養支援チーム(NST)と薬剤師, 日本病院薬剤師会雑誌, Vol.40, No.10, 1245-1248, 2004年10月.
27)石澤 啓介, 水口 和生 : 大学病院におけるNST活動と薬剤師, 薬事新報, Vol.2332, 902-905, 2004年10月.
28)Toshiaki Sano, Zhi-Rong Qian, Noriko Kagawa and Shozo Yamada : Down-regulation of E-cadherin and catenins in human pituitary growth hormone-producing adenomas., Frontiers of Hormone Research, Vol.32, 127-132, Oct. 2004.
29)森川 富昭 : 簡単 携帯からHPに画像, 徳島新聞社, 2004年10月.
30)森口 博基, 森川 富昭 : 【これならできる!eラーニングで学ぶ臨床看護の知識と技術】 eラーニングのためのWBTの開発と導入のプロセス, ナースデータ, Vol.25, No.10, 30-35, 2004年10月.
31)久保 真一 : 法医学から見た頭部外傷の留意点, 脳神経外科ジャーナル, Vol.13, No.11, 770-774, 2004年11月.
32)矢野 聖二, 富本 英樹, 枝国 信貴, 曽根 三郎 : ゲフィチニブに対する感受性とEGFレセプター変異, 分子呼吸器病, Vol.8, No.6, 516-518, 2004年11月.
33)久保 真一 : 法医学から見た頭部外傷の留意点, 脳神経外科ジャーナル, Vol.13, No.11, 770-773, 2004年11月.
34)香美 祥二 : 腎病変に果たすインテグリンの役割, 医学のあゆみ, Vol.211, No.8, 825-826, 2004年11月.
35)瀧脇 弘嗣 : 円形脱毛症, 治療, Vol.86, No.12, 3141-3143, 2004年12月.
36)岩波 礼将, 高浜 洋介 : メダカを用いた胸腺器官発生機構の解析, 免疫 2005, 57-64, 2004年12月.
37)桑原 知巳 : 細菌ゲノムシークエンス, 四国医学雑誌, Vol.60, No.5-6, 124-132, 2004年12月.
38)田吉 信哉, 大森 哲郎 : 抗精神病薬による統合失調症の再発予防戦略, 精神科治療学, Vol.20, No.1, 59-65, 2005年.
39)大森 哲郎 : うつ状態の臨床分類と生物学的基盤, 臨床精神医学, Vol.34, No.5, 581-585, 2005年.
40)大森 哲郎 : 抗精神病薬の用量反応性, 臨床精神薬理, Vol.8, No.8, 1175-1183, 2005年.
41)赤池 雅史, 松本 俊夫 : 血管内皮細胞に対するステロイドの影響と大腿骨頭壊死, 整形外科, Vol.48, 25-29, 2005年.
42)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 原田 昇, 米村 祐輔, 伊地知 秀樹, 島田 光生, 前原 喜彦 : ウイルス肝炎と肝移植 九州大学病院において, 今日の移植, Vol.18, 190-198, 2005年.
43)池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 副島 雄二, 藤井 正彦, 島田 光生 : 肝移植の現況と今後の課題 拒絶反応・感染症に対する対応, 肝臓, Vol.46, 310-316, 2005年.
44)藤井 正彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 副島 雄二, 島田 光生 : 剥離と切離 実質臓器(肝胆膵), 消化器外科, Vol.28, 1369-1378, 2005年.
45)島田 光生, 藤井 正彦, 居村 暁, 森根 裕二, 石橋 広樹, 伊地知 秀樹, 八木 博司 : 生体肝移植における過小グラフトに対する高圧酸素療法の有用性, 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会雑誌, Vol.1, 46-50, 2005年.
46)池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 藤井 正彦, 石橋 広樹, 島田 光生 : 特集. 術後感染症を防ぐーDPC時代に向けてー 術後感染症を防ぐためのわれわれの工夫 肝臓手術, 外科治療, Vol.92, 420-428, 2005年.
47)居村 暁, 池本 哲也, 森根 裕二, 藤井 正彦, 石橋 広樹, 島田 光生 : 特集. 肝切除術:成功の秘訣 肝予備能検査:最新の知見, 消化器外科, Vol.28, 401-408, 2005年.
48)岩波 礼将, 高浜 洋介 : 胸腺の器官形成-モデル生物によるアプローチ, Annual Review 免疫 2005, 155-161, 2005年.
49)岩波 礼将, 高浜 洋介 : メダカを用いた胸腺器官発生機構の解析, 免疫 2005, 57-64, 2005年.
50)上野 智雄, 高浜 洋介 : CCR7ケモカインによる成熟胸腺細胞の髄質移入制御, 臨床免役, Vol.42, 603-608, 2005年.
51)高浜 洋介 : 中枢性トレランス, 日本臨床増刊号 臨床免疫学 (上) 基礎研究の進歩と最新の臨床, 377-380, 2005年.
52)高浜 洋介 : 免疫寛容, 予防医学事典, 6-8, 2005年.
53)上野 智雄, 高浜 洋介 : 胸腺内T細胞分化に伴う細胞移動のケモカイン制御, 医学のあゆみ, Vol.213, No.11, 985-988, 2005年.
54)高浜 洋介 : 自己免疫疾患の基礎:中枢性トレランスの異常, 最新医学増刊号 免疫と疾患(後篇)自己免疫と疾患, 30-37, 2005年.
55)上野 智雄, 高浜 洋介 : 免疫細胞の発生・再生, キーワードで理解する発生・再生イラストマップ, 75-83, 2005年.
56)西岡 安彦, 阿部 真治, 楊河 宏章, 苛原 稔, 曽根 三郎 : 特集:コンセンサス肺癌の治療, トピックス:樹状細胞による肺癌の免疫療法, コンセンサス癌治療, Vol.4, No.4, 218-219, 2005年.
57)六車 博昭, 矢野 聖二, 曽根 三郎 : 肺癌の腫瘍マーカーの読み方, 臨床と研究, Vol.82, No.2, 224-228, 2005年.
58)矢野 聖二, 埴淵 昌毅, 曽根 三郎 : 肺癌患者の診断およびモニタリング, 呼吸, Vol.24, No.2, 149-155, 2005年.
59)矢野 聖二, 西久保 直樹, 曽根 三郎 : 病期に基づく治療方針の選択, 臨床雑誌 内科, Vol.95, No.1, 50-53, 2005年.
60)西岡 安彦, 曽根 三郎 : 特発性肺線維症治療薬の最近の動向 イマチニブ(グリベック), 日本胸部臨床, Vol.64, No.2, 131-138, 2005年.
61)曽根 三郎, 西岡 安彦 : ブレオマイシン誘発性のマウスの肺線維イマチニブの抗線維化作用を証明した, 毎日メディカルジャーナル, Vol.1, No.5, 492-495, 2005年.
62)西岡 安彦, 青野 純典, 曽根 三郎 : 肺線維症に対する抗線維化薬としてのイマチニブの可能性を探る, 分子呼吸器病, Vol.9, No.6, 499-500, 2005年.
63)西岡 安彦, 東 桃代, 曽根 三郎 : Drug Information ボリコナゾール, 分子呼吸器病, Vol.9, No.6, 544-545, 2005年.
64)西岡 安彦, 曽根 三郎 : 人工呼吸器関連肺炎, 日本内科学会雑誌, Vol.94, No.11, 2335-2341, 2005年.
65)六車 博昭, 矢野 聖二, 曽根 三郎 : NSE, Medicina, Vol.42, No.12, 530-531, 2005年.
66)西岡 安彦, 曽根 三郎 : 期待される薬剤と現状 イマチニブ(グリベック), 最新医学, Vol.60, No.12, 2577-2582, 2005年.
67)西岡 安彦, 阿部 真治, 楊河 宏章, 苛原 稔, 曽根 三郎 : 樹状細胞による肺癌の免疫療法, コンセンサス癌治療, Vol.4, No.4, 218-219, 2005年.
68)竹内 麻由美, 松崎 健司, 西谷 弘 : Dynamic MRIが診断に有用であった双角子宮に発生した内膜癌の1例, 腹部画像診断アトラス(Ⅹ), 144-145, 2005年.
69)松崎 健司, 竹内 麻由美, 西谷 弘 : T2強調画像にて低信号を呈し線維腫との鑑別が問題となった悪性卵巣腫瘍の2例, 腹部画像診断アトラス(Ⅹ), 138-139, 2005年.
70)森谷 眞紀, 板倉 光夫 : 糖尿病の進展に伴うTh1/Th2バランス, Surgery Frontier, Vol.12, No.4, 59-63, 2005年.
71)安井 夏生 : これまでの10年これからの10年, 小児整形外科 整形外科看護, Vol.10, No.1, 7, 2005年.
72)三代 卓哉, 中野 俊次, 安井 夏生 : 関節リウマチにおける滑膜炎とPAR, 整形・災害外科, Vol.48, 2-3, 2005年.
73)安井 夏生 : 先天性骨系統疾患の疫学と病態-overview-, THE BONE, Vol.19, No.3, 265-267, 2005年.
74)前田 肇, 安井 夏生, 多胡 護, 小川 佳宏, 北川 哲也 : 下肢閉塞性動脈硬化症の診断と治療 エリア座談会(四国), 日経メディカル 7月四国版, 1-4, 2005年.
75)四宮 加容, 塩田 洋 : 【中毒と眼】 各種内服薬と眼の副作用, 眼科, Vol.47, No.2, 167-173, 2005年.
76)Shinji Nagahiro and Teruyoshi Kageji : Clinoidal meningioma encasing the internal carotid artery, Neurosurgery of Complex Vascular Lesions and Tumors, 211-214, 2005.
77)安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 : 産婦人科領域におけるホルモン補充療法の今後, 骨粗鬆症治療, Vol.4, No.1, 42-49, 2005年1月.
78)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 島田 光生, 前原 喜彦 : HCV肝硬変(外科から), 肝·胆·膵, Vol.50, No.1, 61-67, 2005年1月.
79)森根 裕二, 藤井 正彦, 居村 暁, 池本 哲也, 島田 光生 : 特集 肝移植の最新の進歩と問題点 選択,適応基準とIC取得,実践時期の設定 肝細胞癌に対する肝移植, 肝·胆·膵, Vol.50, No.1, 75-84, 2005年1月.
80)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 島田 光生, 前原 喜彦 : 特集 肝移植の最新の進歩と問題点 選択,適応基準とIC取得,実践時期の設定 HCV肝硬変(外科から), 肝·胆·膵, Vol.50, No.1, 61-67, 2005年1月.
81)赤座 英之, 鶴尾 隆, 西條 長宏, 曽根 三郎, 礒西 成治, 大橋 靖雄, 祖父江 友孝, 山中 英壽, 福田 護, 丸山 雅一, 江口 研二, 伊藤 一人, Smith M, Milsted B : がん検診, 癌と化学療法, Vol.32, No.1, 125-134, 2005年1月.
82)佐野 壽昭, 大池 信之 : 【膵・胆道系の神経内分泌腫瘍 画像診断と治療選択】 膵・胆道系の神経内分泌腫瘍 良悪性の判定, 消化器画像, Vol.7, No.1, 27-32, 2005年1月.
83)佐野 壽昭, 堀口 英久, 山田 正三 : 下垂体腺腫の病理, 脳神経外科ジャーナル, Vol.14, No.1, 10-17, 2005年1月.
84)石澤 啓介, 水口 和生 : 栄養管理における薬剤師の役割, --- 大学病院における栄養サポートチーム(NST)活動 ---, 調剤と情報, Vol.11, No.1, 95-100, 2005年1月.
85)谷口 寿章, 後藤 祐児, 桑島 邦博, 谷澤 克行 : タンパク質ネットワーク, タンパク質科学, 141-152, 2005年1月.
86)谷口 寿章, 山内 英美子 : 質量分析によるタンパク質リン酸化の解析, タンパク質の翻訳後修飾解析プロトコール, 141-152, 2005年1月.
87)谷口 寿章 : プロテオミクスとバイオインフォマティクス, 情報生物学講義(松原謙一監修), Vol.2, 141-152, 2005年1月.
88)池田 和子, 谷口 寿章 : オルガネラ·プロテオミクスでみえてくる新たな生命機能:ペルオキシソームへの応用, 実験医学, Vol.23, No.7, 1059-1064, 2005年1月.
89)新家 利一, 中堀 豊 : 性分化·発達の異常, --- IV.内分泌 ---, Annual Review 内分泌,代謝2005, 246-250, 2005年1月.
90)香美 祥二, 清水 真樹 : Integrin-linked kinase (ILK) と腎炎,ネフローゼ, Annual Review 腎臓 2005, 72-76, 2005年1月.
91)Mitsuo Shimada, Masahiko Fujii, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto and Hiroki Ishibashi : Living-donor liver transplantation: present status and future perspective, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1 2, 22-32, Feb. 2005.
92)西岡 安彦, 曽根 三郎 : 特発性肺線維症治療の最近の動向:イマチニブ(グリベック), 日本胸部臨床, Vol.64, No.2, 131-138, 2005年2月.
93)谷 憲治 : 高齢者の両側胸水の落とし穴, 臨床雑誌 内科, Vol.95, No.3, 563-564, 2005年3月.
94)橋本 一郎, 中西 秀樹, 松本 和也 : 同種皮膚移植の実際, PEPARS, No.2, 63-68, 2005年3月.
95)西岡 安彦, 曽根 三郎 : 癌治療とサイトカイン, Biotherapy, Vol.19, No.2, 151-158, 2005年3月.
96)曽根 三郎 : 肺癌診断の新展開 特集にあたって, Pharma Medica, Vol.23, No.3, 9-10, 2005年3月.
97)柿内 聡司, 矢野 聖二, 曽根 三郎 : DNAマイクロアレイを用いた遺伝子発現解析によるEGFR阻害薬の個別化医療, 分子呼吸器病, Vol.9, No.2, 180-184, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hisanori Uehara and Hiromu Nishitani : Clear Cell Carcinoma of the Ovary: Radiologic-Pathologic Correlation, RSNA 2004, Chicago, Apr. 2004.
2)Yasuhiko Nishioka, Yoshinori Aono, M. Inayama, M. Ugai, J. Kishi, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi and Saburo Sone : Imatinib as a novel PDGF receptor-targeted drug to prevent bleomycin-induced lung fibrosis, 第44回日本呼吸器学会総会 International progam 3, Tokyo, Apr. 2004.
3)Yuji Soejima, Mitsuo Shimada, Tomoharu Yoshizumi, Hideaki Uchiyama, Noboru Harada, Hideki Ijichi, Yusuke Yonemura, Akinobu Taketomi and Yoshihiko Maehara : Feasibility of left-lobe living-donor liver transplantation between adults:a single center experience of 94 cases, American Transplant Congress 2004, Boston, May 2004.
4)Yasuhiko Nishioka, K. Manabe, J. Kishi, M. Inayama, Yoshinori Aono, M. Ugai, Kenji Tani and Saburo Sone : Analysi of CXCR3 ligands, IP-10, MIG and I-TAC, in patients with pulmonary sarcoidosis, 99th American thoracic society (ATS), Orlando, May 2004.
5)Yoshinori Aono, Yasuhiko Nishioka, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi and Saburo Sone : Anti-fibrotic effect of STI571(Gleevec) in bleomycin-induced pulmonary fibrosis, 99th American thoracic society (ATS), Orlando, May 2004.
6)Hiroaki Mikasa : EFFECTIVENESS OF A NATIONWIDE SCREENING PROGRAM FOR NEUROBLASTOMA, PART I: MORTALITY OF NEUROBLASTOMA, Proceedings of the 1st Annual meeting of HTAi, 72, クラコウ, May 2004.
7)Hiroaki Mikasa : Health needs assessment of intractable disease patients in Japan, Proceedings of the 1st annual meeting of HTA1, 73, クラコウ, May 2004.
8)Hiroaki Mikasa : Health-related quality of life in the general population in Japan, Proceedings of the 1st annual meeting of HTAi, 74, クラコウ, May 2004.
9)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Tomiaki Morikawa and Yoneo Yano : Flexible participation for collaborative learning in an asynchronous and semi-synchronous context, Proceedings of ED-MEDIA2004, 1518-1523, Lugano, Jun. 2004.
10)Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Hiroe Shichijo, Mitsuo Kitamura, Akira Soda, Toshitaka Ikehara, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki, Hiroshi Miyamoto and Katsuo Aizawa : Effects of ELF magnetic fields on signal for differentiation of cultured osteoblastic cells by multispectral imaging system., Proceedings of 26th BEMS Meeting, 216, Washington, D.C., Jun. 2004.
11)Toshitaka Ikehara, Tadahiro Teramoto, Hitoshi Houchi, Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Yohsuke Kinouchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of a switched 1.5 tesla magnetic field on intracellular Ca2+ signaling pathways of adrenal chromaffin cells, Proceedings of 26th BEMS Meeting, Washington, D.C., Jun. 2004.
12)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Hitoshi Miyajima, Akiyoshi Nishikado, Kunihiko Koshiba, Koji Yamaguchi, Tomohito Kawano and Susumu Ito : Autonomic nervous activity and QT dispersion at common bile duct treatment during endoscopic retrograde cholangiopancreaticography: correlation with cardiac accidents, The 31th International Congress on Electrocardiology, Kyoto, Jun. 2004.
13)Takahide Taniguchi, , Masahito Tomotake and : Effect of antipsychotic replacement with quetiapine on the symptoms and QOL of schizophrenic patients, 24th CINP, Paris, Jun. 2004.
14)Masahito Tomotake and : Subjective and objective measures of quality of life have different symptomatic determinants in people with schizophrenia, 24th CINP, Paris, Jun. 2004.
15)Yuji Soejima, Mitsuo Shimada, Tomoharu Yoshizumi, Hideaki Uchiyama, Noboru Harada, Hideki Ijichi, Yusuke Yonemura, Akinobu Taketomi and Yoshihiko Maehara : Biliary strictures after living donor liver transplantation, 10th Annual Congress of the International Liver Transplantatiion Society, Kyoto, Jun. 2004.
16)Maki Takase, Hideki Nakanishi, Kazuya Matsumoto and Ichiro Hashimoto : Reconstruction of microtia with laser hair removal before transplantation of costal cartilage, 第7回日韓形成外科学会, Sapporo, Jun. 2004.
17)Satsuki Sumitani, Mami Matsushita, Kayoko Wada, Masahito Tomotake, Shu-ichi Ueno, Taketoshi Yamashita, Shinichi Matsumoto, Ryuji Kaji and Tetsuro Ohmori : Comparison of the temperament between obsessive-compulsive disorder and idiopathic dystonia, CINP, Paris, Jun. 2004.
18)Yasuhiro Kaneda and Tetsuro Ohmori : Relation between estradiol and negative symptoms in men with schizophrenia, 12th Symposium of the Association of European Psychiatrists, Mannheim, Jun. 2004.
19)Hiroshi Shiota : Recent diagnosis and treatment of Herpes Simplex Keratitis, FYODOROV MEMORIAL LECTURES 2004, 10, Moscow, Jun. 2004.
20)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Akiyoshi Nishikado, Kunihiko Koshiba, Kouji Yamaguchi, Tomohito Kawano and Susumu Ito : Autonomic nervous activity and QT dispersion common bile duct treatment during endoscopic retrograde cholangiopancreaticography: correlation with cardiac accidents, The 31th International Congress on Electrocardiology, Kyoto, Jun. 2004.
21)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Susumu Ito and Hideo Itozaki : Visualization of cardiac electrical current using 32-channel high temperature superconducting quantum interference device, Biomag2004, 632-633, Boston, Aug. 2004.
22)Kazuhito Rokutan : Role of heat shock proteins in mastric mucosal protection, Shandon Digestive Disease Week(DDW)Plenary Lecture, Shandon, Aug. 2004.
23)Azhim Azran, Yuji Hirao, Yohsuke Kinouchi, Hisao Yamaguchi and Kazuo Yoshizaki : Variations of the Maximum Blood Flow Velocity in the Carotid, Brachial and Femoral Arteries in a Passive Postural Changes by a Doppler Ultrasound Method, Proceedings of the 26th Annual International Conference of the IEEE EMBS, Vol.26, 3708-3711, San Francisco, Sep. 2004.
24)Saburo Sone : Bone metastasis of lung cancer and its molecular-based therapy, The 3rd Sino-Japan Joint Conference for Cancer Reasearch(9/3-4), Xi'an, Sep. 2004.
25)Yamanaka Akemi, Hiroshi Kitahata, Katsuya Tanaka, Shinji Kawahito and Shuzo Oshita : Implication of intraoperative transesophageal ventricular pacing in pediatric patients., 9th International Congress of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia, Tokyo, Sep. 2004.
26)Nitta Kazuhito, Hiroshi Kitahata, Shinji Kawahito, Katsuya Tanaka and Shuzo Oshita : The factors influencing contrast effect during intraoperative contrast echocardiography., 9th International Congress of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia, Tokyo, Sep. 2004.
27)Hiroshi Shiota, Shino Takano, Mayumi Ishimaru, Etsuko Sano and Q.T Le : Medical significances of new disease-specific cycteine protease inhibitors in tears, 4th International Conference on Cysteine Proteinases and their Inhibitors, 6, Portoroz, Slovenia, Sep. 2004.
28)Seiji Yano, Rui Zheng, Soji Kakiuchi, Yuka Matsumori, Emiko Nakataki, Hiroaki Muguruma and Saburo Sone : Sre tyrosine kinase inhibitor,M475271,suppresses subcutaneous growth and production of lung metastasis by inhibition of proliferation,invasion,and vascularization of human lung adenocarcinoma cells, the 10th International Congress of Metastasis Research Society(9/17-20), Genova, Sep. 2004.
29)Soji Kakiuchi, Seiji Yano, Toyokazu Miki, Yusuke Nakamura and Saburo Sone : Genome-wide screening of the genes correlates with the cross-talk between metastatic cancer cells and microenvironment in small cell lung cancer cells, the 10th International Congress of Metastasis Research Society, Genova, Sep. 2004.
30)Saburo Sone : Microarrays to predict organotropism of metastasis, the 10th International Congress of Metastasis Research Society(9/17-20), Genova, Sep. 2004.
31)Yoshinori Nitta, Toshiya Okahisa, Masatake Akutagawa, Hiroshi Miyamoto, Ohnishi Yoshiaki, Yohsuke Kinouchi, Masaji Nishimura and Susumu Ito : Application of BPNN to prediction of hematocrit values during LCAP, Proceedings of Biomedical Engineering Conference, 125-129, Hong Kong, Sep. 2004.
32)Tetsuya Kitagawa : Recent progress in neonatal cardiac surgery -Our current strategy and residual problem-, Nabton,China, Sep. 2004.
33)Yutaka Masuda, Takashi Kitaichi, Tamotsu Kanbara, Yoichi Ichikawa, Hiroshi Kurobe and Tetsuya Kitagawa : "APPLICATION OF MNC(mononuclear cell) or CEP(circulating endothelial progenitor cell)", Nabton,China, Sep. 2004.
34)Yutaka Masuda, Takashi Kitaichi, Tamotsu Kanbara, Yoichi Ichikawa, Hiroshi Kurobe and Tetsuya Kitagawa : "Temporary filter.AntheorTM temporary vena cava filter (tVCF)for temporary pulmonary embolism prevention", Nabton,China, Sep. 2004.
35)Yuka Kasai, Anna Tani, Ayako Nakajima, Dan Kinoshita, hirokazu Uemura, Masahiko Maegawa, Toshiyuki Yasui, Masaharu Kamada and Minoru Irahara : Pro-Inflammatory Cytokine Changes in Postmenopausal Women Treated with Hormone Replacement Therapy, IX International Congress of Reproductive Immunology, Vol.52, No.Supplement 1, 57, Kanagawa, Oct. 2004.
36)Ayako Nakajima, Anna Tani, Dan Kinoshita, Yuka Kasai, Satoshi Yamamoto, Masahiko Maegawa and Minoru Irahara : A Repertoire of Cytokines in Human Cervical Mucus of Infertile Women, IX International Congress of Reproductive Immunology, Vol.52, No.Supplement 1, 58, Kanagawa, Oct. 2004.
37)Kotaro Kunimi, Ayako Nakajima, Dan Kinoshita, Satoshi Yamamoto, Masahiko Maegawa, Masaharu Kamada and Minoru Irahara : The Expression of Myeloid-Related Protein-8(MRP8: S100A8) and MRP14(S100A9) in the Human Uterine Cervix, IX International Congress of Reproductive Immunology, Vol.52, No.Supplement 1, 58, Kanagawa, Oct. 2004.
38)Satoshi Yamamoto, Anna Tani, Ayako Nakajima, Dan Kinoshita, Yuka Kasai, Masahiko Maegawa, Masaharu Kamada, Yuji Okumura, Hiroshi Kido and Minoru Irahara : Development of an Expression Vector Encoding Sperm Protein,Designated RSMP-B,as an Immunocontrraceptive Vaccine, IX International Congress of Reproductive Immunology, Vol.52, No.Supplement 1, 55, Kanagawa, Oct. 2004.
39)Hitoshi Houchi, Mami Azuma, M. Torii, T. Umeda, M. Mizuta, K. Teraoka and Kazuo Minakuchi : Inhibitory action of cilostazol, A phosphodiesterase inhibitor, on catecholamine secretion from cultured bovine adrenal chromaffin cells, Society for Neuroscience 34th Annual Meeting, San Diego, Oct. 2004.
40)Harada Takashi, Masahito Tomotake and : Pulmonary thromboembolism due to deep vein thrombosis of the leg associated with physical restraints to psychiatric inpatient; a review report, 11th Congress of the Asian College of Psychosomatic Medicine, Okinawa, Oct. 2004.
41)Takashi Harada, A Nakamura, Masahito Tomotake and : The relationship of personality dimensions measured with the Temperament and Character Inventory (TCI) and quality of life measured using the brief version of the World Health Organization Quality of Life Assessment (WHO QOL 26) among the Japanese nursing staffs at K general hospital, 11th Congress of the Asian College of Psychosomatic Medicine, Okinawa, Oct. 2004.
42)Tomoharu Fukumori, Masa-aki Nishitani, M Takahashi, T Naroda, Hirofumi Izaki, I Elsamman, Susumu Kagawa and Hiro-omi Kanayama : Involvement of Matrix Metalloproteinase-3 in Hepatocyte Growth Factor-Induced Invasion of Bladder Cancer, BUJ International, Honolulu, Oct. 2004.
43)Saburo Sone : Genetic Predictors of EGF Receptor-targeted therapy as personalized medicine for Non-small Cell lung cancer patients, the 12th Catholic Respiratory and Allergy Workshop, Seoul, Oct. 2004.
44)Masahiko Maegawa, Anna Tani, Ayako Nakajima, Dan Kinoshita, Yuka Sakai, Satoshi Yamamoto, Kazuhisa Maeda, Masahiko Maegawa, Masaharu Kamada and Minoru Irahara : Changes on Pro-Inflammatory Cytokine Responses in Peripheral Blood During Normal Human Pregnancy, IX International Congress of Reproductive Immunology, Vol.52, No.Supplement 1, 26, Kanagawa, Oct. 2004.
45)Yuji Soejima, Mitsuo Shimada, Tomoharu Yoshizumi, Hideaki Uchiyama, Noboru Harada, Hideki Ijichi, Yusuke Yonemura, Akinobu Taketomi and Yoshihiko Maehara : Biliary strictures after living donor liver transplantation, The 5th Korea-Japan Transplantation Forum,Symposium, Korea, Oct. 2004.
46)Shinji Kawahito, Takashi Kawano, Katsuya Tanaka, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : Effect of midazolam on ATP-sensitive potassium channel activities in vascular smooth muscle cells., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Las Vegas, Oct. 2004.
47)Shinji Kawahito, Takashi Kawano, Junpei Nozaki, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : Molecular mechanisms underlying etomidate modulating effects of ATP-sensitive potassium channels., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Las Vegas, Oct. 2004.
48)Yoshinobu Tomiyama, Tosiko Katayama, Yamaguchi Mikiyo, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : Involvement of Na+/K+ ATPase in the response of membrane potential to mannitol-induced hyperosmolality in cultured human coronary endothelial cells., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Las Vegas, Oct. 2004.
49)Junpei Nozaki, Hiroshi Kitahata, Katsuya Tanaka, Shinji Kawahito and Shuzo Oshita : Sevoflurane enhances geranylgeranylacetone-induced cardioprotection via increased Hsp 70 expression against myocardial ischemia and reperfusion injury in vivo rabbits., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Las Vegas, Oct. 2004.
50)Shuji Kondo, Maki Shimizu, Koichiro Tsuchiya, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki, Hiroshi Kawachi, Fujio Shimizu, Quinn T Mark, Lambeth J David, Yasuhiro Kuroda and Shoji Kagami : Add-on the antioxidant, probucol to angiotensin II type I receptor antagonist (ARB) arrests the progressive, St. Louis, MO, Oct. 2004.
51)Toshiaki Tamaki, Masumi Okamoto, Yasuhisa Kanematsu, Yuki Izawa, Shoji Kagami, Shuji Kondo, Maki Shimizu, Masanori Yoshizumi and Koichiro Tsuchiya : Nitrite-derived nitric oxide formation following ischemia-reperfusion injury in rat kidney, 37th ASN annual meeting, St. Louis, MO, Oct. 2004.
52)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Hisanori Uehara : Pelvic Endometriosis with Malignant Transformation: Radiologic-Pathologic, RSNA 2004, Chicago, Nov. 2004.
53)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Tomiaki Morikawa, Masahiko Katayama, Yasuo Miyoshi and Yoneo Yano : Adaptive Synchronization of Learning Media among Semi-synchronous Learners, Proceedings of E-Learn2004, Vol.1, 2829-2834, Washington, D.C., Nov. 2004.
54)Takeshi Nitta, Mariam Nasreen, Takafumi Seike, Atsushi Goji and Yousuke Takahama : IAN family critically regulates T lymphocyte development, ThymuS 2004, San Juan, Puerto Rico, USA, Nov. 2004.
55)Hiroaki Ogata, Ryo Akamatsu, Hiroyuki Mitsuhara, Yoneo Yano, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi and Tomiaki Morikawa : TANGO: Supporting Vocabulary Learning with RFID tags, Electronic proceedings of International Workshop Series on RFID, Tokyo, Nov. 2004.
56)Kunihiro Tsuchida : Characterization of follistatin and FLRG as myostatin inhibiting proteins and novel therapeutic tools for treatment of muscular dystrophy, International Symposium for Molecular therapy of Muscular Dystrophy, Tokyo, Nov. 2004.
57)Ali Jalili, Shuji Ozaki, Tomoko Hara, Etsuko Sekimoto, Yoichi Tanaka, Takashi Ohshima, Hironobu Shibata, Toshihiro Hashimoto, Masahiro Abe, Yasuhiko Nishioka and Toshio Matsumoto : Generation of HM1.24-specific cytotoxic T lymphocytes from peripheral blood stem cell harvests of patients with multiple myeloma, 46th Annual Meeting: American Society of Hematology, San Francisco, Dec. 2004.
58)Masahiko Fujii, Satoru Imura, Yuji Morine, H Shinohara and Mitsuo Shimada : Central Bisegmentectomy of the Liver with Pylorus-preserving Pancreatoduodenectomy for Advanced Cancer of the Gallbladder, 19th World Congress of International Society Digestive Surgery, Yokohama, Dec. 2004.
59)Udaka Jiro, Nagashima Hinami and Noriaki Takeda : Application of auditory steady state response for multipyly-handicapped children with severe hearing loss, XVII IFOS World Congress, Rome, Italy, 2005.
60)Takanori Miyoshi, Kazuya Kondo, Hiromitsu Takizawa, Kouichirou Kenzaki, Haruhiko Fujino, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : P-171 Fluoroscopy-assisted thoracoscopic resection of pulmonarynodules after computed tomography-guided bronchoscopic metallic coil marking using virtual bronchoscopy navigation, Lung Cancer, Vol.49, No.supplement2, s160, Feb. 2005.
61)Hiroshi Kurobe, Takashi Tominaga, Tamotsu Kanbara, Tatsuo Motoki, Mikio Sugano, Takashi Kitaichi, Yutaka Masuda and Tetsuya Kitagawa : Does Sivelestat sodium hydrate inprove the postoperative respiratory function of patients with abdominal aortic aneurysm?, The 13th Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular Surgery, Chiengmai, Feb. 2005.
62)Hiroshi Kurobe, Tetsuya Kitagawa, Takashi Kitaichi, Tamotsu Kanbara, Yoichi Ichikawa, Atsushi Kurushima and Yutaka Masuda : Techniques and results of early complete repair for purmonary atresia with ventriculae septal defect, The 13th Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular Surgery, Chiang Mai, Feb. 2005.
63)Y Ichikawa, Takashi Kitaichi, Yutaka Masuda, Tamotsu Kanbara, H Kurobe, T Hori and Tetsuya Kitagawa : Evoked spinal cord potential monitoring during endoluminal prosthetic grafts placement for descending thoracic aortic aneurysm, The 13th Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular Surgery, チェンマイ, Feb. 2005.
64)Hirotsugu Kurobe, T Tominaga, Tamotsu Kanbara, Tatsuo Motoki, M Sugano, T Kitaichi, Yutaka Masuda and Tetsuya Kitagawa : Does Sivelestat sodium hydrate improve the postoperative respiratory function of patients with abdominal aortic aneurysm?, アジア心臓血管外科学会, チェンマイ, Feb. 2005.
65)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hisanori Uehara and Hiromu Nishitani : Ancient schwannoma of the female pelvis;Radiologic-pathologic correlation, ECR 2005, Wien, Mar. 2005.
66)Kenji Matsuzaki, Mayumi Takeuchi, Hisanori Uehara and Hiromu Nishitani : Differential diagnosis of multiple hyperintense lesions of the liver on T1W1 of MRI with pathologic correlation, ECR 2005, Wien, Mar. 2005.
67)Tomotsugu Tabata, Hirotsugu Yamada, E Kimura, H Tanaka, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Effect of Left Ventricular Geometry on Systolic Myocardial Velocity Gradient in Patients With Hypertension., American College of Cardiology 54th Annual Scientific Session, Orlando, Mar. 2005.
68)Tomotsugu Tabata, H Tanaka, Hirotsugu Yamada, Y Saito, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Quantitative and Direct Assessment of the Left Atrial Reservoir Function Using Tissue Strain Imaging., American College of Cardiology 54th Annual Scientific Session, Orlando, Mar. 2005.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1)内山 恒夫 : 昆虫細胞における発疹チフス群および紅斑熱群リケッチアの増殖, 第77回日本細菌学会総会, 2004年4月.
2)鵜飼 桃代, 西岡 安彦, 内山 恒夫, 小川 基彦, 高崎 智彦, 倉根 一郎, 曽根 三郎 : ベトナムで感染·発症した発疹熱の一症例, 第78回日本感染症学会総会, 2004年4月.
3)川中 崇, 生島 仁史, 安田 浩章, 尾﨑 享祐, 西谷 弘, 竹川 佳宏 : 非小細胞肺癌の脳転移に対するstereotactic radiosurgeryの検討, 第100回日本医学放射線学会中国·四国地方会(岡山)日本医学放射線学会雑誌, Vol.64, No.5, 58, 2004年4月.
4)尾﨑 享祐, 生島 仁史, 川中 崇, 芝 篤志, 西谷 弘, 竹川 佳宏 : 高線量率腔内照射を用いた子宮頸癌の治療成績, 第100回日本医学放射線学会中国·四国地方会(岡山)日本医学放射線学会雑誌, Vol.64, No.5, 60, 2004年4月.
5)森本 慎也, 西村 範行, 佐々木 卓也, 田代 征記 : Rabファミリー低分子量G蛋白質Rab13によるタイトジャンクションの接着分子Occludinの小胞輸送制御機構, 第104回日本外科学会学術集会, 2004年4月.
6)谷口 寿章 : 細菌のプロテオミクスとゲノミクス, 第77回日本細菌学会総会, Vol.59, No.1, 15, 2004年4月.
7)三好 孝典, 近藤 和也, 長尾 妙子, 滝沢 宏光, 藤野 晴彦, 澤田 成彦, 先山 正二, 露口 勝, 木村 秀, 住友 正幸, 門田 康正 : SF-079-1 非小細胞肺癌におけるthymidylate synthase(TS)とdihydropyrimidine dehydrogenase(DPD)の臨床学的意義, 第104回日本外科学会定期学術集会, 281, 2004年4月.
8)副島 雄二, 島田 光生, 調 憲, 田中 真二, 末廣 剛敏, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 前原 喜彦 : 進行肝細胞癌に対する根治的治療法としての生体肝移植, 第104回日本外科学会定期学術集会パネルディスカッション, 2004年4月.
9)黒部 裕嗣, 北市 隆, 富永 崇司, 神原 保, 市川 洋一, 元木 達夫, 浦田 将久, 増田 裕, (樋口 精一), 北川 哲也 : 複雑心奇形根治術後低心拍出量症候群に対する腹腔ドレナージの有用性∼体内炎症性サイトカインの動向から∼, 第104回日本外科学会定期学術集会, 2004年4月.
10)黒部 裕嗣, 増田 裕, 北市 隆, 神原 保, 市川 洋一, 元木 達夫, 浦田 将久, 北川 哲也 : 複雑心奇形根治術後低心拍出量症候群に対する腹腔ドレナージの有用性∼体内炎症性サイトカインの動向から∼, 第104回日本外科学会定期学術集会, 2004年4月.
11)中西 秀樹 : ランチョンセミナー「組織移植における微小循環の意義」, 第47回日本形成外科学会総会・学術集会, 2004年4月.
12)橋本 一郎, 中西 秀樹, 山野 雅弘, 秋田 浩二, 鎌田 圭, 戸田 真記 : 肛門部悪性腫瘍切除後の欠損に対するgluteal fold flapの有効性, 第47回日本形成外科学会総会・学術集会, 2004年4月.
13)吉永 理香, 中西 秀樹, 橋本 一郎, 佐川 多恵子 : 耳下腺切除後の胸鎖乳突筋筋弁の使用経験について, 第47回日本形成外科学会総会・学術集会, 2004年4月.
14)上野 淳二, 安田 浩章, 尾﨑 享祐, 川中 崇, 西谷 弘 : X線CTによる消化管三次元表示法, 2004年4月.
15)土田 邦博 : ミオスタチン阻害分子·骨格筋量調節因子の開発と筋ジストロフィーの新規治療法開発への展望, 細胞増殖·分化因子による骨格筋形成と再生医学, 2004年4月.
16)川中 崇, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 安田 浩章, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 子宮頸癌いおけるHIF-2αの発現と放射線治療成績, 第63回日本医学放射線学会学術会(横浜)日本放射線腫瘍学会雑誌, Vol.64, No.2, 212, 2004年4月.
17)上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 滝川 雅也, 苛原 稔 : HRTおよびビスフォスフォネート投与による血中osteoprotegerinおよびsoluble RANKL濃度の変化の検討, 第56回日本産科婦人科学会総会ならびに学術講演会, 2004年4月.
18)林 しの, 宮本 龍郎, 塩田 洋, 石丸 真弓, 佐野 悦子, Q. T. Le, 勝沼 信彦 : ベーチェット病診断用の特異抗体の作成, 第108回日本眼科学会総会, 2004年4月.
19)池田 康将, 山口 普史, 七條 加奈, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 吉田 智則, 藤村 光則, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫, 木村 建彦, 西内 健 : Torsade de pointesを合併した汎下垂体機能低下症の一例, 第83回日本循環器学会中国・四国合同地方会, Vol.68, No.0, 828, 2004年4月.
20)山口 普史, 七條 加奈, 松下 隆哉, 池田 康将, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 吉田 智則, 粟飯原 賢一, 井上 大輔, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : 拡張型心筋症様病態を呈したCushing病の一例, 第83回日本循環器学会中国・四国合同地方会, Vol.68, No.0, 828, 2004年4月.
21)安井 夏生 : -開業医に必要な整形外科の知識-「高齢者の骨折は治るのに変形関節症はなぜ治らないの?」, 越谷市医師会学術講演会 (越谷市), 2004年4月.
22)西村 範行, 寺井 智也, 坂根 亜由子, 神田 郁乃, 佐々木 卓也 : Rabファミリー低分子量G蛋白質による細胞極性・接着の制御機構, 第45回日本生化学会中国・四国支部例会, 2004年5月.
23)原田 貴史, 友竹 正人, 中村 明美, : 女性看護職員におけるMOCIによる強迫症状とTCIによる人格特性との関係, 第100回日本精神神経学会, 2004年5月.
24)友竹 正人, 伊賀 淳一, 木内 佐和子, : 統合失調症外来患者の主観的QOLと客観的QOL, 第100回日本精神神経学会, 2004年5月.
25)奥村 裕司, 端山 昌樹, 高橋 悦久, 藤内 美恵子, 木戸 博 : 線毛上皮細胞に特異的に発現する新規膜結合型セリンプロテアーゼの性状とその役割, 第45回日本生化学会中国四国支部例会, 2004年5月.
26)橋本 一郎, 中西 秀樹, 山野 雅弘, 秋田 浩二, 鎌田 圭, 五石 圭一, 高瀬 真記, 佐川 多恵子, 柏木 圭介 : 遊離前外側大腿皮弁による乳癌術後の胸壁再建, 第33回徳島乳腺研究会, 2004年5月.
27)鎌田 伸之, 堤 聡, 丸岡 豊, 中久木 康一, 二宮 雅美, 樺沢 勇司, 山田 俊平, 黒原 一人, 小村 健, 天笠 光雄, 永田 俊彦, 長山 勝, 板倉 光夫 : 顎骨の骨およびセメント質形成病変における遺伝子変異検索, 第58回日本口腔科学会総会, 132, 2004年5月.
28)黒部 裕嗣, 富永 崇司, 神原 保, 市川 洋一, 元木 達夫, 浦田 将久, 北市 隆, 増田 裕, 北川 哲也 : 腹部大動脈瘤に対する術中・術後シベレスタット投与が術後に及ぼす影響, 第32回日本血管外科学会総会, 2004年5月.
29)黒部 裕嗣, 富永 崇司, 神原 保, 市川 洋一, 元木 達夫, 浦田 将久, 北市 隆, 増田 裕, 北川 哲也 : 腹部大動脈瘤に対する術中・術後シベレスタット投与が術後に及ぼす影響, 第32回日本血管外科学会総会, 2004年5月.
30)水澤 典子, 小杉 知里, 原田 永勝, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : 膵β細胞とα細胞のHox遺伝子およびホメオティック遺伝子発現の差異, 第47回日本糖尿病学会年次学術総会, 2004年5月.
31)久保 真一 : 法医学からみた頭部外傷の留意点, 第24回脳神経外科コングレス, 2004年5月.
32)頼田 和子, 美崎 英生, Vincent Massey, 福井 清 : 8-Formyl-flavinで活性中心を標識したフラビン酵素のスペクトル特性, 第45回日本生化学会中国・四国支部例会徳島, 2004年5月.
33)橋本 一郎, 中西 秀樹 : 会陰部皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 第20回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会, 2004年5月.
34)谷 洋江, 二宮 恒夫, 横田 一郎, 松田 純子, 黒田 𣳾弘 : 摂食障害を合併した乳児期発症1型糖尿病の1例, 第11回 中国四国小児心身症学会, 2004年5月.
35)谷口 寿章 : シグナル伝達系のプロテオミクス, --- 創薬ターゲットは受容体だけか? ---, 第3回国際バイオEXPO, 2004年5月.
36)住谷 さつき, 大森 哲郎 : OCDの薬物治療応答性と臨床特徴について, 第100回 日本精神神経学会, 2004年5月.
37)森川 富昭, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 医療従事者に対する論文検索支援システムの構築, 第42回 日本小児歯科学会大会及び総会, 2004年5月.
38)北村 尚正, 森川 富昭, 有田 憲司, 西野 瑞穗 : 医学・歯学分野におけるe-Learningシステムの構築, 第42回 日本小児歯科学会大会及び総会, 2004年5月.
39)三好 孝典, 近藤 和也, 長尾 妙子, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 藤野 晴彦, 澤田 成彦, 先山 正二, 門田 康正 : P-221 当科における気管支形成手術症例の検討, 第21回 日本呼吸器外科学会総会, 222, 2004年5月.
40)川添 僚也, 頼田 和子, 小野 公嗣, 朴 煥埼, 冨田 優美子, 福井 清 : ヒト組換え型D-アミノ酸酸化酵素の大腸菌からの精製と酵素化学的解析, 日本ビタミン学会第56回大会, 2004年5月.
41)福井 清 : 脳におけるD-セリンとその代謝酵素の生理機能と神経疾患における意義, 日本ビタミン学会第56回大会, 2004年5月.
42)片山 貴文, 森口 博基 : 院内感染拡大防止のための接触可能性者の特定の試み, 四国医学雑誌, Vol.60, No.1∼2, 59, 2004年5月.
43)堀口 英久, 佐野 壽昭, 銭 志栄, 廣川 満良, 香川 典子, 山口 岳彦, 廣瀬 隆則 : 脊索腫における細胞接着因子発現の免疫組織化学的検討, 日本病理学会総会 第93回, 2004年6月.
44)池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 山口 普史, 藤村 光則, 吉田 智則, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : アンドロゲン-アンドロゲン受容体システムは生体における心筋肥大及び心筋線維化の調節因子である, 第77回日本内分泌学会学術総会, Vol.80, No.1, 96, 2004年6月.
45)粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 藤村 光則, 吉田 智則, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 池田 康将, 周藤 俊樹, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : ビタミンD-ビタミンD受容体システムによる血液凝固調節作用の解析, 第77回日本内分泌学会学術総会, Vol.80, No.1, 138, 2004年6月.
46)三好 孝典, 近藤 和也, 長尾 妙子, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 藤野 晴彦, 澤田 成彦, 先山 正二, 門田 康正 : OR1-5 肺抹消微小節に対する術前CTガイドによる気管支鏡下マーキング, 第27回 日本呼吸器内視鏡学会総会, 242, 2004年6月.
47)池原 敏孝, 寺本 忠弘, 芳地 一, 山口 久雄, 細川 敬子, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 培養牛副腎髄質由来細胞の情報伝達機構に及ぼす変動磁界の影響, 第81回日本生理学会大会, 2004年6月.
48)細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 七条 裕衣, 北村 光夫, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 會沢 勝夫 : Imspector法による培養骨芽細胞の分化に及ぼすELF磁界の影響, 第81回日本生理学会大会, 2004年6月.
49)後藤田 貴子, 徳永 逸夫, 北村 修, 久保 真一 : トルエン吸入によるラット脳における神経栄養因子BDNFの変化, 日本法医学会総会, Vol.88, 2004年6月.
50)藤田 義彦, 久保 真一, 吉田 恭史, 徳永 逸夫, 北村 修, 後藤田 貴子 : Profiler Kit と3種類のY-STRsを用いた精液·唾液の混合体液からのDNA多型分析例, 日本法医学会総会, Vol.88, 2004年6月.
51)野村 昌弘, 中屋 豊, 伊東 進 : 心磁図法は循環器病診療に貢献できるのか?, 日本生体磁気学会, 2004年6月.
52)中西 秀樹 : 特別講演 当科における頭蓋顎顔面外科の歩み, 第16回川崎医科大学形成外科教室同門会, 2004年6月.
53)安藤 正裕, 武田 憲昭, 澤田 和彦, 坂田 ひろみ, 福井 義浩 : ローリングマウス前庭小脳におけるカルレチニン陽性unipolar brush cellとCRF陽性苔状線維終末, 第30回日本耳鼻咽喉科学科学会四国四県地方部会連合学会, 2004年6月.
54)戸田 直紀, 東 貴弘, 中村 克彦, 武田 憲昭 : ムンプス及びVZVIにおける内耳障害の検討, 第30回日本耳鼻咽喉科学科学会四国四県地方部会連合学会, 2004年6月.
55)佐藤 孝宣, 阿部 律子, 川田 育二, 武田 憲昭 : 突発性難聴の二次治療の検討, 第30回日本耳鼻咽喉科学科学会四国四県地方部会連合学会, 2004年6月.
56)長嶋 比奈美, 若尾 佳代, 留守 幸, 宇高 二良, 近藤 英司, 武田 憲昭 : 聴性定常反応検査を用いた重複障害児の聴力評価の検討, 第30回日本耳鼻咽喉科学科学会四国四県地方部会連合学会, 2004年6月.
57)近藤 英司, 中川 英幸, 秋月 裕則, 宮崎 かつし, 田村 公一, 武田 憲昭 : 気管異物の一症例, 第30回日本耳鼻咽喉科学科学会四国四県地方部会連合学会, 2004年6月.
58)高岡 司, 松田 和徳, 武田 憲昭, 戸田 直紀 : 当科における味覚・嗅覚外来の現状, 第30回日本耳鼻咽喉科学科学会四国四県地方部会連合学会, 2004年6月.
59)新田 雄一, 市川 竜也, 松山 和渡, 河上 希, 石村 和敬, 生駒 良雄, 福井 裕行 : 胎盤におけるヒスタミンH1受容体の発現(第105回日本薬理学会近畿部会), 日本薬理学雑誌, Vol.124, No.2, 29P, 2004年6月.
60)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 原田 昇, 伊地知 秀樹, 米村 祐輔, 調 憲, 島田 光生, 前原 喜彦 : 進行肝細胞癌に対する根治的治療法としての生体肝移植と将来展望, 第40回日本肝癌研究会ワークショップ, 2004年6月.
61)神原 保, 北市 隆, 浦田 将久, 元木 達夫, 黒部 裕嗣, 市川 洋一, 富永 崇司, 増田 裕, 北川 哲也 : 解離性大動脈瘤に対する下行大動脈へのステントグラフト留置術後に一時late paraplegiaを認めた一例, 第47回関西胸部外科学会, 2004年6月.
62)黒部 裕嗣, 北市 隆, 富永 崇司, 神原 保, 市川 洋一, 元木 達夫, 浦田 将久, 増田 裕, 北川 哲也 : 左右冠動脈単一バルサルバ洞起始を伴ったTGA類似症例に対する動脈スイッチ手術の経験, 第47回関西胸部外科学会, 2004年6月.
63)元木 達也, 富永 崇司, 市川 洋一, 神原 保, 黒部 裕嗣, 浦田 将久, 北市 隆, 増田 裕, 北川 哲也 : 高度肝硬変に対しoff-pump冠動脈バイパス術が有用であった一例, 第47回関西胸部外科学会, 2004年6月.
64)黒部 裕嗣, 北市 隆, 富永 崇司, 神原 保, 市川 洋一, 元木 達夫, 浦田 将久, 増田 裕, 北川 哲也 : 左右冠動脈単一バルサルバ洞起始を伴ったTGA類似症例に対する動脈スイッチ手術の経験, 第47回関西胸部外科学会, 2004年6月.
65)尾﨑 享祐, 生島 仁史, 古谷 俊介, 西谷 弘, 竹川 佳宏 : III期非小細胞肺癌の放射線治療成績, 第102回日本医学放射線学会中国·四国地方会(香川)日本放射線腫瘍学会雑誌, Vol.65, No.2, 75, 2004年6月.
66)古谷 俊介, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 西谷 弘, 竹脇 弘嗣, 竹川 佳宏, 工藤 隆治 : 木村氏病の治療経験, 第102回日本医学放射線学会中国·四国地方会(香川)日本放射線腫瘍学会雑誌, Vol.65, No.2, 75, 2004年6月.
67)藤井 正彦, 森根 裕二, 居村 暁, 篠原 永光, 島田 光生 : 肝細胞癌に対する生体肝移植の現状と展望, 第81回日本消化器病学会四国支部例会, 2004年6月.
68)神原 保, 北市 隆, 浦田 将久, 元木 達夫, 黒部 裕嗣, 市川 洋一, 富永 崇司, 増田 裕, (森 一博), 北川 哲也 : Ebstein奇形の外科治療における弁機能を正常弁輪へ異動させることの重要性, 第40回日本小児循環器学会総会学術集会, 2004年6月.
69)北市 隆, 増田 裕, 富永 崇司, 神原 保, 市川 洋一, 黒部 裕嗣, 元木 達夫, 浦田 将久, 福田 靖, 北川 哲也 : 先天性心疾患に対する開心術後急性期における低濃度NO吸入療法の効果, 第40回日本小児循環器学会総会学術集会, 2004年6月.
70)山内 健, 伊賀 淳一, 宋 鴻偉, 友竹 正人, : 更年期外来におけるSSRIの使用経験-パロキセチン投与についての予備的検討, 第26回日本生物学的精神医学会, 2004年7月.
71)奥村 裕司, 端山 昌樹, 高橋 悦久, 藤内 美恵子, 木戸 博 : 新規膜結合型セリンプロテアーゼ,Serase-1の気道線毛細胞での選択的局在, 第9回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会, 2004年7月.
72)副島 雄二, 武冨 紹信, 島田 光生, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 原田 昇, 伊地知 秀樹, 米村 祐輔, 前原 喜彦 : 生体肝移植における術前・術後の門脈血栓・閉塞に対する血行再建, 第22回 日本肝移植研究会ビデオフォーラム, 2004年7月.
73)安井 夏生 : 整形外科の立場から, 鳴門市民健康フォーラム (鳴門市), 2004年7月.
74)住谷 さつき, 原田 雅史, 久保 均, 大森 哲郎 : 薬物応答性の異なるOCDのProton MRSによる検討, 第26回 日本生物学的精神医学会, 2004年7月.
75)副島 雄二, 武冨 紹信, 島田 光生, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 原田 昇, 伊地知 秀樹, 米村 祐輔, 前原 喜彦 : 生体肝移植における術前・術後の門脈血栓・閉塞に対する血行再建, 第59回日本消化器外科学会ビデオシンポジウム, 2004年7月.
76)久保 真一 : 遷延性溺死とは, 第11回法医病理夏期セミナー, 2004年7月.
77)市川 洋一, 北市 隆, 速水 朋彦, 来島 敦史, 神原 保, 黒部 裕嗣, 増田 裕, 北川 哲也 : 両側内腸骨動脈と下腸間膜動脈からのmeandering arteryを伴った腹部大動脈瘤の一手術例, 第35回日本血管外科学会中国四国地方会, 2004年7月.
78)中西 秀樹 : 特別講演 「顔面・外陰部を中心とした悪性腫瘍の再建」, 昭和大学形成外科皮膚腫瘍フォーラム, 2004年7月.
79)片岡 睦子, 谷岡 哲也, 永峰 勲, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 森口 博基 : 精神科急性期治療病棟で使用するための統合失調症用クリニカルパスおよびアウトカム管理確認項目の試作, 第17回日本看護福祉学会 全国大会, Vol.10, No.1, 60-61, 2004年8月.
80)川野 公江, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 谷岡 哲也, 永峰 勲, 片山 貴文, 森川 富昭, 森口 博基 : 山間地域の一人暮らし高齢者の生きがいと健康長寿の関連, 第229回 徳島医学会, 41, 2004年8月.
81)山口 浩司, 野村 昌弘, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 木村 恵理子, 山田 博胤, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良, 伊東 進 : 酸素摂取量と血中ホモシステインとの関連性:トータル・ヘルス・プロモーション・プラン検診による検討, 第54回循環器負荷研究会, 2004年8月.
82)田中 英治, 田畑 智継, 原田 顕治, 山田 博胤, 若槻 哲三, 河野 智仁, 小柴 邦彦, 山口 浩司, 西角 彰良, 野村 昌弘, 伊東 進 : ストレインイメージング法を用いた左室収縮動態の詳細な評価:健常例におけるradial, meridional, circumferential systolic strainの検討, 第2回先進心血管エコー研究会, 2004年8月.
83)塩見 伸幸, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズムの構築, JAMIT Annual Meeting 2004, 2-56, 2004年8月.
84)高垣 宏章, 安友 基勝, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化検出アルゴリズム, JAMIT Annual Meeting 2004, 2-53, 2004年8月.
85)多田 真也, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支抽出アルゴリズムの構築, JAMIT Annual Meeting 2004, 2-65, 2004年8月.
86)五石 圭一, 中西 秀樹, 橋本 一郎 : 低悪性度軟部巨細胞腫の1例, 第9回徳島形成外科集談会, 2004年8月.
87)土田 邦博 : 細胞増殖·分化因子による骨格筋形成機構と遺伝性筋疾患のトランスレーショナルリサーチ, 川崎医科大学神経内科講演, 2004年8月.
88)塩見 伸幸, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズムの構築, JAMIT Annual Meeting 2004, 1-27, 2004年8月.
89)高垣 宏章, 安友 基勝, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化の検出アルゴリズム, JAMIT Annual Meeting 2004, 1-27, 2004年8月.
90)多田 真也, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支抽出アルゴリズムの検討, JAMIT Annual Meeting 2004, 1-27, 2004年8月.
91)立花 裕之, 財田 伸介, 安友 基勝, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 森山 紀之, 柿沼 龍太郎, 笹川 道三 : 検診用マルチスライスCT画像を用いた肺気腫解析アルゴリズムの構築, JAMIT Annual Meeting 2004, 1-27, 2004年8月.
92)藤井 正彦, 森根 裕二, 居村 暁, 篠原 永光, 島田 光生 : 肝細胞癌に対する生体肝移植の現状と展望, 第22回中四国臨床臓器移植研究会, 2004年8月.
93)上田 千鶴, 高岡 司, 松田 和徳, 武田 憲昭, 田中 健 : 亜鉛栄養状態の新しい評価法の開発と健常人と味覚障害患者の亜鉛栄養状態, 第229回徳島医学会, 2004年8月.
94)高岡 司, 松田 和徳, 武田 憲昭 : 亜鉛欠乏の新しい機能評価法(ACE活性比)と味覚障害患者への応用, 第229回徳島医学会, 2004年8月.
95)上田 千鶴, 高岡 司, 松田 和徳, 田中 健, 武田 憲昭 : 亜鉛摂取,血清亜鉛値,血清ACE活性比からみた健常者と味覚障害患者の亜鉛栄養状態, 第229回徳島医学会, 2004年8月.
96)池田 稔, 愛場 庸雅, 生井 明浩, 井之口 昭, 黒野 祐一, 阪上 雅史, 武田 憲昭, 冨田 寛 : 味覚障害患者数と味覚障害診断に関するアンケート調査, 第229回徳島医学会, 2004年8月.
97)東 貴弘, 戸田 直紀, 田村 公一, 武田 憲昭 : 扁摘における超音波切開凝固装置及びコブレーションシステムと従来法との比較, 第229回徳島医学会, 2004年8月.
98)西岡 安彦 : SARSの基礎と臨床 - 院内感染対策を中心に -, 第229回徳島医学会学術集会シンポジウム, 2004年8月.
99)田中 英治, 田畑 智継, 原田 顕治, 山田 博胤, 若槻 哲三, 河野 智仁, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 野村 昌弘 : ストレインイメージング法を用いた左室収縮能の評価:健常例におけるradial, meridionalおよびcircumferential systolic strainの検討, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
100)山田 博胤, 田畑 智継, 田中 英治, 原田 顕治, 木村 恵理子, 野村 昌弘 : 心房細動および心機能不全におけるCoupled Pacingの効果:心臓の機械的効率に関する検討, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
101)田畑 智継, 田中 英治, 原田 顕治, 山田 博胤, 若槻 哲三, 河野 智仁, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 野村 昌弘 : ストレインイメージング法を用いた左房機能の評価:下半身陽圧負荷を用いた検討, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
102)田中 英治, 田畑 智継, 原田 顕治, 山田 博胤, 若槻 哲三, 河野 智仁, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 野村 昌弘 : 左室収縮は全周性に均一か?経胸壁および経食道心エコー法によって得られる心筋ストレインの比較, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
103)高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Xiajoiang Hao, 謝 立山, 李 順林 : 雲南省東南部における少数民族薬物調査, 日本生薬学会第51年会, 2004年9月.
104)安藝 浩史, 友竹 正人, 兼田 康宏, : 統合失調症外来患者の服薬内容とQOL ― 定型薬服用群と非定型薬服用群の比較 ―, 第14回日本臨床精神神経薬理学会, 2004年9月.
105)山中 健生, 長江 浩朗, 松本 和也, 中西 秀樹 : Vacuum-assisted closure と段階的な植皮術を併用して治癒した難治性褥瘡の1例, 第6回日本褥瘡学会学術集会, 2004年9月.
106)谷口 寿章 : 疾患プロテオミクス, ゲノム創薬フォーラム キーテクノロジー2004, 2004年9月.
107)村上 昭継, 芥川 正武, 木内 陽介, 黒田 泰弘, 大西 芳明, 西村 匡司, 真柄 睦, 臼倉 勝男, 中原 健治 : 集中治療室における医療機器警報支援システムの開発, 第3回情報科学技術フォーラム 高度医療を支える安全ME技術, 2004年9月.
108)山中 真吾, 付 政, 川田 昌武, 伊坂 勝生, 原田 雅史, 長篠 博文, 西谷 弘 : 磁気共鳴画像診断装置(MRI)操作室における磁界測定, 電気設備学会全国大会論文集, 2004年9月.
109)五石 圭一, 中西 秀樹, 橋本 一郎 : 低悪性度軟部巨細胞腫の1例, 第48回日本形成外科学会中国・四国支部学術集会, 2004年9月.
110)橋本 一郎, 中西 秀樹, 山野 雅弘, 秋田 浩二, 稲次 圭 : 遊離腓骨弁で関節突起を含む下顎再建を行った1例, 第48回日本形成外科学会中国・四国支部学術集会, 2004年9月.
111)田中 弘之, 山口 久雄, 池原 敏孝, 宇都宮 登, 吉﨑 和男, 平尾 友二, 林 幸宏, 家段 勝好, アズラン アズヒム, 木内 陽介, 宮本 博司 : 音場実測装置の試作による超音波ドプラ血流速度測定装置の改良とその応用, 第59回日本体力医学会, 2004年9月.
112)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 原田 昇, 伊地知 秀樹, 米村 祐輔, 島田 光生, 前原 喜彦 : 生体肝移植におけるC型肝炎再発に対する戦略, 第40回日本移植学会パネルディスカッション, 2004年9月.
113)塩見 伸幸, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : 胸部マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズム, 信学技報, Vol.104, No.318, 7-11, 2004年9月.
114)高垣 宏章, 安友 基勝, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化検出アルゴリズムの構築, 信学技報, Vol.104, No.318, 13-17, 2004年9月.
115)多田 真也, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支抽出アルゴリズムの検討, 信学技報, Vol.104, No.318, 19-23, 2004年9月.
116)工藤 隆治, 誉田 栄一, 西谷 弘 : 頭頸部外部放射線照射における固定用シェルの固定精度の検討, 第45回日本歯科放射線学会総会・学術大会, Vol.44, 49, 2004年9月.
117)福井 清 : 脳におけるD-アミノ酸酸化酵素の機能的・病態生理学的意義, 第27回日本神経科学大会・第47回日本神経化学会大会合同大会, 2004年9月.
118)金西 計英, 松浦 健二, 緒方 広明, 光原 弘幸, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : 徳島大学におけるe-Learningの運用管理について, 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集, 145-148, 2004年9月.
119)多田 敏子, 谷岡 哲也, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 永峰 勲, 森口 博基, 森川 富昭, 片山 貴文, 川野 公江 : 山間地域の在宅高齢者のQOLと健康長寿との関連, Quality of Life Journal, Vol.51, No.2, 2004年9月.
120)北村 嘉章, 三好 勝洋, 福井 裕行, 武田 憲昭 : ヒスタミンH1受容体遺伝子, 第43回日本鼻科学会, 2004年9月.
121)中西 秀樹 : 特別講演「微小循環の組織移植における意義」, 福岡市西区医師会学術講演会, 2004年9月.
122)山口 準, アズラン アズヒム, 平尾 友二, 木内 陽介, 山口 久雄, 吉﨑 和男 : リニアアレイトランスデューサの設計シミュレーション, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
123)アズラン アズヒム, 平尾 友二, 木内 陽介, 山口 久雄, 吉﨑 和男 : Tiltテストを用いた非自発的姿勢変化に伴う最大血流速度の変化, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
124)内上 裕介, 門脇 直弘, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 細川 敬子, 寺本 忠弘, 山口 久雄 : 変動強磁界曝露によるミトコンドリアへの影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
125)七條 裕衣, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 庄野 正行, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 會沢 勝夫 : 培養骨芽細胞に及ぼすELF変動磁界の影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
126)門脇 直弘, 内上 裕介, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 細川 敬子, 寺本 忠弘, 山口 久雄 : 変動強磁界によるHela細胞の影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
127)加治 芳雄, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介, 永廣 信治, 七條 文雄 : 変化率二次元脳電図(DRT)の臨床応用, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2004年9月.
128)池原 敏孝, Tadahiro Eramoto, 佐々木 ひろみ, 山口 久雄, 細川 敬子, 北村 光夫, 庄野 正行, 芳地 一, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : Effect of time-varying strong magnetic field on transient increase in intracellular Ca2+ in bovine adrenal chromaffin cells, 第8回シンポジウムおよび特定領域研究 「強磁場新機能」第2回シンポジウム, 2004年9月.
129)水野 大, 井手 美喜子, 一宮 智子, 久保 いつか, 木戸 博 : 経鼻ワクチンの気道粘膜IgA誘導におけるサーファクタントプロテインB, Cおよび脂質成分のアジュバント効果, 第77回日本生化学会, 2004年10月.
130)坂東 伸泰, 渡辺 球美, 友竹 正人, : 低Na血症を認めなかったにも関わらず中心性橋髄鞘崩壊症を合併した摂食障害の1例, 第28回日本心身医学会中国・四国地方会, 2004年10月.
131)武久 美奈子, 友竹 正人, : 女子大学生の月経前緊張症 ― アンケート調査より ―, 第42回全国大学保健管理研究集会, 2004年10月.
132)奥村 裕司, 端山 昌樹, 高橋 悦久, 藤内 美恵子, 木戸 博 : Serase-1, a new member of the type II transmembrane serine protease, is highly expressed in ciliated epithelial cells., 第77回日本生化学会大会, 2004年10月.
133)安井 夏生 : 臨床研究成果をアピールする申請書のノウハウ, 科学研究費補助金申請ノウハウ講習会 (徳島市), 2004年10月.
134)藤井 正彦, 森根 裕二, 居村 暁, 篠原 永光, 島田 光生 : 高度血管侵襲陽性肝細胞癌に対する治療戦略, --- 肝切除とINF+FP療法 ---, 第66回日本臨床外科学会総会, 2004年10月.
135)栗田 信浩, 岩田 貴, 小笠原 卓, 池本 哲也, 西岡 将規, 島田 光生 : D2郭清を行ったfStageⅢ胃癌症例の検討, 第66回 日本臨床外科学会総会, 2004年10月.
136)長嶋 比奈美, 武田 憲昭, 宇高 二良 : 重複障害児への聴性定常反応検査の適応, 第49回日本聴覚医学会, 2004年10月.
137)Tomoya Kawazoe, Kazuko YORITA, Koji Ono, Sanae Iwana, Hwan Ki Park, Yumiko Tomita and Kiyoshi Fukui : Purification and Characterization of recombinant human D-amino acid oxidase, The 77th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Oct. 2004.
138)Takashi Sakai, Li Liu, Yuji Shishido, Ryuji Kaji and Kiyoshi Fukui : Identification of a Novel, Embryonal Carcinoma Cell-Associated Molecule, Nucling, That is Up-regulated during Cardiac Muscle Differentiation, The 77th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Oct. 2004.
139)橋本 一郎, 中西 秀樹, 稲次 圭 : 遊離皮弁移植, 第31回日本マイクロサージャリー学会, 2004年10月.
140)多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 森口 博基, 片山 貴文, 森川 富昭, 谷岡 哲也, 永峰 勲 : 山間地域の在宅後期高齢者の生きがいと健康長寿の関連, 日本公衆衛生雑誌, Vol.51, No.10, 682, 2004年10月.
141)片山 貴文, 森川 富昭, 森口 博基, 多田 敏子, 永峰 勲, 谷岡 哲也, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子 : 地域在宅高齢者の閉じこもり傾向の関連要因の検討, 日本公衆衛生学会誌, Vol.51, No.10, 699, 2004年10月.
142)北川 哲也 : 下肢のむくみと胸痛 ーその診かた・考えー, 麻植郡医師会講演会, 2004年10月.
143)Xichuan Teng, Takashi Sakai, Li Liu, Rika Sakai, Ryuji Kaji and Kiyoshi Fukui : Attenuation of MPTP-induced neurotoxicity and motor dysfunction in Nucling deficient mice, The 77th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Oct. 2004.
144)Li Liu, Takashi Sakai, Nobuya Sano, Xichuan Teng and Kiyoshi Fukui : Nuclig Mediates apoptosis by inhibiting expression of galectin-3 through interfence with NF-B signaling, The 77th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Oct. 2004.
145)Takashi Sakai, Li Liu, Rika Sakai, Ryuji Kaji, Tasuku Mitani, Mitsuru Matsumoto, Kazunori Toida, Yuji Shishido and Kiyoshi Fukui : Nucling is important for the upregulation of Apaf-1/procaspase-9cytochrome c apoptosome following cellular stress in vivo, The 77th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Oct. 2004.
146)黒部 裕嗣, 北市 隆, 神原 保, 市川 洋一, 来島 敦史, 速水 朋彦, 増田 裕, 北川 哲也 : 乳児期VSD,PAの治療戦略, 第57回日本胸部外科学会総会, 2004年10月.
147)黒部 裕嗣, 北市 隆, 神原 保, 市川 洋一, 来島 敦史, 速水 朋彦, 増田 裕, 北川 哲也 : 乳児期VSD, PAの治療戦略, 第57回日本胸部外科学会総会, 2004年10月.
148)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 原田 昇, 伊地知 秀樹, 米村 祐輔, 島田 光生, 前原 喜彦 : 生体肝移植におけるドナー選択の問題点と対策, 第8回日本肝臓学会DDW2004パネルディスカッション, 2004年10月.
149)武市 美香, 武田 憲昭, 宇高 二良 : 剣道難聴症例の臨床的検討, 第14回日本耳科学会, 2004年10月.
150)東 貴弘, 戸田 直紀, 武市 美香, 中村 克彦, 武田 憲昭 : Hunt症候群における内耳道造影MRIの検討, 第14回日本耳科学会, 2004年10月.
151)今井 貴夫, 伊東 真人, 松永 喬, 武田 憲昭, 和泉 憲政, 細川 清人, 久保 武 : 同一例で,外側半規管型,後半規管型を合併した良性発作性頭位めまい症症例の検討, 第14回日本耳科学会, 2004年10月.
152)杉原 治美, 大岡 裕子, 美馬 福恵, 多田 敏子, 森口 博基, 森川 富昭, 谷岡 哲也 : 看護相談における患者ニーズの明確化から問題解決過程の分析ーITを活用した看護相談ソフト開発からの考察, 第35回日本看護学会抄録集ー地域看護ー, 56, 2004年10月.
153)上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 苛原 稔 : 閉経後婦人のosteoprotegerin(OPG)とフリーおよびOPG結合型可溶性RANKLの血中動態に関する検討, 第19回日本更年期医学会学術集会, 2004年10月.
154)三好 孝典, 近藤 和也, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 藤野 晴彦, 先山 正二 : pP4-42 pN2肺癌切除例の予後因子の検討, 第45回 日本肺癌学会総会, 481, 2004年10月.
155)沼田 周助, 加藤 温, 笠原 敏彦, 大森 哲郎 : うつ病の再発として経過観察された原発性副甲状腺機能亢進症の1例, 第45回中国・四国精神神経学会, 2004年10月.
156)北村 修, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 久保 真一 : 練炭コンロによる自殺が疑われた一剖検例, 日本法医学会中四国地方会, Vol.21, 2004年10月.
157)久保 真一, 徳永 逸夫, 北村 修, 後藤田 貴子 : 縊頚失敗後咽頭部周囲出血で窒息した一剖検例, 日本法医学会中四国地方会, Vol.21, 2004年10月.
158)北川 哲也 : 最近の小児心臓手術と術後の注意点, 徳島心臓病の子供を守る会講演会, 2004年10月.
159)笈田 将皇, 生島 仁史, 竹川 佳宏, 尾﨑 享祐, 八木 浩史, 西谷 弘 : Quality control of a new CT on rail (CT-Linac) system using a micro-Multi Leaf Collimator (mMLC) unit, 日本放射線腫瘍学会第17回学術大会(千葉), 142, 2004年11月.
160)内山 恒夫 : リケッチアの昆虫細胞への付着侵入, 第52回日本ウイルス学会学術集会, 2004年11月.
161)藤田 美歌子, カムセー ブンルアン, 櫻井 明子, アブハイ ジェレ, 内山 恒夫, 足立 昭夫 : HIV-2 VpxおよびVprの発現量の解析, 第52回日本ウイルス学会学術集会, 2004年11月.
162)高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Xiajoiang Hao, 謝 立山, 李 順林 : 中国南部の少数民族薬物調査(1)雲南省東南部の薬物, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
163)堀長 志帆, 吉村 祥穂, 村田 有希, 土屋 浩一郎, 峰松 敏彦, 川添 和義, 高石 喜久, 福井 裕行 : 苦参,小青竜湯のアレルギー疾患関連遺伝子発現機構への影響, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
164)山田 博胤, 田畑 智継, 田中 英治, 原田 顕治, 伊東 進 : 肺静脈電気的隔離術におけるPhased-array心腔内エコー (ICE) の役割, 第14回日本超音波医学会四国地方会, 2004年11月.
165)小柴 邦彦, 野村 昌弘, 河野 智仁, 山口 浩司, 木村 恵理子, 山田 博胤, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良, 伊東 進 : G-CSF の心筋への効果:アドリアマイシン心筋症ラットにおける検討, 第91回日本内科学会四国地方会, 2004年11月.
166)山田 博胤, 田畑 智継, 河野 智仁, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 若槻 哲三, 西角 彰良, 野村 昌弘, 伊東 進 : 拡大不全心における左房リザーバー機能の定量的評価:組織ストレインイメージングを用いた検討, 第85回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2004年11月.
167)粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 池田 康将, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 八木 秀介, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : ヘパリンコファクターII欠乏マウスにおける 血管リモデリング異常の解析, 第27回日本血栓止血学会学術集会, 2004年11月.
168)銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 堀口 英久, 廣川 満良, Asa L Sylvia : Methylation and expression of the cell cycle control genes in human pituitary tumors, 第8回日本内分泌病理学会総会, 2004年11月.
169)山野 雅弘, 松本 和也, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 清家 卓也 : 上顎体の1例, 第22回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2004年11月.
170)柏木 圭介, 橋本 一郎, 佐川 多恵子, 中西 秀樹 : 耳下腺深葉を貫通した第一鰓裂由来瘻孔の1例, 第22回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会, 2004年11月.
171)上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 苛原 稔 : 閉経後婦人の可溶型破骨細胞分化因子(soluble RANKL)と破骨細胞分化抑制因子(osteoprotegerin)の血中動態に関する検討, 第15回婦人科骨粗鬆症研究会, 2004年11月.
172)田畑 麻美, 川添 和義, 高石 喜久 : イソマツの成分研究, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 30, 2004年11月.
173)高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎 : 中国南部の少数民族薬調査(1) 雲南省東南部の薬物, 第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 39, 2004年11月.
174)梅名 泰史, 頼田 和子, 松岡 毅, 安部 真琴, 喜田 昭子, 福井 清, 森本 幸生 : 乳酸酸化酵素4量体の結晶構造解析, 第16回日本結晶学会年会, 2004年11月.
175)武田 憲昭 : めまいの薬物療法, 第63回日本めまい平衡医学会, 2004年11月.
176)上枝 仁美, 関根 和教, 佐藤 豪, 武田 憲昭 : メニエール病の長期の聴力変化, 第63回日本めまい平衡医学会, 2004年11月.
177)西池 季隆, 北原 糺, 武田 憲昭, 坂田 義治 : 周期性眼振を認めた歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症の1例, 第63回日本めまい平衡医学会, 2004年11月.
178)北原 糺, 堀井 新, 近藤 千雅, 西池 季隆, 奥村 新一, 武田 憲昭, 久保 武 : めまいを伴う突発性難聴および前庭神経炎の前庭代償, 第63回日本めまい平衡医学会, 2004年11月.
179)和田 佳郎, 和田 隆広, 塚本 一義, 武田 憲昭 : 弓道選手における視覚外乱への適応過程, 第63回日本めまい平衡医学会, 2004年11月.
180)今井 貴夫, 伊東 真人, 武田 憲昭, 関根 和教, 佐藤 豪, 松永 喬, 細川 清人, 久保 武 : 外側半規管型良性発作性頭位めまい症における頭位変換眼振の経時的変化, 第63回日本めまい平衡医学会, 2004年11月.
181)関根 和教, 今井 貴夫, 佐藤 豪, 伊東 真人, 武田 憲昭 : 後半規管型BPPV及び外側半規管型BPPVの自然経過と耳石置換法の治療効果, 第63回日本めまい平衡医学会, 2004年11月.
182)佐藤 豪, 関根 和教, 今井 貴夫, 伊東 真人, 武田 憲昭 : 水平半規管型BPPV及び後半規管型BPPVの眼振の性状と治療経過, 第63回日本めまい平衡医学会, 2004年11月.
183)大山 晴三, 西池 季隆, 今井 貴夫, 渡邊 洋, 松岡 克典, 久保 武, 秋月 裕則, 武田 憲昭 : 身体偏倚を引き起こすVR(VirtualReality)空間における歩行軌跡と眼球運動, 第63回日本めまい平衡医学会, 2004年11月.
184)生島 仁史, 尾崎 享祐, 古谷 俊介, 川中 崇, 笈田 将皇 : 子宮頸癌に対する化学放射線治療療法の治療成績, 日本放射線腫瘍学会第17回学術大会(千葉), 2004年11月.
185)生島 仁史, 尾﨑 享祐, 古谷 俊介, 川中 崇, 笈田 将皇, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 子宮頸癌に対する化学放射線治療療法の治療成績, 日本放射線腫瘍学会第17回学術大会(千葉)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.16, No.Suppl. 1, 115, 2004年11月.
186)笈田 将皇, 生島 仁史, 富永 正英, 八木 浩史, 尾﨑 享祐, 竹川 佳宏, 西谷 弘, 渡辺 良晴 : マイクロMLC搭載自走式CTリニアック装置のQA/QC, 日本放射線腫瘍学会第17回学術大会(千葉)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.16, No.Suppl. 1, 142, 2004年11月.
187)能瀬 高明, 森川 富昭, 折田 憲始, 矢野 米雄, 森口 博基 : 生徒評価のための学習管理を行うe-learningシステムの構築と評価, 医療情報学24回連合大会論文集, 1024-1025, 2004年11月.
188)森川 富昭, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 松浦 健二, 能瀬 高明, 矢野 米雄 : Development of Medical e-Learning system based on syllabus, 医療情報学24回連合大会論文集, 1068-1069, 2004年11月.
189)折田 憲始, 森川 富昭, 能瀬 高明, 矢野 米雄, 森口 博基 : 医療従事者に対する論文検索支援および共同研究支援, 医療情報学24回連合大会論文集, 1026-1027, 2004年11月.
190)片山 貴文, 森川 富昭, 森口 博基, 鈴記 洋子, 大岡 裕子 : 診断群分類別の看護業務量評価の試み, 医療情報学24回連合大会論文集, 946-947, 2004年11月.
191)田木 真和, 森口 博基, 森川 富昭, 宮川 操 : インシデントレポートの集計・分析システムの構築, 医療情報学24回連合大会論文集, 654-655, 2004年11月.
192)桑原 章, 森川 富昭, 苛原 稔, 森口 博基 : 生殖補助医療(ART)に対する多施設間情報共有システムの開発, 医療情報学24回連合大会論文集, 598-599, 2004年11月.
193)森口 博基, 森川 富昭, 松本 和也, 中西 秀樹, 武田 英二, 片山 貴文, 能瀬 高明 : 知識データベース「褥瘡ケアネット」の開発(第2報), 医療情報学24回連合大会論文集, 504-505, 2004年11月.
194)柏木 圭介, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 吉永 理香, 杉本 香 : うっ血の改善にアルプロススタジルが有効であった前頭筋皮下茎皮弁の1例, 第12回四国MMC研究会, 2004年11月.
195)栗田 信浩, 岩田 貴, 新居 章, 池本 哲也, 西岡 将規, 安藤 勤, 島田 光生 : 胃癌に対する鏡視下手術の経験, 第17回日本内視鏡外科学会総会, 2004年11月.
196)西岡 安彦, Wang Wei, 尾崎 修治, 松本 俊夫, 曽根 三郎 : 肺癌におけるHM1.24抗原発現と抗HM1.24抗体による抗体療法の可能性, 第17回日本バイオセラピィ学会ワークショップ3抗体療法と臨床応用, 2004年11月.
197)速水 朋彦, 北市 隆, 神原 保, 市川 洋一, 黒部 裕嗣, 来島 敦史, 増田 裕, 北川 哲也 : 15年後の静脈グラフト不全による狭心症に対し,re-do CABG を施工した一例, 第85回日本循環器学会中国四国合同地方会, 2004年11月.
198)多田 真也, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支抽出アルゴリズム, CADM合同論文集, 335-336, 2004年11月.
199)西尾 貴志, 財田 伸介, 多田 真也, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺動脈・肺静脈抽出アルゴリズム, CADM合同論文集, 339-340, 2004年11月.
200)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 原田 昇, 伊地知 秀樹, 米村 祐輔, 島田 光生, 前原 喜彦 : 移植医からみたHCV陽性レシピエントの対応, 伊豆肝臓カンファレンス2004, 2004年12月.
201)朝比奈 潤子, 吉田 麻美子, 銀屋 治巳, 浅野 勉, 池田 秀雄, 瀬川 修, 田島 秀二, 森谷 眞紀, 国香 清, 板倉 光夫 : バイオストランド技術を用いた簡易型DNAアレイシステムの開発, 第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月.
202)五石 圭一, 水野 広一, 中西 秀樹, 佐々木 卓也 : 抗原刺激によるrat basophilic leukemia-2H3細胞からのヒスタミン遊離におけるRab27低分子量G蛋白質の役割, 第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月.
203)安藝 浩史, 友竹 正人, 兼田 康宏, : 統合失調症患者の主観的及び客観的QOLと家族による生活技能評価との関連の検討, 第37回精神神経系薬物治療研究報告会, 2004年12月.
204)端山 昌樹, 奥村 裕司, 高橋 悦久, 藤内 美恵子, 武田 憲昭, 田村 学, 久保 武, 木戸 博 : 新規膜結合型セリンプロテアーゼ,Serase-1の気道線毛細胞での選択的局在はFoxJ1によって転写制御されている, 第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月.
205)黒部 裕嗣, 上野 智雄, 斉藤 ふみ, 劉 村蘭, 北川 哲也, 高浜 洋介 : 成体胸腺の皮質は正の選択をうけたTリンパ球を循環に放出できる, 第34回日本免疫学会総会, 2004年12月.
206)森口 博基 : 医療費の削減と予防について, 第2回日本予防医学会, 2004年12月.
207)長嶋 比奈美, 武田 憲昭, 若尾 佳代, 留守 幸, 宇高 二良 : 吃音児に対する言語聴覚療法の現況と課題, 第30回中国四国地方部会, 2004年12月.
208)武市 美香, 武田 憲昭, 宇高 二良 : 剣道難聴症例の臨床的検討, 第30回中国四国地方部会, 2004年12月.
209)佐藤 孝宣, 阿部 律子, 川田 育二, 武田 憲昭 : 突発性難聴に対するステロイド療法で治癒に至らなかった症例の2次治療に関する検討, 第30回中国四国地方部会, 2004年12月.
210)近藤 英司, 武田 憲昭, 中上 亜紀, 高石 司, 川田 育二, 植村 哲也, 阿部 律子 : 突発性難聴に対するリポPGE1の有効性と治療前後のPWV評価, 第30回中国四国地方部会, 2004年12月.
211)小野 晃代, 関根 和教, 佐藤 豪, 秋月 裕則, 武田 憲昭 : エアーカロリック検査の刺激条件の検討, 第30回中国四国地方部会, 2004年12月.
212)北村 嘉章, 近藤 英司, 宮崎 かつし, 田村 公一, 武田 憲昭 : 蝶形骨洞病変に対するナビゲーションサージェリー, 第30回中国四国地方部会, 2004年12月.
213)由良 いづみ, 中川 伸一, 田村 公一, 武田 憲昭, 久野 恵美 : 重症心身障害児の難治性誤嚥に対する喉頭気管分離術の経験, 第30回中国四国地方部会, 2004年12月.
214)中川 英幸, 田村 公一, 秋月 裕則, 武田 憲昭 : 副咽頭間隙腫瘍摘出後のFirst bite syndromeの2症例, 第30回中国四国地方部会, 2004年12月.
215)松田 和徳, 北村 嘉章, 安藤 正裕, 田村 公一, 武田 憲昭 : 耳鼻咽喉科領域の診断においてFDG-PETが有用であった2症例, 第30回中国四国地方部会, 2004年12月.
216)橋本 一郎, 五石 圭一, 山野 雅弘, 中西 秀樹 : Serratus anterior fascial flapにより再建を行ったHeat pressinjury の1例, 第13回日本熱傷学会中国四国地方会, 2004年12月.
217)米田 武史, 秋田 浩二, 橋本 一郎, 中西 秀樹 : 12年間の当科における熱傷瘢痕癌症例の検討, 第13回日本熱傷学会中国四国地方会, 2004年12月.
218)新田 剛, 清家 隆史, 高浜 洋介 : IANファミリー遺伝子のクラスター構造は脊椎動物と高等植物に共有される, 第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月.
219)上野 淳二, 村瀬 知也, 米田 和英, 西谷 弘 : 当院におけるフィルムレスPACS半年間の使用経験, 2004年12月.
220)塩見 伸幸, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズム, CADM合同論文集, 321-322, 2004年12月.
221)高垣 宏章, 安友 基勝, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : 検診用マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化検出アルゴリズムの構築, CADM合同論文集, 323-324, 2004年12月.
222)古谷 俊介, 生島 仁史, 尾崎 享祐, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 反射型線量測定用フイルムを用いたヨウ素125治療用密封小線源のquality assurance, 第103回日本医学放射線学会中国·四国地方会(高知), 2004年12月.
223)田中 弘之, 山口 久雄, 池原 敏孝, 宇都宮 登, 吉﨑 和男, 平尾 友二, アズラン アズヒム, 木内 陽介, 宮本 博司 : 超音波ドプラ血流速度測定装置改良のための音場実測装置の試作とその計測例, 第54回日本体力医学会中国·四国地方会, 2004年12月.
224)林 しの, 内藤 毅, 吉田 慎一, 賀島 誠, 塩田 洋 : 徳島大学病院眼科における光線力学療法の近況, 第66回徳島眼科集談会, 2004年12月.
225)藤本 裕子, 山根 伸太, 塩田 洋 : 慢性閉塞隅角緑内障に対するPEA+IOLとLIの比較検討∼短期経過∼, 第66回徳島眼科集談会, 2004年12月.
226)梅名 泰史, 頼田 和子, 松岡 毅, 安部 真琴, 喜田 昭子, 福井 清, 森本 幸生 : 乳酸酸化酵素変異体のX線結晶構造解析, --- 活性部位のFMNに及ぼす影響 ---, 日本生物物理学会第42回年会, 2004年12月.
227)端山 昌樹, 奥村 裕司, 田村 学, 田村 潤子, 織名 崇, 武田 憲昭, 木戸 博, 久保 武 : 線毛上皮細胞より見出された新規膜結合セリンプロテアーゼ,Serase-1の機能解析, 第23回日本耳鼻咽喉科免疫アレルキ ー学会, 2005年.
228)浜田 大輔, 高田 洋一郎, 宮武 克年, 江川 洋史, 中野 俊次, 森谷 眞紀, 四宮 文男, 井上 寛, 安井 夏生, 板倉 光夫 : 関節リウマチ疾患感受性候補遺伝子SEC8L1の同定, 第49回日本リウマチ学会学術集会, 2005年.
229)森谷 眞紀, 国香 清, 野村 恭子, 長部 大, 篠原 秀一, 津川 和江, 島 由香, 棚橋 俊仁, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, 井上 寛, 板倉 光夫 : 3番染色体に候補領域における2型糖尿病疾患感受性遺伝子の探索, 第48回日本糖尿病学会, 2005年.
230)川上 修平, 井上 寛, 山下 裕紀子, 森谷 眞紀, 国香 清, 板倉 光夫 : 新規膵β細胞特異的オーファンGPCR(Gタンパク質共役受容体);GPR-ISL1の同定, 第48回日本糖尿病学会, 2005年.
231)国香 清, 津川 和江, 野村 恭子, 長部 大, 篠原 秀一, 棚橋 俊仁, 森谷 眞紀, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, 井上 寛, 板倉 光夫 : Gene-centric Even-Spacing Common Shared SNPs Probe法による2型糖尿病疾患感受性候補遺伝子の同定, 第48回日本糖尿病学会, 2005年.
232)棚橋 俊仁, 長部 大, 野村 恭子, 篠原 秀一, 中村 直登, 吉川 敏一, 山口 裕加, 国香 清, 森谷 眞紀, 井上 寛, 板倉 光夫 : 20番染色体長腕領域における2型糖尿病疾患感受性遺伝子の網羅的探索, 日本遺伝人類学会第50回大会, 2005年.
233)篠原 慶子, 棚橋 俊仁, 宮本 龍郎, 川上 修平, Parvaneh Keshavarz, 山口 裕加, 森谷 眞紀, 国香 清, 中村 直登, 井上 寛, 板倉 光夫 : 日本人2型糖尿病に関連するKFL (Kruppel-like factor) II 遺伝子多型の意義, 日本糖尿病学会中国四国地方会, 2005年.
234)近藤 勧, 澤上 一美, 瀬川 修, 池田 秀雄, 高橋 正明, 田島 秀二, 杉浦 水香, 高浜 洋介, 板倉 光夫, 町田 雅之 : 蛍光バーコード磁気ビーズを用いた高感度SNPsタイピング技術の確立, 第27回日本分子生物学会年会, 2005年.
235)澤上 一美, 近藤 勧, 杉浦 水香, 瀬川 修, 高橋 正明, 田島 秀二, 熊谷 俊高, 萩原 央子, 右田 清志, 八橋 弘, 石橋 大海, 中尾 一彦, 濱崎 圭輔, 江口 勝美, 高浜 洋介, 板倉 光夫, 町田 雅之 : 蛍光アダプター法によるIL-18SNPサイトの自動タイピング, 第27回日本分子生物学会年会, 2005年.
236)池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 藤村 光則, 八木 秀介, 橋詰 俊二, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : アンドロゲン-アンドロゲン受容体系は生体の心筋防御機構である, 第42回日本臨床分子医学会学術総会, 78, 2005年.
237)尾﨑 享祐, 生島 仁史, 川中 崇, 村瀬 知也, 王 億, 西谷 弘, 工藤 隆治, 竹内 徹, 誉田 栄一, 竹川 佳宏 : 頬粘膜癌の治療成績, 第101回日本医学放射線学会中国·四国地方会(鳥取)日本医学放射線学会雑誌, Vol.65, No.1, 80, 2005年1月.
238)川中 崇, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 安田 浩章, 池山 鎮夫, 西谷 弘, 工藤 隆治, 竹内 徹, 誉田 栄一, 竹川 佳宏 : 上顎炎症性偽腫瘍の放射線治療経験と治療成績, 第101回日本医学放射線学会中国·四国地方会(鳥取)日本医学放射線学会雑誌, Vol.65, No.1, 80, 2005年1月.
239)梅名 泰史, 頼田 和子, 松岡 毅, 安部 真琴, 喜田 昭子, 福井 清, 森本 幸生 : 放射光による乳酸酸化酵素4量体の結晶構造解析, 第18回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム, 2005年1月.
240)中西 秀樹 : 特別講演「皮弁による再建法の進歩と適応」, 第3回高知県形成外科医会, 2005年1月.
241)塩見 伸幸, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.579, 133-137, 2005年1月.
242)高垣 宏章, 安友 基勝, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化検出アルゴリズムの構築, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.579, 127-131, 2005年1月.
243)鈴木 秀宣, 竹市 正彦, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘 : 大容量の画像取得と画像管理に関する研究, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.579, 169-172, 2005年1月.
244)多田 真也, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像からの気管支構造抽出アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.580, 25-29, 2005年1月.
245)西尾 貴志, 財田 伸介, 多田 真也, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺動脈・肺静脈抽出アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.104, No.580, 43-47, 2005年1月.
246)安友 基勝, 上野 淳二, 足立 貴志, 河田 佳樹, 仁木 登, 米田 和英, 村瀬 知也, 森田 奈緒美, 西谷 弘 : Stool Tagging法を用いたCT Colonographyに必要な画像処理, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.580, 87-90, 2005年1月.
247)安井 夏生 : 4.後期研修をどう考えるべきか?整形外科からみて, M6卒後研修のためのセミナー (徳島大学青藍講堂), 2005年1月.
248)杉原 治美, 薮本 みどり, 原野 厚志, 田村 公恵, 大岡 裕子, 美馬 福恵, 鈴木 元子, 多田 敏子, 森口 博基, 森川 富昭, 谷岡 哲也, 橋本 文子, 松下 恭子, 永峰 勲 : ITを活用した看護相談ソフト開発による相談活動の意義, 第230回徳島医学会, 2005年2月.
249)谷口 寿章 : シグナル伝達チップによる疾患プロテオミクス解析技術の開発とそのビジネス化, --- 徳島知的クラスター創成事業プレゼンテーション2 ---, バイオビジネスフォーラム, 2005年2月.
250)安井 夏生 : 関節近傍の創外固定, 第24回瑞穂卒後研修セミナー(名古屋市), 2005年2月.
251)武田 憲昭, 佐藤 豪, 関根 和教 : 良性発作性頭位めまい症における眼振の性状と治癒期間, 厚生労働省難治性疾患克服研究事業前庭機能異常に関する調査研究班平成16年度報告会, 2005年2月.
252)武田 憲昭, 関根 和教, 上枝 仁美, 佐藤 豪 : メニエール病の難聴の長期予後, 厚生労働省難治性疾患克服研究事業前庭機能異常に関する調査研究班平成16年度報告会, 2005年2月.
253)来島 敦史, 速水 朋彦, 黒部 裕嗣, 濱本 貴子, 市川 洋一, 神原 保, 北市 隆, 増田 裕, 北川 哲也 : 右心室尖部切開による乳児期apical muscular VSDsの閉鎖, 第19回日本小児循環器学会近畿・中国四国地方会, 2005年2月.
254)田村 公一, 武田 憲昭, 中川 伸一, 久野 恵美 : 重症身障害児の難治性誤嚥に対する喉頭気管分離術の効果, 第230回徳島医学会, 2005年2月.
255)田村 公一, 由良 いづみ, 中川 伸一, 久野 恵美 : 重症身障害児の難治性誤嚥に対する喉頭気管分離術の効果, 第230回徳島医学会学術集会, 2005年2月.
256)高垣 宏章, 安友 基勝, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた冠動脈石灰化検出アルゴリズムの構築, 胸部CT研究会, Vol.12, No.1, 77-78, 2005年2月.
257)多田 真也, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 楠本 昌彦, 金子 昌弘, 江口 研二, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像からの気管支構造抽出アルゴリズムの構築, 胸部CT研究会, Vol.12, No.1, 79-80, 2005年2月.
258)銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 堀口 英久, 廣川 満良 : Analysis of DNA methyltransferase 1 (DNMT1) expression in human pituitary tumors, 第15回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2005年2月.
259)安井 夏生 : 創外固定の歩み-現在,過去,未来-, 第3回大阪セミナー 創外固定の基本と応用-外傷そして変形矯正- (大阪市), 2005年2月.
260)佐川 多恵子, 山野 雅弘, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 吉永 理香 : Calcifying aponeurotic fibroma (juvenile aponouroticfibroma)の1例, 第49回日本形成外科学会中国・四国支部学術集会, 2005年2月.
261)柏木 圭介, 神田 郁乃, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 清家 卓也 : 耳下腺浅葉に発生したIntraductal papillary adenocarcinomaの1例, 第49回日本形成外科学会中国・四国支部学術集会, 2005年2月.
262)北市 隆, 増田 裕, 富永 崇司, 神原 保, 市川 洋一, 黒部 裕嗣, 元木 達夫, 浦田 将久, 深田 義夫, 北川 哲也 : 成人期ファロー四徴症根治手術症例の長期遠隔期におけるQOL評価, 第34回日本心臓血管外科学会学術総会, 2005年2月.
263)黒部 裕嗣, 北市 隆, 富永 崇司, 藤本 鋭貴, 金村 賦之, 神原 保, 市川 洋一, 元木 達夫 : 肺高血圧症を伴う乳児期心室中隔欠損症におけるミルリノンの有用性, 第34回日本心臓血管外科学会学術総会, 2005年2月.
264)安井 夏生 : 骨と軟骨の一生, 徳島県臨床整形外科医会学術講演会 (徳島市), 2005年2月.
265)新田 佳伯, 木内 陽介, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 居和 城宏, 大西 芳明, 大藤 純, 西村 匡司 : 白血球除去療法施行中のヘマトクリット値の予測, --- 人工ニューラルネットワークの最適化と予測時点の延長 ---, 第32回日本集中治療医学会学術集会プログラム・抄録集, Vol.12, 309, 2005年2月.
266)村上 昭継, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 伊東 進, 大西 芳明, 大藤 純, 西村 匡司, 新田 佳伯, 芥川 正武, 木内 陽介 : 高速フーリエ変換を用いた血液浄化フィルタの目詰まり評価システムの開発, 第32回日本集中治療医学会学術集会プログラム・抄録集, Vol.12, 312, 2005年2月.
267)近藤 正, 上野 淳二, 近藤 和也 : 最適なネットワーク構造を自己選択する改良形GMDH-typeニューラルネットワークによる医用画像認識, 第32回知能システムシンポジューム論文集, 33-36, 2005年3月.
268)堀長 志帆, 吉村 祥穂, 児玉 まどか, 村田 有希, 北村 嘉章, 前山 一隆, 武田 憲昭, 福井 裕行 : アレルギー治療薬のヒスタミンH1受容体mRNA上昇及びヒスチジン脱炭酸酵素mRNA上昇に対する影響, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
269)Hirotsugu Yamada, T Mazgalev, JD Thomas, Tomotsugu Tabata, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Effect of AV Nodal Vagal Stimulation on Left Ventricular Function in Chronic Atrial Fibrillation Canine Model., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
270)Hirotsugu Yamada, Tomotsugu Tabata, H Baba, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Tetsuzo Wakatsuki, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Quantitative Assessment of Left Ventricular Torsion by Two-dimensional Echocardiographic Automated Tissue Tracking Techinique., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
271)Masahiro Nomura, E Kimura, T Watanabe, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Current Density Map at Ventricular Repolarization Phase in Myocardial Infarction., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
272)K Yamaguchi, Masahiro Nomura, E Kimura, T Watanabe, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Atherosclerosis Suppression Effect of Estrogen: Is the Chronic Liver Disease Atherogenic?, 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
273)K Yamaguchi, Masahiro Nomura, E Kimura, T Watanabe, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Effect of Carvedilol on Autonomic Nerves Function and Oxidative Stress in the Essential Hypertensive Patients with Obstructive Sleep Apnea Syndrome., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
274)K Yamaguchi, Masahiro Nomura, E Kimura, T Watanabe, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Dose Obstructive Sleep Apnea Syndrome (OSAS) Cause the Myocardial Injury? Examination by 99mTc-MIBI Scintigraphy., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation sciety, Mar. 2005.
275)T Watanabe, Masahiro Nomura, E Kimura, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Antioxydative Effect and Atrial Electrophysiological Improvement by Candesartan in Hypertensive Patients., 69th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2005.
276)Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi and Toshio Matsumoto : Arterial Cuff Injury Causes Enhanced Neointimal Formation and Increased Adventitial Area in Heterozygous Heparin Cofactor II Deficient Mice, 第69回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2005.
277)Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Kato Midori, Fujimura Mitsunori, Hashizume Shunji, Shusuke Yagi, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto : Angiotensin II Antagonist Valsartan Ameliorates Nitric Oxide Bioavailability and Arterial Stiffness Accompanied with The Reduction of Blood Pressure and Pulse Pressure in Elderly Hypertensives, 第69回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2005.
278)山野 雅弘, 五石 圭一, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 清家 卓也 : レックリングハウゼン氏病に対する吸収性メッシュの使用経験, 第10回形成外科内視鏡・手術手技研究会, 2005年3月.
279)中西 秀樹 : ランチョンセミナー・特別講演「褥瘡の保存的治療の基本を知ろう」, 第5回日本褥瘡学会中国四国地方会, 2005年3月.
280)川淵 崇, 合田 正和, 堀 洋二, 田村 公一 : 急性喉頭炎から喉頭蓋谷に穿孔をきたした一例, 第62回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
281)松田 和徳, 北村 嘉章, 安藤 正裕, 田村 公一, 武田 憲昭 : 耳鼻咽喉科領域の診断においてEDG-PETが有用であった2症例, 第62回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
282)遠藤 亜紀, 松田 和徳, 中川 英幸, 田村 公一, 武田 憲昭, 幸田 純治, 武田 直也 : 両側反回神経麻痺に対してEjnell法を行った一例, 第62回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
283)北村 嘉章, 中川 英幸, 遠藤 亜紀, 武田 憲昭 : 味覚性鼻漏の一例, 第62回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
284)長嶋 比奈美, 近藤 英司, 武田 憲昭, 中村 和己, 宇高 二良 : 人工内耳手術を施行した小児4症例の経過について, 第62回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
285)高橋 美香, 武田 憲昭, 中村 克彦 : 顔面神経麻痺後遺症に対するボツリヌス治療の効果, 第62回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
286)宮崎 かつし, 佐藤 豪, 田村 公一, 武田 憲昭 : 原発性上咽頭結核症例, 第62回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
287)佐藤 豪, 関根 和教, 秋月 裕則, 安藤 正裕, 田村 公一, 武田 憲昭 : 当科における鼓室形成術の検討, 第62回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
288)松田 和徳, 北村 嘉章, 安藤 正裕, 田村 公一, 武田 憲昭 : 耳鼻咽喉科領域の診断においてFDG-PETが有用であった2症例, 第62日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
289)佐藤 豪, 関根 和教, 秋月 裕則, 安藤 正裕, 田村 公一, 武田 憲昭 : 当科における鼓室形成術の検討, 第62回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2005年3月.
290)日比野 有紀, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子, 山野 修司, 前田 和寿, 苛原 稔 : 徳島大学病院における妊婦に対する医薬品使用状況調査, 日本薬学会第125年会, 2005年3月.
291)川添 和義, 高石 喜久, 村上 光太郎, 岡坂 衛, Hao Xiaojiang, 謝 立山, 李 順林 : 中国南部の少数民族薬調査(2) 雲南省西部の薬物, 日本薬学会第125年会, 128, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1)Masahiro Nomura, Akiko Iga, Akiyoshi Nishikado, Ken Saito, Takashi Oki, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Relation between insulin resistance and 123I-BMIPP myocardial scintigraphy, 66th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, Apr. 2004.
2)Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Akiko Iga, Akiyoshi Nishikado, Ken Saito, Takashi Oki and Susumu Ito : Detection of electrical conduction velocity using 32-channel high temperature superconducting quantum interference device, 66th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, Apr. 2004.
3)Masahiro Nomura, Akiko Iga, Akiyoshi Nishikado, Ken Saito, Takashi Oki, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Evaluation of coronary microvascular disorder using 99mTc-MIBI myocardial SPECT, 66th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, Apr. 2004.
4)K Uehara, Masahiro Nomura, T Nakayama, M Yukinaka, Y Ozaki, S Morishita, H Ikefuji, H Fujinaka, M Kimura, K Tikamori, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Clinical significance of high sensitivity CRP as risk factor for LV remodeling in patients with acute myocardial infarction treated by reperfusion therapy, 66th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, Apr. 2004.
5)河野 奈緒, 岡本 博司, 野村 昌弘, 内田 訓久, 岩村 伸一, 伊東 進 : クローン病の胃運動機能:胃電図法を用いた検討, 第6回日本国際消化管運動研究会, 2004年4月.
6)武田 憲昭 : 良性発作性頭位めまい症の病態と治療, 第2回山梨めまい・難聴・耳鳴り研究会 学術集会, 2004年4月.
7)川添 和義 : 生薬の利用と資源確保, 第6回徳島保全生物学研究会・シンポジウム, 2004年4月.
8)河野 智仁, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良, 伊東 進 : グリメピリドの炎症性サイトカインにおよぼす影響と抗動脈硬化作用について 脈波伝播速度(baPWV)とaugmentation index (AI) を用いた検討, 第4回臨床脈波研究会, 2004年5月.
9)澤田 幸, 木村 好孝, 居和 城宏, 山本 隆, 日比野 真吾, 佐藤 敬, 澤田 誠三, 野村 昌弘, 伊東 進 : 胃電図法による咀嚼·嚥下の胃蠕動運動に及ぼす検討, 第29回老年消化器病研究会, 2004年6月.
10)野村 昌弘, 野田 佳子, 上村 英子, 伊東 進 : 高齢者肝硬変例における脈波伝播速度と頚動脈エコーとの検討, 第46回日本老年医学会学術集会, 2004年6月.
11)武田 憲昭 : めまいの治療:EBMの観点から, 第28回山形県耳鼻咽喉科疾患研究会, 2004年6月.
12)Kunihiro Tsuchida : Regulation of Skeletal Muscle Growth and Regeneration by Follistatin Family, 吉林大学基礎医学院招待講演, Jun. 2004.
13)伊東 進, 清水 一郎, 堀江 貴浩, 藤原 宗一郎, 岡崎 三千代, 白石 達彦 : 胃粘膜下腫瘍様形態を示した肝外発育型肝細胞癌, 消化器内視鏡, Vol.16, No.7, 1204-1205, 2004年7月.
14)来島 敦史, 増田 裕, 北市 隆, 神原 保, 市川 洋一, 黒部 裕嗣, 速水 朋彦, 北川 哲也 : 当科における血管内異物症例の検討, 第30回徳島心・血管造営研究会, 2004年7月.
15)新田 佳伯, 岡久 稔也, 芥川 正武, 宮本 弘志, 大西 芳明, 木内 陽介, 西村 匡司, 伊東 進 : BPNNを用いた血液浄化施行時のヘマトクリット値の予測, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.179, 37-40, 2004年7月.
16)七條 裕衣, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 庄野 正行, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 會沢 勝夫 : ImSpector法による培養骨芽細胞に及ぼすELF変動磁界の影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.179, 49-52, 2004年7月.
17)内上 裕介, 池原 敏孝, 寺本 忠弘, 細川 敬子, 山口 久雄, 芳地 一, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : 副腎髄質由来細胞の細胞内Ca2+濃度変化に及ぼす変動強磁界曝露の影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.179, 53-56, 2004年7月.
18)西岡 安彦, 青野 純典, 稲山 真美, 鵜飼 桃代, 上原 久典, 泉 啓介, 曽根 三郎 : ブレオマイシン誘発肺線維症モデルにおける分子標的治療薬Gleevecの抗線維化効果の検討, RMCB研究会, Vol.24, 2004年7月.
19)北村 嘉章, 三好 勝洋, 福井 裕行, 武田 憲昭 : ヒスタミンH1受容体発現に対するステロイドの効果, 第5回中四国耳鼻咽喉科アレルギー疾患研究会, 2004年7月.
20)Norifumi Harimoto, Mitsuo Shimada, Ken Shirabe, Shinji Tanaka, Akinobu Taketomi, Eiji Tsujita, Shin-ichiro Maehara, Shinji Itoh, Dai Kitagawa, Hiroshi Honda and Yoshihiko Maehara : Images of interest. Hepatobiliary and pancreatic: peritoneal dissemination mimicking liver metastases, Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.19, No.8, 938, Aug. 2004.
21)武田 憲昭 : 乗り物酔いと宇宙酔い, 阿南市学校保健会, 2004年8月.
22)稲山 真美, 西岡 安彦, 鵜飼 桃代, 青野 純典, 上原 久典, 泉 啓介, 谷 憲治, 曽根 三郎 : ブレオマイシン誘発肺線維症モデルにおけるNF-κB阻害剤IMD-0354の抗線維化効果, 間質性肺炎細胞分子病態研究会 シンポジウム「間質性肺炎に対する新たな治療法」, Vol.7, 2004年8月.
23)野村 昌弘, 山口 浩司, 渡部 智紀, 木村 恵理子, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 田中 英二, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : Ca拮抗薬アゼルニジピンの酸化ストレス抑制効果の臨床的検討, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
24)渡部 智紀, 野村 昌弘, 小柴 邦彦, 木村 恵理子, 山口 浩司, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 肥満と食後熱産生,インスリン抵抗性および交感神経活性との関連, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
25)河野 智仁, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 心筋梗塞モデルラットにおけるG-CSFの心筋再生効果についての検討:梗塞血管の開存は必要か?, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
26)小柴 邦彦, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山口 浩司, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 16列マルチスライスCTを用いた4次元表示法による左室収縮能および拡張能評価, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
27)小柴 邦彦, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山口 浩司, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 平均加算化心電図法および123I-BMIPP心筋シンチグラフィによるC型肝炎ウイルスによる心筋障害の検出, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
28)小柴 邦彦, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山口 浩司, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 閉塞性睡眠時無呼吸における高感度CRP,血管接着因子および炎症性サイトカインの関連性およびアンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬における影響, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
29)山口 浩司, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良, 渡部 智紀 : アミオダロンにて持続性心室頻拍をコントロールできた一例:平均加算化心電図によるresponderの評価, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
30)山口 浩司, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良, 渡部 智紀 : トータル·ヘルス·プロモーション·プランにおける運動療法とホモシステインとの関連性, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
31)河野 智仁, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 16列マルチスライスCTを用いた冠動脈プラークの評価, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
32)河野 智仁, 野村 昌弘, 渡部 智紀, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 木村 恵理子, 田中 英二, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 本態性高血圧症におけるカンデサルタンの左室拡張機能,心筋線維化および脈波伝播速度におよぼす影響, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
33)河野 智仁, 野村 昌弘, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : ロサルタンの発作性心房細動抑制効果について P波同期加算平均心電図を用いた検討, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
34)山口 浩司, 野村 昌弘, 小柴 邦彦, 木村 恵理子, 渡部 智紀, 河野 智仁, 田中 英治, 若槻 哲三, 田畑 智継, 西角 彰良 : 肝硬変症と動脈硬化との関連性, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
35)若槻 哲三, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 西角 彰良, 木村 恵理子, 田中 英治, 田畑 智継, 野村 昌弘 : アトルバスタチンの冠動脈石灰化病変に対する作用の検討 -冠動脈内温度変化の観点から-, 第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年9月.
36)野村 昌弘, 中屋 豊, 齋藤 憲, 河野 智仁, 西角 彰良 : 心磁図法を用いた本態性高血圧症における心室再分極異常の早期診断, 第21回日本心電学会学術集会, 2004年9月.
37)増田 裕, 黒部 裕嗣, 神原 保, 北市 隆, 加納 正志, 来島 敦史, 北川 哲也, 赤池 雅史, 岩瀬 俊, 原 朋子, 阿部 正博, 松本 俊夫, 滝脇 弘嗣, 山本 忠正, 渡辺 力 : 重症虚血肢に対する自己抹消血単核球細胞移植治療の検討, 第7回徳島臨床脈管疾患研究会, 2004年9月.
38)武田 憲昭 : めまい診療のEBM, めまい診療のイノベーション∼EBM時代を迎えて∼, 2004年9月.
39)村上 昭継, 芥川 正武, 木内 陽介, 黒田 泰弘, 大西 芳明, 西村 匡司, 真柄 睦, 臼倉 勝男, 中原 健治 : 集中治療室における医療機器警報支援システムの開発, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.319, 33-36, 2004年9月.
40)内山 恒夫 : 昆虫細胞におけるリケッチアの増殖:付着侵入過程, 第22回日本クラミジア研究会·第11回リケッチア研究会合同学術集会, 2004年10月.
41)武田 憲昭 : クリニックレベルにおけるめまいの診断と治療, 第1回関西耳鼻咽喉科集団会, 2004年10月.
42)Azhim Azran, Yuji Hirao, Yohsuke Kinouchi, Hisao Yamaguchi and Kazuo Yoshizaki : A change of maximum blood flow velocity in the human arteries during involuntarypostural changes, IEICE Technical Report, Vol.104, No.401, 5-8, Nov. 2004.
43)水口 和生, 石澤 啓介 : 適切な栄養療法をサポートする NSTにおける薬剤師の役割, GSKファーマシストジャーナル, Vol.7, 4-6, 2004年11月.
44)住谷 さつき, 原田 雅史, 久保 均, 大森 哲郎 : 薬物応答性の異なるOCDのProton MRSを用いた検討, 第6回OCD研究会, 2004年11月.
45)近藤 英司, 中上 亜紀, 宮崎 かつし, 武田 憲昭, 高石 司, 平賀 智, 川田 育二, 植村 哲也, 阿部 律子 : 突発性難聴に対するリポPGE1の有効性, 第12回四国MMC研究会, 2004年11月.
46)水口 和生, 石澤 啓介 : Interview 薬剤業務の周辺, カレントファーマシー, Vol.22, 5-6, 2004年12月.
47)住谷 さつき, 原田 雅史, 久保 均, 大森 哲郎 : 薬物応答性の異なるOCDのprotonMRSを用いた検討, 厚生労働省 精神神経疾患研究委託費 精神疾患における脳の画像解析学的研究, 2004年12月.
48)金山 博臣, 篠原 信雄 : 初診時から遠隔転移を有する進行性腎癌において,原発巣切除は優先されるべきか?, Japanese Society of Renal Cancer, Vol.23, No.8, 107-118, 2005年.
49)池本 哲也, 西岡 将規, 安藤 勤, 八和田 裕子, 寺嶋 吉保, 生島 仁史, 島田 光生 : 術前放射線化学療法が著効した下部進行直腸癌の1例, 癌と化学療法, Vol.32, No.1, 95-97, 2005年.
50)端山 昌樹, 奥村 裕司, 木戸 博, 田村 学, 久保 武, 武田 憲昭 : 線毛上皮細胞より見出された新規膜結合セリンプロテアーゼ,Serase-1の機能解析, 第6回中四国耳鼻咽喉科アレルギー研究会, 2005年.
51)伊東 進, 本田 浩仁, 清水 一郎, 福野 天, 三宮 勝隆, 大塩 敦朗, 浦田 真理, 板垣 達三, Xinliang Cheng : 肝星細胞のおける酸化ストレスを介したTGF-β発想に及ぼすエストラジオールとプロゲステロンの作用, 医学と薬学, Vol.53, No.1, 96-98, 2005年1月.
52)武田 憲昭 : 花粉症治療の最前線, 板野郡医師会学術講演会, 2005年1月.
53)稲山 真美, 西岡 安彦, 上原 久典, 泉 啓介, 曽根 三郎 : ブレオマイシン誘発肺線維症モデルにおけるIKKβ阻害剤IMD-0354の抗線維化効果の検討, ALI研究会, Vol.9, 2005年2月.
54)増田 裕 : 提案試験 抗血小板薬が投与された慢性動脈閉塞症患者のQOLに関する研究, 第9回東四国血管疾患研究会, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 報告書

1)多田 敏子, 寺嶋 吉保, 橋本 文子, 松下 恭子 : 告知を受けた大腸がん患者のQOLの縦断的研究, 科学研究費補助金報告書, 1-23, 徳島市, 2004年4月.
2)吉本 勝彦, 佐野 壽昭, 山田 正三, 脇坂 晟 : 形態および機能の異なる2種の成長ホルモン産生腺腫の遺伝子発現プロフィルの解析, 研究年報, No.27, 331-336, 東京, 2004年7月.
3)Ayaka Kobayashi, Masahiro Nomura, Yuko Tomokane, Takashi Kawaguchi, Kunihiko Koshiba, Koji Yamaguchi, Tomohito Kawano, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : A Patient with sustained ventricular tachycardia:identification of a responder to aminodarone using signal-averaged electrocardiogram, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.3-4, 247-253, Aug. 2004.
4)廣川 満良, 山下 理子, 佐野 壽昭, 加島 健司 : Ki-67 labeling indexが高値を示す部分が多発性にみられた非浸潤性多形腺腫内癌の1例, 日本唾液腺学会抄録集, 36-37, 2004年12月.
5)阿部 肇, 山田 正三, 臼井 雅昭, 佐野 壽昭 : 著明なoncocytic changeを呈したACTH産生macroadenomaの一例, 日本内分泌学会雑誌, Vol.80, No.3, 616, 2004年12月.
6)本田 宗宏, 森 保道, 山田 正三, 片上 秀喜, 佐野 壽昭, 石橋 みゆき : 非典型的病理組織像を呈した先端巨大症の一例, 日本内分泌学会雑誌, Vol.80, No.3, 617, 2004年12月.
7)曽根 三郎 : 肺がんの転移・血管新生分子を標的とした生物学的治療法開発, 文部科学省特定領域研究「がん」平成16年度研究報告収録, 191, 2005年.
8)西岡 安彦, 東 桃代, 青野 純典, 稲山 真美, 曽根 三郎 : ブレオマイシン肺線維症モデルにおけるimatinibの抗線維化効果:α1ーacid glycoproteinの重要性, 厚生科学研究 特定疾患対策研究事業 びまん性肺疾患研究班 平成16年度研究報告書, 600-603, 2005年.
9)曽根 三郎 : 突発性肺線維症に対するグリベック療法, 厚生省特定疾患 突発性間質肺炎の画期的治療法による臨床研究報告書, 36-37, 2005年.
10)西岡 安彦, 青野 純典, 上原 久典, 泉 啓介, 曽根 三郎 : ブレイオマイシン誘発肺線維症モデルにおける分子標的治療薬Imatinib(Gleevec)の抗線維化効果, 厚生省特定疾患 特発性間質性肺炎の画期的治療法による臨床研究報告書, 32-35, 2005年.
11)Seisuke Okamura, Koji Tsujigami, Naoki Muguruma, Susumu Ito, Shingo Wakatsuki, Toshiaki Sano, Atsushi Umemoto and Yoshihito Urakami : Jejunal extramedullary plasmacytoma, GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY, Vol.61, No.1, 107-108, Jan. 2005.
12)西岡 安彦, 東 桃代, 青野 純典, 稲山 真美, 曽根 三郎 : ブレオマイシン肺線維症モデルにおけるimatinibの抗線維化効果:α1ーacid glycoproteinの重要性, 厚生科学研究 特定疾患対策研究事業 びまん性肺疾患研究班 平成16年度報告書, 170-174, 2005年3月.
13)井本 佳孝, 六車 直樹, 木村 哲夫, 矢野 弘美, 板垣 達三, 梶 雅子, 佐藤 康紀, 青木 利佳, 宮本 弘志, 尾形 竜郎, 本田 浩仁, 岡村 誠介, 伊東 進, 中園 雅彦, 佐野 壽昭 : HHM(humoral hypercalcemia of malignancy)をきたしたPTHrP産生胆嚢癌の1例, 日本消化器病学会雑誌, Vol.102, A336, 2005年3月.
14)銭 志栄, 中園 雅彦, 佐野 壽昭, 廣川 満良, 工藤 英治, 岩田 貴, 島田 光生 : 胃癌におけるphospho-signal transducer及び転写因子3(Tyr705)活性化物質の分析, 日本病理学会会誌, Vol.94, No.1, 259, 2005年3月.

2005年度(平成17年度)

article.{@.date="20050400 20060399" @.organization=\E{148410}}

2005年度(平成17年度) / 著書

1)有澤 孝吉 : 感染症の疫学, --- 集団レベルでの感染論 標準微生物学 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2005年4月.
2)伊東 進, 岡久 稔也 : 薬剤性腸炎, 株式会社 中山書店, 2005年4月.
3)Kazutoshi Murao, Yoshiaki Kubo, Kosaku Fukuhara, Kazuya Matsumoto and Seiji Arase : Three cases of Bowen's disease on the lower abdomen associated with high-risk types 16, 33, and 59 of human papillomavirus, Elsevier Science, Apr. 2005.
4)Norifumi Harimoto, Akinobu Taketomi, Dai Kitagawa, Yousuke Kuroda, Shinji Itoh, Tomonobu Gion, Shinji Tanaka, Ken Shirabe, Mitsuo Shimada and Yoshihiko Maehara : The newly established human hepatocyte cell line: application for the bioartificial liver, European Association for the Study of the Liver, Apr. 2005.
5)Akihiro Nishie, Kengo Yoshimitsu, Yoshiki Asayama, Hiroyuki Irie, Hitoshi Aibe, Tsuyoshi Tajima, Kenji Shinozaki, Tomohiro Nakayama, Daisuke Kakihara, Mitsuo Shimada, Shin-ichi Aishima, Kisaku Yoshida and Hiroshi Honda : Detection of combined hepatocellular and cholangiocarcinomas on enhanced CT: comparison with histologic findings, American Roentgen Ray Society, Apr. 2005.
6)塩田 洋, 林 しの : 研修医のための感染症クリニカルガイダンス, ヴァン メディカル, 東京, 2005年4月.
7)安井 敏之 : 栄養科学シリーズ NEXT 臨床栄養管理学各論, --- 女性,子ども,高齢者の病気 ---, 講談社サイエンティフィク, 東京, 2005年4月.
8)松井 好人 : 疾患に特徴的な下肢変形に対する術式, --- 先天性下腿偽関節の手術療法 Ilizarov法 ---, 株式会社 メジカルビュー社, 2005年5月.
9)Shinji Tanaka, Mitsuo Shimada, Ken Shirabe, Shin-ichiro Maehara, Norifumi Harimoto, Eiji Tsujita, Keizo Sugimachi and Yoshihiko Maehara : A novel intrahepatic arterial chemotherapy after radical resection for advanced hepatocellular carcinoma, May 2005.
10)西岡 安彦, 兼松 貴則, 曽根 三郎 : これだけは知っておきたい 癌の免疫化学療法, --- 免疫化学療法の目的とその評価法 ---, 医薬ジャーナル社, 大阪, 2005年5月.
11)金山 博臣, 西谷 真明 : 泌尿器疾患の症状の特徴, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2005年5月.
12)武田 憲昭 : めまい診療のコツと落とし穴, --- 所見のないめまい患者への対応 ---, 株式会社 中山書店, 東京, 2005年5月.
13)江口 洋, 塩田 洋 : 眼科検査法ハンドブック 第4版, --- XXII. 検体採取法 微生物検査 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2005年6月.
14)塩田 洋, 江口 洋 : 眼科検査法ハンドブック, --- XXII 検体採取法,A.微生物検査,1.表面,前房水 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2005年6月.
15)香美 祥二, 近藤 秀二, 清水 真樹 : 難治性小児腎疾患に対する治療, 先端医療技術研究所, 2005年6月.
16)兼田 康宏, 永峰 勲, 谷岡 哲也, 高坂 要一郎, 松岡 克尚, 宮田 康三, 真野 元四郎 : 精神保健に問題を抱える人への介入の構造化-効果的な実践のために, 西日本法規 出版株式会社, 岡山, 2005年6月.
17)安倍 正博, 松本 俊夫 : 癌転移の場としての骨髄, 秀潤社, 東京, 2005年7月.
18)K Nomoto, Takashi Nishizaki, Mitsuo Shimada, S Okano, Ryosuke Minagawa and Keizo Sugimachi : Extended lobectomy for procurement of the left lobe with caudate lobe for living-related liver transplantation, Jul. 2005.
19)武田 憲昭 : 所見のないめまい患者への対応, The Society of Practical Otolaryngology, 2005年7月.
20)谷 憲治 : 内科疾患診療マニュアル, --- 胸膜中皮腫 ---, 株式会社 中外医学社, 東京, 2005年7月.
21)伊東 進 : 下痢·腹痛·発熱患者の落とし穴, --- 発熱39℃,脈拍正常? ---, 株式会社 中山書店, 東京, 2005年8月.
22)浦上 慶仁, 佐野 壽昭 : H.pylori除菌による胃MALTリンパ腫の内視鏡像,組織像およびlgH再構成の変化, 徳島医学会, 徳島, 2005年8月.
23)Shinji Tanaka, Mitsuo Shimada, Ken Shirabe, Shin-ichiro Maehara, Eiji Tsujita, Akinobu Taketomi and Yoshihiko Maehara : Surgical outcome of patients with hepatocellular carcinoma originating in the caudate lobe, Sep. 2005.
24)山田 正三, 大山 健一, 田口 学, 竹下 章, 竹内 靖博, 佐野 壽昭 : 非機能性下垂体腺腫 組織形態像と生物学的活性に関する検討, 2005年9月.
25)Kazutoshi Murao, Yoshiaki Kubo, D Fukumoto, Kazuya Matsumoto and Seiji Arase : Verrucous carcinoma of the scalp associated with human papillomavirus type 33, Blackwell Publishing Ltd, Oct. 2005.
26)谷口 寿章 : タンパク質科学 構造·物性·機能 後藤祐児·桑島邦博·谷澤克行編, --- ④タンパク質ネットワーク ---, 株式会社 化学同人, 京都, 2005年10月.
27)安倍 正博, 松本 俊夫 : 多発性骨髄腫による骨破壊メカニズム, メディカルレビュー社, 大阪, 2005年11月.
28)安倍 正博, 松本 俊夫 : 第2章 サイトカインによる生体調節機構 3)代謝, --- 4.Wnt阻害因子sFRP-2と骨芽細胞分化 ---, 株式会社 羊土社, 東京, 2005年11月.
29)谷口 寿章, 山内 英美子 : タンパク質の翻訳後修飾解析プロトコール 稲垣昌樹編, --- 2質量分析によるタンパク質リン酸化の解析 ---, 株式会社 羊土社, 東京, 2005年12月.
30)桑原 知巳 : 細菌はなぜ病気を起こすか-ゲノムの特徴-, --- バクテロウデス:日和見感染を起こす常在細菌 ---, クバプロ出版, 東京, 2005年12月.
31)清水 一郎, 伊東 進 : 肝炎・肝癌, 徳島医学会, 徳島, 2005年12月.
32)清水 一郎, 板垣 達三, 浦田 真理, 三宮 勝隆, 玉木 克佳, 福野 天, 久保 謙一郎, 本田 浩仁, 伊東 進 : 実験的ラット培養肝星細胞における酸化ストレスを介したNADH/NADPHオキシダーゼ活性とTGF-β発現に及ぼすエストラジオールとプロゲステロンの相反する作用, ライフサイエンス出版 株式会社, 東京, 2005年12月.
33)北川 哲也 : 医療禁忌マニュアル, 医歯薬出版 株式会社, 2006年.
34)清水 一郎, 朴 洪宇, 神谷 典穂, 渡部 純二, 横山 英輝, 平田 彰彦, 藤井 尊, 後藤 雅宏, 伊東 進 : 新規経口型ジクロフェナック製剤の開発, 社団法人 化学工学会, 東京, 2006年.
35)清水 一郎, 鈴木 麗子, 庄野 文章 : --- 針刺し・切り傷の予防と暴露後感染予防法 ---, 2006年.
36)北川 哲也 : 心臓外科 Knack & Pitfalls 小児心臓外科の要点と盲点, 株式会社文光堂, 2006年.
37)久保 真一 : 薬物依存Q&A 「暮らしの科学シリーズ」, --- 胎児に対するタバコの影響 ---, ミネルヴァ書房, 京都, 2006年.
38)Katsuhiko Yoshimoto, Xu Bing, Noriko Mizusawa, Takeo Iwata, Daisuke Nagao, Golam Md. Hossain, Akira Miyauchi, Seiji Kuma, Mitsuyoshi Hirokawa and Toshiaki Sano : Somatic mutations of the CTNNB1 gene in cribriform-morular variant of papillary thyroid carcinoma., Transworld Research Network, Kerala, India, 2006.
39)六車 直樹, 伊東 進, 森 博愛 : 医学出版社, 2006年.
40)松井 好人, 高橋 光彦, 安井 夏生 : 第4章 変形矯正 3 下腿変形矯正, 株式会社 メジカルビュー社, 2006年.
41)高橋 光彦, 松井 好人, 安井 夏生 : 第5章 脚延長術, 株式会社 メジカルビュー社, 2006年.
42)安井 夏生 : Ⅵ.障害その他の治療-1 5.先天性内反足 Ponseti法, 文光堂, 2006年.
43)安井 夏生 : Ⅵ. 障害その他の治療-1 5.先天性内反足 Ponseti法, 文光堂, 2006年.
44)安井 夏生 : 23 骨関節疾患 くる病(整形外科的治療), 株式会社 医学書院, 2006年.
45)清水 一郎 : 女性肝臓学入門, --- -肝臓を守る女性のパワーを探る- ---, 株式会社 じほう, 東京, 2006年1月.
46)清水 一郎, 袁 穎, 魏 媚, 沈 蜜, 板垣 達三, 青柳 えり子, 浦田 真理, 三宮 勝隆, 玉木 克佳, 福野 天, 本田 浩仁, 伊東 進 : 肝星細胞における収縮運動とエンドセリン受容体発現に及ぼすエストラジオールの抑制作用, 自然科学社, 東京, 2006年1月.
47)Ichiro Shimizu : Liver Diseases: Biochemical Mechanisms and New Therapeutic Insights., --- Developing therapeutic strategies for hepatic fibrosis. ---, Science Pub Inc, New Hampshire,, Jan. 2006.
48)四宮 加容, 塩田 洋 : 薬物選択の論点, --- 7.抗ウイルス薬 ---, 金原出版 株式会社, 東京, 2006年2月.
49)中屋 豊, 桑波田 雅士, 丹黒 章, 土井 俊夫, 竹谷 豊, 野間 喜彦, 武田 英二, 東 博之, 島田 光生, 栗田 信浩, 大森 哲郎, 西 正晴, 青野 純典, 西岡 安彦, 吉本 勝彦, ほか 65名 : NST用語ハンドブック, メディカルレビュー社, 東京, 2006年2月.
50)友竹 正人 : EBM精神疾患の治療 2006∼2007.回復期のうつ状態に有効な薬剤はあるか., 株式会社 中外医学社, 2006年2月.
51)清水 一郎, 長瀬 教夫 : コメディカルのための内科学 (第3版), --- 感染症 ---, 医学出版社, 東京, 2006年3月.
52)清水 一郎, 伊東 進, 本田 浩仁, 岡村 誠介, 六車 直樹 : コメディカルのための内科学 (第3版), --- 消化器疾患 ---, 医学出版社, 東京, 2006年3月.
53)清水 一郎, 白石 達彦, 石川 桃子, 藤原 宗一郎, 岡崎 三千代, 堀江 貴浩, 伊東 進 : 深部まで観察しないと発見できなかった十二指腸悪性リンパ腫, 株式会社 東京医学社, 東京, 2006年3月.
54)石澤 啓介, 水口 和生, : 南山堂医学大辞典 改訂19版, 株式会社 南山堂, 東京, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Daniel HD Gray, Tomoo Ueno, Ann P Chidgey, Mark Malin, Gabrielle L Goldberg, Yousuke Takahama and Richard L Boyd : Controlling the thymic microenvironment, Current Opinion in Immunology, Vol.17, No.2, 137-143, 2005.
2)Kyoji Morita, Hideki Arimochi and Sigeru Yoshida : Down-regulation of immediate early gene egr-1 expression in rat C6 glioma cells by short-term exposure to high salt culture medium., Cell Biology International, Vol.29, No.4, 261-268, 2005.
3)Noriyasu Kondo, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Susumu Ito and Takashi Ohguro : Association of Inflammatory Marker and Highly Sensitive C-Reactive Protein With Aerobic Exercise Capacity, Maximum Oxygen Uptake and Insulin Resistance in Healthy Middle-Aged Volunteers, Circulation Journal, Vol.69, No.4, 452-457, 2005.
4)Francisco La De M. Vega, Hadar Isaac, Andrew Collins, Charles R. Scafe, Bjarni V. Halldórsson, Xiaoping Su, Ross A. Lippert, Yu Wang, Marion Laig-Webster, Ryan T. Koehler, Janet S. Ziegle, Lewis T. Wogan, Junko F. Stevens, Kyle M. Leinen, Sheri J. Olson, Karl J. Guegler, Xiaoqing You, Lily H. Xu, Heinz G. Hemken, Francis Kalush, Mitsuo Itakura, Yi Zheng, Guy de Thé, Stephen J. O'Brien, Andrew G. Clark, Sorin Istrail, Michael W. Hunkapiller, Eugene G. Spier and Dennis A. Gilbert : The linkage disequilibrium maps of three human chromosomes across four populations reflect their demographic history and a common underlying recombination pattern, Genome Research, Vol.15, No.4, 454-462, 2005.
5)Masayuki Takahashi, VERONICA PAPAVERO, JASON YUHAS, ERIC KORT, Hiro-omi Kanayama, Susumu Kagawa, ROBERT C. BAXTER, XIMING J. YANG, STEVEN G. GRAY and BIN TEAN TEH : Altered expression of members of the IGF-axis in clear cell renal cell carcinoma, International Journal of Oncology, Vol.26, No.4, 923-931, 2005.
6)Yanjmaa Bira, Kenji Tani, Yasuhiko Nishioka, juuya Miyata, Keiko Sato, Akihito Hayashi, Yutaka Nakaya and Saburo Sone : Transforming growth factor β stimulates rheumatoid synovial fibroblasts via the type receptor, Modern Rheumatology, Vol.15, No.2, 108-113, 2005.
7)Hirokazu Uemura, M Kamada, M Maegawa, Y Ohmoto, K Murata, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Toshiyuki Yasui, T Takeji and Minoru Irahara : Effect of hormone replacement therapy on the production of bone-resorbing cytokines by peripheral blood cells in postmenopausal women., Hormone and Metabolic Research, Vol.37, No.4, 226-230, 2005.
8)Hideki Otsuka, Graham M. Michael, Akiko Kubo and Hiromu Nishitani : The effect of oral contrast on large bowel activity in FDG-PET/CT., Annals of Nuclear Medicine, Vol.19, No.2, 101-108, 2005.
9)Yasufumi Umena, Kazuko YORITA, Takeshi Matsuoka, Makoto Abe, Akiko Kita, Kiyoshi Fukui, Tomitake Tsukihara and Yukio Morimoto : Crystallaization and preliminary X-ray diffraction study of L-lactate oxidase (LOX), R18M mutant from Aerococcus viridans, Acta Crystallographica. Section F, Structural Biology and Crystallization Communications, Vol.61, No.4, 439-441, 2005.
10)Sae Kujime, Syuji Inoue, Masahiro Nomura, Jyunko Endo, Nobutaka Uemura, Seiichiro Kishi, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Evaluation of gastric emptying by electrogastrography and ultrasonography in gastroesophageal reflux disease, Digestive Endoscopy, Vol.17, No.2, 131-137, 2005.
11)M. Kita, Yuushi Okumura, S. D. Ohdachi, Y. Oba, M. Yoshikuni, Y. Nakamura, Hiroshi Kido and D. Uemura : Purification and characterization of brarinasin, a new tissue kallikurein-like protease from the short-tailed shrew Blarina brevicauda-comparative stadies with blarina toxin, Biological Chemistry, Vol.386, No.2, 177-182, 2005.
12)Toshitaka Ikehara, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Hitoshi Houchi, Ki Ho Park, Kazuo Minakuchi, Hideki Kashimoto, Mitsuo Kitamura, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying strong magnetic field on transient increase in Ca2+ release induced by cytosolic Ca2+ in cultured pheochromocytoma cells, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1724, No.1-2, 8-16, 2005.
13)Y. Chen, H. Mizuguchi, D. Yao, M. Ide, Y. Kuroda, Y. Shigematsu and Hiroshi Kido : Thermolabile phenotype of carnitine palmitoyltransferase II variations as a predisposing factor for influenza-associated encephalopathy, FEBS Letters, Vol.579, No.10, 2040-2044, 2005.
14)木戸 博 : 病気への罹りやすさと重症度を左右する体内酵素—インフルエンザの感染感受性とインフルエンザ脳症の発症感受性を決める酵素群—, 第19回「大学と科学」公開シンポジウム講演収録集, 115-125, 2005年.
15)Mihiro Yano, Y. Kanesaki, Y. Koumoto, M. Inoue and Hiroshi Kido : Chaperone Activities of the 26S and 20S Proteasome, Current Protein & Peptide Science, Vol.6, No.2, 197-203, 2005.
16)木戸 博, 水野 大, 井手 美喜子 : クラリスマイシンの粘膜免疫増張作用とインフルエンザウイルスの感染制御効果, 感染 炎症 免疫, Vol.35, No.4, 333-335, 2005年.
17)A. Kurisaki, T. S. Hamazaki, K. Okabayashi, T. Iida, T. Nishine, R. Chonan, Hiroshi Kido, S. Tsunasawa, O. Nishimura, M. Asashima and H. Sugino : Chromatin-related proteins in pluripotent mouse embryonic stem cells are downregulated after removal of leukemia inhibitory factor, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.335, No.3, 667-675, 2005.
18)新田 麗子, 多田 仁美, 澤淵 貴子, 木戸 博 : ハイスループット食物アレルギー診断チップの開発-体質を映し出すテーラーメイド医療-, 信学技報, Vol.105, No.222, 21-23, 2005年.
19)木戸 博 : 肺の生体成分粘膜アジュバンドとインフルエンザ経鼻粘膜ワクチン, Virus Report, Vol.2, No.2, 63-70, 2005年.
20)木戸 博, 廣津 伸夫, 鈴木 悟 : インフルエンザウイルス感染とクラリスロマイシン, Medical Tribune, Vol.38, No.49, 62-63, 2005年.
21)Taishin Akiyam, Shiori Maeda, Sayaka Yamane, Kaori Ogino, Michiyuki Kasai, Fumiko Kajiura, Mitsuru Matsumoto and Jun-ichiro Inoue : Dependence of self-tolerance on TRAF6-directed development of thymic stroma, Science, Vol.308, No.5719, 248-251, 2005.
22)生田 雅子, 会田 真規, 石澤 啓介, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 木原 勝, 山内 あい子 : 徳島大学病院におけるTPN処方設計支援ソフトの使用評価と改良, 医療薬学, Vol.31, No.4, 279-286, 2005年.
23)Hong-Tao Yan, Toshikatsu Shinka, Keigo Kinoshita, Youichi Sato, Mayumi Umeno, Gang Chen, Keiko Tsuji, Yukiko Unemi, Xin-Jun Yang, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori : Molecular analysis of TBL1Y, a Y-linked homologue of TBL1X related with X-linked late-onset sensorineural deafness, Journal of Human Genetics, Vol.50, No.4, 175-181, 2005.
24)Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada, Akira Ishizuka, Noriko Mizusawa, Hidehisa Horiguchi, Mitsuyoshi Hirokawa and L Sylvia Asa : Inactivation of RASSF1A tumor suppressor gene by aberrant promoter hypermethylation in human pituitary adenomas., Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.85, No.4, 464-473, 2005.
25)Midori Kato, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Takahiko Iuchi, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Mitsunori Fujimura, Tomonori Yoshida, Hiroshi Yamaguchi, Shunji Hashizume and Toshio Matsumoto : Aspirin inhibits thrombin action on endothelial cells via up-regulation of aminopeptidase N/CD13 expression., Atherosclerosis, Vol.183, No.1, 49-55, 2005.
26)Mitsutoshi Fukuyama, Kazuhito Rokutan, Toshiaki Sano, Hidenori Miyake, Mitsuo Shimada and Seiki Tashiro : Overexpression of a novel superoxide-producing enzyme,NADPH oxidase 1,in adenoma and well differentiated adenocarcinoma of the human colon, Cancer Letters, Vol.221, No.1, 97-104, 2005.
27)長嶋 比奈美, 宇高 ニ良, 近藤 英二, 武田 憲昭 : 重複障害児に対する聴性定常反応を用いた骨導検査と音場検査の試み, Audiology Japan, Vol.48, No.2, 165-173, 2005年.
28)Hironori Akizuki, Uno Atsuhiko, Arai Kouichi, Morioka Soukichi, Seizo Oyama, Nishike Suetaka, Koichi Tamura and Noriaki Takeda : Effects of immersion in virtual on postural control, Neuroscience Letters, Vol.379, No.1, 23-26, 2005.
29)Hideyo Ohuchi, Akihiro Yasue, Katsuhiko Ono, Shunsuke Sasaoka, Sayuri Tomonari, Akira Takagi, Mitsuo Itakura, Keiji Moriyama, Sumihare Noji and Tsutomu Nohno : Identification of Cis-Element Regulating Expression of the Mouse Fgf10 Gene during Inner Ear Development, Developmental Dynamics, Vol.233, No.1, 177-187, 2005.
30)Yasuhiro Kaneda and Tetsuro Ohmori : Relation between estradiol and negative symptoms in men with schizophrenia, The Journal of Neuropsychiatry and Clinical Neurosciences, Vol.17, No.2, 239-242, 2005.
31)Akiko Yoshida, Ahmad Piroozmand, Akiko Sakurai, Mikako Fujita, Tsuneo Uchiyama, Tooru Kimura, Yoshio Hayashi, Yoshiaki Kiso and Akio Adachi : Establishment of a biological assay system for human retroviral protease activity, Microbes and Infection, Vol.7, No.5-6, 820-824, 2005.
32)Kana Shichijo, Takao Mitsui, Makoto Kunishige, Yukiko Kuroda, Kenjiro Masuda and Toshio Matsumoto : Involvement of mitochondria in myasthenia gravis complicated with dermatomyositis and rheumatoid arthritis: a case report, Acta Neuropathologica, Vol.109, No.5, 539-542, 2005.
33)Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Masanori Yoshizumi, Hideki Ohnishi, Kazuyoshi Kirima, Yuki Izawa, Michiyo Shikishima, Tatsuhiro Ishida, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Yoshiharu Takiguchi and Toshiaki Tamaki : Nitrite is an alternative source of NO in vivo, American Journal of Physiology, Heart and Circulatory Physiology, Vol.288, No.5, H2163-H2170, 2005.
34)Tetsuro Ago, Takanari Kitazono, Junya Kuroda, Yasuhiro Kumai, Masahiro Kamouchi, Hiroaki Ooboshi, Masanori Wakisaka, Tsukasa Kawahara, Kazuhito Rokutan, Setsuro Ibayashi and Mitsuo Iida : NAD(P)H Oxidases in Rat Basilar Arterial Endothelial Cells, Stroke, Vol.36, No.5, 1040-1046, 2005.
35)Daisuke Hamada, Yoichiro Takata, Dai Osabe, Kyoko Nomura, Syuichi Shinohara, Hiroshi Egawa, Shunji Nakano, Fumio Shinomiya, Charles R Scafe, Vincent M Reeve, Tatsuro Miyamoto, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Hiroshi Inoue, Natsuo Yasui and Mitsuo Itakura : Association Between Single-Nucleotide Polymorphisms in the SEC8L1 Gene,Which Encodes a Subunit of the Exocyst Complex,and Rheumatoid Arthritis in a Japanese Population, Arthritis and Rheumatism, Vol.52, No.5, 1371-1380, 2005.
36)Shusuke Numata, Song Hongwei, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : The effect of milnacipran (serotonin noradrenaline reuptake inhibitor) on memory in Korsakoff's syndrome after encephalitis, General Hospital Psychiatry, Vol.27, No.3, 224-226, 2005.
37)Shoji Sakiyama, Kazuya Kondo, Mitsuteru Yoshida, Hiromitsu Takizawa, Koichiro Kenzaki, Takanori Miyoshi, Masahiro Abe, Shingo Wakatsuki and Yasumasa Monden : Extramedullary plasmacytoma immunoglobulin D (λ) in the chest wall and the subglottic region, Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery, Vol.129, No.5, 1168-1169, 2005.
38)Mohammad Jabasini, A Ashraf Ewis, Feng Xu, R Momamad Mohamadi, Guichen Ping, Toshikatsu Shinka, Yutaka Nakahori and Yoshinobu Baba : Multiplex PCR with Multichannel Microchip Electrophoresis: An Ultrafast Analysis for Genetic Diseases, Journal of Chromatographic Science, Vol.43, No.5, 221-225, 2005.
39)Hiroshi Yaguchi, Katsuhiko Togawa, Maki Moritani and Mitsuo Itakura : Identification of candidate genes in the type 2 diabetes modifier locus using expression QTL, Genomics, Vol.85, No.5, 591-599, 2005.
40)Toshiyuki Okazaki, Junichiro Satomi, Koichi Satoh, Motohiro Hirasawa and Shinji Nagahiro : Rescue Revascularization Therapy With a Stent-in-Stent Technique for Acute Intracranial Internal Carotid Artery Occlusion, --- Case Report ---, Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.45, No.5, 253-258, 2005.
41)Masahiko Fujii, M Ishikawa, M Iuchi and Seiki Tashiro : Effect of Follistatin on Rat Liver Regeneration and Tumor Growth after Portal Occlusion, Hepato-Gastroenterology, Vol.52, No.63, 833-838, 2005.
42)Rui Zheng, Seiji Yano, Yuka Matsumori, Emiko Nakataki, Hiroaki Muguruma, Masanori Yoshizumi and Saburo Sone : SRC Tyrosine Kinase Inhibitor, M475271, Suppresses Subcutaneous Growth and Production of Lung Metastasis Via Inhibition of Proliferation, Invasion, and Vascularization of Human Lung Adenocarcinoma Cells, Clinical & Experimental Metastasis, Vol.22, No.3, 195-204, 2005.
43)Michiko Yamashita, Zhi Rong Qian, Toshiaki Sano, Eva Horvath and Kalman Kovacs : mmunohistochemical study on so-called follicular cells and folliculostellate cells in the human adenohypophysis., Pathology International, Vol.55, No.5, 244-247, 2005.
44)Yasushi Yoshida, Shin-ichi Kubo and Yoshihiko Fujita : Population study of Y-chromosome STR haplotypes in Japanese from Tokushima, International Journal of Legal Medicine, Vol.119, No.3, 172-176, 2005.
45)Tadashi Kondo, Junji Ueno and Kazuya Kondo : Revised GMDH-type Neural Networks using AIC or PSS Criterion and Their Application to the Medical Image Recognition, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.9, No.3, 257-267, 2005.
46)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Masafumi Harada, Hiromu Nishitani and Matsuda Tsuyoshi : Cerebral hyperperfusion in a patient with eclampsia with perfusion-weighted magnetic resonance imaging, Radiation Medicine, Vol.23, No.5, 376-379, 2005.
47)佐野 壽昭, 和田 美智子, 香川 典子 : 筋ジストロフィー心臓病理, 神経内科, Vol.62, No.6, 547-552, 2005年.
48)Atsuo Sekiyama, Haruyasu Ueda, Shin-ichiro Kashiwamura, Ryuji Sekiyama, Masatoshi Takeda, Kazuhito Rokutan and Haruki Okamura : A Stress-Induced, Superoxide-Mediated Caspase-1 Activation Pathway Causes Plasma IL-18 Upregulation, Immunity, Vol.22, No.6, 669-677, 2005.
49)Kazuyoshi Suga, Shigeru Yamamoto, Akira Tangoku, Masaaki Oka, Yasuhiko Kawakami and Naofumi Matsunaga : Breast sentinel lymph node navigation with three-dimensional interstitial multidetector-row computed tomographic lymphography., Investigative Radiology, Vol.40, No.6, 336-342, 2005.
50)Hiromu Nishitani, Kazuhide Yoneda, Junji Ueno and Yamamoto Yuichirou : Socio-economical effects of film-less PACS; comparison of pre- and post-film-less operation, International Congress Series, Vol.1281, 959-963, 2005.
51)Tsuneo Ikenoue, Fumihiko Kanai, Yohko Hikiba, Toshiyuki Obata, Yasuo Tanaka, Jun Imamura, Miki Ohta, Amarsanaa Jazag, Bayasi Guleng, Keisuke Tateishi, Yoshinari Asaoka, Masayuki Matsumura, Takao Kawabe and Masao Omata : Functional Analysis of PIK3CA Gene Mutations in Human Colorectal Cancer, Cancer Research, Vol.65, No.11, 4562-4567, 2005.
52)Yoshinori Nagai, Toshihiko Kobayashi, Yuji Motoi, Kohtaroh Ishiguro, Sachiko Akashi, Shin-ichiroh Saitoh, Yutaka Kusumoto, Tsuneyasu Kaisho, Shizuo Akira, Mitsuru Matsumoto, Kiyoshi Takatsu and Kensuke Miyake : The radioprotective 105/MD-1 complex links TLR2 and TLR4/MD-2 in antibody response to microbial membranes, The Journal of Immunology, Vol.174, No.11, 7043-7049, 2005.
53)西池 季隆, 北原 糺, 依藤 史郎, 武田 憲昭 : めまい発作に伴い左右側方注視眼振が周期性に変化した特異な1症例, Equilibrium Research, Vol.64, No.3, 157-163, 2005年.
54)Yoshinori Aono, Yasuhiko Nishioka, Mami Inayama, Jun Kishi, Momoyo Ugai, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi and Saburo Sone : Imatinib as a Novel Antifibrotic Agent in Bleomycin-induced Pulmonary Fibrosis in Mice, American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine, Vol.171, No.11, 1279-1285, 2005.
55)Takashi Iwase, Noritoshi Nagaya, Takafumi Fujii, Takefumi Itoh, Shinsuke Murakami, Toshio Matsumoto, Kenji Kangawa and Soichiro Kitamura : Comparison of angiogenic potency between mesenchymal stem cells and mononuclear cells in a rat model of hindlimb ischemia, Cardiovascular Research, Vol.66, No.3, 543-551, 2005.
56)Ali Nermin, Masanori Yoshizumi, Yoshiko Fujita, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Seiji Yano, Saburo Sone and Toshiaki Tamaki : A Novel Src Kinase Inhibitor, M475271, Inhibits VEGF-Induced Human Umbilical Vein Endothelial Cell Proliferation and Migration, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.98, No.2, 130-141, 2005.
57)Kyoko Morita, Toshiro Saito, Masayuki Ohta, Tetsuro Ohmori, Kaori Kawai, Shigetada Kondo and Kazuhito Rokutan : Expression analysis of psychological stress-associated genes in peripheral blood leukocytes, Neuroscience Letters, Vol.381, No.1-2, 57-62, 2005.
58)Miho Katoh, Kosuke Dodo, Mikako Fujita and Mikiko Sodeoka : Structure-activity relationship of N-methyl-bisindolylmaleimide derivatives as cell death inhibitors, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.15, No.12, 3109-3113, 2005.
59)Shintaro Ozeki, Jinglei Cheng, Kumi Tauchi-Sato, Naoya Hatano, 谷口 寿章, Toyoshi Fujimoto : Rab18 localizes to lipid droplets and induces their close apposition to the endoplasmic reticulum-derived membrane., Journal of Cell Science, Vol.118, No.Pt 12, 2601-2611, 2005年.
60)Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Takashi Sato, Masashi Akaike, Masanori Yoshizumi, Yuki Suzaki, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsunori Fujimura, Shunji Hashizume, Midori Kato, Shusuke Yagi, Toshiaki Tamaki, Hirotaka Kawano, Takahiro Matsumoto, Hiroyuki Azuma, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Androgen receptor gene knockout male mice exhibit impaired cardiac growth and exacerbation of angiotensin II-induced cardiac fibrosis., The Journal of Biological Chemistry, Vol.280, No.33, 29661-29666, 2005.
61)Satoshi Tsutsumi, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Kuniko Mizuta, Nobuyuki Kamata and Mitsuo Itakura : Molecular cloning and characterization of the murine gnathodiaphyseal dysplasia gene GDD1., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.331, No.4, 1099-1106, 2005.
62)頼田 和子 : スポットライトでおどるBiofactorと光受容タンパク質, ビタミン, Vol.79, No.5/6, 295-297, 2005年.
63)美馬 彩, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 : 徳島大学眼科における内因性ぶどう膜炎の統計的観察, 臨床眼科, Vol.59, No.7, 1067-1071, 2005年.
64)上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 苛原 稔 : 閉経後婦人の可溶型破骨細胞分化因子(Soluble RANKL)と破骨細胞分化抑制因子(Osteoprotegerin)の血中動態に関する検討, Osteoporosis Japan, Vol.13, No.3, 609-612, 2005年.
65)K. Yagi, Hirohito Honda, J. M. Yang and S. Nakagawa : Magnifying Endoscopy in Gastritis of the Corpus, Endoscopy, Vol.37, No.7, 660-666, 2005.
66)Ximing J. Yang, Min-Han Tan, Hyung L. Kim, Jonathon A. Ditlev, Mark W. Betten, Carolina E. Png, Eric J. Kort, Kunihiko Futami, Kyle A. Furge, Masayuki Takahashi, Hiro-omi Kanayama, Puay Hoon Tan, Bin Sing Teh, Chunyan Luan, Kim Wang, Michael Pins, Maria Tretiakova, John Anema, Richard Kahnoski, Theresa Nicol, Walter Stadler, Nicholas G. Vogelzang, Robert Amato, David Seligson, Robert Figlin, Arie Belldegrun, Craig G. Rogers and Bin Tean Teh : A Molecular Classification of Papillary Renal Cell Carcinoma, Cancer Research, Vol.65, No.13, 5628-5637, 2005.
67)Kayoko Uezu, Atsuko Sano, Hiroyoshi Sei, Kazunori Toida, Takeshi Houtani, Tetsuo Sugimoto, Toshiko Suzuki-Yamamoto, Hiroshi Takeshima, Kazunori Ishimura and Yusuke Morita : Enhanced hippocampal acetylcholine release in nociceptin-receptor knockout mice, Brain Research, Vol.1050, No.1-2, 118-123, 2005.
68)Kiyoshi Fukui, Hwan Ki Park, Tomoya Kawazoe, Koji Ono, Sanae Iwana, Kazuko YORITA and Takashi Sakai : Astroglial D-amino acid oxidase is the key enzyme to metabolize extracellular D-serine, a neuromodulator of N-methyl-D-aspartate receptor, Amino Acids, Vol.29, No.1, 61-62, 2005.
69)三好 弘一, 山本 康代, 足立 昭夫 : 教育訓練受講時期の教育効果に与える影響と再教育訓練内容の検討, 日本放射線安全管理学会誌, Vol.4, No.1, 33-38, 2005年.
70)七條 裕衣, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 會沢 勝夫 : 培養骨芽細胞のシグナル伝達に及ぼすELF磁界の影響, 日本生体磁気学会誌 特別号 第20回日本生体磁気学会論文集, Vol.18, No.1, 166-167, 2005年.
71)滝沢 宏光, 中野 基一郎, 監﨑 孝一郎, 駒木 幹正, 森本 忠興, 丹黒 章 : 甲状腺髄様癌術後肝転移に対し肝動脈化学塞栓療法が有効であった1例, 日本臨床外科学会雑誌, Vol.66, No.7, 1709-1712, 2005年.
72)Xin-Jun Yang, Toshikatsu Shinka, Shinka Nozawa, Hong-Tao Yan, Miki Yoshiike, Mayumi Umeno, Youichi Sato, Gang Chen, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori : Survey of the two polymorphisms in DAZL, an autosomal candidate for the azoospermic factor, in Japanese infertile men and implications for male infertility, Molecular Human Reproduction, Vol.11, No.7, 513-515, 2005.
73)牟礼 英生, 桑山 一行, 里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 痴呆症状で発症し治療に難渋したテント部硬膜動静脈瘻の2例, 脳卒中の外科, Vol.33, No.4, 273-278, 2005年.
74)Kotaro Takazawa and Kokichi Arisawa : Relationship between the type of urinary incontinence and falls among frail elderly women in Japan., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3,4, 165-171, 2005.
75)Yukie Iwasa, Kimiko Nakayasu, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Ken Saito and Susumu Ito : The relationship between autonomic nervous activity and physical activity in children, Pediatrics International, Vol.47, No.4, 361-371, 2005.
76)Kazuya Kondo, Takanori Miyoshi, Hiromitsu Takizawa, Koichiro Kenzaki, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : Photodynamic therapy for submucosal tumor of the central bronchus, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3,4, 208-211, 2005.
77)Masayuki Takahashi, X J Yang, S McWhinney, Nobuya Sano, C Eng, Susumu Kagawa, B T Teh and Hiro-omi Kanayama : cDNA microarray analysis assists in diagnosis of malignant intrarenal pheochromocytoma originally masquerading as a renal cell carcinoma, Journal of Medical Genetics, Vol.42, 48, 2005.
78)高瀬 真記, 橋本 一郎, 石田 創士, 松本 和也, 中西 秀樹 : 痙性斜頚に対し,胸鎖乳突筋亜全摘術を施工した1例, 日本形成外科学会会誌, Vol.25, No.8, 517-521, 2005年.
79)Mayuko Takagawa, Naoki Muguruma, Kaori Oguri, Yoshitaka Imoto, Koichi Okamoto, Kunio II and Susumu Ito : Prediction of Prognosis in Gallbladder Carcinoma by Mucin and p53 Immunohistochemistry, Digestive Diseases and Sciences, Vol.50, No.8, 1410-1413, 2005.
80)Kenji Endo, Koichi Sairyo, Shinji Komatsubara, Takehiro Sasa, Hiroshi Egawa, Takayuki Ogawa, Daisuke Yonekura, Ri-ichi Murakami and Natsuo Yasui : Cyclooxygenase-2 inhibitor delays fracture healing in rats, Acta Orthopaedica, Vol.76, No.4, 470-474, 2005.
81)Taketoshi Suehiro, Mitsuo Shimada, Keiji Kishikawa, Tatsuo Shimura, Yuji Soejima, Tomoharu Yoshizumi, Kohji Hashimoto, Yasushi Mochida, Shinji Hashimoto, Yoshihiko Maehara and Hiroyuki Kuwano : Effect of intraportal infusion to improve small for size graft injury in living donor adult liver transplantation, Transplant International, Vol.18, No.8, 923-928, 2005.
82)Saori Kai, Kazumichi Yakushiji, Masamichi Yamauchi, Chizuru Ito, Masamichi Kuwajima, Yukio Osada and Kiyotaka Toshimori : Expression of novel organic cation/carnitine transporter (OCTN2) in the mouse pancreas, Tissue & Cell, Vol.37, No.4, 309-315, 2005.
83)Mikiko Inatsugi, Katsuya Tanaka, Hiroshi Kitahata, Junpei Nozaki, Shinji Kawahito and Shuzo Oshita : Minute distance obtained from pulmonary venous flow velocity using transesophageal pulsed Doppler echocardiography is related to cardiac output during cardiovascular surgery, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3,4, 178-185, 2005.
84)Tatsuro Miyamoto, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Eiji Kudo, Takeshi Naito, Takako Mikawa, Yoichi Mikawa, Yasushi Isashiki, Dai Osabe, Shuichi Shinohara, Hiroshi Shiota and Mitsuo Itakura : Identification of a novel splice site mutation of the CSPG2 gene in a Japanese family with Wagner syndrome., Investigative Ophthalmology & Visual Science, Vol.46, No.8, 2726-2735, 2005.
85)Hirokazu Uemura, Toshiyuki Yasui, Y Umino, M Yamada, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, M Maegawa and Minoru Irahara : Regulatory factors on parathyroid hormone-related peptide production by primary culture of lactating rat mammary gland., Hormone and Metabolic Research, Vol.37, No.8, 463-467, 2005.
86)Hideki Otsuka, Graham M Michael, Kogame Masahiro and Hiromu Nishitani : The impact of FDG-PET in the management of patients with salivary gland malignancy, Annals of Nuclear Medicine, Vol.19, No.8, 691-694, 2005.
87)Nasim Rayhan, Toshiaki Sano, Zhi-Rong Qian, Kader Abdul Obari and Mitsuyoshi Hirokawa : Histological and immunohistochemical study of composite neuroendocrine-exocrine carcinomas of the stomach., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3-4, 191-202, 2005.
88)K Kitahama, S Araneda, M Geffard, Hiroyoshi Sei and H Okamura : Tyramine-immunoreactive neuronal structures in the rat brain: Abundance in the median eminence of the mediobasal hypothalamus, Neuroscience Letters, Vol.383, No.3, 215-219, 2005.
89)Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa, Hiroyuki Ito, Chieko Miki, Kayoko Miyama, Yoshiko Fujita, Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Akira Nishiyama and Masanori Yoshizumi : Aldosterone stimulates vascular smooth muscle cell proliferation via big mitoten-activated protein kinase 1 activation, Hypertension, Vol.46, No.4, 1046-1052, 2005.
90)Yoshihiko Fujita, Koichiro Tsuchiya, Shinji Abe, Yohiharu Takiguchi, Shin-ichi Kubo and Hiromu Sakurai : Estimation of the age of human bloodstains by electron paramagnetic resonance spectroscopy: Long-term controlled experiment on the effects of environmental factors, Forensic Science International, Vol.152, No.1, 39-43, 2005.
91)Kazuyoshi Kawazoe, Mami Tabata, Kotaro Murakami and Yoshihisa Takaishi : A Novel Drimane-Type Sesquiterpene from Limonium wrightii, Natural Medicines, Vol.59, No.4, 186-188, 2005.
92)Yuki Izawa, Masanori Yoshizumi, Keisuke Ishizawa, Yoshiko Fujita, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Kazuyoshi Kawazoe, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki : ERK1/2 activation by angiotensin II inhibits insulin-induced glucose uptake in vascular smooth muscle cells, Experimental Cell Research, Vol.308, No.2, 291-299, 2005.
93)Chiyuki Furukawa, Yataro Daigo, Nobuhisa Ishikawa, Tatsuya Kato, Tomoo Ito, Eiju Tsuchiya, Saburo Sone and Yusuke Nakamura : Plakophilin 3 Oncogene as Prognostic Marker and Therapeutic Target for Lung Cancer, Cancer Research, Vol.65, No.16, 7102-7110, 2005.
94)Yoshio Inoue, Hiroko Segawa, Ichiro Kaneko, Setsuko Yamanaka, Kenichiro Kusano, Eri Kawakami, Junya Furutani, Mikiko Ito, Masashi Kuwahata, Hitoshi Saito, Naoshi Fukushima, Shigeaki Kato, Hiro-omi Kanayama and Ken-ichi Miyamoto : Role of the vitamin D receptor in FGF23 action on phosphate metabolism, The Biochemical Journal, Vol.390, No.1, 325-331, 2005.
95)Koichiro Tsuchiya, Kaori Akai, Akira Tokumura, Shinji Abe, Toshiaki Tamaki, Yoshiharu Takiguchi and Kenji Fukuzawa : Oxygen radical photo-induced by ferric nitrilotriacetate complex, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1725, No.1, 111-119, 2005.
96)Hirofumi Hashimoto, Tatsushi Onaka, Makoto Kawasaki, Lei Chen, Takashi Mera, Atsushi Soya, Takeshi Saito, Hiroaki Fujihara, Hiroyoshi Sei, Yusuke Morita and Yoichi Ueta : Effects of cholecystokinin (CCK)-8 on hypothalamic oxytocin-secreting neurons in rats lacking CCK-A receptor, Autonomic Neuroscience : Basic & Clinical, Vol.121, No.1-2, 16-25, 2005.
97)Toshio Matsumoto, Takami Miki, Hiroshi Hagino, Toshitsugu Sugimoto, Sumiaki Okamoto, Takako Hirota, Yusuke Tanigawara, Yasufumi Hayashi, Masao Fukunaga, Masataka Shiraki and Toshitaka Nakamura : A New Active Vitamin D, ED-71, Increases Bone Mass in Osteoporotic Patients under Vitamin D Supplementation: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Clinical Trial, The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.90, No.9, 5031-5036, 2005.
98)Takayuki Ogawa, Takeshi Nikawa, Harumi Furochi, Miki Kosyoji, Katsuya Hirasaka, Naoto Suzue, Koichi Sairyo, Shunji Nakano, Takashi Yamaoka, Mitsuo Itakura, Kyoichi Kishi and Natsuo Yasui : Osteoactivin upregulates expression of MMP-3 and MMP-9 in fibroblasts infiltrated into denervated skeletal muscle in mice, American Journal of Physiology, Cell Physiology, Vol.289, No.3, C697-C707, 2005.
99)Nobuyasu Bando, Kumi Watanabe, Masahito Tomotake, Takahide Taniguchi and Tetsuro Ohmori : Central pontine myelinolysis associated with a hypoglycemic coma in anorexia nervosa, General Hospital Psychiatry, Vol.27, No.5, 372-374, 2005.
100)Yuki Endo, Lihua Zhang, Katashima Rumi, Mitsuo Itakura, Erin S. A. Doherty, Annelise E. Barron and Yoshinobu Baba : Effect of polymer matrix and glycerol on rapid single-strand conformation polymorphism analysis by capillary and microchip electrophoresis for detection of mutations in K-ras gene, Electrophoresis, Vol.26, No.17, 3380-3386, 2005.
101)Masaaki Uno, Keiko T Kitazato, Atsuhiko Suzue, Hiroyuki Itabe, Liu Hao and Shinji Nagahiro : Contribution of an imbalance between oxidant-antioxidant systems to plaque vulnerability in patients with carotid artery stenosis, Journal of Neurosurgery, Vol.103, No.3, 518-525, 2005.
102)橋本 一郎, 中西 秀樹, 高瀬 真記, 山野 雅弘 : 皮膚微小血管障害の実験モデル, 形成外科, Vol.48, No.9, 995-1003, 2005年.
103)Natsuo Oka, Susumu Nakahara, Yukinori Takenaka, Tomoharu Fukumori, Victor Hogan, Hiro-omi Kanayama, Takashi Yanagawa and Avraham Raz : Galectin-3 inhibits tumor necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand-induced apoptosis by activating Akt in human bladder carcinoma cells, Cancer Research, Vol.65, No.17, 7546-7553, 2005.
104)桑村 紀子, 福井 義浩 : オーストラリア クイーンズランド大学における解剖学教育, 解剖学雑誌, Vol.80, No.3, 79-81, 2005年.
105)Haruhiko Fujino, Kazuya Kondo, Hisashi Ishikura, Hideo Maki, Hidetaka Kinoshita, Takanori Miyoshi, Yuji Takahashi, Naruhiko Sawada, Hiromitsu Takizawa, Taeko Nagao, Shoji Sakiyama and Yasumasa Monden : Matrix metalloproteinase inhibitor MMI-166 inhibits lymphogenous metastasis in an orthotopically implanted model of lung cancer, Molecular Cancer Therapeutics, Vol.4, No.9, 1409-1416, 2005.
106)Hironobu Shibata, Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Keiji Moriyama, Toshiaki Sano, Ken-ichi Kitazoe, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Shingo Wakatsuki, Shinsuke Kido, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Malignant B-lymphoid cells with bone lesions express receptor activator of nuclear factor-kappaB ligand and vascular endothelial growth factor to enhance osteoclastogenesis., Clinical Cancer Research, Vol.11, No.17, 6109-6115, 2005.
107)岩名 沙奈恵, 福井 清 : D-アミノ酸代謝システムによる脳機能制御の医化学, ファルマシア, Vol.41, No.9, 857-861, 2005年.
108)川人 伸次, 北畑 洋 : きれいで正確な心エコー画像の描出, --- ー小児経食道心エコー画像を正しく描出するにはー ---, 日本臨床麻酔学会誌, Vol.25, No.5, 533-542, 2005年.
109)Kazuko Okamura-Ikeda, Harumi Hosaka, Masato Yoshimura, Eiki Yamashita, Sachiko Toma, Atsushi Nakagawa, Kazuko Fujiwara, Yutaro Motokawa and Hisaaki Taniguchi : Crystal Structure of Human T-protein of Glycine Cleavage System at 2.0 Å Resolution and its Implication for Understanding Non-ketotic Hyperglycinemia, Journal of Molecular Biology, Vol.351, No.5, 1146-1159, 2005.
110)Makoto Nakamuta, Shusuke Morizono, Yuji Soejima, Tomoharu Yoshizumi, Shinji Aishima, Shin-ichiro Takasugi, Kengo Yoshimitsu, Munechika Enjoji, Kazuhiro Kotoh, Akinobu Taketomi, Hideaki Uchiyama, Mitsuo Shimada, Hajime Nawata and Yoshihiko Maehara : Short-term intensive treatment for donors with hepatic steatosis in living-donor liver transplantation, Transplantation, Vol.80, No.5, 608-612, 2005.
111)Yoshihiro Touda, Kenji Mori, Toshiaki Hashimoto, Masahito Miyazaki, Satoshi Nozaki, Yasuyoshi Watanabe, Yasuhiro Kuroda and Shoji Kagami : Administration of secretin for autism alters dopamine metabolism in the central nervous system., Brain & Development, Vol.28, No.2, 99-103, 2005.
112)関根 和教, 佐藤 豪, 武田 憲昭 : 大学病院におけるめまい症例の統計的検討とめまい疾患の診断基準の問題点, 日本耳鼻咽喉科学会会報, Vol.108, No.9, 842-849, 2005年.
113)Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto, Hideyuki Sasaki, Natsuko Okamura, Aya Murakami, Shin-ichi Kubo, Kenneth L.Kirk and Hitoshi Hori : Gc protein (vitamin D-binding protein): Gc genotyping and GcMAF precursor activity, Anticancer Research, Vol.25, No.6A, 3689-3695, 2005.
114)田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 大西 秀樹, 兼松 康久, 玉置 俊晃, Ronald Mason, 滝口 祥令 : ラジカル認識抗体を用いた酸化ストレス由来プロテインラジカル検出法, 日本薬理学雑誌, Vol.126, No.4, 246-249, 2005年.
115)Kenji Endo, Daisuke Hamada, Mitsuhiko Takahashi and Natsuo Yasui : The intramedullary gradual elongation nail:Application for femoral shaft non-union, Injury Extra, Vol.36, No.10, 421-423, 2005.
116)Mie Sakata, Hiroyoshi Sei, Naomi Eguchi, Yusuke Morita and Yoshihiro Urade : Arterial Pressure and Heart Rate Increase during REM Sleep in Adenosine A2A-Receptor Knockout Mice, but not in Wild-Type Mice, Neuropsychopharmacology, Vol.30, No.10, 1856-1860, 2005.
117)松田 和徳, 堀 洋二, 雫 治彦, 武田 憲昭 : 自覚的眠気評価法Epworth Sleepiness Scale(ESS)の有用性 ─睡眠時無呼吸症候群のスクリーニング─, 耳鼻咽喉科臨床, Vol.98, No.10, 809-814, 2005年.
118)Katsushi Miyazaki, Noriaki Takeda, Naozumi Ishimaru, Fumie Omotehara, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Analysis of in vivo role of alpha-fodrin autoantigen in primary Sjogren's syndrome, The American Journal of Pathology, Vol.167, No.4, 1051-1059, 2005.
119)Tadashi Kitahara, Noriaki Takeda, Suetaka Nishiike, Shin-ichi Okumura and Takeshi Kubo : Prognosis of Inner Ear Periphery and Central Vestibular Plasticity in Sudden Deafness With Vertigo, The Annals of Otology, Rhinology, and Laryngology, Vol.114, No.10, 786-791, 2005.
120)長島 由紀子, 三瓶 訓子, 山本 滋, 吉野 茂文, 丹黒 章, 岡 正朗 : 乳癌術後補助化学療法(FEC療法)における免疫能および副作用の検討, 癌と化学療法, Vol.32, No.11, 1550-1552, 2005年.
121)五石 圭一, 山野 雅弘, 橋本 一郎, 敷地 孝法, 中西 秀樹 : 仙尾部滑液包炎の1例, 形成外科, Vol.48, No.10, 1151-1155, 2005年.
122)M Watanabe, K Nomura, A Ohyama, R Ishikawa, Y Komiya, K Hosaka, Emiko Yamauchi, Hisaaki Taniguchi, N Sasakawa, K Kumakura, T Ushiki, O Sato, M Ikebe and M. Igarashi : Myosin-Va regulates exocytosis through the submicromolar Ca2+-dependent binding of syntaxin-1A., Molecular Biology of the Cell, Vol.16, No.10, 4519-4530, 2005.
123)Kyoji Morita, Hideki Arimochi and Song Her : Serotonergic 5-HT2A receptor stimulation induces steroid 5a-reductase gene expression in rat C6 glioma cells via transcription factor Egr-1, Brain Research. Molecular Brain Research, Vol.139, No.2, 193-200, 2005.
124)Keiji Kodama, Gen'ichiro Ishii, Shin'ichi Miyamoto, Masato Goya, Shi-chuan Zhang, Takafumi Sangai, Takeshi Yoshikawa, Takahiro Hasebe, Yoshiaki Hitomi, Keisuke Izumi and Atsushi Ochiai : Laminin 5 expression protects against anoikis at aerogenous spread and lepidic growth of human lung adenocarcinoma, International Journal of Cancer, Vol.116, No.6, 876-84, 2005.
125)中村 明代, 川人 伸次, 片山 俊子, 河野 崇, 新田 一仁, 乾 大資, 北畑 洋, 大下 修造 : 気管支痙攣を繰り返したPena-Shokeir症候群の麻酔管理, 麻酔, Vol.54, No.10, 1146-1148, 2005年.
126)Masaaki Uno, Keiko T. Kitazato, Atsuhiko Suzue, Kazuhito Matsuzaki, Masahumi Harada, Hiroyuki Itabe and Shinji Nagahiro : Inhibition of brain damage by edaravone, a free radical scavenger, can be monitored by plasma biomarkers that detect oxidative and astrocyte damage in patients with acute cerebral infarction, Free Radical Biology and Medicine, Vol.39, No.8, 1109-1116, 2005.
127)四宮 加容, 木虎 亜希子, 岡本 里江, 久保 弥栄子, 塩田 洋 : 徳島大学における屈折異常弱視と不同視弱視の検討, 臨床眼科, Vol.59, No.10, 1755-1758, 2005年.
128)Satsuki Sumitani, Tsunehiko Tanaka, Shin'Ya Tayoshi, Koshi Ota, Naomi Kameoka, Mizuki Morimune, Sumiko Shibuya-Tayoshi, Sawako Kinouchi, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Hemodynamic changes in the prefrontal cortex during mental works as measured by multi channel near-infrared spectroscopy (NIRS), The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.Supplement, 302-303, 2005.
129)Kenji Endo, Mitsuhiko Takahashi, Yoshito Matsui, Tadashi Hasegawa and Natsuo Yasui : Bone Tumor of the Distal Femur in a 67-Year-Old Woman, Clinical Orthopaedics and Related Research, Vol.440, 262-268, 2005.
130)Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki, Masataka Oita, Motoharu Sasaki, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani : Quality Assurance of I-125 Seed Permanent Implant Therapy Using a Self-color Developing Reflection-type Dosimetry Sheet Film, Radiation Medicine, Vol.23, No.7, 474-477, 2005.
131)Minoru Ikeda, Tsunemasa Aiba, Akihiro Ikui, Akira Inokuchi, Yuichi Kurono, Masafumi Sakagami, Noriaki Takeda and Hiroshi Tomita : Taste disorders: a survey of the examination methods and treatments used in Japan, Acta Oto-Laryngologica, Vol.125, No.11, 1203-1210, 2005.
132)Takumi Sakurada, Kazuko Mima, Akira Kurisaki, Hiromu Sugino and Takashi Yamauchi : Neuronal cell type-specific promoter of the α CaM kinase II gene is activated by Zic2, a Zic family zinc finger protein, Neuroscience Research, Vol.53, No.3, 323-330, 2005.
133)Yutaka Nakaya, Y Hata, K Ishida, Akira Takahashi, Kyoko Morita and Kazuhito Rokutan : Approach to novel functional foods for stress control 2. Microarray assessment of exercise in healthy volunteers., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.Suppl, 242-243, 2005.
134)亀岡 尚美, 友竹 正人, : 自生思考に対して特異な対処行動を示した統合失調症の1例, 精神科, Vol.7, 470-475, 2005年.
135)Kazuhito Matsuzaki, Masaaki Uno, Teruyoshi Kageji, Takanori Hirose and Shinji Nagahiro : Anaplastic ganglioglioma of cerebellopontine angle: A case report and review of literatures, Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.45, No.11, 591-595, 2005.
136)Kenji Yagi, Koichi Satoh, Junichiro Satomi, Shunji Matsubara and Shinji Nagahiro : Evaluation of Aneurysm Stability After Endovascular Embolization With Guglielmi Detachable Coils, --- Correlation Between Long-Term Stability and Volume Embolization Ratio ---, Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.45, No.11, 561-565, 2005.
137)Takashi Oshima, Masahiro Abe, Jin Asano, Tomoko Hara, Kenichi Kitazoe, Etsuko Sekimoto, Yoichi Tanaka, Hironobu Shibata, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Shinsuke Kido, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Myeloma cells suppress bone formation by secreting a soluble Wnt inhibitor, sFRP-2, Blood, Vol.106, No.9, 3160-3165, 2005.
138)Takayuki Kawakami, Yujin Hoshida, Fumihiko Kanai, Yasuo Tanaka, Keisuke Tateishi, Tsuneo Ikenoue, Shuntaro Obi, Shinpei Sato, Takuma Teratani, Shuichiro Shiina, Takao Kawabe, Takamasa Suzuki, Naoya Hatano, Hisaaki Taniguchi and Masao Omata : Proteomic analysis of sera from hepatocellular carcinoma patients after radiofrequency ablation treatment., Proteomics, Vol.5, No.16, 4287-4295, 2005.
139)Yoshiki Itoh, Nobuhisa Mizuki, Tsuyako Shimada, Fumihiro Azuma, Mitsuo Itakura, Koichi Kashiwase, Eri Kikkawa, Jerzy K. Kulski, Masahiro Satake and Hidetoshi Inoko : High-throughput DNA typing of HLA-A, -B, -C, and -DRB1 loci by a PCR-SSOP-Luminex method in the Japanese population., Immunogenetics, Vol.57, No.10, 717-729, 2005.
140)Ali Jalili, Shuji Ozaki, Tomoko Hara, Hironobu Shibata, Toshihiro Hashimoto, Masahiro Abe, Yasuhiko Nishioka and Toshio Matsumoto : Induction of HM1.24 peptide specific cytotoxic T lymphocytes by using peripheral-blood stem-cell harvests in patients with multiple myeloma, Blood, Vol.106, No.10, 3538-3545, 2005.
141)Masahiro Ando, Kazuhiko Sawada, Hiromi Sakata-Haga, Young-Gil Jeong, Noriaki Takeda and Yoshihiro Fukui : Regional difference in corticotropin-releasing factor immunoreactivity in mossy fiber terminals innervating calretinin-immunoreactive unipolar brush cells in vestibulocerebellum of rolling mouse Nagoya, Brain Research, Vol.1063, No.1, 96-101, 2005.
142)Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, K Yamauchi, I Motoki, S Tayoshi, K Ohta, H Song, Kyoko Morita, Kazuhito Rokutan and Tetsuro Ohmori : Serotonin transporter mRNA expression in peripheral leukocytes of patients with major depression before and after treatment with paroxetine., Neuroscience Letters, Vol.389, No.1, 12-16, 2005.
143)Yasuhiro Kaneda, Ichiro Kawamura and Tetsuro Ohmori : Correlation between the plasma homovanillic acid levels and the response to atypical antipsychotics in male patients with schizophrenia, Clinical Neuropharmacology, Vol.28, No.6, 262-264, 2005.
144)Jamous A Mohammad, Shinji Nagahiro, Kitazato T Keiko, Junichiro Satomi and Koichi Satoh : Role of estrogen deficiency in the formation and progression of cerebral aneurysms. Part I, --- experimental study of the effect of oophorectomy in rats ---, Journal of Neurosurgery, Vol.103, No.6, 1046-1051, 2005.
145)Jamous A Mohammad, Shinji Nagahiro, Kitazato T Keiko, Tetsuya Tamura, Kazuyuki Kuwayama and Koichi Satoh : Role of estrogen deficiency in the formation and progression of cerebral aneurysms. Part II, --- experimental study of the effect of hormone replacement therapy in rats ---, Journal of Neurosurgery, Vol.103, No.6, 1052-1057, 2005.
146)Kazuko YORITA, Yasufumi Umena, Takeshi Matsuoka, David P. Ballou, Makoto Abe, Akiko Kita, Tomitake Tsukihara, Yukio Morimoto and Kiyoshi Fukui : Crystal Structures of Wild-type and R181M L-Lactate Oxidase from Aerococcus viridans, Flavins and Flavoproteins 2005, 43-48, 2005.
147)Kazuko YORITA, Takeshi Matsukoa, David P. Ballou and Kiyoshi Fukui : H265Q L-Lactate Oxidase from Aerococcus viridans, Flavins and Flavoproteins 2005, 37-41, 2005.
148)Tomoya Kawazoe, Sanae Iwana, Koji Ono, Hwan Ki Park, Kazuko YORITA, Yumiko Tomita, Hideaki Tsuge and Kiyoshi Fukui : Purification and Crystal Structure of Human D-Amino Acid Oxidase, Flavins and Flavoproteins 2005, 33-36, 2005.
149)Gianluca Molla, Mirella S. Pilone, Silvia Sacchi, Mariagrazia Bernasconi, Kiyoshi Fukui and Loredano Pollegioni : Molecular Basis of Schizophrenia: Characterization of Human D-Amino Acid Oxidase, Flavins and Flavoproteins 2005, 861-866, 2005.
150)Kiyoshi Fukui, Hwan Ki Park, Tomoya Kawazoe, Koji Ono, Sanae Iwana, Yumiko Tomita, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Young Ho Kim : Functional Roles and Pathophysiology of Brain D-Amino Acid Oxidase, Flavins and Flavoproteins 2005, 853-860, 2005.
151)H Hisaeda, S Hamano, C Mitoma-Obata, K Tetsutani, T Imai, H Waldmann, K Himeno and Koji Yasutomo : Resistance to GITR signaling in antigen specific CD4+CD25+ regulatory T cells during plasmodium yoelii infection., European Journal of Immunology, Vol.35, No.12, 3516-3524, 2005.
152)森島 真幸, 原 小百合, 原田 永勝, 佐野 敦子, 妹尾 廣正, 髙橋 章, 中屋 豊 : 高運動モデルラットSPORTSの海馬におけるノルエピネフリン動態と自発運動量, 四国医学雑誌, Vol.61, No.5,6, 185-188, 2005年.
153)Toshinori Sakai, Yoshito Matsui, Shinsuke Katoh, Kiminori Yukata, Daisuke Hamada, Yoichiro Takata, Hiromichi Yokoi and Natsuo Yasui : Asynchronous progressive diaphyseal dysplasia., Modern Rheumatology, Vol.15, No.6, 450-453, 2005.
154)Kazuyoshi Suga, Kensaku Shimizu, Yasuhiko Kawakami, Akira Tangoku, Mohammed Zaki, Naofumi Matsunaga and Masaaki Oka : Lymphatic drainage from esophagogastric tract: feasibility of endoscopic CT lymphography for direct visualization of pathways., Radiology, Vol.237, No.3, 952-960, 2005.
155)Hiroshi Egawa, Shunji Nakano, Daisuke Hamada, Ryosuke Sato and Natsuo Yasui : Total hip arthroplasty in osteopetrosis using computer-assisted fluoroscopic navigation., The Journal of Arthroplasty, Vol.20, No.8, 1074-1077, 2005.
156)Hiroyuki Sakakibara, Kaori Ishida, Yuki Izawa, Yuko Minami, Satomi Saito, Yoshichika Kawai, Veronika Butterweck, Toshiaki Tamaki, Yutaka Nakaya and Junji Terao : Effects of forced swimming stress on rat brain function, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.Suppl., 300-3001, 2005.
157)中西 秀樹, 高瀬 真記 : レーザー治療最前線②, 日本醫事新報, No.4259, 33, 2005年.
158)Kazunori Sekine, Kazuhito Rokutan and Noriaki Takeda : Microarray Analysis of Stress-Related Gene Expression in Patients with Ménière's Disease, ORL; Journal for Oto-Rhino-Laryngology and its Related Specialties, Vol.67, No.5, 294-299, 2005.
159)Seiji Yano, Hiroaki Muguruma, Yuka Matsumori, Hisatsugu Goto, Emiko Nakataki, Nobutaka Edakuni, Hideki Tomimoto, Soji Kakiuchi, Akihiko Yamamoto, Hisanori Uehara, Anderson Ryan and Saburo Sone : Antitumor Vascular Strategy for Controlling Experimental Metastatic Spread of Human Small-Cell Lung Cancer Cells with ZD6474 in Natural Killer Cell Depleted Severe Combined Immunodeficient Mice, Clinical Cancer Research, Vol.11, No.24, 8789-8798, 2005.
160)Emi Kiyokage, Kazunori Toida, Toshiko Suzuki-Yamamoto and Kazunori Ishimura : Localization of 5α-Reductase in the Rat Main Olfactory Bulb, The Journal of Comparative Neurology, Vol.493, No.3, 381-395, 2005.
161)小柴 邦彦, 河野 智仁, 福田 大和, 渡部 智紀, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 伊東 進, 野村 昌弘 : 心肥大を合併する本態性高血圧患者におけるアゼルニジピンによる抗動脈効果作用および心肥大抑制作用の検討, Therapeutic Research, Vol.27, 115-120, 2006年.
162)河野 智仁, 福田 大和, 渡部 智紀, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 伊東 進, 野村 昌弘 : 本態性高血圧症におけるアゼルニジピンの自律神経活動に及ぼす影響についての検討, Therapeutic Research, Vol.27, No.2, 249-253, 2006年.
163)Yoshio Okita, Toshiya Okahisa, Masahiro Sogabe, Masaharu Suzuki, Yoshiaki Ohnishi and Susumu Ito : Low Volume Continuous Hemodiafiltration with Nafamostat Mesilate Increases Trypsin, ASAIO Journal, 1-8, 2006.
164)今井 貴夫, 武田 憲昭 : BPPVと耳石器機能, JOHNS, Vol.22, No.2, 155-158, 2006年.
165)武田 憲昭 : めまいといえば,メイロンでよいのか?, 治療別冊, Vol.88, No.3, 1098-1099, 2006年.
166)武田 憲昭, 高岡 司, 上田 千鶴 : アンギオテンシン変換酵素活性比を用いた味覚障害患者の亜鉛栄養状態の評価, 日本味と匂学会誌, Vol.13, No.1, 29-34, 2006年.
167)武田 憲昭 : Rieger syndrome, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, Vol.78, No.5, 237, 2006年.
168)武田 憲昭 : Reye syndrome, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, Vol.78, No.5, 236, 2006年.
169)武田 憲昭 : Riley-Day syndrome(家族性自律神経失調症), 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, Vol.78, No.5, 238, 2006年.
170)武田 憲昭 : めまいの薬物療法, 綜合臨床, Vol.55, No.10, 2519-2520, 2006年.
171)武田 憲昭, 肥塚 泉, 荻野 仁 : 遅発性内リンパ水腫症例の臨床的検討, 厚生労働省科学研究補助金,特定疾患対策研究事業,前庭機能異常に関する調査研究,平成17年度報告書, 2006年.
172)武田 憲昭, 関根 和教, 佐藤 豪, 六反 一仁 : メニエール病患者におけるストレス関連遺伝子発現変化のDNAマイクロアレイ解析, 厚生労働省科学研究補助金,特定疾患対策研究事業,前庭機能異常に関する調査研究,平成17年度報告書, 148-152, 2006年.
173)武田 憲昭, 肥塚 泉, 荻野 仁 : 遅発性内リンパ水腫症例の臨床的検討, 厚生労働省科学研究費補助金 特定疾患対策研究事業 前庭機能異常に関する調査研究 平成17年度報告書, 153-155, 2006年.
174)佐川 多恵子, 橋本 一郎, 高瀬 真記, 山野 雅弘, 中西 秀樹 : 耳下腺深葉を貫通した第一鰓裂由来瘻孔の1症例, 日本形成外科学会会誌, Vol.26, No.2, 122-127, 2006年.
175)奥村 仙示, 竹内 晴美, 中村 多希, 藤井 正彦, 三宅 秀則, 島田 光生, 武田 英二 : 肝硬変患者における就寝前夜食療法継続指導の健康関連QOLに対する効果, 日本病態栄養学会誌, Vol.9, No.2, 159-164, 2006年.
176)里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 松原 俊二, 永廣 信治 : 海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻の経時的変化, 脳神経外科速報, Vol.16, 724-729, 2006年.
177)安倍 吉郎, 中西 秀樹, 松本 和也, 稲次 圭, 五石 圭一 : 手関節部に発生したびまん型関節外腱鞘巨細胞腫の1例, 日本形成外科学会会誌, Vol.26, No.12, 817-820, 2006年.
178)溝渕 佳史, 宇野 昌明 : 日常看護援助で予測するバイタルサインの変化, ブレインナーシング, Vol.22, 1031-1035, 2006年.
179)Elaine Xu, Mohan Kumar, Yi Zhang, William Ju, Toshiyuki Obata, Nina Zhang, Shiying Liu, Anna Wendt, Shaoping Deng, Yousuke Ebina, Michael B. Wheeler, Matthias Braun and Qinghua Wang : Intra-islet insulin suppresses glucagon release via GABA-GABA(A) receptor system, Cell Metabolism, Vol.3, No.1, 47-58, 2006.
180)Boonruang Khamsri, Fumiko Murao, Akiko Yoshida, Akiko Sakurai, Tsuneo Uchiyama, Hiroki Shirai, Yo Matsuo, Mikako Fujita and Akio Adachi : Comparative study on the structure and cytopathogenic activity of HIV Vpr/Vpx proteins, Microbes and Infection, Vol.8, No.1, 10-15, 2006.
181)Itsuo Tokunaga, Shin-ichi Kubo, Akiko Ishigami, Takako Gotohda and Osamu Kitamura : Changes in renal function and oxidative damage in methanphetamine-treated rat, Legal Medicine, Vol.8, No.1, 16-21, 2006.
182)Shin-ichi Kubo : Application of FTA® technology to extraction of sperm DNA from mixed body fluids containing semen., Legal Medicine, Vol.8, No.1, 43-47, 2006.
183)山下 力, 木虎 亜希子, 岡本 里江, 四宮 加容, 秦 聡, 塩田 洋 : 徳島大学病院における遠視性不同視弱視の治療成績, 眼科臨床医報, Vol.100, No.1, 54-57, 2006年.
184)Noriko Mizusawa, Shinya Uchino, Takeo Iwata, Masaru Tsuyuguchi, Yasuyo Suzuki, Tsunenori Mizukoshi, Yoshio Yamashita, Akihiro Sakurai, Shinichi Suzuki, Mutsuo Beniko, Hideki Tahara, Masato Fujisawa, Nobuyuki Kamata, Kenji Fujisawa, Tohru Yashiro, Daisuke Nagao, Golam Md. Hossain, Toshiaki Sano, Shiro Noguchi and Katsuhiko Yoshimoto : Genetic analyses in patients with familial isolated hyperparathyroidism and hyperparathyroidism-jaw tumour syndrome., Clinical Endocrinology, Vol.65, No.1, 9-16, 2006.
185)MT Takase, Ichiro Hashimoto, Hideki Nakanishi, Yutaka Nakaya, Nagakatsu Harada, Hiromichi Sedo and I Kanda : Sarpogrelate hydrochloride an antagonist of 5-hydroxytryptamine receptor improves skin flap survival and suppresses thrombus formation in injured microvessels of rabbits., Journal of Reconstructive Microsurgery, Vol.22, No.1, 59-65, 2006.
186)Masahiko Nakasono, Mitsuyoshi Hirokawa, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura, Susumu Ito, Michiyo Okazaki, Takahiro Horie, Masuo Kimura, Mayuko Takeuchi, Toshi Inoshita and Toshiaki Sano : Duodenal lymphangitis carcinomatosa: endoscopic characteristics and clinical significance., Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.21, No.(1 Pt 1), 79-83, 2006.
187)Toshiaki Sano : Comments on the WHO histological classification of pituitary tumors., Acta Neuropathologica, Vol.111, No.1, 82-3, 2006.
188)Kazuko Fujiwara, Sachiko Toma, Kazuko Okamura-Ikeda, Yutaro Motokawa, Atsushi Nakagawa and Hisaaki Taniguchi : Crystal Structure of Lipoate-Protein Ligase A from Escherichia coli: determination of the lipoic acid-binding site., The Journal of Biological Chemistry, Vol.280, No.39, 33645-33651, 2006.
189)Naoki Muguruma, Yoshitaka Imoto, Tetsuo Kimura, Seisuke Okamura and Susumu Ito : Adenomyomatosis of the Gallbladder as a Potential Risk Factor for Gallbladder Carcinoma, International Medical Journal, Vol.13, No.2, 91-94, 2006.
190)Masahiko Nakasono, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura, Susumu Ito, Akiko Iga, Satoshi Wada, Michiyo Okazaki, Takahiro Horie, Tamotsu Fukuda and Toshiaki Sano : Colonic pseudolipomatosis, microscopically classified into two groups, Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.21, No.1 Pt 1, 65-70, 2006.
191)岡村 誠介, 佐野 壽昭, 木村 哲夫, 矢野 弘美, 井本 佳孝, 梶 雅子, 青木 利佳, 佐藤 康紀, 宮本 弘志, 六車 直樹, 伊東 進, 梅本 淳, 下田 忠和, 春藤 譲治 : 嚢胞変性により特異な形態を呈した胃GISTの一例, 胃と腸, Vol.41, No.5, 844-850, 2006年.
192)六車 直樹, 木村 哲夫, 板垣 達三 *井本 佳孝, 梶 雅子, 宮本 弘志, 岡村 誠介, 伊東 進 : 尋常性天庖瘡に伴う食道病変, 消化器の臨床, Vol.19, No.3, 338-340, 2006年.
193)Sakata Miho, Kazuhiro Mori, Yasunobu Hayabuchi, Suzuki Mitsujiro, Ryuji Nakagawa, Shoji Kagami and Baba Hirotaka : Myocardial systolic strain in normal children using a tissue tracking system, Journal of Echocardiography, Vol.4, No.1, 19-24, 2006.
194)Miki Inoue, Kazuhiro Mori, Yasunobu Hayabuchi, Katsunori Tatara and Shoji Kagami : Mean heart rate at noght as a predictor for the evaluation of autonomic function in patietns with Duchenne progressive muscular dystrophy, Eur Heart J, Vol.27, suppl-685, 2006.
195)Otsuka Toshihiro, Keisuke Izumi, Itsuo Tokunaga, Takako Gotohda, Ipposhi Kaneshige, Yoshiharu Takiguchi, Kaneda Shinya, Nobuo Satake, Takamasa Ohnishi, Seiki Tashiro and Mitsuo Shimada : Prevention of lethal hepatic injury in Long-Evans Cinnamon(LEC) rats by D-galactosamine hydrochloride, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1-2, 81-86, 2006.
196)Kousaku Higashino, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Toshinori Sakai, Hirofumi Kosaka and Natsuo Yasui : Preservation of C7 spinous process does not influence the long-term outcome after laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy., International Orthopaedics, Vol.30, No.5, 362-365, 2006.
197)Takahiro Kubo, Yoshito Matsui, Tomohiro Goto, Kiminori Yukata and Natsuo Yasui : Overexpression of HMGA2-LPP fusion transcripts promotes expression of the alpha 2 type XI collagen gene., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.340, No.2, 476-481, 2006.
198)Mitsuhiko Takahashi, Kiminori Yukata, Yoshito Matsui, Aziz Abbaspour, Shinjiro Takata and Natsuo Yasui : Bisphosphonate Modulates Morphological and Mechanical Properties in Distraction Osteogenesis through Inhibition of Bone Resorption., Bone, Vol.39, No.3, 573-581, 2006.
199)Parvaneh Keshavarz, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Kiyoshi Kunika, Toshihito Tanahashi, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Natsuo Yasui, Hiroshi Shiota and Mitsuo Itakura : No evidence for association of ENPP1(PC-1)K121Q variant with risk of Type 2 diabetes in a Japanese population., Journal of Human Genetics, Vol.51, No.6, 559-566, 2006.
200)Keisuke Yagi, Yoshito Matsui, Shunji Nakano, Hiroshi Egawa, Takahiro Tsutsui, Yoshiteru Kawasaki, Shinjiro Takata and Natsuo Yasui : Treatment of knee osteoarthritis associated with extraarticular varus deformity of the femur: staged total knee arthroplasty following corrective osteotomy., Journal of Orthopaedic Science, Vol.11, No.4, 386-389, 2006.
201)Yoshito Matsui, Tadashi Hasegawa, Takahiro Kubo, Tomohiro Goto, Kiminori Yukata, Kenji Endo, Yoshio Bando and Natsuo Yasui : Intrapatellar tendon lipoma with chondro-osseous differentiation: detection of HMGA2-LPP fusion gene transcript., Journal of Clinical Pathology, Vol.59, No.4, 434-436, 2006.
202)Mitsuhiko Takahashi, Yoshito Matsui, Tomohiro Goto, Gen Nishimura, Shiro Ikegawa, Hirofumi Ohashi and Natsuo Yasui : Intrafamilial phenotypic diversity in multiple epiphyseal dysplasia associated with a COL9A2 mutation (EDM2), Clinical Rheumatology, Vol.25, No.4, 591-595, 2006.
203)Keisuke Yagi, Yoshitaka Hamada and Natsuo Yasui : A Leiomyoma Arising from the Deep Palmar Arterial Arch., The Journal of Hand Surgery, British and European Volume, Vol.31, No.6, 680-682, 2006.
204)Suguru Ohsawa, Kazuya Hukuda, Yasuaki Inamori and Natsuo Yasui : High tibial osteotomy for osteoarthritis of the knee with varus deformity utilizing the hemicallotasis method., Archives of Orthopaedic and Trauma Surgery, Vol.126, No.9, 588-593, 2006.
205)Harumi Furochi, Takeshi Nikawa, Katsuya Hirasaka, Naoto Suzue, Kazumi Ishidoh, Yuko Onishi, Takahiro Ogawa, Chiharu Yamada, Hiromi Suzuki, Akira Higashibata, Motoko Oarada, Kyoichi Kishi and Natsuo Yasui : Distinct gene expression profiles in the femora of rats exposed to spaceflight, tail-suspension and dnervation., Biological Sciences in Space, Vol.20, No.3, 80-90, 2006.
206)Hitoshi Kato, Kyoko Nomura, Dai Osabe, Shuichi Shinohara, Osamu Mizumori, Rumi Katashima, Shoji Iwasaki, Koichi Nishimura, Masayasu Yoshino, Masato Kobori, Eiichiro Ichiishi, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Toshihito Tanahashi, Parvaneh Keshavarz, Kiyoshi Kunika, Maki Moritani, Eiji Kudo, Kazue Tsugawa, Yoichiro Takata, Daisuke Hamada, Natsuo Yasui, Tatsuro Miyamoto, Hiroshi Shiota, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Association of single nucleotide polymorphisms in the suppressor of cytokine signaling 2 (SOCS2) gene with type 2 diabetes in the Japanese., Genomics, Vol.87, No.4, 446-458, 2006.
207)中西 秀樹, 高瀬 真記 : レーザー治療最前線③ 3.太田母斑.異所性蒙古班.色素性母斑レーザー治療, 日本医事新報, No.4264, 2006年.
208)Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Yoichiro Takata, Tomoya Terai, Natsuo Yasui, K Vijay Goel, Akiyoshi Masuda, Sasidhar Vadapalli, Ashok Biyani and Nabil Ebraheim : MRI signal changes of the pedicle as an indicator for early diagnosis of spondylolysis in children and adolescents. A clinical and biomechanical study., Spine, Vol.31, No.2, 206-211, 2006.
209)Dai Mizuno, Itsuka Kubo, Mikiko Ide-Kurihara, Tomoko Ichinomiya and Hiroshi Kido : Modified pulmonary surfactant is a potent adjuvant that stimulates the mucosal IgA production in response to the influenza virus antigen, The Journal of Immunology, Vol.176, No.2, 1122-1130, 2006.
210)Tsuneo Uchiyama, Hiroaki Kawano and Yoshito Kusuhara : The major outer membrane protein rOmpB of spotted fever group rickettsiae functions in the rickettsial adherence to and invasion of Vero cells, Microbes and Infection, Vol.8, No.3, 801-809, 2006.
211)M Morishima, Nagakatsu Harada, S Hara, Atsuko Sano, Hiromasa Seno, Akira Takahashi, Yusuke Morita and Yutaka Nakaya : Monoamine Oxidase A Activity and Norepinephrine Level in Hippocampus Determine Hyperwheel Running in SPORTS Rats., Neuropsychopharmacology, Vol.31, No.12, 2627-2638, 2006.
212)K Kamada, Akiko Yoshida, Boonruang Khamsri, A Piroozmand, T Yamashita, Tsuneo Uchiyama, Mikako Fujita and Akio Adachi : Construction of gag-chimeric viruses between HIV-1 and SIVmac that are capable of productive multi-cycle infection, Microbes and Infection, Vol.8, No.4, 1075-1081, 2006.
213)Toyoko Nakagomi, Y Takahashi, Kokichi Arisawa and Osamu Nakagomi : A high incidence of intussusception in Japan as studied in a sentinel hospital over a 25-year period (1978-2002), Epidemiology and Infection, Vol.134, No.1, 57-61, 2006.
214)Yoshiko Fujita, Yuki Izawa, Nermin Ali, Koichiro Tsuchiya, Shuichi Hamano, Toshiaki Tamaki and Masanori Yoshizumi : Pramipexole protects against H2O2-induced PC12 cell death, Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology, Vol.372, No.4, 257-266, 2006.
215)Yousuke Takahama : Journey through the thymus: stromal guides for T-cell development and selection., Nature Reviews. Immunology, Vol.6, No.2, 127-135, 2006.
216)Georg Hollander, Jason Gill, Saulus Zuklys, Norimasa Iwanami, Cunlan Liu and Yousuke Takahama : Cellular and molecular events during early thymus development., Immunological Reviews, Vol.209, No.1, 28-46, 2006.
217)Hirotsugu Kurobe, Cunian Liu, Tomoo Ueno, Fumi Saito, Izumni Ohigashi, Natalle Seach, Rieko Arakaki, Yoshio Hayashi, Tetsuya Kitagawa, Martin Lipp, Richard L. Boyd and Yousuke Takahama : CCR7-Dependent Cortex-to-Medulla Migration of Positively Selected Thymocytes Is Essential for Establishing Central Tolerance, Immunity, Vol.24, No.2, 165-177, 2006.
218)Atsuo Sekiyama, Haruyasu Ueda, Shin-ichiro Kashiwamura, Kensei Nishida, Seiko Yamaguchi, Hideyuki Sasaki, Yuki Kuwano, Kaori Kawai, Shigetada Kondo, Kazuhito Rokutan and Haruki Okamura : A role of the adrenal gland in stress-induced up-regulation of cytokines in plasma, Journal of Neuroimmunology, Vol.171, No.1-2, 38-44, 2006.
219)Yuki Kuwano, Tsukasa Kawahara, Hironori Yamamoto, Shigetada Kondo, Kumiko Tominaga, Kiyoshi Masuda, Kyoichi Kishi, Kyoko Morita and Kazuhito Rokutan : Interferon-γ activates transcription of NADPH oxidase 1 gene and upregulates production of superoxide anion by human large intestinal epithelial cells, American Journal of Physiology, Cell Physiology, Vol.290, No.2, C433-C443, 2006.
220)N Kageyama, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, T Watanabe and Susumu Ito : Relationship between adhesion molecules with hs-CRP and changes therein after ARB (Valsartan) administration in patients with obstructive sleep apnea syndrome, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 134-139, 2006.
221)T Ogata, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Evalution of episodes of sleep apnea in patients with liver cirrhosis, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 159-166, 2006.
222)Hitoshi Ikushima, Kyousuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyou Yamashita, Takashi Kawanaka, Yoshiomi Kishida, Seiji Iwamoto, Yoshihiro Takegawa, Takaharu Kudoh and Hiromu Nishitani : Chemoradiation Therapy for Cervical Cancer:Toxicity of Concurrent Weekly Cisplatio, Radiation Medicine, Vol.24, No.2, 115-121, 2006.
223)Mayumi Umeno, Toshikatsu Shinka, Youichi Sato, Xin-Jun Yang, Yoshinobu Baba, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori : A rapid and simple system of detecting deletions on the Y chromosome related with male infertility using multiplex PCR, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 147-152, 2006.
224)Keigo Kinoshita, Toshikatsu Shinka, Youichi Sato, Hiroki Karahashi, Hiroe Kowa, Gang Chen, Mayumi Umeno, Kazunori Toida, Emi Kiyokage, Takuro Nakano, Susumu Ito and Yutaka Nakahori : Expression analysis of a mouse orthologue of HSFY, a candidate for the azoospermic factor on the human Y chromosome, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 117-122, 2006.
225)T Kawaguchi, Masahiro Nomura, T Tujikawa, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : (123)I-metaiodo-benzylguanidine myocardial scintigraphy in the Brugada-type ECG., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1-2, 95-102, 2006.
226)K Koshiba, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Efficacy of glimepiride on insulin resistance adipocytokines and atherosclerosis., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1-2, 87-94, 2006.
227)Y Ozaki, Masahiro Nomura, T Nakayama, T Ogata, Kimiko Nakayasu, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Effects of thrombus suction therapy on myocardial blood flow disorders in males with acute inferior myocardial infarction., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1-2, 167-173, 2006.
228)Tomonori Watanabe, Masahiro Nomura, Kimiko Nakayasu, Tomohito Kawano, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Relationships between thermic effect of food insulin resistance and autonomic nervous activity., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 153-158, 2006.
229)Yoko Tadatsu, Naoki Muguruma, Susumu Ito, Masaya Tadatsu, Yoshihiro Kusaka, Koichi Okamoto, Yoshitaka Imoto, Hiromi Taue, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Optimal Labeling Condition of Antibodies Available for Immunofluorescence Endoscopy, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1/2, 52-60, 2006.
230)Hideto Hayashi, Akira Tangoku, Kazuyoshi Suga, Kensaku Shimizu, Katsuhiko Ueda, Shigefumi Yoshino, Toshihiro Abe, Tomomitsu Sato, Naofumi Matsunaga and Masaaki Oka : CT lymphography-navigated sentinel lymph node biopsy in patients with superficial esophageal cancer., Surgery, Vol.139, No.2, 224-235, 2006.
231)Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Naoko Tanaka, Masahiro Minakuchi, Fumi Shimizu, Rie Ogata, Machiko Kiyokawa, Masahiko Maegawa, Toshiyuki Yasui, Akira Kuwahara and Minoru Irahara : Comparison and problems of measured values of LH, FSH, and PRL among measurement systems., Endocrine Journal, Vol.53, No.1, 101-109, 2006.
232)Ami Inui, Koichi Sairyo, Shinsuke Katoh, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, M Shiiba and Natsuo Yasui : Extruded lumbar osseous endplate causing long-term radiculopathy in an adult: an endoscopic excision., Minimally Invasive Neurosurgery : MIN, Vol.49, No.1, 55-57, 2006.
233)Hwan Ki Park, Yuji Shishido, Sayaka Ichise-Shishido, Tomoya Kawazoe, Koji Ono, Sanae Iwana, Yumiko Tomita, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Kiyoshi Fukui : Potential Role for Astroglial D-Amino Acid Oxidase in Extracelluar D-Serine Metabolism and Cytotoxicity, The Journal of Biochemistry, Vol.139, No.2, 295-304, 2006.
234)Shuji Kondo, Maki Shimizu, Maki Urushihara, Koichiro Tsuchiya, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki, Akira Nishiyama, Hiroshi Kawachi, Fujio Shimizu, Quinn T. Mark, Lambeth J. David and Shoji Kagami : Addition of the antioxidant probucol to angiotensin II type I receptor antagonist arrests progression mesangioproliferative glomerulonephritis in the rat, Journal of the American Society of Nephrology, Vol.17, No.3, 783-794, 2006.
235)光原 弘幸, 能瀬 高明, 三好 康夫, 緒方 広明, 矢野 米雄, 松浦 健二, 金西 計英, 森川 富昭 : 徳島大学におけるe-Learningのシステム開発・運用・実践, 日本教育工学会論文誌, Vol.29, No.3, 425-434, 2006年.
236)K Okane, M Ibaraki, H Toyoshima, S Sugawara, K Takahashi, S Miura, E Shimosegawa, Junichiro Satomi, K Kitamura and Koichi Satoh : 18F-FDG accumulation in atherosclerosis: use of CT and MR co-registration of thoracic and carotid arteries., European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging, Vol.33, No.5, 589-594, 2006.
237)Satsuki Sumitani, Tsunehiko Tanaka, Shinya Tayoshi, Koshi Ota, naomi Kameoka, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Activation of the prefrontal cortex during the Wisconsin Card Sorting Test as measured by multichannel near-infrared spectroscopy., Neuropsychobiology, Vol.53, No.2, 70-76, 2006.
238)中西 秀樹, 松本 和也, 橋本 一郎, 山野 雅弘, 長江 浩朗, 原田 浩史, 吉永 理香, 瀨渡 洋道, 清家 卓也, 安倍 吉郎 : 臨床医学の展望2006-診断および治療上の進歩[4]形成外科学会, 日本醫事新報, No.4270, 37-43, 2006年.
239)Shin-ichi Kubo, Akiko Ishigami, Takako Gotohda, Itsuo Tokunaga and Osamu Kitamura : An autopsy case of adrenal insufficiency 20 years after hypophysectomy: relation between stress and cause of death, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1-2, 183-187, 2006.
240)杉原 治美, 大岡 裕子, 多田 敏子, 藤倉 健一郎, 森川 富昭, 森口 博基 : バーチャル看護相談室の開発と有用性の検討, 医療マネジメント学会雑誌, Vol.6, No.4, 624-629, 2006年.
241)Yuji Soejima, Mitsuo Shimada, Taketoshi Suehiro, Tomoharu Yoshizumi, Keiji Kishikawa and Yoshihiko Maehara : Reconstruction of the middle hepatic vein tributaries using the recipient's recanalized umbilical vein in right-lobe living-donor liver transplantation, Surgery, Vol.139, No.3, 442-445, 2006.
242)Yoshiko Fujita, Masanori Yoshizumi, Yuki Izawa, Nermin Ali, Yasuhisa Kanematsu, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Transactivation of fetal liver kinase-1/kinase-insert domain-containing receptor by lysophosphatidylcholine induces vascular endothelial cell proliferation., Endocrinology, Vol.147, No.3, 1377-1385, 2006.
243)Shuhei Tomita, Shin-ichi Maekawa, Mustafizur Rahman, Fumi Saito, Ryoichi Kizu, Keiko Tohi, Tomoo Ueno, Hiroshi Nakase, Frank Gonzalez, Kazuichi Hayakawa, Takashi Korenaga and Yousuke Takahama : Thymic involution produced by diesel exhaust particles and their constituents in mice, Toxicological and Environmental Chemistry, Vol.88, 113-124, 2006.
244)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hisanori Uehara and Hiromu Nishitani : Malignant transformation of pelvic endometriosis: MR imaging findings and pathologic correlation, Radiographics, Vol.26, No.2, 407-417, 2006.
245)松本 和也, 中西 秀樹, 高瀬 真記, 古泉 佳男, 谷本 起穗, 森山 啓司 : トリーチャーコリンズ症候群に対する下顎骨延長の中期成績, 形成外科, Vol.49, No.3, 311-317, 2006年.
246)Takanori Miyoshi, Kazuya Kondo, Hiromitsu Takizawa, Koichiro Kenzaki, Haruhiko Fujino, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : Fluoroscopy-assisted thoracoscopic resection of pulmonary nodules after computed tomography--guided bronchoscopic metallic coil marking., Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery, Vol.131, No.3, 704-710, 2006.
247)Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Yuka Umino, Masayo Yamada, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Hiroyuki Furumoto, Masakazu Miura and Minoru Irahara : Undercarboxylated osteocalcin concentration in postmenopausal women receiving hormone therapy daily and on alternate days., Menopause, Vol.13, No.2, 314-322, 2006.
248)T Wada, Hiroyoshi Sei, K Kusumoto, K Kitaoka, S Chikahisa, Kazuhito Rokutan and Y Morita : Geranylgeranylacetone, an inducer of HSP 70, attenuates REM sleep rebound after sleep deprivation., Brain Research Bulletin, Vol.69, No.4, 388-392, 2006.
249)Takao Imai, Noriaki Takeda, Mahito Ito, Koji Nakamae, Hideaki Sakae, Hiromu Fujioka, Takashi Matsunaga and Takeshi Kubo : Benign paroxysmal positional vertigo due to a simultaneous involvement of both horizontal and posterior semicircular canals., Audiology & Neuro-otology, Vol.11, No.3, 198-205, 2006.
250)Takeshi Nitta, Mariam Nasreen, Takafumi Seike, Atsushi Goji, Izumi Ohigashi, Tadaaki Miyazaki, Tsutomu Ohta, Masamoto Kanno and Yousuke Takahama : IAN family critically regulates survival and development of T lymphocytes, PLoS Biology, Vol.4, No.4, e103-e115, 2006.
251)Chizuru Ueda, Tsukasa Takaoka, Nobuko Sarukura, Kazunori Matsuda, Yoshiaki Kitamura, Naoki Toda, Takeshi Tanaka, Shigeru Yamamoto and Noriaki Takeda : Zinc nutrition in healthy subjects and patients with taste impairment from the view point of zinc ingestion, serum zinc concentration and angiotensin converting enzyme activity., Auris, Nasus, Larynx, Vol.33, No.3, 283-288, 2006.
252)戸田 直紀, 東 貴弘, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 第8脳神経症状のみを呈した耳性帯状疱疹の3症例, Facial Nerve Research Japan, Vol.26, 90-93, 2006年.
253)Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Song Hongwei, Koji Ohta, Sawako Kinouchi, Sumiko Shibuya-Tayoshi, Shin'ya Tayoshi, Michitaka Aono, Naomi Kameoka, Satsuki Sumitani, Masahito Tomotake, Yasuhiro Kaneda, Takahide Taniguchi, Yasuhito Ishimoto and Tetsuro Ohmori : Brain-derived neurotrophic factor (BDNF) Val66Met polymorphism in schizophrenia is associated with age at onset and symptoms., Neuroscience Letters, Vol.401, No.1-2, 1-5, 2006.
254)中川 伸一, 田村 公一, 阿部 晃治, 武田 憲昭 : 喉頭截開術の適応と術式について, 日本臨床麻酔学会誌, Vol.26, No.2, 225-232, 2006年.
255)Shinjiro Takata, Gen Nishimura, Shiro Ikegawa, Yasuhiro Kuroda, Mizuho Nishino, Yoshito Matsui and Natsuo Yasui : Metaphyseal Dysplasia of Braun-Tinschert Type: Report of a Japanese Girl., American Journal of Medical Genetics. Part A., Vol.140, No.11, 1234-1237, 2006.
256)Tomoharu Fukumori, Natsuo Oka, Yukinori Takenaka, Pratima Nangia-Makker, Essam Elsammam, Toshinori Kasai, Masayuki Shono, Hiro-omi Kanayama, Julie Ellerhorst, Reuben Lotan and Avraham Raz : Galectin-3 regulates Mitochondrial Stability and Antiapoptotic Function in Response to Anticancer Drug in Prostate Cancer, Cancer Research, Vol.66, No.6, 3114-3119, 2006.
257)中西 秀樹 : 特別講演「眼瞼部の形成外科的治療」, 第10回眼科医療フォーラム, 2006年.
258)Y. Kuroda, Takao Mitsui, M. Kunishige, Masayuki Shono, Masashi Akaike, H. Azuma and Toshio Matsumoto : Parkin enhances mitochondrial biogenesis in proliferating cells., Human Molecular Genetics, Vol.15, No.6, 883-895, 2006.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)Sutherland W.H. Fraser, Perry E. Tjorvi, Yu Ying, Sherwood C. Megan, Rabkin Elena, Yutaka Masuda, Garcia Alejandra G., McLellan L. Dawn, Jr C. Engelmayr George, Sacks S. Michael, Schoen J. Frederick and Jr E. Mayer John : From Stem Cells to Viable Autologous Semilunar Heart Valve, Circulation, Vol.111, No.21, 2783-2791, 2005.
2)片岡 睦子, 谷岡 哲也, 森口 博基, 永峰 勲, 高坂 要一郎, 任 福継, 山本 亜衣, 西村 美香, 岸本 真由子, 中屋 公子, 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 後藤 新市 : 急性期治療病棟で用いる統合失調症用のクリニカルパスをベースとしたアウトカム管理者の職務内容の検討, 季刊 こころの臨床 a·la·care, Vol.24, No.2, 229-244, 2005年.
3)兼松 康久, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 生体内における亜硝酸由来のNO産生と,その循環動態への作用検討, 血管, Vol.28, No.2, 39-45, 2005年.
4)工藤 英治, 塩田 洋 : 糖尿病性細小血管症, --- 基礎·臨床のアップデート ---, 日本臨牀, Vol.63, No.6, 302-305, 2005年.
5)Noboru Harada, Mitsuo Shimada, Taketoshi Suehiro, Yuji Soejima, Mizuki Ninomiya, Satoko Shiotani and Keizo Sugimachi : Unusual endoscopic findings of CMV esophagitis after liver transplantation, Hepato-Gastroenterology, Vol.52, No.64, 1236-1239, 2005.
6)米田 和英, 上野 淳二, 辻川 哲也, 古谷 かおり, 森田 奈緒美, 大塚 秀樹, 西谷 弘 : MDCTのボリュームデータを用いた肺結節の検出法の検討, 信学技報, Vol.105, No.221, 7-9, 2005年.
7)丹黒 章 : 第13回 日本乳癌学会総会印象記 ''民芸の町倉敷から最新治療コンセンサスを発信'', 乳癌の臨床, Vol.20, No.4, 297-300, 2005年.
8)Keiko Ogita, Tomoaki Taguchi, Yuji Soejima, Satoshi Ieiri, Shunsaku Katsura, Narito Takada, Toshiharu Matsuura, Tomoharu Yoshizumi, Mitsuo Shimada, Yoshihiko Maehara and Sachiyo Suita : Fatty liver caused by portal vein thrombosis after living donor liver transplantation: a case report, Journal of Pediatric Surgery, Vol.40, No.8, E7-E9, 2005.
9)長澤 利彦, 内藤 毅, 賀島 誠, 塩田 洋 : 網膜静脈分枝閉塞症に対する硝子体手術成績, 臨床眼科, Vol.59, No.8, 1325-1328, 2005年.
10)藤田 佳子, 吉栖 正典, 井澤 有紀, 兼松 康久, 玉置 俊晃 : ヒト臍帯静脈内皮細胞(HUVEC)における Lysophosphatidylcholine(LPC)刺激によるVEGFレセプターのトランスアクチベーション, 四国医学雑誌, Vol.61, No.3,4, 91-94, 2005年.
11)村尾 史子, 西野 真紀, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋 : 虹彩隅角新生血管を合併した増殖糖尿病網膜症に対する初回硝子体手術成績, 臨床眼科, Vol.59, No.9, 1535-1538, 2005年.
12)丹黒 章 : Summing 「乳がんの予防」, がん分子標的治療, Vol.3, No.4, 348-353, 2005年.
13)東 貴弘, 戸田 直紀, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 末梢性顔面神経麻痺後に発症したGuillain-Barre症候群の1例, Facial Nerve Research Japan, Vol.25, 114-116, 2005年.
14)中村 克彦, 高橋 美香, 大山 晴三, 戸田 直紀, 東 貴弘, 武田 憲昭 : ボツリヌス治療とバイオフィードバック療法の併用による病的共同運動の治療, Facial Nerve Research Japan, Vol.25, 144-146, 2005年.
15)戸田 直紀, 東 貴弘, 高橋 美香, 中村 克彦, 武田 憲昭 : Hunt症候群における内耳道造影MRIの検討, Facial Nerve Research Japan, Vol.25, 105-107, 2005年.
16)加納 正志, 黒部 裕嗣, 来島 敦史, 北市 隆, 増田 裕, 北川 哲也, 山口 浩司, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 若槻 哲三 : 甲状腺クリーゼを発症した緊急冠動脈バイパス術の1例, 心臓, Vol.38, No.11, 1089-1092, 2006年.
17)北川 哲也 : 肺動脈弁欠損を伴うファロー四徴症の肺動脈弁再建について, 日本小児循環器学会雑誌, Vol.22, No.5, 16-17, 2006年.
18)黒部 裕嗣, 上野 智雄, 北川 哲也, 高濱 洋介 : 胸腺内Tリンパ球の異動制御とケモカイン, 臨床免疫, Vol.45, No.2, 165-177, 2006年.
19)六車 直樹, 岡村 誠介, 木村 哲夫, 板垣 達三, 井本 佳孝, 梶 雅子, 宮本 弘志, 伊東 進, 吉川 幸造, 嵩原 裕夫 : 小児に対し安全に施行しえたERCPの1例, 医薬の門, Vol.46, No.5, 30-33, 2006年.
20)Takeshi Soeki, Y Fukuda, K Koshiba, K Yamaguchi, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masahiro Nomura, Kenji Kangawa and Susumu Ito : Ghrelin Protects Myocardium Against Ischemia/Reperfusion Injury via Inhibiting Myocardial Apoptosis., Journal of the American College of Cardiology, Vol.47, No.4A, 308A, 2006.
21)I.G Gonzalez-Herrera, L Prado-Lourenco, Shigetada Kondo, K Kondo, F Cabon, J -F Arnal, F Bayard and A -C Prats : IRES-dependent regulation of FGF-2 mRNA translation in pathophysiological conditions in the mouse, Biochemical Society Transactions, Vol.34, No.Pt1, 17-21, 2006.

2005年度(平成17年度) / 学術レター

1)Yasuhiro Kaneda : Suicidality in schizophrenia as a separate symptom domain that may be independent of depression or psychosis, Schizophrenia Research, Vol.81, No.1, 113-114, 2006.
2)Noriaki Takeda : Autonomic Dysfunction in Patients with Vertigo, JAAM, Vol.49, No.4, 153-157, 2006.

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

1)大森 哲郎 : うつ病の診断と治療, 精神科, Vol.6, No.4, 333-337, 2005年4月.
2)東野 恒作, 加藤 真介, 酒井 紀典, 小坂 浩史, 安井 夏生 : 頚椎症性脊髄症に対する頚椎椎弓形成術におけるC7棘突起温存は,神経学的長期成績の不良因子にならない, 骨·関節·靱帯, Vol.18, No.4, 325-330, 2005年4月.
3)有澤 孝吉, 日吉 峰麗, 武田 英雄 : 環境要因の健康リスク評価と疾病予防への貢献, 四国医学雑誌, Vol.61, No.1,2, 31-37, 2005年4月.
4)桑原 章, 檜尾 健二, 山野 修司, 苛原 稔 : ARTにおける子宮外妊娠の発生と胚盤胞移植, Journal of Mammalian Ova Research, Vol.22, No.2, 59-63, 2005年4月.
5)勢井 宏義 : 睡眠と生体リズムの最新の知見, 四国医学雑誌, Vol.61, No.1-2, 2-6, 2005年4月.
6)宇野 昌明, 西 京子, 鈴江 敦彦, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 永廣 信治, 森田 奈緒美, 西谷 弘, 原田 雅史 : 脳卒中診断の最前線, 四国医学雑誌, Vol.61, No.1,2, 13-20, 2005年4月.
7)森田 恭子, 関山 敦生, 六反 一仁 : ストレスと神経·内分泌ネットワーク, 脳と神経, Vol.57, No.5, 397-406, 2005年5月.
8)安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 : ホルモン補充療法の効用, 産婦人科治療, Vol.90, No.5, 860-867, 2005年5月.
9)木戸 博, 奥村 裕司, Quang Trong Le, 端山 昌樹, 高橋 悦久, 小沢 綾子, 富田 勉 : インフルエンザウイルスおよびSARSコロナウイルス:生体内プロテアーゼとウイルスの感染分子機構, 化学療法の領域, Vol.21, No.5, 673-679, 2005年5月.
10)瀧脇 弘嗣 : 関節リウマチの皮膚病変, medicina, Vol.42, No.5, 816-818, 2005年5月.
11)近藤 秀治, 香美 祥二 : 臨床編 Ⅶ. その他の主な自己免疫性疾患の臨床免疫学 膜性増殖性糸球体腎炎, 日本臨牀, Vol.63, No.5, 526-529, 2005年5月.
12)高浜 洋介 : 自己免疫疾患の基礎:中枢性トレランスの異常, 最新医学, Vol.60, No.746, 30(1278)-37(1285), 2005年6月.
13)Kenji Tani, Keiko Sato and Saburo Sone : The Role of Chemokines in the Pathogenesis of Rheumatoid Arthritis, Current Rheumatology Reviews, Vol.1, No.2, 143-150, Jun. 2005.
14)曽根 三郎, 柿内 聡司, 荻野 宏和, 矢野 聖二 : Epidermal growth fsctor受容体(EGFR)と分子標的治療, 血液・腫瘍科, Vol.50, No.6, 568-574, 2005年6月.
15)清水 真樹, 香美 祥二 : 特集:合併症としての腎障害の診断と治療 膠原病, 小児科 別冊, Vol.46, No.7, 1119-1126, 2005年6月.
16)香美 祥二 : 進行性腎炎におけるβ1インテグリンファミリーの役割, --- 細胞生物学的アプローチによる糸球体病変の解析 ---, 日本小児科学会雑誌, Vol.109, No.7, 795-804, 2005年7月.
17)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 原田 昇, 米村 祐輔, 伊地知 秀樹, 中牟田 誠, 森園 周祐, 島田 光生, 前原 喜彦 : 劇症肝不全に対する肝移植, 肝·胆·膵, Vol.51, No.1, 101-106, 2005年7月.
18)西岡 安彦 : 海外文献紹介 : 突発性肺線維症患者に対するピルフェニドンのプラゼボ対照二重盲検試験 , 肺傷害後の線維細胞fibrocyteのCCR2を介した肺胞腔への集積, The Lung perspectives, Vol.13, No.3, 112-113, 2005年7月.
19)沼田 周助, 大森 哲郎 : 非定型抗精神病薬による躁病の治療, 最新精神医学, Vol.10, No.4, 417-420, 2005年7月.
20)Kazuhito Rokutan, Kyoko Morita, Kiyoshi Masuda, Kumiko Tominaga, Michiyo Shikishima, Shigetada Kondo, Tetsuro Omori and Atsuo Sekiyama : Gene expression profiling in peripheral blood leukocytes as a new approach for assessment of human stress response, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3,4, 137-144, Aug. 2005.
21)桑原 知巳 : Bacteroidesのゲノム構造, 日本細菌学雑誌, Vol.60, No.3, 469-478, 2005年8月.
22)苛原 稔, 桑原 章, 後藤田 浩司, 森川 富昭 : 国立大学におけるDPC対応の実際, --- 徳島大学病院の取り組み ---, 病院新時代, 2005年8月.
23)松崎 健司, 竹内 麻由美, 西谷 弘 : 【腎泌尿器疾患のわかりやすい画像診断 正常画像と異常画像】膀胱の非腫瘍性疾患, 腎と透析, Vol.59, No.2, 379-384, 2005年8月.
24)坂根 亜由子, 佐々木 卓也 : 神経伝達物質放出の制御分子群とCa2+チャネル, 医学のあゆみ 別冊 イオンチャネル最前線update 臓器でのイオンチャネルの働きと疾患, 197-202, 2005年8月.
25)香美 祥二 : 腎疾患と細胞外基質レセプター, 医学のあゆみ, Vol.214, No.7,8, 688-689, 2005年8月.
26)新家 利一 : 血友病に関連した遺伝カウンセリング例, --- 遺伝カウンセリングレポート⑯ ---, 小児科診療, Vol.68, No.9, 1752(186)-1753(187), 2005年9月.
27)安井 敏之, 苛原 稔 : 月経異常,排卵障害への漢方治療, 産婦人科の実際, Vol.54, No.9, 1343-1351, 2005年9月.
28)森川 富昭 : 病気になるリスク,食生活から数値化 徳大などシステム開発, 徳島新聞社, 2005年9月.
29)頼田 和子 : 第15回フラビンおよびフラビンタンパク質に関する国際会議に参加して, ビタミン, Vol.79, No.9, 463-464, 2005年9月.
30)西谷 弘, 上野 淳二, 米田 和英, 山本 勇一郎 : 放射線科と院内システム, --- 完全フイルムレスPACS構築の経験を踏まえて ---, 日獨医報, Vol.50, No.3, 70-78, 2005年9月.
31)曽根 三郎, Barge Alan : がん分子標的治療,開発者の視点と展望, がん分子標的治療, Vol.3, No.4, 277-286, 2005年10月.
32)柿内 聡司, 矢野 聖二, 曽根 三郎 : cDNAマイクロアレイによるゲフィチニブに対する非小細胞肺がんの感受性予測, がん分子標的治療, Vol.3, No.4, 321-326, 2005年10月.
33)赤座 英之, 鶴尾 隆, 西條 長宏, 曽根 三郎, 礒西 成治, 大橋 靖雄, 野口 眞三郎, 紅林 淳一, 筧 善行, 石川 秀樹, Blackledge George : Cancer Prevention, 癌と化学療法, Vol.32, No.10, 1499-1506, 2005年10月.
34)曽根 三郎, 荻野 広和 : トランスレーショナルリサーチからみたプロテオミクス, THE LUNG perspective, Vol.13, No.4, 359-363, 2005年10月.
35)松崎 健司, 竹内 麻由美, 西谷 弘, 坂東 良美 : 【婦人科がん画像診断の最先端】卵巣転移性腫瘍, 産婦人科の実際, Vol.54, No.10, 2005年10月.
36)松崎 健司, 竹内 麻由美, 西谷 弘 : 【癌取扱い規約からみた悪性腫瘍の病期診断と画像診断】婦人科癌 卵巣・卵管・妊娠絨毛性腫瘍, (月刊)臨床放射線, Vol.50, No.11, 1518-1529, 2005年10月.
37)板倉 光夫 : マイクロRNA(miRNA), BIO Clinica, Vol.20, No.12, 16(1046)-17(1047), 2005年11月.
38)西岡 安彦, 青野 純典, 曽根 三郎 : 肺線維症に対する抗線維化薬としてのイマチニブの可能性を探る, 分子呼吸器病, Vol.9, No.6, 31-32, 2005年11月.
39)西岡 安彦, 東 桃代, 曽根 三郎 : ボリコナゾール, 分子呼吸器病, Vol.9, No.6, 76-77, 2005年11月.
40)西岡 安彦, 曽根 三郎 : 肺炎: 診断と治療の進歩 VII.特殊病態における肺炎 3.人工呼吸器関連肺炎, 日本内科学会雑誌, Vol.94, No.11, 83-89, 2005年11月.
41)曽根 三郎 : がん分子標的薬ー開発から臨床への最新動向 はじめに, 医学のあゆみ, Vol.215, No.7, 599-600, 2005年11月.
42)齋藤 都暁, 塩見 春彦, 板倉 光夫 : microRNA生合成経路, BIO Clinica, Vol.20, No.12261, 18-23, 2005年11月.
43)西岡 安彦, 曽根 三郎 : 特発性肺線維症とその周辺 - 治療の最前線 - 期待される薬剤と現況 イマチニブ(グリベック), 最新医学, Vol.60, No.12, 2577-2582, 2005年12月.
44)木戸 博, 水野 大, 井手 美喜子 : クラリスロマイシンの粘膜免疫増強作用とインフルエンザウイルスの感染抑制効果, 感染・炎症・免疫, Vol.35, 61-63, 2005年12月.
45)伊東 進, 清水 一郎 : 特集2:健康であるために何をすべきか? 肝炎·肝癌, 四国医学雑誌, Vol.61, No.5,6, 147-154, 2005年12月.
46)上村 浩一, 安井 敏之, 苛原 稔 : 【特集】女性の腰痛とその対策 更年期にみられる腰痛とその対策, 産婦人科治療, Vol.92, No.2, 147-151, 2006年.
47)上野 智雄, 高浜 洋介 : ケモカイン受容体CCR7と胸腺内Tリンパ球動態, 免疫 2006, 54-58, 2006年.
48)新田 剛, 高浜 洋介 : 中枢性トレランスと自己免疫疾患, 臨床免疫学会会誌, Vol.29, 8-15, 2006年.
49)竹内 麻由美, 松崎 健司, 西谷 弘 : 子宮広間膜に発生したEpendymoma の1例, 腹部画像診断アトラスⅪ, 150-151, 2006年.
50)松崎 健司, 竹内 麻由美, 西谷 弘 : 膵粘液腺癌に合併した腹膜偽粘液腫の1例, 腹部画像診断アトラスⅪ, 142-143, 2006年.
51)住谷 さつき, 大森 哲郎 : 神経症圏障害のすべて Ⅲ各論 e.強迫性障害 3.治療学, 臨床精神医学, Vol.35, No.6, 843-848, 2006年.
52)新田 剛, 高浜 洋介 : T, 臨床免疫・アレルギー科, Vol.46, 474-478, 2006年.
53)新田 剛, 高浜 洋介 : T細胞レパトア形成と胸腺微小環境, 実験医学増刊・免疫研究最前線2007, Vol.24, 35-41, 2006年.
54)新田 剛, 高浜 洋介 : 中枢性トレランスと自己免疫疾患, 日本臨床免疫学会会誌, Vol.29, 8-15, 2006年.
55)森谷 眞紀, 板倉 光夫 : 生活習慣病と高尿酸血症, --- 生活習慣病により高尿酸血症をきたす遺伝因子 ---, 高尿酸血症と痛風, Vol.14, No.1, 10-16, 2006年.
56)宮脇 克行, 井上 寛, 板倉 光夫 : メタボリックシンドローム-病因解明と予防・治療の最新戦略-, --- VI.予防・治療・管理 治療法開発の今後の展望 「メタボリックシンドロームの遺伝子治療」 ---, 日本臨床 増刊号, Vol.64, 702-706, 2006年.
57)坂根 亜由子, 佐々木 卓也 : 神経伝達物質放出の制御機構—開口分泌を制御するRab低分子量G蛋白質に注目して, 内分泌・糖尿病科, Vol.25, No.3, 200-205, 2006年.
58)粟飯原 賢一, 池田 康将, 松本 俊夫 : 【慢性心不全の分子機構 新しい治療戦略を求めて】 性ステロイドと心保護作用, 循環器科, Vol.59, No.6, 579-584, 2006年.
59)曽根 三郎 : 呼吸器の病気にかからない,こじらせない, 毎日ライフ 2006年1月号, 12-14, 2006年1月.
60)竹内 麻由美, 松崎 健司, 西谷 弘 : 【ちょっとハイレベルの日常遭遇する婦人科疾患】付属器腫瘤 上皮性腫瘍 嚢胞腺線維腫, 画像診断, Vol.26, 166-167, 2006年1月.
61)沼田 周助, 上野 修一 : 神経成長因子と抗精神病薬, 分子精神医学, Vol.6, No.1, 16-21, 2006年1月.
62)安井 敏之, 宮谷 友香, 冨田 純子, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 : 【女性ホルモンUp to Date】女性ホルモン測定の意義, 性差と医療, Vol.3, No.2, 153-159, 2006年1月.
63)森口 博基 : 【地域医療連携の新ステージ ITを活用した医療ネットワークのいまと未来】 徳島県におけるデータ・グリッド構築による病院間ネットワーク, INNERVISION, Vol.21, 18-19, 2006年1月.
64)森口 博基 : 【ITがもたらす効率化を再検証する】 システマライズされたHISが病院にもたらすもの 効率化とは何か, 新医療, Vol.33, No.2, 43-45, 2006年2月.
65)Susumu Ito, Naoki Muguruma, Tetsuo Kimura, Hiromi Yano, Yoshitaka Imoto, Koichi Okamoto, Masako Kaji, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Principle and Clinical Usefulness of the Infrared Fluorescence Endoscopy, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1/2, 1-8, Feb. 2006.
66)内藤 毅 : バックル感染, --- 術後感染 ---, 眼科インストラクションコース, Vol.6, 88-91, 2006年2月.
67)桑原 章, 森川 富昭 : 医師と診療情報管理士が二人三脚で進める改革, --- DPC活用に取り組む徳島大学医学部歯学部附属病院 ---, 日経CME, 2006年3月.
68)森川 富昭 : 徳大病院にPマーク 個人情報管理を徹底, 読売新聞, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1)Hiroyuki Fukui, Shiho Horinaga, Sachiho Yoshimura, Yuki Murata, Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Histamine H1 receptor gene as an allergic disease-related gene., Experimental Biology 2005, San Diego, CA, USA, Apr. 2005.
2)Hiroaki Muguruma, Seiji Yano, Emiko Nakataki, Hideki Tomimoto, Takafumi Todoroki, Soji Kakiuchi, Makoto Kawatani, Hiroyuki Osada and Saburo Sone : Bone metastasis inhibition by RMA, 96th Annual Meeting of American Association for Cancer Research, Anaheim, Apr. 2005.
3)Seiji Yano, Emiko Nakataki, Hiroaki Muguruma, Hideki Tomimoto, Soji Kakiuchi and Saburo Sone : Establishment of orthotopically implanted malignant mesothelioma model which represents intrathoracic tumors and bloody pleural effusions, 96th Annual Meeting of American Association for Cancer Research, Anaheim, Apr. 2005.
4)Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano, Katsuhiko Yoshimoto, Asa L. Sylvia, Mitsuyoshi Hirokawa and Hisanori Uehara : DNA methyltransferase 1 (DNMT1) protein overexpression correlates with tumor invasion and DNA hypermethylation of multiple tumor suppressor genes in human pituitary adenomas., 96th Annual Meeting of American Association of Cancer Research, Anaheim, Apr. 2005.
5)Tomoya Kawazoe, Sanae Iwana, Koji Ono, Hwan Ki Park, Kazuko YORITA, Yumiko Tomita, Hideaki Tsuge and Kiyoshi Fukui : Purification and Crystal Structure of Human D-Amino Acid Oxidase, 15th International Symposium of Flavins and Flavoproteins, Hayama, Apr. 2005.
6)Gianluca Molla, Mirella S. Pilone, Silvia Sacchi, Mariagrazia Bernasconi, Kiyoshi Fukui and Loredano Pollegioni : Molecular Basis of Schizophrenia: Characterization of Human D-Amino Acid Oxidase, 15th International Symposium of Flavins and Flavoproteins, Hayama, Apr. 2005.
7)Kiyoshi Fukui, Hwan Ki Park, Tomoya Kawazoe, Koji Ono, Sanae Iwana, Yumiko Tomita, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Young Ho Kim : Functional Roles and Pathophysiology of Brain D-Amino Acid Oxidase, 15th International Symposium of Flavins and Flavoproteins, Hayama, Apr. 2005.
8)Masanori Yoshizumi, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa, Chieko Miki, Yoshiko Fujita, Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Aldosterone stimulates vascular smooth muscle cell proliferation through big mitogen-activated protein kinase1 activation, 16th scientific meeting of the interamerican society of hypertension, Cancun, Mexico, Apr. 2005.
9)Kazuko YORITA, Yasufumi Umena, Takeshi Matsukoa, David P. Ballou, Makoto Abe, Akiko Kita, Tomitake Tsukihara, Yukio Morimoto and Kiyoshi Fukui : Crystal Structures of Wild-type and R181M L-Lactate Oxidase from Aerococcus viridans, 15th International Symposium on Flavins and Flavoproteins, Hayama, Apr. 2005.
10)Kazuko YORITA, Takeshi Matsukoa, David P. Ballou and Kiyoshi Fukui : H265Q L-Lactate Oxidase from Aerococcus viridans, 15th International Symposium on Flavins and Flavoproteins, Hayama, Apr. 2005.
11)Azhim Azran, Jun Yamaguchi, Yuji Hirao, Yohsuke Kinouchi, Hisao Yamaguchi and Kazuo Yoshizaki : Measurement of blood flow in the carotid artery during physical exercise using bicycle ergometer, Proceedings of 6th Asian-Pacific Conference on Biomedical Engineering, Tsukuba, Apr. 2005.
12)Hiroshi Shiota, M Ishimura, T Miyamoto, S Takano, E Sano, Q.T Le and N Katsunuma : Detection of disease-specific cyctein protease inhibitors in tears, ARVO 2004, 25, Florida, Apr. 2005.
13)Hiroshi Eguchi, Y Kubo, S Takano, Hiroshi Shiota and M Yano : Malignant Glaucoma After Penetrating Keratoplasty, ARVO 2004, 203, Florida, Apr. 2005.
14)Hiroshi Shiota, M Inoue, Y Kubo, Y Hayashi, Hiroshi Eguchi and Takeshi Naito : Best Classification of Acanthamoeba Keratitis, ARVO 2005 GLOBAL NETWORKING, 113, Florida, May 2005.
15)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Masafumi Harada, Hiromu Nishitani and Hitoshi Kubo : MR Imaging and MR Spectroscopy of Female Intra-Pelvic Tumors:Preliminary Experience at 3.0 Tesla, ISMRM 2005, Miami, May 2005.
16)Toshiya Okahisa, Okubo Hisashi, Oda Takeshi, Motomura Tadashi, Glueck Julia, Nosé Yukihiko, Hiroshi Miyamoto, Susumu Ito, Yoshiaki Ohnishi and Tamura Masahiro : New double-bag type bicarbonate substitution fluid set resolve the problem of non mixture use., Ther Apher Dial., Vol.9, No.A11, A11, Warnemuende, May 2005.
17)Mami Inayama, Yasuhiko Nishioka, Masahiko Azuma, Yoshinori Aono, Hideki Makino, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi and Saburo Sone : Anti-fibrotic effect of IKKB inhibitor IMD-0354 in bleomycin-induced pulmonary fibrosis, 100th American Thoracic Society Annual Meeting, San Diego, May 2005.
18)Yasuhiko Nishioka, M. Inayama, H. Makino, M. Ugai, Yoshinori Aono, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi and Saburo Sone : Anti-fibrotic effect of IKKB inhibitor IMD-0354 in bleomycin-induced pulmonary fibrosis, 100th American thoracic society (ATS), San Diego, May 2005.
19)Yoshinori Aono, Yasuhiko Nishioka, M. Inayama, H. Makino and M. Ugai : Imatinib as a novel anti-fibrotic agent in bleomycin-induced lung fibrosis in mice, 100th American thoracic society (ATS), San Diego, May 2005.
20)M. Azuma, Yasuhiko Nishioka, Yoshinori Aono, M. Inayama, H. Makino, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi and Saburo Sone : Inhibition of bleomycin-induced pulmonary fibrosis in mice by imatinib (Gleevec) and erythromycin-a role of aipha-1-acid glycoprotein, 100th American thoracic society (ATS), San Diego, May 2005.
21)Tomiaki Morikawa, Hiroki Moriguchi, Takaaki Nose, Mizuho Nishino, Kenji Arita, Kenji Matsuura and Yoneo Yano : Educational Support with Tele-dental-medicine System, Proceedings of ED-MEDIA2005, 1483-1486, Montreal, Jun. 2005.
22)Consuelo Guerri, M Pascual, M C Garcia-Minguillan, Michael E Charness, Michael F Wilkemeyer, Anna Y Klintsova, Charles R Goodlett, William T Greenough, Hiromi Sakata-Haga, Hector D Dominguez and Jennifer D Thomas : Fetal Alcohol Effects:Potential Treatments From Basic Science, Alcoholism, Clinical and Experimental Research, Vol.29, No.6, 1074-1079, Mannheim, Jun. 2005.
23)Tsuneo Uchiyama : Growth of typhus group and spotted fever group rickettsiae in insect cells, 4th International Conference on Rickettsiae and Rickettsial Diseases, Logroño, La Rioja, Spain, Jun. 2005.
24)Hiroyuki Fukui, Yoshiaki Kitamura, Yuki Murata, Sachiho Horinaga, Sachiho Yoshimura, Kazutaka Maeyama and Noriaki Takeda : Elevation of histamine H1 receptor mRNA and histidine decarboxylase mRNA in nasal mucosa of allergy model rats., World Allergy Congress 2005, Munich, Germany, Jun. 2005.
25)Hirotsugu Yamada, Tomotsugu Tabata, H Tanaka, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Long-term left ventricular morphologic change in hypertrophic cardiomyopathy: a relationship with development of atrial fibrillation., 16th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, Boston, Jun. 2005.
26)Hirotsugu Yamada, Tomotsugu Tabata, K Harada, H Tanaka, T Yoshida, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Quantitative assessment of biphasic response to dobutamine by tissue strain echocardiography., 16th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, Boston, Jun. 2005.
27)Tomotsugu Tabata, Hirotsugu Yamada, H Tanaka, Y Saito, K Harada, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Pseudonormalization of the transmitral inflow Doppler velocities re-evaluated in relation to the left atrial function using tissue strain imaging., 16th Annual Scientific Sessions of the American Society of Echocardiography, Boston, Jun. 2005.
28)Shusuke Numata, Song Hongwei, Junichi Iga, Ken Yamauchi, Takahide Taniguchi, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : The effect of milnacipran ( serotonin noradrenaline reuptake inhibitor ) on memory in Korsakoffs syndrome after encephalitis., 8th World Congress of Biological Congress, Wien, Jun. 2005.
29)Toshiya Okahisa, Hiroshi Miyamoto, Susumu Ito, Yoshiaki Ohnishi and Tamura Masahiro : Development of new double-bag type bicarbonate substitution fluid set to prevent the non mixture use., ASAIO J., Vol.51, No.2, 61A, Washington, D.C., Jun. 2005.
30)Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Hiroe Shichijo, Mitsuo Kitamura, Akira Soda, Toshitaka Ikehara, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki, Hiroshi Miyamoto and Katsuo Aizawa : Effects of ELF magnetic field on signal transduction for the deffrentiation of osteoblast-like signal transduction for the deffrentiation of osteoblast-like cells, Bioelectromagnetics 2005 Abstract Collection, 348, Dublin, Jun. 2005.
31)Toshitaka Ikehara, Hiromi Sasaki, Tadahiro Teramoto, Hitoshi Houchi, Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on intracellular Ca2+ movements of cultured bovine adrenal chromaffin cells, Bioelectromagnetics 2005 Abstract Collection, 405-406, Dublin, Jun. 2005.
32)Hiromu Nishitani, Kazuhide Yoneda and Junji Ueno : Socio-economical effects of film-less PACS: comparison of pre- and post film-less operation, Berlin, Jun. 2005.
33)Toshiaki Tamaki, Masumi Okamoto, Yasuhisa Kanematsu, Yuki Izawa, Shoji Kagami, Shuji Kondo, Masanori Yoshizumi and Koichiro Tsuchiya : Dietary dose of nitrite attenuates L-NAME-induced renal injury in rats, 3rd World Congress of Nephrology, Singapore, Jun. 2005.
34)Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Koji Tsujigami, Yoshio Okita, Hirokazu Hayashi, Toshikatsu Taniki, Hiroshi Hukuno, Masahiko Nakasono, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura and Susumu Ito : Ultrasonographic assessment of gastric motility in diabetic gastroparesis before and after attaining glycemic control., Journal of Gastroenterology, Vol.40, No.6, 583-590, Jul. 2005.
35)Yasuhiro Kaneda, Park Sohee, Karuna Jayathilake and Herbert Meltzer : Determinants of Work Outcome in Schizophrenia and Schizoaffective Disorder: A Role of Cognitive Function, The International Neuropsychological Society (INS) Mid-Year Meeting, Dublin, Jul. 2005.
36)Yasuhiro Kaneda, Karuna Jayathilake and Herbert Meltzer : A Reanalysis of the Cognition Subscale of the Positive and Negative Syndrome Scale (PANSS), The International Neuropsychological Society (INS) Mid-Year Meeting, Dublin, Jul. 2005.
37)Tadashi Kondo, Junji Ueno, Kazuya Kondo and Abhijit S. Pandya : An algorithm for self-selecting optimum neural network architecture, Proceeding of the 44th SICE annual conference, 1645-1650, Aug. 2005.
38)Tadashi Kondo, Junji Ueno, Kazuya Kondo and Abhijit S. Pandya : An application of self-selecting algorithm for optimum neural network architecture to medical image recognition, Proceeding of the 44th SICE annual conference, 1657-1661, Aug. 2005.
39)Hisaaki Taniguchi, M Kikuchi, Rie Nakata, Shizue Omi and Kazuko Okamura-Ikeda : Proteomic Analysis of Rat Liver Peroxisome:Immunoisolation and Functional Analysis, Molecular & Cellular Proteomics, Vol.4, No.8, S489, San Francisco, Aug. 2005.
40)Takashi Harada, A Nakamura, Masahito Tomotake and : The influence of obsessive compulsive symptoms measured by the Maudsley Obsessive Compulsive Inventory (MOCI) on quality of life by brief version of World Health Organization Quality of LIFE Assessment (WHO-QOL26) among the woman nursing staffs, 18th World Congress on Psychosomatic Medicine, Kobe, Aug. 2005.
41)Bando Nobuyasu, Watanabe Kumi, Masahito Tomotake, Takahide Taniguchi and al. et : Central pontine myelinolysis associated with a hypoglycemic coma in anorexia nervosa, 18th World Congress on Psychosomatic Medicine, Aug. 2005.
42)Kiyoshi Fukui, Hwan Ki Park, Tomoya Kawazoe, Sanae Iwana, Koji Ono, Kazuko YORITA and Takashi Sakai : Potential roles for astroglial D-amino acid oxidase in extracellular D-serine metabolism and cytotoxicity: Molecular approach to schizophrenia, 9th International Congress on Amino Acids and Ptoteins, Wien, Aug. 2005.
43)Keisuke Ishizawa, Rika Sugimoto, Yuki Izawa, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Adiponectin inhibits PDGF-induced migration and proliferation in rat mesangial cells, 第10回アディポサイエンス研究会シンポジウム(第10回記念国際シンポジウム), Osaka, Aug. 2005.
44)Hiroyuki Sakakibara, Kaori Ishida, Yuki Izawa, Yuko Minami, Saito Saromi, Yoshichika Kawai, Butterweck Veronika, Toshiaki Tamaki, Yutaka Nakaya and Junji Terao : Effects of forced swimming stress on rat brain function, 2005 COE International Conference ''Biological Mechanism for Stress Control'', Tokushima, Aug. 2005.
45)Yasufumi Umena, Kazuko YORITA, Takeshi Matsuoka, Makoto Abe, Akiko Kita, Kiyoshi Fukui, Tomitake Tsukihara and Yukio Morimoto : Structures of Arg-181 mutant and wild type of L-lactate oxidase from Aerococcus viridans., 20th Congress of the International Union of Crystallography, Florence, Aug. 2005.
46)Yasuhiro Kaneda : ASSESSING WEIGHT-RELATED QUALITY OF LIFE IN PERSONS WITH SCHIZOPHRENIA, World Congress on Psychosomatic Medicine, Kobe, Aug. 2005.
47)Mikako Fujita, Boonruang Khamsri, Fumiko Murao, Akiko Yoshida, Akiko Sakurai, Tsuneo Uchiyama, K Kamada, H Shirai, Yo Matsuo and Akio Adachi : Comparative study on the structure and cytopathogenic activity of HIV Vpr/Vpx proteins, 5th Awaji International Forum on Infection and Immunity, Sumoto, Japan, Sep. 2005.
48)Katsuhiko Nakamura, Naoki Toda, Seizo Oyama, Mika Takahashi and Noriaki Takeda : Treatment of facial synkinesis: Mirror biofeedback rehabilitation with botulimun A toxin injection, 10th international facial nerve symposiumu, Maastricht, Sep. 2005.
49)Azhim Azran, Yamaguchi Jun, Yuji Hirao, Yohsuke Kinouchi, Hisao Yamaguchi, Kazuo Yoshizaki, Susumu Ito and Masahiro Nomura : Monitoring Carotid Blood Flow and ECG for Cardiovascular Disease in Elder Subjects, Proceedings of the 27th Annual Conference of the IEEE-EMBS, Vol.7, 5495-5498, Shanghai, Sep. 2005.
50)Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Toshiya Okahisa, Hiroshi Miyamoto, Yoshiaki Onishi, Kazuo Yoshizaki, Masaji Nishimura and Yohsuke Kinouchi : Short term prediction of Ht value using BPNN during LCAP, Proceedings of the 27th Annual Conference of the IEEE-EMBS, Vol.7, 4560-4563, Shanghai, Sep. 2005.
51)Yoshio Kaji, Masatake Akutagawa, Fumio Shichijo, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi and Shinji Nagahiro : Analysis for Brain Activities during Operations Using Measured EEG, Proceedings of the 27th Annual Conference of the IEEE-EMBS, Vol.7, 6003-6006, Shanghai, Sep. 2005.
52)Arisa Morimoto, Emiko Yasuno, Yohsuke Kinouchi, Y Omine, Akira Tangoku and Tadaoki Morimoto : Spatial Resolution in the Electrical Impedance Tomography for the Local Tissue, Proceedings of the 27th Annual Conference of the IEEE-EMBS, Vol.7, 6638-6641, Shanghai, Sep. 2005.
53)Jun Yamaguchi, Azhim Azran, Yuji Hirao, Yohsuke Kinouchi, Hisao Yamaguchi and Kazuo Yoshizaki : A Change of Blood Flow during Strenuous Physical Exercises Using Cycle Ergometer, Proceedings of the 27th Annual Conference of the IEEE-EMBS, Shanghai, Sep. 2005.
54)Yusuke Uchigami, Naohiro Kadowaki, Toshitaka Ikehara, Hitoshi Houchi, Hisao Yamaguchi, Kazuo Yoshizaki, Hiroshi Miyamoto and Yohsuke Kinouchi : Effects of Time-Varying Magnetic Fields on Transient increase in Intracellular Ca2+ Concentration of Cultured Cells, Proceedings of the 27th Annual Conference of the IEEE-EMBS, Vol.7, 446-448, Shanghai, Sep. 2005.
55)Koichiro Tsuchiya, Kaori Akai, Akira Tokumura, Shinji Abe, Toshiaki Tamaki, Yoshiharu Takiguchi and Kenji Fukuzawa : Oxygen Radicals Photo-induced by Ferric Nitrilotriacetate(FE-NTA) Complex, EPR 2005, Columbus, OH, Sep. 2005.
56)Soichiro Tajima, Koichiro Tsuchiya, Hideki Ohnishi, Yasuhisa Kanematsu, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki, Mason P. Ronald and Yoshiharu Takiguchi : Immunochemical Dection of Thioredoxin-Derived Radicals Formed by Reaction with Hydrogen Peroxide, EPR 2005, Columbus, OH, Sep. 2005.
57)A Nakajima, Masahiko Maegawa, Satoshi Yamamoto, A Tani, D Kinoshita, Y Kasai and Minoru Irahara : The process of blood coagulation enhances early endometrial-peritrial interaction in a murine model of endometriosis, IX World Congress on Endometriosis, Maastricht(The Netherlands), Sep. 2005.
58)Masahiko Maegawa, A Nakajima, Satoshi Yamamoto, Y Kasai, A Tani, D Kinoshita and Minoru Irahara : Effects of ovarian hormones on adhesion and early development of autotransplanted endometrium in an immunocompetent murine model, IX World Congress on Endometriosis, Maastricht(The Netherlands), Sep. 2005.
59)Tetsuya Kitagawa, Tamotsu Kanbara, Kurobe Hirotsugu, Kurushima Atsushi, Ichikawa Youichi, Kanemura Takeyuki, Takashi Kitaichi and Yutaka Masuda : Repair of Ebstein's anomaly-significance of reconstruction of the valve function at the true tricuspid annulus-, 第4回世界小児循環器・小児心臓血管外科学会, ブエノスアイレス, Sep. 2005.
60)Shin-ichi Kubo, Akiko Ishigami, Takako Gotohda, Itsuo Tokunaga and Osamu Kitamura : An autopsy case of adrenal insufficiency 20 years after total pituitarectomy: Relation between stress and cause of death, 6th ISALM, Hamburg, Sep. 2005.
61)Shin-ichi Kubo : Immunohistochemical study of kidney in methamphetamine intoxication, 6 th ISALM, Hamburg, Sep. 2005.
62)Shin-ichi Kubo, Fujita Yoshihiko, Itsuo Tokunaga, Osamu Kitamura and Takako Gotohda : Application of FTA® technology to extracting sperm DNA from semen-mixed body fluid, 6th ISALM, Hamburg, Sep. 2005.
63)Itsuo Tokunaga, Shin-ichi Kubo, Akiko Ishigami, Takako Gotohda and Osamu Kitamura : Changes in Renal function and oxidative damage in methamphetamine-treated rat, 6th ISALM, Hamburg, Sep. 2005.
64)Masataka Oita, Yoshihiro Takegawa, Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki and Hiromu Nishitani : Quality control of FOCAL unit with a micro-multi leaf collimator (mMLC) using new Gafchromic film for non-invasive stereotactic radiotherapy, 8th BIENIAL ESTRO MEETING ON PHYSICS AND RADIATION TECHNOLOGY FOR CLINICAL RADIOTHERAPY, Lisbon, Sep. 2005.
65)Tomiaki Morikawa, Takaaki Nose and Hiroki Moriguchi : Construction and evaluation of E-learning system for medical teatment safety measure, Proceedings of E-Learn 2005, 65, Oct. 2005.
66)Takaaki Nose, Tomiaki Morikawa and Hiroki Moriguchi : Development and evaluation of e-Learning system that supports teacher, Proceedings of E-Learn 2005, 69, Oct. 2005.
67)Hiroshi Shiota : DIANOSIS AND TREATMENT OF HERPETIC KERATITIS, 4th International Conference on Ocular Infections, 4, Sapporo, Oct. 2005.
68)Hiroshi Eguchi, Kayo Shinomiya, Akiko Iwata, Shino Hayashi and Hiroshi Shiota : A Case of Panophthalmitis Caused by Pantoea Agglomerans, The 4th International eyes infectious disease society, Oct. 2005.
69)Hiroshi Eguchi, Kayo Shinomiya, Akiko Iwata, Shino Takano and Hiroshi Shiota : A CASE OF PANOPHTHALMITIS CAUSED BY PANTOEA AGGLOMERANS, 4th International Conference on Ocular Infections, 64, Sapporo, Oct. 2005.
70)Hiroshi Shiota, Takeshi Naito, Hiroshi Eguchi, T Takada and S Hata : 5,3,1 METHOD FOR THE TREATMENT OF HERPETIC KERATITIS, 4th International Conference on Ocular Infections, 6, Sapporo, Oct. 2005.
71)Hiroyuki Sakakibara, Kaori Ishida, Yuki Izawa, Yuko Minami, Satomi Saito, Yoshichika Kawai, Butterweck Veronika, Toshiaki Tamaki, Yutaka Nakaya and Junji Terao : Effects of Ginkgo biloba Extract on Rat brain Function, 2nd International Conference on Polyphenols and Health, California Davis, Davis, Oct. 2005.
72)Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Keiji Niki, Yasuo Miyoshi, Hiroyuki Mitsuhara, Hiroaki Ogata, Yoneo Yano and Tomiaki Morikawa : Ubiquitous Learning Management with e-Portfolio on PC/PDA, Proceedings of E-Learn2005, Vol.1, 3029-3034, Vancouver, Oct. 2005.
73)Hiroshi Kitahata, Junpei Nozaki, Shinji Kawahito, Yoshinobu Tomiyama and Shuzo Oshita : Influences of sevoflurane in myocardial protection of an ultra-short-acting β1-blocker, landiolol., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Atlanta, Oct. 2005.
74)Shinji Kawahito, Junpei Nozaki, Nakamura Akiyo, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : Effects of dexmedetomidine and clonidine on vasorelaxation mediated by adenosine triphosphate-sensitive potassium channels in the rat aorta., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Atlanta, Oct. 2005.
75)Yoshinobu Tomiyama, Yamaguchi Mikiyo, Satoru Eguchi, Hiroshi Kitahata and Shuzo Oshita : Effects of propofol on the changes in membrane potential induced by simulated ischemia/reperfusion by means of mitochondrial uncoupler in cultured human coronary artery endothelial cells., The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, Atlanta, Oct. 2005.
76)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : Imaging Findings of Multiorganic Involvement of Chlamydia Trachomatis, RSNA 2005, Chicago, Nov. 2005.
77)Takamori Nobuyuki, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Hirono Akira, Yamaguchi Hiroshi, Hiroyuki Azuma, Tamura Katsuya and Toshio Matsumoto : Plasma Heparin Cofactor II Activities Predict Cardiovascular Risk in Patients with Coronary Heart Disease, American Heart Associations Scientific Sessions 2005, Dallas, USA, Nov. 2005.
78)Masahiro Uehara, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hiromu Nishitani, Keigo Tominaga and Noriyuki Moriyama : Quantitative Evaluation of Osteoporosis Likelihood Using Low Dose Thoracic 3-D CT Images, RSNA, 816, Nov. 2005.
79)Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, Kazuhito Matsuzaki, Kazuyuki Kuwayama, S Uyama, Yoshifumi Mizobuchi, Y Nakagawa and H Kumada : Intra-operative boron neutron capture therapy (BNCT) using epithermal neutron, beams in patients with malignant glioma -Correlation between BNCT radiation dose and radiation injury, clinical outcome-, 4th Meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology, Taipei, Nov. 2005.
80)Kazuhito Matsuzaki, S Uyama, Kazuyuki Kuwayama, Yoshifumi Mizobuchi and KT Kitazato : Down-regulation of Akt by RNA interference enhances radiation-induced apoptosis in malignant glioma cells, 4th Meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology, Taipei, Nov. 2005.
81)Kiyoshi Fukui, Hwan Ki Park, Tomoya Kawazoe, Sanae Iwana, Koji Ono, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Hideaki Tsuge : Potential roles for astroglial D-amino acid oxidase in extracellular D-serine metabolism and cytotoxicity: Molecular approach to schizophrenia, IUBMB Symposium 344 International Interdisciplinary Conference on Vitamins, Coenzymes, and Biofactors 2005, Higashiura, Nov. 2005.
82)Maki Shimizu, Shuji Kondo, Maki Urushihara, Masanori Takamatsu, Toshiaki Tamaki and Shoji Kagami : Reactive Oxygen Species (ROS) is Pivotal Mediator for Glomerular Epithelial-Mesenchymal Transition (EMT) in Experimental Progressive Glomerulonephritis (GN), 38th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2005.
83)Keisuke Ishizawa, Rika Sugimoto, Yuki Izawa, Koichiro Tsuchiya, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : The inhibitory effect of adiponectin on migration and proliferation induced by PDGF in rat mesangial cells, 38th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2005.
84)Toshiaki Tamaki, Yasuhisa Kanematsu, Yuki Izawa, Hideki Ohnishi, Yuki Motobayashi, Shoji Kagami and Koichiro Tsuchiya : Chronic oral administration of nitrite restores circulating NO level and improves renal injury in L-NAME treated rats, 38th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2005.
85)Junya Miyata, Kenji Tani, Keiko Sato, Shinsaku Otsuka, Tomoyuki Urata, Shizuka Shigekiyo, Battur Lkhagvas, Nobuya Sano and Saburo Sone : The significance in rheumatoid arthritis as a monocyte chemoattractant, 2005 American College of Rheumatology(ACR/ARHP) Annual Scientific Meeting, San Diego, Nov. 2005.
86)Hirotsugu Kurobe, Yuki Izawa, Yayoi Fukuhara, Tamotsu Kanbara, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma, Tetsuya Kitagawa, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Masaki Ueno, Shuhei Tomita and Masanori Yoshizumi : T Cell-specific HIF-1α-deficient Mice, but Not ARNT-deficient Mice, Exhibit Exacerbated Inflammation and Vascular Remodeling in Response to Cuff Injury, American Heart Association 2005 Scientifc Sessions, Dallas, Nov. 2005.
87)Kurobe Hirotsugu, Kurushima Atsushi, Masashi Kano, Takashi Kitaichi, Yutaka Masuda and Tetsuya Kitagawa : Assessment and Management of Trombus Captured in a Temporary Vena Cava Filter, アジア胸部外科学会, 17th Biennial Congress of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia, Nov. 2005.
88)Hitoshi Ikushima, Takashi Kawanaka and Hiromu Nishitani : Long-term results of radiation therapy for carcinoma of the uterine cervix, radiological society of north america 91st scientific assembly and annual meeting, Chicago, Nov. 2005.
89)Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki, Shunsuke Furutani, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani : Pelvic insufficiency fractures following radiation therapy for gynecologic malignancy, American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 47th annualmeeting, Denver, Nov. 2005.
90)Azhim Azran, Kamiya Tatsuaki, Yuji Hirao, Yohsuke Kinouchi, Hisao Yamaguchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroyuki Tanaka : Measuring and Analyzing the Variations of Carotid Blood Velocity and Heart Rate during Physical Exercise Stress for Diagnosis of Cardiovascular system, Proceedings of the 12th International Conference on Biomedical Engineering, Singapore, December 7-10, 2005, Vol.1, Singapore, Dec. 2005.
91)Toshihito Tanahashi, Dai Osabe, Kyoko Nomura, Syuichi Shinohara, Hitoshi Kato, Tatsuro Miyamoto, Yoichiro Takata, Kiyoshi Kunika, Maki Moritani, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : A dense SNPs map of human chromosome 20q11.21-13.13: linkage disequilibrium pattern, haplotype analysis, and association with type 2 diabetes in a 19.3 Mb interval, Keystone Symposia, 2006.
92)Parvaneh Keshavarz, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Genetic Variations in the TORC2 Gene Are Not Associated with Type 2 Diabetes in Japanese., The ASHG annual meeting in 2006, New Orleans, 2006.
93)Saburo Sone, Soji Kakiuchi and Seiji Yano : Real-time PCR-based biomarker to predict the sensitivity of non-small cell lung cancer(NSCLC) to EGFR-TKI, The 10th International Symposium on Cancer Chemotherapy, Tokyo, Jan. 2006.
94)Takashi Nishio, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Hironobu Ohmatsu, Ryutaro Kakinuma, Noriyuki Moriyama and Hiromu Nishitani : Feature calculation for classification algorithm of pulmonary vein and artery, Proceedings of SPIE, Vol.6143, 915-922, Feb. 2006.
95)Jun Kawai, Shinsuke Saita, Mitsuru Kubo, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Yasutaka Nakano, Hiromu Nishitani, Hironobu Ohmatsu and Noriyuki Moriyama : Automated anatomical labeling algorithm of bronchial branches based on Multi-Slice CT images, Proc. SPIE Medical Imaging, Vol.6143, 907-914, Feb. 2006.
96)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : Pelvic endometriosis: Usual, unusual imaging manifestations and pitfalls, ECR 2006, Wien, Mar. 2006.
97)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : CT and MRI manifestations of pathologies with fatty components from head to foot: Differential diagnosis and pitfalls, ECR 2006, Wien, Mar. 2006.
98)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : Benign and malignant germ cell tumors of the ovary: Radiological and pathological correlation, ECR 2006, Wien, Mar. 2006.
99)Kenji Matsuzaki, Mayumi Takeuchi, Hiromu Nishitani and Hisanori Uehara : Pathologies of the uterine myometrium: Usual and unusual manifestations and pitfalls on magnetic resonance imaging, ECR 2006, Wien, Mar. 2006.
100)Kenji Matsuzaki, Mayumi Takeuchi, Hisanori Uehara and Hiromu Nishitani : Ovarian teratomas: Usual, unusual imaging manifestations and pitfalls, ECR 2006, Wien, Mar. 2006.
101)Takeshi Soeki, Y Fukuda, K Koshiba, K Yamaguchi, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masahiro Nomura, K Kangawa and Susumu Ito : Ghrelin Protects Myocardium Against Ischemia/Reperfusion Injury via Inhibiting Myocardial Apoptosis., American College of Cardiology 55th Annual Scientific Session, Atlanta, Mar. 2006.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1)内山 恒夫 : 昆虫細胞および哺乳動物細胞へのリケッチアの付着侵入, 第78回日本細菌学会総会, 2005年4月.
2)粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 黒部 裕嗣, 藤村 光則, 八木 秀介, 橋詰 俊二, 池田 康将, 北川 哲也, 松本 俊夫 : ヘパリンコファクターIIは末梢動脈閉塞性病変進展に対する新規抑制因子である, 第102回日本内科学会総会・講演会, Vol.94, No.Suppl., 228, 2005年4月.
3)安井 夏生 : 骨と軟骨の一生, 第171回北陸整形外科集談会 (金沢市), 2005年4月.
4)上野 淳二, 米田 和英, 村瀬 知也, 森田 奈緒美, 西谷 弘 : Stool Tagging法の検討, --- 下剤を用いないCT colonographyの前処置として ---, 2005年4月.
5)生島 仁史, 八木 浩史, 尾﨑 享祐, 古谷 俊介, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 反射型線量測定用フイルムを用いたヨウ素125治療用密封小線源のquality assurance, 第64回日本医学放射線学会学術総会(横浜)第64回日本医学放射線学会学術集会抄録集, Vol.61, No.2, 228, 2005年4月.
6)笈田 将皇, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 八木 浩史, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 反射型フィルムを用いたI-125 SeedのQA/QCに関する検討 第1報 反射型フィルムおよびフィルム解析システムの諸特性, 第64回日本医学放射線学会学術総会(横浜)第64回日本放射線技術学会学雑誌, Vol.61, No.2, 192, 2005年4月.
7)米田 和英, 上野 淳二, 村瀬 知也, 辻川 哲也, 古谷 かおり, 森田 奈緒美, 大塚 秀樹, 西谷 弘 : MDCTのボリュームデータを用いた肺結節の検出法の検討, 2005年4月.
8)高瀬 真記, 中西 秀樹, 橋本 一郎, 山野 雅弘, 秋田 浩二, 稲次 圭 : 乳房縮小・再建手術を行った,若年性巨大乳腺肥大症の2例の検討, 第48回日本形成外科学会総会, 2005年4月.
9)橋本 一郎, 中西 秀樹, 山野 雅弘, 秋田 浩二, 高瀬 真記, 稲次 圭, 瀨渡 洋道 : Anterolateral thigh flapに外側広筋・大腿直筋弁を付着させた連合皮弁による組織再建術の経験, 第48回日本形成外科学会総会, 2005年4月.
10)橋本 一郎, 中西 秀樹, 山野 雅弘, 秋田 浩二, 高瀬 真記, 稲次 圭 : Gluteal fold flapによる美容的=機能的観点を重視した外陰・臀部再建法, 第48回日本形成外科学会総会, 2005年4月.
11)藤田 義彦, 久保 真一 : 精液混合体液からの精子由来DNAの迅速·簡易な抽出法の開発, 第89次日本法医学会総会, 2005年4月.
12)北村 修, 徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 久保 真一 : 覚醒剤中毒者の線条体におけるdopaminergic terminal maker 及び cospase-3の活性化に関する研究, 日本法医学会総会, Vol.89, 2005年4月.
13)安井 夏生 : 骨の成長障害とその予測, 第44回鹿児島整形外科懇話会 (鹿児島市), 2005年4月.
14)木内 陽介, 池原 敏孝, 山口 久雄, 細川 敬子, 芳地 一, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 変動する強磁界の細胞機能への影響, 第44回日本生体医工学大会, Vol.43, No.1, 159, 2005年4月.
15)宮崎 かつし, 関根 和教, 阿部 晃治, 田村 公一, 武田 憲昭 : 頭頸部悪性腫瘍における腫瘍組織内TS,DPD発現, 第106回日本耳鼻咽喉科学会, 2005年5月.
16)山田 博胤, 田畑 智継, 原田 顕治, 伊東 進 : 心房細動除細動後の僧帽弁口血流速波形の偽拘束型パターンの成因, 第78回日本超音波医学会学術集会, 2005年5月.
17)安藝 浩史, 友竹 正人, 兼田 康宏, : 統合失調症外来患者の服用内容とQOL-定型薬服用群と非定型薬服用群の比較-, 第101回日本精神神経学会, 2005年5月.
18)友竹 正人, 安藝 浩史, 兼田 康宏, : 統合失調症外来患者の主観的ウェルビーイングと関連する臨床的諸要因についての検討, 第101回日本精神神経学会, 2005年5月.
19)奥村 裕司, 端山 昌樹, 高橋 悦久, 木戸 博 : 線毛上皮細胞に高発現する新規膜結合型セリンプロテアーゼ,Serase-1の機能解析, 第46回日本生化学会中国四国支部例会, 2005年5月.
20)西尾 貴志, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺動脈・肺静脈抽出アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 パターン認識・メディア理解, Vol.105, No.63, 41-45, 2005年5月.
21)川井 淳, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支の枝名対応付けアルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 パターン認識・メディア理解, Vol.105, No.63, 37-40, 2005年5月.
22)栗田 信浩, 岩田 貴, 西岡 将規, 安藤 勤, 島田 光生 : 進行胃癌症例に対する術前科学療法の意義, 第77回日本胃癌学会総会, 2005年5月.
23)瀨渡 洋道, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 稲次 圭, 山野 雅弘 : 遊離連合皮弁による再建を要したX腺透視後放射線障害の1例, 第5回四国マイクロサージャリー研究会, 2005年5月.
24)橋本 一郎, 中西 秀樹, 山野 雅弘, 瀨渡 洋道, 秋田 浩二, 高瀬 真記, 稲次 圭 : 外側広筋・大腿直筋弁を付着させたAnterolateral thigh flapによる組織再建術の経験, 第5回四国マイクロサージャリー研究会, 2005年5月.
25)三好 孝典, 近藤 和也, 中川 靖士, 長尾 妙子, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 藤野 晴彦, 先山 正二 : PO202-8 非小細胞肺癌におけるthymidylate synthase(TS)とdihydropyrimidine dehydrogenase(DPD)の蛋白発現と活性, 第105回 日本外科学会的学術集会, Vol.106, No.2, 378, 2005年5月.
26)栗田 信浩, 岩田 貴, 西岡 将規, 安藤 勤, 島田 光生 : 新たなbacterial translocationの臨床的評価法の開発, 第105回日本外科学会定期学術集会, 2005年5月.
27)藤井 正彦, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 田代 征記, 寺澤 敏秀, 三宅 秀則, 島田 光生 : ss胆嚢癌に対する至適術式としてのS4a+S5区域切除術, 第105回日本外科学会総会, 2005年5月.
28)北市 隆, 増田 裕, 神原 保, 市川 洋一, 来島 敦史, 黒部 裕嗣, 速水 朋彦, 枝川 卓二, 森 一博, 北川 哲也 : 段階的Fontanの手術における心室形態と体心室ジオメトリー変化の検討, 第105回日本外科学会学術集会, 2005年5月.
29)水澤 典子, 岩田 武男, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : ヒトインスリン遺伝子発現調節におけるGC2-GC1配列の役割, 第48回日本糖尿病年次学術集会, 2005年5月.
30)森島 真幸, 原田 永勝, 原 小由合, 佐野 敦子, 妹尾 廣正, 髙橋 章, 中屋 豊 : 高運動性モデルラットSPORTSにおける運動習性と脳内モノアミン制御., 第59回日本栄養食糧学会, 2005年5月.
31)Hiroki Moriguchi : Changing medicine, to whom by what?, 第1回複合医工学国際会議 CME2005, May 2005.
32)池原 敏孝, 佐々木 ひろみ, 寺本 忠弘, 細川 敬子, 北村 光夫, 庄野 正行, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 山口 久雄, 宮本 博司 : 副腎髄質クロマフィン細胞」の細胞内Ca2+の一過性増加に及ぼす変動磁界の影響, The Japanese Journal of Physiology, 2005年5月.
33)細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 七条 裕衣, 北村 光夫, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 会沢 勝夫 : 骨芽細胞の分化に及ぼすELF磁界のシグナル伝達への影響, The Japanese Journal of Physiology, 2005年5月.
34)武田 憲昭 : 空間識とめまい,空間識の形成と空間識障害によるめまい, 第106回日本耳鼻咽喉科学会 教育セミナー, 2005年5月.
35)関根 和教, 六反 一仁, 武田 憲昭 : ストレス解析用DNAチップを用いたメニエール病患者のストレス評価, 第106回日本耳鼻咽喉科学会, 2005年5月.
36)佐藤 豪, 上枝 仁美, 関根 和教, 武田 憲昭 : メニエール病の長期の聴力変化, 第106回日本耳鼻咽喉科学会, 2005年5月.
37)今井 貴夫, 伊東 真人, 武田 憲昭, 関根 和教, 佐藤 豪, 松永 喬, 細川 清人, 久保 武 : 外側半規管型良性発作性頭位めまい症の病態に関する考察, 第106回日本耳鼻咽喉科学会, 2005年5月.
38)森島 真幸, 原 小由合, 原田 永勝, 佐野 敦子, 妹尾 廣正, 髙橋 章, 中屋 豊 : 高運動性モデルラットSPORTSにおける海馬ノルエピネフリン動態は運動習性を調節する., 第82回日本生理学会, 2005年5月.
39)安井 夏生 : 創外固定と骨延長・最新のトピックス, 高知大学医学部6年生臨床医学特論の講義, 2005年5月.
40)岩名 沙奈恵, 頼田 和子, 川添 僚也, 小野 公嗣, 朴 煥埼, 冨田 優美子, 福井 清 : 向精神薬クロルプロマジンによるD-アミノ酸酸化酵素の活性阻害, 日本ビタミン学会第57回大会, 2005年5月.
41)鈴記 洋子, 大岡 裕子, 森口 博基, 森川 富昭, 田木 真和, 能瀬 高明 : キャリア開発支援とQMSを担保する看護職員の力量評価システムの開発, 医療マネジメント学会誌, Vol.6, No.1, 217, 2005年6月.
42)原田 顕治, 山田 博胤, 田畑 智継, 伊賀 彰子, 小柴 邦彦, 山口 浩司, 河野 智仁, 若槻 哲三, 西角 彰良, 野村 昌弘, 伊東 進 : 多彩な心室壁の肥大形態を示した肥大型心筋症(HCM)の一家系, 日本超音波医学会四国地方会, 2005年6月.
43)安井 夏生 : 整形外科外来に必須な骨系統疾患の基礎知識, 第8回長崎関節外科懇話会 (長崎市), 2005年6月.
44)三好 孝典, 近藤 和也, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 藤野 晴彦, 先山 正二, 丹黒 章 : O-090 抹消型微小肺癌に対する術前マーキングによる縮小手術の可能性, 第22回 日本呼吸器外科学会総会, Vol.1997, No.3, 201, 2005年6月.
45)藤井 正彦, 安藤 勤, 居村 暁, 森根 裕二, 西岡 将規, 池本 哲也, 島田 光生 : 大腸癌肝転移に対する外科的治療の意義, 第41回日本肝癌研究会, 2005年6月.
46)中村 克彦, 高橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 武田 憲昭 : ボツリヌス治療とバイオフィードバック療法の併用による病的共同運動の治療, 第28回日本顔面神経研究会, 2005年6月.
47)東 貴弘, 戸田 直紀, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 末梢性顔面神経麻痺後に発症したギランバレー症候群の一例, 第28回日本顔面神経研究会, 2005年6月.
48)戸田 直紀, 東 貴弘, 高橋 美香, 中村 克彦, 武田 憲昭 : Hunt症候群における内耳道造影MRIの検討, 第28回日本顔面神経研究会, 2005年6月.
49)柏木 圭介, 米田 武史, 秋田 浩二, 山野 雅弘, 橋本 一郎, 中西 秀樹 : 当科における熱傷瘢痕癌の臨床統計, 第31回日本熱傷学会総会・学術集会, 2005年6月.
50)山口 浩司, 若槻 哲三, 木村 恵理子, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 山田 博胤, 田畑 智継, 西角 彰良, 野村 昌弘, 楠 完治, 伊東 進, 来島 敦史, 北川 哲也 : 左心室造影にて偶然発見し得た左室microaneurysmの一例, 第86回日本循環器学会四国地方会, 2005年6月.
51)松岡 英子, 北市 隆, 神原 保, 市川 洋一, 黒部 裕嗣, 来島 敦史, 増田 裕, 北川 哲也 : Chronic contained rupture2症例の検討, 第86回日本循環器学会四国地方会, 2005年6月.
52)中西 秀樹 : 特別講演「褥瘡・難治性潰瘍の基礎と臨床-外用剤の使用法を中心に-」, 第2回長崎ウンドマネジメント研究会, 2005年6月.
53)三好 孝典, 近藤 和也, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 藤野 晴彦, 先山 正二, 丹黒 章 : OR8-3 当科における光線力療法の治療経験ーporfimer sodiumからtalaporfin sodiumへー, 第128回 日本呼吸器内視鏡学会総会, 2005年6月.
54)藤井 正彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 島田 光生 : Small-for-size graft における肝不全の病態と対策, 第17回日本肝胆膵外科学会, 2005年6月.
55)藤井 正彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 副島 雄二, 島田 光生 : B型肝炎合併肝細胞癌に対する生体肝移植, 第83回日本消化器病学会四国支部例会, 2005年6月.
56)戸田 直紀, 中川 英幸, 東 貴弘, 武田 憲昭 : 二次性真珠腫の2症例, 第31回日本耳鼻咽喉科学会四国四県地方部会連合学会, 2005年6月.
57)東 貴弘, 戸田 直紀, 中村 克彦, 武田 憲昭 : 末梢性顔面神経麻痺後に発症したギランバレー症候群の一例, 第31回日本耳鼻咽喉科学会四国四県地方部会連合学会, 2005年6月.
58)近藤 英司, 武田 憲昭, 中村 克彦 : 喉頭神経鞘腫の一例, 第31回日本耳鼻咽喉科学会四国四県地方部会連合学会, 2005年6月.
59)長嶋 比奈美, 宇高 二良, 近藤 英司, 武田 憲昭 : 乳幼児健診の精査機関としての役割, --- 自験例を中心に ---, 第67回耳鼻咽喉科臨床学会, 2005年6月.
60)宮崎 かつし, 関根 和教, 阿部 晃治, 田村 公一, 武田 憲昭 : 頭頸部悪性腫瘍における腫瘍組織内TS,DPD発現, 第31回日本耳鼻咽喉科学会四国四県地方部会連合学会, 2005年6月.
61)速水 朋彦, 北市 隆, 神原 保, 市川 洋一, 黒部 裕嗣, 来島 敦史, 増田 裕, 北川 哲也 : Fontan術後の蛋白漏出性胃腸症に左横隔膜縫縮術を行い改善をみた症例, 第48回関西胸部外科学会学術集会, 2005年6月.
62)黒部 裕嗣, 北市 隆, 速水 朋彦, 濱本 貴子, 来島 敦史, 市川 洋一, 神原 保, 増田 裕, 北川 哲也 : 遠隔成績から見たFontan治療戦略の評価, 第48回関西胸部外科学会学術集会, 2005年6月.
63)工藤 隆治, 工藤 景子, 湯淺 哲也, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 長山 勝, 誉田 栄一 : 上歯肉扁平上皮癌に対する高線量率モールド照射の治療経験, 四国歯学会雑誌, Vol.18, No.2, 253, 2005年6月.
64)増田 裕, 北市 隆, 神原 保, 市川 洋一, 黒部 裕嗣, 来島 敦史, 速水 朋彦, 濱本 貴子, 北川 哲也 : 当科における非解剖学的バイパス術の検討-適応・術式・グラフト開存・生命予後について-, 第33回日本血管外科学会総会, 2005年6月.
65)北市 隆, 増田 裕, 神原 保, 市川 洋一, 来島 敦史, 濱本 貴子, 黒部 裕嗣, 速水 朋彦, 北川 哲也 : 胸部下行および胸腹部大動脈瘤手術における対麻痺の危険因子とその対策, 第33回日本血管外科学会総会, 2005年6月.
66)宮崎 かつし, 佐藤 豪, 田村 公一, 武田 憲昭 : 原発性上咽頭結核症例, 第67回耳鼻咽喉科臨床学会, 2005年7月.
67)Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Masataka Sata, Fujimura MItsunori, Hashizume Shunji, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Kawano Hirotaka, Yamada Takashi, Fukuda Tohru, Sekine Keisuke, Sato Takashi, Nakamichi Yuko, Yamamoto Yoko, Yoshimura Kimihiro, Watanabe Tomoyuki, Nakamura Takashi, Ohmizu Akira, Tsukada Minoru, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Heparin cofactor II is required for fetal development and attenuates cuff-injured vascular remodeling in mice, The 37th Japan Atherosclerosis Society Annual Meeting, Jul. 2005.
68)八木 秀介, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 池田 康将, 岩瀬 俊, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 東 博之, 松本 俊夫 : Pitavastatinは,Angiotensin IIによるマウス冠動脈および心筋リモデリングを抑制する, 第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.2, 564, 2005年7月.
69)池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : アンドロゲン-アンドロゲン受容体システムはドキソルビシンによる心筋酸化ストレスに対して防御的に作用する, 第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.2, 548, 2005年7月.
70)粟飯原 賢一, 三原 正朋, 池田 康将, 八木 秀介, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 松下 隆哉, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : トロンビン作用の阻害は2型糖尿病モデルdb/dbマウスのインスリン抵抗性を改善する, 第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.1, 190, 2005年7月.
71)粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 池田 康将, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 大水 正章, 塚田 稔, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : 新規血管リモデリング抑制因子ヘパリンコファクターIIの分子生物学的解析, 第37回日本動脈硬化学会総会, 233, 2005年7月.
72)八木 秀介, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 藤村 光則, 池田 康将, 橋詰 俊二, 東 博之, 松本 俊夫 : Pitavastatinは,Angiotensin IIによるマウス冠動脈リモデリングを抑制する, 第37回日本動脈硬化学会総会, 232, 2005年7月.
73)足立 貴志, 安友 基勝, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 上野 淳二, 西谷 弘 : Stool Tagging法に用いる大腸仮想化内視鏡, 電子情報通信学会技術研究報告 MEとバイオサイバネティックス, Vol.105, No.221, 63-65, 2005年7月.
74)鈴木 秀宣, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 天野 雅史, 西谷 弘 : 医用画像の二次利用のための匿名化方法, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.105, No.221, 1-4, 2005年7月.
75)上原 理宏, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズムの構築, 電子情報通信学会技術研究報告 MEとバイオサイバネティックス, Vol.105, No.221, 59-62, 2005年7月.
76)河村 奈美, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支壁抽出アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告 MEとバイオサイバネティックス, Vol.105, No.221, 11-14, 2005年7月.
77)梅名 泰史, 頼田 和子, 松岡 毅, 安部 真琴, 喜田 昭子, 福井 清, 三木 邦夫, 森本 幸生 : Aerococcus viridans由来L-乳酸酸化酵素(LOX)のArg-181変異体と野生体のX線結晶構造解析, 第5回日本蛋白質科学会年会, 2005年7月.
78)吉本 勝彦, 水澤 典子, 岩田 武男, 露口 勝, 佐野 壽昭, 内野 眞也 : 家族性副甲状腺機能亢進症2家系におけるHRPT2遺伝子変異の解析, 第78回日本内分泌学会学術総会, 2005年7月.
79)銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 廣川 満良 : Methylation analysis of the cell cycle control genes in human pituitary tumors., 第78回日本内分泌学会学術総会, 2005年7月.
80)岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : Under40 Panel Discussion 副甲状腺癌抑制遺伝子産物パラフィブロミンと相互作用する蛋白の同定, 第78回日本内分泌学会学術総会, 2005年7月.
81)濱本 貴子, 速水 朋彦, 黒部 裕嗣, 来島 敦史, 市川 洋一, 神原 保, 北市 隆, 増田 裕, 北川 哲也 : 悪性腫瘍に伴う下大動脈内出血腫瘍栓の外科摘出術と術中塞栓の予防, 第25回日本静脈学会総会, 2005年7月.
82)西野 真紀, 江口 洋, 寺田 祐子, 塩田 洋, 谷 英紀, 林 英憲 : 1-04 抜糸後角膜膿瘍を来した角膜移植眼の2例, フォーサム·イン横浜, 38, 2005年7月.
83)林 勇樹, 高野 しの, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋, 田近 智之, 江川 麻理子 : 1-38 最近経験した内因性眼内炎の3症例, フォーサム·イン横浜, 44, 2005年7月.
84)西尾 貴志, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺動静脈分類アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.105, No.169, 31-35, 2005年7月.
85)川井 淳, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支枝名対応付けアルゴリズムの構築, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.105, No.169, 27-30, 2005年7月.
86)江口 洋, 高野 しの, 林 勇樹, 寺田 祐子, 村尾 史子, 塩田 洋 : 1-60 LVFX耐性Corynebacterium属が起炎菌と考えられた前眼部感染症の2例, 第42回 日本眼感染症学会, 47, 2005年7月.
87)塩田 洋 : 抗ヘルペス薬 眼科応用の展望, フォーサム·イン横浜, 33, 2005年7月.
88)栗田 信浩, 岩田 貴, 西岡 将規, 本田 純子, 安藤 勤, 梅本 淳, 島田 光生 : 胃全摘後空腸嚢を用いたRoux-en Y再建症例の検討, 第60回日本消化器外科学会定期学術総会, 2005年7月.
89)藤井 正彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 副島 雄二, 島田 光生 : 肝右葉切除における機会吻器を用いた安全なGlisson 鞘一括処理, 第60回日本消化器外科学会総会, 2005年7月.
90)佐々木 ひろみ, 寺本 忠弘, 池原 敏孝, 山口 久雄, 細川 敬子, 芳地 一, 北村 光夫, 庄野 正行, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : 副腎髄質クロマフィン細胞の細胞内情報伝達に及ぼす1.5T 変動磁界の影響, 日本生体磁気学会雑誌, Vol.18, No.1, 158, 2005年7月.
91)田中 洋一, 安倍 正博, 日浅 雅博, 橋本 年弘, 木戸 慎介, 井上 大輔, 尾崎 修治, 森山 啓司, 松本 俊夫 : 骨髄腫細胞,破骨細胞と血管内皮細胞の細胞間相互作用:腫瘍進展,骨破壊と血管新生の促進, 第23回日本骨代謝学会学術集会, 2005年7月.
92)田中 洋一, 安倍 正博, 日浅 雅博, 橋本 年弘, 木戸 慎介, 井上 大輔, 尾崎 修治, 森山 啓司, 松本 俊夫 : 骨髄腫細胞,破骨細胞と血管内皮細胞の細胞間相互作用:腫瘍進展,骨破壊と血管新生の促進, 第23回日本骨代謝学会学術集会, 2005年7月.
93)足立 貴志, 安友 基勝, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 上野 淳二, 西谷 弘 : Stool Tagging法に用いる大腸仮想化内視鏡, JAMIT, 3-4, 2005年7月.
94)鈴木 秀宣, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 天野 雅史, 西谷 弘 : 医用画像の二次利用のための匿名化方法, JAMIT, 5, 2005年7月.
95)西尾 貴志, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 柿沼 龍太郎, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた肺動脈・肺静脈抽出アルゴリズムの構築, JAMIT, 1-4, 2005年7月.
96)上原 理宏, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズムの構築, JAMIT, 35, 2005年7月.
97)川井 淳, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 笹川 道三, 大松 広伸, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支の枝名対応付けアルゴリズム, JAMIT, 29, 2005年7月.
98)米田 和英, 上野 淳二, 辻川 哲也, 古谷 かおり, 森田 奈緒美, 大塚 秀樹, 西谷 弘 : MDCTのボリュームデータを用いた肺結節の検出方法の検討, 2005年7月.
99)安友 基勝, 上野 淳二, 足立 貴志, 仁木 登, 河田 佳樹, 米田 和英, 森田 奈緒美, 西谷 弘 : Stool Tagging法を用いたCT colonographyに必要な画像処理, 電子情報通信学会技術研究報告 MEとバイオサイバネティックス, Vol.105, No.221, 55-58, 2005年7月.
100)黒部 裕嗣, 北市 隆, 来島 敦史, 加納 正志, 増田 裕, 北川 哲也 : 下大動脈血栓除去術と術後抗凝固法が奏功した急性肺塞栓の一例, 第36回日本血管外科学会中国四国地方会, 2005年7月.
101)福井 裕行, 川添 和義, 高石 喜久 : 鼻過敏症モデルラットのヒスタミンH1受容体とヒスチジン脱炭酸酵素の遺伝子発現亢進とそれに対する和漢薬の抑制作用, 第22回和漢医薬学会大会, 2005年8月.
102)端山 昌樹, 奥村 裕司, 高橋 悦久, 島袋 陽, 木戸 博 : 新規膜結合型セリンプロテアーゼ,Serase-1の機能解析, 第10回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会, 2005年8月.
103)福井 清 : 生命世界の左右非対称性, --- 不斉アミノ酸とその代謝酵素の生理機能と神経疾患における意義 ---, 日本理科教育学会第55回全国大会, 2005年8月.
104)岡田 達也, 能瀬 高明, 森川 富昭, 矢野 米雄 : 携帯電話を用いた学習意欲によるグループ分けシステム, PC Conference 論文集, 225-228, 2005年8月.
105)酒巻 栄治, 松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 緒方 広明, 森川 富昭, 光原 弘幸, 矢野 米雄 : RSSを活用した適応的情報提供·収集システムの試作, 教育システム情報学会第30周年記念全国大会講演論文集, 327-328, 2005年8月.
106)柏木 圭介, 橋本 一郎, 米田 武史, 中西 秀樹 : 陰圧閉鎖療法が奏効した両坐骨結筋部褥瘡の1例, 第7回日本褥瘡学会学術集会, 2005年8月.
107)Yuji Soejima, Mitsuo Shimada, Akinobu Taketomi, Tomoharu Sumiyoshi, Hideaki Uchiyama, Tomonobu Gion, Noboru Harada, Yusuke Yonemura, Hideki Ijichi and Yoshihiko Maehara : Role of cyclosporine in living donor liver transplantation:Kyushu university experience, 学術国際シンポジウム「免疫の進化」, Aug. 2005.
108)森川 富昭, 松浦 健二, 金西 計英, 森口 博基, 西野 瑞穗, 有田 憲司, 矢野 米雄 : シラバスに基づくe-Learningシステムを用いた医学·歯学系教育におけるFTF·CMCハイブリッド型授業実践, 第231回徳島医学会学術集会(平成17年度夏期), 2005年8月.
109)谷口 寿章 : 疾患プロテオミクスに向けて, --- 徳島大学COE拠点における取り組み ---, 疾患プロテオミクス最前線, 2005年9月.
110)辻川 哲也, 上野 淳二, 湊 雅子, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 丹黒 章 : CT volume dataを用いたセンチネルリンパ節のナビゲーション診断法, 2005年9月.
111)安倍 吉郎, 中西 秀樹 : サッカーの試合中に石灰が原因と考えられた化学熱傷を受傷した1例, 第50回日本形成外科学会中国・四国支部学術集会, 2005年9月.
112)野原 麻美, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像における検査部位分類アルゴリズム, FIT, 341-342, 2005年9月.
113)高岡 司, 遠藤 亜紀, 武田 憲昭 : 血清アンギオテンシン変換酵素(ACE)活性比による味覚障害患者の治療効果判定, 第18回日本口腔・咽頭科学会, 2005年9月.
114)武田 憲昭, 松田 和徳, 高岡 司, 遠藤 亜紀 : 味覚障害患者の亜鉛摂取量と亜鉛栄養状態の評価, 第18回日本口腔・咽頭科学会, 2005年9月.
115)長嶋 比奈美, 宇高 二良, 近藤 英司, 黒田 若奈, 武田 憲昭 : 聴性定常反応における骨導長禄検査の検討, 第50回日本聴覚医学会, 2005年9月.
116)緒方 広明, 矢野 米雄, 光原 弘幸, 三好 康夫, 金西 計英, 松浦 健二, 森川 富昭, 能瀬 高明 : ユビキタス·モバイル学習環境:語学学習への研究と大学での実践, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 17-18, 2005年9月.
117)光原 弘幸, 平川 靖素, 緒方 広明, 松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : ユビキタス機器を利用した実世界インタラクション型ゲーム:2進数の学習を対象として, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 491-492, 2005年9月.
118)森 貴幸, 光原 弘幸, 緒方 広明, 松浦 健二, 金西 計英, 三好 康夫, 森川 富昭, 矢野 米雄 : ユビキタス機器を利用した授業支援, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, 493-494, 2005年9月.
119)上原 理宏, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 笹川 道三, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズムの構築, 生体医工学シンポジウム, 20-24, 2005年9月.
120)森本 有理砂, 安野 恵実子, 木内 陽介, 森本 忠興, 丹黒 章, 大嶺 裕賢 : 局所EITの空間分解能に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 223, 2005年9月.
121)新田 佳伯, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 木内 陽介 : 血液浄化時におけるHt値予測精度向上, --- BPNN構造の検討 ---, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 224, 2005年9月.
122)森 美怜, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDを用いた殺菌作用に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 225, 2005年9月.
123)七條 裕衣, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 吉﨑 和男, 會沢 勝夫, 木内 陽介 : 骨芽細胞の情報伝達系に及ぼすELF磁界の影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 227, 2005年9月.
124)内上 裕介, 門脇 直弘, 池原 敏孝, 芳地 一, 吉﨑 和男, 宮本 博司, 木内 陽介 : 変動教磁界がクロマフィン細胞の細胞内Ca2+濃度変化に及ぼす影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 228, 2005年9月.
125)門脇 直弘, 内上 裕介, 池原 敏孝, 細川 敬子, 山口 久雄, 芳地 一, 吉﨑 和男, 宮本 博司, 木内 陽介 : Hela細胞のカルシウム増加機構への変動教磁界の影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 229, 2005年9月.
126)加治 芳雄, 芥川 正武, 七條 文雄, 長篠 博文, 木内 陽介, 永廣 信治 : 脳波を用いた脳機能解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 238, 2005年9月.
127)片井 自生, アズラン アズヒム, 山口 準, 神谷 達明, 平尾 友二, 木内 陽介, 山口 久雄, 吉﨑 和男, 野村 昌弘, 伊東 進 : 心疾患患者における頸動脈血流計測と解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 245, 2005年9月.
128)山口 準, アズラン アズヒム, 平尾 友二, 芥川 正武, 木内 陽介, 山口 久雄, 吉﨑 和男 : 新しい形状のトランスデューサの音場解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 246, 2005年9月.
129)神谷 達明, 芥川 正武, 木内 陽介, 山口 久雄, 吉﨑 和男, 平尾 友二, アズラン アズヒム, 山口 準, 片井 自生 : 安静時における血流変化システム同定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 247, 2005年9月.
130)Azhim Azran, Jun Yamaguchi, Mizuki Katai, Tatsuaki Kamiya, Yuji Hirao, Yohsuke Kinouchi, Hisao Yamaguchi, Kazuo Yoshizaki, Susumu Ito and Masahiro Nomura : Telemetry system for measuring doppler blood flow during physical exercises, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 385, Sep. 2005.
131)北村 嘉章, 武田 憲昭 : Gustatory rhinorrheaに対し後鼻神経切断術が有効であった一例, 第44回日本鼻科学会, 2005年9月.
132)河野 美代, 東 満美, 田村 祥祐, 加地 充, 井上 信裕, 元木 宏, 玉田 正夫, 水口 和生, 南 博 : 新体制薬局実務実習に向けての徳島県薬剤師会の取り組み, 第38回 日本薬剤師会学術大会, 2005年10月.
133)河野 裕美, 山田 博胤, 福田 大和, 添木 武, 田畑 智継, 伊東 進 : 下半身陽圧負荷による僧帽弁口血流速波形の変化を用いた心房機能低下例の鑑別, 日本超音波医学会四国地方会第15回学術集会, 2005年10月.
134)亀岡 尚美, 友竹 正人, 谷口 隆英, : 診断・治療に苦慮した統合失調症の一例, 第46回中国四国・精神神経学会, 2005年10月.
135)安藝 浩史, 友竹 正人, 兼田 康宏, : 統合失調症外来患者の服用内容とQOLおよび生活技能評価との関連の検討, 第15回日本臨床精神神経薬理学会, 2005年10月.
136)粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 黒部 裕嗣, 佐田 政隆, 池田 康将, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 岩瀬 俊, 八木 秀介, 大水 章正, 塚田 稔, 北川 哲也, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : 新規血管リモデリング抑制因子 ヘパリンコファクターIIの臨床 および分子生物学的解析, 第13回日本血管生物医学会, 2005年10月.
137)奥村 裕司, 端山 昌樹, 高橋 悦久, 島袋 陽, 木戸 博 : Serase-1, a new splice variant of Polyserase-1/TMPRSS9, is an activator of pro-urokinase and is involved in urokinase/plasmin-mediated proteolysis., 第78回日本生化学会大会, 2005年10月.
138)端山 昌樹, 奥村 裕司, 高橋 悦久, 島袋 陽, 田村 学, 武田 憲昭, 久保 武, 木戸 博 : Transcriptional regulation of a novel transmembrane serine protease, Serase-1., 第78回日本生化学会大会, 2005年10月.
139)坂本 久美子, 日比野 有紀, 木原 勝, 山野 修司, 前田 和寿, 苛原 稔, 山内 あい子 : 徳島大学病院における妊婦に対する処方医薬品とその胎児危険度評価, 第15回日本医療薬学会年会, 2005年10月.
140)副島 雄二, 武冨 紹信, 吉住 朋晴, 内山 秀昭, 島田 光生, 前原 喜彦 : 九州大学における肝移植:生体肝移植の役割と位置づけ, DDW2005 シンポジウム, 2005年10月.
141)藤井 正彦, 居村 暁, 島田 光生 : 進行肝癌に対する術後IFN併用化学療法と肝移植の適応, DDW-Japan2005(第9回日本肝臓学会大会), 2005年10月.
142)林 しの, 賀島 誠, 西野 真紀, 塩田 洋 : 頭蓋内に進展した涙腺原発と考えられるMALTリンパ腫の1例, 第59回日本臨床眼科学会, 2005年10月.
143)秦 裕子, 山根 伸太, 塩田 洋 : 慢性閉塞隅角緑内障に対する白内障手術とレーザー虹彩切開術の比較検討, 第59回日本臨床眼科学会, 2005年10月.
144)美馬 彩, 秦 裕子, 村尾 史子, 塩田 洋 : 正常眼圧緑内障に対するラタノプロストの眼圧下降効果, 第59回日本臨床眼科学会, 2005年10月.
145)安井 夏生 : 整形外科医としての骨系統疾患へのアプローチ, 第105回中部日本整形外科災害外科学会 (米子市), 2005年10月.
146)新田 佳伯, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 木内 陽介 : 移動平均型ニューラルネットワークを用いたCHF施行時におけるHt値の予測, 日本生体医工学会中四国支部大会, 2005年10月.
147)塩屋園 敦, 大庭 康雄, 日浅 雅博, 安倍 正博, 松本 俊夫, 森山 啓司 : 歯の移動時の歯周組織におけるケモカインの発現, 第64回 日本矯正歯科学会大会, 2005年10月.
148)佐竹 秀太, 高橋 巧, 松本 和也, 中西 秀樹, 森山 啓司 : 外科的矯正治療を行ったhemifacial microsomiaの一症例, 第64回 日本矯正歯科学会大会, 2005年10月.
149)松尾 伸二, 橋本 一郎, 中西 秀樹 : GFP(green fluorescent protein)トランスジェニックマウスを用いて植皮術における生着のメカニズムの研究, 第14回日本形成外科学会基礎学術集会, 2005年10月.
150)谷口 寿章 : プロテオミクスの解析技術·その現状と展望, 第78回日本生化学会大会, Vol.BS7, No.1, 1101, 2005年10月.
151)陣内 自治, 武田 憲昭 : 灌流下中耳内視鏡手術(Perfusion Endoscopic Oto Surgery)の開発, 第15回日本耳科学会, 2005年10月.
152)長嶋 比奈美, 近藤 英司, 黒田 若奈, 宇高 二良, 武田 憲昭 : 聴性定常反応を用いた音場検査の試み, 第15回日本耳科学会, 2005年10月.
153)戸田 直紀, 東 貴弘, 武田 憲昭 : 二次性真珠腫の2症例, 第15回日本耳科学会, 2005年10月.
154)中村 克彦, 高橋 美香, 大山 晴三, 戸田 直紀, 東 貴弘, 武田 憲昭 : ボツリヌス治療とバイオフィードバック療法の併用による病的共同運動の治療, 第15回日本耳科学会, 2005年10月.
155)Kazuko YORITA, Yasufumi Umena, Takeshi Matsuoka, Makoto Abe, Akiko Kida, Kiyoshi Fukui and Yukio Morimoto : Crystal structure of the wild type, R181M, and R268M L-lactate oxidase from Aerococcus viridans, The 78th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Oct. 2005.
156)Hwan Ki Park, Tomoya Kawazoe, Koji Ono, Sanae Iwana, Kazuko YORITA, Takashi Sakai and Kiyoshi Fukui : Potential role for astroglial D-amino acid oxidase in extracellular D-serine metabolism and cytotoxicity, The 78th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Oct. 2005.
157)Tomoya Kawazoe, Sanae Iwana, Koji Ono, Hwan Ki Park, Kazuko YORITA, Hideaki Tsuge and Kiyoshi Fukui : Crystal structure of human D-amino acid oxidase in complex with benzoate, The 78th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Oct. 2005.
158)笈田 将皇, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 八木 浩史, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 簡易測定ファントムと反射型フィルムを用いたI-125 SeedのQA/QC, 日本放射線技術学会雑誌, Vol.61, No.9, 1287, 2005年10月.
159)Xichuan Teng, Takashi Sakai, Li Liu, Rika Sakai, Ryuji Kaji and Kiyoshi Fukui : Nucling mediates the induction of apoptosome and the expression of cyclooxygenase 2 in a mouse model of Parkinson's, The 78th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Oct. 2005.
160)Takashi Sakai, Xichuan Teng, Li Liu, Rika Sakai, Nobuya Sano, Ryuji Kaji and Kiyoshi Fukui : Nucling controls NF-B-associated tumorgenesis by regulating inflammation and apoptosis, The 78th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Oct. 2005.
161)松本 和也, 秋田 浩二, 中西 秀樹 : 上顎骨切り術におけるナビゲーションシステムおよび骨切り用連結ドリルの検討, 第15回日本シミュレーション外科学会, 2005年10月.
162)銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治, 廣川 満良 : Promoter methylation and differential expression of pi-class glutathione S-transferase (GSTP1) in pituitary adenomas., 第9回日本内分泌病理学会学術総会, 2005年10月.
163)沼田 周助, 谷口 隆英, 三澤 仁, 大森 哲郎 : 気分安定薬とrisperidoneの併用療法が著効したrapid cyclerの一例, 第46回中国・四国精神神経学会, 2005年10月.
164)北原 糺, 武田 憲昭, 肥塚 泉, 堀井 新, 西池 季隆, 宇野 敦彦, 久保 武, 荻野 仁 : 前庭型メニエール病の臨床的検討と病態に関する考察, 第64回日本めまい平衡医学会, 2005年11月.
165)Kyu-Sung Kim, 関根 和教, 佐藤 豪, 今井 貴夫, Tae-Young Jang, 武田 憲昭 : 温度眼振に対する頭位の影響:垂直半規管の刺激, 第64回日本めまい平衡医学会, 2005年11月.
166)関根 和教, 佐藤 豪, 六反 一仁, 武田 憲昭 : メニエール病患者におけるストレス関連遺伝子発現変化のDNAマイクロアレイ解析, 第64回日本めまい平衡医学会, 2005年11月.
167)佐藤 豪, 今井 貴夫, 関根 和教, 中前 幸治, 武田 憲昭 : 眼振の3次元主軸解析による両側性BPPVと両側性に見える1側性BPPVの鑑別, 第64回日本めまい平衡医学会, 2005年11月.
168)今井 貴夫, 武田 憲昭, 佐藤 豪, 中前 幸治, 細川 清人, 花本 敦, 久保 武 : クプロ欠席と半規管結石の両者が存在すると考えられる外側半規管型良性発作性頭位めまい症症例, 第64回日本めまい平衡医学会, 2005年11月.
169)戸田 直紀, 中村 克彦, 佐藤 豪, 田村 公一, 武田 憲昭 : ハント症候群における内耳道造影MRIの検討, 第64回日本めまい平衡医学会, 2005年11月.
170)今井 貴夫, 肥塚 泉, 武田 憲昭 : 偏中心性振子様回転刺激を用いた新しい耳石器機能評価の試み, 第51回日本宇宙航空環境医学大会, 2005年11月.
171)西池 季隆, 渡邉 洋, 松岡 克典, 大山 晴三, 秋月 裕則, 武田 憲昭 : Virtual realityに対する自律神経反応, 第51回日本宇宙航空環境医学大会, 2005年11月.
172)和田 佳郎, 武田 憲昭 : 弓道選手の静的および動的視覚外乱に対する修正能力, 第51回日本宇宙航空環境医学大会, 2005年11月.
173)Asish-K Das, Yoshiaki Kitamura, Yuki Murata, Kazutaka Maeyama, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Glucocorticoid suppresses histamine synthesis through repression of Histidine Decarboxylase gene transcription in allergic rats., 第108回日本薬理学会近畿部会, Nov. 2005.
174)釜屋 久美子, 川添 和義, 村上 光太郎, 高石 喜久, Xiajoiang Hao, 謝 立山, 李 順林 : 中国雲南省の民間薬 通血香(Euodia lepta)の成分研究, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
175)粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 黒部 裕嗣, 藤村 光則, 八木 秀介, 橋詰 俊二, 池田 康将, 岩瀬 俊, 北川 哲也, 松本 俊夫 : ヘパリンコファクターIIは末梢動脈閉塞症に対する独立した防御因子である, 第28回日本血栓止血学会学術集会, 2005年11月.
176)清蔭 恵美, 樋田 一徳, 山本 登志子, 清水 紀之, 石村 和敬 : ステロイド5αリダクターゼの脳内局在ー嗅球,小脳,海馬ー, 日本顕微鏡学会第50回シンポジウム, PB-1, 2005年11月.
177)水主 智佳, 樋田 一徳, 宝谷 剛志, 清蔭 恵美, 勢井 宏義, 山本 登志子, 杉本 哲夫, 石村 和敬 : ノシセプチン受容体の脳内局在ー視床下部·中隔·海馬ー, 日本顕微鏡学会第50回シンポジウム, PB-2, 2005年11月.
178)河村 奈美, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支壁抽出アルゴリズム, CADM2005合同論文集, 277-278, 2005年11月.
179)久保 真一, 北村 修, 後藤田 貴子, 徳永 逸夫 : 縊頚後一酸化炭素中毒死した一剖検例, 日本法医学会中四国地方会, Vol.22, 2005年11月.
180)徳永 逸夫, 後藤田 貴子, 北村 修, 久保 真一 : 法医剖検診断における尿中8-hydroxy-2'-deoxyguanosine濃度の検討, 日本法医学会中四国地方会, Vol.22, 2005年11月.
181)上原 理宏, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 富永 慶晤, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.105, No.386, 69-73, 2005年11月.
182)川井 淳, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支枝名対応付けアルゴリズムの検討, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.105, No.386, 45-49, 2005年11月.
183)野原 麻美, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた検査部位分類アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.105, No.386, 75-78, 2005年11月.
184)里見 淳一郎, 佐藤 浩一, 松原 俊二, 永廣 信治 : 脳動静脈奇形の活物究理:HHT動物モデルの検討から推測されること, 第21回日本脳神経血管内治療学会, 2005年11月.
185)七條 裕衣, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 木内 陽介, 宮本 博司 : ELF磁界が培養骨芽細胞の情報伝達機構に及ぼす影響, 日本磁気歯科学会, Vol.15, No.1, 2005年11月.
186)江口 奈穂子, 柴田 洋文, 近藤 京子, 荒井 勉, 塔本 香奈, 友石 章夫, 川添 和義, 高石 喜久, 堀内 義史, 樋口 雅紀, 樋口 富彦 : アイルスマー(MRSAに対するβ-ラクタム剤感受性増強薬)の創製, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 84, 2005年11月.
187)杉本 理香, 石澤 啓介, 平 広範, 勝部 紗和子, 桐野 靖, 川添 和義, 水口 和生 : ラットメサンギウム細胞の遊走および増殖に対するアディポネクチンの作用とそのメカニズム, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 124, 2005年11月.
188)井上 めぐみ, 白潟 朋美, 石澤 啓介, 川添 和義, 安田 裕美, 板東 美和, 細井 英司, 芳地 一, 水口 和生 : 抗血小板薬におけるヒト血小板内Ca2+濃度の変動と凝集の抑制, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 124, 2005年11月.
189)佐々木 ひろみ, 南 有紀, 池原 敏孝, 細川 敬子, 山口 久雄, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 石澤 啓介, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 : 牛副腎髄質由来細胞内の一過性Ca2+増加機構に対する磁界の影響, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 126, 2005年11月.
190)三木 智重子, 石澤 啓介, 松村 敏彦, 木宿 昌俊, 川添 和義, 水口 和生 : アルドステロンはBig MAP kinase 1 (BMK1)活性化を介してラット平滑筋細胞を増殖させる, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 115, 2005年11月.
191)富永 樹, 黒川 ふみ, 石澤 啓介, 鳥井 真由美, 大山 真由美, 胡田 順子, 濱野 修一, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 : アスピリンと非ステロイド性消炎鎮痛薬のヒト血小板凝集能へ及ぼす併用効果, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 136, 2005年11月.
192)西迫 寛隆, 石澤 啓介, 溝口 徹也, 桐野 靖, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 : 結核病棟薬剤管理指導におけるワークシートの活用とNSTとの連携, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 190, 2005年11月.
193)三好 弘一, 圓藤 紀子, 入倉 奈美子, 桑原 義典, 佐瀬 卓也, 山本 康代, 足立 昭夫 : RI施設の運営状況-徳島大学アイソトープ総合センター-, 日本放射線安全管理学会, 2005年11月.
194)入倉 奈美子, 圓藤 紀子, 桑原 義典, 足立 昭夫, 三好 弘一, 佐瀬 卓也 : RI施設のオリエンテーションについて, 2005年11月.
195)田村 公一, 由良 いづみ, 中川 伸一, 遠藤 彰一, 江川 善康, 川人 智久, 武田 憲昭 : 腕頭動脈交差部と胸骨柄部の2カ所で気管狭窄を生じた脳性麻痺児の1例, 第57回日本気管食道科学会, 2005年11月.
196)田中 弘之, 山口 久雄, アズラン アズヒム, 木内 陽介, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 宇都山 登, 宮本 博司 : 頸動脈血流速度計測システムの改良と波形解析の試み, 体力科学 第56回日本体力医学会中国・四国地方会, Vol.55, No.1, 188, 2005年11月.
197)入倉 奈美子, 菱本 純次, 花見 孝行, 桑原 義典, 三好 弘一, 佐瀬 卓也, 足立 昭夫 : 放射性有機廃液焼却装置運転のコストについて, 2005年11月.
198)桑原 義典, 圓藤 紀子, 入倉 奈美子, 三好 弘一, 佐瀬 卓也, 足立 昭夫 : RIの入庫から廃棄までの管理ソフトの開発, 日本放射線安全管理学会, 2005年11月.
199)古谷 俊介, 生島 仁史, 佐瀬 卓也, 尾﨑 享祐, 岩本 誠司, 岸田 義臣, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : IPを用いたヨウ素125密封小線源のQA, 日本放射線腫瘍学会第18回学術大会(埼玉)日本放射線腫瘍学会第18回学術大会報告集, Vol.17, No.Suppl. 1, 158, 2005年11月.
200)森川 富昭, 能瀬 高明, 田木 真和, 森口 博基 : 人間ドック成績判定及び事後指導区分に関するガイドラインを導入した人間ドックシステムの構築と運用評価, 第25回医療情報学連合大会, 211, 2005年11月.
201)森川 富昭, 能瀬 高明, 田木 真和, 森口 博基, 宮川 操 : 安全管理に関するe-Learningシステムの構築と評価:第25回医療情報学連合大会:P241, 第25回医療情報学連合大会, 241, 2005年11月.
202)能瀬 高明, 森川 富昭, 矢野 米雄, 森口 博基 : e-Learningシステムの運用およびログ評価に基づく教員支援, 第25回医療情報学連合大会, 142, 2005年11月.
203)能瀬 高明, 森川 富昭, 田木 真和, 森口 博基, 鈴記 洋子, 大岡 裕子 : 看護におけるキャリア開発支援システムの構築と評価, 第25回医療情報学連合大会, 237, 2005年11月.
204)広兼 崇博, 能瀬 高明, 森川 富昭, 矢野 米雄 : レポートのグループ化によるレポート採点支援に関する研究, 第25回医療情報学連合大会, 139, 2005年11月.
205)岡田 達也, 能瀬 高明, 森川 富昭, 矢野 米雄, 森口 博基 : 論文検索における特徴後抽出モデル, 第25回医療情報学連合大会, 140, 2005年11月.
206)笈田 将皇, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 八木 浩史, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : QCファントムを用いた自走式CTリニアック装置の精度評価, 日本放射線腫瘍学会第18回学術大会(埼玉)日本放射線腫瘍学会第18回学術大会報告集, Vol.17, No.Supplement 1, 168, 2005年11月.
207)尾崎 享祐, 生島 仁史, 古谷 俊介, 岸田 義臣, 岩本 誠司, 竹川 佳宏, 西谷 弘 : 前立腺癌に対するヨウ素125密封小線源永久挿入療法の急性期有害事象の検討, 日本放射線腫瘍学会第18回学術大会(埼玉), 2005年11月.
208)広兼 崇博, 能瀬 高明, 森川 富昭, 矢野 米雄 : レポートのグループ化によるレポート採点支援に関する研究, 2005 PC Conference 論文集, 215-218, 2005年11月.
209)山口 浩司, 若槻 哲三, 福田 大和, 小柴 邦彦, 河野 智仁, 山田 博胤, 添木 武, 岩瀬 俊, 藤村 光則, 赤池 雅史, 東 博之 : たこつぼ型心筋障害の亜型と考えられた左室mid-portion ballooningの一例, 第87回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2005年11月.
210)黒部 裕嗣, 冨田 修平, 井澤 有紀, 福原 弥生, 神原 保, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 北川 哲也, 松本 俊夫, 吉栖 正典, 玉置 俊晃 : T細胞特異的HIF1αKOマイスではカフモデルにて血管リモデリングが促進される, 第15回日本循環薬理学会, 2005年11月.
211)森川 富昭 : 徳島大学病院におけるIT戦略ならびにDPC対応, 2005年11月.
212)森川 富昭 : 医療の情報化について, 2005年11月.
213)安田 裕美, 坂東 美和, 細井 英司, 井上 めぐみ, 白潟 朋美, 石澤 啓介, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一 : ヒト活性化血小板における抗血小板薬の効果, 第29回徳島県医学検査学会抄録集, 27, 2005年12月.
214)秦野 昌弥, Asish-K Das, 北村 嘉章, 村田 有希, 前山 一隆, 武田 憲昭, 福井 裕行 : グルココルチコイドのヒスチジン脱炭酸酵素の遺伝子転写の抑制によるヒスタミン合成の抑制, 第9回日本ヒスタミン研究会, 2005年12月.
215)宮武 克年, 酒井 亮, 岩田 拓也, 中山 俊憲, 黒崎 直子, 高久 洋, 板倉 光夫, 橋本 香保子 : 関節リウマチにおける炎症性サイトカインの産生と分泌小胞移送分子発現の調整, 第35回日本免疫学会学術集会, 2005年12月.
216)酒井 亮, 宮武 克年, 岩田 拓也, 中山 俊憲, 黒崎 直子, 板倉 光夫, 高久 洋, 橋本 香保子 : Th1細胞が示すサイトカインの産生と細胞内分泌小胞移送分子の発現, 第35回日本免疫学会学術集会, 2005年12月.
217)西村 範行, 寺井 智也, 神田 郁乃, 佐々木 卓也 : タイトジャンクションにおけるRab13低分子量G蛋白質の標的蛋白質JRABの単離と機能解析, 第28回日本分子生物学会年会, 2005年12月.
218)坂根 亜由子, 真鍋 進治, 石崎 宏好, 岡本 三紀, 吉田 隆行, 三好 淳, 神谷 温之, 高井 義美, 佐々木 卓也 : Rab3GAPによるシナプス伝達と可塑性の制御, 第28回日本分子生物学会年会, 2005年12月.
219)山野 雅弘, 中西 秀樹, 橋本 一郎, 柏木 圭介 : 小児横紋筋内腫の1例, 第32回日本マイクロサージャリー学会, 2005年12月.
220)坂崎 弘幸, 川口 晶子, 豊嶋 直子, 森 実加奈, 宇高 二良, 長嶋 比奈美, 武田 憲昭 : 三歳児聴覚検診の実際と問題点, 第31回中国四国地方部会連合学会, 2005年12月.
221)佐藤 孝宣, 陣内 自治, 阿部 晃治, 田村 公一, 武田 憲昭, 立花 文寿 : CTの再構築画像が有用であったピーナッツ気管支異物の1例, 第31回中国四国地方部会連合学会, 2005年12月.
222)武田 憲昭, 森 実加奈, 坂崎 弘幸, 川口 晶子, 長嶋 比奈美 : 多胎児における言語発達障害への対応, 第31回中国四国地方部会連合学会, 2005年12月.
223)近藤 英司, 陣内 自治, 秋月 裕則, 中川 伸一, 武田 憲昭, 北村 嘉章, 中川 英幸 : ボリコナゾールが有用であった侵襲性アスペルギルス症の2例, 第31回中国四国地方部会連合学会, 2005年12月.
224)秋月 裕則, 近藤 英司, 大山 晴三, 田村 公一, 武田 憲昭 : 鼻副鼻嚢胞の術前検査としてのMRIの必要性, 第31回中国四国地方部会連合学会, 2005年12月.
225)関田 拓馬, 北村 嘉章, 陣内 自治, 遠藤 亜紀, 武田 憲昭 : KTPレーザー手術が有効であった声門下気管閉塞の1例, 第31回中国四国地方部会連合学会, 2005年12月.
226)安倍 吉郎, 中西 秀樹 : サッカーの試合中に石灰が原因と考えられた化学熱傷を受傷した1例, 第14回日本熱傷学会中国四国地方会学術集会, 2005年12月.
227)柏木 圭介, 松本 和也, 安倍 吉郎, 中西 秀樹, 北川 哲也, 北市 隆, 永廣 信治, 宇野 昌明 : 巨大動静脈奇形を摘出した1例, 第124回日本皮膚科学会徳島地方会, 2005年12月.
228)髙津 州雄, 瀨渡 洋道, 高瀬 真記, 中西 秀樹 : 当科における苺状血管腫に対するダイレーザー照射の統計的検討, 第124回日本皮膚科学会徳島地方会, 2005年12月.
229)坂井 隆志, 滕 錫川, 劉 莉, 坂井 利佳, 梶 龍兒, 福井 清 : 新規Apoptosome制御因子Nuclingに関するノックアウトマウスを用いた機能解析, 第28回日本分子生物学会年会, 2005年12月.
230)Li Liu, Takashi Sakai, Xichuan Teng, Rika Sakai, Ryuji Kaji and Kiyoshi Fukui : Nucling mediates NF-B nuclear translocation and activation through interaction with NF-B-p50, 28th Annual meeting of the molecular biology society of Japan, Dec. 2005.
231)新田 剛, 宮崎 忠昭, 高浜 洋介 : IANファミリー分子によるTリンパ球のアポトーシス制御, 第35回 日本免疫学会総会・学術集会, 2005年12月.
232)藤澤 正一郎, 三谷 誠二, 美馬 彩, 高原 光恵, 秦 裕子, 湊 祐史, 福永 克己, 末田 統, 塩田 洋 : 視覚障害者による徳島における評価システムの構築, 第6回システムインテグレーション部門学術講演会, 167-168, 2005年12月.
233)富永 正英, 安友 基勝, 山田 健二, 宮田 英幸, 八木 浩史, 上野 淳二, 西谷 弘 : ファントムにおける線量分布のシミュレーション, 2005年12月.
234)森谷 眞紀, 棚橋 俊仁, 野村 恭子, 長部 大, 篠原 秀一, 山口 裕加, 島 由香, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, 国香 清, 井上 寛, 板倉 光夫 : 3番染色体短腕領域における2型糖尿病疾患感受性遺伝子の網羅的探索, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会, 2006年.
235)棚橋 俊仁, 長部 大, 野村 恭子, 篠原 秀一, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, 山口 裕加, 国香 清, 森谷 眞紀, 井上 寛, 板倉 光夫 : 20番染色体長腕領域における2型糖尿病疾患感受性遺伝子の網羅的探索, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会, 2006年.
236)山口 裕加, 長部 大, 棚橋 俊仁, 野村 恭子, 篠原 秀一, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, 国香 清, 森谷 眞紀, 井上 寛, 板倉 光夫 : 15番染色体長腕候補領域における日本人2型糖尿病の疾患感受性遺伝子の探索, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会, 2006年.
237)越智 正昭, 大澤 春彦, 廣田 勇士, 原 一雄, 田原 康玄, 徳山 芳治, 清水 一紀, 金塚 東, 藤井 靖久, 大橋 順, 三木 哲郎, 中村 直登, 門脇 孝, 板倉 光夫, 春日 雅人, 牧野 英一 : 多施設共同研究によるレジスチンSNP-420G/G型と2型糖尿病との関連解析, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会, 2006年.
238)Parvaneh Keshavarz, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, 国香 清, Maki Moritani, Toshihito Tanahashi, 中村 直登, Toshikazu Yoshikawa and Mitsuo Itakura : ENPP1 K121Q polymorphism is not associated with Type 2 diabetes and obesity in Japanese, 第27回日本肥満学会, 2006.
239)佐藤 綾, 山下 裕紀子, 宮脇 克行, 井上 寛, 板倉 光夫 : 膵β細胞にCDK4を過剰発現させたdb/dbトランスジェニックマウスの解析, 日本糖尿病学会中国四国地方会第44回総会, 2006年.
240)棚橋 俊仁, 長部 大, 野村 恭子, 篠原 秀一, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, Parvaneh Keshavarz, 山口 裕加, 国香 清, 森谷 眞紀, 井上 寛, 板倉 光夫 : 20番染色体長腕領域における2型糖尿病疾患感受性遺伝子の網羅的探索, 第18回分子糖尿病学シンポジウム, 2006年.
241)国香 清, 棚橋 俊仁, 津川 和江, 森谷 眞紀, 一石 英一郎, 中村 直登, 吉川 敏一, 井上 寛, 板倉 光夫 : TCF7L2遺伝子多型と近傍10q25-26領域における2型糖尿病疾患感受性遺伝子の網羅的関連解析, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会, 2006年.
242)勢井 雅子, 棟方 百熊, 田中 久子, 梅野 真由美, 野村 以徂子, 中野 卓郎, 佐藤 陽一, 吉田 友紀子, 坂本 梢, BinhTran Quang, 元木 良江, 湯浅 京子, 雄西 智惠美, 新家 利一, 中堀 豊 : 地域・学校と連携した生活習慣病予防事業の実践, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.51, No.1, 29-30, 2006年.
243)中野 卓郎, 新家 利一, 佐藤 陽一, 勢井 雅子, 木下 桂午, 中堀 豊, 梅野 真由美 : 生活習慣病の発病リスクと遺伝的要因, 四国医学雑誌, Vol.62, 85, 2006年.
244)勢井 雅子, 野村 以徂子, 田中 久子, 棟方 百熊, 津田 芳見, 中堀 豊 : 小中学生の肥満とメタボリックシンドローム, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 668, 2006年.
245)雄西 智惠美, 湯浅 京子, 野村 以徂子, 吉田 友紀子, 坂本 梢, 中野 卓郎, 勢井 雅子, 中堀 豊 : 高齢者の生活満足度と意思決定に関する研究, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 767, 2006年.
246)勢井 雅子, 棟方 百熊, 田中 久子, 中堀 豊 : 徳島県の小中学生の生活習慣と体格との関連, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 670, 2006年.
247)中堀 豊, 勢井 雅子, 田中 久子, 棟方 百熊, 津田 芳見, 石本 寛子 : 徳島県における小児生活習慣病予防の取り組み(続報), 日本公衆衛生学会総会抄録集, 669, 2006年.
248)津田 芳見, 中堀 豊, 勢井 雅子, 石本 寛子 : かかりつけ医を軸にした小児肥満健康管理システム 管理栄養士派遣の試み, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 511, 2006年.
249)伊東 進, 清水 一郎, 板垣 達三, 青柳 えり子, 浦田 真理, 三宮 勝隆, 玉木 克佳, 福野 天, 本田 浩仁 : 1)肝星細胞における収縮運動とエンドセリン受容体発現に及ぼすエストラジオールの抑制作用, 医学と薬学, Vol.55, No.1, 68-70, 2006年1月.
250)森川 富昭 : DPC研究会講演, 2006年1月.
251)安井 夏生 : 仮骨延長術による四肢の機能再建, 神戸市中央区医師会学術講演会 (神戸市), 2006年1月.
252)河村 奈美, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた気管支壁抽出アルゴリズムの検討, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.105, No.579, 37-40, 2006年1月.
253)川井 淳, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 中野 恭幸, 西谷 弘, 大松 広伸, 江口 研二, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた区域気管支の分類アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.105, No.579, 49-52, 2006年1月.
254)足立 貴志, 安友 基勝, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 上野 淳二, 西谷 弘 : Stool Tagging法に用いる大腸仮想化内視鏡, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.105, No.579, 53-56, 2006年1月.
255)上原 理宏, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 伊東 昌子, 西谷 弘, 富永 慶晤, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた骨粗鬆症診断支援アルゴリズムの構築, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.105, No.579, 97-100, 2006年1月.
256)鈴木 秀宣, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 天野 雅史, 西谷 弘 : 医用画像の二次利用のための匿名化方法, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.105, No.579, 109-112, 2006年1月.
257)野原 麻美, 財田 伸介, 久保 満, 河田 佳樹, 仁木 登, 西谷 弘, 大松 広伸, 森山 紀之 : マルチスライスCT画像を用いた検査部位分類アルゴリズムの構築, 電子情報通信学会技術研究報告医用画像, Vol.105, No.580, 73-76, 2006年1月.
258)銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治, 廣川 満良 : Promoter methylation and differential expression of estrogen receptor-beta in pituitary adenomas., 第16回 日本間脳下垂体腫瘍学会, 2006年2月.
259)武田 憲昭, 関根 和教, 佐藤 豪 : メニエール病患者におけるストレス関連遺伝子発現変化のDNAマイクロアレイ解析, 厚生労働省難治性疾患克服研究事業前庭機能異常に関する調査研究班平成17年度報告会, 2006年2月.
260)武田 憲昭, 肥塚 泉, 荻野 仁 : 遅発性内リンパ水腫症例の臨床的検討, 厚生労働省難治性疾患克服研究事業前庭機能異常に関する調査研究班平成17年度報告会, 2006年2月.
261)鈴木 光二郎, 阪田 美穂, 早渕 康信, 森 一博, 香美 祥二 : 漏斗胸におる肺の圧迫によって生じた部分肺静脈還流異常の1例, 第20回日本小児循環器学会 近畿中国四国地方会, 2006年2月.
262)柏木 圭介, 松本 和也, 安倍 吉郎, 中西 秀樹 : 巨大AVMを摘出した1例, 第232回徳島医学会学術集会, 2006年2月.
263)髙津 州雄, 瀨渡 洋道, 高瀬 真記, 松本 和也, 中西 秀樹 : 当科における苺状血管腫に対するダイレーザー照射の治療効果の検討, 第232回徳島医学会学術集会, 2006年2月.
264)安倍 吉郎, 稲次 圭, 五石 圭一, 中西 秀樹 : 手関節部に発生した巨大な腱鞘巨細胞腫の1例, 第51回日本形成外科学会中国・四国支部学術集会, 2006年2月.
265)松本 和也, 松尾 伸二, 中西 秀樹 : 一期的再建を行った眼裂狭小症の1例, 第51回日本形成外科学会中国・四国支部学術集会, 2006年2月.
266)瀨渡 洋道, 石田 創士, 安倍 吉郎, 中西 秀樹 : 大動脈弓部人工血管による縦隔炎の治療経験, 第51回日本形成外科学会中国・四国支部学術集会, 2006年2月.
267)加地 剛, 森 一博, 阪田 美穂, 森根 幹生, 中川 竜二, 早渕 康信, 前田 和寿, 西條 隆彦, 苛原 稔, 香美 祥二 : 妊娠14週から胎内経過を追うことができたEbstein奇形の1例, 第12回日本胎児心臓病研究会, 2006年2月.
268)吉峰 絵里, 川添 和義, 高石 喜久, Freddy Ramos, Xiaojiang Hao, 謝 立山, 李 順林, Diana Sinuco : 糯米香草(Semnostachya menglaensis)の成分研究, 日本薬学会第126年会, 2006年3月.
269)Hirotsugu Yamada, Y Fukuda, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Susumu Ito and Y Mishiro : The Effects of the Addition of Minimal Dose of Indapamide in Patients Receiving Angiotensin-II Receptor Blocker., 70th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2006.
270)Hirotsugu Yamada, H Motonari, Y Fukuda, K Yamaguchi, K Koshiba, Tomohito Kawano, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Susumu Ito : Effect of Aging on Left Atrial Function Evaluated by 2D Tissue Tracking., 70th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Mar. 2006.
271)Ken-ichi Aihara, Mihara Masatomo, Azuma Hiroyuki, Masashi Akaike, Takaya Matsushita, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hashizume Shunji, Fujimura Mitsunori and Toshio Matsumoto : Thrombin inactivation by synthetic thrombin antagonist argatroban ameliorates insulin resistance in type 2 diabetic db/db mice, The 70th Anniversary Annual Scientific Meetings of the Japanese Circulation Society, Mar. 2006.
272)新田 佳伯, 芥川 正武, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 大西 芳明, 大藤 純, 伊東 進, 西村 匡司, 木内 陽介 : 人工ニューラルネットワークを用いたCHF施行時におけるHt値の予測, 日本集中治療医学会雑誌, Vol.13, 306, 2006年3月.
273)森川 富昭 : 徳島大学病院におけるIT戦略について, 2006年3月.
274)安井 夏生 : 女性の腰痛について, 女性の加齢による健康医学研究会 (徳島市), 2006年3月.
275)押川 千恵, 阿部 晃治, 秋月 裕則, 田村 公一, 武田 憲昭 : FDG-PETにて偽陽性を示した反回神経麻痺症例の検討, 第63回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2006年3月.
276)佐藤 孝宣, 宮崎 かつし, 近藤 英司, 武田 憲昭, 高岡 司 : 爆出ボルトによる眼窩尖端症候群の1例, 第63回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2006年3月.
277)遠藤 亜紀, 宮崎 かつし, 近藤 英司, 田村 公一, 武田 憲昭 : 喉頭気管分離術を行った放治後気管食道瘻の1例, 第63回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2006年3月.
278)長嶋 比奈美, 宇高 二良, 近藤 英司, 武田 憲昭 : 学校健診で発見された中等度難聴児への対応, 第63回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2006年3月.
279)武市 充生, 宮崎 かつし, 佐藤 豪, 陣内 自治, 武田 憲昭 : 唾液分泌低下に対するNizatidineの効果, 第63回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2006年3月.
280)藤井 達也, 宮崎 かつし, 大山 晴三, 武田 憲昭, 木原 浩文 : 耳下腺oncocytomaの1例, 第63回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2006年3月.
281)中野 誠一, 佐藤 孝宣, 宮崎 かつし, 中川 伸一, 武田 憲昭, 立花 文寿 : 診断にCTが有用であった腔外魚骨異物の1例, 第63回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2006年3月.
282)田村 公一, 宮崎 かつし, 武田 憲昭, 高石 司, 中村 克彦, 宇高 二良 : 小児難治性瘻孔疾患の2症例, 第63回日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会, 2006年3月.
283)西 京子, 宇野 昌明, 松原 俊二, 永廣 信治 : 内頚動脈解離におけるblack blood MRIの有用性, 第31回日本脳卒中学会総会, 2006年3月.
284)鈴江 淳彦, 西 京子, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 永廣 信治 : 術前塞栓術を併用したAVM手術, 第31回日本脳卒中学会総会, 2006年3月.
285)鈴江 淳彦, 宇野 昌明, 西 京子, 永廣 信治 : 急性期CEAの妥当性-酸化LDLを指標として-, 第31回日本脳卒中学会総会, 2006年3月.
286)西 京子, 宇野 昌明, 鈴江 淳彦, 永廣 信治 : MRAとSTA超音波検査によるSTA-MCA吻合術後の血行動態評価, 第31回日本脳卒中学会総会, 2006年3月.
287)鈴江 淳彦, 宇野 昌明, 西 京子, 永廣 信治 : 頚動脈病変に対するCEAとCASの適応と治療成績, 第31回日本脳卒中学会総会, 2006年3月.
288)Takeshi Soeki, Yamato Fukuda, Kunihiko Koshiba, Koji Yamaguchi, Tomohito Kawano, Tomohito Kawano, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masahiro Nomura, Kenji Kangawa and Susumu Ito : Ghrelin Protects Myocardium Against Ischemia/Reperfusion Injury via Inhibiting Myocardial Apoptosis, 第70回日本循環器学会総会, Mar. 2006.
289)Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, Kunihiko Koshiba, Tomohito Kawano, Takeshi Soeki, Yamato Fukuda, Hirotsugu Yamada and Susumu Ito : Long-term endothelial dysfunction after coronary artery stenting with drug-eluting stent, 第70回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2006.
290)Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Kurobe Hirotsugu, Fujimura Mitsunori, Yagi Syusuke, Hashizume Syunji, Ikeda Yasumasa, Takashi Iwase, Takamori Nobuyuki, Tetsuya Kitagawa and Toshio Matsumoto : Plasma Heparin Cofactor II Activity is Inversely Associated with Prevalence of Peripheral Arterial Disease in Elderly individuals., 第70回日本循環器学会学術総会, Mar. 2006.
291)Hirotsugu Kurobe, Yuki Izawa, Yayoi Fukumura, Tamotsu Kanbara, Atsushi Kurushima, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Masashi Kano, Takashi Kitaichi, Yutaka Masuda, Hiroyuki Azuma, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Tetsuya Kitagawa, Shuhei Tomita and Masanori Yoshizumi : HIF-ARNT transcriptional system in T cells has a pivotal role in vascular in flammation and remodeling., 第70回日本循環器学会学術総会, Mar. 2006.
292)戸井 宏行, 松原 俊二, 影治 照喜, 永廣 信治 : スポーツを受傷機転とした外傷性椎骨動脈解離の2例, 第29回日本神経外傷学会, 2006年3月.
293)Toshitaka Ikehara, Hiromi Sasaki, Yuki Minami, Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on intracellular organells of bovine adrenal chronmaffin cells in culture, The Journal of Physiological Sciences, Vol.56, S110, Mar. 2006.
294)Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Toshitaka Ikehara, Hiroe Shichijo, Mitsuo Kitamura, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi, Hiroshi Miyamoto and Katsuo Aizawa : Effects of ELF differetiation of cultured osteoblast-like cells, The Journal of Physiological Sciences, Vol.56, S111, Mar. 2006.

2005年度(平成17年度) / 作品等

(なし)

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

1)武田 憲昭 : めまい治療のEBM, 第3回札幌耳鼻咽喉科頭頸部外科について考える会, 2005年4月.
2)北村 光夫, 稲垣 明浩, 吉﨑 和男 : 生体試料測定のためのNMR装置特性の基礎的検討, 四国医学雑誌, Vol.61, No.1,2, 60, 2005年4月.
3)西岡 安彦, 東 桃代, 青野 純典, 稲山 真美, 上原 久典, 泉 啓介, 曽根 三郎 : ブレオマイシン肺線維症モデルにおけるimatinibの抗線維化効果とエリスロマイシンの併用の意義, マクロライド研究会, Vol.12, 2005年7月.
4)稲山 真美, 西岡 安彦, 東 桃代, 青野 純典, 谷 憲治, 上原 久典, 泉 啓介, 曽根 三郎 : ブレオマイシン誘発肺線維症モデルにおけるIKK-β阻害剤IMD-0354の抗線維化効果の検討, RMSB研究会, Vol.25, 2005年7月.
5)端山 昌樹, 奥村 裕司, 木戸 博, 田村 学, 久保 武, 武田 憲昭 : 線毛上皮細胞より見いだされた新規膜結合型セリンプロテアーゼ,Serase-1の機能解析, 第6回中四国耳鼻咽喉科アレルギー研究会, 2005年7月.
6)Azhim Azran, Yamaguchi Jun, Yuji Hirao, Yohsuke Kinouchi, Hisao Yamaguchi, Kazuo Yoshizaki, Susumu Ito and Masahiro Nomura : Simultaneous Measurement of Blood Flow Velocity and ECG for Cardiovascular Disease in Elder Subjects, IEICE Technical Report, Vol.105, No.222, 1-4, Jul. 2005.
7)森 美怜, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDの大腸菌への影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.222, 25-28, 2005年7月.
8)七條 裕衣, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 吉﨑 和男, 會沢 勝夫, 木内 陽介 : 骨芽細胞の情報伝達機構に及ぼすELF磁界の影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.222, 29-32, 2005年7月.
9)門脇 直弘, 内上 裕介, 池原 敏孝, 細川 敬子, 山口 久雄, 芳地 一, 吉﨑 和男, 宮本 博司, 木内 陽介 : 培養細胞のカルシウム増加機構に及ぼす変動強磁界の影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.222, 33-36, 2005年7月.
10)新田 佳伯, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 木内 陽介 : ニューラルネットワークを用いた変動するHt値の近未来予測, --- 1分後,3分後,5分後 ---, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.222, 41-44, 2005年7月.
11)Kazuhito Takamura, Hidenori Miyake, Masahiko Fujii, Masaharu Nishi, Seiki Tashiro and Mitsuo Shimada : Multiple hepatic angiomyolipomas with a solitary omental angiomyolipoma, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3,4, 218-222, Aug. 2005.
12)Kazuhito Takamura, Hidenori Miyake, Hiroki Mori, Yoshiyasu Terashima, Tsutomu Ando, Masahiko Fujii, Seiki Tashiro and Mitsuo Shimada : Balloon occluded retrograde transvenous obliteration and percutaneous transhepatic obliteration for ruptured duodenal varices after operation for rectal cancer with multiple liver metastasis: report of a case, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3,4, 212-217, Aug. 2005.
13)武田 憲昭 : めまい薬の上手な使い方, 兵庫県医師会学術講演会, 2005年8月.
14)武田 憲昭 : 空間識とめまい, Brain Forum 2005, 2005年8月.
15)東 桃代, 西岡 安彦, 青野 純典, 稲山 真美, 上原 久典, 泉 啓介, 曽根 三郎 : マウスbleomycin肺線維症モデルにおけるlmatinib(Gleevec)とErythromycin併用による抗線維化効果-α1-acid glycoproteinの役割, 間質性肺炎細胞分子病態研究会, Vol.8, 2005年8月.
16)四宮 加容, 塩田 洋, 木虎 亜希子, 岡本 里江 : 3歳児健診要精査児の受診結果と問題点, 徳島県医師会報, No.412, 15-16, 2005年9月.
17)N Kinjo, Mitsuo Shimada, Takashi Maeda, Shinji Tanaka, Ken Shirabe and Yoshihiko Maehara : Preoperatively undiagnosable intrahepatic bile duct dilatation contains early-stage intrahepatic cholangiocarcinoma, Hepato-Gastroenterology, Vol.52, No.65, 1368-1371, Sep. 2005.
18)増田 裕, 黒部 裕嗣, 北市 隆, 加納 正志, 来島 敦史, 北川 哲也 : 重症虚血肢のバイパス閉塞後に自己末梢血単核球細胞移植を行った一例, 第11回東四国脈管疾患研究会, 2005年9月.
19)美馬 晶, 松原 雄, 長井 幸二郎, 金森 弘志, 角 栄里子, 家原 典之, 深津 敦司, 荒井 秀典, 安部 秀斉, 土井 俊夫 : アンギオテンシンII受容体拮抗薬は糖尿病性腎症における糸球体硬化に関わるSrc/Smad1系を抑制する, 第11回分子腎臓研究会, 2005年10月.
20)美馬 晶, 荒井 秀典, 松原 雄, 金森 弘志, 角 栄里子, 家原 典之, 深津 敦司, 安部 秀斉, 高橋 利和, 冨永 辰也, 北 徹, 土井 俊夫 : アンギオテンシンII受容体拮抗薬は糖尿病性腎症においてSrc/Smad1系を抑制することにより糸球体硬化を抑制する, シンポジウム糖尿病, 2005年10月.
21)松浦 健二, 金西 計英, 光原 弘幸, 緒方 広明, 三好 康夫, 矢野 米雄, 森川 富昭 : 「ユビキタス技術による新しい学習環境の創生」の現状と今後, 平成17年度情報処理研究集会講演論文集, 25-28, 2005年11月.
22)沼田 周助, 谷口 隆英, 三澤 仁, 大森 哲郎 : 気分安定薬とrisperidoneの併用療法が著効したrapid cyclerの一例, 第4回Bipolar Disorder研究会, 2005年11月.
23)武田 憲昭 : 良性発作性頭位めまい症の診断と治療, 第11回広島めまい研究会, 2005年12月.
24)伊東 進, 小野 裕之, 田尻 久雄, 竜田 正晴, 上堂 文也, 萩原 達雄, 井上 晴洋, 林 琢也, 八尾 建史, 宗 祐人, 土井 俊彦 : 14-17 がんの診断治療用光学機器の開発に関する研究, 厚生労働省がん研究助成金による研究報告集, Vol.2005, 461-466, 2006年.
25)住谷 さつき, 原田 雅史, 久保 均, 田吉 伸哉, 田吉 純子, 木内 佐和子, 上野 修一, 大森 哲郎 : 3T1H-MRSを用いた強迫性障害の脳内代謝物の検討, 強迫性障害の研究7, 15-21, 2006年.
26)梶 雅子, 六車 直樹, 矢野 弘美, 木村 哲夫, 井本 佳孝, 青木 利佳, 佐藤 康紀, 宮本 弘志, 福野 天, 岡村 誠介, 伊東 進 : 完全内臓逆位症に併存した閉塞性黄疸に対し内視鏡的胆管ステント留置術を施した1例, Gastroenterological Endoscopy, Vol.48, No.3, 341-345, 2006年1月.
27)武田 憲昭 : EBMに基づくめまいの治療, 第5回御茶ノ水耳鼻咽喉科・頭頸科治療研究会, 2006年1月.
28)黒部 裕嗣, 冨田 修平, 早渕 康信, 森 一博, 北川 哲也, 高浜 洋介 : 新生児から乳児期における胸腺の全摘出あるいは部分切除が免疫系発生に与える影響, 第25回日本胸腺研究会, 2006年2月.
29)武田 憲昭 : EBMに基づくめまいの治療, 第33回大分耳鼻咽喉科臨床研究会, 2006年3月.
30)武田 憲昭 : 高度難聴と人工内耳, 耳の日講演会, 2006年3月.
31)武田 憲昭 : 見逃してはいけないめまいと頻度の高いめまい, 美馬市医師会学術講演会, 2006年3月.

2005年度(平成17年度) / 報告書

1)伊澤 正一郎, 臼井 健, 長田 太助, 田上 哲也, 島津 章, 佐野 壽昭, 成瀬 光栄 : TRH反応性TSHomaにおける免疫組織学的および分子生物学的解析, 日本内分泌学会雑誌, Vol.81, No.1, 214, 2005年4月.
2)山北 宜由, 安田 圭吾, 池田 庸子, 松久 卓, 桑山 明夫, 佐野 壽昭 : リンパ球性下垂体炎(LAH)?-TSH単独欠損症(T単)からTSH,GH,FSH分泌障害に進展した症例, 日本内分泌学会雑誌, Vol.81, No.1, 125, 2005年4月.
3)吉本 勝彦, Qian Rong Zhi, 佐野 壽昭, 山田 正三 : DNAメチル化による成長ホルモン(GH)産生細胞腫瘍化機構の解析, 成長科学協会研究年報, No.28, 289-295, 2005年7月.
4)岩田 貴, 佐野 壽昭, 島田 光生 : Barrett食道癌 発生から診断,治療まで Barrett上皮の悪性度診断に関する研究, 日本消化器病学会雑誌, Vol.102, A529, 2005年8月.
5)伊東 進 : 14-18 がん情報の診断治療用光学機器の開発, 厚生労働省がん研究助成金による研究報告集, 483-487, 東京, 2005年9月.
6)大山 健一, 山田 正三, 甲賀 智之, 福原 紀章, 田口 学, 竹下 章, 竹内 靖博, 佐野 壽昭 : --- Pituitary adenoma-adenohypophyseal neuronal choristoma(PANCH)の一例 ---, 日本内分泌学会雑誌, Vol.81, No.2, 590, 2005年9月.
7)島津 章, 佐藤 哲子, 山田 和範, 佐野 壽昭 : 糖尿病性ケトアシドーシスを併発した先端巨大症の下垂体および膵病変, 日本内分泌学会雑誌, Vol.81, No.2, 589-590, 2005年9月.
8)米田 亜樹子, 佐野 壽昭, 久元 恵美子, 山下 理子, 山田 正三 : Folliculostellate cell(FSC)の極めて豊富な下垂体腺腫, 日本内分泌学会雑誌, Vol.81, No.2, 585-586, 2005年9月.
9)岩田 貴, 佐野 壽昭, 島田 光生 : Barrett上皮の悪性度診断に関する研究, 日本消化器集団検診学会雑誌, Vol.43, No.5, 169, 2005年9月.
10)清水 祐一郎, 竹下 彰, 田口 学, 大山 健一, 竹内 靖博, 山田 正三, 五十嵐 潤子, 佐野 壽昭 : 非機能性下垂体腺腫像を呈したsilent thyrotroph adenomaの特徴, 日本内分泌学会雑誌, Vol.82, No.2, 560, 2005年9月.
11)廣川 満良, 山下 理子, 佐野 壽昭, 加島 健司 : Ki-67 labeling indexが高値を示す部分が多発性にみられた非浸潤性多形腺腫内癌の1例, 日本唾液腺学会誌, Vol.46, 126, 2005年11月.
12)近藤 和也, 長尾 妙子, 佐野 壽昭, 吉澤 潔, 森田 純二, 露口 勝, 木村 秀, 住友 正幸, 監崎 孝一郎, 三好 孝典, 先山 正二, 丹黒 章 : 胸腺癌および胸腺カルチノイドにおけるKIT蛋白の発現, 肺癌, Vol.45, No.5, 510, 2005年11月.
13)銭 志栄, アブドル カーデル オバリ, 工藤 英治, 佐野 壽昭 : 下垂体腺腫発生における癌抑制遺伝子プロモーターのメチル化異常の解析, 四国医学雑誌, Vol.61, No.5∼6, 212-213, 徳島, 2005年12月.
14)大山 健一, 山田 正三, 甲賀 智之, 福原 紀章, 田口 学, 竹下 章, 竹内 靖博, 佐野 壽昭 : Pituitary adenoma-adenohypophyseal neuronal choristoma(PANCH)の一例, 日本内分泌学会雑誌, Vol.81, No.3, 719, 2005年12月.
15)橋本 健一, 山北 宜由, 棚橋 弘成, 安田 圭吾, 桑山 明夫, 池田 庸子, 佐野 壽昭, 橋本 浩三 : リンパ球性下垂体炎は多くの特発性TSH単独欠損症(TD)の原因であり得るか?, 日本内分泌学会雑誌, Vol.81, No.3, 715, 2005年12月.
16)佐野 壽昭 : 内分泌の病理診断 下垂体腺腫の病理診断, 日本内分泌学会雑誌, Vol.81, No.3, 652, 2005年12月.
17)岡村 誠介, 佐野 壽昭, 木村 哲夫, 矢野 弘美, 井本 佳孝, 梶 雅子, 青木 利佳, 佐藤 康紀, 宮本 弘志, 六車 直樹, 伊東 進, 梅本 淳, 下田 忠和, 春藤 譲治 : 嚢胞変性により特異な形態を呈した胃GISTの1例, 胃と腸, Vol.41, No.5, 844-850, 東京, 2006年.
18)桐山 聰, 英 崇夫, 荒木 秀夫, 中村 浩一, 黒岩 眞吾, 藤澤 正一郎, 原口 雅宣, 玉置 俊晃, 羽地 達次, 高石 喜久, 來山 征士, 大橋 眞, 上田 哲史 : 特色ある大学教育支援プログラム「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成17年度 報告書, --- 若者のセルフ·マネジメント能力を育てる徳島大学創成学習開発センターの活動 ---, 特色ある大学教育支援プログラム「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成17年度 報告書, 徳島, 2006年3月.

2006年度(平成18年度)

article.{@.date="20060400 20070399" @.organization=\E{148410}}

2006年度(平成18年度) / 著書

1)清水 一郎 : 女性肝臓学入門, 西村書店, 東京, 2006年4月.
2)板倉 光夫 : 医療・病院管理用語辞典 改訂第3班, --- テーラーメイド医療(個人化医療) ---, エルゼビア・ジャパン, 東京, 2006年4月.
3)Ichiro Shimizu : Bupleurum Species - Scientific Evaluation and Clinical Applications., --- Chapter14. Anti-hepatofibrotic effect of Xiao-Chaihu-Tang (Sho-Saiko-To) ---, Crc Pr I Llc, Apr. 2006.
4)福原 紀章, 大山 健一, 臼井 雅昭, 大橋 健一, 佐野 壽昭, 山田 正三 : 卵巣腫大を伴うFSH産生下垂体腺腫の1例, 社団法人 日本内分泌学会, 2006年6月.
5)竹下 彰, 田口 学, 小澤 安則, 竹内 靖博, 佐野 壽昭, 奥田 近夫, 元井 紀子, 大橋 健一, 大山 健一, 山田 正三 : 肝転移をきたしたCrooke's cell carcinomaによるCushing病の一例, 社団法人 日本内分泌学会, 2006年6月.
6)吉本 勝彦, 水澤 典子, 岩田 武男, 長尾 大輔, Hossain Md.Golam, 露口 勝, 佐野 壽昭, 内野 眞也 : 【内分泌クリニカル・カンファランス】 副甲状腺 家族性副甲状腺機能亢進症2家系におけるHRPT2遺伝子変異の解析, 2006年9月.
7)高橋 学, 宮田 五月, 高野 類, 安藤 明彦, 藤沢 元郎, 野牛 宏晃, 長坂 昌一郎, 岡田 耕治, 石橋 俊, 小林 伸行, 渡辺 英寿, 市村 恵一, 田中 亨, 仁木 利郎, 佐野 壽昭 : 多発性圧迫骨折,動眼神経麻痺を契機に発見されたmacroadenomaによるCushing病の1例, 社団法人 日本内分泌学会, 2006年10月.
8)大山 健一, 山田 正三, 福原 紀章, 甲賀 智之, 田口 学, 竹下 章, 竹内 靖博, 佐野 壽昭 : Pituitary adenoma-adenohypophyseal neuronal choristoma(PANCH)の一例, 社団法人 日本内分泌学会, 2006年10月.
9)橋本 健一, 山北 宜由, 棚橋 弘成, 安田 圭吾, 桑山 明夫, 池田 庸子, 佐野 壽昭, 橋本 浩三 : リンパ球性下垂体炎は多くの特発性TSH単独欠損症の原因であり得るか?, 社団法人 日本内分泌学会, 2006年10月.
10)伊東 進, 本田 浩仁 : 代謝性肝疾患, --- 脂肪肝 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2006年10月.
11)大下 修造, 岡田 剛 : 術中に心収縮性は変動するか, 文光堂, 東京, 2006年10月.
12)川﨑 賀照, 安井 夏生 : 年長になって症状が発現したり,発症する疾患 下肢長不等に対する手術:延長術+矯正術, 株式会社 メジカルビュー社, 2007年.
13)安井 夏生 : 4章 四肢短縮を特徴とする疾患 軟骨無形成症とその類縁疾患 軟骨無形成症, 株式会社 中山書店, 2007年.
14)中西 秀樹 : TEXT形成外科学第2版, --- 各論Ⅱ 後天性疾患 Ⅰ外傷 4.身体各部の外傷 1)頭部外傷 2)顔面外傷 ---, 株式会社 南山堂, 東京, 2007年.
15)阿部 真治, 塩田 直青子, 田中 裕子, 廣永 有沙, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生 : 最近の文献情報より 脳・精神疾患の最前線(1), 社団法人 日本病院薬剤師会, 東京, 2007年1月.
16)Hwan Ki Park, Yoshiteru Urai, Osamu Jinnouchi, Atsuhiko Suzue, Tokujiro Kanamori, Kyung Tak Kwak, Oded-Ben Yoseph, Shinji Nagahiro and Kiyoshi Fukui : 6-12 Astroglial expression of D-amino acid oxidase, --- regional and cell-type specific expression ---, Nova Science Publishers, New York, Jan. 2007.
17)武田 憲昭 : 良性発作性頭位めまい症, 株式会社 医学書院, 2007年1月.
18)シュミット ウルリケ, トレジャー ジャネット, 友竹 正人, 中里 道子, 吉岡 美佐緒 : 過食症サバイバルキット, 金剛出版, 2007年2月.
19)中村 敏己, 山下 祐紀雄, 西迫 寛隆, 下岡 幸恵, 西谷 典子, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 : 最近の文献情報より 新しいがん治療に向けて(1), 社団法人 日本病院薬剤師会, 東京, 2007年3月.
20)武田 憲昭 : めまい, 株式会社 南山堂, 2007年3月.
21)福井 清 : タンパク質・アミノ酸の新栄養学, --- 第Ⅰ編タンパク質・アミノ酸の化学と代謝 第6章アミノ酸代謝 ---, 株式会社 講談社サイエンティフィク, 東京, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Young-Gil Jeong, Seung-Hyuk Chung, Chul-Tae Kim, Ki-Hyung Kim, S-Y Han, Byung-Hwa Hyun, Nam-Seob Lee, Kazuhiko Sawada, M-H Won and Yoshihiro Fukui : Corticotropin-Releasing Factor Immunoreactivity Increases in the Cerebellar Climbing Fibers in the Novel Ataxic Mutant Mouse,pogo, Anatomia, Histologia, Embryologia, Vol.35, No.2, 111-116, 2006.
2)Katsuaki Hoshino, Takahiro Sugiyama, Mitsuru Matsumoto, Takashi Tanaka, Masuyoshi Saito, Hiroaki Hemmi, Osamu Ohara, Shizuo Akira and Tsuneyasu Kaisho : IκB kinase-α is critical for interferon-α production induced by Toll-like receptors 7 and 9, Nature, Vol.440, No.7086, 949-953, 2006.
3)Kazumichi Yakushiji, Saori Kai, Masamichi Yamauchi, Chizuru Ito, Masamichi Kuwajima, Yukio Osada and Kiyotaka Toshimori : Expression and distribution of OCTN2 in mouse epididymis and its association with obstructive azoospermia in juvenile visceral steatosis mice, International Journal of Urology, Vol.13, No.4, 420-426, 2006.
4)Takao Imai, Noriaki Takeda, Mahito Ito, Koji Nakamae, Hideki Sakae, Hiromu Fujioka and Takeshi Kubo : Three-dimensional analysis of benign paroxysmal positional nystagmus in a patient with anterior semicircular canal variant., Otology & Neurotology, Vol.27, No.3, 362-366, 2006.
5)Noriaki Takeda : Autonomic Dysfunction in Patients with Vertigo, JMAJ: Japan Medical Association Journal, Vol.49, No.4, 153-157, 2006.
6)Jeong-Yong Cho, Jae-Hak Moon, Hye-Kyung Kim, Seung-Jin Ma, Seon-Jae Kim, Mi-Young Jang, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshihisa Takaishi and Keun-Hyung Park : Isolation and structural elucidation of antimicrobial compounds from buckwheat hull, Journal of Microbiology and Biotechnology, Vol.16, No.4, 538-542, 2006.
7)安井 敏之, 宮谷 友香, 冨田 純子, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔, 土屋 直子, 譲原 光利, 竹田 秀一 : 更年期障害に対する漢方治療中のサイトカインの動態. 23, 76-79, 2006.04., 産婦人科漢方研究のあゆみ, Vol.23, No.., 76-79, 2006年.
8)Yoshitaka Hamada, Shinsuke Katoh, Naohito Hibino, Hirofumi Kosaka, Daisuke Hamada and Natsuo Yasui : Effects of monofilament nylon coated with basic fibroblast growth factor on endogenous intrasynovial flexor tendon healing., The Journal of Hand Surgery, Vol.31, No.4, 530-540, 2006.
9)Takeshi Matsubara, Hideharu Abe, Hidenori Arai, Kojiro Nagai, Akira Mima, Hiroshi Kanamori, Eriko Sumi, Toshikazu Takahashi, Motokazu Matsuura, Noriyuki Iehara, Atsushi Fukatsu, Toru Kita and Toshio Doi : Expression of Smad1 is directly associated with mesangial matrix expansion in rat diabetic nephropathy., Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.86, No.4, 357-368, 2006.
10)K Yamada, Satoshi Goto, Kazuhito Matsuzaki, Shinji Nagahiro, Nagako Murase, Hideki Shimazu, Ryuji Kaji, J Kuratsu and Y Ushio : Psychiatric symptoms and subthalamic nucleus stimulation in Parkinson's disease. A retrospective study in our Japanese patients, Neuromodulation, Vol.9, No.2, 107-114, 2006.
11)武田 英雄, 上村 浩一, 佐野 雄二, 日吉 峰麗, 有澤 孝吉 : 徳島県における死因別および悪性腫瘍臓器別の標準化死亡比の分析(1993-2002年), 四国医学雑誌, Vol.62, No.1,2, 49-54, 2006年.
12)Hongyu Piao, Noriho Kamiya, Junji Watanabe, Hideakira Yokoyama, Akihiko Hirata, Takeru Fujii, Ichiro Shimizu, Susumu Ito and Masahiro Goto : Oral delivery of diclofenac sodium using a novel solid-in-oil suspension., International Journal of Pharmaceutics, Vol.313, No.1-2, 159-162, 2006.
13)Y. Shiga, H. Wakabayashi, K. Miyazawa, Hiroshi Kido and Y. Itoyama : 14-3-3 Protein levels and isoform patterns in the cerebrospinal fluid of Creutzfeldt-Jakob diseasepatients in the progressive and terminal stages, Journal of Clinical Neuroscience, Vol.13, No.6, 661-665, 2006.
14)木戸 博, Chen Ye, Yao Dengfu, 長南 律, 塚根 まり子 : インフルエンザ脳症の発症原因を探る-遺伝子多型と酵素機能解析から見たミトコンドリア脂肪酸代謝障害-, 化学と生物, Vol.44, No.2, 114-120, 2006年.
15)北原 糺, 武田 憲昭, 肥塚 泉, 荻野 仁 : 前庭型メニエール病に対するプロスタグランディンI2誘導体の治療効果, Equilibrium Research, Vol.65, No.2, 116-121, 2006年.
16)Dan Kinoshita, Fumiko Hirota, Tsuneyasu Kaisho, Michiyuki Kasai, Keisuke Izumi, Yoshimi Bando, Yasuhiro Mouri, Akemi Matsushima, Shino Niki, Hongwei Han, Kiyotaka Oshikawa, Noriyuki Kuroda, Masahiko Maegawa, Minoru Irahara, Kiyoshi Takeda, Shizuo Akira and Mitsuru Matsumoto : Essential role of IkappaB kinase alpha in thymic organogenesis required for the establishment of self-tolerance., The Journal of Immunology, Vol.176, No.7, 3995-4002, 2006.
17)鈴木 悟, 岩瀬 一弘, 木戸 博 : 小児インフルエンザ治療における抗ウイルス薬とマクロライド併用療法,, 感染と抗菌薬, Vol.9, No.2, 182-186, 2006年.
18)Trong Q. Le, M. Kawachi, Hiroshi Yamada, M. Shiota, Yuushi Okumura and Hiroshi Kido : Identification of Trypsin I as a candidate for influenza A virus and Sendai virus envelope glycoprotein processing protease in rat brain,, Biological Chemistry, Vol.387, No.4, 467-475, 2006.
19)木戸 博 : インフルエンザにおけるマクロライドの役割, Japan Medicine, No.1005, 18, 2006年.
20)K. Kunimi, M. Maegawa, M. Kamada, S. Yamamoto, T. Yasui, T. Matsuzaki, A. Kuwahara, H. Furumoto, Y. Ohmoto, Hiroshi Kido and M. Irahara : Myeloid-related protein-8/14 is associated with proinflammatory cytokines in cervical mucus, Journal of Reproductive Immunology, Vol.71, No.1, 3-11, 2006.
21)Hiroshi Yamada, Q.T. Le, A. Kousaka, Y. Higashi, M. Ttukane and Hiroshi Kido : Sendai virus infection up-regulates trypsin I and matrix metalloproteinase-9, triggering viral multiplication and matrix degrdation in rat lungs and lung L2 cells, Archives of Virology, Vol.151, No.12, 2529-2537, 2006.
22)木戸 博, Le Quang Trong, Yao Dengbing, 山田 博司, Wang Sie, 奥村 裕司 : インフルエンザウイルス感染の病態とプロテアーゼによる重症化機構, アレルギー·免疫, Vol.13, No.11, 1536-1544, 2006年.
23)Mihiro Yano, Nakamuta S., Wu X., Yuushi Okumura and Hiroshi Kido : A novel function of 14-3-3 protein: 14-3-3z is a heat shock-related molecular chaperone that dissolves thermal-aggregated proteins, Molecular Biology of the Cell, Vol.17, No.11, 4769-4779, 2006.
24)木戸 博, 水野 大, 西野 真紀, 臼木 孝行, 武井 恒知 : 肺サーファクタントの粘膜アジュバント作用, 臨床免疫·アレルギー科, Vol.46, No.4, 411-415, 2006年.
25)Mihiro Yano, Naoki Muguruma, Susumu Ito, Eriko Aoyagi, Tetsuo Kimura, Yoshitaka Imoto, Jianxin Cao, Shohei Inoue, Shigeki Sano, Yoshimitsu Nagao and Hiroshi Kido : Fab fragment labeled with ICG-derivative for detecting digestive tract cancer, Photodiagnosis and Photodynamic Therapy, Vol.3, No.3, 177-183, 2006.
26)Dengfu Yao, M. Kuwajima, Ye Chen, M. Shiota, Yuushi Okumura, Hiroshi Yamada and Hiroshi Kido : Impaired long-chain fatty acid metabolism in mitochondria causes brain vascular invasion by a non-neurotropic epidemic influenza A virus in the newborn/suckling period: implications for influenza-associated encephalopathy, Mol. Cell. Biochem., 177-183, 2006.
27)奥村 裕司, 木戸 博 : 広がりを見せるプロテアーゼファミリー,II型膜結合型セリンプロテアーゼの生理機能, 生化学, Vol.78, No.12, 1155-1159, 2006年.
28)Gianluca Molla, Silvia Sacchi, Mariagrazia Bernasconi, Mirella S. Pilone, Kiyoshi Fukui and Loredano Pollegioni : Characterization of human D-amino acid oxidase, FEBS Letters, Vol.580, No.9, 2358-2364, 2006.
29)山内 あい子, 坂本 久美子, 日比野 有紀, 中馬 寛, 苛原 稔 : 妊娠期の薬物療法∼その実態と母児への影響∼, 性差と医療, Vol.3, No.5, 27(521)-32(526), 2006年.
30)Fumiaki Imamura, Hiroshi Nagao, Hiromi Naritsuka, Yasunobu Murata, Hisaaki Taniguchi and Kensaku Mori : A leucine-rich repeat membrane protein, 5T4, is expressed by a subtype of granule cells with dendritic arbors in specific strata of the mouse olfactory bulb., The Journal of Comparative Neurology, Vol.495, No.6, 754-768, 2006.
31)Kyoji Morita, Hideki Arimochi, Hiroyuki Itoh and Song Her : Possible involvement of 5a-reduced neurosteroids in adrenergic and serotonergic stimulation of GFAP gene expression in rat C6 glioma cells., Brain Research, Vol.1085, No.1, 49-56, 2006.
32)Soichiro Fujiwara, Ichiro Shimizu, Momoko Ishikawa, Kohzo Uehara, Hirohumi Yamamoto, Michiyo Okazaki, Susumu Ito, Takahiro Horie and Arata Iuchi : Intestinal Behcet's disease with esophageal ulcers and colonic longitudinal ulcers., World Journal of Gastroenterology : WJG, Vol.12, No.16, 2622-2624, 2006.
33)Shino Niki, Kiyotaka Oshikawa, Yasuhiro Mouri, Fumiko Hirota, Akemi Matsushima, Masashi Yano, Hongwei Han, Yoshimi Bando, Keisuke Izumi, Masaki Matsumoto, Keiichi I. Nakayama, Noriyuki Kuroda and Mitsuru Matsumoto : Alteration of intra-pancreatic target-organ specificity by abrogation of Aire in NOD mice, The Journal of Clinical Investigation, Vol.116, No.5, 1292-1301, 2006.
34)Osamu Kitamura, Sunmee Wee, Sheila E Spacio, George F Koob and Luigi Pulvirenti : Escalation of methamphetamine self-administration in rats: a dose effect function, Psychopharmacology, Vol.186, No.1, 48-53, 2006.
35)Xichuan Teng, Takashi Sakai, Li Liu, Rika Sakai, Ryuji Kaji and Kiyoshi Fukui : Attenuation of MPTP-induced neurotoxicity and locomotor dysfunction in Nucling-deficient mice via suppression of the apoptosome pathway, Journal of Neurochemistry, Vol.97, No.4, 1126-1135, 2006.
36)Naoto Suzue, Takeshi Nikawa, Yuko Onishi, Chiharu Yamada, Katsuya Hirasaka, Takayuki Ogawa, Harumi Furochi, Hirofumi Kosaka, Kazumi Ishidoh, Gu Hua, Shin'ichi Takeda, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi, Hironori Yamamoto, Kyoichi Kishi and Natsuo Yasui : Ubiqitin Ligase Cbl-b Downregulates Bone Formation Through Suppression of IGF-I Signaling in Osteoblasts During Denervation, Journal of Bone and Mineral Research, Vol.21, No.5, 722-734, 2006.
37)Sachiko Chikahisa, Hiroyoshi Sei, Masaki Morishima, Atsuko Sano, Kazuyoshi Kitaoka, Yutaka Nakaya and Yusuke Morita : Exposure to music in the perinatal period enhances learning performance and alters BDNF/TrkB signaling in mice as adults., Behavioural Brain Research, Vol.169, No.2, 312-319, 2006.
38)武田 憲昭 : 危険なめまい, 治療, Vol.88, No.5, 1473-1477, 2006年.
39)Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya, Hideki Onishi, Yuki Motobayashi, Yuki Izawa, Manabu Ishihara, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Kazuyoshi Kawazoe and Toshiaki Tamaki : Effects of angiotensin II type 1 receptor blockade on the systemic blood nitric oxide dynamics in Nω-nitro-L-arginine methyl ester-treated rats, Hypertension Research, Vol.29, No.5, 369-374, 2006.
40)Toshiya Okahisa, Hisashi Okubo, Erlend Hansen, Takeshi Oda, Tadashi Motomura, Julie Glueck, Hiorshi Miyamoto, Susumu Ito, Yoshiaki Ohnishi, Masahiro Tamura, Katsuyuki Yoshikawa and Yukihiko Nose' : Development of a clipped single-bag with bicarbonate replacement fluid to ensure proper mixing., ASAIO Journal, Vol.52, No.3, 343-348, 2006.
41)Tomohiro Goto, Yoshito Matsui, J Russell Fernandes, A Dennis Hanson, Ttakahiro Kubo, Kiminori Yukata, Toshimi Michigami, Toshihisa Komori, Takashi Fujita, Liu Yang, R David Eyre and Natsuo Yasui : Sp1 Family of Transcription Factors Regulates the Human 2(XI) Collagen Gene (COL11A2) in Saos-2 Osteoblastic Cells., Journal of Bone and Mineral Research, Vol.21, No.5, 661-673, 2006.
42)Tomoya Terai, Noriyuki Nishimura, Ikuno Kanda, Natsuo Yasui and Takuya Sasaki : JRAB/MICAL-L2 is a junctional Rab13-binding protein mediating the endocytic recycling of occludin., Molecular Biology of the Cell, Vol.17, No.5, 2465-2475, 2006.