RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel
期間: 2007.4〜2018.3

2010年度(平成22年度)

article.{@.date="20100400 20110399" @.organization=\E{166679}}

2010年度(平成22年度) / 著書

(なし)

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2010年度(平成22年度) / 学術レター

(なし)

2010年度(平成22年度) / 総説・解説

(なし)

2010年度(平成22年度) / 国際会議

(なし)

2010年度(平成22年度) / 国内講演発表

1)玉有 朋子, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 勝瑞遺跡デジタル博物館の開発, 日本建築学会四国支部研究報告集, No.10, 51-52, 2010年4月.
2)玉有 朋子, 渡辺 公次郎 : ウェブサイトを活用した勝瑞遺跡デジタル博物館の開発, --- その1 携帯サイトとPCサイトの開発 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 1061-1062, 2010年9月.
3)渡辺 公次郎, 玉有 朋子 : ウェブサイトを活用した勝瑞遺跡デジタル博物館の開発, --- その2 個人用サイトの開発と評価実験について ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 1063-1064, 2010年9月.

2010年度(平成22年度) / 作品等

(なし)

2010年度(平成22年度) / その他・研究会

(なし)

2010年度(平成22年度) / 報告書

(なし)

2011年度(平成23年度)

article.{@.date="20110400 20120399" @.organization=\E{166679}}

2011年度(平成23年度) / 著書

(なし)

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (審査論文)

1)山中 亮一, 上月 康則, 桶川 博教, 森 紗綾香, 一色 圭佑, 前田 真里, 川井 浩史, 石垣 衛, 中西 敬, 上嶋 英機, 平井 住夫 : 尼崎運河における構造物底面への生物付着防止方法の提案とその効果, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.67, No.2, 1036-1040, 2011年.
2)Sakiko Haito-Sugino, Mikiko Ito, Akiko Ohi, Yuji Shiozaki, Natsumi Kangawa, Takashi Nishiyama, Fumito Aranami, Shohei Sasaki, Sayaka Mori, Shinsuke Kido, Sawako Tatsumi, Hiroko Segawa and Ken-ichi Miyamoto : Processing and stability of type IIc sodium-dependent phosphate cotransporter mutations in patients with hereditary hypophosphatemic rickets with hypercalciuria., American Journal of Physiology, Cell Physiology, Vol.302, No.9, C1316-30, 2011.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2011年度(平成23年度) / 学術レター

(なし)

2011年度(平成23年度) / 総説・解説

(なし)

2011年度(平成23年度) / 国際会議

1)Ryoichi Yamanaka, Yasunori Kozuki, Keisuke Isshiki, Sayaka Mori, Mari Maeda, Hironori Okegaawa, Hroshi Kawai, Mamoru Ishigaki, Takashi Nakanishi, Hideki Ueshima and Sumio Hirai : Development of Water Quality Improvement Channel with Citizen in Amagasaki Canal, Japan, The Ninth International Meeting on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas (EMECS9), Baltimore, USA, Aug. 2011.
2)Atsuya Yoshida, Hiroshi Miyai, Sayaka Mori, Hideo Yamanaka and Tomoko Tamaari : The Roles of University Satellites and Educational Programs for Human Resourses development in Rural Areas, 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), Oct. 2011.
3)Tomoko Tamaari, Atsuya Yoshida, Hideo Yamanaka, Toshiaki Sawada, Sayaka Mori and Hiroshi Miyai : A Study on Elderly Person's Learning Support with Slate Devices for the Community Revitalization, 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), Tokushima, Japan, Oct. 2011.

2011年度(平成23年度) / 国内講演発表

1)一色 圭佑, 山中 亮一, 森 紗綾香, 前田 真里, 桶川 博教, 石田 達憲, 上月 康則 : 尼崎運河での水質改善実験水路からの藻類バイオマス回収について, 平成23年度土木学会四国支部第17回技術研究発表会講演概要集, VII-14, 2011年5月.
2)森 紗綾香, 山中 亮一, 上月 康則, 中西 敬, 平井 研, 一色 圭佑, 前田 真里, 上嶋 英機, 田尻 和行, 平井 住夫 : 尼崎運河における水質汚濁と水質改善技術を題材とした環境教育の波及効果と水質改善活動の実施, 平成23年度日本沿岸域学会全国大会(広島), 2011年9月.
3)玉有 朋子, 平井 松午, 髙橋 晋一, 吉田 敦也 : 電子書籍を用いた徳島県上勝町における棚田案内ガイドブックの開発, 第5回四国GISシンポジウム, 2012年1月.

2011年度(平成23年度) / 作品等

(なし)

2011年度(平成23年度) / その他・研究会

(なし)

2011年度(平成23年度) / 報告書

1)吉田 敦也, 宮井 浩志, 森 紗綾香, 玉有 朋子 : 平成23年度上勝学講座記録集, 平成23年度上勝学講座記録集, 1-128, 2012年3月.

2012年度(平成24年度)

article.{@.date="20120400 20130399" @.organization=\E{166679}}

2012年度(平成24年度) / 著書

(なし)

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (審査論文)

1)玉有 朋子, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 歴史観光まちづくり支援のためのデジタル博物館の開発, --- 勝瑞遺跡におけるケーススタディ ---, 日本建築学会技術報告集, Vol.18, No.39, 721-726, 2012年.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2012年度(平成24年度) / 学術レター

(なし)

2012年度(平成24年度) / 総説・解説

(なし)

2012年度(平成24年度) / 国際会議

(なし)

2012年度(平成24年度) / 国内講演発表

(なし)

2012年度(平成24年度) / 作品等

(なし)

2012年度(平成24年度) / その他・研究会

(なし)

2012年度(平成24年度) / 報告書

(なし)

2013年度(平成25年度)

2014年度(平成26年度)

article.{@.date="20140400 20150399" @.organization=\E{166679}}

2014年度(平成26年度) / 著書

(なし)

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (審査論文)

1)磯野 巧 : 東京都大島町における自然ガイド活動の地域的展開, 地学雑誌, Vol.124, No.1, 43-63, 2015年.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)磯野 巧, 安村 健亮, 渡辺 亮佑, 梁 鎮武, 曲 宇航 : 中山道望月宿における歴史的町並みの形成過程, 地域研究年報, Vol.37, 1-31, 2015年.

2014年度(平成26年度) / 学術レター

(なし)

2014年度(平成26年度) / 総説・解説

(なし)

2014年度(平成26年度) / 国際会議

(なし)

2014年度(平成26年度) / 国内講演発表

1)磯野 巧 : オーストラリアにおけるジオパーク運動をめぐる地方自治体の対応, 日本地理学会2015年春季学術大会, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 作品等

(なし)

2014年度(平成26年度) / その他・研究会

(なし)

2014年度(平成26年度) / 報告書

(なし)

2015年度(平成27年度)

article.{@.date="20150400 20160399" @.organization=\E{166679}}

2015年度(平成27年度) / 著書

1)Takumi Isono : Structural Change of Tourist Destinations through Developing the Geopark Movement in Australia, Jul. 2015.

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2015年度(平成27年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2015年度(平成27年度) / 学術レター

(なし)

2015年度(平成27年度) / 総説・解説

(なし)

2015年度(平成27年度) / 国際会議

1)Takumi Isono : Local Governments' Towards to the Geopark Movement in Australia, 10th China-Japan-Korea Joint Conference on Geography, Oct. 2015.

2015年度(平成27年度) / 国内講演発表

(なし)

2015年度(平成27年度) / 作品等

(なし)

2015年度(平成27年度) / その他・研究会

(なし)

2015年度(平成27年度) / 報告書

(なし)

2017年度(平成29年度)

article.{@.date="20170400 20180399" @.organization=\E{166679}}

2017年度(平成29年度) / 著書

(なし)

2017年度(平成29年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Tomoyo Sasao, Shin'ichi Konomi, Vassilis Kostakos, Keisuke Kuribayashi and Jorge Goncalves : Community Reminder: Participatory Contextual Reminder Environments for Local Communities, International Journal of Human-Computer Studies, Vol.102, 41-53, 2017.
2)吉田 敦也 : 参加共創型オープンイノベーションの場となるフューチャーセンター ー地域に根ざした大学の役割, 環境情報科学, Vol.46, No.4, 47-52, 2017年.

2017年度(平成29年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2017年度(平成29年度) / 学術レター

(なし)

2017年度(平成29年度) / 総説・解説

(なし)

2017年度(平成29年度) / 国際会議

1)Shin'ichi Konomi, Tomoyo Sasao, Simo Hosio and Kaoru Sezaki : Exploring the Use of Ambient WiFi Signals to Find Vacant Houses, Lecture Notes in Computer Science, Vol.10217, 130-135, Apr. 2017.
2)Tomoyo Sasao and Shin'ichi Konomi : Flyer Mapping in Art Museums: Acquiring Implicit Feedback Using Physical Objects, Lecture Notes in Computer Science, Vol.10291, 371-379, Jul. 2017.
3)Tomoyo Sasao : Active Learning with Local Community - Future Center Projects of Tokushima University, International Symposium, Learning Analytics And Adaptive Aids for Active Adults At All Ages (LA9), Mar. 2018.

2017年度(平成29年度) / 国内講演発表

1)笹尾 知世, 木實 新一 : フライヤーの取得行動情報に基づく店舗訪問者の嗜好抽出 ーフライヤー取得行動センシングのための初歩的実験ー, HCGシンポジウム2017論文集, 2017年12月.

2017年度(平成29年度) / 作品等

(なし)

2017年度(平成29年度) / その他・研究会

1)笹尾 知世 : 大学と地域を繋ぐ空間情報技術の可能性と課題, 東京大学空間情報科学研究センター平成29年度空間情報科学研究会, 2018年3月.

2017年度(平成29年度) / 報告書

(なし)