RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel.
期間: 2004.4〜2018.3

2004年度(平成16年度)

prize.{@.date="20040400 20050399" @.organization=\E{148410}}

2004年度(平成16年度) / 賞(教育)

1)赤池 雅史 : 医学優秀教育賞(徳島大学医学部), 医学優秀教育賞(徳島大学医学部), 徳島大学医学部, 2005年.

2004年度(平成16年度) / 賞(研究)

1)土田 邦博 : フォリスタチンとフォリスタチン様蛋白質(FLRG)による骨格筋量·体脂肪量調節機構と蛋白質創薬, 日本生化学会中国·四国支部会学術奨励賞, 日本生化学会, 2004年5月.
2)坂田 ひろみ : 日本先天異常学会奨励賞, 日本先天異常学会, 2004年7月.
3)佐藤 陽一 : 第13回徳島医学会受賞, 徳島医学会, 2004年8月.
4)坂井 隆志, 劉 莉, 宍戸 裕二, 福井 清 : Identification of a Novel, Embryonal Carcinoma Cell-Associated Molecule, Nucling, That Is Up-regulated during Cardiac Muscle Differentiation, JB論文賞, 日本生化学会, 2004年10月.
5)近藤 茂忠 : 特別賞, 第16回消化管細胞機能研究集会, 消化管細胞機能研究会, 2005年2月.
6)近藤 茂忠 : 優秀賞, 第16回消化管細胞機能研究集会, 消化管細胞機能研究会, 2005年2月.

2004年度(平成16年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2005年度(平成17年度)

prize.{@.date="20050400 20060399" @.organization=\E{148410}}

2005年度(平成17年度) / 賞(教育)

1)赤池 雅史 : Best Teacher of the Year 2006賞(徳島大学医学部医学科), Best Teacher of the Year 2006賞(徳島大学医学部医学科), 徳島大学医学部, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 賞(研究)

1)松崎 健司, 竹内 麻由美, 西谷 弘 : 管腔外への突出性発育をきたす消化管原発腫瘤の画像所見, 展示最多閲覧賞, 社団法人 日本医学放射線学会, 2005年4月.
2)久保 真一 : 徳島県警察本部長表彰, 徳島県警察本部, 2005年7月.
3)竹内 麻由美, 松崎 健司, 西谷 弘 : 子宮内膜症の悪性転化について, 優秀展示賞, The Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging, 2005年9月.
4)生島 仁史 : effective chemoradiotherapy with low radiation dose for urinanally bladder cancer, 優秀発表賞(総合), 日本放射線腫瘍学会, 2006年.
5)坂井 隆志 : 新規アポトーシス制御分子Nuclingを介したアポトーシス経路の解明とその病態生理学的意義に関する研究, 財団法人康楽會賞, 財団法人 三木康楽会, 2006年1月.
6)近藤 茂忠 : 胃粘膜粘液産生細胞の新たな機能:活性酸素の産生とその生理的役割の解明, 三木康楽賞, 徳島大学, 2006年1月.
7)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : Pelvic endometriosis: Usual, unusual imaging manifestations and pitfalls, Cum Laude, European Society of Radiology, Mar. 2006.

2005年度(平成17年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2006年度(平成18年度)

prize.{@.date="20060400 20070399" @.organization=\E{148410}}

2006年度(平成18年度) / 賞(教育)

(なし)

2006年度(平成18年度) / 賞(研究)

1)竹内 麻由美, 松崎 健司, 西谷 弘 : 充実部を伴う良性卵巣嚢胞性病変の画像診断, 優秀展示賞, The Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging, 2006年9月.
2)Azhim Azran, Masatake Akutagawa, Kazuo Yoshizaki, Shigeru Obara, Masahiro Nomura and Yohsuke Kinouchi : Blood Flow Velocities in Common Carotid Artery Changes with Age and Exercise, OUTSTANDING PAPER AWARD, INTERNATIONAL CONFERENCE ON BIOMEDICAL & PHARMACEUTICAL ENGINEERING, Dec. 2006.
3)安友 康二 : Tリンパ球の分化・活性化調節機構とその破綻機序に関する研究, 日本免疫学会・研究奨励賞, 日本免疫学会, 2006年12月.

2006年度(平成18年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2007年度(平成19年度)

prize.{@.date="20070400 20080399" @.organization=\E{148410}}

2007年度(平成19年度) / 賞(教育)

1)坂田 ひろみ : Best Teacher of The Year, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 賞(研究)

1)山田 博胤 : 心房細動における前負荷増大に伴う心反応性の下半身陽圧負荷およびDual Doppler法を用いた検討, 日本心エコー図学会学術集会Young Investigator's Aword, 日本心エコー図学会, 2007年4月.
2)竹内 麻由美, 松崎 健司, 西谷 弘 : 妊娠に合併した内膜症性嚢胞脱落膜化のMR画像, 優秀大会長賞, 磁気共鳴医学会, 2007年9月.
3)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : Diffusion-weighted MR Images in the Female Pelvis, Certificate of Merit, Radiological Society of North America, Nov. 2007.
4)六車 直樹 : Molecular Imaging in Endoscopic Oncology, 上村修三郎「がん研究」奨励賞, 上村修三郎基金, 2007年12月.

2007年度(平成19年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2008年度(平成20年度)

prize.{@.date="20080400 20090399" @.organization=\E{148410}}

2008年度(平成20年度) / 賞(教育)

1)寺嶋 吉保 : ヒューマンコミュニケーション, 共通教育賞, 徳島大学, 2008年10月.
2)中村 教泰 : 徳島大学医学部ベストティーチャー・オブ・ザ・イヤー2008, 医科学教育部, 2009年2月.

2008年度(平成20年度) / 賞(研究)

1)福井 清 : D-アミノ酸代謝酵素システムの機能と構造に関する疾患酵素学的研究, 学会賞, 日本ビタミン学会, 2008年6月.
2)吉田 誉 : 平成20年度第44回日本小児循環器学会総会・学術集会 最優秀ポスター賞, 日本小児循環器学会, 2008年7月.
3)安倍 正博 : 多発性骨髄腫骨病変の形成機序の解明の治療法の開発, 第26回日本骨代謝学会学術集会 学術賞(内科臨床系), 日本骨代謝学会, 2008年10月.
4)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Masafumi Harada : Uterine Pathologies in 3T-MRI: Clinical Application of Diffusion-weighted Imaging and MR Spectroscopy in Differentiating Benign and Malignant Lesions, Certificate of Merit, Radiological Society of North America, Nov. 2008.
5)親泊 政一 : 小胞体ストレス応答の破綻による糖尿病発症の発見, 岡本研究奨励賞, 成人血管病研究振興財団, 2008年11月.
6)親泊 政一 : 小胞体ストレスなどによるeIF2αリン酸化シグナルを介した糖・脂質代謝制御のメカニズム, トラベルアウォード, 分子糖尿病学研究会, 2008年12月.
7)影治 照喜 : 悪性神経膠腫に対するホウ素中性子捕捉療法の基礎的・臨床的研究, 財団法人康樂会賞, 徳島大学, 2009年1月.
8)親泊 政一 : 小胞体ストレス応答シグナルによる代謝制御機構の解明, 井上リサーチアウォード, 井上科学振興財団, 2009年2月.
9)石澤 啓介 : 血管障害における酸化ストレスの細胞内分子機構解明と新規抗酸化薬の開発, 岡奨学賞, 医学部, 2009年3月.
10)親泊 政一 : 平成20年度 上原記念生命科学財団 研究助成金贈呈式, 上原記念生命科学財団, 2009年3月.
11)親泊 政一 : 第40期 2008年度 内藤記念科学振興財団贈呈式, 内藤記念科学振興財団, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2009年度(平成21年度)

prize.{@.date="20090400 20100399" @.organization=\E{148410}}

2009年度(平成21年度) / 賞(教育)

1)六車 直樹 : Endoscopic Molecular Imaging: Beacon to the Destination, 日本消化器内視鏡学会賞, 日本消化器内視鏡学会, 2009年10月.

2009年度(平成21年度) / 賞(研究)

1)竹内 麻由美, 松崎 健司, 西谷 弘 : Diffusion-weighted MR imaging of gynecologic diseases, 優秀教育展示賞, 日本医学放射線学会, 2009年4月.
2)竹内 麻由美 : 子宮内膜症のMRI診断, 板井研究奨励賞, 日本医学放射線学会, 2009年4月.
3)竹内 麻由美, 松崎 健司, 西谷 弘 : 卵巣線維腫症の一例, 打田賞, 腹部放射線研究会, 2009年6月.
4)親泊 政一 : 第27回 研究助成金贈呈式, 財団法人 持田記念医学薬学振興財団, 2009年10月.
5)森田 奈緒美 : 脳腫瘍における拡散テンソル画像を用いた皮質脊髄路の評価:筋力低下との関連について, 国際飛躍賞, 日本磁気共鳴医学会, 2009年12月.
6)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : Diagnostic Signs in Imaging of the Female Pelvis: A Pictorial Review, Certificate of Merit, Radiological Society of North America, Dec. 2009.
7)片岡 佳子 : Best Teacher of The Year 2010 (医学部), 医学部, 2010年.
8)Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, M Kawatani, Masahiro Hiasa, A Kawano, T Jinno, T Harada, S Fujii, S Nakamura, H Miki, K Kagawa, K Takeuchi, H Ozaki, Eiji Tanaka, H Osada and Toshio Matsumoto : TA novel anti-resorptive agent, reveromycin A, ameliorates bone destruction and tumor growth in myeloma, Young Investigator Award, 2010., 2010 ASBMR, 2010.
9)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Hiromu Nishitani : MR imaging of FIGO stage I uterine cervical cancer: The diagnostic impact of 3T-MRI, Certificate of Merit, European Society of Radiology, Mar. 2010.
10)坂根 亜由子 : シナプス形成・成熟過程に関与する細胞内小胞輸送の制御機構, 平成21年度岡奨学賞, 徳島大学, 2010年3月.
11)Naomi Morita : Dynamic Susceptibility Contrast Perfusion Weighted Imaging in Grading of Non-enhancing Astrocytomas, Scientific Exhibition Award (Certificate of Merit), European Society of Radiology, Mar. 2010.

2009年度(平成21年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2010年度(平成22年度)

prize.{@.date="20100400 20110399" @.organization=\E{148410}}

2010年度(平成22年度) / 賞(教育)

1)近久 幸子 : ベストティーチャーオブザイヤー, 徳島大学, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 賞(研究)

1)松崎 健司 : 特集< 卵巣腫瘍の押さえどころ> 企画, 第6回「画像診断」Best Invited Editor賞, 学研メディカル秀潤社, 2010年4月.
2)竹内 麻由美 : 子宮頸癌に対する放射線治療の早期治療効果予測における3T MRIを用いた拡散強調像及びMRスペクトロスコピーの有用性の検討, 日本医学放射線学会研究助成賞, 日本医学放射線学会, 2010年4月.
3)山田 博胤 : 下肢陽圧負荷時の僧帽弁口血流速波形の反応性を用いた軽症心不全患者の予後予測, 第11回日本超音波医学会奨励賞, 社団法人日本超音波医学会, 2010年5月.
4)西良 浩一 : 国際腰椎会議ISSLS:最優秀口演賞, 2010年6月.
5)田中 克哉 : 麻酔薬が膵臓β細胞のATP感受性K+チャネルに及ぼす影響, 日本麻酔科学会第57回学術集会 最優秀演題賞, 日本麻酔科学会, 2010年6月.
6)齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 岩橋 衆一 : IDOを介したIPMN悪性化における末梢血中調節性T細胞上昇の機序解明に関する検討, 日本消化器病学会専修医奨励賞, 日本消化器病学科, 2010年6月.
7)安部 秀斉 : BMP4活性化によるアルブミン尿出現の新規メカニズムの解明に関する研究, 研究賞, 腎疾患と高血圧研究会, 2010年7月.
8)Yu Saito, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka and Syuichi Iwahashi : The correlation between cancer stem like cells and epigenetic alteration in intrahepatic cholangiocarcinoma, 9th International Conference of The Asian Clinical Oncology Society Young Investigator's Award, International Conference of The Asian Clinical Oncology Society, Aug. 2010.
9)Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Cui Qu, Makoto Kawatani, Masahiro Hiasa, Ayako Nakano, Tadashi Jinno, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Shuji Ozaki, Hiroyuki Osada, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : The novel anti-resorptive agent reveromycin A ameliorates bone destruction and tumor growth in myeloma, Travel Grant Award, 2010., 10th International Conference Cancer-Induced Bone Disease, Sep. 2010.
10)水野 大 : 学術奨励賞, 日本肺サーファクタント・界面医学会, 日本界面医学会, 2010年10月.
11)加地 剛, 前田 和寿, 須藤 真功, 佐藤 美紀, 苛原 稔 : 胎児期から 22q11.2 欠失症候群が疑われた一例, The best imaging賞, 第20回日本超音波医学会四国地方学術集会, 2010年10月.
12)齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 岩橋 衆一, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 : 肝細胞癌に対する新規分子マーカー探索のための非癌部肝組織を用いた網羅的遺伝子発現解析, 第65回日本消化器外科学会総会ポスター優秀演題賞, 日本消化器外科学会, 2010年10月.
13)浅野間 理仁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 : 肝内胆管癌における癌幹細胞の意義, 第48回日本癌治療学会学術集会優秀演題賞, 日本癌治療学会, 2010年10月.
14)石澤 啓介 : 腎・心血管障害における細胞内分子機構解明とその治療法の開発, 日本薬学会中国四国支部奨励賞, 日本薬学会中国四国支部, 2010年11月.
15)安倍 正博 : TRAIL受容体アゴニスティック抗体とTACE阻害薬の併用による効果的な造血器悪性腫瘍特異的免疫療法の開発, 平成21年度公益信託 日本白血病研究基金 一般研究賞, 公益信託 日本白血病研究基金, 2010年11月.
16)新田 剛 : 胸腺微小環境におけるT細胞レパトア形成のメカニズム, 第5回 日本免疫学会研究奨励賞, 日本免疫学会, 2010年12月.
17)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Masafumi Harada : The Diagnostic Impact of 3 T MR Spectroscopy in the Female Pelvis, Certificate of Merit, Radiological Society of North America, Dec. 2010.
18)田嶋 敦 : 平成22年度 膵臓病研究財団研究奨励賞(助成金), 財団法人 膵臓病研究財団, 2010年12月.
19)Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Qu Cui, Makoto Kawatani, Masahiro Hiasa, Ayako Nakano, Tadashi Jinno, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Shuji Ozaki, Eiji Tanaka, Hiroyuki Osada and Toshio Matsumoto : An acidic milieu created in myeloma-osteoclast interaction enhances tumor growth, but triggers anti-myeloma activity of Reveromycin A, a novel anti-resorptive agent, 52nd ASH Travel Award, 52nd ASH, Dec. 2010.
20)西岡 安彦 : 難治性呼吸器疾患に対する分子標的治療の開発研究, 徳島新聞医学研究賞, 徳島新聞社, 2010年12月.
21)A.S. Maklad, Mikio Matsuhiro, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada and Hiromu Nishitani : Extraction of liver region from CT dataset based on blood vessel information, Best Poster Award, International Forum on Medical Imaging in Asia 2011, Jan. 2011.
22)居村 暁, 島田 光生, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 : 高度肉眼的門脈侵襲陽性の進行肝癌に対する治療戦略‐理論的根拠と臨床成績-, 第26回徳島医学会賞, 徳島医学会, 2011年2月.
23)加地 剛, 前田 和寿, 須藤 真功, 佐藤 美紀, 苛原 稔 : Dual dopplerを用いた肝静脈 ―下行大動脈血流波形による胎児房室伝導時間の検討―, 里見賞「研究部門」, 第17回日本胎児心臓病学会学術集会, 2011年2月.
24)近久 幸子 : 岡奨学賞, 徳島大学, 2011年3月.
25)森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 金本 真美 : Gd-EOB-DTPA造影MRIの肝予備能評価の検討, 2010年度日本コンピュータ外科学会講演論文賞, 日本コンピュータ外科学会, 2011年3月.
26)上村 浩一 : 日本人一般集団における残留性有機汚染物質の蓄積量および健康影響についての検討, 平成22年度日本衛生学会奨励賞, 日本衛生学会, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2011年度(平成23年度)

prize.{@.date="20110400 20120399" @.organization=\E{148410}}

2011年度(平成23年度) / 賞(教育)

1)住谷 さつき : 医学部優秀教育賞, 徳島大学, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 賞(研究)

1)吉田 守美子 : 虚血ストレスによる骨格筋アポトーシスおよび血管新生におけるアンドロゲン受容体の意義, 日本内分泌学会 若手研究奨励賞, 社団法人 日本内分泌学会, 2011年4月.
2)高橋 正幸 : 去勢抵抗性前立腺癌に対する抗アンドロゲン剤交替療法とUFT併用療法の有効性と安全性に関する無作為化第II相臨床試験, 第99回日本泌尿器科学会総会賞, 日本泌尿器科学会, 2011年4月.
3)松崎 健司, 竹内 麻由美 : 細胆管癌の2例:CTおよびMRI所見を中心に, 打田賞, 日本腹部放射線研究会, 2011年6月.
4)細木 眞紀, 久保 宜明 : 歯科用金属アレルギーとピアスの関係について, 第41回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会・学術大会·ポスター賞·銅賞, 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会, 2011年7月.
5)Masahiro Hiasa, A Nakano, Keiichiro Watanabe, C Qu, T Harada, Shiroh Fujii, H Miki, Shingen Nakamura, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Eiji Tanaka, Kenzo Asaoka, Shuji Ozaki and Toshio Matsumoto : Dual effects of Pim inhibition on myeloma: induction of bone formation and tumor suppression, IOF-ANZBMS Travel Award., Japanese Association for Dental Research, Jul. 2011.
6)田嶋 敦 : 2011年度 医学系研究奨励(基礎), 公益財団法人 武田科学振興財団, 2011年7月.
7)松本 俊夫 : ホルモンによる骨代謝制御機構の研究, 日本骨代謝学会尾形賞, 日本骨代謝学会, 2011年7月.
8)日浅 雅博, 安倍 正博, 中野 綾子, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 田中 栄二, 淺岡 憲三, 松本 俊夫 : Pimキナーゼの阻害は骨芽細胞分化を促進し,骨髄腫骨病変の形成と腫瘍進展を抑制する, 優秀演題賞, 第29回日本骨代謝学会, 2011年7月.
9)日浅 雅博, 安倍 正博, 中野 綾子, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 田中 栄二, 淺岡 憲三, 松本 俊夫 : Pimキナーゼの阻害は骨芽細胞分化を促進し,骨髄腫骨病変の形成と腫瘍進展を抑制する, 高得点演題賞, 日本骨代謝学会, 2011年7月.
10)居村 暁 : 徳島医学会賞, 徳島医学会, 2011年8月.
11)Kousaku Higashino : Pedicle screws can be 4 times stronger than lateral mass screws for insertion in the mid-cervical spine: a biomechanical study, 24th International society for technology in Arthloplasty, International society for technology in Arthloplasty, Sep. 2011.
12)日浅 雅博, A Nakano, 渡邉 佳一郎, C Qu, T Harada, 藤井 志朗, H Miki, 中村 信元, 賀川 久美子, 竹内 恭子, 田中 栄二, 淺岡 憲三, 尾崎 修治, 松本 俊夫 : Prevention of tumor growth and bone destruction in myeloma by Pim kinase inhibition., 4. Hiasa M, Nakano A, Watanabe K, Qu C, Harada T, Fujii S, Miki H, Nakamura S, Kagawa K, Takeuchi K, Tanaka E, Asaoka K, Ozaki S, Matsumoto T, Abe M:, 米国骨代謝学会, 2011年9月.
13)高橋 正幸 : 腎腫瘍の網羅的遺伝子解析と臨床的意義の検討, 三木康楽賞, 外科系専攻, 2012年1月.
14)坂田 ひろみ : 胎生期アルコール曝露による脳の形態異常と機能障害の成立機序解明および脳発達障害評価のための新たな指標の創出, 康楽賞, 財団法人 三木康楽会, 2012年1月.
15)桑野 由紀 : ストレス制御を目指したRNAバイオロジー研究, 岡奨学賞, 徳島大学, 2012年2月.
16)堤 保夫 : 早期集中治療におけるPEPTAMEN AFの有効性の検討, Nutri Young Investigator Award, 日本静脈経腸栄養学会, 2012年2月.

2011年度(平成23年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2012年度(平成24年度)

prize.{@.date="20120400 20130399" @.organization=\E{148410}}

2012年度(平成24年度) / 賞(教育)

1)Satsuki Sumitani : Best Teacher of The Year 2012, Tokushima University, Mar. 2013.

2012年度(平成24年度) / 賞(研究)

1)原田 雅史 : Advanced imagingの現状と近未来, 画像診断BestEditor賞, 学研, 2012年5月.
2)田中 克哉 : 麻酔薬や血管作動薬が血管平滑筋細胞と膵臓β細胞のATP感受性K+チャネルに及ぼす影響, 日本麻酔科学会 山村記念賞, 社団法人 日本麻酔科学会, 2012年6月.
3)堤 保夫 : 心筋保護作用における吸入麻酔薬とゲラニルゲラニルアセトンの相互作用―細胞膜マイクロドメインに及ぼす影響―, 最優秀演題賞 循環(基礎), 社団法人 日本麻酔科学会, 2012年6月.
4)親泊 政一 : FGF21を介した小胞体ストレス応答シグナルによる骨格筋機能調節機構の解明, 2012年度 リリー寄付金, 日本イーライリリー株式会社, 2012年6月.
5)北村 明子 : 免疫プロテアソームのサブユニットであるPSMB8の遺伝子変異は脂肪萎縮を伴う自己炎症症候群を引き起こす, 青藍会賞, 医学科, 2012年7月.
6)安部 秀斉 : ポドサイト由来尿中エクソゾームを用いた慢性腎臓病患者の非侵襲的かつ早期診断法の開発, 近藤記念医学財団学術奨励賞, 近藤記念医学財団, 2012年8月.
7)Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, H Mori, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, S Fujii, Sonoe Fujii, H Miki, H Miki, K Kagawa, I Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : The cathepsin K inhibitor KK1-300-01 prevents bone destruction and resumes bone formation in myeloma osteolytic lesions, Young Investigator Award, 2012, ANZBMS, Sep. 2012.
8)村田 知慧, 黒木 陽子, 井本 逸勢, 山田 文雄, 城ヶ原 貫通, 中田 勝士, 黒岩 麻里 : オキナワトゲネズミの性染色体に転座した常染色体領域の進化, 優秀ポスター賞, 日本哺乳類学会 2012年度大会, 2012年9月.
9)堤 保夫 : 若手研究者学長表彰, 若手研究者学長表彰, 徳島大学, 2012年11月.
10)東野 恒作 : 脊椎椎弓根スクリューにおける椎弓根を穿破したスクリューに対しての検討, 第39回日本臨床バイオメカニクス学会(千葉市)学会演題賞, 2012年11月.
11)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Akira Kuwahara and Masafumi Harada : Diagnostic and Therapeutic Strategy for Endometriosis by MR Imaging with Problem-solving Advanced Techniques, Certificate of Merit, Radiological Society of North America, Nov. 2012.
12)中村 教泰 : 三木康楽賞, 財団法人 三木康楽会, 2013年1月.
13)山田 博胤 : 心エコー・ドプラ法を用いた拡張期心不全の病態解明, 公益財団法人康樂會賞, 公益財団法人康樂會, 2013年1月.
14)山田 博胤 : 心エコー・ドプラ法を用いた左室拡張能の評価, 公益財團法人康樂會賞, 財団法人 三木康楽会, 2013年1月.
15)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Masafumi Harada : Endometrial carcinoma: Diagnostic strategy by using advanced MR techniques, Cum Laude, European Society of Radiology, Mar. 2013.
16)木平 孝高 : 脂肪細胞の低酸素誘導因子(HIF-1α)の肥満糖尿病に対する役割, 岡奨学賞, 徳島大学, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2013年度(平成25年度)

prize.{@.date="20130400 20140399" @.organization=\E{148410}}

2013年度(平成25年度) / 賞(教育)

1)桑野 由紀, 増田 清士, 六反 一仁, 西田 憲生 : 共通教育/基礎生物学MII, 共通教育賞, 全学共通教育センター, 2013年4月.
2)西田 憲生, 六反 一仁, 増田 清士, 桑野 由紀 : 共通教育 基礎生物学MII, 共通教育賞, 全学共通教育センター, 2013年4月.
3)増田 清士, 西田 憲生, 桑野 由紀, 六反 一仁 : 共通教育 基礎生物学MII, 共通教育賞, 全学共通教育センター, 2013年4月.
4)有持 秀喜 : 医学部ベストティーチャー・オブ・ザ・イヤー, 医学部ベストティーチャー・オブ・ザ・イヤー, 徳島大学医学部, 2014年3月.
5)桑野 由紀 : 医学部ベストティーチャー賞, ベストティーチャーオブザイヤー, 徳島大学医学部, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 賞(研究)

1)Hiroki Moriguchi : 研究協力に対する貢献, 3rd Hepatology and Gastroenterology International conference Al-Azhar Award, Al-Azhar Group of Hepatology and Gastroenterology, Apr. 2013.
2)佐田 政隆 : 心血管病の病態生理の解明と治療法の開発, 日本臨床分子医学会学会賞, 日本臨床分子医学会学会, 2013年4月.
3)發知 淳子, 山田 博胤, S Nishio, 楠瀬 賢也, T Tomita, S Hayashi, 坂東 美佳, R Tamai, M Nakagawa, D Hirota, Y Hirata, K Ogasawara, S Bando, 伊勢 孝之, 仁木 敏之, 山口 浩司, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 : Efficacy of Six-minute Walk Stress Echocardiography for Detection of Pulmonary Arterial Hypertension in Patients with Connective Tissue Disease, 第24回日本心エコー図学会学術集会 海外学会発表優秀論文賞, 日本心エコー図学会, 2013年4月.
4)高木 恵理, 太田 理絵, 仁木 敏之, 門田 宗之, 川端 豊, 原 知也, 高島 啓, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 上田 由佳, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 : 妊娠中に静脈血栓症を発症し診断されたATⅢ欠損症合併妊娠の一例, 第102回日本循環器学会 中国・四国合同地方会 研修医部門 最優秀賞, 社団法人 日本循環器学会, 2013年5月.
5)平田 有紀奈, 西尾 進, 山田 博胤, 發知 淳子, 坂東 美佳, 林 修司, 冨田 紀子, 伊勢 孝之, 仁木 敏之, 山口 浩司, 八木 秀介, 竹谷 善雄, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 : 冠動脈狭窄と関連する脂肪組織はどれか?∼超音波検査を用いた検討∼, 第102回日本循環器学会 中国・四国合同地方会 コメディカル部門 最優秀賞, 社団法人 日本循環器学会, 2013年5月.
6)堤 保夫 : ピーリング・ラリンジアルマスクを用いた気管挿管方法の検討, 最優秀演題賞 呼吸(臨床), 社団法人 日本麻酔科学会, 2013年5月.
7)Toshiya Matsuzaki : UniBIO Press Award, UniBIO Press, May 2013.
8)福井 義浩 : Quantitative study of the development of neurons and synapses in the visual cortex of rats reared in the dark during early postnatal life., 形の科学会論文賞, 2013年6月.
9)Yuki Kuwano : Autism-associated gene expression was commonly observed in peripheral leukocytes from subjects with autism and healthy mothers having autistic children, Young Investigator Award for Best Poster, 11th World Congress of Biological Psychiatry, Jun. 2013.
10)Suehiro Sakaguchi : Prions impair post-Golgi trafficking of membrane proteins, best presentation prize, Asian Pacific Prion Symposium 2013, Jul. 2013.
11)Takeshi Soeki, Koji Yamaguchi, S Bando, T Matsuura, E Uematsu, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro and Masataka Sata : Cardiospecific microRNA plasma levels are associated with coronary plaque vulnerability., ESC Congress 2013 The Top Score Poster Award, European Society of Cardiology, Aug. 2013.
12)松崎 利也 : 学会賞(八木賞), 中国四国産科婦人科学会, 2013年9月.
13)Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, H Mori, R Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : 5. Potent induction of bone formation in myeloma bone lesions by the cathepsin K inhibitor KK1-300-01 in combinat ion with the proteasome inhibitor bortezomib., Plenary poster & Young Investigator Travel Award, The American Society for Bone and Mineral Research, Oct. 2013.
14)西條 良仁, 山田 博胤, 林 修司, 西尾 進, 發知 淳子, 坂東 美佳, 鳥居 裕太, 天野 里江, 添木 武, 佐田 政隆 : 僧帽弁位人工弁機能不全の診断に3次元経食道心エコー検査が有用であった1例, 日本超音波医学会 第23回四国地方学術集会 The Best Imaging賞, 日本超音波医学会, 2013年10月.
15)石澤 啓介 : 徳島大学若手研究者学長賞, 徳島大学, 2013年11月.
16)沼田 周助 : DNA Methylation Signatures of Prefrontal Cortex and Peripheral Leukocytes in Schizophrenia., 平成25年度日本精神神経学会国際発表賞, 社団法人 日本精神神経学会, 2013年11月.
17)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Masafumi Harada : Many Faces of Ovarian Teratomas: Usual, Unusual Imaging Manifestations, Pitfalls, and Problem-solving MR Techniques, Certificate of Merit, Radiological Society of North America, Dec. 2013.
18)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Masafumi Harada : Diagnostic Strategy for Cystic Masses in the Female Pelvis: A Comprehensive Review and Diagnostic Impact of Advanced MR Techniques, Certificate of Merit, Radiological Society of North America, Dec. 2013.
19)鳥居 裕太, 西尾 進, 神原 保, 友藤 達陽, 玉井 佑里恵, 堀家 由貴, 眞鍋 泰毅, 平田 有紀奈, 天野 里江, 山尾 雅美, 坂東 美佳, 林 修司, 發知 淳子, 木村 恵理子, 山田 博胤, 佐田 政隆 : 左上肢Klippel Trenaunay Syndromeに伴う血栓性静脈炎の1例, 第103回日本循環器学会四国地方会 コメディカルセッション 奨励賞, 社団法人 日本循環器学会, 2013年12月.
20)生田 奈央, 高島 啓, 原 知也, 伊勢 孝之, 島袋 充生, 西條 良仁, 高木 恵理, 太田 理絵, 齋藤 友子, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 發知 淳子, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 : 心身症として見過ごされてきた体位性起立頻脈症候群を的確に診断・治療し得た1例, 第103回日本循環器学会四国地方会 学生・研修医セッション 奨励賞, 社団法人 日本循環器学会, 2013年12月.
21)Horikawa Yousuke, Rie Tsutsumi and Yasuo Tsutsumi : Whey protein diets can limit inflammation and oxidative stress in the critically ill., Annual GI/Nutrition Specialty Award, the Society of Critical Care Medicine, Jan. 2014.
22)埴淵 昌毅 : 肺癌の浸潤・転移関連分子を標的とした新規治療法開発の探索的研究, 三木康楽賞, 財団法人 三木康楽会, 2014年1月.
23)石澤 啓介 : 先端奨励論文賞, 博慈会 老人病研究所, 2014年2月.
24)吉田 守美子 : Androgen receptor promotes sex-independent angiogenesis in response to ischemia and is required for activation of vascular endothelial growth factor receptor signaling., 老年病研究所 優秀研究論文助成 先端奨励論文賞, 老年病研究所, 2014年2月.

2013年度(平成25年度) / 賞(社会貢献)

1)永廣 信治, 影治 照喜 : ICTを活用した遠隔診療支援システム, e-とくしま推進財団表彰, 徳島大学, 2014年1月.

2014年度(平成26年度)

prize.{@.date="20140400 20150399" @.organization=\E{148410}}

2014年度(平成26年度) / 賞(教育)

(なし)

2014年度(平成26年度) / 賞(研究)

1)平田 有紀奈, 山田 博胤, 西尾 進, 山尾 雅美, 鳥居 裕太, 坂東 美佳, 林 修司, 發知 淳子, 西條 良仁, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 : 頸動脈プラークスコアおよび心外膜脂肪厚により冠動脈狭窄が予測できるか?, 第25回日本心エコー図学会学術集会 ベストポスター賞, 日本心エコー図学会, 2014年4月.
2)坂東 美佳, 山田 博胤, 西尾 進, 天野 里江, 平田 有紀奈, 山尾 雅美, 鳥居 裕太, 林 修司, 發知 淳子, 西條 良仁, 佐田 政隆 : 頸動脈プラークの組織性状評価による冠動脈ステントの再狭窄の予測:iPlaqueを用いた検討, 第25回日本心エコー図学会学術集会 一般口演優秀賞, 日本心エコー図学会, 2014年4月.
3)後東 久嗣 : ベバシズマブに対する獲得耐性メカニズムとしての線維細胞(fibrocytes)の役割, 優秀演題賞 JAMTTC 2014 Award, 日本がん分子標的治療学会, 2014年6月.
4)竹内 麻由美, 松崎 健司 : 子宮頸部絨毛腺管状粘液性腺癌の1例, 打田賞, 日本腹部放射線学会, 2014年6月.
5)吉田 守美子 : Androgen receptor promotes sex-independent angiogenesis in response to ischemia and is required for activation of vascular endothelial growth factor receptor signaling., 日本動脈硬化学会 若手研究奨励賞, 日本動脈硬化学会, 2014年7月.
6)吉田 守美子 : Androgen receptor promotes sex-independent angiogenesis in response to ischemia and is required for activation of vascular endothelial growth factor receptor signaling., 徳島大学青藍会賞, 徳島大学, 2014年7月.
7)松本 和久, 高島 啓, 山口 浩司, 若槻 哲三, 西條 良仁, 高木 恵理, 原 知也, 齋藤 友子, 小笠原 梢, 坂東 美佳, 坂東 左知子, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 發知 淳子, 木村 恵理子, 飛梅 威, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 佐田 政隆 : シロリムス溶出ステント留置7年後に初めて造影剤ステント周囲滲み出し像を認めた一例, 第248回徳島医学会学術集会(平成25年度冬期)若手奨励賞, 徳島医学会, 2014年7月.
8)今田 久美子, 八木 秀介, 山口 浩司, 若槻 哲三, 伊勢 孝之, 太田 理絵, 門田 宗之, 高島 啓, 松浦 朋美, 飛梅 威, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : 心不全を合併した腎血管性高血圧に対する経皮的腎動脈形成術の有効性, 第248回徳島医学会学術集会(平成25年度冬期) 若手奨励賞, 徳島医学会, 2014年7月.
9)西岡 安彦 : 肺線維症におけるfibrocyteの増殖因子シグナル研究と診断・治療への展開, 岡本敏肺線維症研究基金, 社団法人 日本呼吸器学会, 2014年8月.
10)S Bando, Daiju Fukuda, Takeshi Soeki, E Uematsu, Michio Shimabukuro and Masataka Sata : Relationship between NLRP3 inflammasome activation in adipose tissue and atherosclerosis, ESC Congress 2014 Young Investigator Award Clinical Science, ヨーロッパ心臓病学会, Aug. 2014.
11)沼田 周助 : DNAメチル化修飾に注目した統合失調症の診断マーカーの開発, 第8回統合失調症研究会研究助成最優秀賞, 統合失調症研究会, 2014年9月.
12)岡崎 拓, 本庶 佑, 縣 保年, 石田 靖雅, 岩井 佳子, 西村 泰行, 湊 長博 : PD-1抗体によるがん免疫治療法の発見, 第4回JCA-CHAAO賞, 日本癌学会, 2014年9月.
13)西條 良仁, 山田 博胤, 西尾 進, 坂東 美佳, 發知 淳子, 林 修司, 澤田 直子, 高川 由利子, 平田 有紀奈, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 : 僧帽弁血流速波形の前負荷増大に対する反応性には左房機能が関与する, 第62回日本心臓病学会学術集会 優秀賞(優秀演題セッション 口演1 一般), 日本心臓病学会, 2014年9月.
14)沼田 周助 : 精神疾患のDNAメチル化修飾を用いた診断バイオマーカーの確立ならびに臨床応用, 第36回日本生物学的精神医学会若手研究者育成プログラム最優秀奨励賞, 日本生物学的精神医学会, 2014年9月.
15)天野 里江, 山田 博胤, 發知 淳子, 坂東 美佳, 西尾 進, 山尾 雅美, 鳥居 裕太, 平田 有紀奈, 原 國督, 佐田 政隆 : IGg4 関連疾患に伴う巨大冠動脈瘤の1例, 第24回日本超音波医学会四国地方会学術集会 The Best Imaging 優秀発表賞(心血管), 日本超音波医学会, 2014年10月.
16)足立 克仁, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 齋藤 美穂, 柏木 節子, 橋口 修二, 佐田 政隆, 髙尾 正一郎, 原田 雅史, 川井 尚臣 : Duchenne型筋ジストロフィー女性保因者における心臓MRIガドリニウム遅延造影と下腿筋CT, 第47回 塩田賞, 国立医療学会, 2014年11月.
17)平田 有紀奈, 山田 博胤, 西尾 進, 堀家 由貴, 玉井 佑里恵, 鳥居 祐太, 天野 里江, 山尾 雅美, 高川 由利子, 坂東 美佳, 林 修司, 楠瀬 賢也, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 : 頸動脈プラークスコア,心臓周囲脂肪厚と冠動脈硬化の関連:超音波検査を用いた検討, 第105回日本循環器学会四国地方会 コメディカルセッション 奨励賞, 社団法人 日本循環器学会, 2014年12月.
18)安友 康二 : 免疫難病の克服に向けた免疫調節の維持・破綻機構に関する研究, 日本免疫学会賞, 日本免疫学会, 2014年12月.
19)添木 武 : 生理活性ペプチド``グレリン''による新しい心臓病治療法の開発, 公益財團法人康樂會賞, 公益財団法人 康楽会, 2015年1月.
20)赤池 雅史 : 日本心臓財団・日本循環器学会「心臓」優秀査読賞, 日本心臓財団・日本循環器学会「心臓」優秀査読賞, 医学部教授, 2015年2月.
21)沼田 周助 : 血漿ホモシステイン濃度に着目した統合失調症の分子医学的病態解明研究, 第9回統合失調症研究会研究助成優秀賞, 統合失調症研究会, 2015年2月.
22)Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki and Masafumi Harada : Uterine cervical lesions: Diagnostic strategy by using advanced MR techniques, Cum Laude, European Society of Radiology, Mar. 2015.
23)山田 博胤, 楠瀬 賢也, S Nishio, 坂東 美佳, 發知 淳子, S Hayashi, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 山口 浩司, 岩瀬 俊, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 : Pre-load stress echocardiography for predicting the prognosis in mild heart failure., 平成26年度表彰論文 優秀賞, 公益財団法人 福田記念医療技術振興財団, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2015年度(平成27年度)

prize.{@.date="20150400 20160399" @.organization=\E{148410}}

2015年度(平成27年度) / 賞(教育)

1)六車 直樹 : 医学科教育・学生指導, 平成27年度医学部優秀教育賞, 徳島大学医学部, 2016年3月.

2015年度(平成27年度) / 賞(研究)

1)竹内 麻由美 : 特集<女性骨盤の画像スペクトラム - 生理的変化と良性病変のwide variation ->企画, 第11回「画像診断」Best Invited Editor賞, 学研メディカル秀潤社, 2015年4月.
2)橋本 一郎 : 日本形成外科学会学術奨励賞, 日本形成外科学会, 2015年4月.
3)齊藤 達哉 : 自然免疫応答の制御における細胞内分解系の役割, 文部科学大臣表彰若手科学者賞, 文部科学省, 2015年4月.
4)安友 康二 : リウマチ性疾患における免疫制御の破綻機構, ノバルティス・リウマチ医学賞, 日本リウマチ財団, 2015年5月.
5)親泊 政一 : 有意義な審査意見を付した専門委員に対する表彰, 平成26年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当)及び国際事業委員会書面審査員表彰, 日本学術振興会, 2015年7月.
6)S Nishimoto, 福田 大受, Y Higashikuni, K Tanaka, Y Hirata, 八木 秀介, 添木 武, 阪上 浩, 島袋 充生, 佐田 政隆 : The activation of toll-like receptor 9 deteriorates blood flow recovery after hind-limb ischemia., ESC Congress 2015 ベストポスター賞, European Society of Cardiology, 2015年8月.
7)坂東 左知子, 添木 武, 飛梅 威, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 山口 浩司, 八木 秀介, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 : 薬剤抵抗性のPurkinje起源心室頻拍に対し,人工呼吸管理・PCPS装着下にカテーテルアブレーション治療を施行し,社会復帰に成功した若年例の一例, 第63回日本心臓病学会学術集会 若手症例Presenter賞, 日本心臓病学会, 2015年9月.
8)苛原 稔 : 学会賞, 日本女性医学学会, 2015年11月.
9)高田 健介 : 胸腺における分化と選択の過程がTリンパ球の機能形成に果たす役割, 徳島大学若手研究者学長表彰, 徳島大学, 2015年11月.
10)吉田 守美子 : アンドロゲンの心血管保護作用の解明と,アンドロゲン受容体作動薬の臨床応用, 平成27年度徳島大学若手研究者学長表彰, 徳島大学, 2015年11月.
11)高田 健介 : 胸腺プロテアソームを介したCD8+ T細胞の正の選択に関する研究, 研究奨励賞, 日本免疫学会, 2015年11月.
12)原 知也, 福田 大受, 田中 君枝, 東邦 康智, 平田 陽一郎, 八木 秀介, 添木 武, 島袋 充生, 佐田 政隆 : FXa - PAR-2経路は血管の慢性炎症を惹起し動脈硬化を促進する, 第19回日本心血管内分泌代謝学会 若手研究奨励賞(YIA), 日本心血管内分泌代謝学会, 2015年12月.
13)六車 直樹 : GST活性型新規蛍光プローブによる大腸前癌病変ACFのin vivo分子イメージング, 優秀賞, G-PLUS, 2015年12月.
14)高田 健介 : 正の選択を誘導するペプチドの性状とT細胞機能形成への寄与, 康楽賞, 徳島大学, 2016年1月.
15)原 知也, 福田 大受, 田中 君枝, 東邦 康智, 平田 陽一郎, 八木 秀介, 添木 武, 島袋 充生, 佐田 政隆 : プロテアーゼ活性化受容体2によるマクロファージ活性化を介した新しい動脈硬化進展機序の検討, 第45回日本心脈管作動物質学会 若手研究奨励賞(YIA), 日本心脈管作動物質学会, 2016年2月.
16)沼田 周助 : メタ解析とメンデル無作為化アプローチによる統合失調症と血中CRP値の関連検討研究, 第10回統合失調症研究会研究助成優秀賞, 統合失調症研究会, 2016年2月.
17)楠瀬 賢也, 發知 淳子, Y Takagawa, S Nishio, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 : Serial Imaging Changes During Treatment of Immunogloblin G4-related Disease with Multiple Pseudo Tumors. Circulation 2015;131:1882-1883., 第5回日本循環器学会 循環器臨床研究奨励賞(症例報告部門), 社団法人 日本循環器学会, 2016年3月.
18)楠瀬 賢也, 山田 博胤, 發知 淳子, 坂東 美佳, S Nishio, Y Hirata, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 八木 秀介, 添木 武, 若槻 哲三, 岸 潤, 佐田 政隆 : Prediction of Future Overt Pulmonary Hypertension by 6-Min Walk Stress Echocardiography in Patients with Connective Tissue Disease. J Am Coll Cardiol. 2015;66:376-384., 第3回日本循環器学会 循環器イメージング賞, 社団法人 日本循環器学会, 2016年3月.

2015年度(平成27年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2016年度(平成28年度)

prize.{@.date="20160400 20170399" @.organization=\E{148410}}

2016年度(平成28年度) / 賞(教育)

1)住谷 さつき : 教養教育賞(2016前期), 徳島大学, 2016年10月.
2)Hirokazu Uemura : Best teacher of the year 2016, Faculty of Medicine, Mar. 2017.

2016年度(平成28年度) / 賞(研究)

1)Koji Yasutomo : Foreign Associate member, Elected member, American Society of Clinical Investigation, Apr. 2016.
2)常山 幸一 : 異なるメカニズムに起因する新しい肝細胞癌モデル動物の開発と病態解析,及び治療法解明への応用, 日本病理学会学術研究賞, 2016年4月.
3)Misawa Takuma, Tatsuya Saitoh, Kozaki Tatsuya, Park Sehoon, Michihiro Takahama and Akira Shizuo : Resveratrol inhibits the acetylated -tubulin-mediated assembly of the NLRP3-inflammasome, International Immunology Outstanding Merit Award 2015, Oxford University Press, Apr. 2016.
4)竹内 麻由美, 松崎 健司, 原田 雅史 : 女性骨盤部領域における磁化率強調像の臨床応用, 第75回日本医学放射線学会総会 教育展示優秀賞, 社団法人 日本医学放射線学会, 2016年4月.
5)楠瀬 賢也, 山田 博胤, 鳥居 裕太, 西尾 進, 天野 里江, 山尾 雅美, 瀬野 弘光, 西條 良仁, 林 修司, 佐田 政隆 : 左室ストレイン値の不均衡を用いた頻脈性不整脈患者における左室収縮能改善の予測, 第89回学術集会 第17回奨励賞, 日本超音波医学会, 2016年5月.
6)山上 圭, 西條 良仁, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 瀬野 弘光, 原 知也, 上野 理絵, 門田 宗之, 齋藤 友子, 山﨑 宙, 坂東 左知子, 伊藤 浩敬, 轟 貴史, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 : 生体腎移植後における腎静脈-外腸骨静脈間の血流動態変化が一因と考えられた深部静脈血栓症の一例, 第108回日本循環器学会中国・四国合同地方会 「研修医奨励賞」, 日本心臓病学会, 2016年6月.
7)沼田 周助 : Blood diagnostic biomarkers for major depressive disorder using multiplex DNA methylation profiles: discovery and validation, 青藍会賞, 徳島大学青藍会, 2016年7月.
8)天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, 天知 良太, 日浅 雅博, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 破骨細胞はTAK1の発現誘導を介しアポトーシスを抑制しTRAILにより成熟活性化される, 第34回日本骨代謝学会学術集会・第3回アジア太平洋骨代謝学会議,Young investigator award., 日本骨代謝学会, 2016年7月.
9)安倍 正博 : 骨髄腫に伴う骨病変の病態解明と治療法の開発, 第34回日本骨代謝学会学術集会 尾形賞, 日本骨代謝学会, 2016年7月.
10)村上 貴寛, 八木 秀介, 原 知也, 伊勢 孝之, 楠瀬 賢也, 松浦 朋美, 飛梅 威, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 島袋 充生, 赤池 雅史, 春藤 譲治, 佐田 政隆 : 原発性アルドステロン症の診断に有用な臨床所見の検討, 第253回徳島医学会学術集会(平成28年度夏期)「若手奨励賞」, 徳島医学会, 2016年7月.
11)西條 良仁, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 瀬野 弘光, 西尾 進, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 山口 浩司, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 : 下肢陽圧負荷心エコー検査により将来の左房圧上昇を予測できるか, 第64回日本心臓病学会学術集会 優秀演題セッション(医師部門)優秀賞, 日本心臓病学会, 2016年9月.
12)Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, Hiromitsu Seno, Y Saijo, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata : Longitudinal Strain Distribution is a Powerful Predictor for Functional Recovery in Patients with Tachycardia-induced Cardiomyopathy, KSC2016 Young Investigator's Award, The 60th Annual Scientific Meeting of The Korean Society of Cardiology, Sep. 2016.
13)佐々木 俊晃, 金澤 裕樹, 松元 友暉, 池光 捺貴, 臼田 貴俊, 林 裕晃, 三好 光晴, 原田 雅史 : MTパルスを付加したT1値の算出, 第44回日本放射線技術学会秋季学術大会 座長推薦優秀研究発表, 社団法人 日本放射線技術学会, 2016年10月.
14)松元 友暉, 金澤 裕樹, 池光 捺貴, 佐々木 俊晃, 林 裕晃, 三好 光晴, 原田 雅史, 大塚 秀樹 : QSMファントムの作成方法, 第44回日本放射線技術学会秋季学術大会 座長推薦優秀研究発表, 社団法人 日本放射線技術学会, 2016年10月.
15)瀬野 弘光, 山田 博胤, 楠瀬 賢也, 西條 良仁, 平田 有紀奈, 鳥居 裕太, 天野 里江, 山尾 雅美, 西尾 進, 佐田 政隆 : 肺動脈内に可動性に富む巨大血栓を認めた慢性血栓閉塞性肺動脈高血圧症の一例, 第26回四国地方会学術集会 「The Best Imaging 最優秀賞」, 日本超音波医学会, 2016年10月.
16)山川 哲生, 三宅 雅人, 津川 和江, 宮本 千伸, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 腎癌の予後に関係する新規PERK 経路下流因⼦(ncRNA)について, 第11回小胞体ストレス研究会ポスター賞, 小胞体ストレス研究会, 2016年10月.
17)佐田 政隆 : 肥満に伴う脂肪組織における慢性炎症の病態の解明, 科学技術大賞(科学技術振興部門), 徳島県, 2016年10月.
18)桑野 由紀 : 超保存領域をコードするT-UCRを介した大腸がん悪性化機構の解明, 若手研究者学長表彰, 徳島大学, 2016年11月.
19)行重 佐和香, 楠瀬 賢也, 瀬野 弘光, 西條 良仁, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 山口 浩司, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 : 成人期に心不全症状を契機に発見された左室緻密化障害の一例, 第109回日本循環器学会四国地方会 学生・研修医奨励賞, 社団法人 日本循環器学会, 2016年12月.
20)松原 あつみ, 安井 苑子, 齋藤 裕, 谷村 真優, 松浦 明香, 大岩 優, 西 麻希, 山田 静恵, 谷 佳子, 松村 晃子, 島田 光生, 濵田 康弘 : 胃癌・膵癌患者の予後予測に有用な栄養評価法の検討, 若手優秀特別研究賞, 日本病態栄養学会, 2017年1月.
21)Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, Susumu Nishio, Yukina Hirata, Hiromitsu Seno, Y Saijo, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata : Right Ventricular Myocardial Strain during Preload Augmentation is Associated with Exercise Capacity in Patients with Chronic Heart Failure, Young Investigator's Award (Clinical Research ), The Japanese Circulation Society, Mar. 2017.

2016年度(平成28年度) / 賞(社会貢献)

(なし)

2017年度(平成29年度)

prize.{@.date="20170400 20180399" @.organization=\E{148410}}

2017年度(平成29年度) / 賞(教育)

1)楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 西條 良仁, 瀬野 弘光, 大櫛 祐一郎, 平田 有紀奈, 鳥居 裕太, 山尾 雅美, 阿部 美保, 佐田 政隆 : 下肢陽圧負荷心エコー図法で算出したprojected AVAiを用いた低圧較差高度大動脈弁狭窄のリスク層別化, 第28回学術集会YOUNG INVESTIGATOR'S AWARD 最優秀賞, 日本心エコー図学会, 2017年4月.
2)松浦 朋美, 飛梅 威, 添木 武, 佐田 政隆 : 遅速型房室結節リエントリー性頻拍中のdirect slow pathway captureに基づく順行性遅伝導路同定法についての検討, 最優秀演題賞, 第47回臨床心臓電気生理研究会, 2017年5月.
3)轟 貴史, 若槻 哲三, 川端 豊, 伊藤 浩敬, 伊勢 孝之, 廣野 明, 飛梅 威, 山口 浩司, 佐田 政隆 : 局所的な右腎動脈狭窄を認め血管内超音波を併用し経皮的腎動脈形成術を施行した繊維筋性異形成症の1症例, 優秀演題賞, 第24回日本心血管インターベーション治療学会 中国・四国地方会, 2017年9月.
4)楠瀬 賢也, 山田 博胤, 西尾 進, 鳥居 裕太, 平田 有紀奈, 瀬野 弘光, 西條 良仁, 伊勢 孝之, 山口 浩司, 八木 秀介, 添木 武, 若槻 哲三, 佐田 政隆 : Preload Stress Echocardiography Predicts Outcomes in Patients with Pre-served Ejection Fraction and Low Gradient Aortic Stenosis, Young Investigators Award 最優秀賞, 第65回日本心臓病学会学術集会, 2017年9月.

2017年度(平成29年度) / 賞(研究)

1)Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, A Oda, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, A Baterdene, Keiichiro Watanabe, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Osteoclasts utilize TRAIL for their NF-B activation, but TAK1 inhibition resumes TRAIL-induced apoptosis in osteoclasts., ANZBMS Plenary Poster Award., Australian and New Zealand Bone and Mineral Society, Jun. 2017.
2)平田 有紀奈, 西尾 進, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 佐田 政隆 : 外膜下脂肪厚を用いた糖尿病患者における冠動脈狭窄の診断, 第42回日本超音波検査学会学術集会YIA, 日本超音波検査学会, 2017年6月.
3)荒井 大志, 泰江 章博, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 親泊 政一, 田中 栄二 : CRISPR/Casシステムを用いたMsx1遺伝子各ドメインの形態形成における機能検証, 第76回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞 (academic exhibits competition 部門), 日本矯正歯科学会, 2017年10月.
4)幸坂 育歩, 金澤 裕樹, 馬場 幸太郎, 松元 優暉, 林 裕晃, 原田 雅史 : MR Elastographyの振動波定量解析, 第45回日本放射線技術学会秋季学術大会 座長推薦優秀研究発表, 社団法人 日本放射線技術学会, 2017年12月.

2017年度(平成29年度) / 賞(社会貢献)

(なし)