RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel.
期間: 2007.4〜2018.3

2007年度(平成19年度)

article.{@.date="20070400 20080399" @.organization=\E{166679}}

2007年度(平成19年度) / 著書

1)吉田 敦也 : 市民の健康をめざす大学開放プログラム, 東洋館出版社, 2007年4月.
2)久保田 滋, 樋口 直人, 矢部 拓也, 高木 竜輔 : 再帰的近代の政治社会学, --- 吉野川可動堰問題と民主主義の実験 ---, ミネルヴァ書房, 京都, 2008年2月.
3)安河内 恵子, 矢部 拓也 : 既婚女性の就業とネットワーク, ミネルヴァ書房, 2008年2月.
4)西山 賢一, 望月 秋利, 上野 勝利, 吉村 洋 : 徳島県における沖積地盤と徳島平野の地盤構造, 社団法人 地盤工学会, 高松, 2008年3月.
5)吉田 敦也 : ユビキタス双六遍路ーICT利活用推進と市民の健康づくりを支援するバーチャルお遍路システム, 第一法規, 2008年3月.
6)青山 吉隆, 小谷 通泰, 伊藤 雅, 柄谷 友香, 酒井 弘, 塩士 圭介, 鈴木 義康, 谷口 守, 塚本 直幸, 波床 正敏, 松中 亮治, 山中 英生, 義浦 慶子, 吉川 耕司, 吉田 諭史 : LRTと持続可能なまちづくり, --- 都市アメニティの向上と環境負荷の低減をめざして ---, 株式会社学芸出版社, 京都, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Yoshiki Kashiwada, Michiko Sekiya, Kimihisa Yamazaki, Yasumasa Ikeshiro, Toshihiro Fujioka, Takashi Yamagishi, Shuji Kitagawa and Yoshihisa Takaishi : Triterpenoids from the Floral Spikes of Betula platyphylla var. japonica and Their Reversing Activity against Multidrug-Resistant Cancer Cells, Journal of Natural Products, Vol.70, No.4, 623-627, 2007.
2)Pu Liu, Jie Teng, Yanwen Zhang, 高石 喜久, Hongyuan Duan : Chemical constituents from rhizome of Phlomis umbrosa., Yao Xue Xue Bao, Vol.42, No.4, 401-404, 2007年.
3)Shuji Kitagawa, Tomohiro Nabekura, Yutaka Nakamura, Tomoharu Takahashi and Yoshiki Kashiwada : Inhibition of P-glycoprotein function by tannic acid and pentagalloylglucose., The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.59, No.7, 965-969, 2007.
4)Ying-Qian Xu, Zhi Yao, Jun-Yi Hu, Jie Teng, Yoshihisa Takaishi and Hong-Quan Duan : Immunosuppressive terpenes from Prinsepia utilis., Journal of Asian Natural Products Research, Vol.9, No.6-8, 637-642, 2007.
5)Chan Ming Li, Zhi Yao, Wen Yan Zhang, Yoshihisa Takaishi and Quan Hong Duan : A novel chalcone derivative from Onychium japonicum., Chinese Chemical Letters, Vol.18, No.7, 840-842, 2007.
6)Asahara Shingo, Kinya Miura, Otsuka Natsuhiko, Katsutoshi Ueno and Takahara Toshiyuki : Coupled Analysis of the Behavior of Seabed Subjected to Sea Wave with Different Formulation of Geomaterials, The Seventeenth (2007) International Offshore and Polar Engineering Conference, 2007.
7)藤澤 正一郎, 大橋 眞, 英 崇夫 : 徳島大学全学共通「創成学習」科目における能力自己評価, 工学教育, Vol.55, No.4, 48-52, 2007年.
8)平井 松午, 豊田 哲也, 田中 耕市, 萩原 八郎, 木内 晃 : 三好市「旧東祖谷山村」における土地利用の変化, 阿波学会紀要, No.53, 195-205, 2007年.
9)寺田 賢治, 鴨頭 大輔 : ズーム付きインターネットカメラを用いた座っている人物の異常動作の検出, 画像電子学会誌, Vol.36, No.4, 444-455, 2007年.
10)長積 仁, 佐藤 充宏, 榎本 悟 : 行政依存型組織から自律を図る地域スポーツクラブの組織行動とその様相, 生涯スポーツ学研究, Vol.5, No.1, 1-11, 2007年.
11)Waka Hashida, Naonobu Tanaka and Yoshihisa Takaishi : Prenylated xanthones from Hypericum ascyron, Journal of Natural Medicines, Vol.61, No.4, 371-374, 2007.
12)Satoshi Yamauchi, Takuya Sugahara, Junko Matsugi, Tatsushi Someya, Toshiya Masuda, Taro Kishida, Koichi Akiyama and Masafumi Maruyama : Effect of the Benzylic Structure of Lignan on Antioxidant Activity, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.71, No.9, 2283-2290, 2007.
13)Toshiya Masuda, Nao Fujita, Yuka Odaka, Yoshio Takeda, Shigetomo Yonemori, Katsuo Nakamoto and Hideki Kuninaga : Tyrosinase Inhibitory Activity of Ethanol Extracts from Medicinal and Edible Plants Cultivated in Okinawa and Identification of A Water-Soluble Inhibitor from the Leaves of Nandina domestica, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.71, No.9, 2316-2320, 2007.
14)Matsuura Masahiro and Hideo Yamanaka : PLANNING THROUGH ASSISTED NEGOTIATION:CONSENSUS BUILDING FOR TRAFFIC SAFETY, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.7, 1546-1558, 2007.
15)Hideo Yamanaka and Susumu Namerikawa : MEASURING LEVEL-OF-SERVICE FOR CYCLING OF URBAN STREETS USING "PROBE BICYCLE SYSTEM", Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.7, 1614-1625, 2007.
16)滑川 達, 山中 英生 : コンセンサス・ビルディング手法による検討委員会設立・運営に対する参加者評価, 土木計画学研究·論文集, Vol.24, No.1, 131-138, 2007年.
17)三輪 昌史, 川口 博史, 堂岡 和親, 米山 聡, 土谷 茂樹, 越本 泰弘 : マイクロ光造形法で作製した微小構造物の内部構造と縦弾性係数, 実験力学, Vol.7, No.3, 277-281, 2007年.
18)鈴江 宗大, 秀浦 光, 三谷 哲雄, 山中 英生 : 一時停止支援警告に対する走行体感評価実験, 交通工学研究発表会論文集, Vol.27, 13-16, 2007年.
19)柿原 健佑, 山中 英生, 滑川 達 : プローブバイシクルを用いた高齢者の自転車走行時の挙動に関する分析, 交通工学研究発表会論文集, Vol.27, 297-300, 2007年.
20)Hitoshi Takagi, Syuhei Kako, Koji Kusano and Akiharu Ousaka : Thermal conductivity of PLA-bamboo fiber composites, Advanced Composite Materials, Vol.16, No.4, 377-384, 2007.
21)Yuki Izawa, Masanori Yoshizumi, Keisuke Ishizawa, Yoshiko Fujita, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Kazuyoshi Kawazoe, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki : Big mitogen-activated protein kinase 1 (BMK1)/extracellular signal regulated kinase 5 (ERK5) is involved in platelet-derived growth factor (PDGF)-induced vascular smooth muscle cell migration, Hypertension Research, Vol.30, No.11, 1107-1117, 2007.
22)寺田 賢治, 鴨頭 大輔 : インターネットカメラを用いた不審行動人物の検出, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.127-C, No.11, 1871-1879, 2007年.
23)森本 恵美, 滑川 達, 岡本 太地, 山中 英生 : 落札企業の地域性に着目した被指名実績と工事成績評定との関係に関する統計分析, 建設マネジメント研究論文集, Vol.14, 263-276, 2007年.
24)上野 勝利, 吉田 敦也 : 大規模災害に備えた住民自らによる自立的な通信手段の必要性とVoIP アマチュア無線について, 21 世紀の南海地震と防災, Vol.2, 2007年.
25)Kyoko Suzuki, Mamoru Okasaka, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Gisho Honda, Michiho Ito, Yoshio Takeda, Olimjon K. Kodshimatov, Ozodbek Ashurmetov, Michiko Sekiya and Yasumasa Ikeshiro : Sesquiterpene Lactone from the Roots of Ferula varia and Their Cytotoxic Activity,, Journal of Natural Products, Vol.70, No.12, 1915-1918, 2007.
26)Wen Zhou, Hongru Li, Shufen Li, 高石 喜久, Hongquan Duan : Study on chromatographic fingerprint of extractive from Tripterygium wilfordii with supercritical carbon dioxide., China Journal of Chinese Materia Medica, Vol.32, No.8, 706-709, 2007年.
27)Michiko Sekiya, Yoshiki Kashiwada, Tomohiro Nabekura, Shuji Kitagawa, Takashi Yamagishi, Takako Yokozawa, Takashi Ichiyanagi, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi : Effect of Triterpenoids from the Floral Spikes of Betula platyphylla var. japonica on Glycoprotein Function, Planta Medica, Vol.73, No.15, 1558-1562, 2007.
28)P. Zhe, Hideo Yamanaka and K. Kakihara : Evaluation of shared use of bicycles and pedestrians in Japan, WIT Transactions on the Built Environment, Vol.14, 47-56, 2008.
29)Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Measurement System of Transfer Motion for Patients With Spinal Cord Injuries, IEEE Transactions on Instrumentation and Measurement, Vol.57, No.1, 213-219, 2008.
30)Toshiya Masuda, Yuka Odaka, Natsuko Ogawa, Katsuo Nakamoto and HIdeki Kuninaga : Identification of Geranic Acid, a Tyrosinase Inhibitor in Lemongrass (Cymbopogon citratus), Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.56, No.2, 597-601, 2008.
31)Yoshio Takeda, Maki Tomonari, Shihoko Arimoto, Toshiya Masuda, Hideaki Otsuka, Katsuyoshi Matsunami, Gisho Honda, Michiho Ito, Yoshihisa Takaishi, Fumiyuki Kiuchi, Olimjon K. Khodzhimatov and Ozodbek A. Ashurmetov : A new phenolic glucoside from an Uzbek medicinal plant, Origanum tyttanthum, Journal of Natural Medicines, Vol.62, No.1, 71-74, 2008.
32)森 浩司, 高木 均 : バインダを用いない竹繊維グリーンコンポジットの機械的性質に及ぼす成形条件の影響, 日本機械学会論文集(A編), Vol.74, No.737, 84-89, 2008年.
33)田代 優秋, 山中 英生, 森本 恵美, 西田 信夫 : 徳島大学における経営センスを有するπ型技術者の育成を目指した長期インターンシップの取り組み, 大学教育研究ジャーナル, No.5, 59-67, 2008年.
34)長積 仁, 佐藤 充宏, 松永 敬子, 榎本 悟 : 地域文化に対する享受能力がコミュニティへの帰属意識に及ぼす影響-地域文化を活かしたまちづくりへの有効性の検討-, レジャー・レクリエーション研究, Vol.60, 15-27, 2008年.
35)大橋 眞, 齊藤 隆仁, 佐藤 高則, 中恵 真理子, 田村 貞夫, Idu Mamaena Loise : 共創型授業における社会人活用の展開, 大学教育研究ジャーナル, No.5, 13-25, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)佐竹 昌之, 荒木 秀夫, 小原 繁, 的場 秀樹, 佐藤 充宏, 長積 仁, 三浦 哉, 田中 俊夫, 長谷川 典子 : 生活のQOLを高めることを目指したウオーキング・ランニングの在り方に関する総合的研究, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.15, 1-13, 2007年.
2)高木 竜輔, 松谷 満, 丸山 真央, 矢部 拓也, 樋口 直人 : 嘉田県政誕生をめぐる有権者意識と投票行動, --- 「漁船」はなぜ「軍艦」に勝てたのか ---, 徳島大学社会科学研究, No.21, 1-43, 2008年.
3)丸山 真央, 松谷 満, 久保田 滋, 伊藤 美登里, 矢部 拓也, 田辺 俊介, 高木 竜輔 : 日本型ポピュリズムの論理と心情, --- 2007年東京都知事選挙における有権者の投票行動の分析 ---, 茨城大学地域総合研究所年報, Vol.41, No.41, 81-115, 2008年.

2007年度(平成19年度) / 学術レター

(なし)

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1)寺田 賢治 : 複雑で曖昧な人の動きの定量化技術, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.127, No.6, 812-816, 2007年6月.
2)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第4講)租税負担配分原則と固定資産税, , Vol.62, No.6, 118-132, 2007年6月.
3)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第5講)固定資産税における非課税等の特別措置のあり方, , Vol.62, No.7, 106-119, 2007年7月.
4)山中 英生 : 交通安全の価値とは?, 高速道路と自動車, Vol.50, No.7, 5-8, 2007年7月.
5)増田 俊哉 : 沖縄産植物資源の含有機能性成分の探索, Foods & Food Ingredients Journal of Japan, Vol.212, No.8, 654-665, 2007年8月.
6)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第6講)固定資産税の普遍性と地域格差, , Vol.62, No.8, 114-127, 2007年8月.
7)石田 和之 : 固定資産税の歩み, 資産評価情報, No.160, 2-7, 2007年9月.
8)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第7講)固定資産税の安定性, , Vol.62, No.9, 80-93, 2007年9月.
9)山中 英生 : 自転車に配慮した道づくりの展開, 交通安全教育, No.498, 6-16, 2007年9月.
10)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第8講)固定資産税の応益性, , Vol.62, No.10, 156-170, 2007年10月.
11)高石 喜久, Freddy A. Ramos, 田所 哲男, 竹内 実 : 玉葱皮に含まれる新規な抗菌・抗酸化化合物, New Food Industry, Vol.49, No.11, 1-8, 2007年11月.
12)Ichikawa Haruyo, Nakamura Yutaka, Yoshiki Kashiwada and Aggarwal B. Bharat : Anticancer Drugs Designed by Mother Nature: Ancient Drugs but Modern Targets, Current Pharmaceutical Design, Vol.13, No.33, 3400-3416, Nov. 2007.
13)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第9講)家屋に対する固定資産税, , Vol.62, No.11, 102-119, 2007年11月.
14)高木 均 : グリーンコンポジットの現状と将来, カーボンニュートラル材料最前線, 16-24, 2007年11月.
15)高石 喜久 : 天然医薬品と健康食品, 四国医学雑誌, Vol.63, No.5,6, 164-169, 2007年12月.
16)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第10講)固定資産税における償却資産の存在, , Vol.62, No.12, 133-146, 2007年12月.
17)浮田 浩行, 福田 直毅, 吉田 敦也 : eラーニングとスクーリングによる小中学生のためのロボットプログラミング講座, 日本機械学会誌, Vol.110, No.1069, 28-29, 2007年12月.
18)高木 均 : グリーンコンポジット, 日本実験力学学会誌, Vol.7, No.4, 409-410, 2007年12月.
19)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第11講)基幹税としての固定資産税∼他の諸税との関係, , Vol.63, No.1, 142-157, 2008年1月.
20)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第12講)固定資産税における資産評価の意義と論点, , Vol.63, No.2, 230-250, 2008年2月.
21)高木 均 : 機能性グリーンコンポジットの開発とその評価方法, ポリファイル, Vol.45, No.528, 40-45, 2008年2月.
22)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第13講)土地利用規制と固定資産評価, , Vol.63, No.3, 178-194, 2008年3月.
23)吉田 敦也 : シニア情報生活アドバイザー事業の社会的な意義と活動, 研究成果レポート, No.21, 3-21, 2008年3月.
24)山中 英生 : 自転車交通を使いこなす都市・道路づくりへ, 交通工学, Vol.43, No.2, 1-2, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1)Hitoshi Takagi and Akira Asano : Fabrication and characterization of cellulosic nanofiber reinforced composites, Proceedings of 16th International Conference on Composite Materials, 132-133, Kyoto, Jul. 2007.
2)Nobuyuki Iwama, Koichi Tanaka, Midori Sasaki and Nobuhiko Komaki : The analysis of Japanese Food Deserts issues, Urban Development, Planning and Governnance in Globalization, 253-261, Guangzhou, Aug. 2007.
3)Koichi Tanaka and Emi Kainuma : An analysis of time-series variation of urban density in the central part of Tokyo using GIS, International Geographical Union Commission of Cities of Tomorrow, Guangzhou, Aug. 2007.
4)Koichiro Tsuchiya, Satoshi Iwanaga, Hideki Ohnishi, Yayoi Fukuhara, Chiaki Taoka, Soichiro Tajima, Yuya Horinouchi and Toshiaki Tamaki : In vivo and in vitro studies on NO formation from iron-quercetin-nitrite complexes, Second International Role of Nitrite in Physiology, Pathophysiology and Therapeutics Meeting, Bethesda, Maryland, Sep. 2007.
5)Hiroshi Mori and Hitoshi Takagi : Influence of molding conditions on mechanical properties of resinless bamboo fiber green composite, Proceedings of International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2007, OS16-3-2-1-OS16-3-2-5, Fukuoka, Sep. 2007.
6)Hiroyuki Ukida : Visual Defect Inspection of Rotating Screw Heads, SICE Annual Conference in Takamatsu SICE 2007 PROCEEDINGS, 1478-1483, Takamatsu, Sep. 2007.
7)Hitoshi Takagi : Mechanical and thermal properties of PLA/bamboo green composites, Proceedings of Second China-Japan Joint Seminar on Green Composites, K1-K4, Shanghai, Sep. 2007.
8)Michinomoto Takurou, Masafumi Miwa, Tuchitani Shigeki and Yoneyama Satoru : Inner Structure / Elastic Modulus Control of Micro Cantilever, 2nd International Symposium on Advanced Fluid/Solid Science and Technology in Experimental Mechanics, Osaka, Sep. 2007.
9)Matsuura Masahiro and Hideo Yamanaka : PLANNING THROUGH ASSISTED NEGOTIATION:CONSENSUS BUILDING FOR TRAFFIC SAFETY, Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Dalian,China, Sep. 2007.
10)Hideo Yamanaka and Susumu Namerikawa : MEASURING LEVEL-OF-SERVICE FOR CYCLING OF URBAN, Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Dalian,China, Sep. 2007.
11)Kikuchi Kunitomo, Masafumi Miwa and Tuchitani Shigeki : Variable-Focal Length Lens Using a Soft Actuator, Proceedings of the International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2007 (ATEM'07), OS16-4-1, Fukuoka, Sep. 2007.
12)Yoshimura Hiroyuki, Kikuchi Kunitomo, Yamaguchi Akifumi, Masafumi Miwa and Tuchitani Shigeki : Evaluation of Displace Characteristics and Generation Force of IPMCs with Various Counter Ions, Proceedings of the International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2007 (ATEM'07), OS16-3-4, Fukuoka, Sep. 2007.
13)Koichi Tanaka and Haruka Shimomura : Change of overseas tourism due to the opening of new international airport, --- A case study of Kansai district, Japan ---, 2nd Japan-Korea-China Symposium of Young Geographers, Kumamoto, Oct. 2007.
14)Nobuyuki Iwama, Koichi Tanaka, Midori Sasaki and Nobuhiko Komaki : The food delivery services to the elderly in the food desert area, 2nd Japan-Korea-China Symposium of Young Geographers, Kumamoto, Oct. 2007.
15)Hitoshi Takagi : Characterization of green nanocomposites reinforced by cellulose nanofibers, Proceedings of International Conference on Polymeric Materials in Power Engineering, VA3-1-VA3-5, Bangalore, Oct. 2007.
16)古谷野 亘, 西村 昌記, 水島 陽子 and Takuya YABE : Japanese Husbands and Wives in Old Age, the 8th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology and Geriatrics, Beijing, Oct. 2007.
17)Koichi Tanaka and Emi Kainuma : The change of urban density and land use in the special wards of Tokyo in 1990's using GIS, --- A case study of office buildings and multiple dwelling units ---, The 9th International Cooperative Seminar between KAGIS & GISA, 2007, 247-258, Daegu, Oct. 2007.
18)Hideo Yamanaka, Tetsuo Mitani and Ueda Makoto : Warning Timing Algorithm For A Stop Sign Control Assistance System At Small Junctions, Proceedings ITS for a Better Life 14th World Congress on Intelligent Transport Systems, Bejing,China, Oct. 2007.
19)Yamazaki Isao, Hatakenaka Hideto, Hideo Yamanaka, Tetsuo Mitani, Daimon Tatsuru, Hosaka Akio and Arizumi Masato : An Analysis on the Causes of Head-on Collisions through Long-term Data Collection of Near Miss Incidents at Unsignalized Intersections, Proceedings ITS for a Better Life 14th World Congress on Intelligent Transport Systems, Bejing,China, Oct. 2007.
20)Toshiya Masuda, Kazuki Yamada, Jun Akiyama, Tatsushi Someya, Yuka Odaka, Yoshio Takeda, Tommomi Maekawa and Yoshiaki Sone : Antioxidation reaction of polyphenols, caffeic acid and related compounds, 3rd International Coference on Polyphenols and Health, Nov. 2007.
21)Hitoshi Takagi : Mechanical characterization of green nanocomposites, Proceedings of the 6th Korea/Japan Joint Symposium on Composite Materials, 50-51, Pohang, Nov. 2007.
22)Keisuke Ishizawa, Narantungalag Dorjsuren, Yuki Izawa-Ishizawa, Teppei Tsuneishi, Yuki Motobayashi, Hideki Ohnishi, Kunihisa Yamaguchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Inhibitory effects of olmesartan on TNF-α-induced cytotoxicity in human glomerular endothelial cells, 40th ASN annual meeting, San Francisco, Nov. 2007.
23)Hitoshi Takagi : Development of all-bamboo composites, Proceedings of the Second Joint Vietnam-Japan Workshop on Green Composite, 24-25, Hanoi, Nov. 2007.
24)Kazuyuki Ishida : The Marginal Cost of Public Fund and the Efficiency of the Tax Cometition, The ACE(All China Economics) International Conference 2007, Hong Kong, Dec. 2007.
25)Masafumi Miwa : Remote Control Support System for Aerial Photograph, International Symposium on Biomimetics, Micro Air Vehicles, Unmanned Aerial Vehicles and Unmanned Vehicles(MAV' 08 Symposium in Chiba ), Chiba, Jan. 2008.
26)Kazutaka Matsubara and Kenji Terada : A Method for Counting Multidirection Passerby by Using Circular Space-Time Image, Proceedings of The 14th Korea-Japan joint Workshop on Computer Vision(FCV2008), No.24P21-N28, Oita, Jan. 2008.
27)Koji Atsuta and Kenji Terada : A Method for Observing Behavior of people at the Entrance, Proceedings of The 14th Korea-Japan joint Workshop on Computer Vision(FCV2008), No.N24P23-N30, Oita, Jan. 2008.
28)Koki Nakagawa, Kenji Terada and Shunsuke Satoh : A Method of Observing Human Behavior with Multi Internet Cameras, Proceedings of The 14th Korea-Japan joint Workshop on Computer Vision(FCV2008), No.No.24P24-N31, Oita, Jan. 2008.
29)Masafumi Miwa : Remote Control Support System for Aerial Photograph, 3rd KMU/TU Symposium on Engineering Education, Busan, Mar. 2008.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1)山中 英生 : 自転車交通の役割・課題と都市空間施策, 2007年4月.
2)森本 恵美, 滑川 達, 岡本 太地, 山中 英生 : 四国における公共工事の価格と品質の動向, --- 2002∼2005年度データを対象として ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.13, 444-445, 2007年5月.
3)山中 英生 : 社会資本整備の合意形成における中立的第三者の成立条件, 都市計画研究講演集, Vol.5, 7-12, 2007年5月.
4)佐野 真純, 德村 彰, 土屋 浩一郎, 柴田 瑩, 福澤 健治 : 過酸化脂質の簡易比色定量法:発色成分 [キシレノールオレンジFe3+錯体ー膜ホスファチジルコリン] 複合体の性質, 日本過酸化脂質フリーラジカル学会第31回大会, 2007年6月.
5)松原 一隆, 寺田 賢治 : 円状時空間画像による多方向通行人数の計測, 第13回画像センシングシンポジウム, No.IN2-10, 2007年6月.
6)中川 康紀, 寺田 賢治, 佐藤 俊介 : 2台のインターネットカメラを用いた人の行動監視, 第13回画像センシングシンポジウム, No.IN2-21, 2007年6月.
7)熱田 宏司, 寺田 賢治 : 出入口における入室者の行動監視, 第13回画像センシングシンポジウム, No.IN4-14, 2007年6月.
8)田岡 千明, 土屋 浩一郎, 神谷 昌樹, 根本 尚夫, 石澤 啓介, 山口 邦久, 滝口 祥令, 玉置 俊晃 : 水溶性Fenofibrate製剤の作成と中性脂肪低下作用の検討, 第111回 日本薬理学会近畿部会, 81, 2007年6月.
9)柏田 良樹 : 天然物からエイズ治療薬開発を目指す:抗HIVリード探索とその化学的修飾, 第7回国際バイオフォーラム, 2007年6月.
10)柿原 健祐, 山中 英生, 滑川 達 : プローブバイシクルを用いた高齢者の自転車走行時の挙動に関する分析*, 土木計画学研究·講演集, Vol.35, 2007年6月.
11)藤田 卓弥, 滑川 達, 山中 英生 : 参加型山村活性化事業における住民協働意欲醸成・持続の課題, --- 徳島県上勝町アートプロジェクトの地元協力者ヒアリングを通して ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.35, 2007年6月.
12)浮田 浩行 : イメージスキャナを用いた形状復元における最適な光源の台数と配置の検討, 第10回 画像の認識·理解シンポジウム(MIRU2007)論文集, 923-928, 2007年7月.
13)寺田 賢治 : 複雑で曖昧な人の動きの定量化のための画像応用技術, 平成19年電気学会電子・情報・システム部門大会, No.TC3-4, 2007年9月.
14)松原 一隆, 寺田 賢治, 鈴木 孝造 : 粗い3次元データによる姿勢認識, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-6, 2007年9月.
15)中川 康紀, 寺田 賢治, 佐藤 俊介 : インターネットカメラによる簡易な人の行動監視, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-7, 2007年9月.
16)熱田 宏司, 寺田 賢治 : 監視カメラによる入室者の行動監視, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-8, 2007年9月.
17)上野 勝利 : 住宅被害と液状化, 新潟県中越沖地震被害調査報告会, 2007年9月.
18)高木 均, 加古 修平, 草野 剛嗣, 逢坂 昭治 : 生分解性複合材料の断熱特性に関する研究, 日本機械学会2007年度年次大会講演論文集, Vol.1, 555-556, 2007年9月.
19)糸谷 康次郎, 高木 均 : マニラ麻繊維を用いた一方向材の強度特性, 日本機械学会2007年度年次大会講演論文集, Vol.1, 553-554, 2007年9月.
20)高田 善弘, 高木 均 : グリーンコンポジット製パイプ材の作製とその特性評価に関する研究, 日本機械学会2007年度年次大会講演論文集, Vol.1, 559-560, 2007年9月.
21)森本 恵美, 滑川 達, 岡本 太地, 山中 英生 : 同地域性からみる業務委託案件の入札時競争状態と品質との関係分析, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.62, 2007年9月.
22)森本 恵美, 山中 英生, 西田 信夫, 田代 優秋 : 土木系大学院生の長期インターンシップによる実践的教育の試み, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.62, 2007年9月.
23)金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林 : Chloranthus spicataの成分研究, 日本生薬学会第54年会, 2007年9月.
24)鈴木 恭子, 岡坂 衛, 柏田 良樹, 高石 喜久, Kodzhimatov K. Olimjon, Ashurmetov Ozodbek, 本多 義昭, 伊藤 美千穂 : ウズベキスタン産薬用植物Ferula variaの成分研究(2), 日本生薬学会第54年会, 2007年9月.
25)橋田 和佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久 : Hypericum ascyronの成分研究(3), 日本生薬学会第54年会, 2007年9月.
26)柏田 良樹, 柴田 洋文, 樋口 富彦, 高石 喜久 : エラグ酸誘導体の抗菌活性について, 日本生薬学会第54年会, 2007年9月.
27)柏田 良樹, 高石 喜久, 柴田 洋文, 樋口 富彦, 黒川 昌彦 : エラグ酸誘導体の抗MRSA活性及び抗HSV活性, 第52回日本ブドウ球菌研究会要旨集, 2007年9月.
28)岡坂 衛, 柴田 洋文, 樋口 富彦, 武田 美雄, 伊藤 美千穂, 本多 義昭, Kozhimrov K. Olimjon, Ashurmetov Ozodbek, 高石 喜久 : ウズベキスタン産薬用植物Calligomum leucocladumより得られたアイルスマー(MRSAに対するβ-ラクタム剤感受性増強薬)について, 第52回日本ブドウ球菌研究会要旨集, 2007年9月.
29)中野 達朗, 柴田 洋文, 岡坂 衛, 村上 光太郎, 高石 喜久, 樋口 富彦 : MRSAをはじめとする薬剤耐性菌に対する生薬由来の抗菌活性成分の探索, 第52回日本ブドウ球菌研究会要旨集, 2007年9月.
30)東 満美, 日野出 晴美, 柏田 良樹, 吉田 昌裕, 山﨑 尚志, 土屋 浩一郎, 山内 あい子, 柴田 洋文, 新垣 尚捷, 滝口 祥令, 荒木 勉, 吉村 好之, 姫田 敏樹, 石田 竜弘, 辻 大輔, 木原 勝 : 徳島大学薬学部OSCEトライアル実施体制の確立と検証, 第17回 日本医療薬学会年会, 2007年9月.
31)寺田 賢治 : 粗い3次元データを用いた人の画像センシング, 第5回生活支援工学系学会連合大会, No.1D1-1, 2007年10月.
32)佐藤 充宏, 近藤 光男, 香山 卓也 : 総合型地域スポーツクラブにおける健康づくり事業導入の効果計測に関する研究, 日本地域学会第44回年次大会学術発表論文集, 2007年10月.
33)三輪 昌史 : 安定化装置について-リモートコントロールサポートシステム, 無人ヘリテレ推進協議会第5回研修会, 2007年10月.
34)矢部 拓也 : 伝統消費型都市におけるまちづくりの担い手形成過程, --- 滋賀県長浜市第三セクター『黒壁』を事例として ---, 第43回経営史学会パネル報告Ⅱ, 2007年10月.
35)道ノ本 卓朗, 三輪 昌史, 米山 聡, 土谷 茂樹 : マイクロ光造形法で作製した微小カンチレバーの縦弾性係数制御, M&M2007 材料力学カンファレンス, 353-354, 2007年10月.
36)駒木 伸比古, 岩間 信之, 田中 耕市, 佐々木 緑, 斎藤 幸生 : 日本におけるフードデザート問題の実証研究, --- 茨城県水戸市の事例 ---, CSIS DAYS 2007, 2007年11月.
37)森本 恵美, 滑川 達, 岡本 太地, 山中 英生 : 落札企業の地域性に着目した被指名実績と工事成績評定との関係に関する統計分析, 建設マネジメント研究論文集, Vol.14, 263-276, 2007年11月.
38)橋田 和佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久 : Hypericum ascyronの成分研究 (4), 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会要旨集, 2007年11月.
39)西村 和也, 鎌倉 孝法, 柏田 良樹, 高石 喜久, 柴田 洋文, 樋口 富彦 : 白コショウ(Piper nigrum)の成分研究, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会要旨集, 2007年11月.
40)阿部 有里子, 柏田 良樹, 高石 喜久 : 青ジソ根部の有効利用に関する研究, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会要旨集, -, 2007年11月.
41)高木 竜輔, 松谷 満, 丸山 真央, 矢部 拓也, 久保田 滋, 樋口 直人 : 社会学者知事の誕生, --- 滋賀・嘉田県政はいかにして生まれたのか ---, 日本社会学会大会, 2007年11月.
42)一原 洋平, 高木 均, 松田 祐之, 吉田 邦彦 : 天然繊維強化プラスチックの開発, 成形加工シンポジア'07講演論文集, 35-36, 2007年11月.
43)三輪 昌史, 白石 一哲 : RCヘリの空撮支援のためのリモートコントロールサポートシステム, 第50回自動制御連合講演会, 227-229, 2007年11月.
44)須藤 晃成, 秀浦 光, 鈴江 宗大, 三谷 哲雄, 山中 英生 : 小交差点における停止不能車両の路上からの判別を目的とした車両進入挙動分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.36, 2007年11月.
45)花岡 史恵, 澤田 俊明, 田中 紀子, 滑川 達, 山中 英生 : 上勝町における棚田等オーナー制の展開と課題, --- 徳島県・上勝町「樫原の棚田」を事例として ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.36, 2007年11月.
46)真田 純子 : 散策マップづくりと風景描写を用いた景観教育の試み, 景観・デザイン研究講演集, No.4, 2007年12月.
47)中川 康紀, 寺田 賢治, 石塚 善士 : 一般化ハフ変換を用いた人領域の抽出, ビジョン技術の実利用ワークショップ, No.I-19, 110-115, 2007年12月.
48)浮田 浩行 : 複数光源イメージスキャナを用いた光沢を持つ物体の形状復元, 第12回パターン計測シンポジウム資料, 43-50, 2007年12月.
49)三輪 昌史 : 模型ヘリコプタの空撮支援装置の開発, 第4回NCPフォーラム(2007), 2007年12月.
50)菊池 邦友, 三輪 昌史, 土谷 茂樹 : ドライフィルムレジストを用いたイオン導電性高分子金属接合体のパターン電極接合, 第 8 回 計測自動制御学会 (SICE) システムインテグレーション部門講演会(SI 2007)論文集 07 SY 0012, 1E4-1, 2007年12月.
51)大橋 眞, 齊藤 隆仁, 佐藤 高則, 田村 貞夫 : 全学共通教育共創型学習科目における社会人活用の展開, 平成19年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 2008年1月.
52)松原 一隆, 寺田 賢治, 熱田 宏司, 中川 康紀 : 微細なエッジ情報に着目したマクロ欠陥の検出, 動的画像処理実用化ワークショップ2008, No.I2-6, 228-231, 2008年3月.
53)大和 直史, 浮田 浩行 : 2台の全方位カメラを用いたパターン投影法による全周環境の復元, 中国四国支部第46期総会·講演会講演論文集, No.085-1, 477-478, 2008年3月.
54)今川 翔吾, 浮田 浩行 : 小型カメラを用いた因子分解法による3次元情報の復元, 中国四国支部第46期総会·講演会講演論文集, No.085-1, 479-480, 2008年3月.
55)松島 誠, 三輪 昌史, 土谷 茂樹 : リモートコントロールサポートシステムの開発, --- 光学式傾斜角検出センサを用いた姿勢安定システムの構築 ---, 学会関西支部第83期定時総会講演集, 12-19, 2008年3月.
56)加古 修平, 高木 均, 草野 剛嗣, 逢坂 昭治 : 竹繊維グリーンコンポジットの熱伝導性に関する研究, JCOM-37講演論文集, 260-264, 2008年3月.
57)大北 一也, 高木 均 : 竹/PBS 射出成形材料の曲げ特性, JCOM-37講演論文集, 131-134, 2008年3月.
58)森 浩司, 高木 均 : 竹繊維を用いたバインダフリーグリーンコンポジットの機械的特性, JCOM-37講演論文集, 153-157, 2008年3月.
59)谷口 昌聖, 熊 娟, 柏田 良樹, 高石 喜久, 山岸 喬 : 多剤薬剤耐性克服作用を有する点物に関する研究(5) –シラカバ花穂トリテルペノイドをリードとした抗がん剤耐性克服薬の創製研究–, 日本薬学会第128年会要旨集, 2008年3月.
60)鈴木 恭子, 岡坂 衛, 柏田 良樹, 高石 喜久, 伊藤 美千穂, 本多 義昭, 武田 美雄, Olimjon K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov : ウズベキスタン産薬用植物Ferula variaの成分研究(3), 日本薬学会第128年会要旨集, -, 2008年3月.
61)柏田 良樹, 高石 喜久, Chin-Ho Chen, Kuo-Hsiung Lee : 抗HIV天然物に関する研究(22)–Oleanolic acid及びursolic acidの28-amido誘導体の抗HIV活性–, 日本薬学会第128年会要旨集, 2008年3月.
62)橋田 和佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久 : Hypericum ascyronの成分研究 (5), 日本薬学会第128年会要旨集, -, 2008年3月.
63)高木 均 : セルロース/植物由来樹脂コンポジットの生成とその機能性, 植物由来プラスチックの高機能化技術∼複合化技術・内部構造・特性評価・成形加工技術∼, 3-1-3-58, 2008年3月.
64)金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林 : Chloranthus spicatusの成分研究, 日本薬学会第128年会要旨集, -, 2008年3月.
65)田中 直伸, 久保田 高明, 荒木 敦, 柏田 良樹, 高石 喜久, 三上 襄, 小林 淳一 : ナガサキオトギリより単離した新規フロログルシノール誘導体petiolin A–Cの構造, 日本薬学会第128年会要旨集, 2008年3月.
66)鎌倉 孝法, 三浦 理恵, 柏田 良樹, 関谷 倫子, 一柳 孝司, 池城 安正, 高石 喜久 : 前駆脂肪細胞の分化調節機能を有する天然物(3)—かきのもとの分化促進作用成分について—, 薬学会第129年会, No.2, 208, 2008年3月.
67)田中 耕市 : アジアにおけるLCC(低コスト航空会社)ネットワークの発展と展望--欧米の事例と比較して, 2008年度日本地理学会春季学術大会, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1)高木 均 : 竹の高度利用技術∼グリーンコンポジットへの応用∼, 岡山水産バイオマス研究会, 1-6, 2007年6月.
2)松原 一隆, 寺田 賢治, 鈴木 孝造 : 空間分解能の低い3次元データからの詳細な姿勢認識の試み, 電気学会情報処理・産業システム情報化合同研究会, No.IIS-07-44, 37-42, 2007年8月.
3)寺田 賢治 : 粗い3次元データからの人の詳細な姿勢認識の試み, 電気学会一般産業研究会, No.GID-07-4, 17-22, 2007年8月.
4)松原 一隆, 寺田 賢治, 鈴木 孝造 : 輝点マトリクス投影による3次元データを用いた人の監視, 電子情報通信学会技術報告, No.CQ2007-39, 13-18, 2007年9月.
5)中川 康紀, 寺田 賢治, 佐藤 俊介 : 輝点マトリクス投影による3次元データを用いた人の監視, 電子情報通信学会技術報告, No.CQ2007-40, 19-23, 2007年9月.
6)熱田 宏司, 寺田 賢治 : 輝点マトリクス投影による3次元データを用いた人の監視, 電子情報通信学会技術報告, No.CQ2007-42, 31-36, 2007年9月.
7)Hitoshi Takagi : Material characterization of green composites, Joint Seminar of JSMS Committee on Composite Materials and Xi'an Polytechnic University, 21-25, Sep. 2007.
8)高木 均, 日野 順市, 溝渕 啓, 草野 剛嗣 : レジンレス竹繊維強化グリーンコンポジットの開発, エンジニアリングフェスティバル2007, 6, 2007年9月.
9)Hitoshi Takagi : Characterization of bamboo green composites: thermal and mechanical properties, Seminar on Green Composites, 21-24, Oct. 2007.
10)Kazuyuki Ishida : The Marginal Cost of Public Fund and the Efficiency of Tax Competition, 武漢大学政治公共管理学院, Dec. 2007.
11)高木 均 : 食材(スパゲッティ)の強度, 助任小学校3年生総合学習会, 2008年1月.
12)中川 康紀, 寺田 賢治, 石塚 善士 : 2回の一般化ハフ変換を用いた人領域の抽出, 電気学会産業計測制御研究会, No.IIC-08-21, 11-14, 2008年3月.
13)熱田 宏司, 寺田 賢治 : カメラ画像による出入口の不審者検出, 電気学会産業計測制御研究会, No.IIC-08-21, 15-20, 2008年3月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

1)森本 恵美, 山中 英生, 西田 信夫 : 経営センスを有するπ型技術者の協働育成プログラム 平成18年度報告書, 2007年4月.
2)真田 純子, 鎌田 磨人, 上月 康則, 山中 亮一 : 地域貢献活動を用いた地域課題探索・解決型実習の試行, 大学教育研究ジャーナル, Vol.5, 2008年3月.
3)山中 英生, 入谷 忠光, 滑川 達, 三宅 正弘, 南部 匡史, 三谷 哲雄, 松原 淳 : 路面舗装特性の工夫による自転車歩行者道路の改善方策, 平成16∼18年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書, 2008年3月.

2008年度(平成20年度)

article.{@.date="20080400 20090399" @.organization=\E{166679}}

2008年度(平成20年度) / 著書

1)矢部 拓也, 似田貝 香門, 大野 秀俊, 小泉 秀樹, 林 泰義, 森反 章夫 : まちづくりの百科事典, 丸善 株式会社, 東京, 2008年7月.
2)田中 耕市 : 日本を縮める新幹線, --- 土地利用分析を題材に ---, 朝倉書店, 東京, 2008年8月.
3)高木 均 : 竹の基礎科学と高度利用技術, 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2008年8月.
4)石澤 啓介, 三木 恵里加, 石澤 有紀, 大西 秀樹, Narantungalag Dorjsuren, 元林 有紀, 山口 邦久, 土屋 浩一郎, 冨田 修平, 玉置 俊晃 : 腎とフリーラジカル第9集, --- オルメサルタンはPDGFによるメサンギウム細胞遊走を抑制する ---, 株式会社 東京医学社, 東京, 2008年9月.
5)大西 秀樹, 土屋 浩一郎, 田島 壮一郎, 堀ノ内 裕也, 福原 弥生, 山口 邦久, 石澤 啓介, 冨田 修平, 玉置 俊晃 : 腎とフリーラジカル第9集, --- ハイドロエチジウム蛍光分析法による細胞内スーパーオキシド検出法の評価 ---, 株式会社 東京医学社, 東京, 2008年9月.
6)佐藤 充宏, 賀川 昌明, 河上 陽子, 岡山 千賀子, 荒木 秀夫, 松浦 哲也 : 地域スポーツ指導者基礎講習・スポーツスマイルリーダー養成講座テキスト, 徳島県スポーツ振興財団, 徳島, 2009年1月.
7)村山 祐司, 柴崎 亮介, 平井 松午, 田中 耕市 : シリーズGIS 第3巻 生活・文化のためのGIS, 朝倉書店, 東京, 2009年2月.
8)吉田 敦也 : ユビキタス双六遍路, 国立教育政策研究所社会教育実践センター, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Hitoshi Takagi and Akira Asano : Effects of processing conditions on flexural properties of cellulose nanofiber reinforced "green'' composites, Composites Part A: Applied Science and Manufacturing, Vol.39, No.4, 685-689, 2008.
2)Shunsuke Ishida, Mamoru Okasaka, Freddy A. Ramos, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Olimjon K. Kodzhimatov and Ozodbek Ashumetov : New Alkaloid from the aerial parts of Condonopsis clematidea, Journal of Natural Medicines, Vol.62, No.2, 236-238, 2008.
3)Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Michiko Sekiya, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi : Takaneones A-C, prenylated butylphloroglucinol derivatives from Hypercum shikokumontanum, Tetrahedron Letters, Vol.49, No.17, 2799-2803, 2008.
4)Koichi Tanaka : Recent Trends and Issues in Geographical Studies on Modern Transportation in Japan, Geographical Review of Japan Series A, Vol.81, No.5, 292-302, 2008.
5)Masahiro Abe, Yoshiharu Takiguchi, Satoshi Ichimaru, Koichiro Tsuchiya and Koichiro Wada : Comparison of the protective effect of N-acetylcysteine by different treatments on rat myocardial ischemia-reperfusion injury., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.106, No.4, 571-577, 2008.
6)田中 耕市 : 1990年代における東京23区の都市密度と土地利用の変化-事務所建築物と集合住宅を対象に-, 地学雑誌, Vol.117, No.2, 479-490, 2008年.
7)高木 均, 興津 嘉人 : 圧縮成形によるマダケの機械的性質の向上, 材料, Vol.57, No.5, 461-466, 2008年.
8)Hitoshi Takagi, Akira Mizobuchi, Koji Kusano and Yoshihito Okitsu : Flexural properties of all bamboo "green'' composites, WIT Transactions on the Built Environment, Vol.97, 167-173, 2008.
9)Akira Mizobuchi, Hitoshi Takagi, and Junichi Hino : Drilling machinability of resin-less "green" composites reinforced by bamboo fiber, WIT Transactions on the Built Environment, Vol.97, 185-194, 2008.
10)Koji Kusano, Hitoshi Takagi, Kako Shuhei, Gennai Yuusuke and Akiharu Ousaka : Thermal characteristics of PLA-bamboo composites, WIT Transactions on the Built Environment, Vol.97, 175-183, 2008.
11)Mamoru Okasaka, Yoshiki Kashiwada, Olimjon K. Kodzhimatov, Ozodbek Ashurmetov and Yoshihisa Takaishi : Monoterpene glycosides from Paeonia hybrida, Phytochemistry, Vol.69, No.8, 1767-1772, 2008.
12)Naonobu Tanaka, Takaaki Kubota, Haruaki Ishiyama, Atsushi Araki, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Yuzuru Mikami and Jun'ichi Koyayashi : Petiolins A-C, phloroglucinol derivatives from Hypericum pseudopetiolatum var. kiusianum, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.10, 5619-5623, 2008.
13)矢部 拓也 : 縮小社会における地方の反乱, --- ポスト55年体制下の地方政治と地域社会,田中康夫知事による長野県政を事例として ---, 地域社会学会年報, Vol.20, 41-57, 2008年.
14)Masahiro Abe, Yoshiharu Takiguchi, Satoshi Ichimaru, Shinichiro Kaji, Koichiro Tsuchiya and Koichiro Wada : Different effect of acute treatment with rosiglitazone on rat myocardial ischemia/reperfusion injury by administration method., European Journal of Pharmacology, Vol.589, No.1-3, 215-219, 2008.
15)Yoshio Takeda, Kaori Yano, Hisao Ayaba, Toshiya Masuda, Hideaki Otuka, Etsuko Seuyoshi and Mitsunori Aramoto : Glycosidic Constituents of the Leaves of an Okinawan Leguminosae Plant, Derris trifoliate Lour, Journal of Natural Medicines, Vol.62, No.4, 476-478, 2008.
16)Kunitomo Kikuchi, Shigeki Tuchitani, Masafumi Miwa and Kinji Asaka : Formation of Patterned Electrode in Ionic Polymer-Metal Composite using Dry Film Photoresist, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering (TEEE), Vol.3, No.4, 452-454, 2008.
17)豊田 哲也, 平井 松午, 田中 耕市, 萩原 八郎 : 美馬市木屋平地区における地域社会の持続可能性, 阿波学会紀要, No.54, 217-230, 2008年.
18)Masafumi Miwa, MICHINOMOTO Takurou, KIKUCHI Kunitomo, TSUCHITANI Shigeki and YONEYAMA3 Satoru : Inner Structure / Elastic Modulus Control of Micro Cantilever, Journal of the Japanese Society for Experimental Mechanics, Vol.8, No.Special Issue, 94-97, 2008.
19)Pu Liu, Zhi Yao, Wen Zhang, Yoshihisa Takaishi and Hong-Quan Duan : Novel Nortriterpenes from Phlomis umbrosa., Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.7, 951-955, 2008.
20)Toshiya Masuda, Kazuki Yamada, Jun Akiyama, Tatsushi Someya, Yuka Odaka, Yoshio Takeda, Motoo Tori, Katsuyuki Nakashima, Tomomi Maekawa and Yoshiaki Sone : Antioxidation Mechanism Studies of Caffeic Acid: Identification of Antioxidation Products of Methyl Caffeate from Lipid Oxidation, Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.56, No.14, 5947-5952, 2008.
21)菊地 邦友, 土谷 茂樹, 三輪 昌史, 安積 欣志 : フォトリソグラフィー技術を用いた固体高分子電解質膜へのパターン電極形成, 精密工学会誌, Vol.74, No.7, 719-723, 2008年.
22)Chika Hashida, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Makoto Ogawa and Yoshihisa Takaishi : Prenylated Phrologrucinol Derivatives from Hypericum perforatum var. angustifolium, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.8, 1164-1167, 2008.
23)須藤 晃成, 入谷 忠光, 山中 英生, 三谷 哲雄 : 路側観測可能な挙動指標を用いて車両の制動距離を推定する方法, 電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J91-A, No.8, 798-807, 2008年.
24)Yasuhisa Kanematsu, Kunihisa Yamaguchi, Hideki Ohnishi, Yuki Motobayashi, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Dietary doses of nitrite restore circulating nitric oxide level and improve renal injury in L-NAME-induced hypertensive rats, American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.295, No.5, F1457-F1462, 2008.
25)須藤 晃成, 秀浦 光, 鈴江 宗大, 三谷 哲雄, 山中 英生 : 小交差点における停止不能車両の路上からの判別を目的とした車両進入挙動分析, 土木計画学研究·論文集, Vol.25, No.3, 775-781, 2008年.
26)山中 英生, 大下 剛, 藩 曉東, 趙 暁翠 : プローブバイシクルを用いた日中の自転車空間の走行性比較, 交通工学研究発表会論文集, Vol.28, 313-316, 2008年.
27)田中 耕市, 平井 松午 : 歴史的絵図を活用した文系学生へのGIS教育, 地理情報システム学会講演論文集, Vol.15, 285-288, 2008年.
28)佐藤 充宏, 近藤 光男, 香山 卓也 : 総合型地域スポーツクラブにおける健康づくり事業導入の効果計測に関する研究, 地域学研究, Vol.38, No.2, 527-539, 2008年.
29)スレン ソッキアン, 望月 秋利, 上野 勝利, 坪井 裕也 : 重力場,遠心場における水平砂地盤上基礎の支持力実験と変形挙動計測, 地盤工学ジャーナル, Vol.2, No.3, 139-148, 2008年.
30)Waka Hashida, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Michiki Sekiya, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi : Tomoenones A-H, cytotoxic phloroglucinol derivatives from Hypericum ascyron, Phytochemistry, Vol.69, No.11, 2225-2230, 2008.
31)Hideki Ohnishi, Satoshi Iwanaga, Kazuyoshi Kawazoe, Keisuke Ishizawa, Sakiko Orino, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Nagakatsu Harada, Kazuhiro Mori, Tomoko Tsuchihashi, Yasuko Ishikawa and Toshiaki Tamaki : Effect of iron-quercetin complex on reduction of nitrite in in vitro and in vivo systems, Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.56, No.21, 10092-10098, 2008.
32)Satoshi Yamauchi, Toshiya Masuda, Takuya Sugahara, Yuka Kawaguchi, Maya Ohuchi, Tatsushi Someya, Jun Akiyama, Shiori Tominaga, Manami Yamawaki, Taro Kishida, Koichi Akiyama and Masafumi Maruyama : Antioxidant Activity of Butane Type Lignans, Secoisolariciresinol, Dihydroguaiaretic acid, and 7,7'-Oxodihydroguaiaretic acid, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.72, No.11, 2981-2986, 2008.
33)Sanae Iwana, Tomoya Kawazoe, Hwan Ki Park, Koichiro Tsuchiya, Koji Ono, Kazuko YORITA, Takashi Sakai, Takenori Kusumi and Kiyoshi Fukui : Chlorpromazine oligomer is a potentially active substance that inhibits human D-amino acid oxidase, product of a susceptibility gene for schizophrenia, Journal of Enzyme Inhibition and Medicinal Chemistry, Vol.23, No.6, 901-911, 2008.
34)森本 恵美, 滑川 達, 濱田 英樹, 山中 英生 : 総価契約・単価合意方式による低入札抑制の可能性に関する研究, 建設マネジメント研究論文集, Vol.15, 325-336, 2008年.
35)Freddy Ramos, Yoshihisa Takaishi, Yoshiki Kashiwada, Coralia Osorio, Carmenza Duque, Ricardo Acuna and Yoshinori Fujimoto : Ent-3,4-seco-labdane and ent-labdane diterpenoids from Croton stipuliformis (Euphorbiaceae), Phytochemistry, Vol.69, No.12, 2406-2410, 2008.
36)Yoko Sakanashi, Midori Morimoto, Yumiko Nishimura, Hiroko Matsui, Kaori Kanemaru, Toshiya Masuda and Yasuo Oyama : Cytometric analysis of the cytotoxic action of adenosine 5'-monophosphate on rat thymocytes, Journal of Health Science, Vol.54, No.6, 692-696, 2008.
37)中野 晋, 村上 仁士, 上野 勝利, 黒崎 ひろみ : 岩手・宮城内陸地震及び岩手県沿岸北部地震における企業被害と応急対応, 21世紀の南海地震と防災, Vol.3, 135-142, 2008年.
38)Yoshiyasu Ichikawa, Kenshi Matsunaga, Toshiya Masuda, Hiyoshizo Kotsuki and Keiji Nakano : Stereocontrolled Synthesis of Cytotoxic Anhydrosphinggosine Pachastrissamine by Using [3.3] Sigmatropic Rearrangement of Allyl Cyanate, Tetrahedron, Vol.64, No.49, 11313-11318, 2008.
39)Sang-Yong Kim, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Shun-Lin Li and Yoshihisa Takaishi : Spicachlorantins CF, hydroperoxy dimeric sesquiterpenes from the roots of Chloranthus spicatus., Tetrahedron Letters, Vol.50, No.44, 6032-6035, 2009.
40)Hitoshi Kawazoe, kyoko Takaoka, Hirofumi Shibata, Naokatu Arakaki, Tomihiko Higuti, K Negayama, Hitoshi Houchi, Koichiro Tsuchiya and Yoshiharu Takiguchi : Comparison of antibacterial activity of fluoroquinolones with their sucralfate-complexes against clinically-isolated bacteria, Journal of Health Science, Vol.55, No.5, 790-795, 2009.
41)Keisuke Ishizawa, Kunihisa Yamaguchi, Yuya Horinouchi, Yayoi Fukuhara, Soichiro Tajima, Shuichi Hamano, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Toward drug discovery for overcoming CKD: Development of drugs on endothelial cell protection for overcoming CKD, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.109, No.1, 14-19, 2009.
42)Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Tatsuro Nakano, Hirofumi Shibata, Tomihiko Higuchi, Michiko Sekiya, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi : Chromone and chromanone glucosides from Hypericum sikokumontanum and their anti-Helicobacter pylori activities., Phytochemistry, Vol.70, No.1, 141-146, 2009.
43)岩間 信之, 田中 耕市, 佐々木 緑, 駒木 伸比古, 斎藤 幸生 : 地方都市在住高齢者の「食」を巡る生活環境の悪化とフードデザート問題, --- 茨城県水戸市を事例として ---, 人文地理, Vol.61, No.2, 139-156, 2009年.
44)Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Sachiyo Ohnishi, Yuki Motobayashi, Kazuyoshi Kawazoe, Shuichi Hamano, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : Quercetin Glucuronide Inhibits Cell Migration and Proliferation by Platelet-Derived Growth Factor in Vascular Smooth Muscle Cells, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.109, No.2, 257-264, 2009.
45)石田 和之, 岡 重徳 : 徳島県における歯科医師需要の将来推計, 日本歯科医療管理学会雑誌, Vol.43, No.4, 232-244, 2009年.
46)Yuki Motobayashi, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Sakiko Orino, Kunihisa Yamaguchi, Kazuyoshi Kawazoe, Shuichi Hamano, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki : Adiponectin inhibits insulin-like growth factor-1-induced cell migration by the suppression of extracellular signal-regulated kinase 1/2 activation, but not Akt in vascular smooth muscle cells, Hypertension Research, Vol.32, No.3, 188-193, 2009.
47)Naonobu Tanaka, Kubota Takaaki, Ishiyama Haruaki, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Ito Junji, Mikami Yuzuru, Shiro Motoo and Kobayashi Jun'ichi : Petiolins D and E, phloroglucinol derivatives from Hypericum pseudopetiolatum var. kiusianum., Heterocycles, Vol.79, No.1, 917-924, 2009.
48)Jin-Bo Fang, Zhi Yao, Jia-Chun Chen, Yan-Wen Liu, Yoshihisa Takaishi and Hong-Quan Duan : Cytotoxic triterpene saponins from Alternanthera philoxeroides., Journal of Asian Natural Products Research, Vol.11, No.3, 261-266, 2009.
49)Jun-Yi Hu, Zhi Yao, Ying-Qian Xu, Yoshihisa Takaishi and Hong-Quan Duan : Triterpenes from Astilbe chinensis., Journal of Asian Natural Products Research, Vol.11, No.3, 236-242, 2009.
50)Toshiya Masuda, Jun Akiyama, Yoshio Takeda, Tomomi Maekawa and Yoshiaki Sone : Identification of the Antioxidation Reaction Products from Sinapic Ester in Lipid Oxidation System, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.73, No.3, 736-739, 2009.
51)田中 耕市 : 中山間地域における公共交通の課題と展望, 経済地理学年報, Vol.55, 33-48, 2009年.
52)長積 仁, 榎本 悟, 曾根 幹子 : 地域スポーツクラブがコミュニティにもたらす影響, --- プログラムへの参加とソーシャル・キャピタルとの関係性の検討(印刷中) ---, 生涯スポーツ学研究, Vol.6, No.2, 1-11, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)大北 一也, 高木 均, 小林 良生 : 射出成形された竹/PBS複合材料の曲げ特性, 香川県産業技術センター平成19年度研究報告, No.8, 33-36, 2008年.
2)東 暁, 石田 和之 : 中国における農村医療の現状について, 徳島大学社会科学研究, Vol.22, No.22, 1-13, 2009年.
3)矢部 拓也, 木下 斉 : 中心市街地活性化法と地区経営事業会社, --- 熊本城東マネジメントによる地区経営の試み ---, 徳島大学社会科学研究, Vol.22, No.22, 47-68, 2009年.
4)豊田 哲也 : 地方圏における消費の域外流出に関する推定, 地域と環境, No.8&9, 146-157, 2009年.
5)竹内 利夫, 三隅 友子, 橋本 智 : 美術館の鑑賞支援プログラムとの連携-美術作品を通した学習の可能性, 徳島大学国際センター紀要, No.4, 17-24, 2009年.
6)大橋 眞, 渡部 稔, 佐藤 高則, 石井 愃義 : 現代GP体験ゼミ 吉野川源流の自然と文化を見て・知って・考えてみる, --- 現代GP「豊穣な吉野川を持続可能とする共生環境教育」の一環として ---, 大学教育研究ジャーナル, No.6, 115-119, 2009年.
7)渡部 稔, 山城 考, 佐藤 高則, 大橋 眞, 間世田 英明, 續木 章三, 英 崇夫 : 高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」の実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.6, 85-101, 2009年.
8)大橋 眞, 中恵 真理子, 光永 雅子, 福田 利久 スティーブ, 齊藤 隆仁, 菊池 淳, 香川 順子, 廣渡 修一 : 大学教育改革と教養教育, --- 地域社会人活用による知の循環型社会構築に向けて ---, 大学教育研究ジャーナル, Vol.6, 58-69, 2009年.
9)光永 雅子, 中恵 真理子, 福田 利久 スティーブ, 齊藤 隆仁, 金成 香奈子, 的場 一将, 大橋 眞 : 学生・職員・教員参加型の教養教育FD活動, --- UD(University Development)活動としての意義 ---, 大学教育研究ジャーナル, Vol.6, No.6, 161-170, 2009年.

2008年度(平成20年度) / 学術レター

(なし)

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

1)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第14講)固定資産税における納税義務者, , Vol.63, No.4, 64-79, 2008年4月.
2)嶋林 三郎, 柏田 良樹 : <講座:抗菌製品を創る>抗菌剤の種類,特徴とその動向; 天然系抗菌剤, 防菌防黴誌, Vol.36, No.5, 323-333, 2008年5月.
3)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第15講)家屋の評価をめぐる論点, , Vol.63, No.5, 290-312, 2008年5月.
4)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第16講)政策税制の視点と固定資産税, , Vol.63, No.6, 98-116, 2008年6月.
5)三輪 昌史 : 最新ロボット事情, 実験力学, Vol.8, No.2, 153-156, 2008年6月.
6)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第17講)土地に係る固定資産税の実効税率, , Vol.63, No.7, 96-114, 2008年7月.
7)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第18講)固定資産税と地方交付税, , Vol.63, No.8, 94-114, 2008年8月.
8)上野 勝利, 石田 義夫 : 中山間地の孤立対策としてのアマチュア無線, --- 徳島大学地域防災無線研究会「JR5YAU」の試み ---, CQ Ham Radio, Vol.63, No.10, 52-57, 2008年9月.
9)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第19講)固定資産税の複雑さと納税者の意識, , Vol.63, No.10, 126-149, 2008年10月.
10)寺田 賢治 : 2回の一般化ハフ変換による人の検出, --- 1枚の複雑な背景画像中からの人領域を抽出する試み ---, 画像ラボ, Vol.19, No.11, 11-15, 2008年11月.
11)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第20講)住宅政策および住宅税制としての固定資産税, , Vol.63, No.11, 109-130, 2008年11月.
12)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第21講)固定資産税の将来推計, , Vol.63, No.12, 112-132, 2008年12月.
13)矢部 拓也 : 書評 西村雄郎著『大阪都市圏の拡大再編と地域社会の変容』ハーベスト社, 日本都市社会学会年報, No.27, 97-100, 2009年.
14)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第22講)外部不経済としての低・未利用地と社会的費用としての土地課税, , Vol.64, No.1, 92-115, 2009年1月.
15)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第23講)固定資産税の経済分析, , Vol.64, No.2, 228-249, 2009年2月.
16)田中 耕市 : 村山祐司・柴崎亮介編「シリーズGIS第1巻 GISの理論」, 地理学評論 Ser. A, Vol.82, 59-60, 2009年2月.

2008年度(平成20年度) / 国際会議

1)Tetsuya Sano, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Intelligent Texture Alignment for Kimono Disign, International Instrumentation and Measurement Technology Conference PROCEEDINGS (I2MTC2008), 265-269, Victoria, May 2008.
2)Hiroyuki Ukida, Naofumi Yamato, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : Omni-directional 3D Measurement by Hyperbolic Mirror Cameras and Pattern Projection, International Instrumentation and Measurement Technology Conference PROCEEDINGS (I2MTC2008), 365-370, Victoria, May 2008.
3)Tetsuya Sano, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Disign of Human-Computer Interface for Hand Writing Character, International Instrumentation and Measurement Technology Conference PROCEEDINGS (I2MTC2008), 594-597, Victoria, May 2008.
4)Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Measurement of Wheelchair Movement Area for SCI patient's Remodeling House, International Instrumentation and Measurement Technology Conference PROCEEDINGS (I2MTC2008), 706-711, Victoria, May 2008.
5)Hitoshi Takagi, Akira Mizobuchi, Koji Kusano and Yoshihito Okitsu : Flexural properties of all bamboo "green'' composites, High Performance Structures and Materials IV, 167-173, Carvoeiro, May 2008.
6)Akira Mizobuchi, Hitoshi Takagi, and Junichi Hino : Drilling machinability of resin-less "green" composites reinforced by bamboo fiber, High Performance Structures and Materials IV, 185-194, Carvoeiro, May 2008.
7)Koji Kusano, Hitoshi Takagi, Kako Shuhei, Gennai Yuusuke and Akiharu Ousaka : Thermal characteristics of PLA-bamboo composites, High Performance Structures and Materials IV, Vol.97, 175-183, Carvoeiro, May 2008.
8)Abdullah Saifizul Ahmad, Karim Rehan Mohamed and Hideo Yamanaka : Evaluation of a Quartz Based Automatic Traffic Monitoring System, Proceedings of 10th International Conference on Application of Advanced Technologies in Transportation, Athens, May 2008.
9)Toshiaki Tamaki, Kunihisa Yamaguchi, Narantungalag Dorjsuren, Yayoi Fukuhara, Yuya Horinouchi, Yuki Motobayashi, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa : Olmesartan inhibits the TNF-α-induced cytotoxicity in human glomerular endothelial cells, ISN Nexus Symposium on Diabetes & the Kidney, Dublin, Jun. 2008.
10)Mitsuhiro Sato, Akio Kondo and Takuya Kouyama : Evaluationg to the Health Effect of Using a Community-based Sports Club by Monetary Value, International Sociology of Sport Association 5th World Congress 2008, 71, Kyoto, Jul. 2008.
11)Yoshiki Kashiwada, Masatoshi Taniguchi, Xiong Juan, Takashi Yamagishi and Yoshihisa Takaishi : Triterpene derivatives and their reversing activity against multidrug resistant cancer cells., 7th Joint Meeting of AFERP, ASP, GA, PSE&SIF, Athens, Aug. 2008.
12)Sang-Yong Kim, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami and Shun-Lin Li : Studies on the constituents of Chloranthus spicatus (Thumb.) Makino., 7th Joint Meeting of AFERP, ASP, GA, PSE&SIF, 1059, Athens, Aug. 2008.
13)Hitoshi Takagi and Yuji Hagiwara : Microfracture behavior of hemp fiber-reinforced green composites, Proceedings of the 5th International Workshop on Green Composites, 23-26, Fukushima, Aug. 2008.
14)Kazuya Ohkita and Hitoshi Takagi : Effect of mold temperature on flexural properties of bamboo/PBS composites prepared by injection molding, Proceedings of the 5th International Workshop on Green Composites, 51-56, Fukushima, Aug. 2008.
15)Hiroyuki Ukida : 3D Information Acquisition Using Pattern Projection and Omni-directional Cameras, Proceedings of SICE Annual Conference 2008, 485-490, Tokyo, Aug. 2008.
16)Hiroyuki Ukida : 3D Shape and Specular Reflection Measurement Using Image Scanner, Proceedings of SICE Annual Conference 2008, 1526-1530, Tokyo, Aug. 2008.
17)Kazuya Ohkita and Hitoshi Takagi : Structural and mechanical behavior of bamboo/PBS composites prepared by injection molding, Book of Extended Abstracts AWPP2008 (Asian Workshop on Polymer Processing in Japan), 171-172, Tokyo, Aug. 2008.
18)Yusuke Gennai and Hitoshi Takagi : Thermal insulation characteristics of biodegradable composite materials reinforced by Manila hemp fiber, Book of Extended Abstracts AWPP2008 (Asian Workshop on Polymer Processing in Japan), 189-190, Tokyo, Aug. 2008.
19)Kikuchi Kunitomo, Masafumi Miwa and Tuchitani Shigeki : Evaluation of Basic Operating Characteristics of Ion Conductive Polymer Actuator using Ionic Liquid, SICE Annual Conference 2008 (SICE 2008), 1092-1095, Tokyo, Aug. 2008.
20)Junko Sanada : A Study on the planning concept of walking for health referring to "Tokyo Hoken Doro Promenade Proposal", Proceedings of 14th Conference of Urban Transport, Vol.14, Malta, Sep. 2008.
21)Yuya Horinouchi, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa, Soichiro Tajima, Yuki Motobayashi, Kunihisa Yamaguchi, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : Endotherial cell protective activity of nitrosonifedipine, Biomedical Redox Navigation (EPR2008), Fukuoka, Sep. 2008.
22)Koichiro Tsuchiya, Soichiro Tajima, Mai Hamamoto, Hideki Ohnishi, Yuki Motobayashi, Yuya Horinouchi, Kunihisa Yamaguchi, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : Effect of angiotensin II on iron (II) turnover in HGEC, Biomedical Redox Navigation (EPR2008), Fukuoka, Sep. 2008.
23)Yuya Horinouchi, Koichiro Tsuchiya, 石澤 啓介, 田島 壮一郎, 元林 有紀, 山口 邦久, 川添 和義, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : Endothelial cell protective activity of nitorosonifedipine, Biomedical Redox Navigation (EPR2008), Fukuoka, Sep. 2008.
24)Hiroyuki Ukida, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : 3D Shape, Color and Specular Estimation Using Image Scanner with Multiple Illuminations, Proceedings of IEEE International Workshop on Imaging Systems and Techniques, 2008 (IST 2008), 271-276, Chania, Sep. 2008.
25)Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hideki Yamamoto and Hiroyuki Ukida : Measurement of Wheelchair Size for Analyzing Transfer Motion for SCI Patients, Proceedings of IEEE International Workshop on Imaging Systems and Techniques, 2008 (IST 2008), 265-270, Chania, Sep. 2008.
26)Tetsuya Sano, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Motion Analysis of Hand Writing Characters, Proceedings of IEEE International Workshop on Imaging Systems and Techniques, 2008 (IST 2008), 257-260, Chania, Sep. 2008.
27)Hiroyuki Ukida and Yamanaka Yasuyuki : Object Tracking System Using Pan-Tilt Cameras and Arm Robot, Proceedings of The 7th International Conference on Machine Automation (ICMA2008), 195-200, Awaji, Sep. 2008.
28)Hitoshi Takagi and Hiroshi Mori : Press forming of all bamboo green composites, Proceedings of the Sixth Asian-Australasian Conference on Composite Materials, 219-222, Kumamoto, Sep. 2008.
29)Kazuya Ohkita and Hitoshi Takagi : Flexural properties of bamboo/PBS composites prepared by injection molding, Proceedings of the Sixth Asian-Australasian Conference on Composite Materials, 227-230, Kumamoto, Sep. 2008.
30)Koujirou Itotani and Hitoshi Takagi : Mechanical properties of hemp fiber-reinforced composites, Proceedings of the Sixth Asian-Australasian Conference on Composite Materials, 459-461, Kumamoto, Sep. 2008.
31)Masafumi Miwa, Ittetsu Shiraishi, Makoto Matshushima and Kiyoshi Miami : Remote Control Support System for R/C Helicopter, Proceedings of The 7th International Conference on Machine Automation ICMA2008, 105-108, 淡路島, Sep. 2008.
32)Masafumi Miwa, Hiroyashu Sakane, Kenji Nagase, Yasuhiro Koshimoto and Shigeki Tuchitani : Study on One-legged Robot Jumping, Proceedings of The 7th International Conference on Machine Automation ICMA2008, 99-104, 淡路島, Sep. 2008.
33)Hitoshi Takagi : Processing and characterization of nano-cellulose fiberboard, Program and Abstract Book of International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008, 143-144, Beijing, Oct. 2008.
34)Kazuya Ohkita and Hitoshi Takagi : Flexural properties of injection-molded bamboo/PBS composites, Program and Abstract Book of International Conference on Advanced Materials, Development and Performance 2008, 150-151, Beijing, Oct. 2008.
35)Hitoshi Takagi : Fabrication and characterization of cellulose nanocomposites, Proceedings of the 8th China-Japan Joint Conference on Composites, 227-230, Sapporo, Oct. 2008.
36)Toshiaki Tamaki, Keisuke Ishizawa, Kunihisa Yamaguchi, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Fukuhara Yayoi, Yuya Horinouchi and Koichiro Tsuchiya : Nitoroso-nifedipine is a new class drug to protect kidney against oxidative stress, 41th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2008.
37)Kunihisa Yamaguchi, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Shuji Kondo, Shoji Kagami and Toshiaki Tamaki : Hypoxia-Inducible Factor-1α ameliorates ischemic acute renal failure and has a relation with a recovery from acute tubular necrosis, 41th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2008.
38)Ahmed Fouad Mohamed Soliman Ali and Kenji Terada : Tracking Object using Kalman Filter and Fast Mean Shift Algorithm, Proceedings of the International Workshop on Vision, Communications and Circuits(IWVCC'08), No.2PM1-A-2, Xi'an, Nov. 2008.
39)Kazuyuki Ishida : The Marginal Cost of Public Fund and the Efficiency of the Tax Competition under the External Diseconomy, Fourth Annual APEA Conference, Central University of Finance and Economics, Beijing, China, December 13-14, Dec. 2008.
40)Kazuyuki Ishida : The Marginal Cost of Public Fund and the Efficiency of the Tax Competition under the External Diseconomy, 2008 HKEA(Hong Kong Economic Association) Fifth Biennial Conference, 15-16 December Chengdu, Sichuan Province, China, Dec. 2008.
41)Akira Tsunemi and Hitoshi Takagi : Corrosion of bamboo under water environment, Abstracts of IUMRS International Conference in Asia 2008, HP_32.pdf, Nagoya, Dec. 2008.
42)Hitoshi Takagi and Takehito Mori : Enhanced mechanical properties of bamboo by press forming, Abstracts of IUMRS International Conference in Asia 2008, HO_13.pdf, Nagoya, Dec. 2008.
43)田島 壮一郎, Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, 石澤 啓介, 寺岡 和彦, 冨田 修平, 川添 和義, 芳地 一, Toshiaki Tamaki and 水口 和生 : ANGIOTENSIN II INCREASED INTRACELLULAR LABILE IRON IN THE PRESENCE OF TRANSFERRIN IN HGEC, Basic & Clinical Pharmacology & Toxicology, Vol.105, 127, 2009.
44)Hitoshi Takagi : Preparation and characterization of green nanocomposites, Proceedings of The Third International Symposium on Advanced Mechatronics Engineering, 11-16, Changwon, Jan. 2009.
45)Hitoshi Takagi : Characterization of cellulosic green nanocomposites, Abstract of Ninth International Symposium on Biomimetic Materials Processing (BMMP-9), 78, Nagoya, Jan. 2009.
46)Hitoshi Takagi and Yusuke Gennai : Thermal insulation characteristics of biomimetic composite materials reinforced by natural fiber, Abstract of Ninth International Symposium on Biomimetic Materials Processing (BMMP-9), 79, Nagoya, Jan. 2009.
47)Ahmed Fouad Mohamed Soliman Ali and Kenji Terada : Object Detection and Tracking Using Kalman Filter and Fast Mean Shift Algorithm, Proceedings of the Fourth International Conference on Computer Vision Theory and Applications, No.128, 585-588, Lisbon, Feb. 2009.
48)Hitoshi Takagi : Introduction of green composites research in Japan, Seminar on Green Composites, 1-7, Busan, Feb. 2009.
49)Hitoshi Takagi : Environment-friendly green composites, Seminar on Green Composites, 1-8, Busan, Feb. 2009.
50)Yoshiaki Kitahara and Kenji Terada : A Method for Counting Passerby by Accumulated Subtraction Images, Proceedings of The 14th Korea-Japan joint Workshop on Computer Vision(FCV2009), No.1B-1-20, 165-170, Andong(Korea), Feb. 2009.
51)Yusuke Yasuhara and Kenji Terada : Simple Human Observation System by Information Obtained from Internet Cameras, Proceedings of The 15th Korea-Japan joint Workshop on Computer Vision(FCV2009), No.2B-1-17, 357-362, Andong(Korea), Feb. 2009.
52)Hitoshi Takagi : Mechanical and thermal insulation characteristics of green composites, Third Korea-Japan Green Composites Workshop, 3_1-3_8, Seoul, Mar. 2009.

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

1)真田 純子, 三多 庸介, 山中 英生 : 街区公園の鑑賞的価値とデザインの関係に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 2008年5月.
2)森本 恵美, 滑川 達 : 建設企業の入札行動特性から見る指名制度の評価, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, No.14, 354-355, 2008年5月.
3)山中 英生, 藩 哲, 柿原 健祐, 大平 晴加 : 中国の自転車道における交通流特性の分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 244-245, 2008年5月.
4)横田 絵莉, 藩 哲, 山中 英生 : 雑誌記事分析による交通安全教育の変換に関する考察, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 246-247, 2008年5月.
5)明 揚, 山中 英生 : 交差点交通安全対策の一効果分析事例とその考察, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 248-249, 2008年5月.
6)山中 英生, 村井 宏徳, 志水 亮介 : PI事例における中立的第三者の役割と成立性の分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.14, 266-267, 2008年5月.
7)高木 均, 合田 公一 : グリーンコンポジットの創製と強度特性-資源循環型複合材料の現状と展望-, 日本材料学会第57期学術講演会講演論文集, 33-34, 2008年5月.
8)高木 均, 森 浩司 : オール竹一方向複合材料の圧縮成形, 日本材料学会第57期学術講演会講演論文集, 275-276, 2008年5月.
9)石田 和之 : 地方税の応益性についての実証分析, 日本経済政策学会第65回全国大会, 2008年5月.
10)北原 巧章, 寺田 賢治 : 累積差分画像を用いた人の追跡, 第14回画像センシングシンポジウム, No.IN1-03, 2008年6月.
11)安原 佑輔, 寺田 賢治 : インターネットカメラを用いた3次元データからの人の監視, 第14回画像センシングシンポジウム, No.IN2-20, 2008年6月.
12)江島 由華, 寺田 賢治 : FG視覚センサを用いた人の動的3次元モデリング, 第14回画像センシングシンポジウム, No.IN2-21, 2008年6月.
13)三輪 昌史, 松島 誠, 白石 一哲, 南 潔 : リモートコントロールサポートシステムによる小型無人ヘリの操縦支援の効果, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008, 1P1-F12, 2008年6月.
14)三輪 昌史, 中野 直信, 後藤 裕介, 満田 成紀 : MDDを用いた飛行船の制御系設計, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008, 1P1-F11, 2008年6月.
15)島村 典尚, 菊池 邦友, 三輪 昌史, 土谷 茂樹 : IPMCを用いたマイクロロボットの駆動及び外部磁場によるエネルギ供給に関する研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008, 2A1-A15, 2008年6月.
16)三輪 昌史, 余村 正人, 松田 憲幸, 橋爪 賢次郎 : 館内移動用車椅子ロボットシステムの開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008, 2P1-E12, 2008年6月.
17)三谷 哲雄, 須藤 晃成, 入谷 忠光, 山中 英生 : 小交差点出会い頭事故防止のための路上設置型ITSシステム, 土木計画学研究·講演集, Vol.37, 2008年6月.
18)明 揚, 山中 英生, 秀浦 光, 鈴江 宗大 : 挙動分析を用いた事前事後比較による交差点安全対策の一評価事例, 土木計画学研究·講演集, Vol.37, 2008年6月.
19)村井 宏徳, 山中 英生, 真田 純子, 志水 亮介 : PI事例にみる中立的第三者の中立性に与える影響要因の分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.37, 2008年6月.
20)柿原 健佑, 山中 英生, 藩 曉東, 大平 晴加, 藩 哲 : 中国の自転車道における交通流特性の分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.37, 2008年6月.
21)鈴江 宗大, 秀浦 光, 須藤 晃成, 三谷 哲雄, 山中 英生 : 小交差点における危険進入車両に対する路側警告アルゴリズムの分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.37, 2008年6月.
22)真田 純子, 金尾 百子, 山中 英生 : 夜間の歩行空間評価に関する研究, 土木計画学研究·講演集, Vol.37, 2008年6月.
23)上野 勝利 : 孤立地区でのアマチュア無線の活用事例, 岩手・宮城内陸地震・緊急被害調査速報会, 2008年6月.
24)三輪 昌史, 松島 誠, 南 潔 : 無人ヘリに対する操縦支援装置の開発, 日本実験力学会2008 年度年次講演会, 2008年7月.
25)浮田 浩行 : 複数の光源を持つイメージスキャナを用いた光沢を持つ物体の形状および反射特性の推定, 第11回 画像の認識·理解シンポジウム(MIRU2008)論文集, 979-984, 2008年7月.
26)田代 優秋, 森本 恵美, 山中 英生, 西田 信夫 : 大学院生を対象とした長期インターンシップの教育効果, --- 経営センスを有する技術者の育成を目指して ---, 工学・工学教育研究講演会講演論文集, 736-737, 2008年8月.
27)日下 一也, 高木 均, 米倉 大介, 長町 拓夫, 英 崇夫 : 設計-製作分離型ものづくり実習の試み, 平成20年度工学・工業教育研究講演会 講演論文集, 66-67, 2008年8月.
28)高木 均, 高田 善弘, 興津 嘉人 : ホットプレス成形した竹の強度特性, 日本機械学会2008年度年次大会講演論文集, Vol.1, 383-384, 2008年8月.
29)大北 一也, 高木 均 : 竹/PBS射出成形材料の曲げ特性に及ぼす竹粉添加量の影響, 日本機械学会2008年度年次大会講演論文集, Vol.1, 363-364, 2008年8月.
30)高木 均 : グリーンコンポジットの開発,特性評価と応用技術, 植物由来複合材料(グリーンコンポジット)の開発と特性制御, 1-1-1-59, 2008年8月.
31)森本 恵美, 滑川 達, 山中 英生 : 地方自治体における公共調達制度改革の視点に関する一考察, 土木学会年次学術講演会講演概要集, No.63-2, 439-440, 2008年9月.
32)森本 恵美, 田代 優秋, 山中 英生, 西田 信夫 : ケーススタディ:長期インターンシップを利用した大学院生のキャリアデザイン, 土木学会年次学術講演会講演概要集, No.63-2, 15-16, 2008年9月.
33)北原 巧章, 寺田 賢治 : 累積差分を用いた通行する人の軌跡と人数の計測システム, 第13回知能メカトロニクスワークショップ, 2008年9月.
34)江島 由華, 寺田 賢治 : 粗い3次元データを用いた人の行動監視システム, 第13回知能メカトロニクスワークショップ, 2008年9月.
35)江島 由華, 寺田 賢治 : FG 視覚センサによる人の動的3D モデリング, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-1, 2008年9月.
36)北原 巧章, 寺田 賢治 : 累積差分画像による通行人数の計測, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-3, 2008年9月.
37)中川 康紀, 寺田 賢治, 石塚 善士 : 2回の一般化ハフ変換による人領域の抽出, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-5, 2008年9月.
38)松原 一隆, 寺田 賢治, 中川 康紀 : 微弱なエッジ情報を用いたマクロ欠陥の認識, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-4, 2008年9月.
39)安原 佑輔, 寺田 賢治 : ネットカメラを用いた3Dデータからの人の監視, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-2, 2008年9月.
40)三輪 昌史, 谷林 宏紀, 松島 誠, 南 潔 : リモートコントロールサポートシステムによる無人ヘリの操縦支援, 第26回日本ロボット学会学術講演会, 2B1-05, 2008年9月.
41)三橋 洋介, 柏田 良樹, 石田 俊介, 高石 喜久, Kodozhimatov K. Olimjon, Ashurmetov Ozodbek : ウズベキスタン産薬用植物に関する研究(34) —Ziziphora pedicellataの成分について(2)—, 日本生薬学会第55回(2008)年会, 85, 2008年9月.
42)西村 和也, 柏田 良樹, 高石 喜久 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(10)—夏蝋梅(Sinocalycanthus chinensis)の成分について—., 日本生薬学会第55回(2008)年会, 86, 2008年9月.
43)栗本 慎一郎, 鈴木 恭子, 柏田 良樹, 高石 喜久, 岡坂 衛, Kodozhimatov K. Olimjon, Ashurmetov Ozodbek : ウズベキスタン産薬用植物に関する研究(35)—Mediasia macrophyllaの成分について(2)—., 日本生薬学会第55回(2008)年会, 101, 2008年9月.
44)篠崎 陽介, 橋田 和佳, 柏田 良樹, 高石 喜久 : オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(21) —キンシバイHypericum patulum花部の成分について(1)—., 日本生薬学会第55回(2008)年会, 102, 2008年9月.
45)橋田 千佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 孫 漢董 : オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(19) —遍地金Hypericum elodeoidesの成分について(1)—., 日本生薬学会第55回(2008)年会, 103, 2008年9月.
46)金 尚永, 柏田 良樹, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林, 高石 喜久 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(9)—Chloranthus spicatusの成分について(4)—, 日本生薬学会第55回(2008)年会, 187, 2008年9月.
47)田中 直伸, 久保田 高明, 石山 玄明, 柏田 良樹, 高石 喜久, 伊藤 淳二, 三上 㐮, 城始 勇, 小林 淳一 : ナガサキオトギリ由来の新規フロログルシノール誘導体petiolin Dの構造, 日本生薬学会第55回(2008)年会, 188, 2008年9月.
48)海瀬 貞夫, 柏田 良樹, 高石 喜久, 孫 漢董, 橋田 千佳 : オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(19) —遍地金Hypericum elodeoidesの成分について(2)—, 日本生薬学会第55回(2008)年会, 243, 2008年9月.
49)鎌倉 孝法, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 樋口 富彦, 高石 喜久 : キク科カレープラントHelichrysum itallicum subsp. serotinumの抗MRSA活性成分の探索研究, 日本生薬学会第55回(2008)年会, 279, 2008年9月.
50)金 尚永, 柏田 良樹, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林, 孫 漢董, 高石 喜久 : Chloranthus spicatusの成分研究, 第50回天然有機化合物討論会, 339-344, 2008年9月.
51)三輪 昌史 : 安定化装置について-リモートコントロールサポートシステム, 無人ヘリテレ推進協議会第6回研修会, 2008年10月.
52)浮田 浩行, 山中 康行 : 2台のパンチルトカメラとアームロボットを用いた物体追跡, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.108, No.263, 113-118, 2008年10月.
53)高木 均, 内田 啓 : バルク状セルロースナノ複合材料の試作, 第33回複合材料シンポジウム講演要旨集, 209-210, 2008年10月.
54)金 尚永, 柏田 良樹, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(11)—Chloranthus spicatus の成分について(5)—, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 199, 2008年11月.
55)篠崎 陽介, 橋田 和佳, 柏田 良樹, 高石 喜久 : オトギリソウ科Hypericum 属植物に関する研究(22)—キンシバイ(Hypericum patulum)花部の成分について(2)—, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 206, 2008年11月.
56)柴田 洋文, 吉田 敦也, 大野 三規, 三谷 明彦, 高石 喜久 : 電圧負荷による非凍結低温度帯における低温細菌の挙動, 第29回日本食品微生物学術総会, 2008年11月.
57)浮田 浩行, 劉 寛 : 複数光源イメージスキャナによる三次元物体の形状および反射特性の復元, 第13回パターン計測シンポジウム資料, 41-47, 2008年11月.
58)三輪 昌史, 谷林 宏紀, 松島 誠, 南 潔 : リモートコントロールサポートシステムを用いた無人ヘリの操縦支援, 第51回自動制御連合講演会, 705, 2008年11月.
59)高木 均, 源内 佑介 : 天然繊維強化複合材料の熱伝導特性, 53rd FRP CON-EX 2008講演会講演要旨集, 81-82, 2008年11月.
60)花岡 史恵, 澤田 俊明, 横田 正和, 北川 フラム, 山中 英生 : 地域再生と森林保全に根ざした里山アートプロジェクトの効果, --- 3,000人のボランティア参加を得た上勝アートプロジェクトの事例より ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.38, 2008年11月.
61)藩 哲, 山中 英生 : 自転車の利用経験と将来利用意向の関係に関する意識分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.38, 2008年11月.
62)明 陽, 鈴江 宗大, 入谷 忠光, 三谷 哲雄, 山中 英生 : 小交差点での路上設置型装置による一時停止警告に対する運転挙動の実験分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.38, 2008年11月.
63)渡部 稔, 山城 考, 佐藤 高則, 大橋 眞, 間世田 英明, 續木 章三, 英 崇夫 : 高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」実施報告, 第120回徳島生物学会 会報, 17, 2008年12月.
64)江島 由華, 寺田 賢治, 吉田 敦也 : 安価なカメラを用いたバーチャル水族館, ビジョン技術の実利用ワークショップ, No.I-9, 104-107, 2008年12月.
65)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2008, ビジョン技術の実利用ワークショップ, 387, 2008年12月.
66)森本 恵美, 滑川 達, 濱田 英樹, 山中 英生 : 総価契約・単価合意方式による低入札抑制の可能性に関する研究, 第26回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会, Vol.15, 325-336, 2008年12月.
67)高木 均 : セルロース/植物由来樹脂系複合材料の生成と機能性, セルロースの構造制御・調整と複合化材料の開発, 2-1-2-60, 2008年12月.
68)森本 恵美, 田代 優秋, 入谷 忠光, 西田 信夫, 山中 英生 : 長期インターンシップにおける学生の知的財産に関する検討, 平成20年度徳島大学教育カンファレンス, 14-15, 2009年1月.
69)田中 耕市 : 防災を題材としたGIS教育, --- 文系学生を対象として ---, 第二回四国GISシンポジウム, 2009年2月.
70)浮田 浩行, 劉 寛 : 複数の光源によるスキャナ画像からの3次元形状と反射特性の推定, 電気学会研究会資料, Vol.IP-09-1∼12,IIS-09-1∼12, 7-12, 2009年2月.
71)江島 由華, 寺田 賢治 : 多段しきい値を用いた半導体ウエハ上の欠陥分類, 動的画像処理実用化ワークショップ2008, No.I21, 144-147, 2009年3月.
72)森 健人, 高木 均, 溝渕 啓, 草野 剛嗣 : プレス成形した爆砕竹の強度特性, JCOM-38講演論文集, 318-319, 2009年3月.
73)薄木 航, 高木 均, 大北 一也 : 竹粉・PBS射出成形材料の強度評価, JCOM-38講演論文集, 320-322, 2009年3月.
74)大杉 亮介, 高木 均 : バルク状バクテリアセルロース繊維強化複合材料の開発, JCOM-38講演論文集, 330-331, 2009年3月.
75)溝渕 啓, 高木 均, 小谷 斉 : レジンレス竹繊維強化グリーンコンポジットへの通り穴加工, JCOM-38講演論文集, 323-325, 2009年3月.
76)田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 濱本 磨以, 堀ノ内 裕也, 冨田 修平, 石澤 啓介, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 : Angiotensin IIによるヒト腎糸球体血管内皮細胞(HGEC)内における鉄動態の検討, 日本薬学会129年会, 2009年3月.
77)田中 直伸, 大豆村 拓自, 久保田 高明, 今林 潔, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一 : ビヨウヤナギより単離した新規xanthone誘導体の構造, 日本薬学会第129年会, No.2, 172, 2009年3月.
78)吉川 和子, 大津 未早, 國土 直樹, 河野 幸子, 高石 喜久, 橋本 敏弘 : シンビジウム・マリーサンローランサンの化学成分とそれらの生物活性について, 日本薬学会第129年会, No.2, 171, 2009年3月.
79)金 尚永, 柏田 良樹, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(12)—Chloranthus spicatus の成分について(6)—, 薬学会第129年会, No.2, 96, 2009年3月.
80)栗本 慎一郎, 鈴木 恭子, 岡坂 衛, 柏田 良樹, 伊藤 美千穂, 本多 義昭, 武田 美雄, Kodzhimatov K. Olimjon, Ashurmetov Ozodbek, 高石 喜久 : ウズベキスタン産薬用植物に関する研究(36)—Ferula variaの成分研究(4) —, 薬学会第129年会, No.2, 227, 2009年3月.
81)佐々木 久子, 阿部 有里子, 柏田 良樹, 関谷 倫子, 池城 安正, 高石 喜久 : 前駆脂肪細胞の分化調節機能を有する天然物(4)—青ジソ根部の分化抑制作用成分について—, 日本薬学会第129年会, No.2, 208, 2009年3月.
82)熊 娟, 谷口 昌聖, 柏田 良樹, 山岸 喬, 高石 喜久 : Research on Plant-Derived MDR-Reversing Agents (7): Amide Derivatives of Papyriferic Acid as MDR-reversing Agents., 日本薬学会第129年会, No.2, 227, 2009年3月.
83)柏田 良樹, 熊 娟, R. Nicole Kirgore, T. Carl Wirl, P. Graham Allaway, Kuo-Hsiung Lee, 高石 喜久 : 抗HIV天然物に関する研究 (23) -ベツリンをリードとしたマルチメカニズムな抗HIV活性分子の創成研究-, 日本薬学会第129年会, No.2, 226, 2009年3月.
84)田中 耕市 : アジアにおけるLCCs(低コスト航空会社)ネットワークの展開とその特性, --- 大手航空会社と比較して ---, 2009年度日本地理学会春季学術大会, 2009年3月.
85)藤本 彩, 小山 保夫, 増田 俊哉 : 抗酸化性フェノール物質の酸化生成物の構造と機能 細胞毒性を有するセサモール酸化物の構造, 日本農芸化学会21年度大会講演要旨集, 21, 2009年3月.
86)秋山 純, 藤本 彩, 増田 俊哉 : 抗酸化リグナンの抗酸化反応機構, 日本農芸化学会21年度大会講演要旨集, 21, 2009年3月.
87)三木 あかね, 菊石 美也子, 日野出 晴美, 東 満美, 樋口 富彦, 土屋 浩一郎, 木原 勝, 高石 喜久 : 徳島大学薬学部における自学能力育成への取組, 日本薬学会129年会, 0, 2009年3月.

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1)森 浩司, 高木 均 : 竹繊維を用いたバインダフリーグリーンコンポジットの機械的特性, 日本材料学会複合材料部門委員会第216回例会, 10-15, 2008年6月.
2)寺田 賢治 : カメラ画像による微小病害虫の検知, 画像応用技術専門委員会研究報告, Vol.23, No.2, 38-43, 2008年9月.
3)青木 義満, 佐藤 美恵, 寺田 賢治 : サマーセミナー2008開催報告, 画像応用技術専門委員会研究報告, Vol.23, No.2, 44-45, 2008年9月.
4)佐藤 充宏 : 健康生活にスポーツを, いのち輝く, No.59, 6-7, 2008年9月.
5)真田 純子 : みどころ土木遺産 土釜橋, --- 村の発展を支えた橋 ---, 土木学会誌, Vol.93, No.10, 2008年10月.
6)北原 巧章, 寺田 賢治 : 累積差分画像による歩行者の軌跡生成, 電子情報通信学会技術報告, No.PRMU2008-95, 43-48, 2008年10月.
7)安原 佑輔, 寺田 賢治 : インターネットカメラを用いた簡易な人の監視システム, 電子情報通信学会技術報告, No.PRMU2008-96, 49-54, 2008年10月.
8)江島 由華, 寺田 賢治 : 粗い3次元データによる人の動的3Dモデリング, 電子情報通信学会技術報告, No.PRMU2008-97, 55-60, 2008年10月.
9)安原 佑輔, 寺田 賢治 : 複数のインターネットカメラを用いた人の行動監視, 電気学会一般産業研究会, No.GID-08-17, 25-30, 2008年11月.
10)山口 順一, 寺田 賢治, 梅田 和昇, 佐藤 隆雄, 実森 彰郎, 下村 倫子, 本谷 秀堅, 渡邉 恵理子, 奥田 晴久, 羽下 哲司, 橋本 学 : セキュリティ・ITS分野における多次元センシング技術の現状と動向, --- MDS委員会2008年度調査報告 ---, 電気学会一般産業研究会, No.GID-08-15, 13-17, 2008年11月.
11)渡部 稔, 山城 考, 佐藤 高則, 大橋 眞, 間世田 英明, 續木 章三, 英 崇夫 : 高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」実施報告, 平成20年度全学FD徳島大学教育カンファレンス 発表抄録集, 8-9, 2009年1月.
12)江島 由華, 寺田 賢治, 吉田 敦也 : 安価なカメラシステムによるバーチャル水族館の構築, 電気学会情報処理・産業システム情報化合同研究会, No.IIS-09-10, 53-56, 2009年2月.

2008年度(平成20年度) / 報告書

1)上野 勝利 : アマチュア無線を利用した大規模災害時の自立的通信手段確保を目指した地域防災教育に関する研究, 電気通信普及財団研究調査報告書, Vol.23, 214-222, 東京, 2008年11月.
2)木村 和彦, 佐藤 充宏, 米谷 正造, 石井 十郎, 斎藤 隆志, 作野 誠一 : 各種スポーツクラブに関する調査研究, 平成20年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告 No.Ⅳ 子どもの発達段階に応じた体力向上プログラムの開発事業-文部科学省委託事業-, 103-157, 東京, 2009年3月.

2009年度(平成21年度)

article.{@.date="20090400 20100399" @.organization=\E{166679}}

2009年度(平成21年度) / 著書

1)三輪 昌史 : RCヘリ完全制御に関する徳島大学研究日誌, 株式会社枻出版社, 2009年7月.
2)三輪 昌史 : RCヘリ完全制御に関する徳島大学研究日誌, 株式会社枻出版社, 2009年8月.
3)Koichi Goda, Hitoshi Takagi and Anil N. Netravali : Natural fibre reinforced polymer composites: From macro to nanoscale, --- Fully biodegradable green composites reinforced with natural fibers ---, Old City Publishing, Inc., Philadelphia, Sep. 2009.
4)三輪 昌史 : RCヘリ完全制御に関する徳島大学研究日誌, 株式会社枻出版社, 2009年9月.
5)三輪 昌史 : RCヘリ完全制御に関する徳島大学研究日誌, 株式会社枻出版社, 2009年10月.
6)三輪 昌史 : RCヘリ完全制御に関する徳島大学研究日誌, 株式会社枻出版社, 2009年11月.
7)Masafumi Miwa, Hiroyasu Sakabe, Kenji Nagase, Yasuhiro Kosimoto and Shigeki Tuchitani : Study on One-legged Robot Jumping, Springer-Verlag, Jan. 2010.
8)Masafumi Miwa, Ittetsu Shiraishi, Makoto Matsushima and Kiyoshi Minami : Remote Control Support System for R/C Helicopter, Springer-Verlag, Jan. 2010.
9)佐藤 充宏, 浜井 俊洋 : 子どもの個性と特徴に応じた指導と支援のあり方∼得意不得意・好き嫌い・障がいの有無を超えた運動あそびとスポーツ∼, 財団法人徳島県スポーツ振興財団徳島県広域スポーツセンター, 徳島, 2010年2月.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1)森 浩司, 高木 均 : 竹繊維を用いたバインダフリーグリーンコンポジットの機械的特性, 材料, Vol.58, No.5, 362-367, 2009年.
2)寺田 賢治, 福原 徹 : 阿波踊りの動きの3次元解析の試み, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.129, No.5, 876-884, 2009年.
3)Sang-Yong Kim, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Shun-Lin Li and Yoshihisa Takaishi : Spicachlorantins A and B, New Dimeric Sesquiterpenes from the roots of Chloranthus spicatus., Phytochemistry Letters, Vol.2, No.3, 110-113, 2009.
4)Aya Fujimoto, Yoko Sakanashi, Hiroko Matusi, Toshihisa Oyama, Yumiko Nishimura, Toshiya Masuda and Yasuo Oyama : Cytometric analysis of cytotoxicity of polyphenols and related phenolics to rat thymocytes: Potent cytotoxicity of resveratrol to normal cells, Basic & Clinical Pharmacology & Toxicology, Vol.104, No.6, 455-462, 2009.
5)寺田 賢治, 松原 一隆 : 円形計測線時空間画像を用いた方向別人数計測, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.129-C, No.6, 1016-1025, 2009年.
6)Toshiya Masuda, Aya Fujimoto, Yasuo Oyama, Tomomi Maekawa and Yoshiaki Sone : Structures of cytotoxic products from Fe-catalyzed oxidation of sesamol in ethanol, Tetrahedron Letters, Vol.50, No.27, 3905-3908, 2009.
7)Yoshio Tanimoto, Yasuhiko Rokumyo, Kazunari Furusawa, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Adjustment of Computer Input Device for Patients With Tetraplegia by Using a Mouse Cursor Locus Image, IEEE Transactions on Instrumentation and Measurement, Vol.58, No.7, 2094-2101, 2009.
8)Keisuke Ishizawa, Narantungalag Dorjsuren, Yuki Izawa-Ishizawa, Rika Sugimoto, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : Inhibitory effects of adiponectin on platelet-derived growth factor-induced mesangial cell migration, The Journal of Endocrinology, Vol.202, No.2, 309-316, 2009.
9)Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Sang Yong Kim, Waka Hashida, Michiko Sekiya, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi : Acylphloroglucinol, biyouyanagiol, biyouyanagin B, and related spiro-lactones from Hypericum chinense., Journal of Natural Products, Vol.72, No.8, 1447-1452, 2009.
10)Hiroyuki Ukida, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : 3D shape, color and specular estimation using an image scanner with multiple illuminations, Measurement Science & Technology, Vol.20, No.10, 104014-(10pp), 2009.
11)Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Sang-Yong Kim, Michiko Sekiya, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi : Xanthones from Hypericum chinense and their cytotoxicity evaluation., Phytochemistry, Vol.70, No.11-12, 1456-1461, 2009.
12)Naonobu Tanaka, Takaaki Kubota, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi and Jun'ichi Kobayashi : Petiolins F-I, benzophenone rhamnosides from Hypericum pseudopetiolatum var. kiusianum., Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.57, No.10, 1171-1173, 2009.
13)西部 絵理, 真田 純子 : ウォーキングにおいて重要視される風景とその役割に関する研究, --- 徳島県吉野川市を対象として ---, 都市計画論文集, No.44, 43-48, 2009年.
14)中川 康紀, 鈴木 孝造, 寺田 賢治 : FG 視覚センサを用いた人物の姿勢認識, 画像電子学会誌, Vol.38, No.5, 664-672, 2009年.
15)中野 晋, 上野 勝利, 上月 康則, 佐溝 時彦, 村上 仁士 : 最近の被害地震における建設業の応急対応に関するヒヤリング調査, 安全問題研究論文集, Vol.4, 107-112, 2009年.
16)石田 和之, 岡 重徳, 斎賀 明彦 : 歯科大学の所在と歯科医師数・歯科診療所数の関係, 日本歯科医療管理学会雑誌, Vol.44, No.3(99), 152-159, 2009年.
17)森本 恵美, 滑川 達, 八田 法大 : 建設企業の災害応急対策の政策的意味と課題, 建設マネジメント研究論文集, No.16, 373-382, 2009年.
18)上月 康則, 水口 裕之, 伊福 誠, 山中 亮一, 真田 純子, 久本 忠則, 六車 晋助, 斎藤 浩行, 岩村 俊平 : 仮想評価法とファジィ構造モデルを用いた三島川之江港エコ防波堤の事業評価, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.66, No.1, 1451-1455, 2010年.
19)Naonobu Tanaka, Mamemura Takuji, Abe Shuhei, Imabayashi Kiyoshi, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Suzuki Tetsuro, Takebe Yutaka, Kubota Takaaki and Kobayashi Junichi : Biyouxanthones A-D, prenylated xanthones from roots of Hypericum chinense, Heterocycles, Vol.80, No.1, 613-621, 2010.
20)Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira and Toshiaki Tamaki : Dietary nitrite ameliorates renal injury in l-NAME-induced hypertensive rats, Nitric Oxide: Biology and Chemistry, Vol.22, No.2, 98-103, 2010.
21)Toshiya Masuda, Someya Tatsushi and Aya Fujimoto : Phenolic Inhibitors of Chemical and Enzymatic Oxidation in the Leaves of Myrica rubura, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.74, No.1, 212-215, 2010.
22)Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Narantungalag Dorjsuren, Erika Miki, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuichi Hamano, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Angiotensin II receptor blocker attenuates PDGF-induced mesangial cell migration in a receptor-independent manner, Nephrology, Dialysis, Transplantation, Vol.25, No.2, 364-372, 2010.
23)山本 真由美, 長積 仁, 大橋 眞, 金丸 芳, 寺嶋 吉保, 長宗 雅美 : 特別支援教育における学生ボランティアの活用の試み, 大学教育研究ジャーナル, Vol.0, No.6, 102-107, 2010年.
24)大橋 眞, 齊藤 隆仁 : 北欧とドイツの生涯学習と,徳島大学の「地域社会人を活用した教養教育」から見えてくる視点とは, 大学教育研究ジャーナル, No.7, 66-71, 2010年.
25)大橋 眞, 光永 雅子, 中恵 真理子, 齊藤 隆仁 : 地域社会に学ぶ体験型学習∼第7回国際珍島学会と韓国の地域から学ぶことの意義∼, 大学教育研究ジャーナル, Vol.7, No.7, 72-77, 2010年.
26)大橋 眞, 光永 雅子, 中恵 真理子, 福田 利久 スティーブ, 齊藤 隆仁 : 高等教育と生涯教育を考えるInternational Conference-地域社会人を活用した教養教育の一環としての日韓中交流-, 大学教育研究ジャーナル, Vol.7, No.7, 78-84, 2010年.
27)光永 雅子, 中恵 真理子, 齊藤 隆仁, 的場 一将, 大橋 眞 : 自主的な学びを目指す「学びのコミュニティー」活動-学生・社会人・教員で創る生涯学習の形-, 大学教育研究ジャーナル, No.7, 102-109, 2010年.
28)大橋 眞, 岸江 信介, 光永 雅子, 中恵 真理子, 富永 朝己, 宮武 秀考, 齊藤 隆仁 : 学際的分野における学士課程構築を視野に入れた授業評価アンケートとその活用, 大学教育研究ジャーナル, No.7, 120-130, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)大北 一也, 高木 均, 薄木 航, 小林 良生 : 竹/PBS射出成形複合材料の引張特性, 香川県産業技術センター平成20年度研究報告, No.9, 46-48, 2009年.
2)佐藤 充宏, 近藤 光男, 香山 卓也, 佐藤 信二 : 徳島県における総合型地域スポーツクラブの利用が住民の健康に及ぼす効果に関する研究, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.17, 1-10, 2009年.
3)樋口 直人, 矢部 拓也, 松谷 満, 高木 竜輔 : 改革派知事の16年, --- 高知・橋本県政は何を変えたのか ---, 徳島大学社会科学研究, No.23, 2010年.
4)矢部 拓也 : 中心市街地の衰退と再生のメカニズム : ジェーン・ジェコブズの都市理論による滋賀県長浜市の中心市街地再生の事例分析, 徳島大学社会科学研究, Vol.23, No.0, 151-168, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術レター

1)森本 恵美, 滑川 達, 八田 法大 : 災害応急対策の計画実効性向上のための公共調達のあり方に関する調査研究-BCP の実効性向上における発注者責任-, 21世紀の南海地震と防災, Vol.4, 109-118, 2009年.

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

1)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第25講)地方公共団体の資産・債務管理と固定資産税(上), , Vol.64, No.4, 274-293, 2009年4月.
2)山中 英生 : 自転車走行空間整備持続ある取り組みにむけて, 土木技術資料, Vol.51, No.4, 3, 2009年4月.
3)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第26講)地方公共団体の資産・債務管理と固定資産評価(下), , Vol.64, No.5, 126-146, 2009年5月.
4)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第27講)宅地等に係る負担調整措置, , Vol.64, No.6, 128-148, 2009年6月.
5)山中 英生 : 四国における自転車の利用促進とその展望, 運輸と経済, Vol.69, No.7, 25-32, 2009年7月.
6)山中 英生 : 協働の地域づくりへ, 月刊建設, Vol.53, 4-5, 2009年7月.
7)山中 英生 : 交通連携と今後の望ましい交通社会, 道路, Vol.82, 4-9, 2009年7月.
8)寺田 賢治 : カメラ画像による微小病害虫の検知, --- 小さい害虫を画像処理で見分ける ---, 画像ラボ, Vol.20, No.7, 43-47, 2009年7月.
9)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第28講)固定資産税における土地評価と土壌汚染, , Vol.64, No.7, 86-107, 2009年7月.
10)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第29講)固定資産税における税負担への配慮と税負担軽減措置のあり方, , Vol.64, No.8, 46-64, 2009年8月.
11)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第30講)宅地に係る固定資産税の実効税率を変化させる要因について, , Vol.64, No.9, 62-79, 2009年9月.
12)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第31講)復興財政と固定資産税, , Vol.64, No.10, 160-175, 2009年10月.
13)大北 一也, 高木 均 : 竹繊維グリーンコンポジットの開発と実用化, 繊維機械学会誌, Vol.62, No.10, 607-611, 2009年10月.
14)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第32講)固定資産税による財源確保の限界と可能性, , Vol.64, No.11, 126-155, 2009年11月.
15)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第33講)固定資産税の公平性に関する議論, , Vol.64, No.12, 86-105, 2009年12月.
16)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第34講)景気の変化と固定資産税の関係―税収の所得弾力性―, , Vol.65, No.1, 108-126, 2010年1月.
17)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第35講)固定資産税における分離課税の考え方, , Vol.65, No.2, 190-210, 2010年2月.
18)真田 純子, 山中 英生 : 徳島大学における学生参加によるキャンパス整備, 大学マネジメント, Vol.5, No.11, 2010年2月.
19)浮田 浩行 : 双対空間を利用した多視点画像からの3次元形状復元, O plus E, Vol.32, No.3, 288-292, 2010年2月.
20)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第36講)財産税におけるタックス・キャップの意義と効果, , Vol.65, No.3, 77-100, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 国際会議

1)Hiroyuki Ukida, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : Object Shape and Reflectance Property Measurement Using Multiple Illumination Scanner, IEEE International Instrumentation and Measurement Technology Conference Proceedings (I2MTC2009), 24-29, Singapore, May 2009.
2)Tetsuya Sano, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Motion Analysis of Hand Writing Japanese Character using Human Computer Interface, IEEE International Instrumentation and Measurement Technology Conference Proceedings (I2MTC2009), 883-888, Singapore, May 2009.
3)Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Measurement of Wheelchair Turn Radius for SCI Patient's Remodeling House, IEEE International Instrumentation and Measurement Technology Conference Proceedings (I2MTC2009), 1357-1360, Singapore, May 2009.
4)Hiroyuki Ukida, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : 3D Object Shape and Reflectance Property Reconstruction Using Image Scanner, 2009 IEEE International Workshop on Imaging Systems & Techniques Proceedings (IST 2009), 100-104, Shenzhen, May 2009.
5)Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Image Measurement of Body Position Image Measurement of Body Position, 2009 IEEE International Workshop on Imaging Systems & Techniques Proceedings (IST 2009), 277-281, Shenzhen, May 2009.
6)Hitoshi Takagi : Powder forming for waste ground chips of bearing steel, Proceedings of the 4th International Conference on Recent Advances in Materials, Minerals & Environment and 2nd Asian Symposium on Materials and Processing, MT39_1-MT39_5, Penang, Jun. 2009.
7)Hitoshi Takagi : Fracture behavior of cross-ply biodegradable composite materials, Proceedings of the 4th International Conference on Recent Advances in Materials, Minerals & Environment and 2nd Asian Symposium on Materials and Processing, PPM10_1-PPM10_6, Penang, Jun. 2009.
8)Kurimoto Shin-ichiro, Suzuki Kyoko, Yoshiki Kashiwada, Okasaka Mamoru, Kodzhimatov K. Olimjon and Yoshihisa Takaishi : STUDY ON MEDICINAL PLANTS OF UZBEKISTAN: CONSTITUENTS OF THE ROOTS OF FERULA VARIA (SCHRENK) TRAUTV., 50th Annual Meeting of the American Society of Pharmacognosy., Honolulu, Jun. 2009.
9)Kim Sang-Yong, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Sun Han-Dong, Li Shun-Lin and Yoshihisa Takaishi : STUDIES ON THE CONSTITUENTS OF CHLORANTHUS SPICATUS (THUNB.) MAKINO., 50th Annual Meeting of the American Society of Pharmacognosy, Honolulu, Jun. 2009.
10)Xiong Juan, Taniguchi Masatoshi, Yoshiki Kashiwada, Yamagishi Takashi and Yoshihisa Takaishi : AMIDE DERIVATIVES OF PAPYRIFERIC ACID AS MDR-REVERSING AGENTS., 50th Annual Meeting of the American Society of Pharmacognosy, Honolulu, Jun. 2009.
11)Koichi Tanaka : Regional structure based on the international flight network of low cost carriers in Asia, --- A comparison with full service carriers ---, Proceedings of the 13th Air Transportation Research Society World Conference, Abu Dhabi, Jun. 2009.
12)Yoshiki Kashiwada, Xiong Juan, Kilgore R. Nicole, Wild T. Carl, Allaway P. Graham, Lee Kuo-Hsiung and Yoshihisa Takaishi : 3-O-ACYL BETULIN DERIVATIVE AND AZT CONJUGATE AS ANTI-HIV AGENTS., 50th Annual Meeting of the American Society of Pharmacognosy, Honolulu, Jun. 2009.
13)Yoshihisa Takaishi, Yoshiki Kashiwada, Hashida Waka, Mikuchi Kousuke and Koichiro Tsuchiya : FERULOYL MUCIC ACID DERIVATIVES AS SIRT1 STUMULATOR FROM CITRUS SUDACHI HORT. EX SHIRAI., 50th Annual Meeting of the American Society of Pharmacognosy, Honolulu, Jun. 2009.
14)Hitoshi Takagi : High performance thermoset composites reinforced by unidirectional hemp fibers, Proceedings of KSCM Summer Workshop on Composite Materials, 401-419, Muju, Aug. 2009.
15)Hiroyuki Ukida : 3D Depth Measurement by Phase Shifting Method Using Multiple Projection and Omni-directional Cameras, ICROS-SICE International Joint Conference 2009 (ICCAS-SICE 2009) Final Program and Papers, 3619-3624, Fukuoka, Aug. 2009.
16)Tetsuya Sano, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Motion Analysis of Hand Writing using Japanese Brush Pen, 6th IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing PROCEEDINGS (WISP2009), 163-168, Budapest, Aug. 2009.
17)石田 和之 : 日本都市再開発事業的最近動向, 中国上海世博会論伝・2009中国第六届草原文化百家論伝『城市発展与草原文明』,中華人民共和国内蒙古自治区呼和浩特市, 2009年9月.
18)Hitoshi Takagi and Koujirou Itotani : Strength and fracture of unidirectional green composites reinforced by hemp fiber, Proceedings of the 8th International Conference on Fracture and Damage Mechanics, 89-92, Malta, Sep. 2009.
19)Hitoshi Takagi, Yoshihiro Takata and Hiroshi Mori : Binderless unidirectional bamboo fiber composites, --- Effect of molding conditions on their mechanical properties ---, Proceedings of the 7th Japan/Korea Joint Symposium on Composite Materials, 235-236, Kanazawa, Sep. 2009.
20)Ahmed Fouad Mohamed Soliman Ali and Kenji Terada : A General Framework for Multi-Human Tracking, Proceedings of International Workshop on Computer Science and Engineering 2009(WCSE2009), No.703, Qingdao, China, Oct. 2009.
21)Hitoshi Takagi : Manufacture and mechanical properties of binderless bamboo green composites, Proceedings of Third China-Japan Joint Seminar on Green Composites, KL3_1-KL3_5, Shanghai, Oct. 2009.
22)Hitoshi Takagi : Environment-friendly green composites, Seminar on Green Composites, 1-6, Xi'an, Oct. 2009.
23)Hitoshi Takagi : Characterization of high-strength green composites, Seminar on Composite Materials, 1-7, Harbin, Oct. 2009.
24)Hiroyuki Ukida, Yuuta Aika, Keita Achi, Yasuyuki Ishihara, Jou Kuroda, Gaku Kosaki, Syunsuke Suzuki and Yuuki Nagata : Robot Manufacturing Class for Children by University Students, Proceedings of Asian Conference on Engineering Education 2009 (ACEE 2009), 164-165, Busan, Oct. 2009.
25)Junko Sanada : Learning of discernment and description skill of surroundings by making the playing cards, Asian Conference on Engineering Education 2009, Busan, Oct. 2009.
26)Tadashi Okada, Takashi Yamahata, Masafumi Miwa, Shoichiro Fujisawa and Takao Hanabusa : Solar Boat Project, Proceedings of Asian Conference on Engineering Education 2009 (ACEE2009), 291, Busan, Oct. 2009.
27)Ahmed Fouad Mohamed Soliman Ali and Kenji Terada : A Framework for Human Tracking using Kalman Filter and Fast Mean Shift Algorithms, Proceedings of Second IEEE International Workshop on Tracking Humans for the Evaluation of their Motion in Image Sequences, No.AW-11-013, 1028-1033, Kyoto, Nov. 2009.
28)Yeon-Hee Lee, Hitoshi Takagi and Han-Ki Yoon : Characteristics on thermal shock of green bamboo/PBS composite, Proceedings of The KSME 2009 Fall Annual Meeting, 257-260, Pyung Chang-gun, Nov. 2009.
29)Ke Liu, Hitoshi Takagi and Zhimao Yang : An analysis of thermal insulation characteristics of polymer composites reinforced by unidirectional natural fiber, Proceedings of the Asian Pacific Conference for Materials and Mechanics 2009, a149_1-a149_4, Yokohama, Nov. 2009.
30)Ryosuke Osugi, Hitoshi Takagi, Ke Liu and Yusuke Gennai : Thermal conductivity behavior of natural fiber-reinforced composites, Proceedings of the Asian Pacific Conference for Materials and Mechanics 2009, a163_1-a163_3, Yokohama, Nov. 2009.
31)Hitoshi Takagi : Mechanical properties of cross ply green composites, Seminar on Recent Green Composites, 1-5, Changwon, Nov. 2009.
32)Koichiro Tsuchiya, Soichiro Tajima, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Yoshiyuki Yoshimura, Shuichi Hamano and Toshiaki Tamaki : Effect of Angiotensin II on the intracellular labile iron concentration in HGECs, 16th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM 2009), Nov. 2009.
33)Hitoshi Takagi and Yuji Hagiwara : Microfracture behavior of green composites reinforced by pre-damaged natural fiber, Proceedings of the 11th Japan International SAMPE Symposium & Exhibition, GC-2-3_1-GC-2-3_5, Tokyo, Nov. 2009.
34)Yoshiro Fukubayashi and Hitoshi Takagi : Interfacial strength of hemp/epoxy green composites, Proceedings of the 11th Japan International SAMPE Symposium & Exhibition, GC-2-4_1-GC-2-4_6, Tokyo, Nov. 2009.
35)Naoto Higuchi, Mitsutu Matsutani, Takuya YABE and Ryosuke Takaki : Local Parties under the Presidency System, --- The Rise of Nonpartisan Governors and Local Parties in Japan ---, International Symposium on Independent Local Lists and Local Parties Challengers from Bottom Up? A comparative Perspective on the Emergence and Success of Minor Political Organisations and Their Impact on Party Systems, Halle, Nov. 2009.
36)Kazuyuki Ishida : The Growth and Stability of the Local Tax Revenue in Japan, The ACE(All China Economics) International Conference 2009, Hong Kong, Dec. 2009.
37)Hitoshi Takagi : Mechanical properties of cellulose nanofiber composites, Proceedings of the Asian Workshop on Polymer Processing (AWPP2009), P-01_1-P-01_5, Penang, Dec. 2009.
38)Hitoshi Takagi : An introduction of fully biodegradable green composites, Seminar on Environment-Friendly Green Composites, 1-5, Yogyakarta, Jan. 2010.
39)Hemdan Ibrahim and Kenji Terada : Video Surveillance using Facial Features, Proceedings of 16th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2010), No.P1-33, 217-222, Hiroshima, Feb. 2010.
40)Hiroyuki Ukida : 3D Shape, Color and Specular Property Reconstruction Using Linear Light Sources in Image Scanner, Proceedings of The Sixteenth Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2010), 32-37, Hiroshima, Feb. 2010.
41)Kenta Fujimoto and Kenji Terada : A Method for Counting Passerby by Length and Breadth Measurement Line, Proceedings of 16th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2010), No.P2-26, 436-439, Hiroshima, Feb. 2010.
42)Yusuke Watabe and Kenji Terada : A Method of Detection of Moving Objects by Using a Surveillance Camera on the Campus, Proceedings of 16th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2010), No.P2-27, 440-442, Hiroshima, Feb. 2010.
43)Koki Nakagawa and Kenji Terada : A Method for Counting Passer-by In Public Life Space, Proceedings of 16th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2010), No.P2-28, 443-444, Hiroshima, Feb. 2010.
44)Takahiro Suemune and Kenji Terada : A Method of Tracking Persons by Using the Internet Camera, Proceedings of 16th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2010), No.P2-29, 445-450, Hiroshima, Feb. 2010.
45)Hiroyuki Ukida, Yasuyuki Yamanaka, Masahiro Inoue and Masayuki Kawanami : Object Tracking System by Pan-Tilt Cameras and Arm Robot Using Particle Filter, Proceedings of International Conference on Presicion Instrumentation and Measurement 2010, Kiryu, Mar. 2010.

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1)八田 法大, 森本 恵美, 滑川 達 : 地方建設行政における建設企業評価に関する基礎研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2009年5月.
2)長井 愛子, 真田 純子, 山中 英生 : 栗林公園における風景の楽しみ方の変化に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.15, 2009年5月.
3)竹内 彩, 村井 宏徳, 山中 英生 : 関係者分析を用いた地域関心事の把握に関する分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.15, 243-244, 2009年5月.
4)本田 啓樹, 山中 英生 : 旧由岐町における集落と道路網の変換に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.15, 253-254, 2009年5月.
5)高木 均, 大北 一也, 薄木 航 : 竹繊維グリーンコンポジットの試作と強度評価, 第62回年次大会研究発表論文集, 18-19, 2009年5月.
6)大北 一也, 高木 均, 薄木 航 : 射出成形により作製された竹/PBS複合材料の吸水特性と引張強度との関係, 日本材料学会第58期学術講演会講演論文集, 315-316, 2009年5月.
7)高木 均, 源内 佑介 : グリーンコンポジットの断熱特性と強度特性に及ぼす内部構造の影響, 日本材料学会第58期学術講演会講演論文集, 319-320, 2009年5月.
8)大橋 眞, 中恵 真理子, 光永 雅子, 齊藤 隆仁, 香川 順子, 廣渡 修一 : 地域社会人を活用した教養教育―地域に広がる知の循環型社会実現を目指して―, 日本高等教育学会第12回要旨集禄, Vol.12, 218-221, 2009年5月.
9)三輪 昌史, 谷林 宏紀, 松島 誠, 南 潔 : リモートコントロールサポートシステムによる無人ヘリの操縦支援―速度フィードバックによる位置制御―, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 1A2-F02(1)-1A2-F02(2), 2009年5月.
10)水野 孝則, 三輪 昌史, 後藤 裕介, 満田 成紀, 松島 誠, 南 潔 : MDD を用いた制御系設計, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 1A2-F03(1)-1A2-F03(2), 2009年5月.
11)宮本 惇平, 三輪 昌史 : ダクトファンを用いた飛行体の制御, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 1A2-F04(1)-1A2-F04(2), 2009年5月.
12)島村 典尚, 三輪 昌史, 菊地 邦友, 土谷 茂樹 : IPMC を用いたマイクロロボットの駆動および外部磁場によるエネルギ供給に関する研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 1P1-B03(1)-1P1-B03(2), 2009年5月.
13)小島 秀文, 三輪 昌史, 伊勢谷 昭博, 中岡 浩平, 西村 興一郎, 西村 悦二 : 体外式動脈カウンターパルセーション補助循環システム(コンパクトCP)の制御, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 2A1-M05(1)-2A1-M05(2), 2009年5月.
14)神山 翔, 三輪 昌史 : 受動輪を用いた滑走による二足歩行型ロボットの移動―ZMP を用いた姿勢制御―, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 2P1-C06(1)-2P1-C06(2), 2009年5月.
15)高橋 喜彦, 三輪 昌史, 菊地 邦友, 土谷 茂樹, 越本 泰弘 : マイクロ光造形法を用いたマイクログリッパの開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 2P1-M04(1)-2P1-M04(2), 2009年5月.
16)福原 弥生, 冨田 修平, 浦田 将久, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : モノクロタリン誘導肺高血圧症モデルマウスにおける 血管内皮細胞の低酸素応答因子(HIF-1b)の役割, 第116回 日本薬理学会近畿部会, 2009年6月.
17)大北 一也, 高木 均, 薄木 航 : 竹/PBS射出成形複合材料の引張特性, 成形加工'09, 51-52, 2009年6月.
18)村井 宏徳, 竹内 彩, 山中 英生 : PIにおけるファシリテータの行為が自らの中立性に与える影響の分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.39, 2009年6月.
19)横田 周典, 山中 英生, 柿原 健祐, 亀谷 友紀 : プローブバイシクルを用いた日仏中の自転車走行空間の特性比較, 土木計画学研究·講演集, Vol.39, 2009年6月.
20)横山 あおい, 上月 康則, 山中 英生, 山中 亮一 : 歓楽街および中心商店街における景観協定の課題, --- 大阪ミナミの取り組みから ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.39, 2009年6月.
21)亀谷 友紀, 山中 英生, 柿原 健祐, 横田 周典 : 坂道と発進時における高齢者の自転車走行特性, 土木計画学研究·講演集, Vol.39, 2009年6月.
22)森本 恵美, 田代 優秋, 入谷 忠光, 西田 信夫, 山中 英生 : 長期インターンシップによる``公益観''を有する技術者の育成, 土木計画学研究·講演集, Vol.39, 2009年6月.
23)三谷 哲雄, 辰野 雄輝, 鈴江 宗大, 山中 英生 : 路上観測データによる小交差点出合頭事故防止システムの警告精度に関する分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.39, 2009年6月.
24)真田 純子 : 地域活性化の思いと景観マネジメントについて, --- 徳島県かずら橋駐車場のケーススタディ ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.39, 2009年6月.
25)高木 均 : 生分解性複合材料の強度特性と生分解特性に及ぼす界面の影響, 第21回関西ハイブリッド&インターフェース研究発表会, 1-1-1-11, 2009年6月.
26)石田 和之, 岡 重徳, 斎賀 明彦 : 歯学部の所在と歯科医師数・歯科診療所数の関係(ポスター), 第50回日本歯科医療管理学会総会・学術大会(日本歯科医師会館), 2009年7月.
27)浮田 浩行 : 複数の光源を持つイメージスキャナによる3次元物体の形状,色および光沢の復元, 第12回 画像の認識·理解シンポジウム(MIRU2009)論文集, 1008-1015, 2009年7月.
28)三輪 昌史 : 無人ヘリを用いた空撮のためのリモートコントロールサポートシステム, 第79回パターン計測部会研究会, 35-38, 2009年7月.
29)山中 康行, 浮田 浩行, 井上 雅博 : パンチルトカメラとアームロボットによる移動物体の追跡, 第79回パターン計測部会研究会資料, 27-33, 2009年7月.
30)浮田 浩行 : 大学生による小中学生のためのロボット教室, 平成21年度 工学・工業教育研究講演会 講演論文集, 26-27, 2009年8月.
31)三輪 昌史 : バイナリパターン簡易マーカーを用いた車椅子ロボットの運用, 平成21年電気学会電子・情報・システム部門大会, 928-930, 2009年9月.
32)三輪 昌史 : ICT技術とリモートコントロールサポートシステムの融合による地域情報収集システム, 平成21年電気学会電子・情報・システム部門大会, 993-995, 2009年9月.
33)劉 寛, 浮田 浩行 : 複数の光源を用いたイメージスキャナによる光沢を含む物体の形状復元, 平成21年 電気学会 電子・情報・システム部門大会 講演論文集, 905-910, 2009年9月.
34)浮田 浩行 : 全方位カメラと位相シフト法による全周の3次元情報の取得, 平成21年 電気学会 電子・情報・システム部門大会 講演論文集, 911-916, 2009年9月.
35)浮田 浩行, 秋鹿 雄太, 阿地 恵太, 石原 康行, 黒田 穣, 小崎 学, 鈴木 俊輔, 長田 悠希 : 大学生による小中学生向けロボット教室における科学技術教育, 平成21年 電気学会 電子・情報・システム部門大会 講演論文集, 979-983, 2009年9月.
36)長田 悠希, 秋鹿 雄太, 阿地 恵太, 石原 康行, 黒田 穣, 小崎 学, 鈴木 俊輔, 浮田 浩行 : 徳島ロボットプログラミングクラブにおけるICT教育の実践, 平成21年 電気学会 電子・情報・システム部門大会 講演論文集, 989-992, 2009年9月.
37)三輪 昌史 : レスキューロボットコンテストにおける移動ロボットの無線LANによる遠隔操縦, 平成21年電気学会電子・情報・システム部門大会, 965-967, 2009年9月.
38)高木 均 : 竹の高度利用技術:ホットプレス成形による高強度化, あおもりバイオマス材料研究会・第14回グリーンコンポWG会合合同研究会, 2-1-2-8, 2009年9月.
39)高木 均, 森 健人 : レジンレス竹繊維強化グリーンコンポジットの成形性, 日本機械学会2009年度年次大会講演論文集, Vol.6, 461-462, 2009年9月.
40)三輪 昌史, 谷林 宏紀, 木下 健太郎, 松島 誠, 南 潔 : リモートコントロールサポートシステムを搭載した 無人ヘリによる航空撮影, 第27回日本ロボット学会学術講演会, RSJ2009AC1E1-08, 2009年9月.
41)高木 均, 高田 善弘, 森 浩司 : レジンレス竹複合材料の試作とその強度特性, 第34回複合材料シンポジウム, 99-100, 2009年9月.
42)三輪 昌史, 谷林 宏紀, 木下 健太郎, 松島 誠, 南 潔, 松浦 良彦 : リモートコントロールサポートシステムを搭載した無人ヘリによる映像配信, 第14回 知能メカトロニクスワークショップ講演論文集, 31-33, 2009年9月.
43)秋山 純, 藤本 彩, 山田 和毅, 武田 美雄, 前川 智美, 曽根 良昭, 中島 勝幸, 通 元夫, 増田 俊哉 : 抗酸化性フェノール酸類の脂質抗酸化反応生成物の単離と構造, 第51回天然有機化合物討論会, 2009年10月.
44)高木 均 : 麻繊維強化グリーンコンポジットの生分解特性, 第1回バイオプラスチックシンポジウム, A-06-1-A-06-2, 2009年10月.
45)森 健人, 高木 均 : 竹を利用したレジンレス材料の強度特性, 第1回バイオプラスチックシンポジウム, P-16b, 2009年10月.
46)金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 関谷 倫子, 池城 安正, Ramos Freddy : Inula helenium葉含有セスキテルペンの細胞毒性活性, 日本生薬学会第56回年会, 109, 2009年10月.
47)栗本 慎一郎, 西村 和也, 柏田 良樹, 高石 喜久 : 夏蠟梅Sinocalycanthus chinensisの成分研究(2), 日本生薬学会第56回年会, 259, 2009年10月.
48)篠崎 陽介, 橋田 和佳, 柏田 良樹, 高石 喜久 : オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(23) -キンシバイHypericum patulum花部の成分について(3)-, 日本生薬学会第56回年会, 270, 2009年10月.
49)高木 均, 草野 剛嗣, 溝渕 啓, 高田 善弘 : プレス成形したレジンレス竹の強度特性, 日本機械学会長崎講演会講演論文集, 17-18, 2009年10月.
50)三輪 昌史 : 操縦安定化装置を搭載した無人ヘリによるリアルタイム映像中継システム, 無人ヘリテレ推進協議会第6回研修会, 2009年10月.
51)高木 均 : 竹材及び木くずを活用したリサイクル製品の開発に関する研究, 平成20年度, 3-1-3-5, 2009年10月.
52)水野 孝則, 三輪 昌史 : MDDを利用した異なるハードウェアに対する制御プログラムの作成, 組込みシステムシンポジウム2009, 218, 2009年10月.
53)高木 均, 森 健人, 武市 豪士, 森 浩司 : レジンレス竹繊維強化グリーンコンポジットの破壊挙動, 第14回破壊力学シンポジウム講演論文集, 94-97, 2009年10月.
54)高木 均, 糸谷 康次郎, 福林 由郎 : 麻繊維強化FRPの開発と強度特性, 54th FRP CON-EX 2009講演会講演要旨集, 46-47, 2009年10月.
55)山﨑 有希子, 石澤 啓介, 富永 えりか, 谷口 順平, 櫻田 巧, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 水口 和生 : アンジオテンシンⅡによる血管平滑筋細胞遊走・増殖における細胞内鉄の関与, 第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
56)富永 えりか, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 谷口 順平, 山﨑 有希子, 木平 孝高, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃 : ニフェジピン代謝物はアンジオテンシンⅡ誘発血管平滑筋細胞遊走を抑制する, 第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
57)佐々木 久子, 岡本 由梨恵, 柏田 良樹, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林, 高石 喜久 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(13) -根辣Schizomussaenda dehiscensの成分研究(1)-, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2009年11月.
58)三輪 昌史, 谷林 宏紀, 木下 健太郎, 松島 誠, 南 潔, 松浦 良彦 : リモートコントロールサポートシステムによるRCヘリを用いた空撮作業支援, 第52回自動制御連合講演会, 2009年11月.
59)高石 喜久, 柏田 良樹, 橋田 和佳, 北岡 信, 三口 弘介, 中川 剛夫, 土屋 浩一郎, 井端 和郎 : スダチ(Citrus sudachi)果皮のSIRT1活性化成分について, 第3回食品薬学シンポジウム, 114-116, 2009年11月.
60)森本 恵美, 滑川 達, 八田 法大 : 災害応急対策の計画実効性向上のための公共調達のあり方に関する調査研究-BCP の実効性向上における発注者責任-, 21世紀の南海地震と防災, Vol.4, 109-118, 2009年11月.
61)浮田 浩行 : QRコードを用いたLEDパネルによる情報伝達装置, 第14回パターン計測シンポジウム資料, 13-18, 2009年11月.
62)竹内 彩, 村井 宏徳, 山中 英生 : 地域における関心把握のための関係者分析法の有用性に関する一分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.40, 2009年11月.
63)明 揚, 三谷 哲雄, 山中 英生 : 小交差点での路上設置型装置による実地配備を想定した警告シミュレーション分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.40, 2009年11月.
64)花岡 史恵, 喜多 順三, 板東 千幸, 北川 フラム, 山中 英生 : 官民パートナーシップ確立に向けた取り組みの展開と課題, --- 市民が育てる「LEDが魅せるまち・とくしま」推進プロジェクトを事例として ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.40, 2009年11月.
65)亀谷 友紀, 山中 英生, 柿原 健佑 : シケインにおける自転車走行特性, 土木計画学研究·講演集, Vol.40, 2009年11月.
66)真田 純子, 西谷 宗泰 : 吉野川における神社立地の特徴に関する研究, 景観・デザイン研究講演集, No.5, 2009年12月.
67)真田 純子 : 文化的景観における生活体験の重要性について, 景観・デザイン研究講演集, No.5, 2009年12月.
68)富永 えりか, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 谷口 順平, 川添 和義, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃 : Angiotensin IIによる血管平滑筋細胞遊走に対するnifedipine代謝物の影響, 第30回日本臨床薬理学会年会, 2009年12月.
69)森本 恵美, 滑川 達, 八田 法大 : 建設企業の災害応急対策の政策的意味と課題, 第27回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会, No.16, 373-382, 2009年12月.
70)浮田 浩行 : 複数光源イメージスキャナによる形状,色および光沢の推定, 電気学会研究会資料, Vol.GID-09-01∼07 09∼17 19 21 23∼24, 1-6, 2009年12月.
71)矢部 拓也 : 地域再生のメカニズム ――北川フラム氏の芸術による農村再生と高松・長浜での都市再生の比較, 2009年度地域社会学会第1回研究例会, 2009年.
72)福原 弥生, 冨田 修平, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 吉栖 正典, 玉置 俊晃 : T細胞のHIF-1aは,動脈硬化に伴う血管リモデリングを抑制的に制御する, 第39回日本心脈管作動物質学会, 2010年2月.
73)田中 耕市 : 歴史空間情報を活かした地域の再発見, 第三回四国GISシンポジウム, 2010年2月.
74)齊藤 隆仁, 佐藤 高則, 大橋 眞, 嵯峨山 和美, 中恵 真理子, 光永 雅子 : 社会人ボランティアを活用した教養教育, 平成21年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス in 徳島, 18-19, 2010年3月.
75)三隅 友子, 安永 悟 : 「協同学習の理念と技法を学ぶ∼学生の変化・成長を促す授業づくり∼」, 平成21年度 全学FD大学教育カンファレンス, 2010年3月.
76)三隅 友子 : 「大学と地域を結ぶ教育活動―吉野川プロジェクト・徳島を<食べる!>プロジェクト」, 平成21年度 全学FD大学教育カンファレンス, 2010年3月.
77)坂本 啓, 浮田 浩行 : LEDパネルを用いた動的QRコードによる情報提示装置の開発, 中国四国支部第48期総会·講演会講演論文集, 361-362, 2010年3月.
78)劉 寛, 浮田 浩行 : 複数の光源を用いたイメージスキャナよる光沢を含む物体の形状復元, 中国四国支部第48期総会·講演会講演論文集, 363-364, 2010年3月.
79)山中 康行, 浮田 浩行 : パンチルトカメラとアームロボットを用いたパーティクルフィルタによる移動物体追跡, 中国四国支部第48期総会·講演会講演論文集, 265-266, 2010年3月.
80)高木 均, 源内 佑介 : グリーンコンポジットの機能性, 日本機械学会中国四国支部第48期講演会講演論文集, 15-16, 2010年3月.
81)山中 英生 : 市民合意形成プロデューサーの役割と認定のあり方, 土木学会四国支部愛媛地区講演会, 2010年3月.
82)田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 : KK-Ay マウスにおける鉄キレート剤Deferoxamineによる糖尿病病態改善効果の検討, 第83回 日本薬理学会, 2010年3月.
83)石澤 啓介, 吉栖 正典, Dortsuren Naruantungalag, 今村 優子, 池田 康将, 寺尾 純二, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : ケルセチンの生体内代謝と動脈硬化予防効果, 第83回 日本薬理学会年会シンポジウム「健康食品の薬理学」, 2010年3月.
84)池田 康将, 土屋 浩一郎, 田島 壮一郎, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 高石 喜久, 玉置 俊晃 : 徳島県名産スダチ果皮の抗生活習慣病作用, 第83回日本薬理学会年会 シンポジウム「 肥満の栄養ゲノミクスと薬理ゲノミクス」, 2010年3月.
85)山中 英生 : 自転車政策 -海外における展開と我が国の方向?, bikebiz展開のための勉強会, 2010年3月.
86)田中 耕市 : 東京大都市圏における国際空港へのアクセシビリティの変化, --- 東京国際空港の拡張と成田国際空港へのアクセス改善に伴う ---, 2010年度日本地理学会春季学術大会, 2010年3月.
87)柴山 恵美子, 柏田 良樹, 関谷 倫子, 高石 喜久 : 多剤耐性克服作用を有する天然物に関する研究(9)—エラグ酸誘導体のp糖タンパク質昨日に及ぼす影響—, 日本薬学会第130年会, Vol.2, 221, 2010年3月.
88)熊 娟, 柏田 良樹, Chen Chin-Ho, Lee Kuo-Hsiung, 高石 喜久 : Research on Anti-HIV Natural Products (25) –Betulin Derivatives and AZT conjugates as Anti-HIV Agents with Multi-Mechanisms of Action-, 日本薬学会第130年会, No.2, 222, 2010年3月.
89)佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 : ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究, 日本薬学会第130年会, No.2, 224, 2010年3月.
90)田中 美音, 柏田 良樹, 高石 喜久 : Triterpene Glycosides from Una de Gato (Uncaria tomentosa)., 日本薬学会第130年会, No.2, 225, 2010年3月.
91)栗本 慎一郎, 柏田 良樹, Lee Kuo-Hsiung, 高石 喜久 : センダン科Dysoxy cumingianumの成分研究, 日本薬学会第130年会, No.2, 233, 2010年3月.
92)田中 直伸, 久保田 高明, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一 : ナガサキオトギリより単離した新規benzophenone rhamnosideの構造, 日本薬学会第130年会, No.2, 233, 2010年3月.
93)新開 愛美, 藤本 彩, 小山 保夫, 前川 智美, 曽根 良昭, 増田 俊哉 : セサモールダイマーの構造とその細胞毒性の評価ー抗酸化フェノール物質の酸化生成物の構造と機能III, 2010年度大会講演要旨集, 149, 2010年3月.
94)藤本 彩, 新開 愛美, 前川 知美, 曽根 良昭, 増田 俊哉 : ロスマリン酸酸化物の構造と増強されたチロシナーゼ阻害活性 抗酸化フェノールの酸化生成物の構造と機能II, 2010年度大会講演要旨集, 149, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 作品等

(なし)

2009年度(平成21年度) / その他・研究会

1)高木 均 : レジンレス竹繊維強化グリーンコンポジットの開発, 第8回産学官連携推進会議, 15, 2009年6月.
2)真田 純子 : みどころ土木遺産 定山渓発電所, --- 発電の歴史を見守って百年 ---, 土木学会誌, Vol.94, No.10, 2009年10月.
3)奥嶋 政嗣, 真田 純子 : 第39回土木計画学研究発表会, 高速道路と自動車, Vol.52, No.10, 2009年10月.
4)高木 均 : 複合材料の機能的特徴と最近の話題, 明日に備えよ!ものづくり人材スキルアップ講座, 1-6, 2010年2月.
5)渡部 稔, 山城 考, 佐藤 高則, 大橋 眞 : 高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」実施報告(第2報), 平成21年度全学FD大学教育カンファレンスin徳島,発表抄録集, 28-29, 2010年3月.
6)藤田 雅文, 田中 弘之, 佐藤 充宏, 佐竹 昌之, 小西 努, 元木 啓之, 佐藤 一郎, 谷川 健二, 佐野 義行, 高原 清秀, 松田 雄史, 佐藤 玲子 : 子どもの体力向上支援プラン, --- ∼子どもの体力向上に向けて∼ ---, 1-5, 2010年3月.
7)佐藤 充宏, 佐竹 昌之, 元木 啓之, 寺井 孝文, 田中 伸幸, 鈴江 真弓, 徳永 直, 木村 和幸, 佐藤 一郎, 横田 勝, 堀岡 敬二, 佐藤 玲子 : 徳島県小学校・中学校体力つくり運動プログラム, 徳島県教育委員会 体育健康課, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 報告書

1)蒋 景彩, 中野 晋, 上野 勝利, 岡部 健士 : 平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震による地盤災害の現地調査報告, 平成20(2008)年岩手・宮城内陸地震被害に関する緊急調査研究報告書, 2009年8月.
2)木村 和彦, 佐藤 充宏, 米谷 正造 : 基本的な動きづくりや体力つくりに関する実践事例研究, 平成21年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告Ⅳ 子どもの発達段階に応じた体力向上プログラムの開発事業, 111-121, 2010年3月.
3)上野 勝利 : 2-3-3 災害時の自立的通信手段としてのアマチュア無線普及プロジェクト, 平成19年度∼平成21年度徳島大学地域創生センター報告書, 41-47, 2010年3月.

2010年度(平成22年度)

article.{@.date="20100400 20110399" @.organization=\E{166679}}

2010年度(平成22年度) / 著書

1)Atsushi Mori : Monte Carlo Simulation on Defects in Hard-Sphere Crystals Under Gravity, INTECH, Feb. 2011.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Xiong Juan, Taniguchi Masatoshi, Yoshiki Kashiwada, Sekiya Michiko, Yamagishi Takashi and Yoshihisa Takaishi : Papyriferic Acid Derivatives as Reversal Agents of Multidrug Resistance in Cancer Cells., Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.18, No.8, 2964-2975, 2010.
2)Elizabeth R. Sharlow, Todd A. Lyda, Heidi C. Dodson, Gabriela Mustata, Meredith T. Morris, Stephanie S. Leimgruber, Kuo-Hsiung Lee, Yoshiki Kashiwada, David Close, John S. Lazo and James C. Morris : A Target-Based High Throughput Screen Yields Trypanosoma brucei Hexokinase Small Molecule Inhibitors with Antiparasitic Activity., PLoS Neglected Tropical Diseases, Vol.4, No.4, e659, 2010.
3)藩 哲, 山中 英生 : 自転車への態度と道路環境が将来利用意向に与える影響, --- 日本・中国・フランス・韓国の大学生意識分析をもとに ---, 交通科学, Vol.40, No.2, 55-62, 2010年.
4)Hiroyuki Ukida, Yuuta Aika, Keita Achi, Yasuyuki Ishihara, Jou Kuroda, Gaku Kosaki, Syunsuke Suzuki and Yuuki Nagata : Robot Manufacturing Class for Children Led by University, Journal of Engineering Education Research, Vol.13, No.2, 78-82, 2010.
5)Shin-ichiro Kurimoto, Mamoru Okasaka, Yoshiki Kashiwada, Olimjon Kodzhimatov and Yoshihisa Takaishi : A new C14-polyacetylenic glucoside with an -pyrone moiety and four new C10-polyacetylenic glucosides from Mediasia macrophylla, Phytochemistry, Vol.71, No.5-6, 688-692, 2010.
6)矢部 拓也 : 何が再生されたのか?--エリアマネジメントからみた,北川フラム氏の芸術による中山間村再生と長浜・高松・ヤングスタウンでの地域再生の比較 (特集 地方から見た地域再生の現実), 地域社会学会年報, Vol.22, No.0, 63-82, 2010年.
7)Hiroaki Yanagawa, Junji Terao, Eiji Takeda, Yoshihisa Takaishi, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Fushitani Shuji, Koichiro Tsuchiya, Aiko Yamauchi, Sato Chiho and Minoru Irahara : Consultation clinics for complementary and alternative medicine at Japanese university hospitals: An analysis at Tokushima University Hospital, Experimental and Therapeutic Medicine, Vol.1, No.3, 481-483, 2010.
8)Ahmed Fouad Mohamed Soliman Ali and Kenji Terada : A General Framework for Multi-Human Tracking using Kalman Filter and Fast Mean Shift Algorithms, Journal of Universal Computer Science, Vol.16, No.6, 921-937, 2010.
9)真田 純子, 中埜 智親, 篠原 修, 伊賀 達也 : 都市内高架橋における事後景観評価手法の検討, 景観・デザイン研究論文集, No.8, 11-20, 2010年.
10)Atsushi Mori and Yoshihisa Suzuki : Interplay between elastic fields due to gravity and a partial dislocation for a hard-sphere crystal coherently grown under gravity: driving force for defect disappearance, Molecular Physics, Vol.108, No.13, 1731-1738, 2010.
11)Naonobu Tanaka, Otani Mio, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Shibazaki Azusa, Gonoi Tohru, Shiro Motoo and Kobayashi Junichi : Petiolins J-M, prenylated acylphloroglucinols from Hypericum pseudopetiolatum var. kiusianum., Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.20, No.15, 4451-4455, 2010.
12)山中 英生 : 社会資本整備における参加型合意形成の到達点, 都市計画, No.286, 15-18, 2010年.
13)伏見 賢一, 依岡 隆児, 石田 和之, 岡部 修典, 後藤 強, 西沢 裕爾, 小田 大輔, 徳島大学天文部アストロラーブ : 「市内中心部で星空観望会∼徳島市内の天体観望会と街の活性化∼」, 「天文教育」, Vol.22, No.5, 49-51, 2010年.
14)Xiong Juan, Yoshiki Kashiwada, Chen Chin-Ho, Qian Keduo, Morris-Natschke L. Susan, Lee Kuo-Hsiung and Yoshihisa Takaishi : Conjugates of Betulin Derivatives with AZT as Potent Anti-HIV Agents., Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.18, No.17, 6451-6469, 2010.
15)亀谷 友紀, 山中 英生 : 自転車通行空間におけるカラー連続型路面サインの効果分析, 交通工学研究発表会論文集, Vol.30, 317-320, 2010年.
16)山中 英生, 亀谷 友紀, 柿原 健祐 : シケインにおける自転車の走行特性, 土木計画学研究·論文集, Vol.27, No.3, 449-456, 2010年.
17)明 揚, 三谷 哲雄, 山中 英生 : 少交差点での路上設置型装置による一時停止警告に対する運転挙動の実験分析, 土木計画学研究·論文集, Vol.27, No.3, 1007-1016, 2010年.
18)Hiroyuki Ukida, Yasuyuki Yamanaka, Masahiro Inoue and Masayuki Kawanami : Object Tracking System by Pan-Tilt Cameras and Arm Robot Using Particle Filter, Applied Mechanics and Materials, Vol.36, 442-450, 2010.
19)Ali Soliman Mohamed Fouad Ahmed and Kenji Terada : A General Framework for Multi-Human Tracking, Journal of Software, Vol.5, No.9, 973-937, 2010.
20)Jie Teng, Rong Zhang, Yan-Wen Zhang, Hong-Quan Duan and Yoshihisa Takaishi : A new labdanic norditerpene from Pinus sylvestris, Natural Product Research, Vol.24, No.17, 1587-1591, 2010.
21)Muhamado Naim, Shyouzo Tsuzuki, Shoichiro Fujisawa and Takao Hanabusa : A Way to Further Understanding of Basic Engineering Principle by Supervising Junior High School Students through Set of Science Experiment, Journal of Engineering Research, Vol.Vol.13, No.No.5, 25-28, 2010.
22)大橋 眞, 中恵 真理子, 光永 雅子, 齊藤 隆仁, 廣渡 修一 : 大学教育ボランティアを活用した教養教育―地域に知の循環型社会の構築を目指す新しい形の生涯学習―, 日本生涯教育学会年報, No.31, 83-96, 2010年.
23)Hanabusa Takeo and Shoichiro Fujisawa : Roots Finding, --- PBL in the First Year Course ---, Journal of Engineering Education Resarch, Vol.Vol. 13, No.No. 5, 72-75, 2010.
24)Wen Zhang, Zhi Yao, Wen Yan Zhang, Xiang Xing Zhang, Yoshihisa Takaishi and Quan Hong Duan : Immunosuppressive sesquiterpenes from Buddleja daviddi, Planta Medica, Vol.76, No.16, 1882-1887, 2010.
25)三谷 哲雄, 須藤 晃成, 山中 英生, 明 楊 : 公道小交差点での路上設置型警告システムの 効果分析, 土木学会論文集, Vol.67, No.5, I_1063-I_1070, 2011年.
26)山中 英生 : 高齢者・若年者による電動アシスト自転車の 走行挙動特性の比較分析, 土木学会論文集, Vol.67, No.5, I_831-I_836, 2011年.
27)草野 優太, 亀谷 友紀, 山中 英生 : 高齢者・高校生の自転車による 交差点ヒヤリハットの比較分析, 土木学会論文集, Vol.67, No.5, I_1251-I_1257, 2011年.
28)中野 昭雄, 藤原 伸幸, 寺田 賢治 : 画像処理による微小害虫の自動カウント, 植物防疫, Vol.65, No.1, 43-46, 2011年.
29)Kurimoto Shin-ichiro, Okasaka Mamoru, Yoshiki Kashiwada, K Olimjon Kodzhimatov and Yoshihisa Takaishi : Four new glucosides from the aerial parts of Mediasia macrophylla, Journal of Natural Medicines, Vol.65, No.1, 180-185, 2011.
30)Xiong Juan, Taniguchi Masatoshi, Yoshiki Kashiwada, Yamagishi Takashi and Yoshihisa Takaishi : Seven new dammarane triterpenes from the floral spikes of Betula platyphylla var. japonica., Journal of Natural Medicines, Vol.65, No.1, 217-223, 2011.
31)Atsushi Mori : Monte Carlo simulation of growth of hard-sphere crystals on a square pattern, Journal of Crystal Growth, Vol.318, No.1, 66-71, 2011.
32)Kazuyuki Ishida : The Growth and Stability of the Local Tax Revenue in Japan, Public Budgeting & Finance, Vol.31, No.3, 56-75, 2011.
33)大橋 眞, 光永 雅子, 齊藤 隆仁 : 徳島大学「地域社会人を活用した教養教育の視点からの開発途上国をモデルとした環境教育プログラムの可能性, 大学教育研究ジャーナル, Vol.8, 76-81, 2011年.
34)大橋 眞, 光永 雅子, 佐藤 高則, 齊藤 隆仁 : 日本とモンゴルの大学教育改革を考える国際会議「International Conference on Global Trends in Educational Culture」の成果と課題, 大学教育研究ジャーナル, No.8, 82-90, 2011年.
35)光永 雅子, 大橋 眞, 佐藤 高則, 齊藤 隆仁 : グローバル化時代に即した環境教育プログラム開発を目的とした体験型異文化交流, 大学教育研究ジャーナル, No.8, 91-100, 2011年.
36)Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori, Takahisa Fujiwara and Katsuhiro Tamura : Precise characterization of grain structures, stacking disorders and lattice disorders of a close-packed colloidal crystal, Journal of Crystal Growth, Vol.322, No.1, 109-113, 2011.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)田中 耕市 : GISを援用したミクロスケールにおける東京23区の高齢化分析, --- 地域メッシュ統計5次メッシュデータを活用して ---, 統計, Vol.61, No.4, 23-30, 2010年.
2)石田 和之 : 不動産PERからみた香港住宅市場の動向, 土地総合研究, Vol.18, No.3, 69-80, 2010年.
3)豊田 哲也 : 世帯所得の地域格差と世帯規模の関係-地域別集計データを用いた等価所得の推定-, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.18, 113-124, 2010年.
4)矢部 拓也 : 「都市再生における日米中のまちづくり組織の比較研究」, 徳島大学社会科学研究, Vol.24, No.0, 159-178, 2011年.
5)李 和中, 東 暁, 石田 和之 : 地方政府の「善治」レベルに対する公衆認知の主成分分析:武漢市政府を調査対象として, 徳島大学社会科学研究, Vol.24, No.24, 179-188, 2011年.
6)大島 誠, 石田 和之 : 自治体病院の経営に他会計繰入金や政策医療が与える影響についてのパネルデータ分析, 徳島大学社会科学研究, Vol.24, No.24, 1-12, 2011年.
7)三隅 友子 : 地域と作る演劇と日本語教育-まほろば国際プロジェクト3年の活動を経て-, 第23回日本語教育連絡会議報告発表論文集, No.23, 159-168, 2011年.
8)三隅 友子, 竹内 利夫 : 美術作品を通した学習の可能性 -共通教育日本語「日本人への提言」を通して-, 国際センター紀要, No.6, 20-30, 2011年.

2010年度(平成22年度) / 学術レター

1)岩松 準, 森本 恵美, 滑川 達, 遠藤 和義 : 建設企業の入札行動に係る意識の調査分析, 建築生産シンポジウム論文集, No.26, 159-166, 2010年.

2010年度(平成22年度) / 総説・解説

1)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第37講)間接税としてのレイトと物税としての固定資産税, , Vol.65, No.4, 252-271, 2010年4月.
2)Zheng Liu and Hiroyuki Ukida : Chapter 7. Machine Vision for Visual Testing, Nondestructive Testing Handbook, Third Edition, Vol.9, 157-176, May 2010.
3)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第38講)資産保有税における課税標準の選択∼資本価格と賃貸価格∼, , Vol.65, No.5, 94-115, 2010年5月.
4)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第39講)地域主権時代における固定資産税のあり方, , Vol.65, No.6, 86-110, 2010年6月.
5)藤澤 正一郎, 上田 喜敏 : 人間工学的視点から見た安全な患者介助, --- 保健衛生業の腰痛問題 ---, ライフサポート, Vol.22, No.2, 9-12, 2010年6月.
6)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第40講)固定資産税の税務行政における今日的課題, , Vol.65, No.7, 46-67, 2010年7月.
7)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第41講)大都市財政における固定資産税, , Vol.65, No.8, 82-103, 2010年8月.
8)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第42講)財産税におけるサーキット・ブレーカーの考え方, , Vol.65, No.9, 66-88, 2010年9月.
9)山中 英生 : 都市交通モードとしての自転車, --- 現状とその改善方向 ---, 道路, Vol.835, 6-7, 2010年10月.
10)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第43講)土地に係わる固定資産税における「適正な評価」の意義, , Vol.65, No.10, 104-124, 2010年10月.
11)山中 英生 : 自転車交通ガラパゴス日本の道は?, 土木学会誌, Vol.95, No.10, 14-16, 2010年10月.
12)石田 和之 : 香港レイトの仕組みと考え方, 資産評価情報, Vol.179, No.2010.11, 2-13, 2010年11月.
13)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第44講)地方財政の自主性における固定資産税の役割, , Vol.65, No.11, 82-100, 2010年11月.
14)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第45講)固定資産税の神話と現実, , Vol.65, No.12, 67-87, 2010年12月.
15)Hiroyuki Ukida and Yasuyuki Yamanaka : Object Tracking System Using Pan-Tilt Cameras and Arm Robot, Service Robotics and Mechatronics (Selected Papers of the International Conference on Machine Automation ICMA2008), 229-234, 2010.
16)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第46講)不交付団体の税収構造と固定資産税, , Vol.66, No.1, 62-83, 2011年1月.
17)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第47講)家屋評価における「㎡単価方式」の意義と限界, , Vol.66, No.3, 74-94, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 国際会議

1)Hiroyuki Ukida, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : 3D Shape Scanner Using Multiple Light Sources, IEEE International Instrumentation and Measurement Technology Conference Proceedings (I2MTC2010), 998-1002, Austin, May 2010.
2)Tetsuya Sano, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Measurement of Handwriting Skills for Japanese Calligraphy, IEEE International Instrumentation and Measurement Technology Conference Proceedings (I2MTC2010), 1112-1115, Austin, May 2010.
3)Tadashi Okada, Takashi Yamahata, Masafumi Miwa, Shoichiro Fujisawa and Takao Hanabusa : Unmanned solar boat which cruises autonomously, Proceedings On "2nd International On-Board Symposium:Huma Health, Energy and Environment", 67-68, Tokushima, May 2010.
4)Hiroyuki Ukida, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : 3D Object Reconstruction Using Image Scanner with Multiple Light Sources, IEEE International Conference on Imaging Systems and Techniques Proceedings (IST2010), 115-120, Thessaloniki, Jul. 2010.
5)Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Estimation of Hand Force for Analyzing Side-approach Transfer Motion, IEEE International Conference on Imaging Systems and Techniques Proceedings (IST2010), 394-397, Thessaloniki, Jul. 2010.
6)Atsushi Mori : Monte Carlo Simulation of Colloidal Epitaxy on Square Pattern, Eighteenth Annual International Conference on Composite/Nano Engineering, Anchorage, Jul. 2010.
7)Koichi Tanaka : Change of accessibility to international airports in the Tokyo Metropolitan Area, Proceedings of the 14th Air Transportation Research Society World Conference, Porto, Jul. 2010.
8)Ryosuke Tomita, Atsushi Mori, Masafumi Yamato, Hidemitsu Furukawa and Kohki Takahashi : Structural Anisotropy of Silica Hydrogels Prepared Under Mangetic Field, Eighteenth Annual International Conference on Composite/Nano Engineering, Anchorage, Jul. 2010.
9)Shin-ichi Ito, Yasue Mitsukura, Katsuya SATO, Shoichiro Fujisawa and Minoru Fukumi : Study on Relationship between Personality and Individual Characteristic of EEG for Personalized BCI, Proc. of IEEE Region 8 SIBIRCON-2010, 106-111, Irkutsuk, Jul. 2010.
10)Kaori Hashimoto, Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya and Katsuhiro Tamura : Elimination and enlargement of grains of silica colloidal crystals by centrifugation with an inverted-triangle shaped container, Program book of the 16th International Conference on Crystal Growth, 112, Beijing, Aug. 2010.
11)Makiko Sakabe, Yoshihisa Suzuki, Takahisa Fujiwara, Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya and Katsuhiro Tamura : Relaxation of mobile lattice defects in a colloidal crystal, Program book of the 16th International Conference on Crystal Growth, 113, Beijing, Aug. 2010.
12)Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori and Katsuhiro Tamura : SEM observations of the fracture surface of a close-packed colloidal crystal, Program book of the 16th International Conference on Crystal Growth, 113, Beijing, Aug. 2010.
13)Yoshihisa Suzuki, Tsutomu Sawada, Atsushi Mori, Harutoshi Asakawa and Katsuhiro Tamura : Grain-size control of a pilllar-like colloidal crystal by centrifugation, Program book of the 16th International Conference on Crystal Growth, 113, Beijing, Aug. 2010.
14)Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori, Tsutomu Sawada and Katsuhiro Tamura : Fabrication of bulk close-packed colloidal crystals by centrifugation with the control of substrate angles, Program book of the 16th International Conference on Crystal Growth, 113, Beijing, Aug. 2010.
15)三隅 友子 : 「地域と作る演劇と日本語教育∼まほろば国際プロジェクトⅠⅡⅢ∼」, 日本語教育学世界大会2010, 2010年8月.
16)Daisuke Tsuji, T Koyama, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi and Kouji Itou : Lycorine induces differentiation from embryonic stem cells into PSA-NCAM-positive cells, ICS2010, Chiba, Aug. 2010.
17)Atsushi Mori : Monte Carlo Simulation of Growth of Hard-Sphere Crystal on Squarer Pattern, Sixteenth International Coference on Crystal Growth, Beijing, Aug. 2010.
18)Shin-ichi Ito, Yasue Mitsukura, Katsuya SATO, Shoichiro Fujisawa and Minoru Fukumi : Study on Association between User's Personality and Individual Characteristic of Left Prefrontal Pole EEG Activity, Proc. of 2010 Sixth International Conference on Natural Computation (ICNC'10), 2163-2166, Yantai, Aug. 2010.
19)Hiroyuki Ukida : Object Tracking System by Pan-Tilt Moving Cameras and Robot Using Condensation Method, Proceedings of SICE Annual Conference 2010, 99-104, Taipei, Aug. 2010.
20)Masafumi Miwa, Kentaro Kinoshita and Tokuda Kenichi : Evaluation of Remote Control Support System for R/C Helicopter, SICE Annual Conference 2010, 230, Taipei, Aug. 2010.
21)三隅 友子 : 「地域と作る演劇と日本語教育∼まほろば国際プロジェクトⅠⅡⅢ∼」, 第23回日本語教育連絡会議, 2010年8月.
22)Shoichiro Fujisawa, Yamada Naohiro, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO, Mitani Seiji and Osamu Sueda : Identification of Tactile Walking Surface Indicators by White Cane, Proceedings of 2010 IEEE International Conference on Virtual Environmnets Human-Computer Interfaces and Measurement Systems (VECIMS 2010), 52-55, Taranto, Sep. 2010.
23)Shin-ichi Ito, Yasue Mitsukura, Katsuya SATO, Shoichiro Fujisawa and Minoru Fukumi : Association between Ego Scores and Individual Characteristics in EEG Analysis, --- Basic Study on Individual Brain Activity ---, Proc. of 19th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (Ro-Man'10), 230-235, Viareggio, Sep. 2010.
24)Ryota Kurozumi, Kosuke Tsuji, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO, Shoichiro Fujisawa and Toru Yamamoto : Experimental Validation of an Online Adaptive and Learning Obstacle Avoiding Support System for the Electric Wheelchairs, Proceedings of 2010 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics (SMC 2010), 92-99, Istanbul, Oct. 2010.
25)Kazunori Tsuda, Kenji Terada and Stephen Githinji Karungaru : Virtual Darts Using Image Processing, Proceedings of 8th edition of France-Japan and 6th Europe-Asia Congress on Mechatronics, No.Mon2-3, 163-168, Yokohama, Nov. 2010.
26)Hideo Yamanaka : Bicycles as a transport mode and their facilities in urban areas of Japan, Bicycle Polices and Design Guidelines, Korea, Nov. 2010.
27)Stephen Githinji Karungaru, Kenji Terada and Minoru Fukumi : Improving mobility for blind persons using video sunglasses, Proceedings of 17th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 1-5, Ulsan, South Korea, Feb. 2011.
28)Hiroyuki Ukida : 3D Object Reconstruction Using Multiple Linear Light Sources in Image Scanner, Proceedings of The Seventeenth Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2011), Ulsan, Feb. 2011.
29)Hemdan Ibrahim, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Facial Features-Based Method for Human Tracking, Proceedings of 17th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2011), No.P-2, 217-222, Ulsan, Feb. 2011.
30)Jung-Hwa Park, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Recognition of a person's state using FG Vision Sensor, Proceedings of 17th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2011), No.P-5, Ulsan, Feb. 2011.
31)Elmarhomy Ahmed, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : A Method for Counting Passersby using Time-Space Image, Proceedings of 17th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2011), No.P-12, Ulsan, Feb. 2011.
32)Eri Ishikawa, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Gait Features Extraction Method using Image Processing, Proceedings of 17th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2011), No.P-14, Ulsan, Feb. 2011.
33)Stephen Githinji Karungaru, Kenji Terada and Minoru Fukumi : Background Updating for Abandoned Luggage Detection at Train Stations, Proc. of ICMLC'2011, Vol.2, 11-14, Singapore, Feb. 2011.

2010年度(平成22年度) / 国内講演発表

1)浮田 浩行, 坂本 啓 : LEDパネルを用いたQRコードパターンによる情報伝達装置, LED総合フォーラム論文集, 103-104, 2010年4月.
2)玉有 朋子, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 勝瑞遺跡デジタル博物館の開発, 日本建築学会四国支部研究報告集, No.10, 51-52, 2010年4月.
3)田中 優也, 真田 純子 : 地形の捉え方に関する研究∼岬・鼻・崎の地形を通じて∼, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, No.16, 263-264, 2010年5月.
4)北村 征也, 真田 純子 : 環流丘陵地帯における空間の構成とその構成要素に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, No.16, 265-266, 2010年5月.
5)東原 正樹, 真田 純子 : 帝釈峡における観光利用の歴史に見る自然風景の保護と利用に関する考え方について, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, No.16, 267-268, 2010年5月.
6)矢部 拓也 : 都市再生における日米中のまちづくり会社の比較研究, 地域社会学会第35回大会, 2010年5月.
7)小尾 誠, 輿水 大和, 寺田 賢治, 石井 明, 清水 毅 : 動的画像処理実利用化ワークショップDIA2010報告, 画像応用技術専門委員会2010年度第1回研究会, Vol.25, No.1, 29-32, 2010年5月.
8)辻 大輔, 小山 毅, 浦上 裕行, 難波 建多郎, 柏田 良樹, 高石 喜久, 伊藤 孝司 : ヒガンバナ科植物由来アルカロイドLycorineの神経分化誘導作用, 第51回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2010年5月.
9)山中 英生, 亀谷 友紀, 茂野 真裕 : 電動アシスト自転車の走行挙動特性に関する分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.16, 221-222, 2010年5月.
10)貞本 健志, 山中 英生, 竹内 彩 : 自転車愛好家の視点から見たサイクリングルート特性分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.16, 223-224, 2010年5月.
11)○草野 優太, 亀谷 友紀, 山中 英生 : 交差点における高齢者・高校生の自転車に係わるヒヤリハットの分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.16, 225-226, 2010年5月.
12)岡部 裕介, 竹内 彩, 山中 英生 : 健康と環境配慮意識による交通行動変容の分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.16, 235-236, 2010年5月.
13)小川 徹, 真田 純子 : 「風景利用策」に見る本多静六の自然風景の利用に対する考え方について, 土木史研究講演集, No.30, 227-234, 2010年6月.
14)山下 聡, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : FG視覚センサを用いた人の超解像モデリング, 第16回画像センシングシンポジウム, No.IS1-09, 2010年6月.
15)中川 康紀, 寺田 賢治, 中野 主久, 山岸 貴俊 : CCTVカメラを用いた画像煙検出システム, 第16回画像センシングシンポジウム, No.IS2-01, 2010年6月.
16)福元 裕一郎, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : 混雑状況下における人数計測, 第16回画像センシングシンポジウム, No.IS4-20, 2010年6月.
17)三谷 哲雄, 須藤 晃成, 明 楊, 山中 英生 : 公道小交差点での路上設置型警告システムの効果分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.41, 2010年6月.
18)貞本 健志, 山中 英生, 竹内 彩 : 自転車愛好家の視点から見たサイクリングルート特性分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.41, 2010年6月.
19)山中 英生, 亀谷 友紀, 茂野 真裕 : 高齢者・若年者の電動アシスト自転車の走行挙動特性に関する分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.41, 2010年6月.
20)草野 優太, 亀谷 友紀, 山中 英生 : 交差点における高齢者・高校生の自転車に係わるヒヤリハットの分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.41, 2010年6月.
21)濱田 隆麿郎, 松原 加代子, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 坊岡 正之, 奥 英久, 藤澤 正一郎 : ロービジョン者の歩行面の誤識別に関する研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会'10講演論文集, Vol.1A1, No.D10, 1-3, 2010年6月.
22)原田 敏司, 米津 金吾, 上田 喜敏, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一 : ベッド高の相違による重量物持上げ動作時の背筋筋電図測定と疲労解析, ロボティクス・メカトロニクス講演会'10講演論文集, Vol.1P1, No.G07, 1-4, 2010年6月.
23)岩松 準, 森本 恵美, 滑川 達, 遠藤 和義 : 建設企業の入札行動に係る意識の調査分析, 建築生産シンポジウム論文集, No.26, 159-166, 2010年7月.
24)金山 知代, 水口 博之, 加藤 周平, 成相 祐希, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 福井 裕行 : 苦参に含まれるアレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制物質の単離と同定, 第117回日本薬理学会近畿部会, 2010年7月.
25)三隅 友子 : 「大学における演劇を教育活動とする試みー異文化理解の視点からー」, 国際表現言語学会第三回大会, 2010年8月.
26)中西 信介, 藤澤 正一郎 : 自主活動たたらプロジェクトの取り組み, --- 日本古来の製鉄法「たたら」から学んだこと ---, 平成22年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 420-421, 2010年8月.
27)日下 一也, 草野 剛嗣, 藤澤 正一郎 : 設計と製作を分担したものづくり実習の試み, 平成22年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 182-183, 2010年8月.
28)鈴木 俊輔, 浮田 浩行, 藤澤 正一郎 : 大学生運営の習熟度別コースによる小中学生向けロボット教室, 平成22年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 336-337, 2010年8月.
29)續木 章三, 英 崇夫, 藤澤 正一郎 : サイエンス・エンジニアリングクラブ設立への取組み, --- 教育体験を通して学生が身につけたもの ---, 平成22年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 506-507, 2010年8月.
30)熊 娟, 谷口 昌聖, 柏田 良樹, 高石 喜久, 山岸 喬 : Dammarane Triterpenes from the Floral Spikes of Betula platyphylla var. japonica, 日本生薬学会第57回年会要旨集, 359, 2010年8月.
31)金山 知代, 水口 博之, 加藤 周平, 成相 祐希, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 福井 裕行 : 苦参に含まれるアレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制物質の単離と同定, 第27回和漢医薬学会, 2010年8月.
32)森本 恵美, 山中 英生, 西田 信夫, 入谷 忠光 : 長期インターンシップによる公務サービス人材の育成, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.65, No.CS1, 21-22, 2010年9月.
33)滑川 達, 森本 恵美, 岩松 準, 遠藤 和義, 坂野 達郎 : 大手建設企業の入札戦略に関する調査研究, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.65, 779-780, 2010年9月.
34)藤本 健太, 寺田 賢治, 吉田 敦也 : 混雑状況下における人数計測, 第15回知能メカトロニクスワークショップ, No.A2, 2010年9月.
35)中川 康紀, 竹下 勉, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : カメラ画像を用いたギターのバーチャル演奏, 平成22年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-31, 2010年9月.
36)山下 聡, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : FG視覚センサによる人の超解像モデリング, 平成22年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-33, 2010年9月.
37)中山 洋平, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : GPGPUを用いた人の高速トラッキング, 平成22年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-38, 2010年9月.
38)藤澤 正一郎, 辻 洸介, 黒住 亮太, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 山本 透 : 強化学習を用いた電動車椅子の障害物回避補助システムに関する研究, 平成22年度第15回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集, 1-5, 2010年9月.
39)三輪 昌史, 木下 健太郎, 中松 将太, 南 潔, 松浦 良彦 : 無人ヘリコプタ用操縦支援装置の評価, 第15回知能メカトロニクスワークショップ, A-3, 2010年9月.
40)玉有 朋子, 渡辺 公次郎 : ウェブサイトを活用した勝瑞遺跡デジタル博物館の開発, --- その1 携帯サイトとPCサイトの開発 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 1061-1062, 2010年9月.
41)渡辺 公次郎, 玉有 朋子 : ウェブサイトを活用した勝瑞遺跡デジタル博物館の開発, --- その2 個人用サイトの開発と評価実験について ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.F-1, 1063-1064, 2010年9月.
42)松原 加代子, 濱田 隆磨郎, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 坊岡 正之, 奥 英久, 藤澤 正一郎 : ロービジョン者における視覚障害者誘導用ブロックの視認性向上に関する研究-側帯付加による視認性向上と誤認識発生に関する実験的検討-, 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会(WWLS2010)講演論文集CD-ROM, 2010年9月.
43)毛利 太一, 橋詰 努, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : スロープ登坂時における車いす利用者の身体的負荷の評価, 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会(WWLS2010)講演論文集CD-ROM, 2010年9月.
44)立石 広志, 上田 喜敏, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : 介助者の重心位置とベッド高の関係が腰部負荷に及ぼす影響, 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会(WWLS2010)講演論文集CD-ROM, 2010年9月.
45)木下 健太郎, 三輪 昌史, 中松 将太, 松島 誠, 南 潔, 松浦 良彦 : リモートコントロールサポートシステムによる無人ヘリコプタの操縦支援, 第28回日本ロボット学会学術講演会, RSJ2010AC1G1-5, 2010年9月.
46)重松 佑紀, 三輪 昌史 : ダクトファンを用いた飛行体の制御, 第28回日本ロボット学会学術講演会, RSJ2010AC1G1-1, 2010年9月.
47)津田 一徳, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : 画像処理によるバーチャルダーツ, 平成22年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-29, 2010年9月.
48)福元 裕一郎, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : 複数の表色系を用いた人数計測, 平成22年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-32, 2010年9月.
49)伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 福見 稔 : 脳波の個人特性とエゴ得点との関連性考察, 第20回 インテリジェント·システム·シンポジウム講演論文集, S5-3-4, 2010年9月.
50)黒住 亮太, 辻 洸介, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 山本 透 : オンライン適応学習を用いた電動車いすの障害物回避補助システムの実験的評価, 第20回 インテリジェント·システム·シンポジウム講演論文集, S5-3-2-1-S5-3-2-4, 2010年9月.
51)佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 : ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(2), 日本生薬学会第57回年会講演要旨集, 342, 2010年9月.
52)田中 直伸, 大谷 美央, 小林 淳一, 柏田 良樹, 高石 喜久, 芝崎 あずさ, 五ノ井 透, 城始 勇 : ナガサキオトギリより単離した新規prenylated acylphloroglucinol, petiolin J-Mの構造, 日本生薬学会第57回年会要旨集, 363, 2010年9月.
53)栗本 慎一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久, 李 國雄 : センダン科Dysoxylum cumingianumの成分研究(2), 日本生薬学会第57回年会要旨集, 366, 2010年9月.
54)中山 洋平, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : GPGPUを用いた人の高速トラッキング, 2010年精密工学会秋季大会, No.G-21, 2010年9月.
55)寺田 賢治 : 画像からの人間計測技術, フォトニクス技術フォーラム第2回光情報技術研究会, 2010年10月.
56)平井 松午 : 家譜史料データベースを活用した城下町のGIS分析-徳島藩洲本城下町を例に-, 日本地理学会 2010年度秋季学術大会シンポジウム「GISをめぐる近年の研究動向」(名古屋大学), 2010年10月.
57)重松 佑紀, 三輪 昌史 : ダクトファンを用いた飛行体の制御, 中国四国支部・九州支部 合同企画 徳島講演会, 179-180, 2010年10月.
58)木下 健太郎, 三輪 昌史 : リモートコントロールサポートシステムによる無人ヘリコプタの操縦支援, 中国四国支部・九州支部 合同企画 徳島講演会, 181-182, 2010年10月.
59)三隅 友子 : 「ドラマを利用した日本語・日本文化教育のための教材と授業デザイン」, 2010年度日本語教育学会秋季大会, 2010年10月.
60)松浦 俊輔, 浮田 浩行 : LEDパネルを用いた情報提示装置の開発, 徳島講演会 講演論文集, 33-34, 2010年10月.
61)井上 雅博, 浮田 浩行 : パンチルトカメラとアームロボットを用いた疎テンプレートマッチングによる移動物体追跡, 徳島講演会 講演論文集, 173-174, 2010年10月.
62)坂部 真貴子, 鈴木 良尚, 藤原 貴久, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 : コロイド結晶内の粒子層の積層状態の経時変化, 化学工学会第3回化学工学3支部合同徳島大会, 2010年10月.
63)橋本 華織, 鈴木 良尚, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 : 逆三角型セルを利用したコロイド結晶の大型グレインの作成, 化学工学会第3回化学工学3支部合同徳島大会, 2010年10月.
64)金山 知代, 水口 博之, 加藤 周平, 成相 祐希, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 福井 裕行 : 苦参に含まれるアレルギー疾患感受性遺伝子発現を標的とする新規抗アレルギー成分の単離と同定, 第14回日本ヒスタミン学会, 2010年10月.
65)金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林 : 雲南省伝統薬物に関する研究(14)—Chloranthus spicatusの成分について(7)—, 本生薬学会第57回年会, 302, 2010年10月.
66)津田 一徳, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : 画像処理によるバーチャルダーツ, 2010年度計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.243, 2010年11月.
67)中山 洋平, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : GPGPUを用いた人の高速トラッキング, 2010年度計測自動制御学会四国支部学術講演会, No.244, 2010年11月.
68)藤澤 正一郎, 黒住 亮太, 辻 洸介, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 山本 透 : 電動車いすのオンライン学習による障害物回避支援システムの研究, 第53回自動制御連合講演会, 1174-1177, 2010年11月.
69)藤澤 正一郎, 松原 加代子, 濱田 隆麿郎, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 坊岡 正之, 奥 英久 : ロービジョン者の歩行面の御識別に関する研究, 第31回バイオメカニクス学術講演会SOBIM2010予稿集, 307-310, 2010年11月.
70)重松 佑紀, 三輪 昌史 : ダクトファンを用いた飛行体の制御, 第53回自動制御連合講演会, 2010年11月.
71)木下 健太郎, 三輪 昌史, 中松 将太, 松島 誠, 南 潔, 松浦 良彦 : リモートコントロールサポートシステムによる無人ヘリコプタの操縦支援, 第53回自動制御連合講演会, 2010年11月.
72)三輪 昌史, 中松 将太, 木下 健太郎, 松島 誠, 南 潔, 松浦 良彦 : リモートコントロールサポートシステムによる無人ヘリ操縦支援方法の評価, 第53回自動制御連合講演会, 2010年11月.
73)佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 : ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(3), 第49回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
74)金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林 : 雲南省伝統薬物に関する研究(15)—Chloranthus spicatusの成分について(8)—, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会要旨集, 133, 2010年11月.
75)栗本 慎一郎, 柏田 良樹, 李 國雄, 高石 喜久 : センダン科Dysoxylum cumingianumの成分研究(3), 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会要旨集, 133, 2010年11月.
76)佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 : ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(3), 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会要旨集, 134, 2010年11月.
77)篠崎 陽介, 柏田 良樹, 高石 喜久 : オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(24)—キンシバイHypericum patulum花部の成分について(4)—, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会要旨集, 135, 2010年11月.
78)金子 礼, 柏田 良樹, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久 : 雲南省伝統薬物に関する研究(16)—Kadsura interiorの成分について(1)—, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会要旨集, 136, 2010年11月.
79)山下 聡, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : FG視覚センサを用いた人物の3次元モデリング, 第53回自動制御連合講演会, No.577, 2010年11月.
80)福元 裕一郎, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : 複数の表色系と領域分割を用いた人数計測, 第53回自動制御連合講演会, No.578, 2010年11月.
81)矢部 拓也 : 現代地方政治変動論―(3)脱クライエンタリズムと新自由主義の間, --- 無党派知事とまちづくり ---, 第83回日本社会学会, 2010年11月.
82)森 篤史 : 正方格子パターン上への剛体球のコロイドエピタキシーのモンテカルロシミュレーション, 分子シミュレーション討論会講演概要集, 2010年11月.
83)金繁 美希, 森 篤史 : 正方格子パターン上への剛体球系結晶形成のモンテカルロシミュレーション, 分子シミュレーション討論会講演概要集, 2010年11月.
84)坂本 真理子, 澤田 俊明, 加藤 研二, 山中 英生 : 市民市場を活用した自立型市民エコポイントモデルの構築に向けて, 土木計画学研究·講演集, Vol.42, 2010年11月.
85)坂本 真理子, 澤田 俊明, 真田 純子, 山中 英生 : 重要文化的景観「樫原の棚田」における景観施策推進課題, 景観・デザイン研究講演集, No.6, 330-337, 2010年12月.
86)板東 ゆかり, 真田 純子 : 眉山の変遷に関する研究, 景観・デザイン研究講演集, No.6, 370-374, 2010年12月.
87)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2010, ビジョン技術の実利用ワークショップ, 2010年12月.
88)浮田 浩行 : 複数光源イメージスキャナによる3次元物体の形状・色・光沢の推定, 第15回パターン計測シンポジウム資料, 9-16, 2010年12月.
89)杉村 真由美, 奥村 千恵子, 東 満美, 高石 喜久 : 平成22年度徳島大学薬学部薬学科薬局実務実習を終えて∼学生アンケート結果を踏まえて∼, 第31回 徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2010年12月.
90)奥村 千恵子, 杉村 真由美, 阿部 真治, 米田 良子, 上村 卓広, 溝口 徹也, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生, 東 満美, 高石 喜久 : 「病院実務実習」における指導薬剤師と薬学部実務家教員の連携, 第31回 徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2010年12月.
91)水口 博之, 金山 知代, 成相 祐希, 永井 浩章, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 川添 和義, 高石 喜久, 福井 裕行 : 和漢薬苦参に見出されたアレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制作用を有する新規抗アレルギー化合物の同定, BMB2010, 2010年12月.
92)辻 大輔, 難波 建多郎, 浦上 裕行, 重永 章, 大髙 章, 柏田 良樹, 高石 喜久, 伊藤 孝司 : 未分化細胞に対する神経分化誘導作用を持つ化合物の探索と構造活性相関, BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会), 2010年12月.
93)水口 博之, 金山 知代, 成相 祐希, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 川添 和義, 高石 喜久, 福井 裕行 : 和漢薬苦参に見いだされたアレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制作用を有する新規抗アレルギー化合物の同定, BMB2010,第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
94)三宅 章郁, 北川 博巳, 池田 典弘, 山本 源治, 最所 裕二, 前田 耕造, 矢野 秀樹, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : LED境界表示灯を用いた視覚障害者歩行支援システムの評価, 第11回システムインテグレーション部門講演会, 1820-1821, 2010年12月.
95)谷林 宏紀, 北川 博巳, 池田 典弘, 山本 源治, 最所 裕二, 前田 耕造, 矢野 秀樹, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 路面埋め込み型スピーカーを用いた音響誘導装置の特性評価, 第11回システムインテグレーション部門講演会, 1822-1823, 2010年12月.
96)椿 卓也, 北川 博巳, 池田 典弘, 山本 源治, 最所 裕二, 前田 耕造, 矢野 秀樹, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : LED誘導鋲を用いた視覚障害者歩行支援システムの評価, 第11回システムインテグレーション部門講演会, 1824-1825, 2010年12月.
97)三谷 誠二, 藤澤 正一郎, 田内 雅規, 末田 統 : システマティックで信頼性の高いロービジョン者の視覚特性計測, 第11回システムインテグレーション部門講演会, 1804-1807, 2010年12月.
98)三輪 昌史, 二井見 博文 : 第10回レスキューロボットコンテストにおけるレスキューロボット操縦システムと管理方式, 第11回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 1H1-3, 2010年12月.
99)三輪 昌史, 川島 弘成, 寺田 賢治 : TPIPボードを用いた無人ヘリからの映像伝送と制御への応用, 第11回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2F2-1, 2010年12月.
100)豊田 哲也 : 世帯所得の分布と地域格差-人口学的要因と社会経済的要因-, 経済地理学年報, Vol.58, No.1, 2011年.
101)葛西 彩香, 木下 正文, 足立 美佳, 盛重 純一, 瓜倉 真衣, 里内 清, 柏田 良樹, 今林 潔, 高石 喜久, 田中 保, 德村 彰 : 種々の食材中の創傷治癒性リン脂質含量, 日本農芸化学会中国四国支部第29回講演会,講演要旨集, 28, 2011年1月.
102)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2010, 画像応用技術専門委員会2009年度第5回研究会, Vol.25, No.5, 40-43, 2011年1月.
103)三隅 友子 : 「教師のための『教える・学ぶ・ケアする』」, 平成23年度全学FD大学教育カンファレンス in 徳島 於徳島大学, 2011年1月.
104)石田 和之 : 中山間地における孤立集落の事前復興に関する災害復興学的研究, 2011年「復興・減災フォーラム」, 2011年1月.
105)森本 恵美, 坂東 真悠子, 入谷 忠光, 西田 信夫, 山中 英生 : 履修生の追跡調査による教育プログラムの改善-産学官連携教育の持続可能性をめざして-, 平成22年度徳島大学教育カンファレンス 発表抄録集, 10-11, 2011年1月.
106)豊田 哲也, 石田 基広, 小野 公輔, 掛井 秀一, 佐藤 高則, 佐藤 充宏, 内藤 徹, 西山 賢一, 村上 公一, 真岸 孝一, 矢部 拓也, 行實 鉄平, 川野 卓二, 吉田 博, 田中 さやか : 学部共通科目「情報処理の基礎」の授業開発と実施に関する研究, 平成22年度徳島大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 16-17, 2011年1月.
107)大橋 眞, 齊藤 隆仁, 中恵 真理子, 光永 雅子 : 地域社会人を活用した教養教育―地域に広がる地の循環型社会を目指して―, 平成22年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス in 徳島, 26-27, 2011年1月.
108)成相 祐希, 水口 博之, 金山 知代, 永井 浩章, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 苦参から見出された新規抗アレルギー成分maackiainの単離・同定およびその性質について, 2010感染免疫クラスター・ミニリトリート, 2011年1月.
109)柏田 良樹 : 天然資源からの治療薬創製研究 ー 抗HIV 薬,多剤薬剤耐性腫瘍克服薬創製を目指して ー, 日本農芸化学会中四国支部第29回講演会講演要旨集, 9, 2011年1月.
110)森本 恵美, 山中 英生 : 大学院生を対象とした長期インターンシップの教育効果, 平成22年度大学教育改革プログラム合同フォーラム, 2011年1月.
111)平井 松午, 中村 加奈, 宮本 紀子, 安田 拓 : 大学教育におけるGIS実習の実践-吉野川中流域・舞中島の地域調査とGIS分析-, 平成22年度四国GIS研究会(徳島大学), 2011年2月.
112)重松 佑紀, 小島 秀文, 山下 剛史, 三輪 昌史 : 新しく開発した倒立振子型飛行体(DFO)について, 第7回NCPフォーラム, 52-54, 2011年2月.
113)三輪 昌史 : 無人ヘリに関する最近の成果, 第7回NCPフォーラム, 50-51, 2011年2月.
114)寺田 賢治 : 複雑で曖昧な形状の画像センシング, 平成22年度 KICC第2回インスペクション技術研究会, 2011年3月.
115)大津 千明, 浮田 浩行 : 多重フォーカスカメラを用いた高速な3次元形状計測, 電気学会研究会資料, 11-16, 2011年3月.
116)川島 弘成, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン, 三輪 昌史 : 画像処理を用いたラジコンヘリの操縦支援, 電気学会システム研究会ST-11-001~013, 17-21, 2011年3月.
117)本成 善任, 皆木 理宏, 浮田 浩行 : ステレオカメラと連続画像を用いた三次元情報の復元, 動的画像処理実利用化ワ-クショップ2011(DIA2011)講演概要集, 131-134, 2011年3月.
118)松浦 俊輔, 珠久 洋平, 浮田 浩行 : LEDパネルを用いた動的2次元パターンによる情報提示装置の開発, 動的画像処理実利用化ワ-クショップ2011(DIA2011)講演概要集, 178-181, 2011年3月.
119)川島 弘成, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン, 三輪 昌史 : カメラを用いたラジコンヘリの自動着陸, 動的画像処理実利用化ワークショップ2011, 77-78, 2011年3月.
120)中山 洋平, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : GPGPUを用いた人の高速トラッキング, 動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2011), No.I1-11, 2011年3月.
121)渡部 祐介, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : Webカメラを用いた作業者の状態把握システム, 動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2011), No.I1-15, 2011年3月.
122)岩藤 那留, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : USBカメラを用いた不審者の自動認識システム, 動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2011), No.I1-18, 2011年3月.
123)森 輝瑠, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : Webカメラを用いたバーチャルチェロ, 動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2011), No.I1-24, 2011年3月.
124)福島 徹也, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : Webカメラを用いた観賞魚の育成支援システム, 動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2011), No.I1-28, 2011年3月.
125)井上 雅博, 川並 真幸, 寺馬 康裕, 浮田 浩行 : パーティクルフィルタを用いたパンチルトカメラによる物体追跡, 動的画像処理実利用化ワ-クショップ2011(DIA2011)講演概要集, 396-400, 2011年3月.
126)伊藤 伸一, 斎藤 隆文, 満倉 靖恵, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 最適解探索支援のための遺伝的アルゴリズムの可視化技術, 動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2011), 244-247, 2011年3月.
127)高橋 聡一郎, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : 空中文字認識を用いた知能化した室内環境システムの構築, 動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2011), No.I2-24, 2011年3月.
128)新田 和馬, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : カメラを用いたバーチャルダーツ, 動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2011), No.I2-27, 2011年3月.
129)佐藤 雄規, カルンガル ギディンシ ステファン, 寺田 賢治 : サングラス型ビデオカメラ画像のイメージモザイク, 動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2011), No.I2-30, 2011年3月.
130)山下 剛史, 重松 佑紀, 小島 秀文, 三輪 昌史 : 可変ノズルを装着したダクトファン飛行体の制御, 中国四国支部第49期総会・講演会, 85-86, 2011年3月.
131)重松 佑紀, 小島 秀文, 山下 剛史, 三輪 昌史 : 推力偏向を用いたダクトファン飛行体の制御, 中国四国支部第49期総会・講演会, 87-88, 2011年3月.
132)岡田 忠士, 三輪 昌史 : 無人自律航行ソーラーボートの開発, 中国四国支部第49期総会・講演会, 89-90, 2011年3月.
133)小島 秀文, 重松 佑紀, 山下 剛史, 三輪 昌史 : ダクトファン飛行体の制御, 中国四国支部第49期総会・講演会, 93-94, 2011年3月.
134)常見 智史, 三輪 昌史 : MATLABでのシミュレーションによる二足歩行型ロボットの滑走能力向上, 中国四国支部第49期総会・講演会, 95-96, 2011年3月.
135)中山 健次, 神山 翔, 常見 智史, 三輪 昌史 : 二足歩行ロボットの滑走移動, 中国四国支部第49期総会・講演会, 97-98, 2011年3月.
136)神山 翔, 三輪 昌史 : 受動輪を用いた二足歩行ロボットの連続滑走移動, 中国四国支部第49期総会・講演会, 99-100, 2011年3月.
137)友利 真朗, 水野 孝則, 三輪 昌史 : 特定のハードウェアに対するMDDを用いた制御系設計, 中国四国支部第49期総会・講演会, 125-126, 2011年3月.
138)中松 将太, 木下 健太郎, 三輪 昌史 : Wiiリモコンを用いた無人ヘリコプタの操縦, 中国四国支部第49期総会・講演会, 127-128, 2011年3月.
139)木下 健太郎, 三輪 昌史 : リモートコントロールサポートシステムによる無人ヘリコプタの操縦支援, 中国四国支部第49期総会・講演会, 129-130, 2011年3月.
140)平井 松午, 渡辺 誠, 野積 正吉 : 「金沢町往還筋分間絵図」の, 第29回国絵図研究会・金沢大会(石川四校記念文化交流館), 2011年3月.
141)金 尚永, 柏田 良樹, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久 : 雲南省産伝統薬物に関する研究 (17) - Chloranthus spicatus の成分について (9) -, 日本薬学会第131年会講演要旨集, Vol.2, 83, 2011年3月.
142)成相 祐希, 水口 博之, 金山 知代, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 苦参から見出された新規抗アレルギー成分maackiainの単離・同定およびその性質について (Isolation and characterization of new anti-allergenic compound, maackiain from Kujin), 日本薬学会年会, 2011年3月.
143)辻 大輔, 難波 建多郎, 浦上 裕行, 辻 耕平, 重永 章, 大髙 章, 柏田 良樹, 高石 喜久, 伊藤 孝司 : ヒトiPS細胞に対する神経分化誘導能を持つ新規化合物の探索, 日本薬学会 第131年会, 2011年3月.
144)栗本 慎一郎, 柏田 良樹, 李 國雄, 高石 喜久 : センダン科Dysoxylum cumingianum の成分研究(4), 日本薬学会第131年会講演要旨集, Vol.2, 249, 2011年3月.
145)熊 娟, 谷口 昌聖, 柏田 良樹, 高石 喜久 : 多剤薬剤耐性克服作用を有する天然物に関する研究(10)―シラカバ花穂トリテルペンpapyriferic acid のアミド誘導体の耐性克服作用―, 日本薬学会第131年会講演要旨集, Vol.2, 249, 2011年3月.
146)大道 由佳, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 : 抗インフルエンザ活性天然物に関する研究(1)―金銀花(Lonicera japonica)について, 日本薬学会第131年会講演要旨集, Vol.2, 244, 2011年3月.
147)佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 : ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(4), 日本薬学会第131年会講演要旨集, Vol.2, 238, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 作品等

1)Yoshiki Kashiwada : Development of Natural Product-Derived Chemotherapeutic Agents: Search and Modification of Potential Natural Product-Leads, Jun. 2010.

2010年度(平成22年度) / その他・研究会

1)森 篤史, 鈴木 良尚 : 重力下の剛体球系結晶におけるショックレーの部分転位の弾性場と重力による弾性場の相互作用, 第20回統計物理学研究会研究報告集, 55-75, 2010年5月.
2)Yasuyuki Ishihara, Hiroyuki Ukida, Yuuta Aika, Syunsuke Suzuki, Gaku Kosaki, Yuuki Nagata, Keita Achi and Jou Kuroda : Science and Technology Education for Children by Robot Manufacturing Classes, Proceedings on "2nd International On-Board Symposium: Human Health, Energy and Environment", 59-60, May 2010.
3)樋口 直人, 矢部 拓也, 松谷 満, 高木 竜輔 : 二元代表制下の住民運動とローカルパーティー, --- 長野,滋賀,徳島,高知の比較を通じて ---, 社会運動論研究会, 2010年7月.
4)真田 純子 : みどころ土木遺産 木頭出原谷の鉄砲堰-賑わう山村に思いを馳せて-, 土木学会誌, Vol.95, No.9, 32-33, 2010年9月.
5)矢部 拓也 : 「日本型まちづくり会社による中心市街地の活性化‐長浜・高松・熊 本‐」 と「都市再生におけるまちづくり組織の比較研究」, 2010年12月.
6)森 篤史, 鈴木 良尚, 金繁 美希, 松尾 繁樹 : 剛体球模型を用いたコロイドエピタキシーのシミュレーション, 学習院大学計算機センター特別企画「結晶成長の数理」第5回研究会, 2010年12月.
7)橋本 華織, 鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘, 田村 勝弘 : 結晶化容器形状を用いたコロイド結晶のグレインの肥大化, 「結晶成長の数理」第五回研究会―鏡像対称性と結晶成長, 2010年12月.
8)坂部 真貴子, 鈴木 良尚, 藤原 貴久, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 : 経時変化によるコロイド結晶内の格子欠陥の観察, 「結晶成長の数理」第五回研究会―鏡像対称性と結晶成長, 2010年12月.
9)三隅 友子 : 「実習教育を協同学習の観点から捉え直す-日本語教育演習・日本語教材研究の実践から-」, 平成22年度 全学FD大学教育カンファレンス, 2011年1月.
10)藤澤 正一郎 : 弱視者の歩行支援, 第8回交通バリアフリーフォーラム, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 報告書

1)森本 恵美, 山中 英生, 西田 信夫, 入谷 忠光 : 経営センスを有するπ型技術者の協働育成プログラム 平成21年度報告書, 2010年4月.
2)滑川 達, 森本 恵美, 岩松 準, 遠藤 和義, 秋山 哲一, 坂野 達郎, 堀田 昌英, 笛田 俊治 : 日本建設企業を対象とした公共工事の入札戦略に関する調査研究, 平成21年度(社)土木学会特別重点課題報告, 2010年5月.
3)森本 恵美, 山中 英生, 西田 信夫, 入谷 忠光, 坂東 真悠子, 田代 優秋 : 平成18年度∼平成21年度経営センスを有するπ型技術者の協働育成プログラム実施報告書, 2010年5月.
4)冨田 亮介, 森 篤史, 山登 正文, 古川 英光, 高橋 弘紀 : 磁場中で調製したシリカゲルの構造異方性, 東北大学金属材料研究所強磁場超伝導材料センター平成21年度年次報告, 171-172, 仙台, 2010年6月.
5)森本 恵美, 山中 英生, 西田 信夫, 入谷 忠光 : 経営センスを有するπ型技術者の協働育成プログラム 平成22年度報告書, 2011年2月.
6)平井 松午, 山城 考 : 徳島県美馬市舞中島文化的景観保存調査報告書, 113, 2011年3月.

2011年度(平成23年度)

article.{@.date="20110400 20120399" @.organization=\E{166679}}

2011年度(平成23年度) / 著書

1)地域社会学会, 矢部 拓也, 渡戸 一郎, 西山 志保 : 新版 キーワード地域社会学, ハーベスト社, 2011年5月.
2)吉田 敦也 : ホームページを活用する, 東洋館出版, 2011年6月.
3)吉田 敦也 : ICTを活用した学校支援地域本部コーディネート・システムの開発, 東洋館出版, 2011年6月.
4)吉田 敦也 : ツールを用いる:多摩川源流探し, 東洋館出版, 2011年6月.
5)吉田 敦也 : 学校全体の活性化, 東洋館出版, 2011年6月.
6)杉本 史子, 礒永 和貴, 小野寺 淳, ロナルド トビ, 中野 等, 平井 松午 : 絵図学入門, 東京大学出版会, 東京, 2011年7月.
7)西山 八重子, 矢部 拓也 : 分断社会と都市ガバナンス, 日本経済評論社, 2011年8月.
8)矢部 拓也 : 城市的复活-全球范围内的旧城区改造与更, 2011年8月.
9)山中 英生, 小谷 通泰, 新田 保次 : まちづくりのための交通戦略, --- 自転車による交通戦略とその課題 ---, 学芸出版社, 京都, 2011年10月.
10)HGIS研究協議会編, 平井 松午 : 歴史GISの地平-景観・環境・地域構造の復原に向けて-, --- 第8章「洲本城下絵図のGIS分析」 ---, 勉誠出版, 東京, 2012年3月.
11)吉田 敦也 : 吉田敦也(訳)「20世紀末のフランスにおける情報, コンピュータ化,医療行為」(ジャン・ドゥ・カーバスドゥーエ著,OECD教育研究革新センター編著 (立田慶裕監訳)「知識の創造・普及・活用(Knowledge Management in the Learning Society)第11章」), 明石書店, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (審査論文)

1)浮田 浩行 : 複数光源イメージスキャナによる形状,色および光沢の推定, 電気学会論文誌D (産業応用部門誌), Vol.131, No.4, 572-585, 2011年.
2)Soga Masato, Ohama Masahito, Ehara Yosikazu and Masafumi Miwa : Oriented Mobile Constellation Learning Environment Using Gaze Pointing Real-World, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.94, No.D(4), 763--771, 2011.
3)山口 順一, 下村 倫子, 梅田 和昇, 佐藤 雄隆, 実森 彰郎, 藤吉 弘亘, 寺田 賢治, 本谷 秀堅, 渡邉 恵理子, 奥田 晴久, 羽下 哲司, 橋本 学 : 生活安心・安全のための多次元センシング, 電気学会論文誌D (産業応用部門誌), Vol.131, No.4, 418-425, 2011年.
4)Yoshiki Kashiwada, Nishimura Kazuya, Kurimoto Shin-ichiro and Yoshihisa Takaishi : New 29-nor-cycloartanes with a 3,4-seco- and a novel 2,3-seco-structure from the leaves of Sinocalycanthus chinensis., Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.19, No.9, 2790-2796, 2011.
5)中川 康紀, 石塚 善士, 寺田 賢治 : 方向コード化した一般化ハフ変換を2回用いた人領域の抽出, 電気学会論文誌D (産業応用部門誌), Vol.131, No.7, 888-896, 2011年.
6)Saifizul Abdullah Ahmad, Hideo Yamanaka and Karim Rehan Mohamed : Development of integrated data collection and enforcement system, 17th ITS World Congress, Vol.17, 2011.
7)豊田 哲也 : 大都市の地域構造と所得格差-東京特別区と大阪市の比較-, 日本都市学会年報, Vol.44, No.0, 219-226, 2011年.
8)Ahmad Abdullah Saifizul, Hideo Yamanaka and Mohamed Rehan Karim : Empirical analysis of gross vehicle weight and free flow speed and consideration on its relation with differential speed limit, Accident; Analysis and Prevention, Vol.43, No.3, 1068-1073, 2011.
9)Atsushi Mori : Disappearance of stacking fault in colloidal crystals under gravity, World Journal of Engineering, Vol.8, No.2, 117-122, 2011.
10)矢部 拓也 : 地方政治の変動を考える--首長・議会の対立と地域政党から, 住民と自治, 26-33, 2011年.
11)井上 隆, 木内 晃, 豊田 哲也, 萩原 八郎, 羽山 久男 : つるぎ町「旧一宇村」の限界集落の現状と展望, 阿波学会紀要, No.57, 177-187, 2011年.
12)Yoshio Tanimoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Hiroyuki Ukida and Hideki Yamamoto : Image measurement of body position during side-approach transfer motion, IET Image Processing, Vol.5, No.5, 402-409, 2011.
13)石田 和之, 岡 重徳, 清水 勇吉 : 主成分分析を用いた歯科医院に対する患者満足度の要因分析, 日本歯科医療管理学会雑誌, Vol.46, No.2(106), 91-96, 2011年.
14)Takahashi Shinji, Miyake Akifumi, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO, Masayuki Booka and Shoichiro Fujisawa : An evaluation of tactile walking surface indicators for the visually impaired, Assistive Technology Research Series, Vol.29, 587-594, 2011.
15)Matsubara Kayoko, Hamada Takamaro, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO, Masayuki Booka, Oku Hidehisa and Shoichiro Fujisawa : Mis-recognition of Road Surface by The Low Vision, Assistive Technology Research Series, Vol.29, 610-617, 2011.
16)Mitani Seiji, Hamada Takamaro, Shoichiro Fujisawa, Osamu Sueda and Masaki Tauchi : Measurement of Visbility of TWSIs perceived by LVs, Assistive Technology Research Series, Vol.29, 618-625, 2011.
17)Tsutomu Hashizume, Kitagawa Hiroshi, Mohri Taichi, Ueda Hisatoshi, Miyamoto Tadayoshi, Yodeda Ikuo and Shoichiro Fujisawa : Evaluation of Physical Load while Propelling Manual Wheelchair on a Slope, Assistive Technology Research Series, Vol.29, 796-803, 2011.
18)Ahmed Ali Fakhruddin, Kim Sang-Yong, Kurimoto Shin-ichiro, Sasaki Hisako, Hirofumi Shibata, Yoshiki Kashiwada and Yoshihisa Takaishi : Biflavonoids from Flowers of Butea monosperma (Lam.) Taub., Heterocycles, Vol.83, No.9, 2079-2089, 2011.
19)大橋 眞, 中恵 真理子, 光永 雅子, 齊藤 隆仁 : 地域社会人,学生,教員でつくる学びのコミュニティから創出される新たな視点, 日本生涯教育学会論集, Vol.32, 3-11, 2011年.
20)山中 亮一, 上月 康則, 桶川 博教, 森 紗綾香, 一色 圭佑, 前田 真里, 川井 浩史, 石垣 衛, 中西 敬, 上嶋 英機, 平井 住夫 : 尼崎運河における構造物底面への生物付着防止方法の提案とその効果, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.67, No.2, 1036-1040, 2011年.
21)Shin-ichiro Kurimoto, Yoshiki Kashiwada, Susan L. Morris-Natschke, Kuo-Hsiung Lee and Yoshihisa Takaishi : Dyscusins AC, Three New Steroids From the Leaves of Dysoxylum cumingianum., Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.59, No.10, 1303-1306, 2011.
22)Kim Sang-Yong, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Sun Han-Dong, Li Shun-Lin and Yoshihisa Takaishi : Spicachlorantins G-J, New Lindenane Sesquiterpenoid Dimers from the Roots of Chloranthus spicatus., Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.59, No.10, 1281-1284, 2011.
23)石田 和之 : 資産保有課税における課税標準の選択:固定資産税(日本)とレイト(香港)の比較分析の視点, 租税資料館賞受賞論文集第20回, 39-63, 2011年.
24)三谷 哲雄, 山中 英生, 草野 優太, 須藤 晃成, 綾 貴穂 : 路上設置型一時停止支援システムの効果に関する現地実験分析, 第10回ITSシンポジウム2011, Vol.10, 2011年.
25)Shin-ichiro Kurimoto, Yoshiki Kashiwada, Kuo-Hsiung Lee and Yoshihisa Takaishi : Triterpenes and a triterpene glucoside from Dysoxylum cumingianum and their cytotoxicity., Phytochemistry, Vol.72, No.17, 2205-2211, 2011.
26)清水 勇吉, 石田 和之, 岡 重徳 : 患者の歯科医院に対するフリー・コメントのテキストマイニングによる分析, 日本歯科医療管理学会雑誌, Vol.46, No.3, 138-144, 2011年.
27)Sakiko Haito-Sugino, Mikiko Ito, Akiko Ohi, Yuji Shiozaki, Natsumi Kangawa, Takashi Nishiyama, Fumito Aranami, Shohei Sasaki, Sayaka Mori, Shinsuke Kido, Sawako Tatsumi, Hiroko Segawa and Ken-ichi Miyamoto : Processing and stability of type IIc sodium-dependent phosphate cotransporter mutations in patients with hereditary hypophosphatemic rickets with hypercalciuria., American Journal of Physiology, Cell Physiology, Vol.302, No.9, C1316-30, 2011.
28)森本 恵美, 滑川 達 : 積算方式の違いによる入札参加・価格決定行動の比較に関する研究, 土木学会論文集F4(建設マネジメント), Vol.67, No.4, I_315, 2011年.
29)山中 英生 : 交錯指標による自転車・歩行者混合交通サービスレベル評価方法と分離必要度の分析, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.68, No.1, 49-58, 2012年.
30)Yoshiki Kashiwada, Fakhruddin Ali Ahmed, Shin-ichiro Kurimoto, Sang-Yong Kim, Hirofumi Shibata, Toshihiro Fujioka and Yoshihisa Takaishi : New α-glucosides of caffeoyl quinic acid from the leaves of Moringa oleifera Lam., Journal of Natural Medicines, Vol.66, No.1, 217-221, 2012.
31)Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Shigeki Matsuo : Monte Carlo Simulation of Defects in Hard-Sphere Crystal Grown on a Square Pattern, World Journal of Engineering, Vol.9, No.1, 37-44, 2012.
32)田中 徳一, 成行 義文, 平井 松午 : 「自らの就業力向上を促す巣立ちプログラム」とそれに基づく初年次キャリア教育の実践, 大学教育研究ジャーナル, No.9, 141-151, 2012年.
33)原 忠, 岡村 未対, 渦岡 良介, 石原 行博, 上野 勝利 : 2011年東北地方太平洋沖地震における岩手県沿岸中南部の河川堤防の津波による被害の特徴, 地盤工学ジャーナル, Vol.7, No.1, 253-264, 2012年.
34)大橋 眞, 佐藤 高則, 齊藤 隆仁 : 国際交流による生涯学習と大学教育の融合の意義―韓国珍島の伝統文化を生かしたソウル大学の取り組みから何を学ぶか―, 大学教育研究ジャーナル, No.9, 59-65, 2012年.
35)真田 純子, 本田 百合絵, 田中 尚人 : 戦前期熊本の都市形成事業における風致地区の位置づけ, ランドスケープ研究, Vol.75, No.5, 383-388, 2012年.
36)Elmarhomy Ahmed and Kenji Terada : A New Approach for Counting Passersby utilizing Space-time Images, International Journal of Computer and Communication Engineering, Vol.6, No.39, 224-331, 2012.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)川添 和義, 伏谷 秀治, 柏田 良樹, 佐々木 久子, 大道 由佳, 栗本 慎一郎, 篠崎 陽介, 柴山 恵美子, 関田 倫彦, 金子 礼, 洲山 佳寛, 高岸 佐和, 中野 芙佐子, 平田 藍, 宮崎 祐樹, 田島 壮一郎, 櫻田 巧, 中川 博之, 田岡 寛之, 足立 麻美, 柴田 高洋, 岡田 直人, 継岡 知美, 淵上 美由紀, 小中 健, 今林 潔, 今林 優佳, 高石 喜久, 水口 和生 : つるぎ町一宇地区の民間薬調査, 阿波学会紀要, No.57, 89-98, 2011年.
2)豊田 哲也 : 都道府県別に見た世帯所得の分布と平均寿命の変化-地域の所得格差は健康を損なうか-, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.19, No.0, 87-100, 2011年.
3)三隅 友子, 生駒 佳也(徳島市立高校) : 地域の国際化を目指す高大連携の可能性-交流活動のもたらすもの-, 徳島大学国際センター紀要, Vol.2011, No.7, 25-32, 2012年.
4)三隅 友子 : プロジェクトワーク再考-新たな日本語教育の可能性-, 第24回日本語教育連絡会議報告発表論文集, No.24, 99-108, 2012年.
5)三隅 友子, 大橋 眞 : 交流と対話を通した学内の連携を考える-「異文化交流の体験から何を学ぶのか」と「日本事情Ⅳ」の連携, 徳島大学国際センター紀要, 31-43, 2012年.

2011年度(平成23年度) / 学術レター

1)矢部 拓也 : 「まちなか研究室」へのインターシップ,登録制度の提案, --- まちづくりの担い手をいかにUターンさせるか ---, 産学官連携ジャーナル, Vol.7, No.12, 26-28, 2011年.
2)滑川 達, 川村 竜功, 森本 恵美 : 大手建設企業を対象とした経営状況指標分析―工種的差異に着目して―, 第29回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会 講演集, Vol.29, 4-8, 2011年.

2011年度(平成23年度) / 総説・解説

1)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第48講)税収の伸張性と安定性のトレード・オフの検証, , Vol.66, No.4, 285-307, 2011年4月.
2)石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第49講)大規模災害の発生時における固定資産税の特例, , Vol.66, No.5, 206-229, 2011年5月.
3)石田 和之 : 地方税制温故知新(第1回) シャウプ税制の崩壊と固定資産税における償却資産課税, , Vol.66, No.6, 114-131, 2011年6月.
4)石田 和之 : 地方税制温故知新(第2回) 戸数割から住民税へ, , Vol.66, No.7, 132-151, 2011年7月.
5)石田 和之 : 地方税制温故知新(第3回) 個人住民税における課税最低限のあり方をめぐる議論, , Vol.66, No.8, 162-181, 2011年8月.
6)石田 和之 : 地方税制温故知新(第4回) 付加価値税の失敗と事業税における外形標準課税の導入, , Vol.66, No.9, 142-161, 2011年9月.
7)真田 純子 : 緑地帯計画の概要とそこに込められた意味, 土木技術, Vol.66, No.10, 91-96, 2011年10月.
8)石田 和之 : 地方税制温故知新(第5回)地方たばこ税をめぐる議論の変化, , Vol.66, No.10, 246-265, 2011年10月.
9)山中 英生 : 都市の交通戦略パッケージの「かなめ」となる空間構成デザイン戦略へ, 第73回 全国都市問題会議 都市の魅力と交流戦略-地域資源×公共交通=地域活性化-, Vol.73, 197-202, 2011年10月.
10)石田 和之 : 地方税制温故知新(第6回)地方基幹税としての法人住民税, , Vol.66, No.11, 192-211, 2011年11月.
11)石田 和之 : 地方税制温故知新(第7回)複雑化する自動車関係諸税に対する簡素化の要請, , Vol.66, No.12, 216-234, 2011年12月.
12)石田 和之 : 地方税制温故知新(第8回)都市税源としての事業所税, , Vol.67, No.1, 168-187, 2012年1月.
13)山中 英生, 滑川 達, 真田 純子, 森本 恵美 : 徳島大学建設工学科都市デザイン研究室 社会システムへのアプローチ:合意形成・公共調達・土木景観と土木史, 電力土木, Vol.357, 129-131, 2012年1月.
14)石田 和之 : 地方税制温故知新(第9回)固定資産税における農地課税の変遷∼税負担の据置と市街化区域農地に対する課税∼, , Vol.67, No.2, 285-303, 2012年2月.
15)真田 純子 : 2011年度土木学会デザイン賞決まる, 橋梁と基礎, Vol.46, No.3, 62, 2012年3月.
16)石田 和之 : 地方税の震災をめぐる動き, 法律のひろば, No.3, 43-51, 2012年3月.
17)石田 和之 : 地方税制温故知新(第10回)固定資産税の一環としての都市計画税, , Vol.67, No.3, 270-290, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 国際会議

1)Saifizul Abdullah Ahmad, Hideo Yamanaka and Karim Rehan Mohamed : Prospect of Using Weigh-in-motion System for Enhancing Vehicle Weight Enforcement, --- A Case Study of Malaysian Roads ---, 17th ITS World Congress, Vol.17, Busan, Korea, May 2011.
2)Masafumi Miwa, Shouta Nakamatsu and Kentaro Kinoshita : Easy operation system for unmanned helicopter with RCSS, The 2nd Korea-Japan Joint Symposium on Dynamics and Control(K-J Symposium 2011), 124-126, May 2011.
3)Yuuki Shigematsu, Takashi Yamashita and Masafumi Miwa : Control of ducted fan flying object using thrust vectoring, The 2nd Korea-Japan Joint Symposium on Dynamics and Control(K-J Symposium 2011), 127-129, May 2011.
4)Abdullah SAIFIZUL Ahmad, KARIM Rehan Mohamed, Hideo Yamanaka and Masashi Okushima : Empirical Analysis on the Effect of Gross Vehicle Weight and Vehicle Size on Speed in Car Following Situation, Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.8, Korea, Jun. 2011.
5)Shin-ichi Ito, Yasue Mitsukura, Takafumi Saito, Katsuya SATO and Shoichiro Fujisawa : Visualization on Pareto Solutions in Multi-objective Optimization, Proc. of 4th IASTED International Conference on Artificial Intelligent and Soft Computing, ASC2011, 267-272, Creta, Jun. 2011.
6)Kazuyuki Ishida : The Trade-off between the Growth and Stability of Prefectural Tax Revenue in Japan, The Seventh Annual Conference of the APEA, Korea, Jun. 2011.
7)Jin Endoh, Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori, Tomoki Yabutani and Katsuhiro Tamura : Gravitational Annealing of Colloidal Crystals, 8th International Conference in Diffusion in Materials, Dijion, Jul. 2011.
8)Atsuya Yoshida : On Practice of Lifelong Learning about ICT Literacy to Use the Virtual Pilgrimage System, Ubiquitous Sugoroku Henro, for Promoting a Daily Walk for Health in the Context of Community Traditional Culture., The 9th ePortfolio & Identity Conference (ePIC), Jul. 2011.
9)Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Shigeki Matsuo : Monte Carlo Simulation Of Defects In Hard-Sphere Crystal Grown On A Square Pattern, Nineteenth Annual International Conference on Composite or Nano Engineering, Shanghai, Jul. 2011.
10)Kaori Hashimoto, Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya and Katsuhiro Tamura : Enlargement Of Grains Of Silica Colloidal Crystals By Centrifugation With An Inverted- Triangle Shaped Container, Nineteenth Annual International Conference on Composite or Nano Engineering, Shanghai, Jul. 2011.
11)Makiko Sakabe, Yoshihisa Suzuki, Takahisa Fujiwara, Atsushi Mori, Shin-ichiro Yanagiya and Katsuhiro Tamura : Observation Of Mobile Lattice Defects In A Colloidal Crystal, Nineteenth Annual International Conference on Composite or Nano Engineering, Shanghai, Jul. 2011.
12)Kurimoto Shin-ichiro, Yoshiki Kashiwada, Lee Kuo-Hsiung and Yoshihisa Takaishi : CHEMICAL STUDY ON DYSOXYLUM CUMINGIANUM (MELIACEAE), 2011 AMERICAN SOCIETY OF PHARMACOGNOSY ANNUAL MEETING, 58, San Diego, Jul. 2011.
13)Yoshiki Kashiwada, Xiong Juan, Chen Chin-Ho, Qian Keduo, Morris-Natschke L. Susan, Lee Hsiung Kuo and Yoshihisa Takaishi : CONJUGATES OF BEVIRIMAT WITH BETURIN DERIVATIVES AS ANTI-HIV AGENTS, 2011 AMERICAN SOCIETY OF PHARMACOGNOSY ANNUAL MEETING, 66, Aug. 2011.
14)Omichi Yuka, Kurimoto Shin-ichiro, Yoshiki Kashiwada, Hirofumi Shibata, Miyake Yoshiyuki, Kirimoto Tsukasa and Yoshihisa Takaishi : THE CONSTITUENTS OF THE FLOWER BUDS OF LONICERA JAPONICA AND THEIR ANTI-INFLUENZA ACTIVITIY, 2011 AMERICAN SOCIETY OF PHARMACOGNOSY ANNUAL MEETING, 66, San Diego, Aug. 2011.
15)Sasaki Hisako, Yoshiki Kashiwada, Hirofumi Shibata and Yoshihisa Takaishi : STUDIES ON THE CONSTITUENTS OF DESMODIUM CAUDATUM, 2011 AMERICAN SOCIETY OF PHARMACOGNOSY ANNUAL MEETING, San Diego, Aug. 2011.
16)Kim Sang-Yong, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Sun Han-Dong, Li Shun-Lin and Yoshihisa Takaishi : STUDIES ON THE CONSTITUENTS OF CHLORANTHUS SPICATUS (THUNB.) MAKINO, 2011 AMERICAN SOCIETY OF PHARMACOGNOSY ANNUAL MEETING, 74, San Diego, Aug. 2011.
17)三隅 友子 : 「プロジェクトワーク再考」, 第24回 日本語教育連絡会議, 2011年8月.
18)三隅 友子 : 「映画・ドラマを通した『学び』の可能性∼対話を中心とした授業デザイン∼」, 2011年 日本語教育国際研究大会口頭発表, 2011年8月.
19)Ryoichi Yamanaka, Yasunori Kozuki, Keisuke Isshiki, Sayaka Mori, Mari Maeda, Hironori Okegaawa, Hroshi Kawai, Mamoru Ishigaki, Takashi Nakanishi, Hideki Ueshima and Sumio Hirai : Development of Water Quality Improvement Channel with Citizen in Amagasaki Canal, Japan, The Ninth International Meeting on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas (EMECS9), Baltimore, USA, Aug. 2011.
20)Kazuyuki Ishida : The Local Corporate Tax Independence from the National Corporate Tax in Japan, Congress of Forum For Economists International, Netherland, Sep. 2011.
21)Shin-ichi Ito, Masashi Hamaguchi, Katsuya SATO, Shoichiro Fujisawa and Minoru Fukumi : Variability in EEG with Single Point Sensing as Inter-Individual Difference Measure Using Self-Organizing Map, Proc. of 2011 International Symposium on Nolinear Theory and its Applications, NOLTA2011, 290-293, Kobe, Sep. 2011.
22)Hiroyuki Ukida, Kawanami Masayuki and Terama Yasuhiro : 3D Object Tracking by Pan-Tilt Moving Cameras and Robot Using Sparse Template Matching and Particle Filter, Proceedings of SICE Annual Conference 2011, 2004-2009, Tokyo, Sep. 2011.
23)Atsuya Yoshida, Hiroshi Miyai, Sayaka Mori, Hideo Yamanaka and Tomoko Tamaari : The Roles of University Satellites and Educational Programs for Human Resourses development in Rural Areas, 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), Oct. 2011.
24)Iwata Kodai, Saeki Yusuke, Sugitani Yuichi, Watanabe Teruhisa, Hiroyuki Ukida and Shoichiro Fujisawa : Mutual Evaluation of University Students and Children in Robot Manufacturing Class, Proceedings of 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), No.SS2-1, 1-4, Tokushima, Oct. 2011.
25)Kageyama Yumiko, Takatori Kenji, Chatani Naoki, Okamoto Kazuhiro, Okuda Koji, Hiramatu Akihiro, Ueno Youseke, Mouri Akihito, Ando Masaki, Nakamura Kazuki, Yoshino Syuhei, Masafumi Miwa and Shoichiro Fujisawa : Activities of Robocon project of The University of Tokushima, Proceedings of 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), No.PS-33, 1-4, Tokushima, Oct. 2011.
26)Nakagawa Takafumi, Toyooka Takashi, Asai Kiyoshi and Shoichiro Fujisawa : An Extracurricular Class of Tatara Project, Proceedings of 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), No.PS-35, 1-7, Tokushima, Oct. 2011.
27)Murota Masami, Kawai Yuka, Oya Tomoko, Takahashi Hiroko, Fukuyori Asuna, Kato Takami, Hideo Araki and Shoichiro Fujisawa : Study on the Anticpatory Postural Adjustments in Co-ordination Training Project (CTP), Proceedings of 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), No.PS-37, 1-4, Tokushima, Oct. 2011.
28)Tamura Kazuhiro, Yamamoto Kazuhito, Asao Daisuke, Isami Kunpei, Itou Hiroaki, Oonisi Takato, Okada Hironori, Ogawa Takayuki, Oki Nobuaki, Satou Yuuya, Hukuda Hiroaki, Huzii Takasi, Matubara Atuki, Mouri Akihito, Masafumi Miwa and Shoichiro Fujisawa : Tokushima Aerospace Project, Proceedings of 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), No.PS-41, 1-6, Tokushima, Oct. 2011.
29)Arakawa Toyoaki, Kawasima Hirosige, Munetugu Ryou, Masafumi Miwa, Kenji Terada and Shoichiro Fujisawa : Airship Project, Proceedings of 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), No.PS-42, 1-2, Tokushima, Oct. 2011.
30)Emi Morimoto, Tadamitsu Iritani, Nobuo Nishida and Hideo Yamanaka : Sustainable Industry-Academia-Government Collaborative Education Focusing on Advantages of Industry, 2nd Asian Conference on Engineering Education, TS2-2, Tokushima, Oct. 2011.
31)Tadamitsu Iritani, Emi Morimoto, Nobuo Nishida and Hideo Yamanaka : Mutual benefits among relevant organization sending student from the university to the client on the basis of the long-term internship programs, 2nd Asian Conference on Engineering Education, PS-17, TOKUUSHIMA,JAPAN, Oct. 2011.
32)Nobuo Nishida, Emi Morimoto, Yushu Tashiro, Tadamitsu Iritani and Hideo Yamanaka : Achievements and Problems of Long-term Internship after 5-year Practice, 2nd Asian Conference on Engineering Education, PS-18, TOKUUSHIMA,JAPAN, Oct. 2011.
33)Kenji Sadamoto, Emi Morimoto, Kazuhiro Kametani and Hideo Yamanaka : Long-term internship program in local government, 2nd Asian Conference on Engineering Education, PS-25, Tokushima, Oct. 2011.
34)Masaki Higashihara, Emi Morimoto, Aya Ueno, Tomoji Yokoishi, Toshiaki Sawada and Junko Sanada : Practical Long Term Internship Program in Kamikatsu Town, 2nd Asian Conference on Engineering Education, PS-21, Tokushima, Oct. 2011.
35)Tomoko Tamaari, Atsuya Yoshida, Hideo Yamanaka, Toshiaki Sawada, Sayaka Mori and Hiroshi Miyai : A Study on Elderly Person's Learning Support with Slate Devices for the Community Revitalization, 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), Tokushima, Japan, Oct. 2011.
36)Hidekazu Kakei and Atsuya Yoshida : Development of Applications and Synthetic Science, ACEE2011, PS-50, Tokushima, Oct. 2011.
37)Yuuki Shigematsu, Takashi Yamashita and Masafumi Miwa : Control of Ducted Fan Flying Object Using Thrust Vectoring, Proceedings of The International Conference on Intelligent Unmanned System 2011, Chiba, Japan, Chiba, Oct. 2011.
38)Motomichi Sonobe, Masafumi Miwa and Junichi Hino : Vibration Suppression Control of Small-size Helicopter Slung Load System, Proceedings of The International Conference on Intelligent Unmanned System 2011, Chiba, Japan, Nov. 2011.
39)Masafumi Miwa, Shouta Nakamatsu and Kentaro Kinoshita : Evaluation of an Easy Operation System for Unmanned Helicopter, Proceedings of The International Conference on Intelligent Unmanned System 2011, Chiba, Japan, Nov. 2011.
40)Hiroyuki Ukida and Masafumi Miwa : Development of Information Communication System Using LED Panel and Video Camera, Proceedings of the Eighteenth Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2012), 388-392, Kawasaki, Feb. 2012.
41)Takayuki Kashihara, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : A People Counting Method using Measurement Lines, Proceedings of 18th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 14-18, Yokohama, Feb. 2012.
42)Hemdan Ibrahim, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Robust Facial Features Tracking in Video Sequences using Efficient Template Matching, Proceedings of 18th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 70-74, Yokohama, Feb. 2012.
43)Stephen Githinji Karungaru, Kenji Terada and Minoru Fukumi : Abandoned Luggage Detection using a Dynamic Background Model and Earth Movers Distance, Proceedings of 18th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 82-88, Yokohama, Japan, Feb. 2012.
44)Wang Wei, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : An Eye Location Estimation Algorithm based on HSV Color Space and Template Matching, Proceedings of 18th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, 133-137, Yokohama, Feb. 2012.
45)Takahashi Ryo, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Reliable Human Recognition and Authentication using Retina Images, Proceedings of 18th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision(FCV2012), 288-292, Yokohama, Feb. 2012.
46)Elmarhomy Ahmed, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : A New Approach for Counting Passersby utilizing Space-time Images, ICDIMSP 2012 : International Conference on Digital Image and Multidimensional Signal Processing, Florence, Italy, Feb. 2012.
47)Stephen Githinji Karungaru, Higashidani Takuya and Kenji Terada : Tired State Recognition during Sports using Image Processing, Proc. of NCSP'2012, 643-646, Honolulu, Mar. 2012.
48)Stephen Githinji Karungaru, Kenji Terada and Minoru Fukumi : Feature Extraction For Human Recognition Based On Bifurcation Points Using Genetic Algorithms, Proc. of NCSP'2012, 615-618, Honolulu, Mar. 2012.
49)Matsubara Kayoko, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO, Masayuki Booka, Oku Hidehisa and Shoichiro Fujisawa : Effect of Road Surface Condition for the Low Vision, Proceedings of 2012 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP2012), 96-99, Honolulu, Mar. 2012.
50)Kuramoto Nobuhisa, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO and Shoichiro Fujisawa : Walking Motion Feature Detection System Based on EEG Analysis, Proceedings of 2012 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP2012), 269-272, Honolulu, Mar. 2012.

2011年度(平成23年度) / 国内講演発表

1)寺田 賢治, 石井 明, 斉藤 英雄, 渋谷 久恵 : 動的画像処理実利用化ワークショップDIA2011報告, 画像応用技術専門委員会2011年度第1回研究会, Vol.26, No.1, 32-35, 2011年5月.
2)笹田 宏紀, 橋本 親典, 上野 勝利, 渡邉 健 : 粒状体-流体連成3次元解析モデルを用いた加振BOX 試験装置内を流動するフレッシュコンクリートの数値解析に関する一考察, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.17, 285-286, 2011年5月.
3)岡野 裕平, 鈴木 壽, 上野 勝利, 渦岡 良介 : マイクロ波を用いた不飽和粘土供試体による水分保持特性, 平成23年度土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 133-134, 2011年5月.
4)滑川 達, 八田 法大, 森本 恵美 : 地方建設業者の経営状況指標分析の試み, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, No.17, 295-296, 2011年5月.
5)一色 圭佑, 山中 亮一, 森 紗綾香, 前田 真里, 桶川 博教, 石田 達憲, 上月 康則 : 尼崎運河での水質改善実験水路からの藻類バイオマス回収について, 平成23年度土木学会四国支部第17回技術研究発表会講演概要集, VII-14, 2011年5月.
6)山中 英生 : 環境未来都市構想フォーラムin四国, 2011年5月.
7)山中 英生 : 奈良の文化と交通を考える会, --- 日本の自転車文化とは?ー奈良自転車観光の可能性ー ---, 2011年5月.
8)濱田 隆麿郎, 松原 加代子, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 坊岡 正之, 奥 英久, 藤澤 正一郎 : ロービジョン者の歩行面における誤識別に関する研究, ロホ ティクス・メカトロニクス講演会2011講演論文集, No.2P1-D10, 1-3, 2011年5月.
9)三宅 章郁, 高橋 慎治, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 視覚障害者誘導用ブロック等における方向提示性能の評価, ロホ ティクス・メカトロニクス講演会2011講演論文集, No.2P1-D06, 1-2, 2011年5月.
10)橋詰 努, 北川 博巳, 毛利 太一, 藤澤 正一郎 : 車いすスロープを走行する時の身体的負担の評価, ロホティクス・メカトロニクス講演会2011講演論文集, No.2P1-E03, 1-2, 2011年5月.
11)川島 弘成, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン, 三輪 昌史 : カメラ画像を用いたラジコンヘリの操縦支援システム, ロボティクス・メカトロニクス講演会2011, No.1P1-M08, 2011年5月.
12)三谷 哲雄, 須藤 晃成, 山中 英生, 綾 貴穂, 草野 優太 : 路上設置型一時停止支援システムの効果に関する現地実験分析, --- 幹線道路小交差点,バイパス側道小交差点への適用 ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.43, 2011年5月.
13)齋藤 友里絵, 真田 純子, 山中 英生 : 過疎地域における集落の持続可能性に着目した新規移住者受け入れシステムに関する研究, 土木計画学研究·講演集, Vol.43, 2011年5月.
14)米田 正人, 山中 英生, 中村 博 : 中山間地域における移動制約者の交通特性と相乗りシステムの可能性, --- 徳島県三好市でのヒアリング調査をもとに ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.43, 2011年5月.
15)鈴木 美緒, 吉田 長裕, 山中 英生, 金 利昭, 屋井 鉄雄 : わが国の地方自治体における自転車政策の動向, 土木計画学研究·講演集, Vol.43, 2011年5月.
16)田中 淳, 山中 英生, 上條 俊介, 松原 淳, 道工 敏央 : 時空間MRFを用いた自転車走行環境評価手法に関する研究, 土木計画学研究·講演集, Vol.43, 2011年5月.
17)井上 賢, 山中 英生, 辻本 尚樹, 竹林 義之, 小松 順, 河村 成人, 竹之内 篤 : 自転車ルートにおける案内注意サインの視認性評価, 土木計画学研究·講演集, Vol.43, 2011年5月.
18)相知 敏行, 山中 英生, 北澗 弘康, 神田 佑亮 : 自転車走行時の注視分析とサイン種別の評価, 土木計画学研究·講演集, Vol.43, 2011年5月.
19)神田 佑亮, 北澗 弘康, 阿部 宏史, 橋本 成仁, 山中 英生 : 自転車乗車中の注視特性を考慮した自転車走行 空間上の案内誘導方策に関する一考察, 土木計画学研究·講演集, Vol.43, 2011年5月.
20)森本 恵美, 山中 英生, 田代 優秋, 入谷 忠光, 西田 信夫 : 長期インターンシップを核とした産学連携教育, 知的財産シンポジウムin Tokushima 講演要旨集, 61, 2011年6月.
21)森本 恵美, 山中 英生, 入谷 忠光, 西田 信夫 : 大学院生の共同研究型インターンシップと学生の知的財産, 知的財産シンポジウムin Tokushima 講演要旨集, 62, 2011年6月.
22)浮田 浩行, 三輪 昌史 : LEDパネルとビデオカメラを用いた動的2次元パターンによる情報伝達システムの開発, 第17回画像センシングシンポジウム講演論文集, IS4-06-1-IS4-06-7, 2011年6月.
23)高橋 聡一郎, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 空中文字認識を用いたインテリジェントルームの構築, 第17回画像センシングシンポジウム, No.IS1-03, 2011年6月.
24)新田 和馬, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 多方向カメラを用いたバーチャルダーツ, 第17回画像センシングシンポジウム, No.IS2-07, 2011年6月.
25)岩藤 那留, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : カメラを用いた不審者の自動検出, 第17回画像センシングシンポジウム, No.IS3-02, 2011年6月.
26)平井 松午, 鳴海 邦匡, 塚本 章宏 : 鳥取城下町の歴史GIS分析-鳥取御城下全図・市街実測図をもとに-, 人文地理学会・第273回例会(特別例会)(とりぎん文化会館(鳥取県立県民文化会館)), 2011年6月.
27)真田 純子 : 田園都市の日本における理解にみる「都市の過大化」問題に関する研究, 第31回土木史研究発表会, 1-8, 2011年6月.
28)真田 純子 : 土木遺産を活用した土木教育の実践, 第31回土木史研究発表会, 137-138, 2011年6月.
29)板東 ゆかり, 真田 純子 : 眉山の捉え方の変遷に関する研究 関わる人と利用の変化, 第31回土木史研究発表会, 171-182, 2011年6月.
30)笹田 宏紀, 橋本 親典, 上野 勝利, 渡邉 健 : BOX 形充てん装置内を流動するフレッシュコンクリートの粒状体-流体3次元挙動解析, 日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, Vol.9, 17-18, 2011年6月.
31)清水 勇吉, 石田 和之, 岡 重徳 : 患者の歯科医院に対するフリー・コメントのテキストマイニングによる分析(ポスター), 第52回日本歯科医療管理学会総会・学術大会(神奈川県歯科医師会館), 2011年7月.
32)三輪 昌史, 園部 元康, 日野 順市 : 無人ヘリにおける吊り下げ物体の振動制御, 第12回「運動と振動の制御」シンポジウム講演論文集, 478-482, 2011年7月.
33)三輪 昌史, 木下 健太郎, 松浦 良彦 : Wiiリモコンを用いた無人ヘリの操縦簡略化, 第12回「運動と振動の制御」シンポジウム講演論文集, 483-486, 2011年7月.
34)重松 佑紀, 山下 剛史, 三輪 昌史 : 推力偏向を用いたダクトファン飛行体の制御, 第12回「運動と振動の制御」シンポジウム講演論文集, 487-490, 2011年7月.
35)仙波 慧多, 渦岡 良介, 鈴木 壽, 上野 勝利, 海野 寿康 : 2003年三陸南地震で崩壊した造成斜面の地震応答解析, 第46回地盤工学研究発表会, 1621-1622, 2011年7月.
36)小川 真由, 山田 毅, 渦岡 良介, 鈴木 壽, 上野 勝利 : 樹木の水平振動による根茎周辺地盤の緩みの実験的評価, 第46回地盤工学研究発表会, 919-920, 2011年7月.
37)山中 英生 : アフターパブセミナー「まちづくりのための交通戦略〈第1回〉」, 2011年7月.
38)山中 英生 : 自転車まちづくりフォーラム 「走と駐を考える」 Part IV, --- 自転車走行空間の創出 ―道路構造・交通規制とソフト施策の連携 ---, 2011年7月.
39)赤池 雅史, 土屋 浩一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久, 玉置 俊晃, 岩瀬 俊, 佐田 政隆, 粟飯原 賢一, 吉田 守実子, 松本 俊夫, 佐藤 千穂, 西条 伴香, 楊河 宏章 : 生活習慣病関連リスクファクターに及ぼすスダチ果皮加工品の効果-探索的臨床試験による検討-, 第243回 徳島医学会学術集会, 2011年7月.
40)赤池 雅史, 土屋 浩一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久, 玉置 俊晃, 岩瀬 俊, 佐田 政隆, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫, 佐藤 千穂, 西条 伴香, 楊河 宏章 : 生活習慣病関連リスクファクターに及ぼすスダチ果皮加工品の効果 ∼探索的臨床試験による検討∼, 第243回徳島医学会学術集会 公開シンポジウム, 2011年7月.
41)福井 裕行, 金山 知代, 加藤 周平, 成相 祐希, 馬場 祐子, 水口 博之, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久 : 苦参由来 IL-4 遺伝子発現抑制物質, 第28回和漢医薬学会学術大会, 2011年8月.
42)成相 祐希, 水口 博之, 金山 知代, 加藤 周平, 永井 浩章, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 苦参から見出された新規抗アレルギー成分 maackiain の単離・同定およびその性質について, 第15回活性アミンに関するシンポジウム, 2011年8月.
43)森 篤史, 鈴木 良尚, 松尾 繁樹 : 正方格子パターン上へ成長した剛体球系結晶中の欠陥の振舞のモンテカ ルロシミュレーションによる研究, 第一回ソフトマター研究会, 2011年8月.
44)平井 松午 : 棚田の景観を歴史地理的に考える-近世実測図とGISを活用した文化的景観調査-, 2011年度棚田学会シンポジウム(東京・三越劇場), 2011年8月.
45)豊田 哲也, 川田 大樹 : 郊外地域における都市的土地利用の拡大と都市計画制度, 徳島地理学会, 2011年8月.
46)孫 立民, 掛井 秀一 : スマートフォンアプリによる空間デザインの可能性の検証, --- 場に情報を持たせることによる空間デザインの可能性 その2 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.A, No.2, 493-494, 2011年8月.
47)森本 章倫, 山中 英生, 田邊 信男, 林 将廣, 伊藤 将司 : 市民力を生かした地域づくりの新たなしくみ, 土木学会 平成23年度 全国大会, 2011年9月.
48)滑川 達, 森本 恵美, 川村 竜功 : 大手建設企業の工種的差異による経営状況指標分析の試み, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.Vol.66, 313, 2011年9月.
49)森本 恵美, 滑川 達 : 質問紙調査の自由回答からみえる日本建設企業の価格決定プロセスの実態と特徴, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.Vol.66, No.6, 314, 2011年9月.
50)岡野 祐平, 鈴木 壽, 上野 勝利, 渦岡 良介 : マイクロ波で作成した不飽和粘土供試体のエレメント性, 土木学会第66回年次学術講演会, 787-788, 2011年9月.
51)園部 元康, 三輪 昌史, 日野 順市 : 小型ヘリコプタにおける吊り下げ物体の振動制御, 日本機械学会機械力学・計測制御部門講演論文集, 2011年9月.
52)杉谷 優一, 浮田 浩行, 藤澤 正一郎 : 大学生主体の小中高生向け習熟度別ロボット教室とその相互評価, 平成23年度工学教育研究講演会 講演論文集, 404-405, 2011年9月.
53)寺田 賢治 : 複雑で曖昧な人のセンシング, 平成23年電気学会 電子・情報・システム部門大会, No.TC15-5, 2011年9月.
54)豊田 哲也 : 都道府県別に見た世帯所得の分布と平均寿命の変化, 日本地理学会発表要旨集, No.80, 2011年9月.
55)森 紗綾香, 山中 亮一, 上月 康則, 中西 敬, 平井 研, 一色 圭佑, 前田 真里, 上嶋 英機, 田尻 和行, 平井 住夫 : 尼崎運河における水質汚濁と水質改善技術を題材とした環境教育の波及効果と水質改善活動の実施, 平成23年度日本沿岸域学会全国大会(広島), 2011年9月.
56)川島 弘成, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン, 三輪 昌史 : AR マーカを用い た飛行船の自動 航行, 2011年度精密工学会秋季大会学術講演会, No.O-20, 2011年9月.
57)坂部 真貴子, 鈴木 良尚, 藤原 貴久, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 : コロイド結晶の格子欠陥の時間変化, 日本物理学会2011年秋季大会, 2011年9月.
58)新田 和馬, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 2方向のカメラ画像を用いたバーチャルダーツ, 平成23年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-25, 2011年9月.
59)森 輝瑠, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : USBカメラを用いた仮想チェロ演奏, 平成23年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-26, 2011年9月.
60)佐藤 雄規, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : サングラス型ビデオカメラを用いた視線認識, 平成23年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-27, 2011年9月.
61)津田 一徳, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 画像処理を用いた会場監視計測システム, 平成23年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-27, 2011年9月.
62)平井 松午 : 徳島藩作成による実測分間絵図のGIS分析, 2011年度 日本地理学会秋季学術大会シンポジウム11 近世期の測量絵図と歴史GIS」(大分大学), 2011年9月.
63)Ahmed Ali Fakhruddin, 金 尚永, 栗本 慎一郎, 佐々木 久子, 柴田 洋文, 柏田 良樹, 高石 喜久 : バングラデシュ産薬用植物に関する研究(1)-マメ科植物Butea monosperma花部について-, 日本生薬学会第58回年会, 85, 2011年9月.
64)石井 康世, 柏田 良樹, 高石 喜久 : ベニバナ(Carthamus tinctorius)脱脂種子に含有される機能性成分の探索研究, 日本生薬学会第58回年会, 162, 2011年9月.
65)大道 由佳, 栗本 慎一郎, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久, 三宅 美行, 桐本 吏 : 抗インフルエンザ活性天然物に関する研究(2)-金銀花(Lonicera japonica)の成分について-, 日本生薬学会第58回年会, 177, 2011年9月.
66)佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 : ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(5)-含有成分の抗MRSA・抗真菌活性について-, 日本生薬学会第58回年会, 324, 2011年9月.
67)森 篤史, 鈴木 良尚, 松尾 繁樹 : 正方格子パターン上へ成長した剛体球系結晶中の欠陥の振舞のモンテカルロシミュレーションによる研究, 第60回高分子討論会, 2011年9月.
68)石田 和之, 岡 重徳 : 徳島県における患者の受療行動と歯科医療に対する認知・関心(ポスター), 第22回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2011年10月.
69)柴山 恵美子, 柏田 良樹, 土橋 良太, 金城 順英, 清水 寛, 高石 喜久 : エラグ酸誘導体の肝保護作用について, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 109, 2011年10月.
70)綜合警備保障 , 寺田 賢治, ウシオ電機 , 名古屋大学 : 撮影によるコンテンツの持ち出しに対抗するための研究, コンピュータセキュリティシンポジウム2011コンピュータセキュリティシンポジウム, No.DSP-10, 2011年10月.
71)伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 単一探査センサセンシングによる個人差を考慮した脳波分析法, 第34回日本生体医工学会中国四国支部大会講演抄録集, 24, 2011年10月.
72)成相 祐希, 水口 博之, 永井 浩章, 金山 知代, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 武田 憲昭, 福井 裕行 : 苦参由来新規抗アレルギー成分 maackiain の単離・合成および作用機序に関する研究, 第 50 回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
73)山中 英生 : 自転車走行誘導のための路面標示に関する実験分析, 第29回 日本道路会議, Vol.29, 2011年11月.
74)上原 侑紀, 鈴木 良尚, 坂部 真貴子, 柳谷 伸一郎, 森 篤史 : 光ピンセット効果の粒子収集プロセスを用いたコロイド結晶の局所的核生成過程のその場観察, 第41回結晶成長国内会議, 2011年11月.
75)森 篤史, 鈴木 良尚, 松尾 繁樹 : 正方格子パターン上へ成長した剛体球系結晶中の欠陥の振舞のモンテカルロシミュレーションによる研究, 第41回結晶成長国内会議, 2011年11月.
76)伊藤 伸一, 濱口 昌志, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 山本 透 : 自己組織化マップによる前頭極脳波の個人差分析~個人差を考慮した生活支援機器の開発を目指して~, 生活生命支援医療福祉工学系連合大会2011, OS2-3-1-OS2-3-2, 2011年11月.
77)浮田 浩行, 三輪 昌史 : LEDパネルを用いたARマーカとQRコードの自動識別による情報伝達装置, 第16回パターン計測シンポジウム資料, 73-79, 2011年11月.
78)森本 浩平, 森 篤史, 東 伸悟 : コロイド結晶のポリアクリルアミドゲルによる固定化の研究, 第41回結晶成長国内会議, 2011年11月.
79)吉田 尚貴, 東 伸悟, 室井 佑介, 坂部 真貴子, 上原 侑紀, 森 篤史, 鈴木 良尚 : 蛍光PMMAコロイド粒子の合成と共晶点顕微鏡による三次元像解析, 第41回結晶成長国内会議, 2011年11月.
80)坂部 真貴子, 鈴木 良尚, 藤原 貴久, 上原 侑紀, 森 篤史, 柳谷 伸一郎, 佐藤 正英, 田村 勝弘 : コロイド結晶内のグレイン境界の時間変化, 第41回結晶成長国内会議, 2011年11月.
81)橋本 華織, 鈴木 良尚, 森 篤史, 田村 勝弘 : 逆三角形型セルを利用した遠心沈降法でのコロイド結晶の大型グレインの作製, 第41回結晶成長国内会議, 2011年11月.
82)大橋 眞, 中恵 真理子, 光永 雅子, 齊藤 隆仁 : 世代間交流による生涯学習―大学教養教育における対話型学習―, 日本生涯教育学会, 2011年11月.
83)山中 英生 : にぎわいの再生 駅前空間の賦活, 平成23年度徳島市内鉄道高架・沿線整備促進協議会総会, 2011年11月.
84)吉田 敦也 : スマートフォンとソーシャルメディアを活用した高齢者見守り事業''とくったー''事例紹介, 第40回日本医療福祉設備学会抄録集(招待講演), 2011年11月.
85)伊藤 伸一, 濱口 昌志, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 自己組織化マップを用いた個人差を考慮した脳波分析法, 計測自動制御学会四国支部学術講演会, CD-ROM, 2011年11月.
86)大原 丈二, 原田 崇志, 浮田 浩行 : 複数光源イメージスキャナによる形状・色・光沢の推定 -光沢推定に適した光源配置の推定-, 2011年度 計測自動制御学会四国支部 学術講演会, PS2-03, 2011年11月.
87)川並 真幸, 寺馬 康裕, 浮田 浩行 : パーティクルフィルタと疎テンプレートマッチングを用いた物体追跡, 2011年度 計測自動制御学会四国支部 学術講演会, PS2-04, 2011年11月.
88)高見 淳也, 上野 勝利, 木戸 崇博, 鈴木 壽, 渦岡 良介, 高原 利幸 : WiFi網と組込みLinuxサーバを活用した静電容量式地下水計測, 平成23年度地盤工学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 13-14, 2011年11月.
89)小川 真由, 渦岡 良介, 鈴木 壽, 上野 勝利 : 樹木の振動による根茎周辺地盤の緩みに関する基礎的実験, 平成23年度地盤工学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 65-66, 2011年11月.
90)仙波 慧多, 渦岡 良介, 海野 寿康, 上野 勝利, 鈴木 壽 : 2003年三陸南地震で崩壊した不飽和造成斜面の地震応答解析, 平成23年度地盤工学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 89-90, 2011年11月.
91)森 輝瑠, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 2つのカメラを用いたバーチャルチェロ, 2011年度計測自動制御学会四国支部講演会, No.SO1-01, 2011年11月.
92)高橋 聡一郎, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 空中指文字認識を用いたインテリジェントルーム, 2011年度計測自動制御学会四国支部講演会, No.SO1-03, 2011年11月.
93)河村 賢佑, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : USBカメラを用いた金魚監視システム, 2011年度計測自動制御学会四国支部講演会, No.SO2-05, 2011年11月.
94)川島 弘成, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン, 三輪 昌史 : ARマーカ認識技術を用いた飛行船の自動航行, 2011年度計測自動制御学会四国支部講演会, No.SO1-10, 2011年11月.
95)岩藤 那留, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 固定カメラを用いた不審者検知システム, 2011年度計測自動制御学会四国支部講演会, No.SO2-06, 2011年11月.
96)新田 和馬, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 画像処理を用いたバーチャルダーツ, 2011年度計測自動制御学会四国支部講演会, No.SO2-08, 2011年11月.
97)栗本 慎一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久 : センダン科Azadirachta indicaの成分研究(1), 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 108, 2011年11月.
98)靳 美娜, 柏田 良樹, 姚 智, 段 宏泉, 高石 喜久 : Shisandra propinquaの成分研究(1), 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 108, 2011年11月.
99)石井 康世, 金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久 : ベニバナ(Carthamus tinctorius)脱脂種子に含有される機能性成分の探索研究(2)-, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 109, 2011年11月.
100)豊田 哲也 : 年齢構成を考慮した世帯所得の地域格差分析-人口高齢化は所得格差拡大の要因か?, 人文地理学会大会研究発表要旨, 103, 2011年11月.
101)三隅 友子 : 地域型日本語教室の展望-板橋区『ことばのひろば』20年の活動, 日本語教育, 2011年11月.
102)重松 佑紀, 山下 剛史, 三輪 昌史 : ダクトファンの推力偏向を用いたホバリング飛行体, 第 48 回日本航空宇宙学会関西・中部支部合同秋期大会, B43-1-B43-4, 2011年11月.
103)三輪 昌史 : 小型模型ヘリコプタの簡易操縦装置, 第 48 回日本航空宇宙学会関西・中部支部合同秋期大会, B45-1-B45-4, 2011年11月.
104)坂本 真理子, 澤田 俊明, 山中 英生 : 協働事業における 協働・協働形成フレームの考察, 土木計画学研究·講演集, Vol.44, 2011年11月.
105)相知 敏行, 山中 英生, 神田 佑亮 : サッカードを用いた自転車走行者の誘導サインに対する視線挙動分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.44, 2011年11月.
106)森 篤史, 鈴木 良尚, 松尾 繁樹 : 剛体球模型を用いたコロイドエピタキシーのモンテカルロ・シミュレーションにおける多結晶化の回避, 第25回分子シミュレーション討論会, 2011年12月.
107)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2011, ビジョン技術の実利用ワークショップ2011, 2011年12月.
108)森本 恵美, 滑川 達 : 積算方式の違いによる入札参加・価格決定行動の比較に関する研究, 土木学会論文集F4特集号, Vol.67, No.1, I_315, 2011年12月.
109)滑川 達, 川村 竜功, 森本 恵美 : 大手建設企業を対象とした経営状況指標分析―工種的差異に着目して―, 第29回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会 講演集, Vol.29, 4-8, 2011年12月.
110)山中 英生 : ひろしま 自転車 トーク 2011第6回, 2011年12月.
111)上田 喜敏, 藤澤 正一郎 : 福祉用具を用いた介護者と患者にとって安全な介護について, --- 富山県腰痛予防対策推進研修における調査結果から必要な福祉用具についての提案 ---, 第12回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 2181-2184, 2011年12月.
112)椿 卓也, 米崎 二朗, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : ALS患者を対象とした重度障害者用意思伝達装置適正処方システムの開発, --- 入力スイッチの工学的視点に基づいた定量的評価指標及び評価器具の研究開発 ---, 第12回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 2185-2186, 2011年12月.
113)三宅 章郁, 高橋 慎治, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 視覚障害者誘導用ブロックにおける方向提示性能の評価, 第12回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 2179-2180, 2011年12月.
114)谷林 宏紀, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 指向性スピーカーを用いた広域音場再現手法の開発, 第12回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 2187-2188, 2011年12月.
115)重松 佑紀, 山下 剛史, 三輪 昌史 : ダクトファンの推力偏向を用いたホバリング飛行体, 第12 回 公益社団法人 計測自動制御学会システムインテグレーション部門 講演会, 2011年12月.
116)三輪 昌史, 二井見 博文, レスキューロボットコンテスト実行委員会 : 第 11 回レスキューロボットコンテストにおけるレスキューロボット操縦システムと管理方式, 第12 回 公益社団法人 計測自動制御学会システムインテグレーション部門 講演会, 2011年12月.
117)伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 自己組織化マップを用いた個体差を考慮した脳波分析, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2208-2211, 2011年12月.
118)三輪 昌史 : Wii リモコンを用いた無人ヘリの簡易操縦システム, 第12 回 公益社団法人 計測自動制御学会システムインテグレーション部門 講演会, 2011年12月.
119)渡辺 照久, 浮田 浩行, 藤澤 正一郎 : 大学生による小中高生向けロボット教室プロジェクトとその相互評価, 平成23年度 全学FD 大学教育カンファレンス in 徳島, 22-23, 2012年1月.
120)田中 徳一, 成行 義文, 平井 松午 : 4年一貫就業力育成プログラムとそれに基づく初年時キャリア教育, --- 大学生の就業力育成支援事業採択[自らの就業力向上を促す巣立ちプログラム] ---, 平成23年度全学FD大学教育カンファレンスin徳島(徳島大学大学開放実践センター), 2012年1月.
121)見方 俊介, 佐藤 克也, 門司 亮, 中島 雄太, 南 和幸, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : 骨芽細胞が感知する基質ひずみ量の評価, 日本機械学会第24回バイオエンジニアリング講演会講演論文集CD-ROM, 8C15, 2012年1月.
122)三原 佑太, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : AR技術を応用した視覚障害体験システムの開発, 日本機械学会第24回バイオエンジニアリング講演会講演論文集 CD-ROM, 7B15, 2012年1月.
123)池田 典弘, 高橋 和哉, 山本 源治, 木村 有希, 三宅 章郁, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 視覚障害者のための横断歩道口用発光ブロックの検証, 日本機械学会第24回バイオエンジニアリング講演会論文集, 7B16, 2012年1月.
124)玉有 朋子, 平井 松午, 髙橋 晋一, 吉田 敦也 : 電子書籍を用いた徳島県上勝町における棚田案内ガイドブックの開発, 第5回四国GISシンポジウム, 2012年1月.
125)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2011, 画像応用技術専門委員会2010年度第5回研究会, Vol.26, No.5, 40-43, 2012年1月.
126)豊田 哲也 : 総合科学部社会創生学科「文系数学の基礎」の授業開発と実施, 大学教育カンファレンスin徳島 発表抄録集, 34-35, 2012年1月.
127)山中 英生 : 徳島県警 交通担当者会議, --- 自転車の安全利用にむけて ---, 2012年1月.
128)成相 祐希, Hiroyuki Mizuguchi, 永井 浩章, 金山 知代, 加藤 周平, Yoshiyuki Yoshimura, Yoshiki Kashiwada, Hisao Nemoto, Yoshihisa Takaishi, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui : Identification of the target molecule of the new anti-allergic compound, maackiain from Kujin, 第85回日本薬理学会年会, Mar. 2012.
129)平井 松午 : GISと絵図研究, 「『地図史料学の構築』の新展開」研究成果と課題報告会(東京大学福武ホール), 2012年3月.
130)中山 健次, 常見 智史, 三輪 昌史 : 二足歩行型ロボットの連続滑走移動, 中国四国支部第50期総会・講演会, K802, 2012年3月.
131)常見 智史, 中山 健次, 三輪 昌史 : 二足歩行型ロボットの滑走動作に関するシミュレーション, 中国四国支部第50期総会・講演会, K803, 2012年3月.
132)川添 竜弥, 金村 直哉, 三輪 昌史 : 小型ヒューマノイドによる走行に関する研究, 中国四国支部第50期総会・講演会, K805, 2012年3月.
133)西端 宏樹, 木下 健太郎, 三輪 昌史 : Way Pointを使った無人ヘリの航行システム, 中国四国支部第50期総会・講演会, K909, 2012年3月.
134)木下 健太郎, 西端 宏樹, 三輪 昌史 : RCSSを用いた無人ヘリコプタの位置決めにおける位置精度と操作性の向上, 中国四国支部第50期総会・講演会, K910, 2012年3月.
135)石原 康行, 張 原京, 山下 剛史, 重松 佑紀, 三輪 昌史 : ダクトファンを用いたクアッドローターヘリコプターの姿勢制御, 中国四国支部第50期総会・講演会, K912, 2012年3月.
136)張 原京, 三輪 昌史 : レーザーガイドビームを用いたクワッドロータヘリの位置制御, 中国四国支部第50期総会・講演会, K913, 2012年3月.
137)金村 直哉, 川添 竜弥, 三輪 昌史 : ヒューマノイドロボット転倒時の被害局限, 中国四国支部第50期総会・講演会, K919, 2012年3月.
138)山下 剛史, 重松 佑紀, 石原 康行, 三輪 昌史 : 可変ノズルを装着したダクトファン飛行体の制御, 中国四国支部第50期総会・講演会, K908, 2012年3月.
139)重松 佑紀, 山下 剛史, 石原 康行, 三輪 昌史 : ダクトファンの推力偏向を用いたホバリング飛行体, 中国四国支部第50期総会・講演会, K911, 2012年3月.
140)河村 賢佑, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : WEBカメラを用いた金魚監視システム, 動的画像処理実利用化ワークショップ2012, No.I-12, 156-160, 2012年3月.
141)高松 宜輝, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : マーカーを用いたフリースローの練習支援, 動的画像処理実利用化ワークショップ2012, No.I-18, 187-190, 2012年3月.
142)大原 丈二, 原田 崇志, 浮田 浩行 : 複数光源イメージスキャナによる形状・色・光沢の推定と適切な光源配置の検討, 中国四国支部第50期総会·講演会講演論文集 No.125-1, 2012年3月.
143)川並 真幸, 浮田 浩行, 寺馬 康裕 : パーティクルフィルタと疎テンプレートマッチングを用いたパン・チルトカメラとアームロボットによる物体追跡, 中国四国支部第50期総会·講演会講演論文集 No.125-1, 2012年3月.
144)山中 英生 : 第5回交通まちづくり研究会, 2012年3月.
145)佐々木 久子, 佐藤 寿代, 柏田 良樹, 川添 和義, 村上 光太郎, 柴田 洋文, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(18)-Cudrania tricuspidataの成分研究-, 日本薬学会第132年会, No.2, 107, 2012年3月.
146)柏田 良樹, JIN Meina, 柴山 恵美子, 和田 悠, 石澤 啓介, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 井端 和郎 : スダチ(Citrus sudachi)果皮の有効利用に関する研究 (5) ―3-O-Feruloyl aldaric acid 1,4-lactone methyl esterの立体構造について―, 日本薬学会第132年会, No.2, 189, 2012年3月.
147)位上 健太郎, 下条 洋輔, 下条 洋輔, 宮崎 寿次, 中野 扶佐子, 柏田 良樹, 高石 喜久 : 発酵オタネ人参のアセトアミノフェン肝障害抑制メカニズムの解明と有効成分の探索, 日本薬学会第132年会, No.2, 245, 2012年3月.
148)小野寺 淳, 平井 松午, 小田 匡保, 大島 規江, 尾崎 久美子 : ライデン大学所蔵シーボルト収集古地図の調査報告-「黒龍江中洲并天度」を中心に-, 第31回国絵図研究会研究発表会(東京大学福武ホール), 2012年3月.
149)栗本 慎一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久 : バングラデシュ産薬用植物に関する研究(3)-Azadirachta indicaの成分研究(2)-, 日本薬学会第132年会, No.2, 118, 2012年3月.
150)石井 康世, 柏田 良樹, 高石 喜久 : ベニバナ脱脂種子の成分研究(3), 日本薬学会第132年会, No.2, 119, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 作品等

1)平木 美鶴 : 京王プラザホテル ロビーギャラリー 個展, 2011年8月.
2)平木 美鶴 : 木版画作品「Still Life(6)」, 第79回日本版画協会展, 2011年10月.
3)平木 美鶴 : 木版画作品「ベンチと暖雪」, 第56回CWAJ現代版画展, 2011年10月.
4)平木 美鶴 : 木版画作品「Still Life(5)」, 第8回高知国際版画トリエンナーレ展, 2011年10月.
5)平木 美鶴 : 個展, 2011年12月.

2011年度(平成23年度) / その他・研究会

1)真田 純子 : みどころ土木遺産 明治橋 コンクリート技術の模索と挑戦 現役最古のRCタイドアーチ橋, 土木学会誌, Vol.96, No.4, 12-13, 2011年4月.
2)森 輝瑠, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : カメラ画像を用いた仮想チェロの演奏, 電気学会 情報処理・次世代産業システム合同研究会, No.IIS-11-038, 2011年4月.
3)真田 純子 : 妄想的風景鑑賞法, エンジニア・アーキテクト, No.2, 2011年5月.
4)寺田 賢治 : すぐに役立つ最新画像処理技術の基礎理論と実践テクニック, 関西支部講習会, 2011年7月.
5)三隅 友子 : 共通教育賞から学ぶ, 徳島大学FD/SDセミナー, 2011年9月.
6)森 篤史, 鈴木 良尚 : 核生成その2, --- 均一核生成の熱力学 ---, 第35回結晶成長討論会 結晶成長基礎講習会 シリーズ1「結晶成長の基礎」, 7-13, 2011年9月.
7)鈴木 良尚, 森 篤史 : 核生成その1, --- 「結晶は生きている」からのスタート ---, 第35回結晶成長討論会 結晶成長基礎講習会 シリーズ1「結晶成長の基礎」, 1-6, 2011年9月.
8)平井 松午 : 社会的自立・職業的自立を目指す「自らの就業力向上を促す巣立ちプログラム」, 徳島大学渭水会会報, No.40, 4, 2011年11月.
9)寺田 賢治 : 複雑で曖昧な人のセンシング, 電気学会制御研究会, No.CT-11-030, 2011年12月.
10)森 篤史, 山登 正文, 高橋 弘紀, 古川 英光 : 磁場中で調製したシリカゲルの構造異方性, 学習院大学計算機センター特別企画「結晶成長の数理」第6回研究会, 2011年12月.
11)渡部 稔, 佐藤 高則, 山城 考, 大橋 眞 : 高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」実施報告(第3報), 平成23年度全学FD大学教育カンファレンス in 徳島 発表抄録集, 66-67, 2012年1月.
12)Masafumi Miwa : Recent Researches of Control Engineering Lab, Jan. 2012.
13)平井 松午, 田中 耕市 : 絵図・古地図を活用したGIS研究と地域貢献活動, ArcGIS事例集, No.8, 32-33, 2012年1月.

2011年度(平成23年度) / 報告書

1)森 篤史, 上野 勝利 : 光を使って通信してみよう, --- こども科学館での可視光通信のデモンストレーション ---, CQ ham radio, Vol.66, No.5, 160-161, 東京, 2011年5月.
2)森 篤史, 冨田 亮介, 山登 正文, 古川 英光, 高橋 弘紀 : 磁場中で調製したシリカゲルの構造異方性, 東北大学金属材料研究所強磁場超伝導材料センター平成22年度年次報告, 166-168, 仙台, 2011年8月.
3)平井 松午 : 2011年秋季学術大会シンポジウム「近世期の測量絵図と歴史GIS」, E-journal GEO, Vol.1, No.1, 90-92, 2012年1月.
4)吉田 敦也, 宮井 浩志, 森 紗綾香, 玉有 朋子 : 平成23年度上勝学講座記録集, 平成23年度上勝学講座記録集, 1-128, 2012年3月.
5)平井 松午, 成行 義文, 田中 徳一, 松尾 誠治 : 文部科学省大学生の就業力育成支援事業「自らの就業力向上を促す巣立ちプログラム-社会における確かな「居場所と出番」を見つける力を培うキャリア教育-」平成22・23年度成果報告書, 1-62, 2012年3月.
6)平井 松午 : キャンパスライフ-第25回学生生活実態調査報告書-, --- 第8章 進路・就職について ---, 77-81, 2012年3月.

2012年度(平成24年度)

article.{@.date="20120400 20130399" @.organization=\E{166679}}

2012年度(平成24年度) / 著書

1)田口 太郎 : ケンチク脳の育て方 no.2 離島や中山間との応答 ー農山漁村インターンー, 東京, 2012年4月.
2)片井 修, 玄 光男, 大野 勝久, 滑川 達, 他42名 : 進化技術ハンドブック 第Ⅲ巻 応用編:生産・物流システム, --- 第33章 建設計画システム ---, 近代化学社, 2012年6月.
3)山中 英生, その他24名 : 自歩道上での自転車・歩行者物理分離を図った駅前地域の通り, --- 国道192号 徳島駅前地区 ---, 社団法人 土木學會, 2012年8月.
4)山中 英生, その他24名 : 自転車利用促進を目標とした自転車ネットワーク計画, --- 福山市 ---, 社団法人 土木學會, 2012年8月.
5)Stephen Githinji Karungaru, Kenji Terada and Minoru Fukumi : Character Recognition from Virtual Scenes and Vehicle License Plates using Genetic Algorithms and Neural Networks, InTech Inc, Oct. 2012.
6)山中 英生 : 自歩道上での自転車・歩行者物理分離を図った駅前地域の通り, --- 国道192号 徳島駅前地区 ---, 社団法人 土木學會, 2012年12月.
7)山中 英生 : 自転車利用促進を目標とした自転車ネットワーク計画, --- 福山市 ---, 社団法人 土木學會, 2012年12月.
8)Masafumi Miwa, Shouta Nakamatsu and Kentaro Kinoshita : Evaluation of an Easy Operation System for Unmanned Helicopter, Springer, 2013.
9)Masafumi Miwa, Yuuki Shigematsu and Takashi Yamashita : Control of Ducted Fan Flying Object Using Thrust Vectoring, Springer, 2013.
10)山中 英生, : 道路交通技術必携2013, 社団法人 交通工学研究会, 2013年1月.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Hemdan Ibrahim, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Video Surveillance using Facial Features-based Tracking, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.8, No.4, 2761-2776, 2012.
2)Yoshihisa Suzuki, Jin Endoh, Atsushi Mori, Tomoki Yabutani and Katsuhiro Tamura : Gravitational Annealing of Colloidal Crystals, Defect and Diffusion Forum, Vol.323-325, 555-558, 2012.
3)Tamotsu Tanaka, Ayaka Kassai, Mayumi Ohmoto, Katsuya Morito, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Mai Urikura, Jun-ichi Morishige, Kiyoshi Satouchi and Akira Tokumura : Quantification of phosphatidic acid in foodstuffs using TLC-imaging technique, Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.60, No.16, 4156-4161, 2012.
4)山中 英生 : 自歩道における自転車通行空間分離施策の一分析, --- 徳島駅前地区192号の施策事例から ---, 交通科学, Vol.42, No.2, 7-14, 2012年.
5)Toshiyuki Takahara and Katsutoshi Ueno : In situ measurements using developed high resolution capacitance type sensor and its performance evaluation, Proc. of the International workship on ICT in Geoengineering, 69-75, 2012.
6)園部 元康, 三輪 昌史, 日野 順市 : 小型ヘリコプタにおける吊り下げ物体の簡易振動制御に関する研究(ホバリング時の振動制御の実験的検討), 日本機械学会論文集(C編), Vol.78, No.789, 1460-1469, 2012年.
7)Masashi Okushima, Takamasa Akiyama and Madhu Errampalli : Microscopic Fuzzy Urban Traffic Simulation with Variable Demand, Journal of Civil Engineering and Architecture, Vol.6, No.5, 541-556, 2012.
8)玉有 朋子, 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 歴史観光まちづくり支援のためのデジタル博物館の開発, --- 勝瑞遺跡におけるケーススタディ ---, 日本建築学会技術報告集, Vol.18, No.39, 721-726, 2012年.
9)山中 英生, 真田 純子, 竹内 綾 : 参加の場づくりのための関係者分析の有効性に関する一分析, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.69, No.2, 84-91, 2012年.
10)小川 徹, 真田 純子 : 「風景利用策」に見る本多静六の自然風景の利用に対する考え方について, 土木学会論文集D2(土木史), Vol.68, No.1, 38-48, 2012年.
11)Masafumi Miwa, Yuuki Shigematsu and Takashi Yamashita : Control of Ducted Fan Flying Object Using Thrust Vectoring, Journal of System Design and Dynamics, Vol.6, No.3, 322-334, 2012.
12)Stephen Githinji Karungaru, Yoshida Toshihiro, Seo Toru, Minoru Fukumi and Kenji Terada : Monotonous Tasks and Alcohol Consumption effects on the Brain by EEG Analysis using Neural Networks, International Journal of Computational Intelligence and Applications, Vol.11, No.3, 1250015, 2012.
13)Stephen Githinji Karungaru, Kenji Terada and Minoru Fukumi : Automatic Background Updating for Abandoned Object Detection at Train Stations, International Journal of Machine Learning and Computing, Vol.2, No.5, 609-613, 2012.
14)平井 松午 : 棚田の景観を歴史地理的に考える, --- 近世実測図とGISを活用した文化的景観調査 ---, 日本の原風景・棚田(棚田学会誌), No.13, 47-56, 2012年.
15)Hisako Sasaki, Yoshiki Kashiwada, Hirofumi Shibata and Yoshihisa Takaishi : Prenylated flavonoids from Desmodium caudatum and evaluation of their anti-MRSA activity., Phytochemistry, Vol.82, 136-142, 2012.
16)上田 喜敏, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 介助作業中の腰痛調査とベッド介助負担評価, --- 富山県腰痛予防対策推進研修会腰痛アンケート結果から考えられるベッド介助作業負担の評価 ---, 福祉のまちづくり研究, Vol.14, No.2, 9-17, 2012年.
17)Stephen Githinji Karungaru, Kenji Terada and Minoru Fukumi : Detection of Abandoned Luggage and Owner Tracking at Sensitive Public Areas, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol.133-C, No.1, 67-73, 2012.
18)Shin-ichi Ito, Yasue Mitsukura, Katsuya SATO, Shoichiro Fujisawa and Minoru Fukumi : Interindividual Difference Analysis in Prefrontal Cortex EEGs Based on the Relationship with Personality, Journal of Signal Processing, Vol.16, No.5, 443-450, 2012.
19)Emi Morimoto and Hideo Yamanaka : Sustainable Industry-Academia-Government Collaborative Education Focusing on Advantages of Industry: Long-term Internship after 5years Practice, Journal of Engineering Education Research, Vol.15, No.5, 47-53, 2012.
20)Mai Onishi, Emi Morimoto and Mahito Kamada : What is the Role of Co-coordinator?: From Internship's Experience, Journal of Engineering Education Research, Vol.15, No.5, 42-46, 2012.
21)王 茹剛, 三谷 哲雄, 山中 英生 : 幹線道路小交差点における見通しと自転車事故,車両挙動の分析, 交通工学研究発表会論文集, Vol.32, 189-192, 2012年.
22)井上 賢, 山中 英生 : 自転車用案内サインの形状・サイズと判読性の評価実験, 交通工学研究発表会論文集, Vol.32, 463-466, 2012年.
23)Ahmed Fouad Mohamed Soliman Ali and Kenji Terada : A Fast Approach for Person Detection and Tracking, International Journal of Computer Applications in Technology, Vol.44, No.3, 210-216, 2012.
24)Hisako Sasaki, Yoshiki Kashiwada, Hirofumi Shibata and Yoshihisa Takaishi : Prenylated flavonoids from the roots of Desmodium caudatum and evaluation of their antifungal activity., Planta Medica, Vol.78, No.17, 1851-1856, 2012.
25)孫 立民, 掛井 秀一 : 場に情報を持たせるこ とによる空間デザインの検 証 -サイバー空間と物理空 間が融合した空間デザイン の効果検証-, Design シンポジウム2012講演論文集, 293-296, 2012年.
26)Yoshihiro Deguchi, Emi Morimoto, Takehito Yoshida, Akinobu Shimada, Naoko Akamatsu, Hiroyuki Maei, Nobuaki Shiokawa, Hiroyuki Nakanishi and Tsuneyoshi Kouda : Questionnaire research and development of self-motivating education method using intellectual property rights, International Journal of Engineering Pedagogy (iJEP), Vol.2, No.4, 9-12, 2012.
27)孔 慶月, 近藤 光男, 奥嶋 政嗣, 渡辺 公次郎, 近藤 明子 : 生活環境施設の利用を目的とした交通行動による身体活動量増進策の提案と効果に関する研究, 都市計画論文集, Vol.47, No.3, 781-786, 2012年.
28)山中 英生, 真田 純子, 松浦 正浩 : 参加型計画の初動のための関係者分析手法の適用に関する研究, 計画行政, Vol.35, No.4, 56-61, 2012年.
29)Kurimoto Shin-ichiro, Suzuki Kyoko, Okasaka Mamoru, Yoshiki Kashiwada, Kodzhimatov K. Olimjon and Yoshihisa Takaishi : New sesquiterpene lactone glucosides from the roots of Ferula varia., Phytochemistry Letters, Vol.5, No.4, 729-733, 2012.
30)真坂 美江子, 加藤 研二, 近藤 光男, 奥嶋 政嗣 : 地方都市における健康支援に着目した低炭素交通政策導入に関する評価分析, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.D3-68, No.4, I_400-I_411, 2012年.
31)鈴木 美緒, 吉田 長裕, 山中 英生, 金 利昭, 屋井 鉄雄 : わが国の地方自治体における 自転車走行空間整備政策の動向, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.68, No.5, I_867-I_881, 2012年.
32)相知 敏行, 山中 英生, 北澗 弘康, 神田 佑亮 : 自転車走行時の注視分析とサイン種別の評価, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.68, No.5, I_909-I_916, 2012年.
33)今井 陽平, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 通勤交通手段転換に関わる環境意識とその社会的相互作用の構造分析, 土木学会論文集, Vol.D3-68, No.5, I_607-I_614, 2012年.
34)堀 広毅, 奥嶋 政嗣 : 高速道路料金政策の地方都市圏への影響分析のための統合型交通均衡配分モデルの適用, 土木学会論文集, Vol.D3-68, No.5, I_1087-I_1094, 2012年.
35)奥嶋 政嗣, 秋山 孝正 : マルチエージェントシミュレーションによるエコ通勤促進策の影響分析, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.D3-68, No.5, I_625-I_634, 2012年.
36)伊藤 伸一, 濱口 昌志, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 自己組織化マップを用いた聴覚刺激時における脳波に含まれる個人差に関する一考察, ライフサポート, Vol.24, No.4, 153-158, 2012年.
37)Hiroyuki Ukida and Masafumi Miwa : Development of Information Communication System Using LED Panel and Video Camera, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol.133, No.1, 8-17, 2013.
38)Masafumi Miwa, Shinji Uemura, Yashuyuki Ishihara, Akitaka Imamura, Joon Hwam Shim and Kiyoshi Ioi : Evaluation of Quad Ducted-fan Helicopter, International Journal of Intelligent Unmanned Systems, Vol.1, No.2, 187-198, 2013.
39)Takashi Ichiyanagi, Yoshiki Kashiwada, Yasuo Shida, Michiko Sekiya, Yoshihiko Hatano, Yoshihisa Takaishi and Yasumasa Ikeshiro : Structural elucidation and biological fate of two glucuronyl metabolites of pelargonidin 3-O--D-glucopyranoside in rats., Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.61, No.3, 569-578, 2013.
40)Madhu Errampalli, Masashi Okushima and Takamasa Akiyama : Development of the Microscopic Traffic Simulation Model with the Fuzzy Logic technique, Simulation, Vol.89, No.1, 87-101, 2013.
41)辻 明典, 寺田 賢治, 大恵 俊一郎 : ウェーブレットパケット変換による内容に基づく類似画像検索, 画像電子学会誌, Vol.42, No.1, 71-80, 2013年.
42)大橋 眞, 齊藤 隆仁 : Peer learningを主体としたサマースクールプログラム, 大学教育研究ジャーナル, Vol.10, No.10, 31-38, 2013年.
43)岩松 準, 森本 恵美, 滑川 達, 遠藤 和義 : 建設企業の入札行動に係る意識の調査分析, 土木学会論文集F4(建設マネジメント), Vol.69, No.1, 62-74, 2013年.
44)豊田 哲也 : 日本における所得の地域間格差と人口移動の変化-世帯規模と年齢構成を考慮した世帯所得の推定を用いて-, 経済地理学年報, Vol.59, No.1, 4-26, 2013年.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)吉田 敦也 : 四国のまちづくりとひとづくりの研究 ~ボーダーレス四国の創生に向けて~, 四国の大学と四経連との連携による四国学, 1-33, 2012年.
2)森本 恵美 : 公共調達の科学的管理の可能性, 土木技術, Vol.67, No.11, 84-88, 2012年.
3)劉 潔, Makoto Ohashi and Shinsuke Kishie : Study on linguistic landscapes of the public transportation facilities of Qingdao city in China, Regional Science Research, the University of Tokushima, Vol.2, No.2, 67-74, 2012.
4)劉 潔, Makoto Ohashi and Shinsuke Kishie : Linguistic landscapes of the famous tourist spots of Qingdao city in China, Regional Science Research, the University of Tokushima, Vol.2, No.2, 75-83, 2012.
5)矢部 拓也 : ソーシャルイノベーションとしての地方のまちづくりとコモンズ : 地方都市の地域再生の課題と現状・北九州市小倉地区,富山市,愛媛県伊予市双海町を事例として, 徳島大学社会科学研究, Vol.26, 67-90, 2012年.
6)豊田 哲也 : 所得の地域格差と都市圏の空間構造-世帯規模と年齢階級を考慮した市区町村別世帯所得の分析-, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.20, 51-62, 2012年.
7)田中 徳一, 成行 義文, 平井 松午, 山野 明美 : 巣立ちプログラムに基づく1年次学生を対象としたキャリア教育の実践と2年次授業 におけるPBLの試み, 徳島大学大学教育研究ジャーナル, No.10, 133-142, 2013年.
8)山野 明美, 平井 松午, 田中 徳一, 成行 義文 : 産業界等との連携による中国・四国地域人材育成事業の展開-平成24年度「産業界の ニーズに対応した教育改善・充実事業」-, 徳島大学大学教育研究ジャーナル, No.10, 80-88, 2013年.
9)平井 松午 : 古地図GISと地域分析・景観復原, --- 歴史地理学の試み ---, 環境会議, No.spring, 137-143, 2013年.
10)三隅 友子, 保坂 敏子, 門脇 薫 : 「映像作品を利用した日本語教育の体系化に向けて」, 徳島大学国際センター紀要8号, 47-59, 2013年.

2012年度(平成24年度) / 学術レター

1)Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Shigeki Matsuo : Possibility of Gravitational Tempering in Colloidal Epitaxy to Obtain a Perfect Crystal, Chemistry Letters, Vol.41, No.10, 1069-1071, 2012.
2)森本 恵美, 滑川 達, 岩松 準, 遠藤 和義 : 質問紙を用いた入札監視委員会等の運営標準化のための現状調査, 建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会 講演集, Vol.30, 3-6, 2012年.
3)Kaori Hashimoto, Atsushi Mori, Katsuhiro Tamura and Yoshihisa Suzuki : Enlargement of Grains of Silica Colloidal Crystals by Centrifugation in an Inverted-Triangle Internal-Shaped Container, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.52, No.3, 030201-1-030201-3, 2013.

2012年度(平成24年度) / 総説・解説

1)石田 和之 : 地方税制温故知新(第11回)固定資産税の代替財源としての市町村交付金と基地交付金, , Vol.67, No.4, 295-314, 2012年4月.
2)石田 和之 : 地方税制温故知新(第12回)住民税均等割の意義と負担分任の考え方, , Vol.67, No.5, 230-251, 2012年5月.
3)石田 和之 : 地方税制温故知新(第13回)電気ガス税の創設から廃止まで, , Vol.67, No.6, 208-234, 2012年6月.
4)石田 和之 : 固定資産評価の簡素化と広域化・共同化∼家屋評価を中心に∼, 資産評価情報, No.7, 2-9, 2012年7月.
5)石田 和之 : 地方税制温故知新(第14回)地方目的税としての軽油引取税の創設, , Vol.67, No.7, 222-243, 2012年7月.
6)山中 英生, 喜多 順三 : 日本各地からのまちづくり情報(6)地方都市の創造的で持続可能なまちづくりへ, --- 人のつながりが生むクリエイティブな力の可能性 ---, 新都市, Vol.66, No.8, 60-65, 2012年8月.
7)石田 和之 : 地方税制温故知新(第15回)固定資産税における負担調整措置と課税の適正均衡化, , Vol.67, No.8, 196-216, 2012年8月.
8)山中 英生 : 日本版Comeplete Streetsへ, Ace 建設業界, Vol.17, 35, 2012年9月.
9)石田 和之 : 地方税制温故知新(第16回)特別土地保有税の創設と未利用地課税の議論, , Vol.67, No.9, 196-217, 2012年9月.
10)石田 和之 : 地方税制温故知新(第17回)犬税をめぐる議論, , Vol.67, No.10, 253-274, 2012年10月.
11)山中 英生 : 持続的な自転車環境整備にむけて, 交通工学, Vol.47, No.4, 3-4, 2012年10月.
12)石田 和之 : 地方税制温故知新(第18回)法人税率と住民税法人税割税率の関係, , Vol.67, No.11, 203-226, 2012年11月.
13)藤澤 正一郎, 末田 統 : 視覚障害者誘導用ブロックの国際規格ISO 23599について, 福祉のまちづくり研究, Vol.14, No.3, 21-27, 2012年11月.
14)石田 和之 : 地方税制温故知新(第19回)個人事業税をめぐる議論, , Vol.67, No.12, 199-221, 2012年12月.
15)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2011, 画像ラボ, Vol.23, No.12, 34-37, 2012年12月.
16)矢部 拓也 : 書評 市川虎彦著『保守優位県の都市政治 ―愛媛県主要都市の姿勢と市長選』晃洋書房, 地域社会学会年報, No.25, 187-188, 2013年.
17)山中 英生 : 観光面から自転車の有効な活用方法を考察する, --- シビックライドを持たせる自転車交通戦略構築のために ---, 時評, Vol.55, No.1, 217-218, 2013年1月.
18)山中 英生 : 自転車空間が目指す鍵は「インフォマティビティ」 No.1, --- 集中連載 No1 ---, パーキングプレス, Vol.34, No.614, 084-087, 2013年1月.
19)石田 和之 : 地方税制温故知新(第20回)生き延びる不動産取得税 : 雑種税から普通税へ, , Vol.68, No.1, 216-238, 2013年1月.
20)石田 和之 : 地方税制温故知新(第21回)地方税原則の成立, , Vol.68, No.2, 216-238, 2013年2月.
21)平木 美鶴, 竹内 利夫 : 多視点デッサンに挑戦, --- 視線を変える ---, きんびアート発見学[プロセス編], 14~17, 2013年2月.
22)山中 英生 : 自転車の歩行者化 その呪縛から抜け出す, --- 集中連載 自転車空間が目指す姿は? No2 ---, パーキングプレス, Vol.36, No.616, 050-051, 2013年3月.
23)石田 和之 : 地方税制温故知新(第22回)なぜゴルフ場利用税だけ生き残ったのか, , Vol.68, No.3, 282-303, 2013年3月.
24)平木 美鶴, 竹内 利夫 : 多視点デッサンに挑戦, --- ワークショップ アート自由研究帳 ---, きんびアート発見学[展示編], 12∼19, 2013年3月.
25)寺田 賢治 : 人のスマートセンシング, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.133, No.3, 620-624, 2013年3月.
26)豊田 哲也 : 「地域格差の経済地理学」の新展開に向けて, 経済地理学年報, Vol.59, No.1, 1-3, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 国際会議

1)Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Shigeki Matsuo : Monte Carlo simulation of improvement of crystallinity in colloidal epitaxy on square pattern under gravitational field using hard-sphere model, 14th International Association of colloid and Interface Scientist, Conference, Sendai, May 2012.
2)Kazuyuki Ishida : Does the Reform of the Property Assessment Method Increase the Effective Tax Rate of the Property Tax in Japan?, The 8th Annual Conference of the APEA, Singapore, Jun. 2012.
3)Matsubara Kayoko, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO, Masayuki Booka, Oku Hidehisa and Shoichiro Fujisawa : UD of Road Surface for the Low Vision, --- How Road Surface Condition Affects Visibility of Tactile Walking Surface Indicators(TWSIs)for the Low Vision ---, Universal Design 2012 Oslo, 1, Oslo, Jun. 2012.
4)Shin-ichi Ito, Katsuya SATO and Shoichiro Fujisawa : Learning Algorithm for Self-Organizing Map Classification of Electroencephalogram Patterns with Individual Differences, Proc. of WCCI 2012 IEEE World Congress Computation Intelligence, 2577-2582, Australia, Jun. 2012.
5)Hemdan Ibrahim and Kenji Terada : Video Surveillance using Facial Features and Hand, Proceedings of World Academy of Science, Engineering and Technology(WASET2012), No.XIII-8, Paris, Jun. 2012.
6)Li Qian, Stephen Githinji Karungaru, Kenji Terada and Li Lei : Object Recognition from Aerial Rescue Robots, International Technical Conference on Circuits Systems Computers and Communications, 615-618, Sapporo, Jul. 2012.
7)Masashi Okushima : Analysis of commuting modal shift with social interaction of consciousness for environment, Proceedings of 13th International Conference on Travel Behaviour Research, 1-21, Jul. 2012.
8)Hiroyuki Ukida, Masafumi Miwa, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : Visual Communication Using LED Panel and Video Camera for Mobile Object, 2012 IEEE International Conference on Imaging Systems and Techniques Proceedings (IST2012), 321-326, Manchester, Jul. 2012.
9)Yoshio Tanimoto, Hideki Yamamoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Kazunari Furusawa and Hiroyuki Ukida : Imaging of the Turn Space and Path of Movement of a Wheelchair for Remodeling Houses of Individuals with SCI, 2012 IEEE International Conference on Imaging Systems and Techniques Proceedings (IST2012), 309-314, Manchester, Jul. 2012.
10)Sasaki Hisako, Sato Hisayo, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Hirofumi Shibata, Sun Han-Dong, Li Shun-Lin and Yoshihisa Takaishi : Studies on the constituents of Cudrania tricuspidata, International Congress on Natural Products Research, New York, Jul. 2012.
11)Kurimoto Shin-ichiro, Pu Jian-Xin, Sun Han-Dong, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Sesterterpenoids and diterpenoids from the aerial parts of Scutellaria coleifolia Levl, International Congress on Natural Products Research, New York, Jul. 2012.
12)Ishii Yasuyo, Kim Sang-Yong, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Hydroxycinnamoyl 1,2-dihydro¬furo[3,2-e]tryptamine derivatives from defatted safflower seeds., International Congress on Natural Products Research, New York, Jul. 2012.
13)Yoshihiro Deguchi, Emi Morimoto, Takehito Yoshida, Akinobu Shimada, Naoko Akamatsu, Hiroyuki Maei, Nobuaki Shiokawa, Hiroyuki Nakanishi and Tsuneyoshi Kouda : Questionnaire research and development of self-motivating education method using intellectual property rights, Proceedings of IEEE International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering, T2A-4-T2A-6, Aug. 2012.
14)Hiroyuki Ukida, Terama Yasuhiro and Ohnishi Hiroki : Object Tracking System by Adaptive Pan-tilt-zoom Cameras and Arm Robot, Proceedings of SICE Annual Conference 2012, 1920-1925, Akita, Aug. 2012.
15)Masashi Okushima and Hideo Yamanaka : Traffic Simulation of Evacuation by Vehicle at the Outbreak of Tsunami in the Coastal Plain Area of the Local City, Proceedings of the Disaster Management 2012, 381-390, Kumamoto, Aug. 2012.
16)Kazuyuki Ishida : The efficiency and stability of tax revenue under the benevolent governments tax competition, 3rd conference of European Asian in Economics, Finance, Econometrics and Accounting Science Association, Sep. 2012.
17)Nobuhisa Kuramoto, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO and Shoichiro Fujisawa : Trigger Pattern Detection Method for Assisting in Ambulation Rehabilitation Based on EEG Analysis, Proc. of 21st IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, Ro-Man2012, 646-652, France, Sep. 2012.
18)Momoko Abe, Yuto Oe, Yousuke Endoh, Masahiro Sakata, Ichinkhorloo Zesem, Munkhtsetseg Janlav, Makoto Ohashi and Takanori Satoh : 16S rRNA gene analysis of bacteria from Mongolian animal milks and their dairy products, 4th Taiwan-Korea-Japan International Symposium on Microbial Ecology and the 28th Annual Meeting of the Japanese Society of Microbial Ecology (JSME2012), 165, Toyohashi,Aichi, Sep. 2012.
19)Hiroki Kawahara, Kazutaka Niigata, Tomoya Mizobuchi, Atsushi Mori, Hiroyuki Ukida, Masafumi Miwa, Katsutoshi Ueno, Kenji Terada and Atsuya Yoshida : Study on battery using konjac commercially available, 9th International Gel Symposium, 177, Tsukuba, Oct. 2012.
20)Atsushi Mori, Naoya Yamada, Hidemitsu Furukawa, Masafumi Yamato and Kohki Takahashi : Scanning microscopic light scattering measurement for identifying structural snisotropy in silica gels prepared in magnetic field, 9th International Gel Symposium, Tsukuba, Oct. 2012.
21)Masafumi Miwa, Shinji Uemura, Yasuyuki Ishihara, Akitaka Imamura, Joon Hwam Shim and 五百井 清 : Attitude Control of Quad Ducted-fan Helicopter, Proc. of the 8th International Conference on Intelligent Unmanned Systems (ICIUS 2012), 280-284, Singapore, Oct. 2012.
22)Akitaka Imamura, Masafumi Miwa, Junichi Hino and Joon Hwam Shim : Extra Thruster for Quad Rotor Helicopter, Proc. of the 8th International Conference on Intelligent Unmanned Systems (ICIUS 2012), 587-591, Singapore, Oct. 2012.
23)Ryo Munetsugi, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Building Cracks Detection Using Unmanned Helicopter Images, Proceedings of 8th International Conference on Intelligent Unmanned Systems(ICIUS 2012), No.5A-2, Singapore, Oct. 2012.
24)Wang Wei, Sun Xiangyu, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Face Recognition Algorithm Using Wavelet Decomposition and Support Vector Machines, Proceedings of International Symposuim on OptoMechatronics Technologies(ISOT'12), Paris, Oct. 2012.
25)Masafumi Miwa, Shingo Kunou, Shinji Uemura, Akitaka Imamura and Hirofumi Niimi : Attitude Control of Quad-Rotor Helicopter with Mass Balance, Proc. of the ISEM12 in Taipei, Taipei, Nov. 2012.
26)Osumi Toshiki, Fukuda Noriki and Katsutoshi Ueno : Model tests on stability of seawall against tsunami, Abstracts of 5th Taiwan-Japan Joint Workshop on Geotechnical Hazards from Large Earthquakes and Heavy Rainfall, SI-1-SI-4, Tainan, Nov. 2012.
27)Masashi Okushima and Akiyama Takamasa : Multi-Agent Transport Simulation Model with Social Network in Small World, Proceeding of Joint 6th the International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 13th International Symposium on Intelligent Systems, Vol.6, No.W2-55-4, 1-6, Nov. 2012.
28)Hiroyuki Ukida and Takashi Harada : 3D Shape, Color and Specular Component Estimation Using Image Scanner with Multiple Light Sources: Optimal Light Position Estimation, Proceedings of the 19th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2013), 190-196, Incheon, Jan. 2013.
29)Hisashi Suzuki, Y. Okano, Katsutoshi Ueno and Ryosuke Uzuoka : A method for making a homogeneous specimen of unsaturated clay using micro-wave, Advances in Unsaturated Soils, Proc. of the First Pan-American Conference on Unsaturated Soils, 171-176, Feb. 2013.
30)Wang Wei, Stephen Githinji Karungaru, Tsuji Akinori and Kenji Terada : Face Recognition Approach Based on Hyhrid Algorithm, Proceedings of the 2013 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing(NCSP'13), 313-316, Kona, Hawaii, USA, Mar. 2013.
31)Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Shigeki Matsuo : Monte Carlo Simulation of Gravitational Temperig in Colloidal Epitaxy, International Topical Team on Crystal Growth, Colloidal Crystallization and Protein Crystallization, Sendai, Mar. 2013.
32)Wei Wang, Stephen Githinji Karungaru, Akinori Tuji and Kenji Terada : Face Recognition Approach Based On Hybrid Algorithm, Proceedings of the 2013 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'13), 313-316, Hawaii, Mar. 2013.
33)Hideo Yamanaka : What is the future of Galapagos of bicycles? Vishions on bicycle friendly streets and their network planning in Japan., Asia-Pacific Cycle Congress 2013, 9, Gold Coast, Queensland, Mar. 2013.
34)Kanda Yusuke and Hideo Yamanaka : An analysis of cyclists' eye direction behaviour utilizing for appropriate sign design and allocation for bicycle and pedestrian, Asia-Pacific Cycle Congress 2013, 42, Gold Coast, Queensland, Mar. 2013.

2012年度(平成24年度) / 国内講演発表

1)豊田 哲也 : 世帯所得の地域格差から見た大都市圏の構造, 人文地理, Vol.64, No.2, 184-188, 2012年4月.
2)佐藤 克也, 門司 亮, 中島 雄太, 南 和幸, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : ストレッチを受ける細胞のリアルタイムその場観察用マイクロデバイスの開発, 日本生体医工学会第51回大会プロシーディングスCD-ROM, 2012年5月.
3)平井 松午, 戸祭 由美夫 : 幕末期箱館周辺における蝦夷地陣屋の景観復原-古地図・GISを用いた試み-, 第55回歴史地理学会大会(新潟大学), 2012年5月.
4)向井 健次郎, 上野 勝利, 渦岡 良介, 鈴木 壽 : 画像解析による変形計測のパラメータと精度の関係, 平成24年度土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 127-12/8, 2012年5月.
5)貞本 健志, 山中 英生, 真田 純子 : 周遊・中長距離型の自転車利用におけるルート特性の比較分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.18, 237-238, 2012年5月.
6)草野 優太, 山中 英生, 松本 裕太, 真田 純子 : 幹線道路小交差点の自転車出会い頭事故防止のための警告装置, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.18, 239-240, 2012年5月.
7)藤原 尚, 山中 英生, 野谷 将準, 富安 浩 : 中山間地域における住民協働型の公共交通の検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.18, 241-242, 2012年5月.
8)森本 恵美, 滑川 達 : 積算の違いによる建設企業の入札戦略に関する研究, 土木学会四国支部第18回技術研究発表会講演概要集, Vol.18, -2, 2012年5月.
9)滑川 達, 川村 竜功, 森本 恵美 : 地方建設企業の入札・落札結果と経営状況指標との関係に関する基礎分析, 土木学会四国支部第18回技術研究発表会講演概要集, Vol.18, -1, 2012年5月.
10)大西 洋揮, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 地方都市における自動車通勤者の出勤時刻に関する基礎的分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.18, 191-192, 2012年5月.
11)大島 卓也, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 低料金バス運行による中心市街地来訪促進についての基礎的検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.18, 193-194, 2012年5月.
12)石井 亜也加, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : クリーンエネルギー車両保有意向に関する基礎的分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.18, 195-196, 2012年5月.
13)野々垣 遥也, 上野 勝利 : 静電容量式空洞センサーの模型実験による検証, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2012年5月.
14)真田 純子, 本田 百合絵, 田中 尚人 : 戦前期熊本の都市形成事業における風致地区の位置づけ, 造園学会(平成24年度日本造園学会全国大会), 2012年5月.
15)藤澤 正一郎, 池田 典弘, 高橋 和哉, 山本 源治, 木村 有希, 三宅 章郁, 伊藤 伸一, 佐藤 克也 : 視覚障害者のための横断歩道口発光ブロックの検証, ロボティクス・メカトロニクス講演会2012講演論文集, No.1A1-N03, 1-3, 2012年5月.
16)三原 佑太, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : AR技術を応用した視覚障害体験システムの開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会2012講演論文集, No.1A1-N04, 1-4, 2012年5月.
17)椿 卓也, 米崎 二朗, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : ALS患者を対象とした重度障害者用意思伝達装置適正処方システムの開発, --- 入力スイッチの工学的視点に基づいた定量的評価指標及び評価器具の研究開発 ---, ロボティクス・メカトロニクス講演会2012講演論文集, No.2A2-T09, 1-2, 2012年5月.
18)森 篤史, 山登 正文, 高橋 弘紀, 古川 英光 : 磁場中で調製したTEOSを出発材料としたシリカゲルの構造異方性, 第61回高分子学会分子年次大会, 2012年5月.
19)常見 智史, 中山 健二, 三輪 昌史 : 二足歩行型ロボットの安定した滑走動作に関する研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会2012, 2A1-T04, 2012年5月.
20)宗次 亮, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン, 三輪 昌史 : 無人ヘリ画像を用いた構造物ひび割れ検出, ロボティクス・メカトロニクス講演会2012, No.2A2-J03, 2012年5月.
21)山下 剛史, 重松 佑紀, 石原 康行, 三輪 昌史 : 倒立振子型ダクトファン飛行体の制御, ロボティクス・メカトロニクス講演会2012, 2A2-J11, 2012年5月.
22)石原 康行, 山下 剛史, 三輪 昌史, 今村 彰隆, 五百井 清 : 4 発ダクトファンヘリコプターの姿勢制御, ロボティクス・メカトロニクス講演会2012, 2A2-K11, 2012年5月.
23)偉士大 恵美, 山中 英生, 真田 純子 : 過疎地域におけるタクシー補助制度の特徴とあり方, 土木計画学研究·講演集, Vol.45, 2012年6月.
24)中嶋 悠人, 山中 英生, 真田 純子 : スポーツサイクルの愛好要因の分析と増進政策, 土木計画学研究·講演集, Vol.45, 2012年6月.
25)田中 淳, 山中 英生, 上條 俊介, 松原 淳, 道工 敏央, 寺崎 健雄, 木下 康之 : 時空間MRFを用いた自転車走行環境 評価手法の適用に関する研究, 土木計画学研究·講演集, Vol.45, 2012年6月.
26)真田 純子 : 小中学生を対象とした地域への愛着醸成を目指す活動, --- 徳島県佐那河内村における「言葉で風景スケッチワークショップ」を事例として ---, 土木計画学研究·講演集, Vol.45, 2012年6月.
27)堀 広毅, 奥嶋 政嗣 : 統合型交通均衡配分モデルによる高速道路料金政策の地方都市圏への影響分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.45, 1-4, 2012年6月.
28)奥嶋 政嗣, 今井 陽平, 近藤 光男 : 環境意識の社会的相互作用を考慮した通勤交通手段転換に関する分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.45, 1-4, 2012年6月.
29)真坂 美江子, 加藤 研二, 近藤 光男, 奥嶋 政嗣 : 地方都市自転車通勤政策における健康情報提供効果, 土木計画学研究·講演集, Vol.45, 1-6, 2012年6月.
30)浮田 浩行, 三輪 昌史 : LEDパネルとビデオカメラを用いた移動体間通信, 第18回画像センシングシンポジウム講演論文集, IS2-03-1-IS2-03-8, 2012年6月.
31)羽田 遼, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : FG視覚センサを用いた全身3Dモデリング, 第18回画像センシングシンポジウム, No.IS1-02, 2012年6月.
32)服部 宏祐, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 歩容特徴による個人認証, 第18回画像センシングシンポジウム, No.IS2-09, 2012年6月.
33)藤田 真一, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 画像処理を用いた計算機室の監視システム, 第18回画像センシングシンポジウム, No.IS2-10, 2012年6月.
34)田口 太郎 : 2007年中越沖地震復興まちづくり, 2012年6月.
35)平井 松午 : 大学教育におけるGIS実習の実践, --- 吉野川中流域・舞中島の地域調査とGIS分析 ---, 「地域科学」研究フォーラム(徳島大学総合科学部), 2012年6月.
36)矢部 拓也 : 地域活性化を目指したNPO・まちづくり会社との連携協力, 地域科学研究フォーラム, 2012年6月.
37)平井 松午 : 古地図・城下絵図をデジタル・マップで読む, --- 古地図GISの世界- ---, 平成24年度岐阜県古地図文化研究会特別研究発表・地図講演会(岐阜県図書館), 2012年6月.
38)小川 真由, 丸山 友也, 渦岡 良介, 鈴木 壽, 上野 勝利 : 樹木の水平振動による根系周辺地盤の緩みの実験的評価(その2), 第47回地盤工学研究発表会, 851-852, 2012年7月.
39)西尾 竜文, 日下 拓也, 大山 一輝, 渦岡 良介, 鈴木 壽, 上野 勝利 : 堤体模型の重力場と遠心場における浸透・越流破壊の比較, 第47回地盤工学研究発表会, 941-942, 2012年7月.
40)高原 利幸, 上野 勝利 : 静電容量式水分計の性能評価, 第47回地盤工学研究発表会, 2012年7月.
41)田口 太郎 : 地域おこし協力隊と自治体職員, 2012年7月.
42)平井 松午 : 絵図でたどる阿波の五街道と遍路道, 小松島市教育委員会主催「小松島のふるさと講座」, 2012年7月.
43)真坂 美江子, 加藤 研二, 近藤 光男, 奥嶋 政嗣 : 徳島県中山間地域におけるモーダルシフト可能性調査, 第7回日本モビリティマネジメント会議資料集, 2012年8月.
44)三隅 友子 : 映像作品を利用した日本語教育と授業デザイン-授業を通した気づき-, 2012年ICJLE日本語教育国際研究大会, 2012年8月.
45)阪口 昌寛, 浮田 浩行, 藤澤 正一郎 : 大学生主体の運営による小中高生向けロボット教室 ∼徳島ロボットプログラミングクラブ∼, 平成24年度工学教育研究講演会 講演論文集, 170-171, 2012年8月.
46)三輪 昌史, 植村 慎司, 今村 彰隆 : マルチダクトファンヘリコプタの飛行特性, 第17回知能メカトロニクスワークショップ, M2-1, 2012年8月.
47)原田 崇志, 浮田 浩行 : 複数光源イメージスキャナによる形状・色・光沢の復元と適切な光源配置の検討, 第17回知能メカトロニクスワークショップ, No.V1-3, 2012年8月.
48)羽田 遼, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : FG 視覚センサによる全身3次元モデリング, 第17回知能メカトロニクスワークショップ, No.V1-5, 2012年8月.
49)樫原 孝幸, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 交差した計測線による人数計測, 第17回知能メカトロニクスワークショップ, No.V3-4, 2012年8月.
50)金 賢, 三輪 昌史, 沈 俊煥 : レーザンジファイダを用いた無人ヘリの障害物回避, 第17回知能メカトロニクスワークショップ, M3-1, 2012年8月.
51)滑川 達, 森本 恵美, 川村 竜功, 岩松 準, 遠藤 和義 : 地方建設業者を対象とした入札意識に関する調査研究, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.67, No.6, 454, 2012年9月.
52)森本 恵美, 滑川 達 : ユニットプライス型積算方式の入札結果に対する影響結果分析, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.67, No.6, 451, 2012年9月.
53)福井 裕行, 水口 博之, 北村 嘉章, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 武田 憲昭 : 抗ヒスタミン薬のアレルギー疾患症状改善に関する薬理機構, 第63回日本薬理学会北部会, 2012年9月.
54)孫 立民, 掛井 秀一 : 視覚障害者の日常生活 における空間認知能力評価 方法の確立 -その 1 問題 の枠組み, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 943-944, 2012年9月.
55)花田 愛, 掛井 秀一 : コミュニケーションを 活性化するプロジェクト型学習教室の在り方に関する 研究, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 103-104, 2012年9月.
56)田口 太郎 : 新潟県中越地域における地域復興支援員の取り組み -「人的支援」による地域復興-, 2012年9月.
57)倉本 展尚, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 歩行運動に関連した脳波の特徴抽出, 平成24年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, 1051-1056, 2012年9月.
58)田口 太郎 : 地方中心市街地の内発的発展にむけて, 2012年9月.
59)寺田 賢治 : 人のスマートセンシング, 平成24年電気学会 電子・情報・システム部門大会, No.TC18-3, 2012年9月.
60)寺田 賢治 : 人のスマートセンシング, 平成24年電気学会 電子・情報・システム部門大会, No.TC18-3, 2012年9月.
61)矢部 拓也 : 地方都市における地域再生の課題, 日本計画行政学会 第35回全国大会, 2012年9月.
62)奥嶋 政嗣, 秋山 孝正 : CEV普及促進検討のためのマルチエージェントシミュレーション, ファジィシステムシンポジウム講演論文集, Vol.27, 2012年9月.
63)田口 太郎, 石塚 直樹 : 地域づくりにおける人的支援の自己評価プログラムの開発, 日本建築学会大会学術講演梗概集(東海), Vol.E-2, 135-136, 2012年9月.
64)栗本 慎 一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(1), 日本生薬学会第59回年会, 2012年9月.
65)金子 礼, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林 : 雲南省伝統薬物に関する研究(16)—Kadsura interiaの成分について(2)—, 日本生薬学会第59回年会, 2012年9月.
66)石井 康世, 中野 扶佐子, 高石 喜久, 柏田 良樹 : ベニバナ(Carthamus tinctorius)脱脂種子に含まれる機能性成分の探索研究(4), 日本生薬学会第59回年会, 2012年9月.
67)森 篤史, 東 伸悟, 鈴木 良尚, 豊玉 彰子, 山中 淳平, 澤田 勉, 橋本 修一, 原口 雅宣 : プラズモニクスのハイブリッド効果による強い電場増強効果を起こすナノ構造の作製を目指したゲル固定化コロイド結晶の作製, 日本物理学会2012年秋季大会, 2012年9月.
68)東 伸悟, 森 篤史, 鈴木 良尚, 豊玉 彰子, 山中 淳平, 澤田 勉, 橋本 修一, 原口 雅宣 : フォトニックバンドとプラズモニクスのハイブリッドによる強力な電場増強効果を起こすナノ構造の作製, 第61回高分子討論会, 2012年9月.
69)栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究, 第54回天然有機化合物討論会, 2012年9月.
70)森 篤史, 東 伸悟, 鈴木 良尚, 豊玉 彰子, 山中 淳平, 澤田 勉, 橋本 修一, 原口 雅宣 : フォトニックバンドとプラズモニクスのハイブリッド効果を起こすナノ構造の作製, 化学工学会第44回秋季大会, 2012年9月.
71)森 篤史, 鈴木 良尚, 松尾 繁樹 : 剛体球系のモンテカルロシミュレーションから示唆されるコロイドエピタキシーにおける重力テンパリングの可能性, 日本物理学会2012年秋季大会, 2012年9月.
72)佐藤 克也, 門司 亮, 中島 雄太, 南 和幸, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : 引張りひずみ負荷に対する骨芽細胞応答のその場観察と評価, M&M2012 材料力学カンファレンス講演論文集CD, OS1506, 2012年9月.
73)森 篤史, 東 伸悟, 大久保 佳祐, 鈴木 良尚, 豊玉 彰子, 山中 淳平, 澤田 勉, 橋本 修一, 原口 雅宣 : ゲル固定化コロイド結晶を用いたフォトニックバンド/プラスモニクスハイブリッド効果による強力な電場増強効果を示すナノ構造の作製, 第2回ソフトマター研究会, 2012年9月.
74)森本 恵美 : 大学院生の共同研究型インターンシップ科目の運営と改善, 平成24年度5大学連携教育シンポジウム, 78-79, 2012年9月.
75)三隅 友子, 竹内 利夫(徳島県立近代美術館・学芸員) : 美術作品を通した学習の可能性-日本語教育と美術鑑賞教育の協働-, 第4回協働実践研究会, 2012年9月.
76)森 篤史, 鈴木 良尚, 松尾 繁樹, 伊藤 研策 : コロイドエピタキシーにおける重力テンパリングによる欠陥低減化のモンテカルロ・シミュレーション, 第2回ソフトマター研究会, 2012年9月.
77)平井 松午 : 徳島大学の取組報告, 国土交通省国土地理院主催 基盤地図情報の整備・更新・活用に関する徳島地域連携協議(千秋閣), 2012年9月.
78)森 篤史, 川原 啓貴, 新潟 一宇, 浮田 浩行, 三輪 昌史, 上野 勝利, 寺田 賢治, 吉田 敦也 : 市販のこんにゃくを使った電池の研究, 第2回ソフトマター研究会, 2012年9月.
79)樫原 孝幸, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 画像処理を用いた人数計測, 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-1, 2012年9月.
80)藤田 真一, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 画像処理による計算機室の監視システム, 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-2, 2012年9月.
81)服部 宏祐, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 歩容特徴を用いた個人認証, 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-4, 2012年9月.
82)森澤 友也, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : GPGPU を用いた心臓弁の動き解析, 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-5, 2012年9月.
83)羽田 遼, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : FG 視覚センサを用いた全身 3D モデルの作成, 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-6, 2012年9月.
84)三隅 友子, 大橋 眞 : 交流と対話を通した学内の協同・連携を考える, 日本協同教育学会第9回全国大会予稿集, 2012年9月.
85)平井 松午 : GISを用いた幕末期における蝦夷地陣屋の3D復原, 日本地理学会 2012年度秋季学術大会シンポジウム「幕末蝦夷地陣屋の景観復原に向けて」(神戸大学), 2012年10月.
86)田口 太郎 : 地域への人的支援とは?, 2012年10月.
87)山中 英生 : 自転車利用環境向上会議2012in金沢, 2012年10月.
88)峪口 有香子, 平井 松午 : 淡路島方言の実時間上の言語変化, --- 『瀬戸内海言語図巻』との比較を通じて ---, 2012年度日本語学会中国四国支部大会研究発表会(徳島大学), 2012年10月.
89)平井 松午 : 吉野川の洪水遺産, --- 舞中島 ---, 2012年度 徳島大学大学開放実践センター公開講座, 2012年10月.
90)平井 松午 : 奈良盆地の条里と環濠集落, 2012年度 四国大学公開講座「奈良を旅する」(四国大学), 2012年10月.
91)東 伸悟, 大久保 佳祐, 森 篤史, 鈴木 良尚, 豊玉 彰子, 山中 淳平, 澤田 勉, 橋本 修一, 原口 雅宣 : フォトニックバンドとプラズモニクスのハイブリッドによる強力な電場増強効果を起こすナノ構造の作製, 日本光学会年次学術講演会Optics & Photonics Japan 2012, 2012年10月.
92)藤澤 正一郎, 三原 佑太, 伊藤 伸一, 佐藤 克也 : AR技術を応用した視覚障害体験システムの開発, 生活生命支援医療福祉工学系連合大会2012(LIFE2012), No.OS2-4-3, 1-4, 2012年11月.
93)加藤 研二, 真坂 美江子, 近藤 光男, 奥嶋 政嗣 : 地方都市における自動車利用抑制施策へのトランスセオレティカルモデル適用可能性, 土木計画学研究·講演集, Vol.46, 1-4, 2012年11月.
94)今井 陽平, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 経済的インセンティブ施策による通勤交通手段転換についての分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.46, 1-4, 2012年11月.
95)石井 亜也加, 奥嶋 政嗣 : 現状保有車両を考慮したクリーンエネルギー車両保有可能性モデルの構築, 土木計画学研究·講演集, Vol.46, 1-5, 2012年11月.
96)大島 卓也, 奥嶋 政嗣 : 低料金バス運行による中心市街地来訪促進効果に関する分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.46, 1-4, 2012年11月.
97)大西 洋揮, 奥嶋 政嗣 : 地方都市圏における自動車通勤者の出勤時刻決定に関する要因の分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.46, 1-6, 2012年11月.
98)平井 松午 : 幕末期の蝦夷地警衛と明治期の北海道屯田政策, 東アジア沿海科研公開シンポジウム「歴史実体としての周縁―北海道・内と外からの視点―」(札幌大学), 2012年11月.
99)山中 英生 : 第89回交通工学講習会(大阪), --- 安全で快適な自転車利用環境創出に向けて ---, 2012年11月.
100)森 篤史, 鈴木 良尚, 松尾 繁樹 : コロイドエピタキシーにおける重力テンパリングの可能性, 第42回結晶成長国内会議, 2012年11月.
101)田口 太郎 : 地域へ人が行く,という支援とは?, 2012年11月.
102)大橋 眞, 齊藤 隆仁 : グローバル化社会に向けた生涯教育, --- 大学教育の国際化との連携 ---, 日本生涯教育学会第33回発表要旨集録, 24, 2012年11月.
103)森 篤史, 東 伸悟, 鈴木 良尚, 豊玉 彰子, 山中 淳平, 澤田 勉, 橋本 修一, 原口 雅宣 : フォトニックバンドとプラズモニクスとのハイブリッド効果による強力な電場増強を起こすナノ構造の作成, 第42回結晶成長国内会議, 2012年11月.
104)山中 英生 : たかつき交通まちづくりシンポジウム, --- 便利な乗り物,自転車はどこを走る? ---, 2012年11月.
105)中野 扶佐子, 高石 喜久, 位上 健太郎, 下条 洋輔, 宮﨑 寿次, 柏田 良樹 : 発酵オタネ人参のアセトアミノフェン肝障害抑制成分の探索, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
106)小早川 夏樹, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjaragal, Damdinjv Davaadagva, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(1) —Sanguisorba officinalis花部の成分研究(1) —, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
107)佐渡 香織, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 吉川 和子, 橋本 敏弘, 河野 道郎, 河野 幸子, 柏田 良樹 : Cymbidium Great Flower葉部の成分研究, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
108)佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 : ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(6), 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
109)洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(17) —Gentiana rigescens根の成分研究(1)—, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
110)山中 英生 : モビリティを活用したまちづくりセミナー, --- 観光面から自転車・モビリティの活用を考える ---, 2012年11月.
111)平井 松午 : 吉野川の洪水遺産-舞中島-, 徳島地方史研究会 2012年11月例会(徳島県立文学書道館), 2012年11月.
112)上野 勝利, 渦岡 良介, 鈴木 壽, 松井 雄揮, 石川 翔太 : 接続ケーブルの浮遊容量の影響を排除した静電容量センスアンプ, 地盤工学会四国支部平成24年度技術研究発表会講演概要集, 3-4, 2012年11月.
113)仙波 慧多, 下河 太一, 渦岡 良介, 鈴木 壽, 上野 勝利 : 盛土の初期状態が堤体内液状化に与える影響, 地盤工学会四国支部平成24年度技術研究発表会講演概要集, 41-42, 2012年11月.
114)福田 典紀, 大住 俊揮, 上野 勝利, 鈴木 壽, 渦岡 良介 : 津波による水位上昇が護岸構造物の安定性に与える影響, 地盤工学会四国支部平成24年度技術研究発表会講演概要集, 45-46, 2012年11月.
115)西尾 竜文, 山田 裕明, 下河 太一, 渦岡 良介, 鈴木 壽, 上野 勝利 : 遠心力場における模型堤体の浸透・越流による進行性破壊現象, 地盤工学会四国支部平成24年度技術研究発表会講演概要集, 57-58, 2012年11月.
116)Zhang Xiwen, Ryosuke Uzuoka, Katsutoshi Ueno and Hisashi Suzuki : The Pullout Capacity of the Structure Submerged in Saturated Silt, 地盤工学会四国支部平成24年度技術研究発表会講演概要集, 79-80, Nov. 2012.
117)三輪 昌史, 山下 剛史, 植村 慎司, 今村 彰隆 : ダクトファンを用いた各種飛行体の特性, 第55回自動制御連合講演会, 1I306, 2012年11月.
118)今村 彰隆, 三輪 昌史, 日野 順市, 沈 俊煥 : 補助推力装置を用いるクアッドコプタの水平移動, 第55回自動制御連合講演会, 1M301, 2012年11月.
119)藤田 真一, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : webカメラを用いた計算機室の監視システム, 2012年度計測自動制御学会四国支部講演会, No.SO2-1, 2012年11月.
120)服部 宏祐, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 歩容特徴を用いた人物認証, 2012年度計測自動制御学会四国支部講演会, No.SO2-2, 2012年11月.
121)平井 松午 : 安政期の「鳥取城下全図」と「鳥取市街実測地図」にみる侍屋敷地の実像, --- GIS城下図の比較分析 ---, 2012年度 人文地理学会大会(立命館大学), 2012年11月.
122)平井 松午 : 安政期の「鳥取城下全図」と「鳥取市街実測地図」にみる侍屋敷地の実像-GIS城下図の比較分析-, 2012年度 人文地理学会大会(立命館大学), 2012年11月.
123)大瀬戸 真由美, 寺田 賢治, 田仲 浩平 : 視線追跡による臨床工学技士の学習支援, 第2回中四国臨床工学技士会 学術大会, No.G21, 2012年11月.
124)上野 勝利 : 静電容量式地盤変状センサ, 2012年11月.
125)今村 彰隆, 植村 慎司, 三輪 昌史 : ベクターノズル型クアッドコプタの移動特性, 第 49回日本航空宇宙学会関西・中部支部合同秋期大会, A4-1-A4-3, 2012年11月.
126)三輪 昌史, 植村 慎司, 今村 彰隆 : ダクトファンを用いたマルチコプタ, 第 49回日本航空宇宙学会関西・中部支部合同秋期大会, B5-1-B5-3, 2012年11月.
127)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2012, ビジョン技術の実利用ワークショップ2012, 2012年12月.
128)岩藤 那留, 寺田 賢治, 遠藤 義英, 中野 主久, 山岸 貴俊 : CCTVカメラを用いた乱流状況下での煙検出, ビジョン技術の実利用ワークショップ2012, No.OS1-H2(IS1-A2), 2012年12月.
129)新田 和馬, 寺田 賢治, 新垣 尚捷 : 顕微鏡画像中におけるミトコンドリアの状態判別, ビジョン技術の実利用ワークショップ2012, No.IS1-A6, 2012年12月.
130)Yuto Oe, Momoko Abe, Yousuke Endoh, Masahiro Sakata, Ichinkhorloo Zesem, Munkhtsetseg Janlav, Makoto Ohashi and Takanori Satoh : Comparison of bacteria in the Mongolian animal milks and their dairy products by 16S rRNA gene analysis, The 85th Annual Meeting of The Japanese Biochemical Society,Abstracts, 2P721, Dec. 2012.
131)寺田 賢治 : 画像処理による曖昧な形状と複雑な動きの計測, 大阪電気通信大学情報学研究施設視覚情報学講演会, 2012年12月.
132)上田 喜敏, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 介助作業実態分析から考えられるベッドでの安全な患者/利用者介助に関する人間工学的手法の研究, 第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 2610-2615, 2012年12月.
133)宮崎 達也, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 視覚障害者のための交差点周辺における移動支援機器間の連続性に関する研究, 第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 2638-2639, 2012年12月.
134)伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 福見 稔 : 心理学的個人差を導入した脳波パターン分類, 第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 2660-2663, 2012年12月.
135)三輪 昌史, 二井見 博文, 奥川 雅之, レスキューロボットコンテスト実行委員会 : 第12 回レスキューロボットコンテストにおける無線LAN および無線通信システムの管制, 第13回システムインテグレーション部門講演会(SI2012), 885-888, 2012年12月.
136)蔭山 弓子, 植村 慎司, 三輪 昌史 : 飛行型レスキューロボットの開発, 第13回システムインテグレーション部門講演会(SI2012), 824-825, 2012年12月.
137)今村 彰隆, 三輪 昌史 : クアッドコプタのマニューバ制御による三次元計測システム, 第13回システムインテグレーション部門講演会(SI2012), 2195-2196, 2012年12月.
138)蔭山 弓子, 植村 慎司, 三輪 昌史 : TPIP2 ボードとフライトコントローラの組み合わせによる飛行ロボット, 第13回システムインテグレーション部門講演会(SI2012), 2386-2387, 2012年12月.
139)田口 太郎 : これまでの活動を振り返り,これからの活動をイメージする, 2012年12月.
140)森本 恵美, 寺田 賢治, 森賀 俊広, 飯田 昭夫 : 大学院総合科目「知的財産論」の質の向上のための授業改善, 平成24年度大学教育カンファレンスin徳島 発表抄録集, 64-65, 2012年12月.
141)森本 恵美, 出口 祥啓, 山中 英生 : 企業の博士後期課程修了人材の採用に関するアンケート調査-長期インターンシップはドクターの採用を促進するか-, 平成24年度大学教育カンファレンスin徳島 発表抄録集, 34-35, 2012年12月.
142)佐藤 克也, 門司 亮, 中島 雄太, 南 和幸, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : 引張りを受ける骨芽細胞のカルシウム応答動態のその場観察, 第25回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 449-450, 2013年1月.
143)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2012, 画像応用技術専門委員会2012年度第5回研究会, Vol.27, No.5, 34-37, 2013年1月.
144)菅 泰雄, 寺田 賢治 : ViEW2013 ビジョン技術の実利用化ワークショップ報告, 画像応用技術専門委員会2012年度第5回研究会, Vol.27, No.5, 32-33, 2013年1月.
145)上野 勝利 : 地盤災害を防ぐ静電容量式地盤変状センサー, 徳島大学新技術説明会, 2013年2月.
146)松尾 恵理香, 花田 愛, 吉田 健介, 掛井 秀一 : 机上面に生成される心理的領域に天板タイプが与える影響について, 環境心理学研究, Vol.1, No.1, 77, 2013年3月.
147)豊田 哲也 : 大学初年次向け共通科目としての統計教育とFD活動, 統計教育実践研究, Vol.5, 23-26, 2013年3月.
148)平井 松午 : 絵図から見た守護町, --- 「板野郡住吉村分間絵図」(写図)および「板野郡勝瑞村分間絵図写」からみた勝瑞 ---, 勝瑞検証会議, 2013年3月.
149)平井 松午 : 吉野川の洪水遺産-舞中島-, 徳島地方史研究会 2013年大会(文化の森21世紀館多目的室), 2013年3月.
150)秦 在佑, 沈 俊煥, 三輪 昌史 : クワッドティルトローターの開発, 中国四国支部第51期総会・講演会, cs51-810, 2013年3月.
151)久納 慎吾, 植村 慎司, 三輪 昌史 : 外部入力による4 発ロータヘリコプタの姿勢制御, 中国四国支部第51期総会・講演会, cs51-905, 2013年3月.
152)蔭山 弓子, 植村 慎司, 三輪 昌史 : 無線LAN を用いた飛行型レスキューロボットの開発, 中国四国支部第51期総会・講演会, cs51-908, 2013年3月.
153)植村 慎司, 今村 彰隆, 三輪 昌史 : ダクトファンを用いたマルチコプタの制御, 中国四国支部第51期総会・講演会, cs51-1011, 2013年3月.
154)常見 智史, 中山 健二, 三輪 昌史 : 二足歩行型ロボットの安定した滑走動作作成のためのシミュレーション, 中国四国支部第51期総会・講演会, cs51-1012, 2013年3月.
155)中山 健二, 常見 智史, 三輪 昌史 : 二足歩行型ロボットの安定した連続滑走移動, 中国四国支部第51期総会・講演会, cs51-1010, 2013年3月.
156)金村 直哉, 川添 竜弥, 三輪 昌史 : ヒューマノイドロボット転倒時の被害軽減動作, 中国四国支部第51期総会・講演会, cs51-1004, 2013年3月.
157)川添 竜弥, 金村 直哉, 三輪 昌史 : 2 足歩行型ロボットによる前方跳躍に関する研究, 中国四国支部第51期総会・講演会, cs51-1008, 2013年3月.
158)浅井 清嗣, 川添 竜弥, 植村 慎司, 三輪 昌史 : 人型ロボットの浮上による移動, 中国四国支部第51期総会・講演会, cs51-1006, 2013年3月.
159)山下 剛史, 三輪 昌史 : 可変ノズルを装着したダクトファン飛行体の制御, 中国四国支部第51期総会・講演会, cs51-916, 2013年3月.
160)西端 宏樹, 三輪 昌史 : ウェイポイントを用いた無人ヘリコプタの航行システムの開発, 中国四国支部第51期総会・講演会, cs51-915, 2013年3月.
161)田口 太郎 : 新潟・柏崎の震災復興 2007年中越沖地震復興まちづくり, 2013年3月.
162)上野 勝利 : 建設工学科における研究室配属のプロセス, 工学教育シンポジウム2013, 3, 2013年3月.
163)栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(3), 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
164)洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(18) —Gentiana rigescens根の成分研究(2)—, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
165)中野 扶佐子, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(19)—Saussurea lanicepsの成分研究(1)—, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
166)佐渡 香織, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 吉川 和子, 橋本 敏弘, 河野 道郎, 河野 幸子, 柏田 良樹 : シンビジウム グレートフラワー・マリーローランサン葉の成分について(5), 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
167)吉川 和子, 山下 智子, 井関 賀奈子, 山本 博文, 今川 博, 柏田 良樹, 高石 喜久, 馬場 正樹, 岡田 嘉仁, 河野 幸子, 橋本 敏弘 : シンビジウム グレートフラワー・マリーローランサンの葉のNO酸性抑制活性成分(2), 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
168)佐々木 久子, 柏田 良樹, 柴田 洋文, 高石 喜久 : ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(7), 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
169)大西 広樹, 浮田 浩行 : Kinectを用いた顔の検出とその方向の推定, 電気学会研究会資料(情報処理・次世代産業システム 合同研究会), 1-5, 2013年3月.
170)中嶋 宏之, 足立 愛美, 桑原 香織, 川島 浩之, 長尾 耕治郎, 柏田 良樹, 赤路 健一, 斎藤 博幸 : アミロイド-シス変異アポA-Iの線維形成と細胞増殖抑制作用, 日本薬学会第133年会, 2013年3月.
171)阿地 恵太, 吉田 章人, 浮田 浩行 : 複数の線光源と単眼カメラを用いた三次元形状計測, 電気学会研究会資料(情報処理・次世代産業システム 合同研究会), 1-5, 2013年3月.
172)岡部 康平, 造田 優貴, 浮田 浩行 : LEDパネルとAR技術を用いた情報提示装置の開発, 電気学会研究会資料(情報処理・次世代産業システム 合同研究会), 13-18, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 作品等

1)田口 太郎 : 地域づくりコーディネート・ゲーム, 2012年4月.
2)平木 美鶴 : Still Life(6), 京都版画2012日本・英国国際版画展, 2012年7月.
3)平木 美鶴 : 個展, 2012年8月.
4)Mitsuru Hiraki : Two Roses,Four Roses, Sep. 2012.
5)Mitsuru Hiraki : A scene with a house, 第57回CWAJ現代版画展, Oct. 2012.
6)Mitsuru Hiraki : Still Life(6), クラクフ国際版画トリエンナーレ2012, Feb. 2013.

2012年度(平成24年度) / その他・研究会

1)Koki Arai and Emi Morimoto : Effect on Institutions: Analysis of Japanese Municipalities Public Procurement, Japan Law and Economics Association 2012, ZR12-11, Jul. 2012.
2)平井 松午, 成行 義文, 田中 徳一, 山野 明美 : 学生自らの就業力向上を促す巣立ちプログラム, とくTalk(徳大広報), No.149, 2012年10月.
3)東 伸悟, 森 篤史, 大久保 佳祐, 鈴木 良尚, 豊玉 彰子, 山中 淳平, 澤田 勉, 橋本 修一, 原口 雅宣 : フォトニックバンドとプラズモニクスのハイブリッドによる強力な電場増強効果を起こすナノ構造の作製, 学習院大学計算機センター特別研究プロジェクト「結晶成長の数理」第7回研究会―ソフトマターと結晶成長―, 2012年12月.
4)森 篤史 : 棒状分子系の織りなす多様なメソフェーズ:レビュー, 学習院大学計算機センター特別企画「結晶成長の数理」第7回研究会―ソフトマターと結晶成長―, 2012年12月.
5)森 篤史, 鈴木 良尚 : 化学ポテンシャル差で表現した核生成可逆仕事におけるバルク項の表式, 学習院大学計算機センター特別企画「結晶成長の数理」第7回研究会―ソフトマターと結晶成長―, 2012年12月.
6)渡部 稔, 佐藤 高則, 大橋 眞 : 高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」実施報告(第4報), 平成24年度全学FD大学教育カンファレンス in 徳島 発表抄録集, 54-55, 2012年12月.
7)矢野 千晴, 奇 旭瓊, VICTORIA MARIE BLOYER, CHIMEDDORJ TSOLMON, 佐藤 高則, 齊藤 隆仁, 石田 三千雄, 松尾 義則, 大橋 眞 : INTERNATIONAL STUDENT CONFERENCE OF 2012, 平成24年度総合科学教育部プロジェクト研究I 発表会, 2013年2月.
8)平井 松午, 成行 義文, 田中 徳一, 山野 明美 : 特集 徳島大学の就職支援への取り組み 「学生自らの就業力向上を促す巣立プログラム」」, 徳大広報 とくtalk, No.149, 1-2, 2013年3月.
9)森 篤史 : 科学リテラシーとしての熱力学, 大学の物理教育, Vol.19, No.1, 44, 2013年3月.
10)矢部 拓也 : 滋賀県長浜市黒壁地区のまち再生, 歴史的文化遺産を活かしたまちづくり ー上海・田子坊のまちづくりを支えたキーパーソンをお迎えして:日中の対話, 2013年3月.
11)大瀬戸 真由美, 寺田 賢治, 田仲 浩平 : 視線追跡による臨床工学技士の技能の解析, 電気学会情報処理・次世代産業システム合同研究会, No.IP-13-004(IIS-13-045), 2013年3月.
12)大黒 将幸, カルンガル ステファン, 寺田 賢治 : 監視カメラを用いた不審放置物の自動検知, 電気学会情報処理・次世代産業システム合同研究会, No.IP-13-006(IIS-13-047), 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 報告書

1)滑川 達, 森本 恵美, 岩松 準, 遠藤 和義 : 地方建設業者を対象とした入札行動・意識の調査研究, 財団法人 港湾空港建設技術サービスセンター 指定研究課題 第10-4号, 2012年5月.
2)森 篤史, 山登 正文, 古川 英光, 高橋 弘紀 : 磁場中調製したシリカゲルを用いた異方性材料開発, 東北大学金属材料研究所強磁場超伝導材料センター平成23年度年次報告, 146-147, 仙台, 2012年6月.
3)上野 勝利 : 土構造物の浸水・空洞形成モニタリング装置の開発, 建設事業に関する技術開発・調査研究 第15回助成事業報告書, 2012年10月.
4)滑川 達, 森本 恵美, 岩松 準, 遠藤 和義 : 質問紙調査等による入札監視委員会の運営方法標準化に関する研究, 財団法人 国土技術研究センター 重点研究課題⑧ 第10014号, 2012年.
5)矢野 千晴, 奇 旭瓊, VICTORIA MARIE BLOYER, CHIMEDDORJ TSOLMON, 佐藤 高則, 齊藤 隆仁, 石田 三千雄, 松尾 義則, 大橋 眞 : プロジェクト研究Ⅰ(International Student Conference 開催プロジェクト)報告書, 平成24年度総合科学教育部プロジェクト研究I 報告書, 徳島, 2013年1月.
6)吉田 敦也 : 「未来の学校づくりに関する調査研究」第三章「未来に向けた学校ICT化の推進」, 国立教育政策研究所 平成24年度プロジェクト研究調査報告書「未来の学校づくりに関する調査研究」(初等中等教育-016)(研究代表者:工藤文三), 86-96, 2013年3月.
7)吉田 敦也 : 「未来の学校づくりに関する調査研究」第六章「韓国のICT化状況」, 国立教育政策研究所 平成24年度プロジェクト研究調査報告書「未来の学校づくりに関する調査研究」(初等中等教育-016)(研究代表者:工藤文三), 207-221, 2013年3月.
8)田口 太郎, 世木田 千嘉子, 泊 夏希, 濱井 美沙, 滝澤 桃子, 浜井 陽子, 藤井 千尋 : 池田まちづくりオーラル・ヒストリー 馬場,西山,池田における暮らしの記録, 1-125, 2013年3月.
9)田口 太郎 : 過疎地域におけるインターネットの可能性, 「都市」と「山村」の人と地と知を結ぶサテライト教室プロジェクト, 18-19, 2013年3月.

2013年度(平成25年度)

article.{@.date="20130400 20140399" @.organization=\E{166679}}

2013年度(平成25年度) / 著書

1)一般社団法人 電気学会, 寺田 賢治 : 34編3章4.知能化, 電気学会, 2013年9月.
2)豊田 哲也 : 地域の経済成長と地域格差の形成, 丸善 株式会社, 2013年9月.
3)人文地理学会編, 平井 松午 : 人文地理学事典, 丸善出版, 2013年9月.
4)一般社団法人 電気学会, 寺田 賢治 : C10編 知覚情報処理 2-4 スマートビジョンの人のセンシングへの応用, 電気学会, 2013年10月.
5)平井 松午, 安里 進, 渡辺 誠, 塚本 章宏 : 『近世測量絵図のGIS分析 ―その地域的展開―』,―文化・文政期の鳥取藩における測量図の精度―, 古今書院, 2014年1月.
6)山崎 義人, 田中 正人, 田口 太郎, 室崎 千重 : リジリエント・シティ, クリエイツかもがわ, 2014年1月.
7)豊田 哲也 : 地価と土地利用, 2014年3月.
8)豊田 哲也 : 世界都市の光と影, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (審査論文)

1)真田 純子 : 戦前期都市計画における路線的商業地域指定について, ランドスケープ研究, Vol.76, No.5, 639-644, 2013年.
2)Atsushi Mori and Yoshihisa Suzuki : Grand potential formalism of interfacial thermodynamics for critical nucleus, Natural Science, Vol.5, No.5, 631-639, 2013.
3)田口 太郎 : 地域における人的支援の人材育成プログラムの開発, 日本建築学会技術報告集, Vol.19, No.42, 719-724, 2013年.
4)KARIM Rehan Mohamed, Abdullah SAIFIZUL Ahmad and Hideo Yamanaka : Overloading of Malaysian Road Pavements., THE INGENIEUR, No.55, 55-60, 2013.
5)Shin-ichi Ito, Yasue Mitsukura, Takafumi Saito, Katsuya SATO and Shoichiro Fujisawa : Visualization Method to Confirm Relationships among Optimal Solutions, INFORMATION, Vol.16, No.7(B), 4893-4906, 2013.
6)Atsushi Mori and Yoshihisa Suzuki : Vanishing linear term in chemical potential difference in volume term of work of critical nucleus formation for phase transition without volume change, Journal of Crystal Growth, Vol.375, No.1, 16-19, 2013.
7)Kazuyuki Ishida : The Trade-off between Growth and Stability in Prefectural Tax Revenue in Japan, International Journal of Public Administration, Vol.36, No.3, 210-221, 2013.
8)Atsushi Mori : Volume term of work of critical nucleus formation in terms of chemical potential difference relative to equilibrium one, Journal of Crystal Growth, Vol.377, No.1, 118-122, 2013.
9)石田 和之, 杉山 忍, 柴田 享 : 徳島県歯科医師会「歯科治療電話相談」のテキストマイニングによる分析, 日本歯科医療管理学会雑誌, Vol.48, No.2, 165-173, 2013年.
10)Yoshihiro Suyama, Shin-ichiro Kurimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Shun-Lin Li, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Rigenolide A, a new secoiridoid glucoside with a cyclobutane skeleton, and three new acylated secoiridoid glucosides from Gentiana rigescens Franch., Fitoterapia, Vol.91, 166-172, 2013.
11)Masafumi Miwa, Shingo Kunou, Shinji Uemura, Akitaka Imamura and Hirofumi Niimi : Attiude Control of Quad-Rotor Helicopter with COG Shift, Journal of the Japanese Society for Experimental Mechanics, Vol.13, No.Special Issue (2013), s102-s107, 2013.
12)Abdullah SAIFIZUL Ahmad, KARIM Rehan Mohamed, Hideo Yamanaka and Masashi Okushima : Empirical Analysis on the Effect of Gross Vehicle Weight and Vehicle Size on Speed in Car Following Situation, Asian Transport Studies, Vol.2, No.4, 351-362, 2013.
13)Tsutomu Hashizume, Kitagawa Hiroshi, Lee Hokyoo, Ueda Hisatoshi, Miyamoto Tadayoshi, Ikuo Yoneda and Shoichiro Fujisawa : Evaluation of Physical Load While Propelling Manual Wheelchair on Cross Slope Road and Wave Road, Assistive Technology Research Series, Vol.33, 183-189, 2013.
14)Shoichiro Fujisawa, Miyazaki Tatsuya, Shin-ichi Ito and Katsuya SATO : Continuity of Tactile Walking Surface Indicators and Audible Pedestrian Signals at Crosswalks, Assistive Technology Research Series, Vol.33, 647-652, 2013.
15)Maeno Tetsuya, Shoichiro Fujisawa, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO, Ogawa Takehiro and Ishimoto Hiroh : Research on the Occupational Ability Evaluation Technique in the Group Work of Intellectually/Mentally Handicapped Persons by MODAPTS Method, Assistive Technology Research Series, Vol.33, 970-975, 2013.
16)Ikeda Norihiro, Takahashi Kazuya, Yamamoto Genji, Kimura Yuki, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO and Shoichiro Fujisawa : Verification of LED Blocks used at Crosswalk Entrances for Persons with Visually Impairment, Assistive Technology Research Series, Vol.33, 982-987, 2013.
17)Matsubara Kayoko, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO, Masayuki Booka, Oku Hidehisa and Shoichiro Fujisawa : Difference in Road Surface Recognition by Disease and Grades of The Low Vision, Assistive Technology Research Series, Vol.33, 988-993, 2013.
18)Yoshiki Kashiwada, Yuka Omichi, Shin-ichiro Kurimoto, Hirofumi Shibata, Yoshiyuki Miyake, Tsukasa Kirimoto and Yoshihisa Takaishi : Conjugates of a secoiridoid glucoside with a phenolic glucoside from the flower buds of Lonicera japonica Thunb., Phytochemistry, Vol.96, 423-429, 2013.
19)Elmarhomy Ahmed and Kenji Terada : A Distance-Based Method for Counting Passersby using Space-Time Imagery, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.9, No.10, 4113-4129, 2013.
20)Kim Hyun, Masafumi Miwa and Joon Hwam Shim : An obstacle avoidance system of an unmanned aerial vehicle using a laser range finder, Journal of the Korean Society of Marine Engineering, Vol.37, No.7, 737-742, 2013.
21)大橋 俊介, 近藤 光男, 奥嶋 政嗣, 渡辺 公次郎, 近藤 明子 : 住民意識・行動調査に基づく身体活動量の増加に寄与する都市公園整備に関する研究, 都市計画論文集, Vol.48, No.3, 591-596, 2013年.
22)中野 昭雄, 新田 和馬, 寺田 賢治, 渡邊 丈夫 : 画像処理によるネギアザミウマの自動識別, 植物防疫, Vol.67, No.12, 24-28, 2013年.
23)真坂 美江子, 加藤 研二, 近藤 光男, 奥嶋 政嗣 : 地方都市健康MMにおける行動の習慣性に着目した環境・健康促進効果の比較, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.D3-69, No.5, I_57-I_65, 2013年.
24)大西 洋揮, 奥嶋 政嗣 : 地方都市圏における自動車通勤者の出勤時刻決定に関する分析, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.D3-69, No.5, I_489-I_496, 2013年.
25)中嶋 悠人, 山中 英生, 真田 純子 : スポーツサイクル利用者のための愛好家と利用者の意識分析, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.69, No.5, I_697-I_704, 2013年.
26)偉士大 恵美, 山中 英生, 真田 純子 : 過疎地域におけるタクシー補助制度の実態とあり方, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.69, No.5, I_771-I_780, 2013年.
27)森本 恵美, 荒井 弘毅 : 四国地方整備局一般土木工事における入札行動からみた低入札調査基準価格改定の波及の分析, 土木学会論文集F4(建設マネジメント), Vol.69, No.4, 171-180, 2013年.
28)Tetsuo Mitani and Hideo Yamanaka : Field Experimental Analysis of the Behavior Improvement Effect Using Roadside Devices to Notify Approaching-Vehicle for Cyclists, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.10, 2123-2132, 2013.
29)Hideo Yamanaka, Xiaodong Pan and Junko Sanada : Evaluation Models for Cyclists' Perception Using Probe Bicycle System, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.10, 1413-1425, 2013.
30)KARIM Rehan Mohamed, SAIFIZUL Ahmad, Hideo Yamanaka, SHARIZLI Airul and RAMLI Rahizar : Minimum Safe Time Gap (MSTG) as a new Safety Indicator incorporating Vehicle and Driver Factors, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.10, 2069-2079, 2013.
31)Motomichi Sonobe, Zhiao Chen, Masafumi Miwa and Junichi Hino : Cable angle feedback control for helicopter slung load system using delayed feedback, Journal of Unmanned System Technology, Vol.1, No.3, 100-105, 2013.
32)田口 太郎 : 地域サポート人材の研修プログラムの構築, 農村計画学会誌, Vol.32, No.3, 364-369, 2013年.
33)山中 英生, 松原 淳, 福井 康朗 : 坂路における自転車の走行抑制デバイスの実態と効果, 交通工学研究発表会論文集, Vol.33, 483-486, 2013年.
34)KARIM Rehan Mohamed, Abdullah SAIFIZUL Ahmad, Hideo Yamanaka, Airul SHARIZLI and Rahizar RAMLI : Degree of Vehicle Overloading and its Implication on Road Safety in Developing Countries., Journal of Civil and Environmental Research, Vol.12, No.3, 20-31, 2013.
35)Kuramoto Nobuhisa, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO and Shoichiro Fujisawa : Electroencephalogram Analysis of Mechanisms Underlying Brain Activity during Voluntary Movement, International Journal of Bioscience, Biochemistry, Bioinformatics (IJBBB), Vol.4, No.1, 49-56, 2014.
36)Shin-ichiro Kurimoto, Yoshihisa Takaishi, Fakhruddin Ali Ahmed and Yoshiki Kashiwada : Triterpenoids from the fruits of Azadirachta indica (Meliaceae)., Fitoterapia, Vol.92, 200-205, 2014.
37)Mohamed Rehan KARIM, Ahmad SAIFIZUL, Hideo Yamanaka, Airul SHARIZLI and Rahizar RAMLI : An Investigation on Safety Performance Assessment of Close-Following Behavior of Heavy Vehicle Using Empirical-Simulation Technique, Journal of Transportation Technologies, Vol.4, No.1, 22-30, 2014.
38)平井 松午 : 幕末箱館における五稜郭および元陣屋の景観復原, 地理学論集, Vol.89, No.1, 26-37, 2014年.
39)Masaki Fujikawa, Mori Hikaru and Kenji Terada : Study of the Detection System for Onscreen Contents Shooting (Countermeasure against Information Leakage by Video Recording/Photo Shooting), International Journal of Information and Electronics Engineering, Vol.4, No.3, 256-263, 2014.
40)大橋 眞, 齊藤 隆仁, 胡 萌萌, 入口 幸子, 間賀田 悠吾 : グローバル化社会に向けた大学教養教育とは, 大学教育研究ジャーナル, Vol.11, No.11, 117-124, 2014年.
41)秋山 孝正, 井ノ口 弘昭, 奥嶋 政嗣 : 交通調整を意図した都市高速道路の対距離料金設定に関する検討, 交通学研究 : 研究年報, Vol.57, 97-104, 2014年.
42)平井 松午 : 吉野川流域・舞中島の洪水対策と竹林景観-洪水との共生-, 徳島地理学会論文集, Vol.13, 33-48, 2014年.
43)KARIM Rehan Mohamed, N.I. Ibrahim, Ahmad SAIFIZUL and Hideo Yamanaka : Effectiveness of Vehicle Weight Enforcement in a Developing Country using Weigh-In-Motion Sorting System considering Vehicle By-Pass and Enforcement Capability., IATSS Research, Vol.37, No.2, 124-129, 2014.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)山野 明美, 成行 義文, 平井 松午 : キャリア学習のためのPBL型学習事例報告 ―男女共同参画とグローバル人材―, 徳島大学大学教育研究ジャーナル, No.11, 81-100, 2014年.
2)山野 明美, 成行 義文, 平井 松午, 大渕 朗 : キャリア教育におけるインターンシップの実践と課題 ―大人数講義における事前学習の効果に関する考察―, 徳島大学大学教育研究ジャーナル, No.11, 51-64, 2014年.
3)三隅 友子 : 映像作品を利用した構成主義に基づく授業デザイン, 2013年度 国際センター 紀要, 1-10, 2014年.
4)三隅 友子 : 地域の国際化を目指す高大連携の可能性Ⅱ, 2013年度 国際センター 紀要, 35-49, 2014年.

2013年度(平成25年度) / 学術レター

1)Atsushi Mori : Validity of commonly used formula of nucleation work for bubble nucleation, Journal of Crystal Growth, Vol.377, No.1, 64-65, 2013.
2)山下 巧, 森本 恵美, 滑川 達 : 入札結果情報を用いた予定価格動向のモニタリングの試み, 日本計画行政学会第36回全国大会研究報告要旨集, 119-122, 2013年.
3)森本 恵美, 荒井 弘毅 : 標準型総合評価方式の入札価格と技術評価値の落札効果に対する影響, 第31回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会講演集, Vol.31, No.31 - 2-4, 13-16, 2013年.
4)森本 恵美, 荒井 弘毅 : 建設産業における参入に関する研究, 第31回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会講演集, No.31-2-12, 2013年.
5)森本 恵美, 山下 巧, 滑川 達, 山中 英生 : 過剰供給構造下におけるデータベース型積算の課題, 第31回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会講演集, Vol.31, No.31-4-9, 53-56, 2013年.

2013年度(平成25年度) / 総説・解説

1)石田 和之 : 地方税制温故知新(第23回)料理飲食等消費税の性格における遊興から消費へのシフト, , Vol.68, No.4, 267-287, 2013年4月.
2)山中 英生 : 自転車の歩行者化 その呪縛から抜け出す その2, --- 集中連載 自転車空間が目指す姿は? No3 ---, パーキングプレス, Vol.38, No.618, 050-051, 2013年5月.
3)石田 和之 : 地方税制温故知新(第24回)個人住民税の課税最低限と非課税限度額, , Vol.68, No.5, 194-214, 2013年5月.
4)山中 英生, 屋井 鉄雄, 金 利昭, 吉田 長裕, 鈴木 美緒 : 自転車利用を促進する道路空間構成の提案, --- 多様な主体の「共存」を目指す行政の取組を後押し ---, 道路, No.867, 20-24, 2013年6月.
5)石田 和之 : 地方税制温故知新(第25回)法人事業税の分割基準の見直しの経緯とその評価, , Vol.68, No.6, 186-208, 2013年6月.
6)寺田 賢治 : 画像処理で煙検知するシステム開発, O plus E, Vol.35, No.6, 623-627, 2013年6月.
7)山中 英生 : 自転車レーンの目指すもの, --- 集中連載 自転車空間が目指す姿は? No4 ---, パーキングプレス, Vol.40, No.620, 052-053, 2013年7月.
8)石田 和之 : 地方税制温故知新(第26回)固定資産税における課税標準の選択,資産評価,そして負担調整措置, , Vol.68, No.7, 170-199, 2013年7月.
9)田口 太郎 : 地域の戦略と個人の戦略の統合による地域の方向性, 早稲田まちづくりシンポジウム2013「都市・地域を眺める5つの視座」資料集, 13-15, 2013年7月.
10)石田 和之 : 地方税制温故知新(第27回)なぜ法人に地方税負担を求めてきたのか, , Vol.68, No.8, 188-213, 2013年8月.
11)三輪 昌史 : 空飛ぶロボット再び!ダクトファンを用いた飛行ロボットの作り方, ロボコンマガジン2013年9月号, 6-17, 2013年8月.
12)山中 英生 : 自転車利用環境向上の目指すもの, 市政, Vol.62, 16-18, 2013年9月.
13)山中 英生 : 自転車走行空間から「中速グリーンモード」のための道づくりを目指す, パーキングプレス, Vol.42, No.622, 026-031, 2013年9月.
14)山中 英生 : 自転車ネットワークと整備優先度, --- 集中連載 自転車空間が目指す姿は? No5 ---, パーキングプレス, Vol.42, No.622, 048-049, 2013年9月.
15)石田 和之 : 地方税制温故知新(第28回)道路財源としての自動車取得税の創設, , Vol.68, No.9, 186-213, 2013年9月.
16)石田 和之 : 地方税制温故知新(第29回)自動車税と軽自動車税∼その税率と課税客体∼, , Vol.68, No.10, 177-199, 2013年10月.
17)服部 宏祐, 寺田 賢治, 平岡 忠志, 森本 真理, 武知 康逸, 長尾 綾子, 脇田 美幸, 後藤 仁 : 画像処理を用いたダストサンプラー上の異物計測, クリーンテクノロジ, Vol.23, No.10, 44-47, 2013年10月.
18)山中 英生 : 都市交通政策としての「自転車」, 都市と交通, Vol.94, 1, 2013年10月.
19)石田 和之 : 地方税制温故知新(第30回)法定外税の考え方と方針∼変わらないことと変わること∼, , Vol.68, No.11, 196-220, 2013年11月.
20)金子 俊一, 中島 慶人, 寺田 賢治, 山下 淳 : 画像技術の実利用の現状と展望, 精密工学会誌, Vol.79, No.11, 977-980, 2013年11月.
21)山中 英生 : 自転車交通事故の特性と安全啓発のあり方について, 自治体法務研究, Vol.35, No.35, 19-24, 2013年11月.
22)石田 和之 : 地方税制温故知新(第31回)寡婦(寡夫)控除制度の範囲の拡大とその考え方, , Vol.68, No.12, 222-258, 2013年12月.
23)石田 和之 : 地方税制温故知新(第32回)固定資産税における償却資産課税をめぐる議論, , Vol.69, No.1, 208-235, 2014年1月.
24)山中 英生 : 2030年の先へ 自転車交通のビジョンへ, 運輸と経済, Vol.74, No.2, 100-103, 2014年2月.
25)寺田 賢治 : 徳島大学工学部知能情報工学科寺田研究室紹介, 計測と制御, Vol.53, No.2, 151-152, 2014年2月.
26)上野 勝利, 高原 利幸 : 土構造物の維持管理のための静電容量式水浸・空洞化センサの開発, ケミカルエンジニアリング, Vol.59, No.3, 54-60, 2014年3月.
27)石田 和之 : 地方税制温故知新(第33回)給与所得控除の意味と仕組み, , Vol.69, No.3, 178-225, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 国際会議

1)Hiroyuki Ukida, Masafumi Miwa, Yoshio Tanimoto, Tetsuya Sano and Hideki Yamamoto : Visual UAV Control System Using LED Panel and On-board Camera, 2013 IEEE International Instrumentation and Measurement Technology Conference (I2MTC 2013) Proceedings, 1386-1391, Minneapolis, May 2013.
2)Yoshio Tanimoto, Hideki Yamamoto, Kuniharu Nanba, Akihiro Tokuhiro, Kazunari Furusawa and Hiroyuki Ukida : Small Device for Counting the Number of Manual Wheelchair Strokes, 2013 IEEE International Instrumentation and Measurement Technology Conference (I2MTC 2013) Proceedings, 1755-1760, Minneapolis, May 2013.
3)Motomichi Sonobe, Masafumi Miwa and Junichi Hino : Study on simplified vibration control method for small-size helicopter with slung load system, 15th Asia Pacific Vibration Conference, Jun. 2013.
4)Takamasa Akiyama, Hiroaki Inokuchi and Masashi Okushima : Practical Management of Distance Based Toll System for Urban Expressway, Selected Proceedings of the 13th World Conference of Transport Research, Rio de Janeiro, Brazil, Jul. 2013.
5)Masashi Okushima : Analysis of Eco-mobility Shift Considering with Heterogeneity and Social Interaction, Proceedings of Frontiers in Transportation Scocial Interaction 2013, Munich, Aug. 2013.
6)Shang Ke, Stephen Githinji Karungaru, Feng Zuren, Ke Liangjun and Kenji Terada : Periodic Re-optimization based Dynamic Branch and Price Algorithm for Dynamic Multi-UAV Path Planning, Proceedings of the 2013 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation(IEEE ICMA2013), No.MP1-6(3), 581-586, Takamatsu, Aug. 2013.
7)Masayuki Daikoku, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Automatic Detection of Suspicious Objects Using Surveillance Cameras, Proceedings of the International conference on Instrumentation, Control, Information Technology and System Integration(SICE Annual Conference 2013), No.MoAT3.6, Nagoya, Sep. 2013.
8)Junpei Yamamoto, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Japanese Road Signs Recognition Using Neural Networks, Proceedings of the International conference on Instrumentation, Control, Information Technology and System Integration(SICE Annual Conference 2013), No.MoAT3.3, Nagoya, Sep. 2013.
9)Masafumi Miwa, Shingo Kunou, Akitaka Imamura and Hirofumi Niimi : Quad Rotor Helicopter Control with Humanoid Robot, Proc. of the 9th International Conference on Intelligent Unmanned Systems (ICIUS 2013), 133, Jaipur, India, Sep. 2013.
10)Motomichi Sonobe, Masafumi Miwa and Junichi Hino : Design of Simple Vibration Suppression Control by Using Delayed Feedback, 9th International Conference on Intelligent Unmanned Systems, Jaipur, India, Sep. 2013.
11)Akitaka Imamura, Shinji Uemura, Masafumi Miwa and Junichi Hino : Flight Characteristic of Quad Ducted fan Helicopter with Thrust Vectoring Nozzles, 9th International Conference on Intelligent Unmanned Systems, Jaipur, India, Sep. 2013.
12)Won-kyung Jang, Jae-woo Jin, Masafumi Miwa and Joon Hwam Shim : Location Holding System of Quad Rotor Helicopter using Laser-Guide Beam, Proceedings of 3rd Asian Conference on Engineering Education, Nov. 2013.
13)Jae-woo Jin, Masafumi Miwa and Joon Hwam Shim : Development of Quad Tilt Rotor Helicopter using Servo Motor, Proceedings of 3rd Asian Conference on Engineering Education, Nov. 2013.
14)Stephen Githinji Karungaru, Minoru Fukumi and Kenji Terada : Hand Written Character Recognition using Star-Layered Histogram Features, Proceedings of SICE, Dec. 2013.
15)Stephen Githinji Karungaru, Yammoto Jumpei and Kenji Terada : Japanese Road Signs Recognition using Neural Networks, Proceedings of SICE, Dec. 2013.
16)三隅 友子, 竹内 利夫 : 絵の身になって鑑賞しよう -よーいアクション!-, 国際表現言語学会, 2013年12月.
17)Katsutoshi Ueno, Sokkheang Sreng and Kobayashi Koji : Surface kinematometry by image processing for geotechinical model tests, ICPMG 2014 Physical modelling in Geotechnics, Vol.1, 337-343, Jan. 2014.
18)Hiroyuki Ukida : 3D Shape Reconstruction by Photometric Stereo Method Using Linear Light Sources, Proceedings of the 20th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2014), 132-136, Okinawa, Feb. 2014.
19)Jun Fukumoto and Kenji Terada : Motion analysis of an aquarium fish using a Web camera, Proceedings of the 2014 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing(NCSP'14), No.1AM1-3-2, 45-48, Honolulu, Mar. 2014.
20)Masayuki Daikoku, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Human Action Recognition using Multi Cameras, Proceedings of the 2014 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing(NCSP'14), No.3AM2-3-1, 641-644, Honolulu, Mar. 2014.
21)Stephen Githinji Karungaru, Kenji Terada and Minoru Fukumi : Vehicle Extraction from Aerial Images Captured using an UAV, Proceedings of the 2014 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing(NCSP'14), 313-316, Honolulu, Hawaii, USA, Mar. 2014.
22)Taro Taguchi : Revitalization Issue at Nuclear Plant Town - 2007 Niigata, Chuetsu-oki Earthquake, Toulouse, Mar. 2014.
23)Taro Taguchi : Japanese "Machizukuri", Paris, Mar. 2014.

2013年度(平成25年度) / 国内講演発表

1)三輪 昌史, 山下 剛史 : ダクトファンを用いた倒立型飛行体,, 第44期年会講演会, JSASS-2013-1025, 2013年4月.
2)植村 慎司, 今村 彰隆, 三輪 昌史 : ダクトファンを用いたマルチコプタの制御, 第44期年会講演会, JSASS-2013-1026, 2013年4月.
3)今村 彰隆, 植村 慎司, 三輪 昌史, 日野 順市 : ベクターノズル型クアッドコプタの飛行特性, 第44期年会講演会, JSASS-2013-1027, 2013年4月.
4)田口 太郎 : 那賀町地域おこし協力隊着任式「地域へ人が行く,という支援とは」, 2013年4月.
5)田口 太郎 : 人口減少社会における地域の持続性獲得に向けた支援とは, 2013年5月.
6)美馬 成一郎, 宮田 隆弘, 山中 英生 : 津波防災と持続可能なまちづくりに関する住民意識分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.19, 195-196, 2013年5月.
7)松尾 涼平, 山中 英生 : 高齢者モビリティとしての電動バイクの道路交通状況への適合性に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.19, 261-262, 2013年5月.
8)亀井 譲史, 山中 英生, 中嶋 悠人 : 自転車の車道走行時における危険感の要因分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.19, 265-266, 2013年5月.
9)福井 康朗, 山中 英生, 松原 淳 : 坂路における自転車の走行抑制バリカーの効果分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.19, 267-268, 2013年5月.
10)森本 恵美, 滑川 達, 岩松 準, 遠藤 和義 : 運営方法標準化を目指した入札監視委員会の基礎的調査, 土木学会四国支部第19回技術研究発表会講演概要集, Vol.19, -2, 2013年5月.
11)三品 恵佑, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 企業におけるCEVと太陽光発電の普及要因に関する基礎的検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.19, 191-192, 2013年5月.
12)福田 崇紀, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 徳島市沿岸地域における自動車利用津波避難シミュレーション, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.19, 233-234, 2013年5月.
13)鳥居 靖弘, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 高速道路の通行止規制時の交通行動に関する基礎的分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.19, 239-240, 2013年5月.
14)大橋 俊介, 瀬山 雄大, 近藤 光男, 奥嶋 政嗣 : 住民意識調査に基づく身体活動量の増加に寄与する公園整備に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.19, 209-210, 2013年5月.
15)原田 隆, 村上 幸二郎, 近藤 光男, 奥嶋 政嗣 : 徳島市都心部における土地需給に基づく住居系土地利用の潜在需要分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.19, 199-200, 2013年5月.
16)石川 翔太, 松井 雄揮, 上野 勝利, 渦岡 良介, 鈴木 壽 : 静電容量式空洞センサーによる空洞評価の模型実験, 平成25年度土木学会四国支部第19回技術研究発表会, 183-184, 2013年5月.
17)福田 典紀, 大住 俊揮, 上野 勝利, 鈴木 壽, 鈴木 壽 : 津波による高水位により転倒した防潮堤の遠心模型実験, 平成25年度土木学会四国支部第19回技術研究発表会, 149-150, 2013年5月.
18)田口 太郎 : 地方小規模都市の被災と復興上の課題, 2013年5月.
19)加地 純也, 廣野 恭平, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 日野 順市, 藤澤 正一郎 : 座圧分散クッションを使用した車椅子走行時の振動伝達特性と乗り心地評価, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013講演論文集, No.2A2_C01, 1-2, 2013年5月.
20)植村 慎司, 今村 彰隆, 三輪 昌史 : マルチダクトファンヘリコプタの制御, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013, 1A2-F10, 2013年5月.
21)山下 剛史, 重松 佑紀, 三輪 昌史 : 倒立型ダクトファン飛行体, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013, 1A2-G01, 2013年5月.
22)今村 彰隆, 三輪 昌史, 日野 順市 : クアッドコプタのマヌーバ制御による測域センサの三次元化, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013, 1A2-G07, 2013年5月.
23)川添 竜弥, 金村 直哉, 三輪 昌史 : ヒューマノイドロボットの走行を目指した一本脚ロボットによる跳躍解析, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013, 1A2-P12, 2013年5月.
24)久納 慎吾, 三輪 昌史, 二井見 博文 : クアッドロータヘリの重心移動による操作, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013, 1A2-F08, 2013年5月.
25)真田 純子 : 徳島県佐那河内村における健康を核にしたまちづくり, 土木計画学研究·講演集, Vol.47, 2013年6月.
26)中尾 隼人, 真田 純子 : 戦前における水力発電の取水方法の変化とその背景, 土木史研究講演集, Vol.33, 2013年6月.
27)真田 純子 : 80人クラスにおける演習型土木史教育の試み, 土木史研究講演集, Vol.33, 2013年6月.
28)石田 和之, 杉山 忍, 柴田 享 : 徳島県歯科医師会「歯科治療電話相談」のテキストマイニングによる分析, 第54回日本歯科医療管理学会総会・学術大会, 2013年6月.
29)中嶋 悠人, 山中 英生, 真田 純子 : スポーツサイクル利用者の特性と増進に向けた施策, 土木計画学研究·講演集, Vol.47, 2013年6月.
30)亀井 壌史, 山中 英生 : プローブバイシクルを用いた車道走行自転車の安全感評価モデルの開発, 土木計画学研究·講演集, Vol.47, 2013年6月.
31)奥嶋 政嗣, 石井 亜也加 : 社会的相互作用を考慮したCEV普及シミュレーション, 土木計画学研究·講演集, Vol.47, 1-11, 2013年6月.
32)堀 広毅, 奥嶋 政嗣 : 地方都市圏に関わる交通機関分担を考慮した高速道路料金政策の影響分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.47, 1-8, 2013年6月.
33)萩原 武司, 小澤 友記子, 嶋田 真尚, 大藤 武彦, 宇野 伸宏, 倉内 文孝, 奥嶋 政嗣 : 多様なデータを活用した交通シミュレーション関連技術開発に基づく予測所要時間精度向上, 土木計画学研究·講演集, Vol.47, 1-7, 2013年6月.
34)王 茹剛, 山中 英生, 三谷 哲雄 : シュミレータによる幹線道路小交差点における自転車の挙動分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.47, 2013年6月.
35)松浦 正浩, 馬場 健司, 松尾 真紀子, 山中 英生 : 共同事実確認手法による社会資本整備の合意形成支援, 土木計画学研究·講演集, Vol.47, 2013年6月.
36)山口 行一, 松浦 正浩, 山中 英生, 坂本 真理子 : 合意形成の調整役機能を明らかにする実践のプロファイリング手法の検討, 土木計画学研究·講演集, Vol.47, 2013年6月.
37)三国 成子, 山中 英生 : 自転車に関わる事故形態とその分析 自歩道交差点の危険性, 土木計画学研究·講演集, Vol.47, 2013年6月.
38)平井 松午 : 洪水との共生-吉野川の文化的景観-, 人文地理学会第279回例会(徳島大学総合科学部), 2013年6月.
39)浮田 浩行, 三輪 昌史, 岡部 康平, 造田 優貴, 西端 宏樹 : LEDパネルを用いたUAV飛行制御システムの開発, 第19回画像センシングシンポジウムダイジェスト集, DS1-04, 2013年6月.
40)川端 るか, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 監視カメラを用いた侵入行為の検出, 第19回画像センシングシンポジウム, No.IS1-05, 2013年6月.
41)瀬口 智也, 寺田 賢治, 山田 博胤 : 超音波エコー画像を用いた心臓病診断支援, 第19回画像センシングシンポジウム, No.IS3-07, 2013年6月.
42)荒野 智大, 寺田 賢治, 田仲 浩平 : USBカメラを用いた臨床工学技士の技能判定, 第19回画像センシングシンポジウム, No.IS3-08, 2013年6月.
43)平井 松午 : GISを用いた幕末期における蝦夷地陣屋の3D復原, 2013年度 北海道地理学会春季学術大会(北海学園大学), 2013年6月.
44)石田 和之 : 地方税の安定性について, 日本地方自治研究学会関西部会第97回研究会, 2013年7月.
45)藤井 亮平, 加藤 研二, 真坂 美江子, 近藤 光男, 奥嶋 政嗣 : 健康情報提供による自動車利用抑制効果, 第八回日本モビリティ・マネジメント会議発表概要集, 2013年7月.
46)平井 松午 : 幕末箱館における五稜郭および蝦夷地陣屋の景観復原, 平成25年度 函館市中央図書館 郷土の歴史講座(函館市中央図書館), 2013年7月.
47)三隅 友子 : きんびセミナー「ドイツ紀行」, 日本語教育, 2013年7月.
48)上野 勝利, 松井 雄揮, 石川 翔太, 高原 利幸 : 地中埋設を考慮した単純な静電容量型浸水・空洞化センサ, 第48回地盤工学研究発表会, 205-206, 2013年7月.
49)野々垣 遥也, 上野 勝利, 鈴木 大夢, 高原 利幸 : 閉回路レーダ法による地下空洞の検知実験, 第48回地盤工学研究発表会, 1449-1450, 2013年7月.
50)上野 勝利, スレン ソッキアン, 小林 浩二, 向井 健次郎, 紅野 良太 : サブピクセル精度の画像解析手法を用いた遠心力模型実験における地盤変位の計測, 第48回地盤工学研究発表会, 297-298, 2013年7月.
51)下河 太一, 居上 靖弘, 渦岡 良介, 上野 勝利, 鈴木 壽 : 軟弱粘性土地盤の変形による盛土の水分・応力状態に関する遠心模型実験, 第48回地盤工学研究発表会, 1207-1208, 2013年7月.
52)平井 松午 : 遍路道と絵図, 郷土文化講座「四国の遍路文化Ⅱ」, 2013年8月.
53)木村 有希, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 高橋 和哉, 池田 典弘, 荻野 弘 : 高齢者・視覚障がい者のための横断歩道口発光ブロックの検証, 日本福祉のまちづくり学会第16回全国大会, No.1A-1, 1-2, 2013年8月.
54)平井 松午 : 上勝町の重要文化的景観と空間構造, 上勝講座「美しい村の伝承の作法」, 2013年8月.
55)阿地 恵太, 吉田 章人, 浮田 浩行 : 複数の線光源とステレオカメラを用いた三次元形状計測, 第18回知能メカトロニクスワークショップ, 153-157, 2013年8月.
56)山本 純平, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 交通標識と道路標示認識による運転支援, 第18回知能メカトロニクスワークショップ, No.V1-3, 2013年8月.
57)川端 るか, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : 出入口付近における不審行動の検知, 第18回知能メカトロニクスワークショップ, No.V1-5, 2013年8月.
58)植村 慎司, 今村 彰隆, 三輪 昌史 : ダクトファンを用いたマルチコプタの飛行制, 第13 回「運動と振動の制御」シンポジウム(MOVIC2013), B31, 2013年8月.
59)吉田 健介, 花田 愛, 掛井 秀一 : グループワークのコミュニケーションに情報共有ツールが与える影響:実験概要および分析項目 --コミュニケーションを活性化するプロジェクト型学習教室の在り方に関する研究 その2, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 895-896, 2013年8月.
60)花田 愛, 吉田 健介, 掛井 秀一 : グループワークのコミュニケーションに情報共有ツールが与える影響:実験結果および考察 --コミュニケーションを活性化するプロジェクト型学習教室の在り方に関する研究 その3, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 897-898, 2013年8月.
61)原 勝哉, 笹田 宏紀, 上野 勝利, 橋本 親典, 渡邉 健 : 粒状体・流体連成によるフレッシュコンクリートの流動解析, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.68, 1121-1122, 2013年9月.
62)三輪 昌史 : ダクトファンの推力偏向を用いた倒立型飛行体, 第31回 日本ロボット学会 学術講演会, 2K1-02, 2013年9月.
63)山下 巧, 森本 恵美, 滑川 達 : 入札結果情報を用いた予定価格動向のモニタリングの試み, 日本計画行政学会第36回全国大会研究報告要旨集, 119-122, 2013年9月.
64)寺田 賢治 : 人のスマート画像処理, 平成25年電気学会 電子・情報・システム部門大会, No.TC13-3, 2013年9月.
65)藤澤 正一郎, 前野 哲哉, 小川 武紘, 石本 晃大, 伊藤 伸一, 佐藤 克也 : 知的/精神障害者の集団作業における職業評価手法に関する研究, 日本機械学会2013年度年次大会講演論文集, No.13-1, 1-5, 2013年9月.
66)倉本 展尚, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 随意運動における脳活動のメカニズム, 平成25年度電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文CD-ROM, 1101-1106, 2013年9月.
67)栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(4), 日本生薬学会第60回年会, 78, 2013年9月.
68)洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(21) –Gentiana rigescensの成分研究 (3)-, 日本生薬学会第60回年会, 196, 2013年9月.
69)中野 扶佐子, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(20) –Saussurea lanicepsの成分研究 (2)-, 日本生薬学会第60回年会, 195, 2013年9月.
70)佐々木 久子, 柴田 洋文, 今林 潔, 高石 喜久, 柏田 良樹 : ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(8)–植物和名の由来に関する科学的検討-, 日本生薬学会第60回年会, 243, 2013年9月.
71)金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高上馬 希重 : センリョウ科Chloranthus spicatus根の成分研究, 日本生薬学会第60回年会, 280, 2013年9月.
72)奥嶋 政嗣, 秋山 孝正 : 社会的同調性を考慮したマルチエージェント交通シミュレーション, ファジィシステムシンポジウム講演論文集, Vol.29, 2013年9月.
73)平井 松午 : 棚田保全による地域の再生, インターユニ・フィールドワーク・プログラム@徳島・上勝 2013, 2013年9月.
74)田口 太郎 : 人による地域づくりの可能性と課題, 2013年9月.
75)Masafumi Miwa, Shinji Uemura and Hirofumi Niimi : Quad-Rotor Helicopter Control with Centroid Shifting by Small Humanoid Robot, SICE Annual Conference 2013, 1905-1906, Sep. 2013.
76)中野 扶佐子, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 柏田 良樹 : キク科植物Saussurea lanicepsの成分研究, 第55回天然有機化合物討論会, 2013年9月.
77)山中 英生 : 自転車を活用した交通戦略とまちづくり, 全国市町村国際文化研修会, 2013年9月.
78)高科 勇太, 藤澤 正一郎, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 画像処理による視覚障害者の見守りシステム, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-6, 2013年9月.
79)大瀬戸 真由美, 寺田 賢治, 浮田 浩行 : 案内標識の文字認識による自動操縦の位置情報取得, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-7, 2013年9月.
80)福本 淳, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : Web カメラを用いた観賞魚の動き解析, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-8, 2013年9月.
81)瀬口 智也, 寺田 賢治, 山田 博胤 : 超音波エコー画像を用いた心臓病診断支援, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-13, 2013年9月.
82)荒野 智大, 寺田 賢治, 田仲 浩平 : USB カメラを用いた臨床工学技士の技能判定, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-14, 2013年9月.
83)森 篤史, 鈴木 良尚 : 正方格子基板上へ成長した重力下剛体球系結晶中の欠陥の同定, 日本物理学会2013年秋季大会, 2013年9月.
84)森 篤史, 鈴木 良尚 : 熱浴の化学ポテンシャルと平衡状態の化学ポテンシャル の差で表した臨界核生成可逆仕事の表式と核生成定理, 日本物理学会2013年秋季大会, 2013年9月.
85)東 伸悟, 森 篤史, 鈴木 良尚, 原口 雅宣, 橋本 修一, 澤田 勉 : フォトニックバンドとプラズモニクスのハイブリッド効果の発現 を目指したゲル固定化コロイド結晶上への金属ナノ粒子の付着, 日本物理学会2013年秋季大会, 2013年9月.
86)橋本 敏弘, 吉川 和子, 谷 沙希子, 山下 智子, 井関 賀奈子, 山本 博文, 今川 洋, 柏田 良樹, 高石 喜久, 馬場 正樹, 岡田 嘉仁, 河野 幸子 : シンビジウムグレートフラワー・マリーローランサンの葉に含まれる新規トリテルペン, 第57回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会, 2013年10月.
87)山中 英生 : 自転車利用環境創出ガイドラインについて, 自転車活用推進議員連盟自転車活用プロジェクトチーム会合第3回, 2013年10月.
88)田口 太郎 : 地方小規模都市の被災と復興上の課題, 2013年10月.
89)田口 太郎 : 人的支援導入にあたっての行政の重要性, 2013年10月.
90)佐藤 克也, 門司 亮, 中島 雄太, 南 和幸, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : ストレッチ刺激に対する培養骨芽細胞のカルシウム応答のその場観察, 第36回日本生体医工学会中国四国支部大会 講演抄録, 20, 2013年10月.
91)峪口 有香子, 平井 松午, 岸江 信介 : 地域言語に関するGIS分析―瀬戸内海地域をフィールドとして―(2013年人文地理学会大会) 0, 2013年10月.
92)山中 英生 : 自転車の利用環境向上とサインデザインについて, 日本図学会第94回関西支部例会, 2013年10月.
93)小笠 紗也加, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 高石 喜久, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(2)-Paeonia anomala根の成分研究(1), 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 196, 2013年10月.
94)市川 沙季, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(23) –Potentilla freyniana地上部の成分研究(1)-, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 197, 2013年10月.
95)栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(5), 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 197, 2013年10月.
96)山中 英生, 井上 賢 : シミュレータを用いた自転車走行誘導のための カラー連続型路面表示の諸元検討, 日本道路会議論文集, Vol.30, 2013年10月.
97)山中 英生, 上條 俊介, 田中 淳, 寺崎 健雄, 木下 康之 : 自転車の車道通行における追抜状況の観測と安全感評価, 日本道路会議論文集, Vol.30, 2013年10月.
98)北山 美香, 水口 博之, 北村 嘉章, 藤井 達也, 関田 泰子, 久保 宣明, 久保 伸夫, 柏田 良樹, 福井 裕行, 武田 憲昭 : HeLa細胞におけるナローバンドUVBのヒスタミンH1受容体遺伝子発現への影響, 第124回日本薬理学会近畿部会, 2013年11月.
99)三品 恵佑, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 企業活動におけるクリーンエネルギー車両と太陽光発電の普及に関する要因分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.48, 1-5, 2013年11月.
100)鳥居 靖弘, 奥嶋 政嗣, 萩原 武司, 河本 一郎 : 都市高速道路の通行止め規制時における交通行動に関する基礎的分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.48, 1-5, 2013年11月.
101)福田 崇紀, 奥嶋 政嗣 : 地方都市における津波避難計画策定のための自動車利用避難シミュレーションの適用, 土木計画学研究·講演集, Vol.48, 1-5, 2013年11月.
102)石井 亜也加, 奥嶋 政嗣 : クリーンエネルギー車両保有に関する普及促進策の効果分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.48, 1-5, 2013年11月.
103)藤井 亮平, 加藤 研二, 真坂 美江子, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 健康情報提供による自動車利用抑制策についての基礎的検討, 土木計画学研究·講演集, Vol.48, 1-4, 2013年11月.
104)田口 太郎 : 人による地域づくりの可能性と課題, 2013年11月.
105)山中 英生 : 自転車の快適で安全な利用環境, --- ガイドライン発出と今後の展望 ---, 自転車利用環境向上会議2013in宮崎, 2013年11月.
106)岸 和輝, 渡辺 峻, 寺田 賢治 : リード・ソロモン符号における最小重み符号語による符号化, 平成25年電気関係学会関西連合大会, No.G10-2, 2013年11月.
107)三輪 昌史, 植村 慎司 : マルチコプタの外部入力による直観的操作方法, 第56回自動制御連合講演会, 312, 2013年11月.
108)三輪 昌史, 植村 慎司, 岡本 和大 : 地形の影響を受けないヒューマノイドロボットの移動方法としての飛行, 第56回自動制御連合講演会, 317-312, 2013年11月.
109)三輪 昌史, 植村 慎司 : 重心移動を入力操作としたマルチコプタの移動制御, 第56回自動制御連合講演会, 731, 2013年11月.
110)柏田 良樹 : 最近の生薬をめぐる動向と天然物化学的視点からのアプローチ, 第42回中四国支部総会, 2013年11月.
111)浮田 浩行, 阿地 恵太, 吉田 章人 : フォトメトリックステレオ法と2 眼ステレオ法を組み合わせた形状復元, 第18回パターン計測シンポジウム資料, 7-12, 2013年11月.
112)上中 正好, 野々垣 遥也, 内藤 恵太, 上野 勝利 : 静電容量式空洞センサの塩分濃度の影響, 地盤工学会四国支部平成25年度技術研究発表会講演概要集, 11-12, 2013年11月.
113)Yuto Oe, Momoko Abe, Yousuke Endoh, Masahiro Sakata, Ichinkhorloo Zesem, Munkhtsetseg Janlav, Makoto Ohashi and Takanori Satoh : 16S rRNA gene analysis of bacteria from Mongolian animal milks and their dairy products,Biosorbent, The 29th Annual Meeting of the Japanese Society of Microbial Ecology (JSME2013),Program and abstracts, 130, Nov. 2013.
114)荒野 智大, 寺田 賢治, 田仲 浩平 : USBカメラによる臨床工学技士の挙動評価, 2013年度計測自動制御学会四国支部講演会, No.SO1-12, 2013年11月.
115)瀬口 智也, 寺田 賢治, 山田 博胤 : 心臓の動き解析による心臓病診断支援, 2013年度計測自動制御学会四国支部講演会, No.SO1-13, 2013年11月.
116)高科 勇太, 藤澤 正一郎, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 画像処理による視覚障害者の支援システム, 2013年度計測自動制御学会四国支部講演会,, No.SO1-17, 2013年11月.
117)齊藤 隆仁, 大橋 眞 : 生涯学習の導入教育としての 大学教養教育, --- 徳島大学における事例から ---, 日本生涯教育学会第34回発表要旨集録, 5, 2013年11月.
118)真田 純子 : 風景保全策としての「風景をつくるごはん」プロジェクト, 景観・デザイン研究講演集, No.9, 139-144, 2013年12月.
119)真田 純子, 岡本 昌晃 : 徳島県における石積みの現状把握と技術継承に関する研究, 景観・デザイン研究講演集, No.9, 107-116, 2013年12月.
120)西野 真史, カルンガル ステファン, 寺田 賢治 : ARマーカを用いたランニングフォームの解析, ビジョン技術の実利用ワークショップ2013, No.IS1-B5, 2013年12月.
121)大黒 将幸, カルンガル ステファン, 寺田 賢治 : 監視カメラ映像による不審者と不審放置物の検知, ビジョン技術の実利用ワークショップ2013, No.IS1-B6, 2013年12月.
122)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2013, ビジョン技術の実利用ワークショップ2013, 2013年12月.
123)樫原 孝幸, 寺田 賢治, 遠藤 義英, 中野 主久, 山岸 貴俊 : CCDカメラを用いた火災炎の検出, ビジョン技術の実利用ワークショップ2013, No.OS4-H1(IS2-A1), 2013年12月.
124)平岡 忠志, 脇田 美幸, 長尾 綾子, 後藤 仁, 武知 康逸, 森本 真理, 服部 宏祐, 寺田 賢治 : 市販スキャナを用いたダストカウンターシステムの開発, ビジョン技術の実利用ワークショップ2013, No.IS2-A9, 2013年12月.
125)森本 恵美, 荒井 弘毅 : 四国地方整備局一般土木工事における入札行動からみた低入札調査基準価格改定の波及の分析, 土木学会論文集F4(建設マネジメント), Vol.69, No.4, 171-180, 2013年12月.
126)森本 恵美, 荒井 弘毅 : 標準型総合評価方式の入札価格と技術評価値の落札効果に対する影響, 第31回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会, 2013年12月.
127)森本 恵美, 荒井 弘毅 : 建設産業における参入に関する研究, 第31回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会講演集, No.31-2-12, 2013年12月.
128)森本 恵美, 山下 巧, 滑川 達, 山中 英生 : 過剰供給構造下におけるデータベース型積算の課題, 第31回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会講演集, No.31-4-9, 2013年12月.
129)三輪 昌史 : 隔絶地域・不整地での運搬用空中台車, SI2013, 1C1-3, 2013年12月.
130)三輪 昌史, 二井見 博文, レスキューロボットコンテスト実行委員会 : 第13 回レスキューロボットコンテストにおける無線LAN および無線通信システムの管制, SI2013, 1D4-4, 2013年12月.
131)三輪 昌史 : UAV を応用した物資運搬用空中台車, SI2013, 2D3-5, 2013年12月.
132)廣野 恭平, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 視覚障害者のための交差点周辺における移動支援機器間の連続性に関する研究, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集, 2023-2026, 2013年12月.
133)池田 典弘, 高橋 和哉, 木村 有希, 稲垣 具志, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 志賀 大輔 : 横断歩道口用発光ブロックの認識に関する研究, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集, 2027-2029, 2013年12月.
134)上田 喜敏, 藤澤 正一郎 : 福祉・医療分野等における介護・看護作業の問題と解決, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集, 2054-2056, 2013年12月.
135)石原 康行, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一 : 内外反変形をダイナミックに矯正可能な装具の開発, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集, 2073-2075, 2013年12月.
136)森本 恵美, 山中 英生 : 長期インターンシップを利用した産学官連携活動の推進, 平成25年度全学FD推進プログラム大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 22-23, 2013年12月.
137)三好 遙, 山根 直人, 西村 信耶, 北岡 誠, 中尾 勇貴, 森本 恵美, 出口 祥啓 : 「自主プロジェクト演習」の活動を通して学んだこと, 平成25年度全学FD推進プログラム大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 68-69, 2013年12月.
138)北岡 誠, 西村 信耶, 山根 直人, 中尾 勇貴, 三好 遙, 森本 恵美, 出口 祥啓 : 小学生の創作活動を通した理科教育活動への参画ー少年少女チャレンジ創造コンテストー, 平成25年度全学FD推進プログラム大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 70-71, 2013年12月.
139)大橋 眞, 齊藤 隆仁 : グローバル化社会に向けた大学教養教育, 平成25年度全学FD 徳島大学教育カンファレンスin徳島, 26-27, 2013年12月.
140)寺田 賢治 : 外観検査アルゴリズムコンテスト2013, 画像応用技術専門委員会2013年度第5回研究会, Vol.28, No.5, 29-32, 2014年1月.
141)梅田 和昇, 寺田 賢治 : ViEW2013 ビジョン技術の実利用化ワークショップ報告, 画像応用技術専門委員会2013年度第5回研究会, Vol.28, No.5, 27-28, 2014年1月.
142)田口 太郎 : 地域への人的な支援の可能性, 2014年1月.
143)山中 英生 : 自転車交通とまちづくり, 平成25年度都市計画セミナー, 2014年1月.
144)田口 太郎 : 小さな一歩からはじまる地域防災・まちづくり, 2014年1月.
145)田口 太郎 : 地域人材の育成を通じた地域再生, 2014年2月.
146)浮田 浩行, 阿地 恵太, 吉田 章人 : 2台のカメラと線光源を用いた3次元形状復元方法の検討, 動的画像処理実利用化ワークショップ2014(DIA2014)講演論文集, 26-31, 2014年3月.
147)金村 直哉, 川添 竜弥, 三輪 昌史 : ヒューマノイドロボット転倒時における被害軽減動作パターン, 日本機械学会 中国四国支部第52期総会・講演会, 602, 2014年3月.
148)川添 竜弥, 三輪 昌史 : 片脚ロボットによる前方跳躍に関する研究, 日本機械学会 中国四国支部第52期総会・講演会, 715, 2014年3月.
149)西端 宏樹, 三輪 昌史 : ウェイポイントを用いた無人ヘリコプタの自動帰還システム, 日本機械学会 中国四国支部第52期総会・講演会, 708, 2014年3月.
150)植村 慎司, 今村 彰隆, 三輪 昌史 : マルチコプタの推力装置としてのダクトファンの性能評価, 日本機械学会 中国四国支部第52期総会・講演会, 717, 2014年3月.
151)酒井 良裕, 三輪 昌史 : マルチロータを用いたテイルシッタ型VTOL機, 日本機械学会 中国四国支部第52期総会・講演会, 711, 2014年3月.
152)岡本 和大, 三輪 昌史, 浅井 清嗣 : ダクトファンを用いたヒューマノイドロボットの浮上移動, 日本機械学会 中国四国支部第52期総会・講演会, 716, 2014年3月.
153)茶谷 直希, 植村 慎司, 三輪 昌史 : 飛行型レスキューロボットのためのFPV操縦, 日本機械学会 中国四国支部第52期総会・講演会, 710, 2014年3月.
154)丸橋 伸也, 重松 佑紀, 三輪 昌史 : 2基のダクトファンを用いた推進型VTOL機, 日本機械学会 中国四国支部第52期総会・講演会, 718, 2014年3月.
155)三輪 昌史, 植村 慎司, 今村 彰隆, 二井見 博文 : 重心移動によるマルチコプタの操縦, 日本機械学会 中国四国支部第52期総会・講演会, 709, 2014年3月.
156)三輪 昌史, 植村 慎司, 金村 直哉, 田邉 史将, 重光 亨 : マルチコプタをベースとした空中台車, 日本機械学会 中国四国支部第52期総会・講演会, 712, 2014年3月.
157), 西村 弘樹, 園部 元康, 三輪 昌史, 日野 順市 : 遅延フィードバックを用いた小型ヘリコプタによる吊り下げ物体搬送システムの振動制御, 日本機械学会中国四国支部第52期講演会, 2014年3月.
158)Hideo Yamanaka : Practices of Bicycle Tourism in Japan, The 5th International Seminar on Urban Transport, Mar. 2014.
159)豊田 哲也, 北野 寛人 : 周辺地域における公共事業の縮小と平成大合併にともなう土木建設業の再編, 日本地理学会発表要旨集, Vol.85, 340, 2014年3月.
160)豊田 哲也, 川瀬 晴久 : 徳島県の菌床シイタケ生産にみる食料産業クラスターと地域ブランドの形成, 日本地理学会発表要旨集, Vol.85, 336, 2014年3月.
161)浮田 浩行, 大西 広樹 : 人物追跡における Kinect と固有顔を用いた顔の向きの推定, 電気学会研究会資料(知覚情報・次世代産業システム 合同研究会), 43-48, 2014年3月.
162)栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(6), 日本薬学会第134年会, Vol.2, 65, 2014年3月.
163)洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(24) –Gentiana rigescensの成分研究 (4)-, 日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
164)市川 沙季, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(25) –Potentilla freyniana地上部の成分研究-, 日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
165)小早川 夏樹, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(3)-Sanguisorba officinalis花部の成分研究(2)-, 日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
166)武方 みなみ, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(4)-Gentiana algida地上部の成分研究(1)-, 日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 作品等

1)Mitsuru Hiraki : A scene with a house(II), 第2回ウルサン国際木版画フェスティバル, Jul. 2013.
2)平木 美鶴 : 9月の果実, 第76回英国木口木版画協会展, 2014年2月.

2013年度(平成25年度) / その他・研究会

1)高科 勇太, 藤澤 正一郎, カルンガル ステファン, 寺田 賢治 : 画像処理による視覚障害者の見守りシステム, 電気学会知覚情報研究会, No.PI-13-18, 47-52, 2013年4月.
2)西野 真史, カルンガル ステファン, 寺田 賢治 : 画像処理を用いたランニングフォームの自動解析, 電気学会知覚情報研究会, No.PI-13-19, 53-58, 2013年4月.
3)福本 淳, 寺田 賢治 : Webカメラを用いた鑑賞魚の動き解析, 電気学会知覚情報研究会, No.PI-13-20, 59-64, 2013年4月.
4)真田 純子 : みどころ土木遺産 徳佐川橋梁 ー地域の希望を背負った小さなラチス桁橋梁ー, 土木学会誌, Vol.98, No.7, 4-5, 2013年7月.
5)平井 松午 : 「知の総合化」に向けた教育研究活動の推進, とくTalk(徳大広報), No.152, 1, 2013年7月.
6)三隅 友子 : 多文化共生とわたしたち, 講義, 2013年7月.
7)三隅 友子 : 日本語支援のための異文化理解と外国語としての日本語, JTM日本語指導養成セミナー, 2013年9月.
8)藤澤 正一郎 : 人の支援技術を支える工学の役割, 電気学会研究会資料 制御研究会, No.CT-13-81, 105-110, 2013年12月.
9)森 篤史, 鈴木 良尚 : コロイドエピタキシーにおける重力テンパリングによるコロイド結晶中の欠陥の低減, 学習院大学計算機センター特別企画「結晶成長の数理」第8回研究会―濡れと結晶成長―, 2013年12月.
10)渡部 稔, 佐藤 高則, 大橋 眞 : 高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」実施報告(第5報), 平成25年度全学FD大学教育カンファレンス in 徳島 発表抄録集, 46-47, 2013年12月.
11)三隅 友子, 仙石 桂子 : 教育にインプロを取り入れよう!, 大学教育カンファレンス, 42-43, 2013年12月.
12)平井 松午 : 徳島県における中山間地域の課題, , 2014年2月.
13)三隅 友子 : 教養教育におけるコミュニケーション教育, 京都大学高等教育研究開発推進センター, 2014年3月.
14)三隅 友子 : プロジェクトワークの力, 北海道大学留学生センター, 2014年3月.
15)清山 幹弘, 志賀 大輔, 池田 典弘, 高橋 和哉, 稲垣 具志, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎 : 横断歩道口用発光ブロックの識別に関する研究, 電気学会研究会資料 制御研究会, No.CT-14, 5-8, 2014年3月.
16)廣野 恭平, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎 : 交差点周辺の視覚障害者の単独歩行のための移動支援機器間の連続性, 電気学会研究会資料 制御研究会, No.CT-14, 29-32, 2014年3月.
17)田辺 猛, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一 : 破面合成法による道路交通騒音再現に関する研究, 電気学会研究会資料 制御研究会, No.CT-14, 35-38, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 報告書

1)藤澤 正一郎, 山中 英生, 森本 恵美 : 実践的な技術者育成のための創成型キャリア教育プロジェクト, 平成23年度徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部研究プロジェクト研究成果報告, 9-12, 2013年4月.
2)森 篤史, 古川 英光, 山登 正文, 高橋 弘紀 : 磁場中調製したシリカゲルを用いた異方性材料開発, 東北大学金属材料研究所強磁場超伝導材料センター平成24年度年次報告, 122-123, 仙台, 2013年6月.
3)佐藤 高則, 大橋 眞, 渡部 稔, Munkhtsetseg Janlav, Ichinkhorloo Zesem : モンゴル国家畜乳および乳製品の生物資源としての利用を指向した免疫作用 および細菌・機能性生体分子の調査研究, 平成24年度 学部長裁量経費・創生研究プロジェクト 報告書, 20-22, 徳島, 2013年9月.
4)平井 松午 : 幕末箱館における五稜郭および元陣屋の景観復原, 科研・基盤B「文化財としての幕末蝦夷地陣屋・囲郭の景観復原-GIS・3次元画像ソフトの活用」研究成果報告書, 5-20, 2014年1月.
5)岸江 信介, 玉 真之介, 掛井 秀一, 清水 勇吉, 峪口 有香子 : 徳島県吉野川流域言語地図, 1-302, 2014年3月.
6)平井 松午 : 「勝瑞」守護町勝瑞検証会議報告書, 96-101, 2014年3月.

2014年度(平成26年度)

article.{@.date="20140400 20150399" @.organization=\E{166679}}

2014年度(平成26年度) / 著書

1)阿波学会60周年記念誌編集委員会, 平井 松午 : 徳島の自然と文化, 阿波学会60周年記念誌刊行委員会, 2014年12月.
2)田口 太郎 : 中越地震から3800日, 株式会社 ぎょうせい, 2015年3月.
3)石田 和之 : 地方税の安定性, 成文堂, 東京, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (審査論文)

1)宮田 隆弘, 山中 英生 : 実践プロファイル分析による住民行政協働型コミュニティ計画の成果と課題, --- 高知市コミュニティ計画の取り組みから ---, 計画行政, Vol.37, No.2, 42-52, 2014年.
2)Masafumi Miwa, Shingo Kunou, Akitaka Imamura and Hirofumi Niimi : Quad Rotor Helicopter Control with Humanoid Robot, The Journal of Unmanned System Technology, Vol.2, No.1, 40-47, 2014.
3)Akitaka Imamura, Shinji Uemura, Masafumi Miwa and Junichi Hino : Flight Characteristics of Quad Ducted Fan Helicopter with Thrust Vectoring Nozzles, The Journal of Unmanned System Technology, Vol.2, No.1, 54-61, 2014.
4)Hisako Sasaki, Hirofumi Shibata, Kiyoshi Imabayashi, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Prenylated Flavonoids from the Stems and Leaves of Desmodium caudatum and Evaluation of Their Inhibitory Activity against the Film-Forming Growth of Zygosaccharomyces rouxii F51., Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.62, No.27, 6345-6353, 2014.
5)Masafumi Miwa and Shinya Maruhashi : Ducted Fan Flying Object with Normal and Reverse Ducted Fan Units, Int J Robotics and Mechatronics, Vol.1, No.1, 8-15, 2014.
6)Shin-ichi Ito, Momoyo Ito, Katsuya SATO, Shoichiro Fujisawa and Minoru Fukumi : Preference Classification Method Using EEG Analysis Based on Gray Theory and Personality Analysis, The Online Journal on Computer Science and Information Technology, OJCSIT, Vol.4, No.3, 276-280, 2014.
7)Taishi Kusama, Naonobu Tanaka, Kanae Sakai, Tohru Gonoi, Jane Fromont, Yoshiki Kashiwada and Jun'ichi Kobayashi : Agelamadins A and B, Dimeric Bromopyrrole Alkaloids from a Marine Sponge Agelas sp., Organic Letters, Vol.16, No.15, 3916-3918, 2014.
8)森本 恵美, 荒井 弘毅 : 脱談合宣言の影響:2006 年に何が起こったのか, 土木学会論文集F4(建設マネジメント), Vol.70, No.2, 38-54, 2014年.
9)Shin-ichi Ito, Momoyo Ito, Katsuya SATO, Shoichiro Fujisawa and Minoru Fukumi : Preference Analysis Method Applying Relationship between Electroencephalogram Activities and Egogram in Prefrontal Cortex Activities, --- How to collaborate between engineering techniques and psychology ---, International Journal of Advances in Psychology, Vol.3, No.3, 86-93, 2014.
10)Chika Hashida, Naonobu Tanaka, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Hypelodins A and B, polyprenylated benzophenones from Hypericum elodeoides., Journal of Natural Medicines, Vol.68, No.4, 737-742, 2014.
11)Yoshihisa Suzuki, Atsushi Mori, Masahide Sato, Hiroyasu Katsuno and Tsutomu Sawada : Colloidal crystallization on tilted substrates under gravitational fields, Journal of Crystal Growth, Vol.401, No.1, 905-909, 2014.
12)Koki Arai and Emi Morimoto : A Comparative Analysis of the Desired and Actual Bidding Behavior of Construction Companies, The Association of Researchers in Construction Management, Vol.30, No.1, 433-442, 2014.
13)Taishi Kusama, Naonobu Tanaka, Kanae Sakai, Tohru Gonoi, Jane Fromont, Yoshiki Kashiwada and Jun'ichi Kobayashi : Agelamadins C-E, Bromopyrrole Alkaloids Comprising Oroidin and 3-Hydroxykynurenine from a Marine Sponge Agelas sp., Organic Letters, Vol.16, No.19, 5176-5179, 2014.
14)上月 康則, 中岡 禎雄, 中西 敬, 森本 登志也, 森 紗綾香, 山中 亮一, 奥嶋 政嗣 : 大阪湾湾奥・尼崎港での海∼陸の栄養塩循環の活動と評価の試み, 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.70, 1098-1103, 2014年.
15)Atsushi Mori, Takamasa Kaito, Hidemitsu Furukawa, Masafumi Yamato and Kohki Takahashi : Birefringence of silica hydrogels prepared under high magnetic fields reinvestigated, Materials Research Express, Vol.1, No.4, 045202-1-045202-10, 2014.
16)Yuto Oe, Momoko Abe, Yousuke Endoh, Masahiro Sakata, Ichinkhorloo Zesem, Munkhtsetseg Janlav, Makoto Ohashi and Takanori Satoh : Phylogenetic analysis of bacteria from Mongolian animal milks and their dairy products by clone library method, Natural Science Research, Vol.28, No.4, 31-40, 2014.
17)Masafumi Miwa : Direct Touch Operation Method for Flying Cargo System Based on Multi Rotor Helicopter, The Journal of Unmanned System Technology, Vol.2, No.2, 99-104, 2014.
18)Atsushi Mori and Yoshihisa Suzuki : Identification of triangular-shaped defects often appeared in hard-sphere crystals grown on a square pattern under gravity by Monte Carlo simulations, Physica B : Condensed Matter, Vol.452, No.1, 58-65, 2014.
19)Akitaka Imamura, Yasuyuki Urashiri, Masafumi Miwa and Junichi Hino : Flight Characteristic of Quad Rotor Helicopter with Tilting Rotor, The Journal of Instrumentation Automation and Systems, Vol.1, No.2, 56-63, 2014.
20)Akitaka Imamura, Masafumi Miwa and Junichi Hino : Flight Characteristic of Quadrotor Hrlicopter Using Extra Deflecting Thrusters, The Journal of Instrumentation Automation and Systems, Vol.1, No.2, 64-71, 2014.
21)平井 松午 : 近世城下絵図の分析と課題-歴史GISからのアプローチ-, 史潮, No.76, 22-35, 2014年.
22)山下 巧, 森本 恵美, 滑川 達 : 徳島県の総合評価落札方式における逆転落札と入札行動の基礎分析, 土木学会論文集F4(建設マネジメント), Vol.70, No.4, I_117-I_125, 2014年.
23)福田 崇紀, 奥嶋 政嗣 : 地方都市における津波避難計画策定のための自動車利用避難シミュレーションの適用, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.D3-70, No.5, I_85-I_92, 2014年.
24)奥嶋 政嗣, 石井 亜也加 : 社会的相互作用を考慮したCEV普及シミュレーション, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.70, No.5, I_521-I_534, 2014年.
25)奥嶋 政嗣, 堀 広毅 : 地方都市圏に関わる交通需要変動を考慮した高速道路料金政策の影響分析, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.70, No.5, I_549-I_558, 2014年.
26)松浦 正浩, 山口 行一, 八木 絵香, 山中 英生, 坂本 真理子 : 合意形成の調整役機能理解のための実践のプロファイリング手法の研究レビュー, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.70, No.5, I_143-I_149, 2014年.
27)中嶋 悠人, 山中 英生, 真田 純子 : スポーツサイクル・シティサイクル利用者のルール認知および運転態度の比較分析, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.70, No.5, I_747-I_754, 2014年.
28)王 如剛, 山中 英生, 三谷 哲雄 : ドライビングシミュレータによる幹線小交差点での見通しと自転車走行位置の安全性評価, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.70, No.5, I_951-I_959, 2014年.
29)森本 恵美, 荒井 弘毅 : 標準型総合評価方式の入札価格と技術評価値の落札効果に関する計量的研究, 土木学会論文集F4(建設マネジメント), Vol.70, No.3, 109-118, 2014年.
30)Ubul ABDUNABI, Hidekazu Kakei and Jun-ichi Aoe : Research on Document Summary Geneeration Using Attribute Information, International Journal of Computing and Technology, Vol.1, No.11, 557-569, 2014.
31)Goto Tsuyoshi, Hirazawa Noritaka, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Antiparasitic effects of Sophora flavescens root extracts on the ciliate, Cryptocaryon irritans, Aquaculture, Vol.435, No.C, 173-177, 2015.
32)Tsuyoshi Goto, Noritaka Hirazawa, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Antiparasitic effect of matrine and oxymatrine (quinolizidine alkaloids) on the ciliate Cryptocaryon irritans in the red sea bream Pagrus major., Aquaculture, Vol.437, 339-343, 2015.
33)Naonobu Tanaka, Minami Takekata, Shin-ichiro Kurimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Davaadagva Damdinjav, Enkhajargal Dorjbal and Yoshiki Kashiwada : Algiolide A, secoiridoid glucoside from Mongolian medicinal plant Gentiana algida, Tetrahedron Letters, Vol.56, No.6, 817-819, 2015.
34)Wang Sheng, Ken Ishikawa, Hiromi T. Tanaka, Akihiro Tsukamoto and Satoshi Tanaka : Photorealistic VR Space Reproductions of Historical Kyoto Sites based on a Next-Generation 3D Game Engine, Journal of Advanced Simulation in Science and Engineering, Vol.1, No.1, 188-204, 2015.
35)磯野 巧 : 東京都大島町における自然ガイド活動の地域的展開, 地学雑誌, Vol.124, No.1, 43-63, 2015年.
36)Ubul ABDUNABI, Hidekazu Kakei, Yukako SAKOGUCHI and Shinsuke Kishie : Research on Oral Map in Regional Dialect using Google Map, International Journal of Computing and Technology, Vol.2, No.2, 31-35, 2015.
37)大橋 眞, 齊藤 隆仁, 胡 萌萌, 入口 幸子, 間賀田 悠吾 : グローバル教育の課題-「持続可能な開発のための教育」の視点から, 大学教育研究ジャーナル, Vol.12, No.12, 54-61, 2015年.
38)秋山 孝正, 井ノ口 弘昭, 奥嶋 政嗣 : 長期需要を考慮した都市高速道路料金政策に関する考察, 交通学研究 : 研究年報, Vol.58, 89-96, 2015年.

2014年度(平成26年度) / 学術論文 (紀要その他)

1)塚本 章宏 : GISで広がる絵図の可能性, 地理, Vol.59, No.9, 12-20, 2014年.
2)Takanori Satoh, Yuto Oe, Momoko Abe, Yousuke Endoh, Masahiro Sakata, Ichinkhorloo Zesem, Munkhtsetseg Janlav and Makoto Ohashi : Phylogenetic analysis of bacteria from Mongolian animal milks and their dairy products by clone library method, Proceedings of 15th International Symposium on Microbial Ecology(ISME15), 55-56, 2014.
3)田口 太郎 : 「国策としての移住促進」の課題, 2014年度日本建築学会大会(近畿)農村計画部門研究協議会資料「住み継がれるカタチ -フロンティアとしての農山漁村-」, 46-47, 2014年.
4)益尾 孝祐, 岡田 昭人, 田口 太郎, 佐藤 滋, 石塚 正和, 石黒 卓, 三井所 清典 : 柏崎えんま通り商店街におけるまちづくり 市民事業による創造的復興まちづくり その2, 日本建築学会大会(近畿)学術講演梗概集, 196-197, 2014年.
5)田口 太郎 : 中越地域における地域復興支援員の成果と人的支援の全国的展開, 日本災害復興学会誌 復興, No.11, 35-38, 2014年.
6)矢部 拓也 : まちづくり会社による中心市街地活性化再考:産業政策・新自由主義・都市コモンズ, 徳島大学社会科学研究, Vol.28, 139-161, 2014年.
7)磯野 巧, 安村 健亮, 渡辺 亮佑, 梁 鎮武, 曲 宇航 : 中山道望月宿における歴史的町並みの形成過程, 地域研究年報, Vol.37, 1-31, 2015年.
8)三隅 友子, 大橋 眞 : 共生社会を支える教養教育の可能性Ⅰ-パフォーマティブ・ラーニングを導入する-, 徳島大学国際センター紀要, Vol.2014, 1-12, 2015年.

2014年度(平成26年度) / 学術レター

1)Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Masahide Sato : Gravitational Tempering in Colloidal Epitaxy To Reduce Defects Further, Crystal Growth & Design, Vol.14, No.5, 2083-2086, 2014.
2)Kyohei Hirono, Tatsuya Miyazaki, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO and Shoichiro Fujisawa : Research on continuity among assistive devices for personal mobility of visually impaired persons around crossings, Assistive Technology Research Series, Vol.35, 435-436, 2014.

2014年度(平成26年度) / 総説・解説

1)寺田 賢治 : 画像処理による煙検知システム, 画像ラボ, Vol.25, No.4, 1-5, 2014年4月.
2)石田 和之 : 地方税制温故知新(第34回)国民健康保険税の性格と考え方∼医療保険財源としての課税, , Vol.69, No.4, 274-301, 2014年4月.
3)石田 和之 : 地方税制温故知新(第35回)社会の変化と配偶者控除の背景にある考え方, , Vol.69, No.5, 175-205, 2014年5月.
4)石田 和之 : 今後の土地評価の課題等について, 資産評価情報, No.200, 2-10, 2014年5月.
5)山中 英生 : 「ケア」としての交通施策, 運輸と経済, Vol.74, No.5, 2-3, 2014年5月.
6)石田 和之 : 地方税制温故知新(第36回)法人事業税における外形標準課税の考え方の変化∼付加価値税から外形標準課税へ, , Vol.69, No.6, 180-215, 2014年6月.
7)石田 和之 : 地方税制温故知新(第37回)住宅用地に対する課税標準の特例と固定資産税負担の調整, , Vol.69, No.7, 180-202, 2014年7月.
8)石田 和之 : 地方税制温故知新(第38回)ギャンブル課税強化はなぜうまく行かなかったのか, , Vol.69, No.8, 165-195, 2014年8月.
9)石田 和之 : 地方税制温故知新(第39回)目的税の考え方, , Vol.69, No.9, 226-248, 2014年9月.
10)石田 和之 : 地方税制温故知新(第40回)法定外税としての電力への課税∼核燃料税の議論, , Vol.69, No.10, 169-196, 2014年10月.
11)塚本 章宏 : 津波浸水深度を仮想的に体験する, GISNEXT, Vol.49, 72, 2014年10月.
12)石田 和之 : 地方税制温故知新(第41回)法人実効税率をめぐる議論, , Vol.69, No.11, 166-193, 2014年11月.
13)塚本 章宏 : 歴史とGISの境界で, 文化情報学ガイドブック 情報メディア技術から「人」を探る, 43-49, 2014年11月.
14)石田 和之 : 地方税制温故知新(第42回)狩猟税の変遷, , Vol.69, No.12, 177-199, 2014年12月.
15)山中 英生 : 自治体における自転車施策の動向と展望, 住民行政の窓, No.409, 2-12, 2014年12月.
16)三輪 昌史 : 制御工学から見たソフトウェアーロボット製作における制御とソフトウェアー, 情報処理, Vol.56, No.1, 68-70, 2014年12月.
17)矢部 拓也 : 書評 木下斉著『稼ぐまちが地方を変える : 誰も言わなかった10の鉄則』, にじ : 協同組合経営研究誌, No.652, 168-173, 2015年.
18)石田 和之 : 地方税制温故知新(第43回)固定資産税における免税点の考え方, , Vol.70, No.1, 217-243, 2015年1月.
19)石田 和之 : 地方税制温故知新(第44回)木材引取税の議論, , Vol.70, No.2, 177-204, 2015年2月.
20)吉田 敦也 : シニアの暮らしとインターネット(1)「インターネットと上手につき合う」, 国民生活, Vol.2, No.No.31, 24-25, 2015年2月.
21)石田 和之 : 地方税制温故知新(第45回)空き家と固定資産税の関係, , Vol.70, No.3, 273-305, 2015年3月.
22)吉田 敦也 : シニアの暮らしとインターネット(2)「高齢者見守り事業"とくったー"」, 国民生活, Vol.3, No.No.32, 22-23, 2015年3月.
23)渡辺 公次郎, 山中 英生, 近藤 光男 : 地方都市における東日本大震災前後の建築活動に関する研究, --- 徳島都市圏におけるケーススタディ ---, 環境共生, Vol.26, 58-62, 2015年3月.

2014年度(平成26年度) / 国際会議

1)Hirono Kyohei, Miyazaki Tatsuya, Shin-ichi Ito, Katsuya SATO and Shoichiro Fujisawa : Research on continuity among assistive devices for personal mobility of visually impaired persons around crossings, Proc. of 5th Inernational Symposium on Advanced Control of Industrial Processes (ADCONIP 2014), 247-250, Hiroshima, May 2014.
2)Hideo Yamanaka : Bicycle tourism promotion strategy in Nara, the lovely ancient capital of Japan, VELO-CITY GLOBAL 2014 CELEBRATION OF CYCLING, Adelaide, Australia, May 2014.
3)Kazuyuki Ishida : For Whom is Municipal Amalgamation?-A Case of Japan, 4th Global Conference Forum for Economists International, Amsterdam, May 2014.
4)Sho Kawakami, Atsushi Mori and Yoshihisa Suzuki : Gravitational Tempering in Colloidal Epitaxy, Proceedings of the JSME/ASME 2014 International Conferenec on Materials and Processing, ICPM2014, Detroit, Jun. 2014.
5)Sho Kawakami, Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki, Shuichi Hashimoto, Masanobu Haraguchi and Tsutomu Sawada : Nanostructure for Localized Surface Plasmon Coupled with Photonic Band of Gel-Immobilized Colloidal Photonic Crystal, Proceedings of the JSME/ASME 2014 International Conferenec on Materials and Processing, ICPM2014, Detroit, Jun. 2014.
6)Shoichiro Fujisawa, Norihiro Ikeda, Kazuya Takahashi, Tomoyuki Inagaki, Katsuya SATO, Shin-ichi Ito and Motohiro Seimiya : Research on identifying LED blocks mounted on crosswalk boundaries for persons with visually impairment, 5th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics 2014, Krakow, Jul. 2014.
7)Yoshihiro Suyama, Naonobu Tanaka, Shin-ichiro Kurimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Shun-Lin Li, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Studies on medicinal plants of Yunnan province: constituents of Gentiana rigescens, Planta Medica, Vol.80, 785, Oxford, Mississipi, USA, Aug. 2014.
8)Sang-Yong Kim, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Jun'ichi Kobayashi and Mareshige Kojoma : Studies on the constituents of Chloranthus japonicus sieb., Planta Medica, Vol.80, 784, Oxford, Mississipi, USA, Aug. 2014.
9)Naonobu Tanaka, Jun'ichi Kobayashi and Yoshiki Kashiwada : Meroterpenoids from Hypericum plants, Planta Medica, Vol.80, 784, Oxford, Mississipi, USA, Aug. 2014.
10)Motomichi Sonobe, Zhiao Chen, Hiroki Nishimura, Masafumi Miwa and Junichi Hino : Delayed Feedback Control for Helicopter Slung Load System, 12th, International Conference on Motion and Vibration Control, Sapporo, Aug. 2014.
11)田口 太郎 : 過疎地域における創造的再生, 2014年度日韓研究交流会「農漁村における創造的再生と福祉を通じた地域コミュニティ」, 岡山, 2014年8月.
12)Takanori Satoh, Yuto Oe, Momoko Abe, Yousuke Endoh, Masahiro Sakata, Ichinkhorloo Zesem, Munkhtsetseg Janlav and Makoto Ohashi : Phylogenetic analysis of bacteria from Mongolian animal milks and their dairy products by clone library method, The 15th International Symposium on Microbial Ecology(ISME15), 55-56, Seoul, Aug. 2014.
13)三隅 友子 : 地域と作る演劇と日本語教育2014 -プロジェクトワークの視点から-, 第18回ヨーロッパ日本語教師学会, 2014年8月.
14)Koki Arai and Emi Morimoto : A Comparative Analysis of the Desired and Actual Bidding Behavior of Construction Companies, Proceedings of 30nd Annual Conference 2014 (ARCOM), Vol.30, No.1, 433-442, Portsmouth, UK, Sep. 2014.
15)Hiroyuki Ukida and Akihito Yoshida : 3D Shape and Color Reconstruction by Photometric and Binocular Stereo Method, SICE Annual Conference 2014 Conference Proceedings, 1599-1603, Sapporo, Sep. 2014.
16)Mamiko Ito, Naonobu Tanaka, Shin-ichiro Kurimoto, Enkhjargal Dorival, Davaadagva Damdinjav and Yoshiki Kashiwada : Study on the constituents of Hypericum plants (38): structures of prenylated coumarins from H. perforatum, The 8th JSP-CCTCNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 97, Fukuoka, Sep. 2014.
17)Natsuki Kobayakawa, Ai Hirata, Sang-Yong Kim, Naonobu Tanaka, Hirofumi Shibata and Yoshiki Kashiwada : Plant-derived anti-influenza A virus agents: Study on the roots of Salvia miltiorrhiza, The 8th JSP-CCTCNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 87, Fukuoka, Sep. 2014.
18)Naonobu Tanaka, Eri Tsuji, Yoshiki Kashiwada and Jun'ichi Kobayashi : Structures of hikiokoshins AI, diterpenes from the leaves of Isodon japonicus, The 8th JSP-CCTCNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 96, Fukuoka, Sep. 2014.
19)Shang Ke, Stephen Githinji Karungaru, Feng Zuren, Ke Liangjun and Kenji Terada : A GA - ACO Hybrid Algorithm for the Multi - UAV Mission Planning Problem, Proceedings of the 14th International Symposium on Communication s and Information Technologies(ISCIT2014), No.R3-B-3, Incheon, Sep. 2014.
20)Akitaka Imamura, Y. Urashiri, Masafumi Miwa and Junichi Hino : Flight Characteristics of Quad Rotor Helicopter with Tilting Rotor, 10th International Conference on Intelligent Unmanned Systems, Montreal, Canada, TueB1-2, Sep. 2014.
21)Masafumi Miwa, Naoki Chatani and Shinji Uemura : Direct Touch Operation Method for Flying Cargo System based on Multi Rotor Helicopter, 10th International Conference on Intelligent Unmanned Systems, Montreal, Canada, WedA4-5, Oct. 2014.
22)Akihito Yoshida and Hiroyuki Ukida : 3D Shapes by Multiple Light Sources and Cameras, Proceedings of the 6th Inernational Conference on Positioning Technology ICPT2014, 1599-1603, Kitakyushu, Nov. 2014.
23)Yuuki Tsukuda, Hiroyuki Ukida, Masafumi Miwa and Naoki Chatani : Flight Control of UAV Using LED Panel and Video Camera, Proceedings of the 6th Inernational Conference on Positioning Technology ICPT2014, 234-239, Kitakyushu, Nov. 2014.
24)Masashi Okushima and Akiyama Takamasa : Multi-Agent Simulation for Promoting Clean Energy Vehicle Considering with Local Interaction, Proceeding of Joint 7th the International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 15th International Symposium on Intelligent Systems, Vol.7, No.TP4-1-9-(5), 1-5, Kitakyushu, Dec. 2014.
25)Stephen Githinji Karungaru, Minoru Fukumi and Kenji Terada : Human Action Recognition using Normalized Cone Histogram Features, Proceedings of the IEEE Symposium Series on Computational Intelligence (CIMSIVP 2014), 12-16, Florida, Dec. 2014.
26)Masayuki Daikoku, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Indoor Human Action Recognition using Multi Camera, Proceedings of the IEEE Symposium on Computational Intelligence for Multimedia, Signal and Vision Processing (CIMSIVP'14), No.Wed-S1B8-4, Florida, Dec. 2014.
27)Junpei Yamamoto, Stephen Githinji Karungaru and Kenji Terada : Road Surface Marking Recognition Using Neural Network, Proceedings of the2014 IEEE/SICE International Symposium on System Integration(SII2014), No.SuA1C.5, 484-489, Tokyo, Dec. 2014.
28)Yamazaki Yusaku, Kenji Terada and Stephen Githinji Karungaru : Input Interface using Air Character Recognition, Proceedings of the 2015 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing(NCSP'15), No.28PM2-1-1, Kuala Lumpur, Feb. 2015.
29)Shuhei Koyanagi, Kenji Terada and Stephen Githinji Karungaru : Elderly Monitoring System using Surveillance Cameras, Proceedings of the 2015 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing(NCSP'15), No.1AM1-1-4, Kuala Lumpur, Mar. 2015.
30)Sho Kawakami, Atsushi Mori, Ken Nagashima, Shuichi Hashimoto, Masanobu Haraguchi and Tsutomu Sawada : Observation of nanostructure for hybrid plasmonic-photonic crystal formed on gel-immobilized colloidal crystal, International Forum on Advanced Technologies IFAT2015 Proceedings, 140-142, Tokushima, Mar. 2015.
31)Nozomi Maitani, Kenji Terada and Stephen Githinji Karungaru : Tire Cracks Detection using Image Processing, Proceedings of the first IEEJ international workshop on Sensing, Actuation, and Motion CONtrol(SAMCON2015), No.TT1-2-3, Nagoya, Mar. 2015.

2014年度(平成26年度) / 国内講演発表

1)田口 太郎 : 地域外の人材を活用した地域づくり, 2014年4月.
2)三輪 昌史, 岡本 和大, 丸橋 伸也 : ダクトファンを用いた浮上移動体, 日本航空宇宙学会第45期年会講演会, JSASS-2014-1074, 2014年4月.
3)三輪 昌史 : マルチコプタを応用した空中台車の提案, 日本航空宇宙学会第45期年会講演会, JSASS-2014-1075, 2014年4月.
4)今村 彰隆, 三輪 昌史, 日野 順市 : 可変ピッチ型クアッドロータヘリコプタによるマヌーバの制御特性, 日本航空宇宙学会第45期年会講演会, JSASS-2014-1071, 2014年4月.
5)田口 太郎 : 中越沖地震の災害と諸団体連携の復興計画, 2014年4月.
6)金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 : センリョウ科植物Chloranthus japonicusの成分について, 日本生薬学会北海道支部第38回例会, 68, 2014年5月.
7)真田 純子, 寺嶋 茂樹 : 都市の大きさに関する制度の変遷, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.20, 2014年5月.
8)真田 純子, 片岡 志帆 : 「市街地のエッジ」にみる戦前の都市計画思想に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.20, 2014年5月.
9)浮田 浩行, 田中 和樹 : Kinect を用いたジェスチャ認識による移動ロボットの操縦, 第92回パターン計測部会研究会, PM92_03, 2014年5月.
10)田口 太郎 : 人々の暮らしから未来を創る, 2014年5月.
11)三輪 昌史 : 無人航空機の飛行軌跡に沿った帰還制御, 第58回システム制御情報学会研究発表講演会, 315-2, 2014年5月.
12)三輪 昌史, 植村 慎司, 金村 直哉 : マルチコプタをベースとした空中台車による荷物運搬実験, ロボティクス・メカトロニクス講演会2014, 2A1-C04, 2014年5月.
13)植村 慎司, 今村 彰隆, 三輪 昌史 : マルチダクトファンヘリコプタの性能評価, ロボティクス・メカトロニクス講演会2014, 2A1-D01, 2014年5月.
14)今村 彰隆, 三輪 昌史, 日野 順市 : マルチコプタに搭載された測域センサの三次元化, ロボティクス・メカトロニクス講演会2014, 2A1-F03, 2014年5月.
15)茶谷 直希, 植村 慎司, 三輪 昌史 : 屋内探査のためのFPV 操縦, ロボティクス・メカトロニクス講演会2014, 2A2-A01, 2014年5月.
16)岡本 和大, 三輪 昌史 : ダクトファンを用いた推力偏向によるヒューマノイドロボットの浮上移動, ロボティクス・メカトロニクス講演会2014, 2A2-A02, 2014年5月.
17)丸橋 伸也, 三輪 昌史 : 2基のダクトファンを用いた推力偏向型VTOL 機の飛行制御, ロボティクス・メカトロニクス講演会2014, 2A2-A03, 2014年5月.
18)田口 太郎 : 「人」で地域の未来を創る, 2014年5月.
19)小野川 太心, 渡辺 公次郎, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 地方都市沿岸部における地価と津波リスクとの関連性に関する研究, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2014年5月.
20)荘司 匡岐, 奥嶋 政嗣, 近藤 光男 : 地方都市における選択肢集合を考慮した目的地選択行動の基礎的分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2014年5月.
21)奥嶋 政嗣 : 地方都市部沿岸地域における津波避難行動に関する基礎的分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2014年5月.
22)脇川 太一, 近藤 光男, 大橋 俊介, 奥嶋 政嗣 : 徳島市における住民意識調査に基づく市民の健康度とフィットネスクラブの利用実態, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 2014年5月.
23)山下 巧, 森本 恵美, 滑川 達 : 徳島県の総合評価方式の逆転落札の基礎分析, 土木学会四国支部第20回技術研究発表会講演概要集, Vol.20, No.VI-6, 2014年5月.
24)美馬 成一郎, 井若 和久, 山中 英生 : 防災と地域継承のための事前復興まちづくりの事例, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.20, 205-206, 2014年5月.
25)木内 怜菜, 三谷 哲雄, 山中 英生 : 自転車指導帯による細街路交差点の安全性分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.20, 241-242, 2014年5月.
26)溝口 諒, 山中 英生, 井上 賢 : 広視野型自転車シミュレータの性能分析, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.20, 239-240, 2014年5月.
27)真田 純子 : 棚田・段畑の利用および基盤の変容に関する考察, 土木史研究講演集, Vol.34, 145-148, 2014年6月.
28)大橋 俊介, 近藤 光男, 奥嶋 政嗣 : 都市住民の健康の増進を考慮した公園利用行動分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.49, 1-5, 2014年6月.
29)奥嶋 政嗣 : 健康意識の相互作用を考慮した交通行動モデル, 土木計画学研究·講演集, Vol.49, 1-3, 2014年6月.
30)浮田 浩行, 三輪 昌史, 造田 優貴, 茶谷 直希 : LEDパネルとオンボードカメラによるUAVの飛行制御, 第20回画像センシングシンポジウムダイジェスト集, DS1-04, 2014年6月.
31)羽田 遼, 宗次 亮, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : クワッドヘリコプタを用いた未知領域のマップ作成システム, 第20回画像センシングシンポジウム, No.IS2-04, 2014年6月.
32)塚本 章宏 : 徳島県海陽町宍喰地区における取り組み, 津波避難勉強会in南知多(公益社団法人日本都市計画学会研究交流特別委員会社会連携交流組織「避難訓練学の提唱および社会的実装に関する研究委員会」)(内海サービスセンター), 2014年6月.
33)塚本 章宏 : 江戸時代の物見遊山-名所案内記・日記からみる名所と都市-, 2014年度カレッジ 京都学講座 「京を旅する∼観光のまなざし∼」(キャンパスプラザ京都(大学コンソーシアム京都)), 2014年6月.
34)塚本 章宏, 鳴海 邦匡 : 鳥取藩における測量図のGIS分析と問題, 人文地理学会 第135回歴史地理研究部会(キャンパスプラザ京都(大学コンソーシアム京都)), 2014年7月.
35)田口 太郎 : 集落支援員,地域おこし協力隊の役割, 2014年7月.
36)田中 和樹, 浮田 浩行 : 連続的な動きを用いたジェスチャ認識による移動ロボットの操縦, 第19回知能メカトロニクスワークショップ 講演論文集, 145-150, 2014年7月.
37)山崎 有作, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : Air文字認識を用いた入力インタフェース, 第19回知能メカトロニクスワークショップ, No.A2-2, 2014年7月.
38)竹治 英司, 森澤 友也, 寺田 賢治, カルンガル ギディンシ ステファン : AndroidOSを用いた聴講者の行動解析, 第19回知能メカトロニクスワークショップ, No.B2-3, 2014年7月.
39)寺田 賢治 : 複雑で曖昧な物体の画像センシング, 第19回知能メカトロニクスワークショップ, 44, 2014年7月.
40)下河 太一, 居上 靖弘, 黒木 孝洋, 大黒 雄貴, 渦岡 良介, 上野 勝利, 鈴木 壽 : 基礎地盤の変形を考慮した堤防内部の応力・水分状態に関する遠心模型実験, 地盤工学研究発表会, Vol.49, 933-934, 2014年7月.
41)居上 靖弘, 下河 太一, 渦岡 良介, 上野 勝利, 鈴木 壽 : 基礎地盤の変形を考慮した堤防内部の応力・水分状態に関する三相連成解析, 地盤工学研究発表会, Vol.49, 935-936, 2014年7月.
42)野々垣 遥也, 内藤 恵太, 上野 勝利, 渦岡 良介, 鈴木 壽 : 空洞を検知する閉回路レーダ法の開発―屋外暴露実験―, 地盤工学研究発表会, Vol.49, 175-176, 2014年7月.
43)Wenli Lin, Katsutoshi Ueno, Mingrong SHEN, Ryosuke Uzuoka and Hisashi Suzuki : Evaluation of Linear Capacitance Displacement Transducer, Annual meeting of JGS, Vol.49, 1857-1858, Jul. 2014.
44)福田 典紀, 大住 俊揮, 上野 勝利, 渦岡 良介, 鈴木 壽 : 水位上昇により転倒した防潮堤の対策工に対する遠心模型実験, 地盤工学研究発表会, Vol.49, 1273-1274, 2014年7月.
45)浮田 浩行, 三輪 昌史, 造田 優貴, 茶谷 直希 : LEDパネルとビデオカメラを用いた通信によるUAVの飛行制御, 第17回画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2014) Extended Abstract集, DS-1-1, 2014年7月.
46)田口 太郎 : 「人」が地域の未来を創る, 2014年8月.
47)田口 太郎 : これまでの活動を振り返り,これからの活動イメージをつかむ, 2014年8月.
48)金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 前田 桂, 高上馬 希重 : センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)の成分について, 日本生薬学会第61回年会, 143, 2014年9月.
49)奥嶋 政嗣, 秋山 孝正 : 社会的同調性を考慮したマルチエージェントCEV 普及シミュレーション, ファジィシステムシンポジウム講演論文集, Vol.30, 1-2, 2014年9月.
50)田口 太郎 : これまでの活動を振り返り,これからの活動イメージをつかむ, 2014年9月.
51)寺田 賢治 : スマートビジョンによる人のセンシング, 平成26年電気学会 電子・情報・システム部門大会, No.TC15-3, 2014年9月.
52)伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 藤澤 正一郎, 福見 稔 : 心理学的個人差を考慮した脳波パターン分類法, 平成26年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, 637-640, 2014年9月.
53)塚本 章宏 : 歴史GISの成果と課題, 徳島地理学会, 2014年9月.
54)長谷 栄治, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 安井 武史 : 生体コラーゲンSHG(第2高調波発生)顕微鏡を用いた骨芽細胞産生コラーゲンの可視化, 日本機械学会2014年度年次大会, 2014年9月.
55)真田 純子 : 棚田,段畑の石積みにおける維持管理, 土木学会年次学術講演会講演概要集, 2014年9月.
56)花田 愛, 吉田 健介, 掛井 秀一 : グループワークのコミュニケーションに家具レイアウトが与える影響 コミュニケーションを活性化するプロジェクト型学習教室の在り方に関する研究 その4, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 329-330, 2014年9月.
57)村上 達郎, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 視覚障害者の横断歩道における行動解析, 平成26年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-15, 195, 2014年9月.
58)山崎 有作, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 空中文字入力を用いた入力インタフェース, 平成26年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-16, 196, 2014年9月.
59)亀井 泰士, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 画像処理によるVDT 作業者の疲労度計測, 平成26年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-17, 197, 2014年9月.
60)米谷 望, 寺田 賢治, カルンガル ステファン : 小型移動ロボットによる未知領域における物体探索, 平成26年度電気関係学会四国支部連合大会, No.13-18, 198, 2014年9月.
61)西村 弘樹, 園部 元康, 三輪 昌史, 日野 順市 : 小型ヘリコプタにおける吊り下げ搬送システムに関する研究(機体の同定と遅延フィードバック制御系の設計), 日本機械学会 設計工学・システム部門講演会論文集, 2014年9月.
62)内藤 徹, 塚本 章宏 : Does the rental housing price reflect an earthquake disaster risk? : Evidence from Tokushima Prefecture in Japan, 第17回日本環境共生学会学術会議, 2014年9月.
63)渡辺 公次郎, 山中 英生, 近藤 光男, 伊勢 千尋 : 津波リスクが存在する地域における転居意識に関する研究, 日本環境共生学会第17回(2014年度)学術大会発表論文集, 7-13, 2014年9月.
64)塚本 章宏, 矢野 桂司, 赤間 亮, 金子 貴昭, 山路 正憲 : 近世近代期京都の地誌・案内記を対象としたデジタルアトラスの構築, 日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点 キックオフシンポジウム, 2014年9月.
65)奥嶋 政嗣 : 社会的同調の異質性を考慮した持続可能な交通手段への転換意向の分析, 日本環境共生学会学術大会論文集, Vol.17, 1-10, 2014年9月.
66)片山 学, 宮崎 裕孝, 福岡 諒, 南 和幸, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也 : 蛍光輝度比法を用いた伸展刺激を受ける骨芽細胞の応答のリアルタイム観察, 第25回バイオフロンティア講演会講演論文集, 41-42, 2014年10月.
67)布引 健太, 宮崎 裕孝, 福岡 諒, 南 和幸, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也 : 引張り付与時における単一細胞レベルでの細胞内ひずみ分布の計測, 第25回バイオフロンティア講演会講演論文集, 43-44, 2014年10月.
68)塚本 章宏 : 地理空間を用いた 3D 都市模型とプロジェクションマッピングの試み, 地理空間情報の活用に関する徳島地域連携協議会, 2014年10月.
69)田口 太郎 : 地域の主体性育成に向けた 支援のあり方, 2014年10月.
70)三隅 友子 : 留学生との交流による多文化共生のまちづくり-とくしま異文化キャラバン隊の活動を通して-, 日本語教育学会四国地区第7回研究集会, 2014年10月.
71)三隅 友子 : 留学生との交流による多文化共生のまちづくり-とくしま異文化キャラバン隊の活動を通して-, 日本語教育学会四国地区第7回研究集会, 2014年10月.
72)田口 太郎 : 地域づくりにおける人的支援の可能性, 2014年10月.
73)武方 みなみ, 洲山 佳寛, 田中 直伸, 栗本 慎一郎, 柏田 良樹 : 中国ならびにモンゴル産Gentiana属植物の成分研究, 第56回天然有機化合物討論会, 357-362, 2014年10月.
74)栗本 慎一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久, 普 建新, 孫 漢董, 中村 隆典 : シソ科植物Scutellaria coleifoliaのジテルペノイド成分, 第56回天然有機化合物討論会, 291-296, 2014年10月.
75)草間 大志, 田中 直伸, 柏田 良樹, 小林 淳一 : 沖縄産Agelas属海綿から単離した新規ブロモピロールアルカロイドの構造, 第56回天然有機化合物討論会, 235-240, 2014年10月.
76)田口 太郎, 阿部 巧, 金子 知也 : 新潟県中越大震災復興まちづくりにおける「地域復興支援員」の取組み, 日本災害復興学会2014長岡大会講演論文集, 68-71, 2014年10月.
77)澤田 雅浩, 上村 靖司, 田口 太郎, 福留 邦洋 : 新潟県中越地震後の地区・集落の変化とその要因に関する一考察, 日本災害復興学会2014長岡大会講演論文集, 112-115, 2014年10月.
78)奥嶋 政嗣, 福田 崇紀 : 津波被害が想定される地方都市沿岸地域における避難意向に関する分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.50, 1-6, 2014年11月.
79)溝口 諒, 山中 英生 : 広視野型自転車シミュレータの性能分析, 土木計画学研究·講演集, Vol.50, 2014年11月.
80)田口 太郎 : 人的支援を通じた地域再生の方向性, 2014年11月.
81)